★阿修羅♪ > 戦争b17 > 282.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界の軍需企業トップ10社の顔ぶれがこれだ!(HARBOR BUSINESS)
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/282.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 03 日 10:49:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

            photo by United States Air Force(CC0 PublicDomain)


世界の軍需企業トップ10社の顔ぶれがこれだ!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160303-00085222-hbolz-int
HARBOR BUSINESS Online 3月3日(木)9時21分配信


 ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は毎年、世界の軍需企業ランキングTOP100(SIPRI Top 100 and recent trends in the arms industry )というものを発表している(ただし、中国の企業は数値が不明のためランキングからは除外されている)。その最新版は2015年12月14日にリリースされた2014年のランキングだ。

 そのランキングによれば、2014年の米国及び西欧諸国の武器販売数は減少傾向にあったという。その一方で、経済の停滞にも関わらず、ロシアや新興国は上昇傾向にあったとしている。

 しかし、そうは言っても米国は上位100社のうち54.4%(前年比4.1%減)を占めるという圧倒的なシェアを誇っているのが現実だ。米国企業の上位10社へのランクインは7社となっている。残りの3社はヨーロッパだ。

 さて、同ランキングのトップ10はどのような企業が占めているのだろうか?

◆1位から3位までは毎年不動のポジション

1位:ロッキード・マーティン

 本ランキングでは2010、2011、2012、2013、2014年と不動のトップを突き進む名実ともに世界最大の軍需企業。兵器の売上高は総売上高の82%にも及び、その額およそ374億ドル。1995年にロッキード社とマーティン・マリエッタが合併して生まれた同社は極秘設計チーム「スカンクワークス」を擁していたことはあまりにも有名。現在開発中の最新鋭のステルス戦闘機F-35ライトニングII(※日英も出資)やF-22ラプター(※ボーイングとの共同開発)を生み出したトップ企業。ボーイングやBAEシステム、レイセオンなど上位企業が売り上げを減らす中、ここは兵器売り上げが2013年とくらべて20億ドル近く増えているのが印象的だ。

2位:ボーイング

 世界的に知られた航空機メーカー。エアバス・グループとともに民間旅客機市場を二分する巨大航空機メーカーである。軍用部門は全売上の31%とそこまで大きくはないが、何しろ全体の売り上げが907億ドルを超えているだけに、31%でもロッキード・マーティンに次ぐ283億ドルの売り上げを誇る。2013年と比べると20億ドル売り上げを減らしている。航空機だけでなく、ミサイルや攻撃ヘリなども開発している。

3位:BAEシステムズ

 欧州最大にして、世界トップ3に常にランクインするイギリスの巨大軍需産業。米国内にも子会社BAEシステムズ・インクを持ち、世界的なシェアを誇る。起源はイギリスの国有航空宇宙企業「ブリティッシュ・エアロスペース」だが1999年に民営化して設立された。2008年には324億ドルの売り上げを叩き出し、ロッキード・マーティンやボーイングを抜いてランキング1位になったこともある。2014年の兵器売り上げは257億ドルで総売上の94%を占める。

◆4位には「パトリオット・ミサイル」のあの企業

4位:レイセオン

 1991年の湾岸戦争で名を馳せたパトリオットミサイル(MIM-104)で知られる。こちらも総売り上げの94%(213億ドル)が兵器の売り上げからなる純度の高い軍需企業。ミサイルに関しては随一で、ミサイル自体の開発からミサイル防衛やレーダー関連などでも評価が高い。

5位:ノースロップ・グラマン

 兵器売り上げ高は196億ドルで総売上の82%を占め、航空機・人工衛星・ミサイルなどを作る巨大軍需企業。かつては世界最大ともいわれるニミッツ級航空母艦を建造できる唯一の造船所であるニューポート・ニューズ造船所なども擁する造船会社だったが、2011年に造船部門はハンティントン・インガルス・インダストリーズ(HII)として分離独立させ、艦船の建造からは手を引いている。ただ、現在もHIIの株主である。

6位:ゼネラル・ダイナミクス

 兵器売り上げ高186億ドルで6位に付けるのは1899年から米海軍向けに潜水艦や対潜ミサイルなどを製造していたエレクトリック・ボートを前身とする重機械コングロマリット。宇宙防衛から造船と多岐にわたり、アメリカの国防の主力戦力を担う。バージニア級原子力潜水艦などを建造するほか、陸では米陸軍の主力戦車であるM1エイブラムス戦車などを開発している。

◆8位の企業は対中武器輸出規制法に違反したことも

7位:エアバス・グループ

 兵器売り上げ高144億ドルで7位に付けるのはボーイングと世界の航空機市場を二分する存在であるエアバス・グループ。2014年の4月までその名前はEADSだった。グループ全体として見ると兵器売り上げの占める割合は18%と小さいが、それでもなお軍需産業としては欧州でBAEシステムズに次ぐ存在。

8位:ユナイテッド・テクノロジーズ

 航空機エンジンから燃料電池など軍需・民生、大きなものから小さなものまでさまざまな事業を行うコングロマリット。航空用ジェットエンジンの製造を行う部門であるプラット・アンド・ホイットニーは同分野の世界三大メーカーの一角だが、2012年に対中武器輸出規制法に違反し、7500万ドル(約60億円)超の罰金を課せられたこともある。2014年の兵器売り上げ高は130億ドルで、総売上高の20%を占める。

9位:フィンメッカニカ

 日本人にはあまり馴染みがないかもしれないイタリアの兵器メーカー。航空分野や宇宙分野、防衛システムやミサイルシステムでは世界でもトップクラス。2014年6月には、民生用に限るとしながらも子会社であるアグストウエストランド製のヘリコプター50機を中国に輸出し、販売やメンテナンス、訓練で協力することを発表している。兵器売り上げ高100億ドルで総売上高の54%を占める。

10位:L-3コミュニケーションズ

 兵器売り上げ98億ドル、総売上に占める割合81%という純度の高い軍需産業。ロッキードがマーティン・マリエッタと合併した際に、幾つかの部門が分離される中で設立された。レーダーやソナーなどの開発をしていたローラルや各種企業を買収し、さまざまな方面から軍事をバックアップする企業。軍事教練請負や戦地での後方支援を行う民間軍事会社的な部門もあり、アブグレイブで捕虜虐待をしたと訴えられたタイタン・コーポレーションやクロアチア軍をトレーニングしたと言われるMPRIも傘下に収めている。

 以上が上位10社の顔ぶれである。

 ちなみに、同ランキングで日本企業は21位に三菱重工(前年28位)、50位に川崎重工(前年49位)、70位にIHI(前年62位)、75位に三菱電機(前年69位)、77位にNEC(前年94位)と5社がランクインしている。<文/HBO取材班>

ハーバー・ビジネス・オンライン
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月03日 18:57:26 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[921]

東芝やシャープも、中韓などと競合するコモディティ部門は早めに捨てて、こっち分野の周辺機器に展開していたら、ハイテク勝負になって、大分違ってたかもね



2. 2016年3月04日 00:48:30 : gkJAWMXGRM : WGDdkmYysHs[2]
>>1
一応東芝は携帯型・トラック搭載型の地対空ミサイルや哨戒機・護衛艦用の潜望鏡探知用レーダーの開発・製造を担っているよ。ちなみNECは空自の防空システムや護衛艦の対空レーダーを、三菱電機は多くの対空ミサイルや戦闘機用レーダーを担当している。

とまれ、日本海軍機動部隊を打ちのめしたドーントレスを作ったダグラス社は戦後経営不振に陥って、F-4で有名なマクダネル社と合同し、その後マクダネル=ダグラス社となってF-15やF-18は爆撃機生産から喰いっぱぐれて焦ったボーイング社に買収されるが、そのボーイング社も今度はLRS-Bの受注競争に敗れて岐路に立たされている。
とりわけアメリカの軍需部門でのグチャグチャの合併劇を見ればわかる通り、軍需産業は極めて厳しい斜陽産業で、規模的にも殆どの企業にとっては民需のオマケでしかない。

ゴルゴの愛銃M16の開発元コルト社は倒産しちまう昨今、「軍需産業がジャブジャブ儲かる」だなんて思ってんのは、武器輸出三原則の幻想を敵視している右翼と、軍産複合体の幻想を敵視している左翼だけだ。


3. 2016年3月04日 05:33:06 : 8v8Y9gL6W3 : JJ08U@8pGmg[3]
9 トヨタ 2564億5500万ドル 自動車
23 日本郵政 1521億2600万ドル 郵便及び金融
45 本田技研工業 1182億1100万ドル 自動車
51 JXホールディングス 1110億1400万ドル エネルギー
53 NTT 1090億5400万ドル 通信
61 日産自動車 1046億3600万ドル 自動車
78 日立製作所 959億8800万ドル 電機
105 ソニー 775億3200万ドル 電機
106 パナソニック 772億2600万ドル 電機
108 三菱商事 757億5500万ドル 商社
124 丸紅 704億3000万ドル 商社
132 日本生命保険 681億6900万ドル 保険
135 ソフトバンク 665億4600万ドル 通信
139 東京電力 661億9400万ドル 電力
145 東芝 649億800万ドル 電機
148 イオン 642億4100万ドル 小売
164 第一生命保険 603億400万ドル 保険
173 三井物産 573億300万ドル 商社
176 セブン&アイ・ホールディングス 565億7300万ドル 小売
183 伊藤忠商事 552億900万ドル 商社
184 新日鐵住金 550億6200万ドル 鉄鋼
199 三菱UFJフィナンシャル・グループ 516億6800万ドル 金融

最大のロッキードでもトヨタの1/7。世界では比較的小さな日本企業の売り上げの半分程度だから、商売としては、民需部門と比べるとあまり旨みはなさそうだ。
儲かってる民需を捨ててまで、挑戦するような分野ではないな。
厳密には混じってるというかもしれないが、それなら純度の問題で、上の方でもボーイングは軍需産業と言って良いのかどうかには疑問がある。
国とガッチリ繋がっているから、凡そ国営企業みたいなものなので、その点では安定しているのかもしれない。

軍事産業は儲かる×
軍事産業の上位は比較的安定している○(ただし下は地獄)
(上位も軍需純度が高い企業は、そう簡単には民需移行などできないから、国がデフォルトしたりすると、企業として特定国の予算に依存度が高い場合は、潰れるかもしれない。)

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

4. 2016年3月04日 07:42:42 : FAnPKWmTy6 : OqEU2hm9N4g[2]
軍需産業は合い見積もりも取れない。日本の自衛隊の兵器ならぬ防衛装備の価格はアメリカのいいなり。とてつもなく高い。諸経費も含めてオスプレイ1機で200億円とか。サウジアラビア、UAEもとてつもなく高い金で米国製兵器を買っている。高い原油価格はアメリカに還流する。

この軍事産業がなくなれば米国産業は大きな打撃を受け失業者があふれ貿易赤字はさらに大きくなる。米国の軍事予算は日本円換算で年60兆円以上もある。この予算を切ろうとすれば命はなくなる。ブッシュ政権の閣僚、軍事会社ハリバートンのCEOチェイニーが副大統領、他の閣僚も多くは石油産業とつながっていた。

軍事産業は何が何でも「敵」を必要とする。「敵」がいなくなればでっち上げてでも敵を作り出さねばならない。


5. 2016年3月04日 08:55:07 : JFhRM4WdGY : rpudECH5lgE[10]
軍産複合体よりも、今やユダ金の本丸は、どの国でも独占企業である発券銀行と、その政府、「知的財産権」という名の「相続権」所有者の金融資本ということですね。

6. 母系社会[1155] leqMbo7Qie8 2016年3月04日 17:01:32 : ilyhjKFZcI : Vjiqm6Hoysg[1]
>2さん

>「軍需産業がジャブジャブ儲かる」だなんて思ってんのは、武器輸出三原則の
>幻想を敵視している右翼と、軍産複合体の幻想を敵視している左翼だけだ。

ある小さな集会で、元全国紙の記者が「一番多くの資金で、マスゴミの記者を熱心に買収していたのは、電力会社と銀行」と証言していた。

電力会社も銀行も、万一原発事故が起きたり、経営不振で倒産しそうになった場合、巨額の「血税投入」が必要な商売。だから、電力会社や銀行は普段から重要な仕事・業務として、会社を代表するエリートが記者だけでなく、政治家や官僚を饗応・買収する業務を担って、万一の場合には「血税投入」世論や体制を形成するために彼らを使う。

★「ジャブジャブ儲かる」企業でも、記者や政治家、官僚を買収する必要がなければ、わざわざ全損になる「買収」などせず、せいぜい政治家の「パーティー券」を買うぐらいの付き合い程度しかしないのが営利企業の道理。

★彼らは「ジャブジャブ儲かる」から買収しているのではなく、彼らの特殊な商売には、影響力のある記者や政治家、官僚を買収する<必要>があるから、買収しているのだ。

●特に武器の場合は、必ず武器の総額の5%前後が、決定権のある有力政治家や、軍の高官などの買収資金用のマージンとしてバラ撒かれるのが決まりで、世界的に有名な軍需企業だけでなく、名もないような武器商人も守る武器販売業界の昔からの絶対的な「商習慣」なのである。

日本も武器を輸出するということは、単に戦争を引き起こして日本と無関係な人間を殺すことに日本が加担するということだけでなく、インドネシアのスハルトや、エジプトのムバラクのような独裁者を生み出してその国の政治を腐敗させ、彼らの圧政を強化することに加担することである。途上国の独裁者は、武器などを売り込む先進国が育てているのだ。

それだけでなく、途上国の独裁者を倒す革命では、通常は大勢の若者らの血が流れるから、大勢の若者が死ぬことにも先進国は責任があり、特に先進国による途上国への武器の売り込み合戦は、その国の政治腐敗を引き起こす。

★先進国から先進国への武器販売でも、必ず武器の総額の5%前後が、決定権のある有力政治家や、軍の高官などの買収資金用のマージンとしてバラ撒かれ、例外は無いという。

★現在、日本はオーストラリアに潜水艦を売り込んでいるが、現地では日本の買収資金が乱れ飛んで、日本もオーストラリアの政治腐敗に貢献しているのだろう。

★軍事評論家の神浦元彰氏は、防衛大学出の若い隊員には案外、何かと上司を批判するような威勢の良い隊員が多いそうだが、皆昇進して幹部になると沈黙してしまうそうだ。彼らも「毒饅頭」を食べて大人しくなるのだろう。

★神浦元彰氏は、自衛隊の幹部は皆、自分の天下り先の心配しかしていないと言ったが、これが自衛隊の真実の姿である。



7. 2016年3月05日 00:00:38 : Y3y9qwVfdg : GvsBU3WISqg[42]
>>6

>日本も武器を輸出するということは、単に戦争を引き起こして日本と無関係な人間を殺すことに日本が加担するということだけでなく、インドネシアのスハルトや、エジプトのムバラクのような独裁者を生み出してその国の政治を腐敗させ、彼らの圧政を強化することに加担することである。途上国の独裁者は、武器などを売り込む先進国が育てているのだ。


そういうのって中国にも当てはまるんですが… 死の商人ランキング3位。中国をスルーして日本ばかり非難するのも変じゃないですか? ついでに自衛隊だけでなく、人民解放軍の真実についても語って下さい。そうでないと、「日本に中国のシェアを奪われるのが面白くないだけだ」と勘繰られますよ。

殺人と腐敗が大嫌いなんでしょう? 公平にお願いしますよ。


アジア軍拡競争で独走する中国…武器輸出が88%増と技術力も向上
http://www.mag2.com/p/news/151552

人民解放軍の汚職の実態と摘発の背景
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=290253


8. 2016年3月05日 00:03:29 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[54]
>>母系社会
やれやれ、経済どころか軍事までド素人であるのがよく分かるわ〜(笑)

>日本も武器を輸出するということは、単に戦争を引き起こして日本と無関係な人間を殺すことに日本が加担するということだけでなく、インドネシアのスハルトや、エジプトのムバラクのような独裁者を生み出してその国の政治を腐敗させ、彼らの圧政を強化することに加担することである。途上国の独裁者は、武器などを売り込む先進国が育てているのだ。

へぇ〜
では、アメリカ以外の国、中国や韓国、欧州が武器輸出しているのは、どうなのですか(笑)?

世界の武器輸出額 国別ランキング・推移
http://www.globalnote.jp/post-3865.html

日本しか批判しないとは、さすが野蛮人(笑)。
それともマスゴミしか批判しないおバカさんですか〜(笑)

>特に武器の場合は、必ず武器の総額の5%前後が、決定権のある有力政治家や、軍の高官などの買収資金用のマージンとしてバラ撒かれるのが決まりで、世界的に有名な軍需企業だけでなく、名もないような武器商人も守る武器販売業界の昔からの絶対的な「商習慣」なのである。

そんなモンだったっけ?
いまや民間の技術進歩を当てにした兵器を設計するのが普通になりつつあるのに、信憑性が全くない情報に踊らされるアホがまだここにいたとは(笑)

>途上国の独裁者を倒す革命では、通常は大勢の若者らの血が流れるから、大勢の若者が死ぬことにも先進国は責任があり、特に先進国による途上国への武器の売り込み合戦は、その国の政治腐敗を引き起こす。

先進国でない武器輸出大国についてはどう説明する?中国とか韓国とかデンマークとかウクライナとかオランダなどは???これらの国には責任はないのですか(笑)?

>、日本はオーストラリアに潜水艦を売り込んでいるが、現地では日本の買収資金が乱れ飛んで、日本もオーストラリアの政治腐敗に貢献しているのだろう。

妄想乙(笑)
根拠もないのによくこんな馬鹿馬鹿しい事が言えたものだ(笑)

>軍事評論家の〜

(自称)評論家というのを知らない蝦夷人(笑)。そもそも何を持って評論する資格があるのか、を真面目に考えていないおバカさんもまた珍しい(笑)
まあワイドショーとか本は報道バラエティや偏見だというのに気づけよ(笑)

>自衛隊の幹部は皆、自分の天下り先の心配しかしていないと言ったが、これが自衛隊の真実の姿である。

自衛隊に限らず、何処の軍隊でもこんなのはフツーにあるのですが(笑)
お前のだーいすきな中国軍なんかもっと酷いよ(笑)?
米軍も自衛隊以上の腐敗があるし(笑)
こういうものは古今東西を問わず、自衛隊に限らずいかなる組織や国においても発生するもの
これで自衛隊批判するのは偏見以外、何者でもない(笑)
(まあ、共産主義という割には差別や偏見があるようだから説得力がない)
コメントは相変わらず的外れで頓珍漢な上、自分を棚に上げて天に唾をする支離滅裂さ。
蝦夷人という野蛮人は。人間的に成長していないのを自分で証明しちゃったね(笑)。
まあ、反論出来ない=論破されて何も言えない事だろう
東日本人は相変わらず汚い花火を打ち上げている姿に笑いを堪えている(爆)


9. 2016年3月05日 00:12:57 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[55]
>>7
>殺人と腐敗が大嫌いなんでしょう? 公平にお願いしますよ。

7さん、母系社会にこんな事を言っても無駄
この人は共産主義を謳っているくせに、差別や偏見が沢山ある(笑)

例えば母系社会は
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/814.htmlなどで
>ソマリア沖の「海賊行為」なるものは、ソマリアを侵略した先進国などに対する、ソマリアの漁民らによる正当な「反撃」なのである。

などと第三者が見ても犯罪である海賊行為を正当化するという謎のコメントをした(笑)
どんな理由であっても犯罪は犯罪にも拘わらず、憲法を尊重する人間が刑法を蔑ろにするとはおかしな話を熱心にするのだから笑い話
憲法を熱く語ってるくせに、ソマリアの犯罪には目を瞑るどころか正当化するというのはいかがだろうか(笑)?
サヨクって話し合いがモットーのはずなのに、犯罪を正当化するのは滑稽である(笑)

他にも

母系社会の過去による奇妙な主張
・東日本人だと主張し過去を持ちだして天皇批判を正当化
→しかし対中国に対しては同じアジア人として、友人・親戚として批判・助言すべきで、全否定するような、貶めるような批判はすべきではないとしている
天皇に対してはなぜ貶めるような批判をしているのでしょうかね?
・クジラの件では、日本国内では<日本は善で、シーシェパードは悪>が常識。しかし、世界では、「調査捕鯨」の名目で捕鯨を続けた<日本は悪で、シーシェパードが善>であったとして捕鯨を批判
→しかし東北地方には捕鯨拠点があるはず。宮城県石巻市の鮎川地区は捕鯨の歴史があるのである
東北学院大学でも捕鯨の歴史があるとしてHPに紹介しているほど
抜粋
鮎川の歴史は華やかな捕鯨の歴史でもあり、同時に捕鯨産業の衰勢に翻弄される歴史でもあった。捕鯨産業の衰退が決定的になったのが「商業捕鯨の全面中止 (モラトリアム)」であり、1987年の漁期を最後に、鮎川を含む日本の大型鯨類を対象とする商業捕鯨は中止となった。その当時、鮎川には戸羽捕鯨、星洋 捕鯨、日本近海という3つの小型沿岸捕鯨会社があり、網走、和田浦、太地と並んで「捕鯨の町」として知られていた。モラトリアムを期に大規模な捕鯨会社が 捕鯨業から撤退している中で、小型沿岸捕鯨会社はミンク鯨の捕獲枠を失いながらも、操業の合理化を行いつつ、現在に至っている。
東北学院大学
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/140723-4.html
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150413_13018.html
捕鯨を非難するのであれば、出身地である東北の鮎川地区を批判するのが妥当である。母系社会の主張を用いるなら東日本人を含める日本は悪で、シーシェパードが善というのである。
もしくは母系社会が言う東日本人というのは嘘……?
・共産主義フェチ

・中国に忠犬

・そのくせにアメリカには強気。是非、その意気込みを中国に向けて欲しいものだ(笑)

・母系社会の主張や歴史には全体的に突っ込みどころが多く、内容がとても酷い

・マスコミは真実を流さない
→分かり切った事(笑)

・中国の主張を鵜呑み

・戦争は反対!
→しかし犯罪による殺人や強盗等は正当化。とりあえず、理由があれば人殺しは認めるらしい
        ↓
・憲法9条は素晴らしい
→その前に刑法……てか法律を守れ(笑)!

