★阿修羅♪ > 近代史3 > 262.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
美智子妃も雅子妃もアメリカが皇室と天皇制を破壊する為に送り込んだスパイなのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/262.html
投稿者 中川隆 日時 2019 年 2 月 22 日 06:37:55: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: 日本人と日本古来の文化を滅ぼそうとしているクリスチャンでグローバリストの天皇一族 _ 天皇は何人で何処から来たのか? 投稿者 中川隆 日時 2018 年 12 月 18 日 15:33:49)


美智子妃も雅子妃もアメリカが皇室と天皇制を破壊する為に送り込んだスパイなのか?

2016年03月10日
やっぱり!! 正田家とGHQの癒着。美智子さま入内を仕組んだGHQ
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1983268.html

BBの覚醒記録。さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/b176c669206cae06cadf0d41f5530ed5

<転載開始>

今回の記事は、何かあった時のために先の稿と共に、それぞれできる形で
永久保存扱いにしておいたほうがよいかもしれません。皇后陛下とGHQとの
癒着の根っこが明らかになりました。現代の日本における、あらゆる国家弱体化・破壊要素は全て、在日さえ含めてGHQ発です。皇后陛下はGHQ施策の
極めて具体的な体現者です。


要保存◆元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/3d31f7ba1c00eea5fe7e0163cfec3a76

↑ 国会で美智子さんの出自と、成婚の陰謀、そして皇太子(今上)の不出来ぶりが、厳しく追求された極めつけの史料です。

要保存◆なんと、社会党が支援していた美智子さま 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/113f75c1f2919bd0cc381ceee34452c1

要保存◆皇后陛下は「アカ」でした 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c1d3f5e7a9593118391c92ad90752bac


かねてより、拙ブログでは正田美智子さんの入内がGHQによる、日本/皇室
弱体化施策の一環であることを、推論として検証してきました。

また、余剰小麦粉を敗戦国日本に売りつけたい希望がGHQにあり、そのために
日清製粉と結びついたことも。

GHQが日本弱体化のためにプロテスタントとカトリック問わず、キリスト教を
そのツールに使ったことは事実です。

そういう意味で、カトリック背景でまた実家が粉を扱い、また一説には「ある出自」の美智子様は、満点以上のお后候補ではありました。これ以上望めぬ日本と皇室弱体化・破壊の尖兵候補ではありました。

彼らの狙いは実に正しく、美智子さまは皇室内の伝統を
次から次に破壊、現在は天皇陛下を率いた女帝として、
愛子さまを皇太子の次の、皇位継承権者として女性天皇の
擁立を強く主張、天皇陛下もそれに従っていらっしゃいます。

他に、朝鮮式挨拶コンスふうの宮中導入、お手振りを天皇より
高い位置で、肩並べて歩かれ時には天皇より先に立って
歩かれ、天皇陛下が語っていらっしゃる間の
低頭廃止を、徐々に巧妙に。また控えめながら自らの思想の披瀝。

日の丸と君が代忌避。自衛隊の制服嫌悪、ということは
自衛隊の否定。GHQ憲法ともいうべき現憲法の擁護者であり、
GHQメンバーや、一条の会という憲法護持の左翼者との
親交他。


20150203.館林の日清製粉ミュージアムと正田記念館内外部CX-535


こちらに正田家と、GHQ派遣のアップルトン女史との密着ぶりが
残っています。女史は館林の正田家をわざわざ訪れています。


当時の敗戦国の国民である日本人が、GHQ関係者を「自宅招待」というのは凄いことでしょう。

正田家は、商売人なので関係はないとはいえ、当時愛国者は軒並みGHQから
追放されていた時代です。
外務省内でも、愛国者は追われるか隅に押しやられ、GHQの意向通りに
反日を貫く者が出世していた時です。雅子妃の実父小和田恒氏がその筆頭格ですね。

雅子妃の背景を知るにつけ、なぜこのような頭も性格も悪い皮膚病持ちの出自も清らかではないお方が入内を?(おまけに身内に精神病者がいるのに)と不可解だったのですが、結局GHQという大きな潮流の中の、美智子さまから雅子様への系譜と捉えると、クリアに視えて来るものがあります。因縁めくことには、お二方とも日本人の健康破壊に関与した第一第二水俣病に、つながっていらっしゃいます。現代では日清製粉の遺伝子組み換え小麦粉が、日本人の健康破壊。皇后は敗戦時から今まで、日本人の健康破壊者とご縁があります。


野田醤油の工場を訪れたアップルトン女史。右端は日本醤油協会会長・正田文右衛門氏(1948年8月)

正田文右衛門は、正田醤油の創業者です。文右衛門も日本人としては
相当に高身長。正田一族、それと母の冨美さんも当時としては図抜けた背の高さ、兄妹共に。ただ一人美智子さんだけが小柄。(当時の日本人としては、
平均ですが正田の中では、一人だけ極端に小さい)

日本本来のものである醤油から、小麦粉への新たな進出。
敗戦国から戦勝国アメリカへの擦り寄りが日清製粉です。

美智子様の入内直前に、国会でその入内ぶりの不可解な動きを
追求されています。その一つが新平民、つまり部落出身ということの
ほのめかしです。拙ブログではその点は断定していず、保留状態です。
ただ、正田家が新平民ではなくても、母方はどうでしょうね。
正田家が、部落と密着した存在であったことは事実。

美術館には正田家の、家系図まで麗々しく掲げられています。

1873 明治6年12月
・正田文右衛門(三代)醤油醸造創業 ※1
1891 明治24年7月
・帳簿組織を改め複式簿記を採用
1900 明治33年1月
・合名会社正田文右衛門商店設立
1908 明治41年10月
・正田式麦煎機特許取得
1910 明治43年2月
・正田稲荷神社を目車町より譲り受け敷地内に遷社

この年譜で目を引くのは、「正田稲荷神社を目車町より譲り受け敷地内に遷社」

「正田稲荷神社」とは?

これは稲荷神社ではなく、白山神社ではなかったかと思うのですが?
なぜ稲荷と書くのでしょう? 白山神社は、部落の人々の信仰対象でした。
(信仰者即穢多非人というわけではありません。)

「目車町」は、皇后を部落の出として書いた被差別部落出身作家の上原善広氏によれば非差別地区だということです。


⇒ 調べました


http://www.shoda.co.jp/knowledg/bunkazai.htm

正田醤油は明治6年(1873年)今から140年前に創業いたしました。また、正田家が群馬県館林市のこの地に移住してきたのはそれ以前のことで、300年程ここにいることになります。

 そのためか、この敷地の中には醤油業をはじめる前のもの、例えば文政11年(1828年)に建てたという『正田稲荷神社』、現在は『正田記念館』として現在にいたるまでの資料が陳列されております嘉永6年(1853年)に建てられた店舗、そして江戸末期にたてられた文書蔵などがあります。これらは全て登録有形文化財に指定されていますが、古いものはなるたけ壊さずに残しておこうという気持ちは以前よりございました。

【正田稲荷神社】
 もともと目車町(現・栄町)の鎮守であったが、明治43年(1910年)に正田家が目車町より譲り受けた。
  以後、正田稲荷神社として栄町および当社の守護神として祀られている。例祭は2月の初午である。御社と本殿からなり、御社の創建は館林城築城天文元年(1532年)以前といわれるが定かでない。文政11年(1828年)、安政6年(1859年)の2度の再建を経て今日に至る。

  ・・・・・・・・・・・・ここまで

画像二枚目の神社さんがネットでは「白山神社」として、認識されている
祠だと思われますが、いったいなぜ稲荷が白山神社に変貌?

仮説が一つあるとすれば、目車という被差別部落にあった神社さんの
移転なので、穢多非人という人たちに多く信仰されていた
白山神社さんと勘違いされた? 

念のため、白山神社さんの ご神体を調べましたがお狐さんではありません。

更に白山神社は全国に散らばっていますが、そこが全部被差別部落だという
ことではありません。穢多非人の人たちだけの信仰対象でもありません、念のため。

由緒正しいお家柄なら、なぜわざわざ穢多非人村に越していらしたのか?
醤油製造に穢多非人を使った?

しかし「正田神社」と呼ばれるほどの厚き稲荷信仰のお家が、一族根こそぎカトリックに改宗?
何か不穏な気がするのは考えすぎでしょうか。

・・・・・・と書いて、ふと思い出したのですが・・・・


先入観を与えるといけないので、この画像を見て見える人だけどうぞ。
更にオカルト的な話が嫌な人や認めない人は、スルーして下さい。


皇后陛下に現れた数少ない・・・・・皇太子夫妻に比べると少ない・・・・
霊画像に、霊眼が多少ある人が見えるのは、



九尾の狐です。

誰でも視える形ではなく、視える人だけに限定で、むしろよかったです。
わかりやすいと、合成とか気のせいとか言われてうざったらしいので。
なぜ皇后に狐? と霊写真に気づいた時には不思議だったのですが、
お狐信仰のお家でしたか・・・・。
皇后に憑いた霊体の、九尾の狐は瞋恚(怒り)の形相ですが・・・・・。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/41d4caf989f1ec33423082307330b824

とはいえ、BBの霊眼もさしてあてになるレベルではないので、視える知人に
再チェックしていただいたら・・・


こんな感じで、美智子さまの背後にいるそう。BBはこんなに判然と視えるわけではありません。
帽子のデザインも、狐っぽいのは偶然でもないのかもしれません。

霊眼のある知人が更に示してくれたのは、皇后陛下の内面が
こういうふうである、と。


一説に半島出自だとも言われる小和田家のように下賤なことはしない・・・・のが正田家だと長いこと言われてきましたが・・・・


もっと下品でした。

美智子さまのご両親様の胸像でございます・・・・


日清製粉会社の歴史を展示している「製粉ミユージアム」内に展示。何の事はない、皇后陛下を間接的にCMガールとして、日清製粉の宣伝ですね。
普通、妻の銅像まで置きませんが。日清製粉にとっては夫妻の
娘が皇后陛下だってことで、莫大なメリットです。
こういうところからも商売人の娘は本来、忌避されたのでしょう。
小和田は小和田で、娘の入内を最大限に活用、外務省機密費流用疑惑は
不問にされるし、とうとうハーグの判事にまで上り詰めました。

◆元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/3d31f7ba1c00eea5fe7e0163cfec3a76

こちらの記事で、国会で正田美智子さんの素性に関して今では考えられないほどの肉薄ぶりで追求、またカトリック(キリスト教徒)たちがよってたかって美智子さんを入内させた「陰謀」について、また皇太子(今上陛下)の不出来ぶりを、仮借ないまでに述べた平井義一議員。

以前も調べたのですが、不可解なほどのその後の動きが解らないのです。


http://www.wikiwand.com/zh-yue/%E7%AC%AC25%E5%B1%86%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9C%BE%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B8%BD%E9%81%B8%E8%88%89

若くして(34歳)福岡4区でトップ当選の実力と人望と人気。その後も当選すること、5期。第28回(1958年5月)でもトップ。これほどの政治家の、写真すら残っていない、気味の悪さ。美智子さん入内1959年の翌年に落選しています。
5期連続当選のベテラン議員が。


中央が平井義一氏。


1958年 皇室会議で満場一致で正田美智子皇太子妃に決定。これも実は奇妙な話。
国会にすら知られずまずアメリカで発表され、名だたる皇族は全て正田美智子入内に反対していたのが、いきなり賛成派に。昭和天皇の賛成の一言により、とされていますが
その昭和天皇はいまだGHQの呪縛の中にあられました。


1959年2月 国会で平井義一議員が正田美智子入内の胡乱さと出自を問い詰める。

その2ヶ月後の1959年、正田美智子入内。

その翌年の総選挙で、今まで5期落選したことのなかった平井義一落選。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%BE%A9%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)


平井 義一(ひらい ぎいち、1913年3月 - 没年不明)は、日本の政治家。元衆議院議員(5期)Wikiより

国会議員を5期務め、第4次吉田内閣で郵政政務次官に就任、横綱審議委員、日本プロレス協会長などの、華やかなポジションにいた人物の没年が不明?・・・・。

没年不明は行方不明とほぼ同義ではないのですか?
気色の悪い・・・・。⇒ コメント欄に・・・・ご存命だそうです。Wikiの「没年不明」記述はなぜに?

⇒更にコメ欄に。衆議院の広報課に訊いたら、平成19年9月6日にご逝去。

平井議員とは違う意味で、履歴の一部がすっぽり消されているのは、
美智子さん入内に直接動いたカトリック神父、ジョセフ・フロジャックです。
足跡はかなり詳しくWiki他にまとめがあるのに、部落布教のために
群馬は館林に向かい、そこで布教していた事実だけ全部、
過去から抜き取られ、なかったことになっています。

ご本人が著した書物まで焚書されたら、ジョセフ・フロジャック神父が
美智子さんの父方祖母、正田きぬさんを一番目の布教者として、
それから次々に正田一家をカトリックに改宗させたことも、
「なかったこと」にさせられるのかもしれません。

正田家とGHQの癒着、それにからんだ美智子さんの入内について
発信し始めたのは、ひょっとして拙ブログが始発だったかもしれませんが
(始発信は誰でもいいのですが)これまで推論の域を出なかったことが
更に今回の記事で一歩進めたかもしれません。


朝鮮髪飾り ペッシテンギ


国連女子差別撤廃委が女性天皇を認めよ、そのために皇室典範改正をと、言ってきましたが、もともと現行の皇室典範も戦前のそれから様変わりしたのはGHQ関与だと思います。憲法をいじった彼らが皇室典範放置はないですね。

それまでは皇太子が不出来であったり人望が無かったり、ふさわしからぬ行為があった時は、長男であろうと排除、ふさわしい人物が天皇になっていました。
皇后も目論む女系天皇は論外ですが、どんなアホでも長男なら即位というのも、考えてみればGHQのやりそうなことです。当時の皇太子(今上)はさんざん、GHQによる恫喝と洗脳教育で自虐史観左翼に仕立てていたので、そのまま
即位させないと、計画が成就しないわけです。


いまだ日本を敵国としてみなす「敵国条項」のある反日国連とその事務総長、
潘基文と癒着している皇太子。そのさぼり妻は国連大学通学には熱心で、
個室が与えられたほど。またその父はGHQの意向に忠実で、要するに
反日姿勢で出世階段を駆け上がっています。妹も国連関係。

池田 (小和田)礼子国際連合職員、国連ユニセフ駐日事務所(東京事務所)副代表などを歴任。
そして、売国の宮高円宮の長女と同じく、あの中抜き日本ユニセフに
母親と妹が関与。小和田は真っ黒。反日一家です。出自はほぼ間違いなく半島。


そして国連といえば美智子皇后の盟友、ブサヨフェミの緒方貞子。
皇后の、女性宮家の創設で皇后の助っ人をし、一方で
すでに在日という難民に苦しめられている日本に、更に
難民受け入れを迫る左翼女がいます。

皇后陛下が主張なさり、天皇陛下がそれに追随なさっている
「皇太子の系譜の女性天皇」を立てたら、皇統に朝鮮人の血が
入り込みます。

以下はBB参考過去記事です

◆皇后陛下の“実家”日清製粉という売国企業  《転載ご自由に》


http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/5c63283c17c5264c4a373df1e9eccd11

◆資料  皇后陛下、その精神を形作った生い立ちと環境

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7c9cffa819831b24bbfbd63d9f8eb57b

◆ついに小和田家【出自】の秘密 《水間氏の意向により全文掲載条件でネット転載可》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/77810d5d792b9b41f51b837fb20648db

◆天皇陛下に国辱謝罪させた「皇室使い」の国賊/小和田恒 【保存・拡散希望】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ec86f08a22b5d6d8c431e44bd6a4c7b5

久々にアクセスレポート

3月8日のアクセス数


•閲覧数103,659
•訪問者数39,633
•順位:3位 / 2,425,249ブログ中 前日比 ↓

•2016.03.07(月) 113630 PV 43329 IP 3 位 / 2424028ブログ

*再三繰り返していますが、お名前欄の空白Unknownや、文章の一部を名前にしたもの、「あ」や「ん」などのいかにも、やっつけ的なHNは、読まぬまま削除しています。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。


必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。公開非公開段階では、
文を熟読して選り分けているわけではないので
「非公開」ないしは「非表示」については

【タイトル欄に】

【非公開】と強調して表示なさってください。

長めのコメント内に書かれると見落として
表示することがあります。常連の嫌がらせさんたちも読まず即ハネています。HNを騙っても変えても解るので無駄です、念のため。


反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1983268.html


▲△▽▼


皇后さま82歳「生前退位」に衝撃 お可哀想な美智子様!
http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/442970102.html


皇后さまが82歳にもなって、
衝撃をお受けなさる。

なんてお可哀想な美智子様!

て、報道を額面通りに受け取る人が、
おそらく国民の99%だろ。

あとの1%て120万人。

いやいや、皇室ブログ読んでる人が
そんなに居る訳がない!

そう考えたら、恐ろしくなった。
皇后さまの後ろ盾は、無知な国民なんだから。


皇后さまの出自

皇后さまは、どういうお人なのか?
これ、基本中の基本。

母は大陸夫人いわれた、正田富美子。
朝鮮系の中国人。

父は正田と思いきゃ、
在日の堤康次郎。西武の創立者。

そう、不倫の子です。皇后さま!

写真を見れば一目瞭然。
皇室ブログをググって見て!

そして、正田家は部落民の出。

ために、皇后さま15歳から婚活するも
二十数回見合いして、すべて断られる。

これ、当時の国会でも問題になりました。 

加えて、カトリック信者!
耶蘇教を隠しての入内です。

なぜこう言う事になったのか?


日本を弱体化したかったアメリカの意向がありました。
それと、小麦粉。日清製粉とGHQつるんでました。

ですから、結婚の報は米国が先なんです。

ええとこの娘とはいいながら、
皇后さま、お茶もお花も知りません。

御徒町をうろつくヤンキーでした。
"やばい"が口癖だったそうです。

もひとつ、15歳で婚活パーティーいうことは
男知ってるてこと。

パーティーはダンスが付きもの。
男はズボンのポケットにバナナ入れたりします。

これが佐伯晋に繋がります!


皇后さまの入内

テニス場の恋とかなんとか、
GHQの嘘とカトリック信者総出のたくらみで、

みごと入内した皇后さま。
これ見て下さい。

欧州王室の報道の有様です。

今上;Emperor Akihito and  Michiko Syouda
東宮;Prince Naruhito and Masako Owada
秋篠宮;Prince Akisino and Princess Kiko
皇后さまと股子は、妾扱いなんです。

卑賤の出と、欧州王室は全てお見通しなのね。
皇后さまは、欧州では末席に座らせられます。

報復に皇后様、ロイヤルブルー着用も
他の女王と同色衣装の使用も好きなままにしてます。

個人ならかまいません。
皇后さま、日本を背負ってます。

と、しかし、皇后さま入内の最大の罪・害悪は、
佐伯晋の子種を宿していたということです。

皇太子のDNA鑑定、必須です。

皇后さま、入内の年に里帰り10回。
これ、佐伯晋との逢引でしょう。

昭和天皇に注意されました。

当然皇族間の評判は悪くて、 
立后会議は見送られます。

入内はしたけれど、
皇后さまは、皇后陛下ではないのです。


 
しかし、佐伯晋の朝日新聞が援護します。

「昭和天皇が、即位したときから、
側妾(そくしょう)制度が廃止されたのだから、
天皇の奥さんは一人しかいない。
だから、【立后会議】は必要ないんじゃないか」と。

日本では、なし崩し、今も皇后さまではない
皇后さまを皇后陛下と看做しております。


皇后さまがヤったこと これからヤる事

皇后さまがヤっことは、
欧州王室との信頼関係をズタズタにした。
だけではありません。

昭和天皇が崩御されると、
すぐに、
"災害のあった時には、国民がテントを張れるように..。"
と天皇が丹精込めた昭和の森を伐採。

更地にして、56億円で宮殿を建てる。

バレて非難されると、
"失語症"になったと嘘ついて引きこもり。

香淳皇太后への復讐。
御所にPC70台配備。
秋篠宮家に10年間の産児制限。
悠仁様誕生祝に、暗殺示唆するベビーシューズ片方。
朝鮮飾りの皿帽子。
法王に見立てたマント服。
祭祀の簡素化、廃止。
天皇と並んで歩く。或いは前を。
マスゴミ使っての、アテクシ上げ。


いま、天皇を操って"生前退位"表明。

愛子天皇推進。
自虐史観拡散。
無用の慰霊の旅。サイパンで朝鮮人慰霊碑にぬかずく。
無用の災害地訪問。
股子を入内させる!

ま、上げたら切りがないか。
皇后さまは、鬼婆です!

ミテコといい股子といい
つくづく嘘つきチョンとは
関るべきでないなと、オモフ。
http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/442970102.html

▲△▽▼


ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その1
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-925.html?sp


『美智子皇后物語』
2015/08/2719:45


さーて、今日はこの本を紹介します。

美智子皇后物語

(鎌倉市の図書館を通じて横須賀市の図書館から取り寄せてもらった。昭和天皇と徳仁皇太子ご一家ならガンガン買いまくってますが、平成4人組の本はたとえ中古でも買いたくないので取り寄せになった)

文月今日子先生は面白い作品を描く漫画家なので大好きですが、この本の原作者が美智子教信者の河原敏明氏なので、平成皇室ウォッチャーのヘカテーと看過できない所がめちゃくちゃあった。

なのでカテゴリーを独立させました。

じゃあ突っ込んしゃうぞー!

@美智子さまは優秀な成績だった

正田美智子嬢 父正田英三郎氏は

ヘカテ―も美智子さまは主席だと信じていました。
いや、美智子さまの聖心女子大学時代の成績表が公開されていますが、BどころかCもあるよ。
はっきり言って普通です。
卒業生代表に選ばれたものプレジデント(要するに生徒会長のような地位)だったから。
ガチで成績優秀だったのは雅子さまですね。

A明仁皇太子と正田美智子嬢は恋愛結婚

美智子さまと明仁皇太子は恋愛結婚と言われていますが、違います。
佐伯 晋氏はこう仰っています。

恋愛関係はなかったと、公式の場で、少なくとも2回、当時の最高責任者である宇佐美宮内庁長官は、言い切っています。
一つは、婚約発表のときの公式会見ですね。皇室会議で宇佐美さんは、自分の方から「皇太子様が、正田嬢とテニスコートで数回お会いになったことはあります。しかし、世上で一部に噂されたような、恋愛関係はない。」と、はっきり言っています。あの結婚は公式的には、恋愛関係ではなかったことになっているわけです。
それからもう一つ、これは、婚約が発表されて、ご成婚になるまでの間、昭和34年2月6日衆議院の内閣委員会、ここで自民党の平井義一代議士が、宇佐美宮内庁長官に向かって「新憲法のもとで、恋愛は自由だ。皇太子も人間だから恋をする、とおっしゃる。しかし国民の象徴が、自分のしたいことをしても、国民は尊敬するでしょうか。いろいろ探したが無かった、民間からもらっていただきたい。」と。さらに平井代議士は「あなたから進言されたのならいいが、伝え聞くように、皇太子殿下が軽井沢のテニスコートで見初めて、自分からいいというようなことであったとするならば、我々の子どもと変わりはないではないか。そういうことで、国民の象徴として尊敬されると思っているのか。」と質問。
それに対して宇佐美長官は、「殿下は非常に慎重な方で、ご自身の義務については、はっきりした考えをお持ちだ。世上、一昨年(昭和32年)あたりから、軽井沢で恋愛が始まったように伝えられているが、その事実は全くなく、テニスを一、二度なさった程度のことです。昨年(昭和33年)の春頃から、いよいよ何人かの候補者に絞り、そのうちから我々もご推薦申し上げ、殿下もご冷静に観察なさって、ご決心になさった。世上に伝わるような浮ついた態度というのは、実際に全然、認めることはできません。」と、こう答えていますね。
要するに、恋愛関係はなかったと、ここでも断言しているわけです。この世間一般に長らく信じられている「恋愛結婚だった」ということは、公式の場で、二度にわたって、責任者である宮内庁長官が否定しています。


そもそも皇太子妃候補がどんどん結婚してしまったというのも大きかった。
常磐会がご推薦しなければ決まるはずありませんのにね

自由がない身分の皇太子妃になりたくないという理由もありますが、
最大の理由は明仁皇太子に魅力がなかった。
根性と性格が悪いと言う話は華族社会では周知だったから、みんな皇太子妃になりたがらなかった。

C正田家は皇太子妃にさせたくなかった

どうかこの話はなかったもの 

藤島泰輔が暴露してます。
軽井沢の上流社会は狭いので偶然出会ったとは考えられない。
要するに正田家側も計算していた。
正田家って美智子さまが結婚してめちゃくちゃおいしい思いをしています。
美智子さまのお兄さんは婚約していましたが、妹が皇太子妃になると決まったら「お宅とうちじゃ家格が違うから婚約は解消します」と宣告しました。そして浜口雄幸首相の孫と結婚しました。そして弟は大原家から嫁をとり、妹は安西家に嫁ぎました。いずれも皇太子妃の実家でなければ本来なら正田家は相手にしてもらえない家です。

D良子皇后筆頭に女性皇族みんなが美智子さまを反対していた

わたくしは北白川さんと思いますわ
ばかばかしい

松平信子さんは東宮参与として皇太子妃選びという大役を背負っていました。
まー、とにかく大変だった。
甘やかされて育った明仁皇太子と結婚したくないと皆嫌がった。
ようやく旧皇族の北白川肇子さんで決まり松平さんもホッとしていました。
しかし小泉侍従らは正田美智子嬢がいいとこっそり動いていました。
正田美智子嬢が皇太子妃に決まっても、まだ松平さんに報告しなかった。
「皇后さま勢津子さま喜久子さまそれに松平に言ったら絶対反対するよね〜。ギリギリまで黙ってよーぜ」と皇室会議の数日前まで秘密にしておいたのです。
北白川さんで決まりと新聞記者まで思っていたことから上流社会の人は全員北白川肇子さんが皇太子妃になると疑うことなく信じていました。それが違ったんだから、北白川さんはさぞ恥ずかしかったろうね。平民に負けたと世間には思われたんだから。
北白川さんのことを考えたら、そりゃ松平さんだって激怒するよ。何と言ってお詫びしたらいいのか真っ青になったでしょうね。

高松宮妃も

喜久子さまの反対理由は平民だったら宮中の難しい決まり事を理解することが難しいというものでした。
喜久子さまの心配通り結局美智子さまは皇室の伝統を破壊しましたね。


「 ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その1」のコメント一覧


まるさん

美智子妃神話はこうして作られた
いやー、笑っちゃいますね。
昭和の皇太子、美化しすぎ。
それに引き換え、松平信子さんは不細工な意地悪婆に書かれて酷い扱いですね。
鍋島の殿様のお姫様によくもまあこんな仕打ちが出来ましたねぇ。
(で、なぜ妃殿下方含めて皆さん着物なんだろう)

あ、最後のコマに出てきた黒木さん。
お昼休みにとても恥ずかしいところに行って、とても恥ずかしい亡くなり方をしました(チーン)。
どこかの宮家の変態宮務官の元祖みたいな方です。
2015/08/2720:44 URL 編集


タヌキそばさん

美智子さんの成績表を見たら、首席とは言えない。
正田美智子さんの聖心女子大学での成績表はネットで見ることができる。

美智子さんは首席だから卒業生代表としてスピーチしたと言われているけれど、あの成績表を見たら首席とは思えない。

首席ならオールAと思うけれど、美智子さんはBもCもあった。

よくそれで首席と言えると呆れてしまう。

卒業式でスピーチしたのは首席だからではなく、プレジデントだったからでしょうね。

もし正田美智子の成績で首席だと言うなら、聖心女子大学のレベルはかなり低い大学です。


2015/08/2721:37 URL 編集


原さん

へぇ…
まだ生きてるのにこんなのあるんですか。
本当すごいですね、コーゴーサマって。
2015/08/2722:25 URL 編集


おばちゃんママさん

昔、子供の頃に私の毒舌ハハが話してましたが、戦後皇室に新しいものを入れなければ!状態だったから、それが美智子さんなんだと。
この時代に大学出てるってだけで、皆の憧れになったのよ。
ある程度の家の子は、大学出てるけどまだまだ貧しい時代だから、そう言う人達の憧れになっただけと…
この人、普通にしとけばいいのに様子するからね…と、相変わらずの母でしたが、様子する姿は今も昔も変わりませんね。
今日も、軽井沢でピアノピアノでした。

2015/08/2723:34 URL 編集


Oakleyさん

北白川肇子さん
うちの母は東京から遠く離れた田舎の主婦でしたが、美智子さんの前に北白川肇子さんと言う人がお妃に決まっていたというようなことを言ってましたので、それらしい報道をされていたことがあるんじゃないでしょうか。

私は美智子さんよりもう一世代後での見合い結婚ですが、それでも間に入ってくれている人の顔をつぶすようなことはご法度です。
当時の美智子さんの決まり方は、松平女史をはじめ、いろんな人に恥をかかせているわけで、女史が怒るのは当たり前だと思いました。
2015/08/2723:52 URL 編集


名無しさん@美談にお腹いっぱいさん

その本を少し読みました
この本はどこかの食堂に置いてあって、待ってる間に一部読みました。
当時はまだミテコさまファンだったからミテコさまの描き方はまだしも、チャブがまさに少女漫画チックな二枚目に描かれてるのには苦笑しました。

それから外国からの要人たちが英語が堪能なミテコ様の前に群れをなし、宮妃たちがハンカチ咥えてキーッとなるシーンがあったような。
探してみてください。
でも宮妃のどなたか、ヨーロッパ育ちでミテコ様より遥かに堪能ではなかったっけ。
今聞くと、ミテコさんの英語、あくまで日本仕込みですよね。
だから「留学したことが無い」と言い訳された。教員免状まで出された。
当時の日本では十分な語学力。「私の力はこの程度。それ以上でも以下でもありません」と自然体でいられないのでしょうか。

この本は作者が独自の取材をしたわけでなく、当時のマスゴミが作り上げた幻影の美智子さま…健気で美しく、周りの虐めに耐え抜いたヒロインとしての美智子さまを、漫画仕立てにしただけ。
ご本人も自分をそう認識されていたのでしょうね。
2015/08/2808:14 URL 編集


射手座さん

少女漫画家は今。
少女漫画家のほとんど全員が、仕事なくて大変なんざんす。
大ヒットを飛ばした代表作持ち少女漫画家にしても、仕事はあれど原稿料は20年以上据え置き。青池保子が嘆いていたくらいだから、相当なんでしょう。今の少女は楽しみいっぱいでマンガに執着しない。
あすか組描いた人や美女姫描いた人も、仕事なくて大変なんだよ。ミチコサマ物語の先生も、要するに金欲しくて引き受けたんでしょ。
2015/08/2809:42 URL 編集


ペリドットさん

文月今日子すきだったのにな
こんな仕事を引き受けるようになっちゃって。涙。

しかし、画ってこわい。
善人、素晴らしい人のように描けばそう見えるし、悪役(太って怖い顔)に画けばそう見えちゃう。

これ、実際の写真で描けばかなり違った印象になると思う。

昭和の皇太子妃、気が強くてでしゃばりの顔。
昭和の皇太子、ぼやーっとした、アホぼんの顔。

だからこそ、漫画家に画かせたんでしょうが。
文月今日子さんも仕事選んで欲しかったなあ。
2015/08/2810:02 URL 編集


blugirlさん

うーん
チャブとミテコ様があまりに美化されすぎて、爆笑しきりwww
正にミテコ様は悲劇のヒロイン調、皇族のお方々が全て敵キャラって、何だかなあと思ってしまいました。
確か、雅子様のご婚約やご結婚の時だったかに記事で読んだ気がしたのですが、ミテコ様は皇室会議だったかで問題点というか、懸念事項として唯一上げられたのが「キリスト教信者である」ことではなくて、「気が強い」ことという記事で、未だによーく覚えているのです。何で見たんだろ・・・未だにソースがつかめないのです。申し訳ありません。
2015/08/2818:35 URL 編集


アメジストさん

No title
こんばんは。
美智子さんて、「感謝の塩揉みレタス」といい、ヘカテー様が紹介して下さったこの漫画といい、公開ピアノレッスンといい、いつも注目を浴びて賞賛され続けなければ気が済まないのですね。いつでしたか、美智子さん夫婦が結婚50年、天皇即位20年の年に、ある地方新聞の記者が、このような記事を書いたという噂を聞いたことがあります。

「天皇皇后、特に皇后は、なんて素晴らしい人なのだろうと褒められたい人。結婚50年即位20年を祝う記念式典は、2人の意向もあって、この1年は続くだろう」

そんな美智子さんの欲望が、聞こえてきそうです。

「ワタクシへの注目と賞賛は、まだまだ足りないわ。もっともっと、注目と賞賛を浴びたいの。次は、どうやって、注目と賞賛を浴びようかしら」
2015/08/28 23:28
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-925.html?sp


▲△▽▼


ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その2
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-926.html?sp&m2=res


『美智子皇后物語』
2015/08/2720:11 5 -

じゃあ、PART2もいっちゃうよ。

@お前らより美智子の方が偉くなるんだよ!


東宮さんが何と言われようと

おばさま方の上位に位するのですよ

けんか腰だ!

これたぶん美智子さまにも言ったんじゃないかな?
「美智子、気にすんなよ。お前あのババアたちより立場上なんだからさ」

喜久子さまの偉い所はこんなアホの花嫁のためにクリスチャンディオールのドレスを用意してくれたこと。

仮縫いは高松宮邸で行われました。

雅子さまを喜久子さまがかわいがってくれたのって単純に花婿の態度があったのかもね。
皇太子殿下ならこんな態度絶対にとらないもの。

Aミッチーは感情が高ぶるとすぐに倒れる

正田さん 平気です

どうも美智子さまって感情が高ぶるとすぐ倒れる体質みたいですね。
あーだから平成初期のバッシングの時に倒れたんだ。

B正田家と美智子さまは疎遠

美智子はもう皇室の人になった

列外派をご覧の方々はもうご存知の通り、美智子さまと正田家は疎遠になっていません。
小和田家に比べたらべったりと言っていいほどです。
明仁皇太子夫妻が正田邸にお忍びでしょっちゅう帰ってたし、軽井沢静養中は正田家の別荘に行きまくってたし。
美智子さまは実家と交流しまくってたのに、海外に住む小和田家の両親と会ったらバッシングするんだもの。
本当に平成って昭和を無理矢理なかったことにしてるよね。

C結婚当初は大変でしたと全国民にアピール

ご成婚一年をむかえられた

これもよくよく考えてみるとかなり感じ悪いよね。

国民は「美智子さまかわいそー」と思うもん。

良子さま、先輩宮妃、女官さんを「私をいじめる」と言っているようなものだからね。

D英語が話せるのは美智子さまだけじゃない

ご自分だけ英語ができると思って

秩父宮妃勢津子さまは帰国子女です。
ですから、英語でスピーチできるくらいに英語ペラペラ。
ぶっちゃけ美智子さまよりも英語が上手です。
そもそも宮中の外国語はフランス語だから女性皇族は旧皇族も含めてフランス語ペラペラです。


「 ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その2」のコメント一覧


まるさん

舐めたらいかんぜよ
あ、ヘカテーさまに「お仕事お疲れさまです」と書くのを忘れていました。
無理をなさらないでくださいね。

>秩父宮妃勢津子さまは帰国子女です。
>ですから、英語でスピーチできるくらいに英語ペラペラ。

不細工意地悪婆にされた松平信子さんのお父さま、鍋島直大侯爵もイギリス留学経験者です。
信子さんのお姉さまの梨本宮妃伊都子さまは、侯爵が公使時代のイタリアのローマで生まれてらっしゃいます。
(この方は美人で有名)
「伊太利亜の都の子」で伊都子。
2015/08/2720:56 URL 編集


原さん

つまらない感想を立て続けにすみません
あのイケメン誰ですか?
え?昭和の皇太子サマ?
ご冗談を!

みたいな美化ですね、いやはや。
2015/08/2722:39 URL 編集


大江春Dさん

漫画とはいえ
この上品で穏やかなお顔で老婦人と美しいご婦人は
正田夫人と美智子様です・・・ね
知的で二枚目の男性はもしかして今上陛下ですか
(誰やねんと言いたいレベルの美化)
ここまで悪者にされた他の宮妃の方がお気の毒です
個人的には山岸凉子先生にリアル今上陛下夫妻、野望の秋篠宮夫妻を描いて頂きたいです
夜怖くて寝られない絵柄とお話になるでしょう


2015/08/2821:11 URL 編集


ベアトリスさん

知らないと思って
他の方もあげられていますが、勢津子さまもそうですし、梨本伊都子さまも英語やフランス語に堪能だったと思います。
この時代の日本人なんて大半は英語しゃべれないですし、美智子さんでも一応しゃべれる部類だったんでしょうけど。
それにしても、結婚したらあんたらより立場は上ですって、どう贔屓目に見ても失礼だと思うんだけどなぁ。
2015/08/2911:10 URL 編集


ライブラリーさん

美智子さんの語学力
美智子さんって、これまで2度、IBBY(国際児童図書評議会)において、英語で演説をしています
私が初めて美智子さんが英語で話すのをじっくり見たのは、このIBBYのニューデリー大会(1998年)で流されたビデオメッセージでした(ネットでも見られます)。

メッセージと言っても、全文予め用意した原稿をただ読み上げるだけのもので、ところどころ指で原稿をなぞりながら読み進めてました。
我々が学生時代、英語の授業で先生に指されて、テキストを音読したのと全く同じです。

出だしをちょっと聞いて、この程度じゃ、おそらく大してしゃべれないな、英語に堪能というのは明らかにお世辞だな、と思いました。

事前に専門家から指導を受けて、発音や文節の区切り方、抑揚のつけ方、どこで区切ってカメラ目線にするかなど、おそらく入念に練習を重ねたのでしょうが、それぐらいやれば、誰でもこの程度の読み上げはできるでしょう。
先刻、米国議会で演説した安倍首相よりはマシ、といったところでしょうか。

この時の原稿を読む様子からすると、英語での自由な会話において、自在に言葉を駆使して外国人と深くコミュニケーションをとるといったレベルには達していないと思われます。
この当時ですでに入内して約40年、語学の先生もいただろうと思うのですが。

美智子さんが切望してやまない、欧州王族とのプライベートでの親密な交際が困難なのは、こうしたことがネックになっているのでしょう。
若いころからあれほど外国に行きまくっているというのに。

雅子さまを絶対に欧米諸国に出したがらない最大の理由がこの点にあることは、多くの人が想像するとおりでしょう。

かつて昭和のころ、当時の東宮御所を訪れた欧州王族の接遇で、昭和の東宮一家にまじって、どういうわけか少々場違いな感じで秩父宮妃勢津子さまが同席しておられたのは(ちょっと見つけられませんでしたが、確か写真があったはず)、明仁・美智子夫妻では英語での会話がもたないことを考慮してのものだったという話があります。

先日、こちらに久子さまのスピーチがアップされているのを見ましたが、日本語と英語を自在に操り、原稿も見ずに聴衆に向かってどんどん話を展開していく久子さま、美智子さんなんかとはそれこそ雲泥の差があり、比較するのも失礼なほどです。
美智子さんにとって久子さまはさぞかし目障りな存在でしょうね。

ちなみに美智子さん、日本の詩の英訳本も出してますが、直訳の英作文と言った感じで、これってどうなのかなぁといった代物です。

英語でこの程度だと、「造詣が深い」(笑)と持ち上げられているフランス語ではどんな話し方をしているのか、恐ろしくなります。

聖心時代の大して良いとは思われない成績表と同様、演説映像の公開や翻訳本の出版、(それに草津でのピアノレッスンも)出せば出すほど、この方の「程度」が露わになっていきます。ご本人は得意顔ですが。

美智子さんの語学力、おそらく今の皇室では、秋篠宮夫妻よりちょっとましという程度で、底辺グループであることは間違いないでしょうね。
2015/08/3116:25
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-926.html?sp&m2=res

▲△▽▼


関連投稿


知恵遅れの皇太子の嫁にされた上に、皇族全員から陰湿な苛めに遭った美智子妃殿下は復讐の鬼と化した
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/118.html


美智子妃殿下の実家の正田家は同和部落出身なのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/116.html


柏原芳恵のバイブレーター騒動 _ 宮内庁が皇太子妃候補 No.1 を引き摺り降ろした手口
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/117.html


秋篠宮文仁  僕の父親は一体誰なんでしょう? 皆さんも一緒に探してください
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/109.html


天皇家では何時から知恵遅れや発達障害の子供しか生まれなくなったのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/110.html


日本人と日本古来の文化を滅ぼそうとしているクリスチャンでグローバリストの天皇一族 _ 天皇は何人で何処から来たのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/102.html


君はアジアを解放する為に立ち上がった昭和天皇のあの雄姿を知っているか?
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/312.html


昭和天皇が戦争狂になった訳
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/321.html


原爆投下が日本を救った_ ユダヤ人とトルーマンと昭和天皇に感謝
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/327.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-11971] koaQ7Jey 2019年2月22日 06:42:20 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3] 報告

皇太子妃の雅子さんは典型的なダメダメ家庭出身者 
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/179.html
2. 中川隆[-11956] koaQ7Jey 2019年2月22日 10:11:45 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[18] 報告

zqi********さん 2019/1/21 22:11:21

香淳皇后は民間から来る美智子様と当時皇太子だった天皇陛下との結婚を反対していたらしいのですが、宮内庁は賛成だったのでしょうか。
それとも反対だったのでしょうか。

詳しい方、教えてください


ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん 2019/1/23 02:49:26

良子様は反対だったと思います。
常磐会選出の、旧皇族出身の方を候補で押していましたので。

昭和天皇は、生物学者でしたので、血族で結婚するより、他所からの血を入れた方が、優生学上いいと思っていらしたと思います。

ただ正田家は、個人的に駄目だったようです。
お母様の富美子さんが苦手のようでした。

最終的には、皇太子がいいなら、民間からでもいいでしょうと、昭和天皇の判断で決まったのです。


正田富美子
系図では得体の知れない存在です。

父にあたる人に、妻(いわゆる富美子さんの母)の欄が無いのです。
富美子さんは、副島氏の実の娘ではなく、中国で、中国人とイギリス人のハーフの美少女に出会い養女にしたようです。

それまでの富美子さんの経歴はわかっていません。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13202267613?query=%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90%E6%A7%98&status=solved


要するに、美智子も雅子も柏原芳恵も全員 被差別同和部落出身者

特に、雅子は醜く、性格も悪く、淫乱女で何度も堕胎を繰り返していたという噂なので絶対に皇太子妃にはなれない筈なのですが、美智子が強引に他の候補者を引き摺り降ろしたのです。

家柄で柏原芳恵を振るい落とした訳ではないのですね。

3. 中川隆[-11954] koaQ7Jey 2019年2月22日 10:18:17 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[20] 報告

美智子妃殿下が皇太子妃候補から強引に引き摺り下ろしたのは家柄が悪い柏原芳恵だけではありません:


浩宮徳仁親王妃の最有力候補だった旧皇族の女性、久邇晃子さんのこと。

久邇晃子 (旧皇族久邇邦昭令嬢)

久邇晃子は、宮内庁が最後の切り札として、「お嫁にいかないで」とお願いしていた方と言われています。何のたくらみか、あるいは偶然か、一度外れた方があっと言う間に海外のプレスの報道によって浩宮妃決定と流されるまで、この方が東宮妃の有力候補であることはまちがいありませんでした。

そして30代近くまで待たされた揚句に、皇后陛下から、侮辱とも受け取られる言葉があったと言われています。

「あちら(小和田)のほうがおできになるから」(ハーバード、東大、オックスフォードのこと)

「退職金を使ってまでのお支度が貧弱」
(退職金まで使わせ、そのくせ、小和田には支度金を出した)

そもそも、お待ちしているので留学など、できるわけがないのに。そして、お妃決定後、彼女はオックスフォードに留学して哲学を学び、一般試験で東大に合格して、三年度からは、難関の医学部医学科に進級しました。これに、何かに対する
「意地」を感じない人はあまりいないでしょう。現在の彼女は精神科医師としてキャリアを積んでいらっしゃいます。

現在の東宮家を見てつくづくとこの方が東宮妃だったら、と思ってしまうのはしかたないでしょうか。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/emperor/1309427384/


浩宮徳仁親王妃の最有力候補だった旧皇族の女性、久邇晃子さんのこと。

邦昭王(伊勢神宮大宮司・神社本庁統理)のご令嬢、すなわち香淳皇后実家である久邇宮家末裔であり、徳仁とは“またいとこ”の関係に当たる。

ご本人は乗り気でなかったらしいが、学習院女子高等部の同窓会である常磐会も推薦し、特に母方祖父である日本生命元会長:弘世現氏が積極的で皇室に働きかけをしていたと言われている。お妃候補といわれた女性たちが次々と結婚していく中、彼女が独身を続けたのは元華族勢力からの強い要請により、最後の切り札として温存されていたためと信じる人も多い。


 宮内庁の“最後の候補”久邇晃子さんとも、'91年秋、数回お見合いしたが最終的に、皇太子のOKが出なかった。


現在も独身であるため、もし徳仁親王が彼女と結婚していれば……という声が時々ある。

学習院大学文学部哲学科卒業、国連英検特A級所持で英語は堪能。徳仁が小和田雅子と結婚した後、なんと久邇さんは東京大学理科二類に入学しただけでなく、日本最難関の理科三類入学よりもさらに難関とされる医学部進学(理IIの定員560名中上位10名だけが医学部へ進学可能)を果たし卒業。現在は精神科医としてご活躍中である(医師としては略字体の"久迩"を使用)。

このように、久邇さんは文系理系ともにパーフェクトな上、ピアノだって当然のように弾けてしまう女性であり、三代以上家系図が遡れず、学歴ロンダリングに加えプラチナフルート放り出しの小和田雅子とは比べ物にならない、本物の才媛である。 •参考:久邇家が東京大学にピアノを寄贈。その寄贈式にて久邇さんがピアノ演奏した記録

このような女性を選ばなかったナルちゃんの目は、まことに節穴であったとしか言いようがない。

『文藝春秋』2011年12月号に久邇晃子さんが唐突に日本原発政策について寄稿掲載。皇室とは関係ないトピックながらも、副題に「旧皇族」と添えるなど今までなかった動きを見せており、同年11月3日悠仁親王殿下着袴の儀を境にいろいろ動き出したかと、スレ住民の注目を集めている。
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%A4%AF%A4%CB%A4%B5%A4%F3


久邇 晃子(くに あきこ、久迩 晃子、1963年(昭和38年)8月25日 - )は、日本の医師。旧皇族久邇家出身。

久邇邦昭(先々代の神宮大宮司、現神社本庁統理、前霞会館理事長)の長女。弘世現の孫。

1986年(昭和61年)頃から1992年(平成4年)夏まで、皇太子徳仁親王(浩宮)お妃候補の切り札といわれた。


経歴
1982年(昭和57年)、学習院女子高等科卒業。
1986年(昭和61年)、学習院大学文学部哲学科卒業。
1997年(平成9年)、東京大学理科二類に合格。のち、同大学医学部医学科に傍系進学し卒業。
2003年(平成15年)、医師国家試験合格
現在、精神科医。


執筆した論文・記事

ヴィトゲンシュタインの『論理哲学論考』における「語り得ず示されるもの」(学習院大学文学部研究年報(学習院大学文学部)37 平成2(1990) pp.41〜57)
そこが知りたい 薬物療法Q&A(月刊 臨床精神薬理第7巻5号 平成16年(2004年)5月)
愚かで痛ましい我が祖国へ 旧皇族の問題提起(文藝春秋 平成23年(2011年)12月)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E9%82%87%E6%99%83%E5%AD%90

4. 中川隆[-11951] koaQ7Jey 2019年2月22日 14:27:56 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[23] 報告

反日「部落の輪」か 雅子さま入内 2015/12/9
https://blogs.yahoo.co.jp/wood72046/36951533.html


BBの覚醒記録さんより転載します。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/d6f72bd3542021db465fc1ee0e2edb80

まず小和田恒氏「ごときが」という言い方も、

当日小和田氏の出版記念パーティに出席したメンツを見れば、

妥当ではないでしょうか。

イメージ 1

*1994年9月 小和田国連大使の出版記念パーティー。

7日、帝国ホテルで行われた小和田国連大使の出版記念パーティー。

政・官・財界などから、

福田赳夫、宮沢喜一、瀬島龍三氏をはじめとする

約二百五十名が出席する華麗な会となった。

弱小出版社からたかだか2千部を出したに過ぎない自著(部数から推して自費出版の可能性?)のパーティを帝国ホテルで開く・・・・・・田舎趣味。

本人は華やかな場が嫌い、とのたまってますが、

それなら何も出版記念パーティなど開かなければよいわけだし、

招待状を元総理2名に出す如きことは、控えれば良いだけでしょうに。

田舎者の屈折した、目立ち好みだと思います。

いやいや、いやと舞台から去りながら、

でも首はスポットライトのほうに突き出してる、みたいな?

「目立ちたくない人」がこの恥ずかしい立て札放置?


イメージ 2


放置どころか、令夫人が「これじゃあ、お墓みたい」とクレームをつけて、
大きく作り変えさせたのですってよ。

たった2千部で帝国ホテル!!

今、出版に詳しい知人に問い合わせたらやはり、自費出版っぽいとのこと。
コミケの壁サークル(コミケの大手)なら、5千部出るって笑ってました。
それも1日間で。3日間で万を刷りますって。

イメージ 3


http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%82%E7%94%BB%E3%81%8B%E3%82%89%E5%89%B5%E9%80%A0%E3%81%B8%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%96%E4%BA%A4%E3%81%AE%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E3%82%82%E3%81%AE-%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0-%E6%81%92/dp/4924831107

¥566 より 14 中古品の出品

¥ 5,033 より 1 新品

カスタマーレビュー皆無。

コミケに敗けた皇太子妃父。

礼子さんが、お得意の自作自演で褒めてあげればよいのにねえ。
(自著を、Amazonのビックレビューで、自分で褒めまくり、

その時自らの洗礼名を使って、ばれちゃった事件があるのです)

宮沢喜一、福田赳夫、そして本人。このメンツで何が解りますか?

共通キーワードは「売国奴」

そして「部落」ではないでしょうか。

                    宮沢喜一


イメージ 4


内閣官房長官時代には、歴史教科書の検定基準に「 近隣諸国条項 」を設けさせ「中韓の感情を害してはいけない」という基準を作り、中韓2国の意向に沿った

『日本を貶めるために創作した自虐史』でないと

教科書検定で合格させないようにした。

内閣総理大臣になってからは、 《 朝日新聞のねつ造記事 》 にのっかり

『 従軍慰安婦 』の存在と『 日本軍による強制 』を認め、韓国で謝罪。

河野洋平官房長官と共謀、「 河野談話 」を発表させ、

世界に向かって「日本は悪い国」と宣言した。

ちなみに、皇太子の考える新たな天皇の姿とは

「国連大使のような仕事をする」です。

売国官吏、小和田恒氏の影響を受けての愚かしいご発言です。

影響というより考える能力がないので、口走っただけ。

国連大使のような仕事をする皇太子や天皇って、どんなのですか?
天皇家の視座はあくまでも、日本でございます。

ローマ法王と肩を並べることの出来るのは世界でもエリザベス女王と

天皇陛下のみであり、その天皇陛下に訪れて頂くことで、

支那は天安門における非人道的行為に対する

世界からのバッシングを緩和させることに成功したのです。

福田赳夫は、やはり媚中で「雅子ちゃんを皇太子妃にする」と

雅子妃の少女期から口にしていた男です。部落出身者の権勢広げか?

小和田夫妻は、福田赳夫の子分であり、

妻の優美子さんは高円宮と通じていました。

お膳立ては整っていたわけです。


イメージ 5


父子で、影に日向に東宮にひっつき虫でコントロール。

イメージ 6


ごく最近の福田康夫の言葉。

「中央日報
http://japanese.joins.com/article/386/209386.html?servcode=A00§code=A10
日本の福田康夫元首相は「韓日関係は離婚できない夫婦のような特殊関係」としながら「相手に対する配慮と信頼、 忍耐力が必要だ」と話した。

・・・・・・・

気色悪いこと言う売国奴でしょう? 国交断絶とまで国民は願い始めているのに。あの韓国に「配慮と信頼」ってw 忍耐は70年間たっぷりさせて頂きました。
こういう手合が総理をやっていたとはね。

こんな韓国ヨイショの父子が

小和田と密着していた事実を忘れないようにしましょう。

美智子さまと雅子さまの入内共通項は、

いずれもマスコミ先行で情報が漏れ、というより意図的に漏らされ

既成事実化されたこと。

美智子さまの時は、海外にまずリークするという手段が取られました。

「ニューズウィーク」当時の日本はアメリカさまの雑誌で言うことですから、

一もニもなく信じこみ、いつの間にか既成事実化。

初の民間からの入内という驚天動地も、

アメリカでまず報道されることで緩和されました。

それ以降の、ミッチー・ブームとやら、

今思えば韓流と同じで仕込みの構造が見え見えです。

反日に転じたマスコミがこぞって皇族を芸能人化。

人気という名のもとに、格を果てしなく落としていきます。

某ワイドショーの方に聞いた言葉。「昔、雅子さんのお母さんって、すごかった。

週刊誌のグラビアで女優の裏に雅子さんが載っているとねじ込む。

雅子を女優ごときの裏にして、貶めないでくださいませ、と。

そして、皇太子妃を、女優、ホステスなどと同等に扱わないでくださいませ、と。

女優とホステスが、優美子さんの中では同格の賤業らしいけど、

雅子さんがあれ上品なの?」

「女優もホステスも努力と才能で自力で懸命に生きてるじゃないの。

たった20メートルしか歩かない皇太子妃と比べたら、

女優とホステスが怒るんじゃないの?」


イメージ 7


イメージ 8


皇室会議の議長である岸信介が、

内閣総理である岸信介に通知する形式ですね。

思えば日本の半世紀に及ぶ、これが悪夢の始まりだったのです。

安倍晋三皇室会議議長の名で、廃太子廃妃の通知を

安倍晋三内閣総理宛てに出して頂きたいものですね。

内部で強固な反対論者が多数いたのに、

皇室会議ではあっさり全員一致という不可解も、美智子さま雅子さま共通でした。いえ不可解ではなく、双方ある勢力により初めから仕組まれていた成婚であり、

テニスコートでの出会いも、どこぞのレセプションでの出会いも

フィクションだった、ということです。

雅子さまは、フランスの地方都市コルマールで皇太子と同宿しています。

レセプションで出会ったとされる、遙か以前にです。

はっきり言えば密罠仕掛けなんじゃないですか?

イメージ 9

皇太子妃決定の報道が出る前から、

あちこち出回った小和田雅子嬢絶賛記事の不可解。

抱き合わせでさりげなく、小和田恒氏の持ち上げも。

なんだかねー。

何もかもが嘘。でっち上げ。誰かが書いたシナリオ通りに、

美智子さまと雅子さま、希代の皇室伝統壊し妃たちは宮中に仕込まれました。

お二人共に結局は、GHQの流れに現れた異人(エイリアン)なのだと思います。

正田家、小和田家と皇室からの打診を辞退したり、渋ったりしていますが、

娘を好条件で売りつけるための駆け引きです。「ストラグル」w
いずれも買い手のほうの息子たちが目の色変えて夢中ということを

心得ていての、駆け引き策謀です。

でも双方背後に組織がついていての入内なので、

どのみち決定事項に等しいことでした。

正田は娘が15歳の時からエリート富裕狙いの男が集まるパーテイに出して

婚活させていた家、小和田家では福田赳夫元総理の頃から入内に虎視眈々、

高円宮家ともそのためにつるんでいます。

もっとも雅子さんのほうには、結婚を意識した相手(自民党代議士)がいたので、個人的には渋る気持ちがあったかもしれず、その為に「来てやった」意識は

強いかもしれません。国民には全く関係のない、

迷惑千万な来てやった意識ですが。

実態は異常なまでに上昇志向、権力欲の強い父親に「売り飛ばされた」のです。父親には、娘を使ってのし上がった藤原道長が

理想像としてあったかと思われます。

江頭某という芸人が、雅子妃の母方江頭と縁戚関係だというのが事実なら、

雅子妃の母方実家・江頭家は被差別部落の出です。同じ佐賀の出身。

江頭某が、かつて東郷健という市民運動家の家で

「オレは部落出身者だ」とカミングアウトしたのを、その場にいた人が聞き、

拙ブログ主はその方から個人的に証言を得ています。

その方に失礼ながら幾つも質問を重ね、

その証言の信憑性を確信するに至りました。

筆名江藤淳(評論家 本名江頭)は江頭家について調査しますが、

“手明鑓(てあきやり)”という平時は無役、戦時に槍や具足を携えての身分と

推定しますが、確定的家系図と資料は皆無です。

鮮人と多分ハーフの布袋寅泰を登場時のBGMとして使ったり、

パチンコ業界とも密なので、ある想像をしますが、決定的資料はありません。

某暴露系雑誌の記者に、江頭某が身の上を語ったら

「そんなもの、とても書けません」と言われたいう逸話。

暴露系雑誌に「書けない」といわしめる内容とは、皇室以外に何かあるでしょうか。雑誌名は失念しましたが、拾おうと思えばソースは見つけられます。

時間がないので、さぼります、ごめんなさい。

Wikiにあるはずなので、興味のある方はどうぞ。

ちなみに、江頭某というタレントは佐賀県の出身ですが、

むろん雅子妃の母方江頭も佐賀。

面白いことに、皇后陛下の母上も佐賀の副島家なんです。
いったい、どういう因縁なのか。

副島家も、江頭家も確たる家系図は存在していません。

初代宮内庁長官が「副島は、興信所ではなくもっと調査の必要があった」と、

書き記しているのは、どういう意味なのでしょうね。

おそらく、そういう意味なのではないかと、想像していますが。

在日は在日を地下水脈で実にあっさり嗅ぎ分け、裏でコミュニティを形成します。思うに、部落もそうなのではないですか? 

被差別部落への差別がいいとは思わないし、

部落だからどう・・・・と短絡はしません。

けれど、暴力団の6割が部落、3割が朝鮮人、

日本人は1割というごとき現実はあるわけです。

在日利権と同様に部落利権も巨大です。

副島家が佐賀で家系図不詳ということと、

同次元に考査しなければならないのは、群馬正田家の家系図でしょう。

拙ブログの読者間では意見が二分されていて、

部落説、名家説と両方ありブログ主はいまだ結論を出し得ないでいます。

仮に白山神社と、部落エリアに実家があったことを論拠に

「そうだ」と仮定するなら、部落円環がきれいに閉じますけどね・・・・・。

念のため再度申しますが、部落だからどう、ということではないのです。
そのお血筋にあるからいけない、と短絡もしていません。

皇族に部落の血が混じるのも厭いません。

朝鮮人は困りますが。

ただ、言動に不審がある場合出自を探ると半島であったり、

部落であったりすることは多いと言わざるを得ません。

天皇皇后、東宮擁護の頭脳硬直・思考停止連中が判で押したように言う、

皇室はいかなる理由があろうと批評してはならぬという言い方も

理解は出来るのです。それは正しい。

皇室の権威を保つには、守られなければならぬ鉄則です。

但し、皇居の中の人々が最小限の則を保ってくださることを

前提での了解事項です。

外れる人がいるからこそあった、廃太子の制度です。

日本弱体化を目的になされたGHQの政策は、

祭祀を「天皇の私的行為」としてランク下げを行い、

その弊害が日々現れて、終戦後この方現在に至ります。

祭祀や神事を軽んじる皇太子の誕生、忌避する姿勢すら見せる妃殿下の出現。いずれも、GHQの皇室弱体化施策の結実というべきでしょう。

竹田某なる者は皇太子の祈りが真剣である、とのたまいますが、

真剣な皇太子が両陛下の剣璽動座による伊勢参内の時

スキーに一家で遊びに出掛けますか?
お慎みの日に遊びほうけていますか?
大震災の命日に御所でお楽しみ会を開きますか?

さて皇室典範です。

*第三條  皇嗣に、拐~若しくは身体の不治の重患があり、

又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、

前條に定める順序に從つて、皇位継承の順序を変えることができる。

重大な事故に該当する要素はあると思いますけどね・・・。

しかし、皇室会議の委員長である時の総理は、

誰も皇室問題には手を触れたくありません。

触れれば命取りになりかねない、デリケートな問題だからです。

まして時の総理が売国政権の者である時は、放置です。

現在の両陛下、皇太子と皇太子妃殿下のありようは、皇室解体、

日本国の国体の弱体化には、いたって都合のいいお方たちです。

例の朝鮮カルト教団が東宮夫妻に肩入れし、秋篠宮ご夫妻に関わるデマを

流していることからしても皇太子夫妻は反日勢力にとって都合よいのです。

また利用しやすい存在であることは、反日韓国の要人潘基文(パン・ギムン)、

韓 昇洙(ハン・スンス)らの皇太子への接触と交流で解ります。

皇太子も進んで彼らや小和田恒氏の喜ぶことをやります。

人民解放軍少将であり、習近平の妻である彭 麗媛(ほう れいえん、

ポン・リーユアン)への接触。

創価イベントへの出席。池田大作の息子との食事会など。

それでも、擁護連中は現実を見ようとはせず、

皇室批判をするは不敬という原則論に縛られて自らに盲目を強いています。


皇太子と反日潘基文を結びつけたのは小和田恒氏です。

イメージ 10

今や雅子妃入内以来20年間の居座りで、小和田王朝完成。
以外に頭が悪く使えない皇室弱体化乗っ取り要員ではありましたが、

居座ることで小和田反日王朝が宮中に完成しました。

天皇陛下にタイで「謝罪させた」のが小和田恒氏。

河野談話の影の人物、また「韓日」ワールド・カップの影の推進者でもあります。


イメージ 11


イメージ 12


なんで、嫁ぐ数日前の小和田家に北朝鮮の金正日の花が飾られているのかと、拙ブログでは執拗に問い続けています。

仮説の域は出ませんが、江頭が部落なら小和田は北朝鮮ですか?
あくまでも「もし、そうだったら」雅子妃は朝鮮と部落との掛け合わせで、

鳩山幸さんと同じような境遇です。

擁護派は(ひょっとしたら)朝鮮人の即位を認めるのでしょうか。

その論調の拙さからして、「皇室は批判すること能わず」であるなら、

皇室の定義を述べよ、その定義に逆らう者でも皇族と呼べるのか。

皇族の資格を有せぬ者すら、

批判してはならぬというロジックによって成り立つ典拠を述べよ、

と突き詰めても答える能力は有してはいないように見受けます。

論というのは美称なのであって、擁護派の語彙はいかにも貧しく、

ツイッターで呟くか、語彙乏しい連中が寄り集まった掲示板で

主語述語すら定かならぬ、未熟な日本語で数行書きつけるのがせいぜい。

こちらでも、理路整い語彙も備えた反論なら来なさい、

お相手しますと言っているのに、ちょろちょろと嫌がらせが来る程度。

擁護論にロゴス化出来るほどの根拠が無いからです。

東宮夫妻という擁護に実は値しない方たちの擁護は、

しょせん数行が限度だということなのでしょう。

小和田雅子という、記者を指さし恫喝し、

差し出された名刺を記者の前で破り捨て、

また自らを撮ったカメラマンを追いかけ胸ぐらをつかんで

フィルムを廃棄させるごとき荒いヤンキーもどきの気性の女性、

婚約寸前の男性がいた女性、つまり非処女、堕胎の噂さえ根強くあります、

というより・・・・元皇室担当記者から具体的なことを聞いています。

学歴職歴共に著しい疑惑を指摘されている女性が、

一歩皇居の敷居をまたいだだけで皇族となれるのか、なれるなら

そのロジックはいかなる言語で構成され得るのか、答える能力もない者たち、

それが擁護派の頭脳と教養のレベルです。

この酷いアトピー肌も、露出の多い夜会服を考えれば妃失格だと思いますね。

*ここに雅子さんのアトピーの画像があるのですが、

こちらでは、反映されませんので、

転載元様の記事をご覧下さい。


イメージ 13


婚姻により単に皇族という「地位」を得ただけで、そ

の内実が反日性を著しく帯びて、皇室と日本の国体を蔑ろに、

毀損する存在になっていたら、それらをお守りする事こそが反皇室、

反日本となるという論理も理解できぬ痴呆の群れが擁護派です。

雅子妃とその背後の小和田家、それにひきずられる皇太子殿下というのは、

前代未聞の異常な存在たちです。

「自虐史観左翼」小和田恒氏が仕切る東宮。

*ここでも、画像があるのですが、反映出来ないので、

転載元様の画像をご覧下さい。m(_ _)m

何やら老舗の批判論者につきまとい、またこちらのコメ欄にも

犬の立ちションよろしく、短文訪問で数行の批判文をひっかけて行く、

稚拙な擁護論者もいますが、現在までおびただしい時間と費やして、

皇太子と皇太子妃がいかに、皇族という名に値しないか、そ

れ以前に人間としてどうなのか、膨大に記事を積み上げ、提示してきました。

ツイッターの数行で批判した気になるとは笑止です。

語彙とロジックに対しては、語彙とロジックで向き合いなさい、

と申し上げておきます。

焦眉の急は、反日であると言わざるを得ない

皇太子と皇太子妃との廃太子廃妃です。

東宮夫妻は、皇室と国家に害を与える存在になりつつあられます。

皇太子に天皇に即位されたら、韓国に趣き「皇室と朝鮮との濃い関わり」など

述べられ謝罪などされかねず、そうしたら一巻の終わりです。

あり得ない? いいえ、反日左翼勢力が天皇を政治利用可能なのは、

天安門事件以降の天皇皇后両陛下の中国訪問が現実にありました。

訪れても何の効果もなかった、どころか天安門事件への目眩ましの役割を

天皇皇后両陛下が押し付けられた格好です。

こうした状況に加え、皇太子殿下は皇太子妃の実父小和田恒氏の自虐史観にどっぷりと影響を受け、またその手引きで反日韓国人代表、

潘基文や韓昇洙と接触していますから「売る気まんまん」です。

両陛下の支那行きは、教科書の「近隣条項」を作った反日宮沢喜一元首相の

政権下で企まれ、小和田雅子嬢入内は、あたかもそのどさくさにまぎれての

ゴリ押しが見て取れることに留意してください。

そして以後の日本を傷つけ苦しめ続ける河野談話の発表も、

この宮沢政権下であったことに注目。


イメージ 14


「雅子さま」にヘコヘコする、宮沢喜一元総理。

そして河野談話発表に寄与した、時の外務事務次官は誰あろう小和田恒氏であることを、腹に叩き込んでください。天皇陛下訪中に寄与したことも。

池田大作の外遊に便宜をはかったことも。

その「反日左翼男」の娘がなぜ入内出来たのですか?

雅子妃の父親 小和田恒氏の反日思想

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/813fa021b780fc44dc3b10f0ea7a4eec

皇陛下に国辱謝罪させた「皇室使い」の国賊/小和田恒 【保存・拡散希望】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ec86f08a22b5d6d8c431e44bd6a4c7b5

小和田恒氏を喚問せよ 【拡散希望】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/0d31e664a65cd09bcd2a054bd2635040

雅子さま入内を素直に喜んだこともありました・・・・(遠い眼差し)

雅子さん入内は、天皇皇后両陛下の訪中に尽力のあった

小和田恒氏への論功行賞であったという見方があります。

(全ての要因ではありません。

他に福田赳夫元総理、そして無論高円宮の暗躍あっての入内です。

小和田優美子氏は福田家、高円宮家と双方へ通じていることに留意)

小和田氏の自虐反日的思想と言い、昭和天皇の反対と言い、

あり得べからざる入内の影には謀略あり。

福田赳夫元首相(媚中)が、雅子さんの少女期に「雅子ちゃんは、

将来皇太子妃にする」と言い放った逸話は有名。

小和田氏は福田元総理の秘書。伏線は昔からあったわけです。

小和田優美子氏は帯に「福」の字を染め抜くほど、福田氏には忠誠を誓った人。

そして高円宮久子妃とも旧知。

マンデラ元南アフリカ大統領の逝去に際して,

追悼式御参列のため南アフリカ共和国へ出向いた皇太子に付き添ったのが、

誰あろう福田赳夫の息子福田康夫(親中)元総理大臣です。

更につながりましたね。

点と点を結べば現れる「売国の輪」。部落の輪。

「韓日ワールドカップ」は、世界のサッカー界にとっても

日本単独開催にすべきでしたが、

ここでも暗躍したのが高円宮と小和田恒氏です。

ちなみに、その天安門広場に弾圧粛清側の人民軍少将としていたのが、

皇太子が自らの意志で会ったと指摘されている彭 麗媛で、

皇太子のこの行動は内閣には無断、反日韓国要人たちとの接触と併せて、

民間なら公安の追尾がつくほどの、反日色の強い行動です。

池田大作関連のイベントに出席なさったことと併せて、ご本人にその反日性を

自覚するだけの知力がおありなのかどうか、そこが心許ない点です。

擁護の連中は、反日行動が皇太子であるゆえに許される、

という論理の根拠を示しなさい。

潘基文と韓昇洙に操られ水の総裁として国費を使い、

国連を訪れ続けている皇太子。

これは昨年の画像ですが、一国の皇太子への扱いではありません。

粗末な部屋で、お座なりなレセプション。

スペインを訪問したときも、どうでもよさげな扱いが露骨でしたね。

海外のほうが正直に、「次期が誰か」を知っています。

*ここの画像もこちらでは、反映されませんので、

転載元様をご覧下さい。

皇太子を取り込むことに腐心している潘基文は名うての反日です。

【韓国】潘基文 国連内で「反日ビラ」ばら撒き

反日国連

https://www.youtube.com/watch?v=pYtsgvEtmSg

あの気色悪い売国怪物、小沢一郎がなぜ国連を愛していたのか。
大反日組織だからですよ。そことパイプのある小和田恒とは何者なのか。
国連には雅子妃の妹も噛んでいたはず。

*池田 礼子は、 国際機関職員であり、

皇太子徳仁親王妃雅子の実妹として知られる。

国際連合職員、国連ユニセフ駐日事務所(東京事務所)副代表などを歴任。

反日組織国連と国連大学に入り浸る皇太子とその妃。

次期大統領候補、超反日・潘基文がなぜ、皇太子と親密なのか。

皇太子妃の母親、小和田優美子氏と

日本ユニセフとの関わりも看過できません。

なにゆえ、池田大作と密着のアグネス・チャンを看板とする
組織に皇太子妃の実母と妹がからむのか。

こちらにはまた半島利権の宮家高円宮家の承子さんが、就職して
ここでもまた、いかがわしいひとかたまりをなしています。
日本ユニセフは鳩山由紀夫の母方祖母が創設者です。
小和田家の関わるところ、朝鮮中国の気配が色濃いのはなぜ。

大体韓国と支那に褒められるって、鳩山や村山富市と同列売国奴。

・・・・・あ、天皇陛下皇后陛下も韓国から絶賛なんでしたっけ。 http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif

イメージ 15


長年、妃をやっているというのに、

浅く腰をずらしてから立つという知恵すら身につかぬままの粗末な脳。

痩せこけた脳に引き比べ体は膨満。

イメージ 16

年間1700万円、「式服費」の名目で受け取っているのに、
一体、そのお金、何にお使い?

雅子さまの「学歴」の底上げはだいぶ知られてきましたが、

小和田恒氏も疑惑のお方ではあります。

小和田恒氏修士論文盗難事件

本人が語った(要旨)

ケンブリッジ大学が賞をくれて、その上で博士号コースを続けていた3年目。

ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、

もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。

そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。

いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、そ

の時はもう日本に戻らなければならなかったから。

当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、

私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。

それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。

トランクは二度と見つからず、

ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

あのー、船便って現代でも紛失ありますよ。飛行機でさえトランク紛失はあります。大切な学術論文を「衣類と一緒に」トランクに入れます?

 普通、肌身離さず自分で持って帰りませんか?

 だって、船便到着が遅いのですもの。

論文を仕上げる時間がなくなっちゃいますから。

普通、自分の手で持ち帰ると思います。・・・・・それを船便で盗られた、ねえ。

雅子さまも、国民のお金でオックスフォードに派遣されて、

単位取れずにお帰りになったのでしたね。

はいはい、はい。あ、天皇も落第。皇太子は政治学科に入る学力なし。
あーあ、多いですね。賢くないお方たち。


イメージ 17


祓い給い 清め給え

機能不全に陥って久しい東宮。皇太子と皇太子妃の廃太子・廃妃を望みます。
秋篠宮殿下妃殿下への移譲を。

◆宮内庁へ意見

information@kunaicho.go.jp<information@kunaicho.go.jp

電話:03-3213-1111

◆廃太子・廃妃への要望 

内閣官房

http://www.cas.go.jp/goiken.html

首相官邸

http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

拙ブログでは秋篠宮殿下支持の表明として、

ナマズのイラストの入ったグッズを身につける運動を提案しています。


イメージ 18


でれでれ草さま、製作。

年賀状などにもどうぞ。

イメージ 19

イメージ 20


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は雅子妃の誕生日として、今年一年、病気の身の上で、いかに

公務に励んでいたかとワイドショーでやっておりましたが、

公務に励んでおられたのは、秋篠宮様御一家であります。

病気なのに、スキーや、遊びは、元気に出来るって

一体どんな病気なのでしょうか。

支那からの大気汚染が北海道にもきているようで、

そちらも何とかして欲しいものです。

https://blogs.yahoo.co.jp/wood72046/36951533.html

5. 中川隆[-11947] koaQ7Jey 2019年2月22日 16:22:02 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[27] 報告


雅子妃の父親 小和田恒氏の反日思想 2015-01-22
https://ameblo.jp/iofc-chiba-bbqa/entry-11978145149.html


シェアですが…

雅子妃の父親 小和田恒氏の反日思想


「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」

外交に関しては「ひざまずき外交」と評されるように、中韓には膝を屈して接しなければならないとする、要は「日本は悪い国だ」を前提に、中国にも韓国にも対せよ、と。

上記の言葉に見られるように、間接的とはいえ、東京裁判の肯定者であり、それは天皇陛下と皇室との否定論者を意味するのだということが、どういうものか、案外知られていません。
雅子妃はむろんのこと、その言動から推して皇太子が多大の影響を受けていると思われるのに、あまたある東宮批判論、擁護論にこの視点が抜け落ちています。

第一、このような思想を家長が持つ家の娘が、よくまあ宮中に招じ入れられたものだと、宮内庁の、と言っていいのかどうか、関わった人々の迂闊さに驚くばかりです。
通常ならあり得ないのです。はっきり言えば反日思想家の娘を皇室に入れるなどと。
おまけに母方は、極悪な企業犯罪会社、チッソに連なっているのですから、あり得ない環境のダブルです。いや、小和田氏の家系が当主金吉に至る、わずか3代前にしか遡れない不明朗な家系であるということを加えれば、トリプルに、お后候補には絶対に成り得ない条件が揃っています。

それが強引に入内に至ったということを、まずなぜなのか怪しまねばなりません。

韓国利権べったりの高円宮と、小和田氏との結託により、その「陰謀」はなされた、と今までに複数回述べてきたとおりです。そして、そこに某カルト系の宗教団体が2つ、からみつつ、ひとつのカルトは、明瞭に朝鮮半島系カルトです。なぜ半島の気配がつきまとうのか、そこも怪しむべきでしょう。秋篠宮家への捏造による悪評が、2つのカルト教団を母体にばらまかれたという事実とともに。

枝葉を広げると際限もなくなるので、小和田恒氏の思想に戻り、そこに絞り込みます。(他の要素に関しては、今まで過去記事で膨大に述べて来ました)事実を直視できない人たちは、何を述べても避けるのですが、小和田氏の思想などは、どう勘違いしようもない「論」なのですから、これは視線をそむける訳にはいかないのではないですか?

事後法による訴訟の提起など、非常に不当な要素が多い裁判である東京裁判(極東国際軍事裁判)の肯定者であるということは、天皇否定、皇室否定の人物だということです。東京裁判自体が、つづめれば天皇の戦争責任を追求して、処刑にするかしないかの裁判だったのですから、その裁判を「よしとする」思想の持ち主に、少なくとも天皇と皇室への崇敬はないでしょう。皇太子をくん呼ばわりでの婿扱いは、まさにそこに由来しているでしょう。

市ヶ谷の陸軍士官学校講堂で東京裁判は開かれました。一般的な説明によれば「The International Military Tribunal for the Far East」は、第二次世界大戦で日本が降伏した後、連合国軍が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の裁判である、と規定されます。

この「犯罪者の」最大の責任者が天皇ではないか、という裁判であったわけです。こういう裁判を肯定し受け入れる小和田氏がいかなる思想の持ち主か、それは理解できるでしょうか。

東京裁判は戦勝国の一方的裁判であり、イギリス、アメリカ、中華民国、フランス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ソ連の9か国が参加。
これらの国による一方的吊し上げですね。これにイギリス領インド帝国と、アメリカ領フィリピンの2地域を参加させたのは、「日本によるアジアへの侵略」という「罪状」を正当化させる目的です。

こういうでっち上げ裁判ともいうべき裁判を肯定する小和田恒氏の思想の、うろんさを知ってください。

昭和天皇の訴追に熱心であったのは、オーストラリアとイギリスです。

天皇陛下が犯罪者として裁かれなかったのは、天皇無罪ということではなく、連合国最高司令官のダグラス・マッカーサーが「日本統治にあたり必要な存在である」。要するに使えると踏んだからに過ぎません。

繰り返します。小和田恒氏は天皇陛下が罪人として吊るされる可能性もあった裁判を、間接的にながらよしと肯定している人なのです。非常に乱暴に簡潔に言うと、東京裁判の肯定者こそが、朝日新聞や民主党員などを代表とする、自虐史観の系譜に連なる者達であり、反日左翼です。
小和田恒氏もそうなのです。これを見落としてはなりません。

経緯は割愛しますが、天皇を訴追に至らせないための工作は、裁判開廷の半年前から行われていました。

結果的に天皇陛下は「無罪」となったものの、裁判が天皇のみならず、皇太子(今上陛下)まで視野に含んでのそれであったことは、拙ブログで「東京裁判」をテーマにシリーズで書き継いだものがあるので、そちらをご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/afbc2ae8f4a799fb1bc04df4ae9bb526

1つだけエピソードを抜き出すなら、

7人の絞首刑判決を受けたものへの刑の執行は、12月23日午前0時1分30秒より行われ、同35分に終了しました。この日は当時皇太子だった継宮明仁親王(今上天皇)の15歳の誕生日(現天皇誕生日)でした。時計の針が1分ぴくりと動いて皇太子の誕生日当日になった瞬間、でっちあげられた「戦犯」の首にロープがまかれ吊るされたのです。恫喝ですね。お前もヘタしたら、吊るされていたのだぞ、という。罪人であることを忘れるな、という暗喩です。

今上天皇を巻き込みながら、昭和天皇のお命まで断崖絶壁に追い詰めたのが東京裁判です。小和田恒氏がこの裁判を肯定しているということを、忘れてはなりません。すなわち本来は反日、反天皇、反皇室の立場なのです。


裁判それ自体がアンフェアなものであり、日本のあの戦争が自衛のためのやむを得ぬ戦争であったという見方が有力説として浮上していることを付記しておきます。インドのパール判事はおろか、当の関わったアメリカ人からさえ強い疑義と抗議が出されている裁判を肯定する日本人など、日本人の風上にも置けません。

雅子妃の実父である小和田恒氏の反日思想について、十分ではないとはいえ、踏み入って記述したのは今回が初めてですが、その小和田恒氏の思想の色濃い配下にあるのが、皇太子と雅子妃であると拙ブログではずっと説明しています。
お二人の言動を逐一上げつつ、それが持つ反日性についても考察を重ねて来ましたので、興味があれば過去記事の累積があります。
拙ブログでは皇太子を「反日皇太子」と呼ぶことに、もはやためらいはありません。
その言動を追えばそう呼ばざるを得ないのです。ご本人が自覚していようといまいと。
見事に中韓カルトと三者の包囲網を受け、ご本人はそれぞれの工作員たちと接触なさっています。

反日・潘基文の求めに応じ、反日体質の国連に出向き、粗略な扱いを受けながら、「天皇を訪韓させ謝罪させる」ことを主張する韓昇洙・元韓国首相(首相として初の竹島不法上陸者)と親しく食事。

創価学会イベント出席と共に日本には出回らない写真。(池田大作氏の息子と共に出た創価イベントは聖教新聞で報道されて日本国民の知るところとなった)

擁護派の定番に「週刊誌の記事などあてにはならない」というのがありますが、これに関しては2つの反駁があります。
では週刊誌の記事を抜き取っても残るある現実をきちんと見ているか?(上記の事実としての写真や聖教新聞掲載の写真その他)
週刊誌の記事も名誉毀損という訴訟と常に向き合いながら書かれているので、そうそう捏造記事を書き放題というわけにはいかないが、その点をどう考えるのでしょうか。

雅子妃も父親の影響下にありますが、至近では、東宮に訪ねてきた沖縄の子らには顔も見せず、OECD東北スクールへは参加。
被災地にこれまで3度もドタキャンを食らわせた妃が、被災地から都内にやって来た
子供たちに会って、被災地訪問を怠っていることをごまかす、実に卑しい心根の
行動ですが、このOECDじたいに小和田恒氏が噛んでいるのです。1988年(昭和63年)にOECD政府代表部大使を勤めていました。
オランダの公務にも小和田氏が暗躍していたのは、もはや知られている所です。
雅子妃の学歴、職歴にも常に小和田氏の「手」が動いています。思考を停止させないで、冷静に調べて欲しい所です。客観的な資料を拾える事象なのですから。

反日思想の持ち主である小和田氏はいかなる目的で、娘を本来はアンチである
皇室に入れたのか、そこにすべての問題点が集約されてあります。

以上の文脈からは逸れますが、最後に一言、皇太子と皇太子妃の背後に揺曳している韓国とカルト教団の存在に、国民は早く気づいて欲しいと願っています。
中国も習近平の奥方を早々と送り込んで、皇太子は引き合わされていますが・・・。
中国は無論そうですが、韓国も韓国と密着した某カルトも工作という点にかけては実に深謀遠慮で長期を見据えたシナリオを書きます。

たとえば創*大学に迎えた初の中国人留学生が、現在の駐日本中国大使です。
先を見据えての留学生受け入れであったと思います。結果的に配下であった中国人が日本大使になった。いや大使にした、というべきかもしれません。外務省にも随分昔から、カルト教団の名誉会長の息のかかった学会員は送り込まれ、その勢力を年々に拡大しています。
小和田氏がそんな中、いかなる立ち位置にあったかわかりませんがカルト教団名誉会長の外遊に際して便宜をはかり問題視されています。また雅子妃が、外務省内カルトグループとの接触、付き合いがあることは事実です。

日本国の毀損に基本に常に韓国と、それと密着したカルト教団の存在があることを
知る人は多いのですが、皇室と結びついたとたん思考と視力が飛ぶらしく、
現状を理解できない、見えない人がいまだ多いのです。
およそ考えられる限り、ありとあらゆるジャンルに入り込んでいる彼らが、
皇室だけを除外するかどうか、考えてみればよいのです。ある意味、
最も押さえたいところでしょうに。

反日国連事務総長・潘基文と小和田恒氏

【備考】 外務省の中韓への、弱腰体質の基幹を作った小和田恒氏。

http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%C6%FC%CB%DC%A5%CF%A5%F3%A5%C7%A5%A3%A5%AD%A5%E3%A5%C3%A5%D7%CF%C0

雅子妃の父・小和田恒氏が外務省時代に唱えていた主張。「ハンディキャップ国家論」ともいう。その定義については、論者によって微妙に評価が分かれるが、平和維持活動などに、軍事力を用いた、いわゆる「一人前の活動」をしてはいけない、という面では共通している。特定アジアへの「土下座外交」の基礎をなすものだとして、保守派の論者からは厳しく批判されている。

以下の文献に詳しい。

JIS+2D21『靖国問題と中国』屋山太郎、岡崎久彦(海竜社)167〜169ページより抜粋

「(前略)福田康夫氏と谷垣禎一氏は外交の最大テーマとして『日中の異常な関係の正常化』をあげている。『異常な関係』とは何か。日本の首相が靖国神社を参拝するかぎり、『首脳会談を行わない』と中国側が頑張っている状態こそ異常というほかない。これは『たった一つのことが気に入らないといって首脳会談に応じないのは異常だ』と小泉首相が言っている通りだ。国際的常識では『他国の神社参拝を自国の外交関係の中心部分にする国は全世界でも例がない』(米中経済安保調査委員会ラリー・ウォーツェル委員長=産経新聞2006年5月13日付)と見るほうが自然だろう。

 中国の側に理があるという非常識を日本国民に植えつけてきたのは、田中内閣以後の親中派議員と外務官僚だ。中国に対する贖罪意識に加えて、日中条約締結後にはじめたODA援助がらみの利権が親中派議員を激増させた。

 一方で外務省主流も親中派に傾き、チャイナスクールが跳梁跋扈した。小和田恒元外務次官、元国連大使(現国際司法裁判事)が『日本ハンディキャップ論』を唱えたのは有名だ。日本はハンディを背負っているのだから一人前の行動や発言をしてはいけない、との暴論である。

 次官、駐米大使、外務省顧問を歴任した栗山尚一宮内庁参与は『日本は永遠に謝罪し続けなければならない』という主旨の大論文を月刊誌『外交フォーラム』に連載(2006年1・2月)した。

 栗山氏によれば、首相が靖国参拝をやめても、ガス田、尖閣諸島、国連安保理常任理事国などすべての懸案問題で中国の譲歩は期待できないが、それでも謝れという。そもそも何も得ることが期待できない方針を『政策』と呼べるのだろうか。

 こと中国のことになると、急に風向きを気にする政・官・学・財界の諸氏の姿勢は不可解といわざるをえない。」

JIS+2D22『渡部亮次郎のエッセイ集』

外務官僚の背骨

一連の外務省不祥事件は、そろそろ判決が出はじめる一方で鈴木宗男事件はまだまだ尾をひいている。その中で北朝鮮からの集団脱国者対応や不審船引き揚げなど当面の外交問題についての我が外務官僚閣下らのお粗末は、批判する方が疲れてしまうくらい続く。どうしてこんな体たらくになってしまったのか。どうもその底には、皇太子妃殿下の父たる元外務事務次官・小和田恒の「ハンディキャップ国家論」の甘えと驕りが横たわっている。

(中略)

小和田恒という人は、超エリートといわれるが、政界に知られるようになったのは若くして福田赳夫首相の秘書官になってからだが、なぜか省内に人望は無い。仕事に厳しすぎるという以外に何かありそうだが、官僚の口はいまだに固い。その小和田が外務事務次官時代(1991年8月~93年8月)時代に展開して、未だに外務省員を支配しているのが、「ハンディキャップ国家論」である。日本は他の大国と違って、憲法9条の平和規定が厳然としてある。仮にPKOなどの国際貢献でそれがハンディキャップとなっても、最大限尊重すべきで、あくまでも憲法の許される範囲内で、世界に貢献すべきだ、という論である。

 この論は次の事務次官斎藤邦彦(のちに駐アメリカ大使、国際協力事業団総裁)にも追認され、今日も外務省無気力の允許状になっている。そこには敗戦の結果として押し付けられた憲法であるとか、軍隊は外交の手段として用いるべきではない、という敗戦・無能力国家を厳として是認するばかりで、国民を奮い立たせるとかの精神はひとかけらもない。あるものはゼニだから、これさえ出しておけば、他から文句をいわれることはないから いいじゃないか、と言っているに過ぎない。国家の誇りなんかとっくの昔に棄ててしまった逆乞食の驕りである。

 中国大使・阿南は陸軍大臣の倅であることを、何かと隠そうとするらしい。一種のハンディキャップ大使に自ら陥っていると言えるかもしれない。しかし、大使は事務官ではない。国家を代表して駐在しているのだから、社交もさることながら、外交に徹するべきだ。言う事も言わないでいる方が友好だと考えているとしたら、本当にハンディキャップ外交のハンディキャップ大使になってしまうだろう。

 中国は、綿の中に針を潜ませた外交をする国である。昨今の核戦力の増強ぶりと靖国問題を中心とする対日攻勢を見るまでも無く、日本との間に単なる友好のみを考えているとは絶対考えられない。靖国と国民を乖離させ、国民をして「国のために死ぬことは馬鹿らしいことだ」と思わせて防衛意識を低下させ、やがて日本を属国にする際、好都合にすることを狙っているとしか思えない。それをただただ「友好」の二文字だけで事なかれを決め込むとは、なんとも情けない。

 アメリカもクリントン時代の対中国政策をがらりと変えて国益を守ろうしている。その時に我が外務省のみが、チャイナ・スクールにまかせた中日友好万歳だけで国を操縦していけるとは、どうしても考えられない。

http://p-www.iwate-pu.ac.jp/~tokuhisa/watanabe/wat...

JIS+2D23平成14年06月06日 第154回通常国会 衆議院 憲法調査会国際社会における日本のあり方に関する調査小委員会

4号

○田久保参考人 田久保(編者注;田久保忠衛氏)でございます。

 本日は、かかる権威ある会議にお招きいただきまして、大変ありがとう存じます。

 私の専門は国際情勢と外交防衛でございまして、その見地からいろいろ申し上げてみたいと思うのでございます。四十年近く在野の評論家生活をやってまいりましたので、勝手なことを申し上げて、あるいは皆様の御不興を買うかもわかりませんが、何とぞ御容赦いただきたいと思います。

(中略)

  湾岸戦争で衝撃を受けたか受けないかでございますが、私は、政府は受けていなかったんじゃないか、特に、中心たるべき官庁の外務省は受けていなかったんではないかというふうに考えているわけでございます。

 当時、九三年でございますから、湾岸戦争の二年後でございます。小和田外務次官が現役でございまして、東京芸大の平山郁夫先生と「プレジデント」で対談をしたわけでございます。平山先生が、小和田さん、あなた、外務次官だから、日本の今後行くべき方向はどうなの、どういうふうに考えるの、こういう質問に対して小和田さんは、三つあります。一つは、戦争に敗れた直後の日本で、清く、貧しく、美しく生きていくので、国際貢献なんか考えなくていい、こういうことです。このアジアの小国の地位に甘んじていいんだ、余り他の国とかかずらいたくない、こういうお考えであります。

 その直前に、小沢さんの普通の国論というのがジャーナリズムでわっともてはやされて、これに対して小和田さん、ちょっと曲解しておられるんじゃないかなと思ったんですが、政治、経済、軍事、軍事だけがバランスがとれてない、これを経済に見合った軍事力にする。経済に見合った軍事力にするというと、これは世界第二位のGNPを持った日本は、とんでもないことにならざるを得ない。小沢さんが言っているのはそんなことじゃなくて、非常に単純な、一般大衆がわかるように、普通の国がやっていることをやれっつうの、こういう言い方ですね、あの日本改造論の中に出てくる表現は。大して意味を持たない。ただし、小和田さんは、これはバランスをとった国になれ、こういう意味だと。

 三つ目の選択は、軍事の貢献はやはりだめなんだ、そのかわり、その他の面で日本はほかの国よりももっとやるんだ、こういうことでございます。例えば、軍事が出せない。ほかの国が軍事力を出して百億ドル出していれば、こっちの方は軍事を出さない、軍事面での貢献をしないかわりに三百億ドル、四百億ドル、こういうふうに出すんだというお考えのようでございます。

 第一、自分の国がハンディキャップ国家などと言うことは、私はいいのかねという疑問を持つわけでございます。それから、そういう第三の生き方というのは、湾岸戦争で余り通用しなくなったんじゃないかなというのが私の考えでございましたので、これは愕然としたというふうに私は申し上げなければいけないと思います。

 この直後に斉藤邦彦さんが外務次官になられて、駐米大使におなりになるときだったですか、日本プレスセンターで会見というか講演をやられて、一問一答をやられた。そこで、小和田先輩が言われたハンディキャップ国家論を私は正しいと思いますということおっしゃっているわけでございます。ここまでくると、これはこういうことで突っ込んでいくとどういうことになるのかなという私は心配を持っているわけでございます。

 (後略)

http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdo...

http://www.nishiokanji.jp/blog/

西尾幹二氏のインターネット日録

『『週刊新潮』(2月23日号)

「『雅子妃』をスポイルした『小和田恒』国際司法裁判所判事」という題の記事を書きました。週刊誌をお読みになった方が多いかもしれませんが、お読みになっていない方のためにここに掲示します』


すでに渡部昇一上智大名誉教授による指摘などから、小和田氏が典型的な戦後左翼思想の持ち主であるという国会答弁などでの事例紹介によりビックリしていたのであるが、『評論家の西尾幹二氏(76)は、小和田氏を「皇室とは余りにそりが合わない人格」と分析するのだ。』と西尾氏も週刊新潮で発表された由である。

そこにはそうした結論に至った経緯が述べられている。
『 私は今度、小和田氏の雑誌対談やインタビュー記事など資料9編を読んでみた。そこから浮かび上がるのは、アメリカ占領下の日本無力化政策にいかなる疑問も不安も抱かなかった、既成権力にひたすら従順で用心深い小心な一官僚の姿である。』

『 小和田氏が、日本は過去の自分の行動のゆえに国際社会の中で「ハンディギャップ国家」だと言い立てていることはよく知られている。中韓両国に永久に謝罪しつづけなければならない国という意味であろう。1985年11月8日の衆議院外務委員会で土井たか子氏の質問に答えて、小和田氏は東京裁判においてわが国は中国に対する侵略戦争を行った、これが「平和に対する罪」である、サンフランシスコ平和条約第十一条において日本は「裁判を受諾する」と言っている以上、「裁判の内容をそういうものとして受けとめる、承認するということでございます」と答弁しているが、これは百パーセント解釈の間違いである。』
と指摘しておられるが、渡部名誉教授もだいぶ前からこの小和田氏の答弁を問題視されていた。
西尾氏は100%解釈の間違いの理由を述べた後、
『要するに小和田氏はその師・横田喜三郎氏と同様に、何が何でもあの戦争で日本を一方的に、永久に、悪者にしたい歴史観の持ち主なのだ』と指摘されている。

『傲慢で権威主義者

 1990年に湾岸戦争が起こり、翌年、小和田氏は外務事務次官になった。審議官時代から、氏は自衛隊の派遣に反対の立場をとっていた。彼の非武装平和主義は湾岸戦争で破産したはずだった。櫻井よしこ氏から対談で、日本人は人も出さない、汗もかかないという国際世論からの批判があるが、と問い詰められても彼は何も答えられない。ドイツがNATO地域外に派兵できるように基本法を改正する件に触れて、「日本の場合は、まだそういう状況まではきていない」と彼はしきりに客観情勢を語ることで弁解する。だが、「そういう状況」をつくらないできたのは小和田氏たちではなかったか。櫻井氏に追い詰められ、「日本という非常に調和的な社会の中で、できるだけ事を荒だてないで処理したい」と思わず三流官僚のホンネを口に出して、私は笑った』などとも書かれている。

『理想を持たない空想的人格は決して現実と戦わない。戦わないから傷つくこともない。用心深く周囲を見渡して生き、世渡りだけを考える。ドイツ語にStreber(立身出世主義者、がっつき屋)という蔑視語があるが、小和田氏のことを考えると私はいつもこの言葉を思い出す』

『自分の国を悪者にしてこうべを垂れて平和とか言っている方が、胸を張り外国と戦って生きるより楽なのである。そういう人は本質的に謙虚ではなく、身近な人に対しては傲慢で、国内的にはとかく権威主義者である』

『皇后陛下のご実家の正田家は、自家とのへだたりを良く理解し、皇室に対し身を慎み、美智子様のご父君は実業世界の禍いが皇室に及んではいけないと身を退き、ご両親もご兄弟も私的に交わることをできるだけ抑制した。一方、小和田恒氏はさっそく国際司法裁判所の判事になった。私はそのとき雑誌で違和感を表明した。小和田氏は領土問題などの国際紛争のトラブルが皇室に及ぶことを恐れないのだろうか。雅子妃の妹さんたちがまるで皇族の一員のような顔で振舞い、妃殿下が皇族としての必要な席には欠席なさるのに、妹たち一家と頻繁に会っているさまは外交官小和田氏の人格と無関係だといえるだろうか』などなど結局師の横田喜三郎教授の思想に無批判に権威主義的に染まりきった小和田氏の人格のなせる技ではないかとの指摘であり同感を禁じ得ない。いやはや、恐れ入った皇室とは正反対のお人なりなのであり、この点が天皇も無理して雅子妃を迎えるべく外務省高官たちに打診されたりした過去があるだけにご心痛の極みにあられるものと拝察するのである。

正田家と小和田家とはかくも別格の思想の違いがあるのである。

小和田恒氏の反日思想の師、横田喜三郎氏について。


http://ja.wikipedia.org/wiki/

ハーグ国際裁判所は、竹島(独島)をめぐる日韓の争いの場になる可能性のあるところ。
それが現実になった時、この方は皇室に与える影響を考えていません。
裁判所への就任は明らかに皇室(雅子妃)の威光。よく居座っていられると思いますね。
高齢で延々と。巷間噂されるようにお金に困っているのでしょうか?頻繁に日本と往復しながら、東宮に入り浸る。浅ましく見苦しくはないでしょうか。

下記における講演で小和田氏は「日本だけを考えず、クローバリゼーションを考えよ」と主張しています。皇太子と雅子妃にも、こう炊きつけているのでしょうか。

https://ameblo.jp/iofc-chiba-bbqa/entry-11978145149.html

6. 中川隆[-11925] koaQ7Jey 2019年2月22日 23:35:46 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[49] 報告

それにしても雅子という女は凄い女です。
気に入った相手とは手当たり次第という感じです男性経験は20人は超えている
https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/68610e019843f20695a65523fb7823aa


それにしても雅子という女は凄い女です。気に入った相手とは手当たり次第という感じです
白人か黒人かも噂に出ない人数を合わせれば男性経験は20人は超えていると思います。


2018年4月26日 木曜日

◆【雅子妃】男性遍歴B婚約直前まで行った福田元総理の孫;越智隆雄現自民党衆議院議員 2015年4月3日 伏見顕正の政経塾と四柱推命


皆さんお元気ですか?

また出来てきました雅子の昔の男(笑)たたけば埃の出る女ならず、【たたけば昔の男が出る女】です。

越智隆雄という男は、福田赳夫元総理の娘が大蔵官僚の越智道雄に嫁ぎできた子で、孫に当たります。

同じく福田赳夫の孫で、チノパンの夫となった横手真一と同じく、慶應の幼稚舎から慶應義塾大学の経済学部までというコースは全く同じです。

就職も横手真一は三菱銀行(のちゴールドマンサックス)越智隆雄は住友銀行(後父越智道雄の秘書)というのも似ています。

祖父の赳夫が小和田恒を可愛がっていたこともあり、幼少の頃から小和田家と越智家は家族ぐるみの付き合いをしていました。

小和田家と越智家は一緒にスキーに行ったり、雅子の母の小和田優美子が、着物に「福」の字を入れて、福田家に忠誠を誓うようなこともしていました。

その中で年の近い雅子と隆雄は次第に親しくなり、雅子が外務省に入ったころに結婚を視野に入れた真剣な交際を始めました。

特に雅子がイギリスのオクスフォード大学に留学中に、隆雄も「フランスのエセック大学に留学したいと言い出し、父親の道雄から「なんでフランスなんだ?」と聞かれて「好きな女がイギリスにいるから」と答えたそうです。

そして二人は、ドーバー海峡をお互い行ったり来たりして逢瀬を楽しみます。

わざわざ、イギリスから海峡を渡って隆雄に会いに来て、「お茶と食事がすんだらさようなら〜」なんてことは常識的に考えて無いでしょう。お互い愛を確認しあったことは想像に難くありません。

しかし、気になるのはこの英国留学中の雅子の男関係です。

オクスフォードに一緒に留学したT氏と深い関係に落ちていました。

また白人男性との交際もありました。

少なくても三股はかけていたことになりますね(驚)

凄い女です。性欲が強いのはよくわかりますが、三人の男とのスケジュール管理もしっかりダブルブッキングしないようにやっていたのでしょう。

一人とSEXしているときに他の二人にばれないように完璧にやっていたんですね。

確かにこの時期男同士がかち合ってトラブルという話は聞きませんでした。

こういう能力はあるんですね(笑)

こんな雅子でも越智隆雄は真剣に愛していました。

二人とも帰国後に、越智家の方から、プロポーズしたのですが、小和田家は断っています。この辺の事情は、雅子入内後に、落ちとの関係を週刊文春や写真誌が掲載してたたいていました。

なぜなら、ハーバート→東大→外務省という箔付けが完了した今、一度断られた皇太子妃に名乗りを上げる環境が出来上がっていたからです。

皇室に食い込み権力と権勢欲を握りたい小和田恒がそのチャンスを逃すわけはありません。

また1988年当時に大勢いたお妃候補も、皇太子のちびで不細工な容貌で、早々と他の男と婚約したり、結婚したりして逃げ、残っていた候補も、ここが重要なところですが、創価学会が一人ずつスキャンダルを捏造し、辞退に追い込んでいました。

最終時点で残っていたのは、雅子と久邇(くに)晃子さんとタレントで皇太子のアイドルだった柏原好恵の三人でした。

柏原は早々に逃げるために「ヌード写真集」などを出して、自分が候補から抜けるように工作しました。

最後は雅子と久邇(くに)さんでした。

宮内庁は久邇(くに)さんを押していましたが、そこに皇族の小和田のトロイの木馬の高円宮夫妻が出てきて、自宅で皇太子と雅子を合わせたり、外務省の小和田の後輩の柳谷謙介が自宅を提供して二人を合わせたりして、水面下の工作をやり、女性経験のない皇太子は雅子にころっとつかまってしまいました。

久邇(くに)さんの方も着物まで準備して、待っていたところに、皇太子側が勝手に雅子内定記者会見を開いて、宮内庁と両殿下を出し抜きました。

小和田―高円宮―創価学会―外務省の連携工作にしてやられた【朝鮮女雅子入内事件】です。

それにしても雅子という女は凄い女です。気に入った相手とは手当たり次第という感じです

今も白人国家の元首があいさつに来たら出迎えに出ますが、黒人国家の元首が来たら絶対に出てきません。アメリカ時代に、黒人の子供を堕胎した経験がトラウマになっていて、出てこれないそうです。

名前が出た男だけでかなりの人数がいますから名前やイニシャル、白人か黒人かも噂に出ない人数を合わせれば男性経験は20人は超えていると思います。

雅子は、祖父から水俣病患者の怨念父から創価学会関係の邪気を受け継いで皇室に入りました。逆に言うと婚約を破棄された越智隆雄は変な悪霊を持ち込まれずラッキーだったかもしれません。

それでは越智隆雄の命式を見てみましょう。

(私のコメント)

たまたま「雅子妃 男性遍歴」でググると多くの記事が出てきます。皇室を侮辱するようなすざましい記事なのですが、名誉毀損で消されることもなくネットで読むことができます。本当の話かどうかは私にはわかりませんが、このようなことはマスコミで報道されることはないようだ。

最近では、眞子さまの相手の小室圭氏との話題がありましたが、小室氏にもいろいろと良からぬ噂話があるようで、成り行きが注目されます。皇太子と雅子妃が結婚されたのは1993年であり、インターネットは普及しておらず、情報はマスコミがほとんどコントロールしていた。だから雅子妃の男性遍歴が広まる事はなかったようだ。

「株式日記」でも雅子妃のことは何度か書きましたが、外務省と創価学会関係に関してであり、男関係のことはまだ知らなかった。ネットでこのような事が書かれても名誉毀損で消されないのは、明らかな事実もあるからであり、越智隆雄現自民党衆議院議員との仲は公然の事実だったようだ。

記事にもあるように、「その中で年の近い雅子と隆雄は次第に親しくなり、雅子が外務省に入ったころに結婚を視野に入れた真剣な交際を始めました。」という事ですが、しかし、「二人とも帰国後に、越智家の方から、プロポーズしたのですが、小和田家は断っています。」という事です。

相手としては、今は国会議員をしている福田元総理の孫なのだから相手に不足はないはずだ。つまり小和田家としては最初から皇太子の嫁の座を狙っていたわけだ。そして、「ハーバート→東大→外務省という箔付けが完了した今、一度断られた皇太子妃に名乗りを上げる環境が出来上がっていたからです。」ということで小和田恒の野望はかなった。

私は当時はテレビで報じる程度のことしか知らなかったが、ネット化社会になって雅子妃や小和田恒の良からぬ噂を「株式日記」で何度か書くようになった。気の毒なのは皇太子であり、20人もの男性遍歴のある雅子にしてみれば皇太子を手玉に取ることは簡単だっただろう。

記事では、「残っていた候補も、ここが重要なところですが、創価学会が一人ずつスキャンダルを捏造し、辞退に追い込んでいました。」とありますが、スキャンダルの巣窟とも言える雅子が残り、多くの他の候補が創価学会にスキャンダルを捏造されたとありますが、本当なのだろうか。

皇太子妃ともなれば、マスコミの注目の的となりますが、テレビでは一切このような事が報道されなかったのは、やはり創価学会の影響があるのだろうか。雅子妃は結婚後はひきこもり状態となり公務ができない状況ですが、やはり後ろめたい過去があるからだろうか。皇太子はこの事をどこまで知っているのだろうか。

皇室に雅子妃が入ったことで、天皇家は亀裂が入って影が差しているような感じですが、皇太子が女を見る目がなかったことが原因なのだろう。「宮内庁は久邇(くに)さんを押していましたが、」とありますが、そのほうがよかったように思える。顔つきからして皇太子と合いそうの思える。

一番悪いのは小和田恒であり、強引に雅子を皇室に送り込むことに成功した。それができたのも創価学会などのバックがあったからでしょうが、皇太子が天皇に即位した後の日本はどうなるのだろうか。雅子皇后が本性を表してくるかもしれない。

https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/68610e019843f20695a65523fb7823aa

7. 中川隆[-11923] koaQ7Jey 2019年2月22日 23:38:56 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[51] 報告

2017.12.05
雅子様A@家系(1)部落解放同盟との関係
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4260

結論からいうと、

父方・小和田家=隠れ朝鮮人の背乗り家系

母方・江頭家=旧被差別民の家系

のようです。

徳仁皇太子と小和田雅子さんに決定の一報から、マスコミから発せられる「小和田雅子」さん像は、

@父は東大卒の外交官、二人の妹も名門校を卒業した。

A高学歴の一族で、本人はハーバート大、東大、オックスフォード大学を出た才媛。

B本人は才色兼備のバリバリのキャリアウーマンで、将来の女性大使候補だった。

C英語、フランス語、ロシア語に堪能。

➄父方は、新潟の村上藩士の家系で、母方は海軍で成功した人が多い。

E皇太子とのなれそめは、スペインの王女が来日時のパーティーで。皇太子の一目ぼれ。

F日本で一番優秀な女性。

これ、@以外は皆、ウソだったんですね。

Sponsored Link

まず、家系ですが、皇太子妃に内定した「小和田雅子」に関する家計調査について、部落解放同盟が「差別を増長させる」という理由で、抗議していました。何故でしょうか。それは、雅子さんの家系を正確にさかのぼると、旧被差別民につながるからでしょう。

転載させていただいてます。

部落解放同盟が、小和田雅子さんへの家計調査に対して抗議

東京読売新聞朝刊

1993年1月9日

1ページ
「確かに五年前、小和田さんの調査をしました」
皇室関係一筋の老調査員が都内の事務所で重い口を開いた。
宮内庁から直接、調査依頼を受けたのは東京・丸の内に事務所を構える大手興信所。
(略)小和田雅子さん(29)に関する分厚い調査報告書は、作成にまる一か月かかった。
直系は四代前までさかのぼり、大祖父、祖父の兄弟姉妹まで徹底的に調べた
両親については交友関係、勤務先、近所の評判も。肝心の本人は、さらに詳細をきわめた。
経歴、性格、趣味、素行、健康状態……。

結論は「優秀な家系に驚いたのを覚えています。もちろんご本人も申し分ありません
でした」。このベテラン調査員が手掛けたお妃候補は、実は雅子さんだけではない。
この五年間で十人以上にのぼる。雅子さんの調査書はその中でひときわ鮮明に記憶に残っているという。


部落解放同盟中央本部よりマスコミへ

皇室報道に対する抗議と申し入れ

1993年2月18日

「皇太子妃内定」いらいの皇室報道について、
部落解放同盟中央本部は、マスコミ・報道各社に、2月18日、抗議し申し入れた。

————————————————–

日頃よりの、マスコミ・報道関係者各位の人権尊重、差別撤廃のための取り組みに敬意を表します。
さて、私たち部落解放同盟は、部落差別はもとより、あらゆる差別を撤廃するために、
「部落解放基本法」制定をはじめ、「国際人権規約」「人種差別撤廃条約」の早期批准、世界人権宣言の具体化や、「国際先住民年」など、国内外において、さまざまな取り組みをすすめてきました。

しかしながらこうした平和と人権を守る取り組みの拡がりにもかかわらず、今日においてもなお、結婚差別によって、自らの命を絶つという悲惨な差別事件を起きています。
また行政書士や社会保険労務士などによる戸籍謄本等不正入手横流し事件のほか、パソコン通信を利用して、「部落地名総鑑」の一部や、差別文書を大量に送りつけるなど、いまだに差別事件が続発し、悪質な差別調査ともいえる身元調査がおこなわれていることが明らかになっています。

この間、私たち部落解放同盟は、大きな社会問題ともなった「部落地名総鑑」差別事件をはじめ、こうした悪質な身元調査による人権侵害の問題を取り上げ、戸籍閲覧制限や身元調査おことわり運動などに取り組み、大阪においては、興信所や探偵社の差別調査を法的に規制する、部落差別調査等規制等条例が制定されるなどの成果をあげています。

しかしながら、本年1月6日の「皇太子妃内定」の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立の立場から看過できない内容の報道が繰り返されています。

とくに、小和田家の家族の掲載や「家柄」賛美などの過熱ともいえる報道内容、さらには、「皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が
4代前まで徹底調査などと、公然と身元調査が行われていることが報じられています。
こうした報道内容は、人権尊重というマスコミ、報道本来の使命に反するものであるばかりでなく、差別を助長するものであり、強く抗議するものであります。

私たち部落解放同盟は、昨年、全国水平社創立70周年を迎え、これまで取り組んできた国内外の反差別共同闘争を大きく発展させるとともに、「貴族あれば、賤族あり」として、生涯、部落差別撤廃と人間解放に取り組んできた、故・松本治一郎元委員長の取り組みに学び、差別なき社会の実現にむけて戦いをすすめていくことを誓い合いました。

いうまでもなく、私たちは、こうした人権確立の取り組みをすすめるにあたって

マスコミ・報道関係者各位の果たされる役割に、大きな期待を寄せるものでありますが、今回の一連の皇室報道の内容は、差別撤廃、人権尊重の姿勢に逆行するものであることを指摘せざるを得ません。

私たち部落解放同盟は、マスコミ・報道関係者各位が、今後の皇室報道において、
差別を助長する、これまでの過剰な報道を改め、差別撤廃と人権尊重の立場を明確にして報道に取り組んでいただくように、強く要望します。
(解放新聞 93.3.8)

以上


部落解放運動と「同和」行政の動き
解放同盟、抗議文書「皇太子妃報道差別助長する

1993.2.18

部落解放同盟中央本部(上杉佐一郎委員長は)は「一連の皇太子報道は人権尊重という報道の使命に反し、差別を助長する」との18日付の抗議・申し入れ文書を全国の新聞、通信、テレビ各社に送った。
近く雑誌出版社にも申し入れるという。

文書は「解放同盟は部落差別撤廃に向け、戸籍閲覧制度や身元調査おことわり運動に取り組んできた。
その中で、家系図が掲載され家柄を賛美する報道が繰り返され、
公然と身元調査が行われている事が報じられている」と指摘。
過剰報道を改め、人権尊重の立場を明確にするよう、要望している。
(朝日 93.2.25)


皇太子妃決定にかかわる身元調査等の差別助長行為に対する抗議と申し入れ
1993.3.16

(抜粋)
本年一月六日の「皇太子妃内定」の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立をすすめる立場から看過できない内容の報道がなされています。小和田雅子さんの「家系図」の掲載や「家柄」賛美などの過剰ともいえる報道内容、そして「皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査」などと、宮内庁自らが公然と身元調査を指示していたことが報道されています。

いうまでもなく、すべての国民は法の下に平等であり(憲法第一四条)、婚姻は両性の
合意のみに基いて成立する(憲法第二四条)ものです。

したがって、私たちは、こうした宮内庁の身元調査の指示というものが、差別を助長・拡大させるものであるばかりでなく、憲法違反という重大な問題であると考え(略)強く抗議するものです。

転載以上


東京読売新聞朝刊

1993年3月20日

部落解放同盟(上杉佐一郎委員長)は十九日までに、「皇太子妃決定に際し、身元調査が行われたことは結婚差別を助長する」として、皇室会議のメンバーである宮沢首相や衆参両院の議長、最高裁長官の三権の長と宮内庁長官あてに抗議文書を送った。


1993年04月21日
第126回国会 大蔵委員会 第10号

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/126/0140/12604210140010a.html
上田(卓)委員 ぜひとも前向きに検討していただきたい、このように思います。
次に、皇太子の結婚にかかわって身元調査のことが新聞などで今までにいろいろ報道されておるわけです。

(略)

結婚や就職の際の身元調査や家系調査は差別につながるということで、我々は法務省や労働省あるいは地方自治体、民間企業、宗教界の皆さんとともに身元調査お断り運動というのですか、全国的に展開しておるわけでありまして、大阪などでは部落差別を目的とした興信所や探偵社による身元調査を規制する条例もできておるわけであります。

ところが、先ほど申し上げましたように、一月六日の皇太子妃内定以来、新聞、雑誌、テレビなどでは江戸時代にまでさかのぼる小和田家の家系図を掲載して、家柄や家族などについて過剰な報道をしておるわけでありまして、皇太子妃を選ぶに当たっては皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査、こういうような報道もあるわけでございまして、宮内庁みずからがそういう民間調査機関に指示して調査しておったのかどうか、その点についてお聞かせをいただきたい、このように思うわけであります。

その前に、法務省と労働省の方がお見えでございますが、一般的な身元調査についてどういう見解を持っているのかお答えいただきたい、このように思います。

『部落解放』1993年6月号
「皇太子妃決定に関わる身元調査等の差別助長行為にたいする抗議と申し入れ」記事

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4260

▲△▽▼

2017.12.05
雅子様A@家系(2)母方・江頭家は高祖父、父方・小和田家は曾祖父までしか遡れない
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4296


続きです。

父方・小和田家

河原敏明著(平成5年4月)
小和田家の系譜

ここで小和田家の戸籍系統図をみよう。本家は小和田岩夫氏といい、現在東京都下の小平市に住んでいる。
岩夫氏の5代前の群蔵から分かれた兵五郎が、雅子さんの直接先祖になる。
つまり 兵五郎―道蔵(匡利)―金吉―毅夫―恒―雅子の流れである。

その祖先が眠るという西真寺(さいしんじ)を訪ねた。西真寺は村上市にある浄土真宗の寺で、元和4年以来、ここで370年の歴史を持つ。住職本荘長弘師はその小和田家の墓について、毅夫氏が新潟市の学校に在勤中、父金吉の墓のみを新潟市の泉性寺に移した、という話をしてくれた。

ゆえにいま西真寺にある小和田家の墓には、兵五郎夫妻と道蔵(匡利)の妻とその子供だけで(夫の道蔵の墓は新潟に)二基の墓石が並んでいる。

高さが70cm、近隣のものと比べて極端に小さく墓域にも余裕がない。
「なぜ祖父の妻と子、および曽祖父夫妻の墓を残していったのか。

ふつう移すときはそっくりもっていくものなんですがねえ」と住職夫妻も不審気だった。


昭和61年11月、恒氏が外務省官房長のとき、恒、毅夫の両氏夫妻が村上市にきたが、そのときも祖父、曽祖父が眠っているにもかかわらず墓参していないことにも、理由をはかりかねていた。
そこで小和田毅夫氏が村上から墓を移したという新潟市の泉性寺に聞くと住職の広沢誠師が、
「小和田家の墓は明治七年よりうちにあるが、ただ金吉と兵五郎の墓はない。匡利(道蔵)の墓だけがあります。外務省の小和田家にとって初代に当たる兵五郎の墓は寺にはありません。
私の父が死んでいるので、その辺の詳細は分かりませんが。三十年くらい前に毅夫さんが父金吉の墓をうちに移したということはまったく知りません」

と西真寺の住職の話とはだいぶ食い違いがある。
しかも泉性寺が明治十三年の大火で類焼しているので資料が乏しいという。
昭和五十五年に毅夫氏が、この泉性寺にある墓の台座だけを、よりよいものに直している。
先の61年11月に新潟を訪ねた恒氏は夫人、両親とここの寺には墓参のため立ち寄っている。

以上

Sponsored Link


母方 江頭家

江藤淳『一族再会』
祖父
木原村

肥前国佐賀郡北川副村木原は、現在の佐賀市大字木原で、国鉄佐賀線の南佐賀駅にほど近い農村地帯である。
明治四十三年ごろ、祖父に連れられてはじめて佐賀に行った父は、市中に田圃があるのにおどろいたのを今でも印象にとどめている。
そのとき祖父は、小学生だった父にむかって、
「おれの生まれた家はこの田圃のはるか向うのほうだった」といったという。

つまりそれが木原である。
それから三年後に祖父は死んだ。

父の記憶にないところをみると、祖父はこの佐賀滞在を利用して生家のあった木原を訪ねようとはしなかったらしい。
それが何故であったかは私にもよくわからない。当時木原にはすでに近親の残存者は皆無で、裁判官になっていた祖父の兄も遠く東北の任地にあった。

しかし海軍少将で佐世保鎮守府参謀長の職に在った祖父が、久しぶりの帰郷にあえて生家の跡をおとずれようとしなかったのは、やはり彼に故郷に対する根強い嫌悪感があったからではないかと思われる。
彼はおそらく「錦を飾る」などというにはほど遠い心境だったのである。

以上


母方・江頭家は高祖父、父方・小和田家は曾祖父までしか遡れない


高原氏
小和田雅子さんの母方・江頭家は高祖父の江頭嘉蔵までは遡れます。
父方の小和田家は、曽祖父の小和田金吉までしか系譜は分かっていません。
3代前までしか遡れない小和田家の4代前を、その調査員の方はどうやって調査したのでしょうか?
また、4代前まで遡って調査したはずなのに、マスコミに公表された家系図の小和田金吉には職業や経歴は一切記されていないし、金吉以前の系図が記されていないのは何故ですか?


消えたお妃候補たち 指摘されたいくつかの問題点

小田桐誠

宮内庁は小和田について弁護士や興信所を通じ、直系三代に汚点がないか、両親の評判、本人の健康状態などを徹底的に調べ、独自にチェックしたといわれる。その結果は首相官邸にも報告されていたという。報告にはいくつかの問題点が指摘されていた。

一つは八七(昭和六十二)年暮れから八八(昭和六十三)年初めに発売された一部週刊誌が指摘していたように、小和田雅子の母方の祖父・江頭豊が、日本興業銀行の銀行マンから転じたとはいえ、代表的な公害企業・チッソの社長や会長を務めていたこと。

「お妃とともに全国を回らなければならぬ立場にある浩宮さまの訪問先で、水俣病の患者のムシロ旗が立つようなことがあっては」と宮内庁幹部は懸念したのである。

(中略)

母方の親戚に江口朴郎東大名誉教授(故人)のような左翼系の学者がいることをマイナス要因にあげる者もいたという。

(中略)

ただハーバード時代にボーイフレンドがいたことも一つのネックになっているのでは、とみるマスコミ関係者もいた。

小和田雅子の母方の祖父に難点ありとして、富田宮内庁長官は浩宮に
「(小和田さんには)こういう問題が付随しますからね」と伝えた。
「難しいですか」
「はい」
「ああ、そう。それなら仕方ないですね」
二人の間でこのようなやりとりがあったといわれる。

当時のことを富田は『週刊朝日』(九三年一月二十二日号)でこう答えている。

「私が(小和田さんに)反対したことはありません。ただ、当時は、いわゆる『チッソ問題』の被害者の方がまだ大勢おられました。加えて、批判勢力というか、社会運動派の人たちが(チッソの)東京本社に、押し掛けたりもしていた。そういう状況でしたから、もう少し様子をながめたほうがいいのではないかと、そう殿下に申し上げた。殿下はそれを『わかった』といわれたのです。
『おやめなさい』といったのではなく『みつめましょう』といったのです」

以上


毎日グラフ 1993年1月31日号
新潟県・村上市 慶祝ムード 小和田家のルーツ・系譜に論議わく

恒さん夫妻は87年11月22日、毅夫さん夫妻とともに、郷土資料館を訪ねている。
当時の館長、前田健さんは「士族の血を引く人物らしいエピソード」として、その模様を日記にこう書き残している。
「お父様(毅夫さんのこと)は足がお悪いとのことで車に残られ、お母様と奥様と恒さんをご案内した。
おしゃぎり(村上市の祭りで使われる山車)の説明を終えて、二階へ階段をのぼられる時、恒さんはお母様をおんぶされてのぼられたのには敬服した。なかなかの人だと思った」
小和田家と同じ村上藩士の子孫で、郷土史研究家の村上城跡保存育英会の竹沢盛夫理事長(77)も、小和田家のルーツ探しに追われる日々だ。

竹沢さん自身、雅子さんの父方の曽祖父、金吉さん以前の祖先がつかめていない。
「ご婚約は同じ士族の子孫として大変喜ばしいこと。
下級武士であったために小和田家のルーツは記録が少ないが、これで系譜を解きあかす興味が増えた」といきいきとした表情で語った。

以上

皇太子妃・雅子を生んだ小和田家の犯罪ルーツを徹底追跡!

