★阿修羅♪ > 医療崩壊10 > 284.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
mRNAワクチンなのにmRNAが見つからない! 壮大な詐欺か、茶番か?
http://www.asyura2.com/22/iryo10/msg/284.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 11 月 29 日 15:54:40: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

世界中の医学者、研究者が新型コロナmRNAワクチンの中身を分析しているが、
不思議なことにmRNAは見つからず、酸化グラフェンと重金属などの有害物質しか
含まれていなかったと報告している。

複数の報告があるので間違いはないだろう。

これはどういうことだろう。

元からmRNAワクチンは全くの嘘でmRNAは含まれていなかったのか、
あるいはロットにより含まれているものとそうでないものがあるのか。

新型コロナワクチン接種の目的は、人口削減とIDチップの埋め込みであるとすれば、
mRNAは必要はなく、コスト削減のため大半のロットには含まれていないのかもしれない。

では、体内のあちこちに拡がり悪さをしていると言われているスパイク蛋白はどうなのか。
存在するのかしないのか。

今の時点では何とも判断のしようがない。

みなさんはどう思うだろうか。


(関連情報)

「MEDICAL STUDY: VACCINATED Pose SERIOUS Health Risk to UNVAXXED」
(Stew Peters Network  動画 字幕なし 15分55秒 2022/11/14)
https://rumble.com/v1ugijg-medical-study-vaccinated-pose-serious-health-risk-to-unvaxxed.html

「ピーターソン・ピエール博士
『ワクチン中99%の成分は、有毒物質として知られる酸化グラフェンである』 (FLCCC / 連新社訳)」
(拙稿 2022/10/10)
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/863.html

「プールニマ・ワグ博士 『mRNAワクチンにはmRNAは入っていません』」 (拙稿 2022/8/23)
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/643.html

「リカルド・デルガド博士 「ナノグラフェンは自己組織化し、より複雑な構造を形成する」 
(Brand NewTube/purplepearl訳)」 (拙稿 2022/6/15)
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/352.html

「カナダの研究者が、モデルナとファイザーのCovid注射剤にカーボンナノテクとツリウムを発見 
(The Expose)」 (拙稿 2022/5/30)
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/290.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年11月29日 16:44:08 : hOZSeqFwkI : blUzQ29ZMm1zelk=[654] 報告
これについては、あるとかないとか...ずっと言われてきた。

しかし、誰も決定的な話をしない。

どっちになっても困る連中がいるからだろう。

こんなバカげた話は、...現代西欧医学にはいっぱいある。

あるのですね西欧医学には。

バカげた状態が我々納税者(患者予備の人間)に知られていないだけだ。

自分の身体不調は自分で治せます。
これを、「自分では治せない」と思い込まされている。
自分が自分の面倒をみなくて誰にみてもらうのか。
他人には自分の心身のことなどわかるはずがない。
その証拠が「医者」である。
医者は、他人です。

コロナワクチンを医師たちの8割以上が接種していないことがわかりました。

そういう偽善者に自分の心身を任せる、...のか。

私は病院には行きません。

2. [1499] iKQ 2022年11月29日 17:16:06 : y5tSktzi0c : QXNpTVRDN0M5d1E=[404] 報告

 これって 毒チン信者様の内部分裂じゃ〜〜ないのかな〜〜〜


 一生懸命 mRNAは 毒だ 毒だ 毒だ〜〜 って 言ってた人は どうなるのよ〜〜

 ===

 ドクチン信者さま〜〜  お互い 仲良く 意見交換して〜〜 

 意見を一つにまとめて くださいよ〜〜


 ===

 愛は ドクチン信者の どちらを 攻撃すれば いいんですか〜〜

 愛は 今 目の前が 真っ暗に なっちゃった〜〜

 まるで 日本のサッカーみたいで〜〜  森保監督を  ばか〜〜 って言えば良いのか

 すごい 名将って ほめればよいのか 迷っちゃうよね〜〜〜

 
 


[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

3. [1500] iKQ 2022年11月29日 17:21:10 : y5tSktzi0c : QXNpTVRDN0M5d1E=[405] 報告

 >今の時点では何とも判断のしようがない。
 >みなさんはどう思うだろうか。


 おいおい 魑魅魍魎男が 迷ってるぞ〜〜〜

 何時だって 明快なコメント 書いていたじゃ〜〜ないのよ〜〜〜

 書けよ〜〜  お前さんの コメントを〜〜〜

 期待しないで  待ってるぞ〜〜〜

 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

4. 2022年11月29日 18:55:59 : Ib00MSioDk : OC9Eay5kdldyNnc=[3] 報告
先日ある医者へ行った。

コロナワクチン接種の時は待合室の10くらいある長椅子が満杯であふれて、別の場所にある長椅子に座って待った。
まぁ長椅子と言っても、真ん中は座れないので二人掛けだけど。
立って待つ人もいたくらい。

なのに、先日行ったら、なななななな何と、午後2時半からの診察なのに私以外誰もいない。
3時すぎまで診察が始まらず、3時10分にやっと呼ばれた。
私が診察を終えても誰も患者が来ない。
駐車場に出た3時半に、やっと子供を連れた患者が一人、多分お注射だろうな〜。。。。。(涙のつもり)

この頃患者が医者を信用してないのかなと感じた。
これでも医者は高級車に乗って、贅沢してやっていけるのだね〜・・・・
でも大体医院なんてのはこんなものらしい。

真実がみんなに少しづつ分かってきたのかな?
それなら朗報だけど。


5. 2022年11月29日 20:24:52 : 9QAOqlxCZ6 : SVVlMTkxeFpCVGM=[227] 報告
米国の大学と研究機関で特許の奪い合いをしています。
製薬会社は、どれほどの金額の使用料を払い、mRNAを使っているのでしょう。

各国でこの遺伝子製剤がいくらで取引をされているのか。
国ごとに値段が違うのでしょうか。

6. 2022年11月29日 21:29:34 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[10295] 報告
肝細胞に逆転写されたとの実験結果がありましたが、それは何を使用した実験だったのでしょう?

私はこの記事のほうを怪しいと睨みますが……。

7. 2022年11月30日 01:27:41 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[832] 報告
カレン・キングストンは、mRNAは不安定で分解しやすく、脂質二重層により
mRNAを細胞に送り込むことは不可能で、mRNAワクチンは実現不可能、
新型コロナウイルスも存在しないと言っている。

「カレン・キングストン 「COVIDの正体はウイルスではなく、生合成ナノ寄生虫兵器である」 
(Stew Peters Network)」
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/882.html

「カレン・キングストン 「COVID-19ストーリーの嘘を解き明かす 」 (Substack)」
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/884.html

8. 2022年11月30日 03:51:25 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[493] 報告
遺伝子ワクチンは人口削減用の生物兵器までは
公知の事実。
スウェーデンの学者がmRNAが遺伝子に組み込まれる
と発表とかのニュースもあった。
要はCOVIDの特許があるわけで、それを見れば、
すぐ分かりそうなものだが、特許の開示はできない
のか??

