★阿修羅♪ > 議論31 > 379.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界からテロを無くして行くには、西側諸国の国家の生き方を根本的に改める必要がある〜やる気がなければ根絶不可は明らか…
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/379.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 7 月 18 日 14:09:46: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

世界からテロを無くして行くには、西側諸国の国家の生き方を根本的に改める必要がある〜やる気がなければ根絶不可は明らか、テロと共存する他ない

・仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意
 http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html
 投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 15 日 11:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

 (上のコメント欄から拙稿のみをピックアップ/一部補足)

5.仁王像[875] kG2JpJGc 2016年7月15日 21:57:58 : HE9aWbs6SE : AJh31RnmPls[1]
 仏とトルコは際立ったテロ銀座になってしまった。
 原因はあるのだろう。

 二国(の支配層)が偽テロを仕掛けて自国民を殺し、さらには戒厳令を敷くなどして何のメリットがあろう。

 仏は近代国家を標榜している最右翼だろう。テロ銀座は国家の恥である。

 非常事態宣言を敷いても大規模なテロを防げなかったことは、近代的国家の枠組みそのものの根源が問われている。
 (非常事態宣言の常態化も近代国家の恥さらしである)

 資本主義とデモクラという政治経済システムの上に築かれた人権やレイシストなどの近代的概念も根本から問われている。英国はレイシストなどと言う概念をかなぐり捨て始めた。

 さて翻って、「テロ」などという呼称事態に西洋バイアスがかかっている。これを「ゲリラ戦」と呼べば、通常戦争の枠組みに入る。テロを仕掛ける側は、当然そんな位置づけだろうと推測する。


15.仁王像[879] kG2JpJGc 2016年7月16日 21:20:31 : Dcz9xYshXA : nfk4dFDNzRE[1]
 >>14
 お出ましでしたか。一言。

 「レイシスト」とは人種差別主義者として蔑む精神を指したものですよ。これは西洋が生み出した”洗練された”(自分たちの過去の悪行を覆い隠す)概念なんです。だから「人権」という綺麗ごととも矛盾しない。貴殿の指摘の通り資本主義では労働者の人権は保障されない。有りもしないことを「人権外交」(カーター元大統領)などと喧伝してきた。皆同じムジナ。
 (人権は歴史的に形成されてきたもので、時代や地域の発展段階に応じてその内容は大きく異なる。そこから離れた普遍的・一般的な人権など存在しない)

http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/238.html#c3
 >(1に追加)
 仏は今日の事態を予測して2日前に大使館等を休館したのであれば、なかなかのインテリジェンスではある。

 だが、それを以てしてもニースのテロは防げなかったのだから事態は深刻である。今後も防げないだろう。

 仏を始めとした欧米各国の近代国家の成立ちそのものを根本的に立て直さなければならない。

 端的に言えば、これまでさんざん積み重ねてきた中東・(北)アフリカでの蛮行を深く反省し、今後一切の蛮行を中止することである。一国の利益のためにこれらの地域を犠牲にするのでなく、対外外交を根本的に改めこれらの地域がイスラム法に基づいた国造りをしたいのならそれを支援し、西洋的価値基準グロ・スタなどというものを押しつけないことである。今の所、これ以外の道は考えられないと思う。

http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/341.html
 >500年間の白人中心主義が今、終わろうとしている。
 どれだけ威張っていても、自分たち西洋白人たちが作った、諸人権(しょじんんけん)、と平等主義(エガリタリアニズム)と、貧困者救済、と デモクラシー(民主政治)などの、荘厳な人権宣言(デクララシオン・ド・ ラ・オンム)の綺麗ごと=理想主義の 理念が、私たちの目の前で、ぶっ壊れつつある。/副島隆彦

17.仁王像[880] kG2JpJGc 2016年7月16日 23:01:42 : Dcz9xYshXA : nfk4dFDNzRE[2]
 >>16
 私は次の含意で使っている。そしてレイシストと西洋人が眉を潜めて言う時、人種差別主義者を蔑む”洗練された”概念として使っていると認識している。だからレイシストとレイシズムを同じにすると混乱する。

 レイシスト=人種差別主義者
 レイシズム=人種差別主義

 それに、西洋人だけが人種差別主義者だなどとも言っていない(主たる供給源はここだが)。

 貴殿の「「普遍主義」の次元で「人権」を語ってい」ると言うが、人権が保障されない資本主義とデモクラの上に無理にくっつけて整合性がとれるのかな。ただ理想を(夢物語)を語っているように見える。

