★阿修羅♪ > 国際24 > 391.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《Q 「ザ・プラン」の動画 2018年10月17日》本当にフリーエネルギーや病を完全克服する方法の隠蔽解除にまで至るのか
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/391.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2018 年 10 月 26 日 15:46:38: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


Q 「ザ・プラン」の動画 2018年10月17日 GHOSTRIPONの屋形》我々人類は本当に、労働集約を必要としないフリーエネルギーや、コストレスな病を完全克服する方法の隠蔽解除にまで至ることができるのか。




政府内部から暴かれる秘密


David: インターネットは昨年2017年の10月下旬から、すっかりQAnonと呼ばれる現象の虜になってしまいました。これらの投稿は、完全匿名の掲示板である4chanを通じて行われています。


コーリー、あなたの持つ最新情報に基づいて、QAnon現象についてあなたの知っていることを少しだけ話してくれませんか?


Corey: 彼らは正確にこのQグループが誰なのかわかっています。そして・・・


David: まず「彼ら」とは誰です?


Corey: それは、アライアンス(地球同盟)です。


David: オーケー。


Corey: アライアンスの・・・これは言わば・・・皆さんは「プロパガンダ」という言葉を嫌いますが、これは軍事用語なんです。違う言い方をすればアライアンスにとっての情報の小売店、送話口とも言えます。つまりQグループはアライアンスの一部です。


そして彼らは実際に作戦上の暗号やメッセージを届けているんです、この4chanとか8chanウェブサイトを通じて。


Qちゃん情報です↓





字幕ボタンで字幕を出せます↓
Q - We Are The Plan


日本語字幕の文字起こし↓


何かが、起きている。
それを分かっている人もいる。
それを感じている人もいる。
今、思考を拡げるときが来ている。
分かっていると思っていた世界のすべてのことをリセットしなければならない。


信頼している人達のことを、歴史を、自分自身のことを。
話をしよう。


長い間、私たちの世界は、何世代にも渡り拡張する犯罪マフィアたちの影響下にあり、それは最高レベルの支配力を持つようになった。
彼らは我々と同じようにしゃべり、行動するので私たちには分からなかったのだ。
真の犯罪者は言動と行動でわかると思っていたけれど、彼らの洗練された話し方や富、知性、美貌や影響力によって私たちは騙されていた。
脅し、恐喝、や賄賂を使ったシステムで、彼らは政治、経済、教育の最高レベルを占めるようになった。


ディープステートとかカバールとも呼ばれている。


一番危険なことに、彼らはマスメディアのほぼ完全な支配を達成した。


生きるだけで精一杯の善良な市民たちをコントロールする主要手段として使うために。
彼らはこの影響力を使ってだんだんと私たちを説得して行った。
我々自身が問題なのでありお互いが脅威なのだと思わせたのだ。


彼らは人種、性別や宗教を使って私たちを分断し、これら虚偽の主張が真実と思えるように歴史を書き変えた。


戦争では両側に資金を与えて、平和を愛し、世界を良くする創造者としての私たちが繁栄し成功する可能性をつぶしてきた。


メディアを完全支配して、私たちが嘘とエンターテイメントを丸のみにしている間に奴らは最後の段階を開始した。
アメリカの完全破壊に取りかかったのだ。
アメリカは最後に残る自由の砦であり人類に残された最後の希望だ。
奴らはアメリカを落とすことができれば残る世界も落とせることを知っていたのだ。


奴らの取引により私的機関である中央銀行に貨幣システムの支配が引き渡された。
それが連邦準備銀行(FED)だ。


これによりワシントンDCに影響力を及ぼすことが可能になった。
それ以来、米国大統領のほとんどが奴ら犯罪者たちに多かれ少なかれ操られることとなった。


奴らが世界中の様々な諜報機関に膨大な権限を与えたために、ことはさらにひどくなった。
私たちを守るためにあると言っていたにも関わらず、これら諜報機関は壊滅的に兵器化されて薬物や人身取引の闇組織を助長させ、政敵を暗殺し、軍事力を低下させ、貨幣中央支配制を採用しない外国政府の政権を交代させた。


私たちが普通に暮らす影で犯罪を続けて、ただ影に潜んでいることを奴らが選ぶと思うかもしれないが、謳歌する自由が人々にある限り、カバール達には発見され潰されるリスクが常にあった。


