★阿修羅♪ > 原発・フッ素31 > 517.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
若年・中年の孤独死が激増する可能性
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/517.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2013 年 5 月 09 日 15:28:38: FpBksTgsjX9Gw
 

予想されたことだが、心筋梗塞や脳卒中で突然倒れる30-40才代の人が激増しているようだ。

天海祐希さん(45才)も心筋梗塞で舞台を降板した。
彼女のケースが被曝によるものとは断定できないが、被曝の影響が統計的に明らかになり始めた。

「疑われる被曝の影響 岩手県で脳卒中5倍以上に」
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/154.html

「我々の地域での脳卒中発症率が35歳から64歳の壮年層で3.4倍にまで上がっています」
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/504.html


多くの人に共通しているのは、別に体調不良でもなく健康だったのに
突然襲われたという点である。

高齢者ならある程度の覚悟、準備はできているし、周囲の人の心遣いもある。

だが30、40代の人が急に倒れるとは本人もまわりも夢にも思わないだろう。盲点である。
とくに独り暮らしの人は、そのまま孤独死に直結する可能性が非常に高い。

朝日新聞の記事も、被曝には触れていないが、若い人も危ないと警鐘を鳴らしている。
 「おひとりさま、脳卒中がトドメ刺す 孤独死を逃れるための絶対条件」 (2013年4月26日)
 http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/aera/product/2013041800003.html


汚染のひどい東日本から早急に避難するのが最善策だが、
そう簡単に移住できない場合はどうしたらよいか。

まず、できるだけ独り暮らしは避け、家族、配偶者、恋人、友達などと一緒に住むことだろう。
脳卒中にしろ心筋梗塞にしろ、手当てが早ければ助かる、軽症ですむ可能性が高い。
万一倒れても、救急車を呼んでくれる同居者がいればとても心強い。

独り暮らしをせざるを得ない人は、家族や友人知人と連絡を頻繁に取り合い、
音信不通になった場合どうするか、連絡先等を教えておくことだ。

無職で人づき合いがほとんどない引きこもりがちな人が一番危ない。
姿が見えなくなっても誰も気にしない。
死後1ヵ月もして腐乱死体で発見ということになりかねない。

これだけ放射能汚染が広範囲に拡がり、人がバタバタ倒れ始めている以上、
ライフ・スタイルを変えて柔軟に対応しなければ、無事に生き残ることは難しいだろう。

原発のために何でこんな目にあわなければならないのか怒り心頭だが、
死んでしまったら元も子もない。

何とか知恵をしぼって生き延びるしかない。

私はまだ若いから大丈夫と油断するのは禁物。どうか万一に備えていただきたい。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. BRIAN ENO 2013年5月09日 16:06:09 : tZW9Ar4r/Y2EU : yhmbAsnuyo
生化学的には、放射性物質は、
ミトコンドリアに作用する。
ミトコンドリアを弱体化させる。
したがって解糖系が優位になる・・
ミトコンドリアは我々真核生物の
生命の源である。

ミトコンドリアが
酸素と脂質等をエネルギーにして、
生命を司っている。

車で言えば、アイドリングである。
車はエンジンを切っても、
またエンジンがかかるが、
我々人間は、
ミトコンドリアのアイドリングが止まると・・

それは死を意味する。

だから、我々は窒息すると死ぬのである。

脳は神経細胞の集合体
神経細胞も脳も心筋もミトコンドリアの数が解糖系に比べると
膨大である・・
(これらは休むことが許されない臓器であり部位である)

ミトコンドリアが多いということは、

放射性物質の影響が顕著に出やすい部位である。

ミトコンドリアが弱体化して
解糖系が優位になると

解糖系が多い部位(皮膚、臓器の上皮細胞等)は癌になる。

解糖系は原核細胞の末裔であり、
潜在的癌細胞である。

癌の正体を暴露した男オットー・ウォーバーグ、ロスチャイルド家に一蹴され怖気づく その1
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/400.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2013 年 1 月 16 日 15:50:51: tZW9Ar4r/Y2EU


02. 2013年5月09日 21:45:05 : nJF6kGWndY

>被ばく線量が高いほど出血性脳卒中のリスクが高まる傾向が、確認されているのだ。男性では2.0グレイを超えた場合、一般の2.5倍に達しており、女性では2.2グレイ超で3.5倍

数十mSv程度であれば、あまり関係ないから
余計な心理的ストレスをためないように注意した方が良さそうだな


03. 2013年5月09日 21:45:16 : JaWQwVlVP6
個人的には孤独死も良しとしています、後始末をする人は大変かもしれませんが。

病身で長生きして、何かあるのでしょうか?

福島原発事故の処理を見ていれば分かります。希望など元々ないのです。

生と同じように死も自分で決めたい。

>Michèle Causse at Dignitas (Switzerland). Assisted Suicide / Euthanasia
https://www.youtube.com/watch?v=vlJ8onG92ek


04. 2013年5月09日 22:10:32 : JaWQwVlVP6
嘘つきは、放射脳の始まり。

>放射線量と出血性脳卒中のリスク
@ 男性
被曝線量が0.05 Gy 未満の群から2 Gy 以上群に上昇するに伴って直線的な線量反応関係で増加し(11.6/10,000 人年→29.1/10,000 人年、p = 0.009)、1 Gy 未
満の範囲においても発生率の上昇を認めた(p = 0.004)
A 女性
1.3 Gy 未満群でリスク増加を認めないが(13.5/10,000 人年)、1.3–2.2 Gy 群で
20.3/10,000 人年、2.2 Gy 以上群で48.6/10,000 人年とリスクが上昇した(p =
0.002)。
http://www.rerf.or.jp/news/pdf/BMJopen.pdf


05. 2013年5月09日 23:01:19 : H0uoQVCBac
>04

http://www.rerf.or.jp/news/pdf/BMJopen.pdf

上の論文は

「イギリス医師会雑誌グループのオープンアクセスジャーナル(BMJ Open)*
掲載論文」

であることは読めば分かるが、このイギリスの論文を掲載して日本に紹介した日本の論文集なり単行本なりの題名や出版社や出版責任者も載せてくれないと、非常に困るんですが。

つまりこの論文を紹介している論文集が、「世界のデマ論文集・発行:阿修羅書店」だったら信用できないし、「世界の一流論文集・発行:多摩書店」なら、たぶん信用できるかもしれないとか、そういうスタンスで読めるんです。もちろん、どちらにしても自分の読解力で読んで、信用できるかどうか決める訳だが。

よろしくお願いします。多摩散人。


06. 2013年5月09日 23:20:45 : 7OpGsifAXA
今回ばかりは隠蔽は不可能だ。ソ連では何とかごまかせたが、日本では無理だな。数が多すぎる。これからますます増えてゆく一方、人目につくようになれば誰が放射脳のウソを真に受けるものか。
日本ではかつて広島、長崎でも捏造を繰り返して隠蔽を図ったが、あれは戦後のどさくさと無知につけいることができたからだ。
しかし今回はそうはいかん。

07. 2013年5月09日 23:31:09 : Bll7V5OaN2
>>05
この本なら参考資料になるかね?
「チェルノブイリ〜大惨事の環境と人々へのその後の影響」
権威ある科学機関のアメリカ・NY科学学会が発行した本である。
PDFなら無料でダウンロードできますよ。

原本は英文だが、4月に邦訳した本も発売されている。
私は理系人間で社会人として職業人として
20年以上発電機やモーター、電源設備の研究開発をしていた立場で
製造現場&使用現場最優先の考えです。
現場を知らずして、机上の勉強やイメージでゴチャゴチャいうのは愚かしい事だと考える。
現場から上がってきたデータこそ真実に近い。
現場からのデータが
「チェルノブイリ〜大惨事の環境と人々へのその後の影響」に集約されている。
多摩散人氏が言うところの権威有るNY科学学会が発行した本である。
この本を読んだ考察・感想をぜひコメントして頂きたいものである。


08. 2013年5月10日 10:30:08 : O1xoVq7kr6
>>05
自分で調べなさい。

ヒント、書いてある。

http://www.rerf.or.jp/news/pdf/BMJopen.pdfは、どこのサイト?

