★阿修羅♪ > 議論31 > 204.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ISは親殺しもし得るモンスターに豹変する必然性があった。それが「イスラム国」。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/204.html
投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 30 日 20:10:31: jdZgmZ21Prm8E
 


http://www.asyura2.com/0411/war65/msg/960.html

 2005年1月の上の記事によると、ブレジンスキーがアフガン・ゲリラを支援したという。これがソ連がアフガンに深入りするきっかけになった。
 ここでまず大事なのは、ソ連のアフガン介入時にはこの様な秘密は、当時簡単には露見しなかったはずであるということ。当時は冷戦の真っ最中で、米ソともインテリジェンスに凌ぎを削っていた。ソ連のKGBなりインテリジェンス部門がわ探り当て、米の真の意図を見に抜いていれば、ソ連がアフガンという罠には嵌らなかったと思う。
 つまりこの情報は、もやは用済みになったので米国の仕掛けを誇り、ソ連の馬鹿さ加減を笑うために明らかになったと考えられる。

 同様にISも米国が作り上げたという情報が盛んである。この重要な秘密情報があからさまになったのは、もはや用済みであり露見しても害にならない(あるいは何らなの理由で露見した方が都合が良い)からと考えられる。なぜなら、ISはもやは米国の手を離れ、独自の道を強力に歩み始めたモンスターに豹変したからである(この点、櫻井春彦氏の見解とは異なる)。

 自分がアフガン人あるいはアラブ人だったとして考えてみよう。過激派だか原理主義だか知らないが、自分がよりよい国造りとしたいと考えているところに軍事訓練や資金援助がどこからともなく現れたらそれを受け入れるのにそう抵抗感はないだろう。裏に米国があると分かっていてもである。援助を受けた彼らは、自分の目的を達成するのが主目的であって米国の意図に沿うように義理立てする必要もないはずだ。
 アフガン・ゲリラにしても、米国の意図を100%理解してその負託に応えようとしたのではなく、時の共産政権を打ち倒し、彼らが良いとする国を造るために立ち上がったはずである。そのような動機が彼らを突き動かしたのであり、米国からの資金援助があったからではない。あればあるで良いということだったろう。ブレジンスキーの読みはたまたま当たってソ連が介入してきた。当時の米国のインテリジェンスはしっかりしていたとも言える。

 米国は自分の都合の良いように操りたいと工作しているだけである。そしてそれはうまく行くとは限らない。ISがそうだろう。キリスト教徒でもなく米国人でもない彼らが、何で米国の期待通り100%行動しなければならないのか。資金欲しさだとすれば、彼らはイスラムの大義を裏切った単なる工作を生業とするの謀略集団で(CIAの現地人支部のようなもの)、大きく成長することはできない。
 アラブの地で何かやるとすればアラブの民衆の広汎な支持を得なければ、長期に生き残れない。原理主義であれ過激派であれ、彼らはまずアラブの地にイスラムの法を支柱とする世界(シオクラシーと見る)を作りたいわけであり(注)、それが民衆の集合的無意識の顕在化でもある。この地は、米国でも欧州でもないのである。
 イスラム国はアラブという大海の熱エネルギーを吸収し大型サイクロンに発達してしまったのだ。アラブの民衆を裏切らない限り勢力が衰えることはない。これが親殺しにも転じ得る原理である。

 こう考えると、現在進行しているマクロな政治現象が合理的に説明できるのではないかと思う(そして見通しも良くなる)。
 米国の王道から外れた詭道とも言えるやり方は、バッチリしたインテリジェンスのもとに実行されているわけではない危なっかしい綱渡りの方法論である。国力の低下も反映しているのだろう(ウクライナの失敗もインテリジェンスの劣化がある)。
 直下のコメント↓はその通りと思う。「この次元で議論をする停滞者も多い」に刺激された本稿であった。

 (注)フジのMrサンデーでは、現地入りしたジャーナリストが、イスラム国は、同じ原理の国を世界に広めることを目指していると語ると、司会の宮根が、それは困る御免こうむるとあわてて言っていたのが可笑しかった。

・ロン・ポール研究所 「そもそも,ISISを立上げ資金を出し訓練したのは米国とサウジ,カタールなどの傀儡」RIAノーボスチ
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/348.html#c3
03. 2014年9月30日 01:50:48 : 8hoNl2VIyY
 当たり前の事を言っているだけだが、この次元で議論をする停滞者も多い。
問題は、事前に明らかだった周知の事実であるアサド政権の打倒なのだが、これ程知れ渡って警戒されていたことを、既に支配力に翳りの見える米傀儡連合に為せるだろうか。
 西側の衰退の徴は、幾らでも挙げることができるが、これもそのメルクマールの一つになることを期待している。


