★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK165 > 900.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍内閣を打倒しよう
http://www.asyura2.com/14/senkyo165/msg/900.html
投稿者 天橋立の愚痴人間 日時 2014 年 5 月 27 日 21:17:19: l4kCIkFZHQm9g
 

安倍晋三と言う人間は、自分の政治理念など全く持っておらず、ひたすら祖父、岸の後追いをしているだけ。

自分に考えさせれば「美しい日本」などと、女学生が思いつく様な、およそ政治家としては無能をさらけ出すような愚物である。
まあ、この点は鳩山の「友愛」と似ているが、両人とも苦労知らずのボンボンである。

そういう輩が権力争いのバランス効果によって政権を担うなど、本来はあってはならないこと。

馬鹿殿である故に、周りに集まってくる人間は、
外交問題の麻生元総理。
その麻生の紹介で入り込んでいるのは、三橋貴明と言う得体のしれない自称経済の専門家。

>日本の財政赤字については、デフレから脱却すれば結果的にプライマリーバランスは放っておいても改善すると主張している。

は彼の持論である。

大東亜構想に近い感覚で中国、韓国政策を導いているのは、中西輝政。

財界筋からは、オリックスの宮内義彦、東京電力の勝俣恒久、三菱重工業の西岡喬らが安倍を支えている。

メディア対策として、暴言を吐き続けている、百田尚樹と小泉のころからのクソである世耕弘成がいる。

これで、どうして国民の為の政治が出来よう。

日本再生のための三本の矢と称して、

物価を上げ、
財界支援のために法人税を下げる一方で消費税を上げ、
その上に、輸出企業を支援するためにTPPの参加に血道を上げる。
外交で言えば、靖国参拝など、好き放題をし、思い上がった結果はアジアで完全に孤立そロシアからも軽蔑されている。
それでアメリカと良好かと言えば、その無思慮さのゆえ、相手にもされていない。
結局のところ、確実に進行しているのは、弱者の疲弊と、福祉予算の削減だけである。

最近打ち出している経済特区構想など、我が国の格差をますます広げるだけのもの。

この様な安倍を高支持率で支えているのは国民であるのだ。
その理由は、他に選択肢がなかったと言う事に尽きる。

選択肢がないから、安倍を選ぶよりも、することもあるであろう。
選択する以前に、徹底的に安倍を自民党を糾弾する事である。

アジア、中近東の政変でも、選択肢があって起こされているとは限らないのである。
また、どの国でも、国民の想いを抱合できる選択肢などないのである。

国民の想いが、国民の動きが選択肢を現出させることも視野に入れなくてはならない。
ここに、安倍自民党内閣を打倒を決起することを期待する。

クタバレ 安倍晋三、

否、クソタレの安倍には、元々、そんな力はない。
安倍を取り巻く妖怪どもにとどめを刺さねばならない。

安倍内閣を打倒しよう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月27日 21:21:19 : 3cdYZYbVIc
安倍も小澤も官僚の指示通りに動いてるだけだろ

安倍を下ろしても何も変わらないよ

[32削除理由]:アラシ

02. 天橋立の愚痴人間 2014年5月27日 21:23:39 : l4kCIkFZHQm9g : 4sOeBDPeys
01 氏

何を読んでいるのだ。

行動を起こせと言っているのだ。

貴方の様に、常に変わりを見つけなければならない、その臆病さを笑っているのだ。


03. 2014年5月27日 21:39:28 : PZV2dt8Wis
大便が小便を嗤う

[32削除理由]:無意味
04. 2014年5月27日 21:57:43 : 714NY7IYHc
>>安倍を下ろしても何も変わらないよ

じゃ〜お前さんは政治版から消えろ!!!あほ!!!


05. 2014年5月27日 22:00:03 : z9KdWlzqhs
安倍の次は石破、石原息子。
それでは民主党の菅、野田以下か。まさか維新の会?

それでも安倍は退陣させないといけない。



06. 2014年5月27日 22:20:00 : 0EopofEgjc
>>02

爺さん熱心だなぁ・・・w
オレってこういう熱心さに弱いんだよね。
それまでの自分の立ち位置を変えてでも味方したくなっちまう。
一緒に考えてほしいかい?
もしオレに協力してもらいたいなら、条件がある。
そんなに難しいことじゃない(けど爺さん我慢できっかなぁ?w)。
オレが小沢支持者って訳じゃないことは、爺さんも含め、オレとある程度友好的な関係にある熱心な小沢支持者(JohnMungさんとか、日高見さんとか、S.Tさんとか、EAkIk2fULUとか〜彼にはHN付けさせた方がいいね、すごく熱心だから。でも奴はオレが小沢支持者じゃないことを知ってるかなぁ?)、彼らは小沢支持だけじゃなくて今後の社会の在り方にも少なからず興味や関心を持っている。
だから彼らの意見を聞くためにも、小沢批判をしないことが一つ。
それと既存のやり方、例えば公共投資を増やすとか、ベーシックインカムとかヘリマネとか、貨幣の増刷とかの組み合わせを変えたりするだけではきっと解決できないであろうことを認識する。
解決策を検討する前に、問題点を思いつく限り列挙する。
と同時に、今後どんな社会を目指すべきか、それをまず先に検討する。
これを守ってくれ。

きっと一人で悶々と考えてても(ってか例えオレたちが集まって検討したとしてもダメかもしれないけど)解決策が浮かぶとは思えない。
けど、みんな力を合わせればで途中まではいくかも知れないだろ?
どうだい?


07. 2014年5月27日 23:15:26 : 4sOeBDPeys
>06氏

あんたの様な半端野郎に興味はないね。


08. 2014年5月27日 23:21:13 : 4sOeBDPeys
ああ言えば、こう言う

上祐の様にコメント欄でグダを巻いているだけで、何ら真実の思想と言うものがない。

だから互いの文言の貶し合いよりできない半端者。

これが阿修羅掲示板の特徴である。

ただし、その阿修羅の投稿欄に出てくる情報の数だけは魅力があるが、あんたらは余計な存在にすぎないのだ。



09. 2014年5月27日 23:24:38 : 4sOeBDPeys
思想がないから投稿もできない。

少しは自分の意見を投稿して他人の検証を得ることだな。

それから、話を始めれば良い。


10. Yomy 2014年5月27日 23:27:22 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>06

自分はキャバクラが好きな共産支持者ですよw
ただ、党員でもないのと雑食なので、経済システムを根本から考えてみたい。

9段の爺さん、
ここでは、経済システムの話をしても誰からも文句言われない、と考えて
いいのかな?

ブレインストーミングの形式がいいと思います。まずはあらゆる方向に
発散しながら、徒然なるままに書き込みながら、徐々にまとめていく。
ただし、最終的にまとまらなくてもおk。


11. 2014年5月27日 23:36:10 : 4sOeBDPeys
10 氏

経済の話しがしたいなら、自分でスレッドを立ち上げられることだ。

それが主張と言う事ではないか。

貴方の言いたいことに対して、賛同、異論はそれからだ。

ただし以前のスレッドでの経済論など、幼稚な位置口論、話にもならないゼ!


12. 2014年5月27日 23:37:45 : 4sOeBDPeys

珍しく訂正の労をとる

位置口論→入口論


13. Yomy 2014年5月27日 23:51:27 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>11

入口から入らずしてどこから入るのだ?窓からか?窓も入口。(排水溝!?)

ちょっと修正して以下再掲。現行資本主義を(1)として追加。
(1)現行資本主義
(2)修正資本主義
(3)修正資本主義・高福祉社会
(4)社会主義
(5)その他の経済システム

ある所得額の閾値を決める。そこ以上の投機なども含めた利子による収入を
認めないような仕組みを入れる。そうすると、閾値を無限大に飛ばせば
現行資本主義、そこそこの値にすれば、修正資本主義、そこから閾値下げれば
高福祉社会、ゼロにすれば社会主義。経過措置なども入れてあげれば、
政権交代で経済システムも含めてスムーズに移行できるかも。
(1)から(4)を行ったり来たりする。

(5)は(4)のあとに来るという意味ではなく、スペシャルカテゴリー。

自分自身でこれに囚われたくないので、以降はこれに即して話したり、
即さなかったりするかもしれないので、ご承知おきを。


14. 2014年5月28日 00:16:44 : 4sOeBDPeys
Yomy さん  

HNを出しただけでも進歩と敬意を表しよう。

誰かさんと違い、真面目な話なら、スレッドの趣旨とどんなに違っても歓迎だ。

ただ上の標題は、アチコチで見かけているが、ほとんど興味を引くものではなかった。

ただし、現代の問題の根本を経済のシステムと捉え、その領域に足を踏み込もうとする姿勢は評価に値する。

小沢、小沢と救世主に言う連中がいるが、小沢は経済のことは考えてはいない、だから小沢に政権を取らせてもなんら変わることがないが、それが理解できていない信者が多いようだ。

(1)現行資本主義
(2)修正資本主義
(3)修正資本主義・高福祉社会
(4)社会主義
(5)その他の経済システム

と挙げられているが、実際には「修正資本主義」の内容に価値があるのみ。

1は検討の必要もなく、
3は修正資本主義と同じであり
4は、経済の問題を共産主義としているならば、これも問答無用。資本主義を想定しているなら、幼稚な理想論に過ぎない。
5は、項目として挙げているだけであろう。

それで問題は「修正資本主義」となるのであるが、言ったように、その内容が問題となる。

どこかのスレッドで、御仲間が盛んに言っていたような内容は、現行のシステムを少しいじくる程度の問題であり、そんなことは、既成の経済専門家が時が来れば、その様に対応するものであり、我々が考える新しいシステムではない。

で、あれば何を想定して「修正」に手を付けるか。
現行の資本主義のシステムの何処をどのように変えるべきか、そういうダイナミックな話が出来るのか。

以前のスレッドでは振れなかったが、本当に手を付けるとなると「金融鎖国」も視野に入れなければならないほどの問題意識が必要になるが、そこまでの修正と言う概念を持っておられるか。

かつての御仲間の様な認識では時間の無駄と言うものである。
まあ、やらないよりも良い程度と拝見しよう。


15. 2014年5月28日 00:38:36 : EAkIk2fULU
>>14

乗ってきたね。

じいさんには今日はもう寝てもらいたいので、ちょっとだけのコメントにする。

金融鎖国はあまり考察したことがないけど、資本主義の達成状態によっては
一時的に実施することが有効な場合もあると考えます。

それは、まったく資本主義が発達していない段階で、資本が流入するための
準備が出来ていない段階の国、それと、充分発達した国で、資本主義を
継続させるためにわざと金融鎖国を行い、経済を自ら弱める。
なんかSFっぽいですが、国民の選択肢としてありだと思います。

あとで、チャマさんが言うように、現行資本主義の弊害について一通りあげる
のもやりたいです。


16. 2014年5月28日 00:47:34 : 4sOeBDPeys
余り解ってないようだが、拝見しよう。

茶魔氏については、最初に「資本主義の限界」と言いながら、結局は何も理解もしてないし対応する何の抱負も感じられない。

結局のところ、無理をして、出てくる言葉は既成概念に裏付けられたものばかり。
貴方も同じようyなら、無駄な事。


17. 2014年5月28日 00:52:24 : 0EopofEgjc
>爺

じゃ今まで通り、アンタのアイディア全部ダメだししてやるよ。
けどアンタの考えてること、言っちゃ悪いが全部没だぜ?

ま「Yomy」くんと議論してごらん?
議論の礼儀として、相手の主張に対する反論に心掛けろよ?w
爺さん反レスに詰まるとすぐファビョって卓袱台ひっくり返すからなwww


18. 2014年5月28日 01:52:05 : 4sOeBDPeys
茶魔氏

この阿修羅でも、内容の如何に関わらず、私が自分自身の気持ちを投稿するばあいの真摯さは、誰にも伝わっているはず。

それなのに、何も言う前から、この言葉。

それがあんたを語っているのさ。

結局は、議論を装って荒らしがしただけの ろがいもの。

それがあんたの正体であり、何も自分から白状することもないだろうに。

それも解らないのが、あんたの限界さ。


19. 2014年5月28日 02:01:38 : 4sOeBDPeys
茶魔、いや。オコチャマよ

曲がりなりにも Yomy 氏は議論を望んでいるようだ、

それに対して

>じゃ今まで通り、アンタのアイディア全部ダメだししてやるよ。

こりゃ、なんだ。

大体において、昔から、すぐに出てくる地金じゃないか。

結局は、何年も同じことを繰り返し、つかの間の知己は得ても、誰もに相手にされない放浪の身。

小沢信者として私が貶している相手でも、それなりに誠意と言うものはある、想いもある。

あんたは何だ。

屁理屈に屁理屈を重ねて

空しい投稿を何時まで続けるのだ。


20. 2014年5月28日 02:01:44 : EAkIk2fULU
まずは資本主義の弊害のひとつ、富の偏りから見ていきましょう。

弊害をまとめてたくさん挙げたいですが、書き込み時間の関係と、問題を
シンプルにするために少しづつ行きます。あとで関連する弊害が見つかり、同時
に考慮しなければならないことがわかった場合はその都度考察し直しましょう。

現行資本主義では、富の偏りは無限に起こり得ます。

それに対する、>>13の経済システム選択論での答えは、国民がその都度分配率を
選択する、というものです。政策の違いも入ってくると少しややこしくなりますが、
富の偏りが激しいと感じればより社会主義に近いシステムを唄う政党を、その
所得額の閾値を参考に選択する。もっと、競争を促したほうがよい、と
考えれば、より閾値の高い政党を選ぶ。政権を取った政党の閾値が適用される。

資本主義の全体的な流れとしては、社会主義に向かう方向ですが、状況によっては
いったん富の偏りが激しくなる方向を選択する場合もあると考えています。
それはどういった場合か、は次回考察とします。

並行して、経済システムとはそもそもどうあるべきか、何のために経済システム
が存在するのか、存在すべきなのか、という前提論も考えていきたいです。


21. 2014年5月28日 02:03:58 : EAkIk2fULU
>>19
>>06を読む限り、チャマさんも議論を望んでいると思います。

あなたへの期待の大きさがそう言わせるのでしょう。


22. 2014年5月28日 02:12:54 : 4sOeBDPeys
>まずは資本主義の弊害のひとつ、富の偏りから見ていきましょう。

仰る通り間違いないと思います。

資本主義を続ける限り止むを得ないことでしょう。
それに対して理想的な共産主義を想定してみましょう。

均等とは言いませんが、それぞれが必要に富を得られて、富を多く取得したものが弱者からさらにかすめ取ると言う事はないでしょう。

しかしながら人間精神の根本から競争意識を排除すると言うことは、経済的な悲劇より一層深刻な社会問題を引き起こします。

故に格差が出ても資本主義のシステムの方が人間性にとって良いかと思います。
ただし格差は良いのですが、一分の人間の生存権を奪うような競争のシステムはいけません。

資本主義を修正しなければならないことは、この点にあるのですが、言うのと違い、これは大変なことです。

この問題認識が、一番にあるべきことであると思っています。

ですので私は格差については大部分を容認します。
実際に、自分自身の幸せの為に必要な金は、現在の年収で1000万円もあれば、大概のひとは幸せ感に浸る事ができ、一郎、田中などの様に年間数億円の収入があっても、それほどうらやましく思う必要はないのではないでしょうか。


23. 2014年5月28日 02:26:15 : 4sOeBDPeys
続いて申し上げます。
格差の弊害を社会保障で補うと言う事は今まで行われてきた手法です。

それを社会主義とも言われ、日本は一番進んだ社会主義国とも言われてきました。
ですが、グローバル化の影響で保障しなければならない弱者の数が増えすぎました。

これに対処するに累進課税を徹底し富める者からの富の再配分では、もはや金額的にできない、富者が応じないようになってきています。
現在、行われている福祉予算の削減がこれに当たります。

また、仮に富者が応じたとしても、福祉により救済されて暮らす人々が人口の1/3にもなると精神的な格差が発生し、ある意味の人種差別が常態化するでしょう。

これも良い状態ではなく、やはりほとんどの人間が自力で生きられるような経済のシステムの構築が必要ではないかと思います。

ただしこのような発想は、既成の経済学の専門家の間では生まれません。

今夜は、これまでとします。


24. S.T 2014年5月28日 02:32:57 : TNEHs1z1b5edM : VWGbGnZmv6
何だか思いっきり勘違いしている投稿だよね。

安倍政権打倒の意味は解る。
それじゃその後の内閣は誰なら納得出来るのか。
つまりそういう先まで考えないと意味が無い。

政治家支持者のコメントや反論も、いわゆる「マスコミ」と同じく情報の拡散だけで、選挙時の投票権を行使する政治家を決める判断を「多いに誤らせる」可能性がある。

よくアンチ小沢連中が「自説解釈」で小沢は悪だとが売国奴だとかを必死になって言うが・・・
それがどうした?
小沢本人が発言した言葉か?
違うだろ、批判者の解釈で勝手に筋書きを作り、この政治家はこうだ!ってねつ造するマスゴミとおんなじ行為なんだよね。

選挙時に必要な事は、本人が何と発言してきたのか。

支持者の発言で政治家を選ぶなんて事をすると「B層」という事になる。
ちゃんと自分で政治家の発言を知って支持するかどうか、投票するかしないかを決める。
ただそれだけでしょ。

天橋立の愚痴人間 さんが立候補するなら、これら発言は投票時に参考になる。
もし、HNを名乗らず投稿するような卑怯な真似していれば信頼は無くすよ。
でも政治家に立候補もせずただあーだこーだと憲法解釈を弄くり回した所で、政治家の誰に投票すれば良いのか答など見つからないと思うけどね。

誰がどんな発言をしているのか。
真実を知る事こそ間違えにくい。
そして真実をねじ曲げる存在は誰の支持者なのか。
なぜそんな馬鹿げた行為をするのか。

大事な事は支持者の解釈ではなく、政治家本人の言葉の意味を知る事。

そしてさらに突き詰めると、自分の知らない知識や自分の思想を見直すきっかけのコメントは役に立つますね。
JohnMungさん・日高見さん・EAkIk2fULUさん・0EopofEgjc さん・一主婦さんなどのコメントには読んでいるとハッとさせられる内容があるんだけどね。
特に0EopofEgjc さんが最初の頃小沢批判を最もしていた事を知ってます。
でも事実を突き詰めると、小沢問題って実は日本の異常事態だと自らおかしい!と定義してくれました。
私も一時期共産党関係者とはブログ繋がりがありましたが、小沢支持者だと解ると距離を取られました(苦笑)
共産党だろうが自民党だろうが民主党だろうが、まともな事をいう政治家は支持したいですから。
100%正しい事をいう政治家など存在しないし、そんな政治家でも全国民の支持なんて有り得ないでしょう。
何にでも言える事ですが、「程々」が一番いい。

民主主義、自由主義でも生きる上での「社会保障」は必要だよね。
国民の負担を政府が負う事で経済活性化・生活レベルの向上などがあります。

もし、小沢氏がベーシックインカムを言い始めたら凄い事なんだけどね。
阿修羅掲示板では「考察者K」さんという方が一番最初に言い始めたのを覚えています。
凄い事を言う人が出て来たなぁと、すごく考えさせてもらいました。

安倍政権を打倒したところで「石破氏・石原氏・小泉Jr氏などなど」が次の政権を担ったとしても納得出来ますか?
誰がどんな事を発言しているのか。
これこそが安倍政権のウソを糾弾して国民の多くが望む政治に戻すことに近づけるのでは?

今解散総選挙をやられて「誰に投票したら良いのか解らない」のでは困ります。


25. 2014年5月28日 02:36:49 : 0EopofEgjc
>>19

>じゃ今まで通り、アンタのアイディア全部ダメだししてやるよ。

ってのを恐れてるのか?w
意見が違えば当然相手が間違ってると思う個所を指摘する。
ただそれだけなんだけど、オレに言わせると如何せん爺さんの場合、出てきたアイディアが悉く間違ってるんだよw
だからね、アンタが正しいと思っていて正しい理由をちゃんと理解してればオレのダメ出しも論破できるはずでしょ?
それができないってことは考えが不十分(ならまだましだw全く的を得ていない愚にもつかない戯れ言)だって評価されるのは当然の帰結だよw

>>21

まぁもっと議論の回数重ねて行けば自ずとわかると思うけど、『オレは爺さんには全く期待していない』。
>>06はボロクソ言われてもまだスレ立てて自説を主張しようという全く無駄な(ある意味涙ぐましい努力)と「あーこの爺さんは本気で何とかしたいって思って無駄な努力を続けてるのかなぁ?」って言う憐憫の情w


26. 2014年5月28日 04:09:13 : zKhrRT3tBk
打倒!安倍晋三。此奴の存在が日本の恥、国家の屑、国民の敵。

27. Yomy 2014年5月28日 04:23:40 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>22

まずあなたは、競争が無くなる事による深刻な問題について例を挙げるべきです。

その不安に対して、社会主義者は明確な解を持たないといけません。
私がもし回答できる問題であれば回答します。貨幣による見返りがない状況で、
人々は努力するのか、また、努力そのものがそもそも必要なのか、そういったこと
も考察する必要があります。

私の個人的見解ですが、経済競争から開放された時点で、人類はより人類にとって
有益な、「文化」競争に進むと推測、というより楽観しています。ただ、そのベース
となるしくみについては、充分検討し構築することが必要でしょう。例えば、
中央集権的な体制ではそのような流れにはならないと思っています。

>>23

富める者にとって、社会主義もそうですが、所得の上限を必要によって上下させる
私のアイデアも、充分衝撃を与えるものでしょう。

脅迫するわけではないですが、高度に資本主義が発達すると、富める者はより富み、
貧困層の割合が増えていきます。不満が高まった結果、革命が起きるとマルクスは
言っています。ここで重要なことですが、革命を起こすべき、という考え方は私は
間違っていると思っています。しかし、なにかしらのリスクが高まることと、
貧困層が団結することにより、政治が変わってしまう可能性があることも、富める
者は意識しておく必要があります。

富める者にとって、このような状況を防ぐには、逆説的に聞こえるかもしれません
が、資本主義の発展を遅らせる必要があります。言い換えると、修正資本主義や
高福祉資本主義には、資本主義の発展を遅らせる仕組みが必要ということです。


28. Yomy 2014年5月28日 06:08:48 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>23

富める者についての考察はまだまだいろいろ出てきそうですね。

自分は、この議論に関して、資本家と、実際に能力のある人、例えばスポーツ
選手や、音楽の世界でスターと呼ばれるひと、学者など、を分けて考えるべき
と考えています。

もちろん資本家でも能力のある人がいますが、資本家の優劣は、資本そのもの
の量と情報収集力だと思います。情報収集力は資本から得られる利益の余剰分
で補えると考えられますので、結局資本の量そのものが資本家の優劣を決める。
先に持ったものがずっと勝つ。

社会主義の国を考える場合に難しくかつ誤解が生まれやすい部分だと思いますが、
共産党でも社会主義国になった場合に、所得や収入まで平等とは言わないと
思っています。現実的でない。

労働者でもスキルの違いがある、経営者に代わる監督者も監督する範囲で
責任が異なってきますが、同じ給料でいいのか。おそらく機会均等を保障する
だけで、あるていど差がつくのは認めると考えられます。

で、話が戻って、例えばスポーツ選手の場合、よりよいパフォーマンスを
出すためによりよい収入が必要。これは、動機の問題というよりも、例えば
スタッフであったり、トレーニング設備であったりの費用に使われるので、
なんとなく妥当な気がします。よりよいパフォーマンスを期待する観客が
お金を払って、その対価としてスポーツ選手がそれを見せる。

ひるがえって、資本家は何をやっているでしょうか?出来うる限りの情報を
収集して、インサイダーぎりぎりのことをやっているのかもしれません。
スポーツ選手以上に何かほめられるようなことをやっているとは思えません。

ただし、自分は投機や投資そのものを悪とは考えていません。充分弊害をとり
のぞきながら行う発展途上国への投資は、いいことだと考えています。
では何が問題なのか、いったん切りますが、投資の功罪を考えていきます。


29. 2014年5月28日 06:40:09 : Fs820IFiwU
安倍総理一人で何もかもできるわけでなく周囲を固めているナチスのSS[親衛隊」やSA「突撃隊」を思わす側近の連中ヤ「ネオナチヤフアシストや過激民族主義者」系を含む「政、財、官界やタカ派大手メデイア「読売。産経系」や「戦争容認」支持派の労組や学者文化人や国民が戦争支持だから、安倍総理が〈全権委任法」や「非常大権」を手にしたヒツトラー総統並に〈俺が決める」と言えるのです。。前記の連中が安倍総理を支えているので打倒するのは不可能では無いでしょうか?。「ははあ、恐れ入りまする」と「上様」に土下座してひれ伏すのが日本人の伝統的処世方法だつた歴史を顧みて下さい。国民性は戦後70年で変わる訳がないのです。日本にも確かに以前は反戦平和政党も存在したし、反戦平和派市民も存在しましたが、現在は全滅に近く、反戦平和派市民の99,99%は@遁走するかA転向するか「タカ派陣営へ寝返るB洞ヶ峠で様子見に。かで冬の枯れ木林のじょうきょうです。散発的にアリバイ作り程度の「俺たちは戦争に反対はしたのだが」、とあとで弁明するための」声明やデモはあるでしょうが。テレビからも聞こえてくるのは戦争を求める声のみというのが実状です。「朝日新聞など良心的メデイアもありますが」。第一次大戦敗戦後のドイツで「旧連合国への報復戦争」を目指し熱狂したナチス、ヒツトラーと同じ道を〈進軍」いる日本のタカ派が行きつく果ての予測はできませんが、ヒツラーとドイツ国民が戦争に決別したのはベルリンが焦土となりヒツトラーが地下壕で自殺したのちでした。これが歴史の厳しい現実です。

30. 2014年5月28日 06:53:43 : Fs820IFiwU
麻薬患者が禁断症状に耐えかねてヘロイン注射を求めるように。日本のタカ派は平和に飽き戦争という麻薬注射を求めているように感じじます。「一か八」かで第三帝国の夢を戦争に賭けたナチす、ヒツトラ=のように。「永遠に偉大であつた」とタカ派が心酔している戦争に明け暮れた日本軍国主義と国家主義体制への回帰という夢を戦争に賭けようとしていると見ています。

31. 2014年5月28日 09:15:31 : FKgxudoP3Y
「安倍内閣を打倒しよう」 おうっ!

32. 2014年5月28日 10:56:05 : cdwvYOoQu6
>私の個人的見解ですが、経済競争から開放された時点で、人類はより人類にとって
有益な、「文化」競争に進むと推測、というより楽観しています。

この辺の認識が根本ですね。
たとえば、公務員の世界を見てみましょう。
彼等、彼女らは、真面目にさえやっていると職を失うことはまずありません。
その代わり、上下、仲間の人間関係は硬直し、特に上に逆らうことは将来を決定します。
仕事の上の成果と収入はつながらず、職務における向上心がなくなります。
かつての共産主義国のほとんどが、経済面において効率が悪く、資本主義国にみるみり遅れを取ったでしょう。
その上に、競争が必要ないため、また競争をさせないために国民を監視する体制が強固でなければならず、結局は独裁と言う形になります。
そういう国家の国民が求めたのは民主主義、いわゆる行動の自由であったのではありませんか。

形式的なものはともかく、人間の精神には邪悪なもの、強欲なものがあります。そうして一部の人間は、それを抑えることが出来ず、ルールを飛び出します。
一般の人自身に例えても、一応の安定を得た後には、必ず、より上位のものを求めるのが常です。
「足るを知る」と言う事ができるのは、誰に対してもいえることです。

>人類はより人類にとって、有益な、「文化」競争に進むと推測・・・

であるので、この言葉で人間界を包むことは出来ないと思います。


>社会主義の国を考える場合に難しくかつ誤解が生まれやすい部分だと思いますが、
共産党でも社会主義国になった場合に、所得や収入まで平等とは言わないと
思っています。現実的でない。

>労働者でもスキルの違いがある、経営者に代わる監督者も監督する範囲で
責任が異なってきますが、同じ給料でいいのか。おそらく機会均等を保障する
だけで、あるていど差がつくのは認めると考えられます。


社会主義に対して、このように分析されていますが、これも理想的な状態のものであり、そういう体制を敷くためには強権(独裁)必要となってきます。
なんとなれば、そういう公平性には従わない人間の性もあるからです。

資本主義の形が一番、人間の性に適していることは間違いないのです。
まずは、この分野、哲学的な領域での人間の分析を慎重にやらねばなりません。
共産主義が旨く行かなかったのは、この人間性の取り扱いが短絡であったためと思います。

>脅迫するわけではないですが、高度に資本主義が発達すると、富める者はより富み、
貧困層の割合が増えていきます。不満が高まった結果、革命が起きるとマルクスは
言っています。


上記の文章も含めてマルクスの資本主義に対する洞察は優れていて、おそらく、その様になって行くでしょう。
失業者、ワーキングプアーが人口の半分にも達すると。
この場合、穏健な日本人のみを考えていてはなりません。

>ここで重要なことですが、革命を起こすべき、という考え方は私は
間違っていると思っています。しかし、なにかしらのリスクが高まることと、
貧困層が団結することにより、政治が変わってしまう可能性があることも、富める
者は意識しておく必要があります。


現代の政治、経済は、究極はユダ金などの見えない巨大資本の思うがままに進展しています。
インドネシアでのスカルノ、フィリピンのマルコス相手に革命を起こせるのは、独裁者と言う明確な対象があったからで、巨大資本の圧政には民衆も、それを自覚できず、また民衆自身も知らず知らずにその恩恵に浴しているものもあり平穏の内に体制を変えることは出来ません。

新しい経済の仕組み、国のかたちを論じるに、確かに貴方の様な次元まで掘り下げねばなりませんが、そこのところをもっと、もっと見極める必要があるのではありませんか。

そこからいきなり資本の動きは飛躍していると思います。


33. 2014年5月28日 11:12:02 : cdwvYOoQu6
STさん

>もし、小沢氏がベーシックインカムを言い始めたら凄い事なんだけどね。

今 Yomy さんと話している内容に即して言わせていただけば、上記の様な事に飛びつくあなたは人間性の探求が不足しているように思いますよ。

それからね、

>安倍政権打倒の意味は解る。
それじゃその後の内閣は誰なら納得出来るのか。
つまりそういう先まで考えないと意味が無い。

この結論に小沢を持ってきたいのでしょうが、私はここでは小沢には一言も触れず、そういうものを想定していないところに、この投稿の意味があると思っています。

国民の多くが不満を爆発させることにより、国を動かせると言うように、なぜ考えないのですか。
そこから英雄が生まれるのが常ではないでしょうか。
歴史上の英雄とは、そうした過程から生まれてきたのが常であり、始めに英雄ありきではなかったはずです。

小沢に拘る気持ちが強すぎて視野が狭まっているのではありませんか。
せっかく社会を憂う気持ちがおありなのに。

それからHN名のりますが、言っている文章に意味があるのであり、どうせバーチャルな世界、特に親密性を感じないなら名前を特定する必要もないのでは。
まあ、目印程度には考えていますが。


34. Yomy 2014年5月28日 11:22:02 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>32

全体的に掘り下げが足りないことは認めますが、

特に社会主義については、順番として最後に回ってくることもあり、
今のところほとんど詰めることが出来ていません。言い訳です。

自分の立場をはっきりさせておきますと、自分は社会主義を支持する立場
ですが、現代においてすぐ社会主義が実現できるとは全く思っていません。
おそらく共産党もこれと似たようなことを言っているはずです。

社会主義への移行は、マルクスが言っている通りですが、高度に資本主義が
発達し、それ以上投資が利潤を生みださなくなった時、だと思っています。

そのタイミングがいつか?はたぶん誰も明確な回答を出せないと思いますが、
意外と早い場合にも備える必要があると最近感じています。

また、自分の支持する主義とはいったん離れて、現実的には社会主義と資本主義
を行ったり来たりするような、できるような、経済システムの構築が必要と考え
ています。それが経済システム選択論です。

あと、社会主義については、独裁主義に陥らないような仕組みを入れない限りは、
実際の政治経済に適用してはいけない、と思っています。


35. 2014年5月28日 11:57:35 : cdwvYOoQu6
Yomy さん

究極的には、私も社会主義(共産主義)の体制よりないかと思っています。
ですが社会主義社会となった時の人間の不幸は、経済的な問題で悩む以上の深刻な問題があると思っています。

皆が真剣で働く必要もなくなり、生活の心配もしなくなった時、どのような社会になるでしょう。

現在の週休2日でも、持て余している人がいるのと違いますか。
私は、そんな経験がないのでたまの休みを満喫していますが。

ゴルフ、魚釣りと言った趣味も、働く苦労があってこそのの趣味であり、毎日趣味つけの生活など、楽しくも何もないはずで、必ず他にすることがないかと求めます。
それが性犯罪につながったり、やたらと殺伐な事件を引き起こす事になるでしょう。

そういう意味からも資本主義は過酷であっても、相互の救済システムを補完し全員が何とか働く、生きるために働かねばならない環境を維持することが大切と思っています。

ですが、現行の資本主義では、すでに死活の問題が見えていまして、このまま放置もできなくなっているのではないでしょうか。
故に、最終的な社会主義に至るのを極力遅らせるために、出来れば永久に、修正資本主義のシステムを考えているのです。

修正資本主義の概念とは、まず、その様に大きく捉えることが出来ると思います。


36. 2014年5月28日 12:07:45 : cdwvYOoQu6
Yomy さん

下記に興味を引くことを書いておられます。

>それ以上投資が利潤を生みださなくなった時、だと思っています。

これはキーワードで、現在の金融資本主義と言うものは、物の売買、流通の媒体としての貨幣の考えから、利殖の為の利殖手段としての貨幣の比重が大きくなっていることが問題です。
利潤を生みださない状況の設定は難しいとは思いますが、部分的には、その様な状況を受け入れさせることが必要ですね。
その分だけ「修正」できたと言う事でしょう。


37. 2014年5月28日 12:14:49 : cdwvYOoQu6
いきなり結論の様な事に触れますが、

この利潤を生まない投資の形としてヘリマネを考えているのです。

そうしてヘリマネ資金が増えると言う事は、利潤追求に血道を上げている金融資本には看過できないことであり、大きな抵抗があると思います。

「金融鎖国」の発想は、これに対処するための一時的な処置と考えています。


38. Yomy 2014年5月28日 12:27:30 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>35

暇を持て余しているのは、日本人だけですよw

欧米人、アジア人、余暇こそ人生であり、休むために働いている、そう
考えているようですが、世界の常識らしいです。驚きですか?

私は、働かない人生はあり得ないと思っていますが、私も、働く目的は
趣味であり、余暇であり、友達との楽しい時間です。まあキャバクラですが。

自分は某オンラインゲームをやるかなりのゲーマーですが、格闘技で近所の
民間のクラブに通って中学生と練習したりもします。ボイストレーニングを
してカラオケに備えたりもします。既婚なのに合コンもします。友達と
キャバクラにも行きます。キャバクラで、けして口には出さないですが、
今後の世界の行く末について考察します。そして歌を唄います。

というようなことをやっていると、仕事もつらいですが、なんとかやっていけます。
米国で開催される国際何とかシンポジウムとか言うのにも参加できるようになります。

夏場は若手と海に繰り出したりもします。けしてナンパなどしません。指示はします。
夜は若手とクラブにも行きます。奥さんはそれを知りません。たぶん。

たぶん60になってもこんなことをしていますね。話が逸れました。


39. 2014年5月28日 12:40:33 : cdwvYOoQu6
Yomy さんは、なかなか優雅な生活をされているようでうらやましいですね。

私などは一生アクセクしていますので、逆に退屈な時間を持て余します。

そうして、貴方の様な生活が送れる人もいるとは思いますが、社会を論じるには全体の事も見なければならないのではないでしょうか。

昔から哲学があり、宗教があって、いろいろな教えを垂れていますが、悲しいかな、どのようような教えも結局は人間社会を包括できてはいないようです。

そういうはみ出しものが社会をリードすることも考えなければなりません。
犯罪者も強欲なユダ金も決してなくならないのです。

この点は、私は性悪説であり、悲観論者であります。


40. 2014年5月28日 12:41:20 : EvFito0QTA
私たちは一応自由ですそれは国民が政府から勝ち取った自由ではありません、アメリカからの副産物の自由、日本の歴史で国民の力で自由を得たことはありません今の売国政治家、裏切り者政治家、ヘタレ政治家等、司法の権力は強大です
日本が変わるのはまた外国からの力によるでしょう

41. Yomy 2014年5月28日 12:54:48 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>39

自分の意識次第で、生活や生き方はいくらでも変えられる、と考えています。

社会の全体を見てものごとを論じるには、町に出て女の子と話すのが一番の
近道だと考えています。しかし、人間には遠回りも必要です。

女の子と話すには、ロジックが必要です。生半可なロジックでは、一蹴りされる。

まあ極端な話ですが、自分もはみ出しものなのでご心配なく。

性悪説を捨てる必要はないとおもいますが、性善説の立場にも立てるように
なれば、あなたの理論はより深まると思います。これは、あなたへの言葉
ではなく、自分自身への言葉でもあります。


42. 2014年5月28日 12:55:11 : cdwvYOoQu6
>欧米人、アジア人、余暇こそ人生であり、休むために働いている、そう
考えているようですが、世界の常識らしいです。驚きですか?


