★阿修羅♪ > 昼休み52 > 461.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎大先生の偉大なる業績を大公開!
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/461.html
投稿者 中川隆 日時 2012 年 10 月 29 日 01:21:37: 3bF/xW6Ehzs4I
 

前は

ロスチャイルド→ロックフェラー→CIA→創価→小沢嫁→小沢

今は

ロスチャイルド→小沢

小沢はロックフェラーを裏切ったから嫌がらせされただけ。

離婚した小沢一郎大先生の偉大なる業績を大公開!史上最低の売国カス政治家に天誅を下す!真っ黒すぎる詐欺師の実態を全部暴露します!

時々湧いてくる日本語の不自由な人がみんな小沢擁護なんですよねー
さっきも「笑らわせるな」とか気持ち悪い日本語入れてるやつがいたな!
カスチ●ン工作員の皆様、せめてIMEは入れときましょうね


●ユダ金CIAの陰謀だな
●ついに小沢の爆弾ネタで追い込もうとしていますね
●財務省ここまでやるのか エグすぎる
●消費増税を食い止めなければ だから小沢を仕方なく押すしかない


もうね小沢信者は全員深刻な洗脳にかかってますな!


小沢が本気で消費増税を食い止めると思ってるわけ?
こんなのは選挙受けがいいから言ってるだけですよ!口先だけなら何とでも言えますからね!

権力を握ったら、手の平を返すように増税を推進する光景が目に浮かびます!


誰が洗脳してるの?心当たりのある人いませんかね?

離婚報道でも小沢氏を擁護する人達は誰に影響を受けたか?
夫人との離婚と凄まじい暴露にも関わらず、小沢氏を擁護する素晴らしき信者たち。誰が小沢一郎を押すのか?
植草一秀

上杉隆

佐藤優

副島隆彦

勝谷誠彦

武田邦彦

大谷昭宏

郷原信郎

カレル・ヴァン・ウォルフレン

リチャード・コシミズ

ベンジャミン・フルフォード

ゲンダイネット

ニコニコ動画

阿修羅

その他


コメント:

性別男性女性 年齢10未満10歳代20歳代30歳代40歳代50歳代60歳代70歳代80歳代90歳代100以上地域北海道青森岩手秋田宮城山形福島新潟栃木茨城群馬埼玉東京千葉神奈川山梨静岡長野富山岐阜愛知石川福井滋賀三重京都奈良大阪和歌山兵庫鳥取岡山島根広島山口香川徳島高知愛媛福岡佐賀大分長崎熊本宮崎鹿児島沖縄【海外】


©NewsUS イルミナティ在日韓国人崩壊


そんな素晴らしき頭脳明晰な小沢信者の皆様に、とっても役立つ情報を提供しましょうかね


小沢大先生の偉大なる業績をある人がまとめてくれましてね・・

−−−−

〜離婚した小沢大先生の偉大なる業績リスト〜


・小選挙区制
・外国産米輸入解禁でカビ米騒動
・消費税
・中共に朝貢して天皇陛下にルール破らせた
・政治資金関連法の改革だね 本人は潤ってたけどw
・あめのケツ舐めて、400兆貢いだ
・政党助成金がめてマンション購入
・金丸と一緒に金の延べ棒貰いに行った、その後金丸を生贄に生き残る
・東京電力会長が後援会会長、秘書が東京電力出身、勝俣会長が囲碁仲間、東京電力スポンサーでイベントもやっている
・シナでコキントウに媚び、沖縄の米軍基地を撤退させようとするも失敗
・沖縄基地移転前に、移転予定地の広大な土地を買う
・南朝鮮で、天皇陛下をこき下ろす
・長崎県民恫喝
・秘書が反日活動家の朝鮮人
・元秘書が統一教会
etcetc


−−−−
いやー これはひどい 史上最低のカス!
実に豪胆な売国っぷり!確かに剛腕だわ!


小選挙区制なんてのは特に酷いね!
既得損益の権力を固めるだけでしたよ!


>・小選挙区制
>・外国産米輸入解禁でカビ米騒動
>・消費税

>・消費税
>・消費税
>・消費税

あれれー?消費税??
小沢先生、消費増税反対じゃなかったっけ!
そもそも自分で導入しておいて反対ですか!
いやー酷い自演を見たなあ


なんでも自著では「財政立て直し案=消費増税」とか言っているそうで!
その舌の根も乾かないうちに消費増税反対とかもうね!
こんなクズに騙される方も騙される方だわ


消費税を導入したのは竹下内閣の時でしたっけ!
竹下首相はヘリコプター拷問が原因で病気になってお亡くなりになられています
あれ、小沢先生、ご無事なようで

秘書も秘書でキムチ臭いのばっか!
中国ともベッタリだそうで!李克強を家に泊めてあげたりとかね!
習近平も胡錦濤も売国奴だから性質が悪い!

バスルームガラス張りのマンションに中国人留学生の美女を囲ってるそうですな!

そんなに特アの女が好きなら何で日本人の和子さんと結婚したの?
ガチで政略結婚だったの? ねえカス野郎

小泉純一郎クラスの真性売国奴ですかねこれは!


詐欺レベルは小泉を上回ってますがね!
洗脳技術だけは一流!小沢尊師!


信者はみんな「小沢先生だけが日本を変えられる」って心から信じてるようで!
「小泉に騙された人達はB層。自分達は違う」って思ってるようです!


これだけ大量に被害者を出した詐欺師は前代未聞だな!
全国合わせたら数十万のオーダーでいそうで怖い!真面目に発狂は勘弁!


●ユダ金CIAの陰謀だな
●ついに小沢の爆弾ネタで追い込もうとしていますね
●財務省ここまでやるのか エグすぎる
●消費増税を食い止めなければ だから小沢を仕方なく押すしかない


こういうのを似非陰謀論って言うのかね!
「小沢先生を貶める財務省の陰謀にだ」とかいうトンデモ陰謀説!
小沢も財務省もグルだっての!まだ分からないの??


本当誰が洗脳してるの?教祖様は誰ですか?

離婚報道でも小沢氏を擁護する人達は誰に影響を受けたか?
夫人との離婚と凄まじい暴露にも関わらず、小沢氏を擁護する素晴らしき信者たち。誰が小沢一郎を押すのか?
植草一秀

上杉隆

佐藤優

副島隆彦

勝谷誠彦

武田邦彦

大谷昭宏

郷原信郎

カレル・ヴァン・ウォルフレン

リチャード・コシミズ

ベンジャミン・フルフォード

ゲンダイネット

ニコニコ動画

阿修羅

その他


コメント:

性別男性女性 年齢10未満10歳代20歳代30歳代40歳代50歳代60歳代70歳代80歳代90歳代100以上地域北海道青森岩手秋田宮城山形福島新潟栃木茨城群馬埼玉東京千葉神奈川山梨静岡長野富山岐阜愛知石川福井滋賀三重京都奈良大阪和歌山兵庫鳥取岡山島根広島山口香川徳島高知愛媛福岡佐賀大分長崎熊本宮崎鹿児島沖縄【海外】


©NewsUS イルミナティ在日韓国人崩壊


聞いた話だと、京都から出馬計画を数年前から進めていたようで!

なんで京都なんですかね!
岩手が震災で潰れるのを知ってたから?そこまでクズなの?

ああ在日の巣窟だっけか!済洲島からも盛大なバックアップと!
京都御所にもお世話になってるわけですか
どっちにせよクズだわ!


asahi.com : 小沢氏出馬、県連「政策論争を」 自民批判「人材不足」 - マイタウン京都
http://mytown.asahi.com/areanews/kyoto/OSK201008260145.html
「小沢一郎は済州島出身の韓国人」新聞のコラムにて千葉大名誉教授の清水馨八郎氏 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51391376.html

もうね出るわ出るわ!
岩手県民の痛烈な批判とかね!
−−−−

411 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/06/13(水) 20:59:14.44 ID:oyuwfNLJ0 [1/5]
俺は岩手県人だ。一番きらいな政治家が小沢。あの野郎、6000人も死んだ被災県の有力与党政治家でありながら、
始めて被災地にきたのが12月だ。次に来たのが3月11日。
どの面さげてか、慰霊祭につら出しやがった。小沢の子分(だった)民主党の黄川田議員は家族を津波で流され、
地元の家は仮設住宅だ。この議員でさえ、小沢に「仮設に来て線香のひとつもあげろ」と言ったという。
俺も4度もボランティアに行ったがなんの関係もないひとが遠方からボランティアに来てるのに、この野郎は
このザマだ。もともと、小沢が地元で力をもってたのは、支持すると得になるから
ではない、支持しないと迫害されるからだ。だから、岩手で最も嫌われてる政治家も
小沢だ。沿岸部では支持するものなど皆無だろう。


686 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/06/13(水) 21:13:44.39 ID:oyuwfNLJ0 [2/5] >>564
なにがダダ漏れだよ。岩手は原発関係ねぇぞ。6000人も死んだんだぞ。
地元議員だぞ。ふざけんなよ。その行きたくないという地域でそのときも、今でも人が住んでるんだぞ。


870 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/06/13(水) 21:24:09.67 ID:oyuwfNLJ0 [4/5] >>846
小沢は公共事業なんてもってきてるわけじゃない。あいつは、支持しないと
弾圧するだけだ。だから、岩手でもっとも唾棄されてる政治家がこいつだぞ。
俺は岩手県人だから、断言する。


953 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2012/06/13(水) 21:28:15.18 ID:oyuwfNLJ0 [5/5]
小沢が消費税反対だからなんて理由で支持する馬鹿がいるが、
小沢は、政敵が 消費税賛成だから反対なだけで、こいつの頭には政策などない。
こいつは一度として 国のことやら地元のことなど考えたことなどない。つねに、選挙と政局だけだ。
こんなやつを豪腕とかいって評価するやつの頭が馬鹿すぎる。


−−−−

地元民からここまでクズ扱いされる政治家も珍しいな!
あっ去年被災地行ってないの?それはクズだわ
故郷愛のかけらもないようで あっ故郷は済洲島だっけww

あと、こんなのも出てきましたよ!
国民は全部覚えてまっせ!もう騙されませんがね!

−−−−

670 : 名無しさん@13周年: 2012/06/14(木) 23:00:58.30 ID:/wUGggGu0 [2/3回発言]
小沢一郎のおかげで、民主党は政権取れました。
(解説)
子ども手当で最初、1万6千円でいこうと決まっていました。
しかし、小沢がそんな少ない金額じゃ政権取れないぞと言いました。
民主党内の良識派は、財源がないので無理ですと言いました。

小沢は、埋蔵金があるから大丈夫だと言えと指示して2万6千円に決定しました。
つまり、国民は馬鹿だから金やれば民主党に入れるという理論です。

結果は、小沢の言う通りになりました。

国民は馬鹿だと見抜いて、こういうことやった小沢ですが立派な人
だとは誰も思わないでしょう。
人間のクズです。
すぐに議員辞職しろ。

>>670
それが本当なら、今回の小沢の増税反対も
単なる人気取りの発言である可能性が高いな。

やっぱ小沢はクズだ。

−−−−

小沢先生、信者に早く火消しさせないと大変ですよ!
呑気にひきこもってる場合じゃないって!

あっ自分が火病起こしてるのかw
自分自身の消火で精一杯ってかwww

まだまだありまっせ!
こんなのも出てきちゃったよ!

−−−−

09/01/03 小沢がトップに返り咲くきっかけになった偽メール事件の
         元民主党衆院議員 永田寿康  自殺
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/01/21 西松建設社長を逮捕
09/01/21 元西松建設専務 死亡
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/02/24 長野知事の元秘書(西松建設事件での参考人) 死亡
         (電柱にロープを巻きつけ首吊りする不自然な自殺)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/03/01 「小沢一郎氏と秘書と、ダム工事のただならぬ関係」を追及してきた記者
         (吉岡元議員) 旅先ソウルで死亡
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/03/03 民主党岩手支部家宅捜索
09/03/04 民主党事務所のある相模原卸売市場全焼 (民主党の資産管理団体事務所はここ)
         火災の第一発見者は民主党秘書。助かった人 小沢氏の第一秘書・大久保容疑者
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/08/28 鳩山、全選挙期間中を通じて、たった一日だけ北海道に訪れ選挙運動。税理士の花田氏も呼んで懇親会を開催
09/08/29 鳩山の会計監査人、故人献金を最も知り尽くした税理士花田順正が心不全で死亡
09/08/30 衆院選、民主党大勝利
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/10/04 天皇陛下の韓国御幸に反対した宮内庁式部長官が登山中に死亡 
09/10/04 中川元財務大臣が自宅で死亡。同じ選挙区の民主党議員の政治資金疑惑で辞職すれば、繰上げ当選の可能性がマスコミに取りざたされはじめたタイミングであった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/11/21 民主党本部に侵入の男 鳩山議員のパソコン破壊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
09/12/14 山本アナが「たかが一政党の幹事長ごときが・・・」と発言
09/12/15 山本アナの身内が死亡。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10/02/?? 小沢の地元、岩手県議会で大きく取り上げられた県警不正経理・裏金問題で、
         宮古署会計担当者が行方不明に
10/04/15 宮古署会計担当者、宮古の沖合で死体で見つかる。県警では事故と自殺の両面から捜査すると表明。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10/04/30 徳之島町役場職員が貝を採っている最中に溺れて死亡。夜18時、ウツボがいる
        危険な時間帯なうえ、満潮という絶対に貝を採るにはありえない時間帯であった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10/08/11 民主党の小沢、鳩山を潰すのを命にしていた景山日出夫・NHK解説委員が
        トイレの個室のフックにネクタイをかけて首を吊って変死。


●おい変なの貼るなよ。 こんなの偶然に決まってるw
●これじゃ小沢さんが、殺人教唆してる疑いが濃いみたいじゃねーかwww
●真っ黒すぎて怖いな
−−−−

いやー偶然ですよねそうですよねーたまたま人が都合良く死んでるだけですよねー(棒)


真っ黒すぎてコーヒー吹いたわ!
どんだけチ●ンヤクザ動員して殺してんの??
ええ??このカスチ●ン野郎


未だに夫人の手紙は偽物とか言いがかりつけている人がいるようで!


大変残念なお知らせが届いています!
手紙の筆跡、小沢夫人本人のものだそうです!元秘書が認めましたよ!
小沢事務所は「全くのでたらめ」とか言ってますけど!顔真っ赤ですよ!

小沢夫人自身が「この手紙は偽物です」って言わない限り、火消しは不可能ってことですな!

もう諦めろっての!
小沢は最初から最後までユダヤCIAの奴隷だったわけ!
ユダヤの脚本に従ってチ●ン動員して、変な法案ばっか通して、カネばらまいて、私服肥やしてただけです!
あと中韓の女を抱きまくったり、政治資金でマンション用意して囲ったりね!
自分のお金じゃないですからね!
政治資金 = 国 民 の 血 税 ですよ


もうこれでもかって位のクズ奴隷政治家ですよ!

まだ目の覚めない小沢信者に、早くこの写真を説明してもらいましょう!
小沢は外国人参政権に な ん で 賛成なんですか?人権侵害救済法案もですよ!
小沢が真の愛国者なら、なんで在日糞チ●ンにとって都合のいい事ばかりするのか!


あっ小沢信者って在チ●ンなんだ そういうことか
やっと分かったわ!気づくの遅すぎたな!

チ●ンって言われたくないならば、さっさと説明してもらいましょうかね!


いやー これはビッグスキャンダルですな
週刊文春は原発屋と別の利権らしいが、東電べったりの小沢先生を叩ける数少ないメディアかな?
反原発?あんなもんパフォーマンスに決まってるでしょうが!

チ●ンとユダヤがどう動くか見ものですな!


