★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 490.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
道路造りが出来なくなれば撤収すると語った稲田朋美防衛大臣ー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/490.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 24 日 13:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             インタビューに応じる稲田朋美防衛相=遠藤啓生撮影 :朝日新聞


道路造りが出来なくなれば撤収すると語った稲田朋美防衛大臣ー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1spasg8
23rd Nov 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


稲田朋美という政治家がいる。

 現職の防衛大臣だ。

 その稲田氏がきょう、11月24日の朝日新聞紙上で、

「駆けつけ警護」に関するインタビューにこう答えている。

 「他国軍を警護することは想定されない」と。

 驚いた。

 この朝日の記事を読むまで私は知らなかったのだが、

安倍政権は自衛隊の新任務付与で、

「他国の軍人を駆けつけ警護することは想定されていない」と明記していたらしい。

 それを稲田氏は朝日新聞紙上で繰り返したのだ。

 これは集団的自衛権行使の完全な否定だ。

 何のための安保法強行採決だったのか。

 さらに稲田氏はこう答えている。

 「邦人から緊急の要請があった場合には、駆けつけ警護してあげたいと思うだろう・・・

ただ一番苛烈な状況下では国連からPKO要員に対して外出禁止令が出た。

実際に駆けつけられる状況かは、部隊長が冷静に判断することになる・・・」

 これには驚いた。

 邦人保護さえもできない場合があるというのだ。

 自国民を助けない自衛隊など有りうるのか。

 そうであれば、「駆けつけ警護」とは一体何のための警護なのか。

 稲田氏は答えたという。

 「道路を造ったり砂利を運んだりすることができないほど銃撃戦が起きるなどして

長期間にわたって自衛隊員が首都ジュバにある宿営地から出られない状況では、撤収を検討する・・・」と。

 これを要するに、今度の駆けつけ警護とは、ジュバの道路造りの為の活動ということだ。

 こんな馬鹿げた「駆けつけ警護」があるだろうか。

 戦闘地域に道路を造ってどうする。

 使う前にすぐ壊されるだろう。

 いや、完成する前に撤収するかもしれないという。

 世界がこの朝日新聞の記事を読んだら大笑いするだろう。

 いや理解不能に違いない。
 
 こんな馬鹿げた「駆けつけ警護」について、国会や有識者は真面目な顔をして大議論をしてきたのだ。

 日本という国は恵まれた国である。


            ◇

駆けつけ警護「法的根拠でリスク減」 稲田防衛相に聞く
http://www.asahi.com/articles/ASJCQ5PXGJCQUTFK00V.html
2016年11月24日03時00分 朝日新聞 後段文字お越し

 政府は今月、安全保障関連法に基づき、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)への派遣部隊に新任務「駆けつけ警護」を付与した。国内で賛否が割れる中、海外での自衛隊の活動内容を大きく広げた。政策決定に携わった稲田朋美防衛相に新任務付与の狙いなどを聞いた。

――新任務付与の意味は。自衛隊員のリスクは増えませんか。

 平和安全法制(安保法制)のもとでの新たな一歩だ。自衛隊が参加するPKOで、必要な訓練をし、助けられる人は助けるということになる。

 自衛隊がPKOに参加するようになって四半世紀になるが、過去には自衛隊の活動場所近くで邦人が襲われることがあった。2002年に東ティモールで、暴動に巻き込まれた邦人らを車で宿営地に移送したケースなどだ。だが当時は法的な根拠が明確ではなく、訓練もしていなかった。危険にさらされる「しわ寄せ」は、現場の自衛隊員に押しつけられる。

 付与を前に様々なケースを想定して訓練した。法的な根拠ができたことによって、現場の部隊長は自信を持って対応できるようになった。むしろリスク低減に資すると言える。

 ――政府は新任務付与に関する基本的な考え方をまとめ、「他国の軍人を駆けつけ警護することは想定されない」と明記しました。他国から要請があっても断れますか。

 外国の軍隊は自分の身を自分で守る能力がある。それでも対応が難しい場合は、南スーダン政府の治安部隊や国連PKOの歩兵部隊が守る。自衛隊は施設部隊なので、他国軍を警護することは想定されない。対応できないものに対応して、自衛隊員を危険にさらすべきではない。その点は、現地の部隊長がしっかり判断できる。

 ――厳しい状況では、現地の邦人警護はしないのでしょうか。

 とりわけ邦人から緊急の要請があった場合は、駆けつけ警護してあげたいと思うだろう。ただ今年7月に大統領派と前副大統領派が衝突した際は、一番苛烈(かれつ)な状況下では国連からPKO要員に対して外出禁止令が出た。実際に駆けつけられる状況かは、部隊長が冷静に判断することになる。

 ――政府は「安全を確保しつつ有意義な活動を実施することが困難と認められる場合」は撤収することもあるとしています。どのようなケースですか。

 個別判断になるとは思うが、例えば、道路を造ったり砂利を運んだりすることができないほどの銃撃戦が起きるなどして長期間にわたって自衛隊員が首都ジュバにある宿営地から出られない状況は、撤収を検討するケースに当てはまるのではないか。

 ――今後、PKO参加5原則を見直す考えはありますか。

 PKOは停戦監視など伝統的なスタイルから、実力行使を伴う文民保護などを含む幅広いスタイルに内容が変わってきている。それでも、憲法9条の範囲内で自衛隊を派遣するための5原則は今後も堅持していく必要があると考えている。

 5原則には「紛争当事者間で停戦合意が成立していること」という要件がある。前副大統領派が紛争当事者か、国会でも質問を受けた。前副大統領は現在国外にいて帰国できずにいるし、組織だった指揮系統はなく確立した支配地域もない。紛争当事者になることは現時点ではないと考えているが、緊張感を持って見ていかなければいけないと思っている。(聞き手・相原亮)

