★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 755.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
第24回参議院議員通常選挙 公認・推薦候補者発表 ≪小沢一郎代表 記者会見≫
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/755.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 14 日 21:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

第24回参議院議員通常選挙 公認・推薦候補者発表
http://www.seikatsu1.jp/activity/party/20160614.html
2016年6月14日 生活の党と山本太郎となかまたち

6月14日、小沢一郎代表が国会内で記者会見を開き、第24回参議院議員通常選挙の公認・推薦候補者を発表しました。

既に推薦が出ていた候補予定者以外は全て本日(6月14日)付の決定で、同時に次期衆院選における、岩手2区畑浩治元衆議院議員の推薦も決定いたしました。



第24回参議院議員通常選挙公認・推薦候補一覧(PDF)

記者会見動画はこちらから→YouTube生活チャンネル


【2016年6月14日】小沢一郎代表 記者会見


               ◇


2016参院選 生活・小沢一郎代表の「美人運転手」が比例代表に出馬へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000559-san-pol
産経新聞 6月14日(火)20時29分配信


  小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち代表=14日、東京・永田町(大西正純撮影)(写真:産経新聞)


  北出美翔氏

 生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表の運転手を務め、「美人秘書」として週刊誌などで脚光を浴びた北出美翔(みか)氏(30)が、夏の参院選の比例代表に出馬することが14日、明らかになった。小沢氏が同日の記者会見で明らかにした。

 北出氏は、北海道函館市出身で、函館白百合高から慶大に進み、平成21年に小沢事務所の門をたたいた。小沢氏が東京地検から事情聴取を受けていた22年春ごろ、小沢氏の車の運転手としてメディアに頻繁に登場し、その美貌から注目を集めた。24年の衆院選では、小沢氏が当時在籍していた日本未来の党から北海道8区に出馬している。

 小沢氏は14日、参院選比例に北出氏を含め計5人の候補者を発表。青木愛氏(50)と姫井由美子氏(57)の元職2人も含まれた。両氏は旧民主党時代から小沢氏に重用された「小沢ガールズ」としてしられる。ほかに、いずれも新人の末次精一氏(53)と日吉雄太氏(47)を公認した。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月14日 22:52:04 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[207]
なんか共産党の人気に押されて、生活の党の候補者たちは元気がなさそう。
でも、私個人は小沢氏と山本太郎氏をこころから尊敬してますので、いつものように生活の党に入れます。親せきや友人たちにもお願いします。
チラシも配ります。

2. 2016年6月14日 23:12:14 : ykhuAN6MnU : fZDVe_w380c[3]
こんなメンツでは比例は確実に0議席。死票を増やして与党を利するだけ。言行不一致では。

3. 2016年6月14日 23:19:51 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9852]
〖IWJブログ・特別寄稿〗「改憲阻止」に向け、決断が求められている民進党・岡田克也代表〜連合会長・神津里季生氏を直撃、「統一名簿断念で一番喜ぶのは自民党」(ジャーナリスト・横田一) 2016.6.14
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/308804

4. 2016年6月15日 01:25:05 : oy6kvsJOqg : 7q2tIZWpvDY[17]
小沢ガールズ16人出馬へ「美人運転手」北出氏も
日刊スポーツ 6月14日(火)23時9分配信

 生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎共同代表(74)は14日、国会内で会見し、参院選(22日公示、7月10日投開票)に向けて、公認、推薦する16人を発表した。

 比例候補は5人。小沢氏と近く、「小沢ガールズ」の1人として知られる青木愛・元衆院議員(50)や、07年参院選で「姫の虎退治」をキャッチフレーズに戦い、当時自民党だった片山虎之助氏を破った姫井由美子・元参院議員(57)のほか、小沢氏を乗せた車を華麗なハンドルさばきで操り、「美人運転手」といわれてきた北出美翔(みか)氏(30)が含まれている。

 小沢氏は会見で、獲得議席目標について問われ「最低2議席、できれば3議席獲得を目指したい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000167-nksports-pol


5. 2016年6月15日 07:32:00 : 0W7JaiYSHc : 3NEjj60c7as[28]
けっきょく小沢のやってることが

小を捨てず大にまとまってないだけだったな


6. 2016年6月15日 11:09:23 : mIDaazQ8D6 : 35bJ@FHDf@Y[26]

何言っても構わんさ。

俺は小沢さんの党に入れるだけ。

マジ一度は総理大臣になってほしいと願っている者。


7. 2016年6月15日 13:26:28 : vkh08zdnfc : zqmFYISqGS0[2]
残念!結局比例に三宅ゆさん出なかったんだ、3位くれえに出れば相当な集票力あると思うが、残念じゃな。供託金600万つうんは相当か、三宅ゆさんが先日小沢さんに会いにいったちゅうんも、今回の件じゃったんか、三宅ゆさんの政治への姿勢は魅力十分じゃが、残念じゃが、やがてはチャンスくるだろう。そいにしても、今回の比例は、小生は共産に決めちょるが、コバセツ新党も生活も、魅力十分で、票を3分割するわけにいかねえんで、本当に困るよ。じゃけん、参院はネジレの状態にしとくんは必須で、こいは最低限の目標で、そっから動き出すんで、そんために投票率10パーはアップ狙うしかねえが、いよいよじゃな。

8. 2016年6月15日 18:21:59 : 0W7JaiYSHc : 3NEjj60c7as[37]
何これ?