ユダヤが使えない小沢を切り捨てに掛かってるのか!
それとも、売国行為に手を染めた政治家の大掃除が始まっているのか!

小沢先生が震災後雲隠れしていたのは覆しようのない事実ですからね!
さっさと認めた方がいいかと!

何もしないと傷口が広がるばかりでっせ! ねえカス野郎

石原先生!チャンスですよ!
日頃から小沢との連携は「死んでも嫌」とか言っていた石原大先生!
総理の座が見えてきましたな!

大阪維新で売国地盤を作った橋下と組めば最強でっせ!

まあそのためには解散総選挙が必要なんですがね!


何やら解散総選挙が仕組まれているとの指摘があるのですがね!

−−−−

623 名前:90-136[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:22:15
今という政局が日本にとっても、アメユダナチス闇チームにとっても、さらには世界人類の存続にとっても
非常に重要なる局面だということを、どれだけの方が理解しているだろうねー。

現状のマクロ構造については先に語っている。
この闇世から光の世への転換には、日本という国の力が不可欠であり、それがゆえに闇チームは、
今のうちになんとしても日本を完璧に制圧しておきたいという願望を持っているのだとね。


その一番即効的な部署は、国会、政界の制圧→各種売国乗っ取り法の成立、施行、即執行。

そのために設えられた場と人物が大阪維新の会と橋下氏なのだろうねー。
そこに東京都知事をも加えて、解散総選挙に導き勝利し、日本政府を分捕る
という計画が進行中とみえている。

キーポイントは解散総選挙のあるなし、なのだね。
次いでは野田首相の存続か失脚か。

自公と小沢氏には、闇裏手が回って解散総選挙に向けての強力な圧力がかかっているようにみえる。
公明党は創価半日組織(ストーカーの元祖)を背景にしているので、闇指令どうりに動くのは
至極もっともな話だが、自民党はいやいやながら闇命令にしたがって解散に追い込もうととしているのではないかな。

先日谷垣総裁が両手の平を合わせて長いこと祈るようなポーズをしていたねー。
あれは誰かに向けたSOSのシグナルだろう。
ただし山本氏は闇の確信犯ではないかな、彼は採決の如何に関わらず、問責を出すといっているからねー、
これは理不尽な話。
それに小沢Gの大半が同調すると闇チームの目論見どうりになる。
小沢氏が問責や内閣不信認案に確実に同調すると分かっているのなら、大きくなる前に今のうちに切るしかないだろう。

付いていく者たちに対しては、昨日のペーパーが読まれていたらだいぶ違う結果になるだろうね。
30人程度なら切ることも止む無しだね。

他方野田首相にも同様の衆院解散圧力がかかっており、それをかわすには消費税増税を飲む、
それも21日までにという脅迫を受けているようにみえる。


次いでの闇チームの目論見は野田首相降ろしだろうねー。

私が先に指摘しているように、彼は面従腹背で日本の国益増大に向けた結果をだしてきているからねー。
彼を降ろして、大阪維新の会橋下氏+ジャパンハンドラーズ軍団CSISフェローの前原氏や石破氏に
バトンタッチをしようとしているようだ。

624 名前:90-136[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:26:44
したがって日本の国益上では、
1、 解散総選挙なし、
2、 野田内閣続行
の2つの要件をクリアすることが必要だね。

そのためには肉を切らせて骨を保つといった荒業もやむを得ない。
消費税増税、社会保障云々といった瑣末な問題は後回しでまったくかまわない、ということを国会議員は知るべきだね。
それらはいくらでも後でリカバリー可能だからね。
「一旦は後退するが必ず奪回する」と約束するといい。
その材料として、思い切って日本海側の露天掘りメタンハイドレートの採掘を持ち出すことが最強。
今勇気をもってこれを語らないと死んでも死にきれないw→青山繁春氏参照

できることなら輿石氏がいうように、採決見送りがベスト。
その後問責や内閣不信任案が出されるだろうが、小沢Gがまとまって謀反をおこす確率はその時はかなり低いはずなので、
国会を閉じてしまえば大丈夫だね。(公債特例法案はこれが可決できなければ公務員給与も出ないので、各方面からの
強烈なる圧力に負けて可決成立となる)
しかしこれは簡単には闇チームが許さないだろう。またHAARPをかき鳴らすとか、原発を爆破するとか、人工地震を炸裂させる
とかの脅迫があるのかもね。いうにいわれぬこの悩みw

野田氏はよく耐えているねー、柔道という武道精神で鍛練ができているせいかな。

しかしやれるものならやってみろといってやるといい。ブーメランは比例してでかい。
またフクイチ4号プールのような奇跡が起きて、何事も無かったかのように失敗する、かもねw

次善の策としては自公案を丸呑みに近い形で飲み、消費税増税法案も可決成立させることだね。
ただしその条件として解散総選挙はなしで。解散総選挙なしなら党員も最後には飲み込むのではないかな。

自公がどうしても解散がなければ増税法案に賛成できないというのならば、採決をしないで流すしかない。
この結果責任は野田首相にはない。その結果たとえどんな攻撃をされようとそれは仕方なしだね。
もしも個人的な要素を攻撃対象にされているのなら、それも仕方なし。明るみにだしたら効果的な方法で
反撃することだね、犬死ではもったいない。刺しちがえるべし。
昔なら本当に切腹したのだから、それに比べたらどうということもない。生きていたら後で救出される。

というわけで決め手は「号外! 日本で100年分以上の新エネルギー発見、即時採掘に着手」だね。

次いでは
「一旦退却するが、必ずこれから挽回するので忍耐してくれ」
「新マニフェストは以前よりはるかに魅力的なものにするので、これから皆さんも知恵を貸してくれ」
「脱原発の大掛かりなPTを作り大きな予算(党費でも)をつけるので、希望参加者は9月まで
行程表を作成してくれ」
「解散は絶対しない、後1年がんばって!」

−−−−


小沢先生、まさか民主党を割って解散総選挙に持ち込もうとしていたとか??
そして売国橋下や石原らに次の政権を任せようってか?
まさかねー

まー全員グルだからな!ありえるな!

小沢先生、いよいよスープから「民主党を割れ」って指令が出たのかな!


じゃあこのタイミングでの夫人爆弾投下は相当イタいですなww
ざまあないわ


ジャパン・ハンドラーズの馬鹿ども、今頃かなり焦ってるんじゃないのかね!
まんまと裏をかかれて、打つ手なしかな!ご愁傷さまです!

電通もキー局も、小沢シンパも全員ダンマリとか、もう分かりやすすぎてね!


http://www.news-us.jp/article/275297538.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月29日 01:26:24 : HNPlrBDYLM

関連投稿

飼い主を裏切ったポチ君の運命 _ 小沢一郎先生は何故落ちぶれたのか?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/232.html
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/233.html

小沢一郎先生が中国を大好きになった理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/294.html

小沢一郎先生を襲った恐怖とは
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/296.html

闇の組織とは? _ 創価学会は鳥人コンテストが好き?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/270.html



02. 2012年10月29日 01:32:37 : HNPlrBDYLM

「最も危険な政治家」橋下徹研究 孤独なポピュリストの原点
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/452.html

松下忠洋金融・郵政民営化担当相が殺された理由
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/417.html


03. 乃依 2012年10月29日 07:03:08 : YTmYN2QYOSlOI : S3iRBYTwLc
あなたのいう可能性も否定できないです。
田中康夫氏による評価が辛めなのもそういった要因によるのでしょうかね。

04. 2012年10月29日 08:55:23 : HNPlrBDYLM


記憶のフラッシュバック:小沢氏の消費税増税を巡る「方針転換」2012/7/5


いつか見た光景だった――。小沢一郎氏が消費税増税を巡って野田佳彦首相と争うことになった先月のゴタゴタ劇は1993年当時の光景とオーバーラップする。ただし、1つだけ異なる点がある。前回、小沢氏は当時の首相が躊躇(ちゅうちょ)する消費税率の引き上げを求めていたのだ。

記者は最近、細川護熙元首相の「日記」を読み直してみた。細川氏は、小沢氏が 長期にわたり政権を担ってきた自民党から劇的に離党した後、小沢氏がまとめた8党派連立政権を率いて首相になった人物だ。自民党はその際、野党への転落を余儀なくされた。

Associated Press 左から、小沢一郎氏、海部俊樹氏、細川護熙氏。当時は新進党を結成していた。(1997年2月26日)
『内訟録』―“自省”の意味――と題された細川氏の「日記」には、党派間の政策の違いを調整する上で、いかに細川元首相が小沢氏の采配に頼っていたかが記されている。元首相は夜中に小沢氏を公邸に頻繁に呼んでは相談していたという。

そのなかの1つが消費税増税問題だった。

「日記」には小沢氏による社会党の説得が失敗に終わったことも書かれている。これは細川氏が真夜中という不自然なタイミングで記者会見を開き、3%から7%へ税率を上げると発表したものの、社会党やほかの連立パートナーから強い反対に遭い、翌日には撤回するという失態を演じた際の話だ。

「日記」はまた、いかに財務省の事務次官が小沢氏と密接に連絡を取り合い、消費税増税に動いたかを示している。

これは当時、驚くべきことではなかった。小沢氏が著した1993年のベストセラー『日本改造計画』では、所得税減税を訴える一方、消費税率を10%に引き上げることを提案していたからだ。

日本の消費税率――当時は3%――が他の先進国と比較していかに低いかを指摘しながら、小沢氏は消費税率を上げる余地はかなり大きく、所得税の減税分を一部相殺するとしていた。

「現在3パーセントである消費税の税率を、欧州諸国と米国の中間の10%とするのである」と、小沢氏は著作の中で述べている。

財務省の官僚らも税制改革の必要性を強調していたが、一方の細川氏はそれほど熱心ではなかったことを「日記」で明かしている。

あるとき細川氏は、仮に機が熟す前に消費税増税を持ち出せば、壊れやすい連立政権は「崩壊する」として、財務省の役人たちをひどく叱った。そして確かに、細川氏の求心力は弱められた。1994年4月、首相に就いてから10カ月も経たないうちに細川氏は辞任した。消費税を巡り失態を演じた2カ月後のことだった。

George Nishiyama/The Wall Street Journal 小沢一郎氏が著した1993年のベストセラー「日本改造計画」と、細川護熙氏の「内訟録」
2012年に急いで戻ってみよう。小沢氏は自身の尽力もあり晴れて政権与党になった民主党を離党した。消費税率を現行の5%から10%に引き上げる政策に反対したためだ。小沢氏らの造反は消費税増税法案が衆議院を通過するのを阻止できなかったが、小沢氏はこれを「国民への背信行為」と呼び、民主党と袂を分かつことで「国民を守る政治家としての使命」に従っているだけだと主張する。

小沢氏は離党声明の中で、小沢氏は「官僚の言うがままに消費増税の先行を(民主・自民・公明の)3党合意で押し通すことは国民から政策を選ぶ権利を奪うことだ」と述べた。

離党組議員によると、小沢氏は次期選挙での勝利を確信し、消費税増税反対派による「統一戦線」を作る意向だという。

細川元首相の秘書官を務めた成田憲彦氏は、小沢氏の消費税に対する方針転換は、8党連立政権が崩壊した1994年以降、野党を長く経験した結果だと指摘する。

現在は野田政権の内閣官房参与を務める成田氏は、選挙で増税の話がいかに逆風になるかを小沢氏は目撃してきていると指摘する。2010年に当時の菅直人首相が突然、選挙前に増税案を打ち出し、参議院選挙で敗北したことは記憶に新しい。この「ねじれ国会」は続く2年間の政権運営を著しく困難にした。
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/12319/


05. 2012年10月29日 09:00:44 : HNPlrBDYLM

2012/10/19

反原発を選挙の道具にする小沢一郎・・・ポピリズムの政治家を選ぶべきでは無い

 

■ 何故小沢一郎は人気があるのか? ■

ネットの世界では小沢一郎は人気があります。

その理由を考えてみます。

1) アメリカに対抗する姿勢を示す
2) 東アジア外交を重視し、アメリカと距離を取る
3) 日本の真の独立を目指している
4) 小沢一郎の政治姿勢をアメリカが嫌い、謀略を仕掛けられている

多くの小沢支持者達は、小沢一郎こそ日本がアメリカの属国から独立を勝ち取る上で
最も重要な政治家であると考えています。

■ ポピリズムの政治家の象徴では無いのか? ■

今回、「国民の生活が第一」は、「反原発」を選挙の争点に掲げています。
現在、日本の国民の多くが、原発の全廃を望んでいます。
選挙での得票を考えれば、原発全廃を公約にする事は
国民の支持を得る為の、最良の選択とも言えます。

同時に「官僚支配からの脱却」も、国民の支持を得やすい政策です。

■ かつては「自衛隊を国連軍指揮下に」と主張した小沢氏 ■

小沢氏はその主張を、時と共に変化させています。
かつては「自衛隊を国連軍指揮下に」などと主張もしています。

この時代、自衛隊は日本国内では「腫れ物」の様な存在でしたから、
小沢氏の発言は、多くの進歩的な日本人に支持されます。
「世界に貢献する日本」というイメージがアピールしたのです。

■ 「コンクリートから人へ」、「政治主導」と看板を架け替える ■

小沢氏は政策をコロコロと変えます。
民主党で政権を取った時は、「コンクリートか人へ」とか「政治主導」など、
自民党政治と逆の政策を主張します。

自民党政治が閉塞状態だったので、
マスコミの後押しもあって民主党は大躍進します。

ところが蓋を開けてみれば、「コンクリートから人へ」は
「仕分け」というパフォーマンスで誤魔化され、
「ばらまき」という、能の無い政策しか実現出来ませんでした。

「政治主導」も、政策立案能力も無い民主党の閣僚達は、
早速、官僚達の抵抗に逢い、孤立してゆきます。

■ 普天間基地の県外移転を口にすれば、虎の尾を踏むことは明白 ■

鳩山-小沢政権は、中国との関係改善を図り、
普天間基地の沖縄県外移転を模索します。

しかし、これらの政策は従来アメリカの最も嫌う製作です。
結局、普天間基地移転は暗礁に乗り上げ、
約束を果たせなかった鳩山内閣は一気に支持率を失います。

鳩山首相は本気で普天間基地の移転が可能だと思っていたのでしょうか?