すべての脅威を消滅させる計画なしにはカバールの存続は考えられなかった。
奴らが支配する単一の世界政府を押し付ければ、国としてのアイデンティティや警察、軍力をしても奴らを止めることはできなくなる。


奴らはそれをグローバリズムと呼ぶ。


私たちが持つ自然な感情や本能的な同情心を利用して、社会正義と見せかけて国境や固有の文化、国としてのアイデンティティをを崩壊させることを正当化する方法を奴らは見つけた。


人種主義や植民地主義、資本主義という偽のストーリーを作り上げて、社会を不安定化してついには崩壊させて物騒になるよう仕向けた。
私たちがこの闇の世界計画を拒否することができなくなるようにするために。
歪める歴史がないところでは戦争を起こして、壊滅的に多大な移民に国境を渡らせ、文化的アイデンティティを衰耗させた。
私たちがこれを受け入れなければ、心が狭い、恥ずべきことだと奴らは叫び沈黙させた。


2008年、アメリカでは景気後退が進行し、破壊的な貿易協定は失業の増加をもたらした。
そして壊滅的な金融危機。


カバールは今やもう一つの広範な犯罪帝国を吸収し、歪められ過激化したイスラム集団と提携した。
競合することは目標実現の脅威となることに気付き、相互に協力することを決めたのだ。


そうなると敵対的外国勢力はアメリカの政治制度に、大統領となる手下を送り込めることになった。
サウジアラビアのアル⁼ワリード・ビン・タラール王子はオバマのハーバード大学費用を負担して教育を受けさせたのちこの代行者を使って支配力を得、閣僚をすべて選ぶと同時に米国の主要メディア会社の支配権を買って手に入れた。


カバールでも西洋分派はまた違っており、その病み具合は別格であった。
シンボリズムと数秘術に重きをおく残忍非道な殺人カルト集団で、普通の人には想像もつかないような極悪な残酷さである。
この秘密結社が到達した範囲と規模が、一般大衆に暴露されようものなら世界はその衝撃さから不安定に陥るであろう。
奴らは社会の表面下に潜むことに長けており、時間をかけて米国大統領にまで到達した。


両派のグローバルマフィアが支配力を得たとき、奴らが何を計画していたかを聞く用意はありますか?
自分が座っていることを確かめてから聞いてください。


奴らは政府に仕掛け人を送り込み、裏口を設けて軍部の高機密情報や最高機密特別アクセスプログラム(SAP)が漏洩されるようにした。


軍事費をカットし、不条理な遭遇戦のルールを使って将軍の指揮力を弱めた。
NASAを骨抜きにして宇宙探索での優位性を終わらせた。
防衛軍事機密情報プログラムに潜入して機密情報を漏洩させ、国内外からの脅威を察知する能力を落下させた。


私たちが信頼する機関を利用して政敵を的にして弱体化させた。
奴らは国境を緩和して何百万人もの不法移民や強力犯罪者のギャングどもの入国をを許した。
資金を動かして世界的テロを支援し、ISISのような団体が世界中広範囲の地域でのさばることとなった。
2016年、カバール連盟はそのまま勢力を維持するつもりだった。
奴らが意図し描いていたものに、まだ骨の髄まで凍えてないのなら、次に我々に何が起こるところだったか話しておこう。


国際的な「気候変動」というペテンによって、奴らは兆単位の富を吸い上げ、政府に残っていた最後の善良な者達を排除し、米軍から全予算をとり上げ、防衛責任を国連に引き渡していただろう。
我々の抵抗力を弱めるために憲法を改訂し、自己防衛ができないように銃器販売を違法にして、最高裁判所には奴らの仲間を送り込み、我々の選挙による力を去勢するために選挙人制度を排除しただろう。
暴露されないようオルタナティブ・メディアは完全に排除されただろう。


裏取引によって大量のウラニウムを、奴らに捕われた状態にあった北朝鮮とイランに横流しし、世界の脅威となるよう核兵器を開発させた。
この悪行をロシアのせいにして非難した。
世界支配という野望の敵対勢力として力を強めていたからだ。
プーチンを敵として描き、ウランの違法取引をプーチンのせいだと非難して、米対ロの壊滅的な核世界戦争を奴らは起こそうとしていた。
そうすることで世界の自由を支える最後の二つの柱を疲弊させてしまい、避けられなくなった恐ろしい終局を早めただろう。


