★阿修羅♪ > 議論30 > 457.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「アブナイ方向に狂い咲こうとしている」との予告に沿った、この人の<小出カス論>であった
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/457.html
投稿者 短足鰐 日時 2011 年 6 月 15 日 20:18:49: 1dEIvwQCPSw5M
 

 出会いがしらにぶつかった巡り合わせで、またあっしらという人について考える。

 http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/437.html
 >再登場したこの男は、アブナイ方向に狂い咲こうとしている。

 と指摘したのは5月15日。「小出カス論」は、この予告に沿った一つのカタチと心得る。小出カス論には有力なコメントが数多くあるので、省略する。
 ここではこの人の、2号機/4号機以外の主だった議論に簡単に触れてみる。

 この人、事故解析に非凡な才覚を垣間見せるところはある。が、大どころは徒労に終わっていると見る。

@ (5月15日)1号機のメルトダウン(全炉心溶融)は3月12日から始まり翌13日朝までに全溶融か、としたが、   http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/228.html

 6月6日の保安院の発表では3月11日、地震発生約3時間後から炉心損傷が始まった。約5時間後にはメルトダウンで圧力容器も破損した。
 
 (5月16日)圧力容器に“穴”があき、格納容器に溶融燃料がこぼれ落ち始めたのは3月20日頃、としたが、   http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/264.html

これも上のごとく3月11日であった。苦労した解析結果は大きく外れた。

A (5月18〜19日)循環冷却に使う汚染水は除染の必要ナシ、としアレパに「2兆円とか10兆円とか」支払う必要なし、とした。
 http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/397.html
 http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/448.html

 これは「1リットルあたり10万円から数十万円」かかるという不確かな情報(キワモノ)に飛びついた結果であった。その後、1リットル当たり210円という数字が出てきて、せっかくの努力も水泡に帰した。日本の技術を使えばさらに半分ぐらいとの情報もあり、汚染水の除染は実施するのが定石だと思う。

(10万トンもの高濃度汚染水をそのままN回循環させれば、放射能濃度もN倍になる。やがてこの循環システムに作業員も近づくことができなくなる。原子炉を冷やす作業は10〜20年程度はかかると考えられる。配管の損傷やポンプの故障は当然考慮されなくてはならない。最低限、作業員が近づいて保守・管理ができるようでなければならない)

B (5月5日)福島第一3号機の爆発は核暴走(核爆発)を伴わない「爆ごう」レベルの水素爆発とした。
 http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/526.html

 小出先生の「核暴走(核爆発)が起きた可能性」にあえて異を唱えたことは良しとしても、現在の限られた情報のなかでこう断定してしまうことは問題。これで済むなら、原発推進者は歓迎するだろう。
 3号機が単なる水素爆発であったかどうかついては多くの人が根強い疑念を抱いている。原発を推進する立場のIAEAにしても、人類が経験したことのない未曽有の事故の行方に重大な関心を持って見守っているはずだ。これまで経験したことがないような予想外の事象が起こり得ることも注視しているのではないか。
 小出先生の指摘した事柄が事実確認されるようなことになれば、IAEAが東電や日本政府といっしょになって隠ぺいする挙に出るとは思えない。

 以上、徒労に終わった理由は明白だ*。部外者が、限られた・不確かなデータから解析するからこうなる(前稿で予告済)。そもそも事故に直接責任があるわけでもない部外者が、当事者に変わって事故をシャカリキに解析しようとする動機・大義・スタンスが分からない。
 解析した後からより詳しいデータや解析結果が出てギャフンとなる場合があることは避けられない。だから全然念頭にない解析結果も出されると、

「格納容器も損傷か…地震後24時間以内[読売新聞]1号機だけではなく、2・3号機もだって!本当かよ!
 http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/683.html

 ということにもなる。

 事故そのものに関わりのないわれわれ部外者の立場は、東電や政府筋が発表する事故分析やデータを厳しく吟味し、偽りや隠ぺいと思われるものがあれば暴き出し、本当の情報を出すよう要求し続けることではないだろうか。

 どなたかが、歪曲して小出しにした情報を元に分析しても成果は上がらず、原発マフィに逆用されると指摘しているのは当を得ている(”アブナイ”とはそういうこと)。
 今後の事故収束や避難に即役立つものでない限り徒労であり、場合によっては弊害になることも十分考慮すべきである。同じ趣旨の危惧は前稿までに幾度か述べてきた。