何時も一度に言えませんが、上記の話しにも興味を持っています。

なにせ日本人は性急すぎる気配があり、何時も結果を気にします。
金がなくても優雅に生活を送ることが出来るでしょう。

ヨーロッパの優雅さは、歴史に支えられゆっくりと進展した結果と思います。

そういう世界の到来も、目標にしたいものと思っています。
これも新しい国のかたちの一つで、たとえばセカンドライフの習慣が身に就けばセカンドハウスの必要性もまし、当然、地方の繁栄につながります。

老人医療も介護も、理想的には地方の施設を充実させることが理想であり、そういう世界の到来は、あたらしい産業を生み、雇用を確保できます。

我が国も30年から50年先には、その様にしたいものですね。
またそうするためには、その為のインフラ整備を意識的に進めることであると思っています。

ヘリマネ資金でやることが出来れは、現在の雇用の確保と一石二鳥ではありませんか。


43. Yomy 2014年5月28日 13:10:32 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>42

この言い分だと、あなたはヘリマネ論という名前を使わないほうがよいと思います。

潜在需要発掘論、とでも名付けましょうか、まるで考古学のようにコツコツと
ひとつひとつ隠れている需要を掘り起こす、これは修正資本主義に限らず、
社会主義にとっても重要な、無視してはいけない考え方だと思います。

今日は落ちますが、このあと経済が本来どうあるべきかを考察しようと思って
います。「需要」はそこに出てくる重要な考え方のひとつです。投資について
は忘れているわけではないですが、そのあとになると思います。


44. 2014年5月28日 13:26:39 : cdwvYOoQu6
>この言い分だと、あなたはヘリマネ論という名前を使わないほうがよいと思います。

これも解っているのです。

この分に関する限り、厳密な意味でのヘリマネではないのです。
しかしながら従来の法則の貨幣にも当たりません。

要するに貨幣の概念を変えて、プラスアルファーな貨幣の存在を承認すれば良いことでもあると思います。

貨幣の概念を変えると言う意味は、ここにあるのです。
どちらにしても従来の貨幣管理者には受け入れがたいことではあります。



45. 2014年5月28日 15:05:03 : S2ksoSFczA

マイケル緑の予言通り、不正選挙によって権力の座に就いたアベ政権。
国民・有権者からの信託を受けた為政者としての正当性など皆無である。
不正政権の政策は、利権集団への利益供与と棄民政策である。


選挙の不正を提訴する裁判が100件を超えている。当然である。
裁判では、審理もされず却下されているが報道機関は黙殺している。
利権集団の一角である裁判所・報道機関は不正選挙の共犯である。
検索によるヒット数は、日々増加している。もう隠しきれない。

5月26日 検索「不正選挙」14,600,000ヒット、「不正選挙 裁判」2,880,000ヒット
5月28日 検索「不正選挙」15,700,000ヒット、「不正選挙 裁判」3,170,000ヒット


不当に権力を手にしたアベ政権。多くの国民が不正に気付いている。
不正な権力は、悪政を推進中。早急に打倒する以外にない!


>略奪者のロジック2 http://p.booklog.jp/book/77475/read
2013年の参院選では自民が大勝し、公明、みんな、維新など補完勢力とともに過半数議席を獲得したのだが、語るまでもなく彼らは日本経団連(多国籍企業)とCSIS(戦略国際問題研究所)に与するコンプラドール(外国人に手引きする買弁)集団である。その後は衆参一体となり、国家主権および経済市場を逐次的に譲渡するのであり、憲法の無化により戦争国家を完成しつつ、米国の本質であるネオ・コンサバティブ(軍産複合体)に恭順を示すわけだ。国家意思には常に資本意思が潜在していると捉えなくてはならない。
2013年の参院選挙では前年の衆院選でプログラム改竄が疑われた集計マシーンを再使用したのであり、また政権のステークホルダー(利害関係者)がその運営企業に資本参画するというデタラメであり、さらには野党第一党が検察による国策捜査とメディアバッシングにより実質の解体状態なのだから、はなから国民に選択肢など不在なのであり、この国の代表民主制度は二重、三重に殺されている。これはもはや、正常選挙のため国連軍の監視を要請する第三世界の様相だろう。 >

>不正選挙裁判一覧 〜 猫旅館女将の不正選挙頁
これだけ多くの不正選挙がらみの裁判が行われたのは、日本の選挙史で初めてのこと。  
http://www.marikadance.com/m/fuseisenkyo5.html
>元外務省国際情報局局長 孫崎享氏 舛添偽知事の不正選挙を暴露1〜4
http://www.youtube.com/watch?v=ywYP-CIzAuE
>日本人には知らせてはいけない@米戦略国際問題研究所(CSIS)
http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b189c3f9bcbd9e5873cb3361a65cb7



46. 2014年5月28日 15:31:25 : EeMKYk1IoQ
>このあと経済が本来どうあるべきかを考察しようと思って
います。「需要」はそこに出てくる重要な考え方のひとつです。投資について
は忘れているわけではないですが、そのあとになると思います。


Yomy さん、その前に、人間社会と言うものを、どのように把握するかについてスタンスを決めないと、本当の政治論、経済論は展開できないのと違いますか。

貴方は性悪説でもあり性善説の立場にも立てると言っておられますが、それは万人に言える事でして、ただし社会のシステム、ルール(規制)考える場合は概ね性悪説に基づくものです。

それをはっきりとさせることが必要であり、この人間社会の認識に瑕疵があるとどのような理念も成り立ちまっせん。

共産主義について言いますと、もともとマルクスの経済論には、この分野をある過程でさっぱり切り捨てています。
結局は民主主義、言い換えれば利己心を求める国民の想いを満足させれらず、容易に資本主義に転換してしまいました。

また、旧ソ連、中国など、共産主義国と言っても決して理想的な共産主義国家を形成で来ていた訳でもありません。
と言う事は、将来理想的になるかと言えば、逆で、理想的と思える共産主義国家が現出した時点での人間精神の崩壊は、計り知れないものがあります。

以前にあなたが言われていた仕事を趣味考えると言うような立場は、貴方自身がそういう環境でおられたのは一時的なもので、生涯、その様なものである事は想定されていないでしょう。

資本主義の修正を言われる場合でも、結局は根本のところで人間社会をどのように捉えるかが、まずなければならないのと違いますか。

民主主義とは人間の利己心の大解放であり、封建時代には考えられなかった理想です。
この甘い果実を味わった人間のコントロールは難しいのです。


47. 2014年5月28日 15:34:25 : EeMKYk1IoQ
本題に戻って >45さん

もう不正選挙は良いではありませんか。

私は暴動を扇動しているのです。

ムサシなど。目印をつけて置いて焼き討ちし滅ぼしてしまおうじゃありませんか。


48. 2014年5月28日 17:42:23 : usFoiwxVXo
アベゲリゾーは勿論、ジミンコーメー、ミンシュ、キョーサン、その他雑魚政党もろもろを潰せ。勿論、寄生虫役人など全てを失業させてやれ。日本は民主主義どころか未開社会であり、その政治は八百長政治劇でしかない。皆で猿芝居し、我々の血汗涙にを吸い上げているだけの獣たちだ。

49. 2014年5月28日 18:11:09 : EeMKYk1IoQ
>48 さん

おおいに賛成ですな。

一度、やっちまってから、後の事を考え様ではありませんか。


50. 2014年5月28日 20:06:23 : S57QJHub3w
 
●暴露動画 29分
 
18分頃〜 取巻きについて。竹島を売ったのは
 
 
【NET TV ニュース.報道】ネット爆弾 2014 0521 片山祐輔被告が犯行を認めた件について
 
http://m.youtube.com/watch?v=5xVwMjFP91Q
 

51. 2014年5月28日 20:20:06 : Epgoj13Y43
日時: 2014/05/28 18:08名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

安倍がお仲間として厚労相として起用した田村大臣も、頭空っぽの軽量のクセに、やることはきわどい遊びばかり。

夕刊紙がすっぱ抜き始めたが、シャブ&ASKAこと・本名・宮崎重明と一緒に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された栩内(とちない)容疑者(37)は大手派遣会社パソナの関連企業に勤め、2人が知り合ったのもパソナの接待施設「仁風林」だったとか。この接待施設でパソナ総帥の南部の特別秘書として仁風林での接待を仕切っていたのが、民主党前原誠司の奥方・愛里女史。そしてこの栩内もそこで働いていたと言うから、前原夫人も栩内と一緒に麻薬漬け業務に精を出していた姿が想像される(笑)。

前原グループがこの仁風林館に入りびたりだったことは(12名と言われている)、事情通の言う通りかもだ、前原グループの落選議員達は、今でも南部パソナグループ企業に顧問なる肩書で生活費をもらっているらしい。

他の政界関係者も入り浸っていた。複数の現職閣僚も濃厚な接待を受けていると言う。その内の一人が、あの年金75歳支給を打ち上げだした田村厚労相。こいつは労働規制緩和に異様に熱心。派遣業大手のパソナ接待館で「濃厚な」接待を受けているからには、筋が通る話だ(笑)。

この内閣、デタラメを通り越して言葉も見つからないくらい、ドロドロとして不潔で、異臭を放っている。こんな連中をサポートする私的諮問機関なるものが、一丁前に“理論的”根拠をデッチ上げて来る。外交、軍事、経済、どの分野においてもである。

集団的自衛権安保理法制懇の北岡座長代理など、総理が憲法を仕切ってしまう理論的根拠を私的諮問の会が出せるのかと問われると、これはあくまでも私的機関の見解であるから、そこから先は知らないと逃げる。ならば諮問報酬は安倍総理個人のポケットマネーから貰っているのかと問われると、返事が全く無いそうである(爆)。

現役閣僚に、かれらの論理を創ってやっている私的諮問団の連中、全てが腐りきっている。どうせヤクの一服や二服くらい、吸っているいることだろう。国会議場でいぎたなく眠りこけている姿から、煙が立ち上っている。それにしてもこんな爛れた臭いがする内閣は、初めてお目にかかる。もう打倒安倍内閣の狼煙が上がって当然の時期である。

おっと忘れていました、ここ(パソナ)の取締役会長は竹中平蔵でしたね。
麻薬関係にまで手は出していなかったからか、あるいは安倍が己の権力にまで火の粉が飛んで来ないように睨みを効かせているのか、竹中の名前は出て来ませんね。

竹中は案外、こんな下々のクダラナイ事からは、一歩間隔をおいているのかも知れません。狙いはその後も、郵政資金をユダ菌に開放させること・・・郵政に関する法律の縛りが今尚残っているものだから、どうにもならない。焦ったのか逆に、郵政は米金融資本の株式を保有すべきだと言い出したりて(笑)。

それにしても、人生に何があったのか、心理の形成など知る由もありませんが、しかし何故こんな売国行為に熱心なのでしょうね。


http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?no=2004


52. Yomy 2014年5月28日 20:40:44 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>46

これまで現れてきた社会主義国家、共産主義国家が理想であるとは言えません。

それは、まず資本主義が充分発達していないから。市場経済に戻る流れは
当然と言えます。また、その国家形成に関して民主的な手続きが取られていない
ため、一党独裁に陥ってしまったのだと思います。

社会主義国にムリに移行することは、けしていいことではないのです。
充分準備できていないといけない。日本共産党ですら、充分準備できるまでは
市場経済を行う、と言っています。

そういった理想でない国家で精神崩壊が起こることはあり得ると思いますが、
現在の資本主義社会でも、充分精神崩壊と言えるような現象が起きていない
でしょうか?今の安倍政権の暴走はそのひとつとは言えないでしょうか?
軍事産業の利益だけを求めて、米国戦争屋に言われるままに暴走している。

確かに、趣味に興じることが常に自分の環境を鑑みて可能だとは思いません。
しかし、それを追い求める、そのような環境を作る努力は常にできるはずです。
同様に、自分の幸福、家族の幸福、周りの人間の幸福も、常には実現できない
ですが、求めることは出来ます。

政治や経済の根本原則も、そこから見えてくると思います。これは、システムが
どう変わろうが、変わらない根本的な原則。最近では、ここに自然環境の保全
が入ってきています。地球を物理的な系と捉えて、その物理的限界を意識する。
急激な資本主義の発達に歯止めをかける、資本主義を継続させるために。

また、自然環境は人間に再生する力を与えるという意味でも本来非常に重要です。
自然がなければ、生産に必要な力を再生することは出来ない。良い自然環境が
あれば、より多くの力を再生できる。皮肉なことに、日本人は世界的にも非常に
良い自然環境に恵まれているため、余暇もあまり取らずに働くことができる。

しかしそれも、今や放射能で汚染されてしまいましたが。


53. Yomy 2014年5月28日 21:29:12 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>51を見ていると、キャバクラだ、ガールズバーだと騒いでいる自分が、
清潔な人間に見えてくるのはどういうことでしょう。

政治経済の根本原則を見る前に、もう少し理想の生き方、働き方を見ていきましょう。

まず、宝くじが当たったら、みなさん働くことを止めますか?
私は止めないほうがいいと思います。健康な心と体を保つために、適度な労働は
続けたほうがいい。この、健康な精神を保つには、例えばスポーツジムに通う
だけでは無理だと思っています。労働をして、労働に対する思いを他者と共有する
必要がある。

業種によって時間帯が異なるかもしれませんが、典型的な例として、9時から
17時までしっかり働く。残業はしない。栄養をしっかり考慮した食事をしっかり
とり、しっかり趣味や運動の時間を持つ。しっかり睡眠をとる。しっかりが多い。

自分のタイミングで10日間ほどの休暇をとり、好きなことをやる。年間で自分の
やりたいことの目標を立てる。仕事のスキルアップも行う。

趣味というのは面白もので、追及していくと、最後には仕事にも使えてしまったり
する。自分の場合だと、ゲーム好きが高じて最後はロボットのプログラミング
をして戦わせる、というゲームを学生のころによくやっていたが、そのおかげで
仕事でコーディングする際も、新しいプログラミング言語を学ぶ際も、
それほどおっくうには感じなかった。余暇は仕事にもいい影響を与える。

対して、長時間労働というものは、いろいろな意味で弊害を生み出すと考えています。
職場でも、このひとまだ結婚しないね、という人がたくさんいます。会話をすると、
仕事は出来ますが、仕事以外の部分ではどこか中学生のような幼さを残しています。
当然同性愛者もいると思いますので、結婚しないその個人を深く追及することは
しませんが、そういう人が多い、という状況はやはり異常な気がします。

典型的なのは、例え仕事が非常に忙しくても、プライベートもしっかりしている
人間も存在し、仕事も出来て、非常にうまく家庭と仕事を両立しています。どちら
が幸せなのでしょうか。少なくとも、長時間労働をなんとかしなければ、自分の
幸福さえ追求できない人間が増える、と考えてよいと思います。

いったんちょっと強引にまとめますが、人間を幸福にしない政治や経済のシステムは、
システムとして相応しくない、大した結論ではないですが、当たり前ですが、
そのように考えます。では、次は「需要」について考えてみましょう。


54. 2014年5月28日 22:18:52 : Epgoj13Y43
共産主義体制と言う言葉を使いますが、その実態はなかなか解りません。

財政と言う意味から調べたところ、共産主義国でも財政の中心は国民が納める税金の様です。

共産主義国家と言う一枚岩の組織が計画経済の一切を取り仕切っているのではなく、実際経済活動の単位は農業で言えば各地のコルフォーズの様な単位で仕切られていたようです。
日本で言えば公営の大企業と言えるでしょう。
その中で労働者は、誰がどのような基準で決めたか知らないが、概ね公平な配分の給料を取得した。
だが問題は、単なる商品の生産だけではなく管理する人間にも給料を払わねばならない。
その場合、肉体労働者と事務系の人間の労働価値をどのように設定していたのか。
また事業を経営するためには設備投資の事や、もろもろの経費が必要である。
この査定をどうしたのか。
やはり企業としての内部留保の様な利潤がなくては経営を続けることができない。

>マルクスはリカードの投下労働価値説を受け継ぎ、労働と労働力を概念的に区別することによって資本家の利潤の源泉が剰余価値であることを明らかにした。賃金と交換されるのは労働ではなく労働力であり、労働力の価値の補填分を越えて労働が生み出す価値が剰余価値であって、これを利潤の源泉とした。

これは有名な剰余価値説の説明であるが、結局は共産主義の体制と言えども現実的には企業単位の剰余価値の確保が必要であった。

さらに続けると、共産主義発足当時は、かなりの数の民間企業、個人企業があったようだが、そういう企業には税金が重く、結局は5〜6%ほどの割合となったらしい。

共産主義の体制の特徴は、この他に土地、生産手段の所有を国家に属する事を明言したことにより、いわゆる資本家の台頭を許さないシステムであった。
しかしながら実際は各地の公営企業体の管理下であるために、民間の資本家から名義が変わっただけの様なものである。

そうして共産主義国家の財政確保のために、国民からは主に間接税として金を吸い上げていたが、公営企業からは法人税に当たるものをどれだけ取っていたかは解らない。

そこは一党独裁のこと、そういう企業の幹部は共産党員が独占していたものであり、中央への献金を含めて、どれくらい汚職がはびこっていたか解るものではないが、チェコのチャウセスクが宮殿を持っていたように余程酷いものであったのであろう。

また一党独裁故に、国家の金がなくなれば、あらゆる名目で税金を搾り取っていた様である。
人頭税、中国では少子化管理税などのものもあったそうです。

最初に言った労働者の給料の査定となる労働価値なども、一つの商品を作るのに資本主義国でかかる費用の、恐らく数倍の手間がかかったと思われる。

それはすべてが一部の者の計画によらねばならないために、向上心が著しく阻害され、停滞した生産現場となり、みるみる資本主義国家から遅れて行った。
しかしながら冷戦時代、国家としては軍備に巨額な金が必要で、それを国民から搾取(マルクスが嫌った言葉)を続け崩壊の道を歩むことになった。

結論として「計画経済」のメリットはどこにもなかったのが、かつての共産主義国家であった。

如何ですか、 Yomy さん

安易に共産主義のシステムを称賛することはできないでしょう。


55. 2014年5月28日 22:31:50 : Epgoj13Y43
先に言い忘れていたので追伸です。

共産主義国家と言っても決して一枚岩の経営が出来ている訳ではなく経済の単位は先に言いました公営企業の独立採算性なので、その単位が置かれている環境によって随分と格差があるようです。

それは中国を見ているとはっきり解るでしょう。
上海、北京の様な地域は随分と豊かでも、内陸部は餓死者も出かねないような悲惨な話が伝わってきます。

共産主義国家と言っても原始共産主義の様な訳には行かないのです。


56. Yomy 2014年5月28日 22:54:53 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>54

今までの私の投稿を読んでいただければ、私が過去の社会主義国家を
安易に称賛していないことは理解していただけると思います。

また、私の提唱している経済システムは、社会主義になったあとで、比較的
容易に資本主義体制にも戻すことが出来る、というものです。

今までの常識的な社会主義者が聞けば、卒倒するレベルではないでしょうか。
資本家も社会主義者も卒倒するレベル、これが次の経済システムにもとめ
られていると思います。そして、別スレで母性社会さんとのやりとりでも書き
ましたが、その次世代システムの中で長い時を過ごしながら、さらにその次の
システムのアイデアを考える…


57. 2014年5月28日 23:26:08 : Epgoj13Y43
経済における対立軸は現在のところ共産主義と資本主義以外はないと思います。

資本主義と言いましたが、それは200年位前の市民革命(民主主義の起こり)と前後して発達した(理論的中心人物としてアダムスミス)現在に通じる経済のシステムですが、それ以前の封建時代のそれも資本主義と言って良いでしょう。

また社会主義と言っていますのは経済のシステムの事を指すのではなく要するに社会福祉を充実させることによって資本主義のシステムの弊害を補完する状態を言うのであり、これは資本主義経済の中に含まれていると思います(要するに大きな政府論です)。

ですので貴方が言わんとされている経済のシステムとは「修正資本主義」と定義することが適切ではありませんか。


58. 一主婦 2014年5月28日 23:42:14 : rfKiZAFzfsBYA : 5Gd2TvlhjA
STさんのコメントに同意いたします。
STさんのおっしゃる「政治家の言葉を正確に把握し、支持なり批判なりをしなければならない」に大賛同です。こちらで小沢氏批判されている方に多いのが、曲解や誤解に基づく批判が殆んどだと感じています。私たち支持者にもそれは言えますね。しっかりと政治家の発する言葉の意味を理解した上で支持をするという事が大切ですね。

難しい経済のお話の腰を折ってすみませんが、ベーシックインカムのことで思い出したことがあって急遽参加しました。
STさんの「もし、小沢氏がベーシックインカムを言い始めたらすごい事なんだけれどね」というお言葉から、うっすらと思い出しました。たしか、少し前にこの言葉、生活の党で聞いたような?・・・と、思って検索しましたら、やっぱり2013年の参院選の公約に載っていました。その当時、私は、ベーシックインカムの意味さえ知らずに見逃していたようです。

小沢氏がベーシックを公約にしていたことを見つけて、とても嬉しいです。
これをコメントしたくて、皆様の難しい議論の腰を折ってしまいました。こめんなさい。

どうぞお続けください。


59. 2014年5月28日 23:57:51 : Epgoj13Y43
一主婦 さん、こんばんわ。

ベーシック・インカムの事も、そのうちに喋りたいと思っていますが、要するに失業保険と同じようなものです。

今のところは失業者に限っていますが、これをワーキングプアーと呼ばれている労働所得では生きて行けない層まで拡大する事を意味しています。

中には、公平を期していっそのこと全国民に与えてはどうか、などとトンでもない拡大解釈をする人もいます。

そのベーシック・インカクも失業者である国民の10%くらいまでは社会にそんなに影響は与えないでしょうが、人口の1/3までもベーシック・インカムの対象とするようになれば、働かずに食べてやろうとするけしからぬ輩が続出し、真面目に働く気風を阻害してしまいます。

これがさらに増えて5割6割の人間がベーシック・インカムによって生活するようになれば、もう健全な社会の崩壊をきたします。
ただベーシック・インカムで与える金額の調整の事は残っています。

今、政治家の中で思っているのは月々3〜5万円くらいではないかと思いますが、本当に生活ができない人間以外に、その様にすれば、要求がだんだんと強まり結局は同じことになります。

ですので、失業保険としてのそれ良いのですが、ことさらベーシック・インカムを政治に取り入れるのは如何なものでしょう。

最も、民主党の原口など、ベーシック・インカムと言う言葉さえ、最近まで知っていませんでした。
そんな程度の政治屋共に議論されたくもありません。

私の持論は年金の支給をベーシック・インカムでやれば良いと言うものです。
なんとなれば年金を受給するほどの年齢になれば、もはや働いていただかなくても良い方々に限られるからです。


60. Yomy 2014年5月28日 23:59:04 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
では需要の話に戻りましょう。
今後仕事の都合により、日によっては投稿が途切れる場合もありますが、
ある程度ネタが尽きてしまうまでは、継続するつもりです。

いったん結論から書きます。経済システムに必要とされる要件。
(1)人類を幸福にする。(自然環境を含めた意味で)
(2)需要に答える。
(3)継続する

需要に対して、いかに必要な量を、必要なタイミングで供給できるか。
ものすごく当たり前のことを言っていますが、経済システムを考える際に、
あまりに複雑な系を扱いすぎて、この根本原則を忘れてしまう可能性もある
ため、常に立ち返って見直す必要があります。

これはほぼ政治についても成り立ちそうですね。

では、需要に答えられればなんでもいいんでしょうか?戦争するための兵器は?
麻薬は?児童買春は?エロDVDは?エロサイトは?後半エロばかりですが。

個人的に少しは残してほしいな、と思うものも無くはないですが、やはり、
要件の(1)を満たさない需要に答える、というのは経済システムとしてどうなのか。

したがって、少し言葉を加えて、以下のようにしましょう。
(1)自然環境含めた、人類を幸福にする。
(2)正しい需要に答える。
(3)継続する。

需要に答えない、需要に答えるのが遅い、需要に過剰に答えてしまう、人間を結果
的に不幸にする需要に答える、他にも需要に関するマイナス要件はあるでしょうか。

また、これを見ると、無政府状態、無経済状態も「ゼロ」の経済システムと定義
することができます。この3つを上位側から順にどれだけ満たせるか、最も条件を
満たしたシステムを人類が選択する、と考えられます。もちろん、全ての人類を
完全に幸福にしつつ、需要も100%満たすシステムは不可能です。

例えば、上位の要件を無視して、人を幸福にもせず、需要にも答えず、継続する
ことだけを意識したシステムだった場合、短期間で容易に破綻すると推測できます。

えーと、次は何でしたっけ?投資の話かな?


61. S.T 2014年5月29日 00:04:55 : TNEHs1z1b5edM : SCPUhKOvoY
>>33. cdwvYOoQu6 さんへ
あなたが投稿者本人なら、自分の主張はこうであると堂々と名乗る物なんだけどね。
別人なら自己中の典型的見本だよ。

>安倍内閣を打倒しよう
倒した後の政権は誰が良いのか議論がすっ飛んでいる。
つまり、誰を支持するのかがテーマではなく、「俺の言う事は正しいから俺の言う事を納得しろ!」としか見えないね。

ひつこいほど俺が何度も昔から言って来た「誰なら自分は日本を任せたいと思う政治家は誰で、その政策は何か」が大事な事。
その「政権交代を目指す」為の安倍政権打倒だろ?
違うか?

あんたの屁理屈で政治家を決めているんじゃない、政治家本人の発言などを参考にしているんだよ。
自分が投票したいと思う政治家を探す為の提案なら賛成だが、あんたはそれでも相変わらず「小沢否定」しているよね。

俺の投稿をよく理解出来ないようだな。
こう書いたぞ。
>共産党だろうが自民党だろうが民主党だろうが、まともな事をいう政治家は支持したいですから。
自民党内部でも以前から興味を持っている政治家はいるよ。
あんたは色眼鏡だけでなく石のレンズという見る物を遮断する眼鏡をかけ、耳栓をして自分の意見は正しいと絶対に折れようともせず、茶魔さんなどの定義にさえ同意部分があっても認めようとしていないだろ。
こんなやり方じゃ討論での結論は導き出せないね。
お互いの共通項を見つけ出す事が大事な事なのに否定していたんじゃ・・・

それとな、ベーシックインカムはあんたが言う前よりもっと前に「考察者Kさん」が言い始めたんだよね。
阿修羅掲示板内で検索して少しでも興味を持ってもらえると、過去にどういった事があったのか知る事が出来る。

それとね、あんたは「小沢」と言う言葉に拒絶反応し過ぎ。
小沢氏を支持するのは「俺の意志」。
他の人が支持する政治家を見つけられないなら、私が言ったようにネット上などの「支持者や反支持者のいう政治家の政策」は政治家本人が発言したのか解らないよな。
だからこそ、色々な意見を言っても最後は「自分が政治家の言葉を知る努力をする」事なんだよ。
参考に下記のコメントから続きを読む事。
そうすれば真意が解るし、解った人は真っ当なコメントを残しているよ。
http://www.asyura2.com/14/senkyo165/msg/828.html#c100


いくら討論をしても、それが政治家を選ぶ判断の基準として活用出来ますか?
ただあんたの自己満足だけのようにしか見えないんだよね。
だからこういう言葉しか書けないんじゃないですか?
>小沢に拘る気持ちが強すぎて視野が狭まっているのではありませんか。
>せっかく社会を憂う気持ちがおありなのに。

自分の意見を主張するなら「本人の証明」こそ最も大事な事。
それを拒否するのは恥ずべき行為だよ。
それだけで私はあなたを信用出来ないね。
言っておくけど名前をつけても「匿名」である事には変わりない。
わかりますか?


もう一度最後に聞きます。
安倍政権解散後の新政権は政治家の誰に任せたいのか。
自民党は解散総選挙しなければ「自民党内」から選ばれますね。
どうしますか?
国民には政治家をリコールする権限はありません。
なので投票が最終選択権なんですよ。

いくら持論を述べても政治家がその持論を実現しなければ絵に描いた餅でしょ。
政治家も可決出来なければ廃案になる。
でも政治家を選ぶのは自由。
問題はデマやウソの情報が流れて政治家の真意をねじ曲げてしまう情報が飛び交い、何も考えなければ誰かが適当に言った政策を信じて当選すると、実は全く違う事を言っていたとなればどうしますか。

そんな事が無い為にも、政治家本人の発言などを紹介して誰なら自分の意見に近いのか探して投票する。
違いますか?
それでもあんたは相変わらず「小沢ガ」ですよね。
いい加減目覚めたらどうですか。


62. Yomy 2014年5月29日 00:24:28 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>57

資本主義と社会主義がその根本において同一である、もう少し言うと、
同一直線状に存在する、ということが理解できれば、かなりの進展です。

貧困層をサポートし、富めるものは特に気にしないのが高福祉社会、私が言って
いるのは富める者の所得限度を決めるという社会、本質的にそんなに変わらない
ので、広義には修正資本主義という言葉でまとめてしまっていいと思います。

個人所得に対して、無限遠が資本主義、ゼロが社会主義、間は全部修正資本主義。

ただそれだとちょっとわかりづらいので、それぞれの度合いごとに領域で
分けたのが、これ、

(1)現行資本主義
(2)修正資本主義
(3)修正資本主義・高福祉社会
(4)社会主義

個人所得に関して、上が無限遠、下がゼロ。ただし、私の論に関して厳密に
言うと、所得制限の閾値を設けていないシステムについては、全て(1)に入る
とも言えます。なので、私の論については「修正」という言葉とは別に
何か名前を考えたほうが良いかもしれない。

>>58
一主婦さん、
他のスレでやると追い出されるので、9段のじいさんがスレを立ててくれた、
という経緯です。どんどん書き込んでもらってください。特に議論の流れを
作ろうという意識はなく、ブレインストーミング形式のつもりです。
むしろ脱線しまくりの発散しまくりを意図しています。

あと、スレ主の顔をたてて、9段のじいさんの持論も拝聴しないといけませんw


63. 2014年5月29日 00:27:21 : Qk0z0gVGLY
>>61

ごまめのはぎしり、河野太郎さんなんかいい、というかヤバイですね。
勢い、自民党支持者になりかねない。親父さんもヤバイし。


64. 2014年5月29日 00:34:02 : Epgoj13Y43
Yomy さん、

資本主義の経済を語る上で需要と言えば、当然、アダムスミスが国富論で捉えた「需要と供給」の関係から捉えねばなりません。
この関係の把握が経済論の中心でありました(形は変わっても今でも同じですが)。
その後、理論的にはいろいろなものが出て来まして有名なものにセイの法則と言うものがあります。

セイの法則をもう少し判りやすく解説すれば、

あらゆる経済活動は物々交換にすぎず、需要と供給が一致しないときは価格調整が行われ、仮に従来より供給が増えても価格が下がるので、ほとんどの場合需要が増え需要と供給は一致する。それゆえ、需要(あるいはその合計としての国の購買力・国富)を増やすには、供給を増やせばよいとする。

セイの法則については、現代では好況等で十分に潜在需要がある場合や、戦争等で市場供給が過小な場合に成り立つ限定的なものと考えられており、また一般に多数の耐久財 ・資本財 がある経済を想定していないことが指摘されている(耐久財のディレンマ)。またセイの法則そのものは後世の研究者により現代においても成熟されつづけているものであり、たとえば技術革新による供給能力の変化と生産調整による供給能力の変化の違いなどの現実のディテールなどは想定していない。また生産されたものがつねにあらゆる状況でgo・dsであることが暗黙の前提となっており、生産され供給されつづけるgo・dsが累積的に人への効用を拡大させることを前提としている。この点がのちにオーストリア学派により批判された(限界効用理論、限界効用逓減の法則)。

次にケインズもそれを捉えています。、総需要管理政策と言うものですが、長くなるので下記の短い紹介で終わります。

政府による有効需要の調整は総需要管理政策と呼ばれるもので、財政政策と金融政策とに分けられる。また、財政政策と金融政策を併用することをポリシーミックスという。

飛んで飛んでしますが。

さらにグローバル化が進んだ現在、次の様な捉え方をする人がいます。
これは以前に阿修羅掲示板お文章をコピーしていたものです。

最近、阿修羅掲示板に良く投稿される「あっしら」のサイトへ行ってみました。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/index-as.htm

HNは「あっしら」と名乗られているが経歴は解りませんが、資本主義経済のシステムが持っている色々な矛盾を説く解す能力豊かな、経済に強い確かな方と見受けしました。
その一部を転載します。

「供給=需要」の向こう側 <想像力から創造力へ> S子
         
「利潤なき経済社会」を興味深く、また、意義深く読ませていただ
いております。資本主義経済において、結局、私たちが見誤ったも
のは、マネーにおける「目的」と「手段」をはき違えたことにある
のは間違いないだろう。経済活動における潤滑油とはマネーであり
、そのマネーが滞ることなく流通し、循環してこそ経済の活性化を
見ることができ、個々人としての生きる活動も活発化してくる。

それはまるで私たちのからだを流れる血液のようなもので、血液が
さらさらの状態であれば私たちは健康で日々を無事に過ごすことが
できる。が、血液がどろどろ状態になり、この流れが悪くなり脳で
詰まれば脳梗塞が起き、その部分の脳組織が壊死してしまい、私た
ちは失語症になったり、半身不随になったりする。

資本主義も当初はマネーがモノを交換するための「手段」として流
通していたが、資本主義が成熟してゆくにつれて、いつの間にか「目
的」と化した。マネーの目的化はつまるところ全てを目的化させてし
まい、私たちにあらゆるものの「本質」を見る目を喪失させた。
これは事実である。

そして、それが「供給=需要」という経済活動を必然的に生じさせ
、モノに溢れた社会が誕生した。「供給=需要」という経済活動は
よくよく考えてみれば、「与えられた人生」を送ることになり、
そこには自主性や主体性はなくても私たちは「与えられたモノ」を
購入し、そこそこ無難な人生を送ることができる。

私たちが無難だと錯覚し、安心してしまうのは、周囲が皆「与えら
れたモノ」である「同じモノ」を持っているからである。つまり私
たちは「与えられた、同じモノ」を持つことによって人生の安定や
幸福の尺度をはかっていた可能性がある。「供給=需要」という経
済活動では、人間の欲求すらも本質から遠ざけてしまうということ
である。

本当に自分が欲しいモノだったのか、他人が持っているから欲しい
のか、テレビコマーシャルで見たから欲しくなったのか、売り込み
にきたから購入したのか、ないと困るほどではないがあって困るほ
どでもないので購入したのか等、心から欲しているものではなく、
供給されたから需要したという構図が自然と生まれる。それを自分
の欲求があったから買ったと、私たちは錯覚しているにすぎない。

こうして私たちは「与えられた人生」を無難に安定して生きること
で、「危機感」を抱くことなく日々を過ごし、人生を終える。人間の
三大欲求であり生きる基本の「食・性・寝」も既にこの「供給=需
要」という経済活動に組み込まれ、マネーの目的化とともに人間と
しての本能を私たちは喪失しかけている。現代人はこの自覚すらも
ないという悲しい状況におかれているのである。