9. 2022年11月30日 06:23:03 : SVROCFUbtY : Q1U4b2xKUlpKWHc=[464] 報告
mRNAは物体ではないから、探して見つかるわけはない。

mRNAは、細胞に「こう変形しなさい」という信号である。

つまり、通常有り得ない細胞の変形がmRNAの存在した証拠であり、原因不明の重症化原因のすべては、mRNAによって引き起こされた可能性があるというだけだ。

10. 2022年11月30日 06:32:08 : SVROCFUbtY : Q1U4b2xKUlpKWHc=[465] 報告
PCRは、mRNAを増幅しているのではなく、mRNAの逆転写とされるcDNAを増幅している。

要するに、それが検体の発したmRNAを正しく逆転写できている証拠は無い。

やろうと思えば、検査キットにcDNAを混入させていれば、いつでもどこでも検査機関は欲しいパーセントの陽性者を確保できる。

その感染者でない陽性者を、感染者であるとマスコミが煽動して、感染蔓延しているとの広まった誤認=これが新型コロナの正体だ。

コロナは無い。

奴隷人体に、電磁波を受容するグラフェンを仕込むための陰謀だ。

11. 2022年11月30日 07:55:09 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[11] 報告
mRNAはたとえ自分のものであっても細胞の外に(血中などに)存在すると異物と認識して免疫が猛攻撃をする

なので外部から注入して安全に細胞内に届けることが不可欠となるが
未だにその技術は確立していない

酸化グラフェンはアミノ酸をよく吸着してその鋭いエッジで細胞膜に突き刺さり
内部へとmRNAをデリバリーできると期待されている

がしかし毒性も半端ない

毒(mRNA)+毒(酸化グラフェン)は猛毒

12. 2022年11月30日 08:03:19 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[12] 報告
一応酸化グラフェンにくっついたmRNAには免疫は反応しないらしいが

その性質は未解明

また仮に首尾よくデリバリーできたとしても酸化グラフェンは
体内に残り細胞を傷つけ続ける

つまり炎症が続くということです

炎症が続と出血や死んだ細胞膜をフィブリンが包み込み体外へ排出するのだが
多すぎると血栓となり様々な循環器系への悪影響を及ぼす

シロートでも分かるワクチン害悪のメカニズム

13. 2022年11月30日 08:25:23 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[13] 報告
毒物を体外へ排出するのがグルタチオンという酵素でこれは加齢とともに減り若い時の1/10にまでに減る

グルタチオンを体内で合成するのにαリボ酸が必要

グルタチオンはリウマチの薬になっている

サプリもあるが割と高くて必要量を補えない

自己防衛をどのようにするか。。。

14. 2022年11月30日 08:33:18 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[14] 報告
高血圧の人はACE2受容体が元々少ないのでコロナに感染しにくい

逆に血圧を安定させるためにACE2を薬として服用している人はなおさら感染しにくい

15. 2022年11月30日 08:45:30 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[15] 報告
スパイクタンパク質が体内で増殖するとACE2が大量に消費される

ある意味ACE2を無くしてしまえばコロナに感染しないということになるが

血圧の調整機能をもつACE2だけに命の危険を招きかねない

またコロナの感染経路が自分の細胞ではなくてある特定の腸内細菌にくっついて増殖
血管に侵入して肺や臓器に集まり重篤な症状を引き起こすということだから
ワクチンは全く機能していない

ワクチンによって免疫が落ちてサイトカインストームがおこらないが
ころっと逝く作用が働く

16. 2022年11月30日 08:54:02 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[16] 報告
ワクチンを打っても感染するのはそもそも感染経路がACE2授与体じゃないから

腸内細菌だから

納豆食え。。。

酸っぱい自家製の漬物もいい

腸内の悪玉菌がコロナの侵入経路だ

ある意味中途半端な腹黒人間が犠牲になる?

どうせ腹黒いなら徹底的にw

17. 2022年11月30日 09:01:56 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[17] 報告
NMN(ニコチノイド モノ ヌクレオチド)

綺麗な細胞を再生する

高いから貧乏人には縁がないな

18. 2022年11月30日 10:08:44 : KPS4Mn25Kk : Z1RIaHFYRnFIdTI=[20] 報告
>>7
だからイベルメクチンが有効だったのでしょうか?

凄い圧力でイベルメクチン排除ムーブメントが頷ける感じ

19. 2022年11月30日 10:17:33 : S6S1On9L0U : OEJyZGZzMThMc0k=[442] 報告
猛毒蛇毒や、中絶胎児(・・・ そういうことなら、
他のもっと危険なものも、入れられていそうですね)
の、などの?ヒト細胞が入ったものもあるそうですね。
この業界や、
危険極まりない集団だったことがいよいよはっきりしてきましたね。

表の顔に騙されないようにしましょう。


20. 2022年11月30日 10:36:22 : GcyYzqJdok : MzR4WFZxWjZhUzY=[37] 報告
医学と科学を無視する製薬会社の奴隷リストです。拡散希望 
なくなっても副作用があっても関係なしと御墨付を与えるお役目ですか?


第 88 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会
令和4年度第 18 回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会
(合同開催)
委員・参考人一覧
日時:令和4年 11 月 11 日(金)13:00〜15:00
場所:WEB 会議(専用第 21 会議室)
【副反応検討部会】
<委員>
伊藤 澄信 順天堂大学革新的医療技術開発研究センター特任教授
倉根 一郎 国立感染症研究所名誉所員
多屋 馨子 神奈川県衛生研究所所長
長谷川 秀樹 国立感染症研究所インフルエンザ・呼吸器系ウイルス研究センター

濱田 篤郎 東京医科大学病院渡航者医療センター特任教授
藤井 克則 国際医療福祉大学成田病院小児科教授・部長
宮川 政昭 公益社団法人日本医師会常任理事
○ 森尾 友宏 東京医科歯科大学発生発達病態学分野小児科教授
山縣 然太朗 山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座教授
○:部会長
<参考人>
神谷 元 国立感染症研究所感染症疫学センター予防接種総括研究官
【安全対策調査会】
<委員>
石井 伊都子 千葉大学医学部附属病院 薬剤部長
伊藤 清美 武蔵野大学薬学部薬物動態学研究室 教授
○ 岡 明 埼玉県立小児医療センター 病院長
柿崎 暁 独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センター 臨床研究部長
佐藤 薫 国立医薬品食品衛生研究所薬理部第一室長
舟越 亮寛 亀田総合病院 薬剤管理部長
○:調査会長
(敬称略、五十音順)

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

21. 2022年11月30日 11:27:32 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[494] 報告
しかし、ゲノム物質が入っていないと、今まで言われていた
ADE(抗体依存性感染増強)効果の理論というか説明が
成り立たなくなる。そうすると、遺伝子ワクチン接種
に対する対抗措置も分からなくなる。絶食に対する
効果も分からなる。すべてが酸化グラフェンで説明できる
わけでもない。


22. 2022年11月30日 11:32:39 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[495] 報告
ゲノムの代わりにスパイク蛋白が入っていたと
すると説明がつく。
しかし、そうすると、99%がグラフェンという
説明と矛盾する。

23. 2022年11月30日 11:39:05 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[496] 報告
ついでなので、シェディングについてはどうすれば、
説明がつく???

24. 2022年11月30日 11:45:01 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[982] 報告
不安定なmRNAはアナフィラキシーを引き起こすポリエチレングリコール等の脂質ナノ粒子でコーティングされ、
体の隅々まで行き渡り細胞に取り込まれやすいように造られているとのこと。
つまり、生物科学兵器を念頭にしているとしか思えない。

酸化グラフェンの解毒には随分前からNACや5alaがいいとネット上で取り上げられているが、詳しく知りたいなら、「酸化グラフェン解毒」で検索してみよう。

25. 2022年11月30日 11:46:50 : GcyYzqJdok : MzR4WFZxWjZhUzY=[42] 報告
似非審議会よりこの動画の方が全うです。これを見て勉強してください。


https://www.nicovideo.jp/watch/sm41429007?ref=series&playlist=eyJ0eXBlIjoic2VyaWVzIiwiY29udGV4dCI6eyJzZXJpZXNJZCI6MzIwMDk3fX0&transition_type=series&transition_id=320097

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

26. 2022年11月30日 12:09:17 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[983] 報告
>>24
補足。
酸化グラフェンの弱毒化には体が持ち合わせている
"グルタチオン"という抗酸化物質が効果があると言われ、
子供はそのグルタチオンを大量に持っているとのこと。
27. 2022年11月30日 13:11:09 : 9sJz7Ohv7o : bnRla1M3SDBUMXc=[7] 報告
あるブログからですが。

〈グルタチオンを含む食材〉

アボカド・ブロッコリー・キャベツ・カリフラワー・にんにく・グレープフルーツ・
ケール・玉ねぎ・トマト
〜〜〜〜〜
鶏肉・ヨーグルト・チーズ・卵・豆類

案外、日本人が普段食べている食材にはグルタチオンを含有しているようで。
これらの食材を積極的に摂りましょうね(⌒∇⌒)

