★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 856.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チェルノブイリでは1500万人以上死亡 福島原発事故ではいったい何人亡くなるのか?
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/856.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2015 年 9 月 26 日 13:09:55: FpBksTgsjX9Gw
 

有名人の相次ぐ発がん、がん死で、いよいよ放射能健康被害が顕在化してきた。

今回は、チェルノブイリ事故で、いったい何人が亡くなったのか、日本では何人亡くなるのか、
少し細かく検討しよう。

世界の国の大半で人口が増加しているが、人口減少国ワースト20のうち、グルジア、モルドバ、リトアニア、
ウクライナ、ブルガリア、ベラルーシ、ラトビア、ルーマニア、ロシア、ハンガリー、クロアチア、エストニア、
ポーランドの実に13ヶ国がチェルノブイリ周辺国である。

「国の人口増加率順リスト」 (Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%A2%97%E5%8A%A0%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

このデータだけでも、放射能汚染による影響が強く疑われるが、国別に人口の減少数(ピーク時から2014年まで)、
出生率、死亡率を見ていこう。

以下は、ワールド・データ・アトラスによる統計である。
http://jp.knoema.com/atlas


[ベラルーシ]
10239000 (1993)
9470000 (2014) 769000 76万人減 (7%減)
粗出生率  17.1 (1985) -> 8.8 (1997) 1000人当たりの人数
粗死亡率  10.1 (1985) -> 14.9 (2002)

[ウクライナ]
52179210 (1993)
45362900 (2014) 6816310 681万人減 (13%減)
粗出生率 15.0 -> 7.7 (2001)
粗死亡率 11.8 -> 16.6 (2005)

[ロシア連邦]
148,689,000 (1992)
143,819,569 (2014) 4869431 486万人減 (3%減)
粗出生率  16.6 -> 8.3 (1999)
粗死亡率  11.3 -> 16.4 (2003)

[ブルガリア]
8981466 (1988)
7226291 (2014)  1755175 175万人減 (19%減)
粗出生率  13.3 ->7.7 (1997)
粗死亡率  12.0 ->15.0 (2007)

[ルーマニア]
23201835 (1990)
19910995 (2014) 3290840 329万人減 (14%減)
粗出生率  15.8 -> 8.8
粗死亡率 10.8 -> 12.8 (2010)

[リトアニア]
3704134 (1991)
2929323 (2014) 774811 77万人減(20%減)
粗出生率  16.5 -> 8.6 (2002)
粗死亡率  11.1 -> 14.1 (2007)

[ラトビア]
2666955 (1989)
1990351 (2014) 676604 67万人減 (16%減)
粗出生率  15.4 -> 7.6 (1998)
粗死亡率 13.2 -> 16.6 (1994)

[エストニア]
1569174 (1990)
1313645 (2014) 255529 25万人減 (16%減)
粗出生率  15.5 -> 8.8 (1998)
粗死亡率 12.7 -> 15.2 (1994)

[グルジア]
4911100 (1993)
4504100 (2014) 407000 40万人減 (8%減)
粗出生率  18.4 -> 11.9 (2001)
粗死亡率 9.3 -> 11.54 (2013)

[モルドバ]
3709000 (1992)
3556400 (2014)  152600 15万人減 (4%減)
粗出生率  21.9 -> 11.6 (2002)
粗死亡率  10.7 -> 14.1 (2013)

[ハンガリー]
10596487 (1988)
9861673 (2014)  734814 73万人減 (6%減)
粗出生率  12.2 -> 8.8 (2011)
粗死亡率  13.9 -> 14.5 (1993)

[クロアチア]
4780000 (1990)
4236400 (2014) 543600  54万人減 (11%減)
粗出生率 13.3 -> 8.9 (2003)
粗死亡率 11.1 -> 12.1 (2012)

[ポーランド]
38660271 (1999) 
37995529 (2014) 664742  66万人減 (1%減)
粗出生率 18.3 -> 9.2 (2003)
粗死亡率  10.3 -> 9.4 (2002)

ベラルーシ、ウクライナ、ロシアの三国で1243万人、ブルガリアとルーマニアで504万人、
その他8ヶ国で417万人、合計で何と2164万人も20年弱の間に減少している。

原子力業界は、これらの国での人口減少を経済状況の悪化でストレスが増えた、飲酒が増えたため、
などと説明しているが、もちろん何の根拠もないデタラメである。
ロシア人には大酒飲みが多く、寿命が短いのは昔からのことで、それでもチェルノブイリ事故前は、
人口が増加していたのだ。

経済状況が深刻な国はギリシャなど他にいくらでもあるが、人口が急減したという話は聞かない。

では移民はどうだろうか?外国への移住が増えて人口が急減したのだろうか?