     ◇

 《駆けつけ警護》 昨年9月に成立した安全保障関連法のうち、改正PKO協力法に盛り込まれた新任務。安倍内閣は11月15日に南スーダンへの派遣部隊に付与することを決め、20日に部隊が出発した。現地の国連司令部の要請などを受け、離れた場所で武装勢力に襲われた国連職員やNGO職員、他国軍の兵士らを助けに向かうことができる。実施するかは、原則として現場の部隊長が要請内容を踏まえて判断する。現場に向かう経路に妨害者がいれば、銃を構えて威嚇したり空に向かって撃って警告したりできる。相手の体に命中させる射撃は、正当防衛などの場合に限られている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月24日 13:41:03 : 9QewkUGcqk : 4QXc8C8kgnU[311]
どうやら、行くことに意義があるらしい。

2. 2016年11月24日 14:06:46 : zK5CrKsW9s : a1fOb0KYg98[2]
自衛隊は死ね←これが稲田の本音
日本人が死ぬほど嫌いである証左

3. 2016年11月24日 14:14:54 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[508]

 本当は 駆けつけ警護の「実績」を作りたかったのだが〜〜〜

 南スーダンは スゴイことになっている そもそも 政府軍と反政府軍がいても

 ひょっとすると 政府軍のほうが 悪いことしてるのかもしれないよね〜〜〜
 
 ===

 ま〜〜 安倍と稲田の 目論見が達成できない(見込み違いだった)って〜〜ことだろう

 万一 「深みにはまって戦死者」を出したりすると 安倍と稲田の 首が飛ぶのは明らかだ〜〜

 ===

 理想と現実が違うのは いつものこと ==> これを「口先三寸」と いうのだよ〜〜〜ん
 


4. 2016年11月24日 15:17:10 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1035]
「日本という国は恵まれた国である。」

自他共に認める土人国家です。
※『土人』は差別とは断定できない(日本政府公式見解)

[32初期非表示理由]:担当:重複コメント

5. 2016年11月24日 17:04:41 : M3QCdIWTQI : zNYSGieMf9A[2]
あまりの国民批判に対してさらにウソを
並べて取り繕う事しか考えて居ない。

銃撃を受けた隊員の止血も、その先の緊急手術
も出来ない医療体制では邦人を助けるどころか

邦人が居なければ自衛隊が助からない事になる
のが関の山ですよ。


6. 戦争とはこういう物[1612] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年11月24日 18:57:53 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[255]
ベソかき小母さん大臣に自衛隊員を任せたのが悲劇の下。ベソかき小母さん大臣を何とか出来ない限り悲劇は起きる。 

■PKO5原則はとっくに崩壊 南スーダンの修羅場と政府のウソ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/540.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 05 日 22:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

■稲田大臣の、理由にもならぬ言い訳で派遣される自衛隊員はかわいそうだ。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/856.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 11 月 13 日 22:32:18: EaaOcpw/cGfrA j86WVg

■稲田大臣、防衛省職員から総スカン ! 大臣資質に集中砲火 !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/6949.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2016 年 10 月 22 日 19:34:28: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ


7. 2016年11月25日 00:31:49 : ggzsKOmcJc : GH2gYgr6hHs[13]
わけのわからんガラパゴス語のやりとりにお付き合いする気はありませんが
イヤー恐い顔ですねー
ヤッパ霊的進化とやらをされてるんですねー
ヤッパ現場で直接指揮を取って 相手が怖がって逃げるか試してみるべきですねー

8. 2016年11月25日 23:29:57 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7240]
2016年11月25日(金)
「平穏」を装い派兵か
井上議員 政府説明をただす
参院外防委

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-25/2016112502_02_1.jpg
(写真)質問する井上哲士議員=24日、参院外防委

 日本共産党の井上哲士議員は24日の参院外交防衛委員会で、政府が南スーダンの情勢を「平穏」と装い、「駆け付け警護」などの新任務を付与して自衛隊を派兵したのではないかとただしました。

 11月10日付の国連事務総長報告は「ジュバ及びその周辺の治安状況は引き続き不安定である」と述べています。一方、日本政府は、「ジュバは平穏」であり、南スーダンで起きているのは「戦闘」でなく「衝突」だと説明し続けています。

 井上氏は、「戦闘発生箇所」と明記した陸上幕僚監部作成の第10次要員(5月派兵)の家族説明会用資料を提示。また、南スーダンを視察(10月8日)した稲田朋美防衛相が現地で「この辺で『戦闘』が起きた」との自衛隊員の説明をうなずきながら聞いていたニュース映像に触れ、「現地の部隊も大臣も、戦闘だと認識していたのではないか」と指摘しました。

 その上で、第11次要員(今月派兵)の家族説明会用資料では「戦闘発生箇所」が削除され「衝突発生箇所」と記されていることを示し、「自衛隊の中では一般的に戦闘だと言っていることを、わざわざ平穏だと印象付けるために『衝突』に言い換えたということではないか」と迫りました。

 稲田氏は「法的な『戦闘行為』と混同されかねないので、『衝突』という言葉を使っている」との言い訳に終始しました。

 井上氏は「国連事務総長報告がいう“崖っぷち”にある情勢認識も、PKO参加5原則が崩壊しているような事態も覆い隠して、さも安全かのように家族に説明をし、新任務を付与して派遣を継続するということは絶対やめるべきだ」と述べ、南スーダンからの自衛隊の速やかな撤退を求めました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-25/2016112502_02_1.html


9. 2016年11月26日 10:32:12 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[1699]
稲田、自衛隊員が早く戦闘に巻き込まれて死んでくれれば礎にして憲法改正がやり易くなる。国民の多数も騙せるぞってか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