★阿修羅♪ > リバイバル3 > 208.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ウェスタンエレクトリック伝説
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/208.html
投稿者 中川隆 日時 2012 年 1 月 04 日 23:40:10: 3bF/xW6Ehzs4I
 

(回答先: スピーカの最高峰 B&W Original Nautilus _ 音響は完璧でも… 投稿者 中川隆 日時 2011 年 11 月 06 日 21:33:14)


                        \               , イ
                      l!   ヽ 、         ,. ( /
                        jl     ヾ 、    ,. (   /
                      l !.       iヘ.  /       /─ -  _
                       l !       !∨             `> 、
                      l i      /l l                  `ヽ
                      ! l    /  ! i                   \
                      ヽ 、  /   ! L- ´  ̄ `>、                ヘ
        ___.            ヾ 、 _i   .j j: : :_: : : : : : : : :ヽ            ヘ
      ,. (////////`>、         `ー|   / 斤´ 7 `ヽ: : : : : : ヘ            ヘ
   ////////////////∧         j.  ノ ,辷ンゅ  ∨: : : : : :ヘ            ヘ
  ////////////////////!         /  ^´ ////     i: : : : : : :i  r-、          i
  .i////////////////////ヽ _      /            .!: : : : : : :|  ー'r 、        |
  .!///////////////////////      `  _      _,.、    l: : : : : : : !    ´o         !
  !'/////////////////////,!         ` ー- (:::":ノrや´!: : : : : : : |             |
  ∨////////////////////               !j ////j: : : : : : : : !            i
.   ヽ//////////////////,{                /////!: : : : : : : :i             !
    \//////////////> '                /////,l: : : : : : : : !            i
      ヽ//////////                ///////,l: : : : : : : : :i            l
      //////////                 ////////,l: : : : : : : : : !             j
     .//////////> 、_              /////////!: : : : : : : : : ヘ            /
     ////////////////`ヽ             i/////////l: : : : : : : : : : ヘ          /
    .////////////////////ヽ          !/////////l : : : : : : : : : : ヘ        /
   .i/////////////////////∧         ∨///////ヽ: : : : : : : : : : :ヽ      ./
   !'//////////////////////∧         ヽ////    ',: : : : : : : : : : : :ヘ   /                 /
.   i////////////////////////∧         ヽ/     ∨ : : : : : : : : : : \/                    /
   !/////////////////////////∧       γ´フ´     ヽ: : : : : : : : : : : : :\                   /
   !//////////////////////////∧、     / ´      j  \: : : : : : : : : : : : :ヽ               /
    l'///////////////////////////∧/>、  /      r-f    \: : : : : : : : : : : :ヘ             /
   ヽ////////////////////////////ヽ///>j       !/,L_    \: : : : : : : :ト、: :j              /
     ∨///////////////////////////\//L_.  .__」////7>ー-'/ゝ: :、: : : : ! ):ノ           / _, . (
       ∨////////////////////////////ヽ//////////////////////フ\:j\: l            /、7/////
      ヽ//////////////////////////////////////////////////,ノ     `            / !/>: ´: :
        \///////////////////////////////////////////////ノ                 ムr//,|: : : : :
         ヽ///////////////////////////////> ´  ̄ `  ̄ ̄´ !                //////l: : : : :
           \//////////////////////> ´ ̄             |                !/! .V//!: : : : :
            ∨////////////////////ヽ     r j        l                l/  ∨ヘ: : : : :
             i//////////////////////ヽ^ヘ   リ         l                {!   ヾヘ: : : :
             |///////////////////に==, そ´          ヘ                !   }∧、:_:
             !/////////////////////r-='_、 !           ヘ                i   //r―
             |/////////////////////(ノ´//} `ー-_,         ヽ                i  l//!
              |//////////////////////////fj^i´ ̄           ヽ              ∨ j//L_
                  l'///////////////////////////∧             \              ∨/r―‐

WE12Ahornでバッハ/EMI LPを聴く
http://www.youtube.com/watch?v=m6xIs1jGSZI&feature=related

WE12Ahornでバッハ/日本Victor SPを聴く
http://www.youtube.com/watch?v=acpapygUvI4&feature=related

DSD DiscをWE25Bシステムで聴くジャン
http://www.youtube.com/watch?v=PYVe_X7IkQs&feature=related

WE15Bシステムで1929年録音のベートーベンを聴く
http://www.youtube.com/watch?v=zSRMcr6_LMY&feature=related

DIY Western Electric 15A horns
http://www.youtube.com/watch?v=OzAeypFw81I&feature=related

DIY Western Electric 15A horns ll
http://www.youtube.com/watch?v=fYhpRlY_EfM&feature=related

1928 Western Electric cinema speaker
http://www.youtube.com/watch?v=nFX392pNeiA

Western Electric WE12AでJimmy Witherspoon/Singin' The BluesよりSpoon's Bluesを聴く
http://www.youtube.com/watch?v=hZSaFztVtYc&feature=related

Western Electric WE 24-Aホーン+WE 594-A + ELTUS 4181×2
http://www.youtube.com/watch?v=qjz4tH8463U

WE25BホーンシステムでAll Of Me/Herzlichst, Inge/Inge Brandenburgをかける
http://www.youtube.com/watch?v=qIw5H7zkY8M&feature=related

Western Electric 757-A Monitor SystemでRenata Mauroを聴く
http://www.youtube.com/watch?v=lpwsrRCS9Ss

WE757Aで寺島レコードを聴く
http://www.youtube.com/watch?v=hWQewdIzNj8&feature=related

WE12AホーンでBing Crosby(1935年録音)を聴く
http://www.youtube.com/watch?v=3mn3nOgw8uE&feature=related

Western Electric sound at STAIN
http://www.youtube.com/watch?v=Z7ZKGC-mXrY
http://www.youtube.com/watch?v=_9GqJwrbcE4


ウエスタンラボ Western Electric 商品一覧
http://www.westernlabo.com/45.html
http://www.westernlabo.com/66.html

サウンドパルコ Western Electric 商品一覧
http://www6.ocn.ne.jp/~kuniharu/topjp.htm

エイフル Western Electric 商品一覧
http://www.eifl.co.jp/index/information/index.html
http://www.eifl.co.jp/index/main.html

エイフル ヴィンテージオーディオ博物館
http://www.eifl.co.jp/index/vam/index.html

              /  / _
            . /   ノ /   `丶      _ .. ,
           / /   /  ′      ` ¨´   /
          /     /    、    ヽ    ノ/
         ′    /     /`ミ、/ヘ、  ´ /
       /       {      /       | '.   /
        /l       /  i   /   ,、    |ハ  !
      ; l     l  | /,. '"     /ヽ.l_, |
      ||   ′i|   l  ,ニ、    /}、/ } |
      |     {   !   lィ、_ ノ    /イノ!イ  ;
      |、 !  、 ヽ  l 代 ソ     じ' ハ/
      l Y|  i \   | l ::::::    ' :::/  }
       ; ノ!|   ゝ-‐`ー .l、ゝ   r ァ /  /
      〃 リ /    ヽl >  _ ィ'}ヽ  /
     /  / /      マ!|   // ハ /
     / ,  ,′       i }l !  // / l
    / /   !       リ l l // /   |
    / /    |  i      ヽl ∨/ /  |
   ノ /     : l       ヽ./  }   l
  ( イ       l l        {   /   |
   ヽ!       ‖       、 : /   |
    人       l        ヽV      |
   ん、ヽ.     |          }     )

1. 原点が最高到達点  

1920年代から30年代に設計された、WE555と594Aが、今日に繋がるオーディオ・スピーカーの原点であろうことは、誰もが承知する事実である。しかし今日100年の時を経てして、おそらくはこのスピーカーを凌ぐものは現れていないと云っても過言ではないだろう。ベル研究所では、音響に関する基礎研究は、すべてやりつくされていたと伝えられるが、ウエスタン・エレクトリックのスピーカー群は、まさに到達点にあったのだ。歴史が下り、量産のための技術は、飛躍的に進化したが、究極の性能をそして音楽を追求し再現するという技術は、ウエスタン・エレクトリックの時代に頂点を極めた。おそらくは、フレッチャーシステムが歴史の上での頂点に位置するのだろう。

実は、ウエスタンは、555迄の時代と、594A以降の時代で、世界が異なっている。555は、蓄音器からマグネチックを経た時代の集大成の作品であるのに対し、594Aは、新しい挑戦の時代の製品なのだ。594Aは、いわゆるハイファイの原点、開始点、そして実は到達点でもある。そう。到達点が555と594Aの二つあるのだ。どちらもがウエスタンの究極であるが、それぞれが時代の分水嶺になっている。そのようなわけで、ウエスタンを極めるためには、555だけ、594Aだけでは、すまされず、双方のシステムが必要となる。どちらが優れるということはない。歴史上の双璧がここに極まっているのだ。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/we555_r1/we555_r1.htm

ウエスタン・エレクトリックのシステムを構成する個々のコンポーネントを開発するために費やされているコストと時間は、尋常なものではない。しかも当時世界最高水準のベル研究所のスタッフがこれに従事していた訳だからなおさらである。人材、資金、時間が湯水の如く投入されている。ウエスタン・エレクトリックとベル研究所の音響システムの開発にかける姿は、さながら後年のNASAのプロジェクトに近いものがある。製品のどれ一つとってみても、当時の最高の素材が使用されており、技術は歴史的にも最高の水準にある。もし当時のベル研究所のスタッフが、今日の素材を手にしたら、どのような物が出来上がるのだろうかと想像すると戦慄が走る思いだ。

最高の音響システムを構築する一つの方法は、当時のウエスタン・エレクトリックのシステムを忠実に再現することであろう。理由は、その状態で完全なバランスがとられているからだ。しかしながら、バランスのとりかたには複数の解があるはずで、当時のシステム構築者が取りえなかった別の解があるはずで我々にはこれに挑戦することで、ウエスタンのコンポーネントからシステムとして別の魅力を引き出すことも可能ではないかと思う。ウエスタンのオリジナルのシステムを超えようとか冒涜する意図はもとよりない。もしウェンテが現代に生きていたら、どのようなシステムを開発しようとするだろうと、技術ロマンに心を躍らせる。

555コンプレッション・ドライバーを色々と聴いてみると、その完成度と技術水準の高さを超えたところに、造り手の意図を感じ取ることができるような気がする。このドライバーは、あきらかにホーンと一体で使用することを前提に設計されている。

そしてターゲットにしている音は、蓄音機が表現できる生の音楽のプレゼンスである。
蓄音機は、機械振動から直接音波を作りだしているので同じ系のなかで音を処理している。これに対し、スピーカーを使用すると機械振動、すなわち機械系から電気系に変換し、これを増幅して機械系に再変換を行っている。一般に、系の変換を行うと、何らかの情報が失われる可能性がある。私は、プレゼンスではないかと直感している。このプレゼンスこそ、生の音の肌触りであり、そこに演奏家がいるという佇まい感であり、さらには再生装置が消え、そして演奏家さえ意識させず、ただ音楽のなかに包まれる世界への到達がある。

2004年1月15日から21日までの7日間は、忘れることができない。追い込み途中で、すごい音の世界が出現してしたのである。RCA1444のエージングとフィールド電源の調整がどツボにはまった。調整途中で、まだ音は濁っており、分解能も出ていない、コーラスの分離が悪い。しかし只ひとつ、今までのどこでも体験したことのないプレゼンスが現出したのである。

二階で再生しているのだが、我が家は三階建てなのだが、どの部屋で聴いても同じ音量で、音楽が壁を貫通して浸透していくのである。まるでニュートリノのようである。レコードに入っている音と実在の音との識別がつかない。だれかがそこにいるのかと回りを見回すと、実はそれがライブ録音の聴衆の囁き声だったり、物音がしたと思うとそれがレコードに入っていた音であったり、何より凄まじいのは、スピーカーを隣室から聴くと、もうそこにホロヴィッツが、ビル・エバンスが、パハマンが、マルが居て、ピアノを弾いているのである。もう倒錯の世界である。1月19日は、仕事もせずに朝から晩まで聴きとおした。友人にメイルしたら、浜松から飛んできた。当人もたいへんな識者で経験も豊富な音響の専門家だが、絶賛ものだった。すべてのジャンルにわたって、ヴォーカルも弦もすばらしいが、特にピアノは空前絶後であった。空気感が出ている。人の気配があり、そこに佇んでいるのである。

しかし良いことは続かない。運命の日はやってきた。2004年1月22日夕方、いいかげんな仮組み状態のRCA1444のフィールド電源をまともに作り直したとたん、プレゼンスが消失してしまった。あの音が再現しないのである。はじめのうちは、軽く考えて、また明日やってみようとその日は休んだ。しかしその後まる一ヶ月格闘したのだが、ついにその世界は帰ってこなかった。元のとおりにしても再現しないのである。1444のエージング過程のある状態とフィールド電源、あらゆうる状況が、偶然にバランスしたのだろう。WE555と1444の速さが合った瞬間、15Aホーンの世界にワープしたのだろうか。

私の友人もこのような状態に出遭うことがあり、そのときは、周囲のオーディオ・ファイルを呼び集める。いつ再現するか知れない世界だからだ。オーロラか流星群かはたまた蜃気楼か、科学と芸術と夢幻の世界が精妙に交錯するオーディオの世界の魅力である。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/expr2023/expr2023.htm


事の始まりは、Western Electric 755Aスピーカーが拙宅にやってきたことに始まる。聴きなれたレコードを何枚かかけてみると、愕然としてしまった。当然のことではあるが、愛聴盤というものは、どこにどんな音が入っているかを暗記しているものであるが、このスピーカーで聴くそれは、まったく別物であった。今迄聴こえていなかった音が、豪華絢爛に再現されてくるのであった。
 
  それはあたかも、澱んだ東京の空に浮かぶ見慣れた星空から、一転して空気の澄み切った山の頂きから仰ぎ観る天空の星星の情景そのままに、天空一面、星、星、星のショーの大星夜を目の当たりにしたようなものだった。

星星が煌く音となり、その微粒子が壮大な音楽を構築しているかのようであった。今迄、自分は一体、何を聴いてきたのだろうという悔しさと、まだレコードにもCDにもいくらでも秘められた音が入っているのだという嬉しさが頭の中を過ぎった。
 


  755Aの悲劇と再臨  

その後、悲劇が襲うこととなる。S社製高級アンプの200Wの出力が、暴走し耐入力6Wのボイスコイルを焼損するのである。アンプのケミコンからは白煙が上がり、755Aは無言に沈黙した。私の人生は、この後暫しセピア調に色どられる。
 
  しかし再生装置は、工業製品である。見事に復旧した755Aは、ボイス・コイルの位置合わせと、ビスコロイドの調整により、以前に増してその再生能力を高め、復活したのである。S社のアンプは、クズ鉄として葬られたのは、ご想像のとおりである。以降、Western には、出力トランスのあるアンプを使用することとした。また、壊れたものは、自分で修理、動いているものも自分でメンテナンス、チューニングを心がけている。おかげで、カートリッジのダンパー交換からWE555のオーバーホール、調整までするに至った。



     
  2A3シングルアンプ  

市販の高級アンプが逝ってしまったあとは、20年前に設計した2A3のシングルアンプを引きずりだしてきて使った。出力は、3Wで、トランスを背負っているので、スピーカーには直流が流れないので、安全である、というか、傷めるほどの出力が出ないのだ。  
WE755Aは、そのシステムの音を忠実に表現する。アンプの音をそのまま出してしまうところがある。アンプの素性が露呈してしまうのだ。オーディオ用のアンプでは、周波数特性とか、歪みがどうのとかという基準は、みんなクリアしている。音色がどうのこうのという問題も、組み合わせる装置やケーブルでコロコロと変わる。これに一喜一憂していたのでは、永遠に堂々巡りである。

そこで、新しい基準を設けることにした。これは単純明快で、本来ソースに入っている音が聴こえるてくるか否かを基準にしようというものである。もはや、音色の好みの問題ではない。再生できているかいないか、聴こえてくるかこないかであるから誰でも分かる。音が完全に再現できていれば、あとは各自の好みで音色を決めればよい話しである。

比較は、単純明快である。アンプを用意して、ソースを再生してみる。片方のアンプの再生された音が、あたかもスモッグのかかった大都市の夜空に見る星の数としよう、大星夜アンプの目指す音は、あたかも空気の澄みわたった高山の頂きから仰ぎ見る夜空の星々のショー、あたかも宝石箱をひっくりかえしたように、豪華絢爛な音の輝きを堪能しようというものである。本来そこにあるものをただ、あるがままに再生しきろうというただそれだけである。一般のアンプは、そこまで徹底して造られていない。出しきれていない音の部分を音色を付加することで補い、あたかも再現できているかのごとくの音を造り上げている。再生できていない部分の音を他の音に尾ひれをつけて修飾を加え、バランスさせているのだ。大星夜アンプ基準で比較試聴するとその差には唖然とすることとなる。

     
  非日常世界

  大星夜アンプ基準でアンプが追い込まれていくと、場合によっては非日常的な世界への入り口を垣間見ることがある。伝説のショパン弾きと語りつがれている、ウラディミール・ド・パハマンの演奏が、78回転のSPにわずかに残されている。RVCがこれをLPに復刻して発売している。当然CD版もある。このレコードを普通の超高級システムで再生すると、騒々しいスクラッチ・ノイズの中に沈んだ演奏がか細く聴こえてくるだけである。スモッグの濃い空を通して遥かかなたの星を見ようとしてもかすみ、揺らぎ、その何たるかは、茫洋として分からない。

カートリッジレベルからモノラルで追い込んだシステム、アンプは大星夜級を使用する。そしてこれにWestern Electric 555 Receiver を繋ぐ。キャパシターのカットオフは200Hzである。スクラッチ・ノイズは、音楽とは完全に分離して聴こえるので、まったく邪魔にならない。

眼前に100年の時の流れを遡って、パハマンが現れる。そこに居るのである、そして私たちに語りかけている。その声は血の通った、まさに肉声を彷彿させる。ひとたび演奏に入ると、モノトーンのはずの100年前の演奏が、総天然色のような色彩を帯びてくる、その演奏はあまりに美しく、ひとたび剥製となった動物の心臓が再び鼓動を始め、血を得て、生き返ってきたかの様を呈する。まさに黄泉がえりである。あまりに生々しく、美しさを通り越した不気味さ不可思議ささえ感じられる。

  常人は、私も含めてこの世界には、踏み込まないほうが無難かも知れない。これは、Western 555 Receiver の特異なる世界で、594A Loud Speaking Telephone では、再現しない世界であり、WE555 の謎のひとつである。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/starnight/starnight.htm

孤高のドライバー Western Electric 594A


1933年4月27日に行なわれた、ワシントン・フィラディルフィア間141マイルの電話回線を使用したオーケストラの立体音響伝送実験(オーディトリ-・パースペクティブ)は、ベル研究所が当時の最高水準の技術を結集したエクスペリメントとして歴史に残る。このためのシステムは、膨大なコストと人員が投入された。当時の技術水準と貨幣価値を今日に比較換算するならば、NASA的なプロジェクトと考えてもよいだろう。

このときの再生用のシステムが、幻のフレッチャー・システムであり、おそらくは人類史上最高のシステムと評価できるものだ。すべては、このエクスペリメントのために研究開発された。

このスピーカー・システムは、低音部に20インチの巨大な金属振動版を持った折り曲げ低音ホーンと大口径4インチ振動版を持つ中高音用のホーンドライバーで構成されている。中高音ドライバーは、マルチセルラホーンである。このシステムは、当時の映画産業界から劇場用としてのリリースの声が大きかったが、低音ホーンのエコー現象もあり、実際に業務用の装置としては量産されることはなかった。製造された数は、10本に満たないと思われる。

しかしながら、このシステムの中高音用のドライバーは改良を経て、世に出されることとなる。これがWE594A Loud Speaking Telephone 、すなわち今日我々が目にすることのできる、あのWE594Aドライバーである。その生まれからしてただならぬ血統のスピーカーである。このドライバーの性能は隔絶したものである。自動車に例えるならば、F-1レーサーのようなものだ。

WE594Aは、WE555とは異なり、2Wayのシステムとして、あくまで低音用のスピーカーと併用することを前提に作られている。しかし皮肉なことに、このドライバーとつなげられる相棒は、かのフレッチャーシステムの巨大金属振動版低音ホーン・ドライバーだけなのである。これ以外の紙の振動版のウーファーでは、やすやすとはつながらない。

WE594Aは、その生まれから、まさに孤高の存在であった。究極の理想を求めて設計され、卓越した性能を発揮するが、それとバランスできるウーファーがないのである。

最近は、いろいろなところで594Aが鳴っている。しかしその多くは、我々に忍耐を強いるようなサウンドを轟かせている。オーナーは、これがウエスタンのすばらしい音なのだから、この良さが分からない者は、オーディオを語る資格がないといわんばかりの情熱を傾注する。聴衆も自分の耳に自信がないからか、恐れ入って敬意を持って、いい音だと絶賛する。裸の王様の世界そのままである。正直な人は、私はこの音を好きになれませんとかウエスタンの音というものはこの程度のものかと思ってしまうかも知れない。

このような悲劇は誰のせいでもない。そもそも本来のウエスタンの音を聴いたことがある人がいないのだ。それはもう70年以上前にこの空間から発して、そして消えてしまい、人々に語り伝えられた、伝説の音なのである。今日に生きる人々は、当時のシステムを可能な限り再現し、失われた音を復活させようとしているのだ。私は、その情熱に心から協調する。しかし再現された音が、はたしてその本来のウエスタンの音であるかどうかの検証は、とても難しい。

この"孤高の"594Aドライバーは、そもそも鳴らすのが至難の代物なのだ。よって、やかましい音で鳴っている594Aに出会っても、達観しようではないか。趣味でF-1レーザーを所有しているようなものだと思えばよろしい。そしていつの日にか鳴らしきることを生きがいとすれば、これはすばらしいライフワークとなる。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/we594a/we594a.htm?.tok=bcwjY6SBu.hmxIxe&.dir=/594A&.src=ph

  594A Driver + 24A Horn
 
音響分野の技術研究が最高水準にあった時代、ベル研究所が惜しみなく研究開発費と人材を投入して完成させた、歴史上の頂点に立つドライバー・ユニットWE594A型

 このドライバーは追い込めば追い込むほどにその能力を発揮していくという、レーシング・マシン的な色彩を放つ。このドライバーを理想状態で鳴らし、これに低音をマッチングできれば、ウエスタンの一つの峰の頂上に到達できるのではないかと思う。しかしまだ、555という謎の峰も霧の中に見え隠れする。

 594Aに接したときには、そのストイックさの中に啓示を見る思いだ。くたびれたときには、一休みしてWE555の世界に安堵を見出そう。
 
http://homepage3.nifty.com/western/audio/24a594a/24a594a.htm


  Western Electric 551 Driver  


マグネチック方式最後のドライバー トーン・ポリシーは555に引き継がれている

551のトーンは、蓄音器のもつ絶妙のプレゼンスを彷彿させる。この551以降ウエスタンのドライバーは、有名な555に引き継がれるが、555ドライバーの音はこの551のトーン・ポリシーを受け継いでいる。すなわち血脈の音である。


生、原音のプレゼンスを求めた蓄音器、

それを目指した551、

その血を受け継ぐ555ドライバー

と世代が変わってもその求めるところは変わらない。技術革新という意味では、この551と555の間には飛躍的なものがある。そして近代ハイファイの原点であり到達点となるの594Aドライバーに引き継がれる。

555と594Aの世界は全く異なるが、いずれもが到達点であり双璧である。蓄音器、551、555、594Aと聴いてみると人類の音楽芸術と音響技術の歴史的変遷と融合を理解できる。

  551は、約500オームのインピーダンスとして扱い、真空管式の500オームの二次インピーダンスのトランスがついたアンプで鳴らさなければいけない。低い周波数をカットするために0.1u程度の品質のよいキャパシターを直列につないで使用する。魂に浸透するような音の世界が現出する。

マヘリア・ジャクソンやバッハのパルティータを深夜に静かに鳴らす。こうなると蓄音器に近い世界で、555も594Aもタジタジである。もうHMV203を持ち出すしかない。SPの復刻をこのドライバーで架けるとそこらの蓄音器ではとても追いつかないものがある。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/551/551.htm

オーディオシステムの音を過去から現代まで沢山のマニアの音を聴かせて頂きましたが一つの共通点が見えくる、その共通点とはオーディオを長くやっている人ほど音はけして高音質、大音量ではなく音楽を聴かせる音になっている。しかも真空管を採用したデバィスがほとんどで半導体アンプや今流行のデジアンプで鳴らした音は良かったことは一度もない、「電気臭い音の代表だ」半導体アンプは音が平板になりスピーカーの回りでしか音が鳴らない、

音に関して熟成したマニアの音は低域も高域も欲張らずバランスの取れたサウンドを聴かせてくれます。家庭の部屋でコンサートホールと同一の音などは再現することは不可能に近いが真空管アンプを使用すると不思議とコンサートホールの雰囲気感が出てくる、

ウェスタンエレクトリックのサウンドは現代から見れば特性は悪いはずですが真空管アンプで鳴らすと音楽を心地よくリラックスして雰囲気感を大切に聴かせてくれる響きを持っている。確かに(生の音)とは違う音ですが独特なサウンドで中域に密度がありコクのあるサウンド、現代の上も下も伸ばした中域の薄い貧弱なスピーカーとは方向性が違う、

名器と名の付くスピーカーは「音楽を美味しく聴かせてくれる」楽器の要素が秘められている、英国のヴィンテージスピーカーもウェスタンに共通した部分が多少感じ取れる。オーディオを追求して行くと最終的にはクレデンザ、HMVなどの蓄音機などの電気臭くない音を意識するのではないだろうか

http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-009.html


ウエスタン・ラボ 訪問
http://www.westernlabo.com/

知らない人が見れば、ガラクタにしか見えない・・・・

巨大なハリボテ、薄いベニアで作られペナペナ・・・

普通のオーディオマニアが見たら、到底許せない作り

「こんなのでイイのかよ?」

イヤ違うんです、こうでなければ成らないのですw


15Aホーンを聴きたい・・・

オーディオを語る時、どんなに技術が進歩しようともWE(ウエスタン・エレクトリック)は避けられない関所になる・・・・

真空管WE300Bがあまりにも有名ですが・・・


本来はモノラル・トーキー時代の映画館用オーディオ、40年代の映画には WE のロゴが大きく出ています

そしてウエスタン15Aホーンはその核心にあると言っても過言ではありません

20年以上前、元会社の上司がWE教でして、15Aホーンの魅力をシツコク語っていました


ベル研究所から始まるその話は長く、結論は究極のオーディオはウエスタンだと・・・

私には理解不能でこの人は耳(アタマ)がおかしいとしか思いませんでした

WEはトーキー時代に大きな映画館で大音量再生をするための手段でしかないと思っていました

そもそも、家庭用ではありませんしステレオ・レコード再生ましてやCDなんて論外ですが・・・

百見は一聴にしかず・・・

まずは御覧ください・・・

555です

励磁型ウーハー

ウエスタンのウーハーにボックスはありません

ほぼ平面バッフル・・・・

その昔、WE教の上司に質問しました


「なぜウーハーボックスがないのですか?」

「バカだな、スピーカーは裸で鳴らすのがイチバン!」

「それじゃ低音が出ないのでは?」

「バカだな、ウエスタンはユニットだけで低音が出るんだ!」

「置いとけばOK」

「失礼しました・・・」

理解不能でしょ・・・


15Aホーンの音

姿を見て、どんな音が出るのか?想像すらできません

ホーンの音と言えば、防災無線の拡声器や運動会で使うトランペット・スピーカー

かなりハードな音を連想できますが・・・・

柔らかく、伸びやか、付帯音が少なく、バケモノスピーカーの存在が無い

詰まった感じは無く、ホーン特有の音なんですがクセの無い柔らかい音にはビックリ!

ペナペナのホーンで起きそうな付帯音やクセが感じられません

さぞかしハードでシャープ、歯切れ良い音がするかな?

姿はモンスターですが、音は全くその逆

ハッタリや脅かしはなく、雄大なスケール感で包まれます

巨大ホーンにも拘わらず、無指向音場型スピーカーが鳴っているような・・・

ペナペナのホーンが塩梅良く共鳴しているのか?


「コレってナンなのよ」


ダイナミック・スピーカーの音に慣れている耳には捉え処がありませんが劇場の音ってコレのこと言うの?


グレードはかなり高い、流石ウエスタン、期待を大きく裏切られました

ソースはAD、シンフォニーと女性JAZZボーカル

シンフォニーはスケール感が大きく、伸びやかでスピーカーの存在が感じられ無い

イヤな混濁感や付帯音が少ないので素晴らしい

女性JAZZボーカルは、分解能が少し足りなくて口がデカクなりますがチョイと除電すれば一発で問題解決しそうな・・・

百見は一聴にしかず、現代スピーカーの同じ様な音とは違った光る個性を実感

コレ聴けば、熱狂的マニアの存在が分かります

帰宅してショールームで音聴いたら、イイ/ワルイとは違う違和感を感じました

嗚呼、流石ウエスタン 15Aホーン伝説がなんとなく理解できました

ココはまるでタイム・マシンで時空を遡ったような錯覚を引き起こす・・・

ビンテージであり、現代には通用しないと思っていましたが・・・・

光る個性があり、もの凄く魅力ありました

15Aホーンの音を聴いて本当に良かった、60年以上前に確立された技術だとすれば現代のオーディオは進歩していないかも知れない

特にスピーカーについては、現代の技術は脇道に外れて迷路に迷い込んだだけかも・・・

http://d.hatena.ne.jp/arcs2006/20110310


                           _  -一'´     `丶 -‐ 、,. -─_ァ、
                           /´  _      ,  ´    \´   }
                         /   /´    ̄ `ヽ             ヽ  /
                   _   -┴--y′         、 ハ           /
                  } ̄  ─- 、/         トヽムヘ、         V
                     ヽ         !            j´    ヽ        '
                    、      |          ,       ,ゝ、       ,
                    \.     l           /_        \    i
                     ト、   !       i /  `     ,.ニ、ヽ    !
                     | \ !   :   | ,ムへ,      イ ,ハ i\ l
                     |   ` !      lイ、ノ,ハ        、りノ |   |
                     |   i !       | 、りノ       ,.,.、 l i
                      l   l :!   ,   |          ゝ     ! ! |
                      !    | !   ',  |  ' ' ' '           , : ! !
        ィ′              ,  !   j,ハ  ', l     ‐--一'′  ′|!  !
      //             /  j     V  , !`  .._      / .._リl リ
      ' /              ,イ    /ヽ   !、      ┬-イ    `| /、
     i {                 /│   /    \ l \    |  l       ′ヘ
     |                  /     ´       ヽ!   丶.   l   !      ,ハ
    ,ハ  \ハ、   、     /   j/         ヽ   ヽ l  │       /  、
     { ヽ  ヽ\  {\        /           \    '    !     : /   ヽ
     ヘ、     ` ヘ `  ._ __/  、               \ /          |/   !  ,
  _ _ {`         \      ′   ヽ       !      /    '    l      '
  `ヽ `ヽ          ` ‐-  /       \   l  ′   ,    /      !   '   !
     ヽ               /イ         \  ! /    /   /     ノ   ,     !
      V             / !          `│/    /   /    / }  /    |
      \              /  l             j/    /   /-‐   ´   j  /       !


音の認識とバランスの秘密


可聴周波数帯をはるかに超えたスピーカー・システム、極超低歪率の高性能アンプより、古い電蓄のほうがいい音に聴こえることがある。心のノスタルジーの共感か聴覚上の錯覚による現象なのか、その謎は深い。

都会の雑踏のなかでも、母親は、はるか遠くの我が子の泣き声を聴き分けることができる。音響的に測定すると聞こえないはずのレベルである。名器と呼ばれる楽器は、測定上同じレベルの音量であっても、遥か遠くまで音が通り、多くの聴衆を魅了する。PA用のスピーカーは、同じ音量でも家庭用のものと違って、はるかに遠くまで音がとぶ。音の世界は不可思議である。

しかしこの謎を解かなくとも解はある。それは原音である。そう私たちの日常に溢れる、この音こそがリファレンスになる。なるべく多く演奏会にいこう。そして生の音に触れよう。家に帰ってから、自分のシステムの前で眼をつぶろう。あの臨場感が、感動が甦るであろうか。
     
  蓄音機やウエスタン・エレクトリックの時代の音楽といえば、オーディオの音は生演奏と隣合っていた。当時、録音はそれほどには多くなかっただろうし、なにしろ再生装置は、演奏会に一生行けるほどに高価であった。人々は、今よりはるかに多く生の音に接していたに違いない。当然音響装置を開発していた人たちもこの生演奏をリファレンスにして、システムを設計していたのである。ここに古い時代のシステムが現代においても人の心を捉える理由があろう。現代とは、リファレンスが違うのだ。  


  センサー耳と情報処理脳


音や音楽を聴くということは、実は耳と脳の情報処理のコンビネーション作業である。耳はセンサーの役割をしており、そのセンサーからの情報は、脳で処理されて最終的に判断され音として認識されている。測定器万能の近代では、各種の測定器で音波の実態や音響特性は詳細に分析できるようになってきている。しかしこの基準で設計、製作された最新の音響システムも必ずしも我々に良い音には聞こえるとは限らない。これは人の脳の情報処理のプロセスの考慮不足が原因だろう。人の脳は、耳というセンサーから送られてきた情報を測定器などとは異なった基準で判断し、あるときは不要な情報は無視し、また欠損した情報は補完して判断している。

  蓄音機やウエスタン・エレクトリックの時代、そう、測定器が進化していなかった時代、生の演奏が再生装置の音のリファレンスだった時代の技術者は、このことを直感的に知っていたと思われる。この時代の再生装置を聴いてみると、その音造りのなかに、あきらかにこの点に着目した設計が見受けられる。
 
私の使用しているシステムは、ほとんどがモニターやPA用などの業務用の装置である。実はPA用の装置は、家庭用の音楽鑑賞用の装置とは目的が違うのである。

家庭用の"高級"オーディオ装置は、ユーザーがあり、音楽を聴きたいときに電源を入れてもらえる。つまりこれらの装置は、聴いてもらえるという立場に置かれている、幸せな装置なのだ。PAやアナウンス用の装置はこの点が全く異なる。これら装置は人に情報を伝達することに存在目的がある。聞きたくない人にも、無理矢理にでも情報を伝達しなければならない。聴く気のない人の情報処理脳にアテンションを送り込まないといけない。そのように設計されているのだ。

PAでは、音が飛ばなければならない。伝達能力、遠達性が求められる。それでいて、音質が悪くてはいけない。

プロは、この装置を使ってお金を頂戴しているからである。音が悪ければ金を稼げない。業務用の器材は聴かせることを目的に造られている。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/nazo1/nazo1.htm

名演、名曲、名器とよい音の秘密  


測定器などで定量化できる基準としては、音の大きさ、周波数特性、歪み、位相、過渡応答などがある。また、人によって尺度や捕らえ方が異なるだろうが、濁った、澄んだ、明るい、暗い、軽い、重い、湿った、乾いた、などさまざまである。一つの方法として、ライブの音、演奏会の音、原音を心に留めておき、さまざまなオーディオ・システムの音を聴いてみてはいかがだろうか。

私は、あまり歪みや周波数特性には細かくはこだわらないほうだ。周波数特性の場合は、40万の法則というのが知られており、再生周波数の上限と下限を掛けて40万近くの値になるのが、バランスがよいと言われているものだ。可聴周波数が、20Hzから20KHzとされているのは、確かに乗すると40万になる。

WE555ドライバーの高域のカットオフを7.5KHzとすると、低域を53Hzにとらなければならい。これはいくらなんでも無理な注文なので、低域を200Hzにすれば高域は2KHzとなる。
実は2KHzというのはそれなりに高い音であり、200Hzのほうも結構低い音である。この条件でWE555を一発で鳴らしてみる。きちんと音楽になって聴こえるのである。

人間の脳の情報処理能力が、再生周波数以外にある情報を狭い帯域内にある情報から補完するのである。同様の実験を現代の高級な装置で実験してみると、音楽情報があきらかに不足して聴こえる。つまり脳の情報処理システムの補完が十分機能していないように思われる。蓄音機やベル研究所の人たちは、あきらかにこのことを知りながらモノを作っていたようだ。脳の情報処理システムをうまく機能させるための音響システム設計は、現代の測定器群が提供するデータとは、別のファクターにも注目する必要があるのだろう。

     
  音と音楽は、どのように処理、認識され、記憶されているのだろう
 
  まず音は、空気中を疎密波として伝達され、これが耳の鼓膜を振動させる。また体全体が振動として受信する。鼓膜の振動と骨伝導は、この時点で周波数特性、過渡特性、歪や分割振動などのあらゆる非直線性をもつ。まずセンサー部分がこのような状態である。続いて神経を経由して情報は脳に送られて処理されるが、脳の処理はさらに複雑だ。フレッチャー・マンソン・カーブに見られるように、可聴周波数帯域においても感度レベルが大幅に異なるし、明らかに変化量に対しては、敏感に反応している。これらの膨大な情報量は、さらに最終的に記憶として再構築されて、そのイメージを思い出しやすい形で記録されていると考えられる。
 
あらためて、ノイズにまみれた、ウラディミール・ド・パハマンのSP復刻の葬送行進曲を聴いてみる。あきらかに、時系列上で音が欠落して失われている。つまり音符に該当する音が録音上欠落しているのである。しかし演奏を聴いている我々は、この欠落した音符を見事に補完して聴いているのである。気にならないのである。

ホロヴィッツのピアノの演奏もよく聴くと存在しないタッチの音を我々が補完して、聴こえるかのごとく誘導する弾き方をしている。こんなに速い運指で微細な音の強弱を表現できるはずがなく、ピアノの機械的な音の強弱の表現限界以上の音のグラディーションを出している、というか、それを我々の脳が補完できることを知っていて、その補完能力を駆使して、限界を超えた世界を表現しているようだ。

脳は、このように情報としての信号を処理している。我々が名演であるとか、よい音だという感じるのは、脳の情報処理の結果で判断されている。実は、音の良し悪し、脳の認識は、装置の過渡特性に深く係わっている。周波数特性よりもはるかに重要かもしれない。20KHzまでリニアに再生できる一般のシステムよりも、13KHz程度しか再生できない装置でも、過渡特性が優秀であれば、高い音をより正確に識別できるのである。ベル研究所のスタッフは、この事を知り抜いて製品を開発しているのか。

   
  この仕組みに精通すると、コストをかけずにうまくバランスをとって、”よい音”のするシステムに仕上げることができる。反面、高性能の装置や、名器を組み合わせても、バランスの悪い音になることがある。性能が高いが故に再生できた情報も、それとセットで必要になる情報が揃っていないと、脳はその情報をうまく処理できずに、結果としていい音として我々に認識されないことになる。これが、バランスをとるということなのだ。
 
ウエスタンのシステムをオリジナルの状態のコンビネーションで使用するというのは、ある意味で正解である。ウエスタンは、まさにその状態でバランスをとっている。
ウエスタンのスピーカーのリード線などを見ても、こんなところに細くて純度の低い銅線を何故使用するのだろうかと思うが、実はそれでもってバランスをとっている。6Nや7Nを使用すると破綻することがある。594Aのダイヤフラムのリード線も細い。オリジナルのWE755Aのリードも初期は細い。アルテック以降の755Aでは、"良い"銅線が使用されている。バランスというものの本質が分かっていない後期の設計者が、抵抗値が低ければよい音になるだろうと思って、変えてしまったものかも知れない。

いずれにしろ、ALTEC 755Aは、外見も仕様も全く同じだが、Western 755Aの音はしないのである。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/nazo2/nazo2.htm


ウエスタン・エレクトリックという迷路


欧米のハイエンド製品を手にしても満足が得られなかったユーザーは、次に禁断の世界に入り込みます。

ご承知の通り米国の頂点、ウエスタン・エレクトリック(WE)の扉を開くことになります。

この時、この道を歩む人は冷静さを失っていました。なぜならば、WEの機器を使用している環境や背景を全く考慮していなかったからです。

この時代の米国には優れた業務用の機材がたくさんあります。1920年以降米国の優れたエンジニアは通信や映画産業に関わりをもちます。その結果WEのみならずRCAやランシング、アルテック等がすばらしい製品を生み出しました。しかしこれらのポテンシャルが如何に優れていても映画館や大きいホールで発揮されるものです。

少なくとも50畳以上の部屋があればある程度本来の能力を発揮するとは思いますが、こうした恵まれたリスニングルームを所有できる人は例外中の例外ではないでしょうか?
私もかつては、音楽再生ではWE594Aを上回る最高級ドライバーといわれるランシングのドライバーに、ウーファーの最高傑作の一つであるRCAのユニットをダブルで使用しました(もちろんフィールド型ユニットです)。 ベートーベンのシンフォニーをかけると30m離れた隣地のテニスコートで、街の雑音に打ち消されることなく明確に聞こえ驚きました(駆動アンプは300Bシングルで最大出力は7Wです)。

なんと家の中よりはるか離れた外の方がしっかり聞こえるのです。ここにWEの業務用機器の本質があるのではないでしょうか?

多量の空気があって初めて素晴らしく聞こえるのです。

また、現存するこれらの機器で良品は少なく、その上相当高額です。家一軒分をつぎこんでも多くの人はオーディオのターミナル(終着駅)とは感じないようです。 日本人特有の舶来信奉とWEという究極のブランドがそうさせるのかも知れません。

http://www.rrltd.co.jp/rrplaza/episode/vol04.html


スピーカーの能率


■能率の低いスピーカーは鈍感でボロいものしかありませんから、騙されてはなりません。

■80db台の低能率の「ボロい」スピーカーなどに数十万円も支払っていてはなりません!

■高能率スピーカーはレンジが狭いなどというデタラメがあちこちに書き込まれています(要注意!)。


スピーカーの能率は、オーディオの最も重要な基本事項であって、まず最初に知るべきことです。スピーカーには、「能率」という表示がされています。それは、「db」という単位で表示されています。ごく普通の能率のスピーカーは、その能率は、90dbくらいでしょう。ヤマハのNS1000MやNS10Mあたりのスピーカーで、能率90dbです。

能率が3db違いますと、音量が、2倍違います。87dbの能率のスピーカーは、能率90dbの、NS1000Mに比べて、同じワット数を入れても半分の音量しか出ません。逆に、能率93dbのスピーカーは、同じワット数を入れても、能率90dbのYAMAHA NS1000Mあたりのスピーカーの、2倍の音量が出ます。

さて、ここから先が重要です。能率が6db違っていますと、2×2=4倍違います。9db違いますと、2×2×2=8倍の音量の差になります。

アルテック(Altec)A7、A5というような往年のプロ用スピーカーを例にします。世界中のコンサートホール、映画館用のスピーカーで、今も、あちこちのホールで使われているものです。アルテックA7、A5の能率は、105dbにも及びます。90dbと比較すると、15dbも違いますから、3dbが5回分です。能率90dbのスピーカーとの音量差は、32倍です。能率の計算は、2×2×2×2×2です。

32倍も音量が違うということは、能率90dbのスピーカー、YAMAHA NS1000Mで、100Wのアンプを使わなければ鳴らせなかった場所でも、能率105dbのスピーカーさえあれば、たったの3W程度で、同じ音量で鳴るということを意味します。

スピーカーの品質、能率は、時代とともに、どんどん落ちているかのようです。ひどいスピーカーですと、能率がたったの84dbしかない小さなスピーカーが、50万円や100万円近い値段であったりします。その84dbという能率と、105dbという能率で、再計算してみます。

2×2×2×2×2×2×2=128倍の音量差です。

能率84dbのスピーカーで普通に聞くのに、50Wのアンプが必要だとします。能率105dbのアルテック A7、A5というようなスピーカーには、たったの、0.4Wのアンプがあれば十分です。1Wもいらないです。

1930年代頃のWE(ウェスタンエレクトリック)の38センチや46センチ口径などのフィールドスピーカーというような類のスピーカーの能率は、実に、115dbもあります。こればかりは、あまり知られていません。

115dbー84db=31dbの能率差です。

2を10回かけた数字より上ですから、1024倍よりも上で、1200倍くらいでしょうか。仮に、3万ワット×2のステレオアンプがなければ、84dbのスピーカーでは、武道館でのコンサートは出来なかったとします。しかし、能率115dbのフィールドスピーカーを持ってくれば、たったの25W×2のステレオアンプで、つまり、クラウンD45で、武道館ですら鳴らせるということを意味しています。コンサートホールだから大きなアンプが必要なわけではなく、スピーカー次第、全くもって、スピーカーの能率次第です。

数字が大きすぎて分かりにくいかもしれません。能率84dbのスピーカーに100Wのアンプをあてがうとします。115dbのフィールドスピーカーに、0.083Wのアンプをあてがうのと、全く同じ音量です。0.1Wもいらないことになります。

このことを知っているか知らないかによって、アンプの選択は、根底から変わってしまうと思います。スピーカー次第で音量が簡単に100倍以上、場合によっては、1000倍以上も違ってしまうのですから、50Wのアンプか100Wのアンプかなどという選択など、まったく無意味であることは、誰にでも分かることです。

また、能率90dbのスピーカー、ヤマハのNS1000Mなどで10Wもあれば十分過ぎるほど十分な爆音が出ます。したがって家庭での使用に300Wや500Wなどのアンプなどは、全く不要であり、音も悪いので、使う意味があるとは思えません。

ただし、能率115dbというような、WE(ウェスタンエレクトリック)のフィールドスピーカーの本物は、あまりにも高性能過ぎて、非常に危険なものであるうえ、非常に高額です(誰が本物のF1マシンを運転できましょうか?)。絶対に近づかないでください。

あまりにも鋭く敏感であるゆえ、セッティングできるはずがありません。この種のものを使い切るには、クラウンD45など、プロ用の中でも、小型の、超高性能アンプが、まず第一に必要ですが、それだけでうまくいくとは思えません。近づかないほうが無難です。

オーディオやスタジオモニターには、100dbくらいの超高性能ではあるが、危険というほどでもないという程度のスピーカー、100dbというのは、そのギリギリのラインですが、そのあたりこそが理想的でしょう。


プロの中のプロのレコーディングエンジニアが低能率スピーカーを斬る!


○○○のスピーカーはモニターには不適切です。 音の輪郭は出ていますが音楽の表現が薄い状態です。

理由は簡単で能率が88dbのスピーカーでは音楽の微妙なニュアンスは表現出来ておりません。その具体的な例を書きます。

高能率のスピーカーでは例えばリバーブの消えて行く様子が最後まで聞き取れますが、低能率のSPではあるレベルまで小さく成るとストンと消えてしまいます。そうとう大きな音で再生しなければ繊細で微妙な弱音まで聴こえず、大きな音は部屋の影響も大きく、多くのその他の問題が生じます。今回、貴殿に送ったCD「b-flat」高能率のSPと低能率のSPでは聴こえ方が全く違います。ぜひ同じ音量で聞き比べして下さい。


--------------------------------------------


Bさんのコメント: 能率88dbのスピーカーでは、本当にダメだった!

実は、小型スピーカーを「○○○○sch ○○-51?」に買い替えまして能率の違いに驚いているところです。


今までは88dbでしたが、今度は92db。その差は4db。音量の差もさることながら音の濃さが全然違う。

88dbでは「リバーブが消える。」と書いてあった記憶がありましたが、まさにそうですね。


ネットで見た「スピーかーの能率の差」という事で面白かったのが、低能率のスピーカーでは「さっきの音は無かった事にしておこう。」とありました。

つまり、その情報に音として反応出来ない。低能率スピーカーはまさに鬼門ですね。

聞き比べると、全く面白くない。全然音楽じゃないです。ゴミというのがよくわかります。

スピーカーの能率が90dbを超えないとアンプの性能の比較は出来ないんじゃないでしょうか?

88dbという低い能率のスピーかーですと音が薄くて判別が難しい。92dbあると細かい音がよく出ます。非常にリアルで、分解能力にアンプの限界すら感じます。

とにかく、出てくる音が段違いで楽しいです。

http://www.procable.jp/setting/03.html

個々の機器は小さな原子核反応炉のようなものであり、それが相互に結びつくと、大きな反応体として動作していると想像してみてください。 私自身の体験からいって、反応炉どうしが反応し合わなければ、いかに大型フロアスピーカーでも、ラジカセ並みの音しか出ません。 

デッカアーク型スピーカーを例に挙げてみましょう。 キャビネットに組み込まれているグッドマン社製20cmフルレンジユニットのマグネットは、500円硬貨より少し大きい位で一見非力なスピーカー。 それに極めて小さな出力(1Wそこそこ)のパイ社製ブラックボックスアンプリファイアーを接続すると、50畳あまりのオフィスいっぱいに良質な再生音で満たされるます。 それを一度聴いていただければ、たちどころに反応力というものを理解していただけます。 現代の数百ワット出力アンプリファイアーを使用して低能率スピーカーを駆動するのとは、まったく異なったスタイルで動作しているとしか考えられません。 

ここに電気信号再生の本質的な問題の根源があります。 ヴィンテージオーディオの時代、電気信号の伝達に使われる電流の量は、質的なものを伝える為だけ有れば十分でした。 電気信号という船を浮かべ進めるだけの水量があれば、それ以上必要はなく、それ以上あると、かえって反応力を損なってしまうのでした。 それゆえにむやみな大出力アンプは製造されませんでしたし、必要もなく、当時のスピーカーに接続しても良い成果は決して得られません。 例をあげてみましょう。 今日のヴィンテージオーディオファンであればどなたでも御存じである、WEのトーキー用スピーカーで説明してみます。

WEシアターサプライスピーカーは、基本的に低域、高域にホーンロードをかけています。 そのため巨大なものになり、初期の555レシーバーをフルレンジに使ったシステムでも長大なホーンロードと開口部が必要です。 のちのTA4181Aと594A型ユニットを搭載したミラフォニックシステムは、さらに巨大な仕掛けのものになります。
 
スピーカーは大きいのに、アンプリファイアーの出力はとりわけ大きなものではなく、555レシーバー専用アンプリファイアーであった41、42、43アンプリファイアーでも、今日のトランシスターアンプ出力から考えれば、特別大きな出力ではありません。 そうした比較的小出力で劇場での使用に耐え、なおかつ効果的な広告が可能です。
 
WEのトーキーシステムの中で働いている、電気信号自体の性質が、現代のオーディオとは全く別の力を保持しているのです。 それこそが核反応的な連鎖であり圧縮、拡張と言うやり取りの後に、再生結果として提示されるのです。 ただアンプリファイアーが連結して圧縮、拡張を行っていっても、そのままでは核反応を発生させることは出来ません。 問題は電気信号の圧縮と拡張が、何のために行われているかです。 

今日のオーディオでは、この圧縮と拡張は利得を得る為であるとか、アンプリファイアーの出力の増大として解釈されていますが、この時代のシアターシステムはそうではありません。 それは電気信号の加工に使われたのです。 加工され、可変された電気信号は、アンプリファイアーの出力という船に乗って、スピーカーに送り届けられ確実に爆発します。 しかしこれだけでは核反応爆発力を長続きさせることは難しい。 確実に誘爆させ、それを連続的爆発に導くには、スピーカーを臨界に保ち、いったん電気信号が入ったらそのまま臨界点に達する様にしなければなりません。 

そこでコンシューマーユースホームオーディオとは、全く別の仕掛けを持った機材が必要になってきます。 WEのアンプリファイアーがその大きさの割に出力が小さいのは、ここに仕掛けが施されているからです。 出力より反応力の方に重きを置いたアンプリファイアーだったのです。 アンプリファイアーに限らず、光学式サウンドトラックフィルムの入力から、終段のスピーカーシステムに到るまで、あらゆる個所に反応する仕掛けが仕込んであります。 つまりWEのトーキーシステム全体が反応体の固まりであり、そのシステムブロックの一個一個が原子核反応炉みたいなものです。 こうした仕掛けがあるからこそ、小さな出力であっても大規模な拡声が可能です。 逆にいえばWEのスピーカーシステムの優秀さの証しでもあります。 

およそWEのトーキーシステム全体を見渡し、その反応力の値を考えた場合、もっとも強力な力を示すのはスピーカーです。 WEに関わらずRCAやヴァイタヴォックス、BTH、アルティック等のシアターシステムのスピーカー能率は大変高く、標準的には1W入力あたり105〜110 dbほどになります。 これはコンシューマーユースのものと比べればかなりの高能率であり、音圧も出るのですが、それはあくまで1W入力時の話です。 劇場で使用する際は、もちろん1Wで済むはずがありません。 当然もっと多くの入力信号を送ることになりますが、さて、ここで能率と音圧の秘密をお話ししなければなりません。

WEのトーキースピーカーは、入力信号の上昇に対してリニアに追従して働きます。 入った分だけ音圧が大きくなるのです。 なんだそれは当り前ではないかと思われるかもしれませんが、失礼ですがそう思う方は真のトーキー用スピーカーの何たるかを知らず、ちゃんと聴いたことが無い方です。 何故ならWEだけでなく真のトーキー用システムが、圧縮、拡張、反応力の三つの力を総動員して、核反応力を発生させたなら、人間はそのすさまじい音圧にリスニングルームに座っていることすら不可能です。 トーキーシステムとはその様なものです。

 スピーカー自体の入力信号に対する変換効率、能率がコンシューマーユースのものとはまったく別物であることを意味しています。 WEトーキーシステムにとってスピーカーの能率とは、再生音における最低保証値であり、1W入力−105/110dbという値は、アイドリング時のエンジン回転数と同じ状態にあるのです。 

ところがこの値はコンシューマーユースにあってはこの値はむしろ、最大音圧レベルに近いものであり、これを考えると両者のIW入力−105−110dbという値は業務用の場合は最低値を示し、コンシューマーユースは最高値であると言うことになります。 そして反応力という立場からみると、両者の能率、音圧レベル特性値とは、1W入力に対する反応力の値であるということに思い当たります。 これがマジックです。 

私達はこのことを知らずに来てしまった。 

確かに能率という面から見ればシアター用スピーカーは1Wでも鳴ります。 しかしそれは反応力がなければ、ただ鳴っているだけです。 シアタースピーカーシステムを鳴らすには、たとえ1Wでも確実に核反応を発生させるアンプリファイアーでなくては、シアタースピーカーの真の能力を示すことは出来ません。 しかしシアタースピーカーを家庭で使用する場合、そのほとんどが核反応力が殺されているのが現実です。 そうでなければ、すさまじい音圧レヴェルでレコードを鑑賞することになり、これは劇場かそれに準じるスペースを確保されている方にのみ許されることです。 

たとえ、そうした空間で映画を上演するならまだしも、レコードを再生するとなると、それは家庭で鑑賞するために制作されたレコード本来の音質とは程遠いものであるのは、ユーザーご自身が良くわかっていることでしょう。 それでは反応力で動くスピーカーが、他の様式で動作して生み出される再生音は、どうでしょうか。
 
シアターサプライ用システムを開発した会社は、家庭での音楽の繊細な表現に用いるためのコンシューマーユースも研究開発しました。 シアターシステムを家庭でそのままレコード再生に使用するとなると単なるPAにすぎなくなり、ホームユースオーディオシステム全体が難聴患者のための拡声機となってしまいます。 したがって転用するにあたって、シアター用とはまた異なる仕掛けが必要になってきます。 特にフォノイコライザーとその後のラインプリに重きを置き、多種多様な可変機能を付属させていきます。 それはレコードという音楽媒体に対して反応させるものです。 一時流行した入力信号を可変させないプリアンプが、大出力パワーアンプと組み合わされた時、拡声機的な再生音となることを思い出していただきたいのです。 

こうした拡声器的再生音は、ヴィンテージ時代のハイフィデリティではまずありえないものでした。 信号とは可変されるもの、というのがポリシーだったからです。 

それではここでシアターシステムスピーカーを汎用転用して、ホームユースとして製造されたモデルについて書いてみましょう。  これらの品は生まれはPAですが、ホームユース品として販売され、なおかつ評判も良いスピーカーシステムです。 米国JBL・ハーツフィールド、パラゴン、エレクトロヴォイス・パトリシアン、英国ヴァイタヴォックスコーナーホーン型等がざっと思い当たります。 アルテック、A7、A5を入れなかったのは、これらは完全なPAであるためです。 又独オイロダインもPAの部類に入るので書きません。 

上記のスピーカーシステム群における共通点は、クリップシュ型の変形コーナーホーンを採用していることです(パラゴンはフロントロードですが。 これらのスピーカーシステムは、一見1Wあたりの入力をコンパクトなボディで、シアターシステム並の音圧レベルを得る為のものにみえますが、実際にPAとして使うと問題が生じます。 PAにとって必要欠かさざる音の到達距離がより短いのです。 確かに家庭用としては他の形式のものより、格段に音は飛びます。 しかし、純粋なシアターPAと比べるとかなり落ちるのです。 

私はこれを試したことがあります。 アルテック1570Bアンプリファイアーで音圧レベルは小さな劇場並みで実験したのですが、10mまではヴァイタヴォックスコーナーホーンもロンドン・ウエストレックスホーンシステムも、音圧と浸透力いずれも変わりません。

 15mを過ぎると途端にヴァイタヴォックスの方が落ちてきて、20mを過ぎると完全にウエストレックスによる再生音が到達してきます。 これは1570Bの入力ボリューム目盛6くらいのポジションでのことで、ゲインをもっと開放するとその差はさらに広がります。 これがクリップッシュ型コーナーホーンの特性で、ハーツフィールド、EVパトリシアン、英ヴァイタヴォックス各社が、コーナー型クリップッシュホーンを用いたのは、業務用機のPA臭を取り除き、ホームユース用に仕立てる為、絶妙なる仕掛けを仕込んだからです。
 
これらはいずれもコーナー型である為、中高音用ホーンがリスナー正面に向くことはなく、中高域を反射させてきつくなるのを避けています。 それでもコンプレッションドライバーの再生音は、他のコンシューマーユースのモデルと比較すれば相当エネルギーは強いのです。 そこで製作者は、中高音ホーンをキャビネットでカバーしたのです。

 ヴァイタヴォックスコーナーホーンや、EVパトリシアンの中高音ホーンがキャビネットに内蔵されているのは、ただ全体としてのデザインを考慮しただけではなく、それなりの理由があります。 ヴァイタヴォックスコーナーホーンの中高音カバーを取り去ると、再生音は途端にPAくさくなります。 そして低音ホーン開口部面積と、中高音ホーンの開口面積比率にも念入りに計算された意味があります。 中高音ホーン開口面積に対し、低音ホーンの開口面積はかなり大きくなっており、それはとりもなおさず、ホームユース的に豊かな低音再生を狙ったがゆえなのです。
 
反応力という観点から見れば、反応力自体をコントロールしていることにもなります。

 それは事実であり必要なことでもあります。 ホームユースは最大音圧というものが限定されているからです。 それは慎重に製作者側の意図する所によって音響デザインされており、シアター用スピーカーをホームユースに使われる方がしばしば陥る音優先のシステムとは異なるのです。 なぜなら、これらのスピーカー群はレコード再生に必要な音色とゆたかな音楽性を備えています。 全ては有能なエンジニア達が音楽の為に考案製造したシステムであり、反応力の抑制は音楽の女神へ捧げられた供え物でもあったのです。

http://blog.livedoor.jp/thorens/archives/51748646.html
http://blog.livedoor.jp/thorens/archives/51749181.html
http://blog.livedoor.jp/thorens/archives/51749261.html

              _.. ‐'  ̄   _  `丶、   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           / . -- 、    ´   `丶--―|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        __∠_/              \:.:,.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ャ= 二:.:.:.:.:., ′ __                 ヾ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     '.     `ソ  /´    .ヘ//ヘ    ヽ   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ヽ   /  /     ,′    \ \ :.   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      \ノィ  {     |       ヘ  ヽ!   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       7V       /|-       _ ゝ 、l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l.:i } /    ハ!       ´ {ヘ::ィl   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:i ノノ:i   / /} ゞ、        ゞ-'| }:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:/  .:.:i  /イ/{ヘ::ハ      :::::l イ:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l,ィ'´ .:.:.i   {   ゞzり           |:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       リ! i .:.:.:   :.、  ::::::           ,イ:.:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | .:i .:.:.:.:..、 :. .:.丶        `` / j:/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | ハ:.:.:.:.:.:ヽ .:.、.:.ノ:`: : .、ー― ´  /´: : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ´  ヽ:.i :.:.:.:ゞ''´\ : : : : \     /: : : : |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            } .:/ . : . : . \: : : : : \ /: : : : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ノ.イ . : . : . : . : . \: . : . : .ソ: : : : : /|;;;;;;__;;;;;;;;;
             l: . : 丶 : . : . : . \ . : /: . : . : /: レ'´∠ 、;;
           l: . : . : \ヽ. : . : . ヽ/: . : . : /, ′´ ‐ };;;
           |. : . : . : . :ヾ . : . : ./ : . : . :〃    ´,,;;';;;;;
          ノ . : . : . : . : .i . : . / . : . //     /;;;;;;;;;;;
       . -‐ ´. : . : . : . : . : .|: : :/:_. :-ァ ''´   ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;
     /: . : . : . : . : . : . : . :__.ゞ‐ ´ /    . '|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    {: . : . : . : . : . : . : . : ´''´ . : . /    /: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

☆ 復刻版 ウェスタン・エレクトリック・スピーカー

@ gip-laboratory

http://www.amtrans.co.jp/audio/gip/lineup.shtml
http://www.gip-laboratory.com/home.html


ヴィンテージスピーカーの最高峰・・・・ それはWestren Electricと断言して、それに異論を唱える人は少ないでしょう。

それらの本当の価値を知っている人なら皆、口々にWestern Electricを讃える事でしょう。 私も確信を持って断言します。
 
私のオーディオ経験のなかで、WEのTA-4181Aと594Aを超えるスピーカーに遭遇したことがありません。

ウェスタンエレクトリック社は1930年代に業務用スピーカーや周辺の音響機材を映画館や音楽ホールに向けて、レンタルをしていた会社で、最先端の技術を誇っていました。

 その音響技術の優秀性は米国のみにとどまらず、ヨーロッパ、そしてアジアに至る各国で認められ、世界各国の著名な音楽ホールの音響設備として設置され、当時の集中排除法(現在日本の独占禁止法)による規制を受けるほどでした。またその性能は現代の最先端技術を以っても、音の浸透性、初動感度、解像度、色彩感、音色感に至るまで、すべてを上回る性能のスピーカーは存在しません。しいて現代の物で上回るとするならば、スペースファクター(サイズの小型化)、 大量生産によるコストの削減ではないでしょうか。

 また多くの会社が、このウェスタンエレクトリック社製スピーカーの優秀性にひかれ、特許権が切れた昨今、レプリカ製造を試みましたが、色や形は同じでも、そのスピーカーから発する音までは同じ物を作ることは、極めて困難なものでした。

 そもそも販売を目的としたものではなく、映画館にレンタルとして貸出すことを目的としていたため、製造数はもともと少ないものでした。更に時代の流れから映画館を廃業し、このスピーカーの価値を知らない人たちが、映画館の取り壊しなどに伴い、破棄するなど、現存する数は激減してしまいました。また、製造から70年以上たった昨今、コーン紙の破れ、ボイスコイルの脱落、ボイスコイルのこすりなど、状態の良い物が少なく、コンディションが良いウェスタンエレクトリック社製スピーカーは、 極めて少ないと言われております。

 このウェスタンエレクトリック社製スピーカーの優秀性が再認識されている今、オーディオマニアの中では、最も高価で、 最も入手困難なスピーカーとして認められています。

 この度、当社は、多くの会社、マニアが成し得る事が出来なかったウェスタンエレクトリック社製スピーカーの、復元をすることに成功しました。 復元の道のりは険しく、コンディションのよいウェスタンエレクトリック社製スピーカーを入手することから始まり、それを分解、 分析し精巧に復元しました。そのGIP製スピーカーの評価は、専門誌でも、ウェスタンエレクトリック社製と比べても、 音の浸透性、初動感度、解像度、色彩感、音色感に至るまで、引けをとらないスピーカーと高く評価をいただきました。

垂延のサウンド・・・。

1920年代から1930年代のトーキー創生期から完成期の間、シアターシーンを席巻したWestern Electric 社のスピーカーの中で、 TA-4181AウーファーとWE-594AドライヴァーはWestern Electric 社の技術を結実したモデルと言うことができ、 その感動のサウンドは伝説となっています。フィールドタイプスピーカーのスピードの速さと重厚な音色は、 全ての音楽ソースに対応する能力を持っています。 


いつかはウェスタンサウンド。

そんな方々のためにG.I.P Laboratoryは、数年の歳月をかけ、スピーカーの試行錯誤を行ってまいりました。 そして、その輝ける重厚なサウンドの響きをG.I.P Laboratoryは現代に蘇らせました。私たちが目指す音の終着点、それがウェスタンサウンドだと考えます。 G.I.P LaboratoryはWestern Electric 社のレプリカスピーカーを通じて、音楽の素晴らしさ、オーディオの醍醐味を皆様にお届けします。

http://www.gip-laboratory.com/seihinn.html
http://www.amtrans.co.jp/audio/gip/

ウエスタン・スピーカーユニットの復刻版

私共、G.I.P.Laboratoryでは、米国Western Electric(以下WEと略)のスピーカーユニットの中から、特にフィールド型の代表的なスピーカーユニットの復元と製作を行っております。

 それぞれのオリジナルユニットの基本設計を基に、その構造から素材まで、出来得る限りに忠実に復元致しました。 条件を統一してオリジナルユニットとの一対一の比較試聴をしても、その差の聴き分けが非常に困難だと自負できる程の製品がこの度完成致しました。 また、その完成に至るまでの度重なる試作の過程で、同じ素材・同じ構造を用いながらも、様々な音を作る技術も経験的に体得できました。

http://www.gip-laboratory.com/seihinnunit.html

ウエスタン・スピーカーシステムの復刻版

これまで、私共はWestern Electric を代表する、スピーカーユニットの復元をしてきました。そこで、それらのスピーカーユニットを使用したスピーカーシステムを開発いたしました。

 スピーカーユニットは勿論、Enclosure・Horn・Net Work に至るまで全てGIP Laboratory製です。自社のスピーカーユニットの良さを十分に活かせるように音作りをしてきました。

 現在のスピーカーシステムとは違い、部屋の何処にEnclosureを設置するか・Hornの向きをどうするか・・・・など、システム自体で音を調整出来る要素が非常に多いので、使い手次第でどのような音にもなります。使いこなしが難しいですが、自分の目指す音をどうすれば出せるか?それに向けて少しづつセッティングを変えていく・・・

 苦労もあると思いますが、それがまた一つの楽しみではないでしょうか?

http://www.gip-laboratory.com/seihinsystem.html

______

A エルタス – ELTUS


WE製品をリース廃止後、日本で最初に一般に販売しました

Western Electricスピーカーを上回ると自負しています

◇ELTUSのオリジナルスピーカー◇・596 ・594EQ ・TA-4181-EQ◇防磁型AV対応◇
http://eltus.net/

______

B 音のエジソン

WE555ドライバー用木製カールホーン(特注品)

http://www.otono-edison.com/original/set/oogataset.html

________


☆ ウェスタンエレクトリック 真空管

Western Electric
http://www.westernelectric.com/products.html

Consumer/Professional Products

WE 300B - Western Electric™ 300B Vacuum Tube
http://www.westernelectric.com/products/300b.html

WE 274B - Western Electric™ 274B Vacuum Tube
http://www.westernelectric.com/products/274b.html

WE 308B - Western Electric™ 308B Vacuum Tube
http://www.westernelectric.com/products/308b/308B.pdf

WE 437A - Western Electric™ 437A Vacuum Tube
http://www.westernelectric.com/products/300b.html

WE 417A - Western Electric™ 417A Vacuum Tube
http://www.westernelectric.com/products/we417a/417A.pdf

KT88 - Genalex Gold Lion KT88
http://www.westernelectric.com/products/kt88.html

http://www.westernelectric.com/products.html

世界の名球300Bを聞き比べる

http://emissionlab.net/300B.html
http://www.anc-tv.ne.jp/~suzuki3/amp_12AX7_300B_rofucin/World-excellent-tube300B.html
http://www.kit-ya.jp/blog/index.php?eid=994
http://www.kit-ya.jp/blog/index.php?eid=3116


☆ ウェスタン・エレクトリック スピーカーケーブル (AIWのライセンス生産品)

http://www.bright-tone.com/pages/2.html
http://www.spreadsound.com/?mode=cate&cbid=260621&csid=0
http://www.garrettaudio.com/Wire.html
http://www.procable.jp/products/we16.html
http://www.procable.jp/we.html
http://logsoku.com/thread/gimpo.2ch.net/pav/1259634486/

WE製SPケーブルを試す
http://homepage3.nifty.com/stonetechno/we%20sp%20cable.html

      /⌒X⌒ヾ%ヽ     ,. -  ,.-----‐'      \
    /⌒X ,.二、ヽ爻ハ  /  / (_二二 _/ ̄_     ヽ
/⌒X不ヽソノ{ 仄 } } 厂}人/ //        〈_/´     ̄`ヽ '.
,.二、{弋ソ,.二弋辷ンノノ-‐〈 /  {    ヽ     i  |      ハ
{ 仄 }} 八 仄} `辷ン八うY } :|  八  、   \ ヽ.!   レ-、ヽヽ ∧
_‐(>( 辷ン 仄ィ介=≦ミ、N   \ \   }_  |:i  |'^ヽ|i :! :!:!∧
、Y/ ,.二、`Y_ノ-=彡'´`ー'´^ミ!、  i :ト、\x(_\ |:| i :!} } !| | :|:レ'
ノ( { 仄 }}八 《《 _,. -=≠  ,.ィ=ミ茫N  `´ィ芹rt刈:! | !'´ 爪 !ハト!
⌒ヽ 辷ン{ } }}}´_,.ィ伝ミヾ {以刈ゞヽ   `¨´ | | | 「´i | N:|
Y 二 ヽ 人ノノノハ ゞ┴'   、` }   }         ! ! !八 |从八
{ 仄} }} ノミ辷彡'}      ,. '  从 ヽ'_       !:/:/レ人( ヽ
弋辷ン乂}{ミ辷彡'}    _,. - /辷`ヽ  `    //://  ̄`ヽ
辷彡'辷彡{ミ辷彡'}>、   ´ /辷彡}  `  (イj:/         '.
辷彡'辷彡{ミ辷彡'}j  ≧=- '辷彡} _____} _,. /           '.   /
辷彡'辷彡'⌒{辷彡}   { !辷彡}´       /           i/
八  `ヽ.  /{辷彡}    ヽ j辷彡} 、 /    /             |
ヘ      `V {辷彡}_  /  )ノ´  ヽ_, /            / ;
.∧       {  `)ノ   `    (´   ,.'´  /          ,.'_,...:
 人     ヽ {{        ,.   /  /           ,. '   ,'
    \      \`ヽ     `ヽ   { /        /     ,'
     \     \         \/        /      /
     '. ヽ     \     /         /     /   /
          \     `  、/       /     /   /
       '.    \        '         /     ,.'   /
        '.    \            /      /    /
       '.     \      / /`   ' ´     /
        '.        `、、ー  /   |          /
         '.       '.  ̄ __j__,.    -―'――‐- ...__
           、       '´ ̄                           ヽ
            `、                      _____/   |
            ハ 、           _,.  -‐   T「      |    |
            ヽ `ー  _,.  -‐  「          \     |    !
            / ̄ ̄       |          \   !    ヽ
            /            !           \  ヽ     :i
        /,. '           '.              \ }  , i{ !、
       //                 :                  V / } 〉)
       /                ; '.             〈_/ | |/
     /                     ,' ヽ.   _          { |
  /         ` 、          /´ ̄ },. '´           ヽ_jハ
 /             \     /  /                     }


________________
________________

2. WEのある音楽空間「赤兵衛」 (喫茶) 


2010.5.4

愛好者の訪問を心待ちしています。
予約制なので、予め電話して下さい。

お代はお一人2,000円(コーヒー付き)
お出掛けの際には、是非、愛用のレコード、CDをご持参下さい。

埼玉県越谷市恩間新田402
п@090−2536−2986 藤原健


______

2005.12.18

親父の知人からの情報で、連れられて出掛けたのが最初です。秋まで、群馬県北部の猿ヶ京温泉にあった「喫茶店」です。

国道17号沿いにあり、周囲とは異彩を放つ山小屋風の建物なので、気が付いた方も多かったのではないだろうか。店に入ると、中世ヨーロッパに一挙にワープします。建物は太い木をいかにも無造作そうにふんだんに使っている。床は大谷石のような柔らかい?石張り。建物の壁は3面がガラス張りで、解放できる構造となっています。

南側の壁際に、WE(ウエスタンエレクトリック)のスピーカーシステムがどっかと据えられている。兎に角、大きい。下の波板の後に、2本のウーファー(低音を出す部分)が隠れている。 その上に載っているのが、黒い金属の部分が(マルチセルラー)ホーンと言って、その後に付いているドライバー(振動板)から出る音をスムーズに導く通路となっている。

親父に言わせると、ウーファーとホーンとドライバーは大きいほど、偉いらしい。
室内を改めて歩き回ると、ヨーロッパアンティーク家具がさりげなく置かれている。その中でも、特に異彩を放つのは、室内中央の巨大な鞴(ふいご)です。

           右チャンネルSP群

このスピーカーは低音、中音、高域のSPユニットで構成されています。

ツルの嘴のような細いホーンを持ったツイター(高音部)は珍しい。このお陰で、高域が伸び、高音不足の時に気になるトーキー色は少ない。波板の後に18インチウーファーが二本隠れている。この波板はウーファーの音が拡散させるデフィーザーの役目なのでしょう。本来はこの波板の周囲にバッフルが付くはずですが省かれています。これが付けば、低音域がもう少し伸びるハズです。

           左チャンネル群全景

朝、窓を開け放し、遠方に見える山の四季の移り変わりを借景にして、音楽を聴く。この主人はこれを求めて、この場所に来たらしい。確かに贅沢です。

マルチセルラーホーン(オリジナル)、ドライバー、ATT

     EMT927(フォノイコライザー付き?)

一回り小型の930は時折見かけるが、珍しい。ターンテーブルの外周は、LPより2回りほど大きい。カートリッジはEMTのTSD15がメインのようであった。

   プリアンプ、300Bシングルアンプ、クレルMD1

CDトランスポートMD1とDACステラボックスST−2 96/24は、宿泊棟に泊まった時に親父が持ち込みました。これなら、ここに合うだろうと思ったようです。ぴたりと収まりました。

主人はCDはほとんど聴きません。

     SP電磁石用真空管式電源

なんなんだこれ!一見、風変わりな真空管アンプとしか見えないでしょう。


結局、ここには1年あまり通いました。この間に、モノラルがステレオになり、ホーンが大型に代わり、電磁石の電源が真空管式になりと、行く度ににシステムが少しずつ変わっていきました。

このWEシステムは実はオリジナル品ではありません。WEをリニューアルしたものです。幾ら保存状態が良くても、半世紀も経てば、当然、経年劣化はあります。クラシックカーだって、乗るのであればレストアは必要なのと同じです。


ウーファーのコーン紙は同じ会社の紙で貼り替えてあります。

アンプ類は、WEオリジナルの良質パーツを集め、リビルドしたものです。

プリアンプはWE回路を元に組み上げたもの。パワーアンプはWE回路の300Bシングルアンプのモノ仕様です。

劣化のないホーンを除き、古そうに見えるけれど新品?なのです。


主人はクラシック、特に歌劇が好きなようであった。 なぜ、WEを使うのかと尋ねたことがあります。 50年前の音楽を聴くには、50年前の装置が似合うとの返事が返ってきました。

他のジャンルLPもあります。親父のリクエストに応えて、ジャズも掛けてくれました。親父が持ち込んだこともあります。親父に言わせれば、低音の極低いところは出ていない。音像もハッキリしない。残留雑音も多い・・・・・と生意気なことを言っています。

結局、10回近く行き、今年の夏は泊まり込みもしたのですから、親父のセリフは全く当てになりません。

赤兵衛の音を一言で言えば、青空のようにスカッとしている。箱に閉じこめていない音とはこう言う音なのかもしれません。親父の部屋には滅多に入らない母もWEの音は気に入ったようでした。僕も床から見上げながら聴き入りました。ビクター犬と言うのがいたそうだが、僕はさしづめWE亀であろうか。

この店は都合により2005年10月初めに閉じました。ご主人は何れの日にか、ルードウィヒ城で鳴らしたいと夢を語っていた。さて、あれからどうなったのか。あちこち、あてもなく彷徨っているのかとカメながら案じていました。

そんな時に、久しぶりに電話がありました。


「ホテルにいる。赤兵衛の4倍の床面積のところで最終調整中である。今なら、ゆっくり聴くことができるので、良ければ、開店前に来ないか。」 と嬉しい知らせでした。

窮すれば通づる、・・・あれば、救う神ありである。場所は某有名スキー場のホテルらしい。

親父は暖かくなったら行きたいと言っているが、僕はホテルに入れて貰えそうもないので、つまらない。

http://pub.ne.jp/kamekutobu/?entry_id=19924

 ■名前 : 320I
 ■日付 : 05/7/24(日) 6:26

群馬県の北、猿ヶ京温泉の赤兵衛(喫茶店) のオーディオ装置の話です。

WEの装置があると言うので、この2年余り、時折、出かけています。初めモノラルから始まり、行くたびに、ホーンの形状が変わっていたり、一本だったウーファーが2本になっていたり。ツイターが加わっていたり、ホーンがWEオリジナルの大型(4×3分割のマルチセルラ)になったり・・・変わっております。最後に、励磁電源のなんやら分からん、大型整流管(タンガーバルブ?)の付いたものが付いていました。漸く完成しました。

お酒でも飲みながら、ゆっくり聴きたいと思い、泊まりで出かけてきました。(この喫茶店、宿泊施設の一部なのです。)

初め、WEオリジナル製品と思っていましたが、骨格はWEでも、例えば、


ボイスコイルは新規に巻き替えている。

コーン紙はホーレイ製?の新品の張り替え・・・

アンプ類もWE300Bもモノラルですが、回路はオリジナルを元にしているものの新品ネットワークも何もかも、古の匂いぷんぷんですが、全部リニューアルされているらしいのです。

秋葉の高級手作りメーカー ELTUS の作であることが分かりました。(多分、パーツはオリジナル品等の良品を集めて、組み立てたものと推定する。)

WEの型番は分かりませんし、リニューアルされていますので、その型番を言っても意味はないでしょう。

装置が置かれている場所は、スイスの山小屋風、広さは40坪位あるでしょうか。調度品は、アンティーク品山小屋風。天井高さは3m位はありそうです。床は大谷石みたいな柔らかめの石畳。SPの裏側には四季折々の山脈が見えます。

波板の陰に隠れた18インチダブルウーファー(平面バッフル形式ですが、バッフルがない。)その上の大型マルチセルラホーン、見落としてしまいそうな鶴の嘴のようなツイターこのツイーターのお陰で、所謂、トーキーの音ではありません。

レコードを持って行けば、掛けてくれます。元々はクラシックが中心のようですが、ジャズでも、なんでもあります。貴重盤もありそうです。

因みに、LPプレーヤーは EMT927 アームはオリジナル イコライザー付き カートリッジはTSD15でした。


好きでやっているとは言え、経営的には非常に厳しい様子。機会がありましたら、寄ってやってみて下さい。こんな音もあるのかと、物理特性だけではないですね〜宣伝じみた投稿で失礼しました。(Mozilla/4.0

(compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)>


 
 ───────────────────────────────────────

 ■名前 : KOBA
 ■日付 : 05/7/24(日) 23:18

 -------------------------------------------------------------------------


WEやそのレプリカはこれまで聞いてきましたし、TA4181ウーハーは現用ですので、多少の補足をさせていただきます。

ダイナミック型ウーハーの特許はRCAにありましたので、WEは長年555トーキングレシーバー1本と超大型ホーンで低域を頑張ってきましたが、特許の許諾があったJENSEN社にウーハーの製造を委託して作らせたものですオリジナルコーン紙のものなど1本100万はするのではないでしょうか。

強靱な軽いコーン紙のフィクスドエッジのもので、現代ウーハーのように下への伸びはありませんが、歯切れの良いハイエナジーな厚みのある音がしますね。


>初めモノラルから始まり、行くたびに、ホーンの形状が変わっていたり、
>一本だったウーファーが2本になっていたり。ツイターが加わっていたり、
>ホーンがWEオリジナルの大型(4×3分割のマルチセルラ)になったり・・・
>変わっております。


この延長でALTECの同型があります。ところが、WEとは音が違い、音が縞模様になって出る、頭を動かすと中高音の音量が上がったり下がったり・・

WEではこれがほとんどありません。

WE・ベル研究所解体→ALTEC

からのコストダウンではないかと思います。素晴らしいホーンですね。オリジナルとするとお値段は1本50万は超えるのでは?

>最後に、励磁電源のなんやら分からん、大型整流管(タンガーバルブ?)の付いたものが付いていました。


4B28タンガーバルヴと思います。うちにさまざまなメーカーのそれが8本ほどあります。電球のフェラメントの上に円盤状の電極がある、教科書の整流管の構造をそのままの原始的な構造ですね。当時は自動車のバッテリー充電用にも使われたようです。

4181は電磁石ですので、DC24Vを供給する必要があります。スイッチング電源ではキレが、タンガーバルヴでは厚みが出ます。これも電圧を22V〜25Vに可変すると、ウーハーのダインピングF0が変わって、音圧ともども好みの締まりのある音から、ふっくらした音まで調整することができる希有のものです。現在でもALTEC515 JBL140−4Cを上回る最強ウーハーのひとつと思います。


>初め、WEオリジナル製品と思っていましたが、骨格はWEでも、例えば、ボイスコイルは新規に巻き替えている。コーン紙はホーレイ製?の新品の張り替え・・・


そこのものならホーレーのWE TA4181 4191のALTECサービスがホーレーに注文した補修用と同等です。ダンパーが布ですけど、当初のオリジナルは紙です。エルタス製のものはいいものですよ。


>アンプ類もWE300Bもモノラルですが、回路はオリジナルを元にしているものの新品
>ネットワークも何もかも、古の匂いぷんぷんですが、全部リニューアルされているらしいのです。


WE310が2段のもので、トランスは松尾電機のマリックブランドのものですね。よいトランスメーカーの高級品を使っています。オリジナルWE91アンプとはちょっと音調が違って、よく言えば家庭用としては聞きやすい音のようです。

オリジナルは、狭い部屋ではきつめの感じを受けることもあるようです。オリジナルはわずか10W未満でホールの末席に音を浸透させるための明快な音調に感じます。それと、カンノ製作所のWE300Bシングル、管球王国ご発表の是枝重治氏製WE300Bシングルアンプあたりが好みによってですが、個人的には300Bの生かし方をそれぞれのポリシーでやられている作品に思います。


>波板の陰に隠れた18インチダブルウーファー(平面バッフル形式ですが、バッフルがない。
>その上の大型マルチセルラホーン、見落としてしまいそうな鶴の嘴のようなツイター
>このツイーターのお陰で、所謂、トーキーの音ではありません。


597ボストウィックTWのレプリカですね。オリジナルともども個人的にはWEの唯一の失敗作と聞こえるものです。昨日のヴァイタボックス使いの方ともここは同じ意見でした。WE594の強靱なエナジーに比べると細い音に聞こえます。


>因みに、LPプレーヤーは EMT927 アームはオリジナル イコライザー付き カートリッジはTSD15でした。


今のレベルでも凄みのある音が出る大変よいプレーヤーですね。スペースがあれば欲しいです。昨日のトーレンス プレスティッジの方もオルトフォンSPUが使えれば927なのだが とおっしゃっていました。


>こんな音もあるのかと、物理特性だけではないですね〜


ああいった厚みのあるハイエナジーな音は現代のアバロン、ウィルソンなどでは絶対に出せない音ですね。お部屋は30畳、できれば50畳位あるとなおいいといったもので、普通の家庭で使えるシロモノではないように思います。4畳半でオートグラフを聞くような。
(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)>

 ───────────────────────────────────────

 ■名前 : 320I
 ■日付 : 05/7/25(月) 7:33

 -------------------------------------------------------------------------


>WEやそのレプリカはこれまで聞いてきましたし、TA4181ウーハーは>現用ですので、多少の補足をさせていただきます。
>私の記憶です。管球王国で多少の沿革と技術解説がされていたと思います。
>ダイナミック型ウーハーの特許はRCAにありましたので、WEは長年555>トーキングレシーバー1本と超大型ホーンで低域を頑張ってきましたが、特許の許諾があったJENSEN社にウーハーの製造を委託して作らせたものです>オリジナルコーン紙のものなど1本100万はするのではないでしょうか。
>強靱な軽いコーン紙のフィクスドエッジのもので、現代ウーハーのように下へ
>の伸びはありませんが、歯切れの良いハイエナジーな厚みのある音がしますね。


フィックスですし、平面バッフル?、実は平面バッフルまで至っていない。ウーファーの生の音を聴いているのだと思います。かなり上からだら下がり、50hz以下は出ていないでしょう。

私はJBL2220A(130A)の低域を伸ばそうと苦労したことがありましたが、レベルは別として、無理せんのが良いんだと改めて思いしらされました。すかーっとする音です。私が気に入っている音は低音ですね。元々のユニットはどうなっていたんだか分かりませんが、何れにしても、6,70年前の品、敢えて、張り替えているのだと思います。

「ELTUS」は古ければ古いほど良いと思ってはいないようです。経年変化による、やれは当然あることですし、業務用であったとすれば、尚更です。錆びた?コイルもコーンも交換する。果たして、それが新品当時のWEと比べてどうかは、誰も比較できないでしょうん。

フィルムに印画された信号には、低域も高域もかなり限られた帯域だったのではではないでしょうか。WEのSPはその帯域の上下を十分にカバーしていたと想像します。


>>>初めモノラルから始まり、行くたびに、ホーンの形状が変わっていたり、
>>一本だったウーファーが2本になっていたり。ツイターが加わっていたり、
>>ホーンがWEオリジナルの大型(4×3分割のマルチセルラ)になったり・・・
>>変わっております。
>>この延長でALTECの同型があります。
>ところが、WEとは音が違い、音が縞模様になって出る、頭を動かす
>と中高音の音量が上がったり下がったり・・
>WEではこれがほとんどありません。
>WE・ベル研究所解体→ALTECからのコストダウンではないかと
>思います。


商売として考えると、ここは省略できる。安くできる・・・

と結局は、改良と言う名の下に、コストダウンが進み、後は言わずもがなです。P0は輸出されなかった。国外での修理ができないと言うのが大きな理由であったのでしょう。スイングアームのメカ変遷をみてみますと、コストダウンの歴史でもあるようです。


>素晴らしいホーンですね。
>オリジナルとするとお値段は1本50万は超えるのでは?