政治的解決が不可能な政策をあえてぶち上げる事で、
民主党政権の対米独立路線は、粉砕されています。

結果的に、自民党以上の対米従属路線が出来上がってしまいました。

民主党政権には、旧社会党系などかつてアメリカに反発していた議員も多いはずです。
しかし、菅直人元首相を筆頭に、アメリカのNOと言えない集団に成り果てました。

これは、小沢氏や鳩山氏が自ら招いた結果とも言えます。
アメリカに抵抗した政権の末路など、
政治経験の豊富な両氏に、分からないはずがありません。

鳩山-小沢政権は、民主党のマニフェストを雑にやり散らかして、
結局、マニフェストを葬り去った様にしか見えません。

■ 党内基盤の弱い首相は、アメリカの言いなりになる ■

民主党は自民党同様、派閥の集合体です。
派閥をグループと言い換えたに過ぎません。

小沢グループという最大勢力が、党執行部の中心から抜けた為に
弱小グループ出身者が、政権を担当します。
当然、党内最大派閥の小沢グループを押さえ込む為の力が必要になります。

そう、アメリカを後ろ盾にして小沢グループと戦うという
捩れた構造が民主党内に出来上がってしまいます。

国民は対米従属からの脱却を望んでいたのに、
何故か、自民党以上の対米従属の構造が出来上がってしまった・・・。

■ 政権維持能力に攻撃を加える事で、益々対米従属に傾倒させる ■

消費税問題で執行部と対立した小沢一郎は、
「国民の生活が第一」を旗上げして、民主党を去ります。

民主党は衆議院の絶対安定多数で政権を運営していましたから、
一気に政権運営が難しくなります。

その結果、自民党や公明党との連携が必要になり、
その仲立ちを、多分アメリカがコントロールしているのでしょう。
結局、小沢一郎が圧力を掛ければ掛ける程、
民主党政権はアメリカに擦り寄ってゆきます。

■ アメリカと敵対するという便利な立ち居地 ■

小沢一郎は政権内にあっても、政権外にあっても
大きな影響を行使しています。

しかも、「アメリカと敵対して、謀略を仕掛けられている」という看板がある為に、
結果的に小沢一郎の行動によって、民主党が対米従属に追いやられても、
誰も小沢一郎とアメリカの関係を疑う事はありません。

さらに、「首相になれない」というワイルドカードを常に手中に置く事で、
「首相になったら上がり」という日本の政界の中で、
長期に渡って、影響力を行使し続ける事が出来ます。

国民は「アメリカにとって邪魔」だから、
マスゴミが小沢一郎を攻撃すると思い込んでいます。

■ 「原発の段階的廃止」なんて、反故にされるに決まっている ■

最近は小沢一郎も賞味期限が過ぎて来ました。
「国民の生活が第一」などという政党名は、
「ポピリズムが一番」と言っている様で、政治家としての吟持に欠けます。

そんな小沢一郎が選挙の争点として持ち出したのが、「原発の段階的全廃」

しかし、これ程当てにならない政策はありません。
エネルギーが危機的状況になれば、大飯原発の様に稼動を余儀なくされますし、
稼動の必要性が無ければ、政権にある数年かだけ原発の稼動を制限すれば
公約は果たされたことになります。

日本の政権の寿命は概ね1年です。
選挙後、一年間だけ、国民に節電を強要し原発を停止するだけで
政権が取れるのであれば、こんなに楽な事はありません。

選挙の結果、「国民の生活が第一」を含む連立政権が出来上がれば、
数年はその枠組みで、国政が動かされる事になります。

1年が過ぎた頃に、原油価格が高騰したりすれば、
又原発は再稼動する事になるでしょう。
しかし、民主党のマニフェスト破りと同様に、
「状況が変わった」と説明されて、原発の再稼動は実施されるいでしょう。

■ ポピリズムに訴える政治家は信用出来ない ■

マスコミの影響もあって、日本人は耳触りの良い政策を掲げる政党を支持します。

消費税率値上げに反対します。
官僚機構を打破します。
原発を停止します。

ところが、これらの公約は直ぐに破棄されます。

一方、その裏では公約に無かった政策が次々に成立してゆきます。

外国人参政権を認めます。
人権保護法案を成立させます。

こんな事は、選挙公約の前面には一切出ていません。

結局、ポピリズムに訴える政治家や政党は信用出来ないのです。

もし、外国人参政権や人権保護法案を成立させたいならば、
かつての社会党の様に、それらを前面に出して選挙戦を戦うべきです。

■ 私は、結果論的に、小沢一郎を信用出来ない ■

私は陰謀論者ですから、結果から原因を類推します。

すると、小沢一郎の評価は、世間の評価と180度反転します。

親中路線の象徴の様に言われた、習近平の天皇とも会見も、
習近平がアメリカの息の掛かった上海閥である事を考えれば、
単純にアメリカとの距離を取る為の行動だとは言い切れないものがあります。

■ 小選挙区制の導入により、日本の政治はポピリズムに支配されてしまった ■

結局、現在の日本の悲しい政治情勢は、
小沢一郎が推進した、小選挙区制度が生み出したとも言えます。

二大政党制の元では、白か黒かはっきりした事が争点に成りやすく、
それ以外の主張をする政党が、国政に参加できません。

これはアメリカも同様の状況で、
アメリカ国民は、自分達のデモクラシーは正しく機能していると錯覚しますが、
民主党と共和党の政策がぶつかり合うだけで、
それは正しい民主主義と言い難いものになっています。

そして、国家を左右する様な重要な法案が、
大統領令でスルスルと施行されたり、
民主党と共和党の談合で、スルスルと議会を通過して行きます。

■ 唯一の救いは、官僚機構が調整役として機能している事 ■

マスコミや政治家は日本の官僚達を批判します。

しかし、政策決定が極端に陥りがちな2大政党制において、
官僚機構はブレーキとして機能します。

しかし、これはアメリカから見ればおても邪魔な存在です。
ですから、マスコミを使ってバッシングします。

現在の日本において「官僚=諸悪の根源」とされています。
この洗脳は大いに危険です。

■ 震災復興費を流用して何が悪いのか? ■

現在マスコミでは、震災復興費が復興以外の用途に流用された事を非難しています。

しかし、緊縮財源で、財政支出が絞られている日本では、
多くの企業が倒産の危機に瀕しています。

いたずらに財政を拡大出来ない状況で、
全国的な景気刺激を行うにはどうすれば良いか・・・・

震災復興という名目ならば、国民の目は誤魔化せます。
復興予算の為の増税ならば、国民も納得します。

それならば、復興予算を流用して、全国にばら撒けば良い。

・・・決して褒められた方法ではありませんが、
政治が無能で、財政拡大が出来ない中にあって、
官僚達が日本の地方経済を救う手立ては限られています。

当然、民間投資と違い、公共事業は乗数効果も低く、
利権に群がる者達の温床になっている事も確かです。

一方で、雇用が次々と失われる中で、
公共事業で、少しでも雇用を維持する事に理解も必要です。

結局、世の中、白黒はっきりせずにグレーが好ましいのですが、
グレーな世界を構築する手腕を持った政治家が居なくなった事が
官僚に批判が集まる元凶とも言えます。

小沢一郎は限りなく黒に近いグレな政治家ですが、
何故か、彼が関わると、その周囲は白黒に別れてしまいます。
気が付けば、呉越同舟の民主党も真っ二つ・・・。

壊し屋とは、妥協点を破壊してくという彼の政治手腕に対して与えられる称号なのかも知れません。
http://green.ap.teacup.com/pekepon/924.html


06. 中川隆 2012年10月29日 09:35:43 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

要するに小沢一郎先生に欠けているのは政治家としての理想

チェ・ゲバラ

「最も重要なことは権力を握ることではなく、握った後に何をするかを明らかにすることだ」

あの人の人生を知ろう〜チェ・ゲバラ
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/guevara.html

理念なき政治家・小沢一郎 2010.2.25

 今回の小沢不起訴をめぐって、驚くべき情報が駆けめぐっている。あくまで噂であるが、多くの人々が信じている。アメリカの関与とアメリカとの取引があったという噂である。


 森田 いま、政治家としての在り方が問われている。これは、小沢さんだけの問題ではない。政治家全体の問題であり、かつての自民党政治の問題であるとともに今の民主党の問題でもある。アリストテレスは『ニコマコス倫理学』で、人間の職業を政治家的職業、実業家的職業、学者的職業の三つに分類した。それぞれの分野において、それが失われたらその職業が成り立たないものがある。「政治」においては「誇り」、「実業」においては「利益」、「学者」においては「理想」である。政治家が誇りを失ったら、政治家という職業は成り立たないのだ。

 ところが、戦後わが国は経済だけを優先し、政治国家であることをやめ、また自分の国を自分で防衛するという考え方を捨ててしまった。アメリカに依存し、経済的利益だけを追求してきた。それでも戦後30年間は、経済人にも高い理想があった。経済人の中に政治家的発想、学者的発想が残っていた。したがって、経済人は単なる経済人ではなく、政治家的誇りと学者的理想を持って行動していた。

 しかし、戦後30年を経た頃から、経済人から政治家的誇り、学者的理想が失われ、経済的利益だけを追求するようになった。価値判断基準は経済的利益だけという状況になった。この経済的利益最優先主義は、政治家と学者の精神をも支配した。政治家の変化は著しかった。1980年代以後、私が政治家に何か言うと、時に、「それは私にとって損ですか、得ですか」と聞かれるようになり、はじめ私は衝撃を受けた。その頃からアメリカもイギリスも自由競争主義、新自由主義の方向に変わり、その影響が全世界に広がった。「自分さえよければ主義」、ミーイズムが大多数の人々の精神を侵した。

 こうして、経済人だけではなく、学者も政治家も自分にとって「損か得か」を基準にして物事を考えるようになった。法の精神、政治本来の理想が薄れ、道義の退廃をもたらした。自民党だけでなく、いくつかの政党にも「損か得か」の発想が強まった。自分を犠牲にして社会のために尽くすといった誇りを持った政治家たちは急激に減っていった。この結果、多くの国民は政治家に愛想を尽かした。自民党政権の最後に麻生首相が「上から目線」の代名詞となり、そして自民党政権は滅びた。 

−− 小沢さんは権力を握って何をしたいのか。


 森田 小沢研究をしてきて気づいたことがある。小沢さんは戦術家ではあるが、戦略家ではない。駆け引きや、選挙に勝つ技術は優れている。

小沢さんは、勝って何をするかという理念や理想を持たないまま、権力闘争に勝つことだけを自己目的化して政権をとった。

小沢さんと深く付き合った人々に聞くと、小沢には「信念」とか「理念」と言うべきものをほとんど感じなかった、という。

あるのは敵を倒すための過剰な闘争心と戦術だけである、という。

小沢氏さんは常に戦いと勝利を求めている政治家ではないかと思う。「政権をとって何をしたい」という理念らしきものはなく、より強い権力をもちたい、政敵に勝ちたい、自分への反対者を許さない、という権力欲だけの権謀術数型の政治家と見てよいと思う。

 小沢さんは、晩年のスターリンや毛沢束、ロッキード事件後の守りに入った後の田中角栄に近いと思う。とにかくすべて目的は戦ってライバルを倒すことであり、「政治的報復」であり、反対派を粛清することである。小沢さんはこのためにより強い権力をもちたがるのだ。  脱「小沢・鳩山」革命が中心課題だ!
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C06113.HTML

哲学者の梅原猛さん(84)。

有名な哲学の道にほど近い自宅を訪ねた。著書「自然と人生」(文春文庫)を携えて。「小沢一郎と宮沢賢治」なる鋭い小沢論を見つけたからである。

 <私は小沢氏に一度だけ会ったことがある。ある自然保護団体に頼まれて、細川政権の実力者である小沢氏と十五分くらい話し合った。小沢氏との会談を終えた帰りに私の口を出た言葉は、「アンファン・テリーブル(恐るべき子供)」という言葉であった。(略)人間の才能の一部である政治的才能のみが極端に膨れあがり、成熟した人格に必要な他の能力が未発達である人間を感じざるを得なかった>

 「15年以上前かな、これ書いたのは。もとは新聞コラムだった。小沢氏には評価すべき点もある。日本人ははっきりした主張と意志を持て、ということはね。だが彼に大人の情緒、ゆとりがない。同じ郷里の宮沢賢治を理解しなければ大政治家にはなれない、と説いた。生きとし生けるものが助け合う。賢治の思想は慈悲の思想。彼は競争、権力しか関心がないんだ。しばらくして、手紙が来たよ。一国立機関の長が政治的意見を書くのはけしからんと。国立国際日本文化研究センターの所長でしたから」

 旗印の政治主導はよしとして、わが国を代表する哲学者の梅原さんを「一国立機関の長」と切って捨てる感覚は驚く。そういえば、最近の小沢氏にこんな発言があった。天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見の一件。天皇の政治利用に当たるとの懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官を批判した。「政府の一部局の一役人が内閣の方針にどうしても反対なら、辞表を出した後に言うべきだ」

 「ハハハ、同じですか。私への手紙は文面こそ、やわらかな言い回しだったけれど、一種の恫喝(どうかつ)。続けて、いっぺん会いたい、と書いてある。懐柔だ。恫喝と懐柔、これが彼の変わらぬ手法でしょう。むろん会いに行ってない。彼は人間はすべて政治的だと思っているんだ。哲学をやっている私のような人間のことがわからない。でも、政治家には彼の手法が通じる。だから北京へ民主党議員がぞろぞろ付いて行く。それに、彼は一度離れた人間に怨念(おんねん)を持つ。そしてその人は敵となる」

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100114dde012010006000c.html

 鳩山首相は宇宙人とよばれているという。宇宙人といえば私は、子どものときに漫画などで見た、頭から多くの足が生えている火星人を思い出す。その姿はクラゲのようでもあった。鳩山首相は、もっとも重要な外交問題である普天間基地移設問題などに関しても、何の信念も何の誇りももたず、政治の風の吹くままにふらふら漂っているクラゲのように思われる。

 それに対して、最高実力者の小沢一郎氏はクラゲとはまるで違う。彼は確固たる人生観をもっている。それは、権力こそ最高の価値であるという人生観である。小沢氏は、権力の匂いを嗅ぎつけてはその権力の中枢に近づいて、権力を握り続けてきた。

 しかしその権力欲の背後には凄まじい金銭欲のあることが最近発覚した。彼はまさに田中角栄や金丸信の直弟子であるが、賢さにおいては田中角栄や金丸信よりはるかに上である。小沢氏は彼らより深く法律に通じ、不正ではないかと疑われる彼の蓄財を巧みに法に触れないように装うことができた。そして田中や金丸には人をホロリとさせるような人情味があったが、小沢氏にはまったくない。

 このような人間に比すべきものは、お宮に失恋して金銭欲の権化となった間貫一であろう。尾崎紅葉はその間貫一を「金色夜叉」すなわち金色に光る鬼とよんだが、小沢氏は金色というより灰色に光る夜叉であろう。このようは灰色夜叉によって支配される火星人を首相にもつ日本は、確実に亡国への道を歩んでいるように思われる。
http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/318.html


07. 2012年10月31日 12:45:32 : HNPlrBDYLM

            ____
         __,,/  _, ----`ヽ  :.
     :.  / _     ___   、\
       / /   i      \   \\ :.
     :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :.
     :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}
    :. |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.  な…
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{     なんなんですか?
      :. |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.   ここ、どこですか?
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ     なんであたし
   :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`(ノ .:.::.}ヽ、\:.   ここに居るんですか?
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :.
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :.
       :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ
           / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',
       :.     / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|
          / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l

5.22小沢に怯える岩手県民[桜H22/5/24]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10845403?via=thumb_watch


■小沢一郎が当選する理由。岩手県の徹底言論弾圧

小沢一郎
選挙区は岩手県水沢市。

日本じゅうの大迷惑なコイツを選出してるってどんな人ら?!って思うよね


この地区は
『徹底的な言論弾圧』
が行われてるorz


○○町で、○人が小沢一郎に投票しなかった。

連帯責任でそれなりの制裁が来る

○○が小沢一郎に投票しなかった

旦那の勤務先の会社が倒産する

http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-84.html


08. 2012年11月01日 11:51:48 : HNPlrBDYLM

なぜ小沢一郎は社会民主主義的な公約をする様になったのか:

小沢一郎議員は元々は親米と言われていましたが、民主党議員になってから反米・反日になりました。 この変化の原因について、人気ブログ中韓を知りすぎた男では以下のように分析されています。


■消費期限が切れた小沢一郎

(略)
都知事の石原慎太郎氏が過去言っていたように

「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」

とまで言われた小沢氏が何故か左翼に取り込まれてしまった。

(略)

過去の様々な失敗でライトの当たらない所にいた小沢氏が突然運よく民主党の代表が転がりこんできた。 参院選挙で勝てば再び脚光を浴びる事ができる、そのために悪魔の左翼達をたらし込んだ。 そして小沢氏は 民主党内の支持基盤を旧社会党出身の議員達で固めた

彼は 選挙に勝つために地域労働組合の自冶労や日教祖とも手を結んだ。
しかし邪悪の左翼を取り込んだつもりが逆に左翼に取り込まれてしまった。

お陰で4億円を超える不透明な事務所経費や10億円を越す不動産の疑惑の追求を左翼マスコミから逃れる事ができた。

(略)

戦後の日本は政治も経済もアメリカの指示通り動かされてきた、
特に日本の歴代首相は親米以外生き残れない、
田中角栄はアメリカを無視して中国と国交を回復したがそのためにロッキード事件で失脚させられた。

アメリカの怖さを知り抜いている小沢氏が何を血迷ったか、テロ特の延長に邪魔をした。 左翼に赤く染められ反米にされてしまった小沢氏はアメリカの消費期限を過ぎてしまった。

(略)


■小沢氏 辞意撤回も?