噂の真相1993年4月号

現地水俣でも異変が……
それにしても、かつて自分たちを苦しめた加害者の孫娘が皇太子妃に選ばれたことを、
被害者である水俣の人々はどう感じているのだろうか。

マスコミは内定直後、宮内庁の言い分をあれだけたれ流しながら、
肝心の患者たちの生の声をほとんど取り上げようとしなかった。
「自主規制ですよ。わずかに共同通信熊本支局がきわめて当たり障りのない患者の声を配信しましたが、それとて掲載した新聞はほとんどなかった」(大手紙・社会部記者)
そして、驚いたことにそうした自主規制のムードは水俣病の患者自身にまで広がっている。

実際、取材をしてもほとんどの患者たちはこの件については、何もしゃべりたがらないのだ。
「何をいっても慶事に水を差すととられかねない、という恐れをいだいてるんですよ」
と語るのは地元支局の記者。
ある患者がマスコミにコメントを求められ、ごく素直なお祝いの気持ちを話したらしいんです。
ところが、それが掲載されたとたん、右翼と称する人物から『結婚を台なしにするつもりか』との脅迫電話がはいったらしい」

今なお残っている水俣病患者に対する差別構造。そして、その構造は天皇制という差別のシステムによって、さらに増幅されていく。しかし、ひとりの患者がようやく重い口を開き、本音を語ってくれた。

「正直いって、江頭については今も怒りの感情は消えていない。が、だからといってあの男の孫がお妃になることをどうこういうつもりもない。これはほとんどの患者がそう考えていると思う。
「ただ−」呼吸をおいて患者はこう続けた。
「許せないのは宮内庁だ。五年前、あの男の孫がお妃になれなかったのが水俣のせいだといわれて、我々が周囲からどれだけ白い目でみられたか、ところが、宮内庁は今度はまるで水俣病の問題が解決したようなことをいう。宮内庁にいったい水俣の何がわかるというんだ」

以上


美智子皇后と雅子さんのルーツ 三代前にニアミス

週刊朝日1993年1月29日号

佐賀 早逝した明治のエリート将軍
雅子さんが皇太子妃になって、天皇家には“佐賀の血”がさらに濃くなる。
美智子皇后の母の故正田富美子さんも、雅子さんの母の優美子さんもルーツは
佐賀だからだ。

正田富美子さんの実家は、佐賀県多久市の副島家。

優美子さんの祖父は、肥前国佐賀郡北川副村木原(現在は佐賀市内)出身の江頭安太郎海軍中将である。

安太郎は、慶応年間の生まれ。

中学、海軍兵学校、海軍大学と常に首席で、日露戦争の際は大本営参謀。海軍中枢の軍務局長に昇進し、海軍大臣を嘱望されたが、肺病のため、一九一三(大正二)年、四十七歳で亡くなった。
安太郎一家は東京に出て、佐賀には、安太郎の長女の嫁ぎ先の親類がいるくらいだ。
その一人、古賀治男さん(八一)は、こういう。
「新聞に出た系図に叔父の名前があって、驚いたとです」
佐賀市内の遠縁の女性も、「親戚づきあいもないのに、ある新聞に遠縁と書かれて迷惑でした」と、話すのである。

以上

「皇后美智子さま秘録」「正田家」と「小和田家」

ノンフィクション作家・工藤美代子

週刊新潮2014年10月9日号

(略)
雅子さんの父・小和田恆の血脈を遡行すれば、越後村上藩(現・新潟県村上市)藩士の流れを汲むとされる。
江戸中期、元文5(1740)年以降、村上藩の町同心や下横目(しもよこめ)といった職に小和田家が就いていたことが判明している。ただし、俸禄は石高ではなく、わずかな金銭・穀物を藩から支給されて暮らしていたようだ。

(略)
幕末期の当主・小和田道助は、郡方懸(こおりがたかかり)というやや上級の職に抜擢されるが、それは捕縛術に秀でていたためだった。
制剛流(せいごうりゅう)という独自の捕手(捕り方、および捕縛術を指す)の極意を体得した小和田道助は、村上藩公認の免許皆伝の腕前として知られたが、それでも俸禄は乏しかった。

村上市郷土資料博物館館員の説明を聞いてみよう。
「明治元(1868)年の村上藩士籍分限で、小和田家は二人扶持二両という年収になっていますね。
一人扶持が一日米五合ですから、二人扶持は一日一升。つまり年間で三百六十五升と二両という給料でした。
これは、おそらく日本でもっとも貧乏だった幕末の村上藩主内藤家に仕えている藩士の中でも、最低賃金労働者だったと思われます」

道助は町同心として優れた能力がありながらも、生活はかなり苦しかったようだ。

恆の父祖は、道助の弟・兵五郎が立てた分家で、その嫡男・道蔵匡利が跡を継いだとされている。
古史料「村上城下絵図」(村上市郷土資料館発行)を見れば、兵五郎の名は同心組が住む城下の足軽屋敷の一角に確かに見出すことができる。
ところが兵五郎と道蔵匡利が維新後に相次いで亡くなったため、道蔵匡利の次の世代があいまいなのだ。
現在分かっているのは、どういう出自かは判然としないものもの金吉という人物が現れ、税務署勤務をしながら小和田姓を継いだということである。
多くの系図資料を検討しても道蔵匡利と金吉を実線で繋ぐものはなく、点線でしか繋がっていない
(『週刊朝日』増刊号、1993年3月25日号ほか)。


いずれにせよ、小和田恆の祖父がこの金吉ということになる。金吉は、高田税務署に勤務していた
明治30(1897)年、熊倉竹野と結婚し、長男・毅夫、長女・ミヨシの二児をもうけるが、明治33に早世してしまった。
金吉に先立たれた竹野は苦労して助産婦の資格を取り、女手ひとつで子供を養育した。
長男・毅夫は当時としては最高学府といわれる広島高等師範学校を卒業、教員の道を歩む。
新潟県立旧制高等女学校の教員、校長を経て、戦後には新潟県立高田高校校長を長らく務め、地元では篤実な教育者として名が残っている。
毅夫は村上藩士の血を引く田村静を妻に迎え、五男三女に恵まれた(長女・節子は夭折)が、子供たちは全員が秀才・才媛ぞろいだった。

恆の兄弟五人の男子はすべて東京大学を卒業、二人の姉妹も旧制奈良女子高等師範(現・奈良女子大)、お茶の水女子大といった名門を卒業している。

この秀才一家の次男(第四子)として生まれたのが、雅子さんの父・恒である。

雅子さんからみれば、毅夫が父方の祖父で、金吉が曽祖父ということになる。

(略)
その雅子さんが東宮妃と内定したのは、平成5年1月19日に行われた皇室会議だった。
同年6月9日に予定されている結婚の儀とご成婚パレードを前にした4月17日、恆と妻・優美子は雅子さんとともに新潟市の菩提寺・泉性寺にある墓を詣で、テレビや新聞で大きく報じられた。
ただし、小和田家の墓はかつて村上市と新潟市で三ヵ所に分散されており、各寺の住職でさえ家系を辿るのは難しいと語っている。

墓碑の取り壊しやご遺骨移動の事情も絡み、小和田家代々が泉性寺に祀られているかどうかは不明なのだ。それだけ江戸時代から明治にかけて、小和田家先祖の苦節が偲ばれるわけだが、
墓の件にこれ以上分け入るのは今回は避けたい。

父祖の苦渋に満ちた歴史があればこそ、雅子さんが皇太子妃として入内し、恆が国連大使に就任したことで、家郷へ錦を飾った一家の誇らしい気持ちが溢れ出たのはうなずける。
そんな小和田家の高揚感の表れのひとつだろうか、新発田市の歴史を偲ばせる。

旧新発田藩下屋敷の庭園「清水園」の一角に、一つの木札(高さ百二十センチ、幅五十センチほど)がある。
恆の生誕地から至近距離にあるその木札は、雅子さんのご成婚記念として平成5年11月に市の職員の手によって
建てられたものである。

雅子さんの「お印」であるハマナスが側に植えられた木札には、次のような文言が記されている。

雅子妃殿下御父上誕生の地
樹種 ハマナス
寄贈 北蒲原郡聖籠町
平成五年十一月十三日
新発田市皇太子殿下御成婚記念実行委員会

「清水園」を管理する職員に話を聞いてみた。
「何度か、小和田さんご夫妻がお見えになっていますよ。最初は細長い木簡のような札に書いて建てたのですが、奥様から『なんだかお墓みたいね』と言われたので、市のほうであわてて現在の形に作り変えました」
これまで、東宮妃の父親り生誕の地が、わざわざ顕彰される事例はあまりなかっただろう。

平成10(1998)年10月23日のこと、新潟駅では駅長以下総出で皇太子妃殿下の父・小和田恆のお出迎えに奔走していた

新発田市の市民会館で、地元の敬和学園大が主催する小和田国連大使による特別講演会が開かれるためである。

新潟駅では駅長の先導で特別通路を通り、JR東日本新潟支社の正面玄関から用意された車で新発田市へ向った。
駅や道中での警備陣の対応も、地元民によれば「まるで天皇陛下並み」の緊張ぶりであったという。

また、平成21年2月に小和田恆が国際司法裁判所所長に就任した夏である。
恆はオランダから夏休みを兼ねて帰国すると、山形県にある山辺町を妻とともに訪れた。天童市に隣接する
この寒村に足を運んだのは、この地出身で日本人初の常設国際司法裁判所(国際司法裁判所の前身)所長となった安達峰一郎(1869〜1934)の生家を訪ね、同時に山形市で記念講演を行うためだった。
なにしろ皇太子妃の父の来訪とあって、地元での歓迎ぶりはいやが上にも盛り上がった。

この日、恆は国際司法の先達の生地に自らの手形と署名を残した。
翌年、生家前には黒御影石の立派な記念碑が建立された。石碑に刻まれた文字は、
「山辺町来町記念 国際司法裁判所所長 小和田恆」
とあり、中央に実物大の右手形が刻印されている。名前も自らの直筆文字を彫ったものだ。

もちろん、恆が申し出たわけではなく山辺町の役場やロータリークラブの発案で製作されたのであろう。
しかし、生誕の地の木札も、来町記念の石碑も本人の許可を得て建てられたものである。
個人の感覚はそれぞれ違うが、人前で自分の印象を強めるような振る舞いを極力避けてきた

正田英三郎との差異は歴然だといえる。
一方、ご成婚前に、小和田家の系図を遡って用意しようとしていた宮内庁は、部落解放同盟から思わぬ抗議を受けた。雅子さんの父方、三代前の金吉以前が繋がらず、調査に行き詰っていたときである。
今の時代、出自で人を云々することは、もとより許されない。だが、一般とは違う立場の歴代の皇太子妃はこれまで厳密な系図が準備されてきた。
「身元調査は差別である」との抗議が、部落解放同盟中央本部の機関誌『部落解放』(平成5年6月号)に掲載された。

抗議文から、一部引用しておこう(部分引用)。
「本年一月六日の『皇太子妃内定』の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立をすすめる立場から看過できない内容の報道がなされています。とくに、小和田雅子さんの『家系図』の掲載や『家柄』賛美などの過剰ともいえる報道内容、そして、『皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査』などと、宮内庁自らが公然と身元調査を指示していたことが報道されています」

抗議文は3月16日付で、宮沢喜一皇室会議議長(内閣総理大臣)、衆議院議長、参議院議長、宮内庁長官にも送付された。

個人情報の管理が以前よりはるかに厳しくなっている時代に、「身元調査」は確かに差別といわれるのも当然である。

しかし、家柄や血筋と、家風や伝統は異質のものだ。子供にどのような教育をほどこすかは、
それぞれの家の価値観によって異なる。
(略)

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4296

▲△▽▼

2017.12.05
雅子様A@家系(3)小和田雅子の家系のトリック
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4300


続きです。

小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う

あるホームページから syutuji.htm

江戸時代、山屋家は代々俸禄二人扶持の下級藩士であったてことでこれはこれで間違いではないけれど俸禄二人扶持は厳密に言うと武士ではない

扶持取りは原則非戦闘員なので戦の時は雑用係。平時は中間か小者だったはず
壬申戸籍(明治5年制定・昭和43年に封印)には「士族」ではなく「卒族」となっているはず

小和田金吉(宮内庁が隠蔽する小和田家の歴史)
まず、小和田新九郎と小和田新六匡安と小和田匡春(道助)(1858年64歳で死亡)が、
兄弟であることには間違いない。
新六の息子が小和田郡蔵。匡春(道助)の息子が勝治であることも間違いない。
勝治の弟が兵五郎であることも間違いなし。
小和田兵五郎の息子が小和田匡利(道蔵)であることも間違いないのである。
さて、問題はその先、小和田匡利(道蔵)の3男となっている小和田金吉。

こいつがクセものである。

雅子様の父が小和田恒。祖父が毅夫。
曽祖父が小和田金吉であるが、この金吉、1867年生まれのあたりの人になるが
この人の代に村上を離れ新潟に移住した。
だが、この人が村上を離れた年もわからない。村上にいるとき何してた人かもわからない。(足軽ということになっている)

どうも金吉の父は小和田匡利(道蔵)となっているがそうではないらしい。
宮内庁が隠蔽してるのはこの金吉の父の名前がわからないということと、半島出身という点らしい。
小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う

※1868年時点で(もし生きていたら)
・小和田匡春(道助)(1858年64歳で死亡) 74歳
・匡春(道助)の次男 勝治        48歳?
・勝治の弟兵五郎(5男として)      42歳?
・小和田兵五郎の息子(3男)が匡利(道蔵)15歳?
・匡利(道蔵)の次男金吉         1才

金吉の戸籍がないのは明治30年代に金吉が死亡し(若死)
死亡から80年たって雅子様が嫁いだ頃戸籍は処分されたからではなくて初めから存在しなかった。
(明治19年式戸籍ならどんな役所でも取り寄せ可能だし、19年式戸籍を廃棄している自治体はほとんどない。)

以上

Sponsored Link

小和田雅子の系図のトリック

部落解放同盟系の研究者である上杉聡
マスコミが発表した小和田家の「優秀な家系図」の欺瞞性を指摘
『戸籍解体講座』
上杉聰

次の応用問題にいきたいと思います。お手元の資料の中に小和田雅子さんの系図が載っています。
この小和田雅子さんの系図が掲載された時、これは『朝日新聞』からとってきたんですけども、海軍大将なんかのりっぱな家系の娘さんだということが盛んに言われました。

これに対して部落解放同盟が抗議をしました。

宮内庁が四代前まで徹底的な調査をすると言っていたことに対して抗議をしたということは、やはり解放運動のおかげだというふうに思うんですけども。この系図を見て、うっかりすると唸ってしまうといのもまた我々の性なんですね。

そこで、これまでの予備知識を踏まえて、私もちょっと動揺を押さえながら、これをじっくり見てみました。

そうすると問題点がだんだん見えてきたんですね。一番上を見ていただきますと、
小和田金吉、田村又四郎、江頭安太郎、山屋他人、この人たちは聖母マリア様でもあるまいし、一人で子どもを生んでるという恰好になるんですね。

その下の段階になると男、女が確実に書かれてあるんですが、一番上の四人は配偶者なしなんですね。

一人で子どもを生んじゃってるんですね。

これ、「処女懐胎」じゃなくて「童貞懐胎」っていうやつですかね(笑)。

これは何だ、というふうに考えれば、やはり先ほどの、女は家系図から除かれる傾向を代表しているんだろうというふうに思うわけです。

それともう一つ。

二段目になってきますと、右の方に静さんという人と、
それと一番左に寿々子さんという人がいますね。これ、肩書きがないんですよ。
さらに寿々子さんの下に優美子さんという人がいますが、この人は外務省のキャリア・ウーマンということで、鳴り物入りで宣伝されたのもかかわらず、肩書きがないですね。
女性は一人として肩書きがないんですよ。

これも問題ですね。みんな専業主婦だったのか。

まさかそうじゃないですね。

これはやはり、女性は肩書きを除く傾向にある。
肩書きを除くまでして何で載せているのかと言えば、どうもそれは、海軍大将の山屋他人から雅子さんまで引っ張ってこようとすると、寿々子、優美子という二人の女性を経由してしかもってこれないわけですね。そのために肩書抜きで載っけているわけです。

それからもう一つ思いますことは、たとえば山屋他人さんには配偶者がいるはずなんですが、その子は一人っ子なのかということですね。

さらにその下のチッソの社長と寿々子さんの間にできた優美子さん、
これも一人っ子になっているんですね。

それから右の方の田村又四郎さんも一人っ子で静さんを生んでいる。

小和田金吉さんも一人っ子の家庭だったのか、と。

どうもおかしいんですね、これね。
これ、除かれているんだと思うんですよ。

まず女性は徹底的に除いたんだろうと思います。
そして肩書きがとるに足りないと考えられた男性も。

たとえば江頭安太郎さんの息子さんは三人おります。
隆さんと古賀博さんと豊さん。

豊さんが元チッソ社長というのが誇らしげな肩書きなのかどうかは問題がありますが、それはおいておきまして、この中で隆さんは肩書きがないんですよ。

何でかなと思ってよく見ると、その下にですね、評論家の江藤淳がおるんですね。

この江藤淳をもってきたいために隆さんを載っけてるんですが、
隆さんには肩書きがないんです。

書くに足らないような肩書きだと判断したんだろうと思うんですね。
この系図から除かれた男、女性も惨めですが、名前だけ書かれて肩書きを除かれた男も惨めだと思うんですね。

女性差別は必ず男性差別にもつながるという典型的な例だろうと思います。
そうすると、果たしてこれでも系図と言えるのか、ということがだんだん見えてくるわけですね。

要するに、何とかして雅子さんと海軍大将とか江藤淳とかを関係づけたいために、つないでみせたにすぎないわけですね。これはものすごい宣伝文書です。

彼女の血筋、家系がいかに立派かということを宣伝するための図です。家系図でも何でもないんですね。
それなのについ「なるほどね」と、私も含めて思いたくなるということです。
本来なら笑ってしまってもいいようなものが、大新聞に堂々と載せられて、我々も抗議すらしない。
我々の感性がいかに鈍ってしまっているのか、ということを思うわけです。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4300

▲△▽▼

2018.04.25
雅子様A@家系(4)小和田家は朝鮮人密入国者の家系の可能性あり
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4349


ざっとまとめますと、、、、

・小和田家は村上藩士の小和田家とは無関係。

・小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う、つまり嘘っぱち。

・宮内庁が公表している小和田家の家系図は、小和田雅子の血筋、家系がいかに立派かということを宣伝するための捏造家系図であり、家系図とはいえない。

・家計調査が入ったら、部落解放同盟から「差別を増長させる」として抗議がきた。

以上の事柄からみて、父母どちらかがかつての被差別階級につながる血筋であること、宮内庁から公表されている家系図がうそっぱちであることがわかります。

今は旧社会の階級制度からは解放されている時代です。仮に推測や指摘通り、最下層の階級の出身でもいいんじゃないのか、と思われる方もおおいとおもいますが、問題は、一族ぐるみで、日本国にたいする破壊活動に与していること、日本の国や国民を裏切っている可能性が高いところにあります。

話を家系にもどしますが、小和田家の先祖が、どこから来たのか、それは、小和田家の過去の行動や経歴からみていくと大方推測は可能です。

結論をいうと、北朝鮮からきた工作員の家系と思われます。


Sponsored Link

テーブルに置かれた、北朝鮮にゆかりのある花。


ハワイの韓国軍の記念施設に「コリアン プリンセス ベビー像」を設置

雅子さんが、愛子さんを生んだら、韓国人が大喜び。

なぜコリアンなのか、プリンセスなのか、という問い合わせが殺到したあと、「これは李方子さん」とごまかして、像を撤去。


東宮御所で飼われていた珍島犬の存在

時期的にみて、韓国大統領が北朝鮮の金正日におくった2頭のつがいの犬の子孫と思われ。

犬を飼い始めたときの宮内庁からのコメントは、

・東宮御所にメスの野犬が紛れ込んだ。

・犬は10匹の子供を産んだ。

・2匹を残してあとの子犬は職員で分けた

とか言ってましたが、

・東京に野犬はいない。

・中型犬が生む子犬の数としては10匹は多すぎ。ありえない。

・厳重な警備と張り巡らせれた柵を突破して犬が侵入することは不可能。

北朝鮮から下賜された犬かどうかは推測ですが、見た目からみて珍島犬なのは間違いないでしょう。


そして、よど号ハイジャック犯との関係

第67代総理大臣福田 赳夫

・雅子の父、小和田恒は福田首相(父)の秘書だった。

・秘書仲間に小泉純一郎がいた。

・小泉の父は鹿児島の朝鮮部落の出身であり、小泉の母は横須賀の朝鮮系ヤクザの娘だった。当然、小泉自身も、一滴も日本人の血を引いていない朝鮮系である。嫁も在日なので、3人の息子も当然、純朝鮮人である。

・よど号ハイジャック事件が起こった。

・莫大な身代金を与え、世界から非難された。犯人は北朝鮮へ亡命した。

・よど号ハイジャック犯が、新潟の朝鮮部落に居住していたころの小和田家と近所であった。

・よど号ハイジャック事件後、北朝鮮による拉致がはじまった。

・政府(自民党)は長い間、拉致事件に取り組まなかった。

横田めぐみさんの父「政府は、北朝鮮に弱みを握られているのではないのでしょうか」

・小泉が首相になった時、突然、北朝鮮を訪問。5人の拉致被害者を連れて帰った。

・仲立ちしたのが、総連の実力者だった。日朝に交流がない状態では、パイプがないと成立しない会談だった。

・噂によると、金日正は、小泉を別部屋につれていき「あなたの父祖の国へようこそ」といったとか。

マスコミは、小泉の手柄のように書いていたが、小泉が朝鮮人であることを自ら暴露したことでもある。


ここから、単純な推測が成り立ちますね。

・福田、小泉、小和田は、朝鮮系あるいは部落のつながりの仲間であり、代々、北朝鮮の工作員。

・よど号事件は福田と北朝鮮の共謀したヤラセだった。

・身代金のキックバックを、福田がうけとり口封じに自民党内に撒いた。

・その弱みを握られていたので、今にいたるまで自民党政治家は、北朝鮮のような犯罪国家に屈している。

あくまで推測ですが。


さらに、この連携は、皇位継承問題にも及んでいます。

・福田家は、群馬の部落の家。

・福田は、「雅子ちゃんを皇太子妃にするよ」と宣言していた。

・雅子が生んだ愛子さんを天皇にするための法案を通そうとしたのが、小泉純一郎。

なんとしても、朝鮮人、部落民の血を引く愛子さまを即位させるのが、部落解放同盟、および朝鮮人たちの宿願なのでしょう。

しかし、神の采配により、秋篠宮紀子妃殿下の第三子ご懐妊、そして悠仁親王ご出産により、その企ては頓挫しました。

まだ油断がなりませんが。愛子さま天皇実現運動は、部落民&朝鮮人のクーデターなのです。


大日本帝国時代の朝鮮

小和田家の祖とおもわれる人物が新潟に住み着き、背乗りしたころといえば、大日本帝国時代でしょう。

併合後のピクニック?の様子。いい雰囲気ですね。

このころは、朝鮮半島は普通に日本領であり、朝鮮人は朝鮮系日本人でした。すべての国民に対して戸籍もできましたし、選挙権もあり、出世して大臣になったり将軍になった人物もいます。スター的存在になり財をなした妓生もいます。戦後までは、半島と日本列島との間の行き来は普通にできていました。にもかかわらず、わざわざ、密入国して背乗りする必要があったとなると、

・半島で犯罪をおかして逃げてきた人物。あるいは一家離散などの憂き目にあった。

・半島でも身分の低い階級(例えば、白丁)に属しており、日本列島の北の果ての新潟に住み着きロンタリングする必要があるくらい、絶望的な階級だった。

・もともと目的があって日本に住み着いた「草」、すなわち工作員である。

・新潟の朝鮮部落にすんでいた朝鮮系の人間が、小和田家に背乗りした。

などが考えられます。

故中川昭一議員が、小和田恒の書斎にレーニン像があったと証言してますね。小和田恒が、ロシア大使だったころ、ロシアのハニトラにかかってダブルスパイをしていたことが、ソ連崩壊後の情報の公開によりわかっています。

小和田家は、不法入国する必要があったくらい社会階級の低い位置にあった朝鮮系であるだけではなく、思想的にも旧東側の人間の立ち位置を置く人物であり、代々、工作員の家系である可能性があります。


母方の江頭家もまた、部落の出身の可能性が高いですね。

雅子の母方の親族であり本家になるタレントが、「自分は部落だ」とカミングアウトしていたそうです。

さらには、祖父の江頭豊は、水俣病を引き起こし放置したばかりではなく、「腐った魚を喰った貧乏人がわるい」等の暴言、被害者の方々へのヤクザを使っての暴行と弾圧、ジャーナリストでカメラマンであったユージンスミスへの暴行などをヤクザとつるんで行った大量殺人犯でした。

つまり、雅子さんは父方、母方、ともに、日本、朝鮮それぞれの社会の、最下層の階級の出身でかつ犯罪性が高い家系ということになります。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4349


▲△▽▼

2017.11.18
雅子様A@家系(5)小和田家の家業は犯罪?
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4435


今は江戸時代の階級制度から解放された時代であり、仮に皇太子の妻が、朝鮮系でもあるいは被差別階級につながる家系でも問題ないのではないか、と思われる方も多いと思います。親王妃になる方のご性質やご家族が立派な方であるなら、管理人も何代か前の先祖の境遇は問題にならないとは思います。

しかし、ご本人やその家系が皇族になるにふさわしくない場合、犯罪性があった場合、あるいは、国家破壊を目的としてて活動している家系である場合は、最下層からきた方であっても、あるいは名門であっても問題にしなくてはならないと思います。

こちらからの続きです

この写真一枚でも、不思議が一杯ですね。

・コスプレ感満載の、サングラスをしたお寺さん。

・数珠を持たないのは何故。

・つぎはぎだらけの墓石。


そして、この感覚感性、恥も遠慮もありません。自らをなんだと思っているのでしょう。まともな日本人なら恥ずかしくてできないことです。

小和田恒の石碑

なんじゃこりゃ?

小和田家の人々は自らを「宮家のようなもの」「準皇族」と称し、けじめのなさが非難を集めています。

・雅子が出席するはずの場に、出席できない雅子のかわりに妹がやってきた。

・東宮御所に住み着き、公使のケジメなく私物化している。

・東宮家の御静養に、妹の家族が一家ぐるみで同行する。東宮家の御静養は、ディズニーランドを貸し切り、スキー静養のおりにはホテルも貸切っての「御静養」です。新幹線も車両は貸し切り、莫大な費用が生じます。警備に動員される警備の費用も同じく税金から出されます。それに便乗して恥るところをしらないのが小和田家です。

・集まる大衆に向かって雅子の妹が、皇族になりきって手を振る、あるいはカメラを向けるなど、けじめのない行為が目立ちます。

・小和田雅子の母親が御所に来ては、調度品や美術品を持ち帰るという噂もあります。こうした噂が本当臭いのは、小和田優美子がつけているブローチを堂々とつけていることなどで、その性質を察することができます。

皇族女性の宝飾品は皇室財産であり、国家財産であり、所有権は国にあります。結婚などで、皇族女性がなんらかの事情で皇室を去る場合はおいていく決まりです。小和田母子がしていることは、国家財産の横領に値します。


Sponsored Link

小和田恒@ 二重スパイ疑惑

2015年11月30日  MI6コードネーム「ムツヒト」皇太子の義理の父、小和田恒はソ連との二重スパイだった、今も怪しい

※転載させていただいてます。

皇太子妃父の小和田恒は、旧ソ連では有名なスパイでミトロヒン文書にも明記されています。

KGBスパイとして活動した駐ソ連日本大使館勤務経験のある外交官たちがいる。ミトロヒン文書では「OVOD」(2回もハニートラップに引っ掛かった)、「MARCEL」などの存在が明記されています。

モスクワ時代、誘惑したのはロシア語教師で2回も行為を撮影され工作員にされた。(コードネームアナグラム)

レフチェンコが実名を明らかにしたのは、自民党の石田博英氏(フーバー)、社会党の勝間田清一氏(ギャバー)、伊藤茂氏(グレース)、佐藤保氏(アトス)である。

その他、レフチェンコ・メモに実名が記載されている人物に上田卓三氏がいる)サンケイ新聞編集局次長の山根卓二氏(コードネームは「カント」)、読売新聞の外山四郎記者(トマス)、テレビ朝日の三浦甲子二専務(ムーヒン)、『インサイダー』の山川暁夫氏(バッシン)の実名が明らかにされている。

実名は不明ながら、サンケイ新聞東京版記者で山根編集局次長を補強しうる「デービー」(コードネーム・以下同)、韓国問題専門家の東京新聞記者「カミュ」、共同通信記者の「アレス」、大手新聞元モスクワ特派員の「アギス」、フリージャーナリストの「ドクター」外山四郎氏、三浦甲子二氏。

東京新聞記者の「コーチ」、朝日新聞の「BLYUM」、読売新聞の「SEMIYON」、産経新聞の「KARL」(あるいは「KARLOV」)、東京新聞の「FUDZIE」、社名不詳大手新聞の「ODEKI」、社名不詳ジャーナリストの「ROY」

自民党関係者にさらに2人のエージェントがいたと指摘されている。

自民党議員の「KANI」と、田中角栄の側近の「FEN」は「フェン・フォーキング」と同一人物?

一部週刊誌(新潮)にも記載されていましたし、ジャーナリストからの情報ですか ら情報は確かだと思います。

民主党政権時に公安情報がかなり紛失・消失したとのことです。

(民主党政権時の国家公安院長の名前を思い出してみてください)

再構築しなければならないので、情報を提供してほしいと古屋議員から言われま した。

以上

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4435

▲△▽▼

2017.12.05
雅子様A@家系(6)小和田家の家風 ソ連文書からみるスパイ小和田夫妻
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4439


続きです。

1967年モスクワ

※こちらより転載させていただいたうえに、編集しています。

【武器輸出三原則違反】犯罪人的発想

雑誌正論2008年1月号 佐々淳行

カンボジア総選挙国際監視団に日本の文民警察を派遣するとき、装備として拳銃と若干の小銃、それに防弾チョッキを持たせようと提案したら、外務省の小和田恒が、
「丸腰で行け! 装備をもたせると、帰るときに売っぱらい、武器輸出三原則に違反するから」と言い放った。
日本の警察をバカにしたような発言に驚いた。

以上

※帰るときに売っぱらい、、、その発想は堅気の日本人にはない(管理人)

Sponsored Link

【論文紛失】国費留学しつつも、博士号はとっていない。

ニューヨーク大学での対談形式でのレクチャーのマニュスクリプトP8

ケンブリッジ大学が賞をくれて、その上で博士号コースを続けていた3年目。

ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。
そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。
いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、その時はもう日本に戻らなければならなかったから。
当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。
それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。
トランクは二度と見つからず、ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。

以上

※博士号をとっていないいいわけが、陳腐すぎる気がする。(管理人)


機密費横領

防衛省OB太田述正メルマガ「小和田恆さんいい加減にしなさい。」

皇太子殿下の嫁の実父という立場にある君は恐れ多くも、皇太子殿下を利用し、次から次と悪事を働いて来ましたね。
ある時は、後藤田正晴氏と組んで想像も付かないような恐ろしい悪事を企てましたね、
元日銀総裁の三重野康氏を使って実行した事は日本国の信用を著しく損ねたのみならず、皇室の尊厳を著しく傷つけました。
それに懲りずに今度は武藤敏郎日銀副総裁(当時)、飯島勲(元小泉総理秘書)、等と組んで小泉純一郎氏を巻き込み某国の大統領にまで手を延ばして、恐ろしい事をしましたね、その時も恐れ多くも、皇太子殿下を欺いて利用しましたね。

【日銀総裁の座を狙っていた小和田恆氏】

何故小和田氏は日銀総裁の座を狙ったのか、それは国連大使、オランダハーグの国際司法裁判所判事と歩んできた最後の仕上げであった。
今、小和田氏は武藤総裁を実現して最後の賭けに出ようとしている、
これは皇室に災難をもたらす、あまりにも無謀な恐ろしい暴挙であると言わざるを得ない。小和田氏自身のみならず皇太子殿下にも災難が及ばないとも限らない。

このうえは天皇陛下の御英断を煩わせる他にないのか?
小和田氏はかねてソヴィエットロシアの大使館に勤務していた時、北朝鮮の工作員と接触しましたが、その時利益供与を受けたという疑いが某国の諜報機関に持たれています。
いづれにしても、小和田氏の信用と評価はアメリカでは最悪であり、EU諸国に於いても最低だと言われています。
自らの立場を猛省されて身を処されたらよいのではないか。

以上


ソ連共産党日本人工作員のなかに、小和田夫妻の名前が??

ソ連共産党・日本人工作員

70年2月26日に、ソ連共産党政治局は、日本社会党とその機関紙に助成金を支給 するために、合計10万ルーブル(当時、3571万円)の支出をKGBに承認し た。類似した助成金は、毎年払われたようだ。

たとえば、72年に支払われた10万ルーブルのうち、6万ルーブルは政治資金とし て各議員個人に渡された。

1万ルーブルは日本社会党とソ連共産党の交流資金、2万ルーブルが日本とアメ リカおよび中国との関係に打撃を与えるアクティブ・メジャーズ工作資金、1万 ルーブルが日本社会党に公明党や民社党など他の野党と提携させないためのアク ティブ・メジャーズ資金として使われた。

社会党最高幹部と自民党大物議員

▽勝間田清一コードネームはGAVR。

彼は66年の日本社会党書記長選挙の次点者で、74年 にその党内地位を強化するために400万円をKGBから受け取っている。 KGBでは社会党中道派のリーダーと評価されていた。

(※ミトロヒン文書に勝間田氏の名前はないが、後にレフチェンコ氏が GAVR=勝間田氏と断定した)

▽佐藤保 コードネームはATOS。

社会党左派(マルクス主義派)のリーダーで、4つ の党刊行物の責任者だった。KGBファイルには、佐藤氏が日本社会党機関誌に 記事を掲載するための資金として73年10月に40万円をKGBから渡した記録がある。

(※ミトロヒン文書に佐藤氏の名前はないが、これも後にレフチェンコ氏が ATOS=佐藤氏と断定)

▽ALFONS(実名不明)

社会新報に記事を書いていた。72年に250万円受け取っている。KGBファ イルには、社会新報に記事を書くために15万円が支払われた記録もある。

▽DUG(実名不明)

日本社会党委員長に非常に近かった社会党員。選挙資金として72年に39万円を 渡された。

▽DIK(実名不明)

選挙ビラとポスター制作費として72年に20万円を支給された。

――それ以外にも、社会党でKGBエージェントとファイルされていたのは以下の 通り。

▽JACK(キリル文字でDZHEK/実名不明)

73年からエージェント。社会党議員。

▽伊藤茂コードネームはGRACE。

社会党議員で党中央委員会のメンバー。おそらく 75年よりエージェント。

(※ミトロヒン文書に伊藤氏の名前はないが、これも後にレフチェンコ氏が断 定。レフチェンコ氏はその他に、ミトロヒン文書に出てこない2人の社会党員 「RAMSES」と「TIBR」の存在も断定している)

▽DENIS(実名不明)

江田三郎・社会党書記長の親しい側近。

▽KING(実名不明)

後に日本社会党の幹部となった。

▽KERK(実名不明)

勝間田派議員。KGB東京支部と日本社会党執行部のコネに重要な役割を果たした。

▽上田卓三・社会党議員

親ソ派の学者で「山本」という人物が、KGBの協力者として議会で影響力を行使したという。「山本」がリクルートされたのは77年。以後、彼はKGBの意に 沿うような国会質問が出るように議員に働きかけた。

▽石田博英・元労相(自民党幹部)

▽「HOOVER」自民党幹部の石田博英・元労相

石田氏は73年2月に「日ソ友好議員連盟」(コードネームはLOBBY)の代表 になり、同年の8月〜9月の訪ソ団の団長となった。この訪ソ団は17年ぶりの日 本国首相の訪ソとなる田中角栄首相訪ソの直前に行なわれた。石田氏がソ連中央 で重く扱われるようにKGBが裏で支援した。

石田博英氏は70年代を通じて日ソ友好議員連盟を足がかりに、「影響力のエー ジェント」として使われ続けた。

77年には、KGBの要請に基づき、彼は個人的に福田赳夫首相に意見した。

※福田赳夫は小和田恒の親分

モスクワの日本大使夫妻がソ連反体制派と接触し、「歓迎されざる人物」になっ たから、日本に呼び戻すようにということだった。

※モスクワの日本大使夫妻=小和田恒で間違いないと思います(笑)


09 Jun 1993 — PRESS CONFERENCE WITH THE PARENTS OF MASAKO OWADA — Image by © HARUYOSHI YAMAGUCHI/CORBIS SYGMA

▽田中角栄の側近だった「FEN」

角栄秘書『フェン・フォーキング』はこの中に?

曳田照治 榎本敏夫 山田泰司 田中利男 遠藤昭治 田中勇 高鳥修 佐藤昭 子 早坂茂三 麓(ふもと)邦明 古藤昇司 朝賀昭 工藤節子 中村喜四郎

本間幸一  小長啓一 桜井新 小谷兄弟  樺沢 城谷 片岡憲男 井上孝

高橋国一郎 下河辺淳 小野吉郎 西村尚治 長田裕二 山下元利 林義郎

大村襄治 両角良彦 小長啓一 後藤田正晴 秦野章


政治家『フェン・フォーキング』はこの中に?

木村武雄 西村英一、橋本登美三郎。二階堂進、小沢辰男、久野忠治

愛知揆一、木村俊夫 江崎真澄、小坂徳三郎 後藤田正晴 山下元利

小沢一郎 小沢辰男  渡辺紘三 高島修  西村英一  橋本登美三郎

木村武雄  植木庚子郎 足立篤郎 原田憲 亀岡高夫 前田正雄

金丸信 竹下登 橋本龍太郎  小渕恵三 田村元 小坂徳三郎

林義郎 大村襄治  羽田孜 梶山静六  渡部恒三

奥田敬和 高島修  佐藤恵  石井一  綿貫民輔

斎藤滋与史  中山利生 佐藤守義 稲村利幸  野中英二

有馬元治  浜田幸一

▽自民党議員の「KANI」→金丸信?


マスコミの記者

日本社会党機関紙以外に5人の一般マスコミの記者が特定。
・朝日新聞の「BLYUM」

・読売新聞の「SEMIYON」

・産経新聞の「KARL」(またはKARLOV)

・東京新聞の「FUDZIE」

・社名不明な主要新聞社の上級政治部記者の「ODEKI」

▲ジャーナリストの「ROY」=「ARES」(同一人物)

日本の防諜機関上級幹部の「KHUN」をリクルートするのに役立った。 KHUNはとくに中国に関する機密情報を提供した。

▲「FET」(あるいは「FOT」)

この人物については具体的な情報はない。

▲山川暁夫・インサイダー編集者

▲サンケイ新聞の編集局次長だった山根卓二氏

(コードネームはKANT)

▲三浦甲子二・テレビ朝日専務

▲杉森康二・日本対外文化協会事務局長

MADE IN RUSSIA―ロシアは何をつくったか 単行本 – 1997/11
森本 忠夫 (著), 江南 和幸 (著), 杉森 康二 (著)


2人の日本外交官

■「RENGO」

RENGOはまた、自ら新たなエージェントのスカウト

■「EMMA」

EMMAには、彼女がエージェントになったまもなく、運営者によってハンド バッグが与えられ外交文書の写真を複写するためのミノックスカメラが仕込まれていた。

■「OVOD」→小和田恒

合計6年間のモスクワ勤務の間に2回、ハニートラップに引っかかり、それをネ タにエージェントに仕立て上げられた。

彼へのハニートラップのうち2回目のほうは、MARIANAというコードネー ムのKGBエージェントによって実行された。彼女は、OVODのロシア語教師 として雇用されたが、まもなく男女関係となり、その性交渉時の写真が撮影さ

れ た。OVODはいやいやながらも、KGBに協力することを承認した。

■70年代前半にモスクワに駐在していた電信官「MISHA」

LANDYSHというコードネームのKGB工作員が誘惑したケースだった。

MISHAは、70年代後期に「NAZAR」というコードネームでKGBに運営 されていた東京の外務省本省に勤務する電信官と同一人物である。

■「MARCEL」

MARCELの協力で、「KONUS」というコードネームの自衛隊の駐ソ連の 防衛駐在官もリクルートされた。


KGBの科学技術情報スパイ

70年代に日本のハイテク産業と研究所の幹部職にある日本人エージェントは合計16人

◎東京地域のハイテク会社の社長で、「TONDA」

米国の空軍とミサイル部隊のための新しいマイクロ・エレクトロニクスのコン ピュータ・システムに関する重要な機密資料をKGB東京支部に提供した。

◎半導体製造会社オーナーの「TANI」

日米の半導体の機密情報やサンプルを提供した。

◎「LEDAL」日本の大学の半導体研究の責任者。

◎日本のハイテク産業と研究所の幹信技術研究者の「ARAM」

◎通信技術者の「ARGUS」

◎東京大学の科学者である「BRAT」

◎宇宙研究者の「EYR」

◎微生物学者の「KANDI」

◎物理学者の「KARI」

◎宇宙学者の「KISI」

◎日立社員の「RIONI」

◎三菱社員の「SAK」

◎技術専門家の「SOT」、

◎赤外線分光学者の「TAIR」、

◎電子技術者の「TONI」

◎核科学者の「UTI」

などである。

グレーゾーン工作員

※ソ連通でスパイではない?

自民党:鳩山一郎、河野一郎、赤城宗徳、田中角栄、中川一郎。

社会党:成田和巳、石橋正嗣、勝間田清一、飛鳥田一雄、土井たか子、五十嵐広 三、高沢寅男、山本政弘、岡田春夫、岩垂寿喜男、伊藤茂。

その他:三浦甲子二、杉森康二、堤清二、松前重義(東海大総長)、池田大作 (創価学会名誉会長)、千田恒(元サンケイ新聞記者)、秦正流(元朝日新聞編 集局長)、白井久也(朝日新聞記者)、中村曜子(画廊「月光荘」経営者)、長

谷川千恵子(画廊「日動画廊」経営者)、柴野安三郎(札幌日ソ友好会館オー ナー)、岡田茂(東映社長)(以上、肩書きは同書のまま)

ソ連崩壊後、中国共産党、北朝鮮のスパイに転向したものも多いのではないか。
コードネームをつけられているものは、KGB側が認めているスパイ。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4439

▲△▽▼


お笑い「小和田家」家系図 2018-10-15
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/f0ffe3a0cf6cc2088255576c74fa4848

ここ、結構笑えるので息抜きにたまに拝読させていただくのですが、今回はまた吉本的お笑い家系図の掲載。

遂に小和田家家系図完成!!  だって。


http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-2312.html

突っ込もうかどうしようかと迷っていたら、トド子さんがいち早く目に止めて記事にしていらっしゃいました。

雅子卑のカレ〜なルーツニダ♪

なので、わざわざこちらで追求する必要もなくなり手間が省けて助かったのですが、それにしても「遂に小和田家家系図完成!!」って、雅子さまが入内されていったい何年経過しているのやら、即位直前になった今頃「家系図完成」とか。本家分家の区別も解らないまま、ずさんなこと。


それに無関係なはずの素人さんがわざわざ新潟まで出かけて調査、自費で「小和田家の家系」を調べます?


次男三男に養子がいたことにするとか・・・・嘘ももっとリアリティを持たせなくては。

武士の系譜という触れ込みですが、武家に「金吉」などという名前はありません。


後記 コメ欄にご指摘を頂きました。

>有馬藤吉、有馬彦吉、有馬静吉(有馬姓が並んでいたので一族でしょう)伊集院兼吉や、伊集院末吉もいます。


以上ですが、単に語感の問題なのかもしれませんが「金吉」に未だ違和感。
なぜなのだか?


最近はブログ仕様が異なって「いいね」ボタンがなくなりましたが、以前はコメントがどっさりある割に「いいね」がゼロという、不思議なブログでした。
と指摘されてから、仕様を変えたかな? コメントを書き込んでみたら、数分後にブロック。仕事、早いです。


秋篠宮殿下、妃殿下、悠仁親王殿下を悪し様に罵っているブログです。返す刀で皇后陛下を斬りまくり(まるで雅子妃が姑を見る目線で)、その一方高円宮家は褒めそやし・・・・という解りやすさで、どういう立ち位置の「身内」か見えて来るような? 文章にはそこはかとなく加齢臭。


即位を目前に、疑惑が再燃、吹き出すのを怖れて相当焦っていらっしゃるような。
こんな、すぐ見破られるような家系図を持って来たら、小和田家の家系のいかがわしさが、逆に見えて来るでしょうに。


いとこ(男)さんが大阪の精神病院に長く入っていらっしゃることなど、通名屁カテさんはどのように、今後は言いくるめるか楽しみなことです。外務省入省は、当時あったVIP子弟採用枠5人のうちの一人で縁故採用だとか、奥参事官との不倫とか。
ついでに言っておけば、雅子妃が精神に変調を来たしたのは皇室のせいなどではありません。元々ご家系にその因子をお持ちでした。


出自云々や精神を病んだ方への誹謗でも差別でもありません。あくまでも、宮中には入るべきご家系の方ではなかったという論旨です。江頭家も含めて。

I write my will across the sky in starsは、I write my lie across the earth in shit.

と書き換えたほうがよさげ。

トド子さんが紹介していらっしゃるけれど、こちらのブログさんが通名屁カテ様の基本的嘘の論破となりそうです。

http://kabanehosi.up.seesaa.net/image/syutuji.htm

台所婆は有名ですが、もう一つ身内臭がするサイトがこちらです。

h ttps://blog.goo.ne.jp/index2013/e/668bb73fc657778f7d78fe29e96604d3

これに対しても、上記のブロガーさん記事でその嘘がばれるでしょう。

しかし、あちら必死です。身内勢とあのワールド***という新興宗教勢でしょう。

情報をいくら操作しても無意味だと思います。即位されてからの雅子妃はより目立つようになり、それと共にいかがわしさも表に出ます。東宮の在位期間は短い、最長10年と思っていますが、それは単なる直感に過ぎません。


ついに小和田家【出自】の秘密 

2018-03-22 17:44:30

被災地訪問にも出る、品格の差。


https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/f0ffe3a0cf6cc2088255576c74fa4848

8. 中川隆[-11925] koaQ7Jey 2019年2月22日 23:44:10 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[49] 報告

2018-04-23
皇太子殿下と雅子さま ご成婚の裏にあったもの
https://inbouron-toshidensetsu.hatenablog.com/entry/2018/04/23/080000

平成の世もあと一年余りになった。

来年4月30日をもって天皇皇后両陛下は、皇太子ご夫妻に天皇の地位を譲位され、上皇陛下、上皇后陛下となられる。

新しい時代が始まるわけだが、今の若い方々は、次期天皇皇后陛下となられる皇太子ご夫妻のことを、どれくらいご存知だろうか。

昭和の時代は、皇室の話題はごく普通にそして頻繁にテレビなどで取り上げられ、今の天皇陛下が皇太子殿下時代は、家族全員でのお写真も動画も頻繁に撮られ、お茶の間に流れていた。皇太子殿下、秋篠宮殿下、今は降嫁された黒田清子さんの学校行事や卒業式での様子、夏休みをお過ごしになるご一家の自然なご様子なども、しっかり写真や映像として納められ、実にオープンに披露されていた。そのため国民皆、当時の皇太子ご一家を「ふつうの家庭と変わらないご家族」という親しみを感じていた。当時は皇室に妃殿下も多くおられたので、ロイヤルファッションチェックの番組や週刊誌報道もとても多かった。

そんな華やかでオープンな皇室報道は、今はすっかりなくなってしまった。原因はおそらく、長い療養生活を送られる雅子さまを慮ってのことだと思われる。

皇室との縁組を熱望していた小和田家

平成の時代がもうすぐ終わるいま現在でも、ごく一般に言われていること。

『雅子さまは、皇太子殿下の熱烈なプロポーズに折れる形で、外務省でのキャリアを泣く泣くお捨てになった。しかし皇室は、雅子さまの高い能力や国際感覚を十分に発揮するにはあまりに旧態依然としたところで、外国育ちのキャリアウーマンであった雅子さまは適応障害を起こされた』

この流布は、ほぼ、真っ赤な嘘である。

雅子さまは、泣く泣く外務省でのスーパーキャリアを捨てて、皇室に嫁がれたのではない。外務省と当時外務省次官だった父、小和田恒氏を中心とした人々の猛烈な後押しによって、皇室に嫁いだのである。

1993年当時、皇太子婚約についての報道は、国内では報道協定が結ばれていた。しかし、その協定外にあったアメリカ合衆国の新聞『ワシントンポスト』が、同年1月6日に、日本の皇太子御婚約をスクープした。

このスクープを流したのは、ワシントンポストの日本人記者・東郷茂彦氏である。東郷茂彦の祖父・東郷茂徳は、太平洋戦争開戦時及び終戦時外務大臣、父・東郷文彦は戦後、外務省事務次官と駐米大使を務めている。茂彦の双子の弟・東郷和彦も、元駐オランダ大使・外務省欧亜局長などを務める外交官だった。

雅子さまと皇太子殿下と婚約の報道は、当時の外務省を中心とした関係者が熱烈にその縁組を望み、全力でサポートし、見切り発車的にスクープを飛ばしたものなのである。

ワシントンポストのスクープを受けて、同日夕、日本の報道機関もなし崩し的に、皇太子妃内定の速報を一斉に流した。

1月6日に皇太子妃内定の速報が出ても、当事者であるはずの宮内庁は数日間、完全に沈黙していた。宮内庁はおそらく、婚約スクープに関して完全に蚊帳の外に置かれていて、この騒動をどう収拾させるか苦悶していたと思われる…。

f:id:inbouron-toshidensetsu:20180421031302p:plain

外務省とマスコミが作り上げたお妃候補 小和田雅子さん

時代がまだ昭和だった頃、1960年生まれの浩宮徳仁親王殿下の結婚は、いつも注目の話題だった。そんな中、1980年後半頃から、外交官の娘、ハーバード大学卒の才媛、小和田雅子さんの名前がまるで何かのキャンペーンのように、たびたびマスコミで喧伝されていた。東京大学在学中に外交官試験に合格したというニュースは、NHKや新聞でもとても大きく取り上げられた。

当時は海外留学、帰国子女、バイリンガル、キャリアウーマンなどとという言葉が大ブームで、雅子さんはそのすべてを持ち合わせている女性として、マスコミに盛んに取り立てられていたのである。

皇太子殿下と雅子さまは、1986年10月のスペイン・エレナ王女のレセプションで、初めて運命的な出会いをしたと言われている。しかし本当はそのずっと以前より、お二人はかなり親密な知り合いだったのではないかと、まことしやかに言われている。

1984年、浩宮徳仁殿下と小和田雅子さんは、欧州・ドイツ国境に近いフランス・アルザス領コルマールという都市を、お忍びで旅行に行ったという話がある。お二人がその時、意気投合したのか、それともそのまま交際は自然消滅したのかは分からない。

しかし、運命の出会いとされる1986年10月のスペイン・エレナ王女のレセプション開催直前には、徳仁親王殿下本人の記事が掲載された写真週刊誌「FOCUS」10/17号に、まるで狙い定めたように、『父娘2代の外交官誕生!』と、雅子さんのグラビアがデカデカとねじ込んであったことを見ると、小和田家とその周辺の人々が引き続き必死になって、雅子さんを殿下に売り込んでいたことが分かる。

エレナ王女のレセプション当日には、出席者名簿に手書きで、小和田雅子さんの名前が急遽書き加えられた。      

小和田家、外務省、マスコミ、+αの人たちにとって、宮内庁が選ぶ良家出身のお妃候補には決して加えられない小和田雅子さんという女性が、とても重要な人物だったのは間違いないのだ。

昭和天皇は反対対されていた

当時まだご存命だった昭和天皇は、徳仁親王殿下と小和田雅子さんとの縁組は反対されていたと伝えられている。また当時の宮内庁が、小和田家の家系や雅子さんの異性関係を調査し、雅子さんとの縁組は断念するよう浩宮徳仁親王を説得したと言われている。

しかし、昭和天皇は1989年1月にご崩御。時代は昭和から平成に変わり、皇太子となった徳仁親王殿下の周辺がようやく落ち着いて来た頃に、小和田家とその周りの人々は、まだ独身だった皇太子殿下に、また猛烈なアタックを仕掛けてくるのである。

時にはご両親である天皇皇后両陛下や、宮内庁職員の目を欺いてまで、雅子さんとの密会の機会を作ったりしていたようである。

一度は破談になった雅子さん本人は、一時他の男性との結婚を考えていたとも言われているが、父親の小和田恒氏が、娘を皇太子妃にするという野望を、決してあきらめることはなかった。そして雅子さんも、結局は父親がひいたレール以外は歩いたことのないひとである。結婚も、親の言う通りの道を進んだのであった。

f:id:inbouron-toshidensetsu:20180421031305p:plain

雅子さまの背景にあるもの

1月6日のスクープから約2週間後の1月19日、皇室会議が開かれ、雅子さまは皇太子殿下の婚約者として内定した。この時、全会一致ではなく、昭和天皇の弟、三笠宮崇仁親王殿下は婚約反対の意思を出されたとされている。

そして6月9日、お二人は晴れて夫婦となられた。皇族の結婚式が行われる賢所での、十二単に身を包んだ雅子さまは、非常に険しい表情をされていたが、白のローブデコルテに着替えられると、明らかに幸せいっぱい、喜色満面の笑みを浮かべられていた。皇太子殿下の方が、これからの苦難の日々を何となく予感されてのことなのか、どこか神妙なお顔をされる場面が多かった。

1993年の世紀のロイヤルウエディングがあった当時は宮沢内閣、河野洋平氏が内閣官房長官、そして、外務省次官が皇太子妃の父となった小和田恒氏だった。

ロイヤルウエディングより2か月後の同年8月、その後、長期にわたって日本を苦悩させ、日韓関係を狂わせるあの「河野談話」が発表されるのである。

当時、新聞社は既に斜陽産業だったが、朝日新聞などの左派メディアの勢いはまだまだすさまじかった。マスコミの号令で時の政権を操作することは十分可能な時代であった。

いまから25年前、様々な人々の思惑を背負って皇室に嫁がれた雅子さま。来年の新天皇御即位を控え、今年の6月9日には皇太子殿下と銀婚式を迎えられる。


https://inbouron-toshidensetsu.hatenablog.com/entry/2018/04/23/080000

9. 中川隆[-11917] koaQ7Jey 2019年2月23日 00:02:07 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[57] 報告

2017.12.02
雅子様C@学歴 日本語も英語も話せない釣書詐欺
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

「日本で一番優秀な女性」という触れ込みで皇太子の妻になった小和田雅子さんですが、実際はどうだったんでしょうか。

学歴がすべてを決めるわけではありませんが、実は高学歴とは程遠い方。学歴ロンタリングのの見本のような方です。

学歴が高低がもんだいなのではなく、嘘をつくとろに問題があると思います。ざっと見てみましょう

語学力 日本語が不自由

帰国子女やバイリンガルの場合、日本語がおかしいことは、よくあることですが、高校2年まで日本で育った雅子さまは、帰国子女とは言いません。にもかわらず、「天照大神」を、てんてるだいじん、とよむ知能のレベルでした

音読すると、変さが、いっそう解ります。支離滅裂です。

クワガタ、けれども、クワガタ、けれども、クワガタ、クワガタ、、、

言語は思考の土台だと思うのですが、言語能力が低いということは、知能が高くないということではないのかしら。


テレビ朝日 スーパーモーニング

工藤雪枝氏(雅子様の友人)の発言、小和田優美子さんの代弁として
「英語でのカウンセリングを希望」
「日本語では敬語や皇室用語が負担」

しかしながら、雅子さん、その英語が話せないようです。

Sponsored Link


語学力 英語が不自由

雅子様の英語のスピーチって、おおまっぴらに公表されてないけど、人前で話せるレベルではないんでしょうね。

本当に堪能なら、「英語が堪能な優秀な雅子様」として、スピーチの動画をマスコミを通じて拡散に励むはず。実際は、日常会話の、英検1級がやっとのレベルらしいですね。一般人なら問題ないけど、外務省勤務で将来の女性大使候補。名門ハーバート大卒、英国名門大学留学、という経歴には無理がある実力です。

ご成婚後、海外の音楽家に「サインして」とねだったらしいですね。それだけでも、ちょっと問題があるとおもうのですが、雅子はsignしてくれと頼んだそうです。

日本では署名も、色紙のサインも同じくサインといいますが、

英語では、Autographs。

signとは、書類に署名するサインのこと。それぞれ違うものです。

音楽家は「sign??はあ??」ってなったらしい。雅子さんの英語力は、その程度のレベル。

2015年のトンガ王の即位式に参列した折、雅子に通訳が付いていたところをみると、本当に話せないらしいらしいですね。

※以下、ドス子wiki様よりお借りしてます。

http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

マサグリッシュとは、

雅子夫人が口にするトンデモ英語のこと。2008年10月9日、とある奥様により『English Journal』2008年11月号掲載のHayley Westenraさんインタビューで、2005年6月4日サントリーホールにてコンサート鑑賞した東宮夫妻が

“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

と超上流階級にあるまじき品のない表現でサインを求めたことが発見され、ヘイリーサインおねだり祭り・ウォンチュー祭りとなった。

『English Journal』2008年11月号

Hayley Westenraさんがインタビュー中で証言した雅子の台詞“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

Part1342-802 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:20:51 ID:mG+LOOXnO
そんなにたいした記事ではありませんが
English Journal 2008,11号でちょっとだけ盆丼について書いてあったのでレポします。
Haylay Westenra へのロングインタビューの中に、
「A Royal Stir」という記事があり
2005年6月4日にのコンサートに盆丼が来て、その後歓談したと書いてあります。
・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった。
・二人とも「lovely」だった。(かわいい?)
・警備がすごかった
・ヘンリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

と言われて、ちょっと時間が長引いてしまったら、ドアの向こうの警備がパニックになってしまった。
という話でした。

804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:23:18 ID:mG+LOOXnO
続き、、、
上の英語を話したのは丼かな〜と思います。
英語は勉強中なので詳しくはわかりませんが、上品な英語ではありませんよね。
ヘンリーはフジテレビドラマの白い巨塔の主題歌を歌っていたので
ミーハーな気持ちで見に行ったのかと思いましたが、
なんとユニセフ史上の最年少の大使でした。
あと、ニュージーランド出身だそうです。

804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:37:21 ID:mG+LOOXnO
EJは48ページです。

『English Journal』2008年11月号(ヘイリーさんの大きな顔写真が表紙)
http://www.yuko2ch.net/mako/mako/src/1225897331546.jpg

Hayley Westenraロングインタビューpp.48-49より

A Royal Stir(やんごとなき珍事)

2005年6月4日のコンサートを皇太子夫妻が鑑賞して、その後歓談したことについて:
・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった(いつものことながら迷惑)
・二人とも「lovely」だった(とりあえず褒めておく時の無難で典型的な言葉)
・警備がすごかった
・ヘイリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

But on the second knock, I was like“Oh”, you know, “Thank you very much. Um, I’d better, better be going. I’d better let you go.”
And they’re like,“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”
And so, I thought, “OK, well, I’ll, I’ll hang around then, and, um, better sign,”you know,
“Better do as they say.”And, um, not knowing that I was, you know, creating quite a stir outside.

アルク編集部がサインねだりにつけた対訳「いえいえ、ちょっと待って、何かにサインをしてちょうだい!」

マスコミ記事にて外務省で美しく正確な英語を話す、と散々宣伝されていた小和田雅子だが、
人にものを頼むときに「May I…」や「Would you…」を使うという初歩の初歩ができない
「sign」は書類に署名する場合に使い、有名人の所謂サインなら「autograph」を使うという、超初級英単語を知らなかった

…という、帰国子女(小中学校義務教育時期のほとんどを日本で過ごしている小和田雅子は厳密にはこの定義に当てはまらないが)ではありえない英語のレベルの低さが判明することになった。

転載以上

雅子「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

・signサイン 書類にする署名

・autograph 署名、(有名人の)サイン

ハーバート大卒業したはずの雅子さんは、この違いが判らなかったということ。

語学力 ロシア語・フランス語は問題外

釣書にあったはずの、ロシア語、フランス語は、全くダメ。

ドイツ語が堪能野のは、紀子様のほう。ドイツ語圏の人が、紀子妃はドイツ語を流ちょうに話すと書かれていたのだから、間違いなさそう。

雅子の場合、子供の障害や同和の出自や婚前の堕胎経験など自分の恥は紀子様にスライドして流布させ、紀子様のお手柄は自分のものにしているみたいですね。何語なら、まっとうに話せるのかしら。朝鮮語??

雅子様の「華麗な」学歴も経歴も全部無試験、親のコネ

・学習院初等部をうけるも落ちた。双葉には、なんども落ちた。

・双子の妹がうかったとき、お情けで入学を許された。

・高校2年生のとき、親とともに渡米。

この渡米も退学も意味が不明だとか。

大学受験もあるのに、中途半端な時期に日本の高校を退学して、わざわざレベルの低い米国の公立高校へ編入というのも不思議な話です。

アメリカの公立高校はレベルが低く、ちょっと勉強したらAが取れるそうですが、それでも雅子の成績は悪かったそうです。勉強ができない子のクラスに移動させようとすると、父親が乗り込んできて文句をいったそうで、、、どっかで聞いた話ですね。

紀子様はご成婚前になんども堕胎した。怒った川嶋教授が御所に乗り込み、「なんども堕胎さえやがって」「うちの娘を殺すきか」と天皇に詰めよった、という創価学会が流している流説に似てます。

アメリカの学校への転校の理由としては、雅子が学業がついていけない、あるいは、堕胎する必要ができるなどの不祥事をおこした、、、、など、理由があったとみなしたほうがよさそうです。

双子の妹は日本に残してますので、雅子だけ連れてというのもおかしな話です。雅子は、英語ができない子のクラスから上がれないままのレベルのままでした。

ハーバート大卒

実際に入学したのはラドグリフ女子大。14年後にハーバートに吸収されたので、小和田家は「ハーバート大卒」といいはっているだけ。

しかも、ハーバート大付属の女子大に父のコネで入学。試験なし。

卒論は、父のコネの大物のインタビューをまとめたもの。雅子さんが書いたかどうか不明。おそらくは代筆では??それでも優を取れなかった雅子さん。

東大

面接のみでの編入。ひとつも単位をとれず、ろくに授業も受けず、父のコネで職員の子弟枠をつかって外務省に入省。

外務省入省

父のコネで、子弟枠(今は廃止)をつかっての面接のみので入省。

省内では、仕事ができない人で有名だった。遅刻の常習犯。けじめがなく、小和田外務次官を「お父様」とよび、通勤手当をもらいながら車で通勤。通訳に呼ぶと、通訳が出来なくて泣く。できる仕事はコピーだけ。ついたあだ名がコピー番長。

当時、不倫をしていたのは省内でも有名な話らしい。すくなくとも、2人の不倫相手がいたらしい。

ひとりは、奥参事官。赴任先のイラクで「流れ弾にあったって」亡くなった方。しかし状況的に流れ弾がとんでくるなど、状況的に見てありえないという。

レベルの低いアメリカの公立高校の成績も、学力が低いクラスから抜け出せなかった雅子さん。

2015年のトンガ王国の戴冠式に参列した時は、通訳が付いてましたので、ハーバート大學どころか、付属の女子大も実力ではは無理でしょう。

オックスフォード大

外務省から国費留学させてもらうも、一人だけ学士がとれず帰国。

毎週洗濯物を抱えて、親がいるフランスへ渡ってたそうな。

この間、福田元首相の甥と恋愛関係にあり婚約まで発展。ほかにも付き合っていた彼氏がいたうえに、浩宮徳仁親王とはコルマールのホテルに同宿したことが確認されてます。「運命の出会い」とされているスペイン王女のパーティーでの出会いよりも数年前の話です。

もともと、「留学」の意味が解ってなかったのかもしれません。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

10. 中川隆[-11912] koaQ7Jey 2019年2月23日 00:11:30 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[62] 報告


2017.12.02
雅子様➄@皇太子妃雅子様と後藤組と創価学会の素敵な関係
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4805

続きです。

親王妃の学歴が低くても、ご本人の気質が真面目で素晴らしければいいのではないのか、と思われる方も多いかもしれませんが、祭祀王の家系たる皇室に嫁ぐ方は、皇室とその信仰に適応していただかなくてはならないと思います。それができないなら、最初から皇室に嫁がなければよく、嫁いだ後も適応できないのなら、離婚されて同じ信仰のかたと再婚されればいいだけの話。


今更ですが、小和田雅子は創価学会員です。

創価の三色旗が振られるパレード。君が代が排除された異様な皇太子の成婚式でした。

Sponsored Link

今更ですが、小和田雅子は池田大作の落胤と言われています。

ほかにも池田大作の落胤と言われている人もいます。あくまで噂ですが。

Will 2016年10月号
内外に蠢く皇室を潰したい勢力(河添恵子氏)

p232〜
国連大学本部ビル前で聞いた話
皇室典範に触れた質問が、初めて飛び出してから13年を経た今年3月、国連の女子差別撤廃委員会が日本に関してまとめた最終見解案に、「皇室典範の改正を求める勧告が盛り込まれた」と報じられたのは記憶に新しい。
日本側が抗議して削除を要請したことで、皇室典範に関する記述は消えたが、日本側に提示された最終見解案は、「委員会は既存の差別的な規定に関するこれまでの勧告に、対応がされていないことを遺憾に思う」と前置きし、「特に懸念を有している」として、「皇室典範に男系男子の皇族のみに皇位継承権が継承されるとの規定を有している」と挙げた。その上で、母方の系統に天皇を持つ女系の女子にも「皇位継承が可能となるよう皇室典範を改正すべきだ」と勧告した。

国連と関連づけたくなる、もう一つ別の理由もある。私の脳裏にこびりついて離れない話があるためだ。(中略)
創価学会の幹部A氏が、青山通りに面した国連大学本部ビルの前で上を指さしながら、私にこう語った。
「この最上階に雅子さまの執務室がある。裏側に専用エレベーターがあって、誰にも会うことなく部屋まで行かれる。雅子さまは毎日のように、こちらに通われている」
唐突なこの話に、私はおそらくこんな反応をした。
「え? 適応障害でご公務はお休みなのに・・・。毎日こちらで何をされているのでしょう? 確かに雅子さまは、国連大使までされたお父様をとても信頼されているようだけど」
(中略)
ただ、次の言葉にある種のショックを受けた。
「雅子さまの執務室を誰が用意したのか知っている? 池田大作先生だよ」
何か聞いてはいけないことを聞いてしまった、そんな気持ちが私の心を強く支配した。
以来、国連大学本部ビル周辺を通るたびに、この話を思い出すのだが、A氏が嘘を言う理由も考えられない上で、事実をこの目で確かめる術もなく、何より不用意に他言すべきではないと胸に収めていた。ただ、小和田家、東宮が国連や創価学会に近いことは、客観的な報道等からも徐々に知るようになっていく。
2008年6月、ブラジル連邦共和国のバラナ州で行われた日本人移住百周年を慶祝する記念式典に、皇太子さま、副大統領、州知事などの他、「式典委員会からの招聘を受けた池田SGI(創価学会インターナショナル)会長の名代として池田博正SGI副会長が出席したことが「聖教新聞」(同年7月1日号)に報じられている。
また、昨年3月には天皇、皇后両陛下が、国連防災世界会議で来日中の潘 基文(パンギムン)事務総長夫妻と仙台市内で会われたが、皇太子ご夫妻も総長夫妻と東宮御所で面談された。2007年から国連水と衛生に関する諮問委員会(UNSGAB)の名誉総裁となった皇太子さまは、昨年11月にニューヨーク国連大学本部に招かれ、基調講演を行っている。

※創価学会の新聞・聖教新聞。ブラジル訪問時、創価学会の大会に参加した皇太子徳仁。池田大作の息子が同列にならんでいるのがわかります。


異教徒どうしの結婚は認めないはず。皇太子徳仁は、創価学会に改宗している疑惑がありますね。

今更ですが、雅子は鳥居がくぐれない人。当然、祭祀は不可能。

天皇家は神道の祭祀王の家系ですが、天皇家に嫁いでおきながら、鳥居がくぐれません。

神武天皇陵参拝時の雅子。嫌悪感まるだし。

白人王族を前にした雅子

幸せいっぱい、歓喜にみちた雅子様のお顔

「、、、、、、、、、、、、、」

今更ですが、小和田雅子は北朝鮮系です。

三代前から家系が遡れません。北朝鮮の不法移民が新潟の朝鮮部落に住み着き、日本人に背乗りしたと思われます。

当時、朝鮮は日本領でしたから普通に行き来が出来ましたし、半島民にも戸籍が与えられていました。学校にも通えましたし、選挙権もありました。にもかかわらず、わざわざ、新潟までながれてきて日本人に背乗りするには、小和田家の先祖には、それなりの事情があったのではないのでしょうか。

※詳細はこちら

もちろん、雅子が朝鮮系であることは、南朝鮮人も知っています。愛子が生まれたときは大喜びで,ハワイの記念館に銅像を作りました。

今更ですが、小和田雅子とその夫は北朝鮮の将軍様の配下の工作員ではないのか

忠節と奉公の報酬に、朝鮮の犬珍島犬を下賜されました。

2に匹の犬は、大切に御所で飼われていました。

創価学会・池田大作会長は、朝鮮系であるといううわさが絶えない。

某掲示板のレス

1.朝鮮(東京都大田区大森北)出身
2.子供時代に父から朝鮮語を習った
3.父と母の氏名が不明確と言われている
4.成長とともに在日朝鮮人と多くであった
5.ところどころで朝鮮語風の発音をする。例えば、大臣をデージンと言う。
6.朝鮮人を擁護する発言が多い

以上

学会の上層部は、東大卒の在日もしくは朝鮮系が占めており、学会員を支配しているという。

こうした支配層の学会員は、出世にはばかるので、学会の名簿に名前が載らないそうです。小和田恒もその一人でしょう。


今更ですが、今は解散した後藤組は、創価学会の暴力装置でした。

世界的な映画監督を自殺に見せかけて殺害を実行したのは、この後藤組ではないかといわれています。

さらには、後藤組組長は、池田大作から、亀井静香元議員の殺害も依頼されたとか。

#114 2017/02/11 15:24

おまけ(笑)

877 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/11(土) 13:59:28.34 id:jSCd/Ep1
創価学会本部 発砲事件

暴力団「後藤組」と決裂した創価学会は、
後藤組を解散させるため公明党を利用して警視庁・県警に圧力を掛けたという。
その後、管轄内に「暴力団対策本部」が設置された。
組の事務所は捜索され、組員はマナー違反など微罪ともいえない理由で逮捕され不当な扱いを受けたとしている。
教団に裏切られたと判断した組員は、創価学会本部で発砲事件を起こし、
池田会長が入院している病院の先々でも組員が発砲事件を起こしたという。

組長は「池田は相当ビビっただろうな」と自身の著書で振り返った。
創価学会との抗争については、後藤組組長の著書「憚りながら」をお読みください。

今更ですが、雅子は後藤組と何らかのつながりがあった可能性があります

※皇室掲示板より

無題 Name 名無し 17/04/13(木)20:53 id:tjAzK1fQ No.1966533
ここから髪の毛をどんどん伸ばし始めたんだよね。

何があったのだろう。

オウムみたいで気味が悪かった。

… 無題 Name 名無し 17/04/14(金)10:22 id:B2HIUCzg No.1966955
そりゃああのアヘ顔写真が出たからでしょ。

無題 Name 名無し 15/05/17(日)20:01 id:xpeiLuZU No.1335226

>誰が流失させたの?

隠し撮りされたのだから、流出元は分からないかも?
雅子のお相手が自ら流出させるとも思えないし…。
国連大学に隠しカメラを仕掛けたヤツが犯人では?

無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:28 ID:r.Oh9U8E No.1335346
こんな写真を入手できるのは普通の人間じゃないでしょうね。
解散させられた後藤組関係者じゃないの?
マイバッハ、国連大学、六本木夜遊び、一連の流れは悠仁親王誕生後から。
親王誕生で雅子ブチギレはある程度容認されたが、おかしな交際が度を越したんで後藤組解散まで行ったんじゃないの?

後藤忠政は雅子さんが出入りしていた六本木ヒルズに住んでたんだよね。
雅子さんが六本木ヒルズの会員制クラブに出没していたのは当時の御一行に書かれていた。

>529 :名無しさん@13周年:2013/04/07(日) 20:45:32.86 id:f1vvl+lj0
>雅子マイバッハに乗車  ←マイバッハ後藤組所有
>雅子六本木ヒルズ入り浸り←六本木ヒルズ地上げ+後藤組最上階居住
>東宮夫妻+小和田家煎餅疑惑 ←後藤組煎餅と癒着

… 無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:42 ID:r.Oh9U8E No.1335410
>後藤組は山口組内の「武闘派」という半面、「経済ヤクザ」としても知られ、大きな資金力を背景に山口組内での発言力も大きかった。

これが突如解散。
よほどのことがあったとしか思えない。
皇室絡みなら納得。

… 無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:47 ID:r.Oh9U8E No.1335437
2007年の週刊現代

>・六本木ヒルズ最上階の会員制クラブでも知人と一緒のところを目撃されている
「外出が「治療目的」と言われればそうかもしれないが、伝統的な皇室の姿とは乖離している。治療方針を国民にわかりやすく説明すべき」(皇室ジャーナリスト)

後藤組解散 2008年秋

… 無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:47 ID:0UHg8zgc No.1335441
やっぱ相手は組長なんすか?
そんな疑念を持たれる皇太子妃とかないわ

(以上)


後藤組と雅子さまの疑惑

・後藤組という暴力団があったそうな。

・創価学会の暴力装置だったそうな。

・ある時期、創価学会・池田会長の落胤「皇太子妃」雅子はしきりに後藤組に関連する場所に出没していたそうな。

・さらには、後藤組の所有と思われるマイバッハに乗っていたそうな。

・後藤組の組長が創価の「なんらかの」弱みを握り、学会を恐喝したそうな。

・失敗したそうな。

・組長はカンボジアに逃亡し、組は解散したそうな。

・組長は、カンボジアで伯爵になったそうな。

2005年 愛知万博

2006年08月 皇太子一家オランダ静養

2006年10月

東宮夫妻、第58回正倉院展鑑賞(奈良国立博物館)、京都御所視察 (宮内庁HP)

髪の長さから見て、これが雅子だとしたら、2005年あたりでしょうか。

2008年10月、後藤組解散

後藤組組長。6代目山口組の除籍処分を受け入れて引退

雅子の男たち

雅子の元カレたちは、顔長い、眼鏡、大鼻、長身、戸籍上の父・小和田恒に似ている男ばかり。

後藤組長は、雅子の好みかな??

カンボジアで伯爵になった後藤元組長。低身長ではなさそう。眼鏡かけてますね。

雅子は、主治医の大野医師とも関係があったといわれてますね。

組長も一緒に並べてみましょ。

眼鏡かけているし、顔が長いし鼻も大きいし、違和感なし。どうしよう。

掲示板のコメントにもありましたが、これが国連大学の池田大作が用意した部屋で、相手が現役の暴力団組長だったら笑いますね。

そういえば、雅子の母方の祖父は、写真家のユージン・スミスや水俣の被害者さまたちをヤクザを使って暴行させた鬼畜でした。つまりは江頭は経営者に化けたヤクザだったということです。雅子と後藤はヤクザ同士なので、同種なので引き合ったのかも。

雅子様はご病気ではなく、ただ畜生化しているだけのはなし

人間を人間たらしめているもの、知性、理性、思いやり、向上心、努力、道徳、、、これらを放棄しながら、ただ欲望のままに生きてた雅子。

病んでいるという言葉は使いたくないわ。本当に病を得ている方に失礼だもの。

雅子は、人間を人間たらしめているものを放棄しながら生きた末に、動物化しただけ。それだけの話だと思う。

週刊文春2015年12月31・2016年1月7日号

近年、雅子さまの母・優美子さんはある皇室ジャーナリストにこう語ったという。
「親馬鹿だと思われるかもしれませんが、私は妃殿下が心配なのです。妃殿下はありのままの人なのだから、演技はできない。何かあると『小和田家か悪い』と言われるけれど……。
日本も皇室も変らなければ」

以上

大切なのは雅子ではなく皇室なのですが、、、

公私のケジメのなさ、泥棒癖、水俣病問題にみられる残忍性、、江頭家も、日本人ばなれしたところがめだちますね。母親の小和田優美子(旧姓江頭)の実家の江頭家に関しては、雅子の本家筋の芸人が「部落なんだ」とカミングアウトしているそうです。

が、日本の部落にルーツがあっても、やはり日本人は日本人としてのケジメやモラルを吸収しながら成長すると思います。

半島にも昔からの階級があり、個人もそれぞれ個性があり、善悪賢愚、いろんな方がいますので一概にいえませんが、もしかしたら、小和田家だけではなく、江頭家も「半島の最下層・犯罪層」からきた背乗り家系かもしれないと疑う余地があります。

皇太子のツマ、親王妃という究極の公人には、公私のケジメがなく、というかそれ以前に、「公」という観念がかけている人は相応しくないでしょう。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4805

11. 中川隆[-11915] koaQ7Jey 2019年2月23日 09:59:43 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[59] 報告

元正田美智子さん、成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 2016-03-10
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12137728773.html


元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 

031回国会 内閣委員会 第5号
昭和三十四年二月六日(金曜日)
    午前十時十九分開議

敗戦後まだ14年しか経過していない時点での国会です。GHQの残存影響力がまだ甚大であったころ。この点に留意。サンフランシスコ講和条約 発効とともに連合国軍最高司令官総司令部は活動を形の上で表面上停止したのは昭和27年4月。

要点

 

昭和34年内閣委員会議事録より)

【国会も何ら御結婚について知らされておりません。】

皇室会議が開かれたのは(昭和34年)十一月二十七日でございますが、その前

★十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって【館林=正田本家、正田醤油】に通知しております。

皇太子妃決定は公式発表の十日前、つまり十一月十七日のニューズウイークが最初に配信した。

BB:日本の皇室の成婚がまずアメリカで発表された面妖さ、背後のGHQ.

皇太子妃決定に関して小泉信三・田島前長官などが先頭に立ち、総理大臣はその報告を受けるだけで、なんら疑問をさしはさむ余地がなかった。

それでも「信仰」の問題は気になった。(岸信介元総理大臣)

BB;気にして当然、として気にしたのは正解だったのです。しかし、内閣置き去りに宮内庁が(その実GHQ勢力が)一方的に整えた成婚でした。

国民も国会も何も知らされておらず、しかも皇室会議が一度だけ開かれたのみ。

結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろい ろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのであります。

BB;GHQ決定だから誰も逆らえません。

要するに、「正田美智子さん」という人について、実は国民も総理大臣も、どんな出自の人でどんな考えを持ち、どんな性格なのかという事を全く知ら されていなかったんですよ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで 

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html

○内海委員長 これより会議を開きます。

○平井委員 日本の天皇制が始まりまして、天皇または王様――あるいは外国の王様のごときは戦争をして、勝って王様になるというのが通例でございますが、日本の天皇制の場合、やまと民族の中心として天皇がおわしますというような観念であったのでありますが、長官は皇統連綿と続いて、たとい徳があろうとなかろうと天皇は皇統連綿として続いているのだ、あるいは非常に人格が高くてやまと民族の中心としてふさわしいお方が日本の中心になられておった、このいずれをおとりになりますか、お聞きしたい。

○宇佐美説明員 わが国の天皇制は世襲の制度でございまして、しかもその天皇の位につかれる方がやはり国民の崇敬の中になるようなりっぱな方であってほしいというのが国民の念願であろうと思います。

○平井委員 また北畠親房卿は「君は尊くましませど、民を苦しむれば天これを許さず」、こううたっております。 略

BB;昔からふさわしからぬ者は、天皇の地位には就けなかった。今が
異常なのです。これも、うがてば暗愚の皇太子でも、長男なら即位できる仕組みは、GHQの皇室典範関与が疑われます。

○宇佐美説明員 略 いろいろ一口に天皇制の民主化ということがいわれるのでございますが、そういう意味における民主化ということでございまして、やはり一般市民と全部同じになるという形式的な問題ではないと思います。

○平井委員 昔は先帝陛下がおなくなりになりますれば、皇位をお継ぎになる皇太子は、少くとも一年ないし三年の高座の行事をやられて、これならば民族の中心になり得るという確信がなかったならば、即位をしなかった ということを読んでおりますが、その昔の日本の天皇制に比べて、敗戦とはいえ、今日天皇制を維持するとするならば大きな差があると思いますが、この点長官はどう考えられますか。略

○宇佐美説明員 昔のいわゆる皇太子のお地位というものは、立太子の儀式によってその方に皇太子というものがきまったのでございます。必ずしも現在のような長子相続という形ばかりではなかったのでございます。その意味におきまして立太子ということは非常に重要な意味があったわけでございます。現在におきましては、法制上当然長子相続ということが定められておるわけでございまして、

○平井委員 略 象徴といえば、少くとも全国民の崇拝されるべき皇太子でなければならぬ。しかも立太子の式を終了された。しからば宮内庁長官として、あるいはおそばについておる人としては、民族の象徴にふさわしい教育、ふさわしい姿にさせることが職責ではなかろうか。そうならなければ、民族のより場もない。将来の日本を考えたときに、一体どうなるか、これは人ごとでない、日本民族の問題でありますから、

BB:「日本民族の問題」とまで、皇太子(今上)の資質に不安と疑念がもたれています。その疑念もゆえないことではなかった、と現在の言動を拝すれば、思わざるを得ませんね。

特に宮内庁長官はこの点をほんとうに真剣に考えなければ、これが一角がくずれていった場合には、宮内庁はもちろん要りません。宮城開放の問題も近く起ることは当然の話でありますが、現在のあり方が新憲法にふさわしい、あるいは日本民族が非常に尊崇して、喜んで天皇制を護持されると思われておるかどうか、この点を長官にお尋ねいたします。

○宇佐美説明員 略 今のような新しい憲法のもとにおける皇室におきましては、皇室の方々の御行動というものが非常に大事であると考えております。そういうような意味におきまして、皇太子殿下の御教育と申しますか、御研さんを願うことは、われわれとしても非常に強いわけであります。人を作るということは容易なわざではございませんけれども、われわれといたしましては、大きな一つの職責と考えておる次第であります。

BB;職責失敗して現在に至る。

○平井委員  略 しかし民族の象徴という観点から見まして、もしも天皇陛下が皇后陛下と銀座を毎晩散歩しておる、あるいは自分のしたいことをするということになっても、民族が尊敬をし崇拝をすると思われておるかどうか。

もしも伝え聞くように、皇太子殿下が軽井沢のテニス・コードで見そめて、自分がいいというようなことを言うたならば、ここにおられる代議士さんの子供と変りない。私の子供と変りない。これが果して民族の象徴と言い得るかどうか私は知りませんが、あなたから進言をされたものか、皇太子殿下が自分で見そめられたものか、この点をお尋ねしたい。

BB:テニスコートで見そめたはある意味事実です。ただし出会いは偶然ではなく、GHQ勢力延長クリスチャンたちによって仕組まれました。ある作意による仕掛けがあったこと、雅子妃の場合と同じです。

○平井委員 長官の説明を了としますが、われわれ、世上というか、宮内庁係の新聞記者連中ともよく知っておりますし、いろいろ聞くところによれば、小泉さんと田島さんが非常な推薦者であった、あとはむしろそう賛成をなさらなかった、これはどうだか知りません。世上の話でございます。そこで小泉さんあたりの教育の仕方がいいと言う人もあるし、悪いと言う人もある。私、小泉さん、田島さんがどういう意味で強硬に推薦されたか知りません。推薦する方にもまた考えはあると思いますが、非常な推薦をして、ついに宇佐見長官も同意をしたというふうに聞いておりますし、また東宮御所において、皇太子殿下が学友を集めてわあわあ言うた結果とうとうきまったのだというようなことが、御婚約の後にぼつぼつ週刊朝日などに載るようになりましたときの責任や重大なるものがあると思いますが、この点長官いかがお考えになりますか。

○宇佐美説明員 今度の御選考につきまして、皇太子殿下の御教育に顧問として参画しておられる小泉博士あるいは前長官であります田島氏や、その他の方々といろいろ御相談したことは事実でございます。略


○平井委員 略 将来日本の天皇制が傾いた場合に大へんな問題になるので、私は国民代表として言うておかぬと困ると思うのですが、まず参考に申し上げておきますが、私が先般いなかに帰りましたとき、非常な天皇崇拝者のおばあさんがこういうことを言った。先生、日本も天皇制はしまい(注 終わり)ましたね、だから金持ちのお嬢さんをもらったのだろう、そういうふうに心から言うのであります。そういう年寄りが全国津々浦々に非常に多い ということも長官は知らなければならぬ。いずれ天皇陛下になられるのでありますから、民族の象徴として、今日の皇太子がそれにふさわしいお方にならぬときは、日本はしまえるのですよ。

今日われわれ中共だとかソ連だとか言っておるけれども、内輪でしまえる(終わる)のですからこれは冗談じゃない。

BB:その「冗談じゃない」ことが起こりつつあるのが今です。内に巣食う白蟻が天皇と皇后であったという、GHQ製作のホラー大作「戦後皇室物語」です。

小泉さんあたり少しどうかしておられますまいか。よほど慎重に考えてくれなければ困る。もう皇室の尊厳というものは、小学校の本にもないし、だんだんなくなってくる。

略 九千万の象徴となられる方だから心配をしておるのであります。その点義宮の結婚と非常な違いがあるということも考えなければならぬ。

そういう場合には退位をされるといえば別でございますけれども、英国とは日本の皇室はかなり違った立場に置かれておるのでございます。英国ならば恋は自由でありますから、恋をなさい、そのかわり国民はあなたを養いませんよ、どうぞなさって下さいというようなことになると思いますけれども、

BB:「養いませんよ」という状態に、今なっています。


○平井委員 略 皇太子殿下の教育というものは、一般の学習院の生徒と別でなければならぬ。昔なら上御一人といわれたのです。一般の学習院の生徒並みに教えたのではこれは絶対に象徴になれない。われわれが欲しない点、またできない点、国民では及ばないという教育があると思います。

略 昔、北畠親房などはこれはもう け飛ばしおったという話です。たたきまくって教育をされたということも聞いておるが、あまりにも自由奔放な教育をされておるのじゃないか。そういうことからきて皇太子殿下の感覚が違ってくる。

BB:一議員の当時の卓見に、うなだれるのみ。

 ○高瀬委員  略 国会も何ら御結婚について知らされておりません。公式発表の十日前、つまり十一月十七日のニューズ・ウィークには事こまかに、全部私は翻訳して持っておりますが、「皇太子の恋」という表題で詳細に報道されております。結局知らないのは国民だけだ。 略

BB;GHQ作のラブストーリーが日本には「テニスコートの恋」というタイトルで、
逆輸入されたわけです。本当におかしな話。アメリカには関係のない、日本の
皇室の話なのに。誰よりもいち早くアメリカが知っていた、という事実。

略 皇室会議というものはただ一度しか開かれていない。結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろいろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのでありますが、こういうふうになりますと、皇室会議などというものは非常に形式的なものであって、国民や国体と重大な関係にある皇太子妃を決定するということは、あまりにも非民主主義的なやり方じゃないか。皇室会議というものは非常に形式的なものになって、たった一回、既成事実を承認するというだけになってしまったのでは、皇室会議のあり方としては非常に危険じゃないか、こういうふうに思うのであります。

特にたとえば皇室典範の第三条を見てみますと、世継ぎの方、皇嗣に重大な事故があるときは、皇室会議の議によって皇位継承の順序を変えることができる、

BB:皇太子がこれに該当します。それを国民の多くが知りつつあります。後は総理の決断だけ。

こういうふうに述べてあります。従ってこの皇室会議を開くのは、議長であるところの総理大臣ではありますけれども、形式的には宮内庁がイニシアチブをとることになりますから、これが非民主主義的に運営されるということになりますと、非常に重大な結果を及ぼすと思うのであります。

○菊池委員 略 私は、皇太子が平民の娘をそのきさきとして選ばれたことを非常に喜んでおります。平民であろうが新平民(注 部落民)であろうが、粉屋の娘であろうが何であろうが差しつかえないと私は考えておるのであります。

略 その婚約の過程においていろいろの謀略、策略が行われておるということが、最近の週刊雑誌やその他の刷りものにおいて世間に流布され、これによって国民が非常な疑惑を抱いて、国民の頭は割り切れないような感じになっておるのであります。


 まず第一にお伺いしたいのは、この婚約の前に、美智子嬢は二十五人の見合いをしておられた。そして最後に波多野という青年と婚約、これを破棄して皇太子の方に振りかえたというようなことが流布されております。週刊雑誌に出ておりますが、これは事実でありましょうかどうか。

宇佐美説明員 非常にりっぱな方で、従前にもいろいろ結婚のお申し込みがあったように伺いますけれども、お尋ねのようなことは全く聞いたこともございません。

BB:宮内庁はこう答えるしかないでしょうが・・・・見合い25回は知りませんが、美智子さんが婚活に熱心で15歳から、公職追放を免れた、ということはGHQ側の人間が主催する、エリート男性とのお見合いダンスパーティに常連として参加しています。

○菊池委員 片一方にそういう婚約がありながら、これを破棄して婚約をするということは、世俗、人情に反し、道義をじゅうりんし、将来の国民の象徴たるべき人を作り上げるにはふさわしいことではないと思うのでございます。そういう婚約者があるかどうか、その点をお伺いいたしたい。波多野という青年です。

宇佐美説明員 全くないものと考えます。

BB;「ない」と明言せず、出来ず? 「考えます」とは、つい出た本音?

○菊池委員 もう一つ重大なことは、この婚約を運ばれた方々、運動に当られた方々が全部カトリック教徒である。

BB:委員に、当時はありがちにキリスト教への認識が薄く、十把一からげに
カトリック呼ばわりしてしまったので、せっかく肉薄しながら逃げられています。
答える宇佐美さんもクリスチャンだった。

前の田島長官もカトリック教徒であり、それから宇佐美長官もカトリック教徒であり、小泉信三氏もカトリック教徒であり、それからしゅうとになられる正田英三郎氏もカトリック教徒である。それから最高裁判所長官の田中耕太郎氏もカトリック教徒である。カトリック教徒の一連のからくりによってこの婚約が運ばれたという説が流布されておるが、これはいかがであるか、承わりたい。

○宇佐美説明員 略 ただ出身せられた聖心学院というのはカトリック系の学校でありますが、御本人は洗礼を受けておられない。

BB:もはや、この嘘は成立しないでしょう。

あるいはカトリックが将来皇室に対して何らか影響を持たないかという心配をせられた方々が世上あるということは聞いたことがございます。しかし、もちろん美智子さんは洗礼を受けておられませんし、学校当局においても非常に慎重な態度をとっておられまして、この問題に対しては何ら御心配はないと考えるのでございます。従って、過去においてこの問題についてカトリック系の陰謀があったなどということは全然根拠がございません。

BB:「カトリックに陰謀があった」という説が当時にはあったということですね。
そして、それは事実でした。拙ブログ主が、キリスト教が手段として使われ、キリスト教信徒がGHQの手先として動いたのを掴んだのは、この情報を知る前です。

○菊池委員 もう一つ、この御結婚の話について、天皇皇后両陛下を初め皇族の方々がみな反対されたという説が流布されております。皇室会議が終りまして、その報告を宇佐美長官から天皇陛下に申し上げると、天皇陛下は怒られたお顔で、ふんまんやる方ないお顔で一言も発せられなかったというようなことも流布されておりますが、これはいかがでありますか。

○宇佐美説明員 今回の御結婚につきまして、御両親陛下であります両陛下その他皆様の御反対があって、進め得られるものではございません。

BB:進め得られます。背後にGHQがいれば。

ましてやただいま申されたようなデマは、取るに足らぬものと私は思います。

○宇佐美説明員  略 昔の規定によりますと、天皇は皇族を監督するというような規定もございました。今はございません。

BB:監督の義務を外してしまったのも、おそらくは憲法と同じく皇室典範を作らせた、GHQの意図でしょう。放置するほうが、バカ皇太子やバカ皇族が現れる確率が高くなるのですから。


反日韓国人、韓 昇洙(左)と、潘基文(右)に取り込まれた皇太子。

皇后陛下は、安倍総理の靖国神社を厳しく批判、捏造慰安婦を称して「性奴隷と言うべき」と言い捨てたヒラリー・クリントンと親密。

皇后も、強制の慰安婦がいたという捏造を信じこんでいらっしゃいます。

ヒラリー・クリントン曰く、

「韓国を見ろ。韓国人も経済開発をして民主主義を成し遂げる過程で多くの問題に直面した。これは一夜になるものではない」

米民主党の大統領候補であるヒラリー・クリントン前国務長官が27日、 4番目の選挙戦であるサウスカロライナ州のプライマリー(予備選挙)を控えて24日に開かれたタウンミーティングで、突然韓国について言及した。
「(中略)」

・・・・・・・・・・・・・・

親韓まで、反日クリントンと皇后陛下はシェア。

日本がなければ、韓国の急速発展はなかったものを。
皇后とクリントン。賢そうで、実はそうでもないのも共通項。


思われているほど偏差値は高くない聖心女子大(名門ですが)は、
敗戦後明らかにGHQの息がかかっています。(卒業生全員が、
カトリック左翼だという意味ではありません。GHQは日本/皇室弱体

化の手段としてキリスト教を用いました)

開校は1916年ですが、敗戦を機に1948年、新学制により聖心女子大学として発足。初代学長はエリザベス・ブリッドですが、この女性は、
皇太子(今上)洗脳係としてGHQが送り込んだ、バイニング夫人と
同じ船で来日。GHQの息がこの女性にもかかっていたと思っても、
ほぼ間違いはないでしょう。

元国連難民高等弁務官の緒方貞子は新制大学の第一期生。愛子天皇擁立論加担者で、女性宮家創設の知識人会議に皇后陛下の お声がけで参加。愛子天皇擁立論加担者。

緒方貞子は男女同権のフェミニズムでも皇后と同じ価値観。
日本は難民を受け入れるべきと主張しています。
日本にはすでに、政治難民・経済難民をルーツに持つ在日という名の、難民を60万人も受け入れさせられているのに。

◆マッカーサーが仕掛けた戦慄の時限装置


http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091124/197024/?rt=nocnt


皇太子明仁の誕生日になぜA級戦犯が処刑されたのか?

・・・・・・・・・・・・

著者の猪瀬直樹は、ろくでもないところもある男ですが、この件に
関する考察は正確です


欧州の王室は見抜いていた「貴賤結婚」の娘。賤しい出自だと。

長いこと、皇太子妃とも書いてもらえず、「その妻 正田美智子」扱い。
雅子さんも同じく、賤しい出自の娘との認識。

紀子妃は、最初から正当な出自と認められています。

知らぬは日本人ばかり。日本人でも、成婚前後の国民(現在80歳以上)は、相当数が気づいていましたね。仕組まれた成婚、ふさわしからぬ嫁であることを。


◆参考ブログ伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」様より

http://blog.goo.ne.jp/duque21
【重要事実発覚】自称皇后堤美智子の母、正田富美の戸籍ロンダリング、無限拡散希望 

投稿するべきかどうか悩みましたが、私は佐賀出身です。美智子妃殿下のお母さんの副島さんは本当の武士の副島さんではありません。

ご成婚が決まった時、副島さんのお宅に来られ、戸籍を買いたいと言われたそうです。

副島さんは断られました。どこの馬の骨とも知らぬ副島さんが武士を名乗るとは。
ましてや多久は炭鉱の町。非常に部落出身者が多く、副島さんの生家も誰も多久の人たちは知りません。

武家の家ならば、高齢の人ならば知っているはず。いろいろな噂がありますが、佐賀の人は知っていますよ。

美智子さんの従妹たちも当時はたくさんいらっしゃったし、成婚が決まり皆東京に行ってしまったけど、話は聞いています。

https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12137728773.html

12. 中川隆[-11914] koaQ7Jey 2019年2月23日 10:18:19 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[60] 報告

衆議院会議録情報 第031回国会 内閣委員会 第5号

第031回国会 内閣委員会 第5号
昭和三十四年二月六日(金曜日)
    午前十時十九分開議
 出席委員
   委員長 内海 安吉君
   理事 岡崎 英城君 理事 高瀬  傳君
   理事 高橋 禎一君 理事 平井 義一君
   理事 前田 正男君 理事 受田 新吉君
      今松 治郎君    植木庚子郎君
      菊池 義郎君    小金 義照君
      始関 伊平君    田村  元君
      富田 健治君    橋本 正之君
      船田  中君    保科善四郎君
     茜ケ久保重光君    石橋 政嗣君
      柏  正男君    中原 健次君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣 伊能繁次郎君
 出席政府委員
        法制局長官   林  修三君
        法制局次長   高辻 正巳君
        防衛庁参事官
        (長官官房長) 門叶 宗雄君
        防衛庁参事官
        (経理局長)  山下 武利君
 委員外の出席者
        宮内庁長官   宇佐美 毅君
        専  門  員 安倍 三郎君


     ――――◇―――――
○内海委員長 これより会議を開きます。

 総理府設置法の一部を改正する法律案を議題とし、これより質疑に入ります。質疑の通告がありますので、順次これを許します。平井義一君。

○平井委員 皇居造営審議会を設置する件につきまして、宇佐美宮内庁長官にお尋ねをいたします。皇居を造営するかしないかという問題に関しまして、まず長官に天皇制のあり方について所感を承わりたいと思いますが、天皇制といえば神武以来の天皇制でございますので、非常に長期にわたりますので、これを三つに区切って所感を承わりたい。神武天皇から孝明天皇まで、明治天皇から終戦までの天皇制、終戦になって新憲法のもとに作られた天皇制、この三段階に分けて、天皇制のあり方について長官の所感を承わりたいと思います。


○宇佐美説明員 天皇制のことにつきまして御質問があり、歴史的に大へんに古いところからの考え方を述べろということでございますが、私どもは日本の歴史を振り返って、わが国において天皇を中心にした一つの日本民族の国家が発展してきたものと考えております。これを明治以降におきまして一つの近代国家として新しい憲法制度のもとに、はっきりと国法的にも規定的に定められて参った特徴があると思うのであります。しかし明治制の憲法というのは、今さら申し上げるまでもなく天皇主権という立場において制定せられたものでございますが、新憲法によりまして国の象徴としてのお立場であり、主権は国民にあるという建前に立って、いわゆる民主主義国家の建設を行われたと考えるのであります。私どもは現憲法の趣旨に基いて今後発展していくべきものと考えておるわけであります。


○平井委員 日本の天皇制が始まりまして、天皇または王様――あるいは外国の王様のごときは戦争をして、勝って王様になるというのが通例でございますが、日本の天皇制の場合、やまと民族の中心として天皇がおわしますというような観念であったのでありますが、長官は皇統連綿と続いて、たとい徳があろうとなかろうと天皇は皇統連綿として続いているのだ、あるいは非常に人格が高くてやまと民族の中心としてふさわしいお方が日本の中心になられておった、このいずれをおとりになりますか、お聞きしたい。


○宇佐美説明員 わが国の天皇制は世襲の制度でございまして、しかもその天皇の位につかれる方がやはり国民の崇敬の中になるようなりっぱな方であってほしいというのが国民の念願であろうと思います。


○平井委員 続日本紀でしたかに「武烈天皇は性さがなくましまし、悪しきというてなさざるはなし。ゆえにここに皇統絶えにき。」と出ておりますが、そこで日本の皇統は絶えております。ところが民族の中心がないというので、当時のやまと民族が非常に心配をされていろいろ徳の高い人を探した結果、河内の国の山奥に非常に崇高なお方がおられた。その人をその次の天皇に中心として迎えた。これが孝昭天皇でございます。そういうふうで非常に徳の高い、民族の中心としてふさわしい方が中心となられ、これを親として崇拝をしておったということは長官も御承知のことと思います。また北畠親房卿は「君は尊くましませど、民を苦しむれば天これを許さず」、こううたっております。

そういうことで常に天皇と国民は一体の姿であられたということも長官は御承知の通りと思うのであります。そこで孝明天皇は、いよいよ王政復古の声が日本に立ち始めまして、当時御承知のごとく日本は徳川幕府によって支配をされておった。そのときも孝明天皇は「すましえぬ水にわが身は沈むともにごしはせじなよろづ国民」、これは若くして世を去られたとも聞き、あるいは切腹したとも私は承わっておる。明治天皇は幼少にして非常に苦労をされた。その結果明治天皇が王政復古の後に明治大帝とまで崇拝をされておるのであります。その後明治天皇は欽定憲法をしかれて、ほんとうに天皇主権のもとに天皇と国民は一体である。すなわち「罪あらばわれを咎めよ天つ神民はわが身の産みし子なれば」、全く一体の姿で来たのであります。その点から見まして日本の天皇制は諸外国と違って、ほんとうに天皇と国民が親子の姿であり、一体の姿であるところに天皇独裁ということでなく、ほんとうに国民と天皇といったような、決して天皇はオール・マイテイでないと私は考える。すべて民の世論、民の声を聞かれて、これで政治を行なったということが日本の天皇制の姿でなければならぬと思います。

従いまして天皇は国民の親であり、ほんとうの中心である。それが戦争がだんだん敗戦の姿をたどって終戦になる。国民の中にはあるいは戦犯、あるいは数百万の戦死者を出しておる。国民の親であるべき天皇は近代天皇でありますが、いかなる親としての行動をされたか、これは私は強く追及をすることもいたしませんが、だんだん敗戦後に天皇制に対する観念が薄らいできておるということは長官も御承知と思います。しかも皇室の尊厳について今日の日本の姿、あるいは日本の青少年の気持、これを考えて今後の天皇制、皇室の尊厳がどうあらなければならぬか、過去のことでなくこれからの天皇制でよろしゅうございますが、皇室の尊厳、今後の天皇制のあり方、これに対してどういう確信を持たれ、どういう天皇制のあり方がいいと思われるか、この点を一つ長官にお伺いいたしたいと思います。


○宇佐美説明員 ただいま平井委員がるるお述べになりました点につきましては、私どもきわめて同感いたすところでございます。常に皇室が国民とともにあられるということ、昔から皇室の念願とされ、その実現に心を砕かれたのであろうと考えるわけでございます。いろいろ機構上の変化があるといたしましても、皇室と国民との関係というものは、常に皇室は全国民のために行動せられるということであろうと思うのでございます。明治憲法時代の憲法上の地位に基く諸制度と変りました今日におきましては、やはりそこに新しい憲法に基く皇室のあり方というものが立っていかなければならないと考えております。もとより先ほど申しましたような基本的な問題は変らないと思いますが、この現われというものは常にその方向に向って進むべきものであると思います。天皇の御位地は、今は政治あるいは文化それぞれの長という意味ではもちろんございません。国民の統合の中心ということにあられるわけでありまして、そういうような立場から国民の進歩とともに皇室もまた歩かなければなりませんけれども、常に国民の大多数とともにおられるということが必要であると思うのでございます。いろいろ一口に天皇制の民主化ということがいわれるのでございますが、そういう意味における民主化ということでございまして、やはり一般市民と全部同じになるという形式的な問題ではないと思います。やはり国民の象徴としてのお立場というものははっきりお持ちにならなければならないと考えますし、国民もまた、そういうわが国民、民族の象徴であるということに対する尊敬もあるのが当然であろうと私どもは思うのでございます。皇族と国民が相親しみ、その間におのずからな尊敬があって、ともに日本国の発展のために尽されるというお姿が将来の考え方の基本であろう、かように考えております。


○平井委員 昔は先帝陛下がおなくなりになりますれば、皇位をお継ぎになる皇太子は、少くとも一年ないし三年の高座の行事をやられて、これならば民族の中心になり得るという確信がなかったならば、即位をしなかったということを読んでおりますが、その昔の日本の天皇制に比べて、敗戦とはいえ、今日天皇制を維持するとするならば大きな差があると思いますが、この点長官はどう考えられますか。戦争が負けたからどうでもいいのだというふうに考えておりますか。


○宇佐美説明員 昔のいわゆる皇太子のお地位というものは、立太子の儀式によってその方に皇太子というものがきまったのでございます。必ずしも現在のような長子相続という形ばかりではなかったのでございます。その意味におきまして立太子ということは非常に重要な意味があったわけでございます。現在におきましては、法制上当然長子相続ということが定められておるわけでございまして、昔の立太子とただいま行われます立太子の意味は非常に違っておると思うのでございます。昔のような行き方につきましても一つの方法でございますが、同時に、そこに政治的なあるいはいろいろな紛淆も起り得るのであります。私どもは、そういうことが皇室に行われませずに、現在のようなはっきりとした皇室典範に基いてそれが行われることが明確であり、紛淆を来たさずにいけるものであると考えておるわけであります。


○平井委員 終戦後に、御承知の通り日本は、国民として非常によりどころがない。せめて天皇制は維持されたのでありますから、これが一つの希望であり、よりどころであったと思うのであります。新憲法のもと国民の象徴となられたのでありますが、象徴ということの解釈は非常にむずかしいと思うのでありますが、象徴といえば、少くとも全国民の崇拝されるべき皇太子でなければならぬ。しかも立太子の式を終了された。しからば宮内庁長官として、あるいはおそばについておる人としては、民族の象徴にふさわしい教育、ふさわしい姿にさせることが職責ではなかろうか。そうならなければ、民族のより場もない。将来の日本を考えたときに、一体どうなるか、これは人ごとでない、日本民族の問題でありますから、特に宮内庁長官はこの点をほんとうに真剣に考えなければ、これが一角がくずれていった場合には、宮内庁はもちろん要りません。宮城開放の問題も近く起ることは当然の話でありますが、現在のあり方が新憲法にふさわしい、あるいは日本民族が非常に尊崇して、喜んで天皇制を護持されると思われておるかどうか、この点を長官にお尋ねいたします。


○宇佐美説明員 私どももただいまお述べになりましたようなことを深く考えておるつもりでございます。今のような新しい憲法のもとにおける皇室におきましては、皇室の方々の御行動というものが非常に大事であると考えております。そういうような意味におきまして、皇太子殿下の御教育と申しますか、御研さんを願うことは、われわれとしても非常に強いわけであります。人を作るということは容易なわざではございませんけれども、われわれといたしましては、大きな一つの職責と考えておる次第であります。


○平井委員 皇太子殿下の御結婚につきましてお尋ねいたしますが、新憲法のもと恋は自由でございますから、皇太子殿下も人間だから恋をするだろう、こうおっしゃるでしょう。それもまことにけっこうでございましょう。しかし民族の象徴という観点から見まして、もしも天皇陛下が皇后陛下と銀座を毎晩散歩しておる、あるいは自分のしたいことをするということになっても、民族が尊敬をし崇拝をすると思われておるかどうか。私は決してこの御結婚に反対をするものではありませんけれども、要するに、もしも皇太子殿下、天皇が民族の象徴とするならば、国民の声によって――いろいろお相手を探したけれどもなかった、民間からぜひもらっていただきたいとあなたから進言をされて御結婚あそばすならば、これは民族の声である、ほんとうに国民の声でありますから、私は大歓迎でございますが、もしも伝え聞くように、皇太子殿下が軽井沢のテニス・コードで見そめて、自分がいいというようなことを言うたならば、ここにおられる代議士さんの子供と変りない。

私の子供と変りない。これが果して民族の象徴と言い得るかどうか私は知りませんが、あなたから進言をされたものか、皇太子殿下が自分で見そめられたものか、この点をお尋ねしたい。


○宇佐美説明員 皇太子様の御婚約の実際についてのお尋ねでございます。これは世上いろいろ間違って伝わっておりますので、ただいま御質問がありましたので、私はこの機会にはっきり申し上げておきたいと思います。

 今回の御婚約につきましては、数年前からいろいろ準備を事務的に進めておったのでございますが、もちろんその選考の方針その他につきましても、皇太子殿下御自身はもちろん、両陛下のお考えも伺って、われわれとしては慎重にいたしておったわけでございます。殿下御自身の御性格も非常に慎重な方でございまして、御自身の義務というようなことにつきましては、はっきりとお考えをお持ちになっている方でございます。

今回の御内定になりました方につきまして、世上で一昨年あたりから軽井沢で恋愛が始まったというようなことが伝えられますが、その事実は全くございません。もちろん軽井沢でテニスを一、二度なさったことは事実でございます。しかしそれ以上の交際があったわけではもちろんございませず、この御婚約につきましても、その当時は何らそういう方がわれわれのあれにも入っておりません。しかしいろいろ候補者を選考して参りました過程におきましても、殿下に一々ごらんに入れているわけでございます。昨年の春ごろからいよいよ何人かの候補者をしぼって御相談申し上げ、そのうちからわれわれも御推薦申し上げ、殿下も冷静な観察をなさって御決心になったわけでございます。

世上伝わるようなうわついた御態度というものは、私どもは実際において全然お認めすることはできません。むしろ非常に老成された考え方を持って注意深く進められたのでありまして、このことはあの当時の発表後におきましても私どもは外に向ってもはっきり申しております。世上そういうふうに伝わっておることは事実と反していると私は考えます。なかなか先に出ますとあとから幾ら申しても徹底をいたしませんで、この点は非常に残念でございます。ただいま御質問をいただきましたのは、私としましてはむしろありがたいことでございます。


○平井委員 長官の説明を了としますが、われわれ、世上というか、宮内庁係の新聞記者連中ともよく知っておりますし、いろいろ聞くところによれば、小泉さんと田島さんが非常な推薦者であった、あとはむしろそう賛成をなさらなかった、これはどうだか知りません。世上の話でございます。そこで小泉さんあたりの教育の仕方がいいと言う人もあるし、悪いと言う人もある。

私、小泉さん、田島さんがどういう意味で強硬に推薦されたか知りません。推薦する方にもまた考えはあると思いますが、非常な推薦をして、ついに宇佐見長官も同意をしたというふうに聞いておりますし、また東宮御所において、皇太子殿下が学友を集めてわあわあ言うた結果とうとうきまったのだというようなことが、御婚約の後にぼつぼつ週刊朝日などに載るようになりましたときの責任や重大なるものがあると思いますが、この点長官いかがお考えになりますか。


○宇佐美説明員 今度の御選考につきまして、皇太子殿下の御教育に顧問として参画しておられる小泉博士あるいは前長官であります田島氏や、その他の方々といろいろ御相談したことは事実でございます。しかしながらこの間においてだれが反対をし、だれが強く推したということはございません。非常にこれは大事なことでありまして、一人の懸念もないということを私は慎重に考えて進めたわけでございます。こういうような点につきまして、私は内容について外に言ったこともございません。いろいろな憶測が出るようでございますが、これは全く事実と違うものと存じております。


○平井委員 これはなかなか大事な問題でございます。将来日本の天皇制が傾いた場合に大へんな問題になるので、私は国民代表として言うておかぬと困ると思うのですが、まず参考に申し上げておきますが、私が先般いなかに帰りましたとき、非常な天皇崇拝者のおばあさんがこういうことを言った。

先生、日本も天皇制はしまいましたね、だから金持ちのお嬢さんをもらったのだろう、そういうふうに心から言うのであります。そういう年寄りが全国津々浦々に非常に多いということも長官は知らなければならぬ。いずれ天皇陛下になられるのでありますから、民族の象徴として、今日の皇太子がそれにふさわしいお方にならぬときは、日本はしまえるのですよ。今日われわれ中共だとかソ連だとか言っておるけれども、内輪でしまえるのですからこれは冗談じゃない。小泉さんあたり少しどうかしておられますまいか。よほど慎重に考えてくれなければ困る。

もう皇室の尊厳というものは、小学校の本にもないし、だんだんなくなってくる。そういうお方を国民が崇拝して、宮内庁まで置いてああいう広いところで生活をする必要はないではないかというような段階まで行きはしないかと、私は非常に心配して言うのであります。長官は世上に伝わっておることはうそであるというけれども、一年前のテニスの写真を出したり、遊ぶところを写してみたり、ああいうことはあなたの責任ですよ。国民は決して喜んでいはしない。

それを国民は非常に御結婚には賛成だ、いよいよ皇室も民主主義になったのだ、こういうふうにもろ手をあげて喜んでいるというふうに考えることは、私は大きな間違いだと考えます。しかし婚約が整ってもう式も近まったのでありますから、これに対して私はとやかく言いませんけれども、英国の例によりましても、これは皇帝にならなければ心配はない。恋愛は自由ですから。私は退位して会社にでも勤めましょうということになると、われわれは一口も差しはさみません。九千万の象徴となられる方だから心配をしておるのであります。その点義宮の結婚と非常な違いがあるということも考えなければならぬ。

そういう場合には退位をされるといえば別でございますけれども、英国とは日本の皇室はかなり違った立場に置かれておるのでございます。英国ならば恋は自由でありますから、恋をなさい、そのかわり国民はあなたを養いませんよ、どうぞなさって下さいというようなことになると思いますけれども、日本はそこまで言わぬが、それだけに国民の気持というものは、あなた方が想像されるのとちょっと違いはすまいかと考えておりますので、今後の皇太子のあり方、今度婚約されるお方のあり方、写真等、これは宮内庁の宣伝と申しますか、そういうことについては特に私は留意をしなければならぬと思う。

これは共産党であったら大歓迎です。要するに天皇制のあり方、皇室の尊厳ということをもう少し高める上において、何かあなた方は研究をされておりますか、まだ何も考えておりませんか。将来どういうふうに日本のこの皇室というものを持っていきたいというお考えですか、この点一つ。これはあなたが長官のときですから大へんな問題になる。将来問題になったときに、私があそこで質問したがその通りになったと言わないように一つ心がけ、また今後あなたとしては、どういうふうに天皇制を持っていき、皇室の尊厳を高めていくというお考えであるか。


○宇佐美説明員 先ほど御指摘になりました殿下の今回のことについての御態度は、先ほど私がはっきり申し上げた通りでありますが、おきまりになりました以上は私どもはやはり将来殿下と妃殿下がほんとうの愛情を持って、りっぱに結ばれていかれるということをわれわれは望むものであります。しかし今御指摘になりました御行動についてはわれわれも非常にこまかい点まで注意をいたしております。最近の週刊雑誌等を見ましても、そういった問題についてわれわれも国民の疑惑が起らないように、いろいろ報道関係にもお話し申し上げたのですが、雑誌を見ますと、宮内庁は反動化したというようなことを盛んに座談会でも言っておりますけれども、国民に筋の通った報道というものはやはりなければいけない、どういう生活をなさるかということは当然なければならないと思いますけれども、むやみに追いかけ回されるということについては、われわれとしても心外でございます。そういう点で、殿下の御行動については慎重な注意をいたしておるわけであります。しかし昔のようにすべてを不自由なと申しますか、当然あっていいことまで押えるということもどうかという気がいたします。殿下が伸び伸びと自身の立場を思いながら御成長を願いたいとわれわれは思うわけであります。やたらに何でもかでも押えるということもどうかと思います。ただりっぱな地位に対する御自覚から、すべての行動をよく考えていただいて、われわれもそれをお助けして、ほんとうに国民の将来の象徴としての素質を十分伸ばしていただきたいということでございます。これは大きな政策とか、そういうことが表面に出ることではなく、日々の行動が重なってそこに現われていくものと思います。私は日々のことにつきましても、東宮職のおそばにおります者にもちろんるる申しますし、小泉博士も皇室の将来ということとあわせて考えてやっていただいておりますが、私もよく国会における御質問等も伝えますし、私の考えも始終述べておるわけでございます。

 なお今後の皇室のあり方につきましては、御指摘の通りに、ほんとうに真剣に慎重に私どもは考えなければならぬ。そういう問題について、ただ宮内庁の組織だけで考えていいのか。その間において世論を聞き、いろいろな立場から検討すべきはもちろんであります。そういう点についてもいろいろ今考えつつあるところでございます。まだ申し上げる程度にまとまりませんけれども、将来のためにこれはほんとうに考えていかなければならぬというふうに思っております。


○平井委員 皇室は、御承知の通りわれわれ国民と実は違うのでありまして、これは昔なら天皇学でございますが、今日の教育係というものの教育は、われわれ国民と違った立場においてされなければならぬと思うのであります。これはわれわれのようにちょっと代議士に立ちたいとか、金がほしいとか、名誉がほしいということ、全く教育に要らぬのであります。ほんとうに欲も得もない、ほんとうに人間の象徴としていかれればいいのでありますから、その教育は今あなたがおっしゃるように、あまり何もかにも押えるということではなく、民族の象徴にふさわしい教育、それを小泉さんはちょっとはき違えておりはしませんか。

国民らしく育てるということが小泉さんの教育の方針では困る。これは事実欲も得も要らない、選挙の必要もなければ何も要らぬのですから、その点の教育はあなたが小泉さんに教えてやって、皇太子殿下の教育というものは、一般の学習院の生徒と別でなければならぬ。昔なら上御一人といわれたのです。一般の学習院の生徒並みに教えたのではこれは絶対に象徴になれない。われわれが欲しない点、またできない点、国民では及ばないという教育があると思います。そういう教育を教えない限り――ただ昔と違って自由である、自由に教育をするのであるという行き方もありましょう。自由主義者の中にはありましょうけれども、そこは一つあなたが小泉さんあたりに教えてやって、一般の生徒とは違う立場においての昔なら天皇学、今日なら皇太子殿下の教育というものをされなければ、これは象徴として国民が崇拝するかどうかわからなくなってしまう。早い話が、皇太子殿下が銀座へ遊びに行かれる、友だちと一ぱい飲みたい、そういうことになったら、これは民族の象徴ということは絶対に言えない。天皇は常に大自然とともにあらねばならぬ。そうしなければ英国の国体と同じになるのですよ。日本の天皇というものは、常にもう大自然、どこから見ても富士山の姿のように拝まなければならぬというぐらいのあり方でなければ、国民は崇拝しませんよ。そういう点から見て、いま少し厳格な教育をされたらどうですか。昔、北畠親房などはこれはもうけ飛ばしおったという話です。たたきまくって教育をされたということも聞いておるが、あまりにも自由奔放な教育をされておるのじゃないか。そういうことからきて皇太子殿下の感覚が違ってくる。自分の将来民族の象徴としての感覚が狂ってくる。どうもこのごろはわれわれが考えても――われわれは子供のときから天皇一本で育ってきた、教育を受けてきた者でも、ちっとおかしいではないか。まして終戦後の教育を受けた青少年は、全くそういうことがなくなってしまう。

 そこで議題にありますところの皇居の造営ということになれば、これは非常にむずかしい。あなた方の教育いかんにより、天皇のあり方いかんによって、造営ができるかできぬかになるのです。お互いが天皇制護持者だから、何でもかんでも皇居を作れというふうなわけにはいかぬようになっておるのです。それを一つ長官は十分考えていただきたい。もしも教育があまり芳ばしくないというなら、小泉さんあたり入れかえたらどうですか。そんなことこそ民主主義だ。いつまでも、勤まっても勤まらぬでも、この人間をそこにつけておくということが一番封建的ですよ。もし皇太子殿下の教育係でも、これはちょっとあなたが悪いと思ったら、あなた方が入れかえたらいいじゃないですか。それが今日のあり方でございます。昔ならばかでも何でも一ぺんひっついたら、宮内省におればやめさせられなくなっておった。今日ではどんどんやっていいのですから、そういう新体制に切りかえていって、よりよく皇太子を教育するというふうにされなければ、天皇陛下は何もおっしゃらぬのですから、あなたがそういうふうに判断をしなければ、今後の、遠き将来というか近き将来というか、日本に変動が起った場合には、あのときの長官は宇佐美さんであったということになれば、あなたの人格はりっぱであるけれども、やはり時にぶつかればあなたの責任になりますから、その点、あなたが十分研究をされ、努力をされて、やはり皇室の尊厳を残していくというふうに努力をされなければならぬと私は思いますし、また皇太子殿下においても、これはあなたが直接進言できるのかどうかわかりませんけれども、十分そこを自覚されて、やはり国民の崇拝するに足る人間になってもらいたい。これは人間というか、昔は神様だったのです。御承知の通り明治憲法のもとにおいては、神聖にして侵すべからず。今日人間になったというだけで、やはり象徴ですから、象徴ということについての私の解釈が合うかどうか知りませんけれども、私は民族の象徴ということになれば、天皇は、国民が貧しければ貧しいものを食べ、国民の政治、経済に伴って生活をしていかれる、ああ陛下は銀座にも行かれぬし、映画も見られぬ、これはわれわれはひとしく崇拝しなければならぬという気持になっていくと思うのでありまして、民族の象徴というのはただ看板だけで、あとはわれわれ国民と同じ行動をとってよろしいのであるというふうに考えたならば、象徴とは言えないと私は思いますが、あなたは象徴ということをどう解釈されますか。


○宇佐美説明員 終戦後今まで皇室に対する一般的ないろいろな批判が行われて参りましたが、この大きな流れというものは、やはり一言で言われるような民主化、もっと自由にしてあげなければいけないのじゃないか、あるいは今おっしゃったような、銀座にもおいでになればいいし、喫茶店にもおいで願えばいいじゃないか、そういう議論が割合に多かったと思います。しかし私は決してそうは思っておりません。やはりすべて普通の国民と同じ生活をするということでは、ほんとうの象徴としての国民の尊敬を集め、親愛を得られることにはならない。それは、ある意味において自由が一部ないともいえます。しかしそれはやはり国民の中心となって、象徴としてお過ごしになるには当然負われるべき御責任であり、御義務であると思います。そういうことでなければ、何らわれわれと差がなくなってしまう、私は常にそう思うわけであります。最初に申し上げたような意見はいろいろございますし、いわゆる雲の上に上る行き過ぎた行き方は、もちろん直していくベき点があれば直さなければならぬのでございますけれども、やはりそこにはきぜんとしたことがなければ、秩序は保たれませんし、また尊敬や親愛というものも生まれてこないと私は常に考えております。そういう御修養もなさらなければなりませんし、そういう義務ということもしっかりとお持ちを願わなければならぬと私は考えております。しかしそういう点は御幼少のときからおそばの者が、そういういろいろな進言に対しては気持よく胸を開いてお受けになることをほんとうによく申し上げ、われわれが、あるいはそばの者が申し上げることは、よく御反省になる方だと私は思っております。もとよりまだお年もお若いことですし、御修養願うべきことは多々あるわけであります。小泉博士は、常に皇室の将来を最も心配しておられる一人だと私は考えております。しかし具体的にどういうことをということについては御相談もございますし、私も遠慮なく意見を申し上げておるわけであります。今後においても、そういったことについては最善を尽したい。今回のことにつきまして、大きなことを申すと仰せになるかもしれませんが、私が責任をとって済む事態ではない、それ以上の大きな事態であるというふうに考えて参ったつもりでございます。不敏でございますけれども、この覚悟だけはいたしておるつもりであります。


○平井委員 最後にお尋ねなりお願いをして終りたいと思いますが、御結婚式も近いのでありますから、今の長官の御説明で私は納得いたしましたが、なお宮内庁から国民が納得するようにしていただきたいと思うのと、これは長官に幾らわれわれが質問してもしようがないが、皇太子殿下並びに宮様のおつきの人は、悪ければ取りかえなければ教育というものはよくなりません。あなたが見はからつて、これはあまりよくないと思われる人はどんどん取りかえられて、そうしてりっぱな教育をされる方をお入れになって――今の人がいいか悪いか知りません。悪いと言う人もあり、いいと言う人もあるが、取りかえて教育をなさらぬと、将来非常に大きな問題が起るのではないか。天皇制のあり方ということは、日本の政治、経済あるいは世界の動静に従ってあらなければならぬと私は思うのであります。従って皇居造営の問題におきましても、まだ審議会はできないのでありますけれども、もしも審議会ができましたならば、時代に即応して、かつて三井、三菱の大財閥が十万坪の屋敷に住んでおったのが、今日一万坪の住居におるということを参考にして、今日の皇居のあり方はどういうふうでなければならないかというふうに、率先宮内庁は研究をされていかなければ、これまた非常な難関に到達すると思うのでありますから、日本の情勢、世界の情勢、東南アジア未開地のところにクーデターがあり、いろいろある世界の動向をよくながめて、ひとり日本だけが昔の風習ではいかれない、日本の皇室はこうあらなければならないという見地から、まず率先してあなたの方で案を立てられなければ、将来禍根を残すと私は思うのであります。どうか皇居の造営の問題につきましても、あなたの方で十分考えられて、先手を打つといってはおかしいのでありますけれども、この程度でよかろうとか、あるいはこうした方が今の日本の皇室にふさわしいのであるということを十分考えられてお作りにならなければ、将来禍根を残す。東宮御所の御造築のごときも、間組が一万円で引き受けた、こういう崇拝組も日本にはあります。また家がなくて困っておる国民もある。私は間さんに言いたい。そういう金があるならば、住宅のない人に建ててやったらどうかと間さんに言いたいが、あまり私は懇意でないから言うておりません。そういうお方もあるが、それが全部でないことも考えなければならない。そういう人もおります。いなかの年寄りの八十、九十の人は、日本が戦争に負けたことも知らないという人もおりますから、そういうことを十分考えて、あなたの方で考慮されて、現在の世の中にふさわしい皇居の造営を計画していただきたい。同時に今後の皇室の尊厳並びに天皇制のあり方を十分研究されなければ、日本の将来にいかなる変動が起るかわからぬということを肝に銘記して、今後長官としてりっぱに職責を全うされるようにあなたにお願いを申し上げて、私の質問を終ります。


○内海委員長 受田新吉君。


○受田委員 私は宮内庁長官並びに法制局長官並びに総理大臣にかわって御出席いただく官房長官に相次いでお尋ねを申し上げたいと思います。それは皇室に関係した事項で、今、平井議員よりお尋ねになった諸問題を別の角度からお尋ねしてみたいと思います。

 私は最初に、日本の天皇制というものが新憲法で国民の象徴とされているということに一応うなずき、またこれを支持していく一人であります。ただここで問題となるのは、天皇の御地位というものに対して、新しい憲法が保障する基本的人権、いわゆる憲法の第三章に掲げられてある基本的人権と矛盾する面が相当起っておらないか。この点が第一のお尋ねの問題であります。具体的に申し上げますが、新憲法は天皇を人間天皇として宣言せられておる。そういう意味からいうならば、その人権もまた十分尊重をするという意味で、象徴としての天皇の権威を傷つけない限度におけるゆとりある人権尊重のあり方が示されておらなければならぬと思います。一例をあげますが、天皇はいつまでも天皇の御地位におられなければならないということになると、非常に窮屈なお感じをなさることもあろうと思うのです。従って、たとえば皇太子が成年に達せられ、あるいは御結婚をされる。そして十分後継者として天皇の地位を守ってもらえるということになり、また天皇御自身も、一般でいうならば定年退職に当られるくらいの年配になられる、こういうことになるならば、天皇の御退位の自由ということが一応認められていいのではないかと思うのでございますが、この問題は、宮内庁としては、また法制局としては、どういう御見解を持っておられましょうか。


○林(修)政府委員 ただいまの問題は、非常に重要な問題であると思います。これは御承知の通りに、新憲法が当時の帝国議会において審議された際に、あるいは現行の皇室典範が法律案として議会で審議された際にも、非常に議論されたところでございまして、いろいろの角度から御議論があったわけであります。しかし当時の政府として、皇室典範にこういう制度を認めなかった理由としては、次のようなことがいわれております。現在の憲法は、もちろん皇位継承のことにつきましては法律に規定を譲っております。法律である程度のことは書き得る範囲のことがあるはずでございます。しかしこれは憲法第一条が、天皇は日本国の象徴とし、それからその地位が日本国民の総意に基くというこの規定、それから第二条に皇位は世襲のものである。こういう規定と離れて、ただいまの問題を議論することはできないと私は思うわけであります。なるほど新憲法によって人間天皇としての地位はできましたけれども、しかしそれだからといって、一般の人と同じようにこれを扱うわけにはもちろんいかない。やはりこの象徴たる地位、あるいは国民の総意に基くこの地位というものと相いれない範囲におけるもの、そこに制約があることは当然だと思うわけであります。これはやはり皇位というものは世襲のものである。それから古来ずっと一つの系統で受け継がれてきているということと、それからそこに天皇が過去においてはもちろん譲位ということはあったわけでございます。そういうことはありましたけれども、ただいま申し上げたような御地位、それからこの天皇のそういう象徴たる地位から考えまして、御自分の発意でその地位を退かれるということは、やはりその地位と矛盾するのではないか、これはやはり幾多過去の例からいっても、いろいろ弊害があったこともございます。これは一言で申しまして、天皇には私なく、すべて公事であるという考え方も一部にあるわけであります。やはり公けの御地位でございますので、それを自発的な御意思でどうこうするということは、やはり非常に考うべきことである。そういうような結論から、皇室典範のときに、退位制は認めなかったのであるということを、当時の金森国務大臣はるるとして述べておられます。この問題は、実は皇室典範の審議されたときの帝国議会においては、皇室典範の論議の半分ぐらいを占めております。そういうことで政府案が通過したような関係であります。その当時における政府側の見解は、ただいま直ちに変更するほどの理由は私はないと思っております。従いまして今、受田先生のおっしゃったようなことも確かに一つの議論としてはあることと思いますけれども、軽々にこれはきめられない、かように考えております。


○受田委員 私はこの新しい憲法や皇室典範の審議の際の問題を今持ち出しておるわけではない。当時は天皇のお立場が戦犯としての批判を受けようとされたり、戦争責任が追及されたりという渦中にあられた。しかし今日はようやく世界の情勢も落ちついてきたし、日本の復興もほぼでき上ってきたという段階になって、しかも世継ぎになられる皇太子が御結婚されるという段階になられるということになるならば、もうそうした戦犯論議とかその他の戦争責任問題を乗り越えた新しい段階にきて、この問題を考えなければならぬ時期にきておると思う。ことに現在の天皇は二十才になられたときに摂政になられて、自来すでに四十年に近い間を、まことに筆舌に絶する苦労をされておられる。ことに大東亜戦争の責任などという問題になってくると、御自身も非常に痛切に感じておられる。しかしあの大東亜戦争を締めくくる終戦というところへ踏み切られたのは今の天皇であられた。そういう意味からも、私は今の天皇御自身がその悲劇的運命の中に苦労されて今日に及んでおられることを思うときに、皇太子が御結婚されて、一人前の世継ぎとしてもりっぱな資格を備えられておるということになるならば、ここに終戦直後の混乱の中で論議された憲法論議や皇室典範論議とは別の意味で皇室典範は法律でありますので、この法律を改正して、天皇の退位の自由を認めてあげるということが、新憲法の第三章に掲げられた基本的人権の尊重の条項にも合致するものだと思う。従って象徴の尊厳を傷つけないで、後継者がりっぱにおられる場合に、皇室会議の議を経て退位をすることができる、そういう考え方は、私は成り立つと思う。この問題は、新しくそういう事態に遭遇しておるという気持を私は持っておるので、新しく検討をすべき段階ではないかと思う。昔のものを引っぱり出して、今ごろまだ依然として古い感覚で、憲法、皇室典範の論議をされた終戦直後の空気をそのまま今に持ち込むということは、どうも時代感覚のずれはなはだしいものありと認めざるを得ない。いかがですか。


○林(修)政府委員 決してその当時のいわゆる戦犯論議とかいうこととの関連のみで申しておるのではございませんので、やはり確かに受田先生のおっしゃるような基本的人権の尊重ということもございますけれども、憲法第一条、第二条等で規定しております象徴たる地位、あるいは国民の総意に基く地位、皇位世襲の継承ということと切り離して、この問題は解決できないと実は思っております。従いましてやはりそういう今おっしゃったようにいろいろ個々的の場合には、いろいろの事情が起ることはございましょうけれども、今おっしゃることであれば、結局制度としてそれを認めろということになるわけでありますが、この制度として認めろということは、国民の総意に基く御地位、象徴である御地位ということを考えますと、私はそう適当なものではない、過去の歴史を見ましてもそういうことは適当なものではないのじゃないかということも考えるのであります。あるいはこれは制度として認めれば、皇位継承の順位に異動を来たすこともあり得るわけであります。そういうことから考えまして、これはやはり慎重に扱わなければならない、軽々にきめられない問題だと思います。


○受田委員 もちろん軽々にきめるべき問題ではないでしょう。しかし世襲制度というこの憲法第二条の規定によっても、世襲には間違いないわけです。だから隠居する制度も考えられておるのですから、御隠居なされるという形になればいいわけです。従って世襲制度というこの憲法第二条の規定に矛盾する形にはならないわけです。お世継ぎがちゃんと成年に達しておられる、御自身も定年に達しておられるということになれば、当然そういう自由を認めてあげるという規定が、しかもそれが皇室会議という一応の機関の議を経てきめられるわけでありますから、軽々にきめるわけではありません。こういう制度を考えて差し上げることが、憲法の精神にマッチした皇室典範の改変であると思う。

 もう一つそれに関連して、天皇の行為の自由ということにもしばしば問題が起ってくる。たとえばただいまの陛下は、弟さんの秩父宮がなくなられるときに、ぜひ臨終の弟宮を見舞いに行こうとされたときに、ついに宮内庁は見舞いを押えたといわれる。ただいまの皇后は、お母さんの倶子さんがなくなられるというときに、これまたついにお母さんの臨終にもおもむかせしめられなかったという、おそるべき人権侵害をやっておると私は聞いておる。肉親の死に宮内庁がそういう圧力を加えて、人情の自然と美しさを押えるという、こういうことは一体どういうところに原因があるか、そういうことは絶対なかったかどうか、その事情をこの際あわせてお伺いしておきたい。


○宇佐美説明員 前段の陛下の自由な御意思に基く御退位ということにつきまして、法制局長官からお答えがございました。私も全く同様に考えておるわけでございます。現在の場合のみを考えるのでなく、日本永久の将来のことを考える場合に、自由なる御意思による御退位というようなことを、その象徴たる位地から見て、常に国民が全部異論なく認めるかという問題は、いろいろな将来のことを考えますと、容易なことではない。私どもはこれにつきましてすぐ御賛成を申し上げる気持になれないのでございます。

 また後段の御質問でございますが、これは宮中のいろいろな昔からの風習がございます。今の陛下は、そういう点について勇敢に直すべきものは直すお気持でございます。われわれといたしましても、そういう御趣旨に基いて、自然にそういった点につきまして十分考慮をいたしております。御指摘になりましたような点につきましては、われわれは宮内庁において阻止をしたというようなことは全然ございません。事実不幸にしてお間に合いにならなかったということでございます。


○受田委員 そういうお間に合いにならなかったというようなことで、その場をごまかすべきものではないと私は思う。こういうことは、お工合の悪い肉親がおられる場合に、自由にお見舞いができ、その臨終に立ち会われるという努力を、宮内庁がなぜなさらないのです。間に合わなかったのだという言い分は、はなはだ重大な問題だと思うのです。宮内庁としてそういう人情の美しさを押えるような措置をされたと解釈しても、これはやむを得ないじゃありませんか。今度皇太子が結婚される正田さんの場合でも同じことです。つまりこういう場合に正田家が非常に心配しておられる問題として、そうした人間としての自由性を圧迫される点はないかという点がおそらくあったと思う。そういうことについて宮内庁としては、人間としての美しさ、人情の自然というものを十分尊重して、一切こういう問題については人権を侵害するようなことはない、今後は絶対にさようなことはしないということをお約束できますか、まずそれを伺っておきます。


○宇佐美説明員 皇室の方々が、御両親その他の御不幸の場合にお見舞いなさることを、われわれは阻止するというようなことは考えてもおりません。しかし実際の場合に、やはり象徴としてのお立場から、今の例でなくても、そうあそばしたくてもなされないときもあろうかと思います。そこはやはり外から見ますと自由を押えているとわれわれは考えるわけであります。


○受田委員 九重雲深きあたりの一般国民に理解できないような形の宮内庁の措置は、やはり感心できません。宮内庁としては、そういう問題についてはもうあけっぱなしで、たとえばお見舞いに行かれるのに途中の警戒の問題などがあるとかいうことを気がねされて、肉親の死にも会うことができないというような御心配があるならば、そういう問題についてはあたたかい心組みをもってお役目の方をやられればいい。そういうことを十分含んで、何らか一般国民との間を隔離申し上げるような形のないように、一つ宮内庁としては御努力願いたいと思う。

 私はもとに話を戻しますが、もう一つこの御退位の問題に関係するのですけれども、もし退位の自由を認めたならば、皇位継承の順序にも問題があると今長官が仰せられました。これは私はどこに問題があるかということをお尋ねしてみたいのですが、たとえば皇族から、皇位継承の地位にある皇族の身分を離れるという申し出があったという場合のことですが、いかがですか。


○林(修)政府委員 これは仮定の問題ですから、そのつもりでお聞き願いたいと思いますが、かりにそういう制度がございました場合に、たとえば天皇が退位せられる、そのときに実は皇子がおられない、従って皇位継承が皇弟に行ったという場合に、あとから皇子が生れるという場合のことを考えれば、いろいろ問題があると思う。これは過去においても日本の国史を見れば問題があったと思う。そういうことも一つの形態としては考えられるということを申し上げたのであります。


○受田委員 私は、後継者がはっきりして御本人も相当の年令に達しておられる、こういう場合に皇室会議の議を経てきめられるのだと申し上げているわけです。皇子もおられない、もう本人はおやめになった、そのあとに皇子が生れた、そういう仮定の問題を今持ち出したら皇室会議の議が通りますか。皇室会議の議を経るということになれば、やはりそこにはっきりした後継者がおられる、天皇の長期にわたる御苦労に対してもいたわりの気持をもって御退位をお認めするという形になる場合です。そうでない場合には皇室会議の議は通りませんから、あなたの御懸念の問題は解決するのではありませんか、私はそう思うのですが、いかがですか。


○林(修)政府委員 先ほどから申し上げております通りに、今受田先生のおっしゃることは、やはり制度としてそういう制度を設けたらどうかというお話でございます。従いましてそれはやはり皇室典範の中にそういう規定を取り入れることになるわけであります。そうなればこれは一つの制度として将来に向っての問題になります。いろいろなことももちろん考えなければならないことになるわけであります。そういうことを考えてみました場合に、今の自発的な御退位の制度というものが、果して天皇の世襲制、皇室の世襲制、皇子の世襲制、あるいは天皇の象徴たる地位、あるいは国民の総意に基くという国民の信念から見た考え方、そういうところにマッチするであろうかどうか、これはやはり相当疑問のあるところだと思う。今、受田先生のおっしゃるような御議論ももちろんあることと思いますが、それに反対する議論も相当強い根拠を持っていると思います。従いまして私どもとして今簡単にそういうことに踏み切る決心はないわけであります。むしろ先ほど宮内庁長官が言われました通りに、簡単には賛成できない、こういうことでございます。


○受田委員 あなた方は天皇のお立場というものを考えていかなければならない。そこで、あなた方だけの御都合で、天皇の人権をいつまでも侵害していくことは問題だ。だから御用学者という立場であるなら仕方がない。しかしながらもっと純粋な理論的な立場でものを考えていく、あるいは日本の将来を考えてこう解釈したいというような、あなた方はやはりある程度の余裕のある解釈をしなければならぬ。

 もう一つ、これに関係するのですけれども、女帝です。皇族女子には皇位継承権がないわけですが、この皇族女子の皇位継承権を容認するという典範の改正というものは、これは決して差しつかえないわけです。今の憲法では男女平等である。憲法の十四条で、法のもとの平等、貴族の禁止、栄典というところにも、人種、信条、性別云々で差別されないことになっている。そういうところからいっても、国民の象徴だけを差別するということがあり得ますか。そういう意味からも新憲法の精神にのっとって、皇族女子の皇位継承権を認めるということは、私は当然考えられていいことだと思う。いかがですか。


○林(修)政府委員 これも皇室典範のときに議論されたところでございまして、一応議論済みのことだと私は思っております。重ねて申し上げますけれども、確かに憲法では男女平等、あるいは婚姻における男女平等、あるいは相続についての男女平等の原則をきめております。しかしこれはむしろ普通一般の家であれば、昔のような家の制度はもちろんないわけでありますから、主として財産相続についての男女平等でありますが、皇位あるいは象徴たる地位というものは、必ずしも今申しました民法上の相続と同じように考えるわけにはいかない問題が一つあります。そのほかにやはり古来の日本の国民の一つの総意と申しますか、国民の信念と申しますか、つまり男系相続ということで実は一貫して参っておるような状況でございます。従いまして男系相続ということを認める以上は、女帝を認めれば、そこで男系は断絶するわけです。別の系統に移動するということになってくるわけであります。そういうことから一つの問題点がある。また女系による相続を認めれば、これは別の問題でありますけれども、やはり日本のいろいろの古来の国民の感情あるいは現在における国民の感情からして、果していかがであろうかという問題があるわけであります。また過去における女帝の例、日本には幾つかの女帝の例がございますが、これはいろいろな特殊な事情に基いた例だと思っております。そういうところから、やはりこれは慎重に考えるべき問題だということで、皇室典範のときにもその問題はいろいろ話題に上りながら、そういう規定はされなかった。その事情を今直ちに――おしかりを受けるかもしれませんが、そういう事情を今直ちに解消するだけの事由はないのじゃないかと思っております。


○受田委員 この問題は、どうも男系相続が日本の伝統であるからなどという古くさい考えで御答弁されておるようでありますが、すでに英国においてもそういう制度が長期にわたって保持されている。ただ英国の制度には、女帝の場合には男子の兄弟がおらぬというような場合に、女子だけだというようなときに、女帝ができておるわけでありますけれども、一応程度の差はありましても、皇位の継承権に女子の相続権というものは認められておる。こういうところから見て、世界の大きな流れというものを見たときに、昔の古い伝統を今ごろ持ち出されて、男系相続が日本の伝統などというこの論議は、どうも法制局長官としてまずい論議じゃないか。新憲法の精神というものを――ここにおられた自民党の方の中にも、退位の自由と女帝は大賛成だという意見が出ておる。そういうふうな意見が……(「反対だ」と呼ぶ者あり)与党は分裂状況です。そういうことからも皇室典範に対して、もう少し人権を尊重し、象徴としての権威を傷つけない限度において人権を尊重するという配慮をなさるべきではないか。特に宮内庁長官とされても、そうした宮内庁の事務を担当される責任者として、常に日本の将来、国民の皇室に対する感情等の問題を十分洞察して、長い目で見た日本の皇室の将来への見通しを持った努力をしておかれないと、思いがけないところから、今回の御結婚を契機として、皇室に対する重大な国民の悪感情が起ってきたりするおそれが私はあると思うのです。そういう意味から、少くとももう少し大衆と溶け込んだ皇室という、同時に象徴としての立場は保持されるような配慮を払いながらという気持は必要でございますが、そういう努力をしておかれないといかん、かように思うのです。