豆腐の角に頭をぶつけると脳死しそうなレベルだ。
        ↓
>論文集が、「世界のデマ論文集・発行:阿修羅書店」だったら信用できないし、「世界の一流論文集・発行:多摩書店」なら、たぶん信用できる


09. 2013年5月10日 10:55:16 : HPxJjnlFLk
------------------------
天海祐希さん(45才)も心筋梗塞で舞台を降板した。

「疑われる被曝の影響 岩手県で脳卒中5倍以上に」
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/154.html

「我々の地域での脳卒中発症率が35歳から64歳の壮年層で3.4倍にまで上がっています」
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/504.html
------------------------

これが現実だ。あいかわらず机上の空論で放射能安全論をぶっている人がいる。外国の論文を読め
とか、笑止のかぎりだ。


10. カエルの合掌 2013年5月10日 12:54:14 : ctVEymSOwS0AU : 9xsB5MlVsk
「人がバタバタ倒れ始めている」イメージは実際にはTVの生中継中、たとえばパレードの最中とかスポーツ観戦のスタンドとか、はたまたお笑いの客席とか 普通の娯楽の光景の中で目撃しない限り、広く一般人には掴みにくいものだ。 あれだけ多くの観衆の中で一人でも気を失って倒れた姿を放射能過敏組の私も見たことがない。 、、、見た人、いますか?
 本当に人がバタバタ倒れ始めるようではTVの生放送は有り得ないので この表現は 今のところ多くの国民には失笑を買うぐらいで かえって注意喚起の逆効果ではないのかとさえ思ってしまう。 現場で体験した真摯な人の声も 哀しいかなお馬鹿な遊興まみれの楽天族の心には届きそうもない。
 ある日、突然息絶えてもそれが放射能由来とは死んでも気付かない。 「おのれ、放射能め〜!!」とこの世に恨みを残さない分、お馬鹿ゆえの幸せもあるわけだ。。。

孤独であろうが無かろうが 放射能はそんな個人的な事情は知ったこっちゃぁない。 いずれ満遍なく行き渡って死亡原因のトップに躍り出ることは想像に難くない。 まぁその時まで面白おかしく、つまらんことで一喜一憂しながら人生を消費していくのが今の多くの日本人の姿なのだと思う。 
 長生きしても薄っぺらな人生しか語れない老人になるよりはましか。。合掌


11. 2013年5月10日 12:58:01 : UXKjQTYwdw
「45歳の女性では珍しい......天海祐希を"襲った"心筋梗塞とは」
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/788.html

被曝すると、20-30歳分、老化が急激に進んでしまうのでしょう。
45歳ならすでに肉体は70歳ぐらいに老化しているのかも知れません。

チェルノブイリでは、心筋梗塞や脳卒中に加え、白内障や骨折など
若者とは思えない病気が多発しているということです。


12. 2013年5月10日 15:14:12 : UXKjQTYwdw
そういえば、数年前に話題になった「遺品整理屋は見た!!」を思い出しました。
http://blog.goo.ne.jp/keepers_real/m/200508

福島事故前の話ですが、孤立死するのは意外と50-60代の人が多いそうです。
自分も周囲もまだ死ぬとは全く思っていないからだそうです。

孤立死すると、死臭は残るわ、部屋は貸せなくなるわで後始末が大変なんですね。
こういう迷惑はかけたくないと思います。


13. ツネさん 2013年5月10日 17:37:26 : xccDiTU7kVO.. : myIHyyTAEc
いわゆる低線量の放射能は身体に良い事はあっても悪い事はないと科学的に証明されている、これを信じるかどうかはその人次第だが、、私は妻を連れて被災地の惨状を見て愕然としたが、その際思い切り深呼吸をして来た。政府がきちんとした情報出せず、非難場所も指示せずただ勝手に非難しろとは何事か。時の内閣は全く機能しなかった。管総理は腹を切って詫びても済む事ではない。今でも立ち入り禁止区域があるが阿部内閣できちんとした情報でこれをもって害はなしと説明をする事だろう。非難もしなくて済んだし孤独死などもしなくて済んだのだ、一日も早く帰還できる事を祈ります。できればもう一度被災地に行ってあの惨状を目に焼き付けて、そして思い切り深呼吸をして来たいと思っている。

14. 2013年5月10日 17:47:05 : OlLnPLnRU2
加害者に賠償をさせ加害者に確実に食べて応援させ加害者や加害者家族の海外逃避生活を禁止して福島から逃げたい家族と交替させるべき。加害者のくせに原発マネーと言われる税金や電気料金がもとの金で逃げる行為は下劣。今も税金や電気料金から金を貰ったり雇われて被爆殺人を助長する者も下劣。税金や電気料金がそんな活動に化けている。
ここからはきちがいに見える話だが誰もが最初は信じない話だが、3.11地震は人工地震だといろいろと固まってしまったから、電力会社や原発関係団体は被告を特定して被害額や犠牲の賠償金を請求すべき。被害犠牲が巨大すぎて税金がもったいないし屈辱だ、と言うより味方のはずではなかったのか?途方もない犠牲と被害だ。被害者のどこにも落ち度はない。

15. 2013年5月10日 17:47:27 : 3CL52EVLQA
>13

じゃあ行って来い。
写真を撮れ。
双葉か浪江の電柱の隣だ。


16. 2013年5月10日 18:28:19 : H0uoQVCBac
>10 孤独であろうが無かろうが 放射能はそんな個人的な事情は知ったこっちゃぁない。 いずれ満遍なく行き渡って死亡原因のトップに躍り出ることは想像に難くない。

 2年前からずっとその話は聞きましたよ。2年前のその予言はどうなったのか。
 今のあなたの予言は、何カ月後に実現して、「死亡原因のトップに躍り出る」んですか。その時、また議論しましょうよ。多摩散人。


17. 2013年5月10日 20:17:29 : O1xoVq7kr6
>>16
ア多摩惨人、>>08は無視か?

18. 2013年5月11日 00:48:52 : r04U3LKBvS
多摩散人さん

歴史の事例からも2年程度では低線量被曝の影響は分からないでしょ!
結論は焦らず検証して、何が日本の未来・
子ども達の幸せな社会に資するのか考えていきましょう。


19. 2013年5月11日 02:59:26 : H0uoQVCBac
>18

私は16さんに質問したのに、16さんは答えず、別人のあなたが答えている。横レスは迷惑だから無視したいと言いたいが、まあ、いいだろう。

ではあなたは、二年前に「もうすぐ被曝の影響が出る」と書いた人たちは間違いだったということを認めるのか。それとも、二年前に「もうすぐ」と言った人の「もうすぐ」は、二年よりもっと先の「もうすぐ」という意味だったと、二年前の「もうすぐ」さんたちの弁解をするのか。

>歴史の事例からも2年程度では低線量被曝の影響は分からないでしょ!