・>日本の国益を守ろうとしていることだけは理解できますよ
→日本の国益を中国に献上する事だけは理解できますよ(笑)

・マルクス主義は万歳!
→もう時代遅れです(笑)

・尖閣諸島は中国のものだ!
→全て少数意見であり、それを過大評価。日本共産党は日本の領土と公式に発表。それ以前に日本の領土であるのは明白(笑)

・軍事は素人でトンチンカンな事しか言えない
例:護衛艦の仕組みを理解出来ていない(笑)

・(自称)軍事評論家が唱えた嘘を完全に信じるバカ

・経済全て的外れ

・それを指摘すると悪口雑言(笑)

・表現の自由、言論の自由、思想の自由は日本では保障されているのを知らない蝦夷人(笑)。お前ってそれすら知らなかったの(笑)?

まあ、あれだ
「鰯の頭も信心から」だわな
天皇批判や尖閣諸島返還という反日発言を棚に上げて屁理屈を言う東日本人さん(笑)
和解出来ない、且つ、属国精神を叩く奴が大きな口を叩くんじゃないよ、と言いたい(爆)
>コミュニケーションがとれない
「自分が受け入れられてないのは自分以外がおかしいせいだ!
だから変わるべきは自分ではなく世の中の方だ! 」
とお花畑なんだろう。
ウヨクを批判するのは結構だが、自分にもブーメランが刺さっているのに気が付かないらしいね(笑)
それに賛同する信者というか駄サイクル仲間の取り巻きもいるからその思いもどんどん強固になると
だから突っ込まれても反論出来ない
共産主義を「読めば誰でも分かるし、納得出来る!」みたいな話をしても、こちらから見ればツッコミ満載の内容だし、理想と実現すらは別次元の話というのが分からない人達だし
まあ、頭がいいならもっとまともな反論出来るよね(笑)
ツッコミや常識を大恥と捉えるなら独りよがりな証拠
まあ、ネットの内容を真面目に捉えるのはバカがやること
蝦夷人は世の中という現実をまともに向き合っていないというのがよく分かりますなぁ〜(笑)


10. 2016年3月05日 01:02:03 : reQAop6PrM : 8TDCXAJyAOQ[1]
中国がー、中国がー、とかさえ言えばいいと思っている阿呆がいる。世界中で自分達のいいなりにならない指導者のいる国に一方的に言いがかりをつけて空爆を繰り返している国があるだろう。

どこの国かね。そのけつについて戦争に参加したいのが安部政権。


11. 2016年3月05日 06:06:45 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[56]
1946-2013年現在まで中国が行ってる行為は
>>10
>中国がー、中国がー、とかさえ言えばいいと思っている阿呆がいる。

実際問題中国は色々やっていますよ(笑)
1946年 東トルキスタン共和国に侵略
1951年 「チベット国」に侵略
1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
1962年 インド北部のカシミール地方に侵攻・「中印紛争」
1969年 「ダマンスキー島事件」・中ソ軍事衝突
1971年  日本の尖閣諸島の領有権を突如主張
1973年  中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム領「パラセル諸島(西沙)」に侵攻・占領
1979年 「ベトナム」に侵攻、2万人の戦死者を出して敗退 (侵略した都市で略奪)
1979年 1979-1989までベトナムと戦闘を繰り返す
1989年 「天安門事件」
1992年 スプラトリー諸島(南沙)の領有を突如宣言、侵攻開始 (島民犠牲)
1992年 日本の尖閣諸島の領有を全人代(国会)で明記
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
1996年 台湾沖でミサイル演習、米空母2隻が出動
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
2003年 スーダンのダルフール大虐殺を強力支援
2004年 攻撃型原潜、漢級が日本の領海を侵犯
2004年 中国サイト3万人以上のアンケート 女子供問わず日本人を残酷な方法で虐○するなどの答え多数。
2005年 中国各地で反日暴動(政府公認)
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘
2005年 中国各地で反日暴動(政府公認)。大使館・日本料理店等を破壊
2008年 チベット弾圧問題
2009年 ウィグル弾圧問題               
2010年 中国海軍が沖縄近海で数度にわたり海自艦艇を威嚇
2010年 尖閣諸島に海軍退役艦を改装した「漁業監視船」を派遣
2011年 尖閣に監視船を派遣して恫喝
2011年 2-3月 数度に渡り侵犯・海自艦艇威嚇 地震後にも尖閣付近で威嚇
2011年 6月8-9日 尖閣 ついに軍艦11隻による恫喝開始
2011年 6月 南沙諸島 ベトナムを挑発
2011年 7月-11月 十回以上尖閣侵入、付近で恫喝
2011年 翌2012まで断続的に尖閣付近で挑発行為。
2012年 長年に渡りブータンの国土に侵入し20%を奪い取る(継続中)
2012年 中国の挑発行為の関係悪化でフィリピンから中国人大挙して避難。
2012年 尖閣不法上陸
2012年 9月現在まで断続的に尖閣に監視船、漁船が侵入
2012年 9月大規模な反日デモ 略奪暴行
2012年 10月-12月まで尖閣に大規模な侵入、領空侵犯、軍艦派遣
2013年 1月 前年に引き続き尖閣侵入を繰り返す 
2013年 1月 フィリピンが中国の侵略に対し国連海洋法条約に基づいて中国を訴えると明らかにする
2013年 2月 海自艦艇に対し、中国艦艇がレーダー照射 他国なら大問題レベル
2103年 7月 までに尖閣付近でなんども不法侵入
2013年 7月 中国軍がインド領内へ侵攻 軍施設を破壊し、設備を強奪
2013年11月 中国 防空識別圏を勝手に設定。
2014年01月-3月 相変わらず領海侵犯

君達ね、アメリカでもあんなにヘマ(?)な事しているのに、中国だけは立派で紳士的な国だ、なんてないから。

証拠?こっちは歴史書だけ引用したよ
こんなのは常識だし、君が如何に中国の忠犬かというのがマルわかり
一方だけ持ち上げて、もう一方の揚げ足を取る
典型的な属国精神の持ち主(笑)

>世界中で自分達のいいなりにならない指導者のいる国に一方的に言いがかりをつけて空爆を繰り返している国があるだろう。

そんなにアメリカが嫌いなら米軍と戦ったらヨロシ(笑)

>そのけつについて戦争に参加したいのが安部政権。

安保法案通ったけど、実際に戦争になりましたか(笑)?
てか、自衛隊って他国に喧嘩を売るほど強かったっけ(笑)?

少しは国際社会や世の中を勉強してマトモに反論してくださいね(笑)


12. 2016年3月05日 13:14:20 : 5eEvtbEQXQ : yldLH6lZ7QM[1]
東日本人のコメントは相変わらずのようだ。
いくら専門外だからって嘘八百の評論家を鵜呑みにするのはどうかと思いますよ?
核兵器を保有し軍拡してる中国人民解放軍は批判しないのですか、そうですか。
母系社会は自衛隊が嫌いという事ですか。
東アジア共同体と謳うのなら、同じアジア人である自衛官を批判するとは、可笑しな話(笑)。
共産主義の理念はどこへいったのですかね〜(笑)

13. 2016年3月05日 16:51:35 : YZyirVrqiU : wdqV_1vQEDg[3]
それで中国がーっといっている人間はどうしようというのかね。90年以上前と同じように中国に攻め込めとでも。

それでアメリカが日本に味方するなどどこまでめでたい頭なのかね。この前の戦争でも米中が連合し日本だけが孤立していた。どこの国でも侵略の歴史はある。ただアメリカは先住民を虐殺して広大な土地を奪い取って建国した国だ。だからといって今のアメリカ人を責めることもできないがただ歴史の事実は知っておこう。

中国がチベットやウイグルを弾圧しているのは事実だろう。その地域は宗教や言語、生活習慣も中国ではないし非難されてしかるべきだがアメリカの宣伝でもある。虐殺は強調されているかもしれない。
ただし日本もアイヌや琉球を同じように扱ってきた。こちらも侵略と呼んでいいだろう。北海道に住んでいたアイヌも琉球王朝も日本とは異なった文化だった。

米西戦争のときスペインからの独立を図ったフィリピン人はアメリカがスペインにとって変わっただけの結果に独立の戦闘を起こしたが50万人以上がアメリカに虐殺されたといわれる。当時アメリカはグアムもハワイも占領し今なお自国の領土としている。

現時点で遠く離れた地域にまで軍を派遣し空爆を繰り返しているのはどこの国かもよく考えたほうがいい。


14. 2016年3月05日 17:18:16 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[57]
>>13
お前さ、いくら中国が好きだからと言って庇うのは止めてもらえる(笑)?

>90年以上前と同じように中国に攻め込めとでも。

「いつ」「誰が」中国に攻め込むと言いました???アホですか(笑)???

>アメリカが日本に味方するなどどこまでめでたい頭なのかね。

思っていないよ。でも、この考えだと中国が日本に友好的であるなどとどこまでおめでたい頭ですか(笑)???友好的な国家なら>>11のような事はしないぜ(笑)

>この前の戦争でも米中が連合し日本だけが孤立していた。

昔は昔(笑)。

>どこの国でも侵略の歴史はある。

それって言い訳に過ぎないね。大体、それで領土問題や歴史認識などが解決するとでも(笑)??

>ただアメリカは先住民を虐殺して広大な土地を奪い取って建国した国だ。だからといって今のアメリカ人を責めることもできないがただ歴史の事実は知っておこう。

で???だから、尖閣諸島や沖縄は中国に引き渡せ!という言い訳ですか???

>ただし日本もアイヌや琉球を同じように扱ってきた。こちらも侵略と呼んでいいだろう。北海道に住んでいたアイヌも琉球王朝も日本とは異なった文化だった。

だからといって日本を責めることもできないがただ歴史の事実は知っておこう(笑)。
文化の違う???ウイグルと中国って異なった文化だったような(笑)
揚げ足しかとらないアホっているのですね(笑)

>現時点で遠く離れた地域にまで軍を派遣し空爆を繰り返しているのはどこの国かもよく考えたほうがいい

だからさ、そんなのはアメリカに文句言えよ(笑)
日本には全く関係のない事なんだから。
大体、戦争に参加したいのが安部政権とか言っちゃってるけどさ。自衛隊は近隣諸国の脅威で手一杯なんだわ(笑)
こんな状況でどうやって他国に戦争するの???頭を働かせればフツー分かる事だけどね(笑)

大体、お前はアメリカを止める権力も力もないくせに(笑)。>>13は口先だけなのですかー?どこの国でも侵略の歴史はある、というなら尖閣諸島や沖縄が奪われてもいいのですかー?沖縄はまた戦争に巻き込まれるのですかー?酷い人ですねー。それとも、ネトウヨに対して上から目線で説教しか出来ないのですかー?そんな能力は社会や国際社会に対して役に立ちません(爆)


15. 2016年3月05日 17:20:35 : Sm4yCMIVkk : haaCNsGlLaM[1]
中国が送り込んだギソウヨ中国宣伝マンは
世界のTOP10軍事企業に中国企業の名を連ねさせてから来なさい。
それまではここでは対象外です。
頭が悪すぎて題名も読めませんか?

16. 2016年3月05日 17:46:19 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[58]
>>15
反論が幼稚だな(笑)
大体、軍事産業なんてよくいわれる邪悪な死の商人ってイメージで陰謀やりまくりな感じに儲かるってのは嘘。
しかし需要はあるので普通の産業の一つとしてなら企業ごとに儲かったり儲からなかったりする。
ただ、軍需産業はその性質上、多くてもその国のGDPの3%程度の市場しかなく 顧客も異常なほどに限られている為、産業としての規模は非常に小さい。
だから、題名自体が間違いっている事にバカサヨは気付きもしない(笑)
つまるところ軍需産業が強力な力を発揮できるのは、冷戦のように国家の強力な後押しがあるのが大前提。

アメリカですら兵器開発に関しても議会や審査委員会がうるさいので、昔ほどボロ儲けができず、納期遅れなどがひどいと 違約金を払わさることもあるくらい。
サヨクの人達っていつまで頭の中が冷戦時代なのですか???今は21世紀ですよ(笑)???

>世界のTOP10軍事企業に中国企業の名を連ねさせてから来なさい。

世界トップだからと言って凄いとは限らないのだけどね(笑)。まあ、いいや

中国北方工業公司 - 銃器、車両
中国南方工業集団公司 - 銃器、車両
中国航空工業集団公司 - 銃器
昌河飛機工業公司 - ヘリコプター
成都飛機工業公司 - 航空機
南昌飛機製造公司 - 航空機、ミサイル
哈爾浜飛機製造公司 - 航空機
瀋陽飛機工業集団 - 航空機
西安飛機工業公司 - 航空機

上海超導科技股フェン有限公司、空母用の電磁カタパルトを中国国際工業博覧会で展示
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2015-11/12/content_37046060.htm

頭が悪いのはどちらかな??


17. 2016年3月05日 17:56:09 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[59]
追加
それに、軍需産業がトップに載らなかったからと言っても、中国は世界の武器輸出3位だからね(笑)
アメリカや日本の武器輸出解禁には騒ぐくせに、他の国(デンマークや中国など)には全く批判しないのは可笑しい(笑)
これは平和ではなく、ただの偏見です(笑)
偏見で世の中が良くなる訳がないのですがね〜

中国、武器輸出3位に上昇 5年間の取引量で2.4倍増
http://www.asahi.com/articles/ASH3J3H8JH3JUHBI00Y.html

アジア軍拡競争で独走する中国…武器輸出が88%増
http://www.mag2.com/p/news/151552

中国、武器輸出量3位に 世界の取引報告書
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H2I_S6A220C1EAF000/


18. 2016年3月05日 18:02:28 : DLZ3rZYD96 : HAgk_PzbaHA[1]
>>16
ギソウヨ君がやっているのは東証一部上場企業の話をしているのに、
JASDAQではこの企業が勢いがあるから〜などとほざいている中学生と同じことなのだよ。JASDAQの話がしたければ、JASDAQ専門のところに行って、話をしなさい。
それとね、君、馬鹿だから教えておいてあげるけど、軍事企業にとって「脅威」だの
「中国勢力拡大おそろし〜」なんていうのは褒め言葉でしかないのだよ。
それを目指してどんどん金が集まるのさ。宣伝工作活動誤苦労様だけど他所行ってやってね。

19. 2016年3月05日 18:36:34 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[60]
>>18
>東証一部上場企業の話

そんなに軍需産業をつるし上げたいのならパソコンやGPSなどの電子機器を使うのを止めたら(笑)
インターネットもコンピュータもICチップも元は軍事だったのだよ(笑)
軍需産業を批判しても何のメリットなんてないのだよ
批判するのなら、もう少し上手に批判しようね(笑)

>軍事企業にとって「脅威」だの「中国勢力拡大おそろし〜」なんていうのは褒め言葉でしかないのだよ。

冷戦時代でもないのだから(笑)
お前の考えなんて腐ったミカンにカビが生えたようなものだよ(笑)

>宣伝工作活動誤苦労様だけど他所行ってやってね。

意訳
「これ以上、僕ちゃんの中国様をいじめないでくれ〜」
情けなくて、呆れますなぁ〜


20. 母系社会[1156] leqMbo7Qie8 2016年3月05日 18:57:55 : g8F6Fo9GJo : 6SSpHiqWw4A[1]

>>7さん

>そういうのって中国にも当てはまるんですが… 死の商人ランキング3位。
>中国をスルーして日本ばかり非難するのも変じゃないですか? 