逆神の落選名簿?


9. 2016年6月15日 21:26:00 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[110]
北出美翔氏 なかなかいい面構えしてるぞ!

女優としても人気でそうだな。 演技力によるけど。

政治家にも演技力があったほうがいいみたいだな。 太郎君みたいに。


10. 2016年6月15日 21:26:20 : AiOckYFxoE : mMC6SCtGqxE[2]
比例は「生活の党」,選挙区は「三宅洋平」に投票します。小沢一郎,山本太郎を先頭に投票日まで大いに頑張って下さい。応援しております。

11. 2016年6月16日 08:07:37 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[133]
比例統一出来なかったのですから別に言行不一致ではないのでは。
共産党は比例は独自候補は当然と思えるが、生活の小沢一郎、社民党は比例統一の連携を求めていた。そして、民進党最大の支持母体である連合の神津氏も比例統一。

拒否しているのは民進党、特に党内にいる反対勢力と小林節氏の怒りですが、何故か小林節氏の生活、社民との連携拒否を賛成と反対する国民の存在という中途半端な顛末。

個人的にはこの小林節氏の怒りと、生活の小沢一郎、そして社民がきちんと話し合い、そ して連合の神津氏と会談すると良いでしょう。キーマンはやはり小林節氏ですが、氏が小沢一郎、社民との既存政党との連携拒否を路線変更、そして連合神津氏の比例統一打診をもう一度再考する事が全体にとっての最善手。

小林節、小沢一郎、社民、連合の神津が四者連携で民進党岡田氏に比例統一を打診すれば確実に交渉を成立させる事が出来るでしょう。

こうなる事は分かっておりましたが、この状況全体の為になりませんね。
何故なら、全体としての野党共闘が中途半端になる事、そして、国民の連携も中途半端、更には最大のデメリットが民進党内の野田らの勢力が党内勢力を強めてしまう恐れがある事。

ちゃんと連携して交渉をすれば、まだ全然間に合いますし、民進党でも煮え切らない岡田氏に、枝野、安住あたりが、そしてその先に前原、細野らの反勢力が徐々に氷解する可能性に流れていたので、ここで野田復活では勿体無い。

小沢一郎からの交渉は一度決裂しているから現状難しい。ただ、小林節氏から連合の神津、そして生活、社民と繋がりは民進党へ再度交渉すべし。

でないと小林節氏の生活、社民との連携拒否は致命的な判断ミスとなり、比例統一頓挫はそれを支援した国民がいるのですから当たり前といえば当たり前の結果ですね。
小沢一郎はそれなりに頑張っていたように見えるが問題もありますね。もう少し外堀を固めてから交渉に挑まないと野田らは当然反発する事が予想されるのでそんなに簡単ではないのねす。小林節氏と小沢一郎の関係性が肝ですね。

どうもお互いが避けているように現状は見えてしまう。この関係性は今後に甚大な影響を及ぼす可能性が高いので国民はここの連携を後押しした方が良いでしょうね。

都民


12. 2016年6月16日 09:07:07 : 1rBjvOaqbA : SWN19uwAdsk[10]
小沢一郎はいい加減に人寄せパンダで使い捨て戦術(例:嘉田、数多のチルドレン)から卒業したらどうなのかね・・・

長年みてきた人なら小沢に期待する人は僅かだとは思うのだが・・・まあいいか・・・


13. 2016年6月16日 09:07:54 : 8g5qUXwPCg : hsk4YPRFH3k[1]
連投すんません。
起死回生の策はあります。

それもたった一言で。
それは小林節氏がこう発言する事です。

「これまでは、民進党の政策がはっきりしなかったので、この前の連合神津氏からの比例統一打診を断った。だが、その後民進党は野党共闘できちんと政策協定をした。それならば我々としては比例で連携する事に何も反対する理由はない」

この一言。

これだけで普通に自公に勝てます。そして第一の壁である民進党内の野田らの勢力に壊滅的な打撃を与える事もできます。

それで、国民は小林節氏を本当の意味で応援する事が出来ます。
当然、生活、社民も連携。
比例統一名は民社生活国民怒り連合でも何でも良い。全部の名を入れてしまえば特に問題無いでしょう。大事なのは野党共闘という流れであり一つの受け皿。

現状を見ている限りでは、流れとして再度小沢一郎からは現状厳しい、そして連合神津は比例統一肯定派だが今一歩、政治的な最後の一線を政治家任せにするスタンス。そして、これは憶測ですが、小林先生を他野党が非難出来るはずも無く、このままではまずいと思った山本太郎が流れを変える為に三宅洋平に出馬を打診したのでは無いかと、これは想像です。