しかし、マネーの目的化による「供給=需要」という経済活動では
経済成長が持続できないどころか、経済の空洞化を生み失業者を増
加させ、個人としての生きる活動が阻害されてしまう。そのことに
気づいたのが、今回の欧州連合憲法批准拒否の仏国民である。拡大
EUの存続に待ったをかけた格好となったが、「危機感」を抱いた彼
らの人間的本能はまだ廃れていないどころか、十分に健在である。


(中略)

ひるがえって日本を見れば、「供給=需要」人生が非常に行き届い
ており、大人も子供も主体性をなくし、自信喪失し、想像力にも欠
け生きる気力も無い状態に置かれている。だから米国の言いなりに
しか生きることができないのである。「供給=需要」という「与え
られた人生」を送ることは確かに楽ではある。が、そこには「自分
」というものがない。この人生を生きる「自分」がないのである。

だから真の喜びや真の悲しみを味わうことはまずないだろうし、
そこそこ無難で安定した人生を送ることで「危機感」を覚えること
もまずないだろう。実はそれこそが問題なのである。「危機感」を抱
くこともなければ、正直な話がまともに「自分」とは向き合えない。
「自分」という人間のこともわからずして終える自分の人生って一
体何??ということになる。

マネーが目的化されることで「供給=需要」という経済活動が必然
的に生じ、「与えられた人生」を送ることで私たちは主体性を失い
、自信を失い、生きる源泉ともいえる想像力までも失った。また、
そういう場所さえも失った。想像力を失えばこの世で実現する創造
物さえもなくなるのである。つまり来るべき未来が描けない。

「利潤なき経済社会」ではマネーを手段に転落させることで、資本主
義の論理が大きく揺らぐだけではなく、世界の構造が大きく転換し
てしまう。これまで築き上げてきたもろもろが崩壊に直面している
と言っても過言ではない。それは日本が明治維新以降追求してきた
西洋文明であるかもしれないし、合理化の名のもとに推進されてき
た科学万能主義であるかもしれないし、それを基点とした物質文明
であるかもしれない。

「供給=需要」人生で「危機感」を抱くこともなくなった私たちが
、価値観の転換をはかることは容易にできそうもないのは明白だ。
しかし、マネーの目的化による「供給=需要」経済活動では世界は
やがて行き詰まる。価値観の転換は時間も要するだろうが、案外石
油の枯渇がその契機になりはしないかと、私は密かに思っている。
その「危機感」が「自分」と真剣に向きあうことになり、それが男
女双方への理解へと向かわせる。そこから男女双方の想像力が生ま
れ、それが創造力へとつながり実現化し、新しい未来が描けるとい
うものである。

また別の文章、別のスレッドだったか忘れましたが、たしか利潤を求めない資本の活動と言うような言葉を聞かされ興味を持ちました。その件について下記の文章も紹介します。

利潤なき経済社会」とは

【「利潤なき経済社会」を生きる】
「利潤なき経済社会」とは  (その2)     あっしら

「匿名希望」氏のレスに基づき、「利潤なき経済社会」がどういう
ものか再度説明したい。

>貴殿の言われる「利潤なき経済社会」と言うのは何となくイメー
>ジすることはできますが、誤解の余地なく明確に把握し議論する
>ためには、例えば次のような点をクリアに伝えるべきかも知れま
>せん。

>1.利潤の定義(通常は総収入−総支出。貴殿は違う意味で使って
>おられる。経常黒字との関連も指摘しておられるが、経常黒字は
>「通常の意味での」利潤とは直接結び付かない。例えば利潤を生
>まない輸出もありうる。)

>2.利潤が得られなくなる理由(今、ないし通常なら得られている
>、という含意。今と何が変わるのか。)


まず、「利潤なき経済社会」という表現のなかで使っている利潤は
、再資本化されない利潤を意味しており、間接的であれ再生産に向
けて投じられる利潤は、利潤ではなく資本化原資の拡大と捉えてい
る。
(不況期は利潤として保有され、好況期になれば資本化されるとい
うタイムラグ性ならこれまでもあった)

また、「利潤なき経済社会」でも、個別経済主体の利潤獲得可能性
は認めており、それに対立する国民経済としての利潤非存在を問題
視している。

「利潤なき経済社会」は、「匿名希望」氏の“総収入−総支出”を
援用するならば、国民経済が“総収入=総支出”になるということ
である。(総支出=総収入が的確な表現)
以前からセイの法則を持ち出しているが、「供給が需要を生み出す
」という考えに基づけば、「供給がそのまま需要となる経済状況」
であり、(供給=総支出)=(需要=総収入)となる均衡状態であ
る。
この均衡状態で前述した意味の利潤が発生すれば、国民経済は縮小
することになる。

国民経済内に“余剰通貨”が存在しない(もしくはそのまま放置さ
れる)とすれば、個別経済主体レベルではなく国民経済が
(供給=総支出)<(需要=総収入)という条件を満たすのは、
唯一、貿易収支が黒字のときだけであるから、国際取引(貿易)の
黒字は重要である。

具体的な説明としては、通貨ベースで(供給=総支出)=(需要=
総収入)であるのに、貿易黒字が財ベースの国内供給<総供給を生
みだすことで、通貨ベースの(供給=総支出)<(需要=総収入)
が実現されることになる。
これであれば、財ベースの供給−国内供給が通貨ベースの供給<需
要のかたちで利潤となり、国内収入=国内需要=供給=総支出が輸
出分を含む再生産のための資本化必要額になるので、獲得した利潤
をどう使おうと国民経済が縮小することはない。
別の表現を使えば、供給成果財の一部を国民経済の外に出すことで
財1単位の価格が高くなり、それにより国内需要で供給=総支出に
見合う通貨が回収でき、外部国民経済から支払われる通貨的“富”
を国民経済的利潤として獲得することができる。

究極的に国民経済的利潤が存在しなくなる理由は、偏に、貿易収支
の黒字がなくなることであるが、そこまで行き着かなくとも、近代
経済論理から生じる“余剰通貨”(利潤の非資本化)問題で国民経
済的利潤が存在しなくなる。

(供給=総支出)=<(需要=(国内収入+貿易黒字))もありえ
るから、貿易収支が黒字であっても、必ずしも国民経済的利潤が獲
得できるわけではない。
このような経済状況は、供給力>供給になり、(供給=国内需要)
+貿易黒字=<(総支出=非十全供給力)になることでも発生する。
供給力=供給であっても、投資されない貯蓄の増加や金融取引に滞
留する通貨の増加により生じる供給>需要のギャップが、貿易黒字
より大きければ同じであり、供給力>供給に陥る。

国民経済がデフレになるのは、国内需要+貿易黒字<(総支出=非
十全供給力)に陥ったときであり、供給力過剰をベースに、
供給>需要もしくは(かつ)貿易黒字不足に陥ったときと言える。


(供給=国内需要)+貿易黒字=<(総支出=非十全供給力)とい
う国民経済に利潤が存在しない状態で個別経済主体が利潤を獲得す
るとすれば、別の個別経済主体が、(供給=総支出)>(需要=総
収入)になることを意味する。
(供給と需要のズレによる“通貨の移転”である)

これが、現在的経済価値観に基づいて追求されれば災厄になるが、
最初に書いたように、利潤獲得者が何らかの方法で再資本化すれば
利潤ではなくなるのだから、需要動向に対応した産業構造の変動力
として作用することになる。


国民経済が経済成長を遂げる唯一の方法は、就業者人口が一定だと
すれば、「労働価値」の上昇のみである。そして、「労働価値」上
昇=経済成長が近代経済論理(“資本の論理”)に適合するかたち
でスムーズに持続できるのは、「労働価値」の上昇に連れて貿易収
支の黒字が増加する場合のみである。
貿易黒字の増加がなければ、「労働価値」の上昇は、同一量の財を
生産(供給)するために必要な労働力の減少を意味するので、デフ
レ要因(財供給量>需要=供給)及び失業者増加要因(デフレ要因
の供給サイドへのリアクション)となり、デフレスパイラルに陥る。
ベースに供給力>供給>需要という構造があるから、デフレスパイ
ラルは、供給力>供給のデフレギャップ部分をより拡大するため、
経済主体の破綻=不良債権の増加を招くことになる。

このような経済状況を解消する方法は、「労働価値」の上昇に応じ
て財の供給量の増加につながらないかたちで供給を増加させて、
財供給量=需要=供給を実現させるしかない。
端的には、給与の増大である。
(財の供給量減少による調整は、単にさらなる低レベルでの財供給
量>需要=供給にシフトさせるだけである)

財政出動による需要の増加でも対応可能だが、赤字財政の拡大がで
きないのであれば、それは増税で行わなければならない。その増税
も、資産税というストック課税ではなく、(黒字)法人税の増税で
なければ、持続的に対応することはできない。(単発という割り切
りで資産に課税することは容認できるが...)

(赤字)法人への課税強化は、破綻であれ自主的なものであれ供給
力の削減には寄与するが、供給力と同時に供給=需要の削減と先行
き不安感による需要削減をもたらすので、問題(デフレ不況)を解
決しない。
需要サイドで解決を図るのであれば、政府が“国内で資本化しない
”個別経済主体の利潤をできるだけ吸い上げる政策を採らなければ
、デフレスパイラルから脱することはできない。

“国内で資本化しない”利潤を保有している個別経済主体は、政府
に吸い上げられるか、自ら従業者の給与を上げるかしなければ、デ
フレスパイラルのなかで自らの経営基盤も劣化させていくことにな
る。

(引用終わり)

新しい資本主義の形を模索するにおいて、このような需要と供給の問題を克服しなければなりません。

どちらかと言えば、従来の「需要と供給」の関係を示す方程式を変える必要もあるのです。
今後の話しを理解していただくために資料を紹介しました。


65. 2014年5月29日 00:41:08 : Epgoj13Y43
>あと、スレ主の顔をたてて、9段のじいさんの持論も拝聴しないといけませんw

Yomy さん

この程度の気持ちでは、とても議論の相手にはなりません。

この辺で、経済の話しは止めにしたいと思います。

貴方もその方が気楽なのでは。


66. Yomy 2014年5月29日 01:01:17 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>65

自分の好きなタイミングで述べてもらえばいいだけだと思います。

>>64

需要と供給の一般論と、先進国、発展途上国という登場人物、そこから、
地球規模で資本主義がどう発展していくか、モデルを明確にしながら考察を
進めたいです。

話がいったん逸れますが、数年前、片付け本を読んで実践する、というのが
マイブームでした。そして、今でも継続して実践していますが、人生を
考えるうえで、非常に強力なサポートになると感じています。片付けが。
自分が特によかったと思うのは、近藤さんの本。

片付けにより、自分が本当に欲しいというものが手に入りました。それは金額的
に買えなかったのではなく、自分が本当に欲しいものに気付いてなかった。
需要を考えるうえで、ものすごく重要なヒントだと思っています。


67. 2014年5月29日 01:11:05 : Epgoj13Y43
ST氏

変わらない小沢信者ぶりだね。

>あなたが投稿者本人なら、自分の主張はこうであると堂々と名乗る物なんだけどね。

そんなことは言わずとも論調で解っているであろう。
名前を名乗る、何のために。
私の意見など、そこらに落ちている石ころと思えば良いではないか。
注目してもらいたくもない。

>安倍内閣を打倒しよう
倒した後の政権は誰が良いのか議論がすっ飛んでいる。
つまり、誰を支持するのかがテーマではなく、「俺の言う事は正しいから俺の言う事を納得しろ!」としか見えないね。

>ひつこいほど俺が何度も昔から言って来た「誰なら自分は日本を任せたいと思う政治家は誰で、その政策は何か」が大事な事。
その「政権交代を目指す」為の安倍政権打倒だろ?
違うか?


結局は小沢待望論に落ち付けと言うのか。
そりゃあんたの狭い了見で、私に強要するものではない。

私はアジテータ
暴動を煽っているだけ。

それに意味がないと、どういう根拠で言うのかね。
私の勝手であろう。

小沢が良いなら、始めから小沢を持ち上げるさ。



68. Yomy 2014年5月29日 02:21:33 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
戦争やテロリズムで歴史を変えることは出来ない。歴史を遅らせることはできる。

有名なヤン提督の言葉です。

需要の話を続けますと、人間各個人レベルで見た場合、資本主義をなるべく
正常に発展させるために、本当にほしいものに気付く、本当にほしいものを
手に入れる、ということが非常に重要になってきます。

戦争やテロリズムを否定する気持ちと、正確な需要を心掛けるという気持ち、
それぞれ個人が持つべき、これからの社会における基本原則だと思います。
幸福の追及と合わせて個人基本三原則、としましょうか。

(1)幸福を追求する。
(2)本当に欲しいものだけを購入する。
(3)戦争やテロリズムを否定する。


69. S.T 2014年5月29日 02:50:23 : TNEHs1z1b5edM : SCPUhKOvoY
>それに意味がないと、どういう根拠で言うのかね。
>私の勝手であろう。
オマエに対してではない、「天橋立の愚痴人間」という投稿者に問いかけているのだよ。
あんたがその本人なら証明してくれないかな。
知ってて言う訳だけど、証明するのはアドレスが変われば難しいぞ。


私がここでいつ「小沢氏を支持しよう」って言った?
あんたの「勝手」な脳内変換だよな。

私が問題にしているのは小沢支持か、それとも小沢不支持の内容だけでしかない。
だから不支持者の支持する素晴らしいと思う政策を掲げる他の政治家を知る事こそ有意義だって表現して来たんだけど?
本当に思い込みが激しく、一旦こうだと決めつけたら自己催眠のごとく周りの意見などまったく理解できていない。

安倍政権解散後、政治家が政府を作らなくて「官僚に丸投げ」か?

自説を唱え、反論を許さず自己満足に浸る姿こそあんただよ。

以前から言っているけど、小沢だけでもダメなんだよ。
色々な思想の政治家が居て国民はしっかkりと政治家の発言を聞いて信頼し投票して国家運営を委任するんだよ。
あんたの自己中コメントを判断して政治家を判断してはたまったもんじゃない。
むしろ小沢批判してくれて嬉しいくらいだ。
権力にすり寄る一番たちの悪いなんちゃって政治家気取りだね。
それとも有識者希望ですか?

学生運動活動の匂いがプンプンして来る。
今までデモを主導してきたのは、まさか武力行使で民衆を煽って革命を起こそうと企んでいるとかね。

何度でも言ってやるよ。
小沢氏だけじゃダメなんだよ。
他の政治家・政治思想があってこその健全な政府が運営出来る。
偏った思想の政府など危な過ぎて取り返しの出来ない暴走をする可能性を考えられる。
それが「安倍政権」。
阿倍の取り巻きも権力を握りたいのか自分の思い描く政策を実行したいのかは解らんが、少なくとも安倍退陣後はもっとヒドくなる可能性があるね。
石破総理に竹中副大臣、石原防衛省長官など、政権が倒れた後の政権をまったく考慮していないなんてメチャクチャ愚かであり、これこそ国家弱体化で反日工作員を増々のさばらせる行為に繋がる。

民主政治なら当然の行為を全く考えていない事から、あんたは単に安倍政権打倒だけの、日本の未来などどうでも良くただ支持コメントが欲しいだけだろ。


70. S.T 2014年5月29日 03:28:43 : TNEHs1z1b5edM : SCPUhKOvoY
>石破総理に竹中副大臣
間違えた、石破総理に竹中副総理でした。


それと、他の政治家の名前や情報を出しておかないとね。
私が以前から注目しているのがこの方
>河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり
http://www.taro.org/gomame/

最近何を書いているのか見出しのみ転載しておきます。
>こんなに低い保険料納付率 2014年05月28日
>隠されている資料 2014年05月26日
>まだ年金を誤魔化すのか 2014年05月20日
>ピンハネされた税金 2014年05月17日
>ガチンコで無駄を検証した有識者会議 2014年05月15日
>第九回湘南国際マラソン 2014年05月12日
>尖閣国有化 2014年05月10日
>カタール出張報告 2014年05月02日

ほかにこんな事も書いてある
>なんで事前に賛否がわかるのか 2014年04月18日 <ここは中々秀逸なテーマ!!
>エネルギー基本計画続き 2014年04月09日
>エネルギー基本計画に関する党内議論 2014年04月04日

他にもまだまだあるが、結構まともな事を言っていると思うよ。
ただ、ここは意見を濁しているけどね
>憲法解釈はどうやって変えられてきたか 2014年04月02日

これなんかは自民党内ではまだ良心的なほうだよ
>年金再検証への疑問 2014年03月09日

ん!?と思ったのがこれだけど、読んでみると思い込みって怖いと解るね。
>排外主義者 2014年02月22日 23:46
これって本人の活動からの行為なんだけど、言う事は至極当然。
ただ、反日感情むき出しなのに隠して近づいていたら大問題。

政治家の本音とうわべもあるだろうけど、こう言った読み応えのある文章をちゃんと書ける政治家こそ基本中の基本だろうね。


政治家のコメントと言えば、先ほど投稿されていたこの政治家本人の最後のコメントには笑った。
まるで阿修羅掲示板でのアンチ小沢連中とのやりとりそのものだからなぁ
>集団的自衛権の世論調査、きちんと説明して設問しなければメディアの信頼性を落としてしまう
>小沢一郎代表 定例記者会見要旨
http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/132.html

(部分転載開始)======================
予算委員会集中審議について

Q.今の集団的自衛権に関連して、今週予算委員会で集中審議やる予定になっているが、党内からはぜひ小沢代表に予算委員会での党の代表として質問に立ってほしいという声が強いようだが、代表がお立ちになる予定はあるか。(岩手日報)

A.先ほどもその話があったけれど、皆がやれやれいうものだから、私も民主党の代表の時に小泉当時の首相ともやったし、それから安倍第一次内閣の時もやったけれども、私の質問に全然答えていただけなかったので、結局俗な政談みたいな話になっていまい、メディアの方もそっちの方を取り上げるし、論理的なきちんとした筋道の通った議論というのは国民に伝わらなかった。あまり、それは論理じゃないとか筋道がおかしいとかなんとかと言えば言うほど画面を通じての印象は悪くなるし。

だから先ほども言ったのだけれど、そんなにプラスにならないと私は思うと。全く議論がかみ合わないし、例えば自分の議論だけを言ったとしても、その論理も筋道の通ったいい議論だったとは絶対にならない。だから、気を使ってやるくらいなら、どこかの地方に行って皆の応援で気を使った方がよっぽど票になるのではないかと言ったのだけれども、皆は出てやってもらいたいという意見が多いようである。でも私としてはちょっと疑問だ。

(部分転載終了)======================
政治家は国民の支持があってこそ。
他に良い事を言う政治家の言葉があれば、みんなで情報の共有すればみんなが勉強にもなり知らなかった事実を知る事にもなります。
真っ当な政治家は他に誰がいるのか。
難しいですね。


71. 2014年5月29日 03:57:48 : UiOd73SM7Q
テロリズムは一見テロに見えないように巧妙にやれば有効
自民党がやっているようにw

72. Yomy 2014年5月29日 04:04:41 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
いったん整理しなおします。

(1)資本主義
(2)限定資本主義
(3)限定社会主義
(4)社会主義

「限定」という言葉を使用し、(3)については社会主義、としました。
そして、さらに、これらをまとめて、資本社会主義、と呼んでみましょう。順番にも
意味があります。資本主義から始まり、社会主義に至る。しかし、資本という
言葉は除かない。いつでも戻ることが出来るから。

そして、修正資本主義は、個人所得を無限大まで認めているので、
資本主義のひとつとなります。
(1)資本主義
 (1-1)現行資本主義
 (1-2)修正資本主義

話がころころ変わりますが、片付けについて補足。片付けはまず、自分に必要
ないものを捨てるところから始まります。近藤さんは、「まずは捨てるを終わらせる」
という少し変な日本語で説明しています。たいていの片付いていないケースでは、
8割捨てられる、とも言われています。実際ものすごい量のゴミ袋になりますね。
そのあとで、本当にほしいものを見つめなおす。

おそらく、本当に欲しいものとは、趣味に関するものになると思います。それは
最終的に自分の生き方に関わってくる。ただ、この話が経済システムの話にまで
関わってくるとは思っていませんでした。経済システムの基本三原則が、
見事に個人の経済活動に対する基本三原則に対応しています。
逆かな?個人の側が先、それに合わせて経済システムが規定される。

では投資の話に。ここでは手を抜いて、自分の文章を他スレから引用。

引用ここから。
いったんここで、自分の考えを再確認しますが、
資本であるマネーは、より利益率の高いところへ飛んで行きます。実際は飛ばない
ですが、資本家はマジメですね。必ず利益率の高いところを探します。これがもし、
自分だったら、小金を掴んだら、キャバクラ通いですぐ散財するでしょう。
話が逸れましたが。国内で一通り利益率の高いところ、すなわち労働力の安いところで
散々稼ぐと、そのうち賃金が上がって労働力が安くなくなってきます。
そうして国内であまりおいしい利益率がなくなると、マネーは海外の労働力が
安い場所を目指します。日本のバブル崩壊も、土地バブルと言われていますが、
本質的にはこちらだと思っています。この、利益率が高いところをマネーが狙うという事と、
労働力が安いところが利益率が高い、というのを資本主義のモデルとして考えています。
引用ここまで。

ここで、投資に関して言いたいことは、投資自体は悪いことではない、そこに
需要があるから。まずいのは、やはり経済システムの3原則に反すること。
環境破壊や急激な資本の引き上げによるその国の経済の継続性の停止。

資本主義の開始時点では、所得限界は無限でいいと思いますが、正常な
投資により地球全体が投資による利益をあまり上げられない状態になった
場合、所得限界を下げて社会主義側へスライドする。バブル生成に対しても
ソフトランディングが可能となると考えております。

新しい技術の発見などにより、新たな、そして多くの投資対象が生じた場合は、
所得限界を上げて、投資が隅々まで行き渡るようにする。こういったブレイクスルーは
どこでどう起きるか予測できません。その際にも完全社会主義である必要はあるか。

次は物理の話になります。


73. Yomy 2014年5月29日 09:42:01 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
経済と物理の話、環境の部屋というところから、まずは引用のみ。

以下引用。
経済系は生態系から資源、エネルギーを採取し、そして生態系へエントロピーを排出する。
1.生産−消費−廃棄の物理的な意味
科学的見地からすれば、「生産」という現象はなく、すべてが変換である。
人間は物質を新たに創り出すことは出来ず、すでに在る物体の、形を変えているだけに過ぎない。また、資源やエネルギーを”消費する”という言い方も、物理的には正しくない。資源やエネルギーは、その形態や質を変えるだけであって、決して、消費、つまり、消えてなくなる、のではない。(エネルギー保存の法則、または熱力学第1法則) 

しかし、物質やエネルギーが、消滅しないからといって、ずっとそれを利用できることにはならない。
熱力学第2法則によれば、「物質やエネルギーは、変化に伴なって、非可逆的(熱エネルギーは必ず、高い方から低い方に移るように、その逆はないこと)に、その乱雑さが増大する。」言い換えると、質が落ちていく。つまりは、「ごみ化」する。 これを、エントロピー増大の法則ともいう。

したがって、生産ー消費ー廃棄の物理的な意味は、物質の構造や濃度、純度を、変化させて、変化の過程や結果を利用した結果、「増大したエントロピーを捨てている」ということになる。

エントロピーには熱エントロピーと、物エントロピーがある。経済活動は、大量の、熱エントロピーと物エントロピーを、地球上に捨てているのである。

増大したエントロピーは、決して元に戻らないから、人間の生産行為は、どんどんと、物質やエネルギーを、乱雑化し、エントロピーを増大させ、ごみにして、捨てているということになる。

2.エントロピーの捨て場
エントロピー増大の法則は、生物システムにも適用される。
生物システムでは、個々の生物は外部からエネルギーを取り入れ、そして物と熱のエントロピーを外部に排出して、体内を一定の状態に保持している。

これを生態系システムで見ると、生物間の物質循環システムにより、生態系の中でエントロピーは一定の状態に保たれる。地球生態系システムは、宇宙空間より、太陽エネルギーを取り入れ、そして宇宙空間へ熱エントロピーを捨てているのである。物エントロピーの排出はない。生態系の物質循環システムにより、物エントロピーは一定に保たれ、そして熱エントロピーに変換されて、排出される。

しかし、経済系では、熱エントロピーと物エントロピーは、生態系に排出される。経済系に取り入れられる資源とエネルギーも同様に生態系から採取されるから、経済系は、生態系に全面的に依存している。

つまり、経済系は、地球生態系の下位システムであり、生態系の許す範囲でしか、資源、エネルギーを採取することができない。また同様に、生態系が許す範囲でしか、物と熱のエントロピーを捨てることができない。

3.生態系の危機を回避するには
生態系からの「過剰な資源とエネルギーの採取」、そして生態系への「過剰なエントロピー(ごみ)の廃棄」が、生態系を危機にさらす。

危機に瀕している「生態系」を修復し、回復するには、根本的には、「経済系のプレゼンスを縮小して、生態系が許す範囲まで、資源の採取と廃棄を少なくする」しか方法はない。すなわち、資源を消費しないということと、廃棄しないという両方向から、なされなければならない。

資源の利用の流れの入り口と出口の両方で、その最小化を図り、生態系からの資源採取と、生態系への廃棄を減らし、生態系が、その負荷を担えるようにすることである。

資源を消費しない、ということは、資源の生産性を高めることによって、或いは、より高い生産性を持つ資源への代替などによって、資源の消費を最小化することによって達成される。

廃棄物を出さないためには、廃棄しないで利用する。使われた資源は、最後は必ず、廃棄物になるのだから、出来るだけ長く、何度も利用する。利用する方法は、単純に再利用する方法から、新たに資源として利用する方法まで、様々な方法がある。

資源を消費しないということと、廃棄物を出さないということは、相互に関係しあっていて、資源の生産性を高めれば、廃棄物は減るし、廃棄しないで、利用すれば、新たな資源を消費しないことになる。


74. 天橋立の愚痴人間 2014年5月29日 11:24:37 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E
S.T さん

私はずっと天橋立の愚痴人間である事は御分りのはず。
最近、毎日、ID番号が変わるが、理由は解らない。

何回も言うが、相手が特定できないと離せないような内容の話しをしているのか。
それに、貴方はこの投稿文の趣旨を良く理解できているとは思えない。

安倍のクソ馬鹿を非難する文章は多いが、安倍の個人的な無能力ぶりは断る必要もないほどくだらない。

その安部が、このように気ままにふるまっている背景を如実にし、その背景へみんなの気持ちを引こうとした投稿文であるのだ。

過去の総理にもブレーンと言う取り巻きが必ずいた。
安倍に関しては、その質の悪いこと。
そういう意味でも安倍のクソ馬鹿を一刻も早く葬り去らねばならない。

その問題と、安倍に代わる誰かがいるか、いないかは、別の発想であろう。
勝手に屁理屈を捏ねないで、素直に担当直入に怒りの声を挙げよと言っている。

代わりを想定しないと動けない、動かない、そういう優柔不断、他力本願を非難した投稿である。
貴方は、それに応えるに、常に、それでは無責任、別案を示してこその抗議であるべし、と言い続けている。

私には、そんな心情、とても理解は出来ない。
男として。

HNに拘る気持も矮小である。


75. 天橋立の愚痴人間 2014年5月29日 11:37:55 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E
>それとね、あんたは「小沢」と言う言葉に拒絶反応し過ぎ。

これも、何回も言うが、

私は小沢に対して、本当に怒りを感じている。

それは小沢の政治理念に対してではない。
理念などはどのようにでも作文できるし、言葉の足りない奴でも行動において信頼でkれば十分であると考えている。

政治家として評価するのは、その人間の行動である。
それも一度や二度の問題行動からは判断するものではない。

小沢に関しては、数々の不審を感じてきたが管内閣不信任案騒動から否定的に見ざるを得なくなった。

未来の党騒動が、それを確定した。
自民党政権打倒し新しい国つくりをしなければならないと言う事は使命の様なものであるが、小沢と言う人間に頼っていてはどうにもならないと言う判断である。

そういう私が小沢を誹謗しても、小沢信者が絡んでくることもないであろう。
私の発言は、信者さんだけを相手にしている訳でもなく、どちらかと言えば、私と同じように小沢を否定する仲間に向けたものでもあるのだ。


76. Yomy 2014年5月29日 11:42:41 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
エントロピー、難しいですねw

最近やっと部屋のエントロピーを下げる方法が分かってきました。ゴミを含めた
余計なものはすべて処分し、必要なものだけになった段階で、そのものたちの
居場所を決める。これでかなり物エントロピーが下がり、同時に情報エントロピー
も下がる。常に頭の中は、情報エントロピーが低い状態にしておいたほうがいい。

最近では、話をしただけで、そのひとの部屋の散らかり具合がわかる。でも
友達になるかどうかは、散らかっているかどうかではない。そのひとが、自分と
同じものを気に入っているかどうか。

エントロピーの話から、かなり脱線してみましょう。銀河系の彼方へ。

どうやら地球上にいる限り、必ず限界が訪れるようです。それに向けて、人類は
どう生きるべきか。滅びるのか、静かに野生に帰るのか、別天地を目指すのか。

とりあえず、自分が生きている間はどの資源についても大丈夫そうです。こんな
物理法則は無視して、むしろどんどん経済活動を加速させるか。それとも、子孫
たちのことを思って、失速させるか。これはなんでしょうね。倫理の問題なのか、
宗教の問題なのか。確かに、加速させて好き放題やったところで、地獄に落ちる、
ということはないかも知れません。しかし、本当にそれでいいのか。

別天地を目指して、地球外に出る場合はどうでしょうか?確かに、資源はたくさん
ありそうです。しかし、まず実際出れるんでしょうか、地球外に。

英国人がアメリカ大陸に移住していた状況とはだいぶ違います。とりあえず、
健康であればなんとか生きていけそうな気がします。そもそも人が住める場所
だし。宇宙はどうでしょうか。月や火星をテラフォーミングでしょうか。
スペースコロニーでしょうか。新日鉄に頼めば、作ってもらえるのでしょうか。

地球外に誰がリードするのでしょうか。国?個人?少なくとも、自分は今の
生活が手一杯で、宇宙に個人で進出する余裕はありません。残念です。

なかなか現実の問題として考えると、難しいものがありますが、地球外に出て
いくと言うのなら、地球資源を使いきる前に決着をつける必要があります。
もし仮にそこまでできたとして、太陽系外はどうでしょうか。

太陽系を生態系として利用できるようになれば、地球から出るときよりも
余裕はできるかもしれません。しかし、そこから太陽系外に出るとなると、
宇宙空間を移動する高い技術が必要となりそうな気がします。太陽系を
使い切る前に、それを見つけることが出来るのか。

同様のことが、銀河系を飛び出す際にも考えられます。単純な距離の問題ですが、
移動するだけで一生を終えそうな、数世代必要そうな、そういう世界です。
経済システムを維持している間に、そこまでの技術発展が出来るのか。

今までの苦労とは比べものにならないような、とてつもない人間精神に対する
挑戦が待っていそうです。私は個人的にはそれでも挑戦すべきだと思って
いますが、そもそも他県に住むぐらいで億劫なのに、銀河系の外まで行けるのか。

このあと、いったん話を戻して、現行資本主義の弊害を挙げていきたいです。
また、物理的限界に対して、前にあげた三原則に変更が必要かも検証したいです。


77. 天橋立の愚痴人間 2014年5月29日 11:42:54 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E

私は、新しいリーダーを求めているのである。

78. 2014年5月29日 11:54:42 : 183U02GDLU
>>77

リーダー探しをしているなら、ダチョウ倶楽部の肥後で良かろう。

上島・元リーダーでも良い。

東日本大震災の時、ウエシマ作戦がおこなわれ、日本の危機を救った。

彼こそ、日本のリーダーにふさわしいと思う。


79. 2014年5月29日 12:06:58 : CJ4XKcLSzk
 安倍でもいいよ。

 早く日本が崩壊したほうが、再生が効く。

 壊さなきゃ、新しいものは出来ん。

 残念ながら、歴史が証明している。

 ただし、原発再稼働と武器輸出はダメだ。

 これは、日本という組織でなく、日本人を駄目にする。


80. 天橋立の愚痴人間 2014年5月29日 12:13:17 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E
>ダチョウ倶楽部の肥後で良かろう

は、ふざけすぎだが、

>安倍でもいいよ。

これが逆説として意味がある。

>壊さなきゃ、新しいものは出来ん。

このフレーズ

好きだな。

暴動を扇動することに通じる。

申告に屁理屈を言うよりも行動的

あんたらの方が気が合うよ。


81. 2014年5月29日 12:18:35 : 183U02GDLU
暴動も中国の反日運動のように死人を出さずに物だけ壊すならば良いが、死人を出すなら戦争と同じ。

暴力革命は良くないね。


82. 2014年5月29日 12:31:54 : xLVGfrJu7E
>81 さん

えらく大人しいですね。

無血革命もあるのはあるが、大抵は流血を伴います。

どうしても無血に拘るならば、革命など考えないことですね。

まあ、誰でも死にたくはないが

「政治は殺し合い」

その証拠に、現代の日本でも暗殺、不審死が結構あるでしょう。

自殺に見せかけて!


83. 2014年5月29日 12:34:33 : hxY1ADE0IQ
頭でっかちがぐだぐだ出来もしないことを上っ面をなでてるだけにしか見えない。

そう、まるで幼い貴方たちが日本の中心であるかのような顔して議論してるのに似てます。私には出来の悪いコントに見えてまるで笑えない。

植物を観察してみると針葉樹・広葉樹・そして熱帯林の共生してる姿が色々見えてきます。私にはそこに人類の未来が見えます。
なんたって人類出現よりはるか以前に出現してるのだから。
そして植物は言葉に表せない壮大な英知を雄弁に物語ってます。

批判ばかりでなくそれをも飲み込んでしまう度量の大きな日本であって欲しいと切に願います。
明と暗いずれも必要です。そして灰色も。聖人君子ばかりでは息が詰まって世界は成り立ちません。やはり賢い愚民が必要です。

そして世界に貢献できる日本であって欲しいと願います。


84. 2014年5月29日 12:46:01 : xLVGfrJu7E
>そう、まるで幼い貴方たちが日本の中心であるかのような顔して議論してるのに似てます。私には出来の悪いコントに見えてまるで笑えない。


じゃあ、貴方は何をするのだ、話すのだ。
植物を観察しているだけで良いのなら、政治カテに顔など出さぬことである。

>批判ばかりでなくそれをも飲み込んでしまう度量の大きな日本であって欲しいと切に願います。

結局は、黙って座っていろと言いたいのか。

まあ、貴方の偽らざる心情として、それはそれとして認めてもよいが
何とかならないものかと腐心している姿を笑うものではないのでは。


85. 天橋立の愚痴人間 2014年5月29日 12:52:36 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E
阿修羅掲示板の御近所にこのような記事が載っていた。

ASKA騒動が民主党にも飛び火している。ASKA(56)のスポンサーだったパソナグループの南部靖之代表(62)が、民主党の前原誠司元代表(52)から頼まれ、十数人の「民主党落選議員」を社員として雇い、大金を渡しているという話が一斉に広まっているのだ。


 パソナと民主党議員との“癒着”を糾弾する文書もバラまかれている。
<パソナでは、南部会長(代表)が応援している前原誠司民主党元代表から頼まれて、会社の特別顧問として、民主党落選組10人ほど養っている><月50万円ももらっている><社内でこの落選組の評判が悪い。仕事ができないばかりか、会社に出ても来ない>などと書かれているのだ。

(転載終わり)


パソナの南部をブレーンとする(パソナの会長は竹中平蔵)安倍も安倍だが、
民主党、前原一派も同じような売国奴。

安倍内閣打倒と共に、民主党も叩きつぶそう。


86. けろりん 2014年5月29日 13:25:55 : xfW5FN1G6ouU2 : cBotprhtTo

エントロピーと、ネゲントロピー。
世界は、『エネルギー保存の法則、または熱力学第1法則』で出来ているが、
それと反転する、< ネゲントロピー >がある。
それが、生物発生生成の、原理。

西洋型、物質科学の根本的誤謬が、最近になって解き明かされつつある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そもそもが、近経であろうが、マル経であろうが、
基本的には、唯物発展形成から派生したもの。
その枠内で、何をどう、解き明かそうとしても、反転する。


ヘーゲル弁証法の、ツッコミの足りなさと、
その物質主導の螺旋的発展というモノから
やり直す必要がある。

弁証法的唯物論と
弁証法的唯心論との
革命的・統合だな。

平たく言えば、真実は< おもい >から生成されて来ている。
人間存在は、モノが発展して来た後の生成物ではない、というコト。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貨幣経済の軸は、カネ・・・
カネは、価値基準の代弁者。いわば、秤やモノサシ。
その度量道具そのものを、< 商品 >にする最初の誤謬が
『 利子・金利 』。商品でないモノを商品経済のど真ん中に
放り込めば、貧富の極端差が、当たり前のアタリマエに発生して来る。

そのことが解き明かされないように、バレないように・・
『 経済学 』が愚民用に投入されている・・。

ハンムラビ法典
『 目には目を、歯には歯を 』
これは、同胞からは『 利子・金利 』は取るな・・
という原理原則を言ったもの。

いまや、グローバル世界・・『 同胞 』とは、
国を超えた、全人類のコト。

貿易赤字や黒字もクソも無い。
弁証法的唯物論から
革命的弁証法的唯心論に立脚した
真の「科学」が待たれているんだよ。

サギ・インナー取引が、進化して行くだけで、
経済活動そのものは、<交換>から何一つ進化などしていないだろ?