●中国であれ、ロシアであれ、他の国の軍事企業と武器の売り込み合戦をする場合は、必ず5%前後のリベートをばら撒いて関係者を買収している。だから、中国もロシアも、西側の先進国と同じように途上国の政治腐敗に加担している。

とにかく、武器の売り込み合戦をする場合は100%リベートが必要で、日本ならロッキード事件の児玉誉士夫のような有力者(フィクサー)に代理人となってもらいリベートを払う。フィクサーはそのリベートで関係者を買収したり、脅したりして売り込む。だから、リベートを使わない軍事企業など論外。

(新規参入組の日本の軍事企業は有力なフィクサー=代理人探しに苦労し、影響力が弱い代理人の場合だと、その分、多額の資金が必要となる。それで、場合により内閣官房費がリベートに使われるかもしれない。そもそも、内閣官房費は国内のマスゴミ買収用の資金などではなく、他国への政治工作用資金だった)

●そして、売り込みに勝った軍事企業は、リベート額を武器価格に上乗せして請求するので、勝った軍事企業だけが買収資金を回収できる。つまり、結局は購入する側の国民の血税が腐敗政治家や官僚に流れる仕組み。これも防衛省が買う武器の価格がべらぼうに高い理由である。

また、武器を購入する側の政治家や官僚、軍の高官の中に、ワイロを受け取らない高潔な人が1人でもいると内部告発されてしまうので、関係者全員が共犯関係になることで秘密を守るシステムとなっている。

だから、西側諸国だけでなく、中国やロシアであれ、ワイロを拒否するような高潔な官僚や軍人は昇進することができない仕組みが出来ている。どんな国でも、武器取引は腐敗政治家や腐敗官僚を産み出す。

●もちろん、売り込み合戦が起きない軍事援助や中国とパキスタンのように同盟関係にある国同士の武器取引、あるいは、ロシアの超長距離「地対空ミサイルシステムS−400」(射程距離400キロ)のように、米国のパトリオットミサイルに比べ、少なくとも2倍の射程距離があるような他に競合する武器が無いものを購入する場合はリベートは必要がない。

巨額な鉄道や原発、各種のプラントなどの売り込みにもリベートが必要で、腐敗を生み出す温床。ベトナムの原発でも、日本はベトナム共産党の幹部にワイロをバラ撒いたのではないか。

中国の官僚の場合、リベートを出すと日本で逮捕されると言えば、ワイロを諦める官僚もいるという。中国では腐敗官僚が大量に摘発されているだけ、まだ西側先進国よりも「マシ」な状態なのかもしれない。

(中国やベトナムの共産党は、かつては日本共産党と同じ「国家社会主義」=「一国社会主義」政党。今の中国やベトナムの共産党は自称の「共産主義政党」であって、やがてドイツの「社会民主党」のような政党へに移行する可能性が高い)

★知人の親の元自衛幹部は、超有名な大企業に天下りして、都内の一等地に邸宅を構えている(笑)

★自衛隊が出来た時、まともな旧日本軍の軍人は、失業していても、どんなに誘われても米軍の下受けである自衛隊などには入らなかった。米軍との戦いで戦死した戦友を裏切れなかったからだろう。

●インドネシアの独裁者スハルト元大統領は、独立の英雄だったスカルノを、CIAの陰謀という説もある真相不明な「クデター事件」で失脚させたが、この時、50万人〜最大で300万人ものインドネシア国民を共産党員として虐殺した。

スハルトは政権を握ると親族や部下、政商などに利権を分配し、スハルトの妻も10%のリベートを要求することが有名となり、「マダム・ティエン・パーセント」と揶揄されていたぐらいスハルト政権は腐敗堕落していた。

そして、約30年もの間、インドネシアを独裁的に支配して不正蓄財したので、失脚後に総額約1500億円の横領の罪で訴追された。(この約1500億円は検察が解明出来た金額だけ。実際の不正蓄財の総額は不明)

日本は、数々の民主化運動家の虐殺事件を起こしたことで世界中から批判されていたスハルト独裁政権の主なスポンサーだった。

●だから、1974年に田中首相がインドネシアを訪問した際に首都ジャカルタで、学生らにより大規模な反日・反独裁の大暴動が発生して田中首相が「迎賓館」に缶詰状態となってしまった「マラリ事件」が起きた。

この反日暴動で死者11名、重傷者17名、日本車やバイクなどが約1000台、日系企業など100棟以上が放火されて首都中心部は機能マヒ状態に陥り、約800名もの逮捕者が出る大惨事となった。

当然だが、日本は米国と共に、反共の砦「スハルト軍事独裁政権」を支えていたので、この時の11名もの死者や17名の重傷者が出たことに日本には重大な責任がある。

●日本では、旧日本軍兵士が多数独立戦争に加勢したことで、インドネシアは東南アジア随一の親日国と思われていた。それで、日本はインドネシア最大の援助国だったのだが、何とインドネシアの学生や知識人たちは、このODA資金もスハルト一族の独裁維持用の政治資金、つまりスハルトを操る黒幕は日本ということで、反日暴動が起きたのである。

当時、反日暴動を起こした学生たちはインドネシアの超エリートだった。今では相当各界の幹部になっているはずで、案外、インドネシアには日本を憎むエリートが多いのかもしれない。例の鉄道の件では、インドネシアは中国を選んで日本を「裏切った」背景には、こうした幹部がいたかもしれない。

スハルト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%88#.E3.82.B9.E3.83.8F.E3.83.AB.E3.83.88.E6.99.82.E4.BB.A3.E3.81.AE.E7.B5.82.E7.84.89

「反日」の嵐が吹いた日があった(マラリ事件)
http://asiainfo.or.jp/column/2014012603/

●「アラブの春」で失脚したエジプトの独裁者ムバラク元大統領は、約30年間もの長期政権を維持した在職中、スイスなどの銀行に総額で約6兆円もの不正蓄財したとして訴追された。しかし2013年、軍部がクーデタで「ムスリム同胞団」系のムルシー合法政権を潰し、ムバラクは事実上の無罪となったが、ムバラク元大統領を失脚させたエジプト革命では、死者が少なくとも850人、負傷者は少なくとも5500人、逮捕者も1000人以上出たという。

これらの多数の死者も、半ば軍事独裁者ムバラクを支持してきた米国などの先進国の責任であり、6兆円の大半はエジプト国民や先進国の国民の血税(援助金)が原資。

★「民主主義」、「自由主義」を大義に掲げて、偉そうにアジアやアフリカの途上国に対して「教訓」を垂れてきた西側先進国も、その実態は中国やロシアと同じ独裁国である。(日本国民は「原発安全神話」を信じてしまったように、西側先進国の支配層もマスゴミを操り、国民の意識を支配しているので、西側先進国も事実上の独裁国家であり、本質的には北朝鮮と同じ)

★なぜなら、西側先進国は仕方なくアジアやアフリカの植民地の独立を認めたのだが、本音は事実上の植民地のままで支配することだった。それで、西側先進国は独立した途上国に「傀儡独裁政権」を樹立し、その「傀儡政権」を自由に操って搾取を継続する戦略を採用した。だから、独立から60年近く経っても、アジアやアフリカは独裁国家ばかりで、ほとんど民主化は進まない。

(中国の援助は企業も労働者も中国がまかない、道路や鉄道などの現物を渡す<現物支給>方式が多い。この<現物支給>方式だと、現地企業も現地民も雇用しないので、不満が出る場合もあるのだが、一方では政治腐敗を起こさず、援助金がそのままの額で生かされる。現地企業も使う日本や欧米方法だと、現地の政治家や官僚、地域の有力者などが介在して「口利き料」などを取り、援助金を横取してしまう。援助金を横取した権力者はその資金で服従者を集めて独裁者となり、民主政治を破壊する。それで、むしろ大半の国民は中国方式での援助を望んでいるのが真実で、既に大半のアフリカ諸国の国民も政府も圧倒的に中国支持となり、アフリカでの援助競争で日本は中国にボロ負け。日本も中国のような<現物支給>に変更すべきである)

ムハンマド・ホスニー・ムバーラク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%AF

パワーアップする「中国」のアフリカ政策 - 平野克己
http://blogos.com/article/105920/


21. 2016年3月05日 19:03:05 : Y39wSRqLeI : 3bT_bLdiPpU[46]
>>19
宣伝活動が見破られたとたんに、論調弱くなったねw
まあ、君達みたいな宣伝営業担当マンがタダでそこかしこで
熱心に中国の軍事企業がこれから伸びると宣伝するもんだから、
今の内に中国の軍事産業関連株に投資したくなったよw
今の内に買っておけば、一財産築けそうだwwwww
宣伝活動の成果が出たね。

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
22. 2016年3月05日 19:20:39 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[61]
>>21
反論出来ないから早速、悪口雑言か(笑)
サヨクの教科書通り過ぎてワロタ
投資するのならどうぞ、勝手にして下さい(笑)

23. 2016年3月05日 19:39:16 : Y39wSRqLeI : 3bT_bLdiPpU[47]
>>22
そこはこの売国奴めがーと怒る所だろーw
最後までギソウヨ演技続けないとwww
偽装右翼のめっきが全部剥がれちゃったねw

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
24. 2016年3月05日 19:40:58 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[62]
>>母系社会
>中国であれ、ロシアであれ、他の国の軍事企業と武器の売り込み合戦をする場合は、必ず5%前後のリベートをばら撒いて関係者を買収している。だから、中国もロシアも、西側の先進国と同じように途上国の政治腐敗に加担している。
>とにかく、武器の売り込み合戦をする場合は100%リベートが必要で、日本ならロッキード事件の児玉誉士夫のような有力者(フィクサー)に代理人となってもらいリベートを払う。フィクサーはそのリベートで関係者を買収したり、脅したりして売り込む。だから、リベートを使わない軍事企業など論外。

以下、省略

情報が古臭いな(笑)
もう冷戦時代でもないのにね(笑)
現代では戦争しても軍需産業がボロ儲けするわけではない。
戦費は国家財政を圧迫するし、景気が後退すれば 一般の企業はかなりのダメージを受ける。 まともな思考力を持った政権なら、国内全体の景気よりごく狭い軍需産業の利益を 優先させることは無い。
母系社会はそこら辺は分かっているのだろうか(笑)??根拠のない事をカキコしても笑われますよ(笑)

>売り込み合戦が起きない軍事援助や中国とパキスタンのように同盟関係にある国同士の武器取引、あるいは、ロシアの超長距離「地対空ミサイルシステムS−400」(射程距離400キロ)のように、米国のパトリオットミサイルに比べ、少なくとも2倍の射程距離があるような他に競合する武器が無いものを購入する場合はリベートは必要がない。

売り込み合戦なんてない所はないのですが(笑)
S-400とPAC-3の比較なんて一長一短なんだし、そんなに騒ぐ事だろうか??

>巨額な鉄道や原発、各種のプラントなどの売り込みにもリベートが必要で、腐敗を生み出す温床。ベトナムの原発でも、日本はベトナム共産党の幹部にワイロをバラ撒いたのではないか。(省略)

意訳
「官僚の腐敗や武器輸出は世界どこでもあるのだ!だから、中国の批判は止めてくれ!」
成程、批判回避のための言い訳ですか(笑)

後は低レベルの独りよがりのカキコで笑えた
日に日に母系社会の独りよがりが酷くなってくるな(笑)。こんな頓珍漢なことを書く状態だと、まともな社会生活ができているのか心配になりますね。

蝦夷人さんは、世の中や社会を勉強してから反論を書くべきです。


なぜなら、こんなことを書いていると、他のネトウヨの名誉まで汚してしまうからです。
だから、余りにも的外れな、勝手な解釈をしているからサヨクですら突っ込まれるのです(笑)
それから、共産主義のくせに、差別や偏見があちこちでみられるのが多々ある。これは、共産主義の理念に反していますね。
共産主義って平等社会でしょ???しっかりして下さい(笑)


25. 2016年3月05日 19:45:15 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[63]
>>23
あのさ、そんなのは古すぎるんだわ(笑)
表現の自由、言論の自由、思想の自由は日本では保障されているのを知らないおバカさんになったのですか(笑)。あ、お前ってそれすら知らなかったの(笑)?
投資なんて自己責任でしょ(笑)??
戦前?軍国主義?売国奴????
何それ、美味しいの(笑)?
結局は時代に置いてけぼりの人か
可哀想に(爆)

26. 2016年3月05日 19:56:00 : 6wAZDMaAlo : 7VqpHlRCfLo[5]
馬鹿の癖に難しい所に手を出したから
壊れちゃったなこの玩具
言ってる事すべて支離滅裂でグダグダだわ

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
27. 2016年3月05日 20:05:19 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[64]
>>25
>言ってる事すべて支離滅裂でグダグダ

意訳
「俺の知ってるウヨクと違う」
こんな頓珍漢なことを書く状態だと、まともな社会生活ができているのか心配になりますね(笑)
世の中や社会に出た事がない人だから、難しかったかな(笑)


28. 2016年3月06日 23:17:21 : hro54VYZZy : TDjnmB8fPSY[22]
日本の軍事企業ももっと広めるべきだ

29. 母系社会[1159] leqMbo7Qie8 2016年3月07日 15:47:22 : th7B1nGOSo : xX9sF53h@N0[2]

>>24さん

>戦費は国家財政を圧迫するし、景気が後退すれば 一般の企業はかなりの
>ダメージを受ける。 まともな思考力を持った政権なら、国内全体の景気
>よりごく狭い軍需産業の利益を 優先させることは無い。

●イラク・アフガン戦争前は、冷戦終結で軍事費は減らされ、欧米の軍需産業は青息吐息状態だった。以下、WIKIより引用。

<引用開始>

全世界の軍事費合計はソ連崩壊前の1985年には1兆2535億ドルあったが、ソ連崩壊後の1995年には9,162億ドル、2000年には8,115億ドルと激減しており[1]、予定されていた装備の調達が大幅に削減されることが多くなった。こうした状況下、冷戦期に拡大した軍需産業界は危機を迎え、1994年にノースロップがグラマンを、1997年にはボーイングがマクドネル・ダグラスを買収するなど、1990年代には多くの企業・部門が統廃合に追い込まれた。2006年現在存在するボーイング、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、レイセオン、EADSといった巨大な軍需企業は1985年には少なくとも20以上の個別の企業あるいは軍需部門であった。

<引用終了>

このように、潰れるか買収されるかの瀬戸際だった軍需産業にとって、戦費で国家財政が圧迫されようが、景気が後退しようが、一般の企業がダメージを受けようが関係ない。

まずは、自分たち軍需産業が生き残ることが優先で、ソ連に代わる新しい敵=テロ集団=が必要だった。それで、旧日本軍の「真珠湾攻撃」の時と同じように、おそらくブッシュらは「9・11」を事前に知りながら、見逃したのだろう。

●軍需産業や石油産業、金融業界の利益を代表しているブッシュのような政治家も、国家財政や景気、あるいは米国の一般企業などよりも、自分の命や家族の命の方が大切だったのだ。

米国は、米国の真の支配者である巨大資本の命令を聞かない政治家は、大統領でも暗殺される国ですよ(笑)

●世界の上位高額所得者62人が所有する富と、世界人口のうち、所得が少ない下位半数の人々が所有する富とが等しくなったように、あるいは、世界の富裕層1%の持つ富が残る99%の持つ富の合計を上回ったように、資本主義社会は<支配階級>(1%の資本家階級)と、<99%の被支配階級>(労働者階級など)に分裂しているのです。

そして、1%の資本家階級は、子飼いの政治家や官僚、マスゴミを操り、「原発安全神話」を垂れ流したように、自分たちだけに良いことを、あたかも全国民にも良いことであるかのように偽装して、99%の被支配階級を支配している。

●ISやアルカイダなどの武装集団は、日本や欧米、ソ連などが、「イスラム世界」に「イスラエル」を建国したりして不当に介入しなければ、日本や欧米、ロシアを敵と見なすような無駄なこと=わざわざ敵を増やすことはしなかったはず。彼らを挑発したのは、われわれの側の1%の資本家階級で、1%は、ソ連に代わる「新しい敵」としてISやアルカイダなどを「発明」した。

彼らの目的は「イスラム世界」を統一して、「イスラム法」に基づく「イスラム共同体」を創ろうとしているだけで、これはイスラム教の本来の教義とも一致しているのは明白。

もちろん、「イスラム法」自体の解釈は様々で、イスラム教では、同じイスラム教徒に対してまで武力を行使することは認めていないようなので、この点でISやアルカイダの解釈は、イスラム教の教えを逸脱しているらしい。とにかく、イスラム世界のことはイスラム世界の人たちに任せるべき。

{AFPBB News}世界の最富裕層1%の保有資産、残る99%の総資産額を上回る
http://www.afpbb.com/articles/-/3073560?cx_part=txt_topics


30. 2016年3月08日 00:19:22 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[66]
>>母系社会
お前さ、全然反論になっていない。てか、論点ずれてて呆れるわ(笑)

>このように、潰れるか買収されるかの瀬戸際だった軍需産業にとって、戦費で国家財政が圧迫されようが、景気が後退しようが、一般の企業がダメージを受けようが関係ない。

>軍需産業や石油産業、金融業界の利益を代表しているブッシュのような政治家も、国家財政や景気、あるいは米国の一般企業などよりも、自分の命や家族の命の方が大切だったのだ(以下省略)。

それは国力が余裕で余りまくっているアメリカとかロシアといった超大国だけ(笑)
たとえば戦闘機をつくってる会社は民間の航空機も作っていて、軍需より民需の方が
規模が大きい。戦争が起こると軍需部門はもうかっても民需部門が不景気で落ち込む
ため、全体としては赤字になってしまう。
てか、今の時代は普通兵器の開発は民間企業が行うから一般企業がダメージを受けない事はまずない。
日本だと確実に景気衰退するのは必須。だから、日本は安保法案が通ろうが、日本自ら戦争する事はない。


それに、君は利益しか見てないから困る(笑)。細部をよく調べないと
実は軍事産業(アメリカだけではありませんが)に取っては戦争よりも緊張状態が長く続いたの方が兵器は売れるのが現実
敵対国が新型戦闘機を導入したら、自国はそれに対抗出来る戦闘機若しくは対空ミサイルを導入しないと攻め込まれたら負けて仕舞うと言う危機感があります。そうなると、敵対国の兵器よりも高性能の兵器を開発しなければ成らず開発予算を得られ易い。
しかも、現代の戦争は短期間で終わって仕舞い兵器の欠陥が露呈したりすると大損害を被ります。戦争に使われなければ露呈しなかった欠陥も多いのも現実。こうなると、短期間で戦争が終われば使われる兵器が少ない(実際、アメリカは戦争に加担したが、兵器の在庫整理に終わってしまったというヲチ)
大量の兵器を生産して売り付けるには適度の緊張状態が一番なのです。
実は、米国の軍需産業は兵器を販売しているが、東南アジアなど国防予算が少ない国ばかりで買い手も意外と少なく、しかも中古兵器を売るしかないのが玉に傷です(ステルス戦闘機F-22等、最新鋭兵器は議会で輸出禁止)。
また、例え間接的にも、戦争という脅威があれば、現用兵器では安心できず増数から始まって、アップグレードや 次期兵器の開発、発注が行われます。これらが一定の間隔以上で行われないと、兵器産業は存続できないのが実情。
こういった事はアメリカだけでなく、輸出に大きく依存するロシアやフランスなどだと戦争がなくなったら兵器産業は倒産し、国家財政にすら影響します。
中国は最近になって活発化したが、どうでしょうね?