 では、何年程度なら影響が分かるのか。何年か分からないが、いつかは影響がでるだろうという意味なのか。

>結論は焦らず検証して、

 私は焦ってなどいない。影響が出ると言うから、何年後に出るという意味なのかと質問しているだけだ。100年後、1000年後に影響が出るのも、あなたの言う「影響が出る」の中に入るのか。

 事故後5年後、つまり今から2年10カ月後になって、「放射能は…満遍なく行き渡って死亡原因のトップに躍り出る」という16さんの予言が実現しなかったら、あなたはまた、「5年程度では低線量被曝の影響は分からないでしょ!結論は焦らず検証して、…」と16さんを弁護するつもりなのか。多摩散人。


20. 2013年5月11日 03:10:52 : aaHg8TVY3k
天海祐希(45歳)が心筋梗塞、、、
アナウンサーの大塚同様、因果関係を科学的に証明できないところが
トーデン、自民党、原発推進バカウヨにとって好都合だw



21. カエルの合掌 2013年5月11日 05:35:38 : ctVEymSOwS0AU : HRFhZi8IFI
>>16多摩散人さんはじめ拙コメを見ていただいた方にへ

謹んで訂正させて頂きます。
表向きに「死亡原因のトップに躍り出る」ことはこれからもありませんね。
今も国民の多くが原発事故由来の死者はほとんどいないと思ってます。
真実がバレそうになったら PM2,5のように他国由来の原因でも仕込んでくるつもりなのでしょう。 まぁ今の「幸せな」国民にはそのほうが精神的ストレスは少ないでしょうね。真実を知らされて慌てふためくより、お馬鹿なバラエTVで大笑いさせてもらってる方がはるかに健康的です。なによりパニックになれば国民生活そのものが破綻しますしね。、、、でも国家としては決して健康的な状態ではありませんな。まぁ「健康的な国家」が過去にあったのかどうかもわかりませんが。。


22. 2013年5月11日 05:40:27 : vc55rlWqFM
必死になって被曝の影響を無きものに見せようとする多摩散人が醜い。
多摩散人は原子力ムラの住人もしくはその手先だ。
彼の醜さは原子力ムラの醜さそのものだ。

被曝が死亡原因のトップに躍り出ようが出まいが、死亡の原因になり、死亡者を
増やし、また死亡には至らない健康被害や遺伝的被害を増やすのだ。

心ある者なら、少なくとも、「危険ではないかも知れないではないか」とは
決して言わず、「危ないかも知れない」と考えて、被曝を被る人々のことを
気遣うことであろう。

多摩散人のものの言い方は何事か!!
お前は人間ではない!!
恥を知れ!!

チェルノブイリの教訓に学ぼうとしないことは、被曝の被害を拡大することを
意味する。

「事故があった1986年から5年後ぐらいから被曝被害が顕著になり、7年後あたりから亡くなる人が急増する。
各国ともその通りに人口が推移しているのだ。」
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/383.html

「バンダジェフスキー博士:「体内セシウム100bqで、100%心臓に異常」「体内汚染50bq/kgでも30%が白内障」 」
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/407.html

小児科医のヘレン・カルディコット博士は、警告します。
「福島第一原発の事故は、チェルノブイリより多く、2.5回から3回、放射性物質を放出しています。さらに、日本は、ウクライナ、ベラルーシおよびロシアよりもはるかに人口密度が高いのです。これらの国々で、チェルノブイリの結果、25年で100万人が死んでいます。そうすると、私たちは次の25年で、100万人を超える日本人の犠牲者に、直視せざる負えなくなるのです。しかも、この世代が、被曝の後、癌になるまでの潜伏期間は、2年から90年と、人によって、様々に異なります。」
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/13fdf6cf53c16487958f48f1a8314caf

被曝の影響をことさら低く見せようとする連中は、現に存在している危険を
無視させることによって、人々の健康被害を拡大させているのだ。
非道である!!
悪魔である!!
許すべからず!!


23. 2013年5月11日 06:01:51 : H0uoQVCBac
>22

また別の人が別のことを言っている。横レスなので簡単に答える。

>被曝の後、癌になるまでの潜伏期間は、2年から90年と、人によって、様々に異なります。

それなら、「そのうちに」ではなく、バンダ博士が予言したように予言すればよい。この予言は疑問だらけの、詭弁の臭いがぷんぷんのものだが、その説明は今は省略する。横レスの、そのまた他人の文章の引用に丁寧には付き合えない。

そもそも私が答を求めている相手は40さんなのだ。多摩散人。


24. 2013年5月11日 06:09:37 : H0uoQVCBac
>23 訂正。多摩散人。

 あっ、40さんじゃなくて、10「カエルの合掌」さんだった。19の私のコメントの中も、16さんは間違いで正しくは10さんだった。

 それから、「10カエルの合掌」さんの21のコメントは今読みました。


25. 宮島鹿おやじ 2013年5月11日 06:23:31 : NqHa.4ewCUAIk : XGQASt2yVc
東京・東村山の空堀川(多摩地域)で汚染状況調査を行いました。報告をしましたがあまり多くの人に見てもらえなかったので、せめて写真だけでもご覧ください。

川にはためく こいのぼり
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/13644.jpg

相対的に高い線量のところで発見されたたんぽぽ
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/13650.jpg

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/13640.jpg


26. 2013年5月11日 10:07:51 : 0SLwlx5d9w
小佐古敏荘氏は「年20ミリのところに子供を置いとくわけにはいかない」と涙ながらに
語って内閣参与を辞任されましたが、彼は原子力村の一員です。原子力村の一員ですら
年20ミリはありえない被曝量なのでしょう。

安全論の側に立っている人間は、原子力村の一員ですらあきれるような発言をしています。


27. 2013年5月11日 11:50:19 : kAbfmVrn3o
多摩じいさん、>>07さんが紹介してくれた本を読めよ。お望みの「権威ある専門家」による本だよ。自分に都合の悪いコメントは全部スルーか?

28. 2013年5月11日 12:16:53 : SC5zzmMeoY
発電する電気のわりに人の数と団体設備の経費で最初から破産していて経費は結局税金と電気料金。東京電力に入った税金5兆円は1億人で割ると1人5万円。電気料金値上げ以外に加わる。トイレのないマンション、核のゴミのことも破産している。核のゴミの線量高くて危険だから、その作業は原発マネーを貰って放射能から逃げている原発関係者が当然すべき。原発で金貰う人が、危険な仕事を無知な人を騙してやらせるのが悪どいことは明白。さらに加害者が原発マネー貰っていて、原発事故が起きたら原発マネーで家族を海外に逃がす行為は禁止すべき。海外へ逃げる金は原発からの原発マネーが元であり、その金は原発被災者や原発事故処理に行くべきで、原発の被害者よりも加害者のが放射能から逃げるのがおかしい。

29. 2013年5月12日 07:58:37 : cdgciQnRT6
多摩散人。
>そもそも私が答を求めている相手は40さんなのだ。

それで、
『心ある者なら、少なくとも、「危険ではないかも知れないではないか」とは
決して言わず、「危ないかも知れない」と考えて、被曝を被る人々のことを
気遣うことであろう。』

という痛い指摘もスルーするというわけだ。
お前は醜い原子力ムラの手先だ!


