★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 793.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射線より避難リスクが心配 東京大学医学部附属病院 放射線科准教授・中川恵一さん (SankeiBiz)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/793.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 6 月 07 日 06:59:15: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


【シリーズ エネルギーを考える】
放射線より避難リスクが心配 (1/7ページ) (SankeiBiz 2016/5/26)

□東京大学医学部附属病院 放射線科准教授・中川恵一さん

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160526/cpd1605260500002-n1.htm

■低線量被ばくでがん増えない

 東日本大震災から5年たっても、日本のエネルギー・環境政策が定まらない。安価な電気を安定供給し、地球温暖化対策を前進させる原子力発電所の再稼働への反対も根強い。日本の将来のエネルギーはどうあるべきか。各界の識者、専門家に聞く。

                   ◇

  −−東日本大震災による福島第1原子力発電所の事故から5年が過ぎました。インターネットなどでは放射線に関する情報があふれていますが、国民の間で放射 線についての正しい理解が進んだとはいえない状況が続いています。まず、放射線がどのように人体に影響を与えるのか、教えてください

 「放 射線を浴びると、細胞の核の中にある、細胞をつくる遺伝子を切断し、傷つけてしまいます。しかし、人間の体には放射線が遺伝子を切断しても、それを修復する仕組みがあります。この遺伝子の切断、修復は日常的に起きていることですが、一瞬で高線量の放射線を浴びた場合には修復しきれないことになります。修復 しきれずに、傷が残ってしまった細胞は死んでしまうものなのですが、ごくまれに『死なない細胞』になることがあります。これががん細胞です。ただ、がん細 胞の発生は放射線を浴びなくても日常的に起きています。高齢になると、1日数千から数万の単位で『死なない細胞』がいろいろな臓器にできて、免疫細胞がそれを抑制しています。がん細胞は遺伝子の経年劣化といえるもので、高齢化が進む日本では2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんでなくなっています。 がんを増やす要因の1つが放射線ですが、たばこや野菜不足など放射線以上のがんリスクは日常生活の中にあふれています」

−−放射線の発がんリスクは小さいということですか

 「その通りです。発がんリスクは放射線の量に比例 して発生する確率が高くなると考えられ、年間100ミリシーベルトの被ばくで、がんの発生がわずかに増加することが観察されています。ICRP(国際放射 線防護委員会)の報告で、それ以下では『確かな証拠はない』とされているのは、『よく分かりません』ではなく、『増加を検出できないほど増えない』という 意味です。日常生活では、受動喫煙でも放射線でいうと100ミリシーベルト、野菜不足で200ミリシーベルトに相当。大量飲酒や喫煙に至っては 1500〜2000ミリシーベルト相当ですから、放射線100ミリシーベルトの影響は非常に小さいといえます。リスクがあふれている世の中で、リスクの見積もりを間違えば、不利益を被ることになります。例えば、9.11同時テロ後の米国では交通事故死が増えました。飛行機に乗るのが怖くなって、車での移動 を選択する人が増えたためです。100ミリシーベルト未満の放射線は検出できないほど影響が小さいのに、それが巨大に見えてしまうと、9.11後の米国と同じことになってしまいます。原子力発電所の事故による福島県民の被ばく量は、最大でも3ミリシーベルト程度です。その水準の被ばくではがんが増えることはないと私は考えており、専門家の意見は一致しています」

 ■専門家信じ冷静な判断を

 −−福島の原発事故によるがんの増加はないといえるのはどうしてですか

  「日本人の年間平均被ばく量は、自然被ばく2ミリシーベルト、医療被ばく4ミリシーベルトの計6ミリシーベルトです。これに対し、福島の人たちがどの程度 追加被ばくしているのかといいますと、私が月に1度支援に訪れている飯舘村の人たちでも非常に少なく、内部被ばくはゼロ、外部被ばくでも最大3ミリシーベ ルト程度で、まったく心配する必要のない水準です。むしろ、33万人が避難して7歳短命化したチェルノブイリと同様に避難生活でのストレスによる健康被害 の方が問題で、飯舘村の調査データでも、血圧、糖尿、肝機能障害、代謝異常などのすべてが震災前との比較で顕著に悪化しています。糖尿病は膵臓(すいぞ う)がんと肝臓がんを2倍に増やすし、がん全体でも2割増やす要因になります。放射線は100ミリシーベルトでがん死亡を0.5%増やします。半分は治るので、発症では1%程度。今後福島でがんの発症が増えるとすれば、長期避難生活による健康被害によるものです。がんを避けようとする避難行為が、逆にがんを増やすという皮肉な結果を招くことになりかねません」

−−子供の甲状腺がんが増えているといわれています

 「福島の子供たちの甲状腺被ばくは、実効線量で最 大35ミリシーベルトであり、5歳未満の子供の5%が5000ミリシーベルト超だったチェルノブイリとはまったくけたが違います。また、福島とチェルノブ イリとでは、がんの性質も違います。チェルノブイリで一番多い年齢は0〜5歳ですが、福島ではこの年齢層には1人もいなく、年齢が高い人に見つかっていま す。がんができるには、大人だと最低10年程度、チェルノブイリでも5年かかったのに、福島では事故が起きた2011年から見つかっているのは、もともと あったのを拾い出しているからです。遺伝子の変異も違っていて、高齢者なら誰でも持っている遺伝子変異が高校生から見つかっています。しかも、避難地区と ほとんど放射線の影響を受けていない会津地区の発見率を比べても同じ程度ですから、自然発生型のがんを見つけているだけです」