参考資料 世界の軍需企業リスト

Forbes → World's Biggest Public Companies Classfied Industries
  ↓
http://www.forbes.com/lists/2006/18/Industry_1.h

SIPRI → To view the SIPRI list of Top 100 arms-producing companies
  ↓
http://www.sipri.org/contents/milap/milex/aprod/

Global Security → US Military Contractors
  ↓
http://www.globalsecurity.org/military/industry/

Center for Strategic and International Studies → Military Balance
http://www.csis.org/burke/mb/


政府予算・歳入・支出の統計がある1940年以後では、国防支出の政府支出費とGDP比が最も低かった1999年と比較すると、イラク戦争、アフガニスタン戦争が現在進行中の2005年度の国防支出は、政府支出比は16.1%→20.0%に増加し、GDP比は3.0%→4.0%に増加し、国防支出の絶対額は2748億$→4953億$に増加し、国防支出中の総武器関連費=武器購入費+武器研究開発=軍需兵器国内市場規模は861億$→1,478億$に増加している。

そのような状況下でも、
国防支出中の総武器関連費=武器購入費+武器研究開発=軍需兵器市場規模は、
エクソンモービル、シェプロンテキサコ、ゼネラルモータース、フォード、ゼネラルエレクトリックという一企業の売上より小さく、自動車、電機、コンピュータ、通信機、精密機械、医薬品、バイオ技術、飲食品などの、一般市民、会社・学校・病院、行政機関などを顧客層とする汎用的商品と比較すると市場規模は小さく、軍需産業の市場規模はGDP比1.2%、第二次産業のGDP比6.6%、製造業のGDP比9.4%であり、国家の経済の大部分や主要な部分を占める存在ではない。

軍事兵器は今や顧客が政府・軍だけであり、
政府・軍の武器発注は政府の政策・財政・収入、国際情勢に制約されるというシビアな産業

余談だが、ハリバートンは売上高200億$の大企業だが、米国石油企業の売上高ランキングでは8位であり、一般的には米国の製造業・建設業・鉱業の代表的企業とは評価されなていない。日本でも自動車業界・電機業界・石油業界・建設業界の売上高8位の企業は、売上高5000億¥〜1兆¥以上の大企業だが、トヨタ、日産、ホンダ、日立、東芝、松下、などの業界トップクラスの企業と比較すると、一般的には日本の製造業・建設業・鉱業の代表的企業とは評価されないのと同じである。

一般的に米国の製造業・建設業・鉱業の代表的企業と評価されている企業は、
エクソンモービル、シェプロン、ゼネラルモータース、フォード、
ゼネラルエレクトリック、IBM、ヒューレット・パッカード、
インテル、マイクロソフト、デュポン、ダウ・ケミカル、ファイザー、
ジョンソン&ジョンソン、ボーイング、ロッキードマーチンなどである。


経済が軍需兵器産業に依存しているので戦争を繰り返すという認識は、戦争の原因としては誤りであり、米国経済は戦争をすればするほど儲かるという言説も全くの誤りである。ウィキで調べたくらいではこのようなデータはでないだろう

これはアメリカに限らずどこの国でも、軍需産業が主要な産業、基幹・基盤産業という国家は経済法則的に成り立ちえないのが実情

大体、独りよがりな考えや妄想を垂らさずに、詳しく調べ、且つ何の偏見も持たず信ぴょう性の高いデータと情報でカキコするのが、常識(笑)

(自称)評論家や偏見まみれの本を読むと視野が狭くなるのは本当ですね(笑)
まあ、蝦夷人って低脳者だと言う事を改めて認識されたし(爆)


31. 母系社会[1160] leqMbo7Qie8 2016年3月08日 23:28:22 : 1LkgHtp7UY : s0Wz6MWcDiA[1]
>>30さん

>経済が軍需兵器産業に依存しているので戦争を繰り返すという認識は、
>戦争の原因としては誤りであり、米国経済は戦争をすればするほど
>儲かるという言説も全くの誤りである。

●われわれも含めて、現在のマルクス派は、戦争も革命も、様々な要素・要因、条件が複合して起きると考える。だから、現在のマルクス派で「経済が軍需兵器産業に依存しているので戦争を繰り返す」などとは主張する者はいない。これは「経済決定論」的な見解なので誤りであることは、現在のマルクス派であれば常識。

マルクス主義は、歴史は<下部構造(諸関係)と、それを対自化=自覚化した上部構造(意識)>の相互作用で変わってゆくという立場。
マルクスは、人間は生物なので他の要素や条件とは無関係に、食料不足等で生存が脅かされる事態となれば、それだけで人間は革命を起こす、つまり歴史は変わるという極当たり前のことを、例外として付け加えた。しかし、これが「経済決定論」という誤解に結びついたらしく、マルクスの死後、「マルクス主義は経済決定論」という批判が起きたが、エンゲルスは誤解だと何度も反論した。

しかし、この「下部構造」を、人間界だけの「下部構造」と解釈し、「下部構造」とは経済システムと狭く解釈したのが、ソ連のスターリン主義派だったが、彼らの客観主義的な「経済決定論」的マルクス解釈は、今では否定されている。

マルクスは、戦争も革命も、様々な要素・要因、条件が複合して起きるが、多数の「要因」の中では、経済が他の要因よりも強力であることを初めて指摘した「唯物史観」を提起した。それで、マルクス以降は、ほとんどの人が戦争や革命が起きた原因を考察する場合は、まずは経済関係に注目するようになり、マルクス以前の「キリスト教的歴史観」や、英雄が歴史を動かすというような「英雄史観」などを否定したが、30さん自身も含めて、多くの人々が経済的な利害関係を重視するようになったのは、マルクスの功績。

●ソ連崩壊後、欧米は中国を支援して復興させる一方で、次のターゲットを「イスラム世界」にした。というのは、何と言っても中国は欧米から遠い国で、その分、中国の脅威度は低い。それで、中国を民主化するために支援して復興させた。中国にも、欧米のような市場経済に依拠した中産階級が出現すれば、彼らが民主化の推進母体になると期待したのだろう。

しかし、この欧米の目論見は外れたようだ。予想以上に中国共産党の指導が成功して、急速に経済成長を達成したために、欧米への留学生すらも、現在のエリートによる独裁制、開発独裁制を支持するようになってしまったからだ。また、欧米への留学生は、欧米のマスゴミも巨大資本が国民を洗脳する手段でしかないことを知り、欧米も実質的には中国の独裁体制と同じであること、また、欧米も急速に格差社会化していることを知り、欧米への幻想が崩壊したからだ。

●中国に比べれば、「イスラム世界」は近く、実際に何度も戦争をしてきたので、欧米は、「イスラム世界」が団結して、かつての「オスマン帝国」のようなイスラムの「統一国家」が出来るのを恐れている。だから、欧米は石油の件もあるが、イスラム主義であれ、世俗主義であれ、とにかくイスラムの「統一国家」が出来るのを阻止することが欧米の目的。

そのためも「イスラム世界」に軍事介入して、相互に対立するように仕向けた。大量の難民は予想外だったのだろうが、欧米にとっては、シリアやイラク、リビア、アフガン、ソマリア、マリなどでイスラム教徒同士が殺し合うこと自体が、「イスラム世界」が弱体化することなので「良いこと」である。

更に、内戦を起こせば1993年のパレスチナの「オスロ合意」のように、戦争を起こした張本人である米国が、双方から和平をもたらしたと感謝されるような事態が期待でき、場合によっては和平後に、和平の功労者として利権を得られる可能性もある。だから、今回のシリアの停戦のように、内戦を起こせば仲裁役として「イスラム世界」に介入し、利権も得られる可能性が出てくる。

★つまり、軍事費の増大を求める軍事や、石油利権が欲しい石油、軍事や石油業界に資金を貸している金融業界の利害と、イスラムの「統一国家」を阻止したい政界と、「偽装民主主義」を輸出したいらしいネオコンや、急速に拡大するイスラム教を妨害したいキリスト教宗教界の思惑が、ソ連の次に「イスラム世界」を狙うことで一致した。

★米国の巨大資本の意思が、イラク戦争に反対するCIA(官僚組織の一部)の意思を排除したのである。つまり、米国では巨大資本の意思が官僚組織よりも強く優先される。米国の真の主権者は巨大資本であり、資本が支配しているのが欧米諸国。だから、ECも欧州の巨大資本の新自由主義の原理で結成され、それで崩壊の危機に陥ったのである。

>実は軍事産業(アメリカだけではありませんが)に取っては戦争よりも
>緊張状態が長く続いたの方が兵器は売れるのが現実

●米国を支配する巨大資本も兵器を売って儲けたいのだろうが、兵器を売ることが米国の国家意思(巨大資本の意思)ではなく、米国の国家意思は、世界を一極的に支配することなのは説明するまでもなく明白(笑)

そのために軍事力を維持し、世界中に軍事基地を建設してきた。なぜなら、米国の巨大資本が有利になるような交易条件での自由貿易を、世界的規模で実現したいからだ。

というのは、各国の国民経済は、同じ「資本主義経済」でも、厳密には異なる経済構造があり、文化を背景に地域的な違いもある。たとえば、国家があまり経済界に関心を持たず、放置していたアジアでは、商人同士で商取引の規則を決めて「私設裁判所」を創って紛争を処理してきたし、資本や情報も同族や同郷、同業者同士で内密にやり取りし、株式市場のような不特定多数の人から資本を集めるのは嫌う。

●一方で、欧米では国家が商人を保護して商取引の規則も決めて、裁判も国家が行い、不特定多数の人から資本を集めるのも躊躇しないなど、そもそも、同じ市場経済でも、両者は異なる。また、先進国が多い西洋と途上国が多い東洋との違いもあるから、西洋、とりわけ米国式の交易条件で自由貿易をしたら、アジアは不利になる。

だから、アジア諸国はアジアだけで、アフリカはアフリカだけなど、それぞれの地域で交易条件を決めたいのが本音。それで、米国は世界を一極的に支配して米国式の交易条件を、世界中に押し付けたい。それが、米国の巨大資本が資本蓄積するには最も良いから。

そして、米国による世界の一極支配が実現すれば、米国の巨大資本だけでなく、宗教界も信者獲得で有利になるし、ネオコンなどのナショナリストや、その他、全ての米国の業界が有利になるのは明白。

●しかし、米国式の資本主義が世界を支配すると、やがて、地球の富は全て米国資本のものとなり、戦争は無くなるだろうが、われわれは事実上の奴隷=賃金奴隷=社畜であることから、逃れられなくなるというわけ(笑)

まぁ、30さんは、米国式資本主義が好きなのだろうが、米国式の自由主義は形式だけの自由主義。真の自由は、自由の権利だけでなく、生きるために仕方なく行う労働の時間を出来るだけ減らして、自由時間を増やすことなのだよ。自由の権利など、持っているだけでは何の役にもたたない。

もちろん、生きるために仕方なく行う労働の時間を減らし過ぎたら、生活水準も落ちてしまうから限りがあるが、生産技術の向上を、労働時間の短縮に使う経済体制への転換が必要で・・・

★真の自由社会とは、社会の目的が労働時間を減らすことにした社会のことなのだ。

★これは、資本主義では不可能。なぜなら、労働時間が長いほど、資本は搾取率が向上し、利益も上がるから。

★マルクスは労働時間の短縮を何度も訴えていた真の自由主義者なのだ。

米国留学で愛国心を強める 中国人留学生の“なぜ”
http://diamond.jp/articles/-/67330


32. 2016年3月09日 00:23:07 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[69]
>>母系社会
やれやれ、また論点を逸らして暴走しちゃってるよ(笑)。それどころか、頭が悪すぎて題名も読めませんか?
てか、独りよがりな考えをそのまま書いて投稿するのではなく、10回ぐらいは読み直して、第三者が見ても分かるという文にしてから投稿しましょう(笑)。
共産主義やマルクス主義を「読めば誰でも分かるし、納得出来る!」みたいな話をしても、こちらから見ればツッコミ満載の内容だし、理想と実現すらは別次元の話というのが分からない人達だし(笑)
内容も陰謀関連の本を読み過ぎだろ、というのがありまくるし(笑)


>われわれも含めて、現在のマルクス派は、戦争も革命も、様々な要素・要因、条件が複合して起きると考える。

そういうのを独りよがりと言うのです(笑)

>だから、現在のマルクス派で「経済が軍需兵器産業に依存しているので戦争を繰り返す」などとは主張する者はいない。これは「経済決定論」的な見解なので誤りであることは、現在のマルクス派であれば常識。

「マルクス派」の中ではね(笑)。社会では笑われる代物(爆)

>マルクスは、戦争も革命も、様々な要素・要因、条件が複合して起きるが(省略)、多くの人々が経済的な利害関係を重視するようになったのは、マルクスの功績。

経済史を学び直そう(笑)。経済学を専行した人達から笑われるから。てか、マルクスってそんなに偉大でもないのだけどね。経済学でも名前ぐらいしか出てこない
いい加減にマルクス万能は止めて欲しいものですなー

>米国を支配する巨大資本も兵器を売って儲けたいのだろうが、兵器を売ることが米国の国家意思(巨大資本の意思)ではなく、米国の国家意思は、世界を一極的に支配することなのは説明するまでもなく明白

無理だね。てか、日本には関係ない事だし、やるんだったら勝手にやらせたら?
お前だってチベットやウイグルに対して中国の軍事侵攻は正しかったと言ったじゃないか(笑)。南沙諸島を尖閣諸島みたいに固有領土について一言も言ってないじゃないか(笑)。他国に政策を口に出す。これを内政干渉というのです
アメリカがどうなろうが、知った事ではない。ロシアも欧州もイスラムもね。中国は日本にちょっかいしてきているから言っているだけであって、中国の共産党がどうなろうが知った事ではない。
まあ、国際社会というのは主義主張や エゴをむき出しにした国の方針、国益などがからむ争いの舞台であり、 権謀術数 (人をあざむく はかりごと )が渦巻く場であることをお人好しである蝦夷人は理解する必要がありますね(笑)
「国際社会は正義で動かない」
漫画や映画などに出て来るスーパーマンなどのヒーローは、現実には存在しないのです

>30さんは、米国式資本主義が好きなのだろうが、

好きとは言ってませんよ(笑)。てか、上から目線で説教ですか?何の苦労もせずに働きもせずに生きて来たと見える。そんな言葉は何の説得力はないよ(笑)

>米国式の自由主義は形式だけの自由主義。真の自由は、自由の権利だけでなく、生きるために仕方なく行う労働の時間を出来るだけ減らして、自由時間を増やすことなのだよ。自由の権利など、持っているだけでは何の役にもたたない。
>もちろん、生きるために仕方なく行う労働の時間を減らし過ぎたら、生活水準も落ちてしまうから限りがあるが、生産技術の向上を、労働時間の短縮に使う経済体制への転換が必要で・・・

有給休暇とか育児休業などというサービス知らないのだろうか?持っているだけ?そんな事は一度もなかったのだがね(笑)。前の時なんかは有給休暇を申請して友人や知り合いを沢山呼んで思いっきり遊んだりと自由時間を有意義に使ったのだが(笑)?
というか、収入不安定な所で働いて自由時間がないとかなると別問題。自分の事や人生は自己責任なのは当たり前。国や経済システムで楽に生きようと考えている君はもの凄く甘い(笑)。結局は勝ち取るしかないのだからね。後、お前がどんなに喚こうが、日本は発展途上国と比べても裕福なんだからね(笑)
最低賃金や労働基準法もあるし、生活保護もあるのだからそれを活用すればいいだけでしょ?発展途上国みたいに食糧難や学校に行けないとか乳幼児死亡率が大きいとかそんなヤバイものでもないでしょ(笑)?
偏見過ぎて笑えてしまうし、そんなにアメリカが危険、マルクスフェチなら日本から出て行けば?責任を何でも他人のせいにするのはミットもないし、解決の材料ですらないよ(笑)

後は低レベルな文ばかり(笑)。蝦夷人の頭の中は恐らく、
「自分が受け入れられてないのは自分以外がおかしいせいだ! だから変わるべきは自分ではなく世の中の方だ! 」
とお花畑なんだろう。
ウヨクを批判するのは結構だが、自分にもブーメランが刺さっているのに気が付かないらしいね(笑)
それに賛同する信者というか駄サイクル仲間の取り巻きもいるからその思いもどんどん強固になると……。だから突っ込まれても反論出来ない

>反体制的になって一生を棒に振るくらいなら、政治にはアンタッチャブルでいるほうが賢明です
とあるが、ブーメランそのものだね
「自分が受け入れられてないのは自分以外がおかしいせいだ!
だから変わるべきは自分ではなく世の中の方だ! 」
とお花畑なんだろう。
ウヨクを批判するのは結構だが、自分にもブーメランが刺さっているのに気が付かないらしいね(笑)

マルクス主義を唱えて一生を棒に振るくらいなら、受験勉強して有名大学の経済学部に入る事が賢明です。世界観が変わるから(笑)


33. 2016年3月09日 00:43:01 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[70]
追加
>真の自由社会とは、社会の目的が労働時間を減らすことにした社会のことなのだ。

土日祝日やお盆などの連休や有給休暇などでも不満というのは贅沢な悩みです(笑)。ブラック企業なら分かるが、そうでないのなら同情する余地すらない(爆)

>これは、資本主義では不可能。

可能。てか、昔じゃないんだから(笑)

>なぜなら、労働時間が長いほど、資本は搾取率が向上し、利益も上がるから。

いや、製造業などの労働時間は決められている。残業など労働時間を長引かせてもミスでしかないから。ミスで事故が起こったら利益どころか赤字になるからね。どうも、蝦夷人は社会知らずのようだ(笑)

>マルクスは労働時間の短縮を何度も訴えていた真の自由主義者なのだ。

ニートの叫びしか聞こえない(笑)。自由主義ってお前はただ怠けたいだけだろ(笑)
こういうのを「給料ドロボー」と言うのです(笑)

蝦夷人の本音が出て来たな(笑)。ニートは所詮、ニート。社会主義体制になってもニートは生きていけません(爆)


34. 母系社会[1161] leqMbo7Qie8 2016年3月10日 16:37:03 : pYBR7ZYvLY : Af4CR048dX4[1]
>>32さん

32さんは、「しゃれにならない深刻さ、日本の消費が危ない 日本の家計はすでにギリギリの状況(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/145.html」で下記のようにコメントしていますが・・・

>経済生民や近代経済学といったものは大学の経済学ですら少ししか出ないし、
>習わない(てか、そんなの覚えていても役に立たない)

●経済生民?これは「経世済民」ですよね。しかし、「近代経済学といったものは大学の経済学ですら少ししか出ないし、」とは?

もしかしたら、25さんは<近代経済学>という言葉の意味を知らないのでは?今の大学で、近代経済学を教えない大学の経済学などあり得ないので。

近代経済学という言葉の意味は、古典経済学やマルクス派以外の、マクロ経済学とかミクロ経済学などの総称で、「労働価値説」以外の「効用価値説」の立場の経済学。「付加価値」という用語を使う経済学派のことです。

●また、32さんはマルクス思想を否定しているが、中規模の本屋に行けば、日本でもマルクス本の出版ブームが起きていることがわかるし、2013年にはマルクスの本が、ユネスコの「世界記憶遺産」に登録された。

また、少し前には日本のNHKのような「BBC放送」で、「世界の偉人は誰か」というアンケート調査をしたら、イギリスなのにニュートンではなく、イギリス人はドイツ人のマルクスを第一位に選んだこともある。世界では、マルクスは常に読み返してみるべき古典として認められているのだ。

イギリスは労働党の最左派が党首に選ばれ、ギリシャでは一時新左翼系政党が参加した政党連合が与党になり、スペインでも新左翼系政党「ポデモス」が350議席中、42議席を得るなど大躍進している。

言うまでもなく、アメリカでは社会主義者のサンダースが有力な大統領候補で、30歳以下ではサンダースが80%と圧倒的な支持を得ているという世論調査が多数ある。直ぐに暗殺されるだろうが、やがてアメリカでも、社会主義者の大統領が誕生するかもしれない。

●日本のマスゴミは、中国のサイバー攻撃による情報収集は大々的に報道するが、中国など遥かに上回り、ネットだけでなく、無線や固定電話、携帯電話、ファクス、電子メール、データ通信など、ほとんど全ての情報通信を監視し、盗聴している米国の「エシュロン」による情報監視・情報収集システムのことは報道しない。

(日本は、何と日本の政府や日本の企業の情報監視・情報収集も行っている「エシュロン」の傍受施設を、米軍が管理している青森県の「姉沼通信所」に設置することを認めている「脳死国家」で、実は国家としての「日本国」など、既に実在していない。実在しているのは32さんのような人の脳の中だけ)

日本のマスゴミは、「原発は安全」だととか、「原発発電は安い」など、明らかなウソを堂々と報道し、中国や旧ソ連の悪い面ばかり報道して逆の面、たとえば女性の地位の向上や、教育・医療などの面で達成した成果は報道しない。

日本のマスゴミは、北朝鮮や中国のマスゴミ並みに操作されているので、先進国の中では、日本はリベラル派やリベラル左派への支持が最も少ない。それで、32さんのようなお人好しが多い日本人は、簡単に洗脳されてしまうのだ。このようなに、世界は急激に変化して、世界ではマルクスは復活している。

●このようにマルクスが復活したのは、ピケティの「21世紀の資本論」が「実証」したように、マルクスの予言「窮乏化論」が予言通りに現実となったから。マルクスの予言が的中し、先進国の労働者階級の窮乏化、貧困化が現実となった。この窮乏化、貧困化は、搾取を否定する近代経済学の「効用価値説」(付加価値説)では説明不可能。

つまり、近代経済学は、経済学(学問)としては破綻し、埼玉大学の水野和夫氏のように、近代経済学者にも、資本主義の終焉、つまり近代経済学の破綻を認める学者もでてきた。合理的人間=性悪説的人間観を前提とする近代経済学は、社会主義を否定できるような学問としては破綻し、資本主義を存続させるための技術論としての可能性しか無くなったのだ。(人間は環境に適応するだけで、性悪でも性善でもない)

●あと、100年前後で多くの資源が枯渇すると予想されている。100年前後では枯渇しない資源も、どんどん価格が高騰するようになるはずで、人類は徐々に「循環型経済」へ移行するしかない。

特に心配なのは、日本が中国から輸入している「リン鉱石」の枯渇。これが枯渇すると化学肥料が生産できず大飢餓が発生する可能性があり、既に米国は輸出禁止にし、日本は中国側が設定する言い値で輸入するしかない立場で、一挙に価格が2倍になったこともある資源。

また、地球温暖化などの環境問題もあり、資源の消費は悪となった。早急に、自動車の所有や旅客機の生産を制限しなければならないのだが、資本主義では不可能であるのは明白。「循環型経済」を推進する団体は多いが、「エレン・マッカーサー財団」のような常に経済成長を目指す資本主義を前提にした団体は必ず行き詰る。

原発を止めて環境破壊を防ぐには、強力な世界政府を樹立して、世界的規模で地球資源を公平に再配分する体制、世界的な規模で経済活動を統制・計画化する「世界社会主義体制」を築くしかない。そうしないと、地球的規模で何億人もの難民が発生する大惨事が起きるかもしれない。人類は武器など、無駄なものを生産している余裕は無い。

TUP速報994号 バーニー・サンダースの台頭
http://www.tup-bulletin.org/?p=2995

エシュロン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3

水野和夫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E9%87%8E%E5%92%8C%E5%A4%AB

エレン・マッカーサー「単独世界一周航海から学んだ意外なこと」
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/151014.html

一般財団法人CSO「エレン・マッカーサー財団インタビュー」
http://www.csonj.org/activity2/organic/ellen-macarthur


35. 2016年3月11日 00:31:53 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[71]
>>母系社会
余程、痛い所を突かれたのか、またしても論点をずらす蝦夷人(笑)
フリーターは所詮、フリーター。何の苦労もせずに生きて来た事がばれてしまったようだ(爆)
こんな奴がマルクス主義だとか労働時間削減とか言っても、第三者から見ればただ怠けたいだけであるのが分かっちゃったね
給料ドロボーはダメだよ、ヒキニート(笑)

>しかし、「近代経済学といったものは大学の経済学ですら少ししか出ないし、」とは?
>もしかしたら、25さんは<近代経済学>という言葉の意味を知らないのでは?今の大学で、近代経済学を教えない大学の経済学などあり得ないので。

古いなぁ〜(笑)
大体、お前の頭は冷戦時代なのですかー?
今では、社会経済学とか政治経済学とか、もう習わないですよー(笑)
あり得ない?そりゃ、そうですよ。少なくとも現在の経済理論の基礎理論として、マルクスが使われている、ということはほとんどないのですから(笑)
大学院ですら、その研究はやらないですし
実際、大学における経済学教育(研究)において近代経済学とマルクス経済学が対抗関係にあったのは1980年代まででしょう。もちろん現在でもマル経の理論体系にもとづく研究者はいますが、年々数は減っているのが現実です。若い世代でマルクス経済学のディシプリンだけを学んで研究者になる人は圧倒的に少ないからです。
20〜30年前ならいざ知らず、現在では???です。
なぜなら、「近代経済学」という言い方自体がもう古過ぎです。
違うというなら、大学受験して経済学部に入って見たら(笑)
今の若者でさえ、社会主義なんて知らないレベルですよ(爆)?