 そしてなによりも肝心なことは西側諸国がテロ銀座から逃れる実践的な方法論は何かということ。私はそれを提案している。

20.仁王像[881] kG2JpJGc 2016年7月17日 05:22:39 : UaPuxH8S5o : yXIt0U3PEiY[1]
 >>18
 >そういう発想は私には、ない。

 それじゃ端から話にならない。長い議論は単なる空回り議論だった。

 私の提案は、蛮行を直ちに中止することだ。ここが肝心なところで、国造りの支援は付随的なこと。文脈を見ればすぐ分かるはずだ。蛮行が有志連合(実質白人連合)による卑劣な空爆であることも。
 支援が嫌なら邪魔をしなければよい。空爆を止めてあとは放置すればよい。

 ところが貴殿は、イスラム教批判を飽き飽きするほどの展開に終始するだけで、「支援は理でない」などと肝心なところをスポイルして茶を濁している。
 「テロリストには屈しない」、も実に陳腐で、西側首脳(安部含む)の言論となんら変わりはない。こりゃダメだ。
 このままでは仏はテロ銀座国家として知られ徐々に疲弊して行くだろう。それを貴殿は「しからずんば死を」と大見得を切って満足する。こりゃ〜何だ。

(蛇足)イスラム教素人の貴殿の長々しい批判は、表題を見るだけで読む気もしないし読んでいない(中川謀と同じ扱い)。こっちももちろんイスラム教素人。私は論議板に多くアップした専門家、先生たちの言論が胸にストンと落ちている。

21.仁王像[882] kG2JpJGc 2016年7月17日 10:21:45 : mq7blb6D3U : N1qSM3VgCkw[1]
14では「近代民主主義の理念そのもの」がテロの対象になっていると言いくるめようとしているが、イスラムのこんな素人解釈はまったく信用できない。
 テロの対象となる理由は一に中東・北アフリカで際限もなく繰り広げられてきた蛮行の数々である。またしてもここが肝心なところである。論点外しをここでもやっている。
 だから蛮行を中止すれば、テロという名のゲリラ戦が緩和される可能性がある。これを拒否すると言うなら自業自得である。
 難民は増え続け、EU諸国に流れていく。英国のEU離脱の最後の一押しとなったのがこれだ。EU各国も難民問題に悩まされている。だから英国を始め、EU各国の右派勢力は住民の気持ちを代弁して、「レイシスト」などと眉をひそめる文化をかなぐり捨て始めている。

 空爆を続ける限り、やがてEU崩壊を加速することにもなる。
 それでも「しからずんば死を」などとうそぶいている余裕はあるのか。(EU崩壊は歓迎だが)。

22.仁王像[884] kG2JpJGc 2016年7月18日 06:45:48 : j5qtiPuL2c : a5EPN0jQLYg[1]
 (総括/読者へ)
 世界からテロを少なくする、無くす、根絶するにはどうしたら良いのか。誰もが思う関心事と思う。
 いわゆるテロの発生は、言ってみれば西側諸国の国家のこれまでの生き方が原因であることは多弁を要しない。

 だから筆者は、西側諸国の国家のあり方を根本的に問い直す必要があるとして、簡単な提案をした。高級な政治概念に裏打ちされたものではない、荒削りの素朴な提示である。素人が提示できるのはこれくらいである。

 だが、世界は大きくは民衆の総意で動いていく、結局はそうなる。
 イスラム教をいくら激しく批判・糾弾しても世界は変わらないだろう。なにしろ世界で一番信者数が多く、今も増殖中である。”百年河清を俟つ”に等しい。
 このような方法論では摩擦を拡大するだけでテロの側に追いやる効果しか期待できない。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/336.html
 >大航海時代、ルネッサンスを契機として、ヨーロッパは近代へ向けて発進することになるが、いずれもイスラムの文化的指導がなければありえなかった。世界がイスラムに負うのは、アラビア数字だけではない。代数学、天文学、化学はもとより、ギリシャ、ローマの思想研究もまたアラブを母体とする。
 このことを欧米人がすっかり忘れてしまっている忘恩こそが、イスラムと欧米の紛争の原因なのである。/小室直樹
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月20日 20:03:32 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[273]
イスラムに関しては、わたしの手元にあるのはW・モンゴメリ・ワットの書籍だけですが十分な内容です。

西洋社会の中東に対する風当たりの強さは、かつてそこに抱いた嫉妬心と羨望、
そしてイスラム圏の文化的資産の上に彼らの生活がそのまま定着しているということに対する負い目によるもの、
つまりそうした自分たちに対する嫌悪感である、と考えることは至極妥当なものと理解します。

