★阿修羅♪ > リバイバル3 > 232.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本を売った小沢一郎
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/232.html
投稿者 中川隆 日時 2012 年 4 月 21 日 09:50:52: 3bF/xW6Ehzs4I
 


<アメリカには逆らいたくない>

思いやり予算、衆院通過 小沢氏は本会議欠席


アメリカにだけは楯突くことは絶対にしない。これが小沢一郎民主党代表の原則のようだ。新テロ特措法の再議決時に採決直前に議場を後にし、批判を浴びて逆ギレしたが、また懲りずに同じことをやらかした。

アメリカ軍のために経費を肩代わりする予算のことを「思いやり予算」と読んでいるが、その根拠となる新特別協定案を、自民・公明が衆議院本会議で強行可決した。民主党は協定案に反対したが、小沢代表は今回もやはり欠席した。

どうあってもアメリカには逆らわないと形で表しておきたかったのだ。そう言えば国民新党の亀井静香氏も確か「小沢氏が『大連立』構想に走ったのは、反米レッテルを張られる恐怖心からでは?」と言っていた。
http://www.asyura.com/08/senkyo48/msg/982.html

小沢は、1990年のイラクのクウェート侵攻に際して、米国に90億ドルを拠出したり、昔からユダヤの犬で米国大使館のCIA参事官のジェームズ・フォスターが小沢担当であったことから分かるように、ご主人様の命令を伝達・実行しただけの、犬であった。

こんな男の正体は、近くで見れば見る程分かるので、後にユダヤの命令で自民党を割って出て、一党独裁をユダヤの命令で破壊してはみたものの、自前の反自民政権を継続して維持する程の政治力はなく、新進党は瓦解してユダヤの期待には十分に応えられず、ユダヤ・ペットの地位は鳩山に、そして自民党の中で森喜朗から小泉へと、日本の破壊工作の任務は、反自民連合政権から自民党へと移行して、小沢は用済みの逸れガラスになった訳だ。

小沢は、心臓病を患っており、その治療にはロンドンとワシントンのベセスダ海軍病院で定期的な診療を受けている。後者は、ケネディの遺体を処理したことで有名な、ユダヤ管理下の病院であり、言うことを聞かない小沢の心臓のペースメーカーはここで細工されれば、すぐに昇天する仕組みになっている。途中で、逃げ出せなくなるCIAのスタッフが、手術されて心臓に埋め込まれる機器と同じであろう。こうして、マインド・コントロールされたロボット人間、人間牧場の家畜達が生まれて来る訳である。

小沢の嫁は、創価の幹部
 投稿者:rock @MAIL  投稿日: 04/08 Sat 18:35:29 削除


■小沢の嫁は、創価の幹部。小沢の嫁の実家の土建屋「福田組」は姉歯設計、
ヒューザー販売で耐震偽装マンションを建てている。福田組は創価大の
卒業生を、優先して受け入れている会社だ。

◆前原に続き、嫁が創価とは!政治資金が創価の嫁の実家からたっぷり入って
池田犬作の奴隷とは!

岡田といい、前原といい、小沢といい、政治屋は全部外国の手先と考えないと
理解できない。嫁が創価という時点で、一般議員はともかく、党首の資格はない。同衾している以上、潔白を証明することは不可能だ。国家を危うくする。それとも、創価が外国勢力ではないからいいとでもいうのか?

創価が朝鮮カルトであることは世界の常識だが、それでも党首なのか?

カルトのためにひそかに政治権力を振るうのか?

許されることではない。

http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1053.html

小沢一郎・池田大作・パナマの麻薬王ノリエガ将軍の不気味情報


パナマの麻薬王ノリエガ将軍と池田大作氏
メディアが伝える創価学会 創価学会問題

なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!
その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!

その事実はCIAが察知。

米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。

実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。

そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。

しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。

学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。

日本の多くのマスコミがこの事実を報道しないのも、池田の金の魔力に屈服していたからかもしれない。

ともあれ、ノリエガは今、アメリカの刑務所で百年の刑に服している。その一方で、池田は今、新進党と自民党を両天秤に掛けて政権を狙っている。(1995年当時)

このまま放置してよいのだろうか。ノリエガの何倍も罪が深い池田こそ、刑務所で余生を送らせる必要がある。

http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm


日本を売った小沢一郎 アメリカの「年次改革要望書」「日米構造協議」は小沢・金丸が嚆矢


現在話題になっているアメリカの「年次改革要望書」は、小沢・金丸がアメリカの要求にしたがって金を出したのが、きっかけになって、その後もアメリカが毎年要求を突きつけてくるようになったものだ。

日米構造協議をやったのも小沢・金丸だった。

アメリカの要求に従って、430兆円ものお金を無駄な土木事業につぎ込んで、日本を借金大国にしたのも小沢・金丸だった。

小泉と小沢とどちらが悪党で売国奴なのか。

どちらも売国奴で悪党だが、野党席にいると批判されないようになっている。

だから小沢の過去の売国行為には、一切触れないような連中がいる。

小泉を批判し小沢を擁護するのはおかしい。

これまで、アメリカの要求どおり、言いなりになってきた小沢が、総理大臣になったら、独立の気概でも見せるというのだろうか。あり得ないことだ。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/467.html#id_ef02c255(動画あり)

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi(動画ニュース 北村弁護士の叫び他、小沢一郎、民主党関連)

「アメリカの圧力のままに、大店舗法なるものを改悪し、商店街を潰したのは金丸、小沢です。 

やっちゃいけない日本とアメリカの対の経済構造協議というのをやった。

アメリカは日本の経済に押されて具合が悪くなってきたので日本をとっちめてやろうと、安保条約で恩に着せて、自分達が軍備を使って日本を守ってやっているんだから言うことを聞けといって、バイラテラル(2国間)の経済構造協議をやることになった。 

私達は大反対しました。案の定、アメリカは270項目の要望を突きつけてきた。

 私はそれに反対して、140項目の反対案を作った。

私が主宰している黎明の会という政策研究会のメンバーには、今は自民党を離れてしまった亀井静香くんや平沼赳夫くんがいました。

 そして私達がそれを発表しようと恩ったら、自民党の最高議決会の総務会が4回潰された。小沢幹事長が命じたんです。

。。結局、アメリカの無法な要求はいくつか通りました。

それをいいことにアメリカが何をやってきたか。

毎年、日本はアメリカから年次改革要望書というものを突きつけられている。ああしろ、こうしろといろいろなことを言ってくる。。

。。小沢が相談して、金丸が「それじゃあ出してやれ」となって、40億ドル出すことになった。

さらにアメリカは90億ドルを要求してきた。

さすがにこれは内閣の一存では決まりませんから、9月に臨時国会を開いて、結局、合わせて130億ドルを出してアメリカの戦争を助けた。
 
ところが出した直後に戦争は終ってしまった。カネをどう使ったか報告がない。

日本にキックバックしたという噂があります。

小沢・金丸は何をやったんですか。

アメリカに約束した8年間に430兆のカネを無駄遣いして日本の経済力を弱めた。

 430兆のカネを使って何をやったか。

沖縄の経済需要の全くない島に5万トンのコンテナ船が着くような港ができている。

市長が自慢して見に来てくれと言われたけれど、船が来るのかと聞けばニヤニヤ笑うだけ。

 北海道で熊や鹿しか出てこないようなところに道路を作った。その先に街なんかありゃしない。
そういう馬鹿なことをやった。みんな国民の税金です。そのため国債も発行した。

それで日本の財政はガタガタになってしまった。
 
あっという間にイタリアの倍の国債依存率になってしまった。」

http://www35.atwiki.jp/kolia/(反日の実態)


当ブログの入手した情報によれば、アメリカの要求した430兆円に、日本側はさらに200兆円を上乗せして、無駄な土木事業を行ったという。当初計画されていたのは、光ファイバーを使ったインフラ整備だったが、それが無駄な道路、箱モノ建設に変更された。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1119308(北村弁護士の演説)


http://urayamaneko.seesaa.net/article/115141949.html


小沢一郎ほどアメリカの言いなりになった人はいない

政治 | author : くっくり | 2007.07.28 Saturday

 「お気楽くっくり」にて多くのMacユーザー様からアドバイスをいただいています。

 まだ解決までには至っていませんが、おかげで問題がだいぶ絞り込まれてきた感じです。

 皆様とても親身に相談に乗って下さっていまして(アクセスしにくい状況にもかかわらず)、大変感謝、感激しております。本当にありがとうございます<(_ _)>


 さて、先日、なにげにWikipediaを見てましたら、小沢一郎の項にこんなことが書かれてました。


石原慎太郎は「私は彼を評価しません。あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」と評した。[要出典]

 出典を探してみました。ありました。
 06年4月7日の定例会見でそういう発言をしたようです。
 

■<石原都知事>民主新代表の小沢氏…「私は評価しません」|Exciteニュース

 東京都の石原慎太郎知事は7日の定例会見で、民主党代表に選出された小沢一郎氏に触れ、「私は彼を評価しません。あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない。大した党にならないと思うね」と酷評した。

 石原知事は「(小沢氏は)自民党を牛耳っていた金丸信元副総裁らを背景に自民党幹事長を務めたが、アメリカに言われて、造らなくていい公共工事をやって、湾岸戦争の時は、一瞬にして戦費支出を決めた。自民党で一番いい思いをしたのは、あのグループ(旧経世会)じゃないの」と指摘。

【元記事はすでに存在しないため、因果応報な日々さんから引用させていただきました】

 「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」の中身、もうちょっと詳しく載ってるところはないやろか?と探したところ、産経新聞05年11月7日付に掲載された石原都知事の「日本へ」の中に、こういうくだりを見つけました。


 あの後とは、私が議員時代自民党が金丸信なる悪しき実力者の君臨の下経世会に支配され、その後体よく自民党を割って飛び出し新党を作って転々し今は民主党のフィクサーとして在る小沢一郎がその配下として幹事長を務めていた頃、日本はアメリカから構造協議なるものを持ちかけられ内需の拡大という美名の下に貿易を抑制し国内で無駄な支出を重ねることで国力を衰弱させよという圧力に屈した後々のことだ。大体、「構造協議」などという二国間協議のもっともらしい名称は国民の目を憚(はばか)るために日本の役人たちが改竄(かいざん)したもので、相手側の原文はストラクチュラル・インペディメンツ・イニシャティブ(構造障壁積極構想)、その「積極性」を持つ者は当初からアメリカということだ。それを当時の政府は国民への体裁を考慮し敢えての改訳を行った。そもそもこうした経済会議はOECDとかWTOといった汎世界的な協議機関で論じられるべきなのだが、他の先進国たちも相手が日本なら放っておけということでアメリカの非を唱えはしなかった。

 その場でアメリカが持ち出した要求は二百数十項目にも及ぶ内容で、中には日本の実情を無視した荒唐無稽(むけい)なものも数多くあった。それに対して私たち有志の勉強会「黎明の会」は日本としての対案を百四十項目作って相手にぶつけさせようとしたが、その提案を申し込んだ自民党の最高議決機関の総務会を小沢幹事長は会期末に意図的に三度続けて開かずに封殺した。仕方なしに他に場所をもうけ、外国人記者クラブでもその案を発表したが、当時の日経連会長の鈴木永二さんにこんな良い案の発表が遅すぎると叱(しか)られたものだった。

 しかしその後金丸、小沢体制下の自民党政府はさらに、向こう八年間に四百兆の公共事業を行って内需を刺激せよというアメリカからの強い要請を丸呑みして、結果としてそれを上回るなんと四百三十兆の公共事業を行ってのけたのだった。その結果夜は鹿か熊しか通らぬ高速道路があちこちの田舎に出来上がった。

 これを読めば、石原氏が小沢氏を「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」と評したくなった気持ちもわかりますね。

 先日発売された「WiLL」9月号でも、石原氏は「小沢総理なんてまっぴらだ」と題された記事の中で大いに吠えてます。
 小沢氏とアメリカの関係については、上の話の他にこんな話も載ってました。


 そして一九九一年(平成三)に湾岸戦争が起きた。ブレディというアメリカの財務長官が日本に圧力をかけに飛んできた。アメリカにはカネがないから、日本はカネを出せと言いに来た。

 当時は傀儡政権の海部政権、これは金丸と小沢が作った内閣です。金丸は海部の言うことなんか全く聞かずに、自分で人事をし、内閣を作った。海部は総理にしてもらっただけで、人事は何もできなかった。

 その海部内閣の主要閣僚、外務大臣・中山太郎、大蔵大臣・橋本龍太郎、通商産業大臣・武藤嘉文、内閣官房長官・坂本三十次の四人で紀尾井町の「福田屋」という料理屋で接待したら、ブレディがいきなり四十億ドル出せと言った。

 四人はぶったまげて「そんなカネは急には出せない」と断った。ブレディは繰り返し三回言った後、「駄目なら俺は帰るぞ。駄目なんだな」と念を押した。

 「よしわかった。これで日米関係は悪くなる。あんた方の責任だ。もう一回名前を教えろ。中山、橋本、武藤、坂本だな」。

 そうしたら慌てて一人が立ち上がって「ちょっと待ってください!」。恐らく官房長官の坂本でしょう、そう言ってある人に電話をかけた。

 当然、相手は幹事長の小沢です。その後には金丸がいたろう。小沢が相談して、金丸が「それじゃあ出してやれ」となって、四十億出すことになった。

 ブレディは日本に四、五時間しかいなかったのに四十億ドルせしめて帰ってきて、ワシントンで記者会見をした。

 私は日本の政治家で一人だけ外人記者クラブのメンバーなんです。年中アメリカ人の記者と喧嘩する。喧嘩すると仲良くなるので、こちらに嫌な情報も教えてくれる。その一人からブレディの情報を聞いた。けれども嘘か本当かわからない。NHKの日高義樹くんが当時ワシントンの支局にいたので、帰国した時に裏をとって聞きました。その通りだと。

 記者会見で、記者が「あまり機嫌がよくないけど、日本はやっぱりカネを出しませんでしたか」と聞いた。ブレディは「出したよ」と答える。

 記者が「不機嫌なのを見ると、額が少ないんですね?いくらなんですか?」と聞かれて、ブレディが「四十億ドル」と言ったら、みんなぶったまげた。

 日本に数時間しかいなくてそれだけのカネが取れたのなら大成功じゃないですか、と言われたブレディがニヤッと笑って「俺は二日かかると思ったんだが、アイツらちょっと脅かしたら四時間でカネを出した。だったら最初からもっとふっかければよかった」。こんなことまで言われていたんだ。

 その後、さらにアメリカは九十億ドルを要求してきた。さすがにこれは内閣の一存では決まりませんから、九月に臨時国会を開いて、結局、合わせて百三十億ドルを出してアメリカの戦争を助けた。

 ところが出した直後に戦争は終わってしまった。カネをどう使ったか報告がない。日本にキックバックしたという噂があります。日本のメディアはやる能力も覇気もないから調べられない。アメリカ人の二人の記者が書きました。そのカネが誰にいったのか。想像に難くないけど。

 そして、それからすぐ小沢一郎は党を割って出て行った。

 その後、一九九二年(平成四)に金丸事件が起き、金丸さんは略式起訴された。警察が金丸さんの事務所に踏み込んでみると、刻印のない金の延べ棒が出てきた。金塊というのは、それを作った国の刻印が必ずあるんです。刻印のない金塊は北朝鮮です。北とどういう取り引きがあってのことか。途中で当人が亡くなってしまい真相は闇に葬られてしまった。

 小沢・金丸は何をやったんですか。アメリカに約束した八年間に四百三十兆のカネを無駄遣いして日本の経済力を弱めた。

 四百三十兆のカネを使って何をやったか。沖縄の経済需要の全くない島に五万トンのコンテナ船が着くような港ができている。市長が自慢して見に来てくれと言われたけれど、船が来るのかと聞けばニヤニヤ笑うだけ。

 北海道で熊や鹿しか出てこないようなところに道路を作った。その先に街なんかありゃしない。そういう馬鹿なことをやった。みんな国民の税金です。そのため国債も発行した。それで日本の財政はガタガタになってしまった。

 いまだに六百七十兆という厖大な国債がある。あっという間にイタリアの倍の国債依存率になってしまった。この体たらくを作ったのは誰なんですか。

 今、年金の問題で騒がれているが、これはまさしく組合の体質の問題だ。四十五分働いて十五分休む。一日にキーボード五千字しか打たない。原稿用紙にしたら十二枚半だ。小説で十二枚半書くのは大変だけど、そこにある資料を打ち込むだけです。こんなものを業務協定で約束させる組合なんて、昔の国鉄よりもっと悪い。

 国鉄は民営化することによってよくなった。当時の国鉄の中に、西日本の井出、東日本の松田とか、東海の葛西とか、そうそうたる連中が体を張って組合と戦い、殺されるのを覚悟で民営化した。

 社保庁も安倍総理が、このままじゃ駄目だ、一度つぶして、解体し新しいものにしようとしている。それに反対しているのは組合におもねっている民主党じゃないですか。

 アメリカの言いなりになって、いまだに国をアメリカ化するための要望書をつきつけられている。こんな国は日本しかない。こんな体制を作ったのは誰か。小沢一郎じゃないですか。こんな男がリードする政党が日本を変えていくとはとても思えない。

 私は民主党に期待しているんです。しかし岡田君も挫折した。前原君もつまらんことで挫折した。ああいう若い人たちがもう一度立ち上がって、若い仲間と若い発想で、自民党が思いもつかないことを考えてやってくれることを期待しています。

 しかし現在上に立っている小沢一郎たちに、何を期待するんですか。彼が過去にやってきたことを思い出すと、本当に怖い。彼が日本の親父になるのは、ひとりの日本人として、まっぴらゴメンです。

 ちょこっと注記。最後の「日本の親父」のくだり、これは小沢氏の顔が載った何種類かのポスターのうちの一枚に、「我らの親父」と書かかれてあったことを揶揄しています。

 石原氏は

「日本をアメリカの経済奴隷にしたのは金丸・小沢」

と言い切ってます。そして、「戦後、カネ、カネ、カネで来てしまった日本を反省して、他力本願で、アメリカさんに頼って失ってきたものを取り戻そうというのが安倍総理の言う『戦後レジームの脱却』じゃないかと思う」とも。


 ちなみに1990年の金丸訪朝団が訪朝した翌月、小沢氏も訪朝してたんですね。


 紅粉船長と栗浦機関長が北朝鮮に捕らえられた「第十八富士山丸事件」で、金丸訪朝団が先遣隊として行き、翌月、小沢氏が土井たか子と連れ立って紅粉船長らを平壌まで迎えに行った。

 その時書かされたという「礼状」がこれ。


自由民主党と日本社会党はこれまで多年にわたり、第十八富士山丸船員の釈放のための切なる要請を行ってきました。この要請を考慮した朝鮮労働党の勧告に従い、今般、朝鮮民主主義人民共和国政府は、共和国の法律を侵害した罪で一五年の労働教化の刑罰を受け服役中の第十八富士山丸の紅粉勇船長と乗浦好雄機関長を人道的見地から大赦令を実施し釈放のうえ日本に返すことにしました。自由民主党と日本社会党は人道主義的立場から第十八富士山丸船員に対して寛大な措置を取られた朝鮮労働党と朝鮮民主主義人民共和国政府に深い感謝の意を表します。自由民主党と日本社会党はこの際、両名が共和国の法律を二度と犯さないようにし、帰国後、両名の言動が日朝友好関係発展に支障を与えることのないよう、あらゆる努力を約束します。

 当時の情勢とか考えると仕方なかった面もあったのかもしれませんが、悲しいまでに北のスポークスマンと化してますな。

 その上、紅粉船長らの「口封じ」まで約束して帰ってきた。民主主義国家の政権与党の幹事長がですよ。

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid338.html


 「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」の中身、もうちょっと詳しく載ってるところはないやろか?と探したところ、産経新聞05年11月7日付に掲載された石原都知事の「日本へ」の中に、こういうくだりを見つけました。


 あの後とは、私が議員時代自民党が金丸信なる悪しき実力者の君臨の下経世会に支配され、その後体よく自民党を割って飛び出し新党を作って転々し今は民主党のフィクサーとして在る小沢一郎がその配下として幹事長を務めていた頃、日本はアメリカから構造協議なるものを持ちかけられ内需の拡大という美名の下に貿易を抑制し国内で無駄な支出を重ねることで国力を衰弱させよという圧力に屈した後々のことだ。

大体、「構造協議」などという二国間協議のもっともらしい名称は国民の目を憚(はばか)るために日本の役人たちが改竄(かいざん)したもので、相手側の原文はストラクチュラル・インペディメンツ・イニシャティブ(構造障壁積極構想)、その「積極性」を持つ者は当初からアメリカということだ。それを当時の政府は国民への体裁を考慮し敢えての改訳を行った。そもそもこうした経済会議はOECDとかWTOといった汎世界的な協議機関で論じられるべきなのだが、他の先進国たちも相手が日本なら放っておけということでアメリカの非を唱えはしなかった。

 その場でアメリカが持ち出した要求は二百数十項目にも及ぶ内容で、中には日本の実情を無視した荒唐無稽(むけい)なものも数多くあった。それに対して私たち有志の勉強会「黎明の会」は日本としての対案を百四十項目作って相手にぶつけさせようとしたが、その提案を申し込んだ自民党の最高議決機関の総務会を小沢幹事長は会期末に意図的に三度続けて開かずに封殺した。仕方なしに他に場所をもうけ、外国人記者クラブでもその案を発表したが、当時の日経連会長の鈴木永二さんにこんな良い案の発表が遅すぎると叱(しか)られたものだった。

 しかしその後金丸、小沢体制下の自民党政府はさらに、向こう八年間に四百兆の公共事業を行って内需を刺激せよというアメリカからの強い要請を丸呑みして、結果としてそれを上回るなんと四百三十兆の公共事業を行ってのけたのだった。その結果夜は鹿か熊しか通らぬ高速道路があちこちの田舎に出来上がった。


 1980年代から1990年代にアメリカは、日本に対しすさまじいばかりの金額の内需拡大要求をしています。その要求を丸呑みした小沢一郎は、元祖媚米派というべき存在です。

 金丸、小沢体制下の自民党政府は、日本に対してまるで、「北京ダック」のように内需拡大のための資金を飲み込ませた売国政府です。

 その後の日本があまりの内需拡大策に消化不良になり、バブル崩壊を起こしたのは周知の通りです。

 バブル崩壊により、体力を失いかけた日本に対し、アメリカから今度は、「財政再建」という課題が持ち込まれました。「内需拡大」というアメリカからの命令に従順に従った結果生じた、莫大な日本政府の借金。今度はそれを減らすことをアメリカは命令してきたわけです。

 そして、今度はそれを小泉純一郎が丸呑みしたわけです。元祖媚米派の小沢一郎に対し、小泉純一郎は第二期媚米派と言うべきかもしれません。

 経済政策において、「内需拡大策」と、「財政再建策」は水と油ですが、どちらも時期と規模を間違えれば碌な事にはなりません。日本経済を鉢植えの花にたとえれば、バブル前の日本は、「水を与えられすぎて根ぐされを起こしかけていた」状態だったのに対し、小泉改革時の日本は、「水が少なすぎて枯れかけている」状態です。どちらもあまりに極端なのです。そして、どちらもアメリカの指示なのです。

 アメリカは、80年代から90年代にかけては、アメリカ企業の需要拡大のために「内需拡大」を唱えていたものの、アメリカ企業の体たらくに匙を投げて、今度は日本企業そのものをアメリカ資本のものにしようという作戦に転じたのかもしれません。

 「アメリカは日本のためを思って『要望書』を作ってくれているのだ」と主張するアメリカ大好きの自称保守は、80年代から90年代にかけてのアメリカの理不尽とも思える「内需拡大要求」についてはどう弁明するつもりでしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/sinji_ss/e/cfae6e2fa55379f912ddd6e54a402ef0


小沢一郎の過去の罪は重すぎる。


小沢一郎党首の過去、日米構造協議、430兆円、金丸信、海部内閣、幹事長で検索すれば、山ほど記事が出てくるように、彼の所行は、実は日本にとっては致命的な結果をもたらした。

それは、あの亀井静香氏や綿貫さんもご存じで、国民新党のご意見が民主党に通りやすいという事情の裏打ちでもある。

米国の走狗として、将来にわたって年貢を納めることに同意した小沢一郎にとって、政権奪取が最後の命取りになることは目に見えている。

年金問題や医療問題なら、埋蔵金の有効活用あたりで済んだ話だが、今の経済状況の悪化は、50年に一度、100年に一度、まして、米国、欧州が未曾有の経済危機、そして、お隣の韓国は信用不安、北朝鮮では、金正日が倒れ、中国、ロシアのバブルがはじけるとあっては、政権に就くメリットはほとんどない。

まして、日本の財政悪化の原因が自分の行った、430兆円、追加を合わせて630兆円の公共投資による無駄遣いと借金とあっては、身を引きたくなるのも解らなくはない、コレを怖じ気づくというのだろうか。

嘘は、すぐに見破られる。

ネットで、これだけ広まっている、元自民党小沢幹事長のお話が全く、マスコミに流れないのは、おいしいところを取っておこうという判断なのかもしれない。

民主党政権奪取の暁には、野党やマスコミからの総攻撃で公共投資のすべての罪を自らに押しつけれれることは明らかで、さらに、米国、欧州への支援策に頭を痛めることになることは大いに予想される。

影で操り、いつも実害を逃れてきた小沢一郎氏。

石原都知事をはじめ、野中広務氏や中曽根康弘氏など、彼の素行を熟知した人物も、発火点になることは明らかだろう。

真に日本の将来を思い、リーダーシップを発揮できるのは誰なのか、正邪を明らかにすべきであろう。

小沢一郎の罪は明らかで、一度やらせてみる時間も金も、今後の日本経済の致命傷になることは明らかだ。

参考ブログ

違法私営賭博であるパチンコ屋の倒産を応援するブログ : 細川内閣からまったく成長していない小沢

430兆円(630兆円)をどぶに捨てた小沢一郎を信じるな:我思う故に我あり:So-net blog

アメリカの本当の犬は小沢一郎!!  湾岸戦争時からの通信簿 - 多度津併合 - 楽天ブログ(Blog)

ヒトラー小沢よ、人の批判をする前にお前がやってきた国の借金を作った悪行の自己反省をしろ!! - 多度津併合 - 楽天ブログ(Blog)


2ちゃんねるの投稿より

日本が間違いなくトップランナーであった、1990年6月28日、時の海部内閣は日米構造協議を結んでしまった。

これは、日本の国家予算をIT技術を始めとする、技術開発、普及に使わず、公共事業に重点を置くべきとする条約。

表面上、この日米構造協議は、アメリカの膨れ上がった貿易赤字を解消すべく日本側に経済構造を開放するのが目的とされている。

具体的には、「大店法の撤廃」「政府、地方自治体による米国製スーパーコンピューターの入札参加の自由化」「商用通信衛星の購入の自由化」

「米など農産物の自由化」という「市場開放」を迫るもの。

そして、日本の国内においては、何故か、公共投資を、最大限度で増額することが要求されることになる。

日本の政治家が一番金になるもの、それは土木建築を中心とする公共事業である。

アメリカはそこに目をつけた。アメリカの提案に、金丸信が今後10年間で430兆円はやれると豪語。

しかし、ウェジントン米財務次官補は430兆円は小さいといったとか言わないとか。

その時の日本の対外黒字 
は1000億ドルを突破しそうなので、内需を拡大して必要がある (この辺の理屈がアメリカ中心主義)。

モンデール駐日米大使が600兆円なら歓迎の発言し、公共投資基本計画の発表は
 総 額 630兆円と決まった。

もうなんでもアリである。

公共投資の財源の半分は、国債、地方債財政投融資等の利子付きの資金であり、将来の国民の負担となるなるのだ。


民主党大阪14区総支部長長尾たかしHPより  ←故石井紘基の弟子を自認する長尾氏だが、党内にいて、果たして小沢批判ができるのだろうか。
http://www.tnagao.org/wake_02.htm

小沢 一郎(Wikipedia)

第1次海部俊樹内閣では党幹事長に就任。自由主義体制の維持を名目に経済団体連合会
(経団連)傘下の企業から選挙資金300億円を集め、第39回衆院選に勝利するなどの実績から「豪腕」と称された。

湾岸戦争に関連し国会で公明党の協力を得るため、東京都知事選挙で党都連が推す現職に代わり新人を擁立。しかし敗北したため責任をとり党幹事長を辞任したが、直後に経世会会長代行に就任。名実とともに派閥のNo.2となり、姻戚関係である竹下、金丸と共に「金竹小(こんちくしょう)」と称される。しかし次第に金丸は小沢に派閥を譲ろうと企図するようになり、竹下との確執を深めていった。

海部内閣が政治改革を巡り総辞職を余儀なくされると、金丸から後継首相になるよう説得される。 金丸の意を受けた渡部恒三なども必死に説得し、また渡辺美智雄や宮沢喜一などには「俺たちは降りるからおまえがやれ」と言われたそうだが、当時49歳であり若すぎる事を理由に、これを固辞する。また6月に心臓病(狭心症)で倒れ健康不安説が出た。

石原都知事会見録より

なた方は若いからね、小沢君の過去について知らないけど、私は彼を評価しません。
あの人はね、金丸信(元衆議院議員)というね、完全に、竹下登(元内閣総理大臣)も含めて、自民党を牛耳っていた、

結局ああいう末路になったけども自民党の幹事長を3回務めたって、その間、何をしたんですか。

あの人ほどアメリカの言いなりになった人っていないんじゃないですか。

8年間で400兆の公共工事をやると言って。そんな馬鹿なものを引き受けて、結局430兆やったんだもの。造らなくていいものをね
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/TEXT/2006/060407.htm

問い〉 アメリカの要求だという日本の巨額の公共事業で、アメリカにはどんな利益があるのですか。


答え〉 自民党政権は一九九〇年に、日米構造協議でのアメリカの強い要求で、総額四百三十兆円の「公共投資基本計画」を決めました。 九四年には、アメリカの再度の圧力で、六百三十兆円に拡大しました。

このような政策をアメリカが要求したのは、▽巨額の公共事業をやらせれば、受注企業からの「波及効果」で日本が「内需拡大」し、アメリカなどからの輸入が増えるだろう▽貿易黒字で巨大化したジャパンマネーを競争力強化とは無縁の公共事業に投入させれば、日本企業の競争力を抑え、異常な対米貿易黒字も縮小できるだろう▽ハイテクなどが集積する大型公共事業なら米国企業も参入できるだろう−という思惑からでした。

しかし、公共事業がアメリカの思惑通りの効果をもたらすかどうかは別の問題です。飛行機のこない空港や船の入らない港をいくら造っても「波及効果」は広がらず「内需拡大」にならないことは、この間十分に経験しました。公共事業の拡大が直ちに貿易黒字解消につながるというような、決定的な因果関係もありません。 まして日米貿易不均衡といった、特定国との問題解決につながる保証はどこにもないのです。

アメリカの要求は、根拠薄弱でも“とにかくやってみろ”と一国の財政支出まで口出しする内政干渉でした。これを日本政府も受け入れたのは、ゼネコンなど財界の目先の利益になるからでもあります。また日本の輸出大企業の異常な長時間・過密労働や下請けいじめは問題にしないなど、日米双方の支配層の利害にかかわるような、貿易不均衡の具体的要因にはメスを入れない“解決策”でもありました。この無責任な政策決定の結果、日本の公共事業は九〇年代に国・地方あわせて年五十兆円にも膨張し、財政危機や社会保障の圧迫を招くにいたったのです。

政治って、黒か白という単純な図式ではないのがよくわかります。ただ、罪と罰をしっかりしておかないと、将来に禍根を残すと思うんですよね。麻生太郎がどういう人物で何をやったのか、小沢一郎がどういう人物で何をやったのか、マスコミの情報に踊らされることなく、吟味しないと大変なことになります。630兆円もあれば、日本の場合、小負担高福祉だってあり得たわけで、それをゼネコンがジャブジャブ使って、アメリカの資産を買いあさり、結局バブルが崩壊して、その資産を損切り、日本人の汗と涙が水泡に帰したわけで、さらに子供たちに総額900兆円の借金まで残して、その張本人を首相にしたら、世界の笑いモノになると思うのですが、間違ってるでしょうか?

http://tsujiyoshitaka.wordpress.com/2008/11/15/%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%af%e6%94%bf%e6%a8%a9%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e6%b0%91%e4%b8%bb%e5%85%9a%e3%80%82%e5%b0%8f%e6%b2%a2%e4%b8%80%e9%83%8e%e3%81%ae%e9%81%8e/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
02. 2012年4月21日 19:22:57 : Nnnq3Nz1oZ
や、貼る場所間違えたw

もう一方のほうに貼るつもりだったんだが。


03. 2012年4月25日 20:33:05 : gPpLkbk3to
小沢一郎以前はエロおやじ

今は人畜無害役立たず!

