★阿修羅♪ > 昼休み54 > 112.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「『財務省が日本を滅ぼす』を書いた三橋貴明、 財務省に嵌められる
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/112.html
投稿者 中川隆 日時 2018 年 1 月 07 日 20:11:42: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 


2018年1月7日 / 19:21 / 1時間前更新
経済評論家の三橋貴明容疑者逮捕


 妻の顔を殴るなどしてけがを負わせたとして、警視庁高輪署は7日までに、傷害容疑で経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)を逮捕した。

「何もしていない。何も話さない。弁護士を呼んで」と容疑を否認している。


 逮捕容疑は5日午後7時ごろ、自宅で10代の妻に足をかけて転倒させ、顔を平手で殴ったり、腕にかみついたりして、約1週間のけがを負わせた疑い。

 高輪署によると、午後9時半ごろ、妻が110番し、発覚した。昨年も同様のトラブルで2回110番があったという。
【共同通信】


____

2018.1.7 19:28更新
三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」 
事件の3週間前、自身のブログで「予言」?


 10代の妻に対する傷害容疑で警視庁に逮捕された経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)。三橋容疑者は事件を起こす約3週間前の昨年12月13日の自身のブログで「安倍晋三内閣総理大臣との会食」と題して「近い将来、わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社(三橋容疑者が社長を務める経世論研究所のことか)に国税が来るのは避けられないでしょう」と書いていた。

 三橋容疑者は安倍晋三首相と会食した事実をブログで公開。その席で自著の「『財務省が日本を滅ぼす』を進呈」したことを明かした。その上で


(1)この席をオープンで、と決めたのは官邸であること

(2)何をやるにしても、PB(プライマリーバランス)の黒字化目標が壁になり、何もできないという現実を総理は認識していること

(3)だからといって「総理は分かっている。大丈夫だ」などと思ってはいけないこと、を「和やかに」議論したとしている。


 三橋容疑者は現在の日本を財政拡大に転換させるのは自分が総理の座にいても無理だと記し、財務省のプロパガンダが奏功し、「政治家」「世論」「空気」が緊縮歓迎になっていると主張。

 年収850万円超の会社員への増税、たばこ税、出国税…と増税が次々に決まっていることに関し、「高齢化により社会保障支出が増加する以上、この『増税路線』は既定路線となる。その理由は『PB黒字化目標』のためである」と主張。一例として農産物の輸出補助金をアメリカのように付けなければならないという点で安倍首相と意見が一致したが、「PB黒字化目標があるからできない」と記した。

 その上で「痴漢冤罪を防ぐため、電車移動もしないため、やはり『国税』による攻撃が最も可能性が高いと思います」とし、まるで財務省の「陰謀」に巻き込まれるかのような表現で自身の将来を「予言」した。

 最後は「中国の属国民として生きるという悪夢の未来を避けるため、現代を生きる日本国民として責任を果たすため」ブログのこの項を締めくくった。

 三橋容疑者が経営する会社に東京国税局の税務調査が入ったか否かは、国税の「二重、三重の守秘義務」が壁になり、確認できないが、逮捕容疑が脱税でも痴漢冤罪でもなく、DV(ドメスティック・バイオレンス)だったとは、意外なところに陥穽が口を開けて待っていたようだ。(WEB編集チーム)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[-5715] koaQ7Jey 2018年1月07日 20:15:16 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

植草一秀が竹中平蔵に嵌められた時も2ちゃんでネット工作員が大騒ぎしてたね

ニュースが出る前からスレが立っていたから電通が仕組んだんだな

これが植草さんが嵌められたケース :


ミラーマン 植草教授にお尻を撫でられた女子高生のパンティにもウンスジが付いていたのか?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/317.html

ミラーマンの世界 _ 植草先生は何故 ピンサロ、性感マッサージ、ヘルス、イメクラ、ソープランドの中からイメクラを選んだのか?
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/299.html

裁判官がミラーマンを無罪にできなかった理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/300.html

竹中平蔵物語
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/301.html


2. 中川隆[-5713] koaQ7Jey 2018年1月07日 20:23:26 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

「新」経世済民新聞
https://38news.jp/


財務省が日本を滅ぼす 三橋貴明 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%BB%85%E3%81%BC%E3%81%99-%E4%B8%89%E6%A9%8B%E8%B2%B4%E6%98%8E-ebook/dp/B076LDY8G8/ref=asap_bc?ie=UTF8

「財務省の大嘘」をすべて暴く!

「財政破綻するから消費増税やむなし」というロジックに騙されるな。

気鋭のエコノミストが最新データを徹底分析。日本に財政破綻など起こりえないこれだけの理由。

「国の借金は1000兆円を超える。日本人1人あたり800万円以上の借金を背負っている計算になる。子や孫の世代にツケを残さないためにも消費増税は不可欠だ」――新聞やテレビでもさんざん流されるから、このようなロジックを耳にしたことはあるだろう。でも、全部デタラメだ。そもそも、バランスシートの負債の部だけを取りあげて1000兆円の借金とは会計上でも間違っている。 

政府資産は672兆円もあるし、そもそも負債の部にある「公債」「短期証券」のうち500兆円は政府の子会社である日本銀行の持ち分だ。連結決算すればチャラだし、そもそも現在、日銀の黒田東彦総裁は財務官時代に日本の格付けをボツアナ以下にした海外格付け会社に「日米などの先進国の自国通貨立て国債のデフォルトは考えられない」と抗議していたくらいだ。

 それなのに、国内に向けては「財政破綻論」をまき散らす。黒幕は財務省だ。国際機関(財務省OBの天下り先)を使って「増税せよ」と外圧をかけてくる。そして、緊縮財政を実行して、日本国を小国化させようとする。国益よりも省益が大事なのだ。このままでは「亡国」に至ること必至だ。


3. 中川隆[-5712] koaQ7Jey 2018年1月07日 20:29:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明さんは植草一秀さんと全く同じ様に竹中平蔵の悪質な犯罪を暴いたので、嵌められた可能性が高いですね:

竹中平蔵 → CIA → 警察

の経路かな

三橋貴明さんの10代の奥さん自体が CIA工作員なのかな?


三橋貴明 東京都の下水道運営権売却について 2018-01-04
 
 グローバリズムのトリニティとは、「規制緩和」「自由貿易」「緊縮財政」の三パッケージになります。


 規制緩和の中でも、レントシーカーたちにとって最も「美味しい」市場は、公的分野になります。


 ノーベル経済学者ジョセフ・E・スティグリッツの言葉を引用します。


「アメリカの政治制度は上層の人々に過剰な力を与えてしまっており、彼らはその力で所得再配分の範囲を限定しただけでなく、ゲームのルールを自分たちに都合よく作りあげ、公共セクターから大きな”贈り物”をしぼり取ったからだ。経済学者はこのような活動を”レント・シーキング”を呼ぶ」


 米国の経済と社会は、グローバリズムという「鵺」により、レント・シーカーの王国と化していきました。


 公共セクターを規制緩和、民営化し、民間の「ビジネス」と化すために必要なものは何でしょうか。答えは、緊縮財政とデフレーションです。


 デフレにより、政府の財政が悪化する。すると、緊縮財政。


「今までは官が提供していたサービスだが、緊縮財政の一環として民間に委ねる」
 というレトリックが力を持ち、アメリカや日本の公共セクターは「民営化」され、そこに新規参入したレントシーカーが儲けるという構図です。


 例えば、地方財政の悪化を受け、「行政窓口」の民営化が実行に移されました。結果的に、パソナをはじめとする派遣会社が、行政窓口の仕事を「受注」し、多いに儲けています。


 パソナの取締役会長である竹中平蔵氏が、政府の諮問会議の「民間議員(と称する民間人)」として、民間企業のビジネスを生み出す規制緩和政策を推進しているのはご存知の通り。


 これが、経済が好調で、地方財政も潤沢であれば、行政窓口は普通に公務員でいいわけです。


「それでは儲からない」
 というわけで、財政悪化を大義名分に緊縮財政。緊縮財政の一環としてとして、政府の公共サービス、公的セクターを民営化するというスキームになっているのです。


 もはや、緊縮財政&公共サービスの民営化は一種の「信仰」と化してしまい、今や財政が好調の都道府県までもが、公共サービスの民営化を言い出す有様になってしまいました。

『民間への下水道運営権売却、東京都が検討
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25108280W7A221C1L83000/

 東京都は下水道施設の運営権の民間事業者への売却(コンセッション)を検討する。人口減少などをにらみ、包括的な民間委託も含め、経営効率の改善策を探る。災害対応などの課題を点検したうえで、3〜4年後をめどに新しい運営手法に移行する。

 下水道のコンセッションは26日の都政改革本部(本部長・小池百合子知事)の会議で検討課題として報告した。今後、老朽化した施設の更新などで事業費が膨らむ一方、人口減少で収入は落ち込む見通し。施設の維持管理など個別業務の委託にとどまらず、幅広く民間のノウハウを取り入れて経営基盤を安定させたい考えだ。

 下水道は公共インフラとして確実に維持する必要があるため、下水道法の規定で完全民営化はできない。このため都はコンセッションや包括委託などの形式を想定。2018〜19年に民間事業者の意向調査などを進め、20〜21年ごろから本格的な検討、試行に入る。

 下水道分野のコンセッションは浜松市が先行して取り組んでいる。小池知事は都内でも予想される人口減に言及して「コンセッションを真剣に考えてほしい」と話した。』


 記事にもありますが、浜松市は下水道の一部をコンセッション方式で民営化しており、浜松ウォーターシンフォニーが受注しました。


 浜松ウォーターシンフォニーは、フランスのヴェオリア社、JFEエンジ、オリックス、東急建設・須山建設グループが設立した特別目的会社です。


 何と、浜松の下水道コンセッションの時点で、「外国資本」が入っているわけです。つまりは「カネの移動の自由」という意味の自由貿易ですね。


 浜松の事例を見ると、緊縮財政、規制緩和(コンセッション)、自由貿易の三つが、シンフォニーを奏でていることが分かります。いやあ、見事なものです。


 それにしても、日本で最も財政的に豊かな東京都まで、コンセッションを進めるとは、藤井先生がFBに書かれていた通り、

『民営化をすることが「カッコイイ」というとんでもない勘違いをして、人々に何の役にも立たない(しかし、民営化で受注した大企業だけが儲かる)改革や民営化を進めようとしています。』

 という話なのでしょう。


 「改革」「民営化」「規制緩和」の多くが、実は日本国民の豊かさには結びつかず、外資系を含めた特定企業の利益拡大にしかならないという現実を多くの国民が理解しない限り、我が国の公共サービスは売られ続け、スティグリッツの言う「贈り物」をレントシーカーたちに搾り取られ続けることになるでしょう。
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12341669390.html


三橋貴明 水道・下水道の民営化と再公営化 2018-01-05

 昨日の続きですが、今年は日本政府による公共サービスの売却(事実上の)という「売国」、一部企業、投資家に対するレントの提供が一気に進みそうな状況です。


『公共インフラの民間売却容易に 自治体の負担軽く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25291440T00C18A1MM8000/

 政府は地方自治体が運営する公共インフラの民間への売却を促すためPFI(民間資金を活用した社会資本整備)法を改正する。上下水道や公共施設の運営権を売却する際、地方議会の議決を不要にし、国から借りたお金を前倒しで返すことも認める。公共インフラの老朽化が進む中、民間の資金を使った低コストの運営に転換し、公共料金の引き下げも視野に入れる。(後略)』


 政府は昨年、PFI推進の行動計画を改定し、インフラ売却などの合計額を22年度までの十年間で21兆円とする目標を掲げました。


 つまりは、21兆円の「国民の資産」が売り払われ、外資系企業を含む特定企業や投資家の「利益の源泉」と化すわけでございます。


 改めて、スティグリッツ教授の言葉を掲載します。


「アメリカの政治制度は上層の人々に過剰な力を与えてしまっており、彼らはその力で所得再配分の範囲を限定しただけでなく、ゲームのルールを自分たちに都合よく作りあげ、公共セクターから大きな”贈り物”をしぼり取ったからだ。経済学者はこのような活動を”レント・シーキング”を呼ぶ」


 アメリカでは、すでに相当に進んでしまったレント・シーキングの大波が、今、日本国に押し寄せているというわけです。


 ゲームのルール(政府の規制)を自分たちに都合が良いように作り、公共セクターから贈り物を搾り取る。


 そのためには、政府の諮問会議(規制改革推進会議など)に経営者(例:竹中平蔵氏など)が「民間議員」として乗り込み、国民の代表である国会議員の頭越しに政策を推進する。


 種子法もそうでしたが、「国民の安全や豊かさ」を追求するためには、コストがかかるのです。そこに「利益」という発想を持ち込んではなりません。
 


 日本の種子が素晴らしい(素晴らしかった、と過去形になりそうですが)、具体的には「有料で多種多様な種子」が安価に農家に提供されていたのは、国民の税金で支えていたためです。


 あるいは、日本の水道や下水道サービスの品質が素晴らしいのは、「利益」ではなく「国民の生活」を求めて、コストが費やされてきたためなのでございます。


 そこに「利益」を追求する民間事業者を参入させる。


 いかなる屁理屈をこねようとも、「利益」を追求する限り、公共サービスの品質は下がるか、もしくはサービス料金が上がらざるを得ないでしょう。


 というか、その種の事例は世界に満ち溢れており、世界的な趨勢は、水道・下水道サービスの「再公営化」なのでございます。特に、アメリカ、フランス、ドイツなどの先進国において、再公営化が進んでいます。


 パリやベルリンといった大都市の水道も、民営化されていたのが再公営化されました。


 再公営化の理由は様々ですが、とりあえず水道・下水道民営化の「謳い文句」の嘘が明らかになったことが決定的でした。


 具体的には、


● 民営化により管理運営が劣悪になった
● 投資の不足
● 事業コストや水道料金をめぐる対立
● 水道料金の高騰
● 民間事業者に対する監督が困難
● 財務の透明性欠如
● 人員削減
● 劣悪なサービス品質


 などになります、


 失敗が明らかになっているにも関わらず、日本政府は民営化を推し進めようとしている。


 結局、安倍政権が「日本国民」のためではなく、一部のレント・シーカーたちのための政権であることが、種子法廃止や水道・下水道民営化の動きを見ていると分かります。
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12341929267.html


4. 中川隆[-5711] koaQ7Jey 2018年1月07日 21:02:14 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2017年12月15日
【三橋貴明】安倍晋三内閣総理大臣との会食

ここまでやっている以上、 近い将来、わたくしに何らかの「スキャンダル」が出るか、 痴漢冤罪で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう。


さて、ご存知の方が多いでしょうが、総理と会食し、
小学館「財務省が日本を滅ぼす 」を進呈。

本書の内容について、多いに議論をさせて頂きました。

まずは、2010年の参議院選挙の際に、
応援演説をして頂いたことについてお礼申し上げ
(今まで機会がなかったので)、
その上で和やかに「シビアな話」をさせて頂きました。

内容について、全て書く気はありませんが、
重要なポイントだけ申し上げると、

(1)
「財務省が日本を滅ぼす」を書いた三橋との会食を持ちかけたのは
両端の方々ですが、「クローズではなく、オープンで」と決めたのは
官邸であること(オープンなので、総理動静にも載りました)

(2)
何をやるにしても、全てPB黒字化目標が「壁」となり、
何もできない。という現実を、総理は認識していること。

(3)
だからと言って、
「総理はPB黒字化目標が問題であることは
分かっているんだ。ああ、ならば大丈夫だ」
などと思ってはいけないこと、の三つになります。

特に重要なのは(3)で、総理が真実、
PB黒字化目標が問題であることを理解していたとしても、
だからと言って現行の緊縮路線が転換されるわけではありません。

財務省主権国家「日本」をなめてはいけません。

現在の日本を財政拡大に転換させるのは、
たとえわたくしが総理大臣の座にいたとしても無理です。

なぜならば、「政治家」「世論」「空気」が
緊縮歓迎になってしまっているためです。

そのように、財務省のプロパガンダが展開され、
多いに成功を収めているのです。

この空気を変えるためには、
やはり「言論」を動かさなければなりません。

特に、緊縮路線を進み続ける安倍政権を、
「正論」に基づき批判しなければならないのです。

といいますか、安倍総理の支持者の方々こそ
(わたくしは違います)、むしろ積極的に
安倍政権の緊縮路線を攻撃する必要があるのです。

何しろ、政治は「結果」が全てです。

そして、安倍政権の「結果」は、緊縮路線なのです。

「安倍総理は、財政拡大が必要だと分かっている!!」
などと、総理を褒め讃えたところで、
結果的に緊縮路線が継続するならば、我が国は「亡国」です。

『所得税改革、21年以降も 労働市場変化に対応
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24546420S7A211C1MM8000/

2018年度与党税制改正大綱の原案が12日、明らかになった。
所得税改革では年収850万円超の
会社員を増税することを盛り込んだ。

多様化する働き方に対応するため、誰もが使える
基礎控除を増やし会社員向けの給与所得控除を減らす。

20年1月から実施する。

大綱では21年以降も基礎控除の充実をはかり、
労働市場の構造変化に対応する方針を明記した。

与党は14日に大綱を正式決定する。(後略)』

総選挙の際には「しょとくぜいかいかく」の「しょ」の字も
出てこなかったわけですが、選挙が終わった途端に
当たり前のように「所得税改革」が推進され、増税が決まる。

所得税増税に加えて、出国税(観光促進税)、
たばこ増税と、次から次へと増税路線。

これが、安倍政権の「結果」です。

何しろ、プライマリーバランス黒字化という
「毒針」を抜くことができていませんので、
高齢化により社会保障支出が増加する以上、
19年の消費税増税、さらには所得税等の増税、
診療報酬・介護報酬の削減、公共投資削減、
防衛費や科学技術予算、教育予算、
食料関係費等の抑制は「既定路線」です。

例えば、昨夜は「農業問題」でも議論し、少なくとも、

「日本のコメ等を輸出し、食料生産能力を維持するには、
輸出補助金(アメリカのように)つけなければならない」

という点は一致を見たのですが、結論は、

「でも、PB黒字化目標があるから、できない」

なのでございます。

すなわち、勝負は「PB目標破棄」に絞られます。

最低でも、18年6月の閣議決定の際に
PB目標を破棄できなければ、話になりません。
(それが実現したとしても、予算に反映されるのは19年度から・・・)

PB黒字化目標という「毒針」を抜くためには、
世論や政治家の空気をそちらの方に動かさなければ、
誰が総理大臣であっても「不可能」なのが現実の日本なのです。

日本には救世主はいません。

「財務省が日本を滅ぼす」の三橋が総理と会食した程度で、
政策が良き方向に向かうはずがないのです。。

(ついでに、会食したからといって、
「三橋が安倍に懐柔された」などという話にもなりません。
何で税金で一回ご飯を食べさせてもらったくらいで、
そうなるのですか。政治は、あるいは政治家は結果が全てです)

それでも、「財務省が日本を滅ぼす 」の三橋が
総理と会食し、「PB黒字化目標が問題」という点について
合意を見たことは、もしかしたら政治的な
影響があるかも知れないわけです。
(というわけで、ツイッターの背景写真はしばらくあのままにしておきます)

それにしても、ここまでやっている以上、
近い将来、わたくしに何らかの「スキャンダル」が出るか、
痴漢冤罪で捕まるか、弊社に国税が来るのは
避けられないでしょう。

わたくしは政治家ではないため、
スキャンダルは大したダメージにならず、
痴漢冤罪を避けるために電車移動もしないため、
やはり「国税」という攻撃が最も可能性が高いと思います。

それでも、やりますし、続けます。

わたくしたちの子孫が、中国の属国民として
生きるという悪夢の未来を避けるために、
現代を生きる日本国民として責任を果たすために。
https://38news.jp/politics/11413

2017年12月17日
【三橋貴明】安倍晋三内閣総理大臣と会食しました

【近況】

2017年12月12日、
首相公邸で総理と会食しました。

しかも、官邸側の要望で
「オープンな会食」となりました。
(そのため、首相動向にも載りました)

なぜ、官邸あるいは総理は
三橋を会食に招いたのでしょう。

総理が断定されたわけではないですが、
要するにこういうことのようです。

まずは、総理が財務省の
「プライマリーバランス黒字化目標」や
緊縮財政を問題視している(これは確実です)。

ところが、自民党の国会議員たちが、
総理は「PB黒字化路線を堅持しようとしている」と、
妙な誤解をしている
(西田昌司参議院議員まで勘違いをしていました)。

PB目標や緊縮財政について、
自民党の議員たちから「問題だ」
との声を上げさせたい。

というわけで、政治的なメッセージとして
「財務省が日本を滅ぼす」の著者である
三橋を招き、同書籍と共に写真に写った。

さて、総理がPB黒字化目標を
問題として認識しているとして、
「ああ、良かった」となるでしょうか。なりません。

そうではなく、

「PB目標が問題だと分かっているならば、なぜ破棄しないんだ!
総理も閣僚も、自民党の国会議員も、さっさと動け!」

と、怒りの声をぶつけることが正解になります。

総理がPB目標の害悪について
理解していたとしても、
結果が出なければ意味がありません。

いみじくも総理が仰ったように、
政治とは「結果」なのです。

分かっているなら、さっさと結果を出せ!

と、以前にも増して批判を展開する
必要があるという話でございます。

◆人手不足解消合宿 〜人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!〜
http://www.38news.jp/sp/mituhashisemi/2018_02.php#top

◆ソーシャルレンディング最大手maneoの瀧本憲治氏との大人気コンテンツ「ムダな公共事業はあるのか?資本主義の黄金時代1」がリリースになりました。
https://youtu.be/paaPD-d1zF4

◆11月30日 徳間書店から「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス」が刊行になりました。
http://amzn.to/2A4LgKi

◆10月31日。小学館から「財務省が日本を滅ぼす」を刊行しました。
http://amzn.to/2giPiXA

◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書 第145「「経済学」を乗り換えて後、デフレ脱却の時は来るのか!?」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第251回「橋が通行止めになっていく国」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/


◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol447 グローバル株主資本主義の害悪
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

グローバル株主資本主義が、なぜ「滅びの道」なのか解説しています。

◆メディア出演

12月20日(水) 6時 文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

12月22日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

12月16日(土) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 【討論】安倍政権が憲法改正の前にすべき八つの事[桜H29/12/16] 」に出演しました。
https://youtu.be/MVG8uRKLSww
http://www.nicovideo.jp/watch/1513319152

◆三橋経済塾

12月16日 三橋経済塾第六期 第十二回対面講義を開催いたしました。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2184

カリキュラムは、

13:30〜 高圧経済(前編)
14:30〜 高圧経済(後編)
15:30〜 安倍晋三内閣総理大臣との会見について
16:15〜 第六期を通じた質問

でございました。

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。
https://38news.jp/politics/11419

2017年12月24日
【三橋貴明】三橋経済塾第七期開講!


【近況】
三橋経済塾第七期の申込受付開始しました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

2017年12月20日の日本経済新聞

「もっと吹かさないと 迫真(2) 」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24816830Z11C17A2EA1000/

を読むと、先日の西田先生、藤井先生、三橋と
安倍晋三内閣総理大臣との会食について、
「政治利用」が始まっていることが分かります。

官邸側は、会食を

「総理から自民党の国会議員に対する、
財政拡大を求めるメッセージ」

として利用。

それに対し、財務省は「手下」の
日本経済新聞を用い、

「安倍政権や自民党が『我田引水』的に
公共事業や農業予算を増やしている」

という印象操作を図り、緊縮財政路線の
堅持を狙っています。

また、リニア新幹線の発注に際し、
大手ゼネコンが「不正な受注調整」を行い、
公正取引委員会が入った事件について、

「リニア談合!」

といった報道がされている件についても、
裏に「財務省」の影が見え隠れします。

リニアの件は、独占禁止法の
「不当な取引制限」に該当する可能性がありますが、
「入札談合」ではありません。

不当な取引制限には二種類あり、
入札談合に加えて「カルテル」があるのです。

カルテルとは、事業者や業界団体の構成事業者が
相互に連絡を取り合い、各事業者が自主的に
決めるべき商品の価格や販売、生産数量などを
共同で取り決める行為になります。

つまりはマスコミは今回の件について
「不正な受注調整」と表現するべきなのですが、
なぜか「リニア入札談合」と報じられている点に、
違和感を覚えるわけです。

「また、談合か・・・・」

と、談合という(大変遺憾なことに)
ネガティブな印象の言葉を連呼することで、
今後の公共投資拡大を妨害している
ように思えてなりません。

「また、談合が蔓延るから、公共投資はダメだ。
実際、リニアの件も、談合が問題になったじゃないか」

というレトリックでございますね。

リニアの「不正な受注調整」の件を見ても、
日本のマスコミが「正しく報道していない」ことが分かります。

何しろ、大手新聞やテレビは
財務省の記者クラブ「財政研究会」の
コントロール下にあります。

国民はマスコミ情報に騙され、
財務省の思うがままに緊縮財政路線を
「善」と思い込んでしまう。

マスコミや財務省の偽情報に
踊らされないためには、正しい知識、知見を身に着け、
情報を「正確に読み取る」しかありません。

具体的には、定義し、細分化し、相対化するのです。

この手の技術は「訓練」「経験」
なしでは身に付きません。

というわけで、三橋は2018年も
「三橋経済塾第七期」を開講し、
国民の「情報の読み取り能力」の向上に
貢献することを決心したわけでございます。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

是非、御入塾下さいませ。

◆三橋経済塾第七期の申込受付開始しました。開講日は2018年1月20日(土)です。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆人手不足解消合宿 〜人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!〜
http://www.38news.jp/sp/mituhashisemi/2018_02.php#top

◆11月30日 徳間書店から「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス」を刊行しました。
http://amzn.to/2A4LgKi

◆10月31日。小学館から「財務省が日本を滅ぼす」を刊行しました。
http://amzn.to/2giPiXA


◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書 第146回(最終回)「美しい数学モデルを描きたい経済学者のバカバカしい欲求」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第252回「プライマリーバランスという毒針」

なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/


◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol448 フリードリッヒ・リスト
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

今週は人類の歴史を変えることになった「国民経済」学者フリードリッヒ・リストについて取り上げました。


◆メディア出演

12月27日(水) 6時 文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

12月27日(水) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

12月28日(木) チャンネル桜「Front Japan 桜−年末生放送スペシャル・キャスター討論」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651


12月22日(金)  チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。

【Front Japan 桜】独禁法が日本を滅ぼす / 世界潮流〜ナショナリズムVSグローバリズム[桜H29/12/22]
https://youtu.be/Ge5vdnhPdT0
http://www.nicovideo.jp/watch/1513922384

◆三橋経済塾

12月16日(土) 三橋経済塾第六期 第十二回対面講義をアップ致しました。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2190

カリキュラムは、

13:30〜 高圧経済(前編)
14:30〜 高圧経済(後編)
15:30〜 安倍晋三内閣総理大臣との会見について
16:15〜 第六期を通じた質問

でございました。
インターネット受講の皆様、お待たせいたしました。

◆チャンネルAJER
『毒針〜プライマリーバランス黒字化@』三橋貴明 AJER2017.12.19
https://youtu.be/hIKxO1TZJAc

https://38news.jp/economy/11446


5. 中川隆[-5710] koaQ7Jey 2018年1月07日 21:16:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

関連投稿


日本の官僚は悪い
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/103.html

日本のマスコミは悪い
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/104.html

ミラーマンの世界
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/299.html

竹中平蔵物語
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/301.html

日本の経済の専門家は頭がおかしい
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/894.html

小沢一郎先生を襲った恐怖とは
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/296.html


6. 中川隆[-5709] koaQ7Jey 2018年1月07日 21:39:10 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

Big Brother is Watching You


日本のジャーナリズムを監視する米軍組織
http://alternativereport1.seesaa.net/article/122853746.html


 神奈川県の座間キャンプ内にある、米軍第500軍事情報旅団「アジア研究分遣隊」Asian Studies Detachmentでは、日本国内で刊行される書物・雑誌等々を網羅的に「チェック」し、米国の政策に反対する人間、反米の思想家・評論家を監視している。

さらに、この軍隊は、こうした反米的思想の持ち主の身辺を「探り」、その金銭関係、異性関係、趣味・性癖の「情報収集」に当たっている。不倫関係、多額の借金、他人に言えない性癖等々の情報を収集し、「反米的な」思想家・評論家・ジャーナリスト・大学教授を「脅迫」し、口封じを行うためである。

 「必要に応じて」こうした情報は日本のマスコミに流され、スキャンダル流布による、特定のジャーナリスト・大学教授「ツブシ」が行われる。これは米軍による「日本支配のための軍事行動」である。そのエージェントが、マスコミである(注1)。

*注1・・・小泉元首相の郵政民営化を厳しく批判した植草一秀教授に対する、捏造スキャンダルによる、司法とマスコミの、リンチ報道・裁判に、その極めて悪質な典型を見る事が出来る。植草教授に対する、この捏造スキャンダル=リンチ事件は、日本から表現の自由・言論の自由が無くなる歴史的出発点として、言論暗黒時代へ向かう分岐点として、50年後、日本現代史にゴシック体文字で印刷・刻印されるであろう。以下、参照。


日本の金融をボロボロにして乗っ取ったのは1992年からのクリントンの対日戦略でした。日本を自分たちが自由に操れる国にしたのです。ロバート・ルービンとローレンス・サマーズを実施部隊の司令官にして、何かあるとサマーズが来日して大使公邸で怒鳴りつけるのです。

  当時、首相だった橋本龍太郎はさすがに行かなかったのですが、幹事長以下の実力者が全員呼びつけられて、「アメリカに逆らうな」と怒鳴りつけられる。そういう政治が行なわれてきました。今もそうです。そのことを知っている日本の新聞記者たちが、なぜかまったく書かない。ここに問題があるのです。

  1998年10月からの“金融ビッグバン”も、橋本龍太郎が無理やり約束させられたものです。当時は、「金融自由化だ」「ビッグバンだ」とあれほど騒がれたのに、今は誰も口にしない。なぜなら、「金融自由化」の掛け声とはまったく逆で、結果的にできあがったのは「金融統制」の体制でした。

  日本は騙されたのです。あの時に外資すなわちニューヨークの投機マネーが自由に日本に入ってこれるようにした。そして少額で日本の大銀行を乗っ取れるようにした。

  この1998年2月、“ノーパンしゃぶしゃぶ事件”を起こし、大蔵官僚たちを計画的に叩きのめしたのです。日銀官僚の福井俊彦(現日銀総裁)もあのリストに入っていました。名刺があった連中は皆さらし者にされ、官僚として出世が止まったのです。

  CIAはこの名簿をインターネット上に流し、さらに愛国派官僚たちが引きずり降ろされる不祥事に発展しました。いわゆる“大蔵落城”です。マスコミはCIAの尻馬に乗って、日銀と大蔵官僚叩きをやったのです。

