★阿修羅♪ > 議論31 > 499.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
続・核武装論者による反原発の言論は”贋物”である
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/499.html
投稿者 仁王像 日時 2017 年 7 月 29 日 11:07:09: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

・核武装論者による反原発の言論は”贋物”である
 http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/511.html
 投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 30 日 10:19:14: jdZgmZ21Prm8E

 (上のコメ欄の再掲)

@http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/511.html#c7
 (念のため本文補足)

 端的に言えば、「かくかくしかじかで、原発はこの世にあってはならないもの。原理的に反対である」と話を持って行かなければならないが、そこまでは決して踏み込まない。
 その一歩手前で寸止めしているのは、統治者側の末席に連なる一員として、原発管理の手ぬるい統治者中枢への恨みつらみ、怒りをぶちまける。政府・東電を激しく批判するがそのレベルにとどまっているからである。

 裏を返せば「弛(たる)んでいるぞ!」「うまくやれるはずだ。やれ!」、と尻(けつ)を叩いているのである。(2号機チェンバーも水の枯渇を失念しなければ事故は防げたという寸法である)

・〔悪魔思想7〕反原発と反核武装は表裏一体、不即不離の関係でなければならない
 http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/502.html
 投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 01 日 18:13:53: jdZgmZ21Prm8E


Ahttp://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/511.html#c8
 7の趣旨は、下に詳しい。
(核武装論者による反原発の言論は、結局”猿芝居”を演じていることになるのではないか?)のコメ欄から。

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/279.html#c1  
 01. 仁王像 2011年10月07日 20:17:04: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 彼が、今の原発を止めたいと思っているのは本気だろう。だがそれは、日本の既設の原発が地震に対してあまりにも危険であると見なされるからだ。それは、原発に原理的に反対する立場とは違うと思う。もし、彼の基準で、(新しい)原発が対地震設計が十分なさていると判断できれば、原発容認に引き返すこともできる地点に立っていると見なければならない。
 「地震だ!地震だ!」と盛んに騒ぎたてるのも、こうした心理が強く働いていると見る。多くの人々から、「地震か津波か」の問題設定は事態を矮小化するものだ、との指摘を受けても、彼にはその意味するところが見えてこない。
 明らかに危険な原発には激昂しその限りにおいては大反対だが(自分の身にも降りかかる)、原理的反対にまでは思想が止揚してはいないと見る。
 条件付き原発容認派であれば、核武装論と原理的整合性は一応取れていることになる。

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/279.html#c15
 15. 仁王像 2011年10月14日 20:08:48: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 >原発事故に対する見方の、どこがどう誤っており、…

 私は貴殿の議論の全体を見渡し、(僭越ながら)貴殿の議論の方法論を問題にしている。「どこがどう誤って」というふうな各論レベルの話ではない。すでに書いたことだが、貴殿の議論の深層には、「安全な原発は造り得るはずだ」あるいは「原発は安全に運用され得るものだ」というようなぼんやりした”考え”が横たわっているのではないかと印象する(それは穿った見方だ、とするなら読む者が取り違えないよう注意深くありたい)。

 だから、事故後の対応について、「あの時こうすべきであった」や「この時こう出来たはずだ」という議論に終始し、さすれば事故の拡大につながらなかったと断定的に主張する。あるいは地震でいかれたということにも執拗にこだわる。

 ならば、次の原発は地震に万全を期し、運転員にも十分な教育・訓練を施しましょう、という具合に、白黒逆転され易い議論であることは容易に想像がつくはず。
 こういう議論の仕方は、オセロゲームに弱い、構造的欠陥があると指摘している。

 こうなる要因は、貴殿が「原理的」な原発反対に踏み切れない”不徹底さ”からきていると見ている。さらにその遠因は、貴殿が核武装論者だからだろう、ということも自然に見えてくる。
 核兵器と原子炉は同じ原理で成り立っている。核兵器は許されるが、原子炉は許されない、というのは原理的に整合性がとれない。このことはどんなに詭弁や屁理屈を駆使しようとも、どうしようもないことである(普通の感覚では)。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 仁王像[1625] kG2JpJGc 2017年7月29日 13:41:51 : jb852A12Es : CKLAgeOqBgA[1]
 (本文の続き)
 