>近代経済学という言葉の意味は、古典経済学やマルクス派以外の、マクロ経済学とかミクロ経済学などの総称で、「労働価値説」以外の「効用価値説」の立場の経済学。「付加価値」という用語を使う経済学派のことです。

勘違いも甚だしい(笑)
もともと近代経済学という表現はマルクス経済学に対抗する経済理論の総称に過ぎません。そしてマル経が勢力を失った現在は、現時点で論じられている経済学の意で「現代経済学」という総称が一般的です。そして個別の理論的立場としては、ケインズ理論を重視する立場やそれに対抗的なサプライサイド重視、マネタリズム、合理的期待仮説、ゲーム理論…がしのぎを削っているわけです。

現代経済学
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6

>中規模の本屋に行けば、日本でもマルクス本の出版ブームが起きていることがわかるし、

ただ、本が並べてあるだけでは(笑)。マルクスブームもそこまで起きている訳でもない
マルクスブーム? なにそれおいしいの?
因みにデイビッド・ハーヴェイという人がマルクスブームを起こしたけど、本の売れ行きはともかく、思想は浸透していない(マルクス主義はもう古すぎる)

 「マルクスブームは来ているか?」という問いの答えを言ってしまえば、「本格的なものは未だ来らず」
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/Marxboom.html


>2013年にはマルクスの本が、ユネスコの「世界記憶遺産」に登録された。
>少し前には日本のNHKのような「BBC放送」で、「世界の偉人は誰か」というアンケート調査をしたら、イギリスなのにニュートンではなく、イギリス人はドイツ人のマルクスを第一位に選んだこともある。世界では、マルクスは常に読み返してみるべき古典として認められているのだ

マルクスはどちらかというと資本主義の分析に力を置いているため、その思想の是非はともかくマルクスの膨大な知識量は誰もが認める所だから
ユネスコは「思想」ではなく、「資本主義の分析」を評価している
まあ、お前がどんなに喚こうが、現代の国際社会を支配しているのは紛れもなく資本主義であり、それを批判する者も資本主義の代替の社会システムを出せないでいるのが現状だから、「古典」止まりだろうね
過度の過大評価は危険だよ、蝦夷人さん(笑)

>イギリスは労働党の最左派が党首に選ばれ、ギリシャでは一時新左翼系政党が参加した政党連合が与党になり、スペインでも新左翼系政党「ポデモス」が350議席中、42議席を得るなど大躍進している。

>アメリカでは社会主義者のサンダースが有力な大統領候補で、30歳以下ではサンダースが80%と圧倒的な支持を得ているという世論調査が多数ある。

日本だって社会党である村山富市が総理大臣になったり、民主党が政権を一時期握ったりしたというのを知らんのか(笑)
というのは置いといて……
ちょっと面白いことが
「社会主義」といえば今では「民主社会主義」とか「社会民主主義」のことを指す
てか…サンダース氏が、自分がマルクス主義者だとかいったことあるか(笑)?
そもそも、言ってることは全然違うし、むしろ本人自身、大嫌いだろうよ
正直な所、マルクスなんて、統計だとか実験の結果だとかまともな根拠もないのに、社会を思い込みで分析して、将来のことまで断定的に語るんだから、屁理屈だけの人だからね
いくら仮説が立派でも、実験で実証できなければただの間違い(笑)
サンダースやイギリス・ギリシャの左翼らは、実際に今の社会はマルクスとか当時共産主義者の言うことと全く違う事を認識するべし(爆)。
てか、大企業のこととか言ってましたか(笑)?
ソ連とか本当に共産主義を実験しようとしたら、とてつもなく悲惨な実験結果になったのだし、そもそもサンダース自身が暗殺される要素なんて全くない(オバマだって黒人だから暗殺されるとか噂されたけどなかったジャン)。
仮にサンダースが大統領になってもアメリカは社会主義国家にはならない
サンダースの政策なんて至極当たり前のものばかりなのに(笑)

サンダース政策の主なもの
http://www.sanders.senate.gov/agenda/
1.公共事業(老朽化したインフラの更新、100兆円)
2.温暖化対策
3.労働者の経営参加
4.労働組合結成を容易にする
5.最低賃金の引き上げ
6.男女同一賃金
7.各種自由貿易協定に反対(国内の雇用を守る)
8.すべての人が大学進学を可能に
9.ウォール街のやりすぎに規制を
10.医療保険制度。高齢者(+障害者、人工透析)医療のメディケアの対象をすべての人に拡大、単一保険者に
11.高齢者および子どもの貧困対策として 高齢者(+障害者、人工透析)医療のメディケア、 低所得者(国民の20%)医療のメディケイド、 フードスタンプ等(給食補助等もあったりする。)の拡充
12.大企業の法人や経営者の海外のタックスヘイブンを利用した 税逃れ(年間10兆円)に適正な課税

そもそも、今の時代なんて社会主義の定義が曖昧なんだが(笑)
それなのに、蝦夷人のような狂信的なマルクス主義が社会主義前提として、話を進めるから呆れる
彼の演説や本を読んだが、言葉的には社会主義は個人主義の対義語だし、サンダース氏ですら資本主義の枠内で、個人主義が行きすぎて一部の個人が良い思いしてるのを、社会全体の見地から修正して福祉など充実させましょうってだけなのだが……
カルト信者は、それも分からないらしい(笑)

因みに情報は古いが、このようなものだな
サウスカロライナの結果
http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/primaries/SC
ニューハンプシャーの結果
http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/primaries/NH

でも、ヒラリーはなぜか強い

共和党の大統領候補者選び
http://www.asahi.com/articles/ASJ2P1QXQJ2PUHBI006.html

>日本のマスゴミは、中国のサイバー攻撃による情報収集は大々的に報道するが、

サイバー攻撃って犯罪ですが(笑)?
ハッキング(本当の名称はクラッキング)でさえ、電子計算機損壊等業務妨害罪、共同正犯に抵触する可能性のある威力業務妨害(刑法犯罪)でもあるし、民事損害賠償請求訴訟の訴因行為すらなるのだから(爆)?
蝦夷人は犯罪をまた正当化ですかー?なぜ、東日本人は犯罪そのものを庇い正当化しているのですかー?バカですか、君は?もう憲法どころか法律も守れない劣等人種になりましたかー?刑法読みましたかー?
海賊行為という犯罪を正当化の次はクラッキングも正当化か
あ、蝦夷人は前科持ちの人間か(笑)

>中国など遥かに上回り、ネットだけでなく、無線や固定電話、携帯電話、ファクス、電子メール、データ通信など、ほとんど全ての情報通信を監視し、盗聴している米国の「エシュロン」による情報監視・情報収集システムのことは報道しない
>日本は、何と日本の政府や日本の企業の情報監視・情報収集も行っている「エシュロン」の傍受施設を、米軍が管理している青森県の「姉沼通信所」に設置することを認めている「脳死国家」で、実は国家としての「日本国」など、既に実在していない。実在しているのは32さんのような人の脳の中だけ

三沢基地にあるあれ?
てか、エシュロンは確かにあるけど、ちょっと過大評価し過ぎるな。お前の話なんて都市伝説の類ですし(笑)
詳細に関しては不明だけど、アメリカのNSA(国家安全保障局)が対ソビエト情報戦の為に創設したシステム
今では電話・ファクス・Eメール・衛星通信・マイクロ波を盗聴・傍聴する優れモノ
どんな暗号をかけたメールでも解読できるらしく、いわゆるNGワード(大統領暗殺、爆弾、など)の発信、着信先を探知し自動で調べているシステムらしい
……その割にはテロ事件などではエシュロン等ハイテクに頼りすぎた諜報活動がテロを予防しきれなかったという間抜けた事もあるから何とも(苦笑)

そもそも、エシュロンのやり方は、「シギント」という通信、電磁波、信号等の、主として傍受を利用した諜報活動のことだから、エシュロンに限らずほとんどの国はやっている
エシュロンに比べると劣るが、中国でも中国人民解放軍総参謀部第二部が通信システムなどを傍受(盗聴)していますし、日本でも防衛省情報本部や警察庁警備局が主に行っています

シギント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%88

傍受(盗聴)は犯罪か?
実は盗聴自体は犯罪ではないのです。というか日本の法律に盗聴行為そのものを違法とする法律はありません。因みに都市部の電気街やネット通販で盗聴器が堂々と売られているわけです
電気店へ行って機材さえ揃えれば携帯電話の会話どころか警察の電波を拾えまっせ(笑)
ただ、ストーカー行為や盗聴器を付けるために家宅侵入は犯罪だからね

盗聴って違法じゃないの?
http://www.e-seculi.com/00-touchou-hakkenki/05.html

>日本のマスゴミは、「原発は安全」だととか、「原発発電は安い」など、明らかなウソを堂々と報道し、中国や旧ソ連の悪い面ばかり報道して逆の面、たとえば女性の地位の向上や、教育・医療などの面で達成した成果は報道しない。

報道していないって……それはお前が見ていないだけじゃない(笑)?
それに報道の自由というのがあるからそんなに不満ならマスコミ批判したら?
私に言われても「あ、そうなんだ。ふーん。だから何?」としか思わんよ(笑)

>100年前後で多くの資源が枯渇すると予想されている。100年前後では枯渇しない資源も、どんどん価格が高騰するようになるはずで、人類は徐々に「循環型経済」へ移行するしかない。

その頃には科学技術が発展して他の惑星から資源を採掘したり、ゴミを資源したりとなると思いますが(笑)
お前の頭の中は、発展は止まったままですかー(笑)?
100年前の人達がこの時代にタイムスリップしたら、今の科学技術の凄さに驚くぞ?

>日本が中国から輸入している「リン鉱石」の枯渇。これが枯渇すると化学肥料が生産できず大飢餓が発生する可能性があり、既に米国は輸出禁止にし、日本は中国側が設定する言い値で輸入するしかない立場で、一挙に価格が2倍になったこともある資源。

リン鉱石がなくなったら昔のやり方に戻るんじゃない(笑)?
堆肥とか有機質肥料になるんじゃないですか(笑)
大体、化学肥料なくても畑は耕せまっせ(笑)
お前って悲観論なんだなー

>地球温暖化などの環境問題もあり、資源の消費は悪となった。早急に、自動車の所有や旅客機の生産を制限しなければならないのだが、資本主義では不可能であるのは明白

お前ってニートどころかボンボンですか(笑)?
地方では車がないと生活出来ません
てか、日本だと関東圏や関西圏以外は車がないと不便です(公共交通機関がそんなに充実していないから)
海外でも車を制限すると移動手段がなくなりますよ?
ヨーロッパですら、都市部以外の地域は移動手段は無くなりますよ(笑)?
旅客機ってそんなにホイホイと造っていましたっけ?
経済を強調する人が移動手段を制限・批判してどうする?
お前は地方を差別するのですかー?共産主義の理念は何処へ行ったのですかー?
差別や偏見が多いな(笑)
共産主義って平等社会だろ?しっかりしろよ(笑)!

>原発を止めて環境破壊を防ぐには、強力な世界政府を樹立して、世界的規模で地球資源を公平に再配分する体制、世界的な規模で経済活動を統制・計画化する「世界社会主義体制」を築くしかない

じゃあ、上から目線で説教するのはやめて直ぐに実行して(笑)
ま、お前にそんな権力も地位も発言力もないから、どうでもいいわ
それに以前も言ったけど、国際社会というのは主義主張や エゴをむき出しにした国の方針、国益などがからむ争いの舞台であり、 権謀術数 (人をあざむく はかりごと )が渦巻く場であるというのを理解しようね(笑)。お人よしは国際社会には通用しない
「国際社会は正義で動かない」
漫画や映画などに出て来るスーパーマンや仮面ライダーなどのヒーローは、現実には存在しないのです
オタク発言はいいから、さっさと実行しろよな

ま、言いたい事はただ1つ

社会主義体制になってもニートは生きていけません(笑)
分かりましたか、引きこもりニート君(爆)


36. 2016年3月11日 18:15:08 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[71]
>>母系社会
余程、痛い所を突かれたのか、またしても論点をずらす蝦夷人(笑)
給料ドロボーはダメだよ、ヒキニート(笑)
>しかし、「近代経済学といったものは大学の経済学ですら少ししか出ないし、」とは?
>もしかしたら、25さんは<近代経済学>という言葉の意味を知らないのでは?今の大学で、近代経済学を教えない大学の経済学などあり得ないので。

古いなぁ〜(笑)
大体、お前の頭は冷戦時代なのですかー?
今では、社会経済学とか政治経済学とか、もう習わないですよー(笑)
あり得ない?そりゃ、そうですよ。少なくとも現在の経済理論の基礎理論として、マルクスが使われている、ということはほとんどないのですから(笑)
大学院ですら、その研究はやらないですし
実際、大学における経済学教育(研究)において近代経済学とマルクス経済学が対抗関係にあったのは1980年代まででしょう。もちろん現在でもマル経の理論体系にもとづく研究者はいますが、年々数は減っているのが現実です。若い世代でマルクス経済学のディシプリンだけを学んで研究者になる人は圧倒的に少ないからです。
20〜30年前ならいざ知らず、現在では???です。
なぜなら、「近代経済学」という言い方自体がもう古過ぎです。
違うというなら、大学受験して経済学部に入って見たら(笑)
今の若者でさえ、社会主義なんて知らないレベルですよ(爆)?

>近代経済学という言葉の意味は、古典経済学やマルクス派以外の、マクロ経済学とかミクロ経済学などの総称で、「労働価値説」以外の「効用価値説」の立場の経済学。「付加価値」という用語を使う経済学派のことです。

勘違いも甚だしい(笑)
もともと近代経済学という表現はマルクス経済学に対抗する経済理論の総称に過ぎません。そしてマル経が勢力を失った現在は、現時点で論じられている経済学の意で「現代経済学」という総称が一般的です。そして個別の理論的立場としては、ケインズ理論を重視する立場やそれに対抗的なサプライサイド重視、マネタリズム、合理的期待仮説、ゲーム理論…がしのぎを削っているわけです。

現代経済学
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6

>中規模の本屋に行けば、日本でもマルクス本の出版ブームが起きていることがわかるし、

ただ、本が並べてあるだけでは(笑)。マルクスブームもそこまで起きている訳でもない
マルクスブーム? なにそれおいしいの?
因みにデイビッド・ハーヴェイという人がマルクスブームを起こしたけど、本の売れ行きはともかく、思想は浸透していない(マルクス主義はもう古すぎる)

 「マルクスブームは来ているか?」という問いの答えを言ってしまえば、「本格的なものは未だ来らず」
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/Marxboom.html


>2013年にはマルクスの本が、ユネスコの「世界記憶遺産」に登録された。
>少し前には日本のNHKのような「BBC放送」で、「世界の偉人は誰か」というアンケート調査をしたら、イギリスなのにニュートンではなく、イギリス人はドイツ人のマルクスを第一位に選んだこともある。世界では、マルクスは常に読み返してみるべき古典として認められているのだ

マルクスはどちらかというと資本主義の分析に力を置いているため、その思想の是非はともかくマルクスの膨大な知識量は誰もが認める所だから
ユネスコは「思想」ではなく、「資本主義の分析」を評価している
まあ、お前がどんなに喚こうが、現代の国際社会を支配しているのは紛れもなく資本主義であり、それを批判する者も資本主義の代替の社会システムを出せないでいるのが現状だから、「古典」止まりだろうね
過度の過大評価は危険だよ、蝦夷人さん(笑)

>イギリスは労働党の最左派が党首に選ばれ、ギリシャでは一時新左翼系政党が参加した政党連合が与党になり、スペインでも新左翼系政党「ポデモス」が350議席中、42議席を得るなど大躍進している。

>アメリカでは社会主義者のサンダースが有力な大統領候補で、30歳以下ではサンダースが80%と圧倒的な支持を得ているという世論調査が多数ある。

日本だって社会党である村山富市が総理大臣になったり、民主党が政権を一時期握ったりしたというのを知らんのか(笑)
というのは置いといて……
ちょっと面白いことが
「社会主義」といえば今では「民主社会主義」とか「社会民主主義」のことを指す
てか…サンダース氏が、自分がマルクス主義者だとかいったことあるか(笑)?
そもそも、言ってることは全然違うし、むしろ本人自身、大嫌いだろうよ
正直な所、マルクスなんて、統計だとか実験の結果だとかまともな根拠もないのに、社会を思い込みで分析して、将来のことまで断定的に語るんだから、屁理屈だけの人だからね
いくら仮説が立派でも、実験で実証できなければただの間違い(笑)
サンダースやイギリス・ギリシャの左翼らは、実際に今の社会はマルクスとか当時共産主義者の言うことと全く違う事を認識するべし(爆)。
てか、大企業のこととか言ってましたか(笑)?
ソ連とか本当に共産主義を実験しようとしたら、とてつもなく悲惨な実験結果になったのだし、そもそもサンダース自身が暗殺される要素なんて全くない(オバマだって黒人だから暗殺されるとか噂されたけどなかったジャン)。
仮にサンダースが大統領になってもアメリカは社会主義国家にはならない
サンダースの政策なんて至極当たり前のものばかりなのに(笑)

サンダース政策の主なもの
http://www.sanders.senate.gov/agenda/
1.公共事業(老朽化したインフラの更新、100兆円)
2.温暖化対策
3.労働者の経営参加
4.労働組合結成を容易にする
5.最低賃金の引き上げ
6.男女同一賃金
7.各種自由貿易協定に反対(国内の雇用を守る)
8.すべての人が大学進学を可能に
9.ウォール街のやりすぎに規制を
10.医療保険制度。高齢者(+障害者、人工透析)医療のメディケアの対象をすべての人に拡大、単一保険者に
11.高齢者および子どもの貧困対策として 高齢者(+障害者、人工透析)医療のメディケア、 低所得者(国民の20%)医療のメディケイド、 フードスタンプ等(給食補助等もあったりする。)の拡充
12.大企業の法人や経営者の海外のタックスヘイブンを利用した 税逃れ(年間10兆円)に適正な課税