現在比例統一に賛成しているのは、生活、社民。そして連合神津。
これに、条件付きで反対しているのが、岡田、そして怒りです。

共産党は比例統一は無理な事は誰でも分かるのでこの枠からは外すと考えると、
比例統一に関して条件付きで反対している民進党、怒りですが、怒りの反対理由は普通に考えてなくなった筈。政策協定しましたからね。

後は民進党だけなのですが、一度は合意に傾いた岡田が最終的には連携拒否に転じました。結局、事実上反対しているのは野田、前原、細野辺りなのです。
比例統一破綻を喜んでいるのは、自公、そして補完勢力、更には民進党内の例の面々です。

ただ、一人区統一を見れば分かるように、野党共闘をちゃんと国民が後押しすれば、外側から野田らの力を事実上氷解させる事が出来るのです。

勿論、現状でも勝てる可能性、改憲阻止の可能性はゼロではありません。
しかし、先の一言をきっかけとして全体として連携をした方が、確率は格段に高まります。
小林節氏の怒りと、山本太郎、三宅洋平を並べたら無党派層、それと若者層は多分、普通に小林節氏より、三宅洋平を選ぶでしょう。

早めに共闘路線に切り替える方が小林節氏ご本人にとっても一番良いし、全体としても連携の効果は計り知れません。

連投で申し訳ないが、あと僅か数日が歴史的な転換点の勝負なのでご勘弁を。
小林節氏の英断を期待しています。

都民


14. 2016年6月16日 12:51:18 : 0W7JaiYSHc : 3NEjj60c7as[50]
負ける前から言い訳せんでいいよ

小林センセがミンスの味方につこうとつくまいと

日本国民が中国を脅威に感じる以上

投票先は自民しかない


15. 2016年6月16日 12:59:08 : 0W7JaiYSHc : 3NEjj60c7as[51]
野党の統一見解は1つしかない

それは

「中国が攻めてきたら戦わずに降伏します」

コレだけだ

君ら頭使えよ

「銀行強盗が来たら黙ってお金払います」

こういう銀行があったとしよう

コレは

銀行強盗を誘発する行為にならないか?

野党が勝つということは

少なくとも中国政府は

「日本に攻め込んでも抵抗されない」

こう判断するということだ

自民しか

これと戦うという政党は無いのだ


16. 2016年6月16日 13:04:20 : 0W7JaiYSHc : 3NEjj60c7as[52]
自民の悪政を正す方法は1つしかない

「Yesアメリカ&No中国」

この前提で自民と戦う

こういう野党のみ

自民の代わりに国民の負託を受けられる


17. 一主婦[1913] iOqO5ZV3 2016年6月16日 16:07:35 : rVZjLCR92M : 99ITK2kgJ2Q[27]
>>11. FoozYI3PZF 都民さん

スゴイ!長文連投で頑張っていらっしゃいますね。
すこし、口を挟ましていただいていいですか?
やはり、小林氏の想いを誤解していらっしゃるように思います。


>共産党は比例は独自候補は当然と思えるが、生活の小沢一郎、社民党は比例統一の連携を求めていた。そして、民進党最大の支持母体である連合の神津氏も比例統一。拒否しているのは民進党、特に党内にいる反対勢力と小林節氏の怒りですが、何故か小林節氏の生活、社民との連携拒否を賛成と反対する国民の存在という中途半端な顛末。


↑小林節氏は、比例統一名簿に賛成で、それに尽力していた方ですね。そしてチャンとした比例野党統一名簿が出来たなら撤退するともおっしゃっていました。ところが、民進党と連合神津氏の連携申し出は、とても自分勝手な申し出の中身だったのです。統一名簿と言うよりも「民進党に吸収されてくれ」と言う中身でした。ですから、それでは小林氏の納得できないものでしたからお断りになったのです。


神津氏の申し出は「民進党の政策全てを飲み込んで民進党に吸収されろ」という民進党や連合の党勢都合ばかりを押し通す内容だったのです。小林氏は、既成政党とは一線を画し、既成政党はイヤだといって棄権している無党派層を取り込む事を目的に「新党」を作りました。ですから、神津氏の民進党に埋もれてくれと言う形の申し出では、その無党派層を取り込むための真髄の部分が消されてしまうわけですね。ですから、そんな申し出は受け入れられないと言う気持ちは、素人の私でも理解できました。


小林氏は、既成政党所属の議員であっても、小林新党が掲げている「政策全てに賛同出来る議員」なら、政党抜きの個人としてなら受け入れると言う考えです。民進党と連合の主張はあの「民進党の自民党化した政策を全て飲み込んで民進党に合流してくれ」と言うものですから、その点でも真反対の主張同士です。当然お断りと言う事になったのです。そして、小林氏が、あの新党を立ち上げたのは、主に無党派層の棄権組みを取り込むと言う大きな目標を掲げて立ち上げました。ところが民進党と連合の言い分を呑んで、そこに吸収される形になってしまったなら、民進党の自民党化を嫌って棄権している無党派層を取り込めなくなってしまいます。だからその連合の申し出を断る事は当然だと思います。