EU圏の主な移民受け入れ国で1986年から2014年までの移民を含めた人口増加数を調べると、
おおよそドイツが310万人、フランスが905万人、英国780万人、イタリア370万人、スペイン780万人である。

御存知のように、移民の大半は中東やアフリカから来たアラブ・イスラム系である。
2005年にフランスでアラブ系移民による暴動が起き、何千台もの車が放火されたことは記憶に新しい。

東欧圏からのEUへの移民は、移民全体の多くても2割以下、せいぜい500万人程度だろう。
とても2000万人もの人口減少を説明できない。

現在、シリア内戦でEU圏へ40万人超の難民が押し寄せており、各国は対応に四苦八苦している。
40万人でもこの状況なのだから、東欧から2000万人も移住したら大混乱になる。
そんなことは起こらなかったことは明らかだ。

そもそも移住が簡単だと思うこと自体が間違いである。
たとえ合法に移住できたとしても、言葉が通じない異国で、この不況下に、どうやって仕事を見つけて
生活していくのか。
医者や研究者など、特別な専門職でかつ外国語も堪能でなければ極めて難しい。
外国語を話せない日本人が海外でやっていけるかどうか考えればわかるだろう。

もう一つつけ加えておくと、ロシアやウクライナはかなりの数の移民を受け入れている。
それでも人口減少に歯止めがかからない。実際の人口減少数はもっと多い可能性がある。

戦争・紛争で亡くなった人も数万人単位であり、ケタが違う。
この20年間に何百万人もが死ぬような大戦争は東欧では起きていない。

さて、500万人が移住その他で説明できたとしよう。残り1500万人はどこへ行ったのか。
もちろん放射能被ばくが原因で亡くなったとしか考えられない。

その証拠に、これらチェルノブイリ周辺国では、上に挙げたとおり出生率の低下と死亡率の上昇が
共通してみられるのだ。

医学・医療の進歩により、アフリカの開発途上国でも死亡率は漸減傾向にある。
大規模な戦争や内紛などが無い限り死亡率が急激に上がるということはない。
もちろん、移住では死亡率の上昇は説明できない。

また移民など人為的な変動では、人口の減少に凹凸が生じ、なだからなカーブにはならない。
非人為的な理由、すなわち被ばくで人口が減少した証拠である。

もう一つ、自殺がこれらの国に非常に多いのも、被ばく被害を裏づける事実である。

「自殺率(10万人当たりの自殺者数)」 (Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%87%AA%E6%AE%BA%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

世界自殺率トップ20位の半分はこれらチェルノブイリ周辺国である。ちなみに日本は第13位である。

これも経済混乱・困窮が原因だとデタラメの説明がなされることが多いが、
経済的に困窮している国は他にいくらでもあり、自殺は増えていない。
脳が内部被ばくして、重いうつ病、自殺衝動を引き起こすことが真の原因である。

チェルノブイリ事故8年後に、こんなニュースが配信された。

「チェルノブイリの記事が示唆する日本の将来」
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/467.html

「1994/5/11 毎日:バーデンバーデンAFP
チェルナウセンコ氏は10日、ドイツのラジオ放送で、チェルノブイリ事故による放射能汚染のため
旧ソ連諸国で向こう10年間に1500万人が死亡するだろうと述べた」

このチェルナウセンコ氏の予測がどういう根拠に基づくものかは不明だが、
上記の考察と数字が一致することは興味深い。

チェルノブイリ事故での犠牲者は約90万人というのが非御用学者の一般的な見解だが、
これは医学的に確実な数字であって、実際はその10倍以上が亡くなっているはずである。
学者は確実に証明できる数字しか出さないのだ。

もし1500万人もの人々が被ばくで死亡していないと反論するのなら、彼らはどこに行ったのか、
明確な証拠を示してほしい。おそらく不可能だろう。

どこの人口を調べても、短期間に移民により1000万人以上の増加をした国はないし、
そういったニュースもない。


さて、福島原発事故では、これからの20年でいったいどのくらいの人が亡くなるのだろうか?
残念ながら、チェルノブイリに比べて福島原発事故はあまりにもマイナス要因が多い。

第一に、福島原発事故は4年半経っても未だに全く収束のメドすら立っていない。

ソ連は超大国の威信をかけ、多大な犠牲を払って数ヶ月で巨大な石棺を建設し、
放射能汚染の拡大を阻止した。また溶融燃料の沈降も防ぐことに成功した。

福島第一原発は何一つ放射能汚染の流出・拡大を阻止できていない。
汚染水は海へ垂れ流し放題、地下に沈下した溶融燃料は地下水と接触し、
放射性蒸気を噴き上げている。
未だにあちこちでヨウ素131が検出されているのは、断続的に臨界が起きている証拠である。
絶望的な状況である。

第二に、日本政府は、被ばく防止、汚染拡大防止対策を全く行なっていない。

旧ソ連は、汚染地域を汚染度によって区分けし、多くの村を廃村にし、何百万人もの住民を移住させた。
現在でも汚染が拡がらないよう、汚染地帯から出る人や車両は厳重にチェックしているし、
食品汚染も厳重に検査している。
また汚染を拡大させる火災、山火事が起きないよう、厳戒態勢をとっている。

ところが、日本のやっていることは全く逆である。
避難・移住どころか、汚染地域への住民の帰還を奨励している。
汚染拡大防止策も、食品の汚染検査も皆無に等しい、というより、被ばく被害をごまかすため、
むしろ汚染拡大をねらっている。
汚染ガレキも焼却し放題。焼却灰、汚染土や汚染木材を再利用しようとさえしている。
これでは、健康被害は増える一方で減ることは決してないだろう。

第三に、チェルノブイリと比べ日本は人口密度がケタ違いに高いということだ。

1平方キロメートルあたりの人口は、ベラルーシが50人、クライナが79人に対し、日本は340人、
東京都は6000人、都内で最も稠密な豊島区は実に21000人である。

