★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219 > 935.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国命令で二国間協議受入れは植民地の対応 と 621.日本のマスコミは断末魔の叫びを上げているのではないか?
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/935.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2017 年 2 月 02 日 00:17:27: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


米国命令で二国間協議受入れは植民地の対応 植草一秀の『知られざる真実』


米国のトランプ大統領が公約通り、大統領就任初日にTPPからの離脱を宣言し、TPP離脱の大統領令にも署名した。


米国はTPP寄託国のニュージーランドに、TPPからの離脱を正式に通知した。


同時にTPP最終合意に署名した11ヵ国にTPPからの離脱を書簡で通知した。


NZへの通知のなかで、米国は


「TPPから永久に離脱する」


ことを明記した。


これでTPPが発効される可能性は事実上消滅した。


それにもかかわらず、日本の安倍政権は米国の翻意を促す姿勢に変化はないと強弁しているが、これは、米国の新政権の外交政策に対する


「敵意ある内政干渉」


にあたる。


米国のトランプ大統領は選挙公約にTPP離脱を明記しており、この公約を踏まえて米国の主権者がトランプ氏を新大統領に選出した。


そして、トランプ大統領が公約通りに、大統領就任初日にTPPからの離脱を宣言し、寄託国のNZに正式に通知した。


その米国の決定を覆すように働きかけるというのは、友好国の行動として適切でない。


安倍首相は、米国民の選択に基づくトランプ新大統領のTPP離脱決定に対して敬意を払うべきである。


TPPは最終合意に署名した12ヵ国のうち、6ヵ国以上、かつ、署名国GDP合計値の85%以上の国が署名しないと発効しない。


米国のGDP比が約60%あるため、米国が署名しなければTPPは発効しない。


この米国が


「TPPから永久に離脱する」


ことを正式に通知したため、この米国の方針が変わらない限り、TPPは発効しない。


交渉参加国の一部に、米国を除く11ヵ国でTPPを発効してはどうかとの提案があるが、そのためにはTPP最終合意を修正する必要がある。


「再交渉」


が必要になる。


昨年秋の臨時国会でTPP批准案を強行採決して可決させた安倍政権は、


「TPP再交渉には絶対に応じない」


と繰り返した。


「TPP最終合意に一切手を入れさせないために、批准を急ぐ」


としてきたのであり、


現在のTPP最終合意の見直しは、安倍首相の国会答弁に反するものである。


したがって、TPPが発効するには、米国の方針変更が必要不可欠になるが、トランプ新大統領が「永久に離脱」と明言している以上、トランプ政権下での米国の方針転換は想定されない。


唯一の可能性は、トランプ大統領を物理的に消滅させて、後任の大統領がTPP参加方針を提示するケースだけである。


トランプ大統領が選挙で勝利して以来、メディアは異常な勢いのトランプ攻撃を継続しているが、これは、


トランプ大統領の物理的除去


の環境づくりを進めているものであるとの見方も可能である。


そうなると、安倍政権の米国の翻意を引き続き求めるとのスタンスは、トランプ氏の物理的除去を目論む、米国支配勢力の意向と通じるものであるとの疑いも生じてくる。


このような非礼な外交姿勢が許されるわけがない。


安倍政権は米国のトランプ新政権がTPP離脱を正式に決定したことを受けて、TPPの発効可能性が消滅したことを謙虚に受け入れるべきである。


他方、トランプ大統領は日本との間の二国間交渉を求める可能性が高い。


何よりも警戒するべきことは、これまで米国の言いなりになってきた安倍政権が、トランプ新政権の新たな要求を丸呑みすることである。


そもそも、TPPは日本の主権者にとって、


「百害あって一利なし」


の条約である。


このTPPがトランプ大統領の登場によって消滅することは、天祐と言ってもよい吉報である。


ところが、そのなかで、安倍政権が米国の言いなりになって、日米の二国間交渉で、米国の要求を丸呑みするなら、TPPが消滅した天祐は消えてしまうどころか、大きな災厄に転じてしまう。


