★阿修羅♪ > カルト2 > 327.html
 ★阿修羅♪
異端審問官ジョセフ・ラツィンガー(現ローマ教皇)の罪業
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/327.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 10 月 05 日 21:31:04: SO0fHq1bYvRzo
 

(写真は「鉄腕ラツィンガーZ」ムンド・クルエル誌より)
http://www.mundocruel.com/noticias/ima/ratzinger_z.jpg

異端審問官ジョセフ・ラツィンガー(現ローマ教皇)の罪業


先日、戦争板に次の投稿がありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/200.html
法王を「危険人物」と監視…旧東ドイツの秘密警察(共同)・・・ラツィンガーは反共で南米にコネ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者の「あめぞうもなー」さんはこの中で、現ローマ教皇ベネディクト16世(ジョセフ・ラツィンガー)に関して、次のように書いておられます。

『中南米に力を持ったカトリック高位聖職者で反共といえば、オプスデイ、CIAの協力者と見るのが普通だと思いますが、実際のところはどうなんでしょうか。現法王の背景は。』


確かにラツィンガー自身が南米に出向いて反共活動を指揮したようなことは無いのですが、この「黒豹枢機卿」と呼ばれた男が中南米に与えた影響は非常に大きいのです。案外知られていないことですので、ついでですから、ここでまとめて書いておきましょう。

【なお、これは本来は戦争板で提示された問題なのですが、話の内容上カルト板に貼り付けて、戦争板に案内を出しておきます。】


****************************************


■前教皇ヨハネ・パウロ2世が地獄に堕ちて・・・失礼!逝去して、新しいローマ教皇(一般的には「ローマ法王」と言われるのですがカトリック教会は「教皇」を正式名称として使っています)が決定された4月19日、スペインの新聞エル・ムンドが異様とも思える激しい調子のバチカン非難の記事を掲載しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(参照)
http://www.asyura2.com/0502/war69/msg/528.html
悪魔に催眠をかけられた新教皇ラツィンガー【エル・ムンドが痛烈な非難記事を掲載】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この中で記事の著者ホセ・マニュエル・ビダル(スペインの作家、ジャーナリスト)は次のように書いています。


  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +
【引用開始】

1984年にこの信仰の厳格な門番によって成された「解放の神学」に関する公式の非難によって、カトリック右派は、司教面、神学面、信仰面そして社会面の分野におけるあらゆる新しい潮流を排除することができ、最も人気のあるそして貧困者の福音に最も忠実な思想の芽を摘み取ってしまった。

ラツィンガーはローマ教会の知識人たちに、全面支配的な厳しさと神学への妥協の無いコントロールの力を押し付けた。そして彼の派閥の間に恐怖が植えつけられた。懲戒処分された者たち、責めたてられた者たち、見張りを付けられた者たちなど、知的には居るに耐えられない組織の中で、ローマ教会の思想家たちは逃亡したり(レオナルド・ボッフ)黙り込んだり(グスタボ・ギティエレス)また喧嘩を始めたり(ハンス・ケンク)といった道を選んだ。

【引用終り】
  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +


ここで「解放の神学」とあるのは、1960年代の第2バチカン公会議以降、主に中南米のイエズス会士を中心としたカトリック僧たちの間で議論され理論付けられた、米国の帝国主義的な政策に反対し、独裁者や大地主とその手先ども(当然CIAが飼いならしている)の暴力と、主に米国の大資本による徹底した経済収奪によって貧困にあえぐ民衆の側に立って、社会正義の実現を図ることがキリスト者としての使命である、とする神学理論のことです。主に「バチカンのリベラリスト」パウロ6世(1963〜78)の時代に中南米を中心に大きく広がりました。

その主要なイデオローグの中に、上の引用文にあるレオナルド・ボッフ(ブラジル)とグスタボ・ギティエレス(ペルー)がいます。またハイチのアリスチド大統領(現在は米国とフランスによって追放中)は若いころ「解放の神学派」に属する僧侶でした。引用文中のハンス・ケンク(ハンス・キューンクが正確、スイス)は直接「解放の神学」派に属したわけではないのですが、リベラル派の代表で、「解放の神学」派には常に同情的でした。

「解放の神学」派は、単に「貧者の味方」というだけでなく、マルクス主義から階級闘争の概念を借用して理論武装しました。このため、反共に凝り固まるバチカン「保守派」(ここで「 」をつけている意味は後で説明します)は、この「解放の神学」派を『憎しみと暴力を増大させ階級闘争をあおり唯物論につながる』ものとして徹底して敵視しました。その急先鋒がジョセフ・ラツィンガー教理省長官(在職1981〜2005)だったのです。