その位はするかもしれません。手作りとすれば、結構な代金となるので、オリジナルの方が安い。と言うことのようです。


>>最後に、励磁電源のなんやら分からん、大型整流管(タンガーバルブ?)の付いたものが付いていました。
>>4B28タンガーバルヴと思います。
>うちにさまざまなメーカーのそれが8本ほどあります。
>電球のフェラメントの上に円盤状の電極がある、教科書の整流管の構造>をそのままの原始的な構造ですね。
>当時は自動車のバッテリー充電用にも使われたようです。
>4181は電磁石ですので、DC24Vを供給する必要があります。
>スイッチング電源ではキレが、タンガーバルヴでは厚みが出ます。
>これも電圧を22V〜25Vに可変すると、ウーハーのダインピング
>F0が変わって、音圧ともども好みの締まりのある音から、ふっくら
>した音まで調整することができる希有のものです。


まー、拘りは分かるのですが、近くによると、唸っている。迫力は感じますが、これはどうなんだかと思っています。

>現在でもALTEC515 JBL140−4Cを上回る最強ウーハー
>のひとつと思います。


永久磁石と励磁式、どうなんでしょう。磁束密度、総磁束・・・・
この辺を弄れば、基本的な音色も少しは弄れる気がします。

>そこのものならホーレーのWE TA4181 4191のALTEC
>サービスがホーレーに注文した補修用と同等です。
>ダンパーが布ですけど、当初のオリジナルは紙です。
>エルタス製のものはいいものですよ。紙製ですと、痛みも早いでしょうね。F0ももっと高くなりそうです。
>>アンプ類もWE300Bもモノラルですが、回路はオリジナルを元にしているものの新品
>>ネットワークも何もかも、古の匂いぷんぷんですが、全部リニューアルされている
>>らしいのです。
>>WE310が2段のもので、トランスは松尾電機のマリックブランドのもの>ですね。
>よいトランスメーカーの高級品を使っています。
>オリジナルWE91アンプとはちょっと音調が違って、よく言えば家庭用と>しては聞きやすい音のようです。>オリジナルは、狭い部屋ではきつめの感じを受けることもあるようです。
>オリジナルはわずか10W未満でホールの末席に音を浸透させるための明快
>な音調に感じます。


そうなんですか。現在、ラックマウント式のものを注文しているようです。どこかのお寺さんに納めたものと同じとか・・・・カートリッジはSP再生用のWEを元に針圧を軽くして、LPのモノラルが掛かるものを注文しているようです。

>それと、カンノ製作所のWE300Bシングル、管球王国ご発表の是枝重治氏製
>WE300Bシングルアンプあたりが好みによってですが、個人的には300B>の生かし方をそれぞれのポリシーでやられている作品に思います。


確かに温和し目です。これは、店主の好みを反映したものでしょうから、何とも言えません。ネットワークのATTの調整でもかなり弄れる印象です。尤も、アンプからSPまで10数メートル、普通のWE製らしいSPコードで伸ばしている。ダンピングファクターからみても、緩めにならざるを得ないでしょう。

全段差動300BPPアンプ、持ち込んだらどうだろうなんて妄想もしましたが・・・かなり、ミスマッチになりそうです。


>>>波板の陰に隠れた18インチダブルウーファー(平面バッフル形式ですが、バッフルがない。)その上の大型マルチセルラホーン、見落としてしまいそうな鶴の嘴のようなツイター
>>このツイーターのお陰で、所謂、トーキーの音ではありません。
>>597ボストウィックTWのレプリカですね。オリジナルともども個人的には
>WEの唯一の失敗作と聞こえるものです。>昨日のヴァイタボックス使いの方ともここは同じ意見でした。>WE594の強靱なエナジーに比べると細い音に聞こえます。


そうなんですか。WEの他のツイターを聴いたことはありません。これで、トーキー色を一歩、抜き出ていると思ったんですが・・・

>>>因みに、LPプレーヤーは EMT927 アームはオリジナル イコライザー付き カートリッジはTSD15でした。
>>今のレベルでも凄みのある音が出る大変よいプレーヤーですね。
>スペースがあれば欲しいです。
>昨日のトーレンス プレスティッジの方もオルトフォンSPUが>使えれば927なのだが とおっしゃっていました。


トーレンス プレスティッジは今にも繋がる製品・・・・EMTは昔の品です。駆動方式も全く異なります。SPUが掛かるアームも付いていたと思いました。


>ああいった厚みのあるハイエナジーな音は現代のアバロン、ウィルソン
>などでは絶対に出せない音ですね。
>お部屋は30畳、できれば50畳位あるとなおいいといったもので、
>普通の家庭で使えるシロモノではないように思います。


全くそうですね。広さは30坪以上はありそうです。本当はもっと欲しいと言っていました。景観も音の一つである。音も景観の一つであると感じました。まー、そこに行くと、自然に細かいことは気にしなくなる。と言う不思議な空間です。高価そうなアンティーク品に囲まれ、最初は少し落ち着かなかったのも事実です。

ホーンシステムをと言えば、今はアバンギャルドと思いますが、WE系列の音は聴く機会がないとなかなかないと思います。また、WEを鳴らす環境はかなり贅沢な空間を要求します。WEと言っただけで、高価なだけの骨董品・・・・

今流のハイファイではありませんが、半世紀以前も前に、こう言うのがあったのかも聴くのも良いかと

>4畳半でオートグラフを聞くような。


家の場合、まさにそれですね。ううーん。現実は厳しい。
(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)>


 ───────────────────────────────────────
 
 ■名前 : KOBA
 ■日付 : 05/7/26(火) 5:44
 -------------------------------------------------------------------------

>元々のユニットはどうなっていたんだか分かりませんが、何れにしても、6,70年前の品、敢えて、張り替えているのだと思います。
>「ELTUS」は古ければ古いほど良いと思ってはいないようです。


若干の裏事情をお話しますと、もうTA4181の良品は残っていないのです。アメリカからは日本や香港、韓国のブローカーがすべて買い漁ってしまったので、もはや商品自体が入荷できないようです。ウェスタンサウンドインクでもレプリカを作りましたが、背景事情はそんなところかと思いますね。レプリカを作ったうえでオリジナルの初期の方が とは言えないような。

>経年変化による、やれは当然あることですし、業務用であったとすれば、尚更です。
>錆びた?コイルもコーンも交換する。果たして、それが新品当時のWEと比べてどうかは、誰も比較できないでしょうん。


管球王国でオリジナルとサウンドインクのレプリカとの比較試聴があります。新さんも結構ストレートにお書きになっておられます。ご一読してみてください。やはりオリジナルが といった内容でした。

>フィルムに印画された信号には、低域も高域もかなり限られた帯域だったのではではないでしょうか。
>WEのSPはその帯域の上下を十分にカバーしていたと想像します。


社是が「ワイドレンジ」ですから(^^;)

>>>最後に、励磁電源のなんやら分からん、大型整流管(タンガーバルブ?)の付いたものが付いていました。
>まー、拘りは分かるのですが、近くによると、唸っている。
>迫力は感じますが、これはどうなんだかと思っています。


これは聞き比べしたうえでないとおわかりいただけません。

>永久磁石と励磁式、どうなんでしょう。
>磁束密度、総磁束・・・・
>この辺を弄れば、基本的な音色も少しは弄れる気がします。


これもエルタスにはアルニコのパーマネントタイプもありますから聞き比べいただかないとおわかりいただけません。そのレプリカは個人的にはヒノオーディオの社長部屋にあるサンライトの18インチ+2インチドライバーの同軸のウーハー部分に大変近い音調に聞こえます。この辺のレプリカになると、4181同型に拘るのは懐の関係でもどうかとは思いますね。


>>そこのものならホーレーのWE TA4181 4191のALTEC
>>サービスがホーレーに注文した補修用と同等です。
>>ダンパーが布ですけど、当初のオリジナルは紙です。
>>エルタス製のものはいいものですよ。
>>紙製ですと、痛みも早いでしょうね。F0ももっと高くなりそうです。


ところがそうでもないようです。なんと言っても朝から晩まで大音量で鳴らしっぱなしのシアター用ですし、あのベル研がそんな痛みの早い素材を使うわけがありません。

>そうなんですか。WEの他のツイターを聴いたことはありません。
>これで、トーキー色を一歩、抜き出ていると思ったんですが・・・


WEには他にツイーターはありません。いずれにしても、部屋込みのもののようです。

個人的には、WE594あたりは手に入れてみたい衝動がありますが程度がいいものを選ぶと1本150万ではちょっと無理です(>_()いつでも近い価格で売れるという意味では、お金→モノ→お金となるものなんですが・・・

お部屋ともどもスゴイものがあるお金持ちの道楽ですね。


>全段差動300BPPアンプ、持ち込んだらどうだろうなんて妄想もしましたが・・・
>かなり、ミスマッチになりそうです。


WEドライバーやウーハーは現代アンプでもよく鳴るようですよ。

WE594はJBL375等に基本設計がひきつがれていますし、TA41814191はALTEC515等をさらに強力にしたようなものですから。

実際にFMアコースティックで鳴らされている方もおられるようです。全段差動といっても、トランジスターではポピュラーな回路ですし、差動回路はマランツ等でも古くからあったようです。別段何か特別なプッシュプルアンプの音になるわけではないようですから。むしろWE171トランスやマリック、カンノのパーマロイコアのトランスの威力が強烈な気がします。
(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)>


 ───────────────────────────────────────
 ■名前 : 320I
 ■日付 : 05/8/31(水) 21:06
 -------------------------------------------------------------------------


残念なお知らせです。猿ヶ京のWEの店、9月一杯で閉店するとなりました。

以前、本人より聞いていたのですが・・・・、

来るべき時が来たと言う感じですコーヒー一杯で音楽三昧(歌劇が多かった)できる貴重な店だったんですがね。残念ですね。誠に残念です。

(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)>

 ───────────────────────────────────────
 ■名前 : KOBA
 ■日付 : 05/9/1(木) 0:32
 -------------------------------------------------------------------------


>残念なお知らせです。
>猿ヶ京のWEの店、9月一杯で閉店するとなりました。
>コーヒー一杯で音楽三昧(歌劇が多かった)できる貴重な店だったんですがね。


残念なお気持ち よく伝わってきます。拙宅からも日帰りが可能ですので、店じまいの前にはお邪魔させていただければと思っています。

料理でも、拘りの店は次々消滅して、当地でもファミレスをはじめとする全国チェーン店系、失礼ながら俄イタ飯屋、パスタ屋とか、無国籍料理と称するものばかりが増えていっているのですね。

素材もスーパー調達レベルの、一見こだわりっぽい単独店も店の裏にはハインツの缶詰ソースが並んでいるというお粗末ぶりで。

伴侶には是非、子供にはハンバーグ、カレーもいいけど、郷土の素材を使った郷土料理を覚えて作るようにお願いしています。スターバックスやドトールも待ち合わせや時間つぶしにはいいですが、かような店では流れている時間そのものが違うのではないでしょうか。

WEこそ部屋込みですから。ちなみに店じまいされた後は、その場所はどうなってしまうのでしょう?

そうして、せっかく揃えられた壮大な装置群は・・・?

いずれにしても、本家WEをベースにいろいろとチョイスされた装置からは勝手に、ALL WEよりも家庭用としても聞きやすい音調に振られておられるのではと想像しておりました。実際が楽しみです。せっかくのご紹介を無駄にしないように今週の金曜に急遽足を運んでみます。

(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)>


 ───────────────────────────────────────
 ■名前 : 320I
 ■日付 : 05/9/3(土) 19:30
 -------------------------------------------------------------------------

久しぶりに出かけて来ました。元々、2年間の契約で、それが少し早まったということでした。閉店の理由は経営不振ではありません。経営なんて初めから考えていなかった。謹んで、訂正申し上げます。

お客様が来れば、一緒に聴こうと言う程度であったようです。

夢は膨らみ、もっと広いところで鳴らしたいと贅沢なことを言っています。こちらも、あそこのホテル、美術館が合いそうなんて、勝手なことを言ってきました。早く落ち着き先が決まれば良いのですが・・・・

(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)>

 ───────────────────────────────────────
 ■名前 : KOBA
 ■日付 : 05/9/3(土) 20:08
 -------------------------------------------------------------------------

>元々、2年間の契約で、それが少し早まったということでした。
>閉店の理由は経営不振はありません。経営なんて初めから考えていなかった。
>謹んで、訂正申し上げます。


よかったですね。JAZZ喫茶、音楽喫茶なんかは今や経営的には大変だと思います。余程のお金持ちが道楽でやるとかでないと大抵続かないようです。

横浜在住当時も、老舗のJAZZクラブが2軒閉鎖してしまいました。ウン十年といった老舗がです。

よい喫茶があれば是非紹介しあって、近くに行ったときには寄ったりしていかないと、かような文化が衰退しかねません。よいところがあれば、隠れ家としてとっておくというのではなく、紹介し合うのがいいと思います。

当地で向井滋春カルテット、板橋文夫カルテット、東山力哉、バカボン鈴木ら6バンドを招いて文化ホールを借り切ってGIGを開催したのです。東京からもバスでファンが来られました。1つのグループで東京、横浜ではライブハウスを埋められるものです。残念ながら地元からの観客はわずかで、1年でおしまいです。地元ファンが、来年もまた来てください といった挨拶を音楽家とされていましたが、ホントは、来年はもっとたくさん仲間を連れて毎年行って、イベントをペイさせる手伝いをしないと続かないようです。

どんな立派なハイエンド装置を備えても、生には勝てません。

当地でJAZZライブハウスを経営しようと思って、JAZZでは珍しいベーゼンドルファーを入れようと、入港した沢山の中からよいものをセレクトいただく、こけら落としをやっていただく約束まで某有名ピアニストとしていましたが、経営の目処(赤字が出ない程度)が立たず断念せざるをえませんでした。

若者ファンが次々生まれるROCK POPS系は叔父が市内でライブハウスを経営して好調です。クラシック、JAZZを地元放送局等の企業協賛、自治体の後援なく行うというのは地方では極めて難しいことを知っていますから、あまり好きなグループでなかろうと行くようにしております。

(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)>

http://audiofan.net/board/log/tree_836.htm

2006.2.25 05:22:12

赤兵衛がなくなったのは誠に残念です。

ここにあったWEの装置(とは言っても、オリジナルではなく、初期性能を取り戻すべく忠実にアセンブリーされた品?)は、今、猿ヶ京からトンネルを隔てたスキー場にある某有名ホテルの一室で、今度は平面バッフルを加えたより、理想的な形で鳴っているはずです。 しかし、自分はそこに行くのを躊躇しています。

私が好きだったのは、


古城の一室と見まがうような部屋、

そこに置かれたヨーロピアンアンティーク、

周囲の景観、そして、超然とした主人・・・、

これらが渾然と一体化している・・・・・「WEのある音楽空間・赤兵衛」が好きだったのです。

http://pub.ne.jp/kamekutobu/?entry_id=19924


    |〃、 ii  川 ヾ  レ'/::::::::::〃爪::::::川::::::::||:::ヽ::::i::::::::::::i!\ \::::::::::
 ノ  ,/  |! i||  iiハ  | //::i:::::::::||:::| |i:|:::||!i::::::::::|i::::ヽ:::::|!:::::::::||:::\ \::::::
 / /ノi  | i!  |i川  | i::|:::|:::i::::::i!::| |ili:|:::||ヾヽ::::|i!:::::ヽ:::|!:::::::::||:::::\:::\:::
 //ノ i!│!| |!i |川ii  |i::!:::|:::|::::::|:::| i !ト!::| !ヾ゙i:::::|i!::::::ヽ:|!:::::::::|!::::::::\::::\
 //i! | | |_,,i,,L|ト!ilハ ||:|::::|:::|l::::||:i:| i ゙!゙ト、,i_ 'i,::!::|ii:::::::::i,:|i::::::::|!::::::::::::ヽ:::::
  /il i!| ‐''|´! | ハ!| | |i!::i:::|:::||::::|::::| !ヾ!:i`''‐i,,::::||!::::::::::||::::::::|::::::::::::::::ヽ::::
 i i!i | | | i/ / | /  ii | |ト、i:|!:::!゙!::|::::| ゙i ゙、ヾ'、 ゙、‐|、i:::::::::||:::::::|::::::::::::::::::ヽ:::
/i/|ii!//|!/!i/´i/   .|i |/ノi\i!゙、:iヽ|:::|  ヽ 'i  ! ヾi |'!ヽ::::||::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
i i 川i!ハ/" _!   | │川 ヾ:ii ゙'∨     |    ゙ヾiヽヽ;||:::::i':::::::::::::::::::::::::
ノ ノ/リ,,,,,,二三テ=''" ヽノル |ノノヽヾ ノ  、,,,ノ,、     iヽ:::||:::::i'::::::::::::::::::::::::::::
 /   ̄ ´~~゙''''    ゙''‐- ..,,_,, ‐'    `゙ヾミッ、,,   ヽ::|::::/::::::::::::::::::::::::::::
,,イ|                i'"         `'‐='   `'|/i!:::::i::::::::::::::::::::::::
 i | :::::::ヽ::::ヽ::::::ヾ::    ゙、      〃:::::       i//::::ハ::::::::::::::::::i:::
  i i \\\\\ヽ    入       ′′′   / /:::::/:::::::::::::::::::|::::
!  | i            ,,ィノ(         :::: :    /:::::/:::::::::::::::::::/::::
i!  i i!            /i/  \             /:::::/:::::/::::::::::::/:::::
゙i!  | i          /⌒' y'⌒゙i           /::::::/::::::/::::::::::::/::::/i
 i  i ゙!         ん、,,ノ,__,,,r''          /:::::::/::::::/::::::::::::/:::://
゙、ii! ゙| i           ノ  。 `i          //:::::/:::::/::::::::::::/::::::/:::
ヾ!トl ゙iU          i     |         //::::::/::::::/::::::/:::/:::::i!::::::
 iiミ! ハ             i °  ゙、       //::::://::::/::::::/:::::/::::i::::ii::
 i!ヾ!i ゙、!         , '     |゙ヽ......,.,.,.,,,///://::://::::/::::://::::i::::リ::
 !ヽヾi  i゙、  ___,,,/      レWノ'レi/、//::/:://:/:::/::/:::ハ:i |::
、、iヾミヽ ヾ''~川リ i i゙、           "  ∨ノ / i/::///:/ .|:i i:::
! | i ヾ、゙、 ヽ、!i i|ヾ ゙、゙、゙、              /i  ,ニニ--..,,/ |! !ノ::
ヾ ! ヾ、ヽ ゙ヽi |!iヾ、ヽヽヽ              ,,!r''~      `~゙'''''ヽ、


赤兵衛のWEシステム その後 


赤兵衛のWEシステムはその後どうなったのでしょうか。

群馬県猿ヶ京温泉から一山越えた新潟県のスキー場のホテルに転居したことは知っていました。

        (ELTUS製)WEスピーカーシステム

装置は今も変化し続けていた。 と言うか、WEの活躍華やかし当時はこうであったろうと言うシステムに一歩ずつ近づいている印象である。

*赤兵衛時代との主な変更点

@SPに横バッフルが加わった。上にも下にもバッフルが付くと言うのが本来の形らしいのですが、天井高の制限で無理なようです。バッフル面積が広くなるほど、低域限界が下がることになります。

ASPが移動できるように鉄製フレームのキャスターの上に載せられていた。後壁との距離調整、SPの向きを変える場合は便利です。 キャスターと言うと、ぐらぐら動くような悪い印象を与えるが、移動後、固定脚を伸ばすので、SPは完全に固定される。 絨毯の下はコンクリートと思われる。赤兵衛に置かれていた時はあれほど大きく感じたのにその威圧感はない。

Bプリアンプが直熱アンプに変更されていました。



WEを話題にすると良くある質問、型番は何?てことなんです。 自分も興味があり、SPの裏に回って見た。ELTUS製と書かれていて、WEの元の型番は分かりません。WEに詳しい人なら、画像で判断できるかもしれません。

     WEスピーカーシステム

側面 床に置かれた、2つの電球が光っているように見えるのが、励磁SP用電源です。WEのSPの磁石は永久磁石ではない電磁石なんです。そのために電源が必要なのです。

オリジナル信仰というものがあります。何でも経年変化はあります。古い車をそのまま使うか、レストアして使うか。

WE製SPと言っても、全てELTUSが分解し、組み替えている。ウーファーのコーン紙は新品である。50、60年前のものがその当時の性能を維持できていないと考えているのであろう。即ち、WEシステムではなく、ELTUS製WEシステムと言うことになる。

                   ツイター


影で支える健気な鶴嘴。WEのツイターへの評価は????です。このツイターがシステムの音色を少なからず影響を与えているように感じる。トーキー時代の人の声の再生ならいざ知らず、楽器再生なら必須と思う。 配線が二組、見えますが、その内の一組が電磁石用配線である。

以下、ミッドドライバー、ウーファーも同じ。

               ミッドレンジドライバー

クロスオーバー周波数は分からない。何れにしても、この装置の再生帯域の大部分はここから出ているのだと思う。

         ウーファー 46cm?口径のダブルウーファー


では、SP以外の装置の紹介 音の入り口から

                EMT927

自分はこの機種がLPプレーヤーの一つの完成型と考えている。カートリッジはTSD−15? EMT927は手放す予定であると言う。RCA製ギアドライブ式ターンテーブルに換えるのだそうだ。カートリッジはWE製になる。

プリアンプが変わった。直熱式に換えたのだそうだ。これまで使っていたプリアンプと比較して、大分、良くなったと言っていた。

直熱アンプと言うことなので、残留ノイズが気になるところである。 このWEシステムの能率は110db/m・wは越えているから、アンプの残留雑音はどうしても目立つ。幸い、試聴距離まで10m位あるので、まー我慢できるところである。

直熱プリアンプ+300Bシングルアンプ(側面)

下の段が電源部である。

       これまで使っていたプリアンプ

役目をひとまず終えたELTUS製プリアンプ。次の主人を待ちわびている。想像通り、アンプの寝起きは悪い。音が落ち着いてきたのは1時間ほど経ってからでしょうか。 LPはあまりここには置いていないとのこと。ここで、2時間ほど、色々なジャンルのLPを聴かせて貰いました。やはり、圧巻だったのはオペラでしょうか。

さて、折角のこのWEシステムですが・・・・ 置いてある場所が、今、季節休業中である。直ぐに行って聴こうと思ってもそれは無理である。 その一方で、WEシステムオーナーは、みんなに聴いて貰いたい、赤兵衛に聴きに来られた方にはその後の変化を実際に聴いて貰いたいと願っている。 試聴希望者とオーナーの都合が合えば、試聴は可能である。

現在、赤兵衛と言う名前はなくなりましたが、今、越谷で再生しているようです。今回は喫茶店(赤兵衛も商売としては全然成り立っていなかったでしょう。)としてではなく、自宅を開放しているようです。

http://pub.ne.jp/kamekutobu/?entry_id=177289#more

2010.5.4

猿ヶ京の赤兵衛で2年、苗場プリンスホテルで1年、新潟市立美術館で1年半。幾多の変遷を経て、故郷に戻ってきました。

ここは元赤兵衛店主藤原さんが22歳の時、バイタボックスのコーナーホーンを入れるために作ったものだと言う。と言うか、こう言うものを作りたいと親に無心したらしいのだ。理解がある親を持って幸せと言うか、道楽息子を持った親はさぞ大変だと思う。
面積は25畳位、天井高は一般の住宅より高い。10m位離れたところには道があり、車も通るが、音はほとんど入ってこない。

建物の遮音性を考えているのだろう。二重窓になっている。その窓からは小さな公園が見えました。

家具は赤兵衛時代から見慣れたもの。だから、初めてお邪魔したにもかかわらず、違和感がありません。

          フォノイコライザー、プリアンプ、SP励磁電源、パワーアンプ
トランスドライブパワーアンプ(モノラル仕様)×2台

以前見たときはWE300B(あるいはA)だったと思ったが、今はJAN・・・・WE・・・に変わっていました。この球は300B(A)より古い球で、出力は1Wだそうです。なお、JANはジャンクのこと。今は古物品、故障品の代名詞になっていますが、本来は軍放出品が語源だそうです。軍規格品の球と言うことのようです。今度、PICOに行ったら、軍用通信機の中を覗いてみます。多分、WEのパーツがごっそり入っていることでしょう。

明かりは間接照明。全て白熱球でした。蛍光灯はノイズ源になる可能性があります。

       左側  EMT927(初期型)      右下 RCA業務用プレイヤー

今回の訪問の目的の一つがこのRCA業務用プレイヤーを見ることでした。ターンテーブルの下にはもう一つターンテーブルがあります。慣性質量を増やし、回転を滑らかにするためと思われます。この軸の下に可変回転モーターを直付けすれば、ダイレクトドライブ・プレイヤーになります。

縦軸に90度に交差する横軸があり、両軸の交差部にギアが内蔵されているはずですが、直接見ることはできません。 横軸にはモーターが直付けされています。ギア比を変え、回転数を落とし、縦軸に伝えているものと想像されます。 ですから、ギアドライブプレイヤーと言うべきものなのです。

このプレーヤーは完全オリジナルではありません。オリジナルのままでは、回転の制御が完全にはできない。また、ゴロが大きく、実際の使用には問題があることが分かり、改良を加えたようです。 オリジナル性は極力残しながらも、改良を加えると言うのがエルタス流のようです。いろいろ試した結果、結局4年?の月日が必要だったのです。

 WE?製アーム&エルタス製モノカートリッジ

?を加えたのは元々、このアームは現在J型アームになっていますが、オリジナルはストレートアームだったのです。ステレオ再生を意識して、変更したようです。

インサイドフォースキャンセラーも何もない。当時、針圧は10g以上だった。今は8g位掛けているようです。これだけ掛ければインサイドフォースキャンセラーは入らないかもしれません。専用カートリッジなら、針圧調整もいらないかもしれません。

でも、針圧の調整は出来ます。どうするかと言うと、アームの上に丸い金属片が見えますが、これを前後に移動するのです。原始的と言えば原始的ですが、十分なのでしょう。

余談ですが、レコードの音が悪くなった理由にはいくつかあるそうです。モノラルがステレオになったこと。アームがガッチリした角形から軽量アームになったこと。

 SP

今まで、広い場所に置かれていましたが、限られた空間(とは言っても私から見れば贅沢な空間)に移ってきましたので、変更がありました。12開口の巨大なマルチセルラーホーンから、10開口のマルチセルラーホーンに変わりました。

低音ボックスは一度、二回りほど小さなものに変えられましたが、やはり不満が生じ、元に戻したそうです。本来、両翼にバッフル板が付くはずなのですが、スペース上は流石に無理だったようです。

ツイターはホーンの上に載せられていました。理由を訊きましたところ、「音のスピードが速いから奥に」と言ってました。

ウーファー、中音ドライバー、ツイターの振動板の位置はほぼ揃っていると思います。バッフルがなくなり、低域不足を心配しましたが、そんなことはありませんでした。コーナーに置かれているため、ホーン効果もあるのかもしれません。

さて、肝心の音の印象ですが 、言葉で説明することができません。限られた時間の中、十分と言えませんが、ジャズ、ボーカルを中心に聴かせて頂きました。今度お邪魔するときは、是非、夜、バーボンを携えて行きたいと考えてます。

http://pub.ne.jp/kamekutobu/?entry_id=2899295

                        \               , イ
                      l!   ヽ 、         ,. ( /
                        jl     ヾ 、    ,. (   /
                      l !.       iヘ.  /       /─ -  _
                       l !       !∨             `> 、
                      l i      /l l                  `ヽ
                      ! l    /  ! i                   \
                      ヽ 、  /   ! L- ´  ̄ `>、                ヘ
        ___.            ヾ 、 _i   .j j: : :_: : : : : : : : :ヽ            ヘ
      ,. (////////`>、         `ー|   / 斤´ 7 `ヽ: : : : : : ヘ            ヘ
   ////////////////∧         j.  ノ ,辷ンゅ  ∨: : : : : :ヘ            ヘ
  ////////////////////!         /  ^´ ////     i: : : : : : :i  r-、          i
  .i////////////////////ヽ _      /            .!: : : : : : :|  ー'r 、        |
  .!///////////////////////      `  _      _,.、    l: : : : : : : !    ´o         !
  !'/////////////////////,!         ` ー- (:::":ノrや´!: : : : : : : |             |
  ∨////////////////////               !j ////j: : : : : : : : !            i
.   ヽ//////////////////,{                /////!: : : : : : : :i             !
    \//////////////> '                /////,l: : : : : : : : !            i
      ヽ//////////                ///////,l: : : : : : : : :i            l
      //////////                 ////////,l: : : : : : : : : !             j
     .//////////> 、_              /////////!: : : : : : : : : ヘ            /
     ////////////////`ヽ             i/////////l: : : : : : : : : : ヘ          /
    .////////////////////ヽ          !/////////l : : : : : : : : : : ヘ        /
   .i/////////////////////∧         ∨///////ヽ: : : : : : : : : : :ヽ      ./
   !'//////////////////////∧         ヽ////    ',: : : : : : : : : : : :ヘ   /                 /
.   i////////////////////////∧         ヽ/     ∨ : : : : : : : : : : \/                    /
   !/////////////////////////∧       γ´フ´     ヽ: : : : : : : : : : : : :\                   /
   !//////////////////////////∧、     / ´      j  \: : : : : : : : : : : : :ヽ               /
    l'///////////////////////////∧/>、  /      r-f    \: : : : : : : : : : : :ヘ             /
   ヽ////////////////////////////ヽ///>j       !/,L_    \: : : : : : : :ト、: :j              /
     ∨///////////////////////////\//L_.  .__」////7>ー-'/ゝ: :、: : : : ! ):ノ           / _, . (
       ∨////////////////////////////ヽ//////////////////////フ\:j\: l            /、7/////
      ヽ//////////////////////////////////////////////////,ノ     `            / !/>: ´: :
        \///////////////////////////////////////////////ノ                 ムr//,|: : : : :
         ヽ///////////////////////////////> ´  ̄ `  ̄ ̄´ !                //////l: : : : :
           \//////////////////////> ´ ̄             |                !/! .V//!: : : : :
            ∨////////////////////ヽ     r j        l                l/  ∨ヘ: : : : :
             i//////////////////////ヽ^ヘ   リ         l                {!   ヾヘ: : : :
             |///////////////////に==, そ´          ヘ                !   }∧、:_:
             !/////////////////////r-='_、 !           ヘ                i   //r―
             |/////////////////////(ノ´//} `ー-_,         ヽ                i  l//!
              |//////////////////////////fj^i´ ̄           ヽ              ∨ j//L_
                  l'///////////////////////////∧             \              ∨/r―‐


_____________
_____________

3. ウェスタンエレクトリックの音とは _ 俺の装置はウェスタンだ、下々のマニアとは違う


1) 湯布院 音楽時代館 

大分県由布市湯布院町川上無田1524の1


湯布院の音楽時代館の蓄音機の展示室とビクター犬のニッパー君です。

7〜8年前になるでしょうか、家内と家内の両親と湯布院に行きました。家内の実家の長崎から雄大な阿蘇を通ってレンタカーでドライブで行きました。温泉も旅館の料理も良かったのですが最も印象に残ったのが音楽時代館に立ち寄れたことです。

展示室を見た後喫茶室で珈琲を飲んでいたら、喫茶室にはウエスタンエレクトリックのトーキーシステムがBGMで鳴っているのに気がつきました。

装置の中を覗いてみると出力管に本物のWE-300Bの真空管が2本ささっていました。お店の人に、これWE-300Bですよね。ということはこの装置は86-B型ですね。と尋ねただけでお店の人が目を丸くして、お客さんなんでそんなことまで知っているのですかと驚かれました。

こんなに詳しいお客さんは見たこと無いので、蓄音機も聴いて見ますかと展示室に案内してくれて、ガラス戸を開けて大型のコンソール型の蓄音機のセットをしてくれました。(普段は展示のみだそうです) ひょっとして、これビクターのクレデンサーという蓄音機ですかと尋ねたら、またまた驚かれました。かけてくれたレコードはカザルスの無伴奏チェロ組曲でした。78回転のSP盤です。

今度は私が驚きました、初めて聴く蓄音機の名器クレデンサーから出てくるカザルスの演奏の音が帯域は狭いのですが素晴らしいのです。しかも朗々と鳴り渡ります。

メカニカルなアコ−スティックな装置でレコードの音がこれほど再生されるとは思ってもみなかったです。当時のクラフトマンシップを感じます。

http://onpara.jp/share/around/QO005/757_index.html
http://takoyakiongaku.blog.so-net.ne.jp/2008-04-22-1


                 _
              _ 二二二 _ `  、
          / ...::.::.::{以}〉::.::.::.::.:..丶 \
         //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
         /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
        /.::.:/              \::.::.::ヘ '
       /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
       |.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
       |/l  | ‖ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
       | |  |_」L _| |‖ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
       | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
       _rく|_||リバ扞 _ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
    イ:ノ rく::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |
   / ::iハ \ヽト ヾミ /// 丶  /// 彡イ   / l  l
  l :i l ::ヘ  ヽ:: :: {` \    ー‐'    イ/  /l l  |
  |::i | ::ハ . >-ヽU l> 、 __   ´  ;′ , | | | ',
  |i :ト! :| ::ハ   ,' //             :! ;:/ リ   i
  |ハ| .Y| ::| |  | /イ   ` ー-、  , ─ | ! ;:/      i
  l!ヘ | | ::!:|  l |::|   ∪       |  :|     ,'
   ヽヽ|7::フ/   レ7::|~\         i|  :|     ,'
     | ::7/   | )::|、 \ ヽ/    i|  :ト    i
     ノ:://   | (|: :((.  i| / c   ,彳 :||    i
    ソ:ノi′   iヘ_)): :)) ´,j=====彡´/ ;:/;|    |
   ,rン'|:|    lヘ: : : ((_.〆: : : : : : : : : :/ ;:/ ;:i    i
     リ.    ,' 人: :|`‐'--ー-、,,__,,,/ ;:/;:j;:ナ    i'
     |    ノ/ |`>-┴'ヽ、`ー 4 _ト ;/| ;l/{    .i
     i    / 丿 : : : : : :  `~´ ̄ | ;:|::| ;| .|    ,'
     i   ,/ /: : : : : : : : : : :    | ::|::| ;| .|    i
     `ー.'/;: : : : : : : : : : : : : : :  | :|:::|:;|.│    i
      / ̄´⌒'ヽ、: : : : : : : : : : :  ヘ| リ、|     ,'
.     ,'       ヽ: : : 、: : : : : : : : : : : :Y    ,'
.     ,'         \: :ヽ : : : : : : :'': :.イ    ,'
     i           ヽヽ : : : : : : :_.,イi     !
.     ノ           .Y~⌒ `` ̄  i     !
    /!            ',       i    !
    | !             ',       ;    !
   ヘ !             ',      ',    !
    ハ              ! c     ',´  !
    |', ',             .!      ./i   ',
    { ', '., ヽ          ! ._ノ   / i   ',,
―――) ', 'v        し'  l______/_ノ  ,rーヘヽ、,,,、_ ___
     し.', (    .、     /     / 、' ゝ \,\\`i,
       ヽ     ヽ   /      Y .ヘ〜弋  ト、ト、ト'
        \    ._ , '         \_)   `-' \.)'


2) 湯布院 山荘無量塔(MURATA)Tan's bar (タンズバー)


静寂の空間で至福の時を '10/09/28 ('10/09 訪問) singlemalt (1027)

何気なく柔らかなソファに身を預けて頭上を見上げると、天井まで高く仕切られた構造。地元の知り合いによると建物自体も音響効果を考慮した設計との事。壁に設置されたウェスタン・エレクトリックの大スピーカーから出る音は館内全体の空間を音響空間としている事が分かりました。昼間はクラシックを流していますが、弦楽器が空間を利用してしっとりとした音色を奏でていました。


_______

スピーカー、ソファ、暖炉 '10/02/05 ('09/12 訪問) ねこちゃん (128)


ここは、湯布院へ行くと必ず寄るお店。 朝からカフェが始まり、夕方はBARへと変わります。

ウェスタン・エレクトリックの大きくて真っ赤な劇場用スピーカー(素直にかっこいい)

その下にめらめらと燃える暖炉。そして選曲が良し。

朝のグレゴリオ聖歌、昼のモーツァルトのクラリネットコンツェルト、夜はジャズ。

ゆったりとソファに座って、高い天井から降ってくる音を聴きながら珈琲を飲むときの幸福感といったら・・・・!!!

暖炉が大・大・大好きなわたし、ポイントが幾つも重なっている、大切な場所です。

カップはジノリのベッキオホワイトで、これも何年も変わっていません。

http://r.tabelog.com/oita/A4402/A440201/44000143/dtlrvwlst/

アタイは、ひょんなことから湯布院に行くことになりまして、昨日帰ってきたんです。

無量塔(むらた)という、湯布院御三家と呼ばれる旅館がある。そこのBarというか喫茶室に、Western Electric 16aってデカイスピーカーがある。

WEというのはオーディオ界においては伝説の領域、ALTECもJBLも3極真空管300Bのハナシも、遡るとそこにいきつく。

WEの製品は、東京でも聴けるところはいくつかあるのでしょうが、無量塔のこの雰囲気がヨサゲでいってきたわけです。試聴用CDは例のEフリードマンのツゴイネル、そして亡くなった石野見幸(美幸の方がいいな)

真ん中に紅い16aがあって、低域のコーンが左右にみえる。小さくみえるラッパがツイーターです。

広い席には品のないオヤジ連中がタバコを吸っている。俺は、こーゆう人間が大嫌いなのよ。HiFiセットの前で音楽も聴かないでタバコを吸うなんて、典型的なマヌケ人間。禁煙にしない無量塔も悪い、

評価−1

露骨にイヤな顔をして、ここは禁煙の席はないの?って聞いてみたのよ^^

そーしたら11時から禁煙だと??
よく、わからないけど、外で5分くらい遊んでいたら、タコが帰ったので品のいいみっちゃんのご入場・・

ばははは、クラシックにしてくれというから、自分で焼いたVi特集のCDをだした、録音は最悪。このCDを再生できたら装置は一級品。

ところが、ウエイターがなにもわかっていない。音が小さい!

大きくしてくれって言ったら、ほかのお客様がいるから、ほどほどでだと@@

おい、ここはWEの装置を売りにしている音楽場だろ。等身大の音を出さずに、なんで、音楽がわかるんだ、ふざけろコロッケ。。

社長は天才とかいわれているオトコのようですが、こんな営業姿勢じゃたいしたことない、

評価−2


で、遠くからきこえる音を聴いていたんですが、うほほほ、音はいい。

諸君の駄耳じゃ、どこがいいかわかるはずもないけど、中低域の透明感と膨らみ、そしてウーハーとの繋がりがいい。高域も無理に伸ばしていない。オケの合奏部が厚みをともなって自然に再生される。

この装置で「運命」を全開にして聴きたかったのですが、望むべくもなく柔らかいケーキみたいものを食べて帰ってきました。


あの無量塔のシステムは、サウンドデンが調教していたんですね :

http://www.soundden.com/murata.html

『大分県湯布院町 空想の森美術館の傍に山荘・無量塔はあり、昼はティールーム夜はバーとなるスペース。

タンズバーにWEが鎮座しています。小さな音量でも、浸透力のあるWEのスピーカーは、貴方を異次元の世界へと誘ってくれます。由布院へ行かれたら、WEを聴いてコーヒーを飲みましょう。充実感のある贅沢な時間をお約束します。』


 
使用機器

ELTUS4181 WE555 16A 

KANNO K597
KANNO MU300N KP300 EMT927
MARANTZ CD95(Tuned)
VJ DAC9710+BAT9110
DENTEC ST-BASE SLC OF1

http://www.sansou-murata.com/facilities/tans_bar/index.html

これで音はいいけれども、使い方がわかっていないという謎が解けたわけだ。藤本社長、WEの音は小さくても浸透力があるって無量塔のことをかばってますが、暗に音量が小さいことの不備を指摘しています。

http://sniperfon.exblog.jp/7719098/
http://sniperfon.exblog.jp/7742026/


                 _
              _ 二二二 _ `  、
          / ...::.::.::{薔}〉::.::.::.::.:..丶 \
         //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
         /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
        /.::.:/              \::.::.::ヘ '
       /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
       |.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
       |/l  | ‖ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
       | |  |_」L _| |‖ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
       | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
       _rく|_||リバ扞 _ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
    イ:ノ rく::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |
   / ::iハ \ヽト ヾミ /// 丶   ///彡イ   / l  l
  l :i l ::ヘ  ヽ:: :: {` \    ー‐'    イ/  /l l |
  |::i | ::ハ . >-ヽU l> 、 __   ´  ;′ , | ||イ‐ 、
  |i :ト! :| ::ハ   ,' //             |! ;:::/ノイ  │
  |ハ| .Y| ::| |  | /イ   ` ー-、  , ─ | ! ;:/      │
  l!ヘ | | ::!:|  l |::|   ∪        |  :|      ,'
   ヽヽ|7::フ/   レ7::|            i|  :|       ,'
     | ::7/   | )::|、            i|  :ト     i
     ノ:://   r (|::((.   γ         !| :||      |
    ソ:ノi′   / _)):))               !|; :|     |
   ,rン'|:|    l :::c ;    i ::c ;      | ;: |      !
     リ.   人.`´    人 `´    ノ |;i;:i      i'
     |    // ` ー - '   `  ー '   |;:i;{     .i
     i    / 丿             |;:|    │
     i   ,/ /               |;|     │
     `ー.'/           j            |    i
      /    u               |     ,'
.     ,'                      /     ,'
.     ,'         丶   .,        /     ,'
     i           `. /      .i     i
.    │              .Y       i    │
    /!            ',       i    │
    | !             ',       ;    !
    ', !             ',      ',    !
    ハ              !       ',´  !
    |',ヽ                 .!      ./i   ',
    { ', ヽ            !       / i   ',,
―――) ', v        し'  l______/_ノ  ,r ヘヽ、,,,、_ ___
     し.', (          /     / 、' ゝ \,\\`i,
       ヽ         /      Y .ヘ〜弋  ト、ト、ト'
        \ _ ._ ,/         \_)   `-' \.)'


3) レストラン、コンコルド

http://www10.big.or.jp/~dh/index_j.html
http://logsoku.com/thread/gimpo.2ch.net/pav/1146488712/
http://www.youtube.com/watch?v=n_b4GpqNB7k


千葉県の館山にありますコンコルドの佐久間駿氏は真空管アンプ界では国内はもとより海外でもその知名度をお持ちの66歳になられる方で直熱3極管アンプのオーソリティーで、佐久間トーンの愛好家が全国に沢山お見えです。

 6月の後半に所用で千葉県に行ったおり館山のレストラン・コンコルドを訪問して佐久間トーンの音を聴かせて頂きました。  佐久間氏の愛用のスピーカーは、アルテックのA−5、クリプッシュホーン、ローサ、ウェスタンエレクトリックの4つのスピーカーがあり、この中で佐久間氏のお気に入りのローサとウェスタンを音量を上げて試聴させて頂いた。


真空管アンプのオーディオレストラン コンコルド」
http://www.youtube.com/watch?v=pe_cxXvmY8Y&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=eM3yfWyvLtY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=bbzFsWGYQK4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=ZVER7x2yGpI&feature=related

 ウェスタンの555から奏でる音は芳醇な密度のある音質でこれがウェスタンとは思えない大人しくて優しい音です。レンジはナローレンジですが音のまとめ方は素晴らしいの一言で、これぞ匠のワザです。このウェスタンで聴いたチェンバロの音はウェスタンらしからぬ音で、今まで沢山のウェスタンを聴いて来ましたが、ここのウェスタンだけは他には無い、シットリ感のある癒し系の音です。

 次に聴かせて頂いたのは、一つのボックスに入った英国のローサの4発入りのスピーカーです。このローサのユニットはすべてビンテージ物で、私も初めて見るユニットです。この4つのユニットは大変ユニークな取り付けになっています。 アンプ側のスイッチの設定で同時に4つを鳴らすことも出来、個々でも鳴らすことの出来る面白い発想のシステムです。同じローサでも年代が違えば音も違う大変遊び心のあるスピーカーで、私も始めて体験した。

 私個人も英国のスピーカー党ですが、このローサも魅力のある音で大変捨てがたい渋みのある音色です。

私も現在、グッドマン、ヴァイタボックス、ステントリアンの3種類を愛用していますが、やはり英国のスピーカーは音質より音楽を聴かせてくれる音楽性のあるスピーカーと思います。

 先程のウェスタンとローサを比較しますと不思議と同じような音になっています。オーディオは不思議なものでスピーカーを変えれば音は変わるはずですが、その人の感性でチューニングしますと同じような音になってしまう。 佐久間氏にはオーディオマニアのファンもいれば、演奏家の方も沢山支持している方もいると聞かされましたが、この音を聴きますとうなずける部分もあります。

 佐久間氏のウェスタン、ローサを845のアンプでじっくりと聴かせて頂くと、現代のスピーカーとは一線を引いた音ですがこの音には好みが分かれると思う、私のビンテージスピーカーとウェスタン、ローサと比較しますと共通点のある部分があります。その共通点は中域の響きを大事にして音楽を美味しく聴かせてくれるのです。

http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-003.html


                     -――――-
                、 /        ゙:.、 ..\        
                ..*'" / / ト、     ゙:.、    \     
              -/ / /    :l ゙; ゙、        ハ:     
              / ,.イ / /    :!   ゙;      ゙;    l:     
             {/  / /{   l! l    ! ヽ  ゙、゙、  ゙、 ト    
            /   ,イ i! l {  l ! ト、__}_}  マ  \ヽ ゞ    
           /  〃./ /斗-゙;゙、 l ゙、.l `メ/}: ̄} .ハ   ヾト、 \  
           l  i! /:ト{  l__,,,ゝ、_l シ符筍ミ,イ:}  ト:}  }.}ト \ ヽ
           弋 { :{ ゝl  代豸    "~/ ,イリノ / ノ //} )) ) リ
            )人ミ、.弋トミ、  、    / {ノ /〃/ノノイ / /
               jノ} ノ代_   、.. .-乂 弋 ( {! λ(__:( / /
            γ`=彡イ } ゙ト)ト.、_     ,.ィ`ヽヽYヽヽ_゙゙)ノ弋(_
              {(__ 弋(.ζ戈ζ)ノ` ーイ,.ィ" )ノ ノソ#:`゙ヾ__ )
                        >ー - /     'i:   ! 
                  / ィ:.T/|      j    |  
                    / / / /:. ::{      |:    i    
                     i ,.-―ノ:. :.ハ     |    ..|
                 レ '{. /j/   !       !'  .  l    
                   | ,.'        |      | ..   i  
                  V       !      |    .i
                      /        |     |    .i 
                  {        |     |     |  
                     ‘.          ノ!     |   ` ヽi  
                    \._  _  /`|      ,'|      i
                     /  ̄ \    !    /       i
                      〈   / / \       /  'V    i
                 |\〈 i  / |\  /    './   .'
                   /  ハ | { ハ `´       ヽ  リ \'__
              /  /   | ! .ノ          、     \ \
              |   /    j/-‐            \       \ {
              |  /  /    {                   ヽ      V\
           __j/  {    \                '.      V{  ̄\
          /  /    ヽ       |                 '.      | >‐、\__
____厂 ̄/      }        !                  !       ヒ_  \__
____/ ̄ ̄/     i /    ヽ   /               ,'       /   V
___/    /| |    |       〉 { ` ‐- ..._    / ̄ ̄ヽ /    ,.'      `ーr_、
    /   ∧/   /       /  \      ̄'´        〈、__,.イ-- 、      }-}
_/__/ /\/ /    /  〈   /              ヽ____    > 、 ' ヽ
          / ./  /    /      {                   -、-_、    `ー(
_           ___/       ヽ ――-- .._            }-'、      \
  ヽ.  /   _/         /   \ ̄ ̄ ̄ ̄\≧‐--/\_,.  -―-'

4) O本氏

オーディオ仲間の一人であるO本氏のシステムは

プレーヤーが松下製でカートリッジがデンオンのDL−103、
メインアンプは自作でWE−205Dシングルアンプ、
プリアンプも自作です。

スピーカーはウェスタンエレクトリックのドライバー、555を特注の12Aのカールホーン

で音楽を聴いていました。このウェスタンだけは家庭で聴く気が起こらない。部屋の中に排気口のダクトのようなものを2つ設置して、かぶりつきでスピーカーの前で聴く、こんな不自然な聴き方がウェスタンなのか?

本来はウェスタンのスピーカーは劇場の銀幕の後ろに置いて鳴らすスピーカーなのに、一般家庭に持ち込んで聴くスピーカーとは思えない。

ウェスタンのスピーカーを聴かせるときは決まってドリス・ディーのレコードが定番になっている。クラッシックのバイオリンなどの弦楽器を鳴らすと振動板がアルミのせいなのか高い音が冷たい響きになる。どうもコスル音は苦手なのかも、ただし映画のサウンドトラックのレコードをかけると確かにその魅力に惹かれるものはある。

ウェスタンの555の音は中域が少し喧しく聞こえる、このスピーカーを上手く鳴らすのは至難の業だと思う。それより音を聴く前にあの排気口のようなダクトが気になって音楽どころではなかった記憶がある。

O本氏のウェスタンを聴くと世間で大騒ぎするような特別な音ではなかった、鳴らし方が悪いと言えばそれまでだけど、ウェスタンはもっと大きな部屋で鳴らさないとその良さが出ない、劇場のスピーカーを家庭に持ち込んで聴くのは、どだい無理のような気がした。

http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-003.html


                _ -─ ─- ,- 、
             rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
           // / / /      \::::::::::l  ',
          ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
      _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
     // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
          、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
          `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
         ( ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
        -=ニ´::::::| ,-^~  ハ    ̄-、}/   ヽ ヽ
          / /::://        ,   ヽ, ヽ  \\
          / /´   ,i'     l'   / i  ヽ  ヽ ヽ
          | i'、   /       !   /  ! ヽ ヽヽヽ ! \
             !ヘ'     !   ...  !   /  !  ! ヽ ヽ ヽ     ヽ
            〉`ー、__入  ''''  /  /   |  l  !  ! ! ヽ    ',
            `ヽ_,_  `ー-‐´   ∧   l  /  |  !   !     l
        ゞ´ ̄`ー彡  ̄`iー、_   /   `ヽ! / /   !  ハ !    !
        (ミ_   ~, `~^-i-i  `ー´       `ヽ、 , ' / l |    l
         `~~>´   / |  i             ヽi/  l ハ  /
          /   / ,ノ         _ -   `i'   | ハ /
        /    /-' ^  ヽ     /´        i  .レ  ′
      /  , ー´       ヽ  /        !
    / _/´              i,/          /
   /  ´              _ /          /
    l             _ - '^/            /
   ヽ、     _ -ー  ̄   /         /       , - 、
     ` ̄ ´     /       _∠ー―--   -ノ´   ヽ、_
               /     , -'  ̄                  `ー、_
             ,'   /           _,  -ー―-、 _    ー),
               i           _,-ー ´         ` ー 、三^)
               ヽ        _ - ´                 ̄ ゙
              ` ー‐ー ´


5) 福井県の永平寺町のM月氏


私の友人のM月氏より部屋をリフォームしたのでウェスタンサウンドの真髄の音を聴きに来ないかとお誘いがありました

私も過去には沢山のウェスタンスピーカーを聴いて来ましたがアンプからスピーカーまでオールウェスタンの音など一度も聴いた経験はありません。果たしてウェスタンはどんな音なのか、聴かせていただく以上は検事の耳で聴くためには比較対照は私が使用しています マランツ#7、サンバレーのSV−91B(C−タイプ)と D/AコンバーターはModel−2 を持参してウェスタンアンプとの違いを自分の目と耳で美化した建前論でなく本音で皆さんにお伝えしたい、

 ウェスタンマニアやウェスタンを扱うビンテージショップ等は

(ウェスタン以外はオーディオではない!)

とウェスタン以外のオーディオを(小バカ)にしていますが、本当にウェスタンサウンドは別世界の音なのか、今回は「泣く子も黙る」ウェスタンサウンドの真髄と魅力をコラムをお借りして迫りたいと思います。


 ウェスタンと言えばスピーカー、真空管の300Bが巷では最高峰と言われていますが、オーディオシステムの中でスピーカーシステムは自分の個性が特に主張されます、高いスピーカーは良い、安いスピーカーは悪い、とは誰も断言は出来ません。自分の好みに合えばそのスピーカーこそが最良の友であり伴侶でもあります。

ウェスタンサウンドを考えるとそれ以前のサウンドは蓄音機のサウンドであり、かの有名なビクトローラ・クレデンザがウェスタンの原点ではなかろうか、実際クレデンザのホーン構造を見ますとウェスタンの12A、15A、のカールホーンに良く似た構造をしています。(蓄音機の音等は良い音ではない)と思われがちですが、本当に良い音とは電気臭くない音ではないだろうか、生の音を良く聴きますと電気の音はしません、(エレキギター、シンセサイザーは別物)

生の音こそ自然な音です。音はすべてに生が基準になります。

 クレデンザのサウンドボックスを外してウェスタンの555ドライバーを実装して試聴した経験から不思議とクレデンザの音に非常に近い音になります。その時の印象ではアコースティクな響で現代の音とはかけ離れた音に脅威を感じました、これこそ電気臭くない自然な音なのかも知れません。

 アルテック、JBLはウェスタンから分かれた会社ですが、ウェスタンサウンドを聴きますと両者ともあきらかに音の違いが認められます。永い間アルテックやJBLでオーディオを楽しんでこられた方は最終的にはウェスタンに(はまる)方が沢山お見えでそれだけの魅力があるのがウェスタンかも、

過去のビンテージスピーカーでアルテック、JBLに限らずタンノイ、グッドマン、ヴァイタボックス、などの初期型のスピーカーはウェスタンの音色と音作りに一脈通じる気がします。皆さんもタンノイのスピーカーをお持ちの方が沢山お見えですがこのスピーカーも原点はウェスタンになります。タンノイでもモニターシルバー実装のオートグラフを私の友人宅で聴きますとウェスタンの香りが漂ってきます。このように書きますとウェスタンこそがオーディオの源流かも知れません。

写真の左側がウェスタンのスピーカーシステムになります。右側のホーン付きのドライバーがかの有名な555Wです。このドライバーは励磁型と呼ばれています。ホーンは12A,15Aとは違うストレートホーンの25Aです。

555Wのドライバーユニットのアップ写真でウェスタンエレクトリックとシールが貼ってあります。右側のスロートは15個の口がありこの部分へアタッチメントを取り付けて555Wドライバーを実装します。

ウェスタンとの比較試聴に使用しました我がサンバレーのSV−91B(C−TYPE)とマランツ#7、Model2です。SV−91Bアンプはサンバレー主催のペンションウィンズで行なわれたアンプ持ち寄りの会に持参したものです。

右側の写真は新藤ラボラトリー製の特注のネットワークでコンデンサーはすべてウェスタンを使用している。

使用アンプは WestrexのRA−1574

RA−1574アンプは遥か昔の映画が全盛の時代のアンプである

パワーアンプの内部写真です。使用している球は807パラプッシュで出力は150W×2の300Wの大出力アンプです。頭にRAが付くのがレコーディング用でTAが付く場合はシアター用になります。このアンプの価格はモノラール2台で¥250万以上もするそうです。アンプ内部の使用トランスは不明ですがアンプのカップリングコンデンサーは私の大好きなスプラーグのブラックビューティータイプのカラーコードの入ったバンブルビーコンデンサーが使われています。

RA−1574アンプの正面よりの写真でメーターが付いているのがパワーアンプで下側が電源装置になります。

写真の右側がウェスタンの25Aマルチセラーホーンです。材質は鉄かダイキャストで出来ていると思います。ホーンの長さは約1mでこのスピーカーが劇場で使用されていたと思うと凄い

低音はウェスタンのTA−4181ウーファでサイズは46cmの巨大スピーカーです。クロスオーバーは500Hzで使用しています。右側の写真はこのシステムの所有者でM月氏です。これを見ますとウェスタン25Aのホーンの巨大さが理解できると思います。スピーカーボックスは米松合板の特注ボックスを使用、TA−4181と555WのタンガーバルブはSPボックス内に収容されています。

今回の試聴用CDプレーヤーはLINのNMIMIKを使用して試聴しました。

 システムのラインナップ

CDP LINN MIMIK
D/A サンバレーModel2
プリアンプ マランツ#7
メインアンプ サンバレーSV−91B(C)

http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_87&products_id=667



試聴CD   アールヒーブ コジェーナのヘンデルの歌曲

すべての接続が完了して早速の音出しになった、チェロの独奏が鳴り出した瞬間、素晴らしいの一言です。チェロの胴鳴りと弦をこする震えが聞こえる大変心地よい響きでコジェーナの歌声がしびれるぐらい魅力的です。音のバランスはピラミッドバランスになって押しの強いしかも奥行き感を伴った音である。試聴に立ち会ったN氏もただ唸るばかりだ、

このSV−91Bでウェスタンを鳴らすと今までの違う顔が見えてくる、例えを言えば水を得た魚のように生き生きと音楽が迫ってくる。私も今まで沢山のウェスタンを聴かせて頂いたがこの音こそ紛れも無いウェスタンの音で私が聴いた限りでは自他ともに認める日本でもトップクラスの音だ、

 持ち主のM月氏も言葉が出ないぐらいだ、M月氏いわく

「この音は木の香りがする電気臭くない音だ」

と絶賛している。木の香り?音をお風呂で言うならポリのユニットバスとヒノキ風呂を例えにした違いなのか、

 確かにこのサウンドは枯れた音であるが、この音色はアルテックやJBLとは違う味のある独特な音を持っている、間髪を入れずに友人のN氏が

「このウェスタン555Wの音はY下氏のグッドマンの3Wayと非常によく似た音ではないか、グッドマンはもう少しスケールダウンした感じだ、」

確かに目を閉じてウェスタンスピーカーをじっくりと試聴していくとこの音は私の愛用しているグッドマンの3Wayと非常に良く似た音色になっている、イギリスのグッドマンはどちらかと言うと薄曇的な多少暗い音になるがウェスタンは多少明るい開放的な浸透力のある感じがした、そう思うとウェスタンのスピーカーが無くてもグッドマンのスピーカーで十分である。

グッドマンと言えばAXIOM−80,AXIOM−301が巷では有名であるが、私の使用しているホーンタイプのグッドマンは多少音の抜けや音色がAXIOMタイプとは異なる。 この点をM月氏に問いただすと

「グッドマンこそウェスタンサウンドに近い、ウェスタンのツィーターは594よりグッドマンのトレバックス100の方のが相性がある」

と指摘していた、ウェスタンのレベルを上げて行くとグッドマンと変わらない音になるのか、グッドマンのレベルを上げて行くとウェスタンサウンドになるのか、グッドマンはウェスタンを意識した音作りのように思える。M月氏はこのウェスタンスピーカーとは別に名古屋の日劇で使用されていたグッドマンのスピーカーを持っている。将来このウェスタンをすべて売却して最後はグッドマンで聴きたいと洩らしていたのが印象に残った、

私が想像していたウェスタンサウンドはもう少しアコースティクな音を期待していたが現実は多少違っていた、しかしこのサウンドこそ紛れも無いシアターサウンドで俗に言うコマーシャル的なサウンドだ、こんな雄大な素晴らしいサウンドならもっと広い部屋で鳴らせば恐らく感動ものであろう、しかし現実的に日本の家屋では無理だと思う、


 いよいよ我がサンバレーのSV−91BとRA−1574との鳴き比べになった、

 早速Westrex RA−1574を接続、プリアンプはマランツ#7を使用、果たしてどのように音が変化するのか三人とも固唾を呑んで見守った、CDは先程試聴したコジェーナのヘンデルの歌曲集である。CDをトラック4にしてボリュームを同じレベルに合わせた、

 先程のチェロの独奏から音出しでコジェーナの歌声が流れた瞬間、さすがにWestrexは違うと言いたいが残念ながら微妙な音の変化しかつかめない、多少高域がナローな音であるがSV−91Bとは差がでないがRA−1574は出力管がUY−807にもかかわらずWE−300Bと遜色のない音で鳴るのは立派としか言いようがない、ただWestrexの方のがシアターサウンドらしい音の出音だけれども緻密さはSV−91Bのが良い、これにはN氏、M月氏も同感であった、一番的確な違いを言うならRA−1574とSV−91Bとは音作りの方向性が若干ではあるが違うのが感じられる、その違いとはRA−1574は倍音の量が少なく感じるがSV−91Bのが倍音の量が多く感じる、その差ぐらいで音の広がり、ホールトーンの効いた奥行き感は変わらない、

管球王国などやオーディオ雑誌でのウェスタン試聴記の記事などを読むとウェスタンサウンドは別格の存在に見られるが、私個人としては別格な存在とは思えない、ウェスタンのスピーカーシステムを鳴らすにはSV−91Bでも十分過ぎる位、素晴らしいサウンドを聴かせてくれるのがわかり大変勉強になった一日であった、


世のウェスタン所有者はとかく王様になるタイプが多い、

「俺の装置はウェスタンだ、下々のマニアとは違う、」

と見下げた感覚で簡単には聴かせてくれないウェスタンマニアが多い、このようなマニアこそ私に言わせれば「猫に小判、豚に真珠」と言いたい、

ウェスタンマニアになるとケーブルからパーツ迄何でもウェスタンでないと気にいらない、(これは一種の病気としか思えない)このようなマニアこそ良い音を出す術を知らない、また音さえわからないから音作りは他人まかせ、ウェスタンだから良い音が出るだろうと思ったら考えが甘い!、

確かに上手く鳴らせば素晴らしい音になるのだろうが、本当に良い音で鳴らされているウェスタンマニアは極少数だと思う、これだけの大がかりなシステムになれば至難のワザだと感じる、私はウェスタンサウンドが最高の音とは思っていない、ウェスタンの10分の1いや20分の1の費用でウェスタンと同等の音は出るはず、それがオーディオの面白さだ!  

今回は高価なケーブルなど一切使用せずホームセンターで売られているケーブル類での試聴だがそれで十分である、世にある高価なゴムホースのようなケーブルで音が良くなるのなら誰も苦労はいらない、そんな所に投資するならもう一台アンプを買うか好きな音源を集めたほうのが利口である。

 M月氏は沢山のウェスタンのアンプをとっかえひっかえして使ってきた豊富な経験の持ち主である、苦労に苦労を重ねて最後はこのシステムこそ自分が求める音であると強い眼差しがヒシヒシと伝わってくる、彼にとってはこの音こそオーディオの桃源郷もしくは極楽浄土なのかも、

http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-006.html

                       ____
                    ,. "´       ̄`゙ ─-  _
                  ./    ,. -──- _.     /
                 ./  ,. "´        `ヽ、. /
                /  '"  _,.  -‐- 、      '、`ヽ
                .レ'´ ,. '´    、   `ヽ     i  ヽ
                |, /  ,   、.   丶.   \.   ヽ   i
               i'/   /  、 ヾ、:.、 `_,\_,. ヽ  ;:1   |
               i   i:.   ヽ、レ'‐--_'-ヽ_  |  .:: ヽ   |
               |   |:. _  ノ,| :| ,'レ,=ニJア  .| .:   `i  .|
                !   |'´、=-'_、!_|  ' `っ-‐|i  |.:    |   |
                \   ヾ:::'ト'ゞら,;  '''  'ル,ノ:|    |   |
                 ヽ、ヽ`、 `ヽ  `  _ ' //::i    |    |
                   i`丶ヽ_ヽ`l ,:::::::;ハ / :,'     ト- 、 .|
                   !   /  | /! :  ト-' _,/     .レ  i  |
                   )  ./  ,!'、!\. |,. " |     |   1  |
                  i´  /  /  ヽr‐、'___,i     .|  /.ノ  |
                  /  |   i:.. ,. '7i'´ .`ヽ|     .| / i   .|
                /   i'   ノ'´ ' / |::....  /      | '  .|   .|
               ./    .| _!.  ノ ノ  ./      ノ, '´ .|    .|
               i    ノ'´ _/ 、'´ / ヽ .i      i   |     |
              ./    レ'´..::ヽ、. \ヽ  /   _,/   |.     、
        _, -───/    .|'、i l .|ノ ヽ  `   `‐‐'´/ | ヽ  / |      、
      / -‐ ─  .|    / .ハ、リ   \  ヽ  ヽ/. | |. /  |       \
     / ,  _, _'´ |   ,イ´ .i        \   ,ノ | .! | /  /     ,. -‐`─-- _
    ./, / , -──- し‐'´./  !.   ;      \_/  .:|'´ |    i  _,. "´ __´_ ̄_  ヽ`丶
    .)' ./ _, -‐_,─   ` / ./ :.            .'.,,,i. |    レ'´,レ'´--- -      ヽ、  ヽ
   /∠, ", -‐─-_、  ,. /   丶        ./'"___| |    |__ノ_-‐_‐  、  ` ` 、.  ヽ/
  ./´ _.  ̄ ̄ ‐- ,.. '/       丶 .. __ ,,.. '"´   .|i    /ヽ,_ニ_ _ `ヽ 、   、 ヽ-‐'
 .ノ'´ニ二_    ノ.//           ,ゝ、,.'´       ||   /'/ ヽ-   ̄ ‐- ヽ  i  |
 r'´-‐ ‐- 、` i'´ ,/          ,. '´  i        | |ヽ'´,、'   lノ‐- _    ヽノルノ
/ ,. -─-_ ,.ノ、!/        ,.  '´     |        .| 、/`ヽ‐'´,==` ‐- ._  ノ'´
| ,. - ̄ノ'´  /       ,. ´       .|        .|  .|   i´, =ニ二 ‐,.`)‐'
ヽ/ ,イ´    !    ,. /          |       /、  !  ノ´ ,._-‐ ̄‐-`ヽ
 ! ,._` つ-_、 丶. '-‐'´            |      /  ヽ'   ヽ'´/ ,, -─-、‐‐`
 `´  `ヽ'´                   .|     ./  ./    、´'´ ,. '"´,.つ´
                          |     i  /     ヽ/,. =ニ-,
                          |     ! /      '´ノ',. '"´
                          |    , ',ノ       /'´
                          ヽ、_, _, '´

6) 湯布院のAさん宅


湯布院町の高台にある老舗旅館「山のホテル夢想園」の総支配人A氏は日本でも有数のオーディオ愛好家。私にネットワークのイロハを教えていただいたのもA氏だが、とにかくご熱心でスピーカー、アンプの研究には言うに及ばず東奔西走されて様々な愛好家の音を実際に試聴され豊富な場数を踏まれて聴覚を磨き上げられているのが通常の愛好家に見られない大きな強みである。

そのご自宅の音は「推して知るべし」、私も少なくとも年に2〜3回はお伺いして自分の耳を洗い直す契機にしているが、先日訪問する機会があったのでその超ど級システムを紹介しよう。

≪システムの概要≫

CDトランスポート・DAコンバーター → アキュフェーズ

プリアンプ → 西部音響の特注品

パワーアンプ → WE300B菅球アンプ特注品

スピーカー

低域 → エルタスTA−4181+自作の低音用ショート・ホーン
中域 → WE−555ドライバー+17Aホーン
高域 → カンノ597ツィーター


いまや伝説の域に達したウェスタンの555ドライバーと巨大な17Aホーンの組み合わせは通常のオーディオという概念の枠内では表現できない音質である。1930年代当時のアメリカの巨大な映画館で使用されることを念頭に置いたこのシステムは人間の声をことのほかリアルに響かせピアノが目の前で演奏されているような錯覚に陥らせる。オーディオ愛好家であれば一度は聴いておくべき音だろう。

トランスの専門家が作った特注のWE300Bのパワーアンプ(モノ×2台)はありきたりのアンプではない。特別に電源部を強化し別固体としたアンプは独自のトランス(オールパーマロイで木材で包装)の仕様とあいまって底知れない力強さを秘めている。この音を聴くとアンプの本質は出力ではなくて電源部だと改めて目を覚まされる。また、音質を決める重要なポイントとしてスピーカーに近接するネットワークも独自のトランスを使用するなどことのほか重視されている。因みに、アンプとネットワーク込みのお値段はクラウン1台分とのこと!

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/b12123ef5c3f602ee57fae2fe09cd74d/?cid=efca4d25974b323a3217e344a4edabfa&st=1

      /⌒X⌒ヾ%ヽ     ,. -  ,.-----‐'      \
    /⌒X ,.二、ヽ爻ハ  /  / (_二二 _/ ̄_     ヽ
/⌒X不ヽソノ{ 仄 } } 厂}人/ //        〈_/´     ̄`ヽ '.
,.二、{弋ソ,.二弋辷ンノノ-‐〈 /  {    ヽ     i  |      ハ
{ 仄 }} 八 仄} `辷ン八うY } :|  八  、   \ ヽ.!   レ-、ヽヽ ∧
_‐<>< 辷ン 仄ィ介=≦ミ、N   \ \   }_  |:i  |'^ヽ|i :! :!:!∧
、Y/ ,.二、`Y_ノ-=彡'´`ー'´^ミ!、  i :ト、\x<_\ |:| i :!} } !| | :|:レ'
ノ( { 仄 }}八 《《 _,. -=≠  ,.ィ=ミ茫N  `´ィ芹rt刈:! | !'´ 爪 !ハト!
⌒ヽ 辷ン{ } }}}´_,.ィ伝ミヾ {以刈ゞヽ   `¨´ | | | 「´i | N:|
Y 二 ヽ 人ノノノハ ゞ┴'   、` }   }         ! ! !八 |从八
{ 仄} }} ノミ辷彡'}      ,. '  从 ヽ'_       !:/:/レ人< ヽ
弋辷ン乂}{ミ辷彡'}    _,. - /辷`ヽ  `    //://  ̄`ヽ
辷彡'辷彡{ミ辷彡'}>、   ´ /辷彡}  `  <イj:/         '.
辷彡'辷彡{ミ辷彡'}j  ≧=- '辷彡} _____} _,. /           '.   /
辷彡'辷彡'⌒{辷彡}   { !辷彡}´       /           i/
八  `ヽ.  /{辷彡}    ヽ j辷彡} 、 /    /             |
ヘ      `V {辷彡}_  /  )ノ´  ヽ_, /            / ;
.∧       {  `)ノ   `    (´   ,.'´  /          ,.'_,...:
 人     ヽ {{        ,.   /  /           ,. '   ,'
    \      \`ヽ     `ヽ   { /        /     ,'
     \     \         \/        /      /
     '. ヽ     \     /         /     /   /
          \     `  、/       /     /   /
       '.    \        '         /     ,.'   /
        '.    \            /      /    /
       '.     \      / /`   ' ´     /
        '.        `、、ー  /   |          /
         '.       '.  ̄ __j__,.    -―'――‐- ...__
           、       '´ ̄                           ヽ
            `、                      _____/   |
            ハ 、           _,.  -‐   T「      |    |
            ヽ `ー  _,.  -‐  「          \     |    !
            / ̄ ̄       |          \   !    ヽ
            /            !           \  ヽ     :i
        /,. '           '.              \ }  , i{ !、
       //                 :                  V / } 〉)
       /                ; '.             〈_/ | |/
     /                     ,' ヽ.   _          { |
  /         ` 、          /´ ̄ },. '´           ヽ_jハ
 /             \     /  /                     }


________________
________________


4.  ウエスタン伝説


2001年4月10日放送のテレビ東京『開運!なんでも鑑定団』春のスペシャルに、松竹の録音技師だった佐々木秀孝の遺品の数々が登場。佐々木は趣味と仕事を両立させたオーディオ・マニアで、京都の未亡人宅の床が抜けそうなほどの膨大なコレクションは素人目には粗大ゴミの山としか映らないが、処分する前に一度、鑑定してもらいたいとのことでスタジオに運び込まれたのだ。

これが実は、若いオーディオ・マニアの面々がヨダレを垂らさんばかりの逸品、珍品ぞろいで、粗大ゴミどころか宝の山と判明。WEの巨大な劇場用スピーカーとアンプ一式で時価1500万円。その他、スペアの真空管や各社のマイクなど、総額7200万円という鑑定結果に未亡人も驚愕していた。

http://channel.slowtrain.org/movie/column-isan/isan_bn/isan0705.html


過去の遺物とも言える「真空管」が何故か価格が上昇しているらしい。 

オーディオマニアの間でも真空管アンプは人気で、真空管アンプの名器とされる「300B」を買い求める客が増えて、価格が高騰しているらしい。 

初期の生産品だと、2本1組で20万円〜40万円もの値段がついているとのことです。


300Bを買い取った富豪!?〜

今でも、お客様からお尋ねの多い300Bの動向。

中でもウエスタン300Bが高値で取引されているのは周知の事実。そんな入手困難な300Bならいっそ版権は勿論、人まで買収して300Bを手にしたいと画策した人がいるとか...............

http://www.pdma.jp/archives/51215952.html


           / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
              //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
       r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
       __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
       〈 rク// ,′ ,'/l‖ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
    , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
  // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 U ヽ ヽ
//   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \
{_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
         ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \
      , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨
  ,.|ヽ .ヽヽ、ヽ| ,'  ,..-,, `ヽ''-''-'、 __ヾ  ,,. -‐ V"´ __ `ヽ、_ ,
r''".| ヽヽ _,.´,, ',´´        `ヽ、'   ,.. - ''"´   ``ヽ 、`ヽ、ィ
|  ,|  川ヽ、/ /ト-;:::、        u丶 '´         .....ヽ、 i  /l
| ハ  |! j/ ./::`:::::、                        .:::r::、::.ヽ レ'  |
   ヽヽヽ .、 i   : : : : : : : : : : : : u: :/   、: 。: : . . .  . : : : : : ': : : :|    k   
    ヽヽヽヽ、ヽυ : : : : : : : : : : :, :'´: : : : : :ヽ : : : : : j : : : : : : : : : : :,'r;;=;;、  \
     \\ヽ ヽ、: : : :υ: : , : : : : : : : : : : : : : : : : : ι: : : : : : : : ιl L;;;ノ    \
      | l! ヽ、ヽ、--‐ '´: : :     : : : : : : : : :`: ヽ、、_:_:_:_:.: :j'´}:::::::::::::::::...   ┌――--,
、        ヽv-、.ヽ ヽ   ,,,_   ゜        : : : : : : : : : : : :υ,' .i   ,\::::::::      /
  `ヽ 、   丿 ヽゝ,, ::' "´        . . . . . . . . . .: : : : : : : : : :/ ,'.   ' ̄ \::::r';;ヾ /
     ``ヽl. |   y \          ``''''     . :-、、: : : ,' ,'.、     ̄ ̄ :::ヾソ ,'
        ヽヽ  ト、 `` フ                 : :ヽ-く ,'  ヽ、  __    _,(,,,,,,,,,..--
: : : : : .     ヽ、|!: :`‐‐': : :                。 : : : :\ u  ,,,ι- ''"´´
: : : : : : : .      ,,,.. -- ーー-、 __             : : :,, -‐''´


(無線と実験 1982年7月号 HiFi の原点!! ウエスタン・エレクトリックより)
ウエスタンスピーカーの謎を解明! 対談:八島 誠 ★ 木下正三


♪ ウエスタン伝説といいますか、スピーカーにしても何かしら謎めいた部分があるわけですが、このことに関し、どのようにお考えですか。


八島 我々のような戦前派は劇場で音を聞いたわけですよね。この音が、自宅の高級システムとは桁外れの良い音がしていたわけですよね。それで当時のマニアはウエスタン、ウエスタンと大騒ぎをしていたわけですが、製品を見せることもしなければ、売る事もしない。ただ我々は劇場のカーテンの裏から出てくる音だけで想像するより他になかったわけですよね。パーツも売ることもしなかったわけですから、故障してもわるい部分は返却しなければならない。ということで現物を見た人はまずいませんでした。こういう事から伝説めいたものが出てきたのではないかと思います。


木下 当時から、そのような神話めいたものがあったのですか。


八島 そうです。音はすれども姿は見えぬ、といいますか、物を見ることが出来なかったんですよね。 ですから調べようもないし、配線図もない、ある限られた人しか物を見ることが出来なかったんですね。ですから劇場であるシステムを入れたとしますね、そうするとマニュアルが一冊ついてくるんですが、そこには使い方しか書いてないんですよね。いわゆるトラブルチャートみたいなものは付いてこないんですよね。

しかも内部に手を入れると罰金を取られるんです。その代わり何時でも完璧な状態でいられるように、リース時の条件の一つとして保障しているんですね。逆に音が鳴っている最中に機械がストップしてしまったという時には何時間か以内に元に戻らない時にはウエスタンがペナルティーを払うということになっていました。それだけクオリティーの維持には気を使っていたんですね。これらのことからウエスタンの伝説めいたものが生まれたのだと思います。ウエスタンの幻の代表としては、597というトゥイーターがあるんですが・・・・・・・。


木下 これはいわゆるボストウィックと呼ばれているものですね。


八島 そうです。これはいわゆる設計者の名前ですね。ウエスタンのシステムがだんだんワイドレンジになってきまして、当時は30Hzから10000Hz迄をワイドレンジと言っていたのですが、555ではどんなに上手に組み合わせても10000Hz迄再生は出来ませんでした。そこで597を付けて3Way化を促進したのですが、当時597の値段が相当高く、ウエスタンとしては597を付けるだけの予算のない時には、救済処置として555の振動板に沿って1mm程の隙間をあけて蓋をし、背圧を高め、これにより高域を延ばすことを考えだしました。これによりかなりワイドレンジ化が可能となったのです。

 また597を付けても当時の人たちにはチリチリッといった雑音のようにしか聞こえず、超高域アレルギーといいますか、いわゆる良い音としては認められなかったわけです。そういうこともあり、せっかく取り付けても全て取り外してアメリカへもっていってしまいました。そこで幻のスピーカーと呼ばれるようになったのです。


木下 これは日本だけのことですか。


八島 そうです。日本だけのことなんですが、要するに絶対数が少ないということです。アメリカでは幻とは呼ばれていませんでした。日本だけの呼ばれ方ですね。

我々がウエスタン・スピーカーに興味を持っているのは戦前モデルですね。戦前のモデルといいますと、まず100%フィールドタイプです。ウエスタンとしてはパーマネントモデルには相当抵抗があったと思います。どういうところに抵抗があったかと言いますと、ウエスタン製品は全てリースであるということ、それで初期特性を出来るだけ長く保たせようとすると、世の中のパーマネント型スピーカーでは不可能なんですね。ウエスタンの技術者も私にいってたんですが、世の中にパーマネントがマグレットというものは無いよというわけですね。ギャップの中に交流を流しますと、だんだんと磁力が弱くなっていくんですね。 ですから当時から優れたパーマネント型スピーカーがあったにもかかわらず、ウエスタンとしてはフィールド型にしたというわけです。

スピーカーの規格といいましてもフィールドがどういう規格になっているか、また電源がついているかどうか、またどのような物であるか等というものしかなく、我々が欲しい許容入力は何Wとか、能率は何dbあるのかといった規格は、戦前のモデルにはこの種の規格の発表は一切無いんです。

ということはウエスタンのスピーカーが使われる目的というのはシステムの一部としてみているからなのです。スピーカー単体を売るのではないんですから、データーを発表する必要はないというわけです。

戦後モデルといいますと、1945年からのモデルですが、その後FM局向けにスピーカーをたくさん作って売ってたんです。この時に始めて周波数特性とか許容入力等、今日のデータに見られるのと同じ様な規格を発表したんです。ただしスピーカーの能率の関してはウエスタンは30フィートの距離で測定しているんです。この時の能率が100dですから、いかに高能率かがわかると思います。


木下 30フィートで100dbですか。


八島 明らかに、そういうデータを発表しているわけです。ただ私達が今、問題にしているのは戦前型モデルでして、このシリーズに関しては先ほど言いましたようにリースが目的ですからデータを発表する必要か無いんです。そういう意味でデータは無いんですが、0.25W の出力で朗朗とスピーカーが鳴るということは、いかに能率が高いかがよくわかっていただけたかと思います。ところで実際に測定していただいて594の能率はどの位ありましたか。


木下 1m/Wに換算しますと、110db位だと思いましたが・・・・・・。


八島 そうですか。そういうデータが出れば、それを信用せざるを得ませんが、実際には聴感状の能率はもっと良いはずです。こういう言い方をしますと、本誌には相応しくない発言になってしまいますが、先ほど、聞いてもらいましたように、0.25W出力のアンプで、何故あれだけ鳴るのか不思議なんですよね。ウエスタンスピーカーのデータに関して私は世界で一番持っていますが、戦前のスピーカーの詳しいデータは一切無いですね。私自身も一番興味あるデータなんで、あらゆるものを探したんですが、無いですね。


木下 ウエスタンエレクトリックが当時果たした功績にはどんなものがあったのでしょうか。


八島 大正3年といいますから、1914年ですね。この年にベル研究所が電話、中継器等の附対設備、増幅器等を受けもつ処としてウエスタンエレクトリックがあったわけです。ウエスタンエレクトリックの母体がベル研だったわけです。いわゆるこの年頃からウエスタンの役割がはっきりしてきたのです。

 オーディオのほかに高周波関係にも業務を拡げていきました。この頃、機械式吹き込みのレコードを再生して、大勢の人に聞かせるシステムは無かったわけです。この頃の蓄音機というものは個人を対象とした物しか無かったわけですね。ですから大勢の人に聞かせるためには音を大きくしなければならないわけです。そこでウエスタンとしてはどうしたかというと、蓄音機から出る音をマイクロフォンで拾って、おそらく0.5W位の出力のアンプと高能率ドライバーと巨大なホーンに取り付けて聞かせたのが、いわゆるファブリック・アドレス(PA)の始まりではないかと思うんです。これが1924年頃のことです。

その後トーキーの吹き込みと再生を手がけるのですが、この時、新たなセクションとして作ったのがエレクトロリサーチ(ERPI)なんです。このエレクトロリサーチが機械を作り、商品化したのがウエスタンエレクトリックなんです。この当時どんなに生産しても需要に追いつかず日夜フル生産していたんです。この頃大反響を起こしたのが有名な“ジャズシンガー”なんですね。

その後、アメリカは経済大恐慌になり、さしものウエスタンもこの影響をもろにかぶるのですが、その時17000人ぐらいの社員を今の言葉でいうレイオフしたわけです。それでそれらの人達から職を無くすわけにはいかないので、家庭用の家具を作ったり、用品を作ったりしていましたね。私の知っている物ではストーブ(オーブン)もありました。ミシンも作れば、フライパンまでも作っていました。しかし、このような状況時でもエレクトロリサーチはフル操業だったといわれています。一般には余り知られていないのですが、ウエスタンがフライパンを作っていたのは、後にも先にもこの時だけです。

木下 短期間だけだったんですか。


八島 そうです。ほんとの短期間だけでした。社員を首にしないためにですね。この頃は毎年ウエスタンの大きな収入源であった電話機の売り上げが大きく落ち込んではいたのですが、なんとか不況を乗り越えたんですが、ここで感心するのはウエスタンの製品は絶対に売らなかったわけですね。

 全てリースでした。このリースであるというのがウエスタンの大きなポリシーで、売り物は作らない、と徹底していました。

ただしウエスタン製品を借りる時の料金は相当高かったらしいですね。 それにもかかわらずハリウッドは全てトーキーシステムに成りましたよね。それだけノウハウを持っているという事だと思います。


 『555と555Wの違いについて』


木下 555と555Wはどのように違うんですか。


八島 1929年にノースカロライナ州に工場を移したんですが、同じ人間が同じ型を使って作ったのが 555でしてイリノイ州で作った物が555Wとなっています。


木下 そうしますとWの付いている物のほうが古い製品ということになりますね。


八島 そうです。ウエスタンの発表によると555も555Wも全く同じであるといっています。これはですね、真空管でも同じことが言えまして300Bと300Aとの関係ですが、これも全く同じ物でして、300Aが作られたのが古いだけであって、300Bとの違いはありません。


木下 555を分解してみますと振動板はごく普通のアルミのように見えたんですが、資料では材料名について何か書いてあるのでしょうか。


八島 資料によりますとジュラルミンの振動板となっています。


木下 594ですと振動板の色が全く違いますが、こちらの材質は何ですか。


八島 これもジュラルミンです。ただジュラルミンといってもピンからキリまでありますし、加工方法にもノウハウがありますから、ウエスタンならではの仕上がりになっています。見た目も美しいですよね。

 特にサビが出てないのには感心しますね。ただ555は物によってはサビが出るのもあります。何故か。


木下 私が見た限りでは594のダイアフラムにはアルマイト処理がしてあるように見えたのですが、いかがでしょう。


八島 ウエスタンはこれに関して一切発表していません。

 『エッジワイズ巻きボイスコイルの元祖はウエスタン』

木下 ボイスコイルを見て驚いたのですが、現代の最高級ドライバー等に使われているコイルの材質、形状が当時すでにあったというのには少なからずびっくりしました。アルミ線でエッジワイズ巻きになっているんですがアルミ線の絶縁皮膜はアルマイトなんでしょうか。それともエナメル系のものなんですか。


八島 さあっー。絶縁皮膜についてはよくわかりませんが、ウエスタンはよくエナメルは使っていますがコイルについてはわかりません。


木下 エッジワイズ巻きというのはJ.B.ランシングが始めて開発したと伝えられていますが・・・・・。


八島 ウエスタンが最初です。


木下 ウエスタンの誰が開発したかということはご存知ですか。


八島 いやっー。名前まではわかりませんね。

 『555ドライバーについて』


八島 日本だけに限らずアメリカでも555もどきのスピーカーが沢山出てきましたが、まず何処から模倣するかというと、外形をそっくりに作りますね。しかし材質のクオリティーが全く違うんです。

 ウエスタンの資料にはただキャストアイアンとしか書いてないのですが、キャストアイアンでは一番よい物は純鉄に近いものですよね。この純度の高い物を使っているというのがウエスタンの良さなんですね。ちなみに他メーカーではこの純鉄の段階で皆つまずいています。

 高度な純鉄を作るには難しいのです。


木下 一部にはパーメンジュールを使っていると、よく聞くんですが、たまたまバート・ロカンシーに直接聞いた話では、アイアンだと言っていました。日本ではパーメンジュールだと思っている人が多いのですが。


八島 なにを根拠にパーメンジュールと言うのか、私には良くわかりませんが、ここいらからも幻や伝説めいたものが生まれてくるのかも知れません。いくら研究しても同じ鉄が作れないので、パーメンジュールだと思ったりするんでしょうね。


 『ウエスタンの特性について』


木下 ウエスタンを測定してみてインピーダンスカーブがフラットに出てきたんです。ちょっと信じられないんです。


八島 そうですか。公称16Ωです。


木下 直流抵抗を測ってみても15Ω近いですね。大きな値と言えます。普通の16オームのホーン形スピーカーの直流抵抗はだいたい10Ω前後なんです。ここら辺にも秘密がありそうですね。私自身の経験として現在TADブランドのプロ用スピーカーを何種類か作っているのですが、これを開発する時に1934年のウエスタンの文献をいくつか読ませてもらったのですが、当時の理論を現時点に当てはめてもまったく過不足ないもので、これに現在の素材技術と加工技術をドッキングさせれば、セオリーは同じでも現代最高のものが作れると思うんです。


八島 そうです。そのとうりだと思います。私はね、現在の技術を持ってすれば最高のものが出来ると思っていますし、出来ない方が不思議だとさえ思っています。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm

                        \               , イ
                      l!   ヽ 、         ,. ( /
                        jl     ヾ 、    ,. (   /
                      l !.       iヘ.  /       /─ -  _
                       l !       !∨             `> 、
                      l i      /l l                  `ヽ
                      ! l    /  ! i                   \
                      ヽ 、  /   ! L- ´  ̄ `>、                ヘ
        ___.            ヾ 、 _i   .j j: : :_: : : : : : : : :ヽ            ヘ
      ,. (////////`>、         `ー|   / 斤´ 7 `ヽ: : : : : : ヘ            ヘ
   ////////////////∧         j.  ノ ,辷ンゅ  ∨: : : : : :ヘ            ヘ
  ////////////////////!         /  ^´ ////     i: : : : : : :i  r-、          i
  .i////////////////////ヽ _      /            .!: : : : : : :|  ー'r 、        |
  .!///////////////////////      `  _      _,.、    l: : : : : : : !    ´o         !
  !'/////////////////////,!         ` ー- (:::":ノrや´!: : : : : : : |             |
  ∨////////////////////               !j ////j: : : : : : : : !            i
.   ヽ//////////////////,{                /////!: : : : : : : :i             !
    \//////////////> '                /////,l: : : : : : : : !            i
      ヽ//////////                ///////,l: : : : : : : : :i            l
      //////////                 ////////,l: : : : : : : : : !             j
     .//////////> 、_              /////////!: : : : : : : : : ヘ            /
     ////////////////`ヽ             i/////////l: : : : : : : : : : ヘ          /
    .////////////////////ヽ          !/////////l : : : : : : : : : : ヘ        /
   .i/////////////////////∧         ∨///////ヽ: : : : : : : : : : :ヽ      ./
   !'//////////////////////∧         ヽ////    ',: : : : : : : : : : : :ヘ   /                 /
.   i////////////////////////∧         ヽ/     ∨ : : : : : : : : : : \/                    /
   !/////////////////////////∧       γ´フ´     ヽ: : : : : : : : : : : : :\                   /
   !//////////////////////////∧、     / ´      j  \: : : : : : : : : : : : :ヽ               /
    l'///////////////////////////∧/>、  /      r-f    \: : : : : : : : : : : :ヘ             /
   ヽ////////////////////////////ヽ///>j       !/,L_    \: : : : : : : :ト、: :j              /
     ∨///////////////////////////\//L_.  .__」////7>ー-'/ゝ: :、: : : : ! ):ノ           / _, . (
       ∨////////////////////////////ヽ//////////////////////フ\:j\: l            /、7/////
      ヽ//////////////////////////////////////////////////,ノ     `            / !/>: ´: :
        \///////////////////////////////////////////////ノ                 ムr//,|: : : : :
         ヽ///////////////////////////////> ´  ̄ `  ̄ ̄´ !                //////l: : : : :
           \//////////////////////> ´ ̄             |                !/! .V//!: : : : :
            ∨////////////////////ヽ     r j        l                l/  ∨ヘ: : : : :
             i//////////////////////ヽ^ヘ   リ         l                {!   ヾヘ: : : :
             |///////////////////に==, そ´          ヘ                !   }∧、:_:
             !/////////////////////r-='_、 !           ヘ                i   //r―
             |/////////////////////(ノ´//} `ー-_,         ヽ                i  l//!
              |//////////////////////////fj^i´ ̄           ヽ              ∨ j//L_
                  l'///////////////////////////∧             \              ∨/r―‐


