★阿修羅♪ > 議論30 > 414.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「あっしら」という男の詐術の手口を改めて暴露しておく
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/414.html
投稿者 短足鰐 日時 2011 年 4 月 24 日 21:29:48: 1dEIvwQCPSw5M
 

 この男の再デビュー作は、「原子炉隔離時冷却系(RCIC)」なるものを持ち出し読者を幻惑するところから始まった。その詐術の手口を上の方から順にとくと読まれよ。
 この男は過去においても、該博な知識?をちりばめることで読者を幻惑してきた疑いがある。幾人かが指摘しているが、文章も下手(独りよがり)で筋道がよく分からない。

@Re: 「知」に流れ過ぎてはいないか、あっしら氏。ー別シナリオでも説明可。
 http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/633.html

Aあっしら氏の「ヘリクヅム」「ウッカリズム」はもはや明らかだろう。
 http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/670.html

Bhttp://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/670.html#c7
 短足鰐 2011年4月23日 11:15:18: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk

 厳しい物言いになるかも知れないが、へんに妥協するのはお互いのためにならないと思うので、率直に申し上げさせていただく。
 あっしら氏は、詐術を弄したとも言えるのである。対策チームが「判断ミス」をしたという結論を誘導したいがため、良心的な専門家さえ言及したことのない(と見る)「原子炉隔離時冷却系(RCIC)」なるものを持ち出して「ヘリクヅム」を駆使したのである。その内容はこれまで見てきた通りである。

 このことを別の角度から見てみよう。電源喪失後、対策チームが次々と的確な判断を下し、それに基づいた手を次々と打っていけば、2号機のチャンバーの損壊を免れた可能性はゼロではない。現時点で「ゼロ」とは言い切れない。その可能性をたとえば数%としよう(この数字も甘く、本当はもっと下だろう)。
 だが、このプラントは「電源喪失想定せぬ」という構えで成り立っていたのである。電源喪失から直ちに原子炉は暴走を始めた。あれよあれよという間に1号機の建屋の水素爆発が起こったのである。その後数日でほぼ今日の状態の惨状を招いたのである。
 「電源喪失想定せぬ」プラントが必然的にこんな結果を招いた確率は極めて高い蓋然性をそもそも秘めていたのである。

 それを早々と、「対策チームの判断ミスが2号機のチェンバー損傷を起こした」と断じているのである。対策チームの判断ミスを一刀両断に断罪するこの氏の言葉に快哉を叫ぶ読者も多くいるかもしれない。だが読者よ、よく目を見開いて肌で感じていただきたい。現時点でこのように断じ切る無謀さというものを考えていただきたい。あっしら説には「デマを助長するので正しい態度とは思いません」との批判もあるのである。→http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html#c6

 このように断じるのはいかにも小気味良く、国民の間に対策チームへの不信感・不満が鬱積している状況は良い受け皿になる。
 この問題は今すぐ決着をつけなければ前へ進めなくなるような必須課題ではなかった。それに氏が何故こだわってきたのかの動機についても既に解明を試みている。

Chttp://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/670.html#c10
 短足鰐 2011年4月24日 09:59:10: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk

・事故を「レベル7」まで深刻化させた政府・東電の大罪:2号機圧力抑制室損壊は事故対策チームの極めて深刻な失態
 http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html
 投稿者 あっしら 日時 2011 年 4 月 19 日 12:38:35: Mo7ApAlflbQ6s
>「(雑談板に)政府・東電の能力欠如が「レベル7」まで深刻化:2号機の圧力抑制室破損は対策チームの大失態がもたらした“悲劇”」を示したが、24時間経過した時点でも何ら反応はないようだ。
 上は初稿からの引用である。相当の期するところがあって事に臨んできたことが窺える。だが、この男は三つの過ちを犯した。

@「原子炉隔離時冷却系(RCIC)」を持ち出し、無理な理屈付けをした。
A「判断ミス」があったと現時点で決めつけた。
B上二つをもって、「政府・東電の大罪:…極めて深刻な失態」と事態を矮小化した。