安倍首相は2月10日に訪米して日米首脳会談を行うとしているが、隷属国の御用聞きのような気分で訪米するなら、日本国民には災厄しかもたらさない。


安倍政権の対米隷属外交を、国民が監視し、これを未然に阻止しなければならない。


********** 引用ここまで **********


TPPの正体は、米国に有利なのではなく、グローバル企業群にのみ有益であり、条約下にある一般大多数はたとえ米国民だろうが、日本人だろうが、不利益極まりないものである事については、以下の関連記事で訴えてきました。


条約下国民全てにとって不条理なTPP関連記事


エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上←TPPの正体、強欲グローバリストの本音を知って、将来の日本を見る


TPPが言論の自由、特に公の場での発言やツイッター、フェイスブック、ブログ、自身のサイト上の物言いでさえ、抑圧する


Wikipediaの政策トップにTPPに反対と書いてある、他にも過去問題山積み男を後任にするのですか? 安倍さん


TPP批准は止められる〜山田正彦元農相に聞く(前)すでに遺伝子組み換え種子の稲がモンサントと住友化学の間で開発されている


TPP批准は止められる〜山田正彦元農相に聞く(5)了 NETIB-NEWS


憲法を越え…三権を支配し…国を乗っ取るTPP


背筋凍るTPPの真実 東京大学教授 鈴木宣弘


アメリカ 小売りの大量閉鎖 フードスタンプ打ち切り アメリカで、飢えた子供が数百万人←米国内や世界をより貧困化するTPP


安倍訪米とTPP 田中宇の国際ニュース解説


トランプさんはそれを知っているからこそ、そうしたんじゃないの?



********** 引用ここから **********



621.日本のマスコミは断末魔の叫びを上げているのではないか?  福田元昭の「桜の木になろう」



(1)日本のマスコミは断末魔の叫びを上げているのではないか?



 日本のマスコミのトランプ叩きが激しさを増している。日本のマスコミは断末魔の叫びを上げているように感じる。日本のマスコミのトランプ叩きは、日本のマスコミの断末魔の叫びに聞こえる。


 トランプの登場により、日本のマスコミが数多くの嘘をつき続けてきた事が日本の圧倒的多数を占めるB層に知れ渡る可能性が出てきた。


 既にトランプは、西側マスコミが垂れ流してきた数多くの嘘の一部をばらし始めた。そこでマスコミは御用学者や御用タレントを使って火消しを必死に行っている。火消しはネット上でも行われている。


(2)地球温暖化詐欺



 地球温暖化詐欺(The Great Global Warming Swindle)は、イギリスのドキュメンタリー番組である。地球温暖化の主な原因は人間活動であるという科学的なコンセンサスに異論を唱え、論争を巻き起こした。この映画はイギリスのテレビプロデューサーである Martin Durkin によって製作された。番組の内容は、人為的な温暖化という科学的なコンセンサスに懐疑的な科学者や、経済学者、政治家、作家などを紹介するものである。この番組の宣伝資料には、人間による地球温暖化は「嘘」であると書かれている。イギリスのチャンネル4はこのドキュメンタリーを2007年3月8日に初めて放映した。


地球温暖化詐欺 Wiki


 その後、ドナルド・トランプが地球温暖化詐欺を強く主張し続けている。二酸化炭素が温暖化の原因と言う説は何の科学的根拠もないのに、世界には二酸化炭素削減を謳って儲けようとするカスがたくさんいると言う話です。


 地球温暖化CO2説はロスチャイルドが言い出したと言われている。排出権をデリバティブ化しぼろ儲けしたのがアメリカのアル・ゴア元副大統領だと言われている。ロスチャイルドが言い出したと言う話が正しいとしたら、ドナルド・トランプはロスチャイルドに喧嘩を売った事になる。


米英、皇太子との会談めぐり論争=温暖化、トランプ氏と相違;相違があってこそ健全のしるし!


