★阿修羅♪ > 国際12 > 104.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アサンジ氏断言、「ダーイシュ(IS)」は半年後、偽国家ではなくなる:ISは店じまいというだけの話
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/104.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 12 月 11 日 04:47:05: Mo7ApAlflbQ6s
 


アサンジ氏断言、「ダーイシュ(IS)」は半年後、偽国家ではなくなる[スプートニク日本語]
2015年12月11日 00:10(アップデート 2015年12月11日 02:01)

機密情報の公開サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ氏は、ロシアで活動が禁じられたテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」は、これと戦う諸国の行動によって、半年後には偽国家の標榜する状態ではなくなるとの確信を示した。

「6ヵ月後、ダーイシュは偽国家としての勢力を失い、ただの地下組織に転じるだろう。」アサンジ氏は、RT(ロシアテレビ)創設10周年の記念して開催された「情報、政治、マスメディア、新世界秩序の形成」と題する会議にロンドンにあるエクアドル大使館からビデオ回線で出席したなかでこう語った。

アサンジ氏はこう語る一方でダーイシュが崩壊した後、何が生じえるかについては危惧感を表している。

「ダーイシュは主要勢力として殲滅されるだろう。だがそこで行動していたあらゆる勢力はどうするだろうか? 家に帰る? とんでもない。」

アサンジ氏はこれが危険な状態を生むとして、シリアやイラクで反ダーイシュ作戦に参加していた諸国はそれぞれが「ナショナリズム的な志向」を持っていることを付け加えた。

米国主導の連合軍は国連安保の承認を回避し、2014年9月からシリアで「ダーイシュ」の陣地に対する空爆を行なってきた。2015年9月30日、ロシアはシリアのアサド大統領からの要請でシリアにおける「ダーイシュ」および「ヌスラ戦線」の拠点へのピンポイント攻撃を開始。プーチン大統領はパリ連続テロ事件以降、「ダーイシュ」拠点への空爆を集中的に行なっている仏軍とロシア軍部隊の行動を調整するよう指示した。12月U日、英国議会もこの軍事作戦への参加を承認した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20151211/1300435.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月11日 09:16:43 : jXbiWWJBCA : zikAgAsyVVk[126]
テロ頻発の原因は本当に「文明の衝突」か 【第142回】 2015年12月11日 出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長兼CEO]
 少なくとも130人が死亡した卑劣なパリの同時多発テロ事件から、早くも1ヵ月が過ぎようとしている。犠牲になった方々に深い哀悼の意を捧げるとともに、この事件の意味するところを少し考えてみたい。
テロとは歴史の進歩、
人類の進歩に反する行為だ
 学生時代に読んで深く腹落ちした本がある。市井三郎「歴史の進歩とはなにか」がそれで、この世に生を受けた人間が自分には全く責任のないことで、自分の好きな生き方ができなかったり、チャレンジする機会が与えられないこと、あるいは、意に反することを強制させられること、そういった事象を少しでも減らしていくことが歴史の進歩である、といった趣旨だったと記憶している。
 テロは、突然、理不尽にも自分に全く責任や落度のない状況で命を奪われるわけだから、その意味では歴史の進歩を逆行させる暴挙という他はない。ひとり一人のかけがえのない人生を大切にする方向性こそが、歴史の進歩であり、人類の進歩なのである。
テロは急増しており
犠牲者の約8割が上位5ヵ国に集中
 ところで、テロの犠牲者は近年どのように推移しているのだろうか。アメリカ国務省のデータによれば、2010年から12年まで1万1000〜1万3000人レベルで推移していた犠牲者数がここ1〜2年で急増しており、2013年は1万8000人を超え、14年は実に3万3000人に達しようという勢いである。