進化していくのは、人間の< 意識 >だ。



87. Yomy 2014年5月29日 13:42:23 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
ちょっと面白いので、この宇宙開拓の話をもう少し続けます。出来れば、
現実社会の話と並行して、思考実験を続けたい。銀河系の彼方まで。

物理的限界と言われると、かなり先のことのような気がします。しかし、私は
まずひとつのターニングポイントとして、石油などの化石燃料の残量がキーだと
考えています。石油を超える高効率のエネルギー源があるのか。

もし仮に、石油が地球上でもっとも効率の良いエネルギー源だったとして、
それがなくなった時に、人類が宇宙へ出る力を残しているのか。そう考えると
意外と締切は近いのかもしれません。

しかし、その場合でも、三原則は生きています。どれだけ宇宙へ行きたい、
そして、人類の今の生活レベルを維持したい、と思っても、それにより人類が
幸福になれないのであれば、それはやる意味がない。その過程で幸福でなければ、
様々な困難を、和気あいあいと乗り越える状況が作り出せないのならば、人類は
宇宙にでるべきではない。

エントロピーの話が言っていることは、人類が生きていくには、一切の無駄を
省きながら、幸福を追求しなければいけないということ。リソースは限られて
いて、生産も、消費も、廃棄も、すべてエントロピーを増加させる。

最近、仕事のなかで、老子の思想を応用している。勝手に老子の思想と思って
いるだけかもしれない。出来る限りなにもしない、何もしないで目標を達成する
ことを考える。そこから改善のアイデアが出てくる。マクロで自動化する、
本当に必要な対策だけとる、余計なメールは出さない。確認は最小限。
今日一日、何もしないぞ!と心に決めて会社に出る。ほんとに大丈夫か。

これからは、そういう社会なのかもしれない。そういう考え方が必要なのかも
しれない。幸福を追求しながら、最小限の力で目標を達成し、あわよくば
宇宙に進出する。

では、宇宙進出に到達するためのシナリオは、どんなものか。次回です。


88. Yomy 2014年5月29日 13:44:43 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
けろりん…、言葉の意味はよくわからんが、とにかくスゴイ自信だ…

89. けろりん 2014年5月29日 14:01:56 : xfW5FN1G6ouU2 : cBotprhtTo

>Yomy・・・

言葉を理解してくれ。
自身は、地震のまえから、自身にある。w



90. けろりん 2014年5月29日 14:04:55 : xfW5FN1G6ouU2 : cBotprhtTo

○自信は、地震のまえから、自身にある。w

老子・墨子は、中華圏内思想でも最高の叡智だろうな、
Yomy・・・



91. けろりん 2014年5月29日 14:17:55 : xfW5FN1G6ouU2 : cBotprhtTo


他所者はど、おべんちゃらを言う。


「 美しき日本 」などと言われれば、「めっそうもごさいません」などと
応えてしまうのが、通常の日本的感性・・・。
このクニの美しさも醜さも、両方知っているのがゆえの反応。


「 美しき日本 」はガイコクジンが述べる御コトバ。
外国人 = ガイコク(幽界)ジン = 幽界体主霊従存在。
いまや、大量発生している・・ゾンビ・ガイコクジン。
比率的には、8割方が、そうだろうな・・・?

ホントの日本人なら、
フクイチ処理と放射能のお掃除から
真剣に始め出す。
お祭りのオリンピックなどに、踊らされるワケながい・・。

踊るガイコクジンのポンポコリン♪ W


92. 2014年5月29日 14:18:50 : 183U02GDLU
>>82さん

天の橋立さんはケインジアンだそうですので、ケインズの投資機会消滅論や、金利生活者の安楽死についてご存知でしょう?

シュンペーターもまた、大富豪の側から、資本主義の終焉を導いていくと予言しました。シュンペーターの予言は、やや社会心理的な分析に偏っているように見えますが、資本主義の最終状態から社会主義(共産主義)へ、静かに進行すると予言しています。

そして、流血革命がなくても、現在の日本で、体制の側からの共産主義化が進行しています。

少額投資非課税制度(NISA)などは、金融資本側が、資本主義体制を維持しようとして、彼らが無意識のうちにおこなっている悪あがきのひとつであす。

皮肉なことに、その結果として金融資本側が自ら共産主義化を進めているという見方ができます。

勿論、私は少額投資非課税制度(NISA)の利用を推奨しているわけではありません。

今、私たちにできることは、彼らの悪あがきの悪影響を最小限にして、できるだけすみやかに共産主義社会へ移行させることです。



93. Yomy 2014年5月29日 14:20:37 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
ちょっと疲れたので雑談。

孫子の兵法の作者は魏の曹操だと思っている。ベースがある程度あった状態で、
きれいにまとめたのが曹操。

そして、内容は老子の考え方に強く影響を受けている。

ただ、道教っていうのがよくわからない。キョンシーとかチャイニーズゴースト
ストーリーとか。老子は哲学じゃないのか。なんで宗教?

あれ、おれの勘違い?老子と道教は関係ない?

まあいいや。


94. Yomy 2014年5月29日 14:28:29 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>92

あんたこのスレのほうが全然光ってるね。

おれの資本社会主義の理論わかるでしょ?資本家のクビに麻縄を巻いて、
絞めたり緩めたりするの。

現実社会は、この理論を意識するしないに関わらず、こう動くと見ているけど、
あんたはこういうの実現すると思う?


95. 2014年5月29日 14:34:22 : dMRGcWUlTs
共産主義とは、多極主義=普遍な国家法律の無い社会&普遍な世界公序・普遍な世界良俗=アナーキズム=無政府主義・個人主義のことだよ

ここでいう無政府主義とは国家を指し、個人と世界があり、中間特権階層としての国家を否定するのが原始共産主義

これが、国家が存続し、多極主義なのだが適応要件を行政が判断していくようになると、普遍な法は無いが行政が修正することで善悪を判断することになり=官僚主義・国家主義となる

世界政府も国家主義も、同じく共産主義なのだが、グローバルな視点で考えると閉鎖的視点で考えるとで立場が異なるだけだ

無政府主義(世界政府主義)、国家主義の違いは、無政府主義とは国家行政が無い(利潤を目的の社会インフラ)ため、個人と資本しかない

利益を産まない社会インフラは、誰もがやりたくない当番みたいなもんで、上手く行って当たり前、頑張っても儲けはない・・・それが行政という世界だ

ところが、国家が税を資本としインフラを事業として経営するなら?

そこに利益は産まれ、人は利益を差配できるポジションを目指し、監督官庁が権威となって国家主義に変貌する

国家があっても、行政が累進性サービスのみを管掌しているなら、共産主義は資本主義の精神を持っていることになる

正に資本論、マルクスの論文が資本論なのに共産主義のバイブルとみなされるのは、共産主義の行き着く先には、個人と資本しか存在しないからだ

世界政府の場合、国家利益は無いので、国家に仕える官僚はいない

世界政府の視点から見るなら、国家もまた1つの社会だ

個人と国家の間に、たくさんの社会(業界)があって、業界と業界の掟が異なり、普遍な国家律令より、業界は業界の掟に介入できない形の多極主義

これを社会主義と呼ぶ

共産主義が広義な意味での曖昧多極主義であるのに対して、社会主義は明確な多極主義であり、地方分権的な考え方などは社会主義の精神と言える

これに対し、資本主義とは、国家とは違う融資環境が国家を飛び越えて個人との関係・契約を可能にする環境を指す

これをマルクスは理想の形と定めたため、彼の論文を資本論と言う

しかしマルクスの資本論は共産主義のバイブルと位置づけられた

理由は、1867現在の世界情勢に基づいて、いきなり国家を廃し、個人と資本しかない世界の形成は現実問題不可能だったので、マルクスは一旦有識者に基づく協議会(円卓会議)が、事の正否を判断し、順次、国家を廃し、個人と資本がインフラ(行政)を支配する世界を中間到達点として目指すとした

マルクス亡き後、円卓会議(スラブ語でソビエト)は、そのまま官僚利権を国家権力とし世界征服を企みKGBが組織された

マルクスの求めた資本論(資本主義)は、共産主義と名乗る国家主義・官僚主義に乗っ取られたのだ


96. けろりん 2014年5月29日 14:49:00 : xfW5FN1G6ouU2 : cBotprhtTo

>共産主義と名乗る国家主義・官僚主義に乗っ取られた

そうだな。

< ニセ旗 >作戦は、
そのクニを構成する構成員(国民)の大多数が
「お上・領主さま主義」だから可能になる。

「美しき日本トリモロフ・外国人党首」を
支えている理由も同じコトだ。

ツライところだ。


97. 2014年5月29日 15:28:45 : hxY1ADE0IQ
>>84 むきになるところが可愛いね。
違う表現では釣れた〜と言う見たいですけど。

貴方がいくら頑張ってもそして貴方がいくら論破しても所詮
《総論賛成 各論反対》民主党以下の烏合の衆にしかならない。

今の貴方の論調で仲間に話しても貴方の崇高な意思は誰一人理解できないであろう。そしてその現実も貴方は貴方のひとりよがりな世界で勝手に排除ですか?
また志を異にする人を徹底排除する貴方の論調はお困りの国の性格に一致する似非日本人に類似するように見受けられる。

語る前に日本人としての素養をもっと身につけたほうがよろしいかと思います。
またぐだぐだ言ってないで今自分が出来ることとして月5000円払って里親制度に参加した方が良いのでは? 

世間では貴方みたいな人によく言う言葉があるので私も貴方に言いたい
【ハウス】と。


98. けろりん 2014年5月29日 15:47:22 : xfW5FN1G6ouU2 : cBotprhtTo

唯物史観は、
上部構造を、政治、軍事、文化・教育
下部構造を、経済、産業、生活・消費
と、乱暴に言えば、そういう構造で捉える

ヘーゲル弁証法の根幹は、
正・反・合の運動方程式を「対立構造」として把握する
ゆえに、負荷(正)は反映(反)を
駆逐しなければならない、という哲学原則論で成り立っている。
< 対立 >こそが進化の要諦という信念構造がある。

これからは、ソコを反転・浄化して行く必要がある
それが「 意識の進化 」という部分になる。

唯物&唯心の統合弁証法は
正・反・等・中・合・・・になる。
世界は< 対立 >で進化などしていない。
コトの本質は、お互いがお互いの要請の中で成立している。

負荷・反映・等化・中和・統合
これが、これからの弁証法。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いくら、安倍を引き摺り下ろそうが、
大多数の構成員(国民)によって支えられている。
奇跡的に引きずり降ろせても、
第二の安倍が、顕われてくるだろうな。
安倍と言うのは、我々自身の半分の部分だ・・
という<気付き>こそが重要になる。

ソコを意識しながらの安倍下ろしは可能だろうが、
半分は、おのれ自身の< 生き方 >に掛かって来る。

時系列的に言えば・・・、
上部構造に支配された、下部構造を通して
信念体系ができている・・・だ。

金魚鉢や、柵の檻の中からは・・、
ホントの改革など、夢想・・夢でしかない・・
というコトだ。


99. 2014年5月29日 16:44:53 : LKXRYf922A
共産主義は、開放系だ。そして永遠の運動の中にあるととらえる。

マルクス・エンゲルスの「ドイツ・イデオロギー」より
「共産主義とは、我々にとって成就されるべき何らかの状態、現実がそれへ向けて形成されるべき何らかの理想ではない。われわれは、現状を止揚する現実の運動を、共産主義と名付けている。」


エンゲルスの「フォイエルバッハ論」より
「哲学が認識しなければならない真理は、へーゲルでは、ひとたび見いだされたら暗記しておきさえすればよいというような、できあがった教条的な命題の寄せあつめではもはやなかった。真理はいまや認識の過程そのもののなかに、学の長い歴史的発展のなかにあった。この学は、認識の低い段階から高い段階へつぎつぎにのぼっていくのであるが、いわゆる絶対的真理を発見して、もうそれから先へはすすめず、手をこまねいて、得られた絶対的真理をおどろき見つめる以外にはもうなにもすることがないといったような点にいつか到達するということはないのである。そして、哲学的認識の分野においてそうであるように、他のどの認識の分野でも、また、実践的行為の分野でも、そうなのである。認識と同じように、歴史もまた人類のある完全な理想状態に到達して完結するということはない。完全な社会とか完全な「国家」とかいうのは、ただ想像のなかでしか存在できないものである。反対に、つぎつぎにつづいて現われてくる歴史的状態は、すべて低いものから高いものへすすんでいく人類社会のかぎりない発展の道程における一時的段階にすぎない。」
(引用終り)
フォイエルバッハ論の全文は、以下で見ることができる。
http://homepage2.nifty.com/akanotama/doc/Feuerbach.html


唯物史観の公式は、マルクスの「経済学批判」の序文にある次の文章だね。
「人間は、その生活の社会的生産において、一定の、必然的な、かれらの意思から独立した諸関係を、つまりかれらの物質的生産諸力の一定の発生段階に対応する生産諸関係を、とりむすぶ。この生産諸関係の総体は社会の経済的機構を形づくっており、これが現実の土台となって、そのうえに、法律的、政治的上部構造がそびえたち、また、一定の社会的意識諸形態は、この現実の土台に対応している。物質的生活の生産様式は、社会的、政治的、精神的生活諸過程一般を制約する。人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定するのである。

社会の物質的生産諸力は、その発展がある段階にたっすると、いままでそれがそのなかで動いてきた既存の生産諸関係、あるいはその法的表現にすぎない所有諸関係と矛盾するようになる。これらの諸関係は、生産諸力の発展諸形態からその桎梏へと一変する。このとき社会革命の時期がはじまるのである。経済的基礎の変化につれて、巨大な上部構造全体が、徐々にせよ急激にせよ、くつがえる。」
(引用終り)
「経済学批判」の全文は以下。
http://okrchicagob.moto-chika.com/DME/KeiHiJ.html

社会主義については、エンゲルスの、「空想から科学へ」より
「プロレタリア革命――諸矛盾の解決。プロレタリアートは公的権力を掌握し、この権力によって、ブルジョアジーの手からすべりおちつつある社会的生産手段を公共の財産に転化する。この行為によってプロレタリアートは、生産手段を、資本としてのこれまでの性質から解放し、生産手段の社会的性格に、自分を貫く完全な自由をあたえる。これからは、あらかじめ決定された計画による社会的な生産が可能になる。生産の発展によって、いろいろな社会階級がこれ以上存続することは時代錯誤になる。社会的生産の無政府状態が消滅するにつれて、国家の政治的権威もまたねむりこむ。人間は、ついに彼らの独自な社会化の仕方の主人になり、したがって同時に自然の主人に、自分たち自身の主人になる。――すなわち自由になる。」
(引用終り)
全文は以下。
http://www.geocities.jp/osaka_multitude_p/gakushuu_bunken/kuuka_mokuji.html

「社会的生産手段を公共の財産に転化する」これは所有の共有化の問題。
「あらかじめ決定された計画による社会的な生産が可能になる。」これは計画経済。
では、需要と供給のバランスはどう取るのだ?これを解決した計画経済は今までに無い。
ソ連では、革命後間もなく、ネップを導入した。これは市場経済を認めるもの。
今では、中国とベトナムは、市場経済のもとに経済成長率は高い。



100. けろりん 2014年5月29日 16:46:49 : xfW5FN1G6ouU2 : cBotprhtTo

逆だな・・・

>ゆえに、反映(反=労働者)は負荷(正=資本家)を
駆逐しなければならない、という哲学原則論で成り立っている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例えばだ・・・、
天皇一族が日本郵船を使い、自国民の数十万人もの”娘・おんな”を
売春奴隷として海外に売り飛ばした、その根底を
支えていたモノこそが、”娘・おんな” の『 親 』である。

泣く泣く従ったであろう、”娘・おんな” の思いは、
親を助けたい・・・だったろう。
目先の小金を受け取った、それこそ数十万人のその親が
いたからこその、『天皇一族・人身売買』が成立している。

あとで、どれほどの真実が明かされて来ようが、
共犯者になってしまっている、その『 親 』から、
漏れ出て来る情報など、皆無だろう・・・。

一部が「唐行きさん」として噴出するのみだ。


今回のゲンパツ問題、政治問題も、
負荷(正)と反映(反)の協力関係で成り立っている。

半分は、暴きながらも
自分自身の中の<安倍>も駆逐しない限り
メビウスの輪の中で回転しているダケになる。


「 宗教 」で何とかなる時代じゃない。
「 政党 」で何とかなる時代じゃない。
いわゆる・・・、
「 組織 」で何とかなる時代じゃない。

いままでのように、組合旗に引きづられて、
99.9%が、組織依存のままで
何とかしようなどと・・、幻想だよ幻想。

徹底して、外をあばきながら、
おのれ自身をも、ソコから抜け出して行く以外に
方法など無い


101. けろりん 2014年5月29日 17:15:36 : xfW5FN1G6ouU2 : Y7W5WUsbQg

『 現状を止揚する現実の運動 』

ドイチェ・イデオロギーの根幹。
<特殊=静的>相対性ではなく
<一般=運動>相対性の生成源理論。

アウフヘーベンとは、運動原理そのもののコトである。

・・・・・・・・・
平たく言えば、「 ゲシュタルトの変換 」のコトだ。
『 おのれ自身の信念体系 』の、再構築のコトだな。


102. 2014年5月29日 18:36:49 : dQmKIWJ75Y
集団的ナンチャラケンとか、こんなものを代議士の地元住民が要求するはずがな

い。地元住民が要求しないものをなぜ押しつけようとするのか。

地元に対する背任行為以外の何物でもない。


103. MAMY 2014年5月29日 19:48:46 : 8UjXCi0qg66HY : ZgTfQ5UF3A
天橋立さん、まったくの同感です。

後先考えず一国も早く動くこと。新しいリーダーは民間人でもとりあえずいいじゃないか。どこに?どいしたらいい? ぬって協力する。ぐたぐたと覚えたことをひろうしたり、机上の空論をかわしたりしてる暇はない。一刻を急ぐ。

ぐたぐたゆってるやつらは、日本人もどきなNNDA.


   もっと必死になれ、なりすましたち。
 

。あしゅらさんけさないでね、。


104. MAMY 2014年5月29日 19:58:56 : 8UjXCi0qg66HY : ZgTfQ5UF3A
天の橋立さん 賛成。どうしたら?

105. 2014年5月29日 20:59:06 : EAkIk2fULU
なんか、あんまり急ぎ過ぎると、日本からヒットラーが生まれそうだね。

こういう時こそ、落ち着いてしっかり考えたほうがいいと思うよ。

例え相手があの顔の気持ち悪い石破でも、容易に暗殺という手段を考えては
いけない。わかるよ、あの顔で、戦争行って来いとか、行かないと死刑、とか
言われた日には、ってなるのは。

でも、やっぱりテロリズムでは世の中は変わらん。最近ではおれは明治維新も
あかんかったと思ってる。あの辺から何かがおかしくなってしまった。


106. 2014年5月29日 21:56:46 : XXhldHt4HI
http://anond.hatelabo.jp/20080419072302

民主主義、独裁主義、資本主義、社会主義、共産主義、ぜぇ〜んっぶひっくるめて、金を持ってる奴が権力を握る、金権主義?

東電・自民・官僚、が日本を支配してるんだろうかね???


107. 2014年5月29日 22:02:22 : xLVGfrJu7E
>なんか、あんまり急ぎ過ぎると、日本からヒットラーが生まれそうだね。

衆愚の後は独裁が始まると決まっているようなもの。

阿修羅のコメント欄など、本人達は、どのように考えているか知らないが、本当にくだらないもの、口先だけの文章のオンパレード。

このような文章が飛び交っている掲示板など、後は2チャンくらいのものか、しかし2チャンでもしっかりとした領域もあるよ。

そこに比べると、何とまあ、情けないこと。
御互いに聞きかじりの単語の披露に狂奔している。

心がないよ、情熱がないよ、思想など皆無、否、中学生の様な理想論が関の山。

このように言っても本人達には何が何だか解らない。
こういう時は、ヒットーラーに期待する以外にはないよ。

少しは他の掲示板、ブログを覗いてみることだ、そこでどのようなやり取りがされているか。

阿修羅掲示板の議論を議論とは思うなかれ。


108. 天橋立の愚痴人間 2014年5月29日 22:14:37 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E
>天の橋立さん 賛成。どうしたら?

MAMY さん、ゴミの様なコメントの中で誠意を感じてレスします。

出来ることは、以前に小沢支援のデモがネットを使い湧き起ったように、今度はオキュパイ運動のデモを起こすのです。

最初は、有志がバラバラで立ち上がっても、それを連携するものが現れるでしょう。
同時に市民運動を全国展開するには組織が必要です。
労組、学生組織に訴え、すそ野を広げます。

そのためには、多くの人の同感を得られるしっかりとした旗印を確立することです。

小沢支援デモが東京で最初に持ち上がった時、それはツイッターの中でした、それを掲示板で取り上げ、半年もしない間に、大阪、名古屋、福岡、新潟、鎌倉、高知と広がって行きました。
「市民の乱」や反原発組織など、連携できる組織もあります。

やろうと思えばスタートは出来ます。
でもね、余程の覚悟がなければ単発に近いものに終わりますよ。

誰かやりませんか。


109. Yomy 2014年5月29日 23:45:41 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
ガンダムの話を続けましょうw

エントロピーの話は、資源というものはいつか尽きてしまう、これはわかり
やすい、そのあとで、どんなに努力をしても、エントロピー増大の法則により
その系の中にいる限り、以前と同じようなエネルギー取り出し効率を得られない、
そういうことだと思います。原始時代に戻る。

まあ、宇宙に住むことはそんなにすぐには必要ないかもしれない、でも例えば
木星なんかに宇宙船を派遣して、資源をとってくるとか、そういうことを
考えないと、地球の経済がまわらなくなる。

たぶん、緑の党なんかがこの辺の考え方を取り入れていて、共産党なんかも
追い付いて来ようとしていると思う。いくら話しが現実離れしていると
いったところで、必ず将来直面する問題だから。もうこの先長くないひとは
まったく気にしないかもだけど。

ここで孫子の兵法です。彼を知り、己を知らば、百戦危からず。
実際、それぞれの資源は、あとどれぐらい残っているのか。これはおいおい
調べてみましょう。これは「己」の部分。「彼」の部分は?先ほどあげた木星の
ように、地球外の低エントロピーな系に働きかけることが出来るようにするため
の具体的見通しを立てないといけません。ほんとに出来そうなのか。

実はもう、手遅れかもしれません。または、まだまだ余裕があるかもしれません。
今明確なことは、我々がそのどちらも、明確にわかっていないこと。崖っぷちに
向かってチキンレースをやりながら、崖っぷちまでの距離を知らない。
崖っぷちを飛び越える技術があるのかも知らない。

こんな状況で、世界戦争など始まったら、ぜんぜん話にならないでしょう。
まず、崖っぷちに向かっていることを認識して、各国が協調すべきです。
そして、具体的な方針を議論すべきです。人類は外へ向かうのか、地球で、太陽
が燃え尽きるまで、つつましく生きるべきなのか。私自身もそこは
迷っています。どちらがいいのか。

では、外に向かうと決めた場合、どんな体制が望ましいのか、世界政府?
世界政府なんて、イルミナティ的に大丈夫か?各国で競争する感じで宇宙開発やる?

アプローチはいろいろありそうです。次回この辺をもう少し掘り下げて、
あと別路線で、幸福とは何か、にも少し触れたいです。時間があれば。


110. S.T 2014年5月30日 00:42:32 : TNEHs1z1b5edM : ZpeTyqNaTM
>口先だけの文章のオンパレード。
これを先頭を切ってやっているのが投稿者本人というオチ。

何度でも言ってやるよ。
安倍政権後の内閣は誰だったら最適なのか、そういった答を一切導こうとしない。
即ちコレ、他人のアイデアや意見をパクるコメントを収集しているようにしか見えない。

あんたと全く同じ行動が「東海アマ」という地震予知管理人だね。
かなり以前、死刑制度について掲示板でアイデアを書き込んだらいつの間にかアイデアを自分の物にしてパクっていた。
つまり、意見をはき出させ一番自分の納得出来て支持の高い意見を元に阿修羅以外の実生活でまずは市会議員などへ立候補する公算かな?

それとね、小沢という人物に凝り固まって離れられない思想こそ、「天橋立の愚痴人間」そのものだよ。
大事な事は個人個人の思いや思想が違うのは当たり前だから支持したい政治家を選ぶ基準が違って当たり前。
だから誰なら良いのか選挙の前に誰を支持すれば良いのか考える事こそが安倍内閣を追い込める下地ができるんだね。

ハッキリ言っておく。
国会議員を国民がリコール運動(辞職署名など)しても辞職させられないんだね。
国民自ら選んだ政治家は間違えない立派な政治家としての信用を一任された立場なので、リコール権は国民にはない。

安倍内閣が解散総選挙を宣言し、誰に投票しようかその時に討論しても、「誰に投票するのか」宣言する行為が選挙期間に引っかかると危ないんじゃないか?

過去の阿修羅投稿を情報として貼付けておく。
>ネット上の言論活動と公職選挙法に関して、気になる文章を見つけました。管理人さん他投稿者諸氏へ
http://www.asyura2.com/07/kanri13/msg/378.html
>投稿者 heart 日時 2007 年 7 月 10 日

>公職選挙法の一部を改正する法律案(インターネット選挙運動解禁)について (velvetmorning blog)
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/783.html
>投稿者 運否天賦 日時 2013 年 3 月 07 日

※過去の情報なので気をつける必要があります。

選挙に無関係のこの時期に、安倍政権解散総選挙がもし行われたとしたらどの政党が何を考えどんな政策を言っているのか。
前回の選挙公約を守っていない政党はどこか。
これら情報を事前にしっかりと知る事で、投票後に国会議員を辞めさせよう!なんて馬鹿な事も減って行きます。


111. Yomy 2014年5月30日 01:02:43 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>107

自分の理論に関して言うと、
SF好きの一般人素人が思いつくままに書いているだけなので、

ここでの自分の議論が他のブログや2chに勝っているとも思わないし、
勝ちたいとも思わない。これは、阿修羅での他スレの議論に対しても同じ。

レベルが高いか、低いか、勝っているか負けているかではなくて、
まず議論してみることが大事。自分の意見を言ってみることが大事。
それが民主主義。

ひとりひとりが意見を出してみなければ、実はわかっていない、ということ
がわからない。その積み重ねで、その積み重ねのみで、社会は次のステップに
行けると思う。

そのための、世の中にたくさんある仕組みのうちのひとつが、阿修羅。


112. 2014年5月30日 02:04:22 : EAkIk2fULU
>>44

だいぶ返レス遅れましたが、

たとえば、限定ヘリマネ論とか、ターゲットヘリマネ論などと名前を付けて、
区別できるようにすれば良いかと思います。

理論の中身をまだあまりわかっていないのであれですが、中身のニュアンスが
出るようなうまいネーミングがあるといいと思います。

貨幣の概念を変えるというよりは、通常の通貨とは別で、例えば円とは別で、
通貨を導入する、というのなら少しわかります。交換は可能だけど、障壁を
作っておいて、別経済としてまわるような仕組みにする。交換の難易度を
調整することで、効果を調整できる。そんな感じでしょうか。

ヘリマネとベーシックインカムについてはその違いをまだ理解していないので、
少し勉強してからそれらについてのコメントもしたいと思います。広義では同じ?


113. S.T 2014年5月30日 03:06:04 : TNEHs1z1b5edM : ZpeTyqNaTM
>>67. Epgoj13Y43 さんへ

>そんなことは言わずとも論調で解っているであろう。
>名前を名乗る、何のために。
>私の意見など、そこらに落ちている石ころと思えば良いではないか。
>注目してもらいたくもない。

突っ込ましてもらうわ。
あんた、一体誰の為の発言してんだよ。
ここを読みに来ている人への発言ではないという意味を言ったよな。

コメント欄発言は、コメント者本人が意見をぶれずに主張している「証明」なんだな。
「安倍政権をぶっ潰す」とか宣言しながらコメント欄では名乗らない。
ここに初めてアクセスし読みに来た人は「別人」だと思うよ、普通は。
それが投稿者が自分の名前を語らずに意見をわめき散らし、安倍政権が解散総選挙を行った場合の対策すら何も無いし、意見も匿名でやり合って何が「安倍内閣を打倒しよう」だよ。

言っておくけどデモをしても抗議活動を行っても批判をネット上で行っても、支持率が下がろうとも、解散を決めるのは政治家なんだわ。

その政治的影響力を直接及ぼそうとすれば「自ら政治家」になるしかない。
それか自ら考えて政治家・政党の政策を知って「影響を及ぼして欲しい政治家を選ぶ」事だよな。
それが「選挙」で立候補者へ投票する行為なんだよ。
散々小沢支持デモをやっておきながら真っ先に裏切る行為を行い、デモで小沢氏に期待し行動を起こした参加者をも「小沢信者」などと罵倒する行為を躊躇無く行う事で相当見限ったんだけど、自分のコメントの証明さえ拒絶するようでは話になりません。


それとさ、なぜ自民党政権はウソをついてもウソをついたと思っていないと思いますか?
安倍総理はなぜ人の意見を聞かずに答弁するのか考えた事はありますか?
内閣府の関係者が内閣政治家を「個別に洗脳(催眠)」を掛けていたとしたらどうします?
菅直人もそうだったしね。
でも内閣府に入らなかった小沢氏は言う事が変わっていないw
ものすごく引っかかっているんだよ。
鳩山元総理も洗脳されかけて小沢もろとも辞任しちゃったよね。
それに安倍総理が「公邸入り」しないのは盗聴器が仕掛けられていると主張したよね。
鳩山元総理も以前会見で会議した内容が翌日のマスコミで記事になっているというような発言をしていた。
つまり、盗聴器はそもそもが「自民党が下野」した時に仕掛けたと考えたほうが解りやすいね。
他人が仕掛けたのなら証拠を探して叩けば即座に関係者をぶっ潰す正当な口実が出来る訳だから。
でもそれをしなかったというのは調査すれば自民党が仕掛けていた事実も露呈しちゃうと言う事でしょ。
もし、自民も民主も無実だったとしたら、内閣府関係者の官僚の仕業が最も疑われる。
つまりね、日本を潰そうと計画する奴らが内閣府内部にいて、工作活動を行いアメリカの日本植民地化をじっくりと実行し、その最終仕上げが安倍総理の判断で行うとしたら?
その暴走を止めるはずの解散総選挙が行われても「誰に投票したら良いのか解らない」ではどうなりますか。

その為に、どんな政治家がどんな事を言っているのか、どの政党がどんな政策を掲げてウソをついていないか。
事実を知る事で選挙になっても迷いは少なくなる。
それを馬鹿の一つ覚えに「小沢を有利に」とか勝手に思い込んでいるから話にならん。


114. 2014年5月30日 03:06:20 : xLVGfrJu7E
Yomy さん、

レスするのも間があきましたが、107のコメントは貴方に対して言っているのでありません。

言葉使いと言うものは、言う方と、聞く方のスタンスが違うばあい誤解されたり意味が通じないことがあります。

私が言いたいのは、阿修羅掲示板では、なかなか真摯な話し合いにならないと言う事です。

確かに最近の貴方のレスは、少し飛んでいるようですが、そういう面では私の結論的な意見も、相当、飛んでいて、ほとんどの方は空想家程度により見ていただけません。

ですが、大きな改革と言うものは、元々社会の常識を逸脱するものであり、そういう意見は、かえって専門家からは出てきません。

手品の種明かしの様なもので、解れば単純な事が多いのですが、巷の屁理屈屋は、そういうものを嘲笑します。

まあ、そんな輩にかかっていては、大きな目標には行きつけません。
私はいろいろな方の発言を注意深く見ております。
貴方自身では気が付かれていないかもしれませんが、単純そうな発言の方が、新鮮で興味を引く場合があり、それが考えるヒントになります。

そういうものはどこにあるか解りません。
要するに真摯な交流を一番求めるものです。

エントロピーの話に、こだわっておられる様ですが、ずいぶんと昔に興味を持った記憶があり、懐かしく拝見していましたが、内容的には先に言った、ハットするものはないですね。

何かを証明する段階では、難しい理屈も必要でしょうが、アイデアの段階(これが一番大事と思います)では、単純な思い付き、と言うよりも、単純な望みで良いのではないかと思っています。

貴方の記事も、そういう目で、見させていただいているのです。

それからねえ、SFの中には、将来社会を想起されるヒントが沢山あると、私も、感心して見ています。


115. 2014年5月30日 03:16:22 : xLVGfrJu7E
STさん、私は下記の様な投稿もしょっちゅうやっているのです。
いずれも、小沢などは念頭あるはずはないですか。


(その1)

安倍のノータリンがますます得意げにやってますよ。

中東の我が国のタンカーの護衛も集団安全保障によって自衛隊を出すらしいです。

そりゃ、100万円の物資も、我が国の生命財産として、これを守る為に世界の何処でも自衛隊を派遣すれば、立派な好戦国と言えるでしょう。

自衛の概念も自由自在、何でもありである。

憲法の解釈も何でもあり。

憲法第9条は、世界の眼をくらますだけに存在する。

なりふり構わず正体をさらけ出すところがノータリンのノータリンたる所以ですが、それを何ともできない野党の議員の馬鹿さも、安倍に劣りません。

国会なんてのは、アホが遊んでいるだけの場所で、同じアホ劇ならば、吉本新喜劇に任せる方が、まだ見るところもある。


(その2)


>内閣総理大臣が危機を煽る異様な国ニッポン

似たような国がありました。

北の将軍様が統治する国です。

そういえば、以前にも、その国から憐みの様な言葉を掛けられていましたね。

似たもの同士のかばい合いといいますか、今日は将軍様が拉致被害者の再捜索をしても良いと言うようなニュースが入りました。

その成り行きも怪しげなものなのに、進展すれば、またクソの支持率が上がるのでしょうね。

こういう奴を2度も総理にするくらいの国民がいる国ですから。

誠に残念ですが、我々の目の黒いうちに、日本の新しいかたちを見ることは出来ないようですね。

せいぜい、暴動でも煽り、つぶれるところまで見たいものです。


116. S.T 2014年5月30日 03:52:04 : TNEHs1z1b5edM : ZpeTyqNaTM
>STさん、私は下記の様な投稿もしょっちゅうやっているのです。
それがどう「安倍内閣を打倒しよう」とコメントが繋がるというのですか。
で、ここのテーマは何だ?
「安倍内閣を打倒しよう」ではないのか?