(略)

小沢一郎は自民党時代は金丸信の影に隠れて美味しい思いだけをしてきた。
1990年、金丸訪朝団の一員として北朝鮮を訪問する。

金丸は北朝鮮に「戦後の45年間」の謝罪と賠償を約束してきた見返りに川砂利利権その他を手に入れる、

その後脱税事件の家宅捜査により刻印のない北朝鮮の金の延べ棒が金丸事務所より出てきた。

小沢氏は金丸の腰ぎんちゃくとして蜜の味だけを知る。

金丸氏が失脚した後、小沢氏は巨額の防衛利権を引き継ぐ、

その時より山田洋行と関係ができる、山田洋行は93年頃から急激な成長をとげる、当時は細川連立政権の時代、急成長の背景に小沢氏の陰の力があった。

今日の新聞に防衛専門商社「山田洋行」が田村秀昭元参院議員に選挙資金として2億円を提供したと報じている。 田村氏は小沢氏の側近中の側近である。

小沢氏は過去常に親米の立場で行動した、そのためにアメリカから脅される恐怖も経験せずに蜜だけを味わってきた。

しかし2003年、小沢氏の自由党は民主党と合併する、
そして民主党内を支配するために左翼と連携を深める。

(略)

彼はアメリカを軽視しすぎた、 田中角栄の失脚を目の前で見たにも関わらず、まったく学習ができていなかった。

アメリカは小沢氏を脅すために徐々にスキャンダルを流し始めた。

懐刀の東元議員の山田洋行への天下り、山田洋行から600万の献金、田村氏の2億の選挙資金、など

アメリカも小沢氏を完全に失脚さすわけには行かない、まず自民と連立させてテロ特措法を成立させ、給油活動は日本の金でタダで行う。

(略)


上記を要約すると、小沢一郎議員が豹変した理由は


-政治生命を絶つ数々の疑惑について、反日マスコミからの追及を逃れるため

-反日マスコミ・反日組織の支援を利用して政権を取るため

-アメリカの恐ろしさを軽視しているため

とでも言えばよいでしょうか。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html


小沢は本当は極右から社会民主主義に転向したんではなく

ロックフェラーの犬からロスチャイルドの犬に転向しただけなんだけどね。

そんなに社会民主主義がいいなら共産党を支持すればいいのさ。


09. 2012年11月01日 12:03:01 : HNPlrBDYLM

MI6 は小沢を守る為に何をやるかわからない。(CIA かもしれないけど)

ロスチャイルドも自分の飼い犬は守りたいんだね:

【コラム】小沢一郎と西松建設と北朝鮮利権【直言極言】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6545766


西松建設事件年表


09/03/04に全焼した民主党事務所(ADON-K@戯れ言より引用)

08/11/19 海外事業部の元副事業部長、高原和彦容疑者(63)を逮捕

08/11/21 西松建設社長の国沢幹雄社長(69)自宅を家宅捜索

08/12/31 民主党の小沢一郎代表等、国会議員への政治献金が表面化

09/01/14 元副社長ら4人を逮捕

09/01/20 西松建設前社長、国沢幹雄容疑者(69)を逮捕

09/01/21 元西松建設専務、嶋田武司(82) 死亡

09/02/02 テポドン2号発射準備開始

09/02/24 長野県参事(長野知事の元秘書)の右近謙一(59) 電柱で首をつって死亡。遺書なし

09/02/26 青山繁晴(ジャーナリスト) 腰骨5本骨折

09/03/01 吉岡吉典(元共産党参院議員)、旅先ソウルで急死…「小沢・秘書・ダム工事のただならぬ関係」を生前に追求

09/03/03 小沢第一秘書、大久保隆規容疑者(47)逮捕

09/03/03 民主党岩手支部家宅捜索

09/03/04 民主党本村賢太郎の事務所のある相模原卸売市場全焼。第一通報者は秘書         
※小沢の第一側近かつ国民改革協議会(民主党の政治資金団体)代表の藤井裕久の事務所         
藤井の元秘書であり後継指名した本村に譲ったもの

09/03/05 事務所全焼で、秘書(35)「後援会の名簿は無事だったが、最近の書類などは無くなってしまった」


★おまけ★

07/05/28 松岡利勝農水相 死亡…小沢一郎の隠し資産(10億以上)を生前に追求

07/05/30 松岡氏の密葬に出たいという安倍総理の要請に対し、民主党側が「党首討論が先約だ」と妨害

西松事件関係者が次々と謎の死


09/01/21 西松建設社長を逮捕

09/01/21 元西松建設専務 死亡

09/02/24 長野知事の元秘書(西松建設事件での参考人) 死亡
     (電柱にロープを巻きつけ首吊り自殺)

09/03/01 「小沢一郎氏と秘書と、ダム工事のただならぬ関係」を追及してきた記者(吉岡元議員) 旅先で死亡

09/03/03 検察、民主党岩手支部家宅捜索

09/03/04 民主党事務所のある相模原卸売市場全焼

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html

怪死の恐怖!死神小沢は魂を奪う! 2011/04/28 10:50


裏金1億円を小沢事務所に渡したと、公判で証言した水谷建設の元社長。きっと証言しようかしまいか、大いに悩んだに違いない。でも社会正義を守るため、真実を語ろう、そう思ったのでしょうね。あえて証言台に立った勇気に拍手を送ります。

もうすでに多くの人が気づいているように、小沢民主党の周辺にはとにかく不審死が多い。ググれば動画も含めて、沢山の情報が出てきます。下はコピペはその一例。

09/01/03 小沢がトップに返り咲くきっかけになった偽メール事件の元民主党衆院議員 永田寿康  自殺

09/01/21 西松建設社長を逮捕

09/01/21 元西松建設専務 死亡

09/02/24 長野知事の元秘書(西松建設事件での参考人) 死亡 (電柱にロープを巻きつけ首吊りする不自然な自殺)

09/03/01 「小沢一郎氏と秘書と、ダム工事のただならぬ関係」を追及してきた記者(吉岡元議員) 旅先ソウルで死亡

09/03/03 民主党岩手支部家宅捜索

09/03/04 民主党事務所のある相模原卸売市場全焼 (民主党の資産管理団体事務所はここだった)  あまり報道されていないが火災の第一発見者は民主党秘書。助かった人 小沢氏の第一秘書・大久保容疑者も自殺の恐れが出てきたため、検察が逮捕し確保

09/08/28 鳩山、全選挙期間中を通じて、たった一日だけ北海道に訪れ選挙運動。税理士の花田氏も呼んで懇親会を開催

09/08/29 鳩山の会計監査人、故人献金を最も知り尽くした税理士花田順正が心不全で死亡

09/08/30 衆院選、民主党大勝利

09/10/04 天皇陛下の韓国御幸に反対した宮内庁式部長官が登山中に死亡 同日核武装議論発言など特アに嫌われるタカ派議員であった中川元財務大臣 が自宅で死亡。同じ選挙区の民主党議員の政治資金疑惑で辞職すれば、繰上げ当選の可能性がマスコミに取りざたされはじめたタイミングであった。

09/11/21 民主党本部に侵入の男 鳩山議員のパソコン破壊

09/12/14 山本アナが「たかが一政党の幹事長ごときが・・・」と発言

09/12/15 山本アナの身内が死亡。

10/02/?? 小沢の地元、岩手県議会で大きく取り上げられた県警不正経理・裏金問題で、宮古署会計担当者が行方不明に

10/04/15 宮古署会計担当者、宮古の沖合で死体で見つかる。県警では事故と自殺の両面から捜査すると表明。

10/04/30 徳之島町役場職員が貝を採っている最中に溺れて死亡。夜18時、ウツボがいる危険な時間帯なうえ、満潮という絶対に貝を採るにはありえない時間帯であった。

10/08/11 民主党の小沢、鳩山を潰すのを命にしていた景山日出夫・NHK解説委員がトイレの個室のフックにネクタイをかけて首を吊って変死。

http://yohkan.iza.ne.jp/blog/entry/2261448/


10. 2012年11月01日 21:59:04 : HNPlrBDYLM

小沢先生は今年もロスチャイルド様にお伺いを立てにドイツへ

2012.10.16 17:29 [小沢一郎]

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が16日、ドイツ訪問へ出発した。
 小沢氏は16日午後(日本時間同日夜)、フランクフルト国際空港に到着。17日にはアルトマイアー環境相と会談。21日に帰国する。


_____

 フランクフルト・ロスチャイルド銀行

 1989年、ほぼ90年ぶりに フランクフルト・ロスチャイルド銀行が開業します。
そして かつてのフランクフルトのロスチャイルド邸の敷地に隣接して、ユーロ圏の通貨・
金融政策を担う中央銀行である 欧州中央銀行(ECB)が建ったことは、あまり知られて
いませんが、特別なつながりがあるように感じるのは 私だけでしょうか。

「 国際金融資本の黒幕 」とも呼ばれる 一群のひとつに挙げられるロスチャイルド財閥は、
1998年におけるヨーロッパ企業のM&Aの仲介実績で 世界第5位にランクされ、その金額
は 677億ドルに達しました。 しかし、この数字は 投資銀行を社名で細分化して、直接
ロスチャイルドの名で動かされた部分だけを示しているので、ロスチャイルド財閥の資本や
一族とかかわるプレイヤーが動かした M&Aの仲介事業を総合すると、群を抜いて世界一位
でしょう。

たとえば ユダヤ系投資銀行である ゴールドマン・サックス、ソロモン、ウォーバーグ・
ディロン・リードなど、創業時期から ロスチャイルド家の資金で事業を展開し、縁戚関係を
持っている企業のトップ・プレイヤーの大部分が ロスチャイルド財閥の息のかかった人間だ
と考えると、ロスチャイルド財閥グループのM&Aの仲介実績は世界第一でしょう。


 日本国内に目を向けて見れば、ロスチャイルド財閥は、1999年に 三井物産と共同で、
リストラクチャリングを必要とする企業を対象とした買収ファンド(100億円規模)を設定し、
出資・買収を模索しはじめます。 
2001年には 英ロスチャイルドグループの企業買収ファンドが、大阪証券取引所二部上場の
通信販売大手ニッセンに出資し、筆頭株主になりました。 当時の新聞には「 月内(4月)
にも買収ファンドが ニッセンの第三者割当増資を受けて発行済み株式数の10%前後を取得し、
ニッセンの経営テコ入れに乗り出す 」と記されています。

2002年に、三井物産が 繊維部門に投資専門の部署として投資事業室を新設し、アパレル
への投資体制を整え、「ハナエモリ」ブランドの再建に乗り出しましたが、これは 英ロス
チャイルドグループなどが出資したファンドと三井物が新会社を設立し、高級既製服(プレタ)
事業と商標権を買収したことで実現したものでした。森英恵が率いる「ハナエモリ」はブランド
に傷がつくの避けるため、清算ではなく 民事再生法の適用を申請し、プレタポルテ部門を
三井物産とロスチャイルドグループへ売却することを選んだのでしょう。


三井物産、住友商事、三井住友銀行が 世界的な視野で見れば 「ロスチャイルド系」と
呼ばれていることを知らないのは、日本人ビジネスマンだけだ と揶揄されているようですが、
そうするとロスチャイルド財閥の最大のライバルである ロックフェラー財団グループが日本に
どのような系列会社を有しているのか気になるところです。


現在、連載中の「小栗上野介が駆け抜けた時代」(毎週木曜配信)でもふれますが、
ロックフェラー家は、西南の役(明10)をきっかけに 三菱グループの創始者 岩崎弥太郎
と手を組みます。 岩崎は その前に、ロスチャイルド系の長崎グラバー商会の資産と事業を
引き継いでいますが、ロスチャイルド財閥と深くかかわることはなく、ロックフェラー財閥との
蜜月を続けていきます。

同じ頃 三井グループの大番頭となった 渋沢栄一は、ロスチャイルド財閥と懇意になります。 渋沢は 幕末に幕府使節団に加わって御用商人としてフランスに渡りました。この時に 
近代の銀行業、金融業を学んだのが ロスチャイルド財閥グループだったので、渋沢は 個人の
ネットワークをビジネスに活かしたということがいえるでしょう。

その後、渋沢は明治政府に迎えられ、大蔵官僚となり、やがて 第一国立銀行を設立します。
この第一国立銀行と三井銀行が合体して、やがて 日銀が誕生するわけです。現在でも

「 日銀には ロスチャイルド財閥の資本が入っている 」

とまことしやかに言われるのは、

「 渋沢−三井−ロスチャイルド財閥 」

という関係が明確だからです。、
http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/59715541.html


11. 2012年11月08日 17:55:00 : HNPlrBDYLM


あの大連立は、小沢が消費税など税制改革目的で申し込んだものだった?

福田康夫首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表による大連立は消費税増税が目的だった


2010年 07月 25日

23日、自民党の森喜朗元首相が、BS番組の収録で、あの大連立構想のウラ話を暴露したという。

『自民党の森喜朗元首相は23日収録のBS朝日番組で、2007年の当時の福田康夫首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表による大連立に向けた協議が、消費税を含む税制改正や社会保障制度の見直しを目的にしたものだったと明らかにした。

 森氏によると、小沢氏が森氏に「選挙で消費税を言った方が負けることを繰り返したら日本の政治に前進はない。ここは一緒のテーブルでやろう」と提案。森氏が福田氏に伝え、大連立の協議を仲介したという。<読売新聞23日より>』

『森氏によると、当時の福田康夫首相とも小沢一郎代表とも話せる人物として、森氏が仲介することになったという。森氏は小沢氏から

「社会保障や消費税を含めた税制について一緒のテーブルで」

打診されたが、森氏は

「一番大事なのは憲法。憲法問題からおたくは逃げている」

と返答。小沢氏は

「うん、それも大事だ」

と応じたことで、森氏は福田首相に大連立構想を伝えたという。
<朝日新聞23日より>』


 また、小沢氏が消費税の見直しを考えていたことに関して

『「当時はあの人もそう思っていた」とし、菅直人首相の消費税発言に批判を強める小沢氏をやんわりとけん制した』という。

<日経23日より>

* * * * *

 いや〜、久々に、07年の大連立構想の話が出て、ついついアレコレ思い出したり、考えたりしてしまったのだが。(~_~;)
そのことは、後で余裕があったら書くとして・・・。


<これを見て、改めて「あの時、民主党の幹部たちがみんなで反対して、大連立をしないで、本当によかったな〜」としみじみ思ってしまったけどね〜。(ノ_-。)

 そう言えば、その後、ひねて代表を辞めると言い出した小沢氏を、みんなでなだめるのも大変だったのよね〜。_(。。)_>


 この大連立構想をどちらか持ちかけたのかという件に関しては、小沢氏の方は、騒動直後の会見で、(名前は明かさず)「さる人」から話があったと発言。

 他方、「さる人」の候補として名が挙がっていた読売新聞のナベツネこと渡邉恒雄氏や、森喜朗氏は、小沢氏から提案して来たと反論していて。(*1)森氏は、今回、改めて、その主張を繰り返したことになる。(・・)

<mewは、もしかして、第三者が双方に話を持ちかけた可能性もあるかなとも思っているのだけど・・・。>


 正直なところmewは、、この大連立騒動に関して、ホントのホントの経緯、理由、事情などは、当分の間、オモテに出ることはないのではないかと思っている。(**)


