★阿修羅♪ > リバイバル3 > 215.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
カルトの世界
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/215.html
投稿者 中川隆 日時 2012 年 2 月 25 日 05:31:14: 3bF/xW6Ehzs4I
 

『池田大作全集』が、2011年の年間ベストセラー第1位(全集部門)となった(トーハン調べ)。発刊以来、同部門で24年連続第1位という快挙を成し遂げたことになる。

 同全集は、池田名誉会長の著作を後世に残すべく1988年5月に創刊された。当初は全75巻の予定であったが、名誉会長が展開する壮絶な言論闘争により、構想は大幅に拡大。全150巻の壮大な個人全集として刊行が進められている。現在、配本数は129冊に上っており、全巻の完結は2015年7月の予定である。

 大部の個人全集としては、トルストイ全集が90巻、ガンジー全集が100巻、ゲーテ全集(ワイマール版)が143巻であり、池田大作全集が完成すれば、偉大な先人に肩を並べる世界最大級の全集が誕生することになる。

http://www.seikyoonline.jp/news/editorial/2012/02/1200081_2152.html  


                l  /´     `, ,'-´ /`' ',  ` ` .、 ` 、 ̄ ̄ `、       `、     ヽ ̄    / ,
                ∨´   __ /,' / ,'  ,'     ` 、 ` 、 ` 、',       `、  、    .',    / 〈
                l  , ‐'     .// ,' .,'  i,  ` 、    ` 、 `、' , `、    ,   ' , ',    ',  /  /
                 i/ ., '´ ̄,' ̄ ,' ,r'  ,' .,' i i 、   `、    ',  `、 ' , i    ',    ', ',     ', / /7
                 l /   ,'  ,' , ',  ,' .i  i ', ',  ', ` 、   ' ,  ', ',i    .i     ', i    i /l´7´,
                .,イ    ,'   i ,' ,'  ,'  i  ,' ', ',  ' ,  ` 、   ',  ',  i   .i     i i    i /トーi i
                /〈 l    i   i ,' ,' ,',' i i .',  ' , ',  ',_ >‐、―,´,', i    ,'    ,イ i  i  ,' / 〉,'7 l
                .〉l.l.l      i' ,' ,,'  i ', .',   `、' , 、 ' ,` ,__',' ,'', ,'   ,'     ,'i i  i ,'./i7´〉 l
                〈,ヘ l      i ,',' ,'  ', i/、    ',`  ,衍不沁`/,', i  ,'     ,' i .,',  i,'ー、Lト/ .レ'
                ∨〉l      i ,', i', ,',   ',´, `_、     ' .杙てメ ,',',' ,' ,'    ,'i ,' ,', ',  iニ//7 ∠二
                 7、l,i    i i ', i〉,', ' , ', 、仍抃,       , ̄7/ ' ,' ,' ,' ,'   ,'/i ,' ,' ', ', i/7,//
                  ll lY,    i.i ',',' ,'', ',、',`' i`辷'      ////´ ,',' ,' ,'   / / ,'', ,','', .,〈l ,r'
                  l レ.〉   .i,r' ,'  ' , ',`  ∨//,         ,',' ,' ,'    ,' ´  ,' ,','_i,' /
                  '、,イ ',   , ',r' ,',',  ,',,' ,` ∧ `   _    ,' ,' ,'.'    ,'i   ,', ‐ ´ /
                    l  ', ,', ' ,' ' , ,'  ',' ,', ,' `、   く三'   '  , '    ,',' `、/ , -.,.'´
                    l ,'i´ .,'   ,'  ,' ,' ,' ,' ', ,', `,、      , '    , ','三='´   , '´
                    l ,' l .,' ,' ,' , ,'','_,-',,'-‐、 ', ' ,' ',>、  _, '   , ' ,' ,r'´   , '
                     l'  l i ,'  ,' '´.,、l 〈 ‐‐‐、`ー'´    7  , ' , ' , '/
                     .l  .i  i ,'_,-‐'´  ヽ     _ ,- -,'  , ', '  /    ., '              /
     r,-、_ _ _ _ - - - - -.、_ _ _  _l ,∠i i〉 ',  _ 二二_- 、 _ _´   ,'  ,' ,', 'l´    ., '             /
    /`´::::::::ノ          `〈/´`、´,' . '. ´ /::´::〈::'::)`、.  ` ‐ 、', ,' ,',' /l    .,'              /
   ,':::::::::::::::/            ヽ , '     i::::::::::::::::::::::i     `7,' ,'/=,l  ., '             _,'    /
  ,'  ̄  ̄ ´             //7     `、::::::::::::::::/      ,∨'`'三l  ,'  i           , '´,'   //
  ,'                 /  l       `  ̄ ´        ,i三三l    i          , '   /  //
 ,'                //   ∧                 ,l三三l    i       , '    / .//
 i            / 、,- l、, ','、_,-'´>- 、 _               i三三l    ヽ -         ///
 i          /三`´三三.,' /     `` ‐、 _         ,イl三三l             ,r'//
  ' ,    ,-‐∠二、三三, - 、_ ', /          `‐=ー、___/=7∨三=l           , '´/
  `〈 ̄/´      ヽ /   , _〉l             `\三三三=/ ∨三=l  ,      _, ‐ ´,〈
   `く        /  , r .'´  〉、              .\/  )'´  ∨三∧, '     ,_イ´   // \

日本人の美徳の一つに「恥を知る」 があることは、これまで欧米の文化人類学者が幾度となく指摘してきた。

慎み深さや奥ゆかしさという言葉でもそれは言い換えられるが、しかし、多くの日本人には、毎日毎日、自らが全権を握る機関紙に自分が勲章や名誉称号を受けたことを写真つきで大々的に報じさせ、あるいは世界中でノ「ガンジー・キング・イケダ展」なるものを開催させる池田がどう映るだろうか。少なくとも彼が、その「恥を知る」日本人の特性とは無線な人物であることだけはお分りいただけるだろう。

いずれにせよ、他の宗教団体指導者と最も乖離しているのは、池田氏の異様なまでの勲章へのこだわりや名誉欲、そして自己顕示欲である。それが何に起因するかを知るには、やはり彼の生い立ちから遡らねばなるまい。

http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/532.html


池田会長が勤めていた大倉商事という会社は手形割引専門だったのですが、手形を担保にして金を貸すわけですから手形が不渡りになると取立てが凄いです。
池田会長は、病人の布団を本当に文字通りはいで持って帰ってきたんです。江戸時代じゃあるまいし他人の使った布団なんか売れません。しかし、布団をはがれたほうは本当に凄い恐怖を感じるので親戚を廻って金を借りてきて返すわけです。池田会長は頭が良いですね。

大倉商事は創価学会の会社ですから、取立てで抜群の成績を揚げた池田会長は創価学会に引き抜かれて、その後出世をして会長になったわけです。

http://dolby.dyndns.org/upfoo/up.php?log=21248

池田大作は寝ている病人の布団を剥いでゆく手口の金融業で富を築いていた。それを大幹部に分け与え味方に付けたと言われる。当時、池田大作は普通の会社員の100倍近くの給料を貰っていた。

http://sky.geocities.jp/mifune008/000a.htm


        ヾミア<三三三三三三三三三三三三∨ハ.'//ヽ     , ', ̄‐ ´  ̄ ̄ ` ` ‐ - 、
         `ヾミア<、三三三三三三三三三三V´.// ,イVハ、  , ' ´         , - ‐ 、=、―`ー,
           `ヾミア<、三三三三三三三三∨//.,イ三三三、,','   , '    ,r '´ , - ‐'  ` 、, ' `,ー-、
             `ヾミ<、三三三三三三V´//.,イ三三三三 ,'    ,'   , '´ , r '´        ,',   i
              `ヾミ<、三三三三V.// ,イ三三三三三,'    ,'    ,', r'           ,' ',、 _ i
                `ヾミ<、三三'´.// ,イ三三三三三',,','   ,'   ,' '__ _,r '´ _,      ,イ  ,' i ', i
                ,_、`ヾミ</// ,イ三三三三三三,' i   ,'  ,' ∠>、'_'´,r´_ ,r'  ,r' , ,'' ,'  i i
              ,ィ圭ア',ヘ、`/巛、/ ,イ三三三三三三、,',','',   ,' ,' `仍不、 _`‐- , r ' ,', '  ,'   ii
             ,ィ圭/`/ィ圭ア、,'、巛,`く=三三三三三三 ,',' i i   ,' ,',' //`弋乃  ̄´   _、, ' , ,'     '
          ,ィ圭ア'/ィ圭ィ圭ア l l`くミ<三三三三三= ,' ,' i ,'  ,',' ,'   '//     , r ', ∨´, ','     '
          Vミ'彳'ィ圭ィ圭/l  ヽ>`ヾミ<三三三三,' ,', ,'i ,'  ,'' ,'          _ -'_',´乂,' , '  ,' ,'
          `くィ圭ィ圭ア/  \,イ   ,∠ヾミ<三三',' ,',i ,'i ,'  ,' ,'i           衍う,'/,', ','  , ' ,'
            ヾミ圭アハ、  //  , '    ` ヾミ<三i ,'=i =i,'  ,',' '    くー, ´ //`ソ'イ, r' , ',' , '
     _ _      ヾミィ圭ア,イ` l , '       ヾミ>、i'三=,'  ,' iiヽ、',    ´     /´, -´ , ',イ,','
 ̄  ̄     ̄ ` ‐,、-,-弋 _ ハ_ /,'          ヾミ>三'  ,'',i i三≡、- , - ― -, ' ´,' , ', r 7','=,'/、'
            ,'   , ' ,' , '`-,'            ヾミ', ', 'ヽ三', 三三三三,r'_,- ' ,', ' ,' , r'´,','='//,>、
           /   , ' ,' ,-`ー'             ', ,r' , ', 'く三`三三三三= , '´,' ,' ,'   ,',' ,'//,イVハ、
           ,'ヽ, '´,'_i ,'´  ,' _             ,'、__二ヾミ>`三三三=, '=´','  , '   ,' ,' ,'//,イ三三ミ、
         ,'  i   ̄ i   ,〈、::ヽ         , '´ .,'´    ヾミ>三三=, ' -´ ,. ' ,'   ,' ,' ,','/,イ三三三三=,
        ,'   i、    i  _,r'='ー='、_ _ _ _ _, - ' ´  ,'       ヾミ>、三,'三'´ ,イ  , ',', ' /,イ三三三三三/
       .i   i ヽ. _ ,.r.'´   `、   ,‐ ',、三三,-‐'´,'         ヾミ>、'三三= , r ', '/ /,イ三三三三三=/
       ',   レ' .`Y`‐、   _,-`,´,‐'´      _l           ヾミ> ' ´, '―'´/ /,イ三三三三三三/
       ,'  、' -、ヽ/  _L三=‐'´   _  , ' _<i           ,'´ヾミ>三三/ /,イ三三三三三三=/
          ヽ_>'``く> '´     〈´_  〉く〉7三'ハ',          ,'    ヾミ>'//,イ三三三三三三./
_、        / ` ` ‐ 、_     /`  ,'' Vハ∨、_         , '      く/>,',イ.三三三三三三/
      `、       ' ー ― ― ―'- /     l  .`'´ .',::::`..、 _ , r ' ´         く,イヽ三三三三三三/
        `、_  _ _ _ , - - - -         ,'     r,Y‐'´              `く三ヽ三三三三=/
         ',                  ,'     /´                   `く三ヽ三三=/
          i                 ,'     /                      `く三ヽ三./
         .i                  ,'   ./                         `く三∨
            i                   ,' /´`,                            ̄
         i   , - ‐ ' ´  ̄ ` ` ‐ -、  ,' 〈-、ヽ/
         i ,-'´ _,-‐―――‐-、_  `/  ー''´

肩で風を切って歩いていた当時の池田大作/右は大蔵商事時代の名刺(『週刊新潮』H15.12.18)
http://sudati.iinaa.net/ikeda/kasikin.html


池田大作の履歴


1928年 東京都 荏原郡大森入新井町(現在の大田区大森北2丁目)に生まれる

1947年 戸田城聖氏と出会い創価学会へ入る

1950年代に戸田氏の事業、大蔵商事営業部長として、高利貸し業に辣腕を振るい、病人の布団をはぐ。債権の踏み倒しも行う。

1952年に起こった狸祭り事件で、正宗の坊主に集団暴行。

1955年頃から創価学会参謀室長として、謀略に明け暮れる。
また1957年には選挙違反(買収・戸別訪問)で4年の裁判。
自分だけ助かり、指揮下の学会員20名は有罪で除名。

その他 1967年には39歳で富士短大を裏口卒業。
正本堂建立資金の(当時)数十億を横領。


1970年には言論出版妨害事件。

1973年頃〜80年頃に掛けて共産党盗聴事件。

1974年に本尊摸刻。1981年に会長辞任。

1976年に起きた月刊ペン裁判を有利に運ぶため、月刊ペン社に2000万円を裏金として不正支出。(判決文に明記)


その後も レイプ。時効を声高に主張して揉み消し。
勲章受賞の為に次々に買収工作。韓国・ブラジルなど多くの国で露見。

1990年には30億円の無申告・脱税により修正申告。
その頃からフランス・オーストリア・ベルギー・チリで、カルトと認定される。

「世襲はしない」と名言したのにも関わらず、博正への世襲の準備。夫人の神格化を謀る。

http://8724.teacup.com/sokasoda/bbs/2530


池田大作は、入信後、中小企業団体の事務員などをしていたが、それ以前、ブラブラしていた時期、川崎市から大田区を縄張りにする暴力団金融の手先となって、貸金取立てなども手伝っていたという(あるいは、ヤクザとの関係は、後述の、東京建設信用組合の整理の際、生じたともいわれる)。  その池田大作が創価学会の座談会に出席したのは、ナンパした女性が学会員であり、さそわれて鼻の下を長くして出席したところ、きびしく折伏され、女性にとり入ろうとしていやいや入信したのである。

 余談であるが、この女性は池田大作をソデにしたため、一族は後になって池田大作から長期にわたって陰険な仕打ちを受け続けた。  入信しても、ロクに勤行もせず、ブラブラしていた池田大作に戸田城聖が目をつけたのは、その、あつかましさと抜け目のない商才≠ナあった。
 
池田大作が最もその才能を発揮した「大蔵商事」営業部長時代のことは、ほとんど語らない。自分の出世につながった金貸しの手代℃梠繧、池田大作は、思い出すのもおぞましい汚い仕事≠ニして、ひた隠しているのである。

http://www.toride.org/takeov/takeov.htm


池田大作の実像
http://sudati.iinaa.net/ikeda.html#kasikin

高利貸池田大作取り立て≠フすご腕


  信仰心≠ニいう葉っぱ≠月三分≠ニいう高利でくすぐり、出資金≠ニいうお札≠ノ替えることに成功した大蔵商事は、その金を月七分∴ネ上で貸しつけ、或いは月一割≠ニいう高利で手形割引にまわした。

 現在、年利一%台の預金金利が常識となっている時代には、一般庶民には考えられないような高利の世界である。だが、終戦直後のインフレ期からようやく抜け出そうという昭和二十五年当時では、当然といってよい金利であるし、現在でも、暴力団金融、町金融では、月五分、月八分、といった金利は、むしろ良識的ですらある。トイチ=i十日で一割)とか、カラス銭=iカラスがカーと鳴いたら一割上るという、日歩一割≠ニいった金融もいまだに根強く存在しているのである。  高利≠ノは、貸倒れに対する危険保障がふくまれる。貸倒れになる確率の高い金融ほど利息が高いのである。

 つまり、大蔵商事の貸付金利は、当時の経済情勢からすれば、リーズナブルなものであったのではないか。そして、その金利で利益を上げるということは、回収の確実性≠ェ必要である。貸しつける元金を確保するのも大仕事であるが、貸付けた金の回収は、もっと大仕事である。だからこそ、弁護士や、取立て屋や、更には暴力団などがそこでシノギをしている。だが、こうした取立て職人≠つかえば、コストは飛躍的にはね上る。少々の利息など吹きとんでしまう。

 金融の営業マンの腕の見せどころは、まさに「取り立て」にあると言えるのである。  貸し出すときの調査、法律手続、担保、そして、コゲついた時の対応。  先述の森重章は、  「それは、池田先生は、群を抜いていましたよ。だれも及びませんでした」 と語った。  学会員から金を借り入れる時の、ニコヤカで礼儀正しい青年が、取り立てる時は、冷酷非情に徹しなくてはならない。

 よく、  「寝ている病人のフトンをはがして行く」 とか、  「ナベ、カマまで持って行く」 とかいわれるが、それに似た徹底さがなくては、金融業はやっていけない。  東京安全信用組合の失敗や教訓として、戸田城聖と池田大作は、貸出先を厳選した。聖教新聞の広告を見て、倒産間ぎわの学会員が大蔵商事を訪れても初めから相手にされなかった。  

「うちは、あなたのような人が利用するところではありませんよ。利息は高いし、一度借金地獄に入ると抜けられなくなります。悪いことはいわないから、地道に努力しなさい。あなたのために言うんです」
 
会員をいたわるような口調でていねいにことわられる。  ことわられた会員は、  
「戸田先生は、商売気抜きでそこまで私のためを思って下さる」

と逆に感激する。  その一方で、回収の見込みがあり、或いは担保の充分ある相手にはどんどん貸し付ける。それでもコゲついたら、容赦なく担保を流す。足りなかったら、「寝ているフトンをはがす」こともやる。


 こういう仕事の過程で暴力団など裏の組織との接触も当然生じる。  終戦直後のインフレ、そして次にデフレ。戦災で打ちのめされていた日本経済に、チャンスが訪れていた。  昭和二十五年から七年にかけての朝鮮動乱は、我が国に特需景気≠もたらし、経済は一気に立ちなおりはじめた。  「一ヵ月たつと物価が倍になり、お札の値打ちは半分になる」 といった時代。  「ものを作ろうにも金も資材もなく、作っても売れない」 といった時代。  それをしのいだ後に、  「作りさえすれば売れる」 という時代が到来したのである。  

町工場も企業も、設備投資と増産に走り、そしてそれがもうけにつながった。強い資金需要と好景気の中で、大蔵商事にとって有利な貸付先に不自由せず、しかも倒産とか貸倒れといったケースが少ないという経済状況は、願ってもないことであった。

担保品売りさばく東洋精光(物産)

  その中で、戸田城聖は、更に抜け目なく手を打った。  貸出し先の会社を強引に乗っとると、その会社で、大蔵商事が引きあげて来た担保流れの品を、学会員向けに売りさばくことを始めたのである。  これが「東洋精光」後の「東洋物産」であり「社長会」のメンバーで記録係の一人をつとめたとされる木村靖氏は、その社長である。  もっとも、「東洋精光」のスタート時は、社長は北条浩であった。後の四代会長であり、池田創価学会の大番頭として常に潤・Qとして君臨した人物である。

大蔵商事=池田大作、東洋精光=北条浩と、三代、四代会長がいずれも創価学会本体からではなく、外郭会社から出ていることは、まことに興味深い。  北条浩は、小田原の北条早雲の子孫で、戦前の侯爵・貴族院議員の家の長男である。海軍兵学校を卒業後、銀河≠フパイロットになり、終戦を迎えた。戦後は、一介のサラリーマンとして北陸路に勤務したりしていたが、柏原ヤスの折伏で創価学会に入った。  戸田城聖は、北条浩の家柄と人格に目をつけ、青年部発足時には、第一部隊長≠ノ任命している。このとき、池田大作は、竜年光第四部隊長の元で班長だった。

 この北条浩を東洋精光の社長にすえ、池田大作ひきいる大蔵商事と営業成績をきそわせたのである。  大蔵商事が学会員から集めた金を、高利で貸しつけ、運用する。その際生じた担保流れ品を中心に、いろいろな物品を東洋精光で、学会員に売ってもうける。  東洋精光は、学会幹部のセールスマンをつかって、学会員に、ナベ、カマなどの日用品から、電気製品にいたるまで、何でも売っていた。それも、利幅の大きい、二流、三流のブランド品であった。

 社長会記録によれば、池田大作は、この東洋精光に対して、もっともひんぱんに口出しし、実質的な社長兼営業部長の観がある。  私が中西治雄に聞いたところでは、  「戸田先生は、池田先生と北条さんに、大蔵商事と東洋精光でもうけをきそわせていました。しかし、いつも池田先生が上でした」という。  池田大作は、金融業もさることながら、物品販売にも異常な関心を示している。大蔵商事から手を引いた後は聖教新聞等の出版収入と外郭会社の物品販売が池田商法≠フ中心になる。それは、後刻、「社長会記録」の解析によって明らかにする。  要するに、東洋精光もまた、創価学会と一体不二の関係の企業であり、池田大作が葉っぱ¢ヲち信仰心≠お札にかえるための工房であった。この大蔵商事と東洋精光で、当時、創価学会の首脳は養われていた。

http://8555.teacup.com/nichirenshoshu/bbs/1417

池田氏が産声をあげたのは、1928年1月2日。現在の大田区大森北2丁目あたりだ。海苔業者、池田子之吉・一夫婦の第6子(五男)、本名・大作(のち大作と改名)として生を受けた。

頭脳も肉体も取り立てて誇るべき点のなかった池田少年は、極貧の少年・青年期を送っている。

創価学会側が出している『年譜・池田大作』(第三文明社刊、以下『年譜』と略)によれば、7歳頃から、父・子之吉がリューマチで寝込むようになり、この後、家業の海苔作りを手伝い始めたと記述されている。

兄たちの出征でますます貧しくなった池田少年は、午前2時に起床して、海で海苔張り、4時から新開配達、学校が終われば、海苔はがし、夕刊配達、夜は海苔のごみとりといった生活を送る。尋常小卒業後は、後に萩中国民学校と改称される高等小学校に進学、卒業後は、新潟鉄工所に勤務。強制疎開や空襲によるバラック住まいなど、池田家の貧困生活は子沢山だっただけに厳しかったようだ。

地元に残る数少ない小学校時代の同級生によると、

「昭和17年に萩中国民学校を卒業する時、池田君は4組にいました。彼はとにかく印象のない男だったね。勉強も目立たないし、身体も強くない。それに海苔漁師はみんな貧乏だった。彼の家はたしか分家で、生活は特に苦しかったはずです。後で創価学会会長があの池田だなんていう話になって、みんな驚いたものですよ」


戦争が終わっても、池田青年の極貧生活は変わらかった。 その貧しさは、まだ2代会長戸田城聖氏の弟子時代の池田青年が、東大の宗教学者・小口偉一氏に答えたインタビューでも窺える。


(小学校では栄養不良で三・四回も死にそこない、がんらい身体が非常に弱かったんです。終戦の年には六回目の肋膜をしていましたし、肛門性もので、耳や鼻などみんな悪く、血痰がでてたんです。(略)

三年目の八月に戸田さんの出版に小僧から入りました。信用組合にも入っていたんですが、給与もなく乞食同然で苦しくてしかたなかったんです。(略)信仰しなかったならば二三くらいで死んだだろうといわれています)

(56年・『新心理学講座4宗教と信仰の心理学』)

当時、池田氏が住んでいたアパート、青葉荘の元管理人(78)が述懐する。「池田さんは、ここに住んでいました。当時、アパートはコの字型に3棟ありましてね、その一つの東向きの4畳半に住んでましたよ。結核で一時期酷かったようです。祖母が熱にうなされる池田さんに薬を持っていったこともあるそうです。冬の寒い日、熱があるので、池田さんが窓を開けて、鏡だけそこから出して寝ていたこともあったと開きました。当時すでに宗教に人っていて、経を唱える声が大きくて注意したこともあったようです」

極貧の上、結核にまで侵されているのでは、その生活の悲惨さは想像を絶するものだっただろう。

ジャーナリストの溝口敦氏は、『池田大作ドキュメント 堕ちた庶民の神』で、
(ふつう新興宗教に入信する動機は、一口に病・貧・争といわれるが、池田はそのすべてを体験したわけである>と指摘しているが、池田氏の特異な人間性は、こういったどん底の環境の中で形づくられたと思われる。

先の『年譜』は、池田氏と創価学会の出会いを以下のように記している。
(47年(19歳) 8月14日 小学校時代の同級生に誘われ、創価学会の座談会に、「協友会」の友人二人を伴って出席(蒲田・三宅ゆたか宅)。戸田城聖と出会>)

この時、池田氏は、戸田の人柄に感銘して突然立ち上がり、こう述べたという。
「先生が、青年らしく勉強し、実践してごらんと、おっしゃったことを信じて、先生について、勉強させていただきます」

さらに、即興詩を披露して感謝の意を表したことになっている。

これは、学会・池田氏の「正史」だが、池田氏の貧困からの脱出ストーリー、学会への入信、さらに現在に至るサクセス物語には、しばしば手が入れられ、美談に仕立て上げられている。実は、この戸田氏との出会いも虚偽である。

ここに登場する三宅宅での出会いを詳細に語りうる人物がいる。その家の娘・三宅妙子さんだ。三宅さんは父親が地元・蒲田の支部長を務め、しばしば自宅で座談会が開かれていた。そこには多くの信者が集った。池田青年は確かに妙子さんの姉が誘ってきた3人の小学校時代の同級生の〕人として、座談会に現れてはいる。が、「いま創価学会で言われているような、池田と戸田先生の伝説的な出会いはそこではありませんでした」と妙子さんはいう。

「『人間革命』や学会の書物には、美化された出会いが描かれていますが、その日、我が家には戸田先生はいらっしゃらなかったのです。もちろん、池田は詩も詠んでいませんでしたよ。彼は我が家に来てから、10日後に入信します。私は池田にデートに誘われ、日比谷に映画を見に行ったこともあるので、当時のことはよく覚えています。あの頃の池田は、

今に見ていて下さい、僕のこれからを見て下さい″

と、よく言っていました。上昇志向が非常に強い人でした」


金融取り立てで辣腕


創価学会に入信し、戸田と出会った池田氏は、やがて権力への階段を駆け上がっていく。

上の名刺と写真をご覧いただきたい。大蔵商事 − 現在の池田氏を語る上で、避けて通ることのできないキーワードである。当時、戸田が自分の愛人らを役員に据え、小口金融、今でいう消費者金融の大蔵商事を設立、ここでメキメキ頭角を現したのが池田氏だったのだ。池田氏は、この大蔵商事営業部長という職をきっかけに一気にそれまでの貧困から抜け出し、創価学会第3代会長への道を実き進み始めるのである。

創価学会元教学部長の原島嵩氏が振り返る。「大蔵商事というのは、今のサラ金の原型とでもいうものです。利回りがいいという売り文句で資金調達をし、それを貸し付ける。貸付先の多くは個人、会社もあったようですが、いずれにしても学会員たちでした。彼はそこで、資金調達や取立てに殊腕を振るい、やがて学会を資金面で牛耳っていったわけです」

どの世界でも、財布の紐を握るものは一番強い。

小川頼宣・創価学会本部元広報部副部長がいう。

「戸田城聖第2代会長は金の面は自分で何とかしようとして、大蔵商事など金貸しや信用金庫などを随分とやったんです。その尻拭いと言うか、酷な言い方をすれば金貸しの手代をしていたのが池田大作です。彼も当初は好きでやっていたわけではないと思うのですよ。

しかし、彼には才能があったようで、池田がここ金あるよ″という家には、見た目は貧乏な家でも必ず金があった、ということを古参の幹部から開きました。逆に門構えの立派な家の前でここはどうだ?″なんて聞いても、池田がここにはない″と言えば、その通りだったそうです」


先の池田氏の小学校時代の同級生は、大蔵商事に入った頃の池田氏をこう語る。

「昭和25年に池上でやった最初の同窓会に現れた時だったな。あの時のことは今でも忘れられない。昭和17年卒業組は今昔会という同窓会を開くんだけど、その時、池田は遅刻してきた。同窓会に顔を出したのは後にも先にもその時だけだよ。遅刻してきたのに、恩師に挨拶もせずに、どっかりと席をおろして、いきなり演説を始めたんだ。大きな声で。みんな驚いたよ。遅刻してきたのに、いきなりですからね。ひとしきり自分の話が終わったら、初めておっ先生、元気か″なんて片手をあげた。田中角栄みたいなあれだよ。目立たないだけのあの男が、いつの間にかそういう尊大さを身につけていたんだ」


大蔵商事時代の彼が、水を得た魚のごとく活き活きとし、さらに周囲が驚くほどの尊大さを身につけ始めたのは注目に値する。

やがて戸田から信頼を得た池田氏は本部の青年部を経て、参謀室長に抜擢されることになる。池田氏は後に、大蔵商事時代について、こんな発言を残している。


「大蔵商事では一番いやな仕事をした。どうしてこんないやな仕事をするのかと思った。鶴見で、まったく未開の所へ地盤をつくりながら、同時に学会員を起してきた。私は何もないところから闘った。当時は戸田先生が世界一だと云っても通用しない。本当に苦戦の連続であった」


「戸田先生は葉っぱを御札にする。本当にする。そうしなければ広宣流布は出来ない。必ずそうする。広宣流布の為ならば葉っぱを札にしてみせる、.と云う戸田先生のきょう信が今日の学会を築いた。それだけにきびしかった。学会はこの精神を忘れてはならない」

(いずれも68年2月10日の『社長会』にて)

この高利貸し時代は、あらゆる面において、今の池田氏をつくる基となったことは間違いない。

そして58年4月、肝臓と糖尿が悪化して戸田が鬼籍に入った後、池田氏は権力闘争に勝ち抜き、60年5月、第3代創価学会会長に上り詰めるのである。

池田氏はよほどこの大蔵商事時代に触れられたくないのか、先の『年譜』でも、(・50年(22歳) 11月27日 この年の秋より戸田城聖を顧問として営業を開始していた大蔵商事の営業部長となる>と、簡単な記述があるのみだ。

やはり、「消費者金融の営業部長」の肩書は、「池田博士」 にはあってはならないものなのだろう。

怨念とコンプレックス

長い長い池田氏の人生を語るにはとても紙幅が足りないが、彼の人生を振り返ると少年・青年期の貧困や病気、そして学歴へのコンプレックスや怨念が権力を手中にした途端、それまでの鬱憤を晴らすかのように一気に解き放たれたように思えてならない。

会長就任の5年後、37歳の池田会長にインタビューした評論家・高瀬広居氏の『人間革命をめざす池田大作 その思想と生き方』(65年)の一節は興味深い。
(池田会長は、モダンな本部応接室のアームチェア一にアグラをかき直すと、煙草を一服し、静かに、そして激しい語気でいった。


「私は、日本の国主であり、大統領であり、精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である」


同席の大幹部数人は深く肯き、息をのんだ>

何年か前までは、拭い難いコンプレックスの只中にいた青年が、短期間にこれだけの言葉を吐くほど変貌したことに驚くのは、筆者だけではあるまい。そして同時にこの37歳という年齢で、すでに池田氏を諌める人物もいなくなったのは、学会にとってだけでなく、池田氏本人にとっても不幸なことだったに違いない。
池田氏、そしてその周囲は、その後、池田神格化″のために、滑稽なまでにあらゆる手を講じるようになるのである。

元学会幹部の解説では、

「日蓮大聖人が修行したという由緒ある千葉県の清澄寺というお寺では、寺を初めて訪ねた池田氏が、境内にある杉の大木をなでながら久しぶりだな″と呟くエピソードがあります。池田先生は700年前の日蓮大聖人の事を知っていらっしゃる。きっと大聖人の生まれ変わりに違いない、と会員に思わせるわけです。しかし、その木は実際には樹齢400年だったそうです」


また、池田氏はよく会員の前でピアノを弾くが、これも鍵盤を叩くだけで、実際には自動演奏のピアノだったり、うしろからメロディーを流しているのだそうだ。それでも女子部員たちは感激で、涙、涙なのだという。

「池田が訪れる会場周辺の花を咲かせるという古典的な演出もあります。期日に合わせ、地元の人が何週間も前からドライヤーで花の蕾を温めるのです。多くの会員が梯子を持ち出して延々とその作業を行い、見事、満開の桜を咲かせたこともあります。先生のお陰で一夜にして桜が咲いた、というわけです。

池田は見事だ。よくやったね″と満足気に言い、それを開いて会員達はまた涙を流すのです。魚など1匹もいないドブ他に事前に鯉を放流して池田に餌を撒かせ、ここには魚はいないのに、先生が餌付けすると蝕まで現れてしまった″と会員達を感激させた例もあります」(同)


冒頭にも触れた異常な勲章や博士号のコレクターぶりといい、池田氏がここまで自分を神格化する根本は一体なんなのか。

前出の原島嵩氏によれば、

「やはり根底にあるのは池田のコンプレックスでしょう。例えば、彼の学歴は富士短大中退です。しかし、20年近く経ってから、卒論を桐村という教学部の幹部に書かせてまで卒業しました。

幹部には東大卒や早慶卒なども多いのですが、彼らを前にして お前たち、馬鹿だろう″などといってははい″と答えさせ、悦にいっていましたね。

最高学府を出た人たちをひれ伏させることに彼は喜びを感じるわけです。そしてもう一つは、権力へのコンプレックスです。彼は57年の参院補選で選挙違反で逮捕(大阪事件)されたわけですが、この時に権力の恐ろしさを学び、復讐を誓い、それが今の行動につながっているのだと思います」


こうして独裁者となった池田は、折々にこんな発言を残すようになる。

「今の政治家は、やれ勲章を貰うとか、金をとるとか、また有名人は利己主義になって、自分の名だけ売って、金儲けをするとか、めちやくちやな世界であります。私ども創価学会員は、位もいらない、有名でなくともよに、大臣もいらない、また権力もいらない」

(63年8月3日付、聖教新聞)


「勝つか負けるか。やられたらやりかえせ。世間などなんだ。私は恐れなど微塵もない。勇者は私だ。(中略)反逆者には『この野郎、馬鹿野郎』でいいんだ」(埼玉指導 89年3月12日)


「2001年5月3日、広宣流布の同志を裏切った者の大罪を、厳然と天下に公表したい。(略)宗門の悪侶、学会の反逆者を書き連ね、その罪科を、血涙をもって後世に残したい。永久追放の証としたい」

(94年9月2日付、聖教新聞)


「師である私が迫害を受けている。仇を討て。言われたら言い返す。打ち返す。切り返す。叫ばなければ負けである。戸田先生も、牧口先生の仇をとると立ち上がった。私も戸田先生の仇を取るために立った。私の仇を討つのは、創価同窓の諸君だ」(96年11月3日 『創価同窓の集い』にて)


その言葉の激しさには、やはり驚嘆させられる。創価学会が持つ、敵対者への激しい憎悪や復讐心は、彼の屈折した半生から出てきたものと思わざるをえないのだ。

日本支配の欲望

「彼特有の他人や敵への異常な攻撃性というのは、持って生まれた性格の他に自身の極貧、病弱体質、能力の凡庸さへのコンプレックスからくる世間への怨念が影響していると思います」

というのは、ジャーナリストの乙骨正生氏だ。

「池田氏は口癖のように自分は戸田先生の復讐のために立ち上がった″師である自分が迫害された時は、自分の仇を討ってくれ″と言いますが、これは自分を認めようとしない世間への強い恨みに満ちたものだと思います。海外から何百という勲章をもらおうと、池田氏をよく知る日本では、静岡の富士宮市の名誉市民以外、なんの称号ももらえないのです。海外の大学から名誉教授の肩書をもらい、様々な勲章をもらって悦にいっているのは、いまだにそのコンプレックスを克服できない証拠ではないでしょうか」


宗教学者の山崎龍明氏(武蔵野大学教授)も、やはりコンプレックスをキーワードに、こう総括する。

「オウムの麻原もそうでしたが、私もやはり池田氏を考える場合にこの言葉が第一に浮かびます。大森海岸の海苔屋に生まれ、学歴もない彼が、社会的に認知されている人をコントロールできる快感を覚えたのではないでしょうか。彼らの共通点はエリートを支配することに喜びを感じることです。

池田さんは実は非常に小心で、自信のない人だと思います。自信あるリーダーというのは、相手を一方的に支配しようとはしません。気が小さいからこそ、怖いのです。

しかし、問題はそのリーダーに率いられ、肥大化した集団が信者どころか、日本全体を支配しようとしていることです。宗教、教団が持っている暴力性、.排他性、差別性というものは物凄く強い。ヨーロッパの歴史を見れば分ると思いますが、肥大化したこういう集団を動かした時には無限の力が働き、人間一人一人を蹂躙していくことは歴史が証明しています。排他、除外というものは、宗教によって美化されます。普通の組織、政治とは違った、宗教自身の持つ恐ろしさを忘れてはなりません」

http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/532.html


「池田大作の素顔」


池田氏が都合のいい時だけその名前だけを利用する二代会長の戸田氏に対しては、死の直後に池田氏が戸田氏宅に乗り込み、遺品類、古美術、など四億円相当の遺産を強制的に差し押え、葬儀に寄せられた四千万円あまりの香典さえ、遺族に渡さず、創価学会が取ってしまい、未亡人らの抗議でやっと、ほんの一部が返されただけだそうです。そのあとも色紙、メダルにいたるまですべて回収して二代会長色を一掃したそうです。自宅は、池田氏会長就任後に池田氏自身の手により売り払われたそうです。

 死んでしまえば、自分の師だった方の御遺族に対してのこの醜い鬼畜のような仕打ち。流石、池田大作ダイセンセイ。病人の布団も平気で剥ぐという高利貸しとしての経験を余すところ無く活かしきっております。(鬼畜と一緒にしたら、鬼畜に対して失礼かも)

いいずれにしても、宗教家らしからぬ池田大作ダイセンセイのその人なりをよく表している事例です。


 まあ、河岸でも御葬式の時に喪主の奥さんが創価学会員だったりすると、創価学会がハイエナのようにタカリに来るので、香典は包まずに御焼香だけすませて、後日、組合長などが皆の香典をまとめて喪主にそっと渡したりしています。

 池田大作ダイセンセイの行状ついてのエピソードとして、藤原行正氏はその著書「池田大作の素顔」の中でジャーナリストの内藤国夫氏の文章を引用しています。


〈当時、青年部参謀室長の職にあった池田大作は、会長の死の直後に時を移さず、目黒の戸田先生の家にのりこんだ。幾子未亡人をさしおいて戸田先生の遺品類や、古美術品、学会関連事業の重要書類など、四億円相当の遺産を強権的に差し押さえ、学会本部に持ち帰った。あまりにむごい什打ち、と嘆き悲しむ遺族の懇望で、後に四干万円相当の遺産が返却されたものの、大半は創価学全の所有に帰した。

 あこぎさはそれにとどまらなかった。戸円先生の葬儀に寄せられた四千万円余りの香典さえ、遺族には渡さず、創価字会が独り占め。幾子未亡人らの再三の抗議で、四十九日法要をすませてのち、ほんの一部が返されたのみ、という。

 そういうあくどいことを一方でしながら、他方で、歯の浮くように「恩帥」をあがめたてまつる。池田人作氏の人となりを示すエピソードといえよう〉
(「現代」五十五年七月号)

 同じく池田氏の人なりを表すエピソード

 旅行先での食事時が大変なのである。大広間にズラッと並んで食事している全員が自分に注目していないと池田はヘソを曲げる。よそ見したり、隣の人間と話したりしているとあとが怖い。国会議員などそれだけで、次期出馬を棒に振る可能性だってあるから、全員が声も出さず、咳払い一つせずシーンと静まり返っている。 それを見て、池田が満足そうにみんなに声をかける。

「もっと気楽にしようや」

 しかし、その言葉を真に受けたら大変だ。「この野郎っ」と睨まれる。

 驚くのは旅館の仲居さんたちだ。それはそうだろう。テレビで見かける公明党の竹入義勝や矢野絢也あたりが小学生のようにかしこまって、おとなしく箸を動かしているのだ。大広問全体に陰気な空気がただよい、ご満悦の池田一人が胸を張って、だれかれ構わず名前を呼び捨てて上機嫌なのである。

「さあ、みんな今日は飲むだけ飲んで騒こうじゃないか。無礼講だ」

池田はそういうが、本人が下戸だからテーブルにビール一、二本がせいぜい。宴会といっても池田がいる席では、酒に酔ってのバカ騒ぎは絶対禁止である。ビール一本追加注文するのにも池田の許可がいる。だれも白分からいい出すのは許されない。池田のおごりでもないのに、すべて池田の気分次第だ。池田が頷いてからやっと追加ビールがくる。そのたびに、側近のゴマすり副会長あたりが広問中に響くような大声で知らせる。

「池田先生のご配慮でビールを追加いたしました」

「いただきまあーすツ」


 大の甥がビール一本もらって全員声を揃えて最敬礼する。もちろん、学会の秋谷会長、森田理事長、公明党の大久保書記長らもその中にいる。 世間の人はこれをつくり話と受け取るかもしれない。が、創価学会、公明党とはそういう組織であり、池田は学会内部の絶対的権力者なのだ。

 もう一つ、日常的な光景を紹介しよう。題して「池田先生のお下げ渡し」である。

 池田はよく学会や公明党の幹部たちと会食する。その時、池田のテーブルにだけ十数種類の料理がズラリと並ぶ。ほかの人問の御膳にはわずかに一、二品。池田は自分のテーブルの料理におもむろに一箸つけては、その皿をほかの参会者に回すのである。そのたびにまた患部たちは揃って礼をいわねばならない。

「いただきまあーすツ」

外部の人がこの光景を目のあたりにしたら、滑稽をとおり越して異様な不気味さを感じるたろう。


 随分前に女優の杉田かおるさんが、この池田大作のことを週刊誌に書いていました:

週刊ポスト1999年9月3日号より

 1985年の春のことである。アメリカ大使館の一行が公明党機関紙である聖教新聞社を訪問するという。そこで、杉田を含む「芸術部」メンバーが迎えることとなった。 ところが、会食の席上で、杉田の耳に入ってきた池田の言葉は、おおよそ宗教とはほど遠いものだった。

「“男は嘘つきだから気をつけろ”とか、“戸田先生(故・学会2代会長)はお金儲けが下手で、苦労した。私は、26歳のとき戸田先生の下で出版業をやって成功した、もう二度と金に苦労しないと思った”などという話でした」

 食事は進み、残るは最後のデザートだけになった。テーブルには一つの皿が運ばれてきた。その皿にはメロンが載っていた。

「このメロンは天皇陛下と私しか食べられない」

 池田はメロンを指して自慢げにいった。池田のメロン好きは有名である。池田はスプーンでメロンをすくいうまそうな表情で、一口食べた。そして周りを見回していった。

「みんなに食べさせて上げよう」

 貴重なメロンである。杉田は、そんな貴重なメロンをみんなに味わわせてあげたいと思っている池田の思いやりに少し感激した。 ところが、池田は、自分の食べかけメロンの皿を横の人間に回した。そしてその人間は、同じスプーンでメロンをすくい口に運んだ。そして次へ・・・。 彼らは喜んで次々と同じスプーンを口に運んだ。 席には男性幹部や女優たちがいた。中には、スプーンをしゃぶるようにする中年の幹部もいた。嫌悪感が背筋を走った。

 だが、そう感じているのは杉田だけのようだった。皆、嬉しそうに「美味しい」といっている。誰もスプーンを持ってきてくれと頼む人はいない。皿が、だんだんと杉田の席に近づいて来る……。

「無意識に顔を顰めて“食べたくない”という顔をしていたのかもしれません。隣に座っていた婦人幹部から睨みつけられました」

 メロンの皿は、杉田の隣まで来た。メロンの大部分はすでに削り取られており、どろりと汁が皿にこぼれていた。 そして皿は杉田の前に回ってきた。池田以下、テーブルを囲んでいた人々の視線を感じた。杉田は覚悟を決めた。なるべく少なくメロンを削りスプーンに載せた。しかし、力を入れすぎたのか、結構の量がスプーンに載っていた。一瞬目をつぶって、口の中に入れた。なるべく味わわないように飲み込んだ。

 池田は自分が食べた後、残りを周囲の幹部に回す習癖を持っている。忠誠心を試しているともいわれるが、幹部たちはこれを“お下げ渡し”と呼ぶ。


 時は、それからしばらく下る。場所は、信濃町の学会本部近くのレストラン。学会御用達の店の一つである。杉田たちが池田と会食する機会が巡ってきた。 その場には、杉田などの芸術部員のほか、学会顧問弁護士や女子事務員、それに副会長たちが席を埋めていた。出席者が揃ったところで、池田が顔を見せた。 席についた池田は、テーブルをぐるりと見回し、まずは杉田たちの芸術部員の方を向いていった。

「今日は誰が来ているの。ああ、芸術部員ね、華やかだね、綺麗だね」

 そして、体の向きを変えた。

「こちらは? 弁護士? 秘書? ああ、弁護士など人間の最低の境涯ね。でも、本気で修行すれば、来世はもっといい者に生まれ変わるからね」

 また向きを変えた。 「こっちは副会長か、バカどもの集まりね、はい、では食事をしましょう」

 池田のそうした態度に対して、愛想笑いをしている側近幹部たち。杉田はとても笑顔を作ることができなかった。

「もう、学会との関係は断ち切ろうと決断しました。信仰というのは、個人の問題。信仰を捨てようとは思いませんが、学会から離れて自分を見直したい、そう考えたのです」


 確か、同様の事があの佐高信氏とテリー伊藤氏が書いた「お笑い創価学会」にも出ていました。こちらはクリームソーダだったとおもいます。同じく、創価大学では飲み残しの水を「お下げ渡し」する場面も書かれていました。


http://www.tamanegiya.com/ikedabutanosyoutai.html
http://www.tamanegiya.com/osagewatasi.html

            ̄~^ヽ、;ヽ;;;;ヽ;:ヽ
           '~" ̄ヽヽ;i;;;i;;;;i;;;;i   
              ノ:ノ::ノ;/;;;;;i;;i 池田先生 …ああ…あああ…いや? いや? ダメぇ!
        __,,,,,,,,,,,___/:/;/:/;;i::ノ/
  /^~"´ ̄-‐‐‐'''"´/:/;ノ;;;;ノ://
 /::::::/:::::::_,,,、---‐‐'''`~,、-''/::/
/:::/:-‐''''"~~::::::::;;;;-、,,,,、-,,、-‐ヽ,,_                 _、-、_
;/;;'`"~、-''''''~^'''''ー-、_,,i:i、  ヽ`ヽ、;ヽ、,,,ノ.   /"´ ̄~''ヽ. ,.. ‐"`'ー-''`''-、
;;;/~":、---、___/´ ,,i:'''  ::   ヽ. ヽ.`'''"´  /´    :::..,/        .:::ヽ
;;;;;'''''^~~~~^'''''/ー-  ';、 :::    `  ヽ`''ー-,,,i_    -‐''"          ::::::::;i、,
;;;、;;;`''ー-,,,,,,,,,,,,,,_,,,,,、_   ''       ',::::    `'ー            .:::::::::;/:: ヽ、
;;;ヽ、ー、;;ー-、,,,,,,,、-‐''"    .;´ ̄`,   ',::::,,,,、-    _、           ''~     ''ー
:::::ー、ヽ、,,''ー-ヽ.''''",.,;' "^' 'ー-‐'' . _、-'''''"´    "       ヽ     ::
:::ヽ、`''ー-、ー-、'ヽ"、i;.     ヽ /"     .::..   '::,,:ヽ.     i     :::::
、::ヽ;;ヽ、:ー-、,,,,,、.ヽ ';''   ノノノ/;/      ..:: ::::  ヽ,,,ノ     ':::    :::
ヽ,,_::''‐、,,,,''ー-''ー-"''/~'"''"/:/::      ::、::: ::::..     ..:.::::::::"     :::::::::
  ヽ

すべての女性から慕われる池田大作先生のお姿


羨まし過ぎるけどこれ本当?


池田大作率いる創価学会が、その本家本元である日蓮正宗宗門から破門されて以来、すでに三年目を迎える。

その間、日蓮正宗を憎悪する学会では、日蓮正宗の管長である阿部日顕上人はじめ、同宗の高僧や有力信徒らに対し、「よくぞ、ここまで」というほど、さまざまなスキャンダルを材料に、名誉毀損に当たる中傷記事や怪文書を作成しては攻撃し続けてきた。しかも創価学会側では、どうやら、宗門は裁判の煩わしさから、これらの名誉毀損事件を告訴(もしくは提訴)してこないだろう_との見通しを持っていたと見えて、

 機関紙上に「日顕側がどこまでも学会報道を虚偽と言い張るのであれば、行き着くところは、名誉毀損を巡る裁判しかあるまい。日顕が堂々と裁判所で自分の"潔自"を証明し、学会報道のどこがウソなのか、主張すればよい」「この恥ずべき事件は、日顕という最低男の正体を余すところなく示しております。これが、全人類を幸福に導く偉大な宗教の頂点に立つキングであっていいのでしょうか。もしも、この記事が虚偽、デッチ上げだと主張するなら、名誉毀損で訴え、法廷で堂々と争い、身の潔自を証明すべきです。それができないのであれぱ、残された道はただ一つ、『退座』の二字のみです」等々とブチ上げてきたのである。

 ところが日蓮正宗側では、これらのいわれなき誹謗中傷を打ち払うべく、じっくりと調査や証拠収集を重ねた上で、相次ぎ法的措置に踏み切った!その代表的なものが、いわゆる偽造写真事件(※学会が写真を合成したり変造して、"日顕上人が芸者と邪淫・淫乱にぷけっていた"などという提造報道を行なった事件)であり、シアトル事件(※学会が"日顕上人は三十年前にシアトルで売春婦とトラブルを起こした"と報道したもので、すでにロスにおける裁判では学会側が敗訴した事件)である。

この他にも、学会から怪文書攻撃を受けた宗門信徒が学会幹部ら十数名を名誉毀損で訴えた事件_等々誹諸中傷を浴びせていた時のカラ元気はどこへやら、一転、被告人となってしまった創価学会であるが、ここで、どうしても忘れることのできない問題が、もう一つある。       

学会の支配者・池田大作自らの膨大なスキャンダル間題である。池田のスキャンダルといえば、それを報じた『月刊ペン」に対する名誉毀損の裁判が記憶に蘇ってくるが、池田創価学会が名誉毀損で訴えたのは、わずかにこの一件だけ。しかも、その顛未はといえば、原告側である学会が、陰で、被告の『月刊ペン』社に三千万円もの大金を支払ったり、結果として、池田スキャンダルは立証できなかったものの、"そうとうに疑わしい"旨の判決が出るなど_真っ黒に近い灰色であった。                                      それ以外に、各マスコミ等で大々的に報じられてきたスキャンダルについては、まったく訴えることすらできず、沈黙を決め込んでしまっているが、それこそ、「これらの恥ずべき事件は、池田という最低 男の正体を余すところなく示している。これが、"世界の指導者・広布の最高指揮者・宗教界の王者"などであっていいのだろうか。もしも、これらの報道を、池田側がどこまでも虚偽・デッチ上げだと言い張るのなら、これらを名誉毀損で訴え、法廷で堂々と争い、自分の潔自を証明すべきであった!それができなかった以上、池田は、これらの報道が事実であったと認めたことになる」本書は、これら、池田大作が暗黙のうちに「事実と認めた」数々のスキャンダル報道を、"池田大作「破廉恥行状記」"として、一冊に収録してみた。

池田は昭和三年生まれ、老体となりつつあるばかりか、糖尿病も患っているそうだから、今後は女性スキャンダルもあまり聞かれなくなるかもしれない。                  
その意味でも、池田がいかなる行状をなしてきたのか、一冊にまとめて記録に残すことには、大きな意義があるものと考えられるのである。

 また、本書を読むと、昨今、学会が日蓮正宗を攻撃してきたスキャンダル報道や怪文書の中味、表現が、ほとんビ、池田に対する世間からの非難・指弾を、ただ相手を変えて浴びせてきたものにすぎない、ということがわかる。

 つまり、池田大作を絶対無謬の存在として崇める創価学会が、悔やしまぎれの意趣返しの心理で、日蓮正宗に低俗攻撃を仕掛けてきたことが歴然としているのである。そうした、学会の手口を知る上でも、本書の刊行には意義があるも少々長くなったが、本書刊行にご協力くださった皆様方に御礼を申し上げ、「まえがき」に替える次第である。

http://www.toride.org/hrenti/hremae.html

1.池田大作乱行の動機


例の"三畳間証言"の小沢ヨネも、池田からミカンの食べかけと、ビールの飲みさしのお下げ渡しを受けるよう強制されている。(中略)池田の女性醜聞もお下げ渡しと同様、考え方として二分類できるのではないか。

一つは相手の女性が心から名誉と考え、女性の方から積極的に近づく場含である。(中略)現に中年の一女性学会員は、こう放言してはばからなかった。「仏様に抱かれるなら、結構なことじやない。ふつうの男に傷ものにされてから嬢ぐより、どんなにいいことか。」ここにいう仏様とは池田のことである。

もう一つは、池田が忠誠心を試す場合である。まず迫って、その女性がイエスかノーか試される。次いで女性が独身なら、池田の手のついたその女性を妄ることを求められる男性が試される。飲食物に似た文字通りのお下げ渡しである。

女性に夫がいるなら、夫が、お手付き後でもその女性を大事にするかどうか試される。これはトウガラシを、目に火の玉カが飛ぶほど掛けられたウドンに似ている。夫には苛烈な体験である。《『創価王国の野望』103頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre1.html


2.池田の手口と、女性信徒の信心利用して造った「奥の院」


 池田は、女子部大幹部たちや本部の女子職員に、身の回りの世話をやらせた。亭主持ちも独身も関係ない。相手はとにかく別格の会長先生。女性の側の気持ちは純粋である。不純なのは池田大作だけだ。

 最初は背広をかけさせる程度の用をいいつけ、狙らった相手の表情をうかがいながら肩を揉ませ、裸の胸をさすらせる。これが池田の女性攻略の手口である。

 若い頃からそうだったが、池田大作は他人から軽蔑されることを極度に恐れる。だから女性の場合も、目的を遂げられる相手かどうかを、用心深く見極める。その見極めのつかないうちは、実際行動には出ない。創価学会三代会長という立場を利用して、憤重に策謀をめぐらし、だんだん屈服させていく手を使うのだ。

 この手で、三十才前後から女性学会員を相手に醜い欲望を満足させてきたのが、池田大作という男である。(中略)このように、気に入った女性に目をつけると、家族ぐるみ創価学会職員としてかかえこみ、第一庶務や女子部幹部にとり立てる。そして多少あきてくると側近幹部に下げわたし、それでも気がむけば呼びつけて、身辺の世話をさせる。その夫は議員にしたり、幹部にして取り立てる、というのが池田のやり方なのである。

世間の人たちには、単に池田個人の猟奇や好色話として映るかもしれないが、池田大作の女性関係は、欲望を充たすことであると同時に、人をして精神的に屈服させ、支配するための手段なのだ。(中略)彼女たちは池田の目にとまりたいと願い、池田との親しさを競いあい誇示する。「お手付きになりたい」との声まで出る始末だった。あげくに、その念願をはたした当人たちは池田会長との特別な関係をほのめかして他に威張り、周りは「いいですねぇ」と羨ましがった。いってみれぱ人気スターと熱狂的ファンの関係、世間流にいうとそうなる。そして、池田は女性会員たちの倒錯した心理を悪用し「奥の院」をつくりあげた。それが一連の下半身スキャンダルを生んだ背景だったわけである。《『池田大作の素顔』210頁〉

http://www.toride.org/hrenti/hre2.html


3.池田の〃乱行〃の仕組みと具体的手口


池田氏は風呂好きで、一日に何回も入る人で、そ の時は午後でしたが、部屋の隅に浴衣、下着の類が置かれていました。その浴衣のすそに、赤い紅のようなものがついているのが見えました。女性の名前は出しません。

 そのあと、下へおりてからU現副会長が、私に「おい、見たか、見たか」と非常に興奮していうのです。私は、「いったい、なんのこと?」と聞くと、「赤い紅がついていたろう。あれは口紅なんだ」といいました。それで私も「あれは確かに血ではない、紅だ」と思いました。私は当時、結婚はしていましたが、そういうことはうぷで、フェラチオも知りませんでした。Uさんは、不良出身で、「あれはフェラチオだ。前からあんなふうなことやっているんだ」といい、私が「まさか」というと、「いや本当なんだ」といって、十数名の女性の名前をあげました。

 そして、第一庶務には、いわゆる第一庶務と、本当の第一庶務がある。本当の第一庶務とは、池田大作と肉体関係のある人たち。いわゆる第一庶務は肉体関係のない人たちで、特別施設などへ池田氏が行く場含、本当の第一庶務の人に、いわゆる第一庶務の人を組み合わせてカムフラージュしているのだ、ということをいいました。

 第三に、池田先生はここ十年間、暴力団の襲撃を防ぐために家に帰らないといっているが、本当は地方の各地にそれぞれの女性がいる。

 第四に、女性に胸のあたりをさすらせ、次いで腰をもませ、さらに男性の重要な部分を握らせて、そうして(心理的に)乗り越えさせるのだ、と、以上のことをUは話しました。「元創価学会教学部長・原鳥嵩氏の証言」《『池田大作の素顔」132頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre3.html

4.妾を認め、超絶的オスとして振る舞い、男性幹部を屈服


 池田の私生活も、私人的な言動も、創価学会=旧公明党の首領であるという自意識から、けっして離れられなかった。彼は戸田の率直さだけは受け継がずに圧殺し、自ら立てた浅ハカな大義名分によって厚化粧した。

 彼は女性との関係に関しては、

 「法治国の国民としては、それ(一夫一婦制)に従うべきだ。ただし_ただしですよ、(笑い)_もし、それだけの理由と力があって、しかも誰にも迷惑をかけないという場合には、一夫一婦制の枠外の行為でも私は男性として認めます」(『宝石』44年1月号掲載)との、まことに融通無礙の見解を持ち、今ではそれを実地に試みたと報じられている。

 『週刊新潮』(五十五年六月十二日号)によれば、池田と〃ただならぬ間柄〃の女牲は、公明党参議院議員・Wさん、中国担当副会長・U氏の夫人、創価大学図書館長Yの夫人、第一庶務の女性たち、東海研修道場の女子職員、山陰地方のある幹部の夫人、と多数に上っている(創価学会は同誌に対し55年6月5日、記事の即時全面取り消しを求め抗議したが、同誌は6月19日号で逆に「当誌を〈誹謗・中傷〉する目的で書かれた〈許し難い〉文章」だとして取り消しを拒否、その後、現在=56年4月=に至るまで同誌記事は黙認されている。中略)池田に信仰者の慎しみは無縁である。彼はおそらく平均的な成人男子以上に、女性を快楽の道具とだけしか見ていず、会内における彼の超絶的な権力者の地位を、超絶的なオスの位置にもスライドさせて、一部女性会員に臨んだ形跡がある。

そればかりか彼は、妻との情交をその夫に承認させることで、幹部会員の全生活面に及ぶ権力を確認すると同時に、その夫たる幹部の自尊心をくじき、人間性を損ない、自立的な判断を放棄させて池田の命令に絶対服従する人間に造りかえることにも用いたとみられる。池田の行ないはうじゃじゃけたものとはいえ、夫たる会員にとっては極限状況的な試練なのだった。

ちょうど一睡もさせずに総括して人間改造を図る訓練法のように、彼には己の性器を幹部の「人問革命」に用いたことが疑われる。《『堕ちた庶民の神』237頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre4.html

5.欲望は女性会員に向け、芸者には言葉だけで止どめる


池田はせいぜいのところ、三菱銀行の宴席に侍る芸者には、

「"お前気に入ったから、身請けしてやろう"とか"外国に連れていってやろう"とか"ダイヤを貰ってやる"とか"マンション買ってやろう"なんてカンタンに」

(石井孝子談、「週刊新潮」昭和45年4月18日)いい、もっぱら(※芸者に対しては)言葉の浮気に控えていたようである。もっとも彼は、会内での気散じには不足しなかったようで、好きこのんで外に危倹を求めるまでもなかったのかもしれないし、また芸者は彼の好みでもなかつた。


《『池田大作権力者の構造』245頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre5.html


6.温泉つき熱海研修所の女王・OS子の場合


学会の東海研修所道場(熱海研修所)で管理人を務めるカップル。といっても、並の管理人夫婦ではない。妻のS子は旧姓の高橋名の時から、池田に見そめられ、両親ぐるみで管理人に起用された。一着が三十万円とか四十万円もする高価なドレスを池田から買い与えられ、"熱海の女王"として孔雀のように華麗に振る舞った。

「ウチの娘にホトケ様の御手がついた」

と両親が自慢するだけでなく、本人自ら「池田先生との特別な関係」とノロケてみせる。風呂好き人間の池田は、温泉のある熱海研修所に入りびたりだった。二人の親しい仲の噂が広まるのを警戒した側近の中西治雄が、聖教新聞記者のOとS子を結婚させ、新任地の栃木県へと隔離した。

しかし、人妻となったS子のサービスが忘れられず、池田はO夫妻をともども熱海研修所の管理人として呼び戻した。夫の光明にしてみれば、屈辱的な人身御供であろう。

屈辱感を弱める狙いがあって、池田は一管理人に過ぎない光明を学会の総務、副会長に抜擢した。副会長といっても、全部で百二十五人もいるのだから、池田にとっては何の負担増にもならない人事サービス。口封じを図り、造反を防止したつもりだろう。

だが皮肉なことに、なんのキヤリアもないO副会長の誕生で、かえってスキャンダル疑惑を深めた。

そういう事情を知らずに熱海研修所に泊まったY副会長が、普通の管理人に頼む調子で布団敷きを気軽に命じたため、後で池田から怒鳴りつけられたとのエピソードもある。

O夫妻は研修所の管理人といっても、その実態は、池田の愛用する"温泉付き別荘"で、池田にのみ仕える身辺世話係である。別荘で待機するメ第二夫人モと表現した方が正確かもしれない。『スキャンダル・ウオッチング』66頁

http://www.toride.org/hrenti/hre6.html


7.温泉つき熱海研修所の女王・OS子の場合


 63年5月、創価学会は大々的な人事刷新を行ない、いっぺんに副会長が25人も新たに誕生した。この役員人事にちょっとした異変が起こった。従来、副会長は、会社でいえば取締役に当たる「学会総務」の中から、功労や序列によって任命されてきた。ところが今回、一般の幹部から総務に昇格したその日に副会長になった男がいた。O新副会長である。事情通の間では、

「ハハア、また池田の病気が出たな」

と話題になった。Oには、今回、副会長になるほどのキャリアも力量もない。その見方は衆目の一致するところであった。それでは、なぜ、学会関係者も驚く「前代未聞の二階級特進」となったのか。O夫人は、学会内では「熱海研修所の女王」といわれた、旧姓・Tさんさんである。池田大作のお気に入りとして、「月刊ペン」裁判などでも名前の出た女性だ。池田好みの容姿で、池田に見染められて、両親ぐるみ熱海研修所(後に東海研修道場と改称)の管理人として召しかかえられた。そうしておいて、熱海研修所の岩風呂つきの豪華な専用施設に、池田は入りびたりになった。

 この「女王」はアッケラカンとしたところがあって、同僚だった女子部の幹部に、池田との親しい関係を話したり、池田から贈られた高価な衣類や装身具をみせびらかしたりしたので、噂が次第に広まっていってしまったのである。やがて「創価学会会長の浮気」スクープを狙った週刊誌記者が熱海研修所のそばに張り込んだり、カメラマンが近くのクリーニング店の屋上に望遠カメラをすえつけるようになつた。そこで池田は、大蔵商事時代からの側近で、ずっと私設秘書的な仕事をやらせていたNに、対策を命じた。中西は、聖教新聞記者だったOとS子さんを結婚させて二人を新任地の栃木県へ引っ越しさせることにした。

ところが池田は、人妻の身となったS子さんに相変わらず御執心で、ほとぼりがさめると、彼女を熱海に呼び戻したのである。これには中に入ったNも周囲にボヤいた。

「せっかくうまいこと処理したのに、また呼び戻して同じことをされたんでは、なんのために苦労したのかわからない。Oも可哀想ですよ。」

彼女は、熱海の広大な「温泉付き池田別荘」ともいえる研修所で、普段は、職員を従えてクジャクのように振る舞っていた。池田がきた時は、もっぱら彼女が身の回りを世話するが、それだけが仕事で、あとは何もすることがなかったからである。もっとも、たまに池田から、箱根の専用施設に呼ばれることがあった。夜遅く、運転手をつとめる職員を呼び出して、車中で浮き浮きとはしやいでいた。これには職員も苦がり切っていたという。(中略)

 昭和56年から始まった「月刊ペン」差し戻し裁判でも、彼女のことは法廷に持ち出され、また週刊誌等でも取り上げられた。それから6年たち、隈部大蔵氏も死亡して裁判は立ち消えとなり、ほとぼりもさめたと思ったのだろう。池田は63年初めから「勝った、勝った」と騒ぎだし、O新副会長の大抜擢など、当時、苦しい思いをさせた者への論功行賞をやった。

 この男の頭には、組織を守ることより、自分の地位を固め、権力を思うままにふるえることの方が大きかった。だから池田は、私の自尊心をへし折ろうとし、プライドを捨てた部下が何でもいうことを聞くかどうか、踏み絵を繰り返すのである。

 女房でも差し出すか、それこそ逆立ちでも、三遍回ってワンと吠える犬の真似でもやって見せるような部下しか、重用しない。要するに自分の下につく者は、人間として最低のプライドまで捨てさせ、反抗の牙を完全に抜く。そうしないと安心できない。それが日本最大の宗教法人、創価学会名誉会長・池田大作の偽りのない素顔である。《『池田大作の素顔』221頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre7.html

8.子供の顔にマジックインキ塗られた吉田章子の場合


 池田が得意の絶頂期にあった昭和40年代前半、学会の第一庶務室に三人の目立つ美女がいた。Aさん、Hさん、Mさんの三人。いずれも池田好みの容姿端麗派。池田は三人を特に可愛がり、同じく池田の側用人として仕える三人の男子若手有望幹部とのカップリングを思いついた。

相手の男性は特別書籍部(池田の代作・代筆グループ)の原島嵩、桐村泰次、上田雅一の三羽烏である。原島、桐村両人は既に結婚を約束した他の女性がおり、結局、池田の思惑通りに結婚したのは、上田雅一・京子夫妻だけに終わった。桐村夫人になり損ねたHさんは学会本部職員のY氏と結婚し、Y姓となった。一躍、その名が知られたのは、マジック写真流出事件以降である。Y夫妻の間に生まれた長女を、池田は自分の子供であるかのように異常に可愛がり、学会幹部の間で、誰の子供かと噂されるようになった。そして池田が、その長女の顔にマジックインキを塗りたくって、弄んだ。

 その写真が聖教新聞社のカメラマンによって撮影され、外部に流出した。「自分の子供に何をしても構わないだろう」との池田の意図が、裁判で間題にされた。

弁護側 マジックインキを塗ったことは?

池田  あります。

弁護側 この写真のいきさつは?

池田  Yさんの家は私の家から二、三分のところにあり、この子をとても可愛がっていた。四十七年頃と思う。私が三時の休み時間に、皆がなごやかになるであろうとイタズラした。

弁護側 度がすぎるのでは?

池田 子供があんまり可愛いので。聖教新聞の前には子供がよく遊んでいた。

裁判官 誰が面白がるのですか?

池田 自分も喜ぶ。子供も大人も。


 要するに池田は、近所の学会施設に住むY夫妻とその娘を、「文句がいえるか」とばかりにいたぶったのである。Y氏は当時、「聖教」資料室長。

マジック写真流出後は創価学会の図書館長を務め、生活費支給を池田に頼る身。何をされても、文句一ついえない立場である。

             《『スキャンダル・ウオッチング』68頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre8.html

        /: : : :l : : : : : : /         V∠二ニ=-‐===ミ: : : : : : : : : : : : : : : ',
.       / : : : : l : | : l: : /- 、           ´'(二ニ=‐-/: :|: : : : : : : : : : : : : : : :'.
       ': : : : /.:|: :| : l: :'   ヽ             ´'(: :/: : i|.: : : : : : : : : : : : : : : :i
      i : : : /: :.i: :| : l i{> 、 }                 }/ : : /: : : : : :.:|: i.: : : : :. : : |
       | : : /: : :.:'.|: l八   ヽ   /         u. /: : :.〃: : : : : : :|: |: : : : : : : :.|
       | : /: : : /∧! :,' !ハ ソ  ∧、__       / / : : /.: : : : : : : :.|: |.: : : : : :. :.;
      ; /: : : /: : /V 弋リ/        ̄``丶、 /  /: :/ }.: : : :. :. :. :.|/: : : : : : : /
      {:|: : : :{/.:/´;゙\`ァ'      ⌒>( X   //.  /.: : : : : :. : /: :/: : : : :./
      {:|: : : :{: :゙ ,             ‐-ミ /,\`'く    / : : : : : : : /: :/: :/ : : ;
      /|: : : :{: l. i  _ ノ     ー-=ミ(   /    / : : : : : : : /: :/: :/.:/ : {
     ; 人: : : 、l  !  } .         丶、〕::トミ    /. : : : : : : :./ヽ/: :/: :{: : : 、
      {  \: : \'. 〈             ヾ::じヅ≫-‐ : : / : : : : / } }: : : : :{: : : : \
     |   \ : : V人         ::::::::.:.  `´ /: : : /.: : : :/ /: : : : :八: : : : : : :>
      ,       \/ ′}        ::::::::::.:../: : : /.: : : :/ ..イ: : : : : : :(\:`ー-ミく
       ',       /   ,ノ            / : : :/.: : : :/ア、 :/八: : : : : : ヽ \}  `ヽ
           ー=≦}      __ . /: :-‐=≦: : ://   `(  ` ー-ミ: : }丶、
       '.         ̄ ̄厂   \/: : /: : : : : : : /      -‐'   `ヽ   ヽ
                 /〃 丶、  /: /.: : : :. :. :./                 '.
                    { /     ;/.: : : :. :. :./                   }
.          > 、      {.    /: : : : : :\:/ /                      /
        /   \    /\__彡: :/:./{ : /.            /            /
        /       ヽ/    /:/:./ 人:{       ー一'′     {     /
     , '        , ' o     /: : /    `ヽ                      /
    ,         /       { : /        ∨               '.  ∧
   '        ′     人 {        ,′                ∨   .
  /        ;           ヽ.      ;                   '    '.
. /            i                {              U      i    '.
              |
             |                                         i
           '.                                    ′    .
       u                       }                     /        i
             ヽ:....            人               . ′      l
                 /}::::::.:..   _  . -=≦  /> .       ,..:::::::.../           l
           /' / `゙「 ̄         l   /    `     ‐-゙ 、:;_, ′          |
          /  /   |        | /           /             |
              , '     l            !/             /         U    |

9.一家ぐるみで口説かれた上田K子の場合


 池田のお手つき女と結婚したために破格の出世をした、髪結いの亭主No.1が、U氏だ。二人は池田の命令で結婚した仲。しかし、結婚後、U氏は妻との結婚生活がうまくいかず、友人によく悩みを打ち明けた。K子はもともと大手出版社に勤めていた。彼女を女子部の会合で一目みた池田は「あれを本部に入れろ。第一庶務勤務だ」と北条浩に命令。北条はさっそくK子に会い、会社をやめて本部に入るように説得した。が、会社でも大事にされていたK子は、なかなか会社をやめるといい出さない。そこで、北条は池田の指示によりK子の父に会った。「会館の管理人として家族ぐるみ一生、いや、孫子の代まで面倒を見る」と奥の手を使って口説いた。結局、一家は池田の世話になることとなった。

 やがて、彼女は池田のメガネに適ったU氏と結婚。U氏は若くして副会長、壮年部長とトントン拍子に出世した。だが、こんな夫掃の関係がうまくいくわけがなかった。結婚したあと半年間はギクシャクした関係が続いた。その頃、U氏は友人に悩みを訴えている。U氏が友人に「○○も池田先生と関係がある」と女性の名前を挙げたところ、その数は十余人に及んだ。友人は「キミの奥さんもか」とU氏に尋ねると、U氏は苦渋に満ちた顔で否定しなかつた。

K子は結婚後、第一庶務室兼白雲寮管理人になった。白雲寮は学会本部のすぐそぱにある。池田はよくこの寮を使った。U氏は昼間は本部にいて、夜遅く帰ってくる。池田は、U氏のいない間に白雲寮にやってくるのだ。U氏の悩みの一つに、自分の妻が池田の体液が付いている下着を洗濯させられることがあった。U氏は、一時は真剣に離婚を考え、友人たちに池田への恨みをぶちまけた。

 K子はその後、夫に悪いと思ったのか自分から折れて、やっと正常な夫婦関係になった。そうなった後でも、池田はK子に自分の身辺の世話をさせる。今度は、K子の方が池田に嫌気がさしてきた。

他の女性の口紅の付いたパンツを洗濯させられるのは、さすがに我慢しきれなかった。U氏にグチをこぽすようになる。

 夫婦そろって池田に嫌気がさしたことになる、この二人。今のところ、アンチ池田の旗を掲げる気配はない。結局、自分たちの生活、学会内での地位、名誉、そういったものの総てが、池田におんぶにだっこで成り立っていることを知っているからだ。池田にしてみれば、K子とは単なる男女関係であるだけではない。同時に、側近であるU氏の忠誠度を試し、プライドをへし折って自分に従わせるための、池田特有の人心操縦手段なのである。《『スキャンダル・ウオッチング』74頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre9.html

10.池田にもてあそばれ議員となった渡部M子の場合


 数ある大作スキャンダルの中でも、大作・M子の関係はやはり別格的意味合いをもつ。夫の一郎はそれを知りつつ、あえてM子と結婚した。

 そして生まれた一人息子に、名付け親の大作から、大作の次男と同じ城久の名を有難く頂戴した。「先生のお子さんと同じ名前を戴けて、私、夢を見ているような思い。幸せだわ」とM子は有頂天になったものである。

夫の一郎の心境は複雑だった。生まれた子が、自分の血を引いているのか大作の子なのか、疑っていたからである。

 お産のため入院したM子の見舞いにも行かなかったし、男児が無事誕生の知らせに接しても、喜ぶどころか、知らせの使者、M子の姉の藤原郁子にモノを投げつける荒れようであった。このおどろおどろしい話は、いずれも大作スキャンダルが表面化されるよりずっと以前のことである。

 池田はお手つき女性のお下げ渡しをする際の常套手段として、夫の一郎を衆院兵庫一区から立候補させ、すでに八回の当選を重ねる代償を与えた。そして、妻のM子にも、衆院東京一区の名門区から立候補のチャンスを与えた。

 M子は四万五千余票を集め堂々当選、ここに目出たくメオシドリ議員モが誕生した。昭和44年12月のことである。

 その後、47年の総選挙で落選すると、今度は一郎と同じ兵庫県から参院に立候補させ、当選させている。まだ、池田スキャンダルが周知の事実となる以前のこと。

 M子は池田との仲を隠すどころか、誇示してみせた。「池田先生に随順しなさい。そうすれば、私たち夫婦のようにオシドリ国会議員にもなれるのだから。」

 同じ姉妹でも、姉の郁子は先生の意に添わなかった"罰当たり"としていじめられ、妹のM子は身も心も棒げつくした模範人間として用いられる。学会内では知る人ぞ知る事実だったのである。

 ただし、噂が学会内にとどまっていれば、オシドリさんはずっと幸せだったし、夫の一郎は書記長、委員長コースを歩けたかもしれない。

 五十五年、池田スキャンダルが外部に徹底的に暴き出され、事情は一変した。

 M子は、一期限りで参院議員を辞めさせられた。党の婦人局長というポストも、婦人代表としてはイメージが悪すぎるだろうとの判断で、生活局長に左遷された。

 ダメージを受けたのは、夫の一郎も同じである。陽の当たるポストに就けば、なにかと池田スキャンダルの格好のタネにされる。後は飼い殺し、使い捨ての道が残されるだけ。《『スキャンダル・ウオッチング』77頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre10.html


11.池田にもてあそばれ議員となった渡部通子の場合


 あの裁判「月刊ペン事件」における池田の偽証工作の実態については、私の身内の証言だけで立証可能だが、ここで少し明かしておきたい事実がある。

 それはほかでもない。池田から通子(渡部・国会議員)に醜悪な誘いがあったのは本当だった。そして、もし誘いを受けた通子が池田をハネつけていたら、逆に池田のいやがらせを受けて、彼女が国会議員になる道は閉ざされていただろう、それだけはまぎれもない事実である。

 大人の男と女だ。世間によくあるような恋愛なら、第三者が口出しすべき筋合いのものではないと、私も思う。

しかし、池田大作と女性学会員とのふしだらな関係は、恋仲などと呼べる代物ではない。池田は創価学会会長という立場を利用して、人妻であれ、結婚前の独身女性であれ、見境なし。

 女性を自分の権力誇示のために弄んできただけのことなのだ。

                《『池田大作の素顔』43頁 》


http://www.toride.org/hrenti/hre11.html


12.池田にもてあそばれ議員となった渡部通子の場合


 渡部一郎も、M子と池田の仲を承知のうえでプロポ−ズしたのであり、当時、同じ部隊の幹部に再三、「俺は通子を、必ず池田から取り返してみせる」と宣言していた。だが、婚約後も、M子の気持ちは池田の方を向いていた。池田も、戸田先生やかね夫人の目を盗んで、M子と逢瀬を重ねた。二人の仲は学会内部で周知の事実であった。

                    《「池田大作の素顔」199頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre12.html


13.池田にもてあそばれ議員となった渡部M子の場合


 渡部M子が池田の裸の胸をさすっている現場へ行き合わせたことがある。創価学会が日本共産党との間に協定締結をした時期だから、昭和49年暮れだった。その時、池田は私の顔色をうかがいつつ弁解した。

「いや、藤原君、オレね、気管支が悪くて胸が痛いんだけど、M子がさすってくれると不思議に治るんだけど。だから、つい頼んじゃうんだよなあ。」

                   《「池田大作の素顔」225頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre13.html

14.スプーンでメロンを「アーン」の多田T子の場合


 T子は女子部時代、池田と特別の仲だった。池田の泊まる先々で池田の脇腹をさすったり、スプーンでメロンを食べさせたりといったことが、側近によって何十回となく目撃されている。

 S氏と結婚後も、池田と特別な関係を続けたのかどうか分からない。しかし結婚前は、デパートに池田夫人気取りで豪華な買い物にでかけたりしている。昭和四十年頃は、特に本部の女子職員の間で池田との特別な関係が取り沙汰され、羨ましがられたものである。渡部通子が月刊ペン裁判で池田の女性スキャンダルを否定する証人として出廷したのに対して、T子は出廷を断わったことで学会内では有名になった。

 当時、会長の北条浩は「T子は証人になりたがらない。T子は弱いんだ」と周囲に喋った。これは、暗に北条がT子と池田との関係を認めたことになる。T子は当時、婦人部の会合では「私は(池田との関係は)ありません。あったら、ありがたいんですけど」と発言している。

 事実を隠蔽するつもりが、逆に本心をさらけ出した格好だ。T子は現在、藤原行正の妻の郁子を、婦人部の会合でメッタクソに罵倒し続ける役目を負っている。

 悪口をいわせるのは、明らかに池田の差し金である。そのご褒美か、T子は最近、全国総合婦人部長に返り咲きを果たした。また、T子が郁子を罵倒すれぱするほど、夫の方も公明党で重用される。

         《『スキャンダル・ウオッチング』79頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre14.html


15.池田の子を中絶した笠貫由美手の場合


 旧姓をSという。S女子部長といった方が、学会内ではわかりやすい。現在は結婚し、姓が変わった。学会活動の方は相変わらずで、世田谷区の総含婦人部長をしている。

 凡人のSが女子部長になれたのは、本人に力量があったからではなく、池田の寵愛を受けた女だったからにすぎない。

 池田はよく、「由美子はバカだ、バカだ」と周囲に喋った。笠貫は、女子部時代、第一庶務室に長く務めていた。いつも池田のそばにいて、池田がいる部屋の隣で、手を前に付き、半かがみになって待機する。

 池田が「オイ!」と呼んだり、手を叩くだけで、直ちに池田の許に飛んでいく。その素早さが、池田に評価され、バカといわれても女子部長になれた所以である。


笠貫は、池田が目を真っ赤にしながら「目がいたい、目がいたい」というと、傍らに坐って本を読み聞かせたりした。読むのをつっかえると、ここでもまた「バカ」とどやされた。

 それでも、池田先生の側にいることをこよなく好んだ笠貫は、自分を罵る池田の態度などいっこうに気にしなかった。

 笠貫の女子部での活動歴は浅い。それが、たちまちにして全国女子部長になった。抜擢の背景には、池田に対する笠貫の思い入れがあるのはもちろんだが、

 池田から見れば、笠貫の「尽くしに尽くすタイプ」を側に置いておきたかったのである。やがて、笠貫は池田の子を身寵った。

 その子の中絶を手配したのが、横浜日赤で外科部長をしている、学会ドクター部幹部の森田修平だった。

 このことについては、藤原行正が、「何代か前の女子部長」という匿名の表現で、中絶の件を暴露した。池田は、それに対して過剰反応を示した。

 池田夫人・香峯子をして、笠貫の妊娠を否定するアリバイ作りに加担させたのである。

 池田夫人から婦人部の最高幹部が直接指導を受ける記事が、『聖教新聞』紙上に掲載された。このようなことは、普通では、まずありえない珍事である。 

 今年2月11日の『聖教新聞』7面には、次のようぬな笠貫の記事が載った。「優しい妻に 強い母に 力ある婦人に_これは婦人部進出にあたり、先生の奥様からいただいた指針です。」池田は、女性スキャンダルのカムフラージュに夫人まで使って恥じるところがない。

             《『スキャンダル・ウオッチング』90頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre15.html

16.「一緒に寝た」とノロケた故・S斉藤の場合


 Sさんは年に二、三度は必ず日本に出向き、池田と会う。帰国後、その特別な関係を自慢し、会合でノロケて見せる。それによって「Sさんは池田先生に近い方だ」との評判を獲得し、組織を私物化する。

 いってみれば、ミニ池田大作のブラジル版なのである。(中略)Sさんが日本から帰ってくると「先生の招待で日本へ行ってきました」と池田との特別な関係を自慢し、派手な洋服、飾り物を身にまとい、得意顔。

 側近に

「○○で一緒に過ごした」

「夜中ふと目を覚ましたら、先生が横に寝ていた」

「先生と手をつないで歩いた」

「もったいないので、先生の手を懐ろに入れてあげた」


といった類の低級なノロケ話をして悦に入ったりもする。

 だから現地では「Sさんは池田さんの妾だ」といわれる。

 そして池田さんの妾(?)が現地の学会組織を牛耳っているのだから、トラブルが続発するのは当然だ。(中略)

 また、かつてNSBには「Sにプレゼントする会」というのがあった。各支部が持ち回りで担当した。これも、長谷川重夫副会長によって推進された「池田先生直結運動」と同じものである。

           《『スキャンダル・ウオッチング』180頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre16.html

17.池田との異常な関係で離婚されたHさんの場合


 自分の手の付いた女性を他の男に分け与える。考えただけでもおぞましい行為が、今なお信仰指導の名の下に行なわれる。

 かつて、原島嵩、山崎正友らによって証言・暴露された、池田と取り巻きの側近女性の異常な関係。

 それらの女性の男性幹部へのお下げ渡し事実。Hさんという一学会婦人部幹部の二回目の結婚にまつわる騒動は、それらの事実をまた一つ裏付けることになつた。

 Hさんは昭和31年の入信。43年に34歳で本部職員となった。婦人部から学会本部に採用されるのは、異例中の異例。池田の大抜擢があったのは確かだ。Hさんには二回の結婚歴がある。その二回目の結婚でHさんは、新婚旅行から帰った翌日に早くも離縁された。いったい、何が起きたのか。

 Hさんと夫のAの結婚は五十五年、Aが五十七歳、Hさんが五十歳の時だった。Aが後に遇刊誌で告白したところによれば、結婚披露宴で挨拶をした多田省吾の祝辞が、じつに珍妙だったという。

 「池田先生が誰それと関係があるとか、いろいろ書かれていますが、相手の女性にはそれぞれ主人がいる。そんなことはあり得ませんよ。いいかげんな週刊誌が多いんです。」

 Aは、結婚披露宴のめでたい席で、どうしてそんなはしたないことをいうのかと、疑問に思った。

 騒ぎが起こったのは、一週間ほどの新婚旅行を済ませた翌日だった。妻が「池田先生に挨拶に行こう」といい出したのだ。かつて第一庶務室に勤務した経験のあるHさんは、池田が自宅にいることをしっかり確認し「今行けば、会ってくださるかもしれない」と池田家に夫を連れていった。

が、玄関口に現われた池田夫人は「主人は寝巻姿なので出られない」と、冷たくいい放ってとドアを閉ざした。

 そのまま自宅に戻ったAが「家にいるのに出てこないなんておかしいじゃないか」というと、Hさんはいきなり怒りだした。「池田先生のことを悪くいうなんて許せない」と叫びながら、手当たり次第に物を投げつける、ヒステリー状態に陥った。

 Aはこれにびっくり。こんな女とではとても一緒に暮らせないと、すぐ離婚を決意、実行に移した。これだけなら、確かに異常ではあるが、どこにでもある、単なる夫婦喧嘩に過ぎないかもしれない。

 問題は、Hさんが出ていった後しばらくしてからAに届いた、一枚の手紙だ。中身は便箋一枚の簡単なもの。週刊誌の切り抜きのような文字が貼られてあった。

 「(池田大作と関係のあった女性)七、八ニンノナカニアナタノオクサンモイマス 五月号ノシュウカンシンチョウニ、貞子ト名入リデノッテイマシタダイサクノツカイフルシヲイタダイタノデスカ」

 いったい、誰がこの手紙を出したのか、定かではない。しかし、池田がこの夫掃の新婚旅行直後の挨拶に出てこなかったのは、自分のお下げ渡し女をもらった亭主と顔を合わせる気になれなかったのではないか、とAは後に述懐している。Aは今、三人目の女性に恵まれ、平穏な日々を送っている。池田のお手つき女を黙ってもらい、心ならずも池田に平身低頭してみせる学会幹部のその後の苦悩と比べ、Aの悠々自適な生活は対照的だ。

           《『スキャンダル・ウオッチング』71頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre17.html

18.副会長が「お手つき」と告白した松岡M子の場合


M子は第一庶務出身。やはり、池田とのスキャンダルがウワサにのぽる。上田雅一副会長もかつて、友人に「M子は先生のお手つき女」と告白したことがある。(中略)資は、かなりのエリートコースを歩んでいる。

 だが、これも髪結い亭主の例を免れない。M子は結婚後も、第一庶務付きだった。あまり表面には出てこないが、「池田先生に近い女性」ということだけで、学会内では知る人ぞ知る特別な存在である。吉田章子、上田京子、そして松岡M子。言論問題が表面化し、池田が世間から隠れるようにしていた時、こういった女性たちはいつも池田のそばに侍っていた。

 今、学会内には紅梅会という婦人部人材育成グループがある。『聖教新聞』紙上にも最近、このグループの活動が報道されるようになった。

 婦人部の人材育成といっても、メンバーは第一庶務出身の婦人が殆ど。やはり、苦しい時には「お手つき女」を集めるのが池田のいつも変わらぬやり方である。         《『スキャンダル・ウオッチング』80頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre18.html

                     -――――-
                、 /        ゙:.、 ..\        
                ..*'" / / ト、     ゙:.、    \     
              -/ / /    :l ゙; ゙、        ハ:     
              / ,.イ / /    :!   ゙;      ゙;    l:     
             {/  / /{   l! l    ! ヽ  ゙、゙、  ゙、 ト    
            /   ,イ i! l {  l ! ト、__}_}  マ  \ヽ ゞ    
           /  〃./ /斗-゙;゙、 l ゙、.l `メ/}: ̄} .ハ   ヾト、 \  
           l  i! /:ト{  l__,,,ゝ、_l シ符筍ミ,イ:}  ト:}  }.}ト \ ヽ
           弋 { :{ ゝl  代豸    "~/ ,イリノ / ノ //} )) ) リ
            )人ミ、.弋トミ、  、    / {ノ /〃/ノノイ / /
               jノ} ノ代_   、.. .-乂 弋 ( {! λ(__:( / /
            γ`=彡イ } ゙ト)ト.、_     ,.ィ`ヽヽYヽヽ_゙゙)ノ弋(_
              {(__ 弋(.ζ戈ζ)ノ` ーイ,.ィ" )ノ ノソ#:`゙ヾ__ )
                        >ー - /     'i:   ! 
                  / ィ:.T/|      j    |  
                    / / / /:. ::{      |:    i    
                     i ,.-―ノ:. :.ハ     |    ..|
                 レ '{. /j/   !       !'  .  l    
                   | ,.'        |      | ..   i  
                  V       !      |    .i
                      /        |     |    .i 
                  {        |     |     |  
                     ‘.          ノ!     |   ` ヽi  
                    \._  _  /`|      ,'|      i
                     /  ̄ \    !    /       i
                      〈   / / \       /  'V    i
                 |\〈 i  / |\  /    './   .'
                   /  ハ | { ハ `´       ヽ  リ \'__
              /  /   | ! .ノ          、     \ \
              |   /    j/-‐            \       \ {
              |  /  /    {                   ヽ      V\
           __j/  {    \                '.      V{  ̄\
          /  /    ヽ       |                 '.      | >‐、\__
____厂 ̄/      }        !                  !       ヒ_  \__
____/ ̄ ̄/     i /    ヽ   /               ,'       /   V
___/    /| |    |       〉 { ` ‐- ..._    / ̄ ̄ヽ /    ,.'      `ーr_、
    /   ∧/   /       /  \      ̄'´        〈、__,.イ-- 、      }-}
_/__/ /\/ /    /  〈   /              ヽ____    > 、 ' ヽ
          / ./  /    /      {                   -、-_、    `ー(
_           ___/       ヽ ――-- .._            }-'、      \
  ヽ.  /   _/         /   \ ̄ ̄ ̄ ̄\≧‐--/\_,.  -―-'


19.結婚後も身を差し出した浅野香世子の場合


 結婚の時には池田に祝福され、結婚後には「子供を作るな」と妙な注文をつけられた学会幹部夫婦がこの人たち。(中略)K子の入信は比較的新しく昭和三十九年。四十五年にはもう女子部長になっているのだから、これは例によって何かあるハズと勘ぐられた。