____________________
____________________

5. ウェスタンエレクトリックのトーキー・システム

岡俊雄著『フィルム・ミュージック』('88・教育社) によると、1924年に電信電話会社ATT(現AT&T)の子会社のウェスタン・エレクトリック(WE)がディスク式電気録音・再生システムを完成。倒産寸前のワーナーはWEのディスク式トーキーに社運を賭け、音楽と効果音入りのサウンド版映画を製作。続いて『ジャズ・シンガー』が世界初のパート・トーキー劇映画として成功を収め、翌年、同じくアル・ジョルスン主演『シンギング・フール』('28)も記録的な大ヒット。その記録は『風と共に去りぬ』('39)まで破られなかった。

 ディスク式トーキーのディスクとは、なんのことはない、撮影機や映写機と同期回転させるレコードなのだ。この方式には大きな欠陥があった。録音時間が短い。フィルムやテープのように容易に編集できない。再生用のレコードがすぐにすり切れる。レコードの針を落とす位置にはスタートマークがあるが、フィルムが切れたりすると同期が狂って画面と音声がずれてしまう。

 1926年、フォックス社はシオドア・ケースのフィルム式(光学式)録音システムの特許を買い取り、さらにWEに技術協力を求め、1927年4月30日、ムービートーンと名付けたフィルム式トーキーのニュース映画を公開。こちらのほうが映画技術史の上では『ジャズ・シンガー』よりも画期的な出来事だった。

 メジャー各社もフォックス=WEのムービートーンを採用。後発のRCAはメジャー以外の映画会社に自社のフィルム式トーキーを売り込んだ。ワーナーも1931年ごろにはディスク式からフィルム式に変換。こうしてWEとRCAがアメリカのトーキー映画市場を独占した。

 フィルム式トーキーのサウンドトラックには、WEの可変濃淡型(上映用フィルムの端にバーコードのような縞模様を記録)とRCAの可変面積型(心電図のようなギザギザ模様を記録)がある。そのシマシマやギザギザに映写機の光が当たり、光の強弱を光電管が電流に変換して(録音はその逆の方法で、録音専用フィルムに音声だけを記録する)アンプで増幅する過程は同じなので、2つの方式には互換性があった。映写機を選ばないことがトーキー普及を早めた。1929年、WEは日本進出を計画。トーキーで他社に遅れをとった日活が提携を申し出て、1933年に第1作を製作。こうしてWEの録音・再生システムが日本映画界にもたらされた。

一方、WEよりも低コストの国産トーキーの研究を各社が続けた末、松竹が土橋式トーキーを完成。その日本初の本格的オール・トーキー映画『マダムと女房』(1931)の録音機を自作した松竹の録音技師・土橋武夫のインタビューが『聞き書 キネマの青春』(1988・リブロポート) に収録されている。彼は土橋式トーキーの研究中に、ぜひさわってみたいものだと思っていたWEの優秀なフィルム式トーキー録音機(当初、WEは機密保持のために厳重な監視を付けて日本の映画会社に貸与していた)を、いつどこで入手したのか、自宅の研究室に今も保存していると語っているのには驚いた。こんな物持ちのいい人はいないだろうと思っていたら、上には上がいた。

http://channel.slowtrain.org/movie/column-isan/isan_bn/isan0705.html

トーキー・システムの始まり


 1925年にワーナー社とW.E.の共同出資によって、サミュエル・ワーナーを社長とするヴァイタフォン社が発足する。その商標、ヴァイタフォンによる初めての映画として、翌年8月にニューヨーク・フィルハーモニックの音楽をフィーチャーした『ドン・ファン』が封切られる。 ハリウッドにおけるトーキー映画の製作プランがただちにスタートして、そのための防音設備のあるスタジオが音響学のエキスパートの知識を集めて建てられた。 アル・ジョンソン主演のトーキー映画『ジャズ・シンガー』の撮影は1927年の4月にスタートし、同年10月にニューヨークで封切られる。この映画の成功があまりにセンセーショナルだったので、もはやすべての映画製作者たちは、トーキー映画の定着を信じないわけにはいかなくなっていた。

 この、『ジャズ・シンガー』のトーキー再生につかわれた『ヴァイタフォン・システム」は、録音された音の情報が直径16インチ、33.33r.p.m.のディスクに刻まれている。このディスクを、フィルム・プロ ジェクターのモーターとギアで結んでシンクロナイズさせたターンテーブルの上で回す。 ディスクに 刻まれた音を拾いだすのは『4-A』リプロデューサーだ。

アンプは『8-A』と『9-A』または『10ーA』、後に『41-A』と『42-A』『43-A』が用いられて、スピーカーは『555』レシーヴァー に『12-A』と『13ーA』ホーンをそれぞれ数台組み合わせたものだった。 

_____________


ウエスタン 対 RCA  


映画は人々の娯楽の主流だった時代、映画産業とその設備装置には最先端の技術が投入された。ベル研究所で開発され、ウエスタン・エレクトリックで製造されたシステムはその王者の地位に君臨したが、これに果敢に挑戦するものも現れた。そのひとつに名門RCAがある。

ウエスタン・エレクトリックは、フレッチャー・システムのノウハウを投入した594Aドライバーを使用したシステムを旗艦としていたが、これに対抗すべくRCAは、フェノリック振動版を用いたMI-1443ドライバーを開発し594Aに挑んだ。RCAはMI-1443フィールド・ドライバーとペア組みするために、MI-1444ウーファーも開発し敢然とウエスタン・エレクトリックの牙城に挑んだ。


  先端技術の特許戦  


  ベル研究所はコンプレッション・ドライバーに関係する多くの基本特許を有していた。しかしながらコーン型のウーファーを作るための特許は、GE(General Electric)が押さえていたため、ウエスタン・エレクトリックではウーファーの供給は、JensenからOEMで受けていた。RCAは親会社GEの持つ特許をフルに利用できたためフィールド型のMI-1444型15インチ(38センチ)ウーファーを開発できた。そしてMI-1443型ドライバーと組み合わせたシステムを構築した。このシステムに使用されたのが下の劇場用のネットワークである。


 
超怒級RCA劇場用ネットワーク


  ネットワークは巨大な鉄製の箱に納められていっる。左側が高さ46センチ、幅38センチ、奥行21センチのネットワーク本体で、右側がMI-1443ドライバーのレベル調整用のインダクタ型のアッテネータである。重量はざっと25キロ以上はあり、やすやすとは持ち上がらない。ネットワークの回路は、実に興味深い構成で、今日では考えられないような回路だった。

下の写真は、この箱の中身であるが、部品は2種類4個だけである。左上と右下がキャパシタで、右上と左下が空芯コイルである。空芯コイルだけでも1個が4キロ以上、10mHという規格である。後ろに見える配線用のケーブルの太さは直径2センチ近くのものだ。ウエスタン・エレクトリックに対抗しようというRCAの気合が伝わってくる。  


   
  遠き先端技術の闘いのロマンへ

 
ウエスタンとRCAのシステムとしての戦いは、実際になき合わせ試聴会が行われ、音の良さとしてはRCAが勝ったという話を聞くことがある。もしこれが事実ならば、これはWEが594Aドライバーを持ちながらも、これとマッチンングできるウーファーを開発しなかったことによるウエスタンの不利と、MI-1443ドライバードライバーで劣勢のRCA は、自社で優秀なMI-1444ウーファーを開発し超怒級のネットワークとともにトータルなシステム性能で辛勝したのではないかと推測する。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/RCA_Network/RCA_Network.htm

        { `¨⌒}
          ..>'⌒'〈
        {__,,ノ´ 、}
       {___,,ィ ,〉
           { リ'^i
           、{_,ノ
           | -‐…‥‐-  .,,_
           i: : : : : : : : : : : : :`丶、
           l: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           l: :/: : : : : : : : : : : : : : : ` 、
           |/: : : /: /: :/: : : : : : : : : : : :'.
           |:,_:_:/|:〃 /:/ : : : : : : : : : : : :
             〔_、{`刈、:|: | : : / : : : : : : : : :
           i==ミぃW|/|: :/: : _j: : : : : : : :
           :'⌒i 犲i  |/|: :_/ }: : : : : : : :
           i:....ノ }}    .ノイ}`メ:i:| : : : : : :
           |ミ    _    =ミ: :从:| :i: : : :
           l     i|{、_  '⌒i 狐\/: : : :
           |  r   ミ{:.....ノ }}i|从 : : : :
           | _   ´    `弌 ノ代:八: : : :
             〔_ `Y           '| / : : :、ト、|
           ト .`’       / /|: : : : : :
           |        . イ-イ: :|: : : : : :|
       , /   _}├‐…=≦{:! : |: :|: |: : : : : :|
     { {'⌒¨´ ̄`'く_/ 从: :|: :|: |: : : i: : :
       `て¨i≧r‐ } _/ }iW|: :∧: |: : : |ト、
      、_{'⌒¨´ ̄`ヾ     ∨八{ }:i|: : : || .
      `下≧zr‐ }}    \__ノ リ }: :リ  }
         (⌒“ ̄`Y”,    ⌒て¨}ノイ .ノ'
       、(⌒¨⌒'〈、‘,      '.
          `で下.,__}} ‘.       }、
          {」 ,リ      .≠⌒i
             i | √}     |_/    }
             i 「 }八   ´}      ノ

ウェスタン・エレクトリックのトーキー用機器詳細

1) レシーヴァー

@ Western Electric 551 Driver  

マグネチック方式最後のドライバー トーン・ポリシーは555に引き継がれている
ウエスタン・エレクトリックのマグネチック方式最後を飾る業務用のドライバーである。一般に3Aホーンをつけて使用される。そのためオリジナルの音を聴くためには、3Aホーンが必要となる。3Aホーンで聴いたときに初めて真価が発揮される、というか549W/551は、この時代の専用ホーン群を使用することを前提に設計されている。
551のトーンは、蓄音器のもつ絶妙のプレゼンスを彷彿させる。549Wも同じ音だが、551のほうがインピーダンスが高めで音量が大きく改良されている。日本には549Wの防水仕様がたくさん入っているが551は少ない。銘記と言われる蓄音器の音の世界に近いものがある。

この551以降ウエスタンのドライバーは、有名な555に引き継がれるが、555ドライバーの音はこの551のトーン・ポリシーを受け継いでいる。すなわち血脈の音である。


生、原音のプレゼンスを求めた蓄音器、

それを目指した551、

その血を受け継ぐ555ドライバー

と世代が変わってもその求めるところは変わらない。技術革新という意味では、この551と555の間には飛躍的なものがある。そして近代ハイファイの原点であり到達点となるの594Aドライバーに引き継がれる。

555と594Aの世界は全く異なるが、いずれもが到達点であり双璧である。蓄音器、551、555、594Aと聴いてみると人類の音楽芸術と音響技術の歴史的変遷と融合を理解できる。


 
  551 Driverの鳴らしかた  

  インピーダンスが非常に高いので、よく雑誌の試聴では、出力トランスを逆に接続して、一次側をこのドライバーに二次側の8オームをアンプ側につないでマッチングをとる記事が見受けられるが、これでは真価が発揮されない。出力トランスの一次側は、数キロオームに達しこのドライバーのインピーダンスとしては高すぎるし、さらに中間にトランスを入れるというのはまったくもって可哀相な話だ。
 
  551は、約500オームのインピーダンスとして扱い、真空管式の500オームの二次インピーダンスのトランスがついたアンプで鳴らさなければいけない。低い周波数をカットするために0.1u程度の品質のよいキャパシターを直列につないで使用する。魂に浸透するような音の世界が現出する。

マヘリア・ジャクソンやバッハのパルティータを深夜に静かに鳴らす。こうなると蓄音器に近い世界で、555も594Aもタジタジである。もうHMV203を持ち出すしかない。SPの復刻をこのドライバーで架けるとそこらの蓄音器ではとても追いつかないものがある。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/551/551.htm


              /  / _
            . /   ノ /   `丶      _ .. ,
           / /   /  ′      ` ¨´   /
          /     /    、    ヽ    ノ/
         ′    /     /`ミ、/ヘ、  ´ /
       /       {      /       | '.   /
        /l       /  i   /   ,、    |ハ  !
      ; l     l  | /,. '"     /ヽ.l_, |
      ||   ′i|   l  ,ニ、    /}、/ } |
      |     {   !   lィ、_ ノ    /イノ!イ  ;
      |、 !  、 ヽ  l 代 ソ     じ' ハ/
      l Y|  i \   | l ::::::    ' :::/  }
       ; ノ!|   ゝ-‐`ー .l、ゝ   r ァ /  /
      〃 リ /    ヽl >  _ ィ'}ヽ  /
     /  / /      マ!|   // ハ /
     / ,  ,′       i }l !  // / l
    / /   !       リ l l // /   |
    / /    |  i      ヽl ∨/ /  |
   ノ /     : l       ヽ./  }   l
  ( イ       l l        {   /   |
   ヽ!       ‖       、 : /   |
    人       l        ヽV      |
   ん、ヽ.     |          }     )

_____________


A Western Electric WE 555 Receiver


 『555-W』は1926年、本格的に始まったトーキー映画ヴァイタフォン)用に開発された、ウェスタン製 のレシーヴァー(スピーカーのことを同社では伝統的にレシーヴァーあるいはラウド・スピーキング・テレフォン=L.S.T.と呼ぶ)である。

形式的には世界初の業務用ムービングコイル型コンプレッション・ドライヴァーであり、12-Aホーンをスクリーン上部に、13-Aホーンを舞台下のオーケストラ・ボックス内に設置し、『555-W』と組み合わせただけで、数百人〜2千数人規模の客席を持つ劇場のすみずみまで、充分に音のサーヴィスすることができた。

ちなみに、そのころの同社のトーキー用アンプリファイアー(以下アンプ)は、主力であった8-A+9-Aで1.69W、ブースター・アンプの10-Aを付加しても19Wという驚くべき小出力であった。

『555-W』(当初、製造ははイリノイ州ホーソーン工場で行なわれていたが、Serial No.20.000盤台からノースキャロライナ州バーリントン工場に移管され、〔W〕のサフィクスを省略)は、従来のスピーカーの常識をことごとく打ち破る、革命的な製品として彗星のように登場した。軽量なアルミリボン線によるエッジワイズ巻きヴォイスコイル(90%以上が導体で占められる)の採用、正中断面がM字状にらる17STアルミ合金ダイアフラムには、同社のハリソンH.C.Harrisonの発明によるタンジェンシャル・エッジが採用され、大型ホーンとの組合せのフルレンジ使用による大振幅を可能にしている。さらにダイアフラム前方に近接して設けられたフェイズプラグも、特許の範囲に含まれる。業務用に求められる絶対的耐久性、高感度、広い周波数特性とダイナミックレンジ、加えて低比率を実現したこのユニットは、またたく間に世界を席巻する。 

 中略

 ホーンとの組合せによっては、帯域バランスや指向性、エネルギー感が微妙に変わるため、設置する部屋や好みの音楽に合せて選択できる愉しみがある。まず、最も著名で我が国のシアターでも多用された

15-Aホーン・システム(17-Aカーブド・ホーン〔3層の合板製〕+7-Aレシーヴァー・アタッチメント+『555』)

を一応の標準として、それぞれの大まかな傾向を比べてみることにする。

この15-A ホーン・システムの特徴は、フルレンジで用いた場合、開口部が大きい(52×52インチ〔132.1cm〕、カットオフ周波数57Hz)ためか、かなりの低域までフラットなレスポンスを持ち、しかも一般的なコーン型ウーファーにありがちな押しつけがましさが一切ない。SP盤が特にいいが、モノラールのLPぐらいまでは、いまもって超一流のサウンドが得られる。そしてホーンに近づいても離れても音量差をあまり感じないのは、開口部の波面が平行面に近くなっている証拠である。

 6-Aと11-Aは残念だが割愛する。12-A(カーブドホーン)は13-A(フォールデッドホーン)と同時開発の“ヴァイタフォン”最初期の傑作で、双方ともソリッドウッドを繋ぎ合わせた豪華版である。適当な内部損失と重量(12-Aは180ポンド〔81,5kg〕、13-Aは250ポンド〔113.3kg〕が功を奏して、クリアーで彫りの深い陰影に富んだ表情を得意とする。公表されているカヴァレッジ・アングルは水平30度、垂直40度だが、実際には開口部の平行面の反射があるためか、水平の指向性は意外に広い感じである。12-Aは電気吹込み方式のテスト時のモニターに多用されたのは当然だろう。13-Aのほうは音道が長く、2回の折り返しがあるせいで音が低域寄りになる。

 中略

 また後の“ミラフォニック・サウンドシステム”になってから使用された25-Aホーン(フラットフェイス、15セル・メタル・ストレート)は、2ウェイシステムで使用した時にひじょうに使いやすいホーンとして、忘れることはできない。

 中略

 大まかなところだけ述べると、まずバックチャンバを塞ぐ蓋だが、ワイヤークロスとブラス板の2種類がある。これは特に低域に関する差があり、伸びとダンピングの面ではクロスに軍配が上がる。

 中略

 フィールドコイル励磁電源のタイプによる音の差はかなり大きく、タンガーバルブは艶の乗った澄み切った音、セレン整流器は引き締まったデリケートな音、バッテリーは近代的な切れ込みの鋭い音、 といった傾向を示す。

『555』を現代に活かすには

 15-Aホーン・システムは、映画館の標準システムといっても過言ではないほど広く普及した。

 これを41-A+42-Aまたは46-Aアンプと組み合わせれば、往時の音をそのまま愉しむことができる。

 もし、このようなシステムが入手できたとしたら、ホーンを天井吊りにし、音軸をリスニング位置に合せて、まずはフルレンジで鳴らしてみることをお薦めする。音響製品に関するさまざまな悩みを一掃してしまう。説得力のあふれるサウンドに圧倒されるはずである。また、レシーバーを複数個使用も興味深い結果をもたらすことは確実で、これは17-Aホーン以外のホーンでも同様である。

 通常、高域のレンジが拡大し、静寂感が増してくる。

 より高度な使い方を追求し、現代のデジタル・ソースまでの適応を考慮するならば、同社の2ウェイ〜3ウェイ(ワイドレンジ・システム)への展開を図ったのと同様のテクニカル・スキルを、オリジナル通り踏襲するのがベストである。

それが1933年、バッフルに1〜6本の『TA-4151-A』(D.C.型は『TA-4153-A』を加えて低域を強化し、高域に「596-A』/『597-A』をプラスしたシステムである。 そして、ここにウェスタン・サウンドは一つのピークを迎えることになる。

 中略

 ウーファーは後面開放型キャビネットかプレーンバッフルに取り付けるのが、『555』とのつながりをスムースにする鉄則で、トゥイーターは1〜4μFのコンデンサーにより低域をカットして付加すればよい。 いずれにしても『555』になるべく広い帯域を受けもたせるのがコツで、ディヴァイディング・ネットワークもオリジナルを参考にいろいろ試してみたい。『555』でレコードを鳴らすと、演奏家の肌のぬくもりが一緒につたわってくるような感じがありありとする。そこには“音”だけではなく、“音楽” がある。 『555』は工業製品でありながら、工芸品の域にまで達した、たぐい希な存在である。


 このサインはウェスタンの発声装置を設けた劇場の入り口に誇らしげに掲げられていたものです。

 ウエスタンとしては珍しくTalking Pictures at theit Best!と書いてある、その自信の程を見せている。

 これは1933年に作られたもので当時のアンプリファイアーは41・42・43型、また12A・13A・14Aホーンと555Wが使われいました。なんと75年前のことです。  (2008年記)

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm


______________


Western Electric 555の修復のお話

  原点が到達点
 
1920年代から30年代に設計された、WE555と594Aが、今日に繋がるオーディオ・スピーカーの原点であろうことは、誰もが承知する事実である。しかし今日100年の時を経てして、おそらくはこのスピーカーを凌ぐものは現れていないと云っても過言ではないだろう。ベル研究所では、音響に関する基礎研究は、すべてやりつくされていたと伝えられるが、ウエスタン・エレクトリックのスピーカー群は、まさに到達点にあったのだ。歴史が下り、量産のための技術は、飛躍的に進化したが、究極の性能をそして音楽を追求し再現するという技術は、ウエスタン・エレクトリックの時代に頂点を極めた。おそらくは、フレッチャーシステムが歴史の上での頂点に位置するのだろう。

私は、Western Electric 555 Driverを使用している。これは、ビンテージであるが、同時に工業製品でもある。つまり設計図をもとに生産され、故障しても修理可能であり、不調のときは調整ができるということである。私は、オルトフォンやEMTのカートリッジを分解して、自分で調整したり、ダンパーの交換をしている。自分で使用するものだから、製造が終了したものは、自分で面倒をみなければ毎日使えない。私の555 Driver も入手したときは、難物であったが、メンテナンスし調整して見事に甦った。ここにその概要を紹介しよう。


 
  70余年の歳月で錆びた振動版

  当然のことながら、懐に余裕のあるはずもなく、入手したWE555は難物であった。音がどうもビリついて、歪むのである。そのうちドライバーを逆さまにして振ると、スロートから白い粉がぱらぱらと落ちてくる。一番外側の6本のネジを外してフェイズ・プラグを抜くと、なんと、アルミニウムの振動版が錆びて、酸化アルミニウムがへこんだ表面一面に付着している。反対側のボイスコイルのついているほうは問題ない。振動版の厚みは、0.002インチである。復旧に挑戦することにした。

  綿棒と、研磨材、マシンオイル、ベンゼン、容器その他を用意する。まずは、研磨材をマシンオイルに溶かし、粘度を下げて作業のし易い柔らかさに調合する。ただひたすら静かに、最低限の研磨圧力しか加わらないようにして、外周から内側へと綿棒を動かし研磨を行う。まずは、表面の酸化アルミニュウムを取り去らなければならない。第一段階の作業が終了したら、ベンゼンで研磨材とマシンオイルと酸化アルミニウムが混合した白い液状油を丁寧に溶かして取り去る。第二段階は、表面を鏡面になるまで、均一に研磨する。このときは、数ミクロンのアルミニウムが削りおとされるので、オイルは、やや黒ずんだ色になる。

  酸化アルミニウムが取り去られた状態だが、また振動版に数ミクロンではあるが、錆が食い込んだ跡が認められ、均一な金属光沢が得られていないので、さらに注意深く、均一に研磨を続ける。均一に研磨されれば、ゆがみのない光沢が得られる。5回程、研磨とベンゼン洗浄を繰り返し、均一に研磨されたかを確認しながら地道に作業を続ける。
 
  作業完了に近い状態の振動版の様子である。美しい光沢が甦りつつある。黄色いタグが見えるが、これはフェイズ・プラグ、振動版ユニットとヨークの最初の取り付け位置を忘れないようにするためのマークである。これによって振動板は、数十年の歳月を越えて甦ったのである。このあと振動版には塗膜処理をする.

  フィールド・コイル(磁気回路)のオーバーホール  

  ダイヤフラム・カバーを外したあとは、ボイス・コイルを挟む、円状のヨークのギャップを注視する。この部分に鉄粉などが付着していることがある。本来ヨークは、純鉄製のはずなので、磁化しないはずだが、わずかな不純物が混じっていたと思われ、それがフィールド・コイルで駆動され続けることにより、磁化がすすんだと思われる。このあとは、最外周の8本のボルトを外して、磁気回路をオーバーホールする。接点部分のネジやワッシャーは、数十年を経過しているから、錆が上がっている。先ほどの振動版の研磨と同様の方法で、錆を落す。内部には、鉄粉や埃などがあるので、清掃する。振動版に比べれば、はるかに楽な作業である。  


 
ボイス・コイル位置調整

最後は、最大の難関のひとつである。ボイス・コイルの位置調整である。ダイヤフラムを外すのは、十分に注意すれば、普通の人にでも出来ないことはない。しかしボイス・コイルを正確にギャップの適正位置にセットするのは、容易ではない。そのための位置ガイドがないのだ。また縦方向の位置(深さ)に関しては、ゴムのパッキンが間に挟まっているが、経年変化で硬度、厚みともに変わっているはずなので、そのままの状態で、ボルトを締めこむと、僅かながら、深い位置にセットされてしまうはずだ。何しろボイスのまき幅は、約3ミリ程度しかないので、ギャップとの深さ方向での位置の違いは、音に現れるはずだ。

  水平方向に関しては、ボイスコイルの真円度に誤差が大きいので、うまくセットしないとギャップとボイスコイルが擦ってしまう。固定するボルトの精度も高くないので、当然誤差が発生する。位置ガイドがないのがつらい。


  ハスキルに助けてもらう  

  実際に音を出しながら、位置調整をすることにした。使用するレコードは、クララ・ハスキルのピアノで、モーツアルトのピアノ・コンチェルト24番、K491である。この曲の録音は多いが、1960年11月15日にパリで録音したものである。指揮は、イーゴリ・マルケビッチ、コンセール・ラムルーのオケである。

  まずは、音が出る位置を水平方向で探す。ボイスがタッチしていると音が出ない。そのあとは、全曲を通して、音がびりつかないところを探す。最後は、抑揚感とオケのニュアンスで、ボイスの深さを含めて調整する。深さ方向には、パッキンのへたりのぶんを上の方に持ち上げる必要があるので、名刺を数枚、音を聴きながらはさんで調節する。

組みあがってからでも安心してはいけない。フィールド・コイルに電流を流すと2時間ほどの通電で、本体が温まってくる。こうなると、ヨークが熱膨張によって、わずかに位置がずれる。4時間以上の通電後、再び同様の調整を行う。555や594Aは、フィールドに電源が入ってから音がまとまってくるまでに数時間はかかる。私の場合は、フィールド・コイルは、24時間通電している。タンガーの人はそうはいかないと思うので、常時通電は、トランジスタの定電流回路で行っておき、聴くときだけタンガー電源に繋ぎ変えればよいだろう。

  ホーンと594Aの話は、また別の機会に書くことにしよう。実は、ウエスタンは、555迄の時代と、594A以降の時代で、世界が異なっている。555は、蓄音器からマグネチックを経た時代の集大成の作品であるのに対し、594Aは、新しい挑戦の時代の製品なのだ。594Aは、いわゆるハイファイの原点、開始点、そして実は到達点でもある。そう。到達点が555と594Aの二つあるのだ。どちらもがウエスタンの究極であるが、それぞれが時代の分水嶺になっている。そのようなわけで、ウエスタンを極めるためには、555だけ、594Aだけでは、すまされず、双方のシステムが必要となる。どちらが優れるということはない。歴史上の双璧がここに極まっているのだ。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/we555_r1/we555_r1.htm


WE 555振動版 ダイヤフラム修理

  WE555振動板引き出し線の金属疲労
 
1920年代から30年代に設計製造された、WE555は、名器中の名器であるが、同時にベストセラーでもあった。約2万本が製造されたといわれている。しかしフルレンジでの使用がほとんどで、アンプの大出力化にともない、故障が増えていった。そのため何度も改善がされたが、振動版にも多くの種類がある。私の使用しているものは、中期のオリジナル振動板だが、やはり引き出し線が振幅による金属疲労で断線した。かなりの数の555の振動板の引き出し線は、同様の金属疲労によって断線しかかっているものがあると思うが、断線が近くなってくると音質に悪影響が及ぶので、そのようなときはハンダ付けし直したほうがよい。


  しなやかな銅線で、エッジが動きやすくする

  WE555Wのオリジナルの振動板の引き出し線は、斜めに細い銅線がダイヤフラムの溝に沿って引き出されており、エッジの動きを妨げることがないが、実に断線しやすくなる。断線したときは修理がやっかいになる。今回は、横引き出しの板状のリードに銅線をハンダ付けしたが、白いビニールテープの裏側は、純銅のより線のままにして、ダイヤフラムの動きをさまたげないようにした。

  このため、ターミナルのハウジング部分にリードの延長ハンダ付け部分があたるので、この部分をまずヤスリで研磨した。

  さらに小型のボール盤で、切削部の形状を整える。  

  作業完了の状態。
 
  オーバーホールと再くみ上げ

 

  3年ぶりくらいで分解したが、内部のギャップ部に細かい鉄粉が付着していた。また赤いサビが一部に発生していたので、これらとともにホコリも綺麗に清掃してオーバーホールした。元通りに組み上げて調整したが、以前、ソースによって時折感じられた音の濁りがキレイに解消した。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/we555_r2/we555_R2.htm


WE 555 ダイヤフラムリード断線修理


私の使用しているWE555の一本が、時々音が途切れるようになりやがてまったく音が出なくなってしまった。デジタル・マルチメーターで測定すると、ボイスコイルはオープン状態であった。大パワーを加えたわけでもないので、ボイスコイルが断線したとは考えられない。さっそく分解して目視で検査したが、下の写真のようにどこも断線しているような気配はない。

  さらに注意深く検査すると、片側の平型引き出し線が、ボイスコイルボビンの中で断線していた。長期に渡って振動が続くことにより、金属疲労によって断線したものと思われる。これでは、ちょっと外見から見たところでは判断がつかないところだ。  
  さっそく、素材を調べてみたところ、りんせい銅の厚さ0.095ミリ、幅が1.90ミリのスペックであることが解ったので、下の写真のように、同一寸法、形状のものを無酸素銅板から切り出して作成した。

  破断した引き出し線をとりはずし、新規作成の引き出し線を注意深く、ボイスコイルのボビンに入れてやる。上のほうのエッジから、アルミのエッジワイズ線が、引き出し口のところに斜めに降りてきているのが解る。この場所で、引き出し線が、アルミのエッジワイズ線とカシメて接合させている。

  新しい引き出し線で接続が完了したところ。二時間ほどで完全に復元したが、一般の人が真似て作業すると必ずといっていいほど失敗するので、お勧めしない。本当に信頼できる腕のよい業者にたのんだほうがよい。簡単に見えるこれらの工程も分解してから、調査、修復法の研究、修復のための冶具の製作と作業準備に二ヶ月をかけている。周到に準備して集中して作業すれば、修理は短時間で終わる。たとえボイスコイルが断線しても修理は可能なので、こわした人はあきらめて捨てたりしてはいけない。これは文化遺産なのだ。
 
http://homepage3.nifty.com/western/audio/we555_r3/we555_R3.htm


ウエスタンのシステムをオリジナルの状態のコンビネーションで使用するというのは、ある意味で正解である。ウエスタンは、まさにその状態でバランスをとっている。

ウエスタンのスピーカーのリード線などを見ても、こんなところに細くて純度の低い銅線を何故使用するのだろうかと思うが、実はそれでもってバランスをとっている。6Nや7Nを使用すると破綻することがある。594Aのダイヤフラムのリード線も細い。オリジナルのWE755Aのリードも初期は細い。

アルテック以降の755Aでは、"良い"銅線が使用されている。バランスというものの本質が分かっていない後期の設計者が、抵抗値が低ければよい音になるだろうと思って、変えてしまったものかも知れない。いずれにしろ、ALTEC 755Aは、外見も仕様も全く同じだが、Western 755Aの音はしないのである。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/nazo2/nazo2.htm

555+24A+1444実験システム WE555を24Aホーンで鳴らしてみる話


ウエスタン・エレクトリックのシステムを構成する個々のコンポーネントを開発するために費やされているコストと時間は、尋常なものではない。しかも当時世界最高水準のベル研究所のスタッフがこれに従事していた訳だからなおさらである。人材、資金、時間が湯水の如く投入されている。ウエスタン・エレクトリックとベル研究所の音響システムの開発にかける姿は、さながら後年のNASAのプロジェクトに近いものがある。製品のどれ一つとってみても、当時の最高の素材が使用されており、技術は歴史的にも最高の水準にある。もし当時のベル研究所のスタッフが、今日の素材を手にしたら、どのような物が出来上がるのだろうかと想像すると戦慄が走る思いだ。

最高の音響システムを構築する一つの方法は、当時のウエスタン・エレクトリックのシステムを忠実に再現することであろう。理由は、その状態で完全なバランスがとられているからだ。しかしながら、バランスのとりかたには複数の解があるはずで、当時のシステム構築者が取りえなかった別の解があるはずで我々にはこれに挑戦することで、ウエスタンのコンポーネントからシステムとして別の魅力を引き出すことも可能ではないかと思う。ウエスタンのオリジナルのシステムを超えようとか冒涜する意図はもとよりない。もしウェンテが現代に生きていたら、どのようなシステムを開発しようとするだろうと、技術ロマンに心を躍らせる。

555コンプレッション・ドライバーを色々と聴いてみると、その完成度と技術水準の高さを超えたところに、造り手の意図を感じ取ることができるような気がする。このドライバーは、あきらかにホーンと一体で使用することを前提に設計されている。そしてターゲットにしている音は、蓄音機が表現できる生の音楽のプレゼンスである。蓄音機は、機械振動から直接音波を作りだしているので同じ系のなかで音を処理している。これに対し、スピーカーを使用すると機械振動、すなわち機械系から電気系に変換し、これを増幅して機械系に再変換を行っている。一般に、系の変換を行うと、何らかの情報が失われる可能性がある。私は、プレゼンスではないかと直感している。このプレゼンスこそ、生の音の肌触りであり、そこに演奏家がいるという佇まい感であり、さらには再生装置が消え、そして演奏家さえ意識させず、ただ音楽のなかに包まれる世界への到達がある。



ストレート・ホーン

555ドライバーは、ホーンなしの状態でもフル・レンジで実に華麗に音楽を再現する。ボーカルやピアノなどが特に素晴らしい。3Aホーンなどで聴いてみるとその素性のよさに感動する。しかし短いホーンでは低音を補ってやらなければならない。今回はWE594用に開発された24AホーンをWE555に接続してみる。低音は、RCA1444フィールド型15インチ(38センチ)を2発使用して実験システムを組んでみる。この24Aホーンは最終的には594Aドライバー使用するが、このストレート・ホーンに低音をマッチングさせ、15Aの世界に迫れるかを実験してみる。ウエスタンのカール・ホーンは曲げられているが、これは実用性を重視したためであり、研究所の実験では、巨大で長いストレート・ホーンが使用されていたに相違ない。そこでの研究成果をもとに、いかにストレートの状態の音を損なわず、うまく折り曲げ、また巻いて、現実的に使用可能な大きさにする苦心が行われたと推測する。




実験システムの概要

WE555は、基本的にはエッジの共振周波数が低いのでフルレンジのドライバーと考えることができる。そのためなるべくフルレンジに近い動作をさせてやるためにネットワークのカット・オフ周波数を112Hz、6dB/octにとった。24Aホーンのカットオフは200Hz台なので、ウーファーのクロスオーバーを高めにとり聴感上の音響エネルギーをバランスさせる方法をとる。問題は、ドライバーとウーファーの能率の差であるが、音質を劣化させる抵抗成分は意地でも入れない。ドライバーのほうが強ければ、ウーファーをダブルにする。これで3dB差が縮じまる、足りないぶんはホーンロードをかける。ドライバー側にアッテネータを入れたレベル調整はしない。それでも合わせきれない場合は、フィールド電源の制御と出力トランスのインピーダンス・マッチングで調整する。くどいようだが、意地でもドライバーに直列に入るハイパスのキャパシタ一発だけにする。ウーファー側も意地でも巨大空芯コイルのインダクタを一発にする。ネットワークは、プレゼンスを殺してしまうので最低限に押さえたい。


RCA1444ウーファーのマッチング

RCA1444、15インチウーファーは、RCA1443コンプレッション・ドライバーとのコンビネーションで、RCAがウエスタンに挑戦した気合の入ったコンポーネントで、その実力はWEに優るとも劣らない。(残念ながら、ドライバーのほうはWEのほうが役者が一枚半から二枚ほど上手だろうと私は推察する。)しかし594Aコンプレッション・ドライバーに追いつくことのでくる低音用のウーファーはざらにはない。恐らくは18インチ(46センチ)フィールド型のTA4181ウーファーを4発、ホーンロードをかけてちょうどいいくらいだろう。594Aとのコンビネーションは、ディジタル信号処理を使った別のアプローチで考えてみる。今回は、RCA1444をダブルで使用し、部屋の音響特性も考慮してクロスオーバーを507Hz 6dB/Octと高めにとって重ね合わせている。音響エネルギーの調整は、1444のフィールド電源でコントロールする。このフィールド電源は、1本あたり115Vの200mA程度が定格であるが、質のよい乾いた低音を軽々と出すには、定格よりかなり低い電圧のところにあるようだ。よって一本ではWE555にはバランスできないので、二本並列に使用する。各ウーファーには、独立して空芯ネットワーク・インダクタを挿入する。ネットワークに使用したキャパシターとインダクタは、RCAの1444/1443ドライバーの劇場用の専用ネットワークで使用されていたもので、2個ずつのオイルコンと空芯コイルが鉄製の配電盤のようなボックスに収納されており、重量は優に15Kgに達するものだ。下のウーファーの口径が38センチであるから、この24Aホーンというのがたいへんな代物であることがよくわかる。まだこの写真では、低音側にホーン・ロードがかかっていない。




プレゼンスと位相差

このシステムでは、ドライバーと低音用のウーファーの振動版の位置が、約60センチ異なっている。この差は、かなり重要なファクターで、ドライバー側の音が2ミリ秒ほど遅れている。人間の耳の検知限界は、実は1ミリ秒とかなりの精度をもっているので、この差は確実に音の差に反映している。この時間差はアナログの世界では制御できない。今低音と高音をマルチ・チャンネル駆動し、DSP(ディジタル信号処理)を使ってそれぞれの時間軸を制御して、これがプレゼンスに与える影響を調べてみたいと思っている。(ちょっと説明すると、ディジタル信号処理で、遅延回路を利用し、各チャンネルの信号に時間差を設定する。ユニットの振動版の位置を自由に前後に移動させるのと等価のことが行える、意識的に位相差やエコーを作り出したり、キャンセルすることができる。)このためにSH-D1000を購入したのではあるが、DAの出来がこのクラスにマッチするレベルにないので、改造が必要だ。



幻の7日間

2004年1月15日から21日までの7日間は、忘れることができない。追い込み途中で、すごい音の世界が出現してしたのである。RCA1444のエージングとフィールド電源の調整がどツボにはまった。調整途中で、まだ音は濁っており、分解能も出ていない、コーラスの分離が悪い。しかし只ひとつ、今までのどこでも体験したことのないプレゼンスが現出したのである。二階で再生しているのだが、我が家は三階建てなのだが、どの部屋で聴いても同じ音量で、音楽が壁を貫通して浸透していくのである。まるでニュートリノのようである。レコードに入っている音と実在の音との識別がつかない。だれかがそこにいるのかと回りを見回すと、実はそれがライブ録音の聴衆の囁き声だったり、物音がしたと思うとそれがレコードに入っていた音であったり、何より凄まじいのは、スピーカーを隣室から聴くと、もうそこにホロヴィッツが、ビル・エバンスが、パハマンが、マルが居て、ピアノを弾いているのである。もう倒錯の世界である。

1月19日は、仕事もせずに朝から晩まで聴きとおした。友人にメイルしたら、浜松から飛んできた。当人もたいへんな識者で経験も豊富な音響の専門家だが、絶賛ものだった。すべてのジャンルにわたって、ヴォーカルも弦もすばらしいが、特にピアノは空前絶後であった。空気感が出ている。人の気配があり、そこに佇んでいるのである。

絶望の22日

しかし良いことは続かない。運命の日はやってきた。2004年1月22日夕方、いいかげんな仮組み状態のRCA1444のフィールド電源をまともに作り直したとたん、プレゼンスが消失してしまった。あの音が再現しないのである。はじめのうちは、軽く考えて、また明日やってみようとその日は休んだ。しかしその後まる一ヶ月格闘したのだが、ついにその世界は帰ってこなかった。元のとおりにしても再現しないのである。1444のエージング過程のある状態とフィールド電源、あらゆうる状況が、偶然にバランスしたのだろう。WE555と1444の速さが合った瞬間、15Aホーンの世界にワープしたのだろうか。

私の友人もこのような状態に出遭うことがあり、そのときは、周囲のオーディオ・ファイルを呼び集める。いつ再現するか知れない世界だからだ。オーロラか流星群かはたまた蜃気楼か、科学と芸術と夢幻の世界が精妙に交錯するオーディオの世界の魅力である。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/expr2023/expr2023.htm

スタープレーヤー555 素性の良さが、装置を選ばず歌ってしまうお話


たしかにオーディオでは、システムのバランスがポイントである。バランスというと、同程度の性能装置を巧くミックスする平均的なバランスをとる手法を想像しがちだが、アンバランスというバランスもある。マリア・カラスがスカラ座で歌えば、それは最高レベルのバランスだ。しかしもし彼女と友達になって、町の公民館で歌ってもらったらどうであろうか?この取り合わせはアン・バランス極まりなく、環境はとても悪いだろうがカラスはカラスに違いなく、その歌声はすべての悪条件をものともせず、会場はまさに興奮の坩堝と化すにちがいない。

ウエスタン・エレクトリックのシステムは、非常に高価であり伝説と迷信の中に存在し、高いレベルで完全なバランスを追求するのはとても難しい。しかしながら、アン・バランスのバランスを理解すると、そこには、別の愉しみ方がある。ここでは、ウエスタン・エレクトリックの名器といわれる555ドライバーをアン・バランスな世界で、思う存分歌って戴こうと考えた。


1万1000円のアンプとCDプレーヤー

使用する装置は、普通のCDプレーヤーと普通のアンプである。ここでは、中古で1万円で購入したテクニクスのSL-P777とこれまた、フリマで千円でころがっていたソニーの333ESXのプリメインアンプだ。さてここで、スタープレーヤーのWE555ドライバーに登場してもらう。ポイントは、メインアンプとの接続ケーブルをなるべく、太く短くすること。高価な電線は必要ない。

あとは、ハイパス・フィルター用のキャパシタを直列に入れること。このキャパシタは、40uFから80uFくらいの無極のフィルム・コンデンサを使う。実は、このキャパシタは無くてもいいのだが、トランジスタ・アンプが壊れると、場合によっては直流がボイス・コイルを焼損するので、保護用としても入れたほうがよい。

ちなみに40uFだとカットオフが、248Hz、80uFだと124Hzであるから、この間で好みで選べばよい。

ただし、人間の耳は、進化の過程で人の音声を識別できるように特別に発達していると私は考えているので、人間の声の帯域に入る音を一つのスピーカーでカバーするのがポイントであると思う。

人の声の周波数成分は、100Hzくらいから入っているが、8,000Hzから200Hzまでは、絶対に555ひとつにまかせたほうがいい。低いほうの250Hz位までは、人間の耳はかなりシビアに識別するので、400Hzとか800Hzでクロスするとユニットに跨る音の差がバレてしまう。ギリギリで、6dB/octの300Hzだろう。


ホーンの選択

さて次は、ホーンであるが、WE555はホーン次第でかなり音が変わる。またホーンと一体で音作りがなされているともいえる。

ホーンも随分と高価なので、ピアノ・ソロなどはホーンなしの裸でも十分いける。いろいろ試したが、手ごろな価格でコンパクトなものとしては写真の31Aタイプのホーンがよいと思う。ただしスロートの径があわないので、アタッチメントを探す必要がある。このアタッチメントは、ウエスタンの純正品がないので適当なものを探す。自作する方は、ブリキの板で3Aホーンをデッド・コピーするのがよい。3Aは、ペアで40から50万円もするので作ってしまおう。ただし、オリジナルの音にはならない。しかし彷彿させることはできると思う。31Aホーンは作れないが、アルテック製でも音は変わらない。というか、WEブランドでもアルテックブランドでも、ホーン鳴きのするものとしないものがあり、個体差が大きい。また鳴かせない鳴らし方と鳴かせる鳴らし方があって、これは、鉛のシートをホーンにかぶせて調整すればよい。またやかましい感じがある時は、ドライバーから出た音がぶつかる内部の曲がり部分に布やマウス・パッドを置いて調整する。



低音の追加

さて低音の追加であるが、最近のスピーカー・システムは、小型でも十分な低音が出るが、励磁型のコンプレッション・ドライバーの音の速さには、遅くてとても追いつかない。当のウエスタンでもウーファーが追いつかないので、励磁ドライブで15から18インチの大口径を複数個つかって、輻射面積を稼ぎさらにホーン・ロードをかけている。この点は、人間の耳と脳の情報処理系をうまく騙して、その補完能力を利用しよう。実際に低音が十分に出ていなくとも、倍音がうまく識別できると人の耳は、基音が出ているように錯覚してくれる。すぐにはわからなくとも、十数分くらい時間をかけると、この補正がかかってくる。あとは毎日聴いていると、プログラム化されやすい。

最近のアンプは、だいたいバイ・ワイヤリングできるので、1つを555にもう一つを今使用しているスピーカー・システムにつなぐ。さて市販のスピーカー・システムの中音域を担当しているスコーカーというものは、555に比べると、というか比べてはいけないのだが、まったく歌わない。このスコーカーの音をだまらせなければいけない。かといって、ウーファーの線をスピーカーボックスから単独に引き出すのは少々乱暴である。というか不要になった時に引き取り手がつかない。

そこで、スコーカーを鳴らしたままで、音の出口にふたをする。ツイーターがついている場合は、これはそのまま鳴らしておいたほうがいいことが多い。なにしろ、555は8,000Hz迄しか再生しないからだ。お勧めは、ツイータにもふたをしてしまい、このふたの開き具合を変えて、好きな音のバランスに調整する。


レベルの調整

さて、これでスター・プレーヤーのステージができた。ポイントは、555になるべく自由に歌ってもらうことにある。そして、不足する低音や超高音を、ほんの少しだけ既存のスピーカーシステムで加えてやる。555と既存のスピーカーのレベルの調整は、マルチアンプが望ましいが、バイ・ワイヤリングでは難しい。

そこで、WE555の励磁電源の電圧を変えて、ドライバーの特性と音圧を調整する。WE555の定格は、7Vの1.5Aだが、この電圧を落していくと音の浸透力と飛び方が弱くなっていき、音が遅くなり寝てくる。同時に低音の出方が軽くなり全体的に甘い音になり音も小さくなっていく。組みあわせる一般のスピーカーは能率が低いものほど、パワーリニアリティーはあるが、音が遅く、寝ておりボケて繊細さが減少する傾向にある。低音と超高音だけ使用するので、あまり気にする必要はない。

併用するスピーカーシステムにマッチするところに、励磁電源の電圧を落して調整する。音量のレベルを合わせる目的で絶対に抵抗性のあるものをアンプとスピーカーのボイスコイルの間に入れてはいけない。

こうして調整してみると555ドライバーの素晴らしさにあらためて驚かされる。フィールド電源の電圧をかなり下げても素性のよさはかわらない。むしろ協調性が出てくる。アンプもあまり選ばず自由に歌いまくるので、もう脱帽して聴くしかない。ちなみに当方が555とサブ・システム・コンビネーションを組んでみたのは、クリプシュのラ・スカラである。低音のクリプシュ・ホーンのクロスは、400Hz、ツイーターのクロスは、6,000Hzである。中音のスコーカーのスロートにゴムのチューブを詰め込んで、猿轡(さるぐつわ)にしてある。このアン・バランスなシステムでマリア・カラスが見事に歌いあげるのは、555とコンビネーションを組んでいるスピーカーの名前が、ラ・スカラ(スカラ座)だからなのかも知れない。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/starplayer/starplayer.htm

                           _  -一'´     `丶 -‐ 、,. -─_ァ、
                           /´  _      ,  ´    \´   }
                         /   /´    ̄ `ヽ             ヽ  /
                   _   -┴--y′         、 ハ           /
                  } ̄  ─- 、/         トヽムヘ、         V
                     ヽ         !            j´    ヽ        '
                    、      |          ,       ,ゝ、       ,
                    \.     l           /_        \    i
                     ト、   !       i /  `     ,.ニ、ヽ    !
                     | \ !   :   | ,ムへ,      イ ,ハ i\ l
                     |   ` !      lイ、ノ,ハ        、りノ |   |
                     |   i !       | 、りノ       ,.,.、 l i
                      l   l :!   ,   |          ゝ     ! ! |
                      !    | !   ',  |  ' ' ' '           , : ! !
        ィ′              ,  !   j,ハ  ', l     ‐--一'′  ′|!  !
      //             /  j     V  , !`  .._      / .._リl リ
      ' /              ,イ    /ヽ   !、      ┬-イ    `| /、
     i {                 /│   /    \ l \    |  l       ′ヘ
     |                  /     ´       ヽ!   丶.   l   !      ,ハ
    ,ハ  \ハ、   、     /   j/         ヽ   ヽ l  │       /  、
     { ヽ  ヽ\  {\        /           \    '    !     : /   ヽ
     ヘ、     ` ヘ `  ._ __/  、               \ /          |/   !  ,
  _ _ {`         \      ′   ヽ       !      /    '    l      '
  `ヽ `ヽ          ` ‐-  /       \   l  ′   ,    /      !   '   !
     ヽ               /イ         \  ! /    /   /     ノ   ,     !
      V             / !          `│/    /   /    / }  /    |
      \              /  l             j/    /   /-‐   ´   j  /       !


________

B WE 594-A Receiver


 1936年、“ミラフォニック・サウンドシステム”と名づけられた新型トーキー映画再生装置が、ウェスタン/E.R.P.I.から発表された。このシステムこそ、同社がそれまでに蓄積した、理論解析とテクノロジーとノウハウの集大成であり、結果として映画音響の分野における一大金字塔を築くに至ったのである。なかでもスピーカーシステムには「ダイフォニック」(2ウェイの意)という名が与えられ、新時代の到来を高らかに謳いあげている。
 
この「ダイフォニック」の中・高域を担うのが、『594-A』レシーヴァー(『555』も一部使われた)で、ウェントE.C.Wenteの手によるものである。

基本設計は、1933年4月に行なわれたフィラデルフィア〜ワシントンDC間の3チャンネル立体音響伝道実験に用いられた中・高域ユニットと変わらないが、業務用としての利便性と量産性を高めるために、一部のデザインの変更を受けている。その主たるものがターミナルの位置と形状、ヴォイスコイルのリードアウト部、レシーヴァー・アタッチメント取り付け部(ネジ込み式からボルト・オン式に。それに伴い防塵用のシルクネットを新設)などがある。しかし、これらは全体の設計理念に影響を与えるほどではなく、バック・プレッシャー型のこのユニットは、その後のコンプレッション・ドライバー設計の主軸たるべき偉大な革新性を持つものであった。

ヴォイスコイルは0.016×0.025インチ(0.41×0.64mm)のエッジワイズ・アルミニウム・リボン線(35ターン、D.C.抵抗は12.5Ω)で、直径は4インチ(10.16cm)。

0.002インチ(0.051mm)厚のプレーンなエンボス加工の施されたダイアフラム(アルミニウム合金製。パテントにはジュラルミン製と記されている)に、クラフトペーパーのライナーが熱硬化性の樹脂系接着剤で内貼りされ、裾が固着されている(形状は細かい台形か波形)。

 ダイアフラムのエッジは、“annular compliance”と呼ばれる、比較的狭いロ−ルエッジである。

 また、ダイアフラム全体の色が何種類か存在し、音の違いが云々されることもあるが、これは防錆のためのフェノール系塗料によるもの(ロットごとに異なる)で、基本的に音の差は全くないといってもいい。このダイアフラムの形成はたいへん滑らかで、また同種のものと比べても異例に弾力性に富んでいる。さらに、イコライザーの精度の高さと堅牢さも特筆すべき点で、真鍮ブロックから削る出された4個の円錐状パーツは、各々3ヶ所に設けられたスロットに、所定のスリットを厳密に保つようにキーで銀鑞づけされ、ポールピースと合体した後、あらためて表面の切削加工が行なわれる、という念の入れようである。ヴォイスコイルが入る磁気ギャップの底が、キャビティ効果を生じないように塞がれているところも、先進性を感じさせる。
 
 中略

 『594-A』は天吊りした24-Aホーン(エネルギッシュな音が魅力)、26-Aホーン(スケール感に優れる)と、理想的にはTA-7396(『TA-4181-A』レシーヴァー2本収納)あるいはTA-7397(同4本)低域バッフルに組み合わせて(当然、非対称ウイング付属)、聴きたいものである。

アンプは当然ながら86+87がベスト。


『TA-4181-A』低域レシーヴァーは、大型のコーン紙からの連想か、『594-A』に比べスピード感が欠けるという向きもあるように仄聞するが、オリジナルの低域バッフルとディヴァイディング・ネットワークを使用すれば、あらゆるソースでそういう事実はない、と確認済みである。

 いずれにしても、ウェスタンが、否、人類が創出した最高のトランスデューサーは何かと問われれば、私はこの『594-A』だと断言して憚らない。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm

Western Electric 594A

4 インチの巨大ダイヤフラム、その美しさに息をのむ

孤高のドライバー

1933年4月27日に行なわれた、ワシントン・フィラディルフィア間141マイルの電話回線を使用したオーケストラの立体音響伝送実験(オーディトリ-・パースペクティブ)は、ベル研究所が当時の最高水準の技術を結集したエクスペリメントとして歴史に残る。このためのシステムは、膨大なコストと人員が投入された。当時の技術水準と貨幣価値を今日に比較換算するならば、NASA的なプロジェクトと考えてもよいだろう。このときの再生用のシステムが、幻のフレッチャー・システムであり、おそらくは人類史上最高のシステムと評価できるものだ。すべては、このエクスペリメントのために研究開発された。このスピーカー・システムは、低音部に20インチの巨大な金属振動版を持った折り曲げ低音ホーンと大口径4インチ振動版を持つ中高音用のホーンドライバーで構成されている。中高音ドライバーは、マルチセルラホーンである。このシステムは、当時の映画産業界から劇場用としてのリリースの声が大きかったが、低音ホーンのエコー現象もあり、実際に業務用の装置としては量産されることはなかった。製造された数は、10本に満たないと思われる。

しかしながら、このシステムの中高音用のドライバーは改良を経て、世に出されることとなる。これがWE594A Loud Speaking Telephone 、すなわち今日我々が目にすることのできる、あのWE594Aドライバーである。その生まれからしてただならぬ血統のスピーカーである。このドライバーの性能は隔絶したものである。自動車に例えるならば、F-1レーサーのようなものだ。

WE594Aは、WE555とは異なり、2Wayのシステムとして、あくまで低音用のスピーカーと併用することを前提に作られている。しかし皮肉なことに、このドライバーとつなげられる相棒は、かのフレッチャーシステムの巨大金属振動版低音ホーン・ドライバーだけなのである。これ以外の紙の振動版のウーファーでは、やすやすとはつながらない。WE594Aは、その生まれから、まさに孤高の存在であった。究極の理想を求めて設計され、卓越した性能を発揮するが、それとバランスできるウーファーがないのである。

ライフワーク

最近は、いろいろなところで594Aが鳴っている。しかしその多くは、我々に忍耐を強いるようなサウンドを轟かせている。オーナーは、これがウエスタンのすばらしい音なのだから、この良さが分からない者は、オーディオを語る資格がないといわんばかりの情熱を傾注する。聴衆も自分の耳に自信がないからか、恐れ入って敬意を持って、いい音だと絶賛する。裸の王様の世界そのままである。正直な人は、私はこの音を好きになれませんとかウエスタンの音というものはこの程度のものかと思ってしまうかも知れない。

このような悲劇は誰のせいでもない。そもそも本来のウエスタンの音を聴いたことがある人がいないのだ。それはもう70年以上前にこの空間から発して、そして消えてしまい、人々に語り伝えられた、伝説の音なのである。今日に生きる人々は、当時のシステムを可能な限り再現し、失われた音を復活させようとしているのだ。私は、その情熱に心から協調する。しかし再現された音が、はたしてその本来のウエスタンの音であるかどうかの検証は、とても難しい。

さきに述べたとおり、この"孤高の"594Aドライバーは、そもそも鳴らすのが至難の代物なのだ。よって、やかましい音で鳴っている594Aに出会っても、達観しようではないか。趣味でF-1レーザーを所有しているようなものだと思えばよろしい。そしていつの日にか鳴らしきることを生きがいとすれば、これはすばらしいライフワークとなる。


理詰め

このドライバーは、ベル研究所で研究設計されている。すべて基本設計は理詰めで行われている。そして実際の実験によって検証、評価され、そのフィードバックでさらに煮詰められている。中途半端な相性問題など微塵もない。特定の音色はあるが、システムの音をそのまま過敏に容赦なく出してしまう。

うるさく鳴る場合は、スピーカー以前のシステムの音がすでに"うるさい"のである。生気のない音がする場合は、すでにドライバーに信号がたどり着くまでに生気が失せているのである。ドロンとにごって団子状態になるのは、同様にドライバー以前に問題がある。

このドライバーがきちんと鳴る装置は、他のスピーカーもきちんと鳴らせるだろう。リファレンスというものはそういうものだ。このようなリファレンス装置を追い込むのは、たやすくはない。フィールド電源、ネットワーク、ウーファーとの(音の)繋ぎかた、すべてにわたって、理詰めですすまなければならない。そして最後に耳とと心でバランスをとっていく。このドライバーは、システムの性能が良い方向に正しく向上すれば、それに敏感に反応し、的確に素晴らしい音の世界を現出する。難しく、手こずるが裏切ったりすることがない。

ホーンとウーファー

594Aドライバーは、システムの違いを如実にさらけ出してしまう。それは、ネットワークするウーファーの十倍以上だろうか。つまりある点でバランスしているときに、システムを少々アップグレードすると、ウーファーに対してドライバーが、過敏に反応して音を変えてしまう。そうするとドライバーがイッてしまったバランス点を追いかけて、ウーファーを再バランスしなければならないのである。その労力は当然十倍に及ぶ。

業務用の使い方では、これでは成り立たないので、594Aにレベル合わせと称してアッテネーション(信号経路に直列に抵抗成分を追加する)をして、594Aの生気を殺して、ウーファーが追いつける程度に鈍くして使う。しかしこれは、594Aの真の実力ではない。この状態では、耐入力と最大音圧レベルでは優位だが、WE555一本のほうが魅力的である。

594Aと組み合わせるホーンも難しい。31Aホーンでは、594A単体の魅力を出し切ることはできないが、クロスオーバーを高くとると、ウーファーとのマッチングが容易になるので、スピーカーシステム全体としての性能、バランスも素晴らしいものになる。高音域もかなり伸びるので実に好ましい。ウーファーも励磁型であれば15インチ二発か18インチ一発でなんとかなる。

これが24Aホーンになると、その聴感上の音響エネルギーは尋常ではなくなる。これにバランスさせるためのウーファーは、励磁の18インチをホーンロードを掛けても最低2発は必要だろう。25Aとか26Aホーンになったら、さらにその上を行くわけだから、もう体育館とか劇場に設置して聴くよりほかはない。F-1のようにサーキットに出かけることを思えば、まだまだ大した道楽ではないが。


仲間と巡礼

このような大物を一人で追い込むには、何度も生まれ変わらないとできない。よって、専門分野の異なる仲間と共にいろいろと研究、試行をしながら進んでいくのが好ましいと思う。信頼のおけるショップの助言も有益である。そしてできるだけ多くのいろいろのシステム音と生の演奏を聴くことである。音の求道者は、すべからく巡礼をしている。私も自分の研究や巡礼の成果をホームページにできるだけ公開したい。参考になればよいが、迷いから救うつもりが一層混迷の度を深めることにもなりかねない危惧もある。たかが道楽と一喝するのはたやすいが、私の不徳の至りもあろう。ただひとつだけ言いたいことは、音楽とオーディオの世界は、深く、極めれば極めるほどに感動的で素晴らしいということだ。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/we594a/we594a.htm?.tok=bcwjY6SBu.hmxIxe&.dir=/594A&.src=ph


24A+594A 周波数特性

  594A Driver +24A Horn  

音響分野の技術研究が最高水準にあった時代、ベル研究所が惜しみなく研究開発費と人材を投入して完成させた、歴史上の頂点に立つドライバー・ユニットWE594A型を、594A専用に開発されたオリジナルの24Aホーンに装着して特性を実測した。測定は、20Hzから20KHzまでのサインウェーブを連続スィープさせ、これをマイクで採音し、FFT処理し、ピーク・レベルをプロットした。

ジェネーレータと増幅装置系の周波数特性は、ほぼフラットで、スピーカーの実特性にはほとんど影響しない。しかし測定用のコンデンサ・マイクロホンが故障しているので、安価なダイナミック型のマイクロホンで採音した。そのため周波数特性データとしては、このマイクロホンの”性能の悪い点の”特性ぶんをかさ上げして考えなければならないが、その劣化ぶんを考慮しても素晴らしい特性である。尚、測定位置はホーン開口部正面から2メートルで、信号系には30uFのフィルム・コンデンサがドライバー保護用に挿入されている。このデータは、あくまでこの装置の素性を把握するための情報としてみていただきたい。測定装置が完全ならば、これを上回る特性が計測されるはずである。
 
  測定に使用した594Aは、WE中期のオリジナル振動版である。日本では26型や31型のホーンがよく使用されているが、26型のマルチセルラの場合は、指向性が非常に優れるが、高音域の周波数特性が24A型に比べて落ちるといわれている。無線と實験誌に26型の実測データが掲載されたことあるが24型のデータがないので、計測してみた。左端のレベル表示は、音圧の表示ではなく、取り込んだラインのレベルをソフトウェアで処理した表示になっているので、相対的に見ていただきたい。
 
  この装置は、拙宅での標準システムではあるが、このドライバーは追い込めば追い込むほどにその能力を発揮していくという、レーシング・マシン的な色彩を放つ。このドライバーを理想状態で鳴らし、これに低音をマッチングできれば、ウエスタンの一つの峰の頂上に到達できるのではないかと思う。しかしまだ、555という謎の峰も霧の中に見え隠れする。どちららの峰が高いかなどの議論は不要であるが、過渡特性を含めたデータで比較してみたいと思う。  

  物理学を動員してはいるが、この世界というものは、芸術と科学と人間の感性のバランスの上に成り立っていることを忘れたくない。そこから、先人の成し遂げたもの、追い求めたものを感動と尊敬の中に学びとることができる。我々はその偉大さの前に謙虚になり、そこが次の時代の出発点になる。594Aに接したときには、そのストイックさの中に啓示を見る思いだ。くたびれたときには、一休みしてWE555の世界に安堵を見出そう。
 
http://homepage3.nifty.com/western/audio/24a594a/24a594a.htm

システムの周波数特性を実測しDSPで補正する実験

  WE594A ドライバ + 1444 デュアル・メインシステム  

拙宅に居座るメインの装置は、Western Electric ドライバーユニットWE594A型を、594A専用に開発されたオリジナルの24Aホーンに装着したものだ。これに低音部をどのように付加していくかが課題である。音響エネルギー的には、594A+24Aに勝てるウーファーは、ホーンロードなしでは4181級の18インチの励磁ウーファーを4から3発。ホーンロードをかけても2発は必要となる。これをバッフルにつけると、もう体育館とか劇場で聴くしかない。これを東京の狭い個人の住宅で鳴らしてみようという魂胆がこの実験につながっている。

低音部は、WE555実験システムで使用したRCA MI-1444フィールド型38センチ・ウーファーを2発、後面を開放した板に取り付けただけのもので、低音は(測定データのように)回り込みのためにそれほど出ない。(音はかなり速い。)

その状態でシステムの周波数特性を実測する。測定は、20Hzから20KHzまでのサイン波を連続スィープさせ、これをマイクで採音し、FFT処理しピーク・レベルを連続プロットした。

  下のグラフィックスの上のほうが、修正前のシステムの周波数特性測定で、下のほうが修正後の特性である。文明の利器を使用することにより、物量を投入しなければ解決できなかった低域の周波数特性問題にも解決の一途があることがわかる。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/freqadjust/freqadjust.htm

              _.. ‐'  ̄   _  `丶、   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           / . -- 、    ´   `丶--―|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        __∠_/              \:.:,.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ャ= 二:.:.:.:.:., ′ __                 ヾ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     '.     `ソ  /´    .ヘ//ヘ    ヽ   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ヽ   /  /     ,′    \ \ :.   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      \ノィ  {     |       ヘ  ヽ!   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       7V       /|-       _ ゝ 、l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l.:i } /    ハ!       ´ {ヘ::ィl   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:i ノノ:i   / /} ゞ、        ゞ-'| }:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:/  .:.:i  /イ/{ヘ::ハ      :::::l イ:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l,ィ'´ .:.:.i   {   ゞzり           |:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       リ! i .:.:.:   :.、  ::::::           ,イ:.:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | .:i .:.:.:.:..、 :. .:.丶        `` / j:/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | ハ:.:.:.:.:.:ヽ .:.、.:.ノ:`: : .、ー― ´  /´: : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ´  ヽ:.i :.:.:.:ゞ''´\ : : : : \     /: : : : |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            } .:/ . : . : . \: : : : : \ /: : : : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ノ.イ . : . : . : . : . \: . : . : .ソ: : : : : /|;;;;;;__;;;;;;;;;
             l: . : 丶 : . : . : . \ . : /: . : . : /: レ'´∠ 、;;
           l: . : . : \ヽ. : . : . ヽ/: . : . : /, ′´ ‐ };;;
           |. : . : . : . :ヾ . : . : ./ : . : . :〃    ´,,;;';;;;;
          ノ . : . : . : . : .i . : . / . : . //     /;;;;;;;;;;;
       . -‐ ´. : . : . : . : . : .|: : :/:_. :-ァ ''´   ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;
     /: . : . : . : . : . : . : . :__.ゞ‐ ´ /    . '|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    {: . : . : . : . : . : . : . : ´''´ . : . /    /: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


__________


C Western Electric 597-A Reciever


 本機は、ボストウィックLee G Bostwickが1929年に開発した高域再生用レシーヴァーである。

 ヴォイスコイルはエッジワイズに巻かれたアルミニウム線で、直径1インチ(2.54cm)。ごく薄いクラフ トペーパーで裏打ちされ、0.002インチ(0.051mm)厚のバフ仕上げが丁寧に施された17STアルミ合金ダイアフラムに固着されている。エッジはフラットのままだが、これは高域専用のため、振幅を大きくとる必要がないからである。

ダイアフラムの全重量はわずか160mg、カットオフ2kHz(開口部2インチ強〔約5cm〕、長さ4.75インチ〔12.06cm〕の亜鉛合金ホーンの中に、砲弾型のイコライザーが設置されている。E.R.P.I.のエクイップメント・ブリテンには計7種類のタイプが存在すると記されているが、 『596』と『597』で0.25ポンド(113.25g)重量が異なる(ヨーク部のフィニッシュとターミナル構造が違う)のと、フィールドコイルの電圧と電流値が用途別になっているだけで、ヴォイスコイルのインピーダンスと耐入力電圧も有意差がないため、基本的にはすべて同一のユニットと考えてよいだろう。

 本機は『555』を中心とするシアター・サプライ、3ウェイの“ワイドレンジ・システム”(1933年、2ウェイもある)に登用されたせいで、『555』と同様な設計思想に基づいて製品化されたと思われがちである。事実そのように用いた場合、音色がきわめて近似しており、受持帯域が違うだけという捉え方が一般的のようで、特許に示されている図や設計者自信が発表したBell Laboratories Recordの記事中写真にも、15-Aホーン・システムと組み合わせた写真やその測量グラフが出ていることもあり、そう信じてしまうのも無理ない。 だが、それは本機の持つ力の一端なのではあるまいか。

傍証だが、その根拠はいくつかある。

まず、1933年当時の光学式録音高域限界は10kHz止まりで、本機の高域周波数限界12kHzを下回ることである。 加えて先述のTA-7272-A 2ウェイ・システム(キャリングケース入りの小型システムで、『TA-4151-A』と組み合わされた)の存在。

 さらにケラーA.C.Kellerらが開発に執念を燃やしていた縦振動ディスク(高域は12kHzまで伸びていた)のデモストレーションに用いられた、移動式プレーンバッフル(『595-A』15インチ低域用コーン型レシーヴァー8本に4本の『597-A』。4本と2本の組合せもある)があること。

そして何よりも、“ワイドレンジ・システム”のトゥイーターとして用いた時と2ウェイの高域ユニットに使った場合の、得られるサウンドのあまりにも大きな差である(クロスオーヴァー周波数はどちらも同じ3Hz)。 前者では、存在感を決して誇示することなく、あくまでも静かに、音楽の中にまろやかに溶け込でいく鳴り方。

 通常トゥイーターを必要としない『594-A』レシーヴァーを中心とした「ダイフォニック・システム」でも、本機を付加する効果は大きいといえよう。音場のできかたというか、雰囲気づくりの上手さにおいては、『596-A/597-A』の右に出るものはない。 

しかし本機をひとたび2ウェイで用いると、その性格は一変する。例えば『TA-4151−A』と組み合わせると、高域が伸びるというよりは、むしろ中域がぐっと充実して、切れ込みと締りが増す印象になるのだ。エネルギッシュかつスピード感豊かで、モニターライクな現代的サウンド。これこそ『596-A』本来の慣らし方なのでないだろうか、と思わせるものがある。 確かに設計上の形態からいえば、本機は『555』の系譜に属するという指摘は正しい。

しかし、仮説だが、思想的には、キャビティの設計、つまりホーンの喉部に設定されたイコライザーとダイアフラムの間隙のとり方。最初からフルレンジ再生を狙わない手法。高域の指向性がビーム状に鋭くなるのを防止する小型ホーンの採用。タイム・ドメインを考慮したパテント図版中のユニット配置(同軸型ユニットがすでに提案されている)。複雑な熱処理を必要としないシンプルなエンボス加工のダイアフラムとヴォイスコイルの接着法など、むしろ超弩級ユニット『594-A』の、先駆的製品として性格が強いのではないろうか。そう考えれば、このユニットの音の二面性も理解しやすいように思われる。

なおボストウィックはコーン型ユニットの設計も数多く行っているが、世界初のドーム型レシーヴァーのパテントホルダーとしても著名である。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm


                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \
,′ | | /    /:.:.:.:.:.:.:.:/〉、\:-勹::-‐¬__〉:ヽ:.:.:.:.:.:}ヽ \ \   ヽ
i   l/     /:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:\ヽく_:_:_:_j-‐个、:.:.:.:.:./  / ∧  ヽ、 `、
|  |l  ,...-勹:.:.:.:.:.:.:.:. l^ヽ、:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.:.:八\ー'ニ二ノ  `丶、 l  ト、
|  |レ'´:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:\:.:.:ヽ l:.:.:.:.:´:.:.:〉:.`Y⌒ヽ        l  ‖ \
l  |ト、_厶:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.}|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:_厶      ! l「`ヽ 丶、
|  ||人:.:.:.:.:.:.:.:l:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//`丶、:.:.:.:.:.:.:.:lヽ :_:_:>-:―:―:┴::┴ -ヘ、
|  l |:.:.:.:>〜'て:.:厂:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′:\  ̄`ヽ、:ー:-::-:.、:.:. .:.. ...
ハ  l ヽr'′,  /´:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 __\:.:.:.:.:.:.ヽ、.:.. .:.
:.:| |  {l_」/{/:.:.:., -‐,ニ二´/:.:.`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨‐冖ミヾー--
:!l   Y:.:.:ヽ:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.\:_:_:.ヽ\
:.:.、`、  \:.:八 (_::_::_ :.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.`丶、
:.:.:.\ヽ、  ∨:.:.:`===≠ ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.: `ヽ、
:.:.r―`==、_>ー--‐' <二ニ== 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:.:.:`ヽ、>'´   -‐    ー-- `ヽ:_:_) ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.`、:.:. :.. : .
二 ̄ -‐ '   _ -――‐-ァ-、 >‐ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:. 丶:. :...
__    ,..::'´:.:.:.:.:.:.:.:___/ /:.:.:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. :.:..
:.:.:.:.:.  ̄´.:r==ニ二´     ∠____:丶、:.:.:.:.:.:.. :..
二>、___>‐==二 -=ニニニ-――-、ヽ:.:.:.:.:.:. .. .


_______________


D Western Electric TA-4181-A Receiver


 本機は1936年、ウェスタンが渾身の力を込めて新開発したシアター・サプライ、“ミラフォニック・サウンドシステム”のステージ(ダイフォニック)用低域レシーヴァー・ユニットである。口径18インチ(45.72cm)の超弩級で『TA-4151-A』と同様、ジェンセン社がウェスタンの仕様書に則って製品化したものだ。

まず、漆黒に塗られたマッシヴな外観を、とくとご覧いただきたい。巨大なキャストアイアン製マグネット・ヨーク(フィールドコイル)、分厚いダイキャスト成型のバスケット(フレーム。高剛性のアルミニウム合金製)、そして見るからに強靭そうなコーン紙。いかにも大型なユニットだが、仔細に観察すればバランスを失したところは一点たりともなく、メカニズム的にも完成度はきわめて高い。これは間違いなく「本物」だ、と鳴らす前から確信を持って言い切れる製品である。なるほど、本機ならは中・高域ユニット『594-A』の強烈なエネルギーを、存分にサポートできるはずである。

  ジェンセン社は当時、18インチのモデルだけでも、『M-18』(5kHzまでレスポンスを持つ、マルチパーパスのスタンダード)、『L-18』(3kHz以上を急降下させたウーファー専用)、『V-18』(中・高域を張り出させ、声の伝達性を高めた)、『HF-18』(9kHzまで再生帯域が伸ばされたハイファイ型)の4ラインを持ちそれぞれA.C.型とD.C.型が用意されるため、計8タイプを擁する、大スピーカー・メーカーであった。しかし、ウェスタンの要求するスペックは、これらの製品をはるかに上まわる、きわめて厳しいものだったのである。  

驚くべきは、ギャップ部の磁束密度と加工精度を大幅に上げなければならなかったことである。加えて、使用帯域は50〜300Hz(クロスオーヴァー周波数の300Hzは、当時としてひじょうに低い)。歪率は低く、耐入力は高く、それでいながらセンシティヴィティはさらに高めなければならない。これらの条件はすべて、ジェンセン社の旧来の設計手法では実現不可能といってよかった。つまり、全くの新製品として素材の面から見直しながら迫られたのである。ベル・ラボの支援を仰がなければならなかったのは、いうまでもない。 

こうして『TA-4181-A』は、従来の低域レシーヴァーをはるかに凌駕した特性を獲得、共振の分散を図った見事な設計の3種類のキャビティ(ショートホーン)付低域バッフルに搭載されて、登場した。 ヨークとポールピースは大幅に大型化、素材も一新して磁束密度が高められた。バスケットも新規設計されている。コーン紙はパルプの繊維が長く、スティフネスを高めるとともに軽量化を狙ったもの。 スパイダー(ダンパー)はコーン同様の紙製コルゲーション(これはジェンセン製も同じ。布製のものは低域は延びるが、歯切れは悪い)・タイプが用いられ、ヴォイスコイル・ボヴィンの強度は徹底的に高められた。

 サフィックス〔A〕が付されたモデルは更にギャップ部の磁束密度の上昇を図り、フィールドコイルの消費電力を増加させ(25Wから30W)、磁気回路をリファインし、1ポンド(0.45kg)であるが重量も増加している。

 『TA-4181-A』は、バッフルとの組合せでも同様だが、中・高域のレシーヴァーの選択により、その表情が一変する。 『594-A』との組合せでは、締まっていてかつ押し出しのいい堂々とした音。音場感の描写も、これ以上のものはないとつくづく思わせる。
一方、『555』との組合せでは、量感がたっぷりと出てきて、よく拡がるスケール感豊かな音になる。

それにつけても、このユニットを存分に鳴らしきることのできる広大な空間が、どうしても欲しくなる。いやがうえにも煩悩をかき立てる製品である。


『TA-4181-A』のスペックは、

ヴォイスコイル・インピーダンスが11.7Ωー400Hz 、15Ωー1kHz。
フィールドコイルはD.C.24V−1.0A、D.C.抵抗は24Ω。

またフィールドコイル仕様の異なる『TA-4194-A』(D.C.10V-2.25A、D.C.抵抗=4.45Ω。本来はこのモデルが『555』と組み合わせるM-5システム用)がある。


 外形寸法が18インチ(45.72cm)の円形、奥行きが10インチ(25.4cm)、重量は48ポンド(21.74kg)。

 取付け孔径は16.25インチ(41.28cm)である。

 なお『TA-4185-A』(フィールドコイル規格がD.C.105〜125Vー230mA、D.C.抵抗=500Ω)は、口径こそ同じ18インチのモデルだが、むしろジェンセンのラインに近い製品である。


________


E Western Electric TA-7401タイプ

 TA-4181ーA低域レシーヴァー×2基用でオリジナルプレーンバッフル付きの前高は6フィート6インチ〔198.1cm〕。 重量=567ポンド(256.9kg、レシーバー含まず)。

 本機は主に天井の低いレヴュールームでモニターとして使われていた。

 材質はFir、ダーク・ウォール/オイル・ステイン仕上げ


                  r〈沙夊ァ
             ,x)水.ゞムイ´Xx,`   、
           ,xXXXxxxxXXXXXXx,. ` 、
           /ァ''^"´,   `^''xXXXXX,.  ヽ.
         / ´    !       l `xXXXX,    ),
.        /     l      l   `xXXX,.   ),
         ′     l.     l l   `xXX{.   |
.        !  / /  i| i   ! l / ! ,仆、 `XxL  |
       l /,/ | _|小、!   |/)' |/,斗∨ |XXマk !
       ! 〉l ∨ |≧t圦  リ_>チ〒ァ、} ! };;ト、 }}
.       l l 从. ト、ト弋リゝ\{ イ弋リノ' ノ ノ/l;;|,リノ'|
        | ‖ ', マヽ`ー'      _,ノ / /|;! ||. i   な〜に♪
       l |  ', '込 ""  、  "" _,ノ,/ / l! ノ' |
        !十!l´', マ价x、 ー -' , イ/ /`l!ー'く、 i
.       ,´ヽ! !l ', ∨从 > .ィ /../ / l!.:.:.:.:.:ヽi
.       i.:.:.:.:.:.:.:.:!l )ヘ,.∨》,. ≫‐≪ // /《 l!.:.:.:.:.:.:.:;.i
       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:."》 ヘ{ 《. ∧ 《/}/  》.:.:.:.:.:.:.:.:l.|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:》     《 》' '《. 》  《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.',
      /.:.:.:.:.:.::.l`y'′    》||   ||《   》.:.:.:.:.:.:.:.:.ス ,
     !.:.:.:.:.:.:.:.:,! 〉      ||  ||     )、.:.:.:.:.:.:.:ハ ,


________

F Western Electric 755A

プロローグ
 
私の書斎にWestern Electric 755Aがやってきた日のことは、忘れられない。東京都内の文人宅から、そろそろと自家用車で、品川の自宅まで運んだ。システムに繋いで、そろそろと音出しをしてみる。 聴きなれたレコードを何枚かかけてみると、愕然としてしまった。当然のことではあるが、愛聴盤というものは、どこにどんな音が入っているかを暗記しているものであるが、このスピーカーで聴くそれは、まったく別物であった。今迄聴こえていなかった音が、豪華絢爛に再現されてくるのであった。
 
それはあたかも、澱んだ東京の空に浮かぶ見慣れた星空から、一転して空気の澄み切った山の頂きから仰ぎ観る天空の星星の情景そのままに、天空一面、星、星、星のショーの大星夜を目の当たりにしたようなものだった。

  星星が煌く音となり、その微粒子が壮大な音楽を構築しているかのようであった。今迄、自分は一体、何を聴いてきたのだろうという悔しさと、まだレコードにもCDにもいくらでも秘められた音が入っているのだという嬉しさが頭の中を過ぎった。


 
     
  755シリーズの伝説

管球王国の特集などで、さまざまな755シリーズのスピーカーが紹介されて以来、WE755Aは、多くの人の知るところとなった。WE755Aを入手後も、KS-14703、ALTEC 755A,755Cと結構な数の755シリーズのスピーカーを聴きまくった。その結果は、尋常なものではなかった。755シリーズのスピーカーは、一本一本音がちがうのだ。一般には、WE755A,KS-14703,ALTEC 755A,755Cの順で音が良いと信じられており、値段もその順番になっている。しかしその実態は、シリーズの差よりも固体差のほうが大きいのだ。特定個体の比較でWE755Aよりも音の良いKS-14703個体もあった。755Aは、製造後50年を経ており、オリジナルでも経年変化が多く、さらにはこの高名さの故に修復の加えられたものもかなりある。修復の程度も製造後20年目で一度、さらに40年目で二度目といった複数の修復が加えられたものもある。私が入手したユニットは、外見はかなりみすぼらしかったが、偶然にもまったくのオリジナルで、音質的にも優れたものだった。


     
  755Aの音について
 
Western Electric 755Aは、非常に高い分解能と忠実な再現力を目指して設計されたスピーカーで、高音域には、このスピーカーに特徴的な独特の音色が色づけされている。スピーカーでは、高い分解能や描写力を追求すると、音楽再生上のバランスが崩れたり、過度に妖艶な音を発したり、はたまたピュアすぎても蒸留水のような味気ない音になることがあるが、WE755Aの場合は、非常に高い分解能と忠実な再現力に、たぐいまれなバランスと音楽性を実現している。高音域の音色も音楽性を高めることはあっても、いささか品格を貶めるものではない。おそらくは、マグネット型フルレンジコーン型のスピーカーの最高傑作のひとつにまちがいないだろう。

  どのように鳴らすか  

専門誌の特集などに、WE755Aは、鳴らすのが難しいと書かれてある。これはこのスピーカーが、非常に繊細かつ敏感に、そのシステムの音を実に忠実に出してしまうからだと思う。だからシステムの悪いところはより悪く、よいところはよりよく再現してしまうのではないかと思う。うまく鳴らないのは、途中の問題個所を直せばよろしいということだ。システム全体を高度にバランスさせれば、驚くほど素晴らしい音で鳴る。反面、これはとても興味深いことだが、このスピーカーの固有の魅力的な高音域の音色は、これらの一切に関係なく美しく歌う。かなりいい加減なシステムでも、このスピーカーを繋ぐと、おやっと思わず振り返るような音が聴かれる。


     
  755Aのペア組み  

もともとWE755Aは、個体差が非常に大きく、製造時の歩留まりも非常に悪かったものと思われる。またすでに製造後50年以上も経過しているので、使用状況による経年変化も大きく、個別のユニットの音色の相違は、非常に著しく、音色的にペアをとるのは至難の業と言える。ショップの話では、20から30本くらいでやっと何本かのペア取りができるとのこと。私としては、モノラルで追い込んで使用するか、音の違う2本をステレオの左右の音を聴き比べて、相性のあうほうに繋げば、それでよいと思う。しかし、これではステレオ再生時にうまく定位させるのが難しい。
     


  低音が出ない
 
JBLの075というツイーターは、すばらしい音がする。この音そのままで低いほう迄、全部カバーしてくれないかという欲求にかられることがあった。WE755Aの場合もこのバランスのままもう少し低音が出てくれないものかと泣きたくなる思いをしている人も多いのではと思う。低音に関して云えば、ユニットの個体差によって、高音は若干弱いが低音が少しは出るというものがある。これは初期に製造されたものなどで、アルニコ磁石の減磁がすすんだことによるものだろう。またエッジに塗られているビスコロイドは硬化が進む。

一般に755Aは、低音が出ないといわれているが、これは、50年以上かけてエッジのビスコロイドが硬化して、f0(最低共振周波数)が高くなり、低音でにくくなるためだ。この意味で現存する755Aは、製造時の状態とはまったく違った音になっていると思われる。どうしても低音という場合には、箱で出すか、音色的に合うユニットで低音を補うことになるが、どちらも試練が待ち構えている。私の場合は、魔法箱と称する箱を使用して楽器として鳴らしている。あとは平面バッフルがよいだろう。


     
  追い込みと試練  

とても高い分解能と高度な再現力のあるスピーカーだから、鳴らすために追い込むときには、覚悟と注意が必要になる。私の場合、モノラルレコードで追い込んでいく段階で、困った経験をした。たとえばクラシックの二重奏や四重層を聴くと、個別の演奏パートの楽器の音がはっきり分離して聴こえてくる。

バイオリンの演奏も指の動きが見えるような錯覚すら覚える。演奏家の呼吸のスーハー音も当然ごとく聴こえ、レコーディングの音の色づけまでもわかる。こうなってくると、ピアノのミスタッチや演奏のテンポの乱れや伴奏が合わずに必死で追いかけたり、はたまた追いつくのを待っていたりが手にとるように分かるようになってしまう。今まで、とても気にいっていた愛聴盤の演奏が実はあまりに下手糞だったというのが分かってしまうと、もう騙されていたような気分になって、この盤から遠ざかることになってしまう。このようにして、再び聴けなくなった"過去の愛聴盤"がたくさん出来上がってしまった。

反面、今までわけのわからなかったように聴こえるような演奏が、理解できるようになり、名演の名演とされる所以が分かってくる。また、今までに聴こえてこなかった音が聴こえてくるため、レコード・ライブラリのもう一度聴きなおすことになり、これはまた、今までにない発見になる。


  箱
 
  15ミリ厚のベイ松合板製のWE指定箱がひとつと、研究中の共振タイコ原理箱(通称魔法箱)がひとつ、そしてカラ松合板の900X900ミリの平面バッフル、ラワンかまぼこ状態反りの900X900ミリの平面バッフル、20x30ミリのバッフル(壁面共振用)などなど。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/we755a/we755a.htm


                   ,... -――-- 、
               /         ,イ^\
            /  /        ´ ̄`ヽ、
              /   |        /  、 、 ヽヽ
           '   /! /イ /! ,イ,ハ !  } ', ',ヽ ',
            |   / ! /!/|_/_l/ ||ノ {| イ  | ム、} |
            |  /| |/ {! リ ル ̄{!  }!/、|  }  |/,イ
            | / | i; |下赱オヽ   ,ィ、 } / , j/
            | ∧{!   | ///     tテ {/l/ /
           ;'/  ム  ‘,      , // /{/ イ
            / {   }   }     っ  イ |l/ i
            イ |   |   |> _ ,... イ/ /| } ム
         /| |_l_,..|!  |   |__ ,.イ / j! |  ム
          /ィ| | 、.   |  {    _ ,: | { ̄`ヽ、 }
       /  | |  `ヽリ /r‐ '´    |/     ∨
       ,   | {    /イ        |       }
       {,ノ  Y!  /              |
      /   ヾ!          ∨、     {
      ,         ,           }ム
    /..       ;:: /    .:,::.    | }     i
   ゞ::'         , {   ゞ::'     ;' > -―- 、!
   人      / 八           / /      {
      r  ._ /   \      / /       i
     j!   }      ` ー ´ ,:'  ,
     {    ',             /  |       i
     |     、}             /    !       ',
     ',   ',        ,'    |       ',
:\    、    ', 、       ,       ',       }ヽ
:::::´`ヽ、  ,    ', i}     j!      {.         ,
/    \',    ',        j!      ',        ', }
         ヽ   ヽ      j!
        ヽ    ゙、     |           ':,       ', }
         }    ヽ   |         ',      ,
         |      ‘, !          l、        , i
         {     } | ム         j!ム      {
、            マ{ ', } ト、} { i         jヽム       ',`ヽ、
 \        `ゝ}ハ、ヽ |             /  }  ,     } つ`マ
   `ヽ、       ヽ.   {        , '     ',    ',`  ̄´


____________


G WE 713-C Receiver


 グレイに塗装されたなんの変哲もない外観、磁気回路を構成するポールピースには、何ヶ所か溶接された痕もなまなましいタイプがある。外形寸法は

直径4.3125インチ(10.95cm)×奥行4.875インチ(12.38cm)

というコンパクトさ、重量も8ポンド(3.6kg)程度のため、超弩級ユニットを見なれた目には、いささか頼りなさげに映るのも無理からぬことだ。 しかし、このレシーヴァー・ユニットが絞り出すサウンドの、とてつもない実在感と爽快感は、まさに格別で、かの『594-A』の血筋をまぎれもなく受け継ぐ、正統的なものである。確かに4インチ・ダイアフラムのエネルギー感には及ばない部分がないわけではない。だが、それを補ってあまりある近代性と、品格とデリカシーを併せ持つ。

『713-C』に範を仰いだドライヴァー・ユニットの数は限りないほど多いが、音で超えたという話はついぞ聞いたことがない。 これほど本機の持つ驚異的なパフォーマンスを如実に証明する事実はないだろう。

『713-C』は757-Aモニター・システムの高域ユニットとして用いられる。この『713-C』は『713-A』(1942年開発)を原型とする。同社は当時、光学録音装置などを除くシアター・サプライ部門から撤退していたが、ベル・ラボとE.R.P.I.(1941年からウェスタンの一部門、E.R.P.D.となる)ではレシーヴァーの研究開発が続行されていた。その成果の一つがこの『713-A』で、同社では初めてのパーマネント・マグネット型高域レシーヴァーとして製品化、753-Cモニター・システムに搭載される。