奇跡的にも、2016年カバールは権力を失った。


米軍同盟と世界中のパートナーに率いられた勇敢な作戦によって、合法的に光の側に権力を取り戻すことができた。
数十年という歳月を費やして練って来た独自の計画を彼らは持っていたのだ。
ドナルド・トランプが大統領に選出されたことにより、アメリカの人々は少しずつ自分達が住む世界の現実に目覚め始めた。


今まで信じてきたニュースやエンターテイメントを放送するメディアの中に、数多くの嘘や秘密をがあることにも。
腐敗しきった膨大なネットワークを解体するための洗練された戦略を善の同盟は始動させた。
もう少しであらゆるレベルの政府、産業や司法制度まですべてが侵されるところであった。


彼らは、戦略が合法的に進められなければならないことを知っていた。
さもなければ、法的な正当性を失うことになる。
たとえそれが、我々が当たり前と受け入れるようになってしまった、静かに締めつけるような圧政から我々を解放するためであったとしても。


パニックに陥ったディープ・ステートは残るあらゆる力を用いて、自分たちを守ろうと躍起になっている。
この2年間は毎日が、一般の認識と、成し遂げねばならないこととの間の、綿密に計画された綱渡りだった。
尚早な動きは、奴らが作った精神的な檻の中に住み眠っている人々を、ショックと恐怖に落とし入れてしまうだろう。


しかし結局のところ今、我々は勝ちつつあるだけでなく、勝ったのだ!


この偉大な嵐の軌道は今、まぶしいばかりに晴れ渡っている。
私たちは新しい未来を楽しみにしている。
すべてを賭けて世界を救ってくれた勇敢な愛国者たちに感謝しつつ − 今度こそ、永遠に。


この闇のない世界がいったいどんなものなのか、まだ誰も経験したことがない。


奴らが独占する化石燃料に依存せざるをえないよう、隠されてきたフリーエネルギーがある世界・・
カバール銀行制度から借りたローンの利子返済のために、違法に課されてきた所得税が廃止されたら・・
難病完治の治療法が公開されたら・・
宇宙工学の解放により、夢にも思っていなかったフロンティアが切り開かれ、新技術がたくさんの雇用を創出し、見たこともない世界規模の人間ルネッサンスを生み出すことだろう。


親愛なるアメリカと、世界の市民たちよ。
今度は私たちが輝く番だ。


私たちがどこにいようと、奴らが「グローバリズム」と呼ぶものを拒絶するとき、私たちは「ザ・プラン」になる。
奴らが私たちを屈服させるために使ってきた言葉を認識し、もうたくさんだと言おう。
メディアのスイッチを切る時だ。


直感に従い、自分自身を信じて「ザ・プラン」になろう!
アメリカと、世界に、神のご加護を。


大量逮捕の件は、法的な正当性のため合法的にやっているので時間がかかっている模様。
フリーエネルギーの隠ぺい、歴史の表舞台から二コラ・テスラを消し去ったのはその通りで、銀行制度は詐欺だと元カナダ国防大臣が述べている。
先進技術やクローンは既に存在すると、「秘密の宇宙プログラム」のインサイダーであったコーリー・グッド氏も暴露している。
Qちゃんは、カバールが絶対に触れてほしくない急所について述べている。
内容のほとんどが事実と確認できるので、あちら側が用意したガス抜き要員ではなく本物に見える。
Qグループには、ロシアがそうであるように、地球人ではない上位の者たちも関わっていると予想される。

フリーエネルギーや先進技術を皆が手に入れると、誰もが自給自足出来てしまう訳で、誰も中央政府や世界政府の言うことなんて聞かなくなる・・・つまり、Qグループの運動が原因で、支配構造自体が消滅、または相当弱まる可能性が高いので、Qグループが新たな支配者として君臨するのではないか?単なるカバール同士の権力争いではないのか?との主張には矛盾があり、Qグループには権力争いとは別の目的があると考えるのがセオリーとなる。

カバール=ハザールマフィア、日本でわかりやすく表現するとユダ金。
偽ユダヤ、グローバリスト、新自由主義者、ネオコン、シオニストです。
Qの内容が真実かどうか、以前載せた記事を参考にすると良い↓


UFO遭遇と隠ぺい&ディスクロージャー・プロジェクト(スティーブン・M・グリア)