■このバチカンの機関である「教理省」というのは、正式には「信仰の教理のための評議会Congregation for the Doctrine of the Faith」であり、20世紀の始め頃まではSupreme Sacred Congregation of the Roman and Universal Inquisition(「ローマと世界の異端審問の聖なる最高評議会」とでも訳すか)と長たらしい名前ですが、要するにカトリックの異端審問の総元締めだった機関です。

特にスペインでは異端審問Inquisitionというと、アブグライブやグアンタナモも真っ青の血にまみれた残虐の極地の拷問を意味します。あのドイツの黒豹枢機卿ラツィンガーは「現在の異端審問官」を立派に勤め上げてきた男なのです。

もちろん中南米とバチカン内外で反共政策を進めてきた中心がCIAと手を携えるオプス・デイで、その傀儡がヨハネ・パウロ2世(カロル・ヴォイティーワ)、彼を教皇の座に押し上げた有力な一人がズビグニュー・ブレジンスキーであり、関係団体は三極委員会でした。さらにこのポーランド人教皇の背後には明らかにシオニスト・イスラエルの影があります。そしてヨハネ・パウロ2世が理論面で最も頼りにしたのが、彼自ら1981年に教理省長官に仕立て上げたジョセフ・ラツィンガーでした。(この男には300人委員会のメンバー?という未確認情報もありますが。)要するに、あの「冷戦」のドロドロの舞台裏で、コイツラみんなグルになってつるんでいたわけです。

この辺は次の阿修羅投稿を参照してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/444.html
超巨大カルト、バチカン研究:(5)「米国・バチカン同盟」の軌跡とオプス・デイ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■この鉄腕ラツィンガーZは「異端審問官」に就任するが早いか、先ほど挙げた3人のほかにメキシコのサムエル・ルイス(原住民団体のサパチストに信任が厚い)、ニカラグアのエルネスト・カルデナル(ニカラグアの解放戦線であるサンディニスタとともに活動し、現在ベネズエラのウゴ・チャベスが立ち上げたテレ・スル放送局の発起人の一人)などの「解放の神学」の闘士たちに猛然と牙をむきました。そして特にその神学の中心になっていたボッフとギティエレスは攻撃の対象となりました。御大将のヨハネ・パウロ2世自身、ニカラグアやエルサルバドルに向かい、「共産主義の手先」である「解放の神学」派を口を極めて悪罵し、無神論者のサンジニスタどもを根絶させるのがカトリックの勤めであると公言してコントラの殺し屋を力づけ、レーガンとブッシュ(父)を大いに喜ばせました。その知恵をつけたのが異端審問官ラツィンガーであったことは言うまでも無いでしょう。

ラテンアメリカでは教会の影響力が日本では想像もつかないほど巨大で、それも圧倒的多数派の貧しい民衆の利益になる、ということであれば、民衆は理屈ぬきに行動します。あのチャベスでも「革命家」イエス・キリストを褒め称えることは決して忘れません。

(それにしてもどうして「解放の神学」派の僧侶たちが「破門」の対象にならなかったのか、の訳は、あとで触れることにしましょう。)

この間の事情は次の阿修羅投稿を参照してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/0401/war46/msg/126.html
イベリア半島「百鬼昼行図」 その4:米西同盟の仕掛け人?オプス・デイ
(1)バチカンを牛耳り中南米を操る悪魔的カルト集団
http://www.asyura2.com/0401/war46/msg/556.html
イベリア半島「百鬼昼行図」 その5:米西同盟の仕掛け人?オプス・デイ
(2)米国中枢部に食い込む「バチカン=オプス・デイ」
* この中のエルサルバドルの年表は、現在は次のサイトに移動しています。
http://www10.plala.or.jp/shosuzki/chronology/salvador/salvad2.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この「冷戦」の間に、ラテンアメリカ全体でどれほどの人間が殺され拷問され不具者にさせられたことか! どれほどの汗と涙の結晶が吸い取られていったことか! 一説によると、米国によってラテンアメリカ全体で殺害された人数は600万人に上るとされ、これを「米国によるホロコースト」と形容する人すらいます。具体的なことは次の文章に書かれています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/0502/war67/msg/751.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 2 月 24 日 19:37:35
ラテンアメリカに敵対する米帝国とCIA[第2部](レッ・ボルテールより:英文掲載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただし上記の文章は英文ですので、日本語訳のほうは『真相の深層』誌2005年秋(第7号)の「ラテンアメリカに敵対する米帝国とCIA(2)」をご覧ください。(『真相の深層』誌のお申し込み方法は http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html をご覧ください。)