* * * * *

 ただ、当時、自民党の方は、07年の参院選で惨敗し、衆参ねじれ状態になったため、国会運営が厳しい状況だったし。

 小泉元首相や、特に安倍元首相が米国にお約束した<&それが守れそうにないので首相辞任することになった?>インド洋の給油活動延長、海外派兵の恒久法、集団的自衛権の容認、憲法改正の計画などが頓挫してしまったため、民主党と大連立をしてでも、それらを実現しようと考えたのは、よ〜くわかったのだけど。

 小沢氏の方が政策面で、何を一番の目的にして、大連立をしたいと思ったのか、わからずにいたのだ。^^;

 でも、今回、森氏が「消費税や税制改革、社会保障の見直し」が目的だったということを初めて語ったことで、mew的には、「なるほど〜」と妙に納得が行くところがあった。(**)

 というのも、mewは、小沢氏は90年代から消費税増税論者だったし。自由党時代も、法人税の引き下げを含む税制改革に熱心だったのに、民主党代表になってから、その話がほとんど出なくなってしまったのが、不思議でならなかったからだ。(・・)


<それこそ、最近、ネット上で、小沢氏の支持者が、菅政権を消費税増税や法人税引き下げなどで叩いているのは、もっと奇妙に思えていたりもして。^^;>
http://mewrun7.exblog.jp/12998219/


12. 2012年11月08日 18:18:24 : HNPlrBDYLM

|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::
|,ノ  ヽ, ヽ:::::::::::::::::::::::::
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、::::::::::::::::
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ::::::::::
| ヽノ  ノ●   ● i::::::::::
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::: なんでウンコ食べちゃったの?
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ:::::::::

小沢氏の“反増税”は噴飯もの!かつての盟友が大苦言 2012.07.07


 新党結成に向け、小沢一郎元民主党代表のグループが準備を加速化させている。連日、国会内で設立準備会合を開き、政策や理念などを詰める一方、注目の新党名については、11日の設立総会の直前に結論を出すことを確認した。だが、小沢氏のかつての盟友らは、こうした動きに厳しい意見を突き付けている。

 「消費税増税は政権交代への期待を裏切り、国民を苦しめる。政権を奪還して消費税増税法案を葬り去る」

 小沢新党の副代表兼参院議員会長に就く広野允士氏は6日午前、新党に参加する参院議員の会合でこう語った。新党は、次期衆院選を見据えて「反増税」と「脱原発」を掲げる方針。新党きづなと統一会派を組むほか、新党大地・真民主との連携も目指す。

 民主党の切り崩し工作も進めている。民主党の米長晴信参院議員(山梨選挙区)は同日午後、離党届を提出した。当面、無所属で活動するというが、小沢氏らの参院会派「国民の生活が第一」に参加し、小沢新党への参加も「選択肢の1つ」と語っている。

 「政界の壊し屋」は古希(70歳)を超えても戦闘意欲をたぎらせ、子供や孫の世代の国会議員らにハッパをかけている。一方、かつて小沢氏とともに活動していたベテラン議員らの目は厳しい。

 当選同期である自民党の森喜朗元首相は7日の産経新聞のインタビューで、「(小沢10+ 件氏の行動は)まったく合点がいかない。消費税を導入した竹下登内閣で官房副長官を務め、細川護煕内閣で国民福祉税構想をぶち上げたのは一体誰ですか。福田康夫内閣の時に僕に『自民、民主の大連立で消費税を増税しよう』と持ちかけたことは忘れたのか」とし、「彼を支えてきた同志はみんな離れていった。家族もね…。命運尽きたかな。これ以上晩節を汚さない方がいい」と語った。

 政策ブレーンとして小沢氏を支えた民主党の藤井裕久税調会長(元蔵相)も6日、TBSの番組収録で、「(小沢氏らは)最後まで非常に政局的に動いていた。(党除名方針が決まって)すっきりした。これで決別だ」と強調した。

 小沢氏が立ち上げた新進党に一時所属した自民党の石破茂前政調会長も6日、読売国際会議の夏季フォーラムで、小沢氏の政治手法について「誰も反対できないことを唱え、他の考えを一切封じるやり方はポピュリズムの極致」と語った。同紙が7日朝刊で報じた。

 壊すたびに敵を増やしていく小沢10+ 件氏。今回の新党は果たして…。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120707/plt1207071450002-n1.htm


13. 2012年11月08日 21:21:02 : HNPlrBDYLM

小沢一郎のイカサマ政治がなぜまかり通る 1994.6.25


国際政治コメンテーター・藤原肇

*米国から見ると小沢一郎は欺臓だらけなのになぜ誰も指摘しないのか

 クリントン政権は東京に送りこんだエージェントから、腐り切った自民党体制は放っておいても自滅するし、「金竹小」の疑惑トリオの小沢一郎は裏切り者として、自民党を割るしか活路がないという情報を得ていたので、自民党の独裁政治の崩壊が実現した時でも、大したショックを受けなかったそうだ。あれだけ強靱に見えた一枚岩のソ連でも、経済危機であっけなく解体したのだから、腐敗の度合いからしてソ連と似た状態にあり、国家を政治家たちが食い物にしていた以上は、自民党政治が崩壊しても驚くに値しない。

 また、殿様政治家の細川は田中角栄の子分だったから、男爵内閣と呼ばれたドイツのぺーパン政権と似た性格を持つし、本質的には自民党と同じ対米従属であり、密室政治と裏取引が得意な小沢が陰で操っているので、アメリカにとって扱いやすさでは大差がない。しかも、小沢はホワイトハウスではなくてCIAの管轄だから、小沢でねじれた新政権を手玉に取るのは難しくないと、クリントン政権は考えているのである。また湾岸戦争の時の幼稚な国際貢献論や対米土下座外交を演出した小沢の手口に対してアメリカ在住の日本企業のトップや心ある教授たちは、日本の主権という女神を米国の手ごめにさせた点で、小沢をポン引き役の政治家だと見る人が増えている。

 日本の政治にとって小沢は一種の〔トロイの馬〕であり、スターリンに似た性格の権力の亡者を放置して、キレイごとのキャッチフレーズを並べる男に運命を任せれば、日本の行く手には警察国家が待ち構えるだけであり、絶望的な締め上げは狂信にはけ口を求める法則に従って、弾圧による秩序の維持の時代が再来しそうである。

 権力の中枢に潜んでいる限りは身の安全が保て、検察の追及から逃れ続け得ると知っている小沢は、腐敗政治の改革を小選挙区制度にすり替え、護憲勢力を粉砕する手配を既に完了したし、後は小選挙区制の結果を待つだけだから、日本の運命は累卵の危機(積み重ねた卵のように危ない状態のこと)に置かれているのである。

 孔子は「小人貧しければここに約し、富めばここに騎る」と言って、度量の狭い卑小な人間は貧しければこせこせし、富めば思い上がって驕慢になると指摘している。金丸が逮捕されて不正貯蓄を押収された時は、隠し財産を求めて外国にまで出かけて行き、二週間ほど金策で行方不明になった人物が、今度は創価学会がスポンサーに付くと居直り、新聞記者の取材に対して高圧的に出たところに、『礼記』が予告した小沢の態度豹変の背景がある。

 こんな状況が太平洋の対岸から丸見えだが、日本のマスコミは細川政権のトロイの木馬に目を塞ぎ、〔小沢のミソギ問題〕を棚上げにしたまま、小沢を大物政治家のように持ち上げている。

『日本改造計画』
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%94%B9%E9%80%A0%E8%A8%88%E7%94%BB-%E5%B0%8F%E6%B2%A2-%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4062064820/ref=cm_cr_pr_product_top


とかいう本が日本でベストセラーで、小沢が書いたと信じられているようだが、これは田中角栄の『日本列島改造論』と同類であり、権力者のまわりを囲むブレーンたちが書いたものを、本人が書いたと称しているにすぎない。こんな入試の替え玉受験のような行為がはびこり、政治家の能力を粉飾するのは政治詐欺だが、この程度のインチキでも日本ではまかり通って、イカサマ政治のオンパレードが続いている。

 土建屋あがりの田中角栄に本を執筆する能力はなく、通産官僚を中心に国土庁や自治庁の役人たちが、田中のゴーストライターをやったのであり、その中に私の読者がいて嘘のカラクリを教えてくれたので、その話を拙著の中に書いたことがある。

 同じように、小沢には本を書く能力も暇もないくらいのことは、まともな新聞記者なら誰でもが知っており、この愚劣な本はタカ派の官僚の作文にほかならない。その中心は小沢が国粋官僚を集めた〔21世紀研究会〕や、金丸から継いだ〔日本戦略センター〕のグループであり、訪米した小沢がニューヨーク大の佐藤隆三教授を訪ね、まとめに手を貸してもらうのを頼んでいて、国内しか見えない日本の記者には分からなくても、アメリカからは小沢の手口は丸見えである。

 しかも、小沢親衛隊と呼ばれる新聞記者が関係し、朝日、読売、時事などの記者が軒並みだから、マスコミが小沢が書いたと称して持ち上げても、その欺購性については誰も指摘しないのが日本の実情である。権力に擦り寄る記者と官僚たちの作文なのに、それを政治家の思想だとする嘘を批判し得ないのは、ジャーナリスト自身がデッチ上げに加担し、仲間がゴーストライターをしているからだが、こういう馴れ合いが国の運命を誤らせるのである。

 また、小沢が書いたという本の内容は実にお粗末で、文明的な視野で日本の未来を位置づけしたり、産業社会としてT型からK型に移行する日本が、その中に持っているも型の強い部分をT型に変革し、未だ不十分な発達しかしていないK型の分野で、そのシステムの変革をどうするかという視点で見ると、全く幼稚で中学生の作文のレベルでしかない。

 また日本新党の結党宣言や首相の施政方針演説も、学習院大学の香山健一が書いたことは衆知であり、内容的には空虚な美辞麗旬の羅列だけである。自分で政治思想をステーツする人間がステーツマンであり、ゴーストライターに書いてもらうのは政治家ではなく政治屋だし、売名に本をでっち上げるのは政治業者に属す。だから、田中栄角に政治操作を学んだ、細川や小沢の政治の本質が裏取引だと見抜いたが故に、「USニューズ」誌は細川政権の実態を、ホース・トレイダー政治(いかさま取引の馬喰政治)と決めつけたのである。


*日本の新聞がつまらなくなった理由

 最近の新聞で痛感するのは内容の低俗化であり、読むに値する迫力や洞察を感じる記事が少なく、どの新聞を読んでも大差のない記事が、巨大な面積を占める広告の中に挾まっている。その理由は閉鎖的な記者クラブ制にあり、自由な取材競争をしようという努力をせず、官僚の下げ渡し情報のメッセンジャーになって、要領よく活字にすることが仕事だと思う記者が増え、記事を作る過程で談合が行われているからである。

 また、ジャーナリストが懐疑の精神を忘れてしまい、批判的に情報の意昧づけをして書く代わりに、事実報告を至上とする風潮に従い、お為ごかしの作文ですましているためだ。それに、情報や事件の背後にある社会的条件や政治的意図について、分析を通じた総合的な理解への努力を欠き、新聞が雑誌や放送とは性格が異なるメディアで、役割が違っている点を見失っているからでもある。

 最近の若い新聞記者の中には「われわれは報道の早さの点でテレビにかなわない」といった、自分たちの役割を取り違えたお粗末な発言をして、敗北主義に陥っている者が現れたりする。テレビ報道は分や時間の単位で仕事をし、事件や出来事などを素早く伝達するので、現象の背景を見渡して全体を展望したり、いくつかの異なる視点で問題を複眼で捉え、総合的な解説をする点で新聞にかなわないのに、新聞記者がテレビに白旗をあげるのでは情けない。

 報道のスピードを見て質の内容を考えずに、新聞がテレビにかなわないと嘆くような人物が、一線の記者としてジャーナリストのつもりなら、新聞記事に迫力や説得力がなくなって、記事の質が低下するのは当然ではなかろうか。

 昔の新聞記者は鉛筆を耳に挾んで夜討ち朝駆けをやり、よれよれのコートを着て現場を忙しく走り回ったし、取材だけでなく書いた記事に命を賭けたものだ。だから、会社の姿勢を見限って転職した記者もいれば、スカウトされて競争相手に移り腕を振るう場合もあり、ジャーナリストはプロとして生き甲斐を感じて、サラリーマンとして組織に従属する者は少なかった。

 ところが、最近の新聞記者のほとんどがネクタイを締め、記者クラブに詰めて役人から情報をもらい、それをもとに消毒ずみの無害記事を書き、アルバイトに精を出す者が激増している。また、ほとんどの記者が定年まで同じ会社で勤め上げ、出世の階段を上って管理職になったり、定年まぎわに大学の教官に続々と横滑りして、日本ではプロのジャーナリストは絶滅しかけているが、これは社会にとって大きな損失なのである。

 時代はT型からK型の社会に移行しており、インテリジェンスが勝負の決め手になっているために、ジャーナリストの冴えた頭脳が要求されているが、多くの新聞社は発行部数の競争に忙しく、ハードの部数の増減に一喜一憂しているのが現状である。

 ゼネコン汚職事件ひとつを例に取っても、記事には業者が役人にいくらカネを渡したとか、その見返りに役人が業者に建設工事の便宜を図ったという、いわゆる事件もの的な記事が氾濫しているが、犯罪の背景についての解説は至って少ない。

 ゼネコン汚職の社会的な状況や歴史的な背景を分析して、ゼネコンが政治家に金を積むシステムの問題点や、汚職体質を生む腐食構造を抉り出すことで、社会のあるべき姿を追求して行くのがジャーナリズムの任務なのに、それを果たしているケースが少なすぎるのではないか。

 大新聞が数百万部もの発行部数を誇っていても、広告収入が減ると経営不振に陥る体質を持ち、広告を集めるために批判的な記事を減らして、公害問題などでペンの鋭さが弱まる場合もあると言う。だが、新聞が広告に頼って大量販売をベースにし、記事の質より広告収入に比重をおいて、営業路線を中心に今後を生き抜こうと思うなら、その方式で言論活動を日本で維持するのは難しい。

 また、自ら作る記事の質を高く仕上げることで、海外に情報を販売しようとする意志を持たず、紙数の販売を伸ばすことだけに熱心だが、質の低い現状から脱却しないなら、国内でも読者は減るだけではないだろうか。だが、記事を外国新聞に売るだけの力を持つ新聞も存在しており、「ニューヨーク・タイムズ」は百万部を超える程度だし、「ル・モンド」などは四十万部前後にすぎないが、内容の濃い紙面作りをして記事の質で勝負し、世界中から一流紙としての尊敬を受けている。

 巨大な発行部数を維持する必要性については、言論活動の点で大いに疑問があるのだし、新聞は社員の記事だけに頼る閉鎖的な姿勢から、外部の寄稿や通信社報道の利用によって、開かれた体質に改めないと行き詰まるだけではないか。

 新聞週間になるたびに〔社会の木鐸〕という言葉が登場するが、この言葉は新聞が民衆の立場に立って問題を捉え、権力を批判の目で見て本質に迫る記事を書く時に、胸を張って使うことが許されている。

 だが、マスコミ関係者の政府との癒着は酷く、審議会などの政府委員には百五十人も連なり、各紙の論説委員や解説委員が軒並みであるが、新聞が市民の立場に立って政治権力を監視し、世論への影響を軽減させたり批判を逸らすことを狙う政治家や官僚に操られることがあってはならない。また、新聞記事が文明次元で社会変化の方向を示し、新しい理想主義が記事の背後に感じられるような、ジャーナリズムの理念が求められているのである。