 そこで、三笠宮に例をとりますけれども、三笠宮が紀元節に対する見解を表明されたというので、中にはこういう三笠宮のような皇族がおられては、皇室の尊厳に関係するから、皇族をやめてもらおうじゃないかという意見がある。宮御自身も皇族をやめたいというお気持を表明されたとも承わっておるのであります。宮が、皇族が、そういうことを発言されたということについて、これを政治問題として見ようとするならば、それはけしからぬじゃないか、皇位の継承予定者がそういうことではいかぬじゃないかという議論が成り立つかと思いますけれども、宮の学者としての良心から叫ばれたこの言葉に対してかれこれ議論する。自民党の諸君の中にそういう声があるわけです。そういうものに対して宮内庁としては、また法制局としては、皇族の身分にある者の発言について、何か常に注意をしておるとか、あるいは圧力を加えておるとかいうことがあるのかないのか、また三笠宮の皇族を離脱したいという気持を持っておられるという表明があったことがあるのかないのか、これも一つお答え願いたいと思います。


○宇佐美説明員 三笠宮様のことについてのお尋ねでございます。殿下は、終戦と同時に軍籍を離れられまして、将来のために東大にお入りになって歴史を御勉強になっておられます。非常に熱心に御勉強になっておるのであります。しかし私は、皇族であられることがまず第一でございまして、国民は学者になっていただくということにおいて皇族におなりを願っておるのじゃないと思います。やはり皇族としてのお立場、義務というものを第一にお考え願うべきであると思います。同時に、お仕事として御勉強になり、それを通じて国家、社会に貢献されるということも私はけっこうだと思う。しかしそれはあくまで学問的なことでありまして、そのお地位から申しまして、政治的問題に関与されていかれるということ、どうも私どもとしては御賛成できないと思います。そういうことにつきまして私も殿下とお話を申し上げておることがございますけれども、しかし今お話しになりましたような皇族の籍を云々ということは、何も私は伺ったことはございません。いろいろ著書等も御発表になるようであります。私といたしましては、もっと慎重な御態度を希望しておるところであります。


○受田委員 宮内庁長官、えらいかたくお考えですが、三笠宮は、紀元節の問題などについても、これは天皇一家の、皇室の私事であるという見解を表明され、これを国民の行事として取り上げることについての意見を持っておられるわけなんです。そういうことについて、これが政治的な見解であり、学者としての立場では行き過ぎだというような御注意を申し上げるということは、これはどうかと思います。皇族の御発言は何事もそれではできないということになる。純粋な御意見も述べられないということになる。それが多少でも述べられると、すぐどこかにひっかかるというような問題であれば、何事もこれは発言できないということになる。これこそ人権侵害もはなはだしいものになってくる。こういうことについて、もっと自由な気持で皇族としての立場を御自身が十分考えておられるのですから、もし皇族の立場をお考えにならなければ、もう皇族を離脱されることになるのですから、そこは成年に達せられて、しかも良識を持たれたりっぱな三笠宮の御言動に対して、一々御注意申し上げ、おしかり申し上げるということは、私は宮内庁長官としては行き過ぎだと思う。そうなりますと、皇族の身分に生まれた人は、そういう発言やらすべての行動にわたって非常に不幸な立場になる。(「もちろんだよ」と呼ぶ者あり)そういうことこそ人権侵害なんです。私が今申し上げていることは、あらゆる面に不幸な立場に追い込むということでなくて、許される限度内の御自由を認めてあげる、新憲法の御自由を認めてあげるという努力もしておらないで、すべてワクの中にはめ込んで、非常に窮屈な生活をさせていくというようなことは、お役人たちのとるべき道ではないと私は思っておる、そういうことを私は今指摘して、人権の尊重を可能な限りにおいて認める努力をしてあげるという、その配慮を希望しているわけなんです。これはもちろんと言われるかもしれないが、皇族の身分にあり、あるいは天皇の御地位にある人は、あらゆる角度からその人間性の豊かな暮しを押えられるということになる。いかがでしょうか、こういう点について、高い立場から今後の皇室のあり方、皇族の立場というものについての配慮をどうすべきかということについて、何かあなたはお考えになっていらっしゃることはないでしょうか。


○宇佐美説明員 重ねてのお尋ねでございますけれども、一つの学問をせられましてある結論に達せられるということは、これはだれも押えることはできません。またそれを周囲の人に多少お漏らしになるというようなこと、それもいけないとは思っておりません。しかしながらそのお考えが、言葉は悪うございますが、左右いずれにしろ政治的な問題になり、皇室に非常に影響するというようなことを国民が心配するときには、慎重な態度をとらるべきであるということは私は誤まりないと思います。


○受田委員 左右いずれにせよ、それが政治的な方向へ行ったとおっしゃっているのですが、三笠宮御自身としてはそういう政治的な気持はみじんもないわけなんです。そういう問題を政治的にこじつける人々がおり、それを悪意にとる人々がおるわけなんです。この問題は、つまり三笠宮の言動に対しての影響力というものを、外部から不純に利用しようということになるわけなんです。あなたはむしろその外部を押え、宮の考えておられることは正しいのだ、学問の研究の自由は尊重しなければならぬという立場で、特に政府与党の諸君などに厳重に御注意される方が、むしろ筋が通ると思う。

 もう一つ、皇室典範の規定の中で、退位の問題にも触れてきたのですが、天皇が崩ぜられたあとへ新しい天皇が即位されることによって元号が変るわけなんですが、その元号がどういうふうに変るかということは法律では規定してない。これはもし御退位が実現され、あるいは天皇がなくなられたという場合に、どういう規定が用意がされておるのか、法制局長官から一つ伺います。


○林(修)政府委員 御承知の通りに、これも旧皇室典範には規定があったと思います。それが新しい皇室典範を規定するときには、皇室典範のきめる事項ではなかろうということではずされておるわけであります。そこで残っておりますものは多少問題がございますが、明治初年の行政官布告というものがあるわけであります。しかしいずれにいたしましても元号の問題は、確かに天皇の御退位あるいは天皇がおなくなりになったあとの新しい天皇の即位という問題と相関連する問題でございますけれども、これは今の憲法のもとにおいて、そういう新しい元号を立てるということは、私はやはり法律できめるべき事項だろうと思っております。これはかつて新憲法施行当時、そういうような法案も予定されたこともあったようでございますが、当時の占領軍政策の事情でもってこれは消えております。その後御承知かと思いますが、当時の参議院の文教委員会において、いわゆる西歴紀元を採用したらどうかということも御議論になったこともございます。そういうようなこともございますが、いろいろな事情を考えて、これは将来のことでございますが、元号制をどう立てていくかということについては、法律をもってきめるべき問題である。かように考えまして、一応そういうことは私ども考えなくてはならないというふうに思っております。


○受田委員 元号の問題を考えなければならぬという御意見のようでございますが、これは西歴を用いるとか、いろいろなことがあるにしても、日本の立場からの特別な規定を設けておくということは大事なことだと思っております。大へんおそれ多い話ですが、天皇がいつなくなられても、ちゃんとした用意をされておくということが必要だと思う。

 あとお二人御質問があるので、最後に一言お尋ねしておきますが、今度の御結婚につきましても、天皇の国事事項としての御結婚の儀式と、天皇の御一家あるいは皇太子御自身の個人的な御儀式というものがある。こういう国事の儀式あるいは個人の儀式というものの限界線は、一体官内庁としてはどういう形でおとりになっておられるのか。もちろん国事に伴う費用というものは当然国会の承認で出されるものでありますけれども、国会の承認を要しなくても済む支出の面もありますので、そういう限界線をはっきりしておいていただきたい。今回の御儀式の中で国事として取り扱える儀式と、皇室の私事として取り扱える儀式の分別をちょっとお聞かせ願いたい。


○宇佐美説明員 今回の御結婚に関しまして、御婚約、いわゆる御結納のことから式の終りますまでいろいろの計画、すでに済みましたものもございますが、今後進められるものも研究中でございまして、こまかい点を今検討中でございますが、大綱につきましては、過日の閣議の決定におきまして、当日行われます結婚の儀と朝見の儀、それから引き続き行われます祝宴の儀が、国の儀式として行われるということが正式に決定になったわけでございます。そのほかの儀式につきましては、実は旧来の諸規定をもとにいたしまして、なるべく簡素に行う、あるいは時代に即するようにするという趣旨のもとに整備をいたしているわけであります。いろいろございます中で、特に国の儀式として考えましたものは今申しました三つでありまして、結婚の儀というのは、これはあくまで両殿下が誓い合われるという結婚の中心をなすものであります。朝見の儀と申しますのは、両陛下に両殿下が正式に会われてあいさつをされるという意味のものでございまして、これは前回の立太子礼、成年式礼の際にも国の儀式として行なったので、その例に従ったわけであります。最後の祝宴と申しますのは、天皇陛下が内外の人に御披露をなさるという公的なものとして、これを国の儀式の一つに入れたわけであります。その他お内輪でなさいますもの、あるいは皇室の御例によって神宮その他に参拝されるということは、一切内輪のこととしていたしたわけであります。


○内海委員長 高瀬傳君。


○高瀬委員 実は赤城官房長官においでを願いたいと申し上げてあったのですが、それはどうでしょうか。


○内海委員長 赤城さんは参議院の本会議に行っておりまして……。


○高瀬委員 実は私は皇室会議のあり方について私の所見も述べ、あるいは内閣あるいは宮内庁の意向も伺いたい、こういうことであるのであります。特に今回の皇太子殿下の結婚に関しまして、皇室会議のあり方について一言お伺いしたい。そして私の所見も述べたい、こういうのであります。もちろん前提条件として、私は皇太子妃が今回きまりまして、御成婚があるということについて、日本国民として心からお喜びを申し上げておる一人でございますから、そういう点は誤解のないようにお願いしたい。

 私は皇室のあり方というものについて、平井君などと意見が違うかもわかりませんが、敗戦直後陛下もおっしゃったように記憶しておるのでありますけれども、つまり英国の皇室のようなあり方、これが日本としては非常に望ましいということを陛下がおっしゃったように記憶しておるのであります。御承知のように私から申し上げるまでもなくいイギリスは今日存在しておるところの君主制の国家の典型的、代表的のものであると言ってもいいのでありまして、皇室と国民とが真に一体になっておるということは事実のようであります。従って敗戦後、日本が民主主義の国家として再出発した際に、英国流の皇室のあり方、あるいは英国流の議会の運営のあり方、あるいは英国流の国民と皇室の関係、こういうものを陛下は理想にしておられたのではないか、そういうふうに拝察される節があるのでございます。しかし現在必ずしも皇室と国民とが一体になっておるとは私は思えない点もございます。たとえば、これは言葉のあやでありますから、こんなことは理由にはならぬかもしれませんが、菊のカーテン、こういうような言葉をよく耳にいたします。従って現在の皇室に対する国民の感情というものは、今回の皇太子妃の選定に当りまして、端的にこれらの点を現わしておる点がなきにしもあらず、一般の世論というものは非常にお祝いを申し、私もその一人でありますが、必ずしもそればかりではない。先ほど平井君もちょっと触れたようであります。しかも憲法の第一条に明記してあります通り、天皇は日本国民統合の象徴でありますから、皇室と国民とが密接なつながりを持つということは当然でございますし、天皇御自身ももちろんそういうふうにお考えになっておると私は拝察いたします。ところが現在の、特に今回の結婚で国民感情から多少離れているような印象がある。これは実は私はあの発表の形式とか、そういうものをかれこれ言うのではありませんが、実際のところ皇太子妃の選定に当りまして、宮内庁の宇佐美さん初め関係者は長い間大へん御苦労になったと思うのです。この点私は敬意を表しておりますが、国会も何ら御結婚について知らされておりません。公式発表の十日前、つまり十一月十七日のニューズ・ウィークには事こまかに、全部私は翻訳して持っておりますが、「皇太子の恋」という表題で詳細に報道されております。結局知らないのは国民だけだ。私はこういう問題がありましたときに、宮内庁に電話をかけまして、宇佐美さんは当時お留守でありましたが、そういう事実があるかどうか、私はそれを尋ねたのでありますが、電話に出た人は相当の方だと思いましたが、全然知らないというお話でございました。それはいろいろ都合があったかもしれませんが、現在結納もかわされた今日ならば、その辺のいきさつを相当詳細に御報告を願って、そうしてやはり国会の記録に残しておく必要がある。これはやはり一つの国事でございますから、その点はぜひとも――先ほど、いろいろうわさされておるような事実はないとか、断片的におっしゃったようでございますが、ニューズ・ウィークにいろいろなことが書いてあります。特にこれは恋愛という言葉を盛んに使っております。たとえば「二人は恋愛中だが、果して因襲に刃向って結婚ができるだろうか、これが事情を知っている連中がもう何カ月も抱いている疑問である。」というようなこと、それから「皇太子が正田美智子さんに初めて会ったのは軽井沢のテニス・コートである。」それから、非常に反対があったということも載っております。「反対は大へんなものだ。一番驚いたのは米国の占領下に皇室を除いて爵位を全廃された元の公爵、伯爵、子爵、男爵などであった。天皇の義妹に当られる秩父宮妃のお母さんの松平信子前子爵夫人を先頭に、華族たちは皇族出の他の候補者を立てて運動したが、民主化がとうとう皇位にまで及んだことに一斉にろうばいした。」こんなことが書いてあります。これはもちろん単なるニュースでありますから、私はその信憑性のいかんは知りませんけれども、特にあのとき宇佐美長官もおっしゃったと思うのですが、あれは恋愛ではない、たとえば結婚は相互の合意のみによって成立し、相互の協力によって打ち立てなければならないという憲法の条章そのものとは関係がない、普通の恋愛ではないのだということを非常に強調されたようでございます。従ってこういうような問題について、先ほど長官も非常にいい機会を与えてもらって感謝すると言われましたが、私はやはり国家の一つの重大な国事でございますから、こういう点についても詳細に系統的にいきさつを説明されて、国会の記録に残しておく方がよかろう、私はこういうふうに考えるので申し上げているようなわけであります。ここで一問一答をして宇佐見さんをどうこうしようというのではございません。

 それから、特に私の念頭に浮びましたことは、皇室会議というものはただ一度しか開かれていない。結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろいろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのでありますが、こういうふうになりますと、皇室会議などというものは非常に形式的なものであって、国民や国体と重大な関係にある皇太子妃を決定するということは、あまりにも非民主主義的なやり方じゃないか。皇室会議というものは非常に形式的なものになって、たった一回、既成事実を承認するというだけになってしまったのでは、皇室会議のあり方としては非常に危険じゃないか、こういうふうに思うのであります。特にたとえば皇室典範の第三条を見てみますと、世継ぎの方、皇嗣に重大な事故があるときは、皇室会議の議によって皇位継承の順序を変えることができる、こういうふうに述べてあります。従ってこの皇室会議を開くのは、議長であるところの総理大臣ではありますけれども、形式的には宮内庁がイニシアチブをとることになりますから、これが非民主主義的に運営されるということになりますと、非常に重大な結果を及ぼすと思うのであります。従ってこれは宮内庁だけを責めるわけには参りません。政府の重大なる責任でもあると思いますが、一体こういうような点で、ただ既成事実だけを皇室会議に形式的にかけて、たった一回だけの会議でああいう重大な国事をきめるということが果していいのかどうか、その点が非常に私は重大だ、こう思うのであります。

 それからもう一つ、こういうような問題について、これは例は違いますけれども、イギリスなどの例をとってみますと、たびたび非公式の閣僚会議などを開いております。たとえば私はここにノーマン・バリメインの書いた「ザ・ストーリイ・オブ・ピーター・タウンゼント」という本を持っておりますが、これによりますと、あのプリンセス・マーガレットがタウンゼントと婚約するときに、非常に衆人環視の中で国民が納得するような状態でああいう問題を解決したようであります。従ってその当時のサー・アンソニー・イーデンはたびたび閣僚会議を開き、あるいはカンタベリー大僧正とも相談をし、あるいは上院の枢密院議長のソールスベリー卿などとも相談をして、慎重な手続をとってあのプリンセス・マーガレットの問題を解決した。私は当時ロンドンにおりました。非常にその点の合理的な国民と密着したやり方について、敬意を表して帰ってきた一人なのであります。従ってそれと比較して、この皇太子妃のきめ方が一回の皇室会議できまる。しかも私は、きょう内閣側からだれも出ておりませんが、この皇室会議の構成自体についても非常に疑問を持っております。両院の議長、副議長が出ているが、副議長というものは議長が事故あるときにだけこれを代理するものであって、院を代表して出るとすれば議長だけでいい、こういうような点も私の聞きたい点でございますが、答弁する人がおりません。

 そこで私は、この皇室会議の構成についても疑問があるし、ああいう皇位継承をきめるような重大な皇室会議というものはもっとたびたび開くなり、あるいは内閣と連絡するなり、そういうふうにして国民が納得するような状態であの御結婚をきめていただいたらなおよかったのじゃないか、こう思いますが、これらに対する宮内庁の見解、それから内閣の見解、それから宮内庁は内閣などとどういうふうな折衝をされたか、小泉という人は皇太子殿下の先生でありましょうけれども、大体田島、小泉などという方だけがイニシアチブをとって、きまったものを総理大臣に報告し、総理大臣はただ正田美智子さんの信仰の問題だけをお聞きになったというふうにしかわれわれは受け取れない。それの前にたびたび閣僚会議を開くなり、あるいは皇室会議を開くなり、こういうふうにして念には念を入れてきまったものならば私は非常にけっこうだと思うのですが、われわれ国民はその点は全然知らされてない。知らないのは国民だけだという結果になったわけであります。十一月十七日のニュースでこういうこともちゃんと出ているわけであります。それで私は電話をかけた。

 しかも十二月六日号の「エコノミスト」に日本の皇室と題して、宮内庁の役人の各位には非常に痛いことを書いてあるのであります。これは読むとはなはだ妙なことになりますが、一応読んでみましょう。「古くからの皇室の伝統のうち、残っているものは天皇一家が守っているよりも、むしろ皇室の役人が守っているといった方がいい。宮内庁の役人の数は一万人から一千人に激減したが、依然強力である。彼らは野心を持たず、別に悪い人間ではないが、強い義務感に縛られる傾向があるので、時代に取り残されがちである。彼らは渉外のセンスがないので、他の官庁のより進歩的な役人たちからきらわれ、一般国民から疑惑の目で見られている。」これは非常にお気の毒ですが、これはただ書いてあるので、私の意見ではございませんから……。「皇太子の婚約発表の際、発行部数の多い日刊紙「読売」は十一月二十八日の社説で辛らつに論じている。「天皇を独占することによって特権を維持しようとする暗い勢力が、かたくなに民衆への接近を妨げていたのである。皇太子の婚約は、これらの人たちの態度に対して、痛烈な反省のむちを与えたものと言ってよい」以上の言葉は、正しいと思っていることをやってきただけの役人たちにとって、やや点が辛いかもしれない。だが、大ていの日本人は、宮内庁の官僚が皇太子に、一般民間人と決して結婚させないと考えてきたが、今では皇太子みずからがこれら官僚に分を知らしめることによってのみ、自分の望みを貫徹したと信じ、皇太子の勇気ある行為に対して、熱烈な拍手を送っていることは事実だ。」というのであります。非常に長くかかりましたが、こういう批評もあるのでございますから、私は宮内庁の、特に皇室会議なんかに対するやり方に対して反省を促したい、こういうことでございます。

 それから先ほど三笠宮の問題で受田君からお話がありましたが、私は少くとも皇族方というものは政治的にもあらゆる点で中立性を持って、インパーシャルでなければいけないと思うのです。特に選挙権もない、被選挙権も行使されない、こういう地位にあるのでありますから、やはり政治的な影響のあることは発言されない方がいいと思うのであります。そういう点で宇佐美長官が率直に三笠宮におっしゃったことは私は正しいと考えております。従って今後も三笠宮殿下の学問のいろいろ結論とかなんとかを、そういうふうな中立の立場にある特殊な皇族方は、ぜひとも積極的に発表されないことを望む一人でございます。

 自分の意見だけを長々と述べましたが、これらについて実は内閣並びに宮内庁の意見を拝聴したい。特に私は宇佐美さんを責めるよりも、国家組織法によりましても、宮内庁は内閣の一つの庁になっておるのでありますから、内閣委員会としては赤城官房長官の臨席を願って、この点の所見をはっきりと聞く必要があると確信いたしておるのでありますが、どういうわけか来ない、それでは答弁を得ることもできませんが、宇佐美さんに一つ所見をお伺いしたい。


○宇佐美説明員 きわめて多岐にわたっての御質問でございます。今回の御結婚に対しまして、もう数年前から、私が長官になる前からいろいろな準備が始まっておった、調査があったわけであります。もちろんその調査につきましては先ほどもちょっと申し上げましたように、これは御両親陛下としても御心配になることであり、皇太子様自身のお考えということもございまして、十分お考えも伺いながら方針を立てて参ったわけであります。もとより御選考の基準と申しますものはこれは皇太子様の妃殿下にふさわしい方ということで、御健康にしろ何にしろ最上級、お尋ねがあればそう申し上げるよりほかないわけでございます。しかし現実の場合にはそういったすべて万全を備えるということはなかなか困難でございます。ただ国会においても各報道が漸次現われるにつれまして、ほとんど毎国会ごとに宮内庁の考えの御質問がございました。それにつきましてはお尋ねに従って、われわれは考えるところを率直に申し上げて参ったつもりでございます。その当初の考えは国会でもお答え申し上げたと思いますが、そういった諸要件がすぐれた方であられるのはもちろんでございますけれども、その御選考の範囲というものについてもお尋ねがあったわけでございます。御承知の通り前の皇室典範におきましては、皇族の結婚は皇族または華族に限るという規定がございました。それが新しい憲法に従ってできました新しい皇室典範におきましては、憲法の精神によって、華族制度はもちろん貴族の制度というものが廃止されたのでございます。従って、皇族男子の御結婚につきましては、何ら法制的には制限はございませんけれども、やはり皇室自体が長い歴史を持ったお家でありまするし、旧来の範囲から選考が始まるというのが、むしろ常識的であるということをわれわれも考えておったのでありますが、しかしそういったときにも、ときによっては、その範囲外に出ることもあり得る。御質問の中にも、全国民を対象にして選べというようなこともしばしば伺ったわけであります。われわれとしてはそういうようなことでお答えしたと記憶するのであります。実際の選考に当りますると、やはり終戦後の各家庭生活の変化でございますとか、あるいは優生学的な見地からの制限でありますとか、いろいろな点でなかなかむずかしい問題に逢着いたしました。従って、第一段の方針から一歩出るということにつきましても、実に時間をかけて慎重に考えたわけでございます。単純に考えたわけではなかったのであります。しかし実際問題といたしまして、一般と申しましても、どこでもいいというわけではございません。やはり日本の良識のあるりっぱな家庭ということを考えなければなりません。これのうちからまた候補を選ぶということにつきましては、相当苦心をいたしたわけであります。だんだんそれをしぼって参りまして、何人かの候補をあげ、殿下にもよく御説明をして、私どもの申し上げることと殿下の御決心も合致いたしまして、ことしになりましてようやく進行するようになったわけであります。その間私どもといたしましては、前内閣あるいは現内閣におきましても、総理大臣にはそういった経過を申し上げ、それからそういった大きな根本の方針の変更等についても説明申し上げて参ったのであります。

 皇室会議を開きますことは、先ほど仰せになりました通りに、議長たる内閣総理大臣の招集でございます。もちろん一国の官吏としての立場、議長としての立場から、私どもといたしましては、過去においても十分な御連絡と御意見を伺うということには意を配って参ったつもりでございます。そういうことで皇室会議が開会せられたわけでございます。実際先ほどお述べになりました通り、皇室会議を開くにつきましても、実は皇室会議が設置せられましてから第二回の例であります。第一回は御承知の通りに、新憲法の実施の当時に多くの皇族が下られまして、そのときが一回で、第二回であります。私といたしましてもこの取扱いについては、内々皇室会議の委員であられる方の御意見も聞きながらやったつもりであります。会議が開かれまして、できるだけ経過と資料を申し上げ、私といたしましては、世上でいわれまするいろいろな不安と申しますか、心配ということも率直に申し上げて、御説明をしたわけであります。その結果、満場一致でおきめをいただいたのであります。ただ今回の問題を離れて、将来のことを考えます際に、先ほど摂政の場合の例をお引きになりましたが、要するに結婚の場合におきましては、あくまで憲法の原則と申しますか、これは新しい憲法ばかりでなく、従前からも、これは人間の本質であろうと思いますが、結婚される方の合意がなければならぬわけでございます。事前にいろいろなものを多くの人が公式に論議をして、これを配合するというものではなかろうと思っております。皇室会議におきまする皇族男子の御結婚、将来も起るのでございますが、これはやはり両性、両方の合意というものがなければ、皇室会議の議にはならないのではないかというふうに思います。こういった選考の経過というものを国民に周知させてやるということは、その事柄の性質上、私は避けねばならないことだと考えております。その間においていろいろ派生的な問題が起りますし、人権の問題にも及ぶことであろうと思います。ただ皇室会議に慎重に審議を願うという意味から申しまして、私も今の皇室会議があのままでいいかどうかということは、実は今回当りまして、いささか考えたことでございます。今回の現実のことを申すのではなく、全体を進める上において、たとえば御結婚会のような重大なことを進めます際に、今の制度のままでいいかどうかということは多少私も考えました。まだこうしたらいいのではないかという結論はここで申し上げかねますけれども、単に御結婚のことばかりでなく、摂政の選定等いろいろ重大なことを議する制度でございますから、慎重に検討しなければなりませんが、私も正直に申し上げて、多少当時は考えて、幾らか申したこともございます。そういうような点から考えますと、皇室制につきましても、御発言のようなことが一つあるのかもしれません。どういうふうにしたらば、ほんとうに事を運ぶに容易であって、しかも慎重な審議を尽せるかという行き方について、将来検討すべきものであろう、こう考えます。申し落したことがあるかと思いますが、以上でございます。
○高瀬委員 私は別にこれ以上伺うことはありませんが、実はこういうふうな重大な国事というものは、やはり国会というものは国民の代表というか、国権の最高権威のところですから、こういうことはやはり内閣において公式に国会に報告があってしかるべきものだと思うのです。それは宇佐美さんに申し上げてもなんでありますが、私はその点を特に官房長官に念を押しておきたかったのでありますが、おりませんから、委員長を通してこれをお願いします。委員長、いいですか。特にこういう問題については、やはり公式に国会に内閣が報告する義務があると思うのです。そういうことを特に私は確かめたかったのですけれども、おりませんから、委員長を通してお願いいたします。それから、特に皇室会議のあり方ということについては、宇佐美長官もいろいろ考えておられるようでありますから、内閣においても慎重に考える必要がある。うまくいったときはいいのですが、いろいろ事が紛糾した場合に、あんなやり方、ほんとうの形式的な、イエスかノーかというようなやり方では、非常に国民が安心しない。私はこういう考えでございますから、どうぞ御善処方を要望いたしまして終ります。


○内海委員長 柏正男君。


○柏委員 今までの各委員の御質問を聞きまして、私もいろいろと考えさせられる点がございます。私は、国民の大多数は、自民党の委員さんの言われるような意味で皇太子の御成婚を考えてはいないのではないか、もっと明るい、朗らかな気持でこの御成婚を迎えておる、これが実態ではないかと感ずるものでございます。そうでなければ、これからの天皇制、これからの皇室というものに対して、私どもは安心ができないというように思います。そういう立場において私は、今度の皇太子の御成婚を契機として新しい皇室制度というものが自然に生まれてくるのではないか、そういう感じをいたしておるものでございますが、そういう観点から以下の質問をやってみたいと思います。

 今回の皇太子の御成婚は、皇太子御自身があるいはどの程度に意識されておったかはわかりませんけれども、古い封建的な皇室制度から、新しい時代に即した皇室制度に移っていこうというようにお考えになっておるのではないか、そういうように私どもは感ずるものでございます。すなわち従来の皇太子妃の選定方法と今度は、これが一変してしまっておる。皇太子みずからが、今までは日本民族の上に立つ皇室というようなものから、日本民族の中に溶け込んでいく皇室というような姿に変っていっている。古い意味の皇室制度というものは厳としてやはり中にはあるのでございましょうが、それに挑戦するように今度の新しい御成婚がわいてきておる。これに私ども国民の大多数は明るい希望をつないでおるのではないか、そういうように私は思います。しかしこういう御成婚の問題をまた違った意味で、何か皇室の尊厳を傷つけるように考えておる人たちも、今までの質問の中に出ておりますので、むしろ私どもは意外に思うくらいでございます。私どもは、戦後に民主主義の教育を受けられました皇太子が、身をもってこの時代の流れの中で、封建的なものではない、民主的なものを打ち立てよう、それを実践しようとしておられることに対して、ほんとうに力をかして、皇太子のお考えになる道を実現さしてあげねばならない、そういうように感じます。その意味におきまして、私どもはこのたびの御成婚の式につきましても、ほんとうにそういう皇太子のお気持がどの程度現わされておるだろうか、そういう点について、尊厳というよりもかえって、もっと違った意味合いの心配を感じております。しかしその点について先はほど長官からお話もございましたので、重ねて御質問する必要もないわけであります。皇太子が御婚約をされ、御婚礼の式をあげられて新しい生活にお入りになるという場に入ったわけでございますが、そのことはまた新しく次の天皇としての生活への第一歩でございます。そういう意味からして、果して皇太子のこれからの生活設計が、皇太子の意図されるような、国民の中に溶け込んでいくような皇室というようなものを、これからの生活設計の中に宮内庁としてお考えになっておるかどうか。そういう点について、新しい皇居の造営の問題とか、あるいは皇居の開放論とかいうふうなものと関連を持って、宮内庁ではどういうふうにお考えになっておるか、御見解を承わっておきたいと思います。


○宇佐美説明員 このたびの皇太子様の御婚約が、国民の大多数に非常に明るい気持を与えておるという点は、各種の面から見て間違いのないことだと私も考えております。しかし国の内外を通じまして、こういう問題にそれぞれの立場から他の意見を持ち、あるいは心配をなさる方があるということは、これまた間違いのないことだろうと思います。過去のこういった大きな問題につきましても、常にあったことであります。ただ先ほど来、非常に真情を披瀝しての御質問がございましたが、そういった一部における――将来のために御質問があったことと私はありがたく拝聴しておるわけであります。今回の御結婚がこれによってすぐどうなるということでなく、私が常に申しますように、御結婚は第一歩であります。今後これをスタートとしてりっぱな御家庭を作り、皇室の中心に立っていだたくということこそ願うべきことであろうと思います。そういうような点につきまして国民もまた相協力して、そうしてお互いに日本の将来のために進んで行くべきものであるということを考えるものでございます。われわれそのお手伝いをする立場におります者といたしましては、よく将来のこと、あるいは国民の気持を洞察して、日々そういうような問題を具体的な問題で現わしてこたえていきたいというふうに考えておるわけであります。


○柏委員 今の御答弁で私ども考えております明るい皇太子の御成婚ということに対して、皇室を初め関係者その他においても同じく考えておられることが私どもよくわかるのでございます。それだけに私は、こういう明るい日本の皇室を、再び昔のような菊のカーテンの中に追い込んでしまう、雲の上に押し上げてしまうというような形にならないように、これから天皇側近の皆さん方において特に留意をしていただきたい、そういう感じをいたしております。また正田美智子さんは民間人として宮中に入られるわけでございますから、それだけにいろいろと因襲のあるところにお入りになるので、心配もおありだろうと思います。国民もひとしくそのことを心配しております。普通の家庭でも家風の違うところに参りますと心配でございますが、それ以上の心配を国民がひとしく持っておる。この御成婚がうまくいかないようなことでもあったならば、その責任は一体どこに出てくるだろう。私ども国民のひとしく願うところは、この御成婚がやはりともにしらがの生えるまで、ほんとうに偕老同穴のりっぱな御生涯を送られますように、これを願っております。しかし宮中はなかなかむずかしいしきたりもあるそうで、先ほどお話のありましたように、肉親の方にも会いに行けないというような、あるいはおいでにならなかったというようなことがあるというようなことを聞くだけでも、胸のふさがるような思いがいたします。そういう点から人間美智子さんが人間としての生活を、これからの生涯を宮中において平穏無事にお過ごしになれるように、皆様方、特に御配慮を願いたいという気がいたします。

 その次に私の申し上げたいことは、従来とは異なって民主主義の教育を受けた天皇の時代がくる。今までのような帝王学を身につけられた天皇ではなくして、民主主義を身につけて、ほんとうに人間天皇として初めから教育された方が天皇の地位につかれ、国民統合の象徴としておふるまいになるという、今までと違った新しいケースができていく。その意味におきまして、決して帝王学が天皇に必要なのでなくして、良心至上主義に徹した、りっぱな人間としての天皇をお作りになっていくということこそ私どもは願いたいのでございまして、天皇が特別の教育を受けて、人間とかけ離れた者になっていかなければならないというお考えを持っておられるような発言に対しては、私どもはどうしても賛同いたしかねる。今の小泉さんがやっておられるような教育の仕方をこそ、私ども国民の大多数の者が、ほとんど全国民と言っていい、すべての人々がそういうことを願っているのではないか。今の皇太子に対して私ども日本民族が希望をかけ、期待をかげておるゆえんのものは、りっぱな人間としてすくすくと成長しておる純真な人である――そう頭脳明晰だというような感じをみんな持っておりません。そうでないが、人間としては実にりっぱな皇太子が、この次には天皇になられるのだというところに、日本民族の希望があるのだ、そういうふうに声なき国民の声というものを私ども感ずるものでございます。それだけに曲げられた教育をされていくというようなことはなるべくチェックしていただいて、今のようなりっぱな民主主義の教育を身につけられた天皇ができていかれることをお願いいたしたいと思っております。今まで明治憲法のもとにおきましては、確かに天皇は最終の決定権者でございました。それだけに私どもは最終の決定権者である天皇に対しましては、ほんとうに人間としての能力の最善なるものを要求しなければならなかったと思います。ある意味におきましては、明治天皇は確かに人間としても私らが考えられる能力の面から見ましても、最上級のお方であらせられたと思います。しかしそれに続く大正、昭和におきましては、明治天皇に求めた最上級のものを求めることは不可能であったと思います。明治憲法のようなほんとうの天皇制のもとにおきましては、天皇の人間としての能力が問題になっておったと思います。しかしながら新憲法におきましては、天皇はもうすでに最終の決定権者ではありません。その意味におきまして私は天皇が最終の決定権者でないそういう事態に即して、天皇が生物学をおやりになろうと、歴史学をおやりになろうと、それは天皇の自由であり、天皇もその意味において人間として十分にお好きな道をお進みになってけっこうだと思います。しかしながら私どもは天皇が国の象徴であるという点から見まして、皇室の天皇はいつもりっぱな状態であるようにおしつけを願いたいと思うのでございます。その意味からいきますと、先ほど受田委員からもお話がございましたが、現天皇におかせられては少しく身体的障害というようなものもこのごろはおありになるのではないかという懸念を私どもは感ずるのでございます。たとえば最近にございました開会式当日の天皇の御様子を見ましても、顔色はなはだすぐれられない、あるいは御歩行においてもまだ五十何才のお方にしてはしっかりされていない、言語もあまりきちっとされていないというような点から見ますと、あるいは天皇御自身に身体的障害というようなものでもおありになるのではないかという懸念さえ持つものでございます。かりにもしそういう事態でもございますものならば、皇室典範にも憲法にも規定されております摂政を置かれるということを、当然に宮内庁あるいは側近において何らかの形でお考えを願うことが出てくるのではないかという感じがいたします。そういう意味で今は一つの段階に来ておる。先ほど天皇退位のお話もございましたが、退位はいろいろの面でもし実現できないといたしましても、摂政を置かれるということは、憲法においても皇室典範においても定められておることでございますから、その限度においてこの際皇太子の御成婚を一つの機会にして、摂政を置かれるということについて何らかお考え合せになったようなことがございますかどうか、そういう点について伺いたいと思います。


○宇佐美説明員 皇太子殿下の明るい御結婚について、こういった気持を発展して明るい皇室、明るい国ということにつきましては、先ほど申し上げました通り私どもが今日がスタートで、この気持がほんとうに実りますように努めるべきものであると考えております。明治時代と現在におきましては、天皇の地位も変って参り、明治、大正、昭和と比較いたしまして、そのときの国家の情勢、社会の情勢、そういった諸制度、あるいはおそれ多いことでございますが、各天皇の御人格またそれぞれ御特徴があることと思います。常に同じ方ということはあり得ないわけでございます。日本将来のためにこの新しい感じ、国民とともに進まれるというお気持を大いに今後発展すべきであるということにつきましては、私どもそういうことで努めて参りたいと思います。ただお述べになりました陛下の御健康につきましては、最近数年間おかぜもおひきになったことございません。何ら御支障ございません。従ってただいまお述べになりましたようなことは夢にも考えたことはございません。


○柏委員 健康の点につきましては、おそばにおられる皆さん方の方がいつもごらんになっておられるので、かえってお気づきにならないのではないかというようなことさえ私どもは考えます。私どもはほんとうにときたま天皇にお目にかかるわけでございますが、ときたまのものであるがゆえになお、過去数年来の健康がお悪いのじゃないかという懸念を持つものでございます。そういう点は民間でございますればすぐ、顔色が悪いよ、人間ドックにお入りなさいということが言えるのでございますが、そういう精密検査というようなことをおやりになったことがございますか。


○宇佐美説明員 両陛下初め皇太子様、皆様方の御健康につきましては侍医が数名おりまして、常に拝診をいたしております。一切御心配ないことと存じます。


○柏委員 それではその点は私ども安心いたしますが、次に憲法改正の問題と天皇制との関連につきまして、現在憲法調査会においては第三委員会か何かでもって、すでにこういう問題は取り上げられていると思っております。こういう現在の流れの中におきましては、天皇制が憲法改正の問題の中に取り上げられるときに、昔の天皇制に返していくというような力が非常に多く動いております。民主主義政治への反動の形として、憲法改正と天皇制の問題とが結びついております。そういう状態ではございますが、しかしながら私どもが皇室の永遠の安泰という点を考えますと、現在皇太子御成婚において見られるような、すなわち皇室が今までの菊のカーテンをはずして、国民と一緒に溶け込んでいくというような姿、また先ほどお話のございました三笠宮の紀元節反対の態度と申しますか、お話というものが、かえって国民には皇室を身近なものとして感じさしていく。ある一部の人は、皇族の身分でそういうことを言うのはけしからぬというように言われるかもしれませんが、国民の大多数は、そうじゃない、なかなか三笠宮様は公平にものをお考えになっておる、皇室をして誤まらしめないようなものの考え方を持っておられるのだというように感じておるのじゃないかと私どもは考えるものでございます。そういうように、いろいろな意味合いから見まして、皇室が菊のカーテンをみずからおはずしになって、国民に溶け込もうという状態にありますだけに、この憲法改正の問題の中に天皇制が昔の姿になって返っていくというようなことは、かえってひいきの引き倒しになっていくのではないかということを私どもはおそれます。そういう意味で、宮内庁としては、こういうことに対して積極的に、天皇制をどういうようにするのか、あるいはまた将来においてもっと違う形に変えていこうとするのか、また皇室会議のようなものにそういう問題をかけて考えてみるというようなことがありますものかどうか、そういう点についてお話を承おりたいと思います。


○宇佐美説明員 憲法改正と皇室というものとの関係についてのお尋ねでございますが、現に政府では憲法調査会を設置せられまして調査の途中でございます。それはわが国としてきわめて大きな、全国民が関心を持つ政治的な問題でございまして、特に皇室のお世話をいたしております宮内庁といたしまして、そういう問題についてただいま意見を申し上げることは適当ではないと私どもは考えております。ただ歴史というものは昔のままには返らぬ、そのままには返らぬということを私はいつも考えております。


○柏委員 では最後に、実は私は昨日あるところから印刷物を届けられたのですが、その中に非常に不敬なことが書いてありますので、ちょっとそれを御披露します。その中には、粉屋の娘が殿下と呼ばれるようになり、さらに陛下というように敬われるということ自体からして、皇室の尊厳がなくなる、国民の尊崇というものが薄くなるのではないか、天皇制がそういう点から廃止されるのではないかというようなことを書いた印刷物を受け取りましたが、そういう点を考えますと、私どもは全く反対の考えを持っておるものでございます。これらは明らかに国粋主義の――昔国粋主義というのがございましたが、そういう国粋主義というか、あるいは右翼的といいますか、そういう非常に偏向したところではそういう考え方を持っておるということが考えられるのでございます。そういうことは、天皇を神格化しようという考えがあればこそ、今のような言葉が出るのでございまして、こういう考え方は、伊勢神宮を特殊化していこうとか、あるいは二月十一日の紀元節の復活をしようとかいうようなことに対する一連の連なりのある考え方であるといわざるを得ないと思っております。こういうことは、一つの皇室への忠誠のように見受けられるのでございますが、ほんとうはただひいきの引き倒しになっていく。皇室の永遠の安泰のためには、皇太子妃の選定に見られますような民主的な皇太子の考え方の方向が、私は実に大事な方向ではないかと考えます。そういう意味におきまして、宮内庁におきましても歴史の進み方に歯車を合せて、新しい社会制度がどういうように変革をいたしましても、永遠に日本民族とともに繁栄していける皇室制度を確立する。単なる目の前に見えるものだけでなくして、永遠に日本民族とともに生きていく皇室制度というものについて深くお考えを願って、国民の上に特殊な存在として作っていくという考え方よりも、もっと国民の中に溶け込んで、日本民族のほんとうの象徴として伸びていくというように一つお考え願い、新しい皇室制度もお考えいただくようにお願いいたしまして、この質問を終りたいと思います。


○内海委員長 次に菊池義郎君。


○菊池委員 宮内庁長官にお尋ねいたしますが、この皇太子殿下の御成婚につきまして諸説ふんぷんとして、国民はいろいろの誤解を抱いておるのでございます。私は、皇太子が平民の娘をそのきさきとして選ばれたことを非常に喜んでおります。平民であろうが新平民であろうが、粉屋の娘であろうが何であろうが差しつかえないと私は考えておるのであります。こういう点において、私は欣快にたえないと考えておりますが、その婚約の過程においていろいろの謀略、策略が行われておるということが、最近の週刊雑誌やその他の刷りものにおいて世間に流布され、これによって国民が非常な疑惑を抱いて、国民の頭は割り切れないような感じになっておるのであります。この際それが事実であるかいなかを長官から明確に発表されて、そうして流説の真偽を明らかにして下さるならば、国民は晴れやかな気持になり得ると思うのであります。私はもう時間がございませんので、端的にせんじ詰めて要点々々だけ申し上げますから、長官も簡単にお答えを願いたい。

 まず第一にお伺いしたいのは、この婚約の前に、美智子嬢は二十五人の見合いをしておられた。そして最後に波多野という青年と婚約、これを破棄して皇太子の方に振りかえたというようなことが流布されております。週刊雑誌に出ておりますが、これは事実でありましょうかどうか。


○宇佐美説明員 非常にりっぱな方で、従前にもいろいろ結婚のお申し込みがあったように伺いますけれども、お尋ねのようなことは全く聞いたこともございません。


○菊池委員 片一方にそういう婚約がありながら、これを破棄して婚約をするということは、世俗、人情に反し、道義をじゅうりんし、将来の国民の象徴たるべき人を作り上げるにはふさわしいことではないと思うのでございます。そういう婚約者があるかどうか、その点をお伺いいたしたい。波多野という青年です。


○宇佐美説明員 全くないものと考えます。


○菊池委員 もう一つ重大なことは、この婚約を運ばれた方々、運動に当られた方々が全部カトリック教徒である。前の田島長官もカトリック教徒であり、それから宇佐美長官もカトリック教徒であり、小泉信三氏もカトリック教徒であり、それからしゅうとになられる正田英三郎氏もカトリック教徒である。それから最高裁判所長官の田中耕太郎氏もカトリック教徒である。カトリック教徒の一連のからくりによってこの婚約が運ばれたという説が流布されておるが、これはいかがであるか、承わりたい。


○宇佐美説明員 関係なさった方々がどういう宗教であるかということは、私調べたことはございませんので、責任を持ってお答えいたしかねますが、私がカトリック教徒であるなどということはとんでもない間違いであります。ただ出身せられた聖心学院というのはカトリック系の学校でありますが、御本人は洗礼を受けておられない。あるいはカトリックが将来皇室に対して何らか影響を持たないかという心配をせられた方々が世上あるということは聞いたことがございます。しかし、もちろん美智子さんは洗礼を受けておられませんし、学校当局においても非常に慎重な態度をとっておられまして、この問題に対しては何ら御心配はないと考えるのでございます。従って、過去においてこの問題についてカトリック系の陰謀があったなどということは全然根拠がございません。


○菊池委員 もう一つ、この御結婚の話について、天皇皇后両陛下を初め皇族の方々がみな反対されたという説が流布されております。皇室会議が終りまして、その報告を宇佐美長官から天皇陛下に申し上げると、天皇陛下は怒られたお顔で、ふんまんやる方ないお顔で一言も発せられなかったというようなことも流布されておりますが、これはいかがでありますか。


○宇佐美説明員 今回の御結婚につきまして、御両親陛下であります両陛下その他皆様の御反対があって、進め得られるものではございません。ましてやただいま申されたようなデマは、取るに足らぬものと私は思います。


○菊池委員 さらに、皇室会議が開かれたのは十一月二十七日でございますが、その前十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって館林に通知しております。こういうことは、皇室会議を無視し、皇室典範を無視し、国民を愚弄するもはなはだしき行動であるといわれても弁解の余地はないと思うのでありますが、この点はいかがでありましょう。


○宇佐美説明員 皇室会議の前に館林に電報を打ったなどということは、思いもよらぬことであります。ましてや館林に宮内庁がどうして電報を打つか、了解に苦しむところであります。


○菊池委員 別の問題に移りますが、東宮御所の造営であります。われわれは、赤坂離宮がありますので、国会図書館がドイツ大使館の跡に建ちますと、そこへ国会図書館を移して、東宮殿下が移られるものと考えておりました。ところが、もうその国会図書館の引っ越しまでそう長くもないのに東宮御所を建てるということは、費用は少いといたしましても、国民に与える影響がいかにもおもしろくないと思うのであります。それで、こういうことについては長官から天皇陛下にも進言し、東宮御所の造営は見合せて、御所ができてから赤坂離宮に引っ越されてはどうかというくらいのことはおっしゃられてもよかったのじゃないかと思いますが、この点はいかがでございますか。


○宇佐美説明員 御質問の趣旨は、皇居の建設と皇太子殿下の御所の関係でございますか。赤坂離宮でございますか。


○菊池委員 東宮御所です。


○宇佐美説明員 赤坂離宮が国会図書館に移管されまして、今国会図書館の所管になっておるわけでございます。それがあるのに東宮御所を作るのはおかしいじゃないかという御質問のように伺いましたが……


○菊池委員 引っ越しまでしんぼうせられてはどうかということです。


○宇佐美説明員 国会図書館がいつ新しいところに移られて、あとどうなるかということはまだきまっておらないことでございます。しかも一方皇太子様の御殿というのは、お一人でも非常に狭いのでありまして、御結婚を控えましてどうしても早く建設しなければならないという事情に迫られてお願いいたしたわけであります。あるいは世上説をなしで、皇居ができないのに東宮様の御所を作るのは早いのじゃないかという説を聞いたこともございますけれども、しかし実際の必要に迫られていたしたことでございます。御了承をいただきたいと思いますし、もう一つは、今国会図書館の入っております赤坂元離宮は、住居としてはとうてい使いにくいところでございます。これだけは申し上げておきたいと思います。


○菊池委員 そうすると、赤坂離宮ががらあき状態になったときには何に使うのですか。


○宇佐美説明員 現在国会図書館の所管でございまして、その後につきましてはどう措置されるか、まだはっきり決定はいたしておりません。しかしながらあれを国会図書館に移管いたしましたときに、皇室経済会議にかけておるわけでございますが、そのときの議事録を見ますると、希望としては、国会図書館が不要になりましたときは皇室の用に供するようにしてもらいたいという希望は出ておる。しかしそのあとのことはまだはっきりきまっておるわけではございません。


○菊池委員 そうしますと、東宮御所を今度新築するということは、要するに結婚のためにというだけでございますか。


○宇佐美説明員 現在お一人だけで外交団にお会いになりますとか、そのことでも困っております。また御結婚になりますればいよいよそれが激しくなるわけでございます。そういう全般的の考慮からいたしたわけでございます。


○菊池委員 国民の中には、家なくして困っております数百万の同胞がありますし、また失業者も三百万もあるということですが、そのくらいなら皇居を利用することもできようし、今の仮御所を利用することもできましょうし、どうにでもできると思いますが、皇室に限ってはそういう融通がきかぬものでございましょうか。


○宇佐美説明員 皇居の中の諸建物もきわめて狭隘でございます。またそういうわけで彼此融通すると申しましても簡単でございません。お述べになりましたように、国民の生活を重視しますならば、いろいろ問題もございましょう。しかし私どもといたしましては、昨年来国会の慎重な御審議を経て予算をいただいておるわけでございます。


○菊池委員 間組から七千万円の工事を一万円で受けると好意的に言ってきた。ああいう話は喜んで受くべきではないかと思いますが、いかがでございましょうか。向うはせっかく寄付しようと言っておるのに……。


○宇佐美説明員 東宮御所の建設につきまして、御審議になりました通りに、宮内庁の予算に上って、それを建設省に全部委託してございます。建設省が入札その他を進めておられることでございます。この間の問題につきましては、そういう申し出をせられた方の純粋なお気持をわれわれはもちろん疑いたくはございません。そういう意味で申すわけではございませんが、そういった全国民の上に立っておられる皇太子様、皇族、皇室の方々としては、一人の方の恩恵を多く受けるということはできない。これは憲法のいろいろな条章から見てもはっきり出ていることだと思います。


○菊池委員 最近皇居の移転論が盛んに行われて、読売新聞あたりで取り上げて議論まで起しておりますが、私は欧州あたりの宮城を見て、日本の皇居は世界の名城であると考えております。イタリアのローマ城、シナの北京城、エジプトのカイロ城を見ましたが、外観の美において日本の宮城に及ぶものはない。あそこから皇居を取りのけたら、世界の使臣は楽しみに来るのでありますから、彼らは失望するだろうと思います。宮城の上空の空気が悪いとかなんとか言っておりますが、それなら下町のあんな空気の悪いところに住んでおる何百万の住民は、死んでもいいのかということになるのであります。長官はこの皇居移転論についてどうお考えになりますか。また陛下はこれについてどういうお考えを持っておられますか。それを伺いたい。


○宇佐美説明員 皇居は戦災によって焼失いたしまして、その後事務所の一部を使って今日に至られたわけであります。講和条約ができましてから諸外国からの使臣もふえますし、国賓その他来訪者も非常に多く、国の力の充実とともにそういった行事も非常に多くなっております。前から国民の中におきましても、早く皇居を作るべきではないかということが盛んにわれわれの耳にも入って来るわけでございます。しかし陛下の従前までのお気持と申しますのは、戦後の国民の生活上の困苦をしのばれまして、常に先憂後楽というお気持から、今までこういう問題について触れることを私どもにはお許しにならなかったのが事実でございます。しかしいずれかはこれは建てなければならないという問題が起って参るわけでございます。われわれとしてもいろいろ調査をいたしておったわけであります。しかしその過程におきまして、皇居の位置その他についていろいろな意見が昔からございます。最近起ったわけではございません。新しく皇居を作るといたしますれば、その位置とかあるいは今までしばしば熱烈に出ております、国民が献金をしたいという各地における希望、その他建築のやり方につきましてもずいぶんいろいろな意見を申されます。ほんとうに全国民の皇居として考えるということにおきましては、単に宮内庁だけで事務的に結論をつけてしまうということは適当でないということで、今回皇居造営審議会を作り、広く御意見も聞いて、その上で慎重に進めたいというふうに考えておるのであります。ただ私どもはこの問題を解決するについては、宮殿あるいはお住居、あるいはまた陛下の御日常の模様でありますとか、世間でいわれます各種の条件を考え、しかも単に理想論でなくて、日本の経済にも合う点を考えなければならないというふうに考えております。私どもは今の皇居は一つも手をつけてはいけないというような考えはもちろん持っておりません。そういった意味におきまして、これは将来のために慎重に考えなければならない問題でありまして、単純な開放論という問題については、私は直ちに賛成いたしかねる次第でございます。


○菊池委員 つまり開放ということは、あの宮城から皇居を移転することでございますが、あの宮城から皇居を別のところに移転するということについて、長官はどうお考えになりますか。これをお伺いしているのです。現在の宮城内に皇居を置いた方がいいとお考えになりますか。ほかのどこかに移転した方がいいとお考えになりますか。陛下はこれについてどういうお考えを持っておられますか。その点をお伺いしたいと思います。


○宇佐美説明員 私どもの今までの事務的な調査では、諸種の条件から見て宮城内に作るということでいろいろな資料を集めつつございます。しかし今お尋ねのありました陛下がどうお考えになっているかは、審議会を作ろうという前に申し上げる時期でないというふうに私は考えております。


○菊池委員 結婚式に招待する外国の使臣の席順はどういうふうになるのですか。


○宇佐美説明員 今回の御結婚式において、多少他国の例もございますが、特派使節というものは前例によって受けないということでございます。ただ外交使節、外国使臣というものは、おそらく祝宴にお招きがあるだろうと思います。その席順ということでございますが、これはおのずから国際慣例によって、外務省とよく打ち合せたものがございます。おそらくそれによることだと思います。


○菊池委員 英国のエリザベス女王の戴冠式に皇太子が行かれたときに、その座席が実に右を見ても左を見ても黒人種ばかりであった。それで皇太子は憤慨されたということであった。今度の結婚式においては、英国の大使だけは黒人種の中にまぜてすわらせてもらいたいと思います。その点どうでしょうか。


○宇佐美説明員 皇太子様が戴冠式においでになって、そういう御感想を漏らされたということは、私は聞いたことはございません。席順はおのずから国際慣例があるので、今のようなまぜるということは、どうも解しかねることだと思います。


○菊池委員 それから結婚式が昔ながらの衣冠束帯、これはどうも南方の風俗のようで、世界各国に何となく日本が野蛮国のような印象を与えやすいと思うのであります。衣冠束帯というものはやめにして、最近の流行の洋風で一切がっさいやってしまったらどんなものですか。


○宇佐美説明員 過去の歴史に基かないで、新しくここでものを考えるとなれば、あるいはその場所柄も考えていろいろな案も立とうと思います。やはり皇室は一つの伝統に立っておられる、こういった大きなおめでたい儀式、結婚式場の場所柄を考えましても、やはりこれに合った服装をなさるべきだと思います。祝宴その他のときの服装は、これはまだはっきり決定いたしておりませんけれども、殿下が洋装をなさるか、あるいは妃殿下になられる方が和服になさるか、そういう点は今慎重に考えつつございます。


○菊池委員 別のことでございますが、皇太子殿下にしても陛下にしても、政治、経済学をさっぱり研究せられないで、生物学ばかり研究しておられるのでございますが、これからは皇太子にも政治、経済の学問を熱心にさせ、国際情勢も勉強させなければならぬというように私は考えておるのです。生物学の研究ばかりではどうも心配だと思う。日本が第二次大戦に突入したのも、天皇陛下が国際情勢を知らないで生物学ばかり研究して、カエルの目玉やホタルのしりばかりいじっておられた結果、とうとう軍部に押し切られて、ああいう悲惨な目に日本を陥れたのでございますが、これを考えるにつきましても、やはり天皇というものには政治経済学をしっかりやっていただかなければならぬと思うのでありますが、そういう点は長官はどうお考えになりますか。


○宇佐美説明員 ただいまの御発言は私どもはきわめて意外で、私どもはそういう認識は全然持っておりません。特に陛下や皇太子様が生物学ばかりというようなことは、全く根拠のないことでございます。現に外交問題については、毎週のように外務省の専門家に聞いておられます。経済問題についても、時々その道の人を呼んで聞いておられますし、皇太子様も御勉強になっておられます。皇太子様も今後だんだん学校を出られまして、そういう政治、社会、あらゆる問題についての御認識を深めていただく方針のもとに現に進めつつございます。御安心をいただきたいと思います。


○菊池委員 それから天皇という名称でございますが、外国語に訳しようがないそうですね。ヘブン・エンペラーというような訳はない。天皇という実に古めかしい、いかにも新興宗教のような名前で、われわれは聞き苦しいのでありますが、何とかこれを改めて――日露戦争当時には、宣戦の詔勅にも、大日本帝国皇帝となっていました。皇帝とか大帝というように現代語に改めてはどうかと思いますが、そういうことについて長官に何か構想はございませんか。


○宇佐美説明員 天皇ということにつきましての御発言でありますが、長い歴史と、現代の憲法、日本国民の大多数の感情から、そういうことは、私はないものと考えておるのでございます。


○菊池委員 さらに宮内庁の機構でありますが、一万人から現在は千人近くに減らされている。けれども、世界の宮廷を見ましても、千人もの吏員を擁している宮廷はどこにもない。日本がこういう貧弱な国家でもって、千人近くの吏員を擁しておるということは、いかにも不均衡であると思うのでありますが、これを敗戦の今日において、また陛下も今までの大権を失われた今日におきましては、そうたくさんの吏員は必要はないと思う。これは二分の一でも、あるいは五分の一でも私は間に合うのではないかと思いますが、これを大々的に削減して、三分の一ぐらいに減らす、そういったお考えはございませんでしょうか。


○宇佐美説明員 宮内庁の陣容につきましては、今仰せになりましたが、終戦当時においては約六千二百名でございました。現在千人以下でございます。もっとも六千といううちには、農林省に移管いたしました帝室林野局、それからただいまの国立博物館、学習院等、仕事とともに移ったものを除きましても、当時の三分の一でございます。終戦後十回以上にわたって徹底的に一人々々の仕事の内容を見て、減らしてきたわけであります。しかもわれわれといたしましては、中の配置転換につきましても、急不急を見ながら極力増員を避けていたしておるわけであります。われわれとしまして、終戦後とあまり変らないいろいろの諸施設を擁して、三分の一以下の人で全力をあげてやっておる状況でございます。外国との比較もございましたが、イギリスの王室等につきまして、幾ら向うへ行って調べてもなかなか実はわからない。しかし最近統計年鑑等を見ましても、課長ぐらいの幹部だけでも四百人、その下は幾らいるかわからないのであります。そういうようなことで、数というのは全国に散っている御陵七百八十カ所の管理まで含んでのことであります。私どもは現在の状況が多過ぎるということは現在考えておりません。しかし将来事務の必要によって――たとえば外国関係が非常にふえつつございますけれども、増員もいたしておりません。それは中のやり繰りをしてやっておるような実情でございます。


○菊池委員 千人ということは外務省とほぼ匹敵しているのでありますが、外務省にほぼ匹敵するぐらいの人員を擁するということは、今の宮内庁としてはあまりにも多過ぎると考える。この点一つ御工夫を願いまして、私の質問は終ります。


○内海委員長 高橋禎一君。


○高橋(禎)委員 もう時間もだいぶおそいようですし、あともう一人いらっしゃいますから、簡単に今日の委員会で出ました問題に関連して、長官に二、三お伺いをいたしておきたいと思います。

 私は宮内庁に対して非常な理解者といいますか、同情者といいますか、そのお立場を理解して、ほんとうにお気の毒だ、かような感情がわいてくるのであります。と申しますのは、昭和二十年、敗戦後占領政治の時代、これは日本の天皇制に対するいわば革命期といいますか、国民の天皇制に対する考え方が非常に動揺をした時代であります。ところが独立いたしました今日においても、一部には天皇制を否認するような考え方の人もありましょう。それからまた一部には、今の憲法の表現しておる天皇が日本国の象徴である、日本国民統合の象徴であるという、そういう言葉をもってしたのでは、まだいわゆる天皇制に対しての表現としては不徹底であるといったような考え方の人もありますでしょうし、天皇制についての考え方はいろいろあるわけであります。その間にあって、憲法は天皇制を認めているわけでありますから、天皇制を擁護し、憲法を守っていこうということに非常に関係の深いお仕事をしておられる宮内庁としては、なかなか仕事のやりにくい面があると思うのであります。しかしそのむずかしいことは、国民大多数は承知しているわけでありますから、憲法その他の法制の精神に従って、強い信念を持って私はお仕事をやっていただきたいと思うのであります。

 そこで、それに関連いたしましてお尋ねをいたしますが、天皇、摂政については、憲法に憲法擁護の義務を明らかに規定をしているのであります。御承知の通り第九十九条に、「天皇又は摂政」云々は、「この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」こういうように規定しておりますから、私は天皇御自身は、天皇制を擁護していこうということに対しての国家的な大きな責任をやはりお持ちになっておるように思われるのであります。ところが一般の皇族の方は、一体どういうふうな御関係にあられるか。お尋ねいたしますのは、国民全体が憲法を尊重し、憲法の認めている天皇制を守らなければならない責任があると思いますが、皇族の方々は、いわゆる普通国民と同じような意味においてであるか、あるいはまた天皇と格別御関係の深い方々であるから、天皇に準じての立場において天皇制を擁護していく責任をお持ちになっているのであるかどうか、その点についてのお考えがありましたらお聞かせ願いたいと思います。


○宇佐美説明員 皇族のお立場の御質問でございますが、現在の皇室典範におきまして皇位継承権の義務をになう方、皇室として法律的にも、その経済的な面においても、いろいろな規定があるわけであります。それはあくまで皇位継承権者としての責務であろうと思います。それだけに国家的な配慮がなされておる。従ってそういうお立場でございますから、よけい中立な立場におられて、それぞれの立場においで国のためにお尽しになるということであろうと思います。昔の規定によりますと、天皇は皇族を監督するというような規定もございました。今はございません。またその経済の立て方の問題、あるいはそこに勤めます職員の問題にいたしましても、あの規定のできましたのがまだ占領下の時代でございまして、占領軍の方のいろいろな意向も相当多く入ってきたのではないかと想像されます。今から見ますと、いろいろ実情に合わないような点もあろうかと思いますが、そういう点のはなはだしいところは多少訂正を国会でお願いしたこともございます。そういうような意味で、皇族という方が、やはり天皇の御一族と申しますか、そういうお立場から今申し上げましたようなふうに、りっぱな行動をしていただくようにわれわれは念願をするわけでございます。


○高橋(禎)委員 今長官のお話のありましたように、やはり皇族は一般国民とは異なった立場において、天皇制を擁護していくという責任があると私は思っておるのであります。そういうことになりますと、その責任を果されるために、やはり教育の問題も起ってくると思うのであります。学校教育、それから世間でいうその他の社会教育と言ってはちょっと表現が正しくないかもしれませんが、学校教育以外の教育によって、その線に沿ってほんとうにその職責を果されるようなことが必要であると思うのでありますが、皇族の方の教育に関して、宮内庁ではどういうふうな配慮がなされておるか、また制度上どうなっておるか、それについてお尋ねいたしたいと思います。


○宇佐美説明員 皇族と申し上げましても、陛下の御膝下にあらせられます未成年であられる方は、清宮様だけであります。そのほかの方はすでに成年に達しまして、学校を出て、それぞれ研修を積んでおられるわけであります。そのほか秩父、高松、三笠宮関係は、すでに相当のお年でございまして、一家をなされておりますので、特に私どもは教育というような面について何らいたしておりません。ただ三笠宮様のお子様が御五方おられますが、これは御両親が慈愛の目でもって教育なさっております。まだお小さいのでございまして、宮内庁としてはただいまのところ特に御方針なり、いろいろなことについて申し上げたこともございません。その御家庭において今御教育をお進めになっておるわけであります。まだ上の方が中学でいらっしゃる程度でございます。


○高橋(禎)委員 天皇それから皇族の点については今のお答えによりましてわかりましたが、今度は皇族でない、いわゆる御親族の方々については、これはもう一般の国民と同じであるか、あるいはまた先ほど来お話のあったような立場にあられる方々の親族であるという立場で、宮内庁としては、いわゆる皇室を守り、そして日本の天皇制、すなわちそれは憲法ということになりますが、守っていくために格別の配慮がなされておるか、あるいはそうでないか、その点いかがですか。


○宇佐美説明員 ただいま仰せの通りに、皇族でおられて御結婚等によってすでに皇族の籍を離れられておる、あるいは新憲法と同時に皇族籍を離れられた各宮家、あるいはその他の御親族の関係は、今お話のございます通りに、これは一国民としてのお立場でございまして、宮内庁でとやかく干渉すべきではございません。ただわれわれ皇室の私的な面についてのお手伝いをいたしておりますから、何か御連絡でありますとか、何かの御希望等がございますれば、お世話するときもございますが、これはあくまで役所の仕事ではありません。


○高橋(禎)委員 天皇及び皇族の方々が、先ほど来話に出ました人間としての幸福な生活を送っていただくように、国民は一人残らず念願しているわけであります。さらにその上に憲法上りっぱな立場にあられるのでございまして、またそれが確立擁護されていくということを、国民の大多数が念願しているわけでありますから、国民のその気持を尊重し、それを失望さすといったようなことのないように、私どもは現在のごとく将来もあっていただきたいということを念願しているわけでありまして、やはりそれには教育という問題が非常に関係があると思いますので、それらについても特段の御配慮が願いたい。また法制上必要なものについては、やはりその制度を確立する必要もあると思いますので、それらについてお考えがあれば伺いたいと存じます。

 次に、今度は物的設備の問題であります。皇居運営に関しての審議会設置法が提案されているわけでありますが、私どもりっぱな皇居の造営されることを希望する者の一人でありますが、ただこの場合に考えなければならぬと思いますことは、私、外国をちょっと回ってみましたところから受けた印象、あるいは日本の歴史及び現在残存している有名建築等を見まして、りっぱな建物というものが何かそこにやはり人間に対して大きな影響を与え、意味を持っているということを痛感しているわけであります。従ってやはり日本の国の象徴としての天皇のお住居なり、または憲法上認められておるお仕事をなさる関係、それからさらに国際的な影響というようなことを思いますときに、私は日本的な、そして非常にりっぱなものを造営されることが必要だ、いたずらに外国式のまねをしただけの建物で、バラックのような印象を与える。とても外国のまねをしましても、外国の宮殿のような大きなものを作るということはなかなか容易でない。それにまねをして洋間を作っても、それがまた貧弱であるということではいかぬので、やはり天皇制はその制度そのものが日本のいい伝統といいますか、国民の気持の現われでありますから、天皇がお住まいになりあるいはお仕事をなさる場所というものも、やはりそういう考えをくんでやられる必要がある。もちろんこういうことについては審議会等において十分検討されることであると思いますけれども、それらについての資料、お考えというようなものを、十分国会あるいは審議会等に出していただくようにされることがいいと私は考えておるのでありますが、それらについてはどういうふうなお考えでしょうか。


○宇佐美説明員 将来建設さるべき皇居の様式等についての御発言でございますが、私どももいたずらにヨーロッパのまねをする必要はないのじゃないか、私参ったのではございませんが、宮内庁から調査いたしました報告を見ましても、非常に歴史的なものが多いのでございまして、とうていそれをそのまままねることができないのは当然でございますし、日本で建てます以上は、日本の建築の技術と日本的な現代の建築最高の技術を合せて取り入れてやるべきだろう。もちろん様式等は周囲の風光その他にもよることでございますし、なお大ぜいの方が入られることでありますから、利用の面からも十分考えなければならぬ。またこれは何事でもそうでございますが、やはり質素にやってはどうかということ、いや豪華でやれという説もありましょうが、しかし宮殿と申しますか、皇居としてふさわしいものでなければならないと私は思っております。また昭和のほんとうにいい建築だといわれるような工夫をしなければならないというふうに思っております。


○高橋(禎)委員 では最後に同じようなことになりますけれども、希望を述べておきます。こういう問題については、いろいろの意見が出ますが、ただそのときに出た雑然とした思いつき等に押し流されるというのではなくて、憲法の認めておる天皇制を守るために、私はやはり皇居というものの規模その他が非常に影響すると思うのでありまして、人の問題、物的設備の問題等を十分総合的に考えて、大いに天皇制を守っていこう、憲法を守っていこう、そういう考えで一つ進めていただきたいということを特にお願いをいたして、私の質問を終ります。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html

13. 中川隆[-11913] koaQ7Jey 2019年2月23日 10:20:19 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[61] 報告

平井義一 (政治家、没年不明) - Wikipedia


平井 義一(ひらい ぎいち、1913年3月 - 没年不明)は、日本の政治家。元衆議院議員(5期)。


経歴

東京都出身。明治大学法学部卒。東京地方専売局に勤務した後、計理士となり、麹町区議、東京市会議長秘書を歴任する。1947年の第23回衆議院議員総選挙で福岡4区から日本自由党公認で立候補して初当選。以来5期務める。

第4次吉田内閣で郵政政務次官に就任する。1955年の保守合同により自由民主党衆議院議員となる。

1960年の総選挙で落選。その後も複数回総選挙に出馬したが、いずれも及ばず、国政復帰はならなかった。

このほか横綱審議委員、日本プロレス協会長などを務めた。

1972年にはシングル「部隊長」(キングレコードに製造を委託した自主製作盤。品番:NCS-387)で歌手デビューもしている(B面は神田たかし「青年の歌」)。

参考文献
『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%BE%A9%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)

14. 中川隆[-11912] koaQ7Jey 2019年2月23日 10:26:01 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[62] 報告

それにしても、正田家と美智子さんの うさん臭さを国会で追及した平井議員の消息が不明って…怖いですね。


これでも皇后擁護? やり放題になった乱脈皇室 2015-12-02
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12101934575.html


それにしても、美智子さんのうさん臭さを国会で追及した平井議員の消息が不明って…怖いですね。


こちらは↓数ヶ月前から保存していた資料なのですが、


第三十一回 国会衆議院 内閣委員会
昭和三十四年二月六日(金曜日)午前十時十九分開議
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005.pdf


言及するには「続日本記」まで解読、その他勉強と関連資料集めがたくさん必要で一日延ばししている内に、不定期更新になってしまいました。

絶句するような、大変なことも述べられています。

いつ、きちんと学び解析できるか分かりませんので、とりあえず第一級「資料」として皆さまにご提示します。この記録もこの所、ぼちぼち表に出始めていはいるようだし。

これに併せて、美智子さまが大左翼政党社会党に支持されての入内であったことを、ぜひご記憶ください。またカトリック団体からの応援があったことも。

こちらの国会記録を通読してまず思ったのが、皇室への敬意は昔のほうが強かったと一般に思い込まれていますが、戦前はともかく戦後の数年間は皇室への国民への視線は非常に厳しく現在より冷静であったようです。

そして、巧妙になし崩しにことは運ばれて、現在は皇室の権力が危険水域に達するまで強大になっています。天皇陛下による、内閣に無断のイミョンバク元大統領への親書による接触で友好・謝罪訪問願い、

日本最大の巡視艇を私用に改造してのパラオ行き決行(政府は反対)、皇太子による習近平夫人への接触、創価学会イベント参加、池田大作氏の息子との会食、皇后陛下による従軍慰安婦問題への関与、A級戦犯発言、九条の会加担、元GHQメンバー賛美・・・・他、政府と国民の意向は無視して天皇皇后の「私情」正確には皇后の意志優先で「やりたい放題」になっているのが現在の皇室です。

要するにOSS発GHQの描いた10年がかりのシナリオ通りにことは運び、間もなく日本解体皇室弱体化劇は、エンディングを迎えようとしています。OSS3年間、GHQ7年間をプラスして10年間をかけて練り上げた完璧に近いシナリオです。

そこに、秋篠宮殿下による、シナリオライター(OSS、GHQ)の予想外の
ドンデン結末が付け加えられるかどうかが、今後の皇室のひいては日本の新たな物語の幕開けになるか、亡びへの序章となるか、でしょう。

政治も含め今の流れのまま、事が進むなら日本は変質して、もはや日本という国は消滅してしまうでしょう。

OSSは日本の精神性瓦解、GHQは日本の軍事力解体と2本の柱はありますが両者の目的はむろん通底してそれぞれ存在していました。いえ、過去形ではなくOSS発GHQの埋め込んだ自己増殖を続けるウィルスは現在も作動中、その目的を今や果たしつつあります。

安倍総理による後三年間の政治の安泰と、秋篠宮殿下の表舞台への御登場を切に望む次第です。

(お断りしておきますが以前から弊ブログでは安倍総理100%の支持者ではないことは繰り返し表明、批判すべきはして来ています。ただ現実厳しき中、この現実を踏まえつつ、現時点では他にいない以上安倍総理を推すしかないと思っています)

「君は尊くましませど、民を苦しむれば天これを許さず」

これを弊ブログ主は手を変え品を変え、訴え続けてきたわけです。
自称保守が、凝り固まって見ようとしない点。
昔から「民を苦しむる」天皇はいたからこその、北畠親房卿の言葉です。

*北畠親房

北畠 親房(きたばたけ ちかふさ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿。著書の『神皇正統記』で名高い。

昔は、宮中に自浄作用がありました。だから不適格の皇太子や天皇が排除され、現在まで皇統を繋いできたのです。

現代、自浄作用は廃絶されました。雅子さん入内により、小和田王朝自虐史観王国が外務省創価派により形作られ、しかし小和田王朝成立の背後には、正田美智子さん入内により始まった、OSS発GHQによる皇室壊しが始まり、民の気づかぬ内に皇室への批判は公にはいつしかご法度とされ、政治家もこの分野には口をつぐんで硬直するようになってしまいました。

第三十一回 国会衆議院 内閣委員会の記録を 読めば解るように、昔は実に発言が自由、批判も可能だったのです。
「不敬」の一言で発言を封じられる今が異常なのです。
思考停止保守というのは、まさしくGHQ勢力の思う壺、皇室を崇めているようで、実は貶め弱体化したい勢力の催眠術にむざむざかかっています。


「(皇太子の地位は)必ずしも現在のような長子相続という形ばかりではなかったのでございます」

これも現代日本人が知らないことの一つではないでしょうか。思えば長子相続に何らの意味はなく、有能なほう、海外にお出ましになられた時の風采も押し出しも含めて決められるべきでしょう。

秋篠宮への委譲を主張するものに対して「不敬」呼ばわりする思考停止層は、歴史を知らぬと言うべきでしょう。

うがてば、長子相続制度の設定はGHQ勢力の目論見であった可能性もあるかもしれません。
A級戦犯の絞首刑を今上(当時は少年としての皇太子)にぶつけ、お前もいうことを聞かねば吊るすぞと脅しをかけ、更にはバイニング夫人による洗脳と、当時の長子である皇太子を洗脳したわけですから、それをさしおいて弟君に即位されたりすると、計画が覆るので、長子と限定させたとも(可能性として)考えられます。

「先生、日本はもう、しまいましたね」
皇室尊崇の老婆がこう言った、と。見抜いていたと言わざるを得ません。その尊崇故に老婆には却って見えるものがあったということではないですか?

現代も同じこと「尊崇故に」物申すのです。批判無き輩は皇室を真剣には思っていません。

「もう皇室の尊厳というものは・・・・だんだんなくなって来る」

その通りになっていますね。「不敬」という言葉を錦の御旗に、口封じしてその結果、国民の尊崇を得られない皇室に成り果ててているわけです。たかが庶民の粉屋の娘が、女帝として今は宮内庁も天皇も従え、皇室の頂点に君臨していますが、その皇室は政府の意志すら無視して、ことを決行するようになっています。韓国大統領への友好願い親書、巡視艇の私的改造、使用他。

それらを糊塗するがごとき、被災地訪問。これは昭和になって始まったことであり、しかし被災地に必ずしも心を沿わせてのご訪問ではないことに、国民は気づき始めています。鬼怒川の氾濫がきっかけでした。
まだ混乱の最中に、護衛の車を連ね人々を引き連れて乗り込まれ、ただお辞儀するだけの、プロモーション映像制作のためのパーフォーマンス。

しかも皇后陛下は、朝鮮式挨拶であるコンスのポーズでのお辞儀です。


「今少し厳格な教育をされたらいかがですか」

これは当時の皇太子(今上陛下)のことで、当時の言動を拝すれば「よくぞ言ってくださった」と思われます。軽薄極まりなく、朝9時から勤務して夕方5時には終わり、後は家庭生活を大事にしたい、などと。だったら、皇籍離脱してご自身でお稼ぎ遊ばせ、と当然なりますね。学習院大学を落第したのに、特別措置で「学業終了」として卒業扱いにしてもらったお方の頭脳で、何を考えられるやら。


特権と富は手放さず、権利は庶民と同じ生活形態を望む・・・・・現在の皇太子の在り方そのままです。元凶は天皇陛下にあり、ひいては皇后陛下にあります。

そして1959年(昭和34年)の頃は、民が「もっとまともな教育を」と宮内庁に注文がつけられていたのです。それも国会の場で! 今なら考えられませんね。一切の批判を許さず、という偏頗な形に持って来られ、それは決して皇室の健全な存続に資することはありません。

批判すればよってたかって「不敬」の連呼。こと皇室問題に関しては北朝鮮にさせられてしまいました。


三笠宮は皇族でありながら、神武天皇を否定するということは当然男子一系否定、つまりは自己否定なのですから、皇籍は離脱なさるべきだと思いますね。

皇族であるアイデンティティを否定しながら皇族として、無為の暮らしを送りつつ、大枚の国費を受け取りながらのありようは欺瞞です。あまつさえ、南京大虐殺の肯定。

今上陛下による、先祖に朝鮮人がいる発言も必ずしも歴史の定説とはならざることを含めて、言ってはならぬことをお弁えではありません。今上陛下も三笠宮もこの基本の禁句を心得ていらっしゃいません。


「美智子嬢は25人の見合いをしていられた」

「最後に波多野という青年と婚約。これを破棄して皇太子のほうに振り替えた」

宮内庁側は否定していますが、否定せざるを得ませんね。
むろん、当時の週刊誌の記事をまるごと信じるわけではありませんが、国会という言質が取られたら厄介な場で、見合い25回、25回目の婚約者が波多野、と極めて具体的な回数と名前が出てきていることに留意は必要でしょう。

「美智子嬢」が15歳から、見方によってはいささか下品な婚活パーティに出ていたことは既報の通り。主催者がGHQ寄りの人物である可能性についても触れました。15歳でエリート男子を狙っての婚活なら、25回見合い歴はない話ではないでしょう。三島由紀夫との見合いも否定する人がいるようですが否定の論拠は曖昧です。

拙ブログが最近掴んだ、入内にあたっての関係者がすべてプロテスタントかカトリックのキリスト教徒であるという事実が、当時も不可解に思われていたのですね。「カトリックの陰謀」と表現されていますが「カトリック(プロテスタントも含む)を日本と皇室弱体化ツール」として使ったのはGHQです。

ただこの時代にGHQを口にしたら、その地位から(場合によっては命さえ)消されかねない状況ではあったかもしれません。一番の恐怖はこれもGHQが日本弱体化の尖兵として使った朝鮮人が束になっての親、子供への押しかけ、恫喝であったでしょう。彼らが特権を奪い取るにあたっての、常套手段です。

美智子さまご成婚時は、GHQが表向き引き上げてから7年間が経過していますが、GHQが愛国者をバサバサ刈り取って残った自虐史観売国奴が国のあちこちを仕切っていました。雅子妃の父親、小和田恒氏が外務省におけるその典型です。だから形としてのGHQは解体しても、去った後GHQ勢力は根強く日本に残り、定着しました。

美智子さまの父上正田英三郎氏もカトリック教徒だったのですね。

冨美夫人との出会いが双葉高等女学校の「礼拝」であった、というから美智子さまの母、冨美さんもカトリック教徒だったということでしょう。
臨終洗礼とされていることに、拙ブログは疑問を呈してきました。
美智子さま入内にあたって、一族郎党全員カトリック教徒であることが解ると、当然美智子さまの信仰にも疑義が及ぶので、自らは受洗していないことにしたのではないか、と。

祖父母の代から一族郎党全員カトリック教徒(ブログ主独自の調査で現在ミャンマー在住の、正田姓を名乗るお身内の方もカトリックだと掴んでいます)の中、美智子さまだけ違うというのは無理があるのではないでしょうか。洗礼はまずお受けになられている・・・・つまり入内にあたって、嘘をつかれた可能性があるかもしれません。いや、相当濃厚にカトリック教徒として胸に十字架を抱いたままの入内ではなかったかと、考えるほうが自然でしょう。


信仰を密かに抱かれていなければ、その後のカトリックへの明らかに頻繁な接触が説明出来ません。
美智子さまは、大変な嘘をつかれての入内と拙ブログ主は心証的には色濃くそう思っています。

朝日新聞記者により、発表されたカトリック信徒を思わせるベール姿が公開された時、わっと泣き崩れた美智子さま。勝ち気な美智子さまが泣き崩れるほどの衝撃は、自らがカトリック教徒だったからではないのですか?

もしそうでないのなら、違いますと答えればいいだけのこと。

嘘をついての入内を今更難詰しても、現実を変える力はありませんが、皇后なるお方が政府と国民、そして昭和天皇皇后両陛下を裏切って、皇太子妃となった方かもしれないということは、国民は知っておくべきでしょう。

仮にカトリック教徒でないとしても、頻繁なるカトリック教徒たちとの交流、教会行き、ローマ法王への傾斜など、神道の祭祀王の妻としての立ち位置は著しく損ねていらっしゃいます。合唱練習を名目に母校への月一回の訪問は、敷地内にある聖堂で礼拝なさるためではないのですか?

私的お出ましにも、護衛の車10台が付き従うと仄聞します。そのつど大きなお金が出て、年間通算すると莫大になるでしょう。九条の会の音楽家の追悼コンサートへのお出ましも、公のお金が費やされています。

言葉を変えれば皇后の「反日左翼活動」に私たちが営々と時に苦しみながら納めている税金が、いとも安易に使われているということです。

美智子さまは、象徴であるということに対して何やら小難しい理屈を述べて、象徴であることは出来ないと言っていらっしゃいますが、そんな言い分は、屁理屈と申します。

ことは簡単でたとえば、浮世の政治的なイベントにお出にならぬこと。
あの大戦への言及、憲法に対するお考えなど、国民の世論を二分するそのどちらかへ加担などなさらないことなのです。

象徴であらんとすることは、何をすべきということではなく、してはならぬということをお守りになることです。

こんな簡単なことがお分かりにならない愚昧さ。


美智子さまの入内に関して皇族全員が反対という説は否定されていますが、しかしながら「全員」賛成という説のほうが首肯出来かねます。

不自然ですよ、美智子さまも雅子さまも入内にあたって周辺では強い反対に取り囲まれながら、皇室会議においては一人の反対もなく、すんなり決定。

双方、きちっと調査がなされれば絶対あり得なかった、と言いきってもいいほど
「瑕疵」のある縁談なのに。


外国先行報道、あるいは報道先行で既成事実化して現実周辺では
反対論が渦巻いているのに、皇室会議では反対者ゼロで通過の
不自然さも小和田雅子さん入内の時と同じ手口ですね。

他幾つも、新たな発見がある国会記録かと思われます。
読んでみてください。平成の世の皇后陛下を論じるにあたって
後世相当役に立つ資料だと思われます。それゆえ他の資料のように
押し隠しておきたいでしょうが、国会記録抹殺まではさすがに出来かねたのでしょうか、国民にとっては幸いなことでした。

後世の評価はおそらく前代未聞、希代の悪女皇后となるかと思われます。

その悪辣さにおいて美智子さま。無能力なダメさかげんにおいては雅子さま。
いずれも皇室の歴史上、突出した黒歴史として末代まで残ることでしょう。
そしてそれを支持した、愚かしい民衆が保守の名で存在していたことも。

備考 田島道治宮内庁長官(無教会 派)、宇佐美毅宮内庁長官(クエーカー)などもクリスチャンと、拾えますが決定的データは今のところ拾えないでいます。いずれにしても美智子さまの入内に絡んで動いた人々にキリスト教関係者が偶然の確率超えて以上に多いのは事実。荒っぽく言えば、宮内庁はクリスチャンと創価学会の巣窟となっているかもしれません。

美智子妃入内にあたってはキリスト教が背後に。
雅子妃入内にあたっては、創価学会。

・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


追記 読者さまよりコメ欄に寄せられた情報。


WiLL 1月号に、『皇后の真実』 工藤美代子 著 の書評があります。
元産経新聞記者の方が書かれていますが、最後の方の記述にびっくりしました。
この方が記者時代、皇后に直接関わった高名な二人から、激しい皇后批判を別々に聞き驚いたそうです。
口外していないけれど、今でも忘れられないということですから、ぜひどこかで書いていただきたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・ここまで

逝去の後、少しずつでも結局全部語られ、さらされそうです。

更に追記 コメ欄への読者さまからの書き込み

質問に立った自民党議員は、昭和の憂国の臣だと思います。
天皇の本道・本質を明らかにし、すでに始まった劣化と将来迎える危機を鋭く指摘して下さった自民党議員に感謝とお詫びを申し上げたい思いで、どのような方なのか少し調べてみました。

《平井義一衆議院議員 自民党》
平井議員の深い洞察には改めて感服します。議員生命賭けての質

疑だったと思います。
しかし平井議員が憂慮されたとおりになってしまい、今、泉下からご覧になって何を思われていらっしゃるか。

平井議員は「吉田学校=吉田茂派閥」のメンバーで、第四次吉田内閣で郵政政務次官就任。その他に横綱審議委員や日本プロレス会長(893大親分複数が役員になっていたので警察に解散命令出された後の一新人事で会長就任)等務めた形。

入内するところまでは、吉田茂はミテコ押しだったはずなので、退陣後といえども親分に逆らったのですから…(後に御所でのプッツン振りを知り、アンチミテコになったとか)
義一さん、真の国士でいらっしゃいます。
この後の選挙は落選が続きそのまま引退されていますので…逆風吹いたかなぁ?
没年も判らないなんて、悪の藩屏に抑え込まれたのか?

写真中央が平井氏(横審時代でしょうか。元関脇北の洋・緒方昇氏宅とのこと)
h ttp://members3.jcom.home.ne.jp/abashirikai/jpeg/tuitou-3.jpg


《菊池義郎衆議院議員 自民党》
菊池議員に至っては、質問をするために、この回のみ町村金吾議員(故町村信孝議員の父上)と交代して委員になっています。
美智子さんの疑惑はもとより。国会図書館設立に尽力した人なので、赤坂離宮内の図書館廃止の件を取り上げたかったのでしょう。

せっかく、見合い25回で婚約者有り、入内チームがカトリック教徒(正確にはキリスト教徒と言うべき)だらけと良いところを突いていても。宇佐美長官に揚げ足取られたり突っ込みの甘さから、週刊誌報道の火消しに終わり、残念に思います。でも、当時から胡散臭さは知られていた事を記録に残してくださいました。

衣冠束帯では南方の風俗のようで野蛮国と見られやしないかとか、英国女王戴冠式では皇太子が黒人の中に座らされたので、婚礼では英国大使は黒人来賓の間に座らせろだの……_| ̄|○ (宇佐美長官の気持ち)
猪突猛進、一言居士、「黒潮に吼える男」という小説になっただけはあるオモロイおっちゃんです。平井議員と初当選当時から同期でしたが、菊池議員はこの後も当選を続け、叙勲もされています。

更に追記

尚、
菅原研究室の国会議員白書から両議員の議員歴を、
wikipediaから大方のプロフィールを把握し、さらに検索して確認しています。

平井議員の写真は"たぶん"ご本人ではないかと?……程度です。

平井義一議員
http://kokkai.sugawarataku.net/giin/r00419.html

菊池義郎議員
http://kokkai.sugawarataku.net/giin/r00139.html

菊池議員題材の小説
『黒潮に吼える男』上野登史郎著/三彩社刊
八丈島出身の自民党きっての硬骨漢・衆議院議員、菊池義郎の伝記小説。物語は彼の出生から国会議員になるまでが、明治時代の政治(大熊重信などとの交流)や文化(島村抱月や須磨子などとの交流)、そして島の様子がイキイキと描かれていて面白い。島抜けしてからの一徹な苦学生活、普通選挙実施や元老廃止などの演説運動、さらには議員になってからの私学振興議員連盟を作ったり、国会図書館などを作ったりと紹介されている。
h ttp://www.muse.dti.ne.jp/~squat/fiction.htm


それにしても、平井議員の消息が不明って…怖いですね。
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12101934575.html

15. 中川隆[-11911] koaQ7Jey 2019年2月23日 10:32:55 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[63] 報告

それにしても、正田家と美智子さんの うさん臭さを国会で追及した平井議員の消息が不明って…怖いですね _ 2

これが、現代皇室の現実。ブサヨの巣窟に現れた皇后陛下 2016-06-22
https://blog.goo.ne.jp/sitihenge994/e/319d1c927965be306fdfa254b877efdd

正田美智子さんの入内にまつわり、キリスト教徒のみが関わっていることのうろんさをついた国会議員が当時いました。

1959年2月 国会で平井義一議員が正田美智子入内の胡乱さと出自を問い詰める。
その2ヶ月後の1959年、正田美智子入内。
その翌年の総選挙で、今まで5期落選したことのなかった平井義一落選。

天皇皇后の左翼化

皇后陛下が、左翼の連中や組織と親密であられることにテーマを
絞るつもりで書き始めたのですが、結果的に今までの「総まとめ」ともいうべき
記事になったようです。志ある方は保存なさってください。

左翼の巣窟に出入りの皇后陛下

http://www.asahi.com/articles/ASJ6673Z7J66UCVL01Y.html 

反日左翼「九条の会」秋山ちえ子さんお別れの会 皇后陛下が会場に
皇后陛下の入内には戦勝国GHQがからんでいます。入内前に、正田家とGHQの要人とがアメリカ産小麦粉利権を介在に癒着していたのは、事実です。
客観的史料があります。

やっぱり!! 正田家とGHQの癒着。美智子さま入内を仕組んだGHQ 

そして美智子さんの父親は、アメリカ産小麦粉の宣伝マンとして
GHQの協力要員でした。

日本の国会が知らなかった正田美智子さんの婚約が、アメリカで先に報じられたのはそういう理由です。入内にまつわり、キリスト教徒のみが関わっていることのうろんさをついた国会議員が当時いました。今は亡き平井義一氏ですが、おそらく議事録に残っていること以上の闇を承知していたと思います。
よく殺害されなかったことです。しかし・・・・・

1959年2月 国会で平井義一議員が正田美智子入内の胡乱さと出自を問い詰める。

その2ヶ月後の1959年、正田美智子入内。

その翌年の総選挙で、今まで5期落選したことのなかった平井義一落選。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%BE%A9%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)

【重要】 これでも皇后擁護? やり放題になった乱脈皇室

元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解

平井氏の他に、正田美智子さんの入内に不可解な点ありとして国会で疑義を表明した議員が2人もいたことは、脳裏に刻みつけておきましょう。

国会ですよ? 末代まで発言が残る場。軽々に言えることではありません。まして、国中が操作されて世紀のご成婚に浮き立っている時に、議員生命を賭けて成婚とやられ放題の宮内庁に疑問を呈した議員たちが3人いたということです。

なんと、社会党が支援していた美智子さま 

皇室史上初の民間妃の誕生は、異教徒の男女同権主義者である左翼思想の女性の入内をも意味していました。去ったはずの、GHQによる皇室と日本弱体化施策が本格的作動し始めたのが、正田美智子さんの入内の年であり、この年日本は伊勢湾台風が荒れ狂いました。

そして嫁いだお相手は、多感な少年時代にGHQに生涯忘れ得ない恫喝を受けた、今上陛下でした。当時皇太子であったその人の、誕生日めがけて時計の針がピクリと動いた瞬間から、東条英機らいわゆる「戦犯」が吊るされて行ったのです。GHQの言外の脅しは明白でした。
「お前もアメリカに逆らうなら、吊るすぞ。父親もな」。
そして、言うところの戦犯28名の処刑を決定、公表されたのが「父親」昭和天皇の誕生日だったのです。これも言外の恫喝です。恫喝であると同時に罪悪感の刷り込み。「お前と、お前の父親のせいで、こいつらは首をくくられるのだぞ」と。

http://hon.bunshun.jp/articles/-/226

いえ、恫喝は言外ではなく直接浴びせられたかもしれません。
昭和天皇を何度となくGHQ本部に呼びつけたほどのマッカーサーです。

当時の皇太子は「ジミー」と戦勝国名で呼ばれ、GHQが差し向けたバイニング夫人が張り付き、洗脳に明け暮れました。神道思想の破壊です。

破壊教育を受けた皇太子というよりはジミーに、異教徒の平民の娘があてがわれ相乗効果で皇室の神道的なるもの、そして伝統がなし崩しに壊されていくことをGHQは見越していました。皇后も幼児洗礼をもしお受けならマリア・テレジア・カテリーナなどというお名前をお持ちでしょうから、ジミーとはお似合いの夫婦でしょう。皇后のカトリック洗礼に関しては、(幾つもあるにせよ)傍証でしか示せません。
しかしながら、実は皇太子と平民の娘との成婚ではなく、ジミーとマリアとの婚姻だったのだと踏まえるとその後の皇室伝統の、あっという間の壊れように得心が行きます。

もともとルーズベルトのOSSの頃から、日本を共産化する計画がありました。
ルーズベルトの死去により、共産化は免れましたがそれと同等の、日本破壊ウィルスをGHQは日本の国体に仕込んでいきました。

NHKはいまだその体質を引きずるGHQの宣伝局であり、外務省には反日思想の者たちが跋扈。公職追放で、まともな日本人は追われ、反日であるほど、出世階段を駆け上り、その代表格が雅子妃の父、小和田恒氏です。
小和田雅子さんという、皇室にはおよそ馴染むはずもない女性の入内もまた、
偶然ではありません。

皇室には、バイニング夫人とカトリックという異教とワンセットで正田美智子さんが送り込まれ、現在に至ります。神道の祭祀王の家に嫁いでからも元正田美智子さんはカトリックを捨てませんでした。そのことは、皇祖神を奉じるには至らなかった・・・・・いえ、基本のところでないがしろになさった、ということです。
ご本人がいかほど、自覚されているかどうかは知りません。しかしながら、
GHQの目論見は100%成功でした。いえ皇室の伝統破壊と共に、アメリカ産小麦粉の売りつけの目論見通りであったので、一石二鳥、200%の成功でしょう。

今上陛下が実は学習院の講義について行けず、ご卒業なさってないという事実を国民は知りません。

学習院を落第した天皇陛下は左翼でいらっしゃいますか

悪い頭で政治と歴史、憲法を語られるな両陛下と皇太子 

乏しき頭脳で政治外交、史観を語られませぬよう、両陛下

天皇が必ずしも頭脳俊敏でなくてもよろしいのです。
しかしながら、敏いとは言えぬ頭脳にバイニング夫人、そして伴侶である元正田美智子さんという異教徒から、思想上の決定的洗脳を受け続け、更に将来の天皇たる者は政治学科に進まねばならぬところ、進めなかった父親より頭脳の働かない皇太子殿下が、両親から口移しで「GHQ作の平和憲法護持」という左翼思想を受け継ぎ、現在に至ります。

天皇と皇太子共に、脳細胞の不活発なところに女帝と化した皇后から洗脳を受け続け、さらにその不活発な脳で考えた政治外交上の言動は、国を損ないます。政治関与それ自体が、ご自身が護持を唱えられる憲法に反する行為なのですが、その矛盾をお解りではありません。

天皇も皇太子も頭がよろしくはない、という現実をまずは正視しましょう。ということは、周辺の者がしっかりと舵取りをしなければならないのですが、しかしその舵は今や女帝として皇室ヒェラルキーの頂点に君臨する左翼皇后の手に握られています。その皇后陛下も、巷間思い込まれているほどにはご優秀ではありません。聖心女子大学は名門ですが、偏差値は高くはありません。

大変言いづらいことをズバリいいます。頭のさしてよくない左翼が3人固まったのが、今の皇室です。行き過ぎた言動を止めるものは皆無です。

随分粗っぽい総括ですが、細目は過去記事に資料を添えながら具体的に提示してあります。

皇室に男女同権思想は馴染みません。民間では極端な男女不平等が、本来の皇室です。なぜなら夫婦である以前に、夫は神とつながる者、神道の大祭祀王であるからです。対等ではあり得ないし、生理出産を伴う女性に、この国最大の神官は務まりません。
しかし、溺愛の皇太子の系譜である愛子内親王を天皇にしたいというのが、GHQ仕込みの男女同権主義者・皇后陛下の執念であり、左翼お仲間を引き入れつつあれこれ画策していらっしゃいます。

左翼の巣窟に出入りの皇后陛下

http://www.asahi.com/articles/ASJ6673Z7J66UCVL01Y.html

4月6日に99歳で亡くなった、放送ジャーナリストの草分けで評論家の秋山ちえ子さんのお別れの会が6日、東京都千代田区の日比谷松本楼で開かれた。聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さんや脚本家の小山内美江子さんらのほか、秋山さんと親交のあった皇后美智子さまが会場を訪れ、遺族らと言葉を交わした。

BB:秋山ちえ子氏がそもそも反日左翼の旗振り的オピニオンリーダーでしたが、
小山内美江子、反戦歌の森山良子他歴然たる左翼思想の人たちばかり。更に、仰天すべきことには、反日慰安婦問題の張本人である河野洋平が発起人代表を務めているという凄さ。

皇后陛下が、韓国側と左翼たちが捏造した慰安婦問題を信じこんでいらっしゃるさまは、それこそ「九条の会」の鶴見俊輔により、具体的に語られています。

会では、発起人代表の河野洋平元衆院議長が「父の河野一郎と秋山さんは信頼しあっている仲で、インタビュアーとして日本一だと言っていた」とあいさつ。

さすがに息子の河野太郎は、安倍内閣の清濁人事の濁のほうながら閣僚なので、出て来ていませんが、本来なら売国父息子としてこの場にいるべき人間です。

 秋山さんは毎年8月15日の終戦記念日に、上野動物園で戦時中に餓死させられたゾウの童話「かわいそうなぞう」をラジオ番組で朗読。会の終わりには2002年の収録分が流され、「地球上のすべての生物の命を守るために、ことを解決するのに戦争というものを手段に使うことのないことを祈りながら読ませていただきます」と語る秋山さんの声と朗読に、参列者は聴き入った。

ゾウの話は胸を打ちますが、そのことと日本が防衛的に無力で無防備であっていいということと何の因果関係もありません。そこがなぜ解らないのか、いつものことながら左翼と言われる人たちの奇妙なまでの頭の悪さを思わずにはいられません。
夏になると、震え声で反戦詩を朗読する大根女優・吉永小百合も同類です。
問題は、中国韓国北朝鮮で反戦詩など読まれないことです。読めば投獄、下手すりゃ処刑。日本の反戦運動は彼らがせせら笑いながら歓迎するところ。

 30年来の親交がある司会の大沢悠里さんは「秋山さんは一貫して戦争反対を訴え続けてきた。私たちはこの心をずっと受け継いでゆく覚悟が必要だ」と締めくくった。

戦争に賛成の人間など、武器商人か一握りのマニャックな戦闘愛好者しかいませんよ。誰しも平和は恒久的な願いなのです。問題は「戦争反対」と唱えていない国が至近に3カ国あり、折あらば日本人の命と国土が狙われているということなのです。

 夜には皇后美智子さまも会場を訪れ、展示された秋山さんの遺品などを見たり、遺族や発起人らと言葉を交わしたりした。

・・・・・・・・・・抜粋ここまで

社会的にはその存在が希薄になっていた秋山ちえ子の逝去と、そのマイナーなお別れの会を即座に嗅ぎつけ駆けつける皇后陛下。左翼ネットワークの親密な一員でいらっしゃるからです。

皇后陛下は上記の左翼運動家たちのまごうことなき、共感者であり仲間であるということなのです。それ以前に皇后陛下の政治思想の表明など、
とんでもないことがいつ許されるようになりました?この方の入内以来です。

▼「男性には戦争をしたがる人がいる」
「戦争の悲惨さを知らない政治家が憲法9条をなくそうとしている」

と売国左翼新聞朝日新聞「天声人語」で紹介された秋山ちえ子氏をはじめ、以下が皇后陛下のブサヨ仲間です。

▼左翼鶴見和子の会にもお忍び出席した皇后

 和子=鶴見和子(元・共産党員)

>和子さまの三回忌に、美智子妃殿下の御臨席をいただき、
>内山さんが宮中に御礼の記帳に行く予定の所、
>皇后様から「鶴見和子病床日記」持参で参内するようにとの連絡があり、
>宮中大変奥深くのお部屋で、一対一の四〇分の御下問で、緊張のし続けでした。との事でした。

ttp://www.php.co.jp/magazine/voice/?unique_issue_id=12369
(Voice 2008年9月号)
上坂冬子〈対談〉鶴見俊輔 158p

> 美智子皇后は姉の和子に対して、彼女の学友だった女官を通して
> 「宮中まで来てほしい」とお呼びになったことがありました。
> そのとき、「あなたがこのあいだの講演で慰安婦の問題を取り上げてくださって、
> とてもありがたかった」とおっしゃった。(略)

上坂冬子の対談相手、鶴見俊輔は皇后のシンパ鶴見和子の弟であり、市民運動組織「ベ平連」メンバーで、共産党支持。

皇后は九条の会の左翼音楽家・三善晃氏にも熱心に肩入れ、そして「日本も難民を引き受けるべき」などと、日本がすでに60万人の朝鮮人難民を抱えてあえいでいるのも知らぬげに反日国連をバックに、押し付けてくる緒方貞子も皇后の左翼お仲間で、女帝擁立肯定の皇室典範変更のための有識者会議には、皇后がこの人を押し込んでいます。

森村桂の軽井沢の家では社会党・党員と交流も。

敗戦後の日本を、もっと弱体化させるためGHQがキリスト教を、なかんずくカトリックをツールとして用いたことは事実ですが、カトリックすべてがそうだとは言いませんが、皇后と同じく「カトリック左翼」と名付けたい一派がいるのは事実です。

「憲法九条にノーベル賞を」という演題で講演したのは、カトリック教会の光延神父で、そのお仲間には、岡田大司教や高見大司教という人らがいるようです。

h ttp://www.jesuitsocialcenter-tokyo.com/?page_id=4979
この光延神父が、HPで述べた言葉を引用します。

《《実際、日本は第2次世界大戦以後の68年間、戦争で他国民を誰一人殺すことなく、また一人の自国民も死なせることがありませんでした。》》

あらゆる(日本の)左翼は頭が悪い、悪くなければ日本では左翼はやってられない、というのが拙ブログ主の持論ですが、上記の神父の言葉の馬鹿さ加減は、読者の皆様はお解りですよね。

この神父の脳裏には、北朝鮮への拉致被害者も竹島をめぐって殺戮され、半島に強制連行されて虐待され、そして死者も出た日本人船員約4千名の存在はないのです。

そしてこれらの、カトリック左翼ともいうべき神父たちと皇后陛下が昵懇であるという現実を国民は直視すべきでしょう。

捏造慰安婦問題で日本を追求する「女性国際戦犯法廷」の拠点はカトリック教会です。副題は「性国際戦犯法廷」です。この場合の戦犯とは、日本ですね。
とんでもない反日とカトリックが結びついているということであり、これもまたGHQの目論見通りです。

反米を唱える左翼ですらGHQ製作の憲法を後生大事にするのだから、占領政策はここでも大勝利です。

日本の武力放棄をほくそ笑んで喜ぶのは、中国、韓国・北朝鮮だけであるという
現実がなぜ見えないのでしょうね。

そして皇后陛下は、「憲法九条にノーベル賞を」という、カトリック界における“九条の会”もお仲間だということであり、憲法改正を掲げ、女性天皇の布石になる女性宮家の創設に反対する安倍政権には、アンチであり、皇陛下も皇太子殿下もそれに従っていらっしゃる、とこういうことです。

「マスコミ9条の会」も、皇后はシンパです。

2004年6月10日

井上ひさし 梅原 猛 大江健三郎 奥平康弘 小田 実 加藤周一 澤地久枝 鶴見俊輔 三木睦子さん九人による「九条の会」アピールが出されました。

東京では「新聞OB九条の会」「出版OB九条の会」「民放九条の会」「映画人九条の会」「音楽九条の会」

「所沢マスコミ文化九条の会」 「憲法九条にノーベル賞をの会」

・・・・・・・・惨状を来しています。

軽井沢九条の会を支援する牧師

http://karuizawa9.exblog.jp/

表立って、九条の会の理念を「平和憲法護持」という形で発信されるのは
天皇陛下ですが、皇后陛下も違う形でメッセージを出されています。

79歳のお誕生日、宮内記者会の質問に文書で次のように回答。

「五月の憲法記念日をはさみ、今年は憲法をめぐり、例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら、かつて、あきるの市の五日市を訪れた時、郷土館で見せて頂いた『五日市憲法草案』のことをしきりに思い出しておりました。

長い鎖国を経た19世紀末の日本で、市井の人々の間に育っていた民権意識を記録するものとして、世界的にも珍しい文化遺産ではないかと思います」

・・・・・・・・・ここまで

要するに、憲法改正派の唱える「GHQによる押し付け憲法」説へのアンチテーゼです。事実護憲派の左翼にこの言葉は賛美され、利用されています。

しかしながら、英語からの拙い翻訳文である現在の醜い日本語の憲法が戦勝国による押し付けである事実がいかに美辞麗句を連ねたとて消えるわけではなく、GHQ憲法に関わった白洲次郎の慟哭の告発記録があります。

雅子妃とともに反日組織である国連、国連大学に入り浸っていらっしゃる皇太子は、両陛下の仰る通りに、お言葉をなぞるだけです。オウム。腹話術の人形。

皇太子殿下 平成26年 2014年お誕生日

皇太子の政治発言 朝鮮日報が大喜び 

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/77824c824a67a7da9a0b85660cfd4223 

(抜粋)憲法に関しては、昨年末天皇陛下も触れられましたが、「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は」という出だしで、憲法の成立した由来を語られましたが、皇太子殿下の文言は、はっきり憲法順守。すなわち憲法改正反対ということかと思われます。

・・・・・・・・・・ここまで

皇太子もアンチ安倍政権だということを、意味します。
今度の選挙は、憲法改正が争点の一つですが、平和憲法護持の
天皇皇后皇太子は、その選挙に影響を及ぼす発言をずーっと
続けているということなのです。それがいつから許される日本になりました?
皇后陛下の入内以来です。

問題は、天皇皇后両陛下と皇太子殿下のご発言に喜び勇んでいるのが、まっとうな国民ではなく朝鮮日報だということでしょう。無論「朝鮮日報」はあらゆる反日メディアと勢力の表象として記号化して記しました。

天皇及び内廷皇族が、GHQ発反日左翼史観をベースに語っていらっしゃる現実を、国民は冷静に直視すべきでしょう。

秋篠宮文仁親王殿下と紀子妃に、このたぐいのご発言がないことに、一筋の光明を見る思いがすると同時に、皇位は秋篠宮殿下と悠仁親王殿下に渡るべきだと考えます。

本来当然のことながら左翼は皇室不要論、侮蔑の対象です。

http://mid.parfe.jp/kannyo/sukuukai/seimei-houkoku/tirasi-syomei/H18-5-13-asiya.pdf#search='%E7%9A%87%E5%90%8E+%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A'  

左翼コメンテーター 大谷昭宏も関わっている「九条 おおさかの会」で
行われた、天皇皇后愚弄芝居です。

その左翼がなぜ、最近共産党はじめ両陛下に擦り寄って来ているのか。
両陛下が自分たちの仲間だと、知ったからです。

九条の会の作曲家の追悼に、わざわざ静養先から駆けつけた皇后陛下。

皇后陛下は「アカ」でした 

左翼皇后と、愉快なブサヨフェミのお仲間たち 

男女同権主義者であった、憲法作成者の一人であったGHQ元メンバー、ベアテ・ゴードンへの皇后の思い入れは、よく知られたことで彼女の追悼式にはわざわざメッセージを出しています。

天皇陛下や皇太子殿下のように、直接的な表明はなさいませんが、皇后陛下は折に触れその言動により、九条護持の左翼思想を表明していらっしゃいます。
これ以上明白なお立場表明はないのに、しかし思い込みが国民の目を遮っています。

生来聡くはあられない天皇陛下と皇太子殿下を陣頭指揮、現在の左翼皇室を作り上げたのは皇后陛下であらせられます。

かつて皇室には、自浄能力がありました。廃太子、という形で、あるいは天皇の入牢、島流しという形で。今はチェック機構を失い(これとてGHQの仕掛けでしょう)やり放題です。

となれば、皇室の腐敗と歪みは国民が指摘するしかないではありませんか。
不敬という名の下に、批判一切許さずというのであれば、それは北朝鮮の社会機構と何らかわりなく、マンセーの対象が天皇皇后というだけのこと。それも敗戦後すっかりその実質を喪失し、左翼運動家夫婦と化した相手への盲目的崇拝です。実のところ、それが都合がいいのは天皇制否定の左翼と、中韓だけであり、天皇陛下への尊崇が国の要と心得ている人たちこそが、現状を憂えているということです。

不敬という言葉が成立していた時代には、皇室自体が自浄能力を有して、
悪しき因子は排除していた、今チェック機能はない、ということを忘れないようにしましょう。

あなたがもし、安倍政権支持派なら天皇皇后皇太子はあなたにアンチのご存在です。

◆GHQと皇后陛下 フェミニストとしての美智子様と皇室は共存し得るかhttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/b0b5919d022a094f259e8305c60b13f2

◆資料  皇后陛下、その精神を形作った生い立ちと環境

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7c9cffa819831b24bbfbd63d9f8eb57b

◆ご慈愛仮面で言葉も仮面 《転載ご自由に》http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/95e08f125aa7af66013af19b1e216a00

◆人権蹂躙「子供を産むな」発言は、いったい誰? 

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/fdbfcdb2fe41a09f9b9d1a4ca385f1d6


https://blog.goo.ne.jp/sitihenge994/e/319d1c927965be306fdfa254b877efdd

16. 中川隆[-11898] koaQ7Jey 2019年2月23日 13:23:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[78] 報告

asd********さん 2013/10/21 5:18:02

雅子様って実際、学力あるんでしょうか?
記事で雅子様の学歴は、お父様の小和田恆さんによるものが
大きいと見たのですが。
でも、お父さんの力で裏口入学はできても

外務公務員採用I種試験には学力がなければ合格しないのでは?


ベストアンサーに選ばれた回答

sai********さん 2013/10/22 2:00:15

田園双葉の入試に2回落ちて、3回目にお情けで編入。
田園双葉時代の成績は頑張っても専修大がやっと。

アメリカの公立高校では語学最低レベルのESLクラスから出られず。
当時ハーバードで客員教授していた父のコネで女子部のラドクリフに入学。
中国系学生デビッド・カオと半同棲。トップレス写真を撮られる。

卒業論文も父のコネで普通の学生には不可能な経済界の大物達へのインタビュー。
それでも優良可の良にあたる評価がやっと。

普通の会話が続けられずパーティーでは壁の花。

東大への学士入学は簡単なものでしかもここでも父が当時教授をしていた。
授業にはほとんど出席せず、1単位も取れずボロが出る前に中退して
父のいる外務省にコネ入省。

外務省時代は内規違反をしてマイカー通勤しVIP専用駐車場に駐車。
通勤手当をもらっていたので返却することに。しかも連日遅刻。

仕事が出来ないため大切な仕事は任されなかったが、頼まれると失敗して泣く。
それなのに傲慢な態度だった。

しょっちゅう化粧直しに席を立ち、なかなか戻らなかった。
職場でも父を「お父様」と呼んでいた。

オックスフォードに国費留学するが、同期の中で唯一修士が取れず帰国。
米国、英国、外務省時代に同棲・不倫の噂多数有り。
皇室に入内後は父親の影響が及ばず、すぐに引籠もる。

だそうです。

私の従兄弟でも帰国子女枠で東大に入りその後父親のコネで某政府機関に入った者がいますが、特別に優秀ではありません。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10114349020

▲△▽▼


2018年12月09日
アメリカの有名大学では金で合格を買える

太子党子弟は無試験でアメリカ名門校に入学し、4年間遊びまわって卒業している

金で入学枠を売る名門校

日本の医学部入試で男子を優遇し女子を厳しくしていたニュースで、不思議なことに欧米から批判されませんでした。

いつもの”日本たたき”のパターンでは埋めてあった骨を見つけたシェパードのように吠えまくるのに、沈黙したままだった。

それもその筈でアメリカを始め「一流大学」とされる大学ほどコネ入学や裏口入学が横行しています。

アメリカの最高峰はハーバード、イギリスはケンブリッジ大だがどちらも試験より人物本位で入学者を選考している。

人物本位というと聞こえは良いが教授や学長の推薦や、有力者のコネが効くのです。

特に悪質なのがアメリカのハーバード大学で、一般の受験生とは別に「金を払えば入学できる」枠が存在している。


数年前中国で太子党事件というのがあり、共産党幹部の子弟たちが無試験でアメリカの超名門校に入学しました。

彼らは入学してからも勉強せず、毎日パーティや豪遊に明け暮れて高級車を乗り回し、その様子をSNSで自慢しました。

中国からは欧米のSNSを見れないが、さすがに本国でも話題になり批判が強まった。


太子党は江沢民や毛沢東や習近平など有力者の子弟や縁者で、帰国すれば共産党幹部になるのが決まっている。

噂では大学に莫大な寄付をしていて、アメリカの名門校は金で入学枠を販売している。

金のない一般の受験者は彼らの枠の分だけ合格者が減るので、なおさら狭き門となっている。

富裕層の子供は受験せず入学できる

同じハーバード大学卒と言っても、掛け算すらできない人間も居れば本当の天才もいる。

大富豪が大学に寄付する金額は数億円から数百億円にも達し、高額寄付者の縁者は推薦入学できる。

ナイキの創業者はオレゴン大学に5億ドル(約560億円)を寄付したが、もし彼の息子や孫が受験したら大学は不合格にできるだろうか?


驚くのはアメリカではこれが合法なことで、みんな知っているし堂々とやっている。

英誌「エコノミスト」米経済紙「フォーブス」などでもコネで入学できると指摘されているが、悪びれもせず続けている。

アメリカには共通一次試験がなく、入学試験そのものも必ずやる義務はない。


ハーバード大学は約4兆円もの資産を持っているが、こうした入学枠の販売は美味しいビジネスになっている。

さらに美味しいのは大学への寄付金が非課税になる点で、寄付した金額の最大50%が富裕層の所得から控除される。

例えばハーバードに10億円を寄付すると、バカ息子をエリート大学に入学できるうえに、所得から5億円を控除され節税になる。


アメリカにはこうした裏口(合法なので表口だが)仲介業者もあり、巨大ビジネスになっている。

有名な例では映画監督のスティーブン・スピルバーグの娘を入学させたデューク大で、願書の締め切りを過ぎていたのに入学させた。

もちろん無試験のうえに大学理事がスピルバーグの自宅まで出向いて「面接」をしている。


こうした例は枚挙にいとまがないほどあるので、日本の大学で男子を優遇したくらいでは「なんで問題になるのか?」という認識でしかない。
http://www.thutmosev.com/archives/78373072.html  


▲△▽▼

中国共産党の幹部の子弟がみんなアメリカ、カナダに留学する理由

2018.12.13
ソフトバンク通信障害B アリババ=江沢民=ゴールドマン・サックス
https://golden-tamatama.com/blog-entry-softbank-alibaba3.html


さて、昨日スパイ会社ファーウェイの幹部が釈放されたそうです。
保釈金は8億だったとか。
保釈と言っても足首にGPS信号をつけさせられての保釈のようです。
そりゃスパイされまくったら困りますからね。


中国の報復の以下、カナダ元外交官を拘束が効いたのでしょうか。


中国というのはやることがエゲツない。

ちなみにこのファーウェイの幹部、孟晩舟さんがカナダで捕まった場所はバンクーバーです。

バンクーバーと言えば中国共産党の子弟が大挙して留学してる場所です。
他に、中国人留学生が多いのはアメリカのカリフォルニア州です。

知らないかもしれませんが、中国共産党の幹部の子弟達は大挙してアメリカ、カナダに留学してるのですね。
その数約100万人。

だいたい習近平の娘ですらハーバードに留学してるのですから。

それで10月に、トランプさんは中国の留学生はほとんどスパイだ!
と言ったのですたね。

中国、米国留学禁止を通達…米中貿易摩擦で米国による人質化を懸念、機密情報が中国に流出か

「Gettyimages」より
中国共産党指導部はこのほど、トランプ米大統領が「米国に来るほとんどすべての学生はスパイだ」との内容の発言を行ったことを受けて、北京や地方の党・政府組織に対して、「幹部子弟の米国留学の禁止および留学中の幹部子弟の年内帰国に関する通達」と題する内部文書を伝えたことが明らかになった。

米中貿易摩擦が激化し、両国関係が日増しに悪化するなか、党政府幹部子弟が「人質」化することや、 スパイの嫌疑をかけられて拘留されることなどを危惧するとともに、留学費用などで米国を経済的に利することを嫌ったためとみられる。

●留学生による機密情報の国外流出を懸念

米国国務省教育文化局などの調査によると、昨年6月末現在、米国の中国人留学生は前年比6.8%増の約35万人で、11年連続で増加中だ。

2016-2017年度における米国の大学の留学生数は前年比3.4%増の107万8800人だが、そのうち中国大陸部からの留学生の比率は32.5%を占めており、大半は中国における特権階級である党幹部の子弟とみられる。

同筋は「習近平国家主席の一人娘の習明沢さんがハーバード大学に留学していたのは有名だ。

で、昨日のジャック・マーさんの続きですが。

ジャック・マーさんは英語教師ですから、通訳としてアメリカに渡ってたのですね。

1995年。ジャック・マーさんはアメリカでヒントを得て、中国初の中国版イエローページを開設した。
それがアリババの始まりです。

で、ジャック・マーさんは留学中のあの江沢民のお孫さん江志成(こうしせい)さんと仲良しだったのですた。

以下が江志成(こうしせい)さんです。

確かに江沢民に似てる。

江志成さんは、2010年にハーバード大を卒業後、ゴールドマン・サックスで勤務していました。
ちなみに、父親の江綿恒さんもゴールドマン・サックスの幹部です。

で、その後、江志成さんは、香港で博裕キャピタルを設立しました。
ここには香港最大の金持ちの李嘉誠(リー・カシン)も出資した。

アリババにはこの江志成さんの博裕キャピタルが出資したのですた。

ちなみに共産党の常任委員劉雲山の子の国開キャピタルも出資しました。

つまり、ソフトバンクの孫さんがどこの馬の骨とも分からない英語教師の熱意にほだされて20億をポンと出資した。
という訳は全然なく。

ゴールドマン・サックス一派=江沢民が裏にいる。
同じ仲間だから20億をポンと出したのですた。

それにしても、なぜ中国共産党幹部の子弟がこんなにもアメリカに留学してるのでしょうか。
その理由が以下です。


中国高官たちはアメリカ移住がお好き 経済界

さて、中国高官(党・政府・国有企業で高位の人たち)や中国人大富豪は住みにくい中国大陸を捨て、移住先として、北米、特に、アメリカを目指す。 前者は、他の国・地域へ逃亡した人数を含め、計約1万8000人も及ぶという。

後者は、しばしば中国高官と関係が深い。
アリババ(阿里巴巴)のジャック・マー(馬雲)はその好例で、江沢民の孫、江志成、温家宝前首相の子、温雲松らに近いと言われる。

中国では政権が交代したら、その途端、今までの政策が一挙に変わることがある。
だから、中国高官らの地位・財産はもろくて危うい。また、大気・水・土壌・食品等の環境問題も深刻である。

そこで、中国高官や中国人大富豪は巨額のカネを入手した暁には、真っ先にアメリカへの移住を考える。

そのやり方は、

@弟を当地へ留学させる。

A愛人を当地の「愛人村」に住まわせる。

B妻が妊娠したら、当地の「出産センター」(「妊婦村」ともいう)へ送り、当地で子供を産ませる、などが考えられる。将来、自分と家族・親戚一同が移住するためである。

第1に、もし子供が米国籍を取得すれば、その両親は米国へ移住しやすい。

例えば、習近平は、彭麗媛との間の娘、習明沢を米ハーバード大学へ留学させている(2012年秋、習近平が総書記になる直前、明沢は帰国したと伝えられたが、実際は、大学卒業まで米国に滞在したようである)。また、李克強首相も娘を米国へ留学させていた。このように、党最高幹部子弟の大半が米留学している。

第2に、「愛人村」で有名なのは、米カリフォルニア州ロサンジェルス郊外のローランドハイツだろう(カナダではバンクーバー郊外にも同じような「愛人村」が存在する)。

中国高官らは、米国の永住権取得目的で豪邸を購入する。そして、愛人に財産管理をさせ、いざという時には、そこへ逃亡する算段である。 近年、中国では、愛人生活を送る若い中国人女性の暮らしぶりを描いた、薛曉?監督、湯唯主演の「北京遇上西雅図(Finding Mr.Right)」(邦題「北京ロマンinシアトル」)が人気を博した。

第3に、中国高官や中国人大富豪は、妻が妊娠して臨月間近になったら、旅行と見せかけて米国へ送り込む。そして、ロサンジェルスやニューヨークなどの大都市にある、中国人医師・看護師の待つ「出産センター」で子供を産ませる。出生地主義の米国では、その子供は必ず米国籍が取得できる。当然、その親も将来、米国籍を取得する権利が生じる。

中国共産党は、少なくても表向きは、アメリカを“敵視”している。同時に、共産党は、西側の価値観(自由や民主主義等)を明確に否定している。だが一方では、自分や家族・親戚が米国移住するための準備を着々と整えている。日本人には、この中国人の“現実主義的な考え方”がよく理解できないかもしれない。

ただ、習近平政権が誕生してから、「キツネ狩り」と称し、捜査官を米国へ派遣し、汚職高官を摘発、逮捕するよう努めている。しかし、現時点では、米中間に犯人引き渡し条約がない。中国共産党はオバマ政権に汚職高官の「ブラックリスト」を渡しているというが、その引き渡しに関しては、米国の高度な政治的判断がまたれる。

これも酷い。
日本で例えるなら自民党の幹部の子息、子女がみーんな米国留学してるってことです。

共産党の中央政治局の常務委員9人のうち、少なくとも5人の子や孫が米国留学とあります。



同紙は中国の特権階級が米国へ押し寄せる現象を「中国人の米国教育への憧れ」と指摘した。米国留学する中国人学生は過去15年で4倍に急増。中でも共産党高級幹部の子供たちは州立大など公立校へは行かず、ハーバード大など学費の高い有名私立大を目指すのが一般的。党の最高意思決定期間である中央政治局の常務委員9人のうち、少なくとも5人の子や孫が米国留学しているという。

過去の党最高指導者のうち、趙紫陽元総書記、江沢民前国家主席の孫がハーバード大に留学。留学費用の出所について唯一公開しているのは、先日失脚した薄煕来(ボー・シーライ)前重慶市党委員会書記の息子。薄前書記の正式年収は2万ドル(約160万円)足らずなのに対し、ハーバード大の学費は年約7万ドル(約560万円)だが、「奨学金と母親の貯蓄でまかなっている」と説明している。

さらに、次期最高指導者に決まっている習近平(シー・ジンピン)国家副主席の娘もハーバード大に留学中。中には仏パリで社交界デビューした高級幹部の娘もおり、世間からは「口では米国をののしりながら、子供は米国の奴隷になっている」と痛烈な批判も出ている。(翻訳・編集/AA)

まぁ、とにかくファーウェイ幹部がタイーホされ、ソフトバンクが通信障害になる。
同時期にフランスでデモが激化する。

それは中国子弟の留学組が作ったIT企業=アジアのロスチャイルド別動隊がやられてる。
経緯を知ればぜーんぶつながってると分かるというものでしょう。

書いてるうちにまた長くなってしまいますた。
次回に続きます。
https://golden-tamatama.com/blog-entry-softbank-alibaba3.html

17. 中川隆[-11897] koaQ7Jey 2019年2月23日 13:28:41 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[79] 報告
小和田雅子 取り巻く男たち(外務省時代の彼氏・・・・) 2013年05月16日
https://ameblo.jp/9023410651/entry-11523618963.html

 雅子は、白人・アラブ系の大使や来賓とは会っているのに、他人種の大使や
来賓とは会わない。(あきらかな人種差別的行為と言える)
昭和天皇妃の葬儀は欠席し、自分の母方の祖父の江頭豊の葬儀には、皇太子
に愛子ともども3日も参列した。
事実だけを連ねるだけで、その醜悪さが知れる。

 母方の祖父、江頭豊(えがしらゆたか)は、江頭安太郎の3男で、江頭家は
佐賀藩主鍋島家の下級藩士と伝えられているが、史料や系図が一切なく、
賤しい出自であると考えられる。(部落出身との噂がある)

 佐賀鍋島藩と言えば、藩校での成績で、家禄を減らすという歪な教育偏重を
行った藩として知られる。「佐賀んもんの通った後はペンペン草も生えん。」と
謂われ、平野しかないため、資源がなく、雑草1本でも拾って肥料にした。
出身者は独りよがりで意地汚く、潔くない、「鬼畜」と呼ばれる人材が多い。

 母方の祖父、江頭豊は、日本興業銀行から、水俣病を引き起こしたチッソに
専務として入った。社長時代、水俣病の原因が工場にあると知りながら稼働し
続け、患者や家族に謝罪はしても補償に応じず、悪質なデマを流し、患者や
家族を冒瀆し続けた。

会長時代の1972年1月7日、千葉県市原市のチッソ石油化学五井工場で、警備
員(暴力団員)ら約200人に、自主交渉派の被害者ら15人を集団で襲わせた。
「ライフ」誌などに水俣病の現実を発表し続け、「MINAMATA」を世界に知らせた
写真家、ユージン・スミス(53)と妻のアイリーン・美緒子・スミス(21)が同行して
いたが、この江頭豊の指示で暴力団にカメラを壊され脊椎を折られ、片目失明
の重症を負い、アイリーン・美緒子・スミスは強姦された。ユージン・スミスは
時間とエネルギーを写真に向けるため告訴せず、アイリーン・美緒子・スミスと
離婚後の1978年10月、アメリカで後遺症が元で発作を起こし死亡。

1999年、ユージン・スミスの娘も14歳で強姦されている。江頭豊は、その後も
相談役としてチッソに君臨した鬼畜である。

 こんな鬼畜・江頭豊の孫娘達の幸せそうな写真「小和田姉妹」と、ユージン
スミスが撮影した、15歳の胎児性水俣病の悲惨な「入浴する智子と母」(21歳で
死亡)を見比べて見るが良い。これだけでも、鬼畜の孫娘、雅子は幸せには
なってはならないと思う。

 江頭豊の地所(東京都目黒区南一丁目)に、雅子の実家はある。

父小和田恆(ひさし)は、実質入り婿である。

小和田家の血筋もかなり怪しい。

なりすまし朝鮮人疑惑の根拠に、父方の祖父、毅夫と父、恆は、村上
から新潟に墓を移した際、曽々祖父、曽々々祖父の墓も移さず、村上来訪
の際も墓参もしなかったと言われる出来事がある。小和田恆は、優美子とも
ども創価学会(大鳳会)との繋がりがある売国奴で、雅子も同様であるそうだ。
小和田恆は、収賄疑惑が多く、雅子を差し出さなければ、監獄に収監されて
いたのは間違いないそうだ。

売国奴とすれば当然かも知れないが、下劣醜悪極まりない。

さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さないでは、

出張先で夜中「缶切りをもってこい。」と要求があり、持っていくと「その缶切り
を試したかい。」と質問があり「試してない。」と答えると、そのままドアを
閉めてしまった。

     さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を
     許さないでは、 

 外務省を見限って課長を最後に退職したOBに、浅井基文と岡本行夫がいる。
しかしこの二人の生きざまはあまりのも好対照である。
 私の六年先輩にあたる浅井基文は、日米安保条約を聖域視する対米従属
外交に失望し、中国課長を最後に退職した。その後まもなく『日本外交』を
出版し、安保条約に全面的に依存する日本外交の危うさを訴えた。その浅井
を、外務省は組織をあげて潰しにかかった。直接、浅井から聞いた話だが
退職した当時の次官であった小和田恒は、「今後もし外務省に弓を引くよう
な真似をすれば、省をあげて潰しにかかる。」と、面と向かって引導を渡した
という。若い外務官僚たちもこれに迎合するように、「霞ヶ関に近づけば押し
返してやる。」と悪態をついたという。ろくに勉強もせず経験もない駆け出しの
若い官僚が、先輩に対しここまで品のない言動をとってしまうところに、外務省
の質の低下を感じる。

渡辺亮次郎のエッセイでは、
国際司法裁判所の判事とやらに選出されたからである。皇太子妃の実父
だから昔なら批判ご法度なのだが、最近の世相はだからと言って口さがない。
数年前、現職の小田判事を「任期途中で辞めさせてでも、」と、就任工作
(小田にとっては辞任工作である)をやらせたのはひどかった。」とか「あんな
顔していて、実にカネに汚い。」とか「公私混同がひどい。」とか「嫁入りに持た
すタンスをえらく値切られた。」という友人もいた。「そりゃお前、めでたいん
だから、お前んちのほうで値切って差し上げたんだろうからいいことをしたな。
とはなったが、ケチで鳴る小和田さんも他人の国際紛争ではけちはしない
だろう、で落ち着きかけた。皇室の親戚がケチで何が悪い。ところが「まだわ
からんぜ。」と付け加える仲間が言った。」何しろ誰も鈴を付けに来ないことを
いいことに国連大使に5年も居座って、まだ降りようとはしなかった。後任の
佐藤行雄が3年10ヶ月できちっと辞めて、もう東京にいるよ。そんなだから
小和田さん、判事の任期(7年)に果たして何期しがみつくか、興味
津々だね。」と、これは後輩外交官だった。結構、口が悪い。

 その娘、雅子、父恆、母優美子の第1子として、昭和38年12月9日誕生。
11歳下に礼子(父恆のコネで国連難民高等弁務官事務所職員)、節子という
2人の双子の妹がいる。父恆の赴任先モスクワとニューヨークで過ごし、7歳
で帰国。小学校4年からは東京・世田谷区の私立田園調布雙葉学園小学校に
編入。高校1年の1学期まで在籍。父恆がアメリカ公使の肩書で、ハーバード
大学客員教授を兼任。ボストン郊外のベルモント高校、ハーバード大学(私立)
に入った。アメリカの大学は、教員や有力者の子弟は無試験に近い状態で
入学できる。パパブッシュの出たエール大学に押し込んだ馬鹿ブッシュを思い
出せば良い。まして外国人。卒論も、糠沢和夫経団連理財部長と東京銀行の
真野調査部長、国際金融情報センターの榊原総務部長(いずれも当時)への
謝辞が綴られている。

よほど学歴にコンプレックスがあるのだろう、易しい帰国子女枠で東京大学
法学部(経済学部は不合格)に再入学している。在学中に外交官試験で
外務省に入省。小和田恆のコネの縁故採用だろう。国費(税金)で
オックスフォード大学大学院に留学し、修士号も取れずに帰国(税金の無駄
使い)しているので、脳味噌の程度がわかる。
世界遺産ともいえる皇室の伝統を破壊しているのも理解できてしまうのである。

小和田雅子をめぐる噂

 さらに皇室記者たちが「小和田雅子の可能性なし」と断定したのには、もっと
決定的な理由があった。
 それはズバリ、彼女の男性関係にまつわる噂だったという。
妃候補としてその名前がはじめて浮上した6年前から、小和田雅子という
女性に は常に男性の噂がつきまとってきた。
 実は妃内定直後の1月11日、アメリカの日刊紙「シカゴ・サン・タイムズ」が
“小和田雅子サンの元ボーイフレンドが彼女のトップレス写真を持っている”
といった衝撃的な内容の記事を掲載する騒ぎが起きている。

「日本のマスコミはこの記事の存在を知りながら一切黙殺していたようですね。
それに同紙もそのわずか4日後に記事を取消す続報を掲載して、あれはデマだ
ったという結論にいつしか落ち着いてしまった」
 しかし、地元では依然として噂はくすぶり続けているという。というのも、
告白したデビッド・カオなる男性は確かに実在しており、最低でも2回はハー
バード留学中の彼女と同じパーティーに出席していたことが確認されていると
いうのだ。在米特派員の一人もこう首をひねる。
「『シカゴ−』紙はいい加減な三流ゴシップ紙ではないですからね。デマだと
したら、どうしてあんな記事を載せたのか。その後の記事取消しもあまりに対
応が早すぎるし、不自然な点は多い」
 真偽はさておき、この「シカゴ−」紙の記事と同じようなハーバード大学留
学中の男性関係についての噂はこれまでもかなり頻繁に囁かれている。曰く「
白人男性とつきあっていた」「日本人留学生と半同棲生活を送っていた」等々。
 妃候補として彼女の名前がはじめて浮上した87年には、宮内庁と一部マスコ
ミに、やはり彼女が白人男性と交際していたことを英文で綴った怪文書がアメ
リカから送りつけられている。
                
雅子の相手をした男
 長崎選手
 デビットカオ
 カルロス
 奥参事官
 外務省上司
 外務省同僚
 大野医師
 国連大学総長
 皇太子・・・・・・・2回 ?(愛子は人工授精)
 雅子は床上手?
宮内庁が88年に突如として小和田雅子を妃候補から除外したのも、公にされ
ている母方の祖父が公害タレ流し企業のチッソ社長をつとめていたから、とい
うような理由ではなく、このハーバード時代の交友関係が原因だったとの見方
もある。

「妃候補の家系は皇太子に引き合わせる前に必ず調べますからね。
チッソを問題にするなら、最初から会わせていませんよ。時期的に見ても
小和田サンを
はずしたのは例の白人男性との交友が書かれた怪文書がキッカケになっている
のは確実です。一説には当時の宮内庁長官だった富田朝彦が内調室長
時代のパイプを使って雅子サンのハーバード時代を徹底的に洗い直したと
いう話もある」

 いや、ハーバード時代だけではない。外務省の研修でオックスフォード大学
に留学中の際には、イギリス人男性との交際が噂になったこともあり、あるフ
リーカメラマンがツーショットを撮影して、女性週刊誌に持ち込んだもののボ
ツになった、とのまことしやかな話も漏れ伝わっている。

 91年の春から92年のはじめにかけては外務省内で上司と不倫をしてい
る、との噂がかけめぐった。この時、相手と名指しされたのは彼女の所属する
北米二課のM課長補佐。

「たしかに小和田サンとMサンは例の半導体交渉でコンビを組んでいた関係で
二人きりで海外出張する機会も多かった。外務省は伝統的に不倫の多い
役所で すから、噂になるのもわかりますけど、でも実際はどうですかねえ」
上司との不倫ではS北米二課長との関係を指摘する怪文書が出回るな
ど、とにかくこのテの話は数えあげればキリがないほど流れてきたのである。

その相手とは東大法学部から彼女と同期で外務省に入省している男性。もちろ
ん独身である。ここでは仮にT氏としておこう。
「T君のことは我々の間でも有名でしたよ。この何年かというもの、小和田サンの
側には常に彼の姿がありましたからね。かなり真面目なつきあいという印象でし
たし、我々が小和田サンの可能性が薄いと判断したのも、T君の存在が大きかっ
たため」(女性週刊誌記者)

 たしかに二人は東大時代からかなり親しくつきあっていたようだ。
小和田雅子は 外交官試験に合格したばかりの86年10月、裏磐梯へ
男5人女5人で一泊二日の グループ旅行に出かけているが、T氏もこれに
参加しているまた、妃候補としてマスコミに追いかけ回されていた入省直後の
頃、通勤電車の 中でT氏が彼女をかばうように隣りにいる姿も何度か
目撃されている。

 二人の親密さを裏づけるようにこの間、週刊誌等に掲載された彼女の
プライべー ト写真の中にも、隣にT氏がピッタリと寄り添っている写真が
何点か存在する。

 そして88年7月、彼女は外務省の在外研修でオックスフォード大学に留学
するの だが、実はT氏も彼女と同じオックスフォードを希望、一緒に渡英して
いるのである。

 ある外務省関係者は絶対オフレコを条件にこう話す。
「二人の仲が本格化したのはこのオックスフォード時代と聞いています。
ちょうど彼 女が『否定会見』を開いて、お妃候補からはずれたのもこの時期。
おそらくこの頃、 彼女はTクンとの結婚を真剣に考えていたと思いますよ」

・・・・・皇室に対する復讐か

https://ameblo.jp/9023410651/entry-11523618963.html

18. 中川隆[-11894] koaQ7Jey 2019年2月23日 13:55:10 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[82] 報告

皇室の秘密 雅子=股子は池田大作の子だった!?
http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/441488266.html

皇室の秘密 雅子=股子は池田大作の落胤だった!!