(以下は、関連拙稿を順に並べた)
・Re: 「イスラム国は、もっと大きくなる可能性がある」と、木村太郎/昨夜のフジテレビ
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/245.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 15 日 07:28:03: jdZgmZ21Prm8E

・Re: 「イスラム国」は、革命イランと同様、デモクラシーの対極にあるシオクラシー(神権政治)での建国を目指していると見る
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/264.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 18 日 20:05:28: jdZgmZ21Prm8E

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/268.html#c2

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/271.html#c5

・Re: 「イスラム国」は、現代の梁山泊(りょうざんぱく)に成り得るか?
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/288.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 22 日 20:06:34: jdZgmZ21Prm8E

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/293.html#c1

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/295.html#c4

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/295.html#c6

・Re: イスラム国の兵士が滅法強いのは、そのほとんどが「死兵」化しているからと思われる〜米国に勝ち目はない
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/308.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 24 日 20:33:31: jdZgmZ21Prm8E

・邦人9人「イスラム国」加入か、日本政府が調査を開始(ロシアの声)
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/327.html#c5

・Re: 「イスラム国」は、現代の梁山泊(りょうざんぱく)に成り得るか?
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/288.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 22 日 20:06:34: jdZgmZ21Prm8E

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/327.html#c8

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/327.html#c16

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/327.html#c21

http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/330.html#c2
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月30日 22:23:01 : YdXzrzw0oU
イスラム国は、シオニスタンに洗脳された「馬鹿」。

そもそも、連中が、「イスラム原理主義」であるならば、真っ先にイスラエル、もしくは米国本土を攻撃しなければ、ちゃんちゃらおかしい。


02. 仁王像 2014年9月30日 22:51:24 : jdZgmZ21Prm8E : rgCEhR5TkM
 現在実行中あるいは進行中の陰謀が漏れるはずがない。漏れたらもはや陰謀ではなく頓挫するだろう。
現在進行中の陰謀があったとしてもわれわれには知る術がない。だから、マクロな政治現象がどうすれば合理的に説明できるかに腐心するしかない。
 漏れた陰謀はすでに使用済で必要のないものである。ソ連のアフガン侵攻の舞台裏が明らかになったのは、おそらくアフガン戦争後10年ぐらい経っているのではないか。
 にもかかわらず、現在進行中のイラクには、ホレ見たことか、こんな陰謀がある、と何週か遅れで騒いでいるのが阿修羅である。これこそ茶番である。

03. 2014年9月30日 22:59:19 : OIxNYWfJog
米国は民主主義や正義の為に行動しない。もちろんテロリストを殲滅することにも行動しない。
権力維持、拡大、米国大資本、大企業の収益の為に行動すると考えれば分かり易い。

では何でISIS殲滅などと言って行動するのか。
米国(もしくはイスラエル)による中東支配という目的しか考えられない。

では何でISISが執拗に米国の爆撃を誘うのか?
って考えれば答えが出て来る。


04. 2014年10月01日 00:55:55 : LBtbDXFoS6
まあ、首を切ったマネをするなんて、あれだけおかしな挑発行為を普通はしない。そしてされた方も乗らない。だから「乳離れ」をしたのだという説にも乗れない。

05. 2014年10月01日 01:23:25 : TGgfYEbPRU
管理出来なくなる危険が有るなら先回りして幹部連中暗殺してるだろな・・・。
ビンラディン殺害作戦に加わった SEALs 全員がヘリ墜落って事で暗殺されてる・・・。

06. 2014年10月08日 00:00:18 : Ma5RZiiuic
イスラム圏では1979年以後、神権政治の衣をつけてマフィアや先住民虐殺・追放を行う入植者が活発化しているようだ
彼らが何を掲げているかではなく、何をしているかが問題だ
ボコ・ハラムなどは単なる人身売買組織でしかないし、リーダーはビデオでも薄笑いをしている
何世紀も先住民追放や迫害、人身売買、麻薬取引をしてきた欧米が、どこまで本気でそれをなくそうとしているのだろうか?
イスラム国家樹立を掲げれば何でも許されるなら、こんな楽な商売はない

07. 仁王像 2014年11月02日 10:39:46 : jdZgmZ21Prm8E : ffUQaxjIIa

(ターニング・ポイント)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/542.html#c2

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