 「福島にも反原発の活動家が入っていて、甲状腺がんなど放射線健康被害をあおるような活動をしています。政治信条を持つのは勝手ですが、結果的には住民 を不幸にする活動をしていることになります。私はがんの放射線治療をする医師として、放射線を日常的に扱い、31年間で2万5000人の患者を治療してきました。前立腺がんでは8万ミリシーベルトもの放射線を照射するケースもあり、私自身も年間10ミリシーベルト程度の放射線を当たり前のように浴びていま す。ですから、わがことでもある低線量被ばくについて、自分の体験と臨床経験、そしてさまざまな科学的研究の集積によって、何が起こるか予想できます。 ネット上などで『御用学者』と揶揄(やゆ)されても、『正しいと思うことをお話しするしかない』と思っています。医者でもない活動家の話より、専門家であるわれわれの話を信じないと、世の中にあふれているリスクの判断基準を間違え、自分が損をすることになります。『東電がにくい』『国を信じられない』とい う気持ちも分からないこともないが、ちゃんとした曇らない目で見ないと、自身に不幸を招くことになりかねないと思います」

−−最後に、将来の日本のエネルギーのあり方はどうあるべきとお考えですか

 「私はエネルギーの専門家 ではありませんが、医者から見て、長生きするために何が一番重要かといいますと、それは一定水準の所得なんです。やはり、貧困ではがんも多いし、短命で す。国レベルでも、国民1人当たりのGDP(国内総生産)と平均寿命は見事に相関します。日本人女性の平均寿命は約87歳で長生き世界一、男性も80歳を 超え、日本は世界有数の長寿国です。50歳を超えた1947(昭和22)年以降、急激に平均寿命が延びたのは、日本が豊かな国になったからです。日本人に は『清くつつましい方が長生きする』と考える人が多いかもしれませんが、まったく逆なんです。だから、発電するための化石燃料輸入にどんどんお金を使って いたら日本は貧しくなり、それは短命化にもつながります。地球温暖化が進み、異常気象になり、大規模な災害が起きて多くの命が奪われることは仕方ないが、 発電時に温室効果ガスを発生しない原発はだめというのはおかしな話です。最近の日本の平均寿命が頭打ちなのも、日本経済の成長が止まったこととかなり関係 すると思います。その意味からも、国を豊かにすることが大事であり、安全性が確認された原発は適切に使っていくべきだと思います」(聞き手 神卓己)

■放射線と生活習慣の発がんリスク比較

 (発がんリスク/リスク増加率/比較対象者)

 喫煙する男性/1.6倍/喫煙しない男性

 放射線被ばく(1000ミリシーベルト)/1.5倍/被ばくしない人

 大量に飲酒/1.4倍/ときどき飲む

 やせ型男性(BMI14.0〜18.9)/1.29倍/標準型男性

 肥満型男性(BMI30.0〜39.9)/1.22倍/標準型男性

 運動不足/1.15〜1.19倍/運動をよくする人

 放射線被ばく(100〜200ミリシーベルト)/1.08倍/被ばくしない人

 野菜不足/1.06倍/野菜をよく食べる人

 夫が喫煙する受動喫煙の女性/1.02〜1.03倍/夫が喫煙しない女性

 放射線被ばく(10<ミリシーベルト未満)/検出不可能/被ばくしない人

 ※国立がんセンター調べ

 ※BMIは体重/身長の2乗で計算

 ※放射線被ばくは広島、長崎の原爆被ばく者の追跡調査によるデータ

                   ◇

【プロフィル】中川恵一

  なかがわ・けいいち 1985年東大医学部卒、同医学部放射線医学教室入局。スイスのポール・シェラー研究所客員研究員、東大院医学系研究科生体物理医学 専攻放射線講座講師などを経て、2002年から現職。05年緩和ケア診療部長を兼務。医学博士。著書は、『ビジュアル版がんの教科書』(三省堂)、『放射 線医が語る福島で起こっている本当のこと』(KKベストセラーズ)、『放射線医が語る被ばくと発がんの真実』(同)など多数。1960年東京生まれ。

-------(引用ここまで)---------


中川恵一医師が産経紙上でまたデタラメを述べている。
内部被ばくは一切無視して触れない、いつもの手口である。

こんな安全デマを信じる人ももう少なくなったと思うが、一応反論しておこう。


>高齢になると、1日数千から数万の単位で『死なない細胞』がいろいろな臓器にできて、
>免疫細胞がそれを抑制しています。

被ばくすると免疫細胞がダメージを受けるから、若くてもがんになる。

>がん細胞は遺伝子の経年劣化といえるもので、高齢化が進む日本では2人に1人はがんにかかり、
>3人に1人はがんでなくなっています。

それは80年以上生きた人の話であって、若い人が4割も5割もがんで死ぬということではない。
誤解が起きるような説明はやめるべきだ。

>がんを増やす要因の1つが放射線ですが、たばこや野菜不足など放射線以上のがんリスクは
>日常生活の中にあふれています

まるで、タバコや野菜不足が放射線以上に危険なような言い方だが科学的ではない。
どんなに少ない線量でも放射線は安全とは言えないということが最新の研究結果である。

>放射線100ミリシーベルトの影響は非常に小さいといえます。

福島原発事故前には累積5ミリシーベルトで白血病を起こした人に労災が下りている。
IAEAの一般人の年間許容線量は1ミリシーベルトだ。
何の科学的検証もデータもなしに勝手に100倍に引き上げることは許されない。