雅子=股子の母親は、小和田優美子。
創価学会会員であり、精神病院入院暦もある。

・小和田一族はみんなスリムなのに、
 雅子=股子一人だけデブ。

・小和田一族は、イチオウ高学歴で
 優等生なのに、雅子=股子一人だけ莫迦。

池田大作の女漁りは、超有名でした。
国会議員も都議会議員も総なめだったとか。

女信者の方から大作教祖様に
抱かれたくて群がりました。

女だけでなく、男も女房娘が
大作の御手つきになることを栄誉としました。

大作の手が付けば、
学会での地位が上がるからです。

で、大作と小和田優美子の子がこれ↓です。

股子.gif

大作と股子、よく似てます!

ま、判断はあなた任せです。


皇室 もう一つの秘密

今、皇室の独裁者はミテコ皇后です。
宮内庁は、ミテコと小和田 恆(おわだ ひさし)と
長官の風岡典創価学会員に牛耳られてます。

ミテコも小和田もチョンです。
ミテコの悪辣さに比べれば
股子なんて霞んじゃいます。

そして、ミテコまた不倫の子なんです。
母優美と西武の堤康次郎との。

優美はチョン系シナ人。
堤康次郎またチョンです。

見てこいミテコ.gif

これまた、判断は貴方しだいです。

堤康次郎存命の頃は、雑誌などに
こういう記事を載せると恫喝されたそうです。
ミテコ本人が電話で脅しもしたとか。

股子の後ろにも、
ヤクザと繋がる部落民が居てます。

豚でもない皇室ではありませんか!!

スポンサーリンク



皇室 も一つの秘密

いま、皇室の大問題は、
先日の生前退位です。

生前退位は、盆暗皇太子を即位させ
次いで愛子天皇を実現させようという
ミテコの熱い熱い願望が発信源です。

ところが、この愛子。
明らかに知恵遅れです。

本来なら、養護学校に進むべきでした。
盆暗夫婦もその気でおったのでしたが、
希望した学校に断られたのです。

で、学習院に進学させ、
学習院を愛子の養護学校にしてしまいました。

愛子の知恵遅れに気づいたミテコは
愛子の影子を立てることにしました。

いま、愛子の影子は四人居るといわれています。

写真は、どうやら本命らしい影子と
ホンモノの愛子です。
本命の素性は不明です。

ミテコも明かすわけがありません。
ホンモノの愛子はどうなるんでしょうね。

あいこ.gif

本命が天皇になり、
チョンの婿を取れば、
ミテコの皇室つぶしは成功です。

日本なくなりますよ!

http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/441488266.html

19. 中川隆[-11894] koaQ7Jey 2019年2月23日 14:07:15 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[82] 報告

2008年10月02日
小和田雅子がお妃リストから外された真相
http://blog.livedoor.jp/fanny_valentine/archives/51133205.html

小和田雅子出勤
隠れ創価信者も博士の独り言より。(2007年7月31日)

過去の経歴を隠しておられるようだが、広中和歌子氏は、数学者・広中平祐氏の夫人である。一家は知られた創価学会員であり、広中和歌子氏が池田大作の通訳を務めたと同様に、令嬢もまた池田大作の通訳を務めている。

なぜ、広中氏が民主党(新進党経由)なのか、との脱会者の指摘も聞こえて来たことがあったが、少なくとも、可能性がいよいよ膨らむ「公明党と民主党による連立」が行われる時のパイプ役となるためであろう。その反日勢力の融着のための「のりしろ」として存在している、と認識すれば判りやすい。

---------引用終了----

雅子さんは1986年12月31日東宮御所への御茶会・年越しパーティに、ハーバード教授の広中平祐らと共に招かれている。

上記の事が公然のことであれば、この時すでに東宮職員の中に、創価の介入がありと考察して良いと思う。

雅子と結婚できなければ、死ぬなどと言って、御所を飛び出したとされる記事もあったが、真実はどうだったのか。 

雅子入内計画がスムーズに進行したかに見えていたが一転、暗礁に乗り頓挫したことに固執し、二度目のお妃候補に急浮上したとき、固辞する態度を見せた小和田家だが、母優美子が「雅子不憫説」の弁を見るといささか胡散臭い。

ここで日英協会を含め浩宮との接触をカウントしていく。

エレナ王女のパーティーの出会いからの軌跡をたどる。

------------

@日英協会→1986年11月中旬、英国大使館で浩宮、小和田雅子出席。

A東宮御所
→ 同年12月31日東宮御所パーティに広中教授らと出席

この東宮御所内で御茶会はごく内輪の催しものだった。そういう茶会に両親、妹と共に招かれたのである。また小和田一家と親しい広中平祐ハーバード大学教授と谷口貞一ボストン総領事館の家族も同席。

B当日東宮御所の年越しパーティーに出席、浩宮と顔合わせ

C日英協会→1987年、1・9 皇太子、もちつき大会で小和田雅子と会う
D日英協会 →同年、2月、小和田雅子と会う。
E日英協会→同年 4月上旬にパーティで皇太子、小和田雅子と会う

F日英協会パーティーののち、高円宮邸の夕食会が4月25日、セッティング→小和田雅子を浩宮が出迎え夕食会へ二人で出席。
(この日、英国夫妻が欠席する。それらの理由から、後、高円邸での夕食会の運びとなる)

G東宮御所→小和田雅子を御所へ招く。(このあたりから、浩宮と小和田の急接近が一部マスコミに漏れ始まる。)

H東宮御所→浩宮さまの学友の賀陽正憲と一緒に雅子さんを招き現在の東宮仮御所内にて、夕食を共にする
I12月20日 指差し恫喝事件勃発→1987年12月20日付けの日刊スポーツで、
かなり厳しい言葉を取材のカメラマンに次々発したと報じられた>ソースは河原本


1987年内までに小和田雅子が浩宮と積極的に足を運び会われた回数と小和田雅子のマスコミ対応である。

最初のこの流れから見れば、無理やり小和田雅子を拉致って会っているのか?
小和田は、好奇心から御所へ上がっていると優美子に言っている。

あの指差し恫喝が小和田の本性を知らしめた後、

海外紙は一斉に小和田雅子の留学中の男性遍歴を報じ、マスゴミは報道規定でも持っていたのか無視を決め込んでいた不思議がある。

日本のマスゴミは創価の影響が大きく無視し続けていたとみていいと思う・・・しかし、決定的な事件がおこる。アメリカからの英文怪文書の送付である。

このことに触れず、美智子妃は、小和田家・および雅子のマスコミ対応にお妃としてふさわしくないとして諦め、その後、宮内庁側にある 「怪文書」が送られ無視できなくなった最大の理由のひとつであり宮内庁は小和田雅子をお妃リストから外す。

それはズバリ、彼女の男性関係にまつわる噂だったという。

妃候補としてその名前がはじめて浮上した6年前から、小和田雅子という女性に
は常に男性の噂がつきまとってきた。

 実は妃内定直後の1月11日、アメリカの日刊紙「シカゴ・サン・タイムズ」が
“小和田雅子サンの元ボーイフレンドが彼女のトップレス写真を持っている”
といった衝撃的な内容の記事を掲載する騒ぎが起きている。

「日本のマスコミはこの記事の存在を知りながら一切黙殺していたようですね。
それに同紙もそのわずか4日後に記事を取消す続報を掲載して、あれはデマだったという結論にいつしか落ち着いてしまった」(大手紙・外信部記者)

 しかし、地元では依然として噂はくすぶり続けているという。というのも、告白したデビッド・カオなる男性は確かに実在しており、最低でも2回はハーバード留学中の彼女と同じパーティーに出席していたことが確認されているというのだ。在米特派員の一人もこう首をひねる。
「『シカゴ・サン・タイムズ』紙はいい加減な三流ゴシップ紙ではないですからね。デマだとしたら、どうしてあんな記事を載せたのか。その後の記事取消しもあまりに対応が早すぎるし、不自然な点は多い」

「シカゴ−」紙の記事と同じ内容で、ハーバード大学留学中の男性関係についての噂はこれまでもかなり頻繁に囁かれている。
お妃候補として彼女の名前がはじめて浮上した87年には、宮内庁と一部マスコミにやはり彼女が白人男性と交際していたことを英文で綴った怪文書がアメリカから送りつけられている。

曰く「 白人男性とつきあっていた」「日本人留学生と半同棲生活を送っていた」等々。これが真相のようである。


宮内庁が88年に突如として小和田雅子を妃候補から除外したのも、公にされている母方の祖父が公害タレ流し企業のチッソ社長をつとめていたから、というような理由ではなく、このハーバード時代の交友関係が原因だったとの見方もある。

「お妃候補の家系は皇太子に引き合わせる前に必ず調べますからね。チッソを問題にするなら、最初から会わせていませんよ。時期的に見ても、小和田さんをはずしたのは例の白人男性との交友が書かれた怪文書がキッカケになっているのは確実です。一説には当時の宮内庁長官だった富田朝彦が内調室長時代のパイプを使って雅子さんのハーバード時代を徹底的に洗い直したという話もある」(宮内庁担当記者)

 いや、ハーバード時代だけではない。外務省の研修でオックスフォード大学に留学中の際には、イギリス人男性との交際が噂になったこともあり、あるフリーカメラマンがツーショットを撮影して、女性週刊誌に持ち込んだもののボツになったとの、まことしやかな話も漏れ伝わっている。

 また、91年の春から92年のはじめにかけては外務省内で上司と不倫をしている、との噂がかけめぐった。
この時、相手と名指しされたのは彼女の所属する北米二課のM課長補佐。

「たしかに小和田サンとMサンは例の半導体交渉でコンビを組んでいた関係で、二人きりで海外出張する機会も多かった。外務省は伝統的に不倫の多い役所ですから、噂になるのもわかりますけど、でも実際はどうですかねえ」(外務省関係者)

 さらに上司との不倫ではS北米二課長との関係を指摘する怪文書が出回るなど、とにかくこのテの話は数えあげればキリがないほど流れてきたのである。

噂の真相 1993年3月号
マスコミが絶対書けない皇太子妃・小和田雅子逆転決定に見る
“現代の生贄”の検証

 ●結婚を誓い合った恋人がいた!?

 しかし、こうした無責任なデマがとびかう中で、小和田雅子を取材し続けてきた記者たちが唯一「本物」と口を揃える相手がいる。

 その相手とは東大法学部から彼女と同期で外務省に入省している男性。もちろん独身である。ここでは仮にT氏としておこう。

「T君のことは我々の間でも有名でしたよ。この何年かというもの、小和田さんの
側には常に彼の姿がありましたからね。かなり真面目なつきあいという印象でしたし、我々が小和田さんの可能性が薄いと判断したのも、T君の存在が大きかったため」(女性週刊誌記者)

 たしかに二人は東大時代からかなり親しくつきあっていたようだ。小和田雅子は外交官試験に合格したばかりの86年10月、裏磐梯へ男5人女5人で一泊二日のグループ旅行に出かけているが、T氏もこれに参加している。

 また、妃候補としてマスコミに追いかけ回されていた入省直後の頃、通勤電車の中でT氏が彼女をかばうように隣りにいる姿も何度か目撃されている。
 二人の親密さを裏づけるようにこの間、週刊誌等に掲載された彼女のプライべート写真の中にも、隣にT氏がピッタリと寄り添っている写真が何点か存在する。

 そして88年7月、彼女は外務省の在外研修でオックスフォード大学に留学するのだが、実はT氏も彼女と同じオックスフォードを希望、一緒に渡英しているのである。

 ある外務省関係者は絶対オフレコを条件にこう話す。
「二人の仲が本格化したのはこのオックスフォード時代と聞いています。ちょうど彼女が『否定会見』を開いて、お妃候補からはずれたのもこの時期。おそらくこの頃、彼女はTクンとの結婚を真剣に考えていたと思いますよ」

----
2度目のお妃候補浮上に対するマスコミへ会見で述べた
小和田恒の「マスコミ報道に傷ついた」発言は、小和田雅子の怪文書に対するものであればとても解り易い。

その後、皇太子は数多にのぼるお妃候補とお見合いするのだが、・・・
一連の流れは以下の通り。

なぜかかしら、小和田雅子が入内したのち、皇后さまや信子様の身が大変な事が起きているのだ。

また紀子妃殿下や秋篠宮さまにも。

「これが雅子のしかいし」でしょうか。


1990年(平成2年)12月10日 路上インタビューを試みたフジ「タイム3」ディレクター勝本晶子氏に対し「涙を流さんばかりに笑い転げた」。
1992年(平成4年)2月13日 日本新聞協会が皇太子妃報道自粛の申し合わせ
1992年(平成4年)2月23日 皇太子誕生日記者会見「(お妃の条件について)みんなが納得してくれる人というのが必要と思う」
1992年(平成4年)4月    学習院大学史料館の客員研究員に就任。
1992年(平成4年)8月16日 千代田区五番町の元外務次官柳谷謙介氏宅でひそかに再会、5年の空白期間を忘れて近況を語る。
       柳谷氏本人がテレビで、皇太子をバンに乗せて自宅に連れて行ったと語る(拉致か?)
1992年(平成4年)10月3日 千葉県市川市の宮内庁新浜鴨場でプロポーズ(その後、雅子さんは辞退される)。
1992年(平成4年)11月28日 東宮仮御所で3度目のデート。
1992年(平成4年)12月12日 東宮仮御所で二人きりの時に、雅子さんはプロポーズに対しOKする。
1992年(平成4年)12月25日夜 東宮仮御所に両陛下をお招きして夕食をとられた“後”雅子さんを招き、初めて紹介された。
          実質的にお二人のご婚約が内定。
1992年(平成4年)12月30日 赤坂御所に小和田夫妻を招いて、両陛下がお会いになった。
1993年(平成5年)1月19日 午前8時から開かれた皇室会議によってご結婚が正式に決定。
          同日午後2時45分から東宮仮御所でお二人の記者会見。
1993年(平成5年)6月9日 小和田雅子さん皇太子とご成婚。


1993年(平成5年)10月 美智子さまが皇室内で仕切っているとのマスコミによる女帝報道が流れる。御所内の木を美智子様の指図で切ったという週刊誌での叩き。御所内の動きを知りうる人間からのリークに基づくものか。

-------

現在、雅子さんには、結婚前と同様な噂が囁かれている。単なる中傷だろうか・・・
http://blog.livedoor.jp/fanny_valentine/archives/51133205.html

20. 中川隆[-11892] koaQ7Jey 2019年2月23日 14:19:21 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[84] 報告


噂の真相1993年3月号
マスコミが絶対書けない皇太子妃・小和田雅子逆転決定に見る“現代の生贄”の検証

■小和田雅子をめぐる噂の数々

…さらに皇室記者たちが「小和田雅子の可能性なし」と断定したのには、もっと決定的な理由があった。

それはズバリ、彼女の男性関係にまつわる噂だったという。

妃候補としてその名前がはじめて浮上した6年前から、
小和田雅子という女性には常に男性の噂がつきまとってきた。

実は妃内定直後の1月11日、アメリカの日刊紙「シカゴ・サン・タイムズ」が
“小和田雅子さんの元ボーイフレンドが彼女のトップレス写真を持っている”
といった衝撃的な内容の記事を掲載する騒ぎが起きている。

「日本のマスコミはこの記事の存在を知りながら一切黙殺していたようですね。
それに同紙もそのわずか4日後に記事を取消す続報を掲載して、
あれはデマだったという結論にいつしか落ち着いてしまった」(大手紙・外信部記者)

しかし、地元では依然として噂はくすぶり続けているという。というのも、
告白したデビッド・カオなる男性は確かに実在しており、
最低でも2回はハーバード留学中の彼女と同じパーティーに出席していたことが
確認されているというのだ。在米特派員の一人もこう首をひねる。

「『シカゴ−』紙はいい加減な三流ゴシップ紙ではないですからね。
デマだとしたら、どうしてあんな記事を載せたのか。

その後の記事取消しもあまりに対応が早すぎるし、不自然な点は多い」
真偽はさておき、この「シカゴ−」紙の記事と同じような
ハーバード大学留学中の男性関係についての噂はこれまでもかなり頻繁に囁かれている。

曰く「白人男性とつきあっていた」「日本人留学生と半同棲生活を送っていた」等々。

妃候補として彼女の名前がはじめて浮上した87年には、宮内庁と一部マスコミに、
やはり彼女が白人男性と交際していたことを英文で綴った怪文書がアメリカから送りつけられている。

宮内庁が88年に突如として小和田雅子を妃候補から除外したのも、
公にされている母方の祖父が公害タレ流し企業のチッソ社長をつとめていたから、
というような理由ではなく、このハーバード時代の交友関係が原因だったとの見方もある。

「妃候補の家系は皇太子に引き合わせる前に必ず調べますからね。
チッソを問題にするなら、最初から会わせていませんよ。

時期的に見ても、小和田さんをはずしたのは
例の白人男性との交友が書かれた怪文書がキッカケになっているのは確実です。

一説には当時の宮内庁長官だった富田朝彦が内調室長時代のパイプを使って
雅子さんハーバード時代を徹底的に洗い直したという話もある」(宮内庁担当記者)
いや、ハーバード時代だけではない。外務省の研修でオックスフォード大学に留学中の際には、
イギリス人男性との交際が噂になったこともあり、あるフリーカメラマンがツーショットを撮影して、
女性週刊誌に持ち込んだもののボツになった、とのまことしやかな話も漏れ伝わっている。

また、91年の春から92年のはじめにかけては外務省内で上司と不倫をしている、との噂がかけめぐった。

この時、相手と名指しされたのは彼女の所属する北米二課のM課長補佐。
「たしかに小和田さんとMさんは例の半導体交渉でコンビを組んでいた関係で、
二人きりで海外出張する機会も多かった。外務省は伝統的に不倫の多い役所ですから、
噂になるのもわかりますけど、でも実際はどうですかねえ」(外務省関係者)
さらに上司との不倫ではS北米二課長との関係を指摘する怪文書が出回るなど、
とにかくこのテの話は数えあげればキリがないほど流れてきたのである。

■結婚を誓い合った恋人がいた!?

しかし、こうした無責任なデマがとびかう中で、
小和田雅子を取材し続けてきた記者たちが唯一「本物」と口を揃える相手がいる。
その相手とは東大法学部から彼女と同期で外務省に入省している男性。
もちろん独身である。ここでは仮にT氏としておこう。
「T君のことは我々の間でも有名でしたよ。

この何年かというもの、小和田さんの側には常に彼の姿がありましたからね。
かなり真面目なつきあいという印象でしたし、我々が小和田さんの可能性が薄いと判断したのも、
T君の存在が大きかったため」(女性週刊誌記者)


たしかに二人は東大時代からかなり親しくつきあっていたようだ。
小和田雅子は外交官試験に合格したばかりの86年10月、
裏磐梯へ男5人女5人で一泊二日のグループ旅行に出かけているが、T氏もこれに参加している。

また、妃候補としてマスコミに追いかけ回されていた入省直後の頃、
通勤電車の中でT氏が彼女をかばうように隣りにいる姿も何度か目撃されている。
二人の親密さを裏づけるようにこの間、週刊誌等に掲載された彼女のプライべート写真の中にも、
隣にT氏がピッタリと寄り添っている写真が何点か存在する。

そして88年7月、彼女は外務省の在外研修でオックスフォード大学に留学するのだが、
実はT氏も彼女と同じオックスフォードを希望、一緒に渡英しているのである。
ある外務省関係者は絶対オフレコを条件にこう話す。

「二人の仲が本格化したのはこのオックスフォード時代と聞いています。
ちょうど彼女が『否定会見』を開いて、お妃候補からはずれたのもこの時期。
おそらくこの頃、彼女はT君との結婚を真剣に考えていたと思いますよ」

これが事実なら、小和田雅子には将来を誓い合ったレッキとした恋人がいたということになる。

ここはやはり、当のT氏に真相を聞いてみるしかないだろう。

現在、外務省経済局につとめるT氏は、しかし、本誌が
「雅子さんとあなたが結婚を前提におつきあいされていたとの情報があるんですが」と尋ねると、
まるでその質問を予想していたかのように、「その話ならお話するつもりはありません」とハネつけた。

だが、T氏に直接取材したことのある民放記者はこんな証言をする。
「一度だけT君に『雅子さんと結婚するつもりなのか』と詰めよったことがあるんです。

ところがその時、彼はニコニコ笑っているだけでまったく否定しなかった」
実をいうと、小和田雅子とT氏はまさに宮内庁が再び彼女を検討しはじめた昨年、
正式に結婚しようとしていたのではないかとの見方もある。外務省の同僚の一人はこう語る。

「省内でも昨年の6月頃にそんな話が流れていましたね。

結婚については当初、雅子さん父親・恒さんが反対だったことに加えて、
留学を終えてから雅子さんは本省勤務、T君は英国大使館勤務と離れていたこともあり、
立ち消えになっていたらしい。ところがT君が昨年5月に本省に戻ってきたことで、
再び話が進みはじめ、恒さんも二人のことを許したようだと聞いていたんですが」
その矢先に強引に割込んできたのが、「皇太子妃になってほしい」との宮内庁からの要請だったわけだ。

報道によると、柳谷謙介元外務省次官が宮内庁のメッセンジャーとして
はじめて小和田家にアプローチをこころみたのは昨年6月。
それから8月16日の第1回デートにこぎつけるまで2カ月もの時間を要したのも、
T氏の問題があったからではないか、と推測される。
「とりあえず、恒さんがT氏に結婚話を一旦、白紙に戻すよう説得したと聞いている。

恒さんとしては皇太子妃の要請があった以上、他の結婚話を進めるわけにはいかなかったんでしょう」
(前出・外務省関係者)


しかし、もっと決定的だったのは、天皇訪中とのカラミではないかといわれる。
宮内庁から小和田家に働きかけがあった昨年6〜8月といえば、まさに天皇訪中をめぐって
自民党内部でも賛否両論が真っ二つにわれていた時期でもある。

そして訪中を最も積極的に進めていたのが外務省だったことはいうまでもない。
「外務省としては中国政府に約束手形を切っている以上、どうしても訪中を実現させる必要があった。

ところが、“お言葉”問題などをめぐって右派の抵抗が思いのほか強くかなり難航していたんです。

そんな状況で外務省が頼みの綱にしていたのは、天皇自身の意向だったんですね。
もちろん決定権が天皇にあるわけではありませんが、宮内庁に“天皇も行きたがっている”という
ムードをちらつかせてもらえば、少なくとも右派を黙らす材料にはなりますから」(外務省詰記者)
そして、この訪中問題の外務省側の責任者として天皇や宮内庁との折衝にあたっていたのが、
他ならぬ小和田次官だった。

「小和田さんは去年の7〜8月にかけて訪中問題で宮内庁の藤森昭一長官、
そして天皇陛下にも10回近く会っている。
これはちょうど小和田さんがデートを応諾した時期とピッタリ重なるんですね」(外務省関係者)


つまり、この時天皇及び長官から小和田次官になにがしかの要請があったのではないか、と推測されるのだ。

「小和田さんも政治的野心の強い人ですからね。当初は娘のことを考えてかなり抵抗していたらしいですが、
途中から方針転換したんじゃないですか。

断った時の政治的リアクションを考えれば、最後はやはり受けざるをえないでしょう」(宮内庁関係者)

それにしても、皇太子=宮内庁が一度は候補者リストからはずしていた小和田雅子を再びもち出し、
ここまで強引にコトを進めていった理由はいったい何なのか―。

たしかに小和田雅子はスター性、大衆への訴求力という意味では
新しい皇室イメージのお妃としての条件は十分に満たしている。
しかしかつて宮内庁がクレームをつけた様々な問題は決してクリアされているわけではない。

例えばチッソの問題にしても、彼女の祖父・江頭豊がチッソの社長に就任したのは
水俣病の問題が起きた後であり、責任はないというのが宮内庁の説明。

しかし、その後の補償交渉で強硬姿勢をとり、
患者との数々のトラブルを引き起こした責任者は他ならぬ彼女の祖父その人なのだ。
また、前述した男性問題もある。日本のマスコミはおさえることができたとしても、
もし、海外のマスコミが彼女の過去の男性関係をほじくり返したたらどうするつもりなのか。
「シカゴ・サン・タイムズ」のようなケースが今後、頻発する可能性がないわけではない。
他にも母方の親戚に日共系の歴史学者・江口朴郎がいること、女系の一族であることなど、
従来の保守的で差別的な皇室の体質からすれば、考えられないような相手を妃に選んだことも事実なのだ。

しかし、これはマスコミのいうような「皇太子さまの一途な想いが頭の固い宮内庁を動かした」結果などではない。
皇太子が一途に小和田雅子を想い続けてきたというのは、マスコミと宮内庁が創作した完全な“嘘”である。

それが証拠に、皇太子は小和田雅子と会った後も何人もの女性に触手をのばしている。
例えば89年、当時、学習院大学の文学部長秘書をしていた藤村南欧子という女性を見染め、
足しげく文学部長室に通いつめたこともあった。また88年には天皇の学友の娘である
明石牧子という女性と御所で見合いをし、ゴールイン寸前まで交際が深まったこともあった。

しかし、いずれも相手に拒否されたり、他の問題があったりでまとまらなかったのである。

つまり、小和田雅子の再浮上は「他にタマがなくなった」結果でもあったのだ。
「結局、最終的に残った選択肢は小和田さんと久邇晃子さんしかなかったんです。
久邇さんは話があれば、うけるつもりだったらしいんですが、
何せ旧皇族出身で天皇家とは縁戚関係にあたり、時代に逆行してしまう。

大衆への訴求力も期待できないし、天皇制の衰退を招きかねないと判断された。
これで駄目ならほんとうに皇太子は結婚できないかもしれないというくらい追いつめられていましたから、
宮内庁も小和田さんで強行突破するしかないと最終的に考えたんじゃないですか」(宮内庁担当記者)


ようするに、天皇家存亡の危機を救うために小和田雅子は“生贄”にされた、それが真相と見る他はない。

マスコミはこの新しい夫婦の誕生を「国際化時代に相応しい」「皇室に新風を吹き込む」と手放しで礼賛し、
そこに新しい時代の幕開けを重ねあわそうとしている。
http://kabanehosi.seesaa.net/article/182048880.html

▲△▽▼


question
nei********さん 2008/6/17 01:27:13

雅子様が精神のバランスを崩した理由について質問です。

雅子様が体調・及び精神のバランスを崩されて、ご静養されていますが、それは2003年に起きた、イラクでの奥克彦参事官がゲリラに殺害されたのが、引き金と聞きました。

故・奥参事官と交際していたのだが、外務省事務次官 だったお父様との仕事の絡みで、結婚することになったのだが、本当は彼と結婚するはずだったので、殺害がショックで話も出来ないほどに落ち込まれてるのは本当なのでしょうか?


補足
ODA関係の疑惑は話題にもなりませんね。雅子さんのお父さんに問題のあることは、マスコミも知りながら一切報じません。

answer
ton********さん 2008/6/17 22:14:24

奥参事官の殺害は、ゲリラではなく、米軍の誤射ではなかろうかとされています。

乗っていた車はすぐに米軍が押さえ、日本に返されたのは、かなり時間が経過した後でした。

そのため、誤射どころではなく、狙い撃ちだったのではなかろうかとの憶測まで流れたものです。

ただ、奥参事官と結婚話まで進んでいたか否かについては、寡聞にして存じません。


補足について。
新聞・TVではほとんど触れられていない状態ですが、週刊誌や月刊誌では、ほのめかされ始めています。

力関係に、何らかの変化が生じ始めているのかもしれませんね。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317197253

21. 中川隆[-11891] koaQ7Jey 2019年2月23日 14:32:41 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[85] 報告

2010/5/16 「思うこと」
https://purple.ap.teacup.com/narugami/444.html
 
宮崎の声を聴きましょう。

江藤拓衆議院議員の国会質問動画も視られます。
民主党側、民主党支持者の霍乱作戦もあって、情報は錯綜しているようです。

宮崎の現場の声で判断しましょう。

左翼が政権を握った年は、天変地変が勃発します。

社会党の村山富市が総理大臣の時は、阪神大震災が起きました。「私の信念に基づいて
自衛隊は派遣しない」と言い張って、死ななくて良い命が7000名近く亡くなりました。

民主党が政権を握ってからも、数々の異変が起きています。大地震も起きるかもしれません。

民主党は左翼は左翼ですが、日本を解体して特亜(特定亜細亜・・中国・韓国・北朝鮮)に乗っ取らせる意図の下に成り立っています。

上層部は在日帰化人集団です。

新人の若い議員達も、ひょっとしたら在日帰化人たちの子供かもしれません。
通名と云う馬鹿な制度の為に日本人と見分けがつきません。

常々書いてきたことですが、日本を乗っ取ろうとする闇の集団は、どちらが表か?搦め手か解りませんが、皇室の乗っ取りと政治の乗っ取りの二手に分かれて攻めてきました。

皇室が乗っ取られても日本は終わります。政治が乗っ取られても日本は消滅します。
「20年後は日本と云う国は存在しない」と、中国の幹部がいいました。

長い長い時間と周到な計画をもって、闇の勢力と反日売国の国会議員や日教組の勢力は暗躍してきました。

悲しいことに、真性日本人でありながら売国反日の議員は沢山いるのです。

それらの集団が、まず皇室に狙いをつけました。

皇太子徳仁さんが軽度の知恵遅れだということは、美智子様のいろいろなお言葉や、皇太子自信のエピソードでもわかります。

例えば

まどの開け閉めも、全開か全閉しか出来ないこと。

イギリス留学のとき、洗濯機に洗剤をひと箱ぶちまけたエピソード。

小学生の成績は、煙突さんとアヒルさんだったこと(美智子様がおっしゃつていらっしゃいました)

中学時代・・「おもうさま赤いお座布団にお点が乗っているよ」

浜尾さんが、「浩宮さまは、何度も反復して覚えてゆきます」

癌で七歳の娘を亡くした母親に、「僕にも七歳の愛子がいます」「寂しいですか?」

これだけの例でも、薄弱だとわかります。ただ、結婚するまでは、両陛下のお導きや、側近たちの擁護で薄弱な面が目立ちませんでした。

この皇太子に狙いをつけて、レーニン信望者であり創価学会信者であり、三代前が半島からと推測され、さらに公害チッソ会長の江頭豊の婿である小和田恒と闇の勢力が、国会の反日売国勢力と外務省の創価学会員たちと組んで、小和田雅子を皇太子に美人局をしました。

これがコールマール疑惑と呼ばれています。

これを隠し撮りしたのではないかと思います。(中国のやり方です・・脅迫に使います)
実際に同衾しなくとも、薄弱の皇太子を騙すくらいは簡単です。

小和田恒は両陛下に会って、脅迫したのでしょう。
昭和天皇も反対をして、両陛下も宮内庁も反対でしたのに、小和田はアメリカのマスコミを動かして結婚は既成事実のようにスクープさせました。

それからの皇太子と雅子の遊び放題、内定費の使い放題、小和田恒にお金を渡すために、皇室の財宝をオークションにかけたりやること成すこと日本を貶める工作の元に、皇室の権威を弱体化させて、この二人が天皇皇后になるのなら、皇室は要らないと国民に思わせるまでに至りました。

小和田雅子は人格障害という生まれつき精神を病んでいます。適応障害は嘘です。
皇太子は小和田雅子と結婚したことによって、雅子から受けるDVの被害者でありいまでは二人精神病と言われるほど小和田のしもべに変貌しました。

両陛下のお悲しみを思うと民草として苦しいです。
でも、今の法律では、天皇陛下には皇太子を廃嫡させる権限を持っていらっしゃいません。皇室会議を開いて、重大な事故を理由に皇太子の位を剥奪は出来るのですが、時の総理大臣と両議院議長も列席します。

左翼政権は、皇太子と雅子が皇室をもっともっとくだくだにして欲しいのですから、なんで廃嫡させるものですか。

かくして天皇陛下の千代田宮内庁とは別組織である、東宮御所の皇太子夫妻側近は、小和田恒の子分で固められ、外務省から来た創価学会員で成り立っています。

天皇陛下も口を出せない別組織ですのに、324000万の内定費を両陛下と共有します。何年か前のオランダ疑惑旅行のように、一億円以上も私的に使われると、両陛下に皺寄せがゆき、両陛下はご静養なども取りやめになられたりします。

遊び事は絶対に取り辞めませんが、皇太子妃としての公的な仕事は完全に拒否しています。あきれ果てたエピソードは山のようにありますが、代表的なエピソードには、赤十字総裁は皇后陛下、副総裁には皇太子妃がなりますが、赤十字から拒否をされて、実質秋篠宮紀子様が副総裁の役をつとめていらっしゃいます。

噂によると「看護婦とはいい学校に行かれない頭の悪い人がなる仕事だ」と言ったそうです。

実際には、看護大学を出た人々は、ハーバードの偽学歴の雅子さんなんぞ敵わない優秀な人々なのです。かくして、赤十字の行事には皇太子妃雅子は何年も出席致しません。

皇太子妃として入内して足掛け17年。皇太子妃としても、小和田雅子と云う女性としても、成し遂げたものは何一つとしてありません。

ここまで無能な人間だとは、闇の勢力も予想外だったことでしょう。

それでも何の色にも染まる皇太子を操り、皇室を貶め、皇室廃止・日本終了も見えてきたのだからそれなりに効果があったのでしょう。

皇太子夫妻に男児が授からず、愛子ちゃんが知恵遅れとして生まれたことも、八百万の神様の劇的な采配がありました。

小和田雅子が、男性遍歴と同棲をしていた事実を箝口令で葬っても、どんなに人工授精をしても着床しない子宮こそが雄弁に物語っています。(堤医師の、どうやっても流してしまうんだよなあとぼやいた声)

愛子ちゃんは確かに皇太子の子ですが、卵子は果たして雅子さんか?産んだのは雅子さんか?妹の礼子か節子が母親なのではないか?大きな疑惑は今も囁かれています。母親としての愛子ちゃんへの愛情が、雅子さんにはかけらも見えないのです。

西尾幹二さんが、雅子さんは「してはならないことをした」と言ったことが、これのことかもしれません。

とまれ、人工授精で愛子ちゃんは生まれて、天皇陛下からさげ渡された「護り刀」を、東宮侍従が受け取り愛子ちゃんの枕元に届ける途中、報道陣が居並ぶ前で東宮侍従が護り刀を落してしまいました。慌てた侍従が今度は護り刀を踏んづけてしまいました。

護り刀は逃げたのだとネットでは言われています。

愛子ちゃんに八百万の神様の守りが無いことがこれで解りますね。

皇太子夫妻は、愛子ちゃんの五歳の祝いであり、皇族として認められるお披露目である、「着袴の儀(ちゃっこのぎ)」も行なっていません。

「着袴の偽」と呼ばれる朝鮮風のピンクと黄色の衣装でごまかしました。

この日から両陛下は「敬宮愛子」と呼ばなくなりました。ただの「愛子」です。皇族の人々にも愛子ちゃんは皇族とは認められていません。

愛子ちゃんが知恵遅れでも、正当な後継者として悠仁ちゃまが生まれても、皇室典範を変えて、長子天皇・愛子女帝の道をなんとかして成立させようと、画策は止みません。

愛子ちゃんを女帝にして、池田大作の血を娶わせれば、池田王朝・朝鮮人王朝が成立します。着々と闇の準備は整えています。

小和田雅子の妹礼子が嫁いだ「池田祐久」は、池田大作の種であると私は睨んでいます。写真が生き写しなのです。

いとこであっても、愛子ちゃんに娶わせれば、池田王朝が成立します。

これらの暗黒の陰謀には、民主党の帰化人たちも、自民党の中の反日売国議員たちも一丸となって暗躍しています。

本当に身震いするほどの悪魔達に日本は絡め取られました。

私が今密かに想像していることは、ひょつとしたら、天皇陛下は、ご自分の125代で皇統を廃止なさるお覚悟かもしれないということです。

なによりも国民を思い、国民の幸せを第一として、日本の安寧を祈られ、世界の平和を祈られる天皇陛下です。

いくら可愛いわが子の徳仁氏であっても、悪魔に魂を売り渡した者を、後継者にはしないだろうと思うのです。

皇太子夫妻が天皇皇后になれば、皇統の歴史に拭いきれない汚点をもたらす事が、一人の国民である私にもはっきり解るからです。

ご自身の意思で皇統を絶つことを全世界に発布なさるのではないかと、その時期を辛抱強く待っていらっしゃるのではないかと、恐れ多くも想像しています。

未曾有の日本の国の危機は、今ここにある危機です。宮崎口蹄疫を見ても解りますね?壊滅的な被害を受けます。

阪神大震災級の大地震が関東におきたとします。

民主党が何をすると思いますか?

何もしません。韓国や中国に軍隊を派遣してもらうかもしれません。

そのまま居座って自衛隊は解散。人民解放軍が日本を共和国に改造します。

皇室が滅んでも日本は終了です。政治が乗っ取られても日本は滅びます。
https://purple.ap.teacup.com/narugami/444.html

22. 中川隆[-11885] koaQ7Jey 2019年2月23日 16:28:45 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[92] 報告

2017年05月30日
ハニートラップ 天皇家、日本が危うい。
http://fanblogs.jp/togu/archive/12/0

日本乗っ取りを企てるスペクターから送られたドクターノオこと雅子
まんまと徳仁をはめることに成功。

もっとも徳仁は、はめられたと言うよりは、はめたかった。
女っけなしで生きてきたから。ちんちくりんだし、仕方ない。

一方の雅子は男経験も豊富、ちんちくりんは溺れた。
また雅子は洗脳にも成功した。


こんなところへ出席しちゃだめだろう。
一般には報道されていない。
外務省はじめ宮内庁、日本の中枢に相当数の学会員がいるという。


何話しているんだ小僧、ちんちくりん。

反日笑顔で写真に納まる洗脳小僧と工作員雅子

これは作りもののようだがこう見られても仕方ない。
http://fanblogs.jp/togu/archive/12/0


▲△▽▼

2017年05月28日
ハニートラップ はめられた皇太子と騙された国民
http://fanblogs.jp/togu/archive/8/0


雅子優秀伝説 

田園双葉の入試に2回落ちて、3回目にお情けで編入。
田園双葉時代の成績は頑張っても専修大がやっと。

アメリカの公立高校では語学最低レベルのESLクラスから出られず。
当時ハーバードで客員教授していた父のコネで女子部のラドクリフに入学。

中国系学生デビッド・カオと半同棲。トップレス写真を撮られる。
卒業論文も父のコネで普通の学生には不可能な経済界の大物達への
インタビュー。

それでも優良可の良にあたる評価がやっと。
普通の会話が続けられずパーティーでは壁の花。

東大への学士入学は簡単なものでしかもここでも父が当時教授をしていた。
授業にはほとんど出席せず、1単位も取れずボロが出る前に中退して
父のいる外務省にコネ入省。

華々しくエリート外交官なんて報道されたが実際はただの外務省職員。
外務省時代は内規違反をしてマイカー通勤しVIP専用駐車場に駐車。
通勤手当をもらっていたので返却することに。しかも連日遅刻。
仕事が出来ないため大切な仕事は任されなかったが、頼まれると失敗して泣く。
それなのに傲慢な態度だった。

職場でのあだ名はコピー番長。
しょっちゅう化粧直しに席を立ち、なかなか戻らなかった。

職場でも父を「お父様」と呼んでいた。
オックスフォードに国費留学するが、同期の中で唯一修士が取れず帰国。
米国、英国、外務省時代に不倫の噂多数有り。
中国系学生と半同棲、トップレスの写真も存在する。
結婚一歩手前の日本人もいた。
浩宮の妃内定なるとダイアナ妃も受けたブライダルチェックを頑なに拒否。
つまり処女ではなかったと言うこと。一方の浩宮は。。
十二単も本当は着たくなかった。
皇室に入内後は悉く自分のやり方を貫く。

ご存じ悪の権化ドクターノオ

黒幕はこの男

外務省時代はただひたすら日本を貶めることに働く
朝鮮人の血を引く。皇室を乗っ取る野望を持つ。
日本国及び日本人の敵。極悪人スペクター。


最近の写真
気色ワルー。

ドクターノオのファミリー

余りにも悍ましい集合写真だ。
テーブルの赤い花は韓国の国花槿。
一家全員が創価学会。

母優美子は殺人鬼江頭豊の娘。双子の妹とアグネスのユ偽フに身を置く。
妹は皇室ゆかりの品をヤフオクに出品、顔が品物に映り込んでばれる。
父親恒は野望実現の為の軍資金稼ぎか、投資に失敗。公金に手をつけ
発覚。軟禁状態に。

ドクターノオこと雅子は嫁ぎ先の祭祀祭礼には一切出ない。
しかし自分の家族とは頻繁に会う。お金は使う。遊びは大いにする。
それも病気故に大目に見ろと。医師も創価学会。
http://fanblogs.jp/togu/archive/8/0


▲△▽▼


2017年05月27日
小僧の女房の評判
http://fanblogs.jp/togu/archive/5/0

小僧の女房と言えば愚妻雅子。そんな雅子の出回っている写真を紹介。


育ちが悪いんだろうね。

平気で人を指差す。

てか、悪の権化ドクターノオ。解るかな。

麻原彰晃みたいだって.jpg

麻原彰晃みたいだって。確かに似てるわ。目がつぶれてて、汚い髪。
陰毛ヘアーとも呼ばれている。

こちらは般若。しかしよく似てる。


皇族の品位も何もない。
やはり、旧皇族、旧公家、旧華族(大名家)からもらえば良かったんだ。
それもこれも親父と高円宮の画策。


それにしても品がないなあ

親がなってないから子供もなってないだって。汚和田、汚ねー。

その親もなっていない。指をさすのは小さい時から。

どんな家なんだ。

汚和田の墓。

新旧混在なんとも不可思議な墓だ。慌てて作ったみたいだ。

新潟に小和田本家があると言う。曰く、そんな家知らないし、分家にもない。
言われているルーツは朝鮮人にほぼ間違いないだろう。

内定前に宮内庁が出自を調べようとした。当然のことだ。これに同和から
抗議が入って出来ずじまい。こんな情報を漏らすこと、横ヤリを入れることの
出来るのは小和田恒本人しかいない。
http://fanblogs.jp/togu/archive/5/0


23. 中川隆[-11882] koaQ7Jey 2019年2月23日 16:30:00 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[95] 報告

2017年05月30日
ハニートラップ 天皇家、日本が危うい。
http://fanblogs.jp/togu/archive/12/0

日本乗っ取りを企てるスペクターから送られたドクターノオこと雅子
まんまと徳仁をはめることに成功。

もっとも徳仁は、はめられたと言うよりは、はめたかった。
女っけなしで生きてきたから。ちんちくりんだし、仕方ない。

一方の雅子は男経験も豊富、ちんちくりんは溺れた。
また雅子は洗脳にも成功した。


こんなところへ出席しちゃだめだろう。
一般には報道されていない。
外務省はじめ宮内庁、日本の中枢に相当数の学会員がいるという。


何話しているんだ小僧、ちんちくりん。

反日笑顔で写真に納まる洗脳小僧と工作員雅子

これは作りもののようだがこう見られても仕方ない。
http://fanblogs.jp/togu/archive/12/0


▲△▽▼

2017年05月28日
ハニートラップ はめられた皇太子と騙された国民
http://fanblogs.jp/togu/archive/8/0


雅子優秀伝説 

田園双葉の入試に2回落ちて、3回目にお情けで編入。
田園双葉時代の成績は頑張っても専修大がやっと。

アメリカの公立高校では語学最低レベルのESLクラスから出られず。
当時ハーバードで客員教授していた父のコネで女子部のラドクリフに入学。

中国系学生デビッド・カオと半同棲。トップレス写真を撮られる。
卒業論文も父のコネで普通の学生には不可能な経済界の大物達への
インタビュー。

それでも優良可の良にあたる評価がやっと。
普通の会話が続けられずパーティーでは壁の花。

東大への学士入学は簡単なものでしかもここでも父が当時教授をしていた。
授業にはほとんど出席せず、1単位も取れずボロが出る前に中退して
父のいる外務省にコネ入省。

華々しくエリート外交官なんて報道されたが実際はただの外務省職員。
外務省時代は内規違反をしてマイカー通勤しVIP専用駐車場に駐車。
通勤手当をもらっていたので返却することに。しかも連日遅刻。
仕事が出来ないため大切な仕事は任されなかったが、頼まれると失敗して泣く。
それなのに傲慢な態度だった。

職場でのあだ名はコピー番長。
しょっちゅう化粧直しに席を立ち、なかなか戻らなかった。

職場でも父を「お父様」と呼んでいた。
オックスフォードに国費留学するが、同期の中で唯一修士が取れず帰国。
米国、英国、外務省時代に不倫の噂多数有り。
中国系学生と半同棲、トップレスの写真も存在する。
結婚一歩手前の日本人もいた。
浩宮の妃内定なるとダイアナ妃も受けたブライダルチェックを頑なに拒否。
つまり処女ではなかったと言うこと。一方の浩宮は。。
十二単も本当は着たくなかった。
皇室に入内後は悉く自分のやり方を貫く。

ご存じ悪の権化ドクターノオ

黒幕はこの男

外務省時代はただひたすら日本を貶めることに働く
朝鮮人の血を引く。皇室を乗っ取る野望を持つ。
日本国及び日本人の敵。極悪人スペクター。


最近の写真
気色ワルー。

ドクターノオのファミリー

余りにも悍ましい集合写真だ。
テーブルの赤い花は韓国の国花槿。
一家全員が創価学会。

母優美子は殺人鬼江頭豊の娘。双子の妹とアグネスのユ偽フに身を置く。
妹は皇室ゆかりの品をヤフオクに出品、顔が品物に映り込んでばれる。
父親恒は野望実現の為の軍資金稼ぎか、投資に失敗。公金に手をつけ
発覚。軟禁状態に。

ドクターノオこと雅子は嫁ぎ先の祭祀祭礼には一切出ない。
しかし自分の家族とは頻繁に会う。お金は使う。遊びは大いにする。
それも病気故に大目に見ろと。医師も創価学会。
http://fanblogs.jp/togu/archive/8/0


▲△▽▼


2017年05月27日
小僧の女房の評判
http://fanblogs.jp/togu/archive/5/0

小僧の女房と言えば愚妻雅子。そんな雅子の出回っている写真を紹介。


育ちが悪いんだろうね。

平気で人を指差す。

てか、悪の権化ドクターノオ。解るかな。

麻原彰晃みたいだって.jpg

麻原彰晃みたいだって。確かに似てるわ。目がつぶれてて、汚い髪。
陰毛ヘアーとも呼ばれている。

こちらは般若。しかしよく似てる。


皇族の品位も何もない。
やはり、旧皇族、旧公家、旧華族(大名家)からもらえば良かったんだ。
それもこれも親父と高円宮の画策。


それにしても品がないなあ

親がなってないから子供もなってないだって。汚和田、汚ねー。

その親もなっていない。指をさすのは小さい時から。

どんな家なんだ。

汚和田の墓。

新旧混在なんとも不可思議な墓だ。慌てて作ったみたいだ。

新潟に小和田本家があると言う。曰く、そんな家知らないし、分家にもない。
言われているルーツは朝鮮人にほぼ間違いないだろう。

内定前に宮内庁が出自を調べようとした。当然のことだ。これに同和から
抗議が入って出来ずじまい。こんな情報を漏らすこと、横ヤリを入れることの
出来るのは小和田恒本人しかいない。
http://fanblogs.jp/togu/archive/5/0


24. 中川隆[-11877] koaQ7Jey 2019年2月23日 16:53:25 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[100] 報告

2010年10月 8日
雅子さんという人121

雅子妃殿下、外務省時代は通訳にも使えなかった。

本当の通訳を後ろに用意して、雅子さんを全面に出して、いかにも
雅子さんが通訳している様なフォトオプを父親が用意させた。

小和田恒氏と大鳳会は、この写真を皇室入内宣伝に使い、メディアに流した。

同じ時期、外務省の天下り外郭団体「国際交流基金」に勤めていた高円宮が、外務省・大鳳会の意向を受けて、国際交流イベントに外務省から雅子さんを抜擢して出席させ、皇太子の位置の近くに配置して、皇太子の目に止まる様に仕向けた。

雅子さんの皇室入りは、大鳳会と国際交流基金、雅子さんのエセ通訳写真、創価学会を通じての女性週刊誌利用、高円宮のフル利用などによって計画的に進行された。
http://verde419.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-9f6b.html

2010年10月 1日
雅子さんという人118

お后教育の時、雅子さんは 「天照大神」 「日本武尊」を
「テンテルダイジン」 「ニッポンブソン」と読んだそうな。
講師が早々に教育をやめたのは馬鹿すぎてお手上げだったから?

誰だよ、こんなのを皇室に入れたのは?
http://verde419.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-34e7.html

2013年4月16日
雅子さんの父親の小和田恒という人。

外務官僚や国際司法裁判所の判事を務める等、経歴や学歴は誠に立派だが、実際には社民党の党首、土井たか子(帰化朝鮮人)と共に土下座外交を日本の外交に定着させた創価学会員の売国奴。

外交機密費の使い込み疑惑もあったが、雅子の皇太子妃決定で疑惑追及は立ち消えになった。

現在も外務省内に大きな影響力を持っているといわれている。
外務省には大鳳会と呼ばれる創価学会の売国グループが存在している。
http://verde419.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-eb76.html

25. 中川隆[-11870] koaQ7Jey 2019年2月23日 17:21:19 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[107] 報告

雅子さんはアメリカのエージェントなのか?


2014年06月20日
皇太子さま スイス訪問中
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4696237.html

つまり皇太子さま、雅子さんにハニートラップにひっかかったというわけ。


皇太子さんの海外訪問は必ずマスコミが報道する。
妃を連れていってないし、映像もつまらない。

秋篠宮両殿下の海外訪問はそれはそれは美しい映像ばかりなのに決して報道しない日本のマスゴミ。

午後訪れた民間緊急ヘリ部隊、REGAを視察した時、
出てくるコメントも「山での救助は難しいのでは」とそりゃあ難しいに決まってる、という当たり前の発言。

彼が30年前に訪問したことがあるベルン市内視察たって、ただの観光でしょ。

スイス訪問中の皇太子さま、ベルン市内を視察


NHK News
6月20日 4時17分

スイス訪問の皇太子さま 友好願うスピーチ

 スイスを公式訪問中の皇太子さまは、歓迎行事に臨み、日本とスイスの友好関係の発展を願うスピーチをされました。

 皇太子さまは、19日、スイス北西部の町ヌーシャテルの迎賓館に到着されました。
 ヌーシャテルは、150年前に日本を訪れ修好通商条約を結んだ使節団の団長や、ブルカルテール大統領の出身地で、皇太子さまは大統領と握手をして、あいさつを交わされました。

 歓迎式典では、両国の国歌が演奏されたあと、皇太子さまが儀じょう隊の栄誉礼を受けられました。皇太子さまは、このあと大統領と、日本とスイスの友好関係の発展を願うスピーチを交わされました。皇太子さまは、まず英語でスピーチし、両国は長い間、互いの長所を学び助け合ってきたとしたうえで、東日本大震災での支援などに感謝の気持ちを表されました。

 そして、この地方で使われているフランス語で、「国交樹立150周年という歴史の節目において、両国関係が一層発展することを願います」と述べられました。

 続いて、大統領主催の歓迎の昼食会に臨み、出席した人たちと懇談されました。
このあと、皇太子さまは地元の博物館を訪ねられました。

 博物館の前では、合気道を習う子どもたちが日の丸やスイス国旗の小旗を振って歓迎し、皇太子さまは笑顔で声をかけたあと博物館に入られました。

 ここには、150年前、使節団の団長が日本から持ち帰った絵画や写真のほか、修好通商条約の原本なども展示されていて、歴史を研究している皇太子さまは、興味深そうにご覧になっていました。

ところで舞台はスイスではないが、同じヨーロッパでのコルマール事件というのをご存じだろうか。

ドスこの事件簿より
http://seesaawiki.jp/w/dosukono/d/%A5%B3%A5%EB%A5%DE%A1%BC%A5%EB#content_1

「アルザスの恋」
フランス東部アルザス地域圏の一地方都市。浩宮徳仁親王と小和田雅子が昭和59年(1984年)に出会っていたという説がある土地である。徳仁と雅子の公式に認められている初めての出会いは昭和61年(1986年)10月18日のスペイン・エレナ王女歓迎レセプションパーティーであり、それより2年も早いことになる。

昭和天皇を始めとする千代田関係の人々から皇太子妃としては不可と判断が下されていた小和田雅子に、何故徳仁が強い執着を見せたのか? それはコルマールで彼がハニートラップに嵌められていたからでは、とする説も2ちゃんねるあたりで囁かれている。

週刊ポスト1989・7・7号 スクープ:
•2度にわたるフランス国内旅行

 ヨーロッパ・アルプスには、モンブラン、アイガー、マッターホルンといった世界有数の高山が集まっている。フランスからスイス、イタリア、ドイツを経てオーストリアにまたがるこの山脈は、その山麓に多くのリゾート地を持っている。

 なかでもイタリア国境にほど近いフランス・サボア地方の小村、メリベルは、最高級リゾート地として知られている。ここは、ヨーロッパの王室関係者や政治家、映画スターといった著名人が集うことでも有名だ。

 これまでほとんど日本に紹介されることのなかったこのリゾート地のメリベルで、五年前、日本人の一団がクリスマスを過ごしていた。その一団とはオックスフォード大学マートン・カレッジに留学中の浩宮、現在の皇太子徳仁とその一行である。

 当時この旅行は、皇太子のプライベートなスキー旅行としか発表されなかった。しかし、このプライベート旅行に関与したある関係者は、単なるスキー旅行ではなかったという。

「これはまったく知られていない事実なんですが、この旅行のなかに皇太子殿下のお妃選びにおける重大事実が隠されているんですよ」

 と前置きして、この人物はこう語り始めた。

「メリベルでの皇太子殿下は心行くまでスキーを楽しまれ、岩肌が見えている危険なところも、大胆に滑られた。われわれ日本人関係者が心配するほどでした。

 そういう意味では、間違いなくスキー旅行だったのですが、実はこの時、一行の中に殿下の意中の女性――日本でもその後、最有力妃候補としてとりざたされた小和田雅子さんが参加していたんです。しかも、この年、殿下はフランス国内を二度に渡って小和田さんを伴って旅行しているんです」

 一瞬、耳を疑うほどの証言である。

 ある皇室関係者が語る。

「この旅行をきっかけに皇太子殿下の小和田さんに対する思いが募るようになったのです。つまり“恋心”を抱かれたのです。その後、小和田さんをひとりで東宮御所に招いたり、たいへんな気の入れようでした。皇太子妃がなかなか決まらないのは、いまでも殿下が小和田さんに強い思いを抱いているからに他ならないんです。

 もし、87年の昭和天皇の体調急変がなかったら、おそらく小和田さんは7月には留学されず、いまごろ成婚は実現していた可能性もあります」

 皇太子の小和田さんに対する“思い”を決定づけた、この84年の二度にわたるプライベート旅行の“内容”は、前出の関係者によると次のようになる。その内容を見ると、この旅行が皇太子妃選びにおいて、重要なウエートを占めているかがよくわかる。

(1)12月のスキー旅行は、クリスマスと新年をメリベルで過ごし、9月の旅行は主にアルザス地方のワイン街道に沿った小都市を回る旅だった。

(2)旅行には、小和田さん以外に中年女性も加わっていた。

(3)この二回の旅行で、皇太子と小和田さんは、互いの価値観や意志を確かめあった。

 まさに、関係者しか知りえない詳細さといえよう。

 日本で一般公開された資料や報道を調べうる限り調べた結果、この9月、12月の二度にわたるプライベート旅行については、『朝日新聞』が12月の旅行についてのみベタ記事で報じているにすぎなかったことが判明している。

 公にされていない、関係者のみが知りえる旅行スケジュール――。五年前にとりおこなわれたこの極秘旅行に、本当に小和田さんは同伴していたのか。そのあとを実際に歩き、足取りを追跡することにした。すると、そこには実に、衝撃的な事実が待受けていたのである。

(続きは上記サイトへ)

つまり皇太子さま、雅子さんにハニートラップにひっかかったというわけ。

そして新婚間もない1999年12月東宮夫妻ベルギーへ出発。

雅子ロイヤルブルー
1999年12月4日、フィリップ王太子結婚式に参列。用意してきた赤い衣装がレッドカーペットと色かぶりするため、土壇場で変更したロイヤルブルー衣装が周囲欧州王族貴族たちから浮きまくり。

東宮夫妻レストラン

•デュルビュイへ100km近い道のりを、グルメ旅行のため鉄道or陸路で長距離移動

東宮夫妻レストラン前
ベルギーのレストランにて食べかけ大皿交換し、記念写真で「Prince Naruhito et son epouse Masako Owada(徳仁皇子と彼の妻小和田雅子)」と記録され貴賎結婚認定される事件

店に掲げられた写真には
「Prince Naruhito et son epouse Masako Owadaですか・・・・
アメリカなどと違って、さすがに古い王室のある国は厳しい。
明らかに雅子を一段見下げた、痛烈な書き方ですね。」

この書き方では「貴賎結婚」扱いです。

貴賎結婚というのは、たとえば王族と平民女性が縁組した場合です。
正式に結婚はできますが、配偶者でありながら平民出の妻には称号は付与されず、
ただの「夫人」つまりSon Epouseというわけ。まさに「皇太子夫人」ですよ。
それだけでなく、その結婚でできた子供には王位・爵位の継承権がありません。
つまり、嫡出子でありながら準庶子扱いです。

貴賎結婚の代表例は、ウィンザー公とシンプソン夫人が有名ですね。
王冠とひきかえに「公夫人」の称号はかろうじて得ましたが、たとえ
お子さんが生まれてもイギリス王位継承権はなく、長く国外追放も同然の暮らし
でした。

なぜなら、
フルコース二人とも別々のメニューを注文したことから始まります。

お互い「おいしいですよ。」と言い合ったまではよかったが
あろうことか、三ツ星レストランで食べかけの皿を
交換し、お互いの食べかけを胃に収めたのでした。

レストラン側は超のつくマナー違反にびっくりぎょうてん、
あわてて新しくつくり直してお出しするも
そういうつもりじゃなかったと作り直しに手をつけなかった。

とんでも行動があったのです。
おかげで人の食べかけ食べちゃった皇太子も
「ハーロイヤルハイネス」の称号を剥奪されましたとさ。ちゃん、ちゃん。
ハーフポーションで全部って頼み方すらできないバカップル。

そして雅子さん、ベルギー王室に日本の皇室のことを愚痴ってしまった。

「これまで外国に行けなかった」とベルギー王家の方に雅子愚痴る→後日、天皇皇后両陛下の耳にも入り、さあ大変・・・」

どこに行っても失態ばかりの雅子さん。今回もスイスに同行しないで恥をさらけ出さずに済み、正解かも。

http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4696237.html

▲△▽▼

皇太子さまへの御忠言 – 2008/8/1
西尾 幹二 (著)
https://www.amazon.co.jp/皇太子さまへの御忠言-西尾-幹二/dp/4898311245/ref=cm_cr_arp_d_bdcrb_top?ie=UTF8


カスタマーレビュー

アマゾン太郎
雅子さんはアメリカのエージェントなのか?2012年4月23日

ご成婚以来、私は皇太子妃としてふさわしくないひとだと思っていたので、雅子「サマ」とは呼んだことがない。雅子「さん」である。その理由は、日本の文化や精神性を理解していないからで、紀子様は呼べても、彼女をヤマトナデシコとは絶対に呼べないと思っていた。

ハーバード出身の竹中さんと同じように雅子さんもハーバードであり、ハーバードにはアメリカの秘密結社のサークルがあるという。

起こった事実だけをつなぎ合わせてみても、小和田父娘とうらでうごめく官僚のやっていることは、ことごとく天皇制を破壊するための工作であり、皇太子妃候補になったときに、外務省が皇太子の留学先に近い場所へ雅子さんを出張にいかせたことなども含めると、すべて誰かによる計算づくのハニー・トラップのような気がしていた。

皇太子妃のその後の行動をみていても、そのために送り込まれたとしか思えない。皇太子は、婚前、お妃候補になる理想の人について『ブランド物を買いあさるような女性は、ふさわしくないと思っております』等答えていたが、実際雅子さんはブランド物がお好き。そして高級ワインも三ツ星レストランもお好きである。皇太子のお好みではないはずだが、いまだに国の祭祀としての立場よりも自分個人の生活を優先している皇太子の軟弱性にはほとほとあきれるし、こんな男が国の代表だとしたら、国民は誰もついていきたいとは思わないだろう。自分たちのルーツを含めて考えるきっかけになる。皇室で何が起こっているのか、すべての国民はこの本を読むべき。

_____


眼鏡越しの宙
国民の無関心が天皇制を滅ぼす 今そこにある危機2014年1月29日

「日本の外交は、東京裁判を背負ったハンディキャップ外交である」
と国会答弁し、以後の日本外交に甚大な悪影響を与えた
ガチガチの戦後左翼思想の持ち主である小和田恒氏が、
なぜ娘の皇室入りを許したのでしょうか。

この疑問点に立って、雅子妃と皇太子殿下の言動を見るとき、
一見仲むつまじいロイヤルファミリーの裏に
恐ろしい皇室の危機が見えてきます。

敗戦後も天皇制は守られたといいますが、はたしてそうでしょうか。
GHQにより十一宮家の臣籍降下が行われたたった半世紀後に、
男系継承が危ぶまれ、女系天皇が議論される事態となっています。
そして、それに歩調を合わせるかのように、
皇室行事への不参加の容認、皇室での人格否定云々(皇室の「人権」まであと一歩)などの、
皇室の伝統や価値観を否定しかねない発言が、他ならぬ皇太子ご夫妻の口から流布されています。
これらははたして、「新しい皇室」への自然な流れなのでしょうか。

権力を持たず権威しかない天皇制は、
男系継承を続けてきたという歴史的事実と
大多数の国民の尊崇の念の 二つだけでかろうじて維持されているものです。
これを考える時、皇太子殿下と雅子妃の破壊的な影響力が分かるはずです。

皇室の永続性を盲信し、皇室に言挙げするのは不敬だという
思考停止した考えに私は与しません。
日本という国を束ねる天皇制を大切に維持していくためには、
多くの国民が、マスメディアの空疎な議論を排し、
本質的な議論ができるよう、天皇制の本質を学ばねばなりません。
そのために西尾 幹二の著書は大いに参考になります。
特に本書は、実際の皇太子ご夫婦のエピソードを下敷きに、
その問題点を通じて天皇制の本質を考えるというスタイルで大変分かりやすく、
また、皇室の「今そこにある危機」の重大性に気付かせてくれます。

著者の渾身の御忠言を読み、天皇制をどう維持していくべきか
是非私たちも本気で考えましょう。

26. 中川隆[-11867] koaQ7Jey 2019年2月23日 17:48:16 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[110] 報告
アメリカ留学で洗脳されたアメリカの工作員ー。


84 名無しさん@涙目です。(関東地方) 2011/10/11(火) 10:25:50.06 ID:A+44Bhg60

肩書きと権威に騙されるようじゃまだまだだよ

東大法学部でハーバードMBA持ってるからって、正しいとはかぎらない

むしろこういうアメリカに留学したような奴は必ずアメリカ政府に裏で操られてるからな


209 名無しさん@涙目です。(愛知県) 2011/10/11(火) 11:29:22.40 ID:dtHqt6Bu0
>>44
やっぱりアメリカに洗脳されちゃったんだね

アメリカみたいな人種の坩堝が大好きなようだから
日本を多種多様な人種の多民族国家化させたいんだろうね

214 名無しさん@涙目です。(茨城県) 2011/10/11(火) 11:32:50.55 ID:VicIC/nB0

たぶん留学中にオルグされちゃったんだろうけど、

ムナカタ氏を背後で操っているのはアメリカの誰なんだい?

221 名無しさん@涙目です。(西日本) 2011/10/11(火) 11:35:41.63 ID:Eii4zrtV0

こういう売国官僚って3つのパターンがあるんだよ


1、アメリカ留学などで洗脳されたバカ
2、アメリカ筋とのつながりがあり確信犯
3、マジで工作員


この3つのパターンのどれか


222 名無しさん@涙目です。(西日本) 2011/10/11(火) 11:37:45.77 ID:Eii4zrtV0

4、スキャンダルネタをつかまれて脅されている

225 名無しさん@涙目です。(茨城県) 2011/10/11(火) 11:39:58.21 ID:VicIC/nB0
>>221
アメリカ逝った人は1.のパターンが圧倒的じゃないかなぁ


242 名無しさん@涙目です。(西日本) 2011/10/11(火) 11:46:36.12 ID:Eii4zrtV0
コイツまじの工作員じゃねえかな


580:名無しさん@十一周年:2010/12/26(日) 21:09:22 ID:bYlQ0d9+0

通常、宗主国は属国からの留学を奨励・強制して、卒業後は、宗主国とパ
イプのある属国の支配者層として育成する。

日本も、フルブライト留学生とかで、アメリカの子分が育成されたものだ。

これは、明治日本も似た方策で、清や朝鮮から留学生等を受け入れ、自国
を改革させ、欧米列強に対抗する味方を増やそうとしていた。

尤も、支那人と朝鮮人じゃ、民度が低過ぎるし恩を仇で返す連中だったの
で役には立たなかったがw

現代日本も、アジア・アフリカ諸国の留学生を受け入れ、日本の親派を育
成するのは、それなりに効果のあるもの。
http://2chnull.info/r/newsplus/1293356220/501-600

27. 中川隆[-11858] koaQ7Jey 2019年2月24日 00:04:39 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[119] 報告

これは電波が酷過ぎますが、他に書かれていない貴重な情報を含んでいるので転記しておきなす:

2018.04.08
【チーム小和田家】チーム雅子の人生双六
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=17603

チーム小和田誕生

・朝鮮系勢力(創価、統一教会、総連、関係の深い部落解放同盟)が、正田美智子が皇太子妃になった手法と脚本をまるごとコピーして、朝鮮人皇太子妃を出そうと計画。

・隠れ中韓工作員であった元首相の福田(父)が、当時ブレイクしていた霊能者である藤田少女姫(こととめ)女史に、影響下にある全ての女子の写真をもちこみ、「皇太子妃になれる卦のある子がだれなのか」鑑定を依頼したと推測。あくまで推測。

・藤田女史は、政財界に顧客を多く持ち、岸信介もその一人。安保抗争のおりは「日米安保は成立するが、あなた(岸)は退陣する」という予言を的中させている。

・藤田女史が小和田雅子を鑑定したことは事実であり、鑑定結果は「小和田雅子は皇太子妃になれるが、皇后にはなれない」。

・小和田家の長女が「皇太子妃になれる」予言されていたため、朝鮮系工作員たちが中心になって福田の部下だった小和田の長女・雅子を中心にプロジェクトが発足。

Sponsored Link

オリジナルの小和田家と雅子1号

同時に並行して、雅子2号チームが発足

補完するため、工作員によるチームが発足

補欠として、雅子3号チームも発足

チーム小和田「まずは、日本一優秀な家族」を作れ!

・福田家「まさこちゃんを、皇太子妃にするよ」

・「皇太子妃になれる」と、予言はされたものの、小和田雅子の両親の家が両方とも同和であることや、小和田家が隠れ朝鮮という出自に加え、水俣病を放置し、写真家ユージン・スミス氏への暴行や、被害者の方々に対する弾圧などで問題をおこしている江頭豊の孫、という点で、皇太子妃候補になるには難のある小和田雅子。

それを何が何でも「御優秀な遺伝子をもつ日本で一番優秀な女性」として育て上げ、家族もそれににあったものにするため「全員が高学歴、容姿端麗、優秀な遺伝子をもつ小和田家」が捏造される。

父恒を昇進

・まずは、皇太子妃の父親に相応しいように、福田の後押しで、ひたすら、小和田恒を出世させた。

当然、小和田恒も複数いる。肩幅を合わせると顔が違ってくる。

「@=C=D」≠「A=B」≠E≠F ではあるまいか。

・東大法学部卒のエリートがウヨウヨする中で、東大卒とはいえ教育学科卒にすぎない小和田、しかも英国大学の学位も実はとれていない(本人は論文をなくしたと言っている)小和田、しかも、人望のない小和田恒を出世させまくって次官にした。

当然、家系も捏造

※雅子様の家系・3代前から遡れない不思議な家系

・雅子様の家系・部落解放同盟との関係

日本一優秀な女性に相応しい学歴を作れ

・しかし、優良な家庭教師をつけても高学歴を獲得できるとは限りらない(安倍ちゃんがそうでしたし)。

・元首相の福田をはじめとする権力者の押しもあったはずだが、それでも、雅子1号は、学習院も落ちている。

・雅子は、デンフタに何度も落ちたくらい頭がよくない。面接で「妹がうかったのにこの子だけ」と、優美子が泣いて見せ、お情けでいれてもらったのは有名な話。しかしながら、面接で母親が泣いてみせて同情で受かるほど御受験は甘くはないはず。裏では人と結構なお金が動いたんじゃないのかと疑惑がのこる。

・歴代の雅子はいずれも、ボーダ―ラインだった可能性が高い。雅子1号を含めどの雅子も、学力も徳仁と変わらないレベルで、とてもとても「日本一の御優秀な女性」にはなれなかった。

※英語も話せない雅子様

※雅子様のご病気

・雅子1号を、アメリカに赴任していた小和田のもとへ転校させたのは、優秀とは言えないが、人並みな成績をとれる雅子にすり替える必要性がでてきたからかもしれない。あくまで推測。

・渡米し、レベルの低い公立高校に転入した雅子。しかし成績は悪かった。

・雅子のあだ名は「ブレイン」。頭でっかちといういみではなく、ノータリンという意味にちかいそうな。

・雅子を大学に入学させるため、父の恒をアメリカ大学の教授にしてもらう。このとき、某財閥の金が動いたといわれているが、真偽は不明。

・大学は父のコネで「無試験で」女子大に入学。後年、その大学がハーバート大に吸収されたため、「ハーバート大卒業の雅子様」とのデマに利用した。

・卒業論文は、父のコネで要人にインタビューしたものをまとめたもの。しかし、優は取れず。

・雅子1号なのか、雅子2号なのか、雅子3号なのかは知らないが、中国系アメリカ人デビット・カオと同棲。また、白人男性と付き合っていたというリークもある。カオ氏に、トップレス写真を撮られる。後日、カオ氏は写真を宮内庁に買い取らせようとしたらしいが、そのせいなのか、偶然なのか、ギャングに殺されてしまう。

・大学を卒業した雅子は、東大に「無試験で」編入したものの、ひとつも単位をとれず。

◇www.asahi.com/national/birth/photo/05.html

東大法学部に学士入学、学友と福島・磐梯高原の宿舎でくつろぐ雅子さま=86年10月

・雅子を外務省にいれるため、小和田恒を外務省の次官にする。

・雅子1号、父のコネで子弟枠で「無試験で」外務省に入省。外交官試験には合格できなかったとのリークあり。最初から雅子は、雑用用の事務員としての入省だったのではないのか。

マスコミ、週刊誌をつかって雅子を売りだし開始

・マスコミには、しつこく皇太子妃候補に雅子の名前が挙がる。

・「運命の出会い・スペインのエレナ王女のパーティー」の招待客名簿には、鉛筆で小和田雅子の名前が書き加えられていた。本来なら呼ばれなかった客だった可能性が高い。なんらかの圧力が直前までかかったと思われる。

・さらに、「運命の出会い・スペイン王女エレナ王女のパーティー」の数年前に、皇太子と雅子はコルマールで同宿している。

・父のコネで外務省から英国に国費留学。雅子一人だけ修士をとれず帰国。留学中、越智孝雄なる福田の甥と交際しており、結局、婚約まで進むが、雅子が皇太子妃になれそうな卦がでてきたので、破棄された。

・外務省では仕事が出来なくて有名だった雅子。菓子パンを買い占め、出来る仕事はコピー取り。通訳すらできない雅子のついたあだ名は「コピー番長」。

・有名人のおっかけもしていたらしい。

・社内では上司と不倫をし、参事官になった上司は中東で不審死をした。あの時期あの場所で、実弾にあたるのは考えられないという。

皇太子妃候補から皇太子妃内定へ

・一方では、「小和田雅子を皇太子妃にプロジェクト」は進行しており、皇太子妃候補にストーキングや中傷誹謗をおこなって追い払い、皇太子妃候補は雅子と、旧宮家の久邇晃子さんんだけになった。

・何度も候補に挙がるたびに落とされた雅子。反対していた昭和天皇が崩御し、再び、皇太子妃になれそうな気配がでてきた。

・下準備として、江頭のもっている土地に、やっつけで物流倉庫のようなコンクリート御殿をたてて「皇太子妃の実家に相応しい家」を作る。それまでは、小和田家は、外務省職員住宅にしか住んだことがなかった。

・一方、宮内庁は、徳仁皇太子と久邇晃子さんとの婚約を内々に内定。あとは発表だけという段階に。

・しかし、旧宮家の本物の姫が嫁になることを嫌った美智子が、自分と似たような出自の小和田雅子を徳仁の嫁にするよう協力する。

・美智子と組んだ小和田側は、アメリカのマスコミに「皇太子妃に小和田雅子」の一報を流して出し抜くことに成功。これも美智子の時のマネ。まんまと皇太子の妻にするのに成功。

雅子1号オリジナル小和田家チームから、蛇顔の雅子2号チームへ

・しかしどういう事情かはしらないが、徳仁の妻には、週刊誌に「スクープ」されていた雅子1号ではなく、蛇顔の雅子2号がなった。

歯並びが吸血鬼のよう。

雅子2号とセットになっているのが、優美子2号。



雅子の実父は小和田ではなく創価学会の池田会長だとの噂

噂の真偽は微妙だが、少なくとも創価との関係は深そう。ご成婚パレードには、創価の旗が振られ、そして君が代が禁止されるという、異様な日本国皇太子の結婚式となった。

歴代の雅子が、池田家の人々や、池田家の落胤筋でないのかといわれている小室に、妙に似ている不思議。


Will 2016年10月号
内外に蠢く皇室を潰したい勢力(河添恵子氏)

p232〜

国連大学本部ビル前で聞いた話

皇室典範に触れた質問が、初めて飛び出してから13年を経た今年3月、国連の女子差別撤廃委員会が日本に関してまとめた最終見解案に、「皇室典範の改正を求める勧告が盛り込まれた」と報じられたのは記憶に新しい。
日本側が抗議して削除を要請したことで、皇室典範に関する記述は消えたが、日本側に提示された最終見解案は、「委員会は既存の差別的な規定に関するこれまでの勧告に、対応がされていないことを遺憾に思う」と前置きし、「特に懸念を有している」として、「皇室典範に男系男子の皇族のみに皇位継承権が継承されるとの規定を有している」と挙げた。その上で、母方の系統に天皇を持つ女系の女子にも「皇位継承が可能となるよう皇室典範を改正すべきだ」と勧告した。

国連と関連づけたくなる、もう一つ別の理由もある。私の脳裏にこびりついて離れない話があるためだ。

(中略)

創価学会の幹部A氏が、青山通りに面した国連大学本部ビルの前で上を指さしながら、私にこう語った。
「この最上階に雅子さまの執務室がある。裏側に専用エレベーターがあって、誰にも会うことなく部屋まで行かれる。雅子さまは毎日のように、こちらに通われている」
唐突なこの話に、私はおそらくこんな反応をした。
「え? 適応障害でご公務はお休みなのに・・・。毎日こちらで何をされているのでしょう? 確かに雅子さまは、国連大使までされたお父様をとても信頼されているようだけど」

(中略)

ただ、次の言葉にある種のショックを受けた。
「雅子さまの執務室を誰が用意したのか知っている? 池田大作先生だよ」
何か聞いてはいけないことを聞いてしまった、そんな気持ちが私の心を強く支配した。
以来、国連大学本部ビル周辺を通るたびに、この話を思い出すのだが、A氏が嘘を言う理由も考えられない上で、事実をこの目で確かめる術もなく、何より不用意に他言すべきではないと胸に収めていた。ただ、小和田家、東宮が国連や創価学会に近いことは、客観的な報道等からも徐々に知るようになっていく。
2008年6月、ブラジル連邦共和国のバラナ州で行われた日本人移住百周年を慶祝する記念式典に、皇太子さま、副大統領、州知事などの他、「式典委員会からの招聘を受けた池田SGI(創価学会インターナショナル)会長の名代として池田博正SGI副会長が出席したことが「聖教新聞」(同年7月1日号)に報じられている。
また、昨年3月には天皇、皇后両陛下が、国連防災世界会議で来日中の潘 基文(パンギムン)事務総長夫妻と仙台市内で会われたが、皇太子ご夫妻も総長夫妻と東宮御所で面談された。2007年から国連水と衛生に関する諮問委員会(UNSGAB)の名誉総裁となった皇太子さまは、昨年11月にニューヨーク国連大学本部に招かれ、基調講演を行っている。

転載以上

※創価学会の新聞・聖教新聞。ブラジル訪問時、創価学会の大会に参加した皇太子徳仁。池田大作の息子が同列にならんでいるのがわかります。

※ドス子さまよりお借りしてます。

※詳細はこちらから、雅子様と創価学会の素敵な関係

愛子さんの誕生

・しかしながら、小和田雅子を、皇太子の妻にするのに成功したものの、かんじんの跡取りが生まれない。人工授精で雅子の誰かが生んだはいいが、親王ではなく内親王だった。

親王の予定だったことは、小和田夫妻の会見で、記者から「女の子でしたよ」と知らされ絶句した様子からわかる。

そして雅子2号チームから、雅子3号チームへ移行

・このころから、雅子2号が消え、雅子4号=3号(おそらくは同一人物)へ。

・メインの優美子も、愛子さん出産後は雅子3号=4号とチームを組んでいるエラ張り優美子3号へ。

・雅子出産に、朝鮮人は大喜び。将来は女性天皇にしようと画策。

愛子様の障がいと悠仁さまの誕生

・しかし、せっかくつくった愛子さんは自閉症。

※愛子様の記録

※愛子様の影武者

※愛子様の真実

・正田美智子チームのスポンサーの西武グループの堤家の没落により、美智子から産児制限をうけていた秋篠宮家が、産婦人科を受診。

・そのすきをついて、紀宮さまも黒田氏と結婚。美智子から逃亡。

・2006年、秋篠宮家の悠仁さまがお生まれに。

龍の雲、彩雲、愛子さん誕生以来、失敗続きだった神事が成功、宮様御手植えのプリンセスキコが開花、黄金のナマズ、など吉祥が続く。

・ちなみに福田(父)の秘書仲間が、福田(子)首相、小和田恒、女性天皇実現のために皇室典範を変えようとした小泉純一郎。

秋篠宮妃ご懐妊のしらせに憮然とする、朝鮮系の小泉。

犯罪者としての馬脚を現す小和田家

・小和田がリーマンショックのあおりを受けて天文学的な借金を作ったという噂が流れる。

・そしてヤフオク事件発生。皇太子夫妻と池田礼子による、皇室財産の横領が疑われれる。

※ヤフオク事件

※ヤフオク事件の背景

※ヤフオク事件と皇室の私物化の問題

・皇太子妃が代々うけついできたティアラなどの宝飾品は消えた。雅子がつけてくるのは贋作ばかり。

※消えたティアラの問題

・ヤケクソになった雅子3号は六本木で遊び、某暴力団組長Gの家がある六本木ヒルズや、G組長の車ともわれる、高級車マイバッハにのって徘徊しているのが確認される。

そして、疑惑の写真が上がる

※掲示板よりお借りしています。

その後、G組が突然解散。G組長はカンボジアへ逃亡。何があったのかは不明。

※雅子様と創価学会と後藤組の素敵な関係

そして、雅子3号から、妙に不潔なスラム雅子4号へ移行

タヌキ顔の六本木雅子3号=4号は消え、妙に不潔なスラム雅子5号に。

頭蓋骨の形も、歯並びも、ご成婚した雅子2号と、スラム雅子5号は別人にみえる。

2号、3号=4号と、歯並びが違う。



・伏見氏のブログに、大阪の檻付きの精神病院に、「雅子の父方の従姉妹」が入院しているとのリークあり。従姉妹ではなく、雅子のだれかではないのか。

傭兵としての双子と小和田チームの解体?

・さらに、「優秀な双子」設定も、家庭教師をつけたからといって、二人とも高学歴になるとは限らない。

・礼子節子の双子も2組あり、似ていない高学歴の双子は、2人とも、あるいは、誰にも似ていない節子が、「優秀な小和田家」を構成するための傭兵ではなかったのかという疑惑がわく。

・設定には「優秀な双子に優秀な夫、優秀な子供たち」の設定があったと思うが、礼子は弁護士と、節子は東大出の医者と結婚したものの、節子はこどもがなく、噂では、礼子の子供は愛子さんと同じだとか、なんとかかんとか、、。

・礼子は、雅子の主治医だった大野医師に診てもらっていたといわれており、やはり精神を病んだ可能性大。

・節子は、夫のDVから逃げ出しコンクリート御殿に引きこもり、廃人同然とかなんとかかんとか。

・小和田恒のスイス監禁をチャンスとして、節子の離婚が成立、元夫はさっさとフリーアナウンサーと再婚。

・この時点で、「チーム小和田」は解体していたとみていいのかも。

そして、スラム雅子5号からイナリ顔の雅子6号へ

・小和田監禁以後にでてくる雅子が、小和田監禁あたりから、冬瓜みたいな頭蓋骨の妙に穢いスラム雅子から、稲荷顔にかわったのではと推測。

一時期の雅子の園遊会逃亡や、雅子と徳仁の生の音声を意地でも聞かせないのは、日本語が話せないからではないのか。

小和田チームの結末

なにかにつけては雅子の静養に便乗し、準皇族を自称する池田礼子

・礼子は自分の子供に◯仁、という名前を付け、雅子の静養に便乗しての皇族気取りも、顰蹙を買うだけだった。

・言動が非日本人すぎて顰蹙を買い、さらには劣化具合がすごすぎて、とてもとても国民に羨望され、尊敬されるような優秀な家系として認識されるのは無理。

・すくなくとも、小和田家をかつての藤原家のような、コンスタンスに皇族の配偶者をだす名家にするのは無理。

・小和田家の連中が、自らが称するように準皇族として扱われるのも無理、

・当初狙っていたであろう、皇族の数が激変したため、それを埋めるために礼子やその子供、節子を当主とする宮家を設立などは、とても無理。

顰蹙を買い続ける小和田家

週刊文春2015年12月31・2016年1月7日号

小和田家VS.天皇家 子育て版「文明の衝突」

近年、雅子さまの母・優美子さんはある皇室ジャーナリストにこう語ったという。

「親馬鹿だと思われるかもしれませんが、私は妃殿下が心配なのです。

妃殿下はありのままの人なのだから、演技はできない。何かあると『小和田家か悪い』と言われるけれど……。日本も皇室も変らなければ」


以上


優美子「日本も皇室も変わらなくては」

この発言は、時期的に見て優美子3号でしょうかね。大切なのは雅子ではなく皇室ではないのか、と、第顰蹙を買いました。

傭兵としての双子

しかし、見れば見るほど、仮に二卵性であったとしても、双子にしては礼子と節子は似てませんね。赤の他人にしか見えません。

読者様の推理通り、この子でしょうか。

「頭脳明晰、高学歴、高身長、眉目秀麗な優秀な家系の優秀な女性が、乞われて皇太子妃になった」

「優秀な遺伝子を持っていたため見込まれ、皇太子妃になった」

これらを、国民に納得させるため、「高学歴の家族」をつくるために雇われたのが、似ていない双子の一人「節子」ではなかったでしょうか。

礼子も節子も、学歴は高かったはず。礼子は期待にそえたものの、もう片方の節子は無理だったので、傭兵をつかったのかもしれません。

学力は大体小学校くらいから、高低がはっきりしますので、集められた子供たちの中で、学力の高い節子、礼子が、「優秀な小和田家」のメンバーとして雇われているのかもしれません。あくまで推測ですが。

複数の雅子、複数の優美子、複数の恒、そして傭兵としての双子。

結局、「チーム小和田家」は、メンバーをやりくりしながら、敷かれたレールを走っていただけでしょう。双子も、TPOにあわせて入れ替わっていた可能性は高そうです。

朝鮮の法則

話しは少しそれますが、韓国は、堤家の利権がある長野五輪をマネして、統一教会利権の平昌へ冬の五輪を誘致しようとしましたが、何度も落選しました。

結局、長野五輪誘致に活躍した看板であった天才スケーターの伊藤みどりに匹敵する看板を作る必要にかられ、所詮は6位入賞がやっとの1.5流の選手である金妍児に、無理やり金メダルを取らせました。

審判の買収、ISUへの接待、ルールを金妍児のために変更し、各国のマスコミも買収し「圧倒的な女王キムヨナ」の印象操作に励みました。そのために国家予算に匹敵するお金をつぎ込んでいます。さらに、五輪委員を陥落させた堤の芸者接待を、模範して真似して妓生接待に励んだのかもしれません。

なんだかんだで、金妍児は金メダルになり、結局平昌へ五輪は誘致できましたが、平昌五輪の結果は散々でした。韓国破産のひと押しになりそうです。

成功者を必死でまねるが、結果はギャグ。何をやってもこうなるんでしょうかね。皇室のっとりもそうなるんでしょう。

女性宮家の当主とその配偶殿下におさまろうとした小室と偽真子の婚約騒動は、まさにギャグでした。

すべては、この人の予言からはじまった

藤田女史の予言「小和田雅子は皇太子妃になれる」

この予言には続きがあり「しかし、雅子さんは、皇后にはなれない」というおまけがついていました。

藤田女史は、ハワイで息子さんの友人だった朝鮮系の男に殺害されるのですが、「皇后になれない」理由と経緯は見えていたのかもしれません。

予言が成就するかどうか、見ものですね。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=17603

28. 中川隆[-11843] koaQ7Jey 2019年2月25日 10:59:17 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[136] 報告

雅子様の優秀伝説 まとめ 


雅子さまは元々何もできないアホ女だったんだよ、学歴も全部インチキだったしね:


田園双葉の入試に2回落ちて、3回目にお情けで編入。
田園双葉時代の成績は頑張っても専修大がやっと。

アメリカの公立高校では語学最低レベルのESLクラスから出られず。
当時ハーバードで客員教授していた父のコネで女子部のラドクリフに入学。

中国系学生デビッド・カオと半同棲。トップレス写真を撮られる。
卒業論文も父のコネで普通の学生には不可能な経済界の大物達への
インタビュー。

それでも優良可の良にあたる評価がやっと。
普通の会話が続けられずパーティーでは壁の花。

東大への学士入学は簡単なものでしかもここでも父が当時教授をしていた。
授業にはほとんど出席せず、1単位も取れずボロが出る前に中退して
父のいる外務省にコネ入省。

華々しくエリート外交官なんて報道されたが実際はただの外務省職員。
外務省時代は内規違反をしてマイカー通勤しVIP専用駐車場に駐車。
通勤手当をもらっていたので返却することに。しかも連日遅刻。
仕事が出来ないため大切な仕事は任されなかったが、頼まれると失敗して泣く。
それなのに傲慢な態度だった。

職場でのあだ名はコピー番長。
しょっちゅう化粧直しに席を立ち、なかなか戻らなかった。

職場でも父を「お父様」と呼んでいた。
オックスフォードに国費留学するが、同期の中で唯一修士が取れず帰国。
米国、英国、外務省時代に不倫の噂多数有り。
中国系学生と半同棲、トップレスの写真も存在する。
結婚一歩手前の日本人もいた。
浩宮の妃内定なるとダイアナ妃も受けたブライダルチェックを頑なに拒否。
つまり処女ではなかったと言うこと。一方の浩宮は。。

雅子は、デンフタに何度も落ちたくらい頭がよくない。面接で「妹がうかったのにこの子だけ」と、優美子が泣いて見せ、お情けでいれてもらったのは有名な話。しかしながら、面接で母親が泣いてみせて同情で受かるほど御受験は甘くはないはず。裏では人と結構なお金が動いたんじゃないのかと疑惑がのこる。

・雅子の成績はどこに行っても常にボーダ―ラインだった可能性が高い。学力も知恵遅れの徳仁と変わらないレベルで、とてもとても「日本一の御優秀な女性」にはなれなかった。

英語も話せない雅子様

・渡米し、レベルの低い公立高校に転入した雅子。しかし成績は悪かった。

・雅子のあだ名は「ブレイン」。頭でっかちといういみではなく、ノータリンという意味にちかいそうな。

・雅子を大学に入学させるため、父の恒をアメリカ大学の教授にしてもらう。このとき、某財閥の金が動いたといわれているが、真偽は不明。

・大学は父のコネで「無試験で」女子大に入学。後年、その大学がハーバート大に吸収されたため、「ハーバート大卒業の雅子様」とのデマに利用した。

・卒業論文は、父のコネで要人にインタビューしたものをまとめたもの。しかし、優は取れず。

・雅子は中国系アメリカ人デビット・カオと同棲。また、白人男性と付き合っていたというリークもある。カオ氏に、トップレス写真を撮られる。後日、カオ氏は写真を宮内庁に買い取らせようとしたらしいが、そのせいなのか、偶然なのか、ギャングに殺されてしまう。

・大学を卒業した雅子は、東大に「無試験で」編入したものの、ひとつも単位をとれず。

・雅子を外務省にいれるため、小和田恒を外務省の次官にする。

・雅子は父のコネで子弟枠で「無試験で」外務省に入省。外交官試験には合格できなかったとのリークあり。最初から雅子は、雑用用の事務員としての入省だったのではないのか。

マスコミ、週刊誌をつかって雅子を売りだし開始

・マスコミには、しつこく皇太子妃候補に雅子の名前が挙がる。

・「運命の出会い・スペインのエレナ王女のパーティー」の招待客名簿には、鉛筆で小和田雅子の名前が書き加えられていた。本来なら呼ばれなかった客だった可能性が高い。なんらかの圧力が直前までかかったと思われる。

・さらに、「運命の出会い・スペイン王女エレナ王女のパーティー」の数年前に、皇太子と雅子はコルマールで同宿している。

・父のコネで外務省から英国に国費留学。雅子一人だけ修士をとれず帰国。留学中、越智孝雄なる福田の甥と交際しており、結局、婚約まで進むが、雅子が皇太子妃になれそうな卦がでてきたので、破棄された。

・外務省では仕事が出来なくて有名だった雅子。菓子パンを買い占め、出来る仕事はコピー取り。通訳すらできない雅子のついたあだ名は「コピー番長」。

・有名人のおっかけもしていたらしい。

雅子妃殿下、外務省時代は通訳にも使えなかった。

本当の通訳を後ろに用意して、雅子さんを全面に出して、いかにも
雅子さんが通訳している様なフォトオプを父親が用意させた。

・社内では上司と不倫をし、参事官になった上司は中東で不審死をした。あの時期あの場所で、実弾にあたるのは考えられないという。

雅子様が体調・及び精神のバランスを崩されて、ご静養されていますが、それは2003年に起きた、イラクでの奥克彦参事官がゲリラに殺害されたのが、引き金と聞きました。
奥参事官の殺害は、ゲリラではなく、米軍の誤射ではなかろうかとされています。
乗っていた車はすぐに米軍が押さえ、日本に返されたのは、かなり時間が経過した後でした。
そのため、誤射どころではなく、狙い撃ちだったのではなかろうかとの憶測まで流れたものです。

宮内庁は、徳仁皇太子と久邇晃子さんとの婚約を内々に内定。あとは発表だけという段階に。

・しかし、旧宮家の本物の姫が嫁になることを嫌った美智子が、自分と似たような出自の小和田雅子を徳仁の嫁にするよう協力する。

・美智子と組んだ小和田側は、アメリカのマスコミに「皇太子妃に小和田雅子」の一報を流して出し抜くことに成功。これも美智子の時のマネ。まんまと皇太子の妻にするのに成功。

お后教育の時、雅子さんは 「天照大神」 「日本武尊」を「テンテルダイジン」 「ニッポンブソン」と読んだそうな。
講師が早々に教育をやめたのは馬鹿すぎてお手上げだったから?

誰だよ、こんなのを皇室に入れたのは?

要するに、知恵遅れの皇太子をハニートラップにかけて、生きていると都合が悪い恋人には事故死してもらって皇太子と結婚した可能性が高い

しかし、知恵遅れの二人が野合して餓鬼作ったらやっぱり知恵遅れの餓鬼しか生まれないんだよな

29. 中川隆[-11835] koaQ7Jey 2019年2月26日 08:07:37 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[144] 報告
知られざる高円宮家の真実 狙われた皇室
 
高円宮憲仁親王とワールドメイト

ワールドメイトという団体。神道をベースにした新興宗教らしい。
規模は小さく、表立って大きな問題を起こした事はないがこの団体はかなりあやしい。この団体に所属すると霊体のおでこ?に菊のご紋が現れるらしい。神霊界の皇族?となるとのこと。(知人からの受け売り)とにかく、あやしい。

新興宗教を信じるのも所属するのも個々の自由。
その是非をここでとやかく言うつもりはない。
許せないのは、紀子様の悪口を言いふらしていること。

知人が洗脳されている。
得意げに「紀子が…」と呼び捨てにし、ののしっている目は逝っている。そしてしめくくりは雅子さまおかわいそう。最終しめくくりはF先生は明治天皇の生まれ変わり(だからF氏のいうことに間違いはないということらしい)??………

F氏は、雅子さんが流産された時に、紀子様の親族が稲荷信仰をしていて呪いをかけたと言ったという。紀子様が御懐妊された今、組織ぐるみで紀子様の悪口を言っている。

同じようなことはもっと巨大な某宗教団体でもやっている。しかももっと巧妙な手口で紀子様や秋篠宮家の悪口を広めているとの事。どう考えても、皇室という組織に順応し、祭祀を真摯にこなしているのは紀子様の方。その方がなぜ誹られなければならないのか。今の東宮夫妻はおかしな勢力に利用されやすそうな危うさがあり、その結果、皇室が破壊されるのではないかと心配。

F氏は故高円宮殿下の知り合い。
高円宮殿下は生前紀子さまの悪口を言っていた。

高円宮殿下は外務省の外郭団体勤務。
外務省と言えばあの父娘。そっちにつながるのか。
2006-07-07

紀子様の悪口や根拠のないうわさ話を撒き散らしている集団は他にも○○学会があるが あちらは、皇室を破壊したいという目的が見えているがワールドメイトの目的は…一体何なのだろう。


高円宮殿下と教祖深見氏の仕事関係のつながり。

高円宮殿下は、秋篠宮家創設によって公務に呼ばれる回数が激減したので紀子様を快く思っていなかったこと。高円宮殿下は、外務省とも接点があり、雅子擁護だということ。だから紀子様の悪口を言い続けていたし、いじめてもいたとのこと。その悪口に乗ったのが、権力にすりよりたい深見氏だったのでは…という話もある。

高円宮様が若くしてお亡くなりになったのは日本を守っている神様からの罰?今現在、親王様誕生について深見氏が会員にどのように言っているのかはわからないがおそらくよい受け止め方はしていないだろうと思う。

呪詛なんかしていなければいいけど。
でも呪詛したところで効果はないという気もする。
平成13年からおかわいそうなマサコサマのために豆木とやらでお祈りしているようだが マサコさんってこの頃からおかしくなりはじめたのではないだろうか(もともとおかしいという話もあるが)

このあと愛子さんは生まれたけれど、こんなことを言ってはなんだがワールドメイトの目論見通りの子ではないだろう。
2006-09-16


高円宮憲仁親王と久子妃


1984年4月23日 カナダ大使館のレセプションパーティーでカナダに留学経験のある憲仁親王と鳥取久子嬢が出逢う。同年5月6日 三笠宮殿下が鳥取久子嬢に「うちの憲仁をどう思うか?」とご質問、既に鳥取久子嬢の経歴と家系を調査済みでお妃候補に入っていたようだ。5月20日 憲仁親王が英語でプロポーズ「Will you marry me?」「Yes」。久子嬢の父は鳥取滋治郎(当時は東邦物産専務)、母二三子さんの祖母君・曾我晃子さんは元貴族議員・曾我祐邦子爵夫人、晃子さんの父君は鷹司熙通公爵。結婚後に高円宮家が創設された。

三笠宮崇仁親王が総裁を務めた第31回国際アジア・北アフリカ人文科学会議で、三笠宮の通訳・助手を務めたことがあり、そこから白羽の矢が立った模様。結婚前、旧姓の「鳥取」と「久子」のバランスが悪いため、仕事の際は「恒久子」という名前の名刺を使っていた。恒という文字が雅子妃の実父の小和田恒の名前と関係があるのかどうかは不明だが、久子妃は雅子妃の実母、小和田優美子とは旧知の間柄。当然、皇太子の結婚前から小和田家とも面識や交流があったと推測される。

憲仁親王は、1978年に学習院大学法学部卒業後、同年から1981年までカナダのクイーンズ大学に留学。帰国後は外務省の外郭団体である国際交流基金(現在は独立行政法人)で嘱託として働いていた。国際交流基金は完全に外務省のテリトリーであり、高円宮は国際交流基金を通じて外務省とつながっていた。当時、外務省の高官だった小和田恒にとっては、まさしく娘を皇太子妃として送り込むための千載一遇の好機が揃っていたわけである。

雅子妃入内の手引きをした高円宮憲仁親王

『美智子さまから雅子さまへ プリンセスへの道』河原敏明、ネスコ(1993年) p65-66より引用

入省して三週間目の四月二十五日に、雅子さまは高円宮邸に一人招かれる。高円宮ご夫妻と浩宮、雅子さまの四人だけだった。英国人カップルも招かれていたが、「都合で欠席」とされた。お二人は、高円宮夫妻とともに会食した。浩宮は、同年三月に訪問したネパール、ブータン、インドのアルバムを用意していた。写真は浩宮がご自分で撮ったものである。

・・中略・・

話ははずみ、たった四人のホームパーティは、数時間にもおよんだ。雅子さまがその日帰宅したのは、夜遅くなってからだった。

『サンデー毎日』1993/1/24号<愛を“予言”し、初めての出会いをセット・高円宮憲仁親王殿下 p25-26より引用


キューピッド説の根拠は、皇太子さまがネパールなど三ヶ国旅行から帰国後の一九八七年四月二十五日、高円宮ご夫妻がお二人を自邸に招き、ホームパーティーを開いたことにある。高円宮さまは、「殿下にご旅行の話を聞こうとお招きし、小和田さんは有望な女性外交官でもあり(注:まさにこの年、全く同じ月の1日付で小和田雅子が外務省に入省したばかりである)、話題も合うと思って、一度ご一緒の機会を作りました」と明かされる。

が、宮家関係者によると、ご夫妻が雅子さんを宮邸に招き、そこへ皇太子さまが訪問されるという形をとったが、実際は皇太子さまが一足早く着き、雅子さんを出迎えられ、雅子さんは驚いた様子だったという。


四人は夕食をともにし、食後、皇太子さまは数日前から用意、宮邸に持参された三ヶ国旅行や留学時のアルバムを見せて、思い出などを語られた。その際、皇太子さまは主に高円宮さまと話されたため、宮妃の久子さまが雅子さんの相手を務める形になったが、雅子さんが自分の将来や外交官としての抱負をハキハキと答えるのを見て、英国留学で現地の学生が自分の意見をはっきり主張している点に感銘を受けていた皇太子さまが、雅子さんに強い印象を持たれたという。

「実は久子さまが雅子さんの母親と旧知の間柄で、娘が女性外交官を目指しているのを知り、一度ぜひ、皇太子さまに紹介したいと思われていたようです」(宮家関係者)この日は話がはずみ、雅子さんが帰宅したのは午前一時を過ぎていたともいう。

だが、高円宮さまとお二人の関係は、実はもっと古くからだったのである。「お二人の出会いは八六年十月、東宮御所で開かれたスペインのエレナ王女歓迎パーティーですが、当時、東大の学生だった雅子さんを招いたのは、実は高円宮さまだったのです」 こう明かすのはある皇室関係者。

 ・・中略・・

高円宮さま自身、「小和田さんほど皇太子妃にピッタリの素敵な女性はいないんじゃないか」と度々、漏らされている。

雅子妃入内には、高円宮だけでなく、小和田、外務省(創価学会)、マスコミによる執拗な工作も行われた。


参考サイト

ドス子の事件簿 マコオタ画像集(雅子関係)
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%a5%de%a5%b3%a5%aa%a5%bf%b2%e8%c1%fc%bd%b8%a1%ca%b2%ed%bb%d2%b4%d8%b7%b8%a1%cb%a3%b1
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%a5%de%a5%b3%a5%aa%a5%bf%b2%e8%c1%fc%bd%b8%a1%ca%b2%ed%bb%d2%b4%d8%b7%b8%a1%cb%a3%b2


1992年8月16日には、皇太子と小和田雅子の5年ぶりの再会デートが、柳谷謙介・元外務次官宅で突然セッティングされるという奇妙な事態も起きる。雅子妃との結婚を反対していた昭和帝の崩御を待っていたかのようなタイミングだった。何かが動いていた。


小和田、高円宮、外務省、創価学会

参考サイト
http://kabanehosi.up.seesaa.net/image/takamado.txt


ある皇室記者

昭和帝の御意志や雅子妃の背後の事情を無視し、皇太子殿下と雅子妃の仲を、自宅を提供してまで取り持った高円宮殿下(故人)と、佳子さまをご出産された後の秋篠宮紀子妃殿下に、出産を控えるように圧力を掛けたとされる久子妃に対して、自分は全く敬意を払っていないし、好意的な考えも持っていない。

秋篠様を貶める記事に苦情を言っても「しかるべき筋からの話だから」と出版社が取り合わなかったそうだ。しかるべき筋=高円宮だと考えられる、とのこと

高円宮様は、秋篠宮様ご成婚時、自分たちがいるから彼らに公務の依頼は殆どないのじゃないか?と発言

秋篠宮様に仕事を獲られるのが怖くてあらぬ噂を流していたとも言われている。

新しく皇族に入った人に対する言葉ではない、一緒に皇室を支えて行こうというのではなくて「オレ様より目立つな、青年皇族はオレ様」的発言という解釈をした人も中にはいた。


(新聞記者証言)
秋篠宮ご一家の創作悪口を内外に言いふらし、媒体で嫌味な発言連発したのは高円様。高円宮様が皇太子を取り込んでから皇太子と秋篠宮家は疎遠になった。

なにより、雅子さま入内を推していたのは高円宮様。高円宮様が亡くなって皇太子夫妻がおかしいのが表面化したのを考えると、彼が皇太子サイドで相当動いていたんだろうと想像出来る。


皇室関係者

紀子様の都市伝説関係が浮上したのは雅子さんが結婚する1,2年前 流していたのは創価、外務省、高円宮さま

雅子さんの不出来を薄めるため、あるいは紀子様になすりつけるという目的があったといわれている。その後渋谷氏(のちに雅子妃の妹節子さんと結婚)を通じて医療関係者に噂を広げた。各地で医学部教授等が偽の噂を得意気に吹聴する姿が目撃されている。


故人と交流のあった人間

高円宮様は一見気さくそうに見えて 実は最も階級意識の強い人だったらしい。紀子様のご実家をバカにしきっていた。高円宮様は皇太子には媚びて 秋篠宮様のことは悪口言いまくっていた。


M氏
高円宮様はもともと外務省と関係の深い人。宮家といえど台所事情は楽じゃなかったから仕事もしていた。だから恒が取り込みやすかった。しょせん世間知らずの宮様なんて、海千山千にかかったらちょろいもの。

K氏
小和田恒氏と鳥取久子さん(高円宮久子)の噂は?高円宮様は国民と皇室の架け橋などと言っていたけど、基金集めでは色々黒い噂もあった。高円宮様がお亡くなりになってからは秋篠夫妻の誹謗中傷が止んだ。

H氏
あのお方が皇太子を応援していたのは「皇太子」だからでしょう。雅子さんとあのお方で秋篠夫妻の文句でも言っていたことも。

ある記者
承子さんの成人コメントでも紀子妃懐妊については無視だった。高円宮様が紀子様を貶める発言を広めていた。あることないことまで噂を言いふらしていた。高円宮様がお亡くなりになってから、あきらかに流れが変わった。(小和田家親族や学会がらみの擁護派からの古い捏造話の蒸し返し以外はなくなった)秋篠宮様ご成婚時の、特別報道番組内で「秋篠宮ご夫妻が担われるお仕事は、殆どないだろうと発言。…テープカットとか、シャンパン片手に乾杯とか、その手の公務そういう、華やかな場面の公務は自分達が請け負っているから、秋篠宮ご夫妻には、殆ど回らないと。蓋を開けたら、秋篠宮ご夫妻は大忙し→気に食わないという流れがあったことは確かです。


小和田雅子さんが皇太子妃候補として名前が出てくるきっかけを作ったのは、高円宮様。未来の天皇の皇太子夫妻にはおべっかつかって持ち上げていた。必要以上に庶民派ぶっていたが実はプライドは高く腹黒い面もあった。皇太子と雅子を結びつけたのは高円宮。それに優美子さんと久子様は知り合い。高円宮様亡きあと、久子様があの2人の相談相手に引き続きなっていても良いだろうに、全然でてこない。

森下洋子と高円宮様の対談番組を見たことがあるけど、なんというか、相手に対する物言いが、高飛車で傲慢。どことなく意地悪さを含んだ感じだった。高円宮様は、「皇居、赤坂御所には農薬や除草剤のせいで虫一匹いない」などと平然と嘘をつく人。高円宮様は、頭の構造がちょっとおかしい人みたいだが雅子さんのことは自分サイドの人間だと思っていた。外国通で、賢いデキル女だと。これを皇太子殿下にくっつけておけば、皇太子は安泰。雅子さんと同じサイドにいる自分も安泰。という発想。

率直に言うと秋篠宮殿下はたいした事ない男だと見くびっていた
成人していざ蓋を開けてみたら良い妻を娶り、祭祀も公務も研究にも熱心で両陛下の信頼もあつく、男性皇族として申し分ないお方になった。これらは両陛下をはじめ良識派の皇室の方々にとっては大変喜ばしく、一方で勝ち馬に乗った筈の人間にとっては大誤算で痛恨の出来事だった。


皇太子夫妻の結婚式当日、微妙な表情の各皇族方と一人得意げな高円宮。その視線の先は・・・


謎に満ちた高円宮憲仁親王の突然死

2002年5月末に夫妻で韓国を公式訪問し、日韓W杯の開会式に出席した。日本の皇族の韓国への公式訪問は戦後初だったが、同年11月21日、カナダ大使館にてスカッシュの練習を行っていた最中に心室細動による心不全で倒れた。

直ちに慶應義塾大学病院に搬送されるも、すでに心肺停止の状態だった。蘇生措置がとられ一時は心拍が確認されるも、夜半になって容態が悪化。久子妃の同意を得て人工心肺装置を取り外したところ、生命反応がなく死亡が確認された。 享年47歳。

あの国のあの法則なのか、事故なのか、天罰なのか、今となっては分からないが、皇族としてはあまりにも早すぎる死であった。

(コメント)

今回の記事を書いて、自分の中では雅子妃入内の陰謀の解明については一段落付いたように感じている。外務省の中には、大鳳会という400人以上の創価閥があり、外務省=大鳳会という場合も少なくない。

故・高円宮憲仁親王はその外務省と外郭団体を通じてつながっており、皇室の内部から様々な工作を行っていたようである。久子妃は小和田家とつながっており、高円宮家は雅子妃入内のために働いてもらうには打って付けの皇族だったのだろうと思う。

高円宮憲仁親王(以下高円宮)の逆恨みと利害の一致による協力も加わり、マスコミ、外務省(創価学会)、小和田家の工作と併せて、昭和帝の崩御後、雅子妃の入内がまんまと成功したのだろうと推測している。

生前の高円宮の暗躍ぶりには興味があるが、やったことが裏目に出てしまい、本人も早逝し、事ここに到っては悪名を残すばかりである。スポーツ振興に貢献した宮様として、ウィキペディアなどでは持ち上げられているが、少なくともこのブログで褒め称えることはまずないだろう。皇室に対する功罪を相殺すれば、あきらかに罪の方が多いように感じられるからである。


高円宮家の長女である承子女王は、成人を迎えた際の記者会見で、紀子さま御懐妊と紀宮様のご結婚について感想を求められて華麗に無視したが、家で秋篠宮家の根も葉もない悪口を吹き込まれていたので答える気にならなかったのだろう。要領の良い人間なら、もう少し思慮深い行動をすると思うが、ブログ騒動の件を見ても分かるように、母君の薫陶が良く行き届いていると言うべきだろうか。
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-746.html
http://blog-imgs-19-origin.fc2.com/o/o/y/ooyasimaneko/20090927085845fae.txt

30. 中川隆[-11825] koaQ7Jey 2019年2月26日 10:29:01 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[154] 報告

日本人は GHQ に自虐史観・反日思想を持つ様に洗脳されたのか?


アホ右翼の日本の庶民が直接「GHQ に洗脳された」という主張には無理があります。
GHQ はもっと巧妙なやり方っで日本人を洗脳したのです。

つまり、まず皇族とマスコミと日本の官僚を洗脳して、彼らを通して日本の庶民も間接的に洗脳したのです。

日本人は皇族のファンばかりだから、皇族が護憲で何時も平和、平和と唱えていれば日本の庶民も護憲になってしまうのです。

具体的には、GHQ はこういう手口で日本人を洗脳して羊より従順にしたのです:

小和田恒氏、その重大な罪 2018-07-01
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/a672698e97b9e288783b63bf979afce1


以下は、平成26年8月12日の拙ブログ過去記事をベースに、日本という国にとって小和田恒氏がどれほど悪辣なことをやらかしたかのまとめです。

・・・

結局慰安婦問題にもつながる、小和田恒氏は国会喚問に値するのではないか。

河野談話を批判し、河野洋平を喚問せよと主張する保守ブロガーたちが以前は
いて、拙ブログ主もそれには賛同をするものの、しかし小和田恒氏を等閑視するのは、整合性が取れぬ上、怯懦だとも思いますね。同じく東宮問題を避けて、直視する勇気のない保守論客たちも。現実を直視なさい、日本を何とかしたいのなら。

ニューヨークタイムス東京支局(所在地 朝日新聞社内)で、反日記事を発信している 田淵広子氏さえ喚問が言われていたというのに、小和田氏の果たした日本毀損の役割に比べれば、田淵某など蚊ですよ。

◆舛添要一前都知事に見られた日本の中韓へのご機嫌取り土下座外交の始まりは小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁に端を発する。

◆日本を根本的に損ねた村山談話・河野談話の原点が小和田恒氏である。

◆翻訳上の問題点なのだが、小和田氏が国会において、サンフランシスコ講和条約における「東京裁判の判決を受諾」を「裁判を受諾」と言い換えたことが、その後の日本の行方を歪めてしまった。

つまり・・・・

日本は東京裁判の「判決は受け入れたが」「裁判そのもの」を肯定したわけではない。

にもかかわらず、それを「日本は東京裁判を受け入れた」とまやかしをやらかしたのが、小和田恒氏という男です。皇太子妃の実父です。

◆小和田恒氏のこの発言以降、日本の政治家は外務省からこの間違ったレクチャーを繰り返し受けることになり、いないはずの戦犯を蘇らせてしまいました。

◆靖国参拝問題の根っこも実に小和田恒氏が作った張本人であるということでしょう。

日本はサンフランシスコ講和条約において、東京裁判を受諾はしていない。⇒裁判自体を正当なものとして、受け止めたわけではない。

東京裁判の裁判自体ではなく、(敗戦国としてやむを得ず)刑罰の執行を続けること、それに限定して合意したに過ぎない。

ここまでで、小和田恒という男が犯した重大な過ちの内容は理解していただけたでしょうか。小和田氏が故意に誤訳したのか、単に間違えたのかそれは解りませんが、いずれにしてもその後の日本の舵取りを難破の方向へと導いてしまったのです。
誤訳なら後に深甚な謝罪と訂正が、国民にあるべきで、それがないところを見ると確信犯でしょう。

なぜ小和田氏がかくも、粗雑に祖国を扱うのか、いえもし祖国ならこうも貶めは出来ないでしょうに?

日本国にとって、小和田氏は癌細胞の一つでありそのことはすでに識者から指摘、糾弾されていることですが、皇太子妃の父という立場ゆえにでしょうか、明るみに出ません。それどころか、雅子妃の入内以来トントン拍子の出世です。福田康夫氏,山崎拓氏,加藤紘一氏らと同類の売国奴であるにもかかわらず、彼らを撃つ保守が、一人小和田恒氏のみはスルーしてしまいます。

小和田恒氏が日本を損ねたその「罪」の歴史を箇条書きします。

1 A級戦犯を戦争犯罪人として、土井たか子氏と共に断罪する。

2 女系天皇に向けて動いた形跡もあり。(万世一系皇室の破壊行為)

3 「日本ハンディキャップ論」を唱え、中国韓国へは物申さず、ひたすらお金を貢ぐことを主張。「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁した。⇒東京裁判を全面肯定

4 福田赳夫氏は、小和田雅子さんが子供の頃から「雅子ちゃんは皇太子妃にする」と豪語していた人物。それに乗ったのが小和田恒氏であり、単なるロマンスによる入内ではなく仕組まれたものである。

5 「日韓フォーラム」への参加者である。同席者に売国新聞朝日新聞の当時主筆であった若宮啓文(わかみや よしぶみ)の名がある。加藤紘一の名も。彼らと同類である。「韓日」合同W杯の母体となったフォーラムである。小和田恒氏が半島利権の高円宮とタッグを組んで動く。(高円宮家は韓国の三大企業+と昵懇の関係を結んだが、小和田氏にいかなるメリットがあったのだろうか)

6 創価学会が小和田恒氏に送った「池田大作特別待遇要請書」に応じた。創価学会への便宜供与である。この件は第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号でも追求されている。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/134/1177/13411271177003c.html

7 竹島に関連しての韓国寄り発言。

「自国の領土なら、わざわざ国際司法裁判所に持ち込む必要はない」と日本の提訴の動きを牽制。

(その後ハーグの国際司法裁判所所長に上り詰めたことと考えあわせると、胸が悪くなるほどの売国発言です)

8 村山談話に先駆けて、実は小和田恒氏が売国発言をしていた事実。

戦前の日本がアジア諸国への侵略や植民地支配を行ったという見解を公式に認めたのは小和田恒氏が発端。

昭和60年11月8日、衆議院外務委員会での小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁より。

▼社会党土井たか子議員から東京裁判(極東国際軍事裁判)の訴因とされた「平和に対する罪」とサンフランシスコ条約(日本国との平和条約)第十一条の解釈を問われ、当時の小和田局長の答弁。

「極東軍事裁判の評価については学問的にはいろいろな意見がございますけれども、国と国との関係におきましては日本国政府といたしましては極東軍事裁判を受諾しているわけでございます。 ← 注;ここが事実と相違している。判決は受け入れたが、裁判そのものを認めたわけではない。

その裁判の過程におきまして「平和に対する罪」ということが起訴理由になっておりまして、その訴因の第二十七で、被告が中華民国に対し侵略戦争並びに国際法、条約、協定及び保証に違反する戦争を行ったということが挙げられておりまして、御承知のような判決が出ているわけでございますので、そういうものとして政府は受けとめておるということでございます」

それまでの日本政府とは異なる見解が、小和田恒氏によって提示されそれが
定着することとなりました。中韓ソ各々国交回復で解決済みの賠償問題をことごとく、ゾンビのごとく蘇らせたのが小和田恒氏である。

9 小和田恆氏はそれまでの政府見解をうち捨てて、日本はアジア諸国を侵略した。先の大戦が国際法、条約、協定などに違反する戦争であったという裁判の訴因をも受諾したものと解釈を変更。この国会答弁に食らいついた、政治家、マスコミ、知識人たちがその後の自虐史観へと走り、それに乗った中曽根康弘氏などが「靖国問題」などを作り上げてしまう。

10 日本の自虐史観と、その後の中韓へのヘタレ外交の素を作ったのが小和田恒氏である。

・・・・・・・・・・・・・

実に駆け足の概略でしかないのですが、詳細を述べると記事が煩瑣になるので、個々の箇条については各自お調べください。
容易に資料は拾えます。

何度も言っていますが、東宮問題が単独でそこにあるわけではありません。
日韓日中在日カルトなどと絡まり合いながら、GHQの日本弱体化政策、
皇室弱体化施策とも連動しながら、今現在の姿です。

小和田恒氏と雅子妃が親密な外務省創価学会グループ「大鳳会」の
メンバーは約50名もいます。

池田大作を大臣級扱いで海外に送り出す手配を担当し、対韓・対朝・対中の日本外交を歪めてきた張本人的組織で、そこを仕切っていたのが、小和田恒氏です。

擁護派は問題点を俯瞰で見る視野を欠いているので、あらゆる日本毀損の
勢力が小和田・東宮問題とリンクしていることが見えないでいます。

小和田恒氏は、日本国を損ねた何人かの最大「悪人」のうち、官僚としては
最大級の「極悪人」です。ネジ曲がった政治家をその後生み出す土壌となった
という意味では、それらの政治家よりワルでしょう。

安倍総理のいう「戦後レジウムからの脱却」の意味するところの一つは、
日韓、日中、日ソ間の国交回復条約を通じて、賠償金を含むすべての
請求権の相互排除を決め、全て解決済みであるとの確認事項の
再確認もそこに含まれるでしょう。

それを阻んでいるのが自民党のある政権と、民主党政府の不用意な発言、
談話、不要の謝罪などを繰り返した暗愚の歴史にありますが、
それらの「犯人」を列記すれば、鈴木善幸時代の宮沢喜一官房長官と
並んで、外務省の小和田恒条約局長がいます。

小和田氏の名は、日本新党の細川護煕首相、社会党の村山富市首相、菅直人・鳩山由紀夫の民主党両首相などの最悪な元首相たちや、河野談話
河野洋平官房長官らの名に隠れて目立ちませんが、官僚の中では最大級に
日本を損ねた人物です。本当に・・・・・こんな国家毀損者の娘が、よくまぁ
入内できたことと、当時の入内の経緯に改めて強い疑念を抱かざるを得ません。

日本の国益と名誉を著しく損ねて来たこれらの者たちの、証人喚問をして
ことの経緯を明確にすることが、戦後レジウムからの脱却には必要でしょう。
無理を承知で故意に言っているのですが。

しかし、かの村山談話の基礎を敷いたのが小和田恒氏です。

【備考】 小和田恒氏が「日本は悪者。中韓には跪き、尽くせ」という論を
唱える以前の日本の立ち位置は・・・

衆議院・平和条約特別委員会では小和田氏の大先輩である西村熊雄条約局長(当時)が次のように答弁している。(面倒な人は青字だけ読んでください)

「(平和条約)第十一條は、戦犯に関する規定であります。戦犯に関しましては、平和條約に特別の規定を置かない限り、平和條約の効力発生と同時に、戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失い、裁判がまだ終つていない場合は釈放しなければならないというのが国際法の原則であります。

BB注 A級戦犯呼ばわりは、間もなく上皇后におなりの方です。小和田史観との連動、あるいは共同プロパガンダ。

従つて、十一條はそういう当然の結果にならないために置かれたものでございまして、第一段におきまして、日本は極東軍事裁判所の判決その他各連合国の軍事裁判所によつてなした裁判を承諾いたすということになつております」

十一月十四日の衆院法務委員会で、佐瀬昌三議員の、「戦争犯罪というものは、今回の講和條約の調印によつて、全部終了したものであるかどうか、なお逮捕とか或いは裁判とかいうような問題が残されておるかどうか、打切りになつたのであるかどうかという点を、あらかじめ承知いたしておきたい」との質問に対して、

大橋武夫法務総裁(当時)は

「戦争犯罪という問題は、わが国といたしましては、ポツダム宣言の受諾によつて引起つて来た問題である、こう考えておるわけでございます。今回の講和條約の締結によりまして、当然ポツダム宣言というものは、関係国の間で効力を失うものと存じまするので、今後調印国の間におきましては、戦争犯罪という問題は発生の余地がないものと心得ております」と答えている。更に大橋大臣は

「第十一條におきましては、これらの裁判につきまして、日本国政府といたしましては、その裁判の効果というものを受諾する。この裁判がある事実に対してある効果を定め、その法律効果というものについては、これは確定のものとして受入れるという意味であると考えるわけであります」

と答弁している。

以上で明らかなように講和条約に調印、批准したときの日本政府は、本来の国際法では平和條約の効力発生と同時に戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失うのが原則であり、今回の講和條約の締結によって、今後は戦争犯罪という問題は発生の余地がない。

また日本は講和条約の第十一条によって極東裁判を受諾したのではなくて、その裁判の効果(注:判決)というものを受諾するとの解釈でいたのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

  下皇后のお父上は、悪党福田父子のご家来

それまでの全てを覆し、世界に向けて日本を全面的な悪者に仕立てあげたのが、小和田恒氏です。動機は解りません。想像は出来ますが、想像範囲内の事なので控えます。ただ、その動機のいかんを問わず、小和田恒氏は日本破壊・弱体化勢力の首領の一人であると言えるでしょう。日本人ですか? と思わず問い詰めたいこれまでの言動です。

画像で表す小和田恒氏を基軸とした日本壊国の円環

第91代内閣総理大臣・福田康夫氏の反日。親中派。台湾から熱愛と言うほどの親日家である李登輝氏が病気治療目的で来日を希望した際、河野洋平氏とともにビザ発給に反対。

福田康夫元首相が「南京大虐殺記念館」を訪問 中国外務省「歴史を正視」と称賛 (産経)

 【北京=西見由章】上海で開かれた学術会議に出席するため訪中した福田康夫元首相は24日、「南京事件」の資料を展示する江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪問した。中国メディアによると、福田氏は「南京大虐殺の犠牲者を深く哀悼する」と書かれた花輪を供え、同行者らとともに黙祷。「過去の事実を正確に理解しなければならない。もっと多くの日本人が記念館を参観すべきだ」と記者団に語った。

 日本の首相経験者が同館を訪れるのは海部俊樹、村山富市、鳩山由紀夫各氏に続いて4人目。

・・・・・ここまで

南京大虐殺など、中国政府の日本貶めプロパガンダに過ぎません。
そのプロパガンダに加担する連中って、本来の意味での日本人ですか?
悪辣な福田父子の家来であるのが、小和田恒氏と優美子氏です。
ジョウ皇后の下に、シモ皇后として即位なさる雅子妃のご両親です。

・身代金のキックバックを、福田がうけとり口封じに自民党内に撒いた。

・その弱みを握られていたので、今にいたるまで自民党政治家は、北朝鮮のような犯罪国家に屈している。

あくまで推測ですが。

さらに、この連携は、皇位継承問題にも及んでいます。

・福田家は、群馬の部落の家。

・福田は、「雅子ちゃんを皇太子妃にするよ」と宣言していた。

・雅子が生んだ愛子さんを天皇にするための法案を通そうとしたのが、小泉純一郎。

なんとしても、朝鮮人、部落民の血を引く愛子さまを即位させるのが、部落解放同盟、および朝鮮人たちの宿願なのでしょう。

しかし、神の采配により、秋篠宮紀子妃殿下の第三子ご懐妊、そして悠仁親王ご出産により、その企ては頓挫しました。

まだ油断がなりませんが。愛子さま天皇実現運動は、部落民&朝鮮人のクーデターなのです。

大日本帝国時代の朝鮮

小和田家の祖とおもわれる人物が新潟に住み着き、背乗りしたころといえば、大日本帝国時代でしょう。

併合後のピクニック?の様子。いい雰囲気ですね。

このころは、朝鮮半島は普通に日本領であり、朝鮮人は朝鮮系日本人でした。すべての国民に対して戸籍もできましたし、選挙権もあり、出世して大臣になったり将軍になった人物もいます。スター的存在になり財をなした妓生もいます。戦後までは、半島と日本列島との間の行き来は普通にできていました。にもかかわらず、わざわざ、密入国して背乗りする必要があったとなると、

・半島で犯罪をおかして逃げてきた人物。あるいは一家離散などの憂き目にあった。

・半島でも身分の低い階級(例えば、白丁)に属しており、日本列島の北の果ての新潟に住み着きロンタリングする必要があるくらい、絶望的な階級だった。

・もともと目的があって日本に住み着いた「草」、すなわち工作員である。

・新潟の朝鮮部落にすんでいた朝鮮系の人間が、小和田家に背乗りした。

などが考えられます。

故中川昭一議員が、小和田恒の書斎にレーニン像があったと証言してますね。小和田恒が、ロシア大使だったころ、ロシアのハニトラにかかってダブルスパイをしていたことが、ソ連崩壊後の情報の公開によりわかっています。

小和田家は、不法入国する必要があったくらい社会階級の低い位置にあった朝鮮系であるだけではなく、思想的にも旧東側の人間の立ち位置を置く人物であり、代々、工作員の家系である可能性があります。

母方の江頭家もまた、部落の出身の可能性が高いですね。

雅子の母方の親族であり本家になるタレントが、「自分は部落だ」とカミングアウトしていたそうです。

さらには、祖父の江頭豊は、水俣病を引き起こし放置したばかりではなく、「腐った魚を喰った貧乏人がわるい」等の暴言、被害者の方々へのヤクザを使っての暴行と弾圧、ジャーナリストでカメラマンであったユージンスミスへの暴行などをヤクザとつるんで行った大量殺人犯でした。

つまり、雅子さんは父方、母方、ともに、日本、朝鮮それぞれの社会の、最下層の階級の出身でかつ犯罪性が高い家系ということになります。
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/a672698e97b9e288783b63bf979afce1

______


官僚と皇族に自虐史観を植え付ければ、皇族大好きな日本の一般庶民も全員自虐史観を持つ様になるのですね。

アメリカの支配層は賢いです。

31. 中川隆[-11819] koaQ7Jey 2019年2月26日 13:01:10 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[161] 報告
学歴ロンダリング
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%AD%A6%E6%AD%B4%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

「東大卒業&ハーバード大卒業の超才媛」というイメージが売り物の雅子夫人であるが、実際には東大は学士入学→中退であり、ハーバードについては父・小和田恒のコネが大きく働いていたと考えられる。彼女は外務省入省後オックスフォード大院に国費留学しているが、国費留学組の中でただ一人修士号を取得することができず、父親のコネが働かない場所では結果を出せないという実証がされている。
このように実質が伴わないのにやたら高学歴イメージを作り出していることから、皇室御一行様スレッド住民奥様方の間では古くから「学歴ロンダリング」との表現がされている。

時折秋篠宮妃紀子殿下と比較して「雅子サマの方が才媛だ!」という雅子擁護派の主張が散見されるが、紀子殿下は学習院大学院にて心理学修士号を取得しており、経済学学士どまりの雅子夫人と比較しどこをどう客観的に判断しても、紀子妃殿下の方が学位は上である。

ハーバード大学の学部教育の問題として、マイノリティへの成績の付け方が他大学に比べ甘いこと、また実際の教育が教授でない教員(フェロー)によって行われている実態があることが指摘されている。これは教授が研究や大学院教育に重点を置いているためであるが、教授が学生の指導を密接に行うリベラルアーツ・カレッジとの違いになっている。マサチューセッツ州のアマースト大学、ペンシルバニア州スワースモア大学(Swarthmore College)といったリベラルアーツ・カレッジを卒業して、ハーバード大学の大学院に入学する学生も多い。

" class="outlink">http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%CF%A1%BC...
http://en.wikipedia.org/wiki/Harvard_Universityの“Views of Harvard”2パラグラフ目にも、ハーバード大学のgrade inflationにつき記述がある)


ハーバード大成績評価について

上述のように、ハーバード大学が学部生に甘い成績をつけることは有名で、以前からかなり問題になっている。平均的な成績がAなので、普通に履修していればGPAは限りなく4に近づける。このBoston Gloveの記事だと91%がHonor(Cum Laude, Magna Cum Laude, Summa Cum Laude)で卒業らしい。

Harvard asks faculty to justify grading methods
By Patrick Healy, Globe Staff, 10/23/2001
SPECIAL REPORT | Oct. 7

 At Harvard, it's honors all around Harvard University has a dirty little secret: a grade inflation culture that allows 91 percent of students to graduate with honors, rendering the distinction virtually meaningless.

 For the first time, professors at Harvard University have been asked to justify the grades they give students as the university launches its toughest examination yet of grade inflation.

