★阿修羅♪ > 近代史5 > 541.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
LGBT・トランスジェンダーの世界
http://www.asyura2.com/20/reki5/msg/541.html
投稿者 中川隆 日時 2021 年 3 月 25 日 05:52:23: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: ウーマナイザー 12種吸引及び振動モード、欧米の女性たちを虜《とりこ》にするアダルト・トイ 投稿者 中川隆 日時 2021 年 3 月 23 日 10:08:40)

LGBT・トランスジェンダーの世界

聖人になった黒人 / 変質するアメリカ (前編)
2021年03月24日
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68850978.html


SNSを閉鎖する巨大IT企業 / 変質するアメリカ (後編)
「言論の不自由さ」を実感するアメリカ人

big tech 221big tech CEOs 0032

(左 : 検閲を強めるIT企業を風刺するイラスト / 右 : 巨大企業の経営者達)

  昨年の大統領選挙で明らかとなったが、アメリカの通信業界というのは本当に酷い。YouTubeを傘下に収めるグーグルは、事もあろうにトランプ大統領のチャンネルを閉鎖したし、選挙不正に言及するチャンネルは軒並み凍結か閉鎖に追い込んだ。いくら何でも、「合衆国大統領が暴力行為を扇動するから」というイチャモンは、「言論封殺」の根拠にはならない。日本人でも唖然とするが、トランプ大統領には「発言の機会」も与えられないのか?

  アメリカの巨大企業は専制君主か独裁者に近い。SMポルノ映画や犯罪促進動画ならともかく、人種問題や歴史修正に関する番組までをも閉鎖するなんておかしいじゃないか。例えば、2019年まではデニス・ワイズ(Dennis Wise)監督が手掛けたドキュメンタリー映画、『今まで語られなかった偉大な物語(The Greatest Story Never Told)』をYouTubeでも見ることができた。しかし、YouTubeを運営するCEOのスーザン・ウォシッキー(Susan Wojcicki)がPC(ポリティカル・コレクトネス)を強化したので、この映画はナチ・ドイツを讃美し、定説の歴史を歪める、と判断されてしまったのだ。グーグは“規約違反”とか“人種憎悪”という口実をもうけて、不都合な動画を削除するから本当に腹立たしい。歴史を考える上で、違った角度からの考察は非常に有益じゃないか。ところが、ユダヤ人がはびこるGoogleだと、「極右作品」と見なされNGだ。でも、過去の事象をどう解釈するかは、各人の自由だろう。ユダヤ人の歴史観や定説だけが正統なんておかしい。しかし、この種族には矢鱈と知識人が多いから、同胞を危険に晒す言論や思想を見つけると、彼らは容赦なく叩き潰す。歐米諸国における「言論の自由」は、あくまでも、ユダヤ人が決めた範囲の中での「自由」である。

Lauren Witzke 01( 左 / ローレン・ウィツキ)
  ビッグ・テックの一つである「ツイッター社」も同類で、気に食わない奴がいれば即座に追放となる。去年の11月、共和党の保守派であるローレン・ウィツキ(Lauren Witzke)は、デラウエア州で上院選挙に出馬したが、惜しくも敗れてしまった。彼女は「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプ派の候補者で、民衆党で固められたデラウェア州に風穴を開けるべく、勇気をふり絞って戦うことにした。しかし、ジョー・バイデンが1972年から2008年まで君臨した州は、すっかり青き岩盤となっていた。まるで難攻不落の要塞みたいである。事実、上院の椅子はトム・カーパー(Tom Carper)やテッド・カウフマン(Ted Kaufman)、クリス・クーンズ(Chris Coons)で占められていた。これでは共和党が入り込む隙間さえ無い。デラウェア州は「オフショアー」じゃなく、「オンショアー」の租税回避地(tax haven)として有名だ。という訳で、同州の政治家になれば、相当な“旨味”を堪能できる。驚くことに、「フォーチュン500社」のうち65%が“節税(脱税?)”のためにデラウェア州を利用している、というのだ。また、こうした有名企業の85%が何らかの子会社を同州に置いているらしい。まぁ、ケイマン諸島やバミューダに行かなくても、米国内に税制の「巨大な抜け穴」があるんだから、利用しない方がおかしいだろう。

Alok Vaid Menon 002(左 / アロク・ヴァイド・メノン)
  脱線したので話を戻す。トランプ流の米国第一主義を掲げ、移民流入にも反対したから、ウィツキは主流メディアから「白人優越論者」と糾弾されてしまった。どうも彼女はマスコミのブラックリストに載っているようだ。今月、これを示唆するような出来事が起きた。彼女がツイッターにトランスジェンダーの活動家であるアロク・ヴァイド・メノン(Alok Vaid-Menon)を批判する書き込みを行ったところ、ツイッター社は彼女のアカウントを閉鎖に追い込んだという。なぜなら、ウィツキはアロクの事を「邪悪な者(Demonic)」と評したからだ。(Tom Pappert, "DEMONIC : Twitter Bans Lauren Witzke For Criticizing Trans Woman Who Says Little Girls Are Kinky", National File, March 7, 2021.) フェイスブックも同じ穴の狢(ムジナ)で、同社は2月に彼女のアカウントを停止している。("Facebook Shuts Down Former America First Senate Candidate Lauren Witzke's Campaign Page", Inter News Cast, 3 February 2021.)

  では、ウィツキが非難したアロクという活動家は、如何なる人間なのか? まず最初に思い浮かぶのは、アロクの異様性である。これは常識的な意見になるが、彼(彼女?)は「男」なのか「女」なのかハッキリしない性別不明の人物である。「論より証拠」でアロクの写真を見てもらえば解る。この変人は「女に転化した元男」といっても、未だにその外見は「男」としか言い様がない。でも、現在のアメリカでは、「生まれながらの性(gender)」を以て判断してはならず、本人が自覚あるいは自称する「性」で判断せねばならない。アロクはどうやら、「LGBTQIXYZ」の中の「Queer(奇妙な人)」に分類されるみたいだ。しかし、ジェンダー学者はアロクのことを「シスジェンダー(cisgender)」、つまり「外見は男でも本来(生まれながらの性)は女として生きるはずの人物」と判断するらしい。

  もう実にややこしいが、要するにアロクは精神と肉体が一致しない人物で、大人になってから「本来の自分」に目覚めた、という訳だ。TARSHIによるインタヴューで、アロクはインドの上流カースト・コミュニティーに生まれたことを明かし、身内や仲間の縛りが強い環境で育ったという。("Interview - Alok Vaid-Menon", TRASHI Team, September 4, 2018. / TARSHIとは「生殖と性的健康に関する問題を話し合う<Talking About Reproductive and Sexual Health Issue>」の略である。) 彼は非常に保守的で宗教的な故郷を嫌っているようで、幼い頃は自分の性癖を隠していたようだ。でも、大人になるとアメリカに移住し、性別にこだわらないインド系アメリカ人アーティスト兼作家となり、信じられないけど「教育者」にもなった。

Mark Zuckerberg 0011Lauren Witzke 05Lauren Witzke 07


(左 : 「フェイスブック」を運営するマーク・ザッカーバーグ / 中央 : 銃規制に反対するウィツキ / 右 : トランプ大統領を支持するウィツキ)

  アロクは不満げに述べていたが、彼は毎日“プレッシャー”を受けていたそうである。外へ出掛けると毎回ジロジロ見られるし、その風変わりな容姿ゆえに「男」か「女」か判らず、人々から辱めを受けていたという。本人は「女」のつもりなんだが、いじめっ子タイプの第三者がアロクを目にすると、彼の主張などお構いなしに「男」と見なし、懲らしめの暴力を振るったそうだ。確かに、普通のアメリカ人ならアロクをドツキたくなる。もし、アロクが新宿二丁目辺りをウロウロしたら、住吉会か稲川会のヤクザに尋問されるぞ。だって、こんな性転換者を見れば、青竜刀を持った支那人マフィアだって怪しむじゃないか。ただし、極東会に「ケツ持ち」を頼めば別だけど。