明日は有罪楽しみだな♪


04. 2012年4月25日 23:52:36 : Oi9YgfIvs2
無罪になったら小沢が一番困るのじゃないの。小沢信者のカルト的期待とは正反対の米国の犬、経済界のパシリ、利権亡者という正体がばれてしまう。いやもうそんな力もない認知症の入ったボケ老人の実態が露呈し恥をかくだけだ。有罪なら、暴虐・不当な検察の犠牲者という役をもうしばらく演じられる。

05. 中川隆 2012年5月04日 18:44:20 : 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

小沢は、ロックフェラーにかわいがられていた人物だそうです。

その夫人は創価学会員であると言われ、小沢と池田の間には太いパイプがあります。皆さん、裏では繋がっていらっしゃるようです。


小沢一郎も関係していた創価学会の麻薬ビジネス


なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!

その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!

その事実はCIAが察知。

米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。


池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。

しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと
知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

戦後長い間、CIAの資金が創価学会を通して自民党に流れ込んできました。

また、創価学会は麻薬ビジネスにも手を貸しています。 池田大作氏は信者から集めた金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りに使わせていました。 そして、そこで得た利益を当時の自民党のドン・小沢一郎氏に渡し、小沢氏はその金で政界工作をするというカラクリでした。

オウムは自ら覚醒剤を製造していましたし、山口組系の後藤組とつるんでいました。後藤組は日本の覚醒剤取引の中核的存在でもあります。

『オウム帝国の正体』(一橋文哉著)によれば、「1993年頃、関東で供給源の解らない覚醒剤が大量に流れたことがあり、暴力団が出所を調べたところ、オウムとわかった。通常の密輸ルート品の三分の一の価格だった。」とあります。どうやらオウムは、サリンを製造していたとされる第7サティアンで覚醒剤を密造していたようです。その第7サティアンは、外部の専門家が入ることを警視庁が阻止し、裁判半ばにもかかわらず、まるで証拠を隠滅するかのごとく解体されてしまいました。

オウム‐暴力団‐北朝鮮の麻薬コネクションが存在し、それに日本の“権力者”が関わっていたことに間違いないでしょう。

創価学会の会員に、稲川会前会長の石井進氏、山口組若頭の山本健一元氏、会津小鉄会長の高山登久太郎氏など、著名なヤクザさんたちが、軒並み名を連ねているのは、おそらくマネー・ロンダリングが目的なのでは…と邪推してしまいます。(^^;)
そういえば、オウムとつるんでいた山口組系後藤組も、創価学会と深いつながりがあるようです。
http://www.asyura2.com/07/bd51/msg/299.html

小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係


94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。

実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。

そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。


しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。


学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。

日本の多くのマスコミがこの事実を報道しないのも、池田の金の魔力に屈服していたからかもしれない。

ともあれ、ノリエガは今、アメリカの刑務所で百年の刑に服している。その一方で、池田は今、新進党と自民党を両天秤に掛けて政権を狙っている。(1995年当時)

このまま放置してよいのだろうか。ノリエガの何倍も罪が深い池田こそ、刑務所で余生を送らせる必要がある。
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm


オウム事件とは、「オウム、創価、統一が共同でやっていた覚醒剤密造などの不法行為がばれそうになり、全ての罪をオウムに押付けた。」事件であると理解しています。

統一教会は、その起源から考えて、KCIA及びCIAの影響下にあると考えるべきです。日本側のCIA専属のお爺さんたち、つまり、笹川さん、児玉さん、中曽根さんたちが、統一とつるんでいたのも、CIAの犬同士という絆があったわけです。

一方で、創価は創価で、笹川一派を通じて、統一と繋がりがありますし、それ以前に創価内部に深く入り込んでいる暴力団、後藤組のもつ北朝鮮コネクションから、オウムの麻薬ビジネスに関わっていたわけです。もちろん、日本社会に創価マフィアのネットワークをはりめぐらした学会を、CIAが放っておくわけがなく、マネーロンダリングなどに、しっかり利用されています。宗教法人の財務の閉鎖性をCIAが利用しないと考える方が異常です。

そして、CIAお得意の麻薬ビジネスの日本支部が、オウムだったわけで、その収益が北朝鮮に還元されていたのも当然のことであり、北の現体制を維持するための、CIAの有難い配慮だったわけです。なにしろ北の体制が崩壊すると、一番困るのは、CIAのスポンサーである軍産複合体と国際金融資本であり、極東の緊張は、彼らの飯の種なわけですから。

麻薬王にして、CIAの帝王である大ブッシュさんが、統一の文と仲良しなのも、アッタリマエなわけですね。今度の米大統領選でも、随分と統一のカネが小ブッシュ陣営に流れたようですね。

創価学会もまた、ユダヤ大資本の手先

さて、創価学会という巨大宗教があります。この教団が実質的に在日・帰化人によって経営されている在日宗教であることをご存知でしょうか?尤も、信者 ですら、大半は、そのことを知りませんが。そして、帰化人、池田大作は、同胞である文鮮明と連携している、ユダヤCIAの手先であり、隠れユダヤ、ロックフェラーの大口取引先でもある と考えます。 (ユダヤと提携したおかげで、創価は国連にまで潜り込んでいます。)創価が在日組織であることを垣間見せた事実をご紹介しましょう。なんと、創価は韓国の大統領選挙にまで介入していました。金大中に依頼されて資金援助したのです。韓国の大統領を創価の金が決めた。池田大作が日韓に跨る半島人脈のボスの一人であることの証左です。

我々の知らないうちに、池田大作の手下達は、日本を裏から、がっしりと支配しています。それも、悟られないようにひっそりと。これは、ある種の恐怖です。創価は、メディアも支配しています。創価を批判した記事は、新潮社以外は殆ど見掛けなくなりました。ちょっとでも批判をすれば、創価学会の雑誌でこっぴどく叩かれ、かつ信者からいやがらせ電話が殺到し、個人的に脅しを掛けてくることすらあります。そして、恭順したメディアには、ご褒美として出版、印刷の仕事が下賜されるのです。かくして、メディアは創価を批判できなくなり、創価は報道を気にせずに犯罪に手を出せるようになりました。そういう社会のタブーを許してしまえば、犯罪はおのずから、そこに流れ込んでいくのです。治外法権を求めて。私は、日本の麻薬業界のマネーロンダリングもこう言った宗教団体の特殊性を利用して行われていると考えます。


CIA資金の自民党への流入には、どうやら、池田大作の創価学会が使われたようです。宗教法人は、非課税です。創価の台所の中身は、ブラックボックスにしまわれて外部にはわかりません。国税でも手を出せないでしょう。その創価を経由して、CIA資金が自民党に配布されていたのではないかとする説があります。それ以前に、戦前は弾圧されていた創価が、戦後一機に成長した背景には、「低所得者層の共産化を防ぐ」というGHQの目論みがあったのではないか?そのために、(前の会長が暗殺されたのではないかという説もあるが、)若くして池田大作が会長となり、貧乏長屋の住人や在日の困窮者を吸収する仕事を進めたのではないか?池田は、親の代に帰化した韓国・朝鮮人と言われています。現在の創価学会の幹部も3分の2が、在日や帰化人で占められているようです。もっとも、一般信者は知りませんが。池田が、同じ系譜の文鮮明と提携していると見る向きもあります。私も同意見です。

(ただし、文鮮明と池田大作は、大筋では共闘していても、ユダヤ財閥の名代として、互いに、勢力争いをしている感はあります。必ずしも両者の利害が一致しているとは、思えません。そのあたりが、読売と毎日の論調の違いに出ているような気もするのです。また、創価と言うのは、日本のもっとも庶民的階層を集めた教団であり、大半の日本人末端信者たちは、教団の謀略的側面には一切気がついていないと思います。その1000万の善男善女を、ごくひと握りの在日幹部が操縦し、搾取しているわけですから、「平和を尊ぶ」宗教と言う看板を掲げている以上、信者の手前、「ブッシュのイラク侵略大賛成!」とは言いづらいわけです。創価と近い関係のある毎日が、読売とは一線を隔した「反ブッシュ」的記事を載せるのは、「創価一般読者」向けのサービスと捉えています。その癖、公明党は、結局は自民党と歩調を合わせるのです。)

ブッシュ元大統領が、就任直後にパナマに電撃派兵し、独裁者ノリエガを逮捕して米国に連れ帰りました。ノリエガは、副大統領にしてCIAボスであるブッシュのお墨付きを得て、麻薬の密輸に手を出していたようです。それで、ブッシュとの秘密を共有していることに奢り高ぶり、勝手な振る舞いを始めたらしい。ノリエガを放置しておくと自分の麻薬取引関与も明るみに出ると恐れた大ブッシュは、ノリエガを拘束してフロリダの刑務所の奥に幽閉してしまったのです。

そのノリエガが、創価学会の池田から資金を託され、麻薬密輸で運用して利益を池田に還元していたことを吐いたと言うのです。その金は、池田から、今の自由党の小沢一郎や自民党の竹下らに流されていたと。

小沢は、ロックフェラーにかわいがられている人物だそうです。

その夫人は創価学会員であると言われ、小沢と池田の間には太いパイプがあります。皆さん、裏では繋がっていらっしゃるようです。ちなみに、創価は自分の教団の施設の中にノリエガの胸像を立てています。今は、流石に撤去したようですが。

そのような経緯から、創価学会が、実質的なユダヤ勢力であるCIAと関係を持ち、ユダヤとの提携をも垣間見せるのは、当然のことなのです。池田が信者を騙して巻き上げた浄財は、ユダヤ金融資本の手で、麻薬取引や紛争惹起のための過激派支援に使われ、大きな利息をつけて戻ってくる......そういった関係から、池田も文鮮明も、ユダヤ国際金融資本の世界サークルの末席に加えてもらっていると考えます。
 
ちなみに、こういった知識を持って、噂の真相の一行記事を読むと、なるほどと思ってしまいます。創価は、ユダヤの言論弾圧機関であるサイモン・ウイゼンタール・センターの為にメディアのチェックを代行しているそうです。

また、ヤクザ芸能プロが、ユダヤCIAのために反抗勢力のリストアップをやっているというトンデモ記事があります。誰もが笑って相手にしないでしょうが、「ユダヤの日本代理店である統一・創価・オウムとべったりの関係の山口組系後藤組系のバーニングプロが、ユダヤ世界権力の為に邪魔者の監視をやっている」と見ればいいんです。
http://www.asyura2.com/0403/bd34/msg/509.html


ウォール街のユダヤ人の手先=統一・創価の朝鮮人脈が、邪魔者を消す。

日本には、巨悪の手先となって、「煩い人士」を始末してくれる連中がいる。ウォール街のユダヤ人が仕掛けた巨大なインサイダー取引を追いかける新聞記者は、東京湾に死体で浮かぶ。そして、警察権力により「自殺」と断定される。一方で、同じ疑惑を追及していた国税職員は、痴漢冤罪で口を封じられる。テレビでインサイダー疑惑に触れた経済学者も同じ運命となる。この事件を追い始めた在日カナダ人ジャーナリストには、虎ノ門あたりから来た白人がつきまとう。そのジャーナリストと会って分かれた直後のリチャード・コシミズには、公衆電話から、無言電話がひっきりなしにかかってくるようになる。

日本には、巨悪のために働く、組織化されたゴロツキ集団がいる。警視庁にも神奈川県警にも東京地検にも、東京地裁にも、東京拘置所にも「組織内組織」が出来上がっている。彼らは、朝鮮人宗教詐欺師、ソンテチャクの創価学会や朝鮮人麻薬密輸業者、文鮮明の統一教会の隠れ信者である。そして、これらの不逞な集団と連動して動く外部のヤクザがいる。創価・統一に出入りする朝鮮半島系を主体とする暴力団員である。

誰かを嵌める必要が出てくれば、警視庁・神奈川県警内のカルト組織が召集される。痴漢冤罪が捏造される。物理的に口を封じる必要が出てくれば、山口組きっての武闘集団、後藤組が始末をしてくれる。そして、警視庁のカルトが、いち早く自殺と断定する。カルトの息のかかった監察医が、他殺死体を自然死と検視する。東京地裁のカルト検事達は、痴漢冤罪の被告を長期間拘束し、第三者との接触を阻止する。そして、東京地裁のカルト判事とぐるになって、最長の実刑を成立させる。時には、弁護団をも、仲間に取り込む。もしくは、最初から組織の息のかかった弁護士を送り込む。被告を騙して、「余計なことを喋ると保釈が取り消しになる、保釈金が没収される。」と脅す。

そして、どうしても、裁判で真実を語らせたくないとき、拘置所のカルト刑務職員が動員される。被告の食事におかしなものが混入される。被告は、植物人間と化す。

この「口封じシステム」は、オウム事件の際に存在が露呈した。警視庁は、本当は覚醒剤プラントだった第7サティアンを、ろくに裁判も進まないうちに、証拠隠滅のために取り壊した。東京地検は、半島ヤクザと北朝鮮が係わっていたオウムの麻薬事業を隠蔽するため、オウムの薬物事犯の起訴取り下げを強行した。異例中の異例の措置だ。東京地裁は、第七サティアンがサリンプラントだったと偽るために、弁護団の追及を妨害した。オウムはとっくに創価と統一に乗っ取られていたと暴露されることを恐れた彼らは、東京拘置所の麻原の担当に、カルト刑務官を集中配置し、薬物で廃人にして口を封じた。

そして、メディアの要所要所に配置された半島カルト信者たちが、嘘を撒き散らす仕事を請け負う。その元締めは、関東軍・満鉄のフグ計画以来、ニューヨークのユダヤ権力と癒着している電通である。

ユダヤ権力は、日本を間接支配するために、創価・統一の反日・半島人人脈を使役している。統一に自民党を、創価に公明党を支配させることで、ユダヤ権力は日本の政権与党を隷属下においている。安倍晋三は、この支配システムの完成のために送り出されたユダヤ・朝鮮勢力の傀儡である。(小泉同様、日本人であるかどうかも大いに疑わしい。)野党の民主党や社民党もまた、実は、半島人脈に侵食されている。日本に日本人のための政党はない。

こういった支配システムが実在するという前提で、社会を眺めてみていただきたい。今まで見えなかったものが、次々と見えてくる。リチャード・コシミズは、自己の体験を通じて、このシステムの存在を知った。何度か命を奪われそうになりながら。

小泉のお膝元の神奈川県は在日朝鮮人が多く居住し聖教新聞の発行部数も多く創価の支配の強い地域である。小泉政権に批判的な論客だった植草教授は手鏡を持っていただけで神奈川県警に逮捕され痴漢に仕立て上げられ教授の職を追われた。
 
 さらに植草元教授は泥酔している間に再び痴漢に仕立て上げられ再逮捕された。目撃証言といっても学会員を動員すればいくらでもでっち上げが可能であり警察までグルとなれば誰でも犯罪者にすることが可能だ。しかも保釈金を支払ったにも拘らず保釈が認められなかった。

 これはカルトによる言論弾圧である。こうしたやり方を社会全般に広げようとする企ての一つが共謀罪である。創価の息のかかった警察のさじ加減で誰でも逮捕拘禁して言論封殺できるようになるのだ。日本をカルト化北朝鮮化するには理想的な法案と言える。


日本の警察組織内部には、非合法な「国民1人1人の電話・電子メールの盗聴・尾行」等の個人情報収集を担当としている犯罪組織が存在する。

この組織は、電話・電子メール盗聴から、私人のインターネットの閲覧履歴、クレジットカードの使用履歴=趣味・交友範囲等の情報を蓄積する、市民監視組織であり、その活動内容は全て非合法である。

この警察=犯罪組織のトップは、警察庁本庁の警備局公安1課理事官である。それを頂点に、各都道府県警察本部、所轄警察署の公安1課、警備企画課に、メンバーが配置されている。

 この組織は、法律上・公式上は「存在してはならない」犯罪組織であるため、通称「ゼロ班」と呼ばれている。

 日本の警察組織では、公安部門がエリート組織・出世組織であり、歴代の警察庁長官は「必ず公安畑から出す」という不文律がある。

オウム真理教信者に狙撃された、と言われている国松孝次元警察庁長官は、公安畑出身ではない刑事部門の刑事局長から長官に任命されたため、中国製・ロシア製トカレフ拳銃の密輸により裏金作りを継続してきた日本警察の、別部隊であるロシアン・マフィア傘下にあるロシア人傭兵によって狙撃された。

国松元警察庁長官の狙撃を命令したのは、日本の公安警察幹部である。

 この日本の警察組織の中核・出世コースである公安部門。そのエリート・コースの登竜門が、東京都文京区の東京大学の門前にある、文京区本富士警察署である。

 この警察組織の出世コースのトップは、米国CIAへの留学・帰国組みで独占され、事実上、CIAの日本支部となっている。日本の公安警察は、末端まで、その担当する対外諜報活動の分野で、日常的に米国大使館に出入りし、中国、あるいは北朝鮮担当等の米国外交官から「情報を頂いて来る」。

日本警察は、そのトップから末端までCIAの日本支部であり、それがピストル密輸=暴力団への武器横流しによる警察の裏金作りを通じ、在日ロシアン・マフィア、在日ロシア人傭兵組織と一体化しているという事実が、ここに見える。

 この公安警察はCIAと一体化しながら、北朝鮮情報を入手するルートとして、神社の祭り等で夜店を出す「テキ屋」の全国組織である広域暴力団・会津小鉄内部の、在日朝鮮人を使い、北朝鮮本国の情報を入手している。

このルートは、そのまま北朝鮮からの「ジャリ石」の輸入ルートとして、日本の道路建設には不可欠な原料供給ルートになっている。

日本の道路族と言われる国会議員達が、CIA・公安警察・広域暴力団・北朝鮮に「生命線を握られている」利権集団である事が、ここから分かる。

日本の公共事業の「闇」にメスを入れる人間は、このグループに命を狙われる事になる。

 これが、不必要な道路建設を強引に進める「日本の財政赤字の創出グループ=増税の生みの親」である。

 この公安警察・CIAルートを最も強く把握している政治家は、かつては警察官僚出身の後藤田正晴であった.

詳細は

闇の組織とは? _ 創価学会は鳥人コンテストが好き?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/270.html


06. 2012年5月07日 18:19:39 : XrY1QtkBeg
01の投稿

管理人さん、

お願いですから、こんな下品な投稿を掲載しないで下さい。貴方と阿修羅の見識が問われます。


07. 中川隆 2012年6月17日 23:17:15 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

「小沢一郎」研究。料亭の女将から隠し子疑惑の元秘書、リポーターまで


アメリカの手先、ロスチャイルドの操り人形の小沢先生の権力の源泉は創価学会幹部の奥さんだったんだけど、愛人作ってから力が無くなっちゃったんだな。

創価学会幹部の奥さんの背後にはCIAとダヴィッド・ロックフェラーがいるのに、小沢先生も良く鬼嫁を裏切る勇気あったねwwwwwwwwwwwwww:

            ̄~^ヽ、;ヽ;;;;ヽ;:ヽ
           '~" ̄ヽヽ;i;;;i;;;;i;;;;i   
              ノ:ノ::ノ;/;;;;;i;;i   あ…ん? ああ…あああ…いや? いや? ダメぇ!
        __,,,,,,,,,,,___/:/;/:/;;i::ノ/
  /^~"´ ̄-‐‐‐'''"´/:/;ノ;;;;ノ://
 /::::::/:::::::_,,,、---‐‐'''`~,、-''/::/
/:::/:-‐''''"~~::::::::;;;;-、,,,,、-,,、-‐ヽ,,_                 _、-、_
;/;;'`"~、-''''''~^'''''ー-、_,,i:i、  ヽ`ヽ、;ヽ、,,,ノ.   /"´ ̄~''ヽ. ,.. ‐"`'ー-''`''-、
;;;/~":、---、___/´ ,,i:'''  ::   ヽ. ヽ.`'''"´  /´    :::..,/        .:::ヽ
;;;;;'''''^~~~~^'''''/ー-  ';、 :::    `  ヽ`''ー-,,,i_    -‐''"          ::::::::;i、,
;;;、;;;`''ー-,,,,,,,,,,,,,,_,,,,,、_   ''       ',::::    `'ー            .:::::::::;/:: ヽ、
;;;ヽ、ー、;;ー-、,,,,,,,、-‐''"    .;´ ̄`,   ',::::,,,,、-    _、           ''~     ''ー
:::::ー、ヽ、,,''ー-ヽ.''''",.,;' "^' 'ー-‐'' . _、-'''''"´    "       ヽ     ::
:::ヽ、`''ー-、ー-、'ヽ"、i;.     ヽ /"     .::..   '::,,:ヽ.     i     :::::
、::ヽ;;ヽ、:ー-、,,,,,、.ヽ ';''   ノノノ/;/      ..:: ::::  ヽ,,,ノ     ':::    :::
ヽ,,_::''‐、,,,,''ー-''ー-"''/~'"''"/:/::      ::、::: ::::..     ..:.::::::::"     :::::::::
  ヽ


政策は皆無だが、子種はあり余っているらしい小沢一郎。

あっちこっちで種付けしてたら、そりゃあ税金ネコババして財産残してやらなきゃなあwww

小沢が朝銀から極度額3億5000万円の融資を受けたのが昭和61年。
小沢が料亭のオンナに2億7000万円をくれてやったのが昭和61年。

あれっ?
ま、偶然でしょ、偶然。知らんけど。


--------------------------------------------------------------------------------

新潮45 「小沢一郎」研究

料亭の女将から隠し子疑惑の元秘書、リポーターまで…… / 伊藤一

「86年2月、『満ん賀ん』の経営者夫人は根抵当権を解除した。その際、銀行に返済する資金3億4000万円のうち、小沢が2億7000万円を用立ててやった。そんな恩義もあって、N子さんは小沢と別の女性の間に生まれた男の子を引き取って育てた」

 小沢の子どもを生んだのは、帝国ホテルのパーティーで知り合ったA子さん。高校を卒業後、モデルやコンパニオン、テレビ・レポーターをしていたが、出産後、「もう二度と会わない」ことを条件に、それなりの手切れ金が支払われた。


新潮45別冊 櫻井よしこ編集長 小沢一郎研究 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/05)


料亭の女将から隠し子疑惑の元秘書、リポーターまで…… / 伊藤一


 小沢が夫人の和子と見合い結婚したのは、当選2期目の73年10月。和子は新潟市に本社を置く「福田組」のオーナーだった福田正の長女である。2人の仲を取り持ったのは、田中角栄首相で、和子の父親は「越山会」の最高幹部という関係だった。

 しかし、当時の小沢には真剣に結婚を考えた別の女性がいた。東京・赤坂にあった老舗料亭「満ん賀ん」の若女将N子さんである。この政治家御用達の料亭の身売り話が浮上したのは、90年7月頃のことだ。

 店は苦境に陥り、赤字が膨らむ。骨肉の財産争いの過程で飛び出したのが、小沢からの資金提供だった。

 小沢はN子さんと所帯を持ちたいと考えた。しかし、角栄は首を縦に振らなかった。小沢の母親みち子N子さんも猛反対。

 結局、小沢は和子さんを選び、盛大な結婚式は73年10月29日に行われた。

 その当日、両家を大慌てさせるハプニングが起こった。式場にN子さんが押し掛けてきたのである。

 結婚後、小沢は夫人を岩手県水沢市に住まわせ、別居。そして、足繁く「満ん賀ん」に通った。以来、2人の密接な関係は20年以上も続き、彼女はこの政治家を陰で支える「女帝」になった。

 一昨年、ひっそりと店仕舞いした。永田町では、

「小沢が総理を目指して本気になった」

 と噂された。決定的なスキャンダルになるN子さんの存在を、隠したというわけである。

 そのN子さんが、小沢の隠し子を育てているという噂が広がった。しかし、父親は小沢でも、母親はN子さんではなかった。

 あの当時、小沢を追ったライターが次のように言う。

「86年2月、『満ん賀ん』の経営者夫人は根抵当権を解除した。その際、銀行に返済する資金3億4000万円のうち、小沢が2億7000万円を用立ててやった。そんな恩義もあって、N子さんは小沢と別の女性の間に生まれた男の子を引き取って育てた」

 小沢の子どもを生んだのは、帝国ホテルのパーティーで知り合ったA子さん。高校を卒業後、モデルやコンパニオン、テレビ・レポーターをしていたが、出産後、「もう二度と会わない」ことを条件に、それなりの手切れ金が支払われた。

 小沢事務所で長く秘書を務めたS・E子さん。69年に小沢事務所入りしている。小沢は「福田組」オーナーの長女と結婚。すると、彼女は小沢の側近議員の1人、松田岩夫の秘書に転じる。

 永田町の関係者が声を潜める。
「2人が愛人関係にあったのは、旧田中派では有名な話。松田の秘書になったのも表向きで、その後も小沢と繋がって、松田をコントロールしていた。彼女は小沢事務所入りした4年後に、未婚のまま男の子を生んでいる。これも小沢の子供だという噂が根強く流れた」

 小沢が、旧田中派の木曜クラブ事務局長になった82年当時、同クラブの職員として勤めていた女性がいた。親密な関係が取り沙汰されたのは、当時30歳のB子さんである。しかし、某メディアの取材に、彼女は「答える必要はありません」と激怒している。

 東京・麻布の割烹料理屋の美人ママ、K子さんとの深い仲が噂されたこともある。関係が消滅したのは小沢が自治大臣に就任した頃で、その際にも手切れ金が支払われたという。

 08年11月に永田町に出回った怪文書騒動がある。

「国民の血税で、自分のオンナを養ってもらっている民主党・小沢一郎代表」

 こんなタイトルがつけられていた文書には、当時、マルチ商法企業から献金を受けていたことが発覚し、総選挙への出馬を断念した前田雄吉と小沢の親密な関係を指摘しつつ、次のように記述されていた。

「前田雄吉のS・Y子秘書は小沢一郎代表の『オンナ』で、小沢一郎の子供まで生んで育てているのである」

 実は、ここで名指しされた女性は前述のS・E子さんのことである。

「いまだに『一郎さん』と呼ぶ関係です。だから、代議士の前田も彼女には頭が上がらず、相当気を遣っていました」

 こう話すのは、民主党議員の秘書である。

http://idols5.blog66.fc2.com/blog-entry-147.html


              |ノ ヽ         .|::::| |
       {     !|::::| |  _,, -ェェュ、 |::::|__|
ィ彡三ミヽ  `ヽ   |::::| |ハミミミミミミミミミ| ..|_
彡'⌒ヾミヽ   `ー |::::|__|ハilミilミliliミliliミ| ..|
     ヾ、       |二二二二二二二| ..|
  _    `ー―' | ..|.:.\\_::::::::::::::|_||
彡三ミミヽ       | ..|ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|    一郎・・・・・
彡' /| ヾ、    _ノ|_|: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,|
  / ./|.  `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|    ぜったい許さない
 ,ィ| |::|ニミヽ   __.ノ ヽヘ`" 彡' 〈     |
彡'| .:|:::|   ` ̄       `\   ー-=ェっ |    
  | .|:::|   _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   |
.  | |:::|,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |  
三ミ| |:::|        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|  
.   | |:::|  ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ 
   | |::|彡'          { ミi      (二⊃
   /| |::|        /  l ミii       ト、二)
 彡 | |::|    __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
.    | |::| /          | ミ{     :.:.:..:|
    | |::|       ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
.    | |::| .ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|  
     | |:::|     ./  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|   
   ノ .| |:::|  _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|