*韓国の金大統領に笑われないように政界の大掃除を徹底せよ

 佐川事件やゼネコン汚職に象徴されたように、政界と財界の癒着による腐敗は目を覆うばかりで、四十年近く続いた一党独裁で不正行為が天下を汚染し、日本全体が伏魔殿の様相を呈している。この腐敗を醸成していた自民党政権が倒れて、非自民の立場の新政権が誕生したのだから、悪行の限りをつくした連中を徹底的に洗いだし、旧悪を追及してけじめを付ける必要がある。

 小沢のように新政権に潜り込んで保身を図り、権力の陰に隠れて政界操作を狙う者もいるし、中曽根や竹下のように息を潜めている者もいるが、ここで大掃除をしない限り次のチャンスは訪れない。

 前大統領や軍部の元幹部であろうと遠慮せず、財界や官界のトップが悪事に関係していれば、毅然と摘発している韓国の金大統領に笑われないように、旧悪を追及して政界浄化をしなくてはならない。過去の犯罪行為をうやむやにしてしまい、責任追及をしないのが日本的な政治風土だが、それが歴史におけるケジメのなさを生み、無責任体制を蔓延させる原因になっている。

 政界の腐り切った疑獄の構造を解体して、浅ましい金権政治家の追放に全力をあげるとともに、無定見だった外交の建て直しに全力を注いで、失った政治への信頼を取り戻さなければ、不正行為の食い逃げの悪習は永遠に改まらず、明るい二十一世紀を迎えることはできない。

 先般ロシアのエリツィンが三度目の正直で訪日したが、彼が訪日を延期した理由について、日本ではエリツィンの〔アル中説〕が取り沙汰され、一方的な延期を失礼だとする声が高かった。

 しかし、エリツィン大統領がアル中なのは事実だが、宮沢首相が酒乱で醜態を演じるのも公然の秘密であり、前回の訪日延期があった時の隠れた真相は、エリツィンがホットラインでかけてきた電話に、宮沢が泥酔状態で出られなかったという(一三三頁で詳述)。政治家の恥を日本の恥として国内では隠そうとしたのだが、世界のレベルでは〔悪事千里〕であり、その器でない人間を首相にした点を恥じるべきで、国をあげて宮沢首相をかばう必要はなかった。

 外交は外務省の役人がお膳立てした筋書きに従い、テキスト通りに話を進めてサインすればすむのではなく、政府のトップは自らの外交ビジョンを持つべきであり、日本人がどんな戦略で世界との関係を築くかに、世界の目は鋭い視線を注いでいるのである。また、日本が国際政治の荒波の中を乗り切るためには、危機管理でも万全の手配をしなければならないのに、総理大臣が泥酔していたのでは話にならない。

 外交に必要なルールはきちんと踏むにしろ、次々に展開する新しい状況の中で先手を取り、相手の立場や主張の根拠を逆手に取って、次の布石とイニシアチブを取るところに決め手がある。こちら側に深謀遠慮と余裕があることが伝われば、相手側も真蟄な対応をせざるを得ないし、短期的な利益よりも長期的な利益を考えて、大きな枠組みの中での解決を求めるに決まっているが、それだけの人物が今の日本の政治家にいない。

 大体、外交をやるのに外務省の役入の指図に頼るようでは、後世に残るいい仕事ができるはずがないが、現実は政治家にそれだけの能力がないので、外交が官僚任せになってしまったのである。

 現に、小和田外務次官などはPOK問題の失策や、東京サミットでのクリントンと宮沢の粗雑な合意などで、責任を取って左遷か退官が似合っていたのに、平安時代の藤原家の真似でもしたのか、娘が皇太子妃に決まったお陰で国連大使に栄転している。

 しかも、第二次大戦の遺物の国連の改組に逆行した、常任理事国になる工作を狙っているように、日本人の国連への妄信を使った路線の中で、対米従属の度合いはいよいよ強くなる一方だ。

 小和田大使は次期駐米大使の順番待ちと言うが、こんないい加減な外交人事が続くようでは、日本は世界から物笑いになるばかりだろう。皇室がらみのタブーに触れるということで、日本のジャーナリストは沈黙を守っており、日本の運命を翻弄しかけているのだが、日本は主権在民で国民が社会の主人公ではなかったのか。


*国会議員が多すぎる。衆院は二百人、参院は四十人で十分だ

 選挙地盤が代議士の利権になって世襲化され、無能な二世議員のオンパレードが蔓延しているが、政治の腐敗防止を求める国民の声を利用して、政治家たちは小選挙区制にすり替えてしまった。小選挙区制は独裁政治への一里塚になりかねないが、これで選挙制度の改革が終わったわけではなく、これから大銘を振るって本当の改革に挑む必要がある。

 日本の議員の問題意識が余り高くない点は、近隣諸国にもよく知られていることであり、国会議員の質をまともな水準に高めるためにも、少数精鋭の思想で発想の転換が不可欠だ。

 現在の日本には五百人を超える衆議院議員と、二百五十人以上もの参議院議員がいるが、思い切ってその半数を切り捨てるのが次の仕事であり、こんなに沢山の議員がいなくても国会運営はできるし、少数精鋭の方が選挙民の声はより政治に反映する。

 たとえば、米国は日本の二倍以上の人口を持つ国だが、下院議員の総数は四百三十人であり、人口比率だと日本の三分の一にすぎない。また、上院議員の数は合計で百人であり、これも人口比率だと日本の五分の一に当たるが、天下り投人やタレント議員の出る幕がなく、少数精鋭主義が政治の上にまともに機能している。

 だから、アメリカと同じ人口比率で考えるなら、衆議院は二百人で参議院は四十人で十分だし、衆参両院の議員定数の半減は過激ではなく、ムダ肉を省いて効率のよい議会運営のために、これを目標にして人員整理をすべきだろう。また、アメリカなど外国の例との比較をするまでもなく、それ以前に日本自体の問題として受け止めて、国会がまともに機能するための議員の適正規模を考え、一体どれだけ議員が必要かを議論するのが筋である。

 政治を議員の特権や利権から解放して国民の手に取り戻すために、まず議員の総数の大削減を実現した上で、政策立案や調査担当のプロの秘書官の定員を増やし、議員を議会の頭脳集団に改造することが急務だろう。なにしろ、時代はT型からK型に社会が移行しており、日本のようにM型発想の議員が中心になっていれば、新しい時代の要請に対応するのが難しい。だから、中途半端に放置された行政改革を断行し、機能的な政治を日本列島の上に誕生させることで、国民の仕合わせを追求できるようになるのだし、政治では五流国の日本のレベルアップが可能になる。

 最近の日本では社会全体のことを考えなくなって、理想の実現のために政治家になる人間が激減し、政治を栄達の手段と考えて権勢欲を満たしたり、利権を求めるために議員になる者が圧倒的である。その結果、人材がいないのに定員の水増しをしているので、ジャリやゴミのような人間が代議士になって、国会に潜り込んで不善をなしているのだから、国会議員の選抜は少数精鋭に徹するに限るし、〔船頭多くして船山に上る〕状態を改めるのである。

 社会の一形態である国家という枠組みの本質は、多層構造を持つ異質な集団を統合したものであり、血縁や地縁の本能は政治的な本能と相容れないのに、日本は未だそのレベルから脱却しないで、政治が世襲利権の様相を呈している。

 北朝鮮では金王朝が世襲政治で世界の物笑いだが、日本には二世政治家のミニ王朝が百以上も存在し、中曽根康弘、橋本龍伍、小沢佐重喜、河野一郎、佐藤栄作、羽田武嗣郎の息子たちが総出で、世襲議席を保持しているのは、はたして金日成とどれだけ違うというのだろうか。

 それを克服して二十一世紀に有効なものに、政治の体質を改めることが何にもまして必要なのである。


*日本はハード偏重のT型体質を改め、ソフト指向の人問を活躍させよ

 われわれは情報革命という変革の時代に生きており、これからは情報化が決め手になるK型の時代だから、二十一世紀を構想する上で最も大事なのは、情報とは何かをきちんと把握することだ。戦前の日本は軍艦や大砲などを揃えた軍事大国を指向して、ハードウエアの充実だけに力を注ぎ、目に見えない情報の問題に手を抜いたために、〔一億総座頭市〕で大日本帝国は潰れてしまった。

 戦後の日本は軍事を経済に切り替えて再出発したが、戦前の情報軽視による破綻の教訓を生かさず、情報戦争では遅れを取っているために、自動車を筆頭にしたモノ作りでは地歩を確立し、経済大国と呼ばれるT型の産業社会は築いたが、ハードウエア偏重の体質のために多くの問題を発生している。

 情報は新聞や雑誌の記事をスクラップしたり、それを整理してのデータベース化が中心ではなく、分析や評価をきちんとすることが重要だし、インテリジェンス化することに意義があって、決め手は訓練された優れた人間の頭脳にある。

 この卓越した人間の頭脳の働きにより、情報が絶大な威力を持つパワーとして機能し、コンピューターの端末に番号と金額を打ち込むだけで、企業が破産したり国家の破滅も起きるうえに、情報は軍事力や経済力を上回る威力を発揮する。情報はコモディティと同じで自由に動き、スムーズに流れていることが大切であり、血液の流れが停滞すると体調が狂うように、情報やカネは絶えず循環していなければならない。この循環系の情報の正しい取り扱いを知らないために、日本は世界経済の場でカネの流れを阻害しており、国際的な強い非難の声を集中的に浴びてしまい、貿易黒字という帳簿上の強みを弱みに転じている。その原因は官僚による情報の独占にあり、情報が公開されずに特定の人間の利権になって、それに従って政治が国民の利益に反する形で動いている。

 この情けない政治的不始末を克服するには、ハード偏重のT型の体質を改めて、想像力に富む戦略発想のできる人材の活用を図り、世界に通用する高いパフォーマンスを持つ、ソフト指向の人間を適材適所で活躍させることだ。

 また、そのためには監視役としてのジャーナリズムが健全であり、批判精神と洞察力を維持していることが肝心で、インテリジェンスを持つK型への発展が不可欠である。

 二十一世紀までの今後の数年は激動の時代であり、激動という言葉を使うのが陳腐に思えるほど、文明の次元での枠組みの変革が続いていくので、この試練をどうやって乗り切っていくかは、民族全体にとって最優先の課題になっている。また、現在の日本のトップを構成している頭脳の部分が、各種のスキャンダルを露呈した政財界だけでなく、その補完や批判をする立場にある官界や報道界でも、腐敗の度合いが深刻な状態にあることが明らかである。

 日本の頭脳に相当する領域を担う人材が、許し難いほど腐敗に毒されているだけでなく、インテリジェンスの能力で劣っている事実は、日本が直面している危機の深刻さを示している。手始めに倫理観の喪失と自閉症のメディアと官界について、その実情が日本では未報告である点を承知の上で、最近の数年間の問題点に光を当てて見た。

 過去の中に現在があるし、未来が現在に潜むという意味で、新しい時代の展望と構想力を持っために過去を正しく総括し、現状を診断して間題点を勇気を持って修正すれば、これから迎える試練は挑戦への機会になる。

 そして、挑戦する対象が困難であればあるほど、それに応じる人間は偉大なものの価値を理解でき、彼らが綴る民族の歴史は輝かしい内容を持つようになる。いま立ち会っている一つの文明の没落が、黄昏に続く闇の中に秩序を透視する視点を獲得することによって、二十一世紀の輝かしい夜明けにと結びつき、この試練は変革を生む契機にと活用することができ得るのである。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/ichiro_ozawa.htm


14. 2012年11月10日 09:55:53 : HNPlrBDYLM

原発推進は小沢のご主人様のロスチャイルドの方針

東京電力会長が小沢一郎後援会会長、小沢一郎秘書が東京電力出身、勝俣会長が囲碁仲間、東京電力スポンサーでイベントもやっている
http://www.news-us.jp/article/275297538.html

69. 2012年11月10日 08:13:04 : Ss8GMGLtJ2

小沢は政権が民主党になってからも東電から政治献金もらってた。
金くれなくなってから、原発反対かよ。
マスコミに足元見られるわけだ。
http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/473.html

小沢一郎の親方はこれだから、子分がどう思っても何も変えられないんだよね:


いま、世界の原発メーカーは大手3社がほぼ独占している。三菱=アレヴァ、東芝=ウェスティングハウス(WH)、日立=GEの3社で、いずれも日本企業と外資との提携企業だ。

世界最大の原子力複合産業グループ・アレヴァ社と、ウェスティングハウス・エレクトリック社はいずれもロスチャイルド財閥グループの傘下、GEはロックフェラー財閥を代表する企業だ。

ロンドンに本拠地を置き、ヨーロッパを拠点に世界展開するロスチャイルド財閥と、アメリカを拠点とするロックフェラー財閥は、世界のエネルギー産業の2大巨頭であり、エネルギー利権の総元締めだ。


ロックフェラーセンターの中心に建つGEビル

エネルギー利権の中で、石油と原子力という視点で見ると、スタンダードオイルを作り、石油王と呼ばれたジョン・D・ロックフェラーに始まるロックフェラーグループはどちらかというと石油利権、ウラン王と呼ばれたギー・ド・ロスチャイルドを産んだロスチャイルドグループは原子力利権と言える。

また、原子力産業の中では、ロスチャイルドはウラン燃料利権をにぎり、ロックフェラーは原子力プラントでリードしてきた。

この両者は、一見ライバル同士のようでもあれば、互いに支えあう利権共同体のようでもあり、実はロスチャイルドを親分とする主従関係であるという見方もある。
実態は深い闇に包まれよくわかっていないが、両者が世界のエネルギー利権の総元をにぎり、世界中の国の政策をも左右していることは、原発メーカーの主要3社を専有していることからだけでも容易に想像がつく。

この両グループと、日本の企業とが結びついて、世界の原発プラントを独占している。これは一体何を意味するのか?