(3)「パリ協定」脱退



 人口削減をゴールとする新世界秩序のアジェンダ21から出てきた「パリ協定」は、米・大統領選の4日前、2016年11月4日に発効しました。トランプは「パリ協定」からの脱退を公約に掲げており、最短でそれを実現するための方法を模索しています。国連の気候変動枠組条約「パリ協定(Paris Agreement)」について、トランプは「地球温暖化詐欺である」と公言している。


(4)サンモニ



 2017年1月29日のTBS系の「サンデーモーニング」で、パリ協定脱退を宣言しているトランプの事を、「京都議定書をはじめとする今までの努力を無にするひどい政策」と言う感じで、岸井成格がヒステリックに批判していた。


 これも日本のマスコミの断末魔の叫びに聞こえた。西側マスコミが数多くの嘘をつき続けてきた事を暴露したトランプを徹底的に叩き、トランプの主張は信じられないと言う洗脳をしないと、凋落が進む日本のマスコミは更に加速度的に凋落が進む可能性があるからだ。


 1月29日放送分のサンモニでも、「トランプ=ヒトラー」というB層の左翼が好みそうな見解を示していた。B層の左翼の多くはトランプは右翼という固定観念をもっているからね。一つ前の記事に書いた通り、トランプはプーチンと世界平和を目指している。それなのにヒトラーと同一視するとは的外れににも程がある。一つ前の記事はこちら


(5)サンモニの関口を司会の座から引きずり下ろせ!



 司会の関口は「Twitterで一々アメリカ大統領が発言するのはなぁ…どうかと思いますがね」と批判した。


 マスコミで真実のトランプが捏造されているのですから、Twitterなどのネットで反論するしかないでしょう。その捏造している奴らを目にしたら当然反論するでしょう。それをあんたらマスゴミの方々は、「トランプがマスコミを攻撃」と言う卑劣極まりない歪曲した言い方をして、再度トランプに関する事実をねじ曲げたのですよ!


 それにね、大統領だってネットで主張する自由があるのですよ。それを否定するような発言をする関口は司会者失格です。このような番組をありがたがって見る視聴者のレベルは低い。しかしこの番組を熱心に見てる人々の多くは、自分は知識人でレベルが高いと誤解しているかも。


(6)トランプ批判を繰り返す日本のテレビって異常。




 1月29日放送分で幸田真音は、「こんな早い時期に大統領提訴を起こされたり弾劾の話も出てる!途中で投げ出すという人もいる!早くそうしてほしい!」と語った。トランプに関してテレビを筆頭にマスコミではこうした見方が大半を占めています。


 ですが、ネットでは「トランプ批判を繰り返す日本のテレビって異常。よほど都合の悪いことがあるんだな」と言う書き込みがあります。アメリカではこうした見方がかなり広がり、トランプ当選に結びついたのです。
 
 日本でもこうした見方が急速に増える事を期待します。ただ日本の場合、マスコミの洗脳度が強い事や、アメリカに比べて教育が画一的な傾向が強いので、こうした見方をする人がアメリカより出にくい傾向にあります。とは言え、そうした見方の人々が急増したらマスコミは、存亡の危機を迎えます。


(7)同じ事をやっていてトランプは批判され、オバマは批判されない不思議。



 慶応大の教授は、トランプが大統領令をいくつも出してる事を「まるで独裁者」と批判しています。実はオバマ大統領の方が大統領令をもっと乱発していたのですが、オバマは批判されない。まさにダブルスタンダード!


 その慶応大の教授って教員の支持が強いので、そいつに洗脳されたかもしれないB層の教員が、大統領令ばかり出すひどい大統領という感じで、トランプを職員室で批判したりするのですよ。そうすると多忙なので黙っていようと思っていたのに、つい口を挟むのですよ。耐えられなくなって。
 
 議会が共和党に押さえられていたせいで、オバマは政権後期に大統領令を多用していたが、トランプ批判をしている底の浅い理解しかできない教師はそれをご存知ない。そうした底の浅い教師が日本の教育界の大半を占めています。底の浅い教師はたいてい洗脳されています。つまり洗脳された教師が子どもを洗脳する。