小沢一族の深き闇 --実母を巡る謎と「朝銀信組」の金-- / 君島文隆

小沢一族に関連する、もうひとつの不可解な事実に行き当たった。親族が、昭和六十一年五月、自宅を担保に朝銀千葉信用組合(登記簿には千葉朝鮮信用組合と記載)から三億五〇〇〇万円を極度額とする巨額の融資を受けていたことがわかったのだ。

 土地建物の登記簿を見ると、債務者は姜某という朝鮮・韓国人名の第三者になっている。


新潮45 「小沢一郎」研究

小沢一族の深き闇 --実母を巡る謎と「朝銀信組」の金-- / 君島文隆


 小沢一郎の父、佐重喜の伝記的な本『人間小沢佐重喜』(小沢一郎後援会・陸山会発行)の中で、荒木みち(小沢一郎の母親)はこのように紹介されている。

「東京に出て九段精華高等女学校を卒業。ここで後の鹿島建設株式会社社長鹿島卯女と同窓だった。父儀助は、千葉県議会議長もやった地方の名望家だった」

 今、何かと取り沙汰されている鹿島建設との強い結びつきを思わせる記述に続き、母方の家系にも政治家の血が流れていると思わせる内容である。
 
 しかし、則道さん(後藤則道=荒木みちの姪の長男。みちの実家の現戸主)は、「県議会議長なんて話は聞いたことがないな」と、当惑げに否定した。

「県会議員という話も知らない。儀助は政治的なことには無縁な人だったからね」

 後日、千葉県議会事務局総務課に問い合わせると、「そういう名前の人は、県議会議長にも県会議員にもいません」という返事だった。

 一郎には十歳違いの長姉と、二歳違いの次姉がいる。この姉たちは佐重喜が“外でつくった子”であることが定説となっている。しかも二人の姉の母親はそれぞれ違う。
 則道さんは、自分たちの結婚式の写真を見せてくれた。和服姿の荒木みちの姿がある。だがその集合写真の中に、二人の姉の姿は見当たらない。

「う?んやっぱり、本人たちもこういうところには来にくいんじゃないかな」と、曖昧に答えた。“妾の子”という言葉を、則道さんは否定しなかった。母親は誰なのか、父親は本当に佐重喜なのか、それはよくわからないとも言った。

 姉たちの“本当”の親を探すうちに、一人の男性に行き着いた。仮に、吉田泰造としよう。

 東京の北区に泰造の親戚がいることがわかった。
 来意を告げると、その未亡人はこう答えてくれた。

「小沢佐重喜さんという代議士は知りませんが、代議士といえば水田三喜男さんという名前が浮かびます。泰造さんが大変世話になった方ということで」

 水田三喜男とは、池田内閣などで大蔵大臣を務めた政治家である。

 水田と佐重喜は同世代の政治家として交流があり、囲碁仲間として親しくしていた。荒木みちと水田三喜男がいとこ同士だったという未確認情報もある。

 別の親戚は、こんな話をしてくれた。

「泰造さんの息子に二人の子どもがいて、妹さんの方が“素晴らしい家”に養女に行ったと聞いています」

 泰造の息子の子、つまり一郎の次姉の兄にあたる人物に話を聞くことができた。

「祖父の泰造が、佐重喜と日大時代のポン友だったことは知っている」

 長姉は取材を拒否、次姉は「気がついたときには小沢家の子どもでした。それ以上のことは知りません」という返事だった

 小沢一族に関連する、もうひとつの不可解な事実に行き当たった。荒木家のある親族が、昭和六十一年五月、自宅を担保に朝銀千葉信用組合(登記簿には千葉朝鮮信用組合と記載)から三億五〇〇〇万円を極度額とする巨額の融資を受けていたことがわかったのだ。

 土地建物の登記簿を見ると、債務者は姜某という朝鮮・韓国人名の第三者になっている。この人物が荒木家の自宅土地を担保に融資を受けたという体裁になっているが、実際は荒木家親族の借金だという。

 外国人参政権を強力に推し進める小沢一郎の極めて近しい親族が、在日朝鮮人を顧客とする朝銀の助けを受けていた。

 そして不可解なことに、その親族の家には、小沢一郎の逮捕された元私設秘書、池田光智が親しく出入りをしていたという。

http://idols5.blog66.fc2.com/blog-entry-145.html

|||||||||||||||''|||||||||||||゙|||||゙|||''|||||'゙||||゙||||||||||゙||||||||||||||||||||
|||||||||||||゙ || |||||||゙||' ||゙ ゙|| '||| ||| ゙|||||||゙ |||||||||||||||||||
|||||゙||||||゙ || ||||| ||  | || | |'||  ||  ゙||||゙  ||||||||||||||||||
|||| |||||__,,,|- ||| | '''|/| | | |\,,|''' ||| ,,,,,,||゙||| ||゙゙゙||||||
||||/|||゙ ,,,|,,|||--・''''゙゙  ゙  |  |・- |- ,,,,,,|| || ||  ||||||
|||| ,,|||-'''  | |   ::::::    ,.::::   |   |'''|-| 丿||||
|||| ''' ゙  ,,,,,,,,,,,   :::::    .:::''         ゙''- |||
| リ三,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::   :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,, 彡 |||
   'ヽ, |': :(:::::): :| 'ヽ:::  .::'.'/ |: :(:::::): :| ゙''-,,,,,:::||
 -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-ヾ 丿
゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶 '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ'''' /ソ
''|,  ゙       ゙゙,-'''゙   ヽ-     ̄   ゙゙  | ,ノ゙
゙ヽ,   ,,,,      //   ,ヽ       .,,,  ,||||||
||||i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,   ,/゙゙..  :ヽ,     ..,,,,,゙゙゙リ /|||||||
|||||ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-  ''''ヽ,,-''''゙ ,,,,:/.,,,./:リノ 丿||||||
:|| |||iゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//  /||| リノ
  ||||ゝ,,丶\::v || |:‖ -__w ヽリ゙リ゙|j:‖//  /|リ
   ヽヾゝ''ヽヽ::,, --v,‖ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /リ
     ヾ|ヽ,゙ヽヽ,,   ''|'''_  :::ソ/  /リ
      | ゙ヽ.\゙Vri ri | ‖iヾソノ  / |
      |   \,゙' ,,゙''''''゙゙''''''゙゙/ /   |
      |    \ ゙゙'''''゙゙'''''''゙ /    |
             ゙'ヽ-----''゙゙


____________
____________


関連投稿

飼い主を裏切ったポチ君の運命 _ 小沢一郎先生は何故落ちぶれたのか?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/232.html
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/233.html

小沢一郎先生を襲った恐怖とは
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/296.html

政治家の鑑_小沢一郎先生が中国を大好きになった理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/294.html

小沢一郎先生は政治家の鑑
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/293.html

闇の組織とは? _ 創価学会は鳥人コンテストが好き?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/270.html

カルトの世界 _ 創価学会とオウム真理教を背後から操っている組織とは…
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/215.html


08. 2012年6月19日 07:35:28 : HNPlrBDYLM

小沢一郎先生の嫁は何故鬼となりしか?

知られざる「ゼネコン妻」和子夫人の正体


 小沢にとっての和子―――。小沢は、こんな具合に周囲に触れ回ることがある。

「1カ月に一度は女房と飯を食うことにしているんだ」

 だが、その言葉を額面通りに受け取る者は少ない。古くから小沢を知る自民党関係者は、こんな言い方をした。

「不仲だよ、あそこは。別居しているという話さえある。小沢邸に上がってみればいい。まるで家庭の臭いがしないんだ」

 小沢が和子と見合い結婚をしたのは、'73年10月、当選2期目の時のことだ。和子は、新潟市に本社を構える中堅ゼネコン「福田組」の社長(当時・後に会長)・福田正(故人)の長女であった。広く知られることだが福田正は、田中角栄の後援会「越山会」の最高幹部である。角栄が一気に権力の階段を昇るのと時を同じくして、角栄の地元にある福田組も急成長した。典型的な政治銘柄の企業である。

 小沢と和子の仲を取り持ったのは角栄である。だが、当時の小沢には、別に親密な女性がいた。東京・赤坂にあった老舗料亭「満ん賀ん」の若女将・N子さんである。背が高く細身の彼女は、店の信頼も厚く帳場を任せられていた。そして勝ち気だった。角栄が贔屓にしたこの料亭は、政治の舞台でもあり、小沢が店に通い詰めたのも自然の成り行きであった。

 かつて、この料亭のオーナーは私に、小沢と彼女の縁談をまとめようと、角栄に掛け合ったことがあったと明かした。角栄は首を縦に振らなかったという。

「一郎だけは困る。俺の立場がなくなる」

 27歳で当選した自民党の若きエースを寵愛した角栄にすれば、有力後援者の娘を身内同然にする政略結婚を、何が何でも成就させたい。こうして小沢は和子を選び、挙式では角栄が小沢の亡き父の代わりを務めた。ちなみに、和子の妹・雅子は竹下登元首相の実弟で衆院議員の竹下亘に嫁いでいる。

 結婚すると小沢は、和子を地元・岩手県水沢市(現・奥州市)の母・みちの元に住まわせ、別居した。みちは、夫の佐重喜の票を取りまとめた女傑でもある。当時、小沢は酒席でこう発言した。

「俺は女房をお袋のもとで飼育しているんだ。お袋は選挙のプロだ。俺は人間をつくっているんだ」

 だが、地元を歩いてみると、和子の影は薄い。後援会幹部と連れ立って選挙区を巡り、やや腰をかがめて「小沢を助けてください」と慇懃に振る舞う様子ばかり伝え聞く。和子の本音に触れたと感じた人間には、とうとう出会わなかった。


 地味な女―――。和子につきまとう共通した評価であるが、私の取材から浮かび上がった像は違った。

「あの子は、いつも電話であんな応対しかできないの! 何をとんちんかんなことやってんのよ!」

 東京・世田谷の小沢邸に和子がいれば、怒声が響き渡る。そこでは、書生が早朝から真夜中まで食事作り、犬の散歩と日常の雑事全般をこなす。後援会幹部に聞けば、書生ばかりか秘書の間でも「奥さん」は怖れられる存在だという。

 そして和子もまた、亭主と同じく権力とカネの集中する女であった。

 小沢邸にほど近い世田谷区深沢6丁目に2階建ての秘書邸が二棟建っている。疑惑の4億円で購入した土地に建てた秘書邸とは別の建物だ。和子がその土地を取得したのが'95年5月。さくら銀行(現・三井住友銀行)が2億3500万円の抵当権を設定した。だが驚くべきことに、和子は2億円超の借金を'99年5月に弁済している。たった4年で返済できるのなら、なぜ銀行から借り入れたのか。手数料や利息を考えれば不可解だ。

 和子は、前述の借金を返して間もなく、今度は深沢にある小沢邸の敷地内に2階建ての別棟を建てた。不動産登記上、敷地の6割を小沢が、残りの半分近くを和子が購入し、夫婦が別々の邸宅を所有していることが分かる。大和銀行(現・りそな銀行)は3億5000万円の抵当権を設定したが、それも'07年3月に完済。つまり和子は、'95〜'07年の12年間に6億円近い借金をして高額な不動産を手に入れ、その借金をあっさり返したわけだ。

 この巨額の資金はどこから来たのか。和子は、福田組の発行済み株式の3.03%にあたる136万3000株を持つ8番目の大株主だ('09年6月末時点)。現在、1株170円前後だから2億円以上の資金だが、売却すればの話である。政治家の嫁とはいえ、一主婦としてみれば異常な額の不動産取引を行った和子。若き日の小沢は、和子との将来に何を描いたのか。

 N子さんは「満ん賀ん」が店を畳んだ後、都内で料亭を経営していた。政権交代により小沢が事実上の最高権力者として振る舞うのを喜ぶ前に、N子さんは店を閉じている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/183

                                           ,. -―._====>ミ'ヽ、
                                        ,.ィ,. -‐''二 ̄  ___   `゙'(
                                         //x‐''"´ ァ‐''"´_二ニ-――=-ミ、
                                     /':/,.ィ´ / >'"/       _
                                    / / イ////,.イ ,.-‐ァ'"´ ̄,.ィ"´ ̄
                                 _z=/ :////=,/ // ̄/フTメ==、_,.イ´   _,. -‐
                               // Y /// /-ノ とテ斧ミメx、  `Х ,.ィ''"´
                                  レ'/ Y :/ /イ:/´。``':ミテメミト/ /   u  ,.ィ
                                   /´/ノ:/, ' .l{   :::::::::::ヾ(゙///      ,.l /
                      _              /// 、_リ     :::::::::::::::....     /,.ィ!
                    ,. -‐''"´  ``ヽ         /(ノ7            ,; :::::::::::..  / xく l!ノ
               ,. '"           \ ,.-‐=ァ==ァ':l/'.    __  、   ::::::::::o'´xェ;-‐''" l!/
            ,,. '"      _,.          Y  ./ ,.ィ/.とノ     ヾヽ.ヽ    ::::::::::ヾヾミメ,_,.ノl!_
           ,. '"    u  /         ヽ、(   {:l/ ./l      、 ヾ,、}    ::::::::::::.Yi芽.l-‐|
        ,. '"  _,.っ,,.__o゚ノ            ヽ`゙'ー--‐'".:::::l         ノ'       ::::::::ノ'"}lメ! ,レ
    ,. ,. -‐''"´ -::r=:、:.、  ``丶、      u     ヽ.   / .:::::::l、   ι´´   _     ::::U '゙’-ィ-/
 ,. ' イ    /::::::::::゙'':´::::::::..                ヽ./  ..:::::::::>:..、      ´u (( ̄``ヽ=ァニ二イ/,ィ
'"/     : : :: : : : : : : : : :                              `゙' ァ,.、 _  ゞ_,.-‐'ア´__ノ__ノ ノ
/                                            /´// / ̄/ / / ̄(/ //
                                    ´``ヽ、   l、:l l /  / / // //_/// ,
                     _,.:==    _____   __ `丶 \l l :/ / // ///  / /,.イ /
   ι                u'´       (ノ ̄ ̄フ‐'"´ ̄    ̄``丶 、゙ ‐- l.,l_l //l { / / l !(
            u                     ,. ィ''´               `丶、 `ヽ、Y :l l iヾ
                            /             ι       ヽ、 ヾ、 l ! !〃
                              , '         u              ....-\: ヽl / / l
、ij               ι           /                       ..:::::::::::::ヽ_j./ / l
::::ヽ、                  ,..:::::                               :::::::ヽ:(;;;':)/ /
::::::::::\               ...:::::::::::                           ...:::::::::::゙'´:! /


小沢一郎_女の遍歴をマスコミに出ているだけでもまとめてみました。


先ずは

@今は無き赤坂の高級料亭満ん賀ん(マンガン)の女将、N子。

N子は小沢の子供を育てているが、N子と小沢の間にできた子ではなく、帝国ホテルのパーティーで知り合ったA子さんと小沢の間にできた子供を育てている。なんでもN子女将は料亭の借金3億円近くを小沢に出して貰った恩義があり小沢に頼まれて育てているらしい。

元々小沢はこのN子と結婚したかったが、角栄や小沢の母(旧姓荒木みち)から認めてもらえず、建設会社福田組の長女と結婚した。

*@には2名の女性の関わりがわかりますね。(女将とA子)


A1969年に小沢事務所に入ったSE子さん。小沢が福田和子と結婚すると松田岩夫の事務所に配置換えさせられるが、その年に未婚のまま男の子を出産している。このSE子さんはその後SY子さんと名のって、マルチ疑惑で告発まで受けて立候補を断念した愛知6区で民主党衆議院だった前田雄吉のところで働いていた。

B旧田中派、木曜クラブ事務局長になった82年当時、同クラブの職員の女性、当時30歳のB子。当時は専らに噂でB子は某メディアの取材に「答える必要はありません!」と激怒している。

C小沢一郎が自治大臣の時に手切れ金を渡して別れたと噂される麻布の割烹料理屋の美人ママK子さん。

D青木愛。小沢の子分の秘書に寝とられてO秘書はクビ。テレビ局は封印しているが一部始終が宿泊部屋向かいで望遠カメラでとらえられているらしい。

E何でも元新進党から立候補した美人の女性。(これは最近入手したネタです。)都会議員には出馬したが落選。衆議院選挙では新進党から立候補したが落選した人らしい。


Eは小沢事務所を知る永田町に長〜い人から聞いたものです。

しかし、マスコミがこれだけ記事にして書いているのに訴えを起こしていないところを見ると、、、、、、う〜ん。

今では小沢夫人は次男と伴に小沢邸を離れ、2人で住んでいるらしいし。ほとほと呆れたのでしょうかね〜。

やっぱ青木愛は無いわな〜。
http://houdoumimamoru.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-8b51.html


小沢一郎妻 バッシングで「疲れ果てたのでは」との証言出る

週刊ポスト 2012年2月10日号


小沢一郎・民主党元代表について“不正蓄財”だ、“闇献金”だと騒いだ大メディアは証拠も根拠も示せず、ようやく引っ張り出した裁判では、検察側の捜査資料捏造が明らかになった。

小沢氏が記者クラブ、官僚、族議員に総スカンを食っているのは20年前から変わらぬ永田町の風景だが、これまで“怪しい”“何かある”という以上の醜聞が出なかったことも驚きである。

「小沢を消せ」と気色ばむ勢力は、今度はプライベートに狙いを定めたようだ。

今回、本誌は和子夫人を知る後援会関係者らを取材して噂の真偽を確認するなかで、「小沢夫妻の危機」に通じる話も耳にした。それは、小沢憎しの元秘書らが流す情報とは少し違っていたが、「さもありなん」と思える話もあった。

例えば、前出の後援会関係者はこう語る。

「かつて和子さんは、代議士に代わって毎週のように岩手の地元に帰って後援会を盛り上げてきた。東京に戻る和子さんを、代議士がこっそり東京駅まで迎えに行くのが限られた“逢瀬”だった時代も長かった。

しかし、ここ数年、和子さんの地元入りはめっきり少なくなった。ご本人の体調もあるようだが、ここまで夫が天下の大悪党のようにいわれ、ついには自分が親から受け継いだ財産までバッシングの対象にされて、ほとほと疲れ果ててしまったのではないか」

和子夫人は福田組4代目社長の娘で、父から会社の株やいくつもの不動産を相続した。小沢氏の政治資金問題で、それが「不正蓄財」とか「家族名義にして財産を隠した」などと疑惑視されたことも事実だ。

皮肉にも、別の意味で「福田組の遺産」が小沢夫妻の関係に暗雲を広げたのではないかという説もある。

「2003年に福田組社長だった和子さんの実弟が急逝した。会社は一時、窮地に陥ったが、小沢先生は助け舟を出そうとしなかった。妻の実家である福田組を助けたとなれば、格好のバッシングの材料にされるから仕方なかったが、和子さんにしてみれば無念だっただろう」(地元政界関係者)

離婚説はともかく、小沢夫婦の間に周囲を心配させる不安が生じていたことは事実のようだ。
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/639.html

小沢一郎も「困った身内」後始末おおわらわ  2012/1/26 18:54

「家を出た?小沢夫人」


さて、その野田総理に対抗する党内最大派閥を率いる小沢一郎にも、困った事態が起きていると報じている。全国紙政治部デスクが、政府高官がこう漏らしたというのだ。

「小沢は奥さんと不仲で別居しているらしい。今年に入ってから離婚したようだ」

この情報は内閣情報調査室もキャッチしているそうである。

小沢の妻・和子は中堅ゼネコン「福田組」の4代目社長の長女で、妹は竹下登元総理の弟・亘の妻である。彼女は福田組の株、深沢の自宅やマンションなどを所有する資産家でもある。かつて和子は小沢をパパと呼び、小沢に尽くしてきた。だが、小沢には結婚しようと思った女性がいた。老舗料亭「満ん賀ん」の若女将である。その彼女とはいまも付き合いが続いているといわれ、「陸山会」の政治資金規正法違反事件も相俟って、決定的破局になったというのだ。

これが事実だったら、小沢にとって致命傷になりかねない。なぜなら、小沢は資産の相当な部分を和子名義にしてあるからだ。これには小沢の資産隠しだという批判があるが、和子と離婚となれば、そうした隠し資産が明るみに出てしまうからだ。

小沢も絶体絶命か。小沢をずっと追いかけてきたライターの松田賢弥に真偽を聞いてみた。彼の答えは「離婚はノー」だった。「満ん賀ん」の元若女将とはいまでも続いているが、それは和子も知っているし、そのこともあって家庭内別居状態が続いている。和子と息子たちの財産は確保してあるので、いまさら離婚することは考えられない。小沢の地元へも行ってきたが、後援会の人間は和子がだいぶ顔を出していないことは事実だが、離婚については「聞いていない」と否定したそうである。さて、いまのところこの記事の真偽は?である。新潮はぜひ後追い取材を続け、さらなる裏付けを記事にしてほしいと思う。それが読者への責任である。
http://www.j-cast.com/tv/2012/01/26120183.html?p=all

           / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
              //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
       r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
       __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
       〈 rク// ,′ ,'/l‖ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
    , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
  // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 U ヽ ヽ
//   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \
{_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
         ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \
      , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨
  ,.|ヽ .ヽヽ、ヽ| ,'  ,..-,, `ヽ''-''-'、 __ヾ  ,,. -‐ V"´ __ `ヽ、_ ,
r''".| ヽヽ _,.´,, ',´´        `ヽ、'   ,.. - ''"´   ``ヽ 、`ヽ、ィ
|  ,|  川ヽ、/ /ト-;:::、        u丶 '´         .....ヽ、 i  /l
| ハ  |! j/ ./::`:::::、                        .:::r::、::.ヽ レ'  |
   ヽヽヽ .、 i   : : : : : : : : : : : : u: :/   、: 。: : . . .  . : : : : : ': : : :|    k   
    ヽヽヽヽ、ヽυ : : : : : : : : : : :, :'´: : : : : :ヽ : : : : : j : : : : : : : : : : :,'r;;=;;、  \
     \\ヽ ヽ、: : : :υ: : , : : : : : : : : : : : : : : : : : ι: : : : : : : : ιl L;;;ノ    \
      | l! ヽ、ヽ、--‐ '´: : :     : : : : : : : : :`: ヽ、、_:_:_:_:.: :j'´}:::::::::::::::::...   ┌――--,
、        ヽv-、.ヽ ヽ   ,,,_   ゜        : : : : : : : : : : : :υ,' .i   ,\::::::::      /
  `ヽ 、   丿 ヽゝ,, ::' "´        . . . . . . . . . .: : : : : : : : : :/ ,'.   ' ̄ \::::r';;ヾ /
     ``ヽl. |   y \          ``''''     . :-、、: : : ,' ,'.、     ̄ ̄ :::ヾソ ,'
        ヽヽ  ト、 `` フ                 : :ヽ-く ,'  ヽ、  __    _,(,,,,,,,,,..--
: : : : : .     ヽ、|!: :`‐‐': : :                。 : : : :\ u  ,,,ι- ''"´´
: : : : : : : .      ,,,.. -- ーー-、 __             : : :,, -‐''´

熊取谷稔の会社「コスモ・イーシー」が経営している赤坂の高級料亭「満ん賀ん」。

 ここを舞台に熊取谷稔が仲介して、自民党幹事長時代の「小沢一郎」が在日経済マフィア勢力やパチンコ利権と癒着し、多額の政治資金供与を受けていた経緯がある。

(「コスモ・イーシー」を隠れ蓑にして外国人=在日朝鮮韓国人が経営する企業から小沢一郎が資金供与を受け、それで自分の権力の足場を固めていた。それできっとかなりの額を着服したり刻印なし金塊として現物給与で受け取っていたりもしていたのであろう。総額で数百億円ぐらいになるのだろうか?確かに小沢が金持ちなのも当然である。

 そしてこの経緯こそが、今日、小沢一郎の民主党が在日韓国人組織である民潭からの依頼を受け在日韓国朝鮮人の地方参政権獲得に躍起になっている最大の理由でもある。

 小沢は在日韓国朝鮮系経済マフィアにスキャンダルの弱みを握られつつ、一方でいまなお熊取谷稔の会社を迂回集金窓口に使い、その巨大な闇献金を自身の権力保持の足場に使っている。つまりは、間違いなくこの男こそが、日本の政治を在日、さらには反日外国勢力に売り飛ばして、政界に売国勢力をのさばらしてきた、その張本人なのである。

 今後はほぼ間違いなく、パチンコ業界の大規模規制緩和、都内における稲川会の北朝鮮産麻薬売買の増大などが起きるはずだが、それはすべて赤坂の高級料亭「満ん賀ん」を舞台に熊取谷稔と小沢一郎が結託率先してやることである。)

 おそらく小沢一郎の握る利権の大本にも連なる熊取谷稔が出張っている以上、押尾学の事件には、稲川会に民潭系経済マフィアが絡む、覚せい剤と高級売春組織の闇があるのは疑いない。かくしてすべての闇は赤坂につながる。実に面白い。
http://kkmyo.blog70.fc2.com/?mode=m&no=530&m2=res&page=2


小沢一郎の金権  2009年9月 3日 (木)

赤坂に高級料亭「満ん賀ん」がある。経営は「コスモ・イーシー」であるが、その責任者は熊取谷稔である。小沢一郎が自民党幹事長をしていた頃、この「満ん賀ん」が、小沢金権政治の舞台となっていた。小沢は、熊取谷稔の仲介で、在日鮮人企業家やパチンコ屋から多額の政治資金供与を受けていたのである。

小沢一郎は「コスモ・イーシー」から政治献金を受け取る。しかし、その資金の出所は、在日鮮人企業家やパチンコ屋であったということに成る。時には、金丸がそうであったように、無刻印の金塊も受け取っていたと考えられる。その総額数百億円、金持ち小沢の誕生である。これが彼の資金源であり、権力基盤である。

彼の政治が、鮮人の特権を確固とするものに成るのは当然である。これが今、小沢民主党が在日鮮人の地方参政権獲得に躍起になっている最大の理由でもある。

小沢は在日鮮人に闇献金という弱みを握られつつ、その巨大な闇献金を自身の権力保持のために使っていることになる。つまりは、間違いなくこの男こそが、日本の政治を在日鮮人、に売り飛ばして、政界に売国勢をのさばらしてきた、その張本人なのである。

民主党政権は、今後はほぼ間違いなく、パチンコの大規模規制緩和を行うだろうし、都内では稲川会による北産麻薬の蔓延が起きるはずだ。

ーーーーー


押尾学の事件で、熊取谷稔が保釈金を出したということは、押尾学の事件の裏に、北がらみの麻薬と売春の闇があり、さらには小沢一郎の存在が推測されるということになる。かくしてすべての闇は赤坂につながる。実に面白い。

「小沢、統一、KCIA、北、そしてオウムと稲川会」

北が、93年5月、ノドンを打ち上げた。同年8月、細川内閣が誕生している。この細川政権誕生を裏で支えたのが、小沢である。小沢は政権を掌握すると、ニ信組事件やオレンジ共済事件で共に主役を演じた中西啓介を防衛庁長官に抜擢する。

また、会計検査院の院長に、矢崎新二を就かせる。この男は、大蔵省主計官補佐の時代に防衛予算を決めていて、その後防衛庁の経理局長から防衛事務次官になった。つまり、この配置で、水増し請求を横行させたことになる。昨年の水増し請求事件発覚で捕まり、防衛事務次官を更送された秋山昌広は、矢崎の後輩であり、元大蔵省主計局主計官であり、水増し請求のもみ消し処理をやっていたといわれている。

小沢一郎は、かつて自民党にいた頃、国家公安委員会の長をしていたことがある。このときに金丸らはゼネコン汚職をやりまくっていたのであるが、当時の汚職取り締まりの担当部署は警視庁捜査二課であり、その課長を務めていたのが、石附弘だった。

彼は、警視庁捜査二課長で汚職捜査の総指揮官を務めたあと、金丸らの汚職を見逃した手柄により、長崎県警本部長に栄転し、竹下内閣の時に、その才を買った小渕恵三官房長官の秘書官となり、小渕内閣では、ついに防衛庁調達実施本部の副本部長となっているのである。

ーーーーー

オウムは、国内に擬似国家を作り情報活動をし、兵器工場まで作ろうとしていた。これらは、テレビ放映され良く知られている。このオウムは、かつてウクライナのキエフ市に「マハーポーシャ・ウクライナ」という会社を設立し、兵器や高度情報・通信システムなどの輸出入の基地にしていた。

周辺住民の話では、そこは、ソ連共産党幹部からロシアギャング、日本語や朝鮮語を話す人々が出入りしていたという。しかも、業務は、日本人らしき男たちが仕切っていたという。CIAは、その男たちの正体を「東京に本社を置く不動産会社[S]の幹部」と断定している。

石井進は、暴力団「稲川会」の会長であるが、米ブッシュと親交があったといわれている。彼が実質的なオーナーを務める岩間カントリークラブの会員資格保証金預かり証をS社は十億円で引き受けていた。91年6月に、この事実の発覚によって、同社の監査役が辞任している。その9月に石井は死ぬ。

この監査役をしていた男は当時新進党党首であった小沢一郎の秘書をしていたのである。彼はその後、或事件が疑獄に発展する前にタイミング良く死亡し、小沢の政治生命を救う。

ーーーーー

許永中は、イトマン事件で世間にその名を知られるようになった。彼は、イトマンを食い物にした伊藤寿永光常務の相棒なのだが、統一信者であり、南鮮情報局員KCIAであるといわれている。彼は、山口組の半島組に属し、関西の地下金脈を動かす人物とされ、相場の仕手戦がらみでコスモ・イーシーと関係が深いといわれ、ここにコスモ・イーシーを介して、小沢一郎と許永中が、関連してくることになる。
http://www.asyura2.com/2003/dispute8/msg/165.html