Bhttp://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/279.html#c17
17. 仁王像 2011年10月18日 21:19:39: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 
 06番では、自分は「原発に原理的に反対する立場」だと表明しているが、本人の表明どおりの客観的評価になるとは限らないことはこれまで見てきた通り。
 ここでは別の角度から見てみる。

 05番では、「原理的な話は別として」や「原理的な話はとりあえずおき、今回の福島第一の事故に限定すると、そう言えなくもないと…あくまでも今回の福島第一の事故に関する見方」などと言っている。
 この”原理的な話を別とする”という前提が不可解だ。なぜ「原理的な話」を一旦棚上げににしなければならないのか。最も肝心なところであり、筆者の感覚ではその必然性はなにもない(事故を弄ぶのでない限り)。
 文脈からすると福島第一原発は日本や他国の原発となにか質的に違いがあって(ことさらに脆弱など)、一般論としては論じられない。つまりこの事故をもって、原発一般の普遍的危険性を指摘はできない、と主張しているかのようだ。

 言い換えれば、この事故を持って「原発を原理的に否定する」ことに議論が発展することに自らブレーキをかけてしまっている、と言えるのだ。
 彼の言論では、氷山の一角を粉々に砕きながらも、「だから原発という危険な代物は原理的に否定されるべきものである」という趣旨を、とスカッと言い切っている部分は皆無である。
 「煮え切れない」とはこのことである。彼の立場表明とは裏腹に、原理的に原発を否定しているのではない。そのことは華々しい外観の陰に隠れて見えなくなっている。

 万人の認識は違う。今回の事故の中に、原発一般の持つ普遍的危険性が象徴的に顕現してきていると見ている。だからこそ、全世界の注目を一身に浴びているのだ。その並びで、本人も日本の他の原発を福島第一と区別・差別することなく廃炉に持っていくことには本気なのだと考える(その限りにおいてだが)。

 彼のような方法論での原発批判は、酷のようだが(繰り返しにもなるが)オセロゲームで白黒逆転した抜け道ができ得るように脇を開けてあることになるのだ。
 実は、”隠れ原発容認派”にはウケルのではないかと思う(隠れ核武装論者でも同様)。
 それを鋭く見抜いている人が、01番に紹介した無名氏である。筆者はちょうど鬼塚氏の本を読了したところで、この寸鉄に刺されて、それまでモヤモヤしていた霧が急に晴れ上がった感があった(そして本稿をアップ)。

 彼は今や反原発言論の旗色を鮮明に自覚すべき時期にきている。筆者のコトバでそれを表せば、彼は”条件付き”あるいは”隠れ”「原発容認派」である。(繰り返すが)さすれば核武装論者としての原理的整合性も一応満たしており、そのことによって責められることはない。

 (補足)
 一例を挙げる。2号機の事故拡大が人為ミスだとする彼の説を仮に認めたとする。だが、この後の議論の持って行き方が全く違う。
 彼は優秀な運転員をそろえ、所長の的確な判断があれば、事故の拡大は防げたはずだと主張し、関係者の罪を問う。
 筆者は、人為ミスは常に起こり得ることで、一つの人為ミスが大事故につながる危険性に満ち満ちている原発は原理的に廃止すべきと話を持ていく。どちらの主張が道理にかなってかつ実践的だろうか。
(通常、会社で仕事上のミスを犯した場合、それ相応の責任を問われるのは当然である。今回の大事故は、人為ミスをいちいちとがめ立てて終わる話ではないことも当然。)


2. 仁王像[1633] kG2JpJGc 2017年7月31日 20:14:17 : EbRoVWUvuE : 7_yrBX_Eel8[2]

(事故の責任追及で終わりにせず、原発の原理的廃止が必要)
@http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/471.html#c23
(意味のない写真の羅列で最低限の証拠写真も提示できず、説明もイイカゲンでしかない「3号機からの水素逆流」説)
 