■ということで、ラツィンガーが中南米での米国とその手先による大虐殺にドップリと加担していた、むしろその牽引車の一つになっていたことは明白であり、「米国によるホロコースト」の責任者の一人として裁かれるべき大悪党であったわけです。

また旧東ドイツの秘密警察が警戒したのもまた当たり前と言えます。当時のクレムリンの世界戦略の中で、ラテンアメリカの反米運動は相当に重要な位置を占めていたはずですから。

その上に重ねて、2004年のブッシュ再選の際には「ケリーに投票するヤツは地獄に堕ちる」とまで脅迫して、過半数が元々リベラルで民主党に投票していた米国のカトリック教徒をブッシュ支持に回らせ、イラクでの虐殺と「対テロ世界戦争」推進に大活躍しているのが、現ローマ教皇の素顔なのです。(実際のツラも典型的な悪人面だが。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(参照)
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/840.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 7 月 10 日 20:55:20
ローマ教皇、テロリストに『神の名において止めよ』:ブッシュとシャロンにも言ってみろヤ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラク侵略を最初に率いた悪党は(ただし表面に出ている者たちですが)、米国のブッシュ、英国のブレア、スペインのアスナールだったのですが、ブッシュ父子はバチカンとオプス・デイには頭が上がらず、ブレアは女房のケリーがオプス・デイに近いカトリック教徒でやはり頭が上がらず、アスナールはもうオプス・デイべったり(コイツも女房のアナ・ボテジャがオプス・デイに首っ丈ときた)で、そのオプス・デイが必死になって教皇に押し上げたのがジョセフ・ラツィンガーときた日にゃ、もうな〜んにも言うこと無し!

おい、ラツィンガーよ、早く地獄に行け。先に行ったヴォイティーワと一緒に、お前のあこがれのルシファー様が待っておられるぞ。


■ところで、先ほど『どうして「解放の神学」派の僧侶たちが「破門」の対象にならなかったのか』と申しました。またラツィンガーなどに「 」をつけて「保守派」と書きました。これは、私の超巨大カルト、バチカン研究シリーズを読んでいただいた方には、もう何も言わなくてもお分かりのことと思いますが、実は、ヴォイティーワを旗頭にしてラツィンガーが統率する「保守派カトリック」と、「解放の神学」派は、ともに第2バチカン公会議を母胎にして生まれた双子の兄弟だったわけです。

「解放の神学」派の主体が例のあの悪名高いイエズス会であることに、何かの違和感を持つ人は多いと思います。イエズス会といえば、その毒々しい出自と歴史はもちろん、20世紀にはいっても、あの裏世界のすべてに通じた黒い教皇フランシス・スペルマンや、シカゴのドンでゴリラとあだ名された元バチカン銀行総裁ポール・マーチンクスを筆頭に、ローマ教会マフィア化の急先鋒です。当然、米国政界やユダヤ(シオニスト)組織とも通じ、何よりも第2バチカン公会議を最も熱心に推し進めたのがこの教団でした。

公会議でカトリックに「信教と良心の自由、人間の尊厳」を植えつけたのがスペルマンの愛弟子でイエズス会士のジョン・コートニー・マレー(スペルマンは男好きでも有名だったからひょっとしてホモの相手だったのかも)であり、他の宗教、特にユダヤ教徒の「和解」を決定付けたのがやはりイエズス会士のアウグスティン・ベアとその私設秘書マラキ・マーチン(この男は「1958年バチカン・クーデター」の主役で第2バチカン公会議開催を演出した重要人物でもある)でした。

このあたりの詳しいことは以下の阿修羅投稿にあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/282.html
超巨大カルト、バチカン研究:(1)第2バチカン公会議「カトリックの米国憲法化」
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/299.html
超巨大カルト、バチカン研究:(2)第2バチカン公会議「カトリックのユダヤ化」
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/133.html
超巨大カルト、バチカン研究:(9)「世界統一神権国家」への道のり(D)ユダヤ主導による宗教の統一
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/822.html
1958年のバチカン・クーデター:簒奪された「グレゴリオ17世」の教皇位
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要するに、第2バチカン公会議での「カトリック改革」主役がイエズス会だったわけです。またこの公会議でさらなる重要なテーマである「教会の世俗化」は、すでに数十年も前から用意されていたカトリック内の改革運動から現れてきました。すでにご存知の方も多いでしょうが、以下をご参照ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/789.html
超巨大カルト、バチカン研究:(6)「世界統一神権国家」への道のり(A)シヨン運動について
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/819.html
超巨大カルト、バチカン研究:(7)「世界統一神権国家」への道のり(B)シヨンからオプス・デイへ
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/829.html
超巨大カルト、バチカン研究:(8)「世界統一神権国家」への道のり(C)シヨンから第2公会議へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■そして、この第2バチカン公会議において「改革派」の急先鋒だった中に、実はジョセフ・ラツィンガーとハンス・キューンクがいるのです。