 やはり、この女性も池田の寵愛を受けていたのである。結婚当時、Kは一日も早く子供を欲しがった。夫婦にとって、ごく自然な願いである。が、そんなKを池田は叱りつけた。「子供をつくるなんて、甘いことだ。女房をもっと本部に近づけなければダメだ。自分の女房と思ったら間違いだ。本部に差し上げる気持ちがなければいかん」。(中略)結婚は池田の意向一つで左右され、しかも「女房を差し出せ」といい出す始末だ。

 Kがどういう気持ちで自分の女房を差し出したかはさておき、A夫婦は池田とともに訪中したこともある。だが、夫の方はどことなく影が薄く、最近ようやく、「一二五人中の一人」の副会長になった。

           《『スキャンダル・ウオッチング』84頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre19.html

20.「池田の子を・・・」と噂されるHさんの場合


昭和50年代初め、第一庶務室長のMと部下であるHさんの不倫が持ち上がった。オフィスラブなんて、どこの会社にもあること。だが、そこは何せ、池田の目が光る第一庶務での出来事だから、大変だった。

 Hさんは池田の好みのタイプ。Mとの不倫の結果、Hさんのおなかが大きくなった。池田は激怒して、その子を堕ろさせた。

 学会副会長の原田稔は、友人に「MがHさんを妊娠させたぞ。(ドクター部の)森田修平に頼んで堕ろさせたよ」と漏らした。

 51年のことである。だが、妙なことに、その後、Hさんはまた子供を二人生んでいる。Hさんの戸籍謄本によれば、父親の名は空白のまま。彼女を知る人は、その後の彼女のやつれた姿に驚いている。

 Mは表向き、黙して語らない。しかし、身近な人間には「オレがそんなことをすると思うか」と漏らしている。じつは、この二人の子供こそ、池田とHさんとの間にできた子供とウワサされているのだ。

 とやがて、Mは第一庶務の任を解かれ、神奈川県長に転出させられた。しかし、ウワサは空気伝染するもの。今度は、神奈川の学会組織に不倫のウワサが広がった。いたたまれなくなったMは一時期、組織から行方不明になり、県長を辞任。その後も再三、行方不明になる。今は学会系外郭企業・鳳書院の重役に取まっている。重役とは名だけで、仕事は何もない。池田の私物である第一庶務の女性と関係したM、今でも池田に用いられてはいる。

これも池田のやり方。自分に歯向かってこないかぎりは、学会の恥部隠しと口封じを優先して、飼い殺しにするのである。

                 《『スキャンダル・ウオッチング』85頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre20.html


                          >     ̄ ̄ ̄ > `丶、
                          ´         (
                       ´      /              \
                            /                      ヽ
                           / / /    /     /          ヽ:   ',,,
                        ' / /    /      / //     :|      : :   ;、、
                    / |/ / :/  /     .:/ //    :|     |: :  |  、
                 /  / /    /   :/ .:/ //   / ;|     |: i  |、 |
                 |  ,′:'  :│    :/ .:/ //    : /:|: |     |: i  | 、|  
                 /   /  i  : |  |ーイ .:/      \  |: ;     | : :   |  、
              |   / / |│ :│  | /  ://  /// ̄:|メ|     |八 !|  、
                //∨|八i |  | ヒ|乂 /// イ弐示く |     :j: : : . '.
                ///: : i: : : :i i  │∠ : イ//   弋少 刈    //: : :八: :\
                /{:八: : :i/: :八: ∨|八|  |/ :j         `` /    /: : :/ ハ :  \
              /   /: :\ \ \ : : \\////  〈| .  ////// /   / : :  / } : | 、ヽ
               / : : : : \ \ \: :从⌒             ∠/ ///: / ノ.: :リ 〉: 〉
         /   人 : : :  -=ニ二 ̄}川 >、  ` ' ニつ    ∠ -匕 /´ ̄ ̄ ̄`Y: :{/: /
         {   { 厂      . : { ⌒  \  u 1 |    イ///: : : .____   人: :\/
         ':   ∨} _: : : : 二二  ))))) |  \_    -=≦⌒ く_: : /: : : : : : :_:): ///// >
              ∨} _: : : : ::::::::::::: ノ         |、((////:::::::::::////:::::::::)) ))))>
              (:::::::((:::. -‐…・・・  ´        u ` ー−-- .((((::::(((>>
             ( ;;;;;;;;;> /             ヽ  /         ヽ(( >>
.              (:::::: ,′   し            u            '.((
              ((:::i         ` ー- .   \           {   | >>
               :: |                 |        八    |:::::::>>))
              (:: |   `              しu           \  |((::::::::::>
              (: |    ヽ  ´                          \ |(::::::::)
               ((|            1    `ヽ                \::::::>
               :::|   ,′U        し   |   :.′               :.
.                  i  ′            | |   i            ..:.:::::.. 、   '.
.                 i                u   i       :.:.:r::.,.:.:.    i
                  l   i   ..:.:.::::..、          i    |    、::ゝ.:.:ノ  
                :.   i   :.:r';:):::: u         八    し          ′
                 :.     、 ゝ..:.::ノ  u        ′丶              . '
             :.      丶.       し     . '     丶.        . イ


21.池田に身も心も捧げたげた高橋Hさんの場合


旧姓・Hさん。聖教文庫制作局出身で、熱烈な池田狂。花の女子部長も経験した。池田に、身も心も棒げた彼女は、女子部時代から一貫して「結婚しない」と公言していた。夫は高橋英明。第一庶務に勤務していた。英明は学生時代からHさんにべ夕惚れで、何度となく交際を申し込むのだが、Hさんに「今はそんな時期じやないと思います」とかわされて、相手にされなかった。にもかかわらずHさんが英明の求婚を受けたのは、Hさんの両親に会ってまでの池田の一言があったからだ。結婚式の当日、集まった女子部幹部たちは「これでHさんさんが女子部からいなくなる」と涙を流す光景が見られた。

花嫁自身も、ちっとも嬉しそうな顔をしていなかつた。Hさんは女子部時代、第一庶務も兼務して、池田のそばから離れなかった。池田が「サカエ!」と呼ぶと、すぐ駆けつけ、用を果たす。女側小姓そのもの。やがては、池田の代わりに聖教新聞の記事をHさんがチェックした。「池田先生に近い」ということで周りの職員に恐れられ、本部職員もHさんには頭が上がらなかった。現在、Hさんは婦人部書記長。今の婦人部長・坂口幾代の次の婦人部長間違いなし、といわれる。英明は第一庶務兼務のSGI欧州書記長。日本とフランスの間を行ったり来たりの日々だが、日本を離れている間、妻の行状がさぞかし気懸かりなことだろう。

               《『スキャンダル・ウオッチング』87頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre21.html

22.九州の女帝として振る舞うTさんの場合


ご多分にもれず、Tさんもまた、池田大作のお手つき女の一人であった。Tさんは本当は信子だったが、池田の『人間革命』の主人公・山本伸一の伸をとってTさんと改名したほどの池田教信者。池田の威を借りて、九州では女帝のごとく振る舞っている。夫の昭二が代議士になれたのは、渡部一郎と周じく、お手付き女と知って信子と結婚した論功行賞による。可もなく不可もなしの政治家生活。本人は当然、七期、八期と定年まで代議士を続けられるものと考えていた。ところが、五十八年の総選挙の直前に、何の相談もなしに候補者を引きずり降ろされた。代わって福岡一区に舞い降りてきたのが、神崎武法。検事総長になるのを目指して、"隠れ学会員検事"の秘められたコースをひた走ってきた男だ。

同じ法曹仲間の山崎正友弁護士から「現職検事の電話盗聴事件関与」を暴露されて、検事辞職に追い込まれた。

「よろしい。それでは検事総長を指揮監督する法務大臣になれるよう、キミを国会議員にしてあげる。十万以上の学会票があり、当選が確実視される福岡一区から出たまえ。」

池田の"鶴の一声"で田中昭二が侯補を降ろされ、神崎武法が新人候補に指名された。新人ながら、神崎は十四万票を得て堂々のトップ当選。(中略)田中を降ろすにあたって、池田はTさんを九州総合婦人部長に昇格させた。九州婦人部の最高責任者に登用することで、夫婦の間のバランスをとったわけだ。昭二は愚痴の一つもいわず、女房の尻に敷かれた。(中略)Tさんは「九州の女帝」として振る舞い、男性幹部といえどもTさんの機嫌取りに汗を流す。男を尻に敷くのが、よほど好きで性に合っているらしい。                     《『スキャンダル・ウオッチング』96頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre22.html

23.夫よりも池田を愛した女王蜂・Aさんの場合


池田は常々説いてやまない。

「夫婦よりも親子の方が関係は深くて強い。そして親子よりさらに大切なのが、師弟の関係だ。」

池田のいいたいのは、夫婦や親子の情に流されるよりも師匠である私を大切にせよとの、師弟関係最優先論である。その教えを文字通り実践したのが、婦人部長のAさんである。そういう妻をもつ亭主がいかに苦労し悩むかを地で示したのが、秋山Tである。あげくに、病院で死ぬことさえ許されず学会施設に隔離され、監視されて五十九歳の呆気ない最期を迎えた。死期の近いことを悟ったTが、妻と池田とのスキャンダルを暴露するのを学会から警戒されたのである。

「池田名誉会長の専用施設で、ご本尊に見守られながら死ぬなんて、最高の栄誉。」

まことしやかな"美談"が婦人部幹部の間で伝えられたが、実際には池田スキャンダル情報の流出防止のため、死の2、3週間前に病院からムリヤリ連れ出されたのだった。

 Aさんは、夫のTよりも師匠の大作を愛し、かつ大切にした。

しかも、そのことを学会内で誇示する始末だった。池田は栄子を学会婦人部長に起用し、長い間"女王蜂""女大作"として振る舞わせた。

            《『スキャンダル・ウオッチング』25頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre23.html

24.池田をしのび、思いにふけったYさん


57年4月、中国総合婦人部長に抜擢されたYさんについては、池田が彼女に宛てたという手紙も、彼女が池田を「しのび、思いにふけった」とする文章も公表されており、関係は事実ではないかと疑っている。元四国総支部婦人部長による「寝間でのオシボリ」云々の目撃証言もあり、池田が彼女の夫である元参院議員・Y氏に

「Tさんはかわいいな。Tちやんには恩があるよ。Yさんを大事にしろよ」

といった内部文書も存在する。(中略)なお噂の女牲たちの多くが、池田との親密さを会員に語り、部外秘の文書とはいえ、幹部用の『前進』などに記していることをどう考えればよいのか。常識的には関係の明示はきわめて危険である。だが、女性幹部といえども、末端会員からは、池田との近さにおいて彼女の偉さが量られる。そのため、外向的で権力志向の強い女性の場合には、秘すことの必要性と、公表したいとの欲望の相克に常に悩む。公表しすぎれば池田の機嫌を損じる。どうしたらいいのか。(中略)思いのたけをぶちまけるやり方では、Yさんの次の文章などが好事例になるはずである。

「題目を唱えていると、時として"先生"(注・池田のこと)と思わず叫んでしまうこともあった。…先生を求め抜いていく情熱で戦っていけば、その人こそ最も先生に近い人といえるであろう。…先生のお話が聞きたい。だれでもよい、"先生にお目にかかった"と聞けば、"先生はお元気だった?どんなお話をされたか"とむしゃぶりつく思いで聞いた。そして少しでも、先生のことをしのび、思いにふけった。…

『池田先生に嫌われてるのでは…』そういう、必要以上に自分を卑下する心が、どうしても出てくる」

(『前進』44年10月号)なるほど、こうまで一方的に表現すれば、池田に迷惑をかけずにすむ。(中略)Yさんの文章に、信仰的情熱より、むしろ池田への恋情を読みとるのは難しいことではない。

                  《『創価王国の野望』107頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre24.html


25.池田の食べかけのアイスを食べた辻K子の場合


"蒲田三羽烏"の一人・T氏。昭和29年頃の序列は、T青年部長、U男子部長、池田参謀室長の順だった。(中略)T副会長は、再婚した婦人のK子さんのことでも学会内では陰口され、有名である。

旧姓を鈴切K子といい、池田のお気に入り女性の人であった。辻との結婚が決まったあとも池田は一緒に連れ歩き、人前をかまわず「K子、K子」と拝び捨てにし、クツ下をはかせたり食べかけのアイスクリームを食べさせたりして、睦まじいことを誇示した。

因みに、大橋敏雄代議士を除名処分にした統制委員長の鈴切康雄代議士はK子の実兄。学会組織内部では「妹の七光で国会議員にしてもらえた」と評判になつた。


「先生から『学会組織を利用して遊んでいるね』と厳しく指導された。この先生の一言こそが、私の一生涯の支えになった」

一鈴切から辻姓へと変わった後も「先生」への想いを捨てられないK子が学会機関紙に寄せた告白である。

             《『スキャンダル・ウオッチング』20頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre25.html

26.池田の身体の汗を拭く美人通訳・矢倉涼子の場合


どこの大学を卒業し、いつから学会員になったか、過去の経歴が誰にも分からない謎の女である。

年齢は三十五歳前後。一おそらく独身だろう」と噂される。(中略)外国人との対談では、相手が英語圏の場含、彼女が通訳を一手に引き受ける。

池田が喋らない言葉までを、その場の雰囲気に応じて臨機応変に通訳してしまう。内容のない話しかできない池田を補佐する力のある才女だ。(中略)


池田の世話、面倒をどこまで担当するかは謎であり。ただ、常に池田により添い、汗っかきの池田が洋服を脱いだ時など、ごく自然に身体の汗を拭いているのを目撃されたことはある。どこまでのサービスをするかはともかく、

「今、池田から最も寵愛を受けている妖艶な美人通訳」との評価は定まった。

          《『スキャンダル・ウオッチング』82頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre26.html

27.池田をマネて婦人会館に君臨したHさん弓子の場合


Hさんの名を有名にしたのは、なんといっても、の悪名高い新宿集団替え玉投票事件である。Hさん、この事件の中心人物の一人だった。郵便受けに放置されたままの投票入場券を抜き取り、学会組織である総ブロックの拠点に集めた。入場券の本来の持ち主の生年月日、本籍などを住民票の閲覧で確認、投票は投票日当日だと本人とかち合う危険があるため、それぞれ適当な理由をつけて不在者投票で行なったというもの。

本来なら、この事件が発覚した際、摘発の手は当然、首謀者の一人、Hさんに及ぶはずだった。

しかし、学会と党の必死のモミ消し工作の結果、摘発は末端幹部にとどまった。池田自身、『社長会全記録』の中で「新宿の選挙違反事件等は、絶対にいけない。Hさんは、アブノーマルな点が心配だから、絶対にいけない」と"きれいごと"をいっている。

 弓子は婦人部長の時代が長く続いた。弓子が婦人部長だった頃、信濃町に創価婦人会館ができた。弓子は婦人部長として、この会館の中で女帝のごとく振る舞っていた。

 全国の婦人部幹部に地方の産物を持ってこさせたり、自分の机から物が落ちるとそれを拾わせたり…。一部には「ありゃ、大作のマネだ」との話がもちあがった。《『スキャンダル・ウオッチング236頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre27.html

28.女子部特代に池田の世話をした北川M子の場合


M子は白雲寮の管理人をしていた。離婚後、その任を解かれた。

Mさんは、池田のゴーストライターの集団である聖教新聞社内の特別書籍にいた。野崎勲が全盛時代に集めた、いわゆる野崎コレクションの一人。

池田の講演の原稿などが主な代筆のジャンルだったが、川田洋一とともに大作の『生命を語る』などもMさんの代作。もともと関西の人間で、関西の学生部長だった。池田がわざわざ東京に呼び戻して特別書籍に入れ、野崎勲とともに学生部の二本柱にした。M子と結婚後、白雲寮の管理人となり、一時は池田家ファミリーの一員になりつつあったが、結局、離婚でオジャンになった。M子と池田のスキャンダルについては、その事実があるかどうかハッキリしない。彼女が女子部時代に池田の身辺の世話をし続けたことは確かである。


そのことと離婚は、何か関係があるかもしれない。自分のお手つき女を学会幹部にお下げ渡しして、その夫を管理人とか国会議員にして餌い殺しにする、池田のワンパターン的常套手段から逆類推すると、この二人のカップルもまた、と噂が広まっているのである。《『スキャンダル・ウオッチング』70頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre28.html

29.深夜、密室でマッサージしていた女性達の場合


 池田は朝に弱い男である。朝はたいてい十時過ぎまで起きてこない。やっと床を離れても寝起きが悪く、必ずグズグズいう。

 ところが、東京でも地方でも夜十時過ぎには寝室へ引っ込むのである。マッサージが好きでよく頼んだ。夜は、時に女性が一緒だった。その女性達たちは信仰熱心な婦人部幹部のケースもあれば、本部勤務の女子職員のケースもあった。大人の男女が二人で何をしているのか、おおよその想像はついたが、私は知らん顔で通した。《『池田大作の素顔』90頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre29.html

30.池田のデタラメな行状を目撃した側近の場合


池田は自分の国会喚問をなんとしても阻止するために衆参両院の七十人近い国会議員を総動員し、各党の懐柔策を命じた。(中略)池田大作は一人で逃げた。公明党議員に恥さらしなモミ消し工作を命じながら、自分は2月初旬、創価学会の箱根研修所へ逃避行を図り、同年春までその山の中に身を隠していたのである。(中略)その側についていたのが一番弟子・原島嵩教学部長(当時)ら子飼いの若手側近数人だった。

原島はのちに月刊ペン裁判の証人に立った際、逃避行時の池田のデタラメな行状について自分の目撃談を明かしている。

「45年の言論出版問題の時は、会長になってはじめての経験で(池田氏は)狂乱状態のような時もありました。時には、午前4時(ごろ)にある女性が靴下もはかないまま、私たちを呼びにきたこともございました。非常に度を失っていた時期だったので、そうした場面にも遭遇したのではないかと思っています。」

《『池田大作の素顔』130頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre30.html

31.池田の恥部を隠してきたドクター四人組の場合


学会員の医者で組織されるグループにドクター部というのがある。その中でも特に有名な四人について取りあげる。

S氏は、最近、副会長になった、ドクター部長。妻のKさんは、第一庶務出身で、池田とのスキャンダルがウワサされた人。Sの父は、東京・柳橋で開業医を経営。親子とも耳鼻咽喉科。

 佐藤玄二は潤一の弟。元学会ドクター部長。やはり耳鼻咽喉科。

M氏。副会長、前ドクター部長。元学術部長。

横浜日赤病院の外科部長であり、池田の主治医でもある。

Iさん。学会副ドクター部長。東京・大塚に新生クリニック(通称・Iさん病院)を経営。産婦人科医。池田の下半身スキャンダル隠蔽に大きく貢献。

(中略)

まず池田が、周りに医者を侍らせる際に重視することは、自らの秘密の保持に大きなウェイトを置く、という点だ。学会員に優秀な内科医・外科医がいないわけではない。ただ池田は、秘密を守れる医者、安心できる医者を選び、自分のそばに置く。産婦人科のIさんは、池田の数多くの下半身スキャンダルを常に隠し続けてぎた。Wさんも、よくIさんの病院に通ったものである。

このように、池田のみっともない秘密を隠し続けられる神経を持った医者は、そうざらにいるわけではない。世間に知られては困るトラブルの処理に、Iさんをはじめとする、口の堅い医者を当ててきたわけだ。

 Mさんも、そういった意味での貢献度は高い。第一庶務室長でありながら部下の女子職員と不倫を起こしたM・TさんとYさんが、中絶のため出向いたのも、森田のところだった。

 下ネタの他にも、池田が人目を忍んで医者を侍らせる理由がある。「病気になるのは信心がないから」と池田がおかしな指導をし続け、「病は信心不足から」と自分がいっている以上、まさか、その本人が病気がちで薬漬けだと世間に知られては、恥をかく。池田は体の強い方ではない。しょっちゆう、学会本部4階の池田専用室に医者を呼んで注射をさせる。

 池田は注射が大好きである。ただ、池田の血管は細く、また贅肉がぶ厚いため、なかなか針が血管に入らない。医者が、汗だくになった池田の腕に、針を刺そうとする。池田はいい気なもので「早くしろ、早く!」と急ぎ立てる。また、池田はしょっちゆう目の痛みを訴える。耳鼻咽喉科の佐藤を呼びつけるのだが、目の痛みに耳鼻科の医者とは、はてさて?

 明らかに、病気を世間に知られたくないためといわざるをえない。

          《『スキャンダル・ウオッチング』239頁》


http://www.toride.org/hrenti/hre31.html

32.「イメルダ夫人」と呼ばれていた池田香峯子の場合


 子育てを卒業する頃に夫婦関係が逆転し、女房の発言権が強まることは、どこの家庭でもありがちだが、池田家にあっては、この時期と夫のスキャンダル露呈とが重なった。

暴君亭主に対し、耐えに耐えてきた貞淑妻の忍耐が限界に達したのだろう。

が、今さら夫の不貞、乱行を責めても、詮ないことである。

 香峯子はその怒りを亭主に向けず、学会組織に発散させた。「創価学会の女帝・イメルダ夫人」の登場である。「先生」に加えて「奥様」が君臨するようになった。世間感覚の先生、奥様と違って、学会では「先生」「奥様」は二人とあってはならない。「先生」は名誉会長ただ一人であるのと同様に、「奥様」の称号も香峯子夫人一人だけに対し用いられる。

「奥様」は今や、女子部長、婦人部長の上に位置づけられるにとどまらず、副会長、会長を凌ぐ権威、権力をもち始めた。

 人事に口を出す程度の生易しさではない。池田一族で学会の全てを所有し、世襲制を推進しようとする点では大作以上に熱心なのが、香峯子・イメルダである。最近では表情まで権力者然とし、おとなしかった「かねちゃん」を知る人々をして、嘆き悲しませるのだ。

 夫・マルコスの国外亡命で運命が大逆転したイメルダの二の舞を、池田香峯子が踏むかどうか。長くかかっても、結論が出るだろう。

          《『スキャンダル・ウオッチング』95頁》

http://www.toride.org/hrenti/hre32.html


                                           ,. -―._====>ミ'ヽ、
                                        ,.ィ,. -‐''二 ̄  ___   `゙'(
                                         //x‐''"´ ァ‐''"´_二ニ-――=-ミ、
                                     /':/,.ィ´ / >'"/       _
                                    / / イ////,.イ ,.-‐ァ'"´ ̄,.ィ"´ ̄
                                 _z=/ :////=,/ // ̄/フTメ==、_,.イ´   _,. -‐
                               // Y /// /-ノ とテ斧ミメx、  `Х ,.ィ''"´
                                  レ'/ Y :/ /イ:/´。``':ミテメミト/ /   u  ,.ィ
                                   /´/ノ:/, ' .l{   :::::::::::ヾ(゙///      ,.l /
                      _              /// 、_リ     :::::::::::::::....     /,.ィ!
                    ,. -‐''"´  ``ヽ         /(ノ7            ,; :::::::::::..  / xく l!ノ
               ,. '"           \ ,.-‐=ァ==ァ':l/'.    __  、   ::::::::::o'´xェ;-‐''" l!/
            ,,. '"      _,.          Y  ./ ,.ィ/.とノ     ヾヽ.ヽ    ::::::::::ヾヾミメ,_,.ノl!_
           ,. '"    u  /         ヽ、(   {:l/ ./l      、 ヾ,、}    ::::::::::::.Yi芽.l-‐|
        ,. '"  _,.っ,,.__o゚ノ            ヽ`゙'ー--‐'".:::::l         ノ'       ::::::::ノ'"}lメ! ,レ
    ,. ,. -‐''"´ -::r=:、:.、  ``丶、      u     ヽ.   / .:::::::l、   ι´´   _     ::::U '゙’-ィ-/
 ,. ' イ    /::::::::::゙'':´::::::::..                ヽ./  ..:::::::::>:..、      ´u (( ̄``ヽ=ァニ二イ/,ィ
'"/     : : :: : : : : : : : : :                              `゙' ァ,.、 _  ゞ_,.-‐'ア´__ノ__ノ ノ
/                                            /´// / ̄/ / / ̄(/ //
                                    ´``ヽ、   l、:l l /  / / // //_/// ,
                     _,.:==    _____   __ `丶 \l l :/ / // ///  / /,.イ /
   ι                u'´       (ノ ̄ ̄フ‐'"´ ̄    ̄``丶 、゙ ‐- l.,l_l //l { / / l !(
            u                     ,. ィ''´               `丶、 `ヽ、Y :l l iヾ
                            /             ι       ヽ、 ヾ、 l ! !〃
                              , '         u              ....-\: ヽl / / l
、ij               ι           /                       ..:::::::::::::ヽ_j./ / l
::::ヽ、                  ,..:::::                               :::::::ヽ:(;;;':)/ /
::::::::::\               ...:::::::::::                           ...:::::::::::゙'´:! /




03. 2012年2月21日 21:10:16 : MiKEdq2F3Q

お金とアレにしか興味が無い池田大作先生を背後から操っているのは…

           / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
              //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
       r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
       __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
       〈 rク// ,′ ,'/l‖ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
    , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
  // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 U ヽ ヽ
//   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \
{_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
         ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \
      , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨
  ,.|ヽ .ヽヽ、ヽ| ,'  ,..-,, `ヽ''-''-'、 __ヾ  ,,. -‐ V"´ __ `ヽ、_ ,
r''".| ヽヽ _,.´,, ',´´        `ヽ、'   ,.. - ''"´   ``ヽ 、`ヽ、ィ
|  ,|  川ヽ、/ /ト-;:::、        u丶 '´         .....ヽ、 i  /l
| ハ  |! j/ ./::`:::::、                        .:::r::、::.ヽ レ'  |
   ヽヽヽ .、 i   : : : : : : : : : : : : u: :/   、: 。: : . . .  . : : : : : ': : : :|    k   
    ヽヽヽヽ、ヽυ : : : : : : : : : : :, :'´: : : : : :ヽ : : : : : j : : : : : : : : : : :,'r;;=;;、  \
     \\ヽ ヽ、: : : :υ: : , : : : : : : : : : : : : : : : : : ι: : : : : : : : ιl L;;;ノ    \
      | l! ヽ、ヽ、--‐ '´: : :     : : : : : : : : :`: ヽ、、_:_:_:_:.: :j'´}:::::::::::::::::...   ┌――--,
、        ヽv-、.ヽ ヽ   ,,,_   ゜        : : : : : : : : : : : :υ,' .i   ,\::::::::      /
  `ヽ 、   丿 ヽゝ,, ::' "´        . . . . . . . . . .: : : : : : : : : :/ ,'.   ' ̄ \::::r';;ヾ /
     ``ヽl. |   y \          ``''''     . :-、、: : : ,' ,'.、     ̄ ̄ :::ヾソ ,'
        ヽヽ  ト、 `` フ                 : :ヽ-く ,'  ヽ、  __    _,(,,,,,,,,,..--
: : : : : .     ヽ、|!: :`‐‐': : :                。 : : : :\ u  ,,,ι- ''"´´
: : : : : : : .      ,,,.. -- ーー-、 __             : : :,, -‐''´

要するに彼等は、世界支配中枢の手先なんです。

つまり、さまざまな謀略を仕掛ける上で「閉鎖的で・従順な」集団というものが必要なんです。それにはどうしてもカルトが一番適している、というところを世界支配中枢はわかったから、それぞれの国でそういったカルト的な組織を育成して、巨大化させて、権力を持たせてきたわけです。

それを日本においては戦後GHQそしてCIAが主導権を握って、創価学会と統一教会という2つの宗教に主としてその役割を担わせてきたと、考えていますが、ただし、その二つの宗教だけではありません。そういったCIAの息のかかった宗教というのは、例えば真光系のいくつかの教団にしてもそうだし、幸福の科学とか、そういったものもそうだと思います。

まあ、ある意味、それぞれの教団に対して統一教会が人間を送り込んで内側から支配構造を作っていく。いつのまにか支配中枢に座っている、ということで大元は実は統一教会であるという場合が多いと思います。つまり創価学会も実は統一教会の連中が入りこんで中から動かしている。

その結果として何が起きたかというと、オウム事件において統一教会だけではなく創価学会も暗躍したというのはそういう意味だったと思います。

つまり中核でおかしなことをやってる連中はみな同じ連中なんです。つまり、統一の服を着てその上に創価学会の着ぐるみを着て、さらにその上にオウム真理教の気ぐるみを着た三重なんです。十二単みたいな連中なんですね。そういう事なんです。

で、オウム信者というふうに新聞に出るけども、皮むくと創価、もう一回むくと統一教会。これが謀略に謀略を重ねた結果なんですね。

ということで、この連中は宗教というもの、閉鎖的で外に情報が洩れなく、そして非課税特権で守られているから、おかしな金の流れというものに手を染めても司直が手を出せない。というメリットを利用してるわけです。

つまり宗教は非課税特権だからこそおかしなことに手を出せる。犯罪・謀略、全て非課税特権があるからこそ出来るんです。したがって創価学会あたりに対して民主党の議員さんあたりが「宗教の非課税特権を撤廃するべきである。」ということを一言でも言ったら、公明党創価学会大騒ぎして叩きのめそうとする。

つまり彼等にとって一番のウィークポイントがここなんです。つまりこの非課税特権がなければ、宗教はいかなる謀略も出来ないんです。そして、金を集めてその金をどうしようがわからないからこそ、おかしな犯罪に金を投入することが出来るんです。麻薬にしろ保険金殺人にしろ、非課税特権があるから出来るんです。

その結果として、戦後六十数年たって、わが国は完全にこのカルト集団によって略奪されてきています。

あの〜ここに、今朝見つけたんだけど「くたばれ創価学会、お国の為に」あのこれは僕が書いたわけじゃないけれど、実に達筆だよね。というかこういうソフトがあるんだろうけれども本当にそうだ。わが国のためにはこんなのいらないよ。 

そりゃね、信者さんの大半はね、変な人じゃないの。信心してるの。でもね、ここをね、大きく2つに分けて考えなきゃいけない。

創価学会は日蓮正宗の信徒団体であって、そもそも最初は日蓮の教えを勉強したい人達がいたわけ。ところが今は、そういう人達とは別に池田教になっちゃっているわけ。池田大作という在日朝鮮人の2世が神様になっちゃってる。

つまり1つの宗教の中に2つの要素が入り込んじゃってる。これが間違いなんだ。
だいたいが教祖を神格化するというのはこれCIAの手口なんだよね。

そもそも本来は仏教団体なんだから、仏教団体として活動してくれる分には全然問題ないわけですよ。どうぞお好きになさいと。仏法、立派なもんです。ゴータマ・シッダルダ以来、人間に生きる道を教えてくれる。素晴らしいものです。

ところがそれと池田教とは全然違うもんなんだよね。で、そこのところに気がついて止めた人も一杯いる。気がついたってことは、あの〜まだ頭がちゃんと働いているっていうことだと思う。

さて、このこういう映像・画像見てもらえればだいたい分かると思う。どんなに偉そうなこと言ったって、北朝鮮の親分と手を握り合ってる親父、こんなの信用できるわけ無いじゃないよ。

この親父が、自民党の議員さんに自分のところの信者を沢山送り込んでいるんだよ何百人も、文鮮明が。北朝鮮のボスと手を握った男が自民党のボスなんですよ。こんなことが許せるんですか?

統一教会の信者さん、ここ説明してください。これをどう解釈したらいいんですか?わが国の敵じゃないんですか、北朝鮮は?わが国の人間をどんどん勝手に拉致して行方不明にしてさせて、変なミサイルを飛ばすとか飛ばさない
とか・・

今日はどうやらぶっ壊れたから飛ばないみたいだけども(笑声)そりゃまあそうでしょう。ま、その程度のレベルだと思うから。

そしてこの人、いい顔してるね(文鮮明の写真を指す)こんな人がメシアの再臨のわけないでしょう、顔見れば分かるでしょうが。これがメシアの再臨?そう信じているとしたらあなた頭がおかしいよ!この人、北朝鮮やオウムや麻薬に関わっている犯罪者ですよ。

それからまだ分からないで、いつまでたってもぐずぐず統一教会に引っ張られて搾取され拘束されている人達、可愛そうですね。早く気がついてください。
                  
それからこの三色のうちわ、韓国に行くとおみやげやさんで売ってます。で、あのWBCの野球の大会で日本と韓国が対戦する時は、チアガールの綺麗な女の子がこのうちわを持って「コリアン頑張れ」ってやります。韓国のスリーカラー、韓三色です。

この同じ色が見たかったらそのへんに一杯あります。創価学会の旗です。
創価学会の旗になぜこの色を使ったのか?つまり、池田大作さんは、自分の創価学会の信者の中のごく一握りの、コリアンを源泉に持つ人達にメッセージを与えているんです。

「創価学会はコリアンの為の宗教だよ」ということを伝えるためにわざわざこの色で3色旗を作った、というふうに私は解釈しています。

もう1つ、聖教新聞を読むと、池田大作さんの回顧録として子供の頃お父さんから

「日本人は戦争の時、韓国をいじめた。それに対して反省しなければならない」

ということを先生書いてる。そりゃ結構ですよ。で、同じ聖教新聞には「韓日友好」とか平気で書いてるわけ。日本国の宗教で、日本人のための新聞で、何で「韓日友好」なんですか?

これも同じこと。創価学会の中のコリアンのメンバーに対してメッセージを伝えてるんです。聖教新聞は「創価学会はコリアンの為の宗教なんだよ」ということを暗に伝えている。

http://blog.goo.ne.jp/candy-cats7/e/307813e14d625928891ad4b7150528ba

        { `¨⌒}
          ..>'⌒'〈
        {__,,ノ´ 、}
       {___,,ィ ,〉
           { リ'^i
           、{_,ノ
           | -‐…‥‐-  .,,_
           i: : : : : : : : : : : : :`丶、
           l: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           l: :/: : : : : : : : : : : : : : : ` 、
           |/: : : /: /: :/: : : : : : : : : : : :'.
           |:,_:_:/|:〃 /:/ : : : : : : : : : : : :
             〔_、{`刈、:|: | : : / : : : : : : : : :
           i==ミぃW|/|: :/: : _j: : : : : : : :
           :'⌒i 犲i  |/|: :_/ }: : : : : : : :
           i:....ノ }}    .ノイ}`メ:i:| : : : : : :
           |ミ    _    =ミ: :从:| :i: : : :
           l     i|{、_  '⌒i 狐\/: : : :
           |  r   ミ{:.....ノ }}i|从 : : : :
           | _   ´    `弌 ノ代:八: : : :
             〔_ `Y           '| / : : :、ト、|
           ト .`’       / /|: : : : : :
           |        . イ-イ: :|: : : : : :|
       , /   _}├‐…=≦{:! : |: :|: |: : : : : :|
     { {'⌒¨´ ̄`'く_/ 从: :|: :|: |: : : i: : :
       `て¨i≧r‐ } _/ }iW|: :∧: |: : : |ト、
      、_{'⌒¨´ ̄`ヾ     ∨八{ }:i|: : : || .
      `下≧zr‐ }}    \__ノ リ }: :リ  }
         (⌒“ ̄`Y”,    ⌒て¨}ノイ .ノ'
       、(⌒¨⌒'〈、‘,      '.
          `で下.,__}} ‘.       }、
          {」 ,リ      .≠⌒i
             i | √}     |_/    }
             i 「 }八   ´}      ノ

Q : monsekanaさん
創価学会と、オウム真理教は似たようなものなんですか?

質問日時:2010/3/21 20:55:02.

A : xoxhaxgixさん

ハイ 似たようなものです

假谷さん拉致事件では コラボしてるみたいですが。

オウムと創価学会の準軍事的関係がはじめて公的に明らかになったのは、1995年4月4日、オウム広報部長上祐史浩の外国通信記者クラブでの会見であった。上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。この部門は、噂によれば、教団の諜報省とともに、オウム施設への強制捜査を導いた仮谷拉致殺人疑惑を含む、拉致者の殺害、殺人、肉体的懲罰の責任があるという。

オウムの元創価学会員の多くは、犯行後、なぜか消えた、と上祐はつけ加えた。

上祐の情報部は、創価学会とオウムの関係について内部調査を行なったのである。これらの隠された創価学会侵入者を彼は「スパイ」と呼んだが、彼らは、もしオウム真理教が警察の攻撃を受けてきたのであれば判決のために尋問されなければならない。そして、創価学会準軍事的軍隊は、東京地下鉄毒ガス事件を、おそらくは朝鮮半島で訓練されたテロリストといっしょに組織し、着手したことがわかるし、このことは、二つの教団のあいだの致命的な仲違い――それとも創価学会が海外情報組織から恩義を受けていたということのどちらかを指し示している(創価学会は北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している)。

この消えた元創価学会員は、なぜ追及されなかったのか?
そこか事件の核心だったからである。創価がらみの事件は、警察もマスコミも深追いしない。だから、隠蔽できた


・・前科11犯の創価信者。何故免許証をオウムに貸したの?仲間だから?

そして二月二八日、目黒公証役場の事務長、假谷清志さん拉致事件が発生する。この真犯人が誰なのかは別として、一般的にはどう見てもオウム真理教が怪しい。一般の百パーセント近くがオウムを疑ったのではないだろうか。そして実際、オウム真理教の松本剛容疑者が拉致監禁に関わったと報道され、拉致に使用したレンタカーの書類から、松本剛容疑者の指紋まで出てきたのだ。このまま直に松本容疑者が逮捕されれば、すんなりオウム真理教による拉致事件が立証できただろう。だが、松本容疑者はなかなか逮捕されない。松本容疑者はレンタカーを借りるにあたって、他人の免許証使用している。で、当然ながらこの免許証の持ち主にも嫌疑がかかったのだが、どうやらこの人物は、ただひたすら松本容疑者に便宜を図っただけのようである。

便宜を図った免許証の持ち主がまた、創価学会の信者であった。そのことがますます、公安警察を悩ませたのだ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1138345871


:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::|リ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::|-j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|::::::::::::::::::::八斗‐''ナ::兀_二二..|::::::::::::|!:::::::::::::::::|^ヽ.::::::::::::.
::::::::::...         _,.  ,.≧≠¬=ミ|::::::::::::|!:::::::::::::::::|' /:::::::::::::.
:::::::::::::::.         , '´ ,ィ':;/ 、 〃,  |::::::::::::|i:::::::::::::::::j、l{::::::::::::::::
:::::::::::::::::     ,:'  / {::{Ξ :●´=  |::::::::::::||:::::::::::::::::|:} |:::::::::::::::.:  ★
:::::::::::::::::     :., 《.  Vハ , i l 、 ,ィ|::::::::::::||:::::::::::::::::|' !::::::::::::::: :
:::::::::::::::::      ::.,     ヾ:ミー-==彡''|::::::::::::||:::::::::::::::::| /::::::::::::::::: :
:::::::::::::::::            `¨¨¨´   |::::::::::::||:::::::::::::::::|'::::::::::::::::::::. :.  ★
:::::::::::::::::                 |::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
:::::::::::::::::                 |::::::::::::l!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
:::::::::::::::::                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.  ★
::::::::::::::::::.......                 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::::               /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
::::::::::::::::::___,...._           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
::::::::::......____           ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
::::::::::::::::::::::         ,. イ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::      ,... :::':   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::.......,. -‐'::::::::::::::   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.

オウム真理教を操っていた朝鮮カルト宗教


オウム真理教がロシアから大量に買い付けたと噂される自動小銃のAK47。その行方は未だに不明のままである。

麻原は主役ではなかった

「麻原によるマインドコントロールの結果、信者が暴走してもろもろの犯罪を犯した。悪いのは、麻原だ!」

という、大衆向けのわかりやすい「オウム像」を、マスコミの皆さんが、国民に押し付けてこられたわけですが、当初はそれを信じ込んだ方たちも多かったようです。しかし、事件後10年程が経過し、どうやら騙されていたと、気がつ きはじめた人たちもが増えてきたようです。(マスコミが大衆を騙したのではなく、マスコミもまたオウムの黒幕から、騙されていたのですけれど。)

オウム事件は、「麻原の個人的な犯罪」ではありませんでした。つまり、麻原は、主役ではなかったのです。主役を演じさせられていただけなのです。


オウムの背後の創価・統一・北朝鮮

オウム事件を精査していくと、オウム以外の宗教が、オウムに関与していたことに気がつきます。そのなかでも、統一教会と創価学会は、あらゆる場面で顔を出します。

どうやら、両教団とも95年あたりから、大量に信者をオウムに潜り込ませていたようです。オウムのナンバー2、早川は、統一教会の出身です。逮捕された時点でも、統一教会系の企業の社長の職にありました。そして、オウムには北朝鮮の影もちらつきます。

統一も創価も朝鮮人が主体の教団であり、朝鮮人脈が支配しています。統一の文鮮明は、北朝鮮生まれの朝鮮人ですし、あまり知られてはいませんが、創価の池田も朝鮮人二世であり、創価学会の幹部の大半は在日か帰化人です。

統一は、北朝鮮の政権中枢と直接のパイプを持っています。ピョンヤンには信者数千人が常駐して、なにやらおかしな事業に手を出しています。文鮮明は、金日成と義兄弟の間柄ですし、北のマスゲームでは、「真の愛国者」として、金日成同様に賛美を以って描かれるそうです。また、北の独裁政権に最大の援助を行ってきたのも、統一教会です。


●「麻原オウム真理教と統一教会を結ぶ点と線」

前述の「週刊現代」に載っている栗本慎一郎氏の「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」という一文で、栗本は専攻する「経済人類学」の立場から、オウム真理教を巡る一連の疑惑を解くキーワードとなるのは「北朝鮮」と断定する。「意外な事実を掴んだんです。麻原の父親は朝鮮から日本へ渡ってきた人だったんです」
この事が栗本氏の研究では大きな意味を持つ。

「朝鮮半島のキリスト教史を見ると、現地に昔からあった土俗宗教に異文化であるカトリックが侵入し、土俗宗教が危機に陥った結果、両者が融合された『危機宗教』というのがある事が分かる。この『危機宗教』の1種に、朴秦善が起こした伝道館(長老教ともいう)があった。伝道館では、信者は1カ所に集められ毛布や醤油を作って生計を立てているんですが、その収入は全て教祖に入ってしまう。この朴秦善の『集金システム』を受け継いだのが、『文鮮明』の『統一教会』なんです。

そして、オウムも朴秦善・伝道館の支流だろうと思われます。というのも、伝道館では一カ所で生活する際、信者に財産の全てを寄進させている。血分けの儀式(悪魔の儀式!忍)も『危機宗教』独特のものです。つまりオウムは、このやり方を露襲しているのです。 朴秦善・伝道館を『父』とするなら、オウム真理教と統一協会とは『兄弟』のような関係といえるでしょう」

だが、まさか北朝鮮と伝道館とは関係あるまい、と思うと、栗本氏によればそうではなかった。故・金日成の父親は「伝道館の源流ともいえる教団の信者」だった。金日成の叔父は朝鮮キリスト者連盟の中央委員長で、祖父は西欧のキリスト教信者を迫害してカルト性を加えた人物。朝鮮半島のキリスト教は反日運動の拠点であった事は有名だが、麻原が生まれた熊本は日本での明治維新後のキリスト教発祥の地。こうも色々な事が符号すると、北朝鮮・統一協会・オウム真理教は一本の線で繋がる。
 
「オウムの『反日本社会的意識』はそこに根ざしていると考えられる。決して『革命』とか解脱とかカッコイイものではない。又北朝鮮にとってオウムは、利用するだけの価値があったのではないか。麻原は3年間だけ阿含宗にいましたが、宗教法人の経営を学ぶ為の入信だろうと思います。この阿含宗から麻原が脱会するとき、統一教会から送り込まれていた人物が麻原についていったという確かな情報もある」


●オウム真理教は統一教会の仏教部か?

麻原が阿含宗を脱会した時、早川紀代秀他数人が一緒に阿含宗を辞めて、麻原に付いて行った。その中に「統一教会から送り込まれていた人物」がいたと、栗本は指摘する。平成5年の春頃、三橋はある宗教ウォッチャーと雑談して、話がオウム真理教に及んだとき、その人は、「オウムは統一教会の仏教部です」といった。その頃の三橋はオウムには全く関心がなかったが、彼が「会員や信徒が500人以上いる宗教団体には、決まって隠れ統一教会員が入っているか、入ろうとしていますよ」と言い添えた事は記憶している。

忍者のような彼等(必ずしも統一教会員とは限らないようである)は、最初は熱心な信者であり、幹部の注目を惹く。やがて抜擢されて、教団の出版部とか事業部とかに入る。いったんそこに入ったら、教祖や幹部の思惑を越えて、いろんな事をやり出す。そしてその教団はガタガタになる。前に引用した統一教会員がオウムの雑誌に投稿した記事を見れば、接近の仕方が見えようというものだ。


●ロシア、北朝鮮、韓国、日本、米国を結ぶ忍者

これまでも統一教会批判はあった。一つには、「勝共連合」に対する批判である。勝共連合は統一教会と表裏一体の組織で、文字通り”反共”が旗印だったから、左翼には不倶戴天の敵だった。統一協会とは、世界基督教統一神霊協会の略である。文鮮明が1954年に韓国で創立、その4年後に日本名・西川勝こと崔翔翊により日本に上陸した。日本で宗教法人認可になったのは、昭和39年。その会長の久保木修己が勝共連合のトップを兼ねた。 以後、統一教会や勝共連合は、文化人に、政界に食い込む。代議士の秘書には多くの統一教会員を送り込み、選挙には、統一教会・勝共連合の力を借りなければ当選しないとまでいわれる程の勢力を持った。昭和61年の衆参ダブル選挙では、130人の”勝共推進議員”が当選したと「思想新聞」(同年7月20日号)が伝えている。又、その3年後に東京で開かれた勝共連合推進国会議員の集いには、自民・民社などの国会議員232名が参加している。

1984(昭和59)年、文鮮明は米国で脱税の為有罪の判決が下り、1年余りダンベリー刑務所に収監された。その為、平成4年に来日の際は入国出来ない筈だったが、超法規的に日本に入国した。文鮮明を招待したのは6名の「北東アジアの平和を考える国会議員の会」名義だが、実際に動いたのは統一教会直系の「スパイ防止法制定促進国民議会」で、法務大臣に口をきいたのは、金丸信自民党副総裁だった。この時、文鮮明から金丸氏に巨額の(億単位の)カネが送られたという噂がある。

統一教会・勝共連合は「原理研究会」なる団体を通じて学生に食い込んだ。勝共連合や原理研学生達が、選挙運動の時の手足に駆り出される。 かっては”親泣かせ”の「原理運動」「花売り」、後には「霊感商法」「集団結婚」で有名(?)になった統一教会、勝共連合だが、原理運動、霊感商法という面での批判者はいても、幾つもの宗教団体に隠れ協会員を送り込み(或いは統一教会の脱会者と称して)破壊工作を進める裏部隊としての統一教会の活動について追究している人がいるかどうかは知らない。


●統一教会の目的は各国の愛国者を骨抜きにすること

統一教会が何の為に、とりわけ宗教団体に会員を潜らせているのか。統一教会自身が、その目的を公表するはずもない。

ここに極めて興味深い文献がある。アメリカの歴史修正学者であるF・スプリングマイヤー著『蛇の如く狡猾に』(1991年)である。 スプリングマイヤーは、色々の団体(特に最近はニューエイジ宗教)に入り込むモルモン教とよく似ている団体として統一教会を挙げ、

「如何に洗脳(マインドコントロール)してカネ集めをさせるエセ宗教をつくる事が出来るかの良い例である」

と見ている。が、次の事実は日本では知られていたかどうか。

韓国政府はロックフェラーの銀行であるチェース・マンハッタン銀行を取引先に指定した(韓国は、北朝鮮を実質的に支援している共産主義者に魂を売った!忍)。1962年10月、米国政府は同銀行の助言に従って、韓国諜報機関であるKCIA(韓国中央情報局)の局長に金鍾泌を就任させた。1962年10月、いわばCIAの出先機関であるKCIA(韓国中央情報局)の金局長が訪米した。その際に同行したのが文鮮明だった。金と文はCIAのジョン・マッコーン並びにキャロル陸軍中将と会談するのが目的だったが、この訪米でネルソン&ディヴィッド・ロックフェラーと会った。文鮮明とネルソン・ロックフェラーは、ぜひ自分達の目で『世界統一政府実現』を見届けたいと、たちまち意気投合した。

スプリングマイヤーによると、第2次世界大戦直後にロックフェラーは日本で密かにかなりの株式(又は資金)を保有していたが、その日本セクターが隠密裡に文鮮明に資金援助する事を決定したという。彼の反共十字軍は、「ロックフェラーの新世界秩序に反対する日本の愛国的保守勢力を骨抜きにする」事を使命にして動き出した。これが勝共連合だった。スプリングマイヤーは、ロックフェラーと仕事をしている弁護士が自信をもって語った事を次の様に紹介している。

「ディヴィッド&ネルソン・ロックフェラーは、熱狂的なグローバリストだ。文鮮明だって、そうだ。統一協会の目的は、ロックフェラーが世界各国をがんじがらめにしようとしている国際的なタガを、基督教にはめ込んでしまおうというのだから。このゴールに到達する為には、チェース・マンハッタンの連中は、いわゆる共和党右翼と呼ばれる愛国者達を骨抜きにしなくちゃならんのだ。よく見てご覧なさい。文鮮明がやっている事は、それなんだよ」


北朝鮮の故・金日成首席とがっちり握手をする統一教会の文鮮明教祖。北朝鮮と統一教会との関係は非常に密接だが、アメリカのユダヤ勢力も、統一教会を通じて北朝鮮への影響力を保持していると言われている。

オウムと創価学会

●オウムと統一教会を結ぶ線

オウム真理教とはいったいどんな宗教団体だったのか。一億総オウム・ウオッチャーとなった今、改めて語る必要もないと思うが、本誌なりにちょっと纏めてみよう。

 1:輪廻転生、前世、来世、地獄や天国(極楽)を信じている。
 2:超能力、あるいは神通力といった摩訶不思議な能力に憧れる。
 3:世紀末思想、終末思想を持つ。
 4:科学的、論理的思考を大切にする。
 5:一般には無価値な物を高額で売りつけ、多大なカネを得ようとする。(この無価値な物には、超能力を引き出したり、人格を高めたりする力があるとされる。)
 6:統一教会の元信者が、高い位置にいる。
 7:創価学会との関連、協力が噂される。
 8:ロシアとのコネクションに力を入れる。
 9:武装し、武力行使を考えている。
 10:自衛隊、警察、やくざといった武力集団に接近を図る。
 11:全国に支部を広げるが、最大の拠点を富士一帯に置く。
 12:女性信者が多く、また一般信者は平均して若年である。

まだあるが、とりあえず気にかかるのはこれくらいだろう。これはオウム真理教について述べたものである。ところが不思議な事に、日本中のさまざまな新興宗教団体、新興思想団体には、この十二の条件のすべて、あるいはかなりの条項があてはまるのである。逮捕された早川紀代秀(建設大臣)は、御存じのとおり元統一教会の人間である。それが阿含宗に入り込み、そこで麻原彰晃とめぐり合い、後にオウム神仙の会を作ることになったのだが、もし早川が麻原と会わなかったらば、彼は阿含宗の信者として、阿含宗を統一教会の目的通り操ることにすべてを賭けたことだろう。阿含宗には現在も統一教会の元信者が入り込んでいるが、これは阿含宗に限ったことではない。幸福の科学にも、エホバの証人にも、いや、あらゆる新興宗教団体、思想団体に、統一教会は人を送り込んでいるのだ。もちろんその中には、ほんとうに統一教会をやめた元信者もいるだろうが・・・。

この早川紀代秀は、ロシア射撃ツアーを企画したり、軍事訓練を受けたりと、非常にロシアに接近している。麻原オウムがロシアに接近しようとした最初のヒントは、恐らくはこの早川紀代秀によるものだろう。ここでちょっと、オウム真理教の歴史をざっと見てみよう。

阿含宗で麻原彰晃と早川紀代秀が運命の出会いをしたのが昭和六二年(一九八七年)、その翌年には、麻原も早川も阿含宗を飛び出してオウム神仙の会を作っている。オウム真理教と名称を変え、平成元年(一九八九年)八月には東京都から「宗教法人」の認証を受ける。この頃からすでに、山梨県上九一色村の土地を買い始めている。そして翌年、平成二年(一九九〇年)二月、麻原彰晃は「真理党」を組織し、二五名が選挙に打って出るが、惨敗する。この総選挙出馬は、早川紀代秀の案によるもので、当時は幹部の上祐史浩らが猛反対したと伝えられるが、早川が押し勝つ。この選挙惨敗によりオウム真理教は、「米びつに米一粒さえもなくなった」(元信者の話)というほどの経済的打撃を受ける。

ところが、資金ゼロのはずのオウムが、その年の五月には熊本県波野村に六ヘクタールの土地を購入。そして翌年平成三年にはロシアを訪問、エリツィン大統領の側近のロボフ氏に面会して、有名な「ロシア日本大学」構想をぶち上げる。これによりロシア政府の有力スポンサーとなった麻原彰晃は、平成四年には信者三〇〇人を引き連れてロシアを訪問、政権中枢に接触して本格的な布教活動を開始する。

さてここで問題なのは、資金ゼロのオウムがいったいどこからそのカネを持ち出したのかということである。立証はされていないが、統一教会が五〇億円を出したといわれている。だが当時、統一教会にそんなカネがあったのだろうか。

「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか−−それは、創価学会の最大の敵をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」(信頼できる事情通の話)

噂話は信頼できないかもしれない。現実にオウム真理教とロシア政府との仲を取り持った人物は、加藤六月、草川昭三、後に山口敏夫が関っている。この三人の政治家のなかで、とくに熱心だったのが草川昭三である。では、草川昭三とはどんな人物なのか。

草川昭三 昭和三年生まれ。名古屋第一工芸高卒。愛知県選出の衆議院議員。最初は民社党から出馬、後に公明党となる。当選七回。早くから在日朝鮮人の差別問題に取り組み、公明党のなかでも朝鮮半島に明るい人物とされる。オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!

創価学会と統一教会が密約を交わした関係にあることは明々白々である。この両者の接点にオウム・麻原がおり、オウムはサリン作成を実験し実行に移した可能性がある。それ以外にも、銃器・細菌兵器の研究等を進めていた。オウムは強引な信者獲得、お布施の強要によって資金を作っていったが、実際に使用された資金はそれを遙に上回る。ということは当然、創価学会あるいは統一教会から出資があったと推測されるし、さらにオウムの武装化について、創価学会・統一教会が理解していなかったとは、考えられない。オウムの施設が林立する上九一色村という所は、日蓮正宗総本山・大石寺から直線距離にして三キロの位置にある。

「当時、日蓮正宗と創価学会は激烈な宗教戦争を行なっていた。創価学会はもともと、日蓮宗を叩き潰す目的で作られた宗教団体。その創価学会が大石寺を破門された時、日蓮宗との全面戦争を考えたはずだ。オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)という見方も出てくる。

「オウム=創価+統一ではないのか?を議論していた」2チャンネルのスレッドに書き込まれた元オウム信者の述懐


927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31

こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 

創価学会員の人はたくさんおりました。
確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。

日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。

おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 

どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。


日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画も オウム松本被告の公判で明らかに
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/article1120518.html(リンク元記事消失)


オウム真理教が、日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。 これは、東京地方裁判所で行われた松本智津夫被告の公判に証人として出廷した元教団幹部、中川智正被告の証言でわかったもの。証言によると、中川被告は、松本サリン事件の前の1994年6月、遠藤誠一被告、新実智光被告とともに、静岡・富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったという。中川被告はこれについて、「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。


オウム真理教に攻撃目標とされていた日蓮正宗の総本山・大石寺。オウム真理教への創価学会の関与がなければ、大石寺を攻撃目標とすること自体、考えられない話である。

口封じの為に獄中で薬を盛られて廃人にされた麻原彰晃

獄中の麻原彰晃は糞尿を垂れ流すため、おむつを使用していると報じられている。風呂にも自力で入れず、面会中でも平気で自慰行為を行うなど、奇行が伝えられているが、いかに極悪人のカルト教祖であっても、拘置所や刑務所に入ったとたんに勝手に廃人になることはない。オウム真理教のバックにいた勢力について麻原に裁判で喋らせないために、薬を盛られて廃人にされたと考えるべきだと思う。死刑確実の極悪犯であるため、廃人になろうが発狂しようがマスコミや一般人は大して関心を払わないが、要は麻原に薬を盛れるだけの力を持った組織がオウムの背後にいたという証拠の一つであることは間違いない。

関連記事

北朝鮮の金正日総書記が死亡
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-840.html


オウム真理教の逃走犯であった平田信容疑者が、新年早々、警察に出頭してきたということで、テレビのニュースでは連日大騒ぎだが、オウム真理教の下っ端の実行犯が何人逮捕されようとも、オウム真理教の最大の闇がテレビで解明されることはないだろう。

オウム真理教の最大の闇とは、武器購入や毒ガス製造施設建設のための巨額の資金をどこが提供したのか、ということであり、資金の流れをつかまない限り、オウム事件の真相は見えてこない。ただ言えるのは、麻原彰晃に薬を盛って廃人に出来る力を持った組織がオウムの背後にいたということは間違いなく、知りすぎていた村山を在日右翼を使って刺殺した後は、廃人にした麻原を死刑台に送り込めば、全ては闇から闇へと葬り去られ、秘密は守られるという算段なのだろう。

統一教会や創価学会という二大朝鮮カルト宗教がオウムの背後にいたことは間違いなく、うっかりするとアメリカのユダヤ勢力にまで辿り着いてしまう。こんなことを麻原が裁判で証言したら大騒ぎになるわけで、裁判で証言する前に、食事に薬を混ぜられてすっかり廃人にされてしまったようである。

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-843.html

             /        /  イf它メミー-       ヽ
            /        // {い辷彡ク―- 、 \     ヽ
          /       / / >=≠=ー-   \ \ヽ _    丶
         /        ///   ′    ヽ ` 、\ヽ (      ヽ
        /        / / /  l   |   l     \  l l       |
       /        /l /  / l l|   l| |l  | |l   l ト、| |       |
       !′      / l   ′| l|   l| |l  | |ト、  | l | l >      |
      !       /  川  l| |||」|   l|`T 7 ハT | l | | |       |
      {        〈  川  |l kヘ 八   | |/,,斗=ミk j | ! |       |
     \::      ヽノ川  |l_|孑テミ\ | l〃 弋ヅ゙} ' 从 |:      |\
       ヽ       \ノ|  lヘド _ゞソ   u  U / /| j:       |\ ヽー- 、
        ヽ        ヘ  l 八 U   、       / /l  |´      {  、  ̄ ヽヽ
         \       \{  ヽ     __   u イ l| |       | \ \ }ノ
           〉、:      〔_ト   ト   ` ̄  /┼ノ |        |   ヽ l\ ヽ
          / ヽ        |  |├]>  (_|/l/  ;        /   '.| ヽ ゛、
 .        / / l | 丶       |  |ノ└       /  ∧       { | l |、  }|
        / / ハ  ヽ      ' 〃        V  ′       / l || \ ノノ
       / / / 弋  \   l  ||        ノ  /  .:..     /j:i、   ノ人  ヽ
      ´ / /   / `7⌒ヽ/ | ノ|ー-      イ ;′.:´     ヽ{i:i:i:i:ト--(ハ  }
 .     /  イ \ー ‐=彡i:i:i:i:iノ |{ l    `ヽ   |l {           .\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト、
    / / 乂  >i:i:i:i/i:i/:i:i/  い  u      八 ゝ             i:i:i:i:i:i:i:ハi:i:ハ
    { {   イ:i:i:i:i:i:i/:i:i':i:i:/    \ \_ノ)        u         l:i:i:i:i:i:i:{:i:}i:i:i:ト、
       /:i:i:i:/:i/:i:i:i:i:i/      ` ー '´                   :|i:i:i:fヾi:i〉トi:i:i:i:i〉
       {i:i:i/i:i:i/:i:i:i|:i:i:|        u                 ::c ;   |:i:i|i:}:i:l:i:i||:i:i:|/
       ヽ/i:i:i/:i:|i:i:|i:i:l{:  :::c ;              、          ∧i:||i:i:i|:i:ハi:i|
        'i:i:i:イ:i:i:|i:i:|i:i:八   `´              \        :.イ  }ハi:i|/  }iノ
       li:i:il |:i:i:|:i:i||i:{  \:       __ノ       >ー - ―f´ し   }丿
       |i:i:iハi:i:{ ノl:i:iゝ   ゝ、                   |
       人{  ヽ′      〔                    :|
                   |                    /


苫米地英人の「洗脳」秘録

http://www.youtube.com/watch?v=qgWRTfhtbEM
http://www.youtube.com/watch?v=hPOfJ0PT-gA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=4AaaR6Dksfg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=2TUSLPeV0Q4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=DH8C82U-BIM&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=lSsqyyDm24Q&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=5Y3JL5FlGkE&feature=related

新装版『CIA洗脳実験室 父は人体実験の犠牲になった』
ハービー・M・ワインスタイン/苫米地英人訳(WAVE出版、2010年)

http://www.amazon.co.jp/CIA%E6%B4%97%E8%84%B3%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%80%95%E7%88%B6%E3%81%AF%E4%BA%BA%E4%BD%93%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%AE%E7%8A%A0%E7%89%B2%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BBM-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/4925140183


アメリカ政府が隠し続けたCIA機密プロジェクト「MKウルトラ」。

試薬の処方、ショック療法、感覚遮断、強制睡眠……。

同プロジェクトは1940年代に始まり、自白薬の開発から洗脳へと発展していった。本書は洗脳の実験台にされた父親を目撃し続け、精神科医になった著者が告白する衝撃のノンフィクション。

新装刊にむけてのまえがき 苫米地 英人

 2010年3月末日、警察庁長官狙撃事件の公訴時効を迎えて、警視庁公安部は「オウム真理教のほかに犯人はいない」と異例の発表をした。といっても、私が洗脳を解いた元警察官・K氏を04年に不起訴にした時点で事件の迷宮入りは決まったようなものだった。自白も状況証拠もそろっていたのに、彼らは不起訴に持ちこんだ。K氏から情報が漏れるのを恐れていたのだろう。この事件のオウムの役割はヒットマンに過ぎず、背後に別の組織が存在する。その組織に話が及ばないようにするためどうしても、オウムの仕業で幕を閉じる必要があった。

 本書で、著者の父親が入院した病院がCIAの洗脳実験に利用されたように、オウム真理教がなにかに利用されていた大きな実験場であったことは、今でもあまり知られていない。オウム真理教にかんする事件がうやむやに終わるのは当然といえる。隠したいことがたくさんあるのだ。

麻原こと松本智津夫死刑囚にしても、本人が何かを話してしまう前に、裁判をせずにそのまま消されてしまうのではないか。知人の精神科医が麻原の医療接見の許可を取り会いに行ったが、本来四時間認められる医療接見のはずが、通常接見と同じで一時間、実際は30分ぐらいで追い出されてしまった。もちろん何も訊けなかった。麻原は脳梅毒でかなりやられてはいるけれど、精神的に崩壊はしていないから話しはできるはずだ。でも語らない。村井(秀夫・元幹部。1995年に刺殺された)のように口を封じられてしまうからだろう。上祐(史浩・元幹部)もいまだにいっさい口を割らない。

 地下鉄サリン事件では、発生直後に各国のエージェントがデータを取りに来ていた。日本以外はみんな事件を知っていた。本書で、アメリカ人であるCIAが、同じ人間ではないかのように、カナダ人に洗脳実験を施したように、欧米人にとっては日本人はただの実験材料だったのだろう。オウム自体も実験の対象であり、食事に炭素菌やLSDを混ぜられるなど、信者たちは知らぬうちに実験材料となっていた。これがオウム真理教の実態である。

http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100602/p5

オウム真理教とCIAの洗脳技術 2009年09月08日


『ウイークエンド・マガジン』のインタビューでキャメロンは精神誘導の普及促進に努めていた。この言葉を利己的な目的に利用してきて、博士はこの技法を「有益な効果をもたらす洗脳」と呼んでいた。

このインタビュー記事には、ヘッドホンをつけた若い女性の写真が一枚つけられ、何回も行った「告白」に、みずから耳を傾けているところ、という説明がつけられていた。さらに、この記事では、キャメロン博士が「改良された洗脳方法を利用することによって、神経症に悩む患者の救済を意図した大胆な考え」を提起したものとして称賛されていた。このインタビューで、博士は「洗脳を実施するプロが抱えるのと同じ問題」に直面していたが、その理由は自分が担当している患者が、「まるで共産側に捕らえられた者のように、抵抗を示す傾向があり、したがって意気阻喪させなくてはならないからである」と付け加えている。

患者がまず三日間眠りつづけさせられ、そのあとまだ人事不省にあるにもかかわらず、短時間に三十回から六十回の電気ショックを与えられ、不安感を抑制するために、強力な鎮静剤である塩酸クロルプロマジン注射液「ラーガスティル」1000ミリグラムが、各電気ショック間に注射される療法を見て、長期にわたる効果はない、とクレッグホーン博士は思っていた。

……その目的とすることこは、価値あるなんらかの情報を新たに抽出するということにより、むしろ対象を疲労させることにある。対象者が物事を思い出すことができなくなりはじめると、ひとつの話題に集中することがむずかしくなって、その結果、これまでになく強い不安感に襲われだす。最終的には、なんらかの偶発的な出来事によって、実験を中止せざるをえなくならない限り、対象者の脳は精神的にあまりにも混乱してしまって通常の対応ができなくなる。限界を超えて抑制されることもあり、他人の考えに惑わされやすくなる。その結果、逆説的なあるいは超逆説的な言葉を併発するに至り、対象者のこもる牙城は終局的に無条件に陥落することになる。

言うまでもないが、キャメロン博士の「知への意志」を誰よりも称賛したのは、ダレス CIA 長官だ。このアメリカ、カナダ両精神医学学会の会長は、アメリカの市民権を放棄していない。四年ごとにカナダからアメリカへやってきては必ず共和党に投票する。

ダレスはキャメロン博士を「真の愛国者」と呼んでいた。長官が授け得る最高の敬意の表明であった。より現実的な問題としては、博士の秘密の研究がアメリカの国内法の及ばない外国で実施されていること、それにニューヨークの人間生態学財団による CIA との関係を遮断する工作が順調に進んでいるので、CIA本部としては安心していられることをダレスとその側近は忘れなかった。仮にカナダ当局のだれかが、博士の研究所で行われたことについて疑問を持ちはじめたとしても、その震源地が CIA であることを突き止める可能性はほとんどなかったからであった。


キャメロンの実験は「実践」された。ベトコンの兵士の収容所にて。ページ=ラッセル電気ショック療法装置によって。

収容者では、CIAの精神科医は実験を継続していった。彼らが立証しようとしていたのは、「非パターン化」によって、人のイデオロギー的見解を劇的に変えることが可能であるとした、キャメロン博士が主張した見解が、果たして正しいかどうかを確かめることであった。ベトコンの捕虜が選ばれたのは、CIAの医師が「共産主義者による政治教化の典型的な例」と位置づけられていたからであった。

それから一週間後、最初に電気ショックを受けた捕虜が、さらに六十回も受けたとき、彼は死亡した。

一方、コッター博士は、「計画に従って、週に監房をひとつずつの割合で始めると、数千回の電気ショック療法」を実施することになり、忙しい夏になりそうだ、といいながら働いていた。それから三週間後、最後のベトコンの捕虜が死亡した。

ゴードン・トーマス『拷問と医者 人間の心をもてあそぶ人々』(吉本晋一郎 訳、朝日新聞社)
http://www.amazon.co.jp/%E6%8B%B7%E5%95%8F%E3%81%A8%E5%8C%BB%E8%80%85%E2%80%95%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%82%92%E3%82%82%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%9D%E3%81%B6%E4%BA%BA%E3%80%85-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3-%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9/dp/4022562447


より


1994年1月16日に『USニューズ&ワールド・レポート』誌は以下のような報道をしている。

、「冷戦時代にCIAが中心となって、麻薬や催眠術を用いた人体実験──洗脳実験を行なっていたことは、紛れもない事実である」と報じた。大学や監獄、精神病院で、CIAは被験者に麻薬を与えて薬がどのような影響を及ぼすかを観察、電気ショックと睡眠薬を交互に与えるなどの人体実験を行なったという。」


「父は人体実験の犠牲になった・CIA洗脳実験室」ハービー・ワインスタイン著、苫米地英人訳

という本がある。この本は、父親が精神科医のキャメロンの治療を受けてボロボロ状態になった苦闘の歴史と、やがて著者であり、息子であるハービー・ワインスタインが精神科医になり、ある日、情報公開法に基づき、機密文書を入手したライターの記事を目にして、父親が人体実験されたことを知り、立ち上がる。

しかし、相手はカナダ政府であり、アメリカのCIAであるために、筆舌に尽くしがたい苦労と妨害、裁判や弁護費用などの困窮と戦いながら、最後に和解し、不十分ではあるが補償金を得るまでの記録です。


「はじめに・・・・・苫米地英人(この本の翻訳者)」

・・・・本書に登場するユーイン・キャメロンという精神科医の異常な医療行為は、我々日本人にとって、決して絵空事の出来事ではない。宗教の皮を被ったテロ組織、オウム真理教(現・アレフ)の内部でも同様の行為がなされていたからだ。

それが行なわれた理由として、オウム真理教付属医院の医師であった林郁夫は、自著「オウムと私」(文芸春秋刊)の中で、信者の記憶を消す方法を考えろという麻原教祖の命令から、「拷問と医者」(ゴードン・トーマス著、朝日新聞社刊)というユーイン・キャメロンにつて記した本を参考に、信者に電気ショックを与えたと記している。


「オウムで行なわれていた医療的洗脳行為は、『拷問と医者』に書かれた内容より、遥かに詳細なレベルで再現されていた。また、CIAの洗脳手法とオウムの洗脳手法には類似点が多い。

林郁夫は夫婦でデトロイトに出張していたそうだが、洗脳テクニックについての関連本を入手するためだったのかもしれない。アメリカのエージェントか、逆にそれを研究した共産主義圏の人間かは不明だが、そういったプロから林郁夫が直接情報を仕入れていた可能性は、否定できない。」


 「いずれにせよ、オウムにおける洗脳テクニックは、たんに麻原彰晃が信者をコントロールする方法として利用していただけでなく、麻原自身が『LSD』によって人格崩壊したことを考え合わせても、オウムのサティアンが1つの洗脳実験室であったような、オウム全体が、ユーイン・キャメロンの運営していた精神病院であり、信者一人一人が実験台にされた患者であったような印象も受ける。

それほどキャメロンの実験と、オウムの洗脳テクニックは、類似点が多い。」

・・・・・これもまた、キャメロンの「デパターニング(パターン崩し)」という、チオペンタールと電気ショック(ECT)を組み合わせたテクニックと酷似している。この方法も当時、思考や行動パターンを変更させるために被験者の記憶がなくなるまで、あるいは、反抗心が完全に除去されるまで、繰り返し行なわれていた。


キャメロンはこういったテクニックのほかに、「感覚遮断」についても実験を重ねていた。人は何もない真っ暗な部屋に長時間拘束されていると、聴覚、視覚、触覚、味覚、知覚を遮断され、変性意識状態に陥り洗脳されやすくなる。オウムだけでなく自己啓発セミナーなどでもその方法は応用して使われており、長時間同じ部屋に参加者をずっと座らせておくことで、変性意識状態にトレーナーが導いている。


以下は


脳機能学者・計算言語学者・認知心理学者・分析哲学者・実業家とされる苫米地英人と松本智津夫(麻原彰晃死刑囚)の四女である松本聡迦の対談である。


苫 80年中頃までの、ヨガの団体であった「オウム神仙の会」のとき入信した人たちは、どっちかというと、「麻原尊師」というより、「麻原先生」という感じでの付き合い方だよね。

松 はい、そうですよね。

苫 確かに洗脳って、いま言ったような2レベルあって、オウムでいえば、

末端信者にされているような、行動から思考まで完全にコントロールしちゃうようなレベルの洗脳と、

自分自身の思考が残っている中で、神秘体験──実際には、ヨガや修行による過呼吸、LSDなどの薬物で生じる幻覚──や権力という快感にとらわれて、第三者が思い描く方向に動かされてしまっているようなレベル。


まぁ、俺がよく言っていることだけど、日本人はすべて、ごく一部の人間に都合のいいようにできた資本主義というシステムを素晴らしいものだと洗脳されて生きているよね。これは後者だよ。一方、サリン事件の実行犯は前者。だから実行犯は、かわいそうといえば、かわいそうだよ。いちばん問題なのは、それを仕掛けた側の罪が問われず、のほほんとしていること。俺はその中に、上祐だったり、元幹部のIが入ると思っている。

松 そうですよね。ただ、苫米地さんの本を読んで、自分も強い洗脳は受けていたと思いました。

苫 俺の本のどこを読んでそう思ったの?

松 全体的に思いましたけど、特に「アンカー」という概念が自分自身の経験と合致して、すごく納得できました。

苫 アンカーっていうのは、記憶の中に植え付けられてしまう「いかり」のようなものだよね。本人は無自覚なのに、「トリガー(引き金)」と呼ばれる特定の条件が加わると、アンカーが表に出てきてしまう。オウムの場合で有名だったのは、教義に疑念を抱くと、体が震えだすというアンカーを信者に埋め込んでいたりしたこと。この場合、疑念を抱くということが、トリガーになるわけ。聡迦さんの場合は、どんなアンカーを?

松 オウムの真理とか父とかに逆らうくらいだったら、死んだほうがましだという考えを起こしてしまうことは、苫米地さんは本の中で「一部の幹部に」と書いていましたが、きょうだいやたぶん母も植え付けられていたと思います。ほかに、子どもにだけ植え付けられたアンカーもあると思います。

苫 それはどんなもの?

松 「あなたたちは現世(オウム以外の社会)で生きたことがないんだから、常識を知らないし、絶対生きていけないから、オウムの中で生きていくしかない」というものです。

苫 教団の外には出さない、社会の価値観に染めさせないということだね。

松 それを姉たちも私も弟たちもみんな植え付けられているので、仕事に就いたとしても、トリガーとなる何かのきっかけで、それが蘇ってきちゃって、不安になって仕事が続けられないんですよね。

苫 それは大丈夫。アンカー、トリガーを外していくための基本的な考えは、嘘は信じなくていいってこと。何度か出していくと、自然に弱まるしね。だからそういうのが出てきちゃったら、逆に出てきて良かったと思えばいい。「あっ、これはアンカーの影響だ」と思えるようになれば、大丈夫。気がついていないから、アンカー、トリガーって効くの。

まぁ、オウムに限らず、日本の親はみんな自分の子どもを洗脳しているんだよ。俺だって大学行くまでは、銀行マンの父親の影響で、「銀行業に身を置いて、生きないといけない」って思い込んでいたんだから。今は逆に銀行を、資本主義社会を支配する悪の権化みたいにぼろくそ言っているけどね。だからそれは、どこの家庭でもそうだよ。親は子どもを自分の知っている環境や価値観の中に置きたがる。麻原家の場合は、教団の外に出すことが大きなリスクになるからね。

http://blog.livedoor.jp/nohohonkoubou/archives/51617007.html


            ____
         __,,/  _, ----`ヽ  :.
     :.  / _     ___   、\
       / /   i      \   \\ :.
     :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :.
     :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}
    :. |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.  な…
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{     なんなんですか?
      :. |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.   ここ、どこですか?
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ     なんであたし
   :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`(ノ .:.::.}ヽ、\:.   ここに居るんですか?
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :.
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :.
       :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ
           / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',
       :.     / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|
          / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l

 洗脳というと、「CIA洗脳実験室」っという本が思い浮かぶ。これは、Harvey Weinstein氏が書いた、米国のCIAと民間企業による資金提供を受けて、米国と加国の各大学、医療機関、刑務所を使ったMK-ULTRAという洗脳人体実験を暴いたFull Storyである。WWIIの敗戦国ドイツにおける人体実験を意識したかは知らないが、Mind Kontrolというドイツ語の頭文字をとって、MK-ULTRAとしたようだ。このMK-ULTRAは1950年にまで遡り、元々はArtichokeという実験計画であったが、反共の流れと、共産主義国における洗脳の脅威に驚愕した米国は、自国でも洗脳という行為を研究するようになった。

 我が祖国、米国が恥じるべき行為を加政府と一緒に行っていたことをここに記す。この計画は、より効果的な洗脳方法を得るために、長期の感覚遮断、薬物投与、音声ガイダンス(ドライヴィングメッセージ)、ECTを使ったマルチモダルな内容となっていた。心理学者で学習関連で名を連ねていたDonald Olding Hebbも登場している。彼は、感覚遮断の研究を行い、長期の感覚遮断で人がどのような反応を示すのか、そして、その後、どのように学習するのかを述べている。また、薬物投与についても、ただの薬物ではなく、LSD-25や動物用麻酔や各鎮静剤、旧式の麻酔薬を用いるなど悪質極まりないものであった。音声ガイダンスもスピーカーの配置(まるで、音響心理学を研究しているBOSE社のような。)を工夫、最終的にはヘッドホンにまで行き着き、更にECTも使われた。

 総じて、洗脳は行われた・・・っが・・・当たり前だが動物用麻酔は精神病を発症、麻酔の処置も悪く、長期の低酸素状態が齎した高次脳機能障害によって、被験者は廃人のような生活を余儀なくされた。また、音声ガイダンスによる情緒障害も併発していたことも書き記しておく。


オウム真理教

 これに目をつけたのは、日本のあるカルト宗教団体だった。他のカルト宗教団体も極端な洗脳方法をとっているとも聞くが・・・事実、某有名カルト宗教団体は脱退者を不安神経症と統合失調症にして始末すると聞いている。私も正直、それは、関係のない者に対しても牙を向けているという確信を得ている。

 このカルト団体は短絡的にこれを模倣したらしい。彼らは、LSD-25やRavonalを使うなどし、ドライヴィングメッセージ、ECTを使った。報道で映ったあの不気味なヘッドギアはECT用のものである。

これに加担していたのは、この日本の事案でも麻酔科医と精神科医である。これには、疑問点がいくつかある、LSD-25は不純物が多かったようでバッドトリップしてしまうことが多かったらしいこと、Ravonalは自白剤として不完全であることだ。チオペンタールとして幅広く知られているこの麻酔薬は、自白剤というイメージがある。だが、大脳新皮質の活動低下を期待するにしては、全身麻酔の導入に用いられ、短時間で作用が強い麻酔薬という特性上、自白剤としての効能が矛盾するのである。人工換気(人工呼吸器)も行われていない・・・

謎である。そういえば、最近、話題になるケタミンもセルニール同様、動物用麻酔で使用されるが、人に使うことは、まず、ない。なぜ、知識のある麻酔科の医師が、自ら、精神病になるようなこと、それも、人工換気(人工呼吸器)が必要な麻酔薬をやったりするのだろう。また、巷に出回っているのだろうと考え込んでしまう。ECTは、今は使われない医療行為である。元々は、イタリアのUgo CerlettiとLucio Biniが豚を食肉処分する前におとなしく(精神的平穏)させるため、行ったのが始まりである。これを、イギリスのPage and Russell(方法)が電気ショック療法として、精神医療に持ち込んだのだが、主作用よりも副作用が問題になる医療行為ということが検証され、現代では使われなくなった。

 いずれにせよ、どのようにして、彼らはこの技術を知ったのか・・・

Donald Ewen Cameronなどの人物が書き残した研究論文である。

なんのために・・・

洗脳、そして、従順なる奴隷として働かせるためにである。


政治的に見ると、オウム真理教という宗教は露国の`民間'(Covert)諜報機関のようである。オウム真理教がメディアに露出するようになった時期は、ちょうど、彼らの輸出入していた物などを分析するなり、露国がインターネットにおける活動を拡大していた時期だということを踏まえても、そうだと大凡の見当がつく。この他、オウム真理教の主要構成メンバーが、いわれもなき差別を受けていた人々の末裔、もっと、分かり易く書いてしまえば、旧ソ連のアフガン侵攻で情報をCIAや日本の公安調査庁にあげていた`外部団体'(公安調査庁のアンテナ組織)、差別糾弾会を構成していた人々(連れ)であったことだ。あの教祖の出生もそうだったということである。


社会学的見地から見るオウム真理教

 社会学的な見地からオウム真理教を見てみよう。「カルマを取れ」(`業'を取れ)というとんでもないことを言っていた教祖の通り、危険分子の`欲'を取り除くために存在した宗教団体だともいえる。つまり、短絡的に権力を振りかざそうとする人、権威的な人ほど危険である。

オウム真理教には、医学生や物理学者など、極めて能力に自信がある人が集まっていたらしい。そのような人が社会に出て、自らの能力で政治的に権威を振りかざそうとすると危険である。そのような危険分子を社会から取り除くことを目的として存在したという説である。かつて、存在した上九一色村の同教団施設の一部にはヒトラーが建設することを命令したホロコーストの収容所に書かれていた言葉が書かれていた。このことは、社会学的見地からしても、興味深いことである。

 同時に巨大な構造型・非構造型エンカウンターグループセラピーでもあったことを付け加えておく。高学歴、富裕層と、賤民としていわれなき差別を受けていた者の末裔が交わる宗教という形での触れ合いである。これは、確実に言えることで、オウム真理教の事件以降も別の形で残ってしまった。脱退者の多くが、臨床心理士や医師との転移、逆転移を体験し、結ばれている。通常は、この逆転移という行為は、カウンセリングの中で見られていても、プライヴェートを共にするような関係は築いてはならないとされているからである。

 洗脳を通じて、カルト宗教団体(諜報機関、社会の危険分子を取り除く、エンカウンタームーヴメント)・・・様々なことが分かった。今でもオウム真理教以外に洗脳活動が密かに行われている。もしかしたら、あなたの身近なところで、それは行われているかもしれない。

http://heavenlyladen.blogspot.com/2010/09/cia.html


                                    {}
                                    }{,r=┐
                                   {i,ァ'r─-、
                                 l}{l ,:rー' ゙|
                              ,r'~[::][::]、/
                            /   ノト-、ソ  ,.ヘ,
                            /   ,,f::'丿 l /ソi |
                         / _,. -,ト! {   |'"r'´ i.|
                       /,r‐'" _,,_  !   'i `ー-' }
                       /  `ヽヾ,  ~ヽハ  ヽ  :., ヽ
                       i、   冫゙゙    ゙ヽ  \ ':, ヽ
                       \   (,~( i ゝ ,,、、、;ヽ   \ `、\
                        \、'゙ゞ;f´~ ,,rt‐_、\   ゙:、.  ヽ、
                         ヽ、 ゙ソ  " ̄ ゚´ ヽ   ヽヾ、、.゙ゝ
                            ヽ ヽ-‐、   イ ヽ   }、゙  ノ
                              \しノ _,/=; ハ    ゞ=‐'
                                 丿o∞゚o、    ヾ|ソ´
                                 ,r=:;_;;:===ヾ     !
                              ,.r'´ 、 r'~     ヾ、    /
                          c';    i'  、C;    i!、  /
                           !    、      ill;ヽ/
                              ヽ、  ゝ、    ,;ソヾ/
                           冫''"~"''-===彳 /    _,..,  ,. -‐- 、
                         /         ,r'    /   ̄    `'、
                             /        /    丿         ゙'L
                        /  ノ     _;{     / ,. -''"ヽ、     ]
                      ,.ノ;;        ,,;;''ヘ,  ,/  ,r'゙    )     {
                       _, .-‐'" ;;;;i     ,,;;''"   i,,,ノ /,. -、 ,r'.      i
                _, -‐'     ;;;!     ,;;''"゙´    l‐_,イ´:::::::::::':,(        ゝ
             _-‐ヾ.       ;;lλ _;;''"        |::::::::::::::::::::::::::ノ      ,「
           ,. ‐'"`ヾ::ヽ __,,,,.... -‐'''":::ソ           !:::::::::::::::::::::::::::ゝ_人'ゾL,ノ
       _,,r',,,...--‐‐''''":::::::::::::::::::::::/           ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::':,
       ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_         /::r' ̄ ̄ヽ ー-‐'"ソ、
      / ':,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::ヽ、      /::丿        ゙,r')
      /  '、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~゙゙~'ヾ:::::`ヽ、  ,;ノr'´    _    ヽソ.
     /   '、:::::::::::::::::::::::::::::::/     ゙ヾ:::::ヽ;/'´   _,‐''"   ̄`~「´|
     /    '、:::::::::::::::::::::::::::/        `'::::;;;;ヽ、  /  | ||    | | |
     '‐-==._'、::::::::::::::::::::::::i'         ,,へ:;;::ヽ,/    | ||    | | |
     | ||   ~゙''゙' T' ̄ ̄ ̄}       ,ノ`   ヾ::丿     | ||    | | |
     | ||    | | |     '、      ~  _,/~~     | ||    | | |
     | ||    | | |      ゙:、     _,.: ''"                  | | |
     | ||    | | |       ~゙'ーー‐'''"                | | |


____________
____________

創価とオウムの麻薬ビジネス


なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!

その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!

その事実はCIAが察知。

米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

鶴見芳浩(つるみ よしひろ)ニューヨーク市立大学教授(熊本県出身)は、ニューヨークの太平洋経済研究所理事長も務め、国際経営学の分野で世界的に著名。『日本企業の悲劇』その他多数の著書の中に『アメリカ殺しの超発想』(1994年徳間書店発行)の206頁以下に、驚くべきことが書いてあるので紹介する。


小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係


94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。

実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。

そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。

しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。


学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。

日本の多くのマスコミがこの事実を報道しないのも、池田の金の魔力に屈服していたからかもしれない。

ともあれ、ノリエガは今、アメリカの刑務所で百年の刑に服している。その一方で、池田は今、新進党と自民党を両天秤に掛けて政権を狙っている。(1995年当時)

このまま放置してよいのだろうか。ノリエガの何倍も罪が深い池田こそ、刑務所で余生を送らせる必要がある。

−−−−−−−−−−−−−−− 


創価学会の指導者池田大作氏は自らを「偉大な仏法指導者」として会員に印象づけるため、機関誌「聖教新聞」をプロパガンダに活用してきた。会員から集めた浄財を使い、有名人との対談を実現して写真と記事を報じたり、大学に寄付をして名誉博士号を得、自らに箔を付ける活動をしきりにしていた。

しかし彼の本質を見抜く人達は、そう簡単に創価学会の思うようには動いてはくれない。入国にストップがかかったこともある。そんなときに助け船を出したのがノリエガ将軍。

ノリエガ将軍はここでも書かれているように元々はCIAのエージェント。恐らくCIAは創価学会の金と集票能力を利用して日本を操るため、わざとノリエガを池田大作に近づけたものと思われる。その罠に創価学会はまんまとはまってしまったという訳だ。

CIAの上にはブッシュ一族、そしてロックフェラー財閥をアメリカのエージェントとして操る国際金融資本家達が存在する。彼等は米FRB(連邦準備銀行)を始め、日銀を含む殆ど世界中の中央銀行を所有し、景気不景気を自在につくりだして各国の経済を支配する金融の王として君臨。また特定の宗教(悪魔教)を信じ、長い年月をかけてその理想世界実現に向けて手段を選ばぬ悪の限りを尽くしてきた。過去300年間の戦争は殆ど彼等が起こしてきたと言っても過言ではない。

ノリエガの導きで南米での活動が容易になった創価学会。しかしその瞬間から創価学会は国際金融資本家の信ずる悪魔教の手下に堕してしまった。すなわち、創価学会員が拝む偽本尊の先には悪魔教の本尊が存在する。文字通り、創価学会員は悪魔に魂を売ってしまった、ということになる。道理で創価学会員の犯罪が増える訳だ(本家に比べればまだカワいいレベルだが)。

創価学会の池田大作氏は、国際金融資本家達にとって日本でのエージェントとしての地位は無い。単に、一方的に奴隷として利用され、価値が無くなれば捨てられる、ただのゴミ的存在でしかない。その理由は長くなるのでここでは省略する。

創価学会が国際金融資本家達の軍門に降ってしまった代償は余りにも大きい。創価学会員だけでなく日本国民にとっても。世界にとっても。国際金融資本家達が目指す日本国民奴隷化のスピードをぐんと加速させ、とてつもなく巨額の国富を彼等に差し出してしまったからだ。

そんなこととは露知らず、今日も創価学会員、そして一般日本国民も、せっせと悪魔のために働かせられている。

http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

   i           l
.   !             __ !
    !      __/  `77y'7:7フ⌒`:.ー-- 、_     ,. -‐:::r:、
    |'. /⌒`く一'__  ,イ-‐':⌒ヽ ̄ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ-y'´     ヽ.
 _r_‐"   、  ,>_、  ̄入:.:.:.:.:∠:二:入,. --一‥' ´ ̄`ヽ         '.__        --、=-、
┴――‐(´∨/:/´ ,ゝ-、.:_ア´:.:.:.:.:.:.}.:/_         ,. ---- 、    i--/ヽ          \::`ヽ、
       `//:/ /.:.:.:.:.:.\---一(´:/           /    ..._.. ヽ   ヘ. ̄ ̄`'.  _ 二≧ニミ、:::::::::\ 池田先生
          \l /:\:.:.:.:.:.:.:\-:一!:f        /       :::`:'::: '.   ヽニニト/  r_ァ .::ヘ、r\::__:::::`:ー-- 、
        /ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:|_|,. -───‐┴、          }   __}___ト!    .::::::::    '´ `丶、\::::::`!
        /.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:`ン: ̄`ヽ ̄ ̄ ̄ヽ\,r‐、――一'、 〉     |   .::::::,ィ            〉ノ:::::,.ヘ
     /.:.:.:.:._:./:/:\:.:.:.:.ヽ:.:.:.:f.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ー-- 、-一\\\   \ -==、ー-、 \:::〃 ---/---- 、/_'::/:::r′
      /ィア´:.:.|/:.:.:.:.:`丶、:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.`: ̄:.:.\\\   \  _`ト `二≧=一'´:: ̄ ::::::::::::::::: ̄`7
------/.:.:.:.:.:.:|-----‐一ヘ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.\\\   〉´::::::ヽ. イ´ ̄-‐::::::::::::::__:::::::::-:一::7
     \:.:.:.:.:_」-、----一''´;ゝ--―=ニ二:_ー-:.:.:.:.:丶、:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ i:.:l /::::::::_:::`/:::::::::::::,::::::':´::::::::::::::::/::j
        ̄    \:.__:/:::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー─::- 、_:.丶、:.__:ノ:.:,|ヘ:.V::::::/::::::::/:::::::::,::::'´:::::::::::::::_,:::-::´:::/
               ` ー-_,. -一‥ァ=--::::::::::::::::__:>ァ一 '´ ヽ.V::::/::::::,.イ::::::::::/::::::_,:::-‐::':´:::::::::_/

CIAと統一教会


ネットの普及で統一信者より最近は、一般の方のほうが教会の「裏情報」を知っている方が増えてきました。

その一つに「CIAと統一教会」の関係があります。今までは、統一教会側は、韓国諜報機関であるKCIA(韓国中央情報局)とのかかわりを今までは、否定してきましたが、『日本統一教会「空気銃摂理」の出発点(5)』で、KCIAと文教祖の関係性がみ言葉で明らかになりました。

そして、統一教会と親交の深い元大統領ジョージ・H・W・ブッシュ(前ブッシュ大統領の父)が元CIAの長官だったことは、ご存知でしたか?
1976年1月30日〜1977年1月20日CIA長官を勤めていました。


《第41代大統領ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ
ウィキペディアより》


■世間・信者内で噂されているCIA、ブッシュと統一教会の関係

897 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/10/19 00:01

日本の統一信者が資金集めに売春みたいなものをやっていることがあるというのは本当ですか?