28. 2022年11月30日 13:23:10 : 9sJz7Ohv7o : bnRla1M3SDBUMXc=[8] 報告
>>16
>納豆食え。。。

あ、納豆に含まれるナットウキナーゼが酸化グラフェンを分解するという記事を読みましたよ。
発酵食品である味噌汁に、納豆を入れて(煮立てない)食すのもいいかも。
腸内環境をかなり良好にすると思います。

29. 2022年11月30日 13:35:38 : 9sJz7Ohv7o : bnRla1M3SDBUMXc=[9] 報告
ついに、その時が来ましたね。

・ワクチン未接種の血液の需要が世界的に急増

https://www.newage3.net/2022/11/26/%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e6%9c%aa%e6%8e%a5%e7%a8%ae%e3%81%ae%e8%a1%80%e6%b6%b2%e3%81%ae%e9%9c%80%e8%a6%81%e3%81%8c%e4%b8%96%e7%95%8c%e7%9a%84%e3%81%ab%e6%80%a5%e5%a2%97/

30. 空虚[5215] i_OLlQ 2022年11月30日 14:24:28 : egJo4XdyzQ : YWR2TWV5Q2UyR3M=[2] 報告
>>29殿 へぇ〜 売血長者とかいんのかねぇ 

そのとき・・・ってどんなとき? 需要とかおいらは嫌だなぁ。

【 血液も臓器でっせ 】

31. 空虚[5216] i_OLlQ 2022年11月30日 14:34:40 : egJo4XdyzQ : YWR2TWV5Q2UyR3M=[3] 報告
おいらもさ とあるクリニックにお世話になったのよ近々ね 採血検査したんだ そんとき思ったの。「・・・未摂取者ってばれてんだろなぁ・・・」ってねw

【 今どきの科学ってのはそんなもんだろ? 】

善意に溢れた、立派なお医者様や医療スタッフは沢山いるんだ。悪意に対抗するべきだが、敵を見誤るのはアカンと自戒するこの頃だw

32. 2022年11月30日 15:13:50 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[984] 報告
mRNAワクチンの非公開成分表を見ると
ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソンエンドジョンソン、
各社とも酸化グラフェンが含まれている。

今やファイザーが圧倒的シェアを占めているが、
そのファイザーが日本人の乳幼児にまで接種を広げようとしているのは、
日本人が伝統的かつ日常的にグルタチオンを多く含む食材を口にしてきており
酸化グラフェンの効果の治験を見たいというのもありそうだ。

33. 2022年11月30日 15:48:18 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[499] 報告
>>32
今はすべてのワクチンに酸化グラフェンが含まれている。
理由は、人口削減がすべての国で共有されているアジェンダ
(共通の認識、議題?)になっているからだと思われ。
そして、ファイザー、モデルナ→ mRNA
アストラゼネカ、ジョンソンエンドジョンソン、→DNA
中国、ロシアのワクチン→DNA
だったと思われるが、その遺伝子ワクチンに遺伝子が含まれて
いないとなると、これまで得た知見が総崩れになる。
真実はどこにあるのか。
一番手っ取り早いのが、パテント(特許)の強制開示だろうか。
どうすればできるのか。
そこらへん、よう分からん。

34. 2022年11月30日 16:58:34 : p5CGFjyV5g : U25ic3UvaXBiT28=[16] 報告

海外の人が撮影した酸化グラフェンなどの映像は光学顕微鏡写真だと思いますが、
それで見えるのはせいぜい液体中に存在する混入異物くらいでしょう。

モデルナなどが採用するドラックデリバリーシステムの脂質ナノ粒子は100nm前後の
サイズなのでそもそも光学顕微鏡では見えませんよ。
見つからないのではなくmRNAを包むナノ粒子は光学顕微鏡では見えません。

35. 2022年11月30日 17:09:32 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[838] 報告
>>34
いや、電子顕微鏡など本格的な装置を使っても見つからなかったと
言っている。
36. [1504] iKQ 2022年11月30日 17:36:05 : y5tSktzi0c : QXNpTVRDN0M5d1E=[409] 報告

 皆さん だいぶ 混乱なさっているようで


 たのしく 拝聴させていただきます。    by  愛

 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

37. 2022年11月30日 20:02:25 : MAUOYBLd8M : VnRKSUxMTS9mV2M=[18] 報告
中国の研究チームは2013年には酸化グラフェンの危険性を指摘していた


38. 2022年12月01日 07:04:04 : SVROCFUbtY : Q1U4b2xKUlpKWHc=[472] 報告
もう「見える見えない」と言ってる時点で頭がおかしい。

mRNAて、RNAの信号なんだから形状は無く見えるものではない。

グラフェンに帯電させてるだけなので、グラフェンが見えれば、それが実体だ。

RNA本体は入っているわけではないので、ワクチンもどきが安全と説明された理由は、RNAとして人体に混入しないからとされていた。

普通、ここでちょっと待てと思う。

RNA(mRNAの本体)を人体注入するのと、グラフェン(mRNAを帯電)を人体注入するのと、どっちが危険なのか?

はっきり言うが、RNA直接注入の場合、ブースター接種は必要ない。

RNAがmRNAを発信し続けている(存在する限り)からだ。

グラフェン帯電のmRNAは、一発ものなので、1回mRNAを発信したら、もう次は出ない。

だからブースター接種しないと、次のmRNAが発信されないのである。

コロナは嘘で存在しないが、仮に存在してワクチンが効くとしても、グラフェンに帯電させて注入すれば、永遠にブースターが必要となり人体内にグラフェンが溢れる。

それが理解できないような者は医者ではないし、また理解できない者は医者になってはいけない。

39. 2022年12月01日 08:27:53 : 9sJz7Ohv7o : bnRla1M3SDBUMXc=[10] 報告
>>28 訂正。
>ナットウキナーゼが酸化グラフェンを分解するという記事を読みましたよ。
          
確認したら、酸化グラフェンじゃなく「スパイク蛋白を分解」でした。

・納豆の持つナットウキナーゼがSARS-CoV-2のスパイク蛋白を分解することがわかった

https://www.newage3.net/2022/10/04/%e7%b4%8d%e8%b1%86%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a4%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%ad%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%81%8csars-cov-2%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%af%e8%9b%8b%e7%99%bd/

40. 2022年12月01日 08:38:51 : 9sJz7Ohv7o : bnRla1M3SDBUMXc=[11] 報告
>>37 >>38

>中国の研究チームは2013年には酸化グラフェンの危険性を指摘していた

それもあって、中国製ワクチンはmRNAじゃなく、従来の不活化ワクチンなのね。
不活化タイプのコロナワクチンも感染予防効果が無かったけど(インフルワクチンでほぼ証明済み)、
アメリカ製mRNAタイプよりはずっと安全だったわ。

41. 2022年12月01日 08:44:30 : 9sJz7Ohv7o : bnRla1M3SDBUMXc=[12] 報告
要は、ロットの中身は添加物のグラフェン(とその他)ばかり・・・・という記事なのね。
42. 2022年12月01日 08:51:19 : PdzPJA3A5M : d3FQeGFyOFFoU2M=[1] 報告
>>40
原体が無いのにワクチンができるのか?
43. 2022年12月01日 09:06:50 : GcyYzqJdok : MzR4WFZxWjZhUzY=[-42] 報告
すべてが茶番、外資製薬会社の金もうけと製品開発のため2類継続

国民の命は丸太です?