  この時、すでに自民党の政治家たちは一人ひとり弱みを握られてアメリカの軍門に下っていたのですが、日本の官僚たちはアメリカの言うことを聞かないで抵抗していました。その結果、叩きつぶされたのです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hitokuchi013.html


日本のジャーナリズムを監視する米軍組織
http://alternativereport1.seesaa.net/article/122853746.html

 神奈川県の座間キャンプ内にある、米軍第500軍事情報旅団「アジア研究分遣隊」Asian Studies Detachmentでは、日本国内で刊行される書物・雑誌等々を網羅的に「チェック」し、米国の政策に反対する人間、反米の思想家・評論家を監視している。

さらに、この軍隊は、こうした反米的思想の持ち主の身辺を「探り」、その金銭関係、異性関係、趣味・性癖の「情報収集」に当たっている。不倫関係、多額の借金、他人に言えない性癖等々の情報を収集し、「反米的な」思想家・評論家・ジャーナリスト・大学教授を「脅迫」し、口封じを行うためである。

 「必要に応じて」こうした情報は日本のマスコミに流され、スキャンダル流布による、特定のジャーナリスト・大学教授「ツブシ」が行われる。これは米軍による「日本支配のための軍事行動」である。そのエージェントが、マスコミである(注1)。

*注1・・・小泉元首相の郵政民営化を厳しく批判した植草一秀教授に対する、捏造スキャンダルによる、司法とマスコミの、リンチ報道・裁判に、その極めて悪質な典型を見る事が出来る。植草教授に対する、この捏造スキャンダル=リンチ事件は、日本から表現の自由・言論の自由が無くなる歴史的出発点として、言論暗黒時代へ向かう分岐点として、50年後、日本現代史にゴシック体文字で印刷・刻印されるであろう。以下、参照。


このCIAが日本を含め世界各国の国会議員、政治家達の女性スキャンダル、裏金作り情報、松岡農林水産大臣の「なんとか還元水」問題等の情報を調査・把握し、米国に逆らえば日本の東京地検特捜部に匿名ファックスを送り付けて来る事は日常的に行われている、常識的な「慣例」である。

小泉元総理が学生時代に犯した日本女子大学の大学生に対する強姦事件と、神奈川県警に逮捕された小泉元総理の警察の取り調べ調書も米国側は当然握っていた。小泉はこれで完全に 「操り人形」と化していた。

現在では、極東最大のスパイ組織キャンプ座間にある米国陸軍第500軍事情報大隊が総力を上げ、日本の政治家、企業経営者達のスキャンダル情報の調査・ 蓄積を行っている。

相手は軍隊である。無防備な農林水産大臣1人を「潰す」事は簡単である。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49609103.html

りそな銀行のスキャンダルを調べたんです。
竹中平蔵が、民間銀行どれ起きても、潰していいって言ったんですよ。

要するに、コーキュー化されると、株価ちゃらになる。
そうすると、このお財布みたいに、買いたいかって。
お金は入ってないけど、請求書入ってる。
これを買ったら、請求書を払わなきゃならないと。
で、当然、誰も買いたくないけれども、自民党の間で、
とにかく、一千万円でもあれば、絶対、りそな株買えと。

で、ちなみに、りそなの経理の担当が、自殺か他殺に追い込まれて、
それで破産させられたんですよね。

で、買ったのは、ロックフェラーの建前企業と、自民党の関係者、大量にその株を買って、
結局、竹中、2兆3000億円、公的資金、皆さんの税金を入れちゃって、みんな大儲けしたんですよ。

で、これを調べだした、あの植草(植草一秀)さんっていう、早稲田大学の教授が、
いきなり、横浜で、女の人のパンツを鏡で見て逮捕されるんですよ。
で、今度、太田(太田光紀)さんっていう国税庁の人が、同じ事を調べて、
横浜で同じようにパンツを鏡で見て逮捕されるんですよ。

で、去年12月17日、鈴木(鈴木敬一)さんっていう朝日新聞の論説委員が、
あのリクルート・スキャンダルを暴露した男が、
りそな銀行は、他の銀行の十倍は政治献金をやっていて、
インサイダー取引の可能性が高いという記事を出したら、その夜、横浜湾で遺体が見つかったんです。

今度、竹中平蔵担当の記者が、読売新聞の記者が、今年(2007年)の4月、
口に靴下入れられて、テープ貼られて、後ろに手錠をかけられて、お尻にバイブを入れられて、
遺体が見つかった時に、まっ、変態プレーしていて死んだと。訳のわからない、ね。


●石井紘基:民主党議員。政界を震撼させるようなネタが見つかり、国会で追及する準備中に刺殺。犯人は金に困った男だとされたが、石井の懐の30万円には手をつけず、鞄の中の資料のみを持ち去る。

【911関係】

●長谷川浩:NHK解説主幹。イスラエル国籍を持つ数百人が被害を免れていたことを発表。数日後にビルから転落死。

●米森麻美:元日本テレビアナウンサー。義父がゴ−ルドマンサックス証券名誉会長。出産3週間後の2001年9月16日自殺。

【りそな関係】

●平田公認会計士:りそな銀行を監査中に自宅マンションから転落死。

●鈴木啓一:朝朝日新聞で敏腕記者として知られた人物。次期天声人語執筆者と目されていた。りそな問題後、りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺。

●植草一秀:ご存知、経済学者のミラーマン。手鏡でスカートを覗き、痴漢逮捕。

●太田調査官:国税調査官。りそなの脱税問題を調査中に手鏡でスカートの中を覗き、痴漢逮捕。

【郵政関係】

●石井誠:読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書いていた。総連の隣のマンションで変死体で見つかる。事故死。

【ライブドア】

●野口英昭:証券マン(エイチ・エス証券)で、ライブドアの匿名投資組合に関する入れ知恵をしていた人物。沖縄のホテルで受付に助けを呼びつつも割腹自殺。

【耐震偽装】

●森田信秀:森田設計事務所社長。木村建設/総研/ヒューザーなどの耐震偽装問題が浮上する直前に鎌倉市の海岸で遺体を発見。

●姉歯元1級建築士の妻:姉歯が失踪し「消されたか?」と囁かれだした直後、突然自殺。 その後姉歯が姿を現し、逮捕される。

●斎賀孝治:朝日新聞デスク。耐震偽装問題を調べていて自殺。

【イラク関係】

●奥克彦在英国大使館参事官、井ノ上正盛イラク大使館三等書記官:イラクで銃撃死。政府が情報公開を拒むなどしたため米軍誤射など様々な憶測を呼ぶ。

【厚生関係】

●元厚生事務次官山口剛彦氏と妻美知子さん:小泉が厚生相時代に厚生省&社会保険庁の使い込み問題で、火消し役で任命された。 

●元厚生事務次官吉原健二さん氏の妻靖さん:山口氏と同じく夫吉原氏が小泉厚生相時代に厚生省社会保険庁の使い込み問題で、火消し役で任命された。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/11/cia.html


7. 中川隆[-5708] koaQ7Jey 2018年1月07日 21:39:41 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

ヤツらの利益の邪魔になる人間は消される (暗殺、不審死など まとめ) 2013年02月07日
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11465828500.html


事件?事故?自殺?他殺?
反原発の上村康広さん 不審死
http://t.co/dSDJGsAr


@harada1210
【石井鉱基議員 刺殺事件の謎】
原子力ムラがどうしても隠したい「劣化ウラン」の貯蔵に関する大きな闇を、
石井議員は国会で追求できるまでに追いつめていたようだ。
http://fb.me/2qFRcuVoO


@tokaiama
カダフィーは世界でもっとも良質の巨大原油の利権を手にした。
これを利用して民心掌握のために失業者救済や社会保障で
独裁利権を保全しようとしただけ。独裁によって民衆が救われるわけではない。
カダフィーを殺したのは、この利権を狙うユダ金です

 
@no_nuke_
人工地震 http://www.youtube.com/watch?v=sfr6NoMEZYk&feature=related
ですが。米国工作員は世界中に溢れてる。
良心痛んで工作員を辞めた元工作員が『エコノミック・ヒットマン』でこう証言。
「米国に逆らう国は、指導者の殺害はじめ、徹底的に潰す。
地球上で米国工作員が工作してない場所など、無人島一つ、存在しない」

---------------------------------------

『高浜町長暗殺命令事件』
https://twitter.com/natsu_yuki_blog/status/257183924374102016/photo/1/large
「あの町長なんや、原発に不満でもあるんかいな」
仕事の発注を報酬に、下請け企業に下された町長暗殺命令。

@tokaiama
関西電力の幹部から請け負わされた仕事は町長暗殺でした。
実際その任務を果たすた め町長を何日も寝ずに追いかけ回したことも 
こう語るのは、関西電力が保有する高浜原子力発電所高浜原発の警備を
99年から8年間請け負っていたダイニチ役員、矢竹雄兒氏 
http://t.co/TGgnrNHY

---------------------------------------

@NAKAMA_106
若松監督はベネチア国際映画祭でこう発言していた。
「今、どうしてもやりたいのは東電の話。
誰もやろうとしないから本気になってケンカしてやろうと思っています。」
若松孝二監督、東電に宣戦布告!
「本気になってケンカ」とベネチアでも若松節さく裂!
http://m.cinematoday.jp/page/N0045712


若松氏「原発映画必ずやる、国が隠そうとしているもの全部ぶちまけたい」
http://bit.ly/Q6WpZ0 (サンスポ)

「若松孝二の映画作りの原点は“怒り”であり反体制の視点から描く手法は
当時の若者たちから圧倒的に支持される。」 (ウィキペディアより)

若松孝二監督、タクシーにはねられ死亡。
http://bit.ly/U5XSpo

@kucyan
殺されましたね!!
事故後何人も国にマズイと思われた人殺されてますよ、
芸能界・マスコミへの見せしめでもあるのでは?

---------------------------------------


@tart_k
これでも自殺だって思うの?
隷米民主党が、郵政の貯金300兆円を米国に差し出さないように、

お目付役として亀井静香が内閣に送り込んだのが、松下大臣だった。
http://quasimoto.exblog.jp/18882728/


@waamasaki
金融大臣の自殺だけど、次の選挙ポスターをどうしようとか
前日まで考えてた人が急に自殺するか〜!?


@21remon

フォロワーさんからの情報を元にまとめると、自殺した松下金融担当大臣は

【日韓スワップ協定の延長停止】【外国人参政権反対】【人権救済法案反対】

の立場の方で、特筆すべきは

『明日、可決予定の人権救済法は、一人でも反対の大臣がいれば見送られるが、

松下金融相は唯一の反対者だった』という件。

---------------------------------------

@scotti99
石橋湛山脳梗塞で倒れる。
田中角栄脳梗塞で倒れる。
小渕恵三脳梗塞で倒れる。
本当に偶然かな?米国の意志に反した政治家たち。

@iwakamiyasumi
まさか、そんな、と思うからこそ、米国が他国で
どんな手荒なマネをしてきたか、知る必要がある。


@mowchan
この医師によればCIAが暗殺に用いるF≠ニいう薬が存在するという。
このF≠ヘ確実に脳梗塞を引き起こす薬で、
それが使用された可能性は否定できないと語った。
中川昭一さんも、これに準じた薬を盛られた可能性があります。
http://t.co/17fMJZXd

---------------------------------------

チェルノブイリを経験した松本市長が「暗殺予告」で講演中止
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/478.html


@kucyan

菅谷昭松本市長は、事故直後から国にマークされています。

チェルノの真実を知る数少ない日本人の一人ですし、

甲状腺の医師、市長としての影響力の大きさ・・・・

私が自分で撮影し動画サイトにUPした講演も直ぐに削除されましたよ。

---------------------------------------


@junko_in_sappro
「病院へ逃れてきた十数人の人が10万cpmを超え
ガイガーカウンターが振り切れていた」(徳田毅)
http://merx.me/archives/31297
辞表を出した徳田議員が福島原発事故から約1ヵ月後の2011年4月15日に
福島県南相馬市を訪問し、南相馬市立総合病院の及川副院長から知らされた

@bubukun93
2011年3月12日の夜、TBSテレビで放送されていたのを思い出したのですが、
住民が被曝をし、10万カウントだった・・と、現地の記者が言っていました。
当時は外泊中で、ネット環境が無かったので、
何のことかさっぱり分かりませんでしたが・・

@junko_in_sappro
2011年3月に南相馬市立総合病院に逃げた方で、10万cpmを超えた十数人
ってテレビでも放送したのですね。
テレビ、NHKの解説で「白い煙だから安心」と嘘、その直後3号機の爆発。
それから煙の色を言わなくなった・・・

@19450623
「病院へ逃れてきた十数人の人が10万cpmを超え
ガイガーカウンターが振り切れていた」(徳田毅)…。
これを、ブログに掲載したら、過去の和解済案件を週刊誌にリークされ
辞任に追い込まれたそうだ…。 何だか、中川財務相の自殺を思い出すな。 


>過去の和解済案件を週刊誌にリークされ ⇒ 【原発御用雑誌】週刊新潮


@hananura
徳田さんは填められたんだ。
「実はこれは女性が会社社長を名乗って徳田代議士と会い、
意気投合して男女の関係を持ったが、後から
女性の知人を名乗る中年男性が現れて、
女性に酒を飲ませてレイプしただろう。どうしてくれる!!
と怒鳴り込まれたそうだ」http://amba.to/UBN5VP

@lllpuplll
もちろん、俺には徳田毅氏の女性問題についての真偽はわからない。
徳田氏が聖人君子だとも思わない。しかし、ひとついえるのは、
戦後、とりわけこの20年日本国の国益を本気で考え、
アメリカさまに逆らう政治家たちは、ことごとく
マスゴミ・検察さまに嵌められていること。
これは鉄則といってもいい。

@lllpuplll
TPPに反対し、放射線被曝に言及した徳田毅(前)政務官が、
和解(?)したはずの女性問題で引責辞任し、
あとがまが松下政経塾の議員か?(笑)
311以降、わかりやすい政治が続きますね(笑)。

@mo1do_1kara
なるほどね。真実を語る人、
骨のある人を政務官にしておく訳にはいかんってことか。

@goubuku_fudou
とにかく異常に感じるのは、民主党政権の時は何かあれば
政権に対するバッシングの嵐だったのが、安倍自民党になると
マスコミは何も報道しない。強姦した徳田という政務官の事も何も追及がない。
ここまで来ると本当にこの国のマスコミの異常性に怖くなってくる。
独裁国家と変わらない

---------------------------------------

シルクウッド事件とは
http://www32.ocn.ne.jp/~everydayimpress/Video/Silkwood.htm より

1972年、カレン・シルクウッドは、化学技師として
オクラホマ州にあるプルトニウム燃料工場に入社した。

シルクウッドは、労働者の多数が
プルトニウム被爆に晒されていることに心を痛め、その証拠収集に乗り出す。

しかし証拠を集めはじめるとすぐ、
シルクウッドは数々のいやがらせ(電話の盗聴など)を受けるようになる。

そして、死の直前1週間には、まったく説明のつかない
強度のプルトニウム被爆を2回も経験する。

 そして1974年11月13日、シルクウッドは不可解な死を遂げることになる。

その日、シルクウッドは、アメリカを代表する新聞ニューヨーク・タイムズの記者
と会い、集めた証拠を渡す手はずになっていた。

しかしシルクウッドは、その日、組合集会を終え、
記者のいる場所へ向かう途中、自動車事故を起こして死亡した。
死後の解剖では、体内から、通常使用される量の2倍の催眠薬が検出され、
警察はこれを居眠り運転として処理した。

 しかしシルクウッドの死については、記者に会いに行く前に
どうしてそんなに大量の睡眠薬を飲む必要があったのか、
記者に渡すとされた資料がまったく見つかっていない、
など数多くの疑問が生じている。

---------------------------------------

http://blog.trend-review.net/blog/2009/10/001396.html より

対米従属派である清和会の政治家と違い、
国益を重視して米国と一線を画して近隣アジア諸国などと独自の繋がりを模索
しようとした経世会の政治家は、悉く失脚もしくは殺害の末路を迎えている。

代表的な日本の政治家の死を一覧で眺めると、


『清和会に対立した経世会の末路』

 

(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)


(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)


(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部& 国税) 

(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)


(経世会)小渕恵三 (急死) (←ミステリー)


(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)


(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)


(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)


(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

 

(清和会)岸信介     安泰


(清和会)福田赳夫    安泰


(清和会)安倍晋太郎  安泰


(清和会)森 喜朗    安泰


(清和会)三塚 博    安泰


(清和会)塩川正十郎  安泰


(清和会)小泉純一郎  安泰


(清和会)尾身幸次    安泰

中川昭一の父親である中川一郎氏も、日本の近隣大国であるロシアからの、
「米国石油メジャーとは別口ルートでの」原油輸入を画策し、入浴中、絞殺された。

---------------------------------------

@kappel0208
先日知合いの方とふいに植草氏の話になった途端
目の色を変えられ
「何?あなた植草派?あいつがどんな奴か知ってるの?ロリコンの手鏡野郎だよ」
ええ、知ってますとも。
携帯を手鏡と捏造され、車内証拠ビデオを警察に消去され、
余罪ないのに少女猥褻罪を噂され、
痴漢否定の証人発言を却下された事をね!

-------------------

@tokaiama さんのツイート

小泉政権による原発利権と
りそな銀行疑惑を追っていた記者たちが次々に変死した。
みな神奈川県警だ。植草と横浜国税局員は変態痴漢にでっちあげられた。
小泉純一郎こそ稲川会小泉組組長であり中曽根康弘が構築した
清和会原発利権組のトップだった

植草を痴漢冤罪で嵌めたのは小泉。明らかにヤクザ手口。
小泉は稲川会小泉組の当主http://p.tl/FVWt 
曾祖父の代から地元ヤクザ顔役。
朝日支局長鈴木さんが大スクープ祝賀会の翌朝、
横浜港で自殺した事件も典型的ヤクザ殺人手口http://p.tl/QFb7

小泉・竹中はCIAと密接な関係にある。
政策に正しい反論を行う「うるさいタンコブ」を潰して回る。

小泉純一郎が稲川会幹部であることの証拠写真はこれ http://p.tl/vwbI 
祖父小泉又次郎は神奈川港湾荷役の元締で
小泉組創始者入墨議員で有名。
純也は在日ヤクザで婿養子に稲川系列加盟。
純也も純一郎もおそらくCIA工作員だろう。
植草事件や支局長殺害事件の手口は巧妙CIAヤクザ

---------------------------------------

Q.
だいぶ前の事件ですが・・・・
NHK解説委員主幹・長谷川浩さん
は、なぜ転落死したんでしょうか?
その場所に行く必要があったのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1130484121

A.
911の国籍別犠牲者を調べ、米国とイスラエルの二重国籍を持つ者が
普段は四千人も勤務しているのに
一人も死んでいない ことを公表したからですね

-------------------

@tokaiama さんのツイート

こういうことを書くと早死にするのが世の常だ。
911テロを調べていたNHK解説主幹、長谷川浩氏のように。
彼は911現場にイスラエル(ユダヤ)人が皆無だったことに不審を抱いた。
金融センターの主役はユダヤ人だったからだ。
NHK内部で問題提起すると数日後に中二階から転落して死亡した

911テロを追究したジャーナリストは次々と不審死 http://p.tl/qeqU 
国防省突入「旅客機」の遺品皆無・遺体皆無、穴はわずか2m四方、
911WTC残骸証拠鉄骨は調査もされず、わずか二ヶ月で中国に売却、
こんな事実を知れば背後の陰謀を見ない人はアホ

「タリバン」とはCIAがでっちあげた架空のテロ組織だ。
ビンラディンもCIA工作員で、彼は911テロの数十日前に
CIAに殺害され幻の首謀者にでっちあげられた。
死せるビンラディンを二回目に殺した米海兵隊部隊は
CIAタリバンにヘリを撃墜されて皆殺しにされ口封じされた

911テロ最大級の証拠のはず、ビンラディンの遺体も
あっというまに消されてしまった。奇怪な決定!ありえない。
ツインタワーの鉄骨も倒壊後わずか40日で検証もされずに中国に売却された。
都合の悪い証拠は露骨に消すアメリカ! http://p.tl/k-2Q

アメリカ元国務次官補代行がビンラディンの2001年12月死亡を確認、
911テロがアメリカ政府自身による世紀の陰謀だったことを暴露 http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/546/

911の真犯人はアメリカ政府を背後で操るユダヤ勢力。
首謀者はチェイニー、実行者はモサド、ブッシュも主役の一人、
911テロ発生を待ってた様子がありあり
大根役者だから知ってたこと隠せなかった。
目的は中東侵略戦争で若者の命と引き換えに死の商人がボロ儲けするため

ロックフェラーから宣伝映画製作の依頼を断って殺害されたアーロンルッソ
の動画をもう一度おさらいしておこう。
911テロの前に、誰が何を予告したか思い出そうね。
今回の東北大震災と絡むから http://p.tl/rywj

あの映画はイルミナティの正体をごまかし誤解させるために
連中が映画を通じて仕組んだものだ 
あの映画でイルミナティは単に宗教組織と誤解した人が激増したはず。
真実は違う 911テロを実行したロス茶やロックフェたちだ

911テロ立案指揮はチェイニー実行はモサドは今では常識。
911後、チェイニー経営のハリバートン社は全米800カ所に
300万人棺桶・ガス室付強制収容所を建設 http://bit.ly/cZcWp0 (リンク切れ)

911テロのビル倒壊が事前にセットされた火薬が存在しなければ
ありえないことを全米の技術者が認識している。
すなわち911は計画された「でっち上げ事件」だと
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/429/

アメリカ政府の中枢、司法軍事行政の大半が
イスラエル、ユダヤ人に支配されてる。オバマのブレーンの9割もイスラエル人だ。
だから911テロを隠蔽できた。これでも「証拠のない陰謀論」と言い張るのか? http://satehate.exblog.jp/15750900/

911テロがモサドによって行われた決定的証拠!
http://satehate.exblog.jp/15750732/

サブロフスキー教授はユーチューブで公開された短い動画で、
「100%の確信を以って、9.11テロが
モサドの仕業による事件だったと断言できる」
と語っています http://t.co/6YhxbwQg

---------------------------------------


@lllpuplll
【最後の名言】「野田政権はアメリカの召使い。
(私は)たとえCIAに暗殺されることになろうとも
(反原発、反増税、反TPPを)を成し遂げてみせる。
これがわたしの最後の闘い」(亀井静香)

@tetai_miike
政治家の骨を見た。 さすが、亀井静香!

@xciroxjp
亀井静香氏が「CIAに殺されるまで戦う」と宣言。
この国の人々は日本政府がその実、
ワシントンの傀儡政権であるという事実を知らない。
だから「CIAに屈しない」と叫んでも、それがどんなにか
すさまじい発言であるのかさえ理解できない国民ばかりだ。


@Ani2525
入市被爆も確率的影響。深刻な被害を知ってれば、
今回の事件、一歩も退けぬと。
身内に入市被爆の被害者がいる亀井静香氏、本音を語ったなという感じ。
これまで日本の政治家の不審死のいくつかは、警察ぐるみの暗殺。
警察内部にいた亀井静香氏はCIAの暗殺について情報を持ってるよ。

@Ani2525
事件後、ずっと情報を見てきて、最初の暗殺は、
山本太郎か木下黄太か田中康夫かと思っていたけど、
亀井静香氏がスーパートップに。
残りの年数が少ない、まっしぐらな普通人として生きるのも悪くないと言う事か。
ちなみに吉野家に募金箱がある重粒子線治療センターを批判すると暗殺されます

---------------------------------------

投身自殺とされているトニー・スコット監督、
3.11東日本大震災作品を制作中だった! 
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/343.html
利権や、人工地震テロ、・・・に気付き、
告発めいた作品を仕上げようとして、殺された可能性が高い 。


原発関係者の不審死&不審な事件、事故まとめ!日本の秘密・・・
(正しい情報を探すブログ)
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11331601626.html


アメリカに逆らうと暗殺される
http://ameblo.jp/kouzimtt/entry-11367083190.html


@hosodekinai
本物の政治家は次々殺されていきます。
そして無関心な世界の人々は自分達のリーダーが死んでいくときでも
ゲームにスポーツにテレビに興じているのです。なにやってるんだ!日本国民!


8. 中川隆[-5707] koaQ7Jey 2018年1月07日 21:42:51 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2017年01月17日 世界を支配しているCIA3派とは・・・・
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001108.html

非常に長い記事ですので一部をざっくりと訳してみました。全てをお伝えできず残念ですが、残りの部分はサイト内の本文をご覧ください。

この記事はCIAについて非常に詳細に説明してくれています。そして世界を実際に支配しているのはCIAの3派閥だとも言っています。これらの3派閥で内紛が勃発しているそうです。またCIA 対 NSAの闘争も起きているそうです。彼らの戦いが激化して共倒れすることを願うばかりです。

日本の政治家もCIAに暗殺されていますが、トランプ氏もケネディ大統領と同様に彼らに暗殺される危険性があります。CIAとは関係がなくスキャンダルも少ないトランプ氏はCIAと主要メディアと戦っていることがよくわかります。主要メディア(日本のマスコミも含め)は、大統領就任式間近の今、反トランプの情報操作を激化しています。マスコミはトランプ氏の暴言について嘲笑しながら伝えていますが、トランプ氏の暴言の内容は非常にまともで本当のことを言っています。これほど本当のことをストレートにいう政治家はいままでいなかったでしょう。
激しくののしっているように聞こえますが、トランプ氏はオルターナティブ・メディアが伝える内容をそのまま言葉にしているだけです。想像以上にアメリカの闇を知り尽くしているのでしょうね。


http://themillenniumreport.com/2017/01/exposed-cia-the-swamp-monsters/

(一部のみ)

1月14日付け


EXPOSED: CIA –The Swamp Monsters


世界を支配しているCIAの3派


By the Anonymous Patriots

The Millennium Report Exclusive


(非常に長い記事ですので、一部しかお伝えできません。ご了承ください。残りの部分はサイト内の記事をご覧ください。)

CIAの国内におけるスパイ活動は全ての米国民を標的にしている。いつ米国民がCIAに狙われ銃で撃たれてもおかしくない状況にある。

大統領選での様々なハッキング騒動は大統領選を無効にするためにCIAが行った偽旗であり、これには国を混乱に陥れているCIAの派閥争いも絡んでいる。
現在、CIAの派閥闘争及びCIAとCIAほど重要でない他の諜報機関(FBI、NSA、国土安全保障省、NIA国家情報機関、その他)の闘争が進行中である。
このような諜報機関同士のスキャンダル合戦は今に始まったものではないが。
米政府の代弁者でしかない主要メディアでさえ、米諜報機関同士の争いが起きていることを報道している。


CIAは他の全ての政府系諜報機関のトップに君臨している。
大統領令は極秘に扱われ、CIA以外の諜報機関には知らされることはない。
大統領の国際的な極秘事項に対してはCIA以外の諜報機関は部外者となる。

現在、オバマ大統領は、米議会、最高裁判所、米国民の承認を得ずに国際戦争を行っている。オバマ大統領は、NDAA(直訳:国防権限法)を修正し大統領の権限を増大させたため、米議会の承認なしに国内外で様々な戦争を行うことができるようになった。オバマはこの8年間で数々の違法な大統領令を確立させ、大統領の権限をかつてないほどに増大させた。


オバマが確立させた大統領令の下で国の安全を理由に大統領はアメリカの全資産を強奪できるようになった。

更に恐ろしいことは、CIAは、国際安全保障の名の下に大統領の上に立つことができるということだ。

CIAは、米連邦議会、大統領、米国民よりも優位な位置に自らを置き、秘密裡に何でも行えるようになってしまった。
CIAの絶大な権限で主要メディアはトランプ次期大統領に関するねつ造報道(ロシアのハッキングやロシアの脅迫など)を展開している。イギリスからこの国へ偽の調査書類が送られた。そしてCIAはトランプ次期大統領に対する


組織的誹謗中傷キャンペーンを実施している。


DNI国家情報長官のジェームズ・クラッパー氏(James Clapper)はCIAが提出した偽の調査書類に同意したことで、政府諜報機関の無能さが露呈した。

1981年にレーガ大統領が大統領令によりDNI国家情報長官を創設した主な理由は、米軍の高級将官が運営していたNSAをなくすためだった。DNIの職務はCIAの監視役として定義され、全諜報機関のトップに立った。しかし彼はCIAを支配することはできない。


国内外の情報活動に携わっている政府機関は世界各地に1271機関あり、政府から委託された民間会社は1931社存在する。つまり、85万4千人以上の職員が機密情報を取り扱っている。
諜報部員は85万4千人以上存在する。


クラッパーDNI国家情報長官は米議会で真実を話すことを宣言したにも関わらず、NSAは米国民の個人情報を収集していないと嘘をついた。
クラッパー氏はDNIに任命される前に、英軍に機密情報を提供している会社(Detica)の業務最高責任者を務めていた。同時に他の民間諜報機関(SRAとBoozAllen Hamilton)にも勤務していた。

クラッパー氏は諜報活動のための約75億ドルの年間国家予算を管理している。また彼はイギリスの元民間スパイである。それでも彼はトランプ氏に関する主要メディアのねつ造報道を見抜けなかったのである。
つまりこの男はプロの諜報部員を従えて年間75億ドルの予算を管理してるのにもかかわらず、CIAがトランプ氏を中傷するために偽の情報を流していることにさえ気づいていないのだ。
一方、我々市民は独立メディアの情報によりその真実を知っている。

法治国家であるならば、CIAによる次期大統領に関するねつ造報道は違法行為と見なされるがアメリカは法治国家ではない。


クラッパー氏は、現在、17の諜報機関(CIA、NSA、国土安全保障省、FBI、国務省、財務省、国防情報局、空軍情報局、陸軍情報局、米海兵隊情報局、沿岸警備情報局、エネルギー省、国家偵察局、麻薬取締局、国家地理空間情報局)のトップに君臨している。同時に彼は今でも3つの政府請負会社(Detica、BAE Systems、SRAインターナショナル、Booz Allen Hamilton)の取締役である。
クラッパー氏はアメリカの全ての情報機関を支配しているが、同時にアメリカの敵でもある。

彼は外国の諜報機関に所属してアメリカをスパイしていたこともある。
彼はアメリカの国家諜報機関のトップに上りつめ、全権力とカネを手に入れた。


オバマがクラッパー氏を国家諜報機関のトップに任命してから、アメリカではねつ造報道のオンパレードとなり、多国籍グローバリストの利益のために売国されるようになった。
CIAは国外の違法なハッカーを雇ってサイバー攻撃を行わせている。ヒラリーと民主党全国大会は彼らのサーバーがハッキングされた後にその調査を国外の民間会社に依頼した。しかしロシアが彼らのサーバーをハッキングした証拠は一切見つかっていない。