 Susan Pedersen, dean of undergraduate education, gave faculty members a January deadline to explain their grading practices in writing. A committee will review the data and recommend whether changes to grading should be considered.

 The plan was announced at a private faculty meeting last week, following a Globe study revealing that decades of grade inflation have made it much easier to graduate with honors.

 More than half of Harvard's grades last year were A's and A-minuses, and a record 91 percent of students graduated with honors in June. Yale, Princeton, and other Ivy League and nationally ranked universities had far lower rates of honors, the Globe found.


マグナ・クム・ラウデについて

英語版Wikipediaの「Latin honors」のページによると、

Harvard College first awarded final honors to its graduates in 1869. From 1872 to 1879, cum laude and summa cum laude were the two Latin honors awarded to graduates. Beginning in 1880, magna cum laude was also awarded:

The Faculty then prepared regulations for recommending candidates for the Bachelor's degree, either for an ordinary degree or for a degree with distinction; the grades of distinction being summa cum laude, magna cum laude, and cum laude. The degree summa cum laude is for those who have attained ninety per cent on the general scale, or have received Highest Honors in any department, and carries with it the assignment of an oration on the list of Commencement parts; the degree magna cum laude is for those who have attained eighty per cent on the general scale, or have received Honors in any department, and carries with it the assignment of a dissertation; and the degree cum laude is to be given to those who attain seventy-five per cent on the general scale, and to those who receive Honorable Mention in any study together with sixty-five per cent on the general scale, or seventy per cent on the last three years, or seventy-five per cent on the last two.... [Annual Reports of the President and Treasurer of Harvard College, 1877-78]

だそうなので、GPA3.2ならMagna Cum Laudeとなれる。すなわち、成績の8割がBで2割がAなら取れるということ。前述の通り平均の成績がAである以上、かなり出来の悪い人間でも取れるということになる。

もうひとつ、雅子妃がMagna Cum Laudeということは、当然Summa Cum Laudeではなかったということだ。この英語版Wikipedia によるとハーバード大学では9割以上Aの成績を獲ればSumma Cum Laudeとのことなので、GPAは3.6以下だったと推察される。ハーバード大学のような成績インフレ学校で GPA3.6以下とは、特に優秀でもなんでもない。中の中ぐらいの成績だと結論付けられる。


小和田恒とハーバード大学

実父小和田恒氏がハーバード客員教授(1979-1981)として勤めていた。


小和田雅子卒業論文執筆に協力した人々

たかだか一学部生の卒業論文なんぞに普通関わらないような財界人3人が、小和田雅子の卒論作成の手助けをしている事実が存在する。言うまでもなく父小和田恒のコネクションがなければ得られない人脈である。

『素顔の雅子さま』主婦と生活社(1993年)p.76より引用

小和田雅子ハーバード大学経済学部卒業論文

EXTERNAL ADJUSTMENT TO IMPORT PRICE SHOCKS : OIL IN JAPANESE TRADE「輸入価格ショックへの外的調整・日本の石油貿易」

Acknowledgments(謝辞)
This thesis is the product of work carried out in both Tokyo and in Cambridge.

I should like to acknowledge the financial assistance of the Japan Institute and the Center for International Affairs of Harvard University which provided me with summer grants to collect data and interview people in Japan during the summer of 1984. I am grateful for the help given to me in Tokyo by Mr. Kazuo Nukazawa, Directer of the Financial Affairs Department,The Federation of Economic Organizations, Mr. Teruhiko Mano, Genearal Manager of Economic Research Division, Bank of Tokyo, and Mr. Eisuke Sakakibara, Advisor to the President and Director, Genaral Plannning and Administraion Department, Japan Center for International Finance.

In the process of analyzing this material after my return to Harvard I should like to give special thanks to my thesis advisor, Professor Jeffrey D. Sachs for his careful guidance, and to his research assistant Mr. Warwick Mckibbin for help with the computer work.

『THIS IS 読売』1993年4月号pp.51-53、小和田雅子のハーバード卒論を手伝った一人、糠沢和夫氏本人の寄稿記事より引用

 小和田雅子さんのハーバード大学卒業論文(英文九十九ページ)は、一九八五年三月に提出されたものだが、前書きに小生(当時経団連理財部長)と東京銀行の真野調査部長、国際金融情報センターの榊原総務部長(いずれも当時)の協力への謝辞が述べられている。

 前年の夏休みに小生がご父君(小和田恒・現外務事務次官)からの紹介でお目にかかり。経団連の食堂で昼食を共にさせて頂きながら、石油ショックに対するマクロ・ミクロの対応などについてお話をした。

Mr. Kazuo Nukazawa, Director of the Financial Affairs Department,The Federation of Economic Organizations,

糠澤和夫 経済団体連合会参与 (元)ハンガリー大使、外務省大臣官房文化交流部長。
Mr. Teruhiko Mano, Genearal Manager of Economic Research Division, Bank of Tokyo,
真野輝彦 東京銀行参与(当時)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング客員研究理事。
Mr. Eisuke Sakakibara, Advisor to the President and Director, Genaral Plannning and Administraion Department, Japan Center for International Finance.
榊原英資 (元)大蔵省財務官、慶應義塾大学グローバルセキュリティーセンター教授。

 繰り返すが、ハーバード大学の成績の付け方は甘く、大手メディアも問題視しているほどである。それにも関わらず、彼女が獲得したのはMagna Cum Laudeであり、最高ランクのSumma Cum Laudeではない。また、ハーバード大学では、一般教養科目の成績も含めたLatin Honorとは別に、専攻科目毎に与えられるEnglish Honorがあるが(ハーバード大学公式ページ)、そちらの方は獲得できていない。ここまで有利な条件が揃っているにも関わらず、成績はこの程度なのである。


東京大学法学部について

日本の一般学生より条件が有利な学士入学

学士入学試験とは当時の共通一次試験や現在のセンター試験を経る形式とは大きく異なり、外国語(英語)と小論文・面接のみでクリアできる代物である。在米生活が長い雅子にとって英語の比重が高い試験は一般日本人受験者よりかなり優位に働くのは疑いなく、併せてハーバード卒業(父コネ・卒論執筆も父コネ)肩書きが面接で大いに効力を発揮したのは想像に難くない。


僅か1年の在籍後、即中退

「昭和62年 東京大学ご中退」と宮内庁HP 皇太子同妃両殿下のご略歴ページにも明確に記載されている。

昭和61年10月に外交官試験(当時はコネが物言う試験だった)合格後、NHK出演やFOCUS取材やまた皇太子を顔を合わせるパーティーに何度も出席しており、更に後期には運転免許取得のために自動車学校へ通ってもいた。

東大法学部に在籍していた1年間で学業に励んでいた様子はまるで窺えない。
→【母校】も参照のこと。


外交官試験について

 →「外交官試験」参照
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98%E8%A9%A6%E9%A8%93


オックスフォード大学留学について

国費留学

オックスフォード大学ベリオール・カレッジに国費留学(一説には1,300万円かかったとも言われる)するものの、同期7人の中で雅子ただ一人だけが修士号を取得できずに帰国。

 『週刊文春』2006年3月16日号によれば、当時のオックスフォード大学で担当教授だったルーカス・チュカリス教授が、彼女は「日本政府によるアメリカ製航空機の購入」というテーマで論文を書いていたが、外務省に呼び戻されたため断念せざるを得なかったのは残念だと証言している。

 しかし、ならば提出できなかったことについて正当な理由があるのだから、オックスフォード大学当局及び外務省と話をつけて、後からの論文提出を認めてもらえば良かっただけの話である。どうもその辺の行動力が彼女には欠けている気がしてならない。


修士論文を提出できなかった件

小和田雅子が修士論文を提出できなかったのは付き纏うマスコミの所為とも言われたが、移動には宿舎からタクシーを呼べば済む話だし、校内にマスコミが入らないように大学当局と交渉することもできはたずである。

また、小和田雅子が病気をしたせいで満足に勉強ができなかった、とも言われるが、そうだとすれば、彼女は外務官僚として国費留学していながら、自身の健康管理を怠っていたため(他の6人の同期官僚について病気をしたとの証拠・証言は2008年現在に至るも挙がっておらず、現地環境が病気の主要な原因だとは考えられない)に、修士号を取得できず帰国したことになる。

いずれにしろ、社会人としては少々心構えが甘く、論文を執筆できなかった理由付けとしては苦しいものだと言わざるを得ない。


外務省員留学コース

彼女が留学したコースは、学者志望者向けのコースとは違い、企業や官庁の研修生向けのそれであり、現地の学生や少しやる気のある学生ならば1年で修了できるとも言われている。言葉の壁などで手こずってもせいぜい1年半。高校〜大学が米国で、しかも大学の卒業論文を英語で書いてパスした人間が、1年半もいて修士論文を書けなかったというのはまず考えられない。


実父・小和田恒氏の不明瞭な学歴について

名桜大学・客員教授紹介欄では「【最終学歴】英国ケンブリッジ大学大学院修了」、名誉博士号をあげちゃった早稲田大学でも「小和田恒氏は1932年9月18日に新潟県新発田市に生まれた。1955年に東京大学を卒業すると同時に外務省に入省し、その後、ケンブリッジ大学大学院を修了した。」と記載。

しかし、国際司法裁判所の小和田恒Biographyでは「LL.B., Cambridge University」、LL.B.=Bachelor of Laws(法学学士)である。ケンブリッジのLL.M.(法学修士)コースに在籍はしていたが修士論文を提出できなかったことについて、恒本人が「船便で博士論文を盗まれてしまった」と主張しているインタビューが発掘されたことについて保管庫02に書き込みまとめがあるので是非参照されたい。

実父についても修士号を取得しているかどうか定かでなく、いつの間にやら早稲田の名誉博士号をゲトしているところは、まさに父娘揃っての学歴ロンダリングと表現できるだろう。

https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%AD%A6%E6%AD%B4%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0


外交官試験
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98%E8%A9%A6%E9%A8%93

 平成12年まで行われていた外務公務員I種試験の通称。かつて外務省は、国家公務員採用I種試験ではなく、外務省独自に行うこの試験によりキャリアを採用していた。これに合格して入省した外交官を俗に「キャリア外交官」と呼称し、外務省本省の多くの幹部職や、主としていわゆる大国に駐在する大使等はほとんどこちらから任命されていた。小和田恒・雅子父娘は、いずれもこの試験の合格者である。

 「外交官に比べれば東大法学部卒など霞んで見える」とまで言われ、非常に人気が高く、外務公務員採用I種試験に合格した者は、大学を中退して入省した程である(事実、東大3年〜4年次中退者が非常に多い)。雅子妃が東大を中退しているのも、3年次に合格を果たしたからである。

 またかつては、そのブランドより、在外公館へ他省庁から出向した者(アタッシェ制度)に対して差別的な扱いをしているとの指摘もあった。「外務キャリアの不当な特権意識を助長している」等の批判を受け、外務公務員採用I種試験は廃止され、平成13年(2001年)より、外務キャリアは他省庁と同様に国家公務員採用I種試験合格者から採用されることとなった。

(以上、ウィキペディア『キャリア(国家公務員)』『公務員試験』の項より。一部加筆)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3...


 当時の外交官試験がいかに不透明なものであったかは、外務官僚・外交官の傲慢さ、いいかげんさ、横柄さ、ずさんさを痛快に暴いたテリー伊藤著『お笑い!外務省機密情報』(飛鳥新社)にも詳しい。

「外交官に対する、理由なきこの特別扱いは、まず採用試験にルーツがある。外交官以外はみな、大蔵省をはじめ全省庁のキャリア官僚がすべて、同じ上級職(現在の正式名はT種)の国家公務員試験で選抜されている。

 外交官は語学ができないといけないから?われわれ一般国民はこう騙されがちだが、実態はまるで違う。ノンキャリア組から本省のキャリア組幹部まで、『外交官試験の語学試験の内容とレベルは、専門的でもなければ高くもない』と口を揃える。英語を含めて1ヶ国語だけしか必要ないし、和訳と外国語訳があるだけ。

 最近は大学受験ですら、『日本人は何年間も外国語教育を受けながら、喋れないし聞けない』という批判を気にして、ヒアリング試験ぐらいは取り入れている。しかし、外交官試験は相変わらずペーパーテストだけ。

 したがって、『外交になど、とても使えはしないレベルの語学力の持ち主が、ぞろぞろ合格する』(外務省幹部)

(中略)

 あるノンキャリア外交官は、『語学の専門能力を持っている外交官は、ノンキャリア組の試験で選ばれるんです』と言った。これは、『外務省専門職員採用試験』というやつだ。文字通り、語学の専門能力を持っている人間を選ぶ。

このシステムは、『外交は実は半端な語学力などでやるものではなく、全人的な能力でやるもの。語学は、専門の通訳に任せておけばいい』ということを外務省が、当然ながら知っていることを物語る。『全人的な能力』が求められているのだから、キャリア外交官を特別な試験で選ぶ理由はない。理由の無いものが存在しているのは、日本人の外国コンプレックス、『海外だの国際だのという話は特別な人間にしか分からない』という思い込みがあるためだ。」
(pp.121-123)

「テストといえば、外交官の血族社会が時代の変化に負けずに、延々と続いている大きな理由のひとつは、『外交官試験』にある。外交官試験の問題は、『ヨーロッパ篇 その1』でも問題提起して、廃止を訴えた。ここで、もうひとつの側面を指摘し、重ねて廃止をアピールしたい。

 中央官庁のキャリア組のなかでも外交官だけ別扱いにして、特別に『外交官試験』を行う。つまりは、外交官以外の目で、次世代の外交官を選ぶ機会がないということである。

 しかも、試験官と受験生が実は血のつながりがあったり、そうでなくとも『世話になった、かつての上司の息子さん』が受験生――ということは頻発している。

 コネ優先なんて半端なものじゃない。事実上、身内が身内を選ぶ、身内しか選ばないシステム、それが外交官試験である。外交官試験ある限り、血族社会は揺るがないのだ。

 これを壊す。すなわち外交官試験を廃止して、外務官僚以外の人間が外交官の採用、不採用を決める改革を今すぐ、断行するしかない。」
(pp.221-222)


 未だに雅子妃優秀伝説を信じている人々が多いのは、同氏が指摘する「日本人の外国コンプレックス、『海外だの国際だのという話は特別な人間にしか分からない』という思い込み」が残っているからではないかとも思われる。

 ちなみに、週刊新潮(2004年12月23日発行)に高山正之・帝京大学教授が執筆された「変見自在」によると、「外交官試験には大使の子が5人に1人合格していたが、橋本龍太郎元首相(編者注;故人)が外交官試験を国家公務員採用T種試験に一本化してからは、大使の子の合格者はゼロである」とのことである。
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98%E8%A9%A6%E9%A8%93

32. 中川隆[-11808] koaQ7Jey 2019年2月26日 19:11:52 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[172] 報告

雅子様 英語スピーチ2 The Voice of Crown Princess Masako - YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=6gqE5G_sA9U


2017.12.02
雅子様C@学歴 日本語も英語も話せない釣書詐欺
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

「日本で一番優秀な女性」という触れ込みで皇太子の妻になった小和田雅子さんですが、実際はどうだったんでしょうか。

学歴がすべてを決めるわけではありませんが、実は高学歴とは程遠い方。学歴ロンタリングのの見本のような方です。

学歴が高低がもんだいなのではなく、嘘をつくとろに問題があると思います。ざっと見てみましょう

語学力 日本語が不自由

帰国子女やバイリンガルの場合、日本語がおかしいことは、よくあることですが、高校2年まで日本で育った雅子さまは、帰国子女とは言いません。にもかわらず、「天照大神」を、てんてるだいじん、とよむ知能のレベルでした

音読すると、変さが、いっそう解ります。支離滅裂です。

クワガタ、けれども、クワガタ、けれども、クワガタ、クワガタ、、、

言語は思考の土台だと思うのですが、言語能力が低いということは、知能が高くないということではないのかしら。


テレビ朝日 スーパーモーニング

工藤雪枝氏(雅子様の友人)の発言、小和田優美子さんの代弁として
「英語でのカウンセリングを希望」
「日本語では敬語や皇室用語が負担」

しかしながら、雅子さん、その英語が話せないようです。

Sponsored Link

語学力 英語が不自由

雅子様の英語のスピーチって、おおまっぴらに公表されてないけど、人前で話せるレベルではないんでしょうね。

本当に堪能なら、「英語が堪能な優秀な雅子様」として、スピーチの動画をマスコミを通じて拡散に励むはず。実際は、日常会話の、英検1級がやっとのレベルらしいですね。一般人なら問題ないけど、外務省勤務で将来の女性大使候補。名門ハーバート大卒、英国名門大学留学、という経歴には無理がある実力です。

ご成婚後、海外の音楽家に「サインして」とねだったらしいですね。それだけでも、ちょっと問題があるとおもうのですが、雅子はsignしてくれと頼んだそうです。

日本では署名も、色紙のサインも同じくサインといいますが、

英語では、Autographs。

signとは、書類に署名するサインのこと。それぞれ違うものです。

音楽家は「sign??はあ??」ってなったらしい。雅子さんの英語力は、その程度のレベル。

2015年のトンガ王の即位式に参列した折、雅子に通訳が付いていたところをみると、本当に話せないらしいらしいですね。

※以下、ドス子wiki様よりお借りしてます。

http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

マサグリッシュとは、

雅子夫人が口にするトンデモ英語のこと。2008年10月9日、とある奥様により『English Journal』2008年11月号掲載のHayley Westenraさんインタビューで、2005年6月4日サントリーホールにてコンサート鑑賞した東宮夫妻が

“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

と超上流階級にあるまじき品のない表現でサインを求めたことが発見され、ヘイリーサインおねだり祭り・ウォンチュー祭りとなった。

『English Journal』2008年11月号

Hayley Westenraさんがインタビュー中で証言した雅子の台詞“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

Part1342-802 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:20:51 ID:mG+LOOXnO
そんなにたいした記事ではありませんが
English Journal 2008,11号でちょっとだけ盆丼について書いてあったのでレポします。
Haylay Westenra へのロングインタビューの中に、
「A Royal Stir」という記事があり
2005年6月4日にのコンサートに盆丼が来て、その後歓談したと書いてあります。
・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった。
・二人とも「lovely」だった。(かわいい?)
・警備がすごかった
・ヘンリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

と言われて、ちょっと時間が長引いてしまったら、ドアの向こうの警備がパニックになってしまった。
という話でした。

804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:23:18 ID:mG+LOOXnO
続き、、、
上の英語を話したのは丼かな〜と思います。
英語は勉強中なので詳しくはわかりませんが、上品な英語ではありませんよね。
ヘンリーはフジテレビドラマの白い巨塔の主題歌を歌っていたので
ミーハーな気持ちで見に行ったのかと思いましたが、
なんとユニセフ史上の最年少の大使でした。
あと、ニュージーランド出身だそうです。

804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:37:21 ID:mG+LOOXnO
EJは48ページです。

『English Journal』2008年11月号(ヘイリーさんの大きな顔写真が表紙)
http://www.yuko2ch.net/mako/mako/src/1225897331546.jpg

Hayley Westenraロングインタビューpp.48-49より

A Royal Stir(やんごとなき珍事)

2005年6月4日のコンサートを皇太子夫妻が鑑賞して、その後歓談したことについて:
・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった(いつものことながら迷惑)
・二人とも「lovely」だった(とりあえず褒めておく時の無難で典型的な言葉)
・警備がすごかった
・ヘイリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

But on the second knock, I was like“Oh”, you know, “Thank you very much. Um, I’d better, better be going. I’d better let you go.”
And they’re like,“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”
And so, I thought, “OK, well, I’ll, I’ll hang around then, and, um, better sign,”you know,
“Better do as they say.”And, um, not knowing that I was, you know, creating quite a stir outside.

アルク編集部がサインねだりにつけた対訳「いえいえ、ちょっと待って、何かにサインをしてちょうだい!」

マスコミ記事にて外務省で美しく正確な英語を話す、と散々宣伝されていた小和田雅子だが、
人にものを頼むときに「May I…」や「Would you…」を使うという初歩の初歩ができない
「sign」は書類に署名する場合に使い、有名人の所謂サインなら「autograph」を使うという、超初級英単語を知らなかった

…という、帰国子女(小中学校義務教育時期のほとんどを日本で過ごしている小和田雅子は厳密にはこの定義に当てはまらないが)ではありえない英語のレベルの低さが判明することになった。

転載以上

雅子「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

・signサイン 書類にする署名

・autograph 署名、(有名人の)サイン

ハーバート大卒業したはずの雅子さんは、この違いが判らなかったということ。

語学力 ロシア語・フランス語は問題外

釣書にあったはずの、ロシア語、フランス語は、全くダメ。

ドイツ語が堪能野のは、紀子様のほう。ドイツ語圏の人が、紀子妃はドイツ語を流ちょうに話すと書かれていたのだから、間違いなさそう。

雅子の場合、子供の障害や同和の出自や婚前の堕胎経験など自分の恥は紀子様にスライドして流布させ、紀子様のお手柄は自分のものにしているみたいですね。何語なら、まっとうに話せるのかしら。朝鮮語??

雅子様の「華麗な」学歴も経歴も全部無試験、親のコネ

・学習院初等部をうけるも落ちた。双葉には、なんども落ちた。

・双子の妹がうかったとき、お情けで入学を許された。

・高校2年生のとき、親とともに渡米。

この渡米も退学も意味が不明だとか。

大学受験もあるのに、中途半端な時期に日本の高校を退学して、わざわざレベルの低い米国の公立高校へ編入というのも不思議な話です。

アメリカの公立高校はレベルが低く、ちょっと勉強したらAが取れるそうですが、それでも雅子の成績は悪かったそうです。勉強ができない子のクラスに移動させようとすると、父親が乗り込んできて文句をいったそうで、、、どっかで聞いた話ですね。

紀子様はご成婚前になんども堕胎した。怒った川嶋教授が御所に乗り込み、「なんども堕胎さえやがって」「うちの娘を殺すきか」と天皇に詰めよった、という創価学会が流している流説に似てます。

アメリカの学校への転校の理由としては、雅子が学業がついていけない、あるいは、堕胎する必要ができるなどの不祥事をおこした、、、、など、理由があったとみなしたほうがよさそうです。

双子の妹は日本に残してますので、雅子だけ連れてというのもおかしな話です。雅子は、英語ができない子のクラスから上がれないままのレベルのままでした。

ハーバート大卒

実際に入学したのはラドグリフ女子大。14年後にハーバートに吸収されたので、小和田家は「ハーバート大卒」といいはっているだけ。

しかも、ハーバート大付属の女子大に父のコネで入学。試験なし。

卒論は、父のコネの大物のインタビューをまとめたもの。雅子さんが書いたかどうか不明。おそらくは代筆では??それでも優を取れなかった雅子さん。

東大

面接のみでの編入。ひとつも単位をとれず、ろくに授業も受けず、父のコネで職員の子弟枠をつかって外務省に入省。

外務省入省

父のコネで、子弟枠(今は廃止)をつかっての面接のみので入省。

省内では、仕事ができない人で有名だった。遅刻の常習犯。けじめがなく、小和田外務次官を「お父様」とよび、通勤手当をもらいながら車で通勤。通訳に呼ぶと、通訳が出来なくて泣く。できる仕事はコピーだけ。ついたあだ名がコピー番長。

当時、不倫をしていたのは省内でも有名な話らしい。すくなくとも、2人の不倫相手がいたらしい。

ひとりは、奥参事官。赴任先のイラクで「流れ弾にあったって」亡くなった方。しかし状況的に流れ弾がとんでくるなど、状況的に見てありえないという。

レベルの低いアメリカの公立高校の成績も、学力が低いクラスから抜け出せなかった雅子さん。

2015年のトンガ王国の戴冠式に参列した時は、通訳が付いてましたので、ハーバート大學どころか、付属の女子大も実力ではは無理でしょう。

オックスフォード大

外務省から国費留学させてもらうも、一人だけ学士がとれず帰国。

毎週洗濯物を抱えて、親がいるフランスへ渡ってたそうな。

この間、福田元首相の甥と恋愛関係にあり婚約まで発展。ほかにも付き合っていた彼氏がいたうえに、浩宮徳仁親王とはコルマールのホテルに同宿したことが確認されてます。「運命の出会い」とされているスペイン王女のパーティーでの出会いよりも数年前の話です。

もともと、「留学」の意味が解ってなかったのかもしれません。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

33. 中川隆[-11780] koaQ7Jey 2019年2月28日 13:22:42 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[201] 報告

知恵遅れの皇太子をハニートラップにかけた(?)小和田雅子の正体

雅子様C@学歴 日本語も英語も話せない釣書詐欺
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

雅子様の学歴ロンダリング
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%AD%A6%E6%AD%B4%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

雅子様の子弟枠を使ったインチキ外交官試験
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98%E8%A9%A6%E9%A8%93


____

柏原芳恵「空港バイブ事件」 Dosuko Wiki FANDOM powered by Wikia

昭和後期の女性アイドルタレント。1986年10月19日浩宮(当時26歳)が薔薇「プリンセス・サヤコ」を一輪携えコンサート会場に訪れ鑑賞したことは非常に大きく報じられ、後々になっても語り継がれている皇太子浩宮徳仁最大のエピソードといっても過言ではない。徳仁の非常にミーハーな性格がよく分かる事件であった。

この柏原芳恵氏コンサート前日である18日、スペイン王女レセプションパーティに飛び込み参加した小和田雅子と浩宮が「運命の出会い」を果たしているのであるが、雅子の存在は当時全く世に取り上げられず、とにかく芳恵ちゃんコンサート鑑賞事件が世間に大きなインパクトを与えていた。

後に柏原芳恵氏については「空港バイブ事件」なる都市伝説が日本全国にいきなり広まることになるのだが、

まだネットも未発達な時代にそんな情報を全国規模で流すことができたのは創価学会ぐらいじゃないか、

そして小和田家と創価学会の関わりあれこれがあることから、張り切って浩宮と小和田雅子の「運命の出会い」を演出したのに完全スルーされた小和田サイドがせんべいを使ってしかいししたんじゃないかとも囁かれている。
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E6%9F%8F%E5%8E%9F%E8%8A%B3%E6%81%B5


柏原芳恵のバイブ事件と植草一秀の痴漢事件は外務省創価グループの犯行だというのが定説になっているみたいですね。

34. 中川隆[-11775] koaQ7Jey 2019年3月01日 10:04:54 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[206] 報告

小和田恒と外務省創価グループは皇族を国際金融資本のエージェントにしようとしていた

戦前の天皇一族は JPモルガンと、戦後はロックフェラー家と大の仲良し

天皇家と国際金融資本との関係

日本にもアメリカ軍の恒久的な軍事基地がいくつもあるが、これは中国やロシアを締め上げるための出撃基地。明治時代から日本はダーイッシュと同じように、アングロ-シオニストの傭兵として扱われてきた。

例外はアメリカでウォール街と対立していたニューディール派がホワイトハウスの主導権を握っていた期間だけだ。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201709250000/


2017.08.26
94年前の9月1日に起こった関東大震災は虐殺事件を引き起こし、日本をJPモルガンの属国にした

8月も終わり、9月を迎えようとしている。

1923年9月1日、日本にとって大きな節目になる出来事が起こった。相模湾を震源とする巨大地震が関東地方を襲い、10万5000名以上の死者/行方不明者を出し、その損害総額は55億から100億円に達したのだ。

震災対策の責任者は朝鮮の独立運動を弾圧したコンビ、水野錬太郎内相と赤池濃警視総監だった。震災当日の夕方、赤池総監は東京衛戍(えいじゅ)司令官の森山守成近衛師団長に軍隊の出動を要請、罷災地一帯に戒厳令を布くべきだと水野内相に進言しているが、その頃、「社会主義者や朝鮮人の放火が多い」、「朝鮮人が来襲して放火した」といった流言蜚語が飛び交いはじめ、翌日の夜に警視庁は全国へ「不定鮮人取締」を打電した。

そうした中、朝鮮人や社会主義者が虐殺され、千駄ヶ谷では伊藤圀夫という日本人が朝鮮人に間違われて殺されそうになる。伊藤圀夫はその後「千駄ヶ谷のコリアン」をもじり、千田是也と名乗るようになった。アナーキストの大杉栄が妻の伊藤野枝や甥の橘宗一とともに憲兵大尉の甘粕正彦に殺されたのもこの時だ。この虐殺には治安当局が関係している疑いがあり、その意味でもこの時の犠牲者を追悼するという姿勢を東京都知事は見せてきた。それを止めるという意味は対外的にも重い。

震災後、山本権兵衛内閣の井上準之助蔵相は銀行や企業を救済するために債務の支払いを1カ月猶予し、「震災手形割引損失補償令」を公布している。すでに銀行が割り引いていた手形のうち、震災で決済ができなくなったものは日本銀行が再割引して銀行を救済するという内容だった。

震災手形で日銀の損失が1億円を超えた場合は政府が補償することも決められたが、銀行は地震に関係のない不良貸付、不良手形をも再割引したために手形の総額は4億3000万円を上回る額になり、1926年末でも2億円を上回る額の震災手形が残った。しかもこの当時、銀行の貸出総額の4割から7割が回収不能の状態だ。

復興に必要な資金を調達するため、日本政府は外債の発行を決断、それを引き受けることになったのがJPモルガン。この金融機関の総帥はジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアだが、大番頭として銀行業務を指揮していたのはトーマス・ラモントだ。このラモントは3億円の外債発行を引き受け、それ以降、JPモルガンは日本に対して多額の融資を行うことになる。

この巨大金融機関と最も強く結びついていた日本人のひとりが井上準之助。1920年に対中国借款の交渉をした際にこの巨大金融機関と親しくなったという。ラモントは日本に対して緊縮財政と金本位制への復帰を求めていたが、その要求を浜口雄幸内閣は1930年1月に実行する。そのときの大蔵大臣が井上だ。

金解禁(金本位制への復帰)の結果、1932年1月までに総額4億4500万円の金が日本から流出、景気は悪化して失業者が急増、農村では娘が売られるなど一般民衆には耐え難い痛みをもたらすことになる。そうした政策の責任者である井上は「適者生存」、つまり強者総取りを信奉、失業対策に消極的で労働争議を激化させることになる。こうした社会的弱者を切り捨てる政府の政策に不満を持つ人間は増えていった。

1932年にはアメリカでも大きな出来事が引き起こされている。巨大企業の活動を制限し、労働者の権利を認めるという政策を掲げるニューディール派のフランクリン・ルーズベルトがウォール街を後ろ盾とする現職のハーバート・フーバーを選挙で破ったのだ。

フーバーはスタンフォード大学を卒業した後、鉱山技師としてアリゾナにあるロスチャイルドの鉱山で働いていた。利益のためなら安全を軽視するタイプだったことから経営者に好かれ、ウォール街と結びついたという。(Gerry Docherty & Jim Macgregor, “Hidden History,” Mainstream Publishing, 2013)

このフーバーは1932年、駐日大使としてジョセフ・グルーを選び、日本へ送り込んだ。この人物のいとこにあたるジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりJPモルガンの総帥の妻。またグルーが結婚していたアリス・ペリーは幕末に「黒船」で日本にやって来たマシュー・ペリー提督の末裔で、少女時代を日本で過ごしている。その際、華族女学校(女子学習院)へ通っているのだが、そこで親しくなったひとりが九条節子、後の貞明皇后である。

グルーの皇室人脈をそれだけでなく、松平恒雄宮内大臣、徳川宗家の当主だった徳川家達公爵、昭和天皇の弟で松平恒雄の長女と結婚していた秩父宮雍仁親王、近衛文麿公爵、貴族院の樺山愛輔伯爵、当時はイタリア大使だった吉田茂、吉田の義父にあたる牧野伸顕伯爵、元外相の幣原喜重郎男爵らにもつながっていた。(ハワード・B・ショーンバーガー著、宮崎章訳『占領 1945〜1952』時事通信社、1994年)

そうした人脈を持つグルーだが、個人的に最も親しかったひとりは松岡洋右だと言われている。松岡の妹が結婚した佐藤松介は岸信介や佐藤栄作の叔父にあたる。1941年12月7日(現地時間)に日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃、日本とアメリカは戦争に突入するが、翌年の6月までグルーは日本に滞在、離日の直前には岸信介とゴルフをしている。(Tim Weiner, "Legacy of Ashes," Doubledy, 2007)

当時、アメリカの大統領就任式は3月に行われていた。その前、2月15日にルーズベルトはフロリダ州マイアミで開かれた集会で狙撃事件に巻き込まれている。ジュゼッペ・ザンガラなる人物が32口径のリボルバーから5発の弾丸を発射、ルーズベルトの隣にいたシカゴのアントン・セルマック市長に弾丸が命中して市長は死亡した。

群衆の中、しかも不安定な足場から撃ったので手元が狂い、次期大統領を外した可能性があり、本来なら事件の背景を徹底的に調査する必要があるのだが、真相は明らかにされなかった。ザンガラは3月20日に処刑されてしまったのである。

そして1934年、名誉勲章を2度授与された伝説的な軍人、海兵隊のスメドレー・バトラー退役少将がアメリカ下院の「非米活動特別委員会」でウォール街の大物たちによるクーデター計画を明らかにしている。少将の知り合いでクーデター派を取材したジャーナリストのポール・フレンチは、クーデター派が「コミュニズムから国家を守るため、ファシスト政府が必要だ」と語っていたと議会で証言している。

バトラーに接触してきた人物はドイツのナチスやイタリアのファシスト党、中でもフランスの「クロワ・ド・フ(火の十字軍)」の戦術を参考にしていた。彼らのシナリオによると、新聞を利用して大統領を健康問題で攻撃し、フランスの「クロワ・ド・フ(火の十字軍)」のような50万名規模の組織を編成して大統領をすげ替えることにしていたという。クーデター計画と並行する形で、ニューディール政策に反対する民主党の議員は「アメリカ自由連盟」を設立している。活動資金の出所はデュポンや「右翼実業家」だった。

それに対し、50万人の兵士を利用してファシズム体制の樹立を目指すつもりなら自分は50万人以上を動かして対抗するとバトラーは応じた。内戦を覚悟するように警告したわけだ。そうしたこともあり、クーデターは実行されていない。クーデターを計画したとされた人々は誤解だと弁明、非米活動特別委員会はそれ以上の調査は行われず、メディアもこの事件を追及していない。捜査当局も動かなかった。

言うまでもなくジョセフ・グルーは第2次世界大戦後にジャパンロビーの中心的な存在となり、日本で進んでいた民主化の流れを断ち切り、天皇制官僚国家を継続させている。大戦前、思想弾圧の中心になった思想検察や特高警察の人脈は戦後も生き残った。これが「戦後レジーム」の実態であり、「戦前レジーム」とはウォール街の属国になることを意味している。そうした意味で、安倍晋三の言動は矛盾していない。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201708260000/


2017.10.21
選挙だけで国の行く末を変えることはできず、事態が悪化してきたことを過去の出来事は教えている

投票日が近づいているが、選挙だけで国の行く末を決められるとは言えない。「自由と民主主義の国」だと宣伝されているアメリカでは事実上、選択肢は民主党と共和党という大差のない政党だけ。この2党に属さない大統領が誕生する可能性があったのは2000年の選挙だが、このときは最有力候補と言われていたジョン・F・ケネディ・ジュニアが1999年7月16日に不可解な飛行機事故で死亡している。

より露骨な形で排除されそうになったり、排除された大統領も存在する。例えば、ウォール街と対立関係にあったニューディール派を率いるフランクリン・ルーズベルトが1932年の選挙で大統領に選ばれると、33年から34年にかけてウォール街の大物たちはクーデターを計画、これはスメドリー・バトラー海兵隊少将が議会で証言、記録に残っている。金融資本、巨大鉄鋼会社、情報機関や軍の好戦派、イスラエルなど少なからぬ敵がいたジョン・F・ケネディは1963年11月22日にテキサス州ダラスで暗殺されている。

日本の場合、明治維新からイギリスやアメリカの強い影響下にある。アメリカの巨大金融機関JPモルガンが日本に君臨するようにあったのは関東大震災から。1932年にはウォール街の影響下にあったハーバート・フーバー大統領がジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアの妻のいとこ、ジョセフ・グルーを大使として日本へ送り込んできた。

このグルーが結婚したアリス・ペリーは幕末に「黒船」で日本にやって来たマシュー・ペリー提督の末裔で、少女時代を日本で過ごしている。その際、華族女学校(女子学習院)へ通っているのだが、そこで九条節子、後の貞明皇后と親しくなったと言われている。

グルーは松平恒雄宮内大臣、徳川宗家の当主だった徳川家達公爵、昭和天皇の弟で松平恒雄の長女と結婚していた秩父宮雍仁親王、近衛文麿公爵、貴族院の樺山愛輔伯爵、当時はイタリア大使だった吉田茂、吉田の義父にあたる牧野伸顕伯爵、元外相の幣原喜重郎男爵らにもつながっていた(ハワード・B・ショーンバーガー著、宮崎章訳『占領 1945〜1952』時事通信社、1994年)のだが、個人的に最も親しかったひとりは松岡洋右だと言われている。松岡の妹が結婚した佐藤松介は岸信介や佐藤栄作の叔父にあたる。1941年12月7日(現地時間)に日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃、その翌年6月に離日する直前には岸信介とゴルフをしている。(Tim Weiner, "Legacy of Ashes," Doubledy, 2007)

言うまでもなく、岸信介の孫が安倍晋三。安倍は「戦前レジーム」を復活させたいようだが、その体制とはウォール街に支配された天皇制官僚国家だ。ニューディール派が実権を握った期間だけ、この構図が崩れた。

第2次世界大戦後の日本を形作る司令塔的な役割を果たしたグループが存在する。ジャパン・ロビーだが、その中心にいた人物がジョセフ・グルー。アメリカのハリー・トルーマン政権ががあわてて作った現行憲法の第1条は天皇制存続の宣言で、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とある。「神聖にして侵すべからざる存在」から「象徴」へタグは取り替えられたものの、その本質に根本的な変化はなかった。

日本が降伏した直後はアメリカの影響力が圧倒的に強かったが、時間を経るに従って日本の戦争責任を追及するであろう国の影響が強まってくることが予想された。当然、天皇の戦争責任が問われることになる。その前に「禊ぎ」を済ませる必要がある。日本国憲法にしろ、東京裁判にしろ、「天皇制」の存続が重要な目的だったのだろう。

比較的日本に寛容だったと思われるアメリカ軍の内部にも厳しい意見はあった。そのターゲットのひとつが靖国神社。朝日ソノラマが1973年に出した『マッカーサーの涙/ブルーノ・ビッテル神父にきく』によると、GHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)では多数派の将校が靖国神社の焼却を主張していた。それをブルーノ・ビッテル(ビッター)の働きかけで阻止したというのだ。(朝日ソノラマ編集部『マッカーサーの涙』朝日ソノラマ、1973年)

このビッターはカトリックの聖職者で、ニューヨークのフランシス・スペルマン枢機卿の高弟だとされている。ジョバンニ・モンティニ(後のローマ教皇パウロ六世)を除くと、この枢機卿はCIAと教皇庁を結ぶ最も重要な人物。ビッターもCIAにつながっている可能性は高い。

1953年秋にリチャード・ニクソン副大統領が来日、バンク・オブ・アメリカ東京支店のA・ムーア副支店長を大使館官邸に呼びつけ、「厳重な帳簿検査と細かい工作指示を与えた」と伝えられている。この席にビッターもいたという。ドワイト・アイゼンハワー大統領がニクソンを副大統領に選んだ理由は、ニクソンが闇資金を動かしていたからだと言われている。

そのビッターはニクソンと会談した2カ月後、霊友会の闇ドル事件にからんで逮捕されてしまう。外遊した同会の小谷喜美会長に対し、法律に違反して5000ドルを仲介した容疑だったが、ビッターが逮捕されたときに押収された書類はふたりのアメリカ人が警視庁から持ち去り、闇ドルに関する捜査は打ち切りになってしまう。秘密裏に犬養健法相が指揮権を発動したと言われている。

日本では天皇制官僚国家という型を壊すことは許されない。「左翼」とか「リベラル」というタグをつけていても、この型から抜け出さなければ許される。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201710200000/


▲△▽▼


2017.11.08
祖父の岸信介の真似をしたのか安倍首相はトランプ米大統領とゴルフをしたが、岸はウォール街一派

安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領は11月5日、プロゴルファーの松山英樹を引き連れて越谷市のゴルフ場でプレーしたようだ。

安倍首相が敬愛しているという祖父の岸信介もゴルフが好きだったようで、ハワイの真珠湾を日本軍が奇襲攻撃した翌年の1942年に岸は駐日大使だったジョセフ・グルーをゴルフに誘い、敗戦後の57年に首相としてアメリカを訪問した際にはドワイト・アイゼンハワー大統領、通訳の松本滝蔵、そしてプレスコット・ブッシュ上院議員とゴルフをしている。言うまでもなく、プレスコットはジョージ・H・W・ブッシュの父親、ジョージ・W・ブッシュの祖父にあたる。

本ブログでは何度も書いてきたが、グルーは1932年、ハーバート・フーバー大統領が任期最後の年に大使として日本へ送り込んでいる。グルーのいとこにあたるジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりモルガン財閥総帥の妻で、グルー本人はモルガン人脈の中核グループにいたと言えるだろう。その人脈の中心には巨大金融機関のJPモルガンがあり、この金融機関は1923年にあった関東大震災の復興資金を調達したことから日本に大きな影響を及ぼすようになった。

また、グルーの妻であるアリス・ペリーは幕末に「黒船」で日本にやって来たマシュー・ペリー提督の末裔で、少女時代には日本で生活、華族女学校(女子学習院)へ通っている。そのときに親しくなった友人のひとりが九条節子、後の貞明皇后(大正天皇の妻)だという。

グルーを日本へ送り込んだフーバーはスタンフォード大学を卒業してから鉱山技師としてアリゾナにあるロスチャイルド系の鉱山で働き、利益のためなら安全を軽視するタイプだったことから経営者に見込まれて出世、大統領になった人物だ。(Gerry Docherty & Jim Macgregor, “Hidden History,” Mainstream Publishing, 2013)

1932年の大統領選挙でもJPモルガンをはじめとするウォール街の住人はフーバーを支援していたが、ニューディール派のフランクリン・ルーズベルトに敗れてしまう。このグループは巨大企業の活動を規制し、労働者の権利を拡大するという政策を打ち出し、植民地やファシズムにも反対していた。ウォール街とは対立関係にある人物が大統領に選ばれたわけである。そこで日米従属関係が揺らぐ。

その当時、大統領就任式は3月に行われていたが、その前の月にルーズベルトはマイアミで銃撃事件に巻き込まれている。大統領に就任した後にはウォール街のクーデター計画が待ち受けていた。

ウォール街のクーデター派はイタリア、ドイツ、フランスのファシスト団体の活動に注目し、中でもフランスの「クロワ・ド・フ(火の十字軍)」を研究、改憲して別の政府を設立するわけでなく、「スーパー長官」のようなものを新たに設置して大統領の仕事を引き継ぐというシナリオだったという。クーデターを成功させるため、ウォール街の勢力は名誉勲章を2度授与され、人望が厚かった海兵隊のスメドリー・バトラー退役少将を抱き込みにかかるのだが、失敗してしまう。

計画に反発した少将はクーデター計画をジャーナリストのポール・フレンチに話し、そのフレンチは1934年9月にクーデター派を取材している。その時、コミュニストから国を守るためにファシスト政権をアメリカに樹立させる必要があると聞かされたと語っている。

それに対し、バトラー少将はクーデター派に対し、「ファシズムの臭いがする何かを支持する兵士を50万人集めるなら、私は50万人以上を集めて打ち負かす」と宣言、内戦を覚悟するように伝えている。(“Statement of Congressional Committee on Un-American Activities, Made by John W. McCormack, Chairman, and Samuel Dickstein, Vice Chairman, Sitting asa Subcommittee” / ”Investigation of Nazi Propaganda Activities and Investigation of Certain Other Propaganda Activities,” Public Hearings, Special Committee on Un-American Activities, House of Representatives, December 29, 1934)

その際、クーデター派は新聞を使い、「大統領の健康が悪化しているというキャンペーンを始めるつもりだ。そうすれば、彼を見て愚かなアメリカ人民はすぐに信じ込むに違いない。」とも話していたとしている。ルーズベルトは1945年4月、ドイツが降伏する直前に急死してウォール街がホワイトハウスで主導権を奪還した。その際、ルーズベルト大統領には健康に問題があったと宣伝された。

こうしたアメリカの権力バランスの変化は日本の占領政策にも影響、「逆コース」が推進される。その中心で活動していたのが1948年6月に設立されたACJ(アメリカ対日協議会)、いわゆるジャパン・ロビーである。そのACJの中心的な存在だったのがジョセフ・グルーにほかならない。

ACJはウォール街が創設した破壊工作(テロ)機関のOPCとも人脈が重なっているが、そのOPCはアレン・ダレスの腹心だったフランク・ウィズナーが率いていた。ちなみに、ふたりともウォール街の弁護士だ。

OPCの東アジアにおける拠点は上海に設置されたが、49年1月に解放軍が北京へ無血入城、5月には上海を支配下におき、10月には中華人民共和国が成立するという展開になったことから日本へ移動している。日本では6カ所に拠点を作ったが、その中心は厚木基地に置かれた。(Stephen Endicott & Edward Hagerman, “The United States and Biological Warfare”, Indiana University Press, 1998)その1949年に日本では国鉄を舞台とした怪事件が相次ぐ。つまり、7月5日から6日にかけての下山事件、7月15日の三鷹事件、そして8月17日の松川事件である。そして1950年6月に朝鮮半島で戦争が勃発する。朝鮮戦争だ。

この戦争でアメリカのSAC(戦略空軍総司令部)は63万5000トンの爆弾を投下したと言われている。大戦中、アメリカ軍が日本へ投下した爆弾は約16万トンであり、その凄まじさがわかるだろう。1948年から57年までSACの司令官を務め、日本での空爆も指揮しいたカーティス・ルメイは朝鮮戦争の3年間で人口の20%を殺したと認めている。

その後、ルメイやアレン・ダレスを含むアメリカの好戦派はロシアに対する先制核攻撃を計画、1957年に作成したドロップショット作戦では300発の核爆弾をソ連の100都市で使い、工業生産能力の85%を破壊する予定になっていた。(Oliver Stone & Peter Kuznick, “The Untold History of the United States,” Gallery Books, 2012)

​テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授によると​、ルメイを含む好戦派は1963年の終わりに奇襲攻撃を実行する予定にしていた。その頃になれば、先制核攻撃に必要なICBMを準備できると見通していたのだ。この計画に強く反対し、好戦派と激しく対立したジョン・F・ケネディ大統領は1963年11月22日に暗殺された。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201711080000/


▲△▽▼


76年前の日本軍による真珠湾攻撃の原因を米国の制裁に求めるなら朝鮮に対する制裁も反対すべき

今から76年前、1941年12月7日の午前7時48分(現地時間)に日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃した。ここは海岸が遠浅で攻撃が技術的に難しく、守りの堅い軍港。非常識とまでは言えないだろうが、攻撃のリスクは高い。それを厳しい訓練でクリアしたということだ。

アメリカ政府の対日制裁でやむなく攻撃した、あるいはアメリカ側は事前に攻撃を知っていたと主張する人がいるが、日本軍は実際に攻撃している。つまりアメリカによる偽旗作戦ではない。

日本に対する制裁には歴史的な背景がある。1872年の琉球併合から74年の台湾派兵、75年にはソウルへ至る水路の要衝である江華(カンファ)島へ軍艦(雲揚)を送り込んで挑発、日清戦争、日露戦争を経て東アジア侵略を本格化、米英の利権と衝突して対日制裁になるわけだ。こうした制裁が軍事行動を誘発すると考えている人は、例えば朝鮮に対する制裁にも反対しているのだろう。そうでなければ矛盾だ。あるいは朝鮮に圧力を加え、戦争を誘発したいと考えているのだろうか?

明治維新から1932年までの日本はイギリスとアメリカというアングロ・サクソン系の国に従属、その手先として動いた側面がある。明治維新はイギリスの思惑と違って内戦が早い段階で終結、徳川時代の人脈が生きていたので完全な属国にはならなかったが、大きな影響下に置かれたことは間違いない。

ここでいうアメリカとはウォール街を意味する。1923年9月1日に相模湾を震源とする巨大地震、つまり関東大震災が発生、復興に必要な資金を調達するために日本政府は外債の発行を決断、それを引き受けることになったのがJPモルガンだ。

この金融機関の総帥はジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアだが、大番頭として銀行業務を指揮していたのはトーマス・ラモント。このラモントは3億円の外債発行を引き受け、それ以降、JPモルガンは日本に対して多額の融資を行うことになる。

この巨大金融機関と最も強く結びついていた日本人のひとりが井上準之助。1920年に対中国借款の交渉をした際にこの巨大金融機関と親しくなったという。ラモントは日本に対して緊縮財政と金本位制への復帰を求めていたが、その要求を浜口雄幸内閣は1930年1月に実行する。そのときの大蔵大臣が井上だ。

この政権が進めた政策はレッセ-フェール、つまり新自由主義的なもので、その責任者で「適者生存」を信じるある井上は失業対策に消極的。その結果、貧富の差を拡大させて街には失業者が溢れて労働争議を激化させ、農村では娘が売られると行った事態になった。一般民衆に耐え難い痛みをもたらすことになったわけだ。

当然のことながら、アメリカでもJPモルガンを中心とするウォール街の住人は強い影響力を持ち、1929年に大統領となったハーバート・フーバーもそのひとり。フーバーはスタンフォード大学を卒業した後、鉱山技師としてアリゾナにあるロスチャイルドの鉱山で働いていた人物で、利益のためなら安全を軽視するタイプだったことから経営者に好かれ、ウォール街と結びついたという。(Gerry Docherty & Jim Macgregor, “Hidden History,” Mainstream Publishing, 2013)

ところが、1932年の大統領選挙でフーバーは負けてしまう。当選したのは巨大企業の活動を制限し、労働者の権利を認めるという政策を掲げるニューディール派のフランクリン・ルーズベルトだ。大きな力を持っていたとはいえ、今に比べるとアメリカ支配層の力はまだ小さく、選挙で主導権を奪われることもありえた。

このフーバーはホワイトハウスを去る少し前、1932年にJPモルガンと関係の深いジョセフ・グルーを駐日大使として日本へ送り込んだ。なお、この年に井上準之助は血盟団のメンバーに暗殺されている。

グルーのいとこにあたるジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりJPモルガンの総帥の妻で、グルーが結婚していたアリス・ペリーは少女時代を日本で過ごし、華族女学校(女子学習院)へ通っている。そこで親しくなったひとりが九条節子、後の貞明皇后だという。

グルーの皇室人脈はそれだけでなく、松平恒雄宮内大臣、徳川宗家の当主だった徳川家達公爵、昭和天皇の弟で松平恒雄の長女と結婚していた秩父宮雍仁親王、近衛文麿公爵、貴族院の樺山愛輔伯爵、当時はイタリア大使だった吉田茂、吉田の義父にあたる牧野伸顕伯爵、元外相の幣原喜重郎男爵らにもつながっていた。(ハワード・B・ショーンバーガー著、宮崎章訳『占領 1945〜1952』時事通信社、1994年)

こうした人脈を持つグルーが日本軍の動向に関する機密情報を入手していても不思議ではないが、このグルーとルーズベルト大統領との関係が良好だったとは言えない。情報がきちんと伝えられていたかどうか疑問があるが、JPモルガンへは詳しく伝達されていただろう。

グルーが大使として日本へ来る前年、1931年に日本軍の奉天独立守備隊に所属する河本末守中尉らが南満州鉄道の線路を爆破、いわゆる「満州事変」を引き起こした。この偽旗作戦を指揮していたのは石原莞爾や板垣征四郎だ。1932年には「満州国」の樹立を宣言するのだが、この年にアメリカでは風向きが変わっていた。本来なら日本はその変化に対応する必要があったのだが、そのまま進む。そして1937年7月の盧溝橋事件を利用して日本は中国に対する本格的な戦争を開始、同年12月に南京で虐殺事件を引き起こしたのだ。そして1939年5月にはソ連へ侵略しようと試みてノモンハン事件を起こし、惨敗した。

本ブログで何度か指摘したように、このソ連侵攻作戦はアングロ・サクソンの長期戦略に合致している。その作戦が失敗したことから南へ向かい、米英の利権と衝突するわけだ。ドイツ軍がソ連に対する大規模な軍事侵攻、いわゆるバルバロッサ作戦を開始したのはその2年後、1941年6月のことだ。

この作戦でドイツは軍の主力を投入したが、ドイツ軍の首脳は西部戦線防衛のために大軍を配備するべきだと主張、反対している。日本が真珠湾を攻撃する前で、アメリカは参戦していないが、それでもイギリスがその気になれば、西側からドイツを容易に攻略することができるからだ。この反対意見を退けたのはアドルフ・ヒトラー。この非常識な「判断」との関連で注目されているのがヒトラーの側近だったルドルフ・ヘスの動きだということも本ブログでも指摘した。1941年5月10日にヘスは単身飛行機でスコットランドへ飛んでいるのだ。

ドイツ軍は1941年7月にレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)を包囲、9月にはモスクワまで80キロメートルの地点まで迫り、42年8月にスターリングラード市内へ突入して市街戦が始まった。ここまではドイツ軍が圧倒的に優勢だったが、1942年11月にソ連軍が猛反撃を開始、ドイツ軍25万人を完全に包囲して43年1月に生き残ったドイツの将兵9万1000名は降伏する。主力を失ったドイツ軍の敗北はこの時点で決定的だ。

その4カ月後、1943年5月に米英両国はワシントンDCで会談して善後策を協議、7月にアメリカ軍はイギリス軍と共にシチリア島に上陸した。ハスキー計画だ。このとき、アメリカ軍はマフィアと手を組んでいる。9月にはイタリア本土を占領、イタリアは無条件降伏した。ハリウッド映画で有名になったオーバーロード(ノルマンディー上陸)作戦は1944年6月になってからのことである。ノルマンディー上陸作戦の結果、ドイツ軍が負けたと思い込んでいる人も少なくないようだが、これはハリウッドによる洗脳の効果を証明している。

その一方、スターリングラードでドイツ軍が壊滅した後にアレン・ダレスなどアメリカ支配層はフランクリン・ルーズベルト大統領には無断でナチスの幹部たちと接触を始めている。例えば、1942年の冬にナチ親衛隊はアメリカとの単独講和への道を探るために密使をOSSのダレスの下へ派遣、ドイツ降伏が目前に迫った45年初頭にダレスたちはハインリッヒ・ヒムラーの側近だった親衛隊の高官、カール・ウルフに隠れ家を提供、さらに北イタリアにおけるドイツ将兵の降伏についての秘密会談が行われている。(Christopher Simpson, “The Splendid Blond Beast”, Common Courage, 1995 / Eri Lichtblau, “The Nazis Next Door,” Houghton Mifflin Harcourt, 2014)イタリアとスイスとの国境近くでウルフがパルチザンに拘束された際にはダレスが部下を派遣して救出している。(Eri Lichtblau, “The Nazis Next Door,” Houghton Mifflin Harcourt, 2014)

ドイツは1945年5月に降伏しているが、その前の月にルーズベルト大統領は急死、ホワイトハウスの主導権をウォール街が奪還した。副大統領から昇格したハリー・トルーマンはルーズベルトとの関係が希薄。トルーマンのスポンサーだったアブラハム・フェインバーグはシオニスト団体へ法律に違反して武器を提供し、後にイスラエルの核兵器開発を資金面から支えた富豪のひとりとして知られている。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201712090000/


▲△▽▼


関東大震災でウォール街の影響下に入った日本(その2)


 本ブログでは何度も書いてきたが、ルーズベルトが大統領に就任するとJPモルガンをはじめとするウォール街の勢力がクーデターを計画する。スメドリー・バトラー海兵隊少将によると、1934年の夏に「コミュニズムの脅威」を訴える人物が訪ねてきた。


 その訪問者はJPモルガンと関係が深く、いわばウォール街からの使者。ドイツのナチスやイタリアのファシスト党、中でもフランスのクロワ・ド・フ(火の十字軍)の戦術を参考にしてルーズベルト政権を倒そうとしていた。彼らのシナリオによると、新聞を利用して大統領をプロパガンダで攻撃し、50万名規模の組織を編成して恫喝、大統領をすげ替えることにしていたという。


 バトラーの知り合いだったジャーナリスト、ポール・フレンチはクーデター派を取材、「コミュニズムから国家を守るため、ファシスト政府が必要だ」という発言を引き出している。


 バトラーとフレンチは1934年にアメリカ下院の「非米活動特別委員会」で証言し、モルガン財閥につながる人物がファシズム体制の樹立を目指すクーデターを計画していることを明らかにした。ウォール街の手先は民主党の内部にもいて、「アメリカ自由連盟」なる組織を設立している。活動資金の出所はデュポンや「右翼実業家」だったという。


 バトラー少将は計画の内容を聞き出した上でクーデターへの参加を拒否、50万人の兵士を利用してファシズム体制の樹立を目指すつもりなら、自分はそれ以上を動員して対抗すると告げる。ルーズベルト政権を倒そうとすれば内戦を覚悟しろ、というわけである。


 クーデター派の内部にはバトラーへ声をかけることに反対する人もいたようだが、この軍人は名誉勲章を2度授与された伝説的な人物で、軍隊内で信望が厚く、クーデターを成功させるためには引き込む必要があった。


 1935年にはニューディール派以上のウォール街を批判していたヒューイ・ロング上院議員が暗殺されている。彼は当初、ルーズベルト政権を支持していたが、ニューディール政策は貧困対策として不十分だと考え、1933年6月に袂を分かつ。ロングは純資産税を考えていたという。ロングが大統領になることをウォール街が恐れたことは想像に難くない。ロングが大統領になれなくても、ニューディール派の政策を庶民の側へ引っ張ることは明らかだった。


 一方、日本ではウォール街とつながっていた人物が殺されている。ひとりは1930年に銃撃されて翌年に死亡した浜口雄幸、32年には血盟団が井上準之助と団琢磨を暗殺、また五・一五事件も実行された。団はアメリカのマサチューセッツ工科大学で学んだ三井財閥の最高指導者で、アメリカの支配層と太いパイプがあった。


 1932年にアメリカ大使として来日したジョセフ・グルーのいとこ、ジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりモルガン財閥総帥の妻で、自身の妻であるアリス・グルーは大正(嘉仁)天皇の妻、貞明皇后と少女時代からの友だち。大戦前からグルーは日本の皇室に太いパイプを持っていた。日本の皇室はウォール街と深く結びついていたとも言える。


 グルーの人脈には松平恒雄宮内大臣、徳川家達公爵、秩父宮雍仁親王、近衛文麿公爵、樺山愛輔伯爵、吉田茂、牧野伸顕伯爵、幣原喜重郎男爵らが含まれていたが、グルーが個人的に最も親しかったひとりは松岡洋右だと言われている。松岡の妹が結婚した佐藤松介は岸信介や佐藤栄作の叔父にあたる。


 1941年12月7日(現地時間)に日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃、日本とアメリカは戦争に突入するが、翌年の6月までグルーは日本に滞在、離日の直前には商工大臣だった岸信介からゴルフを誘われてプレーしたという。(Tim Weiner, "Legacy of Ashes," Doubledy, 2007)


 ルーズベルト政権と対立関係にあったJPモルガンは関東大震災から戦後に至るまで日本に大きな影響力を維持していた。大戦後、グルーはジャパン・ロビーの中心人物として活動して日本をコントロールすることになる。(了)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809020000/


▲△▽▼


米巨大資本に従属する日本人エリートが破壊する日本(その3)

 明治維新から後の日本を支配している人びとはアングロ・サクソン、つまりイギリスやアメリカの支配層と密接な関係にある。19世紀後半からアングロ・サクソンは日本を中国侵略の拠点と見なしてきたのだ。


 その頃、イギリスは中国(清)との貿易赤字に苦しんでいた。そこでイギリスは麻薬のアヘンを清に売りつけ、それを清が取り締まると戦争を仕掛けた。1840年から42年までのアヘン戦争や56年から60年にかけてのアロー戦争(第2次アヘン戦争)である。この戦争でイギリスは勝利、広州、厦門、福州、寧波、上海の開港とイギリス人の居住、香港の割譲、賠償金やイギリス軍の遠征費用などの支払いなどを中国に認めさせた。


 しかし、これらの戦争は基本的に海で行われ、イギリス軍は内陸部を占領できなかった。それだけの戦力がなかったのだ。海上封鎖はできても中国を占領することは不可能。そこで日本に目をつけ、日本はイギリスの思惑通りに大陸を侵略していく。勿論、イギリスやその後継者であるアメリカの支配層(巨大資本)の利益に反することを日本が行えば「制裁」されることになる。


 イギリスは他国を侵略するため、傭兵を使ったり第3国に攻撃させたりする。例えば、インドを支配するためにセポイ(シパーヒー)と呼ばれる傭兵を使い、アラビア半島ではカルトのひとつであるワッハーブ派を支配が支配するサウジアラビアなる国を樹立させ、パレスチナにイスラエルを建国させている。


 このイギリスを日本へ行き入れたのが長州と薩摩。イギリスを後ろ盾とする両国は徳川体制の打倒に成功、明治体制(カルト的天皇制官僚国家)へ移行していく。


 このイギリスの主体は金融界、いわゆるシティ。1923年の関東大震災で日本政府は復興資金の調達をアメリカのJPモルガンに頼るが、この銀行の歴史をたどるとシティ、より具体的に言うとロスチャイルドへ行き着く。アメリカの金融界はウォール街とも呼ばれるが、そのウォール街でJPモルガンは中心的な立場にあった。


 このウォール街を震撼させる出来事が1932年に起こる。この年に行われた大統領選挙でニューディール派のフランクリン・ルーズベルトが当選したのだ。ニューディール派は巨大企業の活動を規制し、労働者の権利を認め、ファシズムに反対するという看板を掲げていた。巨大企業の金儲けを優先させ、労働者から権利を奪い、ファシズムを支援するウォール街とは考え方が正反対だった。圧倒的な資金力を持つウォール街の候補、現職のハーバート・フーバーが敗北したのは、言うまでもなく、それだけ庶民のウォール街への反発が強かったからだ。


 1933年から34年にかけてウォール街はニューディール政権を倒すためにクーデターを計画、この計画はスメドリー・バトラー海兵隊少将によって阻止された。こうしたことは本ブログで繰り返し書いてきたとおり。庶民の反発はニューディール派より巨大資本に批判的だったヒューイ・ロング上院議員への人気につながるのだが、このロングは1935年に暗殺された。


 ロングは当初、ルーズベルト政権を支持していたのだが、ニューディール政策は貧困対策として不十分だと考え、1933年6月に袂を分かつ。ロングは純資産税を考えていたという。ロングが大統領になったなら、ウォール街を含む支配層は大きなダメージを受けることになり、内戦を覚悟でクーデターを実行することになっただろう。


 そうしたウォール街の強い影響を受けていたのが関東大震災以降の日本。JPモルガンと最も親しかった日本人は井上準之助だった。アメリカのマサチューセッツ工科大学で学んだ三井財閥の最高指導者、団琢磨もアメリカ支配層と強く結びついていた。このふたりは1932年、血盟団によって暗殺された。


 この年、駐日大使として日本へ来たジョセフ・グルーはJPモルガンと関係が深い。つまり、彼のいとこ、ジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアの妻で、グルー自身の妻であるアリス・グルーは大正(嘉仁)天皇の妻、貞明皇后と少女時代からの友だち。大戦前からグルーは日本の皇室に太いパイプを持っていた。


 グルーの人脈には松平恒雄宮内大臣、徳川家達公爵、秩父宮雍仁親王、近衛文麿公爵、樺山愛輔伯爵、吉田茂、牧野伸顕伯爵、幣原喜重郎男爵らが含まれていたが、グルーが個人的に最も親しかったひとりは松岡洋右だと言われている。松岡の妹が結婚した佐藤松介は岸信介や佐藤栄作の叔父にあたる。


 1941年12月7日(現地時間)に日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃、日本とアメリカは戦争に突入するが、翌年の6月までグルーは日本に滞在、離日の直前には商工大臣だった岸信介からゴルフを誘われてプレーしたという。(Tim Weiner, "Legacy of Ashes," Doubledy, 2007)


 第2次世界大戦後、グルーはジャパン・ロビーの中心人物として活動して日本をコントロールすることになる。グルーと親しかった岸信介。その孫にあたる安倍晋三が戦前レジームへの回帰を目指すのは、日本をウォール街の属国にしたいからだろう。


 それに対し、ロシアと中国は関係を強めている。ドナルド・トランプ政権は軍事的にロシアを脅しているが、それに対し、プーチン政権は9月11日から15日にかけてウラル山脈の東で30万人が参加する大規模な演習ボストーク18を実施。​その演習に中国軍は3200名を参加させている​。経済面で手を差し伸べる一方、軍事的な準備も怠らない。


 明治維新から日本の支配層はシティやウォール街、つまりアングロ・サクソンの支配層に従属することで自らの権力と富を得てきた。そうした従属関係が日本経済を窮地に追い込んでいる。この矛盾に日本の支配システムがいつまで耐えられるだろうか?(了)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809130001/


▲△▽▼


2018.09.21 自民党総裁選という茶番

 自民党の次期総裁を決める同党国会議員による投票が9月20日に行われ、安倍晋三首相が石破茂を破って3選が決まったという。茶番としか言い様がない。安倍に限らないが、日本の総理大臣は基本的にアメリカ支配層の傀儡にすぎず、彼らの意向に反する人物が選ばれれば強制的に排除される。安倍も石破もそうした類いの人間ではない。


 アメリカ支配層の戦略は国内におけるファシズム化と国外における侵略。本ブログでは何度も書いてきたが、アメリカの巨大金融資本は遅くとも1933年の段階でアメリカにファシズム政権を樹立させようとしていた。そこで、1932年の大統領選挙で勝利したフランクリン・ルーズベルトを排除するためにクーデターを計画、これはスメドリー・バトラー海兵隊少将の告発で明るみに出ている。


 ウォール街からナチス政権下のドイツへ資金が流れていたことも知られているが、そうしたパイプ役のひとりがジョージ・ヒューバート・ウォーカー。ロナルド・レーガン政権での副大統領を経て1989年に大統領となるジョージ・H・W・ブッシュの母方の祖父にあたる。


 アメリカの好戦派がソ連に対する先制核攻撃を作成した1950年代、彼らは地下政府を編成する準備をしている。「アイゼンハワー10」と呼ばれる人びとによって権限を地下政府へ与えることになっていたのだ。


 その延長線上にFEMA、そしてCOGがある。COGは緊急事態の際に政府を存続させることを目的とした計画で、ロナルド・レーガン大統領が1982年に出したNSDD55で承認され、88年に出された大統領令12656によってその対象は「国家安全保障上の緊急事態」へ変更された。(Andrew Cockburn, “Rumsfeld”, Scribner, 2007)


 1991年12月にソ連が消滅するとネオコンはアメリカが唯一の超大国にあったと認識、92年2月には国防総省のDPG草案という形で世界制覇プランを作成する。旧ソ連圏だけでなく西ヨーロッパ、東アジアなどの潜在的なライバルを潰し、膨大な資源を抱える西南アジアを支配しようとしている。中でも中国が警戒され、東アジア重視が打ち出された。


 このDPG草案が作成された当時の国防長官はリチャード・チェイニーだが、作成の中心になったのは国防次官だったポール・ウォルフォウィッツ。そこで、ウォルフォウィッツ・ドクトリンとも呼ばれている。この長官と次官はネオコンのコンビで、2001年に始まるジョージ・W・ブッシュ政権ではそれぞれ副大統領と国防副長官を務めた。


 唯一の超大国になったアメリカは国連を尊重する必要はないとネオコンは考え、単独行動主義を打ち出す。アメリカの属国である日本に対しても国連無視を強制、1995年2月に「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」が作成されてから日本はアメリカの戦争マシーンに組み込まれていった。日本人を侵略戦争の手先として利用しようというわけだ。勿論、その延長線上に安倍内閣は存在する。


 安倍は「戦後レジーム」を嫌悪、「戦前レジーム」へ回帰しようとしているらしいが、この両レジームは基本的に同じ。戦後レジームとは民主主義を装った戦前レジーム。関東大震災以降、日本はJPモルガンを中心とするウォール街の影響下にあり、その構図は戦後も続いている。JPモルガンが敵対関係にあったニューディール派のルーズベルト政権は1933年から45年4月まで続くが、この期間は日本の支配者にとって厳しい時代だった。


 1932年に駐日大使として日本へ来たジョセフ・グルーはJPモルガンと極めて関係が深い。いとこであるジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりJPモルガン総帥の妻なのだ。


 グルーは皇室とも深いパイプを持っていた。結婚相手のアリス・ペリー・グルーの曾祖父の弟は「黒船」で有名なマシュー・ペリー。ジェーン自身は少女時代を日本で過ごし、華族女学校(女子学習院)へ通い、そこで後の貞明皇后と親しくなったという。


 グルーの人脈には松平恒雄、徳川家達、秩父宮雍仁、近衛文麿、樺山愛輔、吉田茂、牧野伸顕、幣原喜重郎らが含まれていたが、グルーが個人的に最も親しかったひとりは松岡洋右だと言われている。


 松岡の妹が結婚した佐藤松介は岸信介や佐藤栄作の叔父。1941年12月7日(現地時間)に日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃、日本とアメリカは戦争に突入するが、翌年の6月までグルーは日本に滞在、離日の直前には商工大臣だった岸信介からゴルフを誘われてプレーしている。(Tim Weiner, "Legacy of Ashes," Doubledy, 2007)


 安倍晋三が目指す戦前レジームとはアメリカの巨大金融資本が日本を支配する体制にほかならない。彼がアメリカ支配層に従属しているのは当然なのだ。戦前レジームへの回帰とアメリカ支配層への従属は何も矛盾していない。これを矛盾だと考える人がいるとするならば、その人は歴史を見誤っているのだ。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809210000/


天皇家の蓄財(2.26事件の真の闇/補遺)2007年02月23日 | Weblog

 2・26事件について書いたときに、若干皇室の資産に触れた。

 皇室の蓄財に関して、『神々の軍隊』(濱田政彦著)ではこう書かれている。

 「戦前、皇室には予算として年額450万円が国家予算から計上されていたが、一説によれば天皇の総資産は少なく見積もっても約16億円であるという。だが、宮内庁のこの数字は嘘で、本当の資産総額は、海外へ隠した資産を含めれば、信じ難いような天文学的金額であるともいわれている。

皇室予算だけではこのような金額を貯蓄することは不可能であるが、当時皇室は横浜正金(後の東京銀行)、興銀、三井、三菱ほか、満鉄、台湾銀行、東洋拓殖、王子製紙、台湾製糖、関東電気、日本郵船等、大銀行、大企業の大株主であり、その配当総計は莫大なものであった。すなわち、これら企業・銀行の盛衰は、そのまま皇室に影響を及ぼすわけである。こうなると戦争で、財界が植民地から搾りとるほどに皇室は豊かになるということになる。」

 戦前の天皇家と国家、あるいは天皇家と資本家の関係がこれで言い尽くされているであろう。天皇は昭和の大戦争に深く関与した。戦争責任はある。いかにユダヤから仕掛けられた戦争であろうとも、大企業、大銀行はみんな戦争経済へと誘導したのであって、その大株主であった天皇が戦争を指導したのだから、責任なしとは言えない。私は先の戦争に関して連合国に謝る理由はないと思うが、天皇に戦争の責任は重大だったと思う。

先の引用にもあるように、天皇家と日本郵船は明治期から深い仲にあった。日本郵船の大株主は天皇と三菱財閥であった。当時は海外渡航といえば船舶しかなく、日本郵船は日本貿易の命綱である。この日本郵船が大量の移民をアメリカに送り込んだ(数十万人といわれる)し、また大量の若い女性を海外に運んだのである(娼婦にするためである!)。

 日本郵船だけでなく、天皇は大阪郵船の大株主でもあり、これを使って、日本は手に入れた外地へ、人間や物資を運ばせ、莫大な利益をあげさせた。

 鬼塚英昭氏の『天皇のロザリオ』(成甲書房)によれば、福沢諭吉は「賎業婦人(娼婦)の海外出稼ぎするを公然許可するべきこそ得策なれ」と主張している。外貨稼ぎに日本の女性を使えと言ったのであるから、どこが「天は人の下に人をつくらず」だ! 

つまり諭吉は、娼婦の海外輸出は天皇と三菱に利益もたらすから「得策だ」と平然と言ったのである。だから諭吉はユダヤ・フリーメースンの会員だったのだ。慶應義塾とは日本資本主義と天皇を支える私立の重要な学校であった。財界人を多く輩出したのは慶應義塾や官製の東京帝国大学であった。

 そこを出た財界のトップたちは、記述のように、2・26事件を影で操り、そこから一気に戦争経済へ主導し、政府要職にも就くなどして日本を大戦争とその果ての破局へと導くのである。

 鬼塚英昭氏の『天皇のロザリオ』には、戦前の皇室が銀行支配も徹底していたことを書いている。皇室は日本銀行の47% の株を所持していた。だから紙片を発行し、公定歩合を調整するたびに、莫大な利益が皇室に流れた、とある。日銀は発足当初からユダヤ国際金融資本の日本支店であるから、これでいかに天皇家とユダヤ資本が深い関係かがわかるだろう。

 さらに鬼塚氏は天皇とアヘンの関係も暴露している。

 「同じ手口(米国に移民を送って儲けた話)を皇室と三菱は考えた。ペルシャ(イラン)からのアヘンの輸入であった。皇室と三菱は三井も仲間に入れることにした。三井を入れなければ内乱が起こる可能性があったからだ。三井と三菱は隔年でアヘンをペルシャから入れ、朝鮮に送り込んだ。満州という国家はこのアヘンの金でできた。

 天皇一族はこの利益を守るために秘密組織をつくった。厚生省という組織に、天皇は木戸幸一(後に内大臣)を入れ、アヘン政策を推進させた。1938(昭和13)年12月に興亜院がつくられ、アヘン政策を統括した。日本でもケシ栽培をし、朝鮮にほうり込んだ。中国でも熱河省でケシ栽培をした。この利益も皇室の財産の形成に大きく貢献した。 

 多くの(ほとんどと言うべきか)軍人たちが、三菱と三井のアヘンの利益の一部をもらって遊興にあけくれた。」

 天皇も、財閥も、軍人も、アヘンという恥ずべき巨悪に手を染め、巨利を得ては遊興に使うために、戦争を次々に仕掛けたのだった。このゆえをもって、天皇はついに終生、中国と朝鮮には足を踏み入れることができなかった。ちなみに沖縄も、天皇は自らの助命と引き換えに、米軍の永久使用を提供したので、これまたついに沖縄を行幸することはできなかった。

 さて、再び『神々の軍隊』の続きである。

 「皇室は蓄えた資産をモルガン商会を通して海外で運用していたが、金塊、プラチナ、銀塊などがスイス、バチカン、スウェーデンの銀行に預けられていた。さらに取り巻きの重臣たちもそれに倣って同商会に接触し、そのおこぼれに預かっていた。中立国スイスには敵対する国の銀行家同士が仲良く机を並べて仕事をしている奇妙な現象が見られるが、なかでも国際決済銀行、通称バーゼルクラブは、世界の超富豪が秘密口座を持つ銀行で、治外法権的な存在であった。同行は不安定な紙幣ではなく、すべてを金塊で決算する銀行であった。

 内大臣・木戸幸一は、日米英戦争末期の昭和19年1月、日本の敗北がいよいよ確実になると、各大財閥の代表(銀行家)を集め、実に660億円(当時)という気の遠くなるような巨額の皇室財産を海外に逃すよう指示した。皇室財産は中立国であるスイスの銀行に移され、そこできれいな通貨に“洗浄”されたが、その際皇室財産は、敵対国にばれぬようナチスの資産という形で処理された。スイスは秘密裏にナチスに戦争協力したので、ナチスの名のほうが安全だったわけである。」

 昭和天皇は大東亜戦争中、宮中に大本営を置いて陸海軍の下僚参謀を指揮して作戦を実行した。それの実態が連合軍にバレれば自分も戦犯として処刑されるという恐怖と、せっかく築いた莫大な資産が取り上げられることを心配したのだ(むろん実態は連合国は承知していた)。だから彼は、資産をスイスや南米の銀行に預けた。海軍の潜水艦を私的に使ってアルゼンチンに金塊を避難することまでやった。

 そして進駐軍がくると、マッカーサーに卑屈に叩頭し、朕はキリスト教徒になってもいい、日本をカソリックの国にしてもよいと申し出た。宮中の女性を東京裁判のキーナン検事に提供して歓心を買い、戦争中の陸軍軍人の内輪情報を(田中隆吉を使って)チクっては責任を全部東条らに押しつけて、彼らが絞首刑になるよう誘導した。みんな、自分の命乞いのため、そして資産保全のためである。
 
 小林良彰の『日本財閥の政策』は、鈴木大拙と出光の関係を書いたときに紹介したが、こんなことも書いている。

 「中島知久平(中島飛行機 ゼロ戦の製造で有名)は、陸軍が(支那事変で)未だ戦線を黄河あたりにまででとどめようとしているとき、閣僚の一人として漢口まで行かねばならないと主張した。もっとも大胆に(中国戦線)拡大を唱えたのは、鐘紡社長津田信吾である。

彼は中国との全面戦争とともに、イギリスとの戦争を説いた。彼の強硬論は鐘紡の高利益の基礎に外地会社の多角経営があり、これを積極的に中国領内に拡大する希望を持ったこと、(中略)中国国内に原材料基地を見出さねばならぬという因果関係からくるものであろう。」

 中島知久平が閣僚になって戦争を主張したように、また王子製紙社長の藤原銀治郎は、海軍顧問、商工大臣、国務大臣。軍需大臣を歴任し、その地位を利用して戦争でしこたま儲けたクチである。

 戦後、自民党の大物議員で60年安保時に外相を務めた藤山愛一郎も戦前、大日本製糖社長として、戦争を煽った人物である。彼は台湾での製糖事業を一手に握っていたが、さらに南方と中国南部に製糖工場を広げるべき軍部と結託した人間である。

 こうした三井.三菱以外の中小財閥も、積極的に戦争経済を推進しようと図ったのである。それを最も喜んだのはこれらの会社の大株主だった天皇であった。

 こうして見てきたように、天皇は莫大な蓄財を行うために、財閥と組んで国民を売りとばし、戦争を仕掛けて国民を殺してきた。責任はすべて軍人と国民とに押し付けた。血も涙もない、とはこのことではなかろうか。

 終戦後、彼は「人間宣言」のあと、全国を巡幸して歩いた。その映像は今も残る。敗戦で打ちひしがれた国民を激励すると称して(膨大な予算を使って)行幸したときの姿は、わざと古着にすり減ったクツを履いて、軍部に騙された気の毒な天皇という哀愁を演出してみせたのだった。

彼は1901年生まれだから、巡幸のころはまだ40代後半なのに、わざと猫背にして60歳くらいの老人のように見せているように、映像や写真からは伺える。何を説明しても「あ、そう」と答えたことは有名になったが、これも自分は戦争を指揮したりしない、言われるがままの人間だったという印象を与えるためだろう。

戦前には絶対に大衆の前に姿を晒さなかった彼が、大衆に向けてソフト帽子をふりふり、愛想笑いを浮かべて「平和天皇」を演じてみせたことは、戦犯から除外してもらうための進駐軍へのポーズでもあったし、見事に国民をも騙すことにも成功したのであった。

 戦後もついにマッカーサーをも騙しきって、資産を守った天皇が、なんで古着にボロ靴なのか。その心根の深奥をわれわれ国民は知るべきであろう。
http://web.archive.org/web/20100212091907/http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/b2add89dad958852f4994fb54f0874b0


最近、古本屋で購入した

「自伝的戦後史」著者 羽仁五郎
https://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E4%BC%9D%E7%9A%84%E6%88%A6%E5%BE%8C%E5%8F%B2-%E4%B8%8A-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%BE%BD%E4%BB%81-%E4%BA%94%E9%83%8E/dp/4061340913


の帯にも

「日本の天皇は戦前3億円ぐらいだった財産を、戦争が終わってみたら300億円ぐらいにしていた」

とあります。


▲△▽▼


天皇家は戦争中に何をしていたのか
http://blog.livedoor.jp/shiderz402-seikei/archives/8120443.html


先日から、

「歴史の真相と大麻の正体」内海聡 著 三五館 刊
https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8%E3%81%A8%E3%80%81%E5%A4%A7%E9%BA%BB%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93-%E5%86%85%E6%B5%B7-%E8%81%A1/dp/4883206289

という本を読んでいて、その本は私が大麻というものが世界に及ぼしてきた事実を、私が知らない見解で記してあるかもしれない、という期待から読んでいると記してきました。

2そしてこの本は、第一部:歴史の真相 第二部:大麻の正体 に分かれていて、私は第二部の大麻の正体を読むことが一番の目的で読んでいるのですが、その前の第一部の歴史の真相のところで気になることがあったので、先日2回ほどそのことについて書かせて頂きました。ですがまた、その第一部の歴史の真相のところで気になったところがあったのでそのことについて記したいと思います。ではますは「歴史の真相と大麻の正体」からその部分を引用します。

(引用開始)

タイトル:「原爆を落とされてもしょうがない」

商船三井の共同経営者は、天皇家とCIAの日本作戦部長のマクスウェル・クライマンであった。そして天皇家が大東亜戦争時に蓄財した金はナチスのヒトラーの口座に隠されていた。ヒトラーはじつは隠れユダヤ人であることは有名だが、そのヒトラーとともに戦争ビジネスをやっていたのはだれかを考えねばならない。


天皇家の蓄財1

天皇が「原爆を落とされてもしょうがない」と発言したことが知られるが、広島、長崎に原爆が落ちた時も、天皇家はどうやって自分の資産を維持するかに腐心していた。この問題を調査したマーク・ゲインは、海外に天皇が逃がした蓄財は累計で5〜10億ドルにのぼるとしている。天皇家の蓄財に関しては濱田政彦著 「神々の軍隊」(三五館)などが詳しい。

(引用終わり)

これは大東亜戦争時、日本の多くの兵隊が海外に行き、命をかけて戦って死に、東京大空襲など、日本の津々浦々で行われた大空襲で多くの日本国民が命を亡くした最中に、昭和天皇が皇室の資産をいかに守ることに腐心していたかを記した文になります。

この引用文の最後に、

「天皇家の蓄財に関しては

濱田政彦 著 「神々の軍隊」(三五館)
https://www.amazon.co.jp/%E7%A5%9E%E3%80%85%E3%81%AE%E8%BB%8D%E9%9A%8A%E2%80%95%E4%B8%89%E5%B3%B6%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB%E3%80%81%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%84%E3%81%AF%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%87%91%E8%9E%8D%E8%B3%87%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%97%87-%E6%B5%9C%E7%94%B0-%E6%94%BF%E5%BD%A6/dp/4883202119


などが詳しい」とあります。では、その「神々の軍隊」には天皇家の蓄財についてどのように書かれているのか、以下にその部分を引用したいと思います。


(引用開始)


@ 戦前、皇室には予算として年額450万円が国家予算から計上されていたが、一説によれば天皇の総資産天皇家の蓄財3は、最も控えめに見積もっても約16億円であるという。だが、宮内省のこの数字は嘘で、本当の資産総額は、海外に隠した資産を含めれば、信じ難いような天文学的金額であると言われている。皇室予算だけではこのような金額を貯蓄することは不可能であるが、当時皇室は横浜正金、興銀、三井、三菱ほか、満鉄、台湾銀行、東洋拓殖、王子製紙、台湾製糖、関東電気、日本郵船等、大銀行、大企業の大株主であり、その配当総計は莫大なものであった。すなわち、これら企業・銀行の盛衰は、そのまま皇室に影響を及ぼすわけである。こうなると戦争で、財界が植民地から搾り取るほどに皇室は豊かになるということになる。


A 2.26事件で天皇が、まっ先に事件が日本経済に与える影響を心配したのは当然であろう。「朕が信頼する重臣」とは、財界の代理人たちであるからその怒りは天皇にとっては、しごく正統な怒りであったのだ。


B 財界のトップたちは、2.26事件後の大勢翼賛、国家総動員体制の下、政府の要職に就いて日本を破局へと導いた。一例を挙げれば王子製紙の藤原銀治郎は、海軍省顧問、産業設備営団総裁、商工大臣、国務大臣、軍需大臣を歴任し、戦争経済に貢献している。


C 皇室は蓄えた資産をモルガン商会を通して海外で運用していたが、金塊、プラチナ、銀塊などがスイス、バチカン、スウェーデンの銀行に預けられていた。さらに取り巻きの重臣たちもそれに倣って同商会に接触し、そのおこぼれに預かっていた。中立国スイスには敵対する国の銀行家同士が仲良く机を並べて仕事をしている奇妙な現象が見られるが、中でも国際決済銀行、通称"バーゼルクラブ"は、世界の超富豪が秘密口座を持つ銀行で、治外法権的な存在であった。同行は不安定な紙幣でなく、すべてを金塊で決済する銀行であった。


D 内大臣・木戸幸一は、日米英戦争末期の昭和19年1月、日本の敗北がいよいよ確実になると、各大財閥の代表(銀行家)を集め、実に660億円(当時)という気の遠くなるような皇室財産を海外に逃がすように指示した。皇室財産は中立国であるスイスの銀行に移され、そこできれいな通貨に"洗浄"されたが、その際に皇室財産は、敵対国にばれぬようナチスの資産という形で処理された。スイスは極秘裏にナチスに協力していたので、ナチスの名のほうが安全だったわけである。


E 価値の高い資産である金塊(どこから手に入れたのであろうか?)の一部については、国際金融資本と密接な関係にある華僑(日本軍はユダヤ商人とならんで老練な華僑によって、中国問題で苦しめられた)に売却して外国通貨に換え、スイスにある皇室の口座に入れた。さらにその一部はナチスの資産逃亡の手口を倣って、潜水艦によって秘かに南米アルゼンチンに移送された。


F 大戦末期、ナチスの残党は、親ナチの南仏、スペイン、ポルトガルを経て、潜水艦でナチスの資産が隠され天皇家の蓄財4ている南米(アルゼンチン、チリ)に大挙して逃走した。そして南米各地に拠点置き、戦後も世界の反共団体に援助をあたえ、世界政治に隠然たる影響を及ぼし続けているが、このナチスの隠し資産には天文学的な量の金塊が含まれていた。これらはアルゼンチン、チリを経て、さらに南極に移送されたというが、皇室が潜水艦でアルゼンチンに金塊を移送したというのは、想像以上にナチスコネクションと日本の関係が深いことを示唆するものである。加えて言えば、バチカンがナチスに戦争協力したことが近年明らかになってきているが、皇室とバチカン、そしてバチカンとフリーメーソンの関係をたどっていくと、世界的な闇が明らかになってくると思われる。おそらく戦後の皇室がえらく貧乏に見えるのは、その資産を戦後の復興に使ったからなのかも知れない。

M資金の闇は深い・・・・。


(引用終わり)※数字は私の書き込みによる。

ではこの引用文についてまとめ及び気になることを書いていきたいと思います。

まず@段落のところですが、

・戦前に天皇家は天文学的な金額を蓄財していた。

・天皇家は横浜正金、興銀、三井、三菱ほか、多くの銀行、財閥の大株主であり、その利益が莫大であった。

・銀行、財閥は当時、戦争経済で儲けていて戦争を続けさせ、植民地政策のもとで利益を上げていて、それによって株価が上がり結果、天皇家の資産は莫大なものになっていった。


A段落目で、「2.26事件で天皇が、まっ先に事件が日本経済に与える影響を心配したのは当然であろう。「朕が信頼する重臣」とは、財界の代理人たちであるからその怒りは天皇にとっては、しごく正統な怒りであったのだ。」とありますが、当時上述したように戦争を遂行すればするほど銀行、財閥などは儲かり結果、天皇家も儲かっていたわけですからその財閥が日本の軍隊に入り込んで、戦争を遂行するように仕向けていたわけです。だから2.26事件で純粋に心から日本の未来を憂いた青年将校が起こした2.26事件が起こったときも昭和天皇は、「天皇家がカネ儲けできなくなる」という理由で2.26事件そして青年将校に対して怒りを覚えたのです。

B段落目

上述したとおりのことが書かれています。「一例を挙げれば王子製紙の藤原銀治郎は、海軍省顧問、産業設備営団総裁、商工大臣、国務大臣、軍需大臣を歴任し、戦争経済に貢献している」、ということです。

C段落目

天皇家は資産を海外でモルガン商会(ユダヤ系財閥)を通して蓄財していて、天皇に近い重臣たちもそのおこぼれに預かり、儲けていたということです。そして天皇家とバチカン、‘バーゼルクラブ’などはグルになってカネ儲けしていたことを示唆しています。

D段落目

田布施2ここではまとめというよりは、文中の、「内大臣・木戸幸一は、日米英戦争末期の昭和19年1月、日本の敗北がいよいよ確実になると、各大財閥の代表(銀行家)を集め、実に660億円(当時)という気の遠くなるような皇室財産を海外に逃がすように指示した。」の中の「昭和19年」に焦点を当てたいと思います。というのはこの昭和19年に天皇家の資産の蓄財において大きな変化あったからです。では、昭和19年(1944年)に何があったのか。そのことが先日も引用させて頂いた

「日本のいちばん醜い日」鬼塚英昭 著 成甲書房 刊
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%82%93%E9%86%9C%E3%81%84%E6%97%A5-%E9%AC%BC%E5%A1%9A-%E8%8B%B1%E6%98%AD/dp/4880862169


に書かれていましたので以下に引用します。

(引用開始)

(前略)シーグレーブ夫妻の「ヤマト・ダイナスティ」の中に次のような一節がある。

「裕仁は1944年に材木の蓄えで大もうけしたはずだが、御料林の価値も御料地の値上がり分も含んでいなかった。天皇家は日本一の大地主で、ほとんどは徳川幕府が崩壊したときに天皇家にもたらされた(明治維新後に獲得したものがほとんどである:引用者注)。まさしく当時の日本の大地主であったのだ。もちろん、ヒロヒトの自己申告の中には、本土や海外の隠匿された財宝は含まれていない。SCAPの審査員が、この審査をパスさせたのであるが、彼は不機嫌そうに記したのだ。「正確さという面では、この部門では問題外とされた」

占領が終わり、日本人の専門家が天皇の財産を再計算した。その中には皇居や御用邸の不動産、工芸美術品などは計算外としたが、それでも660億円を超えていた。」

私はこのシーグレーブの本を読み、納得した。それは天皇と男爵住吉門左衛門が特殊な関係にあったがゆえであると思ったのである。天皇家の御料地のほとんどが住友財閥の力で移動し、売却されたのである。1944年、住友林業の所有地が莫大に増加するのである。

「裕仁は1944年に材木の蓄えで大もうけしたはずだが、御料林の価値も御料地の値上がり分を含んでいなかった」とシーグレーブが書いているのは事実である。紙幅の都合上、これ以上は書かないが、私は明治から戦前までの御料地獲得に執念を燃やす田布施一族の歴史を追求してきた。そして、この帝国秘密探偵社の資料とシーグレーブの本を読み合わせ、納得した。(後略)

(引用終わり)

昭和天皇の側近であった木戸幸一(木戸孝允の孫)が天皇家の財産を海外に逃がすよう指示した金額は(当時の貨幣価値で)660億円。だがその660億円もの大金であるにもかかわらずそこには天皇家が所有する御料地すなわち皇居や日本各地にある御用邸の土地や御料林は含まれていない。

そして、「裕仁は1944年に材木の蓄えで大もうけしたはずだが、御料林の価値も御料地の値上がり分を含んで天皇家の蓄財2いなかった」とあるように昭和天皇ヒロヒトは1944年に大もうけをした。しかもそれが、前述したように、天皇家が当時結託していた大財閥の一つである住友財閥の住友林業であったわけです。

この事実は私は日本人として絶対に忘れてはいけない事実であると考えます。なぜか? 1944年といったら日本の兵隊の方々が海外に出て、命をかけて、玉粋覚悟で、時には「天皇陛下バンザーイ」と叫んで、心から日本のため、と思いながら死んでいきました。また、日本国内では、多くの日本人が数千人否、数万人否、数十万人否、数百万人もの日本人が空襲で死にました。そのさなかに天皇家は大財閥と結託して、日本国民のことなど露ほどにも頭になく、蓄財に励んでいたからです。この事実は‘戦争とは何か’、‘天皇家とは何か’という疑問を見事に解き明かしています。

E段落目はそのまま抜粋します。

「価値の高い資産である金塊(どこから手に入れたのであろうか?)の一部については、国際金融資本と密接な関係にある華僑(日本軍はユダヤ商人とならんで老練な華僑によって、中国問題で苦しめられた)に売却して外国通貨に換え、スイスにある皇室の口座に入れた。さらにその一部はナチスの資産逃亡の手口を倣って、潜水艦によって秘かに南米アルゼンチンに移送された。」

ここで「さらにその一部はナチスの資産逃亡の手口を倣って、潜水艦によって秘かに南米アルゼンチンに移送された。」とあります。この‘南米’というところに注目すべきと考えます。その理由は次の7段落目に記されています。

F段落目

「大戦末期、ナチスの残党は、親ナチの南仏、スペイン、ポルトガルを経て、潜水艦でナチスの資産が隠されている南米(アルゼンチン、チリ)に大挙して逃走した。そして南米各地に拠点置き、戦後も世界の反共団体に援助をあたえ、世界政治に隠然たる影響を及ぼし続けているが、このナチスの隠し資産には天文学的な量の金塊が含まれていた。これらはアルゼンチン、チリを経て、さらに南極に移送されたというが、皇室が潜水艦でアルゼンチンに金塊を移送したというのは、想像以上にナチスコネクションと日本の関係が深いことを示唆するものである。加えて言えば、バチカンがナチスに戦争協力したことが近年明らかになってきているが、皇室とバチカン、そしてバチカンとフリーメーソンの関係をたどっていくと、世界的な闇が明らかになってくると思われる。おそらく戦後の皇室がえらく貧乏に見えるのは、その資産を戦後の復興に使ったからなのかも知れない。

M資金の闇は深い・・・・。」

この段落では大戦末期から戦後に至る南米地域の状況について書かれています。なぜ南米地域にナチスの残党は逃走したのか?なぜ南米なのか?そしてヒットラーも実は戦争末期に自殺したのではなく、アルゼンチンに逃走した、という説があります。そして私がこの段落を読んで気になったのは第2次世界大戦後、この南米地域の各国がハンガリー系ユダヤ人であるミルトン・フリードマンが唱えたシカゴ経済学(大企業ボロ儲け経済学)を信奉したシカゴ・ボーイズといわれる連中に乗り込まれ、その国の政治・経済を乗っ取られ、結果その国の経済市場が欧米系の大企業に乗っ取られた、という事実です。アルゼンチンやチリやホンジュラスなどがそうです。

そしてその事実と引用文の、「そして南米各地に拠点置き、戦後も世界の反共団体に援助をあたえ、世界政治に隠然たる影響を及ぼし続けている」という記述が関係していると思います。ですがここではこのことについてこれ以上記しません。ただ関係していると思われる、とだけ記させて頂きます。
http://blog.livedoor.jp/shiderz402-seikei/archives/8120443.html


天皇家は戦争中に何をしていたのか A
http://blog.livedoor.jp/shiderz402-seikei/archives/8123592.html


先日、太平洋戦争中における天皇家の蓄財に記させて頂きました。戦争中に天皇家が日本の土地を買い占めて戦争で多くの日本人が死んでいくさ中に蓄財に励んでいてそれも莫大に儲けていたことや、そもそも天皇家は当時の多くの大財閥、銀行などの大株主で、戦争が長引けば長引くほど植民地における大財閥の事業拡大、生産増産、戦争資金の需要増大による銀行、大企業の株価高騰で大儲けしていたことなどについて記しました。

今日はその天皇家の蓄財について違った面から考察し、記していきたいと思います。では、まずはそのことについて詳しく記してある、先日も引用した「日本のいちばん醜い日」 鬼塚英昭 著 成甲書房 刊  からの引用から始めたいと思います。

(引用開始)

(前略)アメリカは公式には日本への石油の輸出を禁止した。しかし、アメリカ国籍の船、または日本国籍の船によるものが禁止されただけであった。あの太平洋戦争田布施2中も秘密ルートでアメリカの石油、重要な原料(タングステン、四塩化エチル等)が日本へ送られた。

これが戦争の本当の姿なのだ。昭和天皇はこのからくりを知っていたが、近衛首相や木戸幸一内大臣に秘密にしていた。

あの国際赤十字社のシステムは、戦傷者を救うためにつくられたのではない。国際金融同盟の連中が、商売(=戦争)をスムーズに長きにわたって続けるためにつくられたのである。太平洋の委任統治諸島で密かに石油や重要物資が日本の赤十字の船に移される。この船は攻撃できないという国際条約ができているので、安心して石油や重要物資を日本は購入できた。(後略)

(引用終わり)

前回は戦争時においてその、戦争することによって派生する日本の植民地事業において三井、三菱、住友などの財閥、銀行などが大儲けし、結果天皇家も大儲けする、ということについて記させて頂きました。ですがこの引用文は戦争から派生する要素ではなく、戦争そのものが天皇家を儲けさせていたことを記す内容となっています。

あの、戦前に日本への制裁としてABCD(アメリカ、イギリス、中国、オランダ)包囲網が1941年に敷かれてアメリカから石油の輸入が途絶え、日本は窮地に追い込まれた、と我々は学校の歴史の授業で教わってきました。だが、実際には「赤十字」という看板を掲げた船で石油が輸入されていた。その赤十字は実は戦傷者の傷を治したり命を救うために設立されたのではなく、戦争を‘スムーズ’に長引かせるために国際金融同盟の連中がつくり上げたものだった。つまり戦者が簡単に死んでしまっては戦争がすぐに終わってしまい、国際金融同盟の連中やそれに纏わる財閥、銀行そして天皇家もカネ儲けができなくなる。だから赤十字を設立して、兵隊の傷の治療をし、延命させ、再度戦場に送り込む、ために赤十字がつくられたということです。

では次に同著から上の引用文に続く、その石油購入の資金についての記述を以下に引用します。

(引用開始)

では、あの大戦中、その莫大な支払い代金はどうしたのか、という問題が出てくる。この代金の主なものは、ア天皇家の蓄財5ジア支配の途中で略奪した、金、銀、プラチナ等の貴金属である。その一部は日本へ持ち帰り(赤十字のマークをつけた船で)、マルフクという金貨に鋳造する。これを現地に送り、食料等の必要物資の現地での購入にあてる。残りの金塊や宝石類は、スイスの国際決済銀行(BIS)に送る。ここで貴金属をドルまたはスイス・フランにし、迂回経路で必要物資の支払いにあてる。残ったドルやスイス・フランは、国際決済銀行か、同一系統のスイス国立銀行の秘密口座に入っていく。かくて、戦争が長引けば長引くほどに天皇一族と、秘密裏に天皇一族を支えた財閥の資産は天文学的に増えていった。

(引用終わり)

日本に石油はなかったが中国侵略などで強奪した金・銀・プラチナを代金の支払いにあてた。その一部が天皇家の資産となった。つまり戦争で金・銀・プラチナなどの貴金属を強奪すればするほど天皇家は儲かるということです。ではさらにこの引用文に続く記述を引用したいと思います。

(引用開始)

近衛文麿首相は幾度も天皇に戦争の中止を訴えた。天皇一族は日清戦争、日露戦争を通じて多額の賠償金を得て、その一部をスイスの銀行に入れることで逆に彼らから弱みを握られた。ルーズヴェルトは借金漬けで弱みを握られていた。チャーチルしかり。スターリンは過去の悪行のほぼ全データを握られ、彼ら国際金融資本家たちを‘ご主人様’と呼んでいた。フルシチョフ元首相の「フルシチョフ回想録」にそのことが克明に書かれている。明治、大正と続く皇室のスキャンダルを彼らはすべて記録していた。スイスの秘密口座もスキャンダルの種になりえた。ここに、近衛首相の忠告を無視して太平洋戦争に突入しなければならなかった日本の悲劇の源がある。

(引用終わり)

この引用文は世界を支配する、本当の仕組みを示唆する記述となっています。ルーズヴェルト、チャーチルというときのアメリカ大統領とイギリス首相が借金漬けで、ロシアのスターリンは悪行のほぼ全データを握られ、国際金融資本家たちに弱みを握られていた、と非常に興味深いことが書かれています。ではここでこの3人のうちの1人であるチャーチルのそのあたりについて同じ鬼塚氏の「20世紀のファウスト」成甲書房 刊 という著作に詳しく書いてあるので以下に引用します。

(引用開始)

(前略)1938年3月下旬、第2次世界大戦勃発の1年前、チャーチルは借金のために田舎の別荘を売りに出そうとしていた。ロスチャイルドから依頼を受けた金融業者サーケインズ5・ヘンリー・ストラコッシュが借金の肩代わりを申し入れた。チャーチルは受けた。そしてそのとき、一つの条件を受け入れることになる。金のないチャーチルはヴィクトリア地区の汚らわしいモルペス・マンションに住んでいた。その過去をみることにしよう。

1928年当時、チャーチルは第一次世界大戦の回顧録「世界の危機」の続編を執筆していた。アスター卿の「タイムズ」から2000ポンドの前払い印税を支払ってもらった。これとは別に世界各国での連載を含めての5,000ポンド以上が彼の懐に入っていた。しかし、彼は貧乏のどん底にあった。ウォール街での株投資で大損失をしていたからだ。このことはすでに書いた。

ユダヤ王ロスチャイルド一族のバーナード・バルークはチャーチルにアメリカ講演旅行をやらせ、1万ポンドの保証をしてやった。それでも借金は返せず、バルークに特別に用立ててもらった。彼はユダヤ王ロスチャイルドの御用新聞「デイリー・メール」のビーヴァルック卿と特別契約を結び、8,000ポンド近い原稿料を得ていた。だがそれでも彼の経済的困窮は、別荘を売り払う段階までいったのである。

しかしチャーチルは海軍大臣、首相へとなっていく。政治家になれば収入は極端に減る。では誰が、何の目的のためにチャーチルの借金を返してやったのだろうか。ここまで書けば答えは書かなずもがなであろう。1939年3月、チェンバレン首相は海軍大臣にチャーチルを迎えなければならなくなる。チャーチルは1914年8月に海軍省に入っている。

海軍大臣になると、チャーチルはルーズヴェルト大統領に手紙を出した。2人は数多くの手紙をやりとりをする。一海軍大臣がアメリカ大統領と、どうして秘密のルートで手紙の交換が出来るのであろうか。この2人は「黒い犬」で、ユダヤ王ロスチャイルドから長い長い鎖の手綱で引っ張られていることを考えれば納得がいくのである。

チャーチルの人気は上昇していく。なぜか。チェンバレン首相の宥和政策に公然と抗議しだしたからである。ヒトラーがポーランド領ダイツィヒの割譲を要求した。チャーチルはヒトラーと闘えと叫びだした。黒い貴族の新聞は、戦争を煽りだした。1938年9月30日、イギリスとフランスは宥和政策をとり、侵略されたチェコを犠牲にして、ヒトラーと現状維持の協定を結んだ。この宥和政策は後にヒトラーによるポーランド侵攻により破られ、第2次世界大戦へと拡大していく。(後略)

(引用終わり)

チャーチルはウォール街での株投資で大損し、借金漬けになっていた。本を書いても借金は返せず、別荘まで天皇家の蓄財6売り払わざるをえないとこまで落ちぶれていて、ヴィクトリア地区の汚いマンション暮しをしていた。そこにユダヤ王ロスチャイルドの回し者バーナード・バルークが大戦が始まる1年前にきて、‘一つの条件’をのまされた。その条件とは・・・・上に書いてあるとおりです。首相になって第二次世界大戦を引き起こす、という条件です。

つまりユダヤ王ロスチャイルドなどの国際金融同盟の連中は、弱みをもっている人間をピックアップし、金を渡し、もちろん恫喝もし、操るということです。このことは世界中で起こっており、日本でも頻繁に起こされていて、政治家のスキャンダル暴露はその一つです。‘女を抱かせる’というハニー・トラップも含めて。

そして天皇家にも、スキャンダルは多々あり、そのことが国際金融同盟の天皇家支配に繋がっているということです。ゆえに「近衛首相の忠告を無視して太平洋戦争に突入しなければならなかった日本の悲劇の源がある」と著者の鬼塚氏は書いているのです。

そして先の引用文にさらに続く文章ではその戦争時におけるマネー・ゲームの様相が記されていました。以下に引用します。

(引用開始)

この国際決済銀行を舞台にして、戦争は続けられたのである。日本銀行と横浜正金銀行の大株主は天皇であった。天皇は、二人の役員(それ以外に事務局員たちも)をこの国際決済銀行に送り、取引をさせていたのである。天皇の代理人の役員が金儲けに奔走する場面がハイアムの「国際金融同盟」の中に書かれている。

「1942年夏、フランス政府の閣僚であり、ナチス占領下のパリにある民間銀行のヴォルムス銀行の役員であるピエール・プシューは、イブ・ブレアール・ド・ボアサンジューとBISで会合を持った。プシューはボアサンジューにドワイト・D・アイゼンハワー大将が北アフリカに侵攻する作戦を計画中であると語った。彼はこの情報を友人であるヴィシー駐在のアメリカ国務省代表のロバート・マーフィーから手に入れたのである。ボアサンジューはクルト・フォン・シュレーダーにこの情報を伝えた。シュレーダーと他のドイツ人の銀行家たちは直ちに、フランスの取引銀行と同調して、九〇億フランの金貨をBIS経由でアルジェに搬送した。ドイツの敗北を予測して、ドルの為替差損でボロ儲けを狙ったのである。ナチスの協力者たちはほとんど一晩で、自分たちの持ち金を三億五千万ドルから五億二五百万ドルまで増やしたのだった。この取引に関しては、BISのトーマス・H・マッキトリック、ヘルマン・シュミッツ、ミエル・プール、そして日本人役員たちも共謀に加担していた。この取引の別の協力者でナチス最高司令部にいる他の幹部たちに、この秘密を漏らしたものがいた。この男はバチカンの諜報活動グループに所属する工作員だった。この情報は1946年6月21日にオットー・アーベッツがアメリカ政府担当者に宣誓供述したことで明らかになった。」

この一文は、「戦争とは何か」を如実に示している。戦争は国家間の利害、憎悪の衝突から起こるものだけではなく、巨大なマネー・ゲームでもある。ヒトラーもスターリンも、それを知り尽くしていた。ルーズヴェルトとチャーチルはマネー・ゲームをさせられていたのである。天皇が仕掛けた南進策は、巨大なマネー・ゲームの創造であった。

この面を考察しないから、私たちの日本史は欺瞞だらけのエセ日本史となっている。天皇とその一族は、三井、三菱、住友らの財閥と組んでマネー・ゲームをしていたのである。それゆえ、国際決済銀行に日本銀行と横浜正金銀行が参加したわけである。この銀行に加入していなければ、中国本土に攻め込む力さえなかったのである。ひと度、この銀行に加入してから天皇とその一族は、国際金融のグループ、主としてロスチャイルド財閥の手に落ちていったのである。ドイツのアフリカでの敗北を見こして、日本の役員たちも、スイスという黒い貴族たちの巣窟でマネー・ゲームに興じ、天皇のために金を稼ぐのである。戦争がいちばん金の儲かるゲームであることを天皇ヒロヒトほど知りつくした人物は日本にいなかったし、これからも登場しないだろう。(後略)

(引用終わり)

このように‘戦争’とは国と国の間で行われる利益の収奪、憎悪だけでなく、国際金融同盟の連中がカネ儲けするために引き起こされるということです。否、その方が多いのです。

ところで前回記した私の文で引用させて頂いた「神々の軍隊」濱田政彦 著 三五館 刊 の文の最後に、「おそらく戦後の皇室がえらく貧乏に見えるのは、その資産を戦後の復興に使ったからなのかも知れない」と記してありましたが、私はこの一文に強く違和感を覚えました。本当にそうか? と。

ではここで上に引用させていただいた本の著者である鬼塚氏の他の著作の一つである、

「天皇のロザリオ」成甲書房 刊
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%AA-%E4%B8%8A%E5%B7%BB-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E5%9B%BD%E5%8C%96%E3%81%AE%E7%AD%96%E8%AC%80-%E9%AC%BC%E5%A1%9A-%E8%8B%B1%E6%98%AD/dp/4880862002


からこの一文についての鬼塚氏の見解が書いてある部分を抜粋してこの文を終わりたいと思います。

(引用開始)

(前略)日本の作家で井上清の名を挙げた。2000年に濱田政彦の「神々の軍隊」が出た。この本の中で濱田は天皇の秘密資金について触れている。引用する。私のこれまでのストーリーを追認するものである。

天皇家の蓄財3「 皇室は蓄えた資産をモルガン商会を通して海外で運用していたが、金塊、プラチナ、銀塊などがスイス、バチカン、スウェーデンの銀行に預けられていた。さらに取り巻きの重臣たちもそれに倣って同商会に接触し、そのおこぼれに預かっていた。中立国スイスには敵対する国の銀行家同士が仲良く机を並べて仕事をしている奇妙な現象が見られるが、中でも国際決済銀行、通称"バーゼルクラブ"は、世界の超富豪が秘密口座を持つ銀行で、治外法権的な存在であった。同行は不安定な紙幣でなく、すべてを金塊で決済する銀行であった。


内大臣・木戸幸一は、日米英戦争末期の昭和19年1月、日本の敗北がいよいよ確実になると、各大財閥の代表(銀行家)を集め、実に660億円(当時)という気の遠くなるような皇室財産を海外に逃がすように指示した。皇室財産は中立国であるスイスの銀行に移され、そこできれいな通貨に"洗浄"されたが、その際に皇室財産は、敵対国にばれぬようナチスの資産という形で処理された。スイスは極秘裏にナチスに協力していたので、ナチスの名のほうが安全だったわけである。


価値の高い資産である金塊(どこから手に入れたのであろうか?)の一部については、国際金融資本と密接な関係にある華僑(日本軍はユダヤ商人とならんで老練な華僑によって、中国問題で苦しめられた)に売却して外国通貨に換え、スイスにある皇室の口座に入れた。さらにその一部はナチスの資産逃亡の手口を倣って、潜水艦によって秘かに南米アルゼンチンに移送された。


大戦末期、ナチスの残党は、親ナチの南仏、スペイン、ポルトガルを経て、潜水艦でナチスの資産が隠されている南米(アルゼンチン、チリ)に大挙して逃走した。そして天皇家の蓄財7南米各地に拠点置き、戦後も世界の反共団体に援助をあたえ、世界政治に隠然たる影響を及ぼし続けているが、このナチスの隠し資産には天文学的な量の金塊が含まれていた。これらはアルゼンチン、チリを経て、さらに南極に移送されたというが、皇室が潜水艦でアルゼンチンに金塊を移送したというのは、想像以上にナチスコネクションと日本の関係が深いことを示唆するものである。加えて言えば、バチカンがナチスに戦争協力したことが近年明らかになってきているが、皇室とバチカン、そしてバチカンとフリーメーソンの関係をたどっていくと、世界的な闇が明らかになってくると思われる。おそらく戦後の皇室がえらく貧乏に見えるのは、その資産を戦後の復興に使ったからなのかも知れない。

M資金の闇は深い・・・・。」

濱田政彦の書いていることは間違いない。ただし、「おそらく戦後の皇室がえらく貧乏に見えるのは、その資産を戦後の復興に使ったからなのかも知れない。」には全く賛成できない。私は、昭和天皇が戦後も、マニングの書いているように蓄財作戦に熱中したと思っている。天皇家の秘密資金の一部がM資金となり、多くの人びとを悩ませたのである。

マーク・ゲインの「ニッポン日記」
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E6%97%A5%E8%A8%98-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/4480084282


には天皇の財産について詳しく書かれている。だがここではすべて省略する。初版本で書かれていることが再版本では省略されているとのみ書く。1946年3月24日、マーク・ゲインは天皇の埼玉行幸を描いている。

大麻3「天皇はただ一人で正食をとった。天皇以外の我々は、冷たい飯と悪臭鼻をつく大根の漬物と、その紡績会社から出された刺身の小片を口に押し込んだ。窓からみると、女工たちが列をなして並んでいたので話をしようと思って戸外に出た。彼女らははずかしそうにクスクス笑うだけで誰も答えてくれそうになかった。が、とにかく彼女等は「十五歳」 ---- 最低就労年齢 ---- で、1日9時間半働き、一日三円乃至五円支払われていることを聞き出した。そこへ天皇が出て来たので、彼女等は最敬礼をし、支配人の号令一下、万歳を唱えた。それから彼女等の専制君主をみようと首を伸ばすのであった。」

当時の女性の日給は1日9時間半働いて1日3三円ないし五円。1945年8月15日から約半年たっているので
、インフレが進んだ後だから半年前はもっと安い。たぶん一円から三円であろう。

計算機を手にして、当時の天皇がどれくらいの金を持っていて、海外の秘密口座に入れたかを計算されよ。そうすれば、その金額の天文学的金額がクローズアップされる。

それでは読者にヒントを一つ与えよう。1945年10月にGHQが発表した皇室財産の内容は書いた。「土地・建物・木材・現金・有価証券(美術品・宝石は含まない)は三十七億二千万円」。

木下道雄の(元侍従長の)「側近日記」
https://www.amazon.co.jp/%E5%81%B4%E8%BF%91%E6%97%A5%E8%AA%8C-%E6%9C%A8%E4%B8%8B-%E9%81%93%E9%9B%84/dp/4163442103


が昭和天皇の死去の翌年の1990年に出版された。この本の解説は伊藤隆(当時東大教授)であった。彼は次のように書いている。

「ところで戦争直後の天皇家の財産は37億5千万円だった。日銀物価価格統計により現在の貨幣価値の311倍で換算すると7,912億円である。」

この数字の10倍近くをスイスの銀行に送り込んで終戦工作に天皇は入ったのである。敗戦前の国家予算は100天皇家の蓄財8億円を切っていた。天皇は自らの生命を守るためと、このスイスの秘密預金を維持し、さらに増やすために戦後工作に入るのである。天皇の「キリスト教入信」対策は、この2つの大事なものを守りぬくべく実行された。国民は依然として雑草のような民草であった。

これが大東亜戦争を天皇が仕掛けた第一の原因だと分かるだろう。

それでもあなたは、天皇陛下にむかって「天皇陛下バンザーイ」と叫ぶのであろうか。それとも広田弘毅(私の注:終戦前の首相経験者の1人)のように「天皇陛下マンザーイ」と叫ぶのであろうか。

(引用終わり)

ということです。戦前も戦後も天皇家は全く貧乏なんかではないのです。そしてこの天皇を安倍晋三は今の象徴から戦前の元首にしようとしています。明治維新後、伊藤博文が大室寅之祐を明治天皇に仕立て上げ、元首にしたように。その狙いは....... 皆さんもう、お分かりですよね?
http://blog.livedoor.jp/shiderz402-seikei/archives/8123592.html

▲△▽▼

戦前の天皇一族は JPモルガンと、戦後はロックフェラー家と大の仲良し _ 2

天皇家は国際金融資本のエージェント

宮内庁のホームページに、天皇皇后両陛下がロックフェラーの自宅でロックフェラー家との晩餐会を行っていることが記載されている


(平成6年)天皇皇后両陛下のアメリカ合衆国御訪問について

6月16日(木)ロックフェラー家との晩餐会(ロックフェラー邸)
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gaikoku/h06america/eev-h06-america.html


天皇という力の正体とは?〜ロックフェラーと手を結んだ昭和天皇〜


天皇財閥は、日本株式会社の長として、戦後も変わることなく勢力を維持し続けてきました。

エリート官僚上がりの首相達が、アメリカの意向にそった政治を行ってきたことは、周知の事実ですが、その礎を築いてきたのが、実は昭和天皇とのことです。昭和天皇は、戦後間もなく、ロックフェラー一族との絆を深め、政界にその影響力を及ぼしていたようです。


引き続き、『天皇財閥 皇室による経済支配の構造』から抜粋→転載します。


◆属国・日本の指導者を管理する要員


日本は戦後、こぞってアメリカの軍門に降った。これが戦勝国と敗戦国の関係であり、当然のことであった。同時にそれは日本国の「国策」でもあったのだろう。そのことは、昭和天皇みずから範を示すかのように、息子である皇太子(今上天皇)に、アメリカからの家庭教師をつけたことをみても分かる。「ヴァイニング夫人」と呼ばれたエリザベス・ヴァイニング(1902−1999)である。


ヴァイニング夫人は終戦直後から4年間、英語家庭教師及び学習院講師として皇太子の教育にあたった。熱心なクェーカー教徒であった。敗戦国の君主が、皇太子に、戦勝国からの家庭教師をつけるということは、完全にその国に従属したことを示している。最も、これはアメリカから押し付けられたのではなく、昭和天皇みずからの提案であったとヴァイニング夫人は述べている。

日本滞在時の回想録『皇太子の窓』で、彼女は次のように書いている。


「アメリカ人び家庭教師」というのは、占領軍から押し付けられたのだというような推測がしばしば行われているが、これくらい事実に反するものはない。「アメリカ人の家庭教師」というは天皇御自身が思いつかれたのである。皇太子の教育を委任されている人々とご相談になることさえなく、御自分から進んで申し出られたのであって、まったく先例のないことであった。(『皇太子の窓』31ページ)


では、どのようにしてヴァイニング夫人が選ばれたのか。『皇太子の窓』の記載に寄れば、昭和21年(1946)に訪日したアメリカ教育使節団が皇居を訪れた際に、団長のジョージ・ストダード博士に向って、昭和天皇が皇太子の家庭教師をひとり、世話してもらえないかと声をかけたのが、きっかけだったという。


アメリカ教育使節団とは、日本に民主教育を植え付けることを目的とした使節団である。その報告書「アメリカ教育使節団報告書」は、戦後の日本民主教育の大綱であり、いまだに適用され続けている文書である。戦後の「教育勅語」といってよい。


アメリカ教育使節団はマッカーサーの連合軍総司令部からの要請によって招致された団体であり、日本の軍国主義的教育を一掃する目的があった。もっとはっきり言えば、日本人がこれ以上、アメリカに逆らえないように「洗脳」するのが目的であった。この報告書は『アメリカ教育使節団報告書』として講談社から文庫で出版されており、使節団の全員の名前が記載されている。その中には、当然のように「ロックフェラー財団」の名前も見える。


ロックフェラー財団やフォード財団といったアメリカの「財界」は、戦後の日本に対して「フィランソロピー」、つまり慈善事業として巨額の資金を投入している。このことは『戦後日米関係とフィランソロピー』に詳しい。ただし、それは純粋に善意によるものではなく、長期的な「投資」だった。つまり、日本が今後良好な市場になるように、反米的な教育をしないように、下地をつくっていたのである。


こうして背景を探っていけば、昭和天皇がアメリカの政財界、特にアメリカ最大の財閥であるロックフェラー一族に対して、自らの皇太子の教育を任せたことの意味が分かるだろう。ヴァイニング夫人は、属国の指導者を管理するための要員なのである。


一国のトップの行動は、下々の者たちにも影響を与えるだろう。お上のやることを、下々のものはみな真似をするのである。日本の支配階級が、ほぼ例外なく、アメリカべったりであるのは、このような理由があるのである。


◆天皇財閥最後の総帥、昭和天皇


昭和天皇は、天皇財閥の最後の総帥であった。

昭和50年(1975)に、昭和天皇はアメリカを訪問している。ホワイトハウスで開かれた、フォード大統領夫妻主催の晩餐会で行った、有名な「私が深く悲しみとする、あの不幸な戦争」というスピーチが、日米両国民の胸を打ったというエピソードとして長く語り継がれている。


そして、そのスピーチは「暖かい好意と援助の手をさしのべられたことに対し、貴国民に直接感謝の言葉を申し述べる」と続く。これは、戦後の「天皇外交」により、直接アメリカ財界の代表者であったダレスと談判して今後の日本の体制をつくったのが、昭和天皇であったことを考えれば、みずから決断した事業に対する振り返りであっただろう。


昭和天皇はアメリカ滞在中の10月5日、ニューヨークではロックフェラー三世(1906−1978)邸を訪問している。そして翌日の6日には、ロックフェラー三世主催のジャパンハウスでのレセプションに参加した。


ロックフェラー邸訪問は、大統領との会見などと同じ公式行事ではない。そのために日曜日が選ばれている。このアメリカ訪問の目的、最も重要な目的はこの「非公式行事」にある。それが、ロックフェラー邸訪問であった。朝日新聞社の『天皇のアメリカ ご訪米記念写真集』に収められた隋行記には次のように記されている。

4日夕、ニューヨークのケネディ空港に着き,宿舎ウォルドルフ・アストリア・タワーズに入られた天皇、皇后両陛下は、明けて5日、ご滞米中最初の日曜日を楽しまれた。朝、散歩に出られたセントラルパークでは、待ち受けていた中学生達の日本語のコーラスの輪に囲まれ、お二人とも相好をくずされた。お昼は郊外のロックフェラー家に招待され、投手のロックフェラー三世、弟のロックフェラー副大統領から、家族的なもてなしを受けられた。(『天皇のアメリカ ご訪米記念写真集』89ページ)


ロックフェラー邸では、チェイス・マンハッタン銀行頭取のデイビッド・ロックフェラー氏が「皇居のそばにウチの銀行の東京支店があるからご利用下さい」と申し出たのを「預金ですか、貸し出しですか?」とユーモラスに切り返された。(『天皇のアメリカ ご訪米記念写真集』92ページ)


昭和天皇は、戦前期の天皇財閥の総帥であった。そして戦後の日本においても「象徴」として、「法人」として、日本経済の中枢に存在し続けていた。その天皇が、アメリカを代表する財閥の、統治の党首であるロックフェラー三世(現在の党首は、三世の息子の四世ジェイ・ロックフェラー上院議員)と親しく会っているのである。


おそらく、天皇とロックフェラー三世は初対面ではない。

そのことは、状況証拠から明らかである。それは、昭和26年(1951)の「天皇・ダレス会見」時に、ダレスといっしょに来日したのが、ほかならぬロックフェラー三世だったからである。

ジャーナリスト、松本重治の『昭和史への一証言』はこのように伝えている。

その年(引用者註:1951年)、ジョン・F・ダレスはサンフランシスコ講和条約を結ぶためのアメリカと駆使として日本にやってきますが、その時、ジョン・ロックフェラー三世を連れてきたのです。それはダレスなりの考えがあってのことでした。(中略)日米の文化交流ができないだろうかというわけで、ロックフェラーを連れてきたのです。ロックフェラー自身も、同じ考え方をしていました。(『昭和史への一証言』236ページ)


天皇とロックフェラー三世は、朝鮮戦争さなかの1951年に東京で会っていただろう。そして、ロックフェラー財閥の代理人であるダレスとともに、今後の日本の行方を決定したのである。

昭和天皇は、その返礼のために、四半世紀を経てロックフェラーを訪れた。それは、日本とアメリカを代表する、大財閥の党首同士による約束だったのだろう。
http://www.kanekashi.com/blog/2015/06/4231.html

35. 中川隆[-11768] koaQ7Jey 2019年3月01日 10:46:51 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[213] 報告

2018年02月17日
「皇室の婚約破棄」 皇太子さんが雅子さんを選ぶ前
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5331908.html


最も下賤な相手と婚約内定発表してしまった眞子さま。

この婚約が破談に向かっていると期待したいが、眞子さま次第ではどうなりますか。
この婚約騒動は日本でもっとも高貴なご家庭が下賤な家庭と縁をもってしまったこと。

思い起こせば、皇室がもっとも高貴なお妃さま候補を美智子さんが侮辱し、断ってしまった過去があります。そして来たのが今日本で一番軽蔑されている次期皇后候補の小和田雅子さん。おかげで美智子さんの過去も暴かれてきてしまったという功績もありましたけど。


下記の候補のお嬢様方をご覧ください。
どなたもご立派なお家柄のお嬢様方です。

しかし、3:40からゲラゲラ笑う雅子さんが登場、なにがおかしいのか妹とゲラゲラ笑う下品さ。


コメントにも

"I cannot understand why crown princeNaruhito chose Masako bitch among these 9 candidates."