900 名前: JUSTICERE 投稿日: 02/10/19 00:20
>>897
それはネタかな?
かつてはKCIAの要人とのつながりを確保するために信者の女性にそういったお偉いさんの愛人になることをセンセーが命令するということはあったと聞く。古い人は結構知ってる。

901 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/10/19 07:26
>>900
そういうこと、あったなー

海外に派遣される女性食口の前で、先生が 「君たちは貢ぎものになるんだよ」と言われて、心に起きた葛藤、試練に躓くことなく、この時今こそイサクが神の前に献祭される心情を復帰せねばと、議員の私設秘書にされ体を陵辱されても先生によって与えられた持ち場を離れない女性がいた。

925 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:46

PART1より
【お父様のご正体をご説明申し上げましょう。】

統一凶怪の問題点は、霊感商法やビデオセンターのレベルの話ではないんですね。

もともと、ヤクザ兼右翼の大物、笹川良一に宗教が儲かることを伝授された文鮮明が作った似非宗教で、設立にはKCIAやCIAも関与している。そして、文鮮明が、今力を入れている金儲けは......なんだと思います?


【ブッシュと文鮮明】

ブッシュ元大統領は、元CIA長官でもあり、現在でもCIAの影の支配者である。CIAは、ブッシュが長官になってから、秘密裏に麻薬密輸に積極的に取り組んだ。CIAはいまや、世界最大の麻薬密輸組織となった。そのブッシュの中南米での麻薬密輸事業には、統一教会が深く関与していた。

ブッシュ・CIAと文鮮明は、麻薬を介して繋がっていたのだ。いや、むしろ文鮮明の方が主体だったかもしれない。文は、ブッシュの大統領選に資金提供し、見事当選させた。その見返りに、ブッシュは、文の麻薬組織が大量のクラックとコカインを米国内に持ち込む手伝いをしたのだ。勿論、その仕事に携わったのは、ブッシュ子飼いのCIA要員である。麻薬に手を出しているのは、CIAだけではない。イスラエルの諜報機関、モサドも関わってきている。

知ってた?こんなこと、誰も知らないんだよねー。基地外と騒ぐ前に、もうちょっと読んでねー。


926 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:46
PART1より

【文鮮明と笹川良一、そしてCIAの飼い犬たち】

統一の文は、どこから麻薬密輸ビジネスのノウハウを学んだのか?笹川良一からである。戦前からの右翼にして、暴力団の首領である笹川は、戦前、日本が中国向けにやっていた麻薬を用いた撹乱作戦を伝授した。文は、南米での麻薬ビジネス展開に際しても、笹川の援助を受けているのだ。笹川をはじめとする右翼暴力団や保守政治家が、勝共連合と言う統一協会の傘下団体に名を連ねているのは、麻薬ビジネスの利権に群がっていたからなのだ。勝共に身をおく連中の多くは、麻薬ビジネスを通じて、CIAの犬でもあることを忘れてはならない。統一は宗教じゃないんだ。麻薬組織なんだね。

【文鮮明に飼われた朝鮮半島の指導者たち】

文鮮明が麻薬取引で得た金で買収し、掌中に引き入れたのは、ブッシュだけではなかった。北朝鮮の金親子も、韓国の金鐘泌も金大中も、文に金で飼われていたのである。中南米で文とブッシュが連携して、麻薬ビジネスをやったのと同様に、日本では、オウムを隠れ蓑に統一とCIA、それに創価が、麻薬商売に精を出していたのである。加えて、文鮮明と北朝鮮の金正日との深い関係が、北朝鮮の麻薬ビジネスの謎を解く鍵でもある。統一教会の日本での暗躍を知ることで、オウム事件の闇が、北朝鮮の関与が見えてくる。北朝鮮も韓国もブッシュも文鮮明の手中にあるんだな。


927 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:47
【CIAのスポンサー】

ブッシュやCIAを陰で操っているのは、当然ながら共和党。ブッシュへの大口献金者である、軍産複合体、国際金融資本、石油メジャー、穀物メジャーなど米国経済界の根幹と言われる連中である。ブッシュは彼らの利益のために動く小物に過ぎない。

彼らの利益のために、地域紛争が喚起され、世界中に麻薬が蔓延する。テポドン発射騒ぎ、湾岸戦争、TMD・NMD計画.....全てに彼らの計算が見て取れる。米国と北朝鮮は表面上は激しく対立しているように見えるが、水面下ではCIAと金正日のあいだで、互いの利益のため、協力するところはしている。そして、その仲介役を果たしているのが、文鮮明である。北朝鮮の延命は彼らCIAとそのスポンサーの利益に合致する。

そして、オウムも北朝鮮延命の一つの方策であったし、日本の(暴力的)政変を演出する上での橋頭堡だった。霊感商法なんかどうだっていいんだ。文の暗躍は、極東の安全に直結している。


928 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:47

はい、ここまで読んできた人の大半は、こいつ基地外間違いなしと思ったろうけど、じゃ、絶対読んだことのない海外記事読んでみてね。


Dubya Debate ....ブッシュの中南米麻薬戦略は、文鮮明との共同作戦だった。


「ブッシュと南米の犯罪組織との関わりは、文鮮明の商業・政治・宗教帝国を通じて拡大している。60年代と70年代、文の統一教会は、南米とアジアの組織犯罪者たちと密接な関係を築き上げた。1980年には、文の組織はボリビアの右派軍事クーデターの首領と協力関係を築いた。その結果、ボリビアは地域で最初の麻薬汚染国家となった。」

http://members.boardhost.com/gwbush/msg/240.html

まだあるよー。

David Icke Magazine

文鮮明は、南米の麻薬カルテルにとって、よく知られたマネーロンダーリング業者であり、CIAの麻薬密輸組織と資金面で提携している。(文は、CIA元長官であるブッシュを買収している。)

http://www.davidicke.net/emagazine/vol18/research/moon.html


929 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:48
EX-SITE


「ブラジルのニュースメディアの最近の記事によると、文鮮明のセクトがパラグアイとブラジルの国境での麻薬や禁制品の密輸に関わっているのではないかとの疑惑を表明している。」

http://www.sekten.ch/ex-site/events-folder/moon.htm


Bush consorts with Moonies, criminals in Ibero-America

中南米において、ブッシュのパワープレイを資金援助したのは、統一協会の文鮮明である。文は銃と麻薬の密輸、マネーロンダリング、その他の凶悪な活動に関わったことが立証されている人物である。従って、ブッシュが南米諸国歴訪の際、大英帝国の植民地政策とでも言うべき、自由貿易政策(つまり、麻薬密輸のこと)を擁護し、ペルーでやったと同じく、クリントン政権の麻薬対策を非難したのは、全く驚きでもなんでもなかった。

http://www.sonofbush.com/


この後、延々とニカラグアやホンジュラスでの文と麻薬組織との関わりが書いてあります。この記事を書いたニューズウイークの記者は、大ブッシュが編集部を直接訪れた後、解雇されたそうです。やっぱり。ニューズウイークの記者も、基地外だったのかねー?


930 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:49
名前:Rev. Moon 投稿日:2001/07/01(日) 09:38


【ブッシュと統一教会の文鮮明】(Bush and the Moonies)

ブッシュ一族について私が心配しているもう一つのことは、統一協会との関係である。世の殆どの人が知らないが、文鮮明は、数千人のヒッピー信者を従えた東洋のちんけな洗脳者というわけではない。文は億万長者であり、アメリカで巨額の金を使うことで、選挙やニュースメディアへの影響力を買ってきた。殆どの人が知らない事実だが、文の組織は、ワシントン・タイムスを所有している。文は、同紙を80年代初頭に設立し、20億ドルを注ぎ込んできた。文は、同紙を通じてアメリカに多大な影響を及ぼしたと」主張している。文が、SDIもしくはスターウオーズ計画を実現し、88年にジョージ・ブッシュを大統領に就任させた主張する。

1.統一教会は、韓国朴政権の時に設立された。

2.アメリカは、北朝鮮と中国の共産勢力に対抗する親米政権を作るため、朴将軍をCIAがサポートして、軍事クーデターを起こさせた。CIAの造った政権。

3.統一と言う宗教団体も、朴政権下、CIAの影響のもとで造られた。だから、反共を旗印にして、傘下に「国際勝共連合」を造った。もちろん、KCIAとも繋がってる。

4.ちなみに、「勝共」の日本の初代名誉理事長が、「人類皆兄弟...」の笹川良一。 戦前からの右翼。戦犯で収監されるところを、CIAに助けてもらい、以後CIAの協力者となったと噂されてる

http://www.sonofbush.com/


こういう構造なんですね。


931 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:49

【統一の真の姿を見てちょうだい】

統一の本当の怖さは、霊感商法や洗脳セミナーではないんですね。
麻薬で儲けた金を米、日、韓、朝にばら撒いて、政治を動かしているわけです。おまけに、オウム事件も、統一と創価の仕組んだ事件だった。

右傾化扇動教科書で有名なサン●イとかも、文の支配下です。この辺のこと知りたい方は、↓へ、どうぞ。霊感商法とかの話題は、一切ないよ。
(オウム事件の謎もわかるよー)

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=police&key=988414794&ls=100


932 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:50

【統一協会の麻薬・マネーロンダリング拠点は、ウルグアイ】


REV. MOON'S URUGUAYAN MONEY-LAUNDRY
http://www.ainfos.ca/98/sep/ainfos00005.html


●文鮮明は、ウルグアイ国内に大規模なマネーロンダリングセンターと思われるものを開設した。

●文は、信者を使って資金をウルグアイに秘密裏に移送している。その額は少なくとも数千万ドルに上る。

●1996年、文の日本人女性信者4200人が、モンテデビオの、文の支配するBanco de Credito 銀行にやってきて、各々、25000ドルの預金をしていった。これらの預金は、Cami2と呼ばれる、文支配下の匿名の組織の口座に入った。日本女性の行列が終わった時に、預金総額は、約8000万ドルに上っていた。

●1997年、文のマネーロンダリングを取材していたEl Observador紙のP.Alfano記者が、誘拐された。二人の誘拐犯は記者の口に拳銃を突っ込み、文の非合法活動の情報を漏らした奴が誰なのか、口を割らせようとした。

●1980年、文は、ボリビアの軍事クーデターのお膳立てをした。首謀者に400万ドル以上の資金援助をして、政権を奪取させた。以後2年間、ボリビアはコカインの大量生産拠点となり、コロンビアへの原料供給の役を担った。


★右派軍人を取り込み、資金援助して、暴力革命を起こさせる。政権掌握の暁には、麻薬生産を行わせ、統一自ら、密輸やマネーロンダリングに関わり、巨額の資金を儲ける。利益は、日本人の馬鹿女信者に持たせ、陸路、ウルグアイに運ばせ、(南アメリカのスイスを目指す)ウルグアイの銀行でマネーロンダリングする。

このカネが廻りまわって、ブッシュや金正日、金大中、中曽根、亀井らの懐に入る
わけですね。

統一協会って、すばらしい宗教....じゃなかった...麻薬組織ですね。

933 名前: スレの最後盛り上げコピペ 投稿日: 02/10/19 22:50

The Bush-Kim-Moon Triangle of Money  by Robert Parry
http://www.commondreams.org/views01/0310-03.htm

当時、文鮮明は、(アルゼンチンで)Tiempos del Mundoなる新聞を発行しようとしていたが、南米の新聞界は、文の組織が、1970年代に右派「殺人組織」政府や、1980年初期のボリビアのいわゆる”コカイン密売”政府と密接な関係を持っていたことを指摘していた。そこに現れた、大ブッシュは、米国元大統領の名において、文の組織の麻薬取引関与を否定した。文の組織の麻薬スキャンダルは、立消えた。


★馬鹿言ってんじゃないよ。麻薬王ブッシュが、文鮮明の麻薬関与を否定するって、それ身内の庇いあいじゃないか。統一信者よ、目を覚ませ!

http://ameblo.jp/chanu1/entry-10817887046.html


                   ,... -――-- 、
               /         ,イ^\
            /  /        ´ ̄`ヽ、
              /   |        /  、 、 ヽヽ
           '   /! /イ /! ,イ,ハ !  } ', ',ヽ ',
            |   / ! /!/|_/_l/ ||ノ {| イ  | ム、} |
            |  /| |/ {! リ ル ̄{!  }!/、|  }  |/,イ
            | / | i; |下赱オヽ   ,ィ、 } / , j/
            | ∧{!   | ///     tテ {/l/ /
           ;'/  ム  ‘,      , // /{/ イ
            / {   }   }     っ  イ |l/ i
            イ |   |   |> _ ,... イ/ /| } ム
         /| |_l_,..|!  |   |__ ,.イ / j! |  ム
          /ィ| | 、.   |  {    _ ,: | { ̄`ヽ、 }
       /  | |  `ヽリ /r‐ '´    |/     ∨
       ,   | {    /イ        |       }
       {,ノ  Y!  /              |
      /   ヾ!          ∨、     {
      ,         ,           }ム
    /..       ;:: /    .:,::.    | }     i
   ゞ::'         , {   ゞ::'     ;' > -―- 、!
   人      / 八           / /      {
      r  ._ /   \      / /       i
     j!   }      ` ー ´ ,:'  ,
     {    ',             /  |       i
     |     、}             /    !       ',
     ',   ',        ,'    |       ',
:\    、    ', 、       ,       ',       }ヽ
:::::´`ヽ、  ,    ', i}     j!      {.         ,
/    \',    ',        j!      ',        ', }
         ヽ   ヽ      j!
        ヽ    ゙、     |           ':,       ', }
         }    ヽ   |         ',      ,
         |      ‘, !          l、        , i
         {     } | ム         j!ム      {
、            マ{ ', } ト、} { i         jヽム       ',`ヽ、
 \        `ゝ}ハ、ヽ |             /  }  ,     } つ`マ
   `ヽ、       ヽ.   {        , '     ',    ',`  ̄´

統一教会と創価学会、そしてCIAの関係とは?

真実を捉える考え方

最近、このブログに おかしなトラックバックや妙なコメントが増えています。
それらの内容を読むに、この人達の考えている事は、どうやらこんな事のようです!

統一教会や創価学会が、CIAの下部組織である事をあまり拡散されたくない!
特に政治好きでない普通の方の目に触れられたくない!

というのがビンビン伝わって来ます!

そこで本日はCIAと統一教会や創価学会の繋がりについて、たっぷり書かせて頂きまーす ( ^ー゚)V

さてさて、CIAと言われると、映画やドラマの世界の事!

なんてイメージがあるかと思いますが、あんなカッコ良くもないし、もちろん英雄なんかでもありません。どちらかと言えば、カスのような連中で、毎日そこら中で下らない事をやっています。

小沢さんや鈴木宗男さんを冤罪で追い詰め陥れたり、尖閣諸島で騒動を起こし、日中間を分断して、共同油田開発を邪魔したり、北方領土問題を煽り立てて、ロシアと日本を分断したり、従軍慰安婦・教科書問題で、日韓をいがみ合わせたり、そして、最後にマスコミ操って、こういう事実を隠蔽したり。


破壊工作って言うんですか?

他国の足を引っ張るのが、毎日の仕事な訳です!

ホント、三等国家って、アホだしヒマなんでしょうね?
世界中で人の邪魔するエネルギーを、全部生産活動に向けたら、どれだけ良いか?


さてさて、そんなCIA!
自分達に足がつかないように、何層にも下部組織を作る習慣があります。

その時に、すごく使いやすいのが、実は宗教団体!
他人の生活の中にさり気なく入り込める上に、日本では宗教団体は非課税。
要は、人脈と裏金のブラックボックスに出来る訳です。

怪しい人物が出入りしていても、カルト宗教に溶け込んでしまうし、
おかしな金が流れてきても、詮索される事はない!って訳ですね。

CIAの工作資金源は、もちろん麻薬です!
って言うよりも、世界中の諜報機関の資金源が麻薬っていうのは、
公然の秘密のようなものですよね?

Wiki Pediaにも

「工作費用の捻出のために現地で麻薬を販売する方式をいまだに採用する」
なんて普通に書いてあります CIAと麻薬の関係 >>


さてさて、そんな麻薬資金のような汚れた金を扱うには、非課税で資金の流れが不透明な宗教団体が 絶好の隠れ蓑になる訳です。

まずは、北朝鮮や南米辺りから持ち込んだり、日本国内で作らせた麻薬を販売して資金を作ります!

そして、巨額な政治献金をして、政治家を傀儡化!

東京地検・警視庁・公安・国税などの売国官僚に金をバラまいたり、信者を配置したりして圧力機関を支配!

もちろん、各省庁にもポイントに、金と人を配置!

さらに、マスコミは電通を通じて圧力をかけたり、会社自体を買収したり、
エージェントやカルト信者を送り込んだり、金をバラ撒いたりしてコントロール!

こんな感じで、宗教団体経由の麻薬マネーと人脈の配置で、裏支配の骨組みを作る訳です。骨組みが出来たら、あとはしゃぶり尽くすだけ!

金で動く権力者達を使って、税金から国の資産から、何から何まで収奪します。
そして、さらに膨れ上がった資金で、また新たに権力者を買収したり、傀儡を権力の座に送り込む。

こうして、権力中枢の腐敗が進んで行く訳です!


で、実際に今の状況を見てみると・・・

アメリカ・財界・官僚のためだけの政治をする野田政権!
無実の小沢さんを叩く創価学会付属東京地検!
オウムの平田が北朝鮮から帰国した事を隠し続ける創価学会付属警視庁!

マスコミはCIAの指示に従って、おかしな報道で国民を騙したりetc.

クッキリと、この構図が見えてますよね?

そう! アメリカ金融ユダヤ勢力とCIAが、創価学会・統一教会を使って社会を裏支配している!

これが、今の日本という国の実態!

という事で、結局何が言いたいかというと、

創価学会や統一教会は、実は宗教団体じゃないんです!

本当の姿は、諜報機関であり、地下銀行だって事!

http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120120/1327020002


世界最大の麻薬組織CIA 2009年10月30日


新しい駐日大使としてアメリカから派遣されて来た、ジョン・ルース。
この駐日大使を影から支える「対日洗脳工作組織」の実態。

 現在も、アフガニスタンに次ぎ、世界2位の麻薬生産を「誇る」、タイ・ミャンマー・ラオス国境の麻薬生産地帯ゴールデントライアングル。この地域で生産される麻薬は、アメリカ空軍の「民間下請け航空会社」エア・アジア社によって、世界各地に「運搬されて行く」。

このエア・アジア社の輸送機の「専属」操縦士であったCIAエージェント=ウィリアム・クーパー機長、その部下ウォレス・ソーヤー副操縦士、ユージン・ハーゼンファス荷物(麻薬)搬出入担当官の3人は、

「麻薬の商談は、主にタイの、バンコク・オリエンタルホテルで、行われ」、

「ゴールデントライアングルでは、1万人のCIAメンバーが、麻薬生産に従事している」

と証言している。米軍・CIAが、世界最大の麻薬製造・精製組織である事実が、浮かび上がって来る。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/131603232.html


         /  . :          . :`ヽ     `ヽ
         / . : : /      . : :}  . : : : : : }      ハ
       / . : : : : / : / . . : : : : :ハ: : : : : : : }   トヘ  .ィハ
        / . : : : : / : /. : : : :./!: : : :ト、: : : : : :!  人 Y フハ
      ' !: : : : /i: /: : : : :./ j: :.八:! ヽ: : : :,′ (⌒ o く : ハ
     / : : : : :/ j:ハ: : : :/,,-ァァ¬ト ハハ/   `7 ト、 ヽ∧
.    /  .ハ : : :レ'「`ヽ: :i :{ / /´ァテ示ミV/     いノ: :`^′: \    
   / . :/∧: : {    ヽ|八   /・\》 . : : : : : : :.:i: :i : : : : : :\  
   ,′. :// ∧ハ/・\      ニ二ニ/. : : : i| : : ト、ノ:八: : : : ト、: : \ \
   . : : : : : : :ゝ:}ニ二ツ      ´ ̄ //!: : :||: : ノく Y: : :\: 八 \: : :ヽ
  i : i : : : i : : : :.:} ^´ 〈        /(  |: :ノj/) } ハ : : : iト、: ヽ  ー-=ミ
  |:i i: : : :ハ/|: i    ____,     |'´〃^   イ: : : : : 八: : : : \     `ヽ
  |:! i: /   j从    Y^ ⌒^'|        r‐( : |: : : : :/: : \: : : : \
.  从 !'    /. :.:.\   V  丿      |: : : :.从: : :/: : : : : \: : : : `: ー--‐==
        / . : : : :.:\ u`こ´|'|     イ  ├‐-=ミノ : /: : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : : : :
        , '. : : : : : : : : \   U        ∨ .:/: : /三二>(: : : }ヽ: : : : : : : : : : :
      /. :/. : /!: : : : : : :` ¬!          / /. : : /:::::::://⌒>x   ): : : : : : : : : :
    / . :.:/. : / j: : : : : : :_/:::|        /.: : : : : :/::::://  ´   寸ニニニニニ==ミ
.   / : :.:/: : / r┬一'´.::::::/j      /. : :/} : :/:://  /      \::::::::::::::::::>>::ヽ

CIAと麻薬の結びつき  05/11/16


>事実関係が不足しており、まだ仮説ではあるが、アメリカの国益を守るために作られたCIA組織が既にアメリカ政府のコントロールが効かない段階まで来ているのではないか。ブュシュはだから別組織を作った。CIAは、その背後に国家より市場を牛耳る巨大企業・多国籍企業がこの情報機関と強く結びついているのではないだろうか。>

 CIA(中央情報局)が大統領府国家安全保障会議の管轄下に設置されて以降、政府全体の諜報活動を調整するもその活動はしばしば議会などで取り上げられ問題視されるようになり、上院では76年に、下院では77年に秘密会形式の「諜報特別委員会」が設置され、監督されるようになる。1986年10月には、政府職員がイランに武器を売却し、その利益をニカラグアの反政府勢力コントラの支援にあてていた問題が明るみになり(イラン・コントラ事件)窮地に立たされて以降は、議会の承認が必要な「独立会計検査官」のもとで、機密性を保ちつつ納税者への「説明責任」として97年度、98年度だけ予算を公開している。その額は約3兆円だとか。

 槍玉に挙げられていたCIAの問題とは、冷戦時代の共産主義勢力をはじめとする敵対国家・勢力に対峙する際、反政府勢力に資金・武器援助する手法をとってきた点。こうした資金支出の承認を議会に認めさせることは難しいとみると、その代わりに反政府勢力の麻薬取引の黙認、もしくはその取引自体を手助けすることで独自の資金源とするようになっていく。少なくとも過去30年半ばにわたって公然と行われ、現地の警察の協力もとりつけていたらしい。

しかも、この密輸ルートは麻薬売買に伴う多額の資金をもたらしただけでなく、帰路アメリカからの武器供与にも利用されていたりもしたようである。冷戦期はもっぱら反共工作がターゲットだったが、冷戦終了後はテロ対策を口実に、圧倒的な軍事力を背景になりふりかまわぬ米国ルールの押し付けと、工業資源・経済の独占を図るようになった(この路線の延長上に日本の「構造改革」推進がある)。

 CIA出身の父ブッシュがレーガン政権時代に副大統領(このとき政府の麻薬対策キャンペーンのヘッドに就任)、そして大統領へと上り詰める頃にはこの傾向がますます強まり、湾岸戦争を乗り切ってクリントン政権を2期経た後、2世大統領を表に繰り出し、父ブッシュ人脈が操る、いわば「極道政権」が成立して以降はなりふりかまわぬ様相を呈している。

いわば「民主的な手段」によって選ばれる公の政府とは別に、50年代からCIAが主導権を握る闇の政府・秘密の政策によって、もう一つの現代史を紡いできたのだ。

生半可なマフィア以上の恐るべき略奪組織が暗躍している。

http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=100927


世界最大の麻薬販売企業CIAと麻薬王ブッシュ 07/10/14

アメリカは、アヘン戦争で儲けた連中が支配層を形成し、その麻薬業者がCIA設立に関与し、世界中の工作にこの資金が使われ、ビンラディンへも資金提供している。


世界の麻薬王ジョージ・ブッシュ 


1.「ゴールデン・トライアングル」と呼ばれるタイ、ラオス、ミャンマー国境の麻薬生産地帯、そこを支配する麻薬マフィアのボス「クンサー」は言う。「生産した麻薬は全て米国政府が買い取ってくれる」。

 クンサーの言う米国政府とはCIAの事で、中国共産党に追放された中国国民党を武装させ、中国共産党を倒すため、再び中国政府と台湾政府、そしてゴールデン・トライアングルの反共産軍に戦争を行わせる。

 その武器購入の資金源としてCIAが、この地域で50年前から麻薬生産を推し進めてきた。かつて、世界最大の麻薬生産地帯だったゴールデン・トライアングルを育ててきたのはCIAであり、その中心、アジア麻薬の父が、ブッシュの前国防次官リチャード・アーミテージである。

 同様の事は、かつてソ連と米国が戦ったアフガニスタンでも行われた。米国側ゲリラの武器購入費用捻出のため、CIAがアフガンで麻薬生産を推進して来た。 現在ではゴールデン・トライアングルを上回る麻薬生産地であるアフガンも、CIAが育成して来たのである。
(トウ賢著「ゴールデン・トライアングル秘史」NHK出版 P144、154、167、177)

2. 米国に大量に麻薬が流入し始めた70年代、コロンビアからの麻薬密輸業者でありマネーロンダリング(麻薬資金洗浄)の草分け的存在でもあった伝説の人物、アイザック・カッタンは銀行デューク・ベレラの全米支店を利用し、麻薬密売の代金を回収していた。ベレラ社は麻薬資金と知りながら、カッタンに協力し続けていた。
(ロバート・ポウィス著「マネーロンダリング」西村書店 上巻 P110〜113)

3. ベレラ社の創立者ニコラス・デュークはCIAの創立者であり、デュークは第二次大戦中、児玉誉士夫と共に中国でアヘン売買を行っていた。アヘン密売業者がCIAを創立し、米国の麻薬の黎明期、麻薬密売代金を回収して来たのもCIA創立者の銀行だった。
(アルフレッド・マッコイ著「ヘロイン」サイマル出版 上巻 P19)
(中略)

6. 70年代から30年間に渡り、ゴールデン・トライアングルから麻薬を米国に運んでいたのは、CIAの輸送会社エア・アメリカだった。この会社は、ブッシュの部下オリバー・ノースが経営していた。
 父ブッシュは90年代、大統領命令でベネズエラから1トンもの大量のコカインを米国に輸入し、街頭で販売していた。
(ジェフリー・ロビンソン著「マネーロンダリング」三田出版会 P388)

7. エア・アメリカで運び込まれる麻薬は、CIAの銀行BCCIで支払いが決済されていた。この銀行を使い、CIAは世界に米国製武器を密売し、麻薬資金を回収し、テロリスト、ウサマ・ビン・ラディンに資金を提供していた。

8. ブッシュとCIA、BCCIの武器密売が明るみに出たのが、89年のイラン・コントラ事件だった。ブッシュとCIAは敵国イランとニカラグアに武器を売り、代金を受け取っていた。代金は一部現金でBCCIに振り込まれ、特にイランからは麻薬の形で代金が支払われた。イランから支払われた麻薬は、ブッシュとCIAにより米国の街頭で若者に販売された。
(ジャン・ジグレル著「スイス銀行の秘密」河出書房新社 P155〜157)

9. ブッシュとCIAの下部組織として麻薬を街頭で販売しているのが、イタリア・マフィア、コーサ・ノストラである。
互いの利益は麻薬販売という点で一致した。コーサ・ノストラは、麻薬の利益をCIA銀行BCCIから本国イタリアのアンブロシアーノ銀行に送金し続けた。(リチャード・ブルム著「オフショア市場の犯罪」東洋経済新報社 P294)

10. 銀行を支配する持ち株会社インター・アルファ・グループの中に、アンブロシアーノ銀行とブッシュのハリマン銀行はあり、この2つの銀行は同一組織の手足である。(布目真生著「ユーロバンキング」日本経済新聞社 P133〜135)

11. 世界最大の麻薬販売企業はCIAである。アフガン戦争は、麻薬生産を拒否するタリバン政権を倒し、米国内の麻薬不足、CIAの裏金不足解消も目的の1つだった。

http://alternativereport1.seesaa.net/archives/200611-1.html

麻薬の親玉がアメリカ大統領ブッシュというのは、アメリカ人はどの程度知っているのだろうか?少し調べれば、彼らのルーツとともにわかってくるはずである。
しかしブッシュだけではなく、アメリカの支配層・経済界も、ロンダリングする銀行含めて、麻薬産業と深く結びついていることが分かる。もともとギャングの元締めが、欧米の支配層の一角を形成しているのだ。

http://www.financial-j.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=163494


ブッシュ大統領が麻薬に対する戦争等を宣言しても、最初から真に受ける者等いない。其の理由は、ブッシュがCIA長官になるやいなや、CIAに依る麻薬取引が飛躍的に拡大したからである。彼が長官になる以前からCIAは麻薬取引に従事していたが、ブッシュの到来に伴って、全ての足枷が外されたとしか思えない。此の様な政策転換は、最高責任者の意向無しには有り得ない。

マヌエル・ノリエガはパナマの独裁者であったが、ブッシュに依る平成元年(1989)年のパナマ侵攻で逮捕された。米国に於いて使用されるコカインは大半がコロンビア産であるが、此の元独裁者はコロンビア産のコカイン売買に関連してCIAから利益供与を受けていた。ノリエガはブッシュとも繋がりがあり、コントラへの武器供給に関わっていたが、ブッシュは自らの権益を守る為に、此の男を捕獲する事を選んだ。其の勝手な目的の為に、多くの人命が犠牲になろう事も厭わなかった訳である。

イラン・コントラ事件の際にも、報道機関は麻薬に関する件では沈黙を守ったが、其の真の理由は、麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったからである。其の犯罪の為に直接働かされたグループの中に、米国大統領及び副大統領がいる。
「麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったから....」 ここなんです.ポイントは。ニューヨーク・タイムスやワシントン・ポスト、ABC、CBS、ロイターなんかを誰が所有しているかが!

http://www.asyura.com/sora/bd14/msg/749.html

●今日の麻薬産業

 北米の土地を強奪する為に米国・インディアン社会にアルコールを持ち込み、故意に廃頽に導いた事実は良く知られている。しかし、アルコールよりも手っ取り早い方法が麻薬である。麻薬の浸透は低所得層だけでなく、社会全体を廃頽に導く。更には麻薬使用の増大に依って社会不安や犯罪が増加すると、本当は最ずっと重大問題である筈の国際金融財閥の人類に対する犯罪から国民の関心を反らす事が出来ると云う利点もある。

 若い世代の米国人に麻薬使用、中毒が広がった事は決して偶然では無く、中国の場合と同様、周到に準備された計画の通りに為っただけの話である。中国の場合は先ず阿片市場が準備され、其の後にベンガル産の阿片で其の市場が満たされた様に、米国ではマリファナとLSD(合法的LSDと言って、インターネット上で売却している!忍)の市場が準備された。

 中国で麻薬文化を伝道したのが、基督教の中国内陸伝道団であったのに対し、昭和35(1960)年代に世界的に麻薬文化を伝道したのは彼の有名グループ、ビートルズである。同様に、中国の麻薬市場を満たしたのが英国の300人委員会の前身である貴族のグループであったのに対し、米国の麻薬市場を満たしているのが国際金融財閥である。

 米国民に対して仕掛けられた麻薬戦争は、今日でも大々的に継続され、多くの米国民が洗脳されてしまっている。ワシントンの支配階級に迄広まりつつある。

 特定の国民を阿片其の他の麻薬の常用者にする試みは決して目新しい物では無い。国民を医療の名目で、有害無益な新薬に依って藥漬けにする事も行われている。麻薬も必ずしも非合法とは限らず、合法的な麻薬は薬局で簡単に入手出来る状況と為っている。米国では米国医師会の支持の下、ロックフェラー系統の薬局のチェーンで新薬とうたわれた麻薬が販売された。

 悪者のマフィアや各国のギャングが麻薬密輸を行っている等と一般市民は考えているが、其れは大きな誤りで、麻薬貿易は一国の政府と他国の政府とが真っ昼間に堂々と行っている物である。時々空港で運び屋が逮捕されたり、密輸船が捕獲されたりする事があるが、此れは単なる見せ掛け(ショー)に過ぎない。カリブ海上空等で麻薬を運送する飛行機が強制着陸させられ、麻薬商品が押収される等と云う事もあるが、此れ等は新参の組織が既成の機構(システム)に割り込もうとして頭を押さえられる場合(ケース)である。

 国の軍隊等は、政府絡みの麻薬貿易の安全を保証する為に機能しているに過ぎない。例えば米空軍から大量のコカインが発見されたり、麻薬を満載した東欧の車両番号のトラックが一切の検問を受けることなく国境を通過し、NATO基地に乗り入れたとしても、何等驚くに値しない。米国の麻薬取締局は元々麻薬戦争に勝つ意志等持っていないし、検挙されるのは米国の金融財閥以外の組織が経営する麻薬流通ばかりなのである。

●麻薬取引は財閥の伝統家業

 英国は2世紀以上に亙り香港を経由して中国と麻薬貿易を行って来たが、ヘロイン製造に就いても香港を抜きにしては考えられない。中国経済自体が香港の麻薬経済と密接に結び付いているのだ。麻薬貿易で財を為した家系は今日、其の財力を活用して国際政治・経済を自由自在に操っている。ロスチャイルド家と縁組みのあるサスーン家は、19世紀以来、国際金融機関を所持する事で中国経済を上海から調節して来た。其の香港上海銀行は今日、世界最大規模の麻薬資金洗浄機関(偽装機関!忍)と為っている。

 英国香港統治当時から今現在迄の中国返還の香港に於ける最大の問題点は、実は共産主義に依って残虐扱われた人権問題等では無い。其れは麻薬貿易が生み出す利益を如何に配分するかであり、麻薬貿易は国際銀行がなければ成立しないの話である。

 麻薬貿易を継続する上で、香港は中国にとっても非常に重要な意味を持っている。詰り、英国は決して民主主義の為に香港を維持しているのではないと云う事である。香港に関する中国の動向も、土地投機家に利用されている。結局、香港の将来的な政治不安は人工的な演出で、本当の所は中共絡みの土地暴落でも儲けようとする動きなのである。

 今日の麻薬密輸の現状は可成悪化しており、国際売買は拡大している。昔の中央亜細亜の絹の道(シルクロード)の事を今日、「麻薬ロード」と呼んだとしても間違いではない。麻薬貿易の障害と為る者は、一国の大統領であろうと、民間人であろうと即刻排除される。麻薬貿易を平然と行う国際金融財閥の力に依って暗殺された大統領、著名な政治家の数は枚挙に暇が無いが、此処ではアリ・ブット、J・F・ケネディ(J・F・ケネディの場合は、同じ国際金融財閥が主宰した「MJー12」の中身を全世界に公表しようと考えたら、暗殺されたのです。因みにイスラエルに近付くUFOは、日本(ユダヤ)の神であり、プレアデス星人の責任者である「エホバ」に対する反逆者の異星人として受け取っても宜しい。今、異星人も含めて「最後の審判」を行っている。最終的には、余りにも改正の兆しが無ければ、最後の手段「宇宙戦争」の行動も辞さないでしょう!忍)、アルド・モロの名を挙げるに留めて置く。

 米国は唯(たった)一人の人間を捕獲する為に第三国の主権を平気で踏み躪る。一例を挙げると、米国大統領が正規軍を持ってパナマ国に侵攻し、数千のパナマ一般市民を巻き添えにしたとしても、侵攻の真の理由が報道される事は無い。其れは何故か。侵攻の真の理由には、ノリエガ将軍が拉致された裏には米国CIAに依るヘロイン貿易が絡んでいるからである。ブッシュ元米国大統領に依るパナマ侵攻は飽く迄もパナマに於ける国際銀行を介した麻薬取引に関わる事であり、ノリエガ告訴に向けた証言等は日時が矛盾した儘であって、其処には全く信憑性等は無い。ブッシュと麻薬密輸の関係も、此の時から始まった訳で無く、彼はCIA長官になる以前より南米からの麻薬密輸に関与していた。

 注意したいのは、此等が米国の利益の為に行われていると云う場合の「利害」とは、一般の米国市民には何等縁もゆかりも無い事である。米国の利害とは、市民が知らない所で米国政府を陰から操る特定の自称「選民(エリート)」集団、国際金融財閥に取っての利害である事を忘れてはならない。既に長い間、米国政府は一般国民の権益等は決して代表していないのである。

 米国の歴代の大統領の内、麻薬に非常に縁が深い大統領に、フランクリン・デラノ・ルーズベルト(FDR)が居る。FDRの母方のデラノ家は阿片貿易で膨大な利益を上げ、其の財産が今世紀になってルーズベルトの選挙資金として活用された。

 ニクソンのウォーターゲート事件の裏にも、やはりCIAと麻薬の米国流入が絡んでいる。ウォーターゲート事件は基本的にはキッシンジャーが演出し、何も知らない大統領を卑劣な遣り方で陥れたものであるが、此の人工的な醜聞(スキャンダル)が表面化した時、ニクソンは彼に向けられる攻撃を乗り切る積もりでいた。併し彼への追及に伴って極秘文書(ファイル)が暴露される事を恐れたCIAは、キッシンジャーからの命令を通して軍部に非合法的政権奪取(クーデター)を起こさせ、強制的にニクソンを退陣に追い込んだのである。

●国際協調は皮肉も麻薬の世界で実現化

 麻薬売買は完全に国際的に組織されている。昭和48(1973)年にオーストラリアでヌーガン・ハンドと云う銀行が設立されたが、此の銀行の設立に名を貸したマイケル・ハンドなる人間は、CIAの亜細亜要員であった。オーストラリアでは可也著名な此の銀行は、CIA関連の企業として大いに発展したが、当初から麻薬貿易に従事しており、非常に血生臭い歴史があった。オーストラリア当局の調査に依れば、オーストラリア経由でヘロインを米国に運搬する際に生じるシドニーから東南亜細亜への支払に此の銀行が利用され、麻薬貿易の中枢たる香港上海銀行の支局としても機能していた可能性がある。現に、「黄金の三角地帯」(麻薬の一大生産地とされるタイ、ラオス、ミャンマの山岳地帯)にも事務所(オフィス)があった。

 各国政府は麻薬撲滅に躍起となっており、例えばマレーシアでは麻薬犯罪は死刑に直結する。しかし西欧諸国、特に米国に於ける麻薬使用の蔓延ぶりの酷さは、政府工作を除外しては考えられない。政府や政府高官に依る麻薬犯罪は当然ながら、報道関係では報道されない。

 私達は何でもかんでもマフィアの所為にする事は出来ても(此のマフィアの歴史を真剣に考える必要がある。其れはユダヤ人の金融財閥と繋がりもあるからだ。詳しくはエノク出版「ユダヤの告白」に著述している。だから米国高官との繋がりも考慮する必要がある!忍)、米国政府自体を麻薬犯罪の犯人として死刑に処する事は中々難しい(否、米国政府の中に、麻薬を合法化する法律を考えている議員もいる!忍)。麻薬売買に手を出しているのはイタリア系のギャング(イタリアは、ユダヤ・フリーメーソンの活動地域でもある!忍)に限らないと云う事実は、もう改めて云う迄も無いだろうが、「何故麻薬か?」と云う問に対する答は至極簡単である。麻薬は手っ取り早く大量の現金を齎らすからである。

●麻薬とブッシュ元大統領

 中毒性が強い阿片は、各種の薬剤にも多かれ少なかれ、混入されている。近頃流行のハーブ・ティ等も例外では無く、紙巻き煙草の紙にも阿片が染み込んでいる。麻薬問題が根絶されない真の理由は、英国王室の家系が其の運営に従事しているからである。ブッシュ大統領も其の家系の一人であり、英国女王の遠い親戚に当たる。英国は今でも南米、カリブ海から膨大な利益を挙げているが、地元民の多くは奴隷同然の生活を強いられている。此の様に、立派な会社が堂々と運営されている陰で、麻薬は堂々と売買され、大銀行は其の麻薬の利益を偽装(洗浄)していると云う構図に為っている。

 ジョージ・ブッシュが大統領の地位に迄登る事が出来たのも、単に日米欧三極委員会の力に依る。日本人の中にも数十人の会員がいるが、彼等が三極委員会の狙いを本当に知っているのか、知らない振りをしているのかは分からない。ジョージ・ブッシュの出世の秘密は、彼が英国女王の遠い縁者に当たるからであり、両者とも5千年の歴史を持つ黒い貴族の子孫である。

 陰の世界権力の親玉はロスチャイルドと英国の貴族、王族達であるが、彼等の多くは1700年以来。英国銀行の株を所有している。其れに続くのが、ロックフェラー家、モルガン家、ハリマン家の会員であるが、彼等は親玉のロスチャイルド等に仕える形に為っている。ジョージ・ブッシュを生んだブッシュ家は、此のハリマン家に仕える形と為り、第三階層に属している。

 一万人以上のイラク兵を生き埋めにしたのもブッシュである。彼はサダム・フセインを現在のヒットラーと呼ぶが、其処には明確な根拠はない。其の時の都合で、極最近まで同盟国だったイラクが諸悪の根源だと云う宣伝が始められたが、何等事実に基づいて等いない。逆に米国こそイラクの市民、子供達を殺害しているのであり、米国は200万人虐殺のポル・ポト政権の事も承認している。

 因みに、イラク兵大虐殺の真の目的は都市人口削除実験であった。ブッシュは10万人以上のイラク兵を虐殺したが、此れは王立国際問題研究所(RIIA)の命令に従った物である。選出された大統領が議会の宣戦布告無しに戦争を開始したのも非合法であるが、此の事実を報道関係は無視した為、一般市民も問題にしなかった。しかし、此の様な実績が重なれば、次に首を絞められるのは一般市民である事を忘れてはならない。

 麻薬の流通は小売段階で可也複雑な経路を通る。併し、流通の根幹部分では国際銀行、各国政府、各国諜報機関の援助が無ければ実行不可能であるのは純然たる事実である。ジョージ・ブッシュは副大統領の時にパナマの反政府ゲリラ(コントラ)に違法な援助を行ったが、武器の見返りとして大量のコカインが米国に流入した。当然ながら、レーガン政権、ブッシュ政権は麻薬取引の調査を妨害した。

 一般にはパナマ侵攻は、報道関係に依って世界的悪者に仕立て上げられたマヌエル・ノリエガの麻薬貿易を阻止し、彼に罰を与えるものとされている。併し実際は、此の流通騒動は単なる麻薬貿易の縄張り争いに過ぎなかった。そんな事の為に米国軍が使用され、多くの市民が尊い命を犠牲にさせられたのである。此れは、アル・カポネ等のギャングの縄張り争いに一般市民がとばっちりを受けた所の話では無い。ノリエガは捕獲され、口を封じられ、其の後、パナマを介した麻薬貿易は飛躍的に増大する事に為った。

 更にブッシュ大統領はパナマ侵攻に先立ち、英国大使から数回に亙って連絡を受けているが、此れは何を意味するか。大西洋を隔てた英国と米国、更にはカナダでは一体、何が起きているのだろうか。英国大使は一体誰の意志をブッシュ大統領に伝えたのであろうか。そして、数多くの障害にも関わらず麻薬貿易が継続された最大の理由は何か。そう云った事を知りたければ、誰が最大の受益者だったのかを調べれば良い。此の単純な事実は、勿論現在の状況にも当て填まる。

 例えば、ブッシュ大統領が麻薬に対する戦争等を宣言しても、最初から真に受ける者等いない。其の理由は、ブッシュがCIA長官になるやいなや、CIAに依る麻薬取引が飛躍的に拡大したからである。彼が長官になる以前からCIAは麻薬取引に従事していたが、ブッシュの到来に伴って、全ての足枷が外されたとしか思えない。此の様な政策転換は、最高責任者の意向無しには有り得ない。

 マヌエル・ノリエガはパナマの独裁者であったが、ブッシュに依る平成元年(1989)年のパナマ侵攻で逮捕された。米国に於いて使用されるコカインは大半がコロンビア産であるが、此の元独裁者はコロンビア産のコカイン売買に関連してCIAから利益供与を受けていた。ノリエガはブッシュとも繋がりがあり、コントラへの武器供給に関わっていたが、ブッシュは自らの権益を守る為に、此の男を捕獲する事を選んだ。其の勝手な目的の為に、多くの人命が犠牲になろう事も厭わなかった訳である。

 イラン・コントラ事件の際にも、報道機関は麻薬に関する件では沈黙を守ったが、其の真の理由は、麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったからである。其の犯罪の為に直接働かされたグループの中に、米国大統領及び副大統領がいる。

 ジョージ・ブッシュがザパタ・オイル社を設立した時、初代の重役達は米国の英雄に因んだ名称を選ぶ代わりに、有名な共産主義者であるエミリアノ・ザバタの名を採用した事は象徴的である。此の人物はメキシコで多くの殺人を犯している。此のザパタ・オイル社は当初からCIAの活動に関わりを持っていた事を考えれば、ブッシュが後にCIAの長官に為った事も偶然ではない。

 曾って英国と仏国が麻薬売買で巨額の富を為した実績に暗示(ヒント)を得て、新しい資金獲得の方法が追求される事に為った。外交問題評議会(CFR)の会員でもあったジョージ・ブッシュのザパタ・オイル社は、当時沖合ドリリングを実験中で、沖合にはプッットフォームが建設されていた。CIAと共謀し、南米から漁船に積んで来た麻薬を其のプラットフォームま運び、其の後、普通の資材運搬船に載せて米国内に持ち込むと云う此の方法は大成功を収めた。大量の麻薬が流れ込み、CIAの財源は大いに潤った。CIAは現在でも世界の麻薬市場の大きな部分を支配している。

 ザバタ・オイルの名はメキシコ革命時に多くの殺人を犯した共産主義者エミリアノ・ザパタに因んだ物だが、米国大統領の取り巻きやホワイトハウスは現在迄半世紀以上に亙って、共産主義者、社会主義者の活躍・暗躍の舞台と為っている事は、良く知られた事実である。エレノア・ルーズベルトは共産主義者であったし、フランクリン・ルーズベルトは原水爆製造技術、精製ウラニウムをスターリンのソ連に直接渡し、東欧の共産化を図った。

 其の後の歴代大統領も、ハンガリー弾圧やベルリンの壁・地雷の設置、プラハ占領を認めた事を見ても解る通り、米国大統領の座等は単なる権力の象徴に過ぎず、最強大な実権は別の所にある。此の単純な事実を無視して書かれた米国解説書等は、読んでも時間の無駄であろう。

●報道関係(マスコミ)と麻薬密輸組織

 麻薬は石油に次ぐ世界第2の国際貿易商品である。「黄金の三角地帯」とコロンビアのカルテルだけが麻薬売買の根源であるかの様な印象は、報道関係が故意に作り上げた虚構である。

 麻薬貿易に手を貸している銀行は枚挙に暇がないが、大きな所だけでも、ロスチャイルド銀行、英国銀行、香港上海銀行、バンコック銀行等の名前が挙げられる。香港上海銀行はRIIA関連のロンドンの自称「エリート」等が管理している。ロンドンの銀行の重要な業務の一環が国際麻薬資金の隠匿なのである。

 米国政府に至っては、国際的な麻薬流通に関係している。国内的には麻薬撲滅を謡ながら、実際には麻薬取引を推し進めている訳が、此れは禁酒法に依って競争者(ライバル)を抑えながら、其の陰では密輸を行っていたのと全く同じ手口だ。又麻薬は、FBI、BATF(アルコール・タバコ・銃火器局)等の連邦政府下の軍隊に依る一般市民に対する人権侵害に、良い口実を提供してくれると云う側面も持つ。報道関係を使用した誤報を一般化させ、市民には真実を知らせずと云う国民愚民化政策は大成功を収め、一般人はすっかり真実を聞く耳を失ってしまった(特に日本人が其の傾向が大である!忍)。

 米国政府が本当に其の気に為れば、麻薬を根絶させる機会等は、過去に於いても現在に於いても幾らでもある。例えば、第二次世界大戦中の海上経路は危険極まりないものだったし、国境や税関の検査・警備はスパイや破壊工作者、密入国者に対して厳しく行われていた。そういった機会を活用すれば麻薬撲滅等は簡単に出来た筈である。

 現在でも相変わらず、報道関係は賑やかに麻薬撲滅を大騒ぎして訴えている訳だが、其れでも一向に麻薬が減らない理由は、政府機関、特にCIAが大々的に関与しているからである。又報道関係が騒げば騒ぐ程、其れが宣伝と為って麻薬使用が増えるのは、日本でも米国でも同じ現象である。

 CIA要員と米国政府の或る高官等は、コントラに依る麻薬売買を承知して頂けでは無く、自ら此れに関与していた。ニカラグア内戦激化に伴い、コカインが急激に出回り始めた頃から、非常に危険なクラックも同時に大量に出回り始めた。旧ローデシア、ジンバブエの例からも明白な様に、米国の対外援助は其の国を監視する為の強力な武器と為っている。

 米国の真の支配者に取って、正確な情報程危険な物は無い。彼等は徹底した報道関係支配には成功したが、インターネットや動作管理機(コンピュータ)を介した一般市民同士の直の情報伝達は彼等に取っても盲点であった。其処で、ポルノグラフィーがどうのこうのと云う口実で現在、此の情報網さえも監視しようとしている。

 伊国の重要性は、中近東産の麻薬の入り口である事にある。伊国にはアダム・ヴァイスハウプトが殲滅を命じた(天の守護神が居る反共ののカトリックの総本山である)バチカンがあり、又ベニスとジェノアと云う黒い貴族に縁のある土地を有する国でもある。

 「ローマクラブ」は、英米の金融資本家や欧州の黒い貴族が合併した陰謀機関に過ぎないし、ローマクラブ等と云う名称自体一つの煙幕である。米国の諜報機関はローマクラブの諜報機関と綿密に協力している。ローマクラブの重要な主題(テーマ)は世界人口の削減である。初代会長アウレリオ・ペッチェイは民族国家に強烈に反対している。ローマクラブの支持者の中には、ロックフェラーの名も挙げられている。

 国際金融財閥は、過酷な景気後退と大不況を人工的に作り出し、「生活保護」を受ける麻薬中毒者を大量に作り出し、管理・調整しようとしている。此の様な麻薬を使用した化学戦争は世界的規模で行われており、其処では麻薬は心理操作の為の非常に有効な道具と為っている。其の間、善良な市民は(警察 VS 麻薬取引をする国際ギャング・暴力団>等と云う単純な図式を報道機関に依って故意に信じ込まされているが、此の様な見方は、真実からは遠く掛け離れてしまっている。

 歴史上有名な米国の禁酒法にも、ロスチャイルド家とロックフェラー家が深く関わっている。此の禁酒法下の米国に英国、カナダから蒸留酒、麻薬が密輸され、膨大な利益が両家に齎らされる事に為った。此の取引では、英国の企業が海外運送を担当していた。

 第二次世界大戦末期には、ヘロインの需要が米国内で50年来の最低水準に落ち込むと云う状況が発生し、ヘロインは根絶されてしまう「危険」に陥った。此の「苦境」を克服する為、CIAの前身たるOSSは国際麻薬貿易を復活させる為の状況作りをせざるを得なかった。其処に功績を上げたのが、フランクリン・ルーズベルトである。

●ネルソン・ロックフェラーは暗殺された?

 ワシントンのコスモスクラブで米国の上院議員から直接話を聞いた所に依ると、国際金融財閥の関係者が、背広室で白昼堂々と麻薬を売っている上に、其の様な犯罪を取り締まるべき立場の人々が同じグループに属していると云う。

 ネルソン・ロックフェラーは米国大統領に為る機会は持たなかったが(実際には、何回か、大統領選に立候補しているが、予備選で落ちている!忍)、副大統領には為った。私も何度か彼と会って話した事がある。ロックフェラー一族が南米に多数の銀行を所有しているのは周知の事実である。其の目的は麻薬や武器の密輸に依る売上金の偽装(ローンダリング)であり、英国其の他の国の国際金融財閥の関係者が紳士顔で銀行に出入りしている。

 彼等の所業を長年、苦々しく思っていたネルソン・ロックフェラーは、腹に据えかね、弟のデビッドに電話で斯う叫んだと云う。
 「もう良い加減にしてくれ。私の銀行で麻薬金の偽装(ローンダリン

 グ)なんてとんでもない。彼等の顔等もう見たくもない」
 ネルソンは其の2時間後に急死。例に依って死因は心臓麻痺とされた[心臓麻痺の死は、霊体にも出来る技で、犯人が、五感で見える人間の仕業か、霊体の仕業かを確認する必要がある。此処で霊界を統率する最高責任者は、陽成天皇陛下の子孫の源為朝の子孫でムー王国の天帝(ラー・ムー)を引き継いだ千乃裕子先生に側に遊ばらせている(本当に遊んでいる。コンピューターを買えるぐらいの資金援助をしろよ。自分は此れ以上生活を切り詰める事も投資も出来ない)エル・ランティ様が、ユダヤ・基督・イスラム教の神エホバである。此処を中心に世界の宗教を纒める必要がある!忍]。

 米国が未だ英国の植民地であった頃、欧州から多くの基督教徒が移民したが、ロックフェラー家は其の子孫である。ジョン・D・ロックフェラーは1870年にスタンダード石油を創設する等、一代で財を為したが、彼に対する世評は辛辣を極めた。彼の父親は石油から作った偽藥の行商人であった。其の縁あってか、ロックフェラー家は石油と製薬業で繁栄を築く事に為った。しかし其の陰には、ロスチャイルド家による支援があった事を忘れてはならない。

 ネルソンが死ぬ2時間前の会話は完全に盗聴されていたと云うが、此の様な話を聞く度に、ロックフェラーの立場とは一体何の様なものなのかと考え込まざるを得ない。ネルソンはロスチャイルドと並んで、国際政治、国際金融を支配する人物ではなかったのか。何故、そんな立場に居た彼が、其れ程簡単に殺されたしまうのか(主犯は、ユダヤ人の長老会議であり、此処で策謀を考え、異星人と霊体も使って世界支配を考えているのです。全て監視されているのです!忍)。

●キッシンジャーの事務所は要塞だった

 この様な事件が何回も繰り返されるのを見て来る中で、私はキッシンジャーこそが陰で世界を動かす大きな組織に於ける重要な鍵を握っているのではないか、と云う疑いを抱く様に為った。彼にはパーティーの席等で何度か顔を合わせているが、此の件に関しては、歓談で取り上げて済ます訳にはいかなかった。イラン・イラク戦争や湾岸戦争の時、或いは其処から更に遡った以前から、何か事ある度に関与が取り沙汰される彼の言動が非常に気に為っていた。とにかく彼がニューヨークに出て来るのを機に、1時間でも2時間でもじっくりと話し合って見たかった。

 デービッド・ロックフェラーの寵愛を受けていたキッシンジャー(其れよりも直接に英国と繋がっている噂がある!忍)は、昭和54(1979)年に国際金利の20%引き上げを求めたが、此れはIMFに対して債務のあるラテン・アメリカ諸国を締め上げ、麻薬貿易に転じざるを得ない状況を作り上げる為の物である。換金可能な輸出品としての麻薬に就いては、既に言及した通りである。

 キッシンジャーの事務所はニューヨークのビジネス街の大きなビルにあった。床面全部(ワンフロア)を借り切っているのに、ビルの案内版にはキッシンジャーのキの字も出て来ない。事務所の存在自体が完全に隠藪されている感じがした。

 目的の階までエレベータで上がり、戸(ドア)が開いた瞬間、私は思わず目を見張ってしまった。真正面に現れたのは何と防弾ガラスが張られた分厚い小窓であった。いきなり異様な、薄気味悪い光景を目の当たりにしてしまった。

 秘書を経由して戸口(ドア)の中に入ってみると、其の内部は例え武装した敵が乗り込んで来て銃撃戦が始まったとしても、十分に防衛出来そうな構造に為っていた。床面(フロア)は幾つもの小部屋に仕切られている為、中に何があって、何を遣っているのかを知る事は出来ない。試しに近くにあった小部屋の戸を開いてみようとすると、此れも又異常に厚く、鋼鉄のズッシリとした重みが手に伝わって来る程であった。

 キッシンジャーは大学で教鞭を取った学者であるが、大統領補佐官迄歴任している。同様の経歴を辿ったシュレシンジャーやブレジンスキーは退官後、最簡素(シンプル)で学者らしい事務所を構えている。ところがキッシンジャーの事務所の場合は、単なる研究目的とは到底思えない。ビジネス街の中にあっては、全く異様としか言い様のない砦である。此の秘密めいた事務所と、彼が「死の商人の番頭」と迄陰で噂される事実とは、何か関係があるのだろうか。

 ニクソンを辞任に追い込んだ原因はウォーターゲート事件であるとされるが、此の人工的な醜聞(スキャンダル)の陰で糸を引いていたのはキッシンジャーである。ニクソンが大統領を辞任する前、クーデーターを起こしたのも彼である。此の件に関しては、多くの退役軍人が其れを裏付ける証言を行っている。此れだけでも、キッシンジャーの行為は米国に対する反逆罪に値する。パキスタンのブット大統領暗殺、伊国のモロ大統領暗殺、イラン・イラク戦争及び湾岸戦争勃発等を含む多くの世界的な大虐殺事件に、キッシンジャーは関与していたのであろうか。

 彼の家族は独逸から米国に移民した貧しいユダヤ人だった。ニューヨーク市立大学の学生であった彼は、第二次世界大戦中、徴兵で欧州に送られた。クレーマー将軍の運転手兼通訳を務めながら、次第に才能を見込まれて(闇の政府>の代理人(エージェント)として組み込まれる様になった。其の後、ハーバード大学で学び、講師に為った。其の頃、彼が開いたハーバード国際セミナーには、日本からも著名な政治家達が参加している。

 此の演習(セミナー)は注目を集めたが、背後には国際金融財閥の支援があった。将来性のある有望な若い政治家を世界から集め、(力の道>に依る世界統一の為に有用な政治家をリクルートする事が其の隠れた目的であった。

 キッシンジャーは其の後、ロックフェラー主宰の外交評議会の会員にも選ばれ、ビルダーバーグの円卓会議にも参加している。戦略を立案する重要な地位に置かれ、其処での功績を買われて欧州のビルダーバーグと北米の外交問題評議会の橋渡し役を努める事となる。

 大統領補佐官になる以前には国務省の相談役(アドヴァイザー)にも為っている。キッシンジャーを原型(モデル)にした映画『Dr.Strangelove』(『博士の異常な愛』)には当時の状況が余りにも真実(リアル)に描かれている為に、国務省の役人を震い上がらせたと言われる通り、此の映画は決して架空の物語では無い。

 ワシントンのジョッキークラブで昼食を共にした或る上院議員は、
 「米国を信じていたブット大統領は気の毒だった」
とポツリと漏らしたが、此れは彼が核武装しようとして昭和54(1979)年に暗殺された実相を表すものであった。パキスタンのブット大統領はキッシンジャーの忠告にも関わらず、核武装への道を選んだのだった。と云う事は、キッシンジャーの忠告に耳を貸さない政治家は最悪の運命を想定しなければならないのであろうか。

 もう何年か前の話に為るが、私は東京で、キッシンジャーがエドモンド・ロスチャイルドに鼻であしらわれている姿を目撃している。デービッド・ロックフェラーから庇護を受け、大統領専用ジェットで世界を闘歩していたキッシンジャーも、実はロスチャイルドに取っては単なる使用人に過ぎないのである。其処にロスチャイルドとロックフェラーの実力の差というか、地位関係が表れていた。

 キッシンジャーは又、第4次中東戦争、其れに続く偽りのオイル・ショックの犯人でもあった。アラブ・イスラエルが開始した平和交渉を中断させ、両者を戦闘に導いたのも、英国諜報部の代理人としてキッシンジャーの為せる技である。
 ニューヨークの事務所では、ゆっくり話す事が出来なかったが、別の機会に彼とは次の様な遣取りがあった。
 「貴方は外交官として実に見事な外交を展開しておられる。確かに

 大国の指導者を手玉に取れる様な人材は我が国にはいない。しかし、

 貴方の外交手段(テクニック)には決定的に欠如している点が一つ

 あるのを御存知でしょうか」
 彼はガラス製の杯(グラス)を片手にかなり上機嫌で、是非私の提言を聞かせて貰いたいと答えた。
 「ミスター・キッシンジャー、貴方の外交に欠けているのは、指導者

 だけで無く民衆との心の部分(レベル)での触れ合いです。其れが無

 ければ真の世界平和は達成出来ないでしょう」
 其の時、彼は丸で大きな衝撃(ショック)を受けたかの様に、目を見開いて一瞬、黙り込んでしまった。

 ニューヨークの彼の事務所からの帰りがけに秘書から聞いた話が本当ならば、彼は今でも精力的に世界中を駆け回っていると云う。又、彼はインタヴューや講演で法外な謝礼を要求する事で有名だった。因みに米国内での講演料を聞いてみると、一時間10万ドルだと云う答が返ってきた。此れは1千万円以上にも為る。
 キッシンジャーは米国政府の要所に自らの立場を置く事で、IRS(国税庁)に対して、米国内のADL(ユダヤ名誉毀損防止連盟)其の他のユダヤ組織が非課税と為るような便宜を計った。此の様に、キッシンジャーは飽く迄もロスチャイルドの使用人であり、彼が其れと同時に忠誠を捧げているのは英国秘密諜報部なのである。

●洗脳技術とタビストック研究所

 リビエラは、伊国から仏国に掛けて地中海沿岸に伸びる高級保養地である。穏和な気候に恵まれたサンレモ、ニース等の都市を観光で訪れる日本人旅行者も多い。其の様なリビエラに位置するモナコ公国は、3万をフランスに囲まれ、南は地中海に面した丘陵地帯に位置している。モンデ・カルロは賭博の街であったが、今世紀になってバレーや演劇等「文化」の注入が人工的に行われた(此れは価値ある文化ならば、良い傾向と考えられるが!忍)。東で沿岸沿いにリビエラを走っても、モナコと仏国の間には国境らしい国境は無い。

 ヘロインが欧州に齎らされる重要な源は其のモナコを経由している。コルシカからモナコを経由して、仏国本土に運ばれる迄、実質的な国境が存続しない為、ヘロイン運搬の際にも国境検査は問題にならないと云う訳である。此の様な形でモナコ王室は何世紀にも亙って麻薬密輸に関与して来た。

 米国の若者を麻薬中毒にしたのがベトナム戦争であったなら、ロック音楽を大々的に活用したのがタビストック研究所である。此の闇の世界からの管理はロンドンから実行された。此のタビストック研究所の本来の目的は、第一次世界大戦中に砲弾衝撃(ショック)を受けた兵士の研究である。当時の英国陸軍は、人物の物理的緊張(ストレス)に対する精神的限度を研究していた。

 精神分析で名をなしたシグムント・フロイトはロンドンに在住したが、此れは当研究所との関連を示すものである。研究所本部はロンドンに置かれているが、其の情報網たるや各種大学から米軍諜報部に迄及ぶ。要員は各地の施設で教育(洗脳)を受けなくてはならない。各種の情報はローマクラブや日米欧3極委員会等の秘密組織を経由してタビストックに齎らされる事になるが、此の研究所の成果は何と云っても大規模な洗脳技術である。 群衆心理学を利用して群衆を管理する方法は可也大々的に実践され、此の方法を使えば群衆は自分達の自由・人権が侵されている事に気が付かない。現に、第二次世界大戦中に独逸に対する宣伝を広げたハーバード心理学研究所は、一朝にして独逸と独逸人は邪悪の象徴であるかの様な印象が捏造される事に成功したのである。イラクとサダム・フセインの場合も、全く同じである。

 米国の警察は英国の特別組織の管理下に置かれ、米国市民が全く知らない間に、米国は英国に主権を与えてしまったと言っても過言では無い。其れにしても、CIAにせよ其の前身たるOSS(戦略事務局)にせよ、其の基本はタビストック研究所の要綱である。

 大量虐殺の際に群衆が如何なる恐怖心反応を示すかを調べる為に、ルーズベルトとチャーチルに都市の住宅地域への空襲を行わせたのもタビストック研究所である。当研究所及び米国の諸財団の目標は一つである。其れは、如何にして個人の精神的抵抗力を崩壊させ、世界秩序の独裁体制を実現するかであった。

 又、宗教、愛国心、名誉等の根幹を為すものが家族である事から、家族を崩壊させる為の技術が考案される事になった。ウーマン・リブ等と呼ばれる男女同権運動の究極の狙いは、夫婦の調和を乱し、家庭を破壊崩壊に導く事である。

 性的倒錯を一般化させる事も、タビストックの群衆管理の一環であった。フロイトの精神分析に基づく「治療」は逆に情緒不安定、性格異常を招き、恒久的な精神病に至る。犠牲者は新しい「人間関係」、詰まり無目的の性的関係を結ぶようになり、家庭を維持する能力を破壊させられてしまう。斯うして大衆を人生目的や義務感の無い方向に誘導するのがタビストックの目標である。米国、日本に限らず、各国に発生した新興宗教の中にも、此の研究所と関係がある所が多い。

 第二次世界大戦中にドレスデン其の他の大都市の住宅地帯を集中的に爆撃させたタビストックの戦略の今日版が、スリーマイルで起きた原発事故である。此の人為的な事故でも女性雑誌等を利用して核への恐怖心を煽っていた。此の様にタビストックは世論操作の大名人であるが、其の技術は各種の違法行為、不法行為を通して自ら開発・作成したものである。其の間、国民は情報を知っていると信じ切っているわけだが、其の陰で見事に操作・洗脳されてしまっている(結構、今現在日本人が、此の洗脳の専門のタビストック研究所で働く人達が多いのである。其れは、英国が自由主義国だと考えている人が多いからである。併し、共産主義は、ユダヤ・イルミナティ社会主義から産まれたのである!忍)。

 過去・現在を通して米国民は独逸人、日本人に関する印象(イメージ)を其の儘受け入れてしまっているが、此の様な固定観念は非常に危険である。此れに引っ掛かると、独逸や日本が本当の敵に見えたり、イラクが本当の脅威に見えたりする様に為る。此れはタビストック研究所の研究の成果で、事実、唯の2週間で全世界の世論がイラクとサダムに対抗する様に為ってしまった。

 しかしサダム・フセインは、決して報道関係が宣伝する様な悪魔的な人間では無い。此の様な宣伝工作に対する唯一の防衛手段は、彼等の陰謀と偽装組織を正確に知って置く事である。

http://www.asyura.com/sora/bd14/msg/753.html

                                           ,. -―._====>ミ'ヽ、
                                        ,.ィ,. -‐''二 ̄  ___   `゙'(
                                         //x‐''"´ ァ‐''"´_二ニ-――=-ミ、
                                     /':/,.ィ´ / >'"/       _
                                    / / イ////,.イ ,.-‐ァ'"´ ̄,.ィ"´ ̄
                                 _z=/ :////=,/ // ̄/フTメ==、_,.イ´   _,. -‐
                               // Y /// /-ノ とテ斧ミメx、  `Х ,.ィ''"´
                                  レ'/ Y :/ /イ:/´。``':ミテメミト/ /   u  ,.ィ
                                   /´/ノ:/, ' .l{   :::::::::::ヾ(゙///      ,.l /
                      _              /// 、_リ     :::::::::::::::....     /,.ィ!
                    ,. -‐''"´  ``ヽ         /(ノ7            ,; :::::::::::..  / xく l!ノ
               ,. '"           \ ,.-‐=ァ==ァ':l/'.    __  、   ::::::::::o'´xェ;-‐''" l!/
            ,,. '"      _,.          Y  ./ ,.ィ/.とノ     ヾヽ.ヽ    ::::::::::ヾヾミメ,_,.ノl!_
           ,. '"    u  /         ヽ、(   {:l/ ./l      、 ヾ,、}    ::::::::::::.Yi芽.l-‐|
        ,. '"  _,.っ,,.__o゚ノ            ヽ`゙'ー--‐'".:::::l         ノ'       ::::::::ノ'"}lメ! ,レ
    ,. ,. -‐''"´ -::r=:、:.、  ``丶、      u     ヽ.   / .:::::::l、   ι´´   _     ::::U '゙’-ィ-/
 ,. ' イ    /::::::::::゙'':´::::::::..                ヽ./  ..:::::::::>:..、      ´u (( ̄``ヽ=ァニ二イ/,ィ
'"/     : : :: : : : : : : : : :                              `゙' ァ,.、 _  ゞ_,.-‐'ア´__ノ__ノ ノ
/                                            /´// / ̄/ / / ̄(/ //
                                    ´``ヽ、   l、:l l /  / / // //_/// ,
                     _,.:==    _____   __ `丶 \l l :/ / // ///  / /,.イ /
   ι                u'´       (ノ ̄ ̄フ‐'"´ ̄    ̄``丶 、゙ ‐- l.,l_l //l { / / l !(
            u                     ,. ィ''´               `丶、 `ヽ、Y :l l iヾ
                            /             ι       ヽ、 ヾ、 l ! !〃
                              , '         u              ....-\: ヽl / / l
、ij               ι           /                       ..:::::::::::::ヽ_j./ / l
::::ヽ、                  ,..:::::                               :::::::ヽ:(;;;':)/ /
::::::::::\               ...:::::::::::                           ...:::::::::::゙'´:! /

オウム真理教の全記録
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7650981
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7651056

悪夢の独房修行 PSIの正体 オウム帝国終焉 苫米地英人 オウム総括
http://www.youtube.com/watch?v=SByIQG-s-no&feature=results_main&playnext=1&list=PL53A25C33C17BA05C

地獄(1999)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5077442
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5077940
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5078384
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5078848
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5079505
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5080287
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5086194

◆オウム真理教 


・岡崎(宮前)一明  山口県立小野田工業高等学校計測科卒業 【死刑】
・豊田亨   東京大学理学部物理学科→東京大学大学院 【死刑】
・早川紀代秀 神戸大学農学部→大阪府立大学大学院 【死刑】
・広瀬健一  早稲田大学理工学部応用物理学科 (主席卒業) 【死刑】
・端本悟    早稲田大学法学部 【死刑】
・新実智光   愛知学院大学法学部 【死刑】
・横山真人   東海大学工学部応用物理学科卒業 【死刑】
・林泰男    工学院大学2部 【死刑】
・井上嘉浩  洛南高→日本文化大学中退 【死刑】
・土谷正実  筑波大学大学院化学研究科修了 【死刑】
・遠藤誠一  帯広畜産大学大学院獣医学専攻修了 【死刑】
・中川智正  京都府立医科大学医学部医学科 【死刑】
・松本智津夫 熊本県立盲学校→東京大学理V記念受験失敗 【死刑】
・村井秀夫  大阪大学理学部物理学科、同大学院卒業、神戸製鋼 【死亡】
・林郁夫   慶應義塾大医学部、慶應大病院心臓外科医【無期懲役】
・青山吉伸  京都大学法学部卒。在学中、21歳で司法試験に合格 【懲役12年】
・富永昌宏  灘高→東京大医、東大病院勤務【懲役15年】
・上祐史浩  早大理工院【懲役3年】
・石川公一  灘高→東京大学理V現役合格→中央大卒→九州大学医学部・合格取消
・菊地直子  京都大薬【逃亡中】


●石井 久子(いしい ひさこ)は、元オウム真理教の幹部。

短大を卒業後、保険会社に入社。その後、会社の同僚だった飯田エリ子に誘われ、オウム真理教の前身である「オウム神仙の会」に入会。その後、保険会社を退社して出家。教団の中ではかなり早い段階で正大師となった。

1990年の第39回衆議院議員総選挙には真理党から東京都第3区から立候補したが落選した。省庁制を採用した後は、大蔵省大臣となった。1995年に一連のオウム真理教事件が発覚がきっかけとなり、教団を離脱した。

●飯田エリ子(いいだ えりこ)は元オウム真理教幹部。

神奈川県横浜市出身。血液型はO型。ホーリーネームは始めラクシュミー、後にサクラー。教団内のステージは正悟師で、省庁制が採用された後は東日本の信者を統括する東信徒庁長官だった。

最古参のメンバーで、まだ家庭的で和気藹々としたヨガサークル「オウム神仙の会」を石井久子とともに作っていた主要人物である。

一般人を勧誘して入信させる才能はオウム真理教信者中1であった。

文化女子大附属杉並高校を経て、文化女子大学短期大学部生活造形学科を卒業し、デパート店員を経て、日産火災海上保険に入社。1984年、健康のためにヨーガ教室鳳凰慶林館に通い始め、会社の同僚であった石井久子を誘いオウム神仙の会に入会。その後、保険会社を退社して出家した。

1987年初め頃には同教団信者の岡崎一明と恋愛関係にあった。1990年の第39回衆議院議員総選挙には真理党から東京都第11区から立候補したが落選した。

1995年の目黒公証人役場事務長拉致監禁致死事件では監禁致死罪に問われ逮捕、起訴された。一連のオウム真理教事件指名手配犯らの、逃走幇助の指揮官だったともされている。

1996年10月26日の第一審では懲役7年、1998年9月10日の控訴審では懲役6年6ヶ月の判決が下された。上告をせず刑が確定し、2002年8月25日に刑期満了で出所した。服役中の2002年3月に脳出血で倒れ、言語・記憶に深刻な障害を負い歩行もままならない。

●都沢 和子(みやこざわ かずこ - ):オウム真理教の元幹部。

東京都出身。ホーリーネームはウッパラヴァンナー。省庁制が採用された後は、「西信徒庁長官」となった。

 短大在学中、ESSに所属し、早稲田大学のESA所属の上祐史浩に出合った。
 短大卒業後、社会人となるが、恋人上祐史浩がオウム真理教に入信したことを知り、会社を辞めてオウム真理教に入信した。

入信後は、名古屋支部長などを歴任した。教団の出版物やビデオに出演し、信者を獲得していった。また、上祐史浩と別れ、石井久子らと同様、松本智津夫の愛人となる。教団が起こした事件が明るみに出た後、教団を脱会した。

●松本 知子(まつもと ともこ、- ):オウム真理教元幹部(出版事業を行っていた株式会社オウム社長)にして、麻原彰晃こと松本智津夫の妻。

ホーリーネームはマハーマーヤ、のちにヤソーダラーへ変更となる。旧姓は石井(石井久子とは血縁関係はない)。

千葉県立木更津高等学校卒業後、浪人し、代々木ゼミナールに通う。予備校時代に麻原彰晃と知り合い、大学進学を断念し結婚。


麻原がオウム真理教を立ち上げる中で、妻として献身的にサポート。麻原との間に男2人、女4人の子を作る。石井久子、三女アーチャリーに続き3番目に正大師となり、教団内でも重きを成していった。教団が省庁制を採用した後は、郵政省大臣となった。

一連のオウム事件の発覚に伴い、薬剤師リンチ殺人事件で逮捕、起訴される。1998年5月14日の第一審で懲役6年の判決を受け、1999年9月9日の控訴審、2001年6月26日の上告審では懲役6年の判決を受けた。和歌山刑務所にて服役し、2002年10月15日に刑期を満了出所した。

  出所後は教団に戻っておらず、2006年半ばまでは教団との関わりは薄いと見られていた。ところが、2006年7月20日、アーレフ信者の容疑にかかわる家宅捜索の報道を通じて、松本知子と三女を中心として松本家が信者からの資金援助を受けていたことが明らかとなり、加えて、8月に四女が教団との関係を断つためとして、松本家を離れて江川紹子に未成年後見人になることを依頼し、江川が承諾したことが報じられ、こうしたなか、教団が2002年12月以来松本家に「松本知子作の絵画の使用料」を名目として継続的に資金提供してきたことまで報じられた。

 こうした経緯を経て、2006年9月20日、教団が契約に基づいて2002年12月以来松本家に月40万円を絵画の使用料として支払ってきたことを、分裂状態の反代表派に属するアーレフ広報部、上祐派広報部の双方がともに認める見解を発表した[3]。以後の支払いを打ち切るか継続するかについては、両派で意見が対立し合意に達しなかったため、契約は継続されているという。

なお、上祐史浩は2007年3月発表のインタビューにおいて、絵画の使用料契約が当初から実質的に生活援助であったことや、その後信者から松本家への資金提供の流れがあったことを認め、また反代表派の信者が松本知子を含む松本家の人々と個人的接触をしてその意向が教団に反映される、といった形で松本家が実質的に教団に影響を与えていると述べ、四女の告発を事実として認めている。

2007年3月20日の報道によると、教団元信者の男性から松本家の子ども4人が住居提供を受け、海外旅行や私立学校への入学などの大きな出費をする一方で収入の裏付けとなる勤労実態がないことから、公安当局は男性が1000万円以上になる生活費を丸抱えしており、男性が隠れ信者の可能性があるとみているという。また、アーレフ広報部が生活支援については否定する一方、以前から報じられている松本知子への絵画使用料については認め、見直しを含めた検討をおこなっているとしていると報じている。

http://nozawa22.cocolog-nifty.com/nozawa22/2011/11/nozawa22-18.html

松本智津夫 ”美人すぎる幹部”が脳出血で車いす生活に


地下鉄サリン事件、松本サリン事件などの実行犯・遠藤誠一被告の死刑が確定したことで、一連のオウム関連の刑事裁判が終結した。そんな中、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚が愛した女たちの今が、次々に明らかとなった。

美人幹部E・I(51)もその一人。かつては、松本死刑囚の寵愛を一身に受けていたが、その後は悲惨な生活を送っているという。

「彼女は今、東京郊外にある実家で親と暮らしています。服役中に脳出血で倒れ、現在も後遺症が残っており、車いすと杖が必要な生活をしています」(公安関係者)

松本死刑囚の妻T・M(53)と子供たちは、一家離散で流転生活。T・Mは現在、心の病気を患っているという話も。

また、オウム真理教の金庫番だった“女帝”H・I(51)は、松本死刑囚との間に双子を含む3人の子をもうけたが、子供たちとは暮らしておらず、神奈川県近郊で父親と2人で暮らしているという。

元オウム真理教被害対策弁護団の滝本太郎弁護士はこう話す。

「オウムに関わった女性たちは、家族と和解し、支えられて過ごしている人が多い。その一方で、教団から抜け出したものの人間関係がギクシャクしてしまい、孤独に暮らしている人もいます。そういう意味では、多くの女性たちの人生を狂わせたことは事実でしょう」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111208-00000324-jisin-soci

★醒めない夢の中に棲む「オウム」の女たち (週刊新潮2011.12.8号より)


・ウッタマー正悟師こと村岡達子(61)
  元幹部、関西地区在住。今は翻訳、英作文の添削など得意な英語を使って
  収入は月4万〜5万ほど。オウムでの質素な生活に慣れているので苦しいとは思わない


・マハーケイマ正大師こと石井久子(51)
  教祖の間に3人の子を生んでる。00年11月に懲役3年8ヶ月の服役終えて出所。一時精神を病む。 現在は訪問介護の仕事しながらマンションで父親と二人暮らし。


・サクラー正悟師こと飯田エリ子(50)
  02年8月に懲役6年6ヶ月の実刑を終え出所。出所数ヶ月前に脳出血。現在は都内の実家で暮す。
  右半身麻痺。リハビリのため実家(府中市?)と病院を往復する毎日


・北沢優子(47) ケロヨンクラブ
  末期ガン。都内のケアハウスで暮す


・キサーゴータミー正悟師こと山本まゆみ(享年53)
  07年1月死亡。喉頭がん

・鹿島とも子(51)
  仕事見つからず息子と2人で日給6000〜8000円のビラ配りのバイトしたこともある。
  今はホームヘルパー資格取得し、11年間続けた。02年に芸能活動再開。

・加藤智子(47)
  上祐の運転手。6歳位の娘と沖縄で暮らしている

・ヤソーダラー正大師こと松本知子改め松本明香里(53)麻原妻
  知子改め明香里は次女や三女らと関東地方で暮らしている。
  長女は01年1月東京・北区でスーパーで万引逮捕歴。現在ファミリーとは絶縁
  四女は自ら教団との関係を絶つため松本家を離れている。

・スメーダ正悟師こと木田裕貴子(34)
  18歳で麻原の子を産む(女)。実母と麻原の子(娘・高校生)と3人で群馬県に住む。
  娘は乗馬クラブに通っている(近所住人の話)

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1105420763/


           / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
              //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
       r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
       __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
       〈 rク// ,′ ,'/l‖ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
    , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
  // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 U ヽ ヽ
//   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \
{_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
         ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \
      , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨
  ,.|ヽ .ヽヽ、ヽ| ,'  ,..-,, `ヽ''-''-'、 __ヾ  ,,. -‐ V"´ __ `ヽ、_ ,
r''".| ヽヽ _,.´,, ',´´        `ヽ、'   ,.. - ''"´   ``ヽ 、`ヽ、ィ
|  ,|  川ヽ、/ /ト-;:::、        u丶 '´         .....ヽ、 i  /l
| ハ  |! j/ ./::`:::::、                        .:::r::、::.ヽ レ'  |
   ヽヽヽ .、 i   : : : : : : : : : : : : u: :/   、: 。: : . . .  . : : : : : ': : : :|    k   
    ヽヽヽヽ、ヽυ : : : : : : : : : : :, :'´: : : : : :ヽ : : : : : j : : : : : : : : : : :,'r;;=;;、  \
     \\ヽ ヽ、: : : :υ: : , : : : : : : : : : : : : : : : : : ι: : : : : : : : ιl L;;;ノ    \
      | l! ヽ、ヽ、--‐ '´: : :     : : : : : : : : :`: ヽ、、_:_:_:_:.: :j'´}:::::::::::::::::...   ┌――--,
、        ヽv-、.ヽ ヽ   ,,,_   ゜        : : : : : : : : : : : :υ,' .i   ,\::::::::      /
  `ヽ 、   丿 ヽゝ,, ::' "´        . . . . . . . . . .: : : : : : : : : :/ ,'.   ' ̄ \::::r';;ヾ /
     ``ヽl. |   y \          ``''''     . :-、、: : : ,' ,'.、     ̄ ̄ :::ヾソ ,'
        ヽヽ  ト、 `` フ                 : :ヽ-く ,'  ヽ、  __    _,(,,,,,,,,,..--
: : : : : .     ヽ、|!: :`‐‐': : :                。 : : : :\ u  ,,,ι- ''"´´
: : : : : : : .      ,,,.. -- ーー-、 __             : : :,, -‐''´


VAJRAYANA真理の探究・写真館
麻原彰晃尊師と石井久子さん。美しい愛
http://www.angelfire.com/ego/sinzinrui/photo8.html

 石井久子。1960年神奈川県生。真面目でおとなしい優等生として育つ。産業能率短大秘書科卒。OL時代の友人である飯田エリ子とともに健康のためヨガ道場へ通いはじめ、教義にのめりこんでいく。

1988年出家。10年付き合った恋人と家族を捨て、結婚資金はすべて布施として捧げたという。松本智津夫が父であるとされる3人の子供の母親でもある。

http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/god.htm

現在はヨーガがブームという事で大小の沢山のヨーガのグループがある。私は最初はどこにでもありそうな、ちいさなヨガの会だったという麻原彰晃のオウムの会が思い出される。麻原に会った事も無い、その信者に一度も会った事はないが、その経緯を知れば知るほど、それは精神世界の旅に不気味なほど似通っている。

 インドのリシケシには数多くのヨーガ・アシュラムがあるが、私の滞在したアシュラムには麻原の著書と機関誌があった。手に入りにくい本なので、おそらく修行に訪れたオウムの信者が寄贈していったものと思われる。

 麻原が初期に行っていたイニシエーションにシャクティパットというものがある。この用語は元々はデクシャと呼ばれていて ヨーガ・タントラではイニシエーションを意味していた。デクシャには大まかにわけて三つの側面があるという。弟子が入門する儀礼と、解脱や悟りを与える事と、神秘体験を与えるデクシャである。

 シッダ・ヨーガの系統にムクタナンダと呼ばれるグルがいる。シッダ・ヨーガではデクシャとは師から弟子へシャクティ(霊的エネルギー)を伝授する事を意味する。

 スピリチュアル・エマージェンシー・ネットワークを提唱したクリスティーナ・グロフは1974年にムクタナンダからハワイでデクシャ(シャクティパット)を受けてから深刻な精神の危機に陥った。不安と恐怖と怒りが交互にやって来て、日常生活に支障を来す様になったのである。彼女はカルフォルニア州のエサレンで出会った精神病理学者のスタン・グロフ博士に

「あなたは今、死と再生のプロセスの途上にいる。」

とつげられた。その混乱と苦しみから逃げださずに直面して統合すれば深い癒しと自己治癒、霊的変容が起こることを彼女は理解して日常生活を取り戻したのである。

 ヨーガには様々な呼吸法があるが、ある特定の呼吸法に集中しているとエネルギーが高まり、身体の中を動き始めようになる。

 麻原の著作には次のような記述がある。


(相手のクンダリニーが覚醒してゆく様子は、霊眼で見ている。まず、相手の眉間に当てたわたしの親指から白銀色の光がスシユムナー管(クンダリニーの通り道)を通って尾てい骨のムーラダーラ・チャクラまで降りていく。これを三回ほど繰り返すと、光はパッと消えてしまう。これは、スシュムナーにクンダリニーの通り道ができたことを意味する。>


(さらにシャクティーパットを続けていると、小さな豆粒ほどの赤い点が相手のムーラダーラ・チャクラに四点くらい見え始める。このとき、わたしのムーラダーラ・チャクラも呼応してむずがゆくなる。それらの点は初めは離れて見えるのだが、やがて一カ所に集まり、逆三角形を作る。

そのとき、わたしのムーラダーラ・チャクラは熱くなる。三角形は次第に大きくなり、骨盤ほどの大きさにまでなる。わたしのムーラダーラ・チャクラはいっそう熱くなり、エネルギーが上へと昇り始める。同時に相手の赤いクンダリニーも上へと昇り始めて、それがわたしの親指のところまで到達すると、相手の身体全体が赤く見えるようになる。>


(これで第一回日のシャクティーパットは終了である。たいていこれでクンダリニーの覚醒も終了する。シャクティーパットを受けた人は以後超能力をどんどん獲得していくことができるのである。>

「超能力 秘密の開発法」オウム出版 より引用)

 麻原はヨーガの修行の結果、内部にエネルギーを集中させることができる様になり、信者の身体と共鳴させることができるようになったようだ。シャクティパットは一回5万円だったようだが、受けた信者は金色の光に包まれた。涙がながれ至福に包まれた。などの感想を話す。以下信者の体験談


(身体全体が筒のようになった感じで、幅の広い帯状のエネルギーが上昇していくようだ。気分と身体が軽くなり、心地よくなった。セックスよりも強烈な快感が、足やおなかから頭項に向かって走った。シャクティー・パットを何回か受けていると、時々、意識がなくなってしまうこともある。

シャクティー・パットを受けているということを承知していながらも、意識は部分的に違う世界にいってしまったような気がした。それは眠りに近い心地よさを伴っていて、白い光が見える。終わったあとは心が穏やかで、身体はまるで雲の上にいるような感じであった。>


雑誌 トワイライトゾーンNo.126号 ワールドフォトプレス 


(白い光が内側から額に広がるように見えた。尾骸骨のところに小さい粒が動いているような感触があった。1回目のシャクティー・パットでは、何だかよくわからないながらも感動して涙が込みあげてきた。

麻原先生が「君は前生で私の弟子だった」とおっしゃったとき、それを確信した。最高に至福感があって、自分が聖者になったような気分だった。首にたまっていると感じていた邪気が全部とれて、すっきりとした。2回目のシャクティ・パットでは、気分が軽くなって心が解放されたような感じだった。物事を考えなくても、必要なことは自然と脳裏に浮かんでくるようになり、行動にムダがなくなった。>

雑誌 トワイライトゾーンNo.126号 ワールドフォトプレス

 シャクティパットを受けた信者は強い身体感覚に感動して、この教えは本物だと確信してカルト団体に依存して行く。しかし全く精神世界の修行をした事のない、一般の世俗の人でもある特定の呼吸のテクニックを使用すれば様々な神秘体験は誰でも起きる事なのだ。

 シャクティーパットを受けた信者が解脱と悟りが得られたかどうかの判断は、その後、刑務所に入ったしてマスコミをにぎわしているので、これを読んだ方にお任せしたい。


 のちに麻原の愛人になり子どもを宿してしまったマハー・ケイマこと石井久子は次の様に報告している。


(快感が走る。震動する。しびれる。そして、太陽の光のようにまぶしく、ものすごく強い、明るい黄金色の光が頭上から眼前にかけて昇った。 金色の光が、雨のように降りそそいでいる。その光の中で、私は至福感に浸っていた。  