ウクライナやベラルーシの写真を見ればわかるが、街や集落を離れると広大な農場や原野が拡がっている。
そして、その大半が汚染されている。日本では、そこにびっしりと人が住んでいるわけだ。
チェルノブイリとは比較にならないほど多くの健康被害が出るだろうことは言うまでもない。

第四に、原発事故の影響は別としても、日本は超高齢化が進み、すでに人口減少が始まっていることだ。

福島事故前、政府は50年後には4000万人減って総人口が8000万人台になるとの予測を発表した。
平均すれば毎年80万人減であり、これは福井県の人口と同じである。
毎年、福井県が一つずつ消えていくと思えばよい。大変な減少である。

被ばく被害がこれに拍車をかける。
そうでなくとも子どもを産む若い世代が減っているのに、被ばくにより不妊、流産、死産、
幼児死亡が増える。出生率は激減し、人口は急激に減少するだろう。

事故数年後までは、他国と同じく緩やかに人口が増加していたチェルノブイリ周辺国よりも
はるかに条件は悪いのである。


以上の要因を考えれば、日本では1500万人どころか、その何倍も人口が減少することは
明らかである。
おそらく、4000万人減少するのに20年もかからないだろう。

あの悲惨な第二次世界大戦で亡くなった日本人は300-400万人と言われる。
それよりも1ケタ多い人間がこれから亡くなっていくのである。

これが日本を待ち受ける運命である。

日本政府は、被ばくによる健康被害を少しでも減らすために、旧ソ連をみならって
早急に対策を打つべきだろう。

戦争などやっている場合ではない。

このまま放置すれば日本は人口急減により崩壊の危機に瀕するだろう。

ユーリ・バンダジェフスキー博士の言葉を再度引用しよう。

「このまま情報を隠し続ければ、数十年後に、日本人という国民が本当にわずかになってしまうでしょう」


(関連情報)

「人口減少で絶滅の危機に瀕する5つの民族、筆頭は日本 (Sputnik) 」 (拙稿 2015/4/27)
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/664.html

「100万人どころではないチェルノブイリ犠牲者 -- 人口激減に直面する日本」 (拙稿 2012/7/5)
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/383.html

「欧州へあふれ出した難民 『故郷に残れば死ぬだけ』」 (東京新聞 2015/9/18)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015091802000121.html

「Immigration to Europe」 (Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Immigration_to_Europe

(反論は別投稿かコメント欄でお願いします。フォローアップは追加情報のためのものです。
反論投稿をすると見出しが増えて大変見にくくなるのでやめて下さい。)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月26日 17:06:14 : 6tqqz7Mrsk
 多摩散人です。

 事故後4年半だが、まだ一人の放射線による病死者、一人の放射線による病人も確認されていない。今後何万人死ぬんでしょうね。

 それより、ラーメン関係の健康被害の続報プリーズ。

      歌舞伎の滅亡の続報プリーズ。


2. 2015年9月26日 19:05:12 : 0rR1uqAQpE
ウクライナ緊急事態省の報告書に述べられている、ゾーンWの最悪の人口増減率(、出生率 − 死亡率)、千人あたりマイナス21.5人を使用して、シュミュレーションしたことがある。

> since 2006 it became catastrophic negative (zone II – 20.6 ‰, zone III –14.0 ‰,zone IV – 21.5 ‰

http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/chornobyl25eng.pdf

結果は、東日本の人口を5000万人とすると、30年後には、人口が2500万人以下になる。

「1億人社会」は、50年ではなく、恐らく、その半分の年数で到来する。

高齢化少子化傾向と、それと表裏一体の人口削減政策(身近なところでは、消費税値上げ、TPP参加、社会保障制度改悪など。政府の自国民に対するジェノサイド政策と称した方が正しい。)、チェルノブイリ原発事故を遥かに越える福島原発事故の深刻さを考慮すると、人口の減少は、もっと大きくなる。

極端なことを言えば、30年後に、日本全体の人口が、3000−5000万人減っても、不思議ではない。


3. 2015年9月26日 19:43:10 : 0rR1uqAQpE
もう一つショッキングな例は、バンダジェフスキー博士夫人のガリーナ・バンダジェフスカヤ博士の論文にあるベラルーシの子どもたち(18歳以下)に起きたことだ。

2000年から2011年までの11年間に、ベラルーシの子どもの人口は、35.8%減ってしまった。(2705860人から1737400人に減少。)

http://www.aset.be/etat-de-sante-des-enfants-du-belarus-apres-l-accident-de-la-centrale-nucleaire-de-tchernobyl

子どもの人口減少に大きく寄与したのは、推測すると多分、@生まれることが出来なかった子どもたちの増加、すなわち流産、早産、死産による出生率の減少、A生まれても成長できない乳幼児死亡率の増加、Bそれから病気がちな子どもたちの死亡率の増加によるものと思われる。

ガリーナ博士の論文には、福島原発事故の深刻さを示す、もう一つのデータがある。

小児甲状腺がんが、ベラルーシで最も深刻だったホメリ州では、疾病率は、10万人あたり5.1人。

これに対して、福島県の小児甲状腺がんの疾病率は、ホメリ州の6−7倍の、10万人あたり30何人。

汚染地域から、国の未来の宝である、子どもたちや女性を避難させずに、帰還さえ奨励している政策、すなわち棄民政策を考慮すると、日本の子どもの人口減少は、ベラルーシを超える、深刻なものとなる。