「国民怒りの声」の目的が無党派層の取り込み「落穂拾い」ですから、既成政党とは一線を画し、既成政党と票の棲み分けと、奪い合いを避け、既成政党ではイヤだといって棄権している無党派層を拾い上げようという目的なのです。ですから、都民さんが不満に思っている既成政党との連携は、小林氏のもともとの目的からして、とても無理と言う事になるのだと思います。その辺りの誤解があるために、都民さんの過大な小林批判が続いている結果になっていると私は思います。


>個人的にはこの小林節氏の怒りと、生活の小沢一郎、そして社民がきちんと話し合い、そ して連合の神津氏と会談すると良いでしょう。キーマンはやはり小林節氏ですが、氏が小沢一郎、社民との既存政党との連携拒否を路線変更、そして連合神津氏の比例統一打診をもう一度再考する事が全体にとっての最善手。小林節、小沢一郎、社民、連合の神津が四者連携で民進党岡田氏に比例統一を打診すれば確実に交渉を成立させる事が出来るでしょう。


↑、これもチョット小林氏の考えを誤解なさっていると思います。既成政党の共産・民進・社民・生活と話し合って野党統一名簿が理想的な形でまとまれば、小林氏は引くとおっしゃっていましたから、ここに小林新党が加わる必要は無いのだと思います。あくまでも「4党の野党統一名簿が出来れば」が前提ですから、それが出来たなら小林氏は引くとおっしゃっていましたから、これは4党の問題なのだと思います。小林氏が新党を造ったから野党連合を乱れさしているとか、票の食い合いになると言う事ではけっして無いと思います。目指す票田と目指すターゲットは既成政党が取りこぼしてしまう棄権組みの大票田狙いですから、小林新党は、あえて既成政党の枠に入る必要が無いのだと思います。そこに入ってしまっては、既成政党嫌いの無党派層を取り込むと言う目的から不利になると思います。


小林新党は、既成政党とは独自の動きですが、方向は既成野党4政党と同じ方向で平行に進んでいます。そして、既成政党の票や票田を食い合う事のない様に、既成政党が取りこぼしてしまう棄権してしまう大票田約4割の票田狙いなのですから、かえって野党のためになる小林新党なのだと思います。票田を棲み分けながら、そこで勝ち取った票で当選した議員は、既成野党4政党の議員と野党議員仲間として国民のために頑張って下さるのですから、何も敵対する必要も無く、疑問視する必要も無く、既成政党に合流しないからと言って心配な去る必要もないのだと思います。


小林氏は票田の喰い合いを避けるため、棲み分けを良く考えて配慮の上、比例だけの基本無党派層限定にしたのです。票の奪い合いも、既成政党の連携を壊すとかも、無くすような考え尽くしたうえでの新党結成だと思います。野党統一名簿が出来ない事の犯人は、あくまでも民進党自体の強調性の無さにあると思います。小林新党のせいでは有りません。その上で、私は、こう思います。たとえ、比例統一名簿が出来たとしても、既成政党嫌いの無党派層に絞った落穂拾い「小林新党」はやはり必要と私は思います。そして、既成政党の野党統一名簿が出来た後でも、この無党派層に的を絞った小林新党は票の食い合いではなく、取りこぼしを拾う、野党の補い合いになると思いますので、このまま頑張ってほしいと思います。


>現状を見ている限りでは、流れとして再度小沢一郎からは現状厳しい、そして連合神津は比例統一肯定派だが今一歩、政治的な最後の一線を政治家任せにするスタンス。そして、これは憶測ですが、小林先生を他野党が非難出来るはずも無く、このままではまずいと思った山本太郎が流れを変える為に三宅洋平に出馬を打診したのでは無いかと、これは想像です。現在比例統一に賛成しているのは、生活、社民。そして連合神津。これに、条件付きで反対しているのが、岡田、そして怒りです。共産党は比例統一は無理な事は誰でも分かるのでこの枠からは外すと考えると、比例統一に関して条件付きで反対している民進党、怒りですが、怒りの反対理由は普通に考えてなくなった筈。政策協定しましたからね。


↑の、都民さんのご想像の部分にも一言、言わせて頂きます。
多分、三宅洋平さんの立候補は、小林新党と、野党統一名簿の不調とは関係ないのではないかと私は思います。三宅洋平さんが出馬なさっても、東京選挙区だけの範囲の事ですから、これで、小林節氏の全国区範囲の無党派層の落穂拾い構想はまかないきれませんから、三宅さんが東京選挙区から出馬したからと言って、小林新党を引っ込めると言う事にはならないと思います。