この太陽は、その後何回も昇り、そして最後に黄金色の渦が下降し、私の身体を取り巻いた。 このとき、私は光の中に存在していた。いや、真実の私は光そのものだったのだ。

その空間の中に、ただ一人私はいた。ただ一人だが、すべてを含んでいた。本当の幸福、真実の自由は、私の中にあることを悟った。真実の私は光の身体であって、肉体ではないことを悟った。

?真実の私は、光であることを知った?>

マハー・ケイマ(石井久子) オウム真理教 機関誌「マハーヤーナ」No.2 号 オウム出版 

                                           ,. -―._====>ミ'ヽ、
                                        ,.ィ,. -‐''二 ̄  ___   `゙'(
                                         //x‐''"´ ァ‐''"´_二ニ-――=-ミ、
                                     /':/,.ィ´ / >'"/       _
                                    / / イ////,.イ ,.-‐ァ'"´ ̄,.ィ"´ ̄
                                 _z=/ :////=,/ // ̄/フTメ==、_,.イ´   _,. -‐
                               // Y /// /-ノ とテ斧ミメx、  `Х ,.ィ''"´
                                  レ'/ Y :/ /イ:/´。``':ミテメミト/ /   u  ,.ィ
                                   /´/ノ:/, ' .l{   :::::::::::ヾ(゙///      ,.l /
                      _              /// 、_リ     :::::::::::::::....     /,.ィ!
                    ,. -‐''"´  ``ヽ         /(ノ7            ,; :::::::::::..  / xく l!ノ
               ,. '"           \ ,.-‐=ァ==ァ':l/'.    __  、   ::::::::::o'´xェ;-‐''" l!/
            ,,. '"      _,.          Y  ./ ,.ィ/.とノ     ヾヽ.ヽ    ::::::::::ヾヾミメ,_,.ノl!_
           ,. '"    u  /         ヽ、(   {:l/ ./l      、 ヾ,、}    ::::::::::::.Yi芽.l-‐|
        ,. '"  _,.っ,,.__o゚ノ            ヽ`゙'ー--‐'".:::::l         ノ'       ::::::::ノ'"}lメ! ,レ
    ,. ,. -‐''"´ -::r=:、:.、  ``丶、      u     ヽ.   / .:::::::l、   ι´´   _     ::::U '゙’-ィ-/
 ,. ' イ    /::::::::::゙'':´::::::::..                ヽ./  ..:::::::::>:..、      ´u (( ̄``ヽ=ァニ二イ/,ィ
'"/     : : :: : : : : : : : : :                              `゙' ァ,.、 _  ゞ_,.-‐'ア´__ノ__ノ ノ
/                                            /´// / ̄/ / / ̄(/ //
                                    ´``ヽ、   l、:l l /  / / // //_/// ,
                     _,.:==    _____   __ `丶 \l l :/ / // ///  / /,.イ /
   ι                u'´       (ノ ̄ ̄フ‐'"´ ̄    ̄``丶 、゙ ‐- l.,l_l //l { / / l !(
            u                     ,. ィ''´               `丶、 `ヽ、Y :l l iヾ
                            /             ι       ヽ、 ヾ、 l ! !〃
                              , '         u              ....-\: ヽl / / l
、ij               ι           /                       ..:::::::::::::ヽ_j./ / l
::::ヽ、                  ,..:::::                               :::::::ヽ:(;;;':)/ /
::::::::::\               ...:::::::::::                           ...:::::::::::゙'´:! /


 オウムの引用を長々としたが、通常、霊能力や神秘体験と言われるものが、悟りと解脱とは直接的には結びつかない事を示している。 変成意識を体験させる身体技法は、自我の境界が揺らぐので誰でも神秘体験がおこる。それは体験への執着や依存を生み、カルト団体のビリーフシステムを強化してしまう危険性がある。

 なんらかの原因で 無意識の領域に溜め込んだ欲求に無自覚でいると、抑圧したエネルギーが表出したとき、それを外の世界で行動表現してしまう。内面で起きている問題を自覚しないまま外の世界で表現しても、内面の問題は解決しない。

 麻原彰晃が教祖稼業に手を出すのであれば、低次元の欲求は解消しておかなければならなかった。彼は修行不足のため自己を洞察するという智慧が開かなかったので、自己の満たされなかった無意識のエネルギーに振り回され、欲望を欲しいままに満たそうとして自滅してしまったのである。

 簡単に超能力が得られる。解脱、悟りが簡単に得られると宣伝をする団体には欲望を満たそうとする低次元の信者を呼び寄せるものだ。その団体に集まって来る人々が幼稚であまりにもお粗末でおかしいと感じたならば、その団体と距離をおいてよく観察することも一つの方法だと思う。

 低次元の教祖に集まる信者には似たような無意識の構造があり、それが、教祖を甘やかし、教団を形成する。 それがカルト化する危険性はいつでもある。オウムの事件はそれを教えている。     2005年07月22日

http://homepage.mac.com/iihatobu/work/Darkness%20.html

オウム真理教の修行


当初は、専らヨーガの手法を用いた修行が行われていた。その後、オウム独特の「イニシエーション」という修行が始まり、徐々に薬物や機械による「洗脳」が行われるようになった。

1994年頃になると、LSDの幻覚作用を利用した「キリストのイニシエーション」が大掛かりに行われた。そして最終的には電気ショックで記憶を消す「ニューナルコのイニシエーション」まで行われるようになった。薬物や電気ショックという手法まで駆使したため、他のカルトと異なり、オウム真理教の教えは潜在意識のレベルにまで浸透しており、そのことが教団からの脱会をより困難にしている。


各種イニシエーション


愛のイニシエーション

麻原彰晃のDNAを抽出した液体を飲むイニシエーション。別名「DNAイニシエーション」。弁護士の坂本堤は、このイニシエーションの欺瞞を追及していたため、一家皆殺しされることになった(坂本堤弁護士一家殺害事件)。 キリストのイニシエーション LSD入りの液体を飲むイニシエーション。LSDの幻覚作用で手取り早く神秘体験を体験させるために用いられた。尚、このLSDは麻原が一度口に含んだものである。

           _、-‐--、,,,,,,,,,,__
            ̄~^ヽ、;ヽ;;;;ヽ;:ヽ
           '~" ̄ヽヽ;i;;;i;;;;i;;;;i
              ノ:ノ::ノ;/;;;;;i;;i
        __,,,,,,,,,,,___/:/;/:/;;i::ノ/ 
  /^~"´ ̄-‐‐‐'''"´/:/;ノ;;;;ノ://    
 /::::::/:::::::_,,,、---‐‐'''`~,、-''/::/
/:::/:-‐''''"~~::::::::;;;;-、,,,,、-,,、-‐ヽ,,_
;/;;'`"~、-''''''~^'''''ー-、_,,i:i、  ヽ`ヽ、;ヽ、,,,ノ.   /"´ ̄~''.、
;;;/~":、---、___/´ ,,i:'''  ::   ヽ. ヽ.`'''"´  /´    :::  _ヽ_
;;;;;'''''^~~~~^'''''/ー-  ';、 :::    `  ヽ`''ー-,,,i_    -‐''"´ .::。::.`''ー-、,_
;;;、;;;`''ー-,,,,,,,,,,,,,,_,,,,,、_   ''       ',::::    `'ー            ::::: "ー-、
;;;ヽ、ー、;;ー-、,,,,,,,、-‐''"    .;´ ̄`,   ',::::,,,,、-     ..:::  、   ..::::       `''ー-
:::::ー、ヽ、,,''ー-ヽ.''''",.,;' "^' 'ー-‐'' . _、-''''''"´        ヽ|
:::ヽ、`''ー-、ー-、'ヽ"、i;.     ヽ /"             i:   ...
、::ヽ;;ヽ、:ー-、,,,,,、.ヽ ';''   ノノノ/;/      ::::    ::。::  υ    .:::
ヽ,,_::''‐、,,,,''ー-''ー-"''/~'"''"/:/::      ::、:::..          ...::
  ヽー''"~´     ヽ、  "`'i::::::::i、:..    :~^ヽ:..        ....:::::::::::::
~´   ::: :::::::::;;;;;; ;;;;;;;;;;;_,,、--、_i.::::::'ノ::::::::     `''ー-、,...... ....:::::::::υ:::::υ:::::::::::::::
    ヽ'''''''''''''' ''  :::::;;;;;;;;;;;;;;;;`-、:::::::::::::::::iノ:::::::::::   """`''ー、,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::''''''''''ー‐‐‐‐'''''''''~^~^~^ー--‐''''`~~`ー-、 _,,,、,,,,,,,,,,___      ヽ,---- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
,,,,,,,,,,`''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,,,、-‐‐''''"´      ̄`'''''''''''    ヽ    ヽ::::::::::::::::


ルドラチャクリンのイニシエーション


LSDと覚醒剤を混ぜた液体を飲むイニシエーション。林郁夫によると、決意文の教義を表層意識、潜在意識に記憶させた後、このイニシエーションにおける薬物飲用で、音や光や言葉に誘導されやすい状態におき、「肯定・否定・正当、批判・糾弾、優しさ・いたわりを駆使」して、記憶を揺さぶり定着させ、神秘体験を誘導し教義を受容させる。なお、強制捜査の際、麻原彰晃はまず決意文とこの「ルドラチャクリンのイニシエーション」関係の資料を破棄するよう指示したと言われている[2]。


バルドーの悟りのイニシエーション

チオペンタールやイソミタールを注射するイニシエーション。幻覚状態のもとで、グロテスクな画像を見せて死の恐怖を煽った。また麻原の考えた時代観、社会観、人間観を「決意文」により刷り込み、弟子達を犯罪すら肯定する兵士に育て上げることを意図した[4]。


ニューナルコのイニシエーション

電気ショックを与えることで記憶を消失させるイニシエーション。ルドラチャクリンのイニシエーションを併用することで教義の刷り込みを行ったり、教団にとって不都合な記憶を抹消させるために使用された。麻原は当初「どっかん」と命名したが、林が「ニューナルコ」に改めた[3]。

左道タントライニシエーション

麻原と性行為するイニシエーション。当然の事ながら妙齢の女性限定である。

             ,.へ、  ,.へ、/ 小\____
          ┌―‐' 小 `'           |___
       __|   _,.- 、._       >へ _    !
       「ヾ   / :|     ` ー‐ '´    ヽ \ |__
       |    /   |                  ヽ  `、 | 
      ∧  /    !                     '. L__
      ト、ヽ /                         '. /
       レ  |                         V
     く    |         i                 '.
      |:\ |      ト、 |          ト、 |          '.
      |:/ |   _, -┼VT「`   i    'Tヘ.卞、     ト、ハ
      |:\,.イ   ´ |  |_,.ヒヘ   |     「 V!      |ハ |
      | /: |     | ,xう芹ミ、  :|    /弐示 ヽ   ./: : | !
      レ': : :| i     《 ゞ‐┴  | :ト、 /.ゞ‐┴!  i   /!: : :j/\
    /: : : : | |ト、   | :|:::::::::::::::::ヽ! ヽ/:::::::::::::::|  | / |: : :i: : : : \
   く: : : : : :N:|∧  \|::::::::::::::::    r     八/j/  !: : :|: : : :/
    \: : :/: :| |∧  八     r_‐ァ   ,イ j/ :!  :|: : ∧: /\
      ∧/ : : | !  \  ` 、       / :| ト、ト、  ト、∧ V: :_\
    /: : V : : | |   \ | ` 、  ,.イ  :/|ヽ!  ヽ |   \/   `
     ´ ̄>:∧|\ト、ト、. `レ-――┬‐┐/ ,レ'´ ̄ ̄ ` 、
.      /      ` (V_j       !  :「 ̄  \     `ヽ
    /    >― 、  }ヽ        〉 }      〉    \  \
.  /    /     \  \  \ 〈 / / ̄`  、     ヽ  ヽ
/      /  ,. ----( 〉     冫⌒Y /     `(     `、  〉
      / /       ̄ ̄`ヽ {{   !V         \    `、 ヽ
    / /           `‐┐ヽ_ノ〈_/|  、      ヽ.   `、 .〉
   /   /           ,. イ !/ Y: :\ /{___,.{ '- _     |     V
  /   ノ――-、/  ̄ ̄ ̄`ヽ八_/: : !: : : : `ヽ. _ `ー'´  `ヽ. ノ\   〉
. /   |    /          /: : : |: : :iヽ: : : : 〉      ヽ ̄\ /
〈     |   /          `ヽ>!: !: ! | \/           '.   ヽ
 ト、  /   .,'             \: :|: |: !: :/          '.   |
 | } 〈     :|   . : : : .         Y: レV        . : : :. !    |
. 八`ーヽr―.|   : rぃ: :            V´  U        : : r; : |   |
/::::|\__/::::::八   `                           八   |
:::::::!::::::/::::::::::::::..            /              ,::::::〈ヽ/
::::::::::::∧:::::::::::::::::\       _,.イ     ` 、      ,.イ:::/:::::〉
::::::::::/::::\::::::::::::::::::::≧==≦:::::::::\     /`  -=≦:::::::::/:::::/


PSI(パーフェクト・サーベーション・イニシエーション)

オウム真理教の修行の一つ。または、この修行に使用する装置であるヘッドギアそのものを指す。

このヘッドギアはオウム真理教科学技術庁大臣村井秀夫[注 1]の発明品で、教団の説明によると、「ヘッドギアには電極が付いており、麻原彰晃の脳波を再現した数ボルトの電流を流すことで、麻原の脳波と自分の脳波を同調させるもの」といううたい文句であった。以前は電極を直接頭に貼り付けて電流を流していた。

レンタルは月額10万円、購入の場合100万円という多額の布施が必要であった。当初は、単なる布施集めの道具と考えられてきた。しかし、PSIにはそれ以外の真の目的があったことが後に信者の証言により明らかになる。
頭の地肌に何らかの薬品を塗りつけ、ヘッドギアを着用、電源を入れると、額にピリピリと電流が流れて来る。林郁夫などは、頭部が頂部まで禿げ上がっていた。出家信者は、着用を義務付けられ、独房修行においてはヘッドギアを苦痛のあまりとってしまう信者も続発したため、そうさせないよう手錠がかけられた。PSIの使用によって多くの信者の視力が落ちた。

もうひとつのPSI、その真の目的

PSIには、ワークをしているときや在家信者が使用する携帯用がよく知られているが、それとは別に出家信者が寝る際やひとりの時に使用するものはコンピューターから直接信号を取っていた。このPSIはAC電源から電流を取り、接続されたコンピューターの画面に麻原の脳波が映し出されていた。信者はその脳波形から、次に強い電流がくるのことが予測できるため、非常な恐怖に襲われる。強いときは爆発するような痛さがあり、眼前に閃光が散る。1994年春頃からは、出家者全員に24時間のPSI着用が義務付けられた。

第6サティアン2階には木組みの3階建ての500人分のベッドが隙間なく作られていた。信者はベッドに寝かされ、すべてのPSIにそれぞれ1台ずつのコンピューターがつながれたいた。3階には100の金属張りの個室がありPSIが無造作に置かれていた。ここにはコンピューターはなく小さな覗き穴があけられ、隣の部屋から監視できるようになっていた。隣室では別の信者がPSIに接続されたパソコンを動かし調整していた。

こうした異常なまでにPSIにこだわる目的は、単に麻原の脳波を信者に同調させるだけではないことは明らかだった。真の目的は、洗脳であった。信者の証言によれば、PSIの使用でぼおっとしたり、記憶に欠落ができることがあった。苫米地英人によれば、これだけ強烈な電気を受けると、記憶が部分的になくなる可能性が高く、そうであれば真の目的は記憶変容、人格変容ではないかと推測された。古い記憶を消し新しい記憶を入れ、全く別人格を作り奴隷化を目指すというものである。この変容にはステップがあり、


第1段階、初期変容(アンカーリングに恐怖体験を結びつける)、

第2段階、人格変容(人間の価値観、認識を変える)、

第3段階、記憶変容(永遠に醒めない催眠サイクルを人工的に作る。例えば「赤いものを青く見える」ように変容させてしまう。)


であるという。こうした意識変容プログラムは、6月にはサットヴァレモン(LSD入りジュース)を使用したキリストのイニシエーションへと受け継がれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%9C%9F%E7%90%86%E6%95%99%E3%81%AE%E4%BF%AE%E8%A1%8C
http://ja.wikipedia.org/wiki/PSI_(%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%9C%9F%E7%90%86%E6%95%99)


        ヾミア<三三三三三三三三三三三三∨ハ.'//ヽ     , ', ̄‐ ´  ̄ ̄ ` ` ‐ - 、
         `ヾミア<、三三三三三三三三三三V´.// ,イVハ、  , ' ´         , - ‐ 、=、―`ー,
           `ヾミア<、三三三三三三三三∨//.,イ三三三、,','   , '    ,r '´ , - ‐'  ` 、, ' `,ー-、
             `ヾミ<、三三三三三三V´//.,イ三三三三 ,'    ,'   , '´ , r '´        ,',   i
              `ヾミ<、三三三三V.// ,イ三三三三三,'    ,'    ,', r'           ,' ',、 _ i
                `ヾミ<、三三'´.// ,イ三三三三三',,','   ,'   ,' '__ _,r '´ _,      ,イ  ,' i ', i
                ,_、`ヾミ</// ,イ三三三三三三,' i   ,'  ,' ∠>、'_'´,r´_ ,r'  ,r' , ,'' ,'  i i
              ,ィ圭ア',ヘ、`/巛、/ ,イ三三三三三三、,',','',   ,' ,' `仍不、 _`‐- , r ' ,', '  ,'   ii
             ,ィ圭/`/ィ圭ア、,'、巛,`く=三三三三三三 ,',' i i   ,' ,',' //`弋乃  ̄´   _、, ' , ,'     '
          ,ィ圭ア'/ィ圭ィ圭ア l l`くミ<三三三三三= ,' ,' i ,'  ,',' ,'   '//     , r ', ∨´, ','     '
          Vミ'彳'ィ圭ィ圭/l  ヽ>`ヾミ<三三三三,' ,', ,'i ,'  ,'' ,'          _ -'_',´乂,' , '  ,' ,'
          `くィ圭ィ圭ア/  \,イ   ,∠ヾミ<三三',' ,',i ,'i ,'  ,' ,'i           衍う,'/,', ','  , ' ,'
            ヾミ圭アハ、  //  , '    ` ヾミ<三i ,'=i =i,'  ,',' '    くー, ´ //`ソ'イ, r' , ',' , '
     _ _      ヾミィ圭ア,イ` l , '       ヾミ>、i'三=,'  ,' iiヽ、',    ´     /´, -´ , ',イ,','
 ̄  ̄     ̄ ` ‐,、-,-弋 _ ハ_ /,'          ヾミ>三'  ,'',i i三≡、- , - ― -, ' ´,' , ', r 7','=,'/、'
            ,'   , ' ,' , '`-,'            ヾミ', ', 'ヽ三', 三三三三,r'_,- ' ,', ' ,' , r'´,','='//,>、
           /   , ' ,' ,-`ー'             ', ,r' , ', 'く三`三三三三= , '´,' ,' ,'   ,',' ,'//,イVハ、
           ,'ヽ, '´,'_i ,'´  ,' _             ,'、__二ヾミ>`三三三=, '=´','  , '   ,' ,' ,'//,イ三三ミ、
         ,'  i   ̄ i   ,〈、::ヽ         , '´ .,'´    ヾミ>三三=, ' -´ ,. ' ,'   ,' ,' ,','/,イ三三三三=,
        ,'   i、    i  _,r'='ー='、_ _ _ _ _, - ' ´  ,'       ヾミ>、三,'三'´ ,イ  , ',', ' /,イ三三三三三/
       .i   i ヽ. _ ,.r.'´   `、   ,‐ ',、三三,-‐'´,'         ヾミ>、'三三= , r ', '/ /,イ三三三三三=/
       ',   レ' .`Y`‐、   _,-`,´,‐'´      _l           ヾミ> ' ´, '―'´/ /,イ三三三三三三/
       ,'  、' -、ヽ/  _L三=‐'´   _  , ' _<i           ,'´ヾミ>三三/ /,イ三三三三三三=/
          ヽ_>'``く> '´     〈´_  〉く〉7三'ハ',          ,'    ヾミ>'//,イ三三三三三三./
_、        / ` ` ‐ 、_     /`  ,'' Vハ∨、_         , '      く/>,',イ.三三三三三三/
      `、       ' ー ― ― ―'- /     l  .`'´ .',::::`..、 _ , r ' ´         く,イヽ三三三三三三/
        `、_  _ _ _ , - - - -         ,'     r,Y‐'´              `く三ヽ三三三三=/
         ',                  ,'     /´                   `く三ヽ三三=/
          i                 ,'     /                      `く三ヽ三./
         .i                  ,'   ./                         `く三∨
            i                   ,' /´`,                            ̄
         i   , - ‐ ' ´  ̄ ` ` ‐ -、  ,' 〈-、ヽ/
         i ,-'´ _,-‐―――‐-、_  `/  ー''´


(ところでお前たちはなんなんだ)この日、Aはかねてからの疑問を口にしたという。

(五十キロのシャブを作るといえば、原料や反応釜などの機材を用意するだけでも3,000万
円ぐらいの金が必要だ。不思議に思って、そう聞くと早川が、宗教法人です。というわけだ。
宗教法人がそんなもの作っていいのか、と聞いたら、何だかんだ、といっていました。
それと、オウム帝国という言葉もしきりに使っていましたね。

さらにどこで作っているのかと聞くと九州です、と。反応釜を使ったにせよ、多少の異臭は
出るだろう、といったら、いや、人里はなれたところだから大丈夫です。とね。だから
おそらく熊本の土地(並野村)で作ったんじゃないかと思うんだ。)

A氏は今年一月にも新宿のホテルで早川と合ったという。早川はそのとき、髪の長い女性を
同席させ、(百億円を貸したいが、誰か紹介してくれないか)といった。A氏はさっそく
ある筋にこの早川を紹介している。

このオウムとの一連のやりとりを振り返って、エー氏はこう語るのだ。

(私が早川たちとあったときにはすでに作っていたわけだから、あれから二年、両は不明だが
おそらくこれまで百億近い金は入っているのではないか。というのも、うちは日本から年間
二百キロのシャブの注文をうけていたのだが、オウムが作り出してからは、まったく注文がこなくなった。彼らは百〜百五十キロのシャブを作っていたのではないか。

昨年あたりから日本ではシャブの密輸入の検挙もほとんど聞かなくなったでしょう。これも日本国内でオウムがシャブを製造していたからです)

さらに、覚醒剤のほかにオウムは銃の取引の話もA氏にしていたという。

(去年十一月ごろ、Bのグループがオウムの依頼で10丁の中国製トカレフを四百万で売りました。まず私がBのグループに二百万で売って、それをBがオウムに四百万で売ったんですよ)

このA氏の証言にたいして、オウムに詳しい暴力団幹部は(台湾マフィアでしられるA氏が今回真相を告白したのは、オウムの覚醒剤が大量にでまわったことで、休業状態に追いやられたからでしょう。日本の暴力団がオウム製であることをひたかくしにしていた覚醒剤が、強制捜査前は暴落していたが、ここにきて値を持ち直している。 今後は値崩れはないぞという台湾マフィアからのメッセージだと思います。)


一方台北にあるオウムの会社とされる日商大繁栄股○公司の責任者でオウム幹部P氏は(私は以前から台湾の責任者だったが、(台湾マフィアと)覚醒剤やトカレフの取引はありえない)と否定している。
↑週刊ポスト95.6,2

↑Aは台湾のマフィアの幹部で、BはAの弟分で、日本の暴力団に覚醒剤販売ルートをもっている人物、だと

雑誌記事に中田が逮捕されたとき?の写真が出ているんだけど どえらい怖い顔しているね
頭つるっぱげで、鼻ひげだけ生やしているのこの人って、修行してました?


で、このシャブを作ったらしい並野村の土地購入に関して、すごい攻防があったんだよねえ

土地を売りに出している人がいて、たいした値段でもなかったんだけどオウムが買いたいといってきた

売主は借金があったんで、買ってくれてありがたいとすぐ売るつもりが 町の役人が、あやしい宗教団体だから、売らないように、って注意してきて売主は断ろうとしたんだけど、青山とじょうゆうで、買った金額よりさらに高い金額を提示

現生二千万ほどを机の上に積んで(オウムではいつでも現金を用意しているんだ)ってすごんだんだと、、

役人からは売るなと言われるし、でも金は積まれるしで、悩んでいるところをこの売主はホテルに軟禁されて

(すでにオウムはこの土地に機材そのほか運び込んで作業している、もしあなたが売りたくないというならば、いままでオウムがこの土地に使った一億数千万をそっくり返してもらえますね)
ってすごんだと、そのとき、売主の奥さんは泣き出しちゃったんだとさ、、

で、もう荷物だけもって、ほうほうのていで夜逃げしたんだとかこのとき、麻原もこの売主に直接談判しにいったらしい
どうしても、この土地が欲しかったようだ

薬物に関して詳しく調べたことはないが薬物体験の内容は様々だったぞ。

気持ちいいと言っていた人、気持ち悪いといっていた人。
叫んだ人、暴れた人。

さまざまだだ。


また、LSDを投与されるまでに、全員が同じビデオテープを長時間にわたって見せられていた。
なんの薬品かは覚えていないが点滴をうけながら。 また、LSD投与後に、シールドルームと呼ばれる個室に入れられるが、その壁には一様に曼荼羅が飾られていた。 体験内容に、ある程度共通の方向性があることにはそれらのことから説明がつく。


また、ルドラチャクリンとキリストのイニシエーションでは、体験内容、快感の種類、儀式の形式などは異なっていた。おそらく、キリストのイニシエーションで使われたのがLSDでルドラチャクリンで使われたのが大麻、または大麻と何かの混合物だろう。

誰か、書いていたけど上をシャツ着て下フリチンで走っている奴がいたとか、、
薬物やると体温上昇するらしい

キリストでは前期にLSD、後期にはLSDに覚醒剤も混ぜたものを投与
そのあと、薬物反応を消すために、大量に水を飲ませて熱い風呂につける温熱をやって死亡ゆくえ不明あわせて十人くらいを出したらしい

この人らは起訴すらされていないし、存在がまるで虫けら同然に扱われた
キリスト受ける寸前に、当日か、(なにがあってもたとえ死んでも尊師と教団には迷惑をかけません)って念書を書かされている

事実死んでいる。受けに行って帰ってこなかった人で、親が心配して探してた例もある
それを支部サマナに訴えると

(何があっても教団に迷惑かけないって書いたでしょ)って言われたとか


薬物密造四件については、途中で時間短縮のために審議とりやめになったんだけど直接の死人が出てないってのが取り下げ理由の一つにもなっていると思うが実際は、キリストで死んでいる。でも、取り扱われない

いわゆるバッドトリップして、自殺未遂した例も2,3はあったらしい 。シールドの中でなんにも自殺はかる道具はなかったんだけど上をみたら、蛍光灯がついていたんで、ジャンプして取ってそれを割って、首を切ったんだとさ

まあ、軽症ではあったらしいがまったく死ぬ気がなかったのに、薬物のせいで死んでしまうんだぜ
もし、傷が深かったら金はらっていって、死んでしかも死体も返らないってか

そういえば、岡村の近くの鉄塔で自殺してたって奴も薬物を盛られたんじゃないかと思う。記事をよく読むと、数日前には、(聞こえる聞こえる)とかいっておびえていたっての。2ちゃんの裏事情通みたいのの言うには、信憑性はどうかしらないけど覚醒剤盛ると寝ないで仕事させるのには都合よかったって。岡村のところでは睡眠三、四時間でなれない作業させて 怪我人が続出したと


http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1258250372/801-900

LSDは0.1gで(あっちの世界にぶっ飛んで行ってしまう)らしいが
井上はワークをしないと(LSDを飲ませるぞ)って、麻原に脅されたって

それで、井上の証言では1g飲まされて、トイレの水を飲んで吐いたと言っていた
0.1でぶっ飛ぶわけですから、その十倍量を盛られたわけだ

しかし、どのように飲まされたんだろうか
(飲め、と言われて 素直に飲んだ)のか
仲間に羽交い絞めにされて、無理に飲まされたのか?
そこまで書いてなかった気がした

なぜ、LSDを飲ませる、というのが、脅迫になるんだろうか
ま、本人が薬中になるのを恐れていてなのか
それとも、人前で醜態でもさらしたことがあって、トラウマなのか
あるいは、突然死を恐れたのか

23歳の女性患者は、ケタミンを吸うこと3年、頻尿や失禁の症状が出て、
その若さで成人用おむつを着用しなければならなくなった。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1013&f=national_1013_005.shtml

薬物乱用すると、失禁を繰り返すようになるらしいな
、、盛られているのか?

ウンコもでちゃうかな

         /  . :          . :`ヽ     `ヽ
         / . : : /      . : :}  . : : : : : }      ハ
       / . : : : : / : / . . : : : : :ハ: : : : : : : }   トヘ  .ィハ
        / . : : : : / : /. : : : :./!: : : :ト、: : : : : :!  人 Y フハ
      ' !: : : : /i: /: : : : :./ j: :.八:! ヽ: : : :,′ (⌒ o く : ハ
     / : : : : :/ j:ハ: : : :/,,-ァァ¬ト ハハ/   `7 ト、 ヽ∧
.    /  .ハ : : :レ'「`ヽ: :i :{ / /´ァテ示ミV/     いノ: :`^′: \    
   / . :/∧: : {    ヽ|八   /・\》 . : : : : : : :.:i: :i : : : : : :\  
   ,′. :// ∧ハ/・\      ニ二ニ/. : : : i| : : ト、ノ:八: : : : ト、: : \ \
   . : : : : : : :ゝ:}ニ二ツ      ´ ̄ //!: : :||: : ノく Y: : :\: 八 \: : :ヽ
  i : i : : : i : : : :.:} ^´ 〈        /(  |: :ノj/) } ハ : : : iト、: ヽ  ー-=ミ
  |:i i: : : :ハ/|: i    ____,     |'´〃^   イ: : : : : 八: : : : \     `ヽ
  |:! i: /   j从    Y^ ⌒^'|        r‐( : |: : : : :/: : \: : : : \
.  从 !'    /. :.:.\   V  丿      |: : : :.从: : :/: : : : : \: : : : `: ー--‐==
        / . : : : :.:\ u`こ´|'|     イ  ├‐-=ミノ : /: : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : : : :
        , '. : : : : : : : : \   U        ∨ .:/: : /三二>(: : : }ヽ: : : : : : : : : : :
      /. :/. : /!: : : : : : :` ¬!          / /. : : /:::::::://⌒>x   ): : : : : : : : : :
    / . :.:/. : / j: : : : : : :_/:::|        /.: : : : : :/::::://  ´   寸ニニニニニ==ミ
.   / : :.:/: : / r┬一'´.::::::/j      /. : :/} : :/:://  /      \::::::::::::::::::>>::ヽ

麻原裁判アニメ
http://www.nicovideo.jp/playlist/mylist/15774140?sort=1

麻原法廷漫画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873148
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873257
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873365
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873469
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3873562

麻原法廷漫画〜判決編
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895590
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895660
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895712
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895763
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3895802


弁護団関係者によれば麻原死刑囚は独りごとを呟きながら、トイレにも行かず、常時おむつを着けているという。東京高裁に提出された、麻原死刑囚が“現状況では裁判が出来る状態ではない”ことを伝える弁護士側の「意見書」には、2004年一審判決当時の様子が綴られている。

〈夜間に布団の中で「うん、うん」と声を発し、笑い声をあげたが、その後は房内に安座して独り言を言っている〉〈接見の最中に服の上から股間を擦り、ついには陰茎を露出させて自慰行為をし、射精にまで至った〉

自慰行為は娘との接見の際にも行なわれたとされ、これをもって麻原死刑囚の精神疾患を疑う向きもある。

だが、塀の外から麻原死刑囚を判断しても、想像の域を出ない。憲法学の権威である慶應大学法学部・小林節教授はこう断言する。

「三審制の裁判を終え、死刑判決が下ったなら死刑が確定したということ。最終的には、法務大臣の判断一つで死刑を執行できます」

控訴審の弁護人である松井武によると、麻原は東京拘置所における松井との接見の最中に
服の上から股間を擦り、さらに陰茎を露出させて自慰行為をおこない、射精に至ったという。
自分の娘たちとの接見でも自慰行為を行ったことがあった。

2005年8月、3人の娘と面会の際には麻原はせわしなく動かしていた手を止めると、スウェットパンツの中から性器を取り出すとオナニーを始めた。 3人の娘たちが沈黙している不自然な空気を感じ取った看守が気付き「やめなさい!」と制止したものの、 3回ほど繰り返した。3人の娘たちは絶句したまま呆然と父の自慰を見つめたまま接見時間の30分が過ぎた。 精液の飛沫は娘たちの顔にかかったという。


昔新庁舎が出来る前に麻原の世話をしてましたが、リスパダール5mgと10mgがあって毎食のスープに刑務官がこっそり入れてました。
糞尿垂れ流しで植物人間みたいになってます。普段は見ることができない(麻原が部屋から出るときは、【待機】という声がかかって刑務官以外部屋から出られないようになる)けど、一度覗いたことがありますw

白黒のスウェット上下であぐらを組んで瞑想してました・・・
普段は話しもできないくらいなので静かにしてますが、たまに大声でわめくことがありました


知り合いが、以前サイゾーの編集長から

苫米地はオウム四姉妹全員とやって、結局長女と結婚したっときいたらしい。
異常な時代だったんだろうが、どっかのホテル王か昔の豪族を思い出したよ。
金持ちで権力もあると無茶やりたくなる。人間なんてそんなもの。
あさはらは、シャブ漬けにされてるんじゃなく、向精神薬・おそらくリスパダール漬けにされてるとおもいます。加療投与で口もきけなくなるおそろしい薬です。精神科3回入院したことありますけど、これで口もきけなくなり、お風呂では自分で体を洗う事もできなくなります。

おそらくこれはリスパダールだと思います。いくらなんでも拘置所でシャブ漬けというのは言いすぎだろうし、これについては妄想批判されてもしかたないとおもいます。向精神薬漬けが正解です。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1013&f=national_1013_005.shtml


麻原は東京拘置所で薬漬け 2005/01/11

真相暴露を恐れるオウムの黒幕が口封じ。廃人化完了。死刑確定を急ぐ暗黒勢力。

東京地裁での死刑判決後、東京高裁に上告しているオウムの麻原ですが、東京拘置所にいる当人の様子が普通ではないようです。面会者にも弁護人にも殆ど全く反応せず、まるで「植物人間」のようだというのです。朝日記事に

「接見に訪れた弁護人や子供の呼びかけに一切反応しない状態が続いているが、東京拘置所が照会に応じないために健康状態は不明」

とありますが、東京拘置所には、照会に応じられない格別の事情があるのではないでしょうか。

▲オウム松本被告に面会の子供「お父さんは人形みたいだ」

オウム真理教(アーレフに改称)の元代表・松本智津夫(麻原彰晃)被告(49)=一審死刑・控訴中=の弁護人が29日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、10月末に被告の心身の状態について鑑定を請求するとともに公判手続きの停止を申し立てたことを明らかにした。接見に訪れた弁護人や子供の呼びかけに一切反応しない状態が続いている。

「私はオウムの看板に過ぎない。黒幕がいたんだ。」

そう言わせないための.....

オウムの麻原が

「自分はオウムの主役ではなかった」
「オウムは、創価と統一の傀儡であり、北朝鮮勢力の集合体だった」

と法廷で暴露することを恐れたオウムの真の黒幕たちが、麻原を薬漬けにして廃人に改造したと、考えます。

「オウム事件は麻原によるマインドコントロールの結果であり、多くの若者が盲従して罪を犯した。麻原は大罪人だ。」

..というのが、世間一般の理解であると思います。そのように、メディアによって誘導され思い込まされてきました。しかし、麻原は、世間の目を集中させ、「麻原」以外の要素に注意が行かないようにする目的で、最初から祭り上げられた「象徴」に過ぎないと解します。オウムとは、現実にはオウムではなかったのです。我々が想像するより、はるかに大きな謀略の一部を担う組織だった。突き詰めていくと911とオウム事件は同根だと解ります。黒幕は同じでした。



■そもそもオウムの中核メンバーは、統一・創価の送り込んだ、北朝鮮シンパの在日朝鮮人と帰化人。 統一・創価の在日たちは、北朝鮮とつるんで、オウムで何をしようとしたのか?


オウム事件とは、

「オウム、創価、統一が共同でやっていた覚醒剤密造などの不法行為がばれそうになり、全ての罪をオウムに押付けた。」事件であると理解しています。

統一教会は、その起源から考えて、KCIA及びCIAの影響下にあると考えるべきです。日本側のCIA専属のお爺さんたち、つまり、笹川さん、児玉さん、中曽根さんたちが、統一とつるんでいたのも、CIAの犬同士という絆があったわけです。一方で、創価は創価で、笹川一派を通じて、統一と繋がりがありますし、それ以前に創価内部に深く入り込んでいる暴力団、後藤組のもつ北朝鮮コネクションから、オウムの麻薬ビジネスに関わっていたわけです。もちろん、日本社会に創価マフィアのネットワークをはりめぐらした学会を、CIAが放っておくわけがなく、マネーロンダリングなどに、しっかり利用されています。宗教法人の財務の閉鎖性をCIAが利用しないと考える方が異常です。

そして、CIAお得意の麻薬ビジネスの日本支部が、オウムだったわけで、その収益が北朝鮮に還元されていたのも当然のことであり、北の現体制を維持するための、CIAの有難い配慮だったわけです。なにしろ北の体制が崩壊すると、一番困るのは、CIAのスポンサーである軍産複合体と国際金融資本であり、極東の緊張は、彼らの飯の種なわけですから。麻薬王にして、CIAの帝王である大ブッシュさんが、統一の文と仲良しなのも、アッタリマエなわけですね。今度の米大統領選でも、随分と統一のカネが小ブッシュ陣営に流れたようですね。

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=police&key=985780338&ls=100


しかし、東京拘置所に「薬物投与・口封じ」要員を意図的に集中配置し、麻原の廃人化を進められる組織は、あるのでしょうか?

あります。創価学会ならやりかねないし、やる能力はある。

日本には、あらゆる役所に信者を送り込んで、組織内組織を構築してきた犯罪的な宗教があります。創価学会といいます。彼らならば、東京拘置所も東京地検も東京地裁東京高裁も、実質支配できるだけの組織力を持っています。日本人のほぼ10人にひとりが創価学会員です。公務員に限定すれば、創価学会員比率は、さらに高いでしょう。東京拘置所の麻原を管理する部門に、集中的・戦略的に隠れ創価学会員の法務職員が戦略的に配置されている。外部の精神医学専門家を巻き込んで、麻原の「無害化・家畜化」を進めてきた。そう考えると、麻原の現状は容易に理解できます。

勿論、「麻原は死刑を逃れるために、心身損耗を繕っているだけだ。偽装だ。」という分析がなされると思います。しかし、オウム事件の真相に少しでも近づいたことのある人物なら、もはや、「オウム=麻原」という電通主導のプロパガンダを鵜呑みにすることはないでしょう。オウム事件は、麻原個人のマインドコントロールの結果などではなかった。オウムには、はっきりとした黒幕集団があり、さらにその後ろには、黒幕の黒幕である世界権力が控えていた。彼らは遠大な世界と極東の改造計画を進めつつあった。そういった裏事情をなんとしても隠蔽しとおしたい勢力が、麻原の口に蓋をしたのです。

麻原弁護団の精神科医は、どうやら、麻原が薬漬けになっていることに気がついているようです。東京拘置所の異様な対応を鋭く指摘しています。「東京拘置所が嘘を言っている」とまで断言しています。一方で拘置所側は、麻原は正常であり会話もあると印象付けようと必死の様子です。「薬漬け」を悟られないために腐心しているのではないでしょうか?

  「拘置所報告おかしい」 オウム松本被告接見 医師が指摘 (西日本新聞)

東京高裁に公判停止を申し立てているオウム真理教松本智津夫被告(49)=教祖名麻原彰晃=の弁護団が三日、記者会見し、東京拘置所が高裁に報告した松本被告の検査結果について、弁護団依頼の精神科医が「(報告は)根本的におかしい」と意見を述べていることを明らかにした。

この精神科医は松本被告に接見しており、公判停止の申し立ての際の意見書で「詳しい鑑定が必要」としていた。今後、拘置所の報告を詳しく分析し、意見を高裁に提出する予定という。 弁護団は「拘置所が本当のことを書いているとは思えない。公判を停止し、きちんと鑑定をするべきだ」と話している。

弁護団によると、拘置所の報告書は「CT検査の結果、脳腫瘍(しゅよう)による精神疾患はない」としているが、精神科医は「意見書で『脳委縮の疑いもある』としたのに、脳腫瘍を調べたのは根本的におかしい」と指摘。

また弁護団によると、報告には「十月二十日、運動の際に投球フォームをして『大リーグボール3号だ』などと言った」とあるが、精神科医は「弁護団に反応しない現状では、考えられない行動」としているという。

麻原の家族は、麻原が薬漬けにされていると、もうわかっているのでしょう。人身保護を申し立てています。もはや手遅れでしょうけれど。また、拘置所での麻原の糞尿垂れ流しという噂も流れてきました。薬物で廃人にされていれば、それも不思議ではありません。


拘置所内での”ショウコウ”松本某。 【6/16(木)9:30】

ある件で、しばらく拘置所に入っていた大物がいる。この間そのとある大物から、

「麻原いるだろ。あれ、拘置所の独房がコロコロ変わるんだ。何でかわかるかい?」

といわれ、「わからんですなぁ」と言うと、

「わざとかなんだか知らないけど、脱糞、まぁ大小の垂れ流しがすごくて掃除してるんだよ。じゃないと臭くてたまらんから」

との答えが返ってきた。なんでもオムツをしているらしいのだが、本人は本当にボケているようだ。新しい東京拘置所の独房内部でどのような”介護”が行われているのかは定かではない。

シャブの打ちすぎかアルツハイマーか知らないが、わざとやっているとすれば相当の演技派・・・いや、キチガイだ。万が一無罪になったとしても(そのときは日本の司法制度は終わりを告げるが)、もはやあの気持ち悪い”塊”は実権掌握は無理であろう。上祐、天下取ったりである。

麻原薬漬け説は、今に始まったことではありません。かなり前から、勘の良い人にはわかっていたのです。オウムの黒幕が、麻原に自由に喋らせるわけがありません。

「麻原は法廷で爆弾告白する機会を失った。自分は傀儡だったと弁明する機会を。」

....これが、シンプルな現実です。



  ■2000年に既に出ていた麻原薬漬け説
オウム裁判を「大邪推」

http://www.asyura.com/sora/bd5/msg/917.html


「ならば、私は法廷で全てを話すからな」と麻原が裏の勢力や事件の全貌に関する暴露をほのめかしたため、薬物を投与され、また催眠によって口封じをされて、以後、法廷で意味不明の狂言を繰り返すことになった。実際、彼の証言内容は「幻覚症状下の患者」のものに酷似してはいないだろうか?。

  麻原はくすり漬けだった=>思考能力を奪った??
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1016.html


オウム事件を、精神医学面から分析しているぐるーぷと意見交換しました。麻原はくすり漬けだったようで、団体内の精神医師が、彼の正常な思考能力を奪ったようだ。これ以上言うと、恐ろしいのでやめておく 東大の精神医学の流れも問題であると認識した。

Re: 麻原はくすり漬けだった=>思考能力を奪った??
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1019.html

麻原彰晃が薬漬けにされているという話はけっこう有名な話ですね。なにしろオウム真理教と北朝鮮は繋がっているようですし、そのまた上には旧KGB(現在はSVR)、CIAとも何らかな関係がありうると判断しています。(暴露されたら困るでしょうな。)怖い怖い

85 名前:茶々丸[] 投稿日:03/02/08(土) 23:10

麻原側は大きな秘密を握っていたから、弁護士は追放された。国選弁護人は国の回し者だ。これで、麻原は法廷で爆弾告白する機会を失った。自分は傀儡だったと弁明する機会を。これは、オウムを操っていた闇の勢力にとっては自分たちの姿がさらされないために必要であった。こうして、村井同様麻原も口を封じ込められた。北朝鮮や統一教会とオウムを結ぶ糸はまた切れた。

 
★阿修羅♪K氏の投稿1/4

オウムには2つの核. 諜報・武器取引・麻薬販売など主宰の早川. 早川は統一協会元幹部. 警視庁自身初めてオウムに関心を持ったのは詐欺(fraud)容疑を持たれた早川が 統一協会を辞めて移って来た時以来. 辞める時に$数百万の現金・不動産・ビジネスを東京・神奈川から持ち出し、少 なくとも10数人のフォロワ. 問題は辞めさせられたのか、オウムに資産を供給する使命を持って出て来たのか. 後者であれば資金提供者は北朝鮮(親中国? ロシア?)?南?or両方?(金ヨンサム・金ジョンイルは一時休戦中)

 
高沢皓司著 「『オウム真理教と北朝鮮』の闇を解いた」 (「週刊現代」講談社)

◆第1回 麻原被告の側近には、北朝鮮の潜入工作員がいた。  オウムには、北朝鮮の主体思想(金日成・金正日を絶対化した 思想)を身に付けた工作員Aが潜入していた。その頃から、オウ ムは急激に変質、過激化した。Aは村井・科学技術省長官に重用 されて武器製造に関与していた。  オウムは、北朝鮮に「徹底的して領導され、誘導され、利用さ れ尽くしたともいえるのでは」と高沢氏は見る。「サリンをはじ めとした一連のオウム真理教のテロ事件は、日本かく乱工作(クーデター工作)の、いわば予行演習でもあり得たのである」と。
オウムの村井には、正真正銘の北朝鮮工作員が張り付いていた!

 
オウムの闇の朝鮮人人脈
http://mimizun.com/log/2ch/korea/994547447/


1995年のオウム真理教事件に闇の朝鮮人人脈が絡んでいるという噂がある。元々、統一教会がオウムと密接な関係にあるというのは有田有生などが主張していた。また、事件に北朝鮮の影もちらつく。政治の世界に君臨している創価学会も朝鮮人の支配している団体だ。

創価学会も統一も日本を食いつくしテロもいとわないという点では共通している。デマや先入観、陰謀史観じゃなくて真の情報を提供してくれ。統一協会が日本でさらに活動をするために作ったダミー団体がオウムという説がある。いわば、オウムは統一の仏教版だということだ。確かに大学でのサークル活動を通じての勧誘。専業主婦、お年寄りを狙った布教。瓜二つの所が多い。初期の教団施設が統一と同じビルだった事も複数あった。教団実務を仕切っていた早川は統一出身だし。

http://www.asyura2.com/0406/war56/msg/405.html


 創価学会が麻薬ロンダリングで多大な利益を得ていることは常識として知るべきことですが、99%の創価学会員は「麻薬ロンダリング」を創価学会が行っているということは知らないと思います。毎年の「財務」が2500億円ですが、創価学会の総資産は池田大作の資産と合わせると11兆円といわれます。13兆円という意見も強くあります。2500億円を20年間続けても5兆円にしかなりません。

 少数の創価学会員は創価学会が株取引を行って多大な損失を受けたことを知っていますが、ごく少数です。確実性があり利益も多大な麻薬ロンダリングを行わないはずがないことを常識として考えるべきですが、私もごく最近になって知ったことです。

 財務調査が入らない宗教団体を使って麻薬ロンダリングすることが常識化していることを一般の創価学会員は知らないのです。

        { `¨⌒}
          ..>'⌒'〈
        {__,,ノ´ 、}
       {___,,ィ ,〉
           { リ'^i
           、{_,ノ
           | -‐…‥‐-  .,,_
           i: : : : : : : : : : : : :`丶、
           l: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           l: :/: : : : : : : : : : : : : : : ` 、
           |/: : : /: /: :/: : : : : : : : : : : :'.
           |:,_:_:/|:〃 /:/ : : : : : : : : : : : :
             〔_、{`刈、:|: | : : / : : : : : : : : :
           i==ミぃW|/|: :/: : _j: : : : : : : :
           :'⌒i 犲i  |/|: :_/ }: : : : : : : :
           i:....ノ }}    .ノイ}`メ:i:| : : : : : :
           |ミ    _    =ミ: :从:| :i: : : :
           l     i|{、_  '⌒i 狐\/: : : :
           |  r   ミ{:.....ノ }}i|从 : : : :
           | _   ´    `弌 ノ代:八: : : :
             〔_ `Y           '| / : : :、ト、|
           ト .`’       / /|: : : : : :
           |        . イ-イ: :|: : : : : :|
       , /   _}├‐…=≦{:! : |: :|: |: : : : : :|
     { {'⌒¨´ ̄`'く_/ 从: :|: :|: |: : : i: : :
       `て¨i≧r‐ } _/ }iW|: :∧: |: : : |ト、
      、_{'⌒¨´ ̄`ヾ     ∨八{ }:i|: : : || .
      `下≧zr‐ }}    \__ノ リ }: :リ  }
         (⌒“ ̄`Y”,    ⌒て¨}ノイ .ノ'
       、(⌒¨⌒'〈、‘,      '.
          `で下.,__}} ‘.       }、
          {」 ,リ      .≠⌒i
             i | √}     |_/    }
             i 「 }八   ´}      ノ

オウムとは、「麻原なるカリスマ的リーダーの周りに帰依者が集まってできた組織」ではなかった。創価、統一の朝鮮人・帰化人信者を含めた北朝鮮勢力が、オウムに集まり、北朝鮮のための秘密工作を進めていた。

なにもかもが麻原の単独犯行だったことに丸め込み、背後関係への追及を遮断するために。麻原は、本人が気づかぬうちに、周りを外部の北朝鮮に直結した勢力の工作者に取り囲まれていたのです。(勿論、麻原も北朝鮮人脈の人物です。しかし、主役ではない。ただただ単純に傀儡であり、装飾物であり、罪を背負わされる役割の「醜い羊」だったのです。もともと、たいした人物ではなかったのです。その怪異で不潔な容貌の通りの価値しかなかったのです。

そして、この隠蔽工作に創価学会が組織をあげて取り組んでいます。

警視庁、東京地裁の判事、東京地検の検事、東京高裁も、創価の裏部隊の面々で固められているようです。そして、東京拘置所も。日本の司法は朝鮮の犯罪宗教によって、完全に支配されてしまっているのです。麻原は、このカルト包囲網の手で、上告を棄却され、死刑判決が確定し、永遠に口を封じられたまま、刑務所で一生を終わるのでしょう。一方で、オウムの真の黒幕である池田大作や文鮮明は、真相隠蔽に成功して、逃げおおせる日を心待ちにしているはずです。彼ら、裏社会を支配する朝鮮人犯罪者にしても、ネットを含めた全ての言論を封殺することはできないのですから。

オウムの黒幕の方々は、麻原を植物人間に改造することには成功したようです。しかし、弁護団から「精神鑑定の必要性」を持ち出され、薬物疑惑に衆目が集まることを嫌がるでしょう。裁判が長引いて麻原の死刑が確定しないのも、避けたい事態だと思います。早く死刑を確定させ、世間が麻原のことを忘れてくれるのが、彼らにとって望ましい状態でしょう。東京高裁での上告審を棄却させ、死刑を確定させたい。池田さんも文さんもそのために手下の日本人を必死に動かしているのでしょうね。裏金幾ら使っても足りないですね。

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/asahara_kuchifuuji.htm


週刊現代 1995年7月29日号

警察も手を出せない恐怖の「組織」がある!?

「村井刺殺・国松長官狙撃」事件はなぜ全容解明できないのか


 実は、この二つの事件の背後には、巨大な国際シンジケート=「組織」が潜んでいるという
説がある。  ある捜査関係者がいう。

「世間の見方と違い、オウムの犯罪の中で、公安が一番注目しているのは、覚醒剤製造です。 あれだけ大きな教団を維持できたのは、信者の布施だけではなく、キロ単位の覚醒剤を製造し暴力団に流して多額の収入を得ていたからだ。

この覚醒剤を製造させたのがこの『組織』。この『組織』は、自らもケシを栽培しヨーロッパで売り捌いている。オウムは暴力団の販売ルートを使って覚醒剤を売り捌いていたが、『組織』はこの販路を利用しようとした。それに、この『組織』は武器売買もやっている。オウムに武器を購入させれば、その分稼げるわけです」

 この捜査関係者は、オウムと「組織」をつなぐ窓口が早川紀代秀だったという。

          
「早川のロシア娘好きは有名ですが、ロシア娘に骨抜きにされ、『組織』に取り込まれたのです。

仲間にするのに女を使うのはよくある話だ。早川は、『組織』のスパイだったとみます」

(ある公安 捜査官)

 さらに、この公安捜査官は、村井刺殺、長官狙撃両事件の背景をこう絵解きする。


「村井が刺殺されたのは、麻原オウムの犯罪のすべてを知りつくしているだけでなく、逮捕されれば、そのバックにある『組織』の名前もあがってしまうからだ。早川は、そのため、麻原に村井殺しを積極的に進言したといわれています。国松長官狙撃は、示威行為。つまり『組織』に捜査の手を伸ばせば、要人テロも辞さない。それだけの力があるということを見せつけるためにやったのでしょう」

 この「組織」に関しては、こんな情報もある。ある公安関係者はこう打ち明ける。
「国松長官狙撃の犯人に関しては、自衛隊のオウム信者が本命と見ています。しかし、『組織』の秘密工作員が関与しているのではないかという話があり、極秘に捜査を進めています。それに、台湾マフィアがその秘密工作員の逃走に協力したという話も出ています。」

 事実なら、警察や軍も手を出せない中南米のマフィア並みの恐怖の「組織」だ。
          
 また、ある月刊誌で最近、村井刺殺事件の徐も北朝鮮との接点がとり上げられたし、さかのぼれば、坂本弁護士一家拉致事件のときも、北朝鮮の影が見え隠れしている。

「拉致事件の前後一週間ぐらい、北朝鮮の船が横浜港の沖合に入港するでもなく、停泊していた。 公安当局が、事件との関連で関心を持っていたのは事実です」
(ジャーナリスト・伊勢暁史氏)

 昭和45年3月、赤軍派学生が日航機よど号を乗っ取り、北朝鮮に亡命した。赤軍派学生に乗っ取りのための活動資金を出したのは、有名女性歌手の夫で、元学生運動家だったといわれている。

 当時、元学生運動家は、統一教会の資金援助を受けて事業を行っており、赤軍派学生への本当の資金源は、統一教会だったようだ。

 統一教会は、教祖文鮮明のカルト資質に目を付けた韓国中央情報部と、反共カルト宗教育成に血道を上げていた米CIAのバックアップによって育成された、米韓情報機関お抱えの擬似耶蘇教団体で、その主要任務は資金獲得と情報収集にあった。統一教会が赤軍派学生に資金を提供して、北朝鮮に亡命させた目的は、米CIAと北朝鮮軍・情報機関とのパイプを設置するためだった。

 米朝「核危機」の最中の平成6年、オウム真理教は「松本サリン事件」を起こし、翌7年には「地下鉄サリン事件」を起こした。

 オウム真理教幹部はたびたび北朝鮮、ロシアを訪問し、麻薬、覚醒剤、武器取引に手を染めていた。日本国内の暴力団が、オウム、北朝鮮絡みの薬物売買に関与していた経緯を、警察当局は追跡していたにもかかわらず、なぜか上部からの圧力で沙汰止みになっている。オウム真理教幹部には多数の元統一教会会員が潜入していた。

 CIAは、アフガニスタンでの対ソ連戦、南米での対左翼ゲリラ戦などを戦うため膨大な資金を必要としていた。  議会の承認を得ることのできない、クーデター、要人暗殺、ゲリラへの武器補給などの秘密工作のために、アフガンの麻薬、南米のコカイン売買は格好の資金源となった。これに協力したのが統一教会だった。

 オウム真理教事件で、垣間見えた北朝鮮からの麻薬、覚醒剤密輸問題は、CIA=北朝鮮軍・情報機関の闇の関係を暴露しかねない一大事だった。北朝鮮の麻薬、覚醒剤利権は、米CIAの東アジアにおける最大の資金源であり、北朝鮮もこれをアメリカの裏体制保証と認識していた。

 その発端となったのが、「よど号事件」だった。赤軍派学生の北朝鮮亡命以降、統一教会とCIA関係者の北入国が認められている。

 平成10年(1998年)8月31日、北朝鮮はテポドンミサイル打ち上げ実験を行った。翌日に行われた自民党国防部会で、米ミサイル防衛構築のための研究開発費の大幅増額が認められ、今後10数年をかけて、数兆円に上る支出が既定方針となり、アメリカ国防省と軍需企業を喜ばせた。

 クリントン政権までは、米朝はCIAと北朝鮮軍・情報機関との緊密な関係を背景に、テーブルの下で手を握りあう関係であったことは間違いなく、米朝の喧嘩漫才に翻弄されながら、日本は双方からいたぶられ、搾り取られていたのである。

地下鉄サリン事件のあと、ただちにソウルとニューヨークで、地下鉄の駅が毒ガスのテロに遭ったことを想定した救助訓練が、国防・治安関係者によって行われた。このことから見て、この事件が、日韓米に敵対的な某国と関係があることは、「その筋」の人々のあいだでは「公然の秘密」なのだろう、と断定できる。

4月23日 オウム真理教村井刺殺事件で、村井を刺殺した徐が犯行直前まで住んでいた家の所有者である女性の姉とかつて同居していた相手は、実は北朝鮮の大物スパイ、辛光洙(シンガンス)であった。

オウム真理教の一連の事件の背後には、北朝鮮やロシアの影が見え隠れしていたことは、多くの方がご記憶のことと思います。今回の高沢氏のスクープは、北朝鮮の重大なる関与に迫った、衝撃的な内容です。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1258250372/801-900

:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::||||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::|リ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|:::::::::::::::::::::|l:::::|   |::::||:::::::::::::::|-j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l|::::::::::::::::::::八斗‐''ナ::兀_二二..|::::::::::::|!:::::::::::::::::|^ヽ.::::::::::::.
::::::::::...         _,.  ,.≧≠¬=ミ|::::::::::::|!:::::::::::::::::|' /:::::::::::::.
:::::::::::::::.         , '´ ,ィ':;/ 、 〃,  |::::::::::::|i:::::::::::::::::j、l{::::::::::::::::
:::::::::::::::::     ,:'  / {::{Ξ :●´=  |::::::::::::||:::::::::::::::::|:} |:::::::::::::::.:  ★
:::::::::::::::::     :., 《.  Vハ , i l 、 ,ィ|::::::::::::||:::::::::::::::::|' !::::::::::::::: :
:::::::::::::::::      ::.,     ヾ:ミー-==彡''|::::::::::::||:::::::::::::::::| /::::::::::::::::: :
:::::::::::::::::            `¨¨¨´   |::::::::::::||:::::::::::::::::|'::::::::::::::::::::. :.  ★
:::::::::::::::::                 |::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
:::::::::::::::::                 |::::::::::::l!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
:::::::::::::::::                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.  ★
::::::::::::::::::.......                 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::::               /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :.
::::::::::::::::::___,...._           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
::::::::::......____           ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
::::::::::::::::::::::         ,. イ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::      ,... :::':   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
:::::::::::::::::::.......,. -‐'::::::::::::::   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.


村井秀夫刺殺事件の犯人 徐裕行は、逮捕後、「上祐、青山、村井の3幹部のうち、誰でもよかった」と供述していたが明らかに嘘である。

どうして村井秀夫でなければならなかったのか?

テレビに出てはペラペラと喋る村井に危機感を感じた人物が、殺害を命じたのであろう。
北朝鮮がらみの覚醒剤・または地下鉄で巻かれたガスについて話されては困るからだ。

北朝鮮工作組織

徐が一緒に住んでいた友人Mの父親が、朝鮮総連の幹部だったこと、東京・五反田のコリアン・クラブ「M」に徐が何度か顔を出していた、という話。ここのママの姉にあたる人物が、北朝鮮の工作員・辛光洙と同居していた人物であることなどが「オウムと北朝鮮の闇」の中にも書かれている。

地下鉄で撒かれたガス

村井は95年4月にテレビにでて、以下のような発言をしている。


「地下鉄事件で使われたのはサリンではなく、別のガスだ。アメリカの研究所もそのことを証明してくれる」

オウム真理教第7サティアンのサリン・プラント設備では、高純度のサリン製造が不可能といわれていたが、いつの間にか、オウムがサリンを製造して撒いたことになっている。

これがサリンではなく、どこかの国から手にいれた別のガスだということがばれてしまえば、製造国、搬入ルート、入手ルート、さまざまな部分を明らかにする必要があり、日本政府や製造国にとっても不利益となったと思われる。


右翼なのに朝鮮人

村井刺殺事件と同様に石井紘基議員刺殺事件もまた右翼なのに朝鮮人という人間に殺されている。
ここに日本の闇があるのだろう。どうして朝鮮人が右翼なのか?
この徐裕行はすでに刑を終えて出所しており、震災地で救援活動をしているらしい。


徐裕行と後藤組

アサヒ芸能に4月21日、宮城県石巻市の避難所5カ所に「西日本小売業協会」「西日本有志の会」などと名乗る集団が現れ、現金3万円入りの茶封筒を被災者に配ったという記事が出ていたが、山口組のなかでも最有力組織である「弘道会」の関係者とのこと。

また徐裕行が副代表を務めるこの団体の背後に後藤組組長の後藤忠正氏がいると噂されており(『宝島』7月号)この徐は後藤組に飼われていた可能性が高い。

http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-947.html


元後藤組組長がつづった、創価学会とヤクザ 2010年5月18日

 先週から、複数の週刊誌で話題になっている新刊書籍があります。

元後藤組組長・後藤忠政氏の『憚りながら』(宝島社)
http://www.amazon.co.jp/%E6%86%9A-%E3%81%AF%E3%81%B0%E3%81%8B-%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89-%E5%BE%8C%E8%97%A4-%E5%BF%A0%E6%94%BF/dp/4796675477

です。何が話題って、創価学会が1960年代末から70年代にかけて静岡県富士宮市で土地を買い漁っていた頃、地元住民の反対運動を封じるために後藤組を利用していたエピソードを、一方の当事者である後藤氏自らがつづっているからです。

 本書は、5月29日付で発刊されたもので、元山口組後藤組の組長・後藤忠政氏(現在は天台宗で得度し、得度名は忠叡)の自叙伝です。後藤氏の生い立ちから現在までがつづられる中、「創価学会との攻防」に一章が割かれています。

 後藤組が創価学会から依頼を受けたのは、創価学会がまだ日蓮正宗から破門される前。当時、創価学会は日蓮正宗の本山である大石寺の周辺の土地を買い漁り、正本堂や霊園の建築・造成を進めていました。しかし左翼などの反発にあい、地元で反対デモなどが起こりました。このとき後藤氏は、創価学会の顧問弁護士だった山崎正友氏(故人)から、「何とかならんか」と相談を持ちかけられたといいます。山崎氏は1980年に創価学会から除名されますが、公明党関係者が後を引き継いで、引き続き後藤氏に時もいと対策を依頼。後藤組が反対派と「話をつけた」そうです。
 本書によると、反対派対策が終結した後、創価学会は「山崎とあんたが勝手にやったことで、ウチは一切知りません」という態度になったとのこと。

http://dailycult.blogspot.com/2010/05/blog-post_5884.html


創価学会が広域暴力団山口組系後藤組と連携関係にあるのは周知の事実である。

 事の発端は、創価学会が富士宮市に霊園を造ろうとしたとき、住民の間で反対運動が起こり、また市議会もこれを問題とした。それを打ち破るために創価学会は後藤組に依頼して、建設反対派のリーダーの腕を日本刀で切り落とし(被害者は後に死亡)、強引に霊園を造成した。

 同様に創価学会からの依頼を受けて、創価学会から造反した山崎正友元学会顧問弁護士が富士宮市の百条委員会で学会と市当局との癒着を証言しようとした際、これを暴力的手段によって阻止している。これらの経緯は、後藤組組長本人が池田大作と当時の公明党委員長竹入氏あてに出した「内容証明」(脅迫状)が残っているから、全ては事実である。

 これまで一方的な記事となっていたが、当事者がこれを今回認めたということは大きな意味を持つことになります。創価学会が日本最大の暴力団山口組の武闘派として恐れられた後藤組を手駒のように使っていたことが明らかとなったからです。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52489885.html

                 i        . i::.:.i : .        
                i    i  . : :i i.::.:i :. .            .:/: : .    :.
                i   :i : :i  i i ii i:::ハ:i : : . .     .://i.: ::i:. . . .iハ
                i . : :i : :i : :i i ii_i::i__八: :.i: :.: i:.:  . ::///!.: ::i : : . i  〉
               i . : :i : :i : :i´i_i_i」L.i:.:.ヽ:i: :.|:i:.:. : ::/.':j´「.: :.i:i : : :i:V/
                    i :.:.::i : :i.:.:.笊恋テミル:.:.:i:|: :.|:i::i:i// i::ノ j:.:.: :i:i : : :iK
               j : j:.i: :.:i: ii^x弋シ′ヽ从: :|:i:从气亥イ:/:.:.:i:i.: : :jハ
                 (__,ノノノ八: :.Yi、´´´     ヽノ'′ ノ //:.i.i.:八:// ∧
                ー=彡〃〃:.\:.:{^ヽ ::::.:.    〉   :::.:. //:.:.从.:::ハ,′/  .
                  ノノノ. : :ノノヽヘ、     __     ー彡イ.::ハ/∧    .
             ー=ニ≦彡ヘ: (  八ノi\   `ー′  ..イ.::ノノイ〃(_,ノ     .          ♪
                     ⌒ヽ:.:彡ヘ:.!  ` .     . (/八.:( ノイ´ `ヽi    i
                   >'"  ノ    `   ´  /   `ヽ 丿    i    i
           ,. -‐…・・・ ´ 、             /        / |      i
             /         \     ヽ    /     /    ,′|    i
.          ,′          ` ー- .        /     ,′ |       i
         i                 `ヽ               {   |     i
         |                                八   |       i
         |     ` (                          \        i
         |      ヽ ´                        \      i
         |        /              `ヽ            \   ,′
         |        ,′                   :.′            :.  /
.           i      ′                   i            ..:.:::::..、  V
.          i                      i          :.:.:r::.,.:.:.   i
            i       i     ..:.:.::::..、         i         、::ゝ..:.:ノ
           :.      i    :.:r';:).::::           八              ′
             :.    :、   ゝ..:.::ノ         ′丶            . '
          :.      丶.               . '     丶.        .. イ

オウムの洗脳技術はCIAからではなくタヴィストック研究所から直接指導されたもの

麻原は宗教家としての権威づけのために、チベットの精神的指導者ダライ・ラマに会いたくて、亡命チベット人ペマ・ギャルポ氏を口説いて謁見を申し入れます。ペマ・ギャルポ氏は中国がチベットを制圧し、最高指導者であるダライ・ラマを拉致しようとしていることを恐れたラサ市民らと共にインドへ亡命、チベット臨時政府を樹立後、日本へ留学したと言う経歴があります。そうしたいきさつから、ペマ氏は麻原をダライ・ラマに紹介したのです。


♦ダライ・ラマは亡命以来1950年から71年までCIAから資金供与を受け、対中国封じ込め政策の一翼を担っていました。最初の亡命地チュシ・ガンドゥクは、チベット族と中華人民共和国が対立、武力闘争を繰り返していましたが、そのときアメリカはチベットゲリラに、武器・弾薬の供与や、米国領土内でのゲリラ部隊の兵士に対する訓練などを行い、全面的にダライ・ラマを援助してきたのです。チュシ・ガンドゥクは、蒋介石率いる台湾の中華民国政府からの援助も受けていました。


♦しかし、1972年アメリカ大統領ニクソンが電撃的に中国を訪問し、米中国交回復がなされ、CIAの支援、援助は打ち切られました。ダライ・ラマは使用済みの雑巾のように捨てられてしまったのです。それを横で見ていたのがロンドンのタヴィストック研究所とオカルト局でした。

タヴィストックの表の顔は「国際的な精神分析の会議を主催する、精神、心理学などの研究機関となっていますが、実態は社会学・文化・宗教・医療・心理学などを用いて植民地支配を行う対外工作、謀略機関なのです。特に人心撹乱・人心操縦(マインドコントエロール)が専門です。

また、オカルト局と言うのは「イギリス陸軍情報部」に属し、対外撹乱工作のために世界のオカルト宗教の指導者を巧みに洗脳して利用するために働いていると言われています。

♦アメリカが米中国交回復をしてもイギリスの金融寡頭権力は16世紀から続けてきたアヘン戦争で乗っ取ろうとした清帝国を取り損ねた無念をいまだ忘れていないのだと聞いています。日清戦争で日本に邪魔されたこともいまだに恨んでいるのかもしれません。いずれにしろ、ダライ・ラマはまだ使い道があるということで、中国テロリストの襲撃から逃れられていると言えるでしょう。

♦ある筋の情報によると、「タヴィストックとオカルト局はダライ・ラマを巧みに利用して中国、アジア、日本の社会不安を醸成し要としていた。その時タイミング良く麻原とダライ・ラマの面談が持たれることになった。オウムがこの面談が行われることを大々的に宣伝した事をタヴィストックは見逃さなかった。「アサハラ」は日本社会に不安定をもたらすナイスカードだと考えたタヴストックとオカルト局は、アサハラに本格的マインドコントロールの手法を教えたのです。

♦ダライ・ラマはかつてアメリカに利用され騙され続けた経験があります。中国の横暴から守ってくれる身仏のようなアメリカが、実は裏切りの家元、仏敵ラーマのような国であったと言う事が深い心の傷として残っていたのでしょう。

CIAの秘密工作の汚いやり口などをアサハラに教え、徹底して反米思想を植え込んだと言われています。その後も、麻原は何度もダライ・ラマに会い親密になって行きました。

♦タヴィストックは入念にアサハラの心理分析をして、何をインプットすれば、どんなアウトプットをするかを予測していたのでしょう。ここで、麻原の反日、反米の復讐劇の筋書きが作られていったのです。

タヴィストックとオカルト局はスリランカとロシアにオウムの支部を置くように勧め現地のテロリスト集団から暗殺訓練を受けることになったようです。スリランカでは過激な宗教グループがテロを繰り返していて、暗殺のスペシャリストがいるから、彼らを日本に連れてきてオウムに暗殺指導をしていたと言うような噂もあります。

♦武器入手

オウムが自動小銃の製造や猛毒のボツリヌス菌などの細菌兵器、サリンなどの化学兵器の開発を手掛けるようになったのは1991年(平成3年)には、麻原彰晃がロシアを初訪問してからのことでした。

当時のロシアはソビエト連邦が崩壊して、政治体制が確立しておらず、武器の横流しが頻繁であり、化学兵器、細菌兵器も手に入れるのは簡単だとオカルト局の斡旋があったのでしょう。オカルト局やMI6と元ソ連の情報機関KGBなどはお互いに情報合戦をしているのだからお友達も多かった筈。麻原は彼等の伝手で旧ソ連のお偉方に会う事が出来たと言われています。日本の新興宗教団体がやってきたという事で、当時のモスクワ放送もこの模様を伝え、クレムリン宮殿で宗教劇の上演が行われたことやルキヤノフ最高会議議長と会談したことなどを報じました。

麻原は、当時ロシア副大統領だったアレクサンドル・ウラージミロヴィッチ・ルツコイやヴィクトル・チェルノムイルジン、ユーリ・ルシコフ等錚々たるロシア政界の上層部と接触し、翌年には後に安全保障会議書記となるオレグ・ロボフが来日し麻原から1億円以上の資金援助の申し出を受けるなど、オウムのロシアの関係は深まって行きました

♦93年オウムは山梨県上九一色村にサリンプラントを建設し、サリン、ボツリヌス菌、自動小銃の増産を始めます。遠藤誠一、中川智正、土谷正美、豊田亨という理科系出身者がこれにあたります。銃はカラシニコフAK47という種類のものが採用されました。

計画が着々と進む中、麻原は「97年、私は日本の王になる」と宣言しました。そして閣僚人事まで決めていますが、麻原帝国の閣僚たちには日本の刑法によって全員の死刑が確定しました。

中川智雅「法皇内庁トップ」新実智光「自治省大臣」井上嘉浩「諜報大臣」土谷正美「第2厚生省大臣」遠藤誠一「第一厚生大臣」早川紀代秀「建設省大臣」橋元悟「自治省メンバー」横山真人「科学技術省次官」広瀬健一「科学技術省次官」林泰男「科学技術省次官」豊田亨「科学技術省次官」

♦知的レベルの高い若者たちが何故このような悲惨な人生を送らねばならなくなったのかという問いには、地下鉄サリン事件の実行犯たちの自供が答えになるのではないかと思います。


♦司法取引で死刑を免れた教団の元医師、林郁夫は「地下鉄に乗り込む駅のベンチに座っていた際に、女性やランドセルを背負った子供たちを見た時、この人たちが死ぬのはいやだなと思った」と言いながら人間としての感情を押し殺して犯行に及んでいます。

共犯の広瀬健一は「葛藤を感じた自分にはヴァジラヤーナの教義が身についていない、これは修行なんだ、実践するしかないと自分に言い聞かせた。と心情を告白しています。

マインドコントロールが如何に凄いものかよくわかります。


♦マインドコントロールの元祖は13世紀のイランにあります。当時はヨーロッパから異教徒征伐と称して十字軍が大挙してイスラムの地を蹂躙し、抵抗するものは容赦なく殺されました。命からがら逃げ延びた人々は北の山奥に隠れ棲むようになります。

マルコ・ポーロの東方見聞録に「山の老人」伝説があります。イランの地他の法にある山の中にコーランの中で説かれている天国のような庭園があり、ブドウ酒・牛乳・蜂蜜・清い水がいつも流れ、思いのままに美女を手に入れ心ゆくばかりの快楽に耽ることができる場所がある。そこには一人の老人が棲んでいて、十人ないし二十人の屈強な若者を選抜していれ、暗殺要員として使っていたと言う話です。

「秘密教団の指導者「山の老人」が大麻によって若者を眠らせて秘密の園に連れこみ、美女をあてがいハッシッシ酒を飲ませ、御馳走を並べ快楽の極みを経験させます。

そうして再び麻薬で眠らせると若者は元の村にいる。若者は再び山へ行き老人に、また、あの快楽を与えてくれと懇願します。この世の楽園への帰還を望む若者に、老人は言います。もし、おまえが殺されたら、ここよりもっと素晴らしいコーランにある通りの本物の神の楽園へ行かれるのだからこんな素晴らしいことはないだろう?と言う究極の甘言で催眠術をかけて洗脳します。

どちらにせよ薬と御馳走と美女がいっぱいの快楽が約束されているのですから、死んでも怖くない訳です。若者たちは老人の言うままに指名された人物を次々に暗殺したと言う話です。これは実話だそうです。老人が指名したのは多くが十字軍の幹部や、敵に寝返ったイスラムの裏切り者達であったようです。

若者にハッシッシ(麻薬)を飲ませて、天国にいるような幻覚を作りだしてやっただけなのだという(この史実から、暗殺者を「アサッシン」というようになったと言うことです。

          ヽ  /  /,..-、                    ヽ   _   _         _
    _,, -===-tz、≦ニニ爻、  彡==─.-─-_ - '' ¨          ̄ : : :::::::::-くυj
  くニニニニ=‐゙ー" -─-、彡'"´ ‥ ''' ¨ ''__ -                : : :::::::::::::lj从
    ヽニ/´  _ -‐ _.. ¨ ´        : : : :::::::7Yr::ijト::...` .、            : : ::::::ιイj::.
    ゙  ,  ´. . :              : : : : :::::冫=彡:::::::: : : 丶            : : : :::::::。::::.
    /  . :              : :/,、j::/j´lj::::::::::::: : : :  \            : : : : : :‘,
.  /.  . :                ι: : :J::::::::::::::::::: : :     ヽ            u    ',
  ,'  ,                     : : : : : : : : : :       ‘,                  ,
. l  ,                       l ./   ノl ヽヽ       .゚,                     ,
 l                          /ハヽ  ヽ/  い       .,                  i
. l                        J U      ´        i                   l
/                                 j          l                ,  、
                                              ,'                    ,'   ヽ
ヘ                                        /                イ     /}
 ヽ                                          ,                 イ     イ/
ヽ、 ` - ,,_                                イ_         _ ,,..   ´   _,, イ/
  ヾミ .,,_ ` -  _                         _  - ´    ̄     ̄     _,, -(> ´
    `( ¨'' -   ,,_''  -   ,, __ ,,     -‐   ''            _,,  -‐≦ _,, - ''.´
      ` ''' ‐-=二 ̄二ニ===─────----───====ニ二 ̄ ニ= '' .¨´
                ̄ ¨'''         ──     '' ¨  ̄

♦タヴィストックやオカルト局は当然この山の老人の物語から、マインドコントロール法を分析研究して現代的にアレンジして、かれらの世界戦略に日々活用しているのです。

ダライ・ラマは麻原にとって「山の老人」の役としてタヴィストックから利用されたのでしょう。聖人と言えど人間です、中国に命を狙われ、味方であると思っていたアメリカには裏切られ、インドでは客人扱いでどこにも安心して住める場所がないのですから、矢張り人間としての保身もあるでしょう。

♦ダライ・ラマは1989年にノーベル平和賞を受賞しましたが、この賞程胡散臭いものはありません。受賞の理由は「世界平和やチベット宗教・文化の普及に対する貢献」が高く評価されたことだそうです。これに対して中国は完全無視を決め込んだだけでなく、関連図書の持込さえも禁止しているそうです。この受賞について識者は「中国とチベットの緊張を高めるおそれさえある。そうなれば『平和賞』の名が泣くことになると批判しています。

英米の思うつぼです。社会が不安定化して戦争がおこり、人類が減ることが彼等の究極の望みなのですから。


♦佐藤栄作総理大臣の沖縄返還への貢献が、ノーベル平和賞受賞となったと言うのですが、自分の国の領土を返してもらったことが平和につながるのかどうか?

これは明らかに、沖縄は日本の領土なのだから日本の国防を行う米軍の駐留費用を全額出せ、と言う命令であったと思います。オキュパイト(占領)しておいて、基地運営費は日本が負担せよと言うのですから図々しい。金丸信に至っては「思いやり予算」と言って通常の負担金に何千億円かおまけで付けていますが、まさに泥棒に追い銭です。


♦そして次が元アメリカ合衆国副大統領であったアル・ゴアです。

地球温暖化は人類の存亡がかかる大問題だ、CO2を削減しないと大変なことになると「不都合な真実」という映画を作って世界中を威しました。それが実は、世界中の火力発電を止めさせ、自分が経営する「原子力」発電に切り替えさせようと言う魂胆があったからでした。このペテン師アル・ゴアもノーベル平和賞受賞です。COP10の京都議定書などもう、どこかへ吹っ飛んでいます。

♦ビルマのアウンサン・スーチーもそうです。軍政が必死になって欧米資本から民族の文化やアイデンティティーを守ろうとしていたのにもかかわらず、イギリス人と結婚して民主化運動を持ち込み民主主義と言う劇薬を撒き散らします。そんなことをすればビルマ社会の秩序が壊れます。軍が彼女を軟禁すると、早速ノーベル平和賞です。これを受賞すると世界は一変にその人物をヒーロー扱いするようになってきます。すると世論はその人物を持ちあげ英雄視するようになり、軍政が悪者になり、風向きが変わります。そしてついに軍政は世界中から非難され、弱体化させられてしまいました。おそらくこれも中国と親しい関係であった軍政を崩壊させ、東南アジアから中国の力を一掃するためにタヴィストックやMI6が仕組んだ芝居です。

♦麻原は結局彼等に乗せられ嵌められた道化の一人でしょう。彼がダライ・ラマに会わず、タヴィストックやオカルト局のマインドコントロールにかからなければあのような狂気の騒乱は起きなかったでしょう。

平成7年、天理教の招きで来日したダライ・ラマは自らオウムとの関連について記者会見を開き、彼(麻原)はチベット仏教の宗教性、精神性について涙を流して聞いていた。当時は真面目な印象を受けた。しかし私と会ったことが利用されたり、間違って運用されてもそれは手が届かないこと。私とは関係ない」と語っています。

http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20111126/1322310837

タビストック人間関係研究所(Tavistock Institute of Human Relations)は、研究、コンサルティング及びプロフェッショナル・デベロップメントを行う非営利組織である。 (ロックフェラー財団が資金援助している。) 英国における精神分析理論の拠点の一つとしても知られている。精神病理学、臨床心理学の分野で著名なタビストック・クリニックは研究所の母体である。

タビストック人間関係研究所は、1922年(実質設立年)にイギリスに設立された研究機関。タビストック研究所とも呼ぶ。CFR(外交問題評議会)ないしロックフェラーの系列の機関であり、CIAとも協力関係にある。配下に多くの研究所、財団を持ち、アメリカ全体での資産規模は実質的には600 - 700億ドルに達する。

表向きは、人間管理、心理学等の研究所であるが、実質的にはロックフェラーと彼に追従するイギリス支配階級のための国際諜報機関である。

最終目的は、英米覇権維持のための国際的な大衆プロパガンダおよび完全な人間の心理コントロールの追求であり、その手段・技術の研究を行い、成果を実践することであり、現在に至るまで数多くの各種の大衆洗脳工作の実施に関与していると言わる。一説では、人間の行動制御も可能な技術を保持しており、それらはすでに諜報活動にて実地に応用されているとも言われ、目的のためには反社会的な手段の活用も辞さないとされる。 MKウルトラ、脳内音声兵器など。

20世紀後半のアメリカ社会文化の急激な変質と、世界各国の地域的文化と政治観念の変質破壊ないしアメリカ化は、同研究所の研究を利用して意図的に促進されたと言う。麻薬や同性愛をファッションとして流行させる作戦にもCIAなどとともに関与しているとされ、世界各国の大衆を音楽、薬物、婚外セックスによって政治的に麻痺させ体制迎合的に洗脳するという作戦目標は順調に達成されている。

またビートルズに始まる1960年代から1980年代までのイギリス製、アメリカ製ポップ・ソングの国際的流行は、同研究所の作戦のひとつであったとも言う。1990年代以降のアメリカ黒人音楽・ファッションの急激な一般大衆への浸透についても関与を疑われると言う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%96%A2%E4%BF%82%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80


翩翩翩翩認誑孤|||||||}}}}}}}}}笏『『郊『『憫讚間讚醴醴醴$ .
譖雌翩窗瓰||||||||}}}}浴l{(}i゚(.(.(i゚(}ミ(!!i,(.(.(i゚(}郊朋讚醴雛蝴ge_
窗翩翩孤孤||||}}}Il.[(.(.(.(.(.(`.'.、.'.、:‘(.(.(i゚(!i{(,(,(.(.(i゚(}笏||||||||||||||q_. .
雛翩蹤孤|||}浴lI゙(.(.(i'゙(:゙'.'' ' .'、::、::' ' :゙'.'.(.(.(}}l}ヌlIi:l,(,(l.[(}}}}||||||||朋黏j,...
翩認孤||||}I}Il.[(}i゙('゙'.:.'.、: '   . `` .    ' ' :¨(i゙(!!i'ii洽浴浴I}}}}|||||||朋腸tgj_. .
雌誑回|}}Il.[(.(.(i:'.:.'.、' .               . `.'.`'゙(i浴浴Ii,(浴II}}}}}}}}}|}|||孤諭g,,.
躓蹤回|IIIIi゙(.(.(.'.、: '                   . `'、:''.'ミ浴浴lIi.i33浴浴浴}}}}}}}}照|qj_
雛翩回|IIIIi゙(i゙'.:.'.、                        ` :゙'゙('(IIIIII浴l.[(i{(ii゙(.(.(i゚(}}}}}}}}|黏j,...
醴躓誑||IIIi゙(i;゙::: .                           ` ::‘(}}}||||IIIII;(.(.(.(:゙'.:、'.':゙':'ii゚(}}}}効s,,.
醴雛翩|||III;(i.'.:' .                           、.:.、'.''゙(}I}}}||IIIi゙(.( :.'.、' ' 、'.:、'.'.(.(i゚(}}}}|tq,
醴醴雛即lI゙(.'.、                    .、...:.x.(iicsij:,;、'.::‘(i゚(}}|||ロIl,( :.'.、    . `` '' .(i゙(Il}}][q,
醴醴靈瓰II,(:.:、                  . . . `' `_).''''ミ!}|||Ijj,'。:.(.(}I}||||IIi>.'.、          .'.?ミ(}照|g,、
醴醴醴翩|IIi>:                   . ' . ' ` 'テi;  :゙(}蹤|I,(.'.?.(}I}||||I;(、'..          . ' :‘(浴}}}}諭gg_、
醴醴醴雛||II,( :. .                       、゙(li:ョ涸阨[|Ili.'.:.'.ミII}}|||Ii;、.          .、:::: (i゙(I浴||||謳薑
醴醴醴雛|||I)).:: .                       . .(ii.i}浴屈[}}'、'.':: (.(II}||||I,(. .         . `.'.、.(0IIII||||醴‡゚゙
醴醴醴靈詬I;(i:.:、                      . .('゙(}}}}}笏'゙'... . .'.:ii゙(I}|||回>.           .'.、.(,(II||朋醴「...
醴醴醴醴齟|IIi'。::. .                       . `' `'゙'.'` .  、'.:.(.(泪屈Iiン. .       .、::.'_(.(II泪讃置
醴醴醴醴鑿||II,(>:、..                              丶.'_(i゙(I泪窗||Ii:、..    .、.:.'_(.(.(,(II屈醴歡
醴醴醴靈醴齟Ili.i.'.、                              . `、゙(洽泅膾[IIi、...  . . .'.、.(.(,(lIII||調醴歡
醴醴醴醴醴靈||II,(.(:、..                            . . .(.(iII|屈躓扱i.'... . 、'.:.'_(.(iIIII|朋醴醴‡ .
醴醴醴雛雛醴齟II)ii'。:. .                           .: (.(II泪讃雛拒i'。:::、:.'_(.(,(浴I|||讃醴醴’ .
醴醴醴雛雛雛靄踏II,(i'。::、..                      .:、;.(.(iIII泪讃雛郎I.(i.'.、.'_(浴I|||調醴醴歉
醴醴醴醴雛翩讃雛踏Il,ii,(.(:.:、. .                 、'.;.(.(浴||||朋雛雛部I,(i.(.(.(.(浴朋讃醴置′
醴醴醴醴雛翩翩認讃胞IIII,(,(.(.(:、::. .       、....、:..:、;.(.(洽II||回讃讃韜回IIIi.(.(.(.(III|朋讃醴歡
醴醴醴醴醴雛翩瓰孤孤誑||IIII)i,(,(.(.(x:..、..::;、;.'_(.(.(i,(i)iIIIII|||||朋調誑||||||||||IIlI゙(.(.(浴||||讃醴歡
醴醴醴醴醴雛窗瓰||||||||||||||||回|IIIIIIIlIi:liji.iiji.iii.lIlIi.l浴II}}}||||||||||}}}}}}}}}}}}}}||||||||I;(.(.(i.[(I}||朋讃置

地球を覆う「タヴィストック洗脳研究所」 2011/04/23 1


 不気味な名前ですよね。「タヴィストック洗脳研究所」。いったいどういうことを行なったのでしょうか。

タヴィストックの当初の目的は、第一次世界大戦中に砲弾ショックを受けた兵士の研究と言われ、人間の物理的ストレスに対する精神的限度を研究していましたていましたが、そこから数々の物事への干渉が始まりました。「ウーマン・リブ」に代表される世界中を巻き込んでいる「男女同権運動」を私は支持していますが、それでもその背後には「女性を社会に進出させて家族崩壊へと導く、また女性を社会に進出させることで課税対象を増やし税金収入を増やすという意図が込められています。

 タヴィストックを親元とした数々のネットワークは各種大学から米空軍諜報部にまで及びます。群集心理を利用して群集をコントロールすることで自由・人権が侵されていることに気づかないようにすることをしています。例えば、第二次世界大戦時には「ドイツがいかに邪悪の存在であるか」を印象づける操作が行なわれました。これは、湾岸戦争・イラク戦争時のフセインや9・11に対するビン・ラディンに対する憎悪育成の操作もそうであります。大量虐殺の際に群集がいかなる恐怖を示すかを調べるために、ルーズベルトとチャーチルに都市の住宅地域への空襲を行なわせたのもタヴィストックです。タヴィストックの目標は、「いかにして個人の精神的抵抗力を崩壊させ、世界秩序の独裁体制を実現するか」でありました。

 アメリカでタヴィストックに大きく関与しているシンクタンクを挙げますと、

「スタンフォード・リサーチ」
「ペンシルバニア大学ウォートン校」
「マサチューセッツ工科大学」
「ハドソン研究所」
「ヘリテージ財団」
「ジョージタウン大学」

などがあります。

 かつてCIAが主導して、「MK-ウルトラ」(たぶんウィキペディアに載っています)計画というLSDを使った精神実験が行なわれましたが、それを主催した中には、私が以前示した、「ムダ飯食いの排除(人口削減)」を訴えていたバートランド・ラッセルがいました。タヴィストックを創設した人物にはジョン・ローリング・リース大佐がいましたが、彼は

「人口全体をストレス状態におくことができれば、社会全体を「狂気」にかりたてることが可能」

とする理論を生み出しました。ジョン・コールマン博士は次のように述べています。

 「合衆国政府は1941年以来、わたしたちの精神環境操作を隠蔽するプロジェクトに数百億ドルをつぎ込んでいる。わたしたちの生活には、心理のあらゆる面において常に、米国にあるタヴィストック機関(管理人:親元はイギリス)の顕微鏡が当てられている。こういった実験の結果から、わたしたちが現在あるいは近い将来にどこでどういう生活をするか、米国的な生活のなかでストレスのかかる状況になるとどのように反応するか、集団としての思考はどのようにして「正しい方向」に向け、変えることができるのか・・・・・・が判断されるのだ。」

 オバマ大統領の側近であるブレジンスキーはかつて自身の著書『テクトロニク(情報技術革命)時代』の中で次のように発言しています。

 「好むと好まざるとにかかわらずプライバシーは完全になくなる。」

 「人口削減」を訴える「ローマクラブ」を設立したのもタヴィストックであり、北大西洋条約機構(NATO)を組織したのもタヴィストックです。そして、NATOの重役ポストの職員はすべてタヴィストックが送り込んでいます。


 第二次世界大戦時にできた戦略事務局(OSS:日本に対して「原爆」か「津波」かを画策した組織)を前身として、現在のCIAが誕生しましたが、このCIAはタヴィストックの指示・コントロールを受けています。


タヴィストックの戦争は「見えない戦争」であり、彼らの戦略は「大衆に「変化」を受け入れさせる」であります。それには軍人はいりません。精神科医が必要なのです。

 タヴィストックの下部組織には「ランド研究所」があるが、ここはアメリカのICBM(大陸間弾道ミサイル)計画を管理し、外交政策の基本分析、原子力政策、CIAによるマインドコントロールなど何百というプロジェクトを展開しています。このランド研究所の顧客には「AT&T」「チェースマンハッタン銀行」「アメリカ空軍」「エネルギー省」「IBM」などがあります。こうして、政府、軍に限らず宗教などにも入り込み「地球規模の洗脳」を行なっています。

「ナイラ証言」という有名な「大衆欺きクソ政策」があります。それは、イラクとクウェートが戦争した「湾岸戦争」時、ナイラというクウェートの駐ワシントン大使の娘が「イラク兵がクウェートの病院の保育器から赤ん坊を次々と取り出して床に投げ捨てた」と発言したいうものです。これはイラクに戦争を仕掛けるための「でっちあげ」でした。ナイラは実際、アメリカの駐クウェート大使の娘であり、クウェートには一度も行った時はありませんでした。しかも、この証言はアメリカの大手広告代理店が請け負い、事前にリハーサルをしていました。この時にはペルシャ湾の油まみれの水鳥の映像を流して、「これはイラクが油田を破壊したためた」として、一般大衆の同情を煽りましたが、実際はクウェートの油田をアメリカ空軍が爆撃してイラクをスケープゴートにしたものでした。

http://nikusiminorensa.at.webry.info/201104/article_38.html

タヴィストック工作に不可欠の武器−−麻薬

タヴィストックの工作には一つだけ共通の特徴がある。それがタヴィストックの共通した戦略の正体を明らかにしてくれる。その特徴とは、つまり麻薬の使用である。

CIAの行った悪名高いMKウルトラ計画はシドニー・ゴットリープ博士が指揮したが、なんの疑いももたないCIA職員たちにLSD(Lyserg Saure Diethylamid)を与え、まるで実験動物のように職員たちの反応を研究するというものだった。結果的に数人の死を招くことになり、合衆国政府は犠牲者の家族に何百万ドルもの損害賠償員を支払うはめになったものの、犯人たちはけっして起訴されることはなかった。

そもそもこの計画の発端は、ロンドンのS/G/ウォーバーグ(Siegmund George Warburg)商会の所有するスイスの製薬会社Sandoz社がリゼルグ酸(引用注:特に、リゼルグ酸ジエチルアミド合成法)を開発したことにあった。

ルーズヴェルトの顧問をつとめたジェイムス・ポール・ウォーバーグは、連邦準備法を起草したポール・ウォーバーグの息子であり、ヒットラーに資金提供したマックス・ウォーバーグの甥だった。この人物が麻薬を奨励するために政策研究所(IPS)を設立し、その結果として起こったのが、1960年代のLSD「対抗文化」であり、「学生運動」だった。これに、CIAから2500万ドルの資金が援助されていた。
−−
FRB成立とウォーバーグ家人脈
−−
MKウルトラ計画の一部が「人類環境基金」であった。つまり、CIAがハーバード大学のハーバート・ケルマン博士にも資金を援助して、マインドコントロールにかんするさらなる実験を行ったのである。

1950年代に、CIAはカナダにおけるLSDの広範な実験に資金を提供した。カナダ心理学協会会長でモントリオールにある王立ヴィクトリア病院の理事だったD.ユーアン・キャメロンが、CIAから巨額の支払を受けて、53人の患者に大量のLSDを投与し、患者の反応を記録に取った。

患者たちはLSDの作用で何週間も昏睡状態に陥った。そこで電気ショック療法が与えられた。犠牲者の一人となったカナダの国会議員の妻は現在、CIAに麻薬を提供した合衆国の会社数社を相手取って告訴している。

パワーズ(Thomas Powers)はヘルムズ(Richard Helms, CIA director from 1966-1972)の伝記「The Man Who Kept the Secrets: Richard Helms and the CIA.」 のなかで、こういっている。

ヘルムズは在職中の最後になって、MKウルトラの責任者シドニー・ゴッドリープ博士にCIAの行った麻薬実験計画にかんする全記録を処分するように命じた。そして、1973年1月14日までにヘルムズは6年半のCIA長官在任中に長官室で記録した5000ぺーじものメモを処分した!