4. 2015年9月27日 03:37:02 : Hx7CbOpV36
土日なのにレスが伸びてないね。肯定派も否定派も意見を聞いてみたいのだが。
俺自身はこの件に関しては否定派かな。
チェルノブイリでは内部被曝が7〜9割で、残りが外部被曝とされている。比較的放射線量の低いミンスクでさえ、子どもの体内セシウムはkgあたり10ベクレルほどあるという。
一方、日本では不検出がほどんどではないか?kgあたり二桁ベクレルも出てしまったという話は聞いたことがない。
土壌の放射線量でも、チェルノブイリ周辺だとm2あたり50万ベクレル以上なんてザラだが、日本ではそこまでの汚染は福島くらいだろう。
よって、日本ではチェルノブイリほどの被害は出ないと思っている。

間違いがあったら教えてほしい。自分の考えが絶対に正しいとは思っていないからね。


5. 2015年9月27日 04:05:38 : DFFdGzH8Hk
>>4
認識が甘すぎ。

>一方、日本では不検出がほどんどではないか?

まともに検査していないだけ。
尿検査すると内部被ばくがひどいことがわかってしまうので、
国も自治体も屁理屈をこねて決してやろうとしない。

>チェルノブイリ周辺だとm2あたり50万ベクレル以上なんてザラだが、
>日本ではそこまでの汚染は福島くらいだろう。

50万ベクレル/m2は、キログラム換算すると1万ベクレル/kg弱。
その程度の汚染は、首都圏でいくらでも見つかってる。

「お台場から土1キロ当たり1万ベクレル超の衝撃 (日刊ゲンダイ)」
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/170.html

「すみやかな避難を要する猛烈汚染地域 ”東京都台東区 185万2千ベクレル/平方メートル”
(原発問題) 」
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/609.html

「原宿駅前で2万ベクレル 空気清浄機から7万ベクレル (とある原発の溶融貫通(メルトスルー))」
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/875.html

これも、まともに調査していないだけの話。
きちんと測定すれば、さらに多くのホットスポットが見つかるはずだ。


6. 2015年9月27日 04:47:02 : 6tqqz7Mrsk
>5
 多摩散人です。

 それで、ラーメン関係者の放射能による健康被害や、歌舞伎界の放射能による滅亡の情報はその後、どうなんですか。


7. 2015年9月27日 06:11:35 : Lw29UKBtQE
>>4
工作員さんお仕事お疲れ様

8. 2015年9月27日 07:55:05 : K3CebXbfRM
安全デマをばらまく多摩惨がまだ生きててよかった。
フクシマの放射能汚染で病気になったり死亡することが「確認」されていないというのは、国がまだ「認定」していないということに過ぎないでしょう。
国はパニックを押さえようと必死ですが、そろそろ子供の甲状腺ガンとかを認めていかないと、余計に酷いことになるよね。
NHKのニュースでも、除染ゴミと川島なお美のガン死を続けて流していたし、徐々に白状する下地を準備しているよね。
ま、食べて応援とかバカなことをした人間から死んでいくのは仕方がないけども。

9. 2015年9月27日 08:17:59 : ApFoO0T7Uo
んー!しかし、最近思うのが
政府、盗電もひたすら隠蔽に
走るしかないのかもなと言う事。

関東東北4000万人って人口の
3分の1で、主要都市である東京が
壊滅してしまったらちょっとその後の
様子は想像出来ないしね。

残り8000万人、雇用や食料、経済は


汚染地から人を逃がすのは
間違いなく正しい行為だが
東京壊滅は色々大変な事になるだろうな。

やはりジョンタイターの地図のように
なるのかなぁ。

そこは想像が出来ないなぁ。


10. 2015年9月27日 12:12:15 : Hx7CbOpV36
>>5
尿検査をやった人のブログとかを見てもせいぜいkgあたり3ベクレルとかそのくらいのしか見たことないぞ。

11. 2015年9月27日 12:28:34 : lVAcfHrM5E
ギリギリまで判らないだろうな。

周りがバタバタ死に出して何だろうとパニックになる。
ベラルーシもウクライナもそうだった。
水害もまさかうちまで被害に遭うとはとほとんどの住民
が思っていたらしいから。
福島なんて遠いから関係ないとおそらくは8割が思って
いると思う。
実際最近は報道もないし、どうなっているのかもわから
ない。

生体の検査もいわき市ですら何もやっていないのも同然
ですから。 
県外で調査しているとは到底思えない。今回の大雨でまた
状態は大きく変わったと思うし。樹皮にあったものは流れ
土壌は海へ

もう2年もすれば隠し通せなくなる事態だって出てくる。

メンテのできていない原発は稼働であっても停止であっても
こんな恐ろしいものはない。


12. 2015年9月27日 13:00:12 : DdcLDfwTkI
>>10
工作員必死だな。

13. 2015年9月27日 13:06:15 : DFFdGzH8Hk
>>10
尿中に1ベクレル/kgのセシウムが検出された場合、
その50-150倍が体内に蓄積されていると言うこと。

「尿中にセシウムが1Bq/kgが検出された意味―矢ケア克馬氏メモ (ずっとウソだった)」
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/201.html

また、福島県住民では、数十ベクレル/L出ている例がたくさんある。
かわいそうだが、こんなに内部被ばくしていたら、健康で長生きすることはまず不可能だ。

「福島県南相馬市内の“乳幼児”の尿から1リットル当たり187ベクレル、
93人は尿1リットル当たり20〜30ベクレルセシウム」
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/218.html


