★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 551.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
次期総選挙までに民進党をせん滅するー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/551.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 28 日 00:24:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

次期総選挙までに民進党をせん滅するー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp55lt
27th Sep 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


臨時国会が召集され安倍晋三首相が所信表明演説を行った。

安倍首相は、

「我が国の領土、領海、領空は、断固として守り抜く。強い決意を持って守り抜くことを、お誓い申し上げます。

現場では、夜を徹して、そして、今この瞬間も、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が、任務に当たっています。

極度の緊張感に耐えながら、強い責任感と誇りを持って、任務を全うする。

その彼らに対し、今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか。」

と述べると演説を中断して自ら拍手を始めた。

連動して自民党議員が全員立ち上がり、一斉に拍手した。

演説は20秒ほど「中断」した。

生活の党の小沢一郎代表は

「異様な光景だ。

今までも日本の議会では見られないと思うし、北朝鮮か中国共産党大会みたいで、ますます不安に感じた」

と述べた。

米国議会では、大統領が年初に行う「一般教書演説」で、

強調したいポイントを話し終える度に、議員が儀礼的にスタンディングオベーションすることが通例となっている。

これを猿まねしただけの演出だが、アメリカのポチによる猿まねで

「品格なき政権」

「品格なき国会」

を象徴する出来事になった。


安倍首相は7月10日の参院選結果について、

「参議院選挙で、自由民主党と公明党の連立与党は、

目標の改選過半数を大きく上回る勝利を得ることができました。

「この道を、力強く、前へ」

これが、選挙で示された国民の意思であります。」

と述べた。

こんなことを言わせてはいけない。

主権者の多数は

「安倍政治を許さない!」

と考えている。

しかし、選挙というプロセスを経ると、この民意とはかけ離れた議会構成が出現する。

この

「ねじれ」

を解消することが急務である。

日本の既得権勢力は政権を握り、その体制を維持するために、あらゆる方法を駆使している。

2009年には政権交代が実現したが、この「悪夢」を二度と繰り返さぬために、

あらゆる方策を講じて、政権刷新が生じないようにしている。


この現状を打破して、日本政治を主権者の手に取り戻さねければならない。

米国では大統領選が実施されているが、メディアはクリントンを当選させるために全力を注いでいる。

その理由はクリントン氏が巨大資本の支配下候補であるのに対し、

トランプ氏が巨大資本の支配下候補ではないからだ。

巨大資本は巨大資本が支配する米国政治を維持するために、

共和党と民主党による二大政党体制を構築した。

どちらに転んでも、巨大資本が米国政治を支配するための体制だ。

ところが、今回の大統領選では巨大資本が支配しない人物が共和党統一候補に指名されてしまった。

そこで、トランプ氏に対する総攻撃が展開されているのである。

日本では、2009年に主権者の意思に基づく鳩山由紀夫政権が樹立されてしまった。

この「過ち」を二度と繰り返さぬように、あらゆる手立てが講じられている。

その柱は三つある。

第一は、野党第一党の民主党、現在の民進党を「隠れ与党勢力」にすること。

第二は、創価学会と共産党の連帯を阻止すること。

第三は、「隠れ与党」の「第三極」を人為的に創作すること。

である。

この三つの方策によって、既得権による支配を永続させようとしている。

この点を踏まえて、次の総選挙対策を講じることが必要である。


次の総選挙は2017年初に実施される可能性がある。

12月15日に山口県で日ロ首脳会談が開催される。

歯舞・色丹の2島引き渡しならロシアは応じる可能性がある。

そもそも、1956年の日ソ共同宣言の際に、二島引き渡しによる平和条約締結の可能性があった。

これを妨害したのは米国である。

日ソ関係の改善を妨害したのである。

そして、この瞬間から日本の主張が

「四島返還」

に変化した。

「四島返還」の論理的な基盤は極めて薄い。

ロジックとして成り立たない「四島返還」を表に出すことにより、日ソ平和条約締結の可能性が封印されてきた。


しかし、最近になって「戦後史の正体」が多くの研究者等によって白日の下に晒され始め、

「四島返還」論の矛盾が広く認識されるようになった。

「2島引き渡し」による日ロ平和条約締結の可能性が急激に上昇している。


ロシアは「2島」をできるだけ「高く売る」ことに関心を移していると見られ、

日本側の「買い値」条件次第で交渉がまとまる可能性がある。

平和条約締結の具体的道筋が示されれば安倍首相が衆院解散総選挙に突き進む可能性は高い。

日本の既得権勢力は、2009年のような主権者勢力による政権樹立を絶対に阻止することを

主眼に行動している。

そのために最大の力を注いでいるのが民進党のコントロールだ。

民進党を「隠れ与党」勢力にすること。

これが既得権勢力の最重要課題である。

菅直人氏と野田佳彦氏は既得権勢力の手先になることによって首相の椅子を手にした。

この種の「堕落した幹部」=「だら菅」=「だら幹」を養成することが既得権勢力の最重要課題のひとつである。

2009年の政権交代の大業は

菅直人と野田佳彦という

「だらかん」

によって破壊され尽くした。

その延長上に現在の民進党がある。

民進党の新体制は野党共闘を妨害するために創出された疑いが濃厚である。


そして、既得権勢力の第二の工作活動の柱は、創価学会と共産党の反目誘導である。

1993年以降は、公明党を既得権勢力に引き込むことによって、創共の反目が維持され続けている。

この二つの勢力が連帯すると、

既得権による日本政治支配の構造が根底から覆される可能性が一気に高まる。

だからこそ、二つの勢力の連帯は絶対に阻止しなければならないのである。


第三は、既存の政治勢力に賛同しない主権者が、反政府側に結集することを阻止するための方策だ。

そのための工作活動の先兵となったのが

「みんなの党」

であり、この党が賞味期限切れになって、

「橋下維新」

がメディアの大宣伝によって創出された。

こちらもすでに賞味期限切れになりつつあるが、

こうした「人為的第三極」創出は既得権による政治支配のための工作活動であると判断できる。


これらを踏まえて、既得権政治を打破するための方策を構築しなければならない。

それは、

政策と基軸に

党派に関わりなく、

一選挙区一候補者

の体制を

主権者が主導して構築することだ。

新潟県知事選で、民進党は「隠れ与党」の正体をはっきりと表した。

こんな政党が「打倒安倍政権」の先頭に立てるわけがない。

新潟では、共、社、生と市民団体が主導して、反原発候補を擁立した。

この方式を広く衆院選の全選挙区に広げることが必要だ。

自民党よりも前に、

「鵺(ぬえ)の民進党」

を全滅に追い込むことが先決だ。

できれば、年内に民進党を分離に追い込み、

主権者勢力が結集できる野党第一党候補になる新党創設を目指すべきだ。

衆院総選挙が早期に実施される前提で、対応を急ぐ必要がある。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月28日 01:42:35 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[999]
国民の希望する政治が、なぜ実現しないか?

おかしいと思わないですか?

政治家をしっかり見極め、投票しないからです。

投票した半数以上は、”我さえよければ、”で金の匂いにつられ、国民を裏切っている。

安倍自民党の閣僚は、甘利・福井の稲田・気持ちの悪い奈良のメス前総務長官、、をはじめとし、汚さ過ぎますね。

落選させましょうや!


2. 2016年9月28日 01:49:37 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[41]

馬鹿げたタイトルと記事である。
民進党を批判するあまり・・・低レベルな評論家の見本、下手すれば「隠れ与党」評論家
例えば、本記事は次のように、最後の方で新潟の例を引き合いに出してある。が、

≫新潟県知事選で、民進党は「隠れ与党」の正体をはっきりと表した。こんな政党が「打倒安倍政権」の先頭に立てるわけがない。・・・反原発候補を擁立した。

この認識は、一部の人たち(自民党支持者も含めて)が喜ぶ、独りよがりのコメです。
@「反原発候補を擁立」は事実ではありません。
米山予定候補は、原発問題では泉田知事のスタンスを継承すると言っていますが、泉田知事の原発政策はエネルギー政策として原発稼働許容が基本であり「反原発」を表明したことは一度もありません。稼働に慎重姿勢ということが正確であり、したがって、この記事のコメは間違いです。
Aこの評論家氏は、「こんな政党が『打倒安倍政権』の先頭に立てるわけがない」と言っているが、民進党にそんなことを期待していたとすればアホである。「反自民野党共闘」に期待するのではあればわかるが、民進党はもともとが自民党崩れ等の集団であって、保守政治の競い合い2大政党を自称している政党である。自分の能天気な過度な「期待」が外れたからと言ってヒステリックな逆恨み的批判は滑稽である。
他の各野党にも過度な「期待」などしてはいけない、一長一短があるのだから。
B米山候補擁立は、先の参院選で「4党共闘」候補森裕子当選という土台があって実現したものです。どうあれ民進党がなければそれはなかった。そしてそのことは森裕子が米山陣営の代表になっているところに現れている。民進党抜きの3党共闘では森裕子は落選し、今回の米山立候補表明もなかった話である。現在、新潟にみる民進党批判は当然であろうが、その批判する角度が問題なのである。反自民「4党共闘」実績(また次回衆院選までの)そのものまでをご破算にする清算主義は、自民を利するだけの実に幼稚な誤りである。
「改憲」を前にしての話だぞ。ど素人のような無責任評論家の記事のお粗末。


3. 2016年9月28日 02:31:36 : ptXv5d9t42 : A1WJd0Ui2mE[1]

そんな単なる原発慎重派で、自党員の米山すら推薦せず、自主投票にするから、民進にみなあきれてるんじゃないか。

おかしな茶々を入れるな。


4. 2016年9月28日 04:59:28 : 60zrsP9i5I : gDIlEHw40xw[324]
菅は最後に既得権益を裏切った。そして引きずり下ろされ、野田が後を引き継いだ。リーダーは腐敗すると言うが、菅は完全に政治生命を潰され、野田はめでたく幹事長だ。安倍政権の成立で、いかに野田が大きな手柄を立てたかわかろうと言うもの。

5. 2016年9月28日 07:53:46 : OMUy5ai8JI : mu8bXhMsukM[2]
3さん 然り

6. 2016年9月28日 08:58:52 : QxEZCmEyAg : kQSL0PZXO2A[1]
植草さん>「党派に関わりなく、一選挙区一候補者の体制を主権者が主導して構築すること・・・年内に民進党を分離に追い込み、主権者勢力が結集できる野党第一党候補になる新党創設を目指すべき」


               「救国再生の試金石だ、新潟知事選」


  手始めに、今回新潟知事方式が勝てるかだ。これで勝てれば、市民主導の候補者選定から選挙戦、その勢いでの新たな組み合わせの政党構想、が可能となる。とにかく新潟で勝てるかだ。もはや自公は制度疲労起こし行き詰まり、内外で我が国を動かす自信・力量・対応策等全て失っちょる。あとは、不正選挙・偽騙・捏造・詐欺・バラマキ・パフオーマンス・国会内拍手等の姑息手段しか、持ち合わせない状況だ。新たな政治の提示、新たな政治勢力の台頭今こそ求められてる時はない。
  民進は、国民期待の新政治運動の先頭に立てるか。安倍は、ヒトラー台頭劇のジャーヴュー見てる思いだが、蓮舫野田体制も、輪をかけて過去の悪夢の再現になる可能性がある。野田も、反省からお色直し的言辞を多々並べるが、新潟みれば基本的立位置変わってねえつうこつが分かる。蓮舫野田体制じゃあ、てえして期待できないし、勝負どこのたんびに冷水をブッカケラられそうだ。
  国民・市民・労働者は、新たな政治勢力を見づからの手で作り上げねばダメだ。国民・市民は参院選では大きな勝利を収めたが、輪をかけて運動を高揚させねば。そうなれば、野党政治家の中からも、動きが出る。民進内部からも、篠原さん大島アツさん松木さん小宮山さん等々も、動きだすだろう。とにかく、新潟で勝てるかだ。今回の新潟は、そうした展望が可能かの試金石だ。新潟を全国から応援しよう。


7. 2016年9月28日 09:55:32 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[511]
「自民党よりも前に、「鵺(ぬえ)の民進党」を全滅に追い込むことが先決だ。」

賛成です。蓮舫・野田叩きを激化させましょう。
消費税増税/沖縄差別/原発推進の悪魔どもを退治しましょう。

安倍氏の演説については、こんなことも…

小沢一郎氏
「かつて「憲法改正ではナチスの手法をまねればよい」という財務大臣の発言があったが、この総立ち拍手など、まさにナチスドイツの手法そのものである。自画自賛、自己陶酔型の演説。誰も異を唱えない。年金と株価の問題、原発と地震の問題、歯止めない格差拡大の問題、肝心なことには何も触れていない。」
https://twitter.com/ozawa_jimusho/status/780680254134157312

問題点がまるでないかのようなナルシスト演説もナチス流。
アベ政治を許さない! を貫きましょう。

植草氏、がんばってください。応援しております。


8. 2016年9月28日 11:19:11 : qK3HGlXWLM : DM2@rKFpqPc[57]
岡田まではまだマシだったけど、今の民進はもうダメだね。あそこに残っているというだけでも、この先、政治家として当てには出来ない。もう、プロの政治家たちが先に立って何かしてくれるのを待っても無駄。放っておけば自分の議席と議員報酬による生活を手放したくないばかりに節を曲げる連中が増えるだけ。そんな連中は耄碌するまで議員で食いたいだけなんだから。

これからは国民の側からがんがん働きかけて、ダメなヤツは切り捨てる、そのくらいの気持ちで新しい連合を作らせよう!


9. 2016年9月28日 11:59:13 : f6jBZstqEQ : W7FWWjWEywM[3]
生活の党と社民党とだら幹勢力を除いた民進党が、一緒になって政党交付金を受け取らない新党を結成したら、共産党も合流して筋の通った野党が誕生し、やりたい放題悪政三昧の自民党を粉砕できることでしょう。

自民党粉砕のキーワードは、政党交付金を受け取らない新党を立ち上げることです。

日本の経済状況も財政状況も逼迫しています。

真の政治家であれば、自分自信の身分保障よりも国民の福祉を優先することを身を持ってアピールするべきです。

そういう新の政治家集団には、必ずや国民はついてきます。

今は本当に逼迫した状況を一般国民は日々の生活の中で感じています。

国民は、政権を牛耳っている政治屋の公金タカリと利権貪りを企んでいる下品さに、もううんざりしています。

そんな時だからこそ、“捨てて勝つ!”です。

それだけで、国民は間違いなくついてきます。

公金タカリ&利権貪りばかり企んでいる政党に対峙するクリーン政党として、これほど国民に分かりやすい政党はありません。

政党交付金を受け取らないとなると、共産党も融合しやすくなります。

やはり、自民党粉砕のキーワードは、政党交付金を受け取らない新党を立ち上げることです。

これしかありませんね。


10. スポンのポン[3942] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年9月28日 12:45:44 : owQevYQRdM : 7nnUZYdJMYI[180]
   
   
■民進党を潰した後に
 完全無欠なすばらしい政党ができるはずが
 どこにある。
 政治の選択はよりマシなものを選ぶに過ぎない。
 百反満点など初めからどこにもあるはずはない。
 自民党の悪政と比べて民進党を語れ。

■植草氏は民主党政権を散々けなした。
 野党になった民主党も散々けなした。
 名前を変えた民進党もボロクソにけなしている。
 仮にそれを潰してできた新党をすばらしい政党だと
 植草氏が言うと思うか。
 結局、自民政権を延命させることが
 この男の本当の目的だったと
 気づいたときには焼け野原。
 
 


11. 2016年9月28日 13:00:34 : aXg3fgx8YM : 3JaupfoksCs[87]

民進党を擁護する人の論旨は全て破綻している。

何の反論もできずに他党の悪口ばかりだ。

現政権は高枕の余裕で野党を相手にしない状況です。

国民と同じことを政治家が代弁したところで有言実行が真の評価だ。

0点に近い落第点を取った民主党や民進党は一向に反省する様子がない。

野党連携には消極的で口先だけの政策論は詐欺師が気が狂ったように喚くだけ。

過去の政権交替の失敗に近い教訓を分析して総括しないのは政治家の我儘である。

やらないから正しい戦略をう打ち立てられず国民も裏切られた思いがするのだ。

政治は言うだけ番長のような人間には無理です。政治家を辞めて国民の立場で物を言え。

最も危ない民進党政権の火種は根絶しておかなければ後でもっと大変なことになる。

まるで真言宗カルトのような熱狂的に間違った政治家の支持者がいるのは確かだろう。


12. 2016年9月28日 13:05:06 : 5T81EwuK9Q : 4SpTkWmIJYQ[49]
>これを妨害したのは米国である。日ソ関係の改善を妨害したのである。

安倍政権への妨害はないのか?


13. 2016年9月28日 14:00:19 : llVl9d1ub2 : ewfG9BNRMdM[3]
選ぶことよりできない、現代インテリさん方よ。

何時までも手持ちのカードを並べ替えて見ているが良い。

>完全無欠なすばらしい政党ができるはずが
 どこにある。
>政治の選択はよりマシなものを選ぶに過ぎない。

本当にそうかな。

自分に見えないものには手も足も出ない。

まず、自分の能力を疑ってみたら!


14. 2016年9月28日 14:07:52 : f6jBZstqEQ : W7FWWjWEywM[5]
なにはともあれ、拍手の自由もない強制茶番党を早いこと殲滅させないと、こくみんは戦時体制下への向かう道をまっしぐらに走らされそうだ。
今の危険な日本、早く終わせようぜ!
現執行部が居座る民進党では、とうてい強制茶番政権の暴走を食い止めることはできないと云うか、補完勢力としての役割を果たすだけだ。
民進党を解体し、民進党の心ある議員たちと社民党と生活の党と共産党が一つになり、強制茶番政権と完璧に対峙する野党第一党になることだ。
国民はみんな言っている。
今の日本、早く終われ!

15. 2016年9月28日 14:21:12 : qiETy0ugFs : Ps02MbXouzo[1]
第二の柱には気がつかなかった。
言われてみてなるほど。

第三は小池新党あたりかな。

今後の新潟以外(原発絡みなんで)の大きめな選挙で民進に花を持たせ現状勢力を支援、
どっちが先か知らないけれど、小池新党、二島返還。
そしてまた年末選挙。
民進崩壊。ほぼ野豚組にして新党合流。泡沫政党も壊滅。
・・・なんて悪夢が妄想できます。

年末に野田豚と脱糞安倍マリオの三文芝居がまた観れそう。
観たくはないけど。



16. 2016年9月28日 14:35:31 : aGVbOQzKcM : K6J6_uSp3wk[2]
良いですね、ミンシン党の殲滅!