タヴィストック研究所が全力を傾けて合衆国を周期的に崩壊させようとしているので、CIAの計画の効果は悲劇的なまでに顕著である。R・エメット・タイレル二世はワシントン・ポスト紙の1984年8月20日付に書いた記事のなかで、「SDS(学生民主協会)にいた60年代過激派の惨めな結末」を取り上げ、「私生児・軽犯罪・麻薬常習・福祉・性病・精神疾患の率が上昇する」結果を招いたといっている。これがウォーバーグ家とCIAがわれわれに残した遺産なのだ。

彼らの中枢機関のIPS(政策研究所)はジェイムス・ポール・ウォーバーグの資金で創設された機関である。共同創立者は、フォード財団理事長マクジョージ・バンディの子分マーカス・ラスキンであった。

バンディはラスキンを国家安全保障会議のケネディ大統領の個人代理人に任命してもらい、そして1963年に学生民主協会に資金を注ぎこんだ。この学生民主協会という組織をとおしてCIAは麻薬文化を操作したのである。

http://satehate.exblog.jp/7651296


LSD 《空の境界>殺人考察(下)》

 とってもシャレにならない幻覚剤。神経ホルモンセロトニン≠フ複雑な誘導体であり、アミンの神経ホルモン作用を左右して幻覚を引き起こす。 身体の大きな動物ほど微量で効果が現れる傾向があり、人間では20〜250μgの極微量で幻覚を生じる。 因みに、LSDの致死量は約1.4mg。

 元々は麦に寄生する麦角菌(有毒成分:エルゴタミン、エルゴトキシン、エルゴクリスチンなどのバッカクアルカロイド)の研究過程で1938年に合成された化合物、リゼルグ酸ジエチルアミド。スイスの製薬会社サンドに勤めていたアルバート・ホフマンが、1943年にその幻覚作用を発見した。 正式名称はLSD‐25。Lはリゼルグ酸ジエチルアミド、Sはサンド社、Dはデリシット(商品名)の頭文字、25はこれが合成された1983年5月2日のこと。

 向精神作用があり、服用すると精神状態、特に視覚認識に強い変化をもたらす。このため目に映る色彩は極めて鮮やかとなり、輝きを持ち、しかも残像が延長して歪んだ映像を見るようになる。 この現象は服用後一時間ほどの間に発現し、六時間から一二時間に渡って持続する。また服用量の増加に伴って映像はさらに色彩に富んだものとなり、音が絵になって目の前に展開するような共感覚(幹也の言っていたアレ)という異常感覚の一種をも発現させる。(余談:生まれつき共感覚能力を持つ人もいる) これらが、いわゆるサイケデリック≠ニいう言葉で表現される精神状態である。

 ホフマンはLSDを精神分裂病(統合失調症)の研究や治療に役立てようと考えたが、社会は全く違う受け入れ方をした。顕著だったのは米国である。 1950年。LSDが米国に輸入されると、これに目をつけたハーバート大学心理学教室のティモシー・レアリー(後に解雇)が学生達に服用を勧め、さらに雑誌のインタビューでもLSD服用を奨励した。このときレアリーはLSDを媚薬であるかのように述べ、若者の乱用に繋がる結果となった。 これをきっかけに米国では大学生や若者の間でLSDの服用が流行。様々な事件を引き起こし、社会問題化した。

 1953年。メリーランド州奥地のロッジに軍とCIAの担当技師を集めて行われた研修会で、LSDによって頭脳を混乱させる作戦を指揮していたシドニー・ゴットリープが、実験のため皆には知らせずカクテルにLSDを混ぜた。 このLSDを盛られたスッタフに、今までまったくLSDを経験したことのなかった細菌戦担当のフランク・オルスンがいたが、彼は周囲が興奮して大笑いする中で深刻な鬱状態に陥ってしまった。数週間後、オルスンは投身自殺を遂げている。 LSDの精神作用はこれを服用する個人の人格、生活歴、服用するときの条件、周囲の状況(ムード)、期待感、薬に対する経験等によって大きく変わる。ある人には多幸感を与え、別の人には恐怖感を生じさせるなど効果は一定しない。一般に情緒不安定になることだけは確かである。 啓太少年みたいな状況でLSDを使うと、割と高確率で自殺して死ねるだろう。気分が沈んでいるので気晴らしにLSD、というのもお勧めできない。因みに、LSD自体は一応アップ系のドラッグである。 米国では1966年にLSDの使用が規制され、日本では1970年に麻薬と指定された。
http://www15.ocn.ne.jp/~ateliera/lsd.html

タヴィストック洗脳研究所 ジョン・コールマン (著),

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E6%B4%97%E8%84%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/4880861960


コールマン博士は、そのタヴィストック人間関係研究所が極秘秘密組織であり300人委員会が目指すワン・ワールド政府構築のために活動を行っていると主張している。1913年、ロンドンのウェイリントンハウスで初期活動を開始、その後、どんどん力をつけ巨大化したこの研究所は洗脳という手段で人々を操り、ときには非人道的なことまでやってしまうと。

タヴィストックはウェリントンハウスに本拠を置き、プロパガンダの作成と宣伝を手掛ける組織として活動を開始した。当のウェリントンハウスは、ドイツとの開戦に断固として反対する英国大衆を翻意させるプロパガンダ攻撃を仕掛ける目的で設立された組織である。 【本書より】


大戦時、ドイツや日本を徹底的に敵視したこと
アメリカを戦争に引き入れたこと
真珠湾攻撃を仕向けたこと
ケネディ暗殺を企てたこと
イラクやフセインを悪者に仕立て上げたことなど

これらは300人委員会の指示のもと、タヴィストック研究所が動いたと書いてある。手段は主に洗脳だ。

プロパガンダを大々的に行い、都合がいいように捏造を重ね人々を騙し、世論をおもいのままに操る。そのために選ばれたリーダー格の人間は、タヴィストック研究所でこれまた洗脳という手法で訓練されているらしい。リーダーの有名どころとしては、チャーチルやルーズベルトに始まり特にルーズベルト以降のアメリカ大統領があげてある。ブッシュ、クリントンに関しては、かなりきつい表現が多々ある。

さて、このダヴィストック研究所だが、力を発揮したのは第一次大戦、第二次大戦時の対ドイツ・日本だったと書いてある。どんな戦争にもいえるが、大衆を煽るためには誰かを悪魔に仕立て上げる必要がある。一九一三年、あのおぞましい大戦をつうじて悪魔に仕立てられた人物は、ドイツ皇帝ウィルヘルム二世であった。 【本書より】

一九四〇年にチャーチルは、嘘と承知で、ヒトラーが「世界支配」という同じような願望にこだわっていると非難した。チャーチルは、巷で噂されているヒトラー首相の人物像を嘘と知りながら、彼を「狂人」とも呼んだ。 【本書より】

英米の新聞はこれらに飛びつき、精力的に広める。日本もやられたらしいでっちあげの風刺漫画で、大衆を煽ったりもしたらしい。

アウシュビッツのイメージがあるもんだからドイツは非道なことをやっていた、という覚え方をしてはいる。それが、つまり、簡単に言えばドイツは悪だったという見方が正しいのかどうなのか、考えたこともなかった。けれども、この本に、ドイツが英米によってどんな攻撃を受けたか書いてあるのを読んでみると
ん・・・もしかして、ドイツは、ハメられたのか?と思うと同時にひょっとして、わたしら(日本とドイツ)はやりこめられた者同士?と思えなくもない。

1940年、英国はドイツ民間人を標的にした空爆を行っているらしい。このとき、タヴィストック研究所はドイツの労働者住居の65%を破壊するという目標をかかげていたというのだ。

基本的には民間人を攻撃しないというルールがあるはず。これによってロンドンがドイツ軍より報復を受けたらしいがそれはドイツが受けた損害よりも比較的軽微、と書いてある。他にもドレスデンへの大空襲が非人道的であったことが書いてある。世界的にあまり知らされていない英米の行ったらしい虐殺的行為について東京大空襲と二度にわたる原子爆弾を食らった史実がある日本人のわたしとしてはありえるよな、と思っている。

日本が侵略行為を繰り返すことにより他国ともめ いくつもの国がかかわることになった世界大戦について国際的批判を受けての残念な結果なのかもしれないと思っていたがもしも、それが別の視点での世界征服を企む輩にあることないこと情報操作され、洗脳によりカモフラージュされわざと戦争を引き起こそうとした力が働いていたとするなら これまでの認識を大きく変えなければいけないということになる。

原子爆弾投下についてアメリカに対する世界的非難が聞こえてこないこと。そして、テレビ番組で知った東京大空襲時のアメリカの行為が大虐殺であると日本でもあまり知らされていないこと。戦後の教育の中に情報操作があったのだろうと想像している。

フセインは悪い奴だ、ろくな宗教じゃないな、というイメージが残っている。コールマン博士流でいえば、わたしも完全にプロパガンダ汚染組だ。苦笑

大量破壊兵器を隠し持っている、間もなくそれらは使われるということでアメリカ率いる連合軍が攻めこんだが、それらは見つからなかった。

少女が目撃したイラク兵の残虐な行為を涙ながらに語っていた映像により ひどいなぁと思ったが、のちに、その映像はでっちあげだったという報道があった。

アメリカの女性兵士が拉致され救出劇が大々的に報じられたけれども、あれもヤラセがかってたんだよね。

わたしはそれらの出来事に対して、疑問は感じたものの偽装について非難めいたことを考える間もなく流されてしまったように思う。世の中的にも、わたしが引っかかっていることについて弁明はなく大々的な出来事も起きていない。たとえば、連合軍が「間違いでした」といって戦争をやめたとかね。

ちなみに、少女の映像について本に書いてあるには その少女はワシントン駐在のクウェート大使アル・サバ家の娘で戦時中はクウェート大使の父とワシントンDCで暮らしていたためイラク兵の残虐行為を目の当たりにした、ということはありえないらしい。少女の演技に、騙されたのか、予定通りだったのか、アメリカ・上院はそれによってイラク攻撃にGOサインを出したらしいがこのでっちあげがバレたあとも、誰もとがめられることはなかったよね?
このクウェート大使親子が起訴されることもなかったって。

おかしいよね?

これこそが、プロパガンダの達人が言う「首尾よく出来事を再生すること」の真骨頂である。 【本書より】


そういうことなのか?
ショックでもある。まさか、国をしょってたつリーダーが、そんな子供だましの手を使ってまでやりたい放題するなんて、思ってもみなかったから。

ということは先の大戦でも、こういったプロパガンダが行われたというコールマン博士の主張に、大きくうなずける。日本は現在戦争から足を洗っているが、アメリカは今もなお大衆が洗脳され続け、辻褄の合わない戦争に若い命を投げ込んでいるともいえる。「告発のとき」という映画が蘇るよなぁ。


考えてみれば、人を操ることができるのなら、思い通りにコトが運びやすい。怪しげな宗教まがいのことでも、洗脳によってカネを集められるし会社における社員のモチベーションをあげようとすることだって個人よりは会社にとって得な話にもなるわけで。軍隊での、規律を厳しくした中で命令絶対と叩き込むアレも洗脳めいたものといえるんじゃないか。

本当か嘘かはどうでもよくて、その先にある目的のために都合のいい話にすりかえて、あとはそれを多くの人たちに信用させる。世間が信じれば、もしくは異をとなえなければ既成事実となって存在することになる。流行のファッション、音楽、ショップなどにも仕掛け人がいるという話は聞く。メディアが多くとりあげれば、流行っているような気になる。クチコミで広がってメディアが取り上げるのとさも人気があるようにメディアが取り上げることは もとは違ってても伝わる結果は同じようなもんだ。

戦争をしたくてたまらなかったルーズベルトが恰好の標的だった日本をあらゆる方向から刺激して先手を打たせるための裏工作をしたらしいことについて その作戦に乗っかったほうも、問題ありではあるが この男となんとか結婚に結びつけたいと思っている女が真実ではない家庭的である風を装い、はコレに弱いとされるコレをいたるところでアピールし、結婚にこぎつけた場合の話と似ていると思う。結婚後、だまされたー、と気づいたとしても、即離婚だなんて話はあまり聞かない。見え透いた嘘でも始められる戦争と結婚、始めてしまえばあとはなんとかなる?

心理をあやつる、つまり洗脳とは、意外に身近にあるもんだ、ということで。苦笑

ニュースは話半分で聞け、と誰かが言ってたが今、ようやくその意味がわかる。公共の報道で、隠したり、情報操作したり、ありもしない話が流されるなんて夢にも思ってなかったし。 ←騙されやすい青い人ね。 苦笑


ひとつ前の「300人委員会」の本に、メンバー或いは関連機関が名指しされていた。この本にも「米国を牛耳る洗脳機関・洗脳企業」というタイトルで政府の重要機関、大学、金融企業、民間会社などの名前が書かれている。ブッシュ政権擁護のプロパガンダ攻勢を仕掛けた代表的人物リスト(14名)は名前だけでなく写真付きだからね。そしてこう書いてある。

ここに書いたことは紛れもない真実である。しかし、アレキサンダー・キングによって立証されるまでに、私の著書「300人委員会」が一四年、論文「ローマクラブ・レポート」が二五年かかったように、それを立証するには大事件が必要となるだろう。しかし、二〇〇五年の現在、タヴィストックが米国人の生活の隅々まで掌握しているのは間違いない。タヴィストックの目から逃れられるものは一切ない。 【本書より】

コールマン博士は、膨大な時間をかけ、カラダをはって書いているんだなぁ。それにしても、このときの博士は、まだ2008年に起こるサブプライムが発端となっての世界的な恐慌を知らないわけだがこの本に書いてあることを思いうかべながら考えるにまさしくアメリカ潰しを目的としたタヴィストックの作戦のひとつだと思えてしまう。

だからアンタ、洗脳されてるって! ←自分へ。 苦笑


「仕組まれた状況」の例のひとつに、一九四一年一二月の日本軍による真珠湾攻撃がある。真珠湾攻撃は前述したように「仕組まれた」ものである。ロックフェラー資金がスパイの大立者リヒャルド・ゾルゲ経由で日本の皇族に渡り、日本軍に先制攻撃をそそのかす工作資金となった。これは、ルーズヴェルト政権が米国を第二次大戦に引き込む口実を切望したからに他ならない。

嘘がまかりとおると真実は忘れられる。

ウェリントンハウスのプロパガンダは、ドイツ軍が第一次大戦における最大の虐殺行為を働いたと嘘をついた。そのためドイツ人国民は飢餓で苦しみ、復讐を誓うこととなった。ドイツに対する盲目的な敵意を創造したために、ブライスは第二次大戦という争いの種を蒔いたのである。

シェイクスピアはこう言った。「人間が働く悪事は死後も生き残る」「善はしばしば骨とともに葬られる」と。

「黒い貴族」に馴染みのない読者に一言いっておこう。もちろん、その語は黒人を指すものではない。それは大富豪や王朝を指す言葉である。彼らは五〇〇年前から活動し、三〇〇人委員会の背骨をつくりあげた。

私の論議を例証してみよう。クリントン前大統領が相次ぐスキャンダルにもめげず任期をまっとうできたのは、彼の非常識な行動は弾劾訴訟を要求するほどのことではないという世論調査結果が出たからだ。この状況はタヴィストック研究所が創作したものである。世論調査業者は全員がダヴィストックで世論の形成や操作の手ほどきを受けているので、調査の回答は「おあつらえむき」になる。

G.W.ブッシュ大統領も「生き残り組」に加えていい。彼は憲法違反のイラク戦争を始めるために露骨な嘘を重ねたにもかかわらず、ホワイトハウスから追放されなかった。あの戦争は憲法に則って宣戦布告されていない違憲である。さらに米国憲法は、米国に戦争行為を働いていない他国に対する攻撃を禁じている。ブッシュ大統領がどうやって弾劾を免れたのか?答えはタヴィストック研究所とその大衆洗脳力にある。


アラブ諸国は失敗から多くを学んでいた。そして今日、彼らは第一次大戦の開戦当時よりはるかに英国政府を信頼していない。

タヴィストックは当初、「リーダー不在のグループという概念」を用いて活動し、かつての米国を葬った。プロジェクト責任者のW.R.バイオリンは長年、ウォートン経済校を運営している。そこでは自由貿易やケインズ経済学といった無意味なことが教えられている。日本はウォートン校のまやかしに乗らず、マッカーサー将軍に教えられた米国モデルを堅持したので今日の繁栄を築いた。日本人の成功を非難しないで、米国の経済体系を破壊したタヴィストックを非難すべきだ。

米国民は五つの大戦争について、完璧に誤誘導されていた。これだけ騙されれば、他のすべての国も同様になるだろう。しかし不幸にも、イラクやセルビアに対する英米の間断ない空爆は、米国民が湾岸戦争から何も学んでいないこと、戦争が仕組まれた実態も言語道断なやり口で騙され操られた実態も国民が知らないことを示している。


(MKウルトラ実験が残した影響>

スタンフォードやランドなどの研究所によって、悪名高い「MKウルトラ」計画が手掛けられた。「MKウルトラ」計画とは、LSDや他の「人を変える」麻薬を利用した二○年に及ぶ実験のことである。CIAに委託されてオルダス・ハクスリーと「核兵器廃止」運動の大御所バートランド・ラッセル(三〇〇人委員会の幹部政治家)がその指揮をとった。

第二次湾岸戦争では、タヴィストックの養成した工作員がイラクのアブグレイブ刑務所やキューバのグアンタナモ基地に収容されているイスラム人捕虜から「情報」を聞き出す拷問方法を米軍のミラー将軍に教えたことが露見すると、世界中は驚きおののいた。これと同じようなマインドコントロールや人を変える麻薬を利用した、レヴィン、ハクスリー、ラッセルは、米国の若者にとてつもない損害を与えた。彼らの恐ろしい麻薬実験はスタンフォード研究所、マクギル大学、ベセスダ海軍病院、各地に点在する米国陸軍基地でおこなわれた。

戦争によるドイツの民間の犠牲者が軍人の犠牲者よりはるかに多かったのは、ハリス「爆撃機」とドイツ労働者住居に対するRAFの夜間絨毯爆撃のせいである。これはいまだに処罰されていない重大な戦争犯罪だ。

ドレスデンの爆撃と空襲のタイミングは「衝撃と畏怖」によって友人のヨセフ・スターリンの関心を引こうとした「偉人」が、タヴィストックと相談して選んだ冷血な決断だった。四旬節にときを合わせた、紛れもなくキリスト教に対する攻撃ともいえる。

http://www.mypress.jp/v2_writers/markosyosai/story/?story_id=1820744

        /          イf它メミー-   ( _  く ̄\
         ィ⌒´/ ̄廴   / {い辷彡ク―- 、 \\  _〕 \ヽ
        f´l |  /  / ハ/ / >=≠=ー-   \ \ヽ __厂ヽ \
       | //   / ///   ′    ヽ ` 、\ヽ (_  ∠二ニ、
      /⌒7⌒ー┬ァ   / / /  l   |   l     \  l l / - ― r'
    /| //  /厶  l /  / l l|   l| |l  | |l   l ト、| 〃.::.::.::.:て |
     ヽ|′  ノ  /ヽィl   ′| l|   l| |l  | |ト、  | l | l〈″ ::.::.::. 〈|
      lノ     ´ ̄ 川  l| |||」|   l|`T 7 ハT | l | | | ::.::.::.::.::.::| |
      ⊥∠ ̄`ー-(⌒ 川  |l kヘ 八   | |/,,斗=ミk j | ! | ::.::.::.::.::. | |
    \::.::.:-‐''´ ̄ ヽノ川  |l_|孑テミ\ | l〃 弋ヅ゙} ' 从 |::.::.::.::.::.::.| |\
      ヽ ::.::.::.::.::.::.::..\ノ|  lヘド _ゞソ       ̄ / /|_j::.::.::.::.::.::.| |\ ヽー- 、
       ヽ ::.::.::.::.::.::.::.: >ヘ l 八     、       / /l |´::.::.::.::ー―{  、  ̄ ヽヽ
          \::.::.::.:: /..:::..\{  ヽ     __,、   イ l| |\::.:..\::.「::.弋_ \ \ }ノ
           〉、::.:〃.::.::.::.::|〔_ト   ト   ` ̄  /┼ノ |::.::.ヽ::.::.ヽ|::.::.: ノヽ l\ ヽ
         / ハh ::.::.::.:: j  |  |├]>  (__/l/  ; ::.::.::.::.::.::.::.: /   '.| ヽ ゛、
.        / / l | | ::.::.: //..::|  |ノ└―イロト、  /  ∧::.::.::.::.::.::.::.: { | l |、  }|
       / / ハ」 ::.:://..::.::. ' 〃   〃 || || ヽV  ′ヽ ::.::.::.::.::.::. 〉 l || \ ノノ
      / / / 弋_::.::.::.::.::.::.::l  ||   {L ノ| |Lノノ  /  .:..\::.::.::.//j:i、   ノ人  ヽ
      ´ / /   / `7⌒ヽ/ | ノ|ー- _ ̄   ̄イ ;′.:´   \:.ヽ{i:i:i:i:ト--(ハ  }
.     /  イ \ー ‐=彡i:i:i:i:iノ .:|{ l    `ヽ   |l {          ヽ::..\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト、
    / / 乂  >i:i:i:i/i:i/:i:i/ .::.::い        :. 八 ゝ         l::.::.::.:. i:i:i:i:i:i:i:ハi:i:ハ
   { {   イ:i:i:i:i:i:i/:i:i':i:i:/ .::.::.::|\ \_ノ)  :.            |::.::.::.::l:i:i:i:i:i:i:{:i:}i:i:i:ト、
      /:i:i:i:/:i/:i:i:i:i:i/.::.::.::.::.|   ` ー '´   :           j ::.::.::.:|i:i:i:fヾi:i〉トi:i:i:i:i〉
        {i:i:i/i:i:i/:i:i:i|:i:i:| ::.::.::.::. l                    / .::.::.::.:|:i:i|i:}:i:l:i:i||:i:i:|/
        ヽ/i:i:i/:i:|i:i:|i:i:l{::.::.::.::.::.:..、            、      , .::.::.::.::.:∧i:||i:i:i|:i:ハi:i|
        'i:i:i:イ:i:i:|i:i:|i:i:八::.::.::.::.::.:..\           \   /..::.::.::.::.イ  }ハi:i|/  }iノ
      li:i:il |:i:i:|:i:i||i:{  \::.::.::.::.::.:..丶 __ノ       >ー - ―f´ し   }丿
       |i:i:iハi:i:{ ノl:i:iゝ   ゝ、::.::.::.::.::.::.::.:::..\     / .::.::.::.::.:: イ
       人{  ヽ′       〔 ̄::.::.::二 ィ::]{≫==≪}[::.r―‐::.::.:|
                    ヽ::.::.::.:ニ=::]{≫=≪}[::.::.ー‐.::.::/

_____________________
_____________________


関連投稿


西洋の達人が悟れない理由 _ 梵我一如はエロスの世界
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/385.html

釈迦の悟りとは何であったのか? _ 極楽浄土とは何か?
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/1058.html

釈迦は何故日本に再誕したか_我は大川隆法であって、大川隆法ではない。 エル・カンターレであ-る!!!
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/341.html
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/342.html

○○○○嬢が幸福の科学に狂った理由
http://bakusai.com/thr_res/ctgid=119/acode=11/bid=98/tid=1210360/p=15/tp=1/

真光教の深層への旅
http://www.amezor.to/shiso/070630234021.html

結婚したくなったら統一教会に入ればいい
http://bakusai.com/thr_res/ctgid=119/acode=11/bid=98/tid=1331929/tp=1/

昭和天皇が戦争狂になった訳 _ 日の丸はアヘンのトレードマーク
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/321.html

イリーナ・スルツカヤ _ Let it be _ ジョン・レノンが殺された理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/551.html

相場に失敗すると奥さんとお嬢さんはこういう運命が待っている _ 飯島愛が殺された理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/538.html

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,〜 〜  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / | 組織の事を暴露しようとした
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| | 〇〇は呪われたものとなった
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
02. 2012年3月11日 13:18:54 : xqB2aqYdtw
先生、貴重な情報ありがとうございます。

泉鏡花の「天守物語」を思いだしました。

現実には、良い心をもった女の妖怪もいるのかもしれません。


03. 中川隆 2012年8月27日 23:38:28 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

         __,,/  _, ----`ヽ  :.
     :.  / _     ___   、\
       / /   i      \   \\ :.
     :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :.
     :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}
    :. |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.  な…
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{     なんなんですか?
      :. |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.   ここ、どこですか?
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ     なんであたし
   :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`(ノ .:.::.}ヽ、\:.   ここに居るんですか?
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :.
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :.
       :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ
           / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',
       :.     / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|
          / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l

池田大作先生の素顔


フランスが創価学会をカルト認定した理由  


教祖の 池田大作が強姦事件を起こしたからです。

元信者から直接聞いた話ですが かなりの被害者がいるようです。
裁判にならないものは 金で示談になっています。

青年部が 池田邸の警備をしている時 キャーの悲鳴と共に裸の女性が飛び出してきました。 池田大作の部屋から。

信者さんも 一人になって少し考えてみて下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212137887


「月刊ペン事件」  

インチキ宗教の教祖がしばしば女性問題を起こしているように、池田大作にもその類の問題は多く耳に入ってきます。よく知られているのは「月刊ペン事件」と「信平レイプ訴訟」です。

 「月刊ペン事件」は「月刊ペン」の編集長が、池田名誉会長が婦人部の複数の大幹部と「性的不倫関係」にあることを暴いたものでした。

創価学会は「名誉毀損」で告訴しましたが、告訴するその裏で笹川良一氏、腸平氏父子に頼んで、「月刊ペン」社とその弁護人に懐柔工作を行い、創価学会は二千万円を「月刊ペン」社側に支払ってもみ消そうとしました。

結局この裁判は「月刊ペン」側が30万の形式的な罰金を支払っただけに終わり(編集長はそれを不服として控訴しましたが、編集長が亡くなったために審議が打ち切られました)、池田名誉会長の淫らな女性関係の真実を証明する結果に終わりました(記事の内容がデタラメと断定されなかったために、罰金30万円の略式命令のみで済んだのです)。


池田大作は二代目創価学会会長の戸田城聖の元で、高利での貸し金会社「大蔵商事」の営業部長として辣(らつ)腕を振るっていた、と言います。病気で寝ている人間を叩き起こして布団まで持って帰ったというエピソードが残っています。

「創価学会」では病気になったり事故にあったりした「学会員」に対して『それは信心が足りないからだ』と言い、他宗教や仏教であっても「創価学会」以外の人が癌などで死亡すると『罰が当たった』と罵ります。

特に現在は「日蓮正宗」の信者や関係者、「創価学会」の脱会者、「創価学会」を目の敵にしている「浄土真宗・親鸞会」の関係者が不幸な目に遭うと、『それみたことか、罰が当たった』と喜び合います。


この「罰論」に照らして池田大作名誉会長自身の家族を見ると、興味深い結果が見えてきます。

次期創価学会会長になると見られていた次男は、29歳という若さで胃に穴が開いて亡くなりました。

さらに長男の子供(池田名誉会長にとっての孫)は身体障害者で、世間にそれが知られるのを恐れ妻の実家で隠して育てられている、といいます。 

 この事実を「創価学会員」はどう思うのでしょうか。「仏罰」やら「現証」を信じるのであれば、「仏様」は池田大作にこそ「仏罰」を与えていることになるでしょう。本人に直接罰が当たらず、周囲からじわじわと真綿で首を絞めるように現れる罰を「冥罰」といいますが、まさに池田大作自身が「冥罰」に当たっていることになるでしょう。

 他宗者の不幸に対して罵倒し誹謗した報いが、まさに自分に跳ね返っているのです。
http://reijin32yoshi.blogzine.jp/shinsey/2007/06/__62a3.html

池田は、女子部大幹部たちや本部の女子職員に、身の回りの世話をやらせた。亭主持ちも独身も関係ない。相手はとにかく別格の会長先生。女性の側の気持ちは純粋である。不純なのは池田大作だけだ。

最初は、背広をかけさせる程度の用を言いつけ、狙った相手の表情をうかがいながら肩を揉ませ、裸の胸をさすらせる。これが池田の女性攻略の手口である。

若い頃からそうだったが、池田大作は他人から軽蔑されることを極度に恐れる。
だから女性の場合も、目的を遂げられる相手かどうかを、用心深く見極める。
その見極めのつかないうちは、実際行動には出ない。
創価学会三代会長という立場を利用して、慎重に策謀をめぐらし、だんだん屈服させていく手を使うのだ。

この手で、三十前後から女性学会員を相手に、醜い欲望を満足させてきたのが池田大作という男である。(中略)このように、気に入った女性に目をつけると、家族ぐるみ創価学会職員としてかかえこみ、第一庶務や女子部幹部に取り立てる
。そして、多少飽きてくると側近幹部に下げ渡し、それでも気が向けば呼びつけて身辺の世話をさせる。その夫は議員にしたり幹部にして取り立てる。と言うのが池田のやり方なのである。

世間の人たちには、単に池田個人の猟奇や好色話として映るかも知れないが、池田大作の女性関係は欲望を満たすことであると同時に、人をして精神的に屈服させ、支配するための手段なのだ。(中略)彼女たちは池田の目にとまりたいと願い、池田との親しさを競い合い誇示する。「お手付きになりたい」との声まで出る始末だった。あげくに、その念願を果たした当人たちは、池田会長との特別な関係をほのめかして他に威張り、周りは「いいですねえ」と羨ましがった。

いってみれば、人気スターと熱狂的ファンの関係、世間流に言うとそうなる。
そして池田は、女性会員たちの倒錯した心理を悪用し「奥の院」を作り上げた。
それが一連の下半身スキャンダルを生んだ背景だったわけである。
《『池田大作の素顔』210頁》


池田は風呂好きで、一日に何回も入る人で、その時は午後でしたが、部屋の隅に浴衣、下着の類が置かれていました。

その浴衣のすそに、赤い紅のようなものがついているのが見えました。女性の名前は出しません。

そのあと、下へ降りてから上田雅一現副会長が、私に

「おい、見たか、見たか」

と非常に興奮していうのです。私は、

「いったい、なんのこと?」

と聞くと、

「赤い紅がついていたろう。あれは口紅なんだ」
といいました。それで私も

「あれは確かに血ではない、紅だ」

と思いました。私は当時、結婚はしていましたが、そういうことはうぶでした。上田さんは、不良出身で、

「あれはフェ●チオだ。 前からあんなふうなことやっているんだ」

といい、私が

「まさか」

というと、

「いや本当なんだ」

と言って、十数名の女性の名前を挙げました。

そして、第一庶務には、いわゆる第一庶務と、本当の第一庶務がある。

本当の第一庶務とは、池田大作と肉体関係のある人たち。いわゆる第一庶務は肉体関係のない人たちで、特別施設などへ池田氏が行く場合、本当の第一庶務の人に、いわゆる第一庶務の人を組み合わせてカムフラージュしているのだ、ということを言いました。

第三に、池田先生はここ十年間、暴力団の襲撃を防ぐために家に帰らないと言っているが、本当は地方の各地にそれぞれの女性がいる。

第四に、女性に胸の辺りをさすらせ、次いで腰をもませ、さらに男性の重要な部分を握らせて、そうして(心理的に)乗り越えさせるのだ、と、以上のことを上田は話しました。「元創価学会教学部長・原島崇氏」の証言
《「池田大作の素顔」132頁》

池田の私生活も、私人的な言動も、創価学会=旧公明党の首領であるという自意識から、決して離れられなかった。彼は戸田の率直さだけは受け継がずに圧殺し、自ら立てた浅ハカな大義名分によって厚化粧した。

彼は女性との関係に関しては、

「法治国の国民としては、それ(一夫一婦制)に従うべきだ。ただし、ただしですよ(笑)もし、それだけの理由と力があって、しかも誰にも迷惑をかけないという場合には、一夫一婦制の枠外の行為でも私は男性として認めます」
(『宝石』44年1月号掲載)との、まことに融通無礙の見解を持ち、今ではそれを実施に試みたと報じられている。

『週刊新潮』(55年6月12日号)によれば、池田と“ただならぬ間柄”の女性は、

公明党参議院議員渡部通子、
中国担当副部長・上田雅一の夫人、
創価大学図書館長Yの婦人、
第一庶務の女性たち、
東海研修所道場の女子職員、
山陰地方のある幹部の夫人、

と多数に上っている(創価学会は同誌に対して55年6月5日、記事の即時全面取り消しを求め抗議したが、、同誌は6月19日号で逆に「当誌を〈誹謗・中傷〉する目的で書かれた〈許し難い〉文章」だとして取り消しを拒否、その後、現在=56年4月=に至るまで同誌記事は黙認されている。中略〉

池田に信仰者の慎みは無縁である。彼はおそらく平均的な成人男子以上に、女性を快楽の道具とだけしか見ていず、会内における彼の超絶的な権力者の地位を、超絶的なオスの位置にもスライドさせて、一部女性会員に臨んだ形跡がある。

そればかりか彼は、妻との情交をその夫に承認させることで、幹部会員の全生活面に及ぶ権力を確認すると同時に、その夫たる幹部の自尊心をくじき、人間性を損ない、自立的な判断を放棄させて池田の命令に絶対服従する人間に造りかえることにも用いられたとみられる。池田の行いはうじゃけたものとはいえ、夫たる会員にとっては極限状況的な試練なのだった。

ちょうど一睡もさせずに総括して人間改造を図る訓練法のように、彼には己の“性器”を幹部の「人間革命」に用いたことが疑われる。
《『堕ちた庶民の神』237頁》

池田はせいぜいのところ、三菱銀行の宴席に侍る芸者には

「“お前気に入ったから、身請けしてやろう”

とか

“外国に連れていってやろう”

とか

“ダイヤを貰ってやる”

とか

“マンション買ってやろう”

なんてカンタンに」


(石井孝子談「週刊新潮」昭和45年4月18日)言い、もっぱら(*芸者に対しては)言葉の浮気に控えていたようである。もっとも彼は、会内での気散じには不足しなかったようで、好き好んで外に危険を求めるまでもなかったのかもしれないし、また芸者は彼の好みでもなかった。
《『池田大作権力者の構造』245頁》

創価学会の東海研修所道場(熱海研修所)で管理人を務めるカップル。と言っても、並の管理人夫婦ではない。妻の節子は旧姓の高橋姓の時から、池田に見初められ、両親ぐるみで管理人に起用された。一着が、30万円とか40万円もする高価なドレスを池田から買い与えられ、“熱海の女王”として孔雀のように華麗に振る舞った。

「ウチの娘にホトケ様の御手がついた」

と、両親が自慢するだけでなく、本人自ら「池田先生との特別な関係」と、ノロケてみせる。風呂好き人間の池田は、温泉のある熱海研修所に入りびたりだった。二人の親しい仲の噂が広まるのを警戒した側近の中西治雄が、聖教新聞記者の大島光明と高橋節子を結婚させ、新任地の栃木県へと隔離した。

しかし、人妻となった節子のサービスが忘れられず、池田は大島夫妻をともども熱海研修所の管理人として呼び戻した。夫の光明にしてみれば、屈辱的な人身御供であろう。屈辱感を弱める狙いがあって、池田は一管理人に過ぎない光明を創価学会の総務副会長に抜擢した。副会長と言っても、全部で125人もいるのだから、池田にとっては何の負担増にもならない人事サービス。口封じを図り、造反を防止したつもりだろう。だが皮肉なことに、何のキャリアもない大島副会長の誕生で、かえってスキャンダル疑惑を深めた。

そういう事情を知らずに熱海研修所に泊まった横松昭副会長が、普通の管理人に頼む調子で、布団敷きを気軽に命じたため、後で池田から怒鳴りつけられたとのエピソードもある。

大島夫妻は研修所の管理人といっても、その実態は、池田の愛用する“温泉付き別荘”で、池田にのみ仕える身辺世話係である。
別荘で待機する“第二婦人”と、表現した方が正確かも知れない。
《『スキャンダル・ウォッチング』66頁》
http://www.23ch.info/test/read.cgi/koumei/1063445763/

236 :非公開@個人情報保護のため:04/12/20 18:24:41 ID:GD5yGAxK

もう年だから、かつての元気は無くなったが
各地の文化会館の特別室は、大作専用のラブホテルであった

名誉会長に犯されたいという、基地外たちで数ヶ月先まで
各地のラブホは予約で、いっぱいだった


361 :???:2005/10/20(木) 17:40:42 ID:???

被害者は学会員の女性を含め数知れず。

幹部が池田名誉会長をたしなめるも女遊びはやめず 幹部含め隠滅に必死です。

池田名誉会長のよく行く店は川崎・関内のとある高級ソープ。
有名人がお忍びで来る店です。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 17:47:12 ID:gE37vV7N
>>361
行ってるとこ目撃したんですか??


363 :???:2005/10/20(木) 21:06:28 ID:???

幹部なら皆知ってる事ですよ。

ちなみに私は熱心な学会員でしたがアホらしくなって辞めました。
もっと教えましょうか?

1996年頃か…池田名誉会長は学会員の14歳の女の子にも性的嫌がらせをしましたが学会員の両親には厄を払うためみたいな事を言って口止めしました。

アホくさ

所詮ただの年寄り…邪悪さは群を抜いてますがね

14.スプーンでメロンを「アーン」の多田T子の場合

 T子は女子部時代、池田と特別の仲だった。池田の泊まる先々で池田の脇腹をさすったり、スプーンでメロンを食べさせたりといったことが、側近によって何十回となく目撃されている。

 S氏と結婚後も、池田と特別な関係を続けたのかどうか分からない。しかし結婚前は、デパートに池田夫人気取りで豪華な買い物にでかけたりしている。昭和四十年頃は、特に本部の女子職員の間で池田との特別な関係が取り沙汰され、羨ましがられたものである。渡部通子が月刊ペン裁判で池田の女性スキャンダルを否定する証人として出廷したのに対して、T子は出廷を断わったことで学会内では有名になった。

 当時、会長の北条浩は「T子は証人になりたがらない。T子は弱いんだ」と周囲に喋った。これは、暗に北条がT子と池田との関係を認めたことになる。T子は当時、婦人部の会合では「私は(池田との関係は)ありません。あったら、ありがたいんですけど」と発言している。

 事実を隠蔽するつもりが、逆に本心をさらけ出した格好だ。T子は現在、藤原行正の妻の郁子を、婦人部の会合でメッタクソに罵倒し続ける役目を負っている。

 悪口をいわせるのは、明らかに池田の差し金である。そのご褒美か、T子は最近、全国総合婦人部長に返り咲きを果たした。また、T子が郁子を罵倒すれぱするほど、夫の方も公明党で重用される。

         《『スキャンダル・ウオッチング』79頁》
http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww.toride.org%2Fhrenti%2Fhre14.html&hl=ja&mrestrict=xhtml&lr=&inlang=ja&q=%E5%A4%9A%E7%94%B0%E6%99%82%E5%AD%90&site=search


”公人”池田大作氏と渡部通子参議院議員の”ただならぬ関係”については、以前、証言台に立った学会関係者の小沢よねさんと飯野ナミさんも述べている。

「昭和29年の秋、松鳥家の3畳間で、パスタオルを持った松島通子さん(現姓・渡部)の前に、池田大作さんが素っ裸で立っている。のを見ました」

ちなみに、池田氏の香峯子(かねこ)夫人は、昭和30年1月28日に次男の城久氏を生んでいる。小沢さんと飯野さんが池田氏の”フルチン”を目撃した昭和29年の秋と言えば、香峯子夫人は妊娠5〜6ヵ月、池田氏はご不自由な思いをなさっていたわけで、そう考えると渡部通子さんとのそれも。いっそう真実昧が増してくる。しかも、通子さんが生んだ長男の名が、池田氏の二男と同じ城久だというから恐れ入る。

さて入りくんだ話はこれくらいにして、原島証人と弁護士の一問一答を初めから紹介しよう

――創価学会の施設の中には、池田氏の専用施設があって、そこには池田氏の世話をする女性がいた、ということですが。

証人 はい、おりました。

――その女性の数は。

証人 20人くらいです。

――それは専属ですか。

証人 そうです。


裁判長 施設ごとに分担が決まっていたのですか。

証人 それもあります。また第一庶務の女性ということもあります。――

前回、原島証人は、上田雅一副会長から「第一庶務には、いわゆる第一庶務と本当の第一庶務がある。本当の第一庶務とは池田さんと肉体関係があった女性たちだ」と聞いたことを証言している。

――はっきりした女性がいればあげてください。

いよいよ池田大作氏の身辺の”世話”をしていた女性の名前が出る……というので、法廷のごく一部が緊張。

すかさず、検察官が異議申立て。裁判長も”一般的”な接待係に留めるようにというようなニュアンスの注意。

そこで弁護人は、質問を冒頭で紹介した渡部通子さんに関する内容に変え、そして――

――多田時子さんと池田さんとの記憶は。

証人 (池田氏は)多田省吾氏に対しては、「未来の総理大臣だ」と言ったりするように、一目置いていたくらいなので、結婚後は(そういう関係は)なかったと信じています。ただ結婚前、湊時子と名のっていた当時は、池田先生の夫人のようにデパートヘ先生の買い物に行ったりしていました。本部の女子職員は、そういう二人の関係を羨ましがっていました
http://soejima.to/boards/past.cgi?room=sirogane&mode=find&word=%B8%B6%C5%E7+%C0%EC%CD%D1%BB%DC%C0%DF&cond=AND&view=5

04/19〜28「池田大作会長の行動記録」について

池田大作氏の「行動記録」は、基本的には第一庶務が作成する内部文書である。しかし、この度提示した4月19日からの「行動記録」は、「月刊ペン事件」差戻し審で検察(学会)側が公判に提出したもの。裁判で、山崎・原島の両氏が

「池田大作氏はフェラチオが大好き」

等の証言に対して、検察側が反証として提出したのが、この「行動記録」だった。つまり、学会本部公認の公表文書だ。

 では、学会公認の「行動記録」を検討してみよう。

 まず何といっても、池田会長(当時)の朝寝坊と勤行時間の短さ・サボりが目につく。唱題はまずしない。これは、おそらく今でも変わらないと思う。
 また、実に按摩(マッサージ)好きである。ほぼ連日だ。名誉会長の身体が妙に柔らかいのは、日頃のマッサージの効用なのであろうか。寿司と風呂好きであることも判る。
 
 そして、執務らしい執務をしていない。せいぜい手紙書きと「お届け物」の捌き位である。やたらと休憩時間を取っているのも特徴的だ。こんな生活を40年以上続けているのだろう。

 原稿を書いている時間が時おり記されているが、必ず原島氏ら側近の代筆メンバーがおり、自身ひとりで原稿用紙に向かっていることがない。「5.3」の謝罪講演も、これまでレスしてきたように、原島氏ら特別研究班の手によるものであることを裏付けている。

次に、学会本部にはほとんど立ち入らず、常に専用施設を気ままに転々としていることが記されている。これは今でも同じ(だろう)。本部職員とて名誉会長との接点はあまりないのである。

 最近はちっとも地方に出て行かないが、かつて地方指導で東京を離れた時、名誉会長の訪問先ではすべての会館が突然訪れるかもしれない名誉会長のために、最高のもてなしができるよう準備万端でスタンバイしていたものだ。たいていは徒労に終わり、無駄な時間と労力と人手が費やされていた。
 
 この「行動記録」では、言論問題の対応ぶりに関し、竹入・矢野の公明党首脳や、当時、東京地方検察庁検事だった神崎武法・現公明党代表や、朝日新聞記者・央忠邦氏らが入れ替わり立ち代り来訪し、池田会長(当時)を中心に学会首脳と会議を重ねていることが記録されている。

 「行動記録」の後半は、すでに「5.3」での謝罪という方針が明確になっているので、原稿内容のチェックだけが主なテーマのようで、箱根周辺のドライブなどに興じている。

 それにしても、肺炎をこじらせ体調が最悪の中、いわれなき中傷や弾圧から学会や会員を守るため、学会の最高責任者として命を削りながら激務をこなしている山本伸一の姿は、一体どこにあるのでしょうか。小説『新・人間革命』の記述は、実に空々しい限りです。

 あるいは、こんな記録を法廷に出してまで、名誉会長の女性スキャンダル(下半身スキャンダル)を何とか誤魔化そうと必死だったともいえるのかもしれません。
http://209.85.175.104/search?q=cache:USJxGZ3ABOUJ:groups.msn.com/Inconsistency/011.msnw+%E6%B1%A0%E7%94%B0%E5%A4%A7%E4%BD%9C%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%81%E3%82%AA%E8%A3%81%E5%88%A4&hl=ja&ct=clnk&cd=22&gl=jp


        /: : : :l : : : : : : /         V∠二ニ=-‐===ミ: : : : : : : : : : : : : : : ',
.       / : : : : l : | : l: : /- 、           ´'(二ニ=‐-/: :|: : : : : : : : : : : : : : : :'.
       ': : : : /.:|: :| : l: :'   ヽ             ´'(: :/: : i|.: : : : : : : : : : : : : : : :i
      i : : : /: :.i: :| : l i{> 、 }                 }/ : : /: : : : : :.:|: i.: : : : :. : : |
       | : : /: : :.:'.|: l八   ヽ   /         u. /: : :.〃: : : : : : :|: |: : : : : : : :.|
       | : /: : : /∧! :,' !ハ ソ  ∧、__       / / : : /.: : : : : : : :.|: |.: : : : : :. :.;
      ; /: : : /: : /V 弋リ/        ̄``丶、 /  /: :/ }.: : : :. :. :. :.|/: : : : : : : /
      {:|: : : :{/.:/´;゙\`ァ'      ⌒>( X   //.  /.: : : : : :. : /: :/: : : : :./
      {:|: : : :{: :゙ ,             ‐-ミ /,\`'く    / : : : : : : : /: :/: :/ : : ;
      /|: : : :{: l. i  _ ノ     ー-=ミ(   /    / : : : : : : : /: :/: :/.:/ : {
     ; 人: : : 、l  !  } .         丶、〕::トミ    /. : : : : : : :./ヽ/: :/: :{: : : 、
      {  \: : \'. 〈             ヾ::じヅ≫-‐ : : / : : : : / } }: : : : :{: : : : \
     |   \ : : V人         ::::::::.:.  `´ /: : : /.: : : :/ /: : : : :八: : : : : : :>
      ,       \/ ′}        ::::::::::.:../: : : /.: : : :/ ..イ: : : : : : :(\:`ー-ミく
       ',       /   ,ノ            / : : :/.: : : :/ア、 :/八: : : : : : ヽ \}  `ヽ
           ー=≦}      __ . /: :-‐=≦: : ://   `(  ` ー-ミ: : }丶、
       '.         ̄ ̄厂   \/: : /: : : : : : : /      -‐'   `ヽ   ヽ
                 /〃 丶、  /: /.: : : :. :. :./                 '.
                    { /     ;/.: : : :. :. :./                   }
.          > 、      {.    /: : : : : :\:/ /                      /
        /   \    /\__彡: :/:./{ : /.            /            /
        /       ヽ/    /:/:./ 人:{       ー一'′     {     /
     , '        , ' o     /: : /    `ヽ                      /
    ,         /       { : /        ∨               '.  ∧
   '        ′     人 {        ,′                ∨   .
  /        ;           ヽ.      ;                   '    '.
. /            i                {              U      i    '.
              |
             |                                         i
           '.                                    ′    .
       u                       }                     /        i
             ヽ:....            人               . ′      l
                 /}::::::.:..   _  . -=≦  /> .       ,..:::::::.../           l
           /' / `゙「 ̄         l   /    `     ‐-゙ 、:;_, ′          |
          /  /   |        | /           /             |
              , '     l            !/             /         U    |

131 名前: 大作の午後 投稿日:2003/03/04 12:38

大作が女学会員をレイプを始めたので、コンドーム係、バイブ係、ティッシュ係が
そそくさと部屋の中に入ってきた。

「んもー、チンポが勃たない!」

神崎はうやうやしく「高麗人参赤マムシドリンク『淫乱日顕三号』」を差し出す。

「おい!フェラチオ係!フェラチオ係を呼べ!
全力で先生の魔羅を勃起させるのだ!」

15:35 三十は過ぎているがまだまだイケてるコンパニオン風の係員到着

「フェラチオ係です、

あら、先生、今日もご立派、

もー、わたしなんかお呼びにならなくともよろしいんですよほほほ

まっ、でもぉ、せっかく呼んでいただいたことですからお勤めさせていただきますわ」

さすがフェラチオ係、口がうまかった。

16:02 どうにか半立ちまで勃起


「さあ、この立派な肉マラでレイプを…もとい、幸せの儀式を! 」

女子学会員は藤原紀香にちょっと似た所がある若い人妻だった。

「ふへへ…」

「や、やめてください! 」

「なにをやめるのかな? 
フェラチオならやめてもらったがほれ、ここはビンビン…」


フェラチオ係らは噴出しそうになるのをこれからレイプされる人妻のことを思ってこらえた

老人の性は哀れと諧謔を含んでいるもの…そう思えば人妻にも余裕ができるのだろうが…それに池田大作の慰み者になった女にはずっしりと重い茶封筒が渡されるのが通例なのだ。そうでなければとっくの昔に獄中の人になっていたに違いない

「ああ〜やめて、そ、そんなところっ!」

「ムニャムニャ…」

得意のクンニで人妻を喘がせる大作! レイプ魔の面目躍如

「そ、そんなところ、あぁ…」

「そんなところでは、よくわからないよ…」

脂ぎった顔に笑顔を浮かべながら、大作が言う。

「おい、例のものを…」

「はっ」

バイブ係がカリ高3号を手渡す。ちなみにバイブ係も副会長だった

「もう、許してください…」

「ばかなことをいっちゃいかんよ、まだなんにもしてないじゃないか おい!」

ティッシュ係が先ほどのペーパーナイフをちらつかせるので、若妻はしかたなく、両足をV字型に広げていった。


16:03 大作の一物、充填率75%
16:04 80%

バイブ係「…おい、早くしてくれよ、電池が持たないよ(内心の声)」

君(バイブ係)もっと効く強性剤はないのか?

糖尿でもビンビンになる薬は!←犬柵

わははワシのティムポは文字通り甘いぞ甘いぞアリもむらがる甘さだぞ

早く味見しなさい!糖度100%

若妻は犬柵の先端を恐る恐る口に含んだ・・・

甘い!甘すぎる!くどい甘さだ。

我慢できずそれを吐こうとした時、犬柵からありがたい聖水じゃと小便まで口に出されてしまい、糖分を摂りすぎた為に体がだるくなる人妻であった・・

_______

今日も今日とて池田大作の寝起きは悪かった。

「おい、アキヤ!」

秋谷はうやうやしく「花和尚印絶倫ドリンク」を差し出した

大作はその生臭い液体を一気に飲み干し「次!」と怒鳴った

秋谷は聖教新聞特別編集版を差し出した。

特別編集版は池田の好みに合わせて編集してある特別バージョンで一般のニュースや「我が友に送る」は省略してある。

「寸鉄」が「寸」どころですまない大記事なのはご愛敬だ。

「ふはは〜今日も聖教新聞にはいい記事が一杯だな」

聖教新聞特別編集版を見て満足しきった池田は朝食の食卓に
http://shizu.0000.jp/read.php/cult/1033356504/


04. 2012年8月30日 07:46:02 : HNPlrBDYLM

                    _...。::'" ̄ ̄::~"'' ー..、__                ,.:::´::::::::::;ィ'":::::::::::::::'"⌒`::::::::::ヽ                /   /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ト、              /          :./:.:,。::''":::::::::::::::::::::::j.:.:.\                /:.:.:.:.:.:./:.:.:....    /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ハ            /:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,。::'".:.:.:.:.......///  .:/A ハ   }              ,:':.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:/:.:.-―-、;:ィ/.:.:.:.:.//~゙!...:.:i.:.:.{          / : : : : /.:.:.:///,,..-‐ 7ィ'" ノ:.:.:.:.:メ、  }:.:}:.}:.:.:!            {: : : : :/: :/〈({ /:/xャ≦云ヽイ.:.:.:/  ヽj:.:リ:.:.:i:.:i                 乂 : : {: : { f:弋:j!-《 込勿~` 彡''" ,然ミx /ノ.:.:.:j!:.:}    池田先生!?           }: : :゙、 i: { : ゞi、   ̄      :'{仞 ヾY: : : : /: :j!              ノ: :} : : : : 乂 ゙、\       {   "ノ: : :/: :ノ              ,..:'"  ノ ノ: : ノ: :ヽ ゙ト }}          彡 ィ":,.ィ            γ´    ̄ 弋 {    ) j//     っ    ノノ: :人(: :゙、.           {     / { ` /  人(,,\      ,..ィ{(〜': : : : : : \       ゙、    { 人  { //r┴―‐`'''=ニ´ {{ 弋           ヽ          }   ゙、  \ ヽ  〉、_........_  イ ヾ\ `ヽ、    } ゙; }         ノ  ,..::''" ̄~7 7⌒`廴   ̄   _〕ミー―--..、ヾヽ  i  j/      / /::::::::::::::::/ /::::::::::::i ~''''ー‐'''"   __\:::\ヽ:\  j   {   ,。:'"  f:::::::::::゙、:::::::i i:::::::::::::人   ̄ヾ  "   \::::ヾi::::ハ_   ゝ、.._  /〃 / j:::::::::::::::゙、:::i i:::::/::::::::\ __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_)::::::゙、::::}ト、 ____ \ { {{ /  ノ:::::::::::::::::::ヾi !:/:::::::::o::::::ハ≫''"~ ̄弋 ̄ ̄ ̄~ヽ弋ニ/ ,.-― ⌒ヽ__  \`、 「::::::::::::::::::::::::::::! i/:::○::::::::::j三二==――---==/:::(// / __ _ ヾ\   )ノ /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/''"         `::、/"⌒ヾ〈,__// _  }::ハ    j/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::{、__       /゙;. _ ,,,,..-‐'"`‐'":::\ノ:::::::i    戈:::::::::::::::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::::::ト、    ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄       〉^Y::::::ヽ:::::::i  /  \:::ヾ::::::::::;;;_i:::::::::::::::::::::::::::::::::l三ミz、__,,..ィ'"          /  }::::::ハ;;;;;;〉 //   / `''こ ̄_{:::::::::::::::::::::::::::::::::(_,,ィa" ̄"'====------∠__ノ::::::::::}__ノ {(廴  〔  }:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ,.ィ'"   ̄`ヽ:::::::::::j!::/    ̄)ト、ト、 i::::::::::::::::゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::人          ,.ィア       )::::::::/イ        )〉ヽ}\::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ,,..ィa         ノ::::/:::/


池田大作レイプ事件  


平成8年2月、創価学会の元婦人部大幹部・信平信子さんは「三度にわたって池田大作に強姦された」と告発し、同年6月東京地方裁判所に損害賠償請求の訴えを起こした。

 以下は被害者・信平さんの手記より──

創価学会が、大沼国定公園(北海道)の中に、総面積2万坪という広大な敷地をもつ「大沼研修道場」を作ったのは、昭和46年のこと。

 そして、池田大作がここに避暑に来るようになったのは、昭和48年6月からでした。

 大沼研修道場の本館での池田の世話は、私が全部やることになっており、それが上からの指示でした。

 本館の三階は桧(ひのき)風呂もある池田の専用施設で、関係者以外、たとえ大幹部であっても立ち入ることができません。昭和48年当時は、私以外、誰も三階に昇ることは許されていませんでした。


 ■1回目の暴行

 池田が大沼に初めてやってきた日から三日目、6月27日の夜のことでした。 それから起こる恐怖と屈辱の体験など、察知する由もなく、私は、自分の仕事として、それまでどおり午後9時に、池田の布団を敷くため三階に上がっていきました。 すると、初日も二日目もその時間には部屋にいなかった池田が、寝室隣の執務室にいて、何か、書きものをしていたのです。ステテコとクレープのシャツ、という姿でした。

 私は、「失礼します」といって中に入り、邪魔をしてはいけないという思いから、寝室と執務室の間のふすまを閉めようとしました。ところが、池田は、
「そのままでいいよ」 と言うのです。


私が、池田に背を向ける形でシーツを整えていた時です、池田は、前かがみになった私の背後から、いきなりのしかかってきたのです。アッという間のできごとでした。

 池田は、私を押さえつけたまま、肩の方から手を伸ばし、私のブラウスのえりとスリップのひもを一緒に引っ張りました。 夏物の薄いブラウスですから、ひとたまりもありません。ボタンがバラバラとちぎれ落ちました。
 スカートもビリビリに破られました。

 池田は、「ハッ、ハッ」と荒い息を吐き掛けながら、「下着は一枚だね」
 と言って、私の下着の中に手を入れてきました。

 ものすごい力で押さえつけられた上に、恐怖で声も出せないでいる私に、池田は後ろからグッと突いてきたのです。あがき、もがいて、抵抗を続けていた私は、目の前が真っ暗になり、うつぶせになったまま、失神してしまいました。

 どれほど時間が経ったでしょうか。気を失った時はうつぶせだったはずなのに、寒さを感じて気がついた時、私は、仰向けで布団の中に寝ていたのです。
 私が這(は)ってドアまで行こうとすると、池田はしつこく追いかけてきました。ドアに頭をぶつけ、心臓はドキドキして、ここで殺されるのではないかと、本当にそう思え、大変な恐怖でした。

 ようやくドアを開けて、二階にかけ降りると、トイレに飛び込みました。激しい吐き気に襲われ、それはしばらく続きました。 そして、気持ちを鎮め、下腹あたりについている体液を何度も何度も拭きました。皮膚が赤くなっても、なお拭き続けました。

 ■「体臭のきつい池田」

 昭和49年には、池田に呼ばれて二階に行くと、誰もいない部屋でいきなり抱きつかれ、顔を引き寄せて口を押し付けられました。また、「散策に行こう」と言われ、戸外なら大丈夫だろうと思ってついて行くと、本館の裏につれて行かれ、そこでも同じようなことをされたのです。

 抵抗し、幸いにもそれ以上のことはありませんでしたが――。
 その後も再三にわたって、同じようなことが繰り返されました。

 ちなみに、池田は、体臭がものすごくきついのです。とくに夏場だったせいもあるかもしれませんが、ニンニクが腐ったような臭いとでもいうのでしょうか、それが身体中から発散されていて、たまらない感じでした。

■「池田の下半身」

 二回目に私が池田から犯されたのは、昭和58年8月19日のことでした。
 早朝、私はいつもどおりに一人で、大沼研修道場の敷地内にあるプレハブ建ての喫茶「ロアール」の掃除をしていま した。

 大沼の夏は、もやが深く立ち込め、数メートル先も見えなくなります。
 入口を背にして、テーブルを拭いていた私に、いきなり池田が後ろから抱きついてきました。

 池田は、毛むくじゃらの腕で私をはがいじめにし、脚をかけて、私を押し倒しました。 倒れる瞬間、私はテーブルで左脇のあたりを強く打ちました。また、ブラウスはボロボロに破かれ、スカートも靴下も無理やり外(はず)されてしまいました。

 のしかかってきた池田を押し退けようとするのですが、脚も腰もオモリを付けたように重く、はねのけることなど、とてもできないのです。
 池田は、まるで、狙った獲物に向かって一直線に進む、ケダモノそのものでした。

 目的を果たし終えた池田は、外に人の気配を感じたらしく(結局、外には誰もいなかったのですが)、力をゆるめ、私はようやく解放されました。
 このとき、一瞬ではありましたが、私は初めて池田の裸の下半身を見ました。池田の下半身は異常に毛深く、まるで黒いパンツでもはいているかのようでした。

 トレーナーのズボンをずり上げながら逃げる体制の池田は、私の方を振り向き、「二号さんの顔を見にきたんだよ」 と、下品に顔を崩して笑いました。

その笑いは、本当にこの世のものとも思えない不気味さでした。


■最後は平成3年

 大沼研修道場で三回目に私が池田から暴行を受けたのは、平成3年8月17日の早朝でした。 朝7時半頃、食料の補充をするために、私は、研修道場の敷地の中を歩いていました。

 その朝も、大沼研修道場は深い霧に包まれていました。
 敷地の路上を歩いていた私に、突然、池田が左後方から飛びついてきたのです。私は引き倒され、後ろからすごい力で抑え込まれてしまいました。

 逃げよう、逃げようとするのですが、全体重でのしかかられた上に、押さえ込まれ、地面には掴まるところもなくて、どうすることもできません。声を出そうにも、「アー」とか「ウー」としか出ないのです。

 池田は荒々しく私の衣服をはぎ取り、前の時と同じように「ハッ、ハッ」と息を荒げて、私を犯したのです。衣服はボロボロになりました。
 とにかく、その間も逃げることしか考えなかった私は、無我夢中で池田の手を引っかいたり、かみつき、池田の力が一瞬、ゆるんだすきに、私はようやく身体を引き離すことができました。

 池田は、また、あの不気味な笑いを見せ、霧の中を逃げていきました。

 以来、このできごとを誰れに話すこともできず、どれだけ思い悩み続けてきたことか――。

 ようやく私は、意を決して、池田の責任を問うために、池田が私にした行為を提訴いたしました。

 池田を法廷に引っ張り出すことが、池田大作という人間の真の姿を、だまされている学会員の皆さん、国民の皆さんに知っていただくことにもつながる、と思っています。

 最後に、池田の習性・性癖を垣い間見た私としては、全国に、私のような被害者が、まだいるはずだ、と思います。その方達が、真の勇気を持ってくださるよう、期待しております。
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/754.html


05. 2014年4月26日 22:46:30 : D8KQ1mLXlE
こんな汚い人間を敬い、仏のように慕う

馬鹿ども集団を攻撃しよう。

下衆で狂ったクズたち。

皆で綺麗な日本にしていきましょう。

汚物どもには、空気すらもったいない。


6. 中川隆 2015年9月16日 13:57:17 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

2012-06-21
17年経っても消えないマインド・コントロールの恐ろしい手口
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20120621T1717000900

オウム真理教で指名手配されていた平田信が出頭して逮捕されたのが2012年1月1日だった。

そのあと、菊地直子も6月3日に逮捕され、あとに続くように今度は高橋克也も6月15日に逮捕されるに至った。

数々の凶悪事件に関わって逃亡していた主軸の3名が2012年に入ってから次々と逮捕されることによってオウム事件は再び脚光を浴びている。

地下鉄サリン事件は1995年3月20日、神経ガス「サリン」を使って死者13名、被害者6300人を出した、世界でも類を見ない凶悪犯罪だった。

指名手配されていた3人はすべて、この事件に関係していた。彼らは責任を取らなければならない。6300人の苦痛はまだ癒えていないはずだ。

いまだ多くの人たちを「呪縛」している

オウム事件は日本にカルトという気味悪いものが存在することを広く知らしめた事件でもあった。

その中に常に注目の的になっていたのが、「洗脳」「マインド・コントロール」の実態だ。

洗脳された信者たちが次々とテレビに映されて、人間はここまで強固にカルトの思想を信じ込んでしまうものなのかと多くの人たちが驚きの目で見つめた。

では、この17年間も逃亡してオウム真理教とは「切れていた」逃亡者は、すでにマインド・コントロールから覚めていたのだろうか?

菊地直子はどうだったのか。

彼女の潜伏していた神奈川県相模原市の民家からは、教団の教義や修行の方法などが書かれたメモが押収されていたのだという。ルーズリーフ20数枚に、修行の方法が彼女自身の手で書かれていた。

「信仰心は徐々に薄れていったが、捨てられなかった」

それが菊地直子が捜査官に語った言葉である。

高橋克也はどうだったのか。

高橋克也は6月3日に逮捕されたニュースを見た翌日、手元の持ち物と金を持って逃走していたが、その際に大きなキャリーバッグを持っていた。

そのキャリーバッグの中には何が入っていたのか。「オウム真理教関連の書籍十数冊が入っていた」と捜査本部は発表している。

自分の人生を狂わせた殺人カルト団体から離れて17年後になっても、まだそんなものを持ち歩いて思想的に「切る」ことができなかったのである。

「洗脳」「マインド・コントロール」がいかに「解けない」のか、その破壊的な影響力を、菊地直子や高橋克也に見ることができる。

この2人だけではない。

松本智津夫(麻原彰晃)の家族が引き継いだ「アレフ」では、すでに1000名を超える信者を抱えて再膨張していて、他にも多くのマインド・コントロールが解けない残党が残っているのだという。

オウム真理教が行ったマインド・コントロールは、いまだ多くの人たちを「呪縛」しているということが分かる。

誰が最初に「洗脳」を始めたのか?

日本にはオウム真理教の他にも、問題を引き起こしている宗教が山ほどある。アジアにも山ほどカルト教団が存在する。

教祖に徹底服従させて、有り金をすべて吸い取るのがカルト教団の手口だ。

キリスト教を隠れ蓑にして、実は「教祖」に性的奉仕をさせるような吐き気がするような薄汚いカルト教団さえ、珍しくない数で存在する。中には未成年の少女に性奉仕させるようなものまであった。

そのほとんどが洗脳(マインド・コントロール)を取り入れているのは見逃せない事実だ。

洗脳とは何か……。

洗脳という言葉は中国語から来ている言葉である。脳を洗う。そして真っさらになったところで、新たな思想を植え付けて改造する。

中国ではこれを共産主義の強制に使った。だから、この言葉は中国から発祥した言葉なのである。

この「思想教育」「強制人間改造」は権力者にとって自分の都合良い人間を作り上げるのに必須の技術であり、だからこそよく研究されて様々なところで「利用」されている。

洗脳はカルト教団が作ったのではなく、「国家」が「国民」を奴隷化させるために作り上げたものだったのである。

独裁政権、あるいは全体主義国家にとって、多様な意見や、反対者や、インテリの国民は常に「邪魔」であり、そういった人間を何とか奴隷化させる必要があった。

そこで、「洗脳」という方法が開発された。

中国共産党国家と、子供たちのマスゲーム。洗脳とは、実は中国語から来ていた言葉だった。


ポル・ポト政権も強烈な洗脳政権だった

東南アジアでも最大のジェノサイド(民族大虐殺)を引き起こしたカンボジアのポル・ポト政権も、政権を取った後に真っ先に行ったのは国民の「洗脳教育」だった。

子供たちは親から引き離されてオンカー(ポルポト政権)の徹底忠誠を叩きこませ、原始共産主義の思想を刷り込み、政権の指示するがままに動かした。

まさに子供の真っ白な脳をいいように「利用した」とも言える。

その子供たちが大人になっていくと、もはやオンカーに忠誠を尽くすのが当たり前になって他の考え方ができなくなっていた。

だから、ポル・ポト政権が崩壊してからもずっと彼らはポル・ポトを支えたのだった。そして、ポル・ポト派は長らくカンボジアのパイリン地区を支配できた。

ポル・ポト政権は実に極端な例だったのだが、共産主義国家では洗脳や思想改造という薄気味悪いことはどこでも行われてきた。だからこそ、共産主義というのは恐ろしかったのである。

もっとも、国家が邪魔な人間を排除するために、国民を画一化させて思想の自由を奪って、為政者に都合のよい考え方をするための方法論は、その非人道性から成功するに至らなかった。

しかし、この方法論に目を付けて、個人崇拝に使えると考えたのが詐欺師たちであり、彼らは適当なカルト教団をでっち上げて、それを信者に対して試みるようになった。

現在では、この「洗脳= Brain washing 」は共産主義者を作り上げる手法というよりも、宗教でマインド・コントロールされた信者を作り上げる手法として知られるようになった。

最近では「洗脳」という激しい言葉はあまり使われず、マインド・コントロールと言い換えられているが、どちらも実体は同じだ。

マインド・コントロールというのは、「強制思想改造」というよりも、むしろ無意識に人間を洗脳状態にさせる手法が使われているとして、実はより悪質なのではないかとも言われている。

どこのカルト教団でもそれをやっているが、日本ではオウム真理教がこういった強引な「洗脳」を行なっていた。

そして、洗脳された信者は、何十年経った今でも、まだ犯罪者・松本智津夫(麻原彰晃)を教祖として崇めているのである。


マインド・コントロールの手口とは

カルト教団が使っているマインド・コントロールは、4つのステップから成り立っている。

(1)アプローチ
(2)引き込み
(3)アイデンティティ解体
(4)新思想の維持・強化

カルト教団が生み出したマインド・コントロールの手法というのは、実はたくさんの手法があるのだが、その中でも基本になっているのが、「4ステップ・マインド・コントロール」である。

オウム真理教も、この基本をベースにしていた。

そして、オウムの残党が作ったカルト教団も、またその他のカルト教団も、ほとんどがこの4ステップを実行する。

やり方を覚えていれば、逆に自分がどう取り込まれていくかが理解できる。(2)では引き返せる。(3)に至れば引き返すことは難しい。

(4)まで行くと、洗脳自体は完成しているので、10年経っても20年経っても戻れない。菊地直子や高橋克也に、そういった姿を見ることができる。


(1)アプローチ

(1)アプローチというのは、新人の勧誘だ。書籍や、イベントや、路上でのアンケート調査や、手相占いなどで、異性などが無理やり、執拗に、そして親しげに誘い込むことだ。

「集会に来ませんか?」「DVDを見て見ませんか?」と誘い、途中で抜けても構わない、それは自分で判断していい、と言うのである。

こういった最初の段階ではカルト教団の名前は一切出さず、勉強会、語学学習、自己啓発、ヨガ、ヒーリング、スピリチュアル等のダミーが使われる。オウム真理教もこれをやっているし、今は統一教会の十八番になっている。

集会に連れてこられた信者は、最初は薄気味悪いほど持ちあげられ、賞賛され、親しげに仲間扱いされる。人は誰でも褒められたり認められたら嬉しいので、その集会に親近感を抱くようになる。

一方で、「あなたはまだ本当の人生を生きていない」「今のあなたの状態は地獄だ」と不安を掻き立てて、そのさらに奥へと引きずり込むのである。


(2)引き込み

(2)さらなる引き込みは「ビデオ学習」「擬似修行体験」を通して行われる。しかし、この段階で、なぜその修業が必要なのか、この実体は何なのか、参加者には教えられることはない。

疑問を抱く参加者には「疑問は勉強すれば分かる」と言って、さらに「修行体験」「学習」に追い立てる。

そして、「今やっていることは誰にも言わないように」と秘密保持させて疑問を誰かに相談する機会を奪っていく。

共産主義の世界ではスローガンを連呼させ、マスゲームで一体感を強要する。オウム真理教では、ヨガや瞑想を通じて精神世界を追求させていた。

それぞれやり方は違っても、ここで本人には無意識の刷り込みが行われていく。

ほとんどが肉体を通じた「刷り込み」である。人は身体で覚えたものは「無意識」になっていく。修行が無意識になるというのは、考えなしに身体が反応するということだ。


(3)アイデンティティ解体

(3)アイデンティティ解体は、刷り込みをさらに強化させるために日常生活を「奪う」ことによって行われる。

すなわち、合宿だとか集中講義だとか言われるもので、人里離れた施設に数日間連れて行かれて、そこで一日24時間、徹底的な講義・瞑想・祈祷が行われるのである。

さらにはここで断食や睡眠時間短縮が強要され、生理的剥奪状態から被暗示性を高められる。これによって人間は極限状態に追い込まれていく。

そして、まさにその極限状態の中で、教団の聖的な特徴が繰り返し繰り返し強調されて高揚感が与えていくのである。

このときに、これまで蓄積していた断片的知識がパズルのピースのようにはまっていき、カルト教団の思想に結実する。

信者にとって新しい世界、覚醒した状態になっていき、すべてをカルト教団の思想に沿って考えるようになる。洗脳が成功した状態だ。


(4)新思想の維持・強化

(4)新思想の維持・強化は、さらに自らがカルトの手先として誰かを道に引きずり込むことで完成する。

路上で誰かにアプローチし、カルト教団に引きずり込むのである。その過程で、本人の洗脳もさらに強化されていく。

そして、重要なのは、この段階まで到達すると、自分の言葉で他人を説得するようになるので、洗脳された内容が自分の思想へと転化して、もはや元に戻れなくなることだ。

自分が手に入れたもの、自分が語っているもの、自分が広めるものとして思想が取り込まれている。

この時点でその思想を否定することは、すなわち自分の存在さえも否定するものになってしまう。

そして、この時点で思想を否定することは、自分が説得している相手も、そしてカルト教団も裏切ることになってしまう。

だから、ここに至ると、「もう終わり」なのである。


神を語る詐欺師はどこにでもいる

このマインド・コントロール、洗脳の過程で何が失われるのだろうか。それはその人の自主性であり、主体性であり、個人の人生である。

マインド・コントロールされると、そのトップにある者に全面的な服従を強いられるのである。

すべての宗教は、この(1)〜(4)をやり方や考え方こそ違っても踏襲して信者を服従させて、抱腹絶倒な物語を信じさせているのである。

キリスト教会になぜ説教があってゴスペルがあるのか。イスラム教になぜラマダン(絶食期間)がありコーランの暗唱があるのか。仏教系はなぜお経を執拗に唱えさせるのか。

マインド・コントロールさせるためである。

すべての宗教はマインド・コントロールさせることによって信者からカネを吸収し、さらには宗教に都合の良い方向に世の中を動かして利権を獲得しようとする。

宗教のトップに立つとカネと権力が手に入り、多くの人間を自分の手足のように動かすことが可能になる。

神がいるのかどうかは誰にも分からないが、神を語る詐欺師はどこにでもいる。麻原彰晃のような奇怪な人間はどこにでもいるのである。

これは比喩ではない。

本当に、この世の中には詐欺師と、詐欺師に洗脳された信者で溢れていて、新しいカモがいないか虎視眈々と探し回っている。

しかも、日本だけではない。ありとあらゆる国にカルト教団は育っている。

東南アジアでもフィリピンのイグレシア・ニ・クリストのような土着のカルト教団もある。

そして、これらの詐欺師はすでに実証されている様々なマインド・コントロールを使って、あなたやあなたの家族に仕掛けて来る。


宗教にとらわれてはいけない

現実社会で宗教を信じるというのは、たいていは自分がカモになるということだ。

自分がカモなのかどうか知るのは簡単だ。

自分が宗教にカネをつぎ込んでいるのであれば、それはあなたがカモにされている証拠である。また、自分が宗教に支払ったカネがどこに集まっているのか知らないのであれば、それはあなたがカモにされている証拠だ。

カルト教団のみならず、宗教というのはどれもいかがわしく奇妙なものばかりだ。

キリスト教にしても、ジーザスが処女懐妊で生まれたとか3日後に生き返ったとか、あり得ない話を信者に信じこませようとしているような宗教だ。イスラムもヒンドゥーも似たようなものだ。

宗教にとらわれてはいけない。それは、自分が何かに支配されるということであり、自分の思考を奪われるということである。

だから、もしカモにされたくないのであれば、神がいないことを最初によく知っておくべきだ。

神というのは単なる概念(コンセプト)だと言われている。みんなが共同で信じようと約束した集団妄想なのである。

だから、まずそれを信じないことによって、まずカモにされる機会がかなり減る。

どこの国に行っても、どんな社会になっても、どんな集団に会っても、最初から「神はいない」という事実をしっかり持っていれば、それに飲まれることがない。

そして、以下を気をつけておくべきだ。

・荘厳なものに騙されない。
・救済されようとしない。
・他人に言われて自己変革しない。
・他人に言われて潜在能力を引き出そうとしない。
・親密だが正体の分からない集団と接しない。

人は誰でも悩みもあれば、苦しみもある。病気もあれば、仕事の失敗もある。詐欺師はあなたがもっとも苦しいときにやってきて、さらに悪夢の奥底にまで引きずり込んで行く。

口当たりの良いものは常に危険だ。

詐欺師は悪魔のような格好でやってくるのではない。詐欺師は天使のような格好でやってきて、最後は悪魔のように振る舞う。

自分だけ勝手に救われようと思うからワナに落ちる。

オウム真理教の信者たちの姿を見れば、いよいよそんな下らないものを信じてはいけない時代になったのだと分かる。


7. 中川隆[6715] koaQ7Jey 2017年2月15日 10:42:02 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7176]

コピペ

ついに私にも暗殺の手が回ってきました。私の自家用車に細工がされた模様です。

18 6月 ついに私にも暗殺の手が回ってきました。私の自家用車に細工がされた模様です。


私はこのブログを通して、この日本社会の闇の実態を解明し、それを記事にして日本全国の皆さんに知らしめようと努めてきました。

ただこの国に良くなってほしい、同じ日本民族が少しでも幸せになってほしいとの一心で、この国がおかしくなっている原因を解明し、自分なりに解決策を見出そうとしたわけです。

ところが、実際にその原因を解明しようとすればするほど、この国の闇の深さに驚くばかりでした。この国が金融ユダヤ人に乗っ取られている、だからこの国がおかしくなっているということは最初から分かっていましたが、その手口は余りに陰湿、悪質、そして露骨なもので、しかもその闇の手は今でも皆さんが気付かないうちにどんどん日本全国に食指を広げています……。

だからこそ、私のように日本の闇を解明しようとする人は、恐ろしくなってその作業を止めたり、あるいは逆に何者かに止めらりれたりしてきたのでしょう。

そして、私にもついに暗殺の手が回ってきたようです。これほど早くからこの時が来るとは思っていませんでしたが、それだけ私が闇の核心部分に触れてしまったという証拠だろうと思います。

今日の夜中、私が自家用車に乗ってドライブしていると、突然、車のハンドルが動かなくなりました。幸い、他に車のほとんど通っていない山道を走っていましたので、大きな事故にはなりませんでした。もし高速を走っていたり、交通量の多い場所を走っていたりしたら、大変な事故になっていたことでしょう。最悪の場合、死んでいたはずです。

しかし、神様は私を守ってくださいました。私に霊感を与え、全く交通量のない山道を、しかも深夜の12時過ぎにドライブさせるようにしたのです。別に何か行くべきところがあって車を走らせたわけではありません。ただ、なんとなく山の新鮮な空気を吸いたかっただけです。

もちろん、家から山まで行くには交通量の多い道も一旦は通らなければなりません。しかし、トラブルが起きたのは山道に入ってしばらく経ってからのことでした。しかもくねくねと曲がりくねった山道でしたので、それほどスピードも出してはいませんでした。

ロードサービスにレッカーに来てもらいましたが、夜中なのでまだ修理には出していません。なので、何が原因で故障したのかはよく分かりませんが、レッカーに来て下さった方の話ではパワステが故障したのだろうということでした。

それだけでなく、バッテリーにまで異常があるとの表示がダッシュボードに点灯していました。明らかに何者かに細工された感じでした。要するに、パワステが壊れなかった場合に備えて、バッテリーにも細工していたということではないかと思います。もしかしたら、他の部分にも何か細工されているかも知れません。

私はこれまで何十年と車に乗ってきましたが、ハンドルが動かなくなったというトラブルには今まで一度も遭ったことがありませんし、周りでそんなトラブルに遭ったという人も一人も見たことがありません。

第一、そんな簡単にハンドルが動かなくなるようなことがあったら、世界のあちこちで頻繁に事故が起きてしまいます。私の乗っている車は国産車ですが、日本の優れた自動車会社がそんないい加減な車を作るはずがありません。

それに、私が普段メンテナンスをしてもらっているのはトヨタです。トヨタに定期点検も車検もお願いしています。トヨタがそんないい加減な整備をするとは思えません。

恐らく明日には、故障の原因がはっきりと分かるでしょう。もちろん、細工した人間は、細工したことが分からないように細工しているはずですから、はっきりと暗殺計画があったと証明できるようなことはご報告できないかも知れません。

しかし、一応は状況証拠になると思いますので、きちんと報告だけはさせていただこうと思います。それまで私の命があればの話ですが……。

もっとも、私もこれからやるべきことをやって、裏社会の皆さんにさらなるダメージを与えようと思っています。報告すべきところにきちんと報告し、裏社会がこれ以上、私にも、また私と同じような真相解明をしている人にも危害を加えられないように様々な対処していくつもりです。

警察に報告する……なんて甘い考えではありません。もっと恐ろしいことが裏社会の皆さんの身の上に起こることになるでしょう。

一応、今の時点では、犯人は創価学会の関係者ではないかと思っています。私はここのところ創価=パソナ=竹中平蔵のことを深く追求していましたから。あるいは統一教会=安倍晋三のことも追求してきましたので、そちら方面の方の犯行かも知れません……。

もし私が死んでいたら、適当な遺書を書いて、自殺だったと見せかけるつもりだったのでしょうか……。あるいは、いつの間にか私がどこかの会社の役員になっていて、私が死んだとたん、その会社に保険金が下りる仕組みになっていたのでしょうか……。

もしかしたらダイアナ妃の事故も、同じように車に何か細工されていたのかも知れませんね。そんな想像がちらりと浮かびました。



8. 中川隆[-7616] koaQ7Jey 2017年5月27日 17:14:16 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2012年1月21日 今は幸せかい?「オウム」の女たち
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-54f0.html


 これは、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚が、何故100人前後の女性を愛人として囲うことが出来たかを知るヒントになるはずだ。

一連のオウム報道から「オウム真理教」の最高神は「シヴァ神」であることを思い出した。

 まず、「シバァ=リンガ(シバァの男根)」は、ヒンドゥー最高神シバの象徴だと言われていることだ。女性器はヨーニといい、この写真の形は性交している状態で、そこから世界が誕生したという神話を具現化しているという。

 シヴァ寺院では、この「シヴァ=リンガ」が御本尊として安置されており、それが礼拝の対象だ。

 最高神シヴァ神の一番弟子を自称する、生臭い麻原彰晃が、この好都合な理屈を利用しないはずがない。オウム真理教は、麻原個人の欲望のはけ口が目的に造られた宗教と見ることもできる。
 
 昨年末、週刊新潮に「醒めない夢の中に棲む「オウム」の女たち」と題して、オウム真理教に関与した女性たちの近況が掲載された。

 そして、本年に入り平田信と斉藤明美の出頭から、再び「オウム」の女たちが国民の注目を集めている。

 一説には、100人前後の女性が麻原の愛人だったとされる。

 果たして、オウム真理教を信じ麻原の餌食にされた多くの女性たちは、今は、どうなっているのだろうか。

 週刊新潮によると、人生を狂わせ誰一人として幸せになっていないようだ。

 とは言え幸せとは、人それぞれが感じるとるもの。
 他人の秤で、とやかく言う必要はないのかも知れない。


■オウム事件解決の最大功労者は仮谷さん 
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-6f83.html

■オウム事件関連死刑囚(麻原以外)

http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2015/03/21/sikei_13.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−216_1−−−−−−

■醒めない夢の中に棲む「オウム」の女たち
     (週刊新潮2011.12.8号より)

・ウッタマー正悟師こと村岡達子(61)

  元幹部、関西地区在住。
 今は翻訳、英作文の添削など得意な英語を使って、収入は月4万〜5万ほど。
 オウムでの質素な生活に慣れているので苦しいとは思わない

・マハーケイマ正大師こと石井久子(51)

  教祖の間に3人の子を生んでいる。Ishii_
 00年11月に懲役3年8ヶ月の服役終えて出所。
 一時精神を病む。
 現在は訪問介護の仕事しながらマンションで父親と二人暮らし。


・サクラー正悟師こと飯田エリ子(50)

 02年8月に懲役6年6ヶ月の実刑を終え出所。
 出所数ヶ月前に脳出血。Iida_eriko
 現在は都内の実家で暮す。
 右半身麻痺。
 リハビリのため実家(府中市?)と病院を往復する毎日

・北沢優子(47) ケロヨンクラブ
  末期ガン。都内のケアハウスで暮す


・キサーゴータミー正悟師こと山本まゆみ(享年53)
  07年1月死亡。喉頭がん


・鹿島とも子(51)
 仕事見つからず息子と2人で日給6000〜8000円のビラ配りのバイトしたこともある。
 今はホームヘルパー資格取得し、11年間続けた。
 02年に芸能活動再開。


・加藤智子(47)
  上祐の運転手。6歳位の娘と沖縄で暮らしている

・ヤソーダラー正大師こと松本知子改め松本明香里(53)麻原の妻
  知子改め明香里は、次女や三女らと関東地方で暮らしている。
  長女は01年1月東京・北区でスーパーで万引逮捕歴。
  現在ファミリーとは絶縁
  四女は自ら教団との関係を絶つため松本家を離れている。

・スメーダ正悟師こと木田裕貴子(34)
  18歳で麻原の子を産む(女)。実母と麻原の子(娘・高校生)と3人で群馬県に住む。
  娘は乗馬クラブに通っている(近所住人の話)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■オウム真理教 “美人すぎる幹部”が脳出血で車いす生活に
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111208-00000324-jisin-soci                 
 地下鉄サリン事件、松本サリン事件などの実行犯・遠藤誠一被告の死刑が確定したことで、一連のオウム関連の刑事裁判が終結した。

 そんな中、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚が愛した女たちの今が、次々に明らかとなった。


 美人幹部E・I(51)もその一人。

 かつては、松本死刑囚の寵愛を一身に受けていたが、その後は悲惨な生活を送っているという。「彼女は今、東京郊外にある実家で親と暮らしています。服役中に脳出血で倒れ、現在も後遺症が残っており、車いすと杖が必要な生活をしています」(公安関係者)


 松本死刑囚の妻T・M(53)と子供たちは、一家離散で流転生活。
 T・Mは現在、心の病気を患っているという話も。


 また、オウム真理教の金庫番だった“女帝”H・I(51)は、松本死刑囚との間に双子を含む3人の子をもうけたが、子供たちとは暮らしておらず、神奈川県近郊で父親と2人で暮らしているという。