彼らは公会議の中ではお互いに最も信頼しあう「戦友」であり、ローマ教会内に根強かった真の意味の保守派たちを力をあわせて排撃したわけです。そしてその保守派の代表が、後の1988年に破門されたフランスのマルセル・ルフェーブル大司教であり、当然ですが破門の決定をしたのは「保守派」ラツィンガーです。この男の真の敵がどこにいるのか、はっきりします。

ラツィンガーとキューンクは1970年代になって仲たがいし、一方は「保守派」、他方は「解放の神学」派シンパとなるのですが、このへんは、いわゆる『冷戦』の進行と重ね合わせて理解すべきことでしょう。

要は「東西対立」が世界中で必要だったんですよね。その一方をオプス・デイを中心とするローマが、そして他方をイエズス会が主導する「開放の神学」派が演じてみせた、というわけです。これが『第2バチカン公会議を母胎に生まれた双子の兄弟』だった、というのはこのようなことです。茶番なのですね。

かわいそうなのは、心の底から良心と善意による「解放」を信じて殺されていった大勢の中南米の下っ端神父や尼僧たち、またエルサルバドル・カトリック大学のイグナシオ・エジャクリア学長などの知識人たちです。また「共産主義との闘い」を口実に資源と労働力を吸い取られ、CIAが後押しする独裁政権にがんじがらめにさせられて、絶えざる貧困と暴力と脅迫を受け続けてきたラテンアメリカの民衆です。

ついでに、ラツィンガーは「解放の神学」派に対しては徐々にその姿勢を緩め、「貧困者の救済はカトリック教会の重要な役目である」とか何とかリップサービスをやらかしては、抜け目無く一部を手なずけることを忘れませんでしたが。


■しかし、ラツィンガーは冷戦が無事に終了した1996年になって、アジアの「解放の神学」派の急先鋒だったスリランカのベラスリヤ神父を破門にしました。「冷戦」のころには誰一人破門にせずに、CIAに雇われオプス・デイに後押しされた中南米のならず者集団によって殺されるのに任せていたわけですが、それも終了して新たな「世界秩序」を作る移行期で、この処置を行ったわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(参照)
http://www.gospeljapan.com/skj/970120.htm
ベラスリヤ神父に破門措置 =教皇庁教理省が一月四日、通達を公表=
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大傑作なのは、この破門処置の理由として次のように書かれている点です。


  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +
【引用開始】

神父はカトリックの教義をヒンズー教徒や仏教徒にも理解出来るように再構築したい、と語っていた。

しかし神父の見解は「宗教的相対主義」というレッテルをはられた。これは特定の信仰が真理に対して独自の主張をせず、いかなる霊的な存在も自分が唯一の救済者であると主張しないことを意味している。

 バチカン(ローマ教皇庁)はベラスリヤ神父の教説は、キリストによる救いとか原罪など根本的な教義を否定するものだと指摘した。

【引用終り】
  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +


その一方でバチカンは、一貫して、特にユダヤ教徒に対してですが、「イエス・キリストへの信仰抜きでも救済される」という態度をとり続けているのです。面白いものだ。バチカンが、『ネオリベラリズム経済による世界支配』と『統一一神教による世界神権国家樹立』に向かって、10年前から歩き始めたことが、はっきりとわかります。

またイスラム教に対してはどうでしょうか。下にお目にかける文章は、この投稿の冒頭で紹介したスペインの宗教ジャーナリストであるホセ・マニュエル・ビダル著で『教皇はコーランに口付けをした』と題されるエル・ムンドの記事です。(ただしスペイン語です。)これは2003年3月の記事(イラク戦争直前!)で、この「教皇」はカロル・ヴォイティーワ(ヨハネ・パウロ2世)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.interrogantes.net/includes/documento.php?IdDoc=2095&IdSec=211
José Manuel Vidal, "El Papa que besó el Corán", El Mundo, 1.III.03
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここにはヨハネ・パウロ2世が、イスラム教徒を「アブラハムの子孫であり同じ唯一神をあがめる民」とし、コーランを「聖なる書物である」としてそれに口付けをした、ということが書かれています。バチカンがいかに「一神教の統一」を願っているのか、よく分かります。(イスラムとの関係についてはいずれ稿を改めてまとめてみたいと思っています。)

数十年、百年を単位とする彼らの世界戦略は、表面上の対立や紛争を当てにしていたのでは見えてきません。その中でのジョセフ・ラツィンガー(ベネディクト16世)の役割が、これで多少は明らかになったでしょうか。

以上です。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > カルト2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。