俺は何度も言って来たよな。
小沢だけじゃダメだ、他にも良い政策だと思う政治家を挙げてみようって。

>誠に残念ですが、我々の目の黒いうちに、日本の新しいかたちを見ることは出来ないようですね。
>せいぜい、暴動でも煽り、つぶれるところまで見たいものです。
ついに言ってはならん事を口走ったようだな。
それがあんた「天橋立の愚痴人間 」の本音だとしたらおれはオマエを金輪際一切認めん。

>せいぜい、暴動でも煽り、つぶれるところまで見たいものです。
その結果を見たいが為に「安倍内閣を打倒しよう」と見出しをつけて煽り、挙げ句の果てには安倍政権後の後などどうなっても良いという発言をした。

あんたは安倍総理や橋下市長よりもっと悪質。
煽るだけ煽って自分は高みの見物で暇つぶしですか。

心底見損なったよ。
今の政治家がダメなら俺が政治家になって日本を変えてやる!と言えたなら少しは見直したんだけどな。
それでも匿名投稿で誰が投稿しているのか解らないように投稿する姿勢をやっている限り「逃げている」証拠だね。


117. Yomy 2014年5月30日 04:00:44 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>114

エントロピーの話は単なる外的条件です。

私がまず挙げている資本社会主義の理論の根幹は、個人の所得制限額を
設けて、その制限額を国民の選択により上下させる、というただそれだけです。

このアイデアに新規性があるのかはあまり気にしていませんが、
誰かが有効だと思って他でも議論していただくのは全然かまいません。

現在の資本主義から、革命などを経ないでいかにスムーズに社会主義に移行
するか、をテーマにしています。また、資本主義に戻ることも考慮しています。
制限額を設けることは革命的ですが、極端な制限額、例えば無限大であるとか、
地球丸々一個分であるとか、そういう設定からまずはじめることで、逆に
革命を極小化できると考えています。そして、民意により、じわじわとその
制限額を下げて行く。あるいは、必要なら上げていく。

他にもより複雑な仕組みにより、同等のことが可能かもしれません。しかし、
所得の制限額、という誰が見てもわかり易く、定量的で、平等に課されるルール
を用いることにより、国民が指標として容易に認識できる、と考えています。

あとで、この考え方を一般化してみます。


118. けろりん 2014年5月30日 04:05:35 : xfW5FN1G6ouU2 : pmbAmfNpGY

まともな議論環境を希望するなら
発言者の身元の開示からでしか
不可能になるわな?

米国ネット世界でも、
まともな議論は、身元の開示から始まる。


ココ、隠蔽体質特有の、責任の所在がハッキリ存在しない
蜂&蟻全体責任体質のアジア的文化環境の中で、


「 何とまあ、情けない 」評論家ばかりの世界にはなる・・な?

・・・例えばだ、
「 中学生の様な理想論が関の山 」
”どこがどう、中学生”・・なのかを論理展開する必要の前に・・だな
まるで、”小学生” のような
『 ヒットーラーに期待する以外にはない 』
などというような、まるでそれこそ
『 2チャンくらい 』でしか見聞きしないような、程度のだな、
コメントを、よくも堂々と・・恥かしげもなく・・・


・・・>107.


「 衆愚の後は独裁が始まると決まっているようなもの。」
どこで覚えてきた、”聞きかじりのセンテンスの披露”・・なのか?


・・だな?

世も末だな?
WWW


119. Yomy 2014年5月30日 04:12:44 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>114

追加です。

ひとつ面白いテーマを挙げてみましょう。現在考えているSFのネタです。

別スレで母性社会さんとの会話で少し出しましたが、

遠い未来、たった一人で成り立つ国家、というものはありえるでしょうか。
あったとして、どんなことが考えられるでしょうか。

売買は全て輸出入。通貨は?安全保障は?憲法は?外交は?領土は?領土の概念は
なくなり、サービスで国家を選ぶ時代となっている?まるで銀行を選ぶように?
さまざまの規模の国と、複数の個人国家が並立する世界、面白そうです。


120. けろりん 2014年5月30日 05:37:39 : xfW5FN1G6ouU2 : rrvtSdbOSY
・・・というような、
模索論は、あろうけれども、そもそも「 理想論 」
なるものなど、ドコに展開されているや、いなや?
『 中学生の様な理想論が関の山 』・・らしい
大評論家センセ・・・>107.・・・?

ココのスレは、意外にも・・結構、レベル高いぜ・・・


121. Yomy 2014年5月30日 05:52:14 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
この一般化が果たしてそんなに役に立つかわかりません。

現行経済システムに対して、何か新しい、と考える別の経済システムがあるとします。

その二つに共通の、定量化できる、有意に異なる指標を見つけます。

その指標値を法制化し、国民の選択によって、その値を選択できるようにする。

そうすると、その二つの経済システムを自由に行き来することが可能になる。

このあと、すごくマジメで善良な資本家、というものを考えてみます。


122. Yomy 2014年5月30日 07:33:11 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
理想論もそんなに悪くはないと思うけどね。掘り下げればたいていそこに
答えが埋まってる。

時間軸で見ると、必ず理想論が先にあって、答えが後だしね。答えが出るまで
黙っているのもどうかと。

じゃあマジメで善良な資本家。
家族4人質素な暮らしをしながら、発展途上国の正常な発展を目指して
投資を続ける資本家がいたとする。得られた利益のほんの一部を生活費に使い、
けして浪費はしない。それ以外の利益はさらに別の発展途上国のために使う。

けろりんの言葉の言い直しになると思うけど、今後の我々は、善良な労働者で
あるとともに、善良な資本家の性格を併せ持つ必要があるかもしれない。

健全な需要を発生させ、効率よく働き、幸福を追求しながら生産を続ける
労働者が、余剰利益の投資先を決定する時代がくるかもしれない。

では、資本家が善良でない場合はどうか、これは一種の奴隷制度と等価という
ふうに捉えられると考えています。遠い未来の歴史家は、現代を振り返って、
奴隷時代の一部と解釈するかもしれない。

所得の制限額を決めたのち、それを超えた分を誰がどのように使うのか、
これもまた考察が必要です。


123. 天橋立の愚痴人間 2014年5月30日 07:55:57 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E
Yomy さん

阿修羅、特有のアホが集まってきました。

何が、悲しくてアホが蠢く中で話をする必要があるでしょう。

もう御終いにします。

他の掲示板では、老人党にせよ、類ネットにせよ、昔あった電脳掲示板、それと見つけにくしですが、公務員が多く集まっている掲示板など、互いに落ち着いて話が出来るものです。

アホは非常に少ないです。

阿修羅にいると、これが普通の様に思われますが、決してそうではありません。
ヤフーよりも、ずっと酷いですね。


124. 天橋立の愚痴人間 2014年5月30日 08:31:40 : l4kCIkFZHQm9g : xLVGfrJu7E
STさんよ、小さな頭の中に入り込んでいるのは貴方の方だよ、

余りにも人を理解できないようだから、私が中心でやった小沢支援の御堂筋デモの動画を紹介してやろう。

この時の大阪宣言の会の会員は、約40名。
デモの参加者は、労組250名を含む1000名。

私の演出で、多くの参加者が声をだし、そりゃ賑やかで激しいデモが出来た。
こんな、事は私の一部。
よおーく、見て置くのだな。
阿修羅に巣食う、屁理屈屋め!

http://www.asyura2.com/11/senkyo107/msg/396.html


125. S.T 2014年5月30日 09:44:43 : TNEHs1z1b5edM : jL9QvyRTYM
天橋立の愚痴人間さんよ、小沢支援を起こしデモに参加した人々を裏切る発言をしたあんたは「クソ」に陥っているよ。

そうそう、このデモを起こした原因は何かな?
この時はハッキリと目的と対策が講じられていた、だから人が集まった。

いまではそんな集まって支援した小沢支持者を小沢信者とののしり、本来なら「小沢氏に対しての怒り」のはずが支持者にまで怒りをぶちまける情けなさよのう。

何度でも言ってやる。
なぜ安倍政権を打倒したいのか。
それは政策が納得出来ないからだろ?
だから多くの人が納得出来る「答」は安倍政権よりもはるかに納得出来る政策を掲げる政治家達の内閣を掲げた上での「打倒安倍政権」なんだよ。

その為には小沢氏だけじゃないって散々言って来たのに「小沢ガ」というあんたでは話になっとらん。
国会答弁で安倍総理が頓珍漢な返事しか出来ないのと同じだね。

でさ、それなら今デモをしてみるか?
いくら真っ当な事を言った所で、自民党が国民を騙している事にようやく疑惑を持ち始めた国民が増えては来ているが、疑惑だけで怒りは起きているか?
その辺をよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く考えてみろ。
単に打倒安倍政権だけではあんたの自己満足でお腹いっぱいなんだね。
やっている事がアンチ小沢連中の、批判だけで進展のない討論と全く同じだって事が解らないのでは単に煽動したいだけの騒乱者だぜ。

>阿修羅に巣食う、屁理屈屋め!
もう一度言ってやる。
安倍政権打倒後、誰なら納得出来るのか「自分の構想」を示すべきだね。
その上での安倍政権打倒なら解るんだよ。
でもそれが一切無い。
任せるのは官僚か? 竹中か? 石原慎太郎か? 石破か?
誰なら納得出来るのか、そういう政治の混乱を出来るだけ避ける交代を目指す論議だったはずなのに、実に残念。

>こんな、事は私の一部。
>よおーく、見て置くのだな。
>阿修羅に巣食う、屁理屈屋め!
それが何になった?
デモを行ってまで行き着いた先は小沢氏を支持するコメント者まで罵倒したよな、たった数年後に。
前回も暴言を吐いて阿修羅掲示板に二度と来るかと言ってたんじゃないかな?

これでも読んで反省する事だな
>市民デモへの警鐘
http://www.asyura2.com/10/senkyo100/msg/287.html
>投稿者 天橋立の愚痴人間

当時な、俺も多いに賛同していたからこそ裏切り行為に対して許せんのだよ。


126. S.T 2014年5月30日 10:07:44 : TNEHs1z1b5edM : jL9QvyRTYM
参考に当時の俺がコメントしたのをアドレス転載しておく。

>小沢クラブの会員どもへ
>投稿者 天橋立の愚痴人間
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/215.html#c94

ここでは結構書いているけどな。
ただ当時は名乗っていないのが悔やまれる。
コメントの流れを読めば俺が投稿したコメントは察しがつくだろうと思う。


127. マサキ 2014年5月30日 12:39:25 : 5fqSn/cI9vFaQ : rzUUlECuIk
安倍のように生まれたときから快適な生活が用意されている道楽人生の連中にはわからないだろうね.
金持ちがいい土地を取り上げ、貧乏人を悪い土地に追いやって、
惨めな生活を強制させておいて、自己責任だとかのたまいやがって.

128. 2014年5月30日 12:42:31 : qSc0zm83A6
天の橋立さんには、共感はしないが、考えていること、感じていることはなんとなくわかる気がする。

正直に言うと、S.Tさんは、得体の知れない人に思う。

考えていることがわからない。

安倍晋三の政策に賛成なのか、反対なのかさえ、はっきりしない。


129. Yomy 2014年5月30日 13:43:10 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>123

私は大学受験のとき、関西に居ましたが、周りのアホがうるさく騒いでいるとき
ほど、なぜか集中できたのです。ここのスレは、それほどアホでもないので、
私の集中力もそれなりです。でも今はそれでいいんです。

何でしたっけ?澄んだ池にデカい魚は住めない、とか言う言葉がありましたよね。

混沌の中にこそ、何かがある、宇宙の始まりが、ある。


130. Yomy 2014年5月30日 14:01:47 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>128

あなたがS.Tさんを理解できないのは、あなたに清く美しい心があるからです。

S.Tさんはよりしたたかで柔軟です。

孫子の第八章、九変篇に、「廉潔は辱められ、」という言葉があります。

あなたが廉潔であることは、変えがたく、変える必要はありません。なぜなら、
それは変えられないことだからです。

イチローも言っています。あなたの中の、変えられる部分と変えられない部分が
あることを理解し、変えられる部分を変える努力をする。

廉潔であることと、廉潔に振る舞うことは別です。したたかさ、です。

かと言って、S.Tさんと同じになる必要もありません。そこは、パウリの排他律
で良いと思います。


131. Yomy 2014年5月30日 14:21:08 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
人間にとって、幸福とは何か、を考える際に、量子力学で言われるところの、
パウリの排他律、がヒントをくれるかもしれない。

人間の心は、フェルミ粒子的な振る舞いをする時もあれば、する人もあれば、
ボーズ粒子的な振る舞いをする時、する人もある。

フェルミ粒子は、パウリの排他律により、個々の粒子がそれぞれ同じ状態をとれない。
いっぽう、ボーズ粒子は、個々の粒子が、完全に同じ状態を取る。

量子力学は、心の動きを説明できるかもしれない、と言われている。
「幸福」について考えるうえで、人間の心が、排他的に、同じ状態にならない場合
があることと、全く同じ状態となる場合があることを、まずは出発点としたい。


132. Yomy 2014年5月30日 15:44:13 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
じゃあ、ここでひとつ、心の問題を探る、ひさびさのコントに行ってみましょう。

量子力学をマスターした物理学者がやる占いの館に、おっさんが訪ねます。

お:この子とわしの運命を占ってくれ。
物:お先に10万円いただきます。
お:う、ちょっと待ってくれ、おれはおまえを信用していない、物理学を
 マスターしとると聞いてるが、ほんとに占えるのか?
物:まず、その娘のスペックをお願いします。
お:惚れるなよ。
物:そうですね、まず、この子は年上好きなので、あなたを選ぶ可能性は
 高いでしょう。
お:やっぱりか!世の中捨てたもんじゃないで!
物:若者に流れる可能性は少なからずあります。
お:う〜ん、そこはわしも感じ取る…わかっとるんやけど…
物:確かにアニメ好きですが、あなたに合わせている部分もあります。
お:ほかなんかやばいとことかあるんか!?ボトムズあかんのか!?
物:さきほども言いましたが、可能性としては、年上好きですが、若い子に
 行っちゃう可能性もありますし、アニメ好きですが、文学に行っちゃう可能性も
 残していますし、あなたのような質素な生活が好きですが、お金持ちの優雅な
 生活に憧れる可能性も残していますし、あなたのような高卒の方にむしろ
 親近感を持ちますが、学術的な議論を好む部分も少しだけありますし、
 ハゲでも全然問題ないですが、フサフサの髪をたまに触りたいようです。
お:そんなもん、彼女にぜんぶ直接確認したらええんとちゃうんか?
物:確認は出来ますよ、ただし、確認した途端、彼女の気持ちはまったく
 別の方向へ行ってしまいます。不確定性原理の結論です。
お:は?おまえはけっきょく、何もかもわからんって言ってるだけや!ぼったくりや!
 えーい、こうなったら…、10万払ってやる!
物と彼女:って、10万払うんかーい!


133. 2014年5月30日 15:56:19 : jgfoiktHao
>あなたがS.Tさんを理解できないのは、あなたに清く美しい心があるからです。

何時でも、そういう見方をされる。
人柄が温厚なせいでしょう。

しかし「政治は殺し合い」

それでは大業は成就しない。
時代が時代であれば、場所が場所であれば、彼とは路線の違いで殺し合い。

革命は、そうしてなされてきたもの。
彼は、常に自分の沽券の代償を求めて話をしているだけのもの。
そりゃ、なかなか引けないであろう。

バーチャルな世界である故に。
私の熱情を他人の様に観察し、
「裏切りもの」
とは、片腹痛い。

軽薄、気ままな根性が丸出し。


134. Yomy 2014年5月30日 16:16:28 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
>>133

やはり、あなたはマジメ過ぎるようです。

まずは、けろりんの言葉(けろりんの相対性理論)を理解してください。

私は、温厚です。そして、冷酷です。

あなたが言うことは半分正しい、政治は殺し合いであり、殺し合いでない。

革命は、例えば、たった一人の主婦が、少しの時間で、革命を為す場合も
あれば、多くの人間が、血みどろになって、革命を為す場合もある。

バーチャルな世界とは、現実の世界である。物理的に、連続である。

裏切りものは、世の中を知り過ぎて、犠牲となる。

右腹が痛ければ、左腹は痛くない。…少し違うか。

軽薄、気ままが、世界を救う。老子が言うように。

要するに、あなたの言うことは、常に半分正しい。


135. Yomy 2014年5月30日 16:32:34 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
では、そろそろ、生物学、医学に、踏み込んで行きましょう。もちろん土足で。

人間って、何?


136. 2014年5月30日 16:44:06 : jgfoiktHao
孔孟の思想は為政の思想、

それでは民衆を教導できても政治改革には至らない。

竹林の七賢人も単なる隠遁者

実際は社会を動かす何の力にもなってはいない。

現代のインテリ氏は、ネットに巣食う億賢人。

話すだけなら、そりゃ多様な可能性があるであろう。

それにおぼれていると言うか、それに逃げていると言うか、

いずれにしても、ソフィイスト

乱世に彼らは飾り物、置物、役にも立たないものであるが、

ネットである故に、民主主義を標榜する故に

姦しい。

姦しくて、ものが成ると勘違いしている。

以前に誰かが書きこんでいた

「書を捨てて街へ出よう」

と。

そのかれも、おそらく阿修羅に愛想を尽かしたのであろう。

口喧しいだけで、希望が持てない。


137. 2014年5月30日 17:01:38 : jgfoiktHao
>やはり、あなたはマジメ過ぎるようです。

Yomy さん、大人であるなら、その次に続く言葉を飲み込まれるな。

>要するに、あなたの言うことは、常に半分正しい。

半分正しいとは、何も無いろ同じこと。

そのような前提で、話を続けている意味は、単なる互いの知識のひけらかしに過ぎないのではないか。

本来、ここは政治カテ。
そういう議論がはびこること自体に、無力を感じる。

承知の通り、私はアジテーター
仲間を集う為に書いている。

現実は、そうでなくても革命家の信念で書いている。
田舎の片隅いて、利口そうにふるまって何の利益があるものだ。

私の身の回りのことは、こんな知識などなくても十分に処している。
その心情をして、言うならば、

マジメと言うより純真と言うべきであろう。

何回ク繰り返しても同じことだが、御互いの関係も大分と煮詰まってきたようだ。


138. 新共産主義クラブ 2014年5月30日 17:41:47 : w0NMVeciJ/Y.. : qSc0zm83A6
>>130 黄泉さん

>「パウリの排他律」

STさんのことはわからないが、小沢一郎さんはNIH症候群なのかも知れないね。NIHとは”Not Invented Here.”
「あいつらが今、やっていることは、おれたちは真似できない」という意味か。


民主党時代に小沢一郎が言っていた政策は、現在の安倍政権に類似する政策が多いが、安倍晋三が政権をとった途端に、自分が以前に提唱していた政策を撤回して、逆に自民党への批判を始めた。

安倍の政策が良いとは言わないが、小沢の一貫性の無さも一流だ。



139. 2014年5月30日 17:56:46 : qSc0zm83A6
>>137さん

天の橋立さんは、マジメというよりも、ミーハーなのでしょう。

だから、純真だというべきなのかも知れません。

「書を捨てて街へ出よう」は、寺山修司の作品らしいですが、テレビCMのコピーとして、盛んに流れていたではありませんか。

それが耳に残っていて、心地よく感じるのでしょう。

広告代理店に、煽動というか、洗脳されるがままの人に見えます。

天の橋立さんが、新自由主義の小沢一郎さんの信奉者になったのも、こんな電通EYEのCMに影響されたためでしょう↓

http://www.youtube.com/watch?v=Ju53czOMOuo

現在、天の橋立さんが小泉進次郎さんの信奉者になったのも、どこかのテレビの政治番組の影響でしょう。

電通に乗せられやすく、洗脳されやすく、煽動されやすいのが、煽動家の「天のは橋立愚痴人間」さんです。

口は悪いが、人は悪くないのかもしれません。頭も悪くはないのですが、感情が先走って、活用できていません。



140. 2014年5月30日 18:46:46 : jgfoiktHao
>139 氏

あんたね、

基礎知識もなく、物を言っていても始まらないよ。

>感情が先走って、活用できていません。


これってね。

その感情を昂ぶらせよ、と言っているのだ。

部屋に閉じこもって思念で社会を変えられるとお思いか。

感情だよ、怒りだよ

それを爆発させることが大事なのであるが、私をみて感情的と揶揄されるようでは、私の道もほど遠いと言う事だ。

大人しい皆さん、ご機嫌よう。


141. 2014年5月30日 18:57:15 : 7bMwBAkxpA
感情的な奴って大体八つ当たりなんだよな
実生活が怠惰なやつほど政治家に感情を剥き出しにする
要は責任転嫁したいのだろう

142. 2014年5月30日 19:10:15 : jgfoiktHao
>141 氏

あんたは去勢された現代人。

如何にも現代日本の知識人。

人格円満、融和の精神に富んでいる。

立派な御仁のようだ。

ついでに言う。

「中庸」と言うのが座右の銘では。


143. 2014年5月30日 19:16:52 : jgfoiktHao
反原発デモでも
小沢支援のデモでも
沖縄基地反対のデモでも

デモに参加する人たちは、それぞれに自分の感情の高まりなくしては参加などできない。

そういう人たちを、押しなべて

>感情的な奴って大体八つ当たりなんだよな
>実生活が怠惰なやつほど政治家に感情を剥き出しにする
>要は責任転嫁したいのだろう

この様に規定されるとは、意見として思い切ったものである。


144. Yomy 2014年5月30日 21:19:19 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
だから、おれ町へ出て女の子と話すのが一番の近道だって言ったと思うけど。
おれもアジテーターで、みんなに女の子と話すように仕向けている。
もちろんおばさんだったら男の子ね。

そして、ここでやろうとしているのは、単なるブレインストーミング。
すなわち、まずは、単なる知識のひけらかし。誰かがすぐ答えをくれると思った?
このるつぼの中で化学反応が起きるには、まだアイデア出しが足りない。


145. 2014年5月30日 21:43:07 : jgfoiktHao
>ブレインストーミング

これも懐かしい言葉ですね。

その昔、少しは先見性のある人間が、想いをのべると多くの従順な人がそれにしたがい、その分だけは社会が変わっていった。

現代人は、それぞれが賢くなりすぎて(アホになり)、誰の言うことも聞きはしない。

万人が納得できる神の言葉の様な理屈がある訳でもない。

先験者が、もはや出てこない。

必要ない。

結局は、何も変わらず衆愚の巷をさまよう事になる。

それが民主主義と言う世界。

>イギリスの元首相チャーチルの言葉の中に
「民主主義は最悪の政治形態であると言える。ただし、これまで試されてきたいかなる政治制度を除けば。」

と言う訳けだから、独裁よりもましであるのか。

ブレインストーミングを否定すれば、これまた大変、独裁と決めつけられる。

人間は現代人は何時までも衆愚の海で泳いでいる事であろう。

本当に、その様なことより考えられないのであろうか。

神のみぞ知ると言う事か。

考えさせられるシステムである。

民主主義とは。



146. 2014年5月30日 23:12:50 : C57P9P40Fw
簡単な問いだ

民主主義とは、支配と被支配が交代できる世界だ

支配は、いかなる場合も継続は許されない

必ず交代する、そして、支配者が被支配者に代わるから、支配者は無茶ができない

そして、支配者が被支配者になりたくないなら、全資産を資本に委ね隠居することだ

資本は、君臨する

しかし統治しない

ルールを定める者は、試合に出場してはならない

試合の結果は、常にガチンコでなければ、それは民主主義ではない

民主主義とは、ガチンコのことだ

勝利した経営は更に強くなり、何処かで何者かが調整しないと、勝者が偏り一強となる

そこで資本は、勝利した経営を割る

敗れた経営を統合し新たな経営をディベロップメントする

資本の役目は、民と民の間には、常にガチンコが成り立つよう、調整することだ

資本の敵は、ガチンコが行われない世界

資本と経営の両全を成す支配者が、経営を手放し資本となるか、資本を手放し民により選ばれる経営を目指すか

何れかを選択すれば、民主主義は成立し、資本と国家は争わない

国家が競争に参加し、官が民に勝利する世界は、国家という資本と経営の両全支配だ

だから日本の既得権は、資本によって的に掛けられた

日本の民が、主になる主義を選ぶなら、民の力では決して勝てない権力の強制排除を歓迎するはずだ

しかし、日本の民が、主になる主義を選ばないなら、固定の支配者が永遠に交代しない世界、ガチンコの無い予め勝者が定められた市場・税制・裁判が支配する世界、閨閥と学閥が権威を形成する儒教の支配を受け入れればよい


147. S.T 2014年5月30日 23:16:15 : TNEHs1z1b5edM : CPo8XINXdM
>>128.qSc0zm83A6
>正直に言うと、S.Tさんは、得体の知れない人に思う。
そりゃそうだろうと思うよ。
私のモットーは「程々」なんだから、右翼でもあり左翼でもあり自分にとって心地いい政策は何かを考えると、右翼派は左翼思想なのになんで右翼の意見も言うの?って言われるし、左翼からは右翼思想なのにどうして左翼の思想も持っているの?って事になる。
ただ、政治家がウソを平気でつく事は許されない。
だから安倍総理率いる自民党はもってのほかだと言っている。
維新の会も自己中代表で民営化を盲信する有様。

結局こういうネタになると最後は個人思想だから違って当たり前だよね。
だから以前あなたとの討論はお断りしました。
意見が違うのにまとまる訳ないしね。
だから時間をムダにしてはいけないと書いた。


安倍政権の政策はダメだからぶっ潰したとしましょうか。
その後の政権はどうやって誰が決めるのでしょうか。
自分の意志と違う政治家達が自民党主導で再び安倍政権の政策をより強く受け継いだとしたらどうします?
日本が政治的混乱を起こせば、まず間違いなく反日組織は暗躍し始めると考えられる。
政権交代に求める次の政治家は誰が良いのか。
そんな「主語」のない解散総選挙を求めていたんじゃ、一体何のため、誰の為の安倍政権批判でしょうか。

何度も言っているけど、私は小沢氏の政策を一番支持している。
でも自民党の河野太郎議員にも興味を持っている。
前の選挙では「無所属」の新人に投票したし、場合によっては共産党にも投票したよ。
投票したい政党の政治家が政党の政策に従うのなら間違いなく政党政治家へ投票する。
でも論点のズレた政治家なら、他の立候補者でまともな事を言う候補者ならそちらに投票する。

興味深い事なんだけど、明治政府は日本を強くするのに反政府軍だった幕府側の優秀な人材も登用したらしいね。
つまりはこういった思惑に捉われず「国家のため」に働ける思想を超えた優秀な人材が集まって日本が西洋に打ち勝って来た。
今、こんなわだかまりを超えて日本を立ち直らせる事の期待出来る政治家は誰なのか。
安倍政権後の政府に求めるのはこういう事だろ?
その為には自分の意見を言うのも大事だけど、最も大事な事は自分の求める政策を実行できそうな政治家を選挙で選ぶ事でしょ。

ここで小沢氏をみんなで絶対支持しようってなぜ私が言わないのか理解出来ますか?
小沢氏だけでもダメだからです。
余計な先入観を捨て、小沢批判者の支持する政治家も良い政策を言っている政治家なら知らせるべきじゃないですか?
良い事を言っている政治家を選べば、少なくともウソをつく政治家は当選しなくなる。
ここでネット上などで、支持者や反支持者のこいつの政策はこうだ!!って勝手な解釈を受け取ると、政治家の言葉でなく国民の声で政治家に票を入れてしまう事になる。
間違えない為にも政治家や立候補者が日頃からどんな発言をしているのか投稿すれば良い。
実はこれがとてもとても大事な事だと思うよ。
一人の政治家の評判に捉われず、より多くの政治家を知って政治家の「1強支持」を防ぐ事こそが大事だと思っている。

で、本当に日本という民族は流れに乗らなければ恥だと考える集団的島国根性だからおかしな事になる。
安倍政権を否定しても、この政策や方針は少なくとも間違っていないとかいうコメントが、この高支持率ならないとおかしい。
でも安倍政権を支持するコメントはまず見た事が無い。


>安倍晋三の政策に賛成なのか、反対なのかさえ、はっきりしない。
「反対」だよ。
日本国民の生活力を弱める事を平気で行おうとし、選挙公約さえまったく守れず放射能問題ではバレバレのウソをついた。
そして
>「天皇陛下は安倍政権を批判するな」安倍首相のブレーンである八木秀次麗澤大学教授が天皇陛下を批判!
http://www.asyura2.com/14/senkyo165/msg/591.html
こりゃあかん。

しかも自民党が権力を握ったらこうです。
>加來道雄:福島の危機ははるかに深刻 東京から避難するとは気が遠くなる 原発再稼働で日本は悪魔に魂を売る(EN)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/492.html
俺のコメント
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/492.html#c2


言いたい事を一方的に書いちゃってごめんね!


148. けろりん 2014年5月30日 23:40:19 : xfW5FN1G6ouU2 : B5Y1vrzhSs

精神世界では・・・、よく、
イカリをリカイに、という標語で動かされている。
つまり、< おもう・いう・する >の
< いう・する >を封印して行く。
< おもう >祈りだけで切り抜けようとする。

それが、いままでの社会の在り方の、
とげ抜き作用・・・
角封じ効果・・・
としての・・、特に「 組織宗教 」の最大の役割りだった。

逆に・・・、
過去に関わったある新左翼の運動が
持続的・耐久性の有る運動形態として
今はほとんど生き残っていない。

単なる個人的・主体性実在論からも・・、
絵解きできない、運動形態としての脆弱性があり、
おそらくは、その当時から、早晩、瓦解して行くだろうコトは
火を見るよりも明らかだった・・・。
すでに、当時の運動主体者の連中がドコへ消えたか
探すのに苦労するほどだ・・・。

理論的支柱者の周りにぶら下がる、
いわば、< 組織宗教運動 >なるものが
その、根本のトコロで、いま問われかけている。
・・一例だが、例えば理論的先駆と呼ばれていた
黒田貫一、梅本克己、等々が逝ってしまえば途端に
実質上の雲散霧消になるなどは・・そのことの真意を
顕わにしている。
過去から続いて来ている党派闘争・・・
まるで僧兵同士の覇権争いと大差などなかった、ような。


・・・・・・・・・・・・・・・
片や、
最近の、脱ゲンパツデモに見られるような
ワン・イシューで集まり、その中でそれぞれが、
強制もされない秩序の中で、共同運動形態として、
すでに、チカラあるモノになって来ている。

個人個人の『自律・自立』が達成された
個々の協同運動として・・・
はたまたそれが、そのまま、あたらしい世界観の
中で、新しい生活形態をも切り開いて行く、
・・そういう、他者や組織軸に紛動されない、
自身の軸が確立された人間が、これからの主体者に
なっていくだろう・・コトは想像できる。

イカリをリカイに、という標語に縛られるコトなく、
< 自身の軸 >の為の、リカイをイカリに変え、
打って出て行く・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・

・・そうなれば、『 暴れている 』
などという、未覚醒連中からの指摘も、
『 潰すためにやってるんじゃない 』
『 止めるためにやってるんだよ 』
・・・になる。


原発デモが「 賛成 & 反対 運動??? 」
バカをいっちゃいかんよ・・・
『 消費者としてコッチが困るから、止めてるんだよ 』
・・・になる。
「 賛成や、反対の問題じゃ無いんだ 」
『 犯罪は誰かが止めなくちゃならん 』
『 企業犯罪だから、止めてるんだよ 』

このセンで、
政治運動も同じ理屈で考えられる・・・
「 納税者として迷惑している 」
『 政治迷惑は誰かが止めなくちゃならん 』
『 政治犯罪だから、止めてるんだよ 』

あとのコトなど、
何故コッチが責任持たなきゃならんのだ?・・となる。

電気代払ってるんだ
税金払ってるんだ
まともにすれば、済むハナシだろ?

逆に、もし、電気代や税金を受け取ってるんなら
その先々まで、コッチが責任を取ることになる。


コッチは払っている側なんだ・・・
後のことは、受け取る側が考えんかい・・・

生活そのものに根ざした思想
生活そのものに根ざした世界観
生活そのものに根ざした哲学

ソコがスッポ抜けて、
英雄待望、教祖待望でやれば、
継続性など、望む方がおかしい・・・。
リカイを示さんものにはイカリの
< する >を行動で表現する・・。
これがこの世の、
本当の『 祈り 』なんだな。
行動こそが、真の『 祈り 』だ。
・・・だから、その人間の本質は
< 行動 >こそに顕われる。

※だからと言っておのれの行動を宣伝する必要はない。
※ホンモノなら、太郎チャンのように、自立した素人が集まるだろうな、
 特に、これからの時代はな・・・。


まぁ〜、
そういうこっちゃ・・・
と、オモワレ。



149. 2014年5月30日 23:45:50 : C57P9P40Fw
欧州貴族は、資本だ

彼らは、裕福だ

彼らが、資本と経営の両全支配を成していた時、彼らは今より裕福だったか?

彼らは、経営を手放し、資産を民に投資しして、配当が出れば受け取り、出なくても文句を言わない

こうなってから、彼らは裕福になった

軍備から解放された

経済計画から解放された

何より、民から恨まれたり怖れられたりしなくなった

民から、愛され尊敬されるようになった

彼らは、何を捨てたのか?

19世紀まで、彼らは国家事業として、国防を主幹してきた

彼らは、ただ戦争を放棄しただけ、軍備という投資から解放されただけなのだ

王がいるから、民主主義でないとはいえない

民に従う可愛い王になったとき、民に向けてきた刃こそが、貴族を貧困と偽りの命を狙われる存在となしてきたことに彼らは気付いている

それに気づかない、愚かな偽りと畏怖によって、王たろうとする器の小さい小物が集まって、ど恥ずかしい外交で嗤われている国がどうやら在る

ただ、それだけの話


150. けろりん 2014年5月31日 00:40:29 : xfW5FN1G6ouU2 : IHBcrIdvfk
>国がどうやら在る
たぶん、まだまだ、氣付いて居ない、が
その『氣付き』も、加速し出している・・だろうな。
・・・・・・・・・・・・・・

< 中 ”観” 思想 >

一段階、次元を上げたところから、
陰・陽、善・悪、真・偽、等々の二極点を " 観察 " する。
中間点の妥協点ではなく、観察点。

二極は、あい闘っている訳ではない。
二極は、お互いの要請の為に存在する。

ゲンパツが存在するのは、
いままで、われわれが黙って見ていたからだ。
好き放題させて来ていたのは、こっちにも責任がある。

それが、上位次元での観察眼になる。
ゆえに、脱・ゲンパツデモで、・・・
最低限、合法的な最後の納税者としての
権利責任として、打って出る・・・になる。

さいごの最後には、
おのれの< する >が問われて来る。
政治運動も、社会運動も、同じコトだ。


< 中 ”観” 思想 >は、思うほど甘くは無いぜ。


・・・・・・・・・・・・・・
< する >には必ずリスクと喜びが伴う。
太郎チャンも、リスクを先取りしているから
傀儡芸能界出身でも、賛同を得られる。
おそらくは、暗殺脅迫ゴトさえも、
かる〜く流しているハズだ。
「おそらく、だいじょぶだろ・・
 もし、殺されたら殺されたらで
 それも、いたしかたない・・・」
・・・てな、トコロだろう。

軸があり、
何事も軽〜く、流せられる精神性。
天皇はん・・ちょい、頼んでみよ(=行動)・・
・・・てな、トコロだろう。


・・・それが、二極性を等化(=相対化)
できている精神性。
< 正・反・等(相対化)・中・統 >
新しい西洋弁証法も超えた、新・中観論だ。

天皇も自分もを、相対性の中で観る・・・
天皇はんと自分と、一体、どう違うねん・・になる。

真の< 中 ”観” 思想 >は、
生活に根ざした行動、そのものを促すので
根っこから、体制をゆさぶる・・・。

「 天皇に頼んだら、何が悪いねん・・? 」
・・のような、な? W


実際に、天皇自身の太郎ちゃんへの気遣いだけで、
わぁ〜わぁ〜世間の大騒ぎのバッシングが収まった・・とよ。

目も当てられん、宗教国家なんだ・・まだまだ、ここは。



151. Yomy 2014年5月31日 01:36:44 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
アトピー完治への道からまずは引用のみ。抜粋しますが、導入部分も面白いです。
http://www.atopy-1.info/

以下引用。
克服へのキーポイント 『アトピーは皮膚病じゃない』

「アトピーは皮膚の病気」そんな風に思っていると後悔するかもしれません。
目に見える症状と目に見えない症状、これを同等に治療できますか?

■  何故アトピーが治らないのか?