30. 2013年5月12日 16:54:44 : H0uoQVCBac
>29

 私は横レスには答えないという方針をとっているわけではないが、22さんは私のことを、

>お前は人間ではない!!(22)
>恥を知れ!!     (22)
>非道である!!    (22)
>悪魔である!!    (22)
>許すべからず!!   (22)

と罵っている。22さんがまさか悪魔から答を貰いたいとは思わないだろうと思ったが、他の読者もいるだろうから、私は一番大切な所を22に書いた。これだけでも、菩薩なみの慈悲のつもりだ。29さんは、そう思いませんか。思わないなら、
29さんを、

 お前は人間ではない!!

と罵りたいところだが、私はそんなことはしない。それで、22さんの

>心ある者なら、少なくとも、「危険ではないかも知れないではないか」とは
決して言わず、「危ないかも知れない」と考えて、被曝を被る人々のことを
気遣うことであろう。

という一節には、「危ないかも知れないが、危険ではないかも知れないではないか。落ち着いてよく調べてみよう」と答えて置こう。

>27

 「権威ある専門家による本(論文)」は、そのうち時間が出来たら読みたいとは思うが、読むとは保証できない。なぜなら、私は放射能の臨床的、疫学的影響に関する科学的知識はほとんど持っていないから、一冊(一編)読んでも、それが本当かどうか、別の立場の本も読まなければならなくなるだろう。また、チェルノブイリで起きたことがそのまま福島に当てはまる訳ではないから、どこがどう同じで、どこがどう違うか、又また別の論文を読まなければならなくなるだろう。そして、沢山本を読んで、そういうことについて阿修羅のコメンターと論争しても、結局「科学的水かけ論」になるだろう。

 私が専門家の意見が欲しいと言ったのは、たしか、ここにこういう放射能の被害が出ていると言う情報に関して、それを裏付ける専門家の意見(情報)が欲しいと言ったと思う。

 それにしても、自分が紹介したわけでもない本(論文)を「読めよ」もどうかと思う。そんなに知らせたいなら、自分で読んで、内容を分かり易く紹介してくれればよい。

 こういう阿修羅のような議論の場においては、「この本を読んでからものを言え」という論法は避けて、「この本に、こういうことが書いてある。あなたはどう思うか」という論法の方が礼儀にかなっているということを、昔パソコン通信のフォーラムで読んだことがあるが、その通りだと思う。私が、「「罪と罰」を読めばあなたの考えがおかしいことが分かるはずだ」と書いたって、迷惑な話だろう。

 阿修羅を上品にする会会長、じゃなかった、ただのコメンター 多摩散人。


31. 2013年5月12日 17:02:34 : H0uoQVCBac
>30 追加。多摩散人。

「科学的水かけ論」とは、「表面は科学的論争の形をとった水かけ論、ただの言いあい、のの知り合い」という意味である。そうではない論争もあるが、大変な知識と能力と準備と忍耐を必要とするだろう。学者同士でも、難しいことだ。この阿修羅でもそうではない論争がしたいものだ。


32. 2013年5月12日 17:58:44 : DeOHzWOw0I
>>30 「お前が」権威ある専門家の意見を聞きたい、と散々言ってたんだろうが。人に解説してもらわなければ本も読めない奴が言うな!

33. 2013年5月12日 21:32:33 : qgKaFg8Lz6
何度も言わせてもらおう。
多摩散人はあの醜い原子力ムラの住人もしくはその手先だ!

>「危ないかも知れないが、危険ではないかも知れないではないか。落ち着いてよく調べてみよう」と答えて置こう。

だと?
危ないに決まっているではないか!
お前が落ち着いてよく調べたならば、その危険性やチェルノブイリにおける深刻な被害はすぐに明らかになる。
お前は意図的に危ないものを危なくないかのように言い、危険性から目をそらせようとしている。

まともな予防原則に立つならば、「危ないかも知れない」ことをもって避難なり様々な対策なりを考えるべき。

一生懸命「危なくない」かも知れないかのようなことを言いふらすお前は悪魔だ!
自分の心の醜さを直視せよ!

放射線の危険性やチェルノブイリの深刻な被害に関する資料は山ほどある。
このページでもすでにいくつも挙げられている。
小佐古敏荘氏の話もよく知られたところだ。
ここでもう2つ追加しておこう。

>「ウクライナでは政府系市民団体がチェルノブイリ事故による被曝死者は150万人と公表している.
http://www.47news.jp/CN/200504/CN2005042401003588.html
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/721.html

>「チェルノブイリ原子力発電所事故後のベラルーシに滞在。5年半もの間、原発事故で放出された放射能による甲状腺がんで苦しむ多くの子どもたちを治療し続けた菅谷昭・松本市長。
「安全だ」と言う専門家は、「放射線を浴びて病気になった人もいるし、なっていない人もいる。だからすべて危ないとはいえない」という論理ではないでしょうか。

まさに、それが問題なのだ。なぜチェルノブイリの子どもにがんが異常に増えてしまったのかという観点が抜けている。論理のすり替えだ。」
http://toyokeizai.net/articles/-/6887


34. 2013年5月12日 21:57:07 : EJSexQ592o
>>33
>多摩散人はあの醜い原子力ムラの住人もしくはその手先だ!

 そんなたいそうなものならまだ救いも有るのかもしれないが、その実態はすでに素面という状態を記憶の彼方に置きわすれてきたはた迷惑なジジイという可能性が遥かに高そうだ。日常レベルに存在する邪悪な動く生ゴミヒトモドキというわけ。このような邪悪有害存在を的確に判定し除去処理する手法の確立は日本が世界に為しうる重要な貢献となるだろう。


35. 2013年5月12日 22:53:45 : H0uoQVCBac
>33 qgKaFg8Lz6 さんへ。
>何度も言わせてもらおう。

 あなたが言うのは一度目ではないのか。多摩散人。


36. 2013年5月13日 13:51:09 : UXKjQTYwdw
多摩散人に何を言っても無駄だよ。

都合の悪い事実は一切無視だから、議論が成り立たない。
揚げ足取りをしているだけ。

たとえ自分のまわりが被曝でバタバタ倒れだしても、偶然です、いつもと変わりません、
どこが終わりなんですか、としらばっくれるだけだからね。


37. 2013年5月13日 14:06:10 : gipAiJZJPQ
>多摩散人

老人の意識を変えるのは不可能。
人が死ぬことで世の中が変わっていく。
好きなものを自由にたくさん食べてればよい。
結果はそう遠くない時間でやってくる。
ただし、生きようとするものの邪魔をするな。


38. 2013年5月13日 15:28:33 : H0uoQVCBac
>37

>結果はそう遠くない時間でやってくる。

「そう遠くない時間」って、何カ月後ですか。反原発派はそれを2年2カ月も言い続けていますよ。今から4カ月後(事故2年半後)ですか、…(以下、略)


39. 2013年5月13日 15:35:53 : H0uoQVCBac
>38 追加。多摩散人。

どういう「結果」がやってくるんですか。具体的に書いて下さい。多摩に住んでいる人の何人のうち何人くらいが、どういう病気で死ぬんですか。チェルノブイリの資料は、山ほどあるんでしょう。

 4カ月後に、また検証しましょうよ。


40. 2013年5月14日 04:10:11 : rfASG3gGH6
まるで生きる核汚染物質、多摩散人!