お仲間の小佐古敏荘教授は子供に20ミリシーベルトはとても浴びせられないと泣いて
内閣官房参与を辞任したのはどう説明するのか。

>例えば、9.11同時テロ後の米国では交通事故死が増えました。
>飛行機に乗るのが怖くなって、車での移動を選択する人が増えたためです。

これもデタラメ。空港での安全チェックが厳しく時間がかかるので敬遠されるようになっただけ。
不況で交通費を節約するためでもある。

>原子力発電所の事故による福島県民の被ばく量は、最大でも3ミリシーベルト程度です。

格納容器が爆発して溶融燃料微粒子が外界に大量に噴き出し、遠く静岡まで飛散した。
摂食や呼吸で体内に取り込めば、そんな程度の被ばくですむはずがない。

この人はプルトニウムは重いので飛散しないというとんでもないウソを公言している。
大気核実験で発生したプルトニウムは全世界で検出されている。
飛散して危険だからこそ核実験は全面禁止になったのだ。

>むしろ、33万人が避難して7歳短命化したチェルノブイリと同様に避難生活での
>ストレスによる健康被害の方が問題で、飯舘村の調査データでも、血圧、糖尿、
>肝機能障害、代謝異常などのすべてが震災前との比較で顕著に悪化しています。

ストレスのせいで大勢の人間の健康が悪化したというデータがどこにあるのか。

第2次世界大戦末期、毎日空襲にさらされていた日本人は飯舘村よりもはるかに
強いストレスにさらされていたが、そのような健康被害は報告されていない。
白血病もがんも増えなかった。

また避難をせず、全くストレスを感じてない関東の人間がバタバタ倒れているのはどう説明するのか。

>福島の子供たちの甲状腺被ばくは、実効線量で最大35ミリシーベルトであり、
>5歳未満の子供の5%が5000ミリシーベルト超だったチェルノブイリとはまったくけたが違います。

これもデタラメなデータだ。
実効線量の換算係数自体がデタラメなので、全く信用できない。

放射性微粒子を体内に取り込むと、局所的に莫大な被ばくをするので、
単純な実効線量では危険性を論じることは不可能だ。

>がんができるには、大人だと最低10年程度、チェルノブイリでも5年かかったのに、
>福島では事故が起きた2011年から見つかっているのは、もともとあったのを拾い出しているからです。

チェルノでは事故1年後から子供に甲状腺がんが見つかっている。
すでに福島での発症率は通常の数十倍であり、スクリーニング効果では説明できないことは、
お仲間の津金昌一郎教授すら認めている。

もし福島の人に健康被害が出ていないというのなら、なぜ政府は福島県の白血病・がん罹患数その他
医学統計を公表しないのか。
公表したらパニックが起きるほどの異常が起きているからだと勘繰られても仕方あるまい。

>前立腺がんでは8万ミリシーベルトもの放射線を照射するケースもあり、
>私自身も年間10ミリシーベルト程度の放射線を当たり前のように浴びています。

それは外部被ばくの話。数百倍、数千倍危険な内部被ばくは別である。
放射性微粒子を体内に取り込んだときの危険性をきちんと議論しなければならない。

そもそも自分が10ミリシーベルト浴びて、これから健康で長生きできるかという保証もない。

>医者でもない活動家の話より、専門家であるわれわれの話を信じないと、
>世の中にあふれているリスクの判断基準を間違え、自分が損をすることになります。

実に傲慢なものいいである。
放射能汚染の心配はないと明言しているのは、原子力ムラとつながりのあるごく一部の医者だけだ。

逆に、放射能の危険性を指摘している先生は多く、肥田舜太郎、野村大成、西尾正道、菅谷昭、
三田茂の各先生を始め枚挙にいとまがない。被害が深刻になるにつれその数も増えている。

魚は食べても大丈夫とあなたが言うのを信じて食べたあげく、がんであっという間に亡くなった人が
すでに何人もいることに対して、どう責任を取るのか。

>だから、発電するための化石燃料輸入にどんどんお金を使っていたら日本は貧しくなり、
>それは短命化にもつながります。

原子力がお金がかからないとでも思っているのか?