  まぁ、こんなアロクにも独自の思想があって、偏見に凝り固まったアメリカ社会を批判している。曰わく、普通の人々は思慮分別で物事を扱っているが、そんなのは純粋さを語る神話に過ぎず、世間はこうしたフィクションを維持しようと努めているんだ、と。彼はその人生において、何事も互いに流れ込むんだ、と主張する。すなわち、「混入や汚染というのは通常である」というのだ。だから、国境や防禦壁、二元体というのは不適切であるという。たぶん、アロクにとって男や女という区別は虚構であり、人種や民族という区別も不愉快なんだろう。だから、何でもかんでも「ごちゃ混ぜ」というのが彼の理想である。こんな考えだから、アロクは「性転換女性(transgender women)と若い女性(young girls)は同じ便所を使うべき」と言い張る。なぜなら、少女達も「非常識で奇妙、あるいは変態的(kinky)」であるから、というのだ。

Alok Vaid Menon 007Alok Vaid Menon 003Alok Vaid Menon 009


(上写真 / 御洒落なのに「悪魔的」と評されるアロク)

  こうした暴言を耳にしたから、ウィツキはアロクを非難し、ツイッターに「悪魔的」と評したのである。事件の背景を知れば、日本人だって納得し、ウィツキに賛同するだろう。実際、アロクが日本人女性に近づけば、大抵の女性は鳥肌が立ち、足早にその場を去るはずだ。もし、洗面台で手を洗っている女性が、目の前の鏡に映ったアロクを見れば、一瞬、何が起こったのか判らず、体が硬直して動けなくなるだろう。アメリカの事情を知らない女子高生や女子大生が、こんな状況に遭遇したら、いったい“どんな”反応をするのか? たぶん、悲鳴を上げて先生に助けを求めるだろう。露骨に言えば、アロクの容姿は「変態」とか「悪魔」以上の何かである。日本のリベラル左翼や人権派弁護士は、それでもウィツキを非難し、アロクを擁護するのか? アロクを批判したウィツキは、人種差別を掲げる白人至上主義者じゃないぞ。もしかすると、日本の左翼女子だって私生活となれば、こっそりと毛深いアロクを毛嫌いするんじゃないか?

LGBTが容認・擁護されるアメリカ

transgender 55transgender 874


( 上写真 / 「トランスジェンダー」の人々 )

  あまり紹介したくないが、アロクの件に言及したから、ついでにトランスジェンダーについても、ちょっと触れてみたい。日本では極僅かな人達が、こっそりと性転換手術を受けているが、アメリカでは性の不一致に悩む人々が、堂々と手術を受けているようだ。日本の高校生だと、たとえ受験勉強に励んでいても、男性の股間からペニスを切り取って膣を形成する「vaginoplasty」という外科手術や、女性を男性に変える外科手術を意味する 「metoidioplasty」という英単語は知らないんじゃないか。また、男になりたい女性に人工のペニスを作ってやる「phalloplasty」という形成外科手術も聞いたことがないはずだ。だいいち、学校の先生が教えないから、医学部を目指す高校生しか、こうした英単語は覚えない。もしかすると、進学校の生徒でも知らなかったりして・・・。

  筆者は性転換手術の映像を目にしたが、あまりにも“おぞましい”ので、写真を掲載することができない。記録映像では、手術を受ける患者の股間は血塗れだ。それに、特殊撮影で用いるゴムみたいな材料でペニスを作ったりするから、男性が見ても吐き気がする。何と言っても恐ろしいのは、ペニスを切断する時の映像だ。とてつもなく痛々しい。以前、アフリカの部族紛争では、捕虜となった惨敗兵がペニスを切り取られる事もあったらしいが、自ら進んで切除を依頼するというのは本当に寒気がする。余計なお世話かも知れないが、切り取ったペニスは手術後どうするんだろう? 「臍(へそ)の緒」みたいに木の箱に保存するのかなぁ〜? 少なくとも、息子を産んだ母親は悲しむんじゃないか。

  こうした外科手術は必要なんだろうけど、あまり考えたくない治療法である。しかし、アメリカには性転換手術を熱心に推進する医者もいるようで、ユダヤ人の中には有名な専門家も少なくない。例えば、子供の内分泌学を専門とするスティーヴン・ローゼンタール(Stephen M. Rosenthal)は、カルフォルニア大学サン・フランシスコにある「ベニオフ小児科病院」に勤務する医者で、「幼児・青年ジェンダー・センター(CAGC)」の創設者でもある。彼は性の不一致に悩む未成年を受け持ち、彼らの健康面をも扱っているそうだ。シカゴにある「ウェイス記念病院(Weiss Memorial Hospital)」で「ジェンダー合致手術センター」の局長を務めるローレン・シェクター(Loren M. Schechter)も、トランスジェンダを扱う専門医である。彼は20年のキャリアを誇るベテランだ。「サン・フランシスコ総合病院(San Francisco General Hospital)」に勤務するベンジャミン・ブライヤー(Benjamin Breyer)も、性転換手術を得意とするユダヤ人である。彼は元々、泌尿器を専門とする医者だった。

Stephen Rosenthal 002Loren Schechter 01Benjamin Breyer 2


(左 : スティーヴン・ローゼンタール / 中央 : ローレン・シェクター / 右 : ベンジャミン・ブライヤー )

 それにしても、女性にペニスを附けてやるユダヤ人って、一体どんな神経をしているんだ? 精神科の医者に訊いてみたい。筆者は人工的に作ったペニスの写真を幾つか持っているけど、あまりにも衝撃的で、おぞましいから、掲載は断念する。もし、一般の日本人が目にすると、変な悪夢を見る虞(おそれ)があるから注意が必要だ。想像したくないけど、ゴム製のペニスを請け負う職人って、どんな気持ちで製作しているのか? そして、1本いくらなんだろうか? (やっぱり、個人の“好み”を考えた特注品なのかなぁ〜。)

  シェクター医師とブライヤー医師は、勤務先の違いはあるけど、医師免許を取得したのは同じ大学で、両者ともシカゴ大学にある「プリツカー医学校(Pritzker School of Medicine)」の出身だ。「プリツカー」の名前はシカゴのみならず、他の州にも響き渡っている。以前、当ブログで紹介したけど、このプリツカー家は全米屈指の裕福なユダヤ人一族だ。ジェイ・ロバート・プリツカー(Jay Robert Pritzker)は民衆党から出馬し、現在イリノイ州で州知事を務めている。彼の姉に当たるペニー・プリツカー(Penny Pritzker)は、オバマ政権で商務長官に就任した人物。そして、二人の父親であるドナルド・プリツカー(Donald Pritzker)には、ジェイ・アーサー・プリツカー(Jay Arthur Pritzker)という長兄がいて、彼がハイアット・ホテル(Hyatt Hotel)を買収し、それをチェーン化したことはよく知られている。彼はシカゴのダウンタウンに「ジェイ・プリツカー・パビリオン」を建設し、そこにあるコンサート・ホールや公園は2004年に完成したそうだ。

Jay Arthur Pritzker 3Penny Pritzker 7J B Pritzker 3

( 左 : ジェイ・アーサー・プリツカー / 中央 : ペニー・プリツカー / 右 : ジェイ・ロバート・プリツカー )

  華麗なるユダヤ人家族でも、内部では色々な問題があって、一概に全員がエリートになっている訳じゃない。この一族には「ブラック・シープ(black sheep / ツラ汚し)」というか「恥さらし」がいて、それがジェイムズ・ニコラス・プリツカー(James Nicholas Pritzker)である。彼はドナルド・プリツカーの兄、ロバートの息子であるから、J.B. プリツカー知事にとっては伯父の息子、つまり従兄弟となる。1974年、彼は合衆国陸軍に入隊し、1977年にロヨラ大学に通うようになると、予備役の軍人に鞍替えした。その後、イリノイ州にある陸軍の「National Guard」に編入し、2001年に中佐のランクで除隊したという。ジェイムズは結婚して三人の子供をもうけている。

Jennifer Pritzker 12Jennifer Pritzker 345

(左 : 「ジェニアァー」と改名したジェイムズ・ニコラス・プリツカー / 右 : 元は軍人だったジェニファー・プリツカー)