ほんの数人に権力が集中すると、必ず誤った方向へ進んでしまう。クラッパー氏は正確な情報を提供することに興味はない。彼はナチスの情報局と同様に単なるプロパガンダ・マシーンなのだ。
クラッパー氏は17の諜報機関を使って、彼らが流す情報は全て正しいと証拠もなしに我々に信じさせようとしている。


オバマの大統領令により、NSAは米国民と世界人類を監視することが可能となった。NSAが盗みとった個人データは全諜報機関が共有している。


スイス、ジュネーブのCIA海外本部はスイスの金融スキャンダルやCIAの犯罪活動に関わっている。


CIAのCiscoルーターやサーバーはNSAによってスパイされCIAの犯罪活動がNSAに知られてしまった。その結果、CIAと共謀したスイスの金融エリートらが逮捕された。NSAは今後もCIAに対するスパイを行っていく。

CIAのスイス本部は極秘施設であり、そこのサーバーがハッキングされたことでCIAは激怒した。
NSAに対するCIAの反撃として、CIA請負エージェントのエドワード・スノーデンを使って、NSAが米国民の個人情報を盗んでいることを示す大量のデータをリークさせた。


CIAは、CIAの3派閥を暴露したNSAがこれ以上CIAをスパイできないように対策を講じている。
クラッパー氏は米議会に呼ばれる度にNSAはスパイ活動を行っていないと嘘の証言をした。

CIAとNSAの闘争の中で、CIAはCisco SystemsやDARPAなどの活動情報をNSAに盗まれないようにした。

現在、CIA、NSAそして他の諜報機関の情報操作、情報収集合戦が進行中である。
しかしCIAは国際安全保障を担っているため国家安全保障を担当するNSAよりも優位に立っている。

CIAは国際的な紛争や事件に必ず関与している。通貨戦争、市場戦争、金融戦争、サイバー戦争、麻薬戦争そしてテロは常にCIAの関心事である。


オバマのNDAAは軍隊がテロリストと見なされた米国民を攻撃することを可能にした。愛国法により、CIAは米国民、企業、機関がテロリストでないことを証明できるまでテロリストと見なすことが可能となった。

CIAは3つの派閥に分類されており、世界中のスパイ活動を通して大きな利益を得ている。
アメリカはCIAに支配されており、ワシントンDCはCIAの泥沼の怪獣に包囲されている。
CIAは国内外で偽旗事件や非人道的犯罪を繰り返している。CIAによる殺人行為で無数の人々が犠牲になり、3兆ドルものアメリカの納税者の血税が無駄に使われた。CIAは国際戦争を勃発させるための偽旗事件を仕掛ける。またCIAはメディアを支配しサブリミナル・メッセージを流すことにより人々を洗脳している。


CIAは、元祖CIA(金に裏付けられたCIA=GB-CIA)、ブッシュCIA、Ex−CIAの3派閥に分かれている。それらの3派閥がアメリカや世界を支配してきた。

GB-CIA:Gold backed CIA

元祖CIA(OSS)は第二次世界大戦中に世界の国々から金(Gold)を盗んだ。ドイツや日本が他の国々から奪い取った金もCIAが奪った。しかしCIAは盗んだ金を返還するつもりはない。CIAが盗んだ金はアメリカには保管されておらず、フィリピンとスイスに保管されている。

GB-CIAはアメリカの国益のために海外で活動することになっているが、彼らは通貨市場、債券市場、株式市場に関与し世界中に影響をあたえている。

GB-CIAのメンバーは米財務省及びアメリカの経済政策を決めるESF経済安定資金に多く入りこんでいる。 ESFは通貨、債券、株式市場を操作し、FRBに金融政策を指示している。ESFはGB‐CIAにとってアメリカの金融市場を支配する上で最も都合の良いツールである。
GB-CIAこそがアメリカ経済を支配している。

GB-CIAは欲深く、世界中に戦争を仕掛けて富を強奪している。邪魔者は容赦なく殺害する。CIAは世界中で数々の残忍な犯罪活動を行っている。
ブッシュやクリントン周辺では、彼らに批判的な銀行のトップ、ブローカー、内部告発者が次々に不審死を遂げている。これまで数百人が殺害された。


また、GB-CIA は、彼らの性的異常行為、ピードフィリア(小児性愛犯罪)、悪魔崇拝の生贄儀式に多くの政治家や企業家を取り込んでいる。彼らは世界的な小児性愛犯罪ネットワークを構築させた。また、彼らは、難民のチャリティ団体を活用して世界最大の性奴隷の人身売買市場を運営している。また世界の麻薬密売も牛耳っており、イランーコントラ・スキャンダルやアフガニスタンのケシ栽培を行ってきた。
彼らは、麻薬、セックス、権力、支配、悪魔崇拝という通貨で絶大な権力を買っている。


Bush CIA (ブッシュ、クリントン、オバマ犯罪ファミリーとも呼ばれる):


パパブッシュが副大統領時代にブッシュCIAが正式に創設された。アメリカの16の諜報機関は国家情報長官によって支配されている。パパブッシュはCIA長官も務めたことがある。レーガン政権を支配していたのはパパブッシュである。彼はレーガンによってアメリカの外交政策の責任者に任命された。当時、パパブッシュはCIAの戦術を使ってソ連を崩壊させた。

パパブッシュ政権時代にジョージ・ソロスとレオ・ワンタが米財務省の偽の米国債を使ってロシア通貨を攻撃し不安定化した。

パパブッシュの兄(弟)は、Riggs Bankを経営しており、その傘下にVelment Bankを創設し、ロシアから奪ったお金とゴールドをロンダリングしている。一部のお金はミット・ロムニーの会社、Bain Capitalを介してロンダリングされた。
ソ連崩壊後、パパブッシュとブッシュのネオコン攻撃部隊(Vulcans)はロシア及びソ連から独立した国々から全ての資産(特に石油)を奪った。パパブッシュとキッシンジャーは、ブッシュCIAのごろつき集団の犯罪を介して個人的に巨額の富を得た。
パパブッシュはブッシュCIAのごろつき集団にホワイトハウス、司法省、国務省を取り込み、勢力を拡大した。その結果、CIAの犯罪は全て連邦判事や国務省の高官によって見逃された。


ブッシュ家はクリントン家とビル・クリントンがアーカンソー州知事になる前から親しい関係にあり、オバマの母親は元CIAエージェントである。そのためオバマは生まれた時からCIAと深い結びつきがあった。オバマは完全にCIAの創造物である。
オバマが抱える問題は、CIAの3派閥ともつながりがあることであり、どの派閥に属してよいのかわからない。彼のめちゃくちゃな政策は、GB-CIAとブッシュCIAの両派閥を満足させようとしたからに他ならない。

ピザゲートで悪名高いジョン・ポデスタ氏と彼の兄(弟)はワシントンで最も有力なロビーストであり、レーガン政権時代から米政府の小児性愛組織を牛耳ってきた。
パパブッシュはレーガン政権の事実上の権力者だったが、当時からホワイトハウスでは小児性愛犯罪が日常的に行われていた。
ホワイトハウスがこのような性犯罪を堂々と行っていたことで連邦議員らの倫理が完全に崩壊した。


パパブッシュはケネディを暗殺したCIAを当時から支配し続けており、やりたい放題のことをやってきた。誰もそれを止めることはできなかった。パパブッシュはレーガン大統領の暗殺も企てたが失敗した。

ホワイトハウスも司法省も国務省もCIAの犯罪行為に慣れてしまい、CIAや政治家の犯罪をひたすら隠蔽してきた。


ケネディが暗殺されたとき、パパブッシュはCIAエージェントだった。
当時GB-CIAは世界の地政学的領域で独占するようになり、政治リーダーの暗殺を行うことで政権を変えることが可能になったとパパブッシュは認識した。
当時、パパブッシュは外交政策の責任者としてCFR(元CIA、政府の諜報部員及び企業の諜報部員で構成されている)の命令に従って政策を実行していた。また、パパブッシュは自分が任命した政治家全員の脅迫状リストを作成し彼らに命令に従うことを約束させた。


パパブッシュはサウジ王族と非常に親しい関係を築いた。そして彼の人生の多くをサウジの宮殿で過ごすことになった。パパブッシュは世界最大の武器商人、麻薬王、マフィア、王族、金融詐欺集団と協力関係にあった。彼はどこの国を訪れてもセキュリティに引っかかることなく自由に入国を許され、彼のビジネス(犯罪活動)を世界中で展開することができた。

最終的にGB-CIAはブッシュCIAの活動に気が付き、両者間の緊張が高まった。


パパブッシュは、配下のジョージ・ソロスとレオ・ワンタがロシア通貨を崩壊させ巨額の富を得た時、ロシアから大量の
金(ゴールド)を盗んだ。
そしてその2年間でパパブッシュは絶大な権力と富を獲得し、ブッシュCIAとGB-CIAのいがみ合いが悪化した。GB-CIAはブッシュの協力を得て政府とのつながりを持ちたかった。彼らはクリントン大統領が単にパパブッシュの命令で動いていることを知っていた。


Ex-CIA:

既にGB-CIA対ブッシュCIAの対立が激化している中で、Ex-CIAがそれに参戦している。
政治家を脅迫して政権を変えることが好きなGB-CIAと非常に欲深く際限のない権力闘争に明け暮れるブッシュCIAの対立を逆手に取りEx-CIAはこれらの2派閥の戦術と利権を盗もうと考えた。多くのEx-CIAは、政府を去り、利益の多い民間の諜報機関に籍を置いている。民間諜報機関はアメリカの諜報活動の65%を行っている。

Ex-CIAは、政府、銀行、企業の最高の地位にいた元CIAエージェントたちである。また、Ex-CIAは、GB-CIA及びブッシュCIAで働いていたエージェントらによる無秩序スパイ集団として創設された。


Ex-CIAのメンバーは政府や大企業で最高の地位を獲得している。
弁護士のジミー・コメィ氏は、FBI長官になる前に、ニューヨーク南部の連邦検事、検事副総長、米最大の軍事契約企業、ロックヒードマーチン社の上席副社長、CIA関連企業の相談役、CIA銀行のHSBC及びGB-CIAの金を保管しているHSBCホールディングズの理事を務めていた。
CIAの高級エージェントはこのよう昇進の梯子を上っていく。


コメィ長官はFBIを去ったあとに別の場所で高い地位を得ることで、 彼が犯罪によって獲得した巨額の富は守られることになる。コメィ長官はCIAの3派閥の命令に従って動いていた。


ジョン・ブレナンCIA長官は、長官になる前に国土安全保障省の副補佐官、サウジアラビアのステーションチーフ、国家反テロセンターの所長、諜報ネットワークのAnalysis CorporationのCEO、National Security Allianceの会長、 Global Strategies 、GlobalIntelligence SolutionsそしてGTECの主任エージェントだった。


これらの3派閥はシリアで破壊活動を行っている。シリアでCIAはペンタゴンが支援している部隊を攻撃していることが明らかになった。

アレッポの外側でアメリカが支援している3つの集団がお互いに戦っていることが分かった。この事実を隠蔽するためにオバマはクラッパー氏に偽の情報を流すよう命令した。
それこそが、ロシアがトランプ氏を脅迫していることや大統領選でロシアがハッキング行為を行ったとするねつ造報道である。また、国土安全保障省が有権者のデータベースをハッキングしたと報道されたのはシリアにおけるオバマの個人的な戦争の実態を隠すための偽装工作である。

クラッパー氏、ブレナン氏、コメィ氏は共に17の諜報機関がメディアを介してねつ造報道を行うことに賛成した。トランプ氏に対する彼らの攻撃により、CIAの3派閥の汚職、共謀、グローバリズム・アジェンダ、反米姿勢が明らかになった。


トランプ氏はCIAに刃向かう戦士である。


トランプ氏はグローバリズムと戦い法の支配を推し進めているため、CIAの3派閥の一番の敵となった。


CIAの3派閥は法の上に君臨して権力を悪用しているが、反グローバリズム、反NWOのトランプ氏が大統領に選ばれたことで彼らはかなりの衝撃を受けている。そのため、3派閥はトランプ氏の信用を落とすためにあらゆる情報操作を行っている。また、彼らが継続的に行ってきた数々の邪悪な犯罪を隠蔽しようとしている。また、ケネディがやろうとして失敗したことをトランプ氏がやろうとしているため、それを阻止しようとしている。

トランプ氏は、CIAがCIAメンバーとCIAの利権を守るためなら容赦なく人を殺すことを知っており、彼の命が危険にさらされていることを十分認識している。
CIAはトランプ氏についての調査書類を持っておらず、彼がワイルドカードだったことをCIAは知らなかった。トランプ氏にはこれまで明らかになったスキャンダル以外は何もないのである。トランプ氏はCIAの3派閥とは一切関わり合いを持っていない。
トランプ氏はワシントンDCの関係者を一切信用していない。なぜなら彼らは既にCIAに取り込まれている恐れがあるからだ。

トランプ氏が1600ペンシルベニア・アベニューのビルにオフィスを構えることをしなかったのは賢い選択である。なぜなら、そのビルの隅々にCIAのスパイ装置が設置されているからである。
愛国者は、トランプ氏が使うことになるホワイトハウスの内装及びリフォームの費用を支援すべきである。


CIAはあらゆる手法を使ってトランプ氏を公然と攻撃しはじめた。CIAの3派閥と繋がりのあるジョージ・ソロスも世界の舞台で公然とトランプ氏を攻撃している。


ビルダーバーグや三極委員会、ボヘミアングローブ、CFRが一同に集まり会議を開いた。そこでトランプ氏を大統領にさせないための作戦を練った。世界中の邪悪なカバラ犯罪集団は神経をとがらせている。既に彼らはトランプ氏を殺害しようとした。また、彼に賄賂を贈ろうともした。彼らは他の政治家に対してならうまくいく戦術がトランプ氏にはうまくいかないことを知った。トランプ氏はCIAが日常的に行っている活動に一切関心がない。

以下省略
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001108.html


9. 中川隆[-5706] koaQ7Jey 2018年1月07日 21:45:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

米軍の動き 横田基地ー六本木ヘリポートーニューサンノー米軍センター @
http://golden-tamatama.com/blog-entry-america-army-roppongi-newsanno.html

さて、選挙というのは単なるショー。
自民が勝っただの、立憲君主が躍進しただの。

選挙とは、ちゃんと国民主権でやってますよ〜
国民様の意見を聞いてますよ〜というポーズ。
プロレス中継とほぼ変わらないのです。

でも、バカな一般市民はプロレスの方に一喜一憂して、その裏のプロモーターについてはスルーしてるのです。

まぁ、良く言うことですが、
真実の動きを知りたければ、ヒト、モノ、カネの動きを追え。

例えばカネについては巨額の年金ファンドがどこを買ってるのか。
そこに着目すれば、だいたい未来が予測できてしまう。
先日ブラックロックが軍需産業株をしこたま買ってると書きました。

では一方、例えばヒト、モノはどうでしょう。
例えば軍隊。
多くのヒト、物資が動くのは軍隊でしょう。

どこかの国の政治を理解するのにはテレビの政治ショーではなく、軍隊の動きを見る。
それでその国の政治が分かってしまうのです。

以下の本は最近ベストセラーになってる本でした。

在日米軍の動きを書いてる本です。


知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
矢部 宏治 講談社 2017-08-17
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4062884399/asyuracom-22/


読んだ人も多いのじゃないでしょうか。

著者がこう言ってます。

今、日本に住んである程度生活に満足してる高齢者はこの本は読まない方が良いでしょう。
なぜならこの国に対する幻想が根底から崩れ絶望してしまうからだ。

日本の未来を知る必要のある若者だけが読んだ方が良い。
そう言ってます。

ワタスもそう思います。

この本の書評欄には、著者の命が心配と書いてありましたが、確かに結構危ない線まで書いてます。

まぁ、とにかく、元も子もないことが書いてあるのです。

日本は独立国だって?
ブハハハハ! アホか!
あんた、まだそんなこと信じてるの?

そんなことは幻想だよ。


日本の国会も単なるお飾り単なる政治ショーだよ。
在日米軍の動きを見たらわかるでしょ。

本当にこの日本を治めてるのは月2回開かれる米国軍人会議だよ。

毎月横田基地からヘリが飛んで来る。
そこにアメリが軍人が7名乗って来る。
そして日本の官僚が6名が呼び出されて、これからこの国をどう動かすかが決定されてるんだよ。

それを日米合同委員会と言うんだよ。
その仕組みは戦後70年間変わってないよ。

それなのに政治がどうのこうの。何党が勝っただの。バカなの?

と言ってる本でした。

うーん。。なんとも。。これは。。

ワタスが面白いと思ったのは横田基地からのルートですね。

毎月2回、横田基地から7名のアメリカ軍人が軍用機で六本木ヘリポートに降り立つ。

そこからニューサンノー米軍センターというところに移動するそうです。
車で5分だそうです。

六本木ヘリポートとは、六本木トンネルの上にあるヘリポートですね。
一度に2台もヘリが飛んで来ることもあるようです。

六本木ヒルズの横。ちゃんと米軍基地という立て看板があります。

うーん。こんなとこに米軍基地があったのか。


六本木トンネルは青山一丁目の交差点から青山霊園の脇を抜けて六本木六丁目の交差点に行くトンネルです。
この上にヘリポートがあるようです。

これは動画。こんな感じでヘリが六本木と、横田基地を行き来しています。


東京桜散歩 六本木に米軍基地が 米軍ヘリコプターが飛び立つ 2014.4.5 Roppongi - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=q-dXO6WAJ5o

20120322ヘリ23区唯一の米軍施設麻布米軍基地.3GP - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=A8ejBfzC0dI


ヘリが低空を飛ぶので住民たちがうるさい!返還デモが起きてるようでした。
ここは別名赤坂プレスセンターと呼ぶようです。

で、ヘリで降り立ったアメリカ軍人たち。
ニューサンノー米軍センターというところに向かいます。

ニューサンノー米軍センターとはこんな場所。別名ニューサンノーホテルです。


こんな感じで会議が開かれるようです。

隔週木曜日の午前11時前、横田基地から米軍軍人7名が、軍用ヘリで六本木にある米軍基地六本木ヘリポートに降り立つ。

そこから会議室がある南麻布の米軍施設ニューサンノー米軍センターに到着する。

そこには日本側6人の各省庁の官僚が呼ばれている。
アメリカ側は全員軍人。中に1人だけアメリカ大使館公使がいる。

この秘密会議で決められた内容は国会に報告する義務も外部に公表する義務もまったくない。
事実上ノーチェックで実行できる。

その秘密会議は、日本の国会や憲法より上位の存在なのです。

これが日米合同委員会と呼ばれる会議です。

以下は組織図。
http://golden-tamatama.com/blog-entry-america-army-roppongi-newsanno.html


ここに出席する日本側6名は、外務省なら北米局長、法務省なら大臣官房長、農林水産省経営局長、財務相大臣官房審議官・・等々のトップ官僚たち。

で、この組織図の上司が米軍になるのです。
つまり日本の官僚達のトップが忠誠を誓ってるのは米軍ということです。

安倍ちゃんや政治家などお飾りということです。

以下は、この本に載ってた漫画。

http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/japan-taboo/ より

この漫画でも描いてるように。
実は、今までこの日米合同委員会についてはアメリカ側からもたびたび批判が来ていた。
米軍の軍人たちが日本の官僚に直接指示を与えるなんておかしい。
駐日公使が駐日大使に報告しているのです。
公使とは大使のすぐ下の立場の人です。

というわけで、日本政府は毎月2回、横田幕府からお使いが来て、
下々が命令をきく仕組みで動いていた。
それは戦後もずーっと変わってなかった。

ちゃんちゃん。

元も子もないお話ですね。

この本は、他に日本の空域が完全、日本人のものではなく在日米軍で使われてるとも書いてます。
http://golden-tamatama.com/blog-entry-america-army-roppongi-newsanno.html


10. 中川隆[-5705] koaQ7Jey 2018年1月07日 21:48:26 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2017.11.26
セックスをめぐる問題はハリウッドだけでなく米英支配層全体の問題で、情報機関や治安機関が関与


アメリカの映画界、いわゆるハリウッドで年少者が性の対象になってきたことは以前から噂されていた。この問題に多少でも興味のある人なら、聞いたことがあるだろう。ロマン・ポランスキーが問題になった理由は行為そのものでなく、彼が監督した作品にある可能性が高い。彼の作品がアメリカ支配層を怒らせたのではないかということである。『ローズマリーの赤ちゃん』を発表した翌年に妻のシャロン・テートが殺され、77年に逮捕され、保釈中にパリへ逃げている。

政治的な目的でセックス・スキャンダルをアメリカの情報機関や治安機関は使う。1935年から72年にかけてFBI長官を務めたJ・エドガー・フーバーは第2次世界大戦中からジョセフ・ケネディの次男、つまりジョン・F・ケネディを監視している。ジョセフは1937年から40年にかけて駐英大使を務めた人物で、その息子が要職に就くであろうことを見通してのことだろう。

この息子には大きな弱点があった。無類の女性好きだったのだ。CIAの幹部で秘密工作に関わっていたコード・メーヤーの元妻、マリー・ピンチョット・メーヤーがJFKの愛人だったことは本ブログでも書いたことがあるが、そのほかフランク・シナトラの紹介でシカゴ暗黒街のボスだったサム・ジアンカーナの愛人と親しくなっている。こうした情報を利用してフーバーは大統領の弟で司法長官だったロバート・ケネディを脅し、マーチン・ルーサー・キング牧師の盗聴を認めさせたという。

2016年の大統領選挙では子どもの売春ネットワークが話題になったが、こうした話は昔から指摘されている。例えば、1988年から91年にかけて表面化したフランクリン子ども売春リング。このリングは悪魔崇拝者によって運営され、生け贄やカニバリズムで多くの子どもが犠牲になっていて、有力政治家も顧客に含まれているとされた。公的には否定されているが、今でも存在すると主張する人がいる。2016年の「ピザゲート」はそうした話の中から出て来た。ウォーターゲート事件で「鉛管工グループ」が民主党全国委員会の本部へ侵入した目的も売春ネットワークに関する証拠を手に入れることだったとする噂が今でも消えていない。

子どもを性の道具にするビジネスの話はイギリスにもある。例えば、15歳から18歳の少年を収容する施設でそうしたビジネスが行われていると1980年1月に報道されたのだ。その翌年、施設のスタッフが11名の少年を虐待したとして収監されたが、1970年代にイギリスの対外情報機関MI6はその事実を知ったのだが、放置していたとする話が浮上する。これも個人的な犯罪で片付けられたが、納得していない人もいる。

この話では調査の過程で知った情報をMI6が警察などへ通報しなかったというだけだが、一般的に言って、情報機関や治安機関は要人の弱みを握るために自らが仕掛けていると言われている。そのときが来れば、その情報で脅して操るわけだ。各国のエリートはアメリカの大学へ子どもを留学させるようだが、そこでトラップにかかるケースも少なくないだろう。

そうしたスキャンダルを利用して各国の要人を脅し、邪魔者を排除するのはアメリカ支配層の常套手段。自分は支配層とコネがあるので何をしても大丈夫だと思っていると、後で酷い目に遭う。アメリカと緊密な関係にあるイギリスでもハニートラップは珍しくないようだ。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201711260000/

新聞や放送といった既存の巨大メディアがプロパガンダ機関化していると指摘され始めてから久しい。本ブログではしつこく書いているが、アメリカでは第2次世界大戦が終わった直後から情報を統制する目的のプロジェクト、モッキンバード(今回はこれについての説明を割愛する)が実行された。
西側の「公式情報」を流す役割を負っているのは西側の有力メディア。アメリカでは遠距離通信法が1996年に制定され、巨大資本によるメディア支配が進んだ。

この当時に大統領を務めていたビル・クリントンはイギリスへの留学経験がある。ジョン・F・ケネディ大統領の顧問だったリチャード・グッドウィンによると、

クリントンはイギリスへ留学してした頃にCIAから雇われ、留学生仲間を監視していた経歴の持ち主である。
(Robin Ramsay, “Politics & Paranoia”, Picnic, 2008)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201801050000/


11. 中川隆[-5704] koaQ7Jey 2018年1月07日 22:02:58 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明さんが 竹中平蔵=CIA の悪事をばらしたのが今回の事件の直接の原因なんでしょうね


竹中平蔵 VS 三橋貴明 テレビ討論でカメラを忘れて大激突! 2014年6月24日 09:52


 地方局の討論番組に出演した竹中平蔵氏(63)。民間議員を隠れみのにした特定企業への利益誘導を追及されるや、カメラの存在も忘れて激怒したのだった!

 5月10日、テレビ愛知「激論コロシアム」で、経済評論家の三橋貴明氏(44)が竹中氏をこう追及した。

「なぜ諮問会議などで民間議員という名の民間の経営者が、自分の会社の利益になるような提案をするのか!」

 現在、竹中氏は安倍政権の「産業競争力会議」の民間メンバーである一方で、人材派遣会社「パソナグループ」の取締役会長でもある。

 三橋氏は、竹中氏がその会議で「解雇自由化」などを提言し、人材派遣会社が儲かるように誘導していることを繰り返し指摘した。急所を突かれた竹中氏は、突然、顔を紅潮させて、こう声を荒らげたのだった。

「根拠のない言いがかりだ。失礼だ! 無礼だ!」

 竹中氏が逆ギレした瞬間、スタジオには緊迫した空気が流れ、“放送事故状態”になったという。

 その三橋氏が放送中の様子を話す。

「あのあと、コマーシャルに入ったのですが、竹中さんは1回席を立ちかけたのです。帰るのかなと思ったら帰らずに、そのまま出演し続けましたけどね。パフォーマンスで、あんな怒り方しないですよ。激高してしまったから自分でもヤバいと思ったんじゃないですかね。サラッと流せばよかったのに」

 この一幕は、動画サイトなどを通じて世間に知られることになった。竹中氏は、

「私はそれ(労働規制緩和)に対して何も参加していない。派遣法についても何も言っていない」

 と反論したが、そこには「ウソ」があることも露呈したのだ。

「彼の理論というのは、参加する会議でいくら発言しても、決定の場にいなかったら利益相反にならないだろうというものです。そんなわけねぇだろ! と思いますね。何であなただけ特権的に入って意見を述べているのですか? 何で一般人は意見を述べられないのですか? という話になりますから、彼の主張は通らないと思います。議事録を読めば明らかなのですが、竹中さんは、何度も労働規制緩和などの発言をしていますよ」(前出・三橋氏)

 その後、話題は「外国人メイド」へと移り、三橋氏と竹中氏は2度目のバトルを繰り広げる。竹中氏の主張は、外国人のメイドを雇って家事をやらせれば、女性が外に出て働くことができるというものだった。しかし、労働者が増えれば、一人当たりの賃金は当然下がることになる。そうした三橋氏の指摘に竹中氏は、

「政治家が実質賃金を切り下げるような政策をやるわけないでしょ」

 などと、ごまかし続けたのだ。前出・三橋氏が語る。

「あの人『外国人メイド』が好きなんですかね? 実質賃金が下がるっていう事実は、彼にとって言いたくないことなんですよ。もう1つ問題があって、パソナは『家ゴト コンシェルジュ』という家事代行サービスをやっています。外国人メイドを紹介するサービスをパソナは絶対に作り込んでくるわけで、これは明らかな利益相反でしょ? あまりにも露骨なんですよ」

 竹中氏といえば小泉純一郎氏が総理大臣だった時に、「既得権益」という言葉を使って官僚を攻撃していた人物だ。しかし、竹中氏こそ最強の「既得権益」になっていると、三橋氏は解説する。

「竹中さんは『維新の会』のブレーンをやっていましたよね。最近では公務員業務も派遣労働者になっていて、大阪市の公務員派遣労働者の多くをパソナが落札しているんです。一昨年の11月くらいで、竹中さんが維新にいた時です。彼は『これは市場競争でパソナが勝ったんだ』と言うかもしれないけど、やはり通らないでしょう」

 竹中氏が所属している産業競争力会議は、安倍政権下でも優先順位の低い会議だった。ところが現在では、最上位にある「経済財政諮問会議」と合同で会議を開くなど、いつのまにか順位を押し上げてしまった。

 知らぬ間に発言力を強めた竹中氏だが、いったい何をもくろんでいるのか。

「話はシンプルで、誰かの儲けのためにやっているわけですよ。公務員は公務員法で規制される、政治家は選挙で落とせる。でも民間議員の竹中さんを落とすことはできません。政治家は個人献金を年間最大150万円しか受け取れません。しかし、彼はコンサル料などの名目でいくらもらっても違反になりません。そんなに、政治に関わりたいなら国会議員になるべきでしょ。民間議員としてやるのは汚い」(前出・三橋氏)

 まだまだ“放送事故状態”は続いているのであった。
http://www.asagei.com/excerpt/23983


12. 中川隆[-5703] koaQ7Jey 2018年1月07日 22:04:50 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明さんが 竹中平蔵=CIA の悪事をばらしたのが今回の事件の直接の原因なんでしょうね 2


Posted on 2015年1月24日 09:55
三橋貴明の「列島丸わかり」報告書 ー経済をマイナス成長に叩き込んだ主犯は「竹中平蔵」だー

 前回、自民党の「悪魔の公約」ということで、「外国移民政策」について解説した。今回取り上げる「悪魔の公約」は、外国移民受け入れを上回るダメージを日本国に与える可能性がある。

 それは、基礎的財政収支(プライマリーバランス・以下PB)目標である。

 PBとは、国債の元利払いを除いた政府の歳入と歳出のバランスのことである。短期(単年度)でPBを改善しようとすると、政府は「増税」「政府支出削減」という緊縮財政に走らざるをえない。

 自民党の公約では、「財政再建」の項目に、以下のように書かれている。

「2020年(平成32年)度における、国・地方の基礎的財政収支の黒字化目標の達成に向けた具体的な計画を来年の夏までに策定します」

 第三次安倍政権は、早くもPB目標を決定している。14年度から15年度にかけ、PBを「各年度」4兆円程度改善。15年度には国・地方を合わせたPBの赤字を対GDP比で10年度の▲6.6%から▲3.3%に半減。そして、20年度には、国・地方のPBを黒字化するというものだ。

 そもそも、長期的な経済成長の「結果」であるPBを目標にする時点で奇妙な話だ。そのうえ、日本政府はPB目標を「単年度主義」で達成しようとする。これが最悪なのだ。

 政府が短期でPBの改善を図ると、デフレの我が国では間違いなく景気が失速する。14年4月の消費税増税も、もちろん「単年度のPB改善」を目的に実施され、実際に国民経済をマイナス成長に叩き込んだ。

 失速の結果、名目GDP(国民が稼ぐ所得の合計)が成長しなくなる。国民は税金を所得から支払うため、税収は名目GDPが原資となる。名目GDPが縮小すると、税収も減少し、歳入減でPBはかえって「悪化」することになる。

 逆に、政府が「名目GDPの成長」「デフレ脱却」のみを目標に据え、財政出動の拡大という正しいデフレ対策を実施すると、名目GDPが成長し、税収も勝手に増える。結果的に、歳入増によりPBは改善に向かうのである。

 政府の経済政策の方向を「真逆」に向けているPB目標だが、02年の小泉政権下、「ある人物」の判断で導入された。その人物こそ当時、経済財政政策担当大臣だった竹中平蔵氏だ。

 それ以降、我が国は正しいデフレ対策を実施できなくなってしまい、デフレが長期化した。

 さらに、竹中氏が担当大臣だった時期に、デフレギャップ(需要不足)を計算する潜在GDPが「最大概念」から「平均概念」に変えられてしまった。結果、我が国は統計上のデフレギャップが小さく「見える」ようになり、デフレ対策が困難になってしまった。日本のデフレ長期化をもたらした「狂った羅針盤(奇妙な指標)」は、なぜかことごとく竹中氏が大臣だった時代に導入されたのである。

 なぜなのだろうか?