そもそも、今の時代なんて社会主義の定義が曖昧なんだが(笑)
それなのに、蝦夷人のような狂信的なマルクス主義が社会主義前提として、話を進めるから呆れる
彼の演説や本を読んだが、言葉的には社会主義は個人主義の対義語だし、サンダース氏ですら資本主義の枠内で、個人主義が行きすぎて一部の個人が良い思いしてるのを、社会全体の見地から修正して福祉など充実させましょうってだけなのだが……
カルト信者は、それも分からないらしい(笑)

因みに情報は古いが、このようなものだな
サウスカロライナの結果
http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/primaries/SC
ニューハンプシャーの結果
http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/primaries/NH

でも、ヒラリーはなぜか強い

共和党の大統領候補者選び
http://www.asahi.com/articles/ASJ2P1QXQJ2PUHBI006.html

>日本のマスゴミは、中国のサイバー攻撃による情報収集は大々的に報道するが、

サイバー攻撃って犯罪ですが(笑)?
ハッキング(本当の名称はクラッキング)でさえ、電子計算機損壊等業務妨害罪、共同正犯に抵触する可能性のある威力業務妨害(刑法犯罪)でもあるし、民事損害賠償請求訴訟の訴因行為すらなるのだから(爆)?
蝦夷人は犯罪をまた正当化ですかー?なぜ、東日本人は犯罪そのものを庇い正当化しているのですかー?バカですか、君は?もう憲法どころか法律も守れない劣等人種になりましたかー?刑法読みましたかー?
海賊行為という犯罪を正当化の次はクラッキングも正当化か
あ、蝦夷人は前科持ちの人間か(笑)

>中国など遥かに上回り、ネットだけでなく、無線や固定電話、携帯電話、ファクス、電子メール、データ通信など、ほとんど全ての情報通信を監視し、盗聴している米国の「エシュロン」による情報監視・情報収集システムのことは報道しない
>日本は、何と日本の政府や日本の企業の情報監視・情報収集も行っている「エシュロン」の傍受施設を、米軍が管理している青森県の「姉沼通信所」に設置することを認めている「脳死国家」で、実は国家としての「日本国」など、既に実在していない。実在しているのは32さんのような人の脳の中だけ

三沢基地にあるあれ?
てか、エシュロンは確かにあるけど、ちょっと過大評価し過ぎるな。お前の話なんて都市伝説の類ですし(笑)
詳細に関しては不明だけど、アメリカのNSA(国家安全保障局)が対ソビエト情報戦の為に創設したシステム
今では電話・ファクス・Eメール・衛星通信・マイクロ波を盗聴・傍聴する優れモノ
どんな暗号をかけたメールでも解読できるらしく、いわゆるNGワード(大統領暗殺、爆弾、など)の発信、着信先を探知し自動で調べているシステムらしい
……その割にはテロ事件などではエシュロン等ハイテクに頼りすぎた諜報活動がテロを予防しきれなかったという間抜けた事もあるから何とも(苦笑)

そもそも、エシュロンのやり方は、「シギント」という通信、電磁波、信号等の、主として傍受を利用した諜報活動のことだから、エシュロンに限らずほとんどの国はやっている
エシュロンに比べると劣るが、中国でも中国人民解放軍総参謀部第二部が通信システムなどを傍受(盗聴)していますし、日本でも防衛省情報本部や警察庁警備局が主に行っています

シギント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%88

傍受(盗聴)は犯罪か?
実は盗聴自体は犯罪ではないのです。というか日本の法律に盗聴行為そのものを違法とする法律はありません。因みに都市部の電気街やネット通販で盗聴器が堂々と売られているわけです
電気店へ行って機材さえ揃えれば携帯電話の会話どころか警察の電波を拾えまっせ(笑)
ただ、ストーカー行為や盗聴器を付けるために家宅侵入は犯罪だからね

盗聴って違法じゃないの?
http://www.e-seculi.com/00-touchou-hakkenki/05.html

>日本のマスゴミは、「原発は安全」だととか、「原発発電は安い」など、明らかなウソを堂々と報道し、中国や旧ソ連の悪い面ばかり報道して逆の面、たとえば女性の地位の向上や、教育・医療などの面で達成した成果は報道しない。

報道していないって……それはお前が見ていないだけじゃない(笑)?
それに報道の自由というのがあるからそんなに不満ならマスコミ批判したら?
私に言われても「あ、そうなんだ。ふーん。だから何?」としか思わんよ(笑)

>100年前後で多くの資源が枯渇すると予想されている。100年前後では枯渇しない資源も、どんどん価格が高騰するようになるはずで、人類は徐々に「循環型経済」へ移行するしかない。

その頃には科学技術が発展して他の惑星から資源を採掘したり、ゴミを資源したりとなると思いますが(笑)
お前の頭の中は、発展は止まったままですかー(笑)?
100年前の人達がこの時代にタイムスリップしたら、今の科学技術の凄さに驚くぞ?

>日本が中国から輸入している「リン鉱石」の枯渇。これが枯渇すると化学肥料が生産できず大飢餓が発生する可能性があり、既に米国は輸出禁止にし、日本は中国側が設定する言い値で輸入するしかない立場で、一挙に価格が2倍になったこともある資源。

リン鉱石がなくなったら昔のやり方に戻るんじゃない(笑)?
堆肥とか有機質肥料になるんじゃないですか(笑)
大体、化学肥料なくても畑は耕せまっせ(笑)
お前って悲観論なんだなー

>地球温暖化などの環境問題もあり、資源の消費は悪となった。早急に、自動車の所有や旅客機の生産を制限しなければならないのだが、資本主義では不可能であるのは明白

お前ってニートどころかボンボンですか(笑)?
地方では車がないと生活出来ません
てか、日本だと関東圏や関西圏以外は車がないと不便です(公共交通機関がそんなに充実していないから)
海外でも車を制限すると移動手段がなくなりますよ?
ヨーロッパですら、都市部以外の地域は移動手段は無くなりますよ(笑)?
旅客機ってそんなにホイホイと造っていましたっけ?
経済を強調する人が移動手段を制限・批判してどうする?
お前は地方を差別するのですかー?共産主義の理念は何処へ行ったのですかー?
差別や偏見が多いな(笑)
共産主義って平等社会だろ?しっかりしろよ(笑)!

>原発を止めて環境破壊を防ぐには、強力な世界政府を樹立して、世界的規模で地球資源を公平に再配分する体制、世界的な規模で経済活動を統制・計画化する「世界社会主義体制」を築くしかない

じゃあ、上から目線で説教するのはやめて直ぐに実行して(笑)
ま、お前にそんな権力も地位も発言力もないから、どうでもいいわ
それに以前も言ったけど、国際社会というのは主義主張や エゴをむき出しにした国の方針、国益などがからむ争いの舞台であり、 権謀術数 (人をあざむく はかりごと )が渦巻く場であるというのを理解しようね(笑)。お人よしは国際社会には通用しない
「国際社会は正義で動かない」
漫画や映画などに出て来るスーパーマンや仮面ライダーなどのヒーローは、現実には存在しないのです
オタク発言はいいから、さっさと実行しろよな

ま、言いたい事はただ1つ

社会主義体制になってもニートは生きていけません(笑)


37. 母系社会[1163] leqMbo7Qie8 2016年3月12日 11:22:43 : QFfpcWEPeg : pPZy66XsBuU[1]
>>32・33・36さん

>10回ぐらいは読み直して、・・・

ほほう、「10回ぐらいは読み直す」を覚えてましたね。忠告した甲斐がありました(笑)

>マルクスってそんなに偉大でもないのだけどね。経済学でも名前ぐらいしか出てこない

マルクス派側も、近経学者の理論など検証しない。理由は前提となるパラダイムが違うからで、当たり前のこと。

「偉大でもない」というなら、32さんの「価値論」を教えてください。さぞかし、素晴らしい独自の価値論をお持ちなのでしょうね。資本主義経済では商品の価格は重要。だから、価格になって現れる<商品の「価値」とは何か?>が、資本主義経済について考察する経済学では最大級のテーマ。

ちなみにマルクスは、自分の「労働価値説」を絶対的真理として提起したのではない。あくまでも、弁証法的な真理、つまり、暫定的な真理として提起した。だから、いつかはマルクスの「労働価値説」を止揚する新しい「価値説」が出現することも予想していたし、マルクス派は、そうした新しい「価値説」の出現を歓迎すらする立場なので遠慮はいりません。是非とも32さんの「価値論」を教えてください!!

>お前だってチベットやウイグルに対して中国の軍事侵攻は正しかったと言ったじゃないか(笑)。

ウソ。中国のチベットに対する政策が正しかったなどと言ったことは一度もないし、ウイグルについては、ほとんど言及したことはない。あると言うなら、証拠を提示してくれ。

チベットについては、解放前のチベットの情況については、中国側が正しいと書いた。その根拠は、解放前のチベットを見聞した日本人僧侶河口慧海の「チベット旅行記」を読んで、解放前のチベットの実情は中国側の説明通りとわかり、ダライラマ側の説明はウソと知ったから。

解放前のチベット政府は、ダライ・ラマが排泄した大便を乾燥させて丸薬にし、高額で販売していたぐらい、どうしょうもないデタラメな社会だった。また、著名なチベット研究者「木村肥佐生」(亜細亜大学教授)によると、20歳前後で死んだダライ・ラマ10世、11世、12世の3人は、チベットの支配階級である貴族や高級僧侶たちに暗殺された可能性が高いという。

つまり、チベットの支配階級は、ダライ・ラマが「生き神」などではなく、人間であることを知っていながら、ダライ・ラマの大便を薬として販売していた政府。

日本経済大学大学院の叶芳和教授によると、実は既に「東アジア経済圏」とでも呼ばれるべき経済圏が形成されていると言う。というのは、東アジア諸国の輸出総額に占める域内向け輸出の2013年の割合は約83%だから。現在、「日中韓FTA」交渉と「東アジア地域包括的経済連携」(RCEP)交渉が並行して進められている。これがまとまれば、いよいよ「東アジア共同体」結成に向けた本格的な交渉が始まる。

とにかく、「東アジア共同体」が結成されて主権国家化すれば、アジア各国は<県>のような存在になるので、尖閣や竹島、南シナ海などの領有問題も、またチベットやウイグル問題も解決する。中国という主権国家自体が消滅するから。これしか解決方法は無いだろう。

チベット旅行記 河口慧海
http://www.aozora.gr.jp/cards/001404/files/49966_44769.html

>南沙諸島を尖閣諸島みたいに固有領土について一言も言ってないじゃないか(笑)。

尖閣諸島は中国の領土と言ったが、南沙諸島まで中国の領土と言ったことは、一度もない。米国や日本は公平ではないと言っているだけ。なぜなら、米国が言うように、南沙諸島のような領土の係争問題が発生したら、どの国も現状変更すべきではないのは確か。しかし、最初に、現状変更して軍を派遣し、飛行場も建設したのは中国ではなく、ベトナムやフィリッピン、台湾、マレーシアの方で、中国は最後だった。

だから、米国や日本は、ベトナムなどが占領した時にも「現状変更するな」と言い、その後に中国にも「現状変更するな」と言うなら、公平であるが、ベトナムなどが一方的に占領した時には何も言わず、中国には「現状変更するな」と非難するのは不公平。

これは、世界中で米国がしているダブルスタンダード政策で、事情を知らない人に、いかにも中国が悪いように見せかけ、アジアを分断するプロパガンダ政策。だから、米国は世界中で嫌われる国になった。(そもそも、米国は国連海洋法を認めていないので、国連海洋法を根拠に偉そうなことは言えない。批准してから文句を言うべき)

『戦後史の正体』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4422300512?ie=UTF8&camp=247&creativeASIN=4422300512&linkCode=xm2&tag=magazine9-22

<孫崎享氏>戦後史の正体を語る1 9分50秒〜
https://www.youtube.com/watch?v=FfsWPdWAUR0

<孫崎享氏>戦後史の正体を語る2
https://www.youtube.com/watch?v=FfsWPdWAUR0

>他国に政策を口に出す。これを内政干渉というのです

32さんのコメントは、ほとんど素人レベルで呆れるしかない。他国の政策を批判するだけなら、内政干渉ではない。内政干渉とは、実際に野党勢力に資金提供したり、与党の政治家を買収すること。これは常識。

>アメリカがどうなろうが、知った事ではない。ロシアも欧州もイスラムもね。中国は日本にちょっかいしてきているから言っているだけであって、中国の共産党がどうなろうが知った事ではない。

無知の極み。シリアの難民問題でもわかるように、13〜14億人もいる中国の政府が倒れて内戦が起きたら、数千万とか億単位の難民が生じて、周辺国は難民に占領されて潰れるなど、世界的な規模での大惨事になる可能性がある。

九州などは難民の人数が日本人よりも多くなる県も出てくるかもしれないので、日本も無事では済まない。チベット民族は、かつては漢民族の首都を占領したこともあるほど大勢力だったが、戦争に負けてチベット高原地帯に逃げた民族。ベトナムは、南京に辺りにいた民族が戦争に負けて南下し、建国した国。

日本にも、古代には中国から多くの難民が渡来して来た。そもそも、このようにアジアの歴史は、中国国内での内戦で負けた勢力が周辺に散ってきた歴史。われわれ日本人の祖先である縄文人(古モンゴロイド)も、大陸での新モンゴロイドとの抗争に敗れて日本列島に避難してきた集団だった可能性が高い。

>まあ、国際社会というのは主義主張や エゴをむき出しにした国の方針、国益などがからむ争いの舞台・・・

だからこそ、戦争が無い世界をどのようにして実現するかという世界的規模での長期的な構想=ビジョンが大事。資本主義→国家資本主義→市場社会主義→社会主義(共産主義)へと時間をかけて徐々に移行するしかないだろう。資本主義も試行錯誤で形成された。だから、社会主義(共産主義)も試行錯誤で形成するしかない。

安倍は企業幹部を率いて外国に行き、自らセールスマンとなって日本製品を売り込んだり、企業に賃上げ城とか、スマホを安くしろとか言って、自ら自由経済の枠を越えつつある。安倍は現実に迫られて必要なことをしているだけだが、益々、無意識的な「国家資本主義者」になりつつある。

これは、世界経済の現実が日本に、中国やロシアのような「国家資本主義」化を求めているということ。(ロシアは銀行を国有化してはいないが、プーチンが実質的に支配しているので、事実上の国家資本主義)

★ただし、マルクスは唯一の哲学書である「ドイツ・イデオロギー」で、社会主義(共産主義)も<暫定的な理想社会論>でしかなく、マルクスは永久革命論(弁証法)の立場であることを表明していた。われわれは、社会主義(共産主義)の先も想定しているが長くなるので省略。

>漫画や映画などに出て来るスーパーマンなどのヒーローは、現実には存在しないのです

無知の極み。スーパーマンなどのヒーローが存在し、歴史をつくるという「英雄史観」を否定したのがマルクスの「唯物史観」。

>前の時なんかは有給休暇を申請して友人や知り合いを沢山呼んで思いっきり遊んだりと自由時間を有意義に使ったのだが(笑)?

お目出度いお人好し。日本の労働分配率は近経でも40〜60%。つまり、本当は2倍は長く遊べたということ。富は人間の労働しか造りだせない。

>受験勉強して有名大学の経済学部に入る事が賢明です。

心配なく。内容はゼロの学部だが、名前だけは有名。クラスの級友たちは東大の落選組か、系列高校からのエスカレータ組ばかり。うちは東大のすべり止め校なので(笑)

>リン鉱石がなくなったら昔のやり方に戻るんじゃない(笑)?
>堆肥とか有機質肥料になるんじゃないですか(笑)

無知の極み。化学肥料無しで、堆肥とか有機質肥料だと、食料の生産量は3分の1に激減する。自給率40%の3分の1、つまり15%前後になるということで飢餓になるかも。しかも、リンを都市鉱山から低価格で回収しなくては意味が無いので、困難らしい。

>自分の事や人生は自己責任なのは当たり前。

これが、32さんの致命的誤謬。この「自己責任」の件は通常、@個人の「自己責任」と、A営利企業の「自己責任」の問題に分けられる。(以下、この件のみ。他は低レベル過ぎてパス)

●●@個人の「自己責任」。

●32さんが、「自分の事や人生は自己責任」と考えるのは、32さんは32さん自身が「独立自存の個人」で、32さん自身の意志で諸決定を自由に行い、生きていると思うから。

ところが、良く考えれば、32さんがあれこれと主張していることは全て、他の人からの「受け売り」なのである。そこには、たった一つの32さん自身の固有の主張=オリジナルな判断の産物など無いのが現実であろう。

というと32さんは、確かに「受け売り」だが、32さんが正しいと判断した諸基準で総合的に選択したものだから、32さんのオリジナル性もあると反論するかもしれない。しかし、その選択基準さえもが、親などの他者から移植であって32さん自身の固有の選択による基準ではないのが現実である。

●すると更に32さんは、その選択基準を採用した判断基準、つまり、基準の基準はオリジナルだと反論するかもしれないのだが、これは、論理的には基準の基準の基準と遡ることになる議論。つまり、32さんの個人史を遡ることで、最終的には幼児期も含めた子供の頃の話となってしまい、32さん自身も、実はそのように推測しているだけで、具体的に自己自身で判断した記憶は無いはずである。

しかも、この過程は「世のためにつくせ」とか、「自己の生命最優先で生きろ」とかの判断基準の抽象化の過程であり、抽象化すればするほど判断が困難となり、子供では正誤の判断が出来るような問題ではなくなる。例えば、単に「世のためにつくせ」と抽象的に言われても、幼児や子供ではなぜなのか不明で、質問や反論などできない。単に言われるままに受け入れるしかないので、32さん自身の選択ではないことになる。

●ところが青年期になれば、「世のためにつくせ」と言われれば、個々人が他の「自己の生命最優先で生きろ」とかの基準とも総合して、「自己の生命を守りつつ、極力世のために尽くす」とか、納得がいく範囲内の基準に改修して同意したり、否定したりすることが出来るようになるが、「世のためにつくせ」と「自己の生命最優先で生きろ」のどちらも、他者から移植されて基準で、32さん自身が考案した固有の基準ではない。

このように、人が自分個人のオリジナルな考えと思っているものも、実は、そのほとんどが他者から学んだもの=「受け売り」であって、その人個人の固有の思想など、ゼロとは言わないがほとんど無い。この最大のものが言語であり、言語という「もの」は個人レベルではあり得ず、自分自身しか理解できないのであれば、せいぜいが暗号でしかない。

●つまり、言語は意識の中の共通認識=共同主観性なので、オリジナルな「もの」の真逆なもの。われわれは、この言語習得の過程で共通の言語や価値観、世界観を身に着け、一つの民族へと自己形成する。また、われわれが真理と考えているものは、この言語で形成された意識の共通認識=共同主観性である。つまり、世に真理とされているのは「発見されたもの」ではなく、「発明されたもの」なのである。

(人間の思考は言語に拘束されている。虹の色は、2色から7色まで民族により様々。つまり、言語は感性さえも拘束しているので、日本人には犬のなき声は、どうしても「ワンワン」と聞こえてしまい、鶏なら「コケコッコー」と聞こえてしまう。長い間、人類は言語により、自由に思考できると考えていたが実は逆で、言語は思考をある範囲内に制限する。これを「言語論的回転」という)

★32さんは<固有の自己>=<自我>という「独立自存の個人」なるものを想定して、「自己責任論」を主張するのだが、<自我>なるものは実在しない。人間は身体だけでなく、「朱に交われば赤くなる」という諺通りに、関わる相手や環境によって意識が変わるもので、親が巨人ファンなら、子供も巨人ファンになる。人間は意識を相互に造り合う生物だからこそ、言語でのコミュニケーションが可能だし、社会も形成できる。