  今世紀に入り、彼の人生は劇的な変化を遂げることになる。軍隊生活を退いたジェイムズは、「TAWANI Enterprise Inc.」を創業して金融や軍関係のビジネスを始めたが、それが軌道に乗ると、今度は「Tawani 財団」を作って慈善活動に取り組んだ。しかし、彼には内緒にすべき私生活があって、それは女性の精神を秘める肉体を持っていたことだ。ジェイムズは最初の結婚でタルという娘をもうけ、一番目の妻であるアエレット夫人と離婚した後、リサという女性と再婚した。この夫婦の間には二人の息子ができた。しかし、2014年になるとジェイムズは二番目の夫人とも離婚してしまい、2020年にはエリン・ソラロ(Erin E. Solaro)という女性と再婚(?)することになった。さらに、彼は2013年になると重大な決断をする。何と、元陸軍中佐のジェイムズ・ニコラス・プリツカーは、親からもらった名前を捨て去り、「ジェニファー・ナタリア(Jennifer Natalya)」という名前に改めたのだ。かりにも元軍人なのに、それが化粧をしてオバタリアンに変身するなんて・・・。いくら何でもあんまりだ。これなら、デーモン小暮の方がマトモに見える。せめて、カルーセル麻紀くらいの容姿ならよかったのに・・・。やっぱり、現実は厳しい。

態の刑罰を軽くする?

Pamela Powers Hannley 02Leo Biasiucci 01(左 : パメラ・パワーズ・ハンリー / 右 : レオ・ビアスウッチ )
  1950年代以前のアメリカと公民権以降のアメリカでは、「別の国なんじゃないか?」と思えるほど、社会と個人における倫理道徳の変化が著しい。最近では、厭になるくらい「性的マイノリティー」や「有色人種」に対する“配慮”が叫ばれている。例えば、アリゾナ州の下院議員を務める民衆党のパメラ・パワーズ・ハンリー(Pamela Powers Hannley)は、性犯罪者に対する厳罰に反対している、というのだ。アリゾナ州議会では、共和党下院議員のレオ・ビアスウッチ(Leo Biasiucci)が性犯罪に関する法案(HB-2889)を提出し、子供を性的に虐待したり強姦した者を終身刑に処すよう働きかけていた。なぜなら、現在の法律では、子供を性的に犯した者は、せいぜい10年から20年の懲役に服すくらいで、場合によったら仮釈放だって有り得る。さらに恐ろしいのは、野心が残っている変態がシャバに戻るケースだ。反省していない奴は、再犯者になる可能性が非常に高い。だから、ほとんどの議員は厳罰化に賛成した。それなのに、ハンリー議員だけがこの法案に反対したんだから、世間の批判を受けても当然だろう。

paedophiles 02


(逮捕された時の写真 / 子供を餌食にした性犯罪者 )

  こうした反論を聞けば、アメリカ人のみならず日本人だって、「どうして?」と訊きたくなるじゃないか。もう呆れてモノが言えなくなるが、ハンリー議員は犯罪者の人種比率を憂慮したから反対したのである。「サンドイッチマン」の富沢じゃないけど、「何いっているのか、サッパリわからない !」というのが一般人の反応だろう。ハンリー曰わく、黒人はアメリカ人口の13%を占めているだけなのに、殺人犯や殺人事件の半数を占めている。それゆえ、黒人は白人よりも多く刑務所にぶち込まれているから、刑罰が重くなると、その煽りを受けるのも黒人の方が多くなってしまう、という理屈だ。(Pat Droney, "Arizona lawmaker opposes mandatory life sentences for child molesters, says it hurts people of color", Law Enforcement Today, March 6, 2021.)  つまり、有色人種はシャバで「マイノリティー」なのに、ムショでは「マジョリティー」になっているから、もし刑罰を厳しくすると、多くの有色人種が悲惨な目に遭ってしまうじゃないか、というわけ。

  でも、子供を餌食にする方が、よっぽど悪質じゃないか。進歩主義や人権思想を掲げるリベラル派というのは、なぜか犯罪者を庇い、被害者を蔑(ないがし)ろにする。たぶん、自分が国家の敵(革命の旗振り役)になるから、犯罪者が「仲間」に思えてくるんだろう。もっと呆れてしまうのは、ハンリー議員が幼児性愛者を“犯罪者”と見なさず、“精神病患者”の一種と見なしている点だ。つまり、彼女の考えによれば、幼稚園児や小学生を狙う変態でも、一生牢獄に閉じ込める程の極悪人じゃなく、治療を必要とする病人という見解になるらしい。それなら、前科者だけが暮らす特別区を作り、人権派が一緒に住めばいいじゃないか。進撃の巨人でも登れないほどの高い壁で理想郷を取り囲み、変態が外へ出られなくすれば、一般のアリゾナ州民は安心だ。そもそも、子供を持つアメリカ人の何割が、ハンリー議員の意見に賛成なのか? ぜひCBSやPBSに調査してもらいたい。

Asian 221Asian 02

( 左 : 西歐系アメリカ人が思い浮かべるアジア人のタイプ / 右 : 米国に在住するベトナム系アメリカ人)

  左翼の精神病に冒されたアメリカでは、様々な価値観の破壊が行われている。子供を標的にする変態が擁護される一方で、今度は子供向けのアニメで検閲が行われているというのだ。ディズニー社は数々のアニメ作品をインターネットで放送し、無邪気な子供達がそれを観て楽しんでいる。しかし、これらの名作の中にはレイシズム的要素が含まれている作品もあるから、修正や廃止の措置が必要であるらしい。実際に発売・放送中止に追い込まれた作品というのは、『ピーター・パン』や『ダンボ』、『アリストキャッツ』、『スイス・ファミリー・ロビンソン』であるという。(Adele Ankers, "Disney Plus Removes Peter Pan, Dumbo from Kids Profiles due to Negative Depictions", IGN, 11 March 2021.) ホント、現在のアメリカ合衆国は気が狂っており、PC(政治的に正しい思想)の嵐でクルクルパーになっている。

Indian 01Asian 00111

(左 : インディアンを描いた従来の漫画 / 右 : ステレオタイプのアジア人キャラクター)

  日本人の親からすると、「えっ ! いったい何がマズいっていうの?」と怪訝に思ってしまうが、どうやら登場キャラクターの一部が非西歐人の気分を害するらしい。例えば、『ピーター・パン』にはインディアンが登場するけど、その姿は滑稽な(あるいは伝統的な)インディアンの姿で、日本人が『マンガ・キッド・ボックス』(テレビ東京)で観たような格好である。たぶん、インディアン系の子供達がディズニー・アニメを観て、祖先の文化や衣装を恥ずかしく思ってしまうからNGとなるんだろう。日本の子供にも大人気である『ダンボ』もPCに引っ掛かるそうだ。白人が顔を黒く塗ったり、「ジム・クロウ(Jim Crow)」時代のような黒人労働者を描いているから、黒人への侮辱になるらしい。

TSG book 9TSG book 12


(上写真 2枚 / 子供に「従来の絵本」を読み聞かせる母親 )

  また、この作品にはステレオタイプのアジア人が登場するので、これも検閲でNGとなる。『アリストキャッツ』にもステレオタイプのアジア人が登場し、奇妙な言葉を喋る支那人が出てくるからダメであるという。『スイス・ファミリー・ロビンソン』にもレイシスト的描写があるらしい。例えば、東南アジア人や中東アジア人を代表する、黄色い顔や茶色い顔のキャラクターが描かれているので良くないそうだ。しかも、彼らがヘンテコな言葉を喋っているから、アメリカ人の子供、特に白人の子供には、エイリアンの言葉に聞こえてしまうので、これもNGらしい。

  そんなことで一々目くじら立てていたら、アニメ作品は政治的地雷を踏まないように制作され、「当たり障りの無い」B級娯楽なってしまうだろう。昭和時代の日本では本当に「創作の自由」があって、スポンサーの御機嫌取りを除けば、制作者に結構な自由があった。例えば、昭和49年に放送された『グレートマジンガー』には主人公の剣鉄也と一緒に戦う女性キャラクターの「炎ジュン」が登場していた。彼女はアフリカ人の父親と日本人の母親から生まれた混血児で、運動神経抜群の孤児という設定だった。一応、彼女の肌は茶色になっていたが、人相はヨーロッパ人との「ハーフ」という事になっていたので、テレビを観ている子供達には違和感が無かった。

