★阿修羅♪ > 地域13 > 678.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
風化させてはならない安藤事件 第一二弾
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/678.html
投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 30 日 12:36:43: GnuC3w3pf.O5U
 

(回答先: 風化させてはならない安藤事件 第一一弾 投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 30 日 12:34:12)

安藤氏支援者交流会の成功の後、新谷氏は更なる企画を練っていた。
安藤氏の交流会で認知度が浸透した延岡市で、更に有権者の認知が必要と
考えた新谷氏は延岡市文化センターにて、安藤候補と支援有権者との政策討論
会を画策していた。
司会進行の人選や、安藤氏の入退場の補佐人、主な来賓等の準備を行う最中、
神崎守次が司会者にと知人をねじ込んできた。
神崎氏が推薦するのであればと、新谷氏は変更を行い、知人の面談を行った。
その人物は松田利恵という人物であった。
保険の外交員で有ったため、喋りに関しては十分であり、進行も問題ないと
判断する。

残るは討論会にて強力な人脈を作るための強力な来賓の確保であった。
延岡市最大企業の役職者で退職された方をターゲットとし、日参で通いつめ
懇願し続けた新谷氏は上手く参加を取り付けた。
安藤支援を討論会で表明した氏を雛段へ迎え、その企業関連有権者も応援に
付くであろうことを、来場有権者たちに意識付け、盛大に盛り上げた。
元後援会会長もこの討論会に出席していたが、壇上に呼ばれる事無くましてや
元の後援会会長であることの紹介もなかった事に不満を持った旧支持者たちは
安藤後援会を愛宕町に設置し旧会長を雛段に乗せなかったことを大義名分
として設置したとの旧支援者達から連絡を受けた。

旧支援者達は万一安藤氏が当選した場合自分達の出る幕はなく、知事による
利権にも取り付く事は出来ないと判断したためであった。

新谷氏の脳裏には県知事選が5ヶ月を切った状態で、延岡市の援会が分裂する
事は非常にまずい事であり、牧野氏後援会には好都合の事態であると思った。

安藤氏へ事の事態を説明し収拾を要求したが、子供の様な喧嘩であり、
愛宕後援会とも仲良くし、両方とも安藤の後援会であるとした。

この対応が延岡市に2ヶ所の後援会事務所の存在を許した形になり、
事実上の分裂と有権者達に印象付ける結果となる。
新谷氏が恥辱の安藤支援へ、自身の為に貫く決意した。
愛宕後援会も大事な票であると判断した、
新谷氏は、延岡後援会在席の林勇次郎氏を愛宕後援会の連絡役として起用した。

その直後、神崎氏が司会者に指名した松田利恵が、日本生命の外交員として
保険の勧誘に延岡後援会へ出入りするようになる。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