残念ながら、人間はまず自分の目に見えるものに関心がゆきます。
コレって、アトピーも例外ではないですね。

痒くて赤くなった皮膚はハッキリと眼に見えます。
なのでステロイドを塗って炎症を抑える。

すると炎症は治まり痒みは消えます。これは分かり易いですね。
誰の眼にも明らかですから。「クスリが効いたよね〜」って。

でも、これでアトピーが完治しないことはもう皆さんご存知の通りです。
ステロイドはアトピーそのものを治す薬ではなく、単に炎症を抑えているだけですから。
他に何も手を打たず単にこれだけを繰り返していると、ステロイドの強度だけを上げる結果
になりかねませんね。

また、アトピー患者の多くは皮膚のバリアー機能が低下していると言われています。
そのためスキンケアーには細心の注意をしている人って多いと思います。
皮脂を奪わない洗顔剤、天然の保湿成分を配合した高価なボディーローションなど・・・・。

しかしバリアー機能が低下しているのは何も眼に見える皮膚だけとは限りません。
実はアトピーを克服するには眼に見える皮膚のバリアーだけに注目していてもダメだと
思うんです。 そう。ハッキリ言って片手落ちなんですね。

■  本当は眼に見えないバリアー機能がキーポイント

アトピーを完治させる上で大切なのは眼に見える表面的なことだけではありません。
決してスキンケアーが無駄と言っている訳ではないですよ。
眼に見えない部分のバリアー機能にも注目する必要があるって言ってるんです。

では、眼に見えない部分のバリアー機能って何でしょう?

その前に一度アレルゲンの侵入経路を見ておきましょう。
アレルゲンの侵入経路は次の3パターンです。

1 皮膚から直接侵入する。
2 鼻や喉の粘膜から侵入する。
3 口から胃を経由して腸の粘膜から侵入する。

ココ、非常に大切なポイントですね。

大抵の人は1に注目しています。
で、「皮膚のバリアー」「皮膚のバリアー」って言ってます。
でも私の実体験からすると、ここで抑えるべきポイントは1や2ではない。
実はナンバー3。つまり口から胃を経由して腸の粘膜から侵入するルート。
(詳細は「胃腸の健全化」で説明しますね。)

突然ですが、あなたに質問します。

毎朝、きっちりと便通がありますか?
それは自信を持って「快便」だと言い切れますか?
ストレスや心配事を抱えたまま、食欲が無くても慢性的に食べ過ぎていませんか?

単に便通があるだけでは不十分ですよ。
「快便」。つまり健全な排泄ならトイレの時間は極端に短い筈ですよ。

便座に座るなりスポーン!(表現が露骨ですいません)
お腹のものが最後まで全部きれいに出尽くした感じ。
トイレットペパーなんてほとんど使わない。
硬すぎず、柔らかすぎず、臭いだってほとんどないですよ。
そして太くて長くて、惚れ惚れするほど光沢がある。

ちなみに所要時間は1分です。

■  目指すのは「胃腸の健全化」

「快便」。
これはアトピーを治す上で想像している以上に大切なことですよ。
絶対に外せないポイントです。

で、健全な排泄(快便)のためには、まず消化器官が健全でなきゃいけない。
なので「胃腸の健全化」です。 そして眼に見えない部分のバリアー機能の強化とは
ズバリ!腸壁なんですね。

アトピー患者の皮膚は好酸球が中心になって炎症を起こして為、好酸球性炎症と呼ばれ
ていますが、実は大腸の粘膜でも皮膚と同様に好酸球性炎症を起こしている事実はあまり
公にはされていないのです。

皮膚の炎症が先なのか? 腸の炎症が先なのか?それとも同時進行なのか?
それはまだよく分かっていません。
でも、皮膚と腸には何らかの相関関係があることは間違い無いないのです。

その証拠にアトピーの人って重症になればなるほど胃腸の働きが悪いです。
って言うか、そもそも胃腸の働きを悪くするような食べ物が大好きなんですね。

アトピーの人って結構食べ物に関しては神経を使っています。
食品添加物や保存料、油や調味料など・・・・。
それはそれで良いと思うんです。

でもアトピーに関する限り、大切なのは食べることよりも排泄する方です。
そう。入れるより出すこと(快便)のほうがもっと大切だと思うんです。

******************************
胃腸の健全化 秘訣1 少食にする

どんなに体に良いものでも食べ過ぎては意味がない。
食べすぎは弊害だ。アトピーを悪化させてしまう。

■  胃腸に負担を掛けない

アトピーの人って食事には結構気を配っていますよね。
「○○はアトピーに良いけど○○○はダメ!」って言う感じで・・・。
でも、私に言わせればそれ以前にもっと大切なことがあるんですよね。

それは食事の「量」です。
食品添加物を使用している食品を避けることは大事。
でも、たとえ完全無農薬の野菜でも食べ過ぎてはダメなんですよ。

何故なら、アトピー患者の胃腸は疲れ果てて弱っているから。
そしてアトピー患者のほどんどは腸の壁(粘膜)が粗れている。(見たことないけど・・・)

なので、この粗れた腸の壁をきちんと正常に戻さなくてはならない。
そのためには全体的な食事の量を減らし、「腹八分目」に抑えることだと思うんです。
粗れた腸の壁に休息を与え、養生させるためですね。

■ 少食のコツ

ところが少食と言うのは、口で言うほど簡単ではないのですね。
何故なら、今まで染み付いた生活習慣を変えることになるからです。

コレ、想像以上に大変ですよ。

私の経験からすると、そもそも食欲なんてものはお腹が減った時だけに湧くものではない。
お腹が減っていなくても、食べたいものが目の前にあれば食べたくなるのです。
だから、「もうお腹いっぱ〜い!」と言いながらケーキやお菓子を食べる訳ですね。

この傾向はストレスがたまっている時やイライラした時にはもっと顕著になりますよね。

そう。食欲と言うのは本来厄介なものなのです。
そもそもアトピー自体がストレス根源みたいなものでしょ。
なので「少食!」「少食!」と根をつめると、必ずどこかで無理が生じてしまいます。

で、その結果はもう見えています。ストレスが爆発してバカ食いへまっしぐら。

■ 究極の少食実践法はコレ

これを回避するための方法を紹介しましょう。

まずひとつ目は、一口当たり最低50回以上噛むこと。

できれば100回から200回以上噛めれば理想的。
噛むという行為は我々が想像している以上に大切で、わざわざお金を出して胃腸薬なんて買わなくても、唾液の中に含まれている消化酵素を利用すれば大抵は事足りてしまいます。
それほど唾液の力は偉大なのですね。

で、こんな食べ方をしていると普通は食事がほどんど前に進みません。
もの凄く時間が掛かるから・・・。(弁当で30分以上とか)

ところが、50回以上噛むことの狙いはここにあります。

噛んでいる間に満腹中枢が刺激され、空腹感が満たされるまでの時間を稼ぐのです。
こうすることで、「腹八分目」の手前で箸を置くことが出来るようになります。

さらに噛めば噛むほど食べ物が細かくなり、消化器官への負担を減らせることが出来ます。
単純なことですが、こうすることで便通も良くなります。

少食を継続するためのふたつ目は、食欲と真正面から向き合わないこと。

例えばケーキがあったとします。
こんな場合、「食べたい!」でも「食べちゃいけない!」と言う状況を作らないことですね。
もしこんな状況になってしまったら、もう食べてしまうのが正解。

「そんな馬鹿な!」「そこを我慢しなくては意味がないじゃないか?」って思われるかもしれ
ませんが、こうなった時点ではもう既に「負け」なんですよ。(相手のペース)
我慢すれば余計なストレスがたまるだけですから・・・。

だから食欲と真正面から争うような状況を作らずにひたすら避ける。逃げる。
これが正解なんですね。

食欲に対しては真正面から戦わない。
何故なら、それは最初から負けるのが分かっている戦さだから。
でも戦わないことでアトピーに勝つことができれば、それで良いじゃないですか?

アトピーとの戦いってそういうものですよ。
そして、これでアトピーを克服するための武器をひとつ手に入れたことになります。
もう丸腰じゃない。 ところがアトピーと言う敵と戦う場合には注意すべきことがある。
それは愚直であること。戦い抜く意志を持続させることである。

■  アトピーを治せるのは愚直な人?

50回以上噛んて食べるなんて難しいことじゃない。小学生にもできますよね。
ここには難しい医学理論もテクニックも無いしお金だって掛からない。
要は実行するかしないかだけのことだけど大抵の人はやらないんですよ。これが・・・・。
いや、正確にはやり抜けない。

1ヶ月程度実行してみて効果がないと、不安になって止める訳ですね。

でも、アトピーなんてものはこんな単純なことをやり抜くか、それとも途中で馬鹿
馬鹿しく感じて止めてしまうか。結局はこんなことで決まってしまうのですよ。

何故ならアトピーの根治療法とは100m走のような短距離レースではなく、マラソンや
登山のような長距離の戦いだからです。だから戦い方も自ずと決まってしまうのです。

■  ひとくちアドバイス

アトピーを治すために腸壁を修復する。そのために少食を実行する。
そのために良く噛む。そのためには歯が丈夫でなくちゃいけない。

でもね・・・・。

アトピーの人ってホントに虫歯が多いんですよね。(甘いモノが大好きだから・・・・)
アトピーと虫歯。何の関係も無いと思っていたなら、しっかり治療した方が良いですよ。


152. Yomy 2014年5月31日 06:08:22 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
勝手に作った三原則のうちの、幸福について確認していますが、

(1)幸福を追求する。
(2)本当に欲しいものだけを購入する。
(3)戦争やテロリズムを否定する。

人間の本質は消化器官である、と捉えて、その健康を保つことはまず幸福
であると考えられます。それと、ここでの議論をなるべく健康的なものに
するためにも、このあとも健康法をいくつか紹介します。

消化器官から伸びる神経の集まりである脳が感じる幸福とはなんでしょうか。
次回以降それを見ていきましょう。結論から先に。答えは出ません。

また、平行して国連の問題点とあるべき姿についても考察したいです。
宇宙開拓と世界政府について考える土台となると考えています。

このスレの寿命が尽きるまで、やれるところまでやってみましょう。


153. けろりん 2014年5月31日 09:46:01 : xfW5FN1G6ouU2 : dNcL0JAwVQ


(1)幸福を追求する。
(2)本当に欲しいものだけを購入する。
(3)戦争やテロリズムを否定する。

二極性の極点に振れていると、
すべてが ” 闘い ” になる。
闘っているウチは、何事も解決し得ない。
アインシュタインも言うように、
同じ系の中で問題は解決しない
一段階、次元を上げたところで問題が統合される。

すべてを一旦< 相対化 >する観察眼・・・いわば、
いま新たな、ゲシュタルトが求められている。


●幸福/不幸
●欲しいもの/欲しくないもの
●平和・法律/戦争・テロ

両極にあるモノを相対化して観察する。
それぞれは、ただ単に”反転”しているだけではないのか?

人間を一本のパイプに例えるなら
付属するそれぞれの内臓器官は、
パイプの中身を通過する食物の咀嚼吸収付属物。
これが、いわば、下部構造になる。

人間を一台のPCに例えるならば
人間の脳機能や各種細胞はコンピューターになる。
PCは脳みそで、その前に坐って操作しているのが
< 魂 >・・・= 精神(OS)+こころ(魂と脳のブリッジ)
これが、いわば、上部構造になる。

脳ミソをどれだけ解剖してみたところで
記憶媒体が見つからないのは、
ホントの石は、<魂部分>にあるからなんんだな。
< 魂部分 >=< 意識 >。


真のニンゲン観察としての
この上部構造の深い叡智なくして
真の解決など、のぞむべくもない
・・・のは、モノの道理というべきだな。

従来の人間型ゲシュタルト(信念体系)
の元で、どれほど幸福を追求しようが
下部構造(科学)のみに囚われた従来の構造からは
一歩も抜け出ることは、望むべくもない・・・。

「 観察 」とは、観察者そのものも、
観察系の中に含まれている・・・だな。
< 相対化 >とは、自分自身をも含めた
現実世界のできごとを、俯瞰するチカラが必要になる。

神棚に奉り上げていた”おのれ”を
棚卸しし、おのれ自身をも、観察する、になる。


・・・・・・・・・・・・・・
ゲンパツ問題であろうが
腐敗政治問題であろうが
半分は、自分自身のセイでもあった・・・。

外側の現象のすべてに< 悪 >の烙印を押し、
掃除・排除しようとしたところで
二極性の妄想に振り回されているダケになる。


一段階、次元を上げるとは・・・、
おのれ自身の責任部分を再確認し、
おのれから、変化させて行く・・・
そこからでしか、幸福など望むべくもない。

大多数の人間が、この社会に
『 自身の責任部分 』に自覚があるならば、
ゲンパツ問題であろうと、即刻変化させ、
新たな取り組みへと、すでに向かっているハズだ。

たかだか、全国民の0.01%の人間しか
行動を起こさない・・・。
脱・ゲンパツデモの最高人数が、約3万人。

全国民の0.1%の人間でも、13万人になる。
1%の人間が動けば、すでに130万人にも
ふくれあがる・・・。


そうなれば世間は、どうなっていくかは
明白な、推論さえ不要な状態へと変化して行くだろう

結局は、< いう・する >が問われているんだよ。


●こえを上げる
●行動を起こす
この二点が『 幸福 』の要諦だ。


154. Yomy 2014年5月31日 12:06:01 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
じゃあちょっと話を戻して、ガンダムの話。戻ってないか。

新しい時代の資本主義に関連する本を読み漁ろうとしている。
ここでの議論に活かせないかもしれないが、将来のための投資だ。

自分は陰謀論を少しかじっているので、世界政府というのはなるべくその権限を
弱めたものにしたい。むしろ逆に、国連をいろいろ強化したレベルがいいと思う。

だから、各国を国の状態で残したままとする。通貨も統合しない。宇宙開発に
ついては世界政府でまとめるが、どの国に研究開発および生産の拠点を置くかは
話し合いで決める。

まあだから、やっぱりこの先まともに人間が生存するにはまず国際協調がないと
どうにもならない。それと、各国の物理的限界への理解。この辺は調べたいけど、
緑の党あたりは、他国の同じ考えの党と協調しながら進める、とかありそう。

宇宙開発と同じような感じで、革新技術についても世界政府が方針決めて、
まとめて、各国に研究開発をしてもらう。経済がまだ弱い国を中心に指名する
などして、経済力の格差を埋める目的も達成する。

思いつくままに書いたけど、ほんの少し、現実の政治の世界に近づいたかな?
こうやって、肉付けをどんどんやっていこう。飛躍をちょっとづつ埋めていこう。


155. 2014年5月31日 12:44:13 : EAkIk2fULU
幸福の話、結論抜けてたかも。

要するに、食欲なんかの共通部分以外は、何が幸福なのかよくわからんってこと。

人間の心はどうも、フェルミ粒子のように振る舞う場合もあれば、ボーズ粒子の
ように振る舞う場合もよく見る。

それで、他の人と同じで幸せだったり、まったく理解できないような幸せがあったり。
ただ、基本的欲求より上位の部分は趣味で満たされるんだと思う。仕事も
そうかな。現代の仕事のイメージはそうじゃないけど、本来どうあるべきか。


156. 2014年5月31日 17:11:43 : s1LIXMCqDs
革命爺は死んだのか?

157. 2014年5月31日 20:38:09 : EAkIk2fULU
爺さんは持論をまだ展開していないように思うのだけど。

じゃあ健康法をもう一つ。
101 Singing Tipsという英語の本から。歌がうまくなるための本で、プロの歌手
のトレーニング手法を含めて101個まとめている。それのTip. 1、要するに、一番
大事でもっとも効果のあるやり方が、まず水を飲む、ということ。

一日で、少なくとも500mlのペットボトル4本以上がいいらしい。そうすると、
まず、声そのものがすごくよくなる。体も健康になる。水を飲むことは、
健康法としてもかなり優れているようだ。

自分は調子の悪いときはアトピーテクニックの少食と、水を飲むことと、あと
ツボを押すこともやっている。基本の10個のツボとかいうのがある。

では、民主主義と独裁主義、どちらが優れているのか考えてみよう。
それと、地球外生命についても考えてみる。地球外生命との安全保障。


158. 一主婦 2014年5月31日 21:59:43 : rfKiZAFzfsBYA : 5Gd2TvlhjA
STさんと天橋立愚痴人間さんの昔の議論を拝見しました。引き込まれました。
今と変わらないSTさんの真摯な語りかけが心を打ちました。
それに比べて、聞く耳を持たない天橋立さんは、昔も今もあい変わらずなのですね。むしろ昔よりも一層意固地になられているように見えます。同じ小沢支持者どうしだったのに、あれだけ語り尽くしても分かり合えないなんて・・・悲しいですね。

天橋立愚痴人間さんは小沢氏の支持者だったのですね。それも、デモを先導するほどの支持者だった。それが、今現在は、小沢氏的な政治に最後の希望を託している私のような支持者にとっての、手強い敵になってしまわれている・・・本当に悲しいです。私にとっては、小沢氏しか希望を託せる政治家が見つかりません。いらっしゃればそちらの応援もしたいです。多ければ多いほど良いのです。選びきれないほど、そのような尊敬できる政治家が生まれて欲しいです。

天橋立さんの押す政治家も紹介していただきたいです。小沢氏がダメで、こちらが良いという政治家はどなたでしょうか?でも、いくら小沢氏でも、お一人では、この難航している政治状況を変えることはできないと思います。できたら、小沢氏的な政治家が、国会の半数以上欲しいです。それなのに、貴重なお一人を潰しにかかっている方々を見ると、お恨みしたくなります。貴重な政治家です。どうぞ潰さないでください。それでなくとも、そのような政治家は、既得権益側があの手この手で潰しにかかります。せめて、国民側が支えなくてはいけない政治家だと思います。

天橋立さんが感じている小沢氏への不満は、私も感じないわけではありません。何から何まで100%同じではありません。もっとこうして欲しい、ああして欲しい、もっと動いて欲しい、などなど、思わない訳ではありません。でも、チャマ様がつぶやいた「政治って、我々が考えている以上にいろいろと難しいんじゃないのかなぁ」があるのだと思います。小沢氏は、2回も政権交代を成し遂げました。あちら側の力と抵抗が強いため、あえなく崩れ去りましたが、3度目の挑戦を試みて下っています。「何度も、作っては壊し」と批判なさる方がいますが、それだけ相手が大きく、手強いという事なのだと思います。簡単ではないのです。

シロアリに目を付け、それに手をつけようとなさった石井紘基さんの例もありますから、お一人で抗するのは難しいし危険だと思います。政策をすり合わせ、妥協しながら仲間を増やし、塊を大きくし、あちらに抵抗できる政党にし、政権交代に漕ぎ着ける。そして、その上で時間をかけて改革して行く。今、その実現のために、泥を被りながら小沢氏は、政治家人生の「最後のご奉公」に生命をかけているのだと思います。

夫婦として何十年も同じ屋根で生活し、子供を作った夫と私でも、100%同じ考えではありません。違いは違いとして認め、お互いに違いから学び、より良い家族となれるような妥協と努力をしています。政治家と国民もそうではないでしょうか?ただし、どの党も支持者の100%の要求に答える事は難しいのではないでしょうか?より近い政策の党で、その政策実現のための実行能力のある政党を選ぶことでしか自分の思いを政治に反映させることはできないと思います。

私は、つい最近まで100%に近い政策の一致に重点を置き、その政党を長年支持しましたが、100%の政策実現にこだわるあまりに、1%の政策も実現できない政党の支持者であったことを反省し、小沢支持者になったものです。元自民党の小沢氏支持は、既得権益の官僚組織の改革などには賛同できましたが、安全保障関係には不勉強もあり疑問だらけでした。今は、皆様のお陰で大分勉強できましたので、小沢氏のおっしゃる国連主導の安全保障にもほぼ納得しています。

とにかく、今の、安倍政権では危険ですし、良くなりようがありません。
力を合わせて、自公政権の阻止に当たる緊急時だと思います。
小沢氏批判のことは、そのあとでも間に合いますね。
力を、気持ちを、合わせましょう!


159. Yomy 2014年5月31日 22:07:07 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
進出主義のエイリアンは、まず低エントロピー資源の限界を知っていて、
意識していることが期待できる。

他の恒星系の惑星で、よくわからない生物が資源を食いまくっていたら、どう
考えるか。さらに外宇宙を目指す、目指さないに限らず、まず速攻で、叩き
潰すかもしれない。話せばわかる生物なら、すぐに教えてリソースの急激な
消費を辞めさせるだろう。

要は、恒星系間協調ができて、リソースの消費を抑えている生物は生き延びれる
確率が高いように思える。じゃあ、その生物が、核兵器や原発などの危ないもの
をその惑星にいっぱい抱えている場合はどうするか?

叩き潰す際に、労力をかけてしまい、リソースを消費してしまっては意味がない。
その惑星を諦めるか、多少のリソース減失は妥協して時間をかけて説得するか、
労力をかけずに絶滅させるための他の方法をとるだろう。

リソース消費など意識しないでどんどん外の系に進出してくるエイリアンは
どうか?これはたちが悪い。熱力学第2法則を知らないか、知っていても
意識していないパターン。こんなのが先に地球に来られると、たいへんだけど、
良識のあるエイリアン達からしたら、こういうのは真っ先にターゲットになる
と思われる。

けっきょくは、その生物がどれぐらい知性があり、リソースに対してどのような
態度をとり、そとの生物に対して仲良くやっていけるか?が重要かもしれない。

惑星内で仲良くして、早く外に進出しないと先に到達されることになるし、
その際に、しっかりした考えを持って実践していないと、絶滅させる対象に
なるかも知れない、おそろしい話である。今の人類、大丈夫か。


160. Yomy 2014年6月01日 02:19:59 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
民主主義も独裁主義も、ある状況下で次のステップを選択する手段である。

民主主義は、まず状況を把握するための正しい情報があり、それを打開するため
の正しい選択肢が充分に用意され、議論により充分に理解される。そして、選択
した結果を身をもって体験し、その選択が正しかったかどうかを評価する。
その繰り返しにより、選択の精度があがり、より良い選択が出来るようになる。

恋愛の過程を見ても、まずは玉砕し、次に撃沈し、さらに大破して同じようなこと
を散々繰り返すが、そのうちやり方がうまくなってくる。まず、相手の選び方が
うまくなる。言葉や行動もうまくなる。これこそは体験がフィードバックされて
正しい選択が出来るようになる良い例だと思う。

民主主義は国民が選択し、独裁主義は独裁者が選択するが、選択を間違えると
ヤバいのはどちらも同じ。ただ、より多くの人間の選択の精度を上げる、という
意味では、民主主義のほうが優れていると言える。

ただし、現実に適用される場合は、民主主義も独裁主義も、相対性原理により
相対化される。表向きどの主義を掲げるか、も重要であるが、その中身である。

前出のヤン提督が出てくる小説では、腐敗した民主主義と、とても優れた独裁主義
という二つの国家が登場し、作者はヤン提督の言葉を借りて、それでも民主主義を
掲げるべき、と主張している。

たとえ民主主義を掲げていたとしても、状況を把握するための正しい情報が無い
とか、選択肢があまり無いとか、あまり議論がされていないとか、結果について
議論されていないとか、そういう状況があるのなら、独裁主義と比較して中身は
たいして変わらないと言える。ここの住民のように、日本の大多数は議論している
だろうか。もし政治の中身を大多数の国民がしっかりと議論できていないのなら、
はたして今の日本は胸をはって民主主義と言えるのか。


161. S.T 2014年6月01日 03:09:38 : TNEHs1z1b5edM : mJzcu03BvE
>>158. 一主婦さん
仲介コメントありがとうございます。

何故私がこれほどまでに政策と政治家を知る事がいかに大事な事なのか、その理由ですが、下記のように考えています。


前回、民主党政権が買ったときの理由は、自民党があまりにもヒドい、そして民主党の「政策」に共感した国民が票をいれて大勝ちさせたと思います。

しかし、その民主党の看板の影でうごめく連中も一緒に当選させてしまった。
鳩山・小沢政権では、鳩山氏がマニフェストには無い「沖縄普天間基地」で、県外などと言っておきながら弱気になった。
これは明らかに間違った偽物の「愛国者」を語る連中の工作に引っかかった。
小沢氏も強制起訴までされているのに政治活動なんてまともに出来る訳がありません。

そして当初のマニフェストを主張する小沢氏と、自民党に近い政策を言い出した菅直人氏の代表選の結果・・・
民主党のマニフェストを支持した人の多くが寝返って自民党と同じ政策を本当に支持したのでしょうか。

疑惑は増々大きくなりました。
つまり、一度民主党を勝たせ、内紛を起こさせて自滅させる。
多くの国民なんてまともに政治家の政策なんて興味ないので「政党の看板」のイメージだけで投票すると悟った結果、「やっぱり自民党しか無い」と選挙で再び自民党に票が流れるイメージ戦略をやってのけた。

このイメージ戦略に打ち勝つには、どんな政治家がどんな政策を発言しているのか国民が直接知る事こそが効果的だと私は判断した。
その方法が掲示板などの「ネット情報」。
当然ウソを息をするように書き込む連中は多く存在する。
だからこそ、まず政治家本人の意見情報を挙げ、ウソをつく連中のコメントを知らずに読みに来た人に対し「注意喚起」と言う意味であなたの支持する政治家とその政策は?って散々問いただした。

もし、今回も安倍政権を解散総選挙まで持ち込めたとしても・・・
「誰に投票すべきか解らない」「どの政党を信じられるのか解らない」では自民党が勝ちます。
もちろん自民党内でも納得出来る政策を言って、反安倍政策に近い議員なら信任しても問題ないと考えます。
逆に維新の会、生活の党立候補者でも「安倍政策に近い」政治家には信任しません!と自己判断基準をしっかりと考えて欲しいのです。

もし、次の選挙で再び自民党が勝てば、間違いなく野党の出る膜は消え失せます。
投票数がいくら低くても、その中での割合で勝ち負けは決まります。

棄権も自己主張だ!とか、白紙投票で充分とか、忙しいから、天気が悪いから!なんて理由でせっかくの権利を放棄しては、民主主義を否定する事になります。
外国人参政権を否定する日本人が多いなら、与えない為にも自分が調べて日本人だけでちゃんと投票して真っ当な政治家を選ばねばなりません。
もちろん政治家本人に直接メールなどで多くの国民が意見を述べれば主張は変わって行くと思います。
それが「国民の声を聞く」と言う事です。

今、解散総選挙に打って出られたら・・・
情報操作や演出がうまい自民党は政策ではなく、「良いイメージ」だけで票を入れる国民への工作をすでに開始しているように思います。

特に最近ではどんなにデカい規模のデモを行ったとしても、マスコミ側が「完全無視」すれば日本全国へと広まらない。
そんなデモの中に差別発言を行う連中が潜んでいたとしたら・・・
見事に潰され、デモの煽動を煽る正体者として叩かれるのがオチでしょう。
こうしてデモ自体も「デモの声を無視されたら効果は薄い」事が官邸内での発言などでもうバレてしまった。
しかも危険な発言をしているヤツがいる

>デモや国会・官邸前抗議はテロと同じ? 自民党・石破氏の発言の危険性  弁護士 伊藤 和子 
http://www.asyura2.com/13/senkyo157/msg/218.html

つまり、安易に国民を煽るデモに参加すれば、下手すれば騒乱罪に巻き込まれたり、撮影され顔のスキャンをされて「顔認識システムへ登録」される可能性も否定出来なくなった。
うかつな行動こそ今はよく考えるべき。


もう一度いいます。
安倍政権解散後に登場する内閣は誰が決めるのでしょうか。
国民でしょうか?
違いますよね。
国民が投票し信任した政治家が決めます。
数こそチカラというのは、政治を決めるのは「政治家の数」だからです。

極論ですが、まともな事を主張し、例えば99%の国民が20人に対し票を入れた。
しかし残りの1%の国民が他の政治家を選んだとしたら!
言わずとも解りますよね。
これが小沢氏だけじゃダメなんだという事です。

う〜ん、説明下手ですいませんでした。
思うままに書いたので、まとまったら再びコメント残すかも知れません。


162. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 12:38:03 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA
>しかし、その民主党の看板の影でうごめく連中も一緒に当選させてしまった。

鳩山、管、野田内閣で中枢を占めたのは、藤井、枝野、原口、岡田、長妻、仙石、松井、前原、玄葉、安住、細野、馬淵、亀井、福島、レンホウ、北沢、平野など、いずれも選挙前からメディアに露出して恰好をつけていた奴等。

そうして新たに当選した1年生議員を政務官などの形で各省庁へ大量に送り込もうとした鳩山の足を引っ張り、そうさせなかったのが小沢。
理由は次の選挙に備え、地元に張り付くべきだと言うこと。

一人では政権を維持できないと言うように、内閣を動かそうと思えば、相当な人員がいる、各省庁に10〜15人は最低送り込まねばならない。合計で200人近い要員がいる。
不慣れであらば、なおさらのこと。
1年生と言っても、そこは国会議員、使命感を持って、ベテラン議員と連動する事によって十分にできること。
最初は、それを聞き、なるほど、と期待したものだが、小沢が、それをつぶした。

>小沢氏も強制起訴までされているのに政治活動なんてまともに出来る訳がありません。

選挙で300人も当選させた国民の意志を軽んじている。
選挙で民主党を大勝させた原動力が小沢ではなかったと、自ら認めるのか。
で、なければ、なぜ上記のことよりできないのか。
自らが先頭にたち政権を運営しなかったのか、メディアに洗脳された国民がいるとしても、多くの国民が小沢にそれを期待したから大勝できたのと違うか。
それが民主主義ではなかったのか。

>そして当初のマニフェストを主張する小沢氏と、自民党に近い政策を言い出した菅直人氏の代表選の結果・・・
民主党のマニフェストを支持した人の多くが寝返って自民党と同じ政策を本当に支持したのでしょうか。

ここでも、小沢は自ら立候補すらしなかった。
鳩山が失敗したと言うなら、鳩山に代わるのが常識で、民主党内の選挙ですら尻込みする理由は何であったのか。
小沢がだめなら内閣を作ってからでも国民が、その意思を表すことが出来るのである。

>このイメージ戦略に打ち勝つには、

これしきのイメージ戦略を問題にするならば、現在ネットでささやかれている安倍に対する誹謗の山は、何とする。
時の権力がメディアを抑えるのは権力争いの常道である。
権力奪取とは、その中で果敢に行うもの。


>民主党のマニフェストを支持した人の多くが寝返って自民党と同じ政策を本当に支持したのでしょうか。
>疑惑は増々大きくなりました。
>つまり、一度民主党を勝たせ、内紛を起こさせて自滅させる。

いい歳をして責任逃れも甚だしい。
全国民を相手に是非を問うた選挙の結果を、この様に言い訳するなど女々しいこと甚だし。
こんなことなら今後も一切の信頼などできないのである。
先の衆院選の結果、民主党300に対して自民党は115議席であるのだ、誰もが自民党は再起不能と見ていたのだ。

民主党の失敗の一番の原因は、労組に気兼ねしたことだ、とりわけ自治労のプレッシャーを排除できず行政改革が出来なかったからであるが、本当は、この時労組に対して大ナタうぃふるっておけば、次の総選挙などは、自治労抜きで大勝できたのだ。
選挙ばかり気にして、国民を信頼できなかった小沢の優柔不断のなせることである。

>つまり、安易に国民を煽るデモに参加すれば、下手すれば騒乱罪に巻き込まれたり、撮影され顔のスキャンをされて「顔認識システムへ登録」される可能性も否定出来なくなった。
うかつな行動こそ今はよく考えるべき。

見てきたような嘘をつく。
マスクをせよととか騒いでいたのは阿修羅掲示板、そこの女々しいインテリが言っていただけで、それに影響された一部の参加者がマスクなどしていただけで、多くの参加者は、もっと強い意志を持っていた。

>もう一度いいます。
安倍政権解散後に登場する内閣は誰が決めるのでしょうか。
国民でしょうか?
違いますよね。

半世紀に渡る自民党支配を脱するに劇的な結果を出した衆院選で実践したではないか。
それで何故、失敗したかと言う事を反省するのも国民の責任。

>これが小沢氏だけじゃダメなんだという事です。

その通り、
小沢は以外にも力がなかったのだ。
それもトンでもなく弱かったのだ。
何故なら、小沢と意志を共有できる仲間が、ほとんどいなかったのだ。
民主党の代表選に出ることもはばかられたのだ。

その性格故にますます孤立している小沢に、もう一度託すとは、余程見通しが甘いのだ。

以下は小沢が、まだ政権をとるまえ、初めて民主党の代表になった時の歓喜の言葉であったが、見事に期待外れであったのだ。

「小沢民主党の出現でやっと政治の対立軸が確定し、政治というものが本来の姿を取り戻した 小沢は国家ビジョンを明確にもつ数少ない政治家であり、その出現は時代の要請であると感じる。
風の吹くままに帆を張って右顧左眄して進むヨットのような政治屋から見れば、なるほど理念に裏打ちされ、豊富な政治経験から繰り出される政治手法は「豪腕」と映るであろうし、そのような理念も覚悟もない者たちからすれば、「政権交代こそ真の改革である」を持論として「去るものは追わず」でひたすら二大政党制の具現をめざした故の道程は、たしかに悲劇的ではあったものの、その生き様をして「壊し屋」としか批評出来ないのは至極当然のことであろう。・・・
政治を手段として、政党を目的化した大多数の政治屋には、政治を目的として希求する「小沢」という政治家は、異質でモンスターのような存在にしか映らないであろう。その意味で「小沢」の視線には、常に逆襲を伺う狡猾さが不気味につきまとい、その不敵な面構えは「権謀策術」や「手練手管」というイメージを背負った者ゆえのもののように見えるのだろう。「小沢」の動き次第で、昨年の総選挙における小泉の大勝利が逆に「あだ」となり、次期自民党の新総裁が新総理につけない事態も決して空想ではないであろう。」


163. 2014年6月01日 12:48:32 : gZQyjRJVTA

とてもじゃないが

もう

このような言葉は

奴には

送れない。


164. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 13:03:35 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA
小沢一郎に対する評価は極端に分かれる。

 肯定する人たちは、しっかりとした「国家観」を持っている唯一の政治家としてそれに期待を寄せる。 この点については小沢を否定する人たちの多くも認めるところである。 さらに言えば誠実な人柄に感銘を覚える。

 他方で小沢を蛇蝎のごとく嫌う人々も多い。 その人たちは彼の強引な手法、その人の思想による好悪の感情が露で取り付くしまがない態度を指摘する。 また自分勝手で約束を平然と反故にする身勝手な人間であると言う。

 彼に接したこともない私が言う小沢論は想像の域を出るものではないが、それでも情報を駆使し言動を注視することで、誠心彼に近づきたいと願うものである。

 私が彼に注目したのは、25年くらい以前のことです。 自民党の大物として浮上してきた彼がテレビで対談しているのを見たときからです。 大体大物政治家と言うのは、やけに老成ぶって司会者の問いかけにまともに答えようとしない輩ばかりです。 そんな中で小沢は司会者の問いかけに、はにかみながらも自分の哲学で答えようとしていました。 くだんの老成やろうにしては、青臭い奴だと軽蔑の対象であろうが私は彼の中に誠実を見ました。

 以来無条件にファンとなってしまったのですが、その時点で彼がそんなに大物とも意識せず、また大物になるとも思いもしませんでした。

 その後幹事長として、例の次期総裁選びで3人の候補者を事務所に呼びつけて面接したなどと言う問題行為が云々されたときなども、確かに思いも寄せない彼の一面に吃驚もしました。
しかしながら政治家としての国民に対する思いの念は、最初に受けた印象を裏切るものではありませんでした。

 そうこうしている内に自民党を飛び出すことになりました。 私自身驚愕的に受け入れた行為です。 そのとき政治家小沢に対する信頼は不動のものとなりました。 小沢はその判断について最初から現在まで、日本に政権交代を実現するための言い切っております。 自民党の中枢にいながら、政治家としての頂点、総理大臣の座を手中にしながらの決意はまさしく己の栄華よりも日本の改革を優先した判断です。 小沢は自民党政権の中枢にいながら自民党政治の欠陥を読みきっていたのです。

 今になっても、小沢の経歴の中に自民党の中枢にいたことをあげつらう人がいます。 政治家として、また本当に有能な人間が自然とその組織の中で有用な地位についた事に何故不審を抱くのでしょうか。 自民党の中で何も出来ない優柔不断の大人しい人間が国家の変革を目指せるとでも言いたいのでしょうか。 能力のある小沢だからこそ、何処でも力量を発揮し、かつ自民党を飛び出ることも出来たのです。