そこには世界エネルギー利権を牛耳る世界財閥グループと、その子飼いで、利権のおこぼれに預かる原子力ムラ(政・官・財複合の利権構造)という構図がある。
http://nanohana.me/?p=12642


小沢の 反原発は まやかし だった  小沢は 3.11原発事故以降も 原発容認派

■ 小沢は民主党の原発政策を「積極的に推進」に変えてまで原発を積極推進してきた

小沢は民主党の代表だったときに、民主党の原発政策を「過渡的エネルギー」から「恒久的エネルギーとして原発を積極的に推進」に変えてしまいました。

つまり小沢は、民主党時代も原発をガンガン推進する政策をとってきたのです。(下記参照)

『小沢が2006年に民主党代表に就任した後、原子力発電を「過渡的エネルギー」と結党以来から位置づけていた同党のエネルギー政策が転換し、恒久的エネルギーとして原発を積極的に推進するという見解に修正された[88][89]。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E#.E5.8E.9F.E7.99.BA.E6.8E.A8.E9.80.B2
  
  
  
■ 小沢の脱原発は まやかし  小沢は今後約15年間原発に依存する原発容認派

小沢はこれまで脱原発、反増税を掲げれば新党で勝てると喚いてきました。
ところが小沢が脱原発というのはまやかしだったのです。

小沢は今後約15年にも渡って原発を容認する原発推進派だったのです。
小沢自身がそう話しています。

『やっぱりドイツが一つの良い例ですので、10年がいいか15年がいいかは分かりませんが、やっぱり原子力はやめて新しいエネルギーに変えていくという方向じゃないかと私は思います』
http://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/186.html#c19
http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1640.html
  
  
つまり小沢信者が喚く小沢は脱原発などというのはウソであり、小沢は今後約15年間にも渡って原発を容認する、原発容認派だったのです。

原発の稼働を容認するわけですから、小沢は再稼働にも賛成です。
当然ながら小沢は、再稼働に絶対反対とは言明していません。
  
  
   
■ 具体的な工程表も示さずに、漠然と約15年後に原発を廃止すると言うだけのいいかげんな小沢

さらに言えば、小沢が言っているのは、具体的な工程表も一切示さずに、ただ漠然と
『10年がいいか15年がいいかは分かりませんが、やっぱり原子力はやめて新しいエネルギーに変えていくという方向じゃないかと私は思います』

お笑いもいいところです。
根拠・工程表も示さずに漠然と、10年がいいか15年がいいかはわからないが将来原発をやめると言うだけなら、小学生でも言えること。

原発事故発生から既に1年以上も経っているのにこのザマです。
小沢の反原発がいかに口先だけでやる気のないものかがはっきりわかります。
  
  
  
■ 2020年には原発廃止とするみんなの党の提案のほうが、原発廃止時期が早く、具体性もある

例えば、みんなの党の案では、2020までに原発廃止を計画しており、それに向けての大枠の工程表もある。
つまり具体的な提案となっています。
http://www.your-party.jp/file/press/110729-03b.pdf

将来原発を廃止するというのなら、せめてこれくらいの具体策の提示は必要なのです。
原発事故発生から既に1年以上も経っているのですから。

小沢は3.11の原発事故後一体何をやってきたのでしょうか。
小沢夫人が指摘したように、原発に怯えて逃げる算段ばかりを考えていたのでしょうか。
  
  
    
■ 小沢の反増税もウソだった

以上実証してきたとおり、小沢が脱原発というのはまやかしであり、実態は今後約15年間にも渡って原発を容認する、原発容認派です。

そして小沢の反増税はウソ。
小沢の反増税は選挙で票を得るためだけの手口であり、小沢は権力を握ると反増税を引っ込め、増税を企ててきました。

これについては、阿修羅の下記にて実証しています。
http://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/602.html
  
 
  
■ 小沢の脱原発はまやかし 反増税はウソ 小沢政治は詐欺政治

以上、事実に基づいて説明してきた通り、小沢の脱原発はまやかし、反増税もウソだったのです。

上記の通り国民を欺き、選挙の票を獲得することしか考えない小沢一郎。
こうした小沢の詐欺政治にはウンザリであり、小沢の政界からの早急な追放が必要です。
http://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/707.html 


15. 中川隆 2014年10月08日 10:11:29 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

・カジノ議連最高顧問たちの暴力団との関係
 
 ・安倍晋三 山口組
 
 ・小沢一郎 工藤會・稲川会
 
 ・石原慎太郎 住吉会

16. 中川隆 2015年1月12日 21:24:52 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

小沢一郎と原発推進と池田大作
http://xuzu0911.exblog.jp/14018096/


★小沢一郎は反原発を表面上は偽装しているが、彼は間違いなく原発推進派の政治家として生きてきた。その理由を今日は書こうと思っている。そして小沢一郎と池田大作の関係について。そしてロスチャイルドとの関係について。

★まず、第一に小沢一郎は東京電力と21年間も長く深く付き合ってきた。そのことは週刊文春の2011年6月9日号の記事に書かれた。
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20110603

★小沢一郎は現役議員の仲で一番長く深く東京電力と付き合ったきた政治家で、東電の会長の勝俣と3,11以後も原発推進宣言をした与謝野と【 囲碁仲間 】である!

★21年間も東電と付き合ってきた小沢が反原発なわけがない!小沢一郎の原発推進派はこの一打で決定的だ。

★が、さらに言えば、民主党を原発推進党にしたのは小沢一郎である。小沢一郎は2006年4月6日に民主党の党首になる。そして2006年7月26日に経済部門会議において民主党は原発推進党になることを決めたのだ!
http://www.scn-net.ne.jp/~casings/0802%20mousiire%20word.htm

★つまり、民主党は小沢一郎が党首の時に「 原発推進党にエネルギー転換 」したわけで、小沢一郎が、反原発であれば、民主党は原発推進党になってなかった。

 小沢一郎こそが民主党を原発推進党としたのだ!
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20110603

★そして2011年5月24日に小沢は福島四区の原発推進議員の渡部恒三と合同誕生会をやる!もし小沢が反原発なら、この時期に、原発推進議員の渡部恒三と仲良く誕生会をやるだろうか?やるわけがない!
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2011/05/post-98c1.html

 小沢一郎こそが、バリバリの原発推進議員だから渡部恒三と合同誕生会をやったのだ!


★小沢一郎の師とは誰か?それは田中角栄だ。田中角栄こそが、日本の原発推進の代表的な政治家であり、故郷の柏崎に柏崎刈羽原発を誘致したのが田中角栄。長く柏崎刈羽原発は世界一位の規模の原発だった。

https://twitter.com/ChoiwaruLorenzo/status/60650134727442432


★さて、ここで簡単にまとめて見よう。洗脳されている人間はあまりにも多い!


  1、小沢一郎は現役議員で一番長い21年間も東電と関係して、勝俣会長と与謝野とは囲碁仲間。 

 2、2006年7月26日の経済部門会議で民主党は原発推進党に決定するが、その当時の民主党党首は小沢一郎である!小沢一郎が民主党を原発推進党にした!  

3、2011年5月24日、小沢一郎は渡部恒三と合同誕生会をするが、渡部恒三は原発推進議員である。小沢が反原発なら、この時期、渡部と仲良くすることはない。小沢が原発推進議員だから出来ること。

★さて、話は変えて、小沢一郎と創価学会の関係を考える。

★中止になったが、2011年3月19日に東京で小沢支援デモが予定されていた。その小沢支援デモを主催したのは、創価学会員の二見伸明である。創価学会員が小沢を支援するデモをやろうとしたということ。

★2010年8月19日に小沢一郎の総裁選の出陣式が軽井沢の鳩山別荘で行われる。その時の講師は池田大作絶賛の佐藤優である。佐藤優は聖教新聞に執筆する者で、キリスト教徒は偽装で、隠れ創価ではないのか?聖教新聞に執筆するんだから、創価に決まっていると思うがのぉ〜

http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20080608/p5

★そして、ネットで昔から出ている、池田大作・小沢一郎・ノリエガの麻薬密輸の記事。真偽は推理するしかないが、80%以上当たりだと思う

http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

★創価学会は表面上は脱原発を掲げる。しかし、公明党は原発推進党である。小沢一郎も大衆向けに反原発の発言をする。しかし、彼の生き方はバリバリの原発推進派だ。現役議員で一番長い21年も小沢一郎は東電と付き合っている。

http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20110603


★小沢は岩手四区選出の議員だが、3,11以後、全く、岩手や東北のための救済活動をしない!これは明かに議員資格はないだろう。

 小沢は岩手のため、東北のために、頑張ると発言したはずだ!

 しかし、岩手と東北の滅亡の時、な〜〜んもしないで、遠くから傍観者だ!

 岩手の人々は次の選挙で、小沢一郎を落とすべきだと思う!

 小沢くらい最低の税金ドロボー議員はいないからだ!

★種明かしをすれば、田中角栄も池田大作も小沢一郎もロスチャイルドの手下なのだ。

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/b14a3a9bdeb2ee224f84301a2208c7e9

そしてロスチャイルドが世界の原発の元締め。ロスチャイルドの手下の小沢が反原発なわけがない。小沢の背後にいるジョン・ロックフェラー・4世とは名がロックフェラーでもロスチャイルド側の人間だ。


http://cosmo-world.seesaa.net/article/143029544.html

★戦後の日本を闇の奥から支配してきた日本人は池田大作だ。大作の後継者は小沢一郎だと見ている。ロスチャイルドはそのような決めた感じがする。

http://www.toride.org/book/econt.html

★小沢の今の裁判も「 小沢を英雄とするために八百長 」のような感じもしている。

★しかい、小沢一郎は絶対に日本の英雄にはならない!なぜなら、

 3,11以後、地元岩手・東北のために一切何も小沢は仕事をしなかったからだ!

 小沢が岩手や東北のために頑張ると言っていたのは、嘘だったのだ!
http://xuzu0911.exblog.jp/14018096/


17. 中川隆[2978] koaQ7Jey 2016年6月20日 14:50:32 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3304]

2010年1月19日


民主党「金と恐怖政治」の実態


 毎日新聞から「小沢マネー:側近逮捕の衝撃」と題して、数日にわたり連載された。民主党の恐怖政治の実態と、金まみれの政権であることが見えてくる。

 この現状は、自民党が一番酷かった時代よりも、更に酷いといわれているが、党内で声を出して批判しているのは福島県の渡部恒三議員と千葉県の村越祐民議員くらいしかいない。「物言えば唇寒し民主党」は、党首からチルドレンまで、イエスマンで組織された姿を言い当てている。これでは自由がない北朝鮮と同じではないか。


■上(その1)小沢氏「石川、腹すえろ」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100116ddm041010030000c.html


◇「負けてられねえ」

 「おい石川、腹すえろ。検察と戦うんだ。お前のところにも(検察の捜査が)行くからな」09年3月3日、元私設秘書の石川議員の目の前で、小沢一郎民主党幹事長(当時代表)の低い声が響いた。西松建設違法献金事件で東京地検特捜部が、大久保被告を逮捕し、資金管理団体「陸山会」を家宅捜索で急襲した夜、場所は東京都内の小沢氏の個人事務所。小沢氏は石川議員の不安を見てとったように「こんなことで負けてられねえぞ」と語気を強めた。小沢氏側と検察側との死闘が始まった日だった。


■上(その2)「先生守れたら本望」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100116ddm041010067000c.html


◇鈴木宗男氏に涙の電話

 逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者(36)=北海道11区=は15日、東京都内で事情聴取に臨むはずだったが、急きょ中止に。ところが夜になり、都内のホテルから東京地検特捜部の係官に任意同行を求められたという。15日昼、石川議員は鈴木宗男衆院議員に泣きながら電話をしてきたという。鈴木氏によると04年10月に5000万円を渡したと証言した水谷建設元幹部との面識を否定。「話を信じてもらえないのがつらい」と語っていた。


◇国会直前の逮捕「緊急性あった」−−地検特捜部長

 東京地検の佐久間達哉特捜部長は15日、石川議員の逮捕後の会見で、通常国会開会直前というタイミングについて「緊急性があった」と説明。一時連絡が取れなくなった元私設秘書、池田光智容疑者が自殺する恐れがあったことを示唆した。

■中「あいさつなしか」ゼネコンを威圧
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100117ddm041010074000c.html


 西松建設の元幹部は、東北地方の公共工事で現地の幹部が「談合の仕切り役」とされる鹿島東北支店の担当役員にささやかれて身震いした様子を証言した。「おたくは胆沢(いさわ)ダムいらないの? 怒ってるよ」。ささやかれた幹部は、どこが怒っているかはすぐ分かった。

小沢一郎民主党幹事長の公設第1秘書、大久保隆規容疑者=公判中、16日に政治資金規正法違反容疑で逮捕=を訪問し、平謝りしたという。日本最大級とされる岩手県奥州市の胆沢ダムは13年度の完成を目指し急ピッチで工事が進む。現場から東に約18キロには小沢氏の実家。「小沢ダム」の別名は、その位置関係ゆえではむろんない。


■下「交付金握り支配」「恐怖政治」逆らえず
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100118ddm041010046000c.html


小沢一郎民主党幹事長は自由党を結成して党首に就任した98年初頭、東京都内の料亭で地元岩手県議と向かい合ったまま不機嫌さを隠さず、日本酒を何度もあおった。

 「なぜ自由党に入らない? 県議ともなれば政党人なんだ」

 当時、小沢氏に近い複数の県議の間にさえ、小沢氏が自ら率いた新進党の解党と、それに続く自由党結党という唐突な流れに不信感が芽生えていた。決断を迫る小沢氏に、県議は「無所属の立場でお考えに賛同していきます」と応じた。小沢氏の答えは「それじゃダメだ」。物別れに終わった会合の去り際、同席した小沢氏の秘書は「それなりの対応をするからな」とすごんだ。言葉通り、その後の選挙で「刺客候補」を立てられた。

08年初春、当時民主党だった大江康弘参院議員(同)は党から交付金減額を告げられ、委員会の筆頭理事ポストを奪われた。道路政策で小沢執行部と対立し、反党的とされた。07年の参院選では小沢氏が擁立した女性候補への交付金は7200万円、大江氏へは2010万円。「求心力を保つため金とポストを握っている。交付金をもらえないのは致命的。そういう恐怖政治を味わわせられるから、みんな怖くて小沢氏に逆らえない」

2010年1月19日 (火曜日) 01 ごまめの歯ぎしり
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-3f05.html


18. 中川隆[2979] koaQ7Jey 2016年6月20日 14:56:46 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3305]

政局で政治家・小沢一郎を追うより不透明な資産づくりをチェックせよ!



■たとえ裁判で無罪でも政治的責任が白になるわけではない

 私が週刊誌の現場にいた頃、フリーランスの記者たちは「首輪のない猟犬」といわれ、脛に傷をもつ権力者たちに恐れられていた。

 今回登場してもらうノンフィクション・ライター松田賢弥さんは、小沢一郎・衆議院議員が自民党最年少幹事長になった頃から彼を追及し続けて20有余年になる。小沢氏には蛇蝎のごとく嫌われながらも金脈を含めたスキャンダルを掘り起こし、「小沢一郎」という虚飾にまみれた政治家の実像をわれわれに伝えてくれている。

 松田さんの取材方法は、小沢氏のお膝元・岩手県に数え切れないほど足を運び、人に会い、資料を読み込む「どぶ板取材」である。

 4月26日に資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴された小沢氏の裁判の判決が出る。新聞、テレビではわからない、“猟犬・松田”が見続けてきた「政治家・小沢一郎」の素顔を語ってもらった。

            ◇

元木 3月9日に検察官役の指定弁護士が、小沢一郎には「法の独自の解釈」「規範意識の鈍磨」があり、共謀は明らかだとして禁錮3年を求刑しました。判決がどうなるかわかりませんが、そもそも東京地検特捜部があれだけ総力を挙げたにもかかわらず起訴に持ち込むことができなかったのは、どうしてなのか。


松田 はっきり言って検察の捜査力の劣化だと思います。それと田中角栄、金丸信、小沢一郎と連綿と続いてきた権力構造への歴史認識が欠如していたのではないでしょうか。

 水谷建設から巨額な裏金をもらっていて、「陸山会」の土地取引はそれを隠すための偽装工作だったという論理を組み立てたのはいいのですが、小沢の裏金問題はそれだけではないんです。ゼネコンからの収賄だけに矮小化してしまったことが失敗だった。

 小沢のカネはゼネコンもそうだし、次から次に新党をつくっては潰した時の政党交付金も、新進党あたりから数えると100億円ぐらいどこへ行ったか、説明がついていません。

 ですから、本人だけではなく妻の和子や息子3人の名義でいくらプールされているのかという隠し資産の全貌が調べられなくてはいけないのに、それを本腰を入れて調べた形跡はないし、自宅へのガサ入れや和子への事情聴取もしていません。

元木 秘書を全面的に信用して全部任せていたなんて法廷で証言していますが、そんなことはないんでしょ?