14. 2015年9月27日 13:19:25 : DFFdGzH8Hk
>>13
追加だが、

バンダジェフスキー博士曰く、50Bq/kg以上の取り込みで著しい病理学的変化が起きる。
10Bq/kg程度の蓄積でも、とくに心筋における代謝異常が起きる。
http://portirland.blogspot.com/2012/03/cmtokio2047bq.html

尿中に1Bq/kgの放射性セシウムが検出されたということは、極めて深刻だ。


15. 2015年9月27日 14:41:18 : GZnIPuQdUs
>>医者や研究者など、特別な専門職でかつ外国語も堪能でなければ極めて難しい。
>>外国語を話せない日本人が海外でやっていけるかどうか考えればわかるだろう。
 
語学力より腕だよ。
考えるより、やってみれば分かる。
簡単とは言わないが、難しいなどと言ってる場合か。
4年半もあれば、英語くらい習得できてそうなもんだが。
そもそも今の日本では、海外メディアを頼らなければ、情報は手に入らない。
 
自民党から共産党、果ては反原発団体に至るまで、棄民が浸透した。

以前は、逃げろの大合唱だったが、最近、逃げろと言ったら、工作員にされた。
危機意識はウソで、たんなる煽りだったのか?
そんなにオルグが大事なのか?
逃げた先でも、運動はできるのにな。 

>>1
あと半年待ったらどうだ?
タマも投稿者も官邸前も、阿鼻叫喚になるそうだ。
 
議事堂は、事故後に給排気設備を更新したという未確認情報はあるがな。


16. 茶色のうさぎ 2015年9月27日 15:12:48 : qtmOTsgWNIsK2 : kU5YTQUfFw

よく読んでないけど。! このデータは良い。!

魑魅、ご苦労さま。!

まぁ、ざっくり、4000万人、に影響で、病気死亡になると思います。! 10〜20年で。!

汚染地図では、太平洋側が、陸地の場合だったら分かり易いのにね。!

汚染はチェルノブイリの2〜20倍の、バズビーさんと、矢ヶ崎先生、の計算を信用します。! うさぎ♂

当初は、広瀬さんの40万人くらいかなーって思ってましたけど、小野院長先生の意見などから、現在は

最低でも、1500万の、2倍以上と思います。!4000万人。!国民の1/3。!w

結論: 健康検査や食品検査、線量測定は、住民の不安を煽るの、。自民党や共産党を批判します。!

松戸や柏市の、生協のママさん達に期待してます。! 生協の幹部連中を指導して欲しいです。!応援。!

いい忘れ。! 最終的には、魑魅、汁、小出は、死刑。! 自殺しろ。♪



[32削除理由]:削除人:言葉使い

17. ゆめ 2015年9月27日 15:49:52 : cfud1u9ojZ7VI : 1JJwzt80WM
チェルノブイリ前後一定期間の世界の人口上昇比をロシアに当てはめると
1500万人どころか5000万人レベルになると想う。

原発=原爆製造プラント兼、核自爆施設は、原爆を持たないで奴隷国になる
リスクを避ける為に国家の存亡を賭けている。

従って都合の悪い情報は世界中の原発で改ざんされている。
ですから、このテーマのアプローチは正しい。

ロシアの失敗は寿命統計を正直に上げた為に多大の被害が公になった事。
日本は原発テロに合わせて改ざんされ事実が見えない。

しかし 三世代人口区分に10年間前年度比を加えると、子供でも毎年百万人超
が犠牲者と推察できる、ロシアの20倍以上汚染で10年後6000万人減少で国家破綻は避けられない、そして世界に対する汚染拡大で懲罰的訴訟が懸念される。

世界からの膨大な賠償で100%日本消滅、知る努力を怠り多大な犠牲者を出した
刑事責任で全公務員、食品、医療、食べて応援企業、3000万人すべて死刑も可能

凶器も殺意が無くも責任を世界は取らせるでしょう、善良な残り3000万の日本人も
連帯責任で全資産没収か懲役で日本の浄化作業を課せられるか決定権は外人!!


18. 2015年9月27日 16:58:34 : ywEA7wjUN2
>>17さん
>連帯責任で全資産没収か懲役で日本の浄化作業を課せられるか決定権は外人!!
その通りです、いま正にギリシャで起きているのが其れ、ギリシャ国民は自身の意思で国家を維持出来なくなっている。

19. 2015年9月28日 03:30:50 : Hx7CbOpV36
>>13
>>14の話は知っていたが、>>13のは知らなかった。たしかに知識不足だな。情報ありがとう。自分では調べていたつもりだったんだが、全く足りてなかったみたいだ。

あと、俺は工作員じゃないぞ。危険派だが、何でもかんでも危険だという姿勢は避けたいだけだ。


20. 2015年9月28日 12:19:03 : mH2YeBZAeF
たしかに、白痴的にレッテル貼りを繰り返す「工作員バイアス」は治してほしいな。
なんでもかんでも危険と言っていればいいという「放射脳」と変わらない。
人口は半分くらいになると思うよ。
だから汚染地帯での、特に子連れデモを疑問に思ってるのだが、それを言うと工作員にされる。
「子供を殺されたくない」と言うなら、まずは疎開だろ。
「疎開」という言葉も使われなくなったな。どうかしてるよ。

21. 2015年9月28日 13:22:30 : DdcLDfwTkI
>>19
>>20
工作員は給料いくらもらって書いてるの?