「自己責任論」は、<固有の自己>=<自我>という幻想を前提にしたもので、「独立自存の個人」が実在しないとなれば、あり得ない倫理観である。

●32さんのような個人観は、中世までは存在しなかった。中世までは、個人はもちろん、社会全体や自然界までも、全て<全知全能の絶対神>(東洋の場合は「天」)が完璧に統制されていると誰もが思っていたから。

というのは、仮に<神>が個人さえも統制できないのであれば、社会全体や自然界までも統制できるはずがなく、<全知全能の絶対神>というキリスト教など宗教が唱える<神>の教えが崩壊してしまう。それで、キリスト教会は人々に、神の意思に反することは不可能で、個人のすることは全て神の「御心次第」と洗脳した。つまり、一見すると自分が決意したように思えるのだが、実は、その決意をしたこと自体が、神の意思に従ってしただけの「決意」で、それが思い通りになるかどうかも、神の意思通りと教えた。

(神に操られた「下僕」たる人間は「自由な存在」とは言えるはずもない。だから、本当に「自由な人間」の概念は、神の意思に反することも実行可能な人間ということになる)

だから、今でも敬虔なイスラム教徒には、「インシャラー」(インシャー・アッラー)=「神の思し召しのままに」と口癖のように良く言う人が多い。これは、敬虔なイスラム教徒が何かをしようと思った時、それが神の意思と一致しているなら成功するし、そうでないなら失敗すると考え、成功するかどうかは個人のレベルを超えて神の意思次第と思って、「神の思し召しのままに」と願うのである。

つまり、敬虔なイスラム教徒は、自己の意思で行うことも、全て神が背後で<統御>していると解釈するので、このように考えるイスラム教徒は、32さんのように自分を「自由な個人」とは考えていないということ。これが、人間を<神の下僕>と考える中世人の人間観であり、個人観だった。

●しかし、近世になり、宗教が衰退すると、人間の地位が劇的に上昇した。人間は神の理性に近似した知性を持つとされて、「基本的人権」を認めようという合意ができたのは良かったのだが、西洋ではキリスト教の教義に代わり、デカルトの「物心二元論」や「機械的自然観」がパラダイムとなってしまった。

この「機械的自然観」は当時、普及し始めた置時計をモデルにした自然観で、置時計が部品から出来ていることで、全体よりも部分(個・部品)を重視する思潮を生み出して、<分析ー総合>という方法論の近代科学が成立したのだが、社会思想としては個人主義となって、猛威を振るい始めた。

この個人主義が32さんのガン。個人主義とブルジョア自由主義の組み合わせは、「自分の臓器なら売っても良い、臓器販売を合法化しろ」というウルトラ野蛮へと突き進む。

仏教が教えるように、自我は実在しないし、本質や性質も実在ではない。19世紀には、この個を重視する流れに反発して、全体(国家・社会)を個(国民)よりも重視し、国家・社会を一種の生物のような「有機体」と考える「有機体主義」が復活した。これが20世紀に、国民と国家との関係では、国家があってこそ、国民も生存できるとする反動思想「ナチス思想」=「皇国史観」(天皇主義)になった。

しかし、個も全体も実在せず、どちらも実体主義=本質主義で間違い。個も全体も関係性が物象化したもの。つまり、自然界の「物」は「事」であり、最新の量子力学でも「物」(素粒子)は「事」(波)とされているし、「物」が「事」であることは、ミクロ世界だけでなく、マクロ世界でも「ヘリウムの極低温での超流動現象」などで確認されているという。

●●A営利企業の「自己責任」の問題。

●左派に対して、資本主義側の近経学者や政治家は、この「自己責任」の理念により、資本主義を正当化してきた。しかし、過去20年間に起きた経済危機でこの理念は放棄された。自由主義・資本主義のチャンピョンである米国も、同じ営利の私企業でも中小企業は見捨て、銀行や電力会社、鉄道、トヨタなどの巨大企業は、影響が大き過ぎるという理由で、政府が血税を投入して救済するようになった。

しかし、これは合法であれば自由に経営しても良いが、万一経営に失敗した場合は国や社会には迷惑をかけずに、「自己責任」で処理するという資本主義の理念に反する。チャンピョン米国が、資本主義を正当化してきた<自己責任の理念>を放棄してしまったので、資本主義をプロパガンダしてきた自由主義の学者は、ソ連型経済だけでなく、自由主義経済=資本主義体制も破綻したことを潔く認めるべき。しかし、卑劣なほとんどの学者もマスゴミも政党も、この<自己責任の理念>など無かったかのように装ってこの問題をスル―し、逃げている。

●しかし、この件は、実は大変深刻な問題。なぜなら、この社会の根本的な正当性に関わる問題だからで、今までは、教師(大人)は子供たちに、一応は<自己責任の理念>で「正当性」を説明し、ギリギリ擁護することができたが、今は、この社会の公平性、正当性を説明することも、擁護することもできない。

近代社会は、<自由・平等・博愛>という理念を掲げる社会。この理念とは、他者の平等の権利を侵さない限りにおいて、自由を追求しても良いし、他者の自由の権利を侵さない限りにおいて、平等を追求しても良いというもので、自由・平等・博愛の理念は一体的なもの。

だから、平等性が無くなれば、近代社会の<自由・平等・博愛>という理念の全体が崩壊するわけで、今の子供たちは明らかに、この近代社会の理念に反する不平等な社会、一種の前近代的な身分制社会で生きている。つまり、今の子供たちは理念を失った社会で、とにかく「<法>に反しなければ何をしても良い」という社会で生きることになる。

一般的に行動を制御する理念や道徳、倫理が無くなると、全ての犯罪を予め法で規制することは不可能なので、警察は犯罪の被害者に、「遺憾ながら、取り締まる法が無いのです」と言って、泣き寝入りを求めるしかなくなる。

★だから、社会の腐敗堕落を防ぐためにも、私企業を、@万一の場合には税金投入で救済する(巨大)企業と、A<自己責任の理念>が適用される企業とに分け、前者の@は公有化する国家資本主義へと移行するべきである。

★銀行が国有化されれば、全てが解決するというわけでもないが、国民が経済を半ばコントロールできる可能性が生まれ、非正規を無くすなど、今の社会よりも、はるかに良い社会になる。


38. 2016年3月12日 13:56:38 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[74]
>>母系社会
蝦夷人がヒキニートである事を隠すために必死で言い訳する姿になっちゃいましたか(笑)
そして、相変わらず上の題名も読めないのか論点をずらす始末
ここは軍需産業とかをコメントする所ですよ?バカですか(笑)

>マルクス派側も、近経学者の理論など検証しない。理由は前提となるパラダイムが違うからで、当たり前のこと。

どんな立派な仮説でも証明しなきゃ何も価値がない(笑)
理由なんてただの醜い言い訳
そんなのだから、マルクス主義は廃れたのがまだ分からないのか(笑)
まあ、サンダース氏をマルクス主義と勘違いする程、見分けがつかないから無理だろう(爆)

>「偉大でもない」というなら、32さんの「価値論」を教えてください。さぞかし、素晴らしい独自の価値論をお持ちなのでしょうね。資本主義経済では商品の価格は重要。だから、価格になって現れる<商品の「価値」とは何か?>が、資本主義経済について考察する経済学では最大級のテーマ。

あのさ、価値論なんて経済学では重要とか言われても、実際は違うのですが(笑)
てか、今日の経済学では物の価値は需要と供給によって決まると習うのですが(笑)
内容が余りにも古臭いから呆れるわ(爆)
やっぱりお前は有名大学の経済学部に入学しろ(呆れ)

>ちなみにマルクスは、(情報古すぎるため省略)
>是非とも32さんの「価値論」を教えてください!!

大学の経済学部に入学しなさい、無知め(笑)
ま、どうせマルクス主義しか見ないから説明しても無駄なのは明白
ヒキニートは所詮、この程度だから笑えるわ

>中国のチベットに対する政策が正しかったなどと言ったことは一度もないし、ウイグルについては、ほとんど言及したことはない。あると言うなら、証拠を提示してくれ。


1、現在の14世はチベットに居た若い頃、中国共産党への入党を考えてチベットを近代化しようとしていたと証言している。つまり、解放軍が侵攻しなかったら、現在の14世も、10世〜12世のように暗殺された可能性があった。
2、しかし、現在、チベットの旧支配階級は追放され瓦解し、多くの民衆も覚醒した。また、日本や欧米と同じように、近代化により宗教を信じる人自体が減少している。だから、チベットが元の「神が支配する国」のような状態に戻る可能性はなく、チベット仏教は無害となった。
3、また、亡命政府側も独立要求は放棄した。ダライ・ラマを<神>と信仰し、それが生活の支えとなっている民衆がいる以上、焼身自殺を防ぐためにも、中国政府はダライ・ラマが北京政府を認めるなら、帰還させるべきではないか。(ただし、ダライ・ラマ14世を熱烈に歓迎する人もいれば、憎む人もいるはずなので、民衆に殺される可能性もあるだろうが)

ISISの少年兵が見た「地獄」 生還後も心の傷は消えず CNN EXCLUSIVE ダイナモ
より

4、ダライ・ラマはウソをついている。開放前のチベットは、中国政府が言う通りの最悪の封建社会だった。このことは、開放前のチベットに行った日本人僧侶「河口慧海」の「チベット旅行記」を読めばわかる。

チベット旅行記 河口慧海
http://www.aozora.gr.jp/cards/001404/files/49966_44769.html

こんなにも中国のチベット侵攻を正当化してるのだから、口では言わなくても中国の侵攻は正しかったとばかりに強調してる(笑)
ま、お前のカキコなんてただの言い訳ですわ(笑)

>その根拠は、解放前のチベットを見聞した日本人僧侶その根拠は、の「チベット旅行記」を読んで、解放前のチベットの実情は中国側の説明通りとわかり、ダライラマ側の説明はウソと知ったから。

チベットはチベットのやり方があるのだから、そこは批判しても仕方ないだろうが(笑)
チベットに農奴制度があったのは事実だが、そこまで暮らしぶりが悪かったかと言われると疑問でもあるし、そもそもお前の考えは中国寄りの意見しか聞かないバカだし(笑)
お前の考えを置き換えると、
『アメリカだって「独裁者サッダーム・フセインが国内でクルド人を弾圧していた」とか言ってイラク戦争を引き起こしたけど、それは仕方ない!イラクとフセインは嘘をついたからだ!だから、侵略されるのは仕方ない!』
と言っているようなもの(笑)
まあ、お前って『敵国に支配される事を望む』お人なんですね(笑)
だったら、蝦夷が大和に侵略されたのは仕方ないな(笑)
蝦夷と呼ばれるほど、大和朝廷から見れば野蛮人だったから攻めたのじゃないかな(爆)

>尖閣諸島は中国の領土と言ったが、南沙諸島まで中国の領土と言ったことは、一度もない。

だから、南沙諸島は何処の国の領土????
南沙諸島は中国の領土でなかったら、中国のやってることは、お前さんの言葉を借りると、中国は「不法占拠」している「犯罪国家」ジャン(笑)
だったら、中国は直ちに南沙諸島を元の持ち主に返還しないといけませんなぁ〜
尖閣諸島であんなに言ったのだから、南沙諸島もちゃんと言えよ(爆)
>尖閣が日本の領土だと言っている国は日本だけ。米国でさえ、日本の領土とは認めていない。
といっているにも拘わらず、中国にはとても甘ちゃんな母系社会(笑)

>米国や日本は公平ではないと言っているだけ。
>米国や日本は、ベトナムなどが占領した時にも「現状変更するな」と言い、その後に中国にも「現状変更するな」と言うなら、公平であるが、ベトナムなどが一方的に占領した時には何も言わず、中国には「現状変更するな」と非難するのは不公平。

尖閣諸島で日本の主張を否定し、中国の主張(+それに同調する人達)を持ち上げ尖閣諸島は日本の領土ではないという
これは日本の立場で考えれば不公平であり、納得がいきません!
違いますか!?
結局、ブーメランで終わっちゃったね(笑)

>なぜなら、米国が言うように、南沙諸島のような領土の係争問題が発生したら、どの国も現状変更すべきではないのは確か。しかし、最初に、現状変更して軍を派遣し、飛行場も建設したのは中国ではなく、ベトナムやフィリッピン、台湾、マレーシアの方で、中国は最後だった。

だから、それだと中国が強引にベトナムやフィリッピン、台湾、マレーシアから奪った事になると言ってるだろ(笑)
結局、墓穴を掘ってしまった蝦夷人
こいつ、中国に片持ち過ぎ(笑)

>内政干渉とは、実際に野党勢力に資金提供したり、与党の政治家を買収すること。これは常識。

お前の東アジア共同体の思想は、その考えが見え隠れしています(笑)

>シリアの難民問題でもわかるように、13〜14億人もいる中国の政府が倒れて内戦が起きたら、数千万とか億単位の難民が生じて、周辺国は難民に占領されて潰れるなど、世界的な規模での大惨事になる可能性がある。

内戦が起きようが、そんなのは知った事でもない
それに難民問題は今に始まった事でもないのだが(笑)
ユダヤ人じゃあるまいし、少しは頭使ったら(笑)

>九州などは難民の人数が日本人よりも多くなる県も出てくるかもしれないので、日本も無事では済まない。

心配しなくても日本は難民受け入れは少ないから(笑)
「日本の難民認定者27人、99%を拒否」
http://www.globalpost.com/article/6723725/2016/01/22/japan-accepts-27-refugees-last-year-rejects-99

自国の事で精一杯なのに、よそ者を受け入れるバカはいない
ヨーロッパと違い、日本はかなり社会福祉が弱い。多くの日本人が失業することをたいそう恐れている。再就職は難しく、失業者のためのセーフティネットがほとんどない
だから、普通に追い返すだろう

>日本にも、古代には中国から多くの難民が渡来して来た。

東日本人は何ですかー(笑)?

>社会主義(共産主義)も試行錯誤で形成するしかない。

それがサンダース氏やギリシャなどの左派ですが(笑)
まあ、もうマルクス主義の欠片の無いものですけどねー(爆)

>世界経済の現実が日本に、中国やロシアのような「国家資本主義」化を求めているということ。

分かっていないし、余りにも独りよがりな考えなもんだから呆れるわ(笑)

>スーパーマンなどのヒーローが存在し、歴史をつくるという「英雄史観」を否定したのがマルクスの「唯物史観」。

益々、頭が可笑しくなったらしいね(笑)
例え話が理解出来ませんか(爆)?

>日本の労働分配率は近経でも40〜60%。つまり、本当は2倍は長く遊べたということ。富は人間の労働しか造りだせない。

近代経済学って古すぎて習わないのだが(笑)
労働時間をギャーギャー言われても「はい、そうですか」としか言えません(笑)
お前のような人をね、「給料ドロボー」というのです
お前が苦労もせずに生きて来たのが分かるわ(爆)

>内容はゼロの学部だが、名前だけは有名。クラスの級友たちは東大の落選組か、系列高校からのエスカレータ組ばかり。うちは東大のすべり止め校なので

でも、経済学部ではないでしょ(笑)?
経済学部に入っていないからそんなトンチンカンな事が書けるわけか(笑)
経済学部に入った事のある友人は爆笑してたな
「理系が経済を理解出来ないのと一緒」だって(笑)
後、大学に入ったとは思えない発言があるし(笑)
高校からのエスカレーター組?大学受験が面倒だから、最低限の評定を取る人用の制度でしょ(笑)?
え?違う?MARCHや早慶ですら、エスカレーター式で上がってきているだけに学力ともなわないアホが多いので有名ですよ(笑)
東大の滑り止め?東京大学の滑り止め校って大したモンでもないし(笑)
言っておくが、大学受験生って、「必ず受かる私立」も受けるのが当たり前だよ(笑)?
で、偏差値はどれくらいあるの?
それで自分は賢いと言い張るなら、お前の空絵をさっさと実行して(笑)
賢いのだろ?さっさと実行しろよ
ま、学力良くても、地位も権力も発言力もない人には変わらんよ(笑)
出直して来い(爆)

>この「自己責任」の件は通常、@個人の「自己責任」と、A営利企業の「自己責任」の問題に分けられる。

もう言い訳はいいよ
自分の人生は自分の責任なんだからね(笑)


後は低レベルばかり
学力が良くても、社会に出た事がないからこんなトンチンカンな事が書けるね(笑)
国際社会というのは主義主張や エゴをむき出しにした国の方針、国益などがからむ争いの舞台であり、 権謀術数 (人をあざむく はかりごと )が渦巻く場であるというのを何回も理解しようね(笑)。お人よしは国際社会には通用しない
「国際社会は正義で動かない」
漫画や映画などに出て来るスーパーマンや仮面ライダーなどのヒーローは、現実には存在しない(てか、何で英雄史観が出て来る?私が言ってるのは悪を倒してくれるヒーローのようなフィクションはないってこと)。
オタク発言はいいから、さっさと実行しろよな

ま、言いたい事は2つ

社会主義体制になってもニートは生きていけません(笑)
学力あるなら、社会主義は実現不可能というのを理解しようとしないのが謎ですな(笑)
何の苦労もせずに生きているから綺麗事しか言えんのだろうね
引きこもりニートのように上から目線はいいから、さっさと実行しろって(爆)


39. 2016年3月12日 17:31:51 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[75]
追加
>無知の極み。化学肥料無しで、堆肥とか有機質肥料だと、食料の生産量は3分の1に激減する。自給率40%の3分の1、つまり15%前後になるということで飢餓になるかも

それだったら、昔の人はどうやって畑を耕したのでしょうね(笑)?
化学肥料や農薬などが使われる理由は、ただ単に効率よく、市場性を保たせかつ健全に生育させるために必要なだけ
化学薬品を使用すると手間がかからないだけの話
てか、植物は、リン、窒素、カリウムを栄養とするが、糞は、それに繁殖する細菌は有機物を栄養として繁殖しリンを排泄するのである
リン鉱石くらいでワメくとはお勉強がタリマセンネ(笑)

堆肥と化成肥料(化学肥料)の違いについて
http://www.kokoga-e.com/book_kateisaien/m_003_002.html


40. 2016年3月13日 11:56:36 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[76]
>>母系社会
更なる追加
>銀行が国有化されれば、全てが解決するというわけでもないが、国民が経済を半ばコントロールできる可能性が生まれ、非正規を無くすなど、今の社会よりも、はるかに良い社会になる。

無知極まり(笑)
日本は借金だらけで、税収不足なんですよ
国有化=赤字を納税者が税金で負担するということですよね。国家財政破綻の時期が早くなるだけでしょうに(爆)
利益ゼロで金融業務が成り立つわけがない。もしそれができるのなら、銀行はすべて税金で賄うということ
仮に消費税にするならもう20%ほど上げないとね。
銀行融資を受けない人も多い中、国民の理解はえられるだろうか
社会に出た事がないから、こんなトンチンカンな事が書ける
ロシアや中国は消費税は日本より高いし、それなりに税金を投入しているから
後、ロシアは中央銀行を国有化していません(笑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E9%80%A3%E9%82%A6%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%8A%80%E8%A1%8C

学力あるくせに、社会の成り立ちや経済を理解出来ず、トンチンカンな事を書くとはなんとも情けない蝦夷人
野蛮人だから、世の中を理解出来ませんか(笑)
お前の学力が泣いてるぜ(爆)


41. 母系社会[1164] leqMbo7Qie8 2016年3月13日 12:27:29 : 3k4hgVRT7U : dpViy_@NAI4[1]

>>39さん

>でも、経済学部ではないでしょ(笑)?