ダイアフラムはアルミ合金製で厚さ0.002インチ(0.051mm)、
ヴォイスコイル径は2インチ(5.08mm)、
エッジはロール・エッジ、
インピーダンスは16Ω(『713-B/713-C』は4Ω)

である。当時、鉄とニッケル、アルミニウム合金磁石にコバルト、銅、チタンなどを添加して改良する技術が急速に進歩しており、また、ある特定な方向において磁性が高くなるように磁場中冷却をかけたり、材料の凝固時に特殊な鋳型を用いて結晶組織を一方向に揃える、異方性磁石の製造法が確立されたための採用だと思われる。ただし、これらのいわゆるアルニコ系磁石は、きわめて硬く脆いため、通常の鋼材のように鍛造や圧延は不可能である。成型法は鋳造のみであり、精度が必要な部分は切削加工に頼らざるを得ない。この難しいマテリアルを、ウェスタンはいち早く使いこなし、バック・プレッシャー型高域レシーヴァーに採用したわけで、いつもながら、その先進性には驚かされる。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm


                       l  /´     `, ,'-´ /`' ',  ` ` .、 ` 、 ̄ ̄ `、       `、     ヽ ̄    / ,
                       ∨´   __ /,' / ,'  ,'     ` 、 ` 、 ` 、',       `、  、    .',    / 〈
                       l  , ‐'     .// ,' .,'  i,  ` 、    ` 、 `、' , `、    ,   ' , ',    ',  /  /
                        i/ ., '´ ̄,' ̄ ,' ,r'  ,' .,' i i 、   `、    ',  `、 ' , i    ',    ', ',     ', / /7
                        l /   ,'  ,' , ',  ,' .i  i ', ',  ', ` 、   ' ,  ', ',i    .i     ', i    i /l´7´,
                       .,イ    ,'   i ,' ,'  ,'  i  ,' ', ',  ' ,  ` 、   ',  ',  i   .i     i i    i /トーi i
                       /〈 l    i   i ,' ,' ,',' i i .',  ' , ',  ',_ >‐、―,´,', i    ,'    ,イ i  i  ,' / 〉,'7 l
                       .〉l.l.l      i' ,' ,,'  i ', .',   `、' , 、 ' ,` ,__',' ,'', ,'   ,'     ,'i i  i ,'./i7´〉 l
                       〈,ヘ l      i ,',' ,'  ', i/、    ',`  ,衍不沁`/,', i  ,'     ,' i .,',  i,'ー、Lト/ .レ'
                       ∨〉l      i ,', i', ,',   ',´, `_、     ' .杙てメ ,',',' ,' ,'    ,'i ,' ,', ',  iニ//7 ∠二
                        7、l,i    i i ', i〉,', ' , ', 、仍抃,       , ̄7/ ' ,' ,' ,' ,'   ,'/i ,' ,' ', ', i/7,//
                         ll lY,    i.i ',',' ,'', ',、',`' i`辷'      ////´ ,',' ,' ,'   / / ,'', ,','', .,〈l ,r'
                         l レ.〉   .i,r' ,'  ' , ',`  ∨//,         ,',' ,' ,'    ,' ´  ,' ,','_i,' /
                         '、,イ ',   , ',r' ,',',  ,',,' ,` ∧ `   _    ,' ,' ,'.'    ,'i   ,', ‐ ´ /
                           l  ', ,', ' ,' ' , ,'  ',' ,', ,' `、   く三'   '  , '    ,',' `、/ , -.,.'´
                           l ,'i´ .,'   ,'  ,' ,' ,' ,' ', ,', `,、      , '    , ','三='´   , '´
                           l ,' l .,' ,' ,' , ,'','_,-',,'-‐、 ', ' ,' ',>、  _, '   , ' ,' ,r'´   , '
                            l'  l i ,'  ,' '´.,、l 〈 ‐‐‐、`ー'´    7  , ' , ' , '/
                            .l  .i  i ,'_,-‐'´  ヽ     _ ,- -,'  , ', '  /    ., '              /
            r,-、_ _ _ _ - - - - -.、_ _ _  _l ,∠i i〉 ',  _ 二二_- 、 _ _´   ,'  ,' ,', 'l´    ., '             /
           /`´::::::::ノ          `〈/´`、´,' . '. ´ /::´::〈::'::)`、.  ` ‐ 、', ,' ,',' /l    .,'              /
          ,':::::::::::::::/            ヽ , '     i::::::::::::::::::::::i     `7,' ,'/=,l  ., '             _,'    /
         ,'  ̄  ̄ ´             //7     `、::::::::::::::::/      ,∨'`'三l  ,'  i           , '´,'   //
         ,'                 /  l       `  ̄ ´        ,i三三l    i          , '   /  //
        ,'                //   ∧                 ,l三三l    i       , '    / .//
        i            / 、,- l、, ','、_,-'´>- 、 _               i三三l    ヽ -         ///
        i          /三`´三三.,' /     `` ‐、 _         ,イl三三l             ,r'//
         ' ,    ,-‐∠二、三三, - 、_ ', /          `‐=ー、___/=7∨三=l           , '´/
         `〈 ̄/´      ヽ /   , _〉l             `\三三三=/ ∨三=l  ,      _, ‐ ´,〈
          `く        /  , r .'´  〉、              .\/  )'´  ∨三∧, '     ,_イ´   // \


___________

H WE 728-B Receiver


 いま見ても、12インチ(30.48cm)・ユニットにしては浅い頂点のコーン紙に、4インチの大口径ヴォイスコイルを与え、奥行を3.78インチ(9.60mm)強に抑えた設計は、この上なくユニークである。これは明らかにフルレンジ再生とスペース・セイヴィングを第一義に考えた構造である。

マグネットは俗に壺型と称される、漏洩磁束を極小に抑え、磁場中冷却で異方性を高めた強力なアルニコ・タイプ。磁化には、もちろん「マグネタイジング・コイル」が必要である。

コーン紙には間隔の狭い1山2本線のコルゲーションが1ヵ所設けられ、センターキャップ状の部分も、ヴォイスコイル・ボビンを取付ける段差を作り、そこからあらためてドーム状に盛り上げてプレスするという、たいへんに凝った一体成型品になっている。
紙のコーンだけに、さすがにスパイダー〔ダンパー)レスというわけにいかず、布の樹脂含侵コルゲーション型が採用されているが、その幅の設定も実によく検討された跡をうかがわせる。なおコーン紙のエッジはフィクスト型だが、ヴィスコロイドが塗布され、逆共振による中域のディップを防止している。ヴォイスコイル・ボビンはフェノール製である。型番から類推しても、本機は1930年代後半から40年代にかけてベル・ラボで研究・開発が進められていたことは、間違いないと思われる。

40年代半ばに発表されたカタログに本機の開発コンセプトが載っているが、これが恐ろしく高度な内容である。

@広帯域再生 
Aレスポンスが均一であること 
B低レベルの再生時でも、あらゆる種類の歪が減少させられていること 
C正確な過渡応答を実現する適度なダンピング特性と、リニアリティを改善すること
D広範囲に均一な音響エネルギーを拡散できること 
E突然のピークパワーに対応できる耐入力特性をもつこと。


 いまのエンジニアで、フルレンジ・ユニットの分野において、これらの命題に対して真正面から取り組む者が、全世界で果たして何人いるだろうか。研究費と研究者の多募ではない。「志」の高さと情熱の問題なのである。多分、ベル・ラボにとってもウェスタンにとっても、よき時代に開発されたユニットであったのではあるまいか。

 さて、この『728-B』が、また泣かせる音を奏でるのである。熱い血潮が流れている、とでもいうのだろうか。12インチ・ユニットの常識を破るスケールの大きな、威風あたりをはらう雄大な鳴りっぷり。加えて切れ味鋭い再現性。本機の設計時の「志」の高さは、やはり音に如実に現れているのである。

再生周波数レンジは60〜10,000Hz、ヴォイスコイル・インピーダンスが4Ω、カヴァレッジ・アングルは50°を確保している。つまり先の6条件は、ほぼ完全に満たされている。本機をウーファーとして使っても、これまた素晴らしい。外形寸法は
直径12.34インチ(31.35cm)、奥行3.78インチ(9.60cm)、重量は17ポンド(7.7kg)。


               ヾミア<三三三三三三三三三三三三∨ハ.'//ヽ     , ', ̄‐ ´  ̄ ̄ ` ` ‐ - 、
                `ヾミア<、三三三三三三三三三三V´.// ,イVハ、  , ' ´         , - ‐ 、=、―`ー,
                  `ヾミア<、三三三三三三三三∨//.,イ三三三、,','   , '    ,r '´ , - ‐'  ` 、, ' `,ー-、
                    `ヾミ<、三三三三三三V´//.,イ三三三三 ,'    ,'   , '´ , r '´        ,',   i
                     `ヾミ<、三三三三V.// ,イ三三三三三,'    ,'    ,', r'           ,' ',、 _ i
                       `ヾミ<、三三'´.// ,イ三三三三三',,','   ,'   ,' '__ _,r '´ _,      ,イ  ,' i ', i
                       ,_、`ヾミ</// ,イ三三三三三三,' i   ,'  ,' ∠>、'_'´,r´_ ,r'  ,r' , ,'' ,'  i i
                     ,ィ圭ア',ヘ、`/巛、/ ,イ三三三三三三、,',','',   ,' ,' `仍不、 _`‐- , r ' ,', '  ,'   ii
                    ,ィ圭/`/ィ圭ア、,'、巛,`く=三三三三三三 ,',' i i   ,' ,',' //`弋乃  ̄´   _、, ' , ,'     '
                 ,ィ圭ア'/ィ圭ィ圭ア l l`くミ<三三三三三= ,' ,' i ,'  ,',' ,'   '//     , r ', ∨´, ','     '
                 Vミ'彳'ィ圭ィ圭/l  ヽ>`ヾミ<三三三三,' ,', ,'i ,'  ,'' ,'          _ -'_',´乂,' , '  ,' ,'
                 `くィ圭ィ圭ア/  \,イ   ,∠ヾミ<三三',' ,',i ,'i ,'  ,' ,'i           衍う,'/,', ','  , ' ,'
                   ヾミ圭アハ、  //  , '    ` ヾミ<三i ,'=i =i,'  ,',' '    くー, ´ //`ソ'イ, r' , ',' , '
            _ _      ヾミィ圭ア,イ` l , '       ヾミ>、i'三=,'  ,' iiヽ、',    ´     /´, -´ , ',イ,','
 _, .- ‐ ' ´  ̄  ̄     ̄ ` ‐,、-,-弋 _ ハ_ /,'          ヾミ>三'  ,'',i i三≡、- , - ― -, ' ´,' , ', r 7','=,'/、'
 `、 `,               ,'   , ' ,' , '`-,'            ヾミ', ', 'ヽ三', 三三三三,r'_,- ' ,', ' ,' , r'´,','='//,>、
   `、. ',             /   , ' ,' ,-`ー'             ', ,r' , ', 'く三`三三三三= , '´,' ,' ,'   ,',' ,'//,イVハ、
    l ∧            ,'ヽ, '´,'_i ,'´  ,' _             ,'、__二ヾミ>`三三三=, '=´','  , '   ,' ,' ,'//,イ三三ミ、
    l  l          ,'  i   ̄ i   ,〈、::ヽ         , '´ .,'´    ヾミ>三三=, ' -´ ,. ' ,'   ,' ,' ,','/,イ三三三三=,
    l  l         ,'   i、    i  _,r'='ー='、_ _ _ _ _, - ' ´  ,'       ヾミ>、三,'三'´ ,イ  , ',', ' /,イ三三三三三/
   / /         .i   i ヽ. _ ,.r.'´   `、   ,‐ ',、三三,-‐'´,'         ヾミ>、'三三= , r ', '/ /,イ三三三三三=/
   / /.         ',   レ' .`Y`‐、   _,-`,´,‐'´      _l           ヾミ> ' ´, '―'´/ /,イ三三三三三三/
  /  /..         ,'  、' -、ヽ/  _L三=‐'´   _  , ' _<i           ,'´ヾミ>三三/ /,イ三三三三三三=/
/  /             ヽ_>'``く> '´     〈´_  〉く〉7三'ハ',          ,'    ヾミ>'//,イ三三三三三三./
ー∠_ _ _ _ _、        / ` ` ‐ 、_     /`  ,'' Vハ∨、_         , '      く/>,',イ.三三三三三三/
             `、       ' ー ― ― ―'- /     l  .`'´ .',::::`..、 _ , r ' ´         く,イヽ三三三三三三/
               `、_  _ _ _ , - - - -         ,'     r,Y‐'´              `く三ヽ三三三三=/
                ',                  ,'     /´                   `く三ヽ三三=/
                 i                 ,'     /                      `く三ヽ三./
                .i                  ,'   ./                         `く三∨
                i                   ,' /´`,                            ̄
                i   , - ‐ ' ´  ̄ ` ` ‐ -、  ,' 〈-、ヽ/
                i ,-'´ _,-‐―――‐-、_  `/  ー''´


______________

I ウェスタン・エレクトリック WE757-A (1947年)


『757』は、1947年に発表されたニューライン・オブ・ワイドレンジ・ハイクォリティ・スピーカー・シリーズ中の2ウェイ・システムで、主に放送局用のプログラムソース・モニターとして使用されたものである。

低域ユニットは、『728-B』12インチ(30.48cm)型ダイレクト・ラジエターで、本来はフルレンジ・ユニットとして開発されたものである。

中・高域は、『713-C』レシーバーとKS-12027ホーンが組み合わされている。

 『713-C』はアルミ合金製のダイアフラムを持ち、高域は15.000Hzまで伸びており、カヴァレッジ・アングルは水平、垂直とも90°となっている。

この2つのユニットは、702-Aディヴァイディング・ネットワーク(1kHz)および700-A アッテネーションパネル(HF用)により、きわめて滑らかに結合されている。

本機は明瞭度の高い美しい音が特徴で、ウエスタン・サウンドの一方の雄といえるものだ。第2次世界大戦後生まれのこのシステムは、現代のプログラムソースにも充分に対応できる、きびきびとした反応のよさがあり、胸のすくようなスピード感は圧巻である。しかもその中に、伝統の音の厚みと表現力の多様さが色濃く残されているのだから、エンスージャストにはたまらなく魅力的である。

『757-A』の外形寸法は、

幅30.5インチ(77.5cm)、高さ20インチ(50.8cm)、
底面奥行13.75インチ(34.9cm)、上面奥行11.25インチ(28.6cm)

という前面傾斜型エンクロージュアで、モニター・ブース前方の壁に傾斜面が下を向くように設置されるのが正式である。バッフル面は粗い板紙の繊維をモール ドして形成した音響処理材が貼られているため、箱鳴りなどのノイズは皆無。

周波数特性は60〜15.000Hzで、インピーダンス4Ω、
許容入力30W(ピーク)、
重量82ポンド(37.1kg)


ウエスターン757Aは、FM/AM放送局やレコーディングスタジオなどのモニター用として1947年に開発されたシステムである。 使用ユニットは、

12インチ口径フルレンジ「728B」と「713C」

ドライヴァー+「KS12027」ホーン、

そして「702A」ネットワークと「700A」アッテネーターによる2ウェイ構成で、クロスオーヴァー周波数は1kHzである。 エンクロジュアは密閉型。主なスペックスは、

周波数帯域60〜15,000Hz、耐入力30W、インピーダンス4Ω

となっている。「757」タイプのドライヴァーには「A/B/C」の3タイプがあり、

「A」はアルミ合金製 振動板を採用したヴォイスコイル・インピーダンス16Ωのモデル、

「B」はフェノリック振動板でヴォイスコイル・ インピーダンスは4Ω、そして本機で採用している

「C」は、「A]と同じ振動板を搭載し、ヴォイスコイル・インピーダンス は4Ωとなっている。


「757」内部には、前面バッフルとネットワーク側以外のすべての面に紙製の吸音材が貼られている。 なお、本機は製造された数が極めて少ないため、日本国内にあるオリジナルシステムは20本程度と思われる。


 ●型式:2ウェイ2スピーカー、密閉型
●使用ユニット:L.F.・WE728B、H.F.・713Cドライヴァー+KS1207ホーン
 ●クロスオーヴァー周波数:1kHz(702Aネットワーク)
●インピーダンス:4Ω)
●最大許容入力:30W
 ●再生周波数帯域:60〜15.000Hz
●外径:約W775×H508×D337mm
●重量:36.9kg

http://gokudo.co.jp/Vanguard/bekan2/bekkan.htm


                                  /ヽ
                                 /  !|
                                     /    |!
                                 /  ,   !i
                               i  冫  ム',
                             >::::::!  ヽ   i::',
                         /::::::::::::::'、  冫    !:::',
                       >::::/:::::::::::::::::::::::-=彡   !:::::',
              、、_>::::´::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::`::レ;:::::....',::::::i、
              ヽ   ..::::::::/::::i::::::i::::::::l::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::ヽ::';;',
               \...::::::::::/:::::::!/:::!:::::::|:::::::::::::/!:::::::::::',::::::::::::::!:::::',
                 \:::::/´::::::/::::::|:::::::|::::::::::::! ',:::::>─‐:::::::::|:::::::!
                   > .__/:::::___i!:::::::::::! / .-、|:::::!::::|:::::::l
                  ´゙レ´ !:::::::::! __`、:::::リ ,ィJ圭1`::!::::::l::::::i
                     i::::::::::、/ 'ヤ心. ` ' ';r'躡iリ::::!::::::::!::::!
                     /:::::::::::ハ ';r'J     '鼇夛|::::!::::::::l::/
                       /:::::::::::::::ム  ヾ′、   ///|::::!:::::::!/
                   /:::::::::::::::,-‐'、 ゙゙   ___    /::::!:::::::l::|
               _    /:::::::::::::::/   ` ‐-/ヽ`ヽ-‐i、:::::!/::::::/:::ヤ
         >:::::::::::::::::::::`:::..、::::::::::::マ   , /- ' u/、 /::::::::_:_/:::::::ヤ
      >:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;:/   , ,.. !ヽ_ノ /:::::::::/ヽ、:::::::ヤ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/___/ ` ` ̄ij  ,..!:::::::/   i::::::::::ヤ
    /::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´     ̄ `丶_ `!|::::::!   {:::::::::::ヤ
    /イ:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           ヽ'  !i::::::l     i::::::i::::::l
   / i::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(丶.___.へ .  i iヽ_ヽ. |:::::!   ム:::λ::::!
.     !/ /:::;;::;;:::::::::;;;::::::::::::::::::;;:;;ヽ::::::/     〉ハ、ノ.j    //   ム:::/ ';:::!
   //i ! ; ;;;;;;  ;;;;::::::;;;;'   ハ/      ´     '  i   マ:/i  i::!
  /´/ !人                ハ      :}           |    i:::l  l/
      .-‐リ            リ             _!___!:/  /
    /  //!         、   !           /´      `丶、
.   /   ′ |/、   i     |  ト、         /           ヽ.
   l       ヽ  /.     / / ヽ.       _,イ              ',
.   '、       リ!/    //    ヤ     ′                  ',
    ヽ、 ー-、  ;i!    /     、 ,  /'                 i
      `ー-、 `ヽ、!  i         〉 ヽ、/                       |ヽ、
           ̄ ̄ヽ、!─----- ‐='__...)!、                  /  '´Y
                  __      `   ー─- ._      __/   /
                     /  , /⌒ヽ___           ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
                |ヽ ( / -=´、  о
               __ヽ、\|,r─-=-
               `ー' ̄


___________


2) ホーン

@ 3A Horn


555ともマッチする549W/551用のストレート・ホーン

  ホーンを精妙に鳴かせて演出する至芸の世界
 
この時代の蓄音器やウエスタンのホーンには感心する。緻密に設計されているだけではなく、ホーン自体を実に精妙に共振させて音作りをしている。完璧に鳴きを殺した25A、24Aホーンなどのデッドニングにも驚嘆するが、これとは全く逆にこれほど見事に金属の微細な共振を音の一部として精妙に使われては、まったく脱帽するしかない。

549Wや551ドライバーは、この3Aホーンのコンビネーションが標準仕様だ。4Aでもいいかもしれない。たしかにショップの中には、知ってかしらずか他のホーンを3Aホーンと称して販売しているくらいである。しかしできれば、もともとの3Aホーンのほうが良いと思う。写真は555ドライバーの口金にも合うので、3Aホーンを551に取り付けているところだが、このホーンは針金をかけるためのリングがあって、蓄音器と同様にそこから空中に宙吊りにして使用する。朝顔ラッパが他のものに触れてはいけない。振動が消されてしまうからだ。この微振動があってはじめて3Aホーンは、真価を発揮する。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/3a/3a.htm

____________


A Western Electric WE 12-A Horn


 555レシーヴァーと平行して開発されたステージ天吊り専用木製ホーンで、木製部2ピース、レシーヴァー・アタッチメント1ピース(キャストアイアン製)が結合された形を採っている。12-Aは後に開発された17-Aよりも木部が厚く(ソリッドウッドを使用)、リジッドに作られているため、音のヌケのよさは秀逸である。

音道長=11フィート(3.35m)、カヴァレッジ・アングル=水平30度、水直40度、
外形寸法は

全幅=45インチ(114.3cm)、全高=67.5インチ(171,5cm)、奥行=47インチ(119.4cm)、重量は555込みで200ポンド(90.6kg)。

 最低周波数は62Hz 

______



B Western Electric WE 13-A Horn


 ステージ下部設置用フォールデッド型木製ホーン、555用。クレイドルと称する台に乗せられ、開口部に固定された金具により、21.5インチ(54.6cm)から、39.5インチ(100.3cm)まで高さ(角度)が変えられる。音道長は14フィート(4.27m)、カヴァレッジ・アングルは水平30度、水直40度。外形寸法は

全幅=62.5インチ(158.8cm)、全高58インチ(147.3cm)、重量250ポンド(113.3kg)。

 12-Aの開口部は45×45インチ(114.3cm)、本機は62.5インチ×42.5インチ(108cm)と大きい。

 最低周波数は50Hzで12Aと同時に鳴らすと図太い音と繊細な音の混ざり合いになり聴きづらくなります。オーディオに詳しい方が資料を基に12-A:upper positionと13-A:lower positionの記載をもって高音用、低音用の目的でないとの指摘をされています。しかし実際に使ってみると当時ウェスターン・エレクトリックがVictorに製造を依頼した目的は高音用12-Aは天井近くに客席に直接音が届くよう、低音用13-Aは舞台スクリーン裏か舞台下のオーケストラボックスに天井に向けて高音成分が観客に届かないようにセッティングされたものと解釈しています。

___________


C Western Electric WE17-A Horn/WE15-A Horn System


 ステージ・スピーカーシステムに用いられたウェスタンの主力木製ホーン。1928年開発。

 555レシーヴァーと7-Aアタッチメントを加えたシステムとして、15-A のコード番号が与えられている。

 シナ材の3層ベニア(薄板の木目を直角ではなく、同方向に揃えて貼ってある)を蒸気で湾曲させ、ニレ木材のフレームに固定した木製部(2ピース構造)、アタッチメントのキャストアイアン部分(2ピース構造)が、ボルト・ナットで結合されている。ホーン側部に示されている点線は、音軸を示すもの、

レシーヴァー・アタッチメントは

7-Aが555×1基用、8-Aが2基用、16-Aが3基用、10-Aが4基用、

と4種類がある。 7-A使用の場合、

音道長は約14フィート(4.27m)、
カヴァレッジ・アングルは水平30度、垂直40度。

外形寸法は
全幅=6.375インチ(143.2cm)、全高=70.5インチ(179.1cm)、奥行=53.125インチ(134.9cm)、 重量=140ポンド(63.4kg)

最低周波数は57Hz 


_____________

D Western Electric 24-A Horn


 ステージ用ラミネートメタル製12セル、フラットフェイス型ホーンで594-A用。ミラフォニック・サウンド・システムの高域に使われたが、555レシーヴァーが使用された例(24-B)もある。カヴァレッジ・アングルは70度以内。

レシーヴァー・アタッチメントは3種あり、19-Aが594-A×1基、19-Bが594-A×2基、19-Cが555×1基用である。

外形寸法は開口部で全幅35インチ(88.9cm)、全高26インチ(66.0cm)、

奥行27インチ(68.6cm・595-A×1基装着時)、28.13インチ(71.5cm・2基装着時)、35.75インチ(90.8cm・555×1基装着時)、重量41ポンド(18.6kg・594-A装着時)、

35ポンド(15.9kg・同555装着時)

_____________


E Western Electric 25-A Horn


 ステージ用メタル製15セル、フラットフェイス型ホーンで、555レシーヴァー用。カヴァレンジ・アングル=70度以上(水平)。レシーヴァー・アタッチメントは、20-A(555×1其用)、20-B(555×2基用) が用意されている。

 外形寸法は開口部で 全幅40.5インチ(102.87cm)、全高25インチ(63.5cm)、

奥行34.125インチ(86.68cm・555が1基の場合)、31.625インチ(80.3cm・同2基の場合)、

重量80ポンド(36.2kg)

______________


F Western Electric WE31-A Horn


 モニター用またはP.A.用アルミニウム・ダイキャスト製ホーン。594-Aとの組み合わせの他、27-Aレシーヴァー・アタッチメントを使用し、713-A/B/C、720-Aレシーヴァーとの組合せも可能。

 カットオフ周波数は300Hz。120度の水平カヴァレッジ・アングルはウェスタンのホーンで最大。

 垂直は40度。サイズは全幅23インチ(58.4cm)、全高9インチ(22.9cm)、奥行15インチ(38.1cm)、

 重量9.5ポンド(4.3kg)。 周波数レンジ300Hz〜10kHz(594-A使用時) 

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm


________

Western Electric 31A ホーン


  元々は、594A ドライバーに使用するために設計されたものであるが、27A型アタッチを使って720,713シリーズにも使用することができるのもので、実にコンパクトで使いやすいものだ。横幅23インチ、高さ9インチでホーン長は15インチである。使用周波数は、594Aドライバーとの組み合わせでは、400から10KHzをカバーできるが、同じ型を使用して、後年ALTECが製造をひきついだ。ALTEC730ドライバーにも使用された。  

  センターに補強のためのブリッジがあるが、この部分はコルクなどの材料をつめてあり、直接金属が接触しないように配慮されている。さて鳴らしかたであるが、このホーンには実にいろいろなものがあって、ホーン鳴きの程度もまちまちである。またこの鳴き加減をブリッジのスリットにはさむ材料で調整することができる。

  どの程度鳴かすかは、システムのバランス次第である。また、ホーンの折り曲げ部分の内部にマウスパッドや布などを置いて、音の"うるささ?"を調整する。594A, WE555, 730で使用してみたが、24Aとは比較にならないが、コンパクトで使いやすいホーンである。移動するPA装置として活躍したと思われる。私の場合は、"鳴かさない"鳴らし方を選んだので、鉛のシートでホーンを覆って使った。別のページで出てくるシルバーのタイプは、鳴かないのでそのまま使用することができた。やはり鳴かさないで使用するのがホーンの本来の姿である。24や25のデッドニングは、あまりに見事である。ホーンを叩いてみるとその音にほれぼれする。後の黒い3Aホーンなどは、蓄音機のホーンと考えればよく、これは精妙に鳴らさなければならない。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/31a/31a.htm


              /  / _
            . /   ノ /   `丶      _ .. ,
           / /   /  ′      ` ¨´   /
          /     /    、    ヽ    ノ/
         ′    /     /`ミ、/ヘ、  ´ /
       /       {      /       | '.   /
        /l       /  i   /   ,、    |ハ  !
      ; l     l  | /,. '"     /ヽ.l_, |
      ||   ′i|   l  ,ニ、    /}、/ } |
      |     {   !   lィ、_ ノ    /イノ!イ  ;
      |、 !  、 ヽ  l 代 ソ     じ' ハ/
      l Y|  i \   | l ::::::    ' :::/  }
       ; ノ!|   ゝ-‐`ー .l、ゝ   r ァ /  /
      〃 リ /    ヽl >  _ ィ'}ヽ  /
     /  / /      マ!|   // ハ /
     / ,  ,′       i }l !  // / l
    / /   !       リ l l // /   |
    / /    |  i      ヽl ∨/ /  |
   ノ /     : l       ヽ./  }   l
  ( イ       l l        {   /   |
   ヽ!       ‖       、 : /   |
    人       l        ヽV      |
   ん、ヽ.     |          }     )


__________

3) ネットワーク


Western Electric TA-7375-A Network

 “ミラフォニック・サウンドシステム”用の主力ディヴァイディング・ネットワーク。

 クロスオーヴァー周波数は300Hz、12db/oct。インピーダンスは12Ω。

 リタデーション・コイル(ASA-1317)は空芯式、キャパシターTA-4187には大型でかつ誘導電力率のよいオイルコンデンサーを使用している。なおR1、R2、L3によるシンプルなハイパス・イコライザーはシステム・トータルでの最終的な音質コントロールを意図したもので、通常は外してもよい。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm


594A/1444 ネットワーク
 
メインシステム用のネットワークを変更した。594Aドライバーは、繊細な音の表現を余すことなく精緻に伝えるが、そのエネルギー感と音の速さは並みのものではない。あらゆるウーファーが追いつかないのである。ウーファーは当然フィールド型を使用するが、ウエスタン標準構成のTA-4181をもってしても歯がたたない。ネットワークの設計はどてもむずかしい。

  594Aはとても能率が高いので、ウーファーとのレベル合わせには困ってしまう。信号系統に何かを挿入するだけで音が変わってしまう。マルチ・チャンネルでドライブすればよいと思われる方もいらっしゃるが、そうするとまた仕掛けが大掛かりになり、追い込みはさらに厳しくなる。うまくやらないと肝心のプレゼンス(空気感とでもいいましょうか)が消しとんでしまう。

今回は、真空管アンプのメリットを最大限に活かして、出力トランスの巻き線の2オームで594Aを、16オームで、ウーファーをドライブすることにした。RCA MI-1444は、インピーダンスが30オームなので、2本を並列に接続してさらに能率を稼いでいる。輻射面積から計算すると、18インチ(46センチ)を若干上回る規模である。

  配線は、アクロテックのS-1040を使用し、出力トランスからユニットまでの配線も最短で、30センチ、最長でも50センチと短くしてある。クロスオーバーは、カットオフが373Hz - 6dB/octである。インダクターは下の写真にある、RCA の劇場用のネットワーク用の巨大な空芯コイルXT-2299Bで、重量が、1台4.1キロある。インダクタンスは、実測値で、最小4.2mH、最大10.4mH間を何段階のタップで設定できるものだ。ノギスの先端の幅が示してあるが、巻き線部分の幅が14センチある。空芯コイルの場合、このクラスにならないと風のような低音、空気感の再現はむずかしい。  

  以前は、このインダクタを使用して、(周波数補正実験1のとき)は、24Aホーンのカットオフ近くの220Hzと、かなり低いクロス・オーバーで使用していたが、装置をリスニング・ルーム202に移動したため、部屋の特性が大きく変わったので、ネットワークも含めて作り直した。このインダクタのDCR実測値は、10.4mHポジションで、約0.9オームである。さらに低いDCRのためには、下にあるトロイダル・コアを使用した、平角銅線を縦巻にした特注のインダクタを使用する手がある。この場合実測DCRは、0.1オームに下げられる。コアを使用した場合は、同じインダクタンスを得るのに、サイズを小さくでき、また抵抗値を低くできるメリットがあるが、コア独特の音の性格が出てしまうので、注意を要する。ちなみにこのトロイダル・コアではRコア系の材質が使用されているようで音が太く表現される。当方の大星夜級真空管アンプは、とにかく繊細、クリーン、音の速さをテーマにしているために音が優しく、かつ細く聴こえる傾向がある。このようなアンプでは、意図的にこのようなコア入りのインダクタを使って、音を太くしてやるという手もある。一般のアンプでは、ウエスタンのオリジナルも含めて、もともと音を太くするための回路的な工夫をしてある場合が多く、コア入りインダクタの使用は、音に色づけがされる場合もあるので、この点に留意しておく必要があるかも知れない。その点、空芯コイルは無難といえば無難である。

理想的には、6Nクラスの銅線で、空芯またはアモルファスとかファインメットとか純鉄のコアを使用してインダクタを巻くのがいいのかもしれないが、最近は特殊なコアや6N以上の銅線もなかなか入手できない。風のように軽く速い低音への道は、険しく遠い。

  さて、ご本尊のシテムのほうもクロス・オーバーが変更になり、周波数特性を測定し直したところ、220Hz付近にピークが発生していたので、回り込みを少しでも減らすために、とりあえずバッフルを変更した(7/20/2004)。以前の状態は、Room202の写真どおり、フロント・ショート・ホーンのスタイルをとっているが今回のシステム変更でも、594Aと1444の振動板の位置がまだ約70センチと大きくずれている。これは人間の位相差識別限界最小値の2倍以上である。将来は、振動版の位置を594Aに合わせた低音ボックスとホーン・ロードをかけた大型のバッフル方式で作り直す予定だ。まだまだ道は遠い。
 
http://homepage3.nifty.com/western/audio/network/network.htm


WE594 RCA 1444 ネットワーク 2号

澄み切った中高音と風のような軽低音の再生のための大袈裟なネットワークの設計

メインシステム用のネットワークを大幅に変更した。594Aドライバーは、繊細な音の表現を余すことなく精緻に伝えるが、そのエネルギー感と音の速さは並みのものではない。あらゆるウーファーが追いつかないのである。ウーファーは当然フィールド型を使用するが、ウエスタン標準構成のTA-4181をもってしても歯がたたない。ネットワークの設計はどてもむずかしい。今回は、クロスオーバーを一気に200Hz付近まで下げた。ホーンのカットオフ周波数まで使いきってしまう。反射の発生に関して問題になりそうであれば、後でエキステンションで調整する。

  以前のシステムは、クロスオーバーを300Hz付近に設定していたが、鈴木慶江のアリアの声の中に濁りを感じた。この濁り感は、クロスするウーファーの上の周波数帯域から発生していた。そこで、24Aホーンの威力に全てを託し、594Aコンプレッション・ドライバーのクロスオーバーを200Hz迄下げた。この組み合わせで、部屋を含めた周波数特性は、すでに実測してあるので特性上の問題はない。詳細は当HPの周波数特性計測の項を参照して戴きたい。ネットワークの回路図は以下のようになった。
    
さてウーファーのほうが大問題である。クロスを200Hzに下げるためには、きわめて良質の12mHという大型のインダクタが必要になる。このインダクタは、超低DCRが必要とされ、しかも音質的に優れたものが必要になる。このため、特注で12mHの平角銅線の縦巻きトロイダル・インダクタを2個巻いてもらった。下の写真が特注のインダクタである。(残念ながら、2005年6月に製造中止との話である。)

  当初、このインダクタを1個だけ使用して12mHのクロスオーバーを作成した。ところが、300Hzでクロスしていた時に出ていた、底域の風のような軽い低音が出てこなくなってしまい閉口した。問題はわずかに増加したコイルの銅線のDCRである。このシステムは、アクロテックのS-1040を使用して最短の配線を行っているが、、10センチのケーブル長が音の違いになって出てしまう。そこで、12mHのトロイダルをシリーズに接続して24mHを作り、これと並列に超低DCRの20mHの重量10Kg以上の巨大なリアクトルを接続して、合成インダクタンスがほぼ設計値になるようにした。さすがにこのネットワークの威力はなかなかのもので、低域がいとも軽々と速く再生されるようになり、594Aの低域になんとかマッチするようになった。
 
  しかしこの方法は一般的ではない。200Hz以下かつ12dB/Oct 以上という低い周波数で急峻にカットする場合にのみ有効である。300Hzでは失敗する。理由は人間の耳の特性にある。300Hz近辺では、まだ人間の耳は鋭敏に音を識別してしまうのでごまかしが効かない。さすがに200Hz以下になると人間の声の周波数成分がかなり少なくなってくるので、耳が違いを識別できにくくなる。こうなるとインダクタの素材の差の相違の影響というか、この識別が甘くなる。しかしDCRの差による過渡特性の識別は、十分に可能である。このトレード・オフを利用したというか、人間の非線形な耳の特性を利用した作戦である。C4の10uは、スロープを決定するが澄み切ったボーカルを聴くときには必須だが、ピアノのリアリティーを求めるときには、外したほうが良い。普段はつけた状態にしてある。その他の詳細は、本HPのネットワークの項目を参照されたい。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/594_1444_nw2/594_1444_nw2.htm


WE594 RCA 1444 ネットワーク 3号

15インチダブル・ウーファーでの200Hzクロスオーバー、風のような低音を再生するネットワークの設計

メインのリスニング・ルーム202号のスピーカー・システムを大幅に変更した。おおがかりなホーン支持金属アレイ・フレーム製作作業の末、低音用のダブル・ウーファーの振動版面を24Aホーンの前端より約1メートル後方の移動し、今まで気になっていた位相差を合致させた。クロスオーバーも200Hzに変更し、風のような軽い速い低音再生を目指した。計算上のバランスでは、15インチ・ウーファー4発または、18インチ・ウーファー2発にしたかったが、低音のボックスとホーンの"建設"が間に合わないので、涙をのんでWE594Aドライバーにアッテネーションを行った。

  アッテネーションは、RCA劇場用の大型ネットワークに使用されるカプリング・トランスフォーマーXT-736である。アッテネーションによるレベル変更では、やはり音が甘くなるので、594A側のフィールド電源を一切の抵抗を経由しないように設計を変更し(チョーク・コイルのみを使用)若干電圧を上げて、音の浸透力を上げて補った。
 
  594Aドライバーは、繊細な音の表現を余すことなく精緻に伝えるが、そのエネルギー感と音の速さは並みのものではない。あらゆるウーファーが追いつかないのである。ホーンのカットオフ周波数まで使いきってしまう。反射の発生に関して問題になりそうであれば、後でエキステンションで調整する。200Hzクロス付近での周波数特性はすでに実測してあるので、これにウーファーの特性をあわせる。実測特性に関しては当HPの周波数特性計測の項を参照して戴きたい。ネットワークの回路図は以下のようになった。  
軽くて速い低音の再生のため、超低抵抗のネットワーク・インダクタが必要となる。このためウーファー用のクロス200Hz用のローパス・フィルタでは、特注で12mHの平角銅線の縦巻きトロイダル・インダクタを2個巻いてもらった。下の写真がネットワークの写真である。12mHのトロイダル(RC-12L)をシリーズに接続して24mHを作り、これと並列に左奥にある超低DCRの20mHの重量10Kg以上の巨大なリアクトルを並列接続して、合成インダクタンスがほぼ設計値になるようにした。10から12mHの大きなインダクタンスがあるが、合成直流抵抗は数百ミリ・オームと、ディジタル・テスタで計測できないほど低い。さすがにこのネットワークの威力はなかなかのもので、低域がいとも軽々と速く再生されるようになり、594Aの低域にマッチするようになった。ウーファーが15インチ4発あるいは、18インチ2発になったときには、ネットワークは、右手前のカプリング・トランスを外して2号状態に戻す予定だ。右手に見えるのは、自動車用のパンタグラフ・ジャッキ。ホーンやドライバーをセットするときには、各種4本のジャッキを使用する。

  しかしリアクトルを用いたこの方法は一般的ではない。200Hz以下かつ12dB/Oct 以上という低い周波数で急峻にカットする場合にのみ有効である。300Hzでは失敗する。理由は人間の耳の特性にある。300Hz近辺では、まだ人間の耳はけっこう鋭敏に音を識別してしまうのでごまかしが難しい。さすがに200Hz以下かつ12dB/Oct以上のクロスになってくると、鉄芯リアクトルの音の癖を、耳が違いを識別できにくくなる。こうなるとインダクタの素材の差の相違の影響というか、この識別が甘くなる。これに比べて直流抵抗値の差による過渡特性の差の識別は、十分にシビアである。この人間の非線形な耳の特性を利用した作戦である。C4の10uは、スロープを決定するが澄み切ったボーカルを聴くときには必須だが、ピアノのリアリティーを求めるときには、外したほうが良い。普段はつけた状態にしてある。その他の詳細は、本HPの他のネットワークの項目を参照されたい。下の図は、594Aに-6dBのアッテネーションを行った場合の部屋の特性を含めた実測周波数特性。ウーファーとコンプレッション・ドライバーのレベルがおおむね合っている。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/594_1444_nw3/594_1444_nw3.htm


WE594 RCA 1444 ネットワーク 6号

15インチダブル・ウーファーでの660Hzクロスオーバー、紆余曲折の結果のネットワーク

  WE594A/1444 ダブル・ウーファー用ネットワーク4号5号---方針を大きく変更
 
この6号を試すまでに,実はたいへんな紆余曲折がありました.出力トランスをファインメットの特注(4号)から,タムラに変更(5号),その後にLUXのOY36型(6号)に変更しました.出力トランスは,アンプから外してスピーカーの近くまで持ってきてあります.こうすることによりスピーカーケーブルを短くできるからです.出力トランスの変更によって音は大きく変化します.最終的にOY36型に変更したおかげか,低音の量感が増しスピード感も速くなってきました.そこで,全体のネットワークの見直しを行いました.

  5号までの考え方は,MI-1444が594Aに全く追いつかないので,594A側のクロスオーバーを徹底的に低くとる作戦でした.そのため,ホーンのカットオフ近くの200Hzまで,クロスオーバーを下げて,MI-1444の遅さを594Aの下側の速さで補うアプローチです.しかしこうすると,MI-1444のウーファー側のクロスオーバーが低くなることにより,直列に入れるインダクターの容量がどんどん大きくなってしまいます.直前の設定では,何と12mHという大きな値です.こうすると大型の超低DCRのインダクタでも,0.1オームから0.05オーム程度のDCRをもつことになります.このDCRの大きさによって,低音のスピード感が損なわれてしまうのです.1444をネットワークなしのフルレンジで鳴らしてみたところ,とんでもなく”いい低音”がでたので,いかにインダクタのDCR成分が音を殺しているかがわかりました.つまり,低音が遅いので,クロスオーバーを低くした.ところがそのせいでさらにLが大きくなりDCRが増えて,いっそう低音を遅くしていたわけです.

  そこで,DCRを下げるために下の写真にあるインダクタを使用してみました.元々は電源トランスなのですが,とても優秀な作りで,ACインダクタとしてそのまま使用できるものです.2次側のインダクタンスは,5mH,DCRはディジタル・テスタで測定値が出ないほどに低いです.平角銅線を巨大なコアに巻いています.(このトランスは,横須賀の南條氏よりご提供戴きました.同氏はトランスのプロフェッショナルでいらっしゃいます.この場をお借りして御礼申し上げます.またこのトランスは電源トランスとしてもきわめて高性能なので,この実験後は,励磁電源のトランスに使用予定です.)南條氏のHPは,こちらです.実に深い造詣を感じさせます.トランスに関しては,是非来訪熟見されることをお勧めします.  
   

  660Hz クロスオーバーネットワーク回路

アッテネーションは,トランスの二次タップだけで行い,抵抗成分を極力排しています.L1が今回導入した5mHのインダクタです.L2は,12mHの平角銅線の縦巻きトロイダル・インダクタと20mHの大型リアクトルを切り替えて使用しています.回路はきわめてシンプルになりました.

  660Hz クロスオーバーネットワークの実装
 
  下の写真が,今回の6号のネットワーク回路の実装状態です.右がOY36のリモート・トランス,上の黒い色が20mHのリアクトル,下が今回導入の5mHのインダクタ,左が12mHの特注のトロイダル・インダクタです.ウーファー側のインダクタのDCRが下がって,低音の質が向上しています.コンプレッション・ドライバー側は,クロスオーバーが上がったため低いほうをサポートする必要がなくなり音質が向上しています.”低音が出ているように”に聴こえる250から450Hzのカバーが薄くなったぶん,いわゆる”低音が出ている”感は減少しています.が,全体的な音質が向上しています.このあとシビアに調整を進めていく予定です.

http://homepage3.nifty.com/western/audio/594_1444_nw6/594_1444_nw6.htm

                           _  -一'´     `丶 -‐ 、,. -─_ァ、
                           /´  _      ,  ´    \´   }
                         /   /´    ̄ `ヽ             ヽ  /
                   _   -┴--y′         、 ハ           /
                  } ̄  ─- 、/         トヽムヘ、         V
                     ヽ         !            j´    ヽ        '
                    、      |          ,       ,ゝ、       ,
                    \.     l           /_        \    i
                     ト、   !       i /  `     ,.ニ、ヽ    !
                     | \ !   :   | ,ムへ,      イ ,ハ i\ l
                     |   ` !      lイ、ノ,ハ        、りノ |   |
                     |   i !       | 、りノ       ,.,.、 l i
                      l   l :!   ,   |          ゝ     ! ! |
                      !    | !   ',  |  ' ' ' '           , : ! !
        ィ′              ,  !   j,ハ  ', l     ‐--一'′  ′|!  !
      //             /  j     V  , !`  .._      / .._リl リ
      ' /              ,イ    /ヽ   !、      ┬-イ    `| /、
     i {                 /│   /    \ l \    |  l       ′ヘ
     |                  /     ´       ヽ!   丶.   l   !      ,ハ
    ,ハ  \ハ、   、     /   j/         ヽ   ヽ l  │       /  、
     { ヽ  ヽ\  {\        /           \    '    !     : /   ヽ
     ヘ、     ` ヘ `  ._ __/  、               \ /          |/   !  ,
  _ _ {`         \      ′   ヽ       !      /    '    l      '
  `ヽ `ヽ          ` ‐-  /       \   l  ′   ,    /      !   '   !
     ヽ               /イ         \  ! /    /   /     ノ   ,     !
      V             / !          `│/    /   /    / }  /    |
      \              /  l             j/    /   /-‐   ´   j  /       !

______________


4) スピーカーケーブル


  ケーブルの長さで音が変わる  

スピーカーに限らず、オーディオシステム、部品間を繋ぐ電線の問題は実に頭の痛い問題である。つながないことには音が出ないので、電気を使う装置の宿命としてつきまとう。電線不要の蓄音機がうらめしい。この問題であまりに悩むと電線病となる。すべてを電流伝送にすればよいのだが、あらゆるコンポーネント間が電圧駆動になっているため、この問題は避けて通れない。ここでは、私の考え方と解決のヒントを紹介しよう。

  WE755Aは、8インチの秀作、不世出のフルレンジ・ユニットである。このスピーカーは、高能率で実に細かい音を再現するに長けているが、ボイスコイルのインピーダンスが4オームと低く(ごく普通のスピーカー・ケーブルでは特に顕著だ)、アンプとの接続が全長1メートルくらいでは20センチ程度の長さの差があると音に出てしまう。むっとして、ケーブルを短く切るが、短ければ短いほどによい。理論的にも現実的にもケーブルは無いのが理想的である。将来は、スピーカーも電流駆動にしたいと思っているが、この分野はまだまだ研究が必要だ。  

  低いインピーダンスのスピーカーは、ケーブルの影響を受けやすい。下図左にあるように、SPケーブルが長い場合、ケーブル自体の抵抗が多くなり、アンプ側からみると、ボイス・コイルを駆動しているのか途中の配線を駆動しているのか、訳がわからなくなる。WE755Aスピーカーのボイスコイルは、銅線を直径1インチのボビンに35回程度巻いてあるだけである。交流的には磁界内でインピーダンスを持つが、DCR(直流抵抗)では、2オーム程度と低い。周波数が低くなってくるとDCRはより大きな問題となってくる。
 

  プロ用システムの600オームインピーダンス伝送  

家庭用の装置では、ケーブルの長さは数メートル程度でおさまるが、劇場や野外PAなどの場合では、このケーブル長が数十メートルに及ぶことがある。このため業務用の装置では、アンプからの出力インピーダンスを高く送り出している。歴史的に業務用の装置ではアンプからは600オームの送り出しにして、スピーカーのすぐ近くにマッチング・トランスを設置し、ここでスピーカーのインピーダンスにあわせる。ケーブルが短い場合は、当然トランスを入れないほうが音質的に優れるが、使用される環境が特定できないプロユースでは、安定した性能を発揮するために、高めのインピーダンスで送り出して、マッチングをトランスで取るようにしている。

  多くのウエスタン・ユーザーは、シアター用のシステムをそのまま自宅のリスニング・ルームに持ち込んで聴いていると思われる。バランスどりもこのプロユースのインターフェースで行っている。しかしながら、ホーム・ユースでは、ケーブル長が短ければ、高いインピーダンスで送り出す必要もなく、間にマッチング・トランスを入れる必要もない。これら取り去ることにより、理論的にも現実的にもシステム性能は、飛躍的に向上するはずである。束縛から解き放たれたウエスタンのドライバーは、想像を絶する音の世界を現出する。基本性能の高さをいかにマスクして使いやすくしているかが、如実にわかる。しかしウェスタンのドライバーを、素の状態で他の装置とバランスをとるのは、至難の業である。これはレーシング・マシンのチューニングの世界に通じるものがある。


 
  リモート・トランス方式  

  高性能のスピーカーケーブルは、非常に高価である。私のように懐に余裕のない者は、数メートルのケーブルに十万円も出せない。というか、もともと無いのが最高の状態のものに、泣く泣く資金を投入するというのは、技術的にも忍びない。そこで、数メートルの範囲であれば、アンプの出力トランスをアンプの外に出してしまえ、ということになった。これが、私流のリモート・トランスという方法である。普通は出力トランスは、上左図のようにアンプのシャーシの中に収まっているが、これを外して上右図のようにスピーカーのすぐ傍にもってきてしまう。そうすると低インピーダンスの配線部分は、とても短くてすむ。数十センチくらいと短ければここには、目いっぱい高いケーブルを使ってやることもできる。アンプとトランス間は、高目のインピーダンスでつながっているし、電流は数十ミリアンペア程度と極めて少ない。よってケーブル延長の影響は、スピーカーの場合より圧倒的に少ない。但しこのケーブルには数百ボルトの電位があるので、感電に気をつけないといけない。またアンプとトランス間はすべてはんだ付けでやらなければ危険である。回路がプシュプル方式の場合は、お金さえかければ、さらに効果的な回路構成をとることができるが、一般の人にはお勧めしない。ここで節約した資金は、別の場所に投資したほうがいいと思う。



  モノーラル・アンプを使う
 
このリモート・トランス方式にしなくとも、モノラルのアンプを2台にして、それぞれをスピーカーのすぐ傍に置く手がある。この場合、コントロール・アンプとメイン・アンプの間のケーブルは、通常の電圧伝送であっても、まだまだ伸ばす余裕がある。スピーカーのケーブルは、ボイスコイルのインピーダンスが低いので延ばせないのである。私の使用しているウーファーRCA 1444のインピーダンスは、30オームである。よってケーブルの影響を受けにくい。これも業務用のものである奥ゆかしい仕様になっている。反面、ネットワークのインダクタが巨大化するが、その点は本HPのネットワークの項目も参照されたい。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/sp_cable/sp_cable.htm


              _.. ‐'  ̄   _  `丶、   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           / . -- 、    ´   `丶--―|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        __∠_/              \:.:,.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ャ= 二:.:.:.:.:., ′ __                 ヾ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     '.     `ソ  /´    .ヘ//ヘ    ヽ   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ヽ   /  /     ,′    \ \ :.   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      \ノィ  {     |       ヘ  ヽ!   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       7V       /|-       _ ゝ 、l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l.:i } /    ハ!       ´ {ヘ::ィl   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:i ノノ:i   / /} ゞ、        ゞ-'| }:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:/  .:.:i  /イ/{ヘ::ハ      :::::l イ:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l,ィ'´ .:.:.i   {   ゞzり           |:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       リ! i .:.:.:   :.、  ::::::           ,イ:.:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | .:i .:.:.:.:..、 :. .:.丶        `` / j:/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | ハ:.:.:.:.:.:ヽ .:.、.:.ノ:`: : .、ー― ´  /´: : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ´  ヽ:.i :.:.:.:ゞ''´\ : : : : \     /: : : : |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            } .:/ . : . : . \: : : : : \ /: : : : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ノ.イ . : . : . : . : . \: . : . : .ソ: : : : : /|;;;;;;__;;;;;;;;;
             l: . : 丶 : . : . : . \ . : /: . : . : /: レ'´∠ 、;;
           l: . : . : \ヽ. : . : . ヽ/: . : . : /, ′´ ‐ };;;
           |. : . : . : . :ヾ . : . : ./ : . : . :〃    ´,,;;';;;;;
          ノ . : . : . : . : .i . : . / . : . //     /;;;;;;;;;;;
       . -‐ ´. : . : . : . : . : .|: : :/:_. :-ァ ''´   ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;
     /: . : . : . : . : . : . : . :__.ゞ‐ ´ /    . '|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    {: . : . : . : . : . : . : . : ´''´ . : . /    /: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


_________

5)プリアンプ


@ Western Electric TA-7387 Amplifier


 『TA-7387』はP.E.C.信号の増幅用、“ミラフォニック・サウンドシステム"に用いる『1086-A』の前置アンプとして設計された。 

機能は『49』と同様だが、『49』が映写機と隣接した場所に設置するハイインピーダンス入力であるのに対し、本機はキャビネットに収納された状態で映写機の壁に直接マウントされ、映写機とは離れた場所に位置するため、インプット・トランスを設けたローインピーダンス対応となっている。

アンプは262Aシングル・ステージのシンプルなものなのだが、アウトプット・トランス132ーCの出力側には、シャーシー内部に固定式のデーヴァン製アッテネーターFP-39(巻線抵抗を内臓)と、回転式アッテネーターTA-4190が、シリーズに結合されている。

 劇場におけるステージ・レシーヴァーの音量は、このTA-4190でコントロールした。 262Aのヒーター用A.C.10Vおよび B電源200Vの供給は『86』から行われるが、特に高圧側は『1086ーA』内の716-Aアパレイタス・ユニットを通じてサプライされる。このユニットにはリタード・コイルが179-Aと221-Aの2種類のヴァージョンが存在する。
 一般的には、『1086-A』ばかりがエンスージャストの間で脚光を浴び、本機はあまり目立たない存在だが、音量調整用のアッテネーターを持たない『86-A/C』アンプには、必要不可欠な存在といってよく、付加することによる音質の向上ぶりは、目を見張らせるものがある。“ミラフォニック・サウンドシステム”の本領を発揮するのに、絶対欠かせない製品だといっても過言ではない。

_____


A Western Electric 49 Amplifier


 『49』は1928年、プロジェクターに付属する2Aまたは3A P.E.C.(フォト・エルクトリック・セル)光学式ピックアップの微小信号を、ラインレヴェルにまで増幅する前置アンプとして開発された。

 「49-A/B』では、P.E.C.信号をダイレクトに電圧増幅管239Aで受け、インターステージ・トランスを経て、出力管239Aを通り、アウトプット・トランス127-Cの2時側から500Ωでラインアウトしているが、1931年の『49-C』からは、真空管が264Aに変わる。また2A P.E.C.が3Aなって出力が20dbほどアップしたため、インターステージ・トランス246-Aを抵抗結合回路に変えている。

 本機はローレヴェルを扱うアンプだか、各真空管に個々のシールドケースは設けず、黒いスティール製のキャビネットにアンプ全体を収納してシールドし、映写機のかたわらに床から鉄製のポールを立てて、その上にマウントした。アンプ本体のコンストラクションは、真空管、トランス類をマウントしたサブシャーシーが10本のスプリングで揺り籠のように外枠から吊り下げられ、スプリング自体に通電性を持たされ、信号、電源などの電流の経路となる。このフロティング機構はローレヴェル増幅での、マイクロフォニック・ノイズやアコースティック・フィードバック防止に効果絶大だ。

 『49』のフィラメントは、ほとんどバッテリーにより点火(D.C.12V)されたが、P.E.C.のポレレイジング電源を兼ねるB電圧90Vは、『42』、『46』のB電源から、D-9610または700-Aフィルター・ユニットを通じて供給される。現在、『49』をフォノイコライザーに改造して使用する向きもあるようだが、元来30db程度のゲインしかないフラットアンプなので、トータルゲインを確保するためには、昇圧比の高いインプット・トランスを使うか、本機をシリーズ接続するか、あるいは前か後にラインアンプを置く必要があり、なかなか難しい。しかし直熱管によるフォノイコライザーは、真空管アンプ愛好家の見果てぬ夢である。

_____________

B Western Electric 41 Amplifie


Western Electric WE 41 42 43 Amplifier

 『41』−『42』−『43』は、本格的にトーキー映画普及の見通しが確立した1927年から1928年にかけて、ウェスタンが開発した“ヴァイタフォン”と呼ばれるシアター用サウンドシステムの、アンプリファイアー(以下アンプ)部である。

この3台のアンプは単独に用いられるではなく、あくまでも『41』が『42』を駆動し、更に大出力が要求される場合『42』が『43』を駆動するインテグレーテッドなシステムとして設計されている。

『41』に使用されている真空管は、マイクロフォニック・ノイズのきわめて少ない293A、プレート用のB電圧は『42』から供給され(D.C.390V)、フィラメント点火用のD.C.12Vは、外部のストレージ・バッテリーからサプライされる。このD.C.12Vはフィラメント点火と同時に、一部を分圧しグリットにバイアス電圧を供給しており固定バイアスとセルフ・バイアスの折衷の動作になる。これはウェスタン独特のバイアス印加方で同社のスクライグンE.O.Scrivenの着想によるものである。

“ミラフォニック・サウンドシステム”登場の1936年以降には、大容量型のタンガーバルブ式カーレント・サプライTA-5035、TA-7276などが開発され、導入されたため、ステージ・スピーカーのフィールドコイル電源、映写用プロジェクター・ランプの電源、および『41ーA』のD.C.12V電源を1台でまかなうことが可能になった。このタンガーバルブ式電源の12V出力のフィルター部はきわめて厳重で3個のリード・コイルとTA-4115乾式電解コンデンサー「2μF」によるπ型フィルターを経て供給されている。D.C.12V回路にシリーズに入れられているフィラメント電流調整用の35-Nレオスタットも、抵抗線を張ったステップの接点を持つ、大変に凝った造りのものである。



Western Electric 『200-A』


 『41』ー『42』-『43』アンプ・システムは、ウェスタンの101型ラックに設置される。 そのいちばん上に設置されるのが200-Aパネルで、6系統のステージ・スピーカーと1系統のモニター・スピーカーのON/OFを行う。そして7-Aオートトランスを内蔵し、500Ωライン出力を555Wレシーヴァーのヴォイスコイル・インピーダンスに変換する。オートトランスは鉄心の上に、一つの連続した巻線を持ち、その一部は1次巻線と同時に2次巻線ともなって共通に動作するものである。

7-Aは同社が発表した周波数が信じられないほどの広帯域感と豊かな密度感を持っているのが特徴だ。

 ステージ用レシーヴァーまでは、パラレルに数十メーターのケーブルが引き回されることのなるので、アンプの不安定動作や発振防止のため、アウトプット・トランス127-Aの1次側のセンターに、シリーズにリタード・コイル109-A〔実側値5H、D.C.抵抗120Ω)が1個追加され、グラウンドに対してLCフィルターを形成している。

『41-A』の外観は、ウェスタン・エレクトリック社が「ジャパニーズ・ブラック」と呼ぶ黒を基調としている。

『41』は『42』を駆動するための電圧増幅アンプである。回路は直熱3極管239Aの3段増幅というシンプルなもの。

構造的には19インチ・リレーラックマウント・サイズのパネルの両面に組み上げられ、前面下部には黒い四角形のカヴァーが取りつけられている。上部には電流監視用のメーターが2個。左側のメーターは239Aのプレート電流用〔フルスケール2mA)で、3本の239Aのプレート電流をスウィッチで選び、1本ずつチェックすることができる。右側のメーターは、239Aのフィラメント電流監視用(フルスケール300mA)。パネル右側にある電流調整のためのレオスタットで手動調整する。3本の239Aフィラメントは、全部シリーズに接続され、トータル270mAにセットするのが規定値である。239Aの後続管264A/B/Cでは、これが300mAに増える。
 
3本の真空管は、アンプパネル前面下部のカヴァー内部のフローティングされたサブシャーシに、130-Aソケットによりマウントされている。 防振のために、2重のコイルスプリングの中央に真空管のピンが貫通するようにつくられた130-Aソケットは、フェルトを介して真鍮製のサブシャーシにマウントされ、シャーシは防振ゴムを挟み込んだコの字型のスティール・ブラケットでパネルに固定してある。 サブシャーシー全体を覆う銅版製のカヴァーは真空管のシールド用である。更に、そのカバーの内部はフェルトが貼られている。マイクロフォニック・ノイズ、アコースティック・フィードバックを避ける為の実に巧妙な仕組みだ。

『41-A』は入力信号をインピーダンス200Ωの233-Eインプット・トランスで受ける。233-Eの2次インピーダンスは25KΩで、昇圧比は1:11.2。インプット・トランスの2次側には、23接点の26-Aポテンショメーターがあり、1ステップ3dB。合計22ステップのゲイン・コントロールが可能になっている。抵抗値の合計は177.941Ω(≒180Ω)。26-Aは後術の38シリーズの抵抗8個と独自の巻線抵抗15個を組み合わせたもの。調整ノブに固定された目盛り板をサム・スクリューでロックすることができる。ポテンショメーターを出た信号は初段の239Aに入る。初段と2段目の間には「High-Low」のゲイン選択スイッチがある。ジーメンス型の2極切替え多接点スウィッチである。

High側は0dB、Low側はー15dBの設定。

これを『41』−『42』というシステムの場合は「High」、『41』−『42』−『43』という組合せの場合は「Low」で使う。


 『43-A』のゲインは15dBの為、双方のシステムのトータルゲインは等しい。ゲイン選択後、信号は239A2段で増幅され、出力端子に接続される。239Aの終段はそのままパワーアンプ『42』のインプット・トランス233-Gの1次側16kΩに接続され、負荷となる。そのプレート電流は1.35mAから1.55mA、出力は19mWである。『41』用に『42』から供給される390VのB電圧は、まずリタード(チョーク)・コイル109-Bを通り、各真空管のプレート電流監視マーター切り替えスウィッチを経て、各々のプレート回路に接続される。


                                           ,. -―._====>ミ'ヽ、
                                        ,.ィ,. -‐''二 ̄  ___   `゙'<
                                         //x‐''"´ ァ‐''"´_二ニ-――=-ミ、
                                     /':/,.ィ´ / >'"/       _
                                    / / イ////,.イ ,.-‐ァ'"´ ̄,.ィ"´ ̄
                                 _z=/ :////=,/ // ̄/フTメ==、_,.イ´   _,. -‐
                               // Y /// /-ノ とテ斧ミメx、  `Х ,.ィ''"´
                                  レ'/ Y :/ /イ:/´。``':ミテメミト/ /   u  ,.ィ
                                   /´/ノ:/, ' .l{   :::::::::::ヾ(゙///      ,.l /
                      _              /// 、_リ     :::::::::::::::....     /,.ィ!
                    ,. -‐''"´  ``ヽ         /(ノ7            ,; :::::::::::..  / xく l!ノ
               ,. '"           \ ,.-‐=ァ==ァ':l/'.    __  、   ::::::::::o'´xェ;-‐''" l!/
            ,,. '"      _,.          Y  ./ ,.ィ/.とノ     ヾヽ.ヽ    ::::::::::ヾヾミメ,_,.ノl!_
           ,. '"    u  /         ヽ、(   {:l/ ./l      、 ヾ,、}    ::::::::::::.Yi芽.l-‐|
        ,. '"  _,.っ,,.__o゚ノ            ヽ`゙'ー--‐'".:::::l         ノ'       ::::::::ノ'"}lメ! ,レ
    ,. ,. -‐''"´ -::r=:、:.、  ``丶、      u     ヽ.   / .:::::::l、   ι´´   _     ::::U '゙’-ィ-/
 ,. ' イ    /::::::::::゙'':´::::::::..                ヽ./  ..:::::::::>:..、      ´u (( ̄``ヽ=ァニ二イ/,ィ
'"/     : : :: : : : : : : : : :                              `゙' ァ,.、 _  ゞ_,.-‐'ア´__ノ__ノ ノ
/                                            /´// / ̄/ / / ̄</ //
                                    ´``ヽ、   l、:l l /  / / // //_/// ,
                     _,.:==    _____   __ `丶 \l l :/ / // ///  / /,.イ /
   ι                u'´       (ノ ̄ ̄フ‐'"´ ̄    ̄``丶 、゙ ‐- l.,l_l //l { / / l !(
            u                     ,. ィ''´               `丶、 `ヽ、Y :l l iヾ
                            /             ι       ヽ、 ヾ、 l ! !〃
                              , '         u              ....-\: ヽl / / l
、ij               ι           /                       ..:::::::::::::ヽ_j./ / l
::::ヽ、                  ,..:::::                               :::::::ヽ:(;;;':)/ /
::::::::::\               ...:::::::::::                           ...:::::::::::゙'´:! /

_________


6) パワーアンプ



@ Western Electric 42Amplifier


 『42』は『41』により駆動されるパワーアンプである(価格は206ドル25セント)。『42-A』のインプット・トランス233-Gの1次インピーダンス16kΩは、『41』の終段管239Aのプレート負荷となり、2次側が205Dのプッシュプル・ステージを直接スウィングする。 搭載される真空管は205Dが4本、そのうち2本は出力管、他の2本は2極管接続(グリッドとプレートをつなぐ)で整流管として用いられる。 
 
 出力管205Dのグリッド・バイアスは、セルフ・バイアス方式が採られており、フィラメント・トランス(303-C)の4.5V巻線のセンタータップから575Ωの抵抗でグラウンドされている。インプット・トランスの2次側の中点も、48kΩの抵抗でグランドされているが、その際バイアス抵抗のホット側、つまりフィラメント・トランスのセンターと、入力トランス2次側のセンターが0.5μF〜1.0μFのコンデンサーで接続されている。

アウトプット・トランスの1次側のセンタータップには、電流計〔フルスケール100mA)が入れられており、プレート電流60mAを監視する。B電源は、パワー・トランス303-Bの高圧巻線430V×2を2本の205Dによって両波整流する。整流後の高圧はフィラメント巻線のセンタータップから取り出される。フィラメント巻線構造は複雑になるが、リップルの低減と接続の長期安定性の点で有利な方法である。フィルター回路を通過後のB電圧は440V〜450V、205Dの実効プレート電圧は410V〜420Vになる。『42-A』のアウトプット・トランス127-Aは1次インピーダンス8kΩ、2次インピーダンス500Ω/250Ωである。

『42』の電源スウィッチは時計回りのみの回転式で、ポジション@で各真空管のフィラメントがオンのなり、ポジションAで高圧が印加される。

 『42』はパネル正面から見て上部左側に出力管の205Dが2本、右側に整流管用の205Dが2本、専用ソケット116-Aに差し込まれている。そして、それぞれはパーフォレイテッド・メタルを小判型に成形した放熱および真空管保護用グリルに囲まれ、頭が手前にくるよう横向きにセットされている。 ベースはバヨネットで回転ロックされるが、その時、205Dのグリッドは垂直になり、使用中のフィラメントのたるみによるグリッド接触事故を防いでいる。

ゲインは『42』単体で25dB、『41』単体の42dBと合わせると合計67dBになる。

『42』の最大出力は1.9W。

____________




A Western Electric 43Amplifier


 『41』ー『42』は出力1.9Wのアンプシステムとして、1,000席以下のシアターでは充分に実用になった。しかし、それ以上の規模の映画館においては、より大出力が要求され、そのためのブースター・アンプとして『43』が開発される。

『43』は『42』の出力(500Ω)で駆動される。

インプット・トランス241-Aは、単体の1次インピーダンスが275Ω、2次側が3,370Ω、昇圧比1:3.5であるが、外ずけ抵抗の610Ωで調整され、入力インピーダンスは500Ωn整合されている。

出力管には、211E(後には242)が2本、整流管にも同一のチューブが2本使用される。
『43』が一般のパワーアンプと異なる最大のポイントは、出力管のプレート供給電圧が750Vと高圧電流であることだ。これは後の『B-43-A』で、1,050Vに引き上げられる。このような電圧の印加は、一般のコンシューマー・アンプのように、不特定なユーザーが使うという前提では、生命にかかわる危険があるため、採用は難しい。

『43』の回路は基本的に『42』と同一のコンセプトで、それをスケールアップしたもの。

 インプット・トランスはダイレクトに出力管211をプッシュプル・スィングする。そのバイアス抵抗は、200Ωと112Ωをシリーズ接続した312Ω(出力管1本分に換算すると624Ω)である。

出力管と、整流管のフィラメントは、10V/6.5Aがセンタータップつきで2回路、フィラメント・トランス(307-B)から供給される。

アウトプット・トランス(128-A)は、円筒型。リングコアの、高価なトロイダル巻線構造で、1次インピーダンス6.5kΩ、2次インピーダンス500Ω、重量約14ポンドの巨大なものである。アウトプット・トランスの1次側センタータップには、211×2本分のプレート電流計(フルスケール200mA)が入る。このメーターの前に発振防止用のリタード・コイル(136-A)が挿入され、B電源につながるのも『42』と同様の手法。

B電源用のパワー・トランス(307-A)は、760v×2で両波整流後、1μF×9個のパラレル接続されたオイル・コンデンサー群×2と、リタード・コイル(137-A)でフィルタリングされる。137-Aリタード・コイルの実測値は20H(D.C.抵抗225Ω)である。インプット・トランス(241-A)の2次側はセンタータップから48kΩでグランドされている。このセンターと出力管のフィラメント・トランスのセンターが0.5μFのコンデンサーで結ばれ、信号電流を還流させているのも『42』と全く同じである。 

『43』に使われた真空管は211E→242A→242B→242Cと年代順に推移する。

 242はプレート損失が100W増強されたため、『43-A』の高圧トランス307-Aをピアレス製AR-1054Aに変更し、750VのB電圧が1,050Vになった。カソード・バイアス抵抗値も上がった。

 アウトプット・トランスも、スピーカーにダイレクトに接続できる低インピーダンスの2次巻線を持つAR-1053-A、あるいはD-95659(1次=8kΩ、2次=1Ω、4Ω、9Ω、16Ω。これは『10-A』のローインピーダンス対応型で、後の『87』にも使用された)に変わり、出力は9.5Wから一気に24Wとなる。

 『41』-『42』で駆動された『43-A』の音は、『42』の音を色濃く残しながら、音楽の表情がより深くなり、強い説得力を持つ。9.5Wの出力とは関係なく、圧倒的であふれるような色彩感に満ちたサウンドは、他のアンプでは全く得られないものである。


___________


B Western Electric 86 Amplifier


WE-86-C回路図
http://kankyu.ehoh.net/page013.html

 『86』は、1934年に発表されているが、’35年のType1〜4システム、’36年のM-3〜4“ミラフォニック・サウンドシステム”の「ダイフォニック」システムをドライヴするパワーアンプとして運用、出力管300Aをプッシュプルで用いた、ウェスタンでもっとも著名な製品の一つである。

300A採用のアンプは、『D-95036-F/G』、『86』、『91』、『92』と、1938年以降の製造された『TA-7467』、『TA-7477』があるが(他に300Bを採用した『42』、『46』のモディファイド・ヴァージョンなどがある)、ファイナルステージがプッシュプルの『86』。シングルの『91』、この2種がシアター用として、もっとも重要な存在である。 


前置アンプ用電源は、『49』では714-A(D.C.90V)、『TA-7387』あるいは『80』を用いる場合には、716-A(D.C.200V)アパレイタス・ユニットを内蔵する。 

『86』は(A)と(C)型で最小47db から最大99db、(B)型で36dbから96dbの幅広い固定式ゲイン・コントロールが行えるのが特徴である。
 
まず入力信号は1次インピーダンス200Ω、2次インピーダンス110kΩ、昇圧比1:23.5のインプット・トランス261-B(パーマロイ・コア)で受ける。

 『86-A』のアウトプット・トランスは166-A、『86-B』では166-B、『86-C』では159-Bとなる。

 159-Bは1次インピーダンスが4.13Ω、2次が6Ωと12Ωで、

6Ωのタップの場合 3.5Ω〜7.5Ωのインピーダンスを持つレシーヴァー、

12Ωの場合には7.5Ω〜15Ωのレシーヴァー

を接続するようにとの指示がある。 300Aのバイアス抵抗(ワード・レオナルド製)は、60オームと510Ω(合計570Ω)で、ここには300A×2本分の電流が流れるから、1本分に換算すると1.140Ωになる。わざわざ60Ωと510Ωに分割してあるのは、B電源と510Ωの間に16μFの電解コンデンサーを接続し、A.C.分(B電源のリップルや出力管のアンバランスから生ずる歪)をキャンセルする手法である。また同時に300Aの、高域における電源インピーダンスを下げる効果もある。『86』はウェスタンで最初に本格的に電解コンデンサー(エアルヴォックス製)を採用したアンプで、これも画期的なことであった。

 『86-A』『86-B』とも、パワー・トランスには当初60Hz専用のコア・ヴァリウムの小さめのもの(323^B)が採用されたが、発熱およびレギュレーションの点で不利なため、1935年に47Hz〜63Hz対応のD-96970に交換された『B-86-A/c-86-A/86-C』が生まれる。

 『86』は、映画産業の隆盛の波に乗った、ワイド・フリクェシー&ヴォリュウム・レンジを謳う“ミラフォニック・サウンドシステム”を導入したシアター用に、1934年から’37年の間、大量に生産された。 客席数が800〜1500席、100,000〜250,000立方フィート(2,831〜7,079m3)のエア・ヴォリウムを持つシアターでM4システムや、M3システムにおける、ステージ・レシーヴァー駆動用の終段アンプとして充分な実力を発揮した。
 TA-4161-A低域レシーヴァー、594-Aレシーヴァー、26-Aホーンを主体とする“ミラフォニック・サウンドシステム”を本機で鳴らしてみると、わずか15Wの出力であるにもかかわらず、その卓越した表現力、色彩感豊かな描写、そして圧倒的な重量感は現代の数百Wのアンプに勝とも劣らないことを強烈に思い知れされる。

オーディトリアムにおける音響機器のテクノロジーは、1930年代にはすでに完成の域に達していた。それが現代民生用オーディオシステムにあまり継承されていないことは残念でならない。音響技術および音楽ソフトの分野に関しては、S/Nが改善され、ダイナミックレンジおよび周波数レンジも拡大してきたが、その代償として失われたものも多いことを考え直す時期に来ているのではないだろうか。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm


__________


C WE−91B


WE-86-C回路図 ・WE300Bシングル回路図
http://kankyu.ehoh.net/page013.html



WE-300Bをシングルで使ったアンプとしてその信頼性と設計の良さが語り継がれている。初めて原型のWE-300Aが1936年にWE-1068トーキー映画アンプシステムのWE-86アンプに使われた。その後WE-91Aに使用、改良された300Bが投入されると91Bに改版となった。
電圧増幅はWE-310A(Ef=10V)を2段使い、十分な増幅度を得ている。入力はフォトセル用にT1で昇圧しハイゲインとしている。整流管は274Aを採用して300Bとウォームアップ時間を合わせている。

オリジナルはモノラルアンプ オーディオ用には入力Tと初段を省略する回路が参考にされてきたがオーバーオールのNFBなどの極めて高度な補正が施されている回路は今でも色褪せない。現代版復刻アンプがステレオ仕様で
 
サンバレー SV-91BU (発売元: ザ・キット屋)
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_87&products_id=667

として発売されている。

http://kankyu.ehoh.net/page003.html

  現代に適したアンプ回路

 
古い時代に設計されたアンプの回路を見ると、そのシンプルさに驚く。現代では、このような回路では、電源の影響で、音質の劣化が著しいだろう。私は、昔の回路設計が悪いとは思わない、むしろ現代の設計が見習うべきところも多いのではと思っている。私が申し上げているのは、おそらくは、20年前、さらにもっと以前は、オーディオ装置は、同じ装置であっても、もっといい音で鳴っていたに違いないということだ。

これは、AC電源の品質による。現代の家庭用の100Vの電源は、あまりにノイズで汚染されているのだ。特にディジタル装置から発せられるノイズの凄まじさには、おそろしいものがある。ACに乗った高周波のノイズは、電源トランスを貫通し、信号経路に混入し、混変調を発生させ、ひずみの元凶となる。電源雑音による音の違いは、システムのグレードが上がると顕著になる。時間帯により、音質に大きな違いがあるというのは、AC電源品質が時間により変わることが、音に反映しているということであり、システムのグレードがかなり高いという証拠でもある。
 
  真空管アンプがブームであるが、多くは古い時代の回路が基本になっている。これらの回路は、昔、AC電源が”清流”だったころに考案されたもので、当時は、問題なく優れたものだったが、現代の電源事情では、十分な性能を発揮できない。反面、現代に設計された、アンプでは現代の電源事情下で設計されてあり、電源の影響を考慮した回路化が成されている。そのため、昔の名器が、ソリッド・ステートのアンプの音に及ばないこともあり得るのだ。
 

  AC電源の影響を受けにくいアンプ

  私の製作した大星夜級のアンプでは、電源に重点を置いている。2A3PPアンプのB電源は、6段のパイ型フィルターで、高圧から、チョーク・インプット経由で所望のB電圧まで落としており、AC電源の影響を受けにくくなっているので、時間による音の違いは少ない。当初パイ型フィルターの段数と次第に増やしていったが、増やせば増やすほど、音質の向上がみられた。まるで、吟醸酒を造るために、精米歩合を上げて、米の外側を削って、糠としてどんどん捨てていくようなものである。4段までやった段階で、かなり良くなったが、夜9時近辺の時間帯では、やはり音質が劣化する。2003年12月の段階では、総段数6段、最終の3段は、左右独立になっている。当然電解コンデンサーは使用していない。このアンプの詳細は、別のところで述べることにする。(2003年12月に7段に変更、音質の向上より、バランスの取り直しの目的での変更)  

  アンプの内側で、このような電源対策をしたが、これ以上段数を増やすよりは、AC電源側に、ノイズ・カット・トランスを入れて、アンプに入る前の対策を加えてはどうかと考えた。アンプの回路的には、真空管からは定電流に近いかたちに電源が見えているはずなので、ノイズ・カット・トランスを入れても飛躍的に良くはならないだろうと考えていた。下の写真は、ユニオン電機さんの 100V : 100V 500VAのノイズ・トランス。一次と二次が上下に別々に巻いてある。2000VAのものも購入したが、やはり容量には、重たいが、余裕があったほうが良い。

  ところが、予想以上に大星夜性が向上したのである。回路理論の予測以上の音質の向上があったのだ、そこで徹底的にやるタイプの私は、ノイズ・トランスをもう一個作って、2段の構成にしてみた。結果は、驚くことにさらに大星夜性が向上したのである。ただし、私のメインアンプのほうは、それなりに追い込んであるので、バランスが若干崩れ、繊細な音にはなっていったが、音が弱くなるきらいが出てきた。ノイズ・トランスを使用する場合は、それを入れることを前提にした、システム・バランスを取る必要があるだろう。
 


  古典回路とノイズ・トランス
 
  昔のウエスタン・エレクトリックのアンプや、その回路を元に設計されたアンプを使用している方も多いと思うが、これらの回路は、電源にノイズが少なかった時代の設計なので、現代の環境では、その実力を発揮していないだろうと思われる。現代の電源事情を考慮した、回路の設計が必要である。まずは、ノイズ・カット・トランスを(一段でよい)入れてみよう。電源は、清流でなければならない。
 
  2006年現在では、電鍵精機社、ユニオン電機社、サウンド社、ライン・ノイズ・フィルターなど、その他自作のものまで含めて十種類ものノイズ・フィルタリング機器を使用している。但し、あまり多段にフィルタリングをすると音が弱くなることもあるし、雑音も音としての役割があるので、本HPの音の謎のコラムも参照して戴きたい。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/noise1/noise1.htm

____________


D WE 124A (Lengevin108A)


Western Electric からライセンスを受けLengevin 社が製造した108型アンプ-回路は、WE124に忠実である。

  Langevin 108Aは、同社がWestern Electricから、ライセンスを受けて生産し、レコーディング・スタジオや放送局等の業務用システムに使用されていたもので回路は有名なWE124に忠実である。108型は拙宅に輿入れして初めて知ることとなったが、この108型はA,B,C,Dと4機種あり、それぞれWestern Electric 124のAからDに対応している。

WE124の回路は、今日に至る近代的プシュプルアンプの原点を見る思いの回路構成になっている。すなわちトランスによらず、ドライバー段の真空管による位相反転であるが、その手法はPG位相反転?という、ムラードやPKに慣れた私たちから見ると超古典型の回路である。帰還の掛けかたも独特である。恐らくは耳で煮詰めた回路では思われる。古典アンプは、どうしてこんなことをするのか良く分からない回路が随所に登場して興味深い。2段増幅のゲインの不足は、インターステージ・トランスを最初において5倍程度の利得を稼いでいるようだ。124D(108D)型の場合は、このインターステージの場所に618A型のイントラと1612による増幅段があり、3段の構成になる。この108Aは、6SJ7-6L6が使用してあり、1946年製である。



  甦るビンテージの音  

  まずもって、1940年代の製品が現存し、そして動作するということに敬礼しなければならない。歴史を生き抜いてきたビンテージには真摯な姿勢で向かわなければならない。電源を入れずに数日間回路と実装を十分に調べる、不明部分は実物から回路を起こしなおす。かかる作業の間は人間様のほうはアルコールは禁物である。アルコールは清掃が必要なときに使用する。
 
  電気的性能は、近代的な真空管アンプに比べて落ちているのは致し方ない。残留雑音、歪、周波数特性は、経年変化により劣化している。動作点もずれているだろう。しかし60年を経過して、実用に十分以上の電気特性を維持しているのは、驚嘆に値する。基本設計の秀越さが伺い知れる。自作モノの"高性能アンプ"などは、60年も生き長らえることはないだろう。
 
  さて肝心の音であるが、負帰還ペントードの音のよいところを存分に引き出したもので、音が十二分に煮詰められており、すばらしくバランスがとれている。あらゆるソースと使用環境で、破綻をきたさないプロの音作りだ。常日頃無帰還トライオードで、レーシング・マシンのようなピーク性能重視の不安定?で、大袈裟で危なっかしい装置を聴きなれている者にとっては、実に安心して聴ける音である。私には、このようなアンプの音は永遠に作れないだろうと思った。人格の陶冶が必要である。ある意味で大成した音である。出力トランスもWestern 117Cでないのが良いのかもしれない。あえて聴かそうとりきまないのが好感が持てる。

http://homepage3.nifty.com/western/audio/we124/we124.htm


_________

E WE274B 刻印


回路設計でいくら追い込んでも、素材の差が残ってしまう。

  電源回路をいろいろと設計して評価する。定電圧、定電流、シャント、チョークやらコンデンサやらダイードやらも登場して賑やかなことこの上ない。回路的にいろいろと考えてみて、また測定したり評価してみるのだが、各方式による差と特定の素子による差が交錯して、悩むことしきりである。セレンで整流するとダイードよりよかったりすると、スイチング雑音の点で有利だとか、整流素子にはある程度のインピーダンスの高さがあったほうが有利なのかという仮説を立てたりする。それではということで内部抵抗の低い水銀蒸気整流管を使用してみると、これはこれで好結果を出したりする。
高内部抵抗仮説がゆらいだと思いきや、高内部抵抗管のWE274Bを試してみると、これがまた素晴らしい。高額であるということ、ウエスタンの伝説がプラシーボ効果として働いているわけではなく、本当によい。

かくして回路方式優劣仮説の検証は、素材の個体差を含めた良否と交錯して、音の迷宮は、ますます深まり、やはり名球は存在するのだろうかということになってしまう。回路方式でやることをやったら、あとは素材にすべてを委ねるしかないのだろうかしら。

    
  謎の整流管
 
  固体差や素材の差を回路技術や方式でなんとかできないののかと四苦八苦する。この範囲であれば、シミュレータやら測定器で調べたり追い込める。やりつくしてくたびれ果てたところで、この真空管を整流回路に挿すと、もう溜息しか出ない。この真空管をモデリングすることはできない。

あらゆる回路設計の苦労が名品の前で色あせてしまう。

金持ちには敵わないのか?という諦観とともに、やがてはこの真空管を作りおおせた人たちとその時代に静かで深い感動と尊敬を覚えるようになる。現代では失われてしまった、古の匠とその情熱が、フィラメントの灯とともに現代に蘇るのである。真空管には寿命がある。熱電子を放出しながらエミッションが減退していく。60年以上も生き続けているこの真空管もまたその命を終える日が来る。  

  やがては消えてゆく運命を儚むよりも、今この音を聴ける至福に感謝すべきだろう。しかしおそらくは、私がこの世を去ったあとでもこの真空管は、世界のどこかで熱電子を放出し続けているに相違ない。所蔵している人は大事に使いましょう。そして他の人にも聴かせてあげましょう。でも使わないのに買占めたりはやめましょう。高すぎたら買うのはやめて、誰かのところに拝聴に参りましょう。それによって人の輪がいちだんと大きく広がってまいります。
     
  フィールド型のスピーカーで後ろにトランスと真空管を背負っているものがありますが、このような球を背負われてたら敵いません。逆に互換の球をさしてもそのスピーカー本来の音にならないわけですから、これもまた奥の深い世界であります。
 
 http://homepage3.nifty.com/western/audio/we274b/we274b.htm


                     -――――-
                、 /        ゙:.、 ..\        
                ..*'" / / ト、     ゙:.、    \     
              -/ / /    :l ゙; ゙、        ハ:     
              / ,.イ / /    :!   ゙;      ゙;    l:     
             {/  / /{   l! l    ! ヽ  ゙、゙、  ゙、 ト    
            /   ,イ i! l {  l ! ト、__}_}  マ  \ヽ ゞ    
           /  〃./ /斗-゙;゙、 l ゙、.l `メ/}: ̄} .ハ   ヾト、 \  
           l  i! /:ト{  l__,,,ゝ、_l シ符筍ミ,イ:}  ト:}  }.}ト \ ヽ
           弋 { :{ ゝl  代豸    "~/ ,イリノ / ノ //} )) ) リ
            )人ミ、.弋トミ、  、    / {ノ /〃/ノノイ / /
               jノ} ノ代_   、.. .-乂 弋 ( {! λ(__:( / /
            γ`=彡イ } ゙ト)ト.、_     ,.ィ`ヽヽYヽヽ_゙゙)ノ弋(_
              {(__ 弋(.ζ戈ζ)ノ` ーイ,.ィ" )ノ ノソ#:`゙ヾ__ )
                        >ー - /     'i:   ! 
                  / ィ:.T/|      j    |  
                    / / / /:. ::{      |:    i    
                     i ,.-―ノ:. :.ハ     |    ..|
                 レ '{. /j/   !       !'  .  l    
                   | ,.'        |      | ..   i  
                  V       !      |    .i
                      /        |     |    .i 
                  {        |     |     |  
                     ‘.          ノ!     |   ` ヽi  
                    \._  _  /`|      ,'|      i
                     /  ̄ \    !    /       i
                      〈   / / \       /  'V    i
                 |\〈 i  / |\  /    './   .'
                   /  ハ | { ハ `´       ヽ  リ \'__
              /  /   | ! .ノ          、     \ \
              |   /    j/-‐            \       \ {
              |  /  /    {                   ヽ      V\
           __j/  {    \                '.      V{  ̄\
          /  /    ヽ       |                 '.      | >‐、\__
____厂 ̄/      }        !                  !       ヒ_  \__
____/ ̄ ̄/     i /    ヽ   /               ,'       /   V
___/    /| |    |       〉 { ` ‐- ..._    / ̄ ̄ヽ /    ,.'      `ーr_、
    /   ∧/   /       /  \      ̄'´        〈、__,.イ-- 、      }-}
_/__/ /\/ /    /  〈   /              ヽ____    > 、 ' ヽ
          / ./  /    /      {                   -、-_、    `ー(
_           ___/       ヽ ――-- .._            }-'、      \
  ヽ.  /   _/         /   \ ̄ ̄ ̄ ̄\≧‐--/\_,.  -―-'




7) レコードプレーヤー

@ Western Electric 203-A Reproducer Set


 『203-A』リプロデューサー・セットは『4-A』リプロデューサーと2-A(D-87994)アームが2本、ターンテーブルが2台、左右にセットされたコンソール型レコードプレーヤーシステムである。

2台のターンテーブル中央には、メイン電源スウィッチと、D-89345ポテンションメーターがあり、左右の出力を切り替えてレコード演奏が連続して行なえるようになっている。映画の幕間のレコード演奏サーヴィスの他、放送局でも使用された。

『203-A』はKS-5282という、A.C./D.C.兼用の減速用ギアを持つ、ブラシ式モーターのタイプ(消費電力100W)があり、ガバナーによる回転調整により、50Hz、60Hzのどちらにも対応可能である。このモデルは後者よりキャビネットの厚みがモーターが小さくなった分薄くなっていて、重量も3分の1程度に減少しており、可搬性は高まっているが、モーター音は逆に大きめである。

