★阿修羅♪ > ホロコースト3 > 472.html
 ★阿修羅♪
バチカンとナチスの関係はそこまで単純ではないようです
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/472.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 9 月 22 日 22:24:20: SO0fHq1bYvRzo
 

(回答先: 侵略の系譜:カトリック・十字軍・ナチス・シオニズム(十字架とカギ十字 隣人氏 初心者質問板1) 投稿者 たかす 日時 2006 年 9 月 22 日 10:50:10)

バチカンとナチスの関係はそこまで単純ではないようです


ピオ12世はしばしば「ヒトラーの教皇」と言われています。そしてそのピオ12世の下でアンジェロ・ロンカッリ(後にピオ12世の後継者ヨハネス23世となる)が行ったことは、ユダヤ機関と協力して、ヒトラーに追い立てられる東ヨーロッパのユダヤ人をパレスチナに送り込む作業でした。ロンカッリはその後次々とバチカンの中で昇進し、最後は教皇に上り詰めました。

ナチス自身がシオニストに対して惜しみない協力を行い、ナチスとシオニストは別ちがたく結び付いていました。そのナチスを産み育て支えたのが、プレスコット・ブッシュ(現大統領の祖父)やハリマン財閥、ロックフェラー系統やロスチャイルド系統の欧米(ユダヤ)大資本です。

その一方でスターリン・ソ連はイスラエル建国に対して重要な力を尽しました。イスラエル初代首相ダヴィッド・ベン・グリオンは、その支持基盤のマパム党もろとも、熱烈なスターリニストだったのです。

さらにピオ12世最大の側近、イエズス会士ドイツ人(改宗ユダヤ人の可能性が高い)のアウグスティン・ベアであり、後にロンカッリ(ヨハネス23世)が全生命をかけて実現させた第2公会議でカトリックの本質的な作り替えを実行した中心人物がこのベア枢機卿、そしてベアの下で実質的な改革案作成を行ったのがアイルランドの改宗ユダヤ人の子孫でイエズス会士であるマラキ・マーチン神父です。

またもう一方でバチカンの作り替えを実行した実力者が、米国でユダヤ機関と通じるイエズス会の大立者フランシス・スペルマン枢機卿とその愛弟子のジョン・コートニー・マレー神父。

そしてピオ12世の時代にバチカンに潜入し、ヨハネス23世に持ち上げられ、アウグルティン・ベアやその仲間であるオーストリアの枢機卿フランツ・ケーニッヒらとともにバチカンを変質させたのがオプス・デイ創始者で改宗ユダヤ人の子孫である可能性が極めて高いエスクリバー・デ・バラゲー神父。

そのエスクリバーを重用してスペインの独裁を続けたフランシス・フランコは改宗ユダヤ人の子孫で、第2次世界大戦中にヒトラーから追い立てられた数万のユダヤ人を救い、その後もユダヤ人をパレスチナに送り続けた、「ヒトラーの友人」です。

そのオプス・デイとケーニッヒが、前任者の極めて疑わしい死の後で、教皇に押し上げたのがエスクリバーの信奉者でユダヤ人であるカロル・ヴォイティーワ(ヨハネ・パウロ2世)です。その背後に米国ユダヤ人ズビグニュー・ブレジンスキーの影が見えます。オプス・デイはCIAと手を組んで中南米の反米勢力を血祭りに上げましたが、その側にいたのが父ブッシュ、そして米国ユダヤ人のヘンリー・キッシンジャー。

そしてそのヴォイティーワの葬儀には、米国大統領夫妻、国務長官、二人の元大統領(ブッシュ父、クリントン)が駆けつけました。その後、オプス・デイとシオン教徒クリストフ・シェーンボルンが教皇に押し上げたのがジョセフ・ラツィンガー(現ベネディクト16世)です。


このような歴史を知ったうえでバチカンに対する論調を眺めてみた場合、バチカンをナチスだけと結び付けるのは、マスコミと学術・出版界によるプロパガンダの力で信じこまされている茶番だ、と思わざるをえません。大勢の人々がいつまで虚構を基盤にして判断しているのか?!ということです。


【私は決していい加減なことを言っているのではない。以下をご参照ください。】

*******************************************************************************

以下拙稿を中心に並べていますが、●印は別の方の阿修羅投稿、別のサイトです。


▲▲(上記に関連するバチカン・宗教関係投稿)▲▲
http://www.asyura2.com/0401/war48/msg/134.html
イベリア半島「百鬼昼行図」 その7:オプス・デイはカトリック内の「ユダヤ勢力」の代理人か?
http://www.asyura2.com/0502/war68/msg/1006.html
「使命」を終えたヨハネ・パウロ2世;『バチカン=オプス・デイ=CIA』軸への考察
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/282.html
超巨大カルト、バチカン研究:(1)第2バチカン公会議「カトリックの米国憲法化」
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/299.html
超巨大カルト、バチカン:(2)第2バチカン公会議「カトリックのユダヤ化」
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/351.html
超巨大カルト、バチカン研究:(3)ユダヤ人教皇ヨハネ・パウロ2世?
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/377.html
超巨大カルト、バチカン:(4)「ユダヤ教カトリック支部」?
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/444.html
超巨大カルト、バチカン研究:(5)「米国・バチカン同盟」の軌跡とオプス・デイ
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/789.html
超巨大カルト、バチカン研究:(6)「世界統一神権国家」への道のり(A)シヨン運動について
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/819.html
超巨大カルト、バチカン研究(7)「世界統一神権国家」への道のり(B)シヨンからオプス・デイへ
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/822.html
1958年のバチカン・クーデター:簒奪された「グレゴリオ17世」の教皇位
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/829.html
超巨大カルト、バチカン研究:(8)「世界統一神権国家」への道のり(C)シヨンから第2公会議へ
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/133.html
超巨大カルト、バチカン研究:(9)「世界統一神権国家」への道のり(D)ユダヤ主導による宗教の統一