もはや連合の買い豚、野田豚の出番はありません。
豚は細切れにして犬のエサにしましょう。

こういう味方のふりをして裏切ってばかりの悪党こそが
国民にとって最大の脅威、ガンなのです。

野田豚レンホウミンシン党は壊滅させて
国民の命と暮らしを守る政治を進めましょう。


17. 2016年9月28日 14:42:09 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[1149]
>安倍政権への妨害はないのか?

アメリカは大統領選挙でオバマはレームダック状態です。

しかも、安倍はオバマの進めているTPP早期締結を声高に唱えオバマに恭順を誓って見せています。

従って、オバマは自分のライフワークの原爆関連以外は沈黙です。

北方領土問題の手打ちをするには絶好の機会が来ているといえるでしょう。


18. 2016年9月28日 15:11:45 : UhDRXwZ25A : ZnzOYt0I50w[22]
相変わらずミラーマン植草は評論家のくせに経済以外は感情論ばかり
打倒安倍政権といいながら民進を全滅させろという
民進が全滅するということは安倍自民が400議席を超えるぞ



19. 2016年9月28日 16:01:52 : qnj15LgblQ : pQdifaI7vhQ[69]
そう、第三極は小池新党だろう。知事選で小池応援に回った議員も処分されず、自党候補にもたいした応援をしなかったのを見れば明らか。豊洲の件で点数上げれば支持者も付くだろうから。

20. 2016年9月28日 16:17:51 : 6GtQVk4Hrw : vwMsqTCZMu0[38]
民進党は もはや 野党ではない。
政権奪取を目指さない自分の欲望を満たす野合集団である。

21. 2016年9月28日 16:33:05 : TBn3QeK5jY : 3ip@pBQSu7c[2]

このままでは民進党は外から壊さなくても、中から壊れる。

民進党の「リベラル派」は自民分派の「10悪人」を党大会で追放せよ!

自民にくれてやれ。

そうすれば自ずと道は開ける。

長妻!何をしている。決起せよ。


22. 2016年9月28日 17:36:34 : FCWm2pITOk : FL_P__P2GlM[1]
スポンのポンさんは民進党の新潟知事選での自主投票方針をどういう理由で支持するのでしょうか?同様に民進党の辺野古移転推進方針をどういう理由で支持するのでしょうか?

23. 2016年9月28日 18:31:29 : QxEZCmEyAg : kQSL0PZXO2A[4]
植草さん>「党派に関わりなく、一選挙区一候補者の体制を主権者が主導して構築すること・・・衆院総選挙が早期に実施される前提で、対応を急ぐ必要がある」


              「野党・市民は、対応体制を至急構築できるか」


  安倍は年末・年始解散を決断したという、財務省へ12月スケジュールを全て空けとけの指示、いよいよ解散間違いねえようだ。民進の野田蓮舫体制発足で、千戴一隅のチャンス到来と見たようだ。こらあ当然だよ、全く不人気な野田蓮舫じゃあ、舌舐めずりして、嵩にかかって襲いかかるよ。1941年春先の独ソ国境状況みてえなもんだな。ヒトラーは攻め込みたくってしょうねえつうんに、対するソ連側は戦闘準備体制に入るどころか、戦闘色を薄め弱め、前線部隊を後退させ、精鋭を二線級にジャンジャン代えさせた。今の民進とおんなしだ、ゲリトトラーは解散したい、今日にも明日にもしたくってムズムズなのに、対する民進は最精鋭の戦闘体制を構築する代わりに、弱みと欠陥の塊のような野田蓮舫体制をスタートさせちゃった。民進は理解に苦しむな、こんたな状況で蓮舫とは、まあ、言いたいこつはいろいろあるが抑えよう。せめて岡田が小沢さんを迎え入れて、最強の戦闘体制構築完了してから代わるつうんなら分かんねえこつもねえが。ふつうなら、最早勝負あったつうとこだが、国民・市民はそうも言ってられねえ。民進体制がどうであれ、新潟の民進がどうであれ、国の崩壊を止めるためにも今次決戦は勝ち抜くきゃあねえ  ちょうど、ヒトラ−のテイーゲル機甲部隊の突進を、市民が徹夜で構築した対戦車壕等の縦深陣地が跳ね除けたように、野党・市民は参院選で経験済みの共闘体制つうバリケードを更に更に深め強め、闘うきゃあねえ。具体的には、植草さん提示の「一選挙区一候補者の体制を主権者が主導して構築」できるかだ。野田蓮舫体制がどうであれ、野党市民共闘がどうイニシアテイブ取るかだ。解散決定で、呑気なこつも言ってられねえが、植草さん「対応を急ぐ必要がある」つうんはダテで言ちょるんでねえが、全国各地域共闘組織、小沢さん・志位さん・福島さん、シールズは解散しちゃったが、ママ会その他、各組織は対応体制を至急構築できるかに掛ってきた。


24. 2016年9月28日 18:38:00 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[42]

≫3、5 おかしなコメの貴方たち
2だが、
≫おかしな茶々を入れるな。
どこがおかしいか、番号を振ってあるから批判出来たらしてください


25. スポンのポン[3944] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年9月28日 20:07:00 : owQevYQRdM : 7nnUZYdJMYI[182]
 
 
>>22.
>スポンのポンさんは民進党の新潟知事選での自主投票方針をどういう理由で支持するのでしょうか?
 同様に民進党の辺野古移転推進方針をどういう理由で支持するのでしょうか?

■自民政権が続けば
 原発は永遠にこの国からなくならない。
 辺野古移転は強行される。
 自民政権が続くことが最悪なのではありませんか。
 民進党を一言でも批判すれば、それだけ自民党の支持が上がりますよ。

■民進党を批判する人はデタラメな人ばかりです。
 その証拠に
 民進党をつぶした後に完全無欠な政党ができる保証があるか
 と私が聞いても誰一人答えていません。
 一番肝心なことを曖昧にして
 気に食わないから潰してしまえという滅茶苦茶な発想。
 まがりなりにも野党第一党をつぶしてしまうことが
 どんなに危険なことか分からないのだろうか。
 それこそ自民党が赤飯を炊いて喜ぶ。
 そうしてあなたは
 私の問いかけに何も答えず、私に質問だけをしている。
 
 


26. 2016年9月28日 22:17:09 : F3wzprZRMQ : lZGlqfgdYp0[32]
学者を名乗るなら、
なぜ「人為的第三極」が簡単な工作で作られるのか、をもっと考察すべきだな。
でないとたとえ民進党を潰せたとしても何度でも同じことが繰り返される。
見解が浅い。

27. 2016年9月28日 22:26:30 : F3wzprZRMQ : lZGlqfgdYp0[33]
「既得権による日本政治支配」って具体的に何が日本の政治を支配しているの?

既得権の所有者が何者かを明示しないから、
説得力が全然無い。

学者を名乗るには質が低い文章力。


28. 2016年9月28日 23:17:20 : I1cmVYHRRY : 3M8sdHUDWRk[4]
民進党には、自らを野党と呼ばせてはいけない。自民党と同列なのだから。

野党共闘から民進党を排除すべきだ。

民進党の一部にリベラルな人材が居そうだからと、国民は期待をして甘やかせてはいけない。

民進党に居てはだめだと、たとえリベラルな人が居たとして、リベラルな人が自覚し飛び出すように厳しく臨んで、強く促さなくてはいけない。


29. 2016年9月29日 00:04:55 : EWW1Bsrc16 : EusQ7dPd@@w[7]


       スポンよ恥を知れ!

       キミはもう終わっている

       禅問答も程々にしなさい



30. 2016年9月29日 00:29:08 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[43]

≫28
>民進党には、自らを野党と呼ばせてはいけない。自民党と同列なのだから。野党共闘から民進党を排除すべきだ。

民主党を批判するのは結構だが、頭に血が上ってわめいているようなコメだ。
それでは貴方は何党の支持者でしょうか?

議会政治では、政権党でなければどの党も「野党」なんですよ。
自民党も何回か野党になったことがある。
だから、
「野党」と「与党」という言葉を使っているだけでは、貴方コメのようにまとまらないのですね。
昔は「保守」「中道」「革新」とかいって、最近では「リベラル」もある。でも、
今ではすべからず保守になっている、共産党も含めてね。

自民党「改憲」を前にして、せっかく学生や市民団体のあっせんで「4野党共闘」が出来てあるのに、それをぶっ壊せという貴方やこの植草とかの御仁のオツムは、寒空でも雨ン中でも頑張ってきた運動を台無しにする、幼稚で粗暴で悪質な内容のコメになるのです、、、自民党に笑われる愚かなことなんですヨ。


31. 2016年9月29日 01:14:00 : xYpKMOPoJA : aOwkAcFkWrI[2]

>25 スポンのポンさん お久しぶりです。
私は、以前「低所得症候群」を名乗っていた者です(今のハンネは文末署名の通りです)。

あなたのコメントの中で、私は
「 自民政権が続けば
  原発は永遠にこの国からなくならない。
  辺野古移転は強行される。
  自民政権が続くことが最悪なのではありませんか。 」
の4行には賛同します。

しかし、次の
「 民進党を一言でも批判すれば、それだけ自民党の支持が上がりますよ。 」
には大きな疑問を感じざるを得ませんでした。
私も、蓮舫代表の‘野田抜擢’に失望した一人だからです。(以下、「ノダ」と表記します。その他大勢の野田姓の皆様に悪いので。)

あなたはノダを弁護されますが、私にはノダは国民を裏切った変節者にしか見えません。
ノダが何を言おうと、その発言自体が根っこから信用できないのです。
ノダは、2009年の総選挙戦でシロアリ退治を力説したその舌の根も乾かぬうちに、こともあろうにシロアリの言いなりとなって消費税率引上げを主唱し、ちゃっかりと総理の椅子を手にしました。
そして党の事実上の支柱である小沢一郎氏を排除しました。
消費増税発言もオドロキで、解散発言もオドロキで、2009年総選挙で国民から託された大議席を自ら放 擲 し た のもオドロキでしたが、これらの経緯の中で、ノダは国民に 正 面 か ら 真 摯 に 向 き 合 っ て 言葉を尽くして理解を求める姿勢を示しませんでした。国民の疑問を置きざりにしたまま暴走し自爆したのです。そのため、ノダにはどうしても‘政治信条が曖昧な薄気味悪さ’‘いつ逆噴射するかわからない不気味さ’‘平気で国民を欺く鉄面皮’のイメージが付きまとってしまうのです。
私だけではなく、多くの国民の目に、これと似たり寄ったりのノダ像が焼き付いているはずです。

そのような国民のココロを知ってか識らずか、蓮舫代表の無神経人事に、私は首を深くうなだれるしかありませんでした。 ・・・『今度こそ終わった』と。

民進党は 今 の ま ま で は 国民の支持を取り戻すことは難しいと思います。
政策の軸足が自民党と大差なさそうなノダ等一部の所属議員にお引き取り願うか、 あるいは ‘脱原発’‘辺野古移転阻止’など市民連合と野党4党の政策協定をさらに深化させていこうとの気概に満ちた議員が結束して新党を立ち上げるか、 あるいは 奇策として小沢一郎氏を三顧の礼で迎え入れ要職就任をお願いするか、 これらのいずれかしか党勢挽回の手立てはないように思われます。

スポンのポンさんが民進党を愛するお立場でコメントを書かれるのであれば、以上のことを多少でも心に留めて頂けるのであれば、実りある建設的な議論も生まれてくるのではないかと浅慮する次第です。少なくとも、ノダ弁護は、スポンのポンさんがどんなに字数を費やしても一般の世間では通用しないと思います。


🌀熱帯性無気力症候群(31.01)


32. 2016年9月29日 01:36:31 : I1cmVYHRRY : 3M8sdHUDWRk[12]
>それでは貴方は何党の支持者でしょうか?

山本太郎さんを支持しています。


33. 一主婦[2026] iOqO5ZV3 2016年9月29日 01:57:52 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[54]
>>10. スポンのポンさん

誰も、スポンさんの↓のコメントにお答えなさらないので、私が、答えて差し上げましょう。

>■民進党を潰した後に
 完全無欠なすばらしい政党ができるはずが
 どこにある。
 政治の選択はよりマシなものを選ぶに過ぎない。
 百反満点など初めからどこにもあるはずはない。
 自民党の悪政と比べて民進党を語れ。


↑、植草先生の仰る事に賛成です。手元にあるカードだけで、マシな物を選ぶと言う手は、もう何度も選挙で試していますし、勝敗も何度も出ています。自民党と同じ悪政の民進党をイヤイヤ野党に混ぜて、端をつまんで投票と言う試みを、ここ7年間試して、負け続きだったではありませんか?ですから、有権者に受け入れられない今のままの民進党では野党連携しても勝てないのです。

2009時の「国民の生活が第一」の政治姿勢に変わらない民進党では、野党に混ぜる意味がありません。野党第一党の意味も有りません。変えられない、変らない民進党なら「自民党よりも前に、鵺(ぬえ)の民進党を全滅に追い込むことが先決だ。」←と、仰る植草先生のご意見に、私も賛同します。自民党モドキの民進党。鵺の様に、野党連携のポーズだけ取り、政策や政治姿勢は既得権益側を向く民進党。そんな野党第一党をそのままにしての野党連携など、本物の連携では無く、本物の政権交代にはなり得ません。

政策を野党側に直してからの連携でなければ、それは単なる形だけの手つなぎアピールと言う事です。シールズも突然出現し、突然消えてしまわれましたが、結果としては、手つなぎ野党アピールの連携もどきで終わった感じがします。投票率も上がらず仕舞いでした。若いシールズが頑張っても、若い方がたに、影響を及ぼすことなく終わってしまったと言う酷評が出ていました。やはり、野党第一党の政策が自公政権と同じでの野党連携では、本物の連携にはならないのです。結局は、投票の率も上がらず、若者にも影響が及ばない結果となったのは、当然の事かもしれません。これは、シールズの力不足と言うよりも、やはり民進党のダメさ加減がその結果を導いたのだと思います。

どんな悪政をやっても、自民党の支持率が変わらないのは、それに対抗する野党、特に民進党が自民党と同じ1%の政策を掲げているからです。民進党が支持されない理由は、官僚・公務員・既得利益者代表なのに、表向きだけ、庶民派野党を装っているからです。バックも、自民党と同じ既得権益側の支持が付いています。アメリカ傀儡政党と言う事も、先の旧民主党の裏切り悪政政権で散々見てしまいました。ですから、民進党には二度と政権は取らせない。と言うのが有権者の想いだと思います。

民進党は、最悪の野党です。野党とはいえない野党モドキ、自民党二軍です。政策、政治姿勢も自民党と一緒の1%の為の政治を目指しています。この民進党を潰すことで、本物の野党連携や新党作りが進む事を目指した方が政権交代のエネルギーも大きくなると思いますし、勝機も出てくると思います。民進党よりも悪い野党は有りませんから、それよりも悪い器が出来るわけがありません。植草先生の仰るように、先ず「民進党は潰すこと」からスタートするのが早道だと思います。


>■植草氏は民主党政権を散々けなした。
 野党になった民主党も散々けなした。
 名前を変えた民進党もボロクソにけなしている。
 仮にそれを潰してできた新党をすばらしい政党だと
 植草氏が言うと思うか。
 結局、自民政権を延命させることが
 この男の本当の目的だったと
 気づいたときには焼け野原。

↑、植草先生が散々批判したのは、批判される事を民主党が実際に散々やらかしたからなのです。原因があっての批判なのです。民進党になっても批判されるのも、その民主党時代の裏切り行為を反省せず、そのまま民進党に持ち越し、政策も裏切って変えたままの政策を掲げ続けているからです。政治姿勢も、政治の方向も、すべて自民党政治の向きで進んでいるからなのです。訳も無く有権者や、植草先生が批判しいているという考えこそが、それこそ間違っています。

自民党政権を延命させている原因も、野党第一党の民進党が、自民党政策を掲げ続け、政治姿勢も、自民党と同じ向きを向いて進んでいるからなのです。それでは自民党と一緒に走り続けているのと同じ事で、自民党が倒れたらバトンを受け取って自公政権と同じ悪政を取るというスタンスが民進党なのです。民進党は、政策からして、自公政権のストッパーになっていないのです。そんな民進党に政権交代させたい有権者はいないと思います。自民党と同じ政策の民進党に政権交代など託したく有りません。植草先生のお考えが全く正しいです。

植草先生や有権者の考え方戸反対側に進んでいる民進党は、自公政権と一緒に、この国を焼け野原にしてしまう政党です。このままの民進党では、自民党を止められず、自民党と一緒にこの国を焼け野原にしてしまう事になります。

以上です。


34. 2016年9月29日 01:57:53 : I1cmVYHRRY : 3M8sdHUDWRk[13]
日本維新の会 日本のこころ 新党大地などの自民党補完勢力は野党共闘に入れるべきでないと考え方は同じ。

多少民進党は自民とは対立していますが遣ろうとしていることはアメリカ従属、原発続行政党と見ています。

だから野党共闘から民進党を排除すべきです。


35. 2016年9月29日 02:29:20 : c44WRViLEg : RSQ1qlAWw1g[10]
世界を建て直しするのは日本だ!

http://taketori.koiyk.com/

これかは、ロシア、中国、日本

アジアのモンゴロイドの時代が来る!

世界の中心は日本だよ!



[32初期非表示理由]:担当:関連が薄いものが多いので全部処理

36. 一主婦[2027] iOqO5ZV3 2016年9月29日 02:54:20 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[55]
>>25. スポンのポン さん

あれっ、もう一個、スポンさんのコメントがあったのですね。
ついでですから、こちらにも反論行きます。眼がさえちゃいましたから。

 
>■自民政権が続けば
 原発は永遠にこの国からなくならない。
 辺野古移転は強行される。
 自民政権が続くことが最悪なのではありませんか。
 民進党を一言でも批判すれば、それだけ自民党の支持が上がりますよ。


↑、これはどうでしょうかね?