 同じ『203-A』でもKS-5203エディカーレント・モーターが使用されており、3相のスター結線の巻線に複合型の4個の進相コンデンサーを投入、減速用のギアを用いずにモーター自体の回転が78rpm(60Hz)でロックする。ダイレクトドライブの元祖ともいえるような構造である。ただし消費電力は当然ながら180Wと、今日的なレベルから見ると多めである。

左右のプレーヤー双方には、それぞれモーターのON/OFFスウィッチが設けられ、スウィッチをONにするとスチール製のランプシェイドが点灯し、いかにも古典的な雰囲気をただよわせる。また、アームをアームレスト位置に収めた状態での4-Aリプロデューサー・ヘッドの真下には使用済みの針をためる針壺があり、固定用のスクリューをゆるめるだけでそのまま針が落下して即座に交換可能となっている。針壺の左側には、プッシュし式アームリフターがあるが、これは演奏終了後のリフトアップ専用である。当時のウェスタンのSPレコードは内周から外周にかけるタイプでした。左右2個の4-Aヘッドの後に、それぞれ独立した7Aイコラオザーを介し、705-Aコントロールキャビネットに内蔵されているのと同等のアッテネーター部に信号入力される。出力は畏敬1系統で500Ωの出力インピーダンスを持つ。41-Aや46-Cにダイレクト入力することでも充分な再生音量が得られる。

____


Western Electric 2-Aアーム


 『4-A』には2種のアームが用意されている。トーキー・サウンドトラック・ディスク用の16インチタイプ1−Aと、一般レコード用の12インチタイプ2−A(D-87994)である。

____________


A Western Electric 4-A Reproducer


 1927年には、『4-A』リプロヂューサーが登場する。『4-A』は『3-A』と同様、通常の鉄針が使用され、純正アームにマウントした場合、針圧は約130gとなるが、100g以下にしても針先のジャンプや、再生音のビリつきなどが一切発生しないほど、きわめて安定したトレーシングが可能である。鉄合金系の円盤の薄い金属ダイアフラムは、裏側のみ金貼りが施され、盤面に対して垂直に位置する。

 蓄音機のサウンドボックスと同様の配置となる。サウンドボックスにある鉄針固定用のトンボに相当するスチール製のノブが、ダイアフラムにダイレクトに半田づけされており、水平方向にのみフレキシビリティを持つ。ダイアフラム内側の磁極は近接しギャップを設けて配置されている。

 振動板は固有振動をおさえるため、硝酸ベンゾールとひまし油の強粘性の混合油にひたされており、振動系全体がオイルダンプ方式になっている。 その形式が再生音そのものにもよく現れており、ノーダンプの『3-A』の立ち上がりの鋭いサウンドと比較すると、ピーク・ディップの抑えられた、しっとりとぬれたような、耳あたりのよい心地よいサウンドをかもし出す。

『4-A』のラベルには、〔No,1,284,623、No.1,586884〕の2種のパテントナンバーが表記されている。前者は、磁器回路方式に関せて、エジャートンH.C.Egertonが申請し1918年11月12日に認可されたもので、原理は同じだが、『3-A』のバランスト・アーマーチュア方式と全く異なった磁器回路方式である。これは、ホーン型の512-Wレシーヴァーなどにも応用されている技術である。後者はエルメンG.W.Elmenによるマグネティック・マテリアルに関するもので、磁器回路素材に、鉄、アルミニウム、ニッケル、コバルトの合金を採用していることを示し、高性能磁石の元祖が採用されていることを表す。 

 『4-A』リプロデューサーは、L.C.Rがシリーズに結線されたイコライザーの『7-A』と必ず組み合わせて使用された。これは信号のホット側とコールド間をシャントするSP録音特性の等化用であり、当時約5kHzまで再生帯域を保障していたSP盤の、不要信号を急激に下降させるハイカット・フィルターになっている。 このイコライザー『7-A』本体のラベルにもパテントナンバーが表記されている。

 その〔No.1,453,980〕は、1923年5月1日に認可されたホイトR.S.HoytによるL.C.Rを用いたアッテネーション・イコライザーに関する数理理論であり、AT&T社保有で、主として電話のイコライザーに多用されているものだ。

『4-A』の信号は『7-A』を通り、『203-A』リプロデューサー・セットに内臓されるD-89345ポテンショメーター、あるいは別個のアッテネーション・ボックスである702-A、703-A、705-Aコントロールキャビネットなどを経て出力され、当時の200Ω入力をもつアンプに入力された。

また、D-86850リプロデューサー・セットに内蔵されているD-86637 L型アッテネーターの場合は、100Ωのシリーズ抵抗を介して、出力インピーダンスを259Ωに整合させている。

 本機はトーキー・システムのリプロデューサーとして最高級の蓄音機をはるかに越えるバランスのとれた再生音を、より多くの人々に伝達することを可能にしたもので、当時の聴衆を圧倒した製品として著名である。
 

_________



B Western Electric 109Type Reproducer Group


 1039年になってウェスタンは、画期的なリプロデューサーを開発した。当時アメリカ各地に陸続きと建設された、FM放送局での使用が目的とされた製品である。 

ウェスタンでは、『9-A』リプロデューサー+5-Aアームと組合せて使用する。

KS-13386イコライザー(+ケーブル・アッセンブリー)ならびに171-Aリピーティング・コイルなどを用意。これらが組合され、システム全体を『109タイプ』リプロデューサー・グループと呼んだ。

 リプロデューシング・ヘッドには、『9-A』と『9-B』の2つのモデルがある。
 『9-A』は針先が2ミルのダイアモンド製で、多数の放送局へ供給するプログラムに使われた、トランスクリプション・ディスク用である。これは、水平あるいは垂直カットのディスクで、比較的狭い音溝を持ち、直径16インチのものが多い。 『9-B』ヘッドは、針先が2.5ミルのサファイア製で、一般のレコード(SP)などの太目のグルーヴを持つレコード用である。

『9-A(B)』の特徴は、一つのヘッドの中に2つの発電コイルを持ち、その2つのコイルの接続組合せで、水平カットと垂直カットの2種類のディスクの再生ができるようになっていることである。 水平カット・ディスク再生時には、垂直方向で発生する信号をキャンセルするコイルの接続方法がとられるため、トレース時にスクラッチ・ノイズや歪みが軽減される。一方、垂直カット・ディスクの再生時には、水平方向で発生する信号をキャンセルするコイル接続になるため、やはり同様の効果がある。


Western Electric KS-13386+171-Aは、イコライザー特性の切替え、垂直および水平信号の切替え、インピーダンス・マッチングの機能を持ち、イコライザーは、7つのポジションが選択できる。 

Aカーヴの特性はトランスクリプション・ディスク用で、最も一般的に使用されたものである。水平カットと垂直カットの選択と、それぞれのポジションで、2種類のイコライザー特性が得られる。 

Bカーヴは、水平カット専用で、3種のイコライザー特性が得られる。一般のレコード(SP)再生では、そのうちの1つを選ぶ。

 厳密なカーヴ指定がないのは、ディスクのコンディション〔新品か、何回もの使用で磨耗したレコード)かによって、よりよい再生音、あるいはよりよいS/Nが得られるポジションを選択できるようにする為だ。イコライザーの出力インピーダンスは、30Ω、250Ω、500Ω(600Ω)が選択できる。イコライザーの後に来くる前置アンプの入力インピーダンスに適応した出力インピーダンスを選べばよい。

 その場合にも、純抵抗でターミネートしなければならない。イコライザーの出力レベルは、-60db〜-80dbの間で、ディスクの録音レベルによって異なる。


    |〃、 ii  川 ヾ  レ'/::::::::::〃爪::::::川::::::::||:::ヽ::::i::::::::::::i!\ \::::::::::
 ノ  ,/  |! i||  iiハ  | //::i:::::::::||:::| |i:|:::||!i::::::::::|i::::ヽ:::::|!:::::::::||:::\ \::::::
 / /ノi  | i!  |i川  | i::|:::|:::i::::::i!::| |ili:|:::||ヾヽ::::|i!:::::ヽ:::|!:::::::::||:::::\:::\:::
 //ノ i!│!| |!i |川ii  |i::!:::|:::|::::::|:::| i !ト!::| !ヾ゙i:::::|i!::::::ヽ:|!:::::::::|!::::::::\::::\
 //i! | | |_,,i,,L|ト!ilハ ||:|::::|:::|l::::||:i:| i ゙!゙ト、,i_ 'i,::!::|ii:::::::::i,:|i::::::::|!::::::::::::ヽ:::::
  /il i!| ‐''|´! | ハ!| | |i!::i:::|:::||::::|::::| !ヾ!:i`''‐i,,::::||!::::::::::||::::::::|::::::::::::::::ヽ::::
 i i!i | | | i/ / | /  ii | |ト、i:|!:::!゙!::|::::| ゙i ゙、ヾ'、 ゙、‐|、i:::::::::||:::::::|::::::::::::::::::ヽ:::
/i/|ii!//|!/!i/´i/   .|i |/ノi\i!゙、:iヽ|:::|  ヽ 'i  ! ヾi |'!ヽ::::||::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
i i 川i!ハ/" _!   | │川 ヾ:ii ゙'∨     |    ゙ヾiヽヽ;||:::::i':::::::::::::::::::::::::
ノ ノ/リ,,,,,,二三テ=''" ヽノル |ノノヽヾ ノ  、,,,ノ,、     iヽ:::||:::::i'::::::::::::::::::::::::::::
 /   ̄ ´~~゙''''    ゙''‐- ..,,_,, ‐'    `゙ヾミッ、,,   ヽ::|::::/::::::::::::::::::::::::::::
,,イ|                i'"         `'‐='   `'|/i!:::::i::::::::::::::::::::::::
 i | :::::::ヽ::::ヽ::::::ヾ::    ゙、      〃:::::       i//::::ハ::::::::::::::::::i:::
  i i \\\\\ヽ    入       ′′′   / /:::::/:::::::::::::::::::|::::
!  | i            ,,ィノ(         :::: :    /:::::/:::::::::::::::::::/::::
i!  i i!            /i/  \             /:::::/:::::/::::::::::::/:::::
゙i!  | i          /⌒' y'⌒゙i           /::::::/::::::/::::::::::::/::::/i
 i  i ゙!         ん、,,ノ,__,,,r''          /:::::::/::::::/::::::::::::/:::://
゙、ii! ゙| i           ノ  。 `i          //:::::/:::::/::::::::::::/::::::/:::
ヾ!トl ゙iU          i     |         //::::::/::::::/::::::/:::/:::::i!::::::
 iiミ! ハ             i °  ゙、       //::::://::::/::::::/:::::/::::i::::ii::
 i!ヾ!i ゙、!         , '     |゙ヽ......,.,.,.,,,///://::://::::/::::://::::i::::リ::
 !ヽヾi  i゙、  ___,,,/      レWノ'レi/、//::/:://:/:::/::/:::ハ:i |::
、、iヾミヽ ヾ''~川リ i i゙、           "  ∨ノ / i/::///:/ .|:i i:::
! | i ヾ、゙、 ヽ、!i i|ヾ ゙、゙、゙、              /i  ,ニニ--..,,/ |! !ノ::
ヾ ! ヾ、ヽ ゙ヽi |!iヾ、ヽヽヽ              ,,!r''~      `~゙'''''ヽ、


______________________
______________________


6. WE300B伝説

300B小史


1927年前後でしょうか、映画に音が付いたのは。トーキーって奴ですね。高いお金を取る劇場のため、家庭用の電気蓄音機とは桁の違うお金がかけられました。もうひとつ、ベルリンオリンピックの民族の祭典やハリウッドを見れば判ることですが、当時の映画産業全体が国威発揚のための国家的事業だったのです。共産国ではありませんから、私企業のかたちにはなっていました。米国でその音響部門を担っていたのが、ウェスターンエレクトリック、WEと略します。

アメリカでは電話も公営ではありません。アメリカの電話を作って来たのがベル電話会社、後のアメリカ・テレフォンアンドテレグラムAT&Tです。その海外版がインターナショナル・テレフォンアンドテレグラムIT&T。CIAなどの海外工作員はここの肩書きをよく使います。AT&Tの音響通信機器製造部門がWE。その一部門があのベル研究所です。真空管の話ばかりしていますがトランジスタの発明もベル研究所、特許はWEが持っていました。

その映画の為に1933年に作られたのがWE300Aという真空管です。この真空管のおかげで、とてつもなく大仕掛けだった映画のアンプを少し小さく出来るようになりました。その後1938年に出来たのがWE300B。

ただ、ウェスターンのアンプも真空管も全て劇場にリースされて一般の市場に出ることがありませんでした。極々一部の人の手に渡って、噂だけが極一部の人に広まりました。個人のオーディオで使おうなんて思いもよらない事だったのかも知れません。

丁度その頃始まった戦争で、レーダーが実用化されて、その性能と信頼性から300Bは軍艦のレーダーに、整流管として使われました。軍用で使われるとなると人の命が掛かってきます。少しでも不具合があればどんどん取り替えます。そのため軍艦が出航するときには小さな部屋一杯に真空管を詰めて出かけたようです。その後そうした軍艦も時代につれて退役します。レーダーだって新しくなるでしょう。軍にストックされた大量の300Bが少しづつ日本でも出回りだしたのが、1970年代ではなかったかと思います。

売ってる場所も数も限られていました。お金さえ出せばいくらでも手に入るといった代物ではありません。

一本3万5万、古い物ではもっと高いものもあったでしょう。試そうと思っても、買おうと思っても、中々手に入りません。噂が噂を呼んで、ほとんど神話になって行きました。あらゆる真空管を知って最後に、特別のつてとお金の両方を持つ人のみが持つ事を許される、そんな真空管だったのです。

こうした古い真空管を有り難がるのは、日本のアマチュアだけの話だったのですが、段々その影響が世界中に及び始めました。十分商売になると踏む人も出て来ました。90年代の中頃になって中国やロシアでも300Bを作り始めました。本家のウェスターンでも再生産を始めました。

今や初めての真空管が300Bという人もざらにいます。(昔の人が聞いたら卒倒しかねません)

誰にでも、どこでも買える、一番身近な真空管になってしまいました。

再生産ではない昔のウェスターン300Bは今でも、もの凄く高価です。 もの凄く高い昔の球と、今の中国製が同じ音なら貧乏人も幸せですが、そうは問屋がおろしてくれません。

http://kawa.weblogs.jp/things/audio/index.html

昨今のAUDIO用の頂点として君臨するのが「W.E(ウェスタン・エレクトリック)社」のWE300Bで「ATT、ベル研究所、その他」の基で映画映写機、劇場用拡声器、船舶拡声器(特に軍用艦船、客船)用等の音声及び音楽増幅器(アンプ)の終段増幅に最適となるよう開発製造された真空管(他にも多品種有り)で1960年代までは 前出の機器の「保守用」としてしか製造されていませんでした。(購入時には使用不能とのしかるべく複数の役職者のサイン又は現物のどちらかか 時により両方を求められることもあった とか)

現在では AUDIOマニア向けの2CHーHiFiメイン(パワー)アンプ用として300B、2A3、845、DA30等AUDIO用として中国製(複数社)、ヨーロッパ製、ロシア製、米国製、英国製、とそれぞれ競って製造されていて数千円〜数万円まであります。

尚 「WE300B」は「W.E社」としては1988年が最後の製造年でブランド、製造設備、人員ともに売却され、1990年代以降のものは買収した会社がそのまま受け継いでWE300Bとして現在も製造販売されています。木箱に二本ペアーとして売られているのは 多分「旧W.E社」のものではないと思われます。

http://okwave.jp/qa/q1915036.html


300B 欲しくても1985年までは市販されていなかった真空管


今でこそ直熱3極出力管の代表のようにランクされる 300B ですが、つい最近の1985年頃までは欲しくても入手不可能な真空管でした。特にウエスタン・エレクトリックの300Bは高価であるとかの問題ではなく、雑誌などには製作記事は時折掲載されるものの、肝心の300Bが入手出来ず、秋葉原などの真空管販売店の得意客になり、300Bが出たら連絡してもらうという様な手順を踏んで購入出来る真空管だったようで、300Bを持っている事自体がステータスの時代だったようです。

300Bは1933年に開発された300Aの改良型で、もともとは映写装置の電源回路の制御用として開発されたと聞いています。その後映画がトーキー化され、映画の音声増幅用として使われたようです。

当時の映画館の映写や音声設備はレンタルが全てで、そのメンテナンスなどの業務を全て行っていたのがウエスタン・エレクトリックの関係会社で、設備に使われていた真空管などの消耗品は全て保守マニュアルに従い、規定の使用時間が来れば交換されていたとの事です。

もちろんこれらの補修用の真空管が市場に出回ることなど皆無で、関係者以外の入手は困難であったそうです。私は、1950年代に日本で製造された岡谷のHF-300B Auditron以外、1980年前半まで、ウエスタン・エレクトリックの純正300Bは日本でも海外でも見たことはありませんでした。

カナダやイギリスなどでウエスタン・エレクトリックの関連会社が300Bをライセンス生産し、300Bや4300Bなどの名称で製造していましたが事情は同じだったようです。

憧れのウエスタンの300Bも1988年以降、ロシア、東欧、中国などで類似品の生産が始まり、それらの真空管を使ったアンプのキットや完成品が安く発売されるようになると、ウエスタン・エレクトリックの純正品ではなくても、安くていつでも入手できる環境が整い、300Bを使った真空管アンプが爆発的に売れたわけです。

これらのウエスタン・エレクトリック以外の300Bが大普及したもう一つの理由がフィラメントの直流点火で、大いにハム音などの直熱式真空管アンプの質的向上に貢献しました。このことが可能になったのはシリコン整流器の発展で、直流の大きな電流が安定的に取り出せるようになり、真空管アンプのハム音対策やS/N(信号対雑音)比の向上に大いに貢献しました。シリコン整流器の発明までは真空管アンプの出力管のフィラメントを直流点火するアイデアは有ったのですが、実用的ではありませんでした。

現代の真空管アンプはまさしく1930年代に開発された真空管に現代の半導体素子が電気を供給し、お互いのメリットを生かした使用方法が使われていると言えます。

http://www.trn-japan.com/300B.html

No.300と言う真空管は1932年ウエスタンエレクトリックで300Aとして開発され、当時はP損失30Wでしたが1936年に40Wに改良されその翌年には300Bとして型番変更されています。

300Bは映画用トーキシステムとして1086アンプや91-Bアンプに使用されていますが、同時にコンソールアンプの電源抵抗管にも多用されており、また軍用にも納入していたようです。NASAでは電源レギュレータに300Bを大量に使用していたとのことです。

1952年からは断続的に製造していますが1969年以降はBellに製造を移管した後1988年に製造を中止しています。米国ではハインツ-カウフマンとセトロンがBellの承認を受け製造をおこなっていました。他国ではカナダのノーザンエレクトリックと英国S.T.C.(4300A.4300B)が有名です。日本では1974年に岡谷電機産業(株)がHF-300Bと言う型番でモデファイして発表しています。

WE-300Bとしては1995年にWestrexにて製造が再開され1997年復刻版300Bが再デビューして現在に至っています。最近は中国-ロシア-チェコなどでも製造される様になり、中にはWE-300Bと同じ規格とは思えない程、異質な代物も出て来てバラエティに飛んだ時代となり、それなりに違った楽しみ方が出来そうです。ここでは、WEの年代による違いや色々なメーカーの300Bを掲載しております。

3 0 0 B World
http://emissionlab.net/


300Bは米ウェスタン・エレクトリックが誇る大型3極出力管です。とっても作りがよく他の民生用球とはかなり差のある出来栄えです。かなり大型のST管でその姿も男性的な美しさと言われています。アメリカの真空管にしては、フィラメント効率等もよくシングル接続でも大きな出力が取リ出せる真空管です。

以前は、映画館等でウェスタンのシアター・システムとして使われていました。ウェスタンのシアター・システムはレンタルでしか供給されなかったようなので、一般の人間には見ることも手に入れることも難しかったようです。1980年頃に廃館になった映画館で使っていたアンプが出てきたのですが50年近く毎日使われたはずなのに、まだちゃんと動作することが確認されたことがあり、その長寿命も全くの別格といえるでしょう。

信頼性も高く、以前トランジスタ時代にも関わらずNASAではその信頼性の故にこの真空管をレギュレーターとして使っていたそうです。ちゃんと正しく動作させれば、我々が使う範囲においては、一生使えそうな感じです。高級品ですが、そういう意味では安いかもしれません。

この真空管、信頼性だけでなく音のよさでも、とても評判のいいもので、いまだに市販の真空管アンプに使われてでてきます。人気が高いので、限定でたまに作製されるらしいです。私も実際に何度かこの真空管を使ってアンプを作りましたが、使っていたアルテックのスピーカーとの相性もあるでしょうけど、とても柔らかくスケールの大きな音が出ていました。今回、今までのSTC−4033Xのアンプをグレード・アップするにあたり、手元にある直熱管を一通り検討したのですが、4033Xの良さを崩さずに、同じ傾向でよりグレードの高いものを考えた時にこの球しかなかったのです。

http://www.ne.jp/asahi/ballads/sound/amp3.htm

真空管にもいろんな種類があって音色も違うし寿命にも大きなバラツキがある。さらに、同じ型番の真空管でもメーカーによっても差がある。

寿命が長くて音質もいいということで真空管の王者として昔から君臨しているのはもちろんウェスタン社のWE300B。

一時製造が中断されていたものの近年の真空管ブームに乗って再開されたが、現在のものはペアで約8万円前後(ネット上)だが、これが1950年代製造のオールドものになると、戦争に実用されていた名残もあって入念に作られた高信頼菅(なにせ人の命がかかっている!)ということで20万円以上。しかし、これが実は音質もよくて一番安上がり。

この300Bオールドは20年使っても劣化しないといわれている。つまり極論すると無限の寿命といってもよい。とりあえずこの時点で1年当たりに換算するとわずか1万円となる。 拙宅の300Bオールドも生産後50年以上経過しているが、使い始めの時点で中古品だったにもかかわらず、以後約10年間ほとんど毎日使っているがビクともしないので驚いている。 これが中国製の300Bになるとペアで3万円前後だが1〜3年前後で劣化するとなると1年当たりに換算すると同じ1万円。しかも音質には明らかに差がある。どちらが得かは明らかだろう。


マッキントッシュの有名なMC275アンプに使用されているKT88(4本)もたしかに音質は迫力があっていいのだが毎日使った場合、約2年ほどで劣化するそうで不経済なことこのうえない。 これから新たに真空管アンプに挑戦する方がもしいるとすれば、WE300Bアンプにしておくのが、あとあとスペア菅の入手などいろんな意味で無難だし音質もよくお薦めである。

ただし、オーディオの常道としては、まず好みのスピーカーを設置し、次にその駆動に適したアンプを選ぶのが順番だろう。真空管アンプは出力があまり出ないので、使用しているスピーカーの能率が低い時には不適である。

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/1147661b0ccb82b9b993b4163b427127

出力管にWE300Bの真空管を使用したアンプ(mono×2)を使い始めて10年以上になる。その間、整流管のWE422Aを含めて故障が1回もない。製造されたのが1950年代後半にもかかわらず、あれだけ毎日使ってビクともしないのだからまさに、驚異的寿命だ。

知識の受け売りで恐縮だが、300Bは、当時アメリカの国策として軍事用の通信機器に流用されたこともあり、国の資金が相当投入されたと聞くが、人命がかかっていることからこれほど丁寧かつ頑丈に作られたものとみえる。

それにしても、当時のウェスタン社の技術力は並外れたもので、ノーベル賞級の研究者も相当居たというが、品質の信頼性はきわめて高く、当時の製品は真空管をはじめとして、トランス、コンデンサーなどオークションでいまだに高値で取引されているのも十分納得できる。

私の現用システムも300Bをはじめ、トランス、コイル、コンデンサー、SPコードなどあらゆる要所で恩恵を蒙っており、これらがなくなれば完全に崩壊する。一時、節約根性を出してセトロン社の300Bを購入したことがあるが、当たり外れがあったのだろうが、使用時間100時間前後で、アンプのスイッチを入れて管が温まり始めるとSPからバリバリと大きな雑音が出だしたのであわてて使用中止にした。安物買いの銭失いとはこのことだった。

しかし、「管球王国」によると近年は随分質のいい代用管が出現しているようで、KRの300B(バルーンタイプ)などは形もよく少し食指をそそられるが、なにぶん現用中の300Bが故障しないのでどうしようもない。いくら評判が良くてもオリジナルを超えることはないだろうと自分に言い聞かせて我慢している。

ところで、代用管としてCRCの4300BLXも所有しているが、WE300Bと入れ替えただけで1枚ベールがかかったような音になり、もう音楽を聴く気がしなくなる状態になる。価格がオリジナルと比べて6分の1なので、比較するのが酷なのだが、たかだか真空管1ペアでシステム全体が様変わりするので、オーディオとはまことにコワイ世界である。

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/387d7045b9fb7780f4b2a053fc7b72c8

46投稿者:現行300Bの音  投稿日:2008年08月30日(土) 22時06分58秒

現行300Bの音をひと通り総括してみたいと思います。まず原点に立ち返って300Bの音って・・・?て訊かれたら皆さん、どう答えます?私なら

「音の立ち上がりに独特の間合いがあって僅かなタメの後、フッと立ち上がる気配感、そしてふっくらと膨らみながら響きをしっかり残して収束していく鳴りの良さが特徴の球。それほど音のエッジを際立たせることなく内声部の厚み,ハーモニーで聴かせる球」

とお答えしたいと思います。でも基本的にはこういうキャラクタの300Bですが勿論ブランド,メーカによって音は百花繚乱。十把一絡げに語ることは出来ません。ごく簡単にそれぞれの音の正確をレヴューしてみましょう。勿論単純な優劣をつけようという話ではありません。

 まず最初はGD4-300BC。これは現行300B群の中では最もシャープで高解像度な明るい音です。先ほど300Bの個性として「それほど音のエッジを際立たせることなく」と書きました。勿論これは悪い意味ではありませんが4-300BCはそんな300Bのキャラを有しながらも現代的で彫りの深い音と言えるでしょう。堅牢なカーボンプレート,タイト製のソケットなどに裏付けられたモノづくりの凄さとともにビシッとピントの合った音が魅力です。出音の良さといいますか音量感が優れているのも大きな特徴です。

 次にSvetlana300B。この球は現行球の仲では最もWE300Bを意識した造られ方をしていて4-300Bのような新たな試みは無い代わりにベーシックで質実剛健な球といえるでしょう。音は端整で暴れのない、どちらか言うと生真面目な表現です。バランス的にはまさに中庸。高域も低域も特に欲張っておらず300Bの持ち味を忠実に復刻した「現行標準300B仕様」と言える内容です。昔はSve300Bは高かったんですが、今や随分お値打ちになりました。


次は本丸WE300Bです。

WE300Bの音を言葉で表現するのはとても難しく、いつも言葉を選びます。何故ならWE300Bの魅力を語っているといつしか真空管アンプの魅力そのものに話がすり替わってまう・・・それほどに魅力的であり且つ真空管アンプの原点ともいうべき神々しさを湛えた球でもあります。音的には冒頭に述べた響きの良さに加え骨太でしっかりと腰を落とした重心の低さ、そしてコクと言いますか、特に中低域の倍音の厚み・・・単にボワっと出るのでもなく幾重にも音のベールが織り重なったようなしっかりした密度感が本当に素晴らしいと思います。

私どものアンプで特にSV-91BにWE300Bを差し替えた時の変化・・・

いきなりビシっと鞭が入ったように音力が増し音が近くなる様は快感のひと言です。まさに最上級に相応しい風格と音ですね。


 続いてはPrime300Bです。これについては既に現行300Bの定番として皆さんに認めて頂いて多くの方がお使い下さっているので今更コメントの必要もないかもしれませんが、わたし的にはあらゆる300Bの中で最も響きが良く、厚みのあるサウンドだと思っています。銅プレート,金メッキのグリッド,ガラスの厚みにまで拘って製造していただいている球でGD4-300BCと対照的なキャラクタと言えるかもしれません。勿論解像度が低いとかダイナミックレンジが狭いという事ではありません。とにかく「たっぷり」聴かせてくれる・・・そんな300BがPrimeだと憶えておいて下さい。

 最後に補足的にエレハモ300Bについて。この球は高域の抜けが良く低域も締まっていて音の浸透力という点では大変優れている球です。501SEの標準球としてEHを採用したのはこのアンプの特徴である後乗りの滑らかさに僅かに高域の明るさを加えたかったから。そういう意味では良い中和効果を発揮してくれていると思います。バラツキがやや大きく選別は大変ですが一時期のようにエミ減トラブルもなく現在は品質も安定していますので、今後も501SEの標準球として頑張ってもらおうと思っています。

WE300Bはなかなか手が届かないとしても30000円前後でこれだけ選択肢がある訳ですから是非皆さんも洋服を着替えるように違う300Bを用意して気分やソースで差し替えて楽しむ・・・なんて事は如何でしょうか。こんな芸当が出来るのも真空管アンプならではの醍醐味ですから。

http://www.kit-ya.jp/blog/index.php?eid=1629


日本ではちょっと神格化された感もあるWE300Bですが、あまりにも有名な上に、批判的な意見もよくみかける真空管ですね。ただ、いかに優れた真空管といえども、アンプに組み込まれて初めて音が出る訳です。よく300Bの音質は・・云々のコメントを見かけますが、アンプは真空管だけで音質が決まる訳では無いという当たり前の事に注意する必要があるんじゃないかと感じます。

同じ真空管を使っていてもアンプが違えば相当に音は違って来ます。ただ、300Bに関しては何台か聴いたことはありますが、比較的、似通った印象を持った記憶があります。そういう意味ではかなり個性の強い真空管かも知れません。

http://blog.beans-sound.com/?eid=157118


現在使っているアンプはWE(ウェスタン)300B (1950年代の3桁番号、以下「オールド」)を使った真空管アンプ。(中高域用:モノ×2台)。

            
このWE300Bという真空管は、周知のとおり音質と耐久性の両方を兼ね備えた出力菅の「王者」として、もう70年近くも君臨している。 しかし、10年以上前から中国とか東欧、ロシアなどから300Bと同規格の真空管が出回り始めた。 とにかく価格が大幅に安いのがメリットでオールドに比べるとおよそ10分の1程度だが、その割には結構使えるというのが自分の印象。 3年ほど前にGD4300B(中国製)を購入して実際に使っているが、テレビを試聴している限りオールドと何ら遜色なし。

つい先日、オーディオ仲間の湯布院のAさんがお見えになったので、CDの試聴にこの4300Bと「オールド」〔写真左)との比較実験をやってみた。   試聴盤はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲4番の第二楽章。演奏はグリュミオーで指揮はコリン・デービス。かなり古い録音だが、いまだにこれを超える演奏はない。 始めに4300B,次にオールド、そしてまた4300Bの順番で差し替えた。 じっと目を瞑って聴いておられたAさん、やおら「分かりました」と一言。

「4300Bも大変な善戦ですが、明らかにオールドの方が一枚上です。 高域方向への抜けと情報量が違います。

4300Bは高域部分が華やかですが中域から高域にかけての部分がちょっと薄いですね。

一方のオールドはきちんとしたピラミッド型の音になっています。」


同様の感想を持ったが、これまで真空管をピンからキリまでいろいろ買い漁っての所見だが、近代の真空管ほど高域にクセがあって華やかに鳴るので”ちょっと聞き”はいい。 一方、1950年代前後の真空管は実に穏やかで、聴いた当初は物足りなさを覚えるが時間の経過とともに音の厚みでじわっと本領を発揮してきて長時間聴いても飽きがこない。

この傾向は例外なくそうで、はじめからハイ上がりの派手な音を出す真空管はとかく要注意である。とはいえ、これはあくまでも個人の好みの問題なので念のため。

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/02345b76f919915734558da6b7565371


出力管にWE300Bの真空管を使用したアンプ(mono×2)を使い始めて10年以上になる。その間、整流管のWE422Aを含めて故障が1回もない。製造されたのが1950年代後半にもかかわらず、あれだけ毎日使ってビクともしないのだからまさに、驚異的寿命だ。

知識の受け売りで恐縮だが、300Bは、当時アメリカの国策として軍事用の通信機器に流用されたこともあり、国の資金が相当投入されたと聞くが、人命がかかっていることからこれほど丁寧かつ頑丈に作られたものとみえる。

それにしても、当時のウェスタン社の技術力は並外れたもので、ノーベル賞級の研究者も相当居たというが、品質の信頼性はきわめて高く、当時の製品は真空管をはじめとして、トランス、コンデンサーなどオークションでいまだに高値で取引されているのも十分納得できる。

私の現用システムも300Bをはじめ、トランス、コイル、コンデンサー、SPコードなどあらゆる要所で恩恵を蒙っており、これらがなくなれば完全に崩壊する。一時、節約根性を出してセトロン社の300Bを購入したことがあるが、当たり外れがあったのだろうが、使用時間100時間前後で、アンプのスイッチを入れて管が温まり始めるとSPからバリバリと大きな雑音が出だしたのであわてて使用中止にした。安物買いの銭失いとはこのことだった。

しかし、「管球王国」によると近年は随分質のいい代用管が出現しているようで、KRの300B(バルーンタイプ)などは形もよく少し食指をそそられるが、なにぶん現用中の300Bが故障しないのでどうしようもない。いくら評判が良くてもオリジナルを超えることはないだろうと自分に言い聞かせて我慢している。

ところで、代用管としてCRCの4300BLXも所有しているが、WE300Bと入れ替えただけで1枚ベールがかかったような音になり、もう音楽を聴く気がしなくなる状態になる。価格がオリジナルと比べて6分の1なので、比較するのが酷なのだが、たかだか真空管1ペアでシステム全体が様変わりするので、オーディオとはまことにコワイ世界である。

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/387d7045b9fb7780f4b2a053fc7b72c8


福岡県にお住まいのKさんから電話があって、突然ですがお昼頃にお伺いして音を聞かせてもらえないかというお話。

「どうぞ〜」とひとつ返事。Kさんはまだ40歳前後の方で真空管アンプの自作派。とてもご熱心で自ら「音キチ」と自認され、各地のオーディオマニアを身軽く訪問されて耳を鍛えておられる。 丁度システムも全面的に改造した直後だし、いい機会だと今回はいろいろ比較しながら一緒に試聴してみた。

その前に現在の我が家の2系統のシステムについて確認。


第1システム

  低域用アンプ    → ケンウッド「01−A」2台
  低域用スピーカー  → フォステクスSLE20W〜3本
  中高域用アンプ  → 真空管PX25シングル
  中高域用スピーカー → アキシオム80

第2システム

  低域用アンプ   → ケンウッド「01ーA」
  中高域用アンプ  → 真空管PX25シングル〔別)
  スピーカー    → タンノイ・ウェストミンスター 

共通

CDトランスポート → ワディア270(クロックリンク)
DAコンバーター → ワディア27ixVer3.0

※ このDAコンバーターの出力を分配器で4つに分けてアンプ側へ供給している。

☆ 第一システムに焦点を絞って、アキシオム80を駆動する真空管アンプの比較。

片やPX25シングル・ステレオアンプ
片やWE300Bシングル・モノアンプ×2台

「WE300Bのほうが断然いいです。高域のヌケが違います。 ヴァイオリンの音色に艶があってしなやかです。実にいい音ですね〜。 知り合いのHさんがこういう音が好きなので次回に是非連れてきます」

「そうかなあ。PX25も捨てがたい味があると思うけどなあ。
ステレオ・アンプとモノ×2台の物量の差が出たのかもしれないね。」

(PX25の真空管自体はWE300Bよりも上だと思うが、我が家のアンプのトランスが貧弱なので本来の魅力を発揮し切れていない)


☆ WE300Bシングル・モノアンプに絞り込んで出力管同士の比較。
      
片や1950年代の「WE300B(オールド)」
片や近代管のゴールデンドラゴンの「4300BC」
     
「WE(ウェスタン)が300Bの再生産を止めたせいか、値段が高騰してます。オールドともなると途方もない値段がしてます。大切に使ったほうがいいですよ」

「エッ、再生産を中止したの?そりゃたいへん。これからは簡単にスペアが当てに出来ないなあ。それじゃあゴールデンドラゴン〔中国製)の4300BCを持ってるので比較してみようか」

両者では値段がまるっきり違っていて先入観が入るとまずいので、片チャンネルに4300BC,もう片方にはWE300を別々に挿し込んでKさんにブラインドテストで試してみた。 テスト盤(ソニーロリンズの「サキソフォン・コロッサス」モノラル)にじっと耳を澄ましていたKさんが軍配を上げたのは何と左チャンネルの4300BC!


「音の隈取りがひときわ鮮明です。右チャンネルの方は空間にフワっとした浮遊感があっていいのですがどちらをとるかと言われれば左チャンネルです」

「WE300Bのほうが奥ゆかしくて上品さがあるのでクラシック向き、
しかし音の鮮度は4300BCの方が一枚上なのでジャズ向きかな。

やっぱりオーディオは値段じゃないなあ〜」

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/774dcca9443f075290271542ee59e264

現在所有している300Bの真空管は次のとおり。


1 WE(ウェスタン・エレクトりック社)300B (1950年代中ごろ製造のオールド)
2 WE300B(1960年代製造)
3 ゴールデンドラゴン4ー300BC(中国製:近代菅)
4 CRー4300B(中国製:近代菅)
5 セトロン300B(アメリカ)

以上の5種類で、名菅として定評のある300BのオリジナルといえばもちろんWE社製。前日に両君に聴いてもらったのは3の真空管。日頃、併用して使っているのは1の真空管で1と3の比較では価格が4倍ほど違うが一長一短で簡単に優劣は決められない。

そこで今朝は名誉挽回と思い切って2の真空管を押入れの片隅から引っ張り出して挿してみた。ところが一聴してあまりの歴然とした違いにビックリ仰天。 音の余韻が深く響きが豊かで1とも違うし3ともまるで違う。まるでアンプを取り替えた以上の差で音楽全体から受ける印象度が月とすっぽん。

特にメーカーが違うのならまだしも1とは同じウェスタン・エレクトリック社製なのにまったく違うのがどうも腑に落ちない。 しかし、違うものは違うのでどうしようもない。 1は2に比べると蒸留水みたいでサッパリとしすぎている。 それにしても同じWE300Bの真空管でもこれほどの差があるとは想像だにできず購入ルートは大いに吟味する必要があると納得。1950年代製造のオールドといっても実際に聴いてみるのが大切で真空管に付いている表示マークだけでは信用出来ない。

M田さんによると、近年になって製造されたWEの真空管の表示をつけ変えてオールドに仕立て上げる輩がいるそうで、そうすると値段が10万円以上跳ね上がるわけだが自分の持っている1の真空管もその類ではないかとおっしゃる。どうやら世知辛い世の中になったもの。

したがってWE300Bといってもピンからキリまであるのでほんとうに良質のものを手に入れようと思えばゆめゆめオークションなどで安直に購入しようなどとは思わないほうがベター。信用のある業者から、それも出来ることなら一度自分のシステムで試し聞きをしたほうがいい。

しかし、たかだか真空管の出来が違うだけで音質全体がこんなに様変わりするとは驚きだが、逆にSP側から言わせると「アキシオム80」がそれだけ微妙な差を表現できる極めて忠実度の高い再生能力を持っていると言えるのだろう。

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/eb042cfe86982d8a2dfa3577935ddd71

オーディオ談義〜「真空管PX25とWE300Bの聴き比べ」2010年07月28日


PX25(イギリス)は欧州を代表する出力菅、片やWE300B(オールド)はアメリカを代表する銘菅。

マニアの間でも優劣の論議が果てしない夢の対決〜。

さ〜て、ちょっと早めにお見えになったM崎さん、出来上がってきたアンプを聴く前に、WE300Bのアンプのほうでまず試聴。

テスト盤はM崎さんの所望で内田光子さんが弾くベートーヴェンのピアノソナタ31番〔作品110)の第三楽章。終り際に強烈な低音が入っている。

ひとしきり聴いた後、いよいよ全面改修を施したPX25のアンプに入れ替え。結線を済ませてスイッチ・オン。「アキシオム80」ユニットにピタリと耳をくっつけてハム音を確認するもかすかなサーッという音。完璧、合格。見事なまでに治っている。

次に音出し。これまで聴いたことがないような澄んだ音が部屋中に広がっていく。


「素晴らしい!いやあ、こんな音が聴きたかったんです」と感激のあまり思わず口に出た。

「どこをどんな風に変えたんですか?」

「このアンプはどうもわけのわからない人が作ったみたいで、ちょっと回路がお粗末だったね。まず部品を全部バラしたうえで、最短距離で結線、部品をシャーシからできるだけ離す、シンプルな回路、アース一点主義といったところかな。測定器を見ながらハム音を最小に抑えるだけで3日間ほどかかってしんどかったよ。」


そして両菅の試聴結果については?

「やはりPX25のほうがクラシック向きだな。内田光子さんが目をつむって瞑想しながら弾いてる感じがするが、

300Bの方は目をはっきり見開いて演奏してる印象。ジャズとかポピュラーを聴くのなら出番が回ってくるくらいかな」


まったく同感だった。伝統あるイギリスのお国柄を偲ばせる奥ゆかしくて渋い、それでいて芯と艶のあるPX25のサウンドに改めて敬服。

やはりクラシックを聴くのならイングリッシュ・サウンドで決まりとの感を深くした。

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/f8d04fd42e63119f31a401f0d9b35ef0

我が家のオーディオ・システムのメインは何といってもスピーカーの「アキシオム80」。 そして、このSPを駆動しているのは真空管アンプ「PX25」。                       
先日、アンプともどもあの定評ある真空管WE300Bと入れ替えて聴いてみたが、やっぱりイギリスのSPには同じ国の真空管が相性がいいみたいで、音の繊細さが違う。 改めてこの真空管が失くなると我が家のシステムは根底から崩壊してしまうとつくづく思い知らされた。

http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/8f46df89e9e3c7d485e659928433f53d

WE300Bの規格外品にご注意!(再度のお知らせ) 2004,10,26, Tuesday


先ほど10月のご注文の集計と出荷の実績を纏めていたのですが10月をひと言で総括すると「ザ・WEなオクトーバー」というか実にウエスタンな10月であった事が分ります。例えば91B。何と受注したうちオールWE仕様が7割です。これは昨年12月からずっと調べて来ても最も高い数値です。理由は2つあると思うのですが

一つには300B復刻版(0439)をはじめとするウエスタン球の在庫が全国的に非常に厳しい中で私どもは独自の調達ルートで非常に在庫が潤沢であること、

もう一つには88年もののレアなWE300Bや50年代のJAN274Bなどが少数ですが入荷してきて本物志向の方からご注文が集中したことです。

事実私どももずっと04年モデルのWE300Bが入ってこずアメリカでは訴訟にまで発展していると聞いて一時期は「もう二度と入ってこないんじゃないか」と危惧した(というか半ば諦めていた)時期があったのですが、そんな中でもWE300Bを!という方が根強くおいでになったので、まあ売れなくてもいいや、保険の積りで少しだけ押さえたのが88年のWE300Bだった訳です。それが不思議なことに今や04年モデルを凌ぐ人気となり、気がつけば10月だけで10ペア以上も出ています。残念ながら今後は殆ど入荷しないだろうと言われておりますが、もしまた調達が出来ましたら在庫表にアップしてお知らせしようと思っています。

 一方で非常に残念な話も伝わってきています。 約一ヶ月前、皆さんには04年モデルのWE300Bの一部に

B品(規格外品、簡単に言えば製造されたものの出荷検品に通らず本来は破棄されるべきモノ)

が並行ルートで国内にも厳然と流通しており一部がオークションサイトなどでも見受けられるらしい、という事です。

勿論贋作を売っているという訳ではありませんからWE300Bであると言われれば確かに間違いないのですが、以前に申した通りウエストレックスの正規品の規格を満たしていない幾つかの特徴がありますので皆さんも十分ご注意いただきたいと思います。尤も出品者の方が事の次第をご存知でない事も十分に考えられますので皆さんも今後流通が安定するまでは自衛手段としてWE300B(97年以降の復刻品)をお求めの場合は是非下記を確認下さい。


1.(写真左上)箱は赤/青のツートンであるか

2.(写真右上)ベース部分のWEのペイントの裏側に6ケタのシリアルNo.が刻印されていて同番号の封印が箱にも貼付されているか

3.(写真左下)真空管と同梱でデータシートとウエストレックスの発行する保証延長登録カード,300Bの仕様書が入っているか


上記が満たされていない場合、残念ながら正規品ではありません。

念のため88年以前のオリジナル品は上記条件と全く一致しませんので誤解なきよう宜しくお願い致します。一番嘆かわしいのはこのようなものが流通しているという事は誰かがB品を出荷した、と言う訳で此処に今回の問題の根深さがあるような気がします。今年の初め頃、これが入荷してきた時は危うく私も売ってしまうところでした。でも何か変だな、という気が咄嗟にしたので売らずにとっておいて、自分のネットワークで調べていったら上記のような事が発覚したという訳です。先日の真空管オーディオフェアでもこの話が内輪で出たのですが業界内でもご存知ない方が多かったです。皆さんも後で詰まらない思いをなさる前にしっかり確認して調達される事をお奨めします。

http://www.kit-ya.jp/blog/index.php?eid=994


ウエスタン エレクトリック社製真空管 WE300Bは買える 2011年05月22日


300Bという真空管は、昔アメリカのベル研究所によって開発された劇場向けなどのプロ用真空管。その製造を行っていた会社が、ウエスタンエレクトリック社。この会社は1990年代に一旦消滅してしまいましたが、今世紀に入ってからアラバマ州ハンスビルに新工場を建設し、純正WE300Bの製造も再開されました。

300Bという真空管自体は、中国や東欧で製造された品物は多く流通していますが、その価格は大体1本15000円前後。

それに対し、製造再開した純正Western Electric社の300Bは4万円。

再開された工場と、300Bの製造工程は以下のサイトから見られます。

ココ→http://www.tubedepot.com/westrex1.html

ひと昔前は「300Bを買う」ということは「骨董品を買う」ようなもの。秋葉原の真空管専門店で見かけたとしてもとても手の届くような値段ではなかったです。
今でも旧Western Electricで製造されたVintage品は20万円もしています。

旧品と最新純正WE300Bの違いは、管球ガラスが昔は鉛ガラス、今は鉛フリーになっているらしい。

http://pinetailmatube.seesaa.net/article/202901358.html

新300Bをチャートに置くと・・・ 2011,08,11, Thursday


SV-91BIIIを使って自分の部屋で新300Bの音質評価を始めています。先日佛山の桂光で新300Bの二次試作を預かって来た事は申し上げましたが、実は僅かに工程の違うsample Aとsample Bを預かって来ており、これを一度音質的にきちんと評価してほしいと言われているのです。

先ずはフィラメントのバーンイン。整流管アンプの場合は整流管だけ抜いた状態で通電することでフィラメントのみ通電されB電圧が発生しない状態となりますのでフィラメント/ヒータのバーンインには最適な環境が整うことになります(なかには低圧だけ整流管で高圧はダイオードを使っているアンプもあるのでご注意を)。この状態で10時間通電を2セット行い最低限の枯化を行っていよいよテスト開始です。PCのHDDに格納した数々の信号音源/リファレンスソースを掛けて印象を積み上げていきます。

 そういえば現地で撮った写真(3枚目)をご覧になった皆さんから主にガラスの形状について様々なご意見をいただいていますので、少々補足。

当該写真の一番左のWE300Bはデートコード0613。つまりは本当に最後の最後に作られたWE300Bな訳ですが、そのWE300Bにも私の知るだけで4種類の形状(の違い)があります。実際はもっと沢山の型が存在したかもしれません。肩の張り、ウエストのくびれ方が微妙に異なっている訳ですが、今回私どもがベンチマークとしているのは最初期(50年代)の300B。Tさんに三拝九拝して刻印300Bをお借り出来ることになっていますが、まだ現物が来ていないので、その間87年と06年のWE300Bを使いこの球を評価していくつもりです。

 昨日から会社で鳴らし始めて感じた事は、今までの復刻300Bとは基本的な部分で音が違うと感じています。

全体に粒子感が細やかでよく解れていて帯域ごとの音色がよく揃っています。一部の現行300Bに見られるような中低域と高域で音の色味といいますか質感が異なる感覚がなく、情報量も極めて多いのでしっとりとしながらも音のエッジが曖昧にならない良さがあります。

現状の音を3月に書いたチャートに上書きしてみると・・・こんな感じ。

ver.4が低域寄りの倍音,ver.5は中域の張り出しを特徴とすれば今回のサンプルは中高域の倍音(音の拡がり)が圧倒的に優れています。

一部の現行品で音量を上げると明らかに高域が頭を打ってヒリヒリとした飽和感が出ますが、そういう器の小ささは全くありません。敢えていえばSvetlana300BとWE300Bの中間的表現と言えるかも・・・Svetlanaはフィラメントのフック部分で断線するトラブルが多かったので、私どものサンプルでもショックテストなどを行い電極部の堅牢度も厳しくチェックしていく必要があります。

 預かったサンプルではAタイプが明るめ、Bタイプは陰翳で聴かせるタイプです。AとBで何処がどう異なるかは敢えて聞いてきませんでした(先入観を避けるため)ので、レポートを現地に送る際にナゾナゾの回答を伺おうと思っています。

 復刻WE300Bは他の現行300Bと較べて確かに一頭地抜けた音質的な素晴しさがあるのは事実です。

しかしながらペア15万辺りで相場が形成されているのは明らかに異常です。これではWE300Bが投機対象になっていると本当のオーディオファンから敬遠されるのも無理はありません。私どもとしては常識的価格でどこまでWEの音質とスピリットを現代に蘇らす事が出来るのか・・・発注ロットは今までの5倍〜10倍必要ということで(全部のパーツが新規の型起し品ですので)、ひょっとしたら幻の300Bになってしまうかもしれませんが、やれるだけのことをやって、後はどれだけの仲間が集まるかということではないかと思います。

http://www.kit-ya.jp/blog/index.php?eid=3383

WE300Bオールドと復刻版の音質差 2011,08,12, Friday


今77年,88年,99年,06年のWE300Bと新300Bの5種類をとっかえひっかえしながらSV-91Bで聴き較べているところです。ちょっとこの写真をご覧下さい。右から77年,99年,06年,そして新300B二次試作です。こうやってみるとWE300Bでもシェイプに微妙な違いがあることが分かると思います。

77年と06年はちょっとズングリ、99年はやや細身。二次試作はこの3本の中では99年に最も近いことがお分りになると思います。

ただこの少々変な撮り方の写真はその外形の差異をお示しする為にアップしたのではありません。写真をクリックして大きな画像でよーく見ていただくとWE300Bは3本とも横方向に筋状の"紋"が見えるのが分かりますでしょうか。対して二次試作の表面は滑らかです。これが以前から申し上げているガラスの薄さの違いなのです。

言い換えればWE300Bは紋が出るほど限界までガラスを薄く仕上げていて、これがあのチーンという"お鈴"の音程を決定づけており、WE300Bの繊細で豊かな響きのポイントであろうと言われています。

対して二次試作は今までのものよりも薄くはなっているものの、WE300Bと比較するとまだ厚く、色味もやや褐色がかっていることが分かると思います。


 ただ最も大切な音に関して言うと、この二次試作、相当高いレベルまで来ていると申し上げておきます。市場で最も沢山流通している300Bは300BEH(ロシア)と300B-98(中国)の二種類だと思いますが、これらと比較して最も大きな差異として感じられるのはローレベルのグラデーション(階調表現です)でありピークで頭を打たないヘッドルームの高さです。今まで自宅ではオートグラフはPPメインで鳴らしてきましたが、今回の試作であれば91B(シングル)で十分。むしろその中高域の伸びやかさからMonitor GoldのEnergyを1ノッチ落としたほどです。

 今日偶然発見があったのはWE300Bが世代間で音質が異なることです。

試聴している時、うっかりしていて06年と77年を左右に挿して聴いていてあれ?と思ったのがきっかけでした。Tuttiでブオン!と膨らむその感じ・・・SPの外側に拡がる音場感が左右チャンネルで僅かに違うので確認したところ世代が違うことに気づいた訳ですが、

オリジナル(オールド)よりも復刻版の方が中低域の倍音が厚め・・・

言い換えればオールドの方が良い意味で渋い音だという事が分かったのです。

Ipはほぼ同じですので特性差ではありません。今回佛山で"音は復刻を狙うのかオールドか?"と訊かれた意味が漸く分かったという訳ですが、LPでもプレスで音が違うように同じWE300Bでも音が違うなんて、とても興味深いですね。これだから球との戯れは止められません(笑)。

http://www.kit-ya.jp/blog/index.php?eid=3384


2011-02-21 00:35

現在WE300B復刻版(9552)が来客中。まだmini91Bでのちょい聴きでしかWE同士の比較は出来ていませんが…自分のエミ減WE300Bオールドとは確かに微妙に音が違います。

復刻WEの状態、過去の使用時間は定かではないのでなんとも言えませんが、復刻版の方が高域がクリア、な感じです。

これが逆に「音の硬さ、新しさ」と感じる方もいるでしょう。

横への音の広がりは(現状では)エミ減WE300Bオールド(プリントとARMYのペア)の方が上と感じます。

オールドの方が高域の耳あたりが円やかで「音が濃く感じる」のは確かですね。

両者を聴いてわかったのですが、「WE300Bたる最大の特徴の一つ」は音色もさることながら【音のタメ】だと感じます。

例えば中低域(チェロの低音等)が、中国現行管だと【ブン】に対しWEだと【ウ”ゥン】みたいな(笑)。弦楽器を表現するにはこのタメが非常に重要で、これが音の実体感の再現に大きく貢献していると思います。これは新旧問わずWE300Bにあります。自分はガラスの薄さ(WEの方が薄い、響きが出やすい)が大いに関係しているのかな…と思っています。

また総じてWEの音は、自分の印象では「結構締まった音」です。ムラードの様な芳醇な雰囲気とは違います。もっと厳しい、それでいて機械的ではない音に自分は感じます。

オールドWEと復刻の関係については、色んな考え方が出来ます。「復刻WEで充分」とも言えるし、「やっぱりオリジナルWEでないと!」とも言えます。両者とも優秀な【音楽モニター管】だと思います。

http://cello300b.exblog.jp/12153216/


 

                        \               , イ
                      l!   ヽ 、         ,. ( /
                        jl     ヾ 、    ,. (   /
                      l !.       iヘ.  /       /─ -  _
                       l !       !∨             `> 、
                      l i      /l l                  `ヽ
                      ! l    /  ! i                   \
                      ヽ 、  /   ! L- ´  ̄ `>、                ヘ
        ___.            ヾ 、 _i   .j j: : :_: : : : : : : : :ヽ            ヘ
      ,. (////////`>、         `ー|   / 斤´ 7 `ヽ: : : : : : ヘ            ヘ
   ////////////////∧         j.  ノ ,辷ンゅ  ∨: : : : : :ヘ            ヘ
  ////////////////////!         /  ^´ ////     i: : : : : : :i  r-、          i
  .i////////////////////ヽ _      /            .!: : : : : : :|  ー'r 、        |
  .!///////////////////////      `  _      _,.、    l: : : : : : : !    ´o         !
  !'/////////////////////,!         ` ー- (:::":ノrや´!: : : : : : : |             |
  ∨////////////////////               !j ////j: : : : : : : : !            i
.   ヽ//////////////////,{                /////!: : : : : : : :i             !
    \//////////////> '                /////,l: : : : : : : : !            i
      ヽ//////////                ///////,l: : : : : : : : :i            l
      //////////                 ////////,l: : : : : : : : : !             j
     .//////////> 、_              /////////!: : : : : : : : : ヘ            /
     ////////////////`ヽ             i/////////l: : : : : : : : : : ヘ          /
    .////////////////////ヽ          !/////////l : : : : : : : : : : ヘ        /
   .i/////////////////////∧         ∨///////ヽ: : : : : : : : : : :ヽ      ./
   !'//////////////////////∧         ヽ////    ',: : : : : : : : : : : :ヘ   /                 /
.   i////////////////////////∧         ヽ/     ∨ : : : : : : : : : : \/                    /
   !/////////////////////////∧       γ´フ´     ヽ: : : : : : : : : : : : :\                   /
   !//////////////////////////∧、     / ´      j  \: : : : : : : : : : : : :ヽ               /
    l'///////////////////////////∧/>、  /      r-f    \: : : : : : : : : : : :ヘ             /
   ヽ////////////////////////////ヽ///>j       !/,L_    \: : : : : : : :ト、: :j              /
     ∨///////////////////////////\//L_.  .__」////7>ー-'/ゝ: :、: : : : ! ):ノ           / _, . (
       ∨////////////////////////////ヽ//////////////////////フ\:j\: l            /、7/////
      ヽ//////////////////////////////////////////////////,ノ     `            / !/>: ´: :
        \///////////////////////////////////////////////ノ                 ムr//,|: : : : :
         ヽ///////////////////////////////> ´  ̄ `  ̄ ̄´ !                //////l: : : : :
           \//////////////////////> ´ ̄             |                !/! .V//!: : : : :
            ∨////////////////////ヽ     r j        l                l/  ∨ヘ: : : : :
             i//////////////////////ヽ^ヘ   リ         l                {!   ヾヘ: : : :
             |///////////////////に==, そ´          ヘ                !   }∧、:_:
             !/////////////////////r-='_、 !           ヘ                i   //r―
             |/////////////////////(ノ´//} `ー-_,         ヽ                i  l//!
              |//////////////////////////fj^i´ ̄           ヽ              ∨ j//L_
                  l'///////////////////////////∧             \              ∨/r―‐

____________________
____________________


7. ウエスタン・エレクトリックの歴史


ウェスタンエレクトリック(英: Western Electric, WE, WECo)は、アメリカ合衆国のかつて存在した電機機器開発・製造企業。1881年から1995年まで、AT&Tの製造部門として存在した。1995年、AT&TはAT&Tテクノロジーをルーセント・テクノロジーに改称し、スピンオフに備えた。この時点でウェスタン・エレクトリックは終焉を迎えた。

1929年ごろ、ウェスタン・エレクトリックは映画館の音響システムの製造も行っていた。ウェスタン・エレクトリックの Universal Base は、サイレントの映写機しかない映画館でトーキーを上映できるようにするシステムであった。また、映画館用広音域ホーンスピーカーも設計している。これは効率が高く、3ワットのアンプで映画館全体に音を響かせることができた。当時、高出力のオーディオ用真空管はほとんどなかったため、この開発は重要だった。

映画館向けにウェスタン・エレクトリックが1920年代から30年代にかけて設計・製造した音響機器は、耐久性と音質のよさからオーディオマニアなどのコレクション対象となっている。これには、大規模映画館用の巨大なスピーカーもあり、比較的低出力の真空管アンプで駆動される。

AT&Tへの機器供給業者として以外に、ウェスタン・エレクトリックはプロ用の録音再生機器も開発販売していた。以下のようなものがある。


ヴァイタフォン - トーキー映画システム

プロ用電気録音機器(1920年代末)- それまでは、レコードへの録音は蓄音機のホーンに向かって音を発することでレコードに溝を刻んでいた(アコースティック録音)。ウェスタン・エレクトリックは初めてマイクロフォンと増幅器と電磁式の針を使った録音を可能にした。

オーソフォニック - 電気録音されたレコード用の蓄音機

オプティカル・サウンド

モノラルの装置でも再生可能なステレオレコード録音方式

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF


WEの歴史100年


 WE社の前身は、100年にわたり事業を行なっており、1882年以来、アメリカ・クリーブランドで、グレイ・バートン社として開業され、その創業者は発明の才能優れた大学教授エリッシャー・グレイとそれ以前ウエスターン・ユニオン社の電信会社の副社長アンソン・スティガー将軍でした。最初わずかな資金でスタートした彼らの事業成功の要素はなにでしょう・・・・・・。創造力、活力、決断力ならびにより良いサービスの提供があると確信し、まずはクリーブランドで事業を開始し、後にシカゴに移転、電信機器や電気器具の製造と修理を行い、堅実な会信という信用を確立することを当面の目標として出発しました。 まもなく、その仕事の質が良くサービスが完全だと信用を得て、企業からの注文がしだいに増し、1872年までにこの商会は、30万ドルのウェスタン・エレクトリック製造会社に成長しました。

1876年、電話が発明されてからは、WEは新しい機器を競合製造する6社のひとつとなり、そのわずか5年後にベル会社は規格統一をして標準化された機器を確実に供給する製造業者が必要であると判断し、早くも1882年にはWE製造会社の経営権をにぎり、さらにすすんでウエスタン・エレクトリック会社としました。製品のデザインの品質とが優秀であり、従業員がお客に最高のサービスを提供しているということを、この商会ははっきり証明しました。

 WEはベル・システムの製造部門となり、ともに発展を続けました。 1898年(明治30年)に、WEは早くも日本に進出し、外資提携会社の第1号として、現在の日本電気(NEC)の設立に力を貸しています。85年も昔のことです。 WEのトレードマークとNECのそれが、兄弟のように似ているのも、この間の歴史の一端を示しています。このころ、日本では明治時代の始まりで、

明治2年(1869年)東京ー横浜間電信開始、
明治5年(1872年)新橋ー横浜間鉄道開通、
明治10年(1977年)西南の役 東京ー横浜間電話開通 

という状況でした。1876年びアメリカで発明されたばかりの電話が、もう日本で開通とは大変なことです。電話は、1876年のアレキサンダー・グラハム・ベルの発明以来、急速に発達し「ベル・システム」方式により、さらに通信量、信頼性が大きく向上し今日に至っています。 

ベル・システム(Bell Sysyem)の基本構造は、電話を世界中の人達に経済的に、また安心して使ってもらうためにシステムを研究、供給、運用という3分割とし、各社一体となって協力し事業の発展を図るというシステムです。


研究は、ベル・テレホン・ラボラトリーが当り、

提供(機器の製造)はWE、

運用(まとめ)はATTが受けもつという具合です。

ATTのこと 

 ATT方式とは、地上最大の企業といわれるATT(アメリカ電話電信会社)の経営方式のことで、ベル・システムとも呼ばれています。 ATTは、全米に22ある地域会社とベル電話研究所、通信機メーカーのウエスタン・エレクトリックなどの上に君臨する持ち株会社で、グループ企業の従業員は100万人を超えています。 そして、長距離通信を担う基幹回路網を直接管理し、地域子会社がそれぞれの地域内で通信サービスなどを行う仕組みになっています。 また、各子会社に対し通信機器の提供や資金面を含めた経営上の援助をする代わりに、各子会社から収入の1.5%〜2.5%を受けとって成り立っています。22の地域会社は、電話料金、サービス面などで互いに競合するので、いわゆる競争原理が働き、企業活動、サービスは常に向上するというわけです。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm

     Western Electricと真空管の歴史

(無線と実験 1982年7月号 HiFi の原点!! ウエスタン・エレクトリックより ★安西勝太郎★


W.E. tubes
http://www.osk.3web.ne.jp/~euvalve/gallery/wepart1.html
http://www.osk.3web.ne.jp/~euvalve/gallery/wepart2.html


 ウエスタン・エレクトリック(Western Electric Manufacturing Company=以下WEと省略)は、すでに100年以上の歴史をもち、今までに数限りないアンプを世に出し、今マニアの間で現用になっているものも多いようです。また、WEの真空管を使ったアンプの記事が本誌上をにぎわすほどの人気があります。

真空管の成長とWE社 

 1992年、イギリスのフレミングが2極真空管を発明し、ダイオード名付けました。また、1906年にはド・フォレが3極真空管を発明して、その増幅作用を利用したシングルのオーディオ・アンプを発表しました。彼は真空管の改良、研究とともに各種サーキットも開発して、1912年にはマルチステージのトライオード使用のカスケード・アンプへと発展させました。これが真空管アンプのオリジナルといえましょう。 

このド・フォレの真空管をいち早く生産に移したのはWEですが、1915年には、バージニア・アーリントンで大陸横断電話回線の実験が行われており、ここですでに550本の真空管が使われたといわれています。 また、 この前年の1914年(大正3年)に、日本海軍は苦心の末、ATT製真空管を入手した・・・・・とあります。しかし、これらの実験の製造はWEという公算は大です。

 同じく1915年にはATT・WE真空管式無線電話装置により、アメリカーフランス間の通信成功とあります。 1917年には、電話局のレピーターに今日の直熱型3極管と同じハシゴ型グリッド電極構造をした真空管が使用されております。 1917年、WEはVT-1、2という2種類の直熱型3極管をアメリカ・シグナル・コーポレーション向けに作りました。 VT-1は受信用万能検波増幅管で、ラジオの初期にRCAが作ったUV-201型の原型といえるものです。VT-2は送信用の5W級発振・変調管で、オーディオ・アンプのパワー・ステージにも利用されました。これがパワー管の初めといえるようです。

 1919年、WEはさらに大出力のパワー管、50Wの大型送信管型WE-211を発表しました。また、受信用として乾電池でも使用できるエコノミーな小型管WE-215というピーナツチューブを作りました。そして、翌年には一般民生用真空管の量産も始めました。しかし、一般商品の発売はRCAが先行し、1919年にWEのVT-1に似た定格をもつUV-200および201を発表しております。 この真空管の製造元はGE(ジェネラルエレクトリック社)でした。 1920年、アメリカのH・アーノルドが酸化物陰極を実用化し、電子放射線量は、従来のタングステンに比し向上しました(現在の通常の受信真空管の陰極と原理的にはほぼ同一)。 また、アメリカWEによるKDKA局より、世界最初のラジオの正式放送が開始されるなどに伴い、送・受信用真空管に対して質量とも大きな期待がされるようになりました。 

1912、I・ラングミュアによって発明されたトリエーテッド・タングステン・フィラメント使用の高品質真空管199・201Aの製造が開始されました。 これらの真空簡に対する基本技術は徐々に開発され、現在の真空管の原型がほぼ出来上がりかけてきました。 1924年(大正13年)オランダ・フィリップ社は傍熱型酸化物陰極受信管の製造を開始し、日本では東京電気がトリエーテッド・タングステンフィラメントの199・201を発表し、またと東京・名古屋ではラジオの本放送が開始されました。その開始とともに日本では最初のラジオ関係の雑誌『無線と実験」が創刊されたのです。

ヒーター、フィラメントの構造


 真空管の陰極は構造によって直熱管型と傍熱管型とがあり、直熱管型の陰極はフィラメントといい、傍熱管型のそれは別に設けた加熱体の輻射により陰極を加熱し、この加熱体をヒーターといいます。 また、現在使用されいる陰極は主として次の種類です。 

(a) タングステン・フィラメント:
所要の放射電流(エミッション)を得るためには動作温度を高く (約2,500K°)する必要があり、それに従い加熱電力が大きくなるので、最近では保守用や特殊用以外にはあまり使われません。

(b)トリウムタングステン・フィラメント:
タングステンに1〜2%の酸化トリウムを混入したもので、 表面をある程度炭化してあり、還元されたトリウム原子がタングステンより低い温度(約2,000K°)でかなり良好な電子放射が得られるために、送信管では最も使用されています。 

(c) 酸化物塗布陰極(カソード等):
通常、ニッケルを基本金属としてその上に、酸化バリウム、酸化ストロンチウム等の酸化物を塗布したものです。その還元された金属原子により、良好な電子放射が得られ、動作温度はトリウムタングステン・フィラメントよりさらに低い(約100℃)ものです。しかし、傍熱型のものでは加熱体となるヒーターは通常、タングステンや合金が用いられます。


 さて、WEの歴史はそのままが優れた高信頼の通信用真空管の開発・製造・応用の歴史といえます。 WEのオーディオ用バルブのほとんどは電話のサービス網の拡大とともに、伝送系に使用する目的で開発・製造されてきました。 1930年代に入り映画産業の発展に伴い、世界最高といわれるウエスタンーン・トーキー・システム(映画発生装置の開発製造業)まで手がけ、オーディオ用直熱3極出力管のWE-300A(B)やビーム型出力管のWE-350A(B)など、歴史に残る名出力管が生まれてきました。この間、特記すべきオーディオ管は、電話用として開発され最も多量に使用されたという#100シリーズのオーディオ管のことです。


WE #100シリーズの真空管

 WE#100シリーズは、電話用に真空管が始めて実用化されたころに端を発し、ほぼ半世紀にわたって多数使用され、現在でも一部分の海底電線のケーブル中継基地で、また搬送式通信装置、電話用通信能力測定などを含めこれほど大量に使用された例は他にありません。 WEが開発した#100シリーズは、真空管界の最大の「功績者」としてエレクトロニクスの歴史に残るでしょう。

 このシリーズのバルブは定格内で使用した場合、持久時間も数万時間におよびイニシャル性能を長期間保持します。 WE-100シリーズは3大別でき、万能管ともいうべきWE-101D、高μ検波増幅用 WE-102D、さらにオーディオパワーチューブWE-104があります。ともに直熱3極管として真空管の教科書どうりの基本構造で、ウエスタン3極管の原型ともいうべき、2枚の平行したプレート、M型、V型に張られた酸化皮膜(オキサイド)フィラメントおよび梯子形格子のグリットの板極管です。 プループは丸く、排気孔は上部でシールされています。ソケットはWE-100L型で(通称スモールUVタイプ)で、ベースのバイヨネット・ピンで固定されます。この形状はタマ→ナス管→ドーム・トップのST管に変更されましたが、規格・性能などは全く変えられておりません。 Dタイプは後にフィラメント定格を改め、Fタイプ(4.5V、1Aで4.5Wを4.0V、0.5Aの2W)と省エネルギー化して、この時点から特有の逆形フィラメントになり、プレートも板極からアンドン型へと移行します。この逆3V型フィラメントの真空管の代表としてVT-25が上げられます。以上のようにWEは、真空管材料の研究を続け、成長していきました。


真空管のプロポーション

 この当時はまだ欧米各社とも真空管の規格・プロポーション等も、十分に共通化(標準化)されておらず、各社各様でした。 WE-100シリーズの系列として当時の日本では、1928年(昭和3年)に日本電気K.K.(NEC)が下術提携を結び、WE-100シリーズと同じ型番の真空管の中継用101Dと102Dを製造し、この技術を基礎とし各種の通信用真空管を製造しました。同じくイギリスのETC社では、WE-101D・102D・104Dのオリジナルから、改造したSTC4101G・4102G・4104Gシリーズを電話用に製造しました。また、WE-101Fタイプを更に小型化した。STC4019A・4020A(120改)シリーズも作られました。これらは広い意味で、いずれも101のファミリーといえましょう。


高性能WEの光電管

 トーキー映画のフィルムの“音”再生には光電管をはじめ周辺機器の基本性能が品位を決定します。

 WEでは、このトーキーの開始と同時にすでに世界最高といわれる光電管も開発しており、これにより名声を更に高めました(光電管は光の入力エネルギーの変化を電気的の変化に変換するバルブです)。35mmのトーキーフィルムのサウンドトラックの占める幅は約2.5mm、録音方式は通常(黒色)密度の変化や面積変化の2方式ありますが、いずれにしても、サウンド・トラックの流れにより録音(録画)された光エネルギーの変化を、光電管により電気的シグナルの変換させ、このオーディオシグナルをイコライジング(F特をフラットに直す)し、トーキー用アンプを動作させます。 

 WEのオーディオバルブの黄金時代、1930年初めより年の中頃までの代表的なA級動作の真空管の出力は0.87から650W、プレート電圧は350〜12500Vで、大出力の真空管は主としてオーディオモジュレーター(放送機用変調機)に使用されていました。 いずれも、WE直熱・純3極管のはずです。

 現在私達が、無理なく自作に使用できる上限は242Cの2W(RCA211相当)と284D(RCA845と近似)の40Wですが、212E、241B、308B(フィラメント14V、6A)もB電圧を1000Vに定めるとすると、20〜30Wは得られるはずです。また、242CはB電圧1000V時に出力15W、284Dは27W前後となります。

 WEのオーディオ用パワー管といっても、B級大出力用は殆どが放送機の変調機用です。しかし、純3極直熱出力管のハイパワーアンプの音色、迫力はまた格別のものであります。PP動作でもA級シングルで出力が僅かに4Wの268Aが同じB電圧で12倍の50Wと示されております(この例は特別としても・・・・)。 242C/211E 1250VのA級シングルで22WがB級PPでは200W、284DではA級S40Wから140Wに増強されます。 

242CがA級S時22Wから200Wと9倍もパワーが増え、284Dが40Wから3倍弱の140Wしか増えないのは、不思議に思う方もあると思いますが284DはA級オーディオ専用管で、Eb 1250V時、Ib 68mA、バイアス電圧はー218Vと非常に深くGグリッドをフルドライブするには約440Vppのシグナル電圧が必要です。しかし、A級シングルで40Wのオーディオ出力が得られます。

これに比較し、242Cはほぼ同じオペレーションでバイアス電圧は、-75V前後でドライブ電圧は150Vpp、A級シングル時の出力は22W程です。242CをB級ppのパワードライブを行うと(外形は同じでも送信用万能管ですから・・・・)。ドライブパワーにほぼ比例して出力は増加し、200Wのハイパワーが得られます。また、295A、331Aも(フィラメント電圧が10V3.25A)B電圧を1000V程のリレーティングを行い、約200Wの出力が得られます。 見慣れない型番のバルブでもオーディオアンプに使用すると、きわめて良好なWEトーンが楽しめそうです。

http://www.gokudo.co.jp/index2.htm

           / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
              //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
       r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
       __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
       〈 rク// ,′ ,'/l‖ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
    , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
  // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 U ヽ ヽ
//   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、 \
{_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ | ヽ  ヽ
         ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ }   \
      , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /  ∨
  ,.|ヽ .ヽヽ、ヽ| ,'  ,..-,, `ヽ''-''-'、 __ヾ  ,,. -‐ V"´ __ `ヽ、_ ,
r''".| ヽヽ _,.´,, ',´´        `ヽ、'   ,.. - ''"´   ``ヽ 、`ヽ、ィ
|  ,|  川ヽ、/ /ト-;:::、        u丶 '´         .....ヽ、 i  /l
| ハ  |! j/ ./::`:::::、                        .:::r::、::.ヽ レ'  |
   ヽヽヽ .、 i   : : : : : : : : : : : : u: :/   、: 。: : . . .  . : : : : : ': : : :|    k   
    ヽヽヽヽ、ヽυ : : : : : : : : : : :, :'´: : : : : :ヽ : : : : : j : : : : : : : : : : :,'r;;=;;、  \
     \\ヽ ヽ、: : : :υ: : , : : : : : : : : : : : : : : : : : ι: : : : : : : : ιl L;;;ノ    \
      | l! ヽ、ヽ、--‐ '´: : :     : : : : : : : : :`: ヽ、、_:_:_:_:.: :j'´}:::::::::::::::::...   ┌――--,
、        ヽv-、.ヽ ヽ   ,,,_   ゜        : : : : : : : : : : : :υ,' .i   ,\::::::::      /
  `ヽ 、   丿 ヽゝ,, ::' "´        . . . . . . . . . .: : : : : : : : : :/ ,'.   ' ̄ \::::r';;ヾ /
     ``ヽl. |   y \          ``''''     . :-、、: : : ,' ,'.、     ̄ ̄ :::ヾソ ,'
        ヽヽ  ト、 `` フ                 : :ヽ-く ,'  ヽ、  __    _,(,,,,,,,,,..--
: : : : : .     ヽ、|!: :`‐‐': : :                。 : : : :\ u  ,,,ι- ''"´´
: : : : : : : .      ,,,.. -- ーー-、 __             : : :,, -‐''´


参考


【妄想】ウエスタンを語れ 総合スレ【ゴミ】
http://logsoku.com/thread/hobby3.2ch.net/pav/1066415771/

ウエスタンエレクトリックってどうですか?
http://hifi.denpark.net/1113267242.html

【K.T】WE300A以外は塵です。はい。【WEヲタ】
http://hifi.denpark.net/1073143037.html

WE.300Bシングルの最強パワー・アンプは?
http://logsoku.com/thread/hobby5.2ch.net/pav/1115035462/

300Bシングルアンプに最適なスピーカー
http://logsoku.com/thread/awabi.2ch.net/pav/1290756114/

              /  / _
            . /   ノ /   `丶      _ .. ,
           / /   /  ′      ` ¨´   /
          /     /    、    ヽ    ノ/
         ′    /     /`ミ、/ヘ、  ´ /
       /       {      /       | '.   /
        /l       /  i   /   ,、    |ハ  !
      ; l     l  | /,. '"     /ヽ.l_, |
      ||   ′i|   l  ,ニ、    /}、/ } |
      |     {   !   lィ、_ ノ    /イノ!イ  ;
      |、 !  、 ヽ  l 代 ソ     じ' ハ/
      l Y|  i \   | l ::::::    ' :::/  }
       ; ノ!|   ゝ-‐`ー .l、ゝ   r ァ /  /
      〃 リ /    ヽl >  _ ィ'}ヽ  /
     /  / /      マ!|   // ハ /
     / ,  ,′       i }l !  // / l
    / /   !       リ l l // /   |
    / /    |  i      ヽl ∨/ /  |
   ノ /     : l       ヽ./  }   l
  ( イ       l l        {   /   |
   ヽ!       ‖       、 : /   |
    人       l        ヽV      |
   ん、ヽ.     |          }     )


300B シングル・アンプ

新藤ラボラトリー Western Electric 300B Limited
http://www.shindo-laboratory.co.jp/Power-Amp/300B-limited.html

英国オーディオン社(Audion International) Audion Silver Night 300B Mk-III
http://www.soundbox.co.jp/Audion.htm
http://www.soundbox.co.jp/Audion%20brochure1.pdf

Melody Valve Hifi H300B ・Melody A3・SHW300B
http://www.e-staff-net.com/price/melody/melody_top/melody_top.html
http://www.trn-japan.com/
http://www.melody.com.au/

C.R.Developments  Woodham 300B
http://www.crdevelopments.com/woodham300B.htm
http://www.mmjp.or.jp/ippinkan/newpage120.htm

AIR TIGHT ATM-300 
http://www.airtight-am.net/products/atm300.html
http://members.jcom.home.ne.jp/k.kusunoki/audio/ATM300/ATM300.html

カインラボラトリージャパン A-300B, A-300P
http://www.cayinlabo.com/products/cayin/index.html

サンバレー SV-91BIII・TRV-M300SE・TRV-A300SER・TRV-A300SE・JB 300B ver.3
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_87&products_id=667
http://www.kit-ya.jp/index.php?cPath=86_87
http://www.kit-ya.jp/index.php?cPath=86_72

トライオード TRV-M300SE
http://www.triode.co.jp/index.html
http://www.ippinkan.com/triode_trv-a300se.htm

              _.. ‐'  ̄   _  `丶、   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           / . -- 、    ´   `丶--―|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        __∠_/              \:.:,.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ャ= 二:.:.:.:.:., ′ __                 ヾ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     '.     `ソ  /´    .ヘ//ヘ    ヽ   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ヽ   /  /     ,′    \ \ :.   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      \ノィ  {     |       ヘ  ヽ!   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       7V       /|-       _ ゝ 、l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l.:i } /    ハ!       ´ {ヘ::ィl   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:i ノノ:i   / /} ゞ、        ゞ-'| }:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /.:/  .:.:i  /イ/{ヘ::ハ      :::::l イ:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l,ィ'´ .:.:.i   {   ゞzり           |:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       リ! i .:.:.:   :.、  ::::::           ,イ:.:.:l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | .:i .:.:.:.:..、 :. .:.丶        `` / j:/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      | ハ:.:.:.:.:.:ヽ .:.、.:.ノ:`: : .、ー― ´  /´: : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ´  ヽ:.i :.:.:.:ゞ''´\ : : : : \     /: : : : |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            } .:/ . : . : . \: : : : : \ /: : : : : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ノ.イ . : . : . : . : . \: . : . : .ソ: : : : : /|;;;;;;__;;;;;;;;;
             l: . : 丶 : . : . : . \ . : /: . : . : /: レ'´∠ 、;;
           l: . : . : \ヽ. : . : . ヽ/: . : . : /, ′´ ‐ };;;
           |. : . : . : . :ヾ . : . : ./ : . : . :〃    ´,,;;';;;;;
          ノ . : . : . : . : .i . : . / . : . //     /;;;;;;;;;;;
       . -‐ ´. : . : . : . : . : .|: : :/:_. :-ァ ''´   ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;
     /: . : . : . : . : . : . : . :__.ゞ‐ ´ /    . '|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    {: . : . : . : . : . : . : . : ´''´ . : . /    /: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


______________
______________

関連投稿

LPの音をSPの音に変える魔法のスピーカ タンノイ オートグラフ _ 2流オケの音もウイーン・フィルの響きに変える奇跡
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/494.html

アンティーク オーディオの世界 _ 子供の頃聴いた手回し蓄音機の音が一番良かった
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/483.html

高級アンプの世界 _ B&W 「Signature Diamond」 を聴く
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/491.html

B&W は音楽を聴く為のスピーカーではない
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/206.html

スピーカの最高峰 B&W Original Nautilus _ 音響は完璧でも…
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/202.html

音は凶器 _ 僕が STAX を薦めない理由
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/205.html

驚異の音質を誇ったエジソン式蓄音器が滅びた理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/495.html

中川隆_音楽・オーディオ関係投稿リンク
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/217.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
02. 中川隆 2012年8月12日 22:27:50 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

ウエスタンスピーカー・・うううっ汗

よく・・わからんとです。田舎にも・・凄いコレクター殿がいました。
どんだけ・・の・・・ウエスタンスピーカー使いです。


音聞いて・・吹っ飛びました・・いや・・・・体調が悪くなんりました。

凄いです・・・聞いたことない・・音・・迫力・・ああ・・汗。

音に疎い妻も・・び゜っくりの体験。

蔵の中は・・貴重品で埋まっております。・・・はい。

シャンソン・・聴いたのですが・・

歌い手が・・ちゃんとそこにいるんですよね。

いるんです・・

いやいや・・まいってしまった・・体験でした。

しばらく・・わがジャズバーに戻って・・ぼーっとしてましたが・・
これは・・もはや・・・
私の・・
キャラクター
で・・この場をしのぐしか・・ないと・・確信しました。はい。

少し・・体調も戻ってきたので・・
妻飯を。

ええいっ・・米沢牛かああああ。
はっ・・失礼いたしました。
いやいや・・・いろんな体験をした・・日曜日でした。
http://inakajazz.exblog.jp/9177096


03. 中川隆 2012年8月12日 22:31:54 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM

ウエスタン・・追伸


先日・・作家の原口様から・・

「まあ・・・・いわゆる・・どひゃ〜とか・・なんて言い回しはともかく・・
ウェスタンって・・どんな音なのかなっ」

という・・ご指摘メールいただきまして。

はい・・で・・

で・・・こんなかんじ・・・

写真で見るより・・とてつもなく・・大きいです・・・

このロードホーンだけで畳二畳にちかいかも・・。

そこから・・中域・・と・・いうか・・まあ・・

あの・・口から・・どどーーーんとくるわけっす


値段で・・換算したくないんだけれど・・

うーーん・・いまだっったら・・ベンツ新車七台分ってとこでしょうか。・・もっとかな。。

あっと・・

音の解説ですね・・・

えっと理論的な話をしても・・面倒なので・・


冴え渡る高音・可聴域でふんわりとした音感の中にも・・

いわゆる・・ひとつの色気を感じる音和曲線を備えつつ・・

甘美なる・・懐の深い低音とあいまって・・

苫小牧の夜を彷彿・・させるような・・


あっ・・これじゃ・・わかんないか・・。

まあ・・香港の夜でも・・よかったんだけどね・・


あっ・・ここ・・・ジャズバーのプログだった・・キャラ変えないと・・・


ところで・・この貴重なウェスタン・・お聞きになりたいと・・お思いのかた・・
メールとか・・書き込みください。
特別に・・オーナーと交渉しますので・
http://inakajazz.exblog.jp/9237625/


04. 2012年8月12日 22:56:48 : HNPlrBDYLM


ウェスタンエレクトリックの音が聴ける喫茶店 2012/5/5(土) 午後 5:54


家の近くにウエスタンエレクトリックのスピーカーが聴ける「スフィンクス」という喫茶店がある。

たまたま本屋さんで「管球王国」という雑誌を読んでいたら紹介されていた。

しかも青木さんというウェスタンエレクトリックを知り尽くした方がメンテナンスされたスピーカーがあると紹介されていた。早速、行ってみた。


オーナーの女性が淹れてくれた珈琲を飲みながらウェスタンから流れる音楽を聴いた。

この音を聴きに多くのオーディオマニアが来るらしい。


テーブルにある説明書きによると、

ドライバーがWE555、ホーンが菅野製作所製WE22A

レプリカである。

ウーハー、ツイータはなく中音ホーンだけである。

音は古いジャズに合う音と言ってもよい感じである。持参した鈴木章治さんのクラリネットがよく響いていた。しいて言えば低音が少しほしい気がする。


入口には「Vintage Sound CAFE SPHINX」という看板がある。

コーナーの上部にウェスタンスピーカーがある。

この勇姿を見るだけで幸せな気持ちになる。


これがアンプ、ウェスタン純正ではなく関連企業製らしい。貴重な一品である。


お店の奥にマランツ8Bがあった。メンテナンスされており完動品とのこと。


うれしいおまけがあった。オーナーの紹介でこのビルの持ち主がすごい設備を持っているとのことで3階を訪れた。なんとそこにはシーメンスのオイロダインがあった。またJBLの大型システムも・・・・・(驚)
http://blogs.yahoo.co.jp/kinsmen0411/5015600.html


Cafe SPHINX

■所在地  栃木県宇都宮市城東2−1−12 藤井ビル1F内
■アクセス JR宇都宮駅東口より、徒歩10分/タクシー5分
      ※駐車場なし。お近くの駐車場等をご利用下さい。

地図
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&lr=lang_ja&um=1&ie=UTF-8&q=%E6%A0%83%E6%9C%A8%E7%9C%8C%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%B8%82%E5%9F%8E%E6%9D%B1%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%91%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%92+%E8%97%A4%E4%BA%95%E3%83%93%E3%83%AB&fb=1&gl=jp&hq=%E6%A0%83%E6%9C%A8%E7%9C%8C%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%B8%82%E5%9F%8E%E6%9D%B1%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%91%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%92+%E8%97%A4%E4%BA%95%E3%83%93%E3%83%AB&cid=0,0,12084517820107948604&sa=X&ei=arUnUJXMIqX0mAXysYGgDQ&ved=0CIIBEPwSMAU


■営業日時 土、日 12:00〜19:00
      金   17:00〜20:00


スフィンクスの音はウエスタンエレクトリック等とOMラボから創られています。
ヴィンテージ機器を使用したオーディオで ジャンルを問わず様々な音楽等をお愉しみいただけます。

 ※音響装置 WE555+Kanno22A horn 他
今後、試聴会等を予定しております。
http://sky.geocities.jp/cafesphinx/SPHINX/Cafe_SPHINX.html


05. 2012年8月13日 00:06:37 : HNPlrBDYLM


WE15A ホーン 2012年6月18日 (月)

以前からSNSでの知り合いから、招待を受けていたので、東京出張の続きで北関東まで足を伸ばす。

この地区の皆さんはどうなっているかと思うほどチャレンジ精神が凄いw(゚o゚)w

あまりに色々凄いので、一番感動した事を書きますと・・・なぜかWE15Aの生息地のようで

こんな巨大な物を、あたりまえのように自宅に入れられているのには驚き以外何もありません。

そして、レプリカと言えども、本物を十分超えるクオリティーには、ただ呆然!