 その一。
 1・3号機とも海水の注入が遅れたから建屋の水素爆発が起きたのである。この号機も2号機のように配管等の損傷が少なければ、格納容器内に溜まった水素が容器内爆発をした可能性もあるのである。2号機と1・3号機の爆発場所が違ったのは、地震による配管の損傷の程度の違いによる偶然性で決まってきたと言える。ここにわざわざ(RCIC)を持ってくるのは荒唐無稽である。
 その二。
 現時点で「判断ミス」などと決めつけられるデータは揃っていない。判断ミスかもしれないし、そうでなかったかも知れない。今後の検証を待たなければならない案件である。そんな基本的なことを逸脱しているのである。
 その三。
 上の二つをもって「深刻な失態」だとするが、判断ミスがなければ事故が「深刻化」しなかったかのようである(なら原発プラントの建設はこれまで通りの基準でもよいということにもなりかねない/造るとして)。
 そもそも(時の)政府・東電が「電源の喪失想定せぬ」プラントを建設したこと自体が「深刻な大罪であり失態」なのである。原罪はそこにある。これは現時点でも言いきれることであり、そのことを追及し断罪すべきである。

 この男の詐術のキーワードは「RCIC」「判断ミス」「政府・東電の深刻な失態」である。いかにも読者に受けそうなワードではないか。
 ここにこの男の詐術の実態を暴露しておくことは、今後何かの役に立つこともあろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月25日 00:14:43: enLhhGP9KL
ヘリクヅム?

02. 2011年4月25日 00:28:51: HPNdsiYPWI
確かに、あっしら氏は、文章表現が、ヘタだ。

読み手のことを、考慮していない。


03. 短足鰐 2011年4月25日 06:05:26: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 「ヘリクヅム」→屁理屈を駆使すること。
 「決け手」→「決め手」のこと。
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html#c08
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html#c8
のこと。
 「今後の検証を待たなければならない案件」→「今後の検証を待つのが科学的態度の案件」の表現の方が良い。

04. 2011年4月25日 16:27:57: FFIErVvouc
読みにくかったのは確かだった。

05. 短足鰐 2011年4月25日 19:59:22: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
「ウッカリズム」→”うっかり”することに警戒感がなく、自分自身に野放図に許してしまっている締まりのない様。「非科学的構え」とも言える。

 この男の過去は知らないが、文章が下手なのは単に文章技術が稚拙なだけではなく、語るべき思想の輪郭が頭のなかでボヤケているのではないかと思われる。
 この男の過去を知る人物が「頭が悪くたまった知識でオナニー作文書くのが大好きな」と指摘しているが、小生も確かにこの男「頭は悪い」と実感する。

 だが読者の歓心を買うツボは心得ているようで、今回の「釣り」が(RCIC)なるタームであった。これを基に意味不明の論考をしても、読者の中にはそれだけで有難がり分かったつもりになって賞賛する。この男の初稿のコメント欄に最初の方に出てくる二人がそれ。内容を十分理解したと思われる形跡がないのに、手放しで称賛している。



06. 2011年4月25日 22:45:23: iuBVUGRGaI
ここの人はあっしら氏の投稿の読み方を間違っているな。
彼に関しては、屁理屈は楽しむための大きな要素で、これをけなしていては読む資格はない。
語るべき思想の輪郭が頭のなかでボヤケているというのも、霧の中を歩くような雰囲気を醸し出すという利点を生じている。特にあっしら氏の結論の多くはバイアスのかかった平凡なものが多いので、そこまでの迷路が彼の投稿の醍醐味となっている。