本当の権⼒(議会やホワイトハウスにあるそれではない)を持つ隠れた世界は、モツ=世界の主⼈たち(Masters of the Universe - MOTUs)の領域である


UFO の秘密と公安国家(National Security State)が強く結びついている理由は、これらのモツがUFO の実在性を認めてしまうと、先進的エネルギー、推進、物理学というパンドラの箱を必ず開けることになるからである。このパンドラの箱が開くと、⼤⼿⽯油会社、巨⼤⽯炭関連産業、原⼦⼒発電は完全に時代遅れとなる。UFO とは、新物理学(New Physics)の曖昧な⾔い換えにすぎない。UFO は未確認でもなく、従来の空気⼒学的⽅法で “⾶⾏” しているのでもない - しかし、まぎれもない物体である。⼀部のUFO ⽬撃はET 宇宙機を⾒たものである。
しかし多くの場合 - おそらく⼤部分は - 1940 年代から開発されている、地球製の反重⼒装置である。


ここに500 兆ドルのジレンマが存在する:もしモツとメディアにいるモツの追従者たちが、この新物理学のことを⼤衆に知られてしまうと、⼈々はマクロ経済の奴隷状態からの解放を要求するだろう。その結果、これらのモツが持っている相対的⽀配⼒および権⼒は、まさしく⼈々へと分散することになる!


インド、ラテンアメリカ、アジアのあらゆる集落が、エネルギー装置を持つことを想像して欲しい。その装置は、ゼロポイント・エネルギー場、量⼦真空、またはディラックの海 - それを何と呼んでもよいが - からエネルギーを引き出すことを可能にするのである。世界中が発展するだろう - それも有機的に、汚染も貧困も伴わずに - また集権的に管理されるオイルマネーシステムも、⼤⼿⽯油企業も、集中的設備もなしに - なによりも、モツのいない世界である!


だから、世界は “エイリアン” によって侵略され、消耗させられているのではない。それをしているのは、これら⼈間嫌いの性癖を持ち、社会病質者であるモツなのである。


壮大な詐欺:新生への希望 元カナダ国防大臣ポール・ヘルヤー DISCLOSURE PROJECT


世界の金融システムは完全な詐欺である。それは友人、隣人から金を騙し取ったバーニー・マドフ同然の壮大なネズミ講(Ponzi scheme)であり、幾世代にもわたり搾取してきた被害者の数を合算するならば、その数千倍も悪辣である。


秘密の宇宙プログラム:完全または部分開示?


今日、世界各地で行われているさまざまな「秘密の宇宙プログラム」があります。これらのプログラムは、それぞれ異なる派閥や異なる国々で運営されています。これらのグループは、人間とエイリアンの両方で構成されています。


これらの多くの派閥は、人類から、そして互いに秘密を守っています。 エイリアンの技術は、リバースエンジニアリングされており、私たち全員から守られ、技術的進歩を遂げてきた。


複数の告発者によると、これらの派閥は、月と火星の基地を確立しており、他の惑星も訪れているようです。


周りを飛行しているUFOの多くは、エイリアンのオリジナルではありません。基本的に、私たちの税金(そして巧みな闇予算として)もしくは、大企業の利益から、ここ地球で設計され建造されています。私たちは、これらのすべて、またはそれ以上の費用を支払い済みだが、報酬は全く得ていない。


私たちの想像以上に、技術と医学が進歩しています。そして、それはすべて私たちから守られています。


これらの秘密の派閥のいくつかは、現在、「完全開示」を求めています。一部は「部分開示」を望んでいます。それ以外の人は、むしろすべて秘密にして、彼らの荒々しい計画を続けることを望んでいます。


ハザール・マフィアとロスチャイルドの悪行、新世界秩序の暴露


元FBIのロスアンゼルス支局の局長。
700人以上の部下が居たようです。
1979年退職(リタイア)のようなので、古い映像かも知れないが。
イルミナティ=ロスチャイルドファミリー(中心的存在)
FBI、CIA、陸海空軍情報部、NSAには、良い人がたくさんいる。
イルミナティは、政府のあらゆる組織のあらゆるレベルのキーポジションを抑えることで、組織を乗っ取りコントロールしている。(2:45の字幕間違い:Luminosity→Illuminati)
奴らの最終目標は、ワンワールド、世界統一政府である。