そして「現在比例統一に賛成しているのは、生活、社民。そして連合神津。」と有りますが、もともと小林氏も統一名簿には賛成していました。ですから、ここから小林氏が反対なさっているように抜かすのはちょっと違うのではないかと思います。小林氏も賛成なのです。「既成野党政党4党」の統一名簿作りには今でも小林氏は賛成なさっていると思います。ですが、今の小林氏の目標は少し進歩してきていて、無党派層の「落穂拾い新党」という目標も加わりましたから、その既成政党には加わらずに、野党4党の取りこぼしを拾いに行くというスタンスなのだと思います。既成政党に埋没してしまったなら、既成政党嫌いの無党派層の棄権組みを取り込む事は難しくなると思います。


小林新党は、無党派層の棄権層の票田狙いですから、基本は比例に限ってという但し書きが着いています、小林興起氏の複数選挙区はたった一つの例外とおっしゃっています。ですから、基本は、野党統一名簿にはジャマ立ても、票の食い合いもしない考えですから、規制政党間の統一名簿には加わる必要もないと言うお考えなのではないかと思います。
長くなりました。一言のつもりが、何と言う長さかと、自分でも呆れてしまいます。まとめが下手すぎて困ります。失礼しました。


18. 2016年6月17日 01:27:28 : HcO5QgYFhs : 1sm8mjFQdrI[4]
小沢さんは、はたとも子さんを何故公認しなかったのか?
これが今の疑問です。
太郎さんと小沢さんは共同代表として役割分担を上手くやっていたと思っていたのですが?

19. 2016年6月17日 01:27:32 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[134]
>>17.一主婦さん
こんばんわ。

>>やはり、小林氏の想いを誤解していらっしゃるように思います。

いやいや、何度も言いますが、別に誤解している訳ではないのですよ。小林節氏の言っている事、その主旨を聞いて分かった上で言っていますよ。頑にそう信じておられますが私別に誤解してませんよ。
少し引用返信しますね。


>>林節氏は、比例統一名簿に賛成で、それに尽力していた方ですね。そしてチャンとした比例野党統一名簿が出来たなら撤退するともおっしゃっていました。

はい、言葉ではそう仰られておりました。それに行動が伴うかどうかは別として、確かに私もそう聞いておりますよ。


>>とても自分勝手な申し出の中身だったのです。統一名簿と言うよりも「民進党に吸収されてくれ」と言う中身でした。
>>神津氏の申し出は「民進党の政策全てを飲み込んで民進党に吸収されろ」という民進党や連合の党勢都合ばかりを押し通す内容だったのです。
>>神津氏の民進党に埋もれてくれと言う形の申し出では
>>民進党と連合の主張はあの「民進党の自民党化した政策を全て飲み込んで民進党に合流してくれ」と言うものですから

上記のコメント郡は、本当にそういう感じの打診だったのですか。。。
当たり前ですが、現場にいた訳ではないので、その詳細までは知りませんが、そんな言い方だったなら確かに断るのも分からなくはないですね。そういう発言だったならどこかのソース記事とかあるとありがたいです。


>>小林新党は、既成政党とは独自の動きですが、方向は既成野党4政党と同じ方向で平行に進んでいます。そして、既成政党の票や票田を食い合う事のない様に、既成政党が取りこぼしてしまう棄権してしまう大票田約4割の票田狙いなのですから、かえって野党のためになる小林新党なのだと思います。

これ本当にそう思ってるのですね。私とは多分考えが平行線になりますね。
ただ、小林節氏の発言した事をそのまま毎回書いて下さいますけど、私全然誤解などしていませんよ。
小林節氏の発言そのままと同じ事を書けというなら、確かに私の意見は小林節氏の発言と違いますが、これは理解していないとか誤解とかとは全然違いますよ。

>>そこで勝ち取った票で当選した議員は、既成野党4政党の議員と野党議員仲間として国民のために頑張って下さるのですから、何も敵対する必要も無く、疑問視する必要も無く、既成政党に合流しないからと言って心配な去る必要もないのだと思います。


頑張っているのは分かりますし、別に敵対などしていませんよ。それこそ大きな誤解です。
疑問に思う事は普通に意見を書きますし、それは一主婦さんも同じでしょう?それと合流に関しては心配というよりもただ、その方が私は良いと思うだけの事ですよ。これは人それぞれでしょう。

>>小林氏は票田の喰い合いを避けるため、棲み分けを良く考えて配慮の上、比例だけの基本無党派層限定にしたのです。票の奪い合いも、既成政党の連携を壊すとかも、無くすような考え尽くしたうえでの新党結成だと思います。

その通りだと思います。ご本人が言っておりますから私もよく存じておりますよ。
小林節氏はそうお考えなのですよね。よく知っていますよ、何度も本人が発言していますからね。