『>心ある者なら、少なくとも、「危険ではないかも知れないではないか」とは
決して言わず、「危ないかも知れない」と考えて、被曝を被る人々のことを
気遣うことであろう。

という一節には、「危ないかも知れないが、危険ではないかも知れないではないか。落ち着いてよく調べてみよう」と答えて置こう。』

「危険ではないかも知れないではないか」だと?!
なんという言いぐさか!

多摩散人は一貫して放射線の影響を過小評価し、原子力産業を擁護する立場でものを
言ってきている。その立場は明らかだ!
さも科学的かつ冷静に物事を見るかのような言い方をしているが、あまりに薄い人物が
コーティングした、あまりに薄いメッキは即座にはがれたというべきである。

ここでの幾多の書き込みは言うに及ばず、放射線の恐るべき影響やチェルノブイリの
深刻な被害は様々な報告から明らかである。

2年経ってどうだの、4ヶ月後に検証してみようだの、バカまる出しだ!
すでに検証されているチェルノブイリの現実を見よ!

「健康な子どもは6%――。昨年4月にウクライナ政府が発表した衝撃の事実。被(ひ)曝(ばく)者から生まれた子どものうち、健康なのは、チェルノブイリ事故から6年後の92年で22%だった。それが08年には6%に激減。一方で、慢性疾患のある子どもが20%から、78%に急増したという。」
http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/584.html

そして、放射線・放射性物質の影響は、5年後・20年後・50年後、さらにはるかその先まで
考えなければならない。

ある種の人間の醜さを彼の中に見る。
見たくもないものを見せられている思いだ。


41. 2013年5月14日 05:26:24 : H0uoQVCBac
>そして、放射線・放射性物質の影響は、5年後・20年後・50年後、さらにはるかその先まで考えなければならない。

 反原発派の言う、「…年後には大変な事態になる」という「…年後」の数字がだんだん増えて行く。昔は「もう関東も終わりだな」的な言い方だったが、最近は「5年後・20年後・50年後、さらにはるかその先」みたいに変わってきている。ひどいのになると、「数世代後の子孫に、化け物みたいな子供がうじゃうじゃ生まれるだろう」なんていうのもあった。

 今まで、「もうすぐ大変なことになる」と言っていたのは全部ウソだったと正直に認めなさいよ。その上で、「ごめんなさい。だけど、これからのことは本当なんです」と言えないのか。それなら少しは信用してやろう。だけど、今まで2年2カ月嘘を突き通してきた人たちを、これからは少し信用するといっても、0.01パーセントくらいは信用するとしか言えないだろう。

 5年後って、事故後5年後ですか。それなら、5年後まで、あと2年10カ月ですよ。あと2年10ヶ月経ったら、どういう「結果」がやってくるんですか。具体的に書いて下さい。多摩に住んでいる人の何人のうち何人くらいが、どういう病気で死ぬんですか。チェルノブイリの資料は、山ほどあるんでしょう。

 2年10カ月後に、また検証しましょうよ。私は「放射能は安全だ」なんて、一言も言っていません。「原発(放射能)は危険だ。しかし、原発は必要だ」と言い続けている。危険を感じれば、いつでも多摩から逃げ出しますよ。ただ、今のところ、逃げ出す必要は感じていません。多摩散人。



42. 2013年5月14日 07:35:16 : C1UC3mdafw
>41
>危険を感じれば、いつでも多摩から逃げ出しますよ。
>>8が指摘した件からわかるように、多摩散人には目の前の物をまともに認識する能力がない。なにがあっても逃げ出す必要を感じることは無いだろう。できもしないことは公言しないこと

ついでに書くと、目の前のことをまともに認識できる人間の方が少数派のようだ


43. 2013年5月14日 08:07:40 : H0uoQVCBac
>42
 危険を感じて、逃げ出すことを妨げるものは何もないのに、逃げ出さない人がこの世にいるでしょうか。私は逃げ出す準備は完了しています。ただ、その必要をまったく感じないだけです。

 ついでに聞くが、経産省前でテント暮らしをしている反原発派の人たちは、なぜ逃げ出さないんですか。東京でも、もうすぐ誰の目にも明らかな結果が出て、ガンや白血病で死ぬ人が出るはずなら、なぜ自分の生命と健康を守ろうとしないのだろうか。一定の確率で出るだけだから、気にしないで頑張っているんですか。

 反原発派がみんな東京から逃げ出していれば、東京の人口は2年前の半分くらいに減っているはずだが。多摩散人。


44. 宮島鹿おやじ 2013年5月14日 13:27:59 : NqHa.4ewCUAIk : XGQASt2yVc
避難をしにくくするようにいろいろな勢力が協力しあっているように見えます。
避難したことを後悔するように。
これから避難しないように。  

以下の動画は参考になります。

浪江町 鈴木さん「私の目から見た原子力災害」
http://www.youtube.com/watch?v=wi-C1MTgNbo


45. 2013年5月14日 14:49:50 : H0uoQVCBac
>44

 経産省前でテント暮らしをしている反原発派の人たちは、なぜ逃げ出さないんですか。東京でも、もうすぐ誰の目にも明らかな結果が出て、ガンや白血病で死ぬ人が出るはずなら、なぜ自分の生命と健康を守ろうとしないのだろうか。一定の確率で出るだけだから、気にしないで頑張っているんですか。

 事故直後から、「もうすぐひどい結果が出るぞ」とデマを流していた人たちは、テントの中の人たちが放射能由来のガンにならないのをどう説明するんですか。

 「今までのデマは嘘だったが、あの人たちは、これから本当に放射能由来のガンになるぞ。東京は放射能だらけなんだ」と予言するんですか。多摩散人。


46. 宮島鹿おやじ 2013年5月14日 16:25:51 : NqHa.4ewCUAIk : XGQASt2yVc
ある程度自分の事は諦めている人はいると思います。

それでも、やるべきことをやっているという意識があるのではないでしょうか。

また、空間線量、ベクレル数においては、当然、福島よりはましということは明らかだと思います。

しかし、本当に福島よりも関東圏のほうが安全だという保証もありません。

採取した土壌の低エネルギー領域において妙に高いピークが見られるのです。

ライジング・スペクトル  −柏・松戸・葛飾・江戸川・東村山の汚染物質スペクトルの相似− 『原発被災地の真実』より
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/717.html

特に、南相馬と松戸の「黒い物質」を比較したものが以下です。
http://blade1024.web.fc2.com/minamisouma/spviewer/spviewer.html#3__20120310-3.spe/20120811-7.spe//0/0

ただの杞憂であることを願っています。予言はしません。


47. 2013年5月14日 21:07:25 : SPNl4t0iTg
>46

>ある程度自分の事は諦めている人はいると思います。

>それでも、やるべきことをやっているという意識があるのではないでしょうか。

木下黄太のブログとかを見てると、そういう意識とは全くかけ離れた所で動いている人たちもいるようですね。愚かな多摩散人が啼いて喜びそうな話です。しかし、>43の

>私は逃げ出す準備は完了しています。
ってのはなんなんだろうね?口からデマかせでないなら、泥酔して飛び込めば確実にこの世から逃げ出せる場所の確認を完了したということだろうか?