殺人罪で起訴確定だろ、それでも証拠隠蔽しています。腐りきった組織だわ。

とっと自主しろ!まだ罪が軽いうちに

厚労省職員の女性が駅で電車にはねられ亡くなった https://ameblo.jp/harmony888love/entry-12718539266.htmlより
 28日午前8時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線京急新子安駅で、同市に住む厚生労働省職員の女性(42)が青砥発三崎口行き下り特急電車にはねられて死亡した。 京急電鉄によると、京急川崎─神奈川新町間の上下線で一時運転を見合わせるなどし、約1万8千人に影響した。__引用おわり
この報道を受けて、死亡した女性が政府の方針に反抗し、コロナワクチンによる死者の実態を報告書に明記したために殺されたのではないかとの憶測を呼んでいます。
過去の記事でも述べましたが、厚労省は10代の子どもたちに積極的にワクチンを打たせるため、今年9月に副反応で死亡した小学6年生の女子児童の死を隠蔽したことが判明しています。しかしその一方で、厚労省のワクチン被害をまとめたリストに、この女子児童とみられる死亡例が記載されており、“不慮の事故”として発表されたとまで明記されています。
厚労省や市がグルになって女子児童の死を隠蔽していたにもかかわらず、こうして報告書に記載されているということは、同省に反抗する職員によって記載された可能性があります。
さらに、厚労省のコールセンター職員は、国民からの問い合わせに対して、
「ワクチンは感染を予防するものではなく、情報を収集するために実施されている」
「追加接種するのは、何回接種すれば死亡するか確かめるため」
「ワクチンによる実際の死者数は報告されている人数の10倍か100倍に上る」
といった、内部告発ともとれる回答をしています。
電車にはねられて死亡した厚労省職員は、こうした内部告発に関与しており、口封じのため、あるいは見せしめのために殺害されたのではないかと考えられます。コロナ茶番に加担し、真実を隠蔽した関係者たち全てに厳正な裁きが下りますことを心から祈ります。


[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

44. 2022年12月01日 09:10:18 : GcyYzqJdok : MzR4WFZxWjZhUzY=[-41] 報告
殺人罪で告発される前に自主してはいかがか?こちらの組織の中の茶番の先導者は


厚生労働大臣

加藤 勝信

かとう かつのぶ

厚生労働副大臣

伊佐 進一

いさ しんいち

厚生労働副大臣

羽生田 俊

はにゅうだ たかし

厚生労働大臣政務官

畦元 将吾

あぜもと しょうご

厚生労働大臣政務官

本田 顕子

ほんだ あきこ

厚生労働事務次官

大島 一博

おおしま かずひろ

厚生労働審議官

小林 洋司

こばやし ようじ

医務技監

福島 靖正

ふくしま やすまさ

秘書官

繻エ 雄尚

くわばら ゆたか

秘書官事務取扱

佐藤 康弘

さとう やすひろ

秘書官事務取扱

火宮 麻衣子

ひのみや まいこ

ページの先頭へ戻る

大臣官房
官職

氏名

ふりがな

大臣官房長

山田 雅彦

やまだ まさひこ

総括審議官

間  隆一郎

はざま りゅういちろう

総括審議官(国際担当)

富田  望

とみた のぞみ

危機管理・医務技術総括審議官 

浅沼 一成

あさぬま かずなり

公文書監理官

河野 恭子

かわの きょうこ

審議官(医政、精神保健医療担当)
(老健局、保険局併任)

大坪 寛子

おおつぼ ひろこ

審議官(健康、生活衛生、口腔健康管理、アルコール健康障害対策、災害対策担当)

鳥井 陽一

とりい よういち

審議官(医薬担当)

山本  史

やまもと ふみ

審議官(労働条件政策、賃金担当)

青山 桂子

あおやま けいこ

審議官(労災、建設・自動車運送分野担当)

梶原 輝昭

かじわら てるあき

審議官(職業安定、労働市場整備担当)

松本  圭

まつもと けい

審議官(雇用環境、均等担当)

宮本 悦子

みやもと えつこ

審議官(子ども家庭、少子化対策、児童虐待防止担当) 

野村 知司

のむら さとし

審議官(社会、援護、地域共生・自殺対策、人道調査、福祉連携、就労支援連携担当)

本多 則惠

ほんだ のりえ

審議官(老健、障害保健福祉担当)

斎須 朋之

さいす ともゆき

審議官(医療保険担当)

日原 知己

ひはら ともみ

審議官 (医療介護連携、データヘルス改革担当)(医政局、老健局併任)

森光 敬子

もりみつ けいこ

審議官(人材開発、外国人雇用、都道府県労働局担当)

原口  剛

はらぐち つよし

審議官(総合政策、年金担当)(政策統括室長代理併任)

朝川 知昭

あさかわ ともあき

地域保健福祉施策特別分析官

度山  徹

どやま とおる

国際保健福祉交渉官

日下 英司

ひのした えいじ

国際労働交渉官

福味  恵

ふくみ めぐむ

人事課長

竹林 悟史

たけばやし さとし

参事官(人事担当)

源河 真規子

げんか まきこ

人事調査官

床枝 栄一

とこえだ えいいち

調査官

乃村 久代

のむら ひさよ

人事企画官

岸本 哲也

きしもと てつや

総務課長

常用外漢字の「巽」  慎一

たつみ しんいち

参事官(法務担当)(大臣官房総務課法務室長併任)

澁谷  亮

しぶたに りょう

公文書監理・情報公開室長(大臣官房総務課審理室長併任)

上田 真由美

うえた まゆみ

広報室長

伊藤 洋平

いとう ようへい

企画官(大臣官房人事課併任)

國代 尚章

くにしろ なおあき

企画官(大臣官房総務課国会連絡室長併任)

玉田 耕大

たまだ こうだい

企画官(大臣官房国際課、医政局、健康局併任)

小野田 知子

おのだ ともこ

企画官(医政局医薬産業振興・医療情報企画課医療用物資等確保対策推進室長、医政局特定医薬品開発支援・医療情報担当参事官室、医政局、健康局併任)

朝比奈 祥子

あさひな しょうこ

企画官(健康局併任)

綾  賢治

あや けんじ

企画官(健康局併任)

石井 博之

いしい ひろゆき

企画官(医薬・生活衛生局総務課国際薬事規制室長、大臣官房国際課併任)

安田 尚之

やすだ なおゆき

企画官(医薬・生活衛生局総務課医薬品副作用被害対策室長併任)
総括調整官(命)

渡邊 由美子

わたなべ ゆみこ

企画官(医薬・生活衛生局併任)

伊藤  建

いとう たける

企画官(医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課麻薬対策企画官、医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課監視指導室長併任)

木村 剛一郎

きむら ごういちろう

企画官(職業安定局総務課人道調査室長、職業安定局総務課ハローワークサービス推進室長併任)

井上 英明

いのうえ ひであき

企画官(雇用環境・均等局併任)

久野 克人

ひさの かつと

企画官(雇用環境・均等局総務課、雇用環境・均等局職業生活両立課併任)

飯田 明子

いいだ あきこ

企画官(子ども家庭局総務課少子化総合対策室長、子ども家庭局併任)
総括調整官(命)

東  善博

あずま よしひろ

企画官(老健局高齢者支援課介護業務効率化・生産性向上推進室長、老健局、保険局併任)
総括調整官(命)

占部  亮

うらべ りょう

企画官(年金局事業企画課、年金局年金課併任)

吉田 拓野

よしだ たくの

企画官(年金局事業管理課給付事業室長併任)

岡   譲

おか ゆずる

企画官(人材開発統括官付若年者・キャリア形成支援担当参事官室併任)

坪口 創太

つぼぐち そうた

企画官(医政局、健康局、政策統括官付政策統括室併任)

吉田  慎

よしだ まこと

総括調整官(命)(大臣官房厚生科学課、労働基準局併任)

田上 喜之

たがみ よしゆき

総括調整官(命)(医政局、健康局併任)

山田 伸二

やまだ しんじ

総括調整官(命)(医政局、健康局併任)

南  孝徳

みなみ たかのり

総括調整官(命)(健康局併任)

櫻井 公彦

さくらい きみひこ

総括調整官(命)(健康局併任)

進士 順和

しんじ よしかず

総括調整官(命)(健康局結核感染症課併任)

井上 裕介

いのうえ ゆうすけ

総括調整官(命)(健康局結核感染症課併任)

加藤 正嗣

かとう まさし

総括調整官(命)(健康局予防接種担当参事官室併任)

坂井 元興

さかい もとおき

総括調整官(命)(労働基準局労働関係法課併任)

田邉 錬太郎

たなべ れんたろう

総括調整官(命)(年金局事業企画課併任)

清水  享

しみず とおる

会計課長

熊木 正人

くまき まさと

会計管理官

安藤 英樹

あんどう ひでき

監査指導室長

小保内 宏

おぼない ひろし

経理室長

伊達 浩二

だて こうじ

管理室長

櫻井  淳

さくらい じゅん

厚生管理企画官(大臣官房会計課厚生管理室長併任)

