★阿修羅♪ > 国際15 > 479.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
その後音沙汰無しですが、、、 (このままだと勝利宣言ですが)
http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/479.html
投稿者 影の闇 日時 2016 年 10 月 03 日 09:52:15: HiXvZf/FmwPNU iWWCzIjF
 

あっしらさん

貴方のアベや北朝鮮評を知って、そのネトウヨともちょっと異なる珍妙な発想と「思考」に、アホかいな、なんでそうなるの?と、長い間首を捻っておりましたが、貴方と何度かやりとりして、ようやくそのナゾが解けた様な気がしております。 やっぱり議論はしておくべきだなあと、改めて思った次第。


「核」にしろ「北朝鮮」にしろ、また「尖閣」にしても、貴方は、せいぜい、この十数年のスパンでしか物事を見ていない。 アベについても然りです。

 これまでの歴史的経緯、プロセスを無視して、恣意的な、自分の関心の範囲内でのみ対象を論うーあたかもそれは、文脈を無視して言葉のみに拘ることに似ています。
例えば「”貴方なんか大嫌い”と言って、彼女は激しく抱きついた」という様な文章があったとします。 どう見てもこれは「大好きだ」ということでしょう。 ところが、「大嫌い」と言ってるから嫌いなんだろう、それなのに抱きつくなんて、この女はアタマがおかしいー狂ってるんじゃないか?という風に結論を下すとすれば、その方が可笑しいでしょう。 貴方がやっていることはそれなんですよ。 
言葉(の意味)を理解するにはその文脈が欠かせない様に、或る事象を理解するにはその(歴史的)経緯が欠かせないのです。

これを別の視点で言うと、同じものを見るに、地上10m上空と100m上空では違って見えるし、それに応じて説明の仕方も変えなくちゃいけないでしょ。 高みに応じて視野も広がるわけだけど、それに比例して情報も多くなるのだから。 貴方の場合、精々いって10m、だからより高い位置と広い視野からもの申したことについて、何ら有効な反論は組織し得ないのです。

薄っぺらな理解と上滑りする認識、貴方の「アベ」といい「北朝鮮」といい「核(ミサイル)」といい、そのような事例に満ち満ちています。

「アベ」については、清和会やこの勢力の事実上のオーナー、岸信介について知らなくてはいけないし、その為には、明治維新以来、この国の政官界に深く浸透している長州閥の問題を避けて通ることは出来ないのです。 貴方のトンデモ説についても、そのボタンの掛け違いになったのは、斯かるアベの背景についての無知故に、でしょう。
また、北朝鮮との「国交正常化」についても、その発端が小泉訪朝からと、誤認したから(でしょう?)。 「南北クロス承認」「金丸訪朝」と、最低でも、この流れを掴んでおかないと、話の手掛かりさえ得られないのにね。 「核(ミサイル)」についても然り。 貴方の「不必要でかつ壮大な無駄」説が「国交正常化」に対するトンデモ誤解に基いていた様に、「核」という国際政治・軍事のイシューさえも、日朝に狭く限定して、しかもここ十数年でしか考えられてない。 信じられない事に、同じ時期に起きた「イラク戦争」でさえアウト・オブ・眼中なのですから。 「核」については、その10年前の93年「核危機」はもちろん、それに遡る十数年前の韓国朴軍事独裁政権の「独自核武装」問題も極めて重要だし、この問題を理解するには「南北共同声明」(72年)まで遡らなければ、その本当の意味は見えて来ないのですよ。

これらの問題は適宜触れて行きますが、前回の貴方のレスについて、看過出来ないものがありましたので、それについて正しておきます。


〉日中漁業協定において尖閣諸島周辺海域(とりわけ領海)の扱いが曖昧になっている

貴方は、物事なり事象をフィードバックさせて全体の中で捉え返すといった、<反省>というのが全くお出来にならない人のようですね。
問題は「曖昧になっている」のは何故か?という捉え返しであろうし、そこまで行けば、それこそが「棚上げ」というの意味だと気付くはずですが。
チンタは「都購入宣言」を「国がやろうとしないから」と言っておりますが、問題は、では何故「国がやろうとしな」かったのか?ーでしょうが。
いいですか? 「棚上げ」とは、現状変更はしないということで、現状追認ではないのですよ(当然、そこには主権行使は慎むという事も含みます)。