48. 2013年5月15日 00:35:20 : H0uoQVCBac
>46
>ある程度自分の事は諦めている人はいると思います。それでも、やるべきことをやっているという意識があるのではないでしょうか。

 よく分からないが、それではテントのそばに、

 私たちは放射能で死んでも構いません。しかし、皆さんは命を大切にして下さい。反原発は、何よりも命を大切にする運動です。決して私たちの真似をしないで下さい。一刻も早く東京・関東・東日本から逃げ出して下さい。事情があって逃げ出せない人は御相談下さい。しかし、私たちに近寄らないで下さい。放射能は接触や接近によって、人から人に伝染するという説(心配)もあります。少しでも放射能被害の心配があることは避けるべきです。それを、「まあそこまで心配することもないだろう」などと多摩散人みたいなことを言うのは、殺人行為です。

などと張り紙がしてあるのだろうか。あなたのテントの住人に対する弁護は苦しいのではないか。
 
 もう一つ、真面目な話だが、「浪江町 鈴木さん「私の目から見た原子力災害」」は真剣に考えさせる話だと思います。これをネタにして、「やはり反原発派のデマが被災地の人たちを苦しめているではないか」などと簡単には言えないと思います。しかし、言えるかもしれない。いや、今は言いません。

>ただの杞憂であることを願っています。予言はしません。

 「啼いて喜」んでいる訳ではないが、あなたは木下黄太の運動をどう思いますか。やはりテント村と同じように弁護しますか。多摩散人。


49. 2013年5月15日 02:48:30 : RhRv7Fo1y6
もう一度多摩散人に向けて言おう。

2年経ってどうだの、4ヶ月後に検証してみようだの、バカまる出しだ!
すでに検証されているチェルノブイリの現実を見よ!

「健康な子どもは6%――。昨年4月にウクライナ政府が発表した衝撃の事実。被(ひ)曝(ばく)者から生まれた子どものうち、健康なのは、チェルノブイリ事故から6年後の92年で22%だった。それが08年には6%に激減。一方で、慢性疾患のある子どもが20%から、78%に急増したという。」
http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/584.html

>「ウクライナでは政府系市民団体がチェルノブイリ事故による被曝死者は150万人と公表している.
http://www.47news.jp/CN/200504/CN2005042401003588.html
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/721.html

さらに追加すると、元双葉町長の井戸川克隆氏は1号炉の爆発の灰をかぶって、鼻血が出たり
体毛が抜けたりと、体調に異変が起こっている。
http://blog.livedoor.jp/blog_6d/archives/3056884.html

そのような例は枚挙にいとまがない。

さらに、「福島の甲状腺ガンは既に10例発生している。日本小児科学会」
http://takumiuna.makusta.jp/e214802.html

こんなのは、今出ている健康被害のごくごく一部に過ぎない。ただそれらのことをマスコミが
積極的に報道しないだけだ。腐っている!

>最近は「5年後・20年後・50年後、さらにはるかその先」みたいに変わってきている。

誰が「変わってきている」のか!!
人と他の人の言っていることをごちゃまぜにして歪めて都合がいいように言う。
バカだ。

「放射線・放射性物質の影響は、5年後・20年後・50年後、さらにはるかその先まで
考えなければならない」と言っているのがわからないのか?
いま放射線を浴びた影響が、何年か経ってから出てくる可能性がある。
原爆の放射線障害を見ても、放射線の影響が長い年月がたってから出てくる場合が数多く
あることは常識だ!

なんのために放射線に基準値があるのか?
なんのためにいま福島県で自宅から避難している人が15万人もいるのか?
お前はそれらの避難は不必要であるとでも言うのか?
放射線に基準値や法律は不必要であるとでも言うのか?

「原発(放射能)は危険だ。しかし、原発は必要だ」と言い続けている。

つまりお前は原子力ムラの手先だ。
その言葉を古里から離れて避難している人達に言ってみるがいい。
お前は所詮醜い原子力ムラの手先だ。

いよいよますます原子力産業への憎悪は募るばかりだ。


50. 2013年5月15日 04:04:47 : H0uoQVCBac
>49 RhRv7Fo1y6
>もう一度多摩散人に向けて言おう。

 インターネット素人の質問。「もう一度」というが、前に何度か私に言ったことがあるのか。それはどこか。

 チェルノブイリの例があるというが、日本の例はあるのか。
 日本の例があるというなら、それがどこの誰で、原因は放射能のための病気や死だと確認されているのか。

 私が一人一人の反原発派の発言を、一緒くたに論じているのは申し訳ないが事実だが、今まで2年2カ月間、「もうすぐ結果が出る」とか「もう終わりだ」と言ってきた人が沢山いるが、そんなに早く「すでに」でも「もう」でもなかったということは、新しくここに登場して、「これから放射線の影響が出始めるのだ」と発言し始める人たちは、認めるのか、認めないのか。

 私は、原発の恩恵を受けている以上、多少の放射能の被害を受けるのはやむを得ないと思っている。だから、「原発は危険だ。しかし原発は必要だ」と言っている。ただ、どのくらい危険か、冷静に見極めるべきだと言っている。

 あなたが何と言おうと、4カ月後や2年後にまた一緒に検証しよう。なぜ検証してはいけないのか。多摩散人。


51. 2013年5月15日 07:09:45 : H0uoQVCBac
>49 RhRv7Fo1y6 さんへ。追加。

 このアドレスを検索すると、過去の発言が見つからないので、「もう一度」とはどういう意味か尋ねたのです。

>元双葉町長の井戸川克隆氏は1号炉の爆発の灰をかぶって、鼻血が出たり体毛が抜けたりと、体調に異変が起こっている。そのような例は枚挙にいとまがない。
>さらに、「福島の甲状腺ガンは既に10例発生している。日本小児科学会」

こういう例の中の、何が放射能の影響か、何が普通の病気か、普通の死かは、医学的に検証される必要がある。繰り返すが、私は放射能が安全だなどとは言っていない。しかし、芸能人が多忙でダウンしたのまで、放射能のせいに「決まってるじゃないか」という反原発派も沢山いる。あなたがそうでなければ、「その判断は間違っている」とはっきり言うべきだ。

>なんのために放射線に基準値があるのか?
>放射線に基準値や法律は不必要であるとでも言うのか?

 詳しくは調べていないが、基準値は必要だが、大事故が起きてしまって、守れないから暫定基準を作った。武田邦彦先生は、国は法律を守っていないというが、暫定基準値を作ってそれを守るのは法律違反だとでも言うのか。あなたは、暫定基準値は不必要だとでも言うのか。

>なんのためにいま福島県で自宅から避難している人が15万人もいるのか?
>お前はそれらの避難は不必要であるとでも言うのか?