 個々の国別にみるとイラクの9900人超を筆頭に、ナイジェリア、アフガニスタン、パキスタン、シリアの上位5ヵ国で犠牲者の約80%を占めている。
出所:社会実情データ図録
 またテロ組織別にみると、ナイジェリアのテロ団体であるボコ・ハラム、ISIL(イラクとレバントの自称イスラム国)、アフガニスタンのタリバンがトップ3を占めている。
出所:社会実情データ図録
 ここで気づくことは、ナイジェリアを除く他の4ヵ国は、アメリカのブッシュ政権が行った2001年のアフガニスタン侵攻(9.11アメリカ同時多発テロ事件の首謀者として指定されたアルカイダと指導者ウサーマ・ビン=ラーディンの引き渡しに当時のタリバン政権が応じなかったことが開戦理由)、2003年のイラク侵攻(フセイン政権が大量破壊兵器を隠匿していたことが開戦理由。ただしイラク戦争終結後、現在に至るまで大量破壊兵器は発見されていない)により、当時の政権が転覆され、カオスを招いたことが、テロ急増の根本原因とみられていることである。
 人間が日々の日常生活を営む上で、社会の安定が何よりも大切なことは歴史をひもとくまでもなく明らかな事実である。また、社会の安定の形については唯一無二の雛形がある訳では決してない。それぞれの地域の文化や伝統に基づいて安定の形はさまざまなのだ。大量の殉葬(※)が行われた中国の商(殷)も、全体としては安定した社会であったことが実証されている。アメリカの価値観に立脚した安定した社会の形が、決して普遍的な安定の形であるわけではないのである。
 歴史にifはないが、アメリカによるアフガニスタン侵攻やイラク侵攻がなければ、あるいは、タリバンの反抗やISILの誕生は起きなかったのではないだろうか。長年にわたって築き上げた企業の信用が、一片の不祥事で一瞬にして台無しになるように、価値観の好悪はともかくそれなりに安定していた社会(政権)を一旦壊してしまうと何が起こるか分からないというのが、人類が学んだ1つの教訓ではないだろうか。パンドラの箱を、深く考えずに簡単に開けてはならないのである。
(※)王侯貴族などの死に際して、妃妾や臣下従者が殉死し、主人と同時に葬ること。
テロとイスラム教は
関係があるのか
 主要なテロ組織は、イスラム教の中でも過激さで知られるイスラム原理主義者との関係が深いとされている。そうしたことから、テロの頻発をあたかも文明の衝突であるかのように短絡的にとらえる言説もある。本当にそうだろうか。
 イスラム教は飲酒を禁止している。特にイスラム原理主義者はそうである。ところが今回のパリ同時多発テロ事件の犯人の1人はバーを経営しており飲酒癖があったと報道されている。それが本当であれば、ISILは単なる犯罪者集団ということになる。イスラム教徒の人口が1億人を超えるイスラム大国は、インドネシア、インド、パキスタン、バングラデシュなどだが、いずれも欧米先進国と衝突しているわけではなく、むしろどちらかといえば仲の良い部類に属する。
 このように世界を冷静に眺めれば、決してイスラム教が単純にテロと結びつくわけでもなく、文明の衝突が正面きって起こっているわけでもないことがよく分かる。思い出してみればハンチントンの「文明の衝突」は、かなり皮相的で歴史的な根拠に乏しい本だった。
僕たちには何ができるのか
 テロの惨禍を前に、僕たちには一体何ができるのだろうか。パリの事件が起こってから、断続的に少しは考え続けてきたものの、3万2000人を超える膨大なテロの犠牲者を前にして、正直言葉が出てこない。
 あるいはこの数字は、2〜3年前のわが国の自殺者数と同水準だと思う人がいるかもしれない。「ブラッドランド」を書いたティモシー・スナイダ―は、ヒトラーとスターリンによる1400万人の犠牲者について述べた後、犠牲者の総数(数字)ではなく、一人ひとりの人生を、一人ひとりの顔を思い浮かべることが大切だと指摘した。統計ではなく一人ひとりの名前を復権させなければならないと。その通りであろう。僕たちはもっともっと想像力の翼を羽ばたかせる必要がある。
 言えることは、好悪にとらわれず、深く物事を考えずに世界に現存するさまざまな安定の形を壊してはならないこと。
 パンドラの箱には希望が残っていた。「君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に属することになる」。愛する妻をテロで失ったジャーナリスト、アントワーヌ・レリスさんの言葉である。
(文中、意見に係る部分は、筆者の個人的見解である)
http://diamond.jp/articles/-/83078 