ーーーーー


「小沢一郎 池田大作 コカインのことなど」

94年5月に、ワシントンから米各所に配られた「小沢報告書」は重大なことに触れている。

報告書は、小沢が、池田大作と連携して、政教一致による日本の支配の実現と、池田大作の「ノーベル平和賞」獲得に、小沢が協力していると書いているのである。そして小沢は、米にとって好ましくない人間だと明言しているのだが、米はこのような小沢をどのようにして管理していたのだろうか疑念がわく。

そのことを米高官に聞いたところ、ノリエガ将軍の話が出てきたのである。ブッシュ氏がCIA長官時代に、ノリエガ将軍が、キューバやニカラグアなど中米の共産主義者の攪乱に協力していたと言うのである。

そして、その代償が、米へのコカイン輸出であったという。中継地はパナマであり、時にはCIAの輸送機も使っていたのだという。ノリエガ将軍は、言わばブッシュの弱みを握っていたことに成る。ブッシュが、こんなノリエガを放置しておくわけがない。自分の政治生命が危ない。ブッシュは、89年大統領就任早々に、電撃的にパナマを侵攻し、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、そして、同将軍を「米へのコカイン供給の罪」により、特別監獄の奥に閉じこめてしまったのである。

このノリエガ将軍が自白した話の中に、池田が創価学会の金を、ノリエガ将軍の麻薬取引に投資し、この利益の中から、池田が小沢へ高額の献金をしていた、というくだりが出ていると。この自白の証拠書類が、小沢を操作するムチであったというのである。

もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。
http://dororon.blog.shinobi.jp/Entry/450/


                     -――――-
                、 /        ゙:.、 ..\        
                ..*'" / / ト、     ゙:.、    \     
              -/ / /    :l ゙; ゙、        ハ:     
              / ,.イ / /    :!   ゙;      ゙;    l:     
             {/  / /{   l! l    ! ヽ  ゙、゙、  ゙、 ト    
            /   ,イ i! l {  l ! ト、__}_}  マ  \ヽ ゞ    
           /  〃./ /斗-゙;゙、 l ゙、.l `メ/}: ̄} .ハ   ヾト、 \  
           l  i! /:ト{  l__,,,ゝ、_l シ符筍ミ,イ:}  ト:}  }.}ト \ ヽ
           弋 { :{ ゝl  代豸    "~/ ,イリノ / ノ //} )) ) リ
            )人ミ、.弋トミ、  、    / {ノ /〃/ノノイ / /
               jノ} ノ代_   、.. .-乂 弋 ( {! λ(__:( / /
            γ`=彡イ } ゙ト)ト.、_     ,.ィ`ヽヽYヽヽ_゙゙)ノ弋(_
              {(__ 弋(.ζ戈ζ)ノ` ーイ,.ィ" )ノ ノソ#:`゙ヾ__ )
                        >ー - /     'i:   ! 
                  / ィ:.T/|      j    |  
                    / / / /:. ::{      |:    i    
                     i ,.-―ノ:. :.ハ     |    ..|
                 レ '{. /j/   !       !'  .  l    
                   | ,.'        |      | ..   i  
                  V       !      |    .i
                      /        |     |    .i 
                  {        |     |     |  
                     ‘.          ノ!     |   ` ヽi  
                    \._  _  /`|      ,'|      i
                     /  ̄ \    !    /       i
                      〈   / / \       /  'V    i
                 |\〈 i  / |\  /    './   .'
                   /  ハ | { ハ `´       ヽ  リ \'__
              /  /   | ! .ノ          、     \ \
              |   /    j/-‐            \       \ {
              |  /  /    {                   ヽ      V\
           __j/  {    \                '.      V{  ̄\
          /  /    ヽ       |                 '.      | >‐、\__
____厂 ̄/      }        !                  !       ヒ_  \__
____/ ̄ ̄/     i /    ヽ   /               ,'       /   V
___/    /| |    |       〉 { ` ‐- ..._    / ̄ ̄ヽ /    ,.'      `ーr_、
    /   ∧/   /       /  \      ̄'´        〈、__,.イ-- 、      }-}
_/__/ /\/ /    /  〈   /              ヽ____    > 、 ' ヽ
          / ./  /    /      {                   -、-_、    `ー(
_           ___/       ヽ ――-- .._            }-'、      \
  ヽ.  /   _/         /   \ ̄ ̄ ̄ ̄\≧‐--/\_,.  -―-'


「危険な政治家小沢一郎の終着駅」2010年3月号
元「週刊現代」「FRIDAY」編集長 元木昌彦に聞く

 
将来を託すにふさわしい政治家か
 ――小沢一郎という政治家に対して、どのような印象をもっていますか。

 小沢そのものは希有な政治家だと思います。しかし、彼の持っているある種の危険なにおいは、見過ごすわけにはいきません。彼は田中角栄の寵愛を受け、その後も竹下登、金丸信に師事し、旧田中派、経世会の金権体質を、いまも持ち続けています。
 また、小沢は93年、著書「日本改造計画」を講談社から出し、これが60万部を超えるベストセラーになった。  私が一番危険だと思ったのは、この本の中にも書かれている「日本を普通の国にする」という点です。いろいろな解釈はあるのでしょうが、私からみると「戦争のできる“普通の国”」を小沢は目指していると思います。この中ではっきりとは言ってませんが、本音の中にはそれがあると思います。

  彼の父親で衆院議員だった小沢佐重喜(さえき)は、小選挙区導入を目指したができなかった。それを小沢はやり遂げるわけですが、もうひとつ言うと、父親は日米安保改正を実行しています。「日本の国を守るための軍隊をきちっと持つべきだ」というのが、小沢の心の中にある本音ですが、ある意味で父親・佐重喜の考えていたものを実現してやるんだ、という気持ちがあるのではないでしょうか。

 小沢と永田町にあった料亭「満ん賀ん」の若女将が付き合っていたことは有名でしたが、私が編集長時代、「週刊現代」は彼女との間に子どもがいるのではないかと書いた。でも、小沢側から抗議は来なかった。もしそれが事実だとすれば、子どもはもう20歳近くになっているはずです。このように小沢一郎の全体像を浮かび上がらせるのは、週刊誌の役割です。人間というのは頭から下半身まであって、そういうものの全部を総合して、小沢一郎という政治家が「日本の将来を託すにふさわしい政治家か」ということを問いかけるのが、小沢批判の趣旨でした。

 ただ、いまのように、自民党にいる間は、そんなにおカネに執着していたとは思えなかった。角栄に象徴されるように、数は力、力の源泉はカネだというやり方を見てきていたが、自民党、しかも田中派という大派閥にいたときは、そんなに自分でおカネを持たなくても、派閥の力によって権力を持つことができたからだと思います。

最終目的は憲法改正だ
 ――確かに自民党時代には、個人としてそんなにカネを集めていたという印象はないですね。
  元木 夫人は新潟のゼネコン福田組会長の長女ですし、カネに困ったところは見うけられない。最近の不動産を次々と買い漁っていく姿を見ると、どこでどう変わっていったのだろうかと思いますね。これは推測ですが、陸山会名義で不動産を買い漁る、妻・和子の名義で不動産を買うというのは、個人の資産形成のためだとは思えません。自分の資産をつくって子孫に美田を残すという考えは、彼の中にはないでしょう。
 あの中のおカネを辿れば、政党交付金が政党支部から迂回をして陸山会へ流れたという構図が浮かび上がってきます。何かあれば取り崩し現金に換え、最高権力を握るために使うという気持ちが小沢の中にはあるのでしょう。
 しかし、それは総理になるためではありません。総理になるチャンスはいままでに2回ありました。宇野宗佑が退陣したときと、海部俊樹が辞めたときです。宇野のときは若すぎるという理由で断りました。海部のときは病気をしてしまいました。心臓病ですね。夫人にも止められたということです。基本的に小沢は、総理という名誉には興味がなく、実質の権力を握り、そこで何をやっていくか。

 私はやはり、最終的に小沢の頭には憲法改正があると思っています。そのためには国会で最大多数を集めなければならないと彼は考えており、今度の参院選に焦点を合わせているのでしょう。
 みんなが「小沢はこれだけのカネを握って何をしたいのかまったくわからない」と言いますが、私は昔から「小沢がやりたいのは憲法改正で、それが最終目標だ」と考えています。
そうでなければ、なぜ自民党をぶっつぶしてまで一党独裁政権を樹立しようとしているのか、わからない。
 そして、その裏にあるのは、もしかしたらアメリカからの要請かもしれませんね。彼はいま、アメリカと距離を取っているように見えるが、もともとはアメリカとベッタリの政治家です。アメリカの要請として、憲法改正は十分考え得ることだと思います。

 ――集めた資金が半端な額じゃないようですね。
  元木 小沢は古いタイプの政治家です。岩手だけではなく東北一円で、これほどの規模でゼネコンを支配し、おカネを吸い上げ続けるというのは、昨今の政治家では考えられません。自分が細川政権時代に改正した政治資金規正法の裏を見事にかいくぐって、裏金づくりをしてきたと言ってもいいのではないでしょうか。ただ、それがどん詰まりにきている。検察は、田中角栄、金丸信を倒したように、小沢一郎をターゲットにしている。それが「最終戦争」と言われるようなところまできていると思います。


 ――検察とあれほど激しく戦って小沢にメリットがあるのでしょうか。

  元木 このままでは小沢は、何らかの形で追い詰められると思います。検察は多分、逮捕できなくても、最終的には議員辞職に持っていきたいのだと思います。政界から身を引いてくれれば、というところではないでしょうか。
 そういう意味では、金丸のときとよく似ていますね。あのときも最後は脱税ということで国税が動いた。この事件も、土地を購入したのが陸山会でも、名義が小沢だというのならば、固定資産税なども含めて陸山会が払っていたら問題です。金丸のときは自宅に金の延べ棒があったけれど、小沢も自宅で現金をタンス預金していたというのですからね。今度も検察は、国税を動かすことを考えているのかもしれません。そうすると依然として“小沢危うし”という局面は変わらない。
 94年、時事通信社の田崎史郎が「文藝春秋」10月号に発表した「小沢一郎との訣別」で小沢一郎のオフレコ発言をすっぱ抜いた。それによると、小沢は《政治が検察に握られている状況はおかしい。変えなければならない。ちゃんとした法務大臣を選んでコントロールしなければならない》という意味のことを言って、検察批判をしています。  小沢は以前から、オレが天下を取ったら政治が主導権を握るんだ、つまり政治家主導でやるんだという強い意志を持っています。それに対して検察は、小沢の金権政治を何とかしようと狙っていた節がある。ロッキードからいえば、30年以上も小沢と検察の戦いが続いています。
 その小沢が与党になった。これは検察にとってターニングポイントになった。ここでやらなければ、逆に自分たちがやられると検察も思った。そこが今回の事件の底流にあると思いますね。
 
小沢は意外と女性的な政治家
選挙制度改正も政治資金規正法改正も、彼が主要な役割を果たしています。自分でつくって自分で裏を考える。にもかかわらず、彼にはブレーンがいません。

「秘書さえもほとんど信用しない。カネの出入りも含めてほとんど一人でやっている」と言われています。「それは小沢の人間性に由来する」と親しい人間は語っています。「人を信用しない」「寄せ付けない」と。

 彼に秘書として25年仕えた高橋嘉信(マンガ「票田のトラクター」のモデル)という人間がいますが、最後は離反してしまう。彼が言っています。「小沢にとっては、敵か下かの2種類しかない」と。

 小沢を20年くらいウオッチしていて思うのは、彼に人が寄りつかないということです。彼クラスの政治家になれば普通、誰かしらブレーンはあいつだというのがいるはずなのに、なぜか聞いたことがありません。

 親しい人間に言わせると、小沢は気が小さく、猜疑心の強い男だという。基本的には母親に育てられた“マザコン”政治家です。父親と離れて暮らし、中学生で上京するまで、母親に育てられた。確か初当選したときも、国会に母親と一緒に行ったはずですよ。これ以来、選挙でも母親にものすごく世話になっています。彼はあまり父親的なものにあこがれることがないのではないでしょうか。

彼はどちらかといえば“女性的”なところがあると思います。  普通はこの手の政治家はどこかでつまずいたりするものです。田中角栄には小佐野賢治という刎頸の友がいたが、そういうところから破たんが起きてくる。ところが、小沢がここまで破たんしなかったのは、人を頼りにしていない、自分一人で考え、自分の力だけでのし上がってきたからでしょう。ある意味では男らしいというより、女性的だったから、かもしれません。

 小沢という政治家も秘書にはほとんどカネを触らせないタイプだと聞いています。いまの4億円のカネの問題も、自分はまったく知らなかった、秘書がやったことだと言っていますが、彼をよく知る人間に言わせれば「とんでもない」ということです。

 ――検察は虚偽記載による小沢の起訴を断念しましたが、小沢とカネの問題はこれで終結しますか。

  元木 元自民党幹事長の野中広務はこう言っています。

「小沢のような政治家は見たことがない。土地やマンションなどの巨額な資産をつくるのに使ったカネは、政治資金やろ。その政治資金には国民の税金(政党交付金)が入っている。あいつは自分名義の資産形成のために税金を使った」。

角栄より悪質かもしれません。西松建設事件以来、さまざまな形で小沢ゼネコン支配の実態が明らかになってきました。参院選前に、小沢とカネをめぐる検察の最終戦争、第2ラウンドがあると思います。
http://www.zaikaisapporo.co.jp/kigyou/intervew/61.shtml


09. 2012年6月19日 23:46:55 : HNPlrBDYLM

小沢一郎先生を支配していた和子夫人とは:

”お手伝いさん” と間違われることもある。

ポッチャリ体型で、服装は質素、ブランド品を身に着けることもない。

73年 故田中角栄氏の仲介で、衆院二期目だった小沢一郎氏と見合い結婚。

小沢和子夫人(65) その素顔はほとんど知られていない。

2010 小沢邸の新年会でも、厨房を仕切り表に出てこない、たまに人手が足りない時に料理を運んだりするが、自分から挨拶することもなく、すぐ 居なくなってしまう。

後で 「 さっきの女性が奥さんだったの?」 と聞く議員さんも多いと関係者の話。

小沢氏の西松事件や、土地購入を巡る裏金問題等で、東京地検が、和子さんの任意聴衆も有りうる報道もあり、注目される。

和子さんは、故,田中角栄氏の後援会幹部で新潟県の大手ゼネコン 「 福田組 」 の経営者 福田正氏の長女として生まれ、 上智大卒で、ダイアナ妃が来日した時は、通訳無しで話をしていたというエピソードも。

しかし、偉そうぶらないし、頭の良い事をひけらかさない感じの良い人だと地元関係者の話も報道されている。

09年3月 提出された、有価証券報告書によれば、今も福田組の株式を136万3千株(3,03% 第8位)を保有。

保有株の資産価値は数億円 配当だけでも毎年かなりの金額に、長者番付けが公表されていた頃は、和子さんは福田組の監査役を務めていたこともあり、高額納税者の常連で、毎年2千万円前後を納税していた。

6千万円から7千万円程度のの収入があったということになる。

昨年、福田組の第2位の大株主の父、正氏が亡くなり、株等相応の相続も推察される。

小沢氏の政治活動を物心両面で支えて来た。

平成3年、小沢氏が狭心症の疑いで入院した時は献身的に看病、その後も体調を気遣い、 小沢氏の昼食は、いつも和子さんお手製の、おにぎり2個。

小沢氏も和子夫人には頭があがらないと、23日の日刊ゲンダイ紙が、貴重な写真を添えて伝えている記事を、興味深く読む。 
http://cp21.iza.ne.jp/blog/entry/2722308/


そりゃあ、創価学会幹部の和子夫人に逆らうとすぐにCIAとデヴィッド・ロックフェラーに報告が行くんだから小澤先生も生きた心地がしないよね。


10. 2012年9月18日 20:26:20 : HNPlrBDYLM


 自衛隊が使用する複数の戦闘機のエンジン納入・メンテナンスに関わり、老舗のヨーロッパ=ロールス・ロイス社と、新興の米国GEとの激しい販売争いが、長年、続いて来た。

ロールス・ロイスは、その代理人として香港の商社コーンズ・アンド・カンパニーを立て、GEは、三井物産系の極東貿易を代理人として、対、・防衛省交渉を継続して来た。

元々、日本の自衛隊向けの兵器納入の窓口となって来たのが竹下登・元首相の「産みの親」金丸信であり、その人脈は首相となった橋本龍太郎に一部継承され、大部分は金丸信の「愛弟子」である小沢一郎に継承されて行った。

 これが現在の日本の自民党・民主党の「重要資金源」である。

兵器購入は決して1回払いで購入する場合ばかりではなく、何回かに分割して支払われるケースも多い。米国軍事産業への支払いは1回で行われるが、日本政府からの支払いは分割になる場合、クレジット会社として米国への支払いを代行し、利息を加えて分割支払い契約を日本政府と行う金融会社が存在する。一部の地銀、そして北朝鮮系の金融機関が、その役割を担って来た。

 激しい、「防衛省への利権抗争」を展開する、ロールス・ロイスと、GE。

2005年、許永中と言う男が、商法の特別背任、刑法の詐欺罪で実刑判決を受け下獄した。許永中は「口先だけで」政界・財界を縦横無尽に結び付け、リゾート開発、株の仕手戦、兵器の防衛省への納入=軍事商社ビジネス等、あらゆる所に「顔を出す」仕掛け人=フィクサーとして知られている。しかし、マスコミの宣伝する「マガマガしい」許のイメージと異なり、実物は温厚で人当たりが良く、誰にでも好かれる好人物である。

アメリカ・前ブッシュ政権末期、政治力を失ったブッシュ一族をバックとしたGEの「権勢」は、衰えを見せ、ロスチャイルド系のロールス・ロイスが反撃・巻き返しに出た。GEと結託し、脅迫マガイの対・防衛省交渉を担当していた許永中の逮捕・下獄は、前ブッシュ政権の権力斜陽の現われであった。

ロックフェラーと結託したブッシュ勢力が衰えを見せると、その日本版コピーである自民党も勢力を失った。アメリカではロスチャイルドのゴールドマン・サックス政権=オバマ政権が成立し、ロスチャイルド系のロールス・ロイスの防衛利権を「擁護する」小沢一郎の金脈が日本でも政界の主導権を握った。

小沢の防衛利権の代理人として、国民新党に入り込んだ国会議員・田村秀昭=小沢の愛弟子が「強力接着剤」となり、民主党・国民新党の連立が成立する。誰も言わないが、この政権の生命線は、欧州軍事産業の「防衛利権」である。

亀井静香が国民新党から離反し、小沢一郎が民主党から離反する時、民主党と結託したままの国民新党は、この防衛利権=選挙資金を失った残高ゼロの生計を強いられる事となる。大臣クラスの「ボス」は配下の議員の選挙資金も含め借金地獄に陥る。

 ブッシュ一族と共に、日本の自衛隊への兵器納入を行う軍事商社=西部通商を経営して来た小泉・元首相の縮小コピー=小泉進次郎が、国会で民主党批判を展開し絶叫する、その本音は、「どうして自衛隊は、我が社の製品=西部通商の兵器を、もっと買ってくれないのか」である。

2005年、下獄した許永中は、国会議員=故・渡辺美智雄の大阪後援会長の弟子=「カバン持ち」から政界での暗躍を開始した。その息子=国会議員の渡辺喜実は、民主党と政策面では極めて類似しながら、「みんなの党」という別政党で民主党への激烈な批判を展開している。

父親から譲られた政治資金源はアメリカの軍事商社=GE系列であり、民主党は「長年の商売ガタキ」である。

小沢一郎が自民党を割って出た際、小沢は自民党の防衛利権=兵器納入の費用を「ピンハネ」して政治資金にする利権を大部分、持って出て行った。小沢の「食べ残し」しか入手できなかった橋本龍太郎は、その後、政治資金のヤリクリに苦慮し郵政民営化では小泉首相勢力に惨敗、政界で「大きく花開く」事は出来なかった。その「オヤジの恨み」を継承した橋本龍太郎の秘書=国会議員・江田憲司が、渡辺喜実と共に「みんなの党」を創立する理由は、その政治資金がアメリカ軍事産業からの貿易利権であり、「資金源が同一なので、同一政党」を結成する事になる。

政策が類似であっても、「防衛利権が違う=資金源が違う」民主党とは別政党となる。

 小沢の政治資金問題で、マスコミ・検察による小沢への攻撃が繰り返されてきたのは、アメリカ軍事産業スジによる、「防衛利権を返せ」という大合唱である。

小沢が、それでも倒れないのは、政治資金で不動産を買った、政治資金の収支報告書に虚偽記載があった等といった、「どうでも良い、サマツな問題」でしか、アメリカ軍事産業スジが、小沢を叩く事が出来ないためである。ジャブが2、3発、顔面に当たっただけであり、ストレート・パンチは空振りである。

沖縄米軍基地問題での、「時間のロス」は、欧州軍事産業=小沢・民主党の防衛利権サイドによる、アメリカ軍事産業への「イヤガラセ」であり、小沢の政治スキャンダルの暴露に対する、反撃である。民主党が無能であるため、「沖縄の基地問題が先延ばし」にされたのではなく、米国軍事産業スジを「ジラシ、悪意の、イヤガラセ」を継続してきた事になる。

ロールス・ロイス等、小沢のヨーロッパ軍事産業=防衛省利権を突かない限り、小沢は政界金脈を維持し続ける。小沢が引退しても、その弟子が、防衛利権・金脈を継承し、日本の政界が軍事産業の利権に左右される構造は終わらない。ロールス・ロイスと共に、ヨーロッパ最大手・フランス最大規模の軍事産業=ミラージュ戦闘機のメーカー=ダッソー・ブレゲ社の自動車部門であるルノーの提携相手=日産自動車の「子分」として、長年、タイヤを納入してきたブリジストンの経営陣=鳩山由紀夫も、この防衛利権の代理人である。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/291692857.html


11. 2012年9月18日 20:48:30 : HNPlrBDYLM


安倍晋三が再び首相を目指す、本当の理由 2012年09月13日


かつて、平和相互銀行という銀行が存在した。

この銀行は自民党の政界資金の拠出銀行の側面があり、

防衛省が軍用のヘリコプター発着基地、極秘の秘密基地等を地方の人里離れた山奥に建設する際には、

この銀行が資金を融資し、分割払いで国が軍用基地の建設資金を返済する、

あるいは、この銀行自身が土地を買収し、その後、国に転売する、というシステムを取って来た。

防衛省関係者が直接、土地購入に姿を現せば、「秘密基地が、どこにあるか」公言しているようなものである。

その秘密保持のために動く、この銀行は、いわば防衛省の「出先銀行」であった。

これは、日本の軍事上の機密情報が、この銀行に事前に「流れる」と言う事である。

事前に自民党から情報を得た平和相互銀行が、地方の「ヘンピナ」土地を1億円で購入し、

その後、防衛省に100億円で売却すれば99億円の利益が出る。

この利益が自民党へのワイロとして、自民党の活動資金となる。

こうして自衛隊の兵器購入資金、(秘密)基地の用地購入資金が、自民党の「裏金」の源泉となって来た。

さらに、こうした「軍部の出先銀行」は、必要に応じて担保も無く、自民党に資金を提供する「パトロン銀行」になってきた。

自衛隊の鹿児島県の馬毛島(まげしま)の、極秘のレーダー基地の土地購入の際にも、事前に土地を購入していた同銀行が防衛省に「土地転売を行った利益」が、さらに自民党の活動資金・ワイロへと「姿を変えていた」。この転売時には、広域暴力団・山口組が仲介として「噛んで」いた。

防衛省と自民党の不正資金の「捻出」の役割を山口組が行っていた。

山口組が自民党と防衛省・防衛族の下部組織、資金調達係であるという「政界・官界の実態」が、明確に、ここに出ていた。

この平和相互銀行の「防衛利権・業務」は、現在、三井住友銀行に「吸収合併」されている。

自民党と防衛省の防衛利権を「仲介」し続けてきた山口組の五代目組長・渡辺芳則、同・若頭・宅見勝の顧問弁護士は、自民党の清和会の顧問弁護士と「同一人物」である。この弁護士を通じ、防衛利権の「話は、マトマル」。

清和会から今回の自民党総裁選には町村信孝と安倍晋三が出馬している。石破茂(元防衛大臣)と結び付き、日本の軍事力強化を主張する安倍の「防衛利権=政治資金」の実態が、上記の「伝統的」ネットワークから生み出されている。

前回の記事「国民新党の金融大臣「自殺」の深淵を読むための基礎知識」において小沢一郎に奪われた防衛利権の自民党への奪還の実働部隊が、以上のネットワークである。


 元防衛大臣・石破茂と「通じ」、日本の軍備拡大=米国に頼らずに単独で戦争可能な「法整備」を目指し、憲法改正=改悪を視野に入れ、再び首相の座を目指し始めた安倍晋三・元首相。

 かつてソニー会長であった盛田昭夫の姉妹・菊子は、ソニーの社長であった岩間和夫と結婚し、その娘・裕子はロスチャイルド系銀行と言われている三井住友銀行の情報開発部門の顧問・城戸崎武の息子・博孝と結婚する。

その「結果」、三井住友銀行のATMシステムの運用・開発はソニーが担う事となってきた。

この城戸崎博孝の姉妹・孝代は森永製菓の取締役で森永経営一族の森永剛太と結婚する。

そして剛太の姉妹・恵美子の娘・昭恵が、安倍晋三の妻である。

ソニー・三井住友・森永を通じ、ロスチャイルド一族が、こうして「日本の軍拡=戦争拡大」勢力に「資金を流し込んでいる」。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/292285558.html
http://alternativereport1.seesaa.net/article/292705456.html



12. 2012年10月29日 10:52:16 : HNPlrBDYLM

____________
____________


関連投稿追加


小沢一郎大先生の偉大なる業績を大公開!
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/461.html

「最も危険な政治家」橋下徹研究 孤独なポピュリストの原点
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/452.html

松下忠洋金融・郵政民営化担当相が殺された理由
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/417.html


13. 2012年11月01日 10:32:10 : HNPlrBDYLM

5.22小沢に怯える岩手県民[桜H22/5/24]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10845403?via=thumb_watch

■小沢一郎が当選する理由。岩手県の徹底言論弾圧


小沢一郎
選挙区は岩手県水沢市。

日本じゅうの大迷惑なコイツを選出してるってどんな人ら?!って思うよね


この地区は『徹底的な言論弾圧』が行われてるorz


○○町で、○人が小沢一郎に投票しなかった。

連帯責任でそれなりの制裁が来る

○○が小沢一郎に投票しなかった

旦那の勤務先の会社が倒産する

http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-84.html

小沢一郎の生い立ち

小沢一郎の父佐重喜(さえき)は1898年(明治31年)水沢の貧しい農家に生まれている。東京に出て人力車を引いたりしながら苦学し、弁護士試験に合格。これ以降佐重喜はずっと東京暮らしをしていた。1924年(大正13年)みちと結婚。みちは千葉県東葛飾郡出身で、東京の九段精華女学校を卒業していた。

佐重喜は東京市会議員などを経て、戦後には衆議院議員に転進し運輸、建設大臣などを歴任した。しかし佐重喜は湯島の料亭で毎晩のように遊びまわる放蕩三昧の日々を過ごしていた。小沢一郎が誕生したのは1942年(昭和17年)だ。

小沢一郎の上には姉が二人いた。長女はスミ子(昭和7年生)、次女は則子(昭和15年生)だ。しかし姉達の母はそれぞれちがっていた。母のみちはこの二人をすぐに養女として入籍している。

水沢に縁のない家族だったが1945年(昭和20年)の初めみちが空襲を逃れて3人の子供を連れて水沢に疎開してきた。佐重喜は東京に残ったままだったのでみちと子供3人の水沢での生活が始まった。

その後、小沢一郎は中学2年生まで水沢に住んだが、中学3年生の時には、みちと3人の子供達はまた東京に戻る事となる。その短すぎる水沢での生活の為、一郎には水沢への郷土愛は生まれなかったと思われる。

また、小沢一郎は生まれてから12歳までを母しか知らず、父の存在を意識する事がなかった事と、愛する姉が父の放蕩三昧の末に生まれた事実が一郎の人格形成に深い影響を与える事となった。


次に小沢一郎の隠し子をもうけた女性だが、キム・スクヒョン(金淑賢)だ。キム・スクヒョン(金淑賢当時.35)とは2000年、自由党党首であった小沢衆議院議員の国際担当秘書に抜擢され、その後、7年の間、傍を守っている。当時から愛人説も盛んに出ていた。

議員会館に勤めているキムは、国際関係の専攻を生かして韓半島を含んだ国際情勢などに関し補佐する業務を主にしていた。週1回、東アジア情勢の報告をしているし、中国、アメリカを含んださまざまなプロジェクトを企画しながら進行も行っていた。

また、儀典業務は基本で小沢代表を訪ねてくる日本の政治家はもちろん、韓国など外国の名士の接客との通訳も受け持っていた。選挙期間には他の日本人秘書らと同じように全国の現場を歩き回りながら選挙支援にも積極的に出ている。まさに『全天候秘書』だった。この女性との子供が隠し子となっている。

小沢和子氏の「離縁状」の調査中、次の事がわかった。

小沢一郎が関与した西松事件関係者が次々と謎の死

09/01/21 西松建設社長を逮捕
09/01/21 元西松建設専務 死亡
09/02/24 長野知事の元秘書(西松建設事件での参考人) 死亡 。(電柱にロープを巻きつけ首吊り自殺)
09/03/01 「小沢一郎氏と秘書と、ダム工事のただならぬ関係」を追及してきた記者(吉岡元議員) 旅先で死亡
09/03/03 検察、民主党岩手支部家宅捜索
09/03/04 民主党事務所のある相模原卸売市場全焼

まだまだの調査に終わるが次の点ははっきりした。

1岩手県水沢市にはなんの思もいいれもない。

2妻も政略結婚であり、感情の交流はない。

3小沢氏の地元・奥州で30年間選挙支援してきた「水和会」解散。

この男は日本の政治活動において破壊活動しかしてこない。岩手県水沢市の後援者の方々は本当に気の毒でしかたがない。この大震災の中で支援者のいる地域に何も感謝せず、何の手もさしのべない。それどころか、自分可愛さにただ放射能から逃げ回っていた。