22. 2015年9月28日 13:36:26 : WQaPu42kwM
>>21
あんたが、疎開反対・棄民万歳で、人が死ぬのを喜ぶ鬼畜だってのは分かったよ。

23. アミタバ 2015年9月28日 15:29:31 : ta/w.GwmlsPxg : GGNJIqrDLM
既に厚生労働省発表のDPCデータには明らかな異変が現れています。心筋梗塞、急性白血病、先天性心奇形など放射線被曝との関連が疑われる疾患が、東日本を中心に急増中です。すぐにでも疫学的調査態勢を立ち上げて対処すべきです。

24. 2015年9月28日 16:40:32 : NljpE56mzw
当時の官房長官枝野幸男は『ただちに影響はない』と言ったが、4年半経った最近、周囲の知人(40〜50代)には、やたらと体調不良(心臓疾患・緑内障・白内障・糖尿病・癌・慢性下痢・原因不明の発熱等)を訴える者が多い。複数の原発がメルトスルーした上に、燃料プールの核燃料が飛び散ってしまったという、破局的な事故の規模から考えて、これからの被害はチェルノブイリ事故とは比較になるまい。大量の犠牲者を出しても、とりあえず石棺化で、放射能の飛散を防いだチェルノブイリとは、全く違う。核汚染された食材や瓦礫を国内全域にばら撒き、国民総被曝を政府が画策している以上、そう遠くない将来に日本という国家は破綻するだろう。個人的には、日本はすでに終わったと思っている。

25. 2015年9月28日 20:17:04 : ApFoO0T7Uo
滅びているから軍国主義にならざる
終えないのでしょう。

首都圏4000万人は避難させても
実質日本は崩壊する訳だし。
放置すればバタバタ倒れて行く訳だから
にっちもさっちも行かず戦争に
向かうのでしょうな。
誤魔化すにはそれが一番だ。
戦争では死ぬのは貧しい市民だし
大企業、政治家は儲かるばかり。
その流れを薄々と感じているから
安保は危険だと声を挙げるのだろう。

知らない振りをしているのは
自民公明盗電などそ取り巻き達だ。

原発事故にしろ戦争にしろ
儲かってる奴は庶民の敵だ。
人の命を食い物にする悪魔だ。


26. 下層民は辛い! 2015年10月01日 02:45:33 : vr.FSKWVa8bRQ : Snltbdc0Zc
権力も金もない哀れな下層民は辛いのう!
ここでゴタゴタ言って、自己満足するしかない!

27. 2015年10月03日 23:26:29 : o3Dj2htkKg
人口が1500万人が減ったことを、1500万人死亡したというのはいかがなものでしょうか?
人口が減る要因
1.出生数の低下
2.死亡数の増加
3.移住による減少
上記3っつの要因の合算結果、1500万人減ったのであり、1500万人死亡したわけではありません.
極端な言い方をすれば、死亡数が増えてもそれ以上に出生数が増えれば、人口は増加します.その時、原発事故の影響で人口が増えたというのでしょうか?.
ですから、減少した人口を、原発事故に関わらず、死亡したと言うのはとんでもない間違いです.
出生数−死亡数=増減数であり、増減数より遥かに多くの人が死亡しています.

おまけ
ポーランドは粗死亡率が低下しているにも関わらず、66万人人口が減ったことを、死亡したと言い張るののは、完全に漫画です.
-----------------------------------
ブルガリア
175万人減少したと書かれています.
1.共産主義政権、ソ連崩壊、経済的混乱に因る、出生率の低下.
2.高齢化による死亡者の増加.
3.移住による減少.

移住による減少、値は1000人当りの人数です.
日付 値  
2015 -1.37
2010 -2.20
2005 -2.12
2000 -2.61
1995 -8.30
1990 -4.14
1985 -0.50
1980 -2.16
1975 -1.01
1970 -0.15
1965 -0.04
(毎年のデータがあるといいのですが)
---------------------------------------
ルーマニア
329万人が減少したと書かれています.
理由は基本的にブルガリアと変わりません.
1.共産主義政権、ソ連崩壊、経済的混乱に因る、出生率の低下.
2.高齢化による死亡者の増加.
3.移住による減少.

ルーマニアの場合、チャウチェスク政権が、人口政策で3人目の子供から多額の報奨金を出していました.
政権崩壊後、報奨金がなくなって子供を育てられなくなった親が、子供を捨てたり、生活苦から子供が家出をしたり.....
出生数が激減して当然なのです.

--------------------------------------
別に、原発事故により死亡者が増えたことを否定するわけではありません.
けれども、重ねて書けば人口が減少した人数を、死亡したというのは完全な間違いです.
そして、旧ソ連件の国々での出生率の低下の主要因は、政権の崩壊、ソ連の崩壊による経済的混乱です.
例えばウクライナでは一人当たりのGDPが40%まで低下し、子供を育てるどころではありませんでした.


