★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 299.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相の「駆け付け警護」の実績願望で南スーダンに行かされる隊員に何かあれば、安倍首相の責任だ。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/299.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 11 月 19 日 23:05:13: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://31634308.at.webry.info/201611/article_19.html
2016/11/19 21:52

今日、駆け付け警護の任務を付与された、青森の第九師団の自衛隊員350人の壮行会がなされた。稲田防衛大臣は、「全員無事の帰国を」と述べたそうである。隊員の年代は20代〜40代ということである。隊員は自衛隊に入隊するとき、まさか銃撃戦もありうる紛争地に行かされるとは思わなっただろう。自衛隊の仕事は何事も命令の世界である。行きたくないと思っても、「行くことを拒否」は出来ない。本当に無事に戻ってきてほしい。

南スーダンに居る政府軍、反政府勢力も、自衛隊が銃を使うかもしれないとことは、わかっているはずである。当然、今までの自衛隊とは違うと見なしているだろう。政府軍と反政府軍との間で衝突があったとき、自衛隊は自分たちを脅かす軍隊だと見なすだろう。先に起こった衝突で国連職員を襲ったのは、政府軍であることがわかっている。南スーダンのPKOには、米国、欧米軍は参加していない。憲法違反をしてまで日本国民を危険にさらす。

報道陣は、家族等へのインタビューは排除された。家族もつらい。家族のだれもが嬉々として送り出しているはずがない。田中1佐は現地情勢について「衝突が起きているのは承知しているが、首都ジュバは比較的平穏だと思う。」と述べたそうである。比較的平穏なら、海外渡航危険度に最高のレベル4は付けない。また、そもそも駆け付け警護も必要ないのだ。

何事も無いことを祈るが、何かあれば、「政府、安倍首相」の責任である。現地で偶々衝突が起こり、民間人を殺してしまった場合の身分の保証は、国会でも議論されていない。自衛隊員が殺人者になってしまう可能性も否定出来ない。そんな状態で、駆け付け警護の実績を作りたいためだけに行かされる隊員たち。犬死にだけはしてほしくない。


駆け付け警護 壮行会、緊張ピリピリ…青森の陸自部隊
http://mainichi.jp/articles/20161120/k00/00m/040/027000c

 リスクを伴う新任務を帯びた陸上自衛隊員たちを、遠く離れた地へ送り出す家族の胸の内は−−。国連平和維持活動(PKO)で南スーダンに派遣される青森の陸自部隊の壮行会は、終始ピリピリとした空気が漂った。

 壮行会場の青森市の陸自青森駐屯地に19日朝、県内外から家族約300人が集まった。家族席には、派遣隊員の妻とみられる女性が幼子を抱く姿や、息子とみられる中学生らしき学生服姿があった。派遣隊員が所属する第9師団は、報道陣に「精神的負担」を理由に家族取材の自粛を求め、会場の一角に報道陣を誘導。送り出す胸の内は聞けなかった。

 「駆け付け警護」任務を付与された先発隊員は20日、空路で現地へ向かう。派遣隊員約350人を前に、納冨中(のうどみ・みつる)第9師団長は「新任務が付与されるが、派遣施設隊の主任務は南スーダン王国の国づくりのための施設活動であることには何ら変わりない」と訓示。派遣部隊長となる田中仁朗(よしろう)1等陸佐(46)が出発の準備完了を稲田朋美防衛相らに報告した。この後、派遣隊員は家族と集合写真を撮ったり稲田防衛相と会食したりしたが、報道陣には公開されなかった。

 防衛省によると、新任務を付与された11次隊は20代〜40代が中心で、女性隊員は過去最多の15人。夫婦で派遣される隊員もいる。第9師団は「隊員の家族にも、新任務などについて説明してきた。本人の希望も確認して隊員を選び、派遣中はできるだけ隊員家族を支援する」としている。

 壮行会後、田中1佐は現地情勢について「衝突が起きているのは承知しているが、(南スーダンの首都)ジュバは比較的平穏だと思う。情報を収集し、安全確保に留意して活動したい」と緊張した様子で言葉を選んだ。

 この日、青森市内では安保法制に反対する市民らが郊外のショッピングセンターで派遣中止を訴え、ビラを配ったが、大きな混乱はなかった。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月20日 00:42:49 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[471]

 何かあっても 一人二人なら 自殺で処理されるんだろうな〜〜
 

2. 2016年11月20日 08:33:19 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7350]
2016年11月19日(土)
主張
南スーダン自衛隊
危険な新任務は中止し撤退を