「9人の候補者の中でなぜ徳仁皇太子は雅子のような“bitch”を選んだのか理解できない。」

“bitch”とは尻軽女,あばずれ女,意地悪女という意味。


くにさんは写されていないが、その他の皇太子妃候補とされる瀧直子さん、柳原留美子さん、古河純子さん、島津彩子さん、渋沢肇子さん、草刈智子さん、二荒美香子さん、波多野真理さん、そして3分40秒〜自宅コンクリ御殿から妹と登場した小和田雅子。ただ一人だけ取材クルーに対し道路上でケラケラ笑い続ける小和田雅子と妹の行儀の悪さに注目されたい。


では当時の動画をどうぞ: 


Masako and the Other 8 Candidates of Chrysanthemum Fiance - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=1z57AT288yM


下記はドス子さんサイト情報から:

"くにさん"と呼ばれた方は久邇晃子さん。

http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%81%95%E3%82%93

浩宮徳仁親王妃の最有力候補だった旧皇族の女性、久邇晃子さんのこと。邦昭王(伊勢神宮大宮司・神社本庁統理)のご令嬢、すなわち香淳皇后実家である久邇宮家末裔であり、徳仁とは“またいとこ”の関係に当たる。

ご本人は乗り気でなかったらしいが、学習院女子高等部の同窓会である常磐会も推薦し、特に母方祖父である日本生命元会長・弘世現氏が積極的で皇室に働きかけをしていたと言われている。お妃候補といわれた女性たちが次々と結婚していく中、彼女が独身を続けたのは元華族勢力からの強い要請により、最後の切り札として温存されていたためと信じる人も多い。


お妃候補といわれた女性たち
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20080130182023.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/remmikki/imgs/7/a/7ab00e6e.jpg


三井智子さん、徳川冬子さん、三井史子さん、久邇晃子さん、古河美佐子さん、古河純子さん、徳川恵子さん、服部聡子さん、小林詔子さん、伏見宣子さん、伏見雅子さん、以上11名を取り上げている。

『FOCUS』1993年1月22日号<「皇太子妃内定」7年の大逆転>

pp.13・15より引用
 宮内庁の“最後の候補”久邇晃子さんとも、'91年秋、数回お見合いしたが最終的に、皇太子のOKが出なかった。


http://livedoor.blogimg.jp/remmikki/imgs/2/9/29f4afaf.jpg


現在も独身であるため、もし徳仁親王が彼女と結婚していれば……という声が時々ある。学習院大学文学部哲学科卒業、国連英検特A級所持で英語は堪能。

徳仁が小和田雅子と結婚した後、なんと久邇さんは東京大学理科二類に入学しただけでなく、日本最難関の理科三類入学よりもさらに難関とされる医学部進学(理IIの定員560名中上位10名だけが医学部へ進学可能)を果たし卒業。現在は精神科医としてご活躍中である(医師としては略字体の“久迩”を使用)。

このように、久邇さんは文系理系ともにパーフェクトな上、ピアノだって当然のように弾けてしまう女性であり、三代以上家系図が遡れず、学歴ロンダリングに加えプラチナフルート放り出しの小和田雅子とは比べ物にならない、本物の才媛である。

このような女性を選ばなかった徳仁の目は、まことに節穴であったとしか言いようがない。

images (2)


『文藝春秋』2011年12月号に久邇晃子さんが唐突に日本原発政策について寄稿掲載。皇室とは関係ないトピックながらも、副題に「旧皇族」と添えるなど今までなかった動きを見せており、同年11月3日悠仁親王殿下着袴の儀を境にいろいろ動き出したかと、スレ住民の注目を集めている。


1409285860



1238219266261


なお、久邇家からは邦昭王の弟:朝建王の娘である久邇桂子さん(くにさんの従姉妹)が、三笠宮家の血を引く近衞忠大氏とご結婚。2男1女がおありとのことである。(2006三笠宮家集合写真、赤ちゃんを抱いているのが近衛桂子夫人)


今回の眞子さまの相手とは比べ物にならないくらいの立派なお嬢様を美智子さんが断り、お輿入れの準備をされていた久邇家を断ったというおバカなことをやらかした。昭和天皇でさえ小和田の娘に反対していたというのに逆らって雅子さんを選び、平成皇室のこの体たらく。考えてみれば、美智子さんと同じレベルを選んでしまった。

今回もし裏で美智子さんが糸を引いていたとすれば、またまた同じような下賤な家から眞子様お相手に選んでしまったということ。二度とこんな過ちを犯してほしくない。

http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5331908.html

36. 中川隆[-11751] koaQ7Jey 2019年3月02日 07:15:53 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[230] 報告
2013年02月18日
◆ 伏見宮で男系維持は不可能
 (旧宮家再興で)男系維持による皇位継承を実現しよう、という見解がある。しかしそれは不可能だ。そこで得られるY染色体は、天皇家のY染色体ではなく、間男のY染色体である。

 ──
 
 男系維持による皇位継承を実現しよう、という見解がある。たとえば、安倍首相がそうだ。

 《 「女性宮家」白紙に=安倍首相 》
 安倍晋三首相は8日夜のBSフジの番組で、野田前政権が検討した「女性宮家」構想について、「皇統の継承は男系でつないでいくと皇室典範に書いてあり、女性宮家はそういう役割を担うことができない」と指摘した。その上で「もう一度じっくりと見直しをしていかなければならない」と述べ、白紙に戻す考えを示した。
( → 時事通信 2013/02/09 )


 ここで、男系維持というのは、具体的には、旧宮家再興、つまり、伏見宮の系統を復活させることを意味する。

 では、伏見宮の系統とは、何か? 具体的には、次の系統だ。

  → 伏見宮系図
http://www.eonet.ne.jp/~yanaken/miyasama/keizu2.htm


 この系図を見ると、興味深いことに気づく。

  ・ 現存する男子は、非常にたくさんいる。
  ・ 現存する男子は、すべて邦家親王の子孫である。
  ・ 邦家親王は、息子の数が多かった。
  ・ 邦家親王の子孫も、代々、男子が多かった。
  ・ 邦家親王の父である貞敬親王は、女子が多かった。 女子も男子も多かった。
  ・ 貞敬親王以前 よりも前は、代々、男子が少なかった。


伏見宮邦家親王
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E5%AE%AE%E9%82%A6%E5%AE%B6%E8%A6%AA%E7%8E%8B

伏見宮貞敬親王
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E5%AE%AE%E8%B2%9E%E6%95%AC%E8%A6%AA%E7%8E%8B


  
 以上をまとめると、次のようになる。

 「伏見家は、貞敬親王以前 よりも前は、代々、男子が少なかった。ところが、その子である邦家 貞敬親王は、息子の数が多かった。また、その子孫も、代々、子孫が多かった」
 
 つまり、Y染色体の傾向から言うと、次の二つに分類される。

  ・ 貞敬親王以前 よりも前 …… 代々、男子が少なかった
  ・ 邦家 貞敬親王以後 …… 代々、男子が多かった

 このように、Y染色体の傾向がまったくといっていいほど正反対である。このことは、「Y染色体は代々引き継がれる」ということと矛盾する。

 一方、次の事実がある。

 「現在の皇室の系統は、代々、男子の数が少なかった」

 このことは、現存の皇室の顔ぶれを見るだけでもわかる。

  → 皇室の構成図 - 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/about/kosei/koseizu.html

 
 浩宮・礼宮の世代では、男子が2名で、女子が5名(皇籍離脱した紀宮を含めれば6名)だ。

 その次の世代では、男子が1名で、女子が3名だ。

 また、大正天皇は、本人がもともと虚弱だった。

 明治天皇は、十分に健康な男子をもうけることができなかった。第1皇子は死産。第2皇子は11歳で夭折。第3皇子は大正天皇だが、虚弱体質だった。また、第1皇女は死産。第2皇女は11歳で夭折。その他、第10皇女までいたのだが、やたらと女だらけで、健康な男子は一人も産まれなかった。(子女の数が多いのは側室がいたから。
→ Wikipedia )
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%A4%A9%E7%9A%87#.E7.9A.87.E5.AD.90.E5.A5.B3


 ──

 以上をまとめると、次のように言える。

  ・ 現在の天皇の系統は、代々、男子の数が少ない。
  ・ 貞敬親王以前 よりも前の伏見宮も、代々、男子の数が少ない。
  ・ 邦家 貞敬親王以後の伏見宮は、代々、男子の数が多い。

 このことから、次のように推定できる。

 「邦家 貞敬親王の時点で、Y染色体に、大規模な変化が起こった。それはほとんど突然変異といっても良いくらいの、大規模な変化であった」

 一方、生物学的に、次の事実がある。

 「突然変異というものは、ほとんどが、不利な形質を帯びる。有利な突然変異というものは、百万回に1回、または、それ以下である。ごく稀な例外を除いて、有利な突然変異というものは起こらない」

 この二つを合わせて考えると、次の結論となる。

 「邦家 貞敬親王の時点で、Y染色体に、大規模な変化が起こった。それはほとんど突然変異といっても良いくらいの、大規模な変化であった。しかるに、それは突然変異ではなかった」

 このことから得られる結論は、一つだけだ。

 「邦家 貞敬親王のY染色体は、天皇家の代々続くY染色体ではなくて、外部からもたらされたものである」

 要するに、そのY染色体は、邦家 貞敬親王の親のY染色体ではなく、邦家 貞敬親王の親の間男のY染色体なのだ。(推定)

 そして、そのY染色体が、現在の伏見宮家に広範にひろがっている。つまり、伏見宮家のY染色体はすべて、邦家 貞敬親王の親(貞敬 邦ョ親王)の間男のY染色体なのだ。

 そして、安倍首相の言うように、伏見宮家から天皇を出すとしたら、それは、天皇の血筋を引き継ぐ男子が天皇になるということではなくて、間男の血筋を引き継ぐ男子が天皇になるということなのである。

 つまり、日本の天皇は、間男の子孫に乗っ取られてしまうわけだ。

 ──

 ここまで読んで、疑問に思う人がいるだろう。次のように。

 「宮家ともあろうものが、間男の存在を許すはずがない。宮家の妻があっさりと不倫をするはずがない。また、その機会もなかったはずだ」

 これはその通り。にもかかわらず、現実には間男がいた。とすれば、論理的には、次の結論しかありえない。

 「間男の存在は、宮家の当主(貞敬 邦ョ親王)の公認の下でなされた」

 これを換言すれば、次のようになる。

 「貞敬 邦ョ親王には、どうしても間男の子を生ませる必要があった」
 
 これを換言すれば、次のようになる。

 「貞敬 邦ョ親王は、自分には男子ができなかった。このままでは次の世代で宮家廃絶とならざるを得ない。そこで、宮家廃絶を防ぐために、自分の息子ではない男子を、自分の息子であると偽った」

 このように考えると、それの裏付けとなりそうな事実が見つかる。

 (1) 貞敬親王は、1776年に生まれて、1811年に結婚した。
 (2) その子である邦家親王は、1802年に生まれた。
 (3) 邦家親王は、1817年に、光格天皇の猶子となり親王宣下を受けた。

 つまり、貞敬親王は 1811年に結婚したが、次世代に当たる邦家親王は、正妻の子ではなくて、結婚の9年前に生まれた子である。その邦家親王は、当初は(親王宣下を受けていないので)親王の地位を得ていなかった。15歳のときになって(つまり父親が結婚してから6年もたってから)親王の地位を得た。そのとき、父親である貞敬親王は、41歳になっていた。

 このような経緯は、かなり異例である。

 
 では、どうしてこういうことになったのか? もっとも有力な説は、次のことだろう。

 「貞敬親王は、35歳のときに結婚して、多くの女子をもうけたが、男子はできなかった。そこで男子が生まれない場合を考慮して、他の男の息子である邦家親王を(本当は自分の子ではないのに)自分の子であると偽って、親王宣下を受けさせた。

 そのまま年数がたったが、女子ができるだけで、もう一人の男子はどうしてもできなかった。

 そのあと、邦家親王に万一の事態が起こった場合に備えて、第2皇子としての守脩親王を(親王宣下のもとで)息子にした。ただしこちらは、邦家親王とは父親が異なるので、Y染色体は虚弱であり、男子を残すことはできなかった」

 ──
     ※ 以下が正しい。

 なお、もう一つ、別の仮説もある。それは、その一世代前に間男がいた、という仮説だ。

 そもそも、貞敬親王の父親である邦頼親王は、1733年に誕生し、1787年に 54歳で結婚した。その息子である貞敬親王は、父が 43歳のときに誕生したことになる。父が未婚の状態で。

 これもまたかなり不自然だ。とすれば、貞敬親王そのものが、邦頼親王の息子ではない可能性も、十分にある。(邦頼親王に間男がいて、その間男の息子が貞敬親王だ、というわけ。)

 もしそうだとすると、貞敬親王の息子である邦家親王は、間男の息子の、そのまた間男の息子だ、ということになる。(ニセ嫡出子の、そのまたニセ嫡出子。)


《 公式の歴史 》 
   邦頼親王 ── 貞敬親王 ── 邦家親王 ── 男子多数

《 裏の歴史 》 
   邦頼親王 ……(断絶)
    間男  ── 貞敬親王 ……(断絶)
           間男  ── 邦家親王 ── 男子多数
 

 ともあれ、こうして、最後には間男のY染色体から、「男子多数」が誕生した。それが今の伏見宮家の、多数の男子である。

 そして、安倍首相の方針に従えば、そこから将来の天皇が誕生することになる。つまり、間男の系統が、日本の天皇の血統となるのである。


 [ 付記1 ]

 上記の話を読んで、右翼が「けしからん! 皇室を冒涜している!」と思うかもしれないが、勘違いしないでほしい。

 そもそも、伏見宮家は、正統的な皇室ではない。傍系の宮家にすぎない。傍系の宮家を冒涜したとしても、それは正統的な皇室を冒涜したことにはならない。
 また、私は心情的に、皇室を冒涜したいわけじゃない。むしろ、正統的な皇室の純粋性を守るために、間男の血統がまぎれこむことを阻止しているのだ。
 私の言説に反対する人々は、天皇家が間男に乗っ取られることを目的とする人々であり、北朝鮮のスパイだろう。


 [ 付記2 ]
 本項の見解を、「ただの仮説だろう」と見なす人もいるだろう。
 なるほど、現段階では、ただの仮説にすぎない。しかし、これは実証可能な仮説だ。実証するためには、次のことをすればいい。

 「現在の皇室の男子(浩宮・礼宮・天皇など)のY染色体と、伏見宮家の男子のY染色体を、DNA検査する。Y染色体のハプロタイプを調べることによって、同一の系統かどうかを確認する」
 
 つまり、DNA検査をすれば、伏見宮家の男子が、皇室の系統を引くか、間男の系統を引くかが、はっきりとする。
 特に、次のようになる可能性が大きい。

 「伏見宮家の男子は、いずれも同一の系統に属するが、現在の皇室の系統とはまったく異なる」

 この場合には、次のように結論できる。

 「伏見宮家の男子は、邦家親王(または貞敬親王)の段階で、外部の男子の血統(Y染色体)に乗っ取られた」

 こういう結論が出る可能性が高い。
 
 それゆえ、DNA検査をすることを、私としてはお勧めする。そのことによって、次のことが判明するはずだ。

 「伏見宮家は、皇室の血統を引き継いでいない」

 ま、このことが判明したら、大スキャンダルになる。だから、実際には、この DNA 検査はなされないだろう。逆に言えば、この DNA 検査がなされないことで、「伏見宮家は、皇室の血統を引き継いでいない」ということが、暗黙裏に信じられるのである。
( ※ 状況証拠はたっぷりだ。それが本項に記してある。)
  
 ついでだが、私の説に反対する人は、やはり、「 DNA検査をしよう」と主張するべきだ。検査をすれば、伏見宮家が皇室の正当な後継者であることを、証明できるだろう。(もしそれが事実であれば、の話だが。)……だから、それが事実であると信じる人は、「 DNA検査をしよう」と主張するべきだ。


   
 [ 付記3 ]
 伏見宮家の人々自身が、皇室への復帰を いやがっているそうだ。孫引きで引用しよう。

 男系維持派は、これまで旧皇族を復帰させるだ何だ言いながら、その男系男子の候補を挙げなかった。4人いるというヤツが多かったが、誰ひとり、誰なのかを言わなかった。

 そんな中、しびれを切らした週刊新潮が、候補として8人の男系男子を挙げた。竹田家から皇室評論家で有名な竹田恒泰(36)とプロゲーマーの竹田恒昭(32)の2名、賀陽家から16歳と14歳の2名、東久邇家から当主系の2歳男子1名、次男家系の4歳と2歳の2名、三男系の8歳1名である。

 賀陽家と東久邇家の人たちは、自分の子供が候補になることについてどうかと訊かれ、「とんでもない話だ」と答えている。

 当たり前の話だ。そもそも、候補である本人たちの意見もなしに、周りの外野がごちゃごちゃ言うことの方がおかしい。
( → 転載ブログ )


 [ 付記4 ]
 本項の裏付けとなる傍証が、もう一つ見つかった。つぎのことだ。

 「邦家親王は、1802年に誕生して、15歳のとき(1817年)に親王宣下を受けたが、1816年には 14歳にしてすでに第1子をもうけている」

 これはきわめて異例なことだ。その親も祖父もかなり高齢になってから子供をもうけたのに、邦家親王はまだ中学生と言っていいぐらいの時期において子供をもうけた。しかも、その後で、親王宣下を受けている。

 ここから推測すれば、次のようになる。

 「邦家親王は、男子をもうける能力があることが証明・確認されたあとで、親王宣下を受けて、皇室に入った」

 親の貞敬親王としては、自分の代で宮家が廃絶することを何よりも恐れていたのだろう。とはいえ、何か対策をしても、次の世代で廃絶するのでは、元も子もない。そこで、次の世代がさらに次の世代を埋めることを確認したあとで、次の世代である邦家親王を自分の子として扱うことにしたのだろう。

 こう考えれば、14歳で第1子をもうけたという(やや)不自然さも納得できる。そもそも、伏見宮は、皇室の直系ではないし、そこから天皇が出るわけでもない。なのにどうしてそれほどにも若いときから淫乱な道を息子に取らせたのかと言えば、宮家廃絶の恐怖が強かったからなのだろう。貞敬親王は、自分には男子ができなかったがゆえに、息子にした邦家親王には、14歳のときから多くの側室を与えて、淫乱な道に進ませたのだろう。多くの美女をはべらせて。
http://openblog.seesaa.net/article/435849777.html

37. 中川隆[-11606] koaQ7Jey 2019年3月08日 16:17:50 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[386] 報告

日本一運のいい女ー新皇后の肖像 7 2018-10-18
https://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/1c85980c274d76225fbf0ec255d4a289

 週刊ポスト1990年6月22日号

「卑劣な怪文書「それなら僕は結婚しない」皇太子を激怒させた「妃選考の密謀体質」を許してはいけない」

「それでは、なぜ、小和田(雅子)さんは(皇太子妃候補)リストから外されたのか。
 前出の宮内庁関係者が、解説する。
「小和田さんのハーバード大学時代の学友と称する匿名の人物から、宮内庁関係者以外の第三者宛に“怪文書”が出されていたのです。
 手紙を入手して自ら読んだ侍従によると、内容は、ハーバード大学の学友だった頃、小和田さんには仲のいいボーイフレンドがいたというもので、どういう服装で、どういったところへデートに出掛けていたかなどが、事細かに記述されていたといいます。
 ボーイフレンドがいること自体、大学生にとっては当たり前のことですし、世間一般でいえばなんら取り沙汰されるほどのことでもない。
 しかしそれが、こと妃候補の女性となると事情は一変します。しかも、この文書が、皇族や神道関係者の知るところとなり、ボーイフレンドのいた女性は将来の皇后として適切でないといった“小和田妃”反対の声があがりはじめたんです」
 宮内庁関係者の解説は、さらに続く。
「かりに、小和田さんが皇太子妃に決定したとしても、その反対の声は容易に収まりそうもない。そういう判断のもと、小和田さんはリストから外されたんです。
 殿下は、こうした行為が自分と小和田さんの成婚の可能性をおもしろく思わない宮中の一部の人間によって行われたとお思いですし、それが側近たちの一致した見方なんです。ですから、殿下の憤りも大きなものにならざるをえないんです」

 国民の中では「私は関係ありません!」で全部終わったと思っている人多数。そんな事より世間ではかっこいい礼宮と可愛い紀子ちゃんに夢中。皇太子なんかどうでもいいや・・・的な雰囲気の中で掲載された記事。

え?終わってなかったの?なあに?それなら僕は結婚しないって・・それならって何よ。別にいいけど結婚しなくてもさ・・と思ったら怪文書が出たから怒ってる?どうしても雅子さんがダメなら誰とも結婚しないって?アホか?

 素行の悪さは折り紙付きだったのに、皇太子はそれを「対抗勢力の陰謀」だと思ったわけですね。すっかり小和田さんちに取り込まれてしまいました。

それでも国民の中では終わった話だった・・・筈なんですよ。

 「デビット・カオ」というのがいわゆる元ボーイフレンド。

1993年1月のシカゴ・サンタイムズ誌にデビッド・カオという中国系アメリカ人が小和田雅子について暴露すると言って来たらしい。この件については1993年1月の週刊新潮

「特集・キャリアウーマンで皇太子妃で皇室は変わるか」において

「皇太子妃に内定した直後、日刊紙『シカゴ・サン・タイムズ』(十一日付)が、とんでもない記事を掲載した。
<雅子さんの元ボーイフレンド、すべてを暴露すると息巻く>
 という見出しで、
<元ボーイフレンドのデービッド・カオ氏は小和田さんのトップレス写真を複数持っていて、ゴシップ紙に売り込みたいと友人に語った>
 というのだ。『シカゴ・サン・タイムズ』は発行部数が五十二万部。高級紙ではないが、ゴシップばかりを扱うタブロイド紙でもないという。記事を執筆したビル・ズウェッカー記者が語る。
「ニュースソースの一人から、“面白いことを言う人間がいる”と連絡が入り、デービッド・カオ氏に電話をしてみたんです。カオ氏はボストン在住の三十六歳の経営コンサルタント。彼が言うには、“小和田さんと初めて会ったのは、ボストン近くのケンジントンという町でのパーティーだった。その後、一緒に映画や夕食に行ったりするようになり、愛し合うようになった。小和田さんとはロマンティックな関係だ”と。彼は“やりとりした手紙も持っているし、数年前の夏、一緒に行ったビーチで撮った彼女のトップレス写真も持っている”と言うんです」
 皇太子妃内定の喜びに冷水を浴びせるような報道だが、四日目には事実上、それを取り消すような続報が載せられた。
「カオ氏と小和田さんが、最低二回、同じパーティーに同席していたことは確認できています。しかし、手紙や写真をファックスで送ってくれと言っても、イヤだという。そのうち、電話をかけても“現在この電話は使用されておりません”になってしまいました。シカゴの日本領事館を通じて問い合わせた結果、小和田さん本人の談話として“カオ氏のことは知らない”という答えが返ってきましたし、おそらくこの話はカオ氏のインチキか誇大妄想なのではないのでしょうか」(ズウェッカー記者)

 壮大に事実を暴露しておいて「誇大妄想なのではないでしょうか?」と締めくくるところがいかにも日本のマスコミっぽい。これが日本における最後の良心だったのかな。

 シカゴ・サンタイムズに売り込んだ瞬間に何かが起きた・・・という事でしょうか?お金を渡された?でもここで殺害してしまうと大変なことにと思われたか?

しかし、この記事が雅子妃決定直後に出て来た事に意義があったのかと思うのですが。

そういう「心無い噂」「雑音」は気にしない様に・・・って皇太子は誰かに言われたのかしらねーー可哀想にコキュにされて。

 噂の真相1993年3月号

「マスコミが書絶対にけない皇太子妃小和田雅子逆転決定に見る「現代の生贄」の検証」

「さらに皇室記者たちが「小和田雅子の可能性なし」と断定したのには、もっと決定的な理由があった。
 それはズバリ、彼女の男性関係にまつわる噂だったという。妃候補としてその名前がはじめて浮上した6年前から、小和田雅子という女性には常に男性の噂がつきまとってきた。
 実は妃内定直後の1月11日、アメリカの日刊紙「シカゴ・サン・タイムズ」が
“小和田雅子サンの元ボーイフレンドが彼女のトップレス写真を持っている”といった衝撃的な内容の記事を掲載する騒ぎが起きている。
「日本のマスコミはこの記事の存在を知りながら一切黙殺していたようですね。それに同紙もそのわずか4日後に記事を取消す続報を掲載して、あれはデマだったという結論にいつしか落ち着いてしまった」(大手紙・外信部記者)
 しかし、地元では依然として噂はくすぶり続けているという。というのも、告白したデビッド・カオなる男性は確かに実在しており、最低でも2回はハーバード留学中の彼女と同じパーティーに出席していたことが確認されているというのだ。在米特派員の一人もこう首をひねる。
「『シカゴ――』紙はいい加減な三流ゴシップ紙ではないですからね。デマだとしたら、どうしてあんな記事を載せたのか。その後の記事取消しもあまりに対応が早すぎるし、不自然な点は多い」
 真偽はさておき、この「シカゴ――」紙の記事と同じようなハーバード大学留学中の男性関係についての噂はこれまでもかなり頻繁に囁かれている。曰く「白人男性とつきあっていた」「日本人留学生と半同棲生活を送っていた」等々。
 妃候補として彼女の名前がはじめて浮上した87年には、宮内庁と一部マスコミに、やはり彼女が白人男性と交際していたことを英文で綴った怪文書がアメリカから送りつけられている。
 宮内庁が88年に突如として小和田雅子を妃候補から除外したのも、公にされている母方の祖父が公害タレ流し企業のチッソ社長をつとめていたから、というような理由ではなく、このハーバード時代の交友関係が原因だったとの見方もある。
「妃候補の家系は皇太子に引き合わせる前に必ず調べますからね。チッソを問題にするなら、最初から会わせていませんよ。時期的に見ても、小和田サンをはずしたのは例の白人男性との交友が書かれた怪文書がキッカケになっているのは確実です。一説には当時の宮内庁長官だった富田朝彦が内調室長時代のパイプを使って雅子サンのハーバード時代を徹底的に洗い直したという話もある」(宮内庁担当記者)
 いや、ハーバード時代だけではない。外務省の研修でオックスフォード大学に留学中の際には、イギリス人男性との交際が噂になったこともあり、あるフリーカメラマンがツーショットを撮影して、女性週刊誌に持ち込んだもののボツになった、とのまことしやかな話も漏れ伝わっている。
 また、91年の春から92年のはじめにかけては外務省内で上司と不倫をしている、との噂がかけめぐった。この時、相手と名指しされたのは彼女の所属する北米二課のM課長補佐。
「たしかに小和田サンとMサンは例の半導体交渉でコンビを組んでいた関係で、二人きりで海外出張する機会も多かった。外務省は伝統的に不倫の多い役所ですから、噂になるのもわかりますけど、でも実際はどうですかねえ」(外務省関係者)
 さらに上司との不倫ではS北米二課長との関係を指摘する怪文書が出回るなど、とにかくこのテの話は数えあげればキリがないほど流れてきたのである。

 小和田雅子には常に男の影・・・・(笑)そりゃまあ29歳の女性だし、何人の男性と関係があってもいいけどさ。でもつまり男関係をきちんと清算して「いい思い出」にしてこなかったことがお妃候補として危ないと思われていたのは事実なんでしょうね。世はバブル時代、女性が強かった頃だしねーー

 でも問題なのは日本のマスコミがこの事実を知りながら無視していたこと。今と同じ構図がそこにはあります。

 いやはやそれにしても上司と不倫の噂も一人じゃなくて二人。その一人が奥大使でイラクで亡くなった方?真面目に不倫していたのか・・・そうか・・・ベッキーなんか可愛いもんだわーーと。

 2009年6月NYタイムズにデビッド・カオ死亡記事にて一件落着。

ちょっと時計の針を回し過ぎました。戻りますね。

 週刊女性1990年8月21日・28日号

「独占スクープ皇太子さまお妃選び難航の中小和田雅子さん電撃再浮上!!最有力候補から3年6月密かに帰国して」

 女性自身1991年1月22日号

「もう一度殿下と会ってください!」皇太子妃激動!あの小和田雅子さんに小和田雅子さんが緊急接触」

 秋篠宮家の慶事が終わり、ほとぼりもさめたと思ったんでしょうか?

まさに電撃浮上ですよ・・小和田雅子さんってまだお妃候補だったのーーー?っていうか皇太子、まだ諦めてなかったのーーー?

世の中「紀子ちゃんブーム」ですっかり舞い上がって身に迫る危機にさっぱり気づきませんでした。

https://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/1c85980c274d76225fbf0ec255d4a289

38. 中川隆[-11536] koaQ7Jey 2019年3月10日 14:08:56 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[457] 報告

皇后や皇女が本来やるべき仕事は
トランス状態に入って、神憑りして、神意を語る事

国難に当たって、どの道を進んだらよいか、天皇家の先祖の霊から預言を受けるのが天皇一族の一番重要な仕事

宮中の人間が全員クリスチャンだとか、完全に逝かれるよね

祭祀の家系の天皇一族が本来やらなければいけない一番大事な仕事については


天皇家の中国鏡を神体とする太陽信仰と天孫降臨
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/104.html


▲△▽▼



天皇陛下、「平成」という時代を振り返る

お言葉全文(太字は保坂正康氏の引用箇所)

在位30年に当たり、政府並びに国の内外から寄せられた祝意に対し、深く感謝いたします。

即位から30年、こと多く過ぎた日々を振り返り、今日こうして国の内外の祝意に包まれ、このような日を迎えることを誠に感慨深く思います。

平成の30年間、日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが、それはまた、決して平坦な時代ではなく、多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。世界は気候変動の周期に入り、我が国も多くの自然災害に襲われ、また高齢化、少子化による人口構造の変化から、過去に経験のない多くの社会現象にも直面しました。島国として比較的恵まれた形で独自の文化を育ててきた我が国も、今、グローバル化する世界の中で、更に外に向かって開かれ、その中で叡智を持って自らの立場を確立し、誠意を持って他国との関係を構築していくことが求められているのではないかと思います。

天皇として即位して以来今日まで、日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました。しかし憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています。

天皇としてのこれまでの務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした。これまでの私の全ての仕事は、国の組織の同意と支持のもと、初めて行い得たものであり、私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは、その統合の象徴であることに、誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、過去から今に至る長い年月に、日本人がつくり上げてきた、この国の持つ民度のお陰でした。災害の相次いだこの30年を通し、不幸にも被災の地で多くの悲しみに遭遇しながらも、健気に耐え抜いてきた人々、そして被災地の哀しみを我が事とし、様々な形で寄り添い続けてきた全国の人々の姿は、私の在位中の忘れ難い記憶の一つです。

今日この機会に、日本が苦しみと悲しみのさ中にあった時、少なからぬ関心を寄せられた諸外国の方々にも、お礼の気持ちを述べたく思います。数知れぬ多くの国や国際機関、また地域が、心のこもった援助を与えてくださいました。心より深く感謝いたします。

平成が始まって間もなく、皇后は感慨のこもった一首の歌を記しています。

ともどもに平らけき代を築かむと諸人のことば国うちに充つ

平成は昭和天皇の崩御と共に、深い悲しみに沈む諒闇の中に歩みを始めました。そのような時でしたから、この歌にある「言葉」は、決して声高に語られたものではありませんでした。

しかしこの頃、全国各地より寄せられた「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」という静かな中にも決意に満ちた言葉を、私どもは今も大切に心にとどめています。

在位30年に当たり、今日このような式典を催してくださった皆様に厚く感謝の意を表し、ここに改めて、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。
https://rondan.net/17512

▲△▽▼


>平成は「戦争を経験せぬ時代」であった


日本の米軍基地は中東戦争の為の中継基地だった
つまり、今上天皇がアメリカ軍の虐殺を支援・協力していたんだ


>象徴天皇像は私一代ではできない


象徴天皇というのはアメリカがでっち上げた憲法に書いてあるだけで、日本が守る必要はない

天皇はアマテラスの直系の子孫で、神の意思を預言するのが天皇の仕事だ
象徴なんかでは有り得ない


しかし本当はそういうのは日本人にとってはどうでもいい小さな問題だ


平成で何が変わったかを総括すると


1.GDPが全く増えなかった、従って国民の賃金も全く上がらなかった

2.日本企業の株の3割を外資に乗っ取られた

3.一億総中流社会が階級社会に変わった


要するに、日本は完全にアメリカの植民地にされて、日本人がいくら頑張って稼いでも、その金はすべて外資に持って行かれる様になった

つまり、今上天皇と美智子はアメリカのエージェントで日本人の敵だったんだ

39. 中川隆[-11416] koaQ7Jey 2019年3月17日 11:07:44 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[581] 報告

外務省に創価学会の「出先機関」 2007年7月
https://hinomoto.wiki.fc2.com/wiki/%E5%A4%96%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%AB%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%87%BA%E5%85%88%E6%A9%9F%E9%96%A2%EF%BD%A3

外務省に創価学会の「出先機関」

メンバー300人の「大鳳会」

温家宝首相が衆参両議長や政党代表より長く、池田大作会長と会談した事実は創価学会の対中外交への影響力を強く印象付けた。

元外務省OBの発言として「日本の国際的な地位の低下と反比例して対中国・対ロ外交における学会の存在感は高まっている。

その学会の出先機関的存在が「大鳳会」。

公明党が政権与党の中核に位置することで創価学会の政治的影響力は飛躍的に増大。


「大鳳会」の成立事情

1960年池田大作が会長に就任。

「天下を取ろう」を合言葉に1964年公明党結党


「総体革命」

学会員の優秀な指定を官界、法曹界、経済界、マスコミ界、教育界などの各分野に送り込み、

枢要な部署を学会員で占めることを画策した。その一環として外交官の輩出にも注力し、

現在インド大使を務める学会員キャリア外交官第1号榎泰邦氏を中心に「大鳳会」が結成された。

いまや会のメンバーはキャリアから在外公館の現地採用組まで含めると300人に達するとの声もある。

「妙法の外交官」の使命は創価学会や池田会長のために働くこと。

具体的には会長の外遊のための根回しや、学会・創価大学の文化交流や教育交流のサポート、情報収集などに尽力することである。

1994年ミラノの日本領事館勤務の「大鳳会」メンバーが創価学会の依頼に応えてバチカンの動向報告書を学会本部に提出

外務省官房長小和田恒が池田会長の東南アジア外遊時の便宜供与につき国会で憲法第二十条違反だと問題となった。

「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、または政治上の権力を行使してはならない」

この後、池田大作への便宜供与は中止されたが、それまでは皇族や総理・国務大臣などと同じ最高ランクだった。

創価学会がカルト(有害セクト)だという報告書がフランスの国会に提出されている。

創価学会はこれを取り消させることを悲願としている。

2004年夏には創価学会高野議員(元外務省キャリア)がフランスに公務出張した際、

セクト対策法を制定した元国会議員に「セクト解除」を求めたという事実がある。

もし榎泰邦氏をフランス大使に登用するという異例の人事が発令されれば当然、

学会・公明党の外務省人事への容喙が疑われるだろう。

日中国交正常化後、中国留学生を最初に受け入れた大学は創価大学。

その留学生らが中国外務省の対日部門の要職を占めるようになった。

2004年に中国の潜水艦が宮古島近海で日本の領海を侵犯した際、

日本政府の抗議を突っぱねた中国大使館の程公使は 創価大学留学第一期生。

「大鳳会のメンバーが彼らのカウンターパートとして登用される可能性は否定できない。

創価大学はモスクワ大学の留学生も多数受け入れており、

対ロシア外交においても同じことが起こる可能性がある

日本のメディアは(大手メディア限定ではあるが)ほぼ全て朝鮮の政治的影響を明確に受けている。

日本の場合、全国ネットのテレビ局や全国紙新聞にはかなり昔から

『菊と鶴のタブー』という2大タブーがある。

菊は“皇室”のことで、鶴は“創価学会”のことである。」

参考1


小和田恒氏は創価学会と関係が深い。

http:// kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/134/1177/13411271177003c.html


「第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号平成七年十一月二十七日(月曜日)」

○関根則之君 私は、きょうは宗教団体と政治のかかわり、

宗教と政治の関係はどうあらねばならないかという問題につきまして

重点を置いて質問をしたいと思っているんですよ。

(略)

それから、ちょっと外務大臣にお尋ねいたしますけれども、

実は一九八八年の一月六日付で、八八年ですから昭和六十二年ですか、

創価学会の事務総長原田稔さん、この方から当時の外務省官房長の小和田恒さんあてに、

「本年一月末より二月中旬にかけて、創価学会インタナショナル一SGI)

会長・池田大作(創価学会名誉会長)一行が教育・文化交流のため、

香港並びにアセアン三ケ国(タイ・マレーシア・シンガポール)を約二週間にわたり、

下記の日程で訪問する予定です。何卒宜しくお願い申しあげます。」ということで、

メンバーは、池田大作創価学会インタナショナル会長・創価学会名誉会長、

池田かね同夫人、池田博正同子息、創価学会副青年部長。

これは、何か奥さんと家族ぐるみで訪問をするから、外務省の官房長によろしく頼むと

言っているんですね。これに対してどう対応なさったか。まだいるんですよ、ほかにも。

原田さんという方、鈴木さん、長谷川さん、高沢さん。全部で七人。

一行七人が、一月二十七日、秋谷栄之助SGI理事長も同行しますと、

こう書いてございますから総勢八人になったんですか、そういうことでスケジュールは

一月二十八日、大阪から香港へ行きましてずっと回りまして、

成田着が二月十四日ということですから二週間以上に及ぶ旅行だと思いますけれども、

これに対して、通常の言葉でいわば便宜供与の依頼だと思うんですけれども、

どんな便宜をお与えになったのか、ちょっとその対応ぶりについてお教えをいただきたいと思います。

参考2

外務省腐敗の陰に「大鳳会」!?

学会員官僚増大で腐敗も増長

創価学会・公明党のクレージーで腐った体質が、

この国の権力機構や政治を蝕んでいることを象徴するような出来事が、最近、引き続いて起こっている。

外務省の腐敗と乱脈ぶりは、ただただ呆れるばかりだが、

その外務省には、池田大作の直弟子ともいうべき大鳳会≠フメンバーが

意欲的に送り込まれているのだ。役所の中で、

最も学会員(それも、最も濃く池田大作の薫陶を受けた会員)の占める比率が高いのが外務省である。

参考3

小和田と創価

山田:池田が昭和63年1月に東南アジア4カ国へ外遊する時、

それに先立って、現地の税関当局などに便宜を図って貰うため、

当時、外務省の小和田恒官房長に強引に頼んでいる。

聖教新聞は毎日新聞より多い550万部を発行しており、

その印刷は読売新聞の印刷工場や毎日新聞の子会社であるに委託させて刷っている。

だから"ドル箱"ということもあって学会・公明批判が全く行えない。

(※福田康夫と斎藤明(毎日新聞社長)の夫人は姉妹)

山田:かつて米CBSテレビが製作した学会批判の番組を、

提携先中のNHK衛星で放映しようとしたところ、

"横槍"が入って中止してしまったことがあった。

公明党議員がNHKの予算に注文をつけると脅したらしい。

またフジテレビの「報道2001」のあるプロデューサーは熱心な学会員で、

番組編成のスタンスは、常に学会寄りの制作ということで、局内ではよく知られており、

このようなマスコミ関係の要所々々には確りと、学会員が入り込んでいます。


週刊新潮1996.5.16

創価学会が小和田恒氏に送った「外遊特別待遇」要請書

http:// www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1228313680069.jpg

参考4

人格否定発言直後に出た週刊ポストの記事

週刊ポスト「宮内庁対外務省」

外務省は長年皇室を政治利用してきた。

94年の天皇皇后の訪米では、真珠湾に献花させようとして大反発をくらった。

92年の訪中も、外務省と官邸が無理やり天皇皇后を中国へ行かせたが

戦争責任問題もあり国内で大論争が起きた。

以上のように皇室を政治利用する外務省に宮内庁側は、ご立腹であった。

「皇族を政治利用するとは何だと思っているんだ。皇室への侮辱だ。」

その反動から鎌倉節長官から皇族の外国訪問をセーブしだす。

天皇皇后も二年間外国へ行っていない。皇太子夫妻は八年間。

ベルギー訪問も、鎌倉氏は反対した。そしてあんの上流産の結果が出る。

ある政治家の話「将来は、外務省主導で皇室外交」

雅子妃の今後「外国で静養の可能性も充分にある。」

参考5

脱退者

創価は天皇と神道を敵として見ている。

創価学会の本尊は、ど真ん中にでっかく「南無妙法蓮華経」とあり、

いちばん 下に「天照大神」と、小さく書かれている。

創価学会の教義では、法華経 (日蓮宗でなく創価学会による独自の解釈)によって

成仏した仏や成仏途中の神々は、法華経を受持しこれを広宣流布(布教)する

創価学会の従者となって守護 せねばならない。

成仏途中の神々とは、皇祖神・天照大神をはじめ、

我が国の神道における八百万の神々も、その例外ではなく、

したがって、皇祖神の子孫である天皇も、創価学会の家来であるという。

ちなみに、他者を改宗させ、教団に入信させることを「折伏」(しゃくぶく)と

称するが、大東亜戦争のころ、黎明期の創価学会では、畏れおおくも、

昭和天皇を「折り伏せる」ことを祈念していた。

このことは、 当時の創価学会において、教徒に配布された

「勤行要典」に明記されている。

当然、政府にとっては、暴力革命を党是とする共産党と同様に、監視の対象。

子供たちに「愛国心」教育を施して、やがて国民に国家統合の象徴として天皇を

「敬愛」する心が芽生えてくるとしたら、

それは、創価イズムにおける上下の序列を ひっくり返すことを意味する、

教義と対立する教育施策にほかならず、そうした理由から、

(天皇を象徴とする)「統治機構を愛する〜」などと言い出す。

所謂、左翼が標榜する「階級闘争」とは全く異なるイデオロギーを背景としている。

創価学会の教徒でない公明党員などいない。

創価学会では、 公明党の選挙に尽力すれば「功徳」があると指導されている。

参考6

日本が半ば在日に乗っ取られているのは間違いない。

犯罪界、宗教界、政界、芸能界と 至るところ在日が主導権を握っている。

政治家の秘書として統一教会信者が百人以上も入り込み、

さらに朝鮮総連からも賄賂がいっているので、

政治家がこの問題で動くこともないだろう。

「在日は差別されている可哀想な少数民族だ」なんてとんでもない。

これは連中が広めた最大の嘘。

日本最大の産業は年間30兆円を売り上げるパチンコ産業だが、

その8割を在日が握っている。連中は税金もほとんど払っていない。

おそらく、国民のたった0・5%に過ぎない在日韓国朝鮮人たちが

年間で手にする金は、表も裏(笑)も含めて40兆円に達する。

在日は疑いもなく「世界一リッチなマイノリティー」というのが真実。

そして有り余った金を政界にばら撒いている。

だから不正融資で潰れかけた朝鮮銀行に国民の税金1兆円を平気でつぎ込んでしまう。

彼らは韓国や北朝鮮に対して土下座外交するしかない。

日本の政治家が訳が解らない取引をしているのは創価を母体とする公明党が

与党に成り上がるまでに力をつけた事にある。

宮内庁次長等に創価の一族が存在している現在では

創価を抜きにしては皇室問題を語れない。

創価は総体革命をする、と宣言している。

それを言い換えれば日本を乗っ取ると言うこと。当然皇室も入る。

創価の金融界での総体革命は恐ろしいほど進んだ。

創価が皇室に入れば大作の片腕だった教学部長・創価を命がけで守っていた

優秀な弁護士その他数々の人々が亡き者にされたように

皇室はおろか皇族方も亡き者にされるのはやり方の歴史が証明している。

拙速に「女系容認・直系長子優先」案を提出しようとしている有識者会議が発足したのは、公明党が与党に入ってから。

韓国ブームは在日が作った。あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は強い。

自分達を地獄に導いているとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人。

韓国ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。

そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。

もうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になる。

たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人。

皇太子まで 洗脳されている。雅子妃を応援しているのは、創価の女性達。

今、皇太子一家と小和田家は、創価と繋がりが出来てしまっている。

皇室典範改正を急ぐのは、公明党の力が働いている。

テレビや新聞より多くのネットの情報が正しく、

「なぜ?」と言う疑問が解ける理由に、創価学会などの朝鮮人が絡んでいる。

雅子妃は、創価学会員と同様な扱いをされている。

天皇、皇后、紀宮、秋篠宮の方が正当なことを言っているのにマスコミにたたかれる。

日教組に洗脳教育された左翼国民は救いようがない。

怖いのは愛子の婿が創価になること。 着々と外堀埋めは進行している。

連合国の思惑通りに事が進んでいる。

女系天皇の誕生は皇統の消滅と天皇家の解体を意味する。

戦後六十年、米と中共の悲願が遂に達成される。

敗戦後天皇家本家を守る為に臣籍に下った旧皇族は絶対に容認できないだろう。

あの決断の結末がどこぞの馬の骨による皇統の乗っ取り。

有識者会議のメンバーを見る限りでは有識者は誰もいない。

結論ありき。道鏡、足利義満以来の皇統危機。

創価学会が皇室解体を悲願としている。

そのためあえて知的に問題があるとも言われている愛子女帝を推進している。

とりあえず今は優秀伝説を垂れ流ししている。

秋篠宮殿下、その親王殿下というれっきとした男系男子がいるのに愛子様を…というのは不自然きわまる。

解体ではなく乗っ取り。確かにそのほうが話が早い。

創価学会(池田大作教)が 皇室をつぶしたい理由

『神道は日蓮の敵であるから邪教徒である象徴はなくさなければならない』

皇太子夫妻だけを持ち上げるのは創価とワールドメイト。

池田大作は帰化人。半田晴久は在日。

参考7

拾い物

創価と「日本語対応手話」

■自分達こそ正しいと主張する為に、

他の方法を選ぶ人たちを貶める事が一時横行し、ろう教育界が荒れたこともありました。

昨年2月秋篠宮両殿下が市川の聾学校をご視察下さったのは大変にありがたいことでした。

マスコミまで上手く誘導し、子供達の人格を否定していると非難されていた学校です。

両殿下が来てくださったことで、

手話も含めて真に教育の選択の自由があることが確認されたという思いがあります。

紀子妃殿下は、ろうあ連盟、聾教育関係者からのご進講も熱心に受けていらっしゃるそうなので

ある程度は、そういった事実もご存知であろうかと思います。

■国際ろう者会議(1991年)に秋篠宮両殿下がお見えになっていて、

紀子様が手話で挨拶や歓談されていたがとても優雅で優しかった。

優雅で柔らかだったので会場中がうっとりしていた。

「手話の普及や通訳士の育成に励んでおります」と挨拶すると笑顔で

「大変素晴らしいことです。お体にお気をつけて頑張って下さい」と手を差し出して下さった。

「こんな下の層に居る、障害者にあんな無私にお優しくして下さる方をお見初めになるなんて、

秋篠宮様は何と素晴らしい!

田舎のおじいちゃん、おばあちゃんに話したら、途端に仏壇で拝み始め、

「昭和天皇陛下がお認めになった、やはり将来お国を御守りして下さるに相応しいお方だ」と

涙を流して昭和帝の写真を拝んでいた。

■しかし、その前後から某・宗教団体に属する人が各地の手話サークルに急に入り始めた。

「あなた達のその間違った文法で話している手話を口語と同じく正しい文法に直します」

「前世での罰であなたは耳が聞こえないんですから、私がお力になります」という調子で

サークル内の雰囲気を乱したため、活動停止もしくは分裂状態に追い込まれたサークルが多かった。

「なぜ急にあんな宗教団体が関わってくるんだ?」と最初のころはその理由が分からなかったが

最近ようやく判ってきた。創価の人は

「秋篠宮紀子妃に手話を教えている人が、彼女の手話はいつまでもへたくそなのよって言っているわ」

といいふらしている。

■紀子様のは日本手話・ASL(主にアメリカなどの英語手話)がお出来になる。

手話を習い・話す上で難しい空間の表現や擬人法的な表現などがとてもお上手。

単語や言い回しは覚えられる。でも首の傾け方や表情はその人のセンス。

きちんとしたろうあ者の言語感覚や文化を知らないと出来ない。

また、口話で話しながら手話でも同じ内容を話すのは高度でなかなか通訳でもそう簡単に出来ない。

最初の頃は公務慣れしてなかったせいか、緊張でドギマギされていることはありましたが、

歓談中などはとても流暢な手話で「あなたはホントに耳が聞こえるの?」と訊かれることも。

■創価が『地位向上と手話の普及を目指して日本語対応手話を普及しましょう!』なんて急に言い出して

…手話サークル・通訳同士でギスギスした空気が…メチャクチャになった。

紀子様が御臨席になる福祉関係の行事にやたらと来たがっていたのでよくよく聞いてみると創価の影

その団体の大規模な施設や学校がある地域なのでとにかくそのような人が多くて参った。

一部の急進的なろう者]とそれに同調する聴者(全国ろう児を持つ親の会など)は、

日本語対応手話は独自の文法を持っていないので手話とはいえず、

これに対し手話という文字列を使うべきではないと主張し、

1990年代から2000年代前半にかけては「手指日本語」、「シムコム」という語を用いていた。

だが、このような排他的な主張については批判的な意見が多数であったことから、

最近では「手指日本語」、「シムコム」という用語の使用は少なく、

「(日本語)対応手話」との呼び方がほぼ定着した。

■日本語対応手話で検索するとでてくる創価がらみのブログ

やっぱり信心が足りないから声が出ない、と言っている。

手話も結局、勤行と折伏の手段でしかないのだろう。内部でも障害者を差別する宗教団体。

参考8

週刊現代1993年1月23日号

実はこの高3−大学1年の期間、雅子さんは小社がアメリカで編集制作していた

【エンサイクロペディア オブ ジャパン】(英語版日本百科事典)の編集を手伝っていた。

同事典の編集責任者、板坂元 創価女子短大教授(副学長)が、当時の雅子さんを回想してこう語る。

「彼女にお願いした仕事は、著者から送られてきた英文原稿が事実関係と合っているかどうかを調べるデータチェック。

非常におとなしい人で仕事ぶりはまじめでした。スタッフの中では最年少だったというせいもあるのでしょうが、

毎月行っていたオフィスパーティでも、目立った印象はありませんでしたね」

■板坂元(いたさか・げん):1922年〜2004年没。中国南京市生まれ。

東京大学大学院文学研究科修士課程修了。

武蔵高校、成城大学で教えた後、1957年、渡英。ケンブリッジ大学を経て、60年、ハーバード大学講師。

85年に帰国し、創価大学客員教授、創価女子短期大学教授。同大副学長も務めた。

日本文学、日本語を教える傍ら、長年の海外生活体験をふまえた鋭い文明批評で知られた。

参考9

ある宮内庁職員からの情報 二階堂ドットコム

なんと由々しき事態である。「雅子妃殿下の妹が、創価学会員である」という情報だ。

これは現役宮内庁職員からもたらされたものであり、一部の国会議員も確認している。

当サイトは確認はしていないが、事実であった場合

日本の国家の礎をなす天皇家に邪教が入り込む危険性があるため、確認なしでお届けした。


参考10

(2005)

世界水フォーラムは創価のイベント、皇太子は創価の広告塔

「世界水フォーラム」でPR活動

3月18日付「聖教新聞」「京都の世界水フォーラム SGI代表、創価大学生が参加」

「地球規模の水問題を解決策を討議する

『第3回世界水フォーラム』が、16日から京都を中心に開かれ、

SGIの代表、学生部員が参加。交流を広げている。

同フォーラムには、約180カ国から政府関係者、市民団体、国際機関など1万人以上が集う。

SGIを代表して、岩住副会長、本部国際室のジョーン・アンダーソン氏、

SGIニューヨーク国連連絡所の桜井浩行氏が出席。

主会場の国立京都国際会館の展示ブースで、

池田SGI会長の環境提言や地球憲章のポスターなどを紹介している。

同フォーラムに出席しているアンワルル・チョウドリ国連事務次長が16日、

SGIの展示スペースを訪れた。

同事務次長は『国連で“賢人会議”を開き、

池田会長の平和提言を学ぶ機会をつくるべきです。

会長の平和思想を、もっと世界に広く伝えなければならない』と語った」

昨夏の環境サミットでもSGIは展示を行い、池田氏のPRを行った。

公明党の党大会で小泉首相がこのSGIの展示を観覧し、

そこで見た池田氏撮影の写真を礼賛したことは既報の通り。

今回の世界水フォーラムでも、SGIは展示を行い、池田氏のPRに余念がない

こうした手法で創価学会は、自らのイメージアップを図るのである。


https://hinomoto.wiki.fc2.com/wiki/%E5%A4%96%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%AB%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%87%BA%E5%85%88%E6%A9%9F%E9%96%A2%EF%BD%A3

40. 中川隆[-11407] koaQ7Jey 2019年3月17日 17:11:24 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[590] 報告
雅子妃の真実2018.07.10
雅子妃|韓国人売春婦もびっくり、雅子の乱脈男性関係 よくこれで、入内できたな(笑)
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/05/2016120520161205000000/


2015年03月30日

韓国人売春婦もびっくり、雅子の乱脈男性関係よくこれで、入内できたな(笑)

皆さんお元気ですか?

今回は、今や世界中に出稼ぎする韓国人遠征売春婦もびっくりの雅子の非常に乱脈な男性関係です。

ハーバード留学時代には「白人男性と交際している」とか「日本人男性と同棲している。」という噂が絶えませんでした。

また、妃候補に登場した1987年には、アメリカ人のデビット・カオなる男性から英文で綴られた怪文書が、宮内庁に届きました。

内容は、雅子と自分の男女の関係、男性関係に奔放だった雅子のハーバート時代の告発文でした。

怪文書を解読した当時の宮内庁長官の富田朝彦氏は警察官僚出身でしたので、内閣調査室長時代の人脈をフル稼働させて、小和田雅子のアメリカ留学時代の男女関係を洗わせました。その結果、小和田雅子を妃候補から外しました。余程ひどい乱脈な男性関係だったのでしょう。

しかし、小和田―高円宮ラインは、昭和天皇崩御を待ち、先行していた妃候補たちが、結婚などで次々と消えていく中、妃候補たちの在庫がなくなるのを待って、再び雅子を妃候補に浮上させました。

そして、妃内定直後の1993年1月11日にアメリカの一般紙「シカゴ・サン・タイムズ」誌が「プリンセス雅子のトップレス写真を持っているアメリカ人男性がいる」というスクープがでました。

当の白人男性とは、先に怪文書を宮内庁に送ったデビット・カオでした。

実際にデビット・カオなる白人男性は、実在し、雅子のハーバード時代に2回パーティーで一緒だったという写真もあるそうです。

この「シカゴー」誌自体はいい加減な三流ゴシップ誌ではありません。しかし、何故か、そのスクープ記事は4日後には取り消されてしまったのです。小和田サイドから強力な圧力がかかったのでしょう。日本に帰国後も外務省時代にも常に男の噂が絶えない女でした。

ちなみに羅列すると

・デビット・カオ

・奥参事官(イラク戦争の最中、イラクで不審死を遂げる)

・外務省上司;上司との不倫を告発する怪文書が省内を駆け巡った。中絶手術の噂あり。

・外務省同僚;東大時代以来からの交際、オクスフォード留学時代に関係が深まった。しかし、イギリス留学時代には白人男性との交際も噂された。フリーカメラマンがツーショットを撮影し女性週刊誌に持ち込んだが没になった。

・大野裕主治医;結婚後もやってるんですね〜呆れるのを通り越して、性欲の強さ、貞操観念の無さに衝撃を受けました。

・国連大学総長

母方の祖父が、水俣病を広めたチッソ社長の鬼畜;江頭豊であるだけではなく、根が朝鮮女だからすぐ股を開く淫乱女です。

今回紹介した男たちは沢山ある噂の相手の中のごく一部です。

こんな下賤で淫乱な女をめとらざるを得なかったのも、皇太子自身にも問題があります。

ズバリ言って、ブ男で背が低い、男性的魅力とは縁遠い人です。

しかも軽い知的障害もある。

それが1988年がピークでしたが数多のお妃候補から逃げられた理由です。

お妃候補に挙がった途端に結婚し、1年後に離婚した人もいました。単に妃候補逃れの偽装結婚だったのでしょう。

両陛下と宮内庁は、高円宮夫婦が雅子を強力に推している間にも、有力な別候補と交渉していました。

その方が久邇晃子(くにあきこ)さんです。

香洵皇后(昭和天皇の皇后)の実家に当たり、皇太子とはふた従姉に当たります。

彼女は、旧皇族の家柄ですから、最後は私しかいないと覚悟を決めて、着物の準備をしていました。

両陛下と宮内庁もその気になってる時に、高円宮夫婦と小和田夫婦が先手を取って、皇太子と雅子の婚約電撃発表しました。

両陛下も宮内庁も追認するしかありませんでした。大変惜しかったです。

久邇さんという女性は大変優秀で、東大医学部を卒業後精神科医を開業なさってます。彼女のように皇室のしきたりのなんであるかを知りぬいた賢明な女性が、皇太子妃だったら、知恵おくれの皇太子を上手にサポートし、天皇になっても良く支えたでしょう。

しかし、結婚前は頭が弱くとも、清々しい雰囲気を持っていた皇太子が、雅子と結婚後、ただの頭が弱い男になり、人物から伝わってくるオーラも下品になってしまいました。

仮に天皇になっても国事行為は無理でしょう。雅子という霊的にも悪業を背負った女の言いなりになった皇太子と、早くも朝鮮人の業病の【火病】を発揮しだした愛子からなる東宮一家は皇室内の【魔界】となってしまいました。

もう手遅れです。秋篠宮両殿下に皇統の異動をせざるを得ないでしょう。

私は、在日や、帰化朝鮮人を除く心ある日本人は、文仁天皇、紀子皇后陛下を望んでいると信じています。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/05/2016120520161205000000/

41. 中川隆[-11380] koaQ7Jey 2019年3月19日 10:24:14 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[622] 報告

小和田恒氏、その重大な罪 2018-07-01
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/a672698e97b9e288783b63bf979afce1


まず「軟禁」と「監禁」の差を知らねばなりません。
小和田恒氏のバーゼルにおける軟禁を、監禁と取り違えて国際裁判所に
出ていたから軟禁などされていない、という擁護をする人たちがいますが、
軟禁とはそもそも、監視付きではあるがある範囲内の自由は認められています。


小和田氏の不祥事に拠る軟禁は事実です。

国際裁判所に出ていたのは事実ですが、おそらく軟禁開始の時期とかぶるかと思うのですが、裁判所を「我々にも把握できない突発事で欠席」と、裁判所がステイトメントを出した一件があり、これは過去記事で述べました。記事を探すのが億劫なので、裁判所の文言は、概略であり当時出された文言そのままではありません。

東京にいったん戻ったとされる情報もありましたが、その時すでに軟禁が解かれたのか、あるいは特例としての一時帰国が叶ったのかそこは解りません。(某所と某所からの数回に及ぶ救出作戦が功を奏したのか、あるいは小和田氏が当局の要求に応えてあるケジメをつけたか・・・・現在では軟禁は解かれて帰国、ある一件で動き始めるまではコンクリート御殿に蟄居していらっしゃいました)

情報を収集していた時の時系列がもはやうろ覚えで、過去記事に遡って検証する時間がなく申し訳ありません・・・・が過去記事には正確に記録があるので、今回は駆け足の概略で失礼します。

小和田氏(及び協力者)はひょっとしてフェイク画像使用ないしは、これは明らかに日時を捏造なさるお方です。

この画像、(6月)6日とされていますが、ありえません。なぜなら、この日付の時小和田氏は東京にいました。情報を得ています。詳細は割愛しますが、やや書けば小和田氏はその時、供も連れず一人で電車移動でした。

この画像自体が合成ではないか、という指摘も複数得ましたが、そこはブログ主には判断できません。ただ、日時に関してははっきり、「あり得ない」と断言できます。6月中、小和田氏は一歩も日本を出てはいません。
これは調査すれば足跡は知れることなので、ブログ主が当てずっぽうを書いているわけではありません。

また付随的におかしな点は、6月6日に裁判所の一室にいた設定なのに、小和田氏はハーグにおける新旧判事交代式にすら出ていらっしゃいません。考えられない非常識と非礼。(6月7日に正式退任)

以下はネットの片隅ではすでに早くから出ている情報なので、BBも書きやすいのですが・・・・隔靴掻痒ではあります・・・・。

たとえばこちら。

https://blogs.yahoo.co.jp/s_kengokeiko/28434890.html

古い記事のせいでもあるのか、上記の情報は・・・・当たらずと言えども、遠からず・・・・というレベルです。↑
事実はもうちょっと、入り組んでいる・・・・かもしれません。(”知恵”の回る小和田氏が、何のバックもなく単独で違法をやらかすような幼い真似はしません・・・・)

しかし、聞こえてくる小和田氏の最近のちょこまかした動きについては小和田氏のなした以下の、重大な日本国毀損行為に比べれば、まだましなほうかもしれません。


以下は、平成26年8月12日の拙ブログ過去記事をベースに、日本という国にとって小和田恒氏がどれほど悪辣なことをやらかしたかのまとめです。

・・・

結局慰安婦問題にもつながる、小和田恒氏は国会喚問に値するのではないか。

河野談話を批判し、河野洋平を喚問せよと主張する保守ブロガーたちが以前は
いて、拙ブログ主もそれには賛同をするものの、しかし小和田恒氏を等閑視するのは、整合性が取れぬ上、怯懦だとも思いますね。同じく東宮問題を避けて、直視する勇気のない保守論客たちも。現実を直視なさい、日本を何とかしたいのなら。

ニューヨークタイムス東京支局(所在地 朝日新聞社内)で、反日記事を発信している 田淵広子氏さえ喚問が言われていたというのに、小和田氏の果たした日本毀損の役割に比べれば、田淵某など蚊ですよ。

◆舛添要一前都知事に見られた日本の中韓へのご機嫌取り土下座外交の始まりは小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁に端を発する。

◆日本を根本的に損ねた村山談話・河野談話の原点が小和田恒氏である。

◆翻訳上の問題点なのだが、小和田氏が国会において、サンフランシスコ講和条約における「東京裁判の判決を受諾」を「裁判を受諾」と言い換えたことが、その後の日本の行方を歪めてしまった。

つまり・・・・

日本は東京裁判の「判決は受け入れたが」「裁判そのもの」を肯定したわけではない。

にもかかわらず、それを「日本は東京裁判を受け入れた」とまやかしをやらかしたのが、小和田恒氏という男です。皇太子妃の実父です。

◆小和田恒氏のこの発言以降、日本の政治家は外務省からこの間違ったレクチャーを繰り返し受けることになり、いないはずの戦犯を蘇らせてしまいました。


◆靖国参拝問題の根っこも実に小和田恒氏が作った張本人であるということでしょう。

日本はサンフランシスコ講和条約において、東京裁判を受諾はしていない。⇒裁判自体を正当なものとして、受け止めたわけではない。

東京裁判の裁判自体ではなく、(敗戦国としてやむを得ず)刑罰の執行を続けること、それに限定して合意したに過ぎない。


ここまでで、小和田恒という男が犯した重大な過ちの内容は理解していただけたでしょうか。小和田氏が故意に誤訳したのか、単に間違えたのかそれは解りませんが、いずれにしてもその後の日本の舵取りを難破の方向へと導いてしまったのです。
誤訳なら後に深甚な謝罪と訂正が、国民にあるべきで、それがないところを見ると確信犯でしょう。

なぜ小和田氏がかくも、粗雑に祖国を扱うのか、いえもし祖国ならこうも貶めは出来ないでしょうに?

日本国にとって、小和田氏は癌細胞の一つでありそのことはすでに識者から指摘、糾弾されていることですが、皇太子妃の父という立場ゆえにでしょうか、明るみに出ません。それどころか、雅子妃の入内以来トントン拍子の出世です。福田康夫氏,山崎拓氏,加藤紘一氏らと同類の売国奴であるにもかかわらず、彼らを撃つ保守が、一人小和田恒氏のみはスルーしてしまいます。

小和田恒氏が日本を損ねたその「罪」の歴史を箇条書きします。

1 A級戦犯を戦争犯罪人として、土井たか子氏と共に断罪する。

2 女系天皇に向けて動いた形跡もあり。(万世一系皇室の破壊行為)

3 「日本ハンディキャップ論」を唱え、中国韓国へは物申さず、ひたすらお金を貢ぐことを主張。「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁した。⇒東京裁判を全面肯定

4 福田赳夫氏は、小和田雅子さんが子供の頃から「雅子ちゃんは皇太子妃にする」と豪語していた人物。それに乗ったのが小和田恒氏であり、単なるロマンスによる入内ではなく仕組まれたものである。

5 「日韓フォーラム」への参加者である。同席者に売国新聞朝日新聞の当時主筆であった若宮啓文(わかみや よしぶみ)の名がある。加藤紘一の名も。彼らと同類である。「韓日」合同W杯の母体となったフォーラムである。小和田恒氏が半島利権の高円宮とタッグを組んで動く。(高円宮家は韓国の三大企業+と昵懇の関係を結んだが、小和田氏にいかなるメリットがあったのだろうか)

6 創価学会が小和田恒氏に送った「池田大作特別待遇要請書」に応じた。創価学会への便宜供与である。この件は第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号でも追求されている。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/134/1177/13411271177003c.html

7 竹島に関連しての韓国寄り発言。

「自国の領土なら、わざわざ国際司法裁判所に持ち込む必要はない」と日本の提訴の動きを牽制。

(その後ハーグの国際司法裁判所所長に上り詰めたことと考えあわせると、胸が悪くなるほどの売国発言です)

8 村山談話に先駆けて、実は小和田恒氏が売国発言をしていた事実。

戦前の日本がアジア諸国への侵略や植民地支配を行ったという見解を公式に認めたのは小和田恒氏が発端。

昭和60年11月8日、衆議院外務委員会での小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁より。

▼社会党土井たか子議員から東京裁判(極東国際軍事裁判)の訴因とされた「平和に対する罪」とサンフランシスコ条約(日本国との平和条約)第十一条の解釈を問われ、当時の小和田局長の答弁。

「極東軍事裁判の評価については学問的にはいろいろな意見がございますけれども、国と国との関係におきましては日本国政府といたしましては極東軍事裁判を受諾しているわけでございます。 ← 注;ここが事実と相違している。判決は受け入れたが、裁判そのものを認めたわけではない。

その裁判の過程におきまして「平和に対する罪」ということが起訴理由になっておりまして、その訴因の第二十七で、被告が中華民国に対し侵略戦争並びに国際法、条約、協定及び保証に違反する戦争を行ったということが挙げられておりまして、御承知のような判決が出ているわけでございますので、そういうものとして政府は受けとめておるということでございます」

それまでの日本政府とは異なる見解が、小和田恒氏によって提示されそれが
定着することとなりました。中韓ソ各々国交回復で解決済みの賠償問題をことごとく、ゾンビのごとく蘇らせたのが小和田恒氏である。

9 小和田恆氏はそれまでの政府見解をうち捨てて、日本はアジア諸国を侵略した。先の大戦が国際法、条約、協定などに違反する戦争であったという裁判の訴因をも受諾したものと解釈を変更。この国会答弁に食らいついた、政治家、マスコミ、知識人たちがその後の自虐史観へと走り、それに乗った中曽根康弘氏などが「靖国問題」などを作り上げてしまう。

10 日本の自虐史観と、その後の中韓へのヘタレ外交の素を作ったのが小和田恒氏である。

・・・・・・・・・・・・・

実に駆け足の概略でしかないのですが、詳細を述べると記事が煩瑣になるので、個々の箇条については各自お調べください。
容易に資料は拾えます。

何度も言っていますが、東宮問題が単独でそこにあるわけではありません。
日韓日中在日カルトなどと絡まり合いながら、GHQの日本弱体化政策、
皇室弱体化施策とも連動しながら、今現在の姿です。

小和田恒氏と雅子妃が親密な外務省創価学会グループ「大鳳会」の
メンバーは約50名もいます。

池田大作を大臣級扱いで海外に送り出す手配を担当し、対韓・対朝・対中の日本外交を歪めてきた張本人的組織で、そこを仕切っていたのが、小和田恒氏です。

擁護派は問題点を俯瞰で見る視野を欠いているので、あらゆる日本毀損の
勢力が小和田・東宮問題とリンクしていることが見えないでいます。

小和田恒氏は、日本国を損ねた何人かの最大「悪人」のうち、官僚としては
最大級の「極悪人」です。ネジ曲がった政治家をその後生み出す土壌となった
という意味では、それらの政治家よりワルでしょう。

安倍総理のいう「戦後レジウムからの脱却」の意味するところの一つは、
日韓、日中、日ソ間の国交回復条約を通じて、賠償金を含むすべての
請求権の相互排除を決め、全て解決済みであるとの確認事項の
再確認もそこに含まれるでしょう。

それを阻んでいるのが自民党のある政権と、民主党政府の不用意な発言、
談話、不要の謝罪などを繰り返した暗愚の歴史にありますが、
それらの「犯人」を列記すれば、鈴木善幸時代の宮沢喜一官房長官と
並んで、外務省の小和田恒条約局長がいます。

小和田氏の名は、日本新党の細川護煕首相、社会党の村山富市首相、菅直人・鳩山由紀夫の民主党両首相などの最悪な元首相たちや、河野談話
河野洋平官房長官らの名に隠れて目立ちませんが、官僚の中では最大級に
日本を損ねた人物です。本当に・・・・・こんな国家毀損者の娘が、よくまぁ
入内できたことと、当時の入内の経緯に改めて強い疑念を抱かざるを得ません。

日本の国益と名誉を著しく損ねて来たこれらの者たちの、証人喚問をして
ことの経緯を明確にすることが、戦後レジウムからの脱却には必要でしょう。
無理を承知で故意に言っているのですが。

しかし、かの村山談話の基礎を敷いたのが小和田恒氏です。

【備考】 小和田恒氏が「日本は悪者。中韓には跪き、尽くせ」という論を
唱える以前の日本の立ち位置は・・・

衆議院・平和条約特別委員会では小和田氏の大先輩である西村熊雄条約局長(当時)が次のように答弁している。(面倒な人は青字だけ読んでください)

「(平和条約)第十一條は、戦犯に関する規定であります。戦犯に関しましては、平和條約に特別の規定を置かない限り、平和條約の効力発生と同時に、戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失い、裁判がまだ終つていない場合は釈放しなければならないというのが国際法の原則であります。

BB注 A級戦犯呼ばわりは、間もなく上皇后におなりの方です。小和田史観との連動、あるいは共同プロパガンダ。

従つて、十一條はそういう当然の結果にならないために置かれたものでございまして、第一段におきまして、日本は極東軍事裁判所の判決その他各連合国の軍事裁判所によつてなした裁判を承諾いたすということになつております」

十一月十四日の衆院法務委員会で、佐瀬昌三議員の、「戦争犯罪というものは、今回の講和條約の調印によつて、全部終了したものであるかどうか、なお逮捕とか或いは裁判とかいうような問題が残されておるかどうか、打切りになつたのであるかどうかという点を、あらかじめ承知いたしておきたい」との質問に対して、

大橋武夫法務総裁(当時)は

「戦争犯罪という問題は、わが国といたしましては、ポツダム宣言の受諾によつて引起つて来た問題である、こう考えておるわけでございます。今回の講和條約の締結によりまして、当然ポツダム宣言というものは、関係国の間で効力を失うものと存じまするので、今後調印国の間におきましては、戦争犯罪という問題は発生の余地がないものと心得ております」と答えている。更に大橋大臣は

「第十一條におきましては、これらの裁判につきまして、日本国政府といたしましては、その裁判の効果というものを受諾する。この裁判がある事実に対してある効果を定め、その法律効果というものについては、これは確定のものとして受入れるという意味であると考えるわけであります」

と答弁している。

以上で明らかなように講和条約に調印、批准したときの日本政府は、本来の国際法では平和條約の効力発生と同時に戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失うのが原則であり、今回の講和條約の締結によって、今後は戦争犯罪という問題は発生の余地がない。

また日本は講和条約の第十一条によって極東裁判を受諾したのではなくて、その裁判の効果(注:判決)というものを受諾するとの解釈でいたのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

  下皇后のお父上は、悪党福田父子のご家来

それまでの全てを覆し、世界に向けて日本を全面的な悪者に仕立てあげたのが、小和田恒氏です。動機は解りません。想像は出来ますが、想像範囲内の事なので控えます。ただ、その動機のいかんを問わず、小和田恒氏は日本破壊・弱体化勢力の首領の一人であると言えるでしょう。日本人ですか? と思わず問い詰めたいこれまでの言動です。

画像で表す小和田恒氏を基軸とした日本壊国の円環

第91代内閣総理大臣・福田康夫氏の反日。親中派。台湾から熱愛と言うほどの親日家である李登輝氏が病気治療目的で来日を希望した際、河野洋平氏とともにビザ発給に反対。

福田康夫元首相が「南京大虐殺記念館」を訪問 中国外務省「歴史を正視」と称賛 (産経)


 【北京=西見由章】上海で開かれた学術会議に出席するため訪中した福田康夫元首相は24日、「南京事件」の資料を展示する江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪問した。中国メディアによると、福田氏は「南京大虐殺の犠牲者を深く哀悼する」と書かれた花輪を供え、同行者らとともに黙祷。「過去の事実を正確に理解しなければならない。もっと多くの日本人が記念館を参観すべきだ」と記者団に語った。

 日本の首相経験者が同館を訪れるのは海部俊樹、村山富市、鳩山由紀夫各氏に続いて4人目。

・・・・・ここまで

南京大虐殺など、中国政府の日本貶めプロパガンダに過ぎません。
そのプロパガンダに加担する連中って、本来の意味での日本人ですか?
悪辣な福田父子の家来であるのが、小和田恒氏と優美子氏です。
ジョウ皇后の下に、シモ皇后として即位なさる雅子妃のご両親です。

福田家と小和田家との密着の関係。小和田雅子入内の発端。

http://seesaawiki.jp/w/dosukono/d/%A5%BD%A5%E9%A5%DE%A5%E1

福田赳夫氏の孫娘と親密だった雅子妃。(スキー写真)

1988年3月20-21日 福田赳夫元首相の孫娘横手香代子さんと北海道スキー旅行、滝川市のホテル三浦華園に小川東洲夫妻が合流
左画像:左から小川東洲夫人、小和田雅子、ホテル女将の三浦夫人、福田元首相孫の横手香代子さん/右画像:ホテルの三浦社長、小和田雅子、横手佳代子さん

福田家に忠誠を表す帯。「福」の字が染め抜かれこれは
福田夫人とお揃い。

」」

婚約の記者会見に皇居に入るときも、大将福田氏への忠誠の福の帯。
娘入内の「感謝」のつもりか。世間が信じこまされているように
無理やり入内させられたということではなく、
以前から周到に仕組まれていた婚姻です。
雅子妃も周囲の仕組みに積極的に応えていらっしゃる。

2006年4月2日、元フジテレビ女子アナのチノパンこと千野志麻氏が福田赳夫の孫・横手真一氏結婚、その挙式披露宴に小和田優美子氏が出席。国賊級元大臣に、忠誠の小和田夫妻。

小和田氏売国の発端

福田赳夫首相の政務秘書官に迎えられて、最初に立ち会ったのが日中平和条約締結。それ以来の外務省人脈が連綿。


小和田恒ssiと福田康夫氏は官邸の秘書官室で机を並べていた。以降家族ぐるみのつきあい。


小和田ssiは東京・代沢の福田邸に雅子さんをたびたび連れて行き、福田赳夫元首相に可愛がられていた。

福田・小和田という水面下の、「もう一つの」結びつきの可能性にも留意!!
小和田・江頭の結びつきと同様に。
鳩山・・・ブリジストン創業者の娘と、その嫁との共通項・・・は。

一官僚の出版記念に、駆けつけた福田赳夫氏と宮沢喜一氏。売国2人組。

マンデラ氏の追悼式で皇太子殿下に付き添ったのは福田赳夫氏の息子の康夫氏。

↑左が韓国首相として始めて竹島に不法上陸した韓昇洙。
右が潘基文。

潘基文夫妻と。

竹島(独島)に碑文を打ち立てた韓 昇洙。
皇太子と親しく食事。

ご成婚に現れた、創価三色。

日付の嘘に準じる「虚言癖」に属することなのか? 小和田恒ssiの論文紛失事件。
外務省からオックスフォードに国費を使って研修に行ったものの、一人だけ修士号を取れずすごすご帰国した娘、雅子妃の過去と何となくかぶる、うろんさ。

何度も検証してみたことですが、雅子妃の英語力でハーバードをまともに受講は出来ません。出たことは出ています。卒論のバックにこちらも仕掛けあり。東大は出てませんので。いまだに盛り学歴の印象操作に惑わされている人たちがいますが。小泉進次郎氏の、ありえない偏差値高校からプリンストンでしたっけ、あれも
笑っちゃいますけどね・・・。要するに庶民の常識の外では「そういうこともあるげな」よ、でしょうか。饒舌な進次郎氏ですが、そう言えば英語を聞いたことがないですねえ・・・・? 雅子妃の、sigunature とautographの区別すらつかない尻尾の出し方はまだしてませんが。

後記 ⇒進次郎氏、関東学院大(1年留年)卒業後に、コロンビア大学大学院に留学。

TOEFLiBTでスコア100以上のレベルが求められるコロンビア大、大学院に?
偏差値44留年の人が?

◆小泉進次郎氏は本当に英語がしゃべれるのか検証してみた!
https://ameblo.jp/don1110/entry-11918266596.html

さて肝心の小和田ssiですが“ 船便で送った学位論文の原稿が入ったトランクが紛失したため ” 、博士号を取る機会を失った・・・・そうな。

小和田恒 | Dosuko Wiki |
http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92

ぎっくり腰妃の母方ご実家である江頭家の、企業犯罪ともいうべき水俣病への関わりは読者さんご紹介のこのサイトが、まとまっているかも。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/surf18.html

“ 船便で送った学位論文の原稿が入ったトランクが紛失したため ” 、博士号を取る機会を失ったそうで、こちらに載っています。
http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92

替えのきかない大事な論文を手元から離して船便? あり得ないでしょう。カーボン紙しかコピーが出来なかった時代に、しかも提出期限のある論文を時間のかかる船便で、トランクの中に詰めて送る?

・・・・・長過ぎましたね、記事。2つに分けるべきでした。
このところ、いよいよ時間が取れなくなっていて、書ける時間に書いておこうと合間を縫ってバンバン打って構成も考えず、すみません。

余計なこと書きついでに、最近ネットの片隅で流れている皇后陛下の御陵問題・・・・は要するに多摩御陵(武蔵野陵墓地)はお嫌だと。だから、よそにお墓が欲しいと。従来の御陵(みささぎ)忌避は理由不明。神道色をなくべく排したいお考えからか、天皇家への反感なのか・・・? 天皇陛下の御陵のそばの小さな祠でいい、などと・・・・おっしゃっていたのに(口はおきれい、なさることエグい)・・・・開発用の山を某地にお狙い、その取得のお使いにちょこまか動きまわっているのが小和田ssiだ・・・・そうで・・・・・。
バーゼルでの不祥事で顔向けできなくなったことへの挽回なのかもね・・・・ってことで。
この方「法の正義」がどうかって、退任にあたってぶち上げていなかった?
嫁の父も二枚舌、姑も・・・・。あー・・・・・孫はまた遅刻早退、欠席のスパイラルだそうで・・・・ご優秀報道のマスコミも二枚舌(sigh)これだけ学業から遠ざかっていて、ご優秀なら本当にご優秀なんでしょうね。(wry smile):-}

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます。

コメント (15)


小泉進次郎氏 (美しい日本)2018-07-01 13:10:33

ケアレスミスの指摘になりますが、
小泉進次郎氏は
プリンストン→コロンビア大学大学院
だと思います。
関東学院大(1年留年)卒業後に、コロンビア大学大学院に留学。


小泉進次郎氏は本当に英語がしゃべれるのか検証してみた!
https://ameblo.jp/don1110/entry-11918266596.html


美しい日本さま (BB)2018-07-01 13:31:16

時間の不自由を口実に、チェックをあちこち怠っていて、すみません。時間が出来た時の記事アップに気が急いて、細部検証を怠っています。
情報は追加しておきました。
ありがとうございます。
刑罰法規不遡及の原則 (茶どら)2018-07-01 14:06:33「平和に対する罪」は事後法では。
事後法で遡及的に処罰することは禁止されています。
それを安易に受諾するとは国益に反します。
また、元首相が南京大虐殺記念館に訪問するとは。
どいつもこいつもアチラの操り人形みたい。
望月記者? (ななしでごめんなさい)2018-07-01 16:49:51学生相手に何を話すのでしょうね。

http://www.samasemi.net/2018/special_03.html


BBさま、ありがとうございます (5)2018-07-01 22:38:05

オワッダー氏はとにもかくにも朝鮮人そのもの、と感じます。
顔 (会社員)2018-07-02 12:57:38 小和田恒の顔貌を見るにつけ、この世に悪魔がいるのだと実感する。

 宮沢、小沢、鳩山、習、、正田美智子、盆暗、小和田雅子に連なるものだ。その生涯をかけて悪巧みをしている者どもの動きを、普通の暮らしをしている者が知る由もない。
 
 それら悪魔を 寄せ付けないようにするのが、大神主の天皇であったはずが、今の体たらく。
 しかし、案外、悪魔退治は簡単かもしれない。
 本物の大神主が、真の祈りをささげることが鍵、と 思う。
 秋篠宮殿下よ、天皇陛下になってほしい!

 又、そして、3000年も遡れば、日本人は全員天皇家筋なのだ。 これは強いだろう。

悪魔ども、死霊の顔小和田恒、日本人を舐めるなよ!

恐ろしい (はれ)2018-07-02 15:55:48

こんな輩が跋扈する日本。 恐ろしい。
ただ知らなかっただけでずっとそうだったとは。

少しずつ小和田氏の悪行が見えてきました。
このブログのおかげでしょう。ブログランキングで
小和田氏の事に言及したものがあったでしょうか。
(トップ入りで)
コンパクトにまとめてしかもキチンと壺を押さえている。

ひとりでも二人でも覚醒者が増えますね。

ブログ主はこんなに日々奮闘しているのに
他の保守の方は知らないのでしょうかね。
皇室とサヨク、共産、在日、創価のつながりを探って欲しい。

「パチンコの・・・」さんのブログで韓国肥料男、シンジロウのことを顔のいいだけの石破、と
言っていたのに吹きました。
他のブログでは被っていることも多いのに、
皇室のことはあまり言わないんですよね。???

個々に特色があるから読まれるのかもしれないなぁ。
???

はれさま (BB)2018-07-02 19:46:17

>他の保守の方は知らないのでしょうかね。

知っているな・・・・と感じるブロガーさんはいらっしゃいます。知っていて、口をつぐんでいる。
どうしようもないなあ、と思うのはただ「皇室を批判している」というそのことだけで、拙ブログを「保守分断」とか謗る人。
こちらは是々非々で営んでいるので、支持している安倍総理も違うと思う点は批判してきました。
するとこれも「保守分断」と来る。
脳細胞の配列がシンプルなのでしょう。

決まり文句で斬った気になるのではなく、こちらが提示する事実がもし間違っているなら、理由を添えて明示してください、と何度も呼びかけているのですが、要するに「答えられない」のです。

欺瞞の系譜 (伊藤知昭)2018-07-03 10:30:01

BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

ハル・ノートの張本人はノーベル平和賞。
戦前から国連が何だったのかこれで明白。

伏魔殿と言われた外務省の主軸小和田恆。
コーデル・ハルの末裔であり国政操縦者。

関連記事をウィキペディアから貼らさせていただきます。
ネットでは様々な資料が得られますが、考察の起点として使わせていただきました。

[ コーデル・ハル ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AB

[ Cordell Hull ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Cordell_Hull

[ ハル・ノート ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

[ Hull note ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Hull_note

[ 小和田恆 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%86

[ Hisashi Owada ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Hisashi_Owada


ハル・ノートから極東国際軍事裁判を経由して美智子妃と雅子妃の入内までは一続きの流れ。
そしてコーデル・ハルの役回りは小和田恆と相似形であり、GHQ の末裔にとって、代わりは幾らでも居た様に見えます。

[ 戦時国際法 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%99%82%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95

[ Law of war ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Law_of_war

[ ハーグ陸戦条約 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%99%B8%E6%88%A6%E6%9D%A1%E7%B4%84

[ Hague Conventions of 1899 and 1907 ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Hague_Conventions_of_1899_and_1907

[ 極東国際軍事裁判 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E6%9D%B1%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4

[ International Military Tribunal for the Far East ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/International_Military_Tribunal_for_the_Far_East

GHQ にしてみれば、福田赳夫と福田康夫親子は諸々の執行人であり、後々の小和田恆は忠実な執事だったのではないでしょうか。
元正田美智子嬢と元小和田雅子嬢は、コーデル・ハルと戦後も優遇された戦前の反日サボり駐米日本国大使館外交官の系譜に繋がる、その延長に見えます。

例えば、米国が画策した国際紛争で、福田家に関係した越智通雄と越智隆雄親子が元小和田雅子嬢を介してイラク戦争と全く無関係ではないでしょう。
イランやアフガニスタンですら、米国の GHQ に連なる勢力は、成功体験の日本で味をしめた結果で同じパターンを繰り返した様に見えます。

小和田恆の学歴や外務省での闇の部分。
GHQ の末裔にしてみればエージェント。

度々恐れ入りますが、入力ミス等は後日対応させてください。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
軟禁 (まほろば)2018-07-03 12:06:41誰が軟禁してるのかな?政府かな?それだと内閣ぶっ飛ぶなぁ

まほろばさん (芝山)2018-07-03 18:01:05

>誰が軟禁してるのかな?政府かな?それだと内閣ぶっ飛ぶなぁ

読解力ゼロ。どころかマイナスかな。

他コメントも、以下同文。

皇室の闇 (はれ)2018-07-04 17:11:11

BBさま
>知っているな・・・・と感じるブロガーさんはいらっしゃいます。知っていて、口をつぐんでいる。

皆が周知の事実に、確証を持てばきっと言及してくれるのでは。 噂ではなく現実に起こったこと、実証されていると考えたら気が楽になるかな。まさかどこからかの圧力、負荷はかかっていないと思いますが。

BBさまが積み上げているのは事実や報道されている事、でそれ以上でもそれ以下でもないです。それが
分かるとき、持続して現在も実を結んで行っているのはないかと思います。きっと。


はれさん・・・・ (BB)2018-07-04 18:40:01

>確証を持てばきっと言及してくれるのでは。

でもないでしょう。

確証もなにも、たとえば天皇陛下の皇室の祖先は朝鮮人ご発言は客観的事実ですが、そこは知っていて踏み込みません。

天皇陛下のご発言に狂喜した韓国人の勘違いをたしなめる形で、先祖は朝鮮人説を検証的に否定はしても、その否定形を天皇陛下ご自身に向けることに、激しい抵抗感があるように見受けます。

日本人のDNAに「畏れ多いこと」という感受性が刻印されていることに加え、天皇陛下及び内廷皇族なかんずく次期天皇でいらっしゃる皇太子殿下の、これも客観的に拾える反日発言と報道があっても、見ぬふり聞かぬふりするのは、自らの価値体系が根こそぎひっくり返されるという一種の恐怖心と共に、保守は例外なく憲法改正主義ですが、他ならぬ天皇と次期天皇が憲法改正に反対なさっている現実に直面せざるを得ないというジレンマに陥るのです。

だから、触らず。

あと改正後の憲法では、天皇を元首として仰ぐ保守が大半なのです。
が、現状天皇陛下と皇太子殿下はGHQ価値観に基づく自虐史観、いわば左翼でいらっしゃいます。
左翼の元首では、憲法改正が現在よりワースの結果を呼びます。だから触らずにいます。
が、拙ブログのスタンスは、肝心のところを覆い隠して憲法改正になった暁、日本の国体は現状よりも危うくなる。だからその危険を避けるため、皇室の暗部と腐敗部分は、今のうちに・・・・傷が深くならぬ内に、一人でも多く知らしめ、日のもとにさらしたいのです。


 >噂ではなく現実に起こったこと、実証されていると考えたら気が楽になるかな。

上記の理由で、気は楽にはなりません。
噂レベル以上の情報も、見ぬふり聞かぬふりですが。

「解っている」「知っている」ブロガーさんは、BBブログは放置・・・・です。知らんぷり。
「保守分断」の「反皇室」のといじっている人たちが、無知であるし、また自ら真実を知ろうともしないレベルであり、これは北の将軍や新興宗教の教祖への盲拝と同種の心理です。

>BBさまが積み上げているのは事実や報道されている事、でそれ以上でもそれ以下でもないです。それが
分かるとき、持続して現在も実を結んで行っているのはないかと思います。きっと。


ありがとうございます。

ただBBの発信程度で、世の中も皇室も変わることなどありません。ただ、100年後に真実を知る人が今より多く、200年後にはもっと広まるように、と願いつつ営んで来ました。
人は、いつまでも美しい勘違いのもとに、真実の埒外に放置されているべきではありません。
闇で嘲笑っている人達がいます。それを許したくないのです。たとえ、数百年の時が必要だとしても、真実は知らねばなりません。

皇太子と皇太子妃が天皇皇后に即位されたら、さすがに隠しきれない状況は出てくるので、皇室に疑問を持つ人は今に比べれば、相当数増えるかと思います。

小和田氏? (男塊世代)2018-08-14 12:54:21

動画「ポルポト・知ってるつもり」
https://www.youtube.com/watch?v=VGRNEnc4YvY

上記、動画後半(26分過ぎ)の中山太郎外務大臣の左手にいるのは小和田氏?


https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/a672698e97b9e288783b63bf979afce1

42. 中川隆[-10667] koaQ7Jey 2019年4月20日 12:08:30 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1394] 報告

プチエンジェル事件の顧客は皇太子だったのか? それとも秋篠宮・高円宮だったのか?


真相に潜むタブー!秋篠宮文仁親王と高円宮憲仁親王が顧客に?

プチエンジェル事件の捜査が打ち切りとなった背景には、皇族の名前が顧客リストに入っていたからという噂もあります。載っていたのは秋篠宮文仁親王殿下と高円宮憲仁親王殿下。皇室に名を連ねる方々がこのようなことをしているとは考え辛く、噂も高円宮殿下が薨去されてからは下火となりました。しかし都市伝説として伝わっている話があります。

いわくプチエンジェルの作った動画の中には秋篠宮殿下と高円宮殿下が秋篠宮家の長女・眞子様と行為に及んでいるものがあるというのです。動画は「パパだーいすき」という名前で覚えられています。宮内庁はこの動画を探しているそうです。ファイル共有ソフトが出回ったのはこの「パパだーいすき」を探すためと言われています。


この記事ではプチエンジェル事件について取り上げました。この事件は不可解な点が多く、残念ながら真相が明らかになっているとは言えません。ただ事件の背景には何かとても大きな闇と呼ぶべき何かが横たわっているような気がします。もし興味を持たれても、あまり深入りはしないほうが賢明ではないでしょうか。
https://career-find.jp/archives/30091/3


▲△▽▼


闇へと葬られた?プチエンジェル事件の犯人と隠された真相とは!?
https://career-find.jp/archives/30091


2003年7月。とある少女誘拐監禁事件が発生しました。その名も「プチエンジェル事件」。少女の売春組織を経営していた犯人の自殺で解決したとされる事件ですが不可解な点、深い闇を数多く残しています。そんなプチエンジェル事件の犯人像と不可解な点を今回は紹介いたします。


プチエンジェル事件の真相を知る犯人・吉里弘太郎とは何者?

吉里弘太郎はエリートの家庭に生まれました。父親は元警視庁のキャップで朝日新聞に転職後は西部本社の社会部長を務めていました。大学時代からヒモ生活を送り、一度はデザイナーとして職を得ますが、結局非合法の売春斡旋を始めます。吉里はプチエンジェル事件を起こす以前にも高校生や中学生と売春行為を働いたため指名手配中だったようです。

また吉里には人脈と商才があったようでのちにデートクラブを開業し、莫大な利益を得ました。クラブの名を「プチエンジェル」と呼びます。プチエンジェル事件という名前は吉里の経営していたデートクラブに由来しています。

プチエンジェル事件の経緯


プチエンジェル事件の発端は2003年7月のことです。後に監禁される少女たちのうち一人が吉里と接触します。吉里はその少女と何度かお金のやり取りをしていたようです。7月13日、吉里は「部屋を一万円で掃除して欲しい」と言って少女4人と別のある男性を渋谷駅のモヤイ像前に呼び出し、赤坂のウィークリーマンションへ連れて行きます。

少女たちが部屋の掃除を始めると吉里の様子が一変し、少女4人を脅して監禁に及びます。少女4人への捜索願が出され、吉里の自宅周辺への捜索が及び始めた7月16日、吉里は赤坂のマンションの一室でなんと自殺してしまいます。翌17日、吉里の気配が消えたことを察して脱出、近くの花屋へ助けを求めたことで事件が明らかとなりました。

プチエンジェル事件の由来・犯人の経営したプチエンジェルとは


吉里の経営していたプチエンジェルとは非合法の未成年者デートクラブです。完全会員制で年会費は60万円。渋谷や原宿などで風俗系のチラシを配って集めた未成年の少女を会員へあっせんし、様々な行為に応じて料金をもらう仕組みです。また集めた少女たちでいかがわしい動画や画像を作成し販売して利益を得たこともあったようです。

日本にはプチエンジェルのような非合法のデートクラブは数多くあるのが現状です。しかし吉里はその中でも莫大な利益をあげており、預金総額は35億円にも及んでいたようです。住まいは都内の高級ホテル、2台のフェラーリを所有していたと言われています。

プチエンジェル事件のその後。マスコミと警察の不可解な打ち切り


プチエンジェル事件の翌日、渋谷では一斉補導が実施され1500人以上が補導を受けています。また警察は吉里の借りていた埼玉県久喜市のアパートを捜査し、いかがわしいビデオ1000本以上、2000名以上にも及ぶ顧客名簿を押収し、名簿に載っていたのは医者や弁護士、政治家と報道されています。

しかし警察はまもなく顧客名簿の多くが偽名であると発表し、捜査を打ち切ってしまいます。マスコミも警察の動きに合わせるようにして報道を自粛してしまいました。その結果、プチエンジェル事件とその背後にある児童買春に関して一切情報が伝わらなくなってしまいました。

またマスコミと警察には不可解な点が他にもあります。事件が起きたのは赤坂でしたが現場が渋谷であるかのような報道がされる、明らかに複数犯という証言があったのに吉里の単独犯とされてしまう、などが挙げられます。このようなことからプチエンジェル事件には様々な陰謀論が囁かれるようになりました。


真相は闇の中?プチエンジェル事件犯人は本当に自殺した?

事件発覚の前日、吉里は練炭を用いて自殺をしています。その方法が椅子を中心にビニールテントを張り、周囲を目張りした状態で椅子の下に七輪を2つ置くというものです。テントの中で睡眠薬などを服用し、昏睡状態に陥ることで急性一酸化炭素中毒で自殺を図った模様です。

しかしこの方法ではビニールが溶ける、自殺者に火傷の跡が残るはずだが吉里には火傷はなかったなどと指摘されています。またこのような仕掛けをすれば音が出るはずですが、被害者の少女たちはそのような作業音は一切聞いていないと証言しています。

その上事前に計画を練って少女を誘拐するような人間が、果たして練炭自殺などという不確実な方法を考えるかというのも疑問です。遺書も残っていないので動機は不明です。また吉里の両親や兄も自殺を図っています。吉里の自殺は本当に吉里の意志によるものだったのでしょうか。

プチエンジェル事件犯人の自殺間際の異常な行動

吉里の自殺で奇妙なのは自殺方法だけではありません。吉里は7月11日になんと愛車のフェラーリを2台とも売却しているのです。そして翌12日には少女たちの監禁に用いる道具と共に自殺用と思われる練炭と七輪を購入しています。


この2日間の行動は明らかに矛盾を来しています。これから死のうとする人間がフェラーリを売って金策に走る理由が分かりません。練炭や七輪を買ったという情報が後付けであると考えるのが自然です。

また自殺に及ぶ16日の午前中、吉里は都内の無店舗型風俗店へ電話を入れ、赤坂のマンションへ風俗嬢を派遣してもらうように頼んでいます。指定した行為の内容が法に触れるものだったため店側は断っています。吉里は風俗店の閉店時間まで交渉したようでしたが結局断られ、その日のうちに自殺をしています。

吉里は交渉の際「今日しかない」という言葉をしきりに繰り返していたようです。もう自殺の決意をしていたのか、あるいは監禁しているのが今日しかない、という意味なのかは分かりません。ただ死ぬ前に性欲を満たしておきたかったのかもしれません。

プチエンジェル事件の真相と犯人を調べたジャーナリストの最期

プチエンジェル事件で命を落としたのは吉里だけではありません。プチエンジェル事件から2か月後の9月12日、フリージャーナリストの染谷悟の死体が東京湾で発見されました。背中を8か所刺されたほか頭部を2か所殴られ、両手両足を拘束され重しをつけられていたとのことです。


染谷は「柏原蔵書」という名義で組織的な児童買春の実態を調査しており、プチエンジェル事件も独自に追っていたようです。2002年9月には自宅のアパートに空き巣が入るなど嫌がらせとも取れる行為をたびたび受けていたようで、親しい人には「中国マフィアに殺されるかもしれない」と漏らしていたそうです。

染谷は本当にプチエンジェル事件を追ったために殺されたのでしょうか。犯行は中国マフィアによるものだったのでしょうか。もしそうならばプチエンジェル事件は国内に留まる問題でなくなってきます。

プチエンジェル事件と芸能界の意外なつながり

直接関わったわけではないですが、実はプチエンジェル事件と芸能界には意外なつながりがあると噂されています。真偽はわかりませんが、押収された顧客名簿の中には有名な芸能人の名前のほか、なんとあの秋元康さんの名前が載っていたという噂もあるのです。秋元さんと言えばAKBグループです。もしかしたらAKBのメンバーの中に元プチエンジェルの子がいるかもしれないと、想像してしまう人もいるでしょう。

実際、プチエンジェルは少女をスカウトする際に容姿の基準をとても厳しく設けていたそうです。そのため意図していないとしても、芸能界に元プチエンジェルの少女がいてもおかしくはないでしょう。もし意図していたのなら、芸能界もプチエンジェル事件隠しにやっきになるかもしれないですね。


プチエンジェル事件と裏社会。真相を隠ぺいした気配

プチエンジェルはかなりの収益をあげていました。顧客の管理から経理まで、多岐に渡る仕事を吉里一人ですべて行うのは不可能でしょう。預金が35億を超えているのに吉里が非合法なビジネスを続ける理由も分かりません。そのため裏には山口組や関東連合のような反社会勢力が存在し、資金源にしていたのではないかと言われています。

プチエンジェル事件には政治も絡んできます。プチエンジェル事件が起きた赤坂のマンションは吉里ではなく、小沢一郎の資金団体である「陸山会」が所有していたと言われています。事件後の2003年7月18日の予算委員会で鴻池祥肇防災担当大臣は「少女4人も加害者か被害者か分からない」などと歯切れの悪いもの言いをしてしまいます。

またプチエンジェル事件当時に警察庁次長を務めた漆間巌という方は、2008年の麻生政権で内閣官房副長官の座にまで登りつめています。政府が警察にプチエンジェル事件の真相についての隠ぺいを頼んだと考えるのはうがった考えではないように思います。


真相に潜むタブー!秋篠宮文仁親王と高円宮憲仁親王が顧客に?

プチエンジェル事件の捜査が打ち切りとなった背景には、皇族の名前が顧客リストに入っていたからという噂もあります。載っていたのは秋篠宮文仁親王殿下と高円宮憲仁親王殿下。皇室に名を連ねる方々がこのようなことをしているとは考え辛く、噂も高円宮殿下が薨去されてからは下火となりました。しかし都市伝説として伝わっている話があります。

いわくプチエンジェルの作った動画の中には秋篠宮殿下と高円宮殿下が秋篠宮家の長女・眞子様と行為に及んでいるものがあるというのです。動画は「パパだーいすき」という名前で覚えられています。宮内庁はこの動画を探しているそうです。ファイル共有ソフトが出回ったのはこの「パパだーいすき」を探すためと言われています。


この記事ではプチエンジェル事件について取り上げました。この事件は不可解な点が多く、残念ながら真相が明らかになっているとは言えません。ただ事件の背景には何かとても大きな闇と呼ぶべき何かが横たわっているような気がします。もし興味を持たれても、あまり深入りはしないほうが賢明ではないでしょうか。
https://career-find.jp/archives/30091


▲△▽▼

プチエンジェル事件と皇室の関係
https://xtreeem.com/I0010863

プチエンジェル事件の真相は皇室・秋篠宮殿下の失態?


実は、プチエンジェル事件は秋篠宮殿下の失態を隠すためのスケープゴート事件だとも言われています。あくまで都市伝説の域を出ない話しではありますが、納得させられるところはありますね。


秋篠宮と言えば誰もが知っている日本の皇室のお一人ですが、秋篠宮殿下が高円宮憲仁親王殿下と、秋篠宮家の長女と行為をしている動画が流れたのがプチエンジェル事件の発端であるという伝説があります。

皇室内でそんなタブーな動画が撮られるなんて信じられない話しではありますが、都市伝説として存在しているようです。

動画内では秋篠宮家の長女が「パパだ〜いすき!!」と言っているそうで、そのタイトルでこの動画は覚えられたのだとか。

こんなとんでもない皇室動画が流れ出してはいけないと、皇室・秋篠宮が法律を変える為に容易したのがプチエンジェル事件。

プチエンジェル事件を起こして、児童ポルノ動画を持つことは犯罪という法律を作り、皇室の安全を守ったのではないか、と言われています。


皇室・秋篠宮殿下の「パパだ〜いすき!!」動画は持ってると危険


秋篠宮殿下の動画を探す為に作られたと囁かれる「ファイル共有ソフト」。
秋篠宮殿下が映っている動画を持っている人を探していると言われています。


ファイル共有ソフトも、パパだ〜いすき動画を探す為に作られたという伝説があります。
もしその動画を持っていたら、殺されてしまうかもしれません。


このように、プチエンジェル事件は噂が噂を呼んで、様々なサイトで動画や文章にされています。
どの情報も全ては憶測の領域を出ないため、「〜らしい」としか言えない情報ではありますが、真実も多数含まれているようです。


プチエンジェル事件の真相に更に切り込んだ動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=LZgDVZw9UkI


プチエンジェル事件自体は経営者の男性を殺す目的で作られた事件で、実はことの発端は4ヶ月前に女子高生との売春で逮捕されたことだと動画では語られています。

逮捕されたことにより、顧客リストの大物や、裏で操る人物達に迷惑がかかることを恐れ、監禁事件を起こして上手く殺害したのではないかと語られています。
そうなってくると、監禁されていた少女四人も、経営者の男性を殺すために口裏を合わせている可能性が出てきますね。


実は監禁されたとされる少女四人は、プチエンジェル事件の裏側にいる人たちとグルなのではないか?と言われています。

少女四人の言動はそれぞれ一致していないことや、四日間も縛られて監禁されていたのに、トイレはどうしていたのかなど、謎な部分が多いのです。

このことから、作られた事件なのではないか?と予想されています。

政治家がお客にいたのは事実なのだそうですが、少女の証言は信じきってはいけないのかもしれません。

漫画化されるほどの伝説の事件となったプチエンジェル事件。
日本の闇が隠された恐ろしい事件のようですね。

興味本位で深入りすると染谷悟さんの後に続くことになるかもしれないので、あまり首を突っ込まない方がいいのかもしれません・・・!
https://xtreeem.com/I0010863


▲△▽▼

プチエンジェル事件に関わった記者が消されたのは秋篠宮までハニートラップにかけたのを明らかにしたのが原因?:

プチエンジェル事件の真相を暴け

89 : 可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/08/03(月) 04:52:53 ID:iVTcFInO0 [1/2回(PC)]

秋篠宮も会員だからこの事件必死に封印してるんでしょ


113 : 可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/08/03(月) 16:36:49 ID:iVTcFInO0 [2/2回(PC)]

秋篠宮はタイから愛人を密かに日本のマンションに呼び寄せて逢瀬するほど暇だよ。プチエンジェルの件は結構有名。


126 : 可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/08/04(火) 03:18:11 ID:N1zXyqhK0 [1/1回(PC)]

秋篠宮の話題になると必死に火消しに来る輩がいるあたり逆に信憑性が増すw


234 : 可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/08/20(木) 17:48:12 ID:ODnosw630 [1/1回(PC)]

秋篠宮はタイの売春宿に「視察」で訪れてる。
それは秋篠宮サイドも認めてたよね。
川嶋・秋篠宮は真っ黒。
http://www.logsoku.com/r/ms/1248789509/


127 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/15(火) 13:53:53.81

活字にしたが最後、秋篠宮絡みのプチエンジェル事件のように
関わった記者が消されてしまう可能性だってあるのに、本当に物騒な馬鹿ですねw
http://archive.2ch-ranking.net/uwasa/1358199870.html


36 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/13(金) 07:02:04.10 ID:nBEoAHw3I

秋篠宮が顧客、あ、誰か来たようだ


600 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 07:49:00.82 ID:Nq9r4bRD0
>>36
その兄がって言う噂有りだよ。


713 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/17(火) 08:23:51.48 ID:unNvVBpU0

皇太子殿下がお忍びでいらしていたと聞いて。


596 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 07:08:52.90 ID:n+vCL14/0

プチエンジェルと皇太子はかなりヤバイ話なんだな。
こんなにバカな煎餅がわんさか湧いてくるのを見るとw


342 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/13(金) 20:15:33.95 ID:L6HIst8y0

皇族の秋篠宮が顧客


430 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 05:16:30.20 ID:1swOn44C0
>>342
スライドねつ造するな

高円宮が顧客だったという噂があったな
それで友愛されたと
カナダ大使館でスカッシュ中に突然死というのも工作
日韓WCといい高円宮はチョンとの関わり合いが深かっただけに


484 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 17:25:29.47 ID:PW2An6HQ0
>>342
有名だよね
当時の記事に載ってるし過去スレにもある

皇太子や高円宮家にスライドしようとしてるのは
キチガイ男系男子カルトと皇太子一家叩きの鬼女だけ


520 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 20:07:29.71 ID:JRpFz/I2O

男なら冷静に考えてみなよ
男の欲求不満がたまる嫁はどっちなんだ?
マサコ屁なのか紀子妃なのか。

本当に皇族の顧客が居ると言うならばだ。


616 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 10:02:04.49 ID:+RSl1FHR0
>>520
そういえばアヘ顔流出とか、なぜか頻繁に訪れていた大学にベッドが用意されていたとかあったな雅子さん

薄汚い噂が、多数流れていたとか言う奴。うわさには人と発信源が必要なんだよ
一つの噂が同時多発的に多数に流れるのはテレビなどのメディアを使うか
大人数がいる団体や組織。まあ大抵は学校なんだがそれらは元が同じ情報でも地域やその団体での特性や差異がでる
メディアではなく伝聞であっても伝言が続いていくあたりで変化が加えられてゆく

しかしこの弟宮の件は大人で各地方で差異もなく広まっているそうで
つまり全国に組織がある団体が文言も指定して各地の人間に意識的に言うように指示されたのが良く判る

そうかがっかい


617 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 10:57:48.59 ID:ogTMwF550
警備が凄いのは兄だろ?
従兄が心室細動とかでアボンが怖かったとかじゃね?


618 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 11:21:57.57 ID:45EBgeit0
>>512
秋篠の素行と性格と顔見たらあまり説得力をもたないよね

チョンヤクザが兄陣営認定して東宮に矛先そらそうとしてても火消しが逆によけいあやしく見える

秋篠が東南アジアになまず研究?で遠征に行ったときに風呂屋で風俗遊びしてた噂はかなり昔に聞いて
あー皇位継承権持ちの皇族の癖に風俗はヤクザの美人局がやばいのにぃ
と思って私は長くずっと記憶に留めていたし

もともと結婚前の紀子さんに中だし中絶の常習犯して義父を激怒させてた男だし
帰化チョンのグループがやたら秋篠を推すのがなんだか逆にすごくあやしいし

皇太子はあなどられがちなポッポに似て堅物くさいし女の趣味も柏原よしえとブルックシールズでしょ、
あれほど付き纏ってゲットした雅子も同じ派手なつくりの顔でそれに大柄でごっついし
東宮はロリよりマザコンだよたぶん

子供もなかなかできなかったしEDのイメージはあっても性風俗遊びのイメージない
よくて東宮御所のプロのおばさん女官の手ほどきで鍛えられた素人童貞

皇太子が幼い少女が好きでも共産党パヤオみたくメンタル高齢童貞の子持ち既婚者が
幼女に真面目な母性を見るみたいなアレを連想する

嵌められるにせよカルト系の社会福祉法人に騙されて善意で悪巧みの神輿看板に使われるぐらいしか想像できないし
魚座だから少女趣味のケはあるだろうけど本人が少女漫画読みそうな顔してるし
ヤクザに紹介されて一晩少女と一緒にいても真顔か笑顔でずっと雑談してそう
それも敬語で

秋篠は風俗好きそうだし節操なさそうだからシモのスキャンダルはこっちのイメージ
これは火消し矛先そらしでなく正直な感想だから弟陣営に寄生したチョンヤクザが必死に工作してもイメージは消せない
紀子さんもいまはキツネっぽいけど昔は美少女風だし
その紀子さんにあの仕打ち、秋篠は性的に少女が好きそう

つうかやっぱザイニチは皇室も狙ってたんだよな
プチエンジェルでこんなん話題にでるとは
風俗関係に限らずあやしい法人の神輿にされてる華族多いし今後はそっちも洗ったほうがいいかもね


623 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 12:23:12.85 ID:4ylmY0UJ0

弟くんの話は部室で見られちゃったりとか色々有名じゃん
兄もそうならそれでまたよし
そういう血筋でしょ?
特別変態なわけじゃなし
弟はちょっと堪え性無さすぎだけど


560 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 22:07:50.47 ID:NkYeoZLj0

定期的に秋篠宮さまの名を挙げる奴がいるな。
皇室の方の名前が挙がるなんてこれっぽっちも思ってないのに
出るとは、俗に言うスライドってやつか?
やばいのは本当は誰だ?


653 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 14:08:09.47 ID:OIeY1g9V0
>>560
事件当時はそんな噂無かったと思うんだよね。
今頃になって急に湧き出してきて、さも昔からあった噂のように
言い出すのは何なんだろう。どこかで何度も見た光景だよ。

とりあえずトプカプ宮殿思い出したw


545 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 21:18:29.91 ID:oVsZZ3f7

秋篠宮が顧客って話はどっから?
学生時代相当性的に遊んでたって話は聞くけど。


557 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 21:59:13.33 ID:1swOn44C0
>>545
学生時代遊んでいたと嘘流していたのも高円宮

小和田、高円宮、外務省、創価学会
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-746.html


720 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/17(火) 16:23:40.03 ID:TJkacFS60

事件発覚前から秋篠宮の不穏な話は漏れてた
ま、そうでなくともまともな日本人で彼を崇める者はいない


561 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 22:12:39.56 ID:FwHVUwcc0

秋篠宮はガチなので火消しにも消せないだけだ。


562 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 22:13:27.27 ID:d5/LkhQj0

やばいのは皇太子と東宮職と小和田だろ。


563 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 22:15:48.74 ID:vzRu8Q3V0

当時から挙がっていた政治家や皇族の名前はガチだろう。
事実じゃなかったら本人が出版社を名誉棄損で訴えるはず。


662 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 15:10:11.54 ID:jGKO/L/q0
>>563
無知だね〜
皇族は法の主体になれないので、訴えることはできない。


663 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 15:10:29.57 ID:ABP+wmpf0

女の子たちもあの気持ち悪いヒロノミヤが近づくだけてきもいだろうに


567 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/14(土) 22:51:42.64 ID:yr5XENb/0

皇族はちゃんとそれ専用の処理係がいるって聞いたことあるけど
いくらなんでもこんな怪しいとこで買ってないと思う


573 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 00:45:17.63 ID:nTm8nXvI0
>>563
当時挙がってたのが愚弟皇族の名
今更必死になってスライドしようにも絶対に無理だ


583 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 05:20:12.25 ID:V60yM5Ne0
>>573
本当になw
堕胎2回も小和田雅子だったし、その性的遊びが激しくて性病&不妊症になった
中学生の頃から巨人のプロ野球選手の追っかけしてスナックに出入りしてた
高校中退してアメリカに行ったら中華系アメリカ人デビッドカオと同棲
親父のコネで外務省に入ったら幼馴染の越智隆雄や同僚、上司岡本やらと不倫

日本単独WC開催だったのを高円宮ら韓国利権に群がった奴らが日韓WCにした


592 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 06:47:23.07 ID:py0y9MOH0
>>583
おかしいな
まだ東宮の結婚なんか形にもなってなかった秋篠宮の結婚の頃に
そのお相手が●胎を余儀なくされたという話が学校中心に飛び交ってたんだけど


594 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 07:03:09.22 ID:4ylmY0UJ0
>>583
紀子さんは2回どころじゃないいよ
全く鬼畜兄弟だね


584 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 05:27:31.58 ID:QK1skSLQ0
>>583
お前のような雑魚三下が踊り出すから

プチエンジェル事件=秋篠宮

と国内外でハッキリ認識されてた事実が
より一層信憑性を増していくんだよ


596 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 07:08:52.90 ID:n+vCL14/0

プチエンジェルと皇太子はかなりヤバイ話なんだな。
こんなにバカな煎餅がわんさか湧いてくるのを見るとw


603 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 08:06:47.21 ID:V60yM5Ne0
>>596
そのヤバい遊びのために皇室の宝を海外に持ち出して売ったりヤフオクで売ったりと
池田礼子もヤフオクに絡んでいる
治外法権の国連大学にも一時雅子さんは通い詰めていた
前回の薬物OKのオランダへも相当皇室から荷物持ち出しているよな
今回のスイス行きもアレだと言われている

皇太子夫妻のヤバい遊びが子の発達障害へ
高円宮のところは長女がブログで淫乱ぶりを吐露


614 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 09:41:54.27 ID:JhFsn/El0

紀子様の噂は必死に広めた連中がいたんだね
インターネットもない時代にメディアにのらない話を。


616 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 10:02:04.49 ID:+RSl1FHR0
>>520
そういえばアヘ顔流出とか、なぜか頻繁に訪れていた大学にベッドが用意されていたとかあったな雅子さん

薄汚い噂が、多数流れていたとか言う奴。うわさには人と発信源が必要なんだよ
一つの噂が同時多発的に多数に流れるのはテレビなどのメディアを使うか
大人数がいる団体や組織。まあ大抵は学校なんだがそれらは元が同じ情報でも地域やその団体での特性や差異がでる
メディアではなく伝聞であっても伝言が続いていくあたりで変化が加えられてゆく

しかしこの弟宮の件は大人で各地方で差異もなく広まっているそうで
つまり全国に組織がある団体が文言も指定して各地の人間に意識的に言うように指示されたのが良く判る

そうかがっかい

617 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 10:57:48.59 ID:ogTMwF550警備が凄いのは兄だろ?
従兄が心室細動とかでアボンが怖かったとかじゃね?

618 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 11:21:57.57 ID:45EBgeit0>>512
秋篠の素行と性格と顔見たらあまり説得力をもたないよね
チョンヤクザが兄陣営認定して東宮に矛先そらそうとしてても火消しが逆によけいあやしく見える
秋篠が東南アジアになまず研究?で遠征に行ったときに風呂屋で風俗遊びしてた噂はかなり昔に聞いて
あー皇位継承権持ちの皇族の癖に風俗はヤクザの美人局がやばいのにぃ
と思って私は長くずっと記憶に留めていたし
もともと結婚前の紀子さんに中だし中絶の常習犯して義父を激怒させてた男だし
帰化チョンのグループがやたら秋篠を推すのがなんだか逆にすごくあやしいし

皇太子はあなどられがちなポッポに似て堅物くさいし女の趣味も柏原よしえとブルックシールズでしょ、
あれほど付き纏ってゲットした雅子も同じ派手なつくりの顔でそれに大柄でごっついし
東宮はロリよりマザコンだよたぶん
子供もなかなかできなかったしEDのイメージはあっても性風俗遊びのイメージない
よくて東宮御所のプロのおばさん女官の手ほどきで鍛えられた素人童貞

皇太子が幼い少女が好きでも共産党パヤオみたくメンタル高齢童貞の子持ち既婚者が
幼女に真面目な母性を見るみたいなアレを連想する
嵌められるにせよカルト系の社会福祉法人に騙されて善意で悪巧みの神輿看板に使われるぐらいしか想像できないし
魚座だから少女趣味のケはあるだろうけど本人が少女漫画読みそうな顔してるし
ヤクザに紹介されて一晩少女と一緒にいても真顔か笑顔でずっと雑談してそう
それも敬語で

秋篠は風俗好きそうだし節操なさそうだからシモのスキャンダルはこっちのイメージ
これは火消し矛先そらしでなく正直な感想だから弟陣営に寄生したチョンヤクザが必死に工作してもイメージは消せない
紀子さんもいまはキツネっぽいけど昔は美少女風だし
その紀子さんにあの仕打ち、秋篠は性的に少女が好きそう

つうかやっぱザイニチは皇室も狙ってたんだよな
プチエンジェルでこんなん話題にでるとは
風俗関係に限らずあやしい法人の神輿にされてる華族多いし今後はそっちも洗ったほうがいいかもね


703 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/16(月) 08:05:05.48 ID:1FMWJCeD0

日嗣の皇子のお名前があがってるのは、元ネタがイギリス留学中に
あるとかいう書き込みみたことあるな。


718 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/17(火) 15:21:19.50 ID:JWaxyPS90

皇族が絡んでいたから消された・・・・

なんてなw
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402608583/


▲△▽▼

秋篠宮ではなく皇太子の方がプチエンジェルの顧客だった?


プチエンジェル事件というと必ず糸山英太郎の名前が出て来ますが、これだけ糸山英太郎のロリ趣味が喧伝されるというのは、プチエンジェルのもっと重要な顧客の事が話題にならない様に、スケープゴートにされているという事なのですね:


【英中】「まさか自分がハニートラップかかるとは」 ロンドン前市長告白 
出会った中国人女性がホテルで待ち伏せ、部屋に誘ったら…

546 : 名無しさん@十周年[] : 投稿日:2009/12/05 12:35:31ID:67IbI1s+O [1/1回(携帯)]

小沢はわざと同行者を罠にかからせにいくんだろうな。
映画の『エイリアン』と変わらん。

皇太子も罠にかかりつつあるか、すでに罠にかかっているんだろう。

小沢は日本に恨みがあるのか。
http://www.logsoku.com/r/newsplus/1259949962/


36 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/13(金) 07:02:04.10 ID:nBEoAHw3I

秋篠宮が顧客、あ、誰か来たようだ


600 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 07:49:00.82 ID:Nq9r4bRD0
>>36
その兄がって言う噂有りだよ。


713 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/17(火) 08:23:51.48 ID:unNvVBpU0

皇太子殿下がお忍びでいらしていたと聞いて。


596 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/15(日) 07:08:52.90 ID:n+vCL14/0

プチエンジェルと皇太子はかなりヤバイ話なんだな。
こんなにバカな煎餅がわんさか湧いてくるのを見るとw


718 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/06/17(火) 15:21:19.50 ID:JWaxyPS90

皇族が絡んでいたから消された・・・・
なんてなw
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402608583/
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-746.html


53 : 名無し草[sage] 投稿日:2011/04/08(金) 09:56:22.35

小和田がらみもあったが、皇太子自身がロリというエピがイギリス留学中あったそうだ。


94 : 名無し草[sage] 投稿日:2011/04/08(金) 13:05:11.29
>>53
ロリコン疑惑があるのは秋篠宮
プチエンジェル事件を蒸し返されるから無茶なスライドはやめるべき

皇太子はイギリス留学当時、同時期のブルック・シールズファン
ロリではない
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/nanmin/1302183091/


【皇室】デヴィ夫人「徳仁殿下を廃嫡、雅子妃殿下を廃妃、皇太子位を秋篠宮様に移譲することを求める請願書」の署名運動開始★3

132 : 名無しさん@12周年 [sage] 2011/11/16(水) 03:18:16.30 ID
:h/wOIZGL0
柏原芳恵だのブルック・シールズだのが好きって、いい歳して言ってたりするのは現代風
そういえば、シールズ好きを公言し始めたのは、オックスフォード時代かな?
当時のシールズはまだ10代で、代表的ロリータ女優とみなされていた時期だから、皇太子はたぶんロリコン
http://archive.2ch-ranking.net/newsplus/1321379074.html


【皇室】こどもの日は皇太子ご夫妻、敬老の日は秋篠宮ご夫妻...両陛下の施設訪問引き継ぎ - 宮内庁 [15/01/22]©2ch.net

1 :ゆでたてのたまご ★@転載は禁止 ©2ch.net:2015/01/22(木) 15:49:52.52 ID:???0
31 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/22(木) 21:42:07.98 ID:0VbMzUDs0

>こどもの日は皇太子ご夫妻、
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070805191913.jpg

ああ、ロリだからな徳仁は。やっぱりそっちを取ったかw
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1421909392/


皇室御一行様避難所 part56

32 :可愛い奥様@避難所生活:2014/02/03(月) 17:59:49 ID:68.HsP5o

ローリーと言えば、プチエンジェル。
タトムもいっちょ噛みしていたと噂されていましたねぇ。
時系列的にマサ丼&準皇族ご一行様の狼藉具合と照らし合わせると、面白い妄想が出来るかも知れませんねw


33 :可愛い奥様@避難所生活:2014/02/03(月) 18:00:09 ID:zRJUtpEQ
>>31
いや〜、生徒の体操着がなくなったり、更衣室にカメラがあったりって事案が出てきそうな。

三の丸尚蔵館あたりで入場券のもぎりでいかが?


34 :可愛い奥様@避難所生活:2014/02/03(月) 20:31:23 ID:aKIOyEkc
>>32
プチエンジェルは憲仁殿下やナルの噂もあったね
都市伝説的な噂だけならいいけど
コルマールで外務に嵌められているだけに
他にどれだけやらかしているか


39 :可愛い奥様@避難所生活:2014/02/04(火) 11:31:23 ID:sSD5QI8o
>>34
owd(中川註:小和田)が皇室の弱みを握ってるってよく聴くけど
ナルのプチエン遊びのことかな?
あの人若い頃は巨乳好きでロリってイメージじゃなかったんだけど
でもブルックシールズのデビュー作って思っきしロリなのよね(プリティベイビー)
青い珊瑚礁の時でも15歳だもんな


805 :可愛い奥様@避難所生活:2014/03/13(木) 14:07:50 ID:FoJkxjvk

女性セブンの記事のはじめのモノクロ写真は3月10日の最後の授業参観の下校風景です。>三人お揃いw

54歳のおっさんが、授業参観ばっかりして何が面白いんだろう、と素で思う。
どんなイクメンでも、年に1回、1時限したらオナカイッパイじゃない?


806 :可愛い奥様@避難所生活:2014/03/13(木) 14:44:41 ID:VPmj/kMM
>>805
ヒント:ロリコン
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/news/5135/1391054484/-100


786 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 11:48:07.78 ID:5q0BW7LL0.net[2/3]

鴨場の出来事とは麻薬取引現場の証拠写真を突き付けられたとか?
今日のASUKA被告の裁判報道を見てたら、トウグウも乱●パーティーやってそー、オェwとあらぬ想像が浮かび

プチエンジェルという言葉も思い出し、何が何やらw
これは一大スキャンダルだよね

次代になれないなら皇室廃止にシフトチェンジ
引いたら終わりのカード、コウタイシ ハ ハコビヤ
お抱え反日マスゴミを使って皇室廃止キャンペーンだったりしてね


789 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 12:06:45.39 ID:cmQqIkIl0.net[2/2]

そう言えばプチエンの話題で唐突に秋篠宮殿下のお名前を出してきたり、異様だったな。
いつもの●の行動パターンなら東宮が絡んでるとしか思えんぞ。


790 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 12:16:29.97 ID:5q0BW7LL0.net[3/3]

そっか・・・
じゃあ、取引材料かな
認めざる負えない証拠、次々と事件発覚
で、関わっている各擁護勢力の力が衰える展開
お手上げ、身を引く代わりに不問?
廃太子に出来るなら致し方なしとか


791 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 12:55:22.54 ID:n3SWW+i5O.net

全てowd(中川註:小和田)一味がやったことなので
無条件廃妃・現盗宮家劣り潰しでおk


794 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 14:04:54.69 ID:QUszUBr30.net[2/3]
>>789
プチエンジェルの件は
事件当初から礼宮の名前が名簿にあったということが騒がれてたけど?

必死にスライドして皇太子のせいにしてるけど
皇太子じゃ警備が厳しすぎて自由に行動もできないことは明白なのにw


 
796 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 14:08:45.90 ID:Gy+cR+L8O.net[3/6]

紀子様という彼女がいるのにプチエンする理由がまずないし
当時モテナイ君だった皇太子のほうが…


800 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 14:20:14.12 ID:jqePko710.net[1/3]
>>794
プチエンはマサが関係?それにナルだよ、ナる。
今だって学習院で運動会、幼女の写真撮りまくり。
アーヤじゃないよ、ナル。自分より小さいヨウジョに・・・


798 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 14:13:07.32 ID:zQqewQnU0.net

愛子様の運動会で撮りまくってたんでしょう…
皇太子の方でしょ…


822 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 18:59:55.30 ID:4pfHjkrZ0.net

スレタイ夫、娘の運動会でもロクに見もしないで写真ぱかり撮ってるよね


806 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 16:03:22.76 ID:cbuHdh5qO.net[1/7]
>>796
ナルは愛子の運動会でも女子小学生を撮りまくるロリコン。
モテないし妻の雅と新婚時から寝室は別。
昔イギリス留学時にそっち関係の遊びをお付きの人が同行したと、過去スレ。
秋篠宮殿下は紀子様とラブラブ。愛人報道は捏造。タイの王女の写真付証言あり。


807 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 17:05:43.94 ID:cbuHdh5qO.net[2/7]
>>806
プチエン総括サイトから探して取ってきました。

_____
700 :名無しさん@お腹いっぱい2011/03/30(水) 09:58:06.58 ID:???.

兄。嗜好は学友の間でも有名である。英国留学の際のエピソードあり。
常に側近が同行している。
妃の入内に関わりありとの噂→小和田恒


701:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 14:11:37.11 ID:???
12歳当時の雅子様の写真とプチトマト(中川註:ロリ写真集)に掲載されていた少女の一人がそっくりだった件w
ちなみに清岡女史は元華族


709:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 10:03:47.11 ID:???
>>701
なにそれ?


710:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 13:06:24.68 ID:???
>>709
それ、ロリコンにしかわからない隠語のようなもんだから
気にすんな!w
http://shimasoku.com/kakolog/read/archives/1146071493/

_____


815 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 18:13:17.71 ID:JD+cGIbP0.net[1/2]
>>812
こういう雅子さんの画像を見るとね・・・
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20071124112148.jpg


816 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 18:17:15.72 ID:M+6FUsI8O.net[2/4]
>>815
おい、なんだこりゃ


827 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 19:39:06.43 ID:jqePko710.net[3/3]
>>815
芝生に直接座るかな?
昔は「虫が入るよ」って言われて、敷物くらい用意するんだが。
スカートが湿るし汚れるし、絶対、こんな写真撮らないね!断言する。


828 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 19:54:58.45 ID:rTpkkYf/0.net

赤ちゃんのころなら、はだかんぼで、撮ったことありますけど、あの大きさでは、ねぇ。意図的なんでしょうか?


817 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 18:27:25.68 ID:26gePjrv0.net[1/2]

普通の親だったら、
「パンツ見えるから、足を真っ直ぐ伸ばして膝をくっつけなさい」
って言ってから撮る、よな?


820 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 18:37:06.91 ID:JD+cGIbP0.net[2/2]
>>817
パンツはいてたらね・・ 知らないけど。


833 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 21:01:27.69 ID:+YmUSvh20.net
>>817
パンツ見せるための写真かもな
ロリコンの権力者に売り飛ばすために。

雅子が嫁ぐ前からずっとあの家族の振る舞いの傍若無人さはHISASHIの力を当てこんでる訳でもなく それ以上が後ろにあるからだろ


834 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 21:15:28.36 ID:cbuHdh5qO.net[6/7]

こんなパンツ丸見え写真は雅だけでしょ?
礼節はゲロ写真はあっても、つんつるてんの浴衣とか、長襦袢なしの着物とかは雅だけ?
ジジンもバンビも雅に対する愛情はあまりないと思った。
あくまでも利用価値のある駒。


823 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 19:05:08.19 ID:26gePjrv0.net[2/2]
>>820
まさか…と思ったけど、斜め上なのがあの家か。なくはないか。


808 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 17:20:27.00 ID:Gy+cR+L8O.net[4/6]
>>807
まさか自分の娘にまで手を出してないよね?
そこまで鬼畜ではないと思いたいけど…


811 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 17:34:28.53 ID:cbuHdh5qO.net[3/7]

いくらロリコンでも愛子みたいな感じでは大丈夫でしょう。
ナルの好みは愛子のご学友バンビちゃん?


812 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 17:39:56.49 ID:vA0p93nx0.net[5/5]
>>808
ヒサシジジンもマサが本当の娘じゃないから手を出して売り飛ばしたんじゃないのって噂があった。
プチエンの前はプチ○マの話がかつて出たよ。
嘘か誠か不明だけどプチ○マにスレタイらしき少女が居たって。
裏で実はある部署が絡んでいる説もある、あの女性写真家はいつ死んだかも分からない。
国会図書館でも、この手の本は既に閲覧禁止になっている。

スレタイ妻が中学生から野球選手の追っかけやってた、というのは
性的な部分が発達しすぎていたというより幼少期にすでに壊れたんじゃないか?


813 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 17:57:51.66 ID:cbuHdh5qO.net[4/7]
>>812
そのような事が書いてあるblogを前に読みました。
ジジンもプチ○ンで脅迫されていると書いてありました。
死んだ女性写真家ってのは初めて知りました。
よくわからないけど口封じ?裏の世界は汚くて怖い。


814 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 18:05:26.58 ID:Gy+cR+L8O.net[5/6]
>>813
えっ、ジジンまでロリコンなの?
浮気ばかりしてたのは知ってたけど
ロリコンは気持ち悪すぎ…


821 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 18:44:10.86 ID:cbuHdh5qO.net[5/7]

プチ○ン関係→140番組の途中ですがアフイサイトへの転載は禁止です

2013/01/29(火) 20:22:55.08 ID:略
たかが国会議員レベルで報道が止まるなんてありえない。
愛人におしっこ飲ませた山拓は週刊誌で叩かれた当時は自民党副総裁だ。
名前を出すのが恐れ多い立場の人が顧客リストに居たんだろ。


836 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 21:42:42.01 ID:bK8mlHeh0.net

プチエンとかクスリとか、東宮家 後ろ暗すぎだろ


838 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 21:52:57.58 ID:M+6FUsI8O.net[3/4]

こういう話になるとどこまで信じていいのかワカランが
オワダの荒らぶりチンコがロシアに喰われたかチャイナに掴まれたか
日本国のためにならんのは確か


840 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 22:01:44.26 ID:ViGYo/0j0.net[1/3
]>>836
プチエンも薬もパソナの匂いがするわね。社長の名前はケケ中。
そういえば、どっかの誰かさんが愛国者って言っていたわ。
それって、皮肉?

韓国のアキヒロの黒幕として、米韓FTAに尽力。結果、未曽有の雇用破壊とグローバル化を招き、ただいま韓国絶賛沈没中。
そして、またもや日本に舞い戻り、日本を奈落に沈めんとせん・・・かww


841 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 22:10:43.63 ID:f1ZMI58A0.net
>>838
KGBは徹底して性的趣味まで調べるそうなのでw
ヒサシがゲイだったとしてもロシア美少年をあてがわれていたよ

ロリコンは日本の得意技なんだけどね


842 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 22:14:44.90 ID:ViGYo/0j0.net[2/3]
>>841
ロリータを書いた、作家のウラジーミル・ナボコフは米国在住の亡命ロシア人だった。
美少女趣味って、全世界共通の性癖だったのよ。
KGBが用意するのも、お手の物だったんだろうね。


861 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/29(金) 09:43:19.12 ID:0ez69SYw0.net[1/2]
>>841
KGBだけじゃないでしょ。
日本の政治家はシナチョンの愛人多すぎ。
ついでに自衛隊も。


882 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/29(金) 13:32:06.65 ID:iqgRfbuUO.net[3/4]あるblogより→2012/01/0901:31

東宮家の渡仏渡英予定も麻薬利権がらみ?

プチ○ン事件で脅迫されて○璽を持ち出し…

オランダ静養日本出国時の大量スーツケースの中身は?

帰国時 中身は麻薬?国連大学○本木で売りさばく?
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408172468/

▲△▽▼


プチエンジェル事件の詳細は

プチエンジェル事件の深すぎる闇
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/358.html 

43. 中川隆[-10656] koaQ7Jey 2019年4月20日 19:00:04 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1405] 報告

2019.04.20 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か? リテラ

官邸が流す秋篠宮バッシング情報、文春は安倍首相の秋篠宮批判を紹介

 これはもちろん、ネットが“秋篠宮家叩き”に盛り上がっているという状況が後押ししている部分もあるだろう。だが、もうひとつ、週刊誌の新たな情報源の影響も見え隠れする。それはズバリ官邸だ。週刊誌の皇室担当記者が証言する。

「これまでの秋篠宮バッシングは、保守的な他の宮家や宮内庁関係者、東宮周辺から出ていることが多かったが、ここ数ヶ月の秋篠宮家の記事は、それだけじゃない。皇室担当じゃなく、政治担当の記者が情報を入れてくるケースが増えてるんだ。官邸で皇室を担当している杉田和博官房副長官の周辺、それから内閣情報調査室あたりが、情報の出どころなんじゃないか、といわれている」

 また、全国紙の官邸担当記者に確認すると、官邸幹部や、安倍首相に近い自民党中堅幹部などが、秋篠宮への批判をオフレコでしゃべるようになっているという。

「皇太子殿下の秋篠宮批判や、抗不安薬の使用なども、宮内庁や皇室周辺ではこれまで聞いたことがなかった。もしかしたら、官邸や内調から出てきた情報なんじゃないでしょうか」(前出・週刊誌皇室担当記者)


 実際、一連のバッシング記事の中にも、安倍首相周辺や官邸が秋篠宮バッシングの情報源になっていることを物語る記述が出てくる。その典型が、「週刊文春」4月11日号に掲載されたこんな一文だ。

〈現天皇との“溝”を埋められない安倍首相。秋篠宮さまについても、昨年十一月の誕生日会見で「大嘗祭は内廷費で賄うべき」と発言されたことに対し、「反乱だね」などと言い放っていた。麻生氏も「内廷費も税金だし、なんで税金に介入してくるんだ」と不快感を見せていたという。〉

 さらに、同記事には、安倍首相に近い関係者のこんなコメントも掲載されていた。

「首相は眞子さまと小室圭さんの問題に関して『早いうちから色んな恋愛を経験していた方がいい。(眞子さまが)可哀想だ』と言っていた。悠仁さまの将来についても『多くの女性と接してもらった方がいいのかも』と。内定費問題をはじめ、首相には秋篠宮家への不信感が根底にあるようです」(前出・首相周辺)
「(前略、生前退位の意向報道について)首相はむしろNHKの情報源を気にしており『秋篠宮さまがリークしたようだ』と見ていました」(官邸関係者)

 どうも安倍首相自身が秋篠宮批判を口にし、それが側近を通じて外に漏れているようなのだ。そして、こうした安倍首相のスタンスを忖度した官邸スタッフや内閣情報調査室が、秋篠宮バッシング情報を週刊誌に流しているということらしい。
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/813.html

44. 中川隆[-10647] koaQ7Jey 2019年4月24日 10:22:50 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1423] 報告
2018.08.18
美智子皇后の正体|(前)昭和天皇発病後の美智子と今上陛下と朝日新聞の策謀
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/16/2016111620161116000000_1/

2016年10月26日
コメ欄に貴重な情報を頂きました。恐怖さえ覚える驚愕の無いようです。

しかし、私はこの情報を検証してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(さぽ)

今回の記事、諸外国での美智子皇后の称号について他ブログにも指摘があり、改めて本当なのだなとショックを受けました。

同時に気になり色々と検索いたしましたところ、鬼女のブログで以下のコメントを発見しました。
・・・・・・
「昭和天皇が美智子の隣で突然倒れ、

@入院している隙に宮内庁長官と侍従長を 国事行為代行の夫(当時皇太子、現今上)に更迭させた。手足をもがれた昭和天皇は翌年再び入院。そのまま崩御。

A昭和末期は昭和天皇と美智子の一騎打ちだったのだな。

B昭和60年ごろ昭和天皇は美智子を廃妃しようとしていた。

Cシナ人美智子母が女性誌を通じて脅しをかけ それはそのまま流れた。

だが

D先帝は崩御する前に美智子を立后しないように遺言したはずだ。

E美智子の立后会議は開催されなかったがドサクサにまぎれ勝手に立后宣言。

F美智子立后の後ろ盾となったのは朝日新聞。 云々…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このコメントが真実ならば、なんという恐ろしい事でしょう。

雅子様は単に美智子様のスケープゴートだったのではないでしょうか。

ところで伏見様、立后されていない場合、万が一、今上天皇崩御された際、美智子様はどのような扱いとなられるのでしょうね。

あぁ 、今夜も眠れない。


≪私の解説≫

私の予想どうりです。

以前に「正田美智子」は「昭和天皇を早死にするために入内させた」と過去記事に、書いた記憶が有ります。


昭和天皇は、美智子入内以来、日々、ストレスに苦しめられてきたでしょう。美智子が、おとなしくしていれば、先帝もそう怒らなかったと思いますが、【美智子の皇室の伝統、文化、破壊活動】は、入内直後から、露骨に始まっていましたから、先帝も気が気でなかったでしょう。

一例が、「どや顔」で映っている、エプロン付けての、料理姿。「開かれた皇室」「民主化された皇室」「身近にいる皇室」を演じて見せました。これを映したのは朝日新聞のカメラマンでしょう(笑)

★要は、【聖なる皇室のお食事処】を実家の「粉屋の台所レベル」まで、貶めただけです。大体、美智子は常識的な日本人の「花嫁修業」もしていないのに、料理なんかできるわけが有りません。どうせ、男でも作れるカレーライスでも作ったんでしょう。


今上と美智子は気質、価値観が、全く重なるので、【美智子にとっては洗脳しやすい相手】だったでしょう。

≪義宮御妃候補事件;昭和39年≫

弟の義宮(現常陸宮)の御妃候補が、津軽華子さんに決まりかけたときに、東宮(今上)が昭和帝に対して激しく反抗しました「妃は民間からいれるべきだ」昭和大帝にここまで言わせた黒幕は、誰かお判りでしょう。美智子しかいません。

れっきとした華族の出の、華子妃殿下は、今や女帝となった、美智子に対して、喧嘩を売ることはしませんが、毅然とした態度で接しています。さすがです。美智子にとっては、煙たい義妹でしょう。

今上は、昭和39年時点で、既に、骨がらみ、美智子に洗脳され、取り込まれていたんですね。知能が低いことは確かですね。

≪入内させては、行けなかった嫁と、生まれてきてはいけなかった息子≫

今上は生まれてきてはいけない男児でした。男系の4人の姉上がそれぞれ、皇族や、華族から、婿を取ればよかった話ですから。

続きます。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/16/2016111620161116000000_1/


美智子皇后の正体|(後)昭和天皇発病後の美智子と今上陛下と朝日新聞の策謀
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/16/2016111620161116120000/

続きです。

≪入内させては、行けなかった嫁と、生まれてきてはいけなかった息子≫

あくまでも、生まれてきてはいけない男児でした。男系の4人の姉上がそれぞれ、皇族や、華族から、婿を取ればよかった話ですから。

≪引用文下線部分の解説≫

@ 昭和天皇が最初にお倒れになったのは、昭和62年(1987年)にです。

この年の同じ頃、先帝様より一歳上の私の祖父が同じ病気の膵臓がんで息を引き取りました。

吐血されたと記憶しています。不思議だ、膵臓がんの方は最初倒れるんですね。私の祖父も散歩中に、近くの公園で倒れているのを近所の人が発見して、救急車を呼んでくれました。

残念ながら時系列にずれが有ります。この時、更迭されたのは、富田朝彦宮内庁長官や、徳川義寛侍従長ですが、時期が違います。

徳川侍従長;1988年4月更迭

富田宮内庁長官;1988年6月更迭です。

未だこの時昭和天皇は、ご存命です。1989年1月7日崩御、亡くなって、今上陛下が即位した後でもよかったと思います。特に徳川侍従長は、先帝様に52年仕えた方で、先帝様の最後を見届けたかったと思います。

★徳川侍従長の後任は、山本悟で平民の官僚出身です。この後、華族出身の侍従が出ることは無くなりました。美智子の【華族コンプレックス】が露骨です。

しかも、富田長官は、小和田雅子御妃候補絶対反対派で、後任の、藤森昭一は逆に、【雅子推進派】でした。

★要するに、美智子や、今上陛下は、昭和天皇が亡くなるのを待ったのではなく、まだご存命中に、【雅子入内の布石】を打っていたのです。

もっと、露骨なのは、昭和天皇の入院中1987年に特に、徳仁と雅子の密会が頻繁になったことです。手引きしたのは美智子の意を受けた故高円宮憲仁と久子でしょう。

亭主が死に、3人の娘は不出来だらけの、超末端宮家の【高円宮家】は、贅沢な生活を維持するために【東宮費を横流し】してもらっているそうです。美智子の差配でしょう。

今、皇室内で、恐れられながら総スカンを食って、美智子の唯一の味方は、高円宮久子だけです。だから、園遊会をさぼって、金になる「京都賞」に行けたのでした。

兄嫁の三笠宮信子妃殿下が、杖を突きながらも皇族の義務を果たしたのと対照的です。久子と言う女はどこまで【下衆な女】なんでしょうか?