  歐米の教育学者は驚愕するが、炎ジュンが操縦する戦闘ロボットは女性の体をした「ビューナスA」で、乳房の部分にはミサイルが収納されていた。(『強殖装甲 ガイバー』では、ガイバーが胸の装甲を開いて「メガスマッシャー」を放つけど、昭和の頃は胸からの武器は女形ロボットだけ。) これだけでも、歐米のフェミニストは「女性差別だぁぁ〜」と半狂乱になるだろう。日本の子供は平然と毎週毎週テレビにかじりついて、人種差別に性差別のアニメを観ていたんだから、西歐の学者は唖然とするだろう。また、当時の日本アニメにはフェミニズムが浸透していなかったので、科学者とか研究所の主任は中高年の男ばかり。研究所の所長を務め、ロボットを開発したのも弓弦之助(ゆみ・げんのすけ)や兜剣造(かぶと・けんぞう)だけである。ハリウッドのユダヤ人みたいに、「女性の天才科学者」とか「女性の軍隊指揮官」を設定するなんて発想は無かった。それゆえ、脚本は常識的で自然な展開となっている。

black girl 2black figure 221black figure 22black item 7


(上写真 / 黒人がスイカを好むことから、米国で考案された様々なアイテム )

  話を戻す。確かに、インディアンやアジア系、アフリカ系、ヒスパニック系の子供にしたら、自分達を異邦人か野蛮人のように描くキャラクターには腹が立つ。でも、アニメや漫画は本来、自由気ままに作られる代物だ。左翼思想が盛り込まれたサブ・カルチャーなんて面白くない。今、ハリウッド映画がつまらないのも、ユダヤ人やリベラル派がPCや多民族主義を持ち込んでいるからだ。ディズニー社がそんなにレイシズムを嫌うなら、黒人用のアニメとかアジア人用の漫画を作ればいいじゃないか。登場人物がほとんどヒスパニックか黒人という冒険アニメでもいいし、アジア版の『シンデレラ』や『白雪姫』でもいい。召使い役を白人にして、主人公の王子様をインド人にするとか。お姫様といったヒロインはベトナム人かマレー人にすべし。意地悪な姉なら朝鮮人が最適なんじゃないか。もちろん、忌々しい魔法使いは、支那人かユダヤ人が似合っている。しかし、問題となるのは黒いプリンセスだ。例えば、アフリカ系の白雪姫だと、「黒雪姫」とか「石炭姫」みたいだから、日本では人気にならない。しかも、支那人や朝鮮人の王子様だと、黒人の眠り姫にキスをしない可能性も。ユダヤ人の王子様なら脇目も振らずに素通りだ。また、カエルにされた王子様が人間に戻っても、ユダヤ人のプリンスと判れば、アラブ人の子供達は「トカゲに変えちまえ!」と叫ぶだろう。でも心配ご無用。ユダヤ人の制作者はアーリア人の顔に描くから。

black babies 22blacks 88

(左 : アフリカ人の子供を描いたイラスト / 右 : 「ジム・クロウ」時代の黒人を描いたイラスト )

  日本人は未だに言論や藝術の自由があると思っているが、そんなのはマスコミが言いふらす幻想で、現実の世界では暗黙の検閲制度が敷かれている。令和の日本では、もっとアジア人が増えてくるから、色々な場所で言葉狩りやNG規制が厳しくなるだろう。その一方で、マンガやアニメの世界にも多民族主義が浸透してくるから、支那人とかマレー人を連想させるキャラクターが登場しかねない。既に『進撃の巨人』では、色黒の「オニャンコポン」が登場するから、他のマンガでも黒人のキャラクターが出現するだろう。日本の漫画家でも歐米諸国の影響を受けているから、諫山創と同じく、ユダヤ人を「可哀想な民族」と錯覚するはずだ。ハリウッド映画の“刷り込み”は本当に恐ろしい。

black idems 1black mammy 111


( 左 : 黒人の中年女性をかたどった置物 / 右 : TVドラマなどで登場する南部の黒人女性 )

  石ノ森章太郎の名作『サイボーグ009』にもアメリカの影響が現れ、段々とメイン・キャラクターの大幅な修正が加えられるようになった。例えば、2012年に制作された劇場版では、「006」の支那人「張々湖(ちゃんちゃんこ)」や「008」のケニア人「ピュンマ」が別人のようになっている。昔のアニメ版だと、張々湖は「ゼンジー北京」のように話していたけど、今では「ワタシ、何々あるヨォ〜」といった話し方になっている。おそらく、支那人侮蔑になるから駄目なんだろう。アメリカだと「005」の「ジェロニモ・ジュニア」が、ステレオタイプのインディアンになってしまうから、検閲でNGになってしまう虞がある。筆者は昔気質なのか、「アニメくらい自由に作らせればいいのに」と思ってしまう。敗戦後の日本人はアメリカを「自由の国」と見なして憧れていたがが、現実の世界は違うようだ。もしかしたら、「言論の自由」が保障されるのは、誰も聞かない地方のラジオ番組とか、影響力の無い個人のブログだけかも。令和の時代から見ると、「昭和のテレビ番組やCMには、結構、自由があったなぁ〜」と思えてくる。

http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68850978.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-6386] koaQ7Jey 2021年3月25日 06:03:47 : vl7F87MneD : REttWUlNMENXZG8=[3] 報告
LGBT・トランスジェンダーよりロリコン・近親相姦の方がまだ まともですね:

ロリコンと近親相姦の世界
http://www.asyura2.com/20/reki5/msg/456.html

日本のフツーの男はみんなロリコンだった
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/108.html

ロリコン男は何を考えているのか? _ ロリコン向けラブドールの世界
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/270.html

女性の“甘い香り”35歳が「曲がり角」 加齢で減少…見た目の印象も変化
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/829.html

女の停年は35歳
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/252.html

他人には絶対に知られたくない秘密って沢山あるよ _ フロイトが妄想だと信じた近親相姦の話はすべて事実だった
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/418.html

日本の農村は怖い _ 狭山事件の背景 _ 日本は近親相姦(父→娘)が多い
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/340.html

プチエンジェル事件の深すぎる闇
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/358.html


▲△▽▼


昔のテレビ・ドラマは面白かった _ 真田広之・桜井幸子 高校教师 (TBS 1993年)
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/1000.html

トランスジェンダーのパオロ・パゾリーニ (Pier Paolo Pasolini, 1922年3月5日 - 1975年11月2日)
http://www.asyura2.com/20/reki4/msg/214.html

Those Were The Days _ リリアン・ギッシュが独身を通した理由 _ グリフィスの映画
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/487.html

ロリコンのグリフィス (David Wark Griffith、1875年1月22日 - 1948年7月23日)
http://www.asyura2.com/20/reki4/msg/192.html

ロリコンのチャップリン (1889年4月16日 - 1977年12月25日)
http://www.asyura2.com/20/reki4/msg/202.html

2. 中川隆[-6373] koaQ7Jey 2021年3月25日 09:04:39 : vl7F87MneD : REttWUlNMENXZG8=[19] 報告
トランスジェンダーのジャニー喜多川は、CIA工作員だった
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/521.html

牧野田 彩(AYA)が AV に出演させられた理由とは
http://amezor-iv.net/shisou/150920200912.html

欧米人の恋愛は性的倒錯の一種
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/200.html

コーカソイドは人格障害者集団 中川隆
http://www.asyura2.com/20/reki5/msg/380.html

白人はなぜ白人か _ 白人が人間性を失っていった過程
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/390.html

3. 中川隆[-6182] koaQ7Jey 2021年4月01日 04:24:16 : ioAjLYoQAE : YUlsd0dYaE9mS0U=[1] 報告
LGBT騒ぎは社会を分断してグレートリセットをやり易くするのが目的

【トランプ速報】日本の将来はもうない!? バイデンの真の目的、東京五輪、コロナの嘘、マスク踏み絵、グレートリセット…ジェームズ斉藤が徹底解説!
2021.01.24
https://tocana.jp/2021/01/post_196891_entry.html

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@JamesSaito33)が斬る! 国際ニュース裏情報】

──残念ですが、バイデン政権が誕生してしまいました。

ジェームズ これでアメリカの一党独裁が始まります。しかし、トランプ・ムーブメントは確実に残っていくのでそこはまったく心配していません。一番重要なのは最後の最後までトランプが敗北宣言をしなかったことです。これは米国史上初めてのことだと思います。2016年にトランプが勝った時、ヒラリーですらトランプには敗北宣言をしていますが、トランプはそれをやらず、「The Best is yet to come」と語っています。これは、「最高のものはまだ来ていない」という意味で、キリスト教原理主義者、福音派にとってはキリストの再誕と重ね合わせて考えることができるまさに福音になります。

──トランプがキリストのように十字架にかけられたということですか?