皆さん!小沢一郎がどこから出馬しようと日本人なら落としてやろう!この日本に建設的な事は何もせず、ただ害を与える男を!
http://nipponngannbare.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-5e00.html


妻の「離縁状」−小沢一郎へ

「週刊文春」の6月21号で小沢一郎の元妻の小澤和子さんが書いた妻からの「離縁状」という記事により、多くの方がもう読んで知っているかもしれませんが、もっともっと多くの人に知ってもらいたいと思い記載します。ポイントは以下の点です。

@小沢一郎は妻の小澤和子氏による離縁状により平成23年11月にすでに離婚している。

Aこの離縁状は小沢一郎に出されたものではなく、岩手県水沢で小沢を長年応援してくれていた後援者に元妻だった一人の人間としての詫び状としてだされたものである。画像は岩手県水沢の小沢事務所です。

B小沢一郎の自分を応援してくれる選挙地区民を大事に思わない姿が語られている。(岩手県水沢地区)

C慰謝料はまだもらっていないが、もらったらその金は、ここまで支えてくれた岩手県に震災に対する義援金としてせめて送らせてほしいと思っている。

小澤和子からの「離縁状」

まだ強い余震がある中、お変わりございませんか。この度の大震災ではさぞご苦労があったと思います。ご家族・ご親類はご無事でいらっしゃたでしょうか。何のお手伝いもできず申し訳ありません。被害の余りの大きさに胸がつぶれる思いです。長年お世話になった方々のご不幸を知り、何もできない自分を情けなく思っています。

このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ちあがらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ出しました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げ出した小沢を見て岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました。お礼の手紙にこのようなことを申し上げるのは大変申し訳なくショックを受けられると思いますが、いずれお話しなければと思っていましたのでこの手紙を差し上げます。お聞き苦しいと思いますが今迄のことを申し上げます。

8年前小沢の隠し子の存在が明らかになりました。○○○○○といい、もう20才を過ぎました。3年つきあった女性との間の子で、その人が別の人と結婚するから引きとれといわれたそうです。それで私との結婚前からつきあっていた○○○○という女性に一生毎月金銭を払う約束で養子にさせたということです。小沢がいうにはこの○○○○と結婚するつもりだったが水商売の女は選挙に向かないと反対され、誰でもいいから金のある女と結婚することにしたところが、たまたま田中角栄先生が紹介したから私と結婚したというのです。そして「どうせ、お前も地位が欲しかっただけだろ」といい、謝るどころか「お前に選挙を手伝ってもらった覚えはない。何もしないのにうぬぼれるな」と言われました。あげく「あいつ(○○○○)とは別れられないが、お前となら別れられるからいつでも離婚してやる」とまでいわれました。

その言葉で、30年間皆様に支えられて頑張ってきたという自負心が粉々になり、一時は自殺まで考えました。息子達に支えられなんとか現在までやってきましたが、今でも、悔しさと空しさに心が乱れることがあります。お世話になった方々に申し訳なく、又、説明もできず、もしお会してやさしい言葉をかけていただいたら、自分が抑えられず涙が止まらなくなるのがわかり岩手に帰れなくなりました。

選挙の時には、皆さんがご苦労されているのに、どうしても「小沢をお願いします」とは言えず、申し訳なさに歯をくいしばって耐えていました。隠し子がわかって以来、別棟を建てて別居しています。S.Pさんや秘書の手前、料理や洗濯は変わらずやっていました。用事の時は、小沢は私に直接言わず、秘書が出入りしていました。

それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水をさすようなことをしていいのかというおもいがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。
http://nipponngannbare.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-edcc.html


妻の「離縁状」-小沢一郎は岩手、国の害


ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました。3月11日、あの大震災の中で、お世話になった方々の無事もわからず、岩手にいたら何かできることがあったのではと何一つできない自分が情けなく仕方がありませんでした。

そんな中、3月16日の朝、北上出身の第一秘書の川辺が私の所へ来て、「内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書達を逃がしました。私の家族も既に大阪に逃がしました」と胸をはって言うのです。あげく、「先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を考えて下さい」と言うのです。

福島ですら原発周辺のみの非難勧告しかでていないのに、政治家が東京から真っ先に逃げるというのです。私は仰天して「国会議員が真っ先に逃げてどうするの!なんですぐ岩手に帰らないのか!内々の情報があるならなぜ国民に知らせないか」と聞きました。

川辺が言うには、岩手に行かないのは知事から来るなと言われたからで、国民に知らせないのは大混乱を起こすからだというのです。国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです。私は激怒して「私は逃げません。政治家が真っ先に逃げ出すとは何事ですか」と怒鳴りました。川辺はあわてて男達は逃げませんと言いつくろい、小沢に報告に行きました。

小沢は「じゃあしょうがない。食料の備蓄はあるから、塩を買い占めるように」と言って書生に買いに行かせました。その後は家に鍵をかけて閉じこもり全く外に出なくなりました。復興法案の審議にも出ていません。女性秘書達と川辺の家族は一ヶ月余り戻ってきませんでした。2日遅れで届いた岩手日日には3月15日国会議員6人が県庁に行き、知事と会談したとありました。彼らと一緒に岩手に行こうと誘われても党員資格停止処分を理由に断っていたこともわかりました。知事に止められたのではなく放射能がこわくて行かなかったのです。

3月21日「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやって下さい」と書生が言いに来ました。しかしそのような情報は一切発表されていませんでしたので、私が「他の人と同じ様に水道水を使います」と言いましたら、それなら先生のご飯は僕達で作りますと断ってきました。それ以来、書生達が料理をし、洗濯まで買った水でやろうとしていました。東京都が乳幼児にはなるべく水道水を避けるようにと指示したのはその2日後です。すぐにそれは解除になりました。

3月25日になってついに小沢は耐えられなくなったようで旅行カバンを持ってどこかに逃げ出しました。去年、京都の土地を探していたようですのでそこに逃げたのかもしれません。その直後、テレビやマスコミが小沢はどこに行った?こんな時に何をしているかと騒ぎだし、自宅前にテレビカメラが3,4台置かれ、20人位のマスコミが押しかけました。それで、あわてて避難先から3月28日に岩手県庁に行ったのです。ご存知のように被災地には行ってません。

4月に入ってからも家に閉じこもり連日、夜若手議員を集めて酒を飲みながら菅内閣打倒計画をたて始めました。菅さんが放射能の情報を隠していると思ったらしく相談を始めました。自衛隊幹部や文科省の役人に情報収集をしたようですが、発表以外の事実は得られず、それなら菅内閣を倒し、誰でもいいから首相にすえて情報を入手しようと考えたようです。この結果、不信任決議が出され政治が停滞したことはご存知と思います。

この大震災の中にあってなんら復興の手助けもせず、放射能の情報だけが欲しいというのです。本当に情けなく強い憤りを感じておりました。実は小沢は数年前から京都から出馬したいと言い出しており後援会長にまで相談していました。もう岩手のことは頭になかったのでしょう。

こんな人間を後援会の皆さんにお願いしていたのかと思うと申し訳なく恥ずかしく思っています。更に5月には長野の別荘地に土地を買い設計図を書いています。多くの方々が大切なご家族を失い何もかも流され仮設住宅すら充分でなく不自由な非難生活を送られている時に、なんら痛痒を感じず、自分の為の非難場所の設計をしています。

◎◎◎という建設会社の話ではオフィス0という会社名義で土地を買い、秘書の仲里が担当しているということでした。天皇・皇后両陛下が岩手に入られた日には、千葉に風評被害の視察と称して釣りに出かけました。千葉の漁協で風評がひどいと陳情を受けると「放射能はどんどんひどくなる」と発言し、釣りを中止し、漁協からもらった魚も捨てさせたそうです。風評で苦しむ産地から届いた野菜も放射能をおそれて鳥の餌にする他は捨てたそうです。

かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく、自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています。長い間お世話になった皆さんにご恩返しができないかと考えています。せめて離婚の慰謝料を受けとったら岩手に義捐金として送るつもりです。今岩手で頑張っている方々がすばらしい岩手を作ってくれることを信じています。

ご一家には、本当に長い間お励ましお支えを頂きましたこと心から感謝しております。ありがとうございました。7月には別の所に住所を移しました。ご一家のご多幸を心より祈り上げております。            小澤和子

(注・受取人が特定される記述は一部省略。伏字は原文では実名である)    
http://nipponngannbare.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/--f762.html


14. 2012年11月02日 23:29:50 : HNPlrBDYLM

この憎しみに終わりはない 小沢一郎×和子夫人 

「妻の復讐」あの手紙のあとで


夫の許しがたい裏切りを知った時、一度は妻もそれを受け止めようとした。だが、その覚悟は微塵も夫に伝わらなかった。もはや夫婦関係の修復は不可能。妻の逆襲に、今度は小沢氏が怯える番である。

隠し子を引き取る覚悟

「和子さんの小沢さんへの復讐が、例の手紙の公開だけで終わるわけがないと、周りは戦々恐々としています。怖いのは、解散総選挙のタイミングです。新党を結成して選挙に臨む小沢さんですが、その直前に"第二弾"が出たら、ただでさえ少ない小沢さんの女性票は、完全に消滅します。小沢さんは終わりです」

 そう慄くのは、小沢一郎"国民の生活が第一"党代表に近い議員の一人だ。

 民主党を飛び出して新党を結成した小沢氏だが、船出は順調とは言えない。

 共同通信の世論調査(7月14日、15日実施)によれば、新党「国民の生活が第一」に対しては、「期待していない」と答えた人が81・8%。「期待している」という人はわずか16・5%で、人気がないというより、はっきりと不人気である。

 凋落の原因は、もちろん民主党離党時のゴタゴタや、それ以前の小沢氏の言動に原因があるが、一方で、直前に発覚した「離婚騒動」の悪影響も否定できない。

 小沢氏は、およそ40年も連れ添った和子夫人に三行半を突きつけられ、のみならず、恨みと怒りに満ちた直筆の手紙を満天下に晒されてしまった。

(地元の)岩手や日本の為になる人間ではない

国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく、自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています


「手紙」には、小沢氏は人間のクズであると言わんばかりの怒りに満ちた言葉が綿々と綴られていた。

 実はこの手紙にも綴られていた小沢氏の"秘密"について、地元の岩手県奥州市(旧水沢市)では、驚くべき情報が流れている。

 和子夫人を中心とした、小沢氏の女性支援者の集まりだった「水和会」のメンバーだった女性の一人は、本誌の取材にこう語った。

「ここら辺でも、『和子さんから手紙が来たよ』って言う人があちらこちらでいる。だども、なんで和子さんはあんな手紙をばら撒いたのかねえ。私ら女は同情するけども、老いてから今さらこんなこと……。

 そういえば、水和会の中で聞いた話です。手紙には、小沢さんの愛人や隠し子のことがありましたよねえ。実は、和子さんはそれを知ったとき、覚悟を決めて『その愛人から子どもを引き取って私が育てる』とまで言ったそうなんです。でも、小沢さんから『そんなのダメだ』と反対され、そこから本当に関係がおかしくなったんだって。

 本当かどうかは知りませんが、周りでは『本当だと思う』ってことで話が伝わっているんです」

 小沢氏には、和子夫人と出会う前から深い関係のあった、有名料亭の若女将(当時)がいた。

 夫人の手紙によれば'02年ごろ、別の女性との間に隠し子がいることが発覚。すでにその時点で、子どもは二十歳を過ぎていたという。小沢氏はその子を元女将に預けたうえ、〈一生、毎月金銭を払う約束で養子にさせた〉とされる。

 当然、この件で夫婦間に大きな亀裂が生じたが、小沢氏は夫人を〈どうせ、お前も地位が欲しかっただけだろう〉〈お前に選挙を手つだってもらった覚えはない。何もしていないのにうぬぼれるな〉などと罵倒し、

〈あいつ(元女将)とは別れられないが、お前となら別れられるからいつでも離婚してやる〉

 と言い放ったという。

 夫人の手紙には、この暴言が小沢氏を見限る決定的なきっかけになったと記されている。ところが、それほどまで屈辱的な思いをしながら、和子夫人は気丈にも隠し子を、「小沢家の子」として引き取る覚悟までしていたというのか。

すべてを捧げてきたのに

 小沢家と和子夫人のことを知る関係者の一人は、こう話してくれた。


「和子夫人はそれまで、本当に献身的に、政治家・小沢一郎の銃後を守ってきました。選挙活動で有権者との握手を頑張りすぎ、手を腱鞘炎で腫れ上がらせてしまったくらい、地元・水沢で尽力してきました。そんな和子さんだから、一度はすべて呑みこみ、隠し子すら受け入れようとした可能性は十分にあります。

 ただ、小沢さんはもともと、和子夫人のそうした気持ちなど、一顧だにしない人だったのでしょう」

 小沢氏は夫人を、「何もしていない」と罵倒したというが、本当にそう思っていたのならば、あまりに無知で身勝手が過ぎる。

 和子夫人と水和会で活動していた主婦・岩田文子さん(仮名)はこう話す。

「私も後援者の人たちと一緒に、東京の和子さんの自宅に行ったことがあります。そのときは、大根サラダや煮つけを和子さんが作ってくれたのかなあ。東京から横浜とか、観光で和子さんと一緒に回ったこともあります。日光東照宮に行ったこともありました。

 和子さんは、そういうときにも私たちに気を遣って、全然、お高くとまるとかそういう部分がない人ですよ。でも、選挙のときには気丈に振る舞って。腱鞘炎で握手できなくなったときも、『握手したいのですが、手が痛くてすみません』って言いながら、挨拶周りをしていました」

 また、同じく水和会で活動をしていた大泉洋子さん(仮名)も、夫人の思い出をこう語る。

「気丈だっていう人もいますけど、私にとっては優しいし、涙もろいところもある人で……。いつだったか、選挙のときに和子夫人が奥州市文化会館で演説なさったことがあるんですけど、疲れもあって胸がいっぱいになったのか、『小沢の家内でございます。皆さん本当にご苦労様でございます』って、泣きながら挨拶したこともあって。その後も、『小沢をお願いします、お願いします』って言いながら皆さんと握手するんですけど、手は腫れ上がっちゃってね……」

 支援者が子息の結婚式の来賓として小沢氏を招いた際には、代理で和子夫人が出席し、「そんなことまでしてくれる政治家の奥さんなんていない」と、親戚一同を感激させたという。

 また、夫人中心の水和会ではなく、小沢氏本人の後援会組織「一雄会」の関係者によれば、「毎年定期的に、新潟の和子夫人の実家から、オカキが贈られてきた」という。夫人の実家とは、小沢氏の壮年期を資金的にバックアップしていたとされる、新潟県の中堅ゼネコン・福田組。夫人は実家も巻き込み、まさに"すべて"を政治家・小沢一郎に捧げてきたのだ。

 だが、結婚から数十年して発覚した隠し子問題に際し、夫から与えられたのは、謝罪の言葉でも、もちろんねぎらいの言葉でもなく、開き直ってすべてをぶち壊しにする暴言だった。


頑張ってきたという自負心が粉々になり、一時は自殺まで考えました

支援者にそう訴えるほど、和子夫人は心に大きな傷を負ってしまった。

「剛腕」が恐れていること

 本誌は今回、和子夫人がひそかに所有していたと思われる、東京・千代田区のマンションの一室も訪ねたが、夫人の姿はなかった。夫人同様、小沢氏のこれまでの仕打ちに対して強い憤りの感情を抱き、夫人に付き添っているとされる次男の姿もそこにはなかった。

 和子夫人は今、何を考え、新党騒ぎを起こした小沢氏の言動を見つめているのか。

 民主党幹部はこう語った。

「小沢夫婦が手紙にあった通りに離婚したのか定かではありませんが、実際にそうなれば、小沢氏に明らかに多大な非がある以上、慰謝料として巨額のカネを取られる。有権者の反感以上に、新党結成に際して"金欠"を囁かれた小沢氏にとって、大きなダメージになるでしょう」

 7月に公開された国会議員の所得報告書('11年分)によると、小沢氏の年間所得の総額は4548万円。ただし議員としての給与所得は1546万円で、残りの約3000万円の大半は、新興宗教団体「ワールドメイト」の教祖が代表を務める「菱法律経済政治研究所」の顧問料だ。収入の半分以上をこうした団体に頼っている現実が小沢氏の懐事情を物語っている。

 だが問題は、不動産だ。小沢氏は東京・世田谷区深沢の自宅、岩手県奥州市の実家、港区青山のマンションなどを所有しているが、それだけではない。

「明らかな個人資産に加え、小沢氏は別途、自分名義で10億円を超える不動産を持っています。個人事務所がある赤坂のマンション(約1億7000万円)など6戸と、世田谷の自宅近くにある約4億円相当の秘書寮です」(小沢氏の資産問題に詳しいジャーナリスト)

 これらの不動産は政治資金で買い漁っておきながら、小沢氏の個人名義になっていた曰くつきの物件だ。'06年6月3日号の本誌記事『小沢一郎民主党代表の"隠し資産"を暴く』で明らかになり、小沢氏は本誌を訴えるも敗訴。その間に国会で取り上げられ、政治資金規正法が改正され、小沢氏は赤坂周辺のマンションを次々と贈与・売却した。その残りが、前出の約10億円分の不動産である。

 前出のジャーナリストがこう語る。

「これらの不動産について、小沢氏は自身の政治団体『陸山会』のものだと主張していますが、裁判所は所有者についての判断を留保している状態です。もし、和子夫人が『小沢個人のものだから慰謝料として要求します』と主張して裁判を起こしたら、裁判所の判断によっては、これらのマンションの大部分が、和子夫人のものになる可能性がありますね」

 民主党から追い出され、資産は和子夫人に持っていかれ、いまや身ぐるみ剥がされる寸前の帝王。政界に怖いものなし、肩で風を切ってきた男が、いまは夫人の"最後の一刺し"に怯え続けている。

「週刊現代」2012年8月4日号より
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33117


15. 2012年11月02日 23:38:26 : HNPlrBDYLM

しかし、ロックフェラーとロスチャイルドに日本人の財産から400兆円も貢いでいるのに、小沢が手にしたのは僅か10億円か(呆れ)

小泉は1兆円、竹中は2兆円貰ってるのにね。

小沢の知能はその程度という事か。


16. 2012年11月10日 23:39:31 : HNPlrBDYLM

小沢一郎先生は朝鮮人?


hoskotossaさん

民主党の小沢一郎の母親の墓は韓国の済州島にありますよね。

小沢一郎は、毎年、韓国済州島に、両親の墓参りに行ってますよね。
小沢一郎が、韓国に対して愛国心を持ってるのは
やっぱり親が韓国人だったからなんですかね。

namekotan1さん

小沢佐重喜氏は吉田茂氏の側近で、北朝鮮の人(満州派)
母親は荒木みち、韓国済州島出身の韓国人(戦前から日本にいた日韓併合時の人ではない)

満州派と言うのは
大日本帝国陸軍の派閥(日本と韓国(朝鮮)が1つの国だった時代)
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の支配政党朝鮮労働党の派閥。金日成あたりで検索すると良いかもです

わかりやすく言えば「日帝と仲良しだった朝鮮人、日本軍協力会」ですかね

北朝鮮と韓国どちらを支持するか?と聞かれれば北朝鮮ですかね。韓国は年中火病ってるだけで、事実を語りそうにないし
歴史認識では北朝鮮は正しい認識を持っています(安重根を国賊としている)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422744364


小沢一郎氏は日本で生まれ、日本人として育っています。ところが小沢氏の母親のお墓が済州島にあり、済州島に小沢氏が墓参りをするというのは有名な話です。もし朝鮮系でないならご本人がきっぱりと否定されれば良いのですが、否定も肯定もしていないようです。

【ネットに出ていた小沢氏の出自】

東京市下谷区(現:東京都台東区)御徒町に弁護士で東京府会議員だった父・小沢佐重喜(オザワサエキ)、母・みちの長男として生まれる。その父の佐重喜が、56歳の時の子供。本籍地は岩手県水沢市(現:奥州市)。3歳から14歳まで郷里の水沢で育つ。

小沢佐重喜は、夜叉の異名を持つ、浅草の香具師。北朝鮮の満州派]の潜入工作員。
戦後、岩手方面に進駐した朝聯の指導者。

母の日本通名荒木みちの墓は、韓国済州島。こちらは、南朝鮮労働党の残党。 そして、小沢一郎の戸籍は、浅草の泥棒市で入手されたとの疑い、あり。

『小沢氏韓国講演での売国発言』 ← これだけ見ても小沢氏半島人説はかなり信憑性が高いと考えざるを得ません。

・天皇を訪韓させることもできる

・天皇陛下の行動は、日本政府が自由に決めることが出来ると憲法に規定されている。

・日本は植民地支配の謝罪として在日韓国人の方々に参政権を差し上げる義務がある。

・参政権付与に反対する民主党議員は、党議拘束をかけて徹底的に弾圧するので来年の通常国会で必ず可決する。

・韓国人が日本を許してくれれば、いつでも天皇陛下を訪韓させることができる。

・韓国人が日本に移り住み、初代天皇になった。

・仁徳天皇陵を発掘したらはっきりするはずである、と著名な先生が唱えている。

・これ以上言うと日本に帰れなくなるが歴史的事実であろう。

・天皇陛下も「桓武天皇の生母は百済の王女だった」と認めている。

・日本人は自立心が足りない国民だ。

・日本のニートは全部親が悪い。子供より親の教育をしなきゃいけない。

・朝鮮半島南部の地域権力者が海を渡って来て今の奈良県に政権を樹立した。

・韓国ドラマ『チャングムの誓い』が大好きでずっと視聴していた。

・キムチがあればご飯を何杯でも食べるほどキムチが大好きだ。

・信念を曲げないのでマスコミから嫌われている。マスコミがイメージダウンを狙っているせいでは。

・日本の男は最近全然駄目。

・日本人は民度の落ちる民族だから、君達韓国人の優秀な民族の血を、日本人に入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫、日本人が増えるだけだ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1136435961?fr=rcmd_chie_detail


なぜ、小沢が外国人参政権にこだわるか。 票集め、今後の事を考えて?? アジアの権...


impala_home_pileさん


なぜ、小沢が外国人参政権にこだわるか。
票集め、今後の事を考えて??
アジアの権力者にでもなりたいのかな??
裏では小泉も影の協力者??


小沢一郎(純血朝鮮族)=父親(朝鮮族)+母親(朝鮮族)


(小沢一郎)生い立ち

父・小沢佐重喜(オザワサエキ)戦中、東京市下谷区御徒町で自称弁護士、東京府会議員として潜入工作員。北朝鮮の満州派の工作員として北朝鮮独立開放のために日本で活動。戦後、岩手方面に進駐した「朝鮮進駐軍」指導者となり拠点を作る。

小沢一郎の父・小沢佐重喜は、悪名高い朝鮮進駐軍小沢部隊、戦後に日本人を殺害していた朝鮮総連武装集団。父親は浅草の香具師(麻薬売人)で、その56歳のときの三男として東京下谷の生まれた。母親のミチは、韓国済州島の朝鮮労働党員で、コーリアン売春宿の女将だった。母親(通名)荒木ミチは内縁で、父親の籍は入っていない。

小沢一郎には、二人の実姉のスミ子、則子がいるが、養女というかたちになっている。その頃に浅草の泥棒市で日本人の戸籍を入手との説がある。小沢佐重喜という名前は、当時多くの北朝鮮工作員が、使い回して居たとの説が多い。そして、小沢一郎は岩手水沢に出生としているが、その田舎の住民は小沢一郎が居たのは中学一年の一年間だけと言う。

水沢市立東水沢中学校二年次に文京区立第六中学校に転校し、東京都立小石川高等学校卒業後、弁護士になるため東京大学を目指して2浪したが断念して(2浪目に京大受験説がある)、慶應義塾大学経済学部に入学する。母のミチの墓は、韓国済州島にある。

これで、何で外国人参政権にこだわるかが大体分かるはず。

子供手当て=在日にも給付予定。

小沢を早く潰さないと、日本が危ないかも…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1037322775?fr=rcmd_chie_detail

中川註: 朝鮮進駐軍はデマだとわかっていますけどね。

2010年04月13日09:00

うわあマジかよ・・小沢の母の実家が朝鮮銀行から融資を受けていた


小沢一郎朝鮮人説はよく聞くが眉唾だと思って信じてなかったんだけど、こんなの出てきたらもう確定か?

via二階堂

小沢の母親・本名・荒木みちにも触れておこう。父・佐重喜の伝記的な刊行物「人間小沢佐重喜」(陸山会発行)によれば、「みち夫人は明治34年2月15日千葉県東葛飾郡風早村に元庄屋・荒木儀助の4女として生まれた。父儀助は千葉県議会議長もやった地方の名望家だった」と母方の家系にも政治家の血が流れていると思わせる記述がある。だがこれがとんだ大嘘で、荒木儀助なる千葉県議会議長は過去に実在しておらず、県会議員にもいない、という千葉県議会事務局総務課の話なのである.なぜこのようなまやかしがまかりとっているのか、不可解な謎といえよう。

 謎と言えばもっと不可解な事実がある。この荒木家は現在、みちさんの姪の長男(72)が継いでいるが、この実家の土地登記簿謄本に昭和61年5月、千葉朝鮮信用組合から三億五千万円を極度額とする巨額融資の記載があるのである。債務者は朝鮮名の男になっているが、経済に通じているものならすぐにわかることだが、朝鮮信用組合という金融機関は在日朝鮮人以外の、例えば日本人には融資を行わないという原則がある。荒木家の内部深くに何か他言をはばかる重大ななにかがありそうである。


オザワンの父小沢佐重喜(1898年〜1968)は1924年 荒木みちと結婚。

オザワンは1942年生まれ。

父は44歳、母は42歳で生まれたそうだ。wiki

あの時代では相当珍しい。
ちなみにオザワンの父はというか父も女にはだらしなかったようで、オザワンには妾腹の姉がいる。

で、二階堂さんとこにもあるようにオザワンの父は終戦直後の混乱期に闇物資絡みの汚職事件で名を連ねている。


辻嘉六事件
(この事件には鳩山とか河野の名前も出てるw糞の子は糞www)

この戦後起きた隠匿物資事件を知るとなんでミンス工作員は2ちゃんで世耕議員に粘着してたのかよくわかるよ。

世耕の爺さんが国会でこの事件を取り上げたのが最初だからね。
戦時中徴発した物資を横流しして私腹肥やしてた屑人間の事とか、いい加減晒し者にしてもいいんじゃない?
GHQ時代の事件は多くが今でもタブーになってるっておかしいでしょ。

http://blog.livedoor.jp/tonchamon/tag/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%BD%90%E9%87%8D%E5%96%9C


小沢一郎の隠し子をもうけた女性だが、キム・スクヒョン(金淑賢)だ。キム・スクヒョン(金淑賢当時.35)とは2000年、自由党党首であった小沢衆議院議員の国際担当秘書に抜擢され、その後、7年の間、傍を守っている。当時から愛人説も盛んに出ていた。

議員会館に勤めているキムは、国際関係の専攻を生かして韓半島を含んだ国際情勢などに関し補佐する業務を主にしていた。週1回、東アジア情勢の報告をしているし、中国、アメリカを含んださまざまなプロジェクトを企画しながら進行も行っていた。

また、儀典業務は基本で小沢代表を訪ねてくる日本の政治家はもちろん、韓国など外国の名士の接客との通訳も受け持っていた。選挙期間には他の日本人秘書らと同じように全国の現場を歩き回りながら選挙支援にも積極的に出ている。まさに『全天候秘書』だった。この女性との子供が隠し子となっている。
http://nipponngannbare.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-5e00.html


小沢先生は民社党の公約をすべて無視して外国人参政権にだけ力を入れていたからこういう噂が出るのかな?


17. 中川隆 2012年11月15日 18:56:09 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

小沢先生が済州島へ毎年一回は通う理由は?


北朝鮮問題家を斬る:143 - 小沢一郎 2009/03/17


政治家には、真偽の定かでない噂が付き物である。民主党の小沢一郎代表に付いて、故・玉城素先生から、済州島へ毎年一回は通う話を耳にした。確認に眈羅会幹部に尋ねた処、済州島を訪れていることは事実らしかった。

Google で検索すると、「小沢一郎 朝鮮」は840,000件、これは「金丸信 朝鮮」の27,200件、「土井たか子 朝鮮」の65,100件に比較すると圧倒的に多い。北朝鮮へ二度も交渉に赴いた小泉首相の「小泉純一郎 朝鮮」の726,000件よりも多いのである。だが、「小泉純一郎 在日」は520,000件あり、「小沢一郎 在日」の467,000件よりも多い。どうも首相経験者は多そうな予感がして、「麻生太郎 朝鮮」を紐解くと、962,000件もあった。それに「麻生太郎 在日」に至っては1,800,000件もある。これらの検索結果から、日本の首相は何かと朝鮮と関わりがあることが分かるのだが、野党党首が首相並みなのは何故だろうか?