電気労連にバックアップされ、官僚組織にバックアップされ、財界、総連、連合にバックアップされている民進党では、原発問題は逆らえないと思います。現に再稼動も賛成ですし、原発村の言い成りになっていますよね。新潟の野党が推す候補を離党処分までして、結果的に原発推進の自民党候補で行くという風ですものね。原発問題も自民党となんら変らないダメ政策の民進党ですよね。自民党と違うと言う偽りのお面は脱ぎ捨てなさい。こちらの方がたは、猛民進党の真の面はお見通しですから。騙しは効きませんよ。

辺野古も、もともとは、鳩山氏の案に逆らって、民主党クーデター組みの菅直人政権と野田政権が、ごり押しして進めたものです。何を隠そう民進党が進めたものですよ。正義ぶっていますが、もともと民主党が進めた悪政です。ですから、私達は、自民党を批判するだけでは片手落ちなのです。民進党こそ批判しなければならないのです。そうでないと、自民党が民進党に変っても同じ悪政が続く事になりますからね。野党側にいる民進党の方こそ、有権者は力を入れて批判しなけれならないのです。お分かりですか?そのあたりの考え方、スポンさん間違っていますよ。


>■民進党を批判する人はデタラメな人ばかりです。
 その証拠に民進党をつぶした後に完全無欠な政党ができる保証があるか
 と私が聞いても誰一人答えていません。
 一番肝心なことを曖昧にして気に食わないから潰してしまえという滅茶苦茶な発 想。まがりなりにも野党第一党をつぶしてしまうことが
 どんなに危険なことか分からないのだろうか。
 それこそ自民党が赤飯を炊いて喜ぶ。
 そうしてあなたは私の問いかけに何も答えず、私に質問だけをしている。
 
 
↑、いえいえ、民進党こそデタラメばかりですよ。
マニフェストに無い事をスイスイ進めて、マニフェストとは180度違う政策を進めました。これ程のデタラメ振りはありません。民進党を潰して、民進党とは政治の方向が180度違う政策の新党を作るのです。完全無欠の政党を目指すと言うのでは有りません。自民党とは真反対の政治姿勢の99%の為の政党を作るのです。

なぜかと言いますと、自民党も、民進党も既得権益側の1%を向く政治だからです。これでは政権交代しても、自民党の政治が続く事になるからですよ。スポンさんの言うように気に食わないから潰すのでは有りません。99%の為の政策の政党が欲しいからです。自民党二軍の民進党は、自民党政権と同じ1%のための政策を掲げている野党第一党だからです。そんな野党第一党は、99%の「敵」だから、民進党は潰すと言う事です。ここも、お分かりですか?

99%の為の政権交代をしたいのに、1%のための政策を掲げている、自民党二軍の民進党が野党第一党と言う事が、どんなに危険な事かお分かりになりませんか?このままの民進党では、この国の危機も、国民の生活の苦悩も救えないのです。そんな第二自民党の民進党がつぶれたなら、新しい国民の為の政党が生まれます。鵺の野党第一党の民進党が存在する限り、本物の野党の器は生まれません。ジャマなのです。ですから、民進党がつぶしたなら、わたしたち99%の有権者は「赤飯を炊いて」お祝いします。本物の器が出来る門出を祝ってね。

ハイ、以上です。


37. 2016年9月29日 02:55:59 : c44WRViLEg : RSQ1qlAWw1g[11]
超古代文明 86.日本は世界文明発祥地「竹内文書と民俗探訪」(出版記念シンポ) 竹取物語「第4回かぐや姫サミット」Kaguya-hime Summit Vol.4 竹取翁博物館2016.1.15
   【YouTube】 https://youtu.be/DfHE9CJUeVA
    http://taketori.koiyk.com/haku-4shinpo.html
超古代文明 87.日本は世界文明発祥地「日本のルーツ“ムー大陸と里帰り”」 (出版記念シンポ)竹取物語「第4回かぐや姫サミット」Kaguya-hime Summit Vol.4 竹取翁博物館2016.1.15
  【YouTube】 https://youtu.be/bOFM7a6E0EM
   http://taketori.koiyk.com/haku-4shinpo.html   世界を建て直しするのは日本だ!

http://taketori.koiyk.com/

これかは、ロシア、中国、日本

アジアのモンゴロイドの時代が来る!

世界の中心は日本だよ!



[32初期非表示理由]:担当:関連が薄いものが多いので全部処理

38. はざーど未来形[23] gs2CtIFbgseWopeIjGA 2016年9月29日 05:34:47 : sNQK5V20FU : Zet0C434VAA[1]
では、私も孤軍奮闘されているズボンさんに加勢いたします。CIAジミン体制では、プロパガンダがすごいんですよ。以前は社会党がそうやってつぶされたのです。だから、日本では野党を積み上げることはできません。三極とか、四極とか、みんなメディアによって、それにだまされたここの方たちのような方たちにつぶされ続けるんですよ。それから、あまりに便宜的に、深い考察もなく、殺人公明政党を野党と共闘させるというのはやめてください。地方には集団ストーカー禁止の条例があります。集団ストーカー、集団嫌がらせをしているのはソーカです。広宣部のことを知ってから言わないと、メディア批判ができなくなりますよ。 

39. 罵愚[4081] lGyL8A 2016年9月29日 06:04:08 : Si3iHVq9ag : UUxpizPbB0o[37]
 でもさぁ、蓮舫の二重国籍問題や参院の代表質問をみているかぎり、ほっといてもつぶれるんじゃぁないの?

40. 2016年9月29日 06:35:53 : Kd7zBCSidM : MXZWN5lNHeo[1]
ノダ豚が断罪もされず幹事長などに置かれている民主ミンシンというジミンコーメ支援集団だ。彼らは日本政治のガンだ。勿論、悪の権化はジミンコーメだが。こんな奴らが皆悉く消滅絶滅してからだ、日本の政治が始まるのは。それにしても、多くの愚民らは一体いつまでジミンコーメなどという極道集団の存在を許し続けるのだろう。

41. 2016年9月29日 07:02:14 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[27]
>>自民党よりも前に、「鵺(ぬえ)の民進党」を全滅に追い込むことが先決だ。
できれば、年内に民進党を分離に追い込み、主権者勢力が結集できる野党第一党候補になる新党創設を目指すべきだ。
衆院総選挙が早期に実施される前提で、対応を急ぐ必要がある。

植草氏、言いたい事は良く分かるのですけどね。ただこの論調はもう何年も前変わらないですが、少し角度を変えてみてもいいのでなないかとは思います。

お気持ちは重々理解できますが、もう少し現実を見た方が良いのでは。何故なら少し感情論的過ぎますし、普通に考えてもかなり現実味がないですし、そもそも願望のみで施策が無いですね。

民進党を全滅に追い込む事が先決だというお気持ちは良く分かるしそれが出来るなら勿論そうしたい。でもどうやって?

そして、年内に民進党を分離に追い込み、主権者勢力が結集できる野党第一党候補になる新党創設を目指すべきだということも言いたい事は良くわかります。

ただ、それなら共生社の連携をもっと後押しすべきだし、この連携は一つの党にはなりません。共産党がいますからね。

ならば、民進党を排除して、その他の新党創設を目指すならば、その新党は民進党でもなく、共産党でもなく、勿論自民党補完政党でもない。

結局推せるのは残る政党となりますね。

すると生活と社民となりますが、新党創設を目指すならば、この連携に民進党の中から政党としてではなく、議員個人としてその新党に参加するのは多分否定されないでしょう。その塊が共産党と大きな枠組みで連携する。

これは結局、民進党主導ではない形での政権交代を目指すという事であり、それか望みであるならば、その構築を建設的に論じた方が良いのでは。

民進党を全滅させるのも、それが実現する何らかの施策の提案でもあるなら別ですが、この手の論は既に何年も聞いてきたのですよね。悪徳10人衆は出て行け等も同じ理屈ですが、出て行けと言って出て行くならば誰も苦労などしないのです。

植草氏はその自身の願望を実現させたいならば、普通に小沢一郎を次なる舵取り役として強く後押しするのが良策だと思う。何故なら、植草氏の願望を現実的な施策として提言してきたのは小沢一郎に他ならず、実際に植草氏自信が小沢一郎の講演会などで良く演説されてきた。

本当に民進党主導での政権交代を望まないのであれば、手順が逆。

小沢一郎を推して、社民と連携させ、その流れの中で共産党とも連携してその塊を植草氏含めた市民主導で強く後押しする。その結果の展望として民進党の分離を促し、更なる結果として民進党崩壊への序曲を始め、新党なる新たな戦力にする。この順序の方が良いのでは。

先ず、民進党を全滅させると訴えるのも感情論としては理解出来るが、現実的にやめろやめろと言ってやめる人など殆どおりませんし、数年来の訴えの結果が今なのです。

経済論は流石ですが、政治に関する事はどうも感情論が先走るように思える。

小沢一郎との連携を望みますし、陸山会事件からの旧民主党崩壊の顛末を、一人の論客として国民に訴えていくには植草氏が一番適役だと思うのですけどね。

都民


42. スポンのポン[3946] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年9月29日 07:05:31 : owQevYQRdM : 7nnUZYdJMYI[184]
  
  
■自民党の罠!

 民進党を批判することが、
 民進党の支持を下げ、議席を減らすとしたら
 その減った議席は何処へ行くのか。
 他の野党に行く保証などどこにもない。
 今でも強大な自民党の議席をさらに増やして、
 悪政のやりたい放題を助ける可能性が一番高いことを
 誰が否定できるのか。
 仮に民進党が壊滅してその議席の大半が自民党に行ったなら
 この国は一体どういうことになるか。
 民進党を潰して野党を再編成せよというのが
 『自民党の罠』であることに気づかぬ者が
 アホウでなくて何だ。
  
  


43. 2016年9月29日 07:31:04 : RQpv2rjbfs : DnS7syXjc2g[333]
いいじゃん別に共産党だって。世は移りふたたび赤旗の元に集まる時が来たのだよ。それほど強者のゴリ押しが強いってことだ。

共産党が公務員の既得権益(具体的には民間に比してあまりに優遇されている年金や退職金)をある程度制限することを容認できるなら共産党を批判する理由は見当たらない。


44. 2016年9月29日 08:05:47 : IPpMF3eYT2 : 1@@GT0y8hz8[101]
>次期総選挙までに民進党をせん滅するー(植草一秀氏)

誰がせん滅するのか分からないが、期待しないで待ちましょう。


45. スポンのポン[3948] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年9月29日 09:04:36 : owQevYQRdM : 7nnUZYdJMYI[186]
   
   
>>31.

熱帯性無気力症候群さん 

低所得症候群をやめたのは宝くじでも大当たりされたからですか。

野田と書かずにノダとするところは感心させられました。

この国のマスコミは民主党のいいことは伝えず、
少しでも悪いことがあればそれを徹底的に叩いて騒ぎ立てました。
そのため国民の民主党に対するイメージは事実と大きく異なっています。

民主党はたった3年3ヶ月でしたが
その間にどれだけ税金の無駄をなくす改革をしたでしょうか。

民主党が天下りを半減する一大改革を行ったことを知っている国民が
どれほどいるでしょうか。
無駄な公共工事を減らして人への投資に切り替えました。
事業仕分けをけなす人がいますが、その意義は大きかったはずです。

実際に消費税を上げると決めた2014年までに
シロアリの温床である独法を4割減らすことを野田さんは決めていました。
ただしこれは政権が自民に戻ってしまったために実現はしませんでした。
シロアリ退治の一大計画を国民が民主党から政権を奪い実現させなかったくせに
「野田はシロアリ退治をせずに消費税を値上げした嘘つきだ」
と多くの国民が言っているのです。

 野田さんの心には悪意も私欲もありません。
 野田さんの行ったことはすべて国家と国民のためです。
 私は野田さんは嘘をついてもいないし、
 国民を裏切ってなどもいないと
 心底から信じています。
 
 


46. ただのひも[190] gr2CvoLMgtCC4A 2016年9月29日 09:06:45 : TeJKNVsQeo : BmQy17iwEzk[44]
植草氏の分析は正しいと思う。つまり、体制側の論理で第2自民党を作り、受け皿を作る。自民党がダメでも第2自民党があれば体制は維持される。そして、それを潰し、否定することで反体制の考えを薄めていくという戦略は見事である。しかも、ジャーナリズム、メディアを支配し、巧妙に愛国心を利用し、体制維持を図る。アベノミクスなんてものを評価している人なんかどこにもいないだろう。あるとすれば、上辺だけで公式の場で嘘をついているだけ。もはや、お国の管理下に置かれている。デフレの原因は、日本がバブル崩壊後もマネーサプライを大量に垂れ流し続けた結果だし、アメリカの金融商品のでたらめな信用バブルがはじけたリーマンショックの結果の世界不況が大きな要因であったはず。それをすべて民主党政権のせいにするというこじつけがまかり通るこの日本のインテリ層の低能さには呆れる。民主党政権時代にがまんした結果、その後の金融緩和で円安と株価の高騰を引き起こしたという結果をもって、アべノミクスの成果というのには無理がある。
日本人もばかではない。やがて気付くはずだ。今のアベノミクス信奉者たちは駆逐されるだけではなく、その罪を生涯問われることになるだろう。
人間は強迫観念があってはじめて重い腰を上げる。
生活がおびやかされる前に気付くことは難しい。気づいても論理のすり替えを巧妙にするのが詐欺師だ。
立ち止まって事実を調べ論理を組み立てれば自ずとわかることだ。

47. 2016年9月29日 09:41:39 : I1cmVYHRRY : 3M8sdHUDWRk[14]
共産党が、党名から共産と言う文字を捨て去って、立憲国民主権党と名乗るなら、志位さんを前面に立てて結束しても良いのではないかと思います。

それだけの本気度(勇気)が共産党にあればの話ですが。


48. 2016年9月29日 09:42:13 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[1]

   >>42 >民進党を批判することが、民進党の支持を下げ、議席を減らすとしたらその減った議席は何処へ行くのか。


   >>42のポン君。民進党批判の票がどこへ行くかという意味で答えよう。
 
民進党を批判する理由として、例えば本澤二郎氏が以下述べている。
   @参院選での野党共闘にも最後まで難色を示し、自民党を利するように動き、あたかも安倍自民の別働隊のごとき働きをした。
   A消費税は上げる、改憲にも賛成、原発再稼働は容認、辺野古の新基地も賛成。安倍自民と同じである。
   B自民と対決するのではなく、第2自民党を目指すのが野田元首相だ。

   つまり、民進党批判は「民進党が自民と対決するのでは無く、自民と同化し、あるいは第2自民党化しようとする」ことに対してである。民進党への批判は、民進党の自民党的なものへの批判である。

   従ってポン君への答えは、「民進党批判の票は自民党には行かない。他の野党に行く」である。



49. 2016年9月29日 09:59:01 : I1cmVYHRRY : 3M8sdHUDWRk[15]
私は菅さんが福島第一原発事故後に原発推進政策にはっきりと見切りをつけ、浜岡原発を完全停止した時点で菅政権を強く応援することにしました。
ですが民主党の中から菅政権を引き釣り下ろす勢力が生まれ、野田政権と言うアメリカ追随が正面に押し出された政権に替わったとたん、民進党は全く応援できなくなりました。
そして今国民を悩ませている不正選挙が民進党の時から始まったとも思っています。
その不正選挙手法を、自民党が受け継いでいるように思えてなりません。

50. 2016年9月29日 10:06:43 : I1cmVYHRRY : 3M8sdHUDWRk[16]
不正選挙による当選させる候補選びは、ジャパンハンドラーズという日本の隠れキャビネットが握っているのではないでしょうか。野田が選挙で民主党に残れたのはその勢力による采配であったと思っています。

51. ネコの目[50] g2yDUoLMlto 2016年9月29日 12:48:06 : kQufOUyS5Y : S8rFd9MT5gs[9]
この植草の言っていることは、何が何だか分らない(??)
とても巧妙で、しかしここのエリートさんの論客には大うけ。けれども実質は、民進党のネガキャンとしか思えない。
たとえ、民進党を壊して、何が残る? 今の他の野党が直ぐに結束できるはずが無いじゃないか。
植草は、単なるジミンの応援団。いや、刺客、ただそれだけ。

それと、アヘの言う言葉→「・・・しようじゃありませんか」
という言葉は、人々を高揚させる「不思議な言葉」だから、これをアヘは何度も何度も言っている。
「・・・しょうじゃありませんかっ!!」
チャウセスクが昔使っていて、ロシア人も驚いたという言葉だよな。

「いやですっ」と言えない雰囲気を持っている言葉。これは、アヘのパフォーマンスを作り出す、陰の仕掛け人がせっせと言う言葉だろうな、多分。


52. 2016年9月29日 13:23:08 : Wlc7UhqQeY : ZXv6ng@gva8[10]
民進党があって何かいいことあったか

無いね

どうあがいたって日本はファシズムのくびきのもとで,日中戦争に突き進むしかない。

貧困者は兵士として戦場へ,金持ちはクラブとゴルフで遊興三昧

死ね日本


53. 一主婦[2028] iOqO5ZV3 2016年9月29日 13:49:33 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[56]
>>42. スポンのポン さん

スポンさん、お疲れ様。
また、わたくしメが、お相手して差し上げましょう。

 >■自民党の罠!
 民進党を批判することが、民進党の支持を下げ、議席を減らすとしたら
 その減った議席は何処へ行くのか。他の野党に行く保証などどこにもない。
 今でも強大な自民党の議席をさらに増やして、悪政のやりたい放題を助ける可能 性が一番高いことを誰が否定できるのか。仮に民進党が壊滅してその議席の大半 が自民党に行ったならこの国は一体どういうことになるか。
 民進党を潰して野党を再編成せよというのが『自民党の罠』であることに気づか ぬ者がアホウでなくて何だ。

↑、あれあれ、スポンさん、その理屈こそ、自民党の罠に嵌っていますよ。
自民党と同じ悪政、売国政策を掲げている事こそ、自民党の大罠にスッポリと嵌ってしまって、自民党の延命に手を貸している事になるのです。自民党が嫌な有権者が、自民党と同じ売国悪政を掲げている野党第一党の民進党に投票するわけなどないでは有りませんか?あの、2009年時の民主党政権交代を成し遂げた方がたの約三割が、投票先を無くしてしまって棄権している状態が今の状態なのです。それが約7年も続いています。