 >東電が少しでもまともな会社であるなら、「3号機からの水素逆流」説を公表するのなら、まず、いつの時点で3号機の水素が4号機に流れ込んだのかを明らかにしなければならないのだ/あっしら。

 それはあんたの陰謀論中毒脳・陰謀論中毒眼が求める逆切れ似非論理だ。東電は福一事故を起こした時点で地球規模での犯罪会社になった。東電がいまさら何をどう償っても、事故前のきれいな世界はかえらない。東電の犯罪性は永遠に消えない。だが、東電がそのような犯罪会社だからといって、事実を歪曲してクソ陰謀論を唱えていいとは言えない。今まで阿修羅で崇め奉つられてきて、とことんいい気になっているようだが、あんたのいうことは論理的にもチェリーピッキングそのものだよ。

 【補足】
 @の『東電がいまさら何をどう償っても、事故前のきれいな世界はかえらない。東電の犯罪性は永遠に消えない。だが、…』との指摘は有益な意味があると思う。

 政府・東電の事故責任を厳しく糾弾することに終始して終わるのでない。
 原発の原理的廃止に話を持って行くことが肝要、そこへ飛躍するべくバネになる認識だと思う。


3. 2017年8月01日 20:00:26 : Ei1rfvbyZU : JWJBEKgM6X8[1]
 現在の視点で見ると、あらためてクッキリと認識できることがある。
 彼の反原発言論が、統治者側の末端にいる一員からのもの、と明確に認識できたのは、クロノスさんが登場してくれたことが大きな契機になってきた@。

 また、当時彼とのやりとりで、下のような回答があったがA、「原発の原理的な廃止は棚上げ」したままの、事故分析であったことを自ら認めていたのである。「言えなくもない」とは、当たるも八卦という感じだったことがボロッと出ている。ただ事故を弄(もてあそ)び、知力をひけらかしたい不純な動機を少なからぬ読者は感じ取っていた。

 当時、多くの読者がこれからどうするかが大事、と指摘。原発そのものを原理的になくしていくことが大事という主旨も多かったと記憶する。
 山本義隆「本質的な問題は、政権党(自民党)が…遮二無二原発建設を推進してきたこと自体にある」との指摘も、そもそも原発は不必要だったのだ、という主張である。
 核武装論者であるということは、統治者側の一員であることを雄弁に物語っている。

@(クロノス)
http://www.asyura2.com/12/hasan75/msg/256.html
2012年2月25日
 >匿名希望氏はおっしゃっていましたね、あっしらさんは我々と同じ様に「統治者」の血が流れている、相当な知的レベルの持ち主だと。
  僕もまったくそう思います。

はっきりいいましょう、あなたはペテン師だ。
 あなたこそ、「ド腐れ人間」であり、知的怠惰な「カス」であり、「悪魔崇拝者」であり、不快な思いをただネットで文章を書き、撒き散らすだけという意味で「心情行動主義者」です。

A(あっしら)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/279.html#c5
 2011年10月09日
 >原理的な話はとりあえずおき、今回の福島第一の事故に限定すると、そう言えなくもないと思いますよ。
 原理的な話は別として、今回の福島第一の事故は書かれた内容では防げなかったとお考えですか?


・原発は事故を起こさなくても非人道的な存在:核兵器の所有が大国の印で…大国主義的で倒錯した観念は打ち壊さなければならない/山本義隆
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/737.html
投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 24 日 20:01:54: jdZgmZ21Prm8E

・Re: (日本は)率先して脱原発社会、脱原爆社会を宣言し、そのモデルを世界に示すべきであろう/山本義隆
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/738.html
 投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 24 日 20:06:08: jdZgmZ21Prm8E


4. 仁王像[1634] kG2JpJGc 2017年8月01日 20:09:12 : Ei1rfvbyZU : JWJBEKgM6X8[2]
 山本義隆氏は「脱原発、反原発は、同時に脱原爆、反原爆でなければならない」と指摘しています。

【出典】
・山本義隆 著 福島の原発事故をめぐって いくつか学び考えたこと 
 http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/657.html
 投稿者 よし3児のじい 日時 2011 年 9 月 20 日 15:15:13: IzGl2oLGNZ4P.


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