これから何十兆円を使っても福島原発事故は収束しないだろう。
日本が貧しくなるのは原発のせいであって、化石燃料は関係がない。

小水力、風力、太陽光発電を大幅に導入すれば、ほとんどエネルギーコストはかからないし、
環境負荷も小さくてすむ。

>地球温暖化が進み、異常気象になり、大規模な災害が起きて多くの命が奪われることは仕方ないが、
>発電時に温室効果ガスを発生しない原発はだめというのはおかしな話です。

地球温暖化はデタラメということが判明している。
いまや地球は小氷河期に向かっているというのがまともな気象学者の共通見解だ。

原発はウラン採掘・精錬で莫大な化石エネルギーを使い、莫大な二酸化炭素を発生させる。
発電時も莫大な温排水で海を暖め、温暖化を加速させる。


中川医師の所属する放医研は、IAEAの協力センターだ。
原子力を推進するIAEAの傘下団体と考えてよい。放射線医学もIAEAの支配下にあるのだ。
そこの先生が原子力に都合の悪いことを言うわけがない。

彼の言うことが正しいかどうか、まもなく判明するだろう。
いや、これだけ死者が増えているのだから、すでに判明したと言ってよいかも知れない。

ちなみに彼の恩師を二代さかのぼれば、放医研の立ち上げに尽力した宮川正名誉教授に行き着くが、
この先生は731部隊レントゲン班に所属していたことを付け加えておく。


(関連情報)

「放射線についての正しい知識を (政府広報)」  (拙稿 2014/8/18)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/757.html

「福島県南相馬発・坪倉正治先生のよくわかる放射線教室」 (拙稿 2014/8/14)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/712.html

「驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く」 (拙稿 2014/5/16)
http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/205.html

「放医研、IAEAの協力センターに認定される低線量放射線の生物学的影響を研究」
(放射線医学総合研究所)
http://www.nirs.go.jp/information/press/2005/index.php?02_08.shtml

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 茶色のうさぎ[-3131] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年6月07日 07:30:27 : 96zGca2hnI : t7Q4CCeez2g[6]

思い出しても、はらわたが 煮えくりかえります! うさぎ♂

>放射線は100ミリシーベルトでがん死亡を0.5%増やします。

>福島事故は、チェルノブイリの1/10の被害です。(マスコミ報道)

つまり、福島でも 100ミリ以下だから、一人も死なない!

よって、食べて応援しよう! <無知な自分を恥じてます!w  あと、小出と児玉の熱弁かなー?💢

結論: 中川恵一 なんて、死刑でしょ! 長文省略



[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

2. 知る大切さ[5369] km2C6ZHlkNiCsw 2016年6月07日 07:37:02 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[1263]
流石偽装反原発の「茶色のウ◯コ」どさくさに紛れて
ウ◯コをブッ込んでくる。

3. 茶色のうさぎ[-3130] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年6月07日 07:50:56 : 96zGca2hnI : t7Q4CCeez2g[7]

まだ 返答してないね。汁! <ヘタレ、うそつき、うんこ好き、無知、無能、目立ちたいー!ぷ♪

http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/629.html <証拠です! うさぎ♂+浪江役場一同より

まぁ、バカは 相手しないこと! 返信無用



[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけのコメント(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)

4. 2016年6月07日 10:50:11 : 8rfQzL5Qyw : DnIKgZKyh_U[411]
 放射線の影響(リスク)と、(それよりも大きいと言い張る)避難によるリスクの相加(か又は相乗)による「Wパンチ」を受けているということだな。

 この人でなしの言うことは。


5. 戦争とはこういう物[1232] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年6月07日 11:23:57 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[281]
>野菜不足で200ミリシーベルトに相当。

どのような野菜の不足が何の栄養素を欠乏させると如何なる障害が出るのか。定量性の根拠となる基準が示されないまま、結果の数字だけ示すのは似非科学と言われても仕方がない。
 ここで言うまでも無い事だが、事故後に汚染牛乳を推奨していたチェルノブイリ事故と、危険な食品を皆が制限していた福島事故の単純比較は差があるのが当たり前と考えるべき。何時までも「5歳以下が発症しないから放射線では無し」と云い続けるのは科学に依る態度ではない。


6. p4rhfeEDdk[74] gpCCU4KSgoiChoKFgmSCY4KEgos 2016年6月07日 11:53:05 : LNxdHmKVZY : 4FvRDhqin8E[17]
>高齢になると、1日数千から数万の単位で『死なない細胞』がいろいろな臓器にできて、免疫細胞がそれを抑制しています。

実際に確認したのか?
まるで、実際に確認したような発言。


>飯舘村の調査データでも、血圧、糖尿、肝機能障害、代謝異常などのすべてが震災前との比較で顕著に悪化しています。

原因をストレスのせいにしているが、
顕著に悪化していることは事実だと認めている。
これを全てストレスだと言い切るところが凄すぎる。
避難によるストレスが身体に良くないことは否定しないが、
頭から放射能による影響を排除しておいて、原因が分からないのを全てストレスのせいにする体質が許せない。
ストレス以外に他に原因物質があったらどうする?
仮設住宅に有害物質が使われていないか?
原因物質は放射性物質だけとは限らない。このままストレスだとして放置していいのか?


>自然発生型のがんを見つけているだけです

1巡目がスクリーニング効果であると仮定すれば、
2巡目のスクリーニングで発見するであろうと思われる、がん・がんの疑いの人数を推定することが出来るはず。
その人数を出すべきだったのに出さなかったのは何故か?
2巡目の推定値を公表しなかったのは、お上の指示か?
推定値と実際の2巡目との乖離は?
同様のことを他県のグループのスクリーニングにも適用できるはず。


>発電時に温室効果ガスを発生しない原発はだめというのはおかしな話です。

発電時に大量の熱エネルギーを海に保存している。
空気中に直接放出すれば、直ぐに宇宙空間に逃げていくが、海だと時間がかかる。
何もかも温室効果ガスで判断するのはよくない。

このインタビューで感じたことは、
この医師は、提供される情報やデータに疑問を持つことはないのか?


