★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用8 > 372.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
あっしら様へ:『Re: 甘いのだ〜。』へのレスです。
http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/372.html
投稿者 ぷち熟女 日時 2004 年 3 月 15 日 09:24:24:WgkZZjZT3HifU
 

(回答先: 長文御免 投稿者 ぷち熟女 日時 2004 年 2 月 24 日 21:50:57)

あっしら様、

お待たせ致しました・・・
あっしら様の『Re: 甘いのだ〜。』
http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/358.html
へのレスです。

ゆうべのうちに送信できなかったので、
朝からこんなものを投稿するなんて顰蹙だなあと思いつつも送信しておきます。

全部へのレスを書ききれなかったので、また取りあえず部分レスということでご容赦下さい。
とは言っても、取りとめもない話が多くなりました。

*

『念のため、私にとって、彼女はほとんどそそられる“性質”の女ではありません。
どちらかと言えば、一緒に酒を飲んで面白いかなと思わせる女です。(一度か二度かだけかもしれませんが(笑))』

エンセンさまもあっしら様も、そそられるのはやっぱりニコール・キッドマンですか(笑)?
ニコール・キッドマンは、あたくしにはちょっとナーバスで意地悪そうな人に見えます。
それで、美人でスタイルもいい(何年か前の作品で彼女の胸は見たことがあります。綺麗ですよね)けど、
あたくしは彼女にさほど濃厚なセクシーさが感じられないんですよ。
あたくしが男性だったら、セクシーさのタイプとしては、
今どきの女優から選ぶならキャサリン・ゼータ・ジョーンズの方を取りたいです。

*

『>ここには三つの文がありますが:
>一つ目はあたくしにも起きたことがあります。
>二つ目はあたくしには興味がない種類の関係性です。
>三つ目は、あたくしが元々、大抵の場合は、
>自分が全人的な関係性を共有したいと思えないであろうことが分かっている人を相手にセックスをしようとは思えない、
>というのがまず前提になっている、という意味で自然なことだと言えます。

それぞれの感受性の問題だと思っています。

「二つ目はあたくしには興味がない種類の関係性です」というのは、女性の多く、そして、男性の少数がそのような感受性を持っていると思っています。』

ここへ来てひとつ、これを書かないでいるのはアンフェアだな、ということがあるので
それについて書いておきたいと思います。

上に引用したようなことばかり述べていると、まるであたくしが生まれついての聖女(笑)
であるかのような印象を与えそうですが、そうではありません。
三本の指で数え終わるほどの回数だけの経験でしたが、若い頃に戯れというものは知ってました。
独りの時に、やはり独りの相手とに限って、という掟のもとでのことでしたが。

こたえられないほどの快楽も扇情的なものもなく、終始覚醒していたことが思い出される他、
心象的なものの描写に努めようとすると、今この時も、その間ずっと感じていた
名状しがたい『身体的感覚のようでいて異なるもの』が蘇って来ます。

楽器の調律に使う音叉の響きはご存知ですか。鈍い音なのに結構耳障りですが、
その音を除いて空気振動だけにしたような重く強い響きを胸と腹部の境界あたりの芯に感じ、
(俄にニューエイジャーっぽくなるし、あたくし自身は不可知論者だしで、変な話になりますが、)
分かりやすく言ってみれば、まるでそこが
真空の宇宙空間に漂う大悲のような何かとチャンネルしているような感覚に襲われます。
無数の何かの遠い咽びのようなものが身体の中心に震動になって響いて来る、とでもいう感じかな。
今もその震動を感じながら書いてます。
(ヨガはやったことはありませんが、その箇所は、あるチャクラの位置と一致しているようではあります。)

最初は気のせいかしらと思っていたのですが、戯れるたびに同じ感覚を覚え、
終にはそれっきりそういった行動を取る気になれなくなるばかりか、
『こんなことより何か他にすべきことがあるはずだ』といった気持ちにまでなったんですよ。

その後は夫に出会うまでの間を(小規模な恋愛はあったにしても)祈りに満ちた時として過ごしたんですの(笑)。
(マグダラのマリア(実在したならば、ですが)の祈りは、
純潔な修道女の祈りより格段に深かったかも知れない、などと思ったりします。)

*

『自分の『自由さ』をすべて犠牲にしても手放したくないと思わせる相手に遭遇したいという、あり得ないことだし、現実になれば耐えられないであろうことを“最高の惚れ込み”と考えないではありません。』

確かにあっしら様にはお辛いでしょうね。
ですから、あっしら様もこのように思われるとはちょっと想像していませんでした。

*

『セックスが目的でも、会ってすぐにベッドというのはあまりにも無粋です。(若いときはそういう感じでしたが、もういい歳ですし)

“恋愛ごっこ”は不実だと思っています、セックス目的の相手と過ごす非セックス的時間は、愛する人とのそれとは違うものです。』

実はある旧知の男性(妻帯者)が、あっしら様と似た考え方をする人であることを最近知ったのですが、
彼はこの点では逆のことを言っています。

『若い頃は食事から始めて雰囲気を盛り上げていって
最後にガオー、という感じだったんだよ、
でも今ではセックスは最初に済ませて、その後の時間を
月でも観ながらしんみり語らい合ってゆっくり過ごすのが好みなんだ』
なんて言ってますね。どう思われますか?
そういうのは恋愛ごっこにはならないのかしら。

十何年来の仕事を通じた知己という仲でありながら、あたくしの方から
彼の私生活について尋ねるということを全くせずに来ていたので
実はずっと彼が結婚していることも、その同じ機会に知った(笑)のです。
(彼はそれ以前からあたくしが現在婚約の上同棲していることは知っていました。)
客観的に見ればモテそうな男性ではあるのですが、
積極的に女遊びする人には見えていなかったので結構ショックでした。
あたくしはやはり甘いんですかね。
彼の方からいきなり問わず語りにそういう話を始めたので、それでは、ということで
こちらからも、それまで尋ねもしなかったことを色々尋ねてみました。

奥さまが遊んでも平気? と尋ねると、
『僕が相手では埋められない何かを埋めるためにするんだろうから、いいんじゃないの?』という返事。
奥さまのことについて尋ねると
『非常に深い愛情を持った人だよ』なんてことを抜け抜けと(笑)言うし。

あっしら様には、やはり彼の言うことにも全て共感お出来になります?

*

『>こういった答えが返って来て、『よく理解できる』と思われた以外に、どんな気持ちに
>なられましたか。

好ましい女性だと思いました。』

実は、あたくしはあっしら様に少しいじめられたと思っていたんですの(笑)。
あたくしがどう答えそうか大体お分かりでいらっしゃいながら
わざとお尋ねだったのではないんですか。

オニオンさまへのレスの中で説明すると約束していた辺りのことになりますが:
あの『げっそり』は、あたくしがシニズムが嫌いなことに由来しています。
シニズムというのは、それに陥るとそもそも生まれなきゃ良かったということになりかねないので
あたくしにとっては忌むべきものなのですよ。
あっしら様の行動は、シニカルであるおつもりでのことではなかったのでしょうが、
あたくしの感覚では、そういうものと受け止められてしまうのです。

*

先に書いたように、取りとめのない話が多いので、レスがいただけるならお気の向いた箇所だけで結構です。
残りの部分へのレスが書けたらまた投稿します(また少し時間を下さい)。

ではまた、ごきげんよう。

 次へ  前へ

雑談専用8掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。