★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論15 > 485.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「豊穣の海」の結末は他者不在
http://www.asyura2.com/0311/dispute15/msg/485.html
投稿者 すみちゃん 日時 2003 年 11 月 25 日 10:33:18:xnvpUXgHxuDw6

(回答先: Re: 私も「豊穣の海」を読んだのですが 投稿者 如往 日時 2003 年 11 月 25 日 02:44:02)

如住さん。 こんにちわ。

そうですね。 私も特に作家論とかには興味ないわけですが。

要約すると、この人の作品をまじめに読んでいいのかっていう疑念を持ちました。

豊穣の海第四部の最後、門跡となった聡子が、訪ねてきた本多に対して、
「清顕という人は知らない」と言ってのけます。

この場面は、豊穣の海の作品世界が塵芥に帰する象徴という唯識論的解釈がされているみたいです。

しかしそれにしては変だ。 変すぎる。

聡子は清顕と船の中で至高の一夜を過ごしたのです。
覚えていないだって。
ふざけるんじゃない。

私は本を壁に向かって放り投げてしまいました。
それ以降、三島作品を読んでいません。

「豊穣の海」の冒頭に題名の由来が説明されています。
これは実は大気も水もからからの月の海なのだそうです。
なんだ。 最初から手品だったのか。

そう考えてみると、第一部の小説としては奇跡的な様式美が、
じつはネクロフィリアに見えてきたのです。
聡子の内面描写が存在しないことが象徴的です。

確かにこんな女いないよ。

第一部の様式美は形骸であり、感動した自分が馬鹿だったのです。
第二部の様式美も形骸だったのかもしれません。

 次へ  前へ

議論15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。