28. 2015年10月04日 22:34:43 : WUBpfjqhyw
>>4
工作員さんお仕事お疲れ様

29. 2015年10月05日 01:50:31 : PlPvQ2Qa0I
International | 2015年 08月 4日 16:07 JST
2014年のドイツ移民人口、過去最高の1100万人=連邦統計局[ベルリン 3日 ロイター] -
ドイツ連邦統計局によると、ドイツ在住の移民の数が2014年には3.7%増加し、過去最高の1100万人に達した。全人口の5分の1が何らかの移民のバックグラウンドをもっていることになる。

移民の多くは、ポーランド、ルーマニア、イタリア、ブルガリア、ハンガリーなど欧州連合(EU)諸国の出身。

2014年の移民人口は、2011年比で約10%(約150万人)増加。移民人口を除いたドイツ人の人口は逆に同1.4%減少した。
ドイツ国内では難民の急増をめぐり反発が高まっているが、14年に20万人だった国内難民人口は、今年、2倍超の45万人に急増すると予想されている。
---------------------------------------

ドイツだけで東欧から、1千万人程度の人が移住しているようです.


[32削除理由]:削除人:スレ違い

30. 最後の良心武田教授 2015年10月05日 23:56:22 : k3np1djDJ.EWQ : EGxB2LrF1s

チェルノブイリで
1500万人なかなか
良い見積もりやね


福島では首都圏含む
4000万人
人口密集地地帯で
いったい何人が今後
なくなるのだろうか?

無限放射能地獄



31. 2015年10月06日 02:11:19 : sLYpImmcLo
>>30
同じことをグダグダとうるせえよ

東北関東で人が死ぬことがそんなにうれしいのか?
放射性物質の危険性を理解していて自分なりに考えて対策をして住んでいる人たちがいるのに、その人たちに「何千万人も死んで日本は終わり」だの「白血病や癌になる」だの「病気になったのは放射能せい」だの、低線量被爆以上かもしれないストレスを与え傷口に塩を塗り優越感に浸る愚か者

東電も政府もクズだがお前らはそれとどう違うんだ、それ以上のクズ人間の放射能コワイコワイ工作員とそれに乗せられる阿修羅原発板の低能カルト

馬鹿だからこう書くと原発賛成派だとか工作員だとかほざくから断っておくが、殆どの人たちが原発事故で被害を受けて原発反対だろうよ


32. 最後の良心武田教授 2015年10月06日 07:04:34 : k3np1djDJ.EWQ : EPFNWcPVGI

終わりなき核との戦い


待っている結末は
人口減少、国家の衰退
不幸の連鎖

目に見えぬ放射能、病気との戦い
30年から100年は最低


つづく


終わりなき核との戦い


日本国家存亡論

亡国



33. 2015年10月07日 08:48:18 : BtUZGDlSBg
戦争の世代
第二次世界大戦のソ連では、西部の広範囲が戦場になり、二千数百万人が犠牲になりました.このために戦争の世代の子供の数が著しく少ないのです.そして戦後は逆に産めよ増やせよで、著しい増加をすることになります.
ロシアではこの戦争の世代の影響で、子供を産む親が少なければ当然生まれてくる子供も少なくなり、出生数はおおよそ25年の周期で増減を繰り返しています.1995年頃はちょうど戦争の世代の孫に当たる出生数が低下する時期になりました.

出生率
成人女性が産む子供の数です.成人女性とは15歳から49歳を言うのですが、実際に子供を産むのは25歳程度の年齢で、40歳以上で産む人は居ないと言ってよいはずです.
ですから、戦争の世代の影響により出生数が大きく変動するロシアでは、成人女性全体に対して、実際に子供を産む年齢層の比率が大きく変動し、そのために出生率も大きく変動してしまい、正しい出生率になりません.
ソ連の時代の現実の出生率は、ほぼ2弱程度で一定であったと判断されます.

子育て支援政策
ソ連の時代、1983年に子育て支援政策のため、出生率が上昇します.

反アルコール運動
ソ連では、路上にいる酔っ払い、二日酔いで出勤してくる労働者を取り締まり、違反を繰り返すと強制労働の政策が行われました.
1986年から行われたため、原発の事故の年から死亡者数が減少し、出生数が増加することになりました.
そして、1991年ソ連の崩壊と共に政策が終了し、死亡者数は元のように増加し、出生数は低下します.
チェルノブイリ事故の5年後から急激に死亡者が増え、出生率が低下するのは反アルコール運動の反動のためです.

出生数が伸びなかった、あるいは低下傾向にあったために子育て支援政策を行って、出生数を増加させていたのであり、その政策が終われば出生数が低下して当然です.ですから、原発事故により増加傾向にあった出生率が低下したと言うのは間違いです.低下傾向にあった出生率がより低下することになった、こちらは正しいと思います.
(ウクライナは、出生率か1.75程度であったのが、対策により1.85程度に上昇し、そして1.05程度まで低下します.)
-------------------------------------
チェルノブイリ原発事故の後、ロシア、ウクライナでは大幅に人口が減少しますが、その要因の半分は、高齢化による死亡者の増加、戦争の世代の影響による出生数の変動、子育て支援対策、反アルコール運動の反動、等に因るものです.
残りの半分が、経済の低迷に因るものか、原発事故の影響なのか.....?

おまけ
ウクライナ、ルーマニアでは2014年だけで、それぞれ100万人が移住により減少しています.こうした要素を何も考えず、足し算しただけで喚いても何も意味がありません.