 この人のつい最近の心境は、「原発はどんな安全策を講じようとも事故を起こし、…危険極まりない存在」とのようだが、これが正常な感覚である。当初からこのスタンスであるべきではなかったろうか。今後はこのスタンスに徹していくことが肝要と考える。
 http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/586.html#c9

 *)Bについては現時点で徒労に終わったと言いきることはできないが、徒労に終わる可能性を内包していると見る。


(参照)
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/586.html#c7
 http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/492.html#c33
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/413.html#c36

(付言)
 原子力学者が反原発を唱えることは、反国家的行為と見なされる、と安斎育郎・立命館大名誉教授は証言している(朝日H23.5.20)。
 そんななか40年間も反原発運動に挺身してきた小出先生は稀有な人物であることはもちろんだが、小生が強調したいのは、このような学者を京都大学という学府でなんとか生きながらえてこられたところに日本国としての国力、多少の懐(ふところ)の深さを見たいのである。

 (小出先生の3分間スピーチ)
 http://www.youtube.com/watch?v=mk5ITq_Vf00&feature=related

 (付言2)
 この人の2号機/4号機の爆発問題に関してはデタラメ極まりない議論だと思う。この2件に限って言えば、「食わせ者」という言葉さえ浮かんでくるのである。(「阿修羅は怪しいサイト」との評もあると言う)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月15日 21:26:33: 1qmOy4Hy0U
でもさ、小出はこんな感じだよ。

−転載開始−
小出裕章・京都大原子炉実験所助教は「電源喪失で原子炉が冷やせなくなれば、早い時期に炉心溶融に至ることは想定できていたはずだ。燃料の損傷が限定的だとしてきた東電の説明は完全に誤っていたことになる。データの公表も遅すぎる」と指摘する。
−転載終わり−

これは5/15の毎日の記事だけど、東電の出すデータを丸ごとは信用できない事ぐらい、想定の範囲内じゃなかったのかよw と、そのときに思った。知名度と信用度が急上昇している小出が御用学者の様に利用されたらややこしくなるよ。たとえ言葉尻だけを都合良く使われただけでも。


02. 短足鰐 2011年6月16日 19:41:11: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
・Re: 原発も多量のエントロピーを発生させる、このエントロピーは何万年もの厳重な保管を要する
 http://www.asyura2.com/07/nature2/msg/538.html

・原子力発電は反対だから、反対するのだ。対案はなくてよい/槌田敦
 http://www.asyura2.com/07/nature2/msg/591.html


03. 短足鰐 2011年6月18日 19:44:19: 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 (付言)

・1号機は津波ではなく地震による損傷でメルトダウン:再循環パイプの破損で津波前から毎時25トンの冷却水漏れ
 http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/584.html
 投稿者 あっしら 日時 2011 年 5 月 23 日 05:26:10: Mo7ApAlflbQ6s

 >1号機は、地震で再循環パイプが損傷し冷却水の漏れを生じ、…津波ではなく非直下型の震度6強の地震でまったくの機能不全に陥り、午後8時ころにはすべての炉心が露出して全面的なメルトダウンに向かったと言える*。


 ここでの目玉は津波ではなく地震そのものによって機能不全に陥ったということを強調したかたのだろう。
 だが、それが何なのさということだ。その辺の事情を的確に指摘しているのが次のコメント。

 http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/492.html#c14
 >本当の騙しの手口は、「津波か地震かという原因」の問題に矮小化させようとしている、古川知事・原子力安全保安院・あっしらの共犯関係。漫才ではなく、ダチョウ倶楽部の様な三人コント。

 地震そのものが原因で原子炉が暴走したことを解明したからといって、それが即脱原発の動きにはつながるとは限らない。
 たとえば、震度8の加速度にも耐えられる原発を造るので万全です、と開き直る道(逆手)もあるのである。


 *)1号機については津波以前に、地震の揺れで、配管に中規模または大規模の破損が生じ、そのため原発事故ではもっとも恐れられている「冷却材喪失事故」が起きたのでないかと、田中三彦氏は「世界」5月号で推測しているのである。(陳腐な議論を汗水垂らして展開するから徒労という)


04. metola 2011年6月25日 15:46:22: XbEFO1BzdtcZo : wfiMP9Tth6
で、結局、この短足某とやららは、何がいいたいわけ?

05. 2011年6月26日 02:30:57: qLZggB8icY
>何がいいたいわけ?
出鱈目春樹をエキスパートなどと持ち上げるあっしらが際物であると。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