ジェームズ そうです。アメリカの罪のために断罪されたということです。

──確かに、キリスト以上に側近に裏切られまくりましたからね。

ジェームズ 実は、まさに、それを象徴するような事件が1月6日にありました。あの暴動があった議会の終わりに、当時まだ副大統領だったペンスは、共和党のある議員から握手を求められたんですが、それがフリーメイソン式の握手だったんです。

──おぉ、フリーメイソン式握手って言葉を久しぶりに聞きました(笑)。

ジェームズ 私もですよ。しかも、それをアメリカの議会で見るとは思いませんでした(笑)。で、話はまだ続きがあって、握手が終わったあとにペンスが手を開くとコインのようなものがあったんですね。つまり、握手の際に共和党の議員から渡されたんですが、これが何を意味しているのか? もしかしたらユダがキリストを裏切った時にユダヤ人から銀貨を受け取っていますが、それを象徴しているのかもしれません。

──つまり、ペンスがユダだったと。

ジェームズ 可能性はあります。ただし、私はまだペンスのことは本当に裏切ったのかどうか少し懐疑的ではあります。トランプ側のスパイの可能性もありますし、ディープステート側のスパイとしてトランプ政権に送り込まれた可能性もあります。ペンスの場合は能力が高いのでどちらかを断定するのは現時点でも難しいです。私の新CIA右派の関係者は「ペンスは裏切り者だ」と断定していますが、彼らも判断を間違っている可能性があります。

──愛国者党のほうはどうなりそうですか?

ジェームズ 愛国者党はどこまで人と金が集まるかですね。トランプも今回の選挙ではかなり金を使っていますし、本業の不動産業も低調のようです。トランプ・タワーもコロナで客が入ってないようですから、資金の余裕はないと思います。

──在任中も大統領の給料は年間1ドルしかもらってなかったし、自分の財産もすり減らしたし、イメージとはそぐわないですが、昔の清廉潔白な政治家だったとは言えますね。

ジェームズ それは間違いなく言えます。ただ、ここで重要になってくるのがさきほどのキリスト教原理主義的な発言で、アメリカにはこれを信奉する人が多くいて、中でも注目されるのがコーク兄弟という大富豪です。彼らはリバタリアンで、これまでもトランプに資金を提供してきています。

──リバタリアン?

ジェームズ 自由原理主義みたいな人たちで大きな政党をなんであれ嫌うんです。いまトランプを応援しているのはこういう人たちなのですが、1つ心配なのがトランプ派がいま二分化してまして、トランプを応援する勢力と、トランプと決別する勢力が出てきています。つまり、トランプが何もしないで退任してしまったので「裏切り者」と言う人たちが出てきたんですよ。その代表格がオース・キーパーズというミリシャの集団です。スチュアート・ローズという男が代表なんですが、彼はロン・ポールというリバタリアンでイェール大学ロースクール卒業の超エリートで、有名な国会議員の秘書だった人なんです。ただし、いまは海賊みたいなパッチを目につけて元議員秘書とは思えないイカツイ風貌になっています(笑)。彼がトランプは裏切り者だと宣告する一方で、民主党、バイデン政府に対しては徹底抗戦すると宣戦布告をしました。しかも、スチュアート・ローズのバックにはアレックス・ジョーンズもついています。彼は一時、勢いがなかったのですが、さすがは元祖CIA右派の大物ですね。CIA右派の内部分裂にも影響を受けず、しっかり復活してきました(笑)。

──とりあえず、トランプ・ムーブメントを受け継ぐイカツイ人たちが、トランプも含めてバイデンに牙を剥くということですね。

ジェームズ その通りです。

──ところで、CIA右派とか左派という言葉はもういいんじゃないんですか? CIAはもうみんな左派に行ってしまったんですよね?

ジェームズ CIAはほぼ左派になったと言えますが、CIA右派、左派というのはCIA内部での話ではありません。CIAのOBたちが自分たちの利権を守るために作った「コントロールされた勢力」のことですので、これはいまでも生きているんですよ。それこそアレックス・ジョーンズはCIA右派の利権をいろいろ握っていますから。ですから、これからもアメリカを語る上では重要な言葉となりますので、そう理解してください。これはまた、あとで詳しくお話します。

──そういう意味だったんですね。わかりました。では、新しく誕生したバイデン政権はどうでしょうか。なにか面白い話はありますか?

ジェームズ バイデンが大統領になって早速やったことはなにかというと軍内にトランスジェンダーを受け入れると言い出したことです。一般的な報道ではパリ協定に復帰するとかのほうを注目していますが、それ以上にバイデン政権を象徴するのは軍のLGBT化のほうです。これには2つの意味があります。1つは軍の弱体化です。軍の強さというのは命令系統の徹底です。「ここを守れ」と命じたら死んでも守るのが軍で、そうでなければ戦えませんが、LGBTはその運動からもわかるとおり、自分ファーストであることに重きをおきます。自分ファースト自体は悪い考えでも何でもないですが、こと軍人には極めて不向きです。ですから、これまで外してきたんですが、民主党がそれを推し進めるのは軍が怖いからです。

──軍が怖い? 

ジェームズ 彼らは自分たちが不正をしたことがわかっていますから、いつ軍が反対勢力になるかわからないと思っているんです。それならいっそ弱くなってくれたほうがいいんです。これは極左の特徴で、スターリンも軍が信用できずに将軍たちを徹底的に粛清しましたし、一般兵士の銃からは実弾を抜いたんです。スターリンが一番恐れていたのはクーデターだったんですが、そこに第二次世界大戦でドイツに侵攻されてしまいましたから最初はコテンパンにやられたんです。それはそうですよ、訓練もしてないし、指揮系統もバラバラなんですから。

──でも、それをやったら国が弱体化しませんか?

ジェームズ 間違いなくしますが、自分たちの利権がなくなるよりはいいと考える人たちです。その証拠がすでに議会を守る州兵たちの扱いに出ています。バイデンが大統領になって、すぐに民主党は、これまで議会を守ってくれていた軍人たちを地下駐車場に押し込めて、そこで寝泊まりしろと言い出したんです。そこは寒いですし、トイレもひとつしかありません。そこに5000人の兵士がいるんですよ。

──どういうことですか? もう守ってもらう必要がないってことなんですか?

ジェームズ いえ、守ってもらう必要はまだあります。ただし、議会内はもう安全なので「お前たちは議会の外にいろ」ということです。その前は議会内の廊下とかに寝てましたけど、議会内で寝ていると見苦しいので地下に行けということです。


──身勝手な話ですね。いままで散々守ってもらったくせに。

ジェームズ 馬脚を露わすという言葉を地で行く人々です。民主党員に他人をねぎらう気持ちはありません。逆にいつ彼らが自分たちに牙を剥いてくるかわからないので警戒しているぐらいです。しかし、外は完全に安全ではないのでガードは必要なので地下駐車場にいろ、ということです。いま軍人たちはかなり怒っていますよ。そしてもう1つ理由は、LGBT化は国をアトム化させるためにはとても使いやすい、口当たりのいい言葉なんです。それを軍にも推し進め、アメリカ社会全体にも推し進めていくんです。重要なことなのでもう一度言いますが、LGBTの人々が悪いのではなく、それを利用する人間がいるということです。LGBTは政治に利用されずに差別をなくす方法を模索するべきです。

──LGBTが進むと社会はどうなるんですか?