7. 2016年6月07日 12:22:12 : AVDO3MJ7sc : UMeZ8ULnzBM[1]
この手合いと関わると、字面だけとは言え、穢れる気がするので、気乗りしない。

だけれど、嘘を無視できないので、コメントする。

@ >5歳未満の子供の5%が5000ミリシーベルト超だったチェルノブイリ

ウクライナにおける7歳以下で、最も平均甲状腺被曝量が高い、ジトームィル州で、231ミリシーベルト。

(«Twenty-five Years after Chornobyl Accident: Safety for the Future»
National Report of UkraTableの 3.16. Average regional thyroid doses (mGy) in different age groups of inhabitants of different regions of Ukraineより)

A >年間100ミリシーベルトの被ばくで、がんの発生がわずかに増加することが観察

被曝の影響が顕著なのは、心臓血管系の病気で、がんは死因の3番目にすぎない。

(Pathologies non cancéreuses dans les secteurs du Bélarus contaminés par la radioactivité due à la catastrophe de TchernobylのStructure des causes de décès en Bélarusen 2008より)

バスビー博士は、先天性奇形が、10シーベルト単位で倍増することを、突き止めた。

疾病率は、被曝量と比例して増加するのではなく、二相性(biphasic)の、あるいは、hogs-back的である。

(Genetic Radiation Risks - A Neglected Topic in the Low Dose Debateより)

また、白血病においても、同様な結果が見られて、影響は、0.067ミリシーベルトから現れる

(Very Low Dose Fetal Exposure to Chernobyl Contamination Resulted in Increases in Infant Leukemia in Europe and Raises Questions about Current Radiation Risk Modelsより)


8. 2016年6月07日 12:24:12 : AVDO3MJ7sc : UMeZ8ULnzBM[2]
>>07訂正

>バスビー博士は、先天性奇形が、10シーベルト単位

10シーベルトではなく、10ミリシーベルト。


9. 2016年6月07日 14:00:13 : 694ENOyseM : Q4rH_gqACJI[28]
医学者ならば医学で語るべきで、政治で語るべきではない。

10. 不眠症[221] lXOWsI_H 2016年6月07日 21:14:59 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[222]

 中川恵一 放医研は IAEAの 協力センター。 

⇒魑魅魍魎男 様

 辛口 特級 投稿

 ありがとうございます。


11. 2016年6月08日 01:13:15 : HtL2lJnc6k : 9faWU2j7Tbw[-44]
さすがだね
ボケ老人が集う低能掲示板
バスビーって誰ですかwww


終焉に向かう「反原発」(2) 英紙「ガーディアン」のバズビー師批判
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-48.html

県議選にこんなに関心を持ったのは初めてだったにゃ。「山下俊一氏解任署名」=6607(ネコ説4000〜5000)を見ると、これは7月までの「県民」の数字なので、今回の佐々木候補の得票はこれでも動員された結果のような気もするにゃ(6607でも県議に当選はムリ)。もっとも署名は本当に県民がしたのかどうか、客観的には不明な仕組みだった。「反原発」はいつまで経っても「プロパガンダ目的」から抜け出せないのかにゃ。

署名と言えば、つい先日も(今もか)Avaazとか言う団体が「福島の子供たちを救うための野田総理への請願書に2万人の署名を」をやっていたが、「山下氏解任署名」と同じく主催団体の責任が不明でありながら、「個人情報」を集めていた。

仙台のシンガー、長谷川寛子さんのサイト
http://hhvstudio.seesaa.net/article/234633803.html 
に詳しくあります。また長谷川さんが糸井重里さんに伝えて、糸井さんも疑っていました。
http://twitter.com/#!/itoi_shigesato/statuses/134917652610170880

これで糸井さんは「反原発」から叩かれていたが、最近は糸井さんや江川紹子さんのような著名人、影響力のある人が、「反原発」の胡散臭さに気が付くようになってきた(この点で、長谷川さんが糸井さんに伝えたことは、とても重要だと思うにゃ。マス・メディアにはない、個人発信ツイッターの威力だにゃ。)。実は夏をピークに「反原発」は下り坂に入ったのかもしれない(何か自分でコケている感もあるにゃ)。もちろんまだ12月24日の「葬列予報」第3弾の行方は不明だし、追い詰められると「連合赤軍」「オウム」のように、ますます過激化するだろうから油断はならないにゃ。