これは黒人を奴隷として扱ってきたアメリカ白人の歴史にも近いものを感じます。
つまり表立ってはいないけれど、彼らは、黒人文化に実際的には傾倒しているのです。

しかしながら彼らにはもともと選民意識、白人至上主義をうたった長い歴史観があり、
近代まで続く特権階級のもつ優越意識(裏を返せば劣等意識の呼び水)はそこから連綿と続いたものだと考えます。
そうした驕りそのものといえる彼らの意識のDNAから消え去らないということがまた、
ある種自縛めいたものとして、そこに彼らの喘ぎ、苦しみがあったのだと想像します。

彼らの信仰の中心基盤をなす原罪といった概念もまた、彼ら自身にかけられた呪いであるはずです。
それが怨霊のようにいつまでもつきまとい、自分たちを悩ませつづけてきたものだとするなら、
彼らはこれにいつか勝利し、決別するときを必要とするはずでしょう。

そうした彼らの思想の世界は常に単純明快で、悪か正義かのコントラスト一色でした。

昨今のスピリチュアルブームもしくはニューエイジ思想というものが興ったのは、
第二次大戦終わり、ヒッピーといった若い世代を中心に勃興したものですが、
そのムーブメントは現在に至っています。

そうした運動の意味は人類にとっても大きく、変化は突然のものでした。
突然変異(ミュータント)という言葉が流行りだしたのもこのころでしょう。
突如沸き起こった意識変革の道へと若者たちが誘われたことは、実際そうした彼らを責め続けていた暗部に対する救いとも見て取れます。

それは当然、既成の宗教では答えの出ない、彼ら(というより人類全般)が求めてきた、より優れた思想なり、
近代史の哲学が築き上げてきた難問を解き明かす本質へ対する答えなりが、
そこに確かに存在することを人々が感じ取ったということを物語っています。

このことはまた、現代の文化的ハザードとも関連し、自国には見られない、
多様な価値観や文化的背景、つまり自分の関心ごとのルーツを新たに国外へと求める人々が増加しています。

そうして近年、急速に民間レベルでのボーダーレスな意識社会作りの機運も高まっています。

そうした意識的な国境なき文化親交の広がりは、ますます顕著なものとなっていくでしょう。
多方面からの価値観の影響を受けて、比較的大人し目な人々も、そこに刺激を受けることで、多面的な感性の開花も期待されます。

世界的に今、あらゆる価値観の融合が起きていると見ることができます。

ここに、宗教的、そして思想的にも、これまでのような単純な価値観による対立はなくなっていくだろうとうのが私の考えです。

はっきり言ってしまえば、今テロが起きているというのは、そうしたこととはまた別の、
新しい動きを感じ取って、古い社会にしがみつこうとする、過去に捨てさられる勢力による最後の足掻きと考えます。

若い世代は既に新たな自分たちの道筋を選択しているのであり、それは揺るぎのないものです。

そこには新しい社会基盤の道しるべとなる、いくつもの可能性を示唆する道筋となる人々が存在しています。

ともかく、彼ら、そしてわれわれを悩ませ続けてきた呪縛があるのなら、またそれを解き放つものがあるのであり、人々は何らかの救いの道をずっと模索してきたわけですが、その不幸な時代を乗り越えて、いまようやく、何らかの方向性を見据える段階にたどり着いたということだといえるだろうと思っています。

それは過去の有史数千年の歴史を振り返ってみれば、あまりにも奇跡的な進展があったのだといえることであり、その為まだ人々の多くは、そのことにピンときていないのではないかと考えます。

よって、われわれは、それまでの歴史を繰り返し、再度、認識の旅に出るまでもなく、
彼ら若者中心を支持し、新しい時代の幕開けがきられたことに対してただ期待をもってみていいと考えています。

われわれが認識する苦難の時代は、実は単なる彼ら(われわれ)の思想(妄想)が迎えたひとつの結末として認識すれば、
以後それを繰り返さず、ただ改めればよく、そこで方向の転換を図る必要があるわけです。

いまだ、そこにたどり着いていないように見えていても、確かに進展は起こっているのであり、新しい秩序の世界の分布図は広まりゆくだけです。

私たちはそれを後押しすることに尽力すべきと考えます。


2. 仁王像[898] kG2JpJGc 2016年7月22日 20:31:37 : OTxsHRV43a : 4JAaiOFnUWI[2]
 >>1

 W・モンゴメリ・ワットの本が図書館に二冊あったので、明日借りて読むことにします。


3. 2016年7月24日 01:08:24 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[276]
>2