ジェームズ 家族が解体され、親子の絆が断絶されていきます。もちろん、LGBTの人々がそういう悪影響を持っているということではなく、LGBTムーブメントは国の解体、断絶のために使いやすいということです。これはかつてソ連のボリシェヴィキ党が行ったことです。家族を解体すると社会がアトム化します。すると、コントロールしやすくなるので、こちらを推し進めているのです。

──LGBTムーブメントって一見すると自由化、平等化に感じますが、実際は違うんですね。

ジェームズ 彼らはあえて違うように運用します。差別を助長する方向で使うのです。実際、これは日本の極左たちがやっている被害者ビジネスと同じです。上っ面だけはキレイに見えますが、「差別をなくせ」という人間こそが差別を作っています。彼らはよくアメリカが分断するとか言いますが、本当に分断を推進しているのは完璧に左派です。トランプではないです。その極めつけが不法移民1000万人に市民権を与えるという法律です。こんなことをすれば社会はもっと不安定化します。しかも、いまグアテマラから不法移民約7000人がアメリカに向かっていますが、バイデンはこれも受け入れると言っています。アメリカはますますメチャクチャになります。しかし、民主党は不法移民たちに恩を売る形になりますから、支持基盤が厚くなるわけです。国が乱れても自分たちが政権を握られればそれでいいんです。

──恐ろしい話です。ほかに気になることはありますか?

ジェームズ すべてがダメですが、いま目に飛び込んできたのが「マスクチャレンジ100日間」(バイデン氏は国民に対し、自らの就任から100日間はマスク着用を求める「マスクチャレンジ」も訴えるた)という人をバカにしたキャンペーンですね。なんかスポーツみたいなことを言ってますけど、これで言うことを聞かない国民はブラックリストに載せていくわけです。体のいい踏み絵ですよ。だいたい、本当にコロナが危険なのであれば、議会の周りに州兵が何万人もいる時点でおかしいと思わないのかと。しかも、バイデンの就任式でオバマ、ブッシュ、クリントンがマスクを外してる時がありましたからね。それもどうなんだと(笑)。結局、すべてがウソっぱちですし、グレートリセットに向かっているということです。実際、新設の気候変動問題の大統領特使になったジョン・ケリーは「バイデン政権の目的はグレートリセットにある」とはっきり発言しています。そして、そんな中で一番情けないのが日本政府です。バイデンが大統領になってすぐに、「東京五輪中止」のニュースが流れたじゃないですか。「日本政府はコロナにより東京五輪の中止が必要と非公式に結論」というニュースが。

──流れましたね。すぐに日本政府は否定しましたが(笑)。

ジェームズ 間違いなく政府からのリークです。あれはバイデンが政権をとったので、安心してグレートリセットに乗っかって儲けることができると踏んだからです。儲かると判断したから早速、雰囲気作りを始めたんです。極左たちのやり方には呆れますが、日本政府の小物ぶりにもほどがありますね。戦後の日本は「対米従属を国家戦略にする」という戦略すら理解していない体質でしたが、今まで米国が強かったのでさほど問題はなかったです。しかし、バイデンの米国は「グレートリセット・ファースト」です。グレートリセットは米国の弱体化を図り、中国に覇権を譲渡して完成します。バイデン政権発足して3日しかたっていませんが、既にLGBT推進で家族と軍の解体、キーストーン天然ガスパイプライン廃止で中東依存体制の復活、発展途上国からの移民歓迎で国内テロ誘発等、確実に米国の弱体化を推めています。それに加え、ロックダウンを強制して、国内経済はボロボロです。米国は同盟国ですが、もはや死に体と認識しておかなければなりません。米国なき日本など、中共の鴨にされるだけです。まず現政権を含む日本国内の中共傀儡勢力を一掃しなければ、日本の将来はないでしょう。

4. 中川隆[-6005] koaQ7Jey 2021年4月05日 08:19:04 : yvoVOPRldA : cC9XWU5uS3VveE0=[1] 報告
絶密 三島由紀夫 封印された「割腹自殺」の後日談 恋人に残した「手切れ金」と「愛」出典雑誌「怖い噂」vol.14ミリオン
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/616.html

まず、版ちがいだったら申し訳ありません。
どこまで信用していいものか、コンビニに売っていた雑誌からなのですが、ついつい三島の名前があって購入して読んでしまいました。
三島が自分のことを「あたい」と呼んでいたところが何とも言えないですが、彼なりの露悪主義で悪女風に自分を表現していたのでしょうか。
登場人物のS太郎は言わずもがなのあの人最近知事から新党を結成した人ですな。もう高齢。作家Mは誰か私は分かりません。だれかご存知ならご教示頂きたい。
では本文始まり始まり。

以下転載
命より守らなければならない絶対の秘密を中国語で「絶密」という――
三島由紀夫が割腹自殺を遂げた後、大森の三島邸で起こった「事件」は本誌前号でお伝えした。(残念ながら前号を持っていない)
 そして今度は筆者が三島由紀夫を深く知る人物から聞いた話である。
 この話もまた現在まで封印され続けてきた「絶密」であった。

 この話は作家Mの自宅で聴いた。Mは綿矢りさが十九歳で芥川賞を取るまで史上最年少で芥川賞を受賞した作家だった。またMと同じく二十三歳での重症は石原S太郎・大江健三郎。村上龍と並ぶが、なかでも石原S太郎は「文学新人賞」から「芥川賞」という、Mと同じ小説家の登竜門としては王道中の王道で歩んで来た先輩作家だった。そこで『文学界』編集部が、この二人を対談させた。
 一九六七年(昭和四十二年)春、三島由紀夫が割腹する三年半前のことだ。

対談終了後、S太郎がMを飲みに誘った。まだ若くて文壇のイロハも知らないMは喜ぶも断るもなくS太郎の背中に従った。しかし、Mはアルコールを一滴も口にしない。酒場まで付き合っても、西部劇に出てくるお尋ね者よろしく「ミルク!」と叫ぶ。しかし、ミルクを飲む男が相手では、さすがのS太郎もつまらなかったのだろう。早々とバーを退散して、二人で東京の街をふらふらし始めた。

「ところで、M君。ここにおもしろい男が住んでいるんだ。」

S太郎が目の前の高層マンションを顎でしゃくって両目をぱちくりする。

「えっ、誰です」
Mもメガネの細い目いっそう補足して怪訝そうに訊いた。

「うん、三島さん男だ」
「えっ、男ですか」

Mはびっくりした。右翼的な発言や行動を繰り返す三島と「男を囲っている」という行為がそぐわなかったからだ。S太郎の話によると、三島由紀夫は七人の男を囲っていて、それぞれにマンションの一室を与え、生活費を手渡している。もちろん、合計すれば、生半可な出費ではない。

「小説家って、そんなに儲かるのですか」
「いや、三島さんとかぼくとか、選ばれた数人だけはな」

Mはその数人の中に自分の名が入ることは、、未来永劫にわたってないだろうと直感した。

「会っていくか、三島のこれと会っておくのもいい経験だぞ」

S太郎が右手の親指を突き出した。しかし、Mは即座に断った。

「男には興味がありませんよ。またもし女でも、他人の女に興味はありません」
「そうか」

S太郎は唇だけ笑の格好にすると、右手を挙げてタクシーを停めた。

「新宿へ出ないか」
「いや、もうホテルに帰ります。明日の汽車が早いので」
「そうか」

S太郎は一人でタクシーの後部座席に乗り込むと、窓越しに片手を挙げて走り去っていった。Mはタクシーが見えなくなるまで、頭を下げてS太郎を見送った。

 三島由紀夫が切腹して、半年ほど経ったときだった。Mが上京して、たまたまS太郎と再会した。

「三島さんも無責任だな」

Mは七人の男の話を思い出して、S太郎に呟いてみた。すると、S太郎は多少口ごもりながら、こう反発した。

「でもな、三島さんはあの割腹自殺の直前に、七人の男のうち六人とは別れている。理由も告げずに手切れ金だけ手渡してさ。ところが、あのマンションの男にだけは、手切れ金を一円だってあげなかったし、別れ話も持ち出さなかった」
「ふむ、すると、三島の彼への愛は枯れていたのですかね。それとも過剰だったのですか」