奥平  忠

おくひら ただし

地方課長(大臣官房地方課労働局業務改革推進室長併任)

石垣 健彦

いしがき たけひこ

参事官(地方担当)(大臣官房地方課地方厚生局管理室長併任)

谷  祐次

たに ゆうじ

地方企画官(大臣官房地方課地方支分部局法令遵守室長、大臣官房地方課労働局業務改革推進室長代理、大臣官房地方課労働行政デジタル化企画室長併任)

千原  啓

ちはら ひろむ

国際課長

中村 かおり

なかむら かおり

国際企画・戦略官

小澤 時男

おざわ ときお

国際保健・協力室長

井谷 哲也

いたに てつや

国際労働・協力室長

西澤 栄晃

にしざわ ひであき

厚生科学課長

伯野 春彦

はくの はるひこ

健康危機管理・災害対策室長

安濟  崇

あんさい たかし

研究企画官

高江 慎一

たかえ しんいち

参事官(総括調整、障害者雇用担当)

黒澤  朗

くろさわ あきら

参事官(自殺対策担当)(社会・援護局総務課自殺対策推進室長併任)

中條 絵里

なかじょう えり

参事官(健康、医政、総括調整、行政改革担当)

江口  満

えぐち みつる

参事官(救急・周産期・災害医療等、医療提供体制改革担当)

山田 勝土

やまだ かつと

参事官(雇用環境政策担当)(雇用環境・均等局雇用環境政策室長併任)

堀  泰雄

ほり やすお

ページの先頭へ戻る

医政局
官職

氏名

ふりがな

医政局長(死因究明等推進本部事務局長併任)

榎本 健太郎

えのもと けんたろう

総務課長(医政局医療経理室長併任)

岡本 利久

おかもと としひさ

医療政策企画官(政策統括官付情報化担当参事官室併任)

古川 弘剛

ふるかわ ひろたか

地域医療計画課長

鷲見  学

すみ まなぶ

医療安全推進・医務指導室長

梅木 和宣

うめき かずのり

医療経営支援課長

和田 昌弘

わだ まさひろ

国立ハンセン病療養所対策室長

藤岡 裕樹

ふじおか ゆうき

医療独立行政法人支援室長

永田 勝則

ながた かつのり

政策医療推進官

(併)中西 浩之

なかにし ひろゆき

医事課長

山本 英紀

やまもと ひでのり

試験免許室長

川畑 測久

かわばた のりひさ

医師臨床研修推進室長

錦  泰司

にしき たいし

死因究明等企画調査室長

亀井  崇

かめい たかし

歯科保健課長

小椋 正之

おぐら まさゆき

歯科口腔保健推進室長

小嶺 祐子

こみね ゆうこ

看護課長

習田 由美子

しゅうだ ゆみこ

看護サービス推進室長

後藤 友美

ごとう ともみ

看護職員確保対策官(医政局医事課、医政局研究開発政策課、労働基準局労働条件政策課併任)
総括調整官(命)

草野 哲也

くさの てつや

医薬産業振興・医療情報審議官

城  克文

じょう かつふみ

医薬産業振興・医療情報企画課長(医薬産業振興・医療情報企画課セルフケア・セルフメディケーション推進室長併任)

安藤 公一

あんどう こういち

医療機器政策室長

鶴田 真也

つるた しんや

首席流通指導官(医政局医薬産業振興・医療情報企画課流通指導室長併任)

信沢 正和

のぶさわ まさかず

研究開発政策課長

荒木 裕人

あらき ひろと

治験推進室長

野村 由美子

のむら ゆみこ

参事官(特定医薬品開発支援・医療情報担当)(医政局特定医薬品開発支援・医療情報担当参事官室長併任)

田中 彰子

たなか あきこ

ページの先頭へ戻る

健康局
官職

氏名

ふりがな

健康局長

佐原 康之

さはら やすゆき

総務課長

伊澤 知法

いざわ とものり

指導調査室長

比嘉 敏充

ひが としみつ

健康課長

佐々木 孝治

ささき こうじ

健康対策企画官

尾ア 美弥子

おざき みやこ

保健指導官(健康局健康課保健指導室長併任)

五十嵐 久美子

いがらし くみこ

がん・疾病対策課長

中谷 祐貴子

なかたに ゆきこ

肝炎対策推進室長(健康局総務課原子爆弾被爆者援護対策室長、健康局がん・疾病対策課B型肝炎訴訟対策室長併任)

岡野 和薫

おかの かずゆき

結核感染症課長

江浪 武志

えなみ たけし

感染症情報管理官(健康局結核感染症課感染症情報管理室長併任)

今川 正紀

いまがわ まさのり

難病対策課長

簑原 哲弘

みのはら てつひろ

移植医療対策推進室長

西嶋 康浩

にしじま やすひろ

参事官(予防接種担当)(健康局予防接種担当参事官室長併任)

高城  亮

たかぎ りょう

ページの先頭へ戻る

医薬・生活衛生局
官職

氏名

ふりがな

医薬・生活衛生局長

八神 敦雄

やがみ あつお

総務課長

衣笠 秀一

きぬがさ ひでかず

薬事企画官(医薬・生活衛生局総務課医薬情報室長併任)

太田 美紀

おおた みき

医薬品審査管理課長

吉田 易範

よしだ やすのり

医療機器審査管理課長

中山 智紀

なかやま とものり

医薬安全対策課長

中井 清人

なかい きよひと

監視指導・麻薬対策課長

佐藤 大作

さとう だいさく

薬物取締調整官

小野原 光康

おのはら みつやす

血液対策課長

渡辺 顕一郎

わたなべ けんいちろう

生活衛生・食品安全審議官

佐々木 昌弘

ささき まさひろ

生活衛生・食品安全企画課長

成松 英範

なりまつ ひでのり

食品基準審査課長

近藤 恵美子

こんどう えみこ

食品監視安全課長(医薬・生活衛生局食品監視安全課輸出先国規制対策室長併任)

三木  朗

みき あきら

輸入食品安全対策室長

森田 剛史

もりた たけし

検疫所業務課長

森田 博通

もりた ひろみち

検疫対策戦略官(命)(医薬・生活衛生局併任)

石塚 哲朗

いしつか てつろう

検疫所業務企画調整官(医薬・生活衛生局検疫所業務課検疫所管理室長併任)

川崎 信一

かわさき しんいち

生活衛生課長

高宮 裕介

たかみや ゆうすけ

生活衛生対策企画官

(併)原澤 朋史

はらさわ ともふみ

水道課長

名倉 良雄

なくら よしお

水道計画指導室長

東  利博

あずま としひろ

水道水質管理官(医薬・生活衛生局水道課水道水質管理室長併任)

横井 三知貴

よこい みちたか

ページの先頭へ戻る

労働基準局
官職

氏名

ふりがな

労働基準局長

鈴木 英二郎

すずき ひでじろう

総務課長

古常用外漢字の「館」 哲生

ふるたち てつお

石綿対策室長(労働基準局労災管理課併任)

村野 伸介

むらの しんすけ

主任労働保険専門調査官(労働基準局総務課労働保険審査会事務室長併任)

園部 昌嗣

そのべ まさし

労災保険業務分析官(労働基準局総務課労働保険審査会事務室併任)

穴井 元尚

あない もとひさ

労働条件政策課長

松原 哲也

まつばら てつや

労働条件確保改善対策室長

(併)松原 哲也

まつばら てつや

医療労働企画官(医政局医事課、医政局看護課併任)

坪井 宏徳

つぼい ひろのり

過労死等防止対策企画官

角南  巌

すなみ いわお

監督課長

竹野 佑喜

たけの ゆうき

過重労働特別対策室長

岡田 直樹

おかだ なおき

調査官(労働基準局賃金課併任)

松 利光

たかまつ としみつ

主任中央労働基準監察監督官(労働基準局監督課労働基準監察室長併任)