P113
ユダヤ人のなかで生き血を飲む儀式に参加を許されるのは、特に重要な指導者たち、ラビやユダヤ社会のなかのもっとも金持ちのメンバーだけである。


過去2000年間の反ユダヤ暴動のほとんどは、ユダヤ人の生血祭儀の実行が露見したため、そして結果として、ユダヤ人の非ユダヤ人の子供に対する殺人を懲らしめようと非ユダヤ人がくわだたたために、起こっている。


P116
ヤフは、バール神、黄金神像、そしてサタンとも言い換えることができる。サタンはユダヤ人にとってさほど重要ではない神で、バール神の手先であったと考えられる。


ハザール・マフィアとロスチャイルドの悪行について
このような闇のオカルト儀式は、バール信仰(エジプト、西セムの主神の偶像崇拝=フクロウ崇拝)から来ている。
ハザール国王はロシアや周辺国に彼らが黒魔術オカルトを実践し続けていることを隠すために、ユダヤ教と彼らが信仰していたルシファーの黒魔術をユダヤ教に併合させ、新たなユダヤ教(悪魔のハイブリッド密教)、つまりバビロンのタルムード・ユダヤ教(これまで通りの邪悪なオカルト)をハザールの国教にした。


1600年代に、ハザール・マフィアは、イギリスの王族を全て殺害し、ハザール人をイギリスの王族に仕立てあげ、英王室を乗っ取った。
1700年代に、彼らはフランスの王族を殺害した。第一次世界大戦直前には、彼らはオーストリアの大公を暗殺し、第一次世界大戦を勃発させた。
1917年に、彼らはハザール・マフィアの陸軍(ボルシェヴィックス)を結成しロシアに侵入しロシアを乗っ取った。彼らはロシア皇帝と皇族を平然と殺害し、ロシアの金、銀、重要美術品を強奪した。


ハザール・マフィアとロスチャイルドの悪行について その2
バール神に子供の生贄として捧げる邪悪なオカルト信仰とバビロンのタルムードに専念するフリーメーソンのオカルト組織を介して巨額の資金を投入しながらイスラエル国会を創設させた。また、ハザール・マフィアは、世界シオニズムと呼ばれるNWOシステムを設置した。彼らは世界で最も優秀な民族であるという妄想を持る偏執症集団であり、彼らは感受性が高いユダヤ教徒であると教え込まれる。また、彼ら以外の人間はゴイムであり、ユダヤ教徒を大量殺害する意図があると信じている。


世界シオニズムは、バビロンのタルムード或いはルシファーの隠れ信者であり、一般のユダヤ教徒には知られていない。
世界シオニズムは、一般のユダヤ教徒を隠れ蓑として使い、彼らにバビロンの金権を与え、ハザール・マフィアのスパイの連絡係として使い、その後、彼らを2段階に分けてルシファーの生贄にする。


ハザール・マフィアは大規模な第二次世界大戦を勃発させ、両サイドを支援した。その結果、世界中を工業化させ、金融王らの金権を最大限に拡大した。


第二次世界大戦後、ロスチャイルドのハザール・マフィアはロシアとアメリカを冷戦状態にさせ、それを理由に、オペレーション・ペーパークリップにて、ナチスの科学者らやマインドコントロールされた専門家らをアメリカに送り込んだ。


その結果、彼らは世界的なスパイシステムを構築し彼らの活動をこれまで以上に拡大した。


このような新たなシステムの下で、アメリカのあらゆる団体、機関(教会、民間防衛会社、フリーメーソン、米軍、米諜報機関、司法当局、他の政府機関、州政府、政党、他)を乗っ取った。さらにその後、彼らは教育機関も乗っ取り、教育界でマインドコントロールを行った。マスメディアも支配した。


ロシア鉄道株式会社社長、新世界秩序の本質を暴露2015年3月7日 ロシアの声
ヤクーニン社長は、今日ロシアの政治学者は、 論文の初めの段落でロシアの現体制や大統領に対する批判がかかれ ていない場合は、 西側で論文を発表することが出来ないと述べている。


ヤクーニン社長は「ドイツ・カルタ」 の西独軍事諜報機関の元トップだったヘルダ・ヘリムト・ コモッサ氏の著書を指摘し、 本には1949年5月21日からの条約で西独の主権は西側の戦勝 国のために2099年まで制限されると記載されているほか、 戦勝国の銀行には西独の金準備金が保管されなければならず、 戦勝国らはドイツのマスコミおよび政党をコントロールし、 各首相は条約に従うことを約束した書面に署名を行わねばならない ことが明記されていると述べた。