2009年の政権交替時の投票率は、約77%、それ以後の7年間の投票率は約50%台でずっ来ています。ですから、自民党などに流れるのではなく「棄権」に流れているのです。その皆さんは、民進党を元の2009年時の「国民の生活が第一」の国民側の政策と政治姿勢の民進党に戻す為に、批判を続けているのです。もう、ここに来て、A級戦犯の野田を幹事長に据える有様を観て、それも諦める人々が多くなりました。

批判してくれる人々がいる事こそ感謝しなければならないのです。だって批判してくれると言う事は、まだ民進党に期待が残って居ると言うことなのです。「改心」の期待をされて居ると言うことです。それもされなくなったなら、誰も民進党批判をしなくなって無視するだけと思います。私は、自民党批判など無駄で、そんな努力さえもしたく有りません。自民党には何も期待できず、タダタダ政権交代で引っ込める事だけを考えているからです。

ですが、その自民党の代わりに政権に据える、民進党が、自民党と同じ政治姿勢と、政策では、政権交代する意味を失ってしまいます。自民党と同じ政策を掲げている民進党を増やして政権に付かせたなら、国会での「決議投票」では、自公政権議員票数+増やしてあげた民進党票になってしまうのですよ。だからあの民進党の政策では、例え統一候補として立っていても、とても怖くて投票できないのです。だって、それでは、自民党議員を増やしてあげて国会に送る事と同じなのです。こんな怖い事はありません。改憲でもTPPでも、原発でも、何でもスイスイ通ってしまいます。

ところで、なぜ?野党でありながら、自民党と同じ政策を頑なに掲げ続けているのですか?なぜ、国民の多くが望んでいる政策に変えられないのでしょうか?それは、自民党と同じミッションを民進党は背負っているからに他なりません。変えてしまったなら、アメリカ始め既得権益の意に背くからですよね。実状はそう言う事です。ですが、私達有権者は、そのミッションでの政権交代など望んでいません。政権交代は、望んでいる「政策」の実現の為に行うのです。政権交代そのものが実現しても、政策が望む方向と180度も違う方向への政権交代など、絶対に望んでいないのです。

植草先生が仰るように、政権交代は「政策」実現の為に行うものなのです。ところが今の風潮は、政権交代そのものだけを目的としていて、その目的では、有権者の約4割が棄権に走ってしまうのです。だってそんな政権交代は望んでいないのですから当然の事です。その方がたを責める事は出来ません。望まない自民党政策を掲げている野党第一党を責めるべきです。そこが、シールズも、国会議員も分かっていないように思います。植草先生のお考えこそ本物だと思います。皆でそちらの方向で動いていれば、ここ7年間の空白が、もっと早く埋められて、本物の政権交代が果たせたように思います。7年間も、失敗続き、負け続きの、同じ民進党中心の政権交代を目指しすぎましたから、この結果になっていると私は思います。

7年間も、民進党中心を試めして、7年間も自民党の圧勝を許してしまったのですから、今度こそは、植草案、小林節案に舵を切るべきと私は思います。何時までも失敗を続けてズルズルと奈落に落ちる道を選ぶべきでは無いと私は思います。民進党をそのままにしているから、そして、その民進党中心の野党連合での政権交代を目指しているから、この政治の空白と政権交代の失敗が続いていると思います。有権者に嫌われる、そして投票率が上がらない方法を何時までも試して継続している場合では無いと思います。
  
そんな事に逆らって、民進党の擁護ばかりしているスポンさんは、アホゥとまでは言いませんが、お利口な考え方では無いと思います。
ハイ、以上です。


54. 2016年9月29日 14:48:21 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[44]

≫28、32 山本太郎(生活の党)支持者の貴方

それでは、山本太郎も
≫民進党には、自らを野党と呼ばせてはいけない。自民党と同列なのだから。
野党共闘から民進党を排除すべきだ。

と言っているのでしょうか?
答えて下さいね。そうでなければ、山本太郎さんは泣きますよ


55. 2016年9月29日 15:01:59 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[45]

≫53一主婦さんへ
頑張って民進党批判やっていますね、その気持ちもわかりますが、
それでは質問しますが、

>自民党二軍の民進党

これ、36での貴方のコメですが
その場合、ではそのような民進党と「共闘」して結束している3党はアホです?それとも「自民党三軍」ということになりますか?
「自民党二軍の民進党」と共闘している他の野党の役割について述べてください。
歯切れよくどうぞ



56. スポンのポン[3949] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年9月29日 15:24:06 : owQevYQRdM : 7nnUZYdJMYI[187]
 
 
>>48.
>従ってポン君への答えは、
 「民進党批判の票は自民党には行かない。他の野党に行く」である。

■問題はそんなに単純ではない。
 野党の第一党が消滅するようなことがあれば
 それが国民の心理にどう影響するかを考える必要がある。
 野党全体に対する信頼が失われ、
 「やっぱり自民党でなければダメだ」
 と思う国民を増やすことになるのは明らかではないのか。
 国民の政治不信は高まり、投票率は下がる。
 民進党の後に新たな政党ができても、それに何の欠点もないはずはなく
 結局同じことを繰り返せば、野党に対する信頼は遺命的に失われる。
 民進党の票が雲散霧消し、なおかつ投票率まで下げれば
 結果として自民に圧倒的に有利に作用することは明らかだ。
 自民の罠にはまって民進党を消滅させ、自民の独裁を強めれば
 この先百年間でも悪政が続くことにさえなりかねない。
 そうなってからどんなに悔やんでも後の祭りだ。
 どんなことがあっても民進党を盛り立てて伸ばす以外に
 この国を自民の悪政から救う手段はない。
 
 


57. 罵愚[4083] lGyL8A 2016年9月29日 15:31:51 : Si3iHVq9ag : UUxpizPbB0o[39]
 呉越同舟で同床異夢(笑)。

58. 2016年9月29日 16:33:50 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[2]

   >>56 >野党の第一党が消滅するようなことがあればそれが国民の心理にどう影響するかを考える必要がある。野党全体に対する信頼が失われ、「やっぱり自民党でなければダメだ」 と思う国民を増やすことになるのは明らかではないのか。

   それはポン君が、現状を固定的に捉えているために生まれる誤った推論だ。 

   民進党は現状では野党第1党だが、支持を失って次の総選挙で壊滅し、民進党が失った議席を他の野党、例えば共産党が獲得すれば野党第1党が共産党に移るだけのことで、何ら問題ない。

   そうなれば民進党はダメだと思う国民が増えたことは明らかだが、それで「自民党でなければダメだと思う国民を増やすことになるのが明らか」とは言えない。



59. 2016年9月29日 17:46:34 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[737]
>>53ほか出演多数の一主婦さん

相も変わらず,夜も寝ないで昼寝して,頑張っているね。

>あの、2009年時の民主党政権交代を成し遂げた方がたの約三割が、投票先を無くしてしまって棄権している状態が今の状態なのです。

これはその通り。もっと正確にいうと,2009年に民主党に投票した人のうち,2012人の総選挙では,1/3はそのまま民主党に投票したが,1/3は維新の会に投票し,1/3は棄権した。
マニフェストを投げ捨てた民主党に対抗し,マニフェストを守ろうとした未来の党(生活の党)に投票した人はごくわずか。
こういう現実を直視する必要がある。

2009年の民主党のマニフェストでは,まず統治機構改革を掲げたはずだが,サッパリ成果を得られない。そこで統治機構改革は,維新の会の専売特許になったのだね。それで維新の会は人気が出た。これは現在では,小池百合子の行おうとしていることにもつながるだろう。第二自民党としては失格になった民主党(民進党)にかわり,維新と小池百合子から,改革保守というか自民党のスペアが用意されそうな気もする。

一方で民主党の掲げた福祉重視政策は,マスコミからのばらまき批判により,悪であるという風潮ができてしまった。常に財源は?と聞かれるのだね。そして財源としては,ほとんどの人が消費税しか思いつかない。一方では軍事費や公共事業費や法人税減税については,誰も財源を問題にしない。

そうした流れの中で,政治の対立構造が,利権保守vs改革保守,と移っていきそうな予感もある。利権保守とはもちろん従来の自民党政治のこと,改革保守とは,小さな政府を志向する,菅から民へ,市場原理最優先,弱肉強食の競争社会肯定,公務員たたきを企む,維新などの新自由主義勢力だ。もちろん自民党も新自由主義への傾きを持つが,維新の方がより純度の高い新自由主義者だろう。
政治の対立軸が,このように二極されてしまっては,野党それもリベラル派は消滅する。これは何としても防がねばならない。

現在の支配層,それは1%の勢力。経団連,高級官僚,与党政治家など。不平等はますます拡大している。こういう政治を変えよう。
念のために,小沢支持者の人たちに申し上げておくが,敵は公務員ではないよ。まあ高級官僚を敵とするのは分かるが,一般職員は99%の方にはいる庶民だ。なんといっても,財界の力を軽視してはならない。ここにこそ敵の本丸がある。大体高額所得者のランキングでは,上位はほとんどが財界人ではないか。
時代劇で言えば,悪いのは悪代官だけではない。越後屋も悪いのだ。そして両者の癒着が問題なのだ。

辛抱強い努力が必要なのだけど,政治のチェンジを訴えよう。1%のための政策から99%のための政策へのチェンジ。これは国民の消費需要を高め,景気回復にも役立つはずだ。
目先の人気取りを狙う新自由勢力については,その正体を暴こう。橋下などね。

間違っても特別会計400兆円「だけ」が我が国の問題だ,とは言わないでね。

で,民進党をどうするか。これは新潟県知事選挙がモデルケースだね。優柔不断なことを言い続けるようなら,民進党を置いて民は進む。
志位さんや小池晃さんは,それでも精いっぱいの忍耐度を示そうとしている。政策の違いはあるのだが,それでもTPPについては現在の合意内容では批准できない,と言ったことで一致できるとしている。相変わらず民進党に対して門戸を閉ざしていない。然しこれがいつまで続くのか,わからないけど,まあ,民進党と全面戦争に至るのは,もっと待った方がいいと思うよ。何といっても,今は民進党抜きでは自民党に勝てないからね。


60. 2016年9月29日 18:44:55 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[1150]
●『蓮舫氏に早くもシラケムード。野田幹事長起用で「民進党は終わった」』(『高野孟のTHE JOURNAL』)
http://www.mag2.com/p/news/220640?l=rdj0974ad0

−−−−−−−−−−−−−(一部、引用させていただきます)
(略)
彼女が打った人事の初手が「野田佳彦幹事長」だったことに誰もが驚愕し、そして失望した。

党内に広がる不満や困惑を背景に、代表選で彼女を支持した赤松弘隆=元衆議院副議長や細野豪志=元幹事長らが直接会って撤回を求めたものの、彼女は聞き入れない。
(略)

この場面で何より問題なのは、同じ「民主党政権の失敗」と言っても、鳩山・菅両政権の失敗と野田政権の失敗は質が異なるということである。

鳩山は、戦後自民党の安保・基地政策の非道の到達点とも言える「辺野古基地建設」をひっくり返そうとして日米にまたがる軍産政官の複合勢力の巨大な力に跳ね返されて挫折したのだし、菅は3・11の「首都圏壊滅か」という未曾有の危機の中で、戦後自民党が培ってきた、これまた日米にまたがる「原子力ムラ」の圧倒的な闇の権力構造に戦いを挑んで退けられた。

しかしその後を継いだ野田は、何かしら戦後日本を蝕んできた自民党的構造を転換しようとして1つでも戦いを挑んだろうか。

何もしようともしなかったばかりか、逆に鳩山・菅両政権の挑戦が引き起こした「混乱」(と自民党やマスコミが呼んだもの)を収めて元の木阿弥にするようなことばかりした。

自民党と親米売国官僚どもの注文通りにTPP交渉参加への道を整備したのは野田であり、官邸前の原発反対の市民デモを「うるさいなあ」と言って原発再稼働を許したのは野田であり、オスプレイの沖縄・日本配備を易々と認めたのは野田であり、自民党と財務省が望んだ消費増税を自分の方から言い出して、小沢グループの大量離党による党分裂を招き、挙げ句の果てに負けると分かっている総選挙を打って173人の同志を落選させて大敗、第2次安倍政権誕生への道を掃き清めたのは野田である。

さらに、総理時代に「いざという時は集団的自衛権の行使に相当することもやらざるを得ないことは、現実的に起こる訳だから、原則としてはやはり認めるべき。しかし乱用されないように歯止めをかける手段をどのように用意しておくかの議論が大切」と、自民党と同工異曲のことを言って安倍の安保法制強行に予め同意したのは野田であり、尖閣の安易極まりない「国有化」で対中関係を悪化させ、安倍による「中国脅威論」の流布にきっかけを与えたのも野田である。

こうして列記すれば明らかなとおり、安倍政権で起こったすべての悪いことは野田政権で下地が作られていた。そのことを本誌は12年秋当時「自民党野田派の誕生」と呼んだ。

−−−−−−−−

●そして蓮舫の党首討論の目玉は案の定「消費税増税ができないアベノミクスは失敗だ」だった!

要は、消費税10%を3党(自公民)合意したのだから早くヤレと安倍をけしかけているのだ。

いやはや自民党野田派の民進党は早う失せろ!


61. スポンのポン[3950] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年9月29日 19:32:20 : owQevYQRdM : 7nnUZYdJMYI[188]
 
   
  
>>60.

■全部デタラメ、嘘八百。
 
 
 


62. 一主婦[2029] iOqO5ZV3 2016年9月29日 19:42:30 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[57]
>>55. GiBuxTOq8TE[45] さん

お待たせいたしました。

ご質問にお答えいたします。いつものように歯切れよく行きますね。
私は、今のままの民進党を加えた野党連合には「期待していません、全くです」
はっきり言えば、その様な「変らない自民党二軍の民進党中心」での野党連合には「反対です」これではっきり意思表明しました。よろしいでしょうか?

私は、それとは違う形の野党連携を期待しています。この自民党二軍のままの民進党を混ぜての野党連携の形は、もう7年間も試してきて投票率も低く、負け続きの実績が有ります。ですからシールズの皆さんの遣り方も、この遣り方でしたので私は、この形では反対なのです。私は「自民党二軍の民進党」が今のままの政治姿勢を変えない限り、野党統一候補として、自分の選挙区に立っても、その候補には投票しない考えです。

鼻をつまんで、イヤイヤ民進党に投票し、野党共闘によって、自民党予備軍の民進党議員を増やしてしまうことが怖いからです。その理由は、上の方でも書きましたし、他のスレットでも、そして何年間も同じ考え方で何度も何度も書きました。ここ7年間変らずにずっと書き続けました。これが、わたくしの考えです。国会決議の場で、その民進党の政策を掲げる議員では、自民党案に賛成票を投じますから、結果的に自民党議員を増やしてしまう事になってしまうからです。

民進党が,99%側の政策と政治姿勢に変らない限り、たとえ政権交代をしても、自民党政治と何も変らない政治になるからです。「民進党を加えないと政権交代できない」という凝り固まった考え方で、新しい遣り方を放棄してしまい、他の方法を考えないところに、この7年間の停滞があったと思います。そんな政策を掲げている野党第一党中心にしての政権交代で民進党議員を増やして政権交代だけ果たしたとしても、自民党政策の続きになるのは確実です。あの民進党では自民党以上の速さで悪政を進めせられてしまうと思います。それは過去の実績もあり実証済みです。

植草先生のお考えのように、そんなトンでもない方向を向いて政治を取る「自民党二軍の民進党」をすっきりつぶしてしまい、その中から、野党連携で纏めた政策に賛成できると言う「マシな民進党議員だけ」を拾いあげ、本物の国民側の野党連合を作らなければ、何時までたっても、低投票率で自民党が勝つと言う、今までの結果が続いてしまいます。その形では、有権者の支持が得られる野党連合にはならないと思います。

議員立候補数の足りない分は、そこに新たに市井の中の有能な新人候補者をどんどん立てて、大きな塊にした方が有権者の受けも良いと思いますし、投票率のアップにもなると思います。棄権している約三割の方がたを拾い上げなければ政権交代は無理なのです。ですから、植草先生の政策中心にした議員の塊の野党連合とか、政策にワクワク感を持たせて、棄権している3割の方がたを投票行動に向かわせると言う小林節氏の「落穂拾い構想」はとても大切な視点だと思います。

小沢氏も、共産党も、シールズも「民進党中心」の政権交代、それも、第二自民党の民進党を許す形での鼻をつまんでイヤイヤ投票の形に固執してばかりなので、結局は投票率が低下して撒ける原因になっているのだと思います。植草先生と小林先生の合流が得られなかったのも、そういう形での政権交代に固執していたからだと思います。良い視点は取り入れて、勝ちに行く、投票率の上がる形での野党連携と政権交代を目指すべきと思います。

そんな新党造りなんて戸仰る方もいらっしゃると思いますので、今、現存する「既成政党で、手元にあるカードで」本物の政権交代をすると言う事でしたら、こんな方法もあると思います。こちらでも、コメントで同じ方法を語られている方がたが何人もいらっしゃいました。自民党二軍の民進党中心の政権交代は、政権交代をしても、はっきり言って自民党政策の続きにしかならないと思います。ですので、民進党中心の考え方では無く、その次の大きな党の共産党さんを中心の政権交代を目指すほうが良いと思うのです。

共産党さんを中心に野党が寄り集まって、先ず国民側が欲している「主要政策を10個」くらいに纏め上げ、それに賛同できる民進党議員を受け入れて、その他の野党からも賛同できるという議員なら受け入れれば良いと思います。この形は植草先生のお考えも入っていますね。そして、ワクワク出来る政策を掲げるという考えは、小林先生の考え方ですね。どちらも取り入れて、共産党さん中心で野政権交代を目指す方が、有権者の受けが良いと私は思います。

共産党さんは、全国に漏れなく立候補させられるほどの人材と資金をお持ちですから、なにも民進党丸ごとで、民進党だけに頼らずとも良いのでは無いかと思います。どうしても、候補者が足りない分は、市井の人材から補足したり、共産党さんの議員を多く立てれば全国に候補者は漏れなく立てられると思います。自民党と同じ政策の民進党議員を増やすより、それ以外の野党の議員を増やし、新人もどんどん当選させる方が、どんなに理想的で夢のある政権交代になるかと思います。なにも、自民党政策を掲げている民進党の議員を鼻をつまんで当選させることは無いと思います。