黒部 恭志

くろべ やすし

労働関係法課長

常用外漢字の「吉」村 紀一郎

よしむら きいちろう

賃金課長

岡  英範

おか ひでのり

主任中央賃金指導官

友住 弘一郎

ともずみ こういちろう

最低賃金制度研究官

金刺 義行

かねざし よしゆき

労災管理課長

平嶋 壮州

ひらしま まさくに

労災保険財政数理室長

小此木 裕二

おこのぎ ゆうじ

主任中央労災補償監察官(労働基準局労災管理課労災補償監察室長、労働基準局労働保険徴収課併任)

栗尾 保和

くりお やすかず

建設石綿給付金認定等業務室長

先ア  誠

せんざき まこと

労働保険徴収課長

片淵 仁文

かたふち ひろふみ

労働保険徴収業務室長

田中 勝之

たなか かつゆき

補償課長

西岡 邦昭

にしおか くにあき

労災補償訟務分析官

黒田  修

くろだ おさむ

職業病認定対策室長

児屋野 文男

こやの ふみお

労災保険審理室長

松浦 直行

まつうら なおゆき

調査官(労働基準局安全衛生部計画課機構・団体管理室長併任)

川又 修司

かわまた しゅうじ

労災保険業務課長

千葉 茂雄

ちば しげお

安全衛生部
官職

氏名

ふりがな

安全衛生部長

美濃 芳郎

みの よしろう

計画課長

松下 和生

まつした かずお

調査官(労働基準局安全衛生部労働衛生課産業保健支援室併任)

樋口 政純

ひぐち まさずみ

安全課長

釜石 英雄

かまいし ひでお

建設安全対策室長

土井 智史

どい さとし

主任中央産業安全専門官

佐藤  誠

さとう まこと

労働衛生課長

石川 直子

いしかわ なおこ

産業保健支援室長

中村 宇一

なかむら ういち

治療と仕事の両立支援室長

立原  新

たちはら あらた

電離放射線労働者健康対策室長

渡  三佳

わたり みか

主任中央労働衛生専門官

城井 裕司

しろい ゆうじ

主任中央じん肺診査医

丹藤 昌治

たんとう まさはる

職業性疾病分析官

佐々木 邦臣

ささき くにおみ

化学物質対策課長

安井 省侍郎

やすい しょうじろう

化学物質評価室長

佐藤 京子

さとう きょうこ

環境改善室長

平川 秀樹

ひらかわ ひでき

ページの先頭へ戻る

職業安定局
官職

氏名

ふりがな

職業安定局長

田中 誠二

たなか せいじ

総務課長

弓  信幸

ゆみ のぶゆき

訓練受講支援室長

平川 雅浩

ひらかわ まさひろ

公共職業安定所運営企画室長

西海 国浩

にしうみ くにひろ

首席職業指導官

澤口 浩司

さわぐち こうじ

主任中央職業安定監察官(人材開発統括官付人材開発政策担当参事官室併任)

福岡 洋志

ふくおか ひろし

雇用政策課長

橋 俊博

たかはし としひろ

労働移動支援室長

柴田 栄二郎

しばた えいじろう

民間人材サービス推進室長

高西 盛登

たかにし もりと

雇用復興企画官(職業安定局雇用開発企画課介護労働対策室長併任)

宮元 康一

みやもと こういち

労働市場分析官

武田 康祐

たけだ こうすけ

雇用保険課長

尾田  進

おだ すすむ

主任中央雇用保険監察官(労働基準局労働保険徴収課併任)

田村 和美

たむら かずみ

調査官
総括調整官(命)

山口 了子

やまぐち りょうこ

需給調整事業課長

篠崎 拓也

しのざき たくや

労働市場基盤整備室長

林   歓

はやし かん

主任中央需給調整事業指導官

大塚 陽太郎

おおつか ようたろう

外国人雇用対策課長

吉田 暁郎

よしだ あきろう

海外人材受入就労対策室長

菊田 正明

きくた まさあき

国際労働力対策企画官(職業安定局外国人雇用対策課経済連携協定受入対策室長、職業安定局雇用政策課、社会・援護局福祉基盤課併任)

中野  響

なかの とよむ

労働市場センター業務室長

岩野  剛

いわの たけし

主任システム計画官

笹  正光

ささ まさみつ

高齢・障害者雇用開発審議官

堀井 奈津子

ほりい なつこ

雇用開発企画課長

小宅 栄作

おやけ えいさく

就労支援室長(職業安定局雇用開発企画課農山村雇用対策室長併任)

小林  学

こばやし まなぶ

建設・港湾対策室長

佐藤 広道

さとう ひろみち

高齢者雇用対策課長

宿里 明弘

しゅくり あきひろ

障害者雇用対策課長

小野寺 徳子

おのでら のりこ

地域就労支援室長

倉永 圭介

くらなが けいすけ

調査官

川端 輝彦

かわばた てるひこ

主任障害者雇用専門官

佐藤 悦子

さとう えつこ

地域雇用対策課長

竹内  聡

たけうち あきら

ページの先頭へ戻る

雇用環境・均等局
官職

氏名

ふりがな

雇用環境・均等局長

村山  誠

むらやま まこと

総務課長

牛島  聡

うしじま さとし

労働紛争処理業務室長

清野 晃平

きよの こうへい

主任雇用環境・均等監察官(雇用環境・均等局総務課雇用環境・均等監察室長併任)

光永 圭子

みつなが けいこ

雇用機会均等課長

石津 克己

いしづ かつみ

ハラスメント防止対策室長

中込 左和

なかごみ さわ

有期・短時間労働課長

田村  雅

たむら まさ

職業生活両立課長

平岡 宏一

ひらおか こういち

在宅労働課長

原田 浩一

はらだ こういち

勤労者生活課長

大隈 俊弥

おおくま としや

労働者協同組合業務室長

水野 嘉郎

みずの よしお

労働金庫業務室長

原田 守康

はらだ もりやす

ページの先頭へ戻る

子ども家庭局
官職

氏名

ふりがな

子ども家庭局長

藤原 朋子

ふじわら ともこ

総務課長

尾崎 守正

おざき もりまさ

児童福祉調査官(子ども家庭局保育課健全育成推進室長併任)

久保倉 修

くぼくら おさむ

保育課長

本後  健

ほんご けん

家庭福祉課長

河村 のり子

かわむら のりこ

虐待防止対策推進室長

羽野 嘉朗

はの よしろう

子育て支援課長

里平 倫行

さとひら ともゆき

母子保健課長

山本 圭子

やまもと けいこ

ページの先頭へ戻る

社会・援護局
官職

氏名

ふりがな

社会・援護局長

川又 竹男

かわまた たけお

総務課長

駒木 賢司

こまき けんじ

保護課長

池上 直樹

いけがみ なおき

自立推進・指導監査室長

金原 辰夫

きんぱら たつお

保護事業室長

河合 篤史

かわい あつし

地域福祉課長

田仲 教泰

たなか のりやす

成年後見制度利用促進室長

松ア 俊久

まつざき としひさ

消費生活協同組合業務室長

井上  宏

いのうえ ひろし

生活困窮者自立支援室長(社会・援護局地域福祉課地域共生社会推進室長併任)

米田 隆史

よねだ たかふみ

福祉基盤課長

宮下 雅行

みやした まさゆき

福祉人材確保対策官(社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室長併任)
総括調整官(命)

今泉  愛

いまいずみ あい

援護企画課長

重元 博道

しげもと ひろみち

中国残留邦人等支援室長

田邉 幸夫

たなべ ゆきお

援護・業務課長

添田 徹郎

そえた てつろう

事業課長

浅見 高嗣

あさみ たかし

事業推進室長

羽賀 隆之

はが たかゆき

戦没者遺骨鑑定推進室長
総括調整官(命)

島 章好

たかしま あきよし

障害保健福祉部
官職

氏名

ふりがな

障害保健福祉部長

辺見  聡

へんみ さとし

企画課長(社会・援護局障害保健福祉部企画課アルコール健康障害対策推進室長併任)

矢田貝 泰之

やたがい やすゆき

自立支援振興室長

奥出 吉規

おくで よしのり

施設管理室長

佐藤 秀崇

さとう ひでたか

障害福祉課長

津曲 共和

つまがり ともかず

障害児・発達障害者支援室長
総括調整官(命)

栗原 正明

くりはら まさあき

精神・障害保健課長

林 修一郎

はやし しゅういちろう

心の健康支援室長(社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課公認心理師制度推進室長併任)