2. 仁王像[716] kG2JpJGc 2015年12月12日 11:36:54 : LAl9YqAacI : S8T5g0Wy3dE[5]
 (読者へ)
 ISが英米仏のアセットなら、せっかく育てたものを半年ぐらいで潰すわけがない。

 これも不注意の「墓穴」。

http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/615.html#c2


3. 仁王像[717] kG2JpJGc 2015年12月12日 12:48:09 : LAl9YqAacI : S8T5g0Wy3dE[6]
 (読者へ)

 大将、連夜の騙りにお疲れなのか、注意力が散漫になり墓穴を掘り続けている。
 一旦、世界を裏返すと至る所で辻褄が合わなくなるので、無理な解釈に走り回らなければならなくなる。これが墓穴の原因だ(お疲れも)。

 「パリ偽テロ」説そうだ。ISが英米仏のアセットなら、パリが本物のテロを仕掛けられるはずはない。そこで、「パリ偽テロ」説を持ち出さないと辻褄が合わなくなる。異国の素人が証明も不可能な話を持ち出して読者を欺き続けなければならなくなる。

 正常脳でちょっと吟味してみよう。
 大将は、ネット上のわずかな画像から偽テロを見抜けないのは「恥!」と煽り立てる。
 対するパリ市民はは、異国の一市民よりはるかに大量の生情報を得ているのに何故見抜けないのか? 仏人は皆アホかという話になる。
 このマクロな政治現象の合理的な説明は全く欠落。稚拙であっても「灯台下暗し」ぐらいの説明ぐらいには血がめぐってもよさそうだが、そんな発想は皆無である。ケロッと「蛙しょん顔」している。

 正常脳だと仮説を持ったら、それを反対側からあるいは横からも吟味してみることは普通の行為だ。だが、この大将にその傾向はまったく見られない。この大将の際立った特徴は、仮説や説などという段階はないのである。言いだしたとたんにそれは現実の事実と化すのだ。よく易々とこんな詐欺に引っかかるかと呆れる。

(英米仏のアセットなのに致命的誤解とはこれ如何に?)

・パリ攻撃、西側が「イスラム国」に抱く致命的誤解
 http://www.asyura2.com/15/kokusai11/msg/768.html
 投稿者 あっしら 日時 2015 年 11 月 18 日 03:01:13: Mo7ApAlflbQ6s


4. 仁王像[719] kG2JpJGc 2015年12月12日 13:18:01 : LAl9YqAacI : S8T5g0Wy3dE[8]
(3の補足)

 早い話が、世界を裏返したから、パリ・本物テロもパリ偽テロと裏替えさないと辻褄が合わなくなるということ。


5. 仁王像[723] kG2JpJGc 2015年12月14日 20:27:40 : bRAoSHwbF2 : qXsutzNWTdA[1]
 (読者へ)

 記念すべき日11月18日、自ら陰謀論者であることを自認したときから何かが変わったはずだ。
 それまで普通の論客を装ってきたが、面倒になりそんなものを金繰り捨てて、陰謀論者の面目を存分に見せつけたくなったかと推測する。堪(こら)え性が無くなった、抑えが効かなくなった、とも言える。
 だが、「パリ偽テロ」でも「露土共謀」でも、不首尾に終ったのは明らかだ。汚名挽回のため、また何かアッと驚くような陰謀を思いつくだろう。それがこの大将のビョー的性癖だ。

 大将のやり方は、上体を前に倒し股倉から世界を覗くようなもの。すべてが転倒して見えないと具合が悪い。
中東で言えば、ここの政治状況を裏返し「ISは中東を混迷させる英米仏の出先機関(アセット)」だと断言することから始まる。現実を裏返えしているから、これに反する事象がのべつまくなく発生する。その度にそこに駆けつけ、その現象の裏返した解釈に勤めまくらねばならない。

 現在も「アセット」説に拘(こだ)り、この線路上で曲球を投げ続けている。(皆さんもお見通しでしょう)。

 信者も心得たもので、われ先に駆けつけ、ミゴトなる裏返した解釈をして、鼻ひくひく顔で喜んでいる。
彼らは欧米の首脳陣がマンガやっていると笑っているが、自分がマンガやっていることに気づこうともしない。