今のままの民進党中心の政権交代など、とても考えられませんし、考えたくありません。今、自民党の安部政権が遣っている悪政の殆どは、民進党のクーデターで誕生した菅直人政権と野田佳彦政権が、たった三年間の短期間でスイスイとアチラ側から決めさせられたものばかりです。思い出して、怖さを考える為に↓に、その悪政の数々をご披露致します。こんな政策を決め、こんな売国政治を目指す自民党よりも酷い売国ぶりの民進党なのです。では↓どうぞ。


◇民主党も、やってきたことをみれば、基本スタンスは自民党と一緒でした。

※(鳩山⇒小沢ラインが米国の思い通りにならないため、前原⇒岡田ラインを使うことにするという、暴かれた米国公電の東京新聞の記事。具体的には、沖縄基地問題を担当した、岡田克也外相、前原誠司沖縄担当相、北澤俊美防衛相の三名が、鳩山首相に対して忠誠を誓わず、横田政府=米国の僕(しもべ)として動いたのである。このために、鳩山首相が追求した、普天間基地の県外・国外移設方針が座礁した。

※「労働の規制緩和」では、98年より始まった法改正で、ほとんどが自民党と一緒に民主党も法案採択。

※消費税10%増税、決めたのは民主党菅直人政権。法制化したのは野田佳彦政権、実行したのが安部政権。

※TPPは、2010年10月に民主党・菅内閣は「平成の開国」と評価、野田内閣も継承。

※菅直人が原発事故後たった3ヵ月後にG8で原発推進を宣言した。
G8でストレステスト後に安全確認後に再稼動すると宣言した。

※「安保法制」の目的その具体化も民主党の岡田、北沢が中心となり進めた。「安保法制のその具体化の宣言」民主党で進めて、安倍政権で制定された。

※オスプレー導入は菅直人政権で決められ、オスプレイ沖縄配備を決定したのは野田政権・森本防衛大臣の時

※「辺野古米軍基地建設」も鳩山氏に逆らって,民主党クーデター組みが決定。

※「社会保障」切り捨て「一体改革」を指示したのも民主党政権の菅直人と野田佳彦政権。

※「集団的自衛権の行使容認」に動いたのは、他ならぬ民主党の野田政権。
野田は、国家戦略会議の下部組織として「フロンティア分科会」を設置し、その会議に「集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈の見直し」を提言させた。当時の外相であった玄葉光一郎が「強い問題意識を持っている」と行使容認化に意欲を示し、前原誠司も賛意を示した。(朝日新聞)

※「自民党憲法改正草案」は、2012年4月に、当時の谷垣禎一自民党総裁と、民主党の野田佳彦首相が、二人で話し合って決定したもの。

※‏「駆けつけ警護」というのは、自衛隊が海外の現地の武装勢力と戦闘することを認めること、現地住民を巻き添えにして殺傷すること。民主党の「駆けつけ警護」の法制化が、どうして「安保法制」反対になるのか。本心では自民党の安保法制に賛成と言う事。

※「戦後最も親米的」とさえいわれるクーデター後のアメリカ傀儡民主党菅政権・野田政権は、どのように誕生したのか。経緯は、昨年末に内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が公開した米外交公文書に垣間見ることができる。 この公電の意味を読み解くポイントは、米国が交渉の相手として当時の鳩山由紀夫首相ではなく、岡田、菅両氏を名指ししたことにある。(東京新聞、2011年1月20日朝刊、こちら特報部)

※2009年9月、鳩山政権誕生と同時に年次改革要望書=米国のための日本改造命令書は廃止された。この偉業を菅直人は、首相の座に付くや直ぐに、そのままのネーミングではまずいだろうということで、「日米経済調和対話」という新しい名前で復刻させた。

※鳩山政権でのもう一つの「偉業」。影の日本政府と言われていた「事務次官会議」の廃止。これらの偉業も、クデター後の菅政権、野田政権によって覆され復活されてしまった。

次に、ダメダメぶりの付録も↓に付けます。どうぞ。

※民主党素交会会長大島敦氏の言。「首相経験者の野田、菅両氏は民主党が政権を失い、多くの議員を落選させたA級戦犯。明らかに不利な時期に解散をしたために 「308議席→230議席→57議席」 まで減らしてしまったA級戦犯。許し難きことに野田前首相は自ら決意した選挙なのに、比例区との重複立候補した。部下に突撃命令を出し、自分は身の安全を図っているのだ」。

※野田元首相は官僚から「使い勝手よしひこ」と呼ばれていたという。消費税の増税や福島第一原発の終息宣言など、やっていたことが安倍首相と瓜二つ。消費税の 増税を強調したり、共産党と共闘するなら離党したいという野田元首相。官僚・財務省のパペットに成り下がった「シロアリ退治演説」の大嘘総理。

ハイ、思いっきり歯切れ良く述べさせて頂きました。


63. 2016年9月29日 19:46:14 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[46]

≫59
>志位さんや小池晃さんは,それでも精いっぱいの忍耐度を示そうとしている
天皇陛下に頭を垂れてることまでしてね、
民主党と一緒に入閣し、陛下から大臣証書を受けとる夢をず〜っと見てきた共産党だもんね、

民主党政権誕生を「新しい政治を開いた」快挙であると評価した志位さんや小池晃さんでしたね。
それで、民主党が政権するとそれを支えるため党大会で、これからは「建設的野党がわが党の任務」だとエールを送っていた日本共産党の志位さんや小池晃さんでしたね

時局批評はそうなんですが、、、共産党よいしょもどうかと



64. 一主婦[2030] iOqO5ZV3 2016年9月29日 19:49:50 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[58]
>>59. LKXRYf922A さん

あ、言われちゃった。
そうなのよ、夜も寝ないで、たっぷり昼寝して、一生懸命に書いていました。
でも、今日は、午後から出かけて、昼寝抜きなのよ〜
疲れちゃったわ〜 他の方に返事を差し上げる為に、残っている精魂全部使っちゃいましたので、貴方には、手抜きです。多分、その方への内容で、貴方への返事も兼ねられるはずですから、そちらをお読みください。

ゴメンね、手抜きで。


65. 2016年9月29日 19:59:24 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[47]

≫62一主婦 さん
>「第二自民党」・・・民主党も、やってきたことをみれば、基本スタンスは自民党と一緒

だから、その「第二自民党」としっかり共闘している共産党・3野党はお仲間でしょう?
貴方のコメを延長して書くと、3野党の役割は「第3自民党」になるじゃないのですか?
と聞いているのです

仲間でなかったら、何のために、ナゼ共産党は「第二自民党」と「共闘」しているのですか?
長々書くのもいいが、中身がないと意味ないですよ


66. 2016年9月29日 20:11:02 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[738]
>>63 >>65
横で申し訳ないが,
だから言っているだろう,志位さんや小池晃さんが精いっぱいの忍耐をしていると。
だけど,少しも民進党に譲歩はしていない。違いは認めたうえで,一致点を探ろうとしているのだ。
例えば,本来はTPP推進派である民進党も,現在の合意内容では批准するわけにはいかない,その一点で共闘しようと。



>>64 一主婦さん
手抜きは許さない。ちゃんと答えなさい。睡眠不足だというのなら,24時間ぐらい寝た後でもいい。
上に書いた,志位さんと小池晃さんの忍耐を無にするのか。

ついでながら,先日のNHK日曜討論で,野田ブタは「自民党の改憲草案は撤回すべき」と言っていたね。私は吐き気をこらえながら見ていたが。
だとしたら,一主婦さんの言う,

>※「自民党憲法改正草案」は、2012年4月に、当時の谷垣禎一自民党総裁と、民主党の野田佳彦首相が、二人で話し合って決定したもの。

との整合性はどうなるんだ。
醤油はいらないしトマトケチャップもいらない。ソースを出しなさい。



67. 一主婦[2031] iOqO5ZV3 2016年9月29日 21:03:24 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[59]
>>65. GiBuxTOq8TE さん

>「第二自民党」・・・民主党も、やってきたことをみれば、基本スタンスは自民党と一緒 だから、その「第二自民党」としっかり共闘している共産党・3野党はお仲間でしょう?貴方のコメを延長して書くと、3野党の役割は「第3自民党」になるじゃないのですか?と聞いているのです。仲間でなかったら、何のために、ナゼ共産党は「第二自民党」と「共闘」しているのですか?
長々書くのもいいが、中身がないと意味ないですよ


あら、↑そうなるのですか?貴方が考えるとそうなるという事なのですね?
あなたのお考えは分かりましたが、私は、貴方の、そのお考えと、その区分け方、決め付けには同意は出来かねます。私の考え方は、自民党と同じ方向の1%の政策を掲げる、民進党は、確実に「第二自民党」「自民党二軍」「自民党予備軍」だと思っていますが、他の、共産党や、社民、生活は、シッカリと99%の為の政策と政治姿勢、政治の方向を持っています。ですから、それは、自民党3軍、自民党4軍にはならないと思っています。

だって政策が「国民の生活が第一」の庶民の方向を向いていますから、自民党とは180度も方向も色合いも違っているでしょう?その野党が民進党と野党野合と言う形を執っていますが、私は、民進党以外の野党は信頼していますし、全然自民党三軍とは思いません。そもそも、その質問は、おかしいですね。何でそんな質問に答えなければならないの?

その、貴方独特の仕分けでは、私は何とも答えられないですね。そもそも、そんな仕分けの仕方で、民進党を「第二自民党」と呼んているのでは有りませんから。政策の違いを指しています。私は、貴方の自民党何軍の仕分け方が、そもそも間違っていると思います。だって、民進党以外の野党が、自民党何軍になる訳が無いでしょう。政策が「自民党と真反対」なのですから。国民側を向いているのですから。これでいかがでございましょう。お分かりいただけましたでしょうか。


68. 2016年9月29日 21:45:22 : tuZqjBFAsQ : rYzWH_0dYoA[5]
ダラ幹勢力に対峙する民進党勢力と社民党と生活の党と共産党が一緒になって、新しい政党をつくる構想を進めるべき。
新しい政党の名前は、「共生党」もしくは「日本共生党」で決まりです!

69. 2016年9月29日 21:58:11 : duhYYqpMGQ : y3u1Bdj1jss[2]
60>「蓮舫の党首討論の目玉は案の定「消費税増税ができないアベノミクスは失敗だ」だった!要は、消費税10%を3党(自公民)合意したのだから早くヤレと安倍をけしかけているのだ」

♪「台湾山姥と妖怪豚の協奏曲は、今が旬」
  
こらあ選挙になんねえよ、勝つ負ける以前の問題だ、国民は戦争法や消費税増税反対で、こうした反対の声を代表する政治勢力の登場を期待してる、政権奪取を願ってる。バッテン、そうした政治勢力の盟主となるリーダーが、消費税増税反対を訴えると思いきや、な!なんと!真逆な、増税を”早くヤレと安倍をけしかける”、こらあダメだ、選挙になんねえよ、民進はえらいもんを引きずり出しちゃったな、自分たちのオマンマを保障してくれる救世主のつもりが、まさか台湾山姥だったとは、台湾山姥を引きずり出しちゃったとは、台湾山姥はオッ恐ろしいぞ、オマンマどころか命さえ取られちゃうぞ。
  今回の台湾山姥のルーツは妖怪豚で、山姥は妖怪豚の手の内で踊ってるようだ。“10%やれねえんは。ミクスが上手くいってねえからだ”ちゅうんは妖怪豚の持論で、昨今各地で盛んに騒ぎたててるよ。“自民はウソつきだ”とか騒ぐが、そいは10%を約束したんに、やんねえんはウソつきちゅうわけだ。自民は経済状況から今は10%はという、対して妖怪豚は早くやれやれちゅう、何か話がおかしくなり、民進はマジいよ。自民は10%に反対し、民進はさも賛成かの、イメージ植え付けられてるぞ。まだ妖怪豚が個人の段階で騒いでるうちは、被害が少ないが、同じ持論を代表の台湾山姥を通して、さも民進の公式ステーツかの如くバンバンやられると、マジイどころか選挙になんねえぞ。
  今日明日にも解散総選挙つうこの正念場に、まあ末か年始らしいが、自公にとっては、余りのゴッソウに、甘々のシロップどこじゃあねえ、クリスマスプレゼントに歳暮・お年玉が熨斗つけてきたような、笑いが止まらねえどこじゃあねえ、余りにいいアンベエなんで腰を抜かさんばかりじゃよ。民進の各地の落武者は、こんたな状況をどう見てるか、9/28阿修羅笑坊サイトに下記コメ載せたんで再掲する。
  「落武者が全国数百人散在し、敗戦の痛みを癒しつつ、イザ鎌倉!へ向け、遺恨四年一剣磨き、出陣構えしちょった。同志野田某とかに裏切りられ、背後からも切りつけられ、散々な負け戦であった。近々じゃつう鎌倉からの檄もあり、鎧兜の埃払い、刀槍にも磨きかけ、出陣の準備なったかつう時に、な!なんと!戦ば再度野田某が仕切るちゅう報せが来おった。落武者は、当初はポカンと口開き、何が起こったか理解できなかった、次に猛烈な恐怖に襲われた。玉が吊り上がるどころか、全身が震えだし、震度3くれえな状況じゃあ。選りによって野田某が仕切ると、敗け戦の元凶が再度戦ば采配する、阿呆つう遥かに通り越し最早恐怖だ、座敷牢に入れた後成敗するちゅうんなら分かるが、 落武者をオチョクッちょるんか、誰が決めたんじゃとなった。台湾山姥が、遊び半分に夢想して画策したためと分かった。しかも台湾山姥とゲリゾウは、双方のバアサン・ジイサン通じてツウカウの仲らしい、勘ぐれば落武者に止めさし、ゲリゾウを再び天国・極楽に昇らせる魂胆あるとも見える。落武者は、稗・粟どころか、雑草を食らいここまで凌いできおったんに、またまた敗け戦を覚悟か、悔しい・・・」
  妖怪豚と台湾山姥は、今夜あたりは、国会が終わったつって祝盃のようだが、ヒソヒソと密談のようだが、野党第一が転がり込んできたんだ、握ったんだ、こっからはバレねえように慎重に、民進を自民に売りつけよう。言い分・主張がおんなしなんだから、合体で、改憲で、海外戦争だってシャイじゃあダメダ、なんてやってるようだ。そいにしても、こんたに仕掛けが巧くいくたあ、岡田を降ろしてワイのダミーをたてる、そいによって落としまえつけるためににワイが復権する、ワイもなかなかのワルちゅか策士じゃのう、妖怪豚の独白である。


70. 2016年9月29日 22:13:16 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[48]

≫67一主婦さんへ
65です
ちゃんと答えないとダメです

「仲間でなかったら、何のために、ナゼ共産党は『第二自民党』と『共闘』しているのですか?」
の質問に貴方は答えていません。

≫66 
それじゃ、天皇陛下に頭を垂れたのは本性か? それなら右翼政党
民主党政権支えます「建設的野党」共産党も本性のなせる業ですか? それなら民進党の兄弟党でしょうが

過大評価はいけませんね


71. 2016年9月29日 22:30:48 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[739]
>>60
>鳩山は、戦後自民党の安保・基地政策の非道の到達点とも言える「辺野古基地建設」をひっくり返そうとして日米にまたがる軍産政官の複合勢力の巨大な力に跳ね返されて挫折したのだし、菅は3・11の「首都圏壊滅か」という未曾有の危機の中で、戦後自民党が培ってきた、これまた日米にまたがる「原子力ムラ」の圧倒的な闇の権力構造に戦いを挑んで退けられた。

>しかしその後を継いだ野田は、何かしら戦後日本を蝕んできた自民党的構造を転換しようとして1つでも戦いを挑んだろうか。

>何もしようともしなかったばかりか、逆に鳩山・菅両政権の挑戦が引き起こした「混乱」(と自民党やマスコミが呼んだもの)を収めて元の木阿弥にするようなことばかりした。


全面的に賛同する。

私は,2009年の民主党のマニフェストを礼賛はしない。よく見れば,問題点はいっぱいある。
なお,辺野古移設反対も脱原発もそのマニフェストに書かれていない。マニフェストにないが,発生した新たな事態に応じて国民の利益に沿う政策を実行しようとした鳩山・菅を私は支持する。
鳩山は最低限でも県外,と言った。沖縄の負担は減るが,他の県の負担が増える。これは支持しない。米軍の海兵隊は日本に要らない,というべきだった。海兵隊というのは,日本を守るために存在しているわけではない。他国へ無法な先制攻撃の侵略戦争を仕掛けるために存在しているのだ。

2011年7月13日の記者会見での菅首相(当時)の脱原発宣言は,日本の現職の首相として初めての脱原発宣言であったことは評価する。もちろん即時ゼロではない,といった限界はあるのだが,あのころ即時ゼロを主張していた勢力がほかにあったか。共産党ですら,即時ゼロを主張し始めたのは,その翌年の2012年だ。

それら,民主党政権の初めの2代の首相の功績を,全てぶち壊してくれたのが野田ブタ。

スポンのポン氏は,初めの2代と野田ブタとの政策の違いを,どう説明するのだ。


>>68
新しい政党を作るのは難しいだろう。それぞれ,政党には綱領があり,基本政策があり,それらを訴えて支持者を拡大してきたのだ。新しい政党を作るためには,それらをすべて捨てないといけない。そんな決断ができるだろうか。
別に一つの党になる必要はないのだ。複数政党,さらに市民団体により構成される統一戦線でよい。



72. 2016年9月29日 22:54:12 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[28]
取り敢えずざっと読んでみた感想を。

もう何年も同じ事を書いていますが、結局のところ、国民が納得する形はやはり民進党主導ではない形での政権交代しかないと思うのですよね。

植草氏の仰られる様に民進党が壊滅出来るのであれば、勿論それに越した事は無いですが、事はそう単純では無い。

私は最優先のプライオリティは安倍総理を先ずは退陣させる事だと思っていますが、自公政権に反対している国民は結局のところ何を望んでいるのか。

これに尽きると思います。

そして、何がいいのかとかそういう問題ではなく、心の底あら自民党政治を変えたいと願う国民同士がどうしたら納得出来る形で合意が出来るのか。

これが一番大事かと思います。

何故なら、総裁の任期延長も囁かれる中で、仮に万が一、総裁任期の無期限延長などが現実味を帯びてきた場合、完全に打つ手が無くなる可能性すらあるから。

主権を行使出来る唯一の機会である選挙が行われているうちはまだ良い方です。
実際に総裁任期延長が現実味を帯びてきており、しかも憲法すら平気で無視するという前例が実際に起きているのです。