 元オウム真理教被害対策弁護団の滝本太郎弁護士はこう話す。

 「オウムに関わった女性たちは、家族と和解し、支えられて過ごしている人が多い。
その一方で、教団から抜け出したものの人間関係がギクシャクしてしまい、孤独に暮らしている人もいます。そういう意味では、多くの女性たちの人生を狂わせたことは事実でしょう」


http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/10/25/jun0405.jpg
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/10/25/200317image.jpg

■大内早苗は福島県浪江町出身で兄・大内利裕とともに出家

麻原尊師 生でダラダラいかせて出演
http://youtu.be/YZEXOhpLd2E


9. 中川隆[-7615] koaQ7Jey 2017年5月27日 17:32:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

オウム真理教に入信した女性の末路 村岡達子
https://www.youtube.com/watch?v=OF3v6v5QXMI

10. 中川隆[-7401] koaQ7Jey 2017年6月20日 21:11:28 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2012-01-27
インターネットを生んだ軍事組織、脳を拡張する兵器を開発中


インターネットの前身はARPA-NET(アーパ・ネット)と呼ばれているもので、これは軍事技術を民間に転用したものであることはよく知られている。

実は、共感覚を生み出して、人間を天才にする可能性のある能力を秘めたドラッグであるLSD-25(通称LSD)を調べているうちに、奇妙な裏の事実が分かってきた。

LSDとインターネットは、「ある組織」で結びついていたのである。その組織とはアメリカの国防総省の研究組織「アメリカの国防総省国防高等研究計画局」という。


国防総省国防高等研究計画局

アメリカの国防総省国防高等研究計画局
Defense Advanced Research Projects Agency

この頭文字を取ると「DARPA」になるので、この組織は通称「ダーパ」と呼ばれている。この組織の名前から「国防」の Defense を取ると、アーパになる。

この組織は一時、単に「高等研究計画局(アーパ)」と呼ばれていたので、アーパ・ネットはその名残りで「アーパ」が用いられた(現在はダーパ)。

インターネットの前身である ARPA-NET とは、要するに「高等研究計画局ネットワーク」だったということになる。

DARPAは核戦争が起きて米国が攻撃されるケースを想定していた。時は1969年で、アメリカはベトナム戦争の泥沼に足を取られた頃だ。

このベトナム戦争は共産主義国家ソ連との代理戦争であり、アメリカはかなり深刻に核戦争を想定していた。

もし仮に核戦争が起きて米国が攻撃された場合、軍隊へ命令が送れないとアメリカ軍は任務を遂行することができなくなる。

だから、軍隊の命令系統が途切れないようなネットワークを構築するのは国防総省としては切実な要望であり、それが高等研究計画局(アーパ)に託された。

軍用技術は民間技術と違って実践で使えるか使えないかが第一であって、賞を取るためのものではない。だから、技術は荒削りであっても、使える技術を生み出すのが得意だ。

この高等研究計画局(アーパ)は実は基礎研究を実用化するために、ありとあらゆるものを発見しているが、たとえばコンピュータで使うマウスも、アーパの資金を得たダグラス・エンゲルバート氏が発明したものだった。

すべての目的は「戦争に勝つ」ため

アーパは優れた基礎研究を軍用に転換するために多くの大学の科学者に協力を求め、資金を提供し、そして数々の技術革新を生み出してアメリカの軍事的優位性を生み出した。

核攻撃されても生き残るネットワークの研究では、一箇所が死んでも他の網を迂回して最終的にはどこにでもパケット(命令)を送り出すというアイデアで、このアイデアは見事に成功した。

成功したばかりか、この技術が世の中を激変させていったのは私たちもよく知っている。

現在、私たちが使っているコンピュータ、マウス、そしてインターネットはすべてこの高等研究計画局(アーパ)が産み出したものなのである。

マイクロソフトやアップルやグーグルは、アーパが産み出した技術を民間に広めるために貢献したのであって、基礎研究をしてコンピュータを生み出してのではない。

本来であれば、これほどの技術革新を成し遂げたのだから、実に賞賛すべき組織ではあるが、アーパ(後に改名してダーパ)はノーベル賞を得ようとか、世の中を変えようと思って仕事をしていたわけではない。

すべての目的は「戦争に勝つ」ために研究されたものなのである。

アーパ・ネットを生み出したあと、アーパはダーパに改名されて、そのあとも「戦争に勝つ」ため、ありとあらゆるアイデアが出されては実現できるものを探し出していた。

アーパ・ネットが研究所の中で生み出されていた1969年、巷では反戦運動が引き起こされていて、ヒッピー・ムーブメントが猛威をふるっていた。

ジャニス・ジョプリン。ヒッピー・ムーブメントの落とし子。

人間をマインド・コントロールする手段

このヒッピー文化の思想が、反政府・反戦争・反道徳だった。そのために、運動の中では道徳を破壊するためにドラッグとセックスの自由が祀り上げられて、人々は髭を伸ばし、髪を伸ばして、ドラッグを吸った。

ここで使われていたドラッグはマリファナとLSDで、特にLSDは人々の意識を覚醒させるための起爆剤になっていた。

このLSDの爆発的大流行を、ダーパ(DARPA)は非常に複雑な目で見つめていたはずだ。なぜなら、LSDは彼らの「研究対象」だったからである。ダーパはこのLSDをどんな軍事的目的で使おうとしていたのか。

最初は自白剤としてである。LSDを取ると意識が変容し、多幸感が増し、そして人を大いに開放的にしていく。だから、これを自白剤として使えば、ロシアのスパイも軍事機密をペラペラとしゃべるのではないかと期待された。

ところが、LSDは共感覚を引き起こすので、話す内容が論理的ではなく、それが正確な自白を引き出せないことが判明した。自白剤として使うよりも、むしろ敵を混乱させるために使うべきものだったのである。

そういった試行錯誤をしているときに、社会ではどんどんLSDが拡散していっており、アメリカは1965年にそれを違法としていたが、実は軍用では研究がなされていたのである。

いったいダーパは何を目指していたのか。それは、人間をマインド・コントロールする手段を探していたのである。

軍事目的のために人間をマインド・コントロールするというのはどういうことか。それは、無敵の兵士を作り出すためだ。

・戦場で兵士が恐怖やためらいを感じないようにする。
・戦場で寝ないで24時間でも戦える兵士を作り出す。
・兵士が外気に合わせて体温を調整できるようにする。
・傷ついた兵士が傷を自己修復できるようにする。

こういった「超人」的な兵士を作り出すために、インターネットを生み出したこの組織は研究を重ねて来ており、最終的には次のようなことを目指している。

・兵士をロボットのように上官が扱えるようにする。

米国防総省が目指しているのは「超兵士」の存在。

脳を支配する技術

ダーパ(DARPA)は同時並行で多くの軍用技術を生み出している。

人間をマインド・コントロールするための研究を重ねる間に、たとえば、以下のような「史上最高級」とも言われるレーダーに映らない戦闘機(ステルス戦闘機)や、無人の戦闘機(無人戦闘機)と言った軍事革新を生み出し続けてきている。

そうやって成果を出しながら、今この組織が向かっているのは、「人間の脳を支配する」技術を生み出すことなのである。

2001年にアメリカは同時多発テロに見舞われて、アフガン・イラクに侵攻していったが、そのときダーパ(DARPA)は軍事的戦略として今後何を目指しているのかを2003年2月の「戦略計画」で明らかにした。

「思考を行動に変換する方法を発見し、開発することができるなら、それが、防衛に及ぼす長期的な影響たるや、巨大なものになる。想像して欲しい。単に考えるだけで遠距離から作戦をおこなうことができる米軍兵士を……」

何が言いたいのか。それはこうだ。「上官が考えるだけで、最前線の兵士が動く技術を発見し、開発したい……」

これは、他人を将棋やチェスの駒のように動かす技術を開発しているということなのである。

2003年にダーパ(DARPA)はそのように明言しており、マインド・コントロールの技術、脳を支配する技術が、どんどん研究されている。

インターネットを発明し、ステルス戦闘機を発明し、無人戦闘機を発明した軍事機関が、いよいよ、「他人の脳を支配する技術」を発明しようとしている。

マッハ20で飛ぶ超高速軍用機もDARPAの研究だ。

人間の脳は他人によっていじられる

さらに、敵に対する攻撃方法としても「非致死性兵器」として脳を破壊する技術まで研究されている。

破壊と言っても、単純に破壊するのであれば殺してしまえばいい。

しかし、ダーパ(DARPA)が考えている破壊とはそのようなものではなく、たとえば「記憶を消してしまう」ものであったり、「別の記憶を埋め込む」ものであったりする。脳の記憶を「改変」してしまうのだ。

自国の兵士を最強軍団に変えるために「脳を改良」するというのは、逆に言えば、他国の軍隊を「脳を改悪」すればいいということになる。

記憶障害を治療することができるということは、逆に記憶障害を起こすこともできるわけである。

脳を強化する技術と、脳を破壊する技術が、同時並行で進んでいる。医学に転用されれば、革新的な技術なるものがある反面、軍用で実践されたら、破壊的な技術にもなる。

どちらの結果になるにしろ、人間の脳は他人によって、めちゃくちゃにいじられる時代がやってくる。遠い未来ではない。もう研究所の中では何かが実現されているかもしれない。

ある時、グーグルの創始者のひとりであるラリー・ペイジはラスベガスの国際家電市こう言ったことがあった。

「グーグルを脳に移植したい」

多くの人は冗談だと思って笑っていたかもしれないが、冗談ではないかもしれない。

実はダーパ(DARPA)では損傷した脳にチップを埋め込んで、脳の機能を肩代わりさせるという研究もしている。

実現するかどうかは分からない。もし実現したらどうなるのか。このチップがBluetoothのようなもので外部で接続されたとき、ラリー・ペイジの語った夢は実現する可能性も見えてくる。

チップと脳のニューロンをどのように融合するのかは研究が進められているのだろうが、未来が恐ろしくないだろうか。LSDで夢を見るくらいで進化がとまっていればよかったと思う。

Googleを脳に移植するのは冗談ではない可能性も。
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2012/01/20120127T0447000900.html


[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

11. 中川隆[-7295] koaQ7Jey 2017年7月06日 09:22:30 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2012-03-23 オウム真理教の年代記1 ロシア10月革命以降 CommentsAdd Star
http://d.hatena.ne.jp/orourke/20120323

以下、ネット上で見付けられるオウム真理教の噂を年代記順にまとめてみました。いずれもソースが不明な情報ばかりなので、多々間違っているところがあるはずですが、中には事実も含まれているはずです。各自判断して下さい。

CIAの公式の報告書によれば、KGBはオウムに関与していたそうです。ニュースサイトロシアの声によれば、今でもロシアは2万人を超えるオウム信者がいます。そのため、オウムの全体像を理解するにはロシアの政治史を学ぶことが重要だと考えています。

ここではソ連設立の10月革命以降でオウムと関連性のありそうな事件も記述しました。オウムの直接的な事件が知りたい人は1977年以前の歴史は読み飛ばして下さい。

・1917年11月6日 ★★★★★【露】10月革命勃発。10月革命を指導した者のほとんどはユダヤ人だった。10月革命の前に、トロツキーをリーダーとする70人のユダヤ人グループが、ニューヨークからやって来ていた。アメリカのユダヤ人資本家ヤコブ・シフは、このトロツキーのグループを支援していた。

※ロンドンタイムズのロシア特派員ロバ・1991年12月27日ート・ウィルソンの記事より

★★共産主義となったソ連新政府の人民委員会384名の人種構成は、黒人2名、ロシア人13名、中国人15名、アメリカ人22名、300名以上のユダヤ人。ユダヤ人のうち64名は、帝国政府崩壊後アメリカからロシアにわたってきたものである。

※政府のトップ・クラスの人々はすべてユダヤ人であった。政権内部のロシア人は2〜5%ときわめて少なかったのである。

※★★★★★カガノビッチはどのようにしてロシアの国家内国家、すなわちユダヤ国家を指導していったのだろうか。共産党によったのではない。共産党も表向きの形式にすぎなかった。実際には裏の組織があった。それが国家保安省(後の国家保安委員会=KGB)である。国家保安省の幹部のすべてがユダヤ人だった。トップだけではなく、中間層も下層も、ほとんどがユダヤ人で占められていた。

※★ロックフェラーの片腕キッシンジャーは親中派で、KGBとの繋がりもある。毛沢東やスターリンの後継者に好意的だった。

キッシンジャーは、第二次世界大戦中、アメリカでカウンターインテリジェンスとして働き、また米軍軍曹だった間に、西ドイツのオーバーアマーガウに本部があるソビエトのインテリジェンス(諜報)ネットワーク(コードネームODRA)の学校で指導家・扇動家として働いていた。

※アメリカ国務省の公文書を元にした分析 アントニー・サートン教授『西側の技術とソ連経済の発達』より

アメリカは西側の重要な技術情報を悉くソ連に渡してきた。ソビエトが現在所有しているものは、事実上全て西側、特にアメリカから入手したものであった。

※『勝利は可能だ』(コリン・グレイ、キース・ペリング)より

ソ連の指導者たちはアメリカの限定核オプションを使うという「意志」よりも、アメリカの具体的な「勝利戦略」のほうを恐れるはずだ、ということだ。このような戦略には、ソ連という国家の消滅までも視野に入れたものでなければならない。アメリカはソ連を打ち負かすことを計画しなければならないのだが、それはその後のアメリカの復興を妨げるような、コストのかかるものであってはいけないのだ。ワシントンの戦争の狙いは、最終手段としてソ連の政治システムを破壊することや、その後の世界秩序が西洋の価値観と合うようなものにすることでなければいけない。

ソ連が最も恐れる脅威は、その政治システムの破壊やその機能に対する重大な損害であろう。したがって、アメリカはソ連のリーダーシップの中枢や、彼らの情報伝達手段、そして国内政治を統治するための手段を破壊できなければならない。モスクワにある大規模な官僚機能に代表される、きわめて中央集権的な政治構造を持つソ連は、そのような攻撃にはかなり弱いはずである。国家の安全保障機関であるKGBが深刻な危機に陥ると、ソ連政府の機能は麻痺するはずだ。もしモスクワの官僚たちを消滅させたり、被害を与えたり、もしくは孤立化させることができれば、ソ連は混乱に陥って崩壊し、ソ連の指導者たちを残すために国内において徹底した予防措置をとることになるはずだ。アメリカが目標選別と兵器購入において賢明な政策をとることができれば、ソ連のリーダーシップの生き残りを防ぐこともできるのだ。

・1922年 【米国】チェース・ナショナル銀行は、利潤を追求する資本家の大敵とされていたボルチェビキを助けるため、米ソ商工会議所を設立した。

・1926年 【露】ニューヨークのスタンダード石油とその子会社バキューム石油は、ヨーロッパ市場にソ連の石油を輸出する取り決めを結んだ。当時の報道によれば、この取引の一部は、ロックフェラーからソ連共産党に貸し付けられた7500万ドルの資金で穴埋めされた。

・1927年 【露】ソ連共産党の秘密の相棒、ニューヨークのスタンダード石油は、ロシアに石油精製施設を建てた。

・1928年 【アメリカ】ロックフェラーのチェース・ナショナル銀行は、アメリカ国内でボルチェビキ債権を売った。その為チェース・ナショナル銀行は「国際的盗品取引銀行」と非難され、ロックフェラーは「アメリカの面汚し」、「利益の為なら何でもする男」と批判された。

・1940年代 【露】ソ連の原爆開発には米側の科学者の手助けがあった。

プーチン「米ロの戦略核のバランス維持が必要だ。その実例として、米国の原爆開発プロジェクト「マンハッタン計画」の参加者らが1940年代、核の均衡による抑止力を認識して意図的にソ連に協力するに至った」

「米国に核兵器があってソ連にまだない時、情報の大部分を対外情報機関のラインで受け取った。マイクロフィルムとかではなく、文字通りスーツケースでだ」(朝日新聞デジタル記事 2012年2月24日より)

・1944年 【朝鮮】 文鮮明は、鹿島組(のちに「鹿島建設」。現在は「鹿島」)の京城支店に電気技師として就職。

・1953年3月5日 【露】スターリンの死。

・1953年9月7日 【露】党中央委員会にて、ニキータ・フルシチョフはソ連共産党中央委員会第一書記に選出された。

※副島隆彦説

ニキータ・フルシチョフは旧ロシア貴族階級の血筋を引き、欧州ロスチャイルド系の勢力とつながってた。彼は、反スターリン路線を唱えて、「ソビエトの恐怖政治からの脱却」を図った。これがヨーロッパ・ロスチャイルド勢力を背景にしたフルシチョフの政治だった。彼は、‘冷戦からの雪解け‘とデタント(緊張緩和)政策を推進した。

ソ連ではヨシフ・スターリン独裁政権や次のニキータ・フルシチョフ政権下での「五カ年計画」で、1950年代には、急激に日本や西ドイツに次ぐ高成長を実現した。ところが、その結果、稼働していない「幽霊工場」を大量に建設してしまい、70年代のレオニード・ブレジネフ独裁政権下では急失速してしまった

※佐藤優説

プレジネフ時代にソ連はオイルマネーの増加と緊張緩和政策の成功で安定した社会をつくり上げた。その結果、エリートも民衆も弛緩してしまい、ソ連は腐敗帝国になった。

※ブレジネフ政権下の「停滞の時代」に闇経済マフィアが発生した。

・1957年 日蓮正宗総本山 大石寺で、創価学会青年部全国大会開催。戸田城聖第二会長は、有人の岸信介首相を来賓として招待したが、代理として安倍晋太郎が出席。 (溝口敦「池田大作−権力者の構造」)

・1960年代初頭 【キューバ】ソビエト首脳はキューバへのミサイル配備を押し進めた。

※ソビエト将校かつアメリカスパイであるオレク・ペンコフスキーはキューバにおけるミサイル発射サイトの計画案をなどの情報をアメリカに提供し、アメリカはソビエトの軍事力の限界を知る。それはケネディとフルシチョフの会談分析にも影響を与えた。

・1962年10月 【米国】KCIA(韓国中央情報局)の金局長が訪米した。その際に同行したのが文鮮明だった。金と文はCIAのジョン・マッコーン並びにキャロル陸軍中将と会談するのが目的だったが、この訪米でネルソン&ディヴィッド・ロックフェラーと会った。文鮮明とネルソン・ロックフェラーは、ぜひ自分達の目で世界統一政府実現を見届けたいと、たちまち意気投合した。

※ソースはアメリカの歴史修正学者 F・スプリングマイヤー著『蛇の如く狡猾に』(1991年)

※統一教会とはCIAの下請け組織KCIAのフロント機関であり、北朝鮮・金政権の最大の支援者

・1962年10月14日 - 28日【キューバ】キューバ危機。アメリカはペンコフスキーからロシア側ミサイルの操作マニュアルまで手に入れていた。

・1962年10月22日【露】ペンコフスキーは逮捕され、その後、銃殺刑となった

・1964年三月 統一教会は、東京・品川で『統一産業』が鉄砲取り扱いを始めたのにつづいて、『ナニワ機販売』(大阪、京都)、『アングス精機販売』(東京都立川市、目黒区)、『佐藤銃砲店』(水戸市)、『天宇興産』(千葉市)『越後商事』(新潟市)、『種ヶ島』(静岡市)、『飛騨』(岐阜)、『西日本工機販売』(福岡市)その他、銃砲店はモデルガンの流行とともにほとんどの府県に拡がっている。 「統一協会はどうなるか!」

・1964年 【露】デイヴィド・ロックフェラーとソ連の首相ニキタ・フルシチョフは、モスクワで二時間半に亘る秘密会議を持った。 

本日、デイヴィッド・ロックフェラーは、先に行われたソビエトの首相フルシチョフとの会談の模様を、ジョンソン大統領に掻摘んで報告した。それによると、ソ連共産党の指導者は「米ソ間の貿易を更に促進すべきである」と語り、ロックフェラーに 「アメリカの長期クレジットをソ連についても適用するよう働き掛けてもらいたい」と述べたという。(同年9月12日付シカゴ・トリビューン紙より)

・1964年10月25日 【露】フルシチョフが突如、解任・失脚さられた。

※副島隆彦説によればその黒幕がデイヴィッド・ロックフェラー。

・1965年 【東京】KGBの東京駐在官事務所が当時のベトナム反戦デモに合わせ、起爆装置を米国製たばこの箱に隠した爆弾を、日本にいる協力者に米国文化センターの書棚に仕掛けさせ、翌朝に爆破させる計画を立案した。

・1960年代後半 【米国】アメリカは、ソ連に対する「究極の処罰」として、人口の20〜25%や工業生産能力の50〜75%を破壊することを定めている。『勝利は可能だ』(コリン・グレイ、キース・ペリング)より

・1966年10月7日 【米国】ジョンソン大統領はソ連圏諸国に”橋渡し”するという新しい政策を発表した。

曰く「我々は、ヨーロッパの共産圏諸国に対して、最恵国並に税率を引下げる事が出来るよう、法的な手続きに従って貿易協定を結ぶつもりである。 又我々は、東西貿易に於ける数百の非戦略的品目に関する輸出規制を弱めるつもりだ。」

※当時アメリカはベトナム戦争の最中にあり、共産主義者はこの戦争をどんどん拡大させていた。しかもこの戦争で使われた北ベトナムの軍需品は、全てソ連圏の軍事工場から送られてきたものであった。

事実上これらの非戦略品目は、全て直接、或は間接的にベトナム戦争で使う事が出来た。そして驚くべき事に、その後、ライフル洗浄剤や電子装置、コンピューターやレーダーさえも非戦略品目であると申告され、ソビエトへの船積み手続が認められたのである。議会は戦略物質を共産主義者へ送ることを制限しているが、その制限を骨抜きにする秘訣は、殆ど全ての品目を「非戦略物資」と申告するだけだった。要するに機関銃は戦略品目であるが、その部品や、弾丸を発射させる化学製品は、「非戦略品目」と申告され、共産主義者の手に渡ったのである。ベトコンと北ベトナムは、その軍需品の85%をソビエトや東欧諸国から受入れていた。彼等の経済力では戦争を継続させる事が出来ない為、この戦争を推進した二つのグループの内、一方の共産主義者グループが他方の金融資本家グループに援助を求めたのである。アメリカ政府は、あの激しいベトナム戦争において、奇妙な事に南北両陣営を資金面、物資面で援助した。その結果、約5万5千人のアメリカ兵士が、アメリカ製の武器で殺されてしまったのである。

※ロックフェラーは、共産主義者の為に特許を買取る事により、事実上、ソビエト軍事機構の為の研究開発を受持っている。彼等の目標は、ソビエトにアメリカが開発したものを大量生産させる事である。

・1967年1月日 【米国】インタナショナル・ベーシック・エコノミー社とタワー・インターナショナル社は、ソビエトを含む鉄のカーテン諸国との貿易を促進する点で協力する事を約束した。

※ニューヨーク・タイムズ紙の報道

ウォール街と中西部の二人の富豪の同盟は、自由世界と共産主義ヨーロッパを結ぶ経済的な架橋をつくろうとしている。 ロックフェラー兄弟が支配するインタナショナル・ベーシック・エコノミー社と、クリープランドの金融業者サイラス・S・イートンが率いるタワー・インターナショナル社は、ソビエトを含む鉄のカーテン諸国との貿易を促進する点で協力する事を約束した。

・1968年1月13日 ★★★★★【韓国】文鮮明が韓国で世界基督教統一神霊協会(統一教会)、国際勝共連合を創設した。

・1968年4月 世界基督教統一神霊協会(統一教会)、国際勝共連合設立を日本で設立した。名誉会長は笹川良一、安倍晋太郎も勝共推進議員名簿に名を連ねた。

・1969年 【朝鮮】統一教会の原理運動の会員たちがいっせいに、銃所持を申請して社会問題化した「統一協会はどうなるか!」

・1969年 【露】KGBは日米離間を狙った東京湾への放射性物質撒き散らしを企図していた。(ミトロヒン文書?』)

目的は、横須賀基地の米原潜への非難を引き起こすこと。

・1969年10月20日 ★【米国】インタナショナル・ベーシック・エコノミー社(IBEC)はヨーロッパの世界的大富豪ロスチャイルド一族が経営するロンドンのN・M・ロスチャイルド&サン社と提携した事を発表した。IBECは、連邦準備制度の創設者ネルソン・ロックフェラーの息子ロドマン・ロックフェラー(CFR)が経営していた。

※ニューヨーク・タイムズ紙の報道

「タワー・インタナショナル社は、ソビエトの特許事務を担当する組織と仮協定を結んだ。この組織はライセンシングトルクと呼ばれ、将来のライセンス及び特許処理を受持つ。イートン氏によれば、今迄ソビエトはライセンスの特許の売買をアトムルグ・トレーディング社(米ソ貿易促進の為の米国におけるソビエトの公式出先機関)に任せてきたとの事である。」

「イートン氏は、アムトルグの代表者が当地でアメリカの企業とライセンス協定を結ぶのは、以前はとても困難であった事を認めている。「御承知のとおり、ソ連の人間がアメリカの航空機会社の研究部門に入っていき、特許の購入を取決める事は殆ど不可能である」と彼は語った。」

この記事は、ロックフェラーとイートンが、大資本家の仮想敵国であるソビエトに対して、技術を譲渡する独占権を持つに至った事を意味している。今後アメリカの企業は、ソビエト政府の公式出先機関と取引する代りに、ロックフェラーと取引する事になるであろう。つまり共産主義者に対して、非常に多くの門戸が開かれようとしているのである。

・1970年3月【北朝鮮】赤軍派学生が日航機よど号を乗っ取り、北朝鮮に亡命した。赤軍派学生への本当の資金源は、統一教会だった。統一教会が赤軍派学生に資金を提供して、 北朝鮮に亡命させた目的は、米CIAと北朝鮮軍・情報機関とのパイプを設置するためだった。

「例えば、北朝鮮の対日工作グループが日本国内の友好関係にあるメンバーを通じ、オウム真理教に資金とサリン製造のノウハウを伝授したと考えられないだろうか。オウムを隠れ蓑にして、毒ガス兵器や自動小銃を大量生産し、日本国内に備蓄する。AK74は、北朝鮮軍の制式使用銃と同じ弾丸を使っているから都合がいい。サリンはテロ効果は大きいが、持ち運びが困難だから、日本国内で製造するのが合理的である。これを利用して対日破壊工作を進め、日本国内にパニックが生じた段階で軍事侵攻を目論んでいた。こんなことを言うと、すぐ考えすぎだとか飛躍しすぎだと笑う人が多いが、この論理だと、何故サリンを自前で生成する必要があったか、なぜAK74なのかと言うことが、すべて説明つくだろう。」そう話すのは、CIA報告書の作成に携わったエージェントの一人である。

月刊日本 2009年12月号  野間健が読む(43)『金正日は日本人だった』(佐藤守・著)


統一教会は、教祖文鮮明のカルト資質に目を付けた韓国中央情報部と、反共カルト宗教育成に血道を上げていた米CIAのバックアップによって育成された統一教会が覚醒剤を製造させた。統一教会は、自らもケシを栽培しヨーロッパで売り捌いている。オウムは後藤組の販売ルートを使って覚醒剤を売り捌いていたが、統一教会はこの販路を利用しようとした。それに、この統一教会は武器売買もやっている。オウムに武器を購入させれば、その分稼げるわけです」

 この捜査関係者は、オウムと「組織」をつなぐ窓口が早川紀代秀だったという。

「早川のロシア娘好きは有名ですが、ロシア娘に骨抜きにされ、『組織』に取り込まれたのです。 仲間にするのに女を使うのはよくある話だ。早川は、『組織』のスパイだったとみます」(ある公安捜査官)

週刊現代 1995年7月29日号  警察も手を出せない恐怖の「組織」がある!?  「村井刺殺・国松長官狙撃」事件はなぜ全容解明できないのか

・1970年代 【米国】アメリカはソ連経済の回復力に目を向けはじめた。『勝利は可能だ』(コリン・グレイ、キース・ペリング)より

・1972年年10月18日 【米国】リチャード・ニクソンが「大統領決定書」にサインし、エクジム・バンクとして知られる輸出入銀行が、対ソ貿易に融資を始めた。後に、リチャード・ニクソンは輸出入銀行の頭取にロックフェラーの支配するCFRの会員ウィリアム・カージーを任命した。

ソビエトが熱心に提案したシベリアの天然ガス開発に対して輸出入銀行が与えた信用供与は15億ドルだが、その額は同行が今迄扱った最高のものである。

・1973年3月2日【露】ソ連共産党中央委員会及びソ連閣僚会議によって国営企業コンツェルンの設立や制度化が決定された。

・1973年7月 【米国】デイヴィド・ロックフェラーの発言

「私はとても勇気づけられている。私が巨大な銀行の長であり、又私の名前は資本主義と殆ど同一視されているにも関わらず、どんな場合にも我々は社会主義政府から招かれ、しかも暖かく、寛大に受入れられてきた」

・1973年8月10日 【米国】デイヴィド・ロックフェラーはニューヨーク・タイムズに「中国旅行の印象」と題する大袈裟な賞賛文を投降。

「人間は、国民的団結を目の当りにして感動するものである。中国革命の代償が何であったにせよ、それがより効率的で、より人民に奉仕する政府を造っただけでなく、高い士気と目的を持った共同体を育てるのに成功したのは明らかである。・・毛沢東主席の指導の下で中国が行った社会的実験は、人類史上最も重要で、最も成功した例の一つである。」

「忘れてはならない事は、中国人は果敢で知的であるばかりでなく、安い労働力の大きな溜り場を持っていると云う事だ。これにより彼等は、貿易資金を容易く手に入れる事が出来る」

※副島隆彦氏インタビューより

 共産主義運動を操ったディヴィット・ロックフェラー自身も、なんと共産党主義者だったんです。「自分たち賢人がすべてをコントロールして、人類の理想的世界をつくる」というプラトン的哲人としての世界観が、一九三〇年代の共産主義イデオロギーの恐るべき一面でした。

・1975年 ★【露】池田大作はモスクワ大学(KGB養成大学)名誉博士号の受賞した。

・1975年8月25日 【米国】ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「アメリカ、密かにソビエト向けの燃料用ウラニウムの船積みを許可」と報道した。

・1976年半 【韓国】統一教会は、韓国政府によって防衛契約業者に指定され、バルカン砲の製造にかかわった。(フレーザー委員会報告書より)

・1970年代後半【米国】アメリカは、戦争を支持するための産業や経済回復に重要となるソ連の広範囲にわたる経済基盤を攻撃目標とすることを決定した。

※『勝利は可能だ』(コリン・グレイ、キース・ペリング)より

アメリカはソ連という国家を打ち負かす計画を立てなければならないし、しかもそれは、アメリカの核戦争後の復興の妨げになるようなものであってはならないのだ。ソ連に攻撃を行う際には、KGBを含んだトップの政治・官僚のリーダーたちが移動しながら隠れている掩蔽壕や、共産党、軍事、そして政府の主な情報通信センター、そして多くの政治の経済、政治、軍事に関する記録が残っている場所を特定して狙う必要があるのだ。問題の焦点としなければならないのは、ソ連の支配構造を本当に攻撃できるのか、という点だ。

・1977年4月と5月 桐山靖雄(阿含のリーダー。新左翼をターゲット)は軍国主義者のヘッドバンドをして、パラオと沖縄での日本人戦没者への供養を行なった。翌年、阿含宗は東京都庁から宗教法人の認可を受けた。

※麻原彰晃のチベット仏教(とシヴァ信仰)への興味は、彼が阿含宗に入ったころに始まる。

・1979年 【韓国】ユダヤ人実業家として知られるアイゼンバーグが朴正熙政権に接近した。アイゼンバーグは李大鎔らの釈放をベトナムと秘密交渉すると提案してきた。

・1983年【露】炭疽菌がモスクワで流出した。

・1980年代 ★★★安倍晋太郎(親米派元外相)は、ロシアと取引をして、ロシア-日本カレッジを後援しているが、ここはオウム真理教(外国諜報機関のフロント)に運営され、崩壊したロシアから軍事科学者を雇っていた。

・1981年7月17日 【ボリビア】コカイン政変(クーデター)が起きた。ボリビアのWACL(統一教会の世界反共連盟)とCAUSA(統一協会の反共組織)も重要な役割を演じ、ボリビアのコカインクーデターの実行者たち全員のリストに、クーデターのメンバーと登録されていた。 ※マリオ・サントス氏記事より

・1982年5月6日★ 「よど号犯」は、金正日総書記から「日本破壊工作」の極秘指令を受けていた(直筆の指令書が実在する)。

内容は、 金日成主義によって日本革命を準備・達成せよ、というもの。金正日は、自衛隊工作や軍事クーデターの中核的人間の育成などを、赤軍派に指示していた。

※金日成の著作集には、毒ガスや細菌兵器についての大量の論文。教示がある。朝鮮戦争後、北朝鮮では毒ガスや細菌兵器の研究が行われている。

・1983年 【露】駐カナダ大使をしていたアレクサンドル・ヤコブレフはゴルバチョフによってモスクワへ呼び戻され、ソ連最高のシンクタンクとして名高いソ連科学アカデミー付属世界経済国際関係研究所(IMEMO)所長に起用された。のちに「ペレストロイカの設計者」、「ペレストロイカのゴッドファーザー」と呼ばれた。ヤコブレフは、ゴルバチョフ時代の保守派(ブレジネフの流れを汲むグループ)、中間派(穏健改革派、狭義のゴルバチョフ派)急進改革派の分類では、中間派に位置したが、この中ではゴルバチョフより急進的であった。ヤコブレフは教条的な共産主義、ナショナリズムに批判的であり、国際政治の多極化、多元主義を主張した。

・1983年夏 松本智津夫死刑囚は「鳳凰慶林館」を設立

・1983年9月1日 【露】大韓航空のボーイング747が、ソビエト連邦の領空を侵犯(航路逸脱の原因については後述) したために、ソ連防空軍の戦闘機により撃墜された事件。乗客には、右翼団体のジョン・バーチ・ソサエティの会員で、アメリカの民主党の保守派議員として知られ、ソウルでの式典に参加するために搭乗していたラリー・マクドナルド下院議員も含まれていた。

・1984年1月 シェワルナゼ外相の訪日

・1984年2月 麻原は「オウム神仙の会」の前身ヨーガ道場「オウムの会」を設立。

・1984年2月12日 〜 2月16日【露】 安倍外相、アンドロポフ書記長の葬儀(2.14)出席のため訪ソ(安倍・グロムイコ会談 2.15)

・1984年5月 桐山管長は東京武道館での記念儀式にダライ・ラマを招待した。このイベントは松本/麻原が最初にダライ・ラマを見た最初であっただろう(これは会見の一つとしてカウントされていない)。

・1984年10月31日  安倍・中曽根、訪ソに向けて会合。

・1984年11月4日 【露】 中曽根・チーホノフ会談(於ニューデリー、ガンジー葬儀の際)

・1984年 【英】当時のサッチャー英首相は側近のハウ外相の進言を受け入れ、ゴルバチョフ・ソ連議会外交委員長(後に大統領)を招請した。英外務省がチェルネンコ書記長の後釜はゴルバチョフと判断していたからだ。この会談が冷静終結に役立った

・1985年 【露】KGB研究所のアンドロポフは、経済行き詰まりのために、経済改革を試みた。

※岩上安身によるもとKGBへのインタビュー

「現行の刑法はあまりにも役に立たない。これでは警察官は武器をもたずにマフィアと戦えといっているようなものです。しかも警察の装備はマフィアよりはるかに劣り、給料もおそろしく低い。末端の警官がたやすく買収されてしまうのは、給料だけでは生活できないからです。生活苦から転職する者も多く、新規のなり手はほとんどない。元警察官がマフィアに雇われるケースも少なくない」

「軍隊の内部はすごく乱れてた。酒も麻薬も、兵舎の中に女を連れこんでセックスもした。ちゃんと規律を守ってる奴もいたけど、そういうのはバカさ。もちろん規律違反がバレれば独房にいれられるけど、マキシマムで5日間だから、どうってことないよ。僕はあそこで、いろんな手口を学んだ。ソ連の軍隊なんて、そんなものさ。腐ってる」

※ロシアンマフィアとは

ロシア国内にあっては、中部地方、シベリア地方、ウラル地方、南部地方で組織の数が多い。

ロシア系マフィアは、ウクライナ、チェチェン、クロアチア、グルジアで核物質と核兵器の密売をしている。旧赤軍や旧KGBの兵士基地への勤務経験がある物がいる。いずれも、シチリアやナポリのイタリア系ギャングと組んでいる。

(イタリアの組織犯罪集団、たとえばカモッラやドランゲータ・ギャングは欧州の原発から出た放射性廃棄物の違法処理を取り仕切っている。ハンガリーのマフィアは、イタリア(シチリア、ナポリ、カラブリア、プッリャ)と手を組んで核物質の密売をしている。)

ヨーロッパに活動するロシアンマフィアの人員総数はおよそ16万と見積もられ、イタリア系の7万を超える最大勢力となっている。

ポーランドでは2万名以上が活動しているものと見られている。

欧州原発の放射性物質はイタリアンマフィアが違法に処理をする。地中海に放棄するケースが多い。

イタリアにおいてはコーサ・ノストラと提携したうえで農林関係産業と船舶業者を事実上の完全支配下に置き、スペインにおいては違法薬物ならびに違法銃器市場の9割を掌握していると見られている。

アメリカ大陸にあっては、南アメリカから北アメリカへの潜水艦を用いての違法薬物の密輸。

マリアナ諸島やグアムを用いてのマネーロンダリング(資金洗浄)への着手。

メキシコのいわゆる麻薬王らが米国への麻薬輸出から上げた利益のうちの3割はロシアンマフィアを通して洗浄されているという。

南米コロンビアの左翼ゲリラ・FARC(コロンビア革命軍)に武器を供給する代わりに同ゲリラから麻薬を仕入れていると見られている。コロンビアからヨーロッパへのコカイン流通の3割以上を掌握しているという。

極東のウラジオストックは外国マフィアとの窓口であり、北東アジア諸国を相手に武器と麻薬を密輸している。

サハリン州ではおよそ13の大規模な組織が活動しており、日本の水産関係者とのトラブルが確認されてきたほか、日本のヤクザと連携しているともいわれる。 日本における活動の拠点は北海道で、盗難車の密輸出や、大麻・アヘンなどの違法薬物の密輸入、銃器の密輸入、オホーツク海で密漁したカニの密輸入などに着手してきたという。 盗難車の密輸出に関しては、小樽港や石巻港、新潟港などを経由してこれを行ってきたという当事者による証言がある。


・1985年 【露】「1985年の損失」。ソ連諜報機関内部のCIAスパイが次々に逮捕され、CIAが大打撃を蒙ったことを指す。

これは、オールドリッチ・エイムズ、ロバート・ハンセン、エドワード・リー・ハワード、および、現在でも正体不明なKGB側スパイが、ソ連当局に彼らの名前を教えたためだった。

・1980年代半ば 【中央アジア】中央アジアに、サウジ資本流入と共に,「ワッハーブ派」をうたったNGOが押し寄せた。多数のモスクが建設され,青少年を指導するコーラン学校が開校するに至った。これは歴代のアメリカ政権によって奨励されたこの「ワッハーブ化」政策だった。

江頭寛著『プーチンの帝国

・1985年2月 おそらく新實その他の阿含宗に不満がある数人の目撃者の前で、松本はいわゆる空中浮揚を行ない、そして彼らは独立したヨーガ団体を設立した。空中浮揚によって松本は、個人的な評判が初期より低くなっていた師をしのいだのである。

・1985年3月12日 〜 3月14日 【露】中曽根総理、チェルネンコ書記長の葬儀出席のため訪ソ(中曽根・ゴルバチ

ョフ会談 3.14) チェルネンコ死去、後継者としてゴルバチョフが書記長に就任。

※チェルネンコの死後、ゴルバチョフがソ連共産党書記長に就任した

・1985年 雑誌『ムー』に麻原彰晃の空中浮遊が掲載され、一躍有名になった。

・1985年6月 麻原は、岩手の五葉山で酒井勝軍(戦前の神秘研究家)と行動を共にした最後の生き残りから「今世紀末、ハルマゲドンが起こる。生き残るのは、慈悲深い神仙民族だ。指導者は日本から出現する」との予言を聞いたとれる(上祐の証言)。

・1985年7月 ★★★【露】ゴルバチョフはペレストロイカ(国内改革)の重要性を訴え、エドゥアルド・シェワルナゼを新たに外務大臣に指名し、厳しい冷戦状態の打開を図る新思考外交を提唱した。

ゴルバチョフは書記長就任演説で「グラスノスチ(情報公開)」によってソ連を改革し、経済を立て直し、科学技術発展を行うことを宣言します。

「ペレストロイカが起こった原因は、決してゴルバチョフが登場したからでも、共産党の善意でもなく、それはコンピュータリゼーションと情報化、新しいテクノロジーの開発によって、情報を独占することが不可能になったことが大きな原因である−−。」『ペレストロイカとコンピューター』(岩上安身)

・1985年の夏頃 麻原の発言「2006年には核戦争の第一段階は終わっているだろう。核戦争は浄化の手段」

・1985年 大内 利裕がオウム神仙の会に入会。

・1985年9月24日 安倍外相、第 40 回国連総会一般討論演説において北方領土問題に言及

・1985年9月 【露】チーホノフ・ソ連首相、健康上の理由から辞任。ルイシコフが新首相に。

・1985年9月 米国の貿易赤字問題解消のため、主要先進国蔵相と中央銀行総裁が米国で会議を開催(G9)

・1985年9月 ドル安政策の実施を合意。いわゆる「プラザ合意」。このために急激に円高が進行し、過剰流動性が発生、日本のバブル経済の端緒を開く。

・1986年1月 【インド】麻原はインドを訪問し、各地でスワミ・アガンダナンダ師やパイロット・ババ師等の「聖者」といわれる人物と会った。

・1986年1月 ソ連のシュワルナゼ外相が来日、安部外相との間で、八年ぶり六度目の日ソ外相定期協議。

・1986年 衆参ダブル選挙では、130人の勝共推進議員が当選した。

・1986年4月 麻原はそれまでの組織を「オウム神仙の会」と変更。

・1986年4月26日 【ウクライナ】ウクライナ共和国に立地するチェルノブイリ原子力発電所の4号炉が爆発。

・1986年5月29日-31日 ★★【露】安倍晋太郎日本国外務大臣は、(日ソ外相間定期協議及び平和条約交渉のため)ソ連邦政府の招待によりソヴィエト社会主義共和国連邦を公式訪問し、エム・エス・ゴルバチョフ・ソ連邦共産党中央委員会書記長と会見した。

・1986年5月31日 ★★【露】署名に日ソ文化協定に署名(・1.文化、教育及び学術の分野における両国間の交流に包括的な枠組み ・2.学者、学生等の交換を奨励する等) 署名:河野外務大臣、イワノフ外務大臣

※河野洋平は米国スタンフォード大学留学。中曽根派に入会。山口敏夫にもつながる。河野は慰安婦連行に強制性がみられるとした「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」(「河野談話」)を発表した。

※イワノフはKGBの安全保障系。プーチンがロシア連邦保安庁(FSB)長官に就任すると、1998年8月、FSB次官/分析・予測・戦略計画部長に登用された。1981年、イワノフは二等書記官として駐ロンドンソビエト大使館に勤務したが、1983年、スパイ容疑で国外追放。その外、KGBでは、フィンランド、ケニアで対外諜報活動を行っていた。モスクワ国際大学国際研究所の専門家。

・1986年7月2日 我が国の北方領土問題に関する立場を害さない形での合意が日ソ間で成立

・1986年8月26日 〜 8月29日 【露】 山口衆院外務委員会委員長他議員団の訪ソ。

・1986年10月 【米】米ソ首脳が、レイキャビク会談。米の戦略防衛構想(SDI)を巡り対立し、会議は決裂。

・1986年11月 【イラン】イラン・ゲート。レバノンの米人人質をめぐって、米国がイランに仲介を頼み武器を供給したことをレーガン大統領が認めた。

・1986年 上祐史浩はオウム神仙の会に入会。

・1986年 【露】M.S.ゴルバチョフ及びE.A.シェワルナゼにより発議されたアフガニスタンの和平調停に関するジュネーブ交渉過程が始動した。

 日本はこのときからバブル景気に突入。株価も地価も、急カーブを描いて上昇してゆく。

・1986年末 - 1987年初頭 麻原の口から「ポア」(チベット語で魂の「転移」 を意味する)という言葉が出てきた。(ポアとは、 相手を殺害することによってより高い世界 に送り届けることを意味している。

・1987年 麻原はこの時期に既にグルの思想を提唱していた。

「グルのためだったら死ねる、グルのためだったら殺しだってやるよと、こういうタイプの人は、クンダリニー・ヨーガに向いてるということになる。グルがやれといったことをすべてやれる状態、例えばそれは殺しを含めてだ、これも功徳に変わるんだよ。例えばグルがそれを殺せという時は、例えば相手はもう、死ぬ時期にきている。そして、弟子に殺させることによって、その相手をポアさせるというね、一番いい時期に殺させるわけだね。」

・1987年前半のある時期 麻原は周辺の弟子に限定して、「フリーメーソンと戦わなければならない」「中国に核を撃ち込むビジョンを見た、自分が核のボタンを押す」旨の話をしていた。その後、1988年以降に、核を撃ち込む相手はアメリカだと訂正した。

しかし、7月26日に核を否定する発言も「そして、三万人が世界に散ったならば、そのサットヴァのエネルギーによって、例えば核兵器を持つことが無意味であるとか、例えば他の、宗教理論の中に矛盾があるだとかいうことがどんどんどんどん暴露されてこよう。」

・1987年 【露】エリツィンはゴルバチョフが守旧派と妥協していくことに反発したため1987年にモスクワ市党第1書記を解任された。

・1987年7月 麻原は、イスラム世界をを訪れた。日本における旱魃と熱波による洪水の予言をしたあと、彼は夏休みをナイルの岸で過ごし、"古代エジプト・クンダリニー・ヨーガ文明の神秘を解くことに成功"した。彼は特に立ち上がった蛇のレリーフに感銘を受けた。それは大いなる世界の創造、インドのロープ魔術やヨーガと生物学的に等しいというのだ。ピラミッドでの瞑想から直感して、麻原は日本に戻ってすぐ、彼の新しい宗教「オウム真理教」という名称を決定した。

・1987年 ★阿含宗で麻原彰晃と早川紀代秀(統一教会出身。後藤組とのつながりが噂される)が運命の出会い。

オウム真理教と改称。すべての財産を投げ出して出家する制度を始める。

※殺された石井議員の発言

石井:ロシアにオウムが進出していきましたね。ロシアには五万人もオウムの信者がいたそうですが、オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中が、どうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった。

--------------------------------------------------------------

※麻原とは(主に高山文彦は『麻原彰晃の誕生』から)

・朝鮮人かどうか不明だが、朝鮮で仕事をしていた父のもとに生まれた。

・松本家は朝鮮半島の出自ではなく、朝鮮から引き揚げてきた日本人。

・兄の鍼灸院で働いていたが傷害事件を起こし逮捕された。それがきっかけで九州の山口組に身を寄せていた。

・鍼灸院をきっかけにダイエット食品の会社を起業したが薬事法違反で逮捕された。それがきっかけで仏教の修行をし、後に自己啓発セミナーの会社にもぐりこんだ。

・天理教が基盤となっている天理市を研究し、宗教を中心にした街創りを目指した。

・日猶同祖論で有名な酒井勝軍に関心を持った

--------------------------------------------------------------

※★オウムの教義とは(苫米地説)

ダンデスダイジ『ニルヴァーナのプロセスとテクニック』がオウムのタネ本。オウムの教義は中沢新一氏の唱えた『虹の階梯』そのもの。

佐保田鶴治氏の『ヨーガ根本経典』も麻原が獄中から取り寄せた本。

苫米地:「オウムは、1999年に人類が滅亡すると本気で信じ、そのハルマゲドンの放射線や大洪水から自分たちだけが生き残るために、富士山麓に異様なサティアン群を構え、また、滅亡後の日本国の政府としてオウム内に大臣や省庁をおいた。」

--------------------------------------------------------------

※★オウムの教義とは(財団法人国際宗教研究所書評より、ブログ管理人が一部修正した) ロバート・J・リフトン(渡辺学訳)『終末と救済の幻想−オウム真理教とは何か』岩波書店、2000年。

リフトンは、麻原と弟子たちの関係を「グルイズム」と呼ぶ(グルと弟子たちが相互依存関係にあることを示唆する)。

誇大妄想的なグルイズムは世界を支配できるという観念から、「世界の破壊・刷新」という神話的イメージを、まさに現実のものと考えるようになった。

リフトンの用語では、「終末の強要」と言える心性。彼らは終末を熱望するあまり、自ら終末的状況を「作り出そう」とした。ここが、普通終末を待ち焦がれるだけの他集団との大きな違い。

ポアによる「癒し」は加害者と被害者の両方を包括する宗教的境地へと導いた。

たとえ麻原の終末の予言を信じなかった者も、麻原が「ポア」の思想の中に表明していた現代日本社会への根深い憎悪に言わば「感電」して、そこに自分の安住の地を見出した。

ナチズムに協力した医師たちを調査・取材したことのあるリフトンは、オウムとナチズムの共通点を「等制gleichschaltung」に見る。これは、そのメンバーは自分の職業を放棄するのではなく、どんな職業であっても、最終的にはそのイデオロギーに奉仕するべく自身の職業を改編する事を意味する。医者は医者として、エンジニアはエンジニアとして、究極的目標に奉仕する状態がオウムには確かに存在した。

そして問題は、彼らの「グル」の叡智が、以前に弟子たちが学んだどんな知識にも取って代わるとされたので、弟子たちは自身が過去に経験したいかなることも繰り返し冒涜できた、ということ。

オウムの思想は、端的に言って「この世があまりにも悪くなりすぎているから、超人たる我々が極端な手段をもって正義を回復しなければならない」ということだった。

--------------------------------------------------------------

※★★★オウムは統一協会の仏教部との噂も。

殺された石井議員曰く「ロシアにオウムが進出していきましたね。ロシアには五万人もオウムの信者がいたそうですが、オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中が、どうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった。オウム真理教は、宗教法人制度をうまく利用してアンダーグラウンドで儲けようという要素を非常に強く持っていたのだと思います。それが暴力団と結びつき、国際的に密貿易をしたり、薬物を流したりしたのはいったい何のためだったのか。」

--------------------------------------------------------------

・1987年2月24日 ★★★★★【インド】ダライ・ラマ14世は麻原と亡命先のインドで会談した。1度目。

※上祐インタビューより −JanJanニュース

――ダライ=ラマ法王には何故、会えたのですか?

上祐:元代表(麻原)は法皇に1986年に最初に会ってから、たびたび謁見しています。背景には膨大なお布施があります。法皇側に1億円くらいお布施したといいます

・1987年2月 麻原はヨーガ道場「オウムの会」を「オウム神仙の会」に改称した。

・1987年3月初旬 ★★★★★★【露】ソロスがモスクワでソ連文化財団と提携し、ハンガリー財団型の財団を設立した。ライサ・ゴルバチョフが後援者だった。

※1987年までに、ソロスは、ポーランド、中国、ソ連に財団を立ち上げた。

・1987年6月29日 【韓国】六・二九民主化宣言。韓国の盧泰愚大統領候補(民主正義党代表委員)が発表した政治宣言。

・1987年7月 麻原は「オウム神仙の会」を「オウム真理教」に改称した。

・1987年11月 ★★★★★★★★【米国】麻原は、ニューヨークに教団支部を設立。

・1988年末頃まで ★★★★★★★★教団は、このニューヨーク支部の布教には力を入れないという決定をすることになります(上祐の証言)

・1988年2月 【露】エリツィンはゴルバチョフが守旧派と妥協していくことに反発したため政治局員候補から外される。

・1988 年 【露】ホドルコフスキーは、共産党青年組織コムソモールのモスクワ支部の幹部だった 。25 歳自前の銀行Bank Menatepの設立を計画し,商業銀行設立の認可を得た。Bank Menatepは、スイスに投資会社を設立し、さらにジブラルタル、マン島、キプロスに会社を設立して、海外への資金移転のシステムを構築した。

・1988年2月 プレスコット・ブッシュのマンハッタンの不動産コンサルティング会社は稲川会のフロント会社であるウエスト通商から連絡をもらった。

・1988年6月18日 リクルート事件。 川崎駅前再開発を巡り、小松秀煕川崎市助役へのコスモス株譲渡を、朝日新聞がスクープ。

・1988年7月 マスコミ各社の後追い報道により、中曽根康弘前首相、竹下登首相、宮沢喜一副総理・蔵相、安倍晋太郎自民党幹事長、渡辺美智雄自民党政調会長ら、自民党派閥領袖クラスに、軒並みコスモス株が譲渡されていたことが発覚。

・1988年7月 プレスコットブッシュはウエスト通商のコンサルタントとなり、ウエスト通商がNYのアセットマネージメント会社AIMFSを買収できるようにした。

※ウエスト通商は稲川会系列の会社。

・1988年7月6日 ★★★★★【インド】麻原は、ダライ・ラマ14世に亡命先のインドで謁見し、イニシエーション(ヤーマンタカイニシエーション)を受講。2度目。またダライ・ラマ14世は「オウム真理教から布施の名目で1億円にのぼる巨額の寄付金を受領した」

・1988年 【米国】1987年9月にクンダリニー・ヨーガを成就させたとする上祐氏を支部長として派遣。上祐(テスラに興味あり)、ニューヨーク支部に派遣され、翌年帰国。

・1988年4月 オウムはボアの教えを広める。「ポア」はチベット語で魂の「転移」 を意味し、オウムでは相手を殺害することによってより高い世界に送り届けることを意味している。

・1989年4月 【露】トビリシ事件、ソ連軍による諸民族への武力弾圧

・1988年7月 ★★【露】ミハイル・ゴルバチョフの諜報部長官イェフゲニー・プリマコフと、長老政治家中曽根康弘が、モスクワでの会談で日露科学技術協力の基礎を築いた。

※佐藤優の評価では、プリマコフはロシアの国益のみを追求するタフネゴシエーター。

※1970年にソ連最高のシンクタンクとして名高いソ連科学アカデミー付属世界経済国際関係研究所(IMEMO)の副所長となった。後任はカナダから戻ってきたアレクサンドル・ヤコブレフ。

・1988年7月 【不明】麻原はカギュ派の瞑想の師カル・リンポチェと、またブータン国王と会見

※カル・リンポチェ師は、チベット仏教カギュ派の総帥格であり、高名な存在。その後、麻原と教団は、同師の称賛の言葉を布教に利用した。

・1988年8月 静岡県富士宮市に富士山総本部道場を開設し、その開設記念式典にカル・リンポチェ師を招待。

・同月 オウムの信徒数は3000名に。

・1988年9月 【韓国】ソウルオリンピック開催

・1988年 ★麻原も早川も阿含宗を飛び出してオウム神仙の会を作っている。静岡県富士宮市富士山総本部道場を開設。

未成年者に高額なお布施をさせて出家させることに親たちが反対運動を起こす。

・1988年頃 ★オウムは統一教会系企業と交流を深める。

・★★1989年12月 【バチカン】ゴルバチョフはマルタ共和国でのパパブッシュ大統領との会談に先立ってバチカンを訪問した。ヨハネ・パウロ2世との間で初のソ連・バチカン首脳会談を実施した。

・★1988年12月 【北朝鮮】シェワルナゼ・ソ連外相平壌訪問「ソ連は『クロス承認』と南北国連加盟によって『2 つの朝鮮』を作り出そうとする南朝鮮当局(韓国)の企てに反対する。南朝鮮との関係における原則立場を変更しない・・・南朝鮮当局と外交関係を結ばない」と明言。

一般討論演説において北方領土問題に言及

・1988年12月 ★★★★★★【ドイツ】オウムドイツ支部設立。オウム真理教のドイツ支部は早川らが積極的に動いて、に設立された海外支部のひとつ。布教活動などはいっさい行っていない。ドイツ制の印刷器で、北朝鮮の技術指導のもと、偽ドルを刷ってた。

※高沢皓司より(週刊現代 1999年10月8日号)

オウムは、この時期に、ドイツで早川が手配した精巧な中古の印刷機をつかって、北朝鮮の技術指導のもとに偽ドルを作っていたか、あるいは北朝鮮にドイツ製の印刷機を納入した見返りに、北朝鮮製の偽ドルを大量にもらっていた、ということです。

(偽札とは北朝鮮が偽造したスーパーKのこと)

・1989年1月21日 麻原は、チベット亡命者への援助と宗教的事業のため、ダライ・ラマに10万ドルの布施をした。

・1989年2月 田口修二事件。島田裕巳氏は、『オウム― ―なぜ宗教はテロリズムを生んだのか』の中で、の合理化のためにヴァジラヤーナの教えを説いたのではないかと述べている。「麻原が殺人を肯 定するヴァジラヤーナの教えを説いていた のは、オウムが東京都に宗教法人の認証を 求めていた時期にあたり、認証されるまで にかぎられている」

--------------------------------------------------------------

島田裕巳『オウム/なぜ宗教はテロリズムを生んだのか』フリーライター前原政之の要約より

 「マハー・ムドラー」とは、グル(導師)が弟子に「最も耐えがたい苦」を耐えさせることにより、一気に解脱に向かわしめる。

 オウムの犯した殺人は、一種のマハー・ムドラーだったのではないか。オウムの信徒にとって、仏教の五戒(破ったら解脱できない、とされる5つの禁)のうちひときわ重要な「殺生戒」を破ることこそ「最も耐えがたい苦」であり、だからこそ、グルの命令に従って殺人を犯すことはマハー・ムドラーになり得た。

ヴァジラヤーナの教義とマハー・ムドラーの修行法が結びついたとき、オウムがテロに走る教義上の必要十分条件が満たされた。

そして、実際にテロに走るトリガーとなったのが、教団内で起きた信徒の事故死という事件。麻原は事件の隠蔽のため、事件を知る別の信徒が脱会しようとしたとき、その信徒の殺害を命じてしまう。そしてそこから、その殺人を正当化するために教義の逸脱が始まり、大量殺人に向け、教団は暴走を始めるのだった。 

--------------------------------------------------------------

・1989年5月 ベーカー米国務長官、ソ連シュワルナゼ外相と会談。ベーカー、(パパ)ブッシュ大統領に行動を進言。ソ連ペレストロイカが本物か、帝国の維持に軍事力を使わないという明確な証拠が必要との結論に。

ベーカー「1989年の5月中旬にテストを開始した。」

※ブッシュ父は大統領就任以来2年足らずの間にゴルバチョフと4回首脳会談を行ったが,ベーカー=シュワルナゼ外相会談は実に 25回も行われた。

※ベーカー元国務長官は、このパイプライン計画のコンサルタントをしており、パパブッシュと一緒に石油利権で稼いできた人物。隣国アゼルバイジャンにあるカスピ海沖のバクー油田の石油をトルコの地中海岸のジェイハン港まで運ぶ「バクー・トビリシ・ジェイハン・パイプライン」

・1989年5月2日 【ハンガリー】ハンガリー政府、ハンガリー・オーストリア国境の有刺鉄線を除去。このニュースが東ドイツに伝わる。

・1989年6月 坂本堤弁護士らが「オウム真理教被害対策弁護団」を結成。

・1989年7月11日 【ハンガリー】ブッシュ大統領ハンガリー訪問。ハンガリー首相ネーメトから国境から切り取られた有刺鉄線を受け取る。

・1989年8月初め 【ハンガリー】東ドイツ人が数万人規模でハンガリー入り。

・1989年8月 オウム真理教と名称を変え、東京都から「宗教法人」の認証を受ける(ダライ・ラマ14世は東京都に推薦状を提出してオウム真理教を支援した)。この頃からすでに、山梨県上九一色村の土地を買い始めている

・1989年11月4日 ★坂本堤弁護士一家3人殺害事件。

・1989年11月10日 【ドイツ】ベルリンの壁崩壊。

・1989年8月 オウムは東京都から「宗教法人オウム真理教」の認定を得た

・1989年9月26日 中山太郎外相、第 44 回国連総会一般討論演説において北方領土問題に言及

※中山太郎は、元ソビエト連邦外務大臣で、元グルジア大統領のエドゥアルド・シェワルナゼ(穏健改革派)と仲がよく電話をし合う中である。また、グルジアではソ連崩壊後苦境に陥っていたシェワルナゼを助けた盟友として知られている。

※派閥清和会(福田派→安倍派→三塚派)に属し、安倍晋太郎会長下で加藤六月、塩川正十郎、森喜朗、三塚博が「安倍派四天王」と称されると、これに続く「安倍派第5の男」と呼ばれた。

・1989月11月4日 坂本弁護士一家殺害。

・1989年11月15日 神奈川県警(創価学会とのつながりの噂あり)が公開捜査に踏み切ってから、解決までに約6年がかかった。

・1989年12月2日 - 3日 【イギリス連邦マルタ共和国】アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュとソビエト連邦最高会議議長兼ソビエト共産党書記長 ミハイル・ゴルバチョフによる首脳会談で、第二次世界大戦末期のヤルタ会談に始まった米ソ冷戦の終結を宣言した。

・1989年12月末 オウムは上九一色村で事務所などを建設しはじめている

・1980年代末 【北朝鮮】北朝鮮政府は、寧辺・平壌・開城等の地までケシ栽培面積を大幅に拡大する等、麻薬事業に本格的に乗り出した。麻薬・阿片を「中央党39号室」主管下に、傘下貿易会社である大成総局、チャンセン・メボン・タンプン商事等の貿易商事と海外公館等を通して、合法的な交易物品・医薬品等に偽装して、公然と密輸している。

・1990年代近く 【韓国】文鮮明はそれまでの『勝共思想』に代わって、『頭翼思想』を唱え出す。

・1990年代初頭 【露】アフガンからヨーロッパへの大量のヘロインは、ロシアの軍事拠点と輸送を利用している。

それはコロンビアのコカインをロシアに輸入すると同じような方法だ。ちなみにコカインの卸売行の80%はここを通る。

・1989年 - 1991年 【露】ソ連の金準備1500トンのうち1000トンが処分された。

・1990年 【露】アレクセイ・クドリンは、レニングラード市長のアナトリー・サプチャークのもとで同市執行委員会経済改革委員会副議長に就任。

・1990年1月13日 - 16日【露】自民党訪ソ団の団長安倍晋太郎とゴルバチョフの会談はモスクワのクレムリンでおこなわれた。安倍晋三も同席した。

日本の領土返還の主張は「固有の権利である」とする回答を引き出すことになった。

・1990年1月 【露】バクー事件、ソ連軍による諸民族への武力弾圧

・1990年1月 【露】ソビエト大統領ミハイル・ゴルバチョフとエドガー・ブロンフマンおよびADLに対する有力資金提供者である穀物商デーン・アンドレアスとの間で一連の会談が行われた。会談後、年末までにADLがモスクワ事務所を開設することを計画していると発表されたモスクワ事務所を設ける目的は、表向きにはソビエト政府が国内の反ユダヤ運動を抑えるのを支援するためというものである。しかし、ADLとソビエトKGBとの長年にわたる共謀に詳しいアメリカの上級情報職員によれば、その本当の目的は米国内でのソ連の宣伝工作と諜報活動のためのパイプ役を果たすためのものだということである。 「ユダヤの告白」より

※3代目のエドガー・ブロンフマンは、1957年に「シーグラム社」の社長に就任し、「世界ユダヤ人会議」の会長であり、「ADL」の名誉副会長でもある。また彼は、「デュポン社」の過半数を支配している大株主でもあった。ブロンフマン一族は、熱烈なシオニストとして知られている

・1990年2月 麻原彰晃は「真理党」を組織し、二五名が総選挙に打って出るが、惨敗する。この総選挙出馬は、早川紀代秀の案によるもので、当時は幹部の上祐史浩(穏健派)らが猛反対したと伝えられるが、早川が押し勝つ。この選挙惨敗によりオウム真理教は、「米びつに米一粒さえもなくなった」というほどの経済的打撃を受ける。

衆院選では統一教会から選挙活動のコンサルティングを受けていた。選挙後に統一教会からオウムに大量に信者が移った(オウム帝国の正体より)。

・1990年2月 【露】ソ連政府代表やロシアのユダヤ人社会の指導者たちと会談するため、ADLの一行をモスクワへ率いていったのは、この国際問題担当理事のケネス・ヤコブソンであった。そしてADLがブッシュ政権と共同して反日キャンペーンを行うのを支援したのもこのヤコブソンである。 「ユダヤの告白」より

・1990年3月 ★ 麻原が第一サティアンで幹部たちに、「人類を救えるのはヴ ァジラヤーナしかない。今の人類はポアするしかない」と 無差別殺人を説く。ヴァジラヤーナ路線の開始。 *武力による現行社会秩序の破壊が必要であると唱える。

・1990年3月 【東ドイツ】初の自由選挙を実施。

・1990年3月 【ハンガリー】初の自由選挙を実施。

・1990年4月 【露】エリツィンら急進改革派が結成した地域間代議員グループに所属するガブリール・ポポフがモスクワ市長になった。

・1990年4月 ★都内で大量のボツリヌス菌散布による無差別殺人を計画し、信者を避難させるため石垣島セミナーを開催するが菌の分離に失敗。

オウムの出家信者が300名から800名に急増。

・1990年4月30日 麻原はダライ・ラマへの手紙を送った。理由は、チベットの日本代表ペマ・ギャルポは、いくつかのテレビ・トークショーに出演し、オウムの商業主義と信仰不足を批判したためだった。

「いくつかの不愉快な問題について書かなければならないのは残念です。ペマ・ギャルポ氏は……いくつかの無責任で三流の日本のマスメディアに協力し、わたしたちの組織を非難しました。……この問題の背後には誤解と、去年から始まったわたしたちの組織に関係するいくつかのマスメディアのセンセーショナルな報道があります。わたしたちはダルマに反することは何もしていません。彼らは宗教に対する無知と根深いアレルギーによって攻撃しているのです。……ギャルポ氏は、この状況を自分の個人的利益に利用しているようですし、あなたもそのことは簡単に推測できると思います」

★・1990年5月 【アメリカ】ワシントンにおける米ソ首脳会談。ゴルバチョフとブッシュの間には取引があった。冷戦秩序に代わる新世界秩序の構築のために、アメリカがソ連に共同パートナーとしての役割を認め、資金援助をすることと引き換えに、ゴルバチョフはドイツ統一とNATO残留を承認するとの取引。

・1990年5月 ★資金ゼロのはずのオウムが、熊本県波野村に六ヘクタールの土地を購入。波野村はオウムが5000万円で手に入れた土地を9億2000万円で買戻すことで合意。オウムの大きな資金源となる。

・1990年5月 ホスゲン爆弾を製造し、マスコミや官庁などで爆発させて散布するという無差別大量殺人計画を立案

・1990年6月 【露】第1回ロシア人民代議員大会は、憲法委員会を設置し、草案の作成作業が始まる。国家主義宣言。共産党の「指導的役割」条項の削除。

大統領(エリツィン);改革派: 約60%

議会=反大統領;保守派: 約40%

・1990年6月、 【韓国】ソ連のゴルバチョフ大統領は韓国との国交正常化に合意

・1990年7月 【露】党大会でゴルバチョフが書記長に再選されるが、エリツィンがゴルバチョフの書記長続投に反発し離党。

・1990年7月17日 創価学会、日蓮正宗との連絡会議の席上、創価学会側が宗門や法主を批判して席を立つ

・1990年7月17日 【イラク】イラク駐在のグラスピーというアメリカ女性大使が、フセインの国家再建努力を褒めちぎりながら語った「アメリカはイラクの行動には関心がない」という甘い誘い文句。

・1990年8月2日 【クウェート】イラクのサダム・フセインはアメリカの甘い罠にまんまとはまり、安心してクウェートに侵攻し、全土を占領した。サバ・クウェート首長は事前にCIAより侵攻の情報を伝えられていたため、イラク軍の侵攻前にクウェートを脱出し、ロンドンに落ち着いていた。

・1990年8月2日 【露】イラクのクウェート侵攻当日、ベーカー国務長官はソ連のイルクーツクで、シェワルナゼ外相と米ソ外相会談をしながら、仲良く魚釣りに興じていた。
http://d.hatena.ne.jp/orourke/20120323


12. 中川隆[-7294] koaQ7Jey 2017年7月06日 09:23:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2012-03-24 オウム真理教の年代記2 ソ連−韓国 国交樹立以降 CommentsAdd Star
http://d.hatena.ne.jp/orourke/20120324

・1990年8月 【北朝鮮】シェワルナゼ外相、ソ連が韓国と外交関係を樹立する旨記した書簡を北朝鮮に送った。

・1990年秋 ★★★オウムの建設大臣にして武器購入の長である早川紀代秀は、在日ロシア大使館経済担当公使(当時は一等書記官)だったボリゾフ・ニコラエヴィッジをもてなした。

・1990年8月13日 オウムは波野村にコミュニティを作ろうとして地元と軋轢を起こし(には両者が衝突、機動隊100人が出動するに至った)

・1990年9月2日 【北朝鮮】シェワルナゼ外相平壌訪問。ソ連が韓国と外交関係を樹立する旨を伝えるため朝鮮に通告。シェワルナゼ外相は、韓国と翌年1月から国交正常化する方針を伝え、それが北朝鮮にとっても悪いことではないと強調した。韓国を説得して、在韓米軍の撤退を促し、核兵器も撤去させると述べた。

 北朝鮮のキム・ヨンナム外相は、「韓国との正常化は、朝ソ同盟を崩壊させる。核兵器を開発しないとのソ連への約束は解消される」と脅した。

翌日、シェワルナゼ外相は金日成主席との会談を求めたが、キム・ヨンナム外相は拒否した。怒りに震えるシュエワルナゼ外相は予定を変更して、翌日平壌を去った。

・1990年9月5日 ★ミハイル・ゴルバチョフは当時のソ連外務大臣、エドゥアルト・シュワルナゼとともに東京に到着した。翌日のジャパン・タイムスの朝刊では、こう述べている。「日本の議員山口敏夫(元首相中曽根康弘の親友にして子分?)によれば、日本とソ連は、モスクワ郊外に、私的技能と技術についての大学を共同設置しようとしている」さらに「ソ連と東欧の学生が、約6か月間、日本の企業で実用的な訓練を受けることになるだろう」

その後援会社の一つは、貿易会社の日商岩井であることがわかった。

・1990年9月20日 - 9月25日【露】自民党代表団の訪ソ(小渕元官房長官団長他約 60 名)

・1990年9月月下旬 ★【北朝鮮】金丸が訪朝した。

・1990年9月25日 中山外相、第 45 回国連総会一般討論演説において北方領土問題に言及

・1990年9月30日 【韓国】ソ連−韓国 国交樹立

・1990年9月 【サウジアラビア】ソ連−サウジアラビア 国交樹立。旧ソ連に伴うサウジアラビア外交団のロシアへの登場によって、ロシアのイスラム教団体と外国の関係が復活した。サウジアラビア大使館は1993年までにモスクワその他の都市に「イスラム連帯組織」などのさまざまな名称の組織を作り上げた。数千万部規模のコーランの無償配布,イスラム留学生の外国派遣や支援に、サウジアラビアの豊富な資金が投下された。

『プーチンの帝国』(江頭寛)

・1990年10月 【露】国民投票法成立。

・1990年11月16日 第35回本部幹部会における池田のスピーチに対し、日蓮正宗側は法主や僧を軽視するものだとして学会に説明を求める「お尋ね」文書を送る。れに対し、学会側は日蓮正宗側の方が自分たちを誹謗・中傷していると回答を拒否。これを受け、日蓮正宗は規約を改正し、1984年1月に再任されていた池田の総講頭の役職を解くことにした。

・1990年12月 【露】私的所有が容認される。

・1990年12月 【露】新思考外交の立て役者・シュワルナゼ、ソ連外相を辞任。

・1990年 【露】ルツコイは新たにロシア連邦共産党が創設された際、中央委員に選出された

・1990年 ★石川公一がオウム真理教に入信。各種イニシエーションの開発を行った。苫米地英人曰く、石川 公一こそがオウムの洗脳、および教義を作り上げた張本人であり、麻原の側近中の側近。(石川公一の父は後藤田正晴後援会幹部)

・1990年後半 【露】小沢一郎がモスクワへ行き、ゴルバチョフと直接談判して1兆円で四島を買い戻そうとした。

外務省当局を差し置いた小沢一郎のスタンドプレーだったため、モスクワに降り立った時点で話はご破算となっていた。

・1990年11月 麻原は核戦争に関する予言やアメリカを敵視する説法を始めた。

これは考えられることは、核であると。ではその時期はいつだと。それは96年から98年の1月までの間に起きると。ではどのような形でどこが攻めるのかと。それはアメリカを中心とした連合国であると。

・1990年11月 【露】ソ連中央銀行とKGBが外国での資金管理・運用に使ったのが、オフショアのタックス・ヘイブン地であるジャージー島に設立された Fimacoと呼ばれる会社で、およそ 500億ドルの資産を運用していたことが暴露された。

・1990年 ★★★【露】サプチャク市長は、プーチンとアナトリー・チュバイスを同時に顧問として招いた。アレクセイ・クドリンもサプチャクの要職に登用された。後にアナトリー・チュバイス民営化を好み、それを部下のクドリンが実行していく。

※エリツィン政権の中枢にいたアナトリー・チュバイス。彼の進めた民営化でロシア経済は混乱し、多くの腐敗を生み出した。

※プーチンは、アナトリー・チュバイスの側近にCIAがいたとインタビューで公言した。

※オリガルヒといったらベレゾフスキーやホドルコフスキーらの名前が直ぐに頭に浮かぶが、過去と現在のオリガルヒを観察する上でアナトリー・チュバイス(ユダヤ系)は最重要人物。オリガルヒと称される集団の中で、サンクトペテルブルグ(レニングラード)でキャリアを積んできたというのも異質。(HEAT2009)

※【ロシアの最高実力者】ロシアの支配者はプーチンでもメドヴェージェフでもなく、アナトリー・チュバイスとアレクセイ・クドリン財務大臣とほのめかす記事がNYTに。プーチンを大統領に据えたのはこの二人。今はリベラルな改革路線で脱石油依存経済を目指す。ロシアにおける新党結成にも絡む。(中田安彦)

・1990-1993 年 ホドルコフスキーは政府に入り、閣僚会議顧問から石油・エネルギー省の副大臣なった。その間、商業共同組合の取引は増加し、Mentep銀行を核とする産業グループを形成することになった。

--------------------------------------------------------------

外国での資産運用のノウハウをもっていたソ連中央銀行の担当部局か、共産党や KGBの対外資金管理局の誰かが、将来のソ連共産党とソ連邦の崩壊を見越して、ホドルコフスキーたちに知恵を与えたのではないか。体制転換の過程で、解体された KGBのような秘密公安警察の要員は私的な警備会社を設立するか、マフィアを取り仕切る集団を形成するかして、新たな時代の生活の糧を得ようとした。海外のオペレーションに長けていた連中は、秘密裏に操作した資産をかすめて、実業家への転身を図った。まさに糸が切れた凧のように、旧体制の監視・管理者が独立自営の「赤いマフィア」へ転身した。

(ロシアのリスク・プレミアム−ホドルコフスキー逮捕の裏の裏  盛田常夫)

--------------------------------------------------------------

・1991年1月 【クウェート】アメリカはクウェートに侵攻し、100日間でイラク軍をクウェートから撃退した。

・1991年1月 ★★★★【露】早川は21回渡航することになるロシアへの最初の訪問を行なった(人材発掘と武器購入が目的との噂あり)。

・ロシアの武器をロシア→ウクライナのキエフ→北朝鮮→日本へ。

(出典不明)

「ドイツ支部がそうした特殊な支部であった傍証は、ほかにもあります。それは彼の渡朝の事実です。早川自身は取り調べでも公判でもこのことはいっさい言っていないようですが、頻繁にウクライナの首都・キエフに行き、そこから北朝鮮に入っていたという事実です。ロシアと北朝鮮の国境地帯にある豆満江の経済特区についてもよく口にしていました。豆満江という地名は、麻原を囲んで村井、早川、上祐(史浩)ら側近が集まった席でも何度も挙げられていました。ロシアから大量に買いつけた武器や戦車、薬物などを、ここから船で税関を通さずに日本まで密輸するための謀議だったと思います。いずれにせよ、早川が密命を帯びて北朝鮮に渡っていたことは間違いありません」

・1991年1月22日 〜 1月23日 【露】中山外相の訪ソ(第 11 回外相間定期協議及び第 10 回平和条約交渉)

・1991年1月 【北朝鮮】自民党の実力者金丸信が、自民・社会合同代表団を北朝鮮に導いていた。アエロフロートのチケットでは、早川紀代秀は17回平壌に行っている。

★統一教会は九十年代に入って、旧ソ連を中心とする共産圏、北朝鮮とのつながりを密にする。

・1991年初め ★★ ハズブラーフ・ロシア最高会議議長代行が日本を訪問し、海部俊樹首相にロシア大統領の親書を手渡した。

旧ソ連も新生ロシアも日本の経済的支援を得て、シベリア、樺太、千島列島などの経済開発を行うことを、ゴルバチョフを初めとして真剣に考えはじめていた。 その意味から、長い間停滞してきた「北方領土の問題」は、90年代に、それを打開する絶好のチャンスを迎えていた。

・1991年1月 【露】ソ連軍がバルト三国に軍事介入し13人の死者が出た。

・1991年1月 自民党の実力者金丸信が、自民・社会合同代表団を北朝鮮に導いていた。アエロフロートのチケットでは、早川紀代秀は17回平壌に行っている。中国を含む日露計画は、一つの支障を除けばうまくいったかもしれない。北京(中国との国境対立は90年代初めに噴出していた)とロシアの前身に対立していた北朝鮮の老齢の指導者金日成は、1994年春まで、頻繁に入院していた。

・1991年1月13日 ★★★【露】国会議員大鷹淑子はモスクワへの自民党事前使節を率いた安倍に随行した(毎日グループの上級通信員も随行)。露日大学は、この使節で最初に、中曽根派の代表として山口敏夫によって提案された。そこにいた人々小渕恵三(竹下派)、山口(中曽根派)、元農林水産大臣加藤六月(安倍派――この二月に肺の動脈破裂で急死)、葉梨伸行(宮沢派)、伊藤宗一郎、参議院議員大鷹淑子、大木浩。このツアーに含まれていた高級官僚:兵藤長雄(外務省官房総括審議官ロシア・ポーランド専門家)、東郷和彦(外務省ソ連課長)。モスクワ大使はえだむらすみおであった。

・1991年4月16日〜19日 【露】ゴルバチョフはエリツィンと和睦し、ソ連邦の基本条約に調印した。この頃、ソ連の国民世論はエリツィンら急進改革派支持に傾いていった。

・1991年4月 【露】ソ連のゴルバチョフ大統領がソ連の元首として初来日。日ソ共同声明。

・1991年4月 【朝鮮】訪朝団には金丸信・元自民党副総裁の長男・信吾氏、野中広務氏などの政府関係者をはじめ、経済界、マスコミ関係者も数多く参加した。この北朝鮮訪問団のなかで、もっとも人数の多かった集団が統一教会である。

(『神の国の崩壊』一六四ページ)

・1991年5月26日〜6月9日 【インド】麻原は弟子らとインドの仏蹟巡礼。

・1991年5月 【露】大統領制が採用された。

・1991年6月 【露】急進改革派を支持するアナトリー・サプチャークがレニングラード市長に当選した。

・1991年6月12日 ★【露】ルツコイが選挙でロシア連邦副大統領に選出された。安全保障評議会常任メンバー。

・1991年7月頃 【露】ゴルバチョフは、身辺に危険が及ぶ恐れがあると当時のジョージ・H・W・ブッシュ米大統領から忠告を受けていた。

・1991年7月3〜13日 【インド】麻原は弟子らとインドの仏蹟巡礼。

・1991年7月16日 【ロンドン】中山・ベススメルトヌィフ会談(ロンドン・サミット)

・1991年8月 ★★★★★★★★★★★【露】8月クーデター(KGB主体による民族派による反改革派クーデター)が起こった。この守旧派=民族派によるクーデターをリビア、イラクは支持した。アメリカ、フランス、イギリスはクーデーターに反対し、現政権の改革派を支持した。

ソ連保守派が起こしたクーデターの際、エリツィン自身が当時は盟友だったルツコイらとともに立てこもった。

クーデター失敗後に下記事項が起こった。

※エリツィン・グループが政権を握った。エリツィン大統領の補佐官は80%がユダヤ人であり、彼の補佐官の中には20人のアメリカ人がいた。 エリツィンもユダヤ人の妻を持つ。ジェフリー・サックス・ハーバード大学の教授もエリツィン取り巻き。

※クーデター事件直後に、エリツィン大統領が自らサインした大統領令。ロシア軍の軍人が企業を設立し、「ビジネス」に参画することが許さた。ロシアの将軍達は国費を使って不当に高い値段で品物を買い込み、差額をポケットにしまい、更にその品々を自分達が作った会社へタダ同然の値段で払い下げて再転売していた。

※急進的な市場開放路線を議会で承認させると、ガイダル政権を発足。

ロボフはクーデター後短期間首相代行を務めた。

※新憲法の脱ソビエト化と脱社会主義化が加速した。

・1991年8月 小和田恒が外務省事務次官となる

・1991年8月24日 【露】ゴルバチョフ最高会議議長が共産党の解散を宣言。

・1991年8月24日 【露】ロシア共和国がエストニア、ラトビアの独立を認めた。

・1991年8月19〜26日 【チベット】麻原はチベット訪問。

・1991年8月26〜31日 【ラオス】麻原はラオスを訪問。国賓として迎えられる。

・1991年9月 ★★【露】ロシア大統領選挙でバズラーフ議長が後任の最高会議議長に選出された。

・1991年9月9日 〜 9月13日 ロシア共和国のハズブラートフ最高会議議長代行が訪日をして、エリツィン大統領の親書を携えた。

1.第二次世界大戦の戦勝国と敗戦国との区別を放棄する。

2.土問題を法と正義に基づいて解決をする。

3.に、昨年の一月に提案をしておったエリツィンの五段階の提案を急速に短縮する

・1991年9月17日 【北朝鮮・韓国】北朝鮮と韓国が同時に国際連合に加盟した。

・1991年9月23日 【アメリカ】中山・パンキン会談(於ニューヨーク)

・1991年9月24日中山外相、第 46 回国連総会演説において対ソ政策の五原則を発表

・1991年9月 【北朝鮮】北朝鮮は外貨獲得策としてケシの自家栽培や麻薬を密売・密輸が本格化。

・1991年9月30日〜10月3日 【スリランカ】麻原はスリランカ訪問。総理大臣らと面会、仏舎利の贈呈を受ける。

・1991年10月5〜12日 【インド】インド巡礼ツアー。(総勢389名)

・1991年10月12日 〜 10月17日 【露】 中山外相の訪ソ(第 13 回外相間定期協議及び第 12 回平和条約交渉)

・1991年10月30日 【チェチェン】チェチェンでは元ソ連空軍少尉であるジョハル・ドゥダエフを大統領に選出。

 しかし、チェチェンの旧共産党政権は、91年の8月クーデター事件の時、非常事態委員会を支持していた。エリツィンは、これらの勢力と闘い、倒して政権に就いたのだが。 エリツィンは、ドルダーエフ政権はロシア共和国憲法に違反しているとして承認しなかった。しかし、エリツィン政権自らが、ロシア共和国憲法の上位に位置するソ連憲法に違反して、ソ連共産党の活動を停止し、最高会議を無視し、新憲法草案提出し、議会の解散令。(「二重基準」=ダブルスタンダード)

・1991年11月 ★★★★★★★★【露】麻原はロシアを訪問、エリツィン大統領の旧友であり側近のロボフ氏に面会して、有名な「露日本大学」構想をぶち上げる。ロシア政府の有力スポンサーとなった麻原彰晃。(岩上曰く、ロボフの名前が浮上してきた時点で、ロシア検察局に対して圧力が加えられた。)

※日基金・ロボフ氏サイドから、「1億円出せばエリツィン大統領と会える」との話が教団に来た(上祐より)。

1)オウムはこの大学への願書を使って、勧誘と軍事スパイ活動の目的のためにロシアの科学者を狙った。

2)大学の資金的後援は、日本の官僚と自民党(と新進党)の最高級の人物をオウムと紛れもなく結びつけている。

オウムが露日大学申込書を使用したのは、多くは軍事関連分野の研究に携わっている物理学者、化学者、生物学者を選択的に募集するためであった。

ロシアで募集された中には、研究所の広報官であるアンドレイ・ガガーリンスキーによると、ロシアの最先端核研究機関であるというクルチャトフ協会のトップ研究員と数人の従業員が含まれていた。

早川紀代秀はプラズマ兵器研究のためのガス・レーザーの購入を試みており、ロシア軍事基地でオウム信者のためのヘリコプター・パイロット訓練と軍事教育を行なおうとしていた。

朝日テレビによると、早川は、化学兵器専門家を募集しようとし、適切な経験のある産業技術者を見つけることに失敗し、上級技術者(その教え子の一人は、日本に送られて某研究所で働いた)を勧誘するためにヴォルヴォグラードの神経ガス工場に行った。

国会の元広報官、ルスラン・ハズブラートフは、オウムがミール17ヘリをアゼルバイジャンからの空輸で東京に運ぶように手配した。ヌン・レポートによると、そこで関税を通過した。

オレグ・ロボフは、50万ドル〜1億ドルをオウムから支払われた。

※モスクワにおいて麻原は、当時ロシア副大統領だったアレクサンドル・ウラージミロヴィッチ・ルツコイやヴィクトル・チェルノムイルジン、ユーリ・ルシコフ等ロシア政界の上層部と接触。

※現実にオウム真理教とロシア政府との仲を取り持った人物は、加藤六月、草川昭三、後に山口敏夫(中曽根に極めて近い。イラクへの技術輸出に関係)が関っている。この三人の政治家のなかで、とくに熱心だったのが草川昭三である。

草川昭三は、オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家と噂される。創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男。早くから在日朝鮮人の差別問題に取り組み、公明党のなかでも朝鮮半島に明るい人物とされる

※眉つばの情報、リチャードコシミズ系?