34. 2015年10月07日 11:26:39 : BtUZGDlSBg
33の続き

ウクライナ
反アルコール運動
   1985年 1986年
出生数 762,755  792,574  +29,799
死亡数 617,585  56,5150  -52,434
----------------------------------------
ウクライナの2010年時点の人口減少は、約650万人
移住による減少71万人、自然増減は、580万人の減少
580万人の減少の要因の半分弱は、先に書いた出生数が著しく少なかった戦争の世代の影響と考えられ、約300万人が原発事故の影響を含めた減少数になります.
WHOは原発事故の影響で、90万人が死亡したと言っています.
あるいは、おおざっぱに言って、約350万人が被爆し150万人が死亡したとも言われています.

原発事故後の2010年までの24年間で考えて、
自殺者の増加
10万人あたり30人が40人に増えた.
一年あたり5千人の増加が10年続いたとすると、5万人増.

アルコール依存症の増加
反アルコール運動により一年で5万人以上、死者が減りました.この事実からアルコール依存症が増えれば当然死亡者が増えたと考えられます.
仮に一年あたり1万人の増加が10年続けば、10万人増.

先に書いたように約300万人が原発事故後減少しました.そこから色々な減少要因を差し引いて、残った数字が原発事故、放射能の影響による死者と言うことが出来ます.


35. 2015年10月08日 15:55:43 : DFFdGzH8Hk
>>27
人口減少は2100万人以上だよ。まあ、500万人ぐらいは外国へ移住したかも知れない。

残り1500万人はどうなったのか。移住したというのなら、どの国にどれだけ移住したのか、
説明してほしい。

>>29
>ドイツだけで東欧から、1千万人程度の人が移住しているようです.

全くのデタラメ。ドイツでは1986年から2014年までに310万しか増えていない。

>>33
>チェルノブイリ原発事故の後、ロシア、ウクライナでは大幅に人口が減少しますが、
>その要因の半分は、高齢化による死亡者の増加、戦争の世代の影響による出生数の変動、
>子育て支援対策、反アルコール運動の反動、等に因るものです.

全く根拠がない。説得力ゼロ。

ロシアやウクライナは高齢化社会ではない。事故前までは順調に人口が増加していた。

何で反アルコール運動をすると出生率が低下するのか。お笑いだ。

ロシア、ウクライナ以外のチェルノブイリ周辺国で人口は減少していることも説明できない。
これらの国すべてで反アルコール運動がされたのか?


36. 2015年10月10日 00:45:07 : TtV2VxWtvQ
>>35
>ドイツだけで東欧から、1千万人程度の人が移住しているようです.

全くのデタラメ。ドイツでは1986年から2014年までに310万しか増えていない。
--------------------------------
ドイツは人口減少に悩み、労働力不足を補うために多くのトルコ移民を受け入れ、現在社会問題化しています.
ドイツ人自体は700万人減少し、移民を1000万人受け入れた結果、300万人増加したのです.

こんな簡単なことも理解できないようでは、話になりませんよ.


37. 2015年10月10日 02:06:28 : DFFdGzH8Hk
>>36
トルコは東欧ではありません。地理もわからないようだね。

ドイツには、経済低迷が続く南欧からの移住も多い。

“頭脳”のドイツ一極集中 揺れる「欧州統合」の理念
http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2014/11/1127.html

東欧からの移住者はほんの一部だ。大半はアラブ圏からだ。

東欧の人口減少は2000万人以上だ。

百歩いや千歩譲って東欧からドイツへ1000万人移住したとしても、残りの1000万人は
どこへ行ったのか?

きちんと説明してもらおうか。


38. 2015年10月10日 02:18:37 : TtV2VxWtvQ
ソ連の1980年頃の人口ピラミッドは、釣り鐘型で高齢化社会の様相になっています.
出生率は2程度で人口減少傾向にあり、そのために1983年に子育て支援政策が行われて、出生率が上昇しました.
チェルノブイリ事故以前に人口が増加傾向にあったのは、高齢化社会の進展と、子育て支援政策のためです.

フランスは人口が増加傾向にありますが、移民と、非常に手厚い子育て支援政策の為です.
そうした政策を行わなければ、先進国はどの国も人口は減少します.
ウクライナの大学進学率は1990年頃で48%、世界で6位でした.


39. 2015年10月10日 02:34:12 : TtV2VxWtvQ
死亡者数、死亡率
日本でも同じですが、戦後一貫して人口が増加してきた結果、戦後に生まれた世代が死亡する時期になり、死亡者数、死亡率とも増加しています.
人口全体で考えると、出生数が減れば、死亡率が上がってしまいます.
ですから、原発事故で死亡者数、死亡率が増加したことを捕らえるには、人口構成を例えば5歳ずつ区切って捕らえて、それぞれの年代毎の、死亡者数、死亡率の変化を、年を追って追求して行かないと、はっきりしたことは分りません.

出生の方は、子供を産む年代の人口から、簡単に分るのですが.....


40. 2015年10月10日 02:45:34 : DFFdGzH8Hk
>>38, 39
全く反論になっていない。何が言いたいの?

東欧で減少した2000万人はどこに行ったのか、きちんと説明して下さい。

できなければ、被ばくで亡くなったと考えるしかありません。


41. 2017年6月07日 22:13:06 : 6sMU2Nrahg : BZOfnGwlJgU[6]
東海村臨界事故裁判で
健康被害のデータをいくら揃えたって
この国じゃあ意味ないってわかったからなあ

「でもゲンパツが原因かどうかわからないじゃんw」
「被害者多いって言っても訴えてるの二人しかいないじゃんw」
なんてことを平気で言っちゃうんだぜ



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