ただ、それは小林節氏の考えであり、私は小林節氏と全て同じ考え方じゃないですよ。賛同出来る部分もたくさんありますし、逆に賛同出来ない部分もあります。一主婦さんは、ご自身のお考えはどうですか?
小林節氏の今回のお考えに全て賛成のように見受けられますが、それはそれで良いと思いますよ。
ただ、私は少し違うというだけの事です。誤解でも何でもありません。

>>野党統一名簿が出来ない事の犯人は、あくまでも民進党自体の強調性の無さにあると思います。小林新党のせいでは有りません。

勿論、問題は民進党ですし、直接的な原因もまた民進党ですよね。小林節氏のせいではないですよ。ただ、物事はいろいろと繫がりなどありますから、要因としては間接的であれ一要素はあるかもしれませんね。

>>たとえ、比例統一名簿が出来たとしても、既成政党嫌いの無党派層に絞った落穂拾い「小林新党」はやはり必要と私は思います。

いいと思いますよ。一主婦さん、きちんとした政策を掲げる政党を願っておりましたから良かったではないかと思います。頑張って応援して下さい。

>>多分、三宅洋平さんの立候補は、小林新党と、野党統一名簿の不調とは関係ないのではないかと私は思います。

そうかもしれませんね。まあ、私も書いてある通り、これはあくまでも単なる想像です。

>>これで、小林節氏の全国区範囲の無党派層の落穂拾い構想はまかないきれませんから、三宅さんが東京選挙区から出馬したからと言って、小林新党を引っ込めると言う事にはならないと思います。

そうでしょうね。多分その通りでしょうね。

>>そして「現在比例統一に賛成しているのは、生活、社民。そして連合神津。」と有りますが、もともと小林氏も統一名簿には賛成していました。


そうですよね。賛成というより、もともと民進党に比例統一を打診していたのは小林節氏でしたよね。
ですので、普通に疑問に思ったのですよね。

>>ですから、ここから小林氏が反対なさっているように抜かすのはちょっと違うのではないかと思います。小林氏も賛成なのです。

いやいや、違わないですよ。そもそも「反対」という言葉が先ず違います。私はそうではなく連合神津氏の打診を「拒否」と書いておりますね。これ意味が違っちゃいます。


>>。ヨ既成野党政党4党」の統一名簿作りには今でも小林氏は賛成なさっていると思います。

私はそうは思いませんが、そうなる事を望んでおります。賛成なさっているのなら是非そうして欲しいです。


>>今の小林氏の目標は少し進歩してきていて、無党派層の「落穂拾い新党」という目標も加わりましたから、その既成政党には加わらずに、野党4党の取りこぼしを拾いに行くというスタンスなのだと思います。

そう言っておりますよね。

>>小林新党は、無党派層の棄権層の票田狙いですから、基本は比例に限ってという但し書きが着いています、小林興起氏の複数選挙区はたった一つの例外とおっしゃっています。

これもそうですね。そう言ってますよね。ただ、小林節氏が発言している事をそのまま書かれても、それはもう本人の弁を十分すぎる程聞いておりますので、敢えてなぞらなくても大丈夫かもです。


>>すから、基本は、野党統一名簿にはジャマ立ても、票の食い合いもしない考えですから、規制政党間の統一名簿には加わる必要もないと言うお考えなのではないかと思います。

これもそうだと思いますよ。ご本人がそう仰られていますから、一主婦さんの書いている通りで間違いないと思いますよ。本人自身がそう言っていますからね。

一主婦さん、それ全部書いていたら大変ですよ。小林節氏の言葉や考えそのままじゃなく、一主婦さんの考えの方が自分としては興味ありますよ。

それに私、別に小林節氏自身に反対とかではなく、応援しているのですよ。
ただ、方法が少し違うだけなのです。私の求めているのは野党共闘。ただそれだけです。

しかし、>>14.>>15.>>16は何でしょうね、笑

取りあえずはスルーとしても、しかしマジメに書いた割に、仕事帰りに見てみたら反応が一主婦さんだけでした。これは寂しいですね。でもコメント頂いてありがとうございました。

自分としては結構重要な事を書いたつもりなんですが、賛成反対、意見もないのというの少々残念です。
でも阿修羅いつもそうなんですよね。まあ、後数日ですからケセラセラですかね

都民


20. 2016年6月17日 12:06:58 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[453]
>>19 都民さん

>仕事帰りに見てみたら反応が一主婦さんだけでした。これは寂しいですね。

私も反応したいのだけどね,二人とも文章が長すぎて,全部読み通すだけの気力がないんだよ。


21. 2016年6月17日 13:37:14 : Qe1YuNiTr2 : zXG@bBOx@7U[1]
>>20.LKXRYf922Aさん
こんちわ。

阿修羅はああいうコメント余り伸びないですよね。それに確かに長いです。苦笑

でも真面目な話、先に書いたこの一言。

「これまでは、民進党の政策がはっきりしなかったので、この前の連合神津氏からの比例統一打診を断った。だが、その後民進党は野党共闘できちんと政策協定をした。それならば我々としては比例で連携する事に何も反対する理由はない」