”地中海世界のイスラム”という邦題で、要点が明確で、内容に偏りがなく、読みやすい本です。彼らへ対する偏見を取り払うにはその一冊で十分な内容であると思います。

けれど、敢えて薦めるものでもなく、大方、あなたには既知の内容物でしかないはずです。

ですので、それはあなたへの薦書として宛てたのではなく、あなたの投稿にコメントする上で、最低限の礼節として、わたしもまた彼らへの共感を有していることを弁えとしてそこに示そうとしたものでしかありません。

私のような進んで浅学であろうとする今生の私(経験主義の人間)は、容易に他人の考えを受け入れたがらないのですが、そうした単なる本嫌いが、イラク戦争を契機として、多少なりともイスラムに関心を示し、知っておくべきことがあると思ったところで購入した本はわずかその一冊だけでした。

あなたには根源的な知識への渇望が見て取れますし、私もかつてそうでしたし、今ももちろん変わりなく「そうある」といえます。
人間として生まれたからには、”人間が知るべき必要な知識”を”すべて身に修む”と不意に決意し絵馬に書き込んだ、今から二十年ほど過去の私に対し、いまだに私自身、リスペクトしてもいます。自分自身に敬意を表すとはそういうことではないのだろうかと考えたりもします。

未来がわれわれにとってすべてが解明にいたる『明快な場所』だとするなら、
今ある人間とは、いわばその『すべてが明らかとなる未来』の自分、つまり、『神』の古い部分を演じているのだということができます。

そう考えると、すべてはいまだ完成に至らない、よって未来永劫完璧で完成に至るものなどなく、それはわれわれと「いつなるもの」であり、そのわれわれをして証明できるもの、むしろ証明していかなければならないのだ、ということができます。

必ずしも、宗教で描かれるような神の姿が正しいものだということもできるわけではなく、そうした未踏の部分(未完成)を総て含んだものが”暫定的に完璧であるとされるもの”でしかないわけです。

であるならば、ますます、われわれとは理想を持って、自分たちの正しさというものを限定せず、常に望ましきものに向けて設定しなおし、常に今ある何か以上の完全性を理想高く設定して行かなくては、何も成らないと考えます。

既成の何かをただ知ろうとするより、未知の新しいものを作っていくべきだと考えるのです。

私は一般的もしくは人間的な、いわゆる世俗の生き方に馴染めず、けれどもそれらは否定するでもなく、ただ私にとっては不要なものとしてあるということだけ理解してきました。
その分だけ、一般の他者とは違った視点をもとうとしてきたということはいえると思います。

あなたもまた、根源的な存在のすべてを知ろうとするのでしょうし、ほかの人々もいずれそうなるのでしょう。

そして、もう十分だということにも、いつかなるのかもしれませんね。
ここ(人の世)で知るべきは、そう感じられるまで、ということもできるのだと思います。

私は人間という存在にあきらめたわけでもなく、まだ経過の折り返し地点をすぎた半分しかきていないと感じています。

ですから、人の心も、理性も、人間的な価値観も、いまだ人はその使い方も半分しかしらず、しかも、偏った使い方しか出来ていないと理解しています。ですから私は人間的な価値を知るのはこれからで、よって今後の世界には期待しか感じられないのです。

できるだけ別角度から世界を眺望するいくつもの視点を如何に束にするかが大事なのではないかという気がいたしております。

話題が前後して読みにくいのは、ここでは愛嬌と理解してほしく思います。


4. 仁王像[902] kG2JpJGc 2016年7月24日 15:41:10 : T1wAKuawu6 : 7vymSif9G2s[1]
 >>3

 >根源的な知識への渇望が見て取れ…

  図星でした。恐れ入りました。


5. 晴れ間[1145] kLCC6orU 2016年7月25日 06:24:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[267]
前の投稿へのコメントを3件追加しておいた。

歴史の見方と、空爆に関して :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c22
ムスリム系移民が「無差別テロ」の犠牲になったこと。+近隣住民の反応 :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c23
テロへの政界の反応。大統領選挙候補者の一人(ブリュノ・ルメール) の発言 :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c24

上記コメント(c22) では空爆に関しては、中国を参加国から外したが、確か中国は艦隊を派遣してロシア空軍への支援を行っているはずだ。(∴要確認。)
コメント(c24) での「政治イスラム」に 関するルメール発言は、私の別投稿や従来のコメントとも関連している。特に、イスラムの「ミゾジニー」(女性嫌悪) 思想(⇒男女隔離) と、「シャリア支配」 が批判の対象となる。これらの問題こそが、近代市民社会の原理(人権・自由・民主主義etc.) とその否定に関わるものである。「名誉殺人」の問題も同様。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
  (「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html
  (「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