 放射能は危険であり、避難が必要だから避難しているのだ。決まっているではないか。逆説的な言い方だが、国は15万人も避難させているのに、人々を避難させずに殺そうとしていると言うのか。井戸川町長だって、ちゃんと(と言っていいかどうか知らないが、)埼玉県に避難している。しかし、避難が必要ではない人たちにも避難しろと言うとしたら、それは間違っている。

 私は多摩川の近くに住んでいる、つまり、関東・東日本の中、また東京の近辺に住んでいる。「東京・関東・東日本には人は住めない。今すぐ逃げろ」と2年2ヶ月も前から、いわば脅迫されている。私は、自分が納得する理由がないのに脅迫され、逃げない奴はキチガイだなどと言われて、恥ずかしい顔をしてもじもじする言われはない。また、理由なき脅迫とは戦う権利がある。逃げる必要があると判断すれば、あなたに親切に勧められなくたって、自分で勝手に逃げるよ。多摩散人。


52. 2013年5月15日 07:43:54 : ayBK4naVVU
>49
>お前は所詮醜い原子力ムラの手先だ。
 残念ながら手先ではなく、多摩散人のような動く生ゴミヒトモドキが世界に横溢してたから原子力産業みたいなものが繁栄したのだと理解したほうがよいと思う。

>48
>「啼いて喜」んでいる訳ではないが、あなたは木下黄太の運動をどう思いますか。
 全くわかってないね。木下黄太自身の話じゃないんだよ。これはしばらく観察してないとわからないから、わからない故に目の前の物がまともに認識できないとは言わない。しかし、わかればそれこそ啼いて喜ぶはずなんだが。でもやっぱりわからないかも
>50
>なぜ検証してはいけないのか。
そもそも、>>30
>「権威ある専門家による本(論文)」は、そのうち時間が出来たら読みたいとは思うが、読むとは保証できない。
なんて平気で書き込んで恥じることも無い生ゴミが、検証などと抜かすこと自体おこがましい。出来もしないことは公言しないこと
>51
>逃げる必要があると判断すれば、あなたに親切に勧められなくたって、自分で勝手に逃げるよ。
目の前の物がまともに認識できないからそんな判断できないよな。出来もしないことは公言しないこと

しかし、
>私は逃げ出す準備は完了しています。
ってのは結局なんなんだろうね?やっぱり口からデマかせか?


53. 2013年5月16日 02:07:42 : D46Bo8IG1Q
多摩散人の言うことがいよいよひどく、馬鹿げたことになっている。

>基準値は必要だが、大事故が起きてしまって、守れないから暫定基準を作った。武田邦彦先生は、国は法律を守っていないというが、暫定基準値を作ってそれを守るのは法律違反だとでも言うのか。あなたは、暫定基準値は不必要だとでも言うのか。

基準値を「守れないから暫定基準を作った」こと自体が、原発がこの世に存在していてはいけない
何よりの理由だ!
一般人の人口放射線は法律で1ミリシーベルト以下と決められている。
年間に直して5.2ミリシーベルト以上の線量のあるところは放射線管理区域に指定され、
その中で飲食及び睡眠は禁止、出入りするときには履き物を変えること。また、18歳未満は
管理区域内での作業は禁止。
そのような法律があるのに、国は年間20ミリシーベルト以下の地域に人を住ませている。
子供から妊婦から、誰から誰まで!
非人道的。

>国は15万人も避難させているのに、人々を避難させずに殺そうとしていると言うのか。

なにおか言わんや。日本国政府は、さらにさらに広い地域、多くの人々を避難させるべきところを、
法律を反故にして避難させていないのだ!

>避難が必要ではない人たちにも避難しろと言うとしたら、それは間違っている。

本当に馬鹿げた戯言!

ベラルーシで医療活動をした経験のある松本市長・菅谷氏は、「私は、この図で青色に塗られた
地域に関しては、せめて子どもたちだけでも避難させたほうが良いと思う」と述べている。
http://www.fng-net.co.jp/itv/2012/120312.html

この記事は、実際にチェルノブイリ事故の健康被害に遭った人達に接してきた医療従事者の
発言として、ぜひともみなさんに読んでいただきたいものである。迫力と訴求力が違う。
ぜひ!
菅谷氏のいう「青色に塗られた地域」の面積は、現在の避難領域の優に数倍には及ぶであろう。
福島市を始めとして、人口の多い地域がごっそり含まれていることからして、域内の人口は優に
100万人を超えていることであろう。


54. 2013年5月16日 02:09:42 : D46Bo8IG1Q
さて、しかも、汚染地域においては、病院内の放射線管理区域などとは異なり、ホコリや土、
また飲食物や呼吸を通じての内部被曝が生じる。内部被曝は外部放射線に比して数百倍も危険で
あると言われている。(体内から浴びるのだから、はるかに危険であることは当たり前。
また、取り込まれた放射性物質の周囲の、特定の細胞が放射線の攻撃を浴び、癌化しやすい。)

多摩の言っていることの本質は、「自分にとっては原発が稼働した方が好都合だから、放射線の
影響は低く見たい、見せたい」という、あからさまにして単純なこと。

なお放射線の危険性や、長い時間のスパンで影響を考えなければならないことについては
これまで幾多の例が挙げられてきたが、ここでさらに、以下の2つを追加しておこう。

「ドイツ政府の行なった研究は、原発の立地周辺で5歳以下の子どもが白血病にかかるリスクは、原発と居住地の距離が近いほど増加することをはじめて科学的に立証したものとなった。」
http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/world/0812/0812110292/1.php

「放射線を浴びたX年後」より…
「中でも、ロメオ水爆の死の灰を浴びた第二幸成丸(浦賀港から出港した室戸船籍)の生存者の元航海士と、乗組員19人中17人がすでに死亡した新生丸の甲板員の配偶者らが登場して証言する。」
「20人中17人の漁船員が40歳代から続々を死亡した新生丸の乗組員の死因はほとんどが「がん」だという事実が重い。」
http://asama888.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-0d72.html


55. 2013年5月16日 02:11:27 : D46Bo8IG1Q
人間というものの最悪の醜さを彼らと彼の中に見る。

56. 2013年5月16日 02:46:40 : D46Bo8IG1Q
放射線の健康に対する影響は、低線量被曝の場合統計的に見なければわからないことが多い。
また、長期にわたって観察しなければ見えてこない場合が多い。
そこで、核推進勢力から「影響はないではないか」といった主張も出てくるのである。

しかし、ここでこれまで様々に例が挙げられてきたように、放射線は極めて危険なものである。
チェルノブイリ・原爆・ドイツ政府による原発と小児白血病との関連の調査・ビキニ環礁における
核実験の影響等々、幾多の例証がある。(もちろん、まだまだほかにも数多く!)

反原発の立場に立つ人が、放射線の影響に関して間違ったことを言ったり、極端なことを
言ったり、すぐには検証できないことを言ったりするということはありうることである。
しかし、それらの“誤った”(むろん誤っていない場合もある)の発言を批判したからと
いって、放射線とそれを生み出す原発の危険性を理論的に否定したことにはならない。
「○○年後に××になると言ったが、そうはなっていないではないか?」と言ったところで、
まったく馬鹿馬鹿しく虚しい。
いわば“雑多な”主張の端々を否定して見せたからと言って、現実に現れている核被害や、
科学的に検証されている放射線の影響に対して、理論的に否定しえたことにはならない。
もっとも核心的、あるいは重要な論証に対して、それを回避し、別の枝葉に対して難癖を
付けているだけ。

危険性があるものを、「だから危険ではないかも知れないではないか」と主張することは
大罪である!