さてさて、205Dシングルアンプや300Bシングルで聞かせてもらいましたが、もう私の24Aホーンとはまったく世界が違います。

とにかく、音が大きい訳でもないのに信じられないスケール感。

しかも凄く上質な音で、スピーカーと言うのは空気を鳴らして、その空気を味わうのだと改めて感じました。

今回はお二人のお宅に訪問させていただきましたが、共通しているのは、それなりの空間スペースを準備されている事です。 WEが得意とした、映画館の音とはこの事だと今更知りました。

正直15Aがこんなに素晴らしいとは・・・・でもそれ以前に空間をどうするかが先決ですね。

床置きで使用されていました。迫力と上品さが同居

何とウーハー無しですが、非常に心地よい音です。
http://www.ja4car.com/audio/2012/06/we15a-4343.html


06. 2012年8月13日 00:21:44 : HNPlrBDYLM

- 記憶に残る人(重体患者からのメール)-

記憶に残る人を1名あげてくださいと言われれば、私は次のかたをあげます。

個性的なかたがオーディオには不思議と多く、印象に残っている人ばかりなのですが、このケースだけは、少し事情が違っていました。

あまりにも、おそろしい余韻が、今も残っています。

氏名も定かではありません。住所も、何も知りません。たった2通、舞い込んできたメールでした。私が全く知らないかただからこそ、書けることです。それはそれは、今思い出しても、おそろしい内容だったと思います。それ以上おそろしい状況に陥っていたかたは、他には知りません。

ある日、メールが来ました。次のようなメールでした。


「ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーを鳴らしていますが、困った状態になってしまっていますので、アドバイスしてくださいますでしょうか。」


短いメールでした。私の返答は、下記の短い内容でした。

「ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーを鳴らされているほどのかたでしたら、私のアドバイスなど必要ないでしょう。私のサイトをくまなく読まれて、もしヒントがあれば、それを生かしていただいて、あとは、ご自分でセッティングされていかれればいいのではないでしょうか。」


二週間ほどして、再度、短いメールが来ました。


「本当に困っているのです。オーディオで、良いと言われるものを、次から次へと買い集めた結果、どうにもならない状態になってしまったのです。どうしていいか、全く分かりません。お願いします。」


これで状況の全貌がつかめました。想像以上に、深い「オーディオ地獄」に陥っておられるかただということが、分かりました。ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーは、尋常な価格ではありません。それだけでも相当の金額ですが、そのレベルと同等の金銭感覚で、良いというものを次々に買い漁ってきたとなると、およそ我々には想像できないほどの、大金が動いていたと思われます。

私はそのとき、純粋に、まったく「音」のことしか、考えていませんでした。

そして、次のようなメールを送ってしまったのです。


「了解しました。事情は分かりました。機材はあとでいいですから、まずは、今、持っておられるオーディオ屋で勧められて買われたケーブル、または、ご自分で買われた高額なケーブル類を、全部、ゴミ箱に捨ててください。または、売却されてください。とにかく一本残らず処分されてください。それからでしたら、本格的に、ご相談に乗ります。その後、再度メールください。」


でした。その後、二度とメールは来ませんでした。
私の書いたことの意味が、分からなかったのでしょうか。


今にして思うに、私はうかつだったのかもしれません。相手は、おそらく重症の患者だったのです。自分自身で身動きすら全く不可能なほどの、緊急の大手術が必要なほどの、救急車で搬送しなくてはならないほどの、重体の患者だったのです。

「一体全体、どれくらいの大金を、ゴミにつぎ込んだんだ!!」

今思い出しても、はらわたが煮えくり返るほどの、気持ちにかられます。


ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーに、お金をつぎ込むほどのかたは、尋常ではありません。


どこでそんな大それたものの知識を得てきたのかも、定かではありません。

普通の中古オーディオ屋さんは、いくらなんでも、そこまでのものは、勧めないものです。

つぎ込んだお金の総額は、五千万円なのか、七千万円なのか、一億円なのか、家族は? 家庭は崩壊していないのか? その後、破産してはいないのか?


次から次へと、疑問が沸いてきます。

「ケーブルを全部ゴミ箱に捨てろ。」などではなく、もっと徐々に、正常な軌道に戻してあげることは、自分にあの時、出来なかったのだろうかと、今も、ふと思うことがあります。あまりにも短いメールでしたので、そのかたの状況、その奥の奥まで見通すことが、そのときには、出来なかったのです。

今にして思うと、このかたの声は「肥溜め」から発せられていた「救助」を求めるSOSの声だったのです。肥溜めに落ちてしまい、どうあがいても這い上がれず体中をウジ虫が這い回り、死を待つしかないという状況、あれこそは悲痛なる「うめき声」だったことが、今でこそ分かるのです。

■これを読まれるかたは、はっきりと、認識されておいてください。私は断言します。


ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーなど、本物のF1マシンです。

クラウンD45の商品説明で記述している通りの、本当に、戦国時代の「妖刀」そのものです。


100万円の、ゴミケーブルごときレベルのもので、鳴らせるわけがありません。

500万円の、ゴミアンプごときレベルのもので、鳴らせるわけがありません。


スピーカーとアンプ、又は、ケーブルとの相性が合うだの合わないだの、低いレベルの話を、いつまでも言っていてはダメです。

F1のレベルは、「品質と技術の絶対的な高さ」だけです。ただそれだけです。徹頭徹尾、それが要求されています。F1レースの世界と全く同じです。

そして・・、

例えケーブル類が全て、第一級品のプロ用であって、健全なものだったとしても・・・、

アンプは? 

ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーの設置角度、高さ、奥行き、場所は?、

一ミリ単位で、全てその音から逆算していって、本能的に計算できるでしょうか?、

部屋の音響処理は?、

そして、たった一個のプラグが音に与える影響まで、この箇所は金か銀か、全ての箇所を、一つも間違えずに、音から、一つの前後の狂いもなく、全プラグの正解を逆算できますでしょうか?


音響処理グッヅなど、さらに混乱を招いてしまうだけに終わり、ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーの前では、害悪になるのみで、これもまたゴミに過ぎません。全く役にも立たないどころか、足を引っ張る程度のものばかりなのです。

自分の耳で、目で、肌で、部屋の中を徘徊している音の複雑なルート、それが全て明瞭に見えているだけの「能力」がなくてはなりません。同時に、周波数特性の計測装置より正確に、全てのケーブルと機材の特性が、耳で把握できなくてはなりません。

ウェスタンエレクトリック(WE)のフィールドスピーカーとは、それほどまでに恐ろしいものだと認識されてください。

そこまでは無理だと、誰でも思われるでしょう。そう思われるのであれば、「妖刀」には、絶対に近づいてはならないという「印」です。

それが、し・る・し、です。

又は、音の修行僧として、一生涯を送るかです。

選択は、二つに一つです。例外はあり得ません。

もう一種、同程度に恐ろしいものを書いておきます。アルテック612Aモニター(銀箱)のオリジナルです。別の箱に604ユニットが入ったものは、その限りではありません。612A(銀箱)オリジナルには、WE同様、絶対に近づかないでください。612A(銀箱)オリジナルも、上記の能力が全く同レベルで必要な「妖刀」、「化け物」です。鳴らしきれるはずがありません。

あのメールのかたが、ご家族のかたと、今も幸せに暮らしておられることを、心から祈っている次第です。
http://www.procable.jp/setting/17.html


07. 2012年8月13日 00:48:25 : HNPlrBDYLM


WE(ウエスタン・エレクトリック)体験


通りがかりでは見つけられない場所に、その小さな協会の様な建物は在る。 そして、その入り口のガッチリとした扉に付いているドアノブの形を見るだけで、何かを期待させる。

重い木製の扉を開け、一歩その空間に入ると、目の前に、開口部が2mはあろうか思われる巨大な黒塗のホーンが 居座っているので、否応無く来る人の目を捕えるはずだ。

普段決して見ることの出来ない異様な形をしているので、オーディオマニアでない限り、 それがスピーカーだと気付かない人もいるかもしれない。その音を出す巨大なオブジェは、実際には、 部屋の中程の左右にあるのだが、その大きさゆえに目の前に迫ってくる。 コンクリート造りの切妻型の屋根の形のまま吹き抜けているこの建物は、 そのスピーカーシステムのために建てたのかとも、思えるほど、部屋とスピーカーが馴染んでいた。

その高い天井から間隔をおいて下げられている三つのアンティークガラスのランプは、奥から銀杏を 模したデザインの金具を持ったアールヌーボーのもの、真ん中はアールデコの様式の同じ作家の クリスタルガラスのもの、一番手前は、やはり、アールヌーボーの有名な作家のもの、と言う具合で、 好きな人が見れば、それが普通に使われ、白熱光が、美しいガラスを通し、光を放っているのを見ただけでも、 来た価値があるというものだ。

これは、Sさんに紹介されて、Aさんのお宅を訪問したときのことだ。ぼくと同じように大きなスピーカーを、 真空管アンプを作って鳴らしている友人がいるから紹介していただけるというので、 喜んでその好意に甘えたのだが、まさか、ウエスタンエレクトリックの15Aホーンを使っているとは!!

いくら好きでも、そして、見たいと思っても、まずお目にかかれぬスピーカー。
見るだけでなく、その音を聴けるとは!全く予期せぬ幸運。


15Aホーンにつけるドライバーとなると、やはりWE555をおいて他には考えられない。この日はあえて、 型番は尋ねなかった。聞く余裕がなかったのかもしれない。


「右のホーンは25才の時に手に入れたの だけど、左が大変だった。日本で見つからないので、しかたなくアメリカから取り寄せたんだ。 見て買えないから、 とりあえず買ってしまうわけ。着いて見たら、4ピース位にバラバラだったりして・・・ 結局このホーンを見つけるまでに、都合、4つ買ったんだよ。」

という説明を傍で聞いていると、 大変だったというよりも、楽しそうな口調に聞こえてしまう。

ツイーターも写真で見たことのあるWEのもの。そのホーンの後方の高い位置に、やはりWEのものという セクトラルホーンが、こちらを覗いている。 よく見ると、そのホーンが乗っかっているのは、縦横2mを超える米松合板でできた平面バッフル。

後ろにまわると、補強桟がまるで文庫本の棚の様に細かく取り付けられていて、聞くと、これは自作で、 46cm励磁型のウーファーが取り付けられていた。どれもステレオペアで揃えられているので、相当な迫力だ。

そのウーファーの電源部という金属箱のなかには、電球の様に強烈な光を放つ真空管があり、 パンチングメタルのカバーの模様を、平面バッフルに浮かび上がらせていた。そして、 これらを駆動するアンプは、アルティックの業務用真空管式2台で、モスグリーンのフロントパネルが 美しい物である。

こうして話していると、洗練された美しい部屋を想像するかもしれないが、実は、 気をつけて歩かないと、何かを蹴飛ばしそうな状態である。しかし、そこに雑然と置かれた物達は、それぞれ、 好きな人が見れば、天井のランプと同様に、とても価値のあるものである。そしてそれらの主は、まだ 40代の、よく日に焼けた、一言でいうと、“味のある男”だ。

「あぁ、この日焼け?土方焼けさ。今、 大工さんと一緒に、家に茶室を作ってるんだ。」

「・・・」


様々なことに深い知識と洞察力を垣間見せるAさんは、ギリシャのパルテノン神殿と 法隆寺の柱の関係を、普通に言われるさらに先のことまで 語ってしまう。

「あの神殿の石の柱の元の姿は、実は法隆寺の柱そのものなんだよ。」

「?」

「石の柱になるさらに前は木の柱だったのさ。だから、あちらの建築家は法隆寺を見ると、自分たちの 文化の原形が見られると大喜びさ。ヨーロッパの家も元々は木で築かれていたんだよ。ところがね・・・」

話はどんどん進む。 ローマ時代の石畳の寸法と現代の石畳の寸法の違いをぼくは、偶然、工事中の場所で見る事ができたのだが、 Aさんは詳しくは話せない理由で知っていた。

この人の仕事は、大工でも建築士でもない。


彫刻、絵画、建築とひとしきり会話した後、おもむろにレコードをレコードプレイヤーの リンのLPー12に乗せ、針を落としてくれた。部屋に入った時から、すでにさりげなく 全ての電源は入っていた。

チェンバロが等身大で鳴り出す。金属弦を引っかく音はまさに そのように、木製共鳴胴の鳴る音はそのようにと、音の質感がリアルにそのまま感じられる。 この音の響きは、今までに聞いた事がない。

「ウーム。」WEを好む人の気持ちがわかる。

「ナツメロだよ。」と言って“パフ”のライブ盤をかけてくれる。

ふっとスピーカーの向こう側に まで、空間が広がる。拍手の音がまたいい。アルティックやJBLが出来るはるか昔、今から半世紀以上も前に 出来たスピーカーが、現代の物以上の可能性を見せて鳴っている。主の努力とセンスがそうさせている のだが、それは不思議な光景でもある。

人によっては名品。人によっては只の古い物。 古いと言われる物でも、それを持つ人の気持ちによっては、実際に、 最新のものを凌駕する。しかし、このサイズの物を持つには、困難が付きまとう。 “現代の技術は物を小さくする事だけに注がれているのかも。”と余計なことまで考えてしまう。

「世の中の大半を占めるサラリーマンの人がいう趣味は、単なる息抜きの意味だけど。 本当の趣味の意味は・・・」

「!」それは、ぼくも思っている事だった。

外に出るとすでに、初秋の夕暮れになっていた。
http://homepage2.nifty.com/001/aword120.htm


08. 2012年8月13日 10:54:19 : HNPlrBDYLM


■WE-sound-喫茶SPHINX

今、当社、藤井ビルの1階に入居して、ウエスタンの555レシーバーと22aホーンで音楽を鳴らしているカフェです。

陣笠、リリーホーンも、蓄音機も、鳴ってます。ウエスタンの大御所が、一緒になって、音を作ってます。

!。但し、毎週 金曜日、土曜日、日曜日の3日間、12時〜19時までです。!
〒321−0935 栃木県宇都宮市城東2−1−12 藤井ビル1F

※駐車場はありません

ryotearoom@ybb.ne.jp (ランチはメールにて予約)

http://fujiii.org/cafe_zeis/indexcafe.htm
http://ja-jp.facebook.com/pages/Vintage-sound-cafe-SPHINX/236640006380026
http://sky.geocities.jp/cafesphinx/SPHINX/Welcome.html
http://ameblo.jp/sphinx555/entrylist.html


地図
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&lr=lang_ja&um=1&ie=UTF-8&q=%E6%A0%83%E6%9C%A8%E7%9C%8C%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%B8%82%E5%9F%8E%E6%9D%B1%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%91%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%92+%E8%97%A4%E4%BA%95%E3%83%93%E3%83%AB&fb=1&gl=jp&hq=%E6%A0%83%E6%9C%A8%E7%9C%8C%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%B8%82%E5%9F%8E%E6%9D%B1%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%91%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%92+%E8%97%A4%E4%BA%95%E3%83%93%E3%83%AB&cid=0,0,12084517820107948604&sa=X&ei=Vl0oUPeDFKHsmAXCkoH4Aw&ved=0CH8Q_BIwBw


ヴィンテージサウンドカフェ スフィンクス

友人のカフェに行ってきました〜 

1920年代のヴィンテージオーディオ機器から流れる
心地よい音楽を聴きながら友人こだわりのお茶とお菓子を頂きます。

普段忙しい私にはとても癒される空間です〜

定期的に、某有名菓子店からお取り寄せをして堪能するお茶会が
開催されています〜お菓子美味しいです。
次回は予約制のランチに行く予定です〜

優雅な大人の時間を満喫したい方
とってもおすすめのカフェです。
http://pub.ne.jp/kanedamokko/?entry_id=3889873

2012口コミ調査隊-1×金〜日のカフェ-1 Cafe SPHINX(宇都宮市)
2012年01月23日 00時00分00秒


駐車場は無いそうです。
てくてく歩いていきまして、
あ、ここかな。

Vintage sound cafe SPHINXさん。

「管球王国」という雑誌にご紹介されたそうで(そういう雑誌があるんだー)
ヴィンテージ機器のオーディオで音楽を楽しむんだそうです。
昭和アニソン全集とか昭和コミックソング全集とか聴いている私でもいいんだろうか。

中は、「オトナ〜」な空間でした。

とりあえずは注文しようかなー。
えーと、ランチタイムではあったのですが、ランチは予約制だそうです。
夕飯外食予定なので、軽くいくかー。

珈琲…
紅茶…
ハーブティー…
その他モロモロ…

うーん、やっぱり何か食べたいなー
スコーンかカップケーキ…
選べない。

あ、これがいいや。
ドリンクとスコーンとカップケーキがついてジャスト千円のフリアンディーズセット。

キター。

本日は、チョコのスコーン&フルーツカップケーキでございました。
一見、重いのかなと思いましたが、意外にあっさりさっくりと食べられました。

それでは珈琲で
ボーっとしつつヴィンテージサウンドなるのものに身をゆだねましょう。



視線の先の中庭にある灯籠というか石碑というか神棚というか
あれはなぜあそこにあるのであろう…
謎だ。
http://ameblo.jp/utsunomiya1000yen/entry-11142083386.html


Gallery WE13a [WESTERN ELECTRIC]

以上の展示の,WE13Aギャラリ−,及び,ギャラリ-・スフィンクス,です

喫茶の方は金土日の12時〜19時迄!555の音聞いて!.

(日中は,TEL028-637-1111, 夜は, we13ahn@fujiii.org)

USAの1930年代以後のWestern Electricの劇場用音響装置の紹介をしています.
http://fujiii.org/index.htm

Vintage audio restoration
OM laboratory

〒321−0966 栃木県宇都宮市今泉1−3−10
青木 英男

E-mail warungwayan@ybb.ne.jp


OMラボラトリーでは、ウエスタンエレクトリック等のヴィンテージ機器の修復とヴィンテージパーツを使用したオリジナル機器を制作しています
http://www.facebook.com/pages/OM-Laboratory/265550180183171
http://sky.geocities.jp/cafesphinx/SPHINX/Welcome.html
http://sky.geocities.jp/cafesphinx/SPHINX/OM_Labo.html


青木 英男
ハードウェア・エンジニア

東洋大学工学部電気科電子コース卒。81年OMラボラトリーを設立、電子機器設計製作に従事。84年より中近東文化センターや早稲田大学古代エジプト調査室による遺跡調査のための機材開発に参加。95年宇都宮市大谷地区地下廃抗観測装置の企画設計製作。その他無人自動操縦ヘリコプター等の特殊機器・機材の開発に取り組む。
http://www.media-arts.ac.jp/hp1/college/instructor/


09. 2012年8月13日 11:28:46 : HNPlrBDYLM

ウェスタンエレクトリック社のシアター音響が聴ける WE13a

 WE13aギャラリー(株式会社 藤井)さんでは、シアターなどでよく使われている、昔ながらの スピーカーシステムやパワーアンプなど、ウェスタンエレクトリック社の名機が沢山あります。

 ギャラリー内は70坪の広さとのことですが、その広さを感じさせないのは、設置されている システム類がとても大きいためなのかと思いましたが、実はそればかりではないと感じました。

 それでは私が感じたものは何でしょう?

巨大な空間の中に、一般家庭のリスニングルームでは決して体験できない、 繊細な中にもスケール感あふれる、不思議(魅力的)な音響空間であったからだと思います。
http://www.alphait.co.jp/2001/0110/011010-1.html

Gallery WE13a


栃木県宇都宮市城東2−1−12 藤井ビル3F 内

JR宇都宮駅東口より、徒歩12分/タクシー3分

営業日 常時 但し 土,日,祭日は予約必要! 

営業時間 9時〜17時00

WE13a & 貸gallery SPHYNX へお問合せは we13ahn@fujiii.org


地図
http://fujiii.org/chizu3.htm


● 2-Ta7396(=7397),Ta7395,
space(2)+4181,24a,594a

● 12a,13a, 16a horn

● 41,42,43.86,87,15b.

● EURODYN (オイロダイン)

● 757,Wurlitzer,Eurodyn

http://fujiii.org/index.htm

WE12A、WE13Aとの出会い

宇都宮の藤井さんには、一方ならぬお世話になっている。
トーシローの「夢」の実現と藤井さんのメカニズム好きが、人格と言う大きな輪の中の何点かが接触して実現したと思う。そんな中での、最大のイベントとしては、WE12AとWE13Aの出会いである。これを除いては語れない。


藤井さん(ギャラリー13Aオーナー)のコレクションを見れば、トーシローの持ち物なんぞ吹けば飛んで無くなっちまう。ただ、HPを開く立場に立てばクラシカルなオーディオをそれぞれの使いこなしや、好きな音楽、調度品、部屋の広さを含めた音楽環境で同じ音楽も千差万別に聞こえるかもしれない。


2年位たつかも知れないが〜「道楽部屋通信」No2〜にこのWE12A、13Aを書かせ頂いた。文中の『F氏』とは、藤井松尾氏その人です。


--何しろ生きてる内に見えることはなかろうと思ってました

--藤井氏に感謝しております・・心から・・
       

古代オーディオ創世記

今を去ること30年前、このトーシローが19歳の折り

「ウエスタン・エレクトリック」に出くわして以来、どーにもこーにも惚れ抜いておりますが、
トーキー幕開け時代のゴールデン・アメリカン・サウンドに「接近遭遇」した場面の昔話を少々。


WE12A+13Aスピーカーの組み合わせ資料を見てから‘何とか実物にさわりたい,ってのが実感でありました。月給取りの懐では、にっちもさっちも行かず、知人のF氏にTELの度に誘惑した。

約3年の歳月が流れたと思う。ある日突然、出社前だったと思うが、連絡が入った。

「WE12A+13Aが、ステレオ・ペアーで入りそーだ」

F氏、再三、米国とコンタクトを取っていたが、12+13とも、モノが無かった。

私が生きている内に、12+13に触れることはなかろーと思っていただけに、自分のものでもないのに、目頭が熱くなった。

(白状すると、「涙がこぼれてやりきれなかった」これは、書けなかった)

その後、聞けるまでに、話のネタには事欠かなかった。天井を抜いて、クレーンをセットしたとか、米国からの入荷の都合がつかなくなったとか、入荷したらしたで、スロート・ジョイント部が問題で、宮大工に泣き付いた等々。

その甲斐あって、「ついに音が出た」との一報が入った。
喜びいさんで行きましたね。

AMPは、WE86+87、PLは、EMT927+TSD15。

横にノイマンのレースがあったんで、これで是非と頼み込んだ。
問題があって、ノイマンでは聞けなかった。F氏に

「オリジナルはWE41+42+43なんで、なんとかこの組み合わせで鳴らしましょう」

と持ちかけた。それから更に1年が過ぎた。

「ステレオでそろった」

と再度連絡が入った。またまた新幹線で宇都宮まで飛んだ。


パブロ盤ズートのネーチャーボーイ。
リプリーズ盤「暖炉の前」のディーン・マーチン、
カザルスのドイツ盤「鳥の歌」などを持ち込んだ。

当初、60年前のシステムなんて・・・と心配していた。しかし、見事に打ちのめされた。

特に「鳥の歌」を掛けたときは、ただひたすら、この古色蒼然としたシステムにコウベを垂れる以外になかった。それほどまでに、私にはグッとくるものがあった。〜



--12A+13A・・・

--ただ感無量でした



--この時のアンプ49+86+87だったと思います


--「暖炉のデーン」と呼んでます
  


--記念写真です

--左:藤井さん 中央:三上先生 右:トーシロー


実はこの時、藤井氏、桜井氏、トーシローの3人で

いいね〜 とか やっぱりね〜と感嘆詞のオンパレードを繰り広げていた。


「鳥の歌」のパートが入ったとたんしゃべれないし、空気が違った。

文字どうりうなだれてただひたすら全身で聞いていた。こんな経験は、N氏の594システム以来だった。トーシローの体験だと、本当にいいものに出会った時は言葉を失う、その‘もの‘からの見えない「ちから」が、人を圧倒する。これが、根本でスゴイ奴は、趣味や時代を超えるキット・・・


クラシックは、本当にド・シロートですがカザルスだけは好きで、特に「鳥の歌」と「トロイメライ」は小品のトーシロー用ベスト。国連の「鳥の歌」が欲しくて探していたが、ビデオで先に入手してしまった。これを、ある喫茶店で発見し、映像に引き込まれていると、買い物かごを小脇に抱えたエプロン姿のおばさんが入って来てコーヒー豆を注文した後、カウンターに肘をついて、丸椅子に腰掛けた。豆を包んでいる間、おばさん映像の方に目が行く、

「あら、やだ・・・あの、おじいさん何・・・何なのこの〜
ジ~ンとする気持ち・・・」

実は、最初FMで聞いて感激して探していたがレコードでは見つからない。ほとんど諦めていたところに出くわした。専門に、ユニオンや廃盤屋で探していた訳ではないが・・・

トーシローLDで手に入れたが、その店では最後の一枚だった。1つ2つ残念なのは、最後の方にアナウンスが入る、演奏の映像がフェード・ダウンして風景等になってしまう。ケチ臭いこと「しゃーがって」とトーシローだけがじだんだ踏んで、負け犬の遠吠えをした。


--英国コロンビア盤

--鳥の歌が入ってます

--LDです

--国連の鳥の歌が収録されてる
http://ameblo.jp/masatakes/entry-10021834360.html


10. 2012年10月11日 14:27:04 : HNPlrBDYLM

Cafe SPHINX

10月から営業日時が変わりました!

■営業日時 

月火水 17:00〜20:00
日   12:00〜19:00 

■お問合せ ryotearoom@ybb.ne.jp

http://sky.geocities.jp/cafesphinx/SPHINX/Cafe_SPHINX.html
 



11. 2013年3月10日 20:40:50 : W18zBTaIM6

スピーカの最高峰 B&W Original Nautilus _ Western Electric 755A 復刻版
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/202.html


12. 2013年3月26日 20:34:35 : W18zBTaIM6

山中湖 ペンション すももの木 _ 91Bタイプの音がWE91Bと全く違う理由
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/425.html



13. 中川隆 2013年3月29日 13:34:52 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

Western Electric のページ
http://www.yasunaga.co.jp/WE/WEhome.html


1) Western Electricについて

映画館、劇場の貸し出し(リース)システム



アルテックはWEの修理部門であった

 アルテックの業務用のアンプ、マイクプリ、スピーカはWEに比べて少し落ちる。


JBLはWEの音がする

 JBLの創始者J.B.ランシング氏はWEにもAltecにも在籍していた。特にWEのネットワークとか劇場スピーカを製造、納品していた。ネットワークはやはりJBLが最高にいい音がする。ようだ。

1954年ウエストレックスになった

 ウエストレックスは販売会社として輸出を主に行っていたと聞いていますが、現在もWestrex 300B、274A、274B 等を製造販売しています。
http://www.yasunaga.co.jp/WE/WesternE.html

_____

2) Western Electric Speaker について


4つのWEタイプのスピーカーシステムを持っています。


@ System A

このシステムはスタジオのモニターとして使用しています。


WE 594 Driver 2" driver 24V field type speaker and it is very nice sound.

WE594のドライバーはWE31Aホーンで800Hz以上で鳴らしています。ネットワークはJBL3110(800Hz,HI16オーム、Low 8オーム)を使用

WE 31Aホーン WE4181 48cm Woofer in Jensen type enclosure 24V field type speaker.

 箱は日本のウェスタンサウンドインク社(東京)がJensenのコピーとして作成した箱。米松合板でできています。

JBL3110 Network(800Hz)

 上のシステムのネットワークはJBL社の3110を使用しています。このネットワークは有名なスタジオモニターの4320に使用されています。ネットワークはAltecより断然JBLがいい。なぜならJBLはWEのOEMをしていた。

JBL LX10(500Hz)


少し使いずらい?
JBL 3110A(800Hz)


今一つのネットワークですね。

24V Tungar power supply バルブ電源 WE288A Tungar Bulb. Trans is made by Hiroshima Trans. This was made by Mr.Izummi live in Hiroshima.

A System B

 WE 25A horn +WE555 driver & WE4151 (35.5cm) field speaker in Altec A7 encloser

風のような低音が飛んでくるスピーカWE4151、最高のスピード感が味わえます。35cmフルレンジですがウハーとしてA7の箱に入れて使用しています。

WE555 driver 7V field


Tweeter Jensen RP302
WE 2F Condencer and JBL Network 500Hz
WE 2F Condencer

7V 電源 for WE555
WE 4151


B System C

 WE4181と同じ形です。

 電圧は250VDCです。


Jensen 48cmフィールドスピーカー system Cはエンクロージャーに入っていません。WEがたくさんあるので現在使用いていません。
WE555 Driver
Maxonic WE2105 type horn


スリットがないタイプです。

C System D
 
RP302


Jensen 12A full range 金網をはってあります。
Jensen 302 Tweeter
network: WE 2F Condenser

http://www.yasunaga.co.jp/WE/WESP.html


______

3) Western Electric Amprifireについて


このページはアメリカWestern Electricのアンプ情報を掲載しています。私が現在使用しているアンプの数々です。

WE20B,WE46C,WE49,EW62,WE118,WE124,WestrxRA1474,RA1479等

WE46Cの詳しい写真があります。
http://www.yasunaga.co.jp/WE/WE46C.html


Inside ofWE46C Power Amp 205D PPpage


This WE46C is so nice sound in Push Pull amprifire.

WE49 (264C X 2 ) Line Amp
49の電源
WE62 (262A X 1) Line Amp


WE118 para pushpull amp

WE124 amp
WE118 amp para push pull ( 6J7x2,6L6x4,274Ax1)

WE124 amp ( WE348Ax2,WE350Bx2,WE274B )
WE124 amp ( WE348Ax2,WE350Bx2,WE274B )

Altec 1569 para pushpull amp. (6CA7x4,5U4Gx2,6CG7x2)


Westrex RA1474 X 2, RA1479 power supply. このプリアンプはAシェルのレコード用に使用しています。マーリック*のLC付き。*現エルタス社の社長が昔作ったトランス。

Westrex RA1474D X 2, RA1479 power supply. これはOrtofonトランス付きのGシェルに使用。前段のトランスはパスして使用。


このリアイコライザーはLCRでまぼろしのマーリック製です。音がいい カートリッジの最高はときかれたら迷わずOrtofon トランス付きのGシェルと答えます。当然古いやつ!

 最高の電源、ただしWE300A,WE274A刻印,WE348AメッシュWE351,WE313CAなどすべてWEの球を使用しないと最高の音は望めません。特にWE300Aの音がきめて! だれかWE300Aを譲ってください。

24V Tungar power supply バルブ電源 WE288A Tungar Bulb. Trans is made by Hiroshima Trans. This was made by Mr.Izummi live in Hiroshima.  WE20B電源、年代違いで2台あります。140Vから300VのB電源が取りだせます。


Western のアンプの最高は?

 Westernのアンプの最高はWE59,60,61,62だと言われています。

WE59に使用されている出力管はWE252Aです。この球は1930年より1978年まで製造、57A,59A,59B,67A アンプに、10A,11A,15A,16A, RTE; D-96566 Navy RTE、309A Police Radio等に使用されました。つい最近TUBE WORLDで数千ドルで売っていましたが、買いそびれてしまいました。残念!ただし1949年当時は252Aは20.00ドル、300Bで6.95ドル、350Bが15.20ドルでした。
http://www.yasunaga.co.jp/WE/WEamp.html


__________


4) Western Electric Tubesについて


WE300AとWE300Bについて

 WEの300Bと300Aは、根本的に音が違います。

274Aナスと刻印の違いがあるように300Aは205Dに通じる音がします。

300Bも刻印はそれなりにいい音がしますが、1988年の最終BELL球も結構いい音がします。ただ1988年のBELL球はすぐゲッターがなくなります。

300Bの広がった音を少ししまるのがVT52刻印です。構造が205Fとか252Aに近く良く似た音がします。適当な値段ですから、300Bシングルに差し換えて使用しています。


WE205Dはどんな音?

 205Dは丸球ですが(テニスボールぐらいの大きさなのでテニスボールとも表記される)、1924年から1942年までしか作られていません。トップマーク、刻印で205Dと表記されています。ヒータは4.5Vです。

現在入手が困難ですが、もし手に入れられたらシングルアンプとして使ってみたらどうでしょう。すばらしい直熱の音がします。 Sylvania 1276 (military use )が代用品として使えるので使ったことがありますが、まーひどかったです。

205Fも300Bも205Dと比べてやはりだいぶ音が違います。205Eはヒータは同じく4.5vですがB電源は130Vなので耐圧が低いのできれてしまうかもしれませんが、同じく46アンプに使用しています。205Fは1942年から1979年まで生産されています。ST管なので音はこじんまりとしてしまいます。(小川さん--管球王国9号自作記事参照--からメールがきまして205Eの規格は205Dと同等とのことです。99.11.20)

 8C,9A,11A,13C,17B,18B,25B-D,32A,34A-B,35A,42A,45A,46C,46D,51A,60A, 70A,79A,D-85808,D-92080のパワーアンプに使用されました。

後TRANSMITTERS,  Oscillators、Audiphones、Radio Telephones、Control Cabinets等のたくさんのアンプに使用されました。

中国製205D

 WEの205Dのコピーが中国で最近生産されています。明るい音だそうですが、聞いたことがないのでわかりません。
http://www.yasunaga.co.jp/WE/WEtube.html


____________


5) WE 91 type & 86 type selfmaking Amp について


私がはじめて作ったアンプがWE91タイプでした。製作は龍田先生が監修。


球について

 前段の球はWE348Aです。もちろんWE348Aは刻印メッシュです。 WE300Bシングルアンプで91タイプのアンプです。整流管はWE274Aです。

写真はWE274Aのかわりに280の刻印を使用。300BのかわりにWE VT-52刻印を使用。

VT-52はヒータが7Vですが問題ありません。 
300B刻印よりVT-52刻印のほうが音が好きです。
WE205D丸球もソケットが合えばそのままさせます。UXソケットにそのまま205Dをさしてショートさせて焼き切ったことがあります。



カップリングCは...

 カップリングコンデンサーはもちろんWEです。配線材もほとんどWEを使用しています。


トランスについて

 アウトプットトランスはウエスタンサウンドインク社製の171Aです。
最初タムラのトランスを使用しましたがサウンドインク社製の171Aはなかなかいいです。実はマグネクエスト社製のシングル用のトランスも購入して実験しましたが、とてもいいのでした。チョークはAltecの10H-75mAです。電源トランスはタムラです。


 300Bシングルアンプをもう1台作ろうと部品は揃っていますが、実は上の91タイプもなにやこれやで100万近くかかっていますので時間とお金をかけてもWE46とかWE41.42.43 の音までは辿り着かないので現在パワーアンプの自作は止まっています。

WE86タイプもやはり球と差し換えた部品も含めると100万はこえてしまい大変です。自作は完成のない遠き道を行くがごとく大変です。自作をしてはじめてオリジナルの劇場用アンプの偉大さに驚かされます。


 EL34のパラプッシュの安価なアンプの開発を龍田君と始めましたが、いつの間にか300Bプシュプルの最豪華なアンプとなってしまいました。インターステージの為にWE49Cプリを2台つぶし、118のアウトプットトランスを探してあげくに300B刻印を買い求めてしまったアンプです。音質はいいのですがナロウなので今一つ。


 WE86タイプのアンプです。
InputトランスはTRIAD B6299 、前段はWE262Bを2段、WE49のインターステージWE246AでWE300B刻印をふっています。整流管はWE274B刻印を使用。
OUTPUTトランスはWE118のWE173Dです。
http://www.yasunaga.co.jp/WE/original91.html


14. 中川隆 2013年3月29日 13:43:27 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

Western Electricのトランスの話:WE618A

Western Electric(WE)社は、1878年イライシャ・グレイによって創設されました。このグレイは、電話機の発明でグラハム・ベルに1876年2月14日、たった2時間差で敗れた人物で、後にWEはアメリカン・ベル電話会社の製造部門として活躍。1897年にAT&T(American Telephone and Telegraph)に吸収合併されます。

AT&Tは当時は米国最高の頭脳集団と言われ、AT&TあるいはWE関連の特許や素晴らしい製品開発は数多く、

1912年プッシュプル増幅回路、
1924年の電気録音方式、
1927年NFB回路理論、
1927年トーキー映画システム、
1927年の555レシーバー、
1928年世界初のステレオレコーディング、
1931年テープレコーダー試作、
1932年300A,
1934年86型300Aプッシュプルパワーアンプ、
1936年594Aコンプレッションドライバー、
1937年91型300Bシングルアンプ、
1951年接合型トランジスター開発、
1957年45回転ステレオディスクの開発


など、オーディオの原点とも言うべき様々な基本開発研究を行っています。

さて、この618Aトランスですが、元々はWE No.117-A typeのプリアンプなどで使用されていた入力トランスで、30〜15,000Hzと、当時としてはかなりの広帯域を誇り、A typeは入力側のインピーダンスが30 or 250、出力側が50k、一般的に出回っている、B typeが出力側のインピーダンスがその半分です。
従ってAtypeの方がゲインが取れるのでMC用昇圧トランスとしては使いやすいかと思われます。

WE No.92-B typeのパワー段の入力トランスの特性が、50〜7,000Hzだそうで、これは当時のトキー・フォト・セルが100〜6,000Hzだったことを考慮しての、帯域特性だと思われますが、それから考えても、30〜15,000Hzがいかに広帯域だったかが、しのばれます。

あのWE No.86Bでさえ、トータルの周波数特性が40〜15,000Hzだったりしますので、当時としては十分な帯域特性だったのでしょう。

WEは元々、電話中継器をなど、通信関連を手がけていたため、いかに聴きやすい声を提供するかに重点が置かれ、当時の技術では、たとえばUTCなど、その気になれば50kHzクラスの周波数特性のトランスを作れたそうですが、WEはトランス設計の段階に於いて、「帯域制限」の考えがあったと当時の技術に詳しい小山内氏はおっしゃっております。

インピーダンスに関しては、、SPUなどのロー・インピーダンスのカートリッジでも、受けるトランスのインピーダンスがこのくらいなら、あまり問題にならないのではないかと思います。

ちなみに618BはWE No.120-A typeや129-A typeミキシングアンプなど、様々な機器に使われて< います。

6L6をパラプッシュにして、35〜15,000Hzの当時としては広帯域を誇る劇場用アンプWE No.118-A type Power Amp.が出たのが1939年ですから、このトランスは約60年前に現役だったと思われます。

真空管回路技術&トランスのお話

1929年という年は、真空管アンプの回路技術に関しても優れたものが発表されています。
ロフティン・ホワイト直結増幅器というもので、電圧増幅段と電力増幅段をトランスやC・Rなどのカップリング・デヴァイスを使わずに直結としたことにより、音質がトランスやC・Rの呪縛から解き放たれ、コストも抑えられると言うことで、人気を呼びました。

しかし、電子部品の精度と信頼性がイマイチだった当時のこと、アマチュアにはもてはやされましたがプロ用には1926年頃からR・C結合アンプがイギリスのアマチュアに端を発し、ようやく普及してきた段階で、WE No.59ですべてトランス結合だったのが、No.86で段間トランスが一つ減ってR・C結合になった程度でした。

トランスを使用すると低域において時定数を1段、高域においては2段、つまり低域に於いては位相が90度、高域に於いては位相が180度偏移します。R・C結合では、低域の時定数が1段、位相が 90度ズレてしまいます。

そう言う意味では、トランスよりもR・C結合の方が、出来ればカップリング・デヴァイスなど無い方が良いわけなのですが、ところがどっこい、実際に音を聴いてみると、帯域の狭い筈のウエスタンのトランスの奏でる音の、何と伸びやかで聴きやすく落ち着いていることか。

電話の中継トランスとして作られた111Cに至っては、これをライントランスとして使った方が高域も素直に伸びやかで、低域には芯があり、かえって帯域が広く感じられるほどです。本来ならノイズをカットし電話の会話を聴きやすくするために帯域を制限しているトランスの筈なのですが……。

英国フェランティー社、米国WEにUTCそしてピュアレス社、フランスはピーバル社にドイツのテレフンケン……。

「真空管アンプってのはね、トランスに一番お金をかけなきゃ駄目だよ。マッキントッシュやマランツの音が良いのは、あれはトランスに金がかかっているからだよ」

とおっしゃった大先達の言葉が、今更のように思い出されます。

現代でも音が良いアンプ、EAR861やC.R.ディベロップメンツ、そして国産のウエスギ・アンプにおいても、トランスが十分吟味され、その性能を発揮されているからこそ、あれだけの音が出てくるのだと思います。

また、1937年にはWEとAT&Tが共同設立したベル研究所のH.S.ブラックによるNFB理論がWEの91Aには使われていること、

そのNFBを20dBほど使って超低域から超高域までフラットな周波数特性と、低歪率を誇ったウイリアムソン・アンプが1947年にイギリスの「ワイヤレス・ワールド」誌に発表されています。
http://k-d.jpn.com/audio/audionote.html

北九州市の菅野製作所(株)の会長で居られた故菅野省三氏が、自分の音楽の趣味のため資材、私財を投入し、昭和30年台に、当時としては珍しい電子顕微鏡!!までをを購入し、米国WE ウエスタンエレクトリック(株) の真空管アンプ類を分解し、音の秘密がコア材のパーマロイにあることを発見されます。

石にも目があるように、金属にも目があります。金属結晶の分子列配合です。石の目にそって鏨(タガネ)を入れると、僅かな力で石は目に沿って割れます。TVなどでも石切場で見られたことと思います。昔の方はどのようにして金属の目を見つけるのか?

それは光線の縞に答えがあります。同じパーマロイ厚板から切断しても、組み方が違えば同じ音にはなりません。
そんなことはない!!と言われる方も多いですが、事実、組み手が変われば音は変わります。それは長い熟練と経験と音楽に対する造指の上に完成します。
http://www.auduo-1.com/casa_007.html


WEのトランスのデータです。
http://blogs.yahoo.co.jp/fareastern_electric/62006702.html


1937年ということでWEの映画システムのトランスがほとんど載っています。

特に91アンプは入力トランスの285Aも出力トランスの171Aも、ともに100〜6000Hzの再生帯域なのでその間にどんなに広帯域の高NFBアンプを持ってこようと特性はトランスによって決まってしまいます。

Western Electric Amplifier の周波数帯域

WE86 : 40〜10000 Hz
WE91 : 50〜 8000 Hz

なにせ入力トランスも出力トランスも100〜6000 Hz ですから。
http://n-nobo.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/1-eeb8.html

Western Electric WE-91B のレプリカ・アンプ


@ P&C Electronics WE91AMP レプリカキット
http://www.pandcamp.com/wepartamp/we91kit.htm
http://www.pandcamp.com/ampkit/ampkit.htm


A Sunvalley LM91A
http://www.youtube.com/watch?v=TXGrsg1NC4I
http://multi845.exblog.jp/16213149
http://multi845.exblog.jp/16440436/
http://score1204.exblog.jp/17723612
http://score1204.exblog.jp/18068006

このうち、Sunvalley LM91A はサンバレーと中国 Line Magnetic社とのコラボ作品:

仏山市の製造メーカー「Line Magnetic社」
http://www.geocities.jp/iios9402/page049.html

アンティーク・アンプのイミテーション製品で有名な(悪名高い?)サンバレーは唯の商社で Sunvalley 製品はすべて外注です。


15. 中川隆 2013年3月29日 13:59:56 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

サンバレーの WE-86B のレプリカ・アンプ SV-86B は大評判でしたね:


サンバレー SV-86Bです。これはひところサンバレーのフラグシップ機だったのですが今はカタログから消えています。

何故このアンプかと言うと、WEのアンプを使っている人間は最後はWE-86を目指します。しかしこの86の状態の良いものなんて買える金額では有りません(外車が買えます)

そこでそれに準ずるものとして存在は知っていたのですがこれも中々手の出る金額では無かったのですが今回は見つけて思い切って(次にいつ出会うかわかりませんから)。

それにこれは私のあくまで独断ですが、理由もあるのです。

WEのオリジナルアンプは出力トランスの高域特性は延びていません。特に私の使っていた124は放送局仕様ですから電波に乗る帯域は確実に保証しますがその帯域を保証するための設計になっています。

もちろんWEのオリジナルアンプの音は他の追随を許さない唯一無二の存在だということは承知しています。ただどうしても10K以上延びていないアンプですと限界があります。10Kから上がストンと落ちるわけでは有りませんが・・・・・・・

今回の物には初段(310B)とドライブ段(311B)にはWE球が付いています。

274はエレハモ製、300Bはサンバレーマーク品のナス管が新品で付いていました。かなり力強い音が出るらしい(笑)

さて音出しのテストをしてみたのですが、テスト用のフルレンジから驚くような音が!!!!!!!

これは!!と思いメインのWE555+22A・597・テクニクスに繋ぎました。
http://blogs.yahoo.co.jp/izumikta/24020429.html

ベームのモーツァルトは名演です。ここまでの名演は装置がどうでもよく聞こえてしまいます。でもこのアンプは濃くて熱い音が出ますね〜

本物の86と同じ傾向の図太くて濃い音ですね。124は耳障りの良い音でしたがアンプの流れが違いますね。

交流点火でトランスドライブの300Bプッシュでなければ出ない音だとキット屋店主の大橋さんが自慢していました。


コメント

非常に熱い音がするアンプ
多分同シリーズの91Bもそうですね。
熱い音がするアンプはとても貴重な存在ですので
末永くメインにしてほしいですね♪
私の91Bも一生モノです♪
2012/10/10(水) 午後 7:14


確かにSEED様のお好みなら絶対91Bだと思います。
オリジナルのWE(300B系)でも91と86は傾向が違うのです。

もちろんステレオタイプの91の方が新しい分フラットに延びた傾向に有ります。
トランスドライブのPPモノラルである86は力強さ(実はこれが吉と出るか凶と出るか微妙)が身上ですね。

私の知っているWEマニアの中でも

フルレンジ+ツィータの方は91派で
大型ホーンの方は86派が多いのですよ。

私も音の傾向から行くと91の方が好みなのですがやはり大型ホーンを駆動するとなると86の力強さが必要になってしまうのですね。
2012/10/10(水) 午後 7:38


そうでしょうね シングルアンプを聴いてプッシュプルを聞くとやはり純度的にはシングルに軍配をあげざるを得ないですね

しかし、全体のイメージで力を必要とするスピーカーとなるとプュシュの力が必要になると思います。実は自宅でもそのような経験をしました。

そのときに思ったのはやはり自分はシングルの音が好きでそれにあわせたスピーカーをチョイスするのがいいと思いました。
アンプから先に選ぶなんてセオリーに反していますよね

やはり通常でしたらスピーカーありきなので力を発揮すると思いますね
聴きたいですね♪
2012/10/10(水) 午後 8:37
http://blogs.yahoo.co.jp/izumikta/24020757.html

降臨!SV-86B!

待ちに待ったSV-86Bが降臨しました! 素晴らしいサウンド! 
いつか由布院で聴いたオリジナル86Bと全く同じ音がしています。
まさにウエスタン・サウンドです。

出力管はPrime Tube 300B Ver.2ですが、初段はWE310A(スモールパンチ)。
整流管はWE274Aを奢りました。

いつかWE300Bを手に入れるのを楽しみにしていたいと思いますが、この構成でもう十分と言う美音が出ています。限りなく透明感を感じつつ、味にコクがある、このアンプ以外には考えられない音です。


Commented by soundbox at 2011-06-25 08:44
遂に来ましたね、SV-86B!
思い通りの音を奏でて呉れている様で、何よりです。
いや、でも凄いなぁ、300B PPのモノアンプ、、、
整流管は274Bで無く、274Aですか。5U4Gはそのままだと使えないのかなぁ?


Commented by score1204 at 2011-06-25 13:11
274Aは4本足、274Bは5本足でピン配列が違うみたいですね。
電気的特性はほぼ同じだそうですが・・・
よって5U4G等はそのままでは使えないですね。
4本足の同等管としては5Z3というのがあるようですが、私は1本も手持ちがありません。そんなに高い球でもないようですので、バックアップ用に何本か仕入れておこうと思っています。

弦楽器の弓が弦の上を滑っていくのが判るような生々しい音です。これは凄いですよ!
http://score1204.exblog.jp/16178874/


美しいものは良いですよね。素晴らしいと思います。

だけど、美し過ぎるものは良くありません。正気を失わされます。

今回導入したSV-86Bの音はまさに「正気を失わせる美音」だと思います。

正直言ってこの世のものとは思えません。

真空管アンプの世界にはまだこんなに美しいものがあるんだ、と感動を新たにしました。ほんとに奥深い世界です。

SV-86Bの内部です。トランスドライブということもあって部品点数は少ないですね。あまり回路等は詳しくないのですが、球の素性やトランスの質が問われる回路ではないでしょうか?

いつもならある程度聞き込んだ段階でカップリングをJENSENに交換してみよう、なんて考えるのですが、今回だけは触らないでおこうと思います。それほどまでに目の前で鳴っているSV-86Bの音に惚れ込んでおります。

ラックに押し込む際に、足を真鍮&ステンインシュレーターに変更しました。付属の足と比べると明らかに音の解像度が増すのが判ります。この手のインシュレータはプリアンプやDACに大きな効果を齎しますが、パワーアンプにも効果があります。ただ、変化の度合いとしてはプリやDACほど大きなものではありません。興味のある方は是非お試し下さい。


SV-86Bの300Bは交流点火。ですがハムは皆無です。

とても馥郁とした美しい音です。甘いところもなければ辛いところもない。

極めて高度なレベルでバランスが取れている音だと思います。音楽をありのまま美しく聞かせてくれます。

私はウエスタンの音をそれほど知っているわけではありません。ですがその数少ない経験からでも、ウエスタンの美質は自分なりに理解しているつもりです。そのような浅薄な経験しかありませんが、

このSV-86Bの類稀な美音はまさにウエスタンの音だと言う事は判ります。

この世界にこれ以上の美音を発するアンプがあるのだろうか?

真面目にそう思わせられるほど他のアンプとは隔絶した世界の音のように思われます。

私の環境ではSV-86Bを鳴らすとスーパーツィータが必要なくなります。空間がひと回り以上大きくなったように感じますし、プッシュプルならではの響きの良さが余計にスーパーツィータの必要性を減じさせているようです。

全体の音調としては、引き締まった低域、艶のある高域、ふくよかな中域、と如何にもウエスタン的美質を備えた音ですが、全体を丸く聴かせながらも細部には繊細感が宿っている、というようなビンテージ的な音に現代の解像度が同居しているところが素晴らしいと思います。また、弦楽器の音が極めて美しく、リアリティに富んだ音が出ているように思えます。

多分、これからもまだまだアンプ道楽は続くと思いますが、恐らくこの先これ以上の音に出会うことはないでしょう。そう思わせられるほど美しく、説得力のある音だと思います。SV-86B、最高です!

Commented by soundbox at 2011-06-26 20:45
いや、大層な気に入り様。心から御喜び申し上げます。
でもシンプルな内部配線ですね。此が美音の鍵なのではないでしょうか。


Commented by score1204 at 2011-06-26 23:16
SV-86B はオールドタンノイとすこぶる相性が良いような気がしています。
特にオートグラフの箱を上手く鳴らしてくれているような感じがします。
オケの全ての楽器がフォルティッシモで鳴るところなど、ガッチリと音を底支えしてくれており、とても安心して聴いていられます。
大橋さんがこのアンプを第二試聴室の相棒に使っている理由も良く判りますね。
http://score1204.exblog.jp/16182873/


サンバレーの SV-86B と LM91A はオリジナルと同じ交流点火方式にしたのが成功の理由の様ですね:


300Bの交流点火

外装をステンレスパネルに合うように黒色塗装を施したSV−91Bアンプ

300Bの本当の音

 名出力管の王様と云えば皆さんもご存じの鳴く子も黙るWE−300Bになります。刻印タイプのWE−300B、オールド管のプリントタイプ、最近まで生産されていたWE−300Bその他に中国製やロシア製、日本製の300Bが沢山あります。

 巷で云われている300Bアンプはフィラメントへの供給は直流点火がほとんどで交流点火の300Bは一部を除いてありません。また再生産のWE−300B、中国製、ロシア製の300Bは音が悪いとケチを付ける真空管マニアの方が沢山いますがその様なマニアは直流点火でしか聴いた事の無い音を判断して評価しているのではないだろうか、

 オールウェスタンを愛用しているスーパーマニアで小松市にお住まいの中氏に言わせると本来の300Bは交流点火で動作するのが本物の音と力説していますが、この件に関しては私も同感ですが残念ながら交流点火の音を一度も聴いた事がありませんから正直わかりません。

 大橋氏の店主日記にヒーターの交流音と直流音の違いの日記が載っていた記憶がある。直流点火は音痩せするが交流点火の場合はゾリゾリ感のある音になるらしい、またハムノイズを嫌ってバッテリー電源でフィラメントを供給すると確かに残留雑音は低下しますが痩せ細った音になるらしい、またすべての300Bアンプを交流点火に変更すれば良いとは云えない、

 雑誌の記事で発表している先生方、俺こそは自作アンプの師匠とか達人と豪語しているマニアでも残留雑音の多さに悩まされるのを避けて直流点火の300Bアンプで製作されるのがほとんどだ、

 その昔、故浅野勇氏が設計された75−76−300B−274B、伊藤喜多雄先生が発表された6SH7−6SH7−300B−274Bはすべてオール交流点火のアンプです。

 かの有名なウェスタンの91Bアンプも交流点火である。確かに300Bアンプを安易に交流点火にすれば膨大なハムに悩まされるのは間違いないと思うが製作の基本を守ってきちんとセオリー通りに組み立てればそれなりに上手くいくのではないだろうか、

 私の聴いた300Bはすべて直流点火になりますから交流点火の300Bは聴いたことがありません。一度自分で組立ながら交流点火の音と直流点火の音の比較をこの耳で確かめてみたい好奇心がある。


 

交流点火の残留雑音

 300Bをプッシュプルにして交流点火で行うとハムの打ち消しで残留雑音は少なくなりますがシングルの場合は打ち消しがありませんから一つ間違えるととんでもないハム音に悩まされます。

 また直流点火方式は上手く作れば残留雑音は0.5mmV以下に抑えることは可能だが交流点火の場合は下手をすると10mmV以上の膨大なハムに悩まされ音楽を聴くどころの騒ぎではなくなるから自作アンプマニアはハムに悩まされるのを嫌がって簡単な直流点火で逃げてしまう、

またこのWE−300Bに限ってと思うがこの球はフィラメントノイズの多い球であるのがわかったのとフィラメント電圧が5Vであるがため難しさが先に来る。回路図も読めない、修理や回路変更、改造も出来ないマニアには絶対無理であるから簡単に交流点火方式に改造することは望ましくない。


交流点火と直流点火の音の違い

 まずはテスト的に交流点火と直流点火のフィラメントの切り換えは配線を少し変えるだけで分かるように全段交流点火と全段直流点火にした、全段直流点火の音ですが、まったく問題なくいつも聴くWE−300Bらしい音色で中域の厚みと抜けと味わい深い音で油の乗りきった素晴らしいサウンドだ、ナタリーコールの歌声は色気満点で心地よいサウンドでさすがアナログレコードらしく心に響く、

 デジタルCDはマイスキーのチェロの胴鳴りが大変心地よく聴かせてくれる。もうこれ以上は望まないと云えるぐらい良い、自分で納得しながら電源を落としてすぐに配線を変更して再度投入、投入後はブーンとハムが聞こえ始めたが時間の経過と共に無くなっていく、15分後に早速マイスキーの無伴奏チェロをトレーに入れて音出し開始である。不安と期待でこの時ほど緊張した事はなかった、

 チェロが鳴り始めると先程の音とは別な音質と音色を持っているのがわかる。今迄聴いてきたチェロの響きや音色が違うのが一目瞭然で何とも云えない心地よくゾリゾリ感にふくよかさと奥行き感を伴ってしかも不思議と先程の直流点火と違って暖かい響きが特徴だ、

ナタリーコールは濡れ色的な甘い囁きのある声で男心を燻ぶるのには参った、
これがWE−300Bの音なのか
今迄聴いてきた音とは違う、

直流点火のWE−300Bを交流点火にすると別の300Bに聞こえて来る。WE−300Bの音は交流音と直流音の2種類の系統を持ち合わせている新しい発見でもあった、

 直流点火でも不満はないがマニアの間で評価されているWE−300Bや他の300Bの音は直流点火の音を聴いて良い悪いと評価しているが交流点火の音は言葉では言い表せないもっと奥が深い音に変わるがこれこそ本当の300Bの音なのかも知れない。
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-026.html



16. 中川隆 2013年3月29日 14:31:47 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

最近の300Bシングルアンプは殆んど


・直流点火方式
・NFBなし
・安物の出力トランスを使っている
・ステレオ仕様にしている


ですが、これでは WE-91B の この世の物とも思えぬ幽玄な音色は出ないのですね:



160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 19:16:38.59 ID:q1EL38/8

サンバレー SV-91B は、WEに見合う価値のあるアンプですか?


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/14(金) 05:07:44.38 ID:xWKduPs1

それまで、300Bには高級OPTを組合すのがセオリーだったが、WE91Bの原点に立ち返り、ちんけなOPTでも一般には十分ということを証明した最初の300Bアンプだったな。

その後、OPTをけちって価格を下げた300Bアンブが乱立した。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1218645947/

143 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/11/01 08:44:33  

91B型をステレオで作っちゃいけないよ。
91B型はモノアンプじゃなくっちゃね。

第一、ステレオ分の電流負わせたら274Bが可哀相。

274Bの最大整流電流は入力コンデンサ4uFで150mA、
入力コンデンサを増やすと140mA

ステレオ構成の300B 2本と310A 4本分だと、ギリギリだよ。
本来の91型モノラル構成なら大いに余裕があるよ。
http://desktop2ch.info/pav/1287185199/


5 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/09/29 21:56 ID:???

復刻版で91Bタイプ(ただしNO NFB)を作ったけど、低rp の割には低音ボケボケ。
高域も310Aの電極間容量のために18kHzぐらいまでしか伸びず透明感なし。

せっかくの300Bが半ばお蔵入り状態。
2A3 や 211シングルのほうがよっぽどいい。


7 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/09/29 22:22 ID:???
>5
とりあえずNFB掛けたら?
それと91B「タイプ」ではだめ。
完全に91Bの回路で。


8 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/09/29 23:03 ID:???
>>6 >>7
NFBは5dBほど掛けたことはあります。
低音のしまりはそこそこになるのですが、高域の透明感は出ません。
いっそのこと310Aを6SL7あたりのSRPPにしようかなと思っています。
91B回路の完全コピーだとハイゲインすぎて使いづらくなりますよね。

9 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/10/01 16:58 ID:???
>>8
減衰器入れたら?


11 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/10/01 19:48 ID:???

 とりあえず結論から言うと...

 3 0 0 B に N F B は 必 須 。

 馬鹿の一つ覚えみたいな雑誌の製作(政策)記事にはだまされませぬよう、呉々も御注意のほどを。

 NFB=害悪と書くというのは、非常に記事を書くのが楽になるのでね。
 悪者を一人立てて、それを叩くというのは、時の権力者が良く使う方法である。

 それとこの回路、浅野先生の回路だね。
 回路図見ているけど、出力トランスをNFループに入れているのがちょっとな...

13 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/10/01 20:51 ID:???
>>11
300Bのプレートから帰還した方がいい?


14 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/10/02 00:03 ID:???
>>13
 そうしたほうが賢明かと。
 ただ、出力トランスには、良質なるものを採用したほうが良いと思われ。
 その音がまるっきり出るので。

 NF量はお好みで、5dB以上適当に。
 あとは各段のデカップリングを厳重に。
 完成後は測定を怠らず、ピークが出たりしたら、きちんと潰すことですな。


15 ギルビーsage02/10/05 22:12 ID:???

近所の2店のうち、1店はNFBを適度にかけたアンプ、
もう1店はNFBをかけると時間情報がメチャクチャになるからとNO NFBのアンプ。

前者はスッキリしたハイスピードで水彩画風、
後者はコッテリした油絵風。


16 名無しさん@お腹いっぱい。sage02/10/06 18:15 ID:???
>>15

ハイスピード/水彩画はWEの本来の音に近そうな感じ。
−−−−−−−−−−−
↑はNFB後のWEサウンドの基本だからのぅ...

時間情報?なんなんでしょうかねぇ...


17 ギルビーsage02/10/06 23:31 ID:???
>>16
WEかぶれなのはNON−NFBの油絵風アンプを造っている店です。

時間情報と言うのは言い換えると(3次元的な?)音場感のことらしい。
歪み低減の為に信号を戻すことで時間情報が狂い、でたらめな音になる
と主張しています。

21 名無しさん@お腹いっぱい。002/10/08 22:02 ID:???
>>17
分かっております。
WEサウンドはNFB技術なしでは作れません。
http://hifi.denpark.net/1033302255.html


WE91Bが普通のアンプになってしまった!!

入力を618Bのトランス結線をするにあたって幾つか実験を試みてみました。

自作をされる方々や、真空管の先輩方に前から言われていたことですが


310の二段増幅ではゲインが高すぎる!

二段増幅は必要がない!

310一本の一段増幅にすれば音がピュアになる

あんなに深くNFBが掛かっていて音が良いわけがない、

NFBは音が死ぬ

Etc


私も言われた時はもっともなご意見だと思った

一度試して見たかったがなかなか機会が無かったので

トランス入力を試すにあたって、ついでなので

初段を外してNFBのかからない状態で310一本の一段増幅で音出しをしてみた、

が、


う〜ん音は良い、すばらしい〜

本当に音がピュアになった


なるほど

でもつまらない!


スピーカーに音がへばりついている

レンジは広くなったように感じるがエネルギー感はない

音色もきれいだが、ウエスタン特有のコクが無いし全然楽しい音がしない、
これではただの音の良いシングルアンプ


ジャンルを変えて一応数曲聞いてみるが結論は同じ


世間一般の音の良い300Bシングルアンプである


なるほど

同じWE300Bを使ったシングルアンプでもこんなに音作りが違うんだ

これではいろいろな店や記事で見る一般的な91型のアンプがあのような評価なのはうなずける

ほかにも入力を試したが、結論は

310を2本使った二段増幅でNFBをたっぷりかけないと

あの張りのある前に押し出す音の濃い音色は聴けない

そう、音が濃いのだ


618Bの入力トランスを入れるとそれに輪をかけてコクと張りが出る


貴重な体験をしたもんだ同じアンプで同じ球で同じ部品で回路をちょっと変えただけなのに入力回路をシンプルにして、球を減らして、NFBもかけないでいわゆる、シンプルIsベストの状態にしたのに、ウエスタンの世界では違うんだ


このアンプで聞いていると今まで出会ったアンプとは基本線が違うような気がしてきた


単に技術や発想だけでは語れない

音色ずけ、音作り

このアップは劇場で聴き手が

泣いたり
笑ったり
驚いたり

それを演出するため

音によって聴き手に映像以上に感動を与えるための演出装置としてのアンプ


それがWE91Bなのかもしれない

そんな気がしてきた
http://blog.goo.ne.jp/8417chiharu/e/7a917c08cf2dcbe96220681fbe10f7dc


17. 中川隆 2013年3月29日 23:17:43 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

                    _____________
                    ||                      |
                    ||   ちょっと待て .  .     .|
                    ||         .           |
                    ||    その店は  . |
                    |l -――-               |
                     '"´: : : : : : : : :`丶 ボッタクリ|
                 ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ______|
                  /.::.::./.::.::.::.:j.::.::.:|.:ム;ヘ.::.:ハ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ,'.::.::.::i.::.::.::.:/|.::.:: l/  `|.::./7
                :.::.::.::j:|.:!.:_:/´|_.::_」   くV (|
                   |:ハ_::_ル'´     /⌒丶 j//V|
               |:::::::::i x==ミ     _ 〈/.:|.::|
               |:::::::::i:'"     ´ ゙̄Y}!.::.l.::|
                 八:::::::圦   、' _   "/_ノ.::,'.::j
             /⌒ヽ::::ト{\   _,.ィ__/.::/l:./
               / 丶∧::| 丶 `ニ´ 彡// :厶|∧
            {/  丶ヘ|     ノ / |:/ (こ ハ
                /       }ヽ、 ∧ /  'x┴〈 }_ゝ、
           /         \∨ ∨  /  ニW }  )

上でサンバレー信者に絶賛されている Sunvalley SV-86B ですが、残念ながらオリジナルとはかなり違っている様ですね:

サンバレー(管球式パワーアンプ) SV86B 発売当時価格 \398,000


製品仕様

W40xH21xD26cm 重量21s 

出力:20W
 
入力感度:0.3V
 
負荷インピーダンス:8Ω、16Ω
  
使用真空管:WE310A, WE311B, RCA5Z3, Billington gold 300B×2。

ハムバランス調整及び総合点検調整済み(性能チェック・データ測定表付属)。


英国ビリントン社製300Bのマッチドペア球を2ペア(4本)を当店にて換装。

本機は、ウェスタンエレクトリックがトーキーシステム用のアンプとして1934年に発表したWE300A(B)プッシュプルのパワーアンプ86Bがお手本となっている。

できるだけオリジナル機の性能や音に近づけることを目標に作られた出力20W(最大)のモノーラルパワーアンプ。

単に86Bをコピーするのではなく、現代のオーディオソースに密度高く対応する性能、現在マーケットに出ている全ての300Bアンプの頂点に立つような高いクオリティの獲得を目指して作られている。

従って、トーキーシステム用に開発されたオリジナル機とは異なる点がいくつかある。例えば、

電圧増幅段を一段省いて二段としてあったり、

入力トランスを用いず信号がダイレクトに初段管に入るように設計されている点など。

電圧増幅段の真空管も、オリジナル機の電圧増幅段は3極管のWE262Bだが、本機の電圧増幅段は5極管のWE310AとWE311Bという構成になっている。

一方、WE311Bと300Bプッシュプルのファイナル段の間にインターステージトランスを設けて、300Bを強力にドライブするように設計されていたり、2つのチョークトランスと3つの電解コンデンサーを組み合わせたダブルのπ型平滑フィルターなど、オリジナル機を彷彿させるような手法を採用した部分も少なくない。

尚、86Bの特徴の一つである美しくデリカシーのある音に少しでも近づかせる為、インターステージトランスのコアにパーマロイを使って開発されたもの。 音は、レンジ感が広く、しかも中〜高域にかけて透明で実に美しい。それに分解能が高く、描き出しがとても緻密。

その為、オーケストラでは弱奏から強奏に向かって徐々に音が大きくなっていく、言わば音のグラデーションのようなものが充分に満足できる解像度を伴って鮮明に再現されるし、楽器の細かな動きもクリアーに聴かせる。

ピアノや弦楽器のソロも、ふくよかでしなやかなタッチの中にも適度な切れ込みを保って艶やかに響かせるという好ましい聴かせ方をする。ジャズ、ポップス系では、軽快に弾むピアノ、量感豊かなベース、パンチの効いたドラムスがエネルギッシュに溶け合ってエキサイティングなピアノトリオや、まるで目の前で歌っているかのように生々しいヴォーカルなど、どれを取り立てて言うほどの欠点が見当たらない程素晴らしい出来栄え(「管球王国Vol29」より)。
http://ustation21.jp/ghtm/2262.htm

WE-91B のレプリカも Sunvalley ではなく P&C Electronics の方をお薦めします:


P&C Electronics WE91AMP レプリカキット
http://www.pandcamp.com/wepartamp/we91kit.htm
http://www.pandcamp.com/ampkit/ampkit.htm


18. 中川隆 2013年3月30日 15:45:51 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

キット屋オリジナル-真空管オーディオ
http://www.kit-ya.jp/index.php?cPath=86_87

サンバレーの300Bアンプ

SV−86(WE86Bのイミテーションアンプ)
http://www.youtube.com/watch?v=aFLMFoaC6og


一番気に入った。低域が締まって分解がよい。音も美しく
音色が綺麗。一番お値段がするってのが悲しいけど現実なんでしょう。


SV-91B(WE91Bの最初のイミテーションアンプ)
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_87&products_id=667


これは501より 音が強く 低域もボリュームアップ。
ちょっと膨らむことがあるけれど 力感があるし分離も良い。
音楽的


SV-501SE
http://audio.jakou.com/sunvalley.html


300Bシングルとして 超お得。しなやかで低域や柔らかい
ある程度以下の低域は切れて無さそう。でもシングルアンプらしく
音が前に出て それが歌う。
10万円以下で300Bシングルの美音が味わえる ◎!



SV−63 Ver.2
3年前の時に サンバレーのブースで一番気に入った63の復活版か?
音はとても個性的。中域に明瞭で力強い帯域があって、低域も力と分解能が
あってガッチリ鳴る。SP とリスナーの好みに合えば 抜群。
ダントツに力がある感じ。


VPー3000SE
しなやかだけどちょっと弱いかなぁ。優しい音
http://dentalbeginners.com/wanko/13sinkukan/13sinkukan.htm

LM91A (WE91B の最新のイミテーションアンプ)

受注が終了した幻の300Bs、LM91Aです。
完成品のみ、球なし、税・送料込みで735,000円です(ToT)/~~~

このアンプの大きな特徴は交流点火です。キットにしたらハム乗りまくりで大変なことでしょう。
本家ウエスタンエレクトリックのものを分解してトランスの巻き方まで調べたらしいです。
オリジナルはかなりの高利得ですが、それでは使いにくいので、本家が五結の所を三結にしたり、現代向きの利得(28dB)になっています。
スペック的には20Hz〜13kHzの狭帯域ですが捨てがたい音色です。
http://blogs.yahoo.co.jp/toshiyuki_ui1962/30841482.html

サンバレーについて語ろう

567 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 00:11 ID:TAHMm+13

一度はオリジナルWE91Bを聴いた方が 1回は店(エルタス)で3回ほど個人宅で聴かせてもらった。
浸透力あるボーカルが何とも言えずよかった。
ただ現代の広帯域録音にどうかは???だったが。
個人的には91Bがシングルアンプのひとつの方向性であることは認めるが、最高峰とは絶対に言えない。

568 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 01:25 ID:TAHMm+13

ちなみにWEの41,42,43モデルからは86はすでにコストダウンが始まったモデルとされている。

91は86を使えなかった小さな映画館用にレンタルされたモデルではなかったか?


108 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/17 23:13 ID:91kAvBjt
>>103さん
300Bにこだわられる理由は何でしょうか?
2A3等の他の球を考慮されない理由はなんでしょう?
大編成のアンサンブル中心に聴かれるのであれば、わたしならプッシュを選びますけど、シングルアンプをご選択されるのはどうしてでしょう。

112 名前:103:03/07/18 09:24 ID:???

以前サンバレーのJB300BとSV86Bを聞く機会がありまして、特にSV86Bの音に非常に惹かれましたので、それ以来300Bに興味を持っているのです。
全くの真空管未経験者なので、評判と憧れで300Bに目が行っているだけというのもあります。(^^;

大編成のアンサンブルは殆ど聴かずクラシックは小編成を聞くことが多いです。
でもそれは今使っている1BITが小編成に向いているからという理由もあります。
雑食ですので聞けるものなら大編成も聞きたいと思っています。
あとシングルに目が行く理由は部屋が狭いこともあります。マンションの四畳半の部屋で小型2wayで聞いております。


113 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/21 20:45 ID:TRO8pECJ
>>112
了解しました。実は300B云々を質問させていただいたのは、300Bのある意味おいしいものはオールドの1本、15万円や20万円もしてしまうのです
他方、今度手に入れた2A3の1940年代シルバニア刻印(バネ吊り)なんて1本15.000円という300Bの中国かロシア管と同じような値段で手に入ります。音もチャイナ管などに比べればある意味いい。
300Bを大量に使っている立場で何なんですが、300Bは突き詰めると金食い虫なのと、中音中心のはっきりくっきりが一般的鳴り方なんで、お聞きしました。
是非、オーディオフェアのデモのような大音量ではなく、普段の小音量で、2A3などとも聴き比べてみてください。


158 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/03 17:51 ID:kR2Z3S+3

SV−91Bも登場したぞ

172 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/14 21:58 ID:RQBlmU53

サンバレーは相変わらず美しい音出してましたね。
SV-91Bはなかなか良かったけど、86Bを聞いてしまうとやはり86Bの音のほうが耳に焼き付いてしまう。
で、前二つに比べると細身なんですけどSV-501SEも妙に印象に残る音でしたね。


178 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/15 23:39 ID:gAr7+zjJ

SV86が良かったのには同感。
SV91は個人的には気に入らなかった点が・・これなら501SEの方が


179 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/16 00:25 ID:qv+JPy2g

91Bの個人的に気に入らなかった点てどういう点ですか?
501SEの方がどこがどう良かったの?きちんとレポートしてね


182 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/16 09:01 ID:rhsySjgG
>>179
だって、前の方で聞いた人3名位同じこと言ってたよ。
言い換えれば、501で十分ということでつね
値段も倍以上違うし。
帰還のかけすぎかなあ

183 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/16 09:14 ID:rhsySjgG

86だけは圧倒的によかったね
それと86のみオールWE球なんだよね 
501は中国ころがし球、91は中国選別球


184 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/16 09:29 ID:rhsySjgG

要は、アンプ対決ではなくて、300B球比較すなわち
ちょっと古めの転がし球、最新球選別もの、WE球の比較でもなくてね。
球の素人さんなら仕方ないけど、それらの球自体差し替えるとものすごい違いがあることも知っているでしょ。

198 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/17 22:17 ID:CwUbfbRg

91Bを鳴らすとしたら、ラインアンプはどうしますか??
やっぱりWE???
WEものでオススメありますか?

199 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/17 22:50 ID:mqrkIPoy
>>198
音質云々じゃなくて単にゲインだけで言えば91Bには不要では?


335 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 22:48 ID:v5AhK1LV

310単段の91Bはむか〜し聴いたけど中域重視のボーカルがいい感じだったなあ
特に310 ゲインが高い2段で強く前段部分にNFかけているようだから、310の中域の独特な雰囲気が出ているか 特にインプレキボンヌ

342 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 22:39 ID:x3oiiPJY

市販の91型といってもご承知のように310単段から2段まで、2段は大抵オリジナル91BのようにオールオーバーのNFだからサンバレ方式ははじめて見た。

個人的には広帯域だからWE単線よりも、銀単線の方がどうかと思うけど、オリジナルに拘る方法もアリですね
むか〜し 91型310単段で森進一聞いたら感動した。こんなに歌感情籠もっていたのかって。


買えるぞ。Sも最低限このレベルの部品、球使えばな〜。

384 名前:377:03/12/15 10:39 ID:DHWkbkm+

WEのコピーアンプのことだけど、サンバレーだってWEが3段なのを2段にして出しているのあるんだよね。一概に2段を否定できないはずなんだ。
測定器をつかえば、どう考えたって3段が2段より波形がいいはずがないんだよなぁ。
したがって、世間の2段アンプが単にコストダウンのために2段化しているんじゃないはずなんだよ。
それにプリアンプを入れると次定数は増える一方。
そこに管球式DACが入る。正直な話し、
「出てきた音は良いかも知れない。いやきっと良いだろう。しかし元の波形からほど遠い。」
その差は、ケーブルを変えたことによるものなんてもんじゃない。そうとうなはずだよ。

2段で300Bをドライブするのは難しいのはわかる。
特にフルスイングは結構シビア。
そう言った理由で3段を選択されたことだろう。
しかし、他社を「名ばかりの・・・」はちょっとちがうよな・・・。

やはり、非常に優秀な商売人説が正しいと思う。


474 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 09:36 ID:d9Lh3Us2

せっかく買ったのにアレだけど 球無しにしてもらってオールド300B
と310小パンチを別に買った方がいいと思われ
特にレプリカ再生産300Bはあまり勧めない


476 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 10:01 ID:d9Lh3Us2

ところで91Bは何処製だった?


477 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 10:04 ID:d9Lh3Us2
>>475
91Bの場合終段まで帰還がかかっていないから300Bの違いはよりはっきりとわかると思うよ。作ってからのお楽しみということで。

478 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 14:30 ID:+IYXfEhX

そうそう、とりあえずラージパンチと再生産品である程度きつさがなければいいんじゃない?

まあ再生産品は材質違いから長時間もたないって話と
イントラがベストという話をよく聞く・・・・。
でも本来の91B回路は、高域が出ないから・・・
どの辺でまとめているかが鍵ですね。


479 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 15:00 ID:d9Lh3Us2

その91Bはオリジナルにはない強烈なNFを初段 前段にかけています
それで高域を特性上出していると思っています
これがいいかどうかは聴いていないのでわかりません


484 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 20:16 ID:aaxGZSQh

ところで50年代60年代JAZZなら

たとえばコルトレーンの咆哮とかエルビンジョーンズの熱いドラミングなんかはSV63やSV275 SV2の方が出ると思うんだけど 
どないしてあえて300Bシングルにしたの?

485 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 20:23 ID:oYtlUoD5

ジャズは、プッシュなんて言いますが、
今までの経験上、がっつりしたシングルの音が似合っているようです。
NFBも今は、かけていません。
さっきまで、4DBぐらいかけていましたが、
Non-NFBにして、スピーカにゆとりが出来たようです。

300Bのプッシュとは、86Bかなぁ??
トランスで振るのもいいですよね〜〜。
でも、僕は、300Bのそのものの音を楽しみたいので、あえて91Bを選びました。
最高です。

300Bの音は、育ちの良いお嬢さんなどと言われることがありますが、
前段の振リ方が91Bは、普通のシングルアンプとはまったく異なり、非常に近い音であり、男性的な響きです。
シンバルの臨場感は、涙ものです。
きつめのKT88もパワーありますからね〜。
いいっすよ。C-275あたりですかね??

492 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 21:52 ID:rw1bxLXL

SV91Bいいなあ〜
このトランスですがTAMURAですか?

493 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 22:44 ID:RinzCXT3
>>492
カンノだと思う。


579 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 09:41 ID:TAHMm+13

SV91Bはトランスの形状からしてウェルカム製に見えるけどどう?

494 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/30 23:12 ID:oduNxEIe

安物アウトプットトランス
現在パートリッジトランス探しています。

516 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 14:44 ID:uV/oY1lL

自分で勉強して内部にちょっと明るくなるとサンバレーさんは????????????
が多いんよ・・・・・。
パーツも心引かれるもの少ないし・・・・。
最近やっとジェンセンでしょ。
きっとエイフルさんから引いてるのでしょう・・・・。
コスト面でつかえないパーツが多いんじゃないの?
って気がします。

507 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 02:16 ID:o5/8KwTQ

私もやはり300B単段がよろしいよな気がいたします。
音も聞こえてこないです。

本来のWEの意図は、人間の発声の帯域を明瞭にすることでありそれが

WE300Bの、悪く言えば高域がギスギスした眠い音を相殺する91B型の中域重視の回路(高域のでない回路)だったはず・・・。

また、劇場でプリ無しなのでゲインを稼ぐドライバー段・・・・。
やっぱりサンバレーさんは????????だな。

ちょい高いけど森川さんちのオーディオ専○さんにしようっっと。
こっちは、本物のタムラがついてるもん・・・・・。


566 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/06 00:06 ID:UooWpRoG

自分は、サンバレーに91Bを名乗って欲しくないです。
サンバレーは変なインプレしか読んでいないけどさぁ、
やはり本来の91Bの中域重視の音とは違うみたいだよね。
3段構成でドライブ力があるからって・・・。
所詮91Bタイプの一つのモデルでしょう。
WEサウンドインクの91Bオリジナルとコピーものを聞いてみな・・・。どう考えても中域重視だよ。
だいたい回路からして上が出ないようになっているんだよ。
なぜ、それをワイド化するんだ?
だったら違う結合方法があるでしょ。
サンバレーはGC作れないんだっけ???

657 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/17 17:37 ID:yLDTpDIE

91型なのに15Hz〜43KHz (-3dB, 1W, 8Ω)はおかしい。
回路から言って、オリジナルを尊重すれば15Hz〜15Hz(−3dB)ぐらいになるはずなんだよ。
ここらへんが分からない香具師が多いから
初心者と思われる。

だいたい、大橋氏もそうだよ。
おそらく、300BシングルのWEで有名なのが91型
あとは、3段ということかな?
だから、名前を借りたんでしょうね。
広帯域のアンプなら91型じゃない。
GC結合等が普通だよね。
これ常識なんだけど・・・・。


667 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 00:55 ID:6bdwuLni

91もWE91Bとは違う91型回路を参考にしたひとつの300Bシングルアンプとして善し悪しを語れば良いのではないかな。

ウェスタンエレクトリックが今蘇る・・・

とするからおかしくなる。

668 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 01:37 ID:6bdwuLni

サイトにもWE91Bの現代版とも書いていないし最後に300Bシングルと
書いてあるだけだよ


669 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 02:19 ID:5DhxHibj

SV-275 だってマッキン275 とはまるで違うし、
SV-86B だって WE86B とはまるで違う

けど、どっちも普通に音よかったよ。
あんまり古典的名機のイメージを借りない方がかえっていいんじゃないかな。

670 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 05:43 ID:6bdwuLni
>>669
たしかにサイトには下のようだからどこにも

WE86アンプやマッキン275がよみがえる

とか、その現代版とか、類似の音質などはどこにも書いていないね。

一部のオリジナルの音を知らないユーザーの勝手なイメージかもしんないね。
91くん見ていたらサイトの「ウェスタンエレクトリックが今よみがえる」の
部分は削除した方がいいんじゃないかな。率直に音質がどうか書けばいいのよ。


(SV-86B について)
全ての真空管アンプのオリジンとも云うべき伝説のアンプ「WE86B」をモチーフに、キット屋ならではのオリジナリティを加味した超絶の新製品。
新開発のパーマロイコア採用の超高級トランス群は言うに及ばず、全ての300Bアンプの頂点に立つ数々の特徴を秘めて堂々のデヴューです。


(SV−275 について)
雑誌「無線と実験」の当社広告で発売を予告以来、本機が大反響を呼んで来たのは単に「マッキントッシュMC275」に酷似した外観だけではありません。
EL34、KT66と無条件差し替え可能な自己バイアスULプッシユプル回路、特注OPTによる当社アンプ中で最も広帯域な周波数特性、極端な大出力よりも まろやかな音色と長期安定を求めた高級パーツの選定など本商品に注いだ我々の情熱は尋常ではありません。神々しいまでのたたずまいの美しさに魅了されるばかりでなく、音の良さでも他を寄せ付けないアンプです。


671 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 05:48 ID:6bdwuLni

ただ何とかの頂点に立つとか超絶、音の良さでも他を寄せ付けない、神々しいまでのたたづまいの美しさとかの部分が気に障るのかな?
やっぱ広告だからこの位思い切った表現をしないとアイキャッチしないからかな。

690 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 01:55 ID:Q7rmPHPr

SV91Bは力感があって遠くへ飛ぶ音ですね。
多少映画館で末席まで明瞭に音声を飛ばすことが必要とされたWE91Bの片鱗を感じます。
対局にあるのはアドバンスHC−1その次にエレキット8730、そうしてJB300B、それとほぼイコールで501SEの順に力感が増す感じですかね。この辺は好みかと。
まったり系、やわらか系癒し系を求める方ではSV91Bは好みではないでしょう。

あと付属のスベトラーナ300Bではサ行が多少きつくなりました。WEのオールド球を挿すとその辺が改善されました

757 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 17:29 ID:Qi0d2pSW

エイフルでの故浅野勇氏設計の300Bシングル
http://www.eifl.co.jp/index/main.html

を売るのかな?

これなら出力トランスもマグネクエストだし、部品も悪くないだろうから
いいんじゃないの?
強力な販売力を頼っていろいろなところが売り込みに来るんだろうね。


758 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 19:06 ID:DNfZqw3p
>>757
どうだろうね。個人的に入手したとは確かに考えにくいけど、価格帯やコンセプトがもろに 91B とバッティングするよね。
あと浅野アンプはマニュアルを一から作り直さないとサンバレーでは売れないだろう。

761 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 22:42 ID:XNL6cRcK
>>758
聴いたことあるが、SV91Bとは全然違うよ。回路やパーツはもちろん、オール三極管構成だし、何といってもキーパーツが管球王国でも一押しのマグネクエストだからね。17,8万で売り出すと思うが。
91 310の大量入手がむずかしいんでしょ。


762 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:25 ID:xo/A2mzT
>>761
うん、音がまったく違うだろうことは簡単に予想できる (浅野アンプは聴いたことがないので) けど、20万位の大規模300Bシングルっていう点では商品ライナップとしてバッティングするのではないかと思っただけ。
でも 91B を 310B 入手困難を理由にディスコンにすればいいわけか。
というより 91B の代わりとして考えてるのかな?

763 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 01:58 ID:Neb6adQZ

別にバッティングしてもいいんじゃない?巨人大鵬300Bだからまず予定数は捌けるでしょ。
91Bよりはもしかしたらいいかもよ。各種年代の300Bを見事に鳴らし分けたトランスがいいんだろうね。マグネクエスト(ピアレス系)だからね。
いよいよ有名トランスなどの高級パーツ路線へだな。いいことだと思うな。


764 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 02:03 ID:Neb6adQZ

SV91Bもトランスをマグネクエストあたりにすると相当いいかも。ただ値段は中国球仕様が25マソあたりに跳ね上がるだろう。310がコストアップしているし。
いずれにしても5極管の310を2段通すのと、オール三極管構成では音が違うし、三極管のおいしい音を堪能できるから併売しても両方売れるだろう。球アンプは次から次へと買いたくなるから両方買う椰子がいてもおかしくない。

765 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 02:19 ID:xo/A2mzT
>>763-764
高級路線へシフトしてきてるのは感じるね。
浅野アンプ聴いてみたいなあ。どういう音なの?


766 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 09:40 ID:Neb6adQZ

ふわっとした音、女性ボーカルが特によかった

767 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 10:47 ID:p9mOYz0+

女性ボーカルの声に何とも言えない深みが感じられた

768 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 16:37 ID:p9mOYz0+

それから日記のスペック比較を見ると、もう少し浅野アンプはプレート電圧、電流を上げてあげれば闊達な音になると思うね。このスペックは当時今以上に高価であったとされるWE300Bのロングライフを狙ったのかもしれないし、あるいは音質的な面であえてそうしたのかもしれない。

逆に91Bのスペックは今の300Bアンプとしても上の方のスペックだから球のライフの面では短くはなるのだろうね。中国球、ロシア球ならショートライフでもかまわない
http://hifi.denpark.net/1053626434.html


                    _____________
                    ||                      |
                    ||   ちょっと待て .  .     .|
                    ||         .           |
                    ||     その店は  . |
                    |l -――-               |
                     '"´: : : : : : : : :`丶  ボッタクリ|
                 ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ______|
                  /.::.::./.::.::.::.:j.::.::.:|.:ム;ヘ.::.:ハ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ,'.::.::.::i.::.::.::.:/|.::.:: l/  `|.::./7
                :.::.::.::j:|.:!.:_:/´|_.::_」   くV (|
                   |:ハ_::_ル'´     /⌒丶 j//V|
               |:::::::::i x==ミ     _ 〈/.:|.::|
               |:::::::::i:'"     ´ ゙̄Y}!.::.l.::|
                 八:::::::圦   、' _   "/_ノ.::,'.::j
             /⌒ヽ::::ト{\   _,.ィ__/.::/l:./
               / 丶∧::| 丶 `ニ´ 彡// :厶|∧
            {/  丶ヘ|     ノ / |:/ (こ ハ
                /       }ヽ、 ∧ /  'x┴〈 }_ゝ、
           /         \∨ ∨  /  ニW }  )

【真空管】サンバレーの製品を語るスレ【キット】


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/02(土) 22:30:32.57 ID:xINzPju6

マッキントッシュMC275に回路がそっくりのアンプあるけど・・・

本物のMC275  :歪率0.5%以下/75W時(保証値)
275のそっくりさん:歪率10.0%/55W時(社内試作時の結果)

いや分ってる。そう・・・、特性なんて関係ない。値段だって全然違うんだ。
そんなこと疑問に思うことが間違いなんだ・・・!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/03(日) 12:38:33.51 ID:q3KTU1uR

こういうのってマッキントッシュに許可取ってんの?


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/03(日) 15:22:25.01 ID:HHyZwMUQ
>>23
取ってない。
この他にもそっくりさん商品多数有り。技術情報等も他所から無断引用多数。
コンプライアンス、モラル無視のデタラメ業者。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/03(日) 16:56:30.56 ID:MZAF2vma

バイファイラー巻きはマッキンに許可取らなくてもよかったと思うよ。
たしか特許の有効期限はとっくに過ぎてる。
模倣するのはいい。取り入れる事は悪いことではない。
本物のスポーツカーを買えない人が、模型を買って愛でるということはある。
おもちゃ相手に熱くなっても仕方ないさ。それはそれで趣味の世界。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/03(日) 19:00:52.62 ID:BH7cVKl/

技術が全く無くて中華に丸投げなのに、本家に勝るかのような誇大表現なセールス手法。
中身は当然本家と同じ訳もない粗悪品。
外観と型番をそっくりにし、本家を連想させ期待をさせる詐欺的誇大表現で、また煽るような売り方を数々行ってきた悪質な業者。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/16(土) 11:48:51.06 ID:fGLzX+1N

なんかお薦めのキットとか無いの? ここ


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/16(土) 16:33:43.78 ID:Jd5476xF
>>242
そりゃもう、SV-4でしょ。

格好なんかQUADが現行発売しているレプリカよりずっとオリジナルに似ているんだから。
名機 QUAD II 型パワーアンプのオマージュですよ。オマージュであって、パクリではありません。

SV-4 (KT66プッシュプル・パワーアンプ)
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_87&products_id=698


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/16(土) 18:41:50.58 ID:XWxuwfGw

外見は良さそうですが肝心の回路、部品、トランス等は如何でしょうか?