竹之内 秀吉

たけのうち ひでよし

依存症対策推進室長(社会・援護局障害保健福祉部企画課障害福祉サービス等データ企画室長併任)

小澤 幸生

おざわ ゆきお

ページの先頭へ戻る

老健局
官職

氏名

ふりがな

老健局長

大西 証常用外漢字の「史」

おおにし しょうじ

総務課長

林  俊宏

はやし としひろ

介護保険指導室長

三浦 正樹

みうら まさき

介護保険計画課長

日野  力

ひの つとむ

高齢者支援課長

須藤 明彦

すとう あきひこ

認知症施策・地域介護推進課長

笹子 宗一郎

ささご そういちろう

認知症総合戦略企画官(認知症施策・地域介護推進課地域づくり推進室長併任)

和田 幸典

わだ こうすけ

老人保健課長

古元 重和

こもと しげかず

ページの先頭へ戻る

保険局
官職

氏名

ふりがな

保険局長

伊原 和人

いはら かずひと

総務課長

森  真弘

もり まさひろ

社会保険審査調整室長

常用外漢字の「吉」田 昌司

よしだ しょうじ

保険課長

原田 朋弘

はらだ ともひろ

全国健康保険協会管理室長

愛須 通裕

あいす みちひろ

国民健康保険課長

高木 有生

たかぎ ゆうせい

高齢者医療課長

田中 義高

たなか よしたか

医療介護連携政策課長(医政局、老健局併任)

水谷 忠由

みずたに ただゆき

保険データ企画室長

中園 和貴

なかぞの かずたか

医療課長

眞鍋  馨

まなべ かおる

歯科医療管理官

宮原 勇治

みやはら ゆうじ

保険医療企画調査室長

荻原 和宏

おぎはら かずひろ

医療技術評価推進室長

中田 勝己

なかた かつみ

医療保険制度改革推進官(命)
総括調整官(命)

角園 太一

すみぞの たいち

医療指導監査室長

諸冨 伸夫

もろとみ のぶお

薬剤管理官

安川 孝志

やすかわ たかし

調査課長

鈴木 健二

すずき けんじ

数理企画官

江郷 和彦

えごう かずひこ

国際医療費動向分析官

早川  敦

はやかわ あつし

ページの先頭へ戻る

年金局
官職

氏名

ふりがな

年金局長

橋本 泰宏

はしもと やすひろ

総務課長(年金局総務課年金広報企画室長併任)

岡部 史哉

おかべ ふみや

首席年金数理官

村田 祐美子

むらた ゆみこ

年金数理官(年金局企業年金・個人年金課基金数理室長併任)

植田 博信

うえだ ひろのぶ

年金課長

若林 健吾

わかばやし けんご

国際年金課長

山口 高志

やまぐち たかし

資金運用課長

西平 賢哉

にしひら けんや

企業年金・個人年金課長

大竹 雄二

おおたけ ゆうじ

数理課長

佐藤 裕亮

さとう ひろあき

数理調整管理官(年金局数理課数理調整管理室長併任)

木村  剛

きむら たけし

年金管理審議官

宮本 直樹

みやもと なおき

事業企画課長

小野 俊樹

おの としき

システム室長

大野 裕之

おおの ひろゆき

調査室長

楠田 裕子

くすだ ひろこ

監査室長

前川 幸哉

まえがわ ゆきや

会計室長

服部 浩樹

はっとり ひろき

事業管理課長

常用外漢字の「樋」口 俊宏

ひぐち としひろ

ページの先頭へ戻る

人材開発統括官
官職

氏名

ふりがな

人材開発統括官

奈尾 基弘

なお もとひろ

参事官(人材開発総務担当参事官室長併任)

長良 健二

ながら けんじ

参事官(人材開発政策担当参事官室長併任)

宇野 禎晃

うの よしてる

訓練企画官(訓練企画室長併任)

鶴谷 陽子

つるや ようこ

特別支援企画官(特別支援室長併任)

菊地 政幸

きくち まさゆき

就労支援訓練企画官(政策企画室長併任)
総括調整官(命)

鈴井 秀彦

すずい ひでひこ

主任職業能力開発指導官(人材開発統括官付人材開発政策担当参事官室、人材開発統括官付海外人材育成担当参事官室併任)

宮崎 千晶

みやざき ちあき

参事官(若年者・キャリア形成支援担当参事官室長併任)

谷口 正範

たにぐち まさのり

キャリア形成支援企画官(キャリア形成支援室長、人材開発統括官付人材開発政策担当参事官室併任)

國分 一行

こくぶん かずゆき

企業内人材開発支援企画官(企業内人材開発支援室長併任)

和田山 純一

わだやま じゅんいち

参事官(能力評価担当参事官室長併任)

安達 佳弘

あだち よしひろ

主任職業能力検定官(人材開発統括官付能力評価担当参事官室併任)

宇野 浩一

うの こういち

参事官(海外人材育成担当参事官室長併任)

川口 俊徳

かわぐち としのり

海外協力企画官(海外協力室長併任)

大村 倫久

おおむら のりひさ

ページの先頭へ戻る

政策統括官
官職

氏名

ふりがな

政策統括官(総合政策担当)(政策統括室長併任)

中村 博治

なかむら ひろじ

〔再掲〕審議官(総合政策、年金担当)(政策統括室長代理併任)

朝川 知昭

あさかわ ともあき

政策立案総括審議官(統計、総合政策、政策評価担当)(政策統括室長代理併任)

田中 佐智子

たなか さちこ

労働経済特別研究官

村松 達也

むらまつ たつや

参事官(総合政策統括担当)(政策統括室副室長併任)

三好  圭

みよし けい

参事官(総合政策統括担当)(政策統括室副室長併任)

蒔苗 浩司

まかなえ こうじ

政策企画官(大臣官房会計課、政策統括室併任)
総括調整官(命)

安田 正人

やすだ まさと

政策企画官(政策統括室、情報化担当参事官室、サイバーセキュリティ担当参事官室併任)
総括調整官(命)

山本 博之

やまもと ひろゆき

社会保障財政企画官(大臣官房会計課併任)

水野 忠幸

みずの ただゆき

労働経済調査官(政策統括官付参事官(企画調整担当)付統計・情報総務室併任)

古屋 勝史

ふるや かつふみ

参事官(調査分析・評価担当)(政策立案・評価担当参事官室長併任)

山田  航

やまだ こう

政策立案・評価推進官

飯島 俊哉

いいじま としや

政策統括官(統計・情報政策、労使関係担当)

岸本 武史

きしもと たけし

〔再掲〕政策立案総括審議官(統計、総合政策、政策評価担当)(政策統括室長代理併任)

田中 佐智子

たなか さちこ

参事官(企画調整担当)(統計・情報総務室長併任)

牧野 利香

まきの りか

政策企画官(政策統括官付参事官(企画調整担当)付統計・情報総務室併任)

戸田 淳仁

とだ あきひと

統計企画調整官(統計企画調整室長併任)

藤井 義弘

ふじい よしひろ

審査解析官(審査解析室長併任)

渡邉  学

わたなべ まなぶ

統計管理官(人口動態・保健社会統計室長併任)

鎌田 真隆

かまだ しんりゅう

保健統計官(保健統計室長併任)

高山  研

たかやま けん

社会統計室長

飯郷 智子

いいごう さとこ

世帯統計官(世帯統計室長併任)

奥垣 雅章

おくがき まさあき

統計管理官(雇用・賃金福祉統計室長併任)

野口 智明

のぐち ともあき

賃金福祉統計官(賃金福祉統計室長併任)

角井 伸一

かくい しんいち

調査官(雇用・賃金福祉統計室併任)

村野 卓男

むらの たかお

参事官(労使関係担当参事官室長併任)

大塚 弘満

おおつか ひろみつ

調査官(労使関係担当参事官室併任)

石崎 琢也

いしざき たくや

サイバーセキュリティ・情報化審議官

三田 一博

みた かずひろ

参事官(情報化担当)(情報化担当参事官室長併任)