何としてでも止めなければ、それ程危険極まりない政権だと私は思います。

第二自民党である民進党が必要無いという理屈は勿論分かります。そして、本当に望む政党に国民が投票する。確かにこれが一番気分的には良いかと思います。

しかし、これで今迄負け続けてきたのですよね。。野党が纏まらず、共産党も全選挙区へ候補者を擁立して票割れで負けるという数勘定の問題です。

ついこの間までこの顛末が続いておりましたが、野党共闘を求める国民の一部からは共産党のその姿勢に批判が上がっておりました。政策的には支持者を伸ばしておりましたが、その姿勢に批判を受けていたのですよね。

そして、この負け続ける状況から自公の戦争法案の強行採決を境にして、遂にこのままではいけないとその共産党が独自候補の擁立を取り下げてまで野党連携に舵を切ったのです。

そして、シールズ含めた市民団体がその野党共闘を後押しし、主要政策での合意を得た上で、一人区での野党統一候補を実現し、結果として全体としては負けはしたものの、森ゆうこさんの当選など、ある程度の勝利を掴むことが出来たのです。

この一連の流れを旧民主党離党時から訴えていたのが生活の小沢一郎ですね。
結局のところ、バラバラでは勝てないという野党共闘への訴えです。

そして旧民主党に対する受け入れ難い国民感情を汲み取る形での施策を打ち出したのもこれまた小沢一郎なのですよね。選挙用の届け出政党に皆で参加して、既存の政党に属していながらでも政治家個人としてその届け出政党に参加すれば良いという考えです。

残念な事にあと一歩、あの小林節氏が生活、社民との連携を拒否され事も含め、各党の様々な動きがままならぬまま、先の選挙では何となく中途半端な形ながらも一人区での最低限の野党統一候補は実現しました。

結局のところ、二つの選択肢に行き着く事になりますが、それは国民が望む新たな新党への期待か、もしくは野党が本当の意味で共闘する事への期待、望む政策を実現する為には、結局はこの二択しかないという事です。

自公政権の暴政を止める為には、勝てる受け皿が必要だという事であり、それが新党か、もしくは野党共闘かと紆余曲折事です。更に言えば、短期的な勝利を視野に入れないという前提での野党共闘の場合、その連携の中に民進党を入れるのか、それとも入れないのか。

これ結局は国民の危機意識とプライオリティの問題ですね。

安倍政権を何としてでもすぐに止めたいのか、それとも例え時間を要するとしても、真の政権交代が起こるまで暫くは安倍政権の暴政に耐え忍ぶのか。

要は、短期決戦で事を為そうと考えるのか、それとも長期的な視野で考えるのかという目的のか違いに寄って、自ずとその戦略も変わる事になるでしょう。

これはどちはが正しい等の問題ではなく単なる国民の選択の問題かと思います。

本当に自公に勝つ為には、先ずこの点での国民の合意が必要かもしませんね。

個人的には一番まとまりやすいのは、民進党主導ではない形での政権交代を考察する事。この趣旨であれば国民は納得出来ますし、時間的に長期、短期などの縛りも無くなりますね。

難易度はかなを高いですが、自公も嫌だ、民進党も嫌だ、今の政治にも耐えられない、早く何とかしないとなるならば、普通に消去法で考えてもこれしか選択肢は有りません。

あと考えるべきはその手段と方法、そして現実的に実現可能と思える具体的な戦略それが必要だという事かと思います。

このスレタイである、次期総選挙までに民進党を殲滅するとうのは、余りに現実味に欠あており、出来れば願望だけではなく、その願望をどう達成するかというあと一歩踏み込んだ論を植草氏には期待したいです。


都民


73. 2016年9月29日 22:55:28 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[740]
>>70
ん?
>>66というのは私だから,それ私に対して言っているの?
頭を垂れるなんてねえ,私だってサラリーマンだったから,客先を訪問したときにはさんざん頭を垂れていたよ。もちろんだからと言って,相手のことを「神」と思ったわけではない。
共産党は,国会開会式の現在の形式を変更することを提案している。高いところから天皇がお言葉を発する形式はよくないと。
一体何が問題があるのか,さっぱりわからないね。


そして一主婦さんへ
この人,貴女を攻撃しているね。共産党が何を考えているのかということまであなたが答えないといけないなんて,これ,絶対に変だよね。なんなら私が反撃してもいいんだけど,それはやめとく。
一主婦さん,自力でやってよね。

ヒント
忍耐力の比較
志位>私>>>一主婦
ただし,これにも限度がある。新潟県知事選挙はそうなってしまったね。民進党を置いて,民は進む。
だからあらかじめ結果を言うことはできないが,まあ,仕方がない結果になったらそれも許容する。

忍耐すると言っても,志位さんは決して譲歩はしていない。綱領・政策は違っても,一致点で共闘する,ということだ。昔の社会党みたいに,理念政策をすべて捨ててしまうことはしていない。



74. 一隅より[368] iOqL94Lmgug 2016年9月29日 23:01:20 : iyJ2MZrxS6 : topKgcEuDxs[62]
>民進党をつぶした後に完全無欠な政党ができる保証があるか
>野党第一党をつぶしてしまうことがどんなに危険なことか
>その減った議席は何処へ行くのか

この3つは答えられている。

つまり、完全無欠な政党などとは誰も言っていない。そんなものは有りはしない。>>71氏の、「別に一つの党になる必要はない・・統一戦線でよい」のです。
そして、>>48氏が論理的に答えたように、>「民進党批判の票は自民党には行かない。他の野党に行く」。
だから、>「例えば共産党が獲得すれば野党第1党が共産党に移るだけのことで、何ら問題ない」(>>58)。


で、横からで申し訳ありませんが、次の2つの問いに、私なりの思いを書きます。
  ↓

まず、>「ナゼ共産党は「第二自民党」と「共闘」しているのですか」という問い。

これには>>66氏が、「少しも民進党に譲歩はしていない。違いは認めたうえで,一致点を探ろうとしている」と正確に答えていると思います。

「違いは認めたうえで一致点を・・」というのを裏返して言えば、「一方で共闘しつつ他方で批判もしていく」ということです。
共闘しつつ批判すべきは徹底批判しその真の姿を暴露していく。これが今の民進党(旧民主党)にたいしては絶対に必要だ。


次に、>「野田・・は『自民党の改憲草案は撤回すべき』と言っていた・・だとしたら・・『自民党憲法改正草案は、2012年4月に、当時の谷垣禎一自民党総裁と、民主党の野田佳彦首相が、二人で話し合って決定した』との整合性はどうなるんだ」、という問い。

これには、こう答えられます。
  ↓

民進党(のような党)は、反対しても意味がない・効果がないときには、ことさらに拳を振り上げて反対してみせる、そういう政治勢力だ。
一例。集団的自衛権行使準備・戦争法制の準備は、たとえば3年前の「2+2共同発表」のときにはもう分かっていた。このときもっとも重要な運動・大衆行動を組織するようなことは、この党はしない。
そして、いざ採決・成立のときになってはじめて、ことさら大声で反対してみせる。反対しても効果がないことが分かっているから安心だ。

これが、このような党・政治勢力に与えられた役割なのだ。
このような党は、かりに今は「戦争法制廃止」と言っていようとも、いざそれが現実の可能性として浮上してきたら、どのような行動に出るか、眼に見えるようだ。きっと、「廃止は現実的でない。それよりも修正だ」、とかなんとか言い出すに違いない。

9条改憲についてのこの党のいまの態度もこれと同じだ。9条改憲が現実味を帯びてきたときのこの党の出かたが見ものだ。

(いや、そんなことは言っていられない。そんなことになったら大変だ。その前に・そうならないために、まず第一に・そして絶対に必要なのは、この党の徹底批判、その真の姿の暴露だ。)


75. 2016年9月29日 23:34:17 : 6IIz0sGDuQ : 3tiPUQmNaGY[86]
次投票しないそ、もちろん自滅党やカルト公明党にも投票しない。

小沢さんを排除したらやはり子供みたいな党だった。


76. スポンのポン[3952] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年9月30日 00:12:54 : owQevYQRdM : 7nnUZYdJMYI[190]
 
 
>>74. 一隅より

■申し訳ないが、君の言っていることはすべてが滅茶苦茶だ。

>つまり、完全無欠な政党などとは誰も言っていない。
 そんなものは有りはしない。
■そんなものはないから、結局民進党の二の舞になると言っている。

>48氏が論理的に答えたように、
「民進党批判の票は自民党には行かない。他の野党に行く」。
■48氏の説明は幼稚なこじ付けであり、論理性など欠片もない。

>「例えば共産党が獲得すれば野党第1党が共産党に移るだけのことで、何ら問題ない」
■共産党が野党第一党になるということが、どういうことか分かりますか。

>共闘しつつ批判すべきは徹底批判しその真の姿を暴露していく。
 これが今の民進党(旧民主党)にたいしては絶対に必要だ。
■そんなおかしな「共闘」がどこにあるんだ。
 あんまりバカバカしいこじつけを言わないでくれ。
 民進党が第二自民党などではないからこそ共闘したのではないのか。
 第二自民党と共闘できるなら第一自民党とも共闘すればいいではないか。
 
 

 


77. 2016年9月30日 01:13:05 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[50]

≫73
70ですが、1〜10まで言わないと解らない人なんでしょうかね、

日本共産党は「象徴天皇制」容認勢力になった、そうなるとその一点では森喜朗のお仲間ということになる。皇室存続の方針まで作っている共産党だ。
その路線転換=変質と、その動機のあさましさの一例として挙げたのですがね。

日本国憲法の第一章天皇条項は、天皇一族の保身とアメリカの野望の利益が一致して、終戦から一年も経たないどさくさの中で日本人に強制された憲法条項ではないか、
ソ連の『北方領土』支配、アメリカの沖縄支配も、昭和天皇の采配がからんだものであることは、終戦前後の日米の公文書が次々公開されている現在、明らかになっている事実です。だから「琉球新報」などは怒りの社説を掲げて天皇を告発している。貴方はご存知ですか?
日米安保条約締結も昭和天皇が道を付けたことも明らかになっている。
そうしたことを、貴方は知っていますか?
だから、
日本共産党は以前「売国的ブルジョア君主制」とか「ブルジョア君主制」と批判し、綱領に「天皇制は廃止する」を書いていた。
それが、不破哲三などが90年代末に民主党などとの政権入りを夢見て、「暫定連合政府構想」を発表し、安保凍結、自衛隊当面容認、天皇容認と路線変更し当時メディアをにぎわした。「政権病」による天皇家容認政党・日本共産党の誕生。
天は人の上に人をつくる社会の容認・・・アホ丸出し日本共産党ではないか、
戦犯売国昭和天皇・象徴天皇誕生―――それを擁護する日本会議と「一点共闘」か?

遅いのでここまで、
これ、!〜2程度の話ですが、お分かり?
過度な共産党評価はほどほどに


78. 罵愚[4090] lGyL8A 2016年9月30日 05:38:19 : Si3iHVq9ag : UUxpizPbB0o[46]
 議論は白熱し、投稿は長文になっているが、戦後左翼の辞世だな…

79. 2016年9月30日 09:25:24 : agxSHZxi2k : G_Q1YDo8IMA[1]
戦後左翼の辞世かどうかは分かりませんが、兎に角、民進党への賛否論に帰結するというこの堂々巡りが陸山会事件以降もう何年も続いてますが、流石にそろそろこの堂々巡りから卒業したいものです。
そもそも元民進党は我々国民が支持をした政権交代時の旧民主党は似て非なるものなのですから。

国が安定して庶民の暮らしも豊かな時であればまた別ですが、事は急を要しますからね。呑気に政党論議に明け暮れるのも良いですが、国民はそろそろ本気で考えなければならない時期に来ていると思います。野党間で賛否両論明け暮れている間にも時間は止まりませんからね。

現在の状況は、自公に取っては正に高みの見物であり、支持母体である日本会議の面々にとってこれ程までの美味しい局面は戦後初の事でしょう。美しい日本、誇りある日本という、時代錯誤の戦前回帰思考が今まさに現実味を帯びてきているのです。

自公も嫌だ、かといって民進党も嫌、でも選挙では勝ちたい。その為に民進党を次期総選挙までにせん滅する。

これではお話になりません。

将棋に例えれば、相手は長年掛けてがっちり固めた穴熊の様な守備陣営なのです。王将の周りを司法、行政、マスコミ、または野党内の駒まで味方に付けて守りを固めているのです。

自公に打ち勝つというという唯一点で国民同士が合意すら出来ない状況で野党が本当に纏まる筈もなく、現政界の状況はある意味で私たち国民の意識の縮図のようにも見えますね。

この穴熊で固めた相手陣営に王手を掛けるのは至難の業ですが、市民サイドである野党陣営で頼りになるのは、飛車角の立ち位置とも見て取れる共産党の志位委員、それに生活の小沢一郎。更に変幻自在な桂馬の役割は山本太郎氏か。そこに直球勝負の香子のような森ゆうこ。

我々国民は盤上の状況をきちんと理解した上で、何を推すべきかを考えなければなりませんが、小駒の攻めで打ち砕くのか、はたまた角を打ち込んで入玉していくのか。手持ちの使える駒を使って短期で勝負を挑むのか、それともじっうり長期で有効な駒を増やした後勝負を掛けるのか。

一つ言える事は、不思議な事にこの陣営を陣頭指揮する者すら存在せず、そもそもよく見れば我々市民サイドには国民が納得出来る形の王将が存在しないのですよね。

これ勝とうとする以前の問題かと思います。これでは、例え知略を駆使して使える手駒だけで勝利を得たとしても、スライド式に相手側の陣営から王将が選ばれたのでは勝つ為の希望すらありません。

個人的には本当に困る前に実績ある選挙のプロに国民自身が陣頭指揮をお願いするとが良いかと思いますが、それ以外に何か良策でもあるのでしょうか。

個人的には民進党、特に野田を筆頭にした面々は、普通に捨て駒位にしか思っておりませんから勝利の為に使える駒なら使えばいいし、ただそれだけの事。
間違っても彼等に使われる事などないですし、騙されることも騙すことも無い。

自公安倍政権を止められるのであれば、個人的には誰であれ、どんな方法であれ、それが合法的且つ効果的な案であれば、その案に即座に賛同致しますね。

都民


80. 2016年9月30日 13:05:48 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[741]
>>79 都民さん
>個人的には民進党、特に野田を筆頭にした面々は、普通に捨て駒位にしか思っておりませんから勝利の為に使える駒なら使えばいいし、ただそれだけの事。

これには賛同するね。とにかく安倍に引導を渡さないといけない。そのためにはダメダメの民進党でも利用する。
そして,安倍を片付けた後は,民進党との真剣勝負になる。こういう手順を踏むのがいいと思う。

民進党をつぶすと植草さんは言うが,実際にはつぶすのは無理だろう。
連合の組織票がある,ため込んだ政党助成金がある。これがあるから,内部はバラバラのくせに,それでも分裂しない。

ただし王将とか選挙のプロが現れてくれるのを期待するのは,現時点では望み薄だし,待っていても仕方がないと思う。


>>77
昭和天皇がしばしば政治的な動きをしたことは聞いている。
アメリカに,「米軍はいつまでも日本に駐留してください」といったそうだね。
だかそれはここでの議論に何の関係もない。
現在の天皇が政治的な動きをしたという話は聞かない。象徴に徹している。

もちろん,民主共和制の原則から言えば,天皇制は廃止するのが望ましい。
現在の天皇は,さほどの特権を持っているとは言えないが,一方では職業選択の自由などの基本的人権を奪われた可哀想な存在だ,という見方もある。
しかし,現在の象徴天皇制においては,天皇制の問題は,喫緊の政治的課題ではない。当分棚上げすることは可能。
さらに,天皇制廃止の条件として,日本国民が天皇なしでもやっていけるほど,成長することも必要だ。



81. 2016年9月30日 14:16:15 : bwrO5XA8ug : FvLK_gZEW84[83]
スポンさんの気持ちはわかるけど、批判するな!勝つためだ!ってのは
大日本帝国の大本営発表とかと同じだよ。持ち上げるだけ持ち上げよう。
いずれ勝てるんだ!ではね、、。

82. 2016年9月30日 15:31:21 : UhDRXwZ25A : ZnzOYt0I50w[25]
>>63
ハイ思いきりよくよく歯切れよく述べさせて頂きました

ダラダラと中身のない長文を書いているしか見えないんだけど

自分で自分の文章を歯切れがいいなんてよくもまあ恥ずかしくもなくいえるね(呆)


83. 2016年9月30日 15:39:26 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[742]
>>82
>>63はアンカーミスで,本来は>>62の一主婦さんにあてたものではないのか?