 その後の小沢の歩みは、折角の細川政権を瓦解させるなど悲劇的に推移し、結果は「壊し屋」などの名称を受けることになりました。 小沢が持ち続けている理想論が原理主義となり、仲間に性急にそれを要求した結果が体制を再び逆転させることになったのです。

 結果から見て、此処では確かに小沢の性急せいは不適切であったと思います。 政治の世界、人間の世界は何処までも理想的には推移しない事実を突きつけられてしまったのです。
その分小沢は政治の社会を甘く見ていたのでしょう。 しかしながら、その後十年の臥薪嘗胆、紆余曲折を経ても小沢の信念は微動もしてないことは明白です。

 最初に挙げた小沢を蛇蝎する人たちの言い分に彼の傲慢、身勝手がありますが、逆に考えて彼が、物分りの良い、すぐに妥協に応じる紳士である事が国民にとってどれほどのメリットになるのでしょう。 それは小沢の周りにいるライバルから見た評価でしかないのです。 その証拠に、小沢の国民に対する態度は常に誠実であり常に腰の低い態度を貫いています。

 小沢のHPなどでも証明できます。 数ある政治家のHPの中で主張者に返事をよこすHPがあるでしょうか。 現在はアクセスが多すぎてやってはいないと思いますが、以前は本人か秘書かは解りませんが短いコメントをつけて随分と後になっても主張に対する返信がありました。

 そこで民主党若手の悪口を書いてみましたが、返信には有能な若手も随分と育っているので今後に期待して欲しいと返信があったこともあります。 私は小沢に政治家を見ております。品行方正な一般人を要求しているのではありません。 国民に何をしてくれるかを基準に評価をして信頼しています。
25年前に聞いた、はにかみながらの青臭い書生論をとつとつと述べる小沢を信頼しているのです。

 年齢を重ね、今では決して気鋭の政治家とも言えませんが彼の心の中には、青春に気概に満ちていることを信じています。 要領の良い政治屋ではないのです。 政治家として豪腕なくしてどうして理想が貫けるのでしょう。 政治とは殺し合いと極論する人もいます。

 歴史的に見ても大きな政権争いは命がけです。 良いも悪いも小沢の全てがなければ大きな政権交代など出来ません。 小沢とは、そうした使命の元に存在する政治家と思っています。 私は、なお一層の激励を小沢に送りたい。


165. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 13:06:33 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA
新小沢一郎論

「原子力政策」

小沢が代表を勤めていた当時の民主党がまとめたエネルギー政策に関する新見解案。
1998年の結党以来、代替エネルギー確立までの「過渡的エネルギー」と
位置付けてきた原子力発電について「エネルギー安全保障上、欠かせない存在」と
恒久的エネルギーとして積極的に推進する立場に転換する。
26日の経済産業部門会議で意見集約し、党「次の内閣」で正式決定する。

「民主党の公約ガソリンの暫定税率廃止について」

2010年度予算案では、ガソリン税(揮発油税)など自動車関連諸税に上乗せする暫定税率が事実上維持される。政権交代を実現した2009年の総選挙で即時廃止を掲げたマニフェスト(政権公約)とは大きく異なる結果となった。
「党と言うよりは全国民の要望だ」──。2009年12月16日、首相官邸を訪ねた民主党幹事長の小沢一郎が居並ぶ閣僚に突きつけた要望書には、ガソリン税の税率水準を維持する考えが盛り込まれた。それまで政府の議論は混乱していたが、小沢の「鶴の一声」で議論が決着した。


「外国人に地方参政権を与えることについての小沢の主張」

永住外国人の地方参政権について、改めて皆様に私の考えを申し上げます。

 公の政治に参加する権利―参政権―が国家主権にかかわるものであり、また、国民の最も重要な基本的人権であることに間違いはなく、その論理は正当であり、異論をさしはさむ気はまったくありません。ただ、政治的側面から考えると、主として永住外国人の大半を占める在日韓国・北朝鮮の人々は、明治43年の日韓併合によって、その意に反して強制的に日本国民にされました。すなわち、日本が戦争によって敗れるまでは、大日本帝国の同じ臣民でありました。日本人としてオリンピックに参加し、日の丸を背負い金メダルを取っています。また、日本のために多くの朝鮮の方々が日本人として、兵役につき、戦い、死んでいきました。このような意味においては、英連邦における本国と植民地の関係よりもずっと強く深い関係だったと言えます。私達はこのような歴史的な経過の中で今日の問題があることを忘れてはなりません。

 法案に反対する人達の多くの方の主張は「そんなに参政権が欲しければ帰化をして日本国籍を取得すればいい」という考え方があります。私もそれが一番いい方法だと思っておりますし、また在日のほとんど多くの人々の本心であると思います。

 しかし、このことについては日本側・永住外国人側双方に大きな障害があります。日本側の問題点からいうと、国籍を取得する為の法律的要件が結構厳しいということと同時に、制度の運用が、(反対論の存在が念頭にあるせいなのかはわかりませんが)現実的に非常に帰化に消極的なやり方をしています。例えば、刑事事件とならない軽い交通違反(スピード違反・駐車違反等)を起こしただけで、余分に何年もかかっているのが現実です。これらの状況を日本の側として考えなければなりません。

 一方、永住外国人のほとんど多くの人は日本で生まれ育って、まったくの日本人そのものであり、その人達が日本人として生涯にわたって生きていきたいと願っていることは、紛れもない事実だと私は思います。ただ、過去の併合の歴史や、それに伴う差別や偏見に対して心にわだかまりがあるのも事実なのです。

 我々日本人は、両国両国民の数千年の深い繋がりと友好関係を考えなければなりません。また、近い将来日韓両国は、EUや北米大陸の例にあるように、自由貿易を柱とする共同体構想が現実のものになると思います。今こそ、日韓両国民がお互いにわだかまりを捨て、将来に向けて信頼関係を構築していくことが、両国と両国民の繁栄のために必要不可欠なことであると考えます。

 しかし両国が主権国家として存在する以上、地方参政権の問題は、政治論の側面からだけではなく、法的・制度的にも許容されるべきものでなければなりません。

 永住外国人に地方参政権を与えることについての国際社会の状況は、アメリカをはじめ未だ多くの国が、国籍の取得を要件としているのは事実であります。しかしながら、例えば日本の場合と状況が似ている英国では、かつて植民地支配した英連邦出身の永住権取得者に対して投票する選挙権だけでなく、立候補できる被選挙権まで与えています(地方選挙)。北欧の国々では一般的に永住権取得者には地方参政権を与えており、また、EU域内では、「お互いに永住権を取得した者には地方参政権を与えよう」という方向で制度の改正が行なわれつつあります。このようなことを考え合わせれば、地方参政権の付与が主権を侵害する、或いは主権国家としての日本の存在を脅かすものであるという主張は、必ずしも今日的な社会の中で、絶対的なものであるとは言えないと思います。したがって私は永住者に対する参政権の付与は、憲法上・制度上許容されるべき範囲のものであると考えます。

 以上のような政治的側面、制度的側面双方から考え合わせ、一定の要件のもとに地方参政権を与えるべきだと考えます。そして、そのことにより日本に対するわだかまりも解け、また、結果として帰化も促進され、永住外国人が本当によき日本国民として、共生への道が開かれることになるのではないでしょうか。

(以上小沢のブログから引用)

ここで小沢が言っている外国人参政権の根拠は、ひたすら明治以来の我が国の朝鮮、中国との関係の後始末であり、それ以上の観点からの外国人参政権の話ではない。
それ故に、右翼などからの激しい批判に晒されても、それを説き伏せる根拠を有しない。
小沢の外国人参政権は、その発想の矮小さに問題がある。


「小沢の農業政策」

「農業政策について、小沢は全ての農家に所得補償をする。そして、関税は撤廃をして、輸入は自由化して、そしてなんと食料自給率は100%にする。

食料自給率を100%にするという事は今の耕地面積の3.5倍にすると言う事です。」


農産物の関税撤廃は、アメリカが、経団連を通じて、要求してきたことである。小沢氏は、アメリカ、経団連の要求どおり、関税の撤廃を公約として、掲げるにいたった。

所謂TPPについて、小沢は準備さえ出来ればTPPを受け入れるとしている。
小沢の農業政策は、飽くまでも市場主義経済の中に我が国の農業を位置づけて考えている。
これは我が国の国土の状況からして無理な話であり農家の個別補償で解決できる問題ではない。
小沢の間違いは、個別補償の目的である。
小沢自身が言っているように、小沢は自由主義経済論者である。
かつ、その自由主義経済のシステムが待つ矛盾には言い及んでいない。
グローバル化の影響で苦しむ各国の疲弊を個別補償などで解決できるはずがないことを判っていない。
要するに小沢が見ているものは現実の繕い程度のものであり、国の将来を託す程の構想を持っていないことは明らかである。

「財政問題」

小沢が良く言う言葉の中に、地方分権という言葉がある。
補助金の配分などを廻り、財源も伴う分権を説いているが、見方によっては小さな政府を目指しているものと思われる。
我が国の都道府県別の富の配分が、恐ろしいほど偏ってきていることを考慮せず、地方分権に走るのは単なる政治の放棄に等しい。
道州制なども言い出しているが、富の配分なども考慮した我が国の行政の再構成は、そんなに生易しいものではなく、それが解決できてないのに地方分権のことに言及するのは無責任と言わねばならない。
公共事業の実施のあり方について中央の仕様で行なうことによる無駄を指摘しているが、そのようなことは枝葉末節の話であり、公共事業の本来の目的からみた公共事業そのもののありように言及することはなかった。

「総括」

この様に見たとき、小沢の政策は、どれをとってもより大きな側面から導きだされたものではなく、また煮詰めた政策でもないことが判る。
官僚組織が小沢を怖がっているように報道されているが、おそらく官僚組織は小沢を恐れてはいないはずである。
小沢は官僚組織に大鉈を振るうことなど考えていないはずであり、官僚組織の横暴は、小沢と関係無しに己の既得権益を守りたいだけの話である。
小沢は官僚の出汁に使われていると見たほうが正解である。

また、高速道路無料化にしても子供手当てにしても、結局は財政的な問題で暗礁に乗り上げているが、これに対する小沢の明快な指示、アドバイスは聞こえてこない。
小沢の正体について間違いなく語れるのは、自民党政権を終焉させることにより2大政党制を確立させることだけであるようだ。
それならば、小沢の使命はすでに終わっていると考える。
民主党政権成立後の小沢の動きを見れば全てが納得できるようだ。


166. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 13:16:36 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA
目次

まえがき

【第1部】 いま、政治の改革を

無責任国家からの脱却
迷惑な「指導力の欠如」
このままでは「いつか来た道」
権力をめぐる競争を

大久保、伊藤、原、吉田に学ぶ
明確な使命感
権力を行使しない危険

何が国民の利益か
湾岸戦争「負」の遺産
政府は「企業弁護士」か
何も決められない政府

首相官邸の機能を強化
補佐官制度を導入
あくまでも首相が中心
総合調整機能の充実を

与党と内閣の一体化
官僚が決定権者か
160人の議員が政府に
官庁も政治家主導で

なぜ小選挙区制がいいか
「四位一体」の改革
政治にダイナミズムを
一億二千万人の目で政治資金を監視
政党による政策の選挙
議員は国会で国会の仕事を

全国を300の「市」に
地方分権基本法を制定
身近なことはすべて地方で
権限も財源も移す

生かされていない官僚の頭脳
危機管理体制の構築
国の基本政策を考える
生かし合う中央と地方

【第2部】 普通の国になれ

日本の責任と役割
「普通の国」とは何か
平和と自由のコスト
誤解されている「吉田ドクトリン」

平和創出戦略への転換
「ノーブレス・オブリージュ」
日米を基軸に平和維持
自衛隊を再編成する
日本国憲法と平和活動

国連中心主義の実践
新時代の創業者
核の国連管理
国連待機軍をつくれ

保護主義のワナから救え
「ひとり勝ちの悪役」
自ら積極的に市場開放
欧米とアジアを橋渡し
「世界貿易機構」をつくる

「アジア・太平洋閣僚会議」の常設
正確な歴史認識を
雁行型発展の拡大
日本外交5つの指針
多国間外交の展開

対外援助の積極的「使い方」
迫られる援助大国
外交戦略の一環として
十万人留学生の受け入れ
外国人労働者の技能研修制度の整備
環境保護のリーダーに

【第3部】 5つの自由を

ジャパニーズ・ドリーム
「日本人のようになりたくない」
きしみ始めた日本型社会
個人を大切にする社会を

東京からの自由
『痛勤』に3万時間も
一極集中にもう限界
都市に住宅、地方に雇用
住環境に大胆な投資を
遷都のすすめ

企業からの自由
会社は自由、個人は不自由に
高度成長型社会からの脱皮
個人に厳しい税の仕組み
所得税・住民税を半分に

長時間労働からの自由
自由な人生設計ができない日本人
時短が求められる3つの理由
1800時間を実現するために

年齢と性別からの自由
高齢者の能力を活用
高齢者の職場参加を進める
女性も選択が可能な社会を
主婦にも年金を満額支給

規制からの自由
実態に合わなくなった規制
管理型行政からルール型行政へ
企業も個人も自己責任で

真の自由の確立
民主主義は国民の自立から
主体性を持たせる教育
新・教師聖職論

『日本改造計画』の読書録
2009年6月に読破。
本書の第1版発行は1993年5月なのだが、
現在日本が抱えるタイムリーな問題も数多く、古さを感じさせない。
例えば、日本のリーダーシップについて
『大国になってしまった現在の日本は、主体的、総合的、長期的、機動的に首尾一貫した政策を立てることが世界に対する責任である。ところが、現実には受動的で部分的、短期的な政策しか立てられない。しかも、それですら、ギリギリまで決めることができない。』(17ページ抜粋)
という記述があるのだが、これなどはまさに今の政治そのものではないだろうか。

権力
著者には権力へのこだわりを感じる。
特に、民主党に合流後「自分も変わる」として、それまでの豪腕ぶりを引っ込めてまで政治基盤の強化、政権交代を目指す姿からは目的としての権力志向を感じていたが、本書を読むと「明確な使命感」を実行あるものにするための「権力意思」であったことが理解できた。
注目すべきリーダーとして大久保利通、伊藤博文、原敬、吉田茂の4人を上げ、次のように語る。

『彼ら4人は、なぜ、批判を浴びながらも、このように権力基盤を強化したのか。日本の政治風土の中では、どれほど実行力のある個性的なリーダーでも、強力な権力基盤がなければ強いリーダーシップを発揮できないことを知っていたからだと私は思う。』(30ページ抜粋)

政治資金
政治資金についての国民の不信について
『しかし、政治家の側からすれば、現在の制度では自分の潔白を証明しようにも手だてがない。国民の不信が根強いだけに、ただ単に釈明するだけでは信じてもらえない。』(71ページ抜粋)

皮肉なことに、2009年の西松問題では、
著者自身が政治資金問題で矢面に立たされ、民主党党首を辞任するまでに至った。

本件は、同年の衆議院選挙を前に控え、民主党圧勝ムードがある中で起きた事件ということもあり様々な憶測を呼んだのだが、実際に与党議員との扱いの不公平さや、連日にわたる検察情報のたれ流し。不気味なほど執拗に反小沢氏的社説や特集を組む大新聞もあったことは事実である。法的にどうか、倫理的にどうか、検察や報道の姿勢・・・色々なものを投げかけられた事件であった。

なお、本書では、
『政治資金の出入りを一円に至るまで全面的に公開し、流れを完全に透明にすることである。』
『企業や団体による政治献金は政党に対してのみとし、政治家個人への献金は禁止してもいい』(72ページ抜粋)
など国民の不信の解消のための具体的な案が記されている。このような案も今日的であるように思える。

関連外部リンク:小沢一郎(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

個人的には、政治家が政治活動をしていく上では、時には裏ルートから情報を入手、あるいはそのための交渉、駆け引きにおいて表に出せない資金がになることがあるのでは?と思うし、キーパーソン、海外要人等と会う、または人脈を築く時にも正規ルートではなく手土産的なものが必要となる場面もあるのでは?とも思う。そして、政治活動のスケールがダイナミックであればあるほどそのような資金なくしてスムーズな理念達成は難しいと思うのだがどうなのだろう?(資金の集め方ではなく、「政治家が資金を集めること自体が悪だ」ということについての私見)

消費税
『現在3%である消費税の税率を、欧州諸国と米国の中間の10%とするのである。それと同時に所得税・住民税を半分にする』(215ページ抜粋)

企業に掛かる税金と個人に掛かる税金の不公平、または外国の税制との日本の税制との所得税や消費税の高低差などから、税についての改革案が記されている。引き下げるべき税金がある一方、消費税については諸外国並みの10%とし、トータルで浮いた分は公共投資や国際関係の経費(ODA以外)に回す。試算では、1993年度予算ベースで消費税収入−各種減税=6兆円となっている。

冷戦前、冷戦後
本書には、アメリカ・国連とのかかわり方、外交のあり方など一般的にはあまり馴染みのない話も多く展開されている。決して軽々には読めず、それが正しいのかどうか私にはわからないが、少なくとも一つだけ意識しなければならない点は「東西冷戦」であることは確かであるように思う。

東西冷戦時代、日本は共産主義勢力の防波堤であった。そのため、アメリカは日本を重視し、一方日本は経済面にのみ力を注ぐことができ、それが経済繁栄、一定の平和をもたらした。しかし、逆にいえば経済面以外、平和へのコストを負担していれば、これだけの経済発展を成し遂げることができたであろうか?また、東西冷戦終結によりアメリカの日本への見方が変わる中、日本はこれまでと同じ姿勢であっても世界の中で平和と安定を維持できるのだろうか?

最後に、ハッとさせられた指摘を一つ。

『湾岸戦争以来、「国際貢献」という言葉が流行になっている感がある。しかしそれが、ひたすら外国のために奉仕すること、あるいは国際社会の付き合いやむなく協力することと認識されているとすれば、明らかに間違いだ。そうした認識にはどこか、日本の置かれた立場を忘れたおごりがつきまとう。国際貢献とは実は、日本が生き残るための活動に他ならない。国際社会のためでもあるが、日本のためでもある。』(103ページ抜粋)


167. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 13:19:57 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA
小沢一郎、及び小沢を支持する人たちがよりどころとしているのは先に紹介した「日本改造計画」である。

私は読んでいないし、読もうとも思っていない。
そもそも題名を見ただけでも、それが私が期待する内容でないことが予想されるのである。

今回、初めてネットで目次くらいの情報を得たが、予想通り、内容は我が国の本当の困難からは逃げて形式面だけの追及に終わっている。

殆どの項目が政治家としてのあり方をのべているのであり、これは至極当然の基本的なものである。

そのようなものを糾しても、現在の社会が直面している根本の問題が解決できる訳ではない。
小沢が言っている政治のありようなどは当然のことであり、その当然のことが現在の日本ではできていないとしても、当然のことをやることが、なぜ、日本の救済につながるのであろう。


ここにネットで知りえた、一つの書評を紹介しよう。
小沢氏は「日本改造論」の原点に返れといっている池田信夫氏のものである。


小沢一郎氏の出馬は民主党が、そして日本が立ち直る最後のチャンスかもしれません。日本の政治が低迷している原因は、90年代以降の世界の変化に対応して日本が大きく軌道修正しなければならないのに、自民党政権のころの「官僚丸投げ」が続いてきたことです。それに対して政治改革を実現しようとして自民党を割った小沢氏の行動は、それがたとえ党内の権力闘争に敗れた結果だったとしても、間違っていなかった。

そのとき彼の書いた『日本改造計画』は「小さな政府」をめざす理念が明確でしたが、その後の小沢氏は政局の読みを誤って自民党政権の復権を許してしまい、政党は離合集散を繰り返して、経済の低迷はますます深刻化しました。

その中でも、自由党のころまでの小沢氏は一貫していましたが、民主党との合併以降おかしくなり、最近は菅首相より社民的な路線を打ち出すようになりました。これが田中角栄以来のバラマキ路線に戻ったのだとすれば、彼に何の期待もできませんが、彼の持論が「保守二党論」であることから考えると、これも権力を取るための戦術的リップサービスかもしれない。

『改造計画』は今となっては古い面もありますが、欧米諸国は80年代以降、多かれ少なかれこうした自由主義路線に舵を切り、それに対して「第三の道」といった形で修正自由主義が出てきました。ところが日本では、民主党も自民党も「大きな政府」志向で、国民に選択肢がない。基本路線がはっきりしないまま20世紀的なバラマキ福祉を続けてきたため、財政破綻の危機が切迫しているが、それをどうしていいかわからない。

率直にいって、どんな政権でも今の「死に体」になった菅政権よりはましでしょう。これまで20年間にわたって「闇将軍」として日本の政治を混乱させてきた小沢氏を一度は首相にして、彼のやりたいようにやらせてみてもいいのではないでしょうか。小沢氏には民主党の混乱した路線を清算し、『改造計画』のころの明快な主張に戻っていただきたい。彼がそういう国家戦略の大転換を打ち出すなら、政治とカネなんて些末な問題です。

(以上)

ここで言われているように、小沢は「小さな政府」を志向する政治家である。
その目的は財政再建といいたいのであろうが、そもそも、この考え方で市場主義経済のグローバル化がもたらせた弊害を乗り切ることができるのであろうか。

「小さな政府」の発想自身、行きすぎたグローバル化で社会が疲弊し、そのために国の財政不足が生じ、それを乗り切るための為政者の身勝手な押し付けに過ぎないのではないか。

国民が「小さな政府」を望むわけがないのである。
それを如何にも国のあるべき姿のように喧伝し国民を騙そうとする資本主義の妖怪の仕業である。
小泉もこの様にして、国民に更なる疲弊をもたらせた。

政治が考えるべきは、市場主義経済が持っている格差の増大、雇用の喪失かた国民を守る術を考えることではないか。

小沢の「日本改造論」では、この様な本当の国家の改革には何も触れず、これを喧伝し、読む人間に問題意識を歪なものへ誘導する、むしろ害あるものである。
このようなものを信奉することで国の将来が得られると思っていては間違いであるのである。
根本の国民経済の問題を解決しないで、後の問題は机上の空論と化す。

我々が期待する政治は政治家は、この様なものではないのである。
その小沢は政権を取るために、子供手当てや高速道路無料化、農家の個別補償と言った「小さな政府」の構想とは相容れない政策を打ち出した。

それが破綻しても、何の手も打てないことが、そのそも小沢は矛盾していることの証明であろう。
逆に言えば「日本改造計画」は全く実情に反する内容であったということであり、その名前が示すように、田中角栄の」日本列島改造論」の姉妹編くらいの時代遅れの存在価値よりないということである。

さらに、この本の大部分は官僚が書いたものとされ。経済の分野は竹中平蔵の指導の下に書いていると言う事である。

この本を小沢のバイブルのように心にしまいこんでいえう笑止な小沢信者よ、目を覚ますべし。


168. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 13:48:32 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA
良く言われているように、小沢と自民党は同根と言う事が「日本改造計画」で良く解ります。

規制緩和の事や自己責任の文言など小泉の政策とうり二つと言う事が解るでしょう。

それに対して小沢を待望している人たちは、何を小沢に望んでの事でしょう。

民主党に政策の修正に気がなかったのは、実にこのためであり、それを知っている周囲の人間は、小沢など気にしてはいなかったと言う事になります。

また、小沢の選挙用の文言は、ほとんど選挙の為であり、小沢の司法的な問題は、単なる自民党時代の連中による確執にすぎなかったと言う事です。


169. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 13:50:32 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA
>小沢の司法的な問題は、単なる自民党時代の連中による確執にすぎなかったと言う事です。

国民を巻き込んだ!

この様に考えれば、多くの事が説明できます。


170. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 14:09:26 : l4kCIkFZHQm9g : gZQyjRJVTA

小沢が政権の表に立たない、立てない本当の理由です。

171. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 18:32:59 : l4kCIkFZHQm9g : OTAYLwoWLI
>皮肉なことに、2009年の西松問題では、
>著者自身が政治資金問題で矢面に立たされ、民主党党首を辞任するまでに至った。

>本件は、同年の衆議院選挙を前に控え、民主党圧勝ムードがある中で起きた事件ということもあり様々な憶測を呼んだのだが、実際に与党議員との扱いの不公平さや、連日にわたる検察情報のたれ流し。不気味なほど執拗に反小沢氏的社説や特集を組む大新聞もあったことは事実である。法的にどうか、倫理的にどうか、検察や報道の姿勢・・・色々なものを投げかけられた事件であった。


文中にこのような経過があったと書かれているが、衆院選での圧勝は、これを含んでの事であった。

かつ、結局は検察では立件できず、問題の検察審査会へ委ねられることになる。
それも最終的には無罪を認められ、小沢を支持するものは安堵の気持ちに浸ったものである。

民主党内の構想は、そのうちにも継続し、小沢が国民の生活が第一の党を結党し民主党を飛び出すところまでは賛否両論あるも、期待した経緯であり、これを認める。

しかしながら、その期待も甚だしく束の間、1ヶ月で未来の党構想へ乗り換え、嘉田知事と、どこの馬の骨とも解らぬ飯田に後を託し、自らは一平卒宣言をするなど、支持者を愚弄すること前代未聞のことである。

期待された政治家の身の処し方ではない。
これを持って、裏切りとして何が不都合である。

また、これが裏切りであれば、そもそも
民主党での出来事は、すべて詐欺行為に発展して当然である。



172. 天橋立の愚痴人間 2014年6月01日 18:39:16 : l4kCIkFZHQm9g : OTAYLwoWLI
その小沢を氷山の一角と認め、美しいと見とれている信者がいても良いであろうが、氷山は見えない部分の方が大きいと認識する人間もいることを忘れてはならない。


173. Yomy 2014年6月01日 21:38:39 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
武田信玄
為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人の儚さ

上杉鷹山
為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

山本五十六
やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ

これらの言葉は後の人が前の人のをベースにしたと言われていますが、
自分はこれらの言葉の真意を、ものごとを成すには、段階的に、無理なく、
周到な準備を重ねながら進めていくことが重要である、と解釈しています。

それは、武田信玄のやり方を見ればわかると思います。けして無理は
しない。あらゆる準備が出来た段階で、いよいよ腰をあげる。惜しいかな、
京都に上がる前に倒れましたが、その人財と考え方を受け継いだのが、
パクったのが、徳川家康でした。

人間には完璧な人間というのはいなくて、たいていは草創期タイプと、その
あとの維持期のタイプに分かれます。どちらも期待すると、まず立ち上げ
が困難になります。ものごとは、焦らず、ステップバイステップで。

また自分の仕事のやり方の話になりますが、まず老子の思想でもって
今日も一日なんもせんからなー、と会社に来ますが、まずはパソコン
ぐらいは立ち上げてあげます。そして、メールぐらいは読んであげます。
ななめ読みです。興味のあるやつだけ、ある部分だけ、少し読む。

そこで、まだまだ一日仕事をしないつもりですが、これだけはやって
あげようか、というのを一個だけやります。自分の場合、すぐ着手できて
すぐ終わりそうなのを一個だけやってあげます。そのあとで、もう一個。
その繰り返し。おやつ休憩も挟みます。無駄に遠いトイレに遠征もします。

言いたいことは、人間は複数のことを並行して実行することはむりで、
シーケンシャルに処理しないといけない、ということです。そのことに、
どんなに簡単なことでも、集中しないといけない。処理が早くなれば、
並列処理しているように、「見える」だけ。やらなくていいことの判断が
はやくなれば、なおさらそのように「見える」。しかし、段階を飛ばすと
出来ない、出来ないのは、段階を飛ばしているから。

うまい言い方があります。「まずは半歩前へ」


174. Yomy 2014年6月02日 00:48:37 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
今の政治は、非常事態だと考えています。民主主義から独裁主義に至ってしまう
かもしれないタイミング。誰でもいいので、少しでもマシなひとにまずは政権を
取ってもらいたい。自民党のもっとマシな党首でもいいし、生活の党でもいい。

そのあとで、日本人はもう少し政権交代に慣れないといけない。選択する、という
行為に慣れないといけない。政治について議論する、ということに慣れないと
いけない。悪い状況をいきなりいい状況に持っていくのは難しい。まずはひとつ
ひとつ、まずい状況を改善していく。

長時間労働、というのはかなりまずい状況を生み出している源である。これにより
ある程度経済的に優遇されている層で、まず政治について考える時間がない。
考える時間、議論する時間を奪われている。かつ、これを拒否すれば、その
組織でまともに生きていくことは困難である。大企業の現実。

非正規労働の増加も、長時間労働の増加と表裏になって、日本国民に悪い影響を
与えている。人間は、ある程度の経済力と、ある程度の時間が無ければ、政治に
ついて考えることはできない。政治について考えることの出来ない人間が、政治
について正しい選択をすることが果たして出来るのか。

まずは非常事態を乗り切って、考える時間、議論する時間、議論する場所を作り
出す。ある程度の格差はいったん認めつつも、経済力と時間の格差を埋めていく。
そして、格差の流動性も確保する。米国では、階層の流動性が実はほとんどない、
という話を聞いた。夢の国、というのはウソらしい。アメリカンドリームは
虚構だったらしい。

大英帝国は、ある程度の流動性を確保していたらしい。それに対してフランスは
まったく流動性のない社会で、その反動で、貴族が完全に打倒されることになった
らしい。その後の大英帝国の伸びを見ると、どちらが良かったと言えるのか。
格差は最終的には縮めていく、いったんある程度の格差を認めつつも、流動性も
確保する。そして、小さな革命を積み上げる。

私は物理専門なので、よりポテンシャルの低い位置を通り抜けたいと常に思う。
経済システムの変化も物理現象と思えば、そのようなプロセスになると信じる。


175. S.T 2014年6月02日 01:44:49 : TNEHs1z1b5edM : frHeKrgHBU
「天橋立の愚痴人間」さんはコメントを読まないばかりか理解しようとしないね。
せっかく「小沢氏だけじゃダメなんです」と振っておいたのに、実に残念。

小沢に取り付かれているのはまさしく「「アンタ自身」」だよ。
アンタのコメントには何回「小沢」と打ち込んでいるのか数えてみたかい?

他の方も言うように、まずは第一歩として自民党・安倍政権を倒閣させるためにデモを行ったとしよう。
その次の目標は何ですか。
解散総選挙の場合と、内閣解散の場合では全く違います。

まさか「デモ」やって終わりではないでしょうね?

どんな長文コメントの反論もまったくの無意味です。
あなたの定義したのが「安倍内閣を打倒しよう」だからね。
なのに最も小沢に張り付いているよな。
いい加減に小沢から卒業しろ、そして関わるな。

また小沢支持者を冒涜するようなコメントを発したら、おれはアンタを「敵」とみなす。
小沢批判ならまだしも、支持者批判は許せないからね。
但し、ウソを息をするように吐く小沢支持者も敵だからね。

日本を良くしたい、国民の生活レベルが上がってみんなハッピーになりたい。
そして周辺諸国も巻き込んで、みんなでハッピーになろうってのが普通の国民の望む事。
その夢を託し運営を任せる為に投票で国民が代表を選ぶ。
ダメならやめさせようと行動を起こす。
でもね、国民はいくら行動しても直接国会議員を辞任させる法律は存在しません。

デモも良いけど、今では正しい情報を集め、多くの人が納得してもらえる論文なら「情報拡散」しますよね。
実はこの方法こそ情報を制限する国内では一番有効技でしょう。
とくに阿修羅掲示板は程々の良い情報が多いと思う。
情報で埋もれたネットからみんなが情報を持ち寄って知り合うって事(情報の共有)は本当に素晴らしい。

で、安倍政権を倒し解散総選挙になったとしましょう。
自民党以外にみんなが投票したとします。
さて、投票した政治家が一体どうまとまって政治を決めるのでしょうか。
まとまらなければ国力は弱って行く、つまり即決出来る国家の代表が決まるまでは「自民党のまま」だからです。

そう言う意味から、国民が考えて立候補者の政策を知り、選挙前から何を言ってきたのか、公約でウソはつかないのか知る必要がある。
その為にも政権を潰すならまず第一歩は「誰を選びたいのか」と言う事。
お判りかな?

今、経済・社会保障よりもっとたちの悪い悪法を出して来た。
>自民党、移民の大量受け入れを本格的に検討へ!外国人参政権もセットで!移民の失職後は税金で対応!
http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/236.html

それでも小沢が悪い、支持しないと一点張りをとりうあんたの行動は正しいのですか?
少なくとも俺は正しくないと判断している。
要するに小沢という政治家を叩く様は、韓国や中国が事あるごとに日本が悪いという、ソレと一緒の行為だよ。


176. 一主婦 2014年6月02日 02:18:37 : rfKiZAFzfsBYA : 5Gd2TvlhjA
天の橋立愚地人間さま。
あなた様の、詳しい言い分を拝見しました。
私は、数年前からの小沢支持者で、あなたのように以前からの支持者ではありません。

実は、私は貴方にとても興味が湧きました。
以前は、デモを先導なさるほどの小沢支持者であった事と、現在のあなたの小沢氏と小沢支持者への熱心で強烈な批判についてです。どうして、そのようなことになったのかにとても関心が湧きました。それで、以前の少し昔のSTさんたちとのやり取りも全部ではありませんが読ませて頂きました。

私は、小沢氏の「日本改造計画」を読んで傾倒した支持者ではないため、2009年以前の小沢氏の主張したことには傾倒していません。一番新しい政策を吟味し、ほぼ納得している者です。バブル時期や、成長期真っ只中での政策と、現在の政策・考え方が一緒である事は考えられませんので、昔の政策を持ち出しての批判は如何かと思います。今の状況に即した政策が大切なのだと思います。

あなたは、一つ一つ批判政策を挙げて批判なさっていましたが、まず「原子力政策批判」これは、小泉氏然り、以前は「原子力の平和利用」を肯定していた政治家が殆どでしたが、3/11以降に、謝罪なさった政治家を、私は、許せます。あなたは、どうだったのですか?デモに熱心なあなたですから、原発のデモも、ずっと以前から原発採用当時からずっと反対なさっていたのですか?それなら、批判の一つも言いたくなって当然だと思います。そうでないなら、過ちを認めて謝罪なさったなら許しても良いのではないでしょうか?昔はこうだったと昔の事を持ち出し批判しても、前に進めません。前に進むことが大切だと思います。

「ガソリン税廃止」についても、小沢氏は閣僚から弾かれ、裁判も抱え、その力を発揮できる立場にはなく、鳩山政権も前政権から引き継いだ予算に苦しめられ、その年にはその実行が難しく、小沢氏に泣きつき、あのような決断になったのだと聞きました。そして、その年はそうであっても、次の予算では実行する心づもりだったのだと聞いています。ですから、その次を受け継いだ菅さんが、官僚側に寝返ったために結果的にその実行をせずに反故にしてしまったというのが実状だったのです。単純に小沢氏を責めるのは酷だと思います。

「外国人参政権」についても、地方参政権は海外でも多くの国が実行している事実がありますし、あの戦争の歴史的な実情で、日本に滞在せざるを得なかった方々に対する地方参政権ですから、私は批難する事はそれも酷だと思います。考えが、狭義だとの批判もあたらないと思います。

「農業政策」に関しても、自給率100%を目指すことは悪いことではないと思います。農家への戸別補償は、日本よりも外国の方が比率が高いのだと聞いたことがあります。自由経済を取り入れていても、国の農業は命の綱という位置づけをしているため、外国でも日本よりも高い農家保証金を出しているそうです。農業は大切です。食べ物が外国の支配下に置かれては命が危うくなると思います。

そして、あなたの小沢支持者への批判もあたらないと思います。
あなたは、小沢支持者を「日本改造計画」をよりどころとしていると書き、その本の大部分は官僚が書き、経済の分野は竹中平蔵の元に書かれたと断定なさり「この本を小沢のバイブルのように心にしまいこんでいる小沢信者」と卑下なさいました。そして「笑止な小沢信者よ目を覚ませ」と一括なさっています。

でも、それは、あなた自身の思い込み、一方的な見方であって偏っています。あなたはそう考えるのであっても、それが万人にとっての正解ではありません。それを他人にまで当てはめてはいけないと思います。たとえ、その本をバイブルとしている方があっても批判すべきことではないと思います。人それぞれです。私のように最近の支持者はその本を読んで支持した訳ではありませんので、こちらも、あなたの言い分は当てはまりません。

あなたは、民主党を飛び出た辺りまでは認めるとおっしゃっていますね。その後の一ヶ月での未来の党の結成あたりからこれは、支持者への裏切りとおっしゃっています。私は、裏切りとは思いません。作戦が成功しなかった、裏目に出て失敗したと捉えています。作戦ですから失敗することもあります。失敗してもさらに立ち上がり、三回目の政権交代を目指してくださっています。わたしは、裏切りとは思えません。

その他にも、一年生議員の扱い方も小沢氏が鳩山氏の足を引っ張ったとおっしゃっていますが、それもあなたの一方的な見方だと思います。一年生議員は、議員としての基本がまだ分かっていないのですから、そんな状態で、省庁に送り込んでも、ベテランでさえ官僚に丸め込まれてしまうのですから、そうなった時には混乱し、政党中が混乱の渦になると思います。私は、次の選挙のためにもその下準備と議員としての基礎勉強は必要だと思います。間違ってはいなかったと私は思います。

300人以上の議員を当選させた支持者への裏切りと仰った原因を「自らが先頭に立ち政権を運営しなかった」や、「鳩山氏が失敗したなら鳩山氏に代わるのが常識」とか「民主党内の選挙ですら尻込みしている」とおっしゃって非難なさっていますが、その当時の小沢氏の置かれた状況を本当にご存知で、これをおっしゃっているのでょうか?裁判にかけられ、身内からも阻害され、鳩山氏が辞める時には抱きつかれ道連れにされたこともご存知ないのでしょうか?そんな状況なのに立候補できますか?あなたの批判は酷だと思いますし、間違っていると私は思います。

そして、このようにトドメを刺しています。
「小沢は意外と力が無かったのだ、それも、とんでもなく弱かった、なぜなら、小沢と意志を共有できる仲間がほとんどいない。その性格故にますます孤立をしている小沢にもう一度託すとは余程見通しが甘いのだ」と、ここでも、小沢支持者をケチョンケチョンに卑下なさっています。それは、あなた個人の思い込みです。支持者全員に当てはめないで頂きたいです。

反論します。小沢氏はどの政治家よりも力があります。どの政治家も成し遂げたことのない政権交代を2度も成し遂げ、更に3 度目に挑戦なさっています。力がなければできることではありません。あちら側の抵抗が強く、自分の身の安全と自分可愛さの議員が殆どである状況を考えもせず「意志を共有できる仲間が云々」と決め付けて「その性格ゆえ」と性格にまで及んで非難しています。とても卑怯で、小沢氏を取り囲む状況を少しも理解していない方だと思います。

そんな小沢氏に最後の望みを託している支持者に「その性格ゆえにますます孤立している小沢にもう一度託すと言うのは見通しが甘いのだ」と独りよがりの断定をなさっていますが、あなたの小沢氏理解の浅さがの原因の誤解と見当違いの八つ当たりだと私は思います。力のない政治家に、これだけ既得権益側の抵抗と罠が仕掛けられるのは有り得ませんし、政権を握っていない政治家を必死で叩く必要もないはずです。これだけの抵抗があるという事は力が「とんでもなく有り、既得権益側の驚異である」証拠だと思います。そうでなければ、誰も騒がないし、貴方も、これほど気になさらないのてはありませんか?