何かと北朝鮮との間に話題を提供する代表体験者の菅直人代議士に付いて検索すると「菅直人 朝鮮」は134,000件、次期民主党代表の呼び声の高い岡田克弥代議士の「岡田克弥 朝鮮」は54,400件、「菅直人 在日」は89,300件、「岡田克弥 在日」は35,000件だから、「小沢一郎 朝鮮」「小沢一郎 在日」の件数が野党党首として突出していることが分かる。

これを朝鮮半島の南端の島、小沢一郎代表が訪れる済州島で検索すると、「小沢一郎 済州島」の35,000件に対し、「菅直人 済州島」は6,940件であり、「岡田克弥 済州島」は2,890件であった。そのネット上の代表的情報事例に「小沢一郎は母親が済州島出身者で、菅直人はおばあさんが済州島出身者だ」を見付けた。

小沢一郎代議士が何故済州島を訪れるのか、墓参だとネットには書き込まれている。北海道は別にして、東北は済州島とは一番遠い地域である。これが九州辺りの政治家ならいざ知らず東北の政治家に済州島を絡ませるなど、嘘八百の為にする噂に違いないのである。

戦後、現役政治家で朝鮮との関係をあれこれ言われた嚆矢は岸信介であった。名前が一字性であり、本人が百済聖明王の子孫だと自負していたからであろう。これに類似する事例として一字性では菅直人代議士がある。家系伝承として小泉純一郎元首相が挙げられるのか知れない。真偽の程は定かではないが、鹿児島を出自とすると文禄・慶長の役の時に連れてこられた子孫だとされる場合が多いからだ。

だが小沢一郎代表の場合、何れの事例にも当てはまらず、本当だろうか?という疑念を持ち、これは故・金丸信自民党副総裁に関わる「神話」が乗り移ったのだろうと推察されるのである。それは昭和10年代後半の朝鮮人への「創氏改名」政策の結果、朝鮮人の多くが二字姓を名乗った後遺症とも言える事例である。金姓は「金田」「金本」、張姓は「張本」など有名野球選手に見られる事例である。平壌を訪問した金丸信自民党副総裁と金日成主席の会談は「金・金会談」だと言われた。「金丸」の本来の姓は「金」だと陰口を叩かれたが、つまり、創氏改名した在日の政治家「金丸信」とされた。むろん、故・金丸信自民党副総裁は生粋の日本人であることは知られている。だが、悪意を持って在日とされた金丸信自民党副総裁の「縁者」だから小沢一郎代議士にも、そういう噂を立てられ、そこに済州島通いが重ねられて「在日神話」が形成されたのであろう。

では、何故に小沢一郎代議士は済州島通いを行っているのだろう。其処に、「済州島買収と小沢氏」の記事が3月12日付けの『朝日新聞』紙に掲載されたのである。笹森清・前連合会長に、11日の対馬を含む長崎3区の民主党候補者のパーティで「いま絶好のチャンスだ。円高だから済州島を買っちまえ」と話したそうである。この一言で、小沢一郎代表が済州島を訪れている理由が解明できた、と言うか、理解できたのである。

いま、済州島は買いである。実に説得力を持った一言であった。それは日本のりそな銀行など14の金融機関を含む、複数の不動産開発関連企業や投資会社など計24社の関係者の韓国訪問を背景にした発言であったからだ。韓国では、24社が大韓貿易投資振興公社(KOTRA)で日本投資企業訪韓相談会に参加し、不動産やベンチャー企業などに投資する金額は約40億ドルになっている、と報道されていた。これを「真田レポート」に拠れば、日本の対韓投資を期待する動きが見られている、ことを著しているそうである。

更に「真田レポート」は、アサヒビールがOBビールを買収する?NTTドコモがKT(旧韓国通信)の大株主になる?などという観測報道もされている、と韓国側の事情を伝えている。つまり、韓国側が日本資本の不動産投資を呼び掛けている指書けているこの好機を逃さず済州島に投資しろと、小沢一郎代表は話したのであろう。

買っちまえ報道の翌日に小沢一郎代表は発言を否定したようだが、それは「投資」を説いた真意が『朝日新聞』紙の報道では伝わらなかった、からだろう。

真意とは何か。遡って、金丸信が北朝鮮に関心を抱いたのは、日本で不足してきた「川砂」を求めた、為だと指摘されていた、ことに突当たる。それは今信玄と金丸信が川砂に拘ったのは当然であった。戦国の武田信玄は治山治水事業に優れた業績を残した。富士川の流れを押さえてから隣国へ進出できた。富士川は川砂の豊かな大河でもあった。

一般に大河流域の政治家は土木事業に関心を持たざるを得ない。信濃川の田中角栄、富士川の金丸信、北上川の小沢一郎などが典型である。岸信介、佐藤栄作兄弟は田んぼの畦道と海岸の防波堤には関心を抱いたらしいが、川の堤防工事に熱心だった、という噂は耳にしていない。岸・佐藤兄弟の故郷は、川と言っても、それは小川であった。増して、小泉純一郎の選挙区で大河を見付けることは至難である。

大河を選挙区に持つ政治家は治山治水を念頭に置かざるを得ない。治山治水は土木事業を伴うものであり、土建業者と親しくなるのは当然の成り行きである。

その小沢一郎代議士が済州島に目を付けたことに、南牛は予てから注目していた。済州島は世界に希な火山島である。三百数十の円錐火山が蜂の巣状に瘤起している。新しい噴火の玄武岩と古い粗面岩で構成されている島である。済州島の三多の一つに石が挙げられている。石の多さは、家々の周囲に防風を兼ねて石が積み上げられていることから、容易に分かる。

済州島という火山島を構成する玄武岩は、塩基性火山岩であり、靭性に富み、採石として好まれる。そして古い噴火の粗面岩は、港湾工事に欠かせない素材でもある。済州島とは土建業者に取って垂涎の島であった。東京では伊豆七島、阪神では家島群島が採石業の盛んな島である。伊豆七島の新島、家島の採石場に比較すれば、いや比較にならないほどに済州島は大きな島であろう。

民主党の小沢一郎代表は土建業への理解ある政治家である。済州島へ通うのは新鮮な魚貝、取り分けヒラメを食べに行っている分けはなかろう。国家の明日を考えて歩いているに違いない。JRを例に取れば、山陽新幹線の維持に、今後どれほどの骨材資源を必要とするであろうか?それの供給を管制高地から眺望するのが政治家であろう。済州島を訪れて石を眺めて廻っていたという小沢一郎代表は国を憂える政治家と言えるであろう。

海上輸送1,000Kmは陸上輸送50Kmに匹敵する。済州島から1,000Km内は、大陸沿岸、台湾、西日本などは港湾、道路、高層ビル建設現場が目白押しにある。そしてこの大陸沿岸、台湾、西日本は砕石(骨材資源)不足に陥っている地域でもある。問題は済州島の港湾と採石場の整備であろう。むろん、その整備には土地の所有関係も入る。

日本のインフラ整備に欠かせない骨材資源の不足を予測して行動している、と見るのが政治家・小沢一郎への正当な見方であり、ネット上の母親が済州島人であり、その墓参に訪れているという情報は、余りにも穿った見方であり、ガセネタである。骨材資源に興味を抱けば、墓石にも注目するだろうし、それを傍目から墓参と見られたのであろう。

済州島の買収など喋らなかった、と弁明していたが、それは済州島に投資する必要性を説いたこととは相反しない。西日本、台湾、大陸沿岸域の今後を考えると済州島の砕石業は、投資の期待される事業である。

小沢一郎代表の発言では「第7艦隊で極東におけるプレゼンスは十分だ」がある。この発言に『朝日新聞』紙は「社説」(2月28日付け)で「民主党の政権担当能力まで疑われかねない」と扱き下ろした。「生煮えの発言」とまで指摘した。その伝で言えば「済州島を買っちまえ」発言も生煮えである。だが、世界第二の経済大国が国の防衛を米国任せで良い筈はなかろう。
http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=550&Itemid=81


18. 中川隆 2012年11月15日 19:13:18 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM


狡猾な小沢一郎の出自隠しか


爺さまの長い、長いつぶやき・・・

 岩手県の水沢で小沢が両親の大法要をやると朝日新聞が報じたな(4月10日付)。今さら年忌でもないのに、父・佐重喜と母・みちの法要をなぜ今やるのか。何と招待客は数千人規模だというから、さすがパフォーマンスが得意の小沢らしい。「なぜ、この時期にやるのか、よくわからない。本人がしゃべらないからね」と地元後援会長もいぶかっているらしい。さらに別の側近は朝日新聞によると「最近、小沢氏の心境に変化があった」といい、「別に今年やらなくってもいいんだ。政治人生が残り少ない中での決意のあらわれだ」ともいうのだが、そんな話は俺様にいわせりゃ面妖きわまりないきれいなハナシだよ。

 俺様の推理を述べると・・・この壮大なパフォーマンスは、いよいよ追い詰められた小沢が、苦し紛れに巧妙に仕組んだ「出自隠し」以外には考えられない、ということにほかならない。「新潮45別冊・小沢一郎研究」を読めば、

「小沢一郎朝鮮人説」

 の謎がズバリ解明されているのだが、すべてはこのスキャンダル暴露に大きな理由があるといっていいだろう。

 そもそも小沢家は、そんな大法要を挙行するほどの由緒ある名家でもない。一説によれば馬車曳きの家系だという。さらに小沢が過去このように両親に孝養を尽くした、という話も寡聞にして聞いたことがない。あれほど世話になった金丸信の遺族からさえ、身勝手な小沢はいまもって墓参拒否を言い渡されたまま、だというではないか。さもありなん、角栄の墓参りもあれは小沢一流の人たらしの芝居であることは見え透いているよな。真紀子共演の選挙用の仕掛けというわけさ。

 ところで、小沢の父・佐重喜(さへき)は確かに衆議院議員で第2次吉田内閣で運輸大臣を務めているが、俺様の記憶で鮮明なのは戦後間もなく隠退蔵物資に絡んで東京地検特捜部(当時は隠退蔵物資摘発本部)に摘発され、大騒ぎになったことだよ。いまにしていえるが、親子してろくでもない犯罪一家ともいえるが、当時、衆院の隠退蔵物資摘発委員会の世耕弘一委員長に怒鳴り飛ばされていたことをよく記憶している。わらじ履いて水沢から徒歩で上京、苦学の末弁護士になった、という話はよく知られているが、上記のエピソードを知る者は少ないと思うよ。

 つまりね、多額の政党助成金を衆人環視のもとにも関わらず窃盗(税金泥棒)、あまつさえ、不動産買漁りであくなき蓄財をやらかしている小沢一郎という男の破天荒な恥知らずは、まさに親譲りというわけなのさ。だって隠退蔵物資犯罪というのは当時、GHQ(連合国総司令部)直轄で逮捕されれば身柄米本国送りという重犯罪だったんだよ。

 小沢の母親・本名・荒木みちにも触れておこう。父・佐重喜の伝記的な刊行物「人間小沢佐重喜」(陸山会発行)によれば、「みち夫人は明治34年2月15日千葉県東葛飾郡風早村に元庄屋・荒木儀助の4女として生まれた。父儀助は千葉県議会議長もやった地方の名望家だった」と母方の家系にも政治家の血が流れていると思わせる記述がある。だがこれがとんだ大嘘で、荒木儀助なる千葉県議会議長は過去に実在しておらず、県会議員にもいない、という千葉県議会事務局総務課の話なのである.なぜこのようなまやかしがまかりとっているのか、不可解な謎といえよう。

 謎と言えばもっと不可解な事実がある。この荒木家は現在、みちさんの姪の長男(72)が継いでいるが、この実家の土地登記簿謄本に昭和61年5月、千葉朝鮮信用組合から三億五千万円を極度額とする巨額融資の記載があるのである。債務者は朝鮮名の男になっているが、経済に通じているものならすぐにわかることだが、朝鮮信用組合という金融機関は在日朝鮮人以外の、例えば日本人には融資を行わないという原則がある。荒木家の内部深くに何か他言をはばかる重大ななにかがありそうである。

 

 さて、話を小沢家の大法要にもどそう。普天間はじめ民主党には問題山積、しかも参院選挙を控えて小沢は超多忙なはずである。何を血迷って今さら両親の供養を急ぐのであろうか。今のところ理由らしきものは何一つ見当たらない。述べたとおりこれは小沢の得意とする目くらまし作戦なのだろう。大法要は今月の18日には行われる手はずだという。しょせんはきれいごとで飾ろうというのだろうが、もはや出自を隠し通すことは無理筋というもんだろう。なにより小沢一郎の虚飾は国民の目には先刻ばれていることを知るべきなのだよ。覚悟しろ、小沢よ!
http://www.nikaidou.com/archives/894

≪小沢一族の深き闇―実母を巡る謎と「朝銀信組」の金≫



新潮45の2010年4月号別冊 『櫻井よしこ編集長「小沢一郎」研究』で、ノンフィクション・ライターの君島文隆氏が執筆している記事を是非御覧になって頂きたいのだが、また新たな事実が明らかになった。



民主党幹事長・小沢一郎氏の人間形成に関して、父親よりも母親の影響が強かった事は、所謂「小沢本」などでも周知の話である。



その母である小沢みち氏(故人、以下敬称略)は千葉県議会議長を務めた荒木儀助氏の四女であると、公式の自伝本にも書かれている。



これに関して今までに指摘されていた事をまとめると、



・戸籍上は荒木儀助氏の四女だが、実は養女。

・墓が済州島にあるという説が出回っている。

・「海女」だったという話がある。

・一郎の父、小沢左重喜氏(弁護士、東京府会議員の後、昭和21年衆議院議員に当選)の子供は3人だが、一郎の姉2人は養女。みちが引き取って一郎と同様に育てた。



ところが君島氏の記事で判明したのは(詳しくは上記の新潮45別冊をお求めになって頂きたく)、



・「荒木儀助」という人物は歴代千葉県議会議長にも、千葉県議会議員にも存在しない。

・荒木家自体は江戸時代から続く庄屋である。また荒木儀助氏も実在の人物。

・一郎の2人の姉の続柄が込み入っている。



そして取材が予期せぬ展開となったと君島氏が書いている事実がある。それは、



・小沢一郎に極めて近い親戚が、昭和61年以来、朝銀信用組合から数億円の融資を繰り返し得ている。その親戚宅には、先日逮捕された小沢の秘書の池田光智容疑者がたびたび訪れていた。



判らないのは、なぜ「朝銀信組」なのか…という事である。昭和61年当時、小沢一郎は第二次中曽根内閣の自治大臣兼国家公安委員長だった。その後の竹下内閣では官房副長官、海部内閣で自民党幹事長に就任しているので、普通の銀行への口利きは容易だった筈であるが。



どうも小沢に関する闇の部分は想像よりも異常に広く、深いようである。



もしかしたらアメリカが小沢らの訪米を「米議会の招待」という形にしようとしているのは、議会に小沢を招致するのが真の目的ではないだろうか。



例えばパナマのノリエガ元将軍との関わりや、創価学会も関係したとされる資金運用、海外資産とマネーロンダリングの関連、防衛利権、反社会勢力との関わり、直近の国政選挙に関係して反社会勢力(有り体に云えば、山口組)にどのような依頼をし、その見返りは何だったのか…



などなど、突っ込みどころ満点の事象が山盛りだからである。
http://tafu.iza.ne.jp/blog/entry/1490795/


今田勇三さんは小沢一郎について次のように書いて居る。

> 小沢一郎はどこから見ても正真正銘の日本男児【今田】( 平成20年08月06日-No20 )投稿者: 今田勇三

> 小沢一郎が朝鮮族だという嘘の書き込みがよく見られるが、系図を辿っても、あの不細工な顔、小太りの骨格から判断しても紛れもない日本人である。 あのハンサムな小泉純一郎がどう見ても朝鮮族であることと対比すれば、一目両全だろう。
--- 引用終わり

今田勇三さんは自分の書くことは根拠を示さなくても 「 正真正銘の日本男児 」 と書けば読者に小沢一郎は日本人だと信じて貰えると思っているようだ。 しかし、次のような記事があったら、読者はどちらを信じたらよいか分からない。

小沢一郎はどこから見ても正真正銘の朝鮮人

小沢一郎が朝鮮族だという書き込みがよく見られるが、系図を辿っても、あの不細工な顔、小太りの骨格から判断しても紛れもない正真正銘の朝鮮人である。 あの不細工な小泉純一郎がどう見ても朝鮮族であることと対比すれば、一目瞭然全だろう。
---

インターネットのYahoo で 「 小沢一郎 済州島 」 で検索すると、約55,800件、Google では 約 23,400 件ヒットする。 ヒットする記事の初めの方に小沢一郎の正体として、下記のような記事が沢山ある。

「偽装国士、小沢済州島一郎の化けの皮」について
(( 作成日時 : 2007/12/22 09:02 >>
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200712/article_26.html
「偽装国士、小沢済州島一郎の化けの皮」について

ニカイドーさん、これって.....?
(小沢センセイの)生い立ち
東京市下谷区(現:東京都台東区)御徒町に弁護士で東京府会議員だった父・小沢佐重喜(オザワサエキ)、母・みちの長男として生まれる。その父の佐重喜が、56歳の時の子供。本籍地は岩手県水沢市(現:奥州市)。3歳から14歳まで郷里の水沢で育つ。 小沢佐重喜は、夜叉の異名を持つ、浅草の香具師。北朝鮮の満州派]の潜入工作員。戦後、岩手方面に進駐した朝聯の指導者。  母の日本通名荒木みちの墓は、韓国済州島。こちらは、南朝鮮労働党の残党。  そして、小沢一郎の戸籍は、浅草の泥棒市で入手されたとの疑い、あり。

水沢市立東水沢中学校二年次に文京区立第六中学校に転校し、東京都立小石川高等学校卒業後、弁護士になるため東京大学を目指して2浪したが断念して(2浪目に京大受験説がある)、慶應義塾大学経済学部に入学する。
--引用終わり

今田勇三さんは系図を辿られたそうだが、どのような伝で系図を見られたのだろうか、そのコピーを示して貰えれば読者は納得するだろう。

もし系図のコピーを示すことが難しいようであれば、その系図に、小沢一郎の父親の名前が小沢佐重喜、母親の日本通名が荒木みちであるとの上記の記事通りであるのかを教えていただきたい。

また、系図を辿られたと言う以上、小沢一郎の祖父母の名前も載っていたと思うが、その名前や出身地も教えていただきたい。 それは小沢一郎にとっても世に広まっている 「嘘」 を糾す良い機会で、今田勇三さんは良い仕事をされたと喜ばれることだろう。

今田勇三さんは小沢一郎が正真正銘の日本男児であると言いたいようだが、根拠を示さずに美辞麗句を並べただけでは話にならないことをご存じないようだ。

況んやインターネットで小沢一郎が朝鮮人であるとの何万件の記事があるのに、それを無視して具体的な反論もしないのは、反論する根拠を持っていないので口先で誤魔化そうとしていると思われるだけだろう。

小沢一郎が朝鮮人であるとの何万件もの記事があるのに、本人からの反論は一度もないようだ。 土井たか子が朝鮮人だと言われるのは名誉毀損だと裁判を起こして1年以上経つが、未だに裁判に決着が付いたとの報道はない。

政治家や国会議員の誰が朝鮮出身なのか主権者である日本国民に全く分からないのは、日本はなんとも不思議な国である。

真実を隠蔽し、真実を報道しない朝日新聞のような腐りきったマスコミのもたらした結果である。 真実を報道しない国には民主主義政治は成り立たず、如何に上手に嘘を言うかで選挙の当落が決まり、嘘吐き政治家の思うがままに政治が動く。

今田勇三さんはかって、「 500万人以上が在日朝鮮人 ( 2.3世代前から ) が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいますよ。 後、52万人だけが地方参政権を持つことがどう危険なのですか。 」と書いて居る。

rerere外国人参政権問題【今田】 ( 平成19年12月07日 )投稿者:  今田勇三
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0712/071207-8.html

資料{1}には、1952年から1995年までの在日韓国 ・ 朝鮮人帰化者数があるが、約35万人である。 今田さんの言うように、500万人以上の在日朝鮮人が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいるとは信じがたい。

資料[2][3] には1909〜1910年以来の在日朝鮮人の人数が示されているが、最大の人数は1945年の約200万人で、日本の敗戦後60万人へ急激に減少している。

一体500万人もの韓国 ・ 朝鮮人が何時日本へ帰化したのか、根拠を示して貰いたい。 もしその根拠 ・ 資料を示さないならば、今田勇三さんは勝手に架空の話をでっち上げてデタラメな議論をする人だと言うことになる。

結論

1.小沢一郎の系図を本当に見たのならば、インターネットで流布されている小沢一郎の朝鮮人説を具体的に反論していただきたい。

2.500万人以上の在日朝鮮人が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいる根拠を示していただきたい。

資料
[1] 第19題消える「在日韓国・朝鮮人」
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuukyuudai

[2] 在日韓国・朝鮮人 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%
E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA
Population of Korean in Japan

[3] 図録在日韓国・朝鮮人人数の長期推移
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1185.html
日本に在住する朝鮮人・韓国人の人数の長期推移をグラフにした。 1910年韓国併合以降、朝鮮半島からの移入数は増加の一途をたどり、在日朝鮮人人数は1924年に10万人を越え、1928年には20万人を越えた。

http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080807-09.html


小沢一郎はどこから見ても正真正銘の朝鮮人 その2 ( 平成20年08月11日 )


拙稿
小沢一郎はどこから見ても正真正銘の朝鮮人
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080807-09.html
( 平成20年08月07日-No09 )


は、今田勇三さんが
小沢一郎はどこから見ても正真正銘の日本男児【今田】( 平成20年08月06日-No20 )
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080806-20.html
投稿者: 今田勇三

と書かれたことが真実であることを資料を示して論証していただきたいと言うものであった。 それは、文末に結論として書いた次の文章からも明らかである。

結論

1.小沢一郎の系図を本当に見たのならば、インターネットで流布されている小沢一郎の朝鮮人説を具体的に反論していただきたい。

2.500万人以上の在日朝鮮人が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいる根拠を示していただきたい。

それに対して、今田勇三さんから下記の回答らしきものがあった。

卑怯者の戯言【今田】
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080808-03.html
( 平成20年08月07日-No03 )投稿者: 今田勇三

> 一凡人さん、この論談の会場を2チャンネルと同じように汚さないで下さいね。 他の人が言っているという文章だとしても、名誉毀損の書き込みをしている事になりますよ。 貴方が誰かは後で追跡できるのですからね。

> 小沢代表が総理になった暁には、岩手にある小沢の先祖のお墓の前で、貴方の書き込みが間違っていた事を、謝って貰いたいと思っていますので。 (笑)よろしく。 ( お寺には過去帳というものがありますので。)

「 インターネットで流布されている小沢一郎の朝鮮人説を具体的に反論していただきたい 」 と書くことが何故卑怯者の戯言となるのか、何故論談を汚すことになるのか、何故名誉毀損になるのか、全く理解できない。

小沢一郎の朝鮮人説を紹介したことが名誉毀損になると言いたいようだが、それを示さねば読者は何が問題なのかが分からないだろうし、インターネット上で5万件以上もの記事があることを論談にコピーすると、名誉毀損だとの主張も理解できない。

拙稿には次のようにも書いている。

> ・・・それは小沢一郎にとっても世に広まっている 「嘘」 を糾す良い機会で、今田勇三さんは良い仕事をされたと喜ばれることだろう。

何故、こう書くと 「 貴方の書き込みが間違っていた事 」 になり、「 小沢の先祖のお墓の前で 」 謝らなければならないのか、今田勇三さんの論理は全く理解できない。

「 貴方が誰かは後で追跡できるのですからね。」 と書いたのは、今後の投稿を止めさせるための当方への脅迫のつもりなのか。 脅迫罪は刑事犯である。

> まさか、貴方は嘘ばっかりの2チャンネルがその発信元などと、そんな愚かなことを主張しないでしょうね。

拙稿で引用した下記の文章

>「偽装国士、小沢済州島一郎の化けの皮」について [1]
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200712/article_26.html

「偽装国士、小沢済州島一郎の化けの皮」について

には引用のサイト名が明記されており、それはYahooの検索では 約55,800件、Google で検索した約 23,400 件ヒットした記事の最初にあったものだと明記しており、2チャンネルがその発信元とは何処にも書いては居ない。 2チャンネルだ、2チャンネルだと変な言いがかりは止めて貰いたい。

今田勇三さんの書かれたことで明らかになったことは、小沢一郎の父親が岩手出身の小沢佐重喜、母親が荒木姓の娘であることで、これは上記の 「 偽装国士、小沢済州島一郎の化けの皮 」 に書かれた内容と一致していることである。

すなわち、今田勇三さんのかかれたことは、小沢一郎朝鮮人説の否定にはなって居らず、むしろ流布されている小沢一郎朝鮮人説が正しいことを示している。

インターネットで5万件以上も流布されている小沢一郎朝鮮人説を小沢一郎が否定しないのはあまりに馬鹿馬鹿しいからだとのことだが、それは、竹島が韓国領であることは自明だから、国際司法裁判所に訴える必要はないとの韓国政府の主張と似ている。

小沢一郎が否定しないのはそれが真実だから否定できない、が常識とも言われている。 「嘘」 の小沢一郎朝鮮人説を言われるのが嫌ならば、真実を明らかにすれば直ぐに決着が就く。

小沢一郎の系図が出回っているのならば、「嘘」 であることを論証するのは簡単なはずであり、その論証は彼の名誉を毀損することではなく、守ることのはずである。

今田勇三さんは小沢一郎朝鮮人説の 「嘘」 を立証する良い機会であり、是非小沢一郎家の母親の日本の墓の所在地を示して頂きたい。

さらに 「 お寺には過去帳というものがありますので 」 と書かれているが、どこのお寺にあるのかも明らかにしていただきたい。 またこう書くと 「 小沢の先祖のお墓の前で 」 謝れと言われそうだが、そうするためにも日本の墓の所在地が分からなければ不可能である。

二つ目の論点、今田勇三さんは「 500万人以上が在日朝鮮人 ( 2.3世代前から ) が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいますよ。 後、52万人だけが地方参政権を持つことがどう危険なのですか。 」と書いて居る。

これを読めば普通の日本人は、今田勇三さんは1910年の日韓併合以後、500万人以上の在日朝鮮人が2.3世代前から日本に帰化し、日本人の名前で住んでいる、と言っていると思うだろう。

しかし、この度の「卑怯者の戯言【今田】」なる反論では、

> 帰化人の話だが、私は日本の弥生文化は朝鮮から入ってきたと信じています。 だから、物部氏 ・ 蘇我氏 ・ 藤原氏 ・ 秦氏は朝鮮人の子孫だと私は今でも信じています。 そう考えれば500万人は、はるかに超えるかもしれませんが。

と書いて居る。 日本の弥生文化は朝鮮から入ってきた、だから、物部氏 ・ 蘇我氏 ・ 藤原氏 ・ 秦氏は朝鮮人の子孫であり、その人数は500万人は、はるかに超える、との主張のようだ。

弥生時代の日本列島の人口は45万人とされており[2]、2.3世代を入れても日本列島の人口の10倍以上の500万人が日本へ帰化したと言うのは珍妙である。また、弥生時代には国家の概念もないのに、弥生時代に在日朝鮮人が日本へ帰化したと言うのも奇妙な話である。

または、今田勇三さんの言う ( 2.3世代前から ) とは特別の意味があるのだろうか?在日朝鮮人はおよそ紀元前10世紀中頃から3世紀中頃までにあたる弥生時代から現在までに僅かに、2.3世代しか経ていないと言うのだろうか。 朝鮮人の1世代とは1000年という事なのだろうか?