小林節氏がこう発言して共闘へと舵を切るならば、多分普通に自公に勝てる方向へ大きく流れは変わると思うのですよね。

小林節氏にはあと僅か数日ですが英断を期待しています。頑張って欲しいですからね。

都民


22. 2016年6月17日 15:59:48 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[457]
>>21 都民さん
この程度の長さの文章なら,読めるよ。

>小林節氏がこう発言して共闘へと舵を切るならば

それはどうかな。
連合からの申し入れは,小林節さんを民進党の中に吸収しようというものでしょ?
小林節さんとしては,4野党の中で民進党だけに義理を尽くさなければならないという理由はない。だから断ったのは当然だと思うけど。


23. 2016年6月17日 22:13:26 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[135]
>>22.LKXRYf922A

どうもです、そうですね、今後は出来るだけ短めに纏めるように努力してみますよ。

>>それはどうかな。
連合からの申し入れは,小林節さんを民進党の中に吸収しようというものでしょ?

そうなんですか?
比例統一の打診をして断られた事しか私は知りませんがどうなのでしょうね。

>>小林節さんとしては,4野党の中で民進党だけに義理を尽くさなければならないという理由はない。だから断ったのは当然だと思うけど。

別に民進党になど義理を尽くす必要などないと思いますよ。交渉ごとですから、相手から打診してきたら割と好機なのですけどね。相手方の言い分を全て飲む必要など全くありませんし。
まあ、LKXRYf922Aさんとはこの比例に関してだけは意見が違いますから何とも言えませんが、ここ阿修羅では皆さん断る以外の選択肢には、あまり議論が行かないのですね。

私は割と都心在住ですが、政治に関心のあ仲間内では、普通に小林節氏が困ったおじいちゃんという認識しかないですよ。。三宅洋平を支持する20代から40代位、上は50代くらいですが、皆この怒りにだけは頭を悩ましておりますね。

連合との連携拒否、そして社民、生活との連携拒否は本当にまいりましたが、幸い三宅洋平君が出てくれましたので何とかなっているという状況です。

小林節氏に関しては、支持されている方もおりますので、皆、公には言いませんし、それでも野党共闘と皆んな頑張っておりますが、正直痛いです。戦争法案廃止の立役者として名を残すか、それとも空気の読めない只の困ったおじいちゃんで終わるか、もう日にちがありませんが、英断を望みます。

都民


24. 2016年6月17日 22:40:23 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[459]
>>23 都民さん

>そうなんですか?
こっちのスレを見て,そう思ったのだけど。
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/394.html
一部引用
民進党の比例名簿に小林氏らを登載し、比例票の底上げを図る狙い。
(引用終わり)
よく見たら,このスレの中でも私と都民さんがやり合っているね。
途中から私と一主婦さんとの雑談になってしまったけど。

その三宅洋平氏の事ね,私としては東京選挙区での野党乱立の方を危惧する。今で野党候補は6人かな。民進2,共産1,社民1,怒り1,洋平1。田中康夫はおおさか維新から出るので野党には含めないが,いくらかは野党支持票を食いそうな気がする。定数が6だから,4人ぐらいに抑えてほしかったな。


25. 2016年6月18日 00:54:29 : s2lT2tr7Ow : DjkbuSJ@Ovs[54]
>>11 都民さん

> 小沢一郎は問題ありますね・・・もう少し外堀をかためてから・・・

この外堀をかためるというのはそんなに問題なのでしょうか?
また外堀を固めてないと云うのは何処を基準にして判断したのでしょうか?
その辺をもし宜しければご教授して頂ければ幸いです

私が思うにここ20年日本の利権支配層は基本的に小沢一郎の政治力を
剥ぐ事を目的に動いているように思えてなりません

ですから小沢さんがオリーブの木を提唱していた訳ですから常識的に考えて
桜の木を提唱したコバセツ氏は小沢さんとは最初から連携する気は
サラサラ無いと思いますよもしその気が有るのなら一緒にオリーブで
すればいい訳ですから私はコバセツ氏の思惑は他の処にあると
最初から思っています

ある意味連携を拒否すると云う意味ではコバセツ氏と民進党野田一派とは共通する
処がありますね枝野がコバセツ氏のサクラの木構想を野党共闘をさせない為等と言っていましたが枝野は野党共闘したくない勢力なのによく言うねと
思ったもので出来レースもいいとこですよね
ですからこの様な連中と共闘するのに外堀をどう固めればよいのでしょうか

コバセツにしても枝野にしても利権複合体と対峙するだけの覚悟が有ると
都民さんはお考えですか?私にはそこまで性根が座っているとは思えません


 



26. 2016年6月18日 06:56:14 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[136]
>>24.LKXRYf922aさん
おはようございます。

ありましたね。そんなスレが。
東京新聞の記事ネタからですよね。

何か民進党の名の下に結集してくれ云々というやつですよね。確かに相手の言い分をそのまま飲むのでは断られた方が正解だし、仰る通りと思います。
ただ、色々やりようはあるだけに惜しかったですね。

比例は統一が破綻したのですから野党乱立は避けれませんね。正に激戦統一がなってしまいましたね。本当は共産党+野党統一比例候補位を願ってましたが、これはもう各々入れるしかないですね。

田中康夫もどうかと思いますが、取り敢えず私は三宅洋平ですかね。


>>25.様
>>この外堀をかためるというのはそんなに問題なのでしょうか?