山内 孝一郎

やまうち こういちろう

参事官(サイバーセキュリティ・情報システム管理担当)(サイバーセキュリティ担当参事官室長併任)

小沼 宏治

おぬま こうじ

情報システム管理官(情報システム管理室長併任)

菅野 清人

かんの きよと

ページの先頭へ戻る

中央労働委員会
官職

氏名

ふりがな

中央労働委員会事務局長

田畑 一雄

たばた かずお

中央労働委員会事務局審議官(調整、企画広報担当)

荒木 祥一

あらき しょういち

中央労働委員会事務局審議官(審査担当)

森川 善樹

もりかわ よしき

総務課長

山本 博之

やまもと ひろゆき

広報調査室長

由井  亨

ゆい とおる

審査課長

田尻 智幸

たじり ともゆき

審査室長(中央労働委員会事務局総務課管理室長併任)

宮本 淳子

みやもと じゅんこ

主任訟務官(中央労働委員会事務局総務課議事調整室長併任)

松本 和之

まつもと かずゆき

審査情報分析官

大隈 由加里

おおくま ゆかり

和解手法分析官

松淵 厚樹

まつぶち あつき

審査判決分析官

丸山 浩典

まるやま ひろのり

審査総括官(第一部会担当審査総括室長併任)

六本 佳代

ろくもと かよ

審査総括官(第二部会担当審査総括室長併任)

粟村 勝行

あわむら かつゆき

審査総括官(第三部会担当審査総括室長併任)

吉谷 真治

よしたに しんじ

審査官

田中  稔

たなか みのる

審査官

八木 公代

やぎ きみよ

審査官

鈴木 秀博

すずき ひでひろ

主任特別専門官
第一部会担当審査総括室付審査官(命)

小原 綾乃

こはら あやの

特別専門官

武藤 明子

むとう あきこ

特別専門官

平井 美衣瑠

ひらい みいる

調整第一課長

上野 康博

うえの やすひろ

行政執行法人室長

岩見 浩史

いわみ ひろふみ

個別労働関係紛争業務支援室長

(併)上野 康博

うえの やすひろ

調整第二課長

甲斐 三照

かい みつあき

ページの先頭へ戻る

令和4年11月1日付幹部名簿
令和4年11月1日付幹部名簿[PDF形式:202KB]別ウィンドウで開く

こやつらは毒薬うってなだろ!

10%は契約社員、臨時職員だよね。



[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

45. 2022年12月01日 09:17:36 : GcyYzqJdok : MzR4WFZxWjZhUzY=[-40] 報告
医学も科学も無視する製薬会社の奴隷、自称学者?も自主しろ

罪が軽いうちに!

●新型インフルエンザ等対策有識者会議 構成員名簿
飯野 奈津子 日本放送協会解説主幹
石川 晴巳 マッキャンヘルスワールドワイドジャパン アドバイザー
石田 昭浩 日本労働組合総連合会 副事務局長
井戸 敏三 兵庫県知事
伊藤 定勉 豊郷町長
大知 久一 日本経済団体連合会社会基盤強化委員会企画部会長
大西 隆 豊橋技術科学大学学長
○ 岡部 信彦 川崎市健康安全研究所長
押谷 仁 東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授
◎ 尾身 茂 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長
折木 良一 元統合幕僚長
釜萢 敏 公益社団法人日本医師会常任理事
亀井 利克 名張市長
河岡 義裕 東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長
川名 明彦 防衛医科大学校内科学講座2(感染症・呼吸器)教授
栗山 真理子 日本患者会情報センター代表
鈴木 基 国立感染症研究所感染症疫学センター長
田島 優子 さわやか法律事務所 弁護士
舘田 一博 東邦大学微生物・感染症学講座教授
谷口 清州 独立行政法人国立病院機構三重病院臨床研究部長
田畑 日出男 東京商工会議所 常議員
朝野 和典 大阪大学大学院医学系研究科感染制御学教授
永井 庸次 公益社団法人全日本病院協会常任理事
長谷川 秀樹 国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長
福田 充 日本大学危機管理学部教授・日本大学大学院新聞学研究科教授
南 砂 読売新聞東京本社常務取締役 調査研究本部長
中山 ひとみ 霞ヶ関総合法律事務所 弁護士
武藤 香織 東京大学医科学研究所公共政策研究分野教授
山本 輝之 成城大学法学部教授
吉田 正樹 東京慈恵会医科大学感染制御科教授
脇田 隆字 国立感染症研究所所長
◎:会長 ○:会長代理
・・・以下略


何人逮捕されるか?

国民の命を丸太にしたものは断罪される。

天の法則だろ

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

46. 2022年12月01日 11:07:38 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[502] 報告
mRNAワクチンなのにmRNAワクチンが見つからないって、
彼らが戦術・戦法を変えたためだろう。
彼らはゴイ(家畜)を頃して人口削減という目標を達成
するためには何だってやるさね。

近代医学は彼らが始めたんだ。
ヒポクラテスの思想とは無関係だ。
彼ら、ハザール人がフランスに到着し、今まで同様に
迫害を受けた時、当時トルコ付近に滞在していたラビに
書簡を送った。それを受け取ったラビは返書に「汝らの
子息を医者にして復讐せよ。」という内容の書簡を送り
返した。これが近代医学の原点だと思われる。
有名な話だよ。

したがって、近代医学とは復讐を原点にしたものと言える。
ヒポクラテスの思想とは全く異なるものだ。
こういうことは学校では教えない。


47. 2022年12月01日 12:42:18 : 441ivUcOkQ : WTJSN2ZSaE5rbVk=[3] 報告
日本語がおかしい。

RNAが見つからないなら分かるが、mRNAは接種されるとすぐ放出によって消えて失くなり、検出されることはない。

48. 2022年12月01日 13:04:43 : 9sJz7Ohv7o : bnRla1M3SDBUMXc=[15] 報告
>>42
>原体が無いのにワクチンができるの

新型コロナウィルスが存在してないから、野生(従来型)のコロナウィルス(6種類あるそうな)を基にワクチンを作ったのでしょ?
過去、サーズワクチン(コロナウィルス系)を作ろうとして10年以上研究したわけで、しかしADEを克服できず、ワクチン開発が頓挫したと聞いているわ。


今回のコロナワクチンは、シュードウリジン化して生物兵器に仕立てたと考えてます。

49. 2022年12月01日 19:32:04 : SVROCFUbtY : Q1U4b2xKUlpKWHc=[479] 報告
もともとPCR検査だって、指定の検索コードは、エイズ・サーズ・マーズとされる塩基配列検出のため、死者にPCR検査を行い、それが陽性だというので、新型コロナは新種のエイズ系疾患を引き起こすウイルスに違いないという話にしただけだ。

マリス博士が著書に書く様に、エイズと同じく、新型コロナも、犯行現場を誰も知らないのに、他にいないという理由で犯人が特定されたという代物である。

まだリュックモンタニエは、HIVという存在するウイルスを犯人と考え、エイズ原因との逆説としたわけだが、今回はHIVに当たる実物が無い。

cDNAという、DNA構成配列の片割れであるRNAから発される信号であるmRNAを逆転写することによって、cDNAを作り出し、それを増幅して有無を特定するという。

mRNAはmRNAだけで存在できない。

あくまでRNAが発する信号であり、それは一方通行であるが、それを逆転写によってcDNAとして実体化させる。

mRNAがRNAからしか発されず、RNAはDNAを構成するとされる2本鎖の片割れである以上、mRNAをPCRで探さずとも、mRNAを発しているRNAがDNAを構成する片割れで存在しないと、mRNAは発されないのだから、そのDNAが検出できねばならない。

しかし誰も、そのコロナ形状外殻をまとったDNAを検出しようとしないというのだ。

犯人とされるコロナ形状に変形せよとの命令文であるmRNAが探せるのに、そのmRNAを発信しているはずで、PCR検査を使う必要なく検出できるRNAを保有してなければおかしいウイルスは探さないという。

太平洋の中で、鯨の髭を探せと言いながら、鯨は探さなくて良いと言うようなものだ。

そして鯨は見つからないけれども、鯨の髭が有りましたよというのがPCR検査結果である。

アホな話をするでない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊10掲示板  
次へ