何故、真実を明らかにして欲しいと言うことが 「 卑怯者の戯言 」 となるのだろうか! 今田勇三さんは真実を隠蔽することが正真正銘の日本男児だと思っているようだが、そのような話は聞いたことがない。 「 卑怯者の戯言 」 とは本当は誰の言をさすのか、今や明らかではないか。
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080811-27.html

小沢一郎はどこから見ても正真正銘の朝鮮人 その3 ( 平成20年08月14日 )


今田勇三さんは 「 小沢一郎はどこから見ても正真正銘の日本男児【今田】 」 [1] と書かれたが、その根拠は全く示されていなかった。 根拠を示さずに書くならばどのようなことも書ける、「 小沢一郎はどこから見ても正真正銘の朝鮮人 」 と書いてある記事があったら読者にはらどちらの主張が正しいのか分からない。 インターネット上では5万件以上もの小沢一郎朝鮮人説のサイトがある、そこに書かれたことを否定しないで、単に 「 正真正銘の日本男児 」 と書いても無意味である。 それで、

> 1.小沢一郎の系図を本当に見たのならば、インターネットで流布されている小沢一郎の朝鮮人説を具体的に反論していただきたい。

と書いた[2]。

これに対し、今田勇三さんは 「 卑怯者の戯言【今田】 」 [3] で、

> 一凡人さん、この論談の会場を2チャンネルと同じように汚さないで下さいね。 他の人が言っているという文章だとしても、名誉毀損の書き込みをしている事になりますよ。 貴方が誰かは後で追跡できるのですからね。

> 小沢代表が総理になった暁には、岩手にある小沢の先祖のお墓の前で、貴方の書き込みが間違っていた事を、謝って貰いたいと思っていますので。 (笑)よろしく。 ( お寺には過去帳というものがありますので。)

> 小沢のお父さんはご存知、岩手の百姓、小沢佐重喜です。 お母さんは千葉の県会議員、荒木儀助の4女で、千葉選出の染谷代議士の従兄弟になります。

とあった。

それで、「 小沢一郎の父親が岩手出身の小沢佐重喜、母親が荒木姓の娘である 」 ことは引用した 「 偽装国士、小沢済州島一郎の化けの皮 」 [4]に書かれた内容と一致しており、小沢一郎朝鮮人説の否定にはなって居らず、むしろ流布されている小沢一郎朝鮮人説が正しいことを示している、と書いた[5]。

そこで再度、小沢一郎朝鮮人説を否定する今田勇三さんに

> 3.小沢一郎の母親の墓の場所およびお寺の過去帳の所在を明らかにし、小沢一郎朝鮮人説の「嘘」を払拭していただきたい。

と書いた。 これに対して今田勇三さんは最終回答として[6]

> 一凡人さんは私の投稿のあら捜しをして、難癖をつければ、小沢一郎を朝鮮族に変える事ができるとでも思っているのでしょうかね。

> 2チャンネル発の同じ資料を何回も使って、同じ内容の投稿を繰り返しても、小沢一郎は出生を変えることはできませんよ。 事実は曲がらないからです。

> お母さんが荒木みちで、お母さんのお父さんは、荒木儀助という千葉県選出の県会議員でしたでしょう。

> 今後、どんな嘘の資料をつけようが、荒木儀助が済州島出身の朝鮮族だという証拠を提示しない限り、貴方の言うことは嘘です。 嘘は広げないで下さいね。

> ・・・小沢一郎が朝鮮族であるというちゃんとした出自を示し、根拠を正して書き込んで欲しいと願っている。 証拠を示すべき責任は嘘の書き込みをしている一凡人さんの方にある。

と書いて居る。 当方は、今田勇三さんが小沢一郎の系図を見たし、お寺の過去帳もある、「 小沢一郎はどこから見ても正真正銘の日本男児 」 である、嘘を書く一凡人は小沢一郎の祖先の墓の前で謝れ、と書かれたので、母親の墓がインターネット情報の済州島でなく日本にある場所や過去帳を持っている寺の所在地を知らせて欲しいと書いたのである。

しかし、2度の要請にも拘わらず、今田勇三さんは小沢一郎の母親の墓の場所も過去帳を保存している寺の所在も明らかにしないどころか、当方に証拠を示す責任があるとはびっくり仰天である。 それは、今田勇三さんはそれ等に関する情報を持っていないからだと思わざるを得ない。 すなわち、今田勇三さんは確とした証拠もなく 「 小沢一郎はどこから見ても正真正銘の日本男児 」 と書いたことは今や明らかである。

今田勇三さんは

> 嘘も、百万遍投稿すれば、真実のようになる式の投稿は許されるべきではないと思っています。

と書いているが、公然と嘘を書いているのは今田勇三さん自身である。

今田勇三さんは小沢一郎朝鮮人説を小沢一郎が否定しないのはあまりに馬鹿馬鹿しいからだと書いて居るが、これも根拠のない勝手な主張であろう。 「 馬鹿馬鹿しいから 」 ではなく、それを否定することが出来ないからだろう。

今田勇三さんは 「 名誉毀損の書き込みをしている事になりますよ。 貴方が誰かは後で追跡できるのですからね。」 と発言を封じるような脅迫的な言を弄している。 これに関しても、反論をしておきたい。

まず、名誉毀損罪は親告罪であり、当事者でない今田勇三さんにはそれを言う権利はない。 さらに、例えば資料[5]によれば、記述に公共性があり公益目的で記述されたものは、例え記述の重要な部分について真実でなくても、インターネット上の個人の記述は名誉毀損罪にはならない、との判決がある。 そこでは、インターネットの特性を、「 発信者同士は対等であり、容易に反論可能 」 だから、マスコミの記事とは異なり名誉毀損罪にはならないとある。

況んや拙稿で主張しているのは、小沢一郎朝鮮人説を否定していただきたい、との主張であり、名誉の毀損どころか、今田勇三さんに小沢一郎の名誉を守って欲しいとの主張であったのだから、名誉毀損罪であるあるずがない。 普通の日本人であれば、母親の墓の所在を示すことに問題があるはずはない。

しかし常々、小沢民主党の広告塔の役を演じ、小沢一郎の系図まで見たことのある今田勇三さんが小沢一郎朝鮮人説を否定する根拠を示せない以上、今田勇三さんは事実上、小沢一郎朝鮮人説を補強したことになる。

二つ目の論点、今田勇三さんの書いた 「 500万人以上が在日朝鮮人 ( 2.3世代前から ) が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいますよ。 後、52万人だけが地方参政権を持つことがどう危険なのですか。 」 [8]への反論[5]、

> 弥生時代の日本列島の人口は45万人とされており、2.3世代を入れても日本列島の人口の10倍以上の500万人が日本へ帰化したと言うのは珍妙である。また、弥生時代には国家の概念もないのに、弥生時代に在日朝鮮人が日本へ帰化したと言うのも奇妙な話である。

には全く答えていない。 その理由は、「 500万人以上が在日朝鮮人 ( 2.3世代前から ) が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいますよ。」 が全く根拠のない今田勇三さんがでっち上げた架空の話だと思わざるを得ない。 これも 「 嘘も、百万遍投稿すれば、真実のようになる式の投稿 」 を今田勇三さん自身が行っている好例である。

これは小沢一郎が 「 EU域内では、「 お互いに永住権を取得した者には地方参政権を与えよう 」 という方向で制度の改正が行なわれつつあります 」、と国民を騙すのと同類である[9]。
EU内で、自国の国民60万人には無条件で永住権を与えよ、しかし、相手国の国民には永住権は与えず強制的に追放する相互主義を無視する国は存在しない。

そもそも、今田勇三さんの在日韓国 ・ 朝鮮人に参政権を与える根拠が、弥生時代迄遡るというのは奇想天外な発想である。 嘘を付いて日本人を騙してでも参政権を獲得したい、そして今以上に旨い汁を吸いたいとの気持ちからだろうか。

朝鮮半島に住む韓国・朝鮮人と日本人は遺伝子的には赤の他人であるとの最新の研究がある[10,11]。 それは、嘘を付くことを最大の恥だとする日本の永年の伝統と、嘘を付くことを恥と思わず、公然と嘘を付く韓国・朝鮮政府や韓国・朝鮮人の文化的伝統との間に大きな差があることに示されているのだろう。

今田勇三さんはご存じないようだが、我が国には 「 嘘は泥棒の始まり 」 という諺がある。 「 500万人以上が在日朝鮮人 ( 2.3世代前から ) が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいますよ。後、52万人だけが地方参政権を持つことがどう危険なのですか。」 と大嘘を書いて参政権を得ようとすることは、憲法違反の日本国民の権利を侵害する[12,13]参政権泥棒である。

結論

1.民主党の広告塔を勤めている今田勇三さんは 「 小沢一郎の系図を見た 」、「 寺に過去帳がある 」 「 小沢一郎はどこから見ても正真正銘の日本男児【今田】」 と書いたが、先祖の墓や過去帳のある寺の所在は全く示せていない。 そのため小沢一郎朝鮮人説の信憑性は一層高まったと言わざるを得ない。

2.今田勇三さんは「 500万人以上が在日朝鮮人 ( 2.3世代前から ) が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいますよ。 後、52万人だけが地方参政権を持つことがどう危険なのですか。 」と書いた。 その論拠は弥生時代に遡るようだが、その根拠は示せていない。今田勇三さんの空想の産物、虚偽だと思わざるを得ない。

3.今田勇三さんは 「 嘘も、百万遍投稿すれば、真実のようになる式の投稿は許されるべきではない 」 と書いて居るが、根拠のない嘘を書き続けているのは、今田勇三さん自身である。

4.小沢一郎や今田勇三さん式の欺瞞的論理で外国人参政権を獲得しようとすることは、日本国民に対する泥棒行為である。


[1] 小沢一郎はどこから見ても正真正銘の日本男児【今田】( 平成20年08月06日-No20 )
投稿者:今田勇三
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080806-20.html

[3] 卑怯者の戯言【今田】 ( 平成20年08月07日-No03 )投稿者:今田勇三
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080808-03.html

[6] 最終章:何回、同じ投稿をしても小沢一郎は朝鮮人にならない【今田】
( 平成20年08月12日-No15 )投稿者: 今田勇三
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080812-15.html

[7] 弁護人も泣いた!奇跡の完全無罪
グロービートジャパン・平和神軍事件で判決 吉本 敏洋(2008-03-04)
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080303/21634
・・名誉毀損容疑で起訴された・・・
1. 記述に公共性があるかどうか
2. もっぱら公益目的で記述されたものかどうか
3. 記述の重要な部分について真実であるかどうか

インターネットの特性を、「 発信者同士は対等であり、容易に反論可能 」 であり、「 マスコミの記事ではないことは明らかで、個人が表現を行う以上、情報収集能力や綿密な調査に限界があるから、それを厳しく問うことは自己検閲を招き、表現の自由が目指す公共の福祉に反する 」 としたのだ。

[8] rerere外国人参政権問題【今田】 ( 平成19年12月07日 )投稿者:  今田勇三
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0712/071207-8.html
500万人以上が在日朝鮮人 ( 2.3世代前から ) が日本に帰化し、日本人の名前で住んでいますよ。 後、52万人だけが地方参政権を持つことがどう危険なのですか。

[9] 永住外国人の地方参政権について
http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/05.htm
また、EU域内では、「お互いに永住権を取得した者には地方参政権を与えよう」という方向で制度の改正が行なわれつつあります。
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080814-16.html


19. 中川隆 2012年12月01日 20:08:15 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

「小沢一郎は朝鮮人」と西村眞悟先生
http://www.youtube.com/watch?v=E7VQCu3HGt8


小沢:民度の低い日本人は優秀な韓国人の血を入れなければ


오자와 국민대 강연 小沢一郎 國民大 講演 (1) Ozawa's Speech at KMU
http://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM
http://www.youtube.com/watch?v=hR5TF83kGK8
http://www.youtube.com/watch?v=WsOwC13DVVw
http://www.youtube.com/watch?v=vTiu5wtdBUU
http://www.youtube.com/watch?v=mQtHln8204Q


小沢:日本人は動物にも劣る民族
小沢一郎幹事長、ソウルの国民大学で講演「日本人は寄生虫、害虫」


民主党の小沢一郎幹事長は12日、ソウルの国民大学で講演後、約250人の学生と日本人について語り合った。学生から、多くの日本人が学校にも通わず、仕事にも就かないニートについて聞かれ、小沢氏は

「日本のニートの現状はみんな親が悪い。日本人の親は学校にも行かなで、仕事もしないぶらぶら遊んでいる子供を食べさせている」

と持論を披露した。小沢氏は

「学校にも行かない無職の子どもを責める前に、日本人の親達は子供を甘やかしている。親に民族教育を確りしないといけない」

と主張した。

「日本人の若者は漠然と他人に寄生し寄生虫として生きているとんでもない害虫だ」

「もともと日本人の親達もどうかしている。日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない」

「日本人はもともと民度が劣るから、君達韓国人のような優秀な民族の血を日本人に入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ」

日本の古代歴史についても「韓半島南部の権力者が日本の国家を樹立したもの」と述べた。
( ソウル発外電 2009/12/13)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186980186

小沢氏は

★「日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない」

★「日本人の若者は他人 に寄生し寄生虫として生きているとんでもない害虫だ」

★「日本人はもともと民度が劣るから、君達韓国人のような優秀な民族の血を日本人に入れない限り、
他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ」

★日本の古代歴史についても「韓半島南部の権力者が日本の国家を樹立したもの」と述べた。


小沢一郎は昭和天皇を爆殺しようとして逮捕され(桜田門事件)大­逆未遂で処刑された 李奉昌の墓をわざわざ韓国に出向いてまで参拝してるのも有名な話­です。

テレビも新聞もこんな大事なことを隠すようにしてほとんど報じな­い。 李奉昌は天皇を暗殺しようとして処刑された後、 遺骨になり韓国に運ばれ国家的英雄として祀られています。 韓国では彼奴の記念切手も発行されているわけですが、小沢一郎も­個人として、そして日本の政治家として彼を讃えているわけです。

小沢一郎は、トップクラスのコテコテ反日人間なのは明白、 西村先生が仰るとおり小沢には日本人の心も大和民族の魂も無いで­すし、もはや日本人とはいえないレベルです。

反皇室というだけではなく、日本を崩して衰退させることをも熱心­にやってきている小沢一郎ですが。 日本を滅ぼそうとしている反日連中や、テレビや新聞に毒されたお­馬鹿な愚民が彼奴に一票入れてしまうので彼は政界に居座り日本を­破壊し続けます。 彼奴は純粋な反日国賊です。

aoi5231 6 か月前 42
http://www.youtube.com/watch?v=E7VQCu3HGt8

osiripenpen1969さん

小沢一郎は心の根底にある魂が日本人ではないからです。

(※抜粋)
小沢一郎=父親(朝鮮人)+母親(朝鮮人)

父・小沢佐重喜(オザワサエキ)戦中、東京市下谷区御徒町で自称弁護士として北朝鮮の工作員として活動。

北朝鮮の工作員として北朝鮮独立開放のために日本で活動。戦後、岩手方面に進駐した「朝鮮進駐軍」指導者となり拠点を作る。

小沢一郎の父・小沢佐重喜は、悪名高い朝鮮進駐軍小沢部隊、戦後に日本人を殺害していた朝鮮総連武装集団。

父親は浅草の香具師(麻薬売人)で、その56歳のときの三男として東京下谷に生まれた。

小沢一郎の母・荒木ミチは、韓国済州島の朝鮮労働党員で、コーリアン売春宿の女将だった。

母親(通名)荒木ミチは内縁で、父親の籍は入っていない。

小沢一郎には、二人の実姉のスミ子、則子がいるが、養女というかたちになっている。

その頃に浅草の泥棒市で日本人の戸籍を入手。

小沢佐重喜という名前は、当時多くの北朝鮮工作員が、使い回して居たとの説が多い。

そして、小沢一郎は岩手水沢に出生としているが、その田舎の住民は小沢一郎が居たのは中学一年の一年間だけと言う。

小沢一郎の母・ミチの墓は、韓国済州島にある。


出典:松田賢弥『闇将軍 野中広務と小沢一郎の正体』(講談社)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1350796543?fr=rcmd_chie_detail


■ 小沢一郎 妻が怒りの落選工作「小沢を応援しないでほしい」 

「『国民の生活が第一』は議席を大幅に減らすという予想が出ており、小沢代表も地元・岩手に帰るわけにもいかず、全国行脚を強いられています」(党関係者)

今回は民主党を飛び出して『国民の生活が第一』を結成した小沢一郎代表(70)にもかつての“剛腕”ぶりは見られない。そこへ追い討ちをかけているのが、妻・和子さん(67)の存在だ。

今年6月に彼女が支援者に書いた手紙が公開され、小沢夫婦の不仲が明らかとなった。和子さんは現在、実家のある新潟で生活しているという。

「和子さんは秘書を通してしか連絡をしてこない小沢代表を『弱虫』と言っているそうです。離婚の意志は固くとも、まだ法的には成立していません。莫大な財産分与もありますし、決着には時間がかかる模様です」(後援会関係者)

『国民の生活が第一と言いながら、自分のことしか考えていない』という夫への怒りから、和子さんは「夫の落選」工作のため積極的に行動中だという。

「和子さんは岩手県在住の知り合いの後援者には、『小沢を応援しないでほしい』、『小沢を何とか落選させられないか』と頻繁に電話をかけているそうです」(前出・後援会関係者)
http://jisin.jp/news/2564/5256/
  


5.22小沢に怯える岩手県民[桜H22/5/24]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10845403?via=thumb_watch


■小沢一郎が当選する理由。岩手県の徹底言論弾圧


小沢一郎
選挙区は岩手県水沢市。

日本じゅうの大迷惑なコイツを選出してるってどんな人ら?!って思うよね


この地区は『徹底的な言論弾圧』が行われてるorz


○○町で、○人が小沢一郎に投票しなかった。

連帯責任でそれなりの制裁が来る


○○が小沢一郎に投票しなかった

旦那の勤務先の会社が倒産する

http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-84.html


 小沢一郎「国民の生活が第一」代表が民主党時代の2011年中に、資金管理団体「陸山会」へ100万円以上の個人献金をした人が、10年の10人から急増して109人に上ったことが、30日公開された政治資金収支報告書で分かった。総収入額は約3億4300万円で10年からほぼ横ばいだったが、個人献金の総額は3倍以上に膨らんだ。

 報告書によると、109人の職業は主婦・主夫33人、会社員22人、無職21人、パート・アルバイト8人、公務員・市嘱託職員6人など。うち101人が小沢氏の刑事裁判が始まった10月以降にのみ献金。100万円を一括寄付し、他に寄付のない人が80人に上った。政治資金規正法の個人献金上限の150万円は9人。


「娘を助けたいなら(小沢氏に)寄付するよう医師に言われた」

とした無職女性もいた。2012/11/30-17:18)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012113000771&g=pol


小沢信者は「ネトウヨ」というレッテル張りが好き


27. 2012年11月14日 12:43:36 : xjgCdUw31Y
>>25
>HNPlrBDYLM = 中川隆

うんこ投稿文にたかる金蠅みたいな、デタラメ臭たっぷりなネトウヨ
http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/760.html


30. 2012年11月14日 00:11:19 : l1NPjWZAfD
>一橋出で天才作家の石原慎太郎先生と日大中退の小沢を一緒にするな


情弱のネトウヨ君、書く側からバカが露呈するね。みんなおまえのバカぶりに呆れ果てて突っ込む気も失せてるよ。
ニコニコ動画でミンスがとかコメ書いてクダ巻いてネトウヨうぜーんだよって嫌がられてるレベルなんだよ。徹底的に恥ずかしいな、おまえ。
http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/731.html


___________


小沢信者が「ネトウヨ」というレッテル張りが好きな理由は


249 :地震雷火事名無し(東京都):2012/09/06(木) 20:31:50.63 ID:i0IjxGO20

ネット工作会社「ピットクルー」が東証マザーズ上場へ
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1316595234/


49:名無しさん名無しさん@腹打て腹。 :2010/08/12(木)

俺元ピットクルーだけど
ピットクルーの手口はその話の話題ではなく
人格攻撃で話題をそらすというやり方が主流です


53:名無しさん名無しさん@腹打て腹。 :2010/08/12(木)

そう、そして24時間体制だよ。


321 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2011/08/27(土)

某工作会社でバイトしてたけど、工作する時の最重要課題は
「底辺・ニート=ネトウヨ」
のレッテル張りを徹底的にすることだったw


764 名無しさん@12周年 sage 2011/09/11(日)

それもあると思いますが、委託会社は沢山ありますよ
俺がバイトしてた時は、アンカーレス1個に付き20円だったから
工作員には絶対アンカー付けないでね
後、2人一組でレス交換する手口も良く使ってました

                     -――――-
                、 /        ゙:.、 ..\        
                ..*'" / / ト、     ゙:.、    \     
              -/ / /    :l ゙; ゙、        ハ:     
              / ,.イ / /    :!   ゙;      ゙;    l:     
             {/  / /{   l! l    ! ヽ  ゙、゙、  ゙、 ト    
            /   ,イ i! l {  l ! ト、__}_}  マ  \ヽ ゞ    
           /  〃./ /斗-゙;゙、 l ゙、.l `メ/}: ̄} .ハ   ヾト、 \  
           l  i! /:ト{  l__,,,ゝ、_l シ符筍ミ,イ:}  ト:}  }.}ト \ ヽ
           弋 { :{ ゝl  代豸    "~/ ,イリノ / ノ //} )) ) リ
            )人ミ、.弋トミ、  、    / {ノ /〃/ノノイ / /
               jノ} ノ代_   、.. .-乂 弋 ( {! λ(__:( / /
            γ`=彡イ } ゙ト)ト.、_     ,.ィ`ヽヽYヽヽ_゙゙)ノ弋(_
              {(__ 弋(.ζ戈ζ)ノ` ーイ,.ィ" )ノ ノソ#:`゙ヾ__ )
                        >ー - /     'i:   ! 
                  / ィ:.T/|      j    |  
                    / / / /:. ::{      |:    i    
                     i ,.-―ノ:. :.ハ     |    ..|
                 レ '{. /j/   !       !'  .  l    
                   | ,.'        |      | ..   i  
                  V       !      |    .i
                      /        |     |    .i 
                  {        |     |     |  
                     ‘.          ノ!     |   ` ヽi  
                    \._  _  /`|      ,'|      i
                     /  ̄ \    !    /       i
                      〈   / / \       /  'V    i
                 |\〈 i  / |\  /    './   .'
                   /  ハ | { ハ `´       ヽ  リ \'__
              /  /   | ! .ノ          、     \ \
              |   /    j/-‐            \       \ {
              |  /  /    {                   ヽ      V\
           __j/  {    \                '.      V{  ̄\
          /  /    ヽ       |                 '.      | >‐、\__
____厂 ̄/      }        !                  !       ヒ_  \__
____/ ̄ ̄/     i /    ヽ   /               ,'       /   V
___/    /| |    |       〉 { ` ‐- ..._    / ̄ ̄ヽ /    ,.'      `ーr_、
    /   ∧/   /       /  \      ̄'´        〈、__,.イ-- 、      }-}
_/__/ /\/ /    /  〈   /              ヽ____    > 、 ' ヽ
          / ./  /    /      {                   -、-_、    `ー<
_           ___/       ヽ ――-- .._            }-'、      \
  ヽ.  /   _/         /   \ ̄ ̄ ̄ ̄\≧‐--/\_,.  -―-'

自民党・民主党の政治家がみんな中国・韓国を大好きになる理由


3 :名無しさん@13周年:2012/11/30(金) 22:25:02.09 ID:+swK2yPk0

TVタックルより安倍晋三の逸話

中国では日本から政治家が来ると、女、金を使ってその政治家の弱みを握って
自分たちの都合の良いようにコントロールをする事が常であった。

安倍晋三が中国に来た時も同じ方針に出た。
安倍晋三がホテルの部屋に入ると、そこには一糸まとわない美女が。
安倍晋三はこれは陰謀に違いないと思い、慌ててその女性を部屋から追い出した。

1時間後、部屋のドアをノックする音が。
ドアを開けると、そこには8歳ぐらいの幼女が立っていた。

中国は阿倍の事をロリコンだと思い、今度は幼女を派遣した。
安部は居たたまれなくなって、直ぐにその幼女を追い返した。

後、中国では安部のホモ説が流れた。


297 :名無しさん@13周年:2012/11/30(金) 23:44:47.77 ID:+8HgrX4n0

裸の美女を追い出した後、八歳の幼女か。これが定番なら、幼女には手を出す奴もたくさん居たんだろうな。


40 :名無しさん@13周年:2012/11/30(金) 22:32:19.87 ID:nujJwRZu0
>>3
安部のホモ説はこれが原因だったのかwwwwwwwwww


61 :名無しさん@13周年:2012/11/30(金) 22:38:38.96 ID:Facip5Py0
>>3
石破じゃなくて安部だったけか?

たしか石破が支那を訪問してホテルに宿泊したら、
女が来たので追い出して、しばらくすると美少年が来たとか。
これは本人が言っていたからなw
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1354281864/


                                           ,. -―._====>ミ'ヽ、
                                        ,.ィ,. -‐''二 ̄  ___   `゙'(
                                         //x‐''"´ ァ‐''"´_二ニ-――=-ミ、
                                     /':/,.ィ´ / >'"/       _
                                    / / イ////,.イ ,.-‐ァ'"´ ̄,.ィ"´ ̄
                                 _z=/ :////=,/ // ̄/フTメ==、_,.イ´   _,. -‐
                               // Y /// /-ノ とテ斧ミメx、  `Х ,.ィ''"´
                                  レ'/ Y :/ /イ:/´。``':ミテメミト/ /   u  ,.ィ
                                   /´/ノ:/, ' .l{   :::::::::::ヾ(゙///      ,.l /
                      _              /// 、_リ     :::::::::::::::....     /,.ィ!
                    ,. -‐''"´  ``ヽ         /(ノ7            ,; :::::::::::..  / xく l!ノ
               ,. '"           \ ,.-‐=ァ==ァ':l/'.    __  、   ::::::::::o'´xェ;-‐''" l!/
            ,,. '"      _,.          Y  ./ ,.ィ/.とノ     ヾヽ.ヽ    ::::::::::ヾヾミメ,_,.ノl!_
           ,. '"    u  /         ヽ、(   {:l/ ./l      、 ヾ,、}    ::::::::::::.Yi芽.l-‐|
        ,. '"  _,.っ,,.__o゚ノ            ヽ`゙'ー--‐'".:::::l         ノ'       ::::::::ノ'"}lメ! ,レ
    ,. ,. -‐''"´ -::r=:、:.、  ``丶、      u     ヽ.   / .:::::::l、   ι´´   _     ::::U '゙’-ィ-/
 ,. ' イ    /::::::::::゙'':´::::::::..                ヽ./  ..:::::::::>:..、      ´u (( ̄``ヽ=ァニ二イ/,ィ
'"/     : : :: : : : : : : : : :                              `゙' ァ,.、 _  ゞ_,.-‐'ア´__ノ__ノ ノ
/                                            /´// / ̄/ / / ̄(/ //
                                    ´``ヽ、   l、:l l /  / / // //_/// ,
                     _,.:==    _____   __ `丶 \l l :/ / // ///  / /,.イ /
   ι                u'´       (ノ ̄ ̄フ‐'"´ ̄    ̄``丶 、゙ ‐- l.,l_l //l { / / l !(
            u                     ,. ィ''´               `丶、 `ヽ、Y :l l iヾ
                            /             ι       ヽ、 ヾ、 l ! !〃
                              , '         u              ....-\: ヽl / / l
、ij               ι           /                       ..:::::::::::::ヽ_j./ / l
::::ヽ、                  ,..:::::                               :::::::ヽ:(;;;':)/ /
::::::::::\               ...:::::::::::                           ...:::::::::::゙'´:! /

【政治】小沢氏「我々が政権を託されたら、消費税は凍結ないし解消する。国民の皆様の前で誓ってもいい」


1 :BaaaaaaaaQφ ★:2012/11/17(土) 21:27:44.63 ID:???0

 国民の生活が第一の小沢一郎代表は「我々が政権を託されたら、必ず10年後には原発をなくす、
消費税は凍結ないし解消することを実行する。国民の皆様の前で誓ってもいい」と明言した。

  国民の生活が第一は特に3つの政策課題の実現を訴えることにしており、10年後の全ての原発の
廃止。消費税増税の廃止と無駄遣いの多い特別会計、政府関係法人の廃止、官僚の天下りの全
面禁止の断行。増税に頼らず予算の組み方を根本から見直す。行政の権限と財源を地方に大胆に
移し、国の補助金と政策経費(40兆円)を原則、自主財源として地方の交付対象にすることなどをあ
げている。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1117&f=politics_1117_008.shtml


2 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:28:03.07 ID:+t4C7d4o0
嘘です


3 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:28:19.17 ID:50dfTql40
全て嘘です。


4 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:28:20.77 ID:qJmtA6YB0
ばーか、ほざいてろw


5 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:28:30.45 ID:Yvh3IeNa0
託されないから、そういう仮定の話は脳内でやってくれませんか


6 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:28:36.30 ID:4j4JUDz30
託されることはないんだから、何でも言えるわな。

23 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:30:03.65 ID:PBytjt580
誰も信じないわ


24 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:30:11.99 ID:p4vHZvdt0
嘘マニフェストの元凶がなに言ってるんだ糞虫www


25 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:30:24.32 ID:JfkwNAmL0
と、ガソリン暫定税率撤廃のマニフェスト約束を真っ先に破った方がおっしゃっております

27 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:30:35.90 ID:2yzS0QKg0
ウソだ


28 :名無しさん@13周年:2012/11/17(土) 21:30:40.67 ID:GYAyvcx60

消費税問題よりも先に

子ども手当て26000円渡せよ!
高速無料にしろよ!
ガソリン税を廃止しろよ!
後期高齢者医療を廃止しろよ!
最低時給1000円にしろよ!
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1353155264/  


__________

民主党のマニフェスト選挙でも分かるように、政策で政権をとっても政権をとったとたんにマニフェストを忘れてしまう。鳩山総理も内閣を組んだら直ぐにマニフェストに書かれた法案を国会に出せば衆参とも多数派だったのだから出来たはずだ。しかし公務員制度改革も先送りにしてしまって、何も出来ずに脱税疑惑で失脚した。小沢一郎幹事長も韓国でおかしな発言をして本性を現して来た。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu276.html

アメリカには逆いたくない

思いやり予算、衆院通過 小沢氏は本会議欠席


アメリカにだけは楯突くことは絶対にしない。これが小沢一郎民主党代表の原則のようだ。新テロ特措法の再議決時に採決直前に議場を後にし、批判を浴びて逆ギレしたが、また懲りずに同じことをやらかした。

アメリカ軍のために経費を肩代わりする予算のことを「思いやり予算」と読んでいるが、その根拠となる新特別協定案を、自民・公明が衆議院本会議で強行可決した。民主党は協定案に反対したが、小沢代表は今回もやはり欠席した。

どうあってもアメリカには逆らわないと形で表しておきたかったのだ。そう言えば国民新党の亀井静香氏も確か「小沢氏が『大連立』構想に走ったのは、反米レッテルを張られる恐怖心からでは?」と言っていた。
http://www.asyura.com/08/senkyo48/msg/982.html


日本の主導権握る米国の姿     2010年5月28日付


 米軍普天間基地問題をめぐって鳩山首相が23日に沖縄を訪問し、「県外移設の公約」を覆して自民党現行案である名護市辺野古沖への新基地建設を進める方針を表明した。同時に「沖縄の痛みを全国で分担しないといけない」といい、全国知事会に働きかけて米軍訓練の受け入れ先探しを本格化させた。新基地建設と全土の基地化である。沖縄も徳之島も大村も岩国も「基地は来るな」が圧倒的な民意である。「それが国民の意志なので引き揚げてくれ」とアメリカに伝えるのが主権在民の国である。しかしメディアがあげて「アメリカが怒っている」と騒ぐなかで、民意に対抗してアメリカの意志をすべてに優先した。日本をアメリカの核戦争の盾にする道であり、自民党と変わらぬ売国政府である。

 外国の軍事基地をおくかどうか、おくならどこへおくかは国の主権の関わる問題である。しかし一連の顛末は、主権が日本政府の側にはまったくなく、アメリカ側にあることをありありと示した。民主党は「普天間基地の県外移設」「米軍再編の見直し」を唱えて衆議院選挙で票を集めた。しかし岩国でも、空母艦載機移転や愛宕山米軍住宅が既成事実のように早早に予算をつけた。「政治」とはウソをつくことであるという現実を人人に思い知らせた。選挙における公約、それに対する有権者の選択という、選挙で国の進路を決めるのではないこと、日本はアメリカが独裁支配する社会であり、主権在民の民主主義社会ではないことを思い知らせた。

 一連の経過は、鳩山のお粗末さを暴露したが、単に鳩山がお粗末というだけでは説明がつかない。日本の大新聞をはじめとしてメディアは総動員で、「アメリカが怒っている」などと大騒ぎをして世論誘導をしたし、財界や御用学者がアメリカの機嫌をとる。そういうなかで鳩山は格好をつける余裕すら与えられなかった。