 大統領令の停止は、オバマのときにも何度もあったことで、おそらくトランプも停止される可能性がある。


 トランプとオバマのダブルスタンダードと同様の事例は日本にもあります。同じような悪い事をしているのに、自民党の清和会の議員は逮捕されなくて、それ以外の議員は逮捕されると言う俗に言う「清和会の関係者や東大卒には不逮捕特権ある」と言う話ですね。


 『オバマはブッシュ元大統領を遥かに上回る暗殺作戦を実施し、民間人を含む死体の山を築き上げた』事を知らない地球人が多すぎるのも、トランプは批判されオバマは批判されないダブルスタンダードの為です。


https://twitter.com/nihon_koutei/status/825938964859064321


(8)洗脳されない子どもの育成



 植草一秀氏が主張するように、日本のマスコミでは、トランプ新政権の経済政策に対する正確で適正な論評がほとんど存在しない。トランプをこれでもかと叩きまくるだけの日本のマスコミは、日本人にトランプを信用されては困るので正確で適正な論評などするわけない。


 そのような有様の日本のマスコミを信じる人々の多さに目眩がする。洗脳されない子どもの育成が重要です。洗脳されない子どもは洗脳される子どもよりはるかに良い人生を歩みます。


 洗脳されない子どもは悪い奴に騙されない。洗脳されないと言う事は、物事を多角的に見る広い視野が身に付いていると言う事なので、人生のピンチの際、適切な解決方法が、洗脳される子どもよりはるかに早く見つかる。


 物事を多角的に見る広い視野が身に付いていれば、失恋や就職の失敗などマイナスの出来事があっても、早くに物事を逆の方向から見つめる事ができ、SHOCKから早く立ち直る事ができる。


 物事を多角的に見る広い視野が身に付いていれば、洗脳される子どもよりいろいろな物事にたいする興味が広がり、学力もUPし、人生経験も豊かになり、成功体験が増えます。


(9)トランプは馬鹿なのか?



 マスコミに洗脳されている人々の中にはトランプは馬鹿だと考えている人々が多い。マスコミの悪辣極まりない印象操作にまんまと引っかかった人々だ。ネットでも1%の手先がそうした印象操作をしている。ネットに「トランプの書斎には1冊の本もない。だからトランプは馬鹿だ。」と言う趣旨の書き込みがあった。


 支配層はヒラリーを勝たせたかったのにトランプが当選できた事が、トランプが聡明である証拠である。トランプが馬鹿なら、巨大な悪の勢力と不正選挙で負けていたでしょう。Alex Jones氏は、「トランプ大統領のNWOに関する知識は私のそれを遥かに超える」と述べている。


https://twitter.com/_yanocchi0519/status/826114341179052032




********** 引用ここまで **********


いずれにせよ、今のところ、トランプはんは、アンチグローバル、米国ファーストであり、
その流れを元のNWOに戻したい世界既得権益層と一線を画しているのは明かでしょう。 ソロス爺々らが影で糸を引き、圧倒的大多数からより一層の搾取を目論む勢力よりは遥に彼は、”まし”ですよ。



より大局的見地で世界をみる


トランプとシオニズム


着眼大局、着手小局





 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月02日 01:17:31 : kYHc7kuHIg : bNoEhnSsMz8[25]
おおむね同意する。マスコミこそが社会のゴミであることには激しく同意。

温暖化を宣伝する奴らも怪しすぎる。彼らは実際何の害もない二酸化炭素をまるで毒のようにいうがセシウム、ストロンチウムの害など全く興味がないらしい。どうみても反対だろう。


2. 2017年2月02日 19:16:22 : 9jyOzTBXZs : Uc_G4wHSHso[99]
弾劾を 密かに望む 者多し


3. 2017年2月03日 11:39:14 : YjLq0Xsg52 : Cp3xB_zA4Nw[267]
↓エコノミスト誌に掲載された風刺画
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6553.html

4. 2017年2月03日 11:40:58 : YjLq0Xsg52 : Cp3xB_zA4Nw[268]
おもてなし
じゃ
なくて

『土下座』
日本文化


5. 2017年2月03日 14:07:32 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[2076]
排出権取引で莫大な金払っているのは日本だけ。日本の金の収奪作戦の一つだろ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK219掲示板  
次へ