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/16(土) 18:49:47.83 ID:Jd5476xF

そりゃあ、あくまでオマージュですので。外見にコストを割いております。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/17(日) 14:01:14.07 ID:uom2tz9s

SV-4サイコーだね。本家QUADを凌ぐかもしれない実に綺麗な作りだ。
ところで音はどんなん?
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1351600851/

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/04(月) 05:03:36.65 ID:pHCC/xcK

英国本家QUADUの本物     :歪率0.3%/12W(保証値)
産婆霊のQUADUのソックリさん :歪率 10%/15W
ラジオ技術QUADUレプリカ(非買):歪率0.3%/20W(実測値)

言論の自由は結構ですからね。でもね、特性と音は関係ありませんよ。
批判するなら聞いてからにしてくださいよ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/04(月) 19:44:41.87 ID:/YxQeBLi

一応商売でやってる営利企業なら
他の会社の製品のレプリカなんてやるべきじゃないな
こっそりやる分にはまだいいけど、
「○○社のコピーです」なんて堂々と主張していいわけないだろ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/04(月) 23:34:27.28 ID:pHCC/xcK

コピーじゃないよ、オマージュだよ
と言うか、コピーなんてできないよ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/05(火) 14:02:12.04 ID:J1mYBGuz

マッキン275の技術を本当にマネ出来るもんならしてみろ!ってんだ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/05(火) 21:16:08.33 ID:fKFxz6X6

そりゃ真似出来るならこんなマイナーメーカーのままのわけないだろw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/05(火) 22:42:06.17 ID:ciPjSPhR

サンバレーはメーカーじゃないから丸投げされている下請けの技術力の問題だな。
しかしコピー品がオリジナルを超えることは無いわけで。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/05(火) 22:48:00.47 ID:nnt1Z0uK

MC275のトリファイラ巻き出力トランスを、産婆がお願いして作ってくれるところなんかないんじゃない?
ここ参照→ http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/SOMEYA/6L6CSPP_SOMEYA.htm


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/15(金) 22:12:55.59 ID:njIR9kD+

歪みが大きいだけに思えるけどね
まともなメーカーの製品の後に聞くと明らかに歪みっぽい感じがする
真空管アンプだからでは済まされないくらいに

    

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/24(土) 12:55:02.43 ID:X9a9leS8

ここのなんか安っぽいもんなぁ
目先だけで勝負してる感じ
トライオードとかも


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/22(土) 11:42:14.53 ID:wyuXuETG

安っぽいのは概観だけじゃない
音色も安っぽいw

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/02(土) 15:37:30.15 ID:PGA8BhXs

20万以下の製品だけど、他社同価格帯と比較試聴すると、サンバレーはトランスが弱い。特に電源トランス。
サンバレー10万程度の製品より他社3万のほうが、低音の伸びと押し出しで勝っているものすらある。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1351600851/

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/22(土) 11:45:33.54 ID:0P451kxC

どこの馬の骨ともわからないトランスを使ってるのを隠すためのトランスカバーですし


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/22(土) 12:13:48.06 ID:LCn87BsX
>>72
ウエルカム仕様のSELじゃなかったかな>馬の骨

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/02(土) 16:23:46.89 ID:6SwyMSfl

ウェルカム仕様の〜て何ですか? 東栄以下ですか?


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/03(日) 16:34:40.57 ID:gi7BNQ6/

タンゴ≧ソフトン>>>タムラ>>東栄>>>春日=橋本>ウェルカム>野糞


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/03(日) 16:36:25.62 ID:gi7BNQ6/

サンバレーのは低インピ基準で巻いてあるからウェルカムや粕日よりはマシ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/04(月) 00:05:34.21 ID:rDdHbSPI
ええ〜
タムラ>橋本>タンゴ>以下はゴミ、使う価値無し
だろう。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/04(月) 09:19:42.74 ID:mVH84vm+

メーカーで序列はつけられんだろ。

昔は、ラックス≒タムラ>サンスイ>>>タンゴじゃった。でも今は違う。

タムラでも、アモルファスの高価なやつはとても良いと思うが、昔からあるF-三桁のやつは、タンゴの新しい設計のXEシリーズよりはだいぶ劣る。評価はグレードや機種によって変わる。

橋本は微妙。タンゴよりも押し出しの利いた音になるが、NFはタンゴの方がかけやすい(超
高域特性がタンゴの方が良い)。全体的にタンゴより割高だと思うね。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/04(月) 09:34:50.37 ID:ywq90MFo

音楽の芸術性を聞けるトランスとなると各社の最高級品だと思う、
そうなると検討に値するのはタムラと橋本とタンゴだけ。
それ以外は音楽の芸術性の再現には適さないゴミなんじゃないか。
サンバのアンプでは橋本を用いた物のみ検討の価値がある。
専科やサンオーディオもタムラとタンゴが主体だ、
分かっているメーカーはタムラと橋本とタンゴ以外は相手にしない。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/05(火) 00:20:11.48 ID:/ucKjMvK

OPTブランド格付(反論不可)

S ラックス、サンスイ、タンゴ
S´ソフトン
A タムラ、SEL、エレキット
B 東栄、イチカワ
C ハシモト(笑)、粕日・ウェルカム・サンバレー(SEL)
Z 野糞


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/05(火) 01:13:50.65 ID:thIfwrph

ハモンドも知らない男の人って…


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/05(火) 06:34:51.77 ID:qDE2Hbrv

UTC、RAPHAELITE、HATオーディオラボのトランスは?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/05(火) 08:35:55.42 ID:9dcbQl1c

やっぱ最高位はカナダのプライトロンだろう。
特性抜群、音最高。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/05(火) 08:37:19.86 ID:qDE2Hbrv
ここはどうよ?

エイトリックトランスフォーマー 
http://www.eightrictrans.jp/


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/05(火) 13:28:49.11 ID:/ucKjMvK

OPTブランド格付(反論不可)

S ラックス、サンスイ、プライトロン
S´ソフトン、タンゴ、パードリッジ
A タムラ、SEL、REX、エレキット、ISO(劣化タンゴ)
B 東栄、イチカワ、RAPHAELITE
C UTC、WE、マグネクエスト、ハモンド、ハシモト(笑)、粕日・ウェルカム・サンバレー(SEL)、HATオーディオラボ、エイトリック
Z 野糞

よく考えたらタンゴのケースはソフトン以下だ


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/28(木) 00:29:36.12 ID:zMPQWHbW

オープン当初はリーズナブルで良い感じだったのに
すっかり成金目当ての趣味の悪い店になってしまった
野糞トランスみたい


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/28(木) 02:06:50.24 ID:wxRl/rfX

安いもん買った客に、
もっとカネ出せばこんないいのが・・・
と買い増し&陳腐化政策で定番を作らなかったツケが今というわけ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/28(木) 02:30:13.45 ID:Bu2sBrgH

最初は習作だったのかもしれないが、その後なんの勉強も技術開発もせず、外観だけ似せた全く志の無いガラクタを、オマージュだなんだと口先だけはさぞ素晴らしいものであるかのような大ボラを吹きまくって客を騙して売りつける

たかが10年そこらのぽっと出の営業マンくんだりがオーディオのオーソリティであるかのような傲慢、尊大な上から目線の鼻持ちならないヤツに増長していく様を見て、こういう人間になったらおわりだなとつくづく思う


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/28(木) 10:11:08.12 ID:gKJBRjML

シナ系と手を組むと数を買わされ捌けなければ在庫の山となる。
利用するつもりが利用されてしまったのか。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/28(木) 10:26:13.88 ID:R/5j2beU

サンバレーの製品は、下位機種は確実に音が悪い。ノイズと、低音のダンピングだ。
アマチュアの試作品のようなスピーカーでモニターしてるようでは、決して良いアンプは作れないだろう。
物によったらケースに触れば誘導電流でビリビリ来るのもある。そういった基本すらままならない状態なのに、それを改良する意志もない。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。::2013/03/28(木) 12:41:13.16 ID:LqpgYzNX

何やかや言ってもサンバはアンプの商社でしょ???

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/29(金) 22:41:09.65 ID:L+bOEhFq

未だにメーカー扱いしてる無知が居るんだ?
設計から製造販売まで丸投げの商社なのに(笑
技術開発って(笑笑

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/30(土) 00:35:14.24 ID:h+O2YxjV

実態は中華に丸投げのパチモン商社なのに、大恥はそれでは恰好がつかないから
くだらないミエを張ってモノづくりだの設計だの開発だのまるでメーカーであるかのような戯言を言ってるんだよな


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/30(土) 05:48:54.88 ID:g2rWSez0

その通りだね。
彼の場合は「ニセモノづくり。」

トヨタのように関連企業の頂点に立とうとトヨタごっこをしようとしたが
技術も魂もなく、LMにヘコヘコしてる姿が想像できる。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/30(土) 07:00:50.99 ID:sHfZmQXr

ここの部品悪いからすぐに壊れるorz


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/30(土) 10:26:32.76 ID:WiKHM09Y

中華だろうが商社だろうが関係ない
普通の人は出来て来たもので評価するだけ


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/30(土) 10:35:45.41 ID:fj7ZvRm2

普通の人は粗悪なパクリパチモンは買わない

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/30(土) 11:43:30.79 ID:R9bShoWw

パクリパチもんの中華製で音が悪くても買うか?
日記で強引に祭り上げて「一番」と言い続けていた。
その事実がコンプライアンスで日記差し止めになって約1年がたった今に現れいるのさ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1334442103/


【迷走】サンバレー天守スレ3【独裁】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 21:40:51.20 ID:8IkHkMiF

もはや死に体である、真空管アンプキット販売国内最大手のサンバレー「天守」について皆さん語り合いましょう。
サンバレー(ザ・キット屋)の店主日記(オワコン)やイベントについての感想、経営手法などについて、賛否両論、自由に語り合うスレです。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 18:51:54.14 ID:L+0v+51y

ネット上で裾野を広げて、利ザヤの少ない安価なキットを売るよりも、ネットワークビジネスで、金満家や小金持ちの団塊に売り込み、利ザヤガッポリの高額キットを何台も買ってもらったほうが、経営効率が良いという判断により、貧乏人切り捨て商法に転向。

顧客みんなが「数台買ったのでもう要りません」という状況が、閉店セールを呼び込む。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 21:09:34.66 ID:uaLTC0W/

上得意様は高級スポーツカーと素敵なお家と素晴しいオーデイオの持ち主だな
昨年の震災救援物資確保処分バザーでタップリ買い込んでいたな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/07(金) 12:05:02.94 ID:SOFI5Atq

今更物量投入してない300Bシングルじゃなあ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 14:42:22.17 ID:G4/KezUO

知恵袋でなにかといえばサンバレーばかり推してるやつってなんなの


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 15:44:29.87 ID:OgZqHhHS

天守じゃねぇの?w


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 16:50:43.99 ID:oVXMCZLH

質問してるやつも天守の身内だったりして

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 17:50:27.73 ID:YYjxvnu7

クマとか言うやつだったらキット屋倶楽部の信者だろ

気儘なクマの気儘日記
http://multi845.exblog.jp/i2/


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 21:01:22.27 ID:AfoKsAfR

一桁万円のキットを減らし、かたやトランスは質の悪い安物に換え、
二十〜三十万円のボッタクリ・キットを増やし、
SPでもWE信者が釣れるWEパチモン商法で利ザヤがっぽり、
マトモなキット愛好者がどんどん離れてく・・・


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 19:33:30.15 ID:XBg7vBHQ

年末商戦真っ最中というのに、日記も閉鎖、媒体への露出も無しのここはお通夜状態だね
今期末で事業解散もありえそうな雰囲気

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/11(火) 08:19:01.06 ID:PRnmHHpl
>>媒体への露出も無し

知恵袋が金かからなくていいみたいw


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/21(金) 14:17:55.86 ID:W8MQcc/0

技術もオリジナリティも無いのに上から目線で傲慢、尊大な態度だから誰からも協力してもらえなくなったんだね


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/13(木) 18:07:27.03 ID:9S7fUwcn

LM755A in WEランドセル[パクリカ] (ペア)
年内若干数間に合います! と煽っても 全然売れないね
何日もこの表示のまま
去年の今頃はまさかこんなことになるなんて考えてなかったんだろうな

LM 755A in WEランドセル (WE755Aのイミテーション・スピーカー)
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=2_27&products_id=723
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?products_id=720


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 09:22:56.17 ID:Qp1SAn/9

そうですね。ランドセルに限らず、この店のものはどれも形だけのノスタルジーで売ってる物ですから、一巡したら終わりです。これで音も良ければ売れ続けるんだろうけど。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 08:37:11.41 ID:TzpDA6+I

入り口から出口までみんな揃えようと、開発が曖昧でスピーカーまでは明らかな失敗。 たった3人であれだけの機種を開発できるはずなく、放り投げて出来たものに、適当に褒めあげて売る方法がわかり始めたのだろう。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 19:33:02.33 ID:xtfkMhYE

口先だけのインチキ詐欺フェストの民主党が惨敗して下野したように、
パチモンだらけのゴミ製品を口先だけのペテン詐欺的インチキトークで売りつけようなんてデタラメ商売が長く続く訳ないよな
復活するとすれば、どちらも民度次第だなw


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 02:04:27.85 ID:7h9G6Gyx

N響ネズミ男、戸塚ヨットバイオリン弾きくらいしか相手にしなくなったね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/06(日) 08:00:04.33 ID:ZTFBYduN

中国91アンプの写真を使いながら解説なし。自信ないのだろうな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/07(月) 14:21:42.73 ID:uLPLW2lM

えっ、知らないの中華91アンプ(LM91)は在庫完売で大量の受注残かかえていて、
これ以上注文取れん状態なんだよ。断るのに苦労してるみたいだよ。


Sunvalley LM91A
http://www.youtube.com/watch?v=TXGrsg1NC4I
http://multi845.exblog.jp/16213149
http://multi845.exblog.jp/16440436/
http://score1204.exblog.jp/17723612
http://score1204.exblog.jp/18068006

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/07(月) 16:25:38.76 ID:QlguG9kh

必死に限定商法↑

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/08(火) 13:30:29.30 ID:+fnG24Hp

高価格品の少量販売に切り替えたんだろうから、会社役員、医者、弁護士とかがメインの客なんだろう。
もうリーマンは相手にしないんじゃないの。キットもいつまで続けるんだか。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/08(火) 14:07:24.43 ID:iBcTUlcM

注文があっても商品がないんじゃ利益にならない。
LM91 と同じもの他でも売ってるし。


P&C Electronics WE91AMP レプリカキット
http://www.pandcamp.com/wepartamp/we91kit.htm
http://www.pandcamp.com/ampkit/ampkit.htm

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/08(火) 18:36:52.06 ID:CpPnikwf

こんな部品まで中国製のWE91コピーもん使って恥ずかしくないのかな。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/30(水) 17:14:49.52 ID:HoWfq/vs

展示会の概要見たけど、相変わらずのインチキ商売だなぁ
デモ機材は中華に丸投げの外観だけそっくりのゴミガラクタだし
またペテン詐欺トークでお布施を搾り取る気かね
日記中止の意味を全く反省せず、コンプライアンスなんて関係無いという姿勢が改めてハッキリしたな


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/21(木) 15:10:27.01 ID:PiAyh+ib


東京試聴会、まともなスピーカーを持って行く気はないようだな。
アンプの基本性能を知るのにいちばんわかりやすいところは、低音の駆動力を見ることなのだが、
今回の試聴会には低音の出るスピーカーは一台もないので、こりゃアンプ屋さんのデモとしては、あまりにご都合主義と言うか、逃げと言うか、、、
よくこんな試聴会に行く人がいるもんだ。あほくさ〜。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/21(木) 15:23:38.62 ID:QwPenXXp

なんちゃってウェスタン・スピーカーと
なんちゃってクオード・アンプと
なんちゃってマッキントッシュ・アンプを
厚顔無恥の売り込むためのパッチモン試聴会。


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/25(月) 11:58:54.78 ID:jtbs25S3

オートグラフを物欲しげに外観だけ真似して、中身はホーンをよう作らんからバスレフ、その安直さは中華以下だな。
その程度のスピーカーを鳴らすのにちょうど良いアンプということか。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/25(月) 13:28:14.26 ID:gOp0n2ox

もともと見た目だけそっくりにしたパクリパチモンアンプだらけ
まともなスピーカーで鳴らしたらボロが出る
ゆえに口先だけ魅力的なペテン詐欺的トークというふりかけをたっぷりかけて騙して売るしかないのだ
モラルやコンプライアンスなど糞喰らえですな


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/08(金) 19:03:20.27 ID:AQ2YOTL5

今じゃ中華と価格勝負するしかないサンバ
付加価値をどこでも生めない展開をしてきたツケだな

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/19(火) 18:07:20.21 ID:Gb07kbam

Yaqin、Choraleのような中華格安真空管アンプが出回るようになって、安い価格帯のキットは太刀打ちできなくなった。

高額なものも過去の名機をパクるだけで、独自の技術で良い物を開発する力がないので、技術的に優れた老舗のキットメーカーや完成品メーカーに勝てない。

今まではそれを日記やセールストークでごまかしてきたが、今となっては完全にメッキが剥がれたという感じ。
売れていた時に買ってくれた客の中に、ものすごいアンチな人が多々生まれているのでなおさら始末が悪い。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/09(土) 10:28:07.16 ID:IV88cQgB

近所のオーディオショップでここのSV-63の中古が売ってるんですけど、どんなもんでしょうか

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/09(土) 13:01:48.13 ID:JUK6DQXY

あのアンプで6C33C-Bが次々に3個も逝ってしまった人が、サンバレーに疑問を投げたら、サンバレー側が不貞腐れて

いい加減なものを売った覚えはない、そんなに不満なら返金するから返品しろ、

と啖呵を切って、他の客がその対応はまずいだろ、と大騒ぎになった、いわくがある。 サンバレーに啖呵を切られるのが好きな人にお勧めしたいアンプだ。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/11(月) 00:08:51.33 ID:ZKjq0Zau
>>216
そのブログ見たいな。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/11(月) 18:42:10.39 ID:Vl0iz1ml
これか?
http://eedjp1941.blog.shinobi.jp/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/%E7%B5%90%E6%9E%9C#comment


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 02:14:55.12 ID:QftpyqCw

6C33C-Bが次々に3個も逝ってしまった人 
店主に言ったらFUSEのアンペアどんどん上げたのを送ってきて、とうとう出力トランスから煙が出てそうなったそう。

火事にならなくてよかったね。


217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 03:50:40.59 ID:QftpyqCw

サンバレー パッパッと外注にコスト無理して作らせて十分な点検の時間もかけずに売るからそういうアンプが出てくる。


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 19:56:47.53 ID:gSUUjP9m
>>217
設計してたのがアドバンスの前社長で
不具合出まくり始めた頃にちょうどお迎えが来ちゃって
大恥以下サンバの能力では改善考え付かなかったというオチ

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/11(月) 02:29:09.67 ID:rTlH2uhX

SV-501もハムバランサーから固定バイアス調整可変抵抗に無印カーボン。
そろそろガリが出て問題が発生しまくりではないか。 修理で儲けかな。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/11(月) 05:56:31.89 ID:rTlH2uhX

ジュビリーシリーズのハムバランサーも無印カーボンだったか。
入力VOLもそろそろガリ出まくりだろ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/11(月) 23:55:39.75 ID:kSpz6GKs

ガリが出ない巻き線Volもけちるからそうなる。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/09(土) 16:27:11.12 ID:a8IeHvHx

調子のよい口先だけのきれいごとの詐欺ペテンまがいトークで売りつけるのはうまいが、クレームや異見に対しては耳をふさぎ、おこちゃまのような対応
もともと見た目だけそっくりの志の低いいかがわしいパクリパチモンだから品質など望むべくもない
こりゃ、以前にやってた会社が潰れたのも当然だな

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/20(水) 06:58:31.77 ID:q6DkvzqZ

私の場合はキットに問題のある部分があったので(マニュアル指定電圧の50%オーバー)メールでやり取りしたが、有薗氏にその程度は問題ないと言われたが、粘って、何とか真空管を交換してもらった。

交換後は症状は正常の数値に治まった。
この件があってからキット屋の対応のいい加減さを実感したので2度と購入する気が失せた。

問題発生前の対応は恐ろしく親切だったので、余計にそれを感じた。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/20(水) 11:56:34.27 ID:B44ImsI/

釣った魚に餌はやらない主義かw


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/20(水) 12:24:04.06 ID:V9lz7x/8

ここは売るときだけ揉み手でやってきて、正当な文句や注文、意見、異見、質問をすると態度が豹変するからな
元々商売がデタラメな上、対応できる技術力や技術背景が無いからな
何も疑わず、文句も言わず、黙って買ってくれる信者しか受け入れないカルトみたいなもの

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 10:06:37.91 ID:7hCIJoGH

著名なオーディオ名機の外見だけ似せたパッチモンを作り
プレミアがついたその名機の市場価格の3割引きでパッチモンを売りぬけるインチキ商法だな。
他人依存のにわかづくりでは、音質が伴うはずもない。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 11:17:28.19 ID:tBCqerq9

上から目線で中国製造業者を舐めてかかていたら、技術のなさと契約内容と違う要求ばっかりであっという間に捨てられた天主 w


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 15:31:50.28 ID:iu7lKi+F

これだけいかがわしいパチモン品を口先だけで売ってしまうのは、ブラック企業の営業マンの鏡

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 20:25:04.05 ID:DuUO0edy

大恥は技術も能力も無いくせに、俺はオーディオや音楽はみんなわかってるんだなどという謙虚さのかけらも無い、芸術家気どりの傲慢尊大厚顔無恥な振る舞いをしているからみんなから嫌われる

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/23(土) 09:06:53.39 ID:ixSWenF2

良い評判を聞いたことが無いレベル
やっすい完成品欲しいなら普通にトライオードあたりの安モノ買えば?
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1351600851/


きちんとしたオリジナルそのままのレプリカを作っていたら誰からも批判されないんですけどね。


19. 中川隆 2013年3月30日 16:24:51 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

サンバレーのWE755A復刻版


キット屋オリジナル-スピーカー
http://www.kit-ya.jp/index.php?cPath=2_27


LM 755A (ペア)..
8インチ(20cm)フルレンジユニット
価格 99,800円(税・送料込み)

インピーダンス:4オーム
能率:90dB
周波数特性:70Hz〜13kHz
耐入力:music 12W、max 15W
重量:約2.5kg(1台)


【LM755Aについて】
本SPユニットは8インチフルレンジの原点にして永遠の目標でもある「WE755A」(1947年〜)の音を完全復刻することを目的としてLine Magnetic社と当社で共同開発したものであります。

WE755Aをオリジナル通りの永久磁石で復刻することは不可能とされ、励磁回路による類似品は過去にありましたが、オリジナルWE755Aと同じセンターキャップを含む全てが一体成型されたコーン紙とリング形状のアルニコマグネットの永久磁石(素材解析を行いオリジナルと同じコバルト含有率のマグネットを開発)による復刻は今回世界初の快挙となります。この製品の為に20000uF/2600Vの専用着磁機を開発。振動系,磁気系のパラメータを同じにするだけでなく、音色のチューニングにも極めて長い時間を掛けて追い込んで参りました。

"いま最もWEに近い音"をお約束するSPユニットの登場です!
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=2_27&products_id=723


LM 755A in WEランドセル[レプリカ] (ペア)
製品概要 米松8インチ密閉型エンクロージャー+8インチフルレンジSPユニット(SPユニット取付済)
価格 220,500円(税・送料込み)


使用ユニット:LM 755A(tuned by SUNVALLEY)
インピーダンス:4オーム
能率:90dB
周波数特性:70Hz〜13kHz
耐入力:music 12W、max 15W
サイズ:W300×H455×D180〜230 (mm)
重量:約7kg(1台)※ユニット込


【WEランドセルについて】
外観は勿論,素材,製法に至るまで限りなくオリジナルに近い形で復刻されたWE(ウエスタンエレクトリック)KS12046(通称「ランドセル」)のレプリカです。

1)構造、サイズ、重量はすべてオリジナルと同じ(W300×H455×上部奥行き180,下部奥行き230)

 ・ユニット取り付け方法 オリジナルと同じビス止め方式
 (ビス、ナット取り付け済み)


2)限りなくオリジナルに近い材料を採用
 ・フロント板は、 曲げ合板にオリジナルと全く同じウオールナットつき板(厚つき)を両面に接着(合板メーカーへ特注)
 ・内部構造板は、オリジナル通り米松合板を使用し、接合方法まで完全復元。
 ・サイド板もオリジナルと同じカバ合板(広葉樹)を斜めに板取。その合板に、ウオールナットつき板(厚つき)をオリジナルと同じ方向に張り合わせ(斜め貼合板、合板メーカーへの特注品)。
 ・内部固定ビスは、オリジナルと同じマイナスビスを使用(USAより調達)
 ・塗装は、ニトロセルロースラッカーを使用(オリジナル塗装と同一)


3)その他
 ・内部配線はWE綿ケーブルを使用。
 ・サランネットはmiddyと同じイエローベージュに変更


【LM755Aについて】
本SPユニットは8インチフルレンジの原点にして永遠の目標でもある「WE755A」の音を完全復刻することを目的としてLine Magnetic社と当社で共同開発したものであります。

WE755Aをオリジナル通りの永久磁石で復刻することは不可能とされ、励磁回路による類似品は過去にありましたが、オリジナルWE755Aと同じアルニコマグネットの永久磁石による復刻は今回世界初の快挙となります。この製品の為に20000uF/2600Vの専用着磁機を開発。振動系,磁気系のパラメータを同じにするだけでなく、音色のチューニングにも極めて長い時間を掛けて追い込んで参りました。
"いま最もWEに近い音"をお約束するSPユニットの登場です!
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?products_id=720

WE指定8インチ標準箱 (ペア)

製品概要 米松製20リットル密閉型エンクロージャ
価格 49,350円(税・送料込み)

形式:密閉型スピーカーエンクロージャ
サイズ:W380mm×D190(天板),240(底板)×H420  
重量:6.5kg(ユニット実装時の平均的重量)
バッフル開口径:175mm
素材:米松合板
塗装:透明ニス2回仕上げ
その他:SP端子,内部結線用ケーブル取付済,吸音材付属
   サランネットおよびLM 755A用リングアダプタ 標準取付け済み


懐かしのWEサウンド!8インチユニットが奏でる心安らぐひととき・・・。
当時のWEボックス(コンパクトタイプ)を再現しました。オーディオスピーカーの「鮒にはじまり鮒に終わる」はコレだ!

長いオーディオ遍歴を歩んできたスーパーマニアに捧げる原点にして最高の味わいをどうぞ!

天然素材を使用している関係で色や模様が同じではありません。
また、表面に板材固有の節や窪みがございます。
上記に関しては不具合ではありません。
ご注文に際して木目のご指定は出来ませんのでご了承下さい。


店主のひとこと:
ウェスタン・エレクトリック指定図面通りに再現した米松製エンクロージャ(箱は組立済です)。米松ならではの響きの良さがフルレンジSPにベストマッチです。

現行ユニット勿論WE755系, ALTECの403/409などの良さを最大限に引き出してくれます。


お奨めオプション:
樽インシュレータ(大):響きの良い箱だけに直置きは厳禁です。
樽材で作られたインシュレータで浮かせて自由に響かせてあげましょう。
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?products_id=47

樽インシュレータ(大)
SP用オーク製インシュレータ(6個セット)
サイズ : 各辺35mmの立方体
価格 2,900円(税込・送料600円)

従来から販売しておりました樽インシュレータが樽材そのものの厚みを活かした直方体でありましたが、本品は樽材を重ねて立方体にしました。従来品では使いにくかった中〜大型SPにもご使用可能瀬です。

SPインシュレータは最終的な響きの要素を決定する重要なファクターです。是非お試し下さい!
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=4&products_id=575


LM 755A用リングアダプタ (ペア)
製品概要 WE指定8インチ標準箱専用、LM755A取り付け用アダプタ
価格 3,000円(税込・送料600円)

材質 米松合板12mm
サイズ 外径230mm,内径175mm
重量  約100g
付属品 バッフル板への取り付け用ネジ 4個


WE指定8インチ標準箱でLM755Aをお使いの皆さん(+これから使おうと思っていらっしゃる皆さん)に便利な小物のご案内をさせて頂きます。

ALTEC400系やエレボイ8インチ等と比較して圧倒的に重量の大きいLM755Aを実装いただく際に10mm強の木ネジ4本で固定するのはどうも心許ない・・・補強用のリングアダプタを付けられないか、というご要望が増えてきました。そこで新たに登場したのがドーナツ状の補強板(リングアダプタ)です。これにより固定強度が従来よりも格段に向上します。

過去15mmの合板に木ネジで固定されたLM755Aを配送便でお預かりした時にユニットが脱落した状態で届いたことがあります。以前も書きましたがユニットをリジッドに固定することは良い音質で音楽を楽しむ為の第一歩ですので、従来版の指定箱でLM755Aをお使いいただいている皆さんには是非お奨めさせて頂きたいと思います!

※これからWE指定8インチ標準箱(ペア)をご購入される方には不要です。標準で添付されております。
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=2_27&products_id=752


_______


サンバレー の WE755Aレプリカは…


191 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/04/29

755Aのレプリカは、line magnetic(サンバレー)と

Product Inc.(Western labo.)
http://www.westernlabo.com/73_2515.html


があるがどちらが良いのでしょうか。


194 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/04/29
>>191
どっちも聴いたことないけど、どう考えてもラボの店主のほうが耳が肥えてると思うし、実際、店ではなかなかの音出してるし、WE系の機材も豊富だし・・・まあ、最終的には分からないが。

386 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/06/09

ハセヒロさんの日記を読むと

サンバLM755の試聴 2011/12/29

最初に聴いたのは10年前と同じく、ヨーヨー・マの「踊り明かそう」。
最初のピチカートの厳かな静けさ、ゆっくり弓を引くボーイングの絹のような美しさはあの時と同じ。雰囲気は間違いなくWE755Aです。

しかし、暫く聴くとやはりエッジが硬い感じで伸びやかさが不足気味。
ピアノもあのときと比べると力強さがないみたい

サウンドベース555のLMの試聴 2012/5/5
http://www.soundbase555.com/product_top/755a.html

私が10年ほど前に本物の755Aを聴いたときと同じヨーヨー・マのCDで聴いたのですが、これは凄かったです。裸で鳴らしても、感動した当時とそっくりな音というのが解りました。「踊り明かそう」でブルンッ、のピチカートが力強く、細い弦の消え入るような高域が何とも美しい。

こんなに美しい高域は久しぶりに聴きました。レプリカながらこれは凄い!

これはまさにWE755A。ケーキの例えで言うとバタークリームと生クリームの差みたいで、一般のユニットとは音の鮮度が全く違う。そして独自の雰囲気が漂う。

このとき私の感動測定器が勝手に作動!聴いてる最中に側頭部がピリピリ。
曲が終わると同時に腕まくりして出ていた鳥肌を見てもらったら、皆さん「わ〜」。

オリジナルに遜色ない、この素晴らしいユニット。WCWに装着できることを、持参頂いたお客様と一緒に喜んでおりました。

389 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/06/09
>>386
サンバの755はエージングがかなり必要と何度も日記で言ってたよね。
つまり最初に聴いたら音悪いってことだよね。

390 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/06/09
>>389
信者登場(本人?)
どちらもピカピカの新品です
天守得意の、エージングうんぬんでは誤魔化せない程の違い


392 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/06/10
>>390
あんだけエージングが必要と言ってるってことは、相当音悪いんだろうなって。
そんでもって音が悪いと言われてもエージング不足って言い訳するんだろう。

一方、サウンドベースのは、いずれの方面でも評判いいね。
つまり買うならサウンドベース。
以上。

393 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/06/10

10年くらいエージングが必要で購入者が自身のエージングで......。


394 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/06/10
>>393
そう、音が悪い理由をエージング不足にしている。
根本的に音が悪いのにね。

395 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/06/10

最初の音質が悪いだけでなく、エージング後の将来の音質が良くなるという保証は無い。
技術力の無さを口から出まかせで言い切る空手形。まさに大恥。

397 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/06/10

エイジングって・・・ ウソくさいな。ペテンくさいな。


398 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/06/10 18:03:39ID:ZdsXPNez [1/1回]
>>397
最初の内はエッジやダンパーの動きが硬いでしょう。
3日くらい鳴らすと音が良くなる。
1ヶ月以上鳴らしてまだエージングが足らないなんて言っている奴は馬鹿。

401 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/06/10

エイジング云々というのは、誤魔化しの方便だな。もともと粗悪品なんだよ。

454 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/06/23

サウンドベース、ステレオ誌にも広告載せてたよ。
3マソでサンバよりもよさげ。
もう、完全にサンバはサウンドベースに負けましたね。

519 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/07/19

サンバレーさん最近の実績。

・AA誌でT氏による明らかなるサンバレー製品批判記事。
・MJ誌から広告撤退。
・Stereo誌にショップ情報欄にキット屋登場!復活の狼煙か?!

と思いきや、サウンドベース755Aの大規模特集。

記事中「見た目を似せただけのコピー」というのはサンバレーLM755のことであろう。

70 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/04/18

キット屋イズムが最後までわかんなかった。
人のスピーカーの悪口言うわりには、LM755みたいなそれ以下なもん作るし。
バックロード専用ユニットを密閉に入れたり。
無礼千万!!

82 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/04/19

LM755は、外観はさておき、コーン紙の材質がオリジナルとはまったく別物です。
エージングによってオリジナルに似た音になる可能性はほとんど期待できません。

83 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/04/19

LM755はWEの威光をパクったいかがわしいパクリ、パチモン、偽物、ゴミ、ガラクタ、粗悪品。

84 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/04/19

LM755なんか作らずに、パークオーディオと組んで
オリジナルなスピーカー作ったら売れたと思う。


86 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/04/19

LM755など買うならサウンドベース製の方がいい。
サウンドベースもパクリなんだろうが、説教くさくないし、
パクリの姿勢が一貫してるから憎めない。


148 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/04/27

LM 755A用リングアダプタ (ペア)
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?products_id=752

このリングは、ただビス止めしただけでは固定強度は変わりませんよ。リングごと抜け落ちるだけです。
リングをエンクロージャーに接着すれば強度は上がります。


しかしこの程度の対策部品を製造者から無償で提供してもらえないなんて、よほど圧政してたんでしょうね。

149 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/04/27

写真を見た時、エンクロージャーと補強リングの取り付けに疑問を持ったのですが、やはりそうだったのですか。

対策部品も対策が必要とは、現物を見ている大橋君はそのことが分かっていただろうに、金を取ってまたまた不良品を売りつけるとは、彼の無責任ぶりがうかがえる。
自分の手で作ってもいないのに、モノづくりを語る奴の面目躍如。
3千円の大半はサンバレーの手数料でしょう。


151 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/04/27 08:51:21ID:

>※これからWE指定8インチ標準箱(ペア)をご購入される方には不要です。
>標準で添付されております。

客をバカにしてるよな。
早く買った客は不良品をつかまされ、その上、補修部品(これもまた不良品くさいが)を有償で買わされる。

これから買う客はこの部品は最初から附属なんだろ。
言い訳も見苦しいし、客を舐めてるよな。

154 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/04/27
>>151
8インチ標準箱持ってるんだけど、買った時はLM755Aが出てなかったから、まぁしょうがないかと思う。
以前標準箱を購入していて、新たにLM755Aを購入する客には無償提供すべきだと思うけどね。

まぁ、標準箱もLM755Aもクソみたいなもんだけど。

724 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/08/24

中国にもWE製品の愛好家は多い。それを扱う中国の業者は堅気の商売をしていたそうだが、社長の兄弟が経営に関わるようになって一儲けを企むようになってしまった。
その業者と手を組んだのがサンバレー。

昔からその業者と取引のあった日本の業者は、変節に苦言を呈していたよ。
曰く、WEの音を知ってる私達には納得出来ない仕上がりだったので別の業者に依頼した。

だがサンバレーは私達を通さずにその業者とWEレプリカを作って売ったと。
両者を引き合わせた日本の業者のコントロールを離れて独自に動いてるようだが、大丈夫かサンバレー
http://www.logsoku.com/r/pav/1333790882/


649 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/03/14

>なおこのアダプタ導入を機にWE指定箱はリングアダプタ標準装備となります。
>外観的には従来版と全く変わりませんが強度(剛性)を高めた新仕様となり

強度不足の不良品を売っておきながらオプションと称して補強部品を売るのか
そんなところに板を追加したらずいぶん音も変わるんだろうねぇ


650 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/03/14

天守はいつでも 『WE指定箱』
管球王国ではWEサイズ指定箱
どちらがミスリードを誘っているか w

651 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/03/14

そんなリングアダプタを介するとWE指定箱のオリジナルと違う音になるんじゃないの。
店主の日ごろの物言いからするとタイトで高音が締まったりしないんですかね。
いやー、売れれば**も方便でそのときによって自在に動機付けを作るんですか?

652 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/03/14

パチモン屋に品質を求めてもなあ
口先だけのデタラメ商売

654 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/03/14

そんなことよりLM755Aってだいぶ音悪いみたいだね。
ちなみにサウンドベースも同じようなものを出していて、オーディオベーシック誌に取り上げられているね。
これからはサウンドベースだね!


655 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/03/14

サンバレーさんのこのLM755Aは現状では商品にはなりませんが、次の作品には大きな期待を持っています。(店主風コメント)


656 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/03/16
>>655
ほんと、よく商品にしたよなー。


797 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/03/27

LM755A、磁石の再現に多大な労力を掛けたことは、日記にも大きく取り上げられたが、磁石よりももっと音に影響の大きい、コーン紙の再現については一言も触れられていない。
もしWE755Aと同等のの亜硫酸パルプを再現できたのであれば、日記に大きく書いたであろう。
LM755Aには、オリジナルとは似ても似つかぬ紙を使っているだろうことは、想像に難くない。

806 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/03/27
>>797
パチモン、上っ滑り知識の天守様に紙の事がわかるはずないよね


802 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/03/27

LM755A、キャラメルみたいな箱に入れてナローレンジ賛みたいなこと言ってるから、現状では信者のお客さんしか掛かってこないだろう。
ほんとに売りたければもっと大きな箱に入れて、公開して信を問うべし。


804 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 投稿日:2012/03/27

前の真空管フェアのスピーカーってLM755Aだっけ?
酷い音だったよな。SNが悪いのか?
アンプを何に変えてもトーンやうるささが変わらない。


805 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/03/27

4Ωは使いにくい
なぜ8Ωにしなかったのか?
そこまでオリジナルと同じにする必要もないだろうに??


808 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/03/27

LM755Aに関しては完全にサウンドベースにやられちゃったから怒ってるんじゃない?
オーディオベーシックやアナログ誌にサウンドベースの755が載っちゃってるしね。
LM755Aでググってもscoreという信者のブログと店主日記ばっかりだしね。
ほんと、こんないい加減なスピーカー作ってたらパークオーディオの社長に怒られるぞ!

949 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2012/04/04

LM755Aの大失敗が今後のサンバレーを語っている。
戦略をミスしたよ。
スピーカーはパークオーディオに任せるという手があったはず。
http://www.logsoku.com/r/pav/1287196507/


因みに、WE755A の本物のレプリカは ウエスタンラボ と サウンドベース555 の二社で作っています:


1) ウエスタンラボの WE755A復刻版

http://www.westernlabo.com/cgi-bin/goods_search.cgi


有限会社 ウエスタンラボ

〒359-1133 埼玉県所沢市荒幡513-5

TEL 04-2925-5550

営業時間 10:00〜19:00 定休日 水曜日
http://www.westernlabo.com/

東久邇宮文化褒賞 受賞作品

幻の名器 Western Electric 755A 20cm FULL RANGE 755Aが完成致しました。

重量、外観、質感、当然音質まで完全コピー版です。限定生産50pair。

オリジナルは、今やPair \945,000-

同規格、同音質でPair \198,000を予定価格としております。 今や、オリジナルなんて不要!予約受付中です。

こちらは販売中の製品です。ASKの為に金額を0円と表示しております。 販売、価格に関しては、お気軽にお問い合わせ下さいませ。


【基本データー】
・出力音圧レベル:91dB/w/m
・インピーダンス:4Ω
・サイズ:21.3φ×9(cm)
http://www.westernlabo.com/73_2515.html

__________


2)SOUND BASE 555

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町17番地 西武ビル1F
電話 & FAX : 050-1316-5390

営業時間 11:00 - 19:00
http://www.soundbase555.com/access.html


フルレンジスピーカーの源流ともいわれるWestern Electric社の復刻版。
感度の良さ、高い分解能、忠実な再現力は群を抜いています。

755A フルレンジスピーカーユニット

口径:8インチ(20cm)フルレンジ

周波数特性:70Hz-13kHz
能率:92.5dB
インピーダンス:4Ω
耐入力:8W
重量:約2.3kg

価格:126,000円(ペア/税込)

755A用 エンクロジャー
フィンランドバーチ ハンマートーン仕上げ バスレフボード付

寸法:W440×H510×D310(mm)
価格:126,000円(ペア/税込)


755A用 平面バッフル
ロシアンバーチ インペリアル工芸製

寸法:W1000×H1000(mm)重量:16kg
価格:63,000円(スタンド付き/ペア/税込)
http://www.soundbase555.com/product_top/755a.html


本日、良かったのがサウンドベース555のブースで見た、WEの劇場用スピーカーユニットを復刻して販売しており、そのデモがとても良かった。

数値的な特性はたいした事がないのですが、音は数値では表われないなと思いました。
とても味があるのです。
このスピーカーは秋葉原のお店でも実際に聴きましたが、なかなか良いです。
炭山アキラさんが説明をしていました。
http://orca-aqua.blogspot.jp/


サウンドベース555のウリは、何と言ってもウエスタンエレクトリックの復刻スピーカー群。復刻品とは言っても、オリジナルとたがわぬ寸法と仕上げで、威風堂々です。
http://oyaide-blog.blogspot.jp/2011/03/555.html



20. 中川隆 2013年3月30日 17:24:25 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

Western Electric 755A


技術が知識の蓄積なら、WEを遥かに超える機器が生まれても何ら不思議は無いんですが・・・。

知識や情報は蓄積されるものだという常識を一度疑ってかかるべきかもしれません。

_____


WE社の製品は、まだコストをいくらかけても問題ない時代のものなので、それを真似するにはコストがかかりすぎる。

WEの模倣品を製造している所の製品の価格をみれば、いくらコストがかかるかは推定できる。はっきり言って模倣品を買うほうが、本物よりも値段が高い。ただ、状態の良い本物は数が少ないので、金よりも探す労力のほうが甚大だ。

WE755Aも本当に状態の良いものは、数が少ない。ほとんどが減磁したり、コーンがへたっている。良い755Aを手に入れられた人は本当に幸運だ。
http://blog.livedoor.jp/takeo2005/archives/50813773.html


EMT930(139st)からマランツ7、ウェスタンエレクトリック143Aにて
ラ­ンドセルオリジナル入り KS14703と753C、755Aの鳴き比べをしました.


HIDE1187 4 か月前
素晴らしい!!
直接聴いたら鳥肌物でしょうね!
そこで演奏してい­るようですね。いいな〜〜!


WE755A
http://www.youtube.com/watch?v=KV5dMlmW2tQ


21. 中川隆 2013年3月31日 19:28:07 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

ウエスタンラボ WE 15A Horn System

ウエスタンラボの1F試聴室にて、WEシステムを設置しました。

木製巨大ホーン15Aを中心に歴史的名器をご試聴、ご観覧頂けます。次元を超えたサウンドは、オーディオファンなら一度は聴く価値があると思います。ぜひ、この機会に究極のサウンドをご堪能下さい。


 
【解説】 Western Electric 15A Horn
 
ステージ・スピーカーシステムに用いられたウエスタンの主力木製ホーン。1928年に開発される。555レシーヴァーと7-Aレシーヴァー・アタッチメント を加えたシステムとして、15-Aのコード番号が与えられる。

シナ材の3層ベニアを蒸気で湾曲させ、ニレ木材のフレームに固定した木製部(2ピース構造) 、アタッチメントのキャストアイアン部分(2ピース構造)が、ボルトで結合されている。ホーン側部に示されている白い点線は、音軸を表すもの。外形寸法は全幅56.375インチ(143.2cm)×全高70.5インチ(179.1cm)×奥行53.125インチ(134.9cm)となっている。重量は140ポンド(63.4kg)。
 

 
【構成】
 
・高音域:Western Labo Products Inc. 597A × 2本
  (Western Labo Products Inc. 597A用 Power Supply)
 
・ネットワーク:Western Labo Products Inc. TA-7245 597A専用 CROSSOVER NETWORK
 
・中音域:Western Electric 15A + WE 555
  (Western Electric TA-7471 Power Supply)
 
・ネットワーク:Western Labo Products Inc. TA-7395-A 300Hz 12dB/oct CROSSOVER NETWORK
 
・低音域:Western Electric TA-7395 + Western Labo Products Inc. TA-4181-A
  Western Electric TA-7471 Power Supply)
 
・アンプ:Western Electric 41A+42A+43A / MARANTZ #7 / ALTEC1590 / など

・CDプレーヤー:PHILIPS LHH500改

・レコード:Garrard #301+Ortofonなど

・ケーブル:Western Electric / ACROLINK

 
【ご試聴希望の方】
 
ご試聴、ご観覧は無料です。特にご予約等は必要ありませんが、事前にお電話にてご来店頂ければ幸いです。また、お好きなCD、レコードもご持参して頂ければ試聴する事ができます。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
http://www.westernlabo.com/we15a.html


有限会社 ウエスタンラボ
http://www.westernlabo.co.jp/


〒359-1133 埼玉県所沢市荒幡513-5
04-2925-5550

営業時間 10:00〜19:00 定休日 水曜日

地図
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&lr=lang_ja&um=1&ie=UTF-8&q=%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%9C&fb=1&gl=jp&hq=%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%9C&cid=0,0,10738124995998469643&sa=X&ei=aA1YUf2nOIXHkQWOwoGYBQ&ved=0CI0BEPwSMAA


22. 中川隆 2013年3月31日 19:46:26 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


                    _...。::'" ̄ ̄::~"'' ー..、__
                ,.:::´::::::::::;ィ'":::::::::::::::'"⌒`::::::::::ヽ
                /   /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ト、
              /          :./:.:,。::''":::::::::::::::::::::::j.:.:.\
                /:.:.:.:.:.:./:.:.:....    /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ハ
            /:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,。::'".:.:.:.:.......///  .:/A ハ   }
              ,:':.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:/:.:.-―-、;:ィ/.:.:.:.:.//~゙!...:.:i.:.:.{
          / : : : : /.:.:.:///,,..-‐ 7ィ'" ノ:.:.:.:.:メ、  }:.:}:.}:.:.:!
            {: : : : :/: :/〈({ /:/xャ≦云ヽイ.:.:.:/  ヽj:.:リ:.:.:i:.:i     
            乂 : : {: : { f:弋:j!-《 込勿~` 彡''" ,然ミx /ノ.:.:.:j!:.:}
           }: : :゙、 i: { : ゞi、   ̄      :'{仞 ヾY: : : : /: :j!    
          ノ: :} : : : : 乂 ゙、\       {   "ノ: : :/: :ノ     
         ,..:'"  ノ ノ: : ノ: :ヽ ゙ト }}          彡 ィ":,.ィ      
      γ´    ̄ 弋 {    ) j//     っ    ノノ: :人(: :゙、. お客さん!?    
      {     / { ` /  人(,,\      ,..ィ{(〜': : : : : : \
       ゙、    { 人  { //r┴―‐`'''=ニ´ {{ 弋           ヽ
          }   ゙、  \ ヽ  〉、_........_  イ ヾ\ `ヽ、    } ゙; }
         ノ  ,..::''" ̄~7 7⌒`廴   ̄   _〕ミー―--..、ヾヽ  i  j/
      / /::::::::::::::::/ /::::::::::::i ~''''ー‐'''"   __\:::\ヽ:\  j   {
   ,。:'"  f:::::::::::゙、:::::::i i:::::::::::::人   ̄ヾ  "   \::::ヾi::::ハ_   ゝ、.._
  /〃 / j:::::::::::::::゙、:::i i:::::/::::::::\ __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_)::::::゙、::::}ト、 ____ \
 { {{ /  ノ:::::::::::::::::::ヾi !:/:::::::::o::::::ハ≫''"~ ̄弋 ̄ ̄ ̄~ヽ弋ニ/ ,.-― ⌒ヽ__
  \`、 「::::::::::::::::::::::::::::! i/:::○::::::::::j三二==――---==/:::(// / __ _ ヾ\
   )ノ /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/''"         `::、/"⌒ヾ〈,__// _  }::ハ
    j/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::{、__       /゙;. _ ,,,,..-‐'"`‐'":::\ノ:::::::i
    戈:::::::::::::::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::::::ト、    ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄       〉^Y::::::ヽ:::::::i
  /  \:::ヾ::::::::::;;;_i:::::::::::::::::::::::::::::::::l三ミz、__,,..ィ'"          /  }::::::ハ;;;;;;〉
 //   / `''こ ̄_{:::::::::::::::::::::::::::::::::(_,,ィa" ̄"'====------∠__ノ::::::::::}__ノ
 {(廴  〔  }:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ,.ィ'"   ̄`ヽ:::::::::::j!::/
    ̄)ト、ト、 i::::::::::::::::゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::人          ,.ィア       )::::::::/イ
        )〉ヽ}\::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ,,..ィa         ノ::::/:::/

WE86 解剖 2012年10月11日 (木)

ひょんな事から、あの有名なWesternElectricのアンプWE86を入手する事になりました。

WEのマニアの方の多くは、最終的に86に落ち着かれると聞いていますが、その良さは何処にあるのか?又あまり発表されない測定値なども含めて何回かに分けて解剖してみたいと思っています。

なお、この86はOPTが159Bなので、正式にはWE86-Cと思われます。

とりあえず外観はこんな感じで、ボックスはオリジナルではありません。

とりあえず表側の撮影・・・・これまでいくら探しても見つからないパーツ類が、当然とは言えずらりと並んでいます。


261B(Input)-264C(Int)-159B(Output)  D96970(PT)-197A(RET)-179A(RET)


続いて、シャーシ内部の写真・・・予想以上に古い〜・・・・手が付けられない感じ。

もっとも1935年前後に作られたことを思うと、残っている事が不思議なくらいです。

WEの修理に詳しい方に聞くと、この配線が解かれていないのは素晴らしいそうです


真空管の構成は

WE262A - WE262A - WE262A - WE300A/PP

ですが、このままだとゲインが96dbにも達し、SNの面でも不利であり、前オーナーもInputtranceとWE262Aの一本をジャンプさせてられました。

私の場合はプリの出力は250Ωであり、自作の他のアンプもほぼ55db程度はあるのでまずはInputtranceの復活を目指すことに・・・とは言えこんな配線で分かるのかと心配しましたが、素晴らしい事にワイヤー類は一切触ることなく、基盤にある番号を確認しジャンパーさえすれば、色々な配線が出来るような作りになっていました。

インプットトランスはシャーシ内部に、厳重なシールドをして鎮座しています。


AC電圧を規定の117Vにして、当時の真空管WE300Aにていよいよ測定開始。


まずヒーターが交流点火なので、気になる残留ノイズに関しては予想以下の 3mVで問題なさそうです。

次に歪み率とパワーは5%クリップで楽に18W以上でありこちらもOK。

さて、いよいよ周波数測定ですが、どうもInputTranceを通過させると10KHz時点で既に6db以上の減衰が見られるので、ゲインは若干下がりますがやはりPassする事にします。


上記がその結果ですが、癖の無いきれいなカーブです。

10Hz〜13KHzまでが1db以内と、予想以上に優秀です。

また、この低域特性の良さはPP用にも関わらずEE型コアにギャップを設けた珍しい構造の成果なのかもしれません。

なお、フィールドスピーカーを使用するならあまり意味はありませんが、ダンビングファクターは1.33で、問題は無さそうです。

実は、もっと遥かに悪い結果を予想していましたが良い意味で裏切られました。

参考までに1KHzの矩形です。

次回はヒアリングと思っていますが、ACに使用しているステップアップトランスの容量が小さいので、200Vからのステップダウントランスが届いてからにします。

それにしても特筆すべきは、出力の安定性(左右のゲインも含め)です。

また、カップリングコンデンサー(230A)などはオリジナルのままですがこの測定値は立派な物だと自画自賛しています。


WE300Aの残り2本が到着。楕円型とおむすび型なので若干製造年は異なりますが TV-7Uではほぼ同じ値なので問題なさそうです。

早速取り付けていよいよ自作アンプと聞き比べに入りましたが、どうもどちらともこれまでの雰囲気と違う(濃厚さが無くなりアッサリ)感じの音です。

何故だろうと考えてみるに、それぞれに同じ作業をしたのを思い出しました。

今回、WE86アンプを鳴らすにあたって元々InputTranceを外してあったので、自作品も外したのです。

プリアンプ自体のラインは300Ωですので、インプットがハイインピーダンスでも原理的には問題は無いのかもしれませんが、何かが変です。

これが原因かどうかは分かりませんが、とりあえずどちらもInputTranceを付け直してみたいと思います。

自作のアンプはInputTranceにWE618Cを装着。

実は当初46アンプに使用されているWE247Aを使ってみたが、電源との干渉か、唸り音がかなり残る。ちなみに距離を離すと聞こえなくなる・・リンケージフラックス?

86アンプではInputTranceがシャーシ内部に、しかも厳重なシールドをしてある理由が良く分かった。

さて、いよいよパスしてあったWE86アンプの入力トランスも復活。

さすがに強烈なゲイン(57db)の為に300ΩラインにはATT(40db)が必須。

自作の339A/PPも同じくハイゲイン(54db)なので、瞬時に切り替えて聴いても違和感が無くちょうど良い(5%クリップで出力18W)


実はこの実験はどちらが勝っても微妙な気分です。

自作アンプに勝ってほしいような気もしますが「さすがオリジナル」となってほしい気持ちも大きいからです。


若干WE86にハンディーがあるとすれば、周波数レンジの高域に限界があるのと、AC点火でこのゲインはさすがに静寂時に聞こえる若干のノイズがある事です。はたしてこのハンディーを乗り越えてでも優位に立てるか興味ある所です。


まずはコルトレーン・エディーヒギンス・MJQあたりから・・・

自作アンプはきっちりと音階を刻み、迫力も十分。やや奇麗な鳴り方、勿論レンジは広くどの楽器も問題なし。


次に86アンプに切り替えたとたんに何か別の世界!!

非常に押し出しが強く、「これが86」だと言わんばかりです。


ピアノもベースも管楽器も強烈で、遠くに居た演奏者が目の前に来たイメージと言えば大げさかもしれませんが、もう高域が低域がどうのと言うのがばかばかしい。かと言って決して荒々しく無く、繊細な表現もまったく問題無し。


次にHERT'S TO BENからSTARDUST

もともとライブの臨場感たっぷりのアルバムではありますが過去に聴いたどのアンプより、雰囲気抜群・・・かといって決して甘いだけの音でもありません。自作アンプに切り替えると、かなりあっさり系となり、一番大きな差がでそうなソースと思われます。


疑いの余地なく過去に多くのWE愛好家の方が書かれていますように、いつまでも聴いていたい気持ちが続き、この場所を離れたく無い気分です。

現代オーディオの音とは異質かとも思いますが、正直これほど人間の感性や魂に入ってこれる現実がWEの真骨頂と言えるのだと思います。


この不思議な音は、WE300Aの球なのか、WE86の設計なのか、トランスなのか、パーツなのか(多分全部)・・・理由はまったく不明です。


さて、次に期待できるのはWE59アンプですが、とりあえず模造品でも作って懲りずにまた聴き比べでもやってみようと思います(^-^;


最初から少し気になっていたノイズが結構ひどくなってきました。

一段目の262Bのシールドケースあたりと思われましたが、どうもはっきりしません。

自作アンプなら思い切り組み立て直しで直ると思われますが、折角のオリジナルWE86でもありここは専門家にと思い、以前からの知り合いで、管球王国にも登場されました OM Laboratory 青木さんにヘルプメールを出した所、快く引き受けていただき早速送り、昨日無事帰還しました。


原因は、心配されたトランスの不良などでは無く、一番大きな原因はシールド管をシャーシに固定 するリベットが長年の疲労でゆるみ、そこにホコリなどが付着して、接触不良を起こしていたようです。

そこで、リベットの打替えと、その他の怪しい接触箇所の半田固定をやり直していただきました。


また、一番悩んでいました、インプットトランスの扱いについて良いアイデアを教えていただく 事が出来ました。トランスを通すとゲインが非常に大きくなりノイズが多いのと、やはり帯域の 縮小が欠点ですが、教えていただいた方法は、まずトランスの一次側は使用せず、二次側を グリッドリークとして使用する方法です。これにより、一気に悩みは解決しました。


もう一つ、これは私も気がついていたのですが、一本目のWE262Bのプレート負荷抵抗(70KΩ) に本来は使用されている38式抵抗が見当たりません。かわりにWEの初期のL型抵抗(写真)が 付いているのを指摘頂きました。ただラッキーにも以前に購入していたものがあり早速取り替える事にしました。


これらの変更により、更に良い音になり、底知れないWEの凄さに感動しています。

WE300Aの良さもあるかもしれませんが、あらゆる回路や極上のパーツを使用した 自作アンプも、大きく水をあけられてしまって、やや困った状況です。


話はOM Laboratory青木さんに戻りますが、あらゆるWEの機器の修理の経験が豊富で WEのショップさんも依頼されています。このブログをご覧の方で修理やレストアに困られたら是非相談してみられると良いと思います。


OM Laboratory
http://sky.geocities.jp/cafesphinx/SPHINX/OM_Labo.html

年末はWE86に嵌ってしまい、あまり制作に身が入りませんでしたが、また新たに色々な事が分かってきました。

86の音の良さはインターステージトランスにあるのでは無いかと思っています。

勿論クラーフ結合ですが、そのトランスのクオリティーの良さで二次側に抵抗をシャントしなくても低域や高域に妙なピークもなく非常に素直なカーブを描いています。(以前のブログに特性表)

ところがこれまで、あまり良いトランスではない為に常に抵抗でカーブ調整を行っていた事で生き生きとした音の感じが失われていたようです。

いろいろな記事を見ると、実は基本中の基本のようで、今更ながら素人らしさを感じました(^-^;

そこで、手持ちのトランスから一番性能の良さそうなエクセルを使用して再度シングルアンプを組んでみました。

WE310A(3結)-WE310A(3結)-Inter-WE300A(WE252A)

完璧です。躍動感・雰囲気申し分ありません。CR結合はまったく眼中に無くやはりトランスをうまく制御すれば、こんな音がでるのですね。

自作もWE86に負けない音が出始めたので無事年が越せそうです。
http://ja4car.com/


23. 中川隆 2013年3月31日 19:59:45 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

インプットトランスの功罪 2012年5月27日 (日)


オーディオアナライザーなどの測定器を持っていると、いきなりSPにつながなくてもトラブルの発見が出来るのはこの上ありません。

おかげで、発振しているアンプを繋いで巨大な音で家族を驚かす事もありません(*^-^)

もちろん、周波数特性などはお手のもので、何ヘルツから何十キロヘルツまでどのような出方をしているかも一見してわかります。

さて、それでは周波数特性が良かったり、広範囲に極めてフラットに再生されるアンプは本当に音が良いでしょうか?

そんな実験をする為に3種類のアンプのインプットトランスを全て外してみました。

明らかに周波数特性(特に高域)は抜群に良くなり、いままでのトランスは何だったんだろう? と考えてしまうまでになりました。

ところが、実際に鳴らしてみると、何とも表現は難しいのですが「音楽的でない」の一言です。

良くWesternはトランスの音を聞いているだけと表現される方がありますが、正にその通りでトランスが無くなると、心地よく無い。ライブの空気感も無くなるし、何より散漫な感じです。

勿論、音楽はこんな音では無いと言われる方には返す言葉もありませんが、私なりの一つの結論として、帯域が狭い分、そこにエネルギーが集中して、力強い、押し出しにより快感(私の好きな音)に聞こえるのではないかと思います。

600Ωで取り出せるプリアンプもめっきり減りましたが、出来れば(自作は特に)是非インプットトランス(良質の)をお勧めします。

下記の写真は再度トランスを装着した物です。
但し、1dB減衰の帯域は20Hz〜12KHz止まりです。
http://www.ja4car.com/audio/2012/05/post-5d12.html


インターステージトランス 2012年10月28日 (日)

真空管アンプではシングルかプッシュプルかの議論が良くされますが

個人的には迫力や臨場感においてはプッシュプルアンプのものと思います。


さて、86アンプの試聴レポートはやはりWE300Aでと思っていますが、以前に2本手放していまして、改めて探していましたが、何とか見つかりそうなので入手してからと思っています。


それ以前に、比較の意味でも「自作No1」を決定させようと色々やっています。

色々な出力管でトライしていますが、現在ではWE339A(三結)が一番好みです

また、インターステージトランスは音の変わる一番大きな要素ですが、これも良いと言われる各種メーカーやビンテージ物で試作してみましたが、結局はWE46に使用されているWE247Bのクラーフ結合(2.2μ)の勝ちとなりました

特にWEだからとひいき目に聴いている訳ではありませんが良い音です(^-^;
http://www.ja4car.com/audio/2012/10/post-c19d.html


オール直熱三極管 2013年2月 4日 (月)

WE86や124など、独自な色彩の世界で感動的ですが、長く聞いていると微妙ではありますが、やや濃い味と言うか?悪く言うと押しつけがましい表現になりがちの気がします。

しかし、シネマの音響としては必須科目であり、これこそWEなのだと思います。


そこで、この表現力は保ちつつ、少しだけクールなイメージを出す為の次の一手としては、ベテランのWE愛好家の方々がよく推奨されている46アンプ以前のようなオール直熱三極管構成なのでしょう。


しかし、以前に制作したことのある、VT-2(205Dクラス)では、いかに高能率のスピーカーを持ってしてもパワー不足を感じます。


そこで、300Bシングルアンプを改造して、手持ちの直熱三極管から丁度使えそうなWE216A の一本によるトランスドライブにてWE252Aのシングルパワーアンプを目指しました。

ゲインを稼ぐ為に、入力トランスにWE618Cとインターステージにはエクセルの HB.CC.8X(18K:114K)をクラーフ結合で使用しました。OUTはマグネクエストです。

また、B電源関係はケミコンを一切排除してあります。

WE216Aのヒーターは6V直流点火、プレート電圧150Vバイアス15V

WE252Aの最終出力は5%歪みで5W得られ、総合利得は23db取れました。

(WE216Aの裏側に見えているポットはハムバランサー)


さて、試聴ですが正直予想以上の成果がありました。

これまでの音と異なり、音離れが良いと言うか、次々と音が出てくる高速のギター演奏などでももたつき感がまったく無く気持ちが良いです。

ボーカルもややクールな表現となり、色でいえば上がりすぎていた彩度がノーマルに戻って、実際の声や演奏に限りなく近くなったかと思われます。

パワーも十分あり、押し出しの強さも十分で、これから色々なソースを聞くのが楽しみです。

なお、音とは関係ありませんが、精神安定剤として周波数測定をしてみましたが、予想以上に周波数帯域も出ており安定したフラットな特性でした。
http://www.ja4car.com/audio/2013/02/post-b386.html

WE15A ホーン 2012年6月18日 (月)

以前からSNSでの知り合いから、招待を受けていたので、東京出張の続きで北関東まで足を伸ばす。

この地区の皆さんはどうなっているかと思うほどチャレンジ精神が凄いw(゚o゚)w

あまりに色々凄いので、一番感動した事を書きますと・・・

こんな巨大な物を、あたりまえのように自宅に入れられているのには驚き以外何もありません。

そして、レプリカと言えども、本物を十分超えるクオリティーには、ただ呆然!

さてさて、205Dシングルアンプや300Bシングルで聞かせてもらいましたが、もう私の24Aホーンとはまったく世界が違います。

とにかく、音が大きい訳でもないのに信じられないスケール感。

しかも凄く上質な音で、スピーカーと言うのは空気を鳴らして、その空気を味わうのだと改めて感じました。

正直15Aがこんなに素晴らしいとは・・・・でもそれ以前に空間をどうするかが先決ですね。
http://www.ja4car.com/audio/2012/06/we15a-4343.html



24. 中川隆 2013年3月31日 20:07:59 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

WEの世界を満喫

4日間に渡って、人様のオーディオ装置を紹介してしまったが、興奮は未だに覚めやらない。

耳に残っているのはWE555+22Aの中高域で浸透力があってとてつもなく強い音。


ウーハーのTA4171もきっと凄いスピーカーユニットなのだろうが、全く印象にない。

というよりむしろWE555+22Aの魅力を邪魔しているようでさえあった。

それほどこのWEの中高域が魅力的で本当にいいものを聴かせてもらえたことに感謝する。

もしも、自分で持てるとしたらWE555のみで全帯域を鳴らし(そんなホーンや使い方があるのかどうかも知らないのだけど)、出ない音はあきらめるくらいの潔さでいきたいと思った。

突き詰めて極めるということは、多くを捨てることなのかも知れない。と、ふと思った。


この記事へのコメント


私もWEに魅せられている一人です。
書かれている記事どおり、WE555のみで鳴らすと素晴らしいです。
個人的には594よりも好きですね。
Posted by ja4car at 2010年09月02日 10:36

私もWE555モノに夢中ですが、音の強さと実在感には完全に参ってます。ステレオは全く聴かなくなりました。

YL音響のクレデンザ型木製ホーンでボーカルならフルレンジでゆけますが、邪魔な(笑)ウーハーとツイターを足してます。チャンデバのスイッチひとつでWE555をフルレンジで鳴らせるのですが、3WAYで聴くことが殆どです。22Aホーンよりも低域は出ていますが、未だ修行が足り無いんでしょうね!
Posted by WE555初心者 at 2010年09月02日 12:03
http://analo9love.seesaa.net/article/161168426.html


1)ウエスタンラボ WE555ドライバー完全復刻版

Products Inc. 555W
http://www.westernlabo.com/73_1711.html
http://www.westernlabo.com/wlproducts.html


_____

2) 音のエジソン ハイエンドセット

プロミネント、WE555ドライバー、ホーン、ネットワーク、チャンデバ、WE555用電源、model2010J x2


このセットは、再生音の忠実さにおいてあらゆるものを超える事が出来たと思っています。今では実演として聴けないジャズやクラシックの名演奏を、自宅であたかも生演奏のように聴く事が出来ます。このセットは、 音楽の種類を全く選ぶ事無く、忠実に再現する事に成功しています。


大型スピーカーセットとパワーアンプの内容詳細

・プロミネント つや消し黒仕上げ
・WE555ドライバー(調整中)
・WE555用オリジナルホーン
・WE555用電源
・ネットワーク
・チャンネルディバイダー

・パワーアンプ Model 2010J x2 日本用の試作機(訳有り) 約63万円 x2 = 約126万円
http://www.otono-edison.com/original/set/oogataset.html


______

3) GIP Laboratory GIP 5005system

●構成(片チャンネル):3ウェイ3スピーカー

●構成ユニット(ペア)
      GIP-5005(エンクロージュア)×2
      GIP-4181A or GIP-W4601(ウーファー)×2
      GIP-597A(トゥイーター)×2
      GIP-7463(LCF)×2
      GIP-555/555W(ドライヴァ)×2
http://www.gip-laboratory.com/seihin5005system.html



25. 2013年3月31日 20:25:35 : W18zBTaIM6

それから35年僕はこのシステムで音楽を聴いた。オーディオには幾つか頂点があるが、このシステムも一つの頂点だったと思っている。

当然、これ以上の音が存在することを僕は知っているが、果たして家庭に持ち込むに相応しいかどうか聴いてみて疑問を感じたことがあった。


ウェスタンの15Aホーン である。

某所で聴いたがこれは凄かった。

ピアノがピアノよりピアノらしかった。もう桁違いで比較対象の問題ではなかった。

15Aホーンは御承知の通り劇場や映画館用であり、客席は20〜50メートル以上離れたところにあり、且つ天井はビルの数階分の高さがあることを想定して、観客に如何に心地よくしかも巨大なスケール感を味あわせるかという事がコンセプトだったろうから桁違いは寧ろ当然の性能と云ってよいが、それをこの時は距離約4メートル程、天井高2.5メートル程の所で聴いたのだから、それは腰も抜けよう凄まじさだった。

この時ハスキルは正しく男だった。「げー」と僕はのけ反った。僕の大好きなハスキルが。
http://audio-file.jugem.jp/?month=201008


26. 2013年3月31日 20:49:02 : W18zBTaIM6

15Aホーン が聴けるペンション


ペンション シャモニール白馬
http://www.geocities.jp/nitatyan5/
http://www.hakuba-street.com/stay/p-tamtam/index.shtml
http://www.aafc.jp/visit/0811Hakuba-3.pdf


〒399-3901 
長野県北安曇郡白馬村落倉高原

TEL 0261-72-5711 

機材一覧

SP : ウェスタン15A
AMP: オーディオテクネ
CDプレーヤー:スチゥーダー
レコードプレーヤー:ノイマンのカッティングマシン
http://www.aafc.jp/visit/Hakuba2001.htm

1泊2食付き 7,500円から(消費税別)


アクセス
・JR信濃森上駅・白馬駅から車8分【無料送迎あり】
・中央高速豊科ICより車で60分
・北陸道糸魚川ICより車で60分


地図

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&lr=lang_ja&bav=on.2,or.r_qf.&biw=998&bih=859&wrapid=tlif136472990927610&um=1&ie=UTF-8&q=%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%99%BD%E9%A6%AC&fb=1&gl=jp&hq=%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%99%BD%E9%A6%AC&cid=0,0,14917344814551844699&sa=X&ei=OSBYUfriLseKkAXe9YCIBA&ved=0CIwBEPwSMAE
http://www.geocities.jp/nitatyan5/map2.html

・シャモニール白馬

ここはウェスタンエレクトリックの15A型ホーン+418Aウーファーでシステムを
組んでいるペンションです。

ドライブするのは当然真空管アンプで、EMTのCDプレーヤーで演奏するCDを聴かせてもらいました。これまでケーブルやトランス等、部分的にウェスタンの音に触れ魅力の片鱗は感じていたのですが、フルシステムを聴いて、ウェスタンの艶というものが初めて実感できました。

本当にオーディオはレンジだけではありません。TKさん宅で聴いたクラングフィルムと世界を二分したウェスタンの魅力と実力はさすがです。心の奥底を刺激するようなオイロッパに対し、心の奥底を癒してくれるようなウェスタンのシステム。
ドイツとアメリカというイメージそのままで、再生音というものが生まれた国の文化と不可分なのがよく解りました。
http://www.geocities.jp/krytone1234/cantiaway.htm



27. 中川隆 2013年4月01日 00:35:01 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


        ´   . : : : : : : : : : : ,...  -―    ̄ ̄ ̄「
        . ´   . : : : : : : : : :   j´ iヽ   \  ヽ   :i
       /    . : : : : : : : : : /  .:   ノ  \   丶    : :l
       ′  . : : : : : : : : :./   :/     ''" ̄ >,、 \}: : :j  i
      /     . : : : : : : : : :.//   _/_,       〃 f、ノ\ ヽ :′ j
    ;     : : : : : : : : : ://  . .:/ __ヽ        ゞ:;り 〕 ー\ ′
     {    : : : : : : : : : : /   V〃f ):,           "´ |.:/  .:
        : : : : : : : : :./ .: ハ  ゞ:リ          ' '''' |   .:.′
      \    : : : : : : / .: / :∧ "´ r'          ;  .::′.:
           : : : :/ .:. :/ .:.:.:.:', ''''            .′:/ ,.:.
         `   _/ .:.:j:ハ .:.:.:.:八      ⌒     /. .://.:;  /
            ノ/ .:.:.:i{ { .:.:}.:.:.:.:\          ..:'.:.:;〃 .:/ /
             //:.:.:/' i.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.丶..      /:.://: .://:/
             .'/i:.:./   li ;.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.> /:. イ /   .::/:/
             li|:!   リ .′.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/"´:.:.::∨′.:.:;イ:/
             { !:.iゝ   j/.:.:.:.〃:/:.:.:ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:// /′
             :.{   /.:.://:./;//.:.:.:.:.:.:./.://   /
                 ヾ  // /.:// /.:.:.:.:.:.:イ.:/ ´     ′
                  /´   /:.イ:{ /:.:.:.:/ ´       /  /


Western Electric WE17-A Horn/WE15-A Horn System

 ステージ・スピーカーシステムに用いられたウェスタンの主力木製ホーン。1928年開発。

 555レシーヴァーと7-Aアタッチメントを加えたシステムとして、15-A のコード番号が与えられている。

555×1基用のレシーヴァー・アタッチメント 7-A使用を使用する場合、

音道長は約14フィート(4.27m)、

外形寸法は
全幅=6.375インチ(143.2cm)、全高=70.5インチ(179.1cm)、奥行=53.125インチ(134.9cm)、 重量=140ポンド(63.4kg)

最低周波数は57Hz 
http://www.gokudo.co.jp/index2.htm

ウェスタンの WE 555 Receiver + 木製Horn System は蓄音機クレデンザをモデルに作られています。 そしてそのクレデンザはオーディオ機器と言うより楽器そのものなのです。 通常の楽器との対応関係は


ヴァイオリンの弦 → クレデンザのサウンドボックス → WE 555 Receiver

ヴァイオリンの共鳴胴 → クレデンザの長さ1.8m のホーン → WE15-A 木製ホーン

即ち、クレデンザを模した WE 555 もスピーカーではなく弦楽器の一種と考えた方がいいです。

ビクトローラ・クレデンザ 再生周波数帯域は 100Hz〜4000Hzなので WE 555 の再生周波数帯域も同程度でしょう。

そしてクレデンザ同様、ウーハーやツイーターを使って周波数帯域を人工的に延ばすと 弦楽器 WE 555 の一番美味しい所が消えてしまうのですね:


周波数特性の場合は、40万の法則というのが知られており、再生周波数の上限と下限を掛けて40万近くの値になるのが、バランスがよいと言われているものだ。可聴周波数が、20Hzから20KHzとされているのは、確かに乗すると40万になる。

WE555ドライバーの高域のカットオフを7.5KHzとすると、低域を53Hzにとらなければならい。これはいくらなんでも無理な注文なので、低域を200Hzにすれば高域は2KHzとなる。

実は2KHzというのはそれなりに高い音であり、200Hzのほうも結構低い音である。この条件でWE555を一発で鳴らしてみる。きちんと音楽になって聴こえるのである。
http://homepage3.nifty.com/western/audio/nazo2/nazo2.htm


ウェスタンサウンドを考えるとそれ以前のサウンドは蓄音機のサウンドであり、かの有名なビクトローラ・クレデンザがウェスタンの原点ではなかろうか、

実際クレデンザのホーン構造を見ますとウェスタンの12A、15A、のカールホーンに良く似た構造をしています。

(蓄音機の音等は良い音ではない)と思われがちですが、本当に良い音とは電気臭くない音ではないだろうか、生の音を良く聴きますと電気の音はしません、(エレキギター、シンセサイザーは別物)

生の音こそ自然な音です。音はすべてに生が基準になります。

 クレデンザのサウンドボックスを外してウェスタンの555ドライバーを実装して試聴した経験から不思議とクレデンザの音に非常に近い音になります。その時の印象ではアコースティクな響で現代の音とはかけ離れた音に脅威を感じました、これこそ電気臭くない自然な音なのかも知れません。

写真の左側がウェスタンのスピーカーシステムになります。右側のホーン付きのドライバーがかの有名な555Wです。このドライバーは励磁型と呼ばれています。ホーンは12A,15Aとは違うストレートホーンの25Aです。
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?cPath=86_87&products_id=667

皆様「CREDENZA」という蓄音機をご存知ですか。

1920年代にアメリカのベル研究所が設計し、ビクトローラ社が製作致しました78回転盤レコード専用の蓄音機です。

この蓄音機は世界で最も再生音の美しい蓄音機と言われており、世界ではじめて逆三角関数の数式に基づいた理論によるホーンの設計がなされた蓄音機、と言われております。

その図体は蓋をあけると背丈よりも大きなものでかの有名なウェスタンエレクトリック社のホーンの設計の原型となったモデルとも言われております。JBL社、ALTEC社などのホーンもこの蓄音機のホーンが原型となっているそうです。

またサウンド・ボックス内のアルミ製の振動板についてもすべての高級ドライバーと言われるものはこの形状を踏襲致しております。

気品のある音色はこの振動板から出てくるのです。
http://www1.odn.ne.jp/~cbz49420/credenza.htm


金沢蓄音器館での「聴き比べ」は、10台くらいの蓄音器の音色の違いを聞くことができる。その中の1台に、明治・大正時代につくられたラッパ型蓄音器を入れてある。

SPレコードをかけてから、わざとラッパを取り外してみる。すると、音がずっと小さくなる。また、ラッパを取りつけると音は大きくなる。

ラッパは、音を大きくする働きがあることがすぐ理解できる。

大きい音を得るにはラッパを大きくすればよいのだが、外づけではその重量を支えたり動かしたりするのがたいへんになる。そこで、ラッパを内蔵するようになった。

その代表格が「蓄音器の王様」と言われる米国ビクター社のビクトローラー・クレデンザ(大正14年〜昭和5年)である。 外からは見えないが、トーンアームの根元で二股にわかれ、中はじゃばらのようになっており、ラッパを大きくしてある。

これを1本にし、まっすぐ伸ばしてやるとなんと9フィート(約2m70cm)にもなるという。 6万7千台以上作られ、ビクターの名前を不動のものにした蓄音器である。

これによって中音、低音の響きと小さな音から大きな音までが素晴らしくよくなる。とても電気を使っていない音量とは思えない。王様と呼ばれる所以である。
http://www.kanazawa-museum.jp/chikuonki/hitorigoto.html


28. 中川隆 2013年4月02日 17:24:25 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

WE15B +WE31A/In The Garden さびしきみそのに 1
http://www.youtube.com/watch?v=js_vzsM0U0I

WE15Bシステムで1929年録音のベートーベンを聴く
http://www.youtube.com/watch?v=zSRMcr6_LMY

WE15B:Efrem Zimbalist/MacDowell-Long Ago
http://www.youtube.com/watch?v=zjr--TRcAF0

WE15B:Mischa Elman/I.Albeniz-Tango
http://www.youtube.com/watch?v=KGA-UZVgY1c

WE15B:Mischa Elman/Schumann-Traumerei
http://www.youtube.com/watch?v=3bmzusJVYLg

WE15B:Mischa Elman/Schumann-Vogel als Prophet
http://www.youtube.com/watch?v=zymyqqfeeGU


WE15B:Mischa Elman/Haydon-Menuett
http://www.youtube.com/watch?v=5JboapNZzNE

WE15B:Fritz Kreisler/Kreisler-Schon Rosmarin
http://www.youtube.com/watch?v=2kGcn2S8srg

WE15B:Fritz Kreisler/Vienna Popular Song-The Old Refrain
http://www.youtube.com/watch?v=euyPEzVZFS0

WE15B:Fritz Kreisler/Hirsch-Love Nest
http://www.youtube.com/watch?v=gs1AzffnLlI

WE15B:Fritz Kreisler/Chaminade-Serenade Espagnole
http://www.youtube.com/watch?v=U99VLopT8bM

WE15B:Fritz Kreisler/Bizet-Adagietto
http://www.youtube.com/watch?v=1we_YEBbOEY

WE15B:Fritz Kreisler/Spencer-Underneath the Stars
http://www.youtube.com/watch?v=9Zlt-CnWvrs

WE15B/Pro Musica Octet Parui-Felix Mendelssohn-String Octet In E Flat Major
http://www.youtube.com/watch?v=Jx-F7WmAvQg


29. 2013年4月02日 17:32:38 : W18zBTaIM6

WE15B:Mischa Elman/Drdla-Souvenir
http://www.youtube.com/watch?v=jpxEvUPN_zg

WE15B:Mischa Elman/Cesar Cui-Orientale
http://www.youtube.com/watch?v=KIEbSrGQ0Pc

WE15B:Mischa Elman/Beethoven-Minuet
http://www.youtube.com/watch?v=n7tuuEzLvBg

WE15B:Mischa Elman/Brahms-Hungarian Dance No.7
http://www.youtube.com/watch?v=-o-9JTWl8B0

WE15B:Fritz Kreisler/Brahms-Hungarian Dance in G Minor
http://www.youtube.com/watch?v=WxLNDqu5Lg0

WE15B:Efrem Zimbalist/Foster-Massa's in de Cold Cold Ground
http://www.youtube.com/watch?v=p34NM0IC--M


30. 2013年4月15日 08:05:19 : W18zBTaIM6

ウエスタン・エレクトリック完全復刻シリーズ
http://www.westernlabo.com/wlproducts.html

Products Inc.755A pair 168,000円
http://www.westernlabo.com/73_2515.html

555W RECEIVER ¥520.000-/pair
http://www.westernlabo.com/PDF/page05.pdf

22A HORN Cured HORN ¥735.000-/pair
http://www.westernlabo.com/PDF/page08.pdf

有限会社 ウエスタンラボ 〒359-1133 埼玉県所沢市荒幡513-5
営業時間 10:00〜19:00 定休日 水曜日
http://www.westernlabo.com/


31. 中川隆 2013年6月12日 20:08:06 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


ウェスタン・エレクトリックの復刻版スピーカーケーブル 2012/03/07


私が最も信頼するスピーカーケーブルはウェスタン・エレクトリックです。

状況に応じてWE16GAとWE14GAを使い分けております。

色付けの無さ、フラットさを演出することにかけてはウェスタン・エレクトリックの右に出るものはないとさえ言えます。スタジオ・モニターやSR用などのプロ用スピーカーに使ってこそその真価を発揮します。

但し、今はウェスタン・エレクトリックのスピーカーケーブルは製造されておりません。ウェスタン・エレクトリック自体が消滅しており、流通しているのは何十年も前に製造された分の僅かな在庫のみで、それが尽きてしまったら終わりというヴィンテージ中のヴィンテージと言えるほどの希少なものです。

オーディオアクセサリー誌の2012年春号に、ウェスタン・エレクトリックのスピーカーケーブル復刻版が登場、という記事が載っており、目が釘付けになりました。

販売しているのは、早稲田大学内のベンチャー企業である潟uライトーン。

Bright Tone Co. Ltdhttp://www.bright-tone.com/
http://www.bright-tone.com/pages/13.html
http://www.bright-tone.com/pages/2.html

このケーブルは、AIW(American Insulated Wire Corporation)が、当時と同じ材料と製法によって復刻したものだそうです。

ラインアップは太さの異なる14GA、16GA、18GAの3種。PVCの絶縁と綿の被覆が施されたもので、これはまさにウェスタン・エレクトリックのスピーカーケーブルのトレードマークと言えるものです。但し、ツイン・ケーブルではないので左右のスピーカーに使う場合は4本必要とのことです。

AIWという会社が気になるところですが、1881年から1995年まで存在したウェスタン・エレクトリック社の委託生産を手掛ける大手メーカーで、「KS13385L-1」の型番を持つ各種線径のケーブルをウェスタン・エレクトリック社にOEM供給していたそうです。

ウェスタン・エレクトリックのスピーカーケーブルはOEMだったのね・・・

そもそもウェスタン・エレクトリック社は、アメリカ最大手の電話会社であるAT&Tの製造部門として主に電話機などを作っていました。映画館向けに音響機器を製造していた時期もありましたが、真空管のアンプやスピーカーユニットの製造ラインはあっても、スピーカーケーブルを作るところまでは手が回らなかったのでしょう。ケーブルというのは高度な技術を要する製品です。恐らくかなりの設備投資が必要で、専業でないと優れたものは製造できないのかもしれません。製造委託をした方が早いといったところでしょうか。


ケーブル専業メーカーの筆頭はベルデン社です。

オーディオケーブルはよく知られるところですが、それ以外に軍事用など様々な用途向けに、ありとあらゆるケーブルを製造しています。製造するだけでなくソリューションも手掛けております。

オーディオアクセサリー誌には、記事だけでなくブライトーンの広告も載っていましたが、非常に気になることが書いてありました。

サイズ14GA:低域が力強い
サイズ16GA:低域から高域までバランスが良い
サイズ18GA:広がりがある、ツイーターや内部配線向き

という説明がされていました。

もし、ウェスタン・エレクトリックの復刻版スピーカーケーブルを購入しようと思った方がおられたら、上記の説明はデタラメなので鵜呑みにしてはいけないと警告しておきます。

ウェスタン・エレクトリックのスピーカーケーブルの正しい使い方はこうです。

サイズ14GA:5〜6mほどの長さで使うこと
サイズ16GA:3〜4mほどの長さで使うこと
サイズ18GA:2mほどの長さで使うこと

サイズによって使う長さが決まるのがプロ用のケーブルです。上記のようにして使うと、いずれも同じ結果になります。それはフラットな音、つまり低域から高域までバランスが良くなるということです。

プロ用のケーブルには低域が力強くなるなどといった味付けは一切施されておりません。

例えば、14GAを使って低域が力強く感じられるというのは、音のバランスが崩れたことを意味します。ケーブルの長さが足りないだけの話です。5〜6mで使えば低域から高域までバランスが良くなります。

プロ用のケーブルというのは、如何にフラットな音を出すかを最終的な目標として製造されているのです。アンプとスピーカーの距離は条件によって様々です。ケーブルの長さが異なってもフラットな音を出せるように、サイズ、つまり芯線の太さのバリエーションがあるというわけです。ケーブルの長さと芯線の太さの組み合わせでフラットな音に追い込むというのが正しい使い方です。

オーディオアクセサリー誌には、「福田屋セレクション スピーカーケーブル・スクランブルテスト」という記事も載っていましたが、テストをするに当たって、どのくらいの長さで試聴したということは一切書かれていませんでした。オーディオ評論家の福田氏は、スピーカーケーブルの長さと太さの関係をわかっているのでしょうか?それ以前にフラットな音がどういうものかをわかっているのでしょうか?

更に酷いことに、端末処理で音質がアップする、ということで、推奨するYラグやバナナプラグの紹介までしていました。ロジウムメッキの高剛性材を使った製品が解像度でも有利とまで書いてあります。そんなものを使ったら音が曇ってしまうというのに・・・

ウェスタン・エレクトリックの14GAもテストしていました。スペックからすると個性的な音がするのではないかと想像していたそうですが、至って現代的な性能だと驚いている様子でした。プロ用ケーブルは至極真っ当な音しかしないんですよ。

プロ用機材を導入して真っ当な音を聞くことができるようになりましたが、オーディオ雑誌に書いてあることはデタラメばかりだと改めて感じる今日この頃です。
http://audiomyhobby.at.webry.info/201203/article_2.html

PRO CABLE

WE18GA ウェスタンエレクトリック(復刻版!)全国最安値!