 アメリカ側は結局、自民党政府と決めた「現行案」を一歩も譲らなかったし、鳩山政府はそれを丸飲みすることしかできなかった。月末までに共同声明で発表するという内容は、2006年に自民党政府が合意した米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への新基地建設であり、工法は鳩山政府が出したくい打ち桟橋方式でなく、アメリカが主張する頑丈な埋め立て方式に戻すというものだった。大騒ぎして振り出しに戻った。

 加えて普天間基地機能の沖縄県外への分散移転といって、普天間基地の一部機能を徳之島など全国の自衛隊基地に拡大させ、米軍嘉手納基地の戦斗機訓練の県外への拡大、米軍訓練は九州各地の自衛隊基地にローテーションで分散移転させるなどを協議している。選挙で掲げた「米軍再編を見直す」とか「県外移設」などの公約は、基地を減らすようなそぶりをして、実はもっと増強の方向で見直すという意味となった。

 鳩山は23日再度、臆面もなく沖縄県を訪問。県庁で仲井真知事と会談し「代替地は県内、辺野古付近にお願いせざるを得ない」「県外に移設すると、海兵隊の機能を大幅に損なってしまう」といい、沖縄の基地を全国に分散移転するといって、基地を全国に拡大させることに意欲を見せた。

 鳩山政府は「沖縄の痛みを全国で分担しないといけない」といって、全国知事会議を要請し、訓練の受け入れを協議させる。沖縄の負担軽減といって米軍基地の全土化を推進している。大阪の橋下知事などは「今まで基地を受け入れていないところが受け入れるべきで、真っ先に考えないといけないのは関西だ」と表明している。


 米国のための「抑止力」 日本を危険にさらす

 敗戦後65年にわたって外国の軍隊が常駐し、しかもさらに新基地をつくって今後数十年も居座り、その外国軍隊が日本中の自衛隊基地を使用し、さらに港湾、空港などを自由に使用できるようにする。しかも米軍再編の費用3兆円をはじめ、駐留経費は「思いやり予算」などといって年間2000億円も日本の税金から負担する。
 鳩山は、韓国の哨戒艦の沈没事件が北朝鮮の攻撃によるなどのことを取り上げ、アメリカ海兵隊の役割が抑止力として不可欠なことを「勉強すればするほどわかった」などといっている。

 ここで最大の問題は、その「抑止力」の問題である。それが「日本の安全保障のため」ではなく、アメリカの国益のためであり、米軍基地の存在が日本を危険にさらすという問題である。

 日米安保条約は90年代以後、日米の実務者レベルの協議で、「ガイドライン」などといって、どんどん実質的な改定が進行してきた。それはアメリカの世界戦略に従属して、世界的な範囲で自衛隊が役割を果たすようになってきた。イラクなどへの自衛隊の派兵のように、元元恨まれる筋合いのなかった中東アラブ諸国からも恨まれる羽目となった。

 2006年以後の「米軍再編計画」では、米本土から米陸軍第一軍団司令部を座間(神奈川県)に移し、そこに陸自中央即応集団司令部を統合させ、自衛隊の司令部機能を米軍の指揮下においた。さらに青森に米軍Xバンドレーダー配備、横須賀への原子力空母の配備、岩国への厚木艦載機部隊移転計画、自衛隊基地や海自イージス艦へのミサイル配備を実行。それは日本本土を核攻撃拠点とし米本土防衛の盾にするものである。
 九・一一事件以後、基地の町で見ていることは、米軍とその家族の緊急避難訓練である。いざ核攻撃となればさっさとグアムやアメリカ本土に逃げ、標的になるのは逃げ場のない日本人という筋書きである。日本を再びアメリカのために原水爆戦争の火の海に投げ込むことが現実問題として進行していることを、民族の危機として見ないわけにはいかない。宮崎の牛、豚どころか、日本人全体が再びアメリカに引きずり出されて屠殺場に送り込まれるわけにはいかない。

 普天間問題の顛末で、アメリカは軍事の問題では一歩も譲らないし、日本の政府は一言も逆らうことができないという姿を示した。そしてこの軍事支配が、日本の政治、経済、文化など全面的な植民地支配の根幹になっている。

 宮崎の口蹄疫問題による畜産業崩壊の危機も、日本の農水産業など食料生産はつぶしてしまって輸入依存に切り替えろというアメリカの要求とそれに従う売国政治を根源にしている。急激に深刻化する失業や貧困の問題も、日本に金がないからではない。1400兆円といわれる国民の金融資産のうち500兆〜600兆円がアメリカ国債やアメリカのいかさま債権などで巻き上げられ、その下で日本の大企業が200兆円もの内部留保をため込んで有り余る資金が日本国内に回らないからである。

 先日IMFは日本は財政危機であるから消費税を15%に上げろと指図した。日本はIMFの第2位の出資国であるので、出資金を引き揚げればよいし、アメリカの国債を売り払えばよい。しかしそんな自由はない。アメリカの金融独占体の利益を侵すことはできず、日本国民の収奪を強要する一方的な関係である。日本の資産はアメリカに貢ぐという関係も、かつての戦争とその後の軍事支配を根幹としている。米軍基地の問題になるとなに一つ要求は通らないという現実は、軍事力で脅されてものがいえないという植民地支配の現実を示している。

 米軍普天間基地、米軍再編の問題は、日本の平和と民主主義、繁栄の根幹をなす独立をめぐるきわめて鋭い問題となってあらわれている。

http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/buzamanahatoyamanohenokokaiki.html


.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___    2009.08.29
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´^ω^`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::   いよいよ明日は選挙 民主党に入れるんだ♪
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   民主党が勝てば景気回復して株も高値安定
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    就職口も沢山できて
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::    最低賃金も上がって派遣は正社員になれる
   |l    | :|    | |             |l::::   増税はしないで色々な手当がついて
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::    年金や貯金の心配もなくて
   |l \\[]:|    | |              |l::::   結婚もできるんだ♪
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   阿修羅がそう言ってるから間違いない
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   早く明日にならないかなー!
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::


  \
    \
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll:::::   民主党に投票したら
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::    景気回復して株価は3倍に
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::     就職口がたくさんできて
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::    最低賃金も上がって派遣は正社員
   |l    | :|    | |             |l::::    増税はしないで色々な手当がついて
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::    年金や貯金の心配もなくて
   |l \\[]:|    | |              |l::::    結婚できてたはずなのに
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::    埋蔵金がたくさんあるから大丈夫
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::    
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ:::    阿修羅ではそう言っていたのに
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::

      \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___    2012.12.15
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´^ω^`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::  いよいよ明日は選挙 日本未来の党に入れるんだ♪
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::  日本未来の党が勝てば増税しなくても
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    デフレ脱却、円安で景気回復して株も高値安定、
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   就職口も沢山できて派遣は正社員になれる。
   |l    | :|    | |             |l::::   TPPは当然参加せず日本の大切な産業は守られ、
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::    外交は毅然とした態度をとり、領土は安泰。
   |l \\[]:|    | |              |l::::   憲法改正により日本は真の独立国になれる。
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   阿修羅がそう言ってるから間違いない
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   早く明日にならないかなー!
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::

        \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|__
   |l  \::      | |     /⌒ヽ   .  |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    l_ 0..0    |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |     }{ l冊     ,ll、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::     __________
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    .:「日本未来の党.|
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::    |マニフェスト|
   |l    | :|    | |             |l::::    --------
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::
   |l \\[]:|    | |              |l::::
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::


_______________
_______________

関連投稿追加


中国美女も日本男性が大好き
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/290.html

日本人女性2人、リゾート地・セブ島で知り合った韓国人の男2人と飲酒→集団強姦される…フィリピン
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/334.html

韓国の風俗で ぼられるアホ日本人
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/335.html

原発をミサイル攻撃すれば日本を消し去ることができる
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/465.html

小沢一郎大先生の偉大なる業績を大公開!
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/461.html

小沢一郎先生が中国を大好きになった理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/294.html

住友化学の米倉弘昌に鉄槌を _ 日本を中国人に乗っ取らせるのがTPPの目的
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/2818.html

釣魚島の一草一木たりとも取引は許さない[人民網日本語版]
http://www.asyura2.com/12/china3/msg/302.html

中国大好き_中国人のY-DNA
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/287.html

中国人がみんな日本に来たがる理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/292.html

中国人のこういう所が大好き
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/289.html

宮脇淳子 _ 中国は何故かくもずうずうしいのか?
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/439.html

武田邦彦 尖閣、竹島、四島・領土と国
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/466.html

一刻も早く中国・韓国と縁を切ろう
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/437.html


20. 中川隆 2012年12月12日 19:50:44 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM


  私は今年の春、小沢氏が韓国の某有名大学で講演したものをブログで聞きましたが、実に酷いものでした。日本を貶めて、韓国世論にべたべたと媚びへつらう、とても国内では公言できない(それこそ政治生命を危うくするほどの)聞くに堪えないものでした。


오자와 국민대 강연 小沢一郎 國民大 講演 (1) Ozawa's Speech at KMU

小沢:日本人は動物にも劣る民族
小沢一郎幹事長、ソウルの国民大学で講演「日本人は寄生虫、害虫」
http://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM
http://www.youtube.com/watch?v=hR5TF83kGK8
http://www.youtube.com/watch?v=WsOwC13DVVw
http://www.youtube.com/watch?v=vTiu5wtdBUU
http://www.youtube.com/watch?v=mQtHln8204Q


「リーダーを育てる」というような演題でしたが、普通の若者を鼓舞・高揚させるような感動要素はゼロ。それでも聴講した学生は最後に拍手を送っていましたが、これは自分たち韓国人の自尊心をこそばせてくれた事への反応だったように思います。この講演を聴いて「小沢氏は人前では全く演説しない」という風評に充分に納得しました。「しない」のではなく「出来ない」のだと感じました。

  今回の選挙に於ける演説はおそらくゴーストライターによる原稿を懸命に暗記したものである可能性が高いと感じます。選挙演説では意地の悪い質問・反論はありませんから、安心して丸暗記演説もOKです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6193485.html

silver_wing_7777さん

小沢一郎さんの話し方にイラっとするのは私だけでしょうか?(^。^;)

いちいち「…〇〇の――」とか「…××はぁ――」とか語尾延ばしますよね?
あんなベテランの政治屋のくせに、演説下手過ぎやしませんか?

あと、小沢一郎さんを囲むお楽しみ会の司会をする為に議員になった田村亮子もイライラします


antatokodokosahigosaさん

小沢一郎は演説が下手です。人と話しすること自体すごく下手です。だから、小沢の側近が、

「小沢親分は何も言わないが、多分、こう思っているのだろう」

と忖度(推測、推し量る)して、他の人や記者に喋るのです。

小沢は、会いたくない人には会いません。記者から答えたくない質問をされた時は、わざと相手を馬鹿にした言い方になります。そうすれば、質問した記者が

「自分は小沢に何かまずい聞き方をしたのかな?」

とか、

「小沢に腹を立てさせてしまった。他の記者にトバッチリが行くとまずいな」

と怯んで、厳しい質問を控えるだろうと、小沢が考えているのです。

しかし、人を脅すときははっきりと脅します。
そうして、相手から金を貰えば黙ります。ヤクザそっくりでしょう?

このような小沢にイラっとしないのは、小沢から選挙資金を援助してもらって当選した議員と、中国、韓国、北朝鮮、ロシアが大好きな連中とその工作員です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1288695647


21. 中川隆 2013年2月01日 10:12:14 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

週刊大衆1月28日号

小沢一郎氏の権勢を誇示する恒例行事が、毎年正月の新年会。子飼い議員が何人集まるかが政界とマスコミの関心事だ。昨年は東日本大震災で中止になったものの、民主党による政権交代後初めてとなった10年には166人、11年には、あの菅直人氏も含めて120人が参加し、小沢氏は「わが世の春」を謳歌していた。

しかし、民主党から分かれ、嘉田滋賀県知事をまつり上げた急ごしらえ新党で総選挙に惨敗。今年の正月は、寂しい限りだった。

「小沢邸に集まったのは現職議員13人を含む、たった20人でした。しかも昨年、離婚が明らかになった夫人の姿もない。小沢氏は"野党がバラバラではダメだ"と野党連合の計画をぶっていましたが、第三極で小沢氏と組む政党はいませんよ」(全国紙政治部デスク)

そんな"凋落の小沢新年会"の様子を知る自民党長老は、本誌特捜班に、

「因果は巡る風車……とは、このことだな」

とつぶやき、こう続けた。


「君たちのような若い記者は知らんだろうが、一郎が政治家として大きく一歩を踏み出したのは85年。田中角栄を裏切って竹下登を担いで創政会を作ったときだ。以来、竹下・金丸コンビに可愛がられ、47歳で自民党幹事長になった。

その後、竹下を裏切り、自民党を飛び出して、現在までやって来た。

まあ、それはいいとして、一郎を息子のように可愛がっていた角栄はオールドパーをがぶ飲みして脳梗塞で倒れた。そして、その角栄に忠義立てして竹下派について行かなかったのが二階堂進、山下元利ら14人。彼らのその後は気の毒だった。

なかでも山下氏は、オヤジの角栄を裏切った小沢に対する敵愾心が強く、最後まで角さんと行動を共にしたが、角さんが亡くなった3カ月後に、後を追うように死んだんだ。当時は、小沢が殺したようなものだといわれたな」

政治に非情はつきものだが、小沢氏の歩いた後は死屍累々。
"寂しき新年会"を見ると、因果応報という言葉が浮かぶのである。
http://news.livedoor.com/article/detail/7353013/  


22. 2013年8月17日 12:28:18 : W18zBTaIM6

日米構造協議→年次改革要望書→日米経済調和対話→TPP

小沢が蒔いた種(=日米構造協議)が着実に成長して、TPPという形で実を結ぼうとしているのが現状です。

小沢が総理総裁候補(宮沢、渡辺、三塚)に面接を行なったのは有名な話。
小沢は宮沢を選び、宮沢内閣の時代から、年次改革要望書がスタートします。

年次改革要望の悪名高さがバレると、日米支配層は、鳩山内閣の時に公の提示を中止しますが、水面下でTPPへの参加を進行させます。

こうした多国籍資本による乗っ取り計画と同時に、小沢ら新自由主義を日本に持ち込む連中は、障壁となる労働運動と労働者政党(主に社会党)の解体を企てました。それが小選挙区制の導入による自民と亜自民の保守二大政党制です。

この策動で社会党と労働運動は完全に潰されました。
労組は今や多国籍資本の側に完全にとり込まれて、若者や非正規労働者をこき使ってます。

労働運動を潰した今日、連中が煙たがるのは何か?
そう市民運動です。小沢は市民運動をターゲットに、得意の作戦=味方のフリをして近づき破壊する工作を展開しました。多くの市民の期待を集めた日本未来の党は結党わずか1ヵ月で潰れました。

(原発利権とズブズブだった小沢が急に反原発などと言い出す胡散臭さは当初から指摘されていました。)

小沢一郎、および、小沢信者は味方のフリをして近づき、運動そのものを台無しにします。いつもそうです。

皆が草の根で頑張ってきた運動の破壊はやめてもらいたいです。
http://www.asyura2.com/13/senkyo152/msg/597.html#c6


23. 中川隆[1685] koaQ7Jey 2016年2月26日 19:34:51 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[1607]

「国賊」小沢一郎を見抜いていたニューヨーク市立大学教授の霍見芳浩

今から12年前の『週刊現代』(94・4・16記事が出典である。
----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/denpa-7-1.html

『電波メディアの神話』
 第七章 日米会談決裂のかげにひそむ国際電波通信謀略
携帯電話機の脅迫セールスと「国賊」小沢一郎

 日米政府間の包括経済会談決裂をうけて、今年(九四年)二月一五日には、アメリカの大統領府のカンター通商代表が記者会見でモトローラの携帯電話機を左手にかざして、一九八九年の日米電気通信協定」を盾にとる「経済制裁」発動手続きをはじめると発表し た。

 同日、モトローラ社のガルビン社長も記者会見し、「年間二億五千万ドルから三億ドルの被害を受けている」とかたった。関西の提携先DDT系関西セルラーでは二一万八〇〇〇人、NTTドコモの二三万六〇〇〇人とほぼ互角なのに、おくれて参入をみとめられた首都圏と名古屋では、提携相手のトヨタ自動車系IDOが扱うモトローラ方式は一万四九〇〇人にしかたっしていないのに、NTT方式は三〇万六九〇〇人。別口のNTTドコモは七六万人と二桁の大差がある。この大差の原因は、IDOがライバルのNTT方式並みの基地建設をおこなわないためで、日本側が約束をまもってないというのがモトローラ社のいいぶんだ。

 さて、ここで問題となったのは「一九八九年の日米電気通信協定」だが、その発端は二年前の一九八七年協定にある。両協定締結の際の日本側責任者はともに、当時の首相・竹下登と副官房長官・小沢一郎である。

 私は別に日米経済が専門でもないし、ましてや小沢当番の記者でもない。だが事件の展開もあやしげだったし、直後には、内容からみて日米会談決裂以前に書いたとすぐわかる「『携帯電話ウォーズ』の不安と恍惚」(『週刊東洋経済』94・2・19)という記事の中程に「89年の日米通信交渉の日本側代表が、今をときめく小沢一郎氏。小沢氏にも傷は付けられない。『IDOにはできることとできないことを整理し、ビジネス・ベースで米国側の話を聞いてくれ、といってある』(郵政省)」とあるのを読んだ。これはかならずなにかあるぞと感じたが、くわしくしらべる時間の余裕がない。だから、『噂の真相』(94・4)への寄稿では小沢と日米通信協定の関係を一行だけ追加し、あとは某大手新聞社に電話して、ぜひとも関連連載記事でとりあげてくれとたのんだ。だがなぜか、いや、やはりというべきか、小沢のオの字もその後の関連記事にはのらなかった。大手メディアには膨大なデータベースがある。特派員もいる。こんなに簡単な追跡調査ができずに「社会の窓」などとなのる資格はない。大手メディアばかりか、いわゆる著名経済ジャーナリストとか著名経済評論家の言及もない。要するにみながみな、郵政省と五十歩百歩の「小沢氏にも傷は付けられない」組なのだ。そう思ってみずからの非力をもなげきつつあきらめかけていたら、ついに『週刊現代』(94・4・16)がやってくれた。タイトルの「細川首相と小沢新生党代表幹事は国賊だ」は編集部がつけたものだろうが、内容とのくいちがいはない。執筆者はニューヨーク市立大学教授の霍見芳浩である。以下、大手メディアの鼻をあかしてくれたこともふくめて、いささか胸のすく思いがする文章のごくごく一部のみを紹介しておこう。

 「今回の日本降伏を仕組んだ確信犯は、政府の公職にもついていない新生党代表幹事の小沢一郎氏と大蔵省の斉藤次郎次官の二人だった。(中略)(両通信協定締結)当時の竹下登首相と小沢一郎副官房長官が米国の言うとおりに自らの保身、政権維持の目的で日本の通信市場を米国に売り渡していた。(中略)カンター氏(米通商交渉部代表)はモ社提訴で小沢氏を揺すぶれば、87年と89年の国家主権売り渡しの旧悪露顕を恐れて、もみ消しのために『モ社決着』に走ると読んだのだった」

 「小沢氏は米国に対しては借りてきた猫のように柔順だが」、それもそのはず、わるはわるでも相手の方がうわてだ。カンターの「米政界裏街道での仇名は『三百代言』(シャイスター)、『ユスリ屋』(バックマン)、『ゴロツキ』(サグ)」ときたものだ。その後の事態は以上のような「インチキ弁護士」カンターの「読み」どおりに進行している。
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1078.html


24. 中川隆[-6412] koaQ7Jey 2017年9月28日 18:40:11 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2017年09月28日
結局は小沢劇場 小池X民進合流を操った現代の明智光秀


「小沢チルドレン」として数々の裏切りに加わってきた小池百合子知事
引用:https://dot.asahi.com/S2000/upload/2016080900212_1.jpg


謀反の男のルーツ

小池東京都知事が旗揚げした希望の党に、民進党が解党して合流するのが分かり、衝撃を与えている。

衆院選は10月22日だが、残り3週間での野党連合には、与党自民党と公明党も衝撃を受けているようです。

ところがこの野党連合の仕掛け人は、「政界の黒幕」と呼ばれる小沢一郎が仕組んだと報道されています。

小沢一郎は衆参あわせて議員数6人の自由党の党首だが、どうして泡沫政党の党首が政界を動かせるのでしょうか。

バブル崩壊以降の自民党崩壊、反自民政権樹立、政界再編のほとんどを小沢一郎が主導したか関わっていました。

小沢一郎の父は衆議院議員で、母方の祖父も地方議員という議員一家で育ち、東京生まれだが東京大空襲を避けて岩手県に移住した。


慶応大卒で弁護士を目指していたが父が急逝したため、1969年(昭和44年)27歳で岩手2区から衆議院議員に当選した。

当時自民党内でメキメキと頭角を現していた田中角栄に師事し田中派に所属、田中は1972年7月に総理大臣になり、小沢は秘蔵っ子として可愛がられた。

選挙参謀として小沢はデータを駆使して目覚しい成果を上げ、田中や中曽根らも一目置いていたという。


田中角栄がロッキード事件で逮捕されてからも、田中派は最大派閥だったが、竹下登のクーデターに参加して「経世会」に参加した。

竹下登による田中角栄追放を間近で見た小沢一郎は、この後の政治人生で、自分自身も裏切りを続けるようになった。

竹下派の先輩である橋本龍太郎らとともに、党内で実力をつけていき、野党との交渉力では自民党随一と呼ばれるようになった。

この頃激しかった日米貿易摩擦でも前面に立ち、アメリカ政府からも手ごわい男として知られるようになった。


現代の明智光秀

竹下登以降、日本の総理は毎年コロコロ交代し一貫性がなくなり、実際の政治権力は小沢一郎に集まるようになった。

後の自衛隊海外派遣につながるPKO協力法成立、バブル崩壊後の430兆円公共事業、消費税創設などを小沢が取り仕切ったと言われている。

転機になったのが海部内閣で、新聞やテレビはあからさまに「実権を握るのは小沢一郎」と書きたてた。


そして小沢は海部俊樹総理と対立して辞任させ、次の総理を選ぶときに事件が起きた。

次期総裁に立候補の意志を示したのは宮澤喜一、渡辺美智雄、三塚博の3人だったが、小沢は3人を自分の事務所に呼びつけて「小沢面接」を行った。

マスコミは一斉にこれを書きたて、23歳も年上の宮沢が、小沢に土下座せんばかりに平身低頭する写真を好んで掲載した。


当時の日本はまだ年功序列で、自民党では年齢や当選順位の順に総理になるのが当然だったから、小沢は謀反人のように報道された。

ここで思い起こすのは小沢一郎は父親から選挙区を受け継ぎ、苦労知らずで国会議員になった事で、他人の心の痛みが分からない。

1993年6月18日、自身が面接した宮沢内閣不信任案に小沢グループ39名が賛成して辞任させ、自民党も離党して新生党を結成した。


小沢は自分自身を改革の実行者と位置づけ、自民党を「守旧派」と呼ぶようなイメージ作りが非常に上手かった。

かっこいい改革派に対して「守旧派」になった自民党は選挙で大敗し、細川護煕が総理となる8党連立政権が発足した。

この後新進党、自由党、民主党、国民の生活が第一、日本未来の党、生活の党、生活の党と山本太郎となかまたち、自由党と次から次に新党を旗揚げした。


誰に対しても反り返って見下すポーズをとり、総理がペコペコするのが定番の光景
9
引用:https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/08/28/20170828hpj00m010003000q/9.jpg


小池百合子も小沢チルドレン

新党を作るたびに野党を糾合したり、自民党の有力議員を引き抜き「時代の流れ」のようなものを作り出す魔力を持つとされている。

民主党に参加した2007年の選挙では「小沢チルドレン」を大量当選させ、2009年7月21日の衆院選で圧勝し、自民党から政権を奪い取った。

2010年に東京地検特捜部は政治資金規正法違反容疑で秘書らを逮捕、2010年10月に強制起訴されている。


2011年5月には、自身が擁立した管直人政権への内閣不信任案に賛成を表明したが、結局欠席している。

2012年7月2日には野田佳彦総理と対立して民主党を離脱し、国民の生活が第一を結党している。

小池百合子東京都知事は1992年に日本新党から初当選し、最初から小沢チルドレンの一人だったと言っても良い。


新進党、自由党でも小沢一郎の政党に所属し、その後は新党を転々として2002年に自民党入りし、2003年に小泉内閣で内閣入りしている。

小池百合子も小沢一郎に負けないほどの「裏切りぶり」で、この2人と一緒では夜も安心して寝れないでしょう。

小沢一郎は政界を引っ掻き回して「新しい世界」を作る才能があるが、作った世界は泥でできていて、すぐ壊れてしまう。

泥の城の王様といったところかも知れない。
http://www.thutmosev.com/archives/72839581.html


小沢一郎

政治家小沢佐重喜の長男として東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区)御徒町に生まれた。

父・佐重喜は当時東京府議会議員をしていた。

母・みちは元千葉県議会議員荒木儀助の四女である

1969年(昭和44年)、父・佐重喜の急死に伴い第32回衆議院選挙に旧岩手2区から自由民主党公認で立候補し、27歳の若さで当選した。


5.22小沢に怯える岩手県民[桜H22/5/24]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10845403?via=thumb_watch


■小沢一郎が当選する理由。岩手県の徹底言論弾圧


小沢一郎
選挙区は岩手県水沢市。

日本じゅうの大迷惑なコイツを選出してるってどんな人ら?!って思うよね


この地区は『徹底的な言論弾圧』が行われてるorz


○○町で、○人が小沢一郎に投票しなかった。

連帯責任でそれなりの制裁が来る


○○が小沢一郎に投票しなかった

旦那の勤務先の会社が倒産する
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-84.html


石原慎太郎都知事「アメリカの犬 小沢一郎の正体」を暴く
https://www.youtube.com/watch?v=MERTrcik8CU


25. 中川隆[-10083] koaQ7Jey 2018年4月17日 01:39:52 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-10768]
  一般的に北鮮と言えば、「みすぼらしい貧乏国」というイメージに包まれているが、意外にも天然資源に恵まれてる。ロシアは北鮮の大地に眠る石油や天然ガスを採掘すると共に、非鉄金属やレアメタルを含む鉱物資源も狙っているそうだ。ロシアの大手企業「ガスプロム(Gazprom)・インターナショナル」は北鮮の天然ガスに興味を示したし、「ROAエネルギー・システム」社は20MWの水力発電所を建設するという。

そう言えば、日本の建設業者も北鮮の天然資源を欲しがっていて、塩分を含まない川砂利を輸入している。

以前は、小沢一郎と古賀誠が砂利の輸入を巡って暗躍していたが、今じゃ辻元清美と親しい生コン業者が仕入れに熱心だ。(ちなみに、小沢と昵懇の水谷建設は、北鮮の砂利が欲しくてNOP団体の「レインボーブリッヂ」に中古の重機を寄付した。)

さぁ〜すが、土井たか子の衣鉢(いはつ)を継ぐ辻元だ。巨大なバイブレーターにサインする先生は、ひと味もふた味も違うねぇ。(辻元は「アダルト・ショップ」主催のイベントで講演したそうだ。) よっぽど、親切な同志が北鮮にいるんだろう。でもさぁ〜、いつから辻元はブルジョア資本家の手先になったんだ? たぶん、日本赤軍の恋人(北川明)より、生コン業界のドン(武健一)が大切になったのかも知れない。昔は貧乏くさい「ピース・ボート」に乗っていた姉ちゃんも、中年を過ぎると「豪華客船」の一等室に乗り換えたいんだろうなぁ。
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68711269.html


26. 中川隆[-13657] koaQ7Jey 2018年9月12日 07:01:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-18466] 報告

再びオレの時代!?

沖縄県知事選の争点「辺野古」に出現した「小沢一郎」の巨大別荘 基地移転なら大儲け
9/11(火) 17:00配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00548611-shincho-pol


 間もなく告示を迎える沖縄県知事選の争点となっているのが、普天間基地の名護市辺野古への移設である。いま、沖縄で最も注目を集めるその地の近隣には、ハリウッドスターのような豪邸が。家主は、あの小沢一郎・自由党代表(76)だ。

 ***

 小沢氏の別荘は、辺野古からわずか9キロの宜野座村に建つ。プールもある敷地の面積は約5000平方メートル、建物は約140平方メートル。完成が2013年と明かすのは、宜野座村の関係者だ。

「当時はまだ芝が育つ前で、今ほど美しくなかった」

 現在は芝が見事に茂っているから、ようやく完成と言えるようになったということか。この関係者によれば、小沢氏は村内にある病院の当時の理事長を通じて土地を購入したという。購入価格は5000万円、建物の工事費は7000万円と言われる。すなわち、1億2000万円ほどで豪邸を建てた、ということになる。

 評論家で『沖縄の不都合な真実』の共著者・篠原章氏は、基地移転によって土地価格が上がると分析する。

「今の辺野古は人口が2000人弱の過疎地ですが、基地が移転すれば、新たにそこに2000人ほどの米兵が来ると見られています」

 人が増えるとなれば店が増え地元が活性化、さらに人が増えて地価も上がる……というカラクリだ。米軍も大佐クラスになれば豪邸を借りるケースがあることから、「小沢さんは、それを見越して、投機目的で買ったのでは」(先の関係者)との見方がある。

 一方で、小沢氏は、このたびの沖縄県知事選で“移設反対”の立場をとる玉城デニー氏(58)を支持する身だ。移設を見越しての別荘とは一見矛盾するように見えるが、

「法的には決着がついている。揉めても最後は辺野古移設が完了する」(政治ジャーナリストの山村明義氏)

 もちろん小沢氏もそれは織り込み済みのはずで、したたかな対応をしているというワケだ。もっとも、移設問題にまつわる情報を得られる立場の国会議員が、米軍基地に近い土地を買うことについて、

「政治家としての資質を問われかねない行為だと思います」(政治アナリストの伊藤惇夫氏)

 との声もある。9月12日発売の週刊新潮では、詳細を紹介するグラビアと併せ、“小沢氏の別荘問題”を詳しく報じる。

「週刊新潮」2018年9月20日号 掲載

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