●政治経済学部の経済学科。アホ教授ばかりだけど。

そもそも、学歴など、どうでも良いこと。世の中には、中卒、高卒の人でも優秀な人は大勢いる。

たとえば、浄土真宗には特別な修行や仏教の研究もしていない普通の門徒だが、親鸞並みの覚者となった 「妙好人(みょうこうにん)」 と呼ばれる人々がいる。

(浄土真宗は仏教の一派だが、事実上、仏教を、真の日本の宗教である縄文神道=初期人類の宗教に戻して、地獄の思想を消滅させた世界に類例がない宗教)

●というか、真実には、そもそも、常識的な「優秀」という価値基準そのものこそが、現代社会の諸悪の根源。

★日本人や欧米人のように、<勤勉は美徳>という価値観そのものが近代の産物であり、近代人の信仰、つまり、資本主義思想というわけ。

★富豪の手下どもは盛んに、<勤勉でなければ競争に負ける>と競争を煽り、<勤勉は美徳>とマスゴミで宣伝・洗脳しながら、自分たちは遊んでいる(笑)。

★マルクスが言ったように、生きるために仕方なく行う労働は、短時間であれば、あるほど良いというのが真実。

★「命短し恋せよ乙女」、つまり、人間を幸福にするのは物ではなく、他の人間というが人間の真実。

39さんは「アメリカがどうなろうが、知った事ではない。ロシアも欧州もイスラムもね」と公言するのだが、これは人間の大切な<共感機能>の喪失で、<心が屈折>した状態となっているのではないか?

普通のネトウヨは、ネトウヨなりの真面目さがある。こんな無責任なことは、普通のネトウヨは言わない。

もし、そうなら廃人一歩手前かもしれない。このようになってしまうなら、アホな大学など行かない方が良い。

★個や部分、要素を重視し過ぎる近代の合理主義的、決定論的な「機械論的自然観」(要素還元主義)、つまり「実体主義」(本質主義)を前提にした学問ばかり教えるのが、今の大学。

(39さんのように、欧米18世紀レベルの世界観に洗脳されてしまい、真の日本の思想を忘れてしまうぐらいなら、大学など行かない方が良い)

機械論的人間観でもある「機械論的自然観」に捉われると、『対象の中に階層構造を見つけ出し、上位階層において成立する基本法則や基本概念が、「いつでも必ずそれより一つ下位の法則と概念で書き換えが可能」』(WIKI)と考えてしまう。

あるいは、『複雑な物事でも、それを構成する要素に分解し、それらの個別(一部)の要素だけを理解すれば、元の複雑な物事全体の性質や振る舞いもすべて理解できるはずだ』(WIKI)と考えてしまうのだ。

●普通のネトウヨなら、実は30〜40%ぐらいは正しいことも言っている。しかし、39さんの場合はゼロとは言わないが、残念ながら10%程度でしかない。

たとえば、39さんは・・・

>ソ連とか本当に共産主義を実験しようとしたら、とてつもなく悲惨な
>実験結果になったのだし・・・

と信じているが、遅れた農業国、途上国だったソ連や中国という一国規模では共産主義の実験をすることなど、原理的に不可能というのがマルクス思想。

★義務的な労働時間を短くする志向性があるのが社会主義。ソ連や中国では、通常の労働が実態以上に神秘化されて、一種の精神修養と見なされ、勤勉が尊ばれた。これは社会主義ではない証拠である。

●マルクスは、当時の英国や米国、フランス、ドイツなどの先進国で左派政権が樹立されて、これらの国が「社会主義」の理念で団結して残りの世界に、<資本主義からの離脱>=<社会主義への移行>を呼びかけ、リードして・・・

<世界レベルで社会主義への移行始める>という先進諸国による同時的革命=先進国革命を唱えていた。

★だから、レーニンやトロツキーらは、ロシア一国で、社会主義が実現できるとは思っていなかった。彼らは、第一次世界大戦で疲弊したイギリスやフランス、ドイツでも革命が起こると予想し、イギリスやフランス、ドイツから援助されれば、ロシアでも成功すると期待して革命を起こした。

しかし、予想が外れて、今の中国のようにNEP=資本主義に戻したが、スターリンがマルクスに反する「一国社会主義」を唱えて、ソ連をスターリン官僚が支配する「国家社会主義」にしてしまったのである。毛沢東も、「一国社会主義」だったので失敗した。

しかも、それでも一挙に社会主義が実現するわけではなく、社会主義への<過渡期>が始まるだけ。

●なぜなら、根本的には近代社会=資本主義社会が前提としている要素還元主義的な「機械論的自然観」に基づく近代の個人主義的な人間観を克服し、関係主義的な人間観への移行という<意識の変革>が絶対に必要だからだ。

この人間観(自然観)の変革無しでは、<労働は個人労働ではなく、協働である>という関係主義的な労働観に基づく<社会主義への移行>は、100%不可能。

だから、先進国革命に成功しても、人類全体の人間観、世界観を変えるためには長い過渡期が必要と想定されている。この過渡期がどのくらい続くかは不明。

資本主義の場合は、最初、共同体間で物々交換の「沈黙交易」が開始され、次に日本の場合は米だったようの、何らかの現物が媒介物に使われ、その後、5000年以上前に金銀などの貨幣が使われるようになった。だから、資本主義の実現には、少なくとも5000年以上の年月が掛かり、その間に、徐々に意識が変化し、16〜18世紀に、機械論的な自然観や人間観が一般化して近代的資本主義が発生した。

●1%の財産が、残り99%の財産と同じになるなど、資本主義では搾取が合法化されてしてしまうカラクリ(人間の商品化による商品市場と労働市場の分離)があることが、ネトウヨ以外の誰にとっても明白となった以上、資本主義から離脱しなければならない。

その一歩が、万一の場合、血税を投入して救済しなければならない大銀行や大企業を公有化する<国家資本主義>への移行。

それ以外の私企業は、万一の場合でも救済せず、資本主義の「自己責任論」を復活させる。

★なぜなら、現在の経済体制では、恣意的に経営して倒産しそうになっても税金で救済されて倒産を免れる大企業と、救済されずに倒産させられる中小企業というように、一種の身分制社会へと後退した<モラルハザード経済>で最悪であり、資本主義以下だから。それで、<国家資本主義>に移行し、まずは「自己責任論」の資本主義に戻し、公平性を回復すべきである。

それでは、また。


42. 2016年3月13日 23:18:39 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[77]
>>母系社会
>政治経済学部の経済学科

え?その割には情報が余りにも古すぎるのだが(笑)?
どの大学でももうマルクス主義については習いません
やっぱりもう一度、経済学部に入学すべし(笑)

>そもそも、学歴など、どうでも良いこと。世の中には、中卒、高卒の人でも優秀な人は大勢いる。

でも、経済学出身とは思えない事をカキコしている(笑)
あ、それとも政治経済学部なんて嘘……?

>浄土真宗には特別な修行や仏教の研究もしていない普通の門徒だが、親鸞並みの覚者となった 「妙好人(みょうこうにん)」 と呼ばれる人々がいる。

凄い言い訳(笑)

>、真実には、そもそも、常識的な「優秀」という価値基準そのものこそが、現代社会の諸悪の根源

社会に出た事がなく、かつ、苦労もせずにのうのうと生きて来たヒキニートがよく言えるわ(笑)

>日本人や欧米人のように、<勤勉は美徳>という価値観そのものが近代の産物であり、近代人の信仰、つまり、資本主義思想というわけ。

はあ?勤勉なんて世界共通ですよ??インドも中国も盛んだし、韓国なんかは大学受験はもうお祭りだよ(笑)
欧米以外の国はどうなのですかー?インドも中国も間違っているというのですかー?学校に行きたくても行けない子ども達が世界中にいるのに、お前はそれを否定するのですかー?
視野が狭すぎてワロタ

>富豪の手下どもは盛んに、<勤勉でなければ競争に負ける>と競争を煽り、<勤勉は美徳>とマスゴミで宣伝・洗脳しながら、自分たちは遊んでいる

その富豪はどうやって地位や権力を手に入れたかな(笑)?

>生きるために仕方なく行う労働は、短時間であれば、あるほど良いというのが真実。
>「命短し恋せよ乙女」、つまり、人間を幸福にするのは物ではなく、他の人間というが人間の真実。

意味が全く分りませんね(笑)
もしかしたら精神疾患?の方とか・・・

>39さんは「アメリカがどうなろうが、知った事ではない。ロシアも欧州もイスラムもね」と公言するのだが、これは人間の大切な<共感機能>の喪失で、<心が屈折>した状態となっているのではないか?

ハイハイ、根拠のない事を言っても無駄ですよ(笑)
まずは信ぴょう性の高い情報を持って書こう(笑)
後、これはもの凄いブーメラン発言だが
日本に住みながら過去に囚われ、天皇批判してるのって
>人間の大切な<共感機能>の喪失で、<心が屈折>した状態
って事ですよね?どうなのですか、東日本人さん(笑)?

>普通のネトウヨは、ネトウヨなりの真面目さがある。こんな無責任なことは、普通のネトウヨは言わない。

「いつ」「どこで」「誰が」私の事をネトウヨと言いました(笑)?

>もし、そうなら廃人一歩手前かもしれない。このようになってしまうなら、アホな大学など行かない方が良い

悪いけど、社会に出た事がないヒキニートがこんな事を言っても説得力がありません

>個や部分、要素を重視し過ぎる近代の合理主義的、決定論的な「機械論的自然観」(要素還元主義)、つまり「実体主義」(本質主義)を前提にした学問ばかり教えるのが、今の大学(以下、省略)。

では、日本全国の大学受験生はバカと(笑)?

>普通のネトウヨなら、実は30〜40%ぐらいは正しいことも言っている。しかし、39さんの場合はゼロとは言わないが、残念ながら10%程度でしかない

君は0%です(笑)

根拠
母系社会の過去による奇妙な主張集
・東日本人だと主張し過去を持ちだして天皇批判を正当化
→しかし対中国に対しては同じアジア人として、友人・親戚として批判・助言すべきで、全否定するような、貶めるような批判はすべきではないとしている
天皇に対してはなぜ貶めるような批判をしているのでしょうかね?
・クジラの件では、日本国内では<日本は善で、シーシェパードは悪>が常識。しかし、世界では、「調査捕鯨」の名目で捕鯨を続けた<日本は悪で、シーシェパードが善>であったとして捕鯨を批判
→しかし東北地方には捕鯨拠点があるはず。宮城県石巻市の鮎川地区は捕鯨の歴史があるのである
東北学院大学でも捕鯨の歴史があるとしてHPに紹介しているほど
抜粋
鮎川の歴史は華やかな捕鯨の歴史でもあり、同時に捕鯨産業の衰勢に翻弄される歴史でもあった。捕鯨産業の衰退が決定的になったのが「商業捕鯨の全面中止 (モラトリアム)」であり、1987年の漁期を最後に、鮎川を含む日本の大型鯨類を対象とする商業捕鯨は中止となった。その当時、鮎川には戸羽捕鯨、星洋 捕鯨、日本近海という3つの小型沿岸捕鯨会社があり、網走、和田浦、太地と並んで「捕鯨の町」として知られていた。モラトリアムを期に大規模な捕鯨会社が 捕鯨業から撤退している中で、小型沿岸捕鯨会社はミンク鯨の捕獲枠を失いながらも、操業の合理化を行いつつ、現在に至っている。
東北学院大学
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/140723-4.html
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150413_13018.html
捕鯨を非難するのであれば、出身地である東北の鮎川地区を批判するのが妥当である。母系社会の主張を用いるなら東日本人を含める日本は悪で、シーシェパードが善というのである。
もしくは母系社会が言う東日本人というのは嘘……?
・共産主義フェチ
・中国に忠犬
・そのくせにアメリカには強気。是非、その意気込みを中国に向けて欲しいものだ(笑)
・母系社会の主張や歴史には全体的に突っ込みどころが多く、内容がとても酷い
・マスコミは真実を流さない
→分かり切った事(笑)
・中国の主張を鵜呑み
・戦争は反対!
→しかし犯罪による殺人や強盗等は正当化。とりあえず、理由があれば人殺しは認めるらしい
        ↓
・憲法9条は素晴らしい
→その前に刑法……てか法律を守れ(笑)!
・>日本の国益を守ろうとしていることだけは理解できますよ
→日本の国益を中国に献上する事だけは理解できますよ(笑)
・マルクス主義は万歳!
→もう時代遅れです(笑)
・尖閣諸島は中国のものだ!
→全て少数意見であり、それを過大評価。日本共産党は日本の領土と公式に発表。それ以前に日本の領土であるのは明白(笑)
・軍事は素人でトンチンカンな事しか言えない
例:護衛艦の仕組みを理解出来ていない(笑)
・(自称)軍事評論家が唱えた嘘を完全に信じるバカ
・経済全て的外れ
・それを指摘すると悪口雑言(笑)
・表現の自由、言論の自由、思想の自由は日本では保障されているのを知らない蝦夷人(笑)。お前ってそれすら知らなかったの(笑)?
・サンダース氏が大統領になったらアメリカは社会主義者国家になる!
→サンダース氏はマルクス主義ですらありません(笑)
>コミュニケーションがとれない
「自分が受け入れられてないのは自分以外がおかしいせいだ!
だから変わるべきは自分ではなく世の中の方だ! 」
とお花畑なんだろう。
ウヨクを批判するのは結構だが、自分にもブーメランが刺さっているのに気が付かないらしいね(笑)
それに賛同する信者というか駄サイクル仲間の取り巻きもいるからその思いもどんどん強固になると
だから突っ込まれても反論出来ない
共産主義を「読めば誰でも分かるし、納得出来る!」みたいな話をしても、こちらから見ればツッコミ満載の内容だし、理想と実現すらは別次元の話というのが分からない人達

つまり、視野が狭すぎ(笑)
お友達も結局は自分の考えに同意しているだけ(爆)
こんなのだから、蝦夷という野蛮人になるのだよ

>遅れた農業国、途上国だったソ連や中国という一国規模では共産主義の実験をすることなど、原理的に不可能というのがマルクス思想。

え?ソ連って途上国だったっけ?
中国は経済発展したら、共産主義をあっさり捨てたジャン(笑)
もう証明出来てますよ
お前のはただの言い訳(爆)

>義務的な労働時間を短くする志向性があるのが社会主義。ソ連や中国では、通常の労働が実態以上に神秘化されて、一種の精神修養と見なされ、勤勉が尊ばれた。これは社会主義ではない証拠である。(以下、省略。余りにも信ぴょう性0のため)

後は低レベルばかり
学力が良くても、社会に出た事がないからよくこんなトンチンカンな事が書けるね(笑)
国際社会を舐めているのがよく分かる
オタク発言はいいから、さっさと自らの手で実行しろよな。
蝦夷人は上から目線で説教しか出来ないのですかー?そんなに世の中が嫌いならさっさと実行してよねー。より良い世界を築くための力がないだから期待なんてしてないわ(笑)

>現在の経済体制では、恣意的に経営して倒産しそうになっても税金で救済されて倒産を免れる大企業と、救済されずに倒産させられる中小企業というように、一種の身分制社会へと後退した<モラルハザード経済>で最悪であり、資本主義以下だから。それで、<国家資本主義>に移行し、まずは「自己責任論」の資本主義に戻し、公平性を回復すべきである。

無知極まり(笑)
日本は借金だらけで、税収不足なんですよ
国有化=赤字を納税者が税金で負担するということですよね。国家財政破綻の時期が早くなるだけでしょうに(爆)
利益ゼロで金融業務が成り立つわけがない。もしそれができるのなら、銀行はすべて税金で賄うということ
仮に消費税にするならもう20%ほど上げないとね。
銀行融資を受けない人も多い中、国民の理解はえられるだろうか
社会に出た事がないから、こんなトンチンカンな事が書ける
ロシアや中国は消費税は日本より高いし、それなりに税金を投入しているから
後、ロシアは中央銀行を国有化していません(笑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E9%80%A3%E9%82%A6%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%8A%80%E8%A1%8C

学力あるくせに、社会の成り立ちや経済を理解出来ず、トンチンカンな事を書くとはなんとも情けない蝦夷人
野蛮人だから、世の中を理解出来ませんか(笑)


ま、言いたい事は2つ
これは何回でも書き込もう(笑)

社会主義体制になってもニートは生きていけません(笑)
学力あるなら、社会主義は実現不可能というのを理解しようとしないのが謎ですな(笑)
何の苦労もせずに生きているから綺麗事しか言えんのだろうね
引きこもりニートのように上から目線はいいから、さっさと実行しろって(爆)
社会主義って素晴らしいのだろ?だったら、さっさと実行してよ(笑)
それとも、絵に描いた餅かな?


43. HIMAZIN[365] SElNQVpJTg 2016年3月14日 19:09:54 : FouVKe0ugE : bwWAesB6PUw[24]
「pbNMSXRwUY」通称「シュミレーション君」は、今度はこちらで駄文の垂れ流しか。
相変わらず、嘘も百回吐けばを地で行く出鱈目ぶりですねえ。

何も知らない人が真面目に読んでも損するだけだから、この御仁が出鱈目と醜態を晒した過去コメントのスレッドへリンクしておきましょう。

http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/149.html
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/881.html

とりあえず最近の分だけ。アラシの常習犯だから、過去を辿ればもっと出てきます。


44. 2016年3月14日 22:23:38 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[79]
>>43ニート君へ
毎回、同じコメばっかりで見飽きたし貴方の言うように面倒くさいから
スルーしようって思ったけど、いまだにつまらないアラシって言いながらを我慢しながら惰性で見てるニートがいるから、だんだん哀れに思えて来た(笑)

口論に負けたからってお前が批判する必要もないし、抜け出せなくなってて可哀想だから、 余計なお世話だろうけど、さっさと引きこもりニートと同じく何の苦労もせずに生きていて、上から目線で説教や悪口雑言は飽きたわ(笑)
そして、それでも私の批判がやめられなくて見続けるなら、たまには違う意見も言って見ろよってことだ(笑)
それなら少しは討論する意味もあるからな

けど、そうじゃなくて、アラシだって言いながらいつも同じクレームを言いながら最後までカキコするなんてバカらしいから、もうカキコするなってことだ。
時間の無駄をするんじゃなく、もっと他のことに時間を使った方がいいからな
そんな勇ましい事を言うのであれば、さっさと自ら動いて実行すればいいしね(笑)

あとは、反論出来ないから相手を誹謗中傷するしかない!ってことを宣伝してくれてありがとね(笑)
サヨクがどんなに喚こうが、世の中や社会を舐めているってことだよ(爆)

まあ、そういうことだ。
余計なおせっかいは、これで最後にしておくよ。
憎まれ役を演じ続けるのも疲れるし、面倒な役からは降りるよ。
そもそも、こんなコメントを書いてる事自体、時間の無駄だからな。
みんなも早く卒業したほうがいいよ。
つまらないと感じるアニメを見続けるなんてはっきり言って時間の無駄だよ。


45. 2016年3月14日 22:25:16 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[80]
追加
アニメじゃないな、妄想を垂れ流す阿修羅だったな

46. HIMAZIN[366] SElNQVpJTg 2016年3月14日 23:11:45 : FouVKe0ugE : bwWAesB6PUw[25]
>pbNMSXRwUY = シュミレーション君

>>44

>毎回、同じコメばっかりで見飽きたし貴方の言うように面倒くさいから
>スルーしようって思ったけど、いまだにつまらないアラシって言いながらを
>我慢しながら惰性で見てるニートがいるから、だんだん哀れに思えて来た(笑)

〜(中略)〜

>余計なおせっかいは、これで最後にしておくよ。
>憎まれ役を演じ続けるのも疲れるし、面倒な役からは降りるよ。
>そもそも、こんなコメントを書いてる事自体、時間の無駄だからな。
>みんなも早く卒業したほうがいいよ。
>つまらないと感じるアニメを見続けるなんてはっきり言って時間の無駄だよ。

やっぱり出てきたね。
正体晒されて余程悔しかったのか、意味不明の罵倒を連発。
挙句の果てに未練たらたらな捨て台詞で逃走。
散々無駄な長文を書き散らして、よくもまあ恥ずかしげもなく言えたものですね。

お前さんが二度と阿修羅にこないのであれば、こちらも無駄な時間を使わなくて済むので大歓迎です。
まあ、ここまで堂々と啖呵を切ってまた現れてもお前さんが大恥掻くだけなので、私の知ったことではないですけどね。
さようなら。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b17掲示板  
次へ