露日大学を設立し、これが自民党とオウム真理教をまぎれもなく結びつける機関となった。フォーカス誌によると、オウムの諜報省長官井上嘉浩が山口を尊敬していたという。井上は、山口を軍事クーデター後の滅亡の日の政府の首相に据えようと計画していたという。

中曽根内閣の元労働大臣として、山口は、労働大臣の認可が必要な職業斡旋会社だったリクルートから株式贈与を受けていた主要人物の一人。

リクルートの支払いは、山口が労働大臣だった1985年から、オウム真理教が宗教法人認可を得た前年の1988年に行なわれている。

1991年 【露】エリツィンは、他の共和国大統領をまきこんで、2つを決めた。

1「ソ連を解体すること」

2「そして新たに独立国家共同体(CIS)を創設すること」

・1991年 創価学会は『聖教新聞』紙上等において日蓮正宗批判キャンペーンを開始。時やそれ以前に宗門との間で起こった出来事や阿部日顕をはじめとする宗門僧侶への公私問わない批判が次々と展開されていく。かつては宗門との関係を損ねることがないよう学会側が配慮していた出来事であったとされている。

・1991年10月 中山外相がモスクワを訪問し、エリツィン大統領に対し、「法と正義」に基づき一日も早く北方領土問題を解決して平和条約を締結することの必要性を改めて表明

・1991年11月28日 ★★★★★日蓮正宗宗門は、当時の第67世法主日顕の名前で「創価学会」と「創価学会インタナショナル」(SGI)を破門を破門処分にした。

「創価学会が大石寺を破門された時、日蓮宗との全面戦争を考えたはずだ。オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」

オウムの施設が林立する上九一色村という所は、日蓮正宗総本山・大石寺から直線距離にして三キロの位置にある。オウム真理教への創価学会の関与がなければ、大石寺を攻撃目標とすること自体、考えられない話である。

・1991年12月 この年、バブル崩壊。地価、株価とも暴落。

・1991年12月27日 創価学会は1600万人の署名を大石寺に送り、同時に、阿部日顕上人の退座を要求した。

・1991年12月 【北朝鮮】統一教会の文鮮明教祖は、反共という金看板を掲げていたのに、北朝鮮を電撃訪問し、金日成主席と和解した。北朝鮮に対し、35億ドル(約4400億円)の支援を約束した。

・1991年12月 ★★★★★★【露】早川はボリス・エリツィンの最も近い親友であるオレグ・ロボフを紹介された。ロボフはそのとき露日大学の学長であった。

・★★★時期不明だが早川は「ロ日大学基金事務局」の局長であるアレクサンドル・ムラビヨフと接触することになるが、このムラビヨフはオウムに毒ガス検出器を売った「グルーマー社」の社長だった。

・ロボフは1960年から1972年にSverdlovskにある化学・建設産業で働いていた。

・1991年12月8日 ロシア・ベラルーシ・ウクライナの三大統領合意によるソ連からの脱退宣言

・1991年12月 ★★★★【露】ソ連を正式に解体

-------------------------------------------------------------------------------------

※当時のペレストロイカの状況

腐りきった官僚と軍の内部にはびこる汚職シンジケート。

1.政治家のマフィア化

2.軍隊のビジネス化

 武器密売には、三つのレベルがあるという。

@トップレベルの権力者が関与:国際的な取引、表沙汰にならない

A汚職官僚や軍の将校:主としてカフカスや中央アジアなどの紛争地帯を市場に

軍部のビジネス:エリツィンが最高権力を掌握してから、真っ先にサインした大統領令が、近代国家の軍隊では類例のない、ビジネスの自由化の許可だった。

B末端の軍人やマフィアや闇商人:小ロットの盗みや横流し

博打、強盗、売春、麻薬などのブラック・マーケットを支配するマフィアの闇経済規模は国家歳出総額の二分の一にも達した。戦車やミサイルまでが密売される。

世界最大級の組織犯罪集団(プロフェッショナルな組織だけを数えても5千以上、構成員数は推定で約20万人!)と化したロシア・マフィア。

古いノーメンクラトゥーラ(特権的共産党官僚)と、利権を奪おうとするニューリッチ(新興成金)の利害対立が起こった。

--------------------------------------------------------------

※上祐インタビューより −JanJanニュース

ロシアにオウムが何故、進出したのですか

上祐:92年から色々な海外の仏教国に行って、仏教の権威と会ったりして、それを教団の宣伝に使いました。ダライ=ラマ法王やスリランカのラオ、ブータンの高僧に会いました。海外の権威から評価されて、それを国内の布教に使うという戦略を教団はとったのです。

政治家との交流も始まり、ロシア関係者が自分のコネを使えば、モスクワ大学で講演をして名を上げられるという話を持ってきたのですよ。ロシアに行き、政治関係者と交流していくと、「エリツィン大統領(当時)に会わせてあげよう」という話が出ました。大統領には会えませんでしたが、ルツコイ副大統領やハズブラートフ国会議長(いずれも当時)という国家ナンバー2の2人に会い、各大臣とも会いました。

ロシアではテレビ局のある時間帯を買い取って、自主制作の番組を放送するということができるんですね。ロシア国営放送のトップと会談して、オウムの番組を放送することが決まりました。

--------------------------------------------------------------

・1992年 【露】麻原はモスクワでノーベル賞受賞の物理学者Nikolai Basovと対談した。

・1992年 【露】アレクセイ・クドリンは、サプチャーク市政の下、サンクトペテルブルク市財政局長。

・1992年1月 金丸は自民党副総裁に就任

・1992年1月 国連初の安保理首脳会議が開かれ、ソ連に代わりロシアのエリツィンが出席。

・1992年1月 ★★★★★【露】ガイダルが「ショック療法」と呼ばれる価格自由化政策を断行する。後にロシアはハイパーインフレーションに。

※後に、ガイダル元首相代行が、エリツィン大統領の側近のロボフ安全保障会議書記がロシアでのオウム真理教の活動に協力するように要請する文書を政府各機関に出していたことを明らかにする。

・1992年2月12日 ★★★★★★★【露】麻原が、来日したオレグ・ロボフ前ソ連首相代行(大統領直属専門評議会議長兼露日基金会長)と会談。

ロボフはロシア・日本大学構想の実現のために来日(ロボフは後に、エリツィンの安全保障理事会議長に)。日本政府や財界から断られたロボフに500万ドルの資金提供を申し出たのが麻原だった。見返りにロボフはロシアでのオウム布教に最大級の便宜を図ることを約束したという。(国際派日本人養成講座サイトより)

2月12日 、3月のロシア公式訪問を決定。

・1992年3月7〜16日  ★★★★【露】麻原、約300人の信者を連れてモスクワを訪問し、「ロシア救済ツアー」を実施。ハズブラトフ最高会議議長(当時のエリツィン大統領に次ぐ実力政治家)、ルツコイ副大統領、ロボフ露日基金会長、サドウニチ モスクワ大学第一副学長、レーザー研究でノーベル賞を受賞したバソーフ博士、ロシア正教最高実力者ペテリウム府主教と会談して本格的な布教活動を開始する(統一教会が五〇億円を出したといわれている)。「死と転生」公演、モスクワ大学での説法会等を実施。

また、麻原、村井、早川紀代秀は、プロトン・ロケット工場と自動兵器工場を訪れ、世界でもトップクラスのレーザー専門家を訪ねた。

・1992年3月 文鮮明が来日している。この時は、文が米国で脱税のため実刑判決を受け、本来なら入管法の規定で入国できないところを、金丸サイドが法務省に工作し、超法規的に入国している。金丸・文会談は北朝鮮への援助資金の調達方方法などについて話し合われたと言われる。しかし、公安幹部の話では、『実際は、利権話の相続だった。統一教会側は朝鮮半島の南北統一を目指し、それが達成された暁には、日本国内に混乱を起こさせ、自ら対米、対ロシアの中心的存在となるため、さまざまな対日工作を繰り広げる危険性が高い、というのが我々の見方です。』『オウム帝国の正体』一

※韓国の富豪で統一教会の創設者であるムン・ソン・メン氏はPyeonghwa Motors に自らの保有する株式を北朝鮮に譲渡するよう遺書で書き記していた。この自動車コンツェルンは北朝鮮で唯一の自動車メーカーで、株式の70%を保有する統一教会と北朝鮮との合弁企業となっている。設立は2002年で、2008年の南北関係悪化後も残った数少ない合弁企業の1つ。

・1992年4月5日 午後7時頃、パンパンパンという音とガラスの割れる音で、日蓮正宗総本山は騒然となった。

 何者かによって銃弾6発が妙遠坊に撃ちこまれた。

・1992年4月 【露】第六回人民議会大会

3つの勢力に別れた。

★1.改革連合

2.建設的勢力

3.ロシアの統一

※プーチンはロシアの統一に属した。

・1992年4月21日 【露】麻原、ロシア訪問。情報通信大臣と会談、全世界向け放送、ロシア国内向けラジオ放送、テレビ放送などを正式契約。モスクワ政府首相が、宗教法人としての認可、道場建設など全面的支援を約束。モスクワ国際関係大学、モスクワ・ラジオ電子自動制御大学で講演会開催。

・1992年5月 【ベラルーシ】ベラルーシのキルシャ駅、民間の協同組合貸切の貨物列車に、新品のT72戦車24輌が貨物列車に積載。輸送許可証には「旧型の戦車を廃棄・解体したスクラップ」と記載。その民間協同組合の出資者の半分はソ連の軍人。

・1992年6月 【露】民営化改正法・国家民営化プログラムが成立した。

・1992年6月15日 【露】ロシアから全世界向けの英語ラジオ放送『エウアンゲリオン・テス・バシレイアス』を開始。

--------------------------------------------------------------

KGB関係者の証言(オウム帝国の正体より)

「最初、統一教会や創価学会に話を持って行ったが、相手にされなかった。途方に暮れていた時、ある宗教団体の関係者から、オウムを推薦されたんだ」

ソース不明 (信頼できる事情通の話らしい)

「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか−−それは、創価学会の最大の敵をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」

・オウムのラジオ放送枠の獲得や特殊部隊施設を使った軍事訓練、ヘリコプターなどの軍事物資の輸入にあたっては、ロボフの意向が働いたと。

・軍事転用も可能な大型ヘリコプターを購入し、サリンの空中散布を計画したり,AK74(ロシア製機関銃)を国内に持ち込んだり、重火器や戦車、潜水艦などの購入計画があった。(早川ノート)。

・「国内で行われたオウムの軍事訓練で、少なくとも50丁のAK74を見た(CIA報告書)

????? 覚醒剤の製造法は台湾から教わったらしい。暴力団が、オウムに委託して製造させたらしい。『その橋渡しと資金提供したのが早川で、製造・密売が村井秀夫、実際に覚醒剤を密輸して捌いていたのが、暴力団、という図式。

この訪問で、ロボフは、麻原に紹介された。なぜロシア人は日本の仏教教団に心から挨拶したのか? 金、それが一つ。技術がもう一つである。ロシアは日本の高度先端技術が必要であった。東京は、ロシアの核・軍事技術を求めていた。さらに大きな地政学的動機として、東アジアにおける新しい安全保障配置についてのゴルバチョフ・シュワルナゼ計画(エリツィンも採用)があった。ロシアは、そのアジアの属国――ベトナム、北朝鮮、モンゴル――に日本の投資をさせ、その代わりに、日本が合衆国との安全保障関係を弱めるよう期待したのだ。しかし、その目的は、あっけなく、中国の抑制によって断念された。

合衆国は「チャイナ・カード」をちらつかせ、ロシアと日本(とロシアの兵器を釣ろうとしていた台湾)は、中国拡張を制限するという共通の利益を有していた。

誰が、何のために?:毒ガス攻撃の別の見方として、宗教テロの不合理で時期尚早の行動としてではなく、ロシアと日本と台湾の間での、おそらくは核兵器とその技術についての、増大する武器貿易を制止するための、冷たい、意図的な試みの一部であるという見方がある。オウムは、あまりにも多くの微妙な技術がアジアのバランスを崩す前に止められる必要があった。合衆国上院調査のロシアでの報告によれば、この見方のほうがよく理解できる。

--------------------------------------------------------------

※★★村井秀夫経歴

大阪大学理学部物理学科入学、同大学院修士課程を卒業後、神戸製鋼に入社し金属加工の研究(同期入社した中には、学者の飯田哲也、法務大臣を務めることとなる柳田稔)。物理学の専門家であり、原発のデータを理解することができた。

--------------------------------------------------------------

※★★★安倍晋三経歴(親米派)

1979年、株式会社神戸製鋼所入社。安倍には、難解なテクノロジーに対する広い知識がある。彼の1980年代最初の仕事は、神戸製鋼のマネージャーだった。その研究者のうちの1人が、天体物理学者の村井秀夫で、彼はソビエトの電磁気テクノロジーを「常温形成」鋼に適応させた。

村井秀夫は後にオウム真理教の主任科学者になったが、オウム真理教は安倍の父によって始められたプログラムの下、ソビエトの武器技術者を雇い入れた。

安倍は政府の活動を始めると、JETRO(日本貿易振興会)の米国支所に配属された。そのニューヨーク事務所は、ペンタゴンと主な防衛システム開発請負業者の先進技術を盗み出すための、データベースを解読するコンピュータのホストをつとめた。そのハッカー・チームは東京大学の最高のゲーマーにより率いられ、村井秀夫はオウムに入った。

--------------------------------------------------------------

・1992年7月 【露】オウムは宗教法人認可を得た。

・1992年7月 ★バンコクで早川と日本赤軍の田中義三が密会した噂あり。田中義三はタイやカンボジアに姿をあらわしていた。偽札のロンダリングや麻薬取引が目的。

・オウム真理教はインドを訪問。ダライ・ラマ法王や高僧と会談。チベット亡命政府に経済援助。

・ブータン王国を訪問。国賓として迎えられる。国王、法王、前法王と会談(教団側から多額の金銭の提供があった)。

・1992年8月 【北朝鮮】金正日がケシ栽培事業を「ペクトラジ事業」とし、また100万ドル以上の麻薬を販売した者に「ペクトラジ英雄」称号を付与し、「外貨獲得のため、阿片を大々的に輸出しろ」と指示したことに従い、内閣・国家保衛省・社会安全省・人民武力省等の国家機関が総動員され、ケシ栽培を管理・督励、ケシ栽培面積が大きく拡大され、阿片生産量も急増した。

・1992年9月 ★★★★★オウム真理教モスクワ支部開設、支部長は上祐史浩に。オウム真理教の海外支部で、ロシア連邦モスクワ市にあった。

モスクワ支部ではオウム真理教放送を流したり、ロシアの有力政治家(オレグ・ロボフ、アレクサンドル・ルツコイ、ルスラン・ハズブラートフなど)との接触が図られるなど、教団の支部としては特異な存在を占めていた。

・モスクワ郊外に11の拠点を、少なくとも7つの拠点をモスクワ市内に作っていた。他のいくつかのオウム本部はSt. Petersburg, Kazan, Perm, Vorkuta, Tyumen, Samara, Vladivostok, Elista, and Vladikavkazの近くにあった.

オウムのロシアでの採用活動は一部に限られていて、大半は不満を抱いた大学生だった。オウムは300人以上の高学歴協力者を採用した。科学者たちはオウムの思想と、チャンスに魅了された。見込みのあるメンバーを集めて、将来やりたいことを24の専攻の中から選んでもらうよう求めた。薬学、生物化学、生物学、遺伝子工学、しかし明らかな核物理学者はいなかった。オウムは思うがままに研究ができるチャンスと無制限の資金を約束することで、科学者たちを魅了した。ある一人のオウム科学者は核戦争の恐怖による悩みをもっていた。

ある核兵器開発のメンバーによれば、少なくとも核開発するには、最低でも核科学者、機械工学者、電機工学者、爆発物専門家が必要である。しかし、ほとんどのオウムの科学者は二流だった。その専門分野でのリーダーではない。

・さらに、オウムはロシア最大のラヂオ局the state-run Mayak Radioと3年間の契約を結んだ。費用は、年間80万ドルだった。毎日1時間オウムの番組が放送された。オウムのラヂオ局の番組はウラジオストックから日本へ毎晩放送された。

--------------------------------------------------------------

・佐藤優によるオウム思想分析の一部を要約

オウムはロシアへ行き、輪廻転生を否定する、解脱を目指さなくなった。キリスト教的な輪廻転生の肯定。復活の肯定。

ルターとの類似点。農民を生かすと、魂が汚れる、だから、殺せ、それが善だ。

警察官僚をこのまま生かしておくと、魂が汚れる、だから、殺してやる、それが善だ。

オウムは「モスクワのソクラテス」と呼ばれている思想家ニコライ・フョードロフの「万人復活の思想」を、「日本のある宗教学者」から紹介され、その思想に大きな影響を受けていて、それが無差別殺人の原動力になった

--------------------------------------------------------------

1992年10月 【グルジア】シェワルナゼは、最高会議議長に当選。ナンバー2(副議長)に、グルジア・マフィアのボスが就任。

・1992年11月 破門後の学会は機関紙『創価新報』に宴席写真を掲載し日顕を批判。後に写真は偽造と判明し日蓮正宗との間で訴訟沙汰に発展。学会が敗訴したが賠償請求は棄却される

・1992年 - 94年 【東欧】チェチェンやカラチャエヴォ・チェルケス、ダゲスタンその他の地域で、イスラムの原理を研究する研修所がサウジアラビアの組織によって作られていた。この研修所では若者達が「将来のイスラム守護者」として,イデオロギーにとどまらず軍事教育まで受けていた。

『プーチンの帝国』(江頭寛)

・1992年の西側からロシアへの投資額は10億ドル超、こんなマフィア資本主義の国に投資が増えているという不可思議なパラドックスの答えはマネー・ロンダリング
http://d.hatena.ne.jp/orourke/20120324


13. 中川隆[-7293] koaQ7Jey 2017年7月06日 09:25:15 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2012-03-25 オウム真理教の年代記3 露日大学設立以降 CommentsAdd Star
http://d.hatena.ne.jp/orourke/20120325

・1992年11月 ★★★★★★【露】「露日大学」が設立。麻原彰晃はロ日大学のロボフ(に900万ドルを提供。彼の上は、ボリゾフ駐日公使経済担当(退官後も、日本原子力産業嘱託のため日本に残った)。

・1992年11月 【韓国】エリツィン大統領、韓国を訪問。韓露基本関係条約に調印。韓ロ首脳会談でエリツィン大統領、ソ朝条約の廃棄か大幅修正を示唆。ロシアは、北朝鮮に対し攻撃的兵器は供給しないと明言。

・1992年12月 東京都港区に東京総本部道場を開設。

・1992年末 【露】ユーリ・アンドロポフが書記長となりソ連の権力を握った。

・1993年2月末 ★★【米国】アメリカ、テキサス州ウェイコでブランチ・デヴィディ アンと捜査当局が銃撃戦を演じ、オウム真理教団の籠城が始まる。

※1992年 日本財団の研究所は、国立国際問題研究所(通商チャタムハウス、ロンドン)と、年2回、東京で専門家によるセミナーを開催し、最後には日欧から有識者を集めシンポジウムを東京で開催した。

[1]日露セミナーには、日本から中曽根元総理(当研究所会長)、ロシアからゴルバチョフ元ソ連大統領を招聘

[2]日米セミナーには、日本から中曽根元総理(当研究所会長)、アメリカからキッシンジャー元国務長官を招聘

テーマは、90年代の世界システム構築とその課題だった。

・1993年 【露】オウムモスクワ支部はロシアのエネルギー大臣に対談を申し入れたが断られた。

・1993年 麻原の発言「オウム真理教は、やはり、最終的には軍事力を有することになるんだろう」

「このオウム真理教の教団は、つまり、単なる宗教団体ではなく、世界統治の機構に変化する時期が来ると予言されている」 

・1993年始め ★麻原の教団内での発言『これは秘密だが……ドイツには精巧な印刷機がある。われわれが入手しているのは中古だが、それで印刷すれば、いくらでもカネはできる。(カネなんて)刷ればいいんだ』

・1993年頃 関東で供給源の解らない覚醒剤が大量に流れたことがあり、暴力団が出所を調べたところ、オウムとわかった。通常の密輸ルート品の三分の一の価格だった。オウムはサティアンで覚醒剤を密造すると同時に、台湾で技術指導を受けている。村井が視察される前に、教団の資産は1000億円と口走った背景には、覚せい剤収入があったのでないか?(オウム帝国の正体 P.157)

・1993年1月15日 〜 1月18日 ★★★【露】櫻内義雄衆議院議長の訪露(ハズブラートフ最高会議議長との会談)

※櫻内義雄は、日蓮宗全国檀信徒協議会会長職。日蓮宗檀徒の国会議員で組織する「一乗会」の会長なども務め、こうした桜内の功績に対し、日蓮宗宗務院は1977年と1993年の2度にわたり、一級法労章を贈った。1982年12月 - 政策科学研究所(中曽根派)会長。衆議院議長を退任後は渡辺派→村上・亀井派→江藤・亀井派に属する。

※1954年から、櫻内義雄はキッシンジャーと中曽根繋がりで原発推進に参加。

※森首相は、首相の地位を退いた後2003年に、櫻内義雄会長(元衆議院議長)の後を継いで、(財)日印協会の会長となった。

※1966年福田康夫元衆議院議長桜内義雄の姪の嶺貴代子に「政治家の女房にはしない」と誓い結婚

・1993年1月〜4月 【露】ルツコイは、組織犯罪・汚職対策省庁間委員会議長。

・1993年2月 【露】ルツコイは、法秩序の確保と犯罪取締まりのためにロシア軍の部隊その他の組織を参加させる件に関する決定のロシア最高会議における審議における公式代理人。

・1993年3月 『麻原彰晃、戦慄の予言』を出版、1997年に「ハルマゲドン」が起きると予言。

・1993年3月 ★★【オーストラリア】オウムは化学兵器の実験をするためにBanjawarnの500,000 acreの羊農園とウラン鉱山を買った。購入するために、オウムはClarity Investments, Ltd.と同年5月にMaha Posya Australia, Ltd.を農園と鉱山を買うために設立した。また、オウムは船でオーストラリアから日本へウランを運ぶ可能性を模索した。

・1993年春 ★★★★【露】ルツコイは最高会議議長のルスラン・ハズブラーフとともに反エリツィンに(彼らがソ連の全体主義体制を滅ぼした)。

1993.4.19 ★★【米国】ブランチ・デヴィディアンを連邦捜査局が強制排除を敢行、出火などにより72名が焼死、惨劇が幕を閉じる。

・1993年 自民党の副総裁をつとめた金丸信が、脱税容疑で逮捕された。金丸信の事務所から無印の金塊が発見された。

・1993年 自民党は有志議員が憲法20条を考える会を結成(会長は亀井静香)、民主党は菅直人や石井一が国会で創価学会の施設で公明党の選挙運動を行う事に批判を繰り返すなど各党が創価学会への攻勢を行った。

・1993年年3月 【北朝鮮】北朝鮮のNPT(核不拡散条約)脱退宣言

・1993年5月(松本毒ガス事件の1年前) ★★【米国】FBIは、オウムのサリン積み荷とされるものがニューヨーク宛てに送られるという告発を受けていた。SWATスタイルのチームが装備し、武装して、ニューヨークのオウム支部に強制捜査をかけるため、ワシントン郊外のアンドリューズ空軍基地で空軍機に乗り込んでいた。しかし、裁判官が間際になって令状を公表することを拒否した――恐らく、日本の外務省から国務省に対する圧力によって。(ARCHIPELAGOさんの阿修羅書き込みより)

・1993年9月 【露】ハズブラーフはテレビ発言で反エリツィンを鮮明に。(この争いは内戦までエスカレート。 その後、すべての政党が協定を結び、どんな政争があっても二度と内乱は起こさないと誓った。)

釈中も教団幹部として3年余に21回ロシアを訪れた。

・1993年9月21日 ★★★【露】訪日を直前に控えたエリツィンはテレビ演説で突然、人民代議員大会及び最高会議解散の「大統領令1400号」を発布。議会の即時権能停止と解散、議会の権力の大統領への移行、改選を宣言。議会を中心とする反エリツィン陣営の除去に取りかかった。しかし、

最高会議解散の大統領令が発布されると、ルツコイは、最高会議の緊急会議で「大統領」に就任した。

抗議のために議会ビルへ立てこもった議員たちを戦車で砲撃、100名以上、議員側の主張では約1500名を殺害している。これがエリツィン時代の幕開け。

これを日本のマスコミは肯定的に描いた。

・1993年9月以降から閉鎖まで ★★★★★★【露】オウム真理教モスクワ支部の支部長は上祐史浩、副支部長は大内利裕であった。

日本国内の信者よりも多い35,000人もの信者を獲得したという。

オウム真理教の海外支部はロシアの他にもアメリカ・ドイツ・スリランカにあったが、モスクワ支部が最大の規模を誇った。ソ連崩壊後の宗教的空白に乗じて教勢を拡大し、オウム真理教の幹部らによると、1994年1月、モスクワには3万5000人、ロシア全体では少なくとも5万人の信者がいた。

オウム真理教はラジオ局「マヤーク(灯台)」で毎日1時間の放送、テレビ「2×2」で毎週30分の放送を開始し、「オリンピック」スタジアムでは大規模な瞑想も定期的に行うようになった。

ロシアの有力政治家(オレグ・ロボフ、アレクサンドル・ルツコイ、ルスラン・ハズブラーフなど)との接触が図られるなど、教団の支部としては特異な存在を占めていた。

※殺された石井議員の発言

★★★石井:「ロシアにオウムが進出していきましたね。ロシアには五万人もオウムの信者がいたそうですが、オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中が、どうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった。

・1993年10月 【露】10月政変。ロシアの新憲法制定をめぐって当時のエリツィン大統領と、バズブラートフ最高会議議長・ルツコイ副大統領を中心とする議会派勢力との間いで起きた政治抗争。エリツィンが、かつて立て籠もった最高会議ビルは、反対派の牙城となり、エリツィン側が攻撃するという皮肉な構図となった。エリツィンは、戦車部隊に命じ、最高会議ビルを砲撃し鎮圧した。

・オウムの原発技術

★オウムは原発に関する膨大な機密書類を手に入れていた。村井(サリンの製造責任者)らが200人もの作業員を潜入させて収集したもので、専門家も初めて見るような詳細な資料だった。こうした原発の機密資料が、早川ルートによって北朝鮮に流出していた可能性がある。

※早川が窓口としていたのは、北朝鮮の核兵器関連物資やIC機器の調達を行う部署、「経済第2委員会」だった可能性が、最も高い。

--------------------------------------------------------------

※今は亡きARCHIPELAGOのキャッシュにも『本多繁邦』が登場より http://www.asyura.com/0403/bd34/msg/606.html

・政治的な後援者:ロシアでのオウムの活動は、熱狂的教団の単純な活動ではなくロシアと日本の諜報機関と高位高官によって組織された隠された作戦の一部である。誰が日本でのオウムの後援者なのか?

元自民党内閣の大臣浜田幸一は、二人の政治家を名指しし、不明の一人について言及した(噂によれば、その二名は、元科学技術庁長官(伊藤宗一郎?)と民社党タカ派だという)。

・一人とは石原慎太郎。石原はロシアとの先端技術同盟を訴え、それは日露科学技術協力協定によって実現された。彼は、東京都庁におけるオウムの宗教登録の後援者として非公式に名指しされたあと、議会を辞任した。

・★名指しされたもう一人の政治家は、山口敏夫である。オウム事件の背後での立案者であり、石原よりも大きな役目を果たしたようにみえる。

中曽根康弘系の山口は、自民党外事委員会の指導的人物だった。その権限で彼は露日大学を設立に関与し、これが自民党とオウム真理教を結びつける機関になった(かもしれない)。フォーカス誌によると、オウムの諜報省長官井上嘉浩が山口を尊敬していたという。井上は、山口を軍事クーデター後の滅亡の日の政府の首相に据えようと計画していたという。これほどその関係は密接であった。

中曽根内閣の元労働大臣として、山口は、労働大臣の認可が必要な職業斡旋会社だったリクルートから株式贈与を受けていた主要人物の一人。安全・共和信用金庫スキャンダルが日本で徹底的に報道されていたとき、どの主要メディアも、山口の兄弟によって管理された使途不明金について――あるいはリクルート疑惑で彼が以前に得ていた不正利得や、元労働大臣関係資金がオウムの資金に転用されたかどうかについて――はまったく調査しなかった。リクルートの支払いは、山口が労働大臣だった1985年から、オウム真理教が宗教法人認可を得た前年の1988年に行なわれている。

警察捜査官と議会秘書がすべて、山口がオウムの後援をしていたことを知っているのに、東京都検察庁は今月、東京地下鉄毒ガス事件の一周年をまえに、オウム事件全体を調査終了すると決めた。なぜ山口はオウム事件について起訴されないのだろうか?おそらく、彼の起訴から政治的に波及するならば、数十人の最高級の官僚と政治家の没落、不名誉、刑務所入りが導かれるからだ。そのなかには、最低一人の元首相も含まれている――山口の派閥の長であり指導者が。

・オウム・自民党のコネクションを知っていたと思われる政治家・官僚は誰か? はじめに、露日大学創設を見る必要がある。

満州コネクション:大学は栄光のグラスノスチ時代の産物である。具体的にいうと、ミハイル・ゴルバチョフの諜報部長官イェフゲニー・プリマコフと、長老政治家中曽根康弘が、1988年7月、モスクワでの会談で日露科学技術協力の基礎を築いたのだ。

・しかし、オウムのロシア浸透の起源は、もっと古い時代にさかのぼる――1930年代の満州国。このとき、不安な平和がソヴィエトと日本の諜報機関のあいだに、デ・ファクト(既成事実)の協力が保たれていた。地下鉄毒ガス事件後、外国人記者のなかには、満州国、その不名誉な731細菌兵器部隊、オウム真理教の生物化学兵器とその抗毒素についての研究とのあいだに歴史的つながりがあるのではないかという可能性を調べた。研究所で作られた未来兵器と「最終戦争」理論の強調は、すべて、1930年代、日蓮の熱狂的信者で関東軍の満州国奪取計画者である石原完爾によって考案されたものだ。

そこにはコネクションがあった。岸信介と李香蘭。満州国の、最も傑出した二人の生存者。

★毎日新聞と密接な関係のあった年輩の自民党政治家・安倍晋太郎(親米派)は、満州経済を建設した元首相・岸信介の義理の息子である。

国会議員大鷹淑子は、芸名の李香蘭で知られている満映の魅力的で有名なスターにしてスパイ、満州国の体現化であった。大鷹は、1991年1月13日のモスクワへの自民党事前使節を率いた安倍に随行した。露日大学は、この使節で最初に、中曽根派の代表として山口敏夫によって提案された。会議は大集団セッションとして開かれ、他の随行員たちは双方の大学提案を知っていたはずなのだ。そこにはこの人々がいた。小渕恵三(竹下派)、山口(中曽根派)、元農林水産大臣加藤六月(安倍派――この二月に肺の動脈破裂で急死)、葉梨伸行(宮沢派)、伊藤宗一郎、参議院議員大鷹淑子、大木浩。

このツアーに含まれていた高級官僚:兵藤長雄(外務省官房総括審議官ロシア・ポーランド専門家)、東郷和彦(外務省ソ連課長)。モスクワ大使はえだむらすみおであった。

・ミハイル・ゴルバチョフは、安倍に、その提案の一覧について考えると約束した。肯定的な答えは、1990年9月5日、当時のソ連外務大臣、エドゥアルト・シュワルナゼとともに東京に到着した。

翌日のジャパン・タイムスの朝刊では、こう述べている。「日本の議員山口敏夫によれば、日本とソ連は、モスクワ郊外に、私的技能と技術についての大学を共同設置しようとしている」さらに「ソ連と東欧の学生が、約6か月間、日本の企業で実用的な訓練を受けることになるだろう」

・その後援会社の一つは、貿易会社の日商岩井であることがわかった。これは、1992年の初期に、日本にオレグ・ロボフを招待している。この訪問で、ロボフは、麻原に紹介された。なぜロシア人は日本の仏教教団に心から挨拶したのか? 金、それが一つ。技術がもう一つである。ロシアは日本の高度先端技術が必要であった。東京は、ロシアの核・軍事技術を求めていた。さらに大きな地政学的動機として、東アジアにおける新しい安全保障配置についてのゴルバチョフ・シュワルナゼ計画(エリツィンも採用)があった。ロシアは、そのアジアの属国――ベトナム、北朝鮮、モンゴル――に日本の投資をさせ、その代わりに、日本が合衆国との安全保障関係を弱めるよう期待したのだ。しかし、その目的は、あっけなく、中国の抑制によって断念された。合衆国は「チャイナ・カード」をちらつかせ、ロシアと日本(とロシアの兵器を釣ろうとしていた台湾)は、中国拡張を制限するという共通の利益を有していた。

・誰が、何のために?:毒ガス攻撃の別の見方として、宗教テロの不合理で時期尚早の行動としてではなく、ロシアと日本と台湾の間での、おそらくは核兵器とその技術についての、増大する武器貿易を制止するための、冷たい、意図的な試みの一部であるという見方がある。オウムは、あまりにも多くの微妙な技術がアジアのバランスを崩す前に止められる必要があった。合衆国上院調査のロシアでの報告によれば、この見方のほうがよく理解できる。

・北朝鮮は計画の鍵となる要素だった。1990年はじめに安倍使節がモスクワに到着した数日前、自民党の実力者金丸信が、自民・社会合同代表団を北朝鮮に導いていた。アエロフロートのチケットでは、早川紀代秀は17回平壌に行っている。中国を含む日露計画は、一つの支障を除けばうまくいったかもしれない。北京(中国との国境対立は90年代初めに噴出していた)とロシアの前身に対立していた北朝鮮の老齢の指導者金日成は、1994年春まで、頻繁に入院していた。

・1994年6月までに、ロシアに病的嫌悪を抱いている息子金正日(父の前妻の一人がモスクワに住んでいて、その異母兄弟を育てていた)は、すでに北朝鮮軍の軍事司令官であり、いまや、ベッドの上の父とともに、行動の自由を得ていた。北朝鮮はその対外関係において急展開しようとしており、平壌は高度な秘密情報を北京にもたらしていた。

・1994年6月に起こった長野県松本での神経ガス攻撃は、金日成が死の床に横たわっているときであり、まもなく、上九一色村のオウム施設の近くで奇妙なガス噴霧が続いた。それから1年たって、地下鉄毒ガス事件が起きた。

オウム事件全体を再び開くために、疑うべき十分な土台がある。決してオウム裁判に使われなかった裁判所と化学的証拠は、国際的な調査委員会に示される必要がある。そして、すべての証拠と容疑者は、信用できる国際的専門家たちの面前で証言するために召喚されるべきである。そのときにのみ、私たちはオウム事件の底を見ることができる。その手始めに、議会はモスクワへの安倍使節に参加した全員から証拠を請求すべきだ。

・現代日本は、政治的都合によるつるし上げ裁判の野蛮な歴史を有している――無政府主義者公徳秋水の不敬罪事件から、松山事件における国労リーダーに至るまで。歴史は繰り返す。

--------------------------------------------------------------

・1993年10月4日 ★★★★★【露】抵抗は失敗した(モスクワ騒乱事件)。ルツコイ、ハズブラーフは逮捕され、レフォルトヴォ刑務所に収容される。

・1993年12月18日 ★土谷と中川がサリン3キロ生成に成功、八王子市の創価学会施設の周辺で噴霧し、池田大作名誉会長殺害を図るが失敗、新實がサリンを吸入し、重体に陥る。

・1993年12月 【露】ロシア連邦議会選挙実施。新たに設置されたロシア連邦議会の国家院(下院)と連邦院(上院)の議員を選出するために行われた。

エリツィン派は、ロシアの統一と合意党を結成した。ガスプロムとその関連企業、全ロシア両替銀行、インペリアル銀行、アルタイエネルゴ銀行などの資金提供。彼らの政策は、穏健な自由主義、健全な民族関係の構築、社会国家(社会政策、社会プログラム)の支持、ロシアの領土保全。

一方、急進改革派は、ロシアの選択を結成した。エリツィンの側近のエゴール・ガイダル元首相代行やブルブリスらを中心とした。アナトリー・チュバイスらも支持し、当時のプーチンも支持した。

※『ドキュメント・プーチンのロシア』(山内聡彦)、『プーチン』(池田元博)、『プーチンの帝国』(江頭寛)より

「この時期のプーチンは、合併企業を創立したり、外国銀行の支店や代表部をサンクトペテルブルクに開設したりするのに大変大きな仕事をした。1995年までにサンクトペテルブルクにはロシアで登録された合併企業のほぼ半数があり、外資導入の面では他の都市よりかなり抜きん出ていたのですが、これはプーチンの努力に負うところが大きい。やがてプーチンが第一副市長に就任した際には、ソプチャクは全面的に信頼を寄せた。サンクトペテルブルクで私が市長をしていた時に、彼は第一副市長でしたが、態度は極めて控えめで、人目につかず、私生活はこんな要職につく以前とまったく変わったことはありませんでした。

権力欲がなく、遠慮深いこと、これがプーチンの特徴だった。決して人をだまさず、違法な決定には絶対に署名せず、つねに法律を守る誠実な人物であることを知り、信用された。

仕事振りの確かさ、慎重さ、決定を下す前に徹底的に考え抜いた。また、タバコも吸わなければ、酒も殆ど飲まないという、ロシアの政治家としては珍しい人物で、仕事一筋に生きるタイプだった。」

・1993年12月 【露】金融資本系の新興財閥は、大統領令によって「金融産業グループ」として認定された。

・1993年頃 関東で供給源の解らない覚醒剤が大量に流れたことがあり、暴力団が出所を調べたところ、オウムとわかった。通常の密輸ルート品の三分の一の価格だった。

・1994年 - 1996年 【チェチェン】第一次チェチェン紛争。ロシア連邦からの独立を目指すチェチェン共和国独立派武装勢力と、それを阻止しようとするロシア連邦軍との間で発生した紛争。

人口わずか60〜100万人のチェチェン人。世界最古の民族。

バクーに近いこの地域でも油田があり,バクー程ではないにしろ石油が産出されていた。

チェチェンはもともと国家予算の90%近くをロシア連邦からの補助金に頼っていた。

チェチェンの首都グロズヌイの近くにあるグデルメスには、石油精製施設が造られ、20世紀初頭には、鉄道も敷かれた。

「チェチェンには、独特の「血の報復の掟」が有ります。もし祖先の七代までの内に殺された人がいたら、誰に殺されたかも同時に暗記させるんです。それで、殺した奴の七代前まで報復をしなければいけないのです」(佐藤優)

・1994年 【露】サプチャクはプーチンを第一副市長に登用。

・1994年 【露】プーチンがサンクトペテルベルグ副市長に登用された。アレクセイ・クドリンも第一副市長になり、経済・財政委員会議長を務めた。プーチンとの関係もこの頃形成された。

・1994年 【露】アナトリー・チュバイスはロシアの第一副首相に就任した。大統領はエリツィン、首相はガスプロムのトップをつとめるチェルノムイルジンだった。

・1994年 【露】オウムはモスクワ本部のある建物内に約16万ドルの資本金で警備会社を立ち上げた。

・1994年 【コーカサス】コーカサスとのつながり。オウムは軍用ヘリ・ミル17の販売と輸送を手配した。これはアゼルバイジャン航空のジェット機で運ばれ(オランダのロッテルダム港経由で海上輸送の説もあり)、東京税関を通り、上九一色村の教団施設に運び込んだ。

オウムはさらに大きなミル26ヘリコプターの輸入申請を用意していた。ヘリコプターはタタールスタン共和国で組み立てられたが、そこに200人のオウム信徒がいたと報道されている。

・1994年2月1日 〜 2月2日 日米露三極会議(於東京)

・1994年2月27日 麻原が東京都内のホテルに教団幹部十数名を集め、「サリン70トンをぶちまくしかない」などと述べた上、滝沢和義らに対し、サリンプラントの建設進捗状況を報告させるなどした。

・1994年2月28日 麻原は全国の支部を回るなどして説法を続け、出家信者らに軍事訓練を行わせた。

旧ソ連の諜報機関KGBのOBらが設立したRFA(ロシア法務機関職員対応基金)という、実際はテロや非合法の諜報活動を行う暗黒組織において、オウム関係者45人が94年2月と4月の2回、射撃や破壊工作の訓練を受けている。(国際派日本人養成講座サイト)

・1994年4月 ★【露】ツルコイは、下院国家会議の恩赦決議で釈放されるたのちに、愛国主義団体「大国」を創設し代表に。

・1994年前後? ★★【露】早川はロシア人医師からLSDを購入。元KGBで統一教会との繋がりも噂されるマセンコから武器購入。

・1994年4月 ★【露】オウム信者たちがロシアで軍事訓練を受ける(第1回目)。また、帰国の際には、日本国内で使用するため化学兵器等の検知器、LSDの原料および小銃の実弾などを持ち帰らせる。

・1994年 【露】平田信は教団の多数の信者をロシアに送り込んで行った「軍事訓練ツアー」に参加し、射撃訓練を受けていた。

・1994年5月1日 ★★土谷と遠藤が lsd の合成に成功。麻原は人体事件の後、幻覚剤LSDの入った液体を麻原から受け取って飲む「キリストのイニシエーション」が始まった。

・1994年5月 オウムは、ロシアで信者だけでつくったオーケストラ「キーレン」を日本に招き、名古屋、大阪、京都、福岡、東京等12回公演させた(統一協会経営のホテルに宿泊させた)。

・1994年5月 ★★【ドイツ】ドイツ当局がシュツットガルト郊外でプルトニウムを押収。モスクワ近郊の核施設から持ち出されたものだった。

・1994年6月 【北朝鮮】核査察の受け入れと拒否をめぐり、北朝鮮はIAEA(国際原子カ機関)脱退

・1994年6月 【露】早川は大型ヘリコプター「ミル17」をロシアから購入(サリンか炭疽菌噴霧のために)

--------------------------------------------------------------

『CIA洗脳実験室~父は人体実験の犠牲になった』(苫米地英人訳) まえがきより

「地下鉄サリン事件では、発生直後に各国のエージェントがデータを取りに来ていた。日本以外はみんな事件を知っていた。本書で、アメリカ人であるCIAが、同じ人間ではないかのように、カナダ人に洗脳実験を施したように、欧米人にとっては日本人はただの実験材料だったのだろう。オウム自体も実験の対象であり、食事に炭素菌やLSDを混ぜられるなど、信者たちは知らぬうちに実験材料となっていた。これがオウム真理教の実態である。」

苫米地英人曰く

「オウムで行なわれていた医療的洗脳行為は、『拷問と医者』(カナダの精神科医ユーイン・キャメロン)に書かれた内容より、遥かに詳細なレベルで再現されていた。また、CIAの洗脳手法とオウムの洗脳手法には類似点が多い。林郁夫は夫婦でデトロイトに出張していたそうだが、洗脳テクニックについての関連本を入手するためだったのかもしれない。アメリカのエージェントか、逆にそれを研究した共産主義圏の人間かは不明だが、そういったプロから林郁夫が直接情報を仕入れていた可能性は、否定できない。」

「オウムにおける洗脳テクニックは、たんに麻原彰晃が信者をコントロールする方法として利用していただけでなく、麻原自身が『LSD』によって人格崩壊したことを考え合わせても、オウムのサティアンが1つの洗脳実験室であったような、オウム全体が、ユーイン・キャメロンの運営していた精神病院であり、信者一人一人が実験台にされた患者であったような印象も受ける。」

「『根絶治療』は、イタリアの精神科医ルシオ・ビニによって開発されたもので、彼は、食肉処理されるブタが頭部に電気ショックを与えられて従順になる様子を見て、それを患者に実験し、同様の効果があることを発見したのである。『PSI』も、一定の電流を頭部に流すことで、信者を従順にする効果を狙っていたと考えられる。」

「ユーイン・キャメロンは様々な洗脳手法の情報を収集し、患者を実験台にしてそれらを1つの体系にまとめあげたが、それをそのまま日本人に対して実践したのが、オウム教団の医師たちだった。被験者数は3000人以上、おそらくキャメロンを遥かに凌ぐ数字であろう。」

「オウムは、いわゆる通常のカルトとは全く違った組織である。過去に、信者の頭に高圧電流を流したカルトがあっただろうか? 世界中見渡しても、他に類例はない。アメリカで開発された洗脳テクニックを、彼らは忠実に再現したテロ集団なのだ。」

--------------------------------------------------------------

・1994年6月 元教団幹部の中川智正が東京地方裁判所で行われた松本智津夫の公判に証人として出廷した際の証言。

裁判記録より

遠藤誠一と中川智正は、静岡県富士宮にある日蓮正宗の大石寺(住所:静岡県富士宮市上条2057)に、村井の指示で、サリン撒布の下見が行なわれていた。その際には、遠藤が富士市でレンタカーを借り、中川を伴って、大石寺まで行った。遠藤によれば、サリンを撒く対象についての下見ということではあったが、中川が、「なぜ大石寺にサリンを撒くのか。」について尋ねたところ、遠藤は「分からない。」と述べた。

・1994年6月27日 松本サリン事件が発生。

・1994年9月 ★【露】オウム信者たちがロシアで軍事訓練を受ける(第2回目)。また、帰国の際には、日本国内で使用するため化学兵器等の検知器、LSDの原料および小銃の実弾などを持ち帰らせる。

※上祐インタビューより −JanJanニュース

上祐:ロシアの国軍が金さえ払えば軍事演習をさせてくれるんですね。そこで、94年にはオウム信者が射撃の訓練を受けます。ロシア軍からヘリコプターを買って、日本に持っていったけど、動かなかったということもありました。

--------------------------------------------------------------

・1994年11月 「オウム教団に関する基礎捜査報告書」より (警視庁警備局作成)

オウム教団は、麻原教祖の(ハルマゲドン、すなわち世界最終戦争の)予言を的中させるために、首都圏で数百万人規模の死傷者を出させるテロを実行するしかないところまで追い詰められている。そして廃墟と化した首都に、オウムの理想共同体である独立国家を建設しようとしている。

・・・計画は5段階に分かれ、第一段階はサリンを使った無差別テロ。

第二段階は銃器や爆発物を使用した要人テロ。

第三段階は細菌兵器を上水道に混入する無差別テロ。

第四段階はサリンなどの薬剤の空中散布による無差別テロ。

そして、第五段階は核兵器による首都壊滅である。・・・

--------------------------------------------------------------

・1994年11月19日 〜 11月20日 【露】 日米露三極会議(於モスクワ)

・1994年12月 【チェチェン】ロシア大統領ボリス・エリツィンはチェチェンの独立を防ぐために連邦軍をチェチェン共和国に投入。チェチェンの中央銀行もロシア軍が空爆。アル=カーイダのメンバーとされるオマル・ハッダード司令官をはじめイスラーム諸国から多数のムジャーヒディーンと呼ばれる兵が参集した。

※佐藤優説 これは戦前に何度も数億ドル単位の不正送金をクレムリンにしていたから。その罪証を全部隠滅する必要がある、徹底的に中央BKを絨毯爆撃したので書類は全く残らなかった。

※通説

ロシア最大の外貨獲得資源である石油パイプラインの経路の一端を持つチェチェンの独立に更なる危機感を持ったため。

※チェチェン・マフィアにとって、ロシアからの『半独立』は、「自由犯罪解放区」になるため非常に都合が良かった。

※1994年の戦闘で捕虜となった暫定評議会部隊の中に、ロシア連邦防諜局とロシア軍の将兵が混じっていた。捕虜となった将校達は「反ドゥダーエフ派の軍事計画には、ロシア連邦民族対策委員会や連邦防諜局の指導部などが加わっていた」とあっさり白状。

・1994年12月 総裁大川隆法は東京ドーム公演や自著で「現代社会における二つの悪」として、一つは悪徳マスコミ、もう一つの悪が「邪教・創価学会」であると厳しく批判。対立姿勢を鮮明

・1994年 - 1995年 ★★石川公一によって作られた尾崎ビデオによって洗脳。(あらすじ: 尾崎豊の死の原因がアメリカにある。日本はすでにアメリカのコントロール下にあり、アメリカは「影の世界政府」の支配下にある。影の世界政府は世界人口30億人の大虐殺計画を持っており、その作戦の一貫として、日本を滅ぼそうとして攻撃してくる。尾崎はその計画に都合が悪いので暗殺された。そして、その「影の世界政府」・アメリカの攻撃には対抗して戦わなければならない。アフガニスタンやヴェトナムやキューバのようにレジスタンスを繰り広げなければならない。そして、その戦いを率いる救世主は、日本に現われる…。)

このようなユダヤ陰謀論であり、教団の方向性を決めたきわめて重要なビデオ。他にも米国から毒ガス攻撃を受けるという洗脳も。

・1995年 【チェチェン】ロシア側は、一方的に休戦を宣言し、軍隊の撤退を始めた。暫定評議会部隊のグローズヌイ攻撃は、実は連邦防諜局が秘密裏にお膳立てして、ロシア軍のカンテミール戦車師団の将兵を送り込んで行った「特別任務」だったことが明るみ出てしまった。チェチェン共和国内部の政争を内戦のレベルにまで激化させることを目的としたこの秘密作戦は、全てエリツィン大統領、連邦防諜局長、大統領警護局長、国防相、内相らの承認の下で遂行された。

・1995年3月15日 【露】ロシア・モスクワ地区裁判所、オウム真理教の資産の差押。

・1995年3月17日から22日まで ★★【露】早川はロシアに滞在し、大量の武器を購入、貨物機をチャーターして北オセチアからウラジオストックまで飛んでいる。ただしこの大量武器のその後は現在も不明のままだ。

--------------------------------------------------------------

・1995年〜 【露】ロシアの日刊紙「イズベスチヤ」より(2000年2月25日付)

ロシア捜査当局の情報として、オウム真理教の信者と見られるグループがロシアの農村の家屋で共同生活を続けていると報じた。グループは、モスクワから北西約二百キロのトベリ州内の「エリツィ村」と呼ばれる村で家屋の建設を始め、現在三棟目を建築中。土地購入にあたり届け出た書類にオウム真理教モスクワ支部の通訳ら複数の信者の名前があるほか、エリツィ村に多数のオウム真理教関連図書が配布されているという。また、建物の内部には「礼拝堂」、庭には野菜畑や温室、貯蔵庫などがあるという。オウム真理教信者は現在、ロシア国内に約二百人いると見られ、モスクワでは、日本からの資金供与を受けて、不動産売買や浄水器販売などの事業を営んでいるという。・時事通信(2003年12月25日付)より

【モスクワ24日=花田吉雄】

ロシアの日刊紙「イズベスチヤ」(二十四日付)は、ロシア捜査当局の情報として、オウム真理教の信者と見られるグループがロシアの農村の家屋で共同生活を続けていると報じた。それによると、グループは「エリツィ村」と呼ばれる村で九五年から家屋の建設を始め、現在三棟目を建築中。「オウム真理教」と確認できるような目印はないが、土地購入にあたり届け出た書類にオウム真理教モスクワ支部の通訳ら複数の信者の名前があるほか、エリツィ村に多数のオウム真理教関連図書が配布されているという。また、建物の内部には「礼拝堂」、庭には野菜畑や温室、貯蔵庫などがあるという。イズベスチヤ紙はエリツィ村の細かい所在地などは明らかにできないとしているが、モスクワ北西約二百キロのトベリ州内に同名の村がある。オウム真理教のモスクワ支部は、九五年の麻原彰晃こと松本智津夫被告らの逮捕後、ロシアの司法当局によって解散させられた。同紙によると、オウム真理教信者は現在、ロシア国内に約二百人いると見られ、モスクワでは、日本からの資金供与を受けて、不動産売買や浄水器販売などの事業を営んでいるという。

--------------------------------------------------------------

・1995年3月18日 麻原彰晃が村井秀夫に地下鉄サリン事件の総指揮を指示。(リムジン共謀)

・1995年3月20日 ★★★★地下鉄サリン事件発生。

--------------------------------------------------------------

・地下鉄サリン事件の前日と前々日には、防毒マスク・メーカーの重松製作所の店頭株式が大量に「防衛庁関係者によって購入され」、サリン事件で大幅に値上がりした同社の株式を売却し、防衛庁の巨額の「裏金」が作られた。

・地下鉄サリン事件の「前日に」、自衛隊と機動隊は、合同で「毒ガス・テロ事件」対策訓練を行っていた。

・「化学兵器」を使用した世界初の「化学兵器テロ事件」であった。現在、「化学兵器」は、国際的には1997年に発効した「化学兵器禁止条約(CWC)」によって使用のみならず、製造・保有も禁じられている。

・松本、地下鉄両サリン事件後、大量脱会したオウム信者のほぼ全員が統一教会の脱会者で、中核は元自衛官を含む十人前後。

・1995年3月20日の午後、パレスサイドビルの毎日本部に、創価学会員がそこ(と朝日新聞事務所)にある外国報道事務所を訪問し、オウム真理教と呼ばれる教団が東京地下鉄毒ガス事件に関与していると外国人社員に告げた。

→東京が麻痺して、オウムの関与の可能性について1週間以上経ってはじめて警察が情報を流したというのに、創価学会活動家はどうやってそんなに整然と動くことができたのか?

--------------------------------------------------------------

・1995年3月22日 上九一色村など全国の教団施設25ヶ所を強制捜査。この頃、出家信者1600人、在家信者1万5000人、ロシアで自称3万人。

ウム教団の強制捜査の再発見された無印の金塊10キロは、93年の脱税事件で、金丸信の事務所から発見されたものとほぼ同一の規格、品質であり、同じ高炉で精錬されたものとわかった。北朝鮮は、金塊を国家資産として保有し、功績のあった人への贈呈品としてだけ使っていた。金丸サイドは、亡くなった夫人が財テクで買っていたもので、北朝鮮からもらったものではないと否定した。

・1995年3月23日 【露】ロシア発のラジオ番組で、「私は君たちが...救済計画の手伝いをしてくれることを待っている」と呼びかける。 *この日本は1996 年の終わりを契機として大きな転換に至る。その前に大きな殺戮がなされると唱える。

・1995年3月23日  ★【露】ロシア・モスクワ地区裁判所はオウム真理教の宗教活動を禁止し、ロシア政府は当時ロシア国内にいた大内利裕を逮捕した(支部長の上祐史浩は日本に呼び戻され不在だった)。大内利裕は拘留中に脱会届を教団に送付した。

※上祐は逮捕直前に指示した極秘計画で「今月中旬にも幹部 数十人を米ニューヨーク、独ボン、スリランカの各支部に異動する。計画では各所に10人前後が移住する。教団では時期を見て、これら幹部に40億円ともいわれる教団海外資産の回収もさせる方針」

・1995年3月26日★★★ 【露】モスクワ市の露日大学のある4階建ての建物から出火し、オウム真理教のモスクワ支部のある4階の一部が全焼する(機密書類が完全に燃えてしまった)。

・1995年3月30日 ★★国松孝次警察庁長官狙撃事件。

 ※1995年3月30日から半月後の4月14日に石原慎太郎が議員辞職を公にした

・1995年4月4日 オウム広報部長上祐史浩の外国通信記者クラブでの会見であった。上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。

・1995年4月18日 ★★【露】ロシア全土のオウム真理教の宗教活動禁止命令の判決下る。

・1995年4月5日 村井は外国報道機関からただ一度のインタビューを受けたが、このとき二人のアメリカ人ジャーナリストと45分にわたって議論している。このとき、彼は警察とFBIにすべてを公開する準備ができていると述べた。

・1995年4月20日 早川は拳銃を別の車に移し変えようとしたところを不法侵入罪で逮捕された。早川は逮捕時に統一教会系商社の社長だったという噂がある。

・1995年4月23日 ★★★村井秀夫刺殺事件。犯人の除裕行は、1965年、群馬県高崎市生まれの在日韓国人二世(山口組と親交あり)。

※徐が犯行直前に住んでいたのが、拉致犯辛光洙(シンガンス)の愛人の妹の家だった。(板垣英憲氏のニュースレターより)

※村井は、当時1000億円収入ある(覚醒剤によって)と公言したあと消された。「北朝鮮の核」機密保持のために殺害された説あり。オウム真理教は、日本各地の原発に、信者200人を作業員として送り込んでいた。殺された村井秀夫が「原発の機密をスパイせよ」と極秘指令をしていたという。原発に関する膨大な機密資料を手中に入れていたという。これが北朝鮮にわたったのではないかともいわれ、この秘密を喋りそうな村井秀夫を暗殺したのではないかとの説がある。(板垣英憲情報局11/22)

・1995年5月6日 ★林郁夫の自供で地下鉄サリン事件の全容解明。

・1995年5月16日 ★麻原彰晃が殺人容疑で逮捕。

★サリン事件後日 連合赤軍の田中は、北朝鮮の偽ドルを使用した容疑で、カンボジアで逮捕

1995年6月1日 〜 6月3日 【アメリカ】米露三極フォーラム(於ワシントン)

・1995年6月 山口敏夫元労相と中西啓介元防衛庁長官が証人喚問される。その後、山口は背任罪や偽証罪などで逮捕、起訴され、懲役3年6か月の実刑判決が確定した。

・1995年7月 【アメリカ】米・ベトナムとの国交樹立を発表。

・1995年10月8日 上祐史浩は逮捕される(国土法違反などで懲役3年の実刑)。

・1995年10月31日 【米国】米国上院委員会が「大量破壊兵器のグローバルな拡散 ――オウム真理教の事例研究」に関する公聴会を開催。

--------------------------------------------------------------

米国CIAは、95年に100頁に及ぶ「オウム真理教事件報告書」をまとめ、上院に提出した。

※★オウムとKGB(CIAの報告書作成に携わった関係者より)

「我々は外交や経済戦略上、日本に拠点と人脈を作りたいと考えていたロシア政府が、資金と人員が豊富なオウム真理教に目をつけ、自国の国益を満たすように操ろうとした可能性が高いと見ています。それで、軍部や旧KGBの関係者を通じ、二束三文の旧式武器を高額で売り付け、武装化を煽りながら、巧みに反米思想を植え付けたというのが真相ではないでしょうか。何しろ、オウム信者たちはマインドコントロールされやすいですから、KGBの手にかかったら赤子の手を捻るようなものでしょう。」[3,p133]

オウムと北朝鮮(CIA関係者より)

「もし、そうだとすれば、北朝鮮は完成したプラントが手にはいるし、松本・地下鉄サリン事件も彼らには恰好の検討材料になった。独裁国家といえども、大量殺戮ガスの効果を調べる機会は滅多にない。サリンはいったい、どのくらいの量をどのように散布すれば、どれだけの被害が出るか、運搬方法は? 解毒剤は効果があるのか、被害地域を拡大するにはどうすればいいかなど、多くのデータが収集できたはずだ。北朝鮮がそのためにオウムの犯罪を支援したとまでは言えないが、高い関心を抱いていたのは間違いないだろう」[3,p182]

--------------------------------------------------------------

・1995年11月23日以降 ★「SGI憲章」が制定された。憲章の7番目の項目として「仏法の寛容の精神を根本に、他の宗教を尊重して、人類の基本的問題について対話し、その解決のために協力していく」と記述され、方針転換を正式に表明

・1995年11月 【露】ロシアでのオウム調査を率いた国会宗教問題委員会の委員長ヴィタリー・サヴィトスキーは「自動車事故」で突然の事故死。彼によれば、オウムの活動はロシアの諜報機関に支援されていた。

・1995年11月 【露】金融資本系の新興財閥は「金融産業グループ法」が制定されるに至って、各種の優遇措置を受けられるようになった、

・1995年12月 【フランス】創価学会セクト指定。フランスの下院(フランス国民議会)で採択された「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針は調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』

・1996年2月 【露】ベレゾフスキーはエリツィンを支持しようと決意した。メディア王のグシンスキーを始め、ほとんどの新興財閥を説得した。

・1996年 【露】プライスウォーターハウスが発表したロシア連邦銀行の監査報告で、ロシア連邦銀行に融資された IMFの資金120億ドルが、Fimacoに移されていることが明らかにされた。

・1996年 【露】アナトリー・チュバイスが大統領府長官に就任し、アレクセイ・クドリンが同副長官になった。

アナトリー・チュバイスが第一副首相兼財務相に就任すると、アレクセイ・クドリンは財務第一次官になった。

アナトリー・チュバイスが電力独占体の「統一エネルギーシステム」社長に就任すると、アレクセイ・クドリンは第一副社長になった。

※後に、アレクセイ・クドリンはプーチン内閣で副首相兼財務相。

・1996年1月29日 創価大学の、吉上昭三焼死。

・1996年2月29日 毎日デイリーニュースに阿含宗の星祭りの一面広告が登場した

・1996年3月 【米国】上院調査小委員会顧問のエーデルマンは上院公聴会で、オウムが旧ソ連領内で核兵器を購入しようとしていた事を明らかにした。

・1996年3月 【カンボジア】田中義三は偽ドル紙幣を使用した容疑で、カンボジア当局に逮捕されている。

・1996年3月末 日本テレビが、オウムのロシア兵器工場訪問のビデオを放送した。

・1996年4月 【中国・露】中ロ北京共同宣言。(21世紀に向かっての戦略的提携)

・1996年5月27日 【チェチェン】エリツィンはチェチェンの抵抗運動のリーダーたちと初めて会見した。

・1996年6月 【露】サプチャクが市長選で敗れた。

・1996年6月 【露】プーチンがモスクワに移り大統領府総務次長に就いた。

・1996年6月 【チェチェン】多大の損害を出しながらもロシア軍はグロズヌイを制圧、掃討戦へと移行した。その後、チェチェン側の指導者ドゥダエフが掃討戦の最中に戦死。

・1996年7月 【露】アナトリー・チュバイスが大統領府長官に就任した。

・1996年8月 【チェチェン】双方の間で休戦条約(ハサヴユルト協定)が結ばれた。ロシアとチェチェン共和国との間で1996年に結ばれた。

・1996年10月 【露】新興財閥の長ベレゾフスキーはロシア安全保障会議副書記に就任した。

・1996年11月 【露】北朝鮮林業省要員、阿片22kgを汽車でロシアのハサンに密搬入を企図し、摘発された。

※ロシアの場合は、北朝鮮伐採工・林業代表省職員等の現地に派遣された北朝鮮人を活用、ロシア極東地域を中心に阿片・ヘロイン等を販売しており、一部は、欧州等の地に密搬出しているが、この過程において、ロシアン・マフィア等と連係、海外販売網を持続的に拡充しているものと推定される。  (イズベスチヤ紙)

・1997年3月 【露】プーチンは、大統領府副長官兼監督局長に昇格。

・1997年3月 【露】アナトリー・チュバイスは第一副首相兼財務相に就任。

・1997年 【チェチェン】ロシア軍は完全に撤退した。コーカサス研究の廣瀬陽子によれば、チェチェン側はハサヴユルト協定により実質的に独立を確立した。この戦争で推定10万人の市民と、ロシア兵およそ5700人、チェチェン武装勢力17000人が死亡したと推定されている

・1997年 【韓国】韓国大統領選挙。候補者の金大中が日本で秘密裏に公明党幹部と面会し、日本の公明党の影響下にある韓国創価学会から支持を得られるように依頼し公明党幹部が了承した。

・1997年7月  【露】北朝鮮人伐採江、ロシアのハバロフスクで阿片5kgの密売を企図し、摘発された。  (イズベスチヤ紙 )

・1997年7月 【アジア】アジア通貨危機が、タイを中心に始まった。

・1997年11月 【モスクワ】ドゥダーエフ大統領の提案を携えた使者が、チェチェン侵攻直前のモスクワを訪れた。提案は、ロシアがドゥダーエフ政権の正統性を承認することを条件に、ドゥダーエフ側もチェチェンがロシア連邦に編入されることに合意するという内容。大統領評議会はその方向での解決を勧めたが、エリツィンはこの提案を拒み、チェチェン問題の平和的解決の芽をつぶして、武力行使に踏み切った。

・1998年 【チェチェン】チェチェンのイスラーム武装勢力がダゲスタン共和国に侵入を開始したことに呼応しロシア軍も軍事行動を開始。チェチェン全土に空爆を行い20万人の難民が発生した

プーチンは1999年8月に首相に就任してから三ヵ月足らずで武力によりチェチェン紛争をとりあえず封じ込め、その功績で後継大統領の座を確保する。

「それまで、KGBは隠れて権力を行使してきたのだが、1999年以降は明らかに堂々と権力を行使しており」、「KGB帝国」が完成したのだ。

・1998年1月24日 〜 1月30日 【露】 秋山防衛事務次官の訪露(モスクワ、ハバロフスク)

・1998年3月 【露】大内利裕は国外退去処分を受け、ロシアを出国した。その後、キプロスに潜伏しているところを現地警察に逮捕され、日本に強制送還され、警視庁に逮捕された。

・1998年4月 【露】新興財閥の長ベレゾフスキーはCIS(独立国家共同体)執行書記に就任した。これはエリツィン再選を支援した褒美だった。ベレゾフスキーは、エリツィン政権における黒幕と呼ばれた。

※ベレゾフスキーはエリツィン一家と癒着した。そのせいで、欧米でエリツィンの評判は悪かった。

・1998年4月 【露】アナトリー・チュバイスは統一エネルギーシステムの社長に就任する。

・1998年5月 【スイス】ビルダーバーグ会議開催。サマーズ、アナトリー・チュバイスが出席した。「HIIDには米政府上層部に支持者がいた。元ハーバード大学経済学部教授で1993年にクリントン政権で財務次官に任命されたローレンス・サマーズである

・1998年7月20日 【露】IMFが総額110億ドルの対露融資を決定した。48億ドルはロシア政府指定の外国の口座に様々に分けて移転された。ところが金融危機のどさくさの中で、この巨額資金は行方知れずになってしまった。第1に、48億ドルはついにモスクワには到達することなく、いずこかへ消えた。第2に、すべての資金の移動は、IMFとの債務関係を仕切っていた財務次官カシヤノフの指示によって行われたと言うことだった。江頭寛著『プーチンの帝国』より

・1998年8月 【露】ロシア通貨・金融危機が起こった。チュバイスはガイダルと共に、キリエンコ首相(当時)にルーブルの切り下げを迫った。同首相は、その勧告に従ったが、これが引き金となり金融危機が発生。

※チェースにもアナトリー・チュバイスの名前。「アナトーリー・チュバイス氏は、JPモルガンの国際諮問委員会のメンバーとなった。ロシアの財界人が同国際諮問委員メンバーとなるのは初めて。」

・1998年 【露】ベレゾフスキー(米英友好派)はFSB長官のプーチン(国益重視派)をまず首相にした。

・1998年8月31日 【北朝鮮】北朝鮮はテポドンミサイル打ち上げ実験を行った。翌日に行われた自民党国防部会で、米ミサイル防衛構築のための研究開発費の大幅増額が認められ、今後10数年をかけて、数兆円に上る支出が既定方針となり、アメリカ国防省と軍需企業を喜ばせた。

・1998年9月 【露】首相のセルゲイ・キリエンコが解任されると、プリマコフが後任に就任した。プリマコフはKGB出身だった。

※ベレゾフスキーと新興財閥はKGB出身者が首相になり、焦った。

そこに、パーティでプーチンに会った。

ベレゾフスキー「プーチンは何になりたいのか?」

プーチン「ベレゾフスキーになりたい!」

ベレゾフスキーは傀儡政権に使えると思い、エリツィンの次にプーチンを選んだ。

・1998年9月23日 【露】ロシア軍が「テロリスト掃討」のため再びチェチェンへの空爆を開始し、ハサヴユルト協定は完全に無効となった

・1999年1月 【露】アレクセイ・クドリンは統一エネルギーシステム社の第一副社長に就任した。チュバイスは社長だった。

※大統領府でも財務省でも統一エネルギーシステムでも、常にクドリンの上にはチュバイスがいた。

・1999年1月20日【露】ロシアのイズベスチヤ紙は、北朝鮮がロシア極東地方において、麻薬密輸により稼いだ外貨で戦闘ヘリ等のロシア製軍事装備を購入していると暴露した。 イズベスチヤ紙 。

・1999年 【露】モスクワなどロシア国内3都市で発生し、300人近い死者を出したロシア高層アパート連続爆破事件(リャザン事件)は、 チェチェン独立派武装勢力によるテロと断定されたが、実は第2次チェチェン侵攻の口実を得ようとしていたプーチンを権力の座に押し上げるために、FSBが組織的に仕組んだ偽装テロだった。『Blowing Up Russia:Terror From Within』(リトビネンコ)より

・1999年8月 【露】プーチンは首相に就任してから三ヵ月足らずで武力によりチェチェン紛争をとりあえず封じ込め、その功績で後継大統領の座を確保する。

「それまで、KGBは隠れて権力を行使してきたのだが、1999年以降は明らかに堂々と権力を行使しており」、「KGB帝国」が完成したのだ。

・1999年8月 【チェチェン】チェチェン独立を求めるイスラーム過激派IIPBがチェチェンからダゲスタンへ進出してきた。ロシア連邦軍も出動した激しい戦闘が、1ヶ月ほど続き、IIPBは撤退。この間、一般市民も含んだ千人ほどの死傷者が出、また、IIPBはテロも併用したため、それが第2次チェチェン紛争の要因ともなった。

・1999年9月25日 東京都足立区の西新井病院(北朝鮮系)勤務の霜鳥隆二が逮捕。北朝鮮工作員との噂もあり。

林郁夫の右腕だった工作員霜鳥隆二は、共産党系の病院に医師として勤務していた時に、オウムに入信した。ある時、突然、都内にある北朝鮮系の病院に移り、さらにオウム付属病院へ移った。霜鳥隆二は、以後、林の右腕となり、麻酔剤・電気ショック・LSDなどを用いて、信者に洗脳 を行っていた。これらの方法は、高沢氏によると「北朝鮮の洗脳技術と瓜ふたつ」だ。北の毒ガス等の兵器開発と「まったく同じ軌道上にあるもの」という。しかも霜鳥隆二は、「教祖・麻原に対しても心理療法、あるいは催眠療法などの『イニシエーション』を行える立場にあった」。

・1999年後半 日本の警察は、オウムが、インターネットを使ってロシア、中国、韓国、ウクライナ、PRC、台湾の核施設の先端情報を集めていることを発見した。オウムはデータを獲得するためのコンピューターネットワークを破壊した。また、オウムは日本に核燃料を輸送するやり方と経路の情報を詳しく調査した。なぜなら、オウムは核兵器を購入することができなかったので、自ら核施設を建設しようとしたからだ。

・1999年12月31日 【露】エリツィン(米英友好派)を辞任させ、プーチン(国益重視派)を大統領にした。

※プーチンは米英友好派を演じていたが、全然ユダヤ系新興財閥に忠誠心なんてなかった。大統領になり、強大な権限を手に入れるとアッという間に裏切った。ベレゾフスキーはイギリスに亡命。ユダヤ系メディア王グシンスキーはイスラエルに亡命。

・2000年 【露】ロシアでチェチェンの武装勢力と徹底対決を主張するウラジーミル・プーチンが大統領に就任し、紛争は新たな段階へ移行してゆく。

・2000年 【グルジア】ソロスはグルジアを訪問した。シュワルナゼ大統領は、グルジアの市民社会を発展させたいと考えてソロスに頼み、ソロスが運営する組織「オープン・ソサエティ財団」のグルジア支部を作ってもらった。

・2000年頃 【コンゴ共和国】麻原彰晃らオウム真理教幹部がザイール(現コンゴ共和国)を訪問した。その目的は致死率100%とも言われるエボラ菌だったと噂される。ジョン・ムルアカは、多額の報酬と引き換えに教団に協力した。このとき、ムルアカは、鈴木宗男代議士の私設秘書でコンゴ通商代表部だった。

・2000年5月 【露】プーチンは連邦管区の設置を提案。ベレゾフスキーは猛反対し、公開質問状を投げるが、プーチンは無視。ベレゾフスキーは傀儡政権樹立に失敗した。

・2000年6月22日 もとKGBのドミトリー・シガチョフが来日。オウム過激派の最重要人物と目されている。シガチョフはウラジオストクから新潟空港へ入り、日本でのテロ行為の準備を行なおうとした。これに対し、他のロシア人信者からシガチョフの行動についての連絡を受けたアレフ、上祐史浩は、まず東京入国管理局(新潟空港のある新潟県を管轄)と交渉して入国を阻止しようとした。しかし入管は入国を認めてしまう。上祐は警視庁公安部と連絡をとりつつ、信者を派遣して24時間行動確認を行なう。シガチョフは福岡に移動し、さらに当時開かれようとしていた九州・沖縄サミット会場の沖縄へ向かうつもりだったが、警視庁・福岡県警の説得により、自由な行動が不可能であると悟り、断念。新潟に戻り、6月25日に帰国する。

日本側からの制止にも拘わらず、シガチョフを思いとどませることはできなかった。

・2000年6月28日 【露】シガチョフはFSB職員と接触し、日本に対するテロ行為の意図について表明した

・2000年7月4日 【露】FSB沿海地方局の捜査官によりシガチョフは逮捕され、後にヴォロノフとトゥペイコも逮捕されたが、ユルチュクは逃亡に成功した。

・2000年9月4日 【イラク】フセインが石油の決済にドルを使わない。フランスのシラク大統領が唆した。イラクは、石油の決済にユーロが使われるようになった。

※2003年のイラク戦争後に、ドルに戻した。

・2000年12月25日 【露】鈴木宗男とセルゲイ・イワノフ安全保障会議書記との会談(佐藤優・国際情報調査局主任分析官が同席)。鈴木は会談後、「2島先行返還論を含む段階的解決論を模索すべきだ」と発言。

※佐藤優「鈴木さんにしたって僕だって、森総理に(秘密のパイプを作れと)言われてセルゲイ・イワノフとの会談を準備したんだから」 (国家の罠)

・2001年6月15日 【中国】上海協力機構が設立。中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタンの6か国による多国間協力組織、もしくは国家連合。

・2001年7月13日 【露】ユルチュクは指名手配され、逮捕された。ハバロフスクでの医療鑑定において、ユルチュクは社会的に危険人物と認められた(別件で資金調達の際にモスクワで殺人を犯している)。

2001年、2004年 創価学会は2度にわたり日蓮正宗を誹謗中傷するデマのビラを配布。配布された範囲は10都府県、34の市町村に及んだ。その後日蓮正宗との裁判に発展し学会が敗訴。損害賠償を命じられた。またこの裁判に絡み妙観講の婦人講員二名が不当逮捕されるという事件が発生。その後警視庁筋から今回の逮捕は元公明党都議が警察署へ赴き立件を要請したとの情報が寄せられた。

・2001年10月 【露】プーチン政権化で土地基本法が採択された。土地の私有と売買を自由化した。

※プーチン政権は、同年に所得税の減額も実施した。

・2001年11月 【露】ベレゾフスキーはイギリスに亡命した。ベレゾフスキーらオリガルヒはエリツィン一族の政治資金作りに深くかかわっており、大統領顧問をつとめるエリツィンの娘(二女ジヤチェンコ)ら一族とオリガルヒは一心同体の「ファミリー」と呼ばれ、それがロシアの権力中枢だった。

・2001年 創価学会幹部が天理警察署長に就任して以降、公権力の横行による弾圧を受けていると主張している。

・2001年12月  【露】ホドルコフスキーはオープンロシア財団を設立した。理事に、ヤコブ・ロスチャイルド、キッシンジャーがいた。

・2002年 【露】プーチン政権は、法人税を減税した。

※90年代は、生産と販売実績の90%は政府に報告されていなかった。半分以上税金を過小報告されたいた。実際は、統計上のGDPの二倍はあった。これは高い正金のため、脱税されていたためだった。(Aシャーマ ニューメキシコ大学教授の論文より)

法人税減税後は、統計上の税収が増えた。これは、減税のため、素直に申告するようになったと考えられる。、

・2002年 創価学会、携帯電話通話記録窃盗事件。当時創価大学剣道部監督だった創価学会幹部が交際していた女性の浮気を疑い通信会社に勤務していた部下の学会員に浮気調査の名目で女性や女性が付き合っていた別の男性 A(仮名)の通信記録を調べるよう指示し盗み出したというもの。日本国憲法で保護されている通信の秘密を侵すものとして学会員3名が電気通信事業法違反で逮捕され、全員が有罪判決を受けた。また捜査の中で創価学会に反目する団体幹部やジャーナリストの通信記録も盗んでいたことが発覚した。

・2002年8月 【チェチェン】ロシアのイワノフ国防相は、公式にパンキシ渓谷にロシア軍を派遣し、チェチェン民兵を排除する権利があると主張した。

・2002年10月25日 ★★★★石井紘基議員刺殺事件。犯人は、指定暴力団山口組系の右翼団体と云われてる『守皇塾』の伊藤白水こと本名:尹白水。石井氏はソ連留学(モスクワ大学大学院)経験者であり、奥様もロシア人。

※石井紘基は、オウム問題議員の会の会長をしていた。オウム進出を調べにロシアへ行った。その後、話をしたロシア人のアパートが爆破され、その人は死んだ。

★★『オウム事件は終わらない』

「石井:ロシアにオウムが進出していきましたね。ロシアには五万人もオウムの信者がいたそうですが、オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中が、どうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった。

捜査についてですが、日本ではオウムの全容が明らかにされません。オウム事件というのは、いったいどういうことだったのか。僕は、岡崎さんがおっしゃったように、オウム真理教は、宗教法人制度をうまく利用してアンダーグラウンドで儲けようという要素を非常に強く持っていたのだと思います。それが暴力団と結びつき、国際的に密貿易をしたり、薬物を流したりしたのはいったい何のためだったのか。」

★統一教会はCIAの下請け組織KCIAのフロント機関であり、北朝鮮・金政権の最大の支援者

・2002年10月26日 【アメリカ】 小泉総理・カシヤノフ首相会談(APEC、於ロス・カボス)

・2003年1月9日 〜 1月12認知 【露】 小泉総理の訪露(モスクワ、ハバロフスク)

・2003年1月13日 〜 1月15日 【露】石破防衛庁長官の訪露

・2003年 【グルジア】ベーカー元国務長官がグルジアにやってきた。ベーカーとシュワルナゼは、共に米ソ冷戦を終わらせた歴史的人物で親友。ベーカーは「11月の議会選挙は公正にやったほうがいい。不正があるとアメリカは貴方を支援しなくなるから。野党と話し合って選挙管理委員会を作りなさい」。また、サアカシビリ元法相ら野党指導層と会談し、既に「ポスト・シュワルナゼ」に視線を移していることを露骨に示した。

「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」(北野幸伯)

※シュワルナゼは辞任直後、BBCのインタビューで「私はずっとアメリカの政策を完全に支持していた。」

・2003年2月8日 ラムズフェルドとイワノフ対談。議論内容についてロシア国防相は「先ず朝鮮半島情勢の解決、アフガニスタンとその周辺の情勢、安全保障と国防に関するロシア・米国の関係などを話し合った」と発言。

・2003年3月 【露】ヨーコフとジブネフチが合併で合意した。米メジャー石油がユーコスあるいはその米メジャー石油との合弁会社に出資が決定した。

・2003年5月22日 【露】ブッシュ大統領はワシントン訪問中のロシア国防相セルゲイ・イワノフと会談し、米ロ関係の強化を支持すると発言。ブッシュ大統領とロシア国防相は双方関心のある、とりわけ国際テロ対策で米ロの協力など、広い分野の問題について話し合った。

・2003年5月30日 〜 6月1日 【露】 小泉総理の訪露

・2003年6月 【アメリカ】ホドルコフスキーは、ディックチェイニー副大統領とアメリカンケンタープライズ研究所の世界パーティにロシア人として唯一一人だけ出席した。

・2003年10月10日 【露】ロシア国防相セルゲイ・イワノフは「ロシアと米国は対ミサイル防衛分野の協力計画を立案している」と表明。「こうした協力はNATOとも行われている」「あちこちに具体的計画はある」「交渉では大量破壊兵器使用問題にも触れた」と発言。

・2003年10月25日 【露】ユコス事件勃発。世界16位の富豪石油王ホドルコフスキーが逮捕された。ロシア国内のユダヤ人に対してわ、ロシア人が勝利した事件とも言える。

この事件の解釈として、ユコス事件以降、欧米はロシアをコントロールできなくなった、と考えられる。

・2003年11月8日 【グルジア】バラ革命は。ジョージソロスに支援されたサアカシビリ大統領によって成功した。バラ革命でシェワルナゼを追放して親米欧化を進めた。NATOに加盟しようかどうかと言っているような状態だった。これはロシア包囲網だった。

・2004年7月7日 ★★★★★殺人未遂の疑いで警視庁の元巡査長で会社員の小杉敏行、植村哲也、砂押光朗の3人と爆発物取締罰則違反の疑いで石川公一が逮捕。

・2004年8月16日 〜 8月20日 【露】 中川経産相の訪露(サハリン、ハバロフスク)

・2004年9月 【露】ロシアの北オセチア共和国ベスラン市の学校をチェチェン独立派を中心とする武装勢力が占拠し、350人以上の死者を出した大惨事が起きた

・2004年12月 【ウクライナ】オレンジ革命で親米欧化を進めた。これは、ロシア包囲網だった。

※ウクライナの元大統領レオニード・クルフチュクが、「ベレゾフスキーがオレンジ革命を支援するために1500万ドルを費やした」と述べていた

・2005年3月 【キルギス】チューリップ革命が起こった。これは、ロシア包囲網だった。

チューリップ革命は、アメリカ政府の予算で支援してもらったNPOが民主化革命を起こしたものだった。

※しかし、この後のウズベキスタンでの革命にアメリカは失敗した。手口がばれたからだ。ロシアでNGO規制を始めていた。

・2005年5月8日 〜 5月9日【露】小泉総理の訪露(第二次世界大戦終了 60 周年記念式典、於モスクワ)

・2005年7月5日 【中・露】上海協力機構の首脳会議。アスタナ宣言。中央アジアで駐留米軍の撤退要求した。

・2005年7月30日 【ウズベキスタン】ウズベキスタンのカリモフ大統領は、駐留米軍の正式撤退を要求した。

・2005年12月16日 【ウクライナ】ウクライナの首都キエフにおいて、ウクライナ大統領ユシュチェンコ氏とCIA長官ポーター・ゴスの会談が行われた。

・2006年5月13日 統一教会の関連団体とされる「天宙平和連合」(UPF)主催の「祖国郷土還元日本大会」で、安倍晋三・官房長官(当時)、保岡興治・元法相、中川秀直・自民党政調会長、増原義剛・衆議院議員らの祝電が披露されたとしている。

・2006年6月27日 〜 6月30日 【露】 麻生外相の訪露(日露外相会談、G8外相会合)(於モスクワ)

・2006年7月15日 〜 7月17日 【露】 小泉総理の訪露(日露首脳会談、G8首脳会合)(於サンクトペテルブルク)

・2006年11月末日 安倍晋三首相の召請により、ロシアの防諜機関、連邦保安局(FSB)のパトルシェフ長官が数日間来日した。目的は「拉致事件でロシア側の情報を確認したかったから」(政府関係者)。

※ ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記インタビュー(2009/11/20 ロシアの朝刊より)

「ロシアは何よりもまず、核兵器保有量を攻撃や核保有国に対する抑止力として見ている」

「世界の軍事戦略的状況と2020年までの世界の発展の見通しの分析の結果、我が国に対する潜在的が軍事的脅威がなくなっていない事が明らかになった」

「それらの脅威の中で、彼はロシア国境でのNATOの拡張と同盟軍の活動開始をリストアップした。彼は、9年間の中断後に再開した核兵器の使用に対する支配を訓練するための米戦略部隊の演習を例として言及した。

他の不安定要因は、核、化学、生物等の兵器技術の拡散、大量破壊兵器の製造と国際テロを含む。」

「エネルギーや他の天然資源の争いのために、北極地域を含む境界地域で紛争の可能性が高まりつつあると言った。その他にも、日本のような国からロシアに対する領有権主張が強まっている」

「国内の軍事的脅威も存在し、大部分は北コーカサスに由来する」

・2007年頃 【チェチェン】チェチェンの青年たちのほとんどが

1.戦災で教育を受ける機会がなかったまま、ロシアではカルト的な新興宗教の性格があるワッハーブ派に感化された人達

2.親族をロシア軍に殺されたり、FSBの強制収容所で拷問を受けたりした結果、復讐心の塊となった青年たち

『ロシアで語られなかった戦争』(常岡) 

・2007年 公安部佐々淳行は石原慎太郎の選挙対策本部長だった。

・2007年4月28日 〜 5月2日 【露】 中川自民党政務調査会長他 3 名の訪露(モスクワ、サンクトペテルブルク、

ニジニノヴゴロド)

・2007年5月3日 【露】麻生外相の訪露(日露外相会談)

・2007年12月20日 〜 12月21日 【露】森喜朗元総理の訪露(トヨタ工場ラインオフ式出席、プーチン大統領との会

談、於サンクトペテルブルク)

・2009年3月末 【チェチェン】スリムヤマダエフが暗殺された。ほぼ間違いなくチェチェン共和国のラムザン・カディロフ大統領が黒幕。

・2009年7月17日 早川の死刑が確定した。

・2010年 指定暴力団山口組系後藤組(現在は除籍)組長後藤忠政が、暴露本『憚りながら』の中で創価学会と暴力団後藤組との関係を詳細に告白している。

・2012年1月1日未明 オウム真理教の特別手配犯、平田信(まこと)容疑者(46)が警察に出頭。

・2012年6月4日 【露】地下鉄サリン事件をめぐり、殺人容疑などでオウム真理教元幹部の菊地直子容疑者(40)が逮捕された。

※2012年6月4日のvoice of Russia報道 報道ロシアの複数の専門家らは、オウム真理教は禁止されているものの、ロシアでは活動が不法で続けられており、5万―10万人の信者がいると考えている。

●おすすめネットサイト

ARCHIPELAGOのキャッシュにも『本多繁邦』が登場より http://www.asyura.com/0403/bd34/msg/606.html

◎統一教会とオーム真理教と北朝鮮の関係 http://itisyugyousya.dousetsu.com/touitukyoukai1.html

4785722223


Book The Rotterdam Rules in the Asia-Pacific Regio...
商事法務 Tomotaka Fujita

4591127206


Bookデジタル教育は日本を滅ぼす 普及版
ポプラ社 田原総一朗


コメントを書く


とくめいとくめい 2015/01/15 16:01
週刊ポスト2/25号
驚愕スクープ!第1弾
麻原側近幹部Xが初めて告白
消えた「オウム金塊と現金7億円」これが全真相だ
http://www.asyura2.com/sora/bd5/msg/462.html

週刊ポスト3/3号
麻原側近幹部Xが初告白!第2弾
麻原が村井に命じた徳川・武田埋蔵金発掘マル秘計画
http://www.asyura.com/sora/bd5/msg/524.html


オウム真理教の無刻印金塊と金丸信
http://oriharu.net/gabana_n/kin/kin-oumu.htm

強制捜査で教団の金庫から七億円の現金と共に十キロの金塊が見つかっている。その金塊は無刻印で金丸信事件と同質と思われている。出所は北朝鮮ではないかとの報道も流れた。実行部隊のトップ早川「建設大臣」は93年から頻繁に北朝鮮を訪れていた。
「北朝鮮の中央銀行はロンドンのゴールドマーケットに認められた刻印をもっている。可能性はないかと言われれば分からないが、無刻印のままでは流通性がなくなる。いずれにせよ正規の流通ルート以外から手に入れたものだろう」(田中貴金属工業)
「北朝鮮からと言うのは材料不足。話としては面白いが短絡的だ。しかし、市場流通性がない無刻印金塊を所持していたのが、ともに山梨に関係する金丸、オウムだったという点には、何らかの意味が有ろう。
山梨、とくに甲府は宝飾産業のメッカなので、工業用として入ってきた可能性もある」(アジア国際通信、神保隆見氏)
オウムは無刻印金塊を何処から手に入れ、何に使おうとしていたのか。
【参考『月刊現代・1995年七月号』88頁「オウム事件13の謎」より抜粋】


とくめいとくめい 2015/01/15 16:07
オウム真理教:元アジトから「隠し財産」245万円
http://web.archive.org/web/20090613021512/http://mainichi.jp/select/today/news/20090611k0000m040116000c.html

オウム真理教が以前アジトにしていたマンションから現金約245万円が見つかり、警視庁はオウムの「隠し財産」として「オウム真理教犯罪被害者支援機構」(理事長・宇都宮健児弁護士)に返還した。
同機構が10日に会見するなどして判明した。現金は教団を巡る事件の被害者救済に充てられるという。

 同機構や警視庁公安部によると、現金は東京都昭島市のワンルームマンションの天井裏で今年3月に見つかった。札や硬貨が封筒5枚に小分けされ、黒いポーチに入っていた。

  部屋は96年12月から00年8月まで、当時オウム信者だった女性が賃貸借契約していた。

 その後、部屋にはオウムとは無関係の女性が住んでいたが、03年4月に元オウム幹部の男性がマンションを訪れ、管理人に「部屋に忘れ物をしたので浴槽の換気口を見せてほしい」と申し出た。

管理人が断ると男性は「今の入居者が退去したら連絡してほしい」と頼み、オウム関連のコンピューター会社名が入った名刺を差し出したという。

女性が転出した今年3月、管理人がユニットバスの天井裏を確認し現金を発見、警視庁昭島署に拾得物として届け出た。

 公安部の調べに対し、マンションを訪ねた元教団幹部は「教団の資金を隠していた」と説明。

 公安部は、オウムが特別手配犯の逃走支援などに充てる現金を保管するアジトとして使っていた疑いがあるとみている。

 オウムは96年3月に破産宣告を受け、今年3月、破産管財人による手続きを終えた。

 残りの債権を譲り受けた同機構の宇都宮理事長は「被害者救済のため(隠し財産があれば)正直に申告してほしい」と話している。


とくめいとくめい 2015/01/15 16:08
旧オウム施設から「隠し金」発見 244万円、被害者への配当に
http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009061001000580.html
 
オウム真理教犯罪被害者支援機構と教団の元破産管財人、阿部三郎弁護士は10日、教団施設として使われていた東京都内のマンション一室から現金244万7351円が見つかったと発表した。

機構側は「隠し資産」とみて、被害者への配当に充てる方針。

 3月の破産手続き終了後、教団の資産が新たに見つかったのは初めて。

 機構や警視庁公安部によると、現金は今年3月、昭島市にあるマンション一室のユニットバスの天井裏で発見。

黒いポーチの中で五つの紙封筒に小分けされており、紙幣の一部は変色していた。ポーチの中には、核シェルターを設置する会社の名刺もあったが、現金や教団との関係は不明という。

 教団側が退去した後の2003年4月、元幹部がマンションの管理人に「知人が忘れ物をした。浴室の天井裏を見たい」と連絡。住人の退去後、警視庁の立ち会いで天井裏を確認し見つけた。

元幹部は警視庁の参考人聴取に「教団の金だった」と認めたという。
http://d.hatena.ne.jp/orourke/20120325


14. 中川隆[-7272] koaQ7Jey 2017年7月07日 08:50:17 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

梅原猛 オウム真理教 _ 戦後教育がサリン事件を引き起こした
http://www.augustaholidaygiftguide.com/

15. 中川隆[-6494] koaQ7Jey 2017年9月06日 17:34:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]


「美意識が低い」日本の受験エリート達の末路
オウム真理教が体現する、受験エリートの闇
山口 周 : コーン・フェリー・ヘイグループ 2017年08月31日
http://toyokeizai.net/articles/-/186380


世界のトップエリートたちは現在、必死に美意識を鍛えています。一方、日本では偏差値は高いが美意識が低く、それが看過できない問題の元凶になっているようです(撮影:今井康一)

現在、世界のエリートは必死になって「美意識」を鍛えています。グローバル企業が世界的に著名なアートスクールに幹部候補を送り込む、ニューヨークやロンドンの知的専門職が、早朝のギャラリートークに参加するのは、こけおどしの教養を身に付けるためではありません。彼らは極めて功利的な目的で、「美意識」を鍛えているのです。

なぜならば、これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足を置いた経営、いわばサイエンス重視の意思決定では、今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの舵取りをすることはできない、ということをよくわかっているからです。

「偏差値は高いが美意識は低い」エリートたち

一方、残念ながら現在の日本企業の多くは、経営にかかわる人たちの美意識がほとんど問われません。すなわち、日本のエリート組織の多くは「偏差値は高いが美意識は低い」という状態で、計測可能な指標だけをひたすら伸ばしていく、一種のゲームのような状態に陥っています。ここでは「真・善・美」が問われず、それが、DeNAのコンプガチャやWELQ問題をはじめとして、続発する企業のコンプライアンス違反の元凶になっています。

「偏差値は高いが美意識は低い」という問題の闇を語るうえで避けては通れないのは、オウム真理教です。この宗教集団の特徴の一つとして、幹部が極めて高学歴の人間によって占められていた、という点が挙げられます。有罪判決を受けたオウム真理教幹部のリストを並べてみると、東大医学部を筆頭に、おそらく平均の偏差値が70を超えるのではないかというくらい、高学歴の人物を幹部に据えていたことがわかります。

地下鉄サリン事件が世間を震撼させたとき、これらの名だたる有名大学を卒業したエリートたちが、なぜあのように邪悪で愚かな営みに手を染めたのか、ということがしきりにワイドショーなどで騒がれました。しかし私は、当初からこの問いの立て方はポイントを外していると思っていました。


ワイドショーのコメンテーターに言わせれば、オウムの幹部連中は、受験エリートである「にもかかわらず」、愚かで邪悪な宗教に帰依した、つまり二つの事実を整合性の取れないものとして逆接でつないだわけですが、私は逆に、彼らがまさに受験エリートである「からこそ」、オウム真理教に帰依していったのだろうと思っていました。

その理由は、オウム真理教が提唱していた奇妙な位階システムにあります。オウム真理教では、修行のステージが、小乗から大乗、大乗から金剛乗へと上がっていくという非常に単純でわかりやすい階層を提示したうえで、教祖の主張する修行を行えば、あっという間に階層を上りきって解脱することができる、と語られていました。