 そういえば、前回取り上げた「外国移民」が実際に日本で増えていき、さらに各種の労働規制の緩和が推進されれば、国内の労働者の競争が激化し、実質賃金が下がり貧困化する。一方、人材派遣会社は大いに儲けることになるだろう。

 竹中平蔵氏は、現在、人材派遣大手「パソナ・グループ」の取締役会長である。
http://www.asagei.com/excerpt/31397


13. 中川隆[-5702] koaQ7Jey 2018年1月07日 22:28:22 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明さんが 竹中平蔵=CIA の悪事をばらしたのが今回の事件の直接の原因なんでしょうね 3

Posted on 2015年1月31日 09:55
三橋貴明の「列島丸わかり」報告書 ーデフレを呼ぶ指標〜狂った羅針盤〜を導入した男とは…ー


 小泉政権期、竹中平蔵経済財政政策担当大臣(当時)の下で、いくつかの「指標」の変更が実施された。

 1つ目は、前回の「プライマリーバランス(以下、PB)黒字化」を財政目標として設定したことだ。短期でPBを改善させようとすると、政府はデフレ対策とは逆の、増税や政府支出の削減といった「デフレ化政策」しか取れなくなってしまうのだ。

 2つ目はデフレの主因たるデフレギャップ(需要不足)を計算する潜在GDPが「最大概念」から「平均概念」に変えられたこと。

 デフレギャップは「潜在GDP─名目GDP(現実の需要)」で計算される。それまでの潜在GDPは、失業率が「完全雇用」状態で、国内の全ての設備がフル稼働した際に生産可能なGDPとされていた。すなわち「最大概念の潜在GDP」だったのだ。国内の全てのリソースが稼働した時点のGDPと、現実の名目GDPの「差」が、デフレギャップだったのである。

 ところが、竹中氏の下、「潜在GDP」の定義は「過去の長期トレンドで生産可能なGDP」に変更されてしまった。つまりは「平均概念の潜在GDP」で「過去の失業率の平均」時点のGDPになる。現実には「労働者の余剰」「設備の過剰」が発生している。にもかかわらず、「平均」である以上、余剰人員・過剰設備時点のGDPが「潜在GDP」という定義になってしまう。

 わかりやすく言えば、デフレギャップが現実よりも「小さく見える」ように、再定義されてしまったのだ。

 決定的なのが「マクロ経済モデル」の変更だ。我が国の財政出動や消費税などの「経済財政効果」を測るマクロ経済モデルが、発展途上国型に変えられてしまった。信じられないかもしれないが、現在の日本はIMFなどが使う「途上国をインフレから脱却させる」ためのマクロ経済モデルを使用しているのである。これは何を意味するのか?

 途上国が財政危機に陥りIMF管理下に置かれると、増税と政府支出削減を中心とする「緊縮財政」の実施を強要される。

 97年の橋本政権では増税と緊縮財政がセットで行われた。その結果は01年自民党総裁選での橋本氏の言葉で明らかである。

「私が内閣総理大臣の職にありました時、財政再建のタイミングを早まったことが原因となって経済低迷をもたらしたことは、心からおわびをいたします」

 途上国型経済モデルでは、財政出動がGDP成長に与える「好影響」や、消費税増税による「悪影響」が、ともに小さくなってしまう。「デフレ」に苦しむ我が国の経済・財政の羅針盤が、途上国型モデルに変更され、常に増税と緊縮財政を指し示し続けているのだ。

 14年3月4日。自由民主党の西田昌司参議院議員が、国会でマクロ経済モデルは誰がいつ変更したのかを質問した。内閣府の担当官は「01年11月に変更された。内閣は小泉内閣」であり、その時の担当大臣は「竹中大臣」と回答した。

 PB目標、平均概念の潜在GDP、そしてマクロ経済モデルの変更──我が国の政府はデフレを深刻化させる「狂った羅針盤」を今も使い続けている。

 狂った羅針盤の全ては、竹中平蔵氏が大臣だった時期に導入されたということだ。不思議な話である。
http://www.asagei.com/excerpt/31692


14. 中川隆[-5695] koaQ7Jey 2018年1月07日 23:25:37 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明さんが 竹中平蔵=CIA の悪事をばらしたのが今回の事件の直接の原因なんでしょうね 4

Posted on 2015年2月7日 09:55
三橋貴明の「列島丸わかり」報告書 ーデフレを深刻化した「構造改革」でビジネスを増やした人がいたー


 小泉政権期に竹中平蔵氏の号令のもと「構造改革」がスローガン化した。しかし、その結果を正確に説明できる人はほとんどいないだろう。竹中氏が今でも大手を振って永田町を歩いていることがその証拠である。

 例をあげればキリがないのだが、橋本政権期の緊縮財政、小泉政権期の構造改革により、我が国は97年以前とは「異なる国」に変貌を遂げてしまったのだ。そのプロセスを説明しよう。

 デフレーションが深刻化すると、日本に限らず「構造改革」という声が力を持つ。デフレ期には国民所得の総計である名目GDPが伸びず、税収が減る。結果的に、政府の財政は必ず悪化する。そこで「構造改革」の主たちはこう叫んだ。

「国の借金で破綻する!」

 こうして、増税や政府支出削減といった緊縮財政がセットで推進された。結果、デフレの真因であるデフレギャップ(=需要不足)は悪化し、デフレ深刻化を招くことになったのだ。

 財政悪化とデフレ深刻化が交互に発生し、国民経済が縮小していく状況で、

「日本経済が成長しないのは、構造に問題がある。構造改革だ」

 という主張が説得力を帯びるようになった。

 そもそも構造改革とは民営化、規制緩和など、いずれも「供給能力を引き上げる」政策だ。供給能力が需要に対し過剰になり、デフレギャップが発生しているにもかかわらず、「需要削減策(緊縮財政)」と「供給能力拡大策(構造改革)」という、間違った政策が二重に実施されることになったのだ。当然デフレはさらに深刻化していった。

 緊縮財政と構造改革で国民経済が痛めつけられる反対側で「新たなビジネス」が生まれた。代表的なキーワードは「雇用規制改革」「公的サービスへの民間資本導入」「外資への開放」。

 例えば、橋本政権以降の「構造改革」により、日本では非正規雇用が増えていった。特に小泉政権下で「製造業」の派遣雇用を認めた影響は大きかった。

 デフレとは利益を出しにくい環境であるため、企業には「いつでも契約を解除できる」派遣社員を雇用したいという需要が存在した。そうした企業の需要に応える形で、労働規制が緩和され、賃金を「中抜き」する派遣会社のビジネスは拡大していった。

 政府の財政悪化が続く中、公的サービスに「民間資本の導入を!」という声も高まっていった。PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)やコンセッション方式などにより、本来「公」が担わなければならない分野にまで民間企業が参入していった。信じられないことだが、日本ではすでに一部の「刑務所」の運営までもが、民間企業の「ビジネス」になっている。山口県の「美称」、兵庫県の「播磨」など、いくつかの刑務所がPFI方式で運用されているのだ。

 政府の医療サービスへの負担が重くなると、即座に「混合診療の解禁」という話も出てくる。混合診療解禁で自由診療が増えれば、国民の医療費負担は確実に増える。その分、自由診療の「ビジネス」に資本を投じた企業や投資家は儲かる。

 竹中氏は、現在、人材派遣大手であるパソナ・グループの取締役会長であることは以前書いたとおりだ。構造改革の裏で「ビジネス」を拡大した人々が、間違いなくいるのである。
http://www.asagei.com/excerpt/32010


15. 中川隆[-5697] koaQ7Jey 2018年1月07日 23:40:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

竹中平蔵と CIA の関係

アメリカの日本叩き落とし戦略  

アメリカではFRB議長グリーンスパンの超低金利政策の結果住宅産業バブルが起こり、これが今日まで消費を支えてきたが、ここへ来て住宅バブルに「ローソクの最後の炎現象」が見えてきた。前述のようにアメリカには日本のような「潜在消費・投資力」の備蓄がないから解決策を他国に求めるしかなくなる。

そこでアメリカに狙われたのが日本、つまり竹中平蔵大臣である。

実は竹中平蔵氏は1980年から90年のJapan as No.1(「日本の世紀」と言われるほど日本経済が世界を制覇した)時代にハーバード大の客員研究員や准教授をしていた。日本の銀行が世界ランキング1位から10位を占める事態に危機感を抱いたアメリカはハーバード大等の叡智を結集して「日本叩き落とし戦略」を打ち出して見事に成功し、その結果日本の大不況はまだ続いている。竹中氏(当時、大蔵省財政金融研究所主任研究官)は日本の大蔵情報提供者として重要な働きをしたと考えられる。

だから現在のブッシュ政権の経済担当責任者とも親交が深い。異例とも言われた経済財政・金融担当の二つの経済ポストが竹中に与えられた時、グレン・ハバード米大統領経済諮問委員長は「竹中氏は申し分のない改革論者で、ブッシュ政権は竹中氏を全面的に支持している」との見解を発表すると同時に「不良債権処理と日銀の金融緩和の必要性」を強調した。

竹中大臣が10月に訪米した時、「大手銀行だからといって容赦しないぞ!」と言わんばかりの不見識な「大失言」(竹中ショック)のためニッケイは大暴落となり日本は時価総額で約50兆円の資産を失った。この時ハバード委員長をはじめ、バウチャー米国務省報道官、テーラー米財務次官らは必死になって竹中大臣をかばった。アメリカが日本に経済高官を送り込んでまでの竹中支援ぶりは異常。ここでまた経済の基本に戻るが、不良債権処理が日本経済の現況下では不要であることは再三解説したのでご理解いただいたと思う。

日本企業は現在リストラ中であり、総需要も資金需要もマイナスだから特に銀行機能を求める環境にない。こうした時、銀行の脆弱な財務体質を目の敵にするのは不自然である。しかも国会でもマスコミでも世を挙げて不況の結果である不良債権処理とデフレ対策に議論が集中し、不況の真の原因から目を避けている。異常ではないか。何故竹中大臣とアメリカはこの時期に不良債権処理と金融緩和を急ぐのか。

それはアメリカの国益の立場になって考えればすぐ分る。自ら打つ手がなくなったアメリカは日本の「打つ手」(現金備蓄)を奪うしか手が無いのである。竹中大臣はアメリカの国益の立場に立っているのである。不良債権で金融機関のパイプが詰まったままの状態で金融緩和をすると緩和された資金はアメリカに流れず、資金需要がない日本の資本市場で浮遊資金の増大となる。資金は当然土地と株にヘッジし、地価と株価を押し上げる結果となる。これこそ日本経済再生の道だが、アメリカにとっては許し難いこと。すなわち日本の土地と株が上がりだすとアメリカから資金が逃避し日本市場に向かうからである。

今アメリカは戦争と言う無駄な公共投資を前倒しで実行しているが(前述のごとく)潜在的財源が無い。どんなことをしても日本の「備蓄資金」をアメリカへ還流させなくてはならない。住宅バブルが弾けるのも時間の問題。

不良債権処理を急ぎ、日本の国民に痛みを与え、デフレをさらにスパイラル化し、大銀行や大企業を破綻に追い込んでまでもアメリカの国益の為に尽くす竹中平蔵。さらなる「詭弁」で小泉首相と国民を騙し続ける竹中大臣。まるで邪教の亡者のごとき竹中大臣の強烈な意志と情熱は、多分1980年代に洗脳された「日本叩き落とし精神」の具現だろう。今日本は「気違いに刃物」を与えてしまった。


竹中平蔵は、もともと日本からハーバード大学に留学していった。米国では世界各国から来るエリートを選び、その人物に、洗脳教育を施していると聞く。つまり、「国際金融資本に、すべて任せることがよい」という洗脳である。

○ 竹中の推し進めてきた政策を振り返るとあることに気づく。それは、すべて日本の企業を倒産させて、米国の企業に買い取らせるという結果になっている政策ばかりであり、しかも竹中はこれを「すばらしい」と表現している。

○ここでハーバードまで留学して、結局、「すべて国際金融資本に任せるべきだ」という思想を植えつけられているとする。


<竹中の破壊の歴史>

振り返ってみれば、日本は世界最強の銀行として、誇っていたのを台無しにしたのは自己資本比率規制の導入であった。これを導入することを熱心にやっていたのが竹中であり、金融ビッグバンも竹中の提案であり、不良債権処理も竹中路線であり、就任以来54もの金融機関を次から次へと倒産させてきたのは彼の政策のためである。

小泉内閣になってついに、竹中金融担当大臣が就任した。
周囲は、机上の空論の大臣だといって猛烈に反対していたが、小泉は、
「すぐれた頭脳で貢献していただく」といって任命した。
竹中はそれまでやっていた慶応大学教授からいきなり金融大臣となった。

それでは竹中がやってきた日本の金融政策を振り返ってみよう。

竹中が、日本に、自己資本比率規制を導入した。その結果、世界でも最強を誇って
いた日本の銀行は軒並み、貸し出しを減らし、貸し渋りを行うようになった。
そして不況になっていった。 それまでは世界のベスト10バンクに日本の銀行が
6行も入るすごい状態にいたのだった。

竹中がやってきた日本の金融政策を振り返ってみよう。

竹中が、日本に、自己資本比率規制を導入した。その結果、世界でも
最強を誇っていた日本の銀行は軒並み、貸し出しを減らし、貸し渋りを行うようになった。そして不況になっていった。 それまでは世界のベスト10バンクに日本の銀行が6行も入るすごい状態にいたのだった。

○竹中が時の橋本首相に「金融ビッグバンをやるべきです」と進言して、
それをやった。すると山一證券は自主廃業となり、メリルリンチ証券となり、
長期信 用銀行はf経営が傾き、一時国有化し、リップルウッドに買収された。東
邦生命は、買収されてGEキャピタル生命となり、日興證券は、 これも経営が傾き、外資に助けを求め、外資の傘下にはいった。
日興コーデイアル証券となった。

倒産は続出して、金融恐慌の一歩手前までいった。時の橋本政権は選挙で大負けした。日本経済にとって致命傷となった。

竹中金融大臣が、「不良債権処理をやるべきです」といい、それを強化すべ きだといった。すると、銀行は貸しだしを抑制するためさらに不況となる。不良債権
と認定された企業は次から次へと倒産していくため小泉政権の自殺者数や、倒産件数は歴代1位である。

この竹中金融担当大臣が就任している間、UFJ銀行は経営不安に陥り、54も
の金融機関が倒産した。足利銀行も倒産した。建設会社が倒産したときに、竹中
金融担当大臣は、とてもよろこんだ。 「これが構造改革の進展している証拠だ」

そして、竹中金融担当大臣は、4月1日からペイオフを唱えている。
ペイオフは世界各国でどこもやっていない政策である。ところが、竹中が「どこもやっている」とテレビでいうことで、このとんでもない破壊的な政策をやる流れ
になっている。

そしてこの数年間、日本を痛めつける政策をずっと立案してきた人物の竹中が郵政を解体してしまおうとしている。 というわけだ。
http://ime.nu/www.asyura2.com/0505/hasan41/msg/915.html

私達は洗脳されていました。不良債権の処理こそが構造改革だと。。。

彼等のやり口はこうでした。


一、株式は自己資本の半分以下にすること。

二、不良債権は二年で半減すること。不良債権処理に充てた資金には税金を課す ただし繰り延べ資産として7年間分認める


私達は国の命令で株式の売却を始めました。株の暴落が始まり長銀は国有化され長銀の株券は一夜で紙くずとなりました。数兆円の血税をつぎ込み身奇麗にした 長銀は瑕疵担保条項までつけて外資の手に渡りました。その後私達は恐ろしい光景を目にすることとなりました。

瑕疵担保条項によって死ななくても良い企業まで次々と息の根を止められて行きました。 その時つぶせばつぶすほど外資がもうかる条約だった事に私達は気づきました。

そんな時あの竹中が金融中枢に入ってきたのです。

そしていきなり繰り延べ資産は認めないと言い出したのです。税金は取っておきながら、です。人々はパニックに落ちました。株価は大暴落し、旧額面で80円を割り込んだ時、外資の増資申し入れを受け入れました。

四大メガバンクすべてが外資に自社株を叩き売ったとき、りそな銀行の国有化が決まり、長銀の時と同じく数兆円の国民の税金がつぎ込まれましたが、驚いたことに減資なし、株主責任は問わないという寛大な措置でした

あれほど株主責任を厳しく追及していた竹中 木○コンビの豹変でした。

その翌日から外資の数千億単位の株式購入が連日のように続きました。
日本の国富が外資の手に落ちて行くのを私達は茫然と見ているしかありませんでした・・・。

私達は竹中によって株式をもっと売り払えと指導されていたからです。




最近、株価が上昇してますが、日本経済に株価が上昇するようなファクターがあったっけかな?と不思議に思っていました。GENDAI NETに気になる記述を見つけました
2005年11月30日 掲載


10月23日(日)の「がっちりマンデー!!」という民放番組を見ていると、ゲストに当時の竹中蔵相を招いて「竹中大臣の新日本経済入門U」みたいなのをやっていました(リンク)。

その番組中で竹中前蔵相は、「それを私の口から言ってしまうと問題がある」とは言いつつもニヤニヤしながら“これから投資の時代ですよ〜”、みたいなニュアンスを醸し出していました。

民放とつるんで、朝からTV漬けの主婦など(竹中氏曰く“IQが低い”の層を個人投資家として株式市場に参加させ、バブルを起こさせようというのが狙いか?と疑ってしまいます。それでも個人投資家のシェアは15年前から7%程伸びただけというのが実情。

注目はやはり、15年間で4倍にも跳ね上がって、いまやシェアの半分になろうとしている外国人投資家の方でしょう。日本の株式市場なのに、国内機関投資家のシェアがたったの3%以下(信託入れても12%)なのに、外国人投資家が46.7%もあるというのも、いかにも異常な感じがします。

国内機関投資家は、体力が無いのと前回のバブルでひどい目にあったので“羹に懲りて膾を吹く”みたいなことでシェアが少ないのかもしれませんが、個人投資家はしっかり37%のシェア。もしかして彼らは、バブルを経験していない(orその当時ひどい目に遭わなかった?)新興の勢力なのかもしれません。だとしたら、外国人投資家にとっては、投資にそれほど慣れていない(でも、「もうからへんかいな〜」と甘い夢を見ている)連中は恰好の“カモ”に映っているのではないでしょうか(実際、投資経験の浅い学生や主婦がデイトレを始める中心層とよく聞きます)。

もしそうだとすると、いやな予感が脳裏をよぎります。

彼らの投資資金は、海千山千の外国人投資家に揺さぶりをかけられて丸ごと持っていかれる…というシナリオなのではないでしょうか。

1994年:メキシコをはじめとする中南米バブル、1997年:東南アジアバブル、1998年ロシア金融危機など、次々と各地でバブルを演出し、そのたびに自分達だけがっぽり儲けて、地元の経済や社会をボロボロに破壊し、そこに付けこんでIMFを介して世界各国の経済支配を強化してきた勢力がいます(参照:17664、リンク)。

今回は、小泉首相をはじめ官庁やマスコミまでがグルになって旗を振って、国民を道連れにバブルに突き進もうとしているかのように見えます。私達は、それらの勢力やエコノミストたちの戯言に惑わされて、前回のバブル崩壊や中南米・アジアと同じ轍を踏むようなことはあってはならないと思います。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=101985


16. 中川隆[-5669] koaQ7Jey 2018年1月08日 16:53:28 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2018年01月08日 三橋貴明氏逮捕について

私も何度も共演した三橋貴明氏が逮捕された。

◆三橋貴明容疑者の妻に対するDV疑惑 夫婦間での口論が原因か(テレ朝news)

ちょっとまだ分からないことが多い。
元ニュースを伝えていた人間として、事実だけをおさらいしたい。

・三橋氏逮捕→事実
・三橋氏容疑を否認→事実
・三橋氏妻が全治1週間ケガ→事実
・去年2回にわたり警察から警告→事実

そもそも48歳の三橋氏に10代の妻がいたこと自体全く知らなかったが、夫婦間のトラブルが絶えなかったことは推測できる。
その上で、先月には三橋氏と安倍総理が会食していることも事実で、ネット的には多くの人が食いつきそうな話ではある。

警察は様々な発表を事実に基づいて行うし、報道記者たちも話を捻じ曲げたりはしないはず。

で、あれば夫婦間にトラブルがあったことは事実だろうが、夫婦間のことなので何とも言いにくい。例を挙げて言うのであれば、

【例の話】

・三橋氏に対して奥さんが不快に思う出来事があった。

・奥さん激情して「警察に呼んでニュースにするぞ!」と脅すが三橋氏が「やってみろ!」と応戦。

・奥さん、自分の顔面を殴り自分の腕をかみ、警察に通報。


例え話だ。
本当に例え話でしかない。私はそうだと思ってるわけではない。念のため。
が、そういう冤罪の可能性だってまだあるぞって話。(繰り返し言っておくがあくまで可能性の話)

ちなみに今回の件と関係ないが、「全治1週間」というケガについて話しておくと、「かすり傷」だと思ってもらっていい。

1週間で「完全に」治りきってしまう傷はほぼケガと認識できないレベルのもの。

通常の擦り傷などは「全治2週間」である。

繰り返すが、今回の件と関係ない参考知識だ。

私はかつて、痴漢の冤罪事件を何度も取材しリポートしているので、どうしてもこういう男女間のいざこざの話に関しては慎重になってしまう。

もちろん、多くの方が三橋氏が暴力を振るったと思っているのだろうし、私も何となくそんな気もしているが、世間では「男女間」のトラブルほど双方から話を聞かなければ事実の分からないものはない。

今回の件では上記4件しか事実はない。
その程度のフラットな目線でいいと思う。
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/51357550.html

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

17. 中川隆[-5669] koaQ7Jey 2018年1月08日 19:06:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

お詫びと腑に落ちない件について
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」2018-01-08 18:08:25


 皆様、お久しぶりです。というほど、お久しぶりではございませんが、お久しぶりでございます。


 1月6日から8日(本日)まで、何があったのか、ご報告申し上げます。


 実は、お恥ずかしい話ですが、1月5日の夜に夫婦喧嘩、しかも激しい夫婦喧嘩をしてしまいました。


 最後に、妻がかなりきつい言葉をわたくしにぶつけ、一瞬、カッとなったわたくしは、妻の左ほほを平手打ちしてしまいました。


 いかなる事情があろうとも、妻に対する暴力が許されるはずもなく、斬鬼の念に堪えない思いでございます。心か反省すると同時に、後悔の念でいっぱいです。


 妻及びご家族、お客様、及びパートナー会社、社員の皆様に、心からお詫び申し上げます。


 本当に、申し訳ありませんでした。


 わたくしの平手打ちを受け、妻は110番に通報。警察が我が家を訪れ、翌6日早朝にわたくしは逮捕され、高輪署に拘留されることになってしまいました。


 結果、ブログ・メルマガの更新ができなくなりました。


 改めて書きますが、いかなる事情、経緯があろうとも、妻を平手打ちするなどということは許されるはずがなく、深く、深く、反省する次第でございます。


 繰り返し、お詫び申し上げます。


 逮捕、拘留は納得がいくといいますか、当然の話なのですが、「腑に落ちない」のはここからです。


 なぜか、翌7日の時点で、わたくしが逮捕されたという「報道」が流されたのでございます。


『経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 妻への傷害容疑
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25424070X00C18A1CC1000/
 妻にけがをさせたとして、警視庁高輪署は7日までに、経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)=東京都港区=を傷害の疑いで逮捕した。同署によると、同容疑者は容疑を否認している。
 逮捕容疑は5日夜、港区の自宅で10代の妻と口論になり、腕にかみついたり顔を平手で殴ったりするなどして約1週間のけがをさせた疑い。(後略)』


 弁護士から、「読売や朝日で報道されている」と聞いた時点で吃驚したのですが、自宅に戻り、検索してみると、ほとんどのメディアが報じているじゃないですか!


 わたくし共の「夫婦喧嘩」が、それほど凄い事件なのでしょうか。


 しかも、わたくしは「容疑」は認めています。何というか、出鱈目な報道ばかりで、いちいち訂正するのも面倒なので、上記の通り、事実をご報告させて頂きます。


 さらに吃驚したのは、本日、わたくしが裁判所に勾留質問(拘留を続けるかどうかの質問)のために高輪署を出ようとしたところ、何と目の前に「カメラの縦列」が並んでいたのです。


 当然ながら、手錠をしたわたくしは良い被写体ということで、パシャパシャとフラッシュの音が鳴り響きました。


 これまでも色々と経験しましたが、手錠をしたままカメラのフラッシュにさらされることになるとは、さすがに想像もしていませんでしたよ。
 
 幸いなことに、寛容なる妻がすぐに被害届を取り下げてくれたため、わたくしは本日、拘留不要ということで釈放されました。


 釈放され、高輪署の外に出ると、報道陣の大群に囲まれ、
「三橋さん、○○なんですか!?」
「奥様とは、これからどうされるんですか!?」
 等々の「例の質問攻め」に会い、基本的に無視していたのですが、あまりにもしつこいので、最後に、
「マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!」
 と、中指を立てて追い払いました。
 こう言っては何ですか、そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!(でも、マスコミのテレビカメラの前で「くそくらえ」と、できたのは、少し気持ちよかった)


 そうすると、アナウンサーが、

「はい、三橋さんがくそくらえ!と叫んで去っていきました」

 とか、何とか言っていた。何なんだ、お前らは・・・。


 
 いずれに致しましても、ご迷惑をおかけした皆さまに、改めて心からお詫び申し上げます。


 今後は、世界に自慢できるような幸福な家庭を築くべく努力して参りますので、今後もご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。


2018年1月8日 
三橋貴明
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12342871158.html

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

18. 中川隆[-5738] koaQ7Jey 2018年1月09日 09:21:31 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

昨年12月、安倍氏に会食接待された経済評論家・三橋貴明氏が妻への暴行(DV)で逮捕される
同氏の財務省批判論は、2009年、窃盗容疑で逮捕された高橋洋一氏(元財務省官僚)の批判論とよく似ている
2018/1/8(月) 午後 3:03
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37129590.html


新ベンチャー革命2018年1月8日 No.1898

タイトル:昨年12月、安倍氏に会食接待された経済評論家・三橋貴明氏が妻への暴行(DV)で逮捕される:同氏の財務省批判論は、2009年、窃盗容疑で逮捕された高橋洋一氏(元財務省官僚)の批判論とよく似ている



1.財務省批判本を出して、安倍氏に会食接待された三橋氏がDV容疑で逮捕されたのはなぜ?