A 【成功しなかった昭和天皇の美智子廃妃計画】と【昭和末期は昭和天皇と美智子の一騎打ち】は十分あり得たと思います

一騎打ちと言うよりは【昭和天皇VS正田フミ&美智子の総力戦】です。

美智子の廃妃を思い立つほど、先帝様を怒らせた兆候は、確実に見受けられます。

1984(昭和59年)年、9月にコルマールで、12月にメリベルで、徳仁と雅子が密会しています。情報は、昭和天皇の耳にも入っていたと思います。

「小和田の娘だけはだめだ(怒)」外遊に同行した外交官の小和田恒の卑しい人間性を陛下は完全に見抜いていました。また、当時の中曽根内閣の官房長官、後藤田正晴氏は「小和田雅子の母方の祖父は、チッソ水俣の元凶、江頭豊ですよ。

江頭の孫娘を入内させたら、皇居に莚旗(むしろばた)=水俣の漁民、農民の一揆、が立ちますよ」と言って、釘を刺しました。

この頃、ナルマサの逢引を直接取り持っていたのは、美智子でしょう。

1986年 4月29日 昭和天皇在位60周年記念式典・・・何故か美智子は欠席

B シナ人美智子母が女性誌を通じて脅しをかけ それはそのまま流れた。

正田富美が、脅しのネタに使ったのは、【美智子入内の条件】としての、【西武堤康次郎から天皇家への秘密の資金援助】の件でしょう。

「この話、ばらしてもいいんですか〜」

当時から、母親のお抱えライターがいて、娘美智子の提灯記事を書かせたり、脅しの道具として頻繁に使っていたんですね。この【暴力装置】が、富美死後、自然と美智子に相続され、気に入らない宮妃の「事実無根のスキャンダル記事」を書かせて、嫌がらせをしていたため、誰も、美智子に関わらなくなったのでしょう。

【美智子の週刊誌を使った嫌がらせ】を唯一、恐れなかったのが高松宮妃喜久子様、さすが、最後の将軍、徳川慶喜の孫だけあります。

【成金エタ非人】の正田屋のあばずれ娘ごときを恐れません。

健在中は、鋭く今上陛下を問い詰めていました。特に、いつまでも、【継子苛め】して嫁にやらない、清子内親王について「どうして、お嫁におやりにならないの」と追及した結果やっと、清子様は、黒田さんと結婚できて、生まれて初めて「自由の身」に成れたのです。

美智子はサーヤに対して、学生の頃は、「お金がもったいないから、お風呂は週に一回だけ、水がもったいないから歯を磨くな」と言う児童虐待。

一緒に公務に出かけても、ホテルでは別々の部屋で休む。

女親にとって娘は特別な存在、

★実の娘なら、こんな仕打ちはしなかったでしょう。学習院時代、消しゴムも買ってやらなかったそうですから。私は、父親は今上でも、母親は美智子ではないと確信しています。

秋篠宮も同じです。

秋篠宮は紀子様と結婚直後、新居は築60年の職員住宅と言うボロアパートに、ぶち込まれました。血のつながった次男坊ならこんな仕打ちはしません。昭和天皇の実母の貞明皇后ですら、4男坊の三笠宮崇仁に、立派な御殿を作ってやったではないですか(怒)

今の秋篠宮邸は、紀子様と同じ会津の血を引く、秩父宮勢津子妃殿下が、「あのままじゃ、可愛そうだから、私が死んだら、邸は譲ってあげて」と遺言して実現したものです。

今上も、普段優しそうな顔をしながらも、【冷酷な皇帝】です。

いくら、美智子の尻に敷かれていると言っても、産みの親こそ違え、自分の息子で筆頭宮家なのに、自分たちは58億円もする無駄な御所を作って(怒)

E【美智子の立后会議は開催されなかったがドサクサにまぎれ勝手に立后宣言】

美智子と言う女は、【何でもアリの女】です。

★下手に「立后会議」を開いたら、【昭和天皇の遺言書】が出てくるのが怖かったのでしょう。自分で勝手に【立后宣言】しました。皇室典範の解釈は微妙ながらも、歴代の皇后で「立后会議」で認められていないのはこの人だけでしょう。

★【皇后を称する法的正当性が無い】(笑)結論は正当な手続きを踏んで立后してないんですよ。事実は【立后していない】です。

★【立后会議を開かなかった事実】は即座に、MI6によって、英国王室、エリザベス女王に伝えられたでしょう。情報は瞬時に欧州各国の王室で共有されたことは間違いありません。

F【美智子立后の後ろ盾となったのは朝日新聞】

これは、笑えますね。徳仁が、佐伯晋の種、【美智子 托卵】の動かぬ証拠ですよ。これ以上解りやすい証拠はないわ(笑)反日朝日は、部落民の皇后と、皇太子の誕生を全力でバックアップしたのです。

「国民は【立后会議】なんて知らないだろう、大丈夫ですよ」と東大出、左翼反日ばかりの傲慢記者たちが、国民をばかにして、目くらましをかませたのです。

G来年一月、厳寒の折に、心臓にカテーテルを入れている陛下を連れて、何故か、真夏のフィリピンに行きます。帰国後、極端な寒暖の差が、陛下の健康に打撃を与えるでしょう。

★これは、美智子が企んだ【陛下殺人計画】です。この女は、既に、沢山の皇族を計画的に殺してきています。@昭和天皇A香淳皇后B三笠宮ェ仁殿下、【殺人に躊躇しない女】です。

★美智子は、何が有っても、【自分が陛下より先に死ぬわけにはいかないんです】

@ 自分が先に死んで、陛下が残れば、秋篠宮が摂政になります。

A陛下が先に死ねば、徳仁が即位できます。あの女は何でも有なので、自分が【天皇即位宣言】する危険性もあります。

さて、掲載する写真は題して【部落民の正田みっちゃん】です。

目に罪人の子孫の凄味が有りますね。どこか雰囲気が、お笑い芸人「オセロ」の松嶋かおりに似てますね。

大阪の読者さんの情報によると、松嶋の独特な顔は、大阪、東成区の部落民の典型的な顔だそうです。

http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/16/2016111620161116120000/

45. 中川隆[-10645] koaQ7Jey 2019年4月24日 10:37:15 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1425] 報告
2018.07.26
皇室|美智子皇后|(1)50年間国民を騙しつづけた迷女優
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/28/2016122820161228000000/


【皇族方再検証】皇后様50年間国民を騙しつづけた迷女優


さて、皇后様ですが、前回記事の時(今年1月)の時は、私は未だ、皇后様に関しては「お花畑」で、すっかり騙されていました。

しかし、その後の「A級戦犯発言」や、「BBの覚醒記録」さんの記事やポイントをついた写真を見るために、皇后さまという大根女優に幼少の頃から、すっかり騙されていたことを知り、怒髪天を衝くほどの怒りを覚えました。

私は、社会人になるまで直系家族で、祖父母、両親、兄弟の三世代で、一戸の家に住んでいました。特に祖父は先帝様の一歳年上、香洵皇后は、祖母の一歳上でした。私は東宮の2歳年上で、弟は秋篠宮と同い年です。

そういう、偶然の年の近さもあり、当時TVで「皇室アルバム」を見るたびに、「理想の家族」を連想して、憧れていました。

特に、マスメディアが囃し立てた「美智子妃いじめ伝説」には、深く同情しました。しかし、「いじめ伝説」は都市伝説にすぎなかったでしょう。後で詳しく述べますが、この方は苛められて「よよ」と泣くような柔な女性ではありません。むしろ執念深く、しっぺ返しして、相手を畏怖させるような怖い人です。


・自業自得とは言え、一人娘の黒田清子さまにも、見放されたのはさびしくて哀れです。サーヤは「自分に対する母親の依存の強さに嫌気がさしていたそうです。本音は「もう私に依存するのは止めて」と言ったところでしょう。女親が、一人娘に甘えるのは世の常です。

しかし、聡明な清子さまから見限られるとは、余程我慢できないことが有ったのでしょう。清子さまは両親を見限って、夫婦そろって、秋篠宮邸に定期的に訪問しているようです。

眞子、佳子両内親王からは子供のころから「ねえね」と呼ばれて、家族同然のお付き合いでした。清子さまは、ご自分の「皇室の有り方」というか、「皇室論」をお持ちで、かなり、率直に、雅子碑にも直言したらしいですか、そこは、雅子のこと、「逆恨み」をしちゃったそうです。


今、既に、皇族には抵抗するものもなく、【事実上の女帝】です。

日本皇室史上初の女帝です(笑)過去には女性天皇も何人かいましたが、皆未婚でした。ですから、女性天皇です。皇后さまは今上陛下という配偶者がいるのに、【皇室を事実上牛耳っています】


悠仁親王に、靴の片方しかプレゼントしない。

「後は大きくなってからね」

・・・まるで悠仁親王に成人してほしくないのかと言わんばかりです。

「暗殺でもする気ですかね」

この皇后さんは、一番怖かった昭和天皇は辛抱強く死ぬのを待って、先帝様死後、車椅子の人となり弱った香洵皇大后には、最も信頼していた女官を、皇后さまが強引に解雇し、寂しくなった皇太后が、その女官と電話で話しているとき、侍従に命じて、電話を無理やり取り上げるなどの暴挙をして、皇太后を失意のどん底に落とし込み、死に追い込みました。

続きます
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/28/2016122820161228000000/


皇室|美智子皇后|(2)50年間国民を騙しつづけた迷女優
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/29/2016122920161229000000/

続きです。

そして、次のターゲットが、髭の殿下と親しまれた三笠宮ェ仁殿下です。

ェ仁殿下は、昭和大帝を心から尊敬していましたから、平成の世になって、美智子皇后主導で皇室が「本来あるべき姿」から、著しく変質していくのに強く悩まれていました。

率直なと人殿下のことだから、一度ぐらいは今上陛下に直言したであろうことは想像に難くありません。しかし、皇后様の尻にひかれている今上陛下では暖簾に腕押しだったでしょう。

ェ仁殿下は、ストレスが溜まって、アルコール依存症になり、それを止めた妻の信子妃(麻生元総理の妹)とも険悪な関係となり。DVまで振るうようになりました。

ガン末期のェ仁殿下は、意地になり、喪主を、信子妃を外して、長女の彬子女王を任命しました。娘たち二人、彬子女王と、瑤子女王は父親側につき、挙句の果てに、母親の信子妃を皇室から追放するクーデターまで起こしかけました。

こうした、三笠宮家の内紛を、皇后さまは、一か月前の週刊文春で「非常に憂い手おります」などと白々しくおっしゃっていましたが、三笠宮ェ仁殿下の年齢にしてはお早い薨去と死後の内紛の原因は全て皇后様に有ります。

ご自分でも自覚が有って、ああいう白々しいコメントをしたのでしょう。

昭和大帝も香洵皇后も逝き、唯一の目の上のたんこぶの三笠宮ェ仁殿下も薨去されて、皇族内に、自分に反抗する勢力はいなくなりました。

ェ仁殿下が無くなった2012年から「女帝」の地位と権力を固めたのです。


東宮ともども世話になった侍従はいつの日か、皇后様にとっては、「敵」になったのでしょう。その侍従の葬式を無視し、浩宮にも行かせませんでした。

「聖書事件」でこっぴどく先帝様に叱責された時は、ひれ伏したと言われていましたが、それも何のこと、写真では、昭和天皇お言葉の最中香洵皇后が低頭するなか、美智子皇后は意地を張って低頭を拒否し続けました。

今や、外にお出ましの時は、自分が颯爽とせんとうを切ってお歩きになり、後からおつきの物の様に今上陛下がついて言っています。

歴代の皇后は、香洵皇后の様に、天皇陛下の三歩後ろを歩き、お言葉中は、低頭が常識でした。


皇后さまもきつく、露骨な性格なので、男に生まれ、政治家になればベストだったと思います。

そういう怖い人ですから、秋篠宮ご一家は千代田(皇居)には、あまり行かないほうが良いでしょう。悠仁親王が毒殺される恐れがあります。どうせ、ご機嫌伺いに行っても、両陛下ともに、次は東宮―愛子ラインで行くという発言があちこちから漏れ伝わってきていますから。お伺いしても無意味です。

悠仁親王がご誕生遊ばせた時の、今上陛下のお言葉が、「健康な男児が生まれてよかった」からですね〜(笑)男児じゃなくて【親王】ではないでしょうか。

「美智子は、愛子に継がせたいんだよ」などの発言もありました。

続きます
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/29/2016122920161229000000/

皇室|美智子皇后|(3)50年間国民を騙しつづけた迷女優
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/30/2016123020161230000000/

続きです。

そもそも、皇后様入内に際して、GHQや媚米クリスチャンの圧力が有ったとしても、最悪の入内でしたね。

美智子皇后の入内も、皇室を内部から壊してゆく、GHQ−ユダヤ勢力―共産主義者のフランクフルト学派の深慮遠謀でした。

フランクフルト学派については、過去記事で詳説してあるので後で読んでおいてください。

http://fushimi.hatenablog.com/entry/2016/08/24/000000

よりによって聖心女子大で、カトリックの洗礼まで受けた女性。

神道の大本山に嫁ぐのに、キリスト教の洗礼まで受けた女。入内するためにはカトリックを棄教すべきでしたね。おまけに皇居に「聖書」を持ち込む常識の無さ。

挙句に、義弟の義宮(現、常陸宮)まで、キリスト教を勧誘して、昭和天皇の逆鱗に触れる。

カトリックの女子がいれば聞きたいですが、洗礼まで受けていれば、棄教は困難なのでしょうか?

普通の日本人ならば、信仰の対象がマリア様でも、日本人として皇室と神道に敬愛はもてるはずです。

おまけに、入内交渉の時放った、実母正田富美子の言葉「子供のころから、天皇家が偉いという教育はしてません」度肝を抜かれましたが、良く考えてみると、この問題発言は部落解放同盟の主張と同じです。

部落解放同盟は、【天皇制を否定】していますから。雅子碑入内事件の時に勝るとも劣らない【無理な入内】だったんですね。

ただ敢えて良い点は3人子供を産んで、一人を除けば、二人は非常に優秀だという事です。


本日、お誕生日だそうで、左翼公共放送のNHKの質問について回答らしきものをやっていました。それを論難したいと思います。

(皇后様)今年は自然災害が多かった。

(伏見)それは皇后さまが祭祀を極度に簡略化して、サボタージュされてきたからではありませんか?平成になって、巨大災害ばかりです。昭和時代は平和でした。魂を込めて誠心誠意祭祀をされましたか?

鬼怒川の決壊には、被災地の御慰問にいかれましたか?

(皇后様)今年は戦後70周年に当たり、孫の愛子と戦争について話しました。

(伏見)2番目の回答に早速愛子様ですか(笑)余程、「愛子女帝計画」にご執心なのですね。将来の天皇になることが約束されている悠仁親王に関しては、4番目の回答でほんの付け足しに出てくる程度。皇位継承順位についての挑戦ですか?


私からの要望を謹んで言上します。

@ もう、お遊びの公務は止めて、皇后としての祭祀を紀子妃殿下に間違いなく全て、お引継ぎを完了してください。皇后さまが、皇室の祭祀を絶やすために、引き継ぎもせずあの世に持っていく所存であることは既にわかっています。

A バチカンを意識した、品の無い皿型帽子は即刻お止め下さい。もしやめる意思が無いのなら、今後海外でのご公務はもう結構です。東宮同様(知性の問題)世界の王室貴族から笑いものになっています。皇居をバチカンのアジア支店にしな

B いでください。世界の常識では日本皇帝(天皇)はローマ教皇を超えた、世界最高の権威です。海外で身分もわからない一司祭に深々と礼をすることは金輪際お止め下さい。

C 完全に昼夜逆転し、徹夜して朝の8時に就寝する皇太子妃にどのような公務をさせるかのお考えを国民に明確に説明してください。


秋篠宮殿下擁立派の保守日本人は、諦めずに、官邸に、廃太子、廃妃のメールを辛抱強く一人でも多く、根気よく送り続けたほうが良いでしょう。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/30/2016123020161230000000/

46. 中川隆[-10644] koaQ7Jey 2019年4月24日 10:58:42 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1426] 報告
2018.07.26
皇太子徳仁親王|(前)怪奇に満ちた内廷皇族 静止したまま動かない徳仁氏と、疑惑の公務
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/18/2016121820161218000000/

今日は久々の皇室関係記事です。

私が、3月を最後にして、「皇室の清浄化」の為の記事を書かなくなったのは、別に脅かされたわけでも、何でもありません。

堤美智子を斬る時は、「屋敷に銃弾でも撃ち込まれるかな?」とワクワク、スリルを味わっていました。

私は、地元の猟友会に入っていて、鹿児島の「イノシシ狩り」が趣味です。

銃の腕も、本職の人から、「一緒にやらないか」と言われるほどです。

もし、カチコミ(銃撃)されたら、窓を開けて、こちらも銃で応戦する気でいました。

屋敷も、万が一に備えて、東京からセキュリティ専門家を呼び、屋敷の死角と言う、死角に監視カメラを設置して、賊の隠れやすい、樟の木の大木も切りました。コンサルタント料やらなんやかんやで、50万円ほど使いました。

しかし、現段階では幸か不幸か、私にとって膨大な設備投資は、無駄に終わったようです。

昔、文春の名物編集長の花田凱実氏や、文芸春秋社社長宅に銃撃が有りました。

そういった、美智子の「暴力装置」が作動していたのは、異母兄の西武グループの堤義明が、君臨していた間だけだったと思います。

堤康次郎と言う、「朝鮮系部落民一族」、血のつながらない祖父の正田貞一郎と言う、「部落ヤクザ」が、健在の間だけだったのでしょう。

堤義明が失脚した2005年以降、まるで、符牒を合わせるかのように、「銃撃による報復」は無くなりました。

★私は、今はもう既に、美智子は「暴力装置」は持っていないと思います。

そして、「暴力」の代わりに「国民の血税たる内廷費」という「金力」を使って、メディアを黙らせているだけです。

従って、最近は増えてきましたが、粋の良い「美智子批判者」のブロガーさんは、安心して「正統な批判」をやっても大丈夫だと思います。

われわれの究極の目的は「皇室を清浄化」し、「正しい皇統を守る事」です。

イコール、【秋篠宮殿下の天皇即位】です。

では、何故、私は「皇室関係記事」を書かなくなったのか?

理由は単純です。「要するにネタギレ」です。書くべきことは全て書きました。占う事は全て占いました。

後は、「時間」が検証してくれるのを待つだけです。

さて、本題に入ります。御題は2点です。

@ 静止したままま動かない、徳仁氏

A 疑惑に満ちた内廷皇族の公務

@ 皇族の血が一滴も流れていない徳仁氏、果たしてご健在なのでしょうか?

彼が、動画映像で動いたのを確認できるのは、5月12日の「伊藤若冲展」の鑑賞までです。

その後は、公務らしきものは、無いのでしょうが、5月19日に、ブータン国王母と国王妹に東宮御所で接見した。

FNNのニュースで報道されましたが、これが、映像ではなく静止画像でした。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00325211.html

不自然だと思いませんか?他の皇族の公務は報道するときは末端宮家まで映像なのに、仮にも皇位継承順位第一位の方の公務が「静止画」なんて。

私はフジテレビの「視聴者センター」に電凸しました。

≪フジテレビ≫

私の、何故「静止画」なのか?と言う質問に対して、担当者の説明は非常にわかりやすいものでした。

担当者「その件についてはご案内できません」

私「ご案内できないという事は、口外できない事情が有るという事か?」

担当者「そうです。」

私「説明しないという認識で良いか?」

担当者「そうです」

★実にわかりやすい説明でした。担当者の態度は別に失礼でもなく、「苦しみ」を感じるほどで、気の毒でした。

★我々、国民が「騙されたままであったら」、いくら、知的障害者であっても、天皇になるはずの人でした。

仮にも次期天皇の公務が、静止画の報道なんてありませんよ。それこそ、「美智子東宮擁護派」の大好きな「不敬」じゃないですか(笑)

★私は、宮内庁、東宮侍従、美智子、小和田恒等から、マスメディア全般に対して強力な「箝口令」と言う一種の「戒厳令」が引かれていると感じました。

≪徳仁氏の不可解な公務≫

皇室に関心のある方ならよく知っているサイトで「皇室7days」と言うのが有ります。天皇以下末端皇族までの、公務の予定表です。

http://www.asahi.com/special/koushitsu/schedule/

宮内庁のHPより余程見やすいです

週単位で、更新されるので、毎週チェックしています。

5月の東宮家のスケジュールは、ほとんど気持ち良いほど真っ白です(笑)

2週続けて、真っ白だったのに、先週だけ、一件、5月23日(月)に、「離任する駐日モロッコ大使を東宮御所で接見」とあります。

この場所が「東宮御所」と言うのが味噌なんですね。誰にも確認できませんからね。

更に、二日後の5月25日(水)には美智子が「離任する駐日モロッコ大使夫妻と会食」とある。

何故、全くダブッタ公務を内廷皇族で2度もやるのか?

敢えて言えば、自称皇后の美智子の一回で良いのではないか?

私は本当に接見しているなら、「摂政」でもない東宮の大使接見は不要だと思います。

はっきり言って、「嘘くさい」と思ったのです。

宮内庁に電凸しました。

≪宮内庁≫

私「離任する駐日大使」の接見は、内廷皇族で、2度もやるというルールが有るのか?」

担当「そういうルールは無いんですけど・・・・・」

私は、それ以上追及することを辞めました。担当者が如何なる「根拠法」も示せないという事がわかったからです。

≪キャリア官僚≫

私は、記事を書いていて、法律の解釈に行き詰ると、良く、財務省や外務省の担当者に電話で教えてもらいます。

この2省のキャリア官僚たちは、親切で丁寧に且つ、堂々と条文を提示して解説してくれます。

★何故、堂々としているのか?

それは、彼らが「正常な組織」にいるからです。

霞が関のキャリア官僚は「法律の生産者」であり、「メンテナンス」担当者です。

財務省や外務省はいろいろ言われるけど、事務次官をトップとして組織としては、「正常に機能」しています。

★気の毒なのは「宮内庁の官僚」です。

皇室の「闇のルール」を作っているのは、自称皇后の美智子と小和田恒、及び創価朝鮮人の宮内庁長官の風岡です。

「宮内庁」と言う、官庁のキャリア官僚達は、自分たちが守るべき「皇室の法律や慣習法」を美智子達に捻じ曲げられても抵抗できないのです。

★要するに今の宮内庁は「異常な組織」であり、「伏魔殿」なのです。

皇室7daysを見ると、美智子が各宮家の「公務の分配」を決めているのが良くわかります。

露骨なのは、下品で有名な最末端宮家の高円宮久子に美味しい公務を沢山配分しています。

「実母追放クーデター」で「人倫の道」に背いた、ドブスの三笠宮彬子に盛んに先進国に外遊させてます

★これは、「影子の愛子」を女性天皇にするための、「女性宮家創設」の布石でしょう。

★常陸宮華子妃や、三笠宮信子妃など「美智子に媚びない妃」には、公務を与えていません。

★要は「朝鮮族美智子がルール」なのです(怒)

続きます。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/18/2016121820161218000000/


皇太子徳仁親王|(後)怪奇に満ちた内廷皇族 静止したまま動かない徳仁氏と、疑惑の公務
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/18/2016121920161219000000/


続きです。

話しを先に進めましょう。

私はビジネスマン時代に数字に強かったので、よく国税のマルサが入った時に、総括担当責任者にされました。

かつて、人気を博したドラマ「半沢直樹」で、主人公が国税と対決するシーンが有りましたが、銀行の税務は単純です。

それに比べて、証券会社は、高度な「数学モデル」を使ったデリバティブと言う金融商品が多く税務も複雑です。

私は、ある時の査察で、限りなくグレーな案件でマルサを論破して、諦めさせたことが有ります。

脱税ではありませんよ。強制捜査権を持つマルサが論破されたという事は、「適法に納税している」ことを認めたことになるんですから。

それらの経験から、国税の連中がよく使う「反面調査」と言う手法を今回、使ってみました。

「反面調査」と言うのは、ある企業や個人が仕入れて、経費で落としているときに、その仕入れ先に、調査に入って、

「仕入伝票」と仕入れ先の帳簿が有っているか確認することです。

国税が舛添にこれをやったら、あの朝鮮ハゲネズミは一発で、アウトです。

何せ、4人でそばを食って、20人分の領収書を切らせた男ですから。

前置きが長くなりましたが、内廷皇族の公務で一番嘘くさかった「離任モロッコ大使の接見」について駐日モロッコ大使館に電凸して、事実かどうか確認したのです。

あっけなく結論が出ました。

電話には、日本語の達者な女性が出ました。

≪モロッコ大使館≫

私「5月23日の大使と皇太子の離任会見について聞きたいんですけど」

女性「離任の予定は有りませんよ」

★私は、度肝を抜かれて、絶句しました。

女性「どういうことをお知りになりたいのでしょうか?」

私「最近、姿を見ない皇太子さまがお元気だったかを大使にお聞きしたかったんです。」

★女性は急に狼狽を始めました。

女性「もう6時過ぎています。内は5時までです。明日改めて、お電話いただけますか?」

私「あなたは、アルバイトの方ですか?」

女性「いえ、違います。偶々電話を取っただけです。」

私「大使はいらっしゃいますか?」

女性「ええ、いますけど」

私「時間は取らせませんから、大使に代わってください。」

女性「とにかく、明日にしてください」

★女性の狼狽ぶりは異常でした。

★私は、徳仁氏と美智子の「離任モロッコ大使の接見」の公務は嘘だったと思います。

徳仁氏は東宮で、点滴でも受けていたか?美智子はまた、今上様を杖代わりに使って、美術館でも徘徊していたのでしょう。

★「駐日モロッコ大使」を選んだのが味噌ですね(笑)

小国だから、名前を使っても文句は出ないとして、公務予定表を捏造したんですよ。

相手が、駐日英国大使クラスだったら、毅然として断っただろうし、本国や英国王室、MI6に連絡していたでしょう。

この宮内庁の「捏造公務予定表」は、美智子と小和田恒が鉛筆舐め舐めして、作った、国民を欺くための「空(カラ)公務」です。

私は、宮内庁発表や、皇室7daysの、東宮家、徳仁氏の公務は、ほとんど嘘だと思います。

★場所は全て東宮御所。公務の内容は「接見」のみ。相手はいずれも「裏を取りにくい」、「正体不明の組織や人物ばかり」です。

全部それだと、あまりにも嘘くさいので、「小国」のモロッコを入れて、体裁を整えたのでしょう。

ちなみに、駐日モロッコ大使館のHPを見ても、5月23日、5月25日に、内廷皇族との接見の予定は何一つ入っていません。

「小国」のモロッコが、世界2位の経済大国日本で、しかも、世界唯一の皇帝の皇太子と妾妻に合う予定が有るのなら、

HPの予定表に必ず記載するはずです。まして離任会見なら、写真入りの大使のコメント欄に「離任予定のご挨拶」が有るはずです。

現大使は、全くそのそぶりも見せていませんよ。

「公務予定表」の徳仁氏、と美智子単独の公務は全て怪しいと思ってみたほうが良いです。

≪立后会議≫

★亡き香淳皇后が、後の美智子による苛めを覚悟しながら、体を張って阻止した。立后会議です。

美智子の「立后会議」は開催されませんでした。従って法的には皇后ではありません。

★現在の厳密な法的地位を定義すると。

@ 入内の時点で正田の戸籍を抜けて、戸籍の無い皇室に入ったので「無戸籍者」です。・・・・帰るおうちが無い

A 百歩譲れば「元皇太子妃」でもはや皇族ではありません・・・・雅子がいる以上皇太子妃には戻れない・・・皇室の中で居場所が無い。

B 苗字もない。

★住所不定無職、後期高齢者、姓名不詳、自称「美智子」です。

★戸籍が無い点は、「在日」と同じ、言って見れば、「苗字の無い在日」・・・・「無国籍者」または「不法難民」

元々、朝鮮系部落民の堤康次郎と中国上海の朝鮮族の正田富美との不倫の児だから、「先祖がえり」しただけです。

≪徳仁氏の気になる近況≫

読者さまの情報によると、皇居を清掃する「勤労奉仕隊」の皆様、

最近は、奉仕終了後の感想を聞くと、今上様や美智子の印象は話すけど、徳仁氏のことを聞くと

「ノーコメント」口をつぐむそうです。

★「強力な箝口令」が敷かれていると見るべきでしょう。

★東宮御所で何かが起こっている。入院させるわけにはいかない。・・・マスコミに隠せない。・・・「廃太子」になる。

「東宮御所」が、巨大な病院と化している可能性が有る。

≪皇室崇拝者を装った反日朝鮮人≫

ここまで書くと、必ず、B層の似非保守が「皇室破壊者」とかうんたらかんたら言ってくる。

私は、「皇室を清浄化」する・・・存在してはいけないものを排除する。・・美智子と東宮一家、

そして、秋篠宮両殿下の天皇即位と立后を実現して、「正しい皇統を守る」のだ。

十羽ひとからげに、「皇室批判」は許さぬという連中は、「皇室崇拝者を装った反日朝鮮人」だ。

・「崩壊と内部分裂」で滅亡の道を歩む「余命真理教」

・「一条の会」と言う「カルト朝鮮人集団」

・「6月のシャンプー」

・「ふぶきの部屋」
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/12/18/2016121920161219000000/

47. 中川隆[-10641] koaQ7Jey 2019年4月24日 11:10:20 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1429] 報告

2018.08.18
美智子皇后の正体|KGB(ユリア)・故桂宮宜仁様の殺害を図った美智子、総理すら疑念を拭えぬまま強行された入内
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/11/2016111120161111000000/

故桂宮宜仁様の殺害を図った美智子、総理すら疑念を拭えぬまま強行された入内、転載フリー

伏見様、待っておりました!

前回より【伏見節】が復活致しましたね。嬉しい限りです。どんどん切りまくっ

て下さいませ。

実の父親よりも、昭和天皇や高松宮親王を敬愛されていました桂宮様は、堤&佐伯

と小和田一派から暗殺未遂をされたのではないかと思われますので、時 系列で

追ってみました。

*暗殺未遂事件*

1988年(昭和63年)1月1日に、昭和天皇から「桂宮」の称号を与えられ、独立の

生計を営むようになった。

同年2月20日に、宮家創設の祝宴を開いた。

しかし、その3か月後の同年5月26日、自室で意識不明の状態で倒れているところ

を職員に発見された。

独立した建物ではなく、マンションの一室である。

正式な宮邸ではなく、しかも御用地の外にあえて「仮寓」していた理由は不明。

すぐに都立広尾病院に入院して、手術を受けた。

病名は未公表ながら、急性硬膜下血腫などと報道された。

急性硬膜下血腫は、厳密には病気ではなく、頭部の強打により脳挫傷が起き、脳

から出血して硬膜と脳の間に血液がたまり脳を圧迫するもので、死亡率 はきわ
めて高い。

いずれにしても転倒・転落などの事故があったことになる。

幸いにも同年8月に意識を回復。

翌1989年(昭和64年/平成元年)初めにあった昭和天皇の死去と今上天皇の即位に伴う一連の行事は欠席。

**時系列(一部伏見様の過去記事も含む)**

1984年(昭和59年)年、9月にコルマールで、12月にメリベルで、徳仁と雅子が密会

1984年、小和田恒、外務省条約局長

池田勇人や大平正芳が率いた【宏池会】の名付け親である右翼・安岡正篤の弟子

でもあり、安岡が主宰する「而学会」に、義理のいとこ・江藤淳らとと もに参加していた

1980年代後半、堤義明、バブル景気真っ只中、米国の経済誌『フォーブス』に

「世界一の大富豪」(The World’s Billionaires)として取り上げられ、その保有総資産額は3兆円と報じられる。父親・堤康次郎は【宏池会】に属していた。

1986年 4月29日 昭和天皇在位60周年記念式典に何故か美智子は欠席

1987年(昭和62年、)昭和天皇が最初にお倒れになる

1987年、徳仁と雅子の密会がj頻繁に

1987年 小和田恒 外務大臣官房長、

1988年(昭和63年)1月1日、桂宮親王、昭和天皇から「桂宮」の称号を与えらた。

1988年2月20日、桂の宮家創設の祝宴を開いた。

1988年4月、徳川侍従長更迭・・・・美智子の指示、実行は明仁皇太子

(徳川侍従長は、先帝様に52年仕えた方で華族出身)

1988年5月26日、桂宮様ご発病(暗殺未遂?)

1988年6月、富田宮内庁長官更迭・・・・美智子の指示、実行したのは明仁皇太子

(富田長官は、小和田雅子御妃候補絶対反対派)

1988年 小和田恒 OECD政府代表部大使

(創価学会からの要請に応じて、池田大作名誉会長らの外国訪問旅行に便宜供与を図ったとして、国会で追及されている)

1988年(昭和63年)9月19日、昭和天皇吐血

1989年(昭和64年)1月7日、昭和天皇お隠れになる

とっても臭いますね。邪魔者は消せですか。

この堤、小和田、エタ頭、創価&政界、皇室と皆繋がってしまいますね。

もっと調べれば、出せない名前の人が沢山おり、怖くてこの先に行けないです。

*** 美智子さん、あなた誰? ***
f:id:fushimiakimasa:20161104095528j:plain
(昭和34年内閣委員会議事録より)

【国会も何ら御結婚について知らされておりません。】

皇室会議が開かれたのは(昭和34年)十一月二十七日でございますが、その前

★十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって【館林=正田本家、正田醤油】に通知しております。

皇太子妃決定は公式発表の十日前、つまり十一月十七日のニューズウイークが最初に配信した。

皇太子妃決定に関して小泉信三・田島前長官などが先頭に立ち、総理大臣はその

報告を受けるだけで、なんら疑問をさしはさむ余地がなかった。

それでも「信仰」の問題は気になった。(岸信介元総理大臣)

国民も国会も何も知らされておらず、しかも皇室会議が一度だけ開かれたのみ。

結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、

その日に正田家の家系その他いろい ろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのであります。

要するに、「正田美智子さん」という人について、実は国民も総理大臣も、どんな出自の人でどんな考えを持ち、どんな性格なのかという事を全く知ら されて

いなかったんですよ。

美智子さん、毎回お顔とお耳、大根足の形や身長にたいする長さが違いますけど?

≪補足≫

*写真は、強い疑念を抱きながらも、しぶしぶ入内OKを出した岸信介元総理

当時の岸信介総理(安倍総理のおじい様)は、2年間の在任中に現在の日本の安全保障体制の基礎となる、「日米安保条約改定」を行った。

吉田茂首相が結んだ「旧日米安保」よりも、格段に日本が有利になる軍事同盟なのに、左翼や全学連の抵抗に遭い苦労された。

巷では「初の平民による皇太子の御妃決定か?」で湧いていたが、超忙しくそれどころではなかったでしょう。

皇室会議の席でいきなり、分厚い調査資料を「ボン」と渡されて、「見ろ」と言われても、東大法学部首席の岸総理ですら、書類の精査は不可能だったでしょう。

しかも、「美智子推薦派」のバックには、昭和、戦後の元勲と言われた、吉田茂元総理(クリスチャン)がいた。

保守合同で自由民主党が成立したとはいえ、岸先生率いる「岸派」は、人数的には吉田派(後に田中派と大平派に分かれる)より劣勢でした。

しかも、当時の吉田茂元首相は、自民党内で隠然たる影響力を持っており「キングメーカー」でした。実際、岸元総理退陣後は自分の子分の池田勇人を総理にしています。

岸先生としたら、不承不承ながらも「正田美智子入内」を飲まざるを得ない政治環境だったと思います。しかし、それでもさすが岸先生で「キモ」だけはちゃんとチェックしています。

岸総理「お〜い、正田美智子嬢は洗礼を受けているのか?」「いえ、受けていません」小泉信三か宮内庁長官の田島道治かは知りませんが、既にここで、大嘘を答えています。

多忙な岸総理としては、その言葉を信じるしかありませんでした。

下手にここで「ちゃぶ台返し」をすれば、党内で吉田派からどんな日米安保の嫌がらせを受けるかわかりません。

宮内庁長官の田島道治はもろにGHQの押しで宮内庁長官になった人です。

「入江相政日記」では、昭和天皇のすぐ下の弟君で戦後亡くなられた秩父宮殿下の葬儀で、昭和帝の葬儀参列を妨害した男です。

しかし、その田島でさえ、正田美智子の母方の佐賀、副島家の家系調査は不十分で疑惑が多いと正直に記録しています。

歴史の「大いなる皮肉」と言えるでしょう。

もう読者の皆様は既にお分かりのように、アメリカ、GHQ、クリスチャン勢力の綿密に打ち合わせした陰謀で

「最初に正田美智子妃決定ありき」の「プロレス」の小泉らの家系調査だったのです。

慶応塾長だった小泉の「正田家家計調査」が如何にいい加減な虚構だったかは、昨年拙ブログで検証したばかりです。

私はOBとして恥ずかしい、「慶應に二人の【馬鹿小泉】あり、一人は元塾長の小泉信三、もう一人は朝鮮人で横須賀が地盤の小泉ちょん一郎です(笑)

確かに先の大戦で小泉信三は、一人息子を失いました。しかし、「軍人にとって戦死することは名誉」です。

それを逆恨みして、「穢多と朝鮮の混血女」を皇室に潜り込ませ、「長期的な皇室破壊」を狙うとは、何たる卑しい精神でしょうか?

東条首相は戦時中確かに酷なことはしました。

慶應出身で三菱財閥の総帥の池田成彬が東条に「反戦」を呼びかけると池田の息子をわざわざ、最前線に回して、結果的に戦死させています。

しかし、戦後、池田が「反天皇主義者」になったという話は聞きません。

東条首相は、戦後「茶番」の東京裁判で首席検事のキーナンと司法取引をして、自分が罪を全部被る代わりに、「昭和天皇の不起訴」を認めさせて、刑場の露として消えました。

★最後に「美智子入内」は岸元総理の責任ではありませんが、これも、何かのご縁でしょうから、安倍総理の手で「自称皇后美智子」に最終的な引導を渡してほしいと思います。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/11/2016111120161111000000/

48. 中川隆[-10640] koaQ7Jey 2019年4月24日 11:16:25 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1430] 報告
2014年06月08日 桂宮殿下薨去(こうきょ)
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4689924.html


三笠宮両殿下の二男で天皇陛下のいとこにあたる桂宮 宜仁(かつらのみやよしひと)親王殿下が8日午前10時55分急性心不全のため東京都文京区の東京大学医学部付属病院で薨去された。


10. Posted by しまき 2014年06月09日 06:09

ニュースを見て等もろもろの感想です。
弔問に東宮夫妻は最後でしたね。
愛子さまは来られなかった。
日曜日で学校お休みというのに、そして最後に来たというのに、それでも来られなかった。
秋篠宮家全員でおいでというのに、東宮家は全員では来られなかった。
愛子さんの本当の姿がわかるというものです。
皇太子
車から降りたときに、うすら笑いを浮かべていた。ぞっとしました。

桂宮さまの、「伴侶」と言われる方。
動画で拝見したことがあり、ご紹介したかったのですが、見つからなかったのが残念です。
眼鏡をかけて、昔は美人だっただろうなと思われる、上品な方でした。
伴侶の方は、女官として、お身の回りの世話をなさっておられたということで、そういう意味ではお幸せだったのでしょうか(闘病生活長くてお大変だったと思いますが)
離婚歴がある上、前夫との子供さんもいる、ということで、残念ながら皇族の系譜には入れられない方だったらしいですが。


12. Posted by remmikki 2014年06月09日 08:19

皇族方のお出ましには必ず東宮夫妻の行動に問題が見えてきますね。
その上、マスゴミの情報操作でそんなことなかったように平然とニュースで流す。
秋篠宮ご一家のことはその他扱いですよ。怒りでいっぱいです。

東宮夫妻は最後です。そのちょっと前に両陛下、なかなか来ない東宮夫妻に合わせたのかしらん、とつい疑問が。その上、東宮夫妻はいつもうすら笑いを浮かべてます。
愛子さんも来ませんでしたね。

桂宮さまのお世話をなさっていた伴侶の方、桂宮さまのお隣りに座って、メガネをかけたお上品な方のお写真、見ました。たぶんその方ではないかと。

ご結婚されてないので表に出られなくてお気の毒です。

13. Posted by 五月 2014年06月09日 09:07

昨日のニュース番組で桂宮様の薨去を知りました。

しまきさんも書かれておりますが
私も夜のニュース映像で、車から降りる皇太子と雅子が薄ら笑っている映像だったので「ぞっ。」としました。
普段から薄ら笑いなので、いつもの事とは思います。
ですが、流石に不幸の席での薄ら笑いは背筋に気持ち悪い物を感じました。

皇太子と雅子は近所の親戚なのですから、愛子を連れて桂宮様に会いに行くべきです。

秋篠宮家は、家族全員で会いに行っているではありませんか。

比べたくないけれど…
兄ちゃん夫婦がバカすぎて、普通の事をしている弟夫婦が良く見えるんですよ。


15. Posted by remmikki 2014年06月09日 22:10
東宮夫妻が薄笑いを浮かべていた、ということ、私のまわりでも何人かテレビを見てびっくりした、と言ってます。
他人の不幸を喜ぶ表情などご法度です。以前神戸大震災の慰霊式典に出た時も雅子さん挨拶する目の前の男性の禿げを見て笑いをこらえる表情でしたよ。画像に残ってます。失礼この上ない皇太子妃です。

愛子さんは連れていけばばれてしまう行動をするのでしょうね。


17. Posted by 薔薇 2014年06月10日 11:41
remmikki様

ふぶきの部屋 鳴門真彦その2 
http://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/42cb0abe5324b1401762052bb31d1e74

のコメ欄で、かえでさんという方が、I子さんと東宮の目も当てられないビデオがあるので、天皇皇后両陛下は何もできないというような内容を読み、仰天しました。I子さんはともかく、東宮は、何か薬を飲まされてそんなビデオをとられたのではないかと想像します。それを読み、高円宮も、何等かのハニトラか薬による罠に嵌ったという可能性もゼロではないように感じました。高円宮が24時間前に食べた物、誰とどこで会食したかなど怪しいことがあるかも。楓さんのコメですが、参った、という感じです。私は天皇皇后両陛下は脅されているに一票です。何年の歌会始でしたか、皇后陛下の「ゆすり蚊の、、」という言葉が入った御歌は尋常じゃないですもの。

18. Posted by remmikki 2014年06月10日 22:42
薔薇さん、
ふぶきさんのコメント以前に読みました。すごい内容ですね。
でもそれ隠そうとするから小和田はゆすりの手に使うわけだから、いっそ、どうぞ出してください、と開き直ったらどうでしょうかね。

だって書かれていることすべて公になってももう誰も驚きませんよ。
むしろゆすりに使われる方がやばいのでは。

皇后さまのお歌「ゆすり蚊の・・・」は裏にそういう意味があったというわけ?


19. Posted by 薔薇 2014年06月13日 09:06
remmikki様
そうですね。離婚慰謝料5億とか50億だったかな?ゆすられたという噂をどこかで読みました。真偽は不明です。既にヤフオクでお宝をそのくらいの金額、流されているのではないでしょうか?第一ティアラも含め。
体面がありますものね。その内容、世界に流されるとあまり良くないでしょう。例えばクリントン元大統領の浮気、あれも散々集中して流してましたが、あんな風に流されるとやってられないでしょう。日本人でもまだM子さんに同情する人がいるくらいですもの。
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/4689924.html

49. 中川隆[-10636] koaQ7Jey 2019年4月24日 13:12:06 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1434] 報告


2018.08.18
美智子皇后の正体|ある高貴なお方への惜別の辞(前)美智子皇后様
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/13/2016111320161113000000/

先日私は、皇室問題、東宮問題の研究で超有名なブロガーさんの記事を読んで、ショックのあまり意識を失いかけました。

ブログ名は、そのブロガー様に迷惑をかけるといけないので秘しますが、おそらくどなたも知っている方です。

私の様に理論でざっくりと切るラフなブログではなく、女性らしい手間暇かけてエビデンス(証拠)を積み上げて、相手を追い詰め、明晰な頭脳で批判される方です。その方の昨日の記事で皇后様の正体と本音がわかってしまいました。


ポイントをまとめると

・「従軍慰安婦」に対する、韓国の主張を疑念無く受け入れている。皇后様が「姉」と称する人物へ、講演の折、「慰安婦」に触れたことを親しい女官を通じてお礼を言っている。

・反日左翼女優、吉永小百合の9条の会を称賛し、同意する手紙も、やりとりしています。

・「従軍慰安婦」を強制的に「性奴隷」と言い変えさせたヒラリークリントン元国務長官を、御所に招き親しく歓談している。

国務長官程度を御所に招く理由がわからない。お二人が親しく話し合われた内容は容易に想像がつきます。日本政府の韓国への謝罪と賠償でしょう。

ちょっと先の話になりますが、来年はアメリカの大統領選です。ヒラリーは早速民主党からの出馬を表明しています。弱肉強食のアメリカ帝国で、トップ近くまでのし上がった、超肉食獣的な女です。日本へのプレッシャーが強くなるでしょう。

忘れてはいけないのがこの女の亭主の、ビルクリントンは、任期の初めから最後まで、日本を敵視し、徹底的に苛め抜いた男です。今度は共和党の大統領になってもらいたいですが、今のアメリカは、民主党が勝ちやすい構造になっています。

それは、移民が膨大に増えているので、移民―下層労働者で、労組を基盤とする民主党の基礎票が増えるのです。

・皇后さまと今上陛下は、未だ皇太子時代に、韓国訪問の機会があったそうですが、皇后様のご病気で中止になったそうです。

私は日本の神が、訪韓を阻止するためにご病気にして阻止したのだと思っています。いかなくてよかったです。もし言っていたら、どちらかが暗殺されていたでしょう。

私は次に皇室典範が改正されるときには次の文言を必ず入れてほしいと思っています。「皇室、皇族は全て、朝鮮半島の国家、中国大陸の国家には、生涯訪問してはならない」

神道に守られた日本、清浄な水と清らかさで守られた日本人と、穢れと不潔と悪徳の国、呪われた半島、住んでいるのは医学的にも証明されている、遺伝子に生まれつき欠陥を持った狂人たち。

半島は今後も自立した国家を持てないし、その都市はいつまでたっても、糞尿の匂いが鼻につく異界でしょう。

人間の住んでいない半島などに我が国の元首がいく必要はありません。

しかし、訪韓できなかったことが皇后さまは、痛く後悔されて、韓国を思う歌までお読みになっています。この執念、隠された意図を探りたいものです。

もし今からでも訪韓されたら、躊躇わず、ナヌムの家を訪問し、偽物売春婦老婆たち(こいつらは全員米軍の慰安婦です)にぬかずいて謝罪するでしょう。馬鹿な韓国人達は「日王(韓国人の天皇に対する侮蔑後)が土下座したぞ」と戦争に勝利したように、大騒ぎするでしょう。

映像はBBCなどを通じて、世界中に配信され、それで日本は終わりです。

「性奴隷」を認めて世界中から軽蔑されるでしょう。

皇后さまは御年とは言えまだお元気です。足腰もしっかりされています。一部に認知症とのお噂がありますが、政府が何かの間違いで、訪韓を認めたら、あの方は、一人ででも、這ってでも韓国に謝罪しに行くでしょう。

全てが虚偽の「従軍慰安婦問題」、【歴史戦】は確実に日本の勝利で終わりそうですが、もう今までに十分、日本の名誉が貶められ、国益を毀損してきました。

在米韓国人たちがアメリカじゅうにけったいな慰安婦像を立てまくったからです。

在米日本人の少年少女は、在米韓国人たちに耐えがたい嫌がらせを毎日受けています。ラーメンに唾を入れられたり、登校中に唾を吐きかけられたり在外同胞の生命の危機です。

皇后さまは、韓国と朝日新聞の作った虚構がここまで大きくなり、日本の国益を毀損しているのをご存知なのでしょうか?ご存知でありながら、それでも、尚、訪韓したいというのであれば、きつい言葉ですが、公安がマークする【国家危険人物】に指定せざるを得ないでしょう。

皇后さまは熱心なクリスチャンで有られますが、自分の「キリスト者」としての知識と信念が、世界の現状とずれていることがお分かりなのでしょうか?

昨年今頃、韓国ではセオル号が沈没し、多くの犠牲者を出しました。

パククネは、ローマ法王に訪韓を要請する書簡を3度出しましたが、法王は拒否しました。韓国人の悪徳を知り尽くしていたからです。法王の祖国アルゼンチンでは、韓国人は「もっとも追放したい民族」になっているからです。

しかし、三度拒否されても、あきらめないのが朝鮮人です。パククネ4度目の要請で、法王はいやいやながら重い腰をあげました。ミサの会場に行くと、予想通り、偽慰安婦の婆が最前列で【嘘泣き】しています。

これも想定の範囲内だった法王は、言質を取られず「許したまえ」とだけ言いました。世界に名だたるバチカンの情報網には、「従軍慰安婦」は「自発的な戦地売春婦」という事が十分認知されていたのでしょう。自分の信じる教えの頂点に立つ方法でさえこうなのに、これでも皇后さまは敢えて今後も訪韓したいのでしょうか?

続きます
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/13/2016111320161113000000/



美智子皇后の正体|ある高貴なお方への惜別の辞(後)反日左翼思想はお止め下さい。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/13/2016111320161113042741/

続きです。

・週刊文春で山口二郎が「安倍総理をチェックするのは、天皇とアメリカしかいない」との発言。

なんで今上陛下が出てくるのですか?

現行憲法では天皇の政治的介入は禁じられているはずです。

しかし、昨年のお誕生日の「満州事変」発言はいただけません。十分憲法に抵触します。そもそも歴史認識が間違っています。

アメリカは大統領によってスタンスは変わりますが、安倍総理は、明治維新を起こした長州(山口県)のエリートです。私も長州出身の友人がたくさんいますが、長州人に共通するのは「尊王心はあるが、必要以上に天皇を恐れない」ことです。

更に安倍さんが何を悪いことをしているというのでしょう。GHQの残した「自虐史観」を廃止、自衛隊も法律上公務員から軍人に戻し、【普通の国】にしようとしているだけではないですか(怒)東宮の「護憲発言」には爆笑して腹筋崩壊しました。どうせ、小和田恒に言わされたんでしょうが、知的障碍者のお前が言うなという感じです。

・婚約前、両家御対面の時の、皇后様の母、正田富美子の態度が悪すぎた。あまりの昭和天皇に対する暴言に、宮内庁長官は、富美子の実家、副島家の興信所調査まで考えた。

あの昭和大帝に対して、暴言に近い富美子の言いたい放題でした。

本人が後日談として

「あちら様も良く我慢なさった思うほど言いたい放題言った」

と自慢げに新聞のインタビューに答えています。

戦後十数年たっただけで、一平民が、娘を欲しいと言っている元大元帥で、現人神で有られた、大帝に商売人の一専業主婦が、対等に口をきくのは狂人としか思えません。

日本人とも思えません。

雅子の母、小和田優美子が「うちの娘のどこが悪いんですか」と言ったのは朝鮮人だから普通ですが。

私は九州出身なので、正田富美子の実家が、佐賀の副島家と聞いてピンときました。

はっきり言うと、佐賀の鍋島家の下級武士ですよ。

私は戦国時代の歴史小説が大好きで、ほぼ全国の物を読み、その大名の家老とか重臣を覚えちゃいましたが、佐賀の鍋島家(大名)の家老級の重臣で副島というのはいません。確かに家臣にはいますが下級武士です。

ネットで詳細に正田家の系図を書いていた人がいますが、副島家は、鍋島家の本拠ではなく、地方の支藩の多久藩の下級武士でした。

多久藩の武士は本家佐賀藩の収奪が過酷で、みんな貧乏で、武士だけではなく副業をしてやっと食べていたそうです。

副島家の先祖には、明治維新後、ブラジルに移民に行った人もいたそうですから相当困窮していたのでしょう。普通、元武士の出身の人は海外移民にはいかないものです。北米や、中南米に移民した人は部落民の人が多かったそうです。

当時は「棄民」と言われました。もう一つ考えられるのは朝鮮人説、

佐賀の鍋島公は、秀吉の朝鮮征伐の時、薩摩の島津候とともに、朝鮮人陶工を大量に日本に連れ帰り領内に部落を作って集住させました。

それが、佐賀では、有田焼、鹿児島では薩摩焼です。

彼らは良い待遇を受け、焼き物はヨーロッパに輸出され、藩も個人も大儲けしましたから、裕福な朝鮮陶工が多かったです。そして明治維新になるとためた資金で、武士の株を買い、日本人になるものが増えました。

日米開戦前夜、外務大臣として活躍した東郷茂徳(鹿児島出身)がそうでした。

朝鮮人出身でしたが立派に国益を守り、戦後A級戦犯となり、獄中で死亡しました。

私は副島家にも東郷の例の様なケースがありうるとみています。

また九州の女は「気が強い」ですが、皇后様の様に、夫を従えてあるく女性はいません。人前では、男を立てて、尽くし、一緒に歩く時も三歩とは言わずとも半歩は下がって歩きますよ。

それにしても皇后様の韓国への思い入れが、私には異様に思えます。

皇族では高円宮夫婦が初めて訪韓していますが、連中は【韓国利権】の宮家なので自然でしょう。娘の典子もプライベートで韓国に遊びに行っています。

皇后さまが心をお開きになる同志の中には、保守層が腰を抜かしそうな、左翼言論人、左翼知識人、有名人ばかりです。

例えば、冒頭の吉永小百合、大江健三郎、曽野綾子、河野洋平、村山富一、鳩山由紀夫、小和田恒、組織としては共産党、社民党、9条の会、西早稲田コリアンチャーチです。保守の知識人は一人もいません。

これでは、頭の中は、民主党の朝鮮おばさんの辻元清美と一緒じゃないですか(怒)

この中に巨悪小和田恒が入っているという事は、廃太子廃妃は考えていないという事ですね。最近の雅子に対する異様な親切、逆に紀子妃に対する冷めた態度。この人はやはりGHQが厳選した皇室解体の玉だったんだ。

安倍総理批判も小和田恒がやらせているのでしょう。女性天皇に反対しているから。

小和田はまだ死なないのかしぶとい(怒)

皇后陛下は昭和大帝が崩御して以降ガラッと変わった、バッシングも多くなったし、その都度被害者コスプレでかわしてきたけど、80の齢になってもはや隠さなくなりましたね。

敢えて言えば見るものにすぐわかる露骨さです。もし認知症があるなら早く病が進行してほしい。皇后さまが公務が不可能になったら、今上も自然とリタイアされるでしょう。

私は今やっとわかった、東宮夫婦をかばってきたのは今上両陛下であることを。

薄ら馬鹿の徳仁と、食欲と性欲しかない低能朝鮮女が、皇位を継ぐと、左翼は除き、まともな日本人は皆困るんですよ。

皇位継承前から既に世界中で陰で笑いものにされている東宮夫婦。

【廃太子廃妃=皇統の異動】に最後の盾となる今上両陛下、安倍総理の【美しい国日本=普通の国日本】に最後に立ちふさがる両陛下、お別れを申し述べます。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/13/2016111320161113042741/

50. 中川隆[-10629] koaQ7Jey 2019年4月24日 14:49:34 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1441] 報告

2018.07.11
高円宮家|再検証A(前)人気抜群、博愛の女王、承子殿下
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/17/2017011720170117000000/


今日は、再度高円宮家に戻ります。

理由は、高円宮両殿下が、女帝(皇后様)の意を組んで、宮内庁の裏をかき雅子肥の入内成功に大きな役割を果たしました。

高円宮夫妻の活躍(?)が無ければ、既に、久爾晃子さまに輿入れの準備をさせ待機させていた宮内庁の牽制をかわすことはできなかったでしょう。

言わば「雅子入内事件」のA級戦犯宮家です。皇室史上もっとも男あしらいの上手い、女衒女王こと、久子殿下ですから、また女帝が、「愛子天皇」を策動しようとしたら、最も頼りにする宮家です。

おまけに、高円宮家といえば、秋篠宮家の天敵です。

急死した高円宮憲仁は、皇位継承順位7位であることに不貞腐れ、天皇になりたがっていました。

そして秋篠宮殿下に強いライバル心を抱いていました。最初はなめていましたが、秋篠宮殿下が、徳仁と違って、公務をそつなくこなしていく姿を見て「俺の仕事を取られるんじゃないか」と怯えだしました。それなら、次の天皇に一番近い皇太子に近づいて利権を漁ろうと思いついたのです。それで、友達の居ない徳仁に近づき、自邸に招待したりして、遂には東宮をして「兄の様なかただ」とまで言わしめるように心をつかんだんです。

そうして、徳仁と小和田雅子の密会の現場は主に高円宮邸となったのです。

そして、婚約発表の日は、皇太子徳仁を高円宮邸から密かに車に乗せ、何と運転は、雅子の母の小和田優美子がハンドルを握って、記者会見場に連れて行ったのです。そしてその場で「いきなりの婚約発表」宮内庁に恥をかかせて、婚約という既成事実を強引に作り上げたのです。

気の毒だったのは、知能、容貌、身長おとり、「皇太子妃候補に全員逃げられた、哀れな浩宮さまに嫁げるのは私しかいない」と宮内庁からから頼まれ、使命感すら感じ、家族で輿入れの準備までしていた久爾晃子さまです。

香淳皇后のご親戚の旧久爾宮家に当たり、名門島津家の血が流れています。皇太子とはまた従兄弟に当たります。

ネット上では、明瞭な顔写真が残念ながらありませんが、彼女は、皇太子ご成婚後、学習院大学を御卒業後、東大理Uに学士入学され、更に日本で最も狭き道といわれる理Uから、医学部に進学して、今は精神科医を開業しています。未だ独身のようです。

婚約直前で、汚い手でうっちゃられたも同様です。久爾さんは、他の妃候補が駆け込み結婚をしたり、留学で逃避する中で、学習院の【常磐会】がブロックして、押さえていたんです。それは、最終的には最後の切り札として【常磐会】が推薦するカードだったからです。

母方祖父の日本生命会長の弘世現氏も乗り気でした。もし、久爾さんが、皇太子妃だったら、知恵おくれの皇太子でも、お言葉の下書き、外交親善でもぼろの出ないように、完璧にフォローして、「徳仁親王が実は手の付けられないバカだった」という事を諸外国にばれずに済んだでしょう。皇后としては大変でしょうがね。

久爾さんという方は学習院大学の哲学科の御卒業ですが、同級生の人の話によると、皆がだべっているときに、ニューヨークタイムズを一人で読んでおられるような方で、流暢な英語を話す人だそうです。

比べて雅子肥は、英語はスラングぐらいしか話せないそうです。「ファッキン」ぐらいでしょうね。

スポンサーリンク

いつぞや入内後、アメリカのクリントン大統領とロシアのエリツィン大統領の雅子肥が挟まれ、クリントンの向かって左に紀子妃がお座りになった晩餐会の席上。

英語が堪能な紀子妃はクリントンと会話が盛り上がり、「ロシア語が堪能との自己申告」でエリツィンの隣に座られた、雅子肥は「能力ロンダリング」でロシア語なんか話せないので、エリツィンの方を見れず、嫉妬にまみれた目で紀子妃を凝視していました。



嘘は必ずばれるのに、「学歴ロンダリング」と「能力ロンダリング」で雅子肥はウソがばれ、メッキがはがれ、両親が世間から馬鹿にされているのにも気づかないでしょう。

入内時に「妊娠しにくい」という申告をしましたが、何故か、プライベートな堕胎の噂は山ほどあります。

良く東宮御所に各国の元首がご挨拶に参りますが、白人国の元首の時は、雅子肥は玄関まで、お出ましになるが、何故かアフリカ系の元首の時は出てきません。

これはアメリカ遊学中に黒人の子供を宿し、堕胎した経験が、トラウマになっているそうです。

入内後も4回堕胎され、一回は皇太子の物だが、残り3回は違う人間らしいです。もっぱらの噂では、自称主治医の、東宮医師団代表の、慶応大学医学部教授の大野裕医師だとのことです。

大野医師は、ロマノフ朝ロシア帝国の王子を祈祷で直し、革命まで皇帝を洗脳した怪僧ラスプーチンに例えられ、「東宮のラスプーチン」と呼ばれています。雅子肥と大野医師の間には誰も入れない関係だそうです。

高円宮夫妻による、久爾晃子さんの排除を許すわけにはいきませんが、「出自ロンダリング」「学歴ロンダリング」で入内した朝鮮人小和田雅子により、私は、東宮がその無能力と無知をさらけ出し、却って、秋篠宮が即位し天皇となる道が開かれたと思っ

ています。

先日日本赤十字の定例会合があり、名誉副総裁には秋篠宮家からなることが決まりました。メディアは一斉に、今上陛下が秋篠宮への譲位に傾きつつあると報じました。そうなるのが現状で最も正しい選択です。

さて、久爾さんの話で、話が大きくずれてしまいましたが、今の高円宮家は当主急死後も【反秋篠宮家】を貫いています。

久子以下3人の女王は、秋篠宮家の慶事は完全スルー、三女の絢子上にいたっては、学習院時代の眞子様いじめの張本人です。

私は【高円宮家の廃宮論者】です。

写真は父高円宮憲仁の葬儀の写真。学習院高等科の頃から茶髪にしていた。真後ろはその姿にびっくり仰天する三笠宮ェ仁殿下。



この宮家の公務にはもう大したものは無いはずです。

サッカーを通じた【日韓利権】が有りますが、そんなもの韓国が滅亡したら、無意味です。

女王が3人いるけど、一番まともだった次女が早くも出雲大社との結婚が崩壊必死です。長女の承子女王が、皇族史上初の【性の博愛論者((笑))】です。

人気抜群というのは、拙ブログの検索ワードの上位に常に彼女がいるからです。

今日から二日にわたって、承子女王、絢子女王に【狂言回し】をしてもらい、最後に党首の久子殿下に引導をまわそうと思います。

承子女王、英国遊学での、乱交パーティーや、帰国後学習院に戻らず、早稲田の【訳あり学部】に入学、4年かけてのんびり卒業しました。

【訳あり学部】とは、政治家、有力者の子弟で、能力や性格上問題を抱えているものを受け入れて、大卒のブランドを与えるところです。

この人は、帰国後も何も変わってませんね。

就職先はあの悪名高いアグネスちゃんの日本ユニセフ、5時に引けた後は、デート三昧、備考を嫌って、突然山手線に飛び込んでSPを巻いたり、やりたい放題です。

私は、こんな人に税金でSPをつけるべきではないと思います。

この人から、SPを外して、秋篠宮家に回すべきです。でも、SPを排除してもらって、開放感に浸って、はめをはずしまくって、在日朝鮮人にレイプされて殺されたりしたら皇室にとって余計恥だな〜。

この人の夢は「世界中の全ての人種とSEXして違いを確かめる事」です。(本人談)職業名から言えば【SEXソムリエ】とでもいうんですかね〜高貴な方は我々庶民に比べて発想が違います。

高円宮家は娘が全員降嫁すれば、【廃宮】となります。

ほぼ×1となった次女典子さまは、相手のレベルを落とせば、3人の中で、一番まともだったので再婚も可能でしょうが・・・・

失礼ながら承子女王に「まともな縁談」が来るでしょうか?

英国時代の乱脈な男関係は国民の殆どが知ってるはずですよ。上流階級では【ブラックリスト】に入っているかもしれません。

一番恐ろしいのは、焦ってヤケニなって、パチンコ大手企業の朝鮮人社長か、その御曹司と結婚されることです。皇室史に残る恥です。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/17/2017011720170117000000/


高円宮家|再検証A(後)人気抜群、博愛の女王、承子殿下
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/17/2017011820170118000000/

続きです。

私は【高円宮家の廃宮論者】です。

この宮家の公務にはもう大したものは無いはずです。

サッカーを通じた【日韓利権】が有りますが、そんなもの韓国が滅亡したら、無意味です。

女王が3人いるけど、一番まともだった次女が早くも出雲大社との結婚が崩壊必死です。長女の承子女王が、皇族史上初の【性の博愛論者((笑))】です。

人気抜群というのは、拙ブログの検索ワードの上位に常に彼女がいるからです。

今日から二日にわたって、承子女王、絢子女王に【狂言回し】をしてもらい、最後に党首の久子殿下に引導をまわそうと思います。

承子女王、英国遊学での、乱交パーティーや、帰国後学習院に戻らず、早稲田の【訳あり学部】に入学、4年かけてのんびり卒業しました。

【訳あり学部】とは、政治家、有力者の子弟で、能力や性格上問題を抱えているものを受け入れて、大卒のブランドを与えるところです。

この人は、帰国後も何も変わってませんね。

就職先はあの悪名高いアグネスちゃんの日本ユニセフ、5時に引けた後は、デート三昧、備考を嫌って、突然山手線に飛び込んでSPを巻いたり、やりたい放題です。

私は、こんな人に税金でSPをつけるべきではないと思います。

この人から、SPを外して、秋篠宮家に回すべきです。でも、SPを排除してもらって、開放感に浸って、はめをはずしまくって、在日朝鮮人にレイプされて殺されたりしたら皇室にとって余計恥だな〜。

この人の夢は「世界中の全ての人種とSEXして違いを確かめる事」です。(本人談)職業名から言えば【SEXソムリエ】とでもいうんですかね〜高貴な方は我々庶民に比べて発想が違います。

高円宮家は娘が全員降嫁すれば、【廃宮】となります。

ほぼ×1となった次女典子さまは、相手のレベルを落とせば、3人の中で、一番まともだったので再婚も可能でしょうが・・・・

失礼ながら承子女王に「まともな縁談」が来るでしょうか?

英国時代の乱脈な男関係は国民の殆どが知ってるはずですよ。上流階級では【ブラックリスト】に入っているかもしれません。

一番恐ろしいのは、焦ってヤケニなって、パチンコ大手企業の朝鮮人社長か、その御曹司と結婚されることです。皇室史に残る恥です。


写真は父高円宮憲仁の葬儀の写真。学習院高等科の頃から茶髪にしていた。真後ろはその姿にびっくり仰天する三笠宮ェ仁殿下。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/17/2017011820170118000000/

51. 中川隆[-10622] koaQ7Jey 2019年4月24日 16:06:52 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1448] 報告
2018.06.27
高円宮家|再検証@千家典子氏、ご成婚一年以内の失踪、昭和天皇の怒りからは逃れられない
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/16/2017011620170116000000/

今日は、【皇族方再検証】シリーズの副編で、高円宮家を再検証します。

高円宮家とは、小和田雅子の入内の時に、女帝様(誰だか察してね(笑))の秘密の指示で、縦横無尽に働いて無理筋の雅子入内を可能にしたA級戦犯です。

過去記事にも書きましたが、首謀者、高円宮憲仁は、紀子妃いじめの元凶で、不審死を遂げました。私は「昭和天皇の怒れる霊がスカッシュ中の憲仁の襟首をつかんで魂を強引にあの世に持って行かれた」と解釈しました。

高円宮夫婦は雅子入内に成功した成功報酬として、小和田家から、莫大な金額を受け取ったというもっぱらの噂です。

高円宮久子という未亡人は、金に汚くて、韓国利権を握っています。ロッテで最近お家騒動をお越し、実父と兄を追放した、重光昭夫や、2002年の日韓共催W杯で、審

判を買収しまくったと自慢している鄭夢準(チョンモンジュン)と一緒に写った写真もあります。

また、亡き夫と二人で訪韓した初めての皇族です。

この高円宮久子を追い詰めるために、3人の娘を再検証します。

出来の悪い事でも有名な、高円宮さん姉妹でも、比較的にまともだった典子女王は、やり手女衒の母親の策謀により、出雲大社の千家国麿氏に嫁ぎました。

私は、その時に、二人の命式を見るなり、この結婚は到底持たないと判断して過去記事に書きました。

ただその時は、国麿さんの特殊な性癖については知りませんでした。記事を書いた後、読者様から非公開を条件に有る決定的な事実を知り、この結婚は終わったなと思いました。

「女性自身の記事」によると、新婚早々の千家典子さんが出雲で全く見なくなった。すわ、失踪か?という記事が出ていましたが、要は、出雲で見なくなるほど、しょっちゅう東京に里帰りしているようで、何と東京に自分用のマンションまで購入したそうです。

早や、別居体制ですね。大方原因は、新婚なのに、夜、夫が体に触りもしないと言ったことでしょう。


離婚協議が成立し、幾ばくかの慰謝料は取れるでしょう。それにしても不思議です。

やり手婆で強欲な女衒の久子が、国麿さんが、結婚を必要としない男だという事を、事前に知らなかったとは思えません。最初から、短期の離婚で、「夫婦生活」が無かったこと理由に慰謝料請求目当てだったのか?上手の手から水が漏れたのか?不思議です。同じ都内にと嫁いだのなら、別居して、離婚せず「仮面夫婦」で押し通すことはやれないことは有りませんが。島根県と東京都での別居では、週刊誌が突っ込んでくるでしょう。


しかし、過去に皇族の女王様が降嫁して、離婚し、実家の宮家に出戻った例はあるのでしょうか?高円宮家は、皇族費を一人分増加で宮内庁に請求できるのでしょうか?

千家家との結婚、皇籍離脱時に、一時金を1億円ぐらい貰ったはずです。

それは、貯金として、新たに一人分皇族費を結婚前みたいに、貰うのでしょうか?

親王がいる宮家ならまだしも、女王だけ3人いる高円宮家です。気の毒なことに典子元女王以外のお二人はいずれも評判芳しからざるお人です。税金払う方としては、納得いきませんな。高円宮家は、女王三人降嫁すれば、廃宮です。一人残った久子妃は、三笠宮ェ仁殿下の遺族の様に、三笠宮家に合流することになるでしょう。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/16/2017011620170116000000/

52. 中川隆[-10599] koaQ7Jey 2019年4月25日 12:09:41 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1473] 報告

ついに小和田家【出自】の秘密 《水間氏の意向により全文掲載条件でネット転載可》2018-03-22
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/f0ffe3a0cf6cc2088255576c74fa4848

旧稿ですが、大事なので再再アップしておきます。

ネットの一部では(拙ブログ含めて)根強くささやかれ続けていた、小和田家の
出自に関して、週刊新潮がついに触れたようです。【出自】に関して・・・・・


はっきり言えば、本来の日本人なのか? という強い疑義ですね。
読者の方々からも時折指摘はあり、どんな庶民でも地方に定住していれば、
随分昔まで先祖は遡れるものだ、と。

それが遡れない小和田家。

その禁忌に、保守に圧倒的支持者を持つ水間政憲氏が触れる。
時代にいくらかは風穴が開きつつあることを感じます。

少しでも書けば、それがいかに事実であろうと「不敬」だとして
思考硬直して、事実を告げる者を罵る保守層が存在しています。

今回の水間氏の文章は短いのですが、小和田家の出自への疑問符を提示しています。有り体に申せば、半島出身者ではないかという疑義とも読めます。
墓石の不自然の片鱗にも触れています。

短文ながら他に、
小和田雅子さんの入内じたいがその出自に疑問を持たれた、
昭和天皇の御意向に背いた「不敬」行為であったという事実が指摘されていて、これも拙ブログがずっと言い続けて来たことです。

その大不敬に加担したのが他ならぬ小和田氏ご自身と、高円宮ご夫妻でいらしたことも。

もし高円宮ご夫妻が、小和田家の出自を薄々でも察知しながら
雅子さんを宮中に押し込んだとなると、更に許されざる不敬行為ですね。
極端な言い方をすると「日本人ではない人」を皇族として皇居に送り込んだ。

東宮夫妻を批判すると、それが事実であっても「不敬」であると
断定する保守の人たちは、東宮夫妻の昭和大帝への大不敬に関して
どう整合性をつけるのか。

母方の江頭家が、チッソ水俣の不浄に関係したお家であることも
改めて付記しておきます。その姓から、こちらの出自に関しても
以前から疑問視されていることはご承知のとおりです。
仮にそれが事実だとすれば、こちらも半島の可能性が皆無では
ありません。おおむね血脈似通う家が結びつきます。
鳩山家の母方がそうでしたね。
小和田雅子さんの入内にあたって、解放同盟がうごめいたのも事実です。
しかし江頭家に関するこの部分はあくまでも推測、仮説レベルです。

それにしても出自をベースにすると、妃殿下及び実家の方々の
常軌を逸した言動の数々に得心は行きますね。
娘の嫁ぎ先や特権に巣食うなどの他「日本人離れした」感性は、つとに指摘されて来たことでもあります。

週刊新潮該当号は確認のため買いに走ったのですが
売り切れでした。

しかし水間氏の是々非々の姿勢は貴重です。
保守を名乗りながら日本国と皇室を毀損する輩を庇い立てする
愚か者たちは、この一件で水間氏を切り捨てるのでしょうか。

ならばそのメンタリティは、将軍様(皇太子と皇太子妃)に盲目的忠誠を
尽くさぬ者は殺す北朝鮮と変わりません。

基本的な不敬を働いたのは昭和大帝のご意志に背いて入内させた皇太子殿下、高円宮夫婦なのに、その大不敬・高円宮の娘が日本最大の神域の
一つ出雲に送り込まれたとてまたぞろ、単細胞生物の
条件反射のようにバンザイバンザイ、めでたいめでたいと
花火を打ち上げる脳弱者の群れ。

韓国に盗られた竹島を有する島根県の韓国汚染と隔絶して
出雲大社があるわけもないのに、半島利権の娘が送り込まれ乗り込んでも
危機感持たぬ愚昧ぶり。想像力の欠如。あたかも、雅子さん入内を盛大に喜んだ当時の愚民たちの再現フィルムを見ているような。

肝心の伊勢神宮参拝に伴うはるか以前に出雲大社に次女を連れて行き、
着々と根回しして売り込んだその優れた女衒の手口、昭和大帝と
入江侍従長の却下で、早々と妃候補から外されていた雅子さんを
ゾンビのごとく復活させ、大帝の死をあたかもを待ちかねていたごとく
宮中勢をたぶらかし味方に引き入れ、雅子さんを宮中に押し込んだ高円宮久子殿下の辣腕再び。
久子氏が今回、味方に引き入れたのは国民であり、マスコミでしょう。
在日スポンサーがやたら多く、基本が反日のテレビ報道がなぜ無条件に賛美、毎日流しまくるのか頭を冷やして考えて頂きたいですね。
その反面、実質その何十倍も国にとっては大事な秋篠宮ご夫妻の海外公務が
無視され流れないことと併せて。

東宮夫妻を普段は批判している人たちも、東宮問題を単眼でしか捉えていず、
それを日韓問題の一環として捉える俯瞰の視野を持たぬ連中が軒並み、
取り込まれているようです。

竹島のある島根県の韓国汚染とこのたびの成婚が、無縁ではいられないのです。成りすまし日本人たちが絡む時の常で、表からは見えない地下で張り巡らされた人脈も組織もあり。半島に義理と人脈がある久子氏の存在を、娘と切り離して考えられるものかどうか。表から見える現象は氷山の一角です。

水間氏の指示通り、転載は全文に致しますが、色文字強調は
拙ブログ主です。読みやすくするための単純作業でそれ以上の
意図はございません。

BBの拙文は転載可です。

日本人必読レポートが週刊新潮(10月9日号)に掲載されています


2014年10月04日 19:06


●《日本人必読レポートが週刊新潮(10月9日号)に掲載されています》

■知る人ぞ知る小和田家の情報が発売中の『週刊新潮』(10月9日号)工藤美代子レポート “「皇后美智子さま」の秘録”第18回「正田家と小和田家」に記載されてます。

実際、ここに書かれている情報は承知していましたが、ほとんどの国民は知らないことです。


小生の最新刊『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実』の41ページに「そして、昭和天皇の侍従長・入江相政の母親は、白蓮の姉・信子でした。」と、入江侍従長に唐突に触れたことに、「????」を感じた方は洞察力が優れていらっしゃいます。保守層の国民にとって入江侍従長で記憶に残っているのは、最初に「小和田雅子さん」が皇太子妃の候補に名前が挙がったとき「小和田家は江戸時代まで家系がたどれない」として、反対され「雅子さん」は候補から外されたのですが、昭和天皇が逝去され入江侍従長が皇居から去ってからまた「小和田雅子さん」が皇太子妃候補に復活したのです。


小生が、入江侍従長のことで、書きたかったことをすべて工藤美代子氏が、論述しています。この工藤美代子氏の連載は単行本になるでしょうが、この号の一部は収録されない可能性がありますので、前々号の本多勝一氏が捏造写真を認めたグラビアページと同じファイルにストックする価値があります。


現在、雑誌に価値のない情報が溢れていますが、歴史的な価値のある記事は、小生もストックしていますが、今回の工藤美代子氏のページはストックしますよ。


まさか、この小和田恒家の秘密が白日の下に晒されるとは思っていませんでした。工藤美代子氏が「墓の件にこれ以上分け入るのは今回は避けたい。」と、記していますが、「墓石を新しくしたとき一部を処分して移設した件」のことなのでしょうが、天皇家に直接係わることですので明らかにするべきだったと思います。


工藤美代子氏は、「関東大震災で朝鮮人虐殺はなかった」とのレポートを『SAPIO』に連載していましたが、単行本は別の出版社が発行していました。また、小生の「朝鮮版朝日新聞の研究」も徳間書店から発行になりました。いま戦前のタブーに斬り込める出版社は限られてますので、興味のある方は今週号の週刊新潮は必読保存版です。

※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう重大事も国民はさらっとスルーしてしまうでしょうか。
テレビで報道されない限り。そしてそれは絶対報道されません。


小和田恒 条約局長が女子差別撤廃条約を締結した。

ラスト近くの、水間氏の小和田氏に関する発言。
小和田氏が締結した(しようとした?)という女子差別撤廃条約を皇室に
あてはめられ小和田氏が癒着した国連から批判されたら、皇室瓦解です。
愛子さま女帝論には、至って都合がよろしいでしょうが。

はっきり言いますね。この一件にかかわらず小和田恒は悪党、
国賊です。天皇陛下への反省謝罪作文作成・押し付け、河野談話への
関与、中韓への弱腰ひざまずき外交主張、サンフランシスコ条約の
条文意図的か偶発か誤読して、日本を悪者に仕立てあげた。他・・・・。

日本人かどうかすら危ぶまれる国賊の娘が、高円宮夫妻らの策略で皇室に入れられ、次期皇后になるお方となってしまいました。

部落解放同盟がなにゆえ、入内に口挟んで来たのか考えましょう。

以下は水間氏の記事とはいっさい関係ありませんが、コメ欄に
ねじ込んできた人がいるので、改めて回答がてら。

こちらの画像は、弊ブログでも時々取り上げるのですが、つい先だってこの画像の真贋について、読者から強い疑義と抗議の声を頂きました。

これだけの国家規模の大事件に、なぜ警察が動かない? 《転載自由》http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/68a3aa685e5a0d5aa877ba3f5fe6cb5a
(現在閲覧不能ですが、希望があれば復刻します)


拙ブログの画像採用スタンスの基本は、その画像がとりわけ具体的クレームも指摘もないまま長期間出回っている場合、とりあえず正当なものであろう、と。

今はネットの視線もシビアで、フェイクやコラに関しては即座に指摘され批判にさらされます。かなりあくどいタイプの掲示板においてすら、即批判を浴びます。

更に画像や映像を専門にしていらっしゃる読者の方お二人から、この画像に
手は加わってないことを、証言頂きました。

しかし、ネットでは発言者の身元を担保するすべがあるわけでなし、記事の基本は「なぜ、これだけの由々しき事件に捜査の手が及ばぬのか」、ということに尽きます。

即ち司直の捜査の手が及ばぬ相手が犯人なのか、と。

以下、参考までに専門家の方から頂いたコメントを転載しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事に使われている画像とその加工前と思われる画像を
仕事場でちらりと眺めてみました。

加工前と思われる画像は
BB様の過去記事 "宮中財産のヤフオク流出事件まとめ"から真ん中あたり

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/e025eb27d3606c6332554746ff1d9e3c

(現在閲覧不能ですが、希望があれば復刻します)

昭和二年二月...です。

加工前→加工後(この記事の画像)は回転やゆがみの修正のみで
なにかを消したり付け足したり、それをなじませたり、
というような形跡はないように思います。

加工前ですが、こちらも不自然な点は見当たりませんでした。
もともと解像度が低い画像(写真)に、この球体、しかもミラー、室内、、、
足し算にも引き算にも時間がかかりそうですね。
うーん、改竄画像じゃないと私は思います。改竄だったら逆にスゴイ!

といったところで、お前は誰じゃ?と言われてしまいそうですが。
勤務先のウェブサイトにはフォトエディターとして顔も名前も出ていますが
今度はそれを私だと証明できないですしね〜。

BB様、たいして面白くない報告すみません〜!
しかし、改めて過去記事でヤフオク事件をおさらいすると
なぜ警察が動かないのか不思議でしょうがありません。
逮捕できない人物が容疑者または犯人、としか思えませんな。

・・・・・・・・・・ここまで

法を学んだ方に一度意見を伺ったことがあるのですが、この犯罪が立件
されるなら、罪名は詐欺と横領。金額が莫大なので情状酌量無しの実刑3年ではなかろうか、と。

疎い分野なのでその言葉を検証するすべを持ちません。
参考までに。

また法に詳しい読者の方のご意見をお待ちします。

また「週刊新潮」に関しては、別の店で1冊残っていたのを手に入れ、まだ精読はしていませんが記事の所在は確認しました。

書籍としての刊行は難しい部分があるかもしれないので、手に入る人は入れておいたほうがいいかもしれません。そろそろ次号に切り替わる頃でしょう。

また水間氏もおっしゃるように、小和田氏が墓石に妙な手を加えたことも、遠慮せず書いて欲しかったですね。
「今回は」遠慮しておくと工藤美代子氏は書いていらっしゃいますが。⇒「墓の件にこれ以上分け入るのは今回は避けたい。」
墓に不自然な手を加えるのは、出自胡乱な部分の隠蔽であろうと思われます。

【後述】

コメ欄に資料として頂いた時系列が興味深かったので転載。

92年 吉田証言は虚偽である、と周知される
93年 皇太子結婚
94年4月 小和田恒国連大使就任
94年 慰安婦報告書をつくるよう国連が動き出す
95年8月 国際会議で鶴見女史が慰安婦問題について講演 
     美智子様、御所まで招いて「ありがたい」と礼を言う
     吉田「私の役目は終わった」と発言(時期不明)
96年 報告書T 完成
98年 報告書U 完成
98年 10月 小和田恒 国連大使退官

95年の国際会議で 鶴見女史は慰安婦問題で基調講演をおこなった。
美智子様は鶴見女史をまねいて「ありがたかった」とほめる。
吉田が「私の役目は終わった」という(いつ言ったのかはわからない)
96年国連報告書が提出。

https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/f0ffe3a0cf6cc2088255576c74fa4848

53. 中川隆[-10409] koaQ7Jey 2019年5月02日 10:23:23 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1681] 報告
2019.04.03
日本が戦争の準備を進める中、中国とイタリアは一帯一路に関する覚書を交わした


 中国の習近平国家首席が3月21日から26日にかけてヨーロッパ3カ国を歴訪、最初の訪問国であるイタリアでは23日にジュゼッペ・コンテ首相と会談し、「一帯一路」での協力に関する覚書を交わしている。言うまでもなく、一帯一路とは陸のシルクロードと海のシルクロードを組み合わせ、ユーラシア大陸の東と西で交易を盛んにしようというものだ。


 習近平国家主席が訪問する直前、イタリア政府は覚書を交わすと宣言、アメリカ政府から中国との関係を強化するなと強い圧力を受けていた。その圧力をはねつけたということである。すでにEU加盟国のうちギリシャやブルガリアなど13カ国が覚書に署名しているが、G7のメンバー国としては初めてだ。


 イギリスとアメリカは遅くとも20世紀の初頭、ユーラシア大陸の沿岸部を制圧し、内陸部を締め上げるという長期戦略を立てた。おそらくこの戦略は今も生きている。ジョージ・ケナンの封じ込め政策もズビグネフ・ブレジンスキーのグランド・チェスボードもその戦略に基づいている。


 その長期戦略では大陸の沿岸部は内部三日月帯と名づけられ、その外側に外部三日月帯が想定されている。内部三日月帯はヨーロッパから中東、インド、東南アジア、そして東アジアを結び、外部三日月帯はアフリカ大陸の南部からオーストラリア、そして北アメリカへつながる。内部三日月帯の西端がイギリス、そして東端に日本がある。日本はイギリスやアメリカの支配層にとって大陸を侵略するための拠点であり、日本人は彼らの傭兵と見なされてきた。

 当初、この内部三日月地帯には大きな穴が中東にあった。そこでイギリスの支配層は1932年にサウジアラビアを、1948年にはイスラエルを作ることになる。


 イギリスの中国侵略は19世紀のアヘン戦争で本格化する。その戦争で中国(清)に勝利したイギリスだが、内陸部を占領する戦力はなかった。そこで日本が目をつけられて「明治維新」が引き起こされたと言える。徳川体制を倒し、薩長政権に資金を貸し付け、技術を供与して「近代化」させたのである。この侵略にはイギリスと同じアングロ・サクソン系のアメリカも加わっていた。


 海洋国家であるイギリスが優位だったのは、物資や人の移動は海の方が早く、運べる量も多かったこと。そこで内陸部の国は高速鉄道の建設も目論む。ロシアがシベリア横断鉄道を建設したのはそのためだ。


 ソ連を経て現在のロシアも鉄道の延長とパイプラインの建設を進めている。2011年夏にはドミトリ・メドベージェフ首相がシベリアで金正日と会談し、朝鮮がロシアに負っている債務の90%(約110億ドル)を帳消しにし、10億ドルの投資をすることで合意している。その合意から間もない2011年12月に金正日は急死するが、計画が消えたわけではなかった。韓国はロシアとの関係を強めていたので、朝鮮が鉄道やパイプラインの建設に同意すれば建設は進むはずだった。


 この金正日は列車で移動中、車内で急性心筋梗塞を起こして死亡したと朝鮮の国営メディアは伝えていたが、韓国の情報機関であるNIS(国家情報院)の元世勲院長(2009年〜13年)は暗殺されたと見ていた。


 大陸の西側でもロシアとEUがパイプラインで結びつきを強めようとしていた。そのパイプラインが通っているウクライナでバラク・オバマ政権はネオ・ナチを使ってクーデターを実行した。2014年2月のことだ。ウクライナを制圧すればNATO軍はロシアとの国境まで進むことができ、軍事的に恫喝できるとアメリカは考えたのだろう。


 ところが、重要な軍港があるクリミアの制圧に失敗、東部でも抵抗運動が続く。しかも、このクーデターでアメリカ支配層の本心を見た中国はロシアに接近、両国は戦略的な同盟関係を結んだ。それまで中国はアメリカと連携していたのだが、クーデター以降、その方針は大きく変化した。


 アメリカは陸のシルクロードを潰すため、新疆ウイグル自治区、アフガニスタン、ウクライナなどに戦闘部隊を送り込んでいる。そのために使われているのはジハード傭兵やネオ・ナチだ。今後、カフカス地域でも軍事的な緊張を高める可能性がある。


 海のシルクロードでは、中国から見て出発点である東シナ海や南シナ海で中国を封じ込めようとしている。その戦略に従って自衛隊は沖縄で拠点作りを急いでいるようだ。イタリアが戦争から経済活動へ舵を切ろうとしているのに対し、日本は明治維新以降の方針を堅持、略奪戦争を準備している。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201904020000/


▲△▽▼

2019.05.02
日本で天皇の代替わり儀式が行われる中、米政府はベネズエラでクーデターに失敗

 日本のマスコミは天皇が退位する、即位すると騒いでいる。彼らにとって天皇とは「至高の存在」なのだろう。日本は第2次世界大戦で降伏する前と同じように天皇制官僚国家であり、その元首は天皇だということである。


 しかし、徳川時代の天皇は忘れ去られた存在だった。当時の天皇は生活に困窮し、短歌を売っていたという話を聞いたこともある。徳川の拠点である江戸に住む人びとが「公方様」として意識していたのは徳川家だ。


 その忘れられた天皇を発掘し、徳川に代わる体制の象徴にしようとした人びとがいた。その人びとによって現在の天皇制、明治王朝が誕生した。その後ろ盾がイギリスの支配層だ。


 徳川から明治へ移行する時期、つまり明治維新の頃、イギリスはビクトリア女王が君臨していた。心霊術にのめり込んでいた人物として知られている。


 女王は夫のアルバート(ドイツのザクセン・コーブルク・ゴータ公の次男で、夫妻はいとこの関係)からアドバイスを受けていたとされているが、それ以上に影響力を持っていたと思われるのがネイサン・ロスチャイルド、セシル・ローズ、ウィリアム・ステッド、レジナルド・ブレット(エシャー卿)、アルフレッド・ミルナー(ミルナー卿)など。


 言うまでもなくロスチャイルドは強大な金融資本の支配者でローズのスポンサー。ステッドはジャーナリストで、ブレッドはビクトリア女王の相談相手だ。後にブレッドはエドワード7世やジョージ5世の顧問を務めることになる。


 当時のイギリスはいわゆる産業革命で生産力が上がったものの、商品が思うように売れない。国内では貧富の差が拡大、民の貧困化が深刻になる。そこで始めたのが麻薬取引と侵略戦争。中国(清)の富を奪うためにアヘン戦争を始めたのが1840年。その年にビクトリア女王とアルバートが結婚している。イギリスが「世界経済の覇者」と呼ばれるようになるのはそれ以降だ。大英帝国とは侵略と略奪で成り立っていた。


 中国より前にイギリスが植民地化していたインドでは1857年に傭兵(セポイ)が武装蜂起、一般のインド人を巻き込んで大反乱になった。鎮圧されたのは1859年。その年にアヘンと武器の取り引きで大儲けしていたジャーディン・マセソンは日本へふたりのエージェントを送り込む。ひとりは歴史小説で有名なトーマス・グラバーで、赴任地は長崎。もうひとりはジャーディン・マセソンの創設者一族に属すウィリアム・ケズウィックで、赴任地は横浜。


 明治政府は1872年の琉球併合から台湾派兵、江華島事件、日清戦争、日露戦争というように東アジア侵略を開始、その背後にはイギリスが存在していた。日本人はイギリスの支配者に操られていたと言える。


 そのイギリスは1899年からボーア戦争(南アフリカ戦争)を開始、金やダイヤモンドを産出する南アフリカを制圧する。その直前に南アフリカではダイヤモンドが発見され、その利権に目をつけたイギリスの支配者たちが引き起こした戦争だった。後に首相となるウィンストン・チャーチルもこの戦争で頭角を現している。この戦争で世界の金をイギリスが支配するようになり、金本位制を採用する国々の通貨も支配できるようになった。


 ちなみにチャーチルは貴族階級の家に生まれたが、父親のランドルフ・チャーチルは甘やかされて育ったプレーボーイで、46歳のときに梅毒が原因で死亡している。


 生前、ランドルフはネイサン・ロスチャイルドから多額の借金をしていたことでも知られ、その額は現在の価値に換算すると数百万ポンド、つまり数億円。いくらでも借りられたという。ランドルフがロスチャイルドを裏切らない限り、借金は返済する必要がなかったようだ。


 ネイサン・ロスチャイルドと親しい関係にあったジョージ・ピーボディーは銀行を経営していたが、そのパートナーがジュニアス・モルガン。その息子がジョン・ピアポント・モルガンだ。ネイサンはこの若者をアメリカにおけるビジネスの責任者にしている。そして巨大銀行のJPモルガンが生まれる。関東大震災以降の日本に大きな影響力を及ぼすことになるのはこのJPモルガン。


 この銀行が中心になり、アメリカでは1933年から34年にかけてフランクリン・ルーズベルト政権を倒し、ファシズム体制を樹立させようというクーデターが計画されている。


 そのJPモルガンが駐日大使として日本へ送り込んできたのがジョセフ・グルー。本ブログでは繰り返し書いてきたが、グルーと親しかった日本人には秩父宮、松平恒雄、徳川家達、樺山愛輔、牧野伸顕、吉田茂、岸信介、松岡洋右などが含まれる。中でも親しかったのは松岡。戦争が始まり、離日する直前にグルーがゴルフした相手は岸だ


 要するにイギリスとアメリカの金融資本はつながっているのだが、その金融資本を中心とする支配層がベネズエラの石油を狙っている。


 4月30日にもクーデターが試みられたが失敗、フアン・グアイドと反政府派の象徴になっているレオポルド・ロペス(2014年のクーデター未遂で自宅軟禁中だったが、クーデター派によって解放されていた)はスペイン大使館へ逃げ込み、クーデターに参加した兵士25名はブラジル大使館へ逃げ込んだ。


 クーデタの失敗を受け、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官はメディアに対し、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は航空機でキューバへ逃げようとしていたが、ロシアの説得で留まったと主張している。実際はごく狭い地域で混乱があっただけで、基本的に国内は安定、逃亡するような状況ではなかった。ポンペオは失笑を買っただけ。


 アメリカ支配層が発する嘘の質が急速に劣悪化している。アメリカを中心とする支配システムの崩壊は早いかもしれない。アメリカの支配システムが崩れれば、日本の天皇制官僚制も維持できなくなる。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201905010001/

▲△▽▼

2019.05.01
元号は支配層が情報を操作する道具のひとつ

 日本の支配層が執着している現在の「元号」は一世一元、つまり天皇と一心同体の関係にある。天災、事変、祥瑞、即位などさまざまな理由で改められていた本来の元号とは異質。薩摩と長州を中心とする「明治王朝」によって作り上げられた新しいものである。


 今でも続く明治王朝とは天皇制官僚体制であり、その上にはイギリスやアメリカを支配する巨大金融資本が君臨している。その歴史は本ブログでも繰り返し書いてきた。明治王朝が築かれる過程で自由民権運動が破壊され、琉球併合を手始めに東アジア侵略をはじめている。


 その侵略を後押ししていたのがイギリスの支配層。中でも重要や役割を果たしたジャーディン・マセソンは中国(清)への麻薬密輸や武器取引で大儲けした会社だ。麻薬を売りつけるため、イギリスは1840年から42年にかけてアヘン戦争、56年から60年までアロー戦争を引き起こしている。


 彼らが扱っていた麻薬、つまりアヘンはインドから持ち込まれていた。そのインドを支配するためにイギリスの東インド会社は傭兵(セポイ)を使っていたが、この傭兵が1857年に武装蜂起、一般のインド人を巻き込んで大反乱になる。


 蜂起軍は統制されていなかったことから1859年に鎮圧されるが、その年にジャーディン・マセソンはふたりのエージェントを日本へ送り込んでいる。ひとりは某作家の歴史小説で有名なトーマス・グラバーで、赴任地は長崎。もうひとりはジャーディン・マセソンの創設者一族に属すウィリアム・ケズウィックで、赴任地は横浜。


 日本を貿易の対象と見ていただろうが、それだけでなく、傭兵の供給地にしようと目論んでいた可能性が高い。アヘン戦争やアロー戦争でイギリスは中国に勝利したが、それは海戦。内陸部を支配する兵力を持っていなかった。傭兵が必要、ということで日本が目をつけられたのだろう。だからこそ、イギリスは戦費を用立て、技術を提供している。


 明治以降は勿論だが、それ以前も日本が世界と無縁だったわけではない。そもそも「鎖国」という表現が正しくない。外国との交流はあったが、徳川体制が管理していただけである。現在も人びとが勝手に外国へ出て行ったり、外国人が勝手に日本へ入ってくれば犯罪だ。


 ところが、日本は外国と関係ない閉じた空間だという前提で歴史を考え、歴史も因果の連鎖として捉える人が少なくない。現在の内政を語る場合にも似たことが言える。少なからぬ日本人は空間的な広がりや時間的な流れで現状を見ることができない。


 日本人がそうした思考をする一因は元号にあるのではないだろうか。元号は日本独自のもので、外国の出来事との関連を考えるためには不便。歴史も寸断され、大きな流れとして捉えることには不向きだ。しかも出来事を天皇と結びつけて考えることを強いる。元号は支配層が情報操作する道具としても機能している。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201905010000/



▲△▽▼



2019.04.24
米支配層が維持しようとした天皇制官僚体制の恥部がひとつ明らかに

 インドネシアのバンカ島で日本軍の兵士は1942年2月、22名のオーストラリア人看護師を銃殺したという。海の中を行進させ、機関銃で射撃、ひとりを除いて殺害したのだが、その前に看護師は兵士から性的暴行を受けていたことを示す証拠の存在が明らかにされた。(​英語​、​日本語​)証拠を隠滅し、なかったことにするという手法は今でも使われている。NGT48のケースもその一例だが、隠しきれないこともある。


 日本のアジア侵略は1872年の琉球併合から始まるが、アメリカとの戦争は1941年12月7日の真珠湾攻撃から。1942年6月のミッドウェー海戦で日本の艦隊が敗北するまで日本側は勝ち戦だと考えていたようだ。そうした中、バンカ島での虐殺は引き起こされたことになる。


 外国へ攻め込んだ軍隊の兵士が女性を性的に暴行するという話はしばしば聞く。日本軍に限った話ではない。日本軍の特徴はブレーキがきかなくなることにあると言えるだろう。性的暴行への対策として日本軍が作り上げたのが慰安婦の仕組みだ。戦争経験者は次のような文章を残している。


 「日本軍は前線に淫売婦を必ず連れて行った。朝鮮の女は身体が強いと言って、朝鮮の淫売婦が多かった。ほとんどだまして連れ出したようである。日本の女もだまして南方へ連れて行った。酒保の事務員だとだまして、船に乗せ、現地へ行くと『慰安所』の女になれと脅迫する。おどろいて自殺した者もあったと聞く。自殺できない者は泣く泣く淫売婦になったのである。戦争の名の下にかかる残虐が行われていた。」(高見順著『敗戦日記』)


 「あえて言いますが、ほとんどの男は、とても自分の家族、自分の女房や子供たちに話せないようなことを、戦場でやっているんですよ。中国戦線では兵士に女性を●姦することも許し、南京では虐殺もした。そのにがい経験に懲りて、日本軍は太平洋戦争が始まると、そうしたことはやるな、と逆に戒めた。」(むのたけじ著『戦争絶滅へ、人間復活へ』岩波新書、2008年)


 「そこで、出てきたのが『慰安婦』というものです。その主体は朝鮮から来た女性たちでした。日本の女性も来ましたが、これは将校専用です。』(前掲書)


 「女性たちにここへ来た事情を聞くと、だまされた、おどされた、拉致された、というように、それは人によってさまざまだった。」(前掲書)


 「何人もの女性たちを船に乗せてインドネシアまで連れてくるためには、軍の了解が絶対に必要です。・・・やはり、慰安婦は軍部が一つの作戦としてやったことで、まったく軍の責任だった。」(前掲書)


 敗戦後、日本の将兵が戦場で行ったことを批判的に語るおとなもいたが、多くの「元兵士」にとって身に覚えのある話であり、口にすることはできなかっただろう。勿論、事実を否定することもできない。1945年に20歳代だった人は1975年でも50歳代だ。日本社会には戦場の記憶が鮮明に残っていた。荒唐無稽な話はできない。


 戦争経験者が少なくなるに連れ、妄想を平然と口にする人が増えてくる。メディアもそうした妄想の拡散に協力した。


 それでも慰安婦の存在を否定できないため、商売として行っているのだから問題がないと言う人もいるが、その考え方は日本人の堕落、退廃を示している。


 第2次世界大戦の前、JPモルガンの強い影響下にあった日本では新自由主義的な経済政策が採用され、庶民の生活水準は悪化し、東北地方では娘の身売りが増えた。欠食児童、争議なども社会問題になっている。こうした貧富の差を拡大させる政策を推進したのが浜口雄幸内閣だ。


 そうした政策に反発する人も少なくなかった。その結果、浜口首相は1930年11月に東京駅で銃撃されて翌年の8月に死亡、32年2月には大蔵大臣だった井上準之助が本郷追分の駒本小学校で射殺され、その翌月には三井財閥の大番頭だった団琢磨も殺された。井上は当時、日本で最もJPモルガンに近いとされていた人物。団もウォール街と緊密な関係にあった。


 その年の5月には五・一五事件が引き起こされ、1936年2月には二・二六事件だ。血盟団にしろ、二・二六事件の将校にしろ、娘を身売りしなければならないような状況を作った支配層への怒りが行動の背景にはある。


 井上が殺された1932年に駐日アメリカ大使として日本へやってきたジョセフ・グルーはJPモルガンと極めて緊密な関係にある。このことは本ブログで繰り返し書いてきた。グルーのいとこがジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりJPモルガンの総帥と結婚していたのである。しかもグルーの妻の曾祖父の弟は「黒船」で有名なマシュー・ペリーである。


 グルーは秩父宮、松平恒雄、徳川家達、樺山愛輔、牧野伸顕、吉田茂、岸信介などと昵懇にしていたが、中でも親しかったのは松岡洋右。戦争が始まり、離日する直前にグルーが岸とゴルフしたことも有名な逸話だ。安倍晋三の祖父は大戦前からアメリカの支配層と親しかったのである。


 戦前の天皇制官僚システムはウォール街の影響下にあったわけだが、1933年から45年4月にかけての期間はウォール街と敵対関係にあったニューディール派がホワイトハウスで主導権を握った。ニューディール派の中心的な存在がフランクリン・ルーズベルト大統領だ。


 ルーズベルトが急死するとウォール街がホワイトハウスを奪還、ドイツのナチは救出され、日本の天皇制官僚システムは存続することになる。戦争責任も曖昧なまま幕引きになった。


 しかし、連合国の内部には天皇制官僚システムを破壊するべきだと考える人も少なくなかった。日本軍と直接戦ったイギリスやオーストラリア、そしてソ連。日本が降伏した直後はアメリカが日本をコントロールできる状態だったが、時間を経ればそうした国々の軍人や官僚が日本へやってきて民主化を要求、天皇制の廃止も主張する可能性が高い。それに留まらず、天皇の戦争責任は必ず問われる


 大戦後、日本占領の中枢だったGHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)の中にも天皇を中心とする侵略戦争の象徴である靖国神社の焼却を主張した将校が多かったのだが、焼かれなかったのは、ローマ教皇庁が送り込んでいたブルーノ・ビッターが強く反対したからだという。ビッターは闇ドルにも手を出していた人物で、CIAのエージェントだったと見られている。靖国神社とCIAには何らかの関係があるのだろう。(朝日ソノラマ編集部『マッカーサーの涙』朝日ソノラマ、1973年)


 ウォール街は日本を支配するシステムとして大戦前から天皇制官僚システムを使っていた。それを戦後も存続させるため、戦争責任の追及と民主化の推進という儀式を早く終わらせる必要があった。


 そこで1946年1月に戦争犯罪を裁くとして極東国際軍事裁判(東京裁判)を設立、48年11月に判決が言い渡されている。その年の12月23日に東条英機、広田弘毅、松井石根、土肥原賢二、板垣征四郎、木村兵太郎、武藤章が処刑されているが、これは「民主化」を演出するセレモニーにすぎない。本来なら処罰されて当然であるにもかかわらず、被告席にいない人がいた。


 そして新たな憲法が制定される。その憲法は第1条から第8条で天皇制の存続を定めている。「象徴」という修飾語をつけてはいるが、天皇制の存続を謳っている。「戦争の放棄」を定めた条項はその後、第9条だ。


 戦後日本の進む方向を決めたジャパンロビーの中心にはウォール街の代理人とも言えるジョセフ・グルーがいた。内務官僚、思想検察、特別高等警察といった戦前日本の治安体制の中枢は戦後も要職に就いている。「国体」は護持されたのだ。


 バンカ島での出来事をオーストラリア政府が封印したのは日本の「国体護持」を望むウォール街の意向に沿った行動だと言えるだろう。その国体に関わる儀式が近く行われる。

(注)●は楽天による検閲
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201904240000/


▲△▽▼

昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=NQhVOTS0j7A

「エ・・・・エ・・・・エ・・・・投下された、ことに対しては、

エ・・・・・、エ・・・・こういう戦争中で、あることですから、どうも、

エー、広島・・・・市民に対しては、気の毒で、あるが、やむをえないことと私は思っています」

1975年10月31日、日本記者クラブ主催「昭和天皇公式記者会見」


▲△▽▼


日本の真相3 天皇のための戦争・天皇は内通していた – YouTube動画
http://www.youtube.com/watch?v=eugXzHoKnes


「世界大戦は私のせいで多くの人が死んだ?

あ、そう! だから何? 」


昭和天皇の身代わりになって処刑された東条英機

御文庫といって天皇の宮殿の地下深くに御文庫を作り

そこに大本営を置いて天皇が参謀たちを集め図面を置いて

毎日毎日、今度はここ行けここ行けと指図をするわけ

それを指図ができると東条英機が受けてですねやるわけです

だから参謀たちが天皇を大参謀に、参謀たちが戦争計画を作り、それを東条に渡すわけです

東条英機は大文庫に、御文庫の中には入れないわけです

他の連中も

そういうシステムで戦争が進んでいく訳です

____


ゴマすり東条さんは毎日三回は 昭和天皇の所へ顔を出して、御用聞きしてたんだ

それである日、昭和天皇が真珠湾を攻撃しろと言ったんで、へいへいとその通りにしたというのが真実

関係者はみんな八百長戦争だと見破られると困るから真剣に戦った様に見せたかったんだよ:


日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」

太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941.9.6の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂。
元自民党総裁選=麻生太郎の祖父。

また吉田茂元首相の再軍備問題のブレーンだった辰巳栄一元陸軍中将(1895〜1988年)も、米中央情報局(CIA)に「POLESTAR―5」のコードネーム(暗号名)で呼ばれていた。

アメリカから昭和天皇への指示は国務大臣、グルーによって日本の吉田、牧野、樺山、白州のヨハンセングループを通じ貞明皇后に伝わっていた。


▲△▽▼



『 戦略国際問題研究所 ( CSIS )』
本当の戦争責任者__戦犯列伝。
_________________________________
大日本帝国陸・海軍__の実質的主導者
___皇族軍人( 御前会議 )____
_________________________________
ガーター大日本帝国陸海軍_最高司令長官&元帥
「 大日本帝国陸・海軍_裕仁御前の大本営 」

迪宮・裕仁__昭和天皇・ヒロヒト

< 大日本帝国陸軍 >

有栖川宮熾仁親王 陸軍大将 参謀総長、大本営幕僚長
小松宮彰仁親王 元帥陸軍大将 参謀総長、近衛師団長、征清大総督
北白川宮能久親王 陸軍中将(贈大将) 歩兵第4師団長、近衛師団長
伏見宮貞愛親王 元帥陸軍大将 第1師団長、歩兵第4師団長
閑院宮載仁親王 元帥陸軍大将 参謀総長、近衛師団長
久邇宮邦彦王 陸軍大将(贈元帥) 近衛師団長
梨本宮守正王 元帥陸軍大将 第16師団長
竹田宮恒久王 陸軍少将 近衛騎兵連隊
北白川宮成久王 陸軍大佐 陸軍砲兵大佐
朝香宮鳩彦王 陸軍大将 上海派遣軍司令官、近衛師団長
東久邇宮稔彦王 陸軍大将 第二軍司令官、陸軍航空本部長
賀陽宮恒憲王 陸軍中将 陸軍大学校長、第43師団長
秩父宮雍仁親王 陸軍少将 大本営戦争指導班参謀、歩兵第31連隊第3大隊長 直宮
閑院宮春仁王 陸軍少将 戦車第5連隊長、千葉陸軍戦車学校付
竹田宮恒徳王 陸軍中佐 第1総軍防衛主任参謀、関東軍作戦参謀
北白川宮永久王 贈陸軍砲兵少佐 駐蒙軍参謀
朝香宮孚彦王 陸軍中佐 第51航空師団参謀、第51教育飛行師団参謀
三笠宮崇仁親王 陸軍少佐 航空総軍参謀、大本営参謀 直宮
東久邇宮盛厚王 陸軍少佐 第36軍情報参謀、野戦重砲第1連隊中隊長
賀陽宮邦寿王 陸軍大尉 豊橋第一陸軍予備士官学校教官


< 大日本帝国海軍 >

華頂宮博経親王 海軍少将 議定会計事務総督
有栖川宮威仁親王 元帥海軍大将 連合艦隊旗艦「松島」艦長、巡洋艦「高雄」艦長
東伏見宮依仁親王 元帥海軍大将 第二艦隊司令長官、横須賀鎮守府司令長官
山階宮菊麿王 海軍大佐 「八雲」分隊長、「磐手」分隊長
伏見宮博恭王 元帥海軍大将 軍令部総長、第二艦隊司令長官
有栖川宮栽仁王 海軍少尉 栄典
伏見宮博義王 海軍大佐 第6駆逐隊司令、敷設艦「厳島」艦長
山階宮武彦王 海軍少佐 海軍航空隊所属
久邇宮朝融王 海軍中将 第20連合航空隊司令官、高雄海軍航空隊司令
華頂宮博忠王 海軍中尉 軽巡洋艦「五十鈴」乗組
高松宮宣仁親王 海軍大佐 横須賀海軍航空隊教官、戦艦「比叡」砲術長 直宮

_________________________________

上記連中の中で、東京裁判にかけられたヤツ・・・
ひとりでも、居るのか?

東條、以下__御前会議の命令を粛々とこなしていただけの
平民出身の現場の平民階級大将___だけだろ?
A 級戦犯で上げられたのは・・・・・?


上記情報だけでは、片手落ち__になるので・・、な
_________________________________

中国共産党軍は米軍が育てた軍隊であり、ドレイパーの目的は、米軍直結の中国軍と米軍直結の日本の自衛隊を戦わせ、アジア人同士を殺し合わせる事にあった。「 劣ったアジア人=有色人種を減らす 」ためである( 山極晃「 米戦時情報局の延安報告と日本人民解放連盟 」大月書店 )。 この中国と日本に戦争を行わせ、有色人種を減らす政策は、現在も継続している。

ドレイパー一族は、ディロン・リード社という兵器売買と兵器購入資金融資の軍事金融企業を経営している。ドレイパーは、中国共産党軍にも、自衛隊にも、兵器を販売している。ドレイパーの兵器販売高をアップさせるために、日本と中国は戦争をする事になる。 クリントン大統領時代のペリー国防長官が、このディロンの社長である。

・・・・この国の実質的_支配者 =『 日本銀行 』の株主( 蔵の守名義で30%。日本国は52%。)でもある江戸城住まいの・・・いまは皇居と呼ばれている、内部居住者=天皇マスコットを守る< 宮内庁 >__老中支配構造。__江戸時代から、同じなんだよ。

平和を希求していた『 日本天皇 』が戦後の統治の中で、
戦犯だったら__困るんだよ_GHQや、CIA・・・現状では、
『 戦略国際問題研究所 ( CSIS )』になるんだが・・・。
サルの国を空気だけで、統治できなくなるじゃないか・・?


『 戦略国際問題研究所 ( CSIS )』

●組織

理事長には、1999年よりサム・ナンが、同研究所所長最高経営責任者には、2000年4月よりジョン・ヘイムリがついている。

また、
 
ヘンリー・キッシンジャー  
カーラ・ヒルズ、 
リチャード・アーミテージ、 
ズビグニュー・ブレジンスキー  

が理事を務め、顧問にはキッシンジャーと弟子の  ブレント・スコウクロフトがいる。

彼らの多くはアメリカ国家安全保障会議の国家安全保障問題担当大統領補佐官でもあった。

イラク復興において、リポート「より賢い平和(A Wiser Peace)」を作成し、時のアメリカ合衆国国防長官 ドナルド・ラムズフェルドに提出した。

日本人では 

小泉進次郎や、
浜田和幸、
渡部恒雄 

などが一時籍を置いた。

現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。

日本部には、

防衛省、
公安調査庁、
内閣官房、
内閣情報調査室 

の職員の他、

日本貿易振興機構
損害保険会社、
日本電信電話 

の職員も、客員研究員として名を連ねている。

また、日本の現役政治家とも縁が深く、 麻生太郎 や 安倍晋三 なども度々CSISを訪れ、講演でスピーチを行っている。

CSISは日本では公益財団法人 東京財団( 日本財団の下部組織 ) と協力関係にある。

東京財団の他にも

笹川平和財団、
特定非営利活動法人
世界開発協力機構

がフェローシップ・プログラムの提携を行っている。

また、2011年には  日本経済新聞社 と共同で「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の創設を発表し、2012年に立ち上げた。

稲盛財団理事長の 稲盛和夫 は国際評議員を務め、「アブシャイア・イナモリ リーダーシップ・アカデミー」(:略称AILA)をCSIS内に共同で設立した。 

CSISは 子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている。
/Wiki


・・・それと、何故、以下のような現象が起こるか?
1分でも、__考えたコト、ございますか?__になる。

『 勲一等旭日大綬章ほか___ジャパン調教者・受賞者一覧 』

●カーチス・エマーソン・ルメイ
 ( 米空軍参謀総長・日本民間人大殺戮首謀者・軍需産業戦争屋 )
●チャード・リー・アーミテージ
 ( 米元国務副長官・軍需産業戦争屋 )
●ラムズフェルド
 ( 米元国務副長官・デマ大量破壊兵器イラク破壊首謀者・軍需産業戦争屋 )
●ジョセフ・ナイ
 ( 日本人調教・理論構築屋 )

54. 中川隆[-10336] koaQ7Jey 2019年5月04日 09:02:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1755] 報告

雅子さま高学歴の大嘘 《要保存 大拡散希望》2019-05-03
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/cd6e4af98193c8099941cc7d736cf69f


退位、即位と続く報道を見ていると壮大な茶番劇、白昼夢でも見ている感じです。嘘まで塗り重ねての雅子さま上げ。昨日のフジテレビ朝のワイドショーでは小倉さんが雅子さまに関して「ハーバード、東大、オックスフォードものすごい超学歴」ふうなことを言っていて、これでまた内情を知らない国民は信じ込むのだな・・・・・とうんざりしました。

通常の入学と卒業をしたのは、ハーバードだけでオックスフォードは落第なのに。しかも、そのハーバードもいわくつき。

雅子さまはハーバードに入学したわけではなく、もともとはラドクリフ大学に、アファーマテイブ枠で入ったのです。affirmative actionというのは、大学が民族などに依る落差を是正、公平化するために設けた制度でありいわば人道的お情け枠、小室ssiの国際基督教大学の枠と同じです。小室ssiは在日枠ともう一つ別枠(貧困家庭枠)と計2枠の特殊枠を活用しての入学でした。

雅子さまがお情け枠で入ったラドクリフ大学が、ちょうどハーバードと合併したのです。運が強いのでしょう。雅子さまが入ったのはハーバードではなく、ラドクリフです。このことには、一切触れませんが。そのラドクリフ入学も実力によるものではなかったことに留意。

そしてハーバードは無論一流大学ですが(フランクフルト派の巣窟だけど)、有力者コネクションで入学できることでも知られています。ハーバードでは当時、雅子さまの父小和田恒氏が教えていました。
他にたとえばブッシュ大統領の子弟がコネと金銭入学。

ハーバードではありませんが、偏差値の低い関東学院大学(37.5〜42.5)からいきなりコロンビア大学院に入ったのが小泉進次郎氏です。通常あり得ません。しかし、ここも有名人の父親コネで特別枠です。あのキャラですから進次郎氏父純一郎氏が「息子は可愛いからね」と、けろっと漏らしています。

アメリカ名門では意外にも有効な、地位高い人のコネとカネ。小室ssiの普通ならない、フォーダム大での優遇も含めて。

擁護派は雅子さまがMagna Cum Laude(という賞)を獲得したと言い張りますが、入学すらコネ・カネが効く大学だということをお忘れなく。賞金が出るわけでもない賞を例に引かれても基本の嘘を消すのは無理。さすがに最高ランクのSumma Cum Laudeを大学は雅子さまには与えてはいませんが。

一般教養科目の成績も含めたLatin Honorとは別に、専攻科目毎に与えられるEnglish Honorがありますが雅子さまは超有利な環境にあったにもかかわらず、こちらも獲得出来ていません。


            英語は貧弱

高校はベルモント市の公立ベルモントハイスクール に編入したのですが、英語が出来なかったのでESL (English as Second Language)の下のクラスに振り分けられたのでした。普通に出来ない子より、もっと下のクラスです。のちにワングレードアップして普通に出来ないESLのクラス入りしたのですが「英語が喋れない、書けない子」扱いであったことに変わりはありません。

いわば「英語劣等生クラス」からいきなりハーバード大の講義についていける英語を身につけるなど、現実にはあり得ません。しかしとりあえず入学して卒業したのは事実ですが、この時父親の小和田恒氏が教授として同大にいたことを忘れてはなりません。
雅子さまはオックスフォードは単位が取れず落第帰国されましたが、オックスフォードに小和田恒氏は関係していませんでした。大学も外務省も、父親がいたからこそで、父親の力が及ばない所では落第生。

東大も確か、小和田恒氏が名誉教授であった(要再検証ですが、東大に関わっていたのは事実)時代かと思いますが正規入試に依るものではなく帰国子女枠で東大に編入されていて、講義にはほぼ出ていず一年で中退しています。これを擁護派は外務省入省試験に通ったので、と言い繕いますがそれならなぜ、わざわざ枠を使ってまで東大に「とりあえず」入られたのか、箔付けのためだったのでしょうか。世間はきれいに騙されて、東大もきちんと入学、単位をきちんと取得しての卒業だと思い込まされてしまっています。

その外務省入省も、当時は5枠あった「VIP子弟枠」を使用しての入省です。
ハーバード、東大双方に小和田恒氏という父親の権力が介在。
小和田氏の存在がない、オックスフォードでは外務省から9人派遣留学されていてそのうちの1人ですが、普通1年間で修士号が取れる所、雅子さまお一人取得が出来ず倍の2年間もい続けたのに結局、落第、すごすご帰国して国費一説には1500万円を溝に捨てた形、国費の無駄遣いはその頃からです。
これに関して擁護派は「外務省から呼び戻されたので単位が取れなかった」と言い繕うのですが新米ペーペーの省員を呼び戻すほどの重大な用件があるはずもなく、御本人がヘタれて帰国したか普通の倍の年数いてもまだ単位が取れないでいる雅子さまに外務省が見切りをつけたか、どちらかでしょう。9人いて雅子さまを除く8人は1年間で単位を取得、すんなり外務省に戻っているのだから。

以上、細かく述べましたがものごとをもっとシンプルに言うなら、雅子さまの英語レベルでハーバードの講義をまともに受けて卒業するのは絶対にないです。動画で僅かに残っている英語のスピーチは今は見つかりませんが(どうせ証拠隠滅で消されているでしょうが)初めて耳にした時は尻もちをつきました、その英語の稚拙さに。それが学歴に疑いを抱き調べ始めた動機です。

⇒動画 https://m.youtube.com/watch?v=6gqE5G_sA9U&feature=youtu.be

雅子さまの英語力の低レベルなのは、外国人歌手がばらしてしまっています。利害のない外国人が何よりの証言者でしょう。皇太子時代の新天皇陛下の英語については、当時のオーストラリア人の教師が「ナルちゃん、頭悪い。英単語もろくに覚えない」として、暴露されています。家庭教師付きのフランス語も中途挫折。人工膀胱の尿袋については、ネパールの留学生がさらっと書いています。

雅子さまが晩餐会など外国要人に会いたがらずご体調の波で欠席なさりがちなのは、英語のその稚拙さを知られたくないからとも思えます。
雅子さまが数カ国語堪能など、笑止です。英語さえおぼつかないお方が。
日本語も怪しげなのは、有名です。「くわがた、くわがた、あの、あの」発言を筆頭格として、あれこれ記録されています。語学には日本語も含まれます。日本語に能力を持たない人が、英語に対してだけ卓越しているということはありません。幼少期から英語圏で育ち日本語を余り使わない生活環境でない限りは。

雅子さまが皇室に馴染めないのは、海外でのお暮らしが長いせい、とも擁護派は言うのですが、紀子さまも同様です。紀子さまの英語はひんぱんに動画に残っていますが、雅子さまのは見つけたのはたった一つ。


雅子さまはお立場にもかかわらずWould youという丁寧語すら用いてないのです。せめてMai Iでしょう。英語の拙さと共に、お里が知れる逸話です。またこの時、警備の都合から時間が厳密に限られていたのですが、雅子さまがサインねだりで時間を超過、警備を混乱させています。
第一、皇太子妃がミーハー言葉で芸能人にサインをせがむなど。

その時の雅子さまの言葉がEnglish Journal 2008年11月号に記録されています。「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

これは些細な一例でこだわることもありませんが、雅子さまがアメリカの高校で英語が出来ない人たちのためのクラスにいたことは、どう擁護説明するのでしょうね?「英語が出来ない外国人の子」が3年後に突然ハーバードと奇跡はどう説明するのでしょう。自然界には芋虫や毛虫が蝶になる奇跡が存在しますが。雅子さまは芋虫並の奇跡を体内に秘めていらしたのでしょうか。

雅子さまのハーバード論文への疑義は、貶める目的の想像によるものではなく 論文手伝いの1人糠沢和夫氏の証言が公にあります。糠沢氏の他に論文に手を貸したのは当時経団連理財部長と東京銀行の真野調査部長、 国際金融情報センターの榊原総務部長で、経緯は 『THIS IS 読売』1993年4月号で述べられています。

証言者の糠沢 和夫氏は、経済人、外交官。むつ小川原開発社長、経団連専務理事を経て、経団連出身者として初の特命全権大使や、 民間人初の外務省大臣官房文化交流部長を務めた人です。

綺羅星の如き財界人3人を結集した雅子さまの卒論が、ハーバード大で落とされるわけもないのです。

外交官としてバリバリ活躍していた優秀な雅子さまが、無理強いに皇室に入れられて病んだ、という嘘がまかり通っていますが、上記を見れば虚偽だと解かるでしょう。入内は遥か前から路線として仕組まれていたことです。嫌なら付き合っている男性が他にいると言えば、簡単に逃げられたことであり、歴代のお后候補の人たちは巧みに処しています。入内してからあれこれの言い訳は無用、覚悟もなしに入ったのが悪いのだしいよいよ嫌なら離婚も選択肢として可能でした。それを今更。

雅子さまのいとこ(男。小和田家か江頭家かは不明)が大阪の精神病院に長いこと遺棄状態であることから、元々家系的に精神の病の因子はお持ちだったのではないでしょうか。以前、その内因した精神病の発端は、外務省での不倫相手の死がきっかけだった、とそれなりに信用できる筋から聞いたことがあり、その時は聞き流していたのですが、今ふと思い出して調べてみました。

●奥克彦参事官死去45歳 2003年11月29日
●雅子さま 長い療養生活への出発点は2003年12月4日。40歳の誕生日を5日後に控え、帯状疱疹を発症して入院。

日時はピタリと符合していました。このように負の部分はすべて他のせいになり、作り上げた美点は御本人の優秀さとして広報されます。

雅子さまの事実に根ざさない上げ底褒めは、今後もいよいよ続くと思われます。「生前退位」の違法性と共に、国民が永久に騙されていていいことではありません。いきなり真実が明らかになることはありませんが、年数をかけて皇室内の嘘と虚飾、企みはいずれ日の本に明らかになる、と断言しておきます。
たとえそれが、令和に生きるすべての人々がこの世を去ってから後のことであるにしても。

真実はいずれ、明かされなければなりません。書き続けた記事はそのための捨て石であり、一時的な批判で書いてきたわけではありません。

虚言で称揚される雅子さまと新天皇陛下ですが、それと反対に虚言でさんざん貶められているのが秋篠宮家です。

公務継承、さらに多忙に=「皇嗣」秋篠宮さま−6月に初の海外訪問

時事通信

これまで新天皇、新皇后の担うべき公務を地道に一家でこつこつ続けてこられたのが秋篠宮家なのに、「さらに多忙に」とは痛ましいことです。
雅子さまが当初こそ多少は務められるでしょうが、いずれまたドタキャンドタ出は必定、それなら最初から出ないほうが、現場の要らざる疲弊がなくなります。

秋篠宮家が「さらに多忙」の中には、海外からの賓客接待が含まれますがそのために必要な公的場所含めた建物の建設を、秋篠宮殿下の私的な「贅沢」だとして喧伝する連中は、汚いです。人として最低。
ヤフーニュースにつくコメントの、虚偽を含めた常識では考えられない罵詈雑言、愛子さまの未発達なご様子を悠仁さまにスライドするのを始めとして、天皇側の不備を秋篠宮家に転化してのやり口は、雅子さまの背後にいる創価勢力ではないかと見ています。信者の数を考えれば、千、2千の工作員動員は何ということもありません。新天皇と皇后の僥倖に、旗振り要員と「雅子さま素敵〜」や「愛子さま、お可愛らしい〜」の掛け声係として駆り集められる連中です。

紀子様の堕胎説や、川嶋教授の怒鳴り込み説なども創価ともう一つ、自分の上にある秋篠宮家を憎んでいた某宮家が名誉会長を務めていたワールドメイトの信者が手分けして広めたデマです。

堕胎など医師の守秘義務を破ってもらす医療関係者が、全国津津浦浦に隈なく存在しているあり得なさを考えてみればよいのです。やれどこそこの院長が言っていた、婦長がここだけの話として教えてくれた、などなど冷静に考えてみればあり得ないことを信じ込まされている人達がいます。

創価大学の学生には、「東宮夫妻お出まし」のための歓迎サクラ要員募集記事がHPに載っていました。(スクショと共に記事にしました)。毎度報道されるお迎えの集団が本物なら、動員の必要はないでしょうに。

創価婦人部は複数名が一組となって電車の中で、周りに聞こえる程度のひそひそ話で「ねえ、聞いた?」「紀子さまってば」「秋篠宮殿下って実はね」として、秋篠宮家の貶め作戦を行って来ました。
同じ女たちが、別の電車で同じ芝居をしている所を目撃したというコメントを、コメ欄にかつて頂きました。

眞子さま問題を機として、秋篠宮殿下のすべてがよいとは強弁しないし、ご発言も時機を外してどうかと思われることもありますが、また眞子さまと佳子さまへのコントロールもいかがなものかと、その点は率直に思いますが、これまでの総体としての誠実なお勤めを帳消しにするほどの欠点ではありません。

悠仁さまへのご教育を懸念して、だから愛子さまを天皇にという論のいいかげんな凄まじさ。両親を「パパ、ママ」と呼ばされ、そのパパは口を開けば「雅子が、愛子が」、即位でやっと「国家国民」規模のご発言があったようですが、遅きに失します。お心が本当にあれば、とうに発言はなされていたはず。

第一、国民は一まとまりのしっかりとした言葉を悠仁さまから聞いたことは何度かありますが、愛子さまがまともに語っているのを見たことがありますか?中学入学時には記者たちへ簡単な受け答えも出来ず傍らの雅子さまに「なんて言えばいいの?」これは音声に残ってしまっています。傍らの雅子さまはひきつった笑顔で、囁き女将。皇太子は落ち着きをなくした時の癖で、ポケットに手を突っ込みそうになったり。

6歳の悠仁さまがお出来になった玉串奉奠を、愛子さまは中学生で出来なかったのですよ?

拙ブログで検証することを躍起に打ち消しているブログが複数あり、そのうちの3つほどは小和田家関与プラス創価勢の可能性を疑っていますが、なぜこちらに直接いらして抗議しないのでしょうね。辺境サイトで書くより、ランキングから外したとは言えまだ2万人前後のアクセスが日々ある拙ブログのほうが拡散できるでしょうに?もっとも、反駁は無論させてもらいます。

秋篠宮家の存在となかんずく悠仁さまが邪魔なのは、女性宮家設立を端緒に女性天皇擁立、そして女系へと引っ張っていく反日左翼、在日勢を含めた勢力です。皇室の弱体化が日本の衰退につながるからです。

以下、こんな日本語さえ整理してしゃべれない方のどこが「ご優秀」、どこが英語堪能。あまつさえ複数多言語も堪能だとか、喋っているのを聞いたことがありません。日本語の能力と外国語のそれとはリンクしています。

愛子さま偏差値72のヨタ話も思えば随分前から出回っています。当時から愛子さま天皇は画策されていたのです。


並び順すら心得ないお方のどこが「ご優秀」。これで、中学生のとき「御堂関白記」を読みこなし読書感想文を書いた、と喧伝する上げ底。


「ご優秀な」内親王に「パパ」と呼ばせてはばからないその「パパ」も、マイクロバスの出口にぼーっと立ちふさがって他国の皇太子に注意されるお方。

暴く意図はないのです。ただ国民を騙して上に立たせようとするある勢力、そのためにこじつけて嘘までついて秋篠宮殿下を妃殿下を貶めるやり口が人として許しがたく汚いので繰り返し述べています。


即位以降はこのような実情を書くメディアも絶えるでしょう。そして国民は捏造美化を信じ込み、こと皇室に関しては北朝鮮レベル。

皇室は王室並みに堕ちて行きます。韓国から「日王」と呼ばれても怒れない状況を迎えるでしょう。


これがこの方の性根。紀子さまが満点とは言いませんが、このての下卑た恫喝根性があらわになった写真はありません。

末尾に・・・・ティアラにひっかけてBBが「ティアラを雅子さまがヤフオクで売りに出した」と書いたとして、手を変え品を変えHNを変え執拗にコメ欄に書き込んでくる手合がいます。全部を公開しているわけではありません。こういう勘違い意見もあるという参考に、いくつかを公開しています。

ティアラをヤフオクに出した、などと書いたことはいっさいありません。
ティアラなどヤフオクに出したら一発で犯人がばれるのに、そんなもの出すわけもなく、それを出したと書くことなどあり得ません。
コメ欄では定住の読者さんが応戦してくださっているように、ヤフオク出品物の何点かにお品の名称誤認があるとして、あげつらわれていますが、それは拙ブログ主も承知で訂正がてら記事にもしています。

あの膨大な出品物の数点に事実誤認があったとしても、残りの出品物への言い訳にはなりません。ありていに言えば盗品ではないですか、しょせん。そして
外部の一般人が、あれらを皇室内からドサドサ持ち出すことなど不可能です。ヤフオク告発とティアラへの疑念とは全く別問題だということすら解らない頭でスレチで書き込みに来られても迷惑、削除の手間が鬱陶しいのでおやめ願います。

ヤフオク擁護者は、一般人があの膨大な数の宮中のお宝を外に持ち出して売りに出すことが不可能ではない、という論拠を述べないと、騒ぎ立てるだけでは犯人側と、何とか騒動が広がらぬよう苦慮した警察機構と政府を改めて追い詰めるだけのことです。そういう意味ではむしろ、もっと騒いで欲しいとすら思います。ヤフオク事件は現実にあり、そして唐突に報道は消えたのです、犯人が誰かという検証に行き着く前不自然に。
見せかけの祝典の影に隠された、あまりにも禍々しい盗難事件です。

心ある国民はヤフオクと、水俣事件を決して忘れません。ずっと言い続けます、御代が正しく変わるまで。


___


コメント


BB様 、英会話動画ありました! (らむ子)2019-05-03 12:54:56頭から ギスミー・グレイッ・・プレジュア〜シャアーデスイブニングウィッ・スユ〜
https://m.youtube.com/watch?v=6gqE5G_sA9U&feature=youtu.be

2分43秒から オーゼッラブリー・ソーフラッフィー、オッ!ライクユー・ヤ〜
http://jp.youtube.com/watch?v=zVs_0E0_RAc

最後のライクユーは…凍てつきました。

豪州の病院を訪問した雅子さまが、足が不自由で介護用歩行器を使用している少年に対し、よちよち歩き用歩行器で歩く愛子さま(1歳)の写真を指して、「あなたと同じね」と言って笑っているんです。ホラーです!