Mの質問にS太郎は答えなかった。

若くて何事にも興味津々だった筆者は。Mからその高層マンションの場所を訊き出して、三島由紀夫が最後に愛した男を捜した。結果、彼はもうその場所に住んでいなかったが、住民票などをこまめにおって、居所を突き止めた。彼の口は重かったが、ある目的のために無職だったので、生活は楽ではなく、謝礼目当てなのかインタビューを受けてくれた。以下はその話をまとめた文章である。


「あんたとは別れない」

三島先生はそう言ってくれました。

「他の六人の男とは、もう縁を切ったの。しかし、あんたとは永遠よ。死んでも別れない。だから、手切れ金なんて渡さないわ」

ぼくは涙が滲んで来ました。三島先生にそんなに思われているなんて、幸せを通り越して、怖い感じすらしました。

「あんたに手切れ金を渡さない理由は、もう一つあるのよ。それはね、あたい(三島先生は彼の前では、ご自分をこう呼んだ)が百パーセントの絶対的な確率で切腹するとは限らないからなの。あたいの呼びかけで。すわっとクーデターが勃発すれば、あたいが自分の命を絶つ必要はなくなるのよ」

――― ちょっと待ってください。すると三島先生は、あなたにはあの憂国行動の計画を事前に話していたのですか?

「そう。ぼくにはなんでも話してくれた」

彼は少し胸を張ってそれから再び三島になりきって話を続けた。

「あたいの計画では。まず東部方面総監を人質に取ってバルコニーに出る。テレビクルーが到着するのを待って。そこでテレビカメラに向かって檄を飛ばす。なに、眼下の自衛隊員にクーデターを呼び掛けるつもりは端からない。全国に散らばっている『青桐の会』の仲間たちの、電波を使って呼びかけるのよ。
“命令系統を破ってちょうだい!”
“起ち上がってよ!”
“クーデターを起こすのよ!”
この呼びかけに呼応する動きが出るならば、あたいは切腹しなくてもいい。」クーデターの実行部隊に加わるだけですもの。こうなれば、生き残る確率だってゼロではないでしょ。でも『青桐の会』は優秀な組織。あたいの激では、きっと命令系統は打ち崩せないわね。そしたら、あたいはあたいの命を差し出すまでよ。“命よりも大事なものがある!”って叫んでさ。『青桐の会』の仲間も、さすがに胸を揺さぶられるでしょう。この言葉は戦後の民主主義教育へのアンチテーゼですものね。でもね、あたいはとっくに文学者じゃないの。言葉での勝負はしない。行動よ。行動で示したいの。切腹。本当に命を投げ出してみせるは。あたいの切腹を知って、『青桐の会』の誰か一人でも起ちあがってくれたら、それで成功よ。誰か一人でも起ち上がれば、会の存在が公になるでしょ。もう『青桐の会』の後には退けない。上から下まで全員がクーデターに加わるわ。どっちに出るかしら。あたいの予想では、九十九パーセントが切腹ね。でもね、一パーセントは、あたいの檄で、あたいの言葉で山が動く。この一パーセントに賭けて、あたいはあんたに別れを言わないのよ」

三島先生はぼくには「愛」を遺して、お金は残さなかったのです。仕方がありません、ぼくは自分で働いて生きて行くしかありません。当たり前のことです。幸いにも先生の親友の某小説家が大手の出版社の校正係を世話してくれました。

「三島先生の愛を独り占めしてぼくは生き抜くのだ!」

しかし、年が改まって、四十九日も過ぎた頃に、ぼくは自分の間違いに気がつきました。三島先生がぼくにお金を遺してくれなかったのは、先生が生還する可能性がゼロではないから、ではないのです。ぼくへの単純な未練の表現ではないのです。お金がなければ、この世では生きられない。心優しい先生は、ぼく以外の六人の男たちには。この世で生きていかれるように手切れ金を手渡しました。しかし、この世で生き抜いていく必要がないぼくには、お金なんて遺さなくてもいいのです。

「死んでもいっしょに暮らそう。永遠にいっしょに暮らそうってば」

 これが、先生からぼくへの、真のメッセージなのです。手切れ金をくれなかった、真の理由なのです。先生はとてつもなく優しい人だったのです。先生のぼくへの愛は、こんなに深かったのです。

「ねえ、早く彼岸に渡ってきてよ」
 先生が毎晩僕の耳元まで降りてきて甘い声で囁くようになりました。後を追うしかありません。あの世で永久に先生を抱き締めていたいのです。


その日から毎日スポーツジムに通い始めました。体中の筋肉を鍛え直したい。男らしく無駄のない、きれいな体を取り戻したい。それから三島先生に逢いにいくのです。死ぬ者が肉体を鍛えるのはへんでしょうか。変だと言うのなら、なぜ三島先生は割腹するのに、筋肉をつけたのでしょうか。これはぼくたちの“美”の問題なのです。
ジムで体脂肪を測ると十七%も、にまで上がっていました。これを十%以下にまで落としたい。これが叶ったら、旨を張って、三島先生を抱き締めにいこう。
先生は笑顔で迎えて下さるでしょう。
自害の方法も選らばなくてはいけません。肉体がぐちゃぐちゃになるのは避けたいのです。だから、先生のような切腹はまずい。同様の理由から、鉄道自殺は最も回避したい。首吊りは体内の糞尿が、みんな流れ出てしまうと聞いています。ガスを吸い込むと、肌がピンクできれいだとは聞いていますが、周りの部屋も吹っ飛んだりしますから、アパートやマンション向きではありません。他人に必要以上の迷惑をかけるのは避けたいのです。水死は水ぶくれして、なんのためのジム通いかわからなくなります。残りは睡眠薬ですか。睡眠薬なら嘔吐は避けられない。嘔吐は糞尿よりかはマシですかね。
 ぼくの体脂肪率は、先生の新盆の頃から、八パーセントを保っています。そこで、「血行の日」の選定に入ったのです。すると。この日しか思い浮かびません。そうです、三島先生の一周忌です。

筆者は彼の話を聴いていて、不思議なことに、自害を止めようと思わなかった。そして、彼は本当に三島由紀夫の一周忌の、三島が割腹したのとほぼ同時刻に「後追い自殺」を遂行したのだった。(文中敬称略)
転載終了

本当に真実なのだろうか?昭和45年のジムで体脂肪率を測定できるのだろうか?
唯男性同性愛者の純愛的の方向性としてはあまり違和感が無いのでついつい信じてしまうのだが。赤江爆(これで正しかったかな?)の小説みたいだ。
まあ、三島がおぼっちゃんだった上に元官僚でベストセラー作家だったから七人の愛人を囲うこともできたかもしれないけど。美輪さんにでも実際のところお伺いしたいところである。美輪さんがこの話を読むと憤慨しそうだが。

詳細は

三島由紀夫の世界
http://www.asyura2.com/20/reki4/msg/451.html

5. 2021年8月09日 10:37:52 : Dzasa0Gixw : MExBYVlRR2FTb00=[15] 報告
【飯山陽】女子重量挙げハバード選手からみる最新サヨク理論【WiLL増刊号#589】
2021/08/02


6. 2021年8月23日 09:10:42 : PbajGxJEVA : WVVRRkFKTGJVbVk=[12] 報告
報じられない「タリバンによるアフガニスタン制圧の裏と陰謀」! 麻薬ビジネス、ゴールド、ペド、ディープステート…ジェームズ斉藤が解説!
2021.08.21
https://tocana.jp/2021/08/post_218619_entry.html


──マスコミの論調だとアメリカがいなくなるととんでもないことが起こるみたいな話ばかりですが。

ジェームズ それはアフガンをよくわかっていない人たちの妄想です。そもそもアフガンは多民族国家で多数派はパシュトゥーン人です。彼らの一部がタリバンで、さきほどお話したようにソ連・アフガン戦争が終わったあとアフガンは内戦状態のカオスになっていたんです。そこで伝統的なマドラサ(イスラム神学校)に通う生徒(タリバン)に通う人たちを集めて作ったムーブメントがタリバンなんです。その指導者がオマル師で、タリバンがなぜ人々の人気となったのかというと、実はペドに関連してくるんです。アフガンという土地は何世紀にも渡ってずっとペドが行われてきた国なんです。中年のおじさんが10歳ぐらいの少年とかを寝取りに来るんですよ。


◆タリバンが支持を得た裏に「ペド」

──少年ですか?