いや、これはごめんなさい。私の書き方に語弊がありました。小沢一郎は十分良くやっていたと思います。
あの状況ではどうにも出来ませんね。大変失礼しました。


>>ですから小沢さんがオリーブの木を提唱していた訳ですから常識的に考えて
桜の木を提唱したコバセツ氏は小沢さんとは最初から連携する気はサラサラ無いと思いますよ
>>もしその気が有るのなら一緒にオリーブですればいい訳ですから私はコバセツ氏の思惑は他の処にあると
最初から思っています

寧ろこのご意見に同意です。
仰る通り私もコバセツ氏は最初から小沢と組む気などサラサラないのだと思います。コバセツ氏の思惑までは分かりませんが、私も正直かなり疑っております。

言動が食い違っておりますし、コバセツ氏は自分がオリーブを最初から言っていたように言われてますが、私の知る限りでは只の小沢一郎案のパクリにしか見えませんでした。

表向きは違いますが、これまでの発言と行動、そして結果としては完全に小沢一郎の力を削ぐ形に現実としてなっておりますね。

もう少しぶっちゃけ言いますとコバセツのだとやられている事は結果としては小沢排除以外の何者でもないと私は思います。

陸山会の時と同じですね。結局、いつ迄経っても小沢のヴィジョンは国民から理解されず、結果として、毎度の如くまんまと民進党内右派の面々を利する事になるのですよね。

>>ある意味連携を拒否すると云う意味ではコバセツ氏と民進党野田一派とは共通する処がありますね

コバセツ氏の思惑までは分かりませんが、只、氏が望むと望まないとに関わらず、結果としては仰る通り民進党の野田一派を利する事にはなっておりますね。
小林新党支持者には耳が痛い話かもしれませんが、現実は確かにそうなっておりますね。

確かにこのような状態で外堀を固めるのは難しいですし、小沢一郎はかなり良くやっていると私も思います。足りないのはいつの時も国民の理解なのでしょう。

勿論、枝野辺りが利権複合体と本気で対峙する気などサラサラないと私も思います。結局、小沢一郎のような政治家を生かすも殺すもやはり私達国民次第なのでしょう。

ただ、今後選挙戦に入ればコバセツ氏も耳障りの良い言葉をまた言うようになるやでしょうね。先の記者会見ではうろ憶えですが、何となく当選する事が目的でないような事を言っていたような気もしますが、一体この人何がやりたいのでしょうね。

ただ、目的がどうあれ、結果としては小沢一郎のヴィジョンである比例統一は見事に破綻しましたね。勿論、世間はコバセツ氏のせいではないというでしょう。

只、一要素である事は間違いありませんね。私の周りでは生活、社民を拒否している時点で皆疑惑に感じていましたが、幸いその重たい流れが三宅洋平くんの出馬で何とか盛り返したような感じでしょうか。

特に若い世代は例え野田だろうが枝野だろうがコバセツだろうが、野党共闘の為に頑張るのであれば、決してその間口を閉じる事はありません。

野党共闘、もうこれしかありません
選挙間近ですね!頑張りましょう


都民


27. 2016年6月18日 08:07:57 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[137]
追記、宝田明さん出馬取りやめて応援に回るような情報が流れてますが、本当であればまあ、賢明な判断かとは思います。

都民


28. 2016年6月19日 01:19:43 : s2lT2tr7Ow : DjkbuSJ@Ovs[55]
>>26 都民さん

レス遅くなり申し訳ありません

東京選挙区入れる候補者が居りません以前であれば生活系がいないので
田中康夫に入れたでしょうが大阪維新では何を言っても説得力ないでしょう
いくらなんでもチョットって感じですよね 

妥当な処で山本太郎応援の三宅洋平ですか
それは候補者がある意味禁句である不正選挙について提言してますよね
露骨では無いですがムサシ集計から米国大統領選並みにですか?
手作業開票にすべきとこれは候補者としては勇気のある提言と思います

以前植草氏主催の集会などで来場者が小沢一郎氏に不正選挙の質問をしたんですが
小沢さんはその質問には他の質問に答えるかたちで柔らかくスルーしてました
現役の政治家しかも民主主義の基本の選挙で不正選挙関連の質問には答えられる
わけがありませんから それではあなた不正を疑ってるのに
何故選挙出るのですかとなりますので 質問自体が野暮だと思います

そういう意味では三宅洋平君はよく言ったと思いますね



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