またこのAvaaz署名は全世界からの「国際署名」なんて言ってる。「反原発」は相変わらずの「外人かぶれ」(外国人の皆さん、ごめんなさい)だが、黒船・鹿鳴館時代じゃあるまいし、こんな「田舎だまし」は通用しない。日本人がダメなのか?外国は正しいのか?どんなに頑張っても日本人は日本人でしかない。日本ネコはアメショーにはなれない(さばトラは色が似ていてもシマシマが違うにゃ)。国際人ぶって故郷に誇りを持たないやつなんて、世界で相手にされないでしょ。Avaazの代理がアイリーン・美緒子・スミス氏となっているが、この人は「グリーンピース・ジャパン」と京都にある「グリーン・アクション」の代表だ。結局「山下氏解任署名」と同じ連中がやっているにゃ。デマを世界に流して署名を集めて、福島から避難させるなんて。まるで北朝鮮の「拉致」じゃないか。いい加減にしろ。福島は水俣の状況とは違う。ユージン・スミス氏の名声を傷つけないように気をつけてにゃ。

一方先週はダニエル・カールさんの「奮闘」があった。これこそ本当の国際的活動だ。ダニエルさんは英国の新聞「ガーディアン」の記事が、大波のコメ出荷停止について「福島の米が全てダメ」という誤報になっている、と抗議した。これについてはリンクにも入れたが、

http://news.goo.ne.jp/article/newsengw/world/newsengw-20111122-01.html 

にあります。記者個人の意図とは離れた、誇張されたタイトルが付けられたようで・・・。

そのガーディアンが21日、遂にあの「反原発」の尊師クリス・バズビー師の批判記事を書いた。これはもしかしたらダニエルさん効果だ。すごい!以下にその記事を、ヘタな翻訳(何しろネコだからにゃ 間違いは多々あるよ)で。

http://www.guardian.co.uk/environment/2011/nov/21/christopher-busby-radiation-pills-fukushima

英紙「ガーディアン」11月21日(月)
福島の「被曝に効く錠剤」を、科学者が批判

「緑の党」はクリストファー・バズビー博士はと距離を置いている。博士は党の前スポークスマンだったが、日本の原子力災害対策としての商品販売を進めているのだ。
(ジョージ・モンバイオ&ジャスティン・マカリ 東京発) 

「緑の党」の前科学技術スポークスマンが、被曝に効く錠剤を福島の原子力事故で被災した日本人に勧めている。しかし科学者たちはこれを「役に立たない」と非難している。

クリストファー・バズビー博士は、オルスター大学の客員教授であるが、高価な商品販売と有料サービスをバックアップしている。それは彼によれば、日本の人を被曝から守るものだ。その中には一ビン5800円(48ポンド)のミネラル・サプリ、98000円(808ポンド)の被曝汚染尿検査、また10800円(891ポンド)の食品検査などがある。

この検査は「福島の子どものためのクリストファー・バズビー基金(CBFCF)」を通して、「バズビー研究所」が行う。錠剤も有料検査も、ジェームス・ライアンという人物が運営する、4u-detox.com というウェブサイトを通して販売されている。

毀誉褒貶がある人物だが、バズビーは反核運動と環境運動から信奉されてきた。彼は今でも、低レベル被曝と劣化ウランについては、「緑の党」の相談役だ。しかし本紙(ガーディアン)が「緑の党」に取材したところでは、党はバズビーの活動とは距離を置いている。「緑の党」の広報担当ペニー・ケンプは、「党はバズビーの営業活動を容認していない」と言った。

Youtubeの動画で、バズビーは「カルシウムとマグネシウムは儲けなしで提供する」と言っている。しかし4u-detox.comにある価格は、日本で売られている同種のミネラル・サプリより遥かに高い。東京の薬品店では同じような錠剤は一ビン200個入りで1029円だが、ジェームス・ライアンのウェブサイトでは、上記の価格に加えて送料が最低でも2300円かかる。

日本政府は既に住民の被曝量や食品と水の検査・監視をして、汚染した食品の販売は禁止している。放射能の基準はEUより厳しい。

福島県は包括的な被曝検査プログラムを開始しているし、また小学校と中学校の280000人の子どもに、放射線モニターを配布した。避難区域の端にある病院では、前身被曝スキャンが可能であり、また政府の計画では2014年3月までに360000人の子どもの甲状腺調査をする。これは彼らの生涯に渡って検査を続けるものである。

「バズビー基金(CBFCF)」はまた、公開で寄付金を募集している。これはバズビーの住所であるエベリストウィスにある銀行の、「緑の監査」名義の口座に入るようになっている。「緑の監査」は、バズビーが創設した環境問題のコンサルタントおよび調査機関である。
(ネコ注:エベリストウィス?Aberystwythは、ウェールズにある。http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-31.html参照 しかし「バズビー研究所」HPには、「検査マテリアルは、イングランドのバズビー研究所へ、すべて送り」と書いてある。このHPは、イングランドとウェールズの区別が付かない者が書いた?)