ヤクーニン社長は、グロバリゼーションとは、 国民国家を米国の世界観に合うように破壊し、 最終的にアメリカニゼーションが達成されるようにすることである と強調。 こうしたグロバリゼーションに代替するものは主権再取得( つまり、再度事実上の主権と独立を獲得すること) であるとの見方を示した。


赤色のドイツの条約、日本にも存在しそうですね。


プーチン大統領:イルミナティがイスラムを使って第三次世界大戦をスパークさせる計画
Q NASAの月上陸は本物 秘密の宇宙プログラムは存在する
終わりの始まり


最後にテスラの言葉↓
100年掛かりましたな(笑)

"We are whirling through endless space, with an inconceivable speed, all around us everything is spinning, everything is moving, everywhere there is energy. There must be some way of availing ourselves of this energy more directly. Then, with the light obtained from the medium, with the power derived from it, with every form of energy obtained without effort, from the store forever inexhaustible, humanity will advance with giant strides. The mere contemplation of these magnificent possibilities expands our minds, strengthens our hopes and fills our hearts with supreme delight." - Nikola Tesla, 1891


“我々は無限の空間をあまねく満たす渦の中にいる。その回転速度は想像を絶するものだ。我々を取り巻く全てのものが回転しており、運動している。空間の至る所にエネルギーが存在する。このエネルギーをもっと直接的に利用する方法があるに違いない。そうすれば、空間から光を引き出し、空間から電力を引き出し、汲めども尽きぬ貯蔵庫からあらゆる形態のエネルギーを引き出すことにより、人類は長足の進歩を遂げるだろう。その可能性を考えるだけで、我々の精神は大きく広がり、希望は強固になり、心は至上の喜びで満たされるだろう。” - ニコラ・テスラ、1891 年





********** 引用ここまで **********



コストレスな病からの完全解放


世に存在する殆ど全ての疾患を頻発・憎悪させる多様性を持つ放射能毒から回避できる高い可能性、しかも安価で合法的な方法とは?


《化学療法の失敗の後・・が治療不可能な脳腫瘍を完治》性別・年齢を問わない悪性新生物の頻発が日本列島を襲っているのでは?!


ほんとうに健康を保ちたいのなら自分が何であるのかを知りましょう と それを隠す医療や産業、マスコミ、各国政府、や組織


歴史から完全に抹殺されていた、100%完治の癌治療(ライフ博士)


ロックフェラーも取り入れている海水療法とは!? wantonのブログ


新たな点滴療法と海水療法は、 放射能時代を生き抜く為の最大の武器となるだろう!wantonのブログ



地球は最初から、コストのかからない病からの完全解放をもたらす物質や、労働集約を必要としない、フリーエネルギーで溢れかえっていた楽園であった。 

だのに、あれは、これは、私の物、他の誰も使ってはいけない、などと主張し始めるから、利害相剋が起き、争いが発生し、所有の差異で格差が生まれ、所有や主張を守るために国境を含む囲いや武器までも保持している。 また、囲いの中は私の領分なので、そこはキレイにし、公共のエリアに不要な物を置こうとするから、環境や他種までが破壊される。 挙句の果ては、その所有を是認するための欠陥金融システムが、金儲けと支配のため、コストのかからない真実までを隠蔽するに至る。 


このような、本能に基づく低次元な所有概念を捨て去り、何でもシェアーし、全てを公の所有物とすることで真の持続可能な社会が構築でき、人類は、被支配や、”所有することの煩わしさ”からも解放される。 国家という観念も、所有概念の延長線上にある幻想に過ぎない。 人間世界が真のあるべき道を歩むのなら、そこには元から存在しない国境線や軍隊、兵器などといった、愚かな物も、放棄すべきなのではないのだろうか。 そして私は、トランプ米国大統領がそうした理想世界の礎となる可能性の高い、クリントン政権以来棚ざらしになっている、NESARAの発布なども、彼のプランにあることを期待しています。



被支配と所有の煩雑や破産からの解放と、人間らしさへの回帰


《真理はシンプルなもの》人間はどこから来て、どこに向かうべきなのか?