 東大法卒の牙城・財務省を批判する本を書いていた三橋貴明氏が、未成年の妻を暴行した容疑で逮捕されたと報道されていますが、同氏は自分が捕まるかもしれないと事前に予言しており、その通り、同氏は逮捕されています(注1)。



 三橋氏は、昨年12月12日、総理官邸に招待され、安倍氏と会食しています(注2)。



 筆者個人は、なぜ、上記、三橋氏を安倍氏が会食に招待したのか怪訝(けげん)に思っていましたが、そのような人物をなぜ、警察がDV容疑で逮捕したのかも大変、不可解です。



 さらに、三橋氏自身が、事前に自分への逮捕劇を予言していたのも驚きです。



 さて、本ブログでは、財務省の東大法卒ネットワークは、安倍官邸がトップダウン的に設置した内閣人事局を何とか潰そうとしているのではないかと観ています(注3)。その観点から、安倍官邸と財務省の間で、暗闘が繰り広げられているのではないかとも観ています。そのために、アベトモ・西田議員の紹介で、アンチ財務省で、元ネトウヨ扇動者だった三橋氏を安倍氏は官邸に招待したのかと当初は思いました。



 しかしながら、三橋逮捕事件は、そのウラ事情を読み解くのが難しいようです。



2.三橋氏の財務省批判から、あの竹中チルドレン・高橋洋一氏を連想させるが、財務省エリートにとって、三橋氏はそれほど脅威ではない



 三橋氏の財務省批判は、元財務省出身の高橋洋一氏(注4)の財務省批判と内容的によく似ています。



 高橋氏も三橋氏と同様、財務省を批判して、窃盗容疑で逮捕された過去があります(注5、注6)。



 いずれにしても、財務省と検察は東大法卒ネットワーク配下の省庁ですから、財務省にとって脅威の人間を、検察と連携して、陥穽(かんせい)工作で失脚させることは十分、可能です。



 しかしながら、疑問も残ります。高橋氏の場合、財務省に勤務していて、内部事情を知る人間なので、陥穽工作のターゲットにされる可能性は十分、あり得ますが、三橋氏の場合は、財務省エリートから見ても、陥穽工作のターゲットにするほど、財務省にとって脅威ではないと言う気がします。



 さらに、三橋氏自身が、自分の逮捕を予言していたことも、なんだか怪しいのです。



3.三橋氏の逮捕劇は、自作自演の可能性があるのか



 三橋氏逮捕のDV容疑は、被害者が妻ですから、穿った見方をすれば、妻に被害届を出させて、警察に自分を逮捕させることも可能なわけです。



 そう言えば、三橋氏は、すでに、財務省批判(国の1000兆円借金はデタラメ論)(注7)をネットのバナー広告で流していましたが、筆者個人は、三橋氏の背後に、スポンサーがいるなと感じていました。



 いずれにしても、このような財務省(増税したい省庁)へのネガキャンをやれば、東大法卒官僚を敵に回すことになります。その一方で、三橋氏は、有名になり、講演や本の印税で潤うのみならず、経済評論家としての知名度は上がります。さらに、安倍氏から会食に招待されてウハウハだったのも確かです。



 そのような上り調子の三橋氏が、さらに世間から注目されたいがために、故意に、自作自演でDV騒動を起こすとはちょっと考えにくいようです。



4.三橋氏を逮捕したのは高輪署、アベトモ・山口某(詩織さんレイプ犯)の逮捕を中止させられたのも高輪署



 ところで、三橋氏を逮捕したのは高輪署ですが、アベトモ・山口某(詩織さんレイプ犯)の逮捕を中止したのも高輪署です。



 山口某の逮捕を見送ったのは、安倍官邸からの指示であるのは明白ですが、同じ理屈で言えば、三橋氏を逮捕するよう指示したのも安倍官邸なのでしょうか。三橋氏が安倍氏と会食したのは、2017年12月12日です(注8)。ついこの間、安倍官邸は敷居の高い公邸に、三橋氏を招待しているのです。そのような人物が一ヶ月もしないうちに、逮捕されるのはやはり異常です。



 逮捕理由が妻へのDV容疑(ケガの程度は不明)ですから、たとえ、妻が警察に通報したとしても、警察の扱い次第でどうにでもなる逮捕容疑です。したがって、三橋逮捕事件には何かウラ事情があると考えるのが普通です。



 しかしながら、本ブログでは、上記、逮捕事件にどのようなウラ事情があるのか、残念ながら、現段階では不明です。



注1:産経ニュース“三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」 事件の3週間前、自身のブログで「予言」?”2018年1月7日
http://www.sankei.com/affairs/news/180107/afr1801070013-n1.html



注2:マネーボイス“私が「安倍総理との会食」で感じたこと。財務省主権国家日本への不安=三橋貴明”2017年12月17日
http://www.mag2.com/p/money/350728



注3:本ブログNo.1874『モリカケ、ヤマカケ、スパコン、リニア疑惑に共通する安倍官邸の血税私物化の元凶は2014年にできた内閣人事局にあり:官僚の逆襲が始まったのか』2017年12月12日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37085435.html



注4:高橋洋一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B4%8B%E4%B8%80_(%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E8%80%85)



注5:ベンチャー革命No.291『東大数学科卒の元財務官僚の窃盗容疑の背景』2009年3月31日
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr291.htm



注6:本ブログNo.40『財務省の邪魔者・高橋洋一氏:疑問だらけの弁明』2009年10月30日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/2625020.html



注7:産経ニュース“【編集者のおすすめ】「国の借金1000兆円」は全部デタラメ 『財務省が日本を滅ぼす』三橋貴明著”2017年11月11日
http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110022-n1.html



注8:時事通信“首相動静(12月12日)”2017年12月13日
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121200284



ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm



テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html




[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

19. 中川隆[-5723] koaQ7Jey 2018年1月09日 13:28:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

835金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (ササクッテロ Sp8b-tX3j [126.33.18.163])2018/01/09(火) 12:21:29.89ID:ESi2Nu4Kp

三橋貴明はダイレクト出版からは干されずに済んだみたいだな

結婚に向いてないってのは同意
今嫁とも別れておいた方が良いだろ
また夫婦喧嘩でDV騒ぎ起こすぞ

ウヨ、サヨ、財務省、自民、野党、あらゆる方面に喧嘩売ってるから
今回みたいなネタでも三橋潰しみたいな空気が出来上がりやすい
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/eco/1510023271/l50


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

20. 中川隆[-5720] koaQ7Jey 2018年1月09日 14:12:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明自身は自分の事を弱気を助け強きをくじく正義の味方だと思っているのですが、

女性というのは全員 事大主義、保守反動で常に体制側と同じ考え方をするので、
三橋貴明の生き方が全く理解できないのですね。


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

21. 中川隆[-5711] koaQ7Jey 2018年1月09日 19:03:45 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

今回の10代女性はCIAから派遣されて三橋貴明さんと偽装結婚したハニートラップ嬢だった可能性が高いですね


これが植草さんが嵌められたケース

ミラーマン 植草教授にお尻を撫でられた女子高生のパンティにもウンスジが付いていたのか?
http://amezor-iv.net/shisou/180107195617.html


三橋貴明さんは植草一秀さんと全く同じ様に竹中平蔵の悪質な犯罪を暴いたので、DVの性癖が有るのを悪用して奥さんに嵌めさせたのかな:


日本のジャーナリズムを監視する米軍組織
http://alternativereport1.seesaa.net/article/122853746.html

 神奈川県の座間キャンプ内にある、米軍第500軍事情報旅団「アジア研究分遣隊」Asian Studies Detachmentでは、日本国内で刊行される書物・雑誌等々を網羅的に「チェック」し、米国の政策に反対する人間、反米の思想家・評論家を監視している。

さらに、この軍隊は、こうした反米的思想の持ち主の身辺を「探り」、その金銭関係、異性関係、趣味・性癖の「情報収集」に当たっている。不倫関係、多額の借金、他人に言えない性癖等々の情報を収集し、「反米的な」思想家・評論家・ジャーナリスト・大学教授を「脅迫」し、口封じを行うためである。

 「必要に応じて」こうした情報は日本のマスコミに流され、スキャンダル流布による、特定のジャーナリスト・大学教授「ツブシ」が行われる。これは米軍による「日本支配のための軍事行動」である。そのエージェントが、マスコミである(注1)。

*注1・・・小泉元首相の郵政民営化を厳しく批判した植草一秀教授に対する、捏造スキャンダルによる、司法とマスコミの、リンチ報道・裁判に、その極めて悪質な典型を見る事が出来る。植草教授に対する、この捏造スキャンダル=リンチ事件は、日本から表現の自由・言論の自由が無くなる歴史的出発点として、言論暗黒時代へ向かう分岐点として、50年後、日本現代史にゴシック体文字で印刷・刻印されるであろう。以下、参照。


このCIAが日本を含め世界各国の国会議員、政治家達の女性スキャンダル、裏金作り情報、松岡農林水産大臣の「なんとか還元水」問題等の情報を調査・把握し、米国に逆らえば日本の東京地検特捜部に匿名ファックスを送り付けて来る事は日常的に行われている、常識的な「慣例」である。

小泉元総理が学生時代に犯した日本女子大学の大学生に対する強姦事件と、神奈川県警に逮捕された小泉元総理の警察の取り調べ調書も米国側は当然握っていた。小泉はこれで完全に 「操り人形」と化していた。

現在では、極東最大のスパイ組織キャンプ座間にある米国陸軍第500軍事情報大隊が総力を上げ、日本の政治家、企業経営者達のスキャンダル情報の調査・ 蓄積を行っている。

相手は軍隊である。無防備な農林水産大臣1人を「潰す」事は簡単である。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49609103.html



[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

22. 中川隆[-5710] koaQ7Jey 2018年1月09日 19:10:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

CIAが三橋貴明さんを陥れるのに利用した DV癖とは


三橋貴明の妻・さかき漣とはDV離婚か、ブログが意味深すぎると話題 UPDATE:2018-1-7
https://moneytalk.tokyo/moneytalk/9408

経済評論家・三橋貴明が妻へのDV容疑で逮捕されたことをきっかけに、10代の嫁が誰なのか注目を集めることに。

元嫁・さかき漣(さかきれん)のブログには意味深な内容が投稿されていることから、ネット上では元妻ともDV原因で離婚していたのか?とネット上で憶測を呼んでいます。

三橋貴明のDV容疑で、10代妻に注目が集まる...


“ 妻を殴るなどしてけがをさせたとして、経済評論家の三橋貴明氏(48)が逮捕されました。

ANN

経済評論家の三橋貴明氏が妻へのDV容疑で逮捕されましたが、注目を集めているのはそのお相手。

“妻が10代”と報道されていることから、「三橋貴明の奥さんって誰?」「SF作家と結婚してなかったっけ?」など、ネット上で話題になっています。


三橋貴明の妻、さかき漣だった?

三橋貴明といえば、公にしていないものの、現在の妻はSF作家・さかき漣という方でした。そのため、ネット上では「さかき漣さんが10代の妻らしい」「三橋貴明の嫁ってさかき漣ってマジ?」という情報が広まっていますが、これは誤り。

その理由が、さかき漣さんのプロフィールを確認すると分かります。

三橋貴明の元嫁・さかき漣ってどんな人?


さかき漣(さかきれん)さんは、社会小説『コレキヨの恋文』 (小学館/PHP文庫)、『希臘から来たソフィア』(自由社)などの著作として有名な作家。

2016年11月、AIとシンギュラリティをテーマにしたSF『エクサスケールの少女』(徳間書店)もあり、SF作家としての肩書もあります。

さかき漣さんが三橋貴明の現在の妻ではないという理由は、さかきさんが立命館大学文学部を卒業していること。

つまり確実に10代ではないため、既に二人は離婚済みであることが分かります。


元妻ともDV原因で離婚か?

さかき漣さんのブログには意味深な大けが...

2016年8月に更新された『さかき漣オフィシャルブログ』には、“わりとの大怪我から、いちおう生還してまいりました”となんとも意味深な内容。

“ 無数のガラス片が突き刺さるなどして、下肢全体と二の腕に計30弱の傷を負ってしまいました・・・
特に大きい傷に関しては、中からガラス片を洗い流して、ぱっくり開いた切創を縫合したため、なんだかフランケンシュタインかブラックジャックみたいになってます...

さかき漣さんのブログには、このように大けがの様子が書き込まれ、なんとも意味深な内容。

ネット上では、「これって三橋貴明のDVとしか...」「もはやお察し」など、後に振り返ると、夫から暴行を受けていたように捉えられるような内容。

ちなみに、『お見舞いの一部。お菓子やお花。バームクーヘンは三橋先生(旦那)の秘書さんから頂きました』と、夫の関係者からの御見舞があったことにもブログで触れています。

三橋貴明は、不倫&離婚歴2回の結婚不適合者だった...

■三橋貴明 結婚&離婚歴

@一般女性と結婚

2010年 自民党から参議院選挙に出馬(結果は落選)
⇒ その際、妻・子供ありだと判明

秘書の女性と不倫発覚⇒結果、妻と離婚(離婚1回目)


A作家・さかき漣と再婚

⇒2016年7月、さかき漣が大けが(ネットではDVの憶測も)

2016年秋頃〜2017年冬頃、さかき漣と離婚(離婚2回目)


B10代の女性と再婚(お相手は現段階で不明)

2017年9月と11月に妻へのDVで警察から警告

2018年1月、DVで逮捕

三橋貴明は、初婚の妻との間に子どもがいましたが、秘書の女性と不倫の末に離婚するなど、今までに離婚歴2回。

さらに、今回逮捕された原因となった10代妻へのDVについては、昨年2回警察に警告されていたことも明らかに。

著名経済評論家の逮捕のニュースに衝撃を受ける一方、ネット上では「10代妻ってどういうこと!?」「逮捕より10代の嫁がいたことにビビる」など、3回目の結婚相手が10代という三橋容疑者の“癖”にある種の注目が集まっています。
https://moneytalk.tokyo/moneytalk/9408

泉美木蘭の『無鉄砲ですけど!?』

2018/01/08 三橋貴明氏に本番中怒鳴られた私です
Tweet ThisSend to Facebook | by もくれん

フェイクニュースが蔓延している世の中ですが、
経済評論家の三橋貴明氏が、10代の妻に噛みついてぶん殴って
逮捕されたんですって?

逮捕前、安倍首相と会食したことを明かして、
「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか」
なんてブログに書いていたらしく、ちまたでは、
《あの逮捕は安倍政権の陰謀では…》
という噂もあるようですけど、そうなんですかねえーーー?

私、テレビ番組の生放送で、三橋さんに怒鳴られたんですよね。
原発は再稼働すべきでないと私がコメントしたら、

「再稼働するべきだ! 経済のことを知らない人間が、この問題
について語らないでいただきたい!!!」

っていきなり感情丸出しで、ものすごい大声で怒鳴ってきたから
かなりびっくりしましたよ。

初対面で。
地上波で。
生放送中に。
朝の7時台から。

スタジオ、しーーんってなってましたよ。
本番終わってから、いろんな人になぐさめられました。

今年の正月は、三橋さん、ブログでいきなり男系男子論を書いていて、

日本の皇統は男系でずっとつながってきた、
女性宮家、女系天皇なんて論じるのは不遜だ、
男尊女卑ではない、
よその男を皇位につかせないために男が排除されてるんだ、
男が皇位につくと、その権力で易姓革命がにつながる可能性がある

・・・とか、完全に竹田恒泰の受け売りだけを並べ立てておられました。

つまりは、男は能動的だけど、女は受け身で意思がない、という
男尊女卑の感性の持ち主なんですよ。
で、2018年は「皇統論」を書く、とか宣言しておられました。

皇統のことなどまともに勉強なさったこともない方が、
この問題について、語らないでいただきたいですね。

こうなると、自分より弱くて、自分の思い通りになる立場の女を、
力づくでねじ伏せてきた人なんじゃないかしらって、
私なんかは想像してしまいますわね。
https://www.gosen-dojo.com/?page_id=334

2018/01/08 三橋貴明氏逮捕に「偏見ダミ造くん」登場
Tweet ThisSend to Facebook | by トッキー


経済評論家の三橋貴明氏が

DV容疑で逮捕された件について、

案の定、ネトウヨ界隈が

「冤罪」だの、事件の全貌が

分かっていないのに予断を持って

勝手な憶測をしない方がいいだのと

言い始めているようですが、

泉美木蘭さんのブログを読んだだけでも、

「こいつならやっている」

と思っても当然じゃないですか?

三橋貴明氏には2回の離婚歴があるのですが、

前妻である作家・さかき漣氏は

三橋氏と結婚していた2016年8月、

「わりとの大怪我から、
いちおう生還してまいりました」

というブログを掲載。

理由は明らかにしていませんが、

〈無数のガラス片が突き刺さるなどして、
下肢全体と二の腕に計30弱の傷を
負ってしまいました・・・

特に大きい傷に関しては、中からガラス片を
洗い流して、ぱっくり開いた切創を縫合
したため、なんだかフランケンシュタインか
ブラックジャックみたいになってます。。〉

という大けがをしたことを明かしています。

http://rensakaki.jp/blog/1448/

そしてこのブログから数か月のうちに、

さかき氏と三橋氏は離婚しているのです。

ネット上では、これも三橋氏の

DVではなかったのかと、

もっぱらの噂です。

事件化されなかったとはいえ、

これは殺人事件になっていたかも

しれないような事態ですよ!

それで、今回事件となった

現在の妻へのDVについては、

昨年9月と11月に警察から警告があった

というのだから、これはもう三橋氏は

DVの常習者だと思っても全然

変ではないないでしょう。
https://www.gosen-dojo.com/?page_id=323

Blog Ren Sakaki Official Website(さかき漣 公式サイト)

わりとの大怪我から、いちおう生還してまいりました 2016.08.03


実は7月23日に大怪我をしてしまい療養生活を送っていたのですが、このほどやっと抜糸も済み、とりあえずホッとしているところです。

無数のガラス片が突き刺さるなどして、下肢全体と二の腕に計30弱の傷を負ってしまいました・・・

特に大きい傷に関しては、中からガラス片を洗い流して、ぱっくり開いた切創を縫合したため、なんだかフランケンシュタインかブラックジャックみたいになってます。。。

しかも私、体調不良の続いていたせいか出血の止まるのが遅く、異常に多く出血してしまって、我ながら真っ青でしたわ。

救急隊員のお兄様がた、救急担当で手術をしてくださった先生、看護師の皆様、まさに私の命の恩人です。

怪我をしてすぐに、とりあえず今お仕事で関わっている人へ早急に「怪我の状況」と「治療に充てるので一週間だけ〆切を伸ばしてほしい」旨を伝えようと、徳間書店の担当さんなど数名に連絡をして・・・(私、〆切を守らないとか約束を守らないとかが凄くイヤなんです)

それだけ何とか済ますと、後はバッタリ、ぐったり、寝込んで療養していたのです。

そんな落ち込みまくってる中、心配して連絡をくださる方もたくさんいて。

特に真っ先にお見舞いに来てくださった浅野久美さまには、感謝および感激の嵐でありました。

その他にも、心配してくださった方の中にはもちろん新旧の三橋経済塾生もいらして、遠方のかたはお見舞いのメールをくださったり、近くにお住いのかたはわざわざ顔を見に来てくださったり。

チャンネル桜の中の方からもお見舞いのお言葉など頂き、本当に救われました。

お見舞いの一部。お菓子やお花。バームクーヘンは三橋先生の秘書さんから頂きました。
ありがとうございました。

とりあえず抜糸も済んだわけですから、昨夜から仕事に復帰しております。
社会人として責任を果たすためにも、頑張りたいと思います!
http://rensakaki.jp/blog/1448/


Blog Ren Sakaki Official Website(さかき漣 公式サイト)
DV加害者の二枚舌と“共犯者の存在” 2015.06.19


DV・虐待について勉強することを、私はライフワークのひとつとしている。

たとえば、ある人物が、公の場では「同じ共同体の仲間と助け合おう」と堂々とのたまいながら、しかし私的な場面においては、もっとも小さく身近な共同体である「家族」の仲間に対して平気で暴行や虐待を加えているとしたら、どうだろう。

まず確認しておきたいのだが、DVや虐待の意味するところは、「家庭内のいざこざ」というよりも「殺人未遂」という方がより真実に近い。一部のひとが“勘違い”しているような、「痴話喧嘩」「しつけが行き過ぎた」などでは断じてないだろう。

つまり、「三年間にわたりDVを受けた人」とは、「1095日もの間、毎日、人殺しによっていたぶられてきたが、たまたま死ななかった人」とも言えるのだ。

しかし前述の“勘違い”については世間へ意外なほど広範に浸透しているようで、だから被害者の数も減らないし、ヴィクティムが見殺しにされる事例も後を絶たないのかも知れない。

DVをする人間の特徴として、少なからずのサディストであることが挙げられる。自分より弱い立場にある者をいたぶり、その弱者が「泣いたり」「痛がったり」「許しを乞うたり」するのを見ることによって、自分の「快楽獲得」や「ストレス発散」や「自信回復」を成功させている。

しかし同時に、多くのDV加害者は、公の場においては非常に人当たりが良いのである。サディストどころか、柔和で誠実な人物像そのものに、さらには「少し気の弱い人」に見えたりもする。なぜだろうか。

実は彼、この公の場において、穏やかな笑顔や挨拶を周囲にふりまきながら、内心に巨大な負の感情をつのらせているのである。つまりは「なぜ俺がこんな馬鹿ども相手に頭を下げなきゃならないんだ」という憤懣の鬱積である。

そして鬱積が最高潮になった状態で、彼は帰宅する。するとそこには、自分の飼い犬(つまりは餌も寝床も生殺与奪の権さえも自分が握っている生き物)が“いる”ではないか。密室であり傍観者は誰もいない今、彼は、本日のすべての鬱憤を弱者にぶつける・・・

さて数時間後、彼の気持ちは晴れやかだ! 目の前にはボロ雑巾のような生き物が横たわっているが、水と餌を与えておけば明日にも治っているだろう、と彼は考える。

「このメシは誰のお蔭で喰えるんだ、言ってみろ、クソババア」

「あなたのおかげです」

「感謝しろ。“さっきのこと”は、自分が悪い人間だから叱ってもらったのだと認めて土下座しろ」

「私が悪いからです、あなたは悪くありません、申し訳ありませんでした」

「よし、喰え。俺ほどあんたのことを大事に思っている人間はいない、分かってるよな。あんたは俺の庇護がなければ生きていけないんだ。明日は服を買ってやるぞ」

そして彼は、また翌日も、穏やかな笑顔でもって颯爽と社会へ出ていくのだ。

「ええ、DVなど言語道断です。もしも家族を殴るような奴がいたら、私なら犯人を殺しにいきます。まあうちの妻は気が強いからそんなことはあり得ませんがね、私は完全に尻に敷かれてますよ・・・今日もブランド品をねだられていまして(笑)」(インタビューに答えて)

もうお分かりだろうが、つまるところ、このサディストは天才的な二重人格者であり詭弁家なのである。

二重人格者は、たとえば警官に対しては以下のように答えるだろう。

「実は、妻は精神病罹患者で、家事もろくにしない、仕事場でも問題ばかり起こす、ちょっとしたことでも怒りやすくて、愚痴が多く、すぐに私に食ってかかる癖がある。ときには『キチガイ』のように暴れて手が付けられない日もありますから、そうすると私はやむなく抵抗しなければならず、手が当たってしまうこともある・・・つまり今回のことは正当防衛なのです。

しかし、そんな駄目な妻ですが、私は彼女を愛している。だから一生をかけて大事にいくつもりなのです。この度は、たいした事でもないのに、妻が大げさに騒いで誠に申し訳ありませんでした。警察の方々には、いくらお詫びしてもしきれない。
(腕時計を見て)おや、そろそろ仕事に行かなければなりません、おいとまして宜しいでしょうか? 妻にはよく言ってきかせておきますので」

だから、ある人物について彼がDV常習犯であることを知りながら「しかし彼の『公の顔』は立派だから、虐待については不問とし、今後も懇意にしていく(または協力していく、もしくは応援していく)」という人がいたなら、それはつまり加害者の殺人未遂の罪を容認したうえ被害者の懊悩を愚弄しているということで、広義においては“人殺しの共犯”と呼ばれても仕方がないのでは、と私は敢えて苦言を呈したい。

また共犯者である彼らがDV加害者との派手な交友を続けることは、「被害者は虐待されたと証言しているものの、他の人々が加害者と普通に交際している事実から鑑みるに、被害者の話は『大げさ』もしくは『妄想』で、実はDVなど無かったに等しいのではないか」との“世間の勘違い”を助長する可能性があり、さらには被害者の『学習性無力感』を助長し、被害者の逃げ道を塞ぐ最大の障壁となる可能性があることについても、同時に指摘しておきたいと思う。

たとえば

「連続で数十発にわたり殴られても」
「口に物を詰め込まれ羽交い絞めにされ、数時間ものあいだ呼吸困難にされても」
「何度も繰り返し壁や床に投げられ叩きつけられても」
「首を絞められて顔中に点状出血斑が出現しても」
「包丁をつきつけられ『殺してやる』と脅されても」

たまたま死ななかっただけの人が目の前にいたとき、それでもあなたは加害者と気持ちよく酒を酌み交わせるのだろうか。
http://rensakaki.jp/blog/902/


Blog Ren Sakaki Official Website(さかき漣 公式サイト)
なぜDV被害者は加害者から逃げられないのか 2015.06.28

世間に広く浸透している勘違いのひとつとして、

「何度DVされてもいつまでも男と別れられない、バカ女。嫌だったら逃げればいいのに、脱走しない女が悪い」

というものがあるらしい。

では試みに、この『女』の部分を『子供』に置き換えてみる。

「何度虐待されてもいつまでも親から離れない、バカな子供。嫌だったら逃げればいいのに、脱走しない子供が悪い」

いかがだろう、私に言わせれば、こんなセリフを平気で吐ける人がいるとしたら、そのひとは鬼畜だ。

さらに予想される言として「子供は無力で自分では逃げられないから、責任はない。しかし女は大人だから自己責任」というのは?

本題に入る前に、「DV加害者になりやすい人間がいるように、DV被害者になりやすい人間、というものも存在する」という一見解があることを紹介したい。
モラル・ハラスメント研究者であるマリー・フランス・イルゴイエンヌによる定義について、Wikipediaの「モラル・ハラスメント」の項に、これに関わる記述がある。

以下に、一部を引用してみる。

「モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物にも傾向が存在する。被害者となるのは、几帳面で秩序を愛し、他者への配慮を働かせ、責任感が強い、メランコリー親和型の人である。起こった出来事に対して自分が悪いのではと罪悪感を持ちやすい、誰かに与えることを欲しているという性格が利用される。自己愛的な変質者が欲しているのだが持っていないものを持っているか、自身の生活のなかから喜びを引き出している場合も被害者に選ばれやすい」

引用は以上。「モラル・ハラスメント」とはDVの中でも精神的虐待を特に指す言葉。ここでの「自己愛的な変質者」とは「DV加害者になりやすい人間」を指す。

上記を踏まえての憶測だが、もしかしたら、

「DV加害者への恋愛感情をいっさい持たないままに、加害者から『自分の窮状を救えるのは君だけなので、頼むから一緒にいて助けてくれ』などと懇願されたため、断りきれずに交際が始まった」

もしくは

「加害者側からのパワハラ行為に対して抗することができぬ状況へ被害者が追い込まれ、そのまま逃げられずじまいだった」

というDV被害者も実は多いのではないか、と、私は考えている。そして当然サディストとしての一面などおくびにも出さず籠絡に至り、その後、被害者が逃げられないよう強固な檻が用意されてから、本格的な虐待は始まる。

さて一部の研究者も認めているように、実はDV加害者は、被害者が自立しようとしたとき、もっとも酷い虐待をおこなう傾向がある。そして、この際の虐待については、「身体的な攻撃」よりも「精神面や金銭面での攻撃」が増えることも多い。

例えば、

「電話やメールで脅迫の文言を繰り返す」、
「生活費を渡さない」、
「DV被害者の携帯電話を捨てる」
「DV被害者から保険証やクレジット・カードを取り上げる」、
「DV被害者の大事にしている物品を壊す」、
「DV被害者のプロバイダ契約やメールアドレスを勝手に解約する」、
「DV被害者の悪評をねつ造し、知人らにふれ回る」、
「警察へ『家族が問題行動をして困っている』等の虚偽の通報をし、DV被害者を悪者に仕立て上げる」
「DV被害者が精神病に罹患していると見えるよう、周囲の人間に印象操作をする」

など。

あまりの嫌がらせに疲れ果て、結果、多くの被害者はまたも加害者のもとへ戻ってしまう。

そして思う、

「この牢獄がきっと、私の終の棲家なのだ。世間の人々は必ず彼の詭弁に騙され、絶対に助けてくれない。逃げ出そうとしなければ、これ以上の酷いことは起きない。だからここでのルールを守って生きていこう」と。

いわゆる「学習性無力感」に侵されきってしまうのである。

また加害者から長年にわたり身体的虐待と共に

「役立たず」
「バカ」
「きちがい」
「俺以外には誰もお前に優しくする人間はいない」
「他人は絶対にお前を助けない」
「俺だけがお前を理解している」

などの罵倒や甘言を交互に受けてきた経験から、被害者は、自分の思考を加害者からコントロールされているに近い状態にあり、加害者以外の他人の言葉を素直に受け止めることも困難となっている。

言ってみれば“カルトの洗脳が完了した”にも酷似した状況にあるのだ。
たとえば知人から「いつも忙しそうだ、少しは休んだら」と言われても、「彼からは毎日『怠け者』と叱られている。もっと働かなければ彼に認めてもらえない」と思ってしまう。

怪我を診てもらった医者から「これは虐待だと思われるから、とりあえず今日は避難入院をして、被害届の提出を検討したら」と助言を受けても、「入院すると余計な金を浪費したとして彼から叱られるだろうし、また、虐待があると世間に訴えたことが彼にばれても叱られるだろう」と考え、怪我の治療だけ済ませると帰宅してしまう。

警察で何度「被害届を出しなさい」「シェルターに逃げるという方法もある」と説得を受けても、「ここで私が我慢すれば、“何もなかった”ことになるのだ」と思い、やはり帰宅してしまう。

洗脳された信者をカルト教団施設から奪還するも同然のこと、それが、DV被害者を加害者の檻から救い出すことなのである(ただ、カルト宗教はカルトであると周知のことも多いのに対し、DV加害者は常識人として世に認識されていることも多いだろうから、もしかしたら、『カルト信奉者の洗脳を解く』よりも『DV被害者を暴君の洗脳から解き放つ』ほうがいくぶん難しいのかも知れない)。

もしも暴君のコントロール下から抜け出したいのなら、被害者には、「もしや自分は加害者から利用されていたのではないのか」との疑念を持ち始めることが肝要だ。

「最初から彼は、打算のみで自分に近づき、自分を利用し尽くそうとしたに過ぎなかったのだ」と心底から思い知るとき、初めて、洗脳からの脱却の第一歩が印されるのだと思う。(しかし、その悲惨な事実に気づくためには、被害者側の、取り返しのつかないほど甚大な被害の存在が必要不可欠なのだが。)

それでも、まだ第一歩に過ぎない。ここからが本当の、苦渋の道程の始まりである。今後、果てしなく度重なる「感情の揺り戻し」と「PTSD」と戦うことになるからだ。

DV被害者の陥った罠というのは、どこまでいっても抜け道の見つからない袋小路のようなものだ。

暴行もむろん問題だが、それ以上に、「被害者が逃げられないよう、加害者から精神的かつ物理的に支配されている点」こそ、大問題であると思う。加えて、冒頭で語ったような“世間の無理解”が在るようでは、無辜の被害者が救われるべくもない。

考えてもみて欲しい。これまで語ったことが、あなたの隣家で今まさに起きている惨事かも知れない、ということを。
http://rensakaki.jp/blog/976/


779金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (アウアウカー Saeb-bH2A [182.250.248.35])2018/01/08(月) 19:35:26.30ID:Hh/hsYzqa

やっぱりさかきの大怪我は三橋のせいだったんだな
DV癖は相当深刻だよ
よっぽど反省しないとまた同じことを繰り返すぞ


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月22日

自分にとってすごく大事な神社にお詣りしてきた。昨年7月に大ケガしてから、ずっとずっと行きたかったので。
やっと行けて、ホントよかった。私を苦しめてる案件が、終わるといいな。


さかき漣/RenSakakiさんがリツイート
モラル・ハラスメント? @mayawhite222 ・ 2017年12月23日

攻撃者は、往々にして、被害者を装うのがうまい。


さかき漣/RenSakakiさんがリツイート
モラル・ハラスメント? @mayawhite222 ・ 2017年12月23日

攻撃に際しては、必ずしも攻撃する側が、自分で動くとは限らない。
あえて自分では手を下さず、巧妙に周囲を利用し、ターゲットに打撃を与えることも可能。


さかき漣/RenSakakiさんがリツイート

トラウマがある人のためのbot? @psychic_trauma ・ 2017年12月24日
解離症状とは、心が凍りついたような状態になることです。
家族との死別や暴力事件などを体験したとき、その悲しみや苦しみを受け止めきれず、

心がかたまってしまうのです。気持ちが混乱した状態にもかかわらず、
表面的には平然として、葬儀をすすめたり、警察の事情聴取に応じたりすることがあります。


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月25日

それまで散々ディスってた人に、急にすり寄るひとって、、、よっぽど世間にバレたらヤバいことでもしてんのかなー?
なんかパワハラとか? モラハラとか? 暴行とか虐待とか買春とか??? 知らんけど


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月25日
それとも、恫喝、名誉毀損、脅迫、ストーカー行為、デマの流布、かな?