商品販売と有料検査を開始するにあたって、バズビーは先のビデオで、福島第一発電所の爆発による日本国民の健康の壊滅的被害を警告し、また放射性セシウムは日本の子どもたちの心臓の筋肉を破壊する、と言っている。

彼はまた、日本政府が福島の発電所からの放射性物質を全国に運搬中だ、と疑っている。その目的は日本全国のガン発症率を高めること。そしてその結果、事故の影響を受けない防護された子ども集団がいなくなる。これにより被曝の影響を疑われる人々からの訴訟を妨害できる、と言う。そして彼の言では、この錠剤が日本の子どもたちのDNAに放射性物質が付着・汚染するのを防ぐのである。

しかしロンドンのインペリアル大学医学部(外科・ガン科)の、分子病理学専門であるジェリ・トマス教授は、バズビーの心臓の病気がセシウムで起こるという説を、「バカげたものだ」と表現する。彼女は放射性物質はDNAに付着しないと言う。「このことは、いかにバズビーが放射性生物学の基礎について、理解していないかを暴露しています。彼のクスリと検査が提供されても、これらは何も役にたちません。バズビー博士は恥を知るべきです。」

ICRPのメンバーである丹羽太貫教授は、バズビーの「政府が汚染を運搬中」説には、何も証拠がないと言う。「政府と東電が人々を騙すのは不可能だ。今や多くの市民が放射線計を持っていて、日本中で放射線量を測っているのだから。」

丹羽はバズビーの、ストロンチウム、ウラニウム、プルトニウムを防御するマグネシウム&カルシウムという「信仰」を、根拠がないと評する。

日本政府のスポークスマンも「日本の各地に汚染を運んでいる」という非難に反論している。内閣広報官の四方敬之は、「これまでに岩手県宮古市の津波による瓦礫が東京に運ばれたが、これだけだ。この廃棄の仕方は、岩手と宮城の廃棄物にだけ適用されるもので、福島の廃棄物には適用されない」と言う。

「現在、放射能汚染した瓦礫を福島県外に運ぶ計画はない。これらの処理は福島県内に中間処理施設を作る方向で、議論されている」と四方は言うのである。

日本アイソトープ協会の佐々木康人は、「放射能で汚染した牧草が運ばれている」というのも「馬鹿げた話」だと言う。「放射能汚染されたゴミの最終処理について、まだ何も決められていない。福島の自治体は、一時的に地域で保管するという政府提案だって、承認していないのです。」

バズビーはガーディアンに対し、「錠剤と検査の売り上げは、ジェームス・ライアンが創設した『バズビー基金(CBFCF)』に行く」と答えている。「基金」に対するあなたの関与は、何なのか?という問いに対し、バズビーは「私は何も関係ない。彼(ライアン)が電話をかけてきて、私の名前を使ってよいか、と聞いてきたから、いいよと答えた」。しかしバズビーはこう加えた。「検査は私が行っている。私は彼に、彼が送ってくるサンプルを計測すると約束したのだ」。「バズビー研究所」はあなたの主催なのか、と尋ねたら、彼は「私がバズビー研究所だ」と言った。

なぜ4u Detoxが提供する商品とサービスはこんなに高価なのか、というガーディアンの問いに対し、ライアンは答えてない。また商品の効果の証拠はあるか、という問いにも答えていない。

しかし彼は「4u Detoxからの全ての金は、福島と日本中の子どもたちに行く。我々は既に巨額の寄付を、日本の子どもたちにしている」と明言した。
(以下にバズビー商品の価格一覧あり)

(以上記事翻訳)

(ダニエル・カールさんのツイート)
@justinmccurry @guardian Agreed. Justin is a good guy. But his editor should be canned. Has no idea how he affects consumer sentiment.
11月18日 webから
今回の記事も書いたジャスティン・マカリ記者と直接やり取りしています。やはり個人力は大きい。

(もうひとつダニエルさんのツイート)
イギリスのバズビー先生はデマだらけです。よ〜くも海外メディアで、あんなやつをエキスパートとして番組に出せるな。やっぱ、海外メディアはもうニュースじゃねーんだ。ワイド・ショーになってしまって、信用出来ん。アホっか〜〜〜〜〜〜。
本当の「オペレーション・トモダチ」だにゃ。ありがとう。福島市内にある「市民放射線測定所」がドイツのZDFに協力してヤラセで作った、「福島壊滅」を主張するクズ番組「フロンタール21」騒ぎを覚えていますか(その後にも福島=死の街番組があったらしいにゃ)?「反原発」の口癖=日本メディアは間違っていて、海外メディアが正しいだって?海外も日本もいろいろだが、奴らのような「故郷を裏切る」エセ国際人が間違っていることは確かだにゃ。ダニエルさんの爪の垢でも飲め。

更に翌22日の「ガーディアン」記事=クリストファー・バズビーの無法な言説は、緑(環境保護派)の運動と「緑の党」を傷つけている

ま、ネコは「緑の党」自体、ドイツでは「ドイツ赤軍」の流れを汲むと言うし、まったく信用していないが、彼らも議席を持つ公党としては、過激派は切らざるを得ないということだろう。最近の日本の「反原発」のツイートには、バズビー師の「政府は放射性瓦礫を運搬して、発ガンをごまそうとしている」の受け売りがよくあった。また例の「自主避難者」がヒステリックに叫ぶ「瓦礫持ち込み反対」も、元を辿ればバズビー師にたどりつくのかもしれない(バズビー基金HP参照 ほとんど連中の叫びと同じことが書かれている)。

日本の「反原発」なんて、独自の学説、研究データが無く、バズビー師、ガンダーセン師、ゴフマン師、バンダジェフスキ師なんかに頼っているだけ。今後の英国でのバズビー評価がはっきりしてくれば、連中は結局「外国のマネ」だからね、日本でも「反原発」が「バズビー師切り」始めたりして(これも情けないけどにゃ)。