ジェームズ 少女も当然狙われるんですけど、日本の衆道に近いものもあるんです。織田信長と森蘭丸に近い関係があったんです、アフガンにも。タリバンはそれを潰したので人気を集めたんですよ。ペドの中年のおじさんたちを処刑しまくって、子供たちを親のもとに返しているんです。それで民衆の支持を得て、オマル師こそ真の指導者だということで人気が出たんです。さらにパキスタンの諜報組織ISIの援助もあってタリバンのジハードを行うムジャハディーンも増えていって、一大ムーブメントになったんです。それが政権を作るまでになったのが97年です。

──しかし、タリバンってイスラム原理主義者ですよね? 原理主義者って普通あまり民衆の支持を得られないと思うんですが。

ジェームズ そこがイスラム教に無知な西側諸国の誤解しているところです。タリバンの考え方はイスラム教徒としては当たり前のことばかりなんです。

 そもそも「原理主義(ファンダメンタリズム)」とは啓典を文字通り解釈することで、戒律が無いキリスト教にしか通じない用語です。イスラム教とは、「宗教の戒律」、「社会の規範」、「国家の法律」が全て同じで、経典解釈及び実践が非常に明快になっている宗教です。要は、タリバンの理念はコーランに書かれていることを忠実に守った暮らしをしようということです。これはイスラム教徒なら真っ当な姿勢です。それが過激主義と言われる大きな理由は、我々の感覚からすると極端な男尊女卑や首切り等の残虐行為をやっているからです。それは現代社会ではあってはいけない行為です。しかし、彼らは宗教の中で生きているのです。イスラム教ではモハメッドが最後の預言者なので、彼らはいまでも7世紀時代の中東の論理から脱却出来ていないのです。

7. 2021年10月15日 08:13:44 : 3arTuvWsoQ : UHhWa0FFaE5VT2M=[12] 報告
雑記帳
2021年10月15日
同性間の性行動の進化的要因
https://sicambre.at.webry.info/202110/article_15.html


 同性間の性行動の進化的要因に関する研究(Nyakatura et al., 2021)が公表されました。この研究は、イギリスとアメリカ合衆国の477522人を対象としたゲノムワイド関連解析(GWAS)において、同性間性行動に関する遺伝効果を、過去に同性との性行為の経験のない場合と比較して解析しました。またこの研究は、これら2ヶ国の358426人を対象としたGWASで、過去に異性の性的パートナーしか持たず、生涯におけるパートナー数を明らかにした人の、異性間性行動に対する遺伝効果を推定しました。

 その結果、同性間の性行動に関連する遺伝効果は、過去に異性の性的パートナーしか持たなかった集団では、より多くの異性の性的パートナーがいることとも関連する、と明らかになりました。この研究は、異性の性的パートナーの数は交配成功の指標の一つであり、進化の過程において、子を多く儲けることにつながった可能性がある、と指摘しています。この研究で明らかとなった遺伝効果は、同性間の性行動が、種としてのヒトの進化の過程で続いてきた理由を説明する手がかりとなるかもしれません。つまり、そうした遺伝効果が儲ける子の多さと関連することから、進化の過程で有利に作用してきた可能性がある、というわけです。

 ただ、この研究は、今回調べた遺伝子の違いは小さく、ヒトDNA塩基配列の全体に見られるもので、同性間性行動の遺伝率のごく一部しか捉えていない、と注意を促しています。これらの知見がより広いヒト集団に当てはまるかを確かめるためには、さらに研究を進展させる必要がある、というわけです。ヒトに限らず、今後の研究の進展が期待される分野です。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


進化:同性間の性行動が進化の過程で保たれてきたことに関する洞察

 米国と英国の集団を対象とした研究から、同性間の性行動に関連する遺伝効果は、異性間の性行動のみを行う人々の交配上の優位性にも関連していることが明らかとなった。このことを報告する論文が、Nature Human Behaviour に掲載される。一方で、著者たちは、今回調べた遺伝子の違いは小さく、ヒトDNA塩基配列の全体に見られるもので、同性間性行動の遺伝率のごく一部しか捉えていないと注意を促している。これらの知見がより広いヒト集団に当てはまるかを確かめるためには、さらに研究を進展させる必要がある。

 今回、Brendan Zietschたちは、英国と米国の47万7522人を対象としたゲノムワイド関連解析(GWAS)において、同性間性行動に関する遺伝効果を、過去に同性との性行為の経験のない場合と比較して解析した。またZietschたちは、これら2つの国の35万8426人を対象としたGWASでは、過去に異性の性的パートナーしか持たず、生涯におけるパートナー数を明らかにした人の、異性間性行動に対する遺伝効果を推定した。その結果、同性間の性行動に関連する遺伝効果は、過去に異性の性的パートナーしか持たなかった集団では、より多くの異性の性的パートナーがいることとも関連することが判明した。Zietschたちは、異性の性的パートナーの数は交配成功の指標の1つであり、進化の過程において、子を多くもうけることにつながった可能性があるのではないかと述べている。今回明らかとなった遺伝効果は、同性間の性行動が、種としてのヒトの進化の過程で続いてきた理由を説明する手掛かりとなるかもしれない。つまりそうした遺伝効果が、もうける子の多さと関連することから、進化の過程で有利に作用してきた可能性がある。

 Zietschたちは、今回の研究にはいくつかの限界があり、得られた知見は慎重に解釈されるべきであると述べている。第1に、今回用いられたデータは、英国と米国のヨーロッパ系の個人のみに由来するものであり、そのためヒトの遺伝的多様性や行動的多様性の一部を捉えたものにすぎない。同性間の性行動と異性の性的パートナーの数が、いずれも社会的に強く規制される行動であることを考えれば、この点は結果に影響を及ぼす可能性がある。第2に、今日のヒト集団において報告された異性の性的パートナーの数は、過去のヒト進化の過程においては生殖上の優位性と関連していない可能性がある。


参考文献:
Zietsch BP. et al.(2021): Genomic evidence consistent with antagonistic pleiotropy may help explain the evolutionary maintenance of same-sex sexual behaviour in humans. Nature Human Behaviour, 5, 9, 1251–1258.
https://doi.org/10.1038/s41562-021-01168-8

https://sicambre.at.webry.info/202110/article_15.html

8. 2022年7月14日 18:45:34 : EkLZD15jVs : TW11R2FxYmtrdUE=[2008] 報告
2022/07/14(木) 02:02:00.32 ID:G9CtxcUn0

愛知県警は13日、同県北名古屋市加島新田の自称漫画家、新井巧容疑者(36)を県迷惑行為防止条例違反(ひわいな言動)の疑いで逮捕し、発表した。
県警によると、新井容疑者は「うさきこう」のペンネームで活動しているという。

 発表によると、新井容疑者は6月3日午後5時35分ごろ、名古屋市西区のコンビニエンスストアで、15歳の少女に対し、男性の下半身の画像が映ったスマートフォンを2回にわたって見せつけた疑いがある。
「間違いありません」と容疑を認めているという。

 西署によると、新井容疑者はコンビニで商品を見ていた少女にスマホ画面を差し出し、嫌がった少女が店内を移動したところ、回り込んで再度見せつけたという。
帰宅した少女が母親に報告し、母親が通報した。

漫画家「うさきこう」を逮捕 少女にひわいな画像見せた疑い
h ttps://news.yahoo.co.jp/articles/dcbaec5d61efd60defa7af97f516d4b9f13b0206

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史5掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
近代史5掲示板  
次へ