さかき漣/RenSakakiさんがリツイート

モラル・ハラスメント? @mayawhite222 ・ 2017年12月24日
おとなしい人が、波風を立てないように努力すればするほど、攻撃者の勢いは増す。


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月25日

いまだにあの悪魔の取り巻きしてるひとって、何なんだろう、、、
壊滅的に人を見る目がないのか、それともおいしい思いをさせてもらってるから離れる気が起きないのか、
それとも共犯の悪人だから、もはや一蓮托生のつもりなのか、、、


さかき漣/RenSakakiさんがリツイート 2017年12月27日

忘れてならないのは、攻撃欲/支配欲の強い人は、人一倍自己愛が強いため、
自分の正しさを確信しているということだ。自分は常に正しく、間違っているのは他者であると思い込んでいる。


さかき漣/RenSakakiさんがリツイート
さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月25日

そこに虐待やDV、モラハラ、パワハラが在ることを知りながら、
それでも加害者と懇意にしている人は、虐待の「共犯者」だと思う。
いじめを見て見ぬふりをして、被害者を見殺しにする人間は、いじめの共犯者。
つまりは、「殺人の共犯者」だと思うよ。


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月27日

先日、知人に過去七年ほどの思い出を話す流れになって、
そしたら知人が「さかきさんが今までいた環境が異常だったんだよ。
普通の人間の社会って、そんなに悪意に満ちてないよ」と言われて。凄いびっくりした。

びっくりしたってことは、自分がいた環境は本当に異常だったんだな、と気づいた。ありがとう 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月27日
さかき漣/RenSakakiさんがさかき漣/RenSakakiをリツイートしました

私がどれだけ異常な環境にいたか、ということを表す事例のひとつに、
「スマホをまともに使い始めたのが2016年8月から」ということが挙げられます。
理由は様々ありますが、ガラケーのほうが電話かける動作が手早くできる、ってのもありました。
助けを求めるときって、数秒の差が命取りになるからねー


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月28日

私が支えてるひとや私に優しくしてくれるひとは出世する。で、わたしに酷いことしたひとは、
タイムラグはあっても、結局は失脚する。
という、めちゃアホの子みたいな、スピリチュアル笑な、法則があって。
これまではかなりの高確率でそのとおりになってた。って、書いてて我ながらアホみたいだな


さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月28日
だから、すべては、収まるところに収まると思う。

神様はいないかもしれないが、、、
ひとの善意をないがしろにした報いは、巡りめぐって、罪人までたどり着く。
逆もまたしかりなんだろうな。
私に悪いことしたひとは、他の人にも悪いことしてるだろうからねえ。
私が手を下す必要もナシ。


さかき漣/RenSakakiさんがリツイート
さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月2日

初めて本が出たあと、知人から「表紙がボロボロになるくらい読み返した」とか言われたり、
図書館指定図書になったと聞かされたり、国会で紹介されたり、Amazonで大絶賛されたり。
でも、私にとっては、ただ、ツラいだけで、どんどん心がえぐられていったなあ。事情が事情だったからね。

さかき漣/RenSakakiさんがリツイート
さかき漣/RenSakaki? @rensakaki2016 ・ 2017年12月2日

創作活動をする者にとって、最もツラいのは、

「自分が魂をこめた作品が、他人に手柄を横取りされ、世間で評価を受けてしまうこと」

ではないか。と。個人的には思います。
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/eco/1510023271/l50


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

23. 中川隆[-5707] koaQ7Jey 2018年1月09日 19:16:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2017.11.26
セックスをめぐる問題はハリウッドだけでなく米英支配層全体の問題で、情報機関や治安機関が関与

アメリカの映画界、いわゆるハリウッドで年少者が性の対象になってきたことは以前から噂されていた。この問題に多少でも興味のある人なら、聞いたことがあるだろう。ロマン・ポランスキーが問題になった理由は行為そのものでなく、彼が監督した作品にある可能性が高い。彼の作品がアメリカ支配層を怒らせたのではないかということである。『ローズマリーの赤ちゃん』を発表した翌年に妻のシャロン・テートが殺され、77年に逮捕され、保釈中にパリへ逃げている。

政治的な目的でセックス・スキャンダルをアメリカの情報機関や治安機関は使う。1935年から72年にかけてFBI長官を務めたJ・エドガー・フーバーは第2次世界大戦中からジョセフ・ケネディの次男、つまりジョン・F・ケネディを監視している。ジョセフは1937年から40年にかけて駐英大使を務めた人物で、その息子が要職に就くであろうことを見通してのことだろう。

この息子には大きな弱点があった。無類の女性好きだったのだ。CIAの幹部で秘密工作に関わっていたコード・メーヤーの元妻、マリー・ピンチョット・メーヤーがJFKの愛人だったことは本ブログでも書いたことがあるが、そのほかフランク・シナトラの紹介でシカゴ暗黒街のボスだったサム・ジアンカーナの愛人と親しくなっている。こうした情報を利用してフーバーは大統領の弟で司法長官だったロバート・ケネディを脅し、マーチン・ルーサー・キング牧師の盗聴を認めさせたという。

2016年の大統領選挙では子どもの売春ネットワークが話題になったが、こうした話は昔から指摘されている。例えば、1988年から91年にかけて表面化したフランクリン子ども売春リング。このリングは悪魔崇拝者によって運営され、生け贄やカニバリズムで多くの子どもが犠牲になっていて、有力政治家も顧客に含まれているとされた。公的には否定されているが、今でも存在すると主張する人がいる。2016年の「ピザゲート」はそうした話の中から出て来た。ウォーターゲート事件で「鉛管工グループ」が民主党全国委員会の本部へ侵入した目的も売春ネットワークに関する証拠を手に入れることだったとする噂が今でも消えていない。

子どもを性の道具にするビジネスの話はイギリスにもある。例えば、15歳から18歳の少年を収容する施設でそうしたビジネスが行われていると1980年1月に報道されたのだ。その翌年、施設のスタッフが11名の少年を虐待したとして収監されたが、1970年代にイギリスの対外情報機関MI6はその事実を知ったのだが、放置していたとする話が浮上する。これも個人的な犯罪で片付けられたが、納得していない人もいる。

この話では調査の過程で知った情報をMI6が警察などへ通報しなかったというだけだが、一般的に言って、情報機関や治安機関は要人の弱みを握るために自らが仕掛けていると言われている。そのときが来れば、その情報で脅して操るわけだ。各国のエリートはアメリカの大学へ子どもを留学させるようだが、そこでトラップにかかるケースも少なくないだろう。

そうしたスキャンダルを利用して各国の要人を脅し、邪魔者を排除するのはアメリカ支配層の常套手段。自分は支配層とコネがあるので何をしても大丈夫だと思っていると、後で酷い目に遭う。アメリカと緊密な関係にあるイギリスでもハニートラップは珍しくないようだ。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201711260000/


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

24. 中川隆[-5688] koaQ7Jey 2018年1月10日 07:37:19 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

CIAが目を付けた三橋さんのセックス・スキャンダル


資料:宇田川敬介による三橋貴明に関する暴露 2014年08月18日
https://ameblo.jp/damedamewanko/entry-11911641830.html


※宇田川敬介は三橋貴明が2010年の参議院議員選挙に出馬した時の選挙参謀(後、幹事長)

Q.三橋が2チャンネルに書き込みを始めて、それがどうして自民党から出馬する話になったのですか?宇田川様はいつどのように彼と知り合い、彼の後援会の幹事長をやることになったのですか?

A.三橋の本を呼んだ城内実が、勉強会に呼んだことがきっかけ。
 
その城内が、安倍晋太郎秘書であった垣内昭氏につなぎ、垣内氏が夫婦と子供を呼んだ上で奥様の意向によって自民党の選対本部長の河村建夫、幹事長大島理森に依頼して公認を取れた。
 
しかし、公認をとっても選挙について素人であったことから、垣内氏が私に対して2週間連続で電話で説得し、最終は元宿仁事務総長に呼ばれ、国会新聞社松橋雅平主幹を立会いのもと「インターネット選挙というのは自民党でも初めてであり、そのインターネット選挙のさきがけとして宇田川に頼みたい」ということで、しぶしぶお引き受けしたもの。
 
当初渡辺哲也が行っていたが、あまりにも政治家および選挙の常識が無いことから、私が3月22日の段階で交代した。
 
なお、垣内氏に紹介されるまで、私は三橋などという人物は知らないし、その本にも興味が無かった。

以上


したらば掲示板より引責辞任した宇田川幹事長本人の暴露(以下、読みやすいように、行列・行間・句読点などをブログ主が一部改変)

586:Udagawa 11/01/14(金) 23:23:53 ID:0jautB5s

(中略)

コスプレに関しては、まず、選挙として比例というよりも全国区といたほうがよいこと、
そして、全国的な知名度が三橋にまったくないこと

そして、ブログアクセスが4万(三橋の自称)しかないこと
本の売り上げなどから換算して三橋の潜在票は最大で1万2千程度しかない泡沫候補であること
資金に関しては、本人の見栄(エゴ)で個人献金しか集めないため、企業団体献金およびその票をあてにできないこと。

そもそも、元となる組織票もないくせに、

都道府県連にも所属しないと本人が主張したこと
秋葉原に事務所がありながら東京都連と反目していたこと

・・・・・などを考えれば、

全国的な知名度のアップと、マスコミの利用を考えざるをえなかった状況です。

しかし、潜在票数1万程度の泡沫候補を扱うマスコミなどはあるはずもなく
結局のところ、あのまま放置すれば、杉村太蔵よりも露出は少なくなっていたはずです。

そのうえ、著書などでマスコミを批判しているので、マスコミは好意的に扱うこともないでしょう。

その状況においてマスコミに報道させるには「日本初」「奇抜」「唯一」ということをしなければならなかった

・・ということになります。

そこで、ネットから連想し、また本人のアニメ趣味もあり、マスコミへの露出と知名度アップのために4月のコスプレパーティーをしました。

私のシナリオでは、当然に批判もあったと思いますが、4月の段階ではとにかく知名度を上げることしか考えなかったですね。

4月に批判も含めて知名度のアップ
5月に全国区での顔見世と、票の拡散
6月に票固め、非ネットユーザーの票拡大
選挙期間 批判票の取り込み

というスケジュールですから、4月5月の内容は批判も込みでそれでよかったと考えています。


選挙のプロで政治を知り尽くしている、U幹事長の計画で、アニメ趣味ということを利用してとにかく露出を高め知名度を上げることが目的であった。知名度アップを目的として自民党本部事件の前にもコスプレパーティは行われていた。しかし、じゃぱん・えきすぽin自民党に関してはU幹事長の意向では全くなかったとのこと


586:Udagawa 11/01/14(金) 23:23:53 ID:0jautB5s

6月の「ジャパンエキスポ」は、本来は、コスプレだけでなく「ネットユーザーが思い思いの形で政治や日本を語る、文化や伝統を語る」というコンセプトですが、三橋が幕あきでデュエットしたいなどと言い、スタッフが勝手にコスプレカラオケに変えてしまった。

本来は伝統や文化を語るので、四條家などを招いていたが、それを無視して女とかえってしまう三橋に呆れたことは他の掲示板ですでに明らかにした通りです。

主なところはこんなものですが、細かい話や、このほかの選挙戦略は私個人のノウハウですので、掲示板でみなさんに公開したいとはおもいません。

別な機会に私にあったら、直接口頭でご説明します。


589:Udagawa 11/01/15(土) 00:23:19 ID:0jautB5s
  
>>588
選挙にとって最も怖いのは無視されること。
非難されたり反論を言われるのはまだましです。
非難・批判する人は、見ているという証拠です。

当初は目立つこと。それでもうまくいかない人は、しっかりと取り込まなければならないでしょう。批判もされないというのでは困りものですね。

後は「非難・批判」の人をどのように「取り込む」か?

三橋は、典型的にその時点で失敗した例ですね。

そもそも、批判票を取り込む技術もないのにスタッフの首を切っていったのですからどうにもなりません。

私の推測ですが「目立つこと」「奇抜なことをすること」を最後まで続けた、4月のコスプレで新聞や雑誌に、5月の神戸で朝日放送など複数のマスコミに取り上げられた成功体験しか後援会幹部や三橋本人に頭がなかったのでしょうね。

選挙戦本戦が近づいたとき、もしくはそれらの奇抜なものを続けた場合は、誰も取り上げないばかりか、批判しか生まれません。

そのこともわからないで、まだ選挙に出るとか言っているのですから私個人の感想としては、少し現実を知らないとしか言えません。

また、そのレベルで選挙本を書くのですから、まあ、驚きですね。

何か機会がありましたら、もう少し深いところの選挙についてお話ししたいと思います。


幹事長が暴露するに至った経緯

U幹事長が辞任した際、三橋陣営がデマメールというものを流す。それがU幹事長を中傷するものだったため、U幹事長は刑事告訴を準備、そのための風評被害の証拠集めに暴露、書き込みを行ったと思われる


三橋氏自身の問題と簡単な事件の経緯

三橋貴明氏・2010年の参議院議員選挙に自民党公認で出馬
         ↓
●選挙期間中にW不倫(三橋貴明は既婚で子供あり、不倫相手の女性も既婚)
●旧宮家、旧華族が選挙応援に来ているのに不倫相手と消える
●支持者がチラシを配ってがんばっている間、不倫女性と遊ぶ
●支持者の献金を不倫女性の雑費に使う?
●日本が生きるか死ぬかの大事な参議院選挙において、女性と不倫。4万2千票の有権者を裏切る
●自民党党本部でコスプレパーティをし、エライ人より大目玉。
         ↓
U幹事長がいろいろ忠告するも三橋氏改めず、幹事長辞任
幹事長辞任に関して、三橋陣営がデマメールと言われているものを流す(笹の葉ラプソディー事件)

『【お知らせ】 以前、幹事長をお引き受け頂いていた宇田川敬介氏ですが、 幹事長退任後に虚偽の情報を流すなど、様々な深刻な問題を引き起こしていた事実が判明した結果、本日付で後援会を退会されました。幹事長職の方は、T様のサポートを受けながらH幹事長代理が遂行することになります。引き続き、よろしくお願い申し上げます。祭りのクライマックスとなる7月11日ですがH幹事長代理の方が色々と調整して下さり、 秋葉原の後援会オフィスの5Fに御集り頂く線が濃厚になっています。決定次第、本メルマガにてお知らせさせて頂きます。お楽しみに! それでは、また明日。 三橋貴明 』
         ↓
      参議院選挙 落選
         ↓
U幹事長、三橋氏の問題を暴露、刑事告訴検討


その他

●三橋貴明氏は経済評論家だが、知識曖昧で、他人の主張を借りてきて主張を行っている?
●いろいろ問題を起こしたので自民党からの公認は今後得られそうにもないが
今だに後援会?の会費を取り、しかもそれを値上げした?


幹事長暴露書き込みまとめ

選挙中の不倫に関するもの

919:Udagawa 11/02/10(木) 08:47:30 ID:M6w5u9G2
>>918
私の前で選挙中、支援者が雨の中でもビラを配っていたり、必死に支援している横で、不倫を楽しんで自分の選挙をしない候補者に対して

「選挙と女どちらをとるか」と聞き「答えによっては幹事長を辞めさせていただく」

とつけたにもかかわらず 「女」と答えた。

なお、政界の重鎮であり、それまで三橋を支持していたK氏も嘘と思って、本人に

「家庭を守れない人間は、国を守れないが、女と家庭どちらをとるか」

とK氏の事務所の応接室で聞いたところ

「女」

と即答し、それ以後三橋の支援をやめた。


749:Udagawa 10/12/08(水) 01:35:06 ID:Tn3NRvaM0
>>744
奥さんや子供を出しに使うのは良くないですね。

今回のことで最大の被害者は、奥さんとお子さんと思います。

三橋自身が、このことで反省すればよいのですが奥さんとお子さんのことを考えるとやり切れない思いがありますね。

皆さんはどうですか?


122:Udagawa 10/12/19(日) 12:38:14 ID:WWmDxNqA0
>>116
事実と違うので。

私が選挙応援を依頼した相手は(順不同で)

東久爾家・久爾家・北白河家・朝香家・四條家・四條司家・近衛家・鷹司家・水谷川家・池田家・島津家・前田家・久松家・千家

もちろん、これら出席会合には全て私が出ていました。

三橋は、このうち半分くらいと名刺交換しましたが、彼らが出席する会合に女と二人で消えてしまい挨拶もせず。かえって不興を買った。

なお、私は、この人々といまだに交流があります。松次郎氏など数名は、酒席にご一緒させていただいております。

※松次郎氏とは、やまと新聞の松原氏のこと

124:Udagawa 10/12/19(日) 12:56:22 ID:WWmDxNqA0
>>123
三橋の不興を謝罪して回ったのは私です。

三橋などは適当に数名電話を入れただけ。その対応の方法もわからずにいる。

「女とわれわれの支援で女の方が重要な候補など連れてこないでください」

と言われるような場を経験しているので、その後の酒席にもご一緒できます。

失敗を通して、その処理方法で信用は生まれるものと思います。

そのうち、皆さまにもお近づき機会があると思います。
その時の対処の方法を間違えないようにしてください。


920:Udagawa 11/02/10(木) 08:53:52 ID:M6w5u9G2  
>>917
自分の欲望に負け支援者が戦っているときに本人は不倫を楽しみ、それを指摘した人を、同じ保守であるのにかかわらず攻撃し、デマのメールを流し、嘘が続かなくなったら逃げまわっている。

そんな人が天下国家や国を守る経済を語れると思っているのか?

マニフェストで嘘をついて、有権者をだまし、指摘されれば意味不明な答弁を繰り返している民主党政権とどこが違うのであろうか??

経済に関しても、誰かの都合のよい統計だけを使う。

要するに全体を把握せず自分の都合で統計を使うのは、単純に国民をだますことにならないのか?

天下国家を語るのは、このような天下国家のためにならず、
君のようなだまされている人物に啓蒙することから始まるのです。


866:Udagawa 11/02/02(水) 00:38:01 ID:0jautB5s  
>>865
そりゃ、支援者が70名以上集まり、四條閣下などゲストも来ていただいた会合を出ないで不倫相手と一緒に帰るのでしょ。

県連幹部が頑張ってほしいと食事会を準備してくれた時に「女と二人でホテルに戻る」と大騒ぎして、挙句の果てに酒飲みながら女の膝枕で、県連幹部の前で寝るんだろ。

そのまま選挙戦う方が難しいですね。


228:Udagawa 11/02/01(火) 23:36:16 ID:0jautB5s  
>>218
一応私への質問スレなので。

四條閣下は、三橋に対してかなり怒っています。

四條閣下のような方が、応援に駆け付け、そして支援者の相手をしているのに、不倫相手と消えてしまう。そのうえ、独りよがりの事を言って応援した人への感謝の念がない。

これでは、怒っていて当然と思います。

なお、「そのような人物を支持する人がいるなんて、信じられない。日本の問題を考え勝負しているときに、他人に支援させておいて自分が快楽におぼれるようでは、不道徳であり、人の道に反する」とのことです。


32:Udagawa 11/01/31(月) 00:35:27 ID:0jautB5s  
>>28
旧華族で皇室の地を受ける四條本家、四條司家が選挙中に三橋の応援に駆け付けたのに、その四條本家、四條司家を無視して不倫相手の女と消えた人間を「保守」って、どういうこと?

それも、皆さんからの献金を使って女を連れまわしていたのだろ。

不倫関係を守るのが「保守」ですか?

それとも、皇室や伝統文化を通じ日本を守るのが保守ですか?


刑事告訴について

517:Udagawa 11/01/10(月) 12:07:18 ID:lVO6RQy6

>>509

(略)

逆に、笹の葉なんとかで誹謗中傷された私の毀損された名誉を、どうやって回復するか提案願います。それとも私には泣き寝入りして炉とでも言うのですか?


794:Udagawa 11/01/25(火) 23:40:32 ID:0jautB5s
>>793
だから刑事告訴しています。被害をうけた上に、裁判で時間がとられるのはもったいないので。


120:Udagawa 10/12/23(木) 23:55:54 ID:ux8bLiCU
>>119
なるべくご希望に沿うようにしますが、最終的には警察や検察の判断ですので、私の制御範囲を超えております。

特に麻生元首相に関しては、その後も、どのようないきさつか知りませんが、本の帯を書いたり(多分名前を使われただけと思いますが)していますので、幾分かはご迷惑をおかけする場合もあります。

なお、それらの件に関しては、固有名詞は避けますが自民党内の職員や代議士に説明しております。

皆さま一様にご理解をいただいており、警察などが来ても資料提供及び調書作成のご協力を頂けるようになっております。

殊に、デマメールなどで、名前を三橋が勝手に使った人、関わった人に関しては、幾分かご迷惑をおかけしてしまう可能性があります。

当初からそのようなメールを流すなどしなければこんなことにはならなかったと、非常に残念に思いますね。


359:Udagawa 11/01/08(土) 13:49:16 ID:0jautB5s  
>>356
ちなみに刑事訴訟の件粛々と進めいています

ご心配いただきありがとうございます。

なお、週刊誌などに関しては、私も新聞社ですから、タイミングを見て一斉に出るように申し合わせております。


413:Udagawa 11/01/08(土) 22:07:28 ID:0jautB5s  
>>408
ある事情により、最終の告訴状を少し保留しております。

証拠関係などではなく、ある重要な事情です。

なお、その重要な事情を解決するために、警察と協力して粛々と進めております。


350:Udagawa 10/12/02(木) 23:39:13 ID:O0iCEGlM0  
>>347
私は民事訴訟で長期間裁判所に通うつもりはありません。

刑事訴訟で行います。

三橋講演会の強制捜査などがそのうちマスコミで流れる可能性もあるかもしれません。

なお、上の方に関連したものがあるのでついでに。

警察の動きに合わせて、マスコミは皆情報を収集しています。

そもそも、私自身新聞社の役員ですからマスコミの扱いは慣れています。

それだけに、マスコミは、最も効果があるときに全てのネタを出すようにします。

報道しない自由ではなく報道のタイミングを計る自由を行使しているようです。

三橋の件に関しては、特に私は問題とは思っておりません。

なお私が刑事告訴を行うことは自民党には承認いただいておりますし、支援いただいております。


三橋氏の問題について

637:Udagawa 11/01/16(日) 12:23:46 ID:9dOg1res

(略)

次に笹の葉何とかの件

ユーロンさんはただ単純に不倫の件と特化しているようですが、私は別に不倫の件はそんなに大きく問題にしてはいません。

選挙に出ないのであれば、勝手にすればよいこと。

不倫に関しては下記に別に書きます。

笹の葉何とかと同じ状況で、メールが複数流れています。

また、多くの人が問い合わせ、三橋の口から出た言葉が録音されていますが、三橋は「横領」「選挙妨害」などの犯罪名を使い私を陥れております。

その内容に関しては政治資金規正法に従い総務省に会計が提出されていますので、その中に横領の事実があるのかないのか、自身で確認ください。

そのほかにも重大な何かがあるようですが、私にはよくわかりません。

そもそも、何が重大なことなのか、聞いてきてくれませんか?

不倫について

ユーロンさんは不倫についてが重大なことというようなことを繰り返していますが、三橋本人が「不倫が重大な事実」といったのでしょうか?

私への質問について解答すれば、

四条山陰嫡流四条司家第四十一代当代の四条隆彦卿は、三橋についてかなりご立腹です。

三橋が、それを自覚しているならば、四条卿に謝罪に来てもよいはずですが、少なくとも選挙後半年以上経過した現在もまったく謝罪はありません。

一般論として

不倫に関して言えば、民間人ならば勝手にすればよいこと。そのことに関与する期はありません。

しかし、選挙期間中にそのような行動をとって支援者の集まりをキャンセルしたり、もしくは、招待者や協力者を完全に無視したり、そのことでご立腹の相手に謝罪の一言もなく、選挙の本を書きながらもまったく謝罪も懺悔も、それどころか協力者に触れることもなく、さも、自分ひとりで苦労したかのような書き方をするなど、不倫そのものではなく、不倫を基軸にした選挙関係の人間関係の乱れそのものは非常に大きな問題があり、同時に、選挙という42000人を越える人を巻き込んでいるのですあら、それなりの説明責任があるというのが、通常の解釈です。

以上まだご質問があればどうぞ。


725:Udagawa 11/01/21(金) 18:43:28 ID:0jautB5s

三橋氏は1月23日の後援会を大々的に告知していますが、1月23日は自民党党大会の日。

今後公認の可能性のある人は、午後まで打ち合わせがあるはずです。

昨年の参議院選挙で惜しくも落選された方も多く出席しますが、彼は呼ばれていないのですね。


726:Udagawa 11/01/21(金) 18:49:54 ID:0jautB5s

>>722
私が出席すると三橋氏が来なくなるということで、チャンネル桜から電話があり出席を断られました。

事実無根などとネットで言いながら、私の前には出てこれないようです。三橋氏は。

なお、チャンネル桜と話していた三橋は、かなり異常であったので、説得できなかったとのこと。

誰か、なぜ私が行けば来なくなるのか三橋氏に聞いていただけませんか?


743:Udagawa 11/01/23(日) 01:42:36 ID:0jautB5s

自民党の党大会に出席できない三橋さんは、政治活動を目的とした後援会で何の政治活動を行うのでしょうか?

後援会回避の値上げなど、様々な疑問がありましたが、一つの回答の形なのかもしれませんね。


59:Udagawa 11/01/31(月) 01:49:20 ID:0jautB5s
>>55
四條閣下はかなりお怒りですね。もちろん、烏帽子親の朝香殿下もそうですが。

皇室皇族、旧皇族、旧華族への敬意の念がなくて「保守」を僭称するのは、私のように、長年お付き合いさせていただいている立場にあるものとしては、とても許せる所業ではありませんね。

また、保守の危機、日本の危機と思い政治活動に役立てるように、献金してくださった皆さんの善意を、不倫相手のお披露目交通費に使うのも、私は、人の善意を無にする行為として許せるものではありません。

聞くところによると、今年の後援会会費は、値上げしたうえに、政治活動が目的から欠如しているとのこと。

ますます、何をしている団体だか分りません。

擁護している皆さんは、そのような貞操感覚がルーズな状況や皇室や旧華族への敬意を失い、日本の伝統や文化を軽視する「保守」を支持しているのでしょうか?


70:Udagawa 11/01/31(月) 12:44:34 ID:qjtVAVQs
  
>>66
事実かどうか、四條司家当代本人に聞いたらいかがですか?

上記の通り、その機会ならば作りますよ。

もちろん、氏素性は出していただかないと、安全の観点からだれかれかまわず案内することはできませんが。

私がどうこう言うのではなく、皇室皇族旧華族の皆さんから三橋がどのように思われているか、
ご自身で確認したらよいのではないですか。

そもそも、三橋は選挙終わってから、電話を入れただけで、挨拶にも言っていないのですから
相手が皇室につながるとかではなく、選挙に協力いただいた人に対して、感謝の念を持たないと言うこと自体、私は人間の行動として疑問に思いますが。

刑事事件ですので、これ以上のご説明は遠慮させていただいております。


513:Udagawa 10/12/05(日) 23:32:10 ID:bIVX3FHQ0  
>>506 >>509
皆さんが思っている以前の問題。

三橋は、そもそも「建設国債」「赤字国債」というように国債に種類があることを知らなかった。

私は秋葉原から池袋の山手線の中でのけぞったのです。

良く調べてください。

彼の、少なくとも昨年までの著書にこの国債の種類に関し言及されていたでしょうか?国債の種類があることも知らないで「国債を刷れ」はさすがにおかしいのです。

そもそも、国債を刷って日銀に買わせるならば、初めから現金を多めに供給すればよいのではないですか?