 稲田朋美防衛相は18日、南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派兵する自衛隊部隊に対し、戦争法(安保法制)で可能になった「駆け付け警護」と「宿営地共同防護」の新任務に関する命令を出しました。安倍晋三政権による新任務付与の閣議決定(15日)に基づくものです。20日から派兵を順次始める陸自第9師団第5普通科連隊(青森市)中心の部隊(第11次隊)が、来月12日から新任務を実行できるようにします。憲法9条を踏みにじり、自衛隊創設以来、初めての「殺し、殺される」事態になりかねない閣議決定と今回の命令は撤回こそ必要です。
9条違反の武力行使に道

 南スーダンは、新任務の付与どころか、政府自身が決めた自衛隊派兵の前提である停戦合意や中立性など「PKO参加5原則」そのものが崩れているのが現実です。

 南スーダンでは、2013年12月のキール大統領派(政府軍)とマシャール前副大統領派の武装勢力との戦闘が首都ジュバから全土に広がり、深刻な内戦に陥りました。15年8月には「和平合意」が結ばれたものの、今年7月にはジュバで再び大規模な戦闘が発生し、数百人が死亡しました。その後も戦闘は各地で続いています。

 今月1日に公表された国連特別調査報告書は、7月の戦闘によってキール大統領とマシャール前副大統領との「和平合意」は「崩壊」したと断定しています。「PKO参加5原則」の停戦合意の破綻は明瞭であり、自衛隊は撤退すべきです。

 稲田防衛相が命令した「駆け付け警護」は、PKO部隊(国連南スーダン派遣団=UNMISS)やNGOなどの関係者が襲撃された際、現場に駆け付けて救助する任務です。任務遂行のための武器の使用も認められています。

 政府は、UNMISSの他国部隊を「駆け付け警護」することは「想定されない」とし、「安全性」を強調しています。しかし、戦争法(改定PKO法)にも、新任務について15日に閣議決定した「実施計画」にも、警護対象の限定はありません。稲田防衛相は、他国部隊の「駆け付け警護」について「排除することはない」(今月1日の記者会見)とも述べています。

 7月の戦闘では、UNMISS関連施設なども攻撃・襲撃を受けました。国連特別調査報告書は、南スーダン政府軍の関与も指摘しています。自衛隊が「駆け付け警護」を行えば、政府軍と交戦する事態も起こりかねません。政府軍との戦闘は、憲法9条が禁止する海外での武力行使そのものです。違憲の戦争法の具体化は直ちに中止すべきです。
重大な「宿営地共同防護」

 攻撃された宿営地を守るため他国部隊とともに自衛隊部隊が応戦する「宿営地共同防護」も重大です。政府は、自衛隊員の「自己保存のための自然権的権利というべき武器の使用」だとし、「武力の行使」ではないと弁明しますが、実態とかけ離れています。国際法上、「武器の使用」と「武力の行使」を区別した議論も存在しません。

 そもそも現在のPKOは、武力を行使しての「住民保護」が主要任務であり、UNMISSはその典型です。自衛隊が武力行使を前提にした活動に参加できるはずがありません。日本には憲法の精神に立った非軍事の人道・民生支援の抜本的強化こそ求められます。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-19/2016111901_05_1.html


3. 戦争とはこういう物[1592] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年11月20日 08:36:47 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[234]
 国益とやらのために、危険にさらされ不十分な立場で「戦地」に送られる自衛隊員。彼らを送り出す政権を選んだ選挙民も、みな平和主義の恩恵でぬくぬくと暮らしてきた。

4. 2016年11月20日 10:24:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7348]
2016年11月20日(日)
南スーダンに送るな 新任務反対 市民・野党議員ら 次々訴え
戦争法廃止求め3800人 国会前

 南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派兵する第11次派遣隊の壮行式が行われた19日、戦争法の廃止を求める「19日行動」が各地で行われました。総がかり行動実行委員会が主催した衆院第2議員会館前での行動には3800人(主催者発表)が参加。「駆け付け警護」などの新任務が付与された自衛隊を南スーダンに送るな、と声をあげました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-20/2016112001_01_1.jpg
(写真)「南スーダンへの派兵反対」「戦争法廃止」と抗議する人たち=19日、衆院第2議員会館前

 この日の行動では、「南スーダンは和平合意も崩壊し、PKO5原則も崩壊している。派遣してはいけない」と、国会議員、学者、弁護士、ジャーナリスト、米退役軍人、市民団体の代表らがマイクで訴えました。

 「日本国憲法を守ってください」―。米国の退役軍人平和会(VFP=ベテランズ・フォー・ピース)のメンバーがスピーチしました。元陸軍兵士で、アフガニスタン戦争へ従軍したロリー・ファニング氏(39)は、「敵と味方が入り交じる状況だった。現在の南スーダンと酷似している」と語ります。「平和はとても大事なもの。アメリカのようにならないで」