ヘイリーに、あんた署名しなさいよ事件

アメリカ人に教えてもらった奥様のレポによると…
May I have your autograph?とたずねるのがベストだとか。
We want you to sign here. だと 「あんた、ここに署名するニダ!」
生命保険の受け取り人変えさせられた方いましたねぇ、そういえば。

私も見ました 2 (都鳥)2019-05-03 13:44:59BBさま、皆さま、こんにちは。

本日も更新ありがとうございます。

私も女性皇族のドレスやティアラについてとのサブタイトルにひかれ、見ました。
かねがね思っておりましたことですが、皇后陛下はあのような報道を恥ずかしいと感じることはないのでしょうか?

英語、ドイツ語、フランス語も堪能とのことでしたよね。以前は寝言もロシア語で仰っるほどロシア語もとのことでした。ハーバード大学の卒論もメディアの方々は本当にご存知ないのでしょうか。
オックスフォード大学の件も恥ずかしいですね。どのような顔でお帰りになられたことかと。始めから辞退されればよかったものを。

それと今更ではございますが、雅子さまのお相手は某首相のお孫さんの〇智さんと聞いたこともあり、どちらかしらと思っておりましたが、やはり奥参事官だったのですね。
先日の記事で、雅子さまのお好きなメガネインテリとかでお顔も忘れたので調べました。youtubeにお迎えになられた奥さま、お子さま方の様子を見つけ、涙が
出ました。罪なことをなさったものです。

お仕事中の映像もありましたが、お気の毒なほど酷いアトピーでいらっしゃるのですね。首の辺りなど青紫になっていらして。何度も繰り返し放送されたので、
改めて驚きました。

そして肝心のティアラについてですが。
雅子さまはオランダ国王の晩餐会にも第二ティアラを
おつけになっていらっしゃいます。お有りであれば、何故おつけになられなかったのかが分かりません。
皇太子妃の第一ティアラさすがに今回は紀子妃殿下がなさっていらっしゃいましたが、本当に不思議に思います。皇后陛下の素晴らしいネックレスも3連から1連になったりこの度は2連でした。
国の財産ですし、宮内庁は説明の必要があるのではないでしょうか。体格に合わせ、3連を2連にしました、
どなたかのティアラに作り変えましたなど。
あまり、信じられませんけれど。😜

素晴らしいティアラと思っておりましたが、華奢で楚々とした紀子妃殿下にはあまりお似合いではなかったように感じました。紀子妃殿下にはやはり皇后陛下のお使いになられるティアラがお似合いです。

乱文お許し下さいませ。

黒点と皇室 (伊藤知昭)2019-05-03 15:25:41BB様、皆様

救国のブログ、何時も有り難う御座います。

巧妙に騙されて盗み取られた神国日本。

[  天皇陛下に「 親しみ 」82 % 女性継承賛成 79 %、 共同通信  -  ( 共同通信 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年05月02日(木) 16時18分 配信  KYODO
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000061-kyodonews-soci

冷遇され貶められる秋篠宮殿下妃殿下。

[  上皇ご夫妻の待遇 退位後も維持 皇嗣秋篠宮さまは公務大幅増で皇族費が 3 倍 に  -  ( スポニチアネックス )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年05月02日(木) 05時30分 配信  スポニチ Sponichi Annex
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000090-spnannex-soci

> 交通機関での移動は、ご夫妻と天皇、皇后両陛下が同じ待遇。 ( 中略 ) 飛行機も専用機。

> 一方、秋篠宮さまはこれまで通り一般客と同じ車両や航空機を利用する。

皇室批判の矢面に立たされるのは秋篠宮御一家。

[  皇位継承の関連費用は 166 億 円 : 前回より 3 割増  -  ( nippon . com )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年05月02日(木) 18時20分 配信  益田 美樹 文  nippon . com
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00010001-nipponcom-soci

贅沢三昧の上皇后とシモ皇后への反感の皺寄せ。

[  新しい時代「 令和 」を迎える喜びの中、秋篠宮家の警戒警備の重要性  -  ( ニッポン放送 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年04月30日(火) 17時52分 配信  ニッポン放送  FM93 AM1242 ニッポン放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00010027-nshaberu-soci

それこそ社会格差でバカ笑いは上皇后とシモ皇后。

[  両陛下が予定時間を大きくオーバー 満面の笑みで興味示した「 吹き戻し 」  -  ( 神戸新聞 NEXT )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年05月02日(木) 05時32分 配信  神戸新聞 NEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000000-kobenext-l28

喧伝された多様性で荒ぶ精神と国土。

[  水から見た社会と国土  -  ( 中村 晋一郎 )  -  個人  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年04月01日(月) 14時51分 配信  中村 晋一郎 名古屋大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 准教授
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamurashinichirou/20190401-00120572/

御花畑と左翼が毛嫌いする安保。

[  水道民営化 賛成する自治体 、反対する自治体  -  ( 橋本 淳司 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年12月11日(火) 11時30分 配信  橋本 淳司 水ジャーナリスト、アクアスフィア・水教育研究所 代表
https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20181211-00107296/

国土防衛のみならず、食糧と水も安全保障の根幹。

[  呼吸を止めたマザーレイク。 「 異常 」で片付けるべきではない水と温度の奇妙な関係  -  ( 橋本 淳司 )  -  個人  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年04月11日(木) 09時30分 配信  橋本 淳司 水ジャーナリスト、アクアスフィア・水教育研究所 代表
https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20190411-00121880/

琵琶湖の水辺とトンボは原風景。

[ 河川舟運 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%B7%9D%E8%88%9F%E9%81%8B

水運で唆されたシモ皇后の旦那。

[ Riverboat ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Riverboat

敢えて中国南北朝鮮が狙う海運。

[ 海運 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%81%8B

外と内から制海権と水源地狙い。

[ Maritime transport ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Maritime_transport

平和憲法護持で失う原風景。

[  中国はアジア開銀融資卒業を = 麻生財務相、 新興国向け「 サラ金と同じ 」  -  ( 時事通信社 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2019年05月02日(木) 20時56分 配信  JIJI. COM  時事通信社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000071-jij-pol

原資は上皇后と小和田勢力が牛耳り続けた日本。
昨今国連で喧しい持続可能性と皇室女性の構図。

元々フランクフルト学派が日本を成長資金の供給源。
世界中が様々な歪みで温暖化や海洋汚染に異常気象。

注目される太陽黒点の周期性。
天照大神と高天原の時空解析。

[ 地球工学 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E5%B7%A5%E5%AD%A6

今後はジオテクノロジーが覇権の鍵。
気象工学や地球工学と呼ばれる分野。

[ Climate engineering ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Climate_engineering

見方次第では皇居で神々の気に逆らう勢力への監視。
フランクフルト学派が持ち出した持続可能性に対抗。


恐れ入りますが、入力ミス等には後日対応させてください。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは毒された内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
big newsです! (眠り猫)2019-05-03 19:31:24「小和田さんのお父さんが色々コントロールするんじゃないかと、色んな指示をしたりですね、漏れ聞くところによると小和田さんはややもう認知症ぎみになってしまってそういうことはできないという話は聞いています・・・」
youtubeにあります「雅子皇后陛下のご体調問題、ご公務(と、その他のことなど…)。|花田紀凱[月刊Hanada]編集長の『週刊誌欠席裁判』 」花田編集長情報です。

花田編集長におかれましては、93年の女帝批判のときの恐怖体験をちゃんねる桜にてぜひ語って頂きたいです。
タイトルは「皇室を牛耳る正田美智子とは一体何者だったのか」なんていうのはどうでしょうか。
安倍官邸は、福田&小和田が官邸に意見してくるのを警戒していたなんて記事もありました。
女帝の後継者のマサオの後ろ盾であった、反日の実行犯がぼけてしまったら、マサオの失脚も遠くないようなと期待しています。

都鳥さま (朝路)2019-05-03 20:47:09奥克彦参事官、越智隆夫議員双方ともに昔の男です。
越智議員は結婚まで考えていたと身内に漏らしています。二股ではさすがにないと思いますが、奥参事官が後発ですね。大野医師は噂先行で解りません。深夜まで延々二人きりで部屋に閉じこもっていたと言われていますが、治療のためだったかもしれないし?


三者共通なのはメガネのインテリ男子。
これも噂の真偽は解りませんが、アメリカ時代の男とされた中国系アメリカ人デビッド・カオもメガネ。交際自体は目撃されています。
年齢からしたら、多くはないのかも? 民間なら普通。
でもだから余り年のいった女性を婚約者にするのは、その時点で慎重であるべきでした。30歳で経験無しという確率は低いですから。
三代揃って虚構 (美しい日本)2019-05-03 20:54:51BB様  こんばんは

小和田恆さんが、LL.M.(法学修士)を取れなかった理由について、
本人の弁は、下記の記事【雅子さまご尊父小和田恒氏修士論文盗難事件 & 最後の晩餐は「ベリーエキスペンシヴレストラン」事件】に詳しいです。

小和田恒 | Dosuko Wiki
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛子内親王ご優秀伝説の破綻
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-752.html

優秀伝説 | Dosuko Wiki
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%84%AA%E7%A7%80%E4%BC%9D%E8%AA%AC


ついでに

「皇太子のせいでアポイントに遅れます笑」 ホリエモンのツイートがまたまた物議
https://www.j-cast.com/2014/06/18207992.html?p=all
☆So good sense of humor!!☆ (おおやまよしの)2019-05-03 22:17:20BBさま

>自然界には芋虫や毛虫が蝶になる奇跡が存在しますが。雅子さまは芋虫並の奇跡を体内に秘めていらしたのでしょうか。

もう、こういうの大好きです!新皇后様は奇跡の塊ですよね。

でもリアルタイムで「紀子ちゃん大ブーム」と、ご成婚前に持ち上げようと頑張っても全然盛り上がらなかった雅子様ブームもどきを見ている者としましては、何を今さらアゲアゲされましても…、の気分です。

あの頃皇太子様は、ひたすら紀子様より上に見える女性と結婚したかったのですよね。僕の妻はハバドで東大でオックスフォードなんだよって。


認知症 (凛子)2019-05-03 22:17:25
初めてコメントさせていただきます。
眠り猫様の小和田氏の認知症の件ですが、小和田氏の講演情報をどこかで読みました。まだお元気だな〜と心にとめたのはつい最近です。認知症と講演ピンときませんね。まだらボケになっても、いつまでもだらだらと、長生きしてる人がいますので、手に負えなくなるまでには、時間がかかるかもしれませんね。


Unknown (桃くんのママ)2019-05-03 22:36:56
一年以上前に数回コメントさせて頂きました
その時使用した名前を忘れました為、新しい名前で失礼致します

日本を貶めようとする勢力や事柄が、まるでモグラ叩きのように国内中で頻発している事に
焦燥感に打ち拉がれ、皇室関係の事柄や憂国の方のブログから遠去かってしまって居りました
平成の終わりからのサブリミナルの報道で
正に白昼夢・悪夢を見ているようでなんだか此方の正気がおかしくなりそうです

近所の学会の人と仲良くしている姉が、
「礼宮は鬱なんだってね
アルコール依存でどうにもならないらしいよ」と言ってきたので凍りつきました
勿論否定して、公務はほとんど秋篠宮両殿下がこなされている事、どれだけ素晴らしい方かを伝えようとしましたが、学会の洗脳は本当に恐ろしいですね
学会じゃない人間にまで広めて、学会じゃない人間がその嘘を更に人海戦術で拡げていると思いました
自分の姉ながら、自分で知る努力をしない人間、情報を嗅ぎ分ける力のない人間はコロッと騙されてしまうのだと思い知りました

BB様、変わらずに此処に居て下さって有難う御座います
心の指針になります
価値の無いアバズレ (会社員)2019-05-04 00:37:32ベルモントハイスクールで普通に出来ない以下のクラスから普通に出来ないクラスへの編入時に小和田恒が怒り狂ってハイスクールに抗議をしたと、確か’ドス子の事件簿’で読んだ。
何年経っても普通に出来ない以下のクラスから普通にできないクラスへ進級できないので、小和田恒が裏の手を使ったわけで、小和田雅子の眉毛が象徴する如く 頭脳は恐ろしいほど低いのだろう。厚かましい根性だけは人一倍あるようだが。
よくこんな女を皇后にしてしまったものだ。
今は、大勢の日本人が、事の事実を知るしかないか、、、、、。
 毎日、奴らに天罰をと祈っている。
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/cd6e4af98193c8099941cc7d736cf69f

55. 中川隆[-10333] koaQ7Jey 2019年5月04日 09:06:01 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1758] 報告

昔の男 元小和田雅子さんの男性関係  
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12237678487.html

https://archive.is/HmEiX

Royal pains: Readers of Monday's column learned about David Kao, a 35-year-old Boston management consultant who claimed to be the former "boyfriend" of Masako Owada, the fiancee of Japan's Crown Prince Naruhito.

Harvard University sources confirm seeing Kao and Owada at several parties during the time the future empress was a student, but it appears unlikely there was any romance. Though Kao claimed to be "devastated" that Owada was marrying the crown prince and insisted he had photos of her appearing topless on a secluded beach, he declined repeated requests by this column for proof. …

BBのごく粗い訳を添えておきます。

皇室の痛恨事

「月曜日のラム」の愛読者にとって、ボストンの経営コンサルタント、デビッド・カオ(35歳)が“日本の皇太子徳仁の婚約者、小和田雅子の元ボーイフレンドである”と主張していることは、御存知の通り。

ハーバード大学の当時の在校生たちは、将来の皇后が学生であった時にいくつかのパーティーでカオと小和田が一緒にいるところを目撃しているが、恋愛関係にあったとは見えないようだった。

しかしながらカオは、小和田が皇太子妃となることに「ショックを受け(途方に暮れ)」そして、カオは小和田雅子を人里離れた浜辺で写した、上半身裸の写真を持っていると、断言した。
その言葉を確認するために、当コラムはカオにその写真を見せてくれるように何度も頼んだのだが、彼はそのつど丁重に断りを入れてきた。

・・・・・ここまで

おそらく記事の否定派は「unlikely there was any romance」
二人の間に恋愛感情があったとは見受けなかった、というフレーズに
焦点を当てるのでしょうが、ブログ主はカオがハーバードという名門を出て、
(こちらは、つてがあっての裏口入学の可能性は薄い)経営コンサルタントを
営んでいるような男が、極東の皇太子妃についてわざわざ嘘をつくメリットが
考えられないのです。

お金目的であるなら、写真を売っているはずで「丁重に断る」ことはしていないはずです。ブログ主は、いっそこのデビッド・カオが雅子妃のトップレスを、もっと大きな雑誌に持ち込んで売っていてくれたら・・・・現在の穀潰し、神道破壊雅子妃はいなかったのに、と残念に思います。

海外の雑誌は容赦なく、英国の王子は二人共盗撮され、弟のほうは全裸画像を、兄君のほうは立ち小便を撮られ、性器までさらされています。

雅子さまの上半身裸が、報じられていたら即破談だったでしょうね。
海外雑誌より、日本政府か宮内庁に写真を見せ、強請れば雑誌に売るより
法外な高額を彼は手にしたのでしょうが、悪者ではなく、ただ恋人であった「おれの雅子」が自分を捨てて、プリンセスの道を選んだことが、ショックで寂しかったのではないでしょうか。それで、つい口走ったことを疑われ、「写真を持っている」と明かした。

それ米国メディアが聞きつけ、記事にして写真の確認を持ちかけ、断られた・・・・・。

「人里離れたビーチ」で、上半身を脱いで男の前にさらすなら、男女の関係があった、と見るべきでしょう。

デビッド・カオが存命であるなら、雅子さまのトップレス写真もいつか公開される可能性もあったのでしょうが(即位が近づく、今この時に切実に欲しいのですが)デビッド・カオは、車中にいるところを黒人少年二人に襲われて、殺害されています。

またこれも、外務省時代の不倫相手の参事官として、海外誌で姓名まで報じられたお方は、銃撃戦の煽りで、亡くなられています。

水俣に関わる母方実家、江頭家の何か禍々しいものを感じないでもありません。男の運気を奪う禍々しい女・・・・? 皇太子殿下も、おそらく尿関係の癌でいらっしゃり、人工膀胱[尿路ストーマ]の装着は国家あるいは皇室に近い筋では、もはや常識として知られているようです。

当記事は、先の記事への追加参考記事です。
字数制限で、先行記事には収まりきれなかったので、単独追加しました。

宮中や王室に入る女性が非処女であってはまずい理由は、先の記事に述べてあります。

小和田家は、雅子さまの外務省時代の不倫も、その近い家系に精神病院に入院したきりの精神病者がいることも隠して、入内させていますね。(大阪の病院に、雅子妃のいとこ様が見舞客もなく、打ち捨てられた形で長期入院中。双子の妹、節子さんも精神の不調が伝えられ、また雅子妃は時折、ギャーッと叫ばれていること、「雅子さまがお 具合が悪い時は、国民に見せられないお姿になる」と、至近にいた人物に言われています)

▼朝鮮創●による皇統乗っ取り近し? 《転載ご自由に》http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/03f1b7ee44187f7ba91c4659d59627b5

それにしても、小和田恒氏軟禁が事実なら、次の皇后の父親は犯罪に手を染めたお方?
即位の後に、これを容赦ない海外メディアがすっぱ抜いたら、皇室は崩壊の危機、先帝たちが築き上げた伝統は地に堕ち、隠蔽に加担した日本国の政府も、軽蔑され、国民も恥ずかしく居たたまれない思いを味わうでしょう。

小和田恒氏は、外務省の機密費に手をつけた過去もあり。娘の入内のお陰で、追求を免れた過去。

それぐらいはまだ微罪です。この方が、日本国と国民に犯した大罪に比べれば。

小和田恒氏を喚問せよ 【拡散希望】

小和田家が半島系であることも、国家に近い界隈にいる人々には周知の事実であるようだし、また小和田恒氏と雅子妃が神道とは相容れぬ半島出自の会長が支配して来た某カルト教の信徒でいらっしゃり、神道否定の異教徒でいらっしゃることも。また母方実家江頭は特殊エリアのご家系。

今ならまだ間に合います。

ヤフオク、他お宝の海外流出、愛子さまの一件など、廃太子要件は十二分に揃っているので、内々で皇室と話をつけ、表向き「皇太子の重篤な病により、自ら退位をご希望」として、特措法制定なら、政府も天皇の憲法違反に手を貸すようなことではなく、こちらへ特措法を立てるべきです。

即位の後に、海外メデイアにスクープされたら無残です。
マスコミは、公開するタイミングを狙うのは洋の東西問わずで、
海外メディアがもし、すでにネタを握っていたら、即位の儀に
海外超VIPが100人以上、参集した時を狙いそうな。
某国のホテルに軟禁、監視に付き添われている某人の写真なんか
すでにありそうな、予感。
発表しないならしないで、政府か宮内庁に大金を強請れる状態かもしれません。
仮にそうなら億単位でも払うでしょ。
本当に当人も背景もいかがわしい女性を宮中に入れたばかりに、迷惑な、迷惑な、迷惑な!!

・・・・・・またそれゆえに、全てが露見する前に生前退位とやらで、
即位を急ぐべく、焦慮されているのかもしれません。皇太子の間は、
自主退位の形を取れば、廃太子可能ですが、天皇となったらその
地位は不動で、司直の手も政府の手も及びません。その不動の
地位を不出来で、ご病気の長男にお望みなのか・・・・・祭祀が不可能なことを
ご承知なのに。

祭祀の失せた皇室はその明確な存在理由を喪います。
誰でもなれる、天皇。・・・・・それで、皇室が存続出来ますか?

皇室廃絶論の台頭は火を見るより明らかで、GHQが敗戦時に仕掛けた
皇室無力化、空洞化ウィルスがここまで繁殖、ついに出自の定かならぬ
皇后が誕生する瀬戸際、その万世一系を外れた血筋にある内親王を天皇に即位させるべく画策する勢力を生み、それを支持する国民まで現れています。

また何度も書いていますが、正田家はアメリカの小麦粉利権で、当時の
GHQと癒着した今にして思えば逆賊的お家。元正田美智子さんの入内には、異教徒であるフランスの神父(GHQサイドとの関わりがあったと想像)がキーパーソンとして存在し、その後の入内に具体的に動いたのも、GHQが日本弱体化のツールとして使った、キリスト教の信徒たち、いわば異教徒たちです。
(キリスト教への誹謗ではありません。あくまでも神道の祭祀王のおわす、皇室の価値観との対比で書いています)

雅子妃の母方実家、江頭家が水俣病との関係、皇后陛下の妹様が、
第二の水俣の元凶、昭和電工に嫁がれ二代の皇后陛下が、汚れた
水とご縁があるという禍々しさ。
皇太子は、反日韓国人に取り込まれ「水の大使」として、反日国連と国連大学にお出入り、その挙句体内の汚れた水・・・・・小水のトラブルを得て、人造膀胱ストーマを装着、異臭を立てるお身の上とおなりです。(同病への差別で言うのではなく、祭祀の出来ぬお体であることを承知で両陛下が、即位を急がれていることへの異議として、申し上げています)


http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E6%B2%BB%E6%98%8E

野球選手の追っかけをやっていた時代。深夜に六本木の酒場に同伴して、
お持ち帰りされてない、ってことがあるのかな・・・・・?

原田治明氏 当時33歳  英文ではティーンエイジのときめき、となってますがw 十代ではないですね。

・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・

https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12237678487.html

56. 中川隆[-10330] koaQ7Jey 2019年5月04日 09:10:10 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1761] 報告

しかし、今上天皇が精神薄弱、雅子皇后は精神異常
こんなんで皇室はこれからどうなるのでしょうね? :

小和田家は、雅子さまの外務省時代の不倫も、その近い家系に精神病院に入院したきりの精神病者がいることも隠して、入内させていますね。

大阪の病院に、雅子妃のいとこ様が見舞客もなく、打ち捨てられた形で長期入院中。双子の妹、節子さんも精神の不調が伝えられ、また雅子妃は時折、ギャーッと叫ばれていること、

「雅子さまがお 具合が悪い時は、国民に見せられないお姿になる」

と、至近にいた人物に言われています
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12237678487.html

57. 中川隆[-10329] koaQ7Jey 2019年5月04日 09:13:15 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1762] 報告
Dosuko Wiki 嘘てんこ盛りな小和田雅子の「釣書き」
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E9%87%A3%E6%9B%B8%E3%81%8D

世間一般では、男女のお見合い(結婚)で取り交わす身上書のことを指すが、スレでは小和田雅子が徳仁親王との婚約内定にこぎつけた当時マスメディアで広く流布された雅子についての様々な情報をまとめ記したものを指す。
一般に結婚式では新郎新婦について、かな〜り底上げしたご祝儀粉飾情報で褒め称えるのが世の常であるが、雅子についての「釣書き」は底上げどころかJAR●にでも訴えたいぐらいのハリボテ状態である。

参照:【ぶりっこ】、【学歴ロンダリング】、【1級位の実力】、【大食い雅子さま】、【秘密靴】、【小和田金吉】


嘘てんこ盛りな小和田雅子の「釣書き」

◾『素顔の雅子さま』取材編集/週刊女性皇室取材班 平成5年6月17日発行 pp.158-159雅子さま資料館◆パーソナルデータ
<太字>は当まとめwikiによるツッコミ注釈である。


生年月日 昭和38年12月9日
学歴 昭和41年9月 ソビエト連邦モスクワ市立保育園入園

昭和43年9月 米国ニューヨーク市立第81キンダガーデン入園
昭和44年9月 米国ニューヨーク市立第81パブリックスクール入学
昭和46年3月 東京都目黒区立原町小学校1年編入
昭和46年4月 東京都新宿区立富久小学校2年編入
昭和47年4月 田園調布雙葉小学校3年編入
昭和51年4月 田園調布雙葉中学校入学
昭和54年4月 田園調布雙葉高等学校入学
昭和54年9月 米国マサチューセッツ州立ベルモントハイスクール2年編入
昭和56年9月 米国ハーバード大学経済学部入学
昭和60年6月 同校卒業
昭和61年4月 東京大学法学部3年学士入学
<1年間のみの在籍後、昭和62年3月東京大学法学部中退の事実はこの「雅子さま資料館」で隠蔽されている>

職歴 昭和61年10月 外交官試験合格

昭和62年4月 外務省入省
昭和63年9月 英国オックスフォード大学ベリオールカレッジ国際関係論修士課程入学
平成2年6月 同校修了
<修士号を取得していないことからこの表記は誤りである。宮内庁HPでは「ご留学」と記載]>
平成2年7月 外務省北米局北米第2課勤務
平成5年1月 外務省退職

父 小和田恒 昭和7年9月18日生

東京大学教養学部(国際関係論分科)卒業
英国ケンブリッジ大学法学部博士課程修了
<恒の学位は「LL.B.」なこと、本人がインタビューで語る「博士論文船便紛失事件」からして非常に疑わしい>
外務事務次官

母 小和田優美子 昭和13年1月30日生

慶応義塾大学文学部フランス文学科卒業
昭和37年10月7日、小和田恒と結婚

妹 小和田礼子 昭和41年7月8日生

慶應義塾大学法学部政治学科卒業
ジュネーブ高等国際問題研究所大学院卒業
国連難民高等弁務官事務所ハノイ在勤

妹 小和田節子 昭和41年7月8日生

東京大学文学部英語英米文学科卒業
<東大英米文学科を卒業したはずの節子(+礼子)の翻訳能力は【Madeleine】参照>
本田技研工業勤務後、東京大学教養学部学士入学(文化人類学分科)4年在学中

身長体重 身長164センチ、体重51キロ

<身長については【秘密靴】参照。体重もはっきり言って鯖を読んだ数字である>

得意科目 高校時代はどちらかといえば理数系。中学時代は地理、古文等も好き 大学時代は政治哲学、外国語<マサグリッシュ参照>
優等賞 ベルモントハイスクールで最優等生と認められ、ナショナル・オナー・ソサエティー賞に選ばれる。ドイツ語科でドイツ総領事賞、ゲーテ・インスティテュート賞。ハーバード大学では優等賞のマグナ・クム・ラウデを受ける。

<学歴ロンダリング参照>

外国語 英語<マサグリッシュ参照>、フランス語、ドイツ語


ドイツ語については、伝蓋高校1年1学期中途で転出する送別会にて、ハイネの詩を朗読したというエピソードが知られている。また小和田雅子が「韓国語(※後掲)」も習っていたとする記述も存在するのだが、この表の中では何らかの意図が働いているかどうだか不明だが、取り上げられていない。

趣味 音楽鑑賞、散策、ドライブ、外国語<マサグリッシュ参照>
スポーツ スキー、テニス


↓浩宮と公式に出会うスペインのエレナ王女レセプション・パーティの約1週間前に発売された記事。小和田コンクリ御殿にまで出向き、当人を写真撮影取材までしておきながら、「〜位の」というアバウト表現を用いていることに注目。
『FOCUS』1986/10/17号<外交官に「清原級」ルーキー―ハーバード出身小和田雅子さんの完全無欠>“清原級”とまで優秀伝説を流布する小和田雅子記事
(記事より引用)テニスも田園コロシアムのスクール仕込み。スキーもバッジテスト1級位の実力だとか。


『FOCUS』1998年7月22日号<ちょっと気になる「雅子妃」のお腹―テニスクラブのお盆パーティーにご出席>記事
p.5より引用
 ところでご存知の方も多いと思うが、東京ローンテニスクラブは1900年に設立されたわが国最古の超名門クラブ。皇室ご一家の方々はいずれもその名誉会員だが、雅子さまは5年前のご成婚以来、一度も足を運ばれたことがなかった。が、この日はご覧のように、会員と気軽に談笑し、会場に置かれたお握りやデザートなどにも手を伸ばされていた。「今回初めてお見えになったのは、これからここでテニスをされるので、そのご挨拶という意味があったようです」(会員)


好きな食物 ミルクティー、果物、サラダ、帆立貝等<ホットミルク&ミルクティー&メロンミルク参照>


『殿下の料理番 皇太子ご夫妻にお仕えして―伝統と新風 皇室のいま』渡辺誠・著、小学館文庫2001年 「微笑みのマリアージュ・フォアグラのおもてなし」の章、pp.134-135より引用
 やがて雅子さんの御所への訪問も公けのものとなり、回を重ねるようになりました。おふたりでお食事をされる機会も、私が担当しただけで数回ありましたし、和食を召し上がったことも幾度かありました。
 そのたびに殿下はおもてなしのお料理のことにも心砕かれていましたが、たいていは、ふだんお客さまがいらっしゃるときと変わらぬご指示で、あの晩のような特別なご要望はありませんでした、
 ところが、もう一回だけ珍しいご要望をされたことがあったのです。私が担当してフランス料理をお出ししようというときでした。
「ロッシーニはできますか?」
 侍従を通して、こんなお問い合わせがありました。
 ロッシーニとは、ひとことで言えばフィレ肉の上にフォアグラをのせたお料理です。イタリアの名作曲家ロッシーニが好んだ料理というところからその名が冠され、「牛フィレ肉のロッシーニ風」などと称されています。殿下もお出まし先などでしばしば召し上がっていらっしゃいます。
 それにしても、「ふだん、ご自分から高級食材を使うお料理をご指名になられたことはないのに、お珍しいな」、そんな思いが私の脳裏をよぎりました。
 そのころはまだ雅子さんのお好みがわかりませんでしたが、内廷の職員がお伺いしたりしたのでしょう、少しずつ情報が入ってきました。その中に、お肉類がお好きらしいというものがありました。殿下はそれをお知りになって、おいしいフォアグラを使って「ロッシーニ」とお望みになられたのだと思います。


『人間・皇太子さま―雅子さまとの“ちょっと気になる話”』松崎敏弥、フローラル出版 (1993/05)
雅子さまのキーワード(p.65)
好きな食べ物、飲み物 ミルクティー、果物、サラダ、ホタテ貝。嫌いな食物は卵、タマゴ・アレルギーでいらっしゃる。
<別書籍においてもほぼ同じ記述あり。「嫌いな食物は卵」と書かれているが、結婚後の地方公務朝食でゆで卵2個をオーダーしていることからも、婚約時期に流布された釣書き情報が大嘘であることがよく分かる>

得意な料理 鶏のポルト酒風味、ラザニア、ふろふき大根、ヨーグルトムース
お酒 ワイン少々、ブランデーケーキでも顔が赤くなるぐらい


後掲<「ブランデーケーキでも顔が赤くなるぐらい」酒に弱い設定である小和田雅子、実はお酒大好き記事集>を参照されたい。

好きな音楽 主にクラシック。バロック音楽はバッハ等。協奏曲はラフマニノフのピアノコンチェルト等。ほかにキース・ジャレットのジャズピアノ等。


『週刊アサヒ芸能』2006年3月2日号、p.55より引用
 何事にも控えめで両陛下のご意思をすばやく察知される紀子妃とは対照的に、雅子妃はご自分の意見を明確に主張される。
「例えば、年末に皇太子殿下とコンサートに行かれた際、雅子さまは先に帰られたのですが、これは雅子さまがクラシックをあまりお好きではなかったためなのです」(前出・宮内庁担当記者)


ttp://www.kahoku.co.jp/news/2009/12/2009120301000826.htm
皇太子さま、辻井さんの演奏鑑賞 盲目のピアニスト
 皇太子さまは3日夜、東京・渋谷のオーチャードホールを訪れ、米国のバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した盲目のピアニスト辻井伸行さんと、読売日本交響楽団が共演する特別演奏会を鑑賞された。
 第2部に出演した辻井さんは、今年6月のコンクール決勝で弾いたラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。
 辻井さんのコンサートには、皇后さまも8月に静養先の軽井沢で足を運んでいる。
2009年12月03日木曜日
……ラフマニノフが本当に好きなら聞き逃せない演目であるが、雅子は鑑賞に現れず。


好きな映画 ドクトル・ジバゴ、禁じられた遊び、クレイマークレイマー
座右の銘 実るほど頭を垂れる稲穂かな

徳においては純真に、義務においては堅実に(田園調布雙葉学園校訓)

読書 哲学書等
習い事 ピアノ、茶道、書道等
運転免許 昭和61年取得


↓で判明した取得時期には、雅子は学士入学した東大法学部在学中。僅か1年のみの在籍期間の後期に自動車教習所に通っている。
『週刊女性』1993/6/15号<Q71 運転免許はいつ、どこで取得したの?>記事
A 雅子さんが教習所に通ったのは外務省試験に合格した直後の昭和61年10月28日。東京・目黒の『日の丸自動車学校』で。卒業検定まで規定の27時間を1〜2時間オーバーしただけで、年末までに卒業。翌62年3月、免許証を取得したばかりの雅子さんは友人と二人で九州へ旅行を。現地でレンタカーを借りての気ままな旅をした。

尊敬する人 皇太子殿下、何名かの外務省の先輩及び親しい友人、祖父母<二世代住宅同居していた母方祖父母チッソ江頭豊・寿々子夫妻と察せられる。父方祖父母の小和田毅夫・静子夫妻とはほとんど交流なし>、両親
感動 皇太子殿下の思いやりの深さ、友人、妹たちや職場の上司らによる心遣い
性格 おおらか、恥ずかしがり屋。慎重で優柔不断な面も
社会的活動 心身障害児の運動指導(ハーバード大学時代)


「ブランデーケーキでも顔が赤くなるぐらい」酒に弱い設定である小和田雅子、実はお酒大好き記事集編集

↓1993年6月皇太子との結婚後諸行事で早速酒飲み姿披露
1993年6月15日 1日目の夜の宮中饗宴の儀<おーっと、イッキに杯をキュッ!>、乾杯で形だけ口をつける筈が一気に中身を飲み干してしまう雅子(上画像)
女性自身 1993年7月6日号<「宮中饗宴の儀」のすべて!写真と秘話(29ページ)大特集!! / 雅子さま愛すべき「失敗」集 2度の「右立ち」や「日本酒キュッ」のほかにも! / 「ショコラ」に独占仮想インタビュー!! / 「ショコラ」ぬいぐるみ!大プレゼント!(詳しくは75ページを) / 大公開!雅子さま“披露宴”6大盛装ファッションの秘密 優雅!あの真珠の「4連チョーカー」は雅子さまの発案!! / 私は見た!美智子雅子さま愛の温視線>表紙・目次・カラーグラビア一部【ショコラ】

以下の雅子酒飲み光景目撃証言記事とも真っ向反対である。


『週刊文春』2006年3月23日号<悲劇のプリンセス「不適応」の理由 雅子さま友人・恩師・同僚…50人の証言(下)>p.48より引用

 98年10月、皇太子ご夫妻は長野県蓼科高原にある「ホテルハイジ」で静養されていた。経営者の東伏見韶俶(ひがしふしみ あきよし)氏が思い出を語る。
「皇太子殿下がお酒がお強いのは有名ですが、雅子さまも同じペースでした。フランス料理にあわせてお出しした赤と白のワインを、昼も夜も1本ずつ召し上がり、夕食後にはロビーでコニャックを召し上がっておられました。『雅子さまもずいぶんお強いな』と感心したものです」


『サンデー毎日』2008年11月2日号<療養生活まる5年 孤独なプリンセス 午前零時に散歩する雅子さま>p.149より引用

 元宮内庁職員は、こうささやく。
「皇太子さまがいらっしゃる時と、帰京された後では雅子さまの態度が明らかに違うのです」
「少し前の話ですが」と前置きしたうえで、
「皇太子さまがいらっしゃる時は、雅子さまは愛子さまを入れて夕食を早い時間に一緒におとりになり、適当な時間に休まれますが、殿下が帰京されると、夕食がなかなか終わらない。食事が終わっても一人でワインを飲みながら、じっと考え事をしているんです」
 元職員が印象に残っているその日は、雅子さまは午後11時くらいまで飲み続けていたという。


これらの酒飲みエピソードを打ち消そうという意図か、雅子が「ウイスキーボンボン」の外側だけ齧って中は吐き捨てているという記事も書かれているが、雅子の下品さを更に強調しているだけにしか思われない。


『週刊女性』2008年11月11日号<「ひとりワイン」「真夜中の散歩」報道が!いま雅子さまに何が起きているの?>p.28より引用

また宮内庁担当記者の一人も、「ワインをお飲みになるというのは、ちょっと考えられないですね。そもそも雅子さまはお酒は飲めないはず。以前、たまたまウイスキーボンボンを召し上がったとき、中身は除いて、それも全部は召し上がらなかったそうです。また、治療のため服用されている薬の関係上、お酒はダメなはずなのですが……」と、この報道には懐疑的だ。


◾週刊新潮 2015年9月10日号<ワイド祇園精舎の鐘の声 東宮家御用達「高級リゾート」明け渡し騒動 ◆二期倶楽部、ノンフィクション作家・桐山秀樹、栄光>中吊り【法則】


Part3009-593 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/09/03(木) 12:39:01.28 ID:AWI7DEy30
祇園精舎の鐘の声/東宮家御用達「高級リゾート」明け渡し騒動
   ◆ 二期倶楽部、ノンフィクション作家・桐山秀樹、栄光
週刊新潮(2015/09/10), 頁:32

大した情報はない記事だけど、最後の最後


>当地でワインを嗜まれた雅子さまにとっても、騒動の味はさぞ苦いことだろう。


で締めくくっていたのが藁田www ブランデーケーキだけで酔っぱらう設定ドコーw


624 自治スレでLR等議論中@可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/09/03(木) 13:39:39.35 ID:PtaUotaY0
>>593
私も新潮を読んで、報告すべきはその1行だけだと思いました。

ワインの話ならナルでも良いでしょうのに、わざわざマサ子に言及したのは
記者さん達から大酒飲み認定されてるからかしら。

それから、他の皇族方も利用してると書いてありましたね。

朝日新聞 1993年1月7日夕刊<茶道習い和食が好み プリンセス小和田雅子さん 本人が語った「私」>より、更に細かい「釣書き」記述編集
◾朝日新聞 1993年1月7日夕刊<茶道習い和食が好み プリンセス小和田雅子さん 本人が語った「私」>記事より引用

◆外国育ち
東京の虎の門病院生まれ。父の転勤で一歳の時モスクワに行き、二歳ごろから地元の保育園に通いました。
モスクワでは駐車場に水をまいておくと、朝には凍ってしまうんです。
刃の二枚ついたスケート靴をそこで初めてはいたとたん転んでしまい、両親に笑われたのを覚えています。
スキーも確か五歳くらいからゲレンデに。中学時代には、スキーのインストラクターになろうと思ったこともあるんですよ。
四歳から小一までニューヨーク。
五歳ごろからピアノも習いましたが、中学でやめてしまいました。今思うと残念でなりません。

◆手習い
茶道を習い始めたのは外務省に内定後。将来外国に行った時、日本の心を知っておいた方が良い、きっと役に立つと考えたのです。華道も心がひかれます。
和食が好きで、銀座の日本料理屋で二ヵ月に一度開く料理教室で、板前さんから教わっていました。
おいしいダシの取り方から始まって、サヨリをおろして刺し身にしたり、イカの塩辛、ふろふき大根などの煮物も作りました。お酒はワインを一杯くらいなら。

(中略)ハーバードに決めたのは、日本で将来仕事をするにしても、名前の通っている学校が良いと考えたから。父を通して先生方もよく知っていましたし。
(中略)直後に通った東大と比べると、ハーバードの方が活気があったし、学生の活動や授業の内容に刺激が多かったように思います。
(中略)ハーバード一年の夏休みにはドイツのシュツットガルト近郊で独語を、二年目の夏は、フランスのグルノーブルで、ホームステイをしながら仏語を学びました。


「朝鮮語・韓国語・ハングル」にまつわるエピソード編集
◾『女性自身緊急増刊 永久保存版1993年6月30日号 雅子妃誕生愛「決断」のすべて!』

p.170ページより引用
雅子さまを生んだ『雙葉』の教育! 雅子さんの作文の絵“クイーンM”が将来を暗示していた!
・・省略・・
 また中学の卒業文集では、好きな歌を「自分で三味線ひきながら歌うのが最高」と書いたり、担任の先生に贈った文集では、スキー教室に行く途中に学んだハングル語で“コーマプスムニダ!(ありがとう)”と恩師に感謝の気持ちを綴るなど、チャメっけのほうもたっぷりの雅子さまだ。


◾『小和田雅子さん 素顔の29年』(永井雄一、データハウス1993年2月発行)より

pp.118-121より一部抜粋
「雅子さんは、高校1年の1学期が終わったあとに日本を離れられたので、いっしょに学校生活を送れたのは4ヶ月ほど。それなのに、とても印象に残っている生徒です。学業が優秀な上、明るくて活発。クラスで人気者になったのも当然でした」
 日本での高校生活はたったの4ヶ月だけだった。これは、そのときの担任だった北脇富美子さんの言葉である。
(中略)
 送別会では、クラスメートが作った“送る歌”が合唱され、雅子さんはその返礼にドイツ語でハイネの詩を朗読した。
(中略)
 語学を勉強することは、雅子さんにとっては趣味のような領域だった。フランス語もドイツ語も韓国語も、あくなき貪欲さで取り組んでいった。
 渡米することになったその日、クラスメートの全員が、箱崎のターミナルまで見送りに集まった。
「本当に大勢の人が集まりました。たいていの場合ですと、いつもいっしょにいた何人かが、お見送りするということになると思うんですが、そうじゃなく、小和田さんならお見送りしたいという人が多かったんじゃないでしょうか」
 そのうち、15人ほどが代表して成田空港まで見送ることになった。最初は全員でということであったが、それではあまりにも人数が多すぎる。そこで、どうしてもという人だけを選抜したのである。


小和田雅子愛車カローラIIのダッシュボードにあったクラシック音楽カセットテープについて編集
◾『週刊文春』1993年1月21日号<愛車の中にはクラシックのテープが一杯>

Part433-36 名前:可愛い奥様 :2006/03/29(水) 22:16:59 ID:dcX1jjPf
前スレでちらっと話題になった雅子さんのクラシック音楽趣味について。
週刊文春が撮った愛車のダッシュボードのカセットを「フラウ」紙が解読したものを発見しました。
曲目と演奏者の判読可能なもの18本。
そのうち13本がクラシック。

1 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ルビンスタイン/オーマンディ指揮
2 バッハ フォートランペット モーリス・アンドレ
3 バッハ ダブルバイオリン イツァーク・パールマン、アイザック・スターン
4 ベートーベン ソナタ(光の具合で、それ以上は判読不能)
5 シューベルト ピアノ五重奏「ます」 ゼルキン、ラレード他
6 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ワイセンベルグ/バーンスタイン指揮
7 ブラームス バイオリン協奏曲 アイザック・スターン/オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団
8 ブラームス ピアノ協奏曲第2番 リヒテル/ラインスドルフ指揮シカゴ交響楽団
9 映像/ドビュッシー/ピアノ・ミケランジェリー(手書き)
10華麗なるバロック(手書き、これ以上判読不能)
11ショパン/ダン・タイソン(手書き、これ以上判読不能)
12ワーグナー序曲 クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
13ギリレス オーマンディ指揮・フィラデルフィアオーケストラ(判読不能)

これを見たクラシックマニアの分析
※クラシックを市販のテープで持っているというのは、日本では珍しい。
多分アメリカで入手されたものと思われる。だとするとかなり聴き込んでおられる。
※かたよりなくまんべんなく聴いておられる。
※本物志向だが、例えばオーマンディが多い点など、微妙にシブい線を狙っていらっしゃる。
※コンチェルトが多いが、普通コンチェルトというのは、
オーケストラとソロのかけあいで曲としては豪華で重厚長大なものが多く、作曲家にとっては代表作であることが多い。

「勇ましい派手な局が多くて男性的な趣味」
(byフラウ)

なおクラシック以外のカセットテープ5本の内4本は以下の通り:
SPANDAU BALLET(スパンダー・バレー)
JAMES HUMPHREY
AMY GRANT(エイミー・グラント)
Kumi Hara(原久美)


https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E9%87%A3%E6%9B%B8%E3%81%8D

58. 中川隆[-10326] koaQ7Jey 2019年5月04日 09:22:23 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1765] 報告
Dosuko Wiki 小和田恒
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92


雅子夫人の実父、小和田恆(昭和7年・1932年9月18日-)のこと。御一行様スレでは大抵「ジジン」のあだ名で称されている。類義語に「カンキリヒサシ」「閣下(外務省時代小和田氏を「閣下」と呼ばないとたいへんお腹立ちになられたという逸話があるとか)」がある。
←→【小和田優美子】
https://dosuko.fandom.com/ja/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E5%84%AA%E7%BE%8E%E5%AD%90


2008年春〜夏にかけては軽い脳梗塞を起こし、都内複数病院で入院治療→軽井沢別荘静養していたと、『週刊現代』2008/12/13号<雅子さま、公務復帰決意の陰に悲壮「父が脳梗塞闘病」>にて伝えられる。しかしこれは自らの影響力が弱まることにつながると危惧したのか、かつての部下であった野村一成東宮大夫に国際電話をかけてきて、定例会見にてそれを否定させる発表をさせたと『週刊文春』2008/12/18号<平成皇室の「試練」 天皇と黒田清子さん「お二人の時間」−美智子皇后が外された後も会話は続く ▼雅子妃父「脳梗塞」に「申し入れ」>が報じる。
週刊現代について「事実無根のデタラメ記事」と国際電話でえらく強く怒りの弁で述べていたとのこと。

それから約1年後、『女性自身』2010/1/19号<雅子さま、「輝きの笑顔」にあった実父「緊急手術」からの生還!>が、2008年入院・軽井沢静養について改めてしたためると共に、2009年12月中旬に小和田恒が脳梗塞発症予防のために血流の流れをよくする「バイパス手術」を「血栓に関する治療が世界的に有名で世界最高レベル」の都内某大学病院にて受けたと記事にしている。2008年に恒が国際電話で週刊現代記事を「事実無根のデタラメ」と言い切ったのは真っ赤な嘘だったわけであり、今後の東宮周辺の動きと併せ注目度が高まっている。

参考:【小和田金吉】、【小和田毅夫】、【学歴ロンダリング】、【準皇族】、【ワシントン奥】、【ジョーズのテーマ】


目次[表示]


小和田恒の色紙やら立て札やら石碑やら椅子やらいろいろ参考画像

「高校時代の恆氏」ぼけた写真ながら顎の左右噛み合せの悪さが窺える小和田恒画像、この噛み合せの悪さは娘雅子や孫娘愛子にも引き継がれることに(週刊文春 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号)
1993年10月10日 2007年12月5日TBS「水トク!」で“アノ小和田家御用達”として紹介された岐阜県飛騨高山にあるうどん&蕎麦屋『太田庵つるつる亭』に飾られている、小和田恒直筆色紙「優雅礼節 平成五年十月十日 小和田恒 優美子」
1993年11月13日 「雅子妃殿下御父上誕生の地 樹種ハマナス 寄贈北蒲原郡聖籠町 平成五年十一月十三日 新発田市皇太子殿下後成婚記念実行委員会」との立札が設けられる
『週刊新潮』1994年9月22日号<二百五十人集った 小和田国連大使の出版記念パーティー>カラーグラビア
七日、帝国ホテルで行われた小和田国連大使の出版記念パーティー。政・官・財界などから、福田赳夫、宮沢喜一、瀬島龍三氏をはじめとする約二百五十名が出席する華麗な会となった。が、当の本人は派手なことがとにかくお嫌いらしい。
「看板を外してくれとおっしゃる。花束を壇上で受け取ろうとしない。すぐ隅の方へ行ってしまう。奥様に至ってはさらにその後ろで、壁の花と化していました」(パーティー参加者)
肝心の本のタイトルは「参画から創造へ」。これまで発表した論文を中心にまとめた学術書ゆえに、初版は二千部とのこと。
『週刊新潮』1998年5月14日号<ワイド特集 問題人間の問題発言 (4)「辞める」と言わない小和田国連大使の長期留任>表紙・目次
2000年7月25日 雅子が欠席した香淳皇后斂葬の儀に出席している小和田恒・優美子。添えられた説明は「ご親族も、もちろん御参列」(週刊新潮2000年8月10日号<雅子さまは欠席された皇太后さまの葬儀>モノクログラビア)【夏バテのようなもの】
2009年8月7日 山形県山辺町出身で国際連盟理事会議長・国際司法裁判所所長を務めた安達峰一郎氏生家を訪ねた小和田恒、なんとその生家敷地に自らの直筆名前と手形を掘り込んだ豪華な黒御影石製来町記念碑「山之辺町来町記念 国際司法裁判所所長 小和田恒 平成二十一年八月七日」を建立
オランダ・ハーグの国際司法裁判所の椅子に十六八重表菊まがいの菊紋を使用 ←「雅子妃殿下御父上誕生の地」立札、「山之辺町来町記念」御影石記念碑とのまとめ画像
……「当の本人は派手なことがとにかくお嫌いらしい」だなんて嘘も大嘘、謙虚とはあまりに程遠い、強烈な自己主張をしたがる小和田恒の性格がよく分かる画像集である。

小和田恒像の変化(2001/12/1愛子誕生会見→2008/4/29ダラス空港→2009ハーグ国際司法裁判所にて→2010/2/18ハワイEast-West Center)


雅子さまご尊父小和田恒氏修士論文盗難事件 & 最後の晩餐は「ベリーエキスペンシヴレストラン」事件

LL.B.(法学学士)止まりである小和田恒、彼がLL.M.(法学修士)を取れなかったその理由について海外インタビューPDFファイルが発掘され祭状態に
参照:【学歴ロンダリング】


Part1131-131 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 15:45:22 ID:mpoZ4GNf0
なんかちょっとさっきからジジンの事が気になって☆ネットで色々見てたけど

ジジンは一応ケンブリッジで今のLLMに当たるポスグラのコースにはいたみたいね
でも卒論は上げてない、と
しかし卒論提出できなかった言い訳が....ヒーヒーハライテ
イギリスに船で来てトランク無くされたんだと
その中に卒論が入ってたんだとwww

あの頃ってまだ皆船使ってヨーロッパに行ってたの?
1950年代でも外務省の研修員は飛行機使わせてもらえなかったのかな?


205 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 17:17:49 ID:5Tjl+lm50
そういえばこんな記事が大昔あったなあ。
トランクがどうのこうのという話はないようだが。
--
外務事務次官に就任した小和田恒氏 学者顔負け、国際法の論客
日本経済新聞 1991/08/03

省内ではよく「プロフェッサー・オワダ」と呼ばれる。外務省きっての国際法や国際政治の論客であり、学者顔負けの博識ぶりは海外でも知られている。
昭和30年に東大教養学部を卒業して研修のため留学した英国ケンブリッジ大学大学院では、才能を見込んだ主任教授が在学期間の延長を求め、通常2年の留学期間が3年になった。
(中略)
論理的な話しぶりは「日本人離れしている」という定評がある。(中略)
その半面、「あまりにも論理的で、まあまあという日本的というかアジア的なところがない」というように人間味に欠けるとの声も多い。議論してもかなわないと、
小和田氏との議論を敬遠する向きが多いのも事実だ。小和田氏は「自由闊達に議論して、のびのびと仕事をすれば、創造的な発想が出てくる」と省内論議の活発化を説くが、さてどうするか。
長女の雅子さんは北米二課で日米経済摩擦に取り組み、親子二代の外交官。
ゴルフ、マージャンはやらず、趣味はスキー。「スタイルは良くないが、転ばず滑ることでは人に負けない自信がある」。(後略)


286 名前:131 :2008/02/18(月) 18:10:20 ID:mpoZ4GNf0
すいません、レス入れた後急に来客プチ公務が入っちゃって

ソースですが
28ページに及ぶニューヨーク大学での対談形式でのレクチャーのマニュスクリプトの8ページ目
www.nyulawglobal.org/events/dfls/documents/owadatranscript.pdf

今もまだ半分しか読み切れてない
長い
ツッコミは色々あるけど
要はジジンは自分の人生を語ってる
ジジンの父親って教頭だったんだっけ?
なんだか隠したいのか?って思う程話に出さないっていうかなんツーか
ジジンにとてケンブリッジは楽しかったようだけど微妙に対談相手の教授の質問をかわしている様な?


注:当該PDFファイルはnyulawglobal.orgからlaw.nyu.edへ移転、後にlaw.nyu.edでも削除されてしまいましたが、Webarchive記録から現在でも閲読可能です。

http://web.archive.org/web/20090509214310/http://www.law.nyu.edu/idcplg?IdcService=GET_FILE&dDocName=ECM_DLV_015899&RevisionSelectionMethod=LatestReleased (Webarchive記録)

314 131 sage 2008/02/18(月) 18:45:36 ID:mpoZ4GNf0
ひいいいい〜、ジジンのこの一冊って「アンナカレーニナ」だってええええ〜
いややあ、このジジン「嵐が丘」といい
ダメだ、このジジンの趣味はついてけんorz

好きな音楽はクラッシックジャズ...
もしかしてキースジャレットはジジンの好みだったのかね?
バロック音楽ーバッハーが好きねぇ...
猫足趣味ワルロココ調インテリア類などのルーツなのか?

ジジンって典型的なガリ勉見栄張りタイプだね
なんか丼がジジンの言いなりって判る気がする

最後の晩餐は「日本のものごっつう美味くて高いレストランで。でもジャッジだから店の名前は、ヒミツ」だって
最後の晩餐と言いながら東宮御所やら高級フレンチレストランでゴチになってるのは誰だwwww

あー、疲れた
本当にジジンは白人には饒舌だな
「アンナカレーニナ」「嵐が丘」
もうジジンは生理的にダメ...


342 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:08:31 ID:PBwy5yZ30
>>205
 >英国ケンブリッジ大学大学院では、才能を見込んだ主任教授が在学期間の
 >延長を求め、通常2年の留学期間が3年になった。

これって、、、、、wwwww
2年でMPhillのDissertationが書き上がらずに1年Extensionもらったから
履歴書で年数が合わない(二年のはず)のをごまかすだけじゃんw
しかも結局論文は「カバンの中に入れて紛失したため」提出しなかったんでしょ?

人生のはじめからねつ造と虚飾、出世のためには必死で創価でも何でも利用してきた
成り上がりがよく分かるねえ。


360 131 sage 2008/02/18(月) 19:27:57 ID:mpoZ4GNf0
もう一度ジジンの対談読み直して論文無くした時の早合点の部分があったのに気が付いた

論文が紛失したのは
×仕上げて日本からロンドンに戻って来た時ではなく
○論文はほとんど完成に近かったけど日本に帰らなくてはいけないしもう少し手を加えて日本で仕上げようとロンドンから船で発つ時
でしたスマソ

>>342
対談ではケンブリッジの3年目に Humanitarian Trust Friendship という賞を大学がジジンに上げたので I continued to do my doctorate だったそうなwww


364 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:37:08 ID:n5+qA8Ij0
>>360
論文書く時は何度も下書きするだろうし
途中で担当の教授に見せて直されたりと
いくつも参考にする物位あるのにな〜。

嘘くさい言い訳だw 


365 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:37:54 ID:PBwy5yZ30
>>360
つまり人より1年長くかけても書き上がらず、
日本へかえって仕上げて送ると英側には嘘をつき、
結局マンドクセになって日本側には「紛失して提出できなかった」と別の嘘をつく。


370 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:44:44 ID:vpJs+zX40
>>286
この資料発見GJですわ〜

該当部分タイプしました(コピペできなくて死にそうでした)。
適当に訳した要旨含め、間違いがあったらご指摘ください。

In my third year, Cambridge University decided to award me a special prize called Humanitarian Trust Studentship.
On that basis I continued to do my doctorate and by the time I was leaving Cambridge I almost completed my dissertion,
but I wanted to brush it up and siubmit it later.
I decided to go back to Japan to finish it; after all I had been sent by the government and I had to go back at that moment.

Those were the days when you had to send everything by boat in cabin trunks, so I put all my belongings in cabin trunks.
One of the trunks disappeared in London dockyard.
And that contained─among other things─the precious manuscript for my dissertion, together with other small things,
like my clothes, books, and so forth.
And it never came out. So I lost my opportunity to get my doctorate.

(要旨)
ケンブリッジ大学が賞をくれて、その上で博士号コースを続けていた3年目。
ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。
そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、
その時はもう日本に戻らなければならなかったから。

当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。
それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。
トランクは二度と見つからず、ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。


371 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:47:28 ID:5Tjl+lm50
>>370
(ノ∀`) アチャー
ところで田氏は修士号はお持ちなのでしょうか?
1993年の記事をみると小和田氏はケンブリッジ「留学」ってなっているんだけど、
1995年の記事では、英ケンブリッジ大大学院修了ってなっているんだわ。


376 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:51:38 ID:ix1ZXJ120
おいこら。
博士号取るための論文なんて、下書き何百枚もあるだろうが。
それら全部一緒に持ち運んでいて、全部なくしたというのか?
普通は最終脱稿だけ持ち歩いて、初稿は机の引き出しに保管じゃないかえ?
へええ〜〜〜〜〜〜〜。
別に取れなきゃ取れないって言えば「あっそう」なのに、
いちいち尤もらしい言い訳するのは、みっともない。


377 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:52:31 ID:mpoZ4GNf0
>>370
タイピング乙でした!

あ、また自分の間違い見つけちゃったorz
ジジンがもらった賞は
×Humanitarian Trust Friendship
○Humanitarian Trust Studentship
でした
申し訳ない


379 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:54:14 ID:rEx98kW80
>>376
こういう言い訳を聞かされる方は、イライラするよね。
嘘って分かってるのにもっともらしく、しかも下らないすぐばれる程度の。

評判が悪いのも頷けるわ。
誉めるところが一つもないんだから。


381 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:56:24 ID:8DDHRKciO
教授にほめられて是非にと言われて博士号とれないとな?


382 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 19:57:13 ID:PBwy5yZ30
>>286よんだわ。
教授が「博士論文を書かれたんですよね?」と水を向ける。
すると>>370さんのいいわけを言う。
これ明らかに釈明のためにこの場を使っているね。教授もイッチョ乗せられてるクサい。
教授は小和田がLLBコースに在籍はしたがLLBの学位を持っていないことには触れず
急にDoctrateに話を切り替える。書いたんですよね?と
すると突然小和田が実はかくかくしかじか、といいわけを始めるんだよね。
この発言は2005年11月で愛子の女帝論議が活発化している頃だ。
知られたくない過去をあれこれ保持繰り返され、なぜ学士卒なのに大きな顔で判事が出来るのかなど、
そこでジジンはこの日本人の目に触れにくい媒体をわざと使って昔語りをしたと言うわけだな。


385 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:01:49 ID:n5+qA8Ij0
始め修士課程にいて、是非にと言われて博士課程(というか
大学院の後半?)と計3年いて、一応取った事になっている学位は

「LL.B., Cambridge University」、LL.B.=Bachelor of Laws(法学士)

なの?なんだかよくわからん。そんなに大切な論文なら
手荷物にしっかり入れないのかな?


386 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:04:55 ID:TAtzptuq0
>>382 なぜ学士卒なのに大きな顔で判事が出来るのか

うひゃひゃひゃ!一番触れて欲しくない部分だろーにpgr


387 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:09:50 ID:n5+qA8Ij0
>>385
ちょっとわかった自己レス

At various universities in the UK such as Oxford, and Cambridge
the principal law degree is a B.A., in either Jurisprudence or Law
respectively; the B.C.L. and LL.B. are second-entry postgraduate degrees.
The University of Cambridge has recently replaced their LL.B. degree with an LL.M.

一応、修士と同程度にはなっているのね。LLB。で、最近更にLLBが
LLMに変わったと。一応欲しかったのはJ.Dと。


391 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:22:41 ID:PBwy5yZ30
>>385
LLBは学卒と大学院資格の中間。ちょっと分類難しい。
高卒から普通に大学受験で入学できるが、高卒からでは修了にとても長い時間がかかる。
大卒Bacheloprの場合は短期間で済む(砲火大学院ぽい)
pdfにもあるがアメリカではBachelorだと大学院格に見えないので
(生徒集めのため)LLM に学位名を変更しているとあるが
イギリスではいまだにLLBのままとおもう。

ところでジジンはLLB持っているの?
持っていれば鼻高々にLLBと唱えて歩きそうだが。
日本語で「修士課程修了」は学位があるかとは関係ない、別のゴマカシかも知れない。


392 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:25:35 ID:PBwy5yZ30
>>391
 >大卒Bacheloprの場合は短期間で済む(砲火大学院ぽい)

タイポ訂正と付け加え

すでに大卒Bachelorを持つ人の場合はLLB取得が短期間で済む(法科大学院ぽい)


394 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:29:13 ID:vpJs+zX40
「Humanitarian Trust Studentship」でググったら、これの説明らしきものが出てきた。
賞というよりも奨学金?

ttp://www.admin.cam.ac.uk/reporter/2001-02/weekly/5860/38.html
>Humanitarian Trust
>STUDENTSHIP IN INTERNATIONAL LAW

>The Humanitarian Trust has sponsored a fund from which studentships may be awarded from time to time
> for research students at Cambridge studying for a Ph.D., M.Litt., or Diploma, in any field of international law.
> Candidates must produce evidence that they have obtained, or are likely to obtain,
>before the end of the academical year of their candidature, a degree or diploma at a university or college
>in the Commonwealth of Nations, the United States of America, the Continent of Europe,
>the former Union of Soviet Socialist Republics, the Hebrew University of Jerusalem,
>or at any other university or college approved by the Electors for the purpose of this regulation.

>They must also produce evidence of their fitness to engage in advanced study.
>Students must be of sufficient merit.
>The value of the studentship is ordinarily £1,000 a year, payable termly in advance.
>It may be held concurrently with another award or scholarship,
>except for a Commonwealth Fund Fellowship, a College Fellowship, or endowment of similar magnitude.
>The studentship is tenable for a year, but may be extended for a further year.
>Certain travel expenses associated with the student's work may also be paid.


411 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:42:27 ID:dkWK3eHS0
>>403
飛行機の今のご時世でもロストバゲージはある話なわけで、
自分の手元のカバンに入れておけばいいのに。

でも、>>370な経緯なら、日本に戻ってから書き直せば良かったじゃんとは思う。


414 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:44:08 ID:5IdfUXsq0
宿題忘れた小学生の方がまだマシな言い訳をいいそう。


416 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:45:08 ID:PBwy5yZ30
>>403
コピー機の無い時代でもジジンは英語で論文を書いており(書いていたなら、だがw)
カーボン紙をひいて複製を作りながらタイプできていたはず。
紛失で提出できませんでした、はまったくお寒い言い訳でしかないよ。


417 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:47:02 ID:03XaPleB0
大事な論文の控えを取ってなかった時点でもうダメ男じゃん
こんな言い訳、どこの世界でも通らんわ


418 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:47:53 ID:K9Ii3V250
奨学金もらっておきながら論文出さなかったのか…呆
オワッタ父、娘とは違ってお勉強 だ け は できる、ガッツのある人物、
というイメージがあったけれど
結構中途半端で言い訳がチキンなんだね
やはり親子だ

ところで上の方のレスにあったけれど
禿長官の諫言って、「皇太子自体が参内しない」のを諫めた発言だったのか
愛子ちゃんがどうのこうのじゃない、もっと本質的で重大な問題の提起だったのね
世が世なら謀反の恐れ有り、じゃないか?てゆーか実態はそれに近い?


421 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:48:49 ID:XKbcWTFH0
>>394
普通の奨学金ですね。

外国の大学図書館の入館証を、まるで何かの顕彰のように読み替えては信者相手に自慢する、何処ぞの教祖サマを連想しました。


422 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:48:52 ID:03XaPleB0
連投スマソ
カンキリを試さなかったから部下を叱責する閣下が
自分が論文紛失で博士号とれませんでしたテヘって

ありえん


425 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:50:48 ID:XlG5HOuM0
>>411
>でも、>>370な経緯なら、日本に戻ってから書き直せば良かったじゃんとは思う。
んだな、同意。
紛失しちゃったから諦めました、って、
あのネチコイしかいし体質の小和田さんにしたら、
あっさりしすぎだw。
ほんとに、この親にしてこの子有りだよね〜、
留学延長までしたのに修士が取れなかったのも、
要らぬ言い訳して自爆するところなんかもwww


429 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 20:58:28 ID:dkWK3eHS0
>>425
だよねえ。

データを取らなきゃいけない理系の研究ではないんだし、
再度、参考文献を当たるしかないんじゃないかな。

時代が時代で「そんなに洋書が簡単に手に入らないんです!」でも、
奨学金をもらったくらいの学生ならば、担当教授に経緯を説明すれば、
参考文献の本は送ってくれそうなもんだと思うけどな。
実費負担が嫌だったのかしらんw

でも、博士号を目の前にして、あっさり諦めるってのも、何か変な話。
あのお勉強しかとりえが無くて、プライドが高く、名誉欲の塊のジジンがねえ…。


432 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:00:46 ID:vpJs+zX40
>>398
>>421
やっぱり奨学金ですよね。
>The value of the studentship is ordinarily £1,000 a year
だから一年あたり約20万円?(当時のポンドはもっと高かったはず)と、
>Certain travel expenses associated with the student's work may also be paid.
だから研究のためにかかった交通費も支給される。

奨学金もらうだけもらっておきながら論文出さなかったと。


434 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:02:22 ID:9jBSW/z20
昭和50年ごろのレートで1£=1000円ほどだったかと。


440 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:07:43 ID:vpJs+zX40
>>434
d。
じゃあ1000£は100万円か!
まあ当時から1000£だったのかはわからないけど、金額の多い少ないの問題じゃないよね。


441 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:08:02 ID:TbFvmwL20
>>364
だね。あの時代って手書きで書いて、最終的にタイプで打って製本屋に製本してもらって
論文完成だったはず。論文関係の下書きからなにから、全部一つのトランクに入れるなんて。
で、頭に概要が残ってれば、ひと月あれば書けるはず。だってどの資料をつかってどう考えたか、
記憶があるんだから。ジジン、まともに論文書いてない可能性高し


442 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:08:17 ID:2tKQv4Vu0
しかしあれですね13票もすごーと思ったけど、今日はもっとすごいネタが上がったね。@論文


443 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:08:28 ID:8q6lFP4D0
あの小和田父が、本当に完成間近の博士論文を紛失されて
黙って博士号取得を諦めるとは思えないんですが・・・。

恫喝・ゆすり・たかりで、慰謝料くらいはせしめてる筈でしょうが。

嘘ついてるの丸分かり。本当にカッコ悪い人だ。


447 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:12:53 ID:5jTlFQfd0
>>441
大事なものなら、普通は手荷物にいれて自分で管理するかとw
手荷物とトランクにそれぞれ入れるとか。


448 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:14:11 ID:6msByhzL0
基本、海外で移動するときには、ほんとうに大切なものは手荷物です。
海外に精通している小和田さんらしくもないw


449 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:16:29 ID:tWW+tEDX0
正直、自費で海外で勉強していないから、こういう考えられないことでも
平気で出来るんだと思う。


450 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:17:04 ID:w0EkkmGK0
>>440
昭和30年代なら、東大の1年の学費が9000円ぐらいだったらしい。
それに昔は1ドル360円の時代だったし。
外貨の持ち出しも制限受けていて、外国にいくのもたいへんな時代だったとl聞いている。
いろいろ聞いたけど、忘れた。

多分、ベトナムやミャンマーの人がアメリカにいくようなもの。
1000ポンドは大金だったはず。


452 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:18:07 ID:rEx98kW80
>>448
どうせなら置き引きにあったとかひったくられたとか、若しくは強盗に襲われて
勇敢に立ち向かったが体格差はどうにもならず、トランクを取られてしまった。
内ポケットに入っていたチケットは無事で、帰国する事が出来たが、その後
論文の再作成に手をつける事が、どうしても出来なかった。
ショックが大きかったのだろうが、その時はそんなことすら分からないほど、
精神的に衰弱しきっていた、とか言えばいいのに。

同じ嘘なら大きくつけよw


454 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:18:32 ID:5jTlFQfd0
>>451
ロストバゲッジなんか、有名スポーツ選手でも普通にありますからね…


457 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:21:55 ID:XlG5HOuM0
しかし、恆パパの時代は、
省費(国費)留学したのに修士号取れずに帰って来ても、
恥ずかしい事じゃなかったのかな?
その後、出世コースからもはずれず、
性格の悪さ剥き出しでカンキリ風吹かしながら生きてこられたんだから。


458 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:23:07 ID:mpoZ4GNf0
どうしてジジンはロンドンから日本への長ーい航海の途で
紛失された論文をちょっとでも思い出しながら書こうと思わなかったのかなあ

それと日本に帰って外務省に論文があげられなかった経緯をちゃんと説明したのかねー


460 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:23:33 ID:RwCUNZD/0
昭和52年の渡英で、一ポンド500円くらいだったと、
旅行したおじいさんが言っています。

まだ一ドル360円だったことは確かだよな。
昭和60年あたりに、一ドル250円くらいになった。


461 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:23:46 ID:tWW+tEDX0
省費留学して修士号取らずに帰ってくるっていうのは
外務省では日常茶飯事なんだろうか。

なんせ事務次官とその娘がこれだし。


464 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:27:14 ID:0Mauv8Ir0
>>458
やる気があるなら預けてないよww
いつでも取り出せるように手元に置いてるでしょう。

最初から論文なんか入ってなかったんだろうよ。


475 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:42:03 ID:TbFvmwL20
>>454
うん、自分フィギュアスケート好きなんだけど、すごい高率でロスバゲ。
テロ関連でスケート靴が機内持ち込みできなくなったから、これで試合
欠場する選手までいる。
船旅なら、手荷物もたくさん持てそうだし、書けてなかったに100OWD


480 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:50:09 ID:yTEjekhB0
昭和30年代なら、日本では学位にそれほどこだわってなかったから
学位とれなくても小和田ジジ的には別に問題はなかったと思われ。
大学の教授でも年取ってる人にはドクター持ってない人結構いる。(特に文系の人)
日本も欧米並みに学位にこだわるようになったのは最近だよね。

そもそも当時の外務省って、東大中退がエリート扱いされるヘンな場所だったんだから。
東大中退といえば聞こえはいいけど、学歴的には高卒よね。
なので、留学で学士になった。
欧米では学位を持っているか持っていないかは非常に重要視されており
外交官は大抵修士を持っていることが前提になってたり、他の国際関係機関でも
修士がないとそもそも働く資格がなかったりするので、日本の外務省員は学歴的に劣る
ということで、キャリアは全員留学させて、修士を取るようにしたのが
もうちょっと後のことだと思う。


482 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:55:20 ID:5zvCVIEE0
●●雅子さまご尊父小和田恒氏修士論文盗難事件●●
ソース(28ページに及ぶ)ニューヨーク大学での対談形式でのレクチャーのマニュスクリプトの8ページ目

www.nyulawglobal.org/events/dfls/documents/owadatranscript.pdf(注:NYUのHP構成が変わり当時のURLでは閲覧できないので、同pdfファイルが取得できるWebarchievURLにリンクします)
In my third year, Cambridge University decided to award me a special prize called Humanitarian Trust Studentship.
On that basis I continued to do my doctorate and by the time I was leaving Cambridge I almost completed my dissertion,
but I wanted to brush it up and siubmit it later.
I decided to go back to Japan to finish it; after all I had been sent by the government and I had to go back at that moment.

Those were the days when you had to send everything by boat in cabin trunks, so I put all my belongings in cabin trunks.
One of the trunks disappeared in London dockyard.
And that contained─among other things─the precious manuscript for my dissertion, together with other small things,
like my clothes, books, and so forth.
And it never came out. So I lost my opportunity to get my doctorate.

(要旨)
ケンブリッジ大学が賞をくれて、その上で博士号コースを続けていた3年目。
ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。
そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、
その時はもう日本に戻らなければならなかったから。
当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。
それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。
トランクは二度と見つからず、ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。


485 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 21:59:14 ID:AZVsfwMl0
>>482
心の底から、 嘘 く さ い !


486 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:01:08 ID:GW0PLtJe0
恒よ…
そもそも最初から書き上げた論文なんてあったのか…?


488 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:02:23 ID:GW0PLtJe0
トランクを盗まれたから私は博士になれなかった。全部泥棒のせいだ。

こう言いたいのか。

この男に恥の概念はないのか?


491 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:04:26 ID:0Mauv8Ir0
私だったら、どうしても帰らねならないのなら、取りあえず提出して帰る。

・・・つーか、帰国の日はあらかじめ決まっていたはずだよね?
なんで論文完成してないんだよ。
雅子と同じでいい加減なんだね。さっすが親子。


497 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:07:02 ID:8q6lFP4D0
>>491
内容に自信がなかったんでしょ。
帰国前の一ヶ月くらい、「いかにして自分は恥をかかずにこの論文を出さないで済むか?」
の策を練るのに頭ひねってたんでしょ。ヴァカですね。


499 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:08:38 ID:AZVsfwMl0
こんな言い訳したら(しないけど)、教授に半殺し、大学から永久追放されるよ。
協力してくれた、卒研生や先輩方にも、顔向けできない。
無理、絶対、こんな言い訳できない。


501 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:09:58 ID:f284QcWK0
ジジンは嘘も100回言えば真実になる、の口。

次官級会議のとき、だれも水を向けないのに
ひとりで勝手に
「困ってるんですよ。皇太子様がしつこくて。何度お断りしても言って来られる」
と言いまわってた。
霞ヶ関の語り草。


503 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:13:17 ID:WnF32PXi0
>>460
余分かもしれませんが、昭和34年のトヨタ(当時全国最高クラス)の初任給は2万円台
その当時1ポンドは当時の1000円、ドルは360円でドルポンが1対3ぐらいだったそうです
日英の物価の差はあったのですが、それでも1000ポンドはイギリスでも現在日本の400―500万ぐらいの価値がありました
当時のスカラシップはとくに留学生向けのものはそのぐらい手厚かったのです
イギリスのミドルクラスの生活ができるぐらいの金額というのが基準だったそうで
この話は同時期アメリカにスカラシップで留学していた父が今横で語り続けているものです
ちょっときいたら、止まらなくなってる・・・父さんたらぁ・・


506 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:14:29 ID:vpJs+zX40
>>482
これを訳した者ですが、>>394の説明によると奨学金のようなので

>ケンブリッジ大学が賞をくれて、その上で博士号コースを続けていた3年目。
これ↑訂正ですね。

「ケンブリッジ大学の裁定でHumanitarian Trust Studentship奨学金を受け、博士号コースを続けていた3年目。」

で大丈夫でしょうか?


510 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:18:35 ID:6DfDL9CD0
>>506
乙です。

●●雅子さまご尊父小和田恒氏修士論文盗難事件●●
ソース(28ページに及ぶ)ニューヨーク大学での対談形式でのレクチャーのマニュスクリプトの8ページ目
www.nyulawglobal.org/events/dfls/documents/owadatranscript.pdf
注:NYUのHP構成が変わり当時のURLでは閲覧できないので、同pdfファイルが取得できるWebarchievURLにリンクします。


In my third year, Cambridge University decided to award me a special prize called Humanitarian Trust Studentship.
On that basis I continued to do my doctorate and by the time I was leaving Cambridge I almost completed my dissertion,
but I wanted to brush it up and siubmit it later.
I decided to go back to Japan to finish it; after all I had been sent by the government and I had to go back at that moment.

Those were the days when you had to send everything by boat in cabin trunks, so I put all my belongings in cabin trunks.
One of the trunks disappeared in London dockyard.
And that contained─among other things─the precious manuscript for my dissertion, together with other small things,
like my clothes, books, and so forth.
And it never came out. So I lost my opportunity to get my doctorate.

(要旨)
ケンブリッジ大学の裁定でHumanitarian Trust Studentship奨学金を受け、博士号コースを続けていた3年目
ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。
そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、
その時はもう日本に戻らなければならなかったから。
当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。
それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。
トランクは二度と見つからず、ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。


515 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:31:27 ID:mpoZ4GNf0
>>510
乙です

この愉快なジジンの対談レクチャーを発見した者ですが
もし現物を読みたいといる方がいらっしゃる場合
リンク先はここです(pdf形式)
http://www.nyulawglobal.org/events/dfls/documents/owadatranscript.pdf

注:NYUのHP構成が変わり当時のURLでは閲覧できないので、同pdfファイルが取得できるWebarchievURLにリンクします。

それから
×マニュスクリプト
○トランスクリプト
でした
もしよろしければ訂正願います
マニュスクリプトだと手書きってことになってしまうので


520 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:35:31 ID:03MRZP9J0
●●雅子さまご尊父小和田恒氏修士論文盗難事件●●
ソース(28ページに及ぶ)ニューヨーク大学での対談形式でのレクチャーのトランスクリプトの8ページ目

http://www.nyulawglobal.org/events/dfls/documents/owadatranscript.pdf(注:NYUのHP構成が変わり当時のURLでは閲覧できないので、同pdfファイルが取得できるWebarchievURLにリンクします)

In my third year, Cambridge University decided to award me a special prize called Humanitarian Trust Studentship.
On that basis I continued to do my doctorate and by the time I was leaving Cambridge I almost completed my dissertion,
but I wanted to brush it up and siubmit it later.
I decided to go back to Japan to finish it; after all I had been sent by the government and I had to go back at that moment.

Those were the days when you had to send everything by boat in cabin trunks, so I put all my belongings in cabin trunks.
One of the trunks disappeared in London dockyard.
And that contained─among other things─the precious manuscript for my dissertion, together with other small things,
like my clothes, books, and so forth.
And it never came out. So I lost my opportunity to get my doctorate.

(要旨)
ケンブリッジ大学の裁定でHumanitarian Trust Studentship奨学金を受け、博士号コースを続けていた3年目。
ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。
そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、
その時はもう日本に戻らなければならなかったから。
当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。
それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。
トランクは二度と見つからず、ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。

522 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:39:50 ID:vpJs+zX40
>>520
あちゃーたびたびすみません、自分のタイプミス見つけてしまいました。
要旨2行目、「ケンブリッジ」の「ッ」が「ツ」になっちゃってます。恥ずかしス

524 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 22:42:16 ID:mpoZ4GNf0
>>518
これ、前に見つけてここに貼ったけど
ジジンが丼入内に舞い上がってた証拠

1993年2月26日NYタイムズの記事(英語ですが)
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9F0CEED81538F935A15751C0A965958260
下から15行目以降


764 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:25:21 ID:edqr7Sxv0
日本の教養学部の学士しか持ってなくて、これはイギリスの法学部の学士(現在のLLB)と
同等とは見なされないから、この時点でイギリスの法学部で3年で博士号取得は無理なんだけど、
外務省の場合アメリカの大学に派遣留学する人も多いし、あちらでは関連のある学部の学士が
あれば修士論文なしで直で4年で博士も可能だから、そのあたりの混乱をうまく
利用していかにも博士号取得済みのように思わせてたのかも。


769 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:26:42 ID:m2ThZ6q/0
小和田恒氏の博論紛失談、限りなく嘘くさいなあ。

船に預けた荷物が紛失したのであれば紛失証明書を汽船会社に出してもらってその旨大学当局に申し出ればいくらでも提出期限は延期してくれる。
イギリスの大学はそういう融通はきくところ。

それ以前に1960年頃のケンブリッジで3年で博士号取得間近というのがおかしい。

イギリスの場合も文系の博士の学位は80年代までは滅多にださないものだった。
今でも通常大学院進学後5年かけてとるのが当たり前。


822 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:49:08 ID:edqr7Sxv0
ていうか普通に考えたら、イギリスの法学部の学部卒なら一年で取れる
修士だけど、ジジンは他学部卒だし、言葉の壁もあるから、外務省は2年与えた。
しかし2年経っても修士が取れなかったので、日本にはドクターコースに進んだと言って
期間延長。とりあえず3年かけて修士は取れたので一安心。その後「博士号は?」と
聞かれた時にはトランクネタ使用、でFAでは。

大体、本当に少しでも博論書いてたら、紛失の話をする際にはかならずそのタイトルとか
内容とか少しは話すでしょ?法学関係者相手の講演だったんだから。彼らが「ああ、
あの当時ならなかなか面白いテーマだったね」と思うような博論じゃないと意味ないし。

上にも書かれてるけど、この対談は本当に的外れ。相手は一生懸命おもしろくしようと
頑張ってるのに、結局のところは外国官僚の自慢話で終わってるから。


829 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 02:08:35 ID:WgivHNY20
>>822
>とりあえず3年かけて修士は取れたので一安心。

修士取れてないんじゃなかった?
国際司法裁判所のプロフによると
ttp://www.icj-cij.org/court/?p1=1&p2=2&p3=1&judge=13
>B.A., University of Tokyo (1955). LL.B., Cambridge University (1956).

になってるよ。「LL.B」って「法学士」だよね?


835 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 02:20:51 ID:edqr7Sxv0
>>829
厳密には「修士号」は未取得ですね。
当時のLLBは現在のLLMに相当するという情報もあるようですが、
これは近年ではLLBなしでも入学できるLLMプログラムが増えたせいでしょうか。
とりあえず最初のpostgraduate degreeということで安易に「修士」と書いてしまいましたが、
現実にはセカンドバチェラーでしたね。訂正します。


841 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 02:38:53 ID:edqr7Sxv0
ジジンがケンブリッジに行ったのは入省後の研修だけ。
その後ケンブリッジでの客員教授職とか、そういうものは一切ない。
対談内での博論紛失の話も、ケンブリッジ留学の帰国時となっている。
あちこちから名誉博士号はもらってるけどね、ジジンの場合。

ちなみに、イギリスはアメリカと比べて大学(ユニバーシティ)入学までがかなり厳しく、
アメリカの大学の一般教養レベルの基礎知識は入学前にこなしてるから、
イギリスの学士〜アメリカの修士レベル、という人もいる。
そういう話をうまくからめて、アメリカ方式になぞらえて自分の学位を
かさ上げして省内の人々に吹聴してたのかも。

私の憶測だけど、あっちに言ってから、教養学部の学士はLLBに相当しないので
LLMプログラムには入れないとか言われたんじゃないの?歴代の派遣は
東大法卒が多かっただろうし、彼らの学士が認められてたから自分のそれも当然
通用すると思ったら大間違い、みたいな。日本では天下の東大卒なら学部や
学科はどこでもいいような風潮があっただろうけど、海外ではそうはいきませんからね。


857 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 05:28:51 ID:YR7pTpzk0
>>515さん、よく見つけましたね。
ざっと読みましたが、なんというか、外交官ってこれでだいじょうぶなの。

>>587
同意です。
対談者のプロフェッサーがケンブリッヂで共通の師に学んだ奇遇にふれて、
その師たちは好かったかと聞いているのに、その質問には「はい」とだけ答えて
あの頃はまさに自分の「人生最良の日々」だったと、まるで話をはぐらかすように続ける。
だから相手に「なぜですか?」「そこで奥様と出会ったのでしょうか?」
なんていわれてる。

そして博士号に関して対談者が言ったことは完全に皮肉だと思う。
”Then you wrote your doctorate, and you had an interesting story in the docks of London, did you not?”
「それからあなたは博士論文をお書きになったんですが、ロンドンの港で面白い話があったんですよね?」

トランクごと無くしたというのはたしかに「面白いストーリー」ですね orz

小和田氏が無人島に持っていきたい本として「アンナ・カレーニナ」をあげると、
相手には”At least it is big.”の一言で片付けられてるし。

なんか、悲しくなってきました。


小和田恆閣下論文盗難言い訳事件続報、博論のようになんとなく見せかけているのは、やっぱ修論じゃね?疑惑

Part1152-797 可愛い奥様 sage 2008/03/06(木) 17:03:06 ID:UehMntup0
すんまそん、話豚切りで
今ジジンが2003年にケンブリッジのアドヴァイザリーコミッティーのメンバーになったというケンブリッジのニュスレター見つけたんだけど(pdf)
http://www.eai.cam.ac.uk/Newsletter_march2003.pdf

注:eai.cam.ac.ukのHP構成が変わり当時のURLでは閲覧できないので、同pdfファイルが取得できるWebarchievURLにリンクします。


2ページ目

そこに50年代に修士コースにいたってなってる
やっぱドクター論文無くした云々って嘘っぱちっぽいね
2002年にケンブリッジに客員研究員として来て久々の親交を持ったとあるね

815 可愛い奥様 sage 2008/03/06(木) 17:16:11 ID:CNy9kxPW0
>>797
この部分ですね。

Professor Owada has a longstanding association with Cambridge, having
carried out postgraduate work here in the 1950s,

827 可愛い奥様 sage 2008/03/06(木) 17:23:00 ID:UehMntup0
>>815
そうです、それ
ジジンってLLB(現在のLLM)持ってるのに簡潔に
Professor Owada has a longstanding association with Cambridge LLB(またはLLM)って書かないのかな?
とちょっと不思議に思ったのよ
まさかLLBすら持ってないなんてことないよね、いくらなんでも


Part1188-661 可愛い奥様 sage 2008/04/06(日) 10:07:05 ID:Covm101j0
Judge Hisashi Owada
(Member of the Court since 6 February 2003)

B.A., University of Tokyo (1955). LL.B., Cambridge University (1956).

ケンブリッジ法学部卒が「1958年」なら様々なことのつじつまが合うかも。
国際司法判事が経歴詐称したらどうなるんだろうね。

665 可愛い奥様 sage 2008/04/06(日) 10:17:21 ID:1eGAMgkO0
>>661
LLMのコースは今は一年のコースだけど半世紀前はどうだったのかわかんないんだよね
ジジンは博士課程にいなかったのは確かだから博士論文を書いてたのは絶対にありえないんだし
修士課程にいてケンブリッジ留学を終えたのは間違いないのだから

って書いてて今ウィキ見つけたよ
ジジンやっぱ当時LLBの学士しか持ってなかった気がするwwwww
それで修士課程にいたけど、論文提出できなかったので当時のLLMはもらえなかった、とwwww
The History of the LL.M.
http://www.law.cam.ac.uk/courses/llm/the_history_of_the_llm.php
The LL.M., in its present form, came into existence in 1982. Its origins lie in two degrees offered previously by the University – the degree of Bachelor of Law, or LL.B., and a prior version of the LL.M.

小和田恒が望む最後の晩餐は「a really good, very expensive restaurant」お高いレストランご所望というセンスのなさと浅ましさ、お気に入り小説『アンナ・カレーニナ』等について
注:話を追いやすくするため、最初の箇所を重複掲載します。


Part1131-131 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 15:45:22 ID:mpoZ4GNf0
なんかちょっとさっきからジジンの事が気になって☆ネットで色々見てたけど

ジジンは一応ケンブリッジで今のLLMに当たるポスグラのコースにはいたみたいね
でも卒論は上げてない、と
しかし卒論提出できなかった言い訳が....ヒーヒーハライテ
イギリスに船で来てトランク無くされたんだと
その中に卒論が入ってたんだとwww

あの頃ってまだ皆船使ってヨーロッパに行ってたの?
1950年代でも外務省の研修員は飛行機使わせてもらえなかったのかな?


205 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 17:17:49 ID:5Tjl+lm50
そういえばこんな記事が大昔あったなあ。
トランクがどうのこうのという話はないようだが。
--
外務事務次官に就任した小和田恒氏 学者顔負け、国際法の論客
日本経済新聞 1991/08/03

省内ではよく「プロフェッサー・オワダ」と呼ばれる。外務省きっての国際法や国際政治の論客であり、学者顔負けの博識ぶりは海外でも知られている。
昭和30年に東大教養学部を卒業して研修のため留学した英国ケンブリッジ大学大学院では、才能を見込んだ主任教授が在学期間の延長を求め、通常2年の留学期間が3年になった。
(中略)
論理的な話しぶりは「日本人離れしている」という定評がある。(中略)
その半面、「あまりにも論理的で、まあまあという日本的というかアジア的なところがない」というように人間味に欠けるとの声も多い。議論してもかなわないと、
小和田氏との議論を敬遠する向きが多いのも事実だ。小和田氏は「自由闊達に議論して、のびのびと仕事をすれば、創造的な発想が出てくる」と省内論議の活発化を説くが、さてどうするか。
長女の雅子さんは北米二課で日米経済摩擦に取り組み、親子二代の外交官。
ゴルフ、マージャンはやらず、趣味はスキー。「スタイルは良くないが、転ばず滑ることでは人に負けない自信がある」。(後略)


286 名前:131 :2008/02/18(月) 18:10:20 ID:mpoZ4GNf0
すいません、レス入れた後急に来客プチ公務が入っちゃって

ソースですが
28ページに及ぶニューヨーク大学での対談形式でのレクチャーのマニュスクリプトの8ページ目
www.nyulawglobal.org/events/dfls/documents/owadatranscript.pdf

今もまだ半分しか読み切れてない
長い
ツッコミは色々あるけど
要はジジンは自分の人生を語ってる
ジジンの父親って教頭だったんだっけ?
なんだか隠したいのか?って思う程話に出さないっていうかなんツーか
ジジンにとてケンブリッジは楽しかったようだけど微妙に対談相手の教授の質問をかわしている様な?


注:当該PDFファイルはnyulawglobal.orgからlaw.nyu.edへ移転、後にlaw.nyu.edでも削除されてしまいましたが、Webarchive記録から現在でも閲読可能です。

http://web.archive.org/web/20090509214310/http://www.law.nyu.edu/idcplg?IdcService=GET_FILE&dDocName=ECM_DLV_015899&RevisionSelectionMethod=LatestReleased (Webarchive記録)

314 131 sage 2008/02/18(月) 18:45:36 ID:mpoZ4GNf0
ひいいいい〜、ジジンのこの一冊って「アンナカレーニナ」だってええええ〜
いややあ、このジジン「嵐が丘」といい
ダメだ、このジジンの趣味はついてけんorz

好きな音楽はクラッシックジャズ...
もしかしてキースジャレットはジジンの好みだったのかね?
バロック音楽ーバッハーが好きねぇ...
猫足趣味ワルロココ調インテリア類などのルーツなのか?

ジジンって典型的なガリ勉見栄張りタイプだね
なんか丼がジジンの言いなりって判る気がする

最後の晩餐は「日本のものごっつう美味くて高いレストランで。でもジャッジだから店の名前は、ヒミツ」だって
最後の晩餐と言いながら東宮御所やら高級フレンチレストランでゴチになってるのは誰だwwww

あー、疲れた
本当にジジンは白人には饒舌だな
「アンナカレーニナ」「嵐が丘」
もうジジンは生理的にダメ...


643 可愛い奥様 sage 2008/02/18(月) 23:58:56 ID:tFaGaQBq0
それとこれには大笑い。対談形式の講演の最後に個人的な質問がいくつかあったんだけど
(無人島に行くならどの本を持っていくか、とか)
>Professor Weiler(ワイラー教授):
>And are you willing to share with us what you will have as your last supper?
それでは人生最後の食事(「最後の晩餐」)には何を食べたいか、教えていただけますか?
>Judge Owada(小和田判事):
>Well, being someone who comes from Japan, I would like to have my last supper in Japan at the
>best restaurant in Japan.
えー、私は日本出身ですから、やなり最後の食事は日本の最高レベルのレストランで取りたいですね。
>Professor Weiler:
>Which is what?
それはどのようなもので?
>Judge Owada:
>It is got to be a really good, very expensive restaurant,
本当に上質で、とても高級な(高価な)レストランでなければなりません。
>but you know, as a judge, I have to be very careful in particular in being specific on this question.
しかし皆さんご存知のように、私は判事ですから、このような質問に関しては
あまり特定情報を出さないよう注意をしなければならないのですよ。

ジジンは一応「ユーモア」で笑いを取ったつもりらしいけど、
日本出身ですから、と言いつつ和食が食べたいとは一言も言ってないのにワラタ。
日本のレストランがいいのは、自分の顔が知れててVIP待遇されるからでしょ。


648 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:01:19 ID:Zk60XSuk0
「えー、私は日本出身ですから、あぐらをかきながらトロを手づかみでガツンと行きたいですね」
ぐらい言ってくれればいいのに


650 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:02:46 ID:RwCUNZD/0
得意そうだけど、間が抜けた答弁だね。
これで頭がいい、って言えるのかな。
ユーモアのひとつもないし。
あさましい感じしか出てない。


654 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:05:14 ID:Mj9QBjg40
>>648
質問者は「スキヤキ」とか「スシ」とか「ステーキ」とか
食べ物の名前を期待してるよね。


656 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:07:17 ID:hS5T5wRu0
最高級のレストランってpgr
ほんとに貧乏くさい人だね。恥ずかしくないのかな。


661 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:08:26 ID:Js/PiCsd0
「日本とフランスの三つ星制覇を生涯の目標にします、
って正直に言えばいいのに・・・」


667 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:11:03 ID:DIothnzm0
お袋の味、とかねぇ。これなら貧乏くさくないし。
とうとうお里が知れた、ってことですね。

あ、もうひとつ。海外に住んでいたんなら、
あの店のあの料理をもう一度たべてみたいなぁ、
とかいうのがいくつかあるよなぁ。

変な答え方で頭のよさなんて全然感じないわ。


668 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:11:32 ID:k1eBWN3f0
>>654
私がこの質問者だったら想定するのは
「母親のミソスープ」とか「妻のちらし寿司」とかそういう心温まる…
いや、なんでもない……orz


685 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:27:02 ID:3TSignwb0
>>668
わかるわかる。
少なくとも、「最高レベルのレストラン」とか「上質で高価なレストランでなければ」
なんて下品な発想はねぇ…

関係ないけど、「もし身分を隠して市井に紛れることができたらどうしたいか」
と問われて
「今の身分のまま、受け入れられることを自分は望む」とおっしゃった陛下と
「少し違う話になるけれども、隠れ蓑を使うことができれば、古書店街で立ち読みがしたい」
とおっしゃった皇后さまが浮かんだよ。雲泥の差のはこういうことを言うんだな。


689 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:31:51 ID:BGaDP8Y30
>>643
d!
笑止、笑止、pgrですわ〜
雅子のルーツここにあり!
very expensive  な restaurant ってwww
自分では上品なつもりなんでしょうが下品の極みだわ
成り上がり根性むきだし


700 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:39:15 ID:gi5JPPpu0
>>668>>685
まず「高級なレストラン」というのが下品。
お母さんの手作りの家庭料理より美味しいものはないでしょう、ジジン世代なら尚更。
懐かしく思う静さんの手料理、ただの1つもないのかしら?
ほんと変わったジジーだな。


703 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:40:58 ID:DIothnzm0
郷土料理とかねぇ。
質問している人も「ハァ?」って感じだね。

お父様ってお偉いのw


708 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 00:43:09 ID:edqr7Sxv0
普通なら人生最後の夕食(翌日には死ぬ)なんだから、
家族と家庭料理を楽しみたいとか、あるいは妻と二人で
思い出のあるレストランにもう一度行きたいとか言うものじゃない?
実際に告知ありでそんなシチュエーションになったら、
殆どの人は食事なんてろくにのどを通らないと思うのですが・・・

それを、明日には死ぬからできるだけ高価な高級レストランでたらふく食べて
おこうなんて、卑しいにもほどがあるわ。日本の恥。


758 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:20:25 ID:NwpwXfIo0 ←擁護書き込み乱入
日本の出なので、日本のexpensiveなrestaurantに行きたいというのは、
公人としての答えとしても適したものでしょう。
「日本人」であること、「日本文化」へのリスペクト、これらを考えれば、
小和田の答えは的外れではない。
むしろ「日本に拘わる」「国粋的」とも言い掛かりをつけられかねない。
にもかかわらず、彼はあくまで「日本」を懐かしんでいる。
公人として質問を受けているという自覚と、日本人としての矜持だと思いますけどね。

expensiveについていえば、日本料理の最高峰に君する一連の料理人や料亭など、
それだけの価値が充分にあるということは誰も否定しないでしょう?
内実ともに日本文化の先鋭である彼らのもてなしを期待するのなら、
高額の覚悟はやはり要るもの。

そういう料理を、「最後の晩餐」として願うといったところで、別に成金とか
嫌らしいとかは無い。
日本料理はそれだけの価値があるものといっているわけだもの。

仮に「母の手作りの云々」とか「妻の・・・」と答えたところで、逆に
「公的な場での、公人に対する質問に対して、卑近な内輪の話を持ち出して」とか、
「また自分の家族の話」と揚げ足を取られるのがオチでしょう。


760 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:21:53 ID:DIothnzm0
詭弁


767 可愛い奥様 2008/02/19(火) 01:25:59 ID:BMTu28Yk0
>>758
工作必死ですね。そもそもの質問が「公的な場での公人に対する質問」なのか
考えてみればいいのに。アメリカ文化が全くわかってないなぁ。スクリプト読
んでみたけど、こんなの誰が興味あるのか。。。って内容。ここまで人をひき
つけないのもスゴイ。こんな外交官、本当にお寒いね。

あと、アンナカレーニナ。。。まじで凍りますよ。トルストイって。。。
趣味悪い、というか、なんだかなぁ。知性が全く感じられない。


770 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:26:55 ID:82h5qivc0
>>758
小和田さん的には完璧なお答えなんだろうが、聞いてるほうはかれの
人柄を、嵐が丘やアンナカレーニナを愛読する温かい人とは到底思えなくて、
え?って当惑するような答えだって、わからないんだろう。

まさに、そこが、小和田さんが100年かかっても理解できない人間の
心の問題なんだよ。


772 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:28:15 ID:3TSignwb0
>>758
そうかな。
「人生最後の食事を選べるとしたら、母の手作りの○○が食べたいですね」
と答えたとして、
「公人のくせに内輪の話を持ち出してw」
なんて誹る人っているだろうか?そもそも「最後の晩餐は?」なんて物凄く私的な問いかけだよ。


776 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:29:46 ID:BEKGK0AJ0
最後の晩餐をどこで食べたいって聞いたんじゃないよね?

たぶん相手は、自宅のダイニングで、いつも食べてる好物の物を
答えてるだろうって聞いたのに、えっ???って驚いただろうな。


777 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:29:48 ID:viX0AegS0
>>772
お前の妻、料理しねぇじゃん。とはちょっと思っちゃうかも。


780 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:30:55 ID:m2ThZ6q/0
レストランの形容詞にexpensiveという時点で変。

goodとかfineとかでないと英語としておかしい。


785 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:33:08 ID:QlLyE7Q60
>>643
人生最後の食事が最高レベルの高級レストランって・・・成り上がりの田舎者丸出しだね。
よほど貧しい食生活の人生を送ってきたんだな。
なんとなく雅子が食べ物に固執する?わけも透けて見える。


787 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:34:08 ID:BGaDP8Y30
>>785
最高級って言ってるのにすごく貧しく感じるんだよね。


788 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:34:20 ID:DIothnzm0
>>780
そうそう、安くても美味しい料理を出す店だってあるし、
母親の作ってくれた料理なんて、そんなに高級=値段が高い
材料、ってわけでもないしね。

親を否定しているような人生だったのかな。


789 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:35:00 ID:Mj9QBjg40
>>772
こういう場合の問いかけって、インタビューの最期に回答者の個性や人間味を引き出したいんだよね。


793 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:36:16 ID:PqSovlrL0
最後の晩餐は 高価なレストラン、か…
親子揃って薄っぺらい趣味ですねー
高価であれば何でもいいのか?自分の好みとかはないの?
さんざん公費で食い散らかしておいて、その程度の舌なのか、ナサケナス
大体、判事だから具体名をあげちゃいけないという理屈もよくわからないなあ
天皇にでもなったつもりでしょうか、判事ってそんなにお偉いの?
いちいち上げ足取るようなことはしたくないのですが
でてくるエピソードがことごとく心が冷えるようなものばかり。

>>767
アンナカレーニナってなんかマズイの?
ちゃんと読んでいないので(最初のほうでやめちゃった)
どの程度趣味が悪いのかわかんないんですけど…


796 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:37:10 ID:PPt4FIDh0
トルストイ好きでもかまわないんですよ。
ロシア文学の金字塔ではあるわけですから。

でも、「アンナ・カレーニナ」と「嵐が丘」と並べて持ってこられると、
最近はハーレクインでも愛読してそうな、
おっさんとしてはキモイ部類になっちゃうんですよね。


798 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:37:29 ID:NwpwXfIo0 ←擁護書き込み再び乱入
>>772

ここの人達が、ね。


800 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:37:45 ID:m2ThZ6q/0
expensiveという言葉自体にそもそもネガティブなニュアンスがあるからレストランへの褒め言葉にならないですよ。
たとえ身分の高い人やお金持ちの口から発せられてもexpensiveという表現には日本語で言うと「割高な」に近いニュアンスがある。
expense自体が「費用」というよりは「負担」に近い言葉だし。


811 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:42:36 ID:cwKl9VDbO
>>796
同じトルストイでも、「復活」とか「戦争と平和」
とかあるだろうに。
渋いところで「クロイツェルソナタ」とか。


812 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:42:44 ID:BEKGK0AJ0
「アンナ・カレーニナ」と「嵐が丘」

ジジン、メロドラマとか韓流ドラマとかの路線も好きなんじゃない?


813 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:43:00 ID:3TSignwb0
>>798
ああ、そういう意味だったんですね。
「なんて答えてもpgrするつもりなんでしょ?」ってことですね?

もし小和田氏が最後の質問に対して、772のように答えたとしたら、
一般的な想定を外れる答えではないのでその箇所がここにコピペされることは
なかったでしょうし、仮に貼られたとしても
「なんで娘はあんなに外食大好きになっちゃったんだろうねぇ」
「やっぱり母親の食育って大切かもね」
という論調になったんじゃないですかね。


819 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:46:25 ID:PPt4FIDh0
>>811
そうです。
ロシア語が堪能なら、詩的美しさで
プーシキンを愛読するという選択もあったのに、

数々のロシア文学の中から選んだのが「アンナ・カレーニナ」

韓流ドラマも絶対お好きなはずですw


821 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:49:03 ID:PqSovlrL0
>>803
そういったおうちだからこそ
「ごはんとみそしる」といった答えは出てこない訳ですね
いや、別に高級レストランでもいいんだけどさ、
そこまで言及するなら何処のどんなメニューって言えばいいじゃないですか
言わないのなら『何でもいいから祖国で食事をしたい』とでも言えば綺麗に纏まるのに
不思議な人だなあ

>>811
同感です。戦争と平和は人物を追ったストーリーの他に
当時の国際情勢や戦術の解説などもあり
最初は「たるいな」って思っていたそういう部分が
個々の登場人物の運命と複雑に絡んできたりして面白かった
アンナカレーニナは終始一貫メロドラマで嫌になってしまった
この際ちゃんと読んでみようと思います
よい機会をくださってありがとうジジン。


823 可愛い奥様 sage 2008/02/19(火) 01:49:10 ID:GDNR+qAC0
>>819
世界的にはトルストイの評価が高く、日本人はドストエフスキーが好きで、
ロシア人のインテリはプーシキンが好きでメッセージカードにプーシキンの
言葉を添えたりするそう。


844 可愛い奥様 2008/02/19(火) 03:09:44 ID:/bbljAxSO
>>823 プーシキンというと…オネーギンとか、スペードの女王とかですね。
オペラやバレエになってる。
盆は、くにさんを選んでおけばよかったと思ってるかしら。…ないなorz


日本ハンディキャップ論

雅子妃の父・小和田恒氏が外務省時代に日本国の在り方について唱えていた主張。「ハンディキャップ国家論」ともいう。その定義については、論者によって微妙に評価が分かれるが、日本が平和維持活動等において、軍事力を用いた、いわゆる「一人前の活動」をしてはいけない、という面では共通している。特定アジアへの「土下座外交」の基礎をなすものだとして、保守派の論者からは厳しく批判されている。

いずれにしろ、様々な問題行動を起こす東宮夫妻に加え、暴論を吐く外戚、その手下の東宮大夫、媚中派の宮内庁参与と四拍子揃っているのが、今の東宮と宮内庁の状態である。一刻も早く、この現状を抜本的に改革し、災いの種を一掃することが望まれる。


2002年(平成14年)06月06日 第154回通常国会 衆議院 憲法調査会国際社会における日本のあり方に関する調査小委員会 4号、「(斉藤邦彦が)小和田先輩が言われたハンディキャップ国家論を私は正しいと思いますということおっしゃっているわけでございます」

○田久保参考人 田久保(編者注;田久保忠衛氏)でございます。
 本日は、かかる権威ある会議にお招きいただきまして、大変ありがとう存じます。
 私の専門は国際情勢と外交防衛でございまして、その見地からいろいろ申し上げてみたいと思うのでございます。四十年近く在野の評論家生活をやってまいりましたので、勝手なことを申し上げて、あるいは皆様の御不興を買うかもわかりませんが、何とぞ御容赦いただきたいと思います。
(中略)
  湾岸戦争で衝撃を受けたか受けないかでございますが、私は、政府は受けていなかったんじゃないか、特に、中心たるべき官庁の外務省は受けていなかったんではないかというふうに考えているわけでございます。
 当時、九三年でございますから、湾岸戦争の二年後でございます。小和田外務次官が現役でございまして、東京芸大の平山郁夫先生と「プレジデント」で対談をしたわけでございます。平山先生が、小和田さん、あなた、外務次官だから、日本の今後行くべき方向はどうなの、どういうふうに考えるの、こういう質問に対して小和田さんは、三つあります。一つは、戦争に敗れた直後の日本で、清く、貧しく、美しく生きていくので、国際貢献なんか考えなくていい、こういうことです。このアジアの小国の地位に甘んじていいんだ、余り他の国とかかずらいたくない、こういうお考えであります。
 その直前に、小沢さんの普通の国論というのがジャーナリズムでわっともてはやされて、これに対して小和田さん、ちょっと曲解しておられるんじゃないかなと思ったんですが、政治、経済、軍事、軍事だけがバランスがとれてない、これを経済に見合った軍事力にする。経済に見合った軍事力にするというと、これは世界第二位のGNPを持った日本は、とんでもないことにならざるを得ない。小沢さんが言っているのはそんなことじゃなくて、非常に単純な、一般大衆がわかるように、普通の国がやっていることをやれっつうの、こういう言い方ですね、あの日本改造論の中に出てくる表現は。大して意味を持たない。ただし、小和田さんは、これはバランスをとった国になれ、こういう意味だと。
 三つ目の選択は、軍事の貢献はやはりだめなんだ、そのかわり、その他の面で日本はほかの国よりももっとやるんだ、こういうことでございます。例えば、軍事が出せない。ほかの国が軍事力を出して百億ドル出していれば、こっちの方は軍事を出さない、軍事面での貢献をしないかわりに三百億ドル、四百億ドル、こういうふうに出すんだというお考えのようでございます。
 第一、自分の国がハンディキャップ国家などと言うことは、私はいいのかねという疑問を持つわけでございます。それから、そういう第三の生き方というのは、湾岸戦争で余り通用しなくなったんじゃないかなというのが私の考えでございましたので、これは愕然としたというふうに私は申し上げなければいけないと思います。
 この直後に斉藤邦彦さんが外務次官になられて、駐米大使におなりになるときだったですか、日本プレスセンターで会見というか講演をやられて、一問一答をやられた。そこで、小和田先輩が言われたハンディキャップ国家論を私は正しいと思いますということおっしゃっているわけでございます。ここまでくると、これはこういうことで突っ込んでいくとどういうことになるのかなという私は心配を持っているわけでございます。
 (後略)
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=23065&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=8&DOC_ID=10191&DPAGE=1&DTOTAL=2&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=23320

『靖国問題と中国』屋山太郎、岡崎久彦(海竜社、2006年)pp.167-169より抜粋引用、「小和田恒元外務次官、元国連大使(現国際司法裁判事)が『日本ハンディキャップ論』を唱えたのは有名だ。日本はハンディを背負っているのだから一人前の行動や発言をしてはいけない、との暴論である」
◾『靖国問題と中国』屋山太郎、岡崎久彦(海竜社、2006年)


「(前略)福田康夫氏と谷垣禎一氏は外交の最大テーマとして『日中の異常な関係の正常化』をあげている。『異常な関係』とは何か。日本の首相が靖国神社を参拝するかぎり、『首脳会談を行わない』と中国側が頑張っている状態こそ異常というほかない。これは『たった一つのことが気に入らないといって首脳会談に応じないのは異常だ』と小泉首相が言っている通りだ。国際的常識では『他国の神社参拝を自国の外交関係の中心部分にする国は全世界でも例がない』(米中経済安保調査委員会ラリー・ウォーツェル委員長=産経新聞2006年5月13日付)と見るほうが自然だろう。
 中国の側に理があるという非常識を日本国民に植えつけてきたのは、田中内閣以後の親中派議員と外務官僚だ。中国に対する贖罪意識に加えて、日中条約締結後にはじめたODA援助がらみの利権が親中派議員を激増させた。
 一方で外務省主流も親中派に傾き、チャイナスクールが跳梁跋扈した。小和田恒元外務次官、元国連大使(現国際司法裁判事)が『日本ハンディキャップ論』を唱えたのは有名だ。日本はハンディを背負っているのだから一人前の行動や発言をしてはいけない、との暴論である。
 次官、駐米大使、外務省顧問を歴任した栗山尚一宮内庁参与は『日本は永遠に謝罪し続けなければならない』という主旨の大論文を月刊誌『外交フォーラム』に連載(2006年1・2月)した。
 栗山氏によれば、首相が靖国参拝をやめても、ガス田、尖閣諸島、国連安保理常任理事国などすべての懸案問題で中国の譲歩は期待できないが、それでも謝れという。そもそも何も得ることが期待できない方針を『政策』と呼べるのだろうか。
 こと中国のことになると、急に風向きを気にする政・官・学・財界の諸氏の姿勢は不可解といわざるをえない。」


『渡部亮次郎のエッセイ集』、「小和田が外務事務次官時代(1991年8月93年8月)時代に展開して、未だに外務省員を支配しているのが、「ハンディキャップ国家論」である」

外務官僚の背骨
 一連の外務省不祥事件は、そろそろ判決が出はじめる一方で鈴木宗男事件はまだまだ尾をひいている。その中で北朝鮮からの集団脱国者対応や不審船引き揚げなど当面の外交問題についての我が外務官僚閣下らのお粗末は、批判する方が疲れてしまうくらい続く。どうしてこんな体たらくになってしまったのか。どうもその底には、皇太子妃殿下の父たる元外務事務次官・小和田恒の「ハンディキャップ国家論」の甘えと驕りが横たわっている。
(中略)
小和田恒という人は、超エリートといわれるが、政界に知られるようになったのは若くして福田赳夫首相の秘書官になってからだが、なぜか省内に人望は無い。仕事に厳しすぎるという以外に何かありそうだが、官僚の口はいまだに固い。その小和田が外務事務次官時代(1991年8月93年8月)時代に展開して、未だに外務省員を支配しているのが、「ハンディキャップ国家論」である。日本は他の大国と違って、憲法9条の平和規定が厳然としてある。仮にPKOなどの国際貢献でそれがハンディキャップとなっても、最大限尊重すべきで、あくまでも憲法の許される範囲内で、世界に貢献すべきだ、という論である。
 この論は次の事務次官斎藤邦彦(のちに駐アメリカ大使、国際協力事業団総裁)にも追認され、今日も外務省無気力の允許状になっている。そこには敗戦の結果として押し付けられた憲法であるとか、軍隊は外交の手段として用いるべきではない、という敗戦・無能力国家を厳として是認するばかりで、国民を奮い立たせるとかの精神はひとかけらもない。あるものはゼニだから、これさえ出しておけば、他から文句をいわれることはないから いいじゃないか、と言っているに過ぎない。国家の誇りなんかとっくの昔に棄ててしまった逆乞食の驕りである。
 中国大使・阿南は陸軍大臣の倅であることを、何かと隠そうとするらしい。一種のハンディキャップ大使に自ら陥っていると言えるかもしれない。しかし、大使は事務官ではない。国家を代表して駐在しているのだから、社交もさることながら、外交に徹するべきだ。言う事も言わないでいる方が友好だと考えているとしたら、本当にハンディキャップ外交のハンディキャップ大使になってしまうだろう。
 中国は、綿の中に針を潜ませた外交をする国である。昨今の核戦力の増強ぶりと靖国問題を中心とする対日攻勢を見るまでも無く、日本との間に単なる友好のみを考えているとは絶対考えられない。靖国と国民を乖離させ、国民をして「国のために死ぬことは馬鹿らしいことだ」と思わせて防衛意識を低下させ、やがて日本を属国にする際、好都合にすることを狙っているとしか思えない。それをただただ「友好」の二文字だけで事なかれを決め込むとは、なんとも情けない。
 アメリカもクリントン時代の対中国政策をがらりと変えて国益を守ろうしている。その時に我が外務省のみが、チャイナ・スクールにまかせた中日友好万歳だけで国を操縦していけるとは、どうしても考えられない。
http://p-www.iwate-pu.ac.jp/~tokuhisa/watanabe/watanabe7.html


2014年9月6日チャンネル桜より、「小和田さんは色々言われてる通りで、まさに東京裁判のね、その、初判決と裁判そのものの解釈を中曽根内閣時代に土井孝子さんの質問に答える形である意味、ぐちゃぐちゃにした張本人ですよ。で、そのあとも日本はハンディキャップ国家で行くしかないて事を展開した人ですよね。」

Part2850-692 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/09/10(水) 13:41:58.10 ID:9MjgU9Va0
チャンネル桜でジジンの批判が出てるわ。いいいわ〜産経編集長GJ

712 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/09/10(水) 15:05:03.82 ID:dEiey3vE0
>>692
つべで見れます?

727 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2014/09/10(水) 16:21:15.35 ID:9MjgU9Va0
>>712
owd部分だけ書きお越し

2時間目 10分39秒から 上島喜郎
所謂河野談話から、一連の謝罪が続いた時の内閣とは離れて、この官僚を見た時に当時の外務事務次官
誰だったのかと見てみるとね。栗山尚一さん次が、小和田恒さん次が斉藤邦彦さんなんですよ。
で、ちょっとエピソードで言うと、栗山さんが産経新聞のインタビューに答えてる話の中で戦勝国の作った
歴史の中で遺憾であっても、その中で生きるしかないんだと個人的な考えとは仰ってたけど、でも、外務省の
トップに立つ役人がね。その歴史観だったのは私はショックだった。
次に、小和田さんは色々言われてる通りで、まさに東京裁判のね、その、初判決と裁判そのものの解釈を
中曽根内閣時代に土井孝子さんの質問に答える形である意味、ぐちゃぐちゃにした張本人ですよ。
で、そのあとも日本はハンディキャップ国家で行くしかないて事を展開した人ですよね。
その後、斉藤さんはちょっと付け足しなんだけど、駐米大使に出た後、アイリスチャンのレイプオブナンキン
むこうでなってるときに(討論番組に出演した時と思われる)言ってた事は、日本政府は謝罪と補償をしてる
と言ってるだけでファクト対しての議論はまったくしてない。

この三人が一番表立って売国してるんだよね。
是非、この場面だけでも見ていただきたい。私、初めて上島さんが発言してる事に同意した回です
ニコニコのURL貼っておきますね
ttp://www.nicovideo.jp/watch/1409909057

頭が沸騰しそうになると思いますけど、冷静にジジンのやってきた所業を拡散していきたいですわ

小和田恒と創価学会

1988年1月6日 創価学会が小和田恒外務省官房長宛に、池田大作会長の香港ならびにアセアン三ヶ国訪問のために便宜を図ってくれと要請する文書を送る。


◾雅子の実父小和田恒が、池田大作の海外訪問に便宜を図っているズブズブっぷりが国会議事録に記録されている:
 【[001/001]134 - 参 - 宗教法人等に関する特別委員会 - 3号 平成07年11月27日]】
 それから、ちょっと外務大臣にお尋ねいたしますけれども、実は一九八八年の一月六日付で、八八年ですから昭和六十二年ですか、創価学会の事務総長原田稔さん、この方から当時の外務省官房長の小和田恒さんあてに、「本年一月末より二月中旬にかけて、創価学会インタナショナル一SGI)会長・池田大作(創価学会名誉会長)一行が教育・文化交流のため、香港並びにアセアン三ケ国(タイ・マレーシア・シンガポール)を約二週間にわたり、下記の日程で訪問する予定です。何卒宜しくお願い申しあげます。」ということで、メンバーは、池田大作創価学会インタナショナル会長・創価学会名誉会長、池田かね同夫人、池田博正同子息、創価学会副青年部長。これは、何か奥さんと家族ぐるみで訪問をするから、外務省の官房長によろしく頼むと言っているんですね。


『週刊新潮』1996/5/16号<創価学会が小和田恒氏に送った「外遊特別待遇」要請書>記事
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1228313680069.jpg


◾週刊新潮 2016年3月24日号<変見自在684 狭量の共感(高山正之)>コラム記事【せんべい】


p.144より引用
東宮は創価学会シンパの娘を迎えられている。


はっきり言って大不評の2002年サッカーワールドカップ日韓共同開催、言い出しっぺの黒幕は小和田恒であると民主党岡田克也氏証言

Part1995-158 可愛い奥様 sage 2011/01/28(金) 06:32:23 ID:QbGfl8tk0
民主おからの2006年8月29日週刊ビデオメッセージの中にこんなん見つけた。
小和田氏が日韓フォーラムの日本側議長を何年もつとめてたらしいけど、
2002ワールドカップを共催gdgdにした黒幕…?キシュツでしたらごめん。
ちなみに96年第4回の出席者には広中和歌子の名前もあった。
(抜粋)
 >日韓フォーラム
 >実はこれから、淡路島に出掛けます。淡路島で今日から「日韓フォーラム」というものが開催されます。
 >この日韓フォーラムというのは、日本と韓国の有識者、政治家であったり経済人であったり、あるいは学者であったり、日韓のそういう有識者が集まって、日韓の課題について議論するということで、大変権威のある、そして中身のある会議です。
 >私は数年前までこの会議に毎年参加していました。日本と韓国で交互に開催されてきたわけです。
 >当時、日本側の議長は外務省OBの小和田さん、皇太子妃雅子さまのお父さん、が非常にリーダーシップを発揮されて、中身のある会議が開催されていました。少し前になりますけれども、ワールドカップサッカーの日韓共催を最初に提案したのも、この会議の場です。

三顧の礼

目上の人間が自ら才能ある人物のもとに出向き協力を求めるべく説得すること。地位の高い人間が、地位は低いが才能ある人間に礼を尽くすことで迎え入れること。
「三国志」において、諸葛孔明の才覚を知った劉備が自分の部下として働いてくれるよう何度も無駄足を踏みつつも諦めず説得を続けたことで、それに感じ入った孔明が劉備の要請に応じたという逸話に基づく諺である。

『週刊現代』2004年6月19日号 新聞テレビが報じない「浩宮の乱」 宮内庁はスパイなのか
p.31より引用
 宮内庁歴代幹部の中にはいまもって、
「小和田家も川嶋家も皇室にはふさわしくなかった」
 とハッキリ口にする人間もいる。飲食店など公衆がいる前で、雅子妃を厳しく批判する職員もいる。
 小和田家では、こうした批判に苛立ちを強めている。
「そもそも、雅子妃が何度も『私には自信がありません』とお断りしたのに、皇太子が『全力でお守りする』と言って三顧の礼を尽くして迎えられたのではなかったか。それなのにどうしてこういう扱い、批判を受けなければいけないのか」(小和田家の知人)

要するに小和田サイドからは「皇太子が三顧の礼を尽くして小和田雅子を迎えたのにいったい何なんだ?!」との主張がされているということである。
果たして雅子夫人が諸葛孔明に匹敵する才覚を持ち合わせているかどうかはさておき、この三国志・三顧の礼には裏エピソードとも言えるものが存在する。それは劉備が孔明をスカウトしていた一方で、曹操もまた孔明を部下にしようと使者を送っていたというものである。劉備は自身が説得に出向き、曹操は使者を遣したという差がある。聡明な孔明には曹操の方が上手でありいずれ天下人となることは分かっていたのだが、劉備の真摯な態度に感銘を受けて、後々不利になることを予測しつつも彼の為に力を尽くすことを決めたというものである。

つまり「三顧の礼」とは「目上の人間が自ら礼を尽くし説得をして、真摯な要請を受けた目下の側はたとえ後に不利益が生じることになってもその思いに応えるべく全力で働く」ということなのである。
小和田側の主張は自らに都合の良い諺の前半部分だけであり、雅子夫人が東宮妃としての仕事をさぼりまくっていることは無視しているわけである。自分(の娘雅子)を孔明と擬えるのは実に度胸があるというか、よほどその才能に自信を抱いている証左であると思われる。

カンキリヒサシ

『さらば外務省!』にて紹介された缶切りを巡る外務省時代の小和田恒氏エピソードから、氏のあだ名の一つとして御一行スレに定着している。


『さらば外務省!――私は小泉首相と売国官僚を許さない』天木直人(著) 講談社(2003/10)
pp.57-59 小和田恒――「その缶切り試したかい」より引用〜
 外務省に入省して二年目の一九七〇年七月から、憧れの米国研修が始まった。その研修生活の一年目が過ぎようとしていた一九七一年の夏、大使館の仕事を手伝えと命令が下った。日米合同閣僚会議がワシントンで開かれ、外務大臣他多くの閣僚が訪米してくるという。
・・中略・・
 その夜私は、ホテルの一室に設けられた事務局に当番として詰めていた。皆が寝静まった午前零時過ぎ、福田赳夫外務大臣の秘書官である小和田恒から電話がかかってきた。雅子皇太子妃の実父である。用件は「缶切りを至急もってこい」だった。そんなものはホテルのルームサービスに頼めばいいのだが、部下に仕事を言いつけるのが官僚の習性である。
 ホテルのボーイに缶切りをもらい、外務大臣の部屋に飛んでいった。ドアをノックしても返事がない。再びノックしてみた。しばらくしてドアがわずかばかり開き、その隙間から眼鏡越しに小和田の目が覗いた。
「遅くなりました。缶切りを持参しました」
 小和田はドアをわずかに開けたまま、その隙間から顔を半分だけ覗かせるようにし私をしばし眺め、やがて蚊の鳴くような声でこう言うのだった。
「その缶切り試したかい」
 その意味するところが分からなかった私は、素直に答えた。
「試してはいませんが、切れると思います」
 小和田は一言も発せずに私の顔を見つめた後、そのままドアを閉めてしまった。呆気にとられた私は、しばし呆然と廊下にたたずみ、「何がいけなかったんだろう。このまま帰る訳にもいかないしなあ……」と思案した。
 どれくらい時間がたっただろうか。やがてドアが再び開き、缶切りを持って立っている私に無言で手が伸びてきた。私は慌てて缶切りを渡した。無言のままドアは閉められた。私はホッとした気持ちで、事務局のある部屋へ戻っていった。
 この話を控え室の先輩たちに話した。そして彼らから「詰めが甘い」者は外務省では出世しないという事を教えられた。何事も考え抜いて用意周到に事を運ばない者は、無能の烙印を押されるという。
「ありがとう」の一言さえ若い職員にかけることのできない、成績至上主義の人間のみが事務次官という最高のポストに上り詰める。外務省とは、そういう組織であることを、私はその後の外務省人生で嫌というほど見せつけられるのであった。

同p.83 「中途退職した二人の外務省OBの生きざま」 より引用〜
・・前略・・
 私の六年先輩にあたる浅井基文は、日米安保条約を聖域視する対米従属外交に失望し、中国課長を最後に退職した。その後まもなく『日本外交』(岩波出版)を出版し、安保条約に全面的に依存する日本外交の危うさを訴えた。
 その浅井を外務省は組織をあげて潰しにかかった。直接、浅井から聞いた話だが、退職した当時の次官であった小和田恒は、「今後もし外務省に弓を引くような真似をすれば、省をあげて潰しにかかる」と、面と向かって引導を渡したという。
(後略)
〜以上両引用終わり

Part556-600 可愛い奥様 sage 2006/07/29(土) 16:58:33 ID:l1tjn4GW
ドーピングチェックと重量チェックで引っかかって
出走実績ほぼ皆無のくせに
どうしたわけかダービーには出たがる駄馬プリンセスマサコ
ドンキホーテに身請けされ風車と戦うためにオランダへ

607 可愛い奥様 sage 2006/07/29(土) 17:19:40 ID:tksH0dl3
 >>600
プリンセスマサコ (牝)
父:カンキリヒサシ、母:ユミコシングル(未出走)
父の父:タケオ(未出走)母の父:チッソエガシラ
生産者:小和田牧場 馬主:小和田一族 
厩舎:ナルニヤ厩舎(赤坂) 調教師:野村イッセイ 獣医:O野 ネ谷

※これはフィクションです。実在の人物・場所とは一切関係ありません。

新潟県立高田高等学校生徒会長選挙得票13票事件

ジジンこと雅子夫人の実父・小和田恒の、高校時代の人望の薄さを象徴している数字と事件。小和田恒が新潟県立高田高等学校の生徒会長選挙に出た折の最下位得票数である。またその選挙同日には同じ顔ぶれで副会長選挙も合わせて行われたが、そちらもぶっちぎりの最下位という結果に終わっている。
生徒会長選挙では投票総数690票のうちの13票で1.9%、副会長選挙では投票総数670票(生徒会長選より20票少ない理由は不明)のうちの57票で8.5%である(小数点第2位以下四捨五入)。


『高田高等学校百年史』高田高等学校百年史刊行委員会(昭和48年=1973年発行)、p.590より引用
昭和後編年表(昭和24年度)
8月24日 生徒会長、副会長選挙。新保修(二年生)当選
◇会長
新保  修  二九二票
桐原 雅夫 一八〇票
清水  功  一三九票
細野  勇   六六票
小和田 恒  一三票
◇副会長
新保  修  二八六票
清水  功  一二五票
桐原 雅夫 一二二票
細野  勇   八〇票
小和田 恒  五七票


小和田恒wiki情報にも書かれていることであるが、恒氏の父・小和田毅夫氏は旧制中学の教師であり、息子が通っていた新潟県立高田高等学校の校長もつとめていた人物である。そして高田高校の校長であった期間は「昭和21年3月〜昭和33年3月」であり、実は恒の在学期間を完全に含んでいるのである。

◾『小和田家の歴史 雅子妃殿下のご実家』川口素生著、新人物往来社2001年12月10日発行、巻末小和田家関係略年表(pp.202-203)を参考、高田高校校長時期の小和田毅夫と、小和田恒在学期間、そして毅夫校長辞職まで

昭和21年 一九四六 3月 小和田毅夫、県立高田中学校に校長として赴任。恒は柏崎中学校から高田中学校へ転校する。学制改革により高田中学校は高田高等学校に改編されるが、毅夫は引き続き校長をつとめる。
23年 一九四八 この年 高田高等学校、妙高山への前項登山を開始。以後、同校の年中行事の一つとして定着する。
26年 一九五一 3月 小和田恒、高田高等学校を卒業。東京大学に進学する。 5月17日 貞明皇后(大正天皇皇后)薨去。
30年 一九五五 この年 小和田恒、東京大学教養部を卒業後、外務省に入省。
32年 一九五七 この年 失火により高田高等学校校舎が消失。
33年 一九五八 3月 小和田毅夫、高田高等学校校長を退職(離任式は年度を超えて4月に実施という異例ぶり)。

参考:『高田高等学校百年史』高田高等学校百年史刊行委員会(昭和48年=1973年発行)、p.729・p.1233職員録より引用 昭和三十三年(一九五八)  4月7日 小和田毅夫校長離任
 4月8日 久保田隆円校長就任
 ○新校長に久保田先生
 十二年もの長い間、本校の校長として在任されていた小和田先生が突然おやめになられた。そして、先生の離任式が新学期が始まる前日の四月七日に行われ、あけて八日、新校長久保田先生の就任式が行われた。
氏名:小和田毅夫/就職年月日:昭和21.3.15/転退職年月日:昭和33.3.31
職名(教科):校長/最終学歴:広島高師文科第一部/備考(転出先など):依願免


……前年5月の火事による引責辞任なら同年度終業式に離任諸行事を行えば円滑であり、こんなに慌しくなくてもよいはずである。依願退職届を出すに当たっていろいろ揉めたであろうと推察される。

人には向き不向きがあるのだから、生徒会長選挙で票を獲得するだけが人間の価値ではないことは言うまでもない。しかし自分が通っていた高校の学校長が実の父親で、そして立候補までしていながら最下位惨敗結果に終わるというのは、かなり珍しいことと言わざるを得ないだろう。
この13票事件には特筆すべき追加エピソードがある。

『文藝春秋』2005年6月号<紀宮会見文書を読んで 結婚の条件 美智子皇后と雅子妃(福田和也)>
p.153より引用
 小和田家は、刻苦勉励の家である。
 勤勉と実務的有能さで立身を目ざす、官僚的価値観。
 旧村上藩士の家系である(注:但しこれは小和田金吉の存在の曖昧さからして祖先ロンダリングの可能性がかなり色濃い)小和田家は明治維新前後に衰微し、雅子妃の曽祖父である金吉が早世したのち、妻の竹野は産婆の資格をとり、針仕事をしながら一子毅夫を育てたという。毅夫は勉学に励み、高田中学を主席で卒業、広島高等師範学校に進んだ。高等師範はすべて国費でまかなわれる。
 教育者としても、生徒たちに「自らの力によって険難を切り開いては進み、進みては切り開く」ことを求めた(岩瀬達哉「小和田家の娘」『現代』平成五年三月号)。
 竹野が、女学校時代の成績がよいからと選んだ嫁、静と毅夫の間に生まれたのが、雅子妃の父、小和田恒氏ほか八人の兄弟である。恒氏は、父が初代校長を務めた高田高校の一期生となり、父親から総代として褒賞を受けた。だが生徒会長選挙では、十三票しか獲得できなかった。

生徒会選挙でドンケツだった我が息子に卒業生の総代をやらせるところが、後年恒が自分の影響力をバックに娘雅子に学歴ロンダリングさせることに重なり、小和田毅夫・恒というこの父子は全く同じ論理思考で動いていると言えるだろう。


◾「恒と中高同級だったおじさまの話」なる書き込み


Part2425-189 可愛い奥様 2012/09/11(火) 20:32:58.17 ID:97KmI+TZ0
忘れないうちにこっそり投下
恒と中高同級だったおじさまの話
勉強はよくできた、が、運動神経が全くなかった、縄跳びも跳べない位だった
父親の校長は真面目な人だった

生徒会長に立候補して3票しか入らなかったと週刊誌で読みましたが、人望はありましたか?
と質問したら、
言いにくそうに、人気はなかったなぁ、と言ってました。
普段は悪口は言わない立派なおじさまから初めて聞いた不評だったのでびっくりでした
まぁ、昔話でなつかしそうではあったよ

219 189 sage 2012/09/11(火) 21:23:27.34 ID:97KmI+TZ0
sage忘れてすみません
3票じゃなくて13票でしたね
ここに書くのは初めてですよ
リアルに恒の評判聞いたので書き込みしました


小和田恒、国連大学総長選に落選、高校時代の生徒会長選挙で得票数わずか13票の悪夢再び事件と、馬鹿高いくせに使えないNY大使公邸について

Part866-540 可愛い奥様 sage 2007/05/11(金) 07:27:11 ID:rlcUmsl80
しばらくアク禁で書き込めなかったんで超亀なのだけど、
小和田ジジンは国連大学総長なんて狙うはずない、というご意見が
ありましたが、全く違います。
実は小和田氏は、国連大学総長選挙に「落ちた」のです。
日本外務省としては、兆の金を投入して国連大学ビルを
建てたのだから、「プリンセス」の父親である小和田氏が
まさか落ちるとは思わず、選挙活動をまともにしていなかったという
裏事情もあります。
外務省の甘ちゃんなんちゃって外交により
票を持っている方々から小和田氏が「総長にふさわしくない奴」と
思われていることが浮き彫りになった結果、落選しました。
まさかの落選で小和田氏激怒。
本来別の方が就任するはずだったニューヨークに国連大使として赴任した。
ニューヨークの大使公邸、買い直しも、外務省のせいで
落選したのだから、とごり押しされて仕方なく行われた。

568 可愛