この質問をぶつけても、明確な回答が返ってこない。

他人の受け売りだから、そして国債の性質を本質的にわかっていないから、三橋には回答が出ないのです。


514:Udagawa 10/12/05(日) 23:34:47 ID:bIVX3FHQ0  
>>508
経済は架空の学問ですか。架空の内容で日本を語るのは菅や仙谷よりも悪い影響が日本に出るのではないですかねえ。

それに中小企業診断士で日本を語るといっても日本は中小企業ではない。

ただ単にわかりやすく、しかし、問題を中小企業レベルに矮小化して言っているだけで、逆に重要なことを見落としたりしないのでしょうか?
https://ameblo.jp/damedamewanko/entry-11911641830.html


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

25. 中川隆[-5663] koaQ7Jey 2018年1月11日 23:45:16 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

今回も竹中平蔵−CIAコンビの勝ちですね


DV逮捕の経済評論家・三橋貴明氏が“注意人物”認定 テレビ界から「オファー控える」動き
2018年1月11日 21時0分 日刊サイゾー


 妻を殴ってケガをさせたとして警視庁に傷害容疑で逮捕された経済評論家の三橋貴明氏に、一部のテレビ関係者が「注意人物」として今後の出演オファーを控える動きを見せている。

「あくまで非公式の話ですが、問題を起こしそうな出演候補者への出演依頼を避けるんです。たとえば暴力団との関わりや、金銭トラブルのウワサがあったり。実際に過去、顧客とよく揉めていた弁護士や、詐欺商法をしていた企業への関与が疑われた作家なども“注意人物”として出演オファーをやめました。何かトラブルを起こして番組にまで悪影響が出るとまずいですからね。三橋さんの場合、夫婦間トラブルの逮捕だけでも十分NG案件ですけど、記者に中指を立てたとかいう言動を見て、これはもう完全アウトな人だなって印象ですよ」(報道番組関係者)

 三橋氏は1月5日夜、自宅で口論になった10代の妻の顔を殴ったり転倒させて腕にかみついたりして約1週間のケガを負わせたとして、妻が被害届を出し、翌日に逮捕された。高輪署の関係者によると「これ以前にも、同じ妻から暴力被害の相談があった」という。

 裁判所が「逃亡の恐れがない」と検察の勾留請求を却下したことで、8日に釈放。現在は在宅で捜査が続いているようだ。

 ただ、三橋氏本人は釈放時、集まったマスコミに挑発的な態度を示し、そのことをブログで「中指を立てて追い払いました」「そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!」「テレビカメラの前で『くそくらえ』と、できたのは、少し気持ちよかった」などと書いており、有罪・無罪の判断を待たずして、一部テレビ関係者らに「注意人物」と判断されてしまった形だ。

「はた目には『また、いつ問題を起こしてもおかしくない人』としか思えませんからね」(前出関係者)

 一方、DV問題の専門家からも、三橋氏の言動から「DVの常習性」を懸念する声が聞かれる。カウンセラーの野村高一氏は「多くのDV男に共通する、幼稚性、気の弱さ、我慢強くない、自己過大評価、プライドの高さなどが垣間見える」とする。

「会ったこともない三橋氏の人間性について、断定はできません。ただ、その言動を見ると、いかにもDV男っぽいのです。マスコミに中指を立てるなど、何も得るものはないのに、わざわざ自分でそんなヒンシュク行動をしてネット上で喧伝までするのは、まるでヤンキー少年レベルの幼稚な行為。それで勝ち誇った気になるのは、本質的には気の弱さの表れに見えます。第一声で謝罪にとどまらず長々と言い訳めいた話を書くのは、自分の言葉で一定の大衆を説得できると思い起こんでいる自己過大評価があり、自分で警察沙汰を起こしておきながら報道姿勢に責任転嫁するのも、誰か別の悪者を作らないと気が済まない性格で、無駄にプライドの高さが伺えます。こうした部分を見た限りでは、DV常習者であっても不自然ではないと感じます」(野村氏)

 また、自身も被害者でDV問題の相談室を運営する30代女性は、こんな感想を述べた。

「妻への暴力は深刻な社会問題であるのに、三橋さんのブログではDVを『夫婦喧嘩』と言い換え、『それほど凄い事件なのでしょうか』とまで書いていました。凄い事件だから逮捕されているのに、それ自体を軽く考えるのが典型的なDV加害者の思考。さらに『寛容なる妻がすぐに被害届を取り下げてくれた』と記述して、まるで妻が許せば罪がチャラになるかのような感覚の強調は、典型的なDV男と重なり、恐怖感を覚えます」

 そんな話に説得力を持たせそうなのが、過去2度の離婚歴が伝えられる三橋氏の前妻にあたる、作家のさかき漣さんのTwitterだ。彼女は今回の報道後、自身のDVに関する過去記事URLを提示。そこに三橋氏の名前はないものの、DV加害者を「二枚舌」の「サディスト」とし、公の場では非常に人当たりが良いが内心に不満を溜め、その鬱憤を家庭の弱者にぶつける、という分析をしており、生々しい表現とともに「天才的な二重人格者であり詭弁家」と定義。このあたり、三橋氏の名前は一切ないのだが、同氏を想像しないで読むことは難しい。さかきさんは9日、「実は、身の危険を感じております。今後もしも、わたしの身に何かあったら、誰かの報復かもしれません」とまで書いていて穏やかではない。

 三橋氏はブログで「今後は、世界に自慢できるような幸福な家庭を築くべく努力して参ります」と極端に大きな目標を掲げているが、現時点ではその期待感より不安感の方が大きいのは事実。少なくとも前出テレビ関係者は「注意人物」として距離を置いている。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数のため全部処理

26. 中川隆[-5824] koaQ7Jey 2018年1月12日 13:13:56 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2018年01月11日 三橋貴明のジレンマ / 弁明と復活の狭間で
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68695235.html

チャンネル桜の甘い対応

  『水戸黄門』の主題歌に、「人生、楽ありゃ苦もあるさぁ〜」という歌詞あったけど、人生には「上り坂」と「下り坂」に加えて「まさか(魔坂)」がある。順風満帆の出世街道でも落とし穴は附き物だ。ましてや、世間の注目を浴びる人物なら、墓穴を掘るようなことは謹まなければならない。普段は芸能記事とか三面記事に興味の無い筆者でも、三橋貴明の逮捕劇には目が止まった。偶然、ライブドア社のニュースを見たら、三橋氏の名前が載っていたので「何事か?」と思い、事件の一報を読んでみると、意外な騒動だったので驚いた次第である。最初、「10代妻への傷害容疑」との報道であったから、自宅に招いた知人の女房でも殴ったのかと思った。だって、ひと様の夫人をぶっきらぼうに「妻」と呼ぶ記者は“おかしい”だろう。記事を書く記者が「うちの妻が・・・」と言うなら分かるが、よその「奥様」を自分の嫁みたいに扱うなんて変だ。まぁ、他人の「自家用車」を「マイカー」と述べるアナウンサーとか、「長屋」を「マンション(一戸建ての豪邸)」と呼ぶ警察官がいるくらいだから仕方ないけど。

Mitsuhashi 2  本来、「傷害事件」は警察が取り扱う案件で、被害者の三橋夫人と三橋氏が解決すべき問題と言えよう。筆者のような第三者が“どうこう”言う事案じゃない。しかし、今回は「お節介」と「野次馬根性」で述べてみたくなった。というのも、三橋氏がチャンネル桜でレギュラー・キャスターを務め、同局の討論番組でも常連であり、地上波テレビとラジオ番組にも出演していたので、多少興味があるからだ。それに、今週放送された水島総社長のコメントが、いつもと違い妙に甘かったので違和感があった。三橋氏の一件が私生活でのトラブルとはいえ、彼の読者や支援者は、番組での姿と家庭での姿を重ねてしまうから、三橋氏は何らかの声明を直に発しなければならなくなるだろう。

  三橋ファンの中には、彼の夫人が10代であったことに驚いた者もいたようだが、男女の関係は十人十色で、“意外な組み合わせ”も多いから、三橋氏の夫婦関係もおかしくはない。だって、世間には元の教え子と結婚する教師がいるし、80歳の老婆と結婚する20歳の青年もいるんだから。例えば、40歳代の高校教師が自分のクラスにいる女子校生徒と恋仲となり、卒業後すぐ結婚しちゃう場合もある。また、資産家のオバはんと結婚する財産目当ての若者もいて、「夜の営み」を想像すると震えが来るが、コレばかりはしょうがない。米国ではヨボヨボの石油王と結婚した美女もいるんだからさ。ちなみに、尾崎秀実と一緒に捕まったソ連のスパイ、リヒャルト・ゾルゲ(Richard Sorge)は、恩師の元女房と結婚していたのだ。ゾルゲがアーヘンで博士課程にあった時、彼の指導教授がカート・アルベルト・ゲルラッハ(Kurt Albert Gerlach)博士で、この赤い学者はクリスチアーネ(Christiane Gerlach)夫人と別れてしまった。その後、教え子のゾルケは「先生の別れた女房」と結婚する。しかも、驚くべき事に、弟子と師匠との友情は失われなかった、というから共産主義者の頭は我々の常識を越えている。(マーティン・ジェイ 『弁証法的想像力』 荒川幾男 訳、みすず書房、1975年、 p.13) 恩師と離婚した女性を娶るなんて筆者にはとてもできないし、両親や友人だって「それは・・・、ちょっと・・・、何だかなぁ」と困惑するはずだ。でも、自分の同級生が母親の再婚相手になった場合を想像すれば、そっちの方が「まだ“マシ”かなぁ」と思ってしまう。

暴行の常習者なのか?

Mitsuhashi 1(写真 / 選挙でコスプレ姿になった三橋氏とさかき漣さん)
  ともかく、三橋氏の現夫人が何歳であれ、それはとやかく言うものではない。一番の問題は、三橋氏に“常習的な”DV(家庭内暴力)の傾向があると噂された事だ。三橋氏自身、ブログで平手打ちの事実を認め謝罪しているから、感情的に夫人を殴ってしまったのだろう。多少の夫婦喧嘩はどこの家庭にもよくあることだから一々咎めないが、警察沙汰になるというのは尋常ではない。報道によれば、三橋夫人は2017年の9月と11月にも暴力を受けていたというので、今回で3回目の災難となる。しかし通常、夫婦の口論くらいでは逮捕されないだろう。普通なら「とりあえず、喧嘩はやめなさい!」で済むんじゃないか。警察が度重なる通報を受け、連行・逮捕したとすれば、警察官が「またやったのか!」とか「悪質だ!」と考えたのかも知れないし、また、裁判所がなぜそう判断したのかの理由も知りたい。三橋氏のブログによれば、口論が起こったのは1月5日の夜だったそうで、警察に連行されたのが6日の早朝ということだから、随分と長く喧嘩をしていたことになる。三橋夫人が長時間の苦痛に堪えられなくなって110番したとも考えられるので、事の真相は夫人と警察にしか分からない。

  今回の事件で厄介なのは、三橋氏がブログで簡単な「お詫び文」を掲載しただけで、具体的な経緯を述べず、一般人の勝手な推測が飛び交ってしまった事だ。曖昧なインターネット情報によれば、作家のさかき漣さんが三橋氏の二番目の夫人で、離婚していたという話もある。漣さんのお姿は筆者もチャンネル桜で拝見したことがあるので、彼女が三橋氏の事務所に勤務し、彼と共著で本を出版していたことも知っていたが、夫婦関係にあることは知らなかった。どんな理由で離婚に至ったのかは不明だが、彼女が書いた過去のブログが再浮上して三橋氏の疑惑が更に深まっている。2015年6月28日附のブログで、彼女は「なぜ被害者は加害者から逃げ出せないのか」という文章を書いていた。その中で、DV被害者の状況について述べている。


  ・・・加害者から長年にわたり身体的虐待と共に「役立たず」「バカ」「きちがい」「俺以外には誰もお前に優しくする人間はいない」「他人は絶対にお前を助けない」「俺だけがお前を理解している」などの罵倒や甘言を交互に受けてきた経験から、被害者は、自分の思考を加害者からコントロールされているに近い状態にあり、加害者以外の他人の言葉を素直に受け止めることも困難となっている。

  さかき漣さんの表現によると、被害者は「カルトの洗脳が完了した」状態に近いようだ。だから、DVを受けた妻が、虐待を世間に訴えかけようとしても、夫にバレたら叱られる、と怯えてしまい、病院で怪我の治療だけ済ませ、そのまま帰宅してしまうケースもあるそうだ。たとえ、警察から何度も「被害届を出しなさい」、「シェルターに逃げるという方法もある」と説得を受けても、「ここで私が我慢すれば、“何もなかった”ことになるのだ」と思い込み、やはり帰宅してしまうらしい。そこで、漣さんは、次のように勧告する。

  もしも暴君のコントロール下から抜け出したいのなら、被害者には、「もしや自分は加害者から利用されていたのではないのか」との疑念を持ち始めることが肝要だ。

  こんなブログを一般人が読めば、「もしかしたら、さかき漣さん自身の体験を基にした分析なのか?」と疑ってしまうだろう。事実、漣さんは家庭内暴力に関心があるようなので、彼女の主張と見解には何となくある種の重みがある。チャンネル桜の水島社長は、番組内で「いずれDVについても討論してみたい」との旨を語っていたので、さかき漣さんをゲストに迎えてみたらいいんじゃないか。彼女は「夜桜亭」とか「討論! 討論! 討論!」にも出演したことがあるので、水島社長とも面識があるはずだ。だだし、「漣さん、ご自身がDVを受けた経験がありますか?」との質問には答えないだろうから、その時に彼女が見せる表情で判断するしかない。

  今回の逮捕劇で三橋氏のイメージが損なわれたのは確実だ。保釈後、三橋氏はブログを更新し、その中で、マスコミが大々的に報道する程の事件か、と呆れていたが、ベストセラーを世に送り、テレ朝の『TVタックル』を始めとする討論番組に出演する売れっ子評論家ともなれば、マスコミが放って置く訳がないだろう。藝人のつまらない色恋沙汰でさえ何日も垂れ流すマスコミだ。そこに、普段からマスコミ批判を繰り返す三橋氏が「傷害事件を起こしたぞ !」とくれば、血に飢えたサメのように群がり、容赦無く噛みつくのは当然だろう。しかも、三橋氏は初犯でなく、2015年(平成27年)9月にも、神奈川県の小田原署に逮捕された「再犯」である。三橋氏はこの事件をどう説明するつもりなのか? 2015年というと、二番目の夫人である「さかき漣」さんへの暴力かも、と推測できる。この件に関しては三橋氏に訊くしかない。水島社長はこの「逮捕」について、三橋氏に問い質したのだろうか。原因や内容を聞き出せなくても、事件の確認くらい電話で訊けるだろう。

疑惑を晴らす手段

  今回の事件を三橋氏がどうするのか、無関係な筆者には全く分からない。彼はレギュラー・キャスターを務めるチャンネル桜に今後出演するのか。もし、三橋氏が今回の騒動を「単なる夫婦喧嘩」と判断するのであれば、彼は来週にも再登板すべきだ。なぜなら、自分にDVの性癖が無く、夫人との和解ができていると言うなら、視聴者の前に出て堂々と話すべきだし、皆が持っている疑念を払拭すべきである。このままチャンネル桜から消え去り、講演巡業や著述活動に専念するなら、視聴者の多くが「やっぱりねぇ〜」と彼のDV疑惑を認めてしまうだろう。私生活での醜態をインターネット・テレビで語るのは恥ずかしいだろうが、家庭内暴力に関する猜疑心はいつまでも人々の記憶に残るから、三橋氏の将来にとって大きなマイナス要因となることは確実だ。したがって、「当分のあいだ謹慎する」と言って雲隠れすれば、彼の立場はますます不利になるだろう。伊藤詩織に対する「強姦疑惑」を持たれた山口敬之さんも、月刊『Hanada』で反論文を投稿し、花田氏のインターネット動画にも出演したから、自身の疑惑を晴らすことができたのだ。あのまま沈黙を守っていたら、現在のようには活動できない。警察沙汰が一件落着しても、世間の不信感は解決できないのだ。

  もし、三橋氏が疑惑を晴らしたければ、被害者の三橋夫人が何らかの声明をネットで発表するか、声だけでもいいからチャンネル桜で流してもらうべきだ。警察への被害届を取り下げたといっても、世間はそれを「恐怖による撤回」としか考えない。本当に三橋氏が謝罪し、夫人からの赦しを受けたのなら、三橋夫人としても旦那のために一肌脱ぐべきじゃないのか。夫の仕事に影響が出てしまい、ファンの数も何名かは減ってしまうのだから、窮地に立った夫を助けるのも妻の役目だろう。愛人騒動で騒がれた山崎拓は、勇気ある夫人に助けられたし、浮気を繰り返すビル・クリントン元大統領もヒラリー夫人に掩護されたじゃないか。ただ、三橋夫人が「そんなの絶対にイヤ」と突っぱねる場合も想定できるので、こうした提案は非現実的かも知れない。それに、まだ彼女が恨みを抱いている場合、夫への復讐心が消えていないので、三橋氏の窮状を見て「ざまあみろ!」と思っている可能性もある。

  この事件を当ブログで論じることには、少なからぬ抵抗感があった。まるで藝能週刊誌が得意とする中傷記事になってしまいそうで気分が重くなったからだ。元々、筆者は三橋氏に対して悪意は無い。私的な事だけど、彼が2010年に参議院選挙へ出馬した時、彼に献金をしたことがある。筆者は最初から、「まだ政界進出には早い。しかも、知名度や組織票が無いから駄目だなぁ」と思ったけど、藝人議員よりは“まし”だろうと考え、三橋氏を支持することにした。だって、元柔道家の田村亮子やプロレスラーの馳浩などと比べれば、三橋氏の方が「まとも」に思えるじゃないか。しかし、三橋氏の選挙参謀になった宇田川敬介との「いざこざ」や、三橋氏の未熟さを耳にして嫌気が差したのも事実だ。宇田川氏から「女と選挙戦、どっちを取るんだ?」と迫られた三橋氏は、「女」と答えたそうだから実に情けない。ある会話で三橋氏は選挙のために1500万円も巻き上げられ愚痴をこぼしていたけど、権力を目指す者には色々な人間が群がってくるのを分かっていなかったのか。宇田川氏から選挙の挨拶回りが出来ていない、と叱責されてふて腐れていたが、政治家になる場合には、不愉快な人物に対しても愛想を振りまき、何度も頭を下げねばならないものだ。それがイヤなら最初から出馬しない方がいい。個人の人気だけで当選できる候補者は限られている。

  今回のブログは曖昧模糊となってしまったが、「三橋氏には頑張ってもらいたい」というのが筆者の願いである。ただし、読者から「能力があれば、そして良い意見を主張するなら、DV癖を寛恕できるのか !」と詰問されれば、答えに窮するから筆者も反論するのが辛くなる。それゆえ、三橋氏にはカメラの前で堂々と説明してもらいたい。世間は彼の態度や表情で判断するだろう。でも、傷つきやすい三橋氏のことだから、「ギャアギャア言う連中は相手にしない ! テレビの仕事が無くても食って行けるから」と言いそうだ。目下のところ、引く手あまたの経済評論家なので、チャンネル桜や地上波での仕事を失っても、それほど痛くはないだろう。しかし、いくら人気者といっても、しょせんは三橋事務所は個人商店だ。巨額の資産を保有する大企業じゃないから、信用が失墜すれば徐々にその名声にも翳りが出てくるだろう。ダメージに対する初期対応を怠れば、必ずやそのしっぺ返しが来るぞ。被害届が取り下げられたから、今回起きた事件の解明はうやむやとなり、三橋氏へのネガティヴな印象だけが残ることになる。余計な世話だけど、三橋氏の失脚を惜しむから、筆者は敢えて意見を述べる事にした。これから世間の反応がどうなるか、ちょっと気掛かりだ。
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68695235.html

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

27. 中川隆[-5805] koaQ7Jey 2018年1月13日 11:08:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

竹中平蔵は学問的業績はゼロだけど、陰謀に関しては天才ですね


10代妻DVで逮捕の三橋貴明は常習犯、元嫁のブログ内容がヤバい!
関係者「彼は陰謀論を展開するだろう」2018.01.10


メディア出演も数多い経済評論家の三橋貴明氏(48=本名・中村貴司)が10代妻への傷害容疑で警視庁高輪署に逮捕された。逮捕容疑は5日午後7時ごろ、自宅で10代妻に足をかけて転倒させ、顔を平手で殴ったり、腕に噛みついたりして、全治1週間のケガを負わせた疑い。8日に同氏は釈放された。警視の調べに同氏は「何もしていない」と否認しているが、昨年9月と11月にも同様のトラブルで妻から110番があったという。

 三橋氏は外資系IT企業勤務などを経て2008年に独立。ネット掲示板「2ちゃんねる」での発言をきっかけに評論家デビューを果たし、多数の著書も執筆している。その活躍ぶりはめざましいが、一部で同氏の経済理論は「オカルト」との指摘もある。

 2010年には参院選比例代表で自民党から立候補も落選。先月13日には、安倍晋三首相と会食したことをブログで公開し、政策に批判的な意見を伝えたとして「近い将来、私に何らかのスキャンダルが出るか、痴漢冤罪(えんざい)で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう」と意味深に書き込んでいた。政界関係者の話。

「ただの2ちゃんねらーが一国の首相と会食するまでに上り詰めたのだからたいしたもの。国家権力に怯える様子も『自分は大物なんだ』というアピール。今回の逮捕で『言った通りになった』と陰謀論をブチ上げるだろうが、全くそうした“力”は働いていない。ハメられるほどの大物ではありませんからね(笑)」

 むしろ今回は逮捕されるべくして逮捕された。社会部記者は「昨年、奥さんからの2度の通報を受け、当局は三橋氏に暴力をやめるよう警告したが、再びトラブルを起こした。実はこの手のDVで彼が逮捕されたのは今回が初めてではない。つまり常習。警察は家庭内の揉め事に口を挟まない民事不介入が原則だが、よほど悪質だったのだろう」と推察する。

 ネット上では同氏に10代の妻がいたことにも注目が集まっている。三橋氏を知る人物によると「彼はバツ2で、いまの奥さんとは2年ほど前に結婚したそうだ。現時点で10代なのだから、当時は淫行一歩手前の年齢だったはず。彼は博識で普段の物腰は柔らかく、初対面の人には非常に魅力的に映る。現妻も勢いで一緒になった感はある」という。

 事件を機に元妻の女性作家の過去ブログにも注目が集まっている。その女性は15年6月に「DV加害者の二枚舌と“共犯者の存在”」と題した記事を掲載。「DV・虐待について勉強することを、私はライフワークのひとつとしている」から始まり、DVは「家庭内のいざこざ」というよりも「殺人未遂」という方がより真実に近いと評している。
http://tocana.jp/i/2018/01/post_15614_entry.html

838金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/13(土) 09:05:05.37ID:em6vKF3X

三橋貴明の経済動向塾と三橋塾長と行く特別企画インドネシア視察の今年の募集は、
JMCAのHPから削除されてるから主催者側が中止にしたんじゃない

今回の件で仕事には全く影響出てないと言っていたが
色々と影響が出て来ると思う
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/eco/1499570745/l50

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

28. 中川隆[-5843] koaQ7Jey 2018年1月15日 16:28:08 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2018-01-14
■DV事件で逮捕された三橋貴明からの謝罪動画


妻に対するDVで逮捕された三橋貴明から、会員制サービスの「月刊三橋」会員向けに謝罪動画が発表されたのだが、けっこうひどい内容でびっくりした。

冒頭の、19歳の奥さんと出会った馴れ初めが「新宿駅の出口でよっぱらいに絡まれていたのを助けた」というのからして作り話くさいが、まあそれはいい。問題は、暴力を奮った原因を、終始、妻のせいにしていることだな。この人全然反省してない。

 

妻は歳が若いので子育てのプレッシャーに耐えられず、しょっちゅうヒステリックになって手がつけられず、よく取っ組み合いの喧嘩になる。

そして妻はヒステリックなので、すぐに110番してしまうんだと。

三橋はブログで、妻から「きつい一言」を言われて思わず平手打ちしてしまったと書いている。謝罪動画の説明によると、赤ちゃんが寝る時間になり、三橋が寝かしつけようとしたら妻が「あなたには赤ちゃんは渡せません。あなたは暴力を振るうから」と言ったらしく、このせりふに「俺が暴力を振るうなんて、そんなことあるわけないだろう。この女は何を言ってるんだ」とムカついたので妻を平手打ちしたらしい。(そんなやつに赤ちゃん渡せるかよw)

過去にも2回110番されているのだが、「ここでは言えない彼女の問題」(精神病を示唆?)とやらがあり、それを警察も知っていて話が通じているから、すんなり釈放してくれるんだって。しかし警察もよく理解してる「いつもの夫婦喧嘩」案件で、「逮捕」されるのは不自然だ。

 

これで言い訳できた気になってるんだろうか、この人。
https://anond.hatelabo.jp/20180114182915

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

29. 中川隆[-5882] koaQ7Jey 2018年1月16日 23:00:14 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
meguのブログ 三橋貴明への退場勧告 1 2011年10月22日

ネトウヨの皆さんの精神安定剤・三橋貴明氏の仮面をこれから剥がしていきたいと思います。

1.まずは、以前にも指摘しましたが、彼の素性を洗ってみましょう。

2011年8月の私のブログにて、『意味不明! シンポジウム"震災後の思想戦"』というタイトルで三橋氏の胡散臭さをお披露目しましたが、もう一度、おさらいをしておきましょう。


三橋氏の経歴


Wikiより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%A9%8B%E8%B2%B4%E6%98%8E

『1969年(昭和44年)生まれ、1994年(平成6年)に大学を卒業』


⇒2浪し4年で卒業、1浪し1年留年して卒業、現役で入学し2年留年して卒業、のいずれか。


『外資系IT企業、日本電気、日本IBMなど計10社に勤務したのち、2005年には中小企業診断士の資格を取得した。2008年(平成20年)11月、三橋貴明診断士事務所(東京都練馬区)を開設して、フリーランスの活動を開始した』

⇒1994年〜2008年までの14年間で10社に勤務(平均勤続年数1年半)


IBM、NECなど大手企業はこれだけ転職回数の多い人は採用しません。

大学卒業後、入社してすぐ辞めたか、あるいは経歴詐称のいずれかでしょう。
これだけ職を転々としている人に、企業のコンサルティングなんて出来るんですかねぇ???

ちなみに2ちゃんねるへの書き込みが論壇デビューのきっかけらしいですが、あんなものに延々と書き続けるなど、余程ヒマだったんでしょうね。
私の知人でプロの経営コンサルタントがいますが、忙しくて、2ちゃんねるで有名になるほど書き殴っている時間なんてありません。
普通のサラリーマンでもそんな時間はないでしょうから、この人は開店休業状態だったか、ニートだったか、のいずれかではないでしょうか?


いずれにせよ、学術論文ゼロ、経済学を体系的に学んだ形跡もゼロ、サラリーマンとしても平均勤続年数1年半程度の人間に、日銀のエリートたちも文句言われたくないでしょうね(ーー;)

彼の経歴の出典は、当時はwikiで拾ってきましたが、今回は動かぬ証拠を直接ゲットしてきました(冒頭の写真参照「中国経済・隠された危機」)。

※14年で10社、職を転々とした経歴は、デビュー当時の著書2冊にあるのみで、本が売れるようになってから、さすがにヤバイと思ったのか、表現が「NECなどに勤務」と変わっています。


彼が経営コンサルタントを自称しながら、一方で本当の「経営コンサルティング」の実務経験がほとんど無いであろう証拠を皆様にはご覧いただきましょう。
(せいぜい、システムコンサルティングをやっていた程度で、経営の意思決定を左右する実務経験は皆無に等しいでしょう)


2.本日は、こちらのブログの間違いを指摘しておきましょう。

新世紀へのビッグブラザーへ

『カウンターパートと減価償却』(2011年10月20日更新)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11053160677.html

(念のため魚拓)
http://megalodon.jp/2011-1022-2212-16/ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11053160677.html


【以下転載】

-----

民主党の人たちが理解していないことがあります。それは「減価償却」の考え方です。

(中略)

設備投資でも公共投資でも同じですが、「投資」とは費用を一年で計上したりしません。例えば、2011年に100億円かけて工場を建設したとします。すなわち、企業が100億円の設備投資をしたわけです。

100億円かけて建設した工場は、今後十何年も(あるいはそれ以上の期間)、生産活動に活用され、収益を上げ続けます。すなわち、今、投資することで、将来的にベネフィットを得続けることができるわけです。
というわけで、100億円かけた工場の建設費用(100億円)を一年で費用計上することはできません。何年、何十年もかけ、少しずつ費用計上し、投資額を償却していくことになります。すなわち、減価償却です。ちなみに、一般的な工場は二十年から四十年で償却するようですね。四十年償却とすると、100億円の工場建設投資に関する費用計上は、毎年、2億5千万円ずつということになります。
100億円の工場建設の投資金額は、建設時点で支払います(その月に払う企業はないでしょうが、あくまで例です)。工場を建設した会社からは、初年度に100億円の現金が消えるわけですが、費用計上はわずかに2億5千万円しかできません。それで、いいのでしょうか。
いいのです。工場建設などの大規模投資は、普通は銀行などから資金調達をして支払います。銀行返済も長期間かけて行いますので、企業は工場建設という投資から得られる利益と減価償却費、及び返済負担と金利支払いのバランスを考えて投資判断をするということになります。
上記のような「投資」「減価償却」といった考え方は、はっきり言って常識の範疇なのですが、この辺りの感覚が民主党首脳部にはかけているようで。
(中略)

長期間、日本国民が使用するインフラの投資費用を、長期間かけて償還するのは当たり前でしょ?

-----

【転載終わり】


民主党の売国議員がアホなのは周知の事実であるが、一方で彼らを批判する三橋氏も五十歩百歩、あるいはそれ以下です。


(間違いその一)

『ちなみに、一般的な工場は二十年から四十年で償却するようですね』


→理論も実務も全く知らない、暴論中の暴論です。

まず、会計学の基本から解説する必要がありそうです。

貸借対照表(バランスシート、B/S)の資産の部(借方)の資産評価の考え方は次の通りです。

@貨幣性資産(預金・受取手形・売掛金など、資産の購入や支払いに使われるもの)
・・・回収額もしくは回収可能額で評価

A非貨幣性資産(建物、機械装置など固定資産等)
・・・原則は取得価額。ただし、資産の本質は将来の収益獲得能力(サービス・ポテンシャル)にあることから、収益の獲得に貢献しないと見込まれる金額については、簿価から切り捨てるのです。(減損会計等)

→要するに、将来の収益獲得能力が何年に及ぶかで、固定資産の償却年数は変わるのです。
収益獲得能力がなければ、それは資産ではなく、費用・損失であり、B/S計上・長期間に及ぶ償却など認められません。

また、『一般的な工場は二十年から四十年』と暴論を吐いていますが、それは工場の建物本体の話であって、工場内の機械設備はその稼働期間が償却期間であり、こんな長期にわたる償却は通常、ありえない。

各都道府県が復興予算として提示してきた復興費用等の内容、新たに使用する建物、設備、構築物等の見積使用期間等によって、全く償却年数は変わるのです。
こんな乱暴な償却の考え方など、(特に上場している)民間企業では存在しない。


(間違いその二)

『「投資」「減価償却」といった考え方は、はっきり言って常識の範疇』

→減価償却というより、「費用収益対応の原則」「費用配分の原則」の考えにより支出のB/S計上と資産の徐々に費用化されるのです。
したがって「収益獲得に貢献しない支出は直ちに費用(損失)処理される」のです。
三橋氏が普段から絶叫する「雇用目的のための支出」なんぞは、もともと雇用自体が目的であるため、大半が即時に費用化されるか、わずか数年で償却するかのいずれかです。


(間違いその三)

『長期間、日本国民が使用するインフラの投資費用を、長期間かけて償還するのは当たり前でしょ?』

→既に1000兆円もの国家債務(簿外の年金債務は別途あり)を積み上げ、まだ子孫に負担を強いようというのは、ご先祖様から現在の世代へ、そして将来世代へと国家を相続していく義務を全く無視した、極左の思考回路そのものです。

子孫のことなんぞ、どうでもいいと思っているから、そのような暴言が平気で吐けるのでしょう。

三橋氏の言う、「国債は日銀が引き受ければ大丈夫」が正しいなら、そもそも税金は全て廃止して、無税国家としてやっていけるという究極のバカ理論に到達します。
だったら、外国人にばら撒く子供手当や生活保護費など、三橋理論を盲信する人は目くじら立てる必要はないでしょう。


三橋貴明氏の狙いは、

@本を売ること
A有名になること
B日本経済の破綻

でしょう。

しかし、このような人物の本が本屋で平積みになっているのを見ると、憂鬱になります。
チャンネル桜、月刊「WiLL」などに潜む、ゲッペルスの再来ともいうべきデマゴークたちに洗脳された愛国者が亡国に走るのを、黙って見ているわけにはいきません。
http://megu777.blogspot.jp/2011/10/blog-post_22.html


30. 中川隆[-5873] koaQ7Jey 2018年1月17日 11:20:26 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2018年01月16日 さらば三橋貴明!