最後に、あなたは、私たち小沢支持者に「目を覚ませ」とおっしゃっていますが、仮にそうしたなら、私たちにはどの政治家がお勧めでしょうか?ぜひ、あなたのお勧めの政党なり主な政治家を参考にお聞かせください。

まとまりのない、長いコメントで申し訳ありません。


177. 天橋立の愚痴人間 2014年6月02日 03:28:02 : l4kCIkFZHQm9g : OTAYLwoWLI
STさん、一主婦さん

私も、言いっぱなしではいけないと思います。

私は小沢を否定していても、確かに、小沢以上の政治家はいません。

現在いろいろと話題に上がっている奴等、心に描くこともできません。

貴方方からは、小沢がだめなら他の政治家を名指せと言われていますが、本当に誰もいません。

ですが、私の政治に賭ける情熱は、それでも覚ますこともできません。
結局は、この投稿文の様な心境で政治を見ているのです。

この投稿文を小沢と関連して見られることを意図したするものではありませんが、貴方方にはそうは映らなかった様ですね。
貴方方以外にも、私が何を言いたいか、あまり解っているとも思いません。

何もないけれど、黙ってはおれない気持ちも御分りください。
行き掛かりで言いました、小沢に対するキツイ気持ちは、それだけのものを小沢に期待していた裏返しであり、もはや小沢に期待して現状を切り抜ける気持ちもないことも事実です。

小沢も、もう年です。
日本の改革には10年、20年もかかるでしょう。
日本が無難に社会を変えられる機会は、民主党の実験がおそらく最後の機会であったでしょう。
安倍自民党と維新の会などクソッタレ野党では、再び訪れる改革の時期は、一層悲惨な事態の中となるでしょう。
それ故に、民主党の馬鹿どもは、殺してやりたいほど憎いです。

私の様な情熱が、社会に燃え盛るのも、方法と思いますが、実際は平和ボケして危機感のない日本では、それも容易にはなりません。



178. 天橋立の愚痴人間 2014年6月02日 03:34:25 : l4kCIkFZHQm9g : OTAYLwoWLI
最後に S.T さん

小沢に関する事なら、貴方以上に解っているつもりですよ。

貴方の言っている事など聞かなくても。


179. S.T 2014年6月02日 04:32:31 : TNEHs1z1b5edM : EjehBkDH5o
今までの「安倍内閣を打倒しよう」という投稿内容は結局自己満足ですか。

>この投稿文を小沢と関連して見られることを意図したするものではありませんが、貴方方にはそうは映らなかった様ですね。
あのさぁ、何度も「小沢だけではダメなんだ」と言って来たでしょ。
誰もいないのでは、安倍政権を潰した後の政権は「誰でも良い」っていう事になる。
何の為の「倒閣運動」をやろうと煽動してんだよ。

私個人としては「河野太郎」は面白い事をいう政治家で、自民党によく在籍出来ると思う。
逆にね、自民党にいるからこそ自民党内部の事も解ると思うよ。

小沢に捉われるなというのは、こういった他の政治家もみんなで検討し合うって言う意味を散々訴えて来たつもりだけど届かなかったね。

>小沢に関する事なら、貴方以上に解っているつもりですよ。
しかし、あなたの意見はその先が無い。
小沢氏も歳だからそんなに長くは出来ないだろうね。
だからこそ、ホントに未来を託せると思える政治家を探そうとしているんだよ。
しっかりと政治が行われていれば、小沢氏はもう引退していたと思うよ。

それとね、解っているつもりなら自分の意見で動かない小沢だと批判するのは実は全く理解出来ていない。
小沢氏も単にあなた中の動かしたい駒でしかない。
これがね、自分が立候補して小沢をこき使ってやる!って言うのならまだわかるよ。

国会議員への立候補には会社を辞めて無職になり、高額な供託金をも払わねばならないからね。
だから多くの国民は諦める。
そんなリスクを減らせるのが国会議員の子供たち、つまり2世・3世議員や資産家達な訳。
これでは国民主導の政治は遠のいて行くだろうなぁ。


何度も言うけど、本当に国民の生活安定を目指している政策を掲げる政治家は誰なのか。
これこそが選挙で国民が選ぶ基準じゃないでしょうかね?
選挙で選ばねばいつ選べますか?
チャンスは「選挙」しかないでしょ。
つまり、安倍政権倒閣運動を目指すならば他のグループとも連絡を取ってお互いを生かす活動をすべきでしたね。


180. 2014年6月02日 09:01:40 : 183U02GDLU
>>179 STさん  

>私個人としては「河野太郎」は面白い事をいう政治家で、自民党によく在籍出来ると思う。

河野太郎こそ、自民党内の米国寄りの新自由主義派で、小泉純一郎に近いが、小沢一郎のようなハグラカシしたりする部分が少ないところと、安倍のような国粋主義的なところが薄いのが特徴だ。

STさんのような小沢一郎の新自由主義的な政策を支持する方が、河野太郎の政策を支持するのは理解できるが、最近の自民党は新自由主義寄りなので、特に河野太郎の政策が党内で異端というわけではない。

友達が少なく、個人的スタンドプレーが多いので、そういう部分が目立っているだけだと思う。


最近の自民党も新自由う




[12削除理由]:騙り

181. 2014年6月02日 11:19:03 : jHQ7z64TIk
>小沢氏も単にあなた中の動かしたい駒でしかない。

これって、当たり前じゃあ、ない。

自分の考えを代弁できる政治家を選んでいるのだよ。


>だからこそ、ホントに未来を託せると思える政治家を探そうとしているんだよ。

これも、当たり前。

いない場合は、どうするの!

ベストでなくても

ベターであれば、まだしも

クズばかりでも、選べと言うの。

何故、

そんなことしなきゃならない。

理解に苦しむ。

まあ、理想の低い人間ならば

気にしないかも知れないが。

小沢も、そんな奴らと比較されるとは

悲しいね。


182. 2014年6月02日 11:28:43 : jHQ7z64TIk
>これこそが選挙で国民が選ぶ基準じゃないでしょうかね?
>選挙で選ばねばいつ選べますか?
>チャンスは「選挙」しかないでしょ。

大きな事を忘れてはいませんか。

>>これこそが選挙で国民が選ぶ基準じゃないでしょうかね?

国民からみて選びたい政治家がいなければ

その事に対する不満を露わに示すべし。

それによって、政治全体を動かすこともできるのだ。

翻って、

もし、安倍、麻生、石破、石原(慎太郎)橋下、野田の中から選ばねばならないとすると、

貴方は、誰にするか悩むだけかね。


183. 2014年6月02日 11:40:43 : jHQ7z64TIk
>今までの「安倍内閣を打倒しよう」という投稿内容は結局自己満足ですか。

貴方は、どこまで行っても、文章を理解する力がない。

言葉だけを捉えている。

自己満足ではなく、もはや行動あるのみを言う事に連なる文章であり、それを示唆する、扇動する文章なのだ。

まあ、あまりはっきりとしてないところもあるが、

それは私自身が先頭に立つ気持ちがなえているからだ。

個人的な理由で実行する自信がないからだ(気概は十分にあるよ)。

誰かがレスしていたが、

具体的には、どのようにすれば良い、と問いかけられたレスがあった。

私には、それが一番、キツイ問いかけであった。

市民運動など、その気になれば、意外と簡単に起こせると言うことをレスしてたが、それに続いて、私に、なぜ起こさないとたたみ込まれることが、気になっていた。

政治を語るとは、その様なものではないか。


184. 2014年6月02日 11:49:32 : jHQ7z64TIk
小沢支援のデモを起こした時には、はっきりと打ち出していた。

誰か集まってくれと!

そうして、10日くらいで5名ほどの同志を得た、

阿修羅と糾弾掲示板だけで。

社会を本気で憂いている人も、結構いるのだ。

ネットとは、その様に使うもの。

アラブの春、と言うものが一時、取り上げられたでしょう。

阿修羅で発言しているひとこそ、自己満足の塊である。

言っておきますが、私の呼びかけに答えてくれた人は、私への連絡だけで掲示板を使われただけ。



185. 2014年6月02日 11:59:16 : jHQ7z64TIk
誰かが思い立ってくれるために書いておきましょう。

中核の人間が集まり、駆動を起こせば、口伝てでさらなる同志を募る事も出来る。
他の組織へ語りかけ、組織を大きくもできるし、デモを通して同志が増える。

最終的には40名を超える人と交わった。
この阿修羅にたまに投稿されている、ひげの戸田氏も、その一人。
かれは彼自身で立派な組織を率いる生粋の闘争家。

しばらくのあいだ、お付き合い願っていた。
またネットで著名な(悪名)、高知の藤島氏も、その一人。
彼はネットで悪名を打っているが、全くそんな人ではない。

皆さんも、市民運動を起こされては如何かな。
立ち上げには経験を生かして協力しますよ。

STさんも。
ただし、この際、小沢支援は遠慮しますよ。


186. 2014年6月02日 12:22:33 : jHQ7z64TIk
デモの事を書いていると懐かしさがこみあげてきた。
そんな事を言うと、もうやる気がなくなったのかと言われるが。

埼玉で一人でもやると言われていた活動家。
実際は大阪の釜ヶ崎に出入りしているて半生を反骨精神で貫いているひと、鎌倉で昔、共産党系の闘志であった人など、その時は小沢支援の名目であったが、彼らにとっては小沢命でもなかった。

今でも頑張っておられることと思う。
電話してもあったことはないが、東京の組織を纏めておられたひと、新潟で頑張っていた人なども大変な情熱を掲げられていた。
ただし、この方たちは小沢命であったから、今頃は逼塞されている事と思う。

他にも福岡、名古屋の組織の人との交流があった。
小沢支持を打ち出せは、あまりいい顔はしなかったが、大阪で司法被害者の会(逮捕拘留の経験者)を束ねている人とか、釜ヶ崎支援組織のリーダーとか、ユニオンと言う小さな(と言っても構成員は2000人くらい)の労組のリーダー、2〜3人とも御近づきになれた。

蛇の道は蛇と言うが、まさにその通り。
私も真面目に続けていたら、全国統一(連携)をもくろんでいたであろう。

私にとって懐かしい一時期ではあった。


187. 2014年6月02日 12:32:23 : jHQ7z64TIk
小沢信者様方へ

小沢、小沢と言うのは、政治を語る領域において非常に狭いものである事が御分りになりませんか。

せっかくの情熱が、嘉田滋賀県知事ではないが、

それでは勿体ない。


188. Yomy 2014年6月02日 12:40:15 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
米国戦争屋は軍事力で戦争を仕掛けようとするが、米国経済屋は経済力で戦争を
仕掛けてくる。どちらも侮れないが、まずは戦争屋の戦争をしっかり防ぐ。
ブッシュ共和党だ。

経済屋は財務省を通して消費税と言う爆弾を投げ込み、またたくさんの人を死に
追いやるが、これにもうまく連携して対抗しなければいけない。オバマ民主党だ。
この玄関から入ろうとする虎と、裏口に居座る狼をうまく捌かないといけない。

この2段構えでやってくるのは元々米国の得意技だ。しかし、これに負けずに
じわじわと抵抗していると、いずれ彼らも悲鳴を上げだす。金価格を不当に下げ
たり、株価を不当に上げたりしているのは、彼らの悲鳴だ。軍も引き上げている。

そして、最後には、大コケする米国を寸前で助けてやる。間接的に中国も助ける。
これが大人の戦い方だ。なぜなら、各州レベルで米国民は意外とまともだからだ。
ここの住人のように。こういう時こそ、状況を良く見極めないといけない。

慌てて飛び出して、戦う相手を間違わないようにしないといけない。


189. S.T 2014年6月02日 12:52:36 : TNEHs1z1b5edM : zELuRpIB0E
あんた、相当な自己中だね。
ここでの投稿テーマはなんと問いかけたのか忘れたのか?
「安倍内閣を打倒しよう」だろ?
民主主義なら当然次の内閣が決まる。
その内閣政治家は誰が当選させているのかって言うと「日本国民」だよなぁ。
日本の政治を行う政治家にろくなヤツがいないと決めつけて自説も成立させる事の出来ないとは、もう終わったな。

元もな政治家を探そうと提案してもあんたは拒絶したよね。
俺がさんざん言って来た「アンチ小沢」は小沢さえいなくなればソレで良いという事だから、日本が韓国や中国に侵略されて統治されても構わない、日本国民の未来なんてどうでもいい、そう言う事だよ。

>小沢も、そんな奴らと比較されるとは悲しいね。
そんなオマエがデモに参加した人前でどう説明する?
そして「安倍内閣を打倒しよう」って呼びかけるだけで次のステップさえ考えていない。
色々な考え方や方法はある。
誰なら日本国民の生活を良く出来る、つまり貧富の差を無くせる方向に進めるのか。
「一緒に考えよう!」っていう共同案さえも示せず、人の意見に乗っかるだけ。
つまりは考えるのではなく、人の意見を盗み、自分の主張に取り入れたいからだろうと俺からは見える。

>もし、安倍、麻生、石破、石原(慎太郎)橋下、野田の中から選ばねばならないとすると、
>貴方は、誰にするか悩むだけかね。
馬鹿ですか。
日本の政治家(国会議員)は何人いるのですか。
悩んでいる暇があれば「探す」よ、普通は。

>国民からみて選びたい政治家がいなければ
>その事に対する不満を露わに示すべし。
意味は解るよ。
でもさぁ、あんた、「安倍内閣を打倒しよう。」って言い切った訳。
打倒した後の事が考えられないなら「安倍内閣を批判しよう。」の間違いだよ。

しかしまぁ、あんたとの会話は成立しないね。
今後はアンタとの会話は気まぐれにしかしないようにする。
ほんま、時間のムダだった。

>阿修羅で発言しているひとこそ、自己満足の塊である。
自己矛盾。
誰が「安倍内閣を打倒しよう。」って発言したのかな?
自己満足思想を露呈させちゃったね。

>立ち上げには経験を生かして協力しますよ。
アンタだけは断固拒絶する。
「俺が関わったんだ」とか、「俺がここまで育てたんだ」って自慢し言い出す姿が見えて来る。
で、上手くいかなくなったら「誰かのせいにする」だろうね。

元に戻るが、結局「安倍内閣を打倒しよう。」って何だったの?
退陣すれば後任を決めなければならない。
場合によっては解散総選挙というまたとないチャンスが産まれる。
その打倒したあとの事なんて「俺は知らん」といのがアンタそのものだよ。

一緒に考えてみようって意固地になって言えない事こそ、自分で自分の首を絞めている事。

100%正しいヤツなんて居ないよ。
意固地になって絶対的指導者を決めようとすれば、それは「独裁者」を作り出す事にもなる。
だから色々な国会議員を支持する国民がいて当然なんだよ。
むしろそのほうが健全な国家だね。

だから「天橋立の愚痴人間さん」の思想は否定しないと書きたい所なんだが・・・
否定じゃないんだよ、会話にならない。


最後に注意しておく。
>阿修羅で発言しているひとこそ、自己満足の塊である。
>小沢信者様方へ
どうしてコメントなど投稿しているのか、その気持ちをあんた自身が一番理解していない。
二度とこの様なコメントをすんな。

あ、これで本当に最後の一言。
今までデモや抗議活動を散々行って日本はどうなりましたか?
安倍政権が生まれましたね。
活動や行動とは何か根底から考え直さないと、奴らには痛くも痒くもない、むしろ情報を扱う側だから好き勝手に出来ると考えたほうがいい。
活動で最も効果的な事は何か。
政治家を決めるのは政治家じゃない、国民自身であり国民を裏切る政党や政治家には投票を考え直そうと表現したほうが良い。
そして今後の不正選挙を起こさせない為にも不正出来ない選挙方法をまず考えておく必要がある。
解散総選挙が決まればうかつな事が言えなくなるだけに、選挙のない今だからこそ出来る事(表現)もある。
いくらデモをしようが抗議活動をしようが、その思いは政治家に対して向けているのか、多くの国民に知って欲しいから糾弾しているのか、それとも両方なのか、一度よく考えてみる事だね。


190. 天橋立の愚痴人間 2014年6月02日 13:32:24 : l4kCIkFZHQm9g : jHQ7z64TIk
会話にならない、

のじゃないよ。

あんたが小さすぎるのさ!


191. 2014年6月02日 13:39:25 : jHQ7z64TIk
ST氏

No189のレスは、小沢信者としての狭量さを見事に現したものである。


192. 天橋立の愚痴人間 2014年6月02日 13:54:17 : l4kCIkFZHQm9g : jHQ7z64TIk
>今までデモや抗議活動を散々行って日本はどうなりましたか?
>安倍政権が生まれましたね。

私もおしまいにしようと思ったが、思い返して、これだけは言っておく。

あんたは小沢支援のデモに情熱を掲げた人々を愚弄するのか。

それでも小沢信者なのか。


おのれの身勝手さ、情熱のなさ、口舌の徒ぶりを

思い知るべし。


193. 一主婦 2014年6月02日 14:48:00 : rfKiZAFzfsBYA : 5Gd2TvlhjA
天の橋立愚痴人間さん。
あぁ・・・もう・・・幻滅です。
これほど理解力のない人が、小沢支援デモを先導していたなんて・・・よく人が集まりましたね。その方々、貴方の現在をどう思っていらっしゃるのかと心配になります。あなた、結局小沢氏の表面しか見ていなかったのですね。

STさんに「小沢のことは、STさん、あなた以上に分かっている」とおっしゃっていますけれど、あなたは全然理解できていないと思います。支持者歴25年ですか・・・なんか、新参者の私よりも劣ると思います。ホント、理解が薄いと言うよりも、自分勝手な思い込みを25年も・・・呆れました。

貴方の先導のデモはそれゆえに効果がなかったのでしょう。もちろん、デモでこの社会を変えられるほど、今のこの社会事態は簡単ではないと思います。デモをするにしても、この国の民の成熟具合が鍵になると思います。うわべだけの理解や、テレビに洗脳された国民が大多数の現在では、一部の人の不満のはけ口のデモでしかないと思います。そんな成熟しないデモは「デモに巣食う政党」の餌食になり利用されるだけだと思います。

政治は、選挙でしか変わらないと思います。
現在の市民の成熟度では、デモの人数も膨らみません。既得権益側に鼻で笑われて無視を決められて終わります。何より、共産・社民の票の餌にされていると思います。脱原発のデモに数回参加して、私はそう感じました。もう、私はデモには期待しません。参加もしません。

あなたは、この貴方の記事投稿スレットだけではなく、最近の別スレット複数でも、天の橋立愚痴人間さんを名乗らずに、無名で様々な小沢批判を曲解、誤解を元に活発になさっていますね。皆さんに指摘され、スゴスゴとハンドルネームの天の橋立愚痴人間を名乗り、小沢批判もなさいました。あなたの頭の中は、今もまだ小沢さんで一杯のようですね。小沢さんに見切りをつけたのでしたら、気持ちよく卒業なさったらいかがでしょうか?それともまだ小沢さんに未練がおありなのかしら?

STさんに「あんたが小さ過ぎるのさ!」と捨てゼリフを吐かれましたが、私はあなたが限りなく「小さな男」に感じられます。「小沢信者」という単語を連発して小沢支持者を卑下なさるような「人間としての小ささ」も満杯ですね。もう、見苦しいコメントはお控えになった方が、昔、貴方とデモをご一緒した方々に対する礼儀だとも思います。

貴方の、余りにも酷い有様に、言葉がキツくなりました。
どうぞ、もう、小沢氏に関わらずに、あなたの理想の政党と政治家を見つけてください。私は小沢氏の「最後のご奉公」に期待し、賭けます。
私たち支持者の邪魔をなさらないでください。
選択の自由を否定なさらないでください。
早く、貴方の理想の政党と政治家を見つけてくたさい。


194. S.T 2014年6月02日 14:59:23 : TNEHs1z1b5edM : zELuRpIB0E
天橋立の愚痴人間さんよ、本当に話のすり替えコメントばっかりだな。
「安倍内閣を打倒しよう」ってのは大ウソなんだね。
いかに自分の器を大きく見せたいのか、最後のほうのコメントで実によく解る。
自分がいかに関わっているのか自慢したいだけ。

本気で政権に対し批判し行動を起こす者こそ威厳に捉われないもんだよ。
全ては結果だから。

>あんたが小さすぎるのさ!
はいはいw
「安倍内閣を打倒しよう」なんて言っておきながらその先は何もないだなんて、どれだけ器がデカいんだろうな。
思想のブラックホールだよ、あんたは。

>あんたは小沢支援のデモに情熱を掲げた人々を愚弄するのか。
あんたが一番「小沢支持者」を愚弄している現実は無視かい?
だから俺は小沢支持者に対し、これ以上誹謗中傷コメントをすれば「敵とみなす」と書いた。

そして散々デモや抗議活動をして結果は実りましたか?
小沢氏は裁判で無実にはなった。
でも現実問題として今の政権は「安倍自民党政権」だろ?
いい加減現実を見ろよ。

>それでも小沢信者なのか。
ほんとうに器のデカすぎるお人だな。
小沢氏の「政策」こそが今の日本に必要だと考えているから、小沢氏でなくても同じ政策なら支持したいと言っているんだけど。
一体何度小沢氏だけじゃダメだと言わせるんだよ。

あんたは器がデカ過ぎて自分の考えさえまとめられずに後先考えずに行動を行おうとしたんだよね。
民主主義なら、まずどうして安倍政権が誕生したのか考えろよ。
山本太郎という俳優も、自分の意志を通す為に行動として国民に信を問い国会議員として誕生した。
一般市民としての行動と、国会議員としての行動や影響力は格段に違う。

だから国民は数を力に変える事で「抗議デモ」と言う方法を取り行動する。
抗議と言う形でこのままじゃ次の選挙で落選の危機があるからこそ国民の声を取り入れようとする。
でもなぁ・・・
不正選挙の可能性だとか、政治(政策)に無関心な国民が増え投票率が落ちて行けばどうなるか。
デモを行っても声は届かないし反映しにくくなる。
だから考えろと書いているんだよ。

>おのれの身勝手さ、情熱のなさ、口舌の徒ぶりを
>思い知るべし。
天橋立の愚痴人間さんがいかに「器のデカい」人物なのかよく解った。
デカ過ぎて自分のコメントや行動を振り返り考える事が出来ないんだね。
デカいから自分には優しく「おのれの身勝手さ、情熱のなさ、口舌の徒ぶり」を他人に向けても問題ないんだね。

ちなみに器の大きさは知識や行動だけじゃないよ。
最後には「人間性」なんだね。

俺には俺のやり方がある。
出来る範囲で少しずつでも日本の未来の為に出来る事はやって行こうと思う。
無理せず「程々」にな。

本当に忙しくて中々暇がないんだよ。
でも真面目な事なら喜んで一緒に考えたり行動したりするんだが・・・
「ダメだ、こりゃ」


195. 2014年6月02日 16:21:56 : YF1gmvpXDA
>最後には「人間性」なんだね。

良く解っているじゃないか。
その人間性で人と付き合い、引っ張ってきているのさ。

阿修羅の片隅で、個人個人が個人の立場でぐじゃぐじゃ屁理屈を捏ねていても
小沢の復活を待望していても

話しにゃならない。

まあ、それぞれで努力をすることだね。


196. 2014年6月02日 16:32:17 : YF1gmvpXDA
先の参院選で生活の党の当選者は、〇
公明党は、11人。

かつて小沢の個人票は全国で400万と言われていた。
公明党の基礎票は創価学会の800万と言われている。

ならば生活の党の当選者が5人や6人いても可笑しくはない。
それが〇となったのは、小沢の基礎票が1割ていどに減っていると言う事の証明。

私を含めて、それだけ多くの支持者が、小沢を離れたと言うこと。
その理由はひとえに未来の党騒動が起因している。

この現実は隠しようのない事実。

阿修羅に残る小沢信者さんなどは、阿修羅でより生息できない絶滅危惧種。
大事に、保護しなくては。


197. 2014年6月02日 16:38:01 : irvhwFawfo
小沢一郎が日本の政治を立て直す
日本を再生する
国民よ覚醒せよ
小沢一郎の許へ集合 一緒に日本を再生しようではないか!!

198. 2014年6月02日 17:00:57 : YF1gmvpXDA
>小沢一郎が日本の政治を立て直す
>日本を再生する
>国民よ覚醒せよ
>小沢一郎の許へ集合 一緒に日本を再生しようではないか!!


同意!

天橋立の愚痴人間


199. 2014年6月02日 17:27:02 : YF1gmvpXDA
大体、このスレッドは、小沢のオの字も出していないのに、途中から小沢、反小沢の花盛り。

事のついでに、せっかくやりかけた、新しい社会の為の経済論も霞んでしまった。

訪れる御客も随分といなくなった、そろそろ御終いにしましょうや。

Yomy さん。


200. Yomy 2014年6月02日 21:04:02 : xX7Gl1Krzg6PE : EAkIk2fULU
今回は、資本主義から社会主義に至る場合の道筋をメインに考えてみました。
これは、社会主義が、現在唯一の有力な候補であるため、継続して肉付け
を行っていきます。その途中にある修正資本主義についても考えます。

次回以降のスレでは、まったく別の、新規性のある経済システムに挑戦して
みてもいいでしょう。それには、まず、現行システムの問題点を列挙する
ことが必要です。今回もう少し問題点列挙をやりたかったですが、資本社会
主義の話を優先しました。

この問題点列挙は、特に経済の問題に限らず、あらゆる問題を挙げていく
べきです。中には、よく見るとその根っこの部分が経済システムと絡んでいる
場合があるから。

市民運動については否定はしないですが、突き詰めると、新しい政党を立ち
上げるしかないと思います。またその際は、ぜひ市民運動家達には、人間性を
忘れないで活動してほしい、まずそのように期待します。

戦国時代から江戸時代にかけて、織田信長が破壊し、豊臣秀吉が創造し、
徳川家康が維持した、そしてその子供に受け継がせた、そのように認識して
います。破壊と創造と維持、この3人は不世出の天才だったと自分は考えて
いますが、それでも3人必要です。現代では、果たして何人必要なのか。

終わり


201. 天橋立の愚痴人間 2014年6月02日 21:53:36 : l4kCIkFZHQm9g : YF1gmvpXDA
Yomy さん、

No199を最後にしようと思っていましたが、

>市民運動については否定はしないですが、突き詰めると、新しい政党を立ち
上げるしかないと思います。


この文言に反応します。

ここで新しい政党と言われtいますが、そんなに具体的でもなく
新しい社会の理念が必要なのです。

小沢支持デモの時の旗印は小沢で良かったのですが

新しい社会を、政治を目指す市民運動を盛り上げるためには
新しい理念が必要なのです。
そういうものを掲げてこそ、暴動ではない激しい市民運動を目指せるのです。

全国の心ある人に訴えることが出来るのです。

このことが言いたくて、貴方にもそういう観点からアプローチしていただきたくて引き返してきました。

最後の最後で、良い言葉で締めくくれました。



202. JohnMung 2014年6月05日 10:05:50 : SfgJT2I6DyMEc : i9UteDVlF2

 阿修羅閲覧のみなさん おはようございます。

 このスレは、投稿者が閉鎖宣言をされていますが、立ち寄られたみなさんに、茨木のり子(1926-2006)さんの「自分の感受性くらい」を紹介させていただきます。

 この詩は、同女が伴侶を亡くされて、2年後の1977年(51歳)に発表したものです。

●自分の感受性くらい・・・茨木のり子(51歳、1977年)

 ぱさぱさに乾いてゆく心を
 ひとのせいにはするな
 みずから水やりを怠っておいて

 気難しくなってきたのを
 友人のせいにはするな
 しなやかさを失ったのはどちらなのか

 苛立つのを
 近親のせいにはするな
 なにもかも下手だったのはわたくし

 初心消えかかるのを
 暮らしのせいにはするな
 そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

 駄目なことの一切を
 時代のせいにはするな
 わずかに光る尊厳の放棄

 自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 茨木のり子さんについては、下記をご覧下さい。

【あの人の人生を知ろう〜茨木のり子編】
 http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/shisyu.html

 ↑ には、「●わたしが一番きれいだったとき」(茨木さんは15歳で日米開戦を、19歳で終戦をむかえた)や「●倚(よ)りかからず」(73歳の作品)などが含まれています。

 最後に、自ら情報検索・検証・確認し、自主的に判断し行動することを通じて、自主的自覚的日本人(国民)として前進するように心がけましょう。
 併せて、あなたのご家族・縁者、友人・知人たちにも、同様の行動をしていただけるよう、働きかけましょう。

 社会体制を変革するには、多くの優れた人材が不可欠です。
 その裾野を、遥かに多くの日本人(国民)のエネルギーで支えねば、変革は成し遂げられないでしょう。
 変革は往々にして、一直線には進まないものです。激しい揺り戻しで、挫折感を目一杯味合わされることもあるでしょう。
 一喜一憂せず、粘り強く、かつ後世を育てながら、前進しましょう。


203. 一主婦 2014年6月05日 16:33:16 : rfKiZAFzfsBYA : 5Gd2TvlhjA
JohnMungさま、心が潤う茨木さんの詩とコメントありがとうございます。
ホント、この掲示板は疲れますね。心が砂漠状態でパサパサになってしまいますね。そんな時に、心通じる参加者の方々に出会う事で、オアシスにたどり着いた想いになります。ありがたいことに、コチラには要所要所で、オアシス替わりの、暖かな皆さんのコメントにお会いでき、辛うじてパサパサにならずに済んでいます。とても感謝です。

第三の政権交代を目指して頑張りましょうね。
そして、孫子に恨まれないような、社会と政治に直す事を成し遂げたいですね。


204. 2014年6月08日 16:47:51 : UiOd73SM7Q
選挙制度を議会ではなく裁判所が作る
これだけでもだいぶ世の中よくなる

205. JohnMung 2014年6月09日 04:00:35 : SfgJT2I6DyMEc : FQblDdgClA

 一主婦さん PCトラブルなどあって、レスできませんでした。

 >>202.でも触れましたが、社会体制の変革は一朝一夕ではなし得ません。
 焦らず気負わず、愚直に地歩を固めながら、前進しましょう。

 ところで、「小沢がぁ〜」の合唱団は、かつては「真相の道」=Vaka=後藤謙次はじめ、野中広務の飼い犬・自称ジャーナリスト松田賢弥や「新共産主義クラブ」=「新自由主義クラブ」などバカウヨ・クソウヨどもが主でしたが、本年初め辺りから似非左翼カルト日本共産党のプロ工作員どもが目立ってきており、さらに、それらのいずれにも属さない方々も加わって、共鳴し合っているようですね(笑!

 中には、「小沢がぁ〜」の重症患者や「頭脳硬化心狭量性虚妄症」の方々も見受けられるようです。お気の毒なことです。

 こういう方々が病状を脱され公平な思考ができるよう、一縷の希いを込めて、サミュエル・ウルマンの詩「青春とは」を贈りましょう。
 以下に、全文を引用掲載しておきます。

 この詩が問いかける意味を、10代後半の若者も、20代の青年も、壮年期の方、高年期の方、老年期の方も、しっかり考えてみましょう。
 なお、この詩に関心を持ったのは、哲学者・黒崎政男氏のトークを聞いてからです。

(引用開始)
「青春とは」 サミュエル・ウルマン

 青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。
 若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する冒険への希求がなければならない。

 人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。 理想をなくした時老いるのである。
 歳月は人間の皮膚に皺を刻むが、情熱の消失は心に皺を作る。
 悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。

 六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。

 人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。
 自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
 希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。

 自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、その人は若いのだ。
 感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。
 そのような人は神のあわれみを乞うしかない。
(引用終了)

 引用元:青春とは サミュエル・ウルマンの感動的な詩(名言) 2010年04月10日
 http://sago.livedoor.biz/archives/51494488.html

 原文については、下記でご確認下さい。
 サミュエル・ウルマンの詩「青春」(原文)
 http://www.geocities.jp/sybrma/170samuel.ullman.youth.html

 なお、「青春の詩」を巡るマッカーサー元帥と昭和天皇との逸話の一端については、下記をご覧下さい。
 http://home.h03.itscom.net/abe0005/ikoi/seishunn/seishunn.htm

 最後に、投稿主はすでに、別スレを立てて、Yomyさんらと議論しているようです。

 ”安倍内閣を打倒しよう→新しい国のかたち”
 http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/313.html
 投稿者 天橋立の愚痴人間 日時 2014 年 6 月 02 日 22:05:41: l4kCIkFZHQm9g


206. 一主婦 2014年6月10日 09:22:31 : rfKiZAFzfsBYA : 5Gd2TvlhjA
JohnMungさま。
サミュエル・ウルマンの詩の紹介ありがとうございます。
「青春とは」を読んで、掲示板で疲れた心が回復しました。
いつまでも、みずみずしいこころを失わずに生きられたならと思います。

パソコンの不調大変でしたね。でも、パソコンで良かった!
お体お気お付けくださいね。

天の橋立さんのあちらのスレットを、ちょっと覗いてみました。
私には、ちんぷんかんぷんのやり取りでした。
あの三人は仲良しだったのですね。
なんか複雑な感じです。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK165掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