 「安全保障関連法に反対する学者の会」の広渡清吾氏(東京大学名誉教授)は、戦争法によって「戦後70年、憲法9条のもとで築き上げた国際的地位が崩壊してしまう」と指摘。「これまでの共闘に確信をもって、安倍政権に代わる政権を展望しよう」と訴えました。

 民進党の初鹿明博衆院議員、社民党の又市征治幹事長、日本共産党の小池晃書記局長、畑野君枝衆院議員、山添拓参院議員が参加しました。

 あいさつした小池氏は、「自衛隊に新たな任務が付与されたことを断固糾弾する。戦争法は廃止しかない」と語り、「総選挙では野党の共闘で自公とその補完勢力を少数派に追い込む。そのためにも、市民のみなさんの後押しが必要です。ご一緒に頑張りましょう」と呼びかけました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-20/2016112001_01_1.html


5. 2016年11月20日 11:52:35 : FIVfPBL7hE : dscE8izI4Rw[32]
他国の戦場なんて「実弾で人を撃ってみたい」猟奇的な趣味がある奴が行く所だ。
復興支援ならまだしも日本人の自衛隊が黒人民族間の紛争(戦争)に割って入るなんてそも税金の無駄、命の無駄遣い。

権力が無茶ぶりするとき、武器を持つことを許された者は、市民国民を護側につくのか、権力の横暴に従うのか選択をせまられる。理不尽な指令が下った今、少年兵を撃ち殺したければいけばいいし、人の心を保っていたければ、自衛隊を辞めた方がいい。これは、自衛隊員自身の選択だ。


6. 2016年11月20日 12:23:05 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7345]
2016年11月20日(日)
戦争法で初の派兵
青森駐屯地 壮行式開く

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-20/2016112001_02_1.jpg
見守る家族

(写真)南スーダン派遣施設隊(第11次要員)と家族=19日、青森駐屯地

 内戦状態の南スーダンに派兵されるPKO(国連平和維持活動)第11次派遣隊の壮行式が19日、青森駐屯地(青森市)で開かれ、陸上自衛隊第9師団を基幹とした隊員約350人と家族約300人が参加しました。

 安保法制=戦争法に基づく新任務「駆け付け警護」と「宿営地共同防護」が付与され、任務遂行のための武器使用が可能になります。戦争法に基づく初めての海外派兵です。先遣隊約130人が20日、青森空港を出発。主力部隊は12月中旬までに順次、派兵されます。

 稲田朋美防衛相は訓示で、新任務付与について、「自衛隊の国際平和協力の歴史の中で、新たな一歩となる」と強調。第11次隊の田中仁朗隊長は記者会見で、「武器使用の細部について(の説明)は安全確保のため控える」とした上で、「武器を使わないといけない場面では、法の枠組みの中で武器が使えるように訓練してきた」と強調しました。

 今回の部隊には、過去最高となる15人の女性隊員が含まれています。10代の隊員も数人いるといいます。家族席では乳幼児を抱えた女性の姿が目立ち、式典の最中も、子どもの声が響き渡りました。

 同日、青森市内では20日に告示される青森市長選必勝に向けた青年リレートークが行われていました。同市在住の男性(37)は「震災のとき自衛隊は復興支援にすごく頑張ってくれて、今でも感謝する思いだ。稲田防衛相は、もしも南スーダンで隊員に何かあった場合は『私が責任をとる』と発言した。命がかかっているのに、責任とって済む問題ではないし、安易な考えで戦地に派遣されてしまうのだと思った。自衛隊員と私たち国民の命の重さは同じだ。無責任な安倍政権のもとで隊員を戦地に送らせたくない」と力強く訴えました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-20/2016112001_02_1.html


7. 2016年11月21日 13:03:17 : VjV6Yq60Jk : aemEDjBUu7A[19]

>南スーダンに行かされる隊員
>何かあれば安倍首相の責任

アベノソーリーは責任逃れできると錯覚してるんだよ。

彼は世界一口達者な嘘つき政治家として定評があります。

アベノヒトラーもマリオと同じ、彼には英雄の評価でしかない。

アベノナイカクを総辞職に追い込むまとまな神経を持ってるのか?

このままでは国民が政治責任を負わされる羽目だけが待ち受けている。

そりゃあ国民はたまりま変な気持ちですよ。 野党がだらしがなくてね。



8. 2016年11月22日 16:50:43 : ognRDQzdSk : YtUax@tRz3U[128]
夫と一緒に、借金の取り立てをして(オリックス債権回収)、BMBを乗り回して、高輪の高級邸宅に住んでいる人間がよくこんな命令を出せるね?自分の息子娘をまず危険にさらせよ!!!それが指揮官じゃないのか?率先垂範が指揮官の義務だろう!!!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