http://asyura2.com/0505/cult2/msg/654.html
ヨハネ・パウロ2世はやはりユダヤ系だった!?(英国メトロ紙)
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/365.html
オプス・デイ創始者はユダヤ系か?(フランコも?カストロも?)
http://www.asyura2.com/0502/war69/msg/605.html
新教皇を支えるシオニスト枢機卿シェンボルン【イスラエルが喜ぶはずだ!】
http://www.asyura2.com/0502/war69/msg/606.html
「ポスト・ホロコースト的」シオニズム? すでにカトリック=宗教シオニズム?
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/389.html
米国指導部にとって、カトリック、プロテスタント、ユダヤ教はすでに「一つ」ではないのか?
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/304.html
バチカンが全面協力:ホロコースト・プロパガンダ
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/322.html
フランス革命の思想はバチカンお墨付き:日本の皇室はその金魚のウンコ
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/393.html
貴重情報!:「知的計画」信奉者シェーンボルンはバチカンを牛耳るシオン教徒


▲▲(ユダヤ人自身によるナチ=シオニズムの告発)▲▲
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/454.html
「シオニズムと対決するユダヤ人たち」からの翻訳:『イラクのユダヤ人』(第1部)
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/803.html
「シオニズムと対決するユダヤ人たち」からの翻訳(5)『シオニズムに対するナチの支援』
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/386.html
http://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/103.html
シオニズム:ユダヤ人に対する陰謀(ヘンリー・マコウ著:全訳)
http://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/123.html
「パレスチナにいる1頭の牛はヨーロッパ中のユダヤ人よりも値打ちがある。」
http://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/358.html
シオニズムの隠された歴史:第6章(ラルフ・シェーンマン著)《全訳、その1》
http://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/361.html
シオニズムの隠された歴史:第6章(ラルフ・シェーンマン著)《全訳、その2》


▲▲(ナチズム・ファシズムとシオニズムの関係一般)▲▲
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/671.html
ベルルスコーニを罵倒する:(3)シオニズム=イスラエルとのクサ〜イ関係
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/386.html
David Irving:アイヒマンとユダヤ(シオニスト)機関の秘密交渉を研究
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/380.html
ユダヤ・ファシズムの系譜:ジャボチンスキーからシャロンまで(1)ユダヤ・ファシスト、ウラジミール・ジャボチンスキー
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/389.html
ユダヤ・ファシズムの系譜:ジャボチンスキーからシャロンまで(2)ゾンビどもの跳梁
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/393.html
ユダヤ・ファシズムの系譜:ジャボチンスキーからシャロンまで(3)『負け馬に賭けた』?
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/398.html
ユダヤ・ファシズムの系譜:ジャボチンスキーからシャロンまで(4)嘘で世界を操る野郎ども
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/411.html
ユダヤ・ファシズムの系譜(5)イスラエルの真の開祖、ウラジミール・ヒトラー
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/540.html
シャロンに手向けの花:ジャボチンスキー著『鉄の壁(The Iron Wall:1923)』【全訳】
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/437.html
「600万人」神話は第2次大戦前から筋書きが決まっていたのか?
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/443.html
ナチスとシオニストの興味深い関係について若干の考察
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/220.html
フランコ将軍はユダヤ人の救い主だった?
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/662.html
否定論は未だに見つけていませんが、いくつかの興味深い資料をご紹介します
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/_floorA6F_hc.html
●ヘブライの館:ナチ関係
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hityuda.htm
●アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の父


▲▲(シオニスト、ユダヤとソ連の関係)▲▲
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/888.html
和訳連載:シオニスト・イスラエルからの内部告発――共産主義とファシズムの国(1)
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/900.html
和訳連載:シオニスト・イスラエルからの内部告発――共産主義とファシズムの国(2)
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/904.html
和訳連載:シオニスト・イスラエルからの内部告発――共産主義とファシズムの国(3)
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/911.html
和訳連載:シオニスト・イスラエルからの内部告発――共産主義とファシズムの国(4)
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/448.html
KGBの前身、NKVDについて、知る人ぞ知る大変な事実!【やっぱりネェ・・・】
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/447.html
●ウクライナ「ナチス犠牲者」埋葬地発掘調査 出て来た仏はソ連が処刑したポーランド人の死体
http://www.asyura2.com/0304/bd25/msg/753.html
●【英文資料】ソルジェニーツィン氏が、最新歴史研究書のなかでロシア革命におけるユダヤ人の役割を総括


▲▲(米国とナチス、シオニストの関係)▲▲
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/400.html
●全米マスコミが60年間隠蔽しつづけた“爺ブッシュとナチスの腐れ縁”が政府公文書ではっきり確認された
http://asyura2.com/0510/war76/msg/948.html
レオ・シュトラウスはジャボチンスキーの舎弟でナチの取り巻きだった!
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/910.html
●ビルダーバーグ・ソサエティー会議、優生学【アメリカとナチス】
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/458.html
「600万人」証言のHoettlはOSSエージェントの食わせ物!【CIA公開資料から】


▲▲(第2次大戦における反ファシズムに名を借りた重大犯罪行為)▲▲
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc700.html
●原爆ホロコーストの実態
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/197.html
シオニストによる言論封殺の一例:ジョン・サック「目には目を」に対する『焚書坑儒』
http://www.asyura2.com/0502/war67/msg/223.html
●バルカンのイタリア民族浄化

他にもドレスデン大空襲、アイゼンハワー(北欧系ユダヤ人で後の米国大統領)によるフランスでのドイツ人大虐殺などがあります。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > ホロコースト3掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。