またチンタは、後に、「オレは中国と戦争がしたかったんだ」との暴言を吐いておりますが、都購入ー国購入に如何なる意味が有るのか?若しくは如何なる意図から出たものか?これ程あからさまに示した発言はないでしょう。
それを貴方は、ノダというより、官僚のエクスキューズをそのまま鵜呑みにする。 傍目にはチンタとノダ(官僚)の出来レースにしか見えないのにね!
そして、こういう出来レースが中国にはどのように映ったのか明らかでしょう。 「漁船衝突」での「主権行使」がいよいよ形になった、ということなのだから。


兎にも角にも、貴方は、情報なりメディアのリテラシーが全く出来ていない。 全く、です(これ程酷いとは思っていませんでした)。
「中国漁船衝突事件」にもそれが遺憾なく発揮(?)されております。
今回は、貴方のコメントに一々反論するよりも、6年前の当時、この阿修羅などでどのような議論が在ったのか、貴方の薄っぺらな理解と上滑りする認識と比べてみるがいい。

尖閣沖衝突ビデオは「海上保安庁側からぶつけたとも見える」内容(低気温のエクスタシー)
http://www.asyura2.com/09/china02/msg/548.html

オフイス・マツナガ
http://twitter.com/officematsunaga/statuses/25546522061
海保のビデをみた一人、「これだけで向こうが衝突してきたと断言するのはやや無理。海保側からぶつけたとも。あとは双方の証言やら状況証拠をつめる。双方に故意がなく事故ともみえる。海難は判断がむずかしい。ポイントは海保が捕獲しようとしたこと。通常は領海排除で済ます。海保船長の証言が重要」

妹尾
http://twitter.com/ryosenoh/status/25548583874
「よなくに」は最近も台湾漁船を沈没させ、謝罪と賠償金を支払った過去が。、「みずき」は35ktの運動性能が優れた高速船。低速の漁船にぶつかられたのは無能船長か停船をさせるため意図的に。これは元船乗りで操艦の名人が言うのだから。

黒薮哲哉(ジャーナリスト)
http://twitter.com/kuroyabu/status/25214066693
中国の肩を持つわけではないが、尖閣諸島の事件について、面白い情報がある。漁船が警備艇に故意に衝突する行為は、常識ではありえないという漁業関係者の話。船体の強度がまったく違うので、衝突は自殺行為だというのだ。この事件のニュースは単に記者クラブの情報を流しただけでは。

これは陰謀か?「時限爆弾」だったのか?
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/125.html
投稿者 影の闇 日時 2010 年 9 月 26 日 12:55:24: HiXvZf/FmwPNU

何故、今回中国は異様なまでに強硬な態度に出たのか? ー日本の行為は事実上「宣戦布告」と受け取られた
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/127.html
投稿者 影の闇 日時 2010 年 9 月 26 日 12:58:05: HiXvZf/FmwP


民主党は直ちに「国政調査権」を発動、或いは駆使して、「尖閣」に関わる全ての「情報」を開示させよ。
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/248.html
投稿者 影の闇 日時 2010 年 11 月 10 日 20:29:37: HiXvZf/FmwPNU

今回の貴方のスレッドで最もアゼンとしたのは下記のコメントです。

〉中華民国や中華人民共和国は、清の時代に起きた日本の領有化を長い間(約70年)放置してきたのですから大きなことは言えません。


貴方は、貴方自身が立てた下記スレッドで、同じ認識を完膚無きまでに叩きのめされているではありませんか!


尖閣諸島領有権問題:X氏の批判に応える3:敗戦処理〜「カイロ宣言」からSF講和条約へ、そして沖縄返還協定〜
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/762.html
投稿者 あっしら 日時 2013 年 8 月 07 日 14:21:34: Mo7ApAlflbQ6s


「見解の違い」で済まさないで下さいよ。 貴方はそれまで、一々、批判に対しては反論していたのですから、反論しなくなったということは出来なくなったと解するしかないのですからね。
今回も、あれから4日経ちますが、何の反応も無いしフォローもない。 
「中国漁船衝突事件」や「尖閣」のことについては、この次に書くと私が言ったので、或いはそれを待ってるのかとも思い、今度は私から載せるとします。
もしそれでも反応が無く、このままの状態が続くのであれば、その際はKO宣言を出すことになります。

それではレスの方、ヨロシク。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月04日 00:11:12 : Z8Nxi8o7ZM : HLYKAOnMHJg[25]
議論していて意見がかみ合わない理由は、ものの見方の
 
 時間的スパンの違い
 視野の違い

 これが大きい。そこを一致させて後論をやるか、一致させられない場合は打ち切りが賢策。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際15掲示板  
次へ