投稿を実用本位でしか読まない連中とか政治本位の連中にはわからないのだろうけど。


07. 2011年4月25日 22:57:56: 6nfdKMfdel
馬鹿な!  何を伝えたいかを明確にすることは重要だ。

難しい内容を難しく言うのは、学者バカでも出来る。

詩篇を読んでいるのではないのですよ。


08. 2011年4月26日 01:39:54: iuBVUGRGaI
以前はここは詩篇を読むサロンだったのですよ。

09. 2011年4月26日 08:23:47: 6LnA9X7BxE
いろんな考えがあっていいじゃないですか。

あっしらさんの書いていることが、
意味が分からない、とか漠然としてる、とか思ったならば、質問すればいい
何を質問していいか分からなければ、よそでちょっと勉強すればいい
はっきりと間違っていると思えば、そこを指摘すればいい
間違ってると断定はできないけど、賛成できない場合は、そう書けばいい(投稿文みたいに)

面倒くさくなったら、読まなければいい(不快な嵐投稿ではないんでしょ)

「詐術」とか「頭が悪い」とか言って攻撃するのは、やめようよ。物理学の間違い理論の論文なんか毎年いくらでも学術誌に発表されているけど、いちいち「頭が悪い」とか言われたら、論文書く人いなくなるよ(だから実際に日本は理論が弱い)。


10. 短足鰐 2011年4月26日 18:28:28: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 現時点で、『事故を「レベル7」まで深刻化させた政府・東電の大罪:2号機圧力抑制室損壊は事故対策チームの極めて深刻な失態』というタイトルも極めて「キワモノ」っぽいではないか。
 高名だった男が気安くつけるようなタイトルではないと思う。思考法が科学的構えになっていないことから来る必然的な帰結とも言える。

 雑談板にこのタイトルを掲げたが24時間なんの反応もなかったというのも、この危なっかしいタイトルに読者は違和感を覚えたからではないだろうか。(小生の出発点もこの何とも言えない「危なっかしい感じ」から発した)

↑06
>特にあっしら氏の結論の多くはバイアスのかかった平凡なものが多いので、そこまでの迷路が彼の投稿の醍醐味となっている。

 「バイアスのかかった平凡なものが多い」。そんなところだろうとは思っていたが、それを承知でファンがいるということなんですね。そんな世界は知らなかった。
 でも彼自身は正統派の言論を吐いていると思っているようなので(初稿を見る限り)、多くの読者が06氏のような受け止め方をしているすると、これは「喜劇」ではないだろうか。

(あっしら氏へのレスは準備中ですよ)


11. 2011年4月29日 07:31:52: ZKUcH4pjvI
短足鰐氏は投稿の多くを「自然板」で行ってきた。例えば
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/419.html
自然科学分野でお仕事をされてるのだろう。関連文献にも良く目を通しておられるようだ。
 だからといって、ここで展開する議論はいただけない。言いがかりにとも取れる。今般の事故の解明作業の鍵は東電(もしかして保安院も加担してるのかもしれないが)の徹底した情報隠蔽にある。とりわけ事故当日の情報は皆無に近い。事故当日のデータがあってこそ、「現実に何がおきたのか」をより精確に把握できるはずであった。ところが隠蔽のため、解明作業は、あらゆる種類の可能性を挙げ、それらを精査分析することでしか真実にせまれない。月刊誌「世界」5月号で田中三彦氏が指摘する「地震による破損」説も重大である。

宗教的教義を議論しているわけではないのだから、あらゆる可能性を挙げ、事実経過に鑑み、あるいは論理的に「反証」されるのであれば、その仮設は排除される。ここには、「ヘリクズム」などといった揶揄的感情的対応は必要とされない。
その意味で、アッシラ氏の考察は、未だ反証されていないと私は見る。何故に、短足鰐氏がアッシラ氏にかくもアグレッシブであるのかも理解できない。