バズビー・サプリ及び「バズビー基金」、とりわけその「御用学者発言撤回訴訟」問題については、以前から「終焉に向かう反原発」として書かなくてはならないと思っていた。しかし「葬列予報」でぶっ飛んでしまっていたにゃ。雑駁ではありますが、この関連で気づいたことを書いておきます。

(メモ)

便利なサイト「バズビー基金についての調べ物まとめ」
http://matome.naver.jp/odai/2131715965328992001

さらに必読は「FEDisのニコニコ日記」 ブログ主はバズビー基金、バズビー・サプリ、ジェームス・ライアンと徹底的に闘っています!すごい!
http://ameblo.jp/fedis/
http://ameblo.jp/fedis/entry-11069051573.html

バズビー・サプリ、「基金」はもちろん、日本の「反原発」が裏にいる可能性がある。訴訟というやり方は広瀬隆師の「山下氏刑事告発」と同じ発想だし、「御用学者」とか、「エア御用」とか、用語も日本人の「あの連中」のものだ。

しかしこの「訴訟」、対象となっている中島健(京都大学原子炉実験所教授)、野尻美保子 (高エネルギー加速器研究機構(KEK))、片瀬久美子(エア御用)、加地辰美(防衛医科大学病院放射線部技師長)、中川恵一(東京大学病院放射線治療チーム)、石川迪夫(日本原子力技術協会最高顧問)=正しい人たちってことにゃ。判りやすくていいね。(エア御用って肩書きだけヤケに目立つにゃ)

「春の季節に」というブログは、上記「FEDisの日記」では、基金の「中の人」のサイトと疑われている。バズビー基金関係の情報が、やけに早いからである。そしてこのブログの以前の記事を仔細に見ると、ブログ主は医薬品および医療ビジネスに関係あり、しかも「トンデモ」系である。日本人で子どもがいる女性のようだが、外国人、外国との付き合いも多い。
(以下11/26改定)基本的に外国=○、日本=×の信奉者だ。「シモンチーニ博士の新たなガン治療法(どうやら震災前にはこれでビジネスを企画していたようだ)」から「300人委員会の陰謀論」まで怪説、珍説のオン・パレードで面白いが、さり気無くジェームス・ライアンが扱うセルドン社の浄水器を勧めたり、ライアン系不気味オカルトサイト「療養院」のヨウ素剤を勧めたり、また「バズビー基金が設立のために理事を募集している」という、関係者しか知りえない「内部情報」を書いている。

このブログ主って、ジェームス・ライアンと並んで見かける、「ミキ・ライアン」ではないだろうか(また外人モドキ名前の・・・ごめん外国人の方々・・・日本人か〜)?

以上は「反原発」の思考回路(山下=殺人者とか、福島で10年間に10万人がガン死!みたいなヤツ)を借りて、危険度最大で推測してみました。もちろん現在、ブログ主=ミキ・ライアンではないというエビデンスはないのです(ど〜でもいい感じもするが、あまりにも「反原発」得意の国際的陰謀っぽいんで)。

(以上メモでした)

コメント欄にもあったけど、メディアと個人の付き合い方、勉強になった。メディア組織の中にも、正しい個人はいる。しかしなぜかその人の意図に沿わない「発信」もある(「ガーディアン」も同じだにゃ 毎日新聞も紙面は?だけど、リンクに入れた論説委員の斗ケ沢さんのツイートはとてもいい)。NHKの「山本太郎出演」は、「反原発」支援の意図があったのか、間違ったのかは不明だ。しかし「あさイチ」の朝食検査「陳謝」の件はワロタ。「反原発」は検査機器が壊れていた=隠蔽だ!と騒いでいたが、更に正確さを求めたら、より「検出限界以下」が増えていた。確かにNHK「あさイチ」はよくやってくれたにゃ。

個人がリコウになるしかない。「ネコ不正義軍」はサッカーで言うと、基本的に弱小チームの基本戦術=「守備を固めてカウンター攻撃狙い」ですが、「個の力」を高めた突破もしたいにゃ。

(11/26追記)
バズビー基金から「エア御用」として訴えられかけている片瀬久美子さんの「warblerの日記」には「ガーディアン」の21日の記事翻訳が出ています。原文もあってよいです。
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20111122/1321976889
さらに翌22日記事の翻訳。
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20111123/1322056385
片瀬さんを「エア御用」とは失礼な。立派な「御用」だにゃ。

またkumicitさんのブログ「忘却からの帰還」にも21日記事があります。
http://transact.seesaa.net/article/236534207.html
バズビー師についての以下の二つも、とても興味深い。
http://transact.seesaa.net/article/236614857.html
http://transact.seesaa.net/article/236911443.html
したらばバズビー師って、ほいどだべした〜。

というわけでバズビー師包囲網はどんどん狭まっているにゃ。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)

12. 2016年6月08日 04:15:11 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[374]
やっぱり731系列だったか。
どれだけ勉強できても知識があっても狂人になってはおしまいだね。

13. 2016年6月08日 10:59:26 : KCMyEhFgUZ : 0fTW5VK4fZw[4]
6さん然り 正論


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