84. 一主婦[2032] iOqO5ZV3 2016年9月30日 16:25:05 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[60]
>>66. LKXRYf922A さん

遅くなってごめんなさい。
遅く起きて、睡眠不足解消。こちらを覗いて、議論が白熱していましたから、ドコで出ていいものやら、話の腰をおってはいけないと思っているうちに、この時間。

>一主婦さん
手抜きは許さない。ちゃんと答えなさい。睡眠不足だというのなら,24時間ぐらい寝た後でもいい。上に書いた,志位さんと小池晃さんの忍耐を無にするのか。


↑、共産党賛の、ご努力、忍耐力には感謝しています。その努力が実って、民進党が、本物の野党なってくださる事を期待しつつ、それは難しいという諦めも有り、でも、最低、5個位の、主要政策食いは「政策協定」してほしいと思っています。


>ついでながら,先日のNHK日曜討論で,野田ブタは「自民党の改憲草案は撤回すべき」と言っていたね。私は吐き気をこらえながら見ていたが。だとしたら,一主婦さんの言う,※「自民党憲法改正草案」は、2012年4月に、当時の谷垣禎一自民党総裁と、民主党の野田佳彦首相が、二人で話し合って決定したもの。との整合性はどうなるんだ。醤油はいらないしトマトケチャップもいらない。ソースを出しなさい。

↑の貴方の、命令に答えるべき、ソース探しを夕べ遅くまで試みました。主に、内閣府の文章とかを漁りましたが、ソースには出会えませんでした。その、私が書いた部分の文章は、確かに、どこかで読んで、「あっ、これは頂き!」と、喜んで、その部分をメモ帳にメモッタのですけれど、ドコから頂いたのか思い出せません。

内閣府の文章で、それらしい所があって、記者が官僚に「二月に、自民党総裁の谷垣氏と民主党の野田総理大臣が、密会を重ねて居ると言うことですが、どんなテーマで話し合いが行われたたのか?」と言う質問があって、官僚は、その記者の質問に「密会」ですから、それはお答えでは出来かねる。と返答していました。どの資料を見ても、その事でハッキリした事は書かれていませんでした。

多分その密会で「消費税増税」の三党合意の事とか、その密会の二ヵ月後に発表された「自民党憲法改正草案」の、民進党でのフロンティア会議での内容の、すり合わせを、その密会で行われていたと言う様な含みのある書かれ方がして有りましたので、多分そこで掏り合わせの事を「二人で話し合って決めた」となったのだと思います。はっきりとした書き方でないため、ソースとしては使えませんね。


でも、私の代わりに、>>74.一隅より様が、的確にお答え下さっていますから、また手抜きになりますが、一隅様のご返答でご勘弁願います。↓この部分です。お借りします。

※民進党(のような党)は、反対しても意味がない・効果がないときには、ことさらに拳を振り上げて反対してみせる、そういう政治勢力だ。一例。集団的自衛権行使準備・戦争法制の準備は、たとえば3年前の「2+2共同発表」のときにはもう分かっていた。このときもっとも重要な運動・大衆行動を組織するようなことは、この党はしない。そして、いざ採決・成立のときになってはじめて、ことさら大声で反対してみせる。反対しても効果がないことが分かっているから安心だ。これが、このような党・政治勢力に与えられた役割なのだ。

このような党は、かりに今は「戦争法制廃止」と言っていようとも、いざそれが現実の可能性として浮上してきたら、どのような行動に出るか、眼に見えるようだ。きっと、「廃止は現実的でない。それよりも修正だ」、とかなんとか言い出すに違いない。9条改憲についてのこの党のいまの態度もこれと同じだ。9条改憲が現実味を帯びてきたときのこの党の出かたが見ものだ。

以上、↑一隅様よりお借りしました。的確なお答えだと思います。
またまた手抜きしてごめんなさい。


>>73. LKXRYf922A さん

>この人,貴女を攻撃しているね。一主婦さん,自力でやってよね。

この方への、返答は難しいです。あの方の欲しい答えは、多分「第二自民党の民進党と共闘する野党も、やはり自民党三軍になる」と言う答えを、私の口から差し上げなければ納得できないお方なのでしょうから、パスします。スルーと言うんでしたっけ。

じゃあ、またね。


85. 2016年9月30日 17:24:52 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[743]
>>84. 一主婦さん
レスありがとう。
私は,今はまだ民進党に対して,全面戦争を仕掛ける時ではないと思う。志位さんの忍耐,かなりストレスがたまるだろうな,と思うが,志位さんぐらいになったら決して自分の憂さを晴らすためだけの発言はしないしね。
今しばらく,志位さんの忍耐に期待しよう。

あんまり夜更かししたらダメだよ。夜更かしは肌荒れのもと,あ,いまさらこんなことどうでもいいか,でもね,もっと規則的な生活をしなさい。

ではまた。



86. 2016年9月30日 17:40:39 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[51]

≫80 後先見ない手前勝手なひょうきん者のお主
77だが、そのコメは、質問があったから書いただけだ よく見ろボケ



87. 一主婦[2033] iOqO5ZV3 2016年9月30日 17:49:47 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[61]
>>85. LKXRYf922A さん

皮肉たっぷりのお返事ありがとう。

でも、私、肌は、大丈夫よ。色が白いから7難隠しているみたい。
若く見られます。中島みゆきさんには、チョットだけ負けるかな?
あ、すぐ漫才に入っちゃう。

でも、共産党さんの努力が実って、せめて重要政策ぐらいは、政策協定になってほしいですね。そして、それが無理そうな雰囲気も有りますから、今までの7年間の空白を挽回すべき、新しい試みも同時進行的に進めて欲しいとも思っています。植草先生や、小林先生や、市民連合とも手を組んで、今までよりもより良いものを創ってほしいと思っています。

なんか、本音で言いますが、民進党丸ごと相手の連携では、肝心の投票率が上がらないような気がしています。投票率が何と言っても勝敗の鍵ですものね。共産党さんの努力が実って、尚且つ投票率もアップできる器を希望しています。

あれ、私、こんな短い文章も書けるのね。そして、短い文章に、両極端な漫才と、真面目な文章も並べられる。自分でびっくり。


88. 2016年9月30日 18:04:38 : CmuEvGNiw6 : CVhNJ5jedbQ[1]
植村氏の言うことは解るがそれならば、なぜ55年体制を崩壊させたのかという話になる。あの頃の社会党は1/3野党に安住し、なんちゃって野党だったが、少なくても方向性は鮮明だった。それを潰したのは今の小沢一郎だ。小選挙区制がなかれば、政治の場がここまで劣化しなかった。

89. 2016年9月30日 18:24:33 : aXg3fgx8YM : 3JaupfoksCs[94]

>>8. 2016年9月30日 18:04:38 : CmuEvGNiw6
>小選挙区制がなかれば政治の場がここまで劣化しなかった

間違ったことを言っていい気になるんじゃない。誰が分かるのか。誰が証明できるのか。

馬鹿な事を言うのもも休み休みにして大概にしろ。お前の根拠がない妄想だ。

仲狩ればだとよ。

タラレバ論は民進党の野田豚が得意とするところ。彼は答えれないと言う。

現行憲法及び現行法令の下で民意争奪戦を展開すりゃいいことだろ。

多弱に分かれて組織色を出しているうちに自公靖国カルト政権に刈られる草か!

アホらしいコメントはすんな! 削除されないもんだからいい気になってるんだろ。


90. 2016年9月30日 18:27:28 : aXg3fgx8YM : 3JaupfoksCs[95]

>>89

>>88でした 

みみっちい小選挙区制の批判者よ

本題を関係がないところに誘導するな! 

あれは今の自民党がやったことだろ。


91. 2016年9月30日 19:17:15 : 302DRpKqQQ : HvS0eSFLdYs[1]
   
>45 スポンのポンさん

>>低所得症候群をやめたのは宝くじでも大当たりされたからですか。

だと良かったのかも知れませんけどね。
厳しい現実の世界では、宝くじを買うこと自体が‘夢のまた夢’の、代わり映えのしない毎日がそれでもどうにか平穏無事に明け暮れていっていますので、その中でのらりくらりと生息状態を保っているといった感じです。
ハンネの件は、ふとしたことから気まぐれ半分で変えてみたわけですが、自分では結構気に入っておりまして、いっそのこと無気力文体(定義は未確定ですけど)の新境地でも切り開いてみようかなーと思ったりしています。


>>この国のマスコミは民主党のいいことは伝えず、
少しでも悪いことがあればそれを徹底的に叩いて騒ぎ立てました。
そのため国民の民主党に対するイメージは事実と大きく異なっています。

小沢一郎氏に対する執拗な人物破壊工作。鳩山代表に対するミソクソネガキャン。鉢呂経産相発言捏造報道。いろいろありました。
国民に寄り添う政策を推進しようとしていた当時の民主党政権に危機感を募らせた何か大きな力が蠢いたのでしょうね(鉢呂氏のケースは原発絡みですが)。
既得権層の代弁者としての大手メディアの素顔が露呈し、組織体としての官僚機構もその枠組みに加担していることが明確になりました。

しかし、他方で民主党にも身から出た錆の側面があることは否定できないのではないでしょうか。
小沢氏の件では、当時も、その後司法で‘真っ白白のシロ’が確定した後も、同氏を突き放し続けました。鳩山氏の場合も、鉢呂氏の場合も、メディアによる情報操作(世論誘導)から党として身を挺して彼らを守る姿勢を一切示しませんでした。多くの国民は、「民主党は冷たい」と思ったことでしょう。その冷たい民主党を受け継いでいるのが、その後の民主党幹部の人たちなのです。岡田然り、前原然り、野田然り、その他大勢然りです。そのような民主党を一般国民が心から支持すると思いますか。


>>民主党が天下りを半減する一大改革を行ったことを知っている国民が
どれほどいるでしょうか。
無駄な公共工事を減らして人への投資に切り替えました。
事業仕分けをけなす人がいますが、その意義は大きかったはずです。

鳩山由紀夫が代表を退き、小沢一郎が党を去った後もこの路線を忠実に継承し続けていたのであれば、展開はまた違ったものになっていたのではないでしょうか。それとも、私の思い違いでしょうか。脱・小沢路線へ舵を切り替えた事実はなく、これを継承したという証拠があれば教えて下さい。


>>野田さんの心には・・・

スポンのポンさんが(野田さん)と呼ばれる人物についての私の見解は>>31で述べた通りです。
何よりも失望したのは、つい半年ほど前にも「元代表さえ来なければあとは全部のみ込む」の視野狭窄発言で政治音痴振りをみせたことです。
しかし、今後、まかり間違ってこの人の実際の政治活動がスポンのポンさんがイメージされているこの人の姿と一致するようなことがあれば、そのときこそ私はこの人を許容できるようになるかも知れません。スポンのポンさんの熱意に敬意を表して、そのときのため用にドアは少しだけ開けておきます。

差し当たっての試金石は、夏の参院選での‘市民連合と野党4党の政策協定’の扱いだと考えます。ちゃぶ台返しをするのか、野ざらし状態に捨て置くのか、それとも、協定の内容をさらに濃密なものに高め上げていこうとするのか、です。


🌀熱帯性無気力症候群(31.02)
  



92. 2016年9月30日 19:43:30 : aXg3fgx8YM : 3JaupfoksCs[103]

正統な日本人の自覚に立てば現政権の暴政を転換するには全ての野党に対して協力を求める。

そこには共産主義も民進主義も日本の心主義もない。もちろん国民は生活が第一である。

多弱野党の政治家を誰も落選させるようなことしないから自公を落とすために纏まってくれ。

あんたらが無理だ一緒にやれるかなどと言うから自公靖国カルト政権が存続する悪夢がある。

あんたらも大概にして真面目に政治を実現してください。ちんどん屋とデモが政治活動か!


93. 2016年9月30日 20:26:59 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[744]
>>90

小選挙区制が諸悪の根源であることははっきりしている。
昔,1970年代に,小選挙区制を画策した田中角栄のカクマンダーと言われたこともあったが,それはつぶれた。
非自民非共産の8党連立細川政権が,自民党案を丸呑みして,これを作ったのだ。
おかげで4割の得票率でも7割以上の議席を占めることが可能になった。

共産党は,全選挙区に候補者を立てることを基本としていたが,自民党の補完勢力とののしられた。第一党と第二党にしか被選挙権がないのか?第三党以下の政党が候補者を立てると,このようにののしられる。これは民主主義の否定ではないか。
だが,こんなに問題のある小選挙区制だが,これを変えるためには,この制度の下で行われる選挙に勝利しないといけない。そのため,仕方なく,候補者ベタ降りもせざるを得ない。
これが比例代表制を中心とする制度であれば,何も気を使うことなく,各党候補者を立てられるのだ。

しかし野党第一党である民進党は小選挙区制に反対していない。道は遠いな。


94. 一隅より[369] iOqL94Lmgug 2016年9月30日 21:16:46 : iyJ2MZrxS6 : topKgcEuDxs[63]
>>76

>民進党が第二自民党などではないからこそ共闘したのではないのか。

とんでもない。それどころか、民進党が第二自民党だからこそ共闘を呼びかけたことに意味があるのさ。

つまり、この党(旧民主党)が第二自民党のくせに野党ヅラをしているからこそ(=第一野党でござい〔これはまあ客観的にそうだが〕、自民党の唯一の対抗勢力でござい、政権交代の受け皿でござい、という顔をしているからこそ)、たとえば日本共産党がこの党に共闘を呼びかけたことに意味があるのだ。

そうすれば、この呼びかけにどこまで応えられるかが問われることになる。充分に応えられなければ、それによってこの党が口先で言っていることの本気度が(=ウソの程度が)、国民の前にさらけ出される。

これが「共闘呼びかけ」の政治的意味だ。(私は「暴露」という言葉を使っているが、この用語にはすでに政治史上で一定の意味が確立している。)


それとも、日本共産党は真に無邪気(?)に、「戦争法廃止の一点で全野党共闘してたたかう(そしてその一点で勝つ)」ことだけを考えて、この路線へと舵を切った、とでも言うのかい。そんなバカなことがあるものか。

(なおこのこと〔=共闘呼びかけの政治的機能のもつ意味〕は、志位氏をも含む日本共産党員が主観的にどう考えているか、および民進党の個別良心的なメンバーがそれに応えてどう行動しようとするか、とは関係がない。それはまた別の問題だ。)


民進党が自ら「唯一の対抗勢力でござい、政権交代の受け皿でござい」という顔をしているからこそ、そしてマスコミがこぞって国民にそう思い込ませようとしているからこそ、この暴露が必要だ。

マスコミが国民にそう思い込ませようと(=自公か、それともその唯一の対抗勢力たる民進を中心とする勢力か、それしか選択肢がないと思い込ませようと)宣伝しているこの体制こそが、(同じことだが、民進党が最大野党ヅラをして他に選択肢がないかのように振舞っていることこそが)、国民にとって最大の害悪をもたらすものにほかならないのだ。

そんなものは国民の選択肢とはならない。国民の選ぶべき道は他にある、ということを示さなければならない。
そのための「暴露」だ。
暴露という用語が悪ければ、「共闘模索と同時並行しての徹底批判」だ。
それが必要だ。新潟知事選ではそうなりそうな様子だ。


95. 2016年9月30日 21:19:50 : aXg3fgx8YM : 3JaupfoksCs[107]

共産党が野党第一党になるというシナリオより野党共闘の指導者になるのは大歓迎です。

恐らく国民もそれを見抜いている。

だから単独より四野党としてのリーダーシップを歓迎する。

共産排除こそ排除しようと無い知恵を絞ってるのである。


96. 一隅より[370] iOqL94Lmgug 2016年9月30日 21:24:19 : iyJ2MZrxS6 : topKgcEuDxs[64]
たとえば日本共産党がこの党に共闘を呼びかけたことに意味があるのだ
  ↓
たとえば日本共産党がこの党に共闘を呼びかけたことの意味があるのだ

97. 2016年9月30日 21:54:12 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[29]
>>80.LKXYf922Aさん
こんばんわ。

>>これには賛同するね。とにかく安倍に引導を渡さないといけない。そのためにはダメダメの民進党でも利用する。
そして,安倍を片付けた後は,民進党との真剣勝負になる。こういう手順を踏むのがいいと思う。


全く同じ意見です。

使える駒は使うという考えですが、植草氏の言うように、もし仮に民進党を次期総選挙までにせん滅する事が出来るのならば、それは勿論賛同致しますが、これは少々現実味を欠いていますからね。

現在の民進党など、まるで家主から母屋を乗っ取り、やる事もやらずに居住権のみを主張して居座っている様なもの。これ程タチが悪い事はありませんね。


>>ただし王将とか選挙のプロが現れてくれるのを期待するのは,現時点では望み薄だし,待っていても仕方がないと思う。

ここは考え方が異なりますが、別にどちらが正しいとかではなく、個人的には選挙のプロが現れてくる事を期待している訳では無いのです。何故なら既に存在すると思っていますからね。

ここは意見が異なる事を承知の上で書きますが、ご存知の通り私は小沢一郎の事を言っています。現在は少数政党に下野していますが、政権交代の実績と経験、そして実際の党運営や官僚とのやり取り等を経験上よく理解しているのは与党幹事長経験者であるこの政治家しかおりませんね。

勿論、現在は少数政党の共同代表に過ぎませんし、マスコミ発表の支持率も低い事は確かです。ただ、そこに至るにはそれまでの経緯があるのであり国民自体がその実情をやく知らない事もまた事実。

ですので、頭数の多い噓つきの集団よりも、例え少数であれ、正直者の集団を個人的には選びたい。何故ならその少数が離党しただけで巨大野党が屋台骨を失ったか如く壊滅的に議席を減らしている事が何よりの証拠ともいえるから。
国民が政権を委ねたのは小沢一郎が存在していた当時の民主党であり、現在の民進党ではないのです。

現在の民主党は小沢一郎離党後の残頭に過ぎず、政権交代時の党勢が群を抜いていた為、腐っても未だに野党が第一党なだけ。現在の議席数が全てを物語っておりますが、どんなに取り繕っても多くの国民は約束を破る噓つきを直感的に見抜きます。
まあ、小沢一郎という政治家に関してはこの辺にしておきますが、待っていても仕方が無いという意見には同意です。

別に小沢一郎でなくても良いのですよ、率先して陣頭指揮を取れる様な旗印と成り得る人物が他にいるならば。勿論、国民が納得出来る政治家という前提ありきですが、それに値する人材がいるならば特に特定の政治家にこだわる必要もありませんからね。

別に志位委員長などでも良いと思いますよ、とにかく、国民が納得出来る人物が野党連携の軸となり、それを我々国民が後押しする事が最善だとは思います。

待つのではなく、我々が選んでその人物を野党連携の旗印という神輿に乗せるという事です。

これなくして民進党主導ではない形での政権交代は起こり得ず、逆に民進党主導での政権交代を目指すならば、それはそれで国民感情に受け入れ難い空気が蔓延する事でしょう。

所謂、消極的支持となり、国民の多くが合意に至らず、それでは当然ながら大きなうねりにはなり得ません。

大きなうねりにならなければ、これも当たり前ですが、巨大自公政権に勝てる筈がありません。必然かと思います。

都民


98. 2016年9月30日 22:45:12 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[53]