12. 短足鰐 2011年4月29日 09:21:50: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
11番さん
 真摯なコメント有難うございます。貴殿が言われるように2号機チャンバーの損傷を特定できるデータがないのです。論証も反証もできない段階です。決定打を欠くのです。だから一歩譲ってこの男の解析は仮説扱いすべきだと言っているのです。だが、この男はこれを拒否し、
「たいした能力があるとは思えないひとたちが事故対策を仕切っていることになりますので、大失態を犯した人たちに全面的に任せるわけにはいかないと考えています」などと自説を確定的なものとし、論を次のステップに進めるという常識では考えられないような議論をしているのです。この言葉自体が高慢です。

 貴殿が引用したように「地震による破損」説も考慮されるべきです。2号機は建屋の水素爆発がなかったので、地震による損壊も(あれば)保存されているはずです。1・3号機では建屋の爆発で地震による損壊と爆発による損壊の区別が非常に困難になっていると考えられます。


13. 短足鰐 2011年5月01日 13:32:57: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 事故処理対策に必死に知恵を絞っているはずの原発技術者について考える。東電や東芝、日立のいわゆる作業員とは違った技術者集団のこと。
 彼等をさしたる根拠もなく思いこみで足ざまに言うのはよろしくない。彼等もまた多くの優れた日本の電気・化学・機械系の技術者同様のレベルにあると捉えるのが自然である。
 これは原発を擁護しているのではない。小生の立場は脱原発である。

 事故収拾の見通しがなかなか立たないのに苛立って、荒さがし揚げ足とりして溜飲を下げれば事態が改善するものではない。われわれは彼等が持てる力を十分に発揮して事故収拾に早急に見通しをつけてもらいたいのである。むやみに足を引っ張るのでなく、むしろ声援を送ってもよいくらいと思う。(的確な批判や提案は妨げるものではない)

 であるから、彼等をバカだチョンだと無能呼ばわりする風潮には”憤り”すら覚える。これが健全な精神ではないだろうか。外野の素人衆が彼等をおちょくりあざ笑うことにどんな利益があるというのだろうか。
 あっしらという男は自説を根拠に、この男独特の説法で、
「たいした能力があるとは思えないひとたちが事故対策を仕切っていることになりますので、大失態を犯した人たちに全面的に任せるわけにはいかないと考えています」
とまで言い切り、技術者集団(対策チーム)にこぶしを振り上げているのである。なんと不遜であろうか。
(高名だった男の仕業とも思えないそそっかしさ。休業中に何かあったのか?)

(参照)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html#c1
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html#c5
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html#c6
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/549.html#c12

http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/235.html#c1


14. 短足鰐 2011年5月01日 20:11:55: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
・Re: 「あっしら」という男の詐術の手口を改めて暴露しておく
 http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/416.html
 投稿者 あっしら 日時 2011 年 4 月 26 日 04:13:39: Mo7ApAlflbQ6s
>私に対する反論になると思われるポイントを書いておきます。
たった二つです。
● 海水であれ真水であれ、2号機の格納容器(サプレッションプールに直接でも可)に注水することはできなかった。(できなかったのなら事故対策チームはこの件では免責)
● サプレッションプールの水がなくなった状態で、格納容器の圧力が最高使用圧力の2倍近くという状態が長い時間(6時間以上)続いてたり、原子炉圧力容器を守るための主蒸気逃がし弁操作をやったりしても、圧力抑制室が圧力で破壊されることはない。(私の推論の誤りを意味する)
 …
上述した二つの「私に対する反論になると思われるポイント」をクリアしていただけば、私の推論は“デマ”ということになります。

 (短足)
 あっしら氏は上の二つへの反証可能性を示唆していると言える(この辺はさすがと言うべき)。これは自説を論証し切ったという認識にはないことを意味している。1年後ぐらいに幸い事故収束の見通しがつき、事故の全容が解明・検証されるとき、あっしら説はデマであったと判定されることは十分あり得るのである。

 二番目の●の意味も今解読できた。圧力容器から蒸気を格納容器内に逃しても、その高圧蒸気が原因で必ずチェンバー(圧力抑制室)が破壊されるとは断言しきれない事情を語っている。