これはまさに、オウム真理教に帰依していった受験エリートたちが、かつて塾で言われていたのと同じことです。オウム真理教幹部の多くが、事件の後になんらかの手記や回想録を著しています。これらを読むと、彼らのほとんどが、大学を出た後に社会に出たものの、世の中の理不尽さや不条理さに傷つき、憤り、絶望して、オウム真理教に傾斜していったことがわかります。

オウム真理教における「著しい美の欠如」

このように、わかりやすい位階システム、つまり強く「サイエンス」が支配している組織において、どのように「アート」が取り扱われていたのか。オウム真理教における「アート」について、小説家の宮内勝典氏は著書『善悪の彼岸へ』の中で、次のように指摘しています。

オウムシスターズの舞いを見たとき、あまりの下手さに驚いた。素人以下のレベルだった。呆気にとられながら、これは笑って見過ごせない大切なことだ、という気がしてならなかった。オウムの記者会見のとき、背後に映し出されるマンダラがあまりにも稚拙すぎることが、無意識のままずっと心にひっかかっていたからだ。(中略)

麻原彰晃の著作、オウム真理教のメディア表現に通底している特徴を端的に言えば、「美」がないということに尽きるだろう。出家者たちの集う僧院であるはずのサティアンが、美意識などかけらもない工場のような建物であったことを思い出してほしい。

偏差値教育しか受けてこなかった世代は、あれほど美意識や心性の欠落した麻原の本を読んで、なんら違和感もなく、階層性ばかりを強調する一見論理的な教義に同調してしまったのだ。後にオウムの信者たちと語りあって、かれらがまったくと言っていいほど文学書に親しんでいなかったことに気づかされた。かれらは「美」を知らない。仏教のなかに鳴り響いている音色を聴きとることができない。言葉の微妙なニュアンスを汲みとり、真贋を見ぬいていく能力も、洞察力もなかった。

宮内勝典『善悪の彼岸へ』

宮内氏のこれらの指摘をまとめれば、オウム真理教という組織の特徴は、「極端な美意識の欠如」と「極端な階層性」ということになります。これを本書の枠組みで説明すれば、アートとサイエンスのバランスが、極端にサイエンス側に振れた組織であったと言い換えることができます。


情緒や感性を育む機会を与えられず、受験勉強に勝ち残った偏差値エリートたち。彼らは、いわば「極端に単純化された階層性への適応者」でした。極端に単純化されたシステムの中であれば、安心して輝いていられる人たち。

しかし、実際の社会は不条理と不合理に満ちており、そこでは「清濁併せ呑む」バランス感覚が必要になります。彼らはそのような社会にうまく適応できず、オウム真理教へと傾斜し、やがて外界をマーヤー(幻)として消去させようとしました。

さて、ここまで、オウム真理教という、かつて日本を震撼させた新興宗教集団の特徴について考察してきましたが、読者の皆さんは、なぜビジネスとはまったく関係のないカルト教団の話をしているんだろう?と思われたかもしれません。

しかし、私は、宮内氏が指摘した「美意識の欠如」と「極端なシステム志向」というオウム真理教という組織の特徴が、ある種の組織と非常に類似している点に以前から引っかかっていました。

戦略コンサル、新興ベンチャーとの類似点

「業界の特性」ということでひっくるめられると迷惑だという反論もあるかと思いますが、あえて名指しで、オウム真理教と類似しているなと筆者が感じる二つの業界を挙げるとすれば、それは戦略系コンサルティング業界と新興ベンチャー業界ということになります。

私が電通を退職して米国の戦略系コンサルティングの会社に転職したのは2002年のことです。オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こしたのは1995年のことで、私はこの事件をきっかけにしてカルト教団に興味を持ち、研究をするようになったのですが、2002年に戦略コンサルティングの会社に転職し、昇進や評価のシステムに関する説明を入社時研修で受けた際に、すぐに「この組織はオウムの仕組みとそっくりだな」と感じたことを、よく覚えています。

いくつかの具体例を挙げて説明してみましょう。たとえば、極端に階層的でシステマティックである、という側面です。通常の企業ではだいたい8〜9程度の等級が設定されていることが多いのですが、コンサルティング会社には基本的に4階層しかありません。新卒で入るとアナリストになり、やがて中堅のアソシエイトへと昇格し、その中のごく一部がさらにマネジャーへと昇進し、さらに選び抜かれた人が最終的にはパートナーになるという、極めてシンプルな仕組みです。


最近ではさまざまな組織で「多様性」が大きなテーマになり、その要請を受けて複数のキャリアのハシゴを用意する、いわゆる「複線型人事等級制度」の導入が進んでいますが、戦略コンサルティングの業界というのはその真逆で、極めて単線的かつ階層の明確な等級制度になっているわけです。

その階層性の明確さがはっきりと表れているのが報酬制度です。ざっくりとまとめれば、戦略系コンサルティング会社での報酬水準は、一階層上がるごとに倍になります。つまり新卒を1にすれば、中堅は2、マネジャーは4、パートナーが8ということになります。一般的な企業の昇給水準が数%程度であることを考えると、各ステップに100%の階差があるというのはちょっと驚きですが、これも階層性を明確にするための一つの要因となっています。

昇進のためには「生産性」だけが問われる

そしてさらに、ここが非常に重要なポイントなのですが、「何ができれば階層を上がれるか、どうすれば上がれるか」が非常に明確です。昇進の条件は極めてメカニカルなもので、人望や見識といった情緒的な側面はほとんど含まれません。具体的な説明は守秘義務があるので割愛しますが、大まかに説明すれば、コンサルティングに求められる全般的なスキルの項目に対して、どれくらいの充足度があるかによって判定されるという考え方で、一言で言えば「生産性」だけが問われ、人望や美意識は問われない、ということです。

こういったわかりやすい階層性、どうすれば上に行けるのかが明確なシステムは、前述したオウム真理教の仕組みと非常に類似しているんですね。

オウム真理教の教祖だった麻原彰晃が、弟子に対して語った講話の記録が残っているのですが、これを読んでみると非常に興味深い。というのも、麻原はことあるごとに「小乗、大乗、金剛乗」の3ステージを示し、どのような修行をすればこのステージを駆け上がっていけるかを繰り返し帰依者に訴えているのですが、これはコンサルティングファームの上級役員の語り口と非常に似ています。

同様のわかりやすさは新興ベンチャー企業においても見られます。そこで問われるのは見識や人望ではなく「早く結果を出すこと」でしかありません。以前、DeNAが主催した投資家向けの説明会に参加させてもらったことがあるのですが、事業の起案や投資に関する意思決定は徹頭徹尾、経済的な側面に基づいており、事業の意義やビジョンについては「それが経済的利益に結びつくと考えられる際には作成されるだけで、別に必要ない」とのコメントに慄然(りつぜん)とさせられたことがあります。

システムとしてわかりやすいと言えば、これ以上にわかりやすい仕組みはないわけで、とにかく結果さえ出せれば、大手企業に勤めている人が数十年かけて上るようなキャリアの階段を、数年で一挙に駆け上がって高額の報酬を得ることができる仕組みになっているわけです。


さらに指摘すれば、一見すると人材の交流があまりないように思われる「戦略コンサルティング業界」と「新興ベンチャー業界」ですが、昨今では「新卒で戦略コンサルティング会社に入り、途中から新興ベンチャー企業に転職する」というのは一つのキャリアパターンになりつつあります。

たとえば、DeNAの創業メンバーのほとんどが、戦略コンサルティング会社の出身者であったことを思い返せば、これらの業界に集まる人たちに共通する「思考の様式」がおわかりいただけると思います。その思考様式とはつまり「社会というシステムの是非を問わず、そのシステムの中で高い得点を取ることだけにしか興味がない」という考え方です。

「システムによく適応する」≠「よりよい人生」


『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』(光文社)。
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4334039960/asyuracom-22


ここにこそ「エリートこそ美意識を鍛えるべきである」というアイデアの根幹につながる問題があります。エリートというのはシステムに対して最高度の適応力を持っている人たちです。この「システムへの適応力」こそが、彼らをエリートたらしめているわけですが、ここに問題がある。「システムによく適応する」ということと「よりよい生を営む」というのは、まったく違うことだからです。

多くのエリートは、システムに適応し、より早く組織の階段を駆け上がって、高い地位と年収を手にすることを「よりよい人生」だと考えています。しかし、そのような志向の行き着く先には、多くの場合、破綻が待ち受けていることになります。

わかりやすいシステムを一種のゲームとして与えられ、それを上手にこなせばどんどん年収も地位も上がっていくというとき、システムに適応し、言うなればハムスターのようにカラカラとシステムの歯車を回している自分を、より高い次元から俯瞰的に眺める。そのようなメタ認知の能力を獲得し、自分の「ありさま」について、システム内の評価とは別のモノサシで評価するためにも「美意識」が求められる、ということです。



16. 中川隆[-5724] koaQ7Jey 2017年12月26日 12:16:53 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]


オウムの人材獲得術 最初は優しく 出家すると地獄

オウムは在家信者には優しく、危険なそぶりは全く見せなかった
引用:https://multimedia.okwave.jp/image/questions/11/110556/110556_original.jpg

どうして普通の人がオウムに入信するか

オウム真理教については広く知られて居る情報と、まったく知られていない事がある。

広く知られているのは彼らが起こした事件や、その手段や過程、組織の特殊性などについてです。

一方でどうしてこんな非合理的な集団に数千人もの人々が自分から参加したのかは、ほとんど知られていない。

          
オウムはバカみたいな集団なのに、高学歴な人や思慮深い人や、大人しい人が数多く入信していました。

一般世界では普通に生活していた常識人が、オウムに参加すると人が変わり、考えられないような行動をしていた。

ここにオウムの2面性があり、ほとんどすべての信者は、オウムの自由さや非暴力に惹かれて入信しました。


オウムは学園祭やマスコミ取材、イベントなどに積極的に参加して信者を募ったが、意外にも自由さを売りにしていた。

イベントでたまたまオウムを知った若者達は、誘われて教団の地方支部に行くと、大歓迎される。

人見知りの人も欝の人も、古くからの友人のように親しくしてくれるので、すっかり気を許してしまう。


オウムは大きく分けて在家信者と出家信者があるが、在家信者を「お客さん」「ゲスト」と呼び明確に区別していた。

地方支部に遊びに来た人はまず在家信者になるが、ここでも信者達から親切にされ、今まで感じた事が無い幸福感を味わう。

「この人達は素晴らしい人達だ」と思い、数十万円や数百万円を支払って「イニシエーション」を受ける。

出家で手のひら返し

イニシエーションとはどこの新興宗教にもある集金プログラムで、信者に金を使わせるのを目的にしている。

お金を払うと上九一色村の修行施設で教祖の麻原彰晃の元で、神聖な儀式が行われ、教祖直々に言葉を掛けられ褒めてもらえる。

イニシエーションを受けるにはお金だけでなくヨガの修行が必要で、修行の上達に伴って、上のイニシエーションを受ける事ができる。


オウムの在家信者向け修行プログラムは合理的で、ヨガの修行と仏教の修行が結び付けられ、修行によって努力するほど上に行ける事になっている。

やがて在家信者としての修行も一通りやってしまうと、信者はこのまま在家で居るか出家するかの選択を迫られる。

迫られると言ってもここまで強制は一切無く、在家に対しては自由放任で脱会するのも再加入するのも、お金を払うのも自由意志です。


ところが在家信者が出家を申し出ると、いきなり「家族や親類と絶縁し、全ての資産を寄進するように」要求されます。

優しく親切だったオウムや麻原はここで手のひらを返し、本性をむき出しにします。

オウムでは在家信者には事あるごとに「あなたは出家していないから」と区別され、宗教ネームや階級を与えられず、負い目を感じるよう仕向けています。


出家するには親や兄弟や子供と縁を切り一切の私財を教団に寄付しなくてはならず、そうしなくては一生身分が低い在家信者のままです。

ここでテレビに出ていた教団の有力者が説得役になり、信者の琴線に触れるような、心の絆を結びます。

迷っていた在家は「自分の悩みを分かってくれるのはこの人だけだ」という思いから出家に踏み切ります。


オウムは洗脳段階が進むほど幹部に出世するので、幹部は自分の意思を持たない
21e29c69b2d91e4870b661ebcb71cb32
引用:http://ironna.jp/file/21e29c69b2d91e4870b661ebcb71cb32.jpg

出家すると別世界に入れられる

出家信者をサマナと呼ぶが、麻原に認められると階級が付いたりホーリーネーム(宗教名)が与えられる。

より多くの在家信者を出家させると昇進できるので、上位サマナほど信者の説得や、人を感動させたり説得するのがうまい。

マイトレーヤこと上祐史浩は「ああ言えば上祐」とマスコミからあだ名されるほど口が上手いが、幹部はそれぞれがこういう特殊能力を持っていた。


在家信者には自由で優しかったオウムは、出家信者を上九一色村に集めて、教団施設の中で修行を行わせる。

上九施設では信者に部屋は与えられず、すべて寄進したので私物も無く、時間の概念も無く、風呂にも入らない。(全て私利私欲として否定される)

食べ物は教団から毎日渡される粗末な宗教食だけで、ここでもヨガの修行などを行う。


だが上九一色村のサティアンでは修行は信者を管理する手段で、本当の目的は「ワーク」と呼ぶ労働にあります。

ワークは施設の建設や衣食住に関する事、信者の修行に関するものなど様々だが、その中に麻原から直接命令される「シークレット」と呼ぶものがあった。

シークレットのワークに付けるのは麻原側近の幹部だけで、一般の信者には内容を一切知らせず、一連の事件を起こさせた。


オウムは出家した信者に「熱湯に何分入っていられるか」など馬鹿げた修行を貸すが、それを乗り越えてついてきた者だけが幹部になれる。

麻原が要求するあらゆる無理難題をこなし、絶対的忠誠心、絶対帰依を証明すると信者として高みに上った事になる。

故に幹部ほど自分の意思を持たず、思考を放棄して麻原の命令だけに忠実な人間になっていた。


オウムでは私利私欲は絶対悪とされ、腹が減ったとか、善悪の判断すら麻原がする事になっていた。

疑問を抱くのもオウム内では悪であり、質問もしてはならず、ただ麻原の言葉を実行しなくてはならない。

ごく普通の人間が親切にしてもらい、感動して仲間に加わると、1年後にはこうして麻原の言いなりに成っていた。


こうしたシステムがオウムなのであり、決して最初から強制したり、洗脳したりなどしていない。

むしろ信者になる人は自分から進んでオウムと親しくなり、「良い人だ」と思ったから入信していました。

外からは良く見える組織でも、中に入ったら地獄のようだったというのは、一部上場の有名企業でも、良く耳にする話です。
http://www.thutmosev.com/archives/74195719.html


17. 中川隆[-5636] koaQ7Jey 2018年2月16日 11:35:13 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

これが洗脳(マインド・コントロール)で使われる手法だ!
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2018/02/20180215T0154110900.html

18. 中川隆[-5591] koaQ7Jey 2018年2月25日 07:28:09 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
 薬の効果が切れるまでセックスに浸り続ける女性を作る?. .


2013年2月に禁固11年の実刑判決を受けたロシア人コンスタンチン・ルードネフという45歳の男は、20年間に渡って自分のことを「シリウス星からやって来たエイリアン」だとか「神」と名乗っていた。

この男は「アシュラム・シャンバラ」というカルト教団を作っていたのだが、約3万人もの人々がこの男を神であると信じて全財産を捧げ、少女や女性たちは嬉々として身体を提供していた。

コンスタンチン・ルードネフは、ここでセックス・レイプ・乱交をやりたい放題していたのだが、やがてカルト教団摘発の警察当局によって逮捕された。

この男は信者を隔離し、食事や睡眠を与えず、徹底服従させた上に、ドラッグで正常な意識を保てないようにしていた。使っていたドラッグは「ヘロイン」である。

多くのカルト教団は教祖が信者の自由を奪って極限状態に持っていき、そこで自分が神であると強烈に言い続けて洗脳し、さらに理性を奪うためにヘロインやマリファナや睡眠剤などを与えて「心」を奪っている。

洗脳についての手法はすでに確立されている。

すべてのカルト教団はそれをやっている。極限状態の中で、人間性を奪い、そしてドラッグによって永遠に正気に戻らないようにするのだ。
https://www.bllackz.net/blackasia/content/20180131T0135090900.html


19. 中川隆[-10944] koaQ7Jey 2018年4月22日 09:44:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-11800]
特高警察と蜜月関係だった創価学会の正体
http://kenpo9.com/archives/3602
2018-04-22 天木直人のブログ


 きのうの日刊ゲンダイ(4月23日号)の書評欄で衝撃的な本が紹介されていた。

 それは

「創価学会秘史」(高橋篤史著 講談社)
https://www.amazon.co.jp/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E7%A7%98%E5%8F%B2-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E7%AF%A4%E5%8F%B2/dp/4062209578

という本だ。

 選者は佐高信氏であり、その書評を次のように書いている。

 創価学会は反戦・平和の団体であるとされているがその「神話」をひっくり返すような本であると。

 なにしろ創価学会の前身である創価教育学会は共産主義弾圧で転向し、心に深い傷を負った者たちを、特高警察と緊密に連絡を取りながら折伏していった過去があるというのだと。

 初代会長の牧口常三郎は共産主義青年の一人にこう問いかけたというのだ。

 「君はマルクス主義によって世の中が救えると考えているそうだね。私は法華経の修行者です。法華経によって世の中を救おうと思っています。法華経が勝つか、マルクス主義が勝つか、大いに議論しよう。もしマルクス主義が勝ったらわしは君の弟子になろう。もし法華経が勝ったら君は私の弟子になって、世の中につくしましょう」と。

 特高と蜜月であった牧口はなぜ治安維持法違反・不敬罪で逮捕・獄死しなければならなかったのか。

 それは国家神道ではなく日蓮正宗こそが唯一絶対に正い教えであることを強調するため、「天皇も凡夫だ」と言ったり、「伊勢神宮など拝む必要はない」と訴えたためだと。

 牧口は反戦平和の理想を持っていたのではなく、「日本があげて日蓮正宗に帰依さえすれば戦局がたちまち好転する教えていたのではないか」と著者は喝破していると。

 また創価教育学会には実業家が多く集まっていたと。

 「損よりは得を、害よりは利を、悪よりは善を、醜よりは美を」と牧口は説いて、いわば現世利益主義宣言をしていると。

 それを受けて実業家グループの一人で金融業に携わっていた者が「信仰は事業のバロメーターなり、信仰強盛ならば、即ち事業盛んなり」と発言していると。

 佐高氏はその書評をこう締めくくっている。

 「いま、自民党と手を結んで政治を腐敗させている芽は発足の頃からあったのである、まさに自民党に天罰を!公明党に仏罰を!である」と。

 この本を読めば、同時にまた、公明党と共産党の天敵関係の芽は、創価学会の発足時からあったと納得できる(了)

創価学会と特高警察の蜜月関係を突きつける一冊 週末オススメ本ミシュラン
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/227712
2018年4月22日 日刊ゲンダイ

 

「創価学会秘史」高橋篤史著/講談社

 創価学会は「反戦・平和の団体」であり、その伝統をもっているという“神話”をひっくり返す強烈な本である。著者は創価学会がひた隠す戦前・戦中の機関紙誌「新教」と「価値創造」を発掘し、特高警察と蜜月関係にあった事実を突きつける。

 1933年に起きた「長野県小学校教員赤化事件」で多くの教師たちが逮捕され、投獄された。そのほとんどが転向して、心に深い傷を負った。彼らを、創価学会の前身である創価教育学会は特高の元締である内務省警保局と緊密に連絡を取りながら折伏する。

 初代会長の牧口常三郎は赤化青年のひとりにこう問いかけた。

「君はマルクス主義によって世の中が救えると考えているそうだね。わしは法華経の修行者です。法華経によって世を救おうと思っています。法華経が勝つか、マルクス主義が勝つか、大いに議論しよう。もしマルクス主義が勝ったらわしは君の弟子になろう。もし法華経が勝ったら君はわしの弟子になって、世のためにつくしましょう」

 そして議論を重ね、日蓮正宗に入信させた。

「価値創造」ではヒトラーの「我が闘争」を否定的ではなく、肯定的に紹介している。

 では、なぜ牧口は治安維持法違反・不敬罪で逮捕され、獄死しなければならなかったのか? それは国家神道ではなく日蓮正宗こそが唯一絶対に正しい教えであることを強調するため、「天皇も凡夫だ」と言ったり、「伊勢神宮など拝む必要はない」と訴えたためだった。

 だから、牧口は反戦平和の思想を持っていたわけではなく、「それ以前の言動を踏まえると、日本があげて日蓮正宗に帰依さえすれば戦局がたちまち好転すると、牧口は考えていたのではないか」と著者は指摘する。

 また、初期から創価教育学会には実業家が多く集まっていたというのも見逃せない。

「価値創造」の創刊号に「損よりは得を、害よりは利を、悪よりは善を、醜よりは美を」と牧口は書いて、いわば現世利益主義宣言をしている。それを受けて実業家グループのひとりで金融業に携わっていた者が「信仰は事業のバロメーターなり、信仰強盛ならば、即ち事業盛んなり」と発言している。

 いま、自民党と手を結んで政治を腐敗させている芽は発足のころからあったのである。まさに「自民党に天罰を! 公明党(創価学会)に仏罰を!」だ。 ★★★(選者・佐高信)


20. 中川隆[-12744] koaQ7Jey 2018年6月02日 11:51:41 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14725]

オウム事件の再考察.....日本も世界も見事に騙されましたね。もう一度やるんですか?黒幕さん。

投稿者 ブッシュ親子の自作自演テロの11 日時 2004 年 5 月 16 日 08:56:00:XUSllUZ/d1uKA
 


(オウム事件と極東有事とは直結していると考えるゆえに、戦争板に投稿します。)
「オウム事件はアサハラによるマインドコントロールの結果であり、多くの若者がアサハラに盲従して罪を犯した。アサハラは大罪人だ。」..というのが、世間一般の理解であると思います。そのように、メディアによって誘導され思い込まされてきました。しかし、アサハラは、世間の目を集中させ、「アサハラ」以外の要素に注意が行かないようにする目的で、最初から祭り上げられた「象徴」に過ぎないと解します。オウムとは、現実にはオウムではなかったのです。我々が想像するより、はるかに大きな謀略の一部を担う組織だった。突き詰めていくと911とオウム事件は同根だと解ります。黒幕は同じでした。

▼オウム事件には、いたるところで、他の在日宗教の臭いが付き纏う。
●オウムと統一教会を結ぶ線
http://www.club-kamikaze.net/yamato_ishin/sothutaku/aum02.html
○「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか−−それは、創価学会の最大の敵をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」
○オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!
○創価学会と統一教会が密約を交わした関係にあることは明々白々である。この両者の接点にオウム・麻原がおり、オウムはサリン作成を実験し実行に移した可能性がある。
○創価学会あるいは統一教会から出資があったと推測されるし、さらにオウムの武装化について、創価学会・統一教会が理解していなかったとは、考えられない。
○オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)

●創価学会とオウム
○オウムの準軍事的構造は、秘密ボディーガード隊、内外情報機構、敵に対して筋肉を誇示するために使われたいわゆる「青年」部など、創価学会内部の警備機関とほぼ同一であった。オウムの軍部は、創価学会の秘密軍で鍛えられた信者によって作られたと噂されている。
○上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。この部門は、噂によれば、教団の諜報省とともに、オウム施設への強制捜査を導いた仮谷拉致殺人疑惑を含む、拉致者の殺害、殺人、肉体的懲罰の責任があるという。
○オウムの元創価学会員の多くは、犯行後、なぜか消えた、と上祐はつけ加えた。そして、創価学会準軍事的軍隊は、東京地下鉄毒ガス事件を、おそらくは朝鮮半島で訓練されたテロリストといっしょに組織し、着手したことがわかるし、
○(創価学会は北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している)

●「オウム=創価+統一ではないのか?を議論していた」2チャンネルのスレッドに書き込まれた元オウム信者の述懐です。
2チャンネル 続・告発します
927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31
こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 創価学会員の人はたくさんおりました。確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・ 海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。

●「4 years after sarin attack」HPより
http://www.tbwt.com/views/feat/feat981.asp
Inter-sect relations. Four other new religions were deeply linked to Aum, including a sect that boasts support from a former U.S. president and another that has channeled funds to Harvard.オウムには別の4つの新宗教が深く関わっていた。うちひとつは、米元大統領から支持を受けているセクト(統一)、もうひとつはハーバードに資金提供しているセクト(創価)だった。

●日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画も オウム松本被告の公判で明らかに
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/article1120518.html
オウム真理教が、日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。 これは、東京地方裁判所で行われた松本智津夫被告の公判に証人として出廷した元教団幹部、中川智正被告の証言でわかったもの。証言によると、中川被告は、松本サリン事件の前の1994年6月、遠藤誠一被告、新実智光被告とともに、静岡・富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったという。中川被告はこれについて、「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。

★オウムも創価も統一も在日宗教です。この3つの宗教が、オウムに流れ込み、北朝鮮がらみの悪事を実行しようとしてたんですね。要するにひとつの勢力だった。日本には、「日本名」で生活している半島系譜人、日本に帰化はしたが、心は半島人のままの人たちがたくさんいます。外見は日本人にしか見えません。彼らの宗主国のひとつは、北朝鮮です。
http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/228.html


■創価、統一の半島系譜人信者が大挙してオウムに潜り込んだが故に、オウムは90年の総選挙以降急速に膨張した。そして、内部から完全傀儡化した。彼らはオウムを武装化することで、北朝鮮の軍事行動と呼応した日本における「かく乱工作」を遂行する準備をしていたと考えます。だが、オウムの背後にいたのは、北朝鮮だけではない....もっと、とんでもない、思いがけない連中がいた。恣意愛英。

ちょっと物語風に、オウムの武装蜂起を描写してみましょう。

オウムの武装蜂起とは、北朝鮮の朝鮮半島における軍事行動に呼応した陽動作戦だった。1995年末、オウムが東京上空でロシア製大型ヘリからサリンを散布することで、オウムの軍事作戦は展開される手はずになっていた。オウムの早川は、強制捜査直前にウクライナで飛行機二機分の武器弾薬を調達している。これらが、秘密裏に日本国内に持ち込まれ、今でも、武装蜂起に備えて隠匿されている恐れがある。武装蜂起の目的は、騒乱を起こすことそのものであった。騒乱は最初から成算のない、失敗確実の計画だった。どう間違っても、オウムが国家転覆を成し遂げ、政権を奪取することなどありえなかった。勿論、オウムの一般信者は、武装蜂起の真の目的など知らされていなかったろう。彼らの大半は、オウムの手で理想の国家を作るんだと純粋に信じていたのである。もっとも、彼らは騙され使役されるために勧誘された日本信者ばかりであったが。オウムの核心的階層は、日本ではなく、半島の「系譜を持つ人たち」だったのである。

オウムの黒幕にしてみれば、むしろ、武装蜂起を中途半端で失敗させることが目的だった。事後、反動を利用して日本に強権的な軍事色の強い政権を樹立することが、オウムの黒幕により求められたのである。オウムの同時多発的な軍事行動は、日本中に大混乱をまきおこす。通信系統も破壊される。横須賀、横田、厚木、佐世保、嘉手納の在日米軍基地直接の攻撃を受ける。基地の戦闘部隊にも、内部のカルト系日本人従業員の手引きで強烈な食中毒が蔓延する。在韓米軍が急遽、救援のために日本に派遣される。38度線の守りが手薄になる。日本と在日米軍が混乱のさなかにあるとき、朝鮮半島で、突如、38度線が破られる。50万の北朝鮮正規軍が韓国に退去して流れ込む。緒戦は、先に攻めた方が絶対に有利である。一週間もしないうちにソウルは共産軍の手に陥落する。

第一次朝鮮戦争では、日本が米軍の反攻基地になった。日本から繰り出された米軍兵力が、北朝鮮軍と中共軍を蹴散らした。共産勢力は38度線の北に押し返された。金日成の息子は、この教訓を決して忘れてはいない。まず、在日米軍兵力を無力化しなければ、北朝鮮による半島の恒久的占領はなしえない。まず、在日米軍の行動を妨害し、軍事反攻の準備をさせないこと。横須賀の空母の出港を遅らせること。沖縄の海兵隊を仁川に再上陸させないこと。嘉手納のB52爆撃機を飛来させないこと。その間に、韓国全土を占領し、北による支配を確立すること。そして、米軍の反攻の動きに対しては、日本に向かって保有する核を使用すると恫喝して、半島への米の軍事介入をけん制する。そして、北朝鮮の友邦、中国が人民解放軍の大部隊を朝鮮との国境地帯に移動させる。アメリカが半島に対して反攻に出れば、中国も介入すると言うシグナルである。のど元に核爆弾を突きつけられ、中国の参戦による全面戦争化を避けざるをえない格好のブッシュは、止む無く、朝鮮半島の放棄を宣言する。米国内では、半島で核を使うことを主張する強硬派もいる。だが、北朝鮮に核の洗礼を浴びせれば、2日後には死の灰が、韓国に降り注ぐ。南北の間には、高い山が無いからだ。そして、風向きしだいでは、核の灰は、中国の東北地方や遼東半島を襲う。そうなれば、米中の全面戦争に発展してしまう恐れがある。ましてや、核攻撃には核攻撃で反撃されることははっきりしている。東風核ミサイルを持つ中国も黙ってはいない。だから、核は使えないのである。

「日本に核の洗礼を受けさせるのは忍びない。半島への無謀な軍事攻勢は、金正日の自殺行為的核攻撃につながる恐れがある。友邦国家、日本を壊滅させるわけには行かない。」

だが、これとて、北朝鮮とブッシュ一味の間の密約に基づく、シナリオ通りの半島放棄でしかない。半島の共産化は、ブッシュと背後の資本家にとっては、長年、渇望してきた理想的事態なのである。ブッシュ政権と北朝鮮が鋭く対立しているかのように演じてきたのは、互いに権力を維持し、金儲けするための必要不可欠な条件だったからである。

こうして、韓国はブッシュ政権の手で見捨てられ、半島に出現した統一共産国家は、恒久化される。ブッシュの背後の黒幕であるニューヨークの老人は、半島の赤色統一という所期の目的が実現し、小躍りする。老人が親の代から、裏でつるんでいた中国共産党の幹部も、老人の野望に加担してくれる。成立した統一朝鮮を中国が承認し、中国・統一朝鮮の共産連合が樹立される。ソ連に変わる「東側」の勢力が誕生する。第二次冷戦構造成立の端緒である。そのために、中国の旧勢力の象徴である、江沢民が今まで権力の座にとどまっているのである。江が軍事委員会の主任の地位にある限り、江が、胡体制下でも院政を続ける限り、人民解放軍は、ニューヨークの老人の思惑で動かせるのである。そして、冷戦再構築成功の暁には、老人の仲間である統一協会の朝鮮人指導者も、巨大仏教系宗教団体の帰化人教祖も、同じように顔を歪ませ、老人と抱擁しあうのである。共産主義の復活を三人で称えあうのである。

そして、オウムのクーデターは予定通り失敗に終わる。オウムの武装蜂起の本当の目的を知らずに動員された無知蒙昧な日本人狂信者たちが、捕縛される。オウムの名を騙った統一や創価の朝鮮人信者、帰化人信者たちは、逮捕を逃れ地下にもぐる。この騒乱の反動で、日本には極めて保守的傾向の強い強権的な政権が樹立される。タカ派ばかりを並べた過激な右翼政権である。閣僚や重要ポストの人物は、どれも統一協会によって政治資金を注入されてきた、文鮮明の飼犬たちである。そして、連立政権の片輪となる公明党もまた、在日と帰化人によって支配される勢力である。かくして、日本は、今よりもまして、在日・帰化人勢力によって完全に支配されることになる。

こんな世界改造計画が、日本と朝鮮半島の動乱を契機に1995年に準備されていたのである。だが、その計画は、実行予定よりも半年ほど前になって、停止された。そして、オヲム事件と言う「撤収作業」が敢行されたのである。この日本有事の蛮行にブレーキをかけたのは、家族もろとも抹殺されてしまった、あの坂本弁護士だったかもしれない。オウムと外部の第三者の関わりを知った坂本弁護士は、オウムの秘密を握っていた。坂本のつかんだ事実が公表されれば、オウムと北朝鮮の関係がばれてしまう。そうなれば、長年の計画だった半島の武力統一も不発に終わってしまう。だから、急遽、作戦を中止し、坂本一家を抹殺したのではないか。だが、彼らは、この試みを放棄したわけではない。

そして、この騒乱計画を再度試みる環境を維持しておくために、オウムに対する破防法の適用が見送られたのである。オウムに破防法を適用する動きは、日本有事計画を諦めていない闇の勢力により廃された。オウムは、来る日本有事の際に、武装蜂起の主体として濡れ衣を着るという重要な役割を果たすために、温存されたのである。そして、統一、創価から組織維持のための資金が、恒常的に流れ込んでいる。
(この部分は、小説的に読んで下さい。推測部分が多いので。)

●「オウムと北朝鮮」の闇を解いた
高沢皓司 −ノンフィクション作家−
http://www.aliceinwonderland.com/library/northkorea/aum_weeklygendai_1999.txt
教団内部に潜入した工作員(これはAひとりとは限らない)は、そこで何をしようとしていたのだろうか。どのような政治目的があって、秘密の潜入活動をなしていたのだろうか。これを理解するためには、北朝鮮の対日工作の現状と目的を考えてみる必要がある。北朝鮮にとってもっとも有意義な対日工作の内容は、じつは日本撹乱工作なのである。朝鮮有事を考えたときに、その後方基地に位置づけられている日本で、種々の機能を麻痺させることは軍事的にも北朝鮮を非常に有利にする。北朝鮮にいる「よど号」グループが「日本革命」の名のもとに工作活動をになわされているもの、内実はこの攪乱工作であった。それが、北朝鮮の意志であり、狙いであった。オウムの場合もそのためにこそ、徹底して「領導」され、誘導され、利用され尽くしたとも言えるのではないだろうか。サリンをはじめとした一連のオウム真理教のテロ事件は、日本攪乱工作(クーデター工作)の、いわば一種の予行演習でもあり得たのである。 

●統一・創価の在日たちは、北朝鮮とつるんで、オウムで何をしようとしたのか?
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/kok_website/fireworks4/main_pages_sub/OUMUNOSEIRISEITON_PAGE9_9_6.HTM
在日米軍情報部員の内緒の告白。オウムの武装計画は、北朝鮮の南進に先立つ陽動作戦ではなかったのか?という内容です。オウムが騒乱を起こして、在日米軍が打撃を受け、在韓米軍が救援に駆けつけて、半島の米軍が手薄になった時点で、北が南進を開始する。日本を核攻撃すると脅して、半島の長期占領を目論む。小薮は、日本を温存するため、(予定通り)韓国を放棄する。そのシナリオを書いたのは、ほかならぬCIAだと思うのです。

半島が、北 主導で武力統一されれば、極東に強大な軍事国家が出現し、冷戦構造が構築できる。中国ももうひとつの極のほうに封じ込められる。これで、軍産複合体の長期にわたる利権が確保できるし、言うことを聞かない日本にも石原・中曽根ラインの米の傀儡右派内閣をでっちあげられる。中国・統一朝鮮との緊張関係から、東シナ海の石油には誰も手が出せず、極東は依然として、石油メジャーの支配下に置かれる。
http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/230.html


21. 中川隆[-13424] koaQ7Jey 2018年7月07日 06:13:54 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-16345]
オウムの村井秀夫を殺した徐裕行の件は特筆に値する。

この在日朝鮮人は、山口組系の暴力団に属しており、誰の指図か判らないが、突如オウムの東京本部に現れ、村井を刺し殺した。取材記者が大勢いた中での犯行であったがゆえに、一般国民は驚愕したが、こんな不逞鮮人が日本に住み続けていたことの方が驚きである。

鮮血が滴り落ちる刃物を手にした鮮人ヤクザは、逃亡を図らず、そのまま御用となって裁判にかけられたが、その刑期は呆れるほど短かった。僅か12年ほどムショに「勤め」て2007年には釈放だ。臭いけど健康的な食事を摂りながら、元気よくシャバに戻ってきた。

朝鮮人の悪党にとって日本人はチョロい。殺人罪でも死刑判決にならないんだから。しかも、ちゃんと暗殺商売が成り立っている。

この北鮮系ヤクザが依頼主と如何なる取引を結んだのか知らないが、何らかの報酬をもらったり、負債の帳消しをしてもらったに違いない。
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68723443.html


22. 中川隆[-13434] koaQ7Jey 2018年7月08日 13:57:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-16381]


江川紹子 7/8
教祖は、心の病のせいで事実を語れなかったのか???

「真相は闇の中」か?

 麻原が執行されたことについて、マスメディアでは、まるで決まり文句のように「真相は闇の中」というフレーズが使われる。彼は裁判中に精神を病み、心神喪失状態になって、何も語れなかったのだとして、執行は不当と訴える人たちもいる。

 そういう人たちは、裁判をちゃんと見ていないし、裁判に関する記録や報道も丹念に読んでいないのだろう。裁判は、判決公判だけ見ればすべてが分かる、というものではなく、また、裁かれたのは、麻原だけでもない。彼を含めて192人のオウム関係者が起訴された。その裁判を通し、事件の動機も含め、刑事事件としての真相は概ね明らかになっていると言える。

 確かに、麻原自身の口から事件の真相めいた事柄が語られたことはない。そのことに、納得できない人がいるのは当然である。ただ、残念ながらそれは彼自身が選択した結果だ。その無責任さを責めることはあっても、それを心の病のせいにするのは違うだろう。

自身の法廷では意味不明、他の法廷では…

 麻原は、自身の法廷で、1996年10月の井上嘉浩(地下鉄サリン事件等で死刑、今回執行)に対する弁護側反対尋問、同年11月の広瀬健一(地下鉄サリン事件実行犯、死刑)への反対尋問の時に、激しい介入を行ったが、2人の証言態度は変わらず、審理妨害のもくろみは功を奏さなかった。それ以降、不規則発言で退廷させられたり、次第に意味不明のことをつぶやいたり、法廷で居眠りをするなどの、一見すると異常な状況が続き、被告人質問でも何も語らなかった。

 ところがその一方で、彼は弟子の法廷に呼ばれた時には、結構饒舌に語っていた。心神喪失どころか、自らを防御するための実に合理的な対応もとっていた。

批判した元幹部を恫喝

 たとえば、1997年6月には林郁夫(地下鉄サリン事件実行犯、無期懲役が確定)の法廷に証人として呼ばれたが、宣誓を拒否。その態度に、林が他の信者の名前を挙げ、「あなたは彼女にも及ばない」と批判すると、麻原は激高。


「クリシュナナンダ(林の宗教名)、いい加減にしろ。お前のエネルギーが足から出ているのが分からないのか、まだ」

などと恫喝した。

合理的な防御行動

 1999年9月、豊田享(地下鉄サリン事件実行犯、死刑囚)と杉本繁郎(同事件運転役、無期懲役が確定)の法廷でも、麻原は宣誓を拒否しようとした。裁判所は、目が見えない彼のために、書記官が代読し、麻原には署名指印のみを求めたが、


「危険だ」

などと嫌がった。読まれた通りの文章が紙に書かれているのか確認できないため、警戒したらしい。ところが、杉本の弁護人が、教義を話題に水を向けると麻原はやおら饒舌にしゃべり始めた。弁護人は機転を利かせ、自分で宣誓文を書けばいいのではないか、と提案。白紙に麻原は自筆で宣誓文を書いて署名した。余計なことを書き込まれないようにだろう、余白部分は手で切り取る周到さだった。こうした行動は、警戒心の強い彼が、自分を守るためにとった合理的な行動と言えるだろう。とても心神喪失状態にある人の行動ではない。

都合が悪くなると英語まじり、意味不明に

 ただ、宣誓をしたことで、この後彼は、弁護人から事件について厳しく追及されることになった。麻原は、教義についてはよく語ったが、事件については自己の関与を否定し、途中で英単語まじりの意味不明の発言になった。

 豊田の弁護人は「あなた、都合が悪くなると、英語をしゃべっているように見えるんだけど、そうじゃないんですか」と喝破された時には、意味不明の答えを返すしかできなかった。

 さらに麻原は、かつての弟子である豊田や杉本からも追及を受けた。杉本からは、「もういい加減に目を覚まして、現実というものを認識したらどうですか。いつまでも最終解脱者だとか、教祖とかいう幻影に溺れていてもしょうがないでしょう。今のまんまじゃ何の問題も解決しない。分からないですか」とたたみかけられると、麻原は不機嫌そうに


「お前、黙っていた方がいいと思うけどな、そろそろ」

などと言い返すのが精一杯だった。

裁判長に「失礼だね」と反論

 これに懲りたのか、その後は、弟子たちの法廷に呼ばれても、宣誓を拒否して証言拒絶を続けた。2002年2月に中川智正(坂本弁護士一家殺害などで死刑、今回執行)の法廷では、書記官が代読した宣誓書に署名指印を求められると、


「他人の代読に対し、署名指印することはできません」

と拒否。自分で宣誓するとして、


「真実に従って、何事も隠さず、偽りを述べない証言をすることをここに誓います」

と述べたが、わざと読めないようなぐちゃぐちゃの字で署名した。裁判長から「これでは署名とはとても言えない」と言われると、


「失礼だね」

などと応答し、再度の署名を求められても


「もう、署名書いたよね」

と言って拒否した。あとは


「仏陀のお父さんは私だよ」

など、関係ないことを好き勝手に喋って終わった。

 このように法廷であった事実をないがしろにして、心神喪失を言い募る議論は、人々を惑わすだけで、有害無益だと思う。

弁護人を拒絶するワケ

 ちなみに、控訴棄却を決めた東京高裁は、麻原自身の一審公判廷での言動、精神鑑定に加え、10回以上の及ぶ弟子たちの公判出廷での対応も詳しく検討したうえで、「被告人の訴訟能力は保たれている」と判断した。一審の途中から弁護人との意思疎通を拒んだのも、麻原からしてみれば、自分を黙らせておく一方で、次々に証人から不利な証言を引き出して検察官の立証に手を貸しているとしか言いようのない弁護人と決別し、自分自身で窮地を脱する道を拓こうとする意図の現れ、と分析。さらに控訴審でも、弁護人や三女が連携協力していることに不信感を抱くようになって、面会を拒否する行動に出ているとも理解できる、としている。

 この控訴審にも、拘置所は麻原の状態を観察した記録を提出しているが、判決が確定した後もそれは続いていただろう。執行すれば、三女らが国を相手に裁判を起こすことも十分予想される中、精神状態のチェックと記録はなされていたはずである。実際に裁判となれば、国はそれを根拠に、死刑の正当性を主張することになるのではないか。
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180708-00088579/


23. 中川隆[-13428] koaQ7Jey 2018年7月09日 07:56:01 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-16393]

「オウム麻原」死刑執行 事件で注目された女性信者たちの“その後”
「週刊新潮」2011年12月8日号掲載
週刊新潮WEB取材班 2018年7月7日 掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00545043-shincho-soci&p=1


「オウム麻原」死刑執行 事件で注目された女性信者たちの“その後”



 死刑が執行されたオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)の周囲には、かつて多くの女性信者がいた。週刊新潮では、一連の「オウム裁判」が集結した2011年に「醒めない夢の中に棲む『オウム』の女たち」と題する以下の特集記事を掲載し、その“今”に迫っている。麻原が処刑された今、彼女たちは何を思うのか。(※データは11年12月8日号掲載のもの)

***
.

「被害者に対する感情というのは本当に難しいです。被害者の方々やそのご家族が苦しんでいる限り、私も苦しい。でも、皆さんに対して私は何もすることができないでいます。それもまた苦しい。オウムにいた人間として、何かをできればとは思います。しかし、私には今はまだそれができる強さがありません」

 と現在の心境を語るのは、村岡達子(61)である。

 彼女はオウム真理教の代表代行、アレフ(オウムが改称。一時はアーレフとも)の会長を務めた元大幹部だ。今年6月、アレフに退会届を出し、今は関西地方で暮らしている。

 11月21日、元幹部、遠藤誠一(51)の上告を最高裁が棄却、死刑が確定した。これで、一連の「オウム裁判」は終結。麻原を含め、13名の死刑が確定したのである。世間を震憾させたオウム事件は一つの区切りを迎えた。

 まずは、村岡が自身の近況を続ける。

「退会してほぼ半年が経ちました。今は翻訳や英作文の添削など、得意な英語を使って糧を得ています。収入は月4万〜5万円程。オウムでの質素な生活に慣れているので食費を切り詰めることはできますし、贅沢ができなくても、それが特に苦しいとは感じません」

 最近は電子ピアノを弾いたり、「韓流ドラマ」を観たりしているという。

「中でも歴史物が好きで、『ホジュン 宮廷医官への道』『宮廷女官チャングムの誓い』『イ・サン』といった作品を観終えたところ。これらのドラマを観て、私は王様が好きだと思った。私にとっては尊師(麻原)も王様のような存在でした。全身全霊で奉仕するのが私の生きがいなんだ、ということが改めて分かりました」(同)

 村岡は88年6月、38歳の時にオウムへ入信した。

「それまでの私は社会に不適合な人間だと思って生きてきました。父親に対する強い反発もあった。そんな私に尊師は羽を与えてくれたと思っています。当時のオウムは世間から隔離され、閉じられた世界で、信者になった子どもとそれを取り返そうとする親の問題は抱えていたけれど、私にとっては理想的な精神環境でした」(同)

 ただ、教団内では、信者同士が友人として向き合うことはなかった。

「上を向いてヒエラルキーの中で役割を果しているだけで、人間的な情で繋がっているわけではない。情も煩悩ですから。その点は、一般的な組織とはかなり感覚的に違います。ですから、退会した後、立場によって違いますが、とりわけ元幹部同士が付き合うことはほぼありません」(同)

 女性信者についてはこう言う。

「オウムでは男女差別がありませんでした。オウムの女たちに世間の注目が集まったのは、そういう自由な雰囲気が伝わったからかもしれません。石井(久子)さん、都沢(和子)さん、飯田(エリ子)さんたちは、みな女神のように美しかった。それは化粧によるものではなく、修行の賜物だったと思います」(同)

デイリー新潮

“金庫はどこ?”

 石井久子(51)は、麻原の一番弟子であり、「正大師」と呼ばれる教祖に次ぐ地位に就いた。実務面では大蔵大臣を務め、教団のナンバー2として君臨した。また、麻原の愛人でもあり、教祖との間に3人の子を産んでいる。

 95年9月、地下鉄サリン事件の犯人隠匿容疑で逮捕され、懲役3年8カ月の判決を受けた。刑期を終えたのは、00年11月のことだ。

 公安関係者によれば、

「現在は、訪問介護の仕事をしながら、マンションで父親と2人暮らし。麻原の子とは一緒には住んでいません。07年、元幹部の上祐史浩らがアレフから独立して『ひかりの輪』を立ち上げた際、一緒に来ないかと声を掛けられたがアッサリ断った」

 が、平穏無事な生活を送っているかといえば、そうではない。かつてオウムに籍を置き、現在「ひかりの輪」でウェブ編集部長を務める宗形真紀子(オウムの実態を書いた『二十歳からの20年間』の著者)の証言。

「石井さんが出所した後、02年頃のことです。彼女は突如、南烏山のアレフの本部に現われて、『マイトレーヤ(上祐のホーリーネーム)はどこ、金庫はどこ?』など訳のわからないことを叫びながらマンション中の部屋を覗き回った。あまりの狂乱にみんな唖然として見ていた。警察が来て彼女を連れて行きました。一時、精神を病んでしまったようです」

 逮捕前、石井は信者の「憧れの的」だったが、

「石井さんは厳しい人だと思っていましたが、今思えば、本当は大人しい人なのでしょう。麻原から解脱者として厳しく振舞うよう命じられていたのだと思う。一番弟子の石井さんがおかしくなったのを見て、私も目覚めた部分があります」(同)
.

飯田エリ子、北沢優子、山本まゆみ

 飯田エリ子(50)は、損保会社につとめ、同僚だった石井を教団の前身、「オウム神仙の会」へ誘った人物である。オウムでは「正悟師」という正大師に次ぐ階級を与えられ、東日本の信者を統括する東信徒庁長官であった。

 彼女は95年、犯人隠匿他の容疑で逮捕。懲役6年6カ月の実刑判決を受けた。先の公安関係者によれば、

「刑期を終えたのは02年8月ですが、その数カ月前に脳出血で倒れた。現在は都内にある実家で暮らしている。ただ、刑務所を出た後も思うように回復せず、右半身が麻痺している。リハビリのため自宅と病院を往復する毎日のようです」

 先の宗形も言う。

「私は飯田さんとオウム時代、信徒を獲得する同じ部署にいました。その関係で警察の方から彼女が獄中で倒れ、脳障害を負ったことを聞かされました。その時、私はお見舞いに行こうとしたものの、警察の人から“(見舞いに)行ったところで、あなただと分からないレベルになっている”と言われました」

 都内の実家を訪ねたが、顧問弁護士の秋田一惠を通じ、

「オウムに関わったこと、事件については深く反省しています。また、被害者の方々に申し訳なく思っています」

 とのコメントを寄せた。

 オウムという業を背負った結果、重い病に侵されている女性信者は、彼女だけではない。麻原個人を崇拝する原理集団「ケロヨンクラブ」を立ち上げた北沢優子(47)は末期ガンと診断された。彼女はグループの女性信者を竹刀で叩く「カルマ落とし」の修行中に死亡させたとして、04年10月に逮捕された。

「今年6月、懲役8年の一審判決が出たが、ここまで公判が長期化したのは北沢の病が原因です。末期ガンと診断され、鼻にチューブを差し、車椅子で出廷したこともあり、そのために暫く公判も停止されたのです」(北沢を知る元オウム信者)

 現在は都内のケアハウスで暮らしているという。

 すでにこの世を去った者もいる。これまで全く報じられなかったが、山本まゆみは07年1月に死亡していた。享年53。

「彼女はオウムでは石井久子に次ぐ管理番号00002番の古参信者で、正悟師の位でした。遠藤誠一の逃亡補助などで、96年7月に懲役1年4カ月の実刑判決を受けた。公判中から謝罪し、いち早く脱会したものの、咽頭ガンで亡くなったそうです」(同)


家賃5万4千円

 教団の幹部ではなかったものの、日劇のトップダンサーでタレントとして活躍していた鹿島とも子(61)が、オウムへ入信していたことは世間の注目を浴びた。

 教団の広告塔的役割を果たしたが、実の娘を逮捕・監禁したとして95年5月に逮捕。懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた。

「東京拘置所を出て最初に身を寄せたのが、千葉県木更津市の実家でした」

 と振り返るのは、鹿島本人である。

「そこで父から“お前はテロの片棒を担いだんだ”ときつく言われたりして、徐々に洗脳が解けていった。その後、小学生だった息子と2人暮らしを始めるまでは、アパートを借りるのにも苦労しました。不動産屋に相談し、鹿島とも子だと分かった途端、物件が見つからないと言われたことも一度や二度ではありません。仕事も見つからなくて、息子と2人で日給6千円とか8千円のビラ配りをしたこともあります」

 その後、ホームヘルパーの資格を取得し、計11年間続けた。02年には芸能活動を再開している。

「お年寄りは好きだし、償いという意味もあって資格を取りました。ヘルパーの時給は1300円から身体介護付きの場合は1800円。実働時間はバラバラで、24時間拘束されることもあります。月に30万、40万は稼いでいたので、この仕事に就いてから、生活が苦しいことはなかった」

 ところが、82年のスノーモービル事故による後遺症で、最近左膝の具合が悪化したという。現在は、杖を使わないと歩けない状態である。

「今はヘルパーもしていません。芸能活動は、引退したわけじゃありませんよ。良いお仕事があればやりたいですが、この足じゃね。皆さんに迷惑を掛けるだけです。実家を売ったお金で暮らしており、生活は決して楽ではない。今住んでいるアパートの家賃は5万4千円です。家を出る時は、電気もガスも全て止めるなど、節約して暮らしています。まあ、修行していると思えば、苦ではないですけどね」(同)

“美人信者”たち

 鹿島とも子同様、広告塔として利用されたのがオウムシスターズであった。

 一家総出で入信し、美人4姉妹が出家した。90年の総選挙では、彼女たちが象の帽子を被り、麻原を礼賛する歌と踊りを披露したことをご記憶の読者もおられるかもしれない。その後、脳機能学者の苫米地英人と長女が婚約すると、これを三女が批判したりして、姉妹の不仲が表沙汰になったこともあった。

「姉妹は皆、元気にしています。連絡も取っています。でも、それぞれ、どうしているかはお話ししたくありません」

 と話すのは、オウムシスターズの三女(37)。

 彼女は、かつて元信者と結婚していたが、現在は別の男性と一緒になっている。

「今の主人は私がオウム信者だったことは知っています。でも、オウムについては一切、話題になりません。アレフの信者が1千人を超えたそうですが、やっぱり、生きていて何か辛いとか人生がうまくいかない人たちが、そうやって求めていってるだけなんじゃないですか。オウムに限らず、そういう宗教ってたくさんあるじゃないですか。でも、私のように離れた人間からすれば、またそうやって大きくなっていくのは嫌ですね……」(同)

 もう一人、美人信者として取り上げられた信者がいる。

 地下鉄サリン事件後、上祐の運転手になった、元六本木のホステス、加藤智子(47)である。

 元ホステスだけあって、華やかな雰囲気の異色の美人運転手だったが、95年6月、元信者への逮捕監禁致傷の疑いで逮捕され、懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた。

「3年程前、智子の父親が亡くなったが、智子がお焼香に来た。その時、『おじさん、久しぶり』って声をかけられました。で、隣を見たら3歳くらいの自分の娘を連れてきていた。『沖縄で暮らしている』と言ってましたが、何でも陶芸をやっているという話でしたね」(加藤の叔父)
.

麻原の家族

 最後に麻原の妻、松本知子(53)や4人の娘たちはどうしているのか。

知子は薬剤師リンチ殺人事件で逮捕・起訴され、懲役6年の判決を受けた。02年10月に刑期を満了して出所しているが、

「次女や三女らと行動を共にし、関東地方で暮らしています」(先の公安関係者)

 長女は、00年銃刀法違反容疑で逮捕され、さらに、

「翌年1月、東京・北区のスーパーで100点以上の食品を万引きして逮捕されました。りんご、キムチ、やきそば、うどん等々……。総額2万円相当の品です。教団の権力争いに敗れ、当時から教団内で孤立していましたが、現在、ファミリーとは絶縁状態とされている。そして四女は自ら教団との関係を絶つため、松本家を離れているようです」(先の元オウム信者)

 前述したように麻原は石井に子供を産ませたが、95年秋、当時18歳だったスメーダ正悟師(34)にも女の子を産ませている。彼女は、実母と麻原の子とされる高校生の娘の3人で、北関東の地方都市に住んでいるが、

「あの一家がここに引っ越してきたのは10年程前。当時、警察が来たから、あの子がオウムだったことは知ってるよ。お祖母ちゃんが孫を乗馬クラブに通わせていると自慢していましたよ」(近所の住人)

「穴を埋められない」

 さて、「オウム裁判」が終結し、麻原をはじめとする13名の死刑囚の執行準備は整った。早ければ、年内に執行されるとの予想もある。

「身近にいた人、知っている人が死刑になるわけですからショックですね」

 と、先の村岡は言う。

「死刑という刑罰には反対ですが、彼らが罪を償うことは必要だし、死と向き合う中で苦悶しながら、なしたことの意味を考えているのだと思います」

 もっとも、彼女は、

「尊師が死刑になっても、尊師と私の関係は今生だけではなく、これからも続いていくのだと思います。裁判の終結が何かの節目とも思いません。私自身は全身全霊を込めて奉仕していた対象がなくなってしまい、その穴を埋められないでいます。そういう中で生きていることは苦しいですね」

 麻原は東京拘置所で食事は摂るが、コミュニケーションはなく、独居房で殆ど座ったままで過していると言われる。

「私に言わせれば、尊師は一種の瞑想状態にあると思います。普通の感覚では、精神病と言われるのでしょうが、修行を重ねていく途上に、精神病的な意識の段階があるということなのです。尊師は、法治国家の日本では罰せられるようなことをやっている、ということを認識していたでしょうし、それ故、囚われの身となったと良く分かっていると思います」(同)

 一方、鹿島は麻原の死刑についてはこう語る。

「私は死刑に反対です。人が人を裁くことなどできるのでしょうか。反対というと、オウムにまだ帰依していると思われるかもしれませんが、よく考えないと。被害者の方がそれで浮かばれるのか、とかね」

 さらに、本音を漏らす。

「私、正直言うと、個人的には麻原さんに感謝とかそういうものしかないんです。悪いことじゃなくて、仏教のいいとこだけ教わりました。生活水準はずいぶん落ちてしまいましたが、色々な面で少しは成長できてると思うので、恨みとかそういうのは一切ありません」

「オウム裁判」は終っても、彼女たちと麻原との関係はこれからも続く。たとえ、麻原の死刑が執行されようとも、その亡霊はまだ醒めない夢の中に現われるのだ。(敬称略)


24. 中川隆[-13574] koaQ7Jey 2018年9月22日 17:26:32 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-18766] 報告

永遠の闇に葬られた「オウムと北朝鮮」の関係!
https://85280384.at.webry.info/201809/article_220.html


▼永遠の闇に葬られた「オウムと北朝鮮」の関係!

 ロシアで武器調達、オーストラリアでウラン鉱入手を図り、米国ではヘリコプター操縦免許の取得。そして北朝鮮で・・・。

 闇に葬られた「オウム・北朝鮮」の関係:サリン製造技術から警察庁長官狙撃事件まで、と題して元大学教授の春名幹男がこんなレポートをしたためた。

***********************

※引用記事全文転載

闇に葬られた「オウム・北朝鮮」の関係:サリン製造技術から警察庁長官狙撃事件まで--春名幹男
https://www.huffingtonpost.jp/foresight/asahara-20180710_a_23478222/
2018年07月10日 12時29分 JST | 更新 2018年07月10日 12時29分 JST ハフポスト 2018年7月10日フォーサイトより転載


時事通信社

「多国籍の宗派」――オウム真理教の元代表、松本智津夫(麻原彰晃=63)ら7人の処刑を伝えた米紙『ニューヨーク・タイムズ』国際版は、このカルト集団のことをそう形容した。

 この組織は世界各地で活動していた。ロシアで武器調達、オーストラリアでウラン鉱入手を図り、米国ではヘリコプター操縦免許の取得など。その他ドイツ、台湾、スリランカ、旧ユーゴスラビアなどでも危険な動きをしていた。しかし日本の法執行機関が、こうした国際的活動の解明に努めた形跡は見られない。

「坂本堤弁護士一家」事件で3人を殺害、「松本サリン事件」で8人殺害、「地下鉄サリン事件」で13人殺害・6000人以上負傷という残忍な犯行に対して彼らの刑事責任を追及し、有罪判決を得たら、警察・検察の法執行機関としての仕事は終わる。しかしそれでは、国家の治安を維持し、今後の危機に備える情報を残したとは言えない。

 その上、幹部の死刑を執行し彼らを葬れば、真実は永久に失われてしまうだろう。

 実は、米議会・情報機関および民間団体の方がよほど徹底的な調査活動を行ってきた。

 米議会上院政府活動委員会(当時)調査小委員会は米中央情報局(CIA)など情報機関の専門家らの応援も得て、2000ページを超える計3冊の報告書をまとめた。米民間シンクタンクの中にも興味深い報告書を作成した機関がある。

 しかし、これら米国の調査でもいまだに盲点になっているのは、オウム真理教と北朝鮮との関係だ。日本の公安関係者らから取材した情報を交えながら、オウムの"闇"を追ってみたい。

ナチス・ドイツの製造方法

 地下鉄サリン事件のあと、日本の法執行機関に米陸軍情報部から依頼が舞い込んだ、と公安関係者は言う。地下鉄サリン事件の際、現場で採取されたサリンのサンプルがほしい、というのだ。

 しかし、法執行機関が裁判に備えて「証拠」として保管してきたものを外国情報機関に提供することはできず、断ったという。

 米陸軍情報部は北朝鮮が絡んでいた可能性に注目したらしい。オウムが製造したサリンに混ざったごく少量の不純物を調査して、製造過程を分析しようと考えたと見られる。

 ただ、オウムでの製造方法については、専門家の間で、旧ソ連・ロシア由来の方法、との見方が一般的だった。だが、上九一色村(当時)の教団施設で文献を参考に実験を重ねた土谷正実死刑囚(53)=死刑執行=はこれを否定していたという。

 米シンクタンク「新米国安全保障センター(CNAS)」は、オウムでの製造工程から見て、ナチス・ドイツが行った有機リン化合物の合成方式を基にした製造法、との結論を出している。CNASが2011年7月に発表した報告書「オウム真理教への洞察:テロ組織はいかにして生物・化学兵器を開発したか」で指摘している。

 CNASは、松本死刑囚の主治医で「法皇内庁」のトップを兼ねていた中川智正死刑囚(55)=死刑執行=からCNASのリチャード・ダンジグ理事長に送られてきた手紙の中に挿入されていたサリン製造装置の略図などを参考にしたようだ。

村井秀夫刺殺事件

 オウム真理教と北朝鮮との関係を指摘する情報はいくつか指摘されてきた。

 例えば、麻原の下で事実上のナンバー2として、「サリン70トンの製造」といった命令を土谷正実に伝えていた村井秀夫幹部の刺殺事件だ。

 この事件は、地下鉄サリン事件翌月の1995年4月23日、東京・南青山の教団総本部の前で、在日韓国人の男が衆人環視の中で実行した。本人は義憤にかられた犯行と自供したと伝えられたが、動機が分かりにくいとする見方が強かった。これについて、当時の公安関係者は、犯行の前夜、犯人の男が都内のある飲み屋で酒を飲んでいたとの情報を漏らしている。

 この飲み屋の経営者は北朝鮮系の女性で、拉致事件にも関わっていた辛光洙(シン・グァンス)元死刑囚(現在北朝鮮在住)の「ハウスキーパー(男性の工作員と一緒に生活する女性)」をしていた女性の妹だったという。

 しかし、北朝鮮との関係はこれ以上突き止められなかった、と公安関係者は言う。

國松長官狙撃事件現場にあった証拠

 地下鉄サリン事件の10日後の3月30日、当時の國松孝次警察庁長官が出勤しようと東京・南千住のマンションを出た瞬間、銃撃された事件には、直接的に北朝鮮との関連を示す証拠があった。

 この事件では当初、オウム信者で警視庁の「現職警官の犯行」との情報がマスコミに流れたが、警視庁がこの元巡査長を殺人未遂容疑などで逮捕したのは、9年後の2004年のことだった。しかし、逮捕された彼と元信者ら計4人は嫌疑不十分で不起訴となった。

 問題は、2010年3月30日、時効が成立し、事件が迷宮入りした翌日から30日間にわたって、警視庁がホームページにそれまでの捜査内容をまとめた文書と現場遺留品の写真を掲載したことだ。

 その遺留品には、ハングルで「朝鮮人民軍」と書かれたバッジや韓国の10ウォン硬貨などがあった。また現場で見つかった弾丸は、先端をくぼませ殺傷力を高めたホローポイント型マグナム弾といわれ、この弾を発射可能な米コルト社製パイソンなど銃身の長い銃は、国内の暴力団ルートなどでは容易に入手できないものだったといわれる。

 警視庁捜査員の間では「オウム以外の組織的背景を持つ団体の犯行と見せかけ、捜査をかく乱させるための工作」との見方が強かったというが、そう単純に判断できるだろうか。

 北朝鮮とオウムの間に何らかの秘密の協力関係があったのか、なかったのか。徹底捜査する必要はあったはずだ。オウムは国家転覆を企てていたのだから。

 捜査機関でできなかったのであれば、インテリジェンス機関が歴史的責任を果たす役割は大きかったのではないか。

 そうしたトップシークレットの情報を知っていた可能性がある、村井秀夫と麻原彰晃、さらに北朝鮮への渡航情報も伝えられていた早川紀代秀死刑囚(68)はいずれももうこの世にいない。(春名幹男)

25. 中川隆[-11599] koaQ7Jey 2019年3月08日 20:41:46 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[393] 報告
麻原の四女が「父には100人の愛人がいた」とオウムの「大奥」を暴露
2012.6.13 週刊朝日
https://dot.asahi.com/wa/2012092601302.html?page=1




「十年一昔」とはよく言われることだが、地下鉄サリン事件からすでに17年が経つ。

 教祖だった麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(57=以下、麻原)のまわりには、複数の女性信者がいた。色白に長い黒髪――メディアに登場したオウムの女性信者の外見には共通点があった。何とも分かりやすい話だが、これが麻原の好みだったという。

 麻原には、教団幹部を務めた妻との間に後継者と目された三女アーチャリーなど2男4女がいる一方、多くの愛人もいたとされる。

 麻原の四女は、自著『私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか』(徳間書店)でこう記している。


父の子供は15人いると聞きました〉〈父は4人の女性に自分の子どもを産ませたそうです〉

 愛人の筆頭格は、教団ナンバー2のマハー・ケイマ(ホーリーネーム、以下同)。「大蔵大臣」を務め、「女帝」とも呼ばれていた。麻原との間に3人の子どもをもうけ、麻原が地方へ行くときなど、妻に代わって同行していたという。

 私は徳川家光の生まれ変わり――そう吹聴していた麻原は、家光同様に「大奥」制度を敷いたという。四女によると、

〈延べ100人の愛人がいたと思われます〉

 これまで報じられただけでも、上祐史浩・ひかりの輪代表(49)の元恋人とされるウッパラヴァンナーや、教団から一時"脱走"してAVに出演したバドラーなど枚挙にいとまがない。そのほかにも「ダーキニー」と呼ばれる愛人部隊がいた。信者の中から、幹部らが麻原好みの女性を探し出し、面接していたという。

※週刊朝日 2012年6月22日号

26. 中川隆[-11400] koaQ7Jey 2019年3月18日 15:49:32 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[600] 報告
2001 年 4 月 26 日 重信房子、よど号犯、オウム真理教の深い関係
 細井 保(ジャーナリスト)
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/96.html

 重信房子とよど号犯の関係

 日本赤軍最高幹部の重信房子は、平成十二年十一月に大阪で逮捕された。これまでの新聞報道によると、重信は数年前から日本への入国を繰り返し、日本から北京などにたびたび渡航していた。北京を拠点のひとつにして、偽造旅券を使って世界各地に渡航していた。使われたパスポートの偽造には、よど号犯グループが関った可能性が高い。

 日本赤軍は昭和四十六年(一九七一年)、共産主義者同盟赤軍派(共産同赤軍派)のメンバーのうち、レバノンに出国した重信房子、奥平剛士等によって組織された。結成以降、日本赤軍はパレスチナ・ゲリラと共同し、または単独で、国際テロ組織の中でも極めて活発なテロ活動を世界各地で展開してきた。彼らが起こした事件の中で最も忌しい事件は、昭和四十七年(一九七二年)五月、イスラエルのテルアビブ・ロッド空港での銃乱射事件だ。奥平剛士、安田安之、岡本公三の三人が自動小銃を乱射し、一般旅行者ら九十六人を殺傷(うち死亡二十四人)した。

 よど号グループは、同じ赤軍派の一つで、故・田宮高麿ら九人だ。彼らは昭和四十五年(一九七〇年)三月によど号をハイジャックして北朝鮮に渡った。彼らの“宿命”について、高沢皓司氏が著書『宿命−よど号亡命者たちの秘密工作』(新潮社刊)に描いている。北朝鮮で彼らの革命幻想は打ち砕かれ、彼らは北朝鮮の思想に思想改造され、北朝鮮の対外工作員に変じていく。よど号犯のうちには粛清された者、死亡した者もいるが、なお五名が現在、平壌市周辺で執筆業や貿易会社を営むなどしていると伝えられる。

 警察の発表によると、重信が使用していたパスポート二通のうち一通は、約三年前に取得されたものだ。これは、よど号犯グループの関係者が使用していた複数の偽造旅券と、旅券番号の一部が一致するなど、数多くの共通点がみられる。

 重信は偽造パスポートを使って、最近の約三年間に五回以上日本へ入国し、出国先はいずれも中国方面だった。そして、北京を拠点によど号犯グループのメンバーの関係者と接触を続けていたとみられる。関西の赤軍派支援グループのメンバーも北京などに渡航し、現地のホテルなどでひそかに会合を持っていたとみられる。

 平成八年(一九九六年)夏には、重信が当時滞在していた北京から、ひそかに北朝鮮に入国していた可能性がある。この夏、平壌で各国の革命を目指すグループの集会が開かれた。この集会に参加するため北京から北朝鮮に入ったとみられる。重信が集会前後に、よど号犯グループメンバーと接触していた可能性もある。この集会は、各国の革命家やグループなど数十人規模で、日本赤軍の新たな拠点づくりとも関連していたとみられる。参加者の中で重信は重要な役割を果たしていたとされ、この集会に参加する目的で北京を出国した可能性が高いとみられる。

 また平成十二年五月にも、重信が中国・北京に滞在していたことが、CIAによって確認されている。

 日本赤軍は近年、レバノンを活動の拠点とする一方、中東以外の地域に新たな拠点構築を目指し、世界各地で活動を展開していた。しかし、平成七年(一九九五年)、ルーマニアで浴田由紀子が逮捕され、平成八年、ペルーで吉村和江が逮捕、城崎勉がネパールで身柄拘束された。こうした中、平成九年(一九九七年)二月、レバノン国内に潜伏していた日本赤軍のメンバー五人(和光晴生、足立正生、山本萬里子、戸平和夫、岡本公三)が発見され、レバノン当局に身柄を拘束された。本拠地ともいえるレバノンにおいて、政府当局によりメンバーが逮捕されたことは、日本赤軍が最も重要な拠点を失ったことを意味している。メンバーの大量検挙と合わせて、組織として極めて大きな打撃を受けたものとみられる。そこで、重信らは日本へと目を向けてきたのではないか。

 警察の捜査によると、重信の家宅捜索では、新たな組織の構想を記した文書が押収されている。文書は「人民革命党綱領」と「綱領解説」と題されていた。

 人民革命党とは日本国内で革命を実現し権力を奪取するための組織で、平成三年(一九九一年)八月、シリア・ダマスカスで結党された。重信は相次ぐメンバーの逮捕で弱体化した組織を立て直すため、国内で人民革命党の旗揚げを目指し、党綱領をまとめ、来春から活動する計画だったとみられる。同党は運動方針などで対立している国内組織や支援者を一本化して、革命で政権を奪うことを目標にしている。
 東京地裁で先に開かれた拘置理由開示の手続きで、重信容疑者は「来春、いつ司法に身をゆだねてもよい準備を完了する予定だった」と述べた。その旗揚げの準備が完了する前に、最高幹部・重信房子を逮捕したことは、日本警察の功績だろう。

 これまでの報道を通じて、重信に関して二つの疑惑が浮かび上がってくる。よど号グループとの関係、さらに北朝鮮及び中国政府との関係である。この疑惑はオウム真理教と北朝鮮・よど号犯グループの関係に関する疑惑へとつながっていく。
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/96.html


金正日の極秘指令を受けたよど号犯

 重信ら日本赤軍はよど号犯グループと昭和五十年代から提携をもってきたとみられる。もとは同じ共産同赤軍派である。よど号犯には重大な事実がある。それは、彼らは北朝鮮の指令を受けて、日本国内及び国際的にさまざまな活動をしてきたという事実である。そして、そこに浮かび上がってくるのがオウム真理教との関係なのである。

 よど号犯グループと親しいジャーナリストが高沢皓司氏である。高沢氏は長年彼らを取材してきたことをもとに著書『宿命』を書いた。この本は平成十一年度の講談社ノンフィクション賞を受賞した。

 その後、高沢氏は平成十一年八月から十月にかけて、「週刊現代」に「『オウム真理教と北朝鮮』の闇を解いた」という記事を掲載した。十一回に及ぶ連載の中で高沢氏は、オウム真理教と北朝鮮の闇の中に、赤軍派、よど号犯グループの存在があることを明らかにしている。

 連載の中で、高沢氏は驚くべき事実を公表した。氏によると、昭和五十七年(一九八一年)五月六日、よど号犯は金正日から直筆の極秘指令を受けた。その指令書は実在している。指令書の内容は金日成主義によって日本革命を準備・達成せよ、というものだ。金正日は自衛隊工作や軍事クーデターの中核的人間の育成などを指示していた。よど号犯は指令に従って、対日工作を行ってきたのだという。

 よど号犯グループは金正日から指令書を受けるより前に日本赤軍と接触していた。早くも昭和五十年代(一九七〇年代後半)から、彼らは東欧等で複数回接触していた。これは今回の重信逮捕でわかってきたことである。

 よど号犯グループは日本赤軍のために、偽造旅券を手配していた可能性が高いtp見られている。昭和五十五−五十六年(一九八〇−一九八一)ごろ、日本赤軍の戸平和夫が使用した偽造旅券は、北朝鮮に拉致された疑いの強い男性のパスポートと旅券番号などが酷似していた。

 よど号犯グループは金正日のロボットとなって対日工作を行う一方で日本赤軍との連携を深めていったとみられる。当時、日本赤軍は中東での足場を次第に失い始め、新たな活動拠点を探して東南アジアなどで広域に活動するようになった。よど号犯グループとの連携は、これ以後の日本赤軍に大きな活動力を与えただろう。その背後には金正日の存在があると推測される。

 よど号犯の日本工作活動はメンバーの相次ぐ逮捕などのために、昭和六十年代(一九八〇年代後半)に挫折した。よど号犯による工作が挫折した後、北朝鮮は、ある集団を工作の対象として目をつけた。それがオウム真理教だった、と高沢氏はみている。
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/97.html


なぞの多いオウム真理教事件

 オウム裁判は進んでいる。判決も続々と出ている。しかしオウム事件にはあまりにも謎が多い。ジャーナリストの一橋文哉氏は独自の取材によってオウム事件を追及している。平成七年に月刊誌「新潮45」(新潮社刊)に、一橋氏は追跡記事を数度に亘って掲載した。その原稿をもとに平成十二年七月、単行本『オウム帝国の正体』(新潮社刊)が発刊された。

 一橋氏が書いているように、一連のオウム事件は疑惑に包まれたまま真相がほとんど明らかにされていない。オウム真理教の存在が、国民に広く知られるようになったのは、平成元年(一九八九年)十一月四日の坂本弁護士一家拉致殺人事件だ。その翌年、平成二年二月、麻原彰晃は真理党を創設し、二十五人の候補を立てて国政選挙に打って出た。しかし、それは惨敗に終わり、教団は深刻な財政危機に陥ったとみられる。ところが、その年の五月には熊本県波野村に六ヘクタールの土地を購入。そして翌三年にはロシアを訪問、エリツィン大統領の側近のロボフに面会して、「ロシア日本大学」構想を打ち上げる。麻原は平成四年には信者三百人を引き連れてロシアを訪問、政権中枢に接触して本格的な布教活動を開始した。

 一体、どこからこれだけのことをする巨額の資金が出てきたのか。その背後には、オウム真理教に資金を提供した団体があるのではないかとみられている。統一教会と創価学会が、疑惑の対象として挙がっている。また「オウムは金のなる木」として、オウムに食い込んだ暴力団の存在が浮かび上がっている。

 その後、オウム真理教は平成六年六月二十七日には、松本サリン事件、七年二月二十八日には、東京・目黒公証役場事務長逮捕監禁致死事件を起こした。そして遂に、同年三月二十日、東京都心部で地下鉄サリン事件を起こす。死者十二名、被害者五千五百名以上という大事件だった。

 これは単発のテロではない。「井上メモ」が示しているのは、オウム真理教の計画には天皇陛下が国会にお出ましになっているときに、国会の周辺で、サリンを大量に散布するというものがあった。計画は未然に防ぐことができたが、もし実行されていたらどのような結果となっていたか、慄然たるものがある。

 オウムはサリンによる無差別大量テロに続いて、国家中枢テロを行って、クーデターを起こし、さらにはアメリカ、ロシアを巻き込んだ第三次世界大戦を引き起こそうとしていたともみられている。

 オウム真理教はサリン事件の十日後、三月三十一日、国松孝次警察庁長官を狙撃する。そして四月二十四日、オウム真理教幹部の村井秀夫科学技術省大臣が、オウム本部前で刺殺された。一橋氏は一連の事件の中でも三つの事件は、特に疑問が多いとしている。つまり坂本弁護士一家拉致事件、国松長官狙撃事件、村井刺殺事件だ。一橋氏は徹底した取材によって、多くの疑問点を記している。

 そこから浮かび上がってくるのは、オウムに関っていた暴力団、疑惑のある宗教団体、そして大物政治家の存在である。この方面はある段階で「上から」捜査にストップがかかった。捜査当局はオウム事件を、オウム真理教単独による犯行として処理しようとしている。また、裁判において検察は、この方面については、ほとんど何も追及しようとしていない。重要点の多くに関係する早川は、裁判において、この領域に関しては固く口を閉ざしたままだ。

 早川はオウム真理教と北朝鮮・ロシアの関係についても明らかにしていない。毒ガス、偽ドル、麻薬、銃火器、潜水艦、軍用ヘリコプターなどオウム真理教の一連の事件は、日本史上、かつてない国際的な事件である。さらには核兵器製造に関する情報がやりとりされていた可能性もある。背後には北朝鮮や暴力団とのつながり、オウムをロシアに紹介した元代議士、その背後にいるとみられる大物政治家、ロシアにおける国際的な武器商人の暗躍等々、日本の内外を結ぶ組織的な関与が見え隠れする。これが単に噂の類ではないことは、CIAがオウム事件の調査を行い、アメリカの上院で大部の報告書が出されていることを知れば、わかるだろう。

 事件の真相は日本の警察、司法によって、ほとんど何も明らかにされていない。オウム事件は深い闇に閉ざされたまま次々に判決が出されている。徹底的に事実を追求していけば、類例を見ない大スキャンダルが暴露され、また国際的な大問題となる可能性があるのだろう。
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/98.html


よど号犯、オウム工作に関与か

 オウム真理教の一連の事件の背後には、北朝鮮やロシアの影がある。高沢氏は金正日がよど号犯を使って行っていた日本破壊・攪乱工作が挫折した後、それを「ちがう筋で見事に実行したのが、オウムではなかったのか」とみている。

 高沢氏はよど号犯グループは、北朝鮮のオウム工作に関っていたことを強調する。それを明らかにするのが、北朝鮮のオウム工作員Aの存在であると、氏は書いている。同氏によると、オウムには北朝鮮の主体思想(金日成・金正日を絶対化した思想)を身につけた工作員Aが潜入していた。その頃からオウムは急激に変質・過激化した。Aは村井秀夫科学技術省大臣に重用されて武器製造に関与していた。平成七年(一九九五年)三月二十日、オウム真理教は東京で地下鉄サリン事件を起こしたが、サリンの製造責任者は村井だった。

 Aに連なる潜入工作員は複数いたことが明らかになっている。その一人、霜島隆二は医師としてオウム真理教付属医院に入り、林郁夫の下で働いていた。霜島は共産党系の病院に医師として勤務していた時にオウムに入信した。ある日突然、都内にある北朝鮮系の病院に移り、さらにオウム付属病院へ移った。霜島は以後、林の右腕となり、麻酔剤、電気ショック、LSDなどを用いて、信者に洗脳を行っていた。

 これらの方法は、高沢氏によると「北朝鮮の洗脳技術と瓜ふたつ」だ。北の毒ガス等の兵器開発と「まったく同じ軌道上にあるもの」という。しかも霜島は「教祖・麻原に対しても心理療法、あるいは催眠療法などの『イニシエーション』を行える立場にあった」とみた。それゆえ、北朝鮮のオウム工作は麻原自身に及んでいたと考えられる。

 工作員Aはオウム事件でオウムの幹部が逮捕された後にオウムを脱会し、スペインのマドリッドへ飛んだ。高沢氏はマドリッドでAを取材した。Aは一連のオウム事件当時のオウム信者である。Aは高沢氏に対し、今でも主体思想は「すばらしい思想」だと言い、主体思想の作成者の黄長Yから直接指導を受けたと明かす。マドリッドは北朝鮮の工作拠点のある街。その土地は、柴田泰弘らよど号犯とその妻たちが、北朝鮮による日本人留学生を北朝鮮に拉致する等の活動拠点としていた場所だ。中でも柴田はマドリッドにしばしば滞在して活動していた。高沢氏によると、Aは柴田と同じホテルに宿泊していたことが明らかになっている。

 柴田泰弘は昭和六十三年(一九八八年)五月に、北朝鮮帰国者の偽造旅券で日本に潜入帰国をしていた時に逮捕された。しかし、平成六年(一九九四)七月に刑を終え出所している。柴田の逮捕は、対日工作を進める北朝鮮にとって打撃だったのだろう。高沢氏の著書『宿命』によると「事態を重く見たピョンヤンからは日本潜伏中の工作員に緊急の帰国指示命令が平壌放送を通じて流された」「柴田泰弘の国内での逮捕と、その後につづく一連の事態はよど号グループにとってすべての日本潜入工作が挫折したことを意味していた。…妻たちへの緊急の帰国指令は、からくも彼女たちの国内での逮捕だけはまぬがれさせたのである」という。

 柴田は出所後も、よど号グループのスポークスマン、「自主日本の会」などの活動を活発に続けている。北朝鮮及びオウム真理教との関りも持続していたとみられる。

 北朝鮮による日本人拉致事件は、なにも解決していない。日本国政府は北朝鮮に対して非常に弱腰であり、「拉致」を「拉致」として主張すらしていない。今後、この事件を解明するには、よど号犯グループによる日本人拉致の実態を明らかにされなければならないだろう。それは、金正日と北朝鮮政府の国家的な国際犯罪を暴露することになろう。

 オウム真理教へのよど号犯の関与は、偽ドルについても考えられている。偽ドルは北朝鮮が偽造して、世界に広く使用しているものだ。

 よど号犯の一人、田中義三は平成八年(一九九六年)、タイのパタヤで偽ドル札を使用したとして起訴された。この事件については、平成十一年(一九九九年)六月に無罪になり、拘留先のタイ・バンコクから昨年六月二十八日、日本へ移送された。田中が使った北朝鮮の偽ドルは「スーパーK」だった。彼が北朝鮮から出国したとき、北京を通過した可能性が高いとみられている。

 オウムの元幹部の証言によると、早川建設省大臣はドイツから精巧な印刷機を手配し、北朝鮮の偽ドル印刷に関係していたという。その一方、オウムには、外部から多額の資金提供を受けていた疑惑がある。それは、赤軍派・よど号犯の田中義三が使用して逮捕された偽ドル、スーパーKだった疑いが濃いと、高沢氏は言う。もしそうだとすれば、赤軍派・よど号犯とオウム真理教は、北朝鮮の偽ドルへの協力という点でもつながってくる。
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/99.html


オウムの北朝鮮コネクション

 オウム真理教と北朝鮮の関係についてに疑惑は、多数の死傷者を出したサリンやその他の武器にも関っている。この点において、よど号犯の関与はわかっていない。

 工作員Aがサリン製造責任者の村井に重用されていたことを再確認しておこう。
 高沢氏は言う、「オウム真理教が毒ガスや細菌兵器の開発に手を染めはじめていたのは、そこに北朝鮮の工作組織の浸透があったとすれば、けっして偶然ではないのである」と。

 金日成の著作集には、毒ガスや細菌兵器についての大量の論文。教示がある。朝鮮戦争後、北朝鮮では毒ガスや細菌兵器の研究が行われている。そして麻原らにサリンなどの知識を吹き込み、オウムを北朝鮮型の組織体系に誘導した工作組織が存在すると想定されるのだ。

 オウムと北朝鮮の関係の焦点にいるのが、早川紀代秀建設省大臣と村井秀夫科学技術省大臣だ。早川は麻原と共にオウムの前身である「オウム神仙の会」を創設した人物。オウムのナンバー・ツーといわれる大幹部だ。早川は元統一教会の信者である。それが阿含宗に入り込み、そこで麻原彰晃と巡り合い、オウム神仙の会を作った。オウム真理教の創設後も早川は統一教会の会員と会っていたという。

 早川はロシア射撃ツアーを企画したり、軍事訓練を受けたりと、非常にロシアに接近している。麻原オウムがロシアに接近しようとした最初のヒントは、恐らく、この早川によるものだろう。早川はロシアで武器の購入を行っていた。また頻繁にウクライナの首都・キエフへ行き、さらにそこを経由して北朝鮮に行っていたことがわかっている。

 一方、村井はサリン開発の責任者だった。オウム事件のなかで最も不透明で謎に満ちている事件の一つが、村井の刺殺事件だ。実行犯、徐浩行の背後には暴力団の存在があり、また同時に北朝鮮の工作組織の影が濃い。徐には数年間、北朝鮮に渡っていた形跡がある。彼は北朝鮮の「きわめて高度に訓練されたテロリストであり、工作員」と高沢氏はみる。

 村井はテレビで、オウムの資金は一千億円あると言った。また、地下鉄で使われた毒ガスはサリンではないとも証言した。とすれば、ガスの製造元はどこの国なのか。そして、さらに村井が曝け出しかねなかった秘密があったのだろう。

 その秘密は、北朝鮮と暴力団がらみの麻薬取引だった疑いもある。高沢氏は、それ以上の秘密があったのではないかと見ている。刺殺される前、村井はテレビでその秘密に触れかねない発言をしていた。そのことが、きわめて強い危惧を、北朝鮮側に抱かせたのだ。それは、日本の原子力発電所に関するものではなかったか。
 早川は頻繁にウクライナの首都・キエフへ行き、またそこを経由して北朝鮮に行っていたと先に書いた。高沢氏は、早川がロシアで武器の購入だけでなく、核燃料のプルトニウムの密輸にも関係があったのではないか、とみる。

 というのも、オウムは日本の原子力発電所に関する膨大な機密書類を手に入れていたのだ。村井らが約二百人もの作業員を潜入させて収集したものだ。専門家も初めて見るようね詳細な資料だ。こうした原発の機密資料が、早川ルートによって北朝鮮に流出していた可能性がある。そして、早川が北朝鮮の窓口としていたのは、北朝鮮の核兵器関連物資やIC機器の調達を行う部署、「第二経済委員会」だった可能性が、最も高いと、高沢氏は書いている。

 早川は、国際的な「死の商人」風のところがある。これに対し、村井は物理学の専門家であり、原発のデータを理解することができた。村井は早川とともに北朝鮮に渡航し、関係を持っていた。村井は究極の教団武装化として核開発を考えていた。北朝鮮も核開発のために、日本の技術とデータを必要としてオウムを利用していた。両者の利益は一致していたとも考えられる。

 オウムの一連の事件への「北朝鮮の関与、工作組織の存在は、村井の命を奪ってもなお、死守しなければならない機密に属していた」と高沢氏は言う。しかし、その真相は謎のままだ。北朝鮮は既に核兵器の開発を進め、既に数発の核兵器を持っているのではないかという観測がある。こうした国が連合赤軍など国際的なテロ組織とつながりを持ち、いや国際的なテロ組織を領導しようとしていたとすれば、どうだろうか。そうしたテロリストが、核兵器を掌中にしたならば、世界は震撼するだろう。勿論、掌中にあるのはサリンや生物化学兵器であるかも知れない。
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/100.html


赤軍派とオウムを結ぶ線

 オウム真理教が一連の事件を起こしたのか。それとも、外国の工作や国内の諸団体の関与によって操られていたのか。

 高沢氏は北朝鮮の存在を重く見る。氏はオウムは北朝鮮に「徹底して領導され、誘導され、利用され尽くしたともいえるのでは」と高沢氏はみる。「サリンをはじめとした一連のオウム真理教のテロ事件は、日本攪乱工作(クーデター工作)の、いわば予行演習でもあり得たのである」と。首都中枢の霞ヶ関を狙ったサリン事件については、北朝鮮が「日本の危機管理のずさんさと、どのような動きが取られるのかというシミュレーションのデータを得るためにこそ、攪乱工作の第一歩は必要だった」と述べている。

 もしそうだとすると、赤軍派・よど号犯グループは、こうした北朝鮮のオウム工作にどの程度関っていたのか。そして、重信ら日本赤軍はそれを関知していたのか。

 よど号犯グループは、中国北京を重要な拠点として活動してきた。平成八年の夏、重信房子は北京からひそかに北朝鮮に入国し、平壌で開かれた各国の革命を目指すグループの集会に参加したらしい。当然、重信はよど号犯グループメンバーと接触していただろう。

 日本赤軍の重信は、よど号犯グループが北朝鮮の国際工作員となっていることを知りながら、彼らとともに活動してきた可能性がある。それは同時に日本赤軍が、北朝鮮の対日工作や世界戦略に協力する、あるいは金正日の指令に従って動いてきたということを示唆する。

 実態はまだ明らかでないが、北朝鮮という国に重信や国際的なテロリストが集まるということは、当然、北朝鮮政府・指導部は、これを承知していたとみるべきだろう。北朝鮮政府は一体、何のためにこのような国際テロリスト集会を自国で開催したのか。そして、日本赤軍に対して何を提供し、また何を求めたのか。

 重信は北京を拠点として、日本や北朝鮮などでの活動をしてきたとみられる。果たして中国政府は日本赤軍やよど号犯グループと関りはないのか。

 今後、国際的な赤軍派の活動を解明してゆけば、オウム事件とそれに関る外国勢力の存在に、ぶつかるにちがいない。そこにメスを入れるとき始めて真相が見えてくるのではないのか。これは外交問題となることは必至である。

 いずれにせよ、やがて日本の政・官界の恥部や、暴力団などの絡む闇の権力が光に曝されるだろう。日本の背骨まで蝕むガンの病巣は、皮膚の下で破裂寸前にまで膨れ上がっているからだ。

(了)

(細井 保 (ジャーナリスト) 「重信房子、よど号犯、オウム真理教の深い関係」『動向』2001年1・2月合併号より)
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/101.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