自らの主張に正当性のない者は、本質からそれたところで自らの主張を展開し、その浅はかさを
露呈する。


57. 2013年5月16日 03:19:07 : D46Bo8IG1Q
>私は、原発の恩恵を受けている以上、多少の放射能の被害を受けるのはやむを得ないと思っている。

恩恵を受けているのはお前自身だ!
お前を含めた、原子力ムラの連中だ!

そのセリフを15万を超える避難者の前で言ってみろ!
800人にも及ぶ原発関連死(福島の事故がなければ死亡しなかった)の遺族に向けて言ってみろ!

>あなたが何と言おうと、4カ月後や2年後にまた一緒に検証しよう。なぜ検証してはいけないのか。

はぁ?誰か検証してはいけないという人がいましたっけ?
いた?

多くの心ある人たちが、隠さず、正確にデータが公表されることを望んでいる。
しかしだ。あのひどい政府と官僚組織だ。
疑心暗鬼だ。

>チェルノブイリの例があるというが、日本の例はあるのか。

日本人なのに、原爆の放射線障害さえ知らない?
信じ難いことだ!

上に書いてある、「放射線を浴びたX年後」もぜひ見てもらいたい。

多数の日本の原発作業者のデータを元に、放射線量とガンの発生について、有意な差があると
結論付けた研究もある。「日本にも文科省が行った20万人の原発作業員の立派な調査がある。
調査データは10ミリシーベルトで4%癌死が増えている。」
http://mak55.exblog.jp/18760292/

東海JOC臨界事故では、作業員が大量の被爆を被り2名が死亡、1名が重傷となった。
(これは大量被爆による。)

そして!
聞かせてもらうが、チェルノブイリで被害が出ても、日本では風土なり人種なりが違うので
同じような影響は出ないとでもいうのか?!
あまりにあまりにばかばかしい。
チェルノブイリの事例をもって福島への教訓とする。
それがまっとうな考えというものだ。

歪んだ心が知性まで歪ませ、麻痺させている!


58. 2013年5月16日 03:27:57 : D46Bo8IG1Q
彼がものを言えば言うほど、彼自身と原子力ムラの醜悪さがあからさまとなってくる。
もう、言っていることがマトモでない。

59. 2013年5月16日 11:03:57 : H0uoQVCBac
>58
 多忙のため、おいおい答えるが、今日、こんなコメントが出ましたね。

「東京でデモをしている場合ではない、なぜなら東京はすでにチェルノブイリだから。」ロシア人女性の警告。(木下黄太のブログ)
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/589.html
投稿者 こーるてん 日時 2013 年 5 月 16 日 10:24:22: hndh7vd2.ZV/2

 反原発派が東京から出て行けば、人口は2年2ヶ月前の半分くらいになって、誰の目にも分かるはずだがな。三多摩さんなども、「そのうち引っ越すことになると思う。」だったか、そんなことを言っていていいんだろうか。

 経産省前のテント村は、生命軽視の「特攻テント村」ですね。反原発派の風上にも置けないね。あっ、風上は安全で風下は危険、真ん中は、「まんなか分からねえ」というのが落語でありましたね。

「安心弁当」という人は、とっくに逃げ出して、関西のどこかで外資系企業かなにかの重役だか管理職だかに横滑りで途中入社し、上司からも部下からも信頼されて、会社の業績を上げて、満足な生活をしていると書いていましたよ。雑な紹介で申し訳ないが。多摩散人。


60. 宮島鹿おやじ 2013年5月17日 05:52:03 : NqHa.4ewCUAIk : XGQASt2yVc
多摩散人さん

私はあなたとなら会話できる気がします。
しかし、あなたは意図的に会話の一部をスルーさせることがある。
以前は、あまり気にも留めていなかったのですが、今は、そこが重要なのかと思うようになりました。

以下のスペクトルについてどう思われますか?
http://blade1024.web.fc2.com/minamisouma/spviewer/spviewer.html#3__20120310-3.spe/20120811-7.spe//0/0

何かを知っていますか?


61. 宮島鹿おやじ 2013年5月17日 06:07:39 : NqHa.4ewCUAIk : XGQASt2yVc
ああ、私も質問に答えなくては。

>あなたのテントの住人に対する弁護は苦しいのではないか。
>あなたは木下黄太の運動をどう思いますか。やはりテント村と同じように弁護しますか。多摩散人。

もうしわけありませんが、テントの住人の方々についてはそれほど詳しくはないのです。木下黄太さんの活動についても。しかし、私が知っている

「東京のこどもたちの血液(白血球数など)に異常が発生している可能性がある。」

という情報ですが、私はこの情報を直接、血液検査を受けた親御さんから聞きましたし結果票も拝見しました。好中球、好酸球というものに統計的に大きな変化がおきているというのです。

この情報についても、木下さんのサイトに掲示されていましたので、きっと、信頼のできる方々と連携されていると思います。木下さんについてはそれ以外には特にお話できることはありません。

知人は最近、常に、線量計を腰につけています。そして、「風が吹くと、数値が不安定上下する。」と言っていました。

実は私も、稲城市のある地点で同様の経験をしたのです。屋内では、0.05マイクロシーベルト/hで安定していたのですが、屋外に出て、風のある中で、0.08〜0.20くらいの間を上下しました。

微細な粒子が空気中を浮遊しているとしか理解できません。この点については、最近以下のスレッドで紹介がありました。

「切り干し大根」の放射能汚染は土壌粉塵によるものである
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/421.html


62. 宮島鹿おやじ 2013年5月17日 06:52:51 : NqHa.4ewCUAIk : XGQASt2yVc
多摩散人さん

>>58. D46Bo8IG1Q さんのおっしゃっていることは、「論理的」には確かにそうなりますよ。

あなたは、原発は必要だ。 と、言っています。

そして、放射能汚染や健康障害の情報が出るたびに、

「そんなのは証拠がない」 と言っています。

ということは、「原発が必要なので、そういう情報に疑義を挟む」ということになっちゃうからです。

言わずもがなですけどね。 

科学的態度であるならば、「断片的な情報のみで総体を判断することはできない」
ここまではいいでしょう。しかし、どうやったら総体的判断が可能か、シロクロ付ける方向で動くはずでしょう。あなたにはそれが全く見られない。

原発を維持するために反論する。

これじゃ、工作員と言われても仕方が無いです。

いせやの焼き鳥を食べながら考えてみてください。


63. 2016年5月29日 01:56:50 : cftMK0qaCU : _9KDc8cLucg[4]
>いわゆる低線量の放射能は身体に良い事はあっても悪い事はないと科学的に証明されている、これを信じるかどうかはその人次第だが、

嘘を言ってはいけない。
科学的に証明されていないし、学会に受け入れられているわけでもない。
一部の研究者が主張しているだけ。

児玉龍彦は「内部被爆の真実」の中でこの種の「ホルミシス論」に対して反論している。
「細胞に低線量の放射線が当たると、P38のようなシグナル分子が活性化」するため「ホルミシス論」の根拠となっている。確かにP38が活性化されると最初は細胞が増えたりするので短期的には細胞が元気になったように見える。しかし、これが長期に継続すれば腫瘍となる、と指摘している。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