 ついでに関連して付言する。あっしら説によるチャンバー破壊の原理が正しいとしても、次のシナリオもあり得る。対策チームがチェンバーに水がないことを認識していて、注入体制に入ったが、圧力容器が損壊ないし爆発考しかねないほど内部圧力が高まったので、注入するいとまもないく、急きょ圧力容器から用量の大きい格納容器に逃さざるをえなかった可能性(現時点で検証不可)。
 チェンバーへの注入作業に入って時間を浪費していたら、圧力容器の爆発というもっと規模の大きな事故を招いた可能性である。この場合は、「判断ミス」と即断し得ないのは明らかである。

(6年の休業を経て再登場したあっしら氏は、勝負感が鈍ったと言えるのかも知れない)


15. 短足鰐 2011年5月02日 20:12:55: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
・Re: 「あっしら」という男の詐術の手口を改めて暴露しておく
 http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/416.html
 投稿者 あっしら 日時 2011 年 4 月 26 日 04:13:39: Mo7ApAlflbQ6s
>ある原子力安全委員会が、格納容器内の圧力が最高使用圧力の2倍にもなれば格納容器上部の蓋が持ち上げられてわずかな隙間ができ、そこから最も軽い物質である水素が出ていくことさえわかっていなかったのです。

(短足)
 この男の手法の分析を続ける。諸兄の参考になれば幸い。
 上記の引用内容を是認した上で話を続ける。この部分はこの男の自説を論証する上で必要不可欠であろうかということ。必須ではないと思う。だが、この文章を加えることで事故対策チームのメンバー(技術者集団)も原発技術には疎い集団だと読者に「思わせる」効果は期待できる。

 この男が自然に放つ詐術の手法である。一つの事例を取り上げて全体がそうだと思わしめるのであるから「詐術」と言われても仕方ないのではないだろうか。こうして原発技術者を不必要に貶(おとし)めるのである。小生は許し難い言論だと思っている。

 ひるがえって引用部分も良く吟味する必要がある。あれこれの発言の前後関係を省いて断片的にとらえると内容を不正確に反映するおそれも出てくる。これはよくあることである。十分裏をとることもなく「ことさえわかっていなかったのです」などと軽々に断定することは控えるべきだと思う。(誤解ないようにしておくが、原子力安全委員会のメンバーは全員御用学者であることは否定しない)。

 この男が過去においてもこんな詐術を弄したのか、あるいは6年間のブランク期間中に身につけてきたのかは分からない。



16. 2011年5月03日 23:01:01: 64tXpftyLM
>>短足鰐>>6年間のブランク期間中

別のアカウントでずっとここに居たんじゃないの?
今回の再登場は雑談版でとびきり胡散臭く出てきましたよ。

あっしら氏がいた頃の阿修羅なら - パルタ 2011/4/16 10:30:09

今日に想う - あっしら 2011/4/18 12:43:04 (コメント数:34)

* Re: 今日に想う - 島唄 2011/4/20 07:50:06 (コメント数:1)

信者の呼び出し二日後に登場、大相撲じゃないんだから。


「今日に想う」へのコメントありがとうございます。 - あっしら 2011/4/28 02:01:29

* あっしらさんの復帰を心から嬉しく思います - 上葉 2011/5/01 08:01:40 (コメント数:1)

と、その後も何だかスター気分ですかこれは。
そしてシンパの多いのは、その核の部分で自作自演があることを意味しますね。
掲示板の世界の常識ですね。
それにしても気持ち悪いですね。


文章を精査されるよりは、こちらの方面を暴いて行かれる方が、
この男の胡散臭さを白日の下にさらすのに近道と思いますが、どうでしょうか?


17. 短足鰐 2011年5月04日 08:49:46: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 16番さん、非常に興味深いコメント有難うございます。
 「こちらの方面を暴いて」ということですが、小生そのノウハウはなく、面倒です。そちらは他の方々にお願いして、小生は近々総まとめをして終わりにしたいと考えております。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