★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論15 > 517.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 「豊穣の海」の結末と人間身体
http://www.asyura2.com/0311/dispute15/msg/517.html
投稿者 愚民党 日時 2003 年 11 月 29 日 01:18:16:ogcGl0q1DMbpk

(回答先: 「豊穣の海」の結末は他者不在 投稿者 すみちゃん 日時 2003 年 11 月 25 日 10:33:18)


-------------
そう考えてみると、第一部の小説としては奇跡的な様式美が、
じつはネクロフィリアに見えてきたのです。
聡子の内面描写が存在しないことが象徴的です。

確かにこんな女いないよ。

第一部の様式美は形骸であり、感動した自分が馬鹿だったのです。
第二部の様式美も形骸だったのかもしれません。

--------すみちゃん

すみちゃん、はたしてそうなのでしょうか。

形骸と言い切れるのでしょうか。
ネクロフィリアを描いたスイスの画家H・R・ギーガーは
映画「エイリアン」の基軸イメージとなりました。

そして、三島由紀夫は小劇場演劇舞踏業界におきましては、いまも
寺山修司とおなじく、現在進行形です。

内面がからっぽな人間もこの世に存在しているのです。

聡子の内面はなんであったのでしょうか。謎です。

豊饒の海 4部 天人五衰の最終行については、自分も考えております。
まさに黒い影です。

暗黒舞踏にとって、土方巽を評価してくれた
三島由紀夫は舞踏批評の基軸となっております。
「感動した自分」身体感覚しか演劇と舞踏は信用しておりません。

横レスでごめん。

http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/bungaku/mishima/museum/museum.html
三島由紀夫文学館

三島由紀夫は「右翼」とか文学界ではなく、アンダーグランド芝居屋とか暗黒舞踏屋が
継承していくと思う。

でも、おら、本をほうりなげた、すみちゃん、わかるべ。
おらなんか、「ふざけんな」と感じて
けっこう、雑誌とか本とかふたつに破り捨てたこと、あったもんで・・・

むかし、パンチコ屋さんにいって、でないときは、パチンコ台のガラス
「ふざけんな」と割ってしまって・・・・  とほほ・・・

おら、逃げてかえってきたっぺ。

 次へ  前へ

議論15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。