★当店のWE復刻版は、当然ですが、A.I.W.社のものです。

どことは言いませんが、バカ高い復刻版を販売している業者の記述に、品質の異なる安価な類似品にご注意ください。という記述を見ましたので、こればかりは明瞭にしておかなくてはならないと考えました。

当店がそれだと、誤解される可能性があるからです。なんというモラルなき業者どもであることか。事実は全くの逆であり、当店のWE復刻版は、正真正銘の本物ですので、他店が高い値段で売っているだけだというのが本当のところです。これには厳重に注意して下さい。

◎当店のWE復刻版は、AIW社製スピーカーケーブルが、「オーディオアクセサリー銘機賞2013」において【スピーカーケーブル部門 カテゴリー別】を受賞した、その現物そのものであり、

◎AIW社製Western Electricスピーカーケーブル復刻版14GAが、18GA、16GAに引き続いて、Stereo誌7月号の「Stereo試聴室の話題の新製品を聴く」で【特選】を受賞した現物そのものであります。18GA、16GA、14GAと、3種類全てが、そのような名誉を「受賞」している現物そのものと全く同一のものです。

------------------------------------------------------------------------------

伝説の「WE」(ウェスタン・エレクトリック)のスピーカーケーブルの「復刻版」です。これぞ本物中の本物の「復刻版」になります。それの2mくらいで接続する時のベストの太さのWE(ウェスタンエレクトリック)の18GAです。A.I.W.社による「復刻版」ですから、新品になります。

さて、ネットで、全国に出回っている、この「復刻版」のWE(ウェスタンエレクトリック)を調べてみましたら、次のようにでて来ました。


>仕掛け人は、早稲田大学内のベンチャー企業である(株)ブライトーン。
>このケーブルは、ブライトーンがAIW(American Insulated Wire Corporation)
>に依頼して、当時と同じ材料と製法によって復刻したものだそうです。ラインアップは
>太さの異なる14GA、16GA、18GAの3種。PVCの絶縁と綿の被覆が施されたもので、こ
>れはまさにウェスタン・エレクトリックのスピーカーケーブルのトレードマークと言え
>るものです。


★上記の記述は間違っています。

上記の記述は間違っています。オークションでWE(ウェスタンエレクトリック)を売っている、某・有限会社が米国まで行って、復刻版の製造をA.I.W.社に依頼したものであり、(株)ブライトーンは、某・有限会社から、復刻版を卸してもらっているだけです。それが実態です。

さて、当店も全く同じWE(ウェスタンエレクトリック)の復刻版を扱う事となりました。同じものではありますが、高嶺の花であったWE((Western Electric))の「復刻版」を、他店より遥かにお安く提供致します。


we18ga

18GAというのは、太くないです。今の標準からすると、ずいぶん細いほうだと思います。しかし、普通の能率のスピーカーを駆動するには、十分な太さになります。

あまりにも太いケーブル、見てくれだけの高額なケーブルは、音をおかしくします。

100ボルト電源の場合、太いケーブルでは切れる音にならず、すりガラス越しの音のようになってしまいます。その原因は、ケーブルにあります。音が見事に切れて、生音に近づけるに、WE(Western Electric)18GAを2mほどで使用するには、ベストスピーカーケーブルの一品になります。


--------------------------------------------------------------------------------

アルテック、ジェンセン、JBL、タンノイのモニター系、それらを完璧に鳴らすには、WE(ウェスタンエレクトリック)のスピーカーケーブルが必用です。独特な、洗練されきったフラット感が必用なのです。上記のプロ用スピーカーが、どれもこれも鳴らしにくいこと、このうえないのは、現代のスピーカーケーブルの品質が悪すぎることが、原因の一つです。

WE(ウェスタンエレクトリック)のフラット、それは、100年続いた思想の中での「フラット」という意味にとられても構いませんし、現代においては、レコーディング・スタジオや放送局だけが残している、「本物のフラット」の音のことです。いや、それよりさらに美しいフラットな音のことです。

「WE」(ウェスタン・エレクトリック)についてご存知ないかたに少し説明を加えておきます。エジソンが出た直後から米国には、「WE」(ウェスタン・エレクトリック)という会社が登場しています。途中で社名をルーセント・テクノロジーに変えており、米国では、一種の謎めいた、帝国的な存在になってしまいましたが、今もそれは伝説的に、「WE」(ウェスタン・エレクトリック)と呼ばれています。

50年も60年も前の「WE」(ウェスタン・エレクトリック)の真空管アンプは、とてもタフで、今も映画館などで現役で使用されており、それが放出されると、200万円だの、状態の良いものですと、それ以上の値段で取引されている代物です。勿論、音が素晴らしく良いから、その値段が付くものですが、60年前の骨董品のようなプロ用アンプに、民生用のどれを持って来ても、到底かなわないという事実が、面白いと思います。それは、スピーカーケーブル一つとっても、全く同じ現象が起きています。


 
さて、このWE(ウェスタン・エレクトリック)の復刻版のスピーカーケーブルは、A.I.W.社という米国企業が製造しております。昔からWE((Western Electric))社は、自社で何かを製造するということがなく、常に下請け企業に、WE((Western Electric))の製品の製造は任せていました。スピーカーケーブルの場合には、それがA.I.W. 社だったのです。

WE(Western Electric)18GAという太さは、今の常識からは、とても細いです。しかし、細くて良いのです。いや、細くなくては、スピーカーの能力は、十二分に引き出せません。


さて、この写真は、ケーブルの構造です。ビニールみたいなもので絶縁されており、その回りは、美しい綿布で覆われています。とてもコストのかかる、二重構造になっております。これも理由があります。綿は帯磁しませんから、あえて使われています。オリジナルは、二本の線が、適度なピッチでよってあ ります。これも理由があります。ノイズを拾うことを、適正に、避けるためです。


当店の出す復刻版は、あらかじめよってあるものを出しております。

ストレートのケーブルを四本でバラで売っているのが、普通の復刻版です。したがって、値段は、そちらは倍になります。


「WE」(ウェスタン・エレクトリック)のスピーカーケーブルは、おそらく、アルテックやJBLの箱の内部のスピーカーケーブルより、高品位なものなのでしょうから、スピーカー内の配線を交換するならば、このレベルでないと意味がありません。勝手に太いものに交換されてしまっておられる場合は、おそらく、音を悪くしているだけですので、元に戻してあげて下さい。その際の適切な太さは14GAでもいいのですが、16GAくらいでしょうか。

世界最高峰のWE(ウェスタンエレクトリック)、伝説のWE(ウェスタンエレクトリック)の「復刻版」、

2m接続時の標準ともいえるWE(Western Electric)18GAのスピーカーケーブルをどうぞ。

通常100ボルト電源ですと、2mあたりが適正使用範囲です。もちろん機材やスピーカーによって変動がありますので、必ず合うとは言えません。平均がそれくらいという意味です。それ以上長いケーブルがご入り用のかたは、16GAを使ってください。

完璧主義の、そのまた上をいく、完璧なケーブルが、この、WE(ウェスタン・エレクトリック)、より線18GAの、復刻版です。
http://www.procable.jp/products/replica_we18.html


32. 2013年7月21日 15:49:27 : W18zBTaIM6

WE真空管トライアルのホームページ
http://music.geocities.jp/trial300b/index.html


WE171AーM レプリカトランス


WE171Aトランスの音色を範として、何度も何度も試作を繰り返して完成いたしました

ST-171A-M シングル一次3.5kΩアウトプット・トランス

一次インピーダンス: 0 - 3.5kΩ
二次インピーダンス: 0 - 8 - 16Ω

定格電流: 75mA

周波数特性: 22Hz - 20kHz (-2dB)
実測図参照

サイズ: 68mm×88mm×83mmH
取り付け寸法: 52mm×65mm

外装:黒艶消しレザートーン


コア材はオリエント材、コイルは1個、1個

ピークが出ないように調整しながらのベテラン職人さんの手巻きです。

高域の暴れは、音色にかかわりNFBをかける時は大問題を発生させる元になります。

税込単価 ¥14.700-
ケース入り税込単価 ¥21,000-
http://music.geocities.jp/trial300b/repuricaTrans/repuricatrans.html
http://music.geocities.jp/trial300b/repuricaTrans/171A.html

WE ・電力増幅真空管
http://music.geocities.jp/trial300b/tube/we_st_tube.html


33. 2013年7月21日 18:40:47 : W18zBTaIM6

一番音が良いパワーアンプはVT-52シングルアンプ _ ウェスタン刻印入りは鳥肌が立つほどの音
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/440.html


34. 2013年8月01日 04:20:09 : W18zBTaIM6

配線の線材はWE製、銀ハンダで製作。

配線はWE製です。AWG22ですがAWG18が有れば良いのですが探せませんでした。メッキ線ですので、ハンダの「のり」は良く皮膜をカットする工具等を使い作業は早く終わりました。

単線は音が中域に寄り、撚り線はワイドレンジになるのが特徴のようです・・。

線材が少し細めなので、シンプルに見えます。ヒーター用のトランスを1個追加しました。厚みが30mmなので作業がしやすく、配線は楽にできました。参考までに線材は全長で約12m、銀ハンダは0.8mmで約5m使いました。

今回のアンプは、世界最高峰のWE製の単線のケーブルで配線してみました。

この線材は、AWG22ですので、太い線では有りません。
現代の常識からは、とても細い線です。詳しいことは分かりませんが、メッキ線の外側に布の様な物が巻かれています。これは帯磁を防ぐ為の様です。本来はAWG16のメッキ線のヨリ線等がスピーカー・ケーブルに有名の様です。

時々WEの電話線は駄目と言っている方がいますが、そんな話しは無いと思いますので、有ったら使ってみて下さい。有名なJBL、アルテックのスピーカやネットワーク等の中には、この線が使われているのは、この線の方が音が良いと言う計算の元に使われている様で、むやみに太い線に交換しても良い事は有りません。線材1つ取っても奥が深いですね・・・

ハンダ付けも銀製の物があるので、それを使ってみました。

煙の匂いが違うものの、使用感は変わり有りませんでした。雑誌を見ていて、完成品のプリント基板のハンダを除去して、銀ハンダで付け直して音が良くなった記事を見ましたが、感度の良い方はそれが分かるそうです。 
http://www.anc-tv.ne.jp/~suzuki3/amp_vt1_216a/a_vt1_216a.htm


35. 中川隆 2013年8月01日 09:59:06 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

ウエスタンのシステムをオリジナルの状態のコンビネーションで使用するというのは、ある意味で正解である。ウエスタンは、まさにその状態でバランスをとっている。ウエスタンのスピーカーのリード線などを見ても、こんなところに細くて純度の低い銅線を何故使用するのだろうかと思うが、実はそれでもってバランスをとっている。6Nや7Nを使用すると破綻することがある。594Aのダイヤフラムのリード線も細い。オリジナルのWE755Aのリードも初期は細い。

アルテック以降の755Aでは、"良い"銅線が使用されている。バランスというものの本質が分かっていない後期の設計者が、抵抗値が低ければよい音になるだろうと思って、変えてしまったものかも知れない。いずれにしろ、ALTEC 755Aは、外見も仕様も全く同じだが、Western 755Aの音はしないのである。http://homepage3.nifty.com/western/audio/nazo2/nazo2.htm

スピーカーケーブルの長さで音が変わる  

WE755Aは、8インチの秀作、不世出のフルレンジ・ユニットである。このスピーカーは、高能率で実に細かい音を再現するに長けているが、ボイスコイルのインピーダンスが4オームと低く(ごく普通のスピーカー・ケーブルでは特に顕著だ)、アンプとの接続が全長1メートルくらいでは20センチ程度の長さの差があると音に出てしまう。むっとして、ケーブルを短く切るが、短ければ短いほどによい。理論的にも現実的にもケーブルは無いのが理想的である。

  低いインピーダンスのスピーカーは、ケーブルの影響を受けやすい。SPケーブルが長い場合、ケーブル自体の抵抗が多くなり、アンプ側からみると、ボイス・コイルを駆動しているのか途中の配線を駆動しているのか、訳がわからなくなる。
http://homepage3.nifty.com/western/audio/sp_cable/sp_cable.htm


36. 中川隆 2013年8月01日 10:02:13 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

常識的にはスピーカケーブルの抵抗値は低い方が良いのですがそうでもないことが多いことは皆さんもよく御承知のことと存じます。とくにこの Goodmans Axiom80 はその最たるものでしょう。ラウザーユニットとは異なってインピーダンス変動が大きく、常識が通用しないことは驚くべきものがあります。
http://www.audio-maestro.com/ma2.html


37. 2013年8月01日 10:05:06 : W18zBTaIM6

デッカ「デコラ」で使われているスピーカーコードを古い単線に換えてみました。
ところがどうでしょう、高音がきつく、堅くてうるさい音になってしまいました。

換えた理由はオリジナルがビニール被膜だったからです。ビニール被膜のコードは音が良くない!と頭で決めた先入感があって、いつかは換えてみたいと思っていました。しかし結果は全く裏目に出ました。安心して音を聴いていられないのは、落ち着かないことこの上なしです。

さらに悪いことに、オリジナルのコードを捨ててしまったのです。ああなんということを、と思っても時既に遅し。覆水盆に返らずです。そんなこんなで居ても立ってもいられず、取り敢えず単線は外し、布被膜の撚り線にしてみましたが、多少の改善は見られたものの、「デコラ」オリジナルの音には復しません。

ビンティージ・オーディオはそれが創り出された当時の完成度が、コード一本によって歪められ、バランスが崩れてしまう、ということが本当によくわかりました。オーディオはトータルバランス。http://bud-jazz.dreamlog.jp/archives/4989053.html


38. 2013年8月12日 12:54:19 : W18zBTaIM6

今 大人気の WE101D
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/445.html

山中湖 ペンション すももの木 _ 真空管アンプのロマンと言えば WE300B
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/425.html

一番音が良いパワーアンプはVT-52シングル?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/440.html


39. 中川隆 2013年8月15日 19:40:44 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


映画に音が付いたのは 1927年前後でしょうか
トーキーって奴ですね

高いお金を取る劇場のため 家庭用の電気蓄音機とは桁の違うお金がかけられました。

ベルリンオリンピックの民族の祭典やハリウッドを見れば判ることですが、(ムッソリーニのチネチッタも) 当時の映画産業全体が国威発揚のための国家的事業だったのです。

共産国ではありませんから私企業のかたちにはなっていました。
米国でその音響部門を担っていたのが、ウェスタン・エレクトリック

アメリカでは電話も公営ではありません

アメリカの電話を作って来たのがベル電話会社、後のアメリカ・テレフォンアンドテレグラムAT&Tです。
その海外版がインターナショナル・テレフォンアンドテレグラムIT&T

AT&Tの音響通信機器製造部門がWE。その一部門があのベル研究所です

トランジスタの発明もベル研究所、特許はWEが持っていました。

当初、映画の為に使われたWE41・42・43と言った機械はとてつもなく大掛かりなものでした。

WSIの土井さんによれば映画のフィルムとは別のディスクを音源とする仕組みから、映画のフィルムに音源が仕込まれた光学式(サウンドトラック付き)に映画の音響が統一された頃、

1933年にはWE300Aと言う真空管が開発されています

それを使ったWE86というアンプが1934年に出来ています

この真空管のおかげで それまでの大きなアンプを随分小さな仕掛けに出来るようになりました

その後それ以前のWE42・46といったアンプにも使える様に改良されたWE300Bが1938年に出来ましたhttp://kawa.weblogs.jp/things/2007/01/2_af93.html


WE43A

kaorin27さんのアンプレストア
http://kaorin27.blog67.fc2.com/

を拝見している内に思い出しました。手放してしまったWE43aの内部に通じる所がありそうです。太さが6mmもあるような線は、綿か何かの表面の下にゴムだかコールタールだかの被服があってメッキより線を覆っていたような気がします。そうした太い線が直角に折れ曲がりながら宙を飛んでいる所が少し似ている様な気がしました。ただラグ板に付いたCR類やトランスはドイツ製の方が近代的に見えます。これは年代の違いでしょうか。

写真の真空管の下のでっぱった箱の中はすべてコンデンサーです。トーフより大きい奴がずらっと並んでいました。全体では巾が40〜50センチ高さは60センチほどの大きな箱ですが、ブースターアンプですから211PPの1段しか入っていません。4本並んだ211のうち2本は整流管です。

オイロダインを買った後、お店で聴かせてもらったのはWE41とWE42の組み合わせに十字の付いたショートホーンというか平面バッフルで4181,巨大なマルチセルラホーンとの組み合わせでした。

ドライバーは555だったのか594だったのかわかりません。

渋谷Loftの喧噪の中でフロアの端にいても聴き分けられます。だのにホーンに首を突っ込む様にして聴いても五月蝿くありません。音が通るってああ言う事でしょうか。手足が一本線だった頃のミッキーマウスをDVDで見せてもらいました。それまで意識した事も無かったのですが、単なる効果音一つにフルオーケストラが見える様でした。

映画のLDの中でテーブルの上にコップを置くシーンがあったのですが、テーブルの木の厚さやコップの重さまでが伝わって来ました。びっくりしました。

ずっと昔30年程も前でしょうか、ラジオ技術誌やMJ誌を読んでいる内に、マッキン・マランツじゃない世界があるらしい、

一部の人達に取ってこの世で一番偉いのはウェスターンらしい事に気が付きます。

鳴らしているという喫茶店や専門店をいくつかのぞきましたが、思い切り角のまるまった、立ち上がりの遅い音でした。だからあれはノスタルジーの世界の問題なのだろうと馬鹿にしていました。

本気の本物を初めて聴いて驚きました。

買ったばかりのオイロダインを、どうしたらあんな風に鳴らせるだろうかと尋ねた所、41・42と揃えて行くのは大変だ。どんなアンプでも出口にこのブースターアンプを付ければ安くても似た効果があると薦められたのがWE43aでした。

実際100w200wの石アンプの後に9wのWE43aを繋ぐと遥かにスケールと骨格が大きくなります。

アンプの出力信仰を持った人には聴いてもらわないと信じてもらえないでしょうね。少し角が丸くなる所があります。ただ2〜3時間程鳴らして暖まるとスッと立ち上がりが良くなってそうした事を感じさせません。

いまは41・42・43などと揃えると、とんでもない値段の話になってしまいます。

好きな人は昔からいましたが、猫も杓子もウェスターンなどと騒ぎ出したのは管球王国が出てからの話です。

昔のステレオサウンドでは、ラックスと上杉以外の真空管アンプやリムドライブのターンテーブルは、実用以外の骨董であってまともな論評の対象でないとはっきり言ってました。それを全うしてくれれば、それはそれで一つの見識かも知れません。言い換えるとあの豪華な宣伝ページを真空管のガレージメーカーや骨董屋さんが埋める事など有り得ないという社会構造の問題だったのでしょう。

オーディオ市場の縮小と供に今まで相手にもしなかったニッチな世界にまで進出するその節操の無さに少し抵抗がありました。MJ誌やラジオ技術誌に比べてその影響力の大きさが良く分かります。

AUDIOの世界には自分で作ったり試したりする事よりも、厚くて立派な本の綺麗なグラビアを眺めながら、いつかはタンノイなんて、ブランド信仰と神話の世界を彷徨う事が好きな人の方がずっと多いのでしょう。神話と迷信という意味では自作派にだって相当におかしな所があります。ブランド信仰でも迷信でも無いつもりでしたが、私も神話が嫌いとは言い切れません。

コメント

WE43は、中々手を出せない機械のNo1ですよ!

パワーアンプがある後に付けるものですからねえ。
でも、その変化が捨て置けないものだとは容易に想像が出来ます。

手放した機械は「昔付き合った彼女」のような淡い思い出を残しますね。( : ;)
投稿情報: ローゲ | 2009-03-04 21:22
http://kawa.weblogs.jp/things/2009/02/we43a.html


40. 2013年8月15日 23:22:45 : W18zBTaIM6

三上剛志氏は日本におけるオーディオの最も偉大なアマチュアの一人である。

30年以上かけて忍耐強く、情熱を持って収集された彼の切れクションアイテムの一つ一つが「ヴィンテージ」と呼ばれるのにふさわしいものである。


ウエスタン・エレクトリックのコレクション

2階の広い居間には主にウエスタン・エレクトリック製品で構成されている二組のシステムが置いてある。

ベルシステム研究所のチームと共に作業をしたこの企業についてここで詳しく触れることは不要であろう。この企業は1927年に誕生したトーキーの為に考案された音響再生用システムを1926年より完成させた。

これらの劇場用設備の中心的なアイテムの一つは有名なコンプレッションドライバーのWE555Wである。

その設計は当時にしては非常に進んだものであった。 何故ならハイファイ又は音響装置の応用例としての近代のコンプレッション・ドライバーの大多数の基本となったからである。

WE555Wの他のにはWE594A、WE713などが作られた。それらはシンプルなタイプのホーン部(WE3A、WE32)、 扇方(KS12025)、多段(WE25A)又は折りたたみ式(KS6368、KS6373、WE15A、WE16A)等のホーン部と組み合わせることが出来る。


非常に優れたリスニングシステム二組

約60平方メートルあるこの部屋では、鑑賞は78回転とLPレコードを使ってモノラルで行われる。大きなソファーの両端に二つのリスニングシステムが配置されている。居間の壁の一つは木製のレンガのようなもので出来ており、それぞれが前後に多少ずれた形になっているので、それはシュローダーのディフューザーに似ている拡散効果をもたらす。

床に置かれているWE15Bホーンが部屋の片側に配置されている。
Y字形のスロートはペアのWE555Wのレシーバーが組み合わせるように出来ている。
この大きなホーンは145cm×145cmの四角い開口部を持つ。

ホーンを伸ばた時の長さはおよそ3.5mであり、それによって推奨値が約250Hzのところ、約90Hzの低域カツトオフが得られる。このホーンの開口部が映画館のスクリーンの後ろに通常に設置されている場合は垂直の配置となり、音響軸は観客の方に約15度の角度を持って下方に向けられる。ここでの使用の場合は、ホーンは床に置かれる。床置きの場合、音響軸はおよそ10度の角度でやや上向きにある。

ホーンの側面に白いラインで書いてある目印がその調整を容易にする。ホーンの内部のやや後方、WE555Wレシーバーと同じ位置関係に高音用としてWE713Aのレシーバーと扇形ホーンKS12024を組み合わせたが置かれている。

250Hz以下の周波数はウエスタン・エレクトリック社のWE4181に影響を受けたエルタス4181Eというフィールド型46cmスピーカー2個によって補われる。そのエンクロジャーのボリュームは約600リッターである。

反対側にはリスニング・システムが二組、隣同士に並んでいる。左側にはWE15Aの小型のようなWE12Aホーン、そしてその下には非常に珍しいWE13Aと言うホーンがある。それはセクションが四角形の,螺旋形ではなくU字形に折り曲がっており、切り込みとレシーバーは開口部の近く、ホーンの上に設置されている。

このシステムの右側には前面のホーンがM字形に折り曲げられた大型のTA7387がある。背面のチャージが閉鎖された、このホーンの折り曲げられた三角形のセクションは46cmのスピーカー、WE4181が2個組み合わされる。

中音の経路はとても珍しいWE25Bという15段のホーンを採用している。多段のホーンの大半とは異なり、その前部は曲線ではなく、直線であり、それが各段にそれぞれが少しずつ違うサイズで、違う低域カットオフ周波数を与える。

それによって、より拡散する全体的な低域カットオフを得られることが可能になり、全ての段が同じカットオフ周波数を持っているホーンに比べ低音の経路へ繋ぎやすい。

このホーンはY字形のスロートと2個のWE555Wのレシーバーに接続されている。6kHz以上の周波数は、ウエスタン・エレクトリックブランドの中でもコレクターによって最も探しもとめられているものの一つであるWE597Aというツイーターに任せられている。

良好な状態のWE597Aは一組に5万フラン払うことを惜しまない愛好家もいるが、まずは見つけなくてはならないし、無ければエルタス又はカンノのオリジナル複製もので満足しなくてはならないことになる。このレシーバーのツィーターはジュラルミンのドームと、その前にはホーンがついている。WE555W同様、磁気回路は7V(モデルによっては24V)で作動するフィールドコイルを利用している。

三上氏はさまざまなフィールド型スピーカーの為に貴重な時代物の水銀の蒸気を利用した整流管を所有している幸せなオーナーの一人である。細かいことであるが、聴取の質に大きく違いが出るものである。

それは MotiographSE 7520のことである。それらのホーンの前にはWE86850「リプロデューサー」が床の上に設置してある。言い換えると、レコードプレーヤーの原型である。ウエスタン・エレクトリックのターンテーブルとア ームにオイルバスによる減衰を使ったWE4が組み合わせられている。平均してレコードを2枚聴いたら交換しなくてはならないレコード針はアコースティック蓄音機で使われているものと同じである。

増幅はウエスタン・エレクトリック社によって初期に製作されたWE205Dという直熱式の三極管が使われている。


電子機器と変調のソース

上記のスピーカーシステムに関連する電子機器は次のとうり。

ウエスタン・エレクトリックWE41A(レベル調整用に一定のインピーダンスの減衰機を備えた)ライン・プリアンプ。とてもシンプルで左右対称なその回路は1927年製の3個のWE239A三極管で構成されている。

同じタイプの2個のWE205Dによって構成されている電源に接続されたWE205D三極管を使った一段、プッシュプル式アンプWE42A。整流バルブが取り付けられている。

WE211E三極管を使ったプッシュプル式アンプWE43A,ダブルオルタネーションの整流には整流バルブが付いた別なWE211E一組が使われている。

ビニールレコードと78回転レコードはデンマークのオルトフォン社によってオーダーで作られたターンテーブルによって再生される。カッティング用に使われるモーターは15cm以上も高さがあるものである。本来の組み立てはコンソールにておこなわれいたが、特注で作られた家具にすべて設置されている。

この家具には四つの扉が付いており、上の二つを開けると昇圧トランスが入っており下の二つにを開けるとモーターが入ってる。蓋はガラス張りになっており、蓋を閉めたままでの聴取を可能にし、音響の反響を最低限に抑える。トーンアームはオルトフォン社のRA212モデルである。使われているセルは主にオルトフォン製(タイ プA、B、C)、エラック、フェアチャイルド、GE製などである。

聴取しながら三上剛志氏はハイファイの純粋主義者としての状況で使用するより、歴史的価値や、当時の製品への技術的インパクトを重要視するコレクターである。この使用方法であれば、当時の最高の構成要素を選択し、出来るだけ良い物を引き出すように、時折改良を加えながら使いこなすことも出来たはずである。

しかしそれは三上氏の場合は、違う。彼は、少なくとも彼のコレクションのこの部分に関しては、これらのさまざまな構成要素を当時の状況で使うことを選んだのである。

唯一つ取られている防護策とはそれぞれのパーツがきちんと作動していること、そしてその当初の性能を定期的に、そして細かく確認することである。このような聴取スタイルに慣れるのは早い。

78回転レコードまたは1950年代前半のモノラルLPレコードの限定された周波数の中からキャッチされる多大な情報の量、そして低すぎもせず、高すぎもしないバランスの取れた滑らかな再生に魅せられ、驚かされるのである。

同時に、比較の対称として例えば非常に優れたとされる現在のシステムで、一つのチャンネルだけで再生される、そして60Hz以下と10KHz以上が失われた音を聞くとどうだろうと想像してしまう。この装置では、音声バンドに均一に拡散され、広げられた針音は音楽情報から完全に分離している。

最も素晴らしい結果は、低音をWE12A/13Aを組み合わせた折り畳み型の大型ホーン部と、高音にWE597Aツイーターによって得られたものであった。例えば「レスター・ヤングの最後のメッセージ」(バークレイレコード)のような古いレコードの、モノラル、狭周波数帯での聴取にもかかわらず、このシステムは部屋の中の特定の場所にいなくても素晴らしい奥行きのある音を際立たせてくれる。

聴取はその他のオペラ歌手のレコードやクラッシック音楽で引き続き行われたが、それは甦った楽しみであり、同時に必要な時には必ずきちんと細かなところまで聞こえてくるのである。ウエスタン・エレクトリックによって驚かされるのは初めてではない。
http://www.gokudo.co.jp/Book/book2000/index.htm


41. 2013年8月18日 01:57:45 : W18zBTaIM6

Western 男になるのじゃ!

今日の一品は、Westernのモノラル装置の中核を担ってもらうこちら

WESTERN ELECTRIC  14A LOUD SPEAKING TELEPHONE OUTFIT
http://blog-imgs-38.fc2.com/k/a/o/kaorin27/DSC02723.jpg


WE216A のPPアンプにWE527Wマグネチックドライバー+木製ホーンの3in1といった、お買い得品です。

多分、200Ω 1vくらいの入力があれば直ぐに使えるんじゃないかしら。
エリミネーターは作らなきゃだけど。

真空管はこれ
http://blog-imgs-38.fc2.com/k/a/o/kaorin27/DSC02733.jpg

キューピーの頭のようなグローヴ。想像していたより大きかった。

底板を外して、全体の構造を見る

http://blog-imgs-38.fc2.com/k/a/o/kaorin27/DSC02732.jpg

「15」って書いてあるとこが木製ホーン。

ホーンのネックを取り囲むようにして、INPUT、IST、OUTPUTのトランスと3個のソケットがあるだけって感じ。

真空管の仕様書にはそれだけしか書いていないのが普通だから、現代真空管アンプの他の部品はオプションってことですね。

くどいようだけど、最初 WE555を買った時分は、WEといえども単なるブランドの一つだった。
アンプならマランツの方が高いくらいのイメージだった。
このところ何かおかしいよね。WEに対する崇拝風潮がさ。

この14Aも直熱管のアンプとスピーカーとホーンが付いて安かったから買ったんだ。すぐに音を出せそうだし。
JensenやALTECで揃えたら、バカ高くなっちゃうから、きっと。


そんな訳で、むかーしのミニコンポの紹介でした。
http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-125.html


「うえすたん」という会社

毎度のことだが、古い機械ばかり弄っていると不思議な感覚に見舞われることがある。
自分の脳が眩暈を起こすとでも言うのだろうか・・・世間的にはとんでもなく汚いものが美しく見えてしまうのだから、これは明らかに病気だ。


古い機械だから、まあ大概は汚いしボロイ。
シャーシは隙間だらけだし、その上業務用であればデザインだってゴツさばかりが先に出ている。

しかし何と言うか「畏怖の念」を感じるのはオーディオに限らずいつも古い機械達だったことも正直に告白できる。

「畏怖の念」とは、同じ工業生産品で言うと江戸切子や寄木細工を目の当たりにした時に

「もうしませんから、かんべんしてくださいーー」

って土下座せざるを得ないようなパワーのことだ。

その源はなんだろうと考えてみると、職人さんの仕事に打ち込む「情念」の有無だろう。

一流の斬新なデザインに、最高に良質な材料を使って、どれ程高精度な加工を施してもインダストリアルな製品ではたどり着かない世界があるに違いない。

まあそんなことは誰もが分かっているが、その道ではど素人の僕よりずっと江戸工芸に造詣の深い人だってオーディオなら音や使い勝手で現代品を持つ方が余程多いと思う。

オーディオにも職人芸を求めてしまうから、自分は脳が眩暈を起こしていると言うのだ。

さて、ステレオ音響なる近代のカラクリに現を抜かし、さらに大切な原典のオーディオを長いこと蔑ろにしてしまった。

こと此処にいたって、いよいよ自責の念に耐え切れず、まずはSP盤の電気再生におけるパワーアンプのメンテナンスに取り掛かることにする。(まだ宣言にすぎないか!)

で、随分以前に入手した 「WE-14型リプロデューサー」 である。もう2年も前だ(汗)

これがアンプボード(木の板に組まれたアンプ部)の全てだ。

http://blog-imgs-17.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT0365.jpg


抵抗・ゼロ、コンデンサ・ゼロ(外付けで1個!いるらしい)・・・
真空管のあいだをトランスで繋いだだけ。

下手な写真で正しく伝わらずに大変恐縮だが、この板といい、トランスといい、ツマミ一つを取ってもその仕上げの美しさと言ったら息を飲むばかりである。

http://blog-imgs-17.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT0352.jpg
http://blog-imgs-17.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT0358.jpg


いつの時代(1922年のようだ)にどのような目的で生産されたかは知らない、こんなナリでも家庭用なのかとも思う。しかし豪華絢爛なオーディオやラジオ、高級乗用車などとは明らかにタッチが違う。

横須賀や厚木の基地でお祭りの際に閲覧できる戦車や戦闘機の備品のような「ポッタリとしてツルン」としたタッチだ。
もう少し普遍的なもので例えると、昔の電車の運転席(クリームの塗料を厚く塗っていたやつ)に近いだろう。

工業生産品を越える何かがあるのかは知らないが、今に至るまで多くの人の気持ちを引き付けるのはやっぱり稀な存在だからと思う。

これで、音まで良かったら反則だ!
でも、僕の脳はもう聞かなくたって音が良いに決まってると告げている。

「戦前のうえすたん」という会社はきっとそういう会社だったのだから。


コメント


まったくの門外漢なのですが、WEのモノの凄みというのは見ただけで感じるものがありますし、これでいい音がしないなんて詐欺です。
財力とメンテする能力があれば、きっと手に入れていたと思います。
WEを見ていると、「あんたにはまだ無理だよ」と言われている気がしてなりません。
2011/10/22(土) 16:12 | URL | メタボパパ #-[ 編集]

古いアンプ

ハムがブンブン、思いっきり角のまるまったWeを有り難そうに自慢しているのを聞いた事があります。今の基準から遠く離れた音をやたらと神格化するのもどうかと思います。

一方で単なる迷信だと決めつけられると、お前は聴いた事があるのか腹が立ちます。
暫く手元に置きましたがそのポテンシャルを十分に出し切るのには私自身が力足らずでした。
ちらっと聴いた他所の音について俺は聴いた事があると自慢するのも変な物ですしね。
2011/10/22(土) 21:09 | URL | kawa #EnGitwzo[ 編集]


Re: 素人ですが
WEに限らず戦前から残る機械は独自の世界感があるように感じます。
だからこそ残ったと言えますが、その世界を自分が本当に求めているのか?を自問自答する必要があるかもしれませんね。

一方戦後の物はWEであっても違和感無く組み込める、Tannoyと同じ選択肢の一つでしょう。

パパさんはTannoyを選択した人だってことだけですよ、無理とかではなく。
でも無理だと言われているように感じる「心」=物体に対するリスペクト
がオーディオをする上でとても重要なんだと思います。
2011/10/24(月) 03:18 | URL | kaorin27 #-[ 編集]

Re: 古いアンプ
戦前のWEの機械ならばもともとV-DiscやSP盤を聴くと似合いそうですが
CDを中心に聴いたら、機械本来の世界観とは随分異なった用法を求めることになり評価も変化するだろうと思います。

今の基準から言えば当時のWEは性能的には不完全な機械なのは論を待ちませんが、その時代のソースを合わせた時に部屋の空気を一瞬でセピア色に変える力は最新鋭機が100万回逆立ち下したって敵わないのでしょうね。

多分 ALTEC や Jensen も敵わないから今でもその世界では王者なんだと思います。

でも、使う人がセピア色の部屋が嫌いで窓が大きくて明るい部屋が好きだって
方にとっては、WEはいらないやってことになってそれでいいんだと思います。
2011/10/24(月) 11:01 | URL | kaorin27
http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-303.html


42. 2014年3月05日 22:05:48 : 2D6PkBxKqI

CD用ライントランスREP101A 2013年05月20日20:20

CD用ライントランスについてです。

レコードであれCDであれ音楽を聴く分にはまあまあというかそこそこの音で楽しんでいるので自分としては不満らしい不満がないのは幸せなことだと思っています。
何かを変えたり足し引きすれば当然のことながら音は変わります。

その変化を向上させていくのがオーディオの楽しみ方ではあるのですが、これは終わりのない世界なので、めんどくさがりやの僕は敬遠しています。
多少のことは目をつむって、音ではなく音楽に集中して楽しむようにしています。
ですが時に色気を出すことだってあります。
あるのは自然、ない方がが不思議でしょ。


さて、CD用に何種類かのライントランスを持ってこられたお客様がいましてね。
取っ替え引っ替え聴いてみると音はそれぞれ違った表情で変化するんですね。

大ざっぱに言えばちょっと詰まり気味で帯域が狭くなる感じ。
これだと入れない方が開放感があってむしろ良い。と、僕は感じました。

きつい硬いCD音のクセやニオイを消して、アナログレコードのような音にしたい。
そもそもの目的はそんなところにあるのですが、窮屈で精彩が失われては元も子もありません。

そんな傾向の中で一つだけ使ってみたいと思うものがありました。
それはウエスタンREP101Aという型番のトランス。

これなら押さえ込まれたような窮屈感を伴わず、無理に丸め込まれたようにもならず、それでいてどこか微妙にすっきりと音が落ち着いている。

そんな感じがして使ってみることにしました。
プレーヤーとの相性のことはよく分かりませんが、使用しているのはルボックスです。
http://bud-jazz.dreamlog.jp/archives/5149588.html


CD用ライントランスにWE197Aを 2014年02月24日09:32

偶々、CD用ライントランスにWE197を使ってみたところ、偶然にも、疲れない!という好結果を得た。

疲れないということは、楽にリラックスして聴ける。これは音楽を聴く第一条件。
CD音はどうしても硬いから、耳から入ってその奥が叩かれたように時間と共に疲れる。それが緩和されればその分リラックスできる。

疲れが少ないということは必要条件であって、決して十分条件とはいえない。
さらに、艶とか透明感などを求めて、音をおいしくし満足を高めようとすることは
自然の勢いというものだ。

しかし、ぼくはその先にいかない。
これがCDの限界であり運命だと、それ以上の望みは徒労だと、独断偏見して顧みない。

などとエラソウな分かったことは、理論も経験も技術もないからいえるのだ。
全ては変えないでが前提で、偶々の結果にそれなりの効果を確認したに過ぎない。
しかし、これによってCDがより親近感あるものになった。
と、いうのは間違いない実感だ。
別格のトランスという印象がする。
http://bud-jazz.dreamlog.jp/archives/5181350.html


WEコアリビルドトランス
http://www.pandcamp.com/trans/wetrans.html
http://www.pandcamp.com/menu.html


43. 2014年3月06日 07:24:51 : 2D6PkBxKqI

ライントランスについては

中川隆 オーディオ関係投稿リンク _ エフェクタとライントランス
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/451.html


44. 中川隆 2014年5月28日 23:43:41 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc
まがい物だとわかっててもつい買いたくなっちゃうよね:

ザ・キット屋 LM86B,LM91A追加販売のお知らせ 2014,01,13, Monday

 皆さん、こんにちは。今回は限定生産”LM86B”,”LM91A”の追加販売について告知させて頂きます。

両機は真空管アンプの歴史のなかで最高峰に位置する”WE86B”,”WE91A ”を可能な限り再現したレプリカモデルです。LM社がベースモデルを企画,製造し、当社が日本のハイエンドヴィンテージオーディオファンの皆さまに向け、高いクオリティと音質をご提供する”限定生産モデル”です。昨年秋の「真空管オーディオフェア」にてご好評を頂きましたのでこのたび追加販売に至りました。

 主要パーツは本製品のためオーダーメイドいたしました。特にトランス類に関しましてはWEオリジナルのトランスのコア材ならびに巻線仕様を徹底的に分析しWEサウンドを再現しております。また各真空管のフィラメント、ヒーターは全段交流点火とし、実体感あふれる再生音と豊かな倍音感を再現しております。

内部配線は主要部分にWEワイヤーを使用したオール手配線とし、往時の質実剛健なモノづくりを再現しております。Made by Line Magnetic, Tuned by SunValleyの「ダブルネーム」企画に是非ご期待下さい。

資料,受付方法等は郵送にてご案内申し上げますので、メールアドレス(kitorder@sunvalley-e.co.jp) あてご一報頂ければ幸いです。本製品はHPからのオンライン注文は承っておりません。

また両モデルにつきましては近日発売の「管球王国」71号(1/27発売)に掲載予定です。是非併せてご一読頂きますよう、お願い申し上げます。

LM86B(300Bプッシュプル:2台一組)
LM91A(300Bシングル:2台一組)
http://www.kit-ya.jp/column/index.php?eid=61


乗鞍高原 ペンション ウインズ
http://www.asyura2.com/13/ban6/msg/328.html


[32削除理由]:アラシ

45. 2014年6月17日 07:30:03 : 3cdYZYbVIc
>>44 が何故か削除されてしまいました。

『削除コメント表示切り替え』を押して表示して下さい。


46. 中川隆 2014年7月06日 15:01:34 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc

585:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2013/10/25(金) 19:01:06.58 ID:pJ8VIT66

LM86B
定価 1,260,000円(税・送料含む)
→募集価格 1,134,000円(税・送料含む)

LM91A
定価 840,000円(税・送料含む)
→募集価格 756,000円(税・送料含む)

パチモン屋大恥は気が狂ったのか?

685 + 1:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2013/10/31(木) 03:11:01.33 ID:PFoeq4bu
LMでもSVでも91だの86だのって。 誰か一度でも試聴室とやらでWEのオリジナルを見たり、聞いたりしたことはあるのかね。

583 + 1:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2013/10/25(金) 18:07:18.70 ID:wWL/DHvO
同じWE91型回路を用いたトライオードとの比較が面白いね。トライオードはお人柄か
一切

「巷の91型アンプよ! これがWE91型アンプだ!」

なんて大口叩かないね。
しかも真空管抜けばコンデンサー破裂。スイッチは劣化激しいSV91Bとはレベルが違う。
http://read2ch.net/pav/1377438995/


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/14(水) 23:22:57.44 ID:D6J5DD4g
サンバの91アンプ管泣応酷に出ている、WEのスピカと相性悪い。
一応、広告を出しているので、有るのスピカで試聴、カワイソー。

いまどきWEと同じトランスのコアなど入手できるワケないのだ。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/21(土) 18:14:11.79 ID:EPtd5vcG
パクリ、パクリと批判が多いけどさ、浅知恵巡らせた変な独自設計よりは素直にパクってくれた方が良い物出来るんじゃね?

300BのアンプなんかはWE91のパクリが一番良い気がする。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/21(土) 20:50:47.95 ID:IpGokAsM
それがパクるのは外観だけで310 2段に思い切りNFBかけ過ぎるから、リミッターがかかったようなWE91とは似ても似つかぬ音がするんだよ。トランスもウェルカムの安物だしな。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/23(月) 21:17:14.36 ID:VlDMhNtN
完全受注生産(10セット)のLM91Aの広告が雑誌に載っているけどまだ売れていないのか
これも推して知るべしってところか

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/06(日) 08:58:56.58 ID:Vvx9elbi
LMの91型を聞く機会がありました。
作り、音質ともに300Bシングルアンプとしては最高のアンプの一つではないかと思います。
勿論オリジナルのWE91が最良とは思いますが、 現行製品の新品が求められるという事を考えると貴重な製品です。
サンバの評判はともかく、LM社は大変まじめに努力されておられます。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/06(日) 13:21:12.29 ID:W+sq82mS
そんな中華コピーまがいモノを大枚はたいて買うくらいなら、まともな欧米ハイエンドをみんな買うよ。
まあ履歴からそういうハイエンドの代理店になれるとは到底思えないが。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1394807133/


47. 2014年7月10日 07:25:05 : 3cdYZYbVIc

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/06(日) 22:42:11.00 ID:4L8CYLuA

LM91なんて管球王国で酷評、

ウェスタンのSPと相性悪く、しかたなくアルテックで評価されてた。

広告を出しているにも関わらず‥‥
攻酷か?


48. 中川隆 2014年7月18日 19:33:16 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc

ザ・キット屋 LM 755A in WEランドセル[レプリカ] (ペア)
(2014年9月30日頃入荷予定
http://www.kit-ya.jp/product_info.php?products_id=720


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/04/22(火) 23:45:13.71 ID:b3mP+RvD
パチモン屋がまたいかがわしいスピーカーユニットを再発するな

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/04/23(水) 17:26:21.26 ID:9tpVohYf
>>224
誤・・・スピーカーユニットを再発

正・・・売残りで店晒しのWE似755の処分


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/07(水) 10:16:02.96 ID:MEM/Zi5h
パチ755は、磁気回路をそっくり再現したことばかりがカタログで力説されているが、肝心のコーン紙の材質がまったく別モノであることには、まったく触れていない。これでオリジナルと同じ音が出るわけがない。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/18(金) 15:28:57.91 ID:hZgJUPQy「ランドセル」加受注のご案内」が着た。
余程売れないんだな。


686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/18(金) 16:26:13.62 ID:2lyMYDtE
音の悪い偽ブランド商品なんか作るな売るな!
そもそも、需要もないのに追加製造するな。

「つきましては製造元と協議の結果、数量限定ではございますが、追加製造をさせて頂く運びとなりましたことを謹んでお知らせ致します。」

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/18(金) 18:21:47.05 ID:p1d7jeoG
パチ755が、オリジナルと紙質が全く違うので、エージングによってオリジナル755の音に近づく可能性は、ほとんどゼロに近い。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1394807133/l50


49. 中川隆 2014年7月29日 19:09:22 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc

「ウェスタン」に匹敵するオーディオは未だ存在せず

オーディオ訪問記 2014年06月24日

去る6月19日(木)はかねて予定していた他家へのオーディオ訪問日だった。前日までシトシトと、しつこく降り続いていた雨がまるでウソのようにすっかり晴れあがって絶好のドライブ日和。

訪問先は福岡市内にお住いでウェスタンの555システムを同じウェスタンのオリジナル・アンプで鳴らしてある“お宅”で、生粋のウェスタン同士の組み合わせはこれまで聴いたことがないので興味津々。

何しろ初めてお会いする方なのでオーディオ仲間のAさんを介しての日程調整だった。

当日は別府の自宅を早朝8時に出発して、カーナビの指図のままにスイスイと迷うことなくご自宅に到着したのが10時ごろだった。仮にHさんとしておくが、ほぼ同年輩とお見受けしたが非常に気さくな方でまずはひと安心。

「初めまして〜、〇〇と申します。どうかよろしくお願いします」。

オーディオルームに通されて「ワァー」と、思わず声を上げてしまった!

           

                      

システムの概要を紹介しておくと、

スピーカー

ウーファー 「4181A」(口径46センチ) ミッドレンジ 「555W」(片チャンネル2個)+15Bホーン ツィーター 「K597」

アンプ

WE46C×2 (片チャンネル 整流管、出力管ともにウェスタン205D真空管がそれぞれ2本!)

レコードプレイヤー  「EMT927ST」   CDプレイヤー  「LHH2000」


音の入り口から出口まで極めて細かい神経が行き届いていて、「タンガーバルブ電源」から始まって、「ペイパーオイルコンデンサー」などへのこだわりなど、どれかが欠けるとたちどころに音質に影響を及ぼすそうで、これだけのシステムを構築し維持していくのは並大抵の苦労ではないことがよく分かった。

「音」に対する形容はいろいろあるが、実際にこういう音を耳にするとまったく別次元の世界で思わず「言葉を失う」というのが正確なところ。非常に気持ちがよい音で、どんなに長時間聴いても聴き疲れしなくて柔らかい音とだけ言っておこう。もう、これ以上は何とも表現のしようがない(笑)。

厚かましくも昼食を御馳走になりながら5時間あまりひたすら「ウェスタンサウンド」を堪能させてもらったが、取り分け印象に残ったのが、レコードによるシゲティが弾く「ヴァイオリン協奏曲(ベートーヴェン)だった。

バッハの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」をはじめシゲティは硬質の音を出す傾向のヴァイオリニストだと思っていたが、ここでは極めて繊細で柔らかい響きを出すことに驚いた。再生装置でこれだけ変わるのだから演奏家の評価はうかつに出来ないとつくづく思った。

             

我が家のシステムからこういう音はとうてい出すべくもないがメルクマールになるという意味で今日はずっと記憶に残る1日となった。

オーディオ冥利に尽きるとはこのことだが、我が家の音と照らし合わせると身近な課題として浮かび上がってくるのがJBLシステムで、これと比較すると「まだ欠陥だらけだなあ」と慨嘆したが、その一方、これから工夫する楽しみも増えた。

とりあえず、ここで聴いた音の透明感は375ドライバーに使っている現行の「刻印付き2A3」アンプよりも、最近購入した新しい「ナス管」アンプに相通じるものがあるので、自宅に帰ってから再び入れ替えてみようと思った。

帰りがけにご厚意でウェスタン社が責任を持って作成編集したCDを数枚貸していただいた。
               
ボーカルを中心に映画音楽、ジャズ、クラシックなど幅広く網羅されていたが、いずれのCDともに「野太い音」が出てくるのに驚いた。通常のCDに比べて出力レベルが非常に高くて、DAコンバーター(ワディア27ixVer.3.0)のボリュームを5db下げるほどだった。

おそらく収録するマイクや録音機材が違うのだろうが、広い映画館などで「遠くに飛ばす音=浸透力のある音」とはこういう録音をいうのだろう。

今さらだが、「ウェスタン」と名がつけば何から何まで凄い!

その昔、古典の授業で「平家にあらずんば人にあらじ」(平家物語)とあったのを記憶しているが、今回の訪問を通じて「ウェスタンにあらずんばオーディオにあらじ」という言葉がつい浮かんでしまった(苦笑)。
http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/656a5dfed1eac3a5836135fcb45c1d06


50. 中川隆 2015年1月21日 20:20:36 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

スピーカーの周波数特性 2014年10月30日 (木)
http://www.ja4car.com/audio/2014/10/post-f59e.html

WEのスピーカーやRCAのスピーカーなどを似たような条件で測定してみました

意外とこういったデータがWEB上に無いですね・・・

ただ、ホーンやボックスも違うので、スピーカー単体の性能ではありません。

ちなみに、グラフに写真を貼付しています。

予想通り、WE555 は 6KHzあたりが限界のようですが、さすが WE594A は私くらいの

年齢の耳にはツィーターは要らないくらい高い所まで出ています(笑)


We555w pinknoise
WE555WホーンはWE21Aです。

We594a pinknoise
WE594Aホーンは24Aです。

We4151 pinknoise
WE4151背面開放型

Rca432a pinknoise
RCA1432

We713a pinknoise

WE713A ツィーターとして使えなくは無さそうですが励磁タイプでないので少し違和感

WE596 や 597 でないと中々マッチしませんね。


コメント


RCAのユニット1432が入っているALTEC817ボックスの背面は密閉でしょうか?それとも開放になっているのでしょうか?

私の聴く限りでは、背面開放のボックスの方が、フィールドスピーカーでは低域が豊かに鳴るように思うのですが・・・あくまでも私の主観ではありますが・・・

大変面倒な事を言いますが、機会があれば違いを測定して頂ければありがたいです。
投稿: WE46E | 2014年11月 9日 (日) 16時13分

背面は密閉ですが、かなり低音は豊かです。
ただ、音質的にはどんな変化があるか非常に興味がありますので一度やってみます。
投稿: ja4car | 2014年11月 9日 (日) 17時38分
http://www.ja4car.com/audio/2014/10/post-f59e.html


51. 2015年1月21日 20:22:37 : b5JdkWvGxs

WE596A 周波数特性 2014年11月16日 (日)


参考までにWE596Aの特性も取ってみました。

十分上も安定して出ているようです。
http://www.ja4car.com/audio/2014/11/we596a-66b7.html


52. 中川隆 2015年2月06日 13:48:37 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

Western Electric のケーブルも模造品? [AUDIO]


以前から、ヤフーオークションに妙に Western Electric のケーブルが沢山出品されているなぁ。と、思っていました。


Western Electric は、かつてアメリカに存在した電話会社です。当時、アメリカの広大な国土に電話網を普及させるため、国策企業として大量の資本、人員を有していました。

電話設備、音声伝送に関する特許・技術を大量に所有しており、それを利用した業務拡大の一環で劇場向けの音響設備の商売も行っていた時期があります。

昔は、Western Electric 関連の商品を扱っているビンテージオーディオショップをやっている人が、アメリカで大きな劇場や設備等が閉館するときに、現地に赴いて設備を買い取っていた。という話を聞きます。最近は、流石に古い設備の残っているビルも無くなって、この手の古いモノの放出も無くなっているようです。


そういう状況なので、Western Electric の電線(スピーカーケーブルはごく一部しか存在しない)が、オークションに大量に出品されているのは、少々不自然なのです。(そういうルートを持っている業者が、オークションで商売する理由がありません)


ふと、eBayを検索してみたら、同様の品物が、香港、台湾、上海等から出品されていました。Western Electric の存在したアメリカからはないというのに。

まあ、そういうわけなのでしょう(苦笑
http://rasenkan.blog.so-net.ne.jp/2015-02-06


53. 2015年2月13日 21:47:07 : b5JdkWvGxs

キット屋倶楽部 キット屋コラム 私のオーディオ人生 by Y下
http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/index.html


Y下さんからのメールの中身は次のとおり。


「私のシステムはCDPからPCオーディオに切り替えました、

PCオーディオにトランスをかませますと音は激変します。

CDとアナログを比較しましたらCDのがよりコクとふくよかさ細かいニュアンスが出ています。マスターテープを聴くような音です。

ちなみにトランスは WE の 618B です。このトランスは最高のサウンドを聴かせてくれます。


叔父が残した秘蔵品はまだありました、WEのVT52刻印が10本、WE-274B刻印それとWE-618B昇圧トランスがありました、

まだ色々ありますが幻の名トランス WE-618B は巷ではぺア80万円以上だそうです。

このトランスを使いますと次元の違うサウンドに変身します。」
http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/ee6b85d0177b78a874f4f5732b32709e


54. 中川隆 2015年9月30日 16:41:04 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

オーディオ道場
http://starfleet.if.tv/tomokoworld/doujyou.htm
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E9%81%93%E5%A0%B4/208589542530622


オーディオ道場 地図
https://www.google.co.jp/maps/dir/''/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E9%81%93%E5%A0%B4/@32.8536611,130.9062696,13z/data=!3m1!4b1!4m8!4m7!1m0!1m5!1m1!1s0x3540e76c8ee8aac1:0x59e13c218529f648!2m2!1d130.9406024!2d32.8536658?hl=ja
http://kikuon.com/sb2/log/dojyo01.html

WE15Aホーン+#555のサウンド 2015年09月29日
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/5966c3ac8d1321c83e6e25dce8d21e90

今日は久しぶりにバイクツーリングに行きました。目的地は熊本県南阿蘇郡西原村のオーディオ道場です。半年振りに行って来ました。

俵山に「萌えの里」と云う道の駅みたいなのが有ります。

「萌えの里」の反対側に「御池神社」の鳥居が有ります。この鳥居をくぐって1本道を行くと、開けた場所でT字路になっています。そこを右に曲がってそのまま道なりに進んで、突き当たると元ゴルフ場が有ります。そのT字路を左に10m程すると道場の入り口が有ります。

さて、この写真はなんでしょう????スピーカーです。

これなら判るでしょう。WE15Aホーンです。1本の横幅が1.5mぐらい在ります。それが2本、ステレオになっています。

WE555+15Aホーンで聴かせていただきましたが、「昔映画館で聴いた音」でした。懐かしい音です。

ドライバーの#555オリジナル。フルレンジで聴けますね。

石原裕次郎・美空ひばり・島倉千代子・古いJAZZ・バッハ無伴奏チェロパルティータ等を聴かせていただきました。私もWEの15Aホーンを聴くのは初めてで、ホーンの響きが載って非常に心地良いサウンドです。
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/5966c3ac8d1321c83e6e25dce8d21e90

WE#555+15Aホーンのサウンドに付いて 2015年09月30日
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/1e1eb9ca8c353ff4d575e446ddad6843

昨日紹介しましたWE#555+15Aホーンのサウンドに付いて、感想を述べたいと思います。

ドライバーの#555は2インチスロートのコンプレッションドライバーですので、音像のサイズ的にJBL:#375と相通じる質感が有ります。鳴らすアンプで表情を相当変える事が出来ます。

WEの凄い処はホーンが素晴らしい!!と思います。この大きなホーン全体が「振動」して良質な響きを作ります。この響きが「音の分厚さ」と「ヌケ」の良さを出しています。4m近いホーンロードが有りますので「ピーン」と飛んでくる音は皆無です。もっとも組み合わせるアンプで変わる事も考えられますが・・・。今回は管球のプリとメイン(#45シングルアンプ)で聴きました。

私の映画館の音は、小・中学校時代に「バンボ」や「モスラ」、「サウンドニュージック」、「メリーポプキン」等の映画を、学校全体の生徒で映画館に出かけて見に行き覚えています。私の故郷は、熊本県天草郡苓北町と云う、日本の西の果ての地域になります。小・中学校時代は町内に炭鉱が有り、人口も2万人くらいいたと思います。そんな片田舎の映画館にも「WE」のシステムが有ったんだとビックリしています。

大人になり、自分で映画を見る様になったのは、高校を卒業して名古屋の駅前の映画館です。その時の音は、田舎で聴いた映画館の音とは違い、「安っぽい」音だったのを記憶しています。その後九州に帰り、久留米でも映画館に行きましたが、久留米でも名古屋駅前の映画館と同じサウンドでした。多分アルテック系ではないかと思います。

今回WEのシステムを聴き、また聴きたくなりました。ホーンを振動させる事は今の私のメインシステムでも同じ事をしています。JBLのユニットの中でD130の音色・質感は今では知らない方が多いと思いますが、WEのサウンドが判ればD130が同系統のサウンドだと理解できるでしょう。実際にRCA箱システムはD130のWウーハーシステムにしていますので、これに22Aホーン辺りを組み合わせれば素晴らしいシステムになるのではないかと感じています。
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/1e1eb9ca8c353ff4d575e446ddad6843



55. 2015年10月01日 05:12:20 : b5JdkWvGxs

オーディオ道場 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E9%81%93%E5%A0%B4

2015年7月のオーディオ道場
https://www.youtube.com/watch?v=DgTqBew06BQ


オーディオ道場・TOMOKO森のアトリエ

熊本県 西原村 小森2190-2

TEL 096-279-4196

営業時間 11:00〜日暮れ(19:00頃)まで

店休日 無休

駐車場 30台

席数 50席

収容人数 約50人


知る人ぞ知る、阿蘇西原村の穴場スポット。オーディオのことなら何でもお任せ!

時計の展示もすごい。野外ギャラリーも必見。おまけに最近は蚤の市まで開催、お勧めはアンティックの掛け時計と

ミシン、とにかく一度見にお出でください。

ドリンクALL¥500 お好きなCD,LPをお好きな機材で店主自慢のオーディオで音楽が楽しめます。(持ち込み歓迎)

ともこ森のAtelierでは片山知子の絵画やアクセサリー展示販売。その場で似顔絵や携帯電話等にアートもいたします。

※ jazzliveも今年から始めました〜随時アップしていきますのでお楽しみに。
http://www.asonavi.jp/spots/detail/1168


2015-07-17
ひっさしぶりのオーディオ道場はウエスタンホーンだった!!

道場の片山マスターから何度も電話があって、是非聞かせたいものがあるから来きませんかとのおさそい。

で、いきました。


玄関開けたら、もうびっくり!だって、これが鎮座してたんですもの!


これぞ、噂のウエスターンのウッドホーン 15−Aという超逸品。

しっかもオリジナル、ウッドホーン!


で、聞かせもらった。

甘くて、とろっとした中音は、なんともすばらしい。

オーボエとか弦の音は、なんといったらいいのか、ふわっとした感覚は、なんとも形容にこまるほどのいい音!
http://ameblo.jp/audioniravana/entry-12051453728.html


2015年7月31日 オーディオ道場へ
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-7f21.html


久しぶりに阿蘇のふもと「オーディオ道場」へ行ってきた
Img_71601 数年前と変わらぬSPたちの中

このSPが可愛く見えるほどの大きなSPが

Westernの大変古い劇場で使われていた励磁型SPだそうである

SPの裏側

2台の巨大なホーンとドライバー


フルレンジだそうでニーナシモンのデビューアルバムを最初聞かせていただく


冥土の土産として^^/


音楽に必要な帯域が素直に軽やかにホーンから放たれる


ウッドベースの軽やかなこと

これは清々しい

元剣道場の体育館だから部屋は大きく天井が高いので開放感が素晴らしい


アンプはウェスタンの45でマスターの自作真空管


ちょうど同席されていたおじいちゃんがなんと88歳・・・・このウェスタンと同年齢だそうな^^

熊本市内から自分で運転して来られていた

背筋がしゃんとしていらっしゃいます

ドイツの古い合唱曲集を掛けられていた

やはり古い曲が断然似合います

マスター少し老けられたかも

うしろにバイタボックス?が見えていました

帰りがけに 美空ひばりちゃんの若かりし十代当時のの曲がこれまた柔らかくて

うーん降参しました


おじちゃんもマスターもまだやる気まんまんでした
良い刺激になりました
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-7f21.html


56. 2015年10月01日 16:32:05 : b5JdkWvGxs
>>54 の続き

WE 15Aホーンと#555ドライバーを欲しいか? 2015年10月01日
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/b1be96cad7f54230db3799610b5a41b3


WE15Aホーンと#555の組み合わせが欲しいかと聞かれれば「欲しい」と思う。一聴すればこの組み合わせで無いと聴けないサウンドがする。一度聴けば忘れない「サウンド」でも有る。癖の有る音になるのかもしれない。

ボーカルや弦楽器の再現は実に味が有って、「他には要らない」と思わせるだけのモノが有る。おそらくこのホーンの材質・形・大きさで無いと出ない音であろう。材質的には「しな合板」で出来ているらしく、手製で復元して作る事も出来る。実際に40年くらい前はレプリカが作られていた。

大きな部屋と経済的な余裕が有れば「欲しい」と思うが、現実的には「置き場所」の問題でまず置けない。現用のメインシステムが全ての面で負けているかと云うとそうでもない。周波数レンジの広さや、エネルギー感の出方・強さ、音のキレ・ヌケ・ノビ、SN比等は遥かに優れている。「音の味」の面でも「癖の無さ」の面で万能的に使える。

古いモノには古いモノの良さが有り、新しいモノには新しいモノの良さが有る。私のメインシステムはその中間ぐらいに有ると思う。どちらにも対応出来る様な位置付けになる。

改めて自分のメインシステム(オリンパスシステム)を聴いて見るが、SN比が高く、音の厚みやエネルギー感が有り、音数も多くそれでいてうるささは殆どなく、音楽の味を聴く事が出来る。まんざらでもないと思う。WE15Aホーン+#555を買っても現在のメインシステムは手放さないだろう。
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/b1be96cad7f54230db3799610b5a41b3


57. 2015年10月11日 10:40:43 : b5JdkWvGxs

ライントランスをCDラインに使うと・・・ 2015年10月11日
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/1e8ddd9af0d08d34220e6075ce17f94d


上の写真は何か判りますか? 中にはWEのライントランスが入っています。

入出力はフルテックのロジウム仕様XLRプラグを使い、内部配線は特殊な銀泉配線にしています。半田材も銀入り鉛レス半田を使っています。箱材は無垢花梨材で響きの良さを考えています。

正体はWE#15Aライントランス。型番から推測すると1910年ごろのモノではないかと推測されます。2セット目を探していましたが、この1セットしか手に入りませんでした。

入荷当時はこのようにして使われていました。

古い配線のままでは「古い音」しかしません。しかし、一聴しただけでただモノではないと感じました。音のキレ・ヌケ・ノビの良さと、質感の麗しさを感じました。

このトランスに出会う前に、おなじWEのライントランスも#111C、93F、93A、90A、63C、63A、50Aと同じ仕様に作成して比較試聴を繰り返してきました。

その結果、「どんどん古くなる」程「音質が高い」事を実感してきました。

ライントランスの選定は実際に使ってみて決めています。タムラ(複数)、ヒラタ、UTC(21・22)等のトランスも使ってきましたが、サイズが大きいほどゆとりの有る音になり、音質的にも高くなる傾向がある様です。UTCのトランスは小さくてもそこそこ良い音がしました。(音楽的に)

トランスのサイズが大きいほど良いなら、一番大きいサイズを目指して、WE#111Cにたどり着きました。1個2Kg有ります。

しかし、同じWEでも古いトランスほど「音質が良い」事がわかり、どんどん古いトランスを買い集めました。その結果、

@#15A〜50Aのグループと

A60A〜63Cまでのグループ、

B90A〜93Fまでのグループ、

C111c以降のグループ

と音質の傾向がグループごとに違います。

型番が古いほどいい音の傾向だと思います。


実際にライントランスを使うとどのような音になるかというと、

平面的なCD音が立体的なアナログの音に変わると感じました。

トランスが小さいとスケール感が小さく、大きくなるとスケール感も大きくなります。

更にトランスの個性で「艶やかさ」等の質感も出てきます。

今では15A等まず一般的には手に入らないと思います。私にとっては宝物のようなものです。
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/1e8ddd9af0d08d34220e6075ce17f94d


58. 2015年10月12日 15:50:58 : b5JdkWvGxs

 Western Electric 111C 

ウエスタンのトランスといえば、昇圧トランスとして使用できる618Bと、この111Cが有名。

111Cは、元来電話中継用トランスで、帯域は非常に狭く、代わりに非常に聴きやすい音質を誇っています。

どういうノウハウか知りませんが、これをCDプレーヤーのライントランスとして使用すると、エネルギー感 がupしてスピード感も増し、野太くなって、CD特有のざらついた耳に付く音が無くなります。

プリアンプがトランジスター式だとライントランスが必要かも知れませんが、私は古い真空管アンプを使っているので、 むしろ低域の広がりや広域の伸びやかさ、解像力も欲しいので、持っていながらもあえて使っていません。

アナログファンなら、STUDER A730のバランス出力からこのライントランスを介してプリアンプにつなげてやると、 まるでアナログディスクを聴いているかの様なサウンドになってくれるので、けっこう愛用者がいたりします。

ちなみに結線はWEの単線を使用し、コネクターはスイッチクラフトを使用。
シャーシはアルミよりも鉄の方が音が良いというのも、また、不思議です。
http://www.kusunoki.jp.net/audio/WE/WE111C.html


59. 2015年10月25日 09:07:50 : b5JdkWvGxs

Western Electricのトランスの話:WE618A

この618Aトランスですが、元々はWE No.117-A typeのプリアンプなどで使用されていた入力トラン スで、30〜15,000Hzと、当時としてはかなりの広帯域を誇り、A typeは入力側のインピーダンス が30 or 250、出力側が50k、一般的に出回っている、B typeが出力側のインピーダンスがその半 分です。

従ってAtypeの方がゲインが取れるのでMC用昇圧トランスとしては使いやすいかと思われます。

WE No.92-B typeのパワー段の入力トランスの特性が、50〜7,000Hzだそうで、これは当時のト キー・フォト・セルが100〜6,000Hzだったことを考慮しての、帯域特性だと思われますが、それ から考えても、30〜15,000Hzがいかに広帯域だったかが、しのばれます。

あのWE No.86Bでさえ、トータルの周波数特性が40〜15,000Hzだったりしますので、当時として は十分な帯域特性だったのでしょう。


WEは元々、電話中継器をなど、通信関連を手がけていたため、いかに聴きやすい声を提供するかに 重点が置かれ、当時の技術では、たとえばUTCなど、その気になれば50kHzクラスの周波数特性の トランスを作れたそうですが、WEはトランス設計の段階に於いて、「帯域制限」の考えがあったと 当時の技術に詳しい小山内氏はおっしゃっております。


インピーダンスに関しては、、SPUなどのロー・インピーダンスのカートリッジでも、受けるトラ ンスのインピーダンスがこのくらいなら、あまり問題にならないのではないかと思います。

ちなみに618BはWE No.120-A typeや129-A typeミキシングアンプなど、様々な機器に使われて< います。


6L6をパラプッシュにして、35〜15,000Hzの当時としては広帯域を誇る劇場用アンプWE No.118-A type Power Amp.が出たのが1939年ですから、このトランスは約60年前に現役だったと思われます。
http://www.kusunoki.jp.net/audio/audionote.html#Tube


60. 2015年10月25日 14:02:57 : b5JdkWvGxs

トランスを使用すると低域において時定数を1段、高域においては2段、つまり低域に於いては位相 が90度、高域に於いては位相が180度偏移します。R・C結合では、低域の時定数が1段、位相が 90度ズレてしまいます。そう言う意味では、トランスよりもR・C結合の方が、出来ればカップリング・デヴァイスなど無い方が良いわけなのですが、ところがどっこい、実際に音を聴いてみると、 帯域の狭い筈のウエスタンのトランスの奏でる音の、何と伸びやかで聴きやすく落ち着いていること か。


電話の中継トランスとして作られた111Cに至っては、これをライントランスとして使った方が高域も素直に伸びやかで、低域には芯があり、かえって帯域が広く感じられるほどです。

本来ならノイ ズをカットし電話の会話を聴きやすくするために帯域を制限しているトランスの筈なのですが……。

英国フェランティー社、米国WEにUTCそしてピュアレス社、フランスはピーバル社にドイツの テレフンケン……。

「真空管アンプってのはね、トランスに一番お金をかけなきゃ駄目だよ。マッキントッシュやマラ ンツの音が良いのは、あれはトランスに金がかかっているからだよ」とおっしゃった大先達の言葉 が、今更のように思い出されます。

現代でも音が良いアンプ、EAR861やC.R.ディベロップメンツ、そして国産のウエスギ・アンプ においても、トランスが十分吟味され、その性能を発揮されているからこそ、あれだけの音が出てく るのだと思います。
http://www.kusunoki.jp.net/audio/audionote.html#circuit



61. 2015年10月25日 21:57:45 : b5JdkWvGxs


小布施のジャズ喫茶 BUD CD用ライントランス REP101A 2013年05月20日

レコードであれCDであれ音楽を聴く分には まあまあというかそこそこの音で楽しんでいるので自分としては不満らしい不満がないのは幸せなことだと思っています。

何かを変えたり足し引きすれば当然のことながら音は変わります。
その変化を向上させていくのがオーディオの楽しみ方ではあるのですが、これは終わりのない世界なので、めんどくさがりやの僕は敬遠しています。
多少のことは目をつむって、音ではなく音楽に集中して楽しむようにしています。

ですが時に色気を出すことだってあります。
あるのは自然、ない方がが不思議でしょ。

さて、CD用に何種類かのライントランスを持ってこられたお客様がいましてね。
取っ替え引っ替え聴いてみると音はそれぞれ違った表情で変化するんですね。
大ざっぱに言えばちょっと詰まり気味で帯域が狭くなる感じ。
これだと入れない方が開放感があってむしろ良い。と、僕は感じました。

きつい硬いCD音のクセやニオイを消して、アナログレコードのような音にしたい。
そもそもの目的はそんなところにあるのですが、窮屈で精彩が失われては元も子もありません。

そんな傾向の中で一つだけ使ってみたいと思うものがありました。
それはウエスタンREP101Aという型番のトランス。

IMG_0340

これなら押さえ込まれたような窮屈感を伴わず、無理に丸め込まれたようにもならず、それでいてどこか微妙にすっきりと音が落ち着いている。
そんな感じがして使ってみることにしました。

プレーヤーとの相性のことはよく分かりませんが、使用しているのはルボックスです。
http://bud-jazz.dreamlog.jp/archives/5149588.html


小布施のジャズ喫茶 BUD CD用ライントランスにWE197Aを 2014年02月24日

偶々、CD用ライントランスにWE197を使ってみたところ、偶然にも、疲れない!という好結果を得た。

疲れないということは、楽にリラックスして聴ける。
これは音楽を聴く第一条件。
CD音はどうしても硬いから、耳から入ってその奥が叩かれたように時間と共に疲れる。
それが緩和されればその分リラックスできる。

疲れが少ないということは必要条件であって、決して十分条件とはいえない。

さらに、艶とか透明感などを求めて、音をおいしくし満足を高めようとすることは
自然の勢いというものだ。

しかし、ぼくはその先にいかない。
これがCDの限界であり運命だと、それ以上の望みは徒労だと、
独断偏見して顧みない。

などとエラソウな分かったことは、理論も経験も技術もないからいえるのだ。
全ては変えないでが前提で、偶々の結果にそれなりの効果を確認したに過ぎない。

しかし、これによってCDがより親近感あるものになった。
と、いうのは間違いない実感だ。
別格のトランスという印象がする。
http://bud-jazz.dreamlog.jp/archives/5181350.html


62. 中川隆[1170] koaQ7Jey 2016年1月16日 08:56:03 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[894]


ライントランス遍歴 2016年01月16日

1980年代、CDの登場でアナログプレーヤーをメインで使わなくなって来た。

しかし、CD機にも弱点の様なものが有る。アナログプレーヤーで出るのに、CDで出難いのが「奥行き方向」の立体感だと思う。

CDは二次元的な再生に対し、アナログプレーヤーは三次元の表現をしてくれる様だ。
アナログプレーヤーをメインに使い続けている方は多分にこの辺が許せないのだと思う。

取り扱いや収納を考えるとやはりCDの便利さは捨てがたい。

そこで何とか立体感や滑らかさを手に入れたくて、「ライントランス」を導入して見た。

最初はタムラ製の小型の600Ω:600Ωの1:1のトランスを使って作って見た。
タムラ製のラインすトランスだけでも5種類ぐらい作ったと記憶している。

トランスの大きさによってサウンドのスケール感が比例するように感じる。


トランスを作る事に関して大事な点がある。

それはケースの強度、プラグの作り、半田材、ケーブル材と云った「材料」と「作り」で可なり音質が変わってくる。基本的に自分の場合は、自分で作り上げたケーブル材と、フルテックの最高級のXLRソケットを特製の純木製ケースに収めて、ライントランスのみを入れ替えて試聴して来た。

タムラ製やタンゴ製のライントランスを試してから、UTC の#21番のトランスで作って見た。

サイズ的には小さいが質感がすごく良い感じでした。立体感が出て好ましく感じました。しかし、スケール感が今一つ物足りない。


トランスのサイズを出来るだけ大きくしたいと思う様になり、WE(ウエスタン)の 111Cライントランスにたどり着いた。

このトランスは2Kg/個の重量が有り、しっかりした作りで、L・Rで2個必要だ。
今までのライントランスがせいぜい500g/個ぐらいの重量でしたから、そのサイズが判るだろう。

(WE 93F)

WE111cライントランスを使いだして、同じWEでも古いトランスはどうなのか?といつもの癖が出て、93F、93A、90Aと段々古い物へと試聴が進んで行った。


(WE 15A)


その結果、音質は、


111c<93F=93A<90A<63C<63A<50A<15A


と最初期型に向かうほど自分の好みの質感と表現力になって来た。

50Aや15Aは他のトランスとは傾向の違うサウンドがする。キレと質感が全く違う。

63A や 63C も 90A〜93Fとは違う。

私の試聴では111cは最下位にランクされてしまった。

今では 50Aや 15Aはおろか 63Aや 63Cも手に入らない代物だと思う。

もし見つけたなら即買いだろう。
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/1e4a53bc25a631215844659fa57f278f


63. 中川隆[1420] koaQ7Jey 2016年2月07日 12:21:35 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[1271]

宮崎の江夏俊太郎さん邸へ GRFのある部屋2016年 02月 06日
http://tannoy.exblog.jp/24932912/

懸案の宮崎の江夏俊太郎さんのお宅にようやくお伺いする事が出来ました。

江夏さんのお宅は、宮崎と言っても、むかしは島津藩だった都城です。

鹿児島に行ったおりに、空港から高速バスでお伺いしたことがありますが時間が掛かりました。やはり、アクセスは宮崎からのほうが便利です。鹿児島での所用を済ませてから、ローカル駅から特急列車に乗り継ぎ、都城へと向かいました。

宮崎の江夏さんが、膨大なレコードのコレクションを収納する図書館のようなお宅を作られたのは、もう12年も前の事でした。

何度か訪問したことのあるS.O君の説明によると、英国の図書館か、ヨーロッパの教会の中みたいな大空間だと言う事でした。南九州には何回か行くチャンスは有ったのですが、当方の予定とお忙しいEさんとのスケジュールも合わずに10年以上が経ってしまいました。


宮崎の江夏さんは、クラシックレコードのファンだったら知らない方はおられないでしょう。日本、いや世界でも有数なクラシックレコードの収集家です。

最初は、室内楽から始められたそうですが、分野は広がり、オーケストラも勿論充実しています。レコードをこよなく愛されており、レコードの魅力の一つであるジャケットにも大変造詣が深く、専門誌にクラシックレコードジャケットの掲載を続けておられますから、アナログレコードファンの方なら、Eさんをご存じだと思います。


長年愛用してきて、少しずつ育てられた来たウェスタンのシステムを中心とした大きな SPも広大な部屋の中に溶け込んでいます。

左右をレコード棚が囲み、レコードマニアなら夢に見るほどの景色です。棚は七段にも及び、片側だけでも一万枚を越えています。現状でも三万枚近くあるコレクションですが、レコードのジャケットの美しさにも愛情を注がれているので、美しいジャケットに巡り会うまで、この部屋を通り過ぎた数も今の何倍もあると思われます。

レコードファンの末席の私にとっても宝島に入った感じで、しばらくレコードに見入っていました。棚は、室内楽・声楽・管弦楽などと分野別にグループ分けされて、アルファベット順にインデックスを打たれた演奏家別に並んでいます。複数のレコード会社をまたいでいる演奏家の棚は、色とりどりのレコードがまじり美しい模様を編んでいます。


ようやく我に返り、第一声を聞かせていただくことになりました。江夏さんが用意していただいていたのは、江夏さんと私の共通の愛聴盤のハイティンク・コンセルトヘボウによるブラームスのセレナーデ第一番です。PHILIPSサウンドを代表している名演・名録音盤ですね。

静かに曲が始まりました。あたかもコンセルトヘボウの会場の後ろの席で聞いている様な響きの良い、また柔らかな音です。ホルンが素晴らしく幽玄な響きで、大空間を静かに埋めていきます。

聴く前に予測していた、ウエスタンの装置にありがちな、映画館的な音とはまったく違います。コンセルトヘボウの会場やムジークフェラインの柔らかな音に包まれて、心に浸透してくる音に嬉しくなりました。


五十畳近い広さと、一番高いところまで9メートルを超える大空間にアナログレコード再生の粋を尽くした装置から聞こえてくるレコードの音は、私の想像を超えていました。

入り口が EMT927にオルトフォンのカートリッジ、ウェスタンの部品を使って再構成されたLCR型のイコライザーとプリアンプ、ここまではS.O君の装置と全く同じ構成です。

ウィーンの音楽旅行の時の素晴らしい写真を撮られたNさんが選んだ装置と構成で、三人とも同じシステムを使われているそうです。しかし、S.O君は、そこからオートグラフで極めて密度の高い音を目指していますが、江夏さんは、このコンサートホールの様な大空間を活かして、生の音の様な美しい響きを再現されているのです。

一楽章が終わるまで、息をのんで聴いていました。驚きました。

リスニングルームの響きをよくする事が大事だと言われますが、狭い部屋だと特定の周波数だけが、強調されたきつい音になりがちです。

しかし、これだけの容量があるとまったく違う話しになってきます。私の部屋に比べて面積では二倍強。高さは三倍ありますから、空間的には六倍以上の大空間です。

その大きさを感じさせないスピーカーの効率の良さと応答の早さが、この様な柔らかく力強い響きを生んでいるのでしょう。

これに、コンサートホールの様な反射板が適所に配置されたなら、もう何も言う事はありませんね。左右に配置されたレコード棚も音の拡散に役立っていますから、定在波的な問題はありません。


演奏中に二階にも上がらせていただきました。上から見下ろす感じも、コンセルトヘボウの二階席から見下ろす感じ似て感銘を受けました。

静かにかかっている曲が、メンデルスゾーンの曲にも似て、美しい旋律が流れてきました。かかっていた曲は、セレナードのB面の3〜4楽章だったのですが、一瞬、曲名が分からずEさんにどのレコードが鳴っているのかをお聞きするほど、美しい響きで全く違った曲に聞こえました。

東京に戻って来て早速きき直しましたが、響きの差を確認しただけでした。あのように聞こえるのなら、二階席に柔らかな椅子を置いて、ボックス席のような雰囲気を味わうのも一興ではないでしょうか?


それと、これだけの大空間で話をしていても、音が響きすぎないで、話し声が非常にクリアに聞こえるのにも感心しました。気持ち良い響きがこの部屋の音の良さを証明していますね。

話し声の美しさに惹かれてお話しを重ねましたが、待望の室内楽を掛けていただきました。ズスケ四重奏楽団で、ベートーヴェンの弦楽三重奏です。良い音ですね〜。室内楽がお好きな江夏さんの世界が垣間見れるような良い演奏です。音がホールに響き、余韻が空間に消えていきます。

江夏さんが、S.Oさんの家で聴くこのレコードの音は、この様に空間に消えるのではなく、部屋の中が小宇宙のようにそれだけで完結している、部屋がなっているのではないだろうかと言われます。

確かに今の家ではない、本物の材料を使った旧い和室の家だからこそ鳴り響くのかもしれないという話をしました。


DECCA のレコードも聞かせていただきました。ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス・フィルハーモニアのアルベニスのスペイン組曲が悠々となります。昨年追加したと言われるツィーターの効果も確認しました。聞きながら、天井の高い窓のだんだん日が暮れていく様子が、きれいで見とれていました。


夜も暮れてから、河岸を変えて行きつけの地中海料理のお店に行き、美味しいワインを飲みながら、楽しい夜は更けていきました。

次回は、是非家でもアナログのサウンドを聞いてください。それまで、お聴かせ出来る音に仕上げなくてはいけませんが・・・
http://tannoy.exblog.jp/24932912/


都城 江夏俊太郎様宅 電源改修および、アース強化工事   2015.09.19  
http://www13.plala.or.jp/miyazaki-vtc/audiokenbunroku.html


 今年2月に当真空管アンプ愛好会のH会員がオーディオ用電源および、アースの強化工事を実施され、その劇的な効果に刺激されて(?)ご友人である都城のE様が電源および、アースの工事を実施されましたので紹介します。


☆江夏様はクラシック音楽の大ファンで、

   ドイツ音楽を中心としたクラシック全般、所有レコード数:約2万枚

好きな演奏家:
 
   モントゥー・ケンペ・オイストラフ・グリュミオー・ミルシティン・グリュンマー・ポップ

 音元出版の季刊アナログ誌「方形の宇宙(クラシック編)」をご執筆中です。




リスニングルーム全景
リスニングルームの両側にレコードがきれいに整理されています。
このほか、2階にもセット物のレコードが保管されています。


スピーカーはウェスタンエレクトリックを中心にしたシステム

ウェスタンエレクトリック555 とカールホーン

ネットワークとトゥイーター 597

髪の毛ほどのアルミ線をエッジワイズ巻きにしてあります。 

スピーカー励磁用電源部 
低音用、中音用、高音用、全てのスピーカーが励磁型です。

EMT927レコードプレーヤー(ステレオ用)

ラインアンプとモノラル用のトーレンスTD124


真空管式LCRイコライザー

WE310を使ったラインアンプ

改修前のコンセントの様子 メインアンプはサブのタンノイ用 



工事施工 出水電器 (東京より)
オーディオ盤設置、引き込み盤ブレーカー交換、コンセントの取り付け(制振、電磁波防止用プレートやベースの取付)、既設分電盤×2のノイズ対策、アース工事、その他工事、将来改修内容のアドバイスなど。

  

飯山電業 (地元電気工事店)
事前幹線・アース配線工事(工事済み)引込一次側配線の取替え、オーディオ盤の幹線とアースを(床下内)をオーディオ盤まで配線、アース打設その他出水電器の補助作業

   
改修の概要

@生活用電源とオーディオ用電源を完全に分離する。電力量計後の契約用ブレーカーの出側で分離。
A既設分電盤×2のノイズ対策
Bオーディオ専用分電盤の設置 制振、電磁波防止用プレート、ベースの取り付け
Cアース工事  アース抵抗を2オーム以下にする。


電源改修、アース強化の効果(筆者が個人的に感じたこと)

 基本的には前回のH会員宅と同様に、全体的に静かになって静寂と楽音との対比が極まり、楽器の音が生々しくなります。ヴァイオリンは本物よりも良い音で音楽を奏で、ピアノも人の声も実在感のある音で迫ってきます。音楽が楽しくなって、どんなレコードをかけても楽しめる音で、所謂不得意なものが無くなります。

 工事の際に、ケーブルにストレスをかけていますし、アース棒もまだまだ大地になじんでいません。工事直後の今が出発点で、日を追うごとに落ち着いてきて更に良くなって行くそうです。試しにアース棒打設地点に水道水をジャブジャブとかけたらダジャレみたいですが、ほんとに瑞々しい音になり、笑ってしまいました。

 オーディオをやっている人は日々、少しでも良い音にするためにアンプを替えたり、コードを替えたり・・・と、努力されていると思いますが、アンプやコード類を取り替えると、確かに音が変わりますが、良い面だけでなく時には悪くなったりする場合があります。いつもプラスの面ばかりではないと言うことです。得たものの代わりに失うものも出てきます。ところがこの電源、アースの改修は失うもの、つまりマイナス面はありません。必ずプラスの方向に作用します。

 もしも、自分の出している音がいまひとつだと思うことが有るならば、壁にぶつかっているならば、電源、アースの改修をお勧めします。必ずブレークスルーが訪れると確信しました。
http://www13.plala.or.jp/miyazaki-vtc/audiokenbunroku.html


西洋音楽 奥の細道
http://enatsu33.sakura.ne.jp/

宮崎真空管アンプ愛好会
http://www13.plala.or.jp/miyazaki-vtc/


64. 中川隆[1877] koaQ7Jey 2016年3月12日 16:28:56 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[1833]

キット屋コラム「私のオーディオ人生」第38回

Westem Electric 618Bは凄いのか!
http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-038.html

 MCカートリッジの昇圧トランスと云えばWestem Electric の WE−618BがMCトランスの中では最高峰に挙げられています。

最近のeBayで出品されている価格を見ますと2個で何と!7800ドルもしますが今後百万円を超えるようになるはず、

こんなトランスにどこに魅力を感じるのだろうか、

 このトランスはほとんどのオーディオマニアは試聴された経験は少なくほんの一部のコレクターの方だけがお持ちですから我々庶民のマニアにはこのトランスを聴くと云うことは皆無に近い、

 キット屋さんに載せているシルバーオーディオの「いだてんさん」のブログを読みますとこの618Bを聴いた後自分のトランスが聴けなくなりますと注意書きが書いてありました、

では現代のトランスで有名なカートリッジメーカーや国産のコアを使ったMCトランスが販売されている高価なトランスならどうだ!と云いたいですが

残念ながらこの618Bに近づくことも追い越すことも出来ない、

このように書きますと国産の高価なトランスに満足されて楽しんでいる方はショップや評論家のお墨付きでこのトランスは最高と思って購入はずなのに・・・・・・


完全シールドを施した618B、黒色の塗装にステンレスパネルを取り付けてのドレスアップ
http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img38_01.jpg

本物と偽物


 オーディオに限らず高価でよく売れる商品には必ず偽物があります。

目利きのある方なら簡単に見破れるのですが素人ですとどっちが本物なのか見分けが付きません。

 オーディオの場合に限って時々偽物を見ることがあります。

私も以前安く購入したウェスタンの274Bプリントを買ったのですが良く見ますとウェスタンのロゴマークが不自然で球のトップマイカがおむすび型ではなく普通のマイカでしかも管壁に5U4Gと薄く入っていました、

多分どこかのショップか海外でシルバニアの5U4Gをプリントしたものと思われますが非常に悪質に思います。知らない方が買ったらその時は満足ですが偽物とわかれば頭に血が昇るほど腹が立ちますよね、


特にWestem Electricの製品は高値で取引きされていますから悪徳な業者はシールやプリントを変えてあたかもこれがウェスタンだと偽物を売りつける業者もいるみたい、

 Westem ElctricのWE−618BやノイマンのBV−33も偽物が出回っているらしい

例えばノイマンのカッティングマシンに使われていたトランスはドイツのハーフェ社のトランスで型番はBV−33、ノイマンのカッティングマシンは当時沢山作られたとは思えないのにトランスだけが沢山出ているのは不自然ではないだろうか、

またカッティングマシンをバラしてトランスだけ売るのはおかしい、

WEの618BもWEのアンプにしか使われなかったのにトランスだけ沢山あるのはどう見てもおかしい、

40〜50年前はこのようなトランスを知らないのと人気もないので偽物が出回っていなかったのに最近このようなトランスを見かけるのは本物なのか疑いたくなる。


 悪質な方法として手の込んだやり方は618Bのケースだけを使い中のトランスを抜き取り安物のトランスを入れてあたかもオリジナルトランスと称して平然として売っている、

また抜き取ったオリジナルトランスは別で売れば大変高価で取引される一石二鳥のぼろ儲けになる。

また同じようなケースを作り汚れたウェスタンのシールを貼ればオリジナル618Bの出来上がりだ、


 オリジナルの618Bの音を知らないから簡単に騙せる。

またヤフオクやeBayなどのオークションに出品されている物は特に注意が必要です。

トランスの中身を入れ換えれば立派なウェスタン618Bに変身しますが目利き耳利きがないと見破れません。


 仮に偽物の618Bを買ってもオリジナルの音はわかりませんから本物かどうかはオリジナルと比較試聴しないとわかりません。

 これから購入されるのであればWestem Elctricの真空管、トランス類に詳しいマニアか信頼できるショップで聞いてからでないと手を出してはいけませんがひょっとして本物も混じっているかも知れませんからここは自己責任で購入してほしい、
 

トランスカバーを外した状態は大変汚くこんなトランスに価値があるのだろか
http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img38_02.jpg


Western Electricのシールも汚れているのと取付け金具も錆びている
http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img38_03.jpg


トランス上部に618Bのスタンプが押してある
http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img38_04.jpg

大橋氏の万華鏡のブログに登場
 
 昨年の4月のショールーム開放日にWE−618B持ち込んで「道場破り」当日は沢山の熱心なマニアがお見えでこの618BとAWAのトランスを持ち込んで皆さんに評価して頂いたが どちらのトランスも甲乙付けがたく意見が分かれましたが

AWAに比べると618Bはゲインが低いのが気になったがさすがに618Bは絹ずれした良い音で女性ボーカルを聴くとウェスタンは素晴らしいサウンドを聴かせてくれたが

無名のAWAのトランスとは互角ではどうも納得できないのが気残りであったが618Bで聴くMIDのスピーカーがウェスタンの香りがしていたのが印象に残る。


 入り口がウェスタンだとスピーカーの音色もウェスタンサウンドになるのは当然である。

618Bを使用してタンノイのオートグラフ、GRFを鳴らしたらどんなサウンドになるのだろう、私