 大将は、詐欺師の資格は十分だ。長年やっているから権威者ぶった態度も板についている。読者の心を擽(くす)ぐるワザにも長けている。
 英国にバッキンガム宮殿を売りに出した詐欺師がいたそうだが、大将も、皇居は無理としても御所や御用邸など売りに出せばうまくいくだろう。
 今商売替えしても平成成金として成功し、美女に囲まれたウハウハ生活ができる。(アイデア料をたんまり貰いたいぐらいだ)。


・多くのムスリムが抱いていた”イスラーム国はアメリカとイスラエルの手先”が、空爆で…/アブドルバーリ
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/321.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 12 月 14 日 20:09:46: jdZgmZ21Prm8E
   


6. 2015年12月15日 08:27:26 : PatCAjlV8I : OM4cNIEpki8[5]
イスラム国の宗教はロシア正教だからね

イスラム国の中核都市バットマンで検索してみ

[32初期非表示理由]:担当:アラシ

7. かっぺたんパッチ[105] gqmCwYLYgr2C8YNwg2KDYA 2015年12月15日 13:01:03 : ea87LB8lXE : QLXs07ycaI8[364]
むかつくんだよ。
97年頃、地方でも審美歯科はリーズナブルで、それで腕が良かったんだよ。
13年くらい、2011年311が起きるまで歯ぐき、差し歯は頑丈だった。
それが当たり前だった。それが、それ以降同じところを目指していったのに、移動していてで、別の所で、歯がぐらぐらするんだ。
たった4年なのに。もう不愉快で。
理由は二つ、腕が前程良くない、が、一方でその何らかの放射線なんたらってのが関係ある。
それにしても、亡命アサンジとやらも、ユキ殿も、なんだかんだいいながら、歯ぐきはぐらつかないはずだ。むかつくんだよ。

私は普通で、なんら犯罪をおかしてない、そこをバカなハッカー日本人が、
妨害したり、収入妨害それにしても、アメリカで歯をいれたら高い。

日本に戻っても、親は邪魔だと思うみたいだし、
それにしても、入れてもらっても歯がぐらつくんじゃはなしにならないし、
汚染があるもんだから、変な別の心配が体に出てくる。

救われないだろう。

大体、2005年頃まで救われてたんだよ。

誰だよ、2004年に80sのニュース使ったのは?

それで、私を含めて大勢が救われなくなってるだろう。

もう死んじゃった人達もいる。作業員も死んだ。

これらのほとんどは戦争加害者じゃない。

これは、不条理だ。

さ、不条理を条理にするぞ。

全員で頑張るぞ。


毎日が、最大限に努力しないと、汚染も消えないし、歯がぐらつくどころじゃない。

毎日毎日、食い止めるなら、毎日いまでしょう?


林君もそういう事、もっと真剣に言ってみてもいいんじゃないの?



[32初期非表示理由]:担当:関係が薄い長文を大量にスパムしているので全部初期非表示

8. 仁王像[725] kG2JpJGc 2015年12月15日 20:17:03 : pQFC0SXfPU : 51rnvU111TA[1]

 ホイ、この直下にすでに陰謀論があったぞ。

「ウクライナを提訴へ:EUか米国が仲介し「対露債務とクリミアの交換」で決着」と、”衒い脳”から湧き出たもの。
 これはウクライナ危機のときタイトルでなく本文に密かに潜めていたものだ。当時誰も鼻を引っ掛けなかったが、今回もまだ誰も引っ掛けていない。

 タイトルにハデハデな過剰演出が大好な大将が遠慮したのか、と前回書いたが我慢できなくなったらしい。

 =派手々脳  認定。

(「ウクライナ危機」を「クリミア半島と欧州銀行危機回避の交換プログラム」だと)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/216.html#c4

・バグダーディーの果敢で挑戦的な性格、不屈の精神、戦闘指揮官としての有能さにより、全世界のムスリムの支持者を集めに成功
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/322.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 12 月 15 日 20:07:56: jdZgmZ21Prm8E
   



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