≫90
>あれは今の自民党がやったことだろ

まちがいです、自民党政権時代に成立した法律ではありません。
歴史の事実を調べもしない貴方はレッドカード

「小選挙区制」は、少数得票勢力が政権を握れて多数者を支配する、便利な道具です
人権を踏みにじる民主主義の骨抜き法=悪法=野蛮人の政治を保障する
その法律を作るために、
自民党と幹事長だった小沢一郎が先頭に立って、
連合や松下政経塾(民主党議員を多数輩出)の阿保共を引き連れ、○○殿・細川様政権が強行採決して、財界を安心させた。自民・民主の保守二大政党時代の幕開けとなった。

自民党政権は先の衆院選で絶対得票率わずか17%である。
それが国会を支配し、憲法を変えようとしている。
小選挙区制は諸悪の根源の一つである。「少数者による多数者支配」を生み出す制度。
主権在民を根本から破壊している「小選挙区制」。
「小選挙区制廃止」しなければ民主主義の国とは言えません。

これ、民進党を云々するよりよっぽど大事、
お勉強してくださいネ


99. 2016年10月01日 03:29:19 : 302DRpKqQQ : HvS0eSFLdYs[2]

>98さん

>>○○殿・細川様政権が強行採決して、

これも間違いです。 歴史的事実としては、
『 連立与党出身の土井衆議院議長と、自民党出身の原参議院議長の斡旋により、細川首相と河野自民党総裁によるトップ会談が行われ、
「 (1)小選挙区300、比例代表(地域ブロック)200、
[ (2)〜(8)は小選挙区制とは直接関係ないので省略]
(9)以上の合意の法制化のため、衆参両院からなる連立与党及び自民党各6名(計12名)の委員により、協議(政治改革協議会)を行うものとする 」
の合意案が1994年1月29日未明に成立、同日の両院協議会で可決され、引き続いて衆参両院を通過し1994年2月4日公布された。 』
もので、強行採決とは異なります。 (なお、このとき積み残しとなった『衆議院小選挙区区割り法』は自社さ政権下の1994年11月25日に公布されています。)


>>小選挙区制は諸悪の根源の一つである。「少数者による多数者支配」を生み出す制度。

小選挙区制には、あなたの指摘するような‘得票率と議席率の乖離’の問題以外にも、‘死票率の高さ’ の問題や‘二大政治勢力が保・保の場合、妥協や相乗りが生まれ事実上の一党制に近い状況が生まれる危険性’の問題なども指摘されています。

それでも小選挙区制には、中選挙区制では望むべくもなかった政権交代(保・保でも保・革でも)を可能ならしめる瞬発力があります。現在は野党第一党がだらしないため生かされていないわけですが。

従って、あなたが主張される「小選挙区制廃止」の先に、政権交代をもたらし得る選挙制度のビジョンがあるのであれば別ですが、もしそうでなければ廃止は自民党を利することになるのではないかと思われます。


🌀熱帯性無気力症候群(31.03)
  


100. 罵愚[4099] lGyL8A 2016年10月01日 05:28:48 : Si3iHVq9ag : UUxpizPbB0o[55]
 まさしく、このスレッドは"コップの中の嵐"そのものだな。"小池劇場"に沸きかえってる世間をよそに、コップの中でわめきあっている。どうして戦後民主主義がコップに入るほどの少量に減ってしまったのか。そこのところが理解できてないのだな。

101. 2016年10月01日 06:26:50 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[745]
>>99
>中選挙区制では望むべくもなかった政権交代

その戦後初の非自民政権である細川政権を作ったのは,中選挙区制の下で行われた最後の総選挙だったことを忘れているのかな。


102. 2016年10月01日 07:41:38 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[3]

   >>99

   2014年の総選挙の場合、《比例代表制》であったならば自公は過半数を獲ることはできなかった。

   2014年衆院選比例区の各党の得票率は次の通り。

   自民33.1% 公明13.7%(計46.8%)
   民主18.3%維新15.7%共産11.4%社民2.5%生活1.9%(計49.8%)
   その他(次世代、幸福、支持なし)3.4%
   http://www.soumu.go.jp/main_content/000328867.pdf

   上の結果が示すように、今の日本では《小選挙区制》より《比例代表制》のほうが政権交代の可能性が高いといえる。



103. 2016年10月01日 07:57:34 : Gir3rbMEVc : k6xo8uzGgoU[4]

   代議制の場合、小選挙区制を採用すると得票率と議席獲得率の乖離が大きく、議会での多数が必ずしも有権者の多数とはいえない。小選挙区制の欠陥である。
   
   2014年の衆院選小選挙区で自民党は得票率48%で76%の議席を獲得し(比例区では得票率33%)、2012年の衆院選小選挙区で自民党は得票率43%で79%の議席を獲得した(比例区28%)。

   代議制の根幹は民意を正しく表わす選挙制度にある。民意と大きく乖離した結果となる小選挙区制は改めるべきだ。小選挙区制の下での議会での多数決は必ずしも有権者の多数の意思とはいえない。
 
   それぞれの党が得票率に応じた(有権者の意思を正しく反映した割合の)当選者を出すために「小選挙区制」をやめて「比例代表制」にすべきだろう。例えばヨーロッパで「小選挙区制」を採用しているのは8カ国に過ぎない。33カ国が「比例代表制」である。

   選挙の結果が民意を正しく反映することが、代議制の最も重要なことであり、政権の交代がなくても、また自分の思いと違う政権であっても、それが民意を正しく反映しているのであれば、次の選挙時まで国民は納得して結果を受け入れることができる。



104. 2016年10月01日 09:52:42 : jxI0DJ19nA : OEbRBA@hEV8[1]

>101さん 
レスありがとうございます。

この中選挙区制最後の第40回総選挙で
自民党が223議席(1増)を獲得し、衆議院最大勢力を維持したのに対し、
旧野党(社会・公明・民社・社民連)は140議席(59減)に止まりました。
 旧野党と連立合意していた日本新党の35議席(35増)を加えても政権交代は不可能でした。

この選挙が歴史的結果をもたらしたのは、自民党の党分裂という奇貨があったからです。
 旧自民系新野党(新生・さきがけ)の68議席(22増)がキャスティングボートを握ったわけです。

(上記以外に共産党は1減の15議席、無所属は1増の35議席)


これほど大掛かりな与党の内部分裂という特殊現象が起こり得る確率を考えた場合、現実的感覚として、中選挙区制に政権交代の過度の期待はさすがに持てないでしょう。中には持つ人もいるかも知れませんが。
また、こうした特殊現象が仮に起きた場合であっても、選挙後の連立交渉の結果が出るまでは政権交代の可否が定まっていないのであり、有権者側からすれば ‘政権選択選挙’にはなっていないわけです。
そこに小選挙区制との基本的な違いがあります。

もちろん小選挙区制が万能という意味ではなく、より望ましい選挙制度(民意が反映され、死票を最小限に止め、かつ政権交代を可能ならしめる。いずれも比較論ですが)が考案されれば、そちらへ移行していけばいいわけですし、小選挙区制の下であっても、二大政治勢力への糾合が前提としてなければ宝の持ち腐れに終わってしまいます。


>102さん >102さん 
レスありがとうございます。
2014年総選挙の例でいえば、この場合は維新がキャスティングボートを握ることになったのでしょうか。また、民主も維新も共産党を含めた連立に合意することが最低条件となります。
ご指摘のように、比例代表制も民意を正しく反映するものとして、有力候補ではあります。現在の『小選挙区比例代表並立制』を『比例代表制』のみにという考え方ですね。

また、(水を差すというのではなく、今後議論の余地ありという意味での問題提議なのですが、)比例代表制の場合、どうしても多党化の流れに傾きがちとなり、しかも各政党が他党との違いを際立たせ自党の独自性を主張し合うことになり、そのことが連立政権樹立へ向けた政党間協議の壁を厚くしてしまう(安易な妥協をしづらい)のではないかという根本的な疑問です。ただ数だけの問題ではないと思うのです。


🌀熱帯性無気力症候群(31.04)
 


105. 2016年10月01日 10:02:37 : jxI0DJ19nA : OEbRBA@hEV8[2]

>104です。誤記訂正します。

 × >102さん >102さん
 ○ >102さん >103さん
 


106. 2016年10月01日 12:58:55 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[54]

≫99は 黒を灰色にして白と論ずる 欺瞞ぼ見本・・博物館入り。
哀れだね

後段の方々のコメで、改めて「小選挙区制」の欺瞞が打ち砕かれた。
民進党の批判はほどほどにして、小選挙区制廃止をやればよいのです。
そうすれば、おのずと民意が審判を下します。



107. 2016年10月01日 13:00:13 : DfvFVtihhM : GiBuxTOq8TE[55]
↑訂正
≫99は 黒を灰色にして白と論ずる 欺瞞ぼ見本・・博物館入り。
≫99は 黒を灰色にして白と論ずる 欺瞞の見本・・博物館入り。

108. 2016年10月01日 13:24:14 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[746]
>>104
細川政権の成立は,自民党の分裂,新生党・さきがけの結党の直後の選挙であったという,千載一遇の好機に恵まれたものであった,というのはその通り。

それでは,次について考えてみよう。

1.細川政権が成立した1993年の総選挙が小選挙区制の下で行われたとしたら,政権交代は起こったか?

2.民主党が政権を取った2009年の総選挙が中選挙区制の下で行われたとしたら,政権交代は起こったか?

3.自民党が政権を奪い返した2012年の総選挙が中選挙区制の下で行われたとしたら,政権奪還は起こったか?

私は,次のように考える。
1.起こらなかった。自民党政権が継続した。
  新生党,日本新党,さきがけなどのあまり大きくない政党は小選挙区制の下では
  不利であり,あまり議席を取れないことによる。

2.起こった。ただし民主党の大勝とはならず,辛勝であろう。
  民進党の得票数は,自民党より多いから。

3.キャスティングボードを握る,みんなの党と維新の会の動向による。
  中選挙区制であれば少数政党がもっと議席を得るから。

だから小選挙区制の下でしか政権交代は起こらない,というのは正しくない。


>小選挙区制の下であっても、二大政治勢力への糾合が前提としてなければ宝の持ち腐れに終わってしまいます。

小選挙区制と二大政党制が親和的であることはその通り。ただし,日本の政局を見たらわかる通り,とても二大政党制にはなりそうにない。
現在の日本では,小選挙区制は弊害ばかり目立つ。


109. 2016年10月01日 16:16:30 : jxI0DJ19nA : OEbRBA@hEV8[3]

>108さん
奇問難問揃いですが私も考えてみました。但し採点は不要です。


1.細川政権が成立した1993年の総選挙が小選挙区制の下で行われたとしたら,政権交代は起こったか?

〔答〕 各政党は当時、中選挙区制を前提とした政治力学で動いていたのであり、小選挙区制の下では、あのような新党乱立ブームが出現することはなく、既存野党各党及び自民党羽田派及び細川グループは、当時とは違う形での政権奪取構想を描いたであろう。従って、政権交代が起こったかどうかは、その構想次第と考えられるため、推断はできない。


2.民主党が政権を取った2009年の総選挙が中選挙区制の下で行われたとしたら,政権交代は起こったか?

〔答〕 これも前提が異なるため架空の推論の域を出ないわけであるが、敢えて小選挙区制の下での各党の獲得票数総計(小選挙区と比例区の合計)でみると、
 民主党・社民党・国民新党の合計が49.4%
 自民党・公明党の合計が39.0%(これに与党予備軍のみんなの党と改革クラブを足しても41.7%)
で、政権交代は起こった。(ちなみに共産党は5.6%で残りは3.3%)


3.自民党が政権を奪い返した2012年の総選挙が中選挙区制の下で行われたとしたら,政権奪還は起こったか?

〔答〕 上と同様に敢えて小選挙区制の下での各党の獲得票数総計(小選挙区と比例区の合計)でみると、
 自民・公明の合計が41.8%(これに与党予備軍のみんな・改革を足すと48.6%)
 民主・未来・社民・国民新の合計が27.6%
で、おそらく政権奪還は起こったであろう。(ちなみに維新は16.0%、共産は7.0%で、残りは0.8%)

>>日本の政局を見たらわかる通り,とても二大政党制にはなりそうにない。
現在の日本では,小選挙区制は弊害ばかり目立つ。

現状のままでは全く異論の余地なしです。
本スレは、こうした状況に業を煮やしての、植草先生にしては珍しい檄飛ばしとも読めます。


🌀熱帯性無気力症候群(31.05)
 


110. 一主婦[2034] iOqO5ZV3 2016年10月01日 21:33:15 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[62]

皆さんの書き込みによって、選挙区制度の勉強をさせて頂きました。
やはり、今の日本には「二大政党制」「小選挙区制」は、合っていない様ですね。
自民党を倒す為に、もう一方の野党が、小さく小さく何個にも分かれていますし、その野党の半分以上は、自民党と同じ方向を向いていますから、まとまる事も難しいですし、やっとまとまっても野党第一党の民進党が第二自民党では、政権交代の意味さえ無くなってしまいますね。


今、調べましたら、イギリスの二大政党制は、なんか巧い仕組みの様に書いて有りました。このイギリスの二大政党制の形を、わが国に当て嵌めれば、自民党が保守党で、もう一方は「野党連合」になりますね。でも、その野党が、日本の場合は、小さく小さく、分かれ過ぎていますから、2大政党制には程遠いですし、政策的にも自民党と同じ政策の野党が多すぎますから、これでは、野党が一つにまとまるのも難儀ですし、政権を交代しても、旗色が鮮明でない政権交代になりますね。


イギリスのように、国益、儲け主義に励む政党と、その富の再配分に励む、もう一方の政党とで政権交代をしなければ、政権交代の意味が無いですね。↓、イギリスの二大政党制の説明です。

※イギリスの二大政党制は、一方が労働党、一方が保守党と、その基本理念は、労働者の利益よりも国益中心の政策をとる保守党と、国益の配分段階において、下層階級まで獲得した富が行きわたるような政策を採る労働党が、ほぼ10年ごとに政権交代をすることから、国の富がうまく全体に循環するようになっているようである


↑のイギリスの二大政党制なら、なんか良さ気に見えますが、日本の二大政党制は、形の上でも政策的にもこの旗色が鮮明に別れていませんし、二大政党制の形のをなしていませね。儲け主義の政党だけで、もう一方が、富の再配分の政党として纏っていないのですものね。でも、政権交代を可能にする選挙制度の「小選挙区制度」だけは立派に機能する形になっていますから、やはりおかしな事になってしまうのですね。これでは、自民党の永遠独裁援助の為の「小選挙区制度」になってしまっていると思います。


こちらで議論を戦わせている、 LKXRYf922Aと🌀熱帯性無気力症候群さまのご意見が、この日本の選挙区制度の特徴と、短所をよく表してまとめて下さっていると思いました。

↓ LKXRYf922A さん

>日本の政局を見たらわかる通り,とても二大政党制にはなりそうにない。
現在の日本では,小選挙区制は弊害ばかり目立つ。

↓🌀熱帯性無気力症候群 さま

>現状のままでは全く異論の余地なしです。
本スレは、こうした状況に業を煮やしての、植草先生にしては珍しい檄飛ばしとも読めます。


↑、私も、お二方の<纏めのご意見を読んで、植草先生のお気持ちは、この7年間の政治空白と、選挙区制度の機能不全による政治後退に業を煮やして、他の方法での脱出と国民救済の為の方法を探っていると読みとりました。この国の政治が、先の政権交代での裏切りに世って、長く停滞しているのは確かなことですので、植草先生の案や、小林節先生のお考えや、その他の方がたからもご意見を伺い、いろいろな考え方も取り入れたり、試す事も大切では無いかと思います。

頭から否定しないで、いろいろなご意見も取り入れて、ミックスして、良いところを凝縮した方法も試して見る時期だと思います。7年間試した方法では、政権交代に必要な肝心の投票率が上がらないのでは無理なのでは無いかと私は思います。


111. 2016年10月01日 21:40:16 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[747]
>>110. 一主婦さん

ひとつだけ。
イギリスの労働党は,少し前の新自由主義政策を進めたブレア政権の時代と,現在のコービン党首の時代とは区別する必要があると思う。詳しくは自分で調べてね。



112. 2016年10月01日 21:50:05 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[748]
一主婦さん

言い忘れた。
あと,スコットランド独立の問題もあり,イギリスの2大政党制は,機能することが難しくなっているのだ。

では,肌荒れに気を付けて,永遠の美魔女を目指し,頑張ってくださいね。


113. 一主婦[2035] iOqO5ZV3 2016年10月01日 22:12:04 : F7tEJ6j5yk : 01pqnDwnfLQ[63]
>>111 >>112 LKXRYf922A さん

あれれ、せっかく調べて、良さげだったのに、どうやら変化してしまっていて、私の情報は遅れているようですね。


まぁ、大変ですわ。夜なべして調べ直さなくっちゃ。
肌荒れも心配ですけれど、寝不足だと、肌よりも頭の方が不全になるの。
宿題と、勉強、頑張るわ。皆様に追いつかなくっちゃ。


114. 2016年10月02日 07:58:22 : aRkjFkC5xM : Y@f6eVT1u6E[1]

小沢内閣待望論先生の別スレでの民進評(↓)、目がよく行き届いていて流石です。
何も結論を急ぐことはないわけで、「今更応援する気になれませんが、見てるだけーみたいな感じ」のスタンスをご祝儀代わりに、暫くは新体制船出後の航跡を油断なく注視していくことも必要でしょうね。

「モナ事件から拾ってくれた小沢を守らなかった細野はクズですが、安倍への人権質問はよく、」
「辻元は言行不一致じゃねと稲田を泣かし、」
「知子は新潟知事選に応援に駆け付け、」
「野田豚すらいい質問をしてお前が言うなとネットで叩かれていましたが、」
「腐り果てて発酵して美味しいチーズみたいになったんだか、」
「まだら模様でまともな面を見せています。」
「自公別動隊の背のりとつるんできたフランケン岡田は全く信用できませんでしたが、野党共闘を最後までやりきったのは評価でき、トーンダウンはありそうですが維持すると蓮舫に言わせたのは評価できます。」
「呆れて見捨てた後に、納豆みたいに少しいい面を見せつけられて、今更応援する気になれませんが、見てるだけーみたいな感じでチラ見は必要かもしれません。」


🌀熱帯性無気力症候群(31.06)
 



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK213掲示板  
次へ