ベルクソンの言葉と、旧友へのメッセージ《改》


《金融クラッシュを待っている受動的姿勢をやめよ!!》貨幣資本主義社会の抱える致命的欠陥からの回避と真の人間らしさを求めて


《破産危機が迫るイリノイ州・コネチカットの金融中心ハートフォード市に破綻の危機》んで、人類全体が幸せになれる方法を考える


まだまだあるある歴史の嘘と、貧困、飢餓、殆どの犯罪、高齢化、少子化、等、社会問題の根源は貨幣制度の是認であるに違いない。


社会主義のデンマークVS自由主義のアメリカ、どちらが住みやすい?←右と左のいいとこどり、その間にある理想社会は、あります



あるべき持続可能な、循環型社会と、その、平和的な移行方法に関する考察。
(コメントの6番が2016年2月9日現在の最新バージョンです。)




関連記事


トランプの次の一手 大手マスメディア帝国の破壊


《いよいよ「日本刷新」のとき |藤原直哉理事長(NSP第16期総会イベント基調講演)》世界での日本の立ち位置を全く理解できない99%の日本人


アメリカ巨大製薬業界と闘うマイク・アダムス博士の:NaturalNews主宰《アメリカに関する国家非常事態特別リポート》


Q情報 10/9 支配層への挑戦状



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年10月26日 18:54:01 : wYRK0XMpNQ : 5DDZQABTOWQ[2] 報告
いまだに菅野のツイートなんて転載してる奴が天下国家を語ってるんじゃないよ。
2. 2018年10月26日 20:04:09 : O4pUfLwvsA : lleAWoei_CE[699] 報告
 菅野氏の主張の何がいけないのですか。

菅野氏の今までの主張はまったく間違っていませんでした。
なぜ1氏は突然菅野氏について上記のような批判をおっしゃ
るのですか。

 現在の世界政治の状況は刻々変わっている。
報道がそれを報道しなければどんな国民もそれを知るすべ
はない。

だからメデイアが最重要なのであり、犯罪者はメデイアを把握する
ことを最優先する。世界規模の「犯罪者」はすべての国で
メデイアを「御用メデイア」に作り替えた。

 そういうことあなたは知っておられながら知らないふりを
して権力側についてこうして投稿している。

生きている人間生活を破壊する者の側に立つ人について、長年障害者世界で働いてきた自分は非常な怒りを感じます。

答えて下さい。
菅野氏の主張の何がいけないのか。

3. 2018年10月27日 04:13:54 : 0mWPP9pQtI : 2O7eLWXFjJ8[1] 報告
犯罪をお目こぼししてもらえるのは権力のために働く目明しに決まってるだろ。
4. 空虚[1540] i_OLlQ 2018年10月28日 07:04:34 : xdnTJc76H6 : w2Qef3pVMp0[61] 報告
とても輝かしい理想なのだが・・・

おいらは、どぉ〜にもトランプやQを信じられないんだわな。

生まれ持った斜な性格が、邪魔をしとるんだろがぁ・・・。

救世主のようなもんが出てくると、どぉ〜にも眉に唾なんだわ。

お天道様を、とても好ましく感じているのにだww。

トランプの出自や環境が、あまりにも胡散臭い・・・と思うのは

おいらだけだろかいな?

斜に素直に観ると、RvsRの小競り合いにも見えるのだが・・・。

心底、お天道様の理想が現実になればいいのにな・・・と思うのだよ。

ま、諦めずにだ。

諦めないで、民の暮らしを求めようジャマイカ! (^_^ふふ。

5. はろー[1465] gs2C64Fb 2018年10月30日 13:51:13 : uFCT5UT0Y6 : Gxib1H9DNVQ[666] 報告
支配組織をピラミッドで表現した時、一番ストレスの多いのは八合から五合あたりの中間管理の辺りだろうか。
下には敵対心燃やされるは上には悪役の罪を着せさせられトカゲのシッポ切りの憂き目。
一方ピラミッドのキャップ十合九合目の小人数のみで「人類」の種を保てるとは思えない。
当座、主導権を握るキャップの人達の意識程度如何で着地世界は変わるとして。
一合目でウロウロしてる自分に出来ることは、空虚さんのコメントの通りです。お天道様の理想を理想に民の暮らし、です。地道に淡々と。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際24掲示板  
次へ