松田 高橋嘉信という20年にわたり小沢に仕えた元大物秘書が、小沢事務所というのは小沢に全部報告しなければ何もできないと証言しています。

毎朝、ダイニングキッチンで、夏は風呂から上がってきた小沢を団扇で秘書があおぎながら1つ1つ報告する。日程のことではなく、あのカネはどうなった、このカネはどうなったという報告です。

小沢は全部頭に入っていますから、ただ聞くだけで、はい次、はい次とやるんだと証言しています。

元木 高橋元秘書は別にして、小沢の秘書たちは親分が嘘を言っているのに、反旗を翻さないのはなぜですか。


松田 恐怖支配の呪縛が解かれていないからですよ。ちょっとでも嘘ついたり間違った報告したら、クビを覚悟しなきゃならない。その支配の関係は奥さんの和子も一緒。小沢は簡単にクビにしますから、小沢に全幅の信用おいて仕えているわけじゃない。


被災地に出向かない胸の内を読み解く


元木 小沢は昔、親父(小沢佐重喜・元建設相)は票は残してくれたが資産は残さなかったと言っていたのに、カネの出所を追及されると親父から相続した湯島の家を売ったカネが残ったと言っている。

言うことがその時その時でくるくる変わっているのは、表に出せないカネがたくさんあるということだね。あなたの『小沢一郎虚飾の支配者』(講談社)の帯に「権力をカネに変えた男」とあるけど、そのとおりの政治家だと思う。

 20年以上継続して小沢を追いかけてきたライターは、新聞記者にだっていない。昔、立花隆が「田中角栄研究」を「文藝春秋」でやりましたが、あれは取材にも多くの人間が関わっていました。だけど、あなたは1人で追いかけているのがすごい。今、小沢という政治家をどう思いますか。

松田 小沢に隠れた魅力があるんじゃないかといわれるけど、そんなことはないですね。僕も小沢の選挙区である岩手県水沢(現奥州市)の近隣の生まれだから、小沢のバックボーンの人々が見えるんです。
http://www.elneos.co.jp/1204sf2.html


19. 中川隆[2980] koaQ7Jey 2016年6月20日 15:01:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3306]


小沢一郎 虚飾の支配者 – 2009/7/9 松田 賢弥 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E-%E8%99%9A%E9%A3%BE%E3%81%AE%E6%94%AF%E9%85%8D%E8%80%85-%E6%9D%BE%E7%94%B0-%E8%B3%A2%E5%BC%A5/dp/4062156113

新聞広告で見て、虚飾の裏に何が隠されているだろうかと興味を引かれて読んだ。

筆者、松田賢弥:ジャーナリスト。1954年、岩手県生まれ。

故・小渕恵三首相元秘書官のNTTドコモ株疑惑をはじめ、政界を抉る記事を多数執筆。
赤城徳彦農水相(当時)の不正事務所費をスクープし、その後の「政治とカネ」追及の先鞭をつける。
著書に、「闇将軍ー野中広務と小沢一郎の正体」「無情の宰相小泉純一郎」「逆臣青木幹雄」など。

本書は、「週刊現代」’08年10月4日号から’09年5月4日号まで、「小沢一郎の金脈を撃つ」と題し半年間、24回にわたり連載した記事を集大成し、さらに、その後の取材も加え、大幅に加筆・修正したものである。

その意味で、佐高信の「小泉純一郎と竹中平蔵の罪」とは、掲載週刊誌も、題名と内容の首尾一貫性も、論じる内容も雲泥の差がある。

いかに佐高信なる評論家が、評論家の名にも値しないいかがわしい者であるかが分かろうというものである。

筆者は、小沢の故郷である岩手県水沢町から、盛岡、青森、など岩手県を中心に東北一体、さらには、小沢の妻和子名義の別荘の所在地、千葉県勝浦市や長野県白樺湖などへ実際に足を運び現地を確かめている。

さらに、自民党元幹事長野中広務、小池百合子、20年間小沢の秘書を勤め袂をわかった高橋嘉信を始め、官僚OB、地元小沢後援会の会長や、地元ゼネコンの社長など、多くの人たちとのインタビューを重ねている。

こうしたジャーナリストとしての調査の結果、虚飾に彩られた小沢一郎の実像は、「カネと権力の亡者」ということであった。

私はかねてから、田中角栄、金丸信の秘蔵っ子に政治理念などあるはずが無く、金権体質そのものだと思っていたが、小沢には、角栄にあった情、金丸にあった任侠精神もなく、単なる我利我利亡者だったのである。

私はかつて、平成18年度の、小沢を巡る政治団体、資金管理団体のカネの流れを一覧表にまとめたことがあり、(雑談 81. 小沢一郎氏の団体のカネの流れ(2007.9.21.))それについて生じた疑問点の二つに、本書によって回答の一部を見つけたので、それを記しておきたい。

一つは、’03年小沢が自由党を解党した時、自由党から小沢の政治団体・改革国民会議へ、13億6000万円余の金額が寄付されている。

この中に血税である政党助成金は入ってなかったのかという点である。

自由党は、’02年、19億6800万円、’03年、9億8900万円、合計29億5700万円の政党助成金を受け取っている。

従って、13億6000万円の改革国民会議への寄付金には、政党助成金が入っていたと見るのが自然である。

さらに本書では、’02年7月と12月に3回にわたって、自由党から当時幹事長であった藤井裕久に対し、「組織活動費」の名目で、15億2900万円もの巨額な金が支出されており、これがなんに使われたのか”使途不明”であると指摘いる。

総務省政治資金課によれば、「政党助成法では、政党解散時、法務大臣は政党助成金の返還を命令することができるのですが、それは解散した後に残っているおカネについてです。当該の政党の報告書に解散までに寄付などで支出し、残金ゼロということであれば返還を求めるべきおカネが無いと言うことです。」

つまり、政党の解散時に交付金の残高がゼロになっていれば、どの政治団体に”横流し”しようが事後的にチェックのしようが無いと言うのだ。

《小沢は政党の離合集散を繰り返し、自身の息のかかった政治団体に巨額の金を”内部留保”してきた。

’93年の細川連立政権を陰で操り、政党交付金制度の導入を主導したのは小沢だ。国民一人当たり250円の税金を原資とした年間約320億円にのぼる政党交付金、その交付金の仕組みを最も知り尽くした小沢が”脱法行為”に手を染めていたとなれば、国民への裏切り行為ではないか》

もう一つは、当時、マスコミは領収書の二重計上や事務所経費の内訳ばかりを追及しているが、上のような寄付金のたらい回しの必要性や理由を追及して解明すべきではないかと思う。

さらには、消滅した政党の政治団体の繰越金の中に政党助成金が入っていないかを追求すべきであると思う。

という疑問に対して、実は朝日新聞と小沢の間に、朝日が民主党寄りで、小沢を追及できない出来事があったことをレポートしているのである。

’80年代の後半、岩手県には、TBS系と日本テレビ系のローカル局が既にあり、3番目の地元テレビ局の開設をフジサンケイグループとテレビ朝日グループが争っていた。

’89年1月、郵政省は岩手県の3局目をフジテレビ系、4局目をテレビ朝日系とした「郵政裁定」を下した。

’90年4月、フジテレビ系の岩手めんこいテレビが開設された。
「郵政裁定」では、「第3局の予備免許を付与した後、可及的速やかに4波の周波数を割り当てる」と告げたにもかかわらず、郵政省は朝日グループに4局目の電波を付与しようとしなかった。

焦った朝日グループは、小沢の宿敵であった椎名悦三郎の次男・椎名素夫から、当時経世会の会長代行として自民党を仕切っていた小沢に接近して行った。
小沢に懇談を申し入れても、「テレビ朝日とは会う気がない。朝日新聞だったら、言いたいことがある」とにべもない。

小沢ー朝日新聞の手打ちは、’92年暮、会談相手に指名された新聞側からは、紙面づくりに責任を持つ編集担当の佐伯専務が相方に座り、政治部長が同席した。テレビを担当する役員は陪席のように座っていた。

会場は、全日空ホテルの日本料理店「雲海」の一室だった。

テレビ局作りのためとはいえ、新聞が権力に擦り寄り、借りを作った一席となった。

この席で、小沢は「朝日の4局目を作ってもいいよ」と言い放ったという。
この会談が功を奏したのか、翌’93年3月、郵政省からテレビ朝日側に岩手県第4局の電波の割り当てが行なわれた。

その後、’94年4月、小沢が陰で操る羽田連立内閣から社会党が離脱を表明する際のこと、小沢は「どの女と寝ようがいいじゃないか」との暴言を口にした。

これをすっぱ抜いた朝日新聞(’94年4月26日付)に小沢は激怒し、「朝日新聞ちゅうのはアカ新聞か、ブラックジャーナリズム」と罵倒。

朝日新聞の取材を一切拒否するという異常な態度を取った。

その後、取材に行き詰った朝日新聞は、当時の秋山耿太郎政治部長(現在の社長)が中心となり、「手打ち」の”小沢インタビュー”をほぼ一面にわたって掲載した。(’94年10月15日付)

これには社内からも、「小沢に屈するジャーナリズムの自殺行為だ」と批判が上がったのだった。

’95年6月、岩手朝日テレビはようやく予備免許を付与された。

社長に就任したのは、小沢後援会「欅の会」会長で、地元の大手建設会社高弥建設社長(当時)の望月茂だった。

《小沢は岩手で2つのテレビ局に隠然たる支配権を持ち、それが「小沢王国」を強固にする基盤になったといってもいいだろう。

一方、朝日新聞は地方テレビ局を作るために、小沢に大きな借りを作った。小沢一郎という権力者の正体と金脈の追求に及び腰なのは、テレビ局開設をめぐる触れられたくない過去があるためなのではないか》


本書では、このほかに、

東北における「裏選対」と呼ばれる、ゼネコンを中心とした選挙支援体制とそれを可能にする談合の構図、

数多くの政治団体を使った蓄財の構図、

建設省(現国土交通省)における「小沢学校」や郵政省における「一の会」などの官との癒着の構図、

民主党における「恐怖支配」の実態

などが記されている。


これらを読めば、ほとんど「おぞましい」としか表現の仕方がない小沢一郎の実像である。

だが、これらはあくまで、いわば状況証拠による実像の描写である。

本人の自白、あるいは、警察、検察などの強制力に基づいた捜査でもなければ、直接証拠として提示することはできない。

筆者もそのへんは心得ているらしく、決して断定口調では語っていない。
ここがジャーナリズムの限界であろう。

しかし、状況証拠であっても、複数の状況証拠がある一点を指し示せば、それは真実と認定されることもある。

本書は、そうした状況証拠固めによって、描き出した小沢一郎の「カネと権力の亡者」の実像を描いたものといえよう。

そして、本書は奇しくも朝日新聞の欺瞞も描き出しているのである。

最後に、今日18日は衆議院選挙が公示された日である。
「政権交代」実現が近いという大方の見方の中で、民主党の実態にも触れておかねばならない。

’09年3月24日、小沢の公設第一秘書大久保隆規が政治資金規正法違反で起訴された。

これを巡って、3月27日、民主党の代議士会が開かれた。
この席で小沢は、「犯人は小沢一郎であるがごとき印象を与える報道が続いている。私個人の問題ではない。(罪を認めれば)民主主義の根幹にかかわる。」と居直り発言をした。

その面前で、「代表辞任」を求め、反旗を翻したのはわずか2人であった。
それは、小宮山洋子と近藤洋介の二人である。

小宮山は、「小沢代表の(西松建設の違法献金事件を巡る)法廷での闘争と、国民の皆さんが政権選択をするという選挙の戦略はまったく別もの」として、小沢に辞任を迫った。

実は、田中角栄も金丸信も、起訴された時点で、法廷での闘争は個人的なもので、党に迷惑をかけてはいけないと自民党を離党して法廷に臨んだ。
評論家立花隆も、この両者の例を引いて、党首続投を宣言した小沢の公私のけじめのなさを非難している。

小宮山洋子は、元NHKのアナウンサーだったが、昭和40年代東大安田講堂が過激派学生に占拠されたときの東大総長・加藤一郎の娘である。

いわば、ガチガチの筋論者で、けじめをつけよと迫ったのであった。

近藤洋介は、「素性のわからない団体から、長期間にわたり、なぜ数千万円を超える献金を貰い続けたのか。何ら見返りを求めない巨額な献金について、違和感を持たなかったのか。企業、個人から寄付された政治資金は、具体的に何に使われたのか。国民はこの点を疑問に思っている。自身の事務所の資金の流れについて、自身の言葉で説明されることが責務です。」と説明責任を果たすよう求めたが、明確な解答は得られなかった。

民主党内で、わずか二人しか、正論を吐ける議員がいなかったのはなぜか?

小沢は、カネと党で行った世論調査のデータを独り占めにして、民主党を支配してきた。

党で行った世論調査のデータは、候補者にとって中間成績表だ。

ノドから手が出るほどに欲しいものである。
これはカネと情報操作による専制支配である。

しかし、これ以上に民主党員誰もが恐れるのは、50名前後の党内最大派閥である小沢の「一新会」の離党であったのだ。

この恐怖によって、民主党は金縛りにあっているのである。

ある民主党最高幹部は、「『政権交代』まで小沢のことは、我慢、我慢」と言っているという。

《何を我慢というのか。これでは、民主党は小沢の専制政治による私物化を甘んじて許しているようなものではないか。相互批判の自由闊達な議論など望むべくもない。そればかりか、小沢による返り討ちを恐れて、「政治とカネ」の疑惑を追及できないというのだから、無責任極まりない。これを党利党略といわずして何というのだろうか。政権担当能力の欠陥は目を覆うばかりだということを露呈したといってもいいのではないか。》

《虚飾に覆われた小沢の支配者の仮面はいつか、剥がれ落ちる日が来るだろう。》
と結んでいる。
http://www.geocities.jp/kawasaki_to/d-kyosyoku.html


20. 中川隆[-13658] koaQ7Jey 2018年9月12日 07:01:15 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-18466] 報告

再びオレの時代!?

沖縄県知事選の争点「辺野古」に出現した「小沢一郎」の巨大別荘 基地移転なら大儲け
9/11(火) 17:00配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00548611-shincho-pol


 間もなく告示を迎える沖縄県知事選の争点となっているのが、普天間基地の名護市辺野古への移設である。いま、沖縄で最も注目を集めるその地の近隣には、ハリウッドスターのような豪邸が。家主は、あの小沢一郎・自由党代表(76)だ。

 ***

 小沢氏の別荘は、辺野古からわずか9キロの宜野座村に建つ。プールもある敷地の面積は約5000平方メートル、建物は約140平方メートル。完成が2013年と明かすのは、宜野座村の関係者だ。

「当時はまだ芝が育つ前で、今ほど美しくなかった」

 現在は芝が見事に茂っているから、ようやく完成と言えるようになったということか。この関係者によれば、小沢氏は村内にある病院の当時の理事長を通じて土地を購入したという。購入価格は5000万円、建物の工事費は7000万円と言われる。すなわち、1億2000万円ほどで豪邸を建てた、ということになる。

 評論家で『沖縄の不都合な真実』の共著者・篠原章氏は、基地移転によって土地価格が上がると分析する。

「今の辺野古は人口が2000人弱の過疎地ですが、基地が移転すれば、新たにそこに2000人ほどの米兵が来ると見られています」

 人が増えるとなれば店が増え地元が活性化、さらに人が増えて地価も上がる……というカラクリだ。米軍も大佐クラスになれば豪邸を借りるケースがあることから、「小沢さんは、それを見越して、投機目的で買ったのでは」(先の関係者)との見方がある。

 一方で、小沢氏は、このたびの沖縄県知事選で“移設反対”の立場をとる玉城デニー氏(58)を支持する身だ。移設を見越しての別荘とは一見矛盾するように見えるが、

「法的には決着がついている。揉めても最後は辺野古移設が完了する」(政治ジャーナリストの山村明義氏)

 もちろん小沢氏もそれは織り込み済みのはずで、したたかな対応をしているというワケだ。もっとも、移設問題にまつわる情報を得られる立場の国会議員が、米軍基地に近い土地を買うことについて、

「政治家としての資質を問われかねない行為だと思います」(政治アナリストの伊藤惇夫氏)

 との声もある。9月12日発売の週刊新潮では、詳細を紹介するグラビアと併せ、“小沢氏の別荘問題”を詳しく報じる。

「週刊新潮」2018年9月20日号 掲載

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み52掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み52掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