 あんたにはいろいろ学ばせてもらったと思ってた。三橋経済塾は辞めたけど、月刊三橋の購読はずっと続けてた。今回、あんたが逮捕されたとき驚いたとともに、今まで信じたくなかったことを突きつけられた気がした。

 前嫁のさかきさんのブログ。うすうす感じてたけど、一般論だと信じたかった。でもさかきさんのことも殴ってたんじゃないのか?あの失踪騒ぎの後、さかきさんが大怪我したと聞いたときも、なんで理由を言わないのかと思った。嫁が大怪我してブログの更新どころじゃなかったって言えば済んだのになんでって。

 あの謝罪動画を見た人が上げてるブログ。本当だよ、もっとひどいけどな。なんでもかんでも子育て中の嫁のせいにしてんじゃねーよ。それで何マスコミに口止めしてんだよ。子供をネタにしてほしくない?お前だろそれ。ネタにしてほしくなかったら、若い嫁が子育てに耐えられなくて暴れてるみたいなこと言ってんじゃねーよ。そんなもん、全部包み隠してひたすら謝ればいいじゃねーか。妻に手を上げるなどとんでもないことをしてしまいました。申し訳ございませんって。それを今まで100当番通報されたのも、子育てが原因で取っ組み合い殴り合いの喧嘩した?バカじゃねーの。嫁殴るなよマジで。そんでここでは言えないけど、嫁には事情がみたいな、言えないなら言うなよ一生黙ってろよ。それで仕事には全く支障がないとか寺ちゃんを休むのは出張があったから予定通りだったとかしらねーよ。

 子育てが原因で喧嘩してるとか嫁に問題があるとか言って、これから何人も子供作る?やめとけ不幸量産する気かよ。夫婦生活続けたいんだったら今の状態改善してからだろう。そんな期待誰もしてないと思うけどな!

 お前、最初の嫁と娘はどうだったんだよ。W不倫して結婚した2番目の嫁は?参議院選挙に落選した後、皆逃げてったけど、さかきさんだけが残ってくれたって言ってたよな?そのさかきさん死ぬ目に合わせといてなんだ?今の嫁と2年前に出会ったって。さかきさん大怪我して2年たってねえだろ。なんだそれ?

 なんかもう、いろいろ嫌な噂も聞いてたけど経済理論だけは正しいって信じてたよ。でもそういう問題じゃあねえだろ。いくら理論が正しくても誰がお前みたいなクズの話聞くんだよ。

 もう一度いう。さらば三橋貴明!!これからどこで学べばいいのか。とりあえず月刊三橋は解約したよ。マジでふざけんな。
http://keiseisaiminn.seesaa.net/article/456248973.html


31. 中川隆[-5860] koaQ7Jey 2018年1月18日 09:13:16 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

【桜便り】三橋貴明氏の奥様、暴行事件について語る[桜H30-1-17] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=IKHz36pCI00

32. 中川隆[-5871] koaQ7Jey 2018年1月20日 10:09:46 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋貴明せんせはこの映画の久保田 光一郎と雰囲気が似ていますね:

楳図かずお ! 神の左手・悪魔の右手! - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=zvo_-Baigrw


2006年7月22日公開。

元は那須博之が監督を担当したが、監督の急死により金子修介に引き継がれた。『黒い絵本』をベースに書かれた物語だが、主人公はソウ(小林翼)ではなく、姉のイズミ(渋谷飛鳥)。楳図かずお本人も1シーンで出演している。R15+に指定されている。


登場人物・キャスト

山辺 イズミ(やまのべ イズミ)
演 - 渋谷飛鳥ソウの姉。
高校生。弟の力を唯一知る存在で、弟を助ける為に力を尽くそうとする。


山辺 ソウ(やまのべ ソウ)
演 - 小林翼
イズミの弟。小学生。人間の悪意を夢で予知する力を持つが、姉のイズミ以外には信じてもらえない。姉との姉弟関係は至って良好。物語序盤では予知夢の影響で首に瀕死の重傷を負い、病院へ搬送されるが、姉やモモを助ける為に立ち向かう。


久保田 光一郎(くぼた こういちろう)
演 - 田口トモロヲ
山奥の屋敷で娘のモモと二人暮らしをしている。病弱な娘の為に黒い絵本を描いているが、その内容の殆どは主人公の女の子が無惨に死んでいく残酷な内容の絵本である。普段は近所のコンビニでアルバイトをしているが、客足が少ない為、絵本を描いていることが多い。その帰り際には娘へのお土産にヨシコの実家である行きつけのケーキ屋でケーキを買っていく。その正体は自分が描く絵本を再現する為、次々と女の子達を惨殺してきた殺人鬼だった。


モモ
演 - 清水萌々子
光一郎の娘。7歳。足の病を患い、家で寝たきりの孤独な日々を送るが、父の描く黒い絵本が唯一の楽しみだった。しかし、あるきっかけで父の正体に気付いてしまう。

スタッフ

監督:金子修介
脚本:松枝佳紀
撮影:高間賢治
編集:矢船陽介
音楽:Wataru Hokoyama(鋒山亘)
美術:及川一
特殊メイク:藤原鶴声
配給:ショウゲート
製作:「神の左手悪魔の右手」製作委員会(ショウゲート、松竹、衛星劇場、パノラマ・コミュニケーションズ、アルチンボルド)
上映時間:95分
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%B7%A6%E6%89%8B%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E5%8F%B3%E6%89%8B


33. 中川隆[-5874] koaQ7Jey 2018年1月22日 18:44:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

【拡散希望】三橋貴明氏の妻事件を語る! 2018年01月21日
https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12346121548.html


■【桜便り】三橋貴明氏の奥様、暴行事件について語る


<1月15日に収録>


【桜便り】三橋貴明氏の奥様、暴行事件について語る[桜H30-1-17] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=IKHz36pCI00


 1月17日のチャンネル桜に、DV容疑で逮捕・書類送検された三橋貴明氏の奥様が登場しました。

 何度もこの動画を見直しましたが、非常に違和感を覚えました。

 まず、何故自らがわざわざメディアに登場しようと思ったのでしょうか?

 「本当のことを皆さんにお伝えしたい」と言うのであれば、(日本人的な感覚からすると、自分達を恥じて)FAXや手紙で説明したり、気持ちを表すのでも充分だと思います。

 しかし、彼女はあえてメディアに登場したことで、逆に事件の憶測を呼ぶ結果になったのではないかと思うのです。

 動画の中から、いくつか気になったポイントを拾ってみたいと思います。


<三橋貴明氏の奥様>

■話し方が、日本人?(22:20〜)

三橋氏の奥様「今回の〜、インタビュー出演に際しては〜、三橋の指示はありません。」

 この発音を聞いた時、「日本人の発音ではないな」と直感しました。


■平手打ちされた後のことを聞かれしばし沈黙、通報したのに通報されたと発言(25:36〜)

水島聡氏「(平手打ちをされて)その後どうなったんですか?」
奥様「その後?(しばらく沈黙)その後は・・・。」
水島氏「その後はだって通報まで行くわけでしょ?」
奥様「そうですね。その後、通報されて、で〜。」
水島氏「通報されてじゃなくて、あなたが通報したんじゃないの?」
奥様「あたしが通報しました。そうです。私が通報しました。」

 自分が通報した当事者ならば、第三者が通報したかのような発言をするでしょうか?

 本当の通報者は、別の人間である可能性を感じます。

 例えば、警察より先に現場に来た奥様のお母さんがそうなのでしょうか?


<三橋貴明氏の奥様にインタビューする水島聡氏>


■警察署を刑務所と発言(28:10〜)
水島氏「で、翌朝服を取りに戻った時は、三橋さんとは何か話したんですか?」
奥様「ああいえいえ、三橋はもう刑務所の方におりました。刑務所?ん〜。刑務所じゃないな、警察。」

 ただの言い間違えというより、潜在的な願望がそう語らせたように感じます。

■逮捕されればニュースになる事を知らなかった。警察は喧嘩の相談相手(29:05〜)
水島氏「警察からは、三橋さんを逮捕するというのは聞いてましたか?直前?」
奥様「いえいえ、三橋を逮捕するというのは聞いてましたよ。私が警察の中にいる時に。でも、あんなにニュースとか、マスメディアに載るとは思っていませんでした。」
水島氏「その時は、逮捕されるというは、結構大変なことになるかもわからないというのはあまり考えなかった?」
奥様「そうですね。110番した時は、逮捕されるというのは考えなくて、なんか相談みたいな、仲裁してほしかったんですよね。喧嘩を。」

 喧嘩の相談のために110番通報していたと発言しています。自分のお母さんも現場に来ていたのですから、普通は身内で何とかするものでしょう。

 警察もいい迷惑です。


■ネットで三橋氏逮捕を知って笑い(30:03〜)
水島氏「(三橋氏が)逮捕されたのは、どうして知ったの?」
奥様「逮捕されたのを知ったのは、ネットですね。ネットで三橋貴明と検索したら、『逮捕、逮捕、逮捕』って出てきて。(笑)」

 世間が自分の夫の逮捕で大騒ぎしているのを、まるで楽しんでいるように感じます。


■警察沙汰は夫婦喧嘩の仲裁のため(30:56〜)
奥様「過去二回の警察沙汰についても、夫婦トラブルです。さっき言ったように仲裁してもらいたいと。そうですね。家事とか育児をめぐってよく口論していましたので、仲裁していただきたかったです。」
水島氏「なるほどな。警察はそういうことをやってくれると思ったわけだね?」
奥様「思っていましたね。」

■(過去形で)結婚を続けたいと思っていた。三橋氏のことをあっち(31:17〜)
水島氏「根本的なことを聞きたいけども、離婚するとかそういうことを考えたわけ?それとも、これは単なる喧嘩だと思っていたの?」
奥様「私は続けたいと思っていましたけども、あっちがどうでるのかなあと思っていましたね。あっちが離婚したいって言うのかもしれないし・・・」
水島氏「あなた自体は?」
奥様「私は、続けたいと思ってました。」

 今の気持を語りたいなら、過去形で語るのはおかしいです。

■子供の前での夫婦喧嘩は幼児虐待(33:25〜)
奥様「あの〜、子供の前で喧嘩するというのは幼児虐待になるので。」


<スタジオに連れてきたお子さん>

  夫婦喧嘩がなぜ幼児虐待になるのか、理解できません。

■DVと夫婦喧嘩の違いが理解できていない(33:45〜)
水島氏「あなた自体は、DVだと思っているの?電話した時はDVだと言ったけどもね?実際はどう思ってるの?」
奥様「実際?この問題については、夫婦喧嘩が大きくなってしまったっていうところですかね。」


  夫婦喧嘩をいちいちDVとされたと警察に通報される三橋氏が気の毒になって来ました。

■三橋氏との出会い話がドラマ的過ぎ(37:30〜)
奥様「きっかけは、新宿の南口で酔っ払いに絡まれていたところを、助けてもらいまして三橋さんに。」

 この話は、どう考えても眉唾ものでしょう。

 都内ならば、ほとんど車で移動される三橋氏が、新宿駅前に突然現れ、十代の少女を助けたなどという話は、アニメかドラマの世界でしかありえません。

 これだけとってみても、本当に彼女が事実を話されているのか、非常に疑問です。


<出演していた林眞佑子氏も微妙な感想>

■DVという言葉は警察沙汰にするために使った(46:40〜)
水島氏「収録し終わったあとでね、彼女からDVって言葉つかっちゃたんだけども、警察に夫婦喧嘩だからとは言えないんで使ったけども、それは削ってもらえるかと言ったんで、それは駄目ですと、そのままでしょと、本当のことを全部言った方がいいからということで、編集ということは、削るという事はしませんでした。」


<三橋貴明氏の奥様>

【この動画のまとめ】

■話し方が、日本人?(22:20〜)
■平手打ちされた後のことを聞かれしばし沈黙、通報したのに通報されたと発言(25:36〜)
■警察署を刑務所と発言(28:10〜)

■逮捕されればニュースになる事を知らなかった。警察は喧嘩の相談相手(29:05〜)

■ネットで三橋氏逮捕を知って笑い(30:03〜)

■警察沙汰は夫婦喧嘩の仲裁のため(30:56〜)
■(過去形で)結婚を続けたいと思っていた。三橋氏のことをあっち(31:17〜)
■子供の前での夫婦喧嘩は幼児虐待(33:25〜)
■DVと夫婦喧嘩の違いが理解できていない(33:45〜)
■三橋氏との出会い話がドラマ的過ぎ(37:30〜)
■DVという言葉は警察沙汰にするために使った(46:40〜)

 これでは、本当のことを伝えるどころか、かえって逆効果になったと思います!

 どう考えても、違和感あり過ぎです!
https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12346121548.html


34. 中川隆[-5847] koaQ7Jey 2018年1月24日 15:23:28 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
>>26の続き

2018年01月18日(続) 三橋貴明のDV疑惑について

本人登場の釈明会見

  前回(1月11日のブログ)、DV(家庭内暴力)で逮捕された経済評論家の三橋貴明について書いた。その時、筆者には詳しい内情が判らなかったので、勝手な憶測と邪推で評論し、三橋氏の容疑を晴らすには、本人が公の場で説明するか、三橋夫人が何らかの声明を直接発するしかないと提案した。すると、要望が叶えられたかのように、三橋夫人がチャンネル桜に出演した。彼女が「事件」の経緯を説明してくれたので、筆者としてはちょっと嬉しい。やはり、当事者が画面に現れて直に弁明しないと世間は納得しないよねぇ。

三橋夫人は顔を伏せての釈明だったが、それでも話し方や受け答えの様子で、三橋氏の「暴力」が強烈なものではなかったと安心できた。新聞の報道だけでは事件の発端や経緯が分からないので、不特定多数の人が「DVの常習者だ !」と断定したり、「少女趣味のロリコンだ!」と揶揄していたから気になっていた。ただし、三橋夫人の話だけで納得しない人もいるはずで、「それなら、第一夫人と第二夫人の場合はどうだったのか?」との疑問を投げかけられれば、擁護派の人も唸ってしまうだろう。本当に夫婦間の揉め事は判りづらい。

  説明対談は有り難いが、それで全員が納得する訳ではない。ある人々は「もしかすると、三橋夫人は何かを隠しているのかも知れないし、知られたくない事実を隠すために、敢えて気さくに答えたのだろう」と勘ぐるひともいるからだ。一緒に連れてきた赤ん坊を見れば解るけど、幼い子供を育てる母親としては、父親の名誉を守りたいし、過去にあった色々な夫婦喧嘩を話したくないと断っても不思議じゃない。意地悪な見方をすれば、「真相」をうやむやにする為に夫人が嘘をつくことだってあるだろう。今回の事件で夫の仕事が減ってしまったから、家庭を支える妻としては、夫の容疑を晴らし、以前のような活動を再開してもらいたいと考えるのも妥当だ。これから幼い子供を育てて行くわけだから、養育費を心配する妻であれば、夫の収入が激減するのは避けたいし、自分のせいで事件が大きくなってしまったという罪悪感もあるはずだ。

  今回の釈明でチャンネル桜の視聴者は、一応の納得できたはずだし、三橋氏を堪忍してやろうと考える人も出てくるだろう。ただ、依然として疑惑の目を向けたり、「それでも赦せない !」と頑なに拒絶する人もいるはずだから、一度犯した過ちは中々消せるものではない。たぶん、三橋氏のテレビ出演は激減するだろう。彼は何度かテレ朝の『TVタックル』に出演していたが、同番組制作者は三橋氏をもう呼ばないんじゃないか。一旦、DV疑惑の汚点がついてしまった人物を起用するのは、局としてもリスクが高いし、視聴者からの抗議も予想されるから、再び招くとしたら数年後になるだろう。漫才師とか有名俳優なら、暴行事件を起こしても復帰できるだろうが、知識人枠で出演する評論家だと難しい。だって、殴った相手が男ならいいけど、女性で女房とくればイメージが悪いじゃないか。

  水島社長の質問に答えていた夫人が認めていたけど、過去二回の通報は本当だった。筆者の感覚からすると、夫婦喧嘩くらいで警察に通報するなんて愚かだが、19歳のお嬢さんだと「普通」なんだろう。これは推測だけど、夫婦間の口論が過熱して、取っ組み合いの喧嘩となり、激昂した夫人が“勢い”で警察に電話を掛けた、というケースも想像できるのだ。世間の視聴者は「たかが夫婦喧嘩くらいで警察沙汰にするなんて、頭がどうかしている !」と叱責するだろうが、舅や姑と暮らさない核家族の夫婦だと、他に頼る人や仲裁してくれる人がいないので、怒りにまかせて通報することもあるだろう。確かに「警察は便利屋じゃないぞ !」と言えるけど、若い子には「何かあれば警察に」という考えがあるのかも知れない。昔と違い、役所や交番への距離が精神的に近くなったことは確かだ。

  自分から進んでチャンネル桜に赴いた三橋夫人には勇気がある。水島社長との会話で、少々アホな回答があったけど、正直に答えているという印象を受けたので、全体的に見て良かった。「留置場」と言うところを「刑務所?」と言い間違えるところなど、今風のお嬢さんらしくて笑える。三橋夫人は夫婦関係を修復し、これからも共に暮らす意思を表明していたので、深刻なDV疑惑は晴れたんじゃないか。ただし、三橋氏が酒を呑んでの暴行と判ったので、別の欠点がバレてしまった。家の外では温厚で陽気な人物でも、一旦お酒が入ると大胆になり、態度が豹変する人もいるから、三橋氏はこのタイプなのかも知れない。アルコールが入って態度がデカくなる人は、本質的に「気が小さい」と考えられる。普段の生活では意識的に「謙虚」となり、本性を抑圧しているから、酔っ払うとその箍(たが)が外れてしまうのだろう。居酒屋などで酔っ払った場合、三橋氏は男性に対しても大胆になるのだろうか? もし、女房に“だけ”としたら、内弁慶みたいで情けない。

  三橋氏にとって、これからの試練は、チャンネル桜に再び現れるのか、という点である。彼は一緒にキャスターを務めた浅野久美さんと「また」コンビを組めるのか? 女性キャスターと女性の視聴者は厳しいぞ。適当な謝罪だと赦してもらえないし、彼女達の信頼を回復するには相当な努力と時間を要する。雪印乳業だってスキャンダルから立ち直るまで、相当な苦労をしたはずだ。「信頼」を築くのは何年もかかるのに、それを壊すには一瞬でいい。男性視聴者なら、「まぁ、カミさんが赦してくれたんだから、いいんじゃないか」と寛容な見方をするけど、一般的に、女性は女房に手を挙げる亭主を憎み、なかなか赦さない。筆者は「甘い !」と叱られそうだけど、三橋氏には赤ん坊もいることだし、再起を図ってもらいたい。ソッポを向いた読者やファンを取り戻すことは難しいけど、チャンネル桜に再登板して謝罪すれば赦してくれる人もいるかもよ。テレビ・カメラの前に立って、醜態を晒すのは本当に屈辱的で、死ぬほど恥ずかしいけど、我が子の将来を考えれば、じっと堪え忍ぶべきなんじゃないか。格好つけてブログの執筆と講演活動に立て籠もるなら、だんだんと人気に翳りが生じ、「忘れ去られた評論家」になってしまうぞ。余計なお世話かも知れないが、三橋氏の才能を惜しむ筆者は、彼に勇気を持ってもらいたい。(もっとも、三橋氏が筆者のブログを読むとは思えないけどね。)
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68696534.html


35. 中川隆[-5842] koaQ7Jey 2018年1月24日 18:01:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2018年1月24日【三橋貴明】その後 From 三橋貴明@ブログ

先日、皆様にご心配をおかけした件につきまして、
現在、夫婦カウンセリングを継続的に受け、
家庭の立て直しを目指しておりますので、ご報告いたします。

具体的には、心理カウンセラーの川畑のぶこ先生
及び離婚カウンセラーの岡野あつこ先生
のカウンセリングを、夫婦で受け続けているのです。

川畑先生からは、
二度と夫婦喧嘩を興さないためのテクニックを、
岡野先生からは夫婦生活を円満にする
「コミュニケーション」について重点的に学んでいます。

夫婦カウンセリングについて、正直、
それほど効果があると思っていなかったのですが、
思いのほかに凄いです。

例えば、「現実ではない思い込み」をめぐり、
夫婦が喧嘩になるケース(よくあると思いますが)。

現実ではないことを「現実」と思い込んでいる方が、

1. 明らかに事実か?
2. 自分の命や健康を守るか?
3. 目標を達成するために役立つか?
・・・・・

などなど、五つの項目について自問自答し、
三つ以上がNOになるならば、「不健全思考」
ということで、「健全思考」への切り替えを図る。

そうすることで、「現実ではない思い」を
巡る争いを減らしていくなど、非常に
合理的で吃驚してしまったのです。

あのような事件を二度と起こさないように、
今後もカウンセリングを受け続け、本ブログで
ご報告していきたいと思っておりますので、
今後ともよろしくお願いいたします。
https://38news.jp/economy/11553


36. 中川隆[-5789] koaQ7Jey 2018年1月29日 10:53:17 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

その後 2|三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」 2018-01-29

 土曜日に、夫婦カウンセリング(岡野あつこ先生)の二回目を受けて参りました。


【岡野先生の第二回カウンセリング】


https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-12348320993-14121035843.html


 今回は、妻のお母様も一緒でした。
 夫婦生活を円満に送るためのコミュニケーションについて色々と勉強し、実践に励んでいます。


 川端先生や岡野先生のカウンセリングを受けるようになって以降、夫婦喧嘩は起きていません。カウンセリングがここまで効果があるとは・・・。


 問題が深刻化する前に、早めに受けておけばよかったと、深く後悔しています。
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12348320993.html


37. 中川隆[-5751] koaQ7Jey 2018年2月01日 13:40:16 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

ご報告|三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」2018-02-01

 1月5日の件につきまして、昨日、検察から結論が出まして、不起訴となりましたのでご報告いたします。

 不起訴になったとはいえ、今後、二度とあの種の夫婦喧嘩を起さないよう、夫婦カウンセリングは続けています。


 先日は、川畑先生の二度目のカウンセリングでした。


【写真 1月30日 川畑のぶこ先生のカウンセリング】
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-12349122687-14122922616.html


 大雑把に言うと、世の中には「合理的」を好むシンカーと、「感情的(あるいは感性的)」を好むフィーラーの二種類の人間がいる。


 もちろん、シンカーにしてもフィーラー的(あるいは、その他のパラメータ)な部分もあるわけですが、一番「底」に基盤としてシンカーの思考がある。


 逆に、フィーラーにしてもシンカー的な部分はあるのですが、やはり「底」はフィーラー一色。


 シンカーが家事や育児をやる場合、それこそ工場の段取り替えのごとく「ピシッ!」と完璧にやろうとする。それが、フィーラーには全く理解できない。


 逆に、フィーラー的な家事のやり方を、シンカー側は「何でこの人は怠けているんだ」などと誤解する。フィーラー側からしてみると、シンカー側が何に腹を立てているのか理解できず、最終的には衝突する。


 川畑先生の言葉を借りると、「それでも【機能】する夫婦」になることを目指し、夫婦関係を構築するしかないのです。そのための、様々な手法を二人で学んでいるところです。
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12349122687.html


38. 中川隆[-5750] koaQ7Jey 2018年2月01日 13:43:27 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
>>37
>世の中には「合理的」を好むシンカーと、「感情的(あるいは感性的)」を好むフィーラーの二種類の人間がいる。


ユング性格学概説


1)「二つの態度と四つの機能 心理学的タイプ」


我々には、自我があります。自我により、それぞれのわたしを、わたしと感じることができる。“わたし”や“わたしでないもの”を、区別できます。また、自分の外側にあるものや自分の内側にあるものを知覚し、反応する。

それぞれの人間には、受け取り方や反応の、パターンがあります。人間には、物事を知覚し受け取る機能や、それに対して反応する機能が、備わっている。人間の「タイプ」というのは、いわば、その機能の使い方。どれを好んで使うかという傾向です。


人間は、四つの心の装置・機能を持っています。

ユングはそれを、“感覚”“思考”“感情”“直観”と呼びました。

人は生まれながらに、この四つの機能、すべてを備えている。


では、なぜ、性格に違いがあるのか?

前述の通り、人はこのうちのどれかを、好んで使うようになります。何を主に用いるかによって、性格は違ってくる。また、現実に対する態度が“外向的”か“内向的”かによって、同じ機能でも、違いが出てきます。

[四つの機能]


感覚:物事を(五感により)受け取る機能。
   そこに何があるのかを教えてくれる。
   外界や内界にあるものを、知覚する。

思考:物事を考える機能。
   それが何であるかを教えてくれる。
   分類し、定義づける。

感情:好き嫌い、快不快、美醜などを感じる機能。
   それが好ましいものかどうかを教えてくれる。
   感情によって、分ける。

直観:可能性を知覚する機能。
   それがどこから来てどこに行くのかを教えてくれる。
   どうなるかを知覚する。


我々は、これらの機能のどれかを用い、内外のものを知覚し、判断します。目の前の事象に対処し、方針を決定する。

[二つの態度]

これらの機能は、必ずしも同じ表れ方をするものではありません。各個人の態度によって、表れ方は違ってくる。


一口にいって


外向的な人は
「社交的で、率直で、協調的で、与えられた状況にたやすく順応し、すぐに愛着を示し、疑うことを知らず、時とすると、軽率な確信をもって未知の状況のなかへと飛び込んでゆく」。

それに対して

内向的な人は
「引っ込み思案で、内省的で、恥ずかしがり屋で、外界の対象になかなか近づこうとせず、殻に閉じこもりがちで、つねにどこか防衛的で、何事につけまず疑ってかかり、あれこれ詮索する」。

人は好んで使う機能を持つし、同時に、好んで向かう方向を持ちます。意識が外側に開いている人もいれば、意識が内側に開いている人もいる。好んで外を眺め、関わろうとする人もいれば、好んで内側を観察し、関わろうとする人もいます。もちろん、人はその両方をやるわけですが、好きな方向というものを持つものです。

自然に外側を向く人、自然に内側を向く人。

概ね外を見ている人、概ね内を見ている人。

外側に反応する人、内側に反応する人。

人にはそれぞれ、関心が向かう方向というものがあるのです。


このようにして、人のタイプ、性格というものができてきます…

http://jungknight.blog90.fc2.com/blog-entry-1874.html

2) 「八つのタイプ 心理学的タイプ/ユング心理学概説(18)」


前回、人間の性格やタイプを形づくるものとして、四つの機能と、二つの態度を紹介しました。


四つの機能とは、“感覚”“思考”“感情”“直観”。

二つの態度とは、“外向”と“内向”です。


それぞれの機能の表れ方は、外向的か内向的かで変わってくるので、ここで 4×2、八つの心理学的タイプが定義できます。


ただ、人間は、決められた一つの機能のみを使うわけではありません。なぜなら、現実に対処するには、二つの機能が必要だから。


なぜ、二つの機能が必要なのか?

一つには、現実に対処するには、物事を知覚し、受け取る必要がある。

そうしないと、何も始まりません。物事の中にあっても、知覚しないなら、無の中にあるのと同じです。外側であれ、内側であれ、何かを知覚するから、我々はこの世界に生きているのだと感じることができる。だいたい、何も受け取らなかったら、判断するにも、材料がありません。いくら処理機能があっても、処理する対象がなければ、なにもできない。

これが一つ。


もう一つは、受け取ったものは処理せねばならない、ということ。知覚したものを、分類したり、定義づけしたりする。あるいは、判断する。それにどう対処するか、決める。


この二つのことをするので、人は主に、二つの機能を使うことになります。

上に書いた、受け取る機能のことを、“非合理的機能”といいます。そして、“感覚”と“直観”がそれにあたる。(非合理的といっても、合理的でないという意味ではありません。受け取る機能だから論理は必要ない、という意味です)


感覚は、五感を通して受け取る機能。景色や色、肌触り、温度、音、におい、味、などを受け取る。また、イメージも受け取ります(五感を通して感じるような、イメージ)。

直観は、可能性を受け取る機能。これは何になるのか? 何に使えるか? どうなっていくのか? それを――理屈を越えて――受け取ります。いわゆる、第六感というものでしょうか。


また、判断する機能を、“合理的機能”といいます。これは、“思考”と“感情”がそれにあたります。

思考は、分類したり、照らし合わせたりします。それは何に属するのか? それはどういうものか? そういうことを考えたり、組み合わせたりする。それを判断材料にします。

感情は、言葉の通り、感情によって分類したり、判断したりする。好きか嫌いか? 心地好いのか、不快なのか? 美しいと思うのか、醜いと思うのか? そうやって、判断する。

人は、受け取る機能である“非合理的機能”を一つと、判断する機能である“合理的機能”を一つの、計二つを、主に使います。ただ、主に使う二つの中でも、どちらかが優位に立ちます。どちらかといえば判断が優先されるのか、どちらかといえば受け取ることが優先されるのか、そういった差が出る。


この内、一番よく使われる機能を、“主要機能”(主機能)、あるいは“優越機能”と呼び、二番目に使われる機能を、“補助機能”と呼びます。

そして、残りの二つの機能はあまり使われず、無意識に存在することになる。これを、“劣等機能”と呼びます。

劣等機能は無意識に留まり、あまり使われないので、影と関係していくことになります。今まで書いてきた、生きてない半面などが、これに関わってくる。


非合理的機能である「感覚と直観」、合理的機能である「思考と感情」は、それぞれ、対立するペアになります。

受け取り方は一つ、判断の仕方は一つ、両方は使えません。(まったく使えないわけでもありませんが)


五感を通して知覚する感覚タイプは、脳の処理をそれに使うので、可能性はあまり知覚しない。直観に対し、脳を使いません。使うにしても、ごくわずかしか使わない。

逆に、可能性を知覚する直観タイプは、脳の処理をそれに使うので、感覚に対して疎かになる。まったく使わないわけではないですが、ごく限られたものになる。

処理領域が決まっているので、主に使う機能に大部分を使えば、それ以外に使える領域は、どうしても少なくなるんですね。(パソコンと同じです)


同じ原理で、思考と感情も、対立します。

思考で判断する人は、それに脳を使うので、感情を受け取ることには、淡白です。

逆に、感情で判断する人は、それに脳を使うので、考えることはあまりしない。

脳を何かに使えば使うほど、他に処理する領域が狭くなり、反対の機能に使える分が少なくなります。

人間が物事に対処するには、受け取る機能と判断する機能がいる。

その二つのために脳の処理機能を使えば、残りの機能に対して使える領域は、わずかになる。したがって、残りの二つの機能は、未活性なままになります。こうして、人の性格は形づくられる。また、パターン化されます。


ただ、それを繰り返すと、バランスが悪くなる。

一方ばかり使って、もう一方は使わないので、発達・熟練する部分と、未発達で未熟性な部分が出てくる。

一方ばかりガッチリして、もう一方はヘナヘナ。

一方ばかりしっかりして、もう一方はひょろひょろ。

なもんで、どうしても、不具合が生じます。
http://jungknight.blog90.fc2.com/blog-entry-1880.html


39. 中川隆[-5705] koaQ7Jey 2018年2月05日 15:07:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

三橋逮捕!の真相 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=RNvYfLVQu_0

今回は、2018年1月に起きた三橋貴明氏が逮捕された件について、本人に話してもらいます。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み54掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み54掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
昼休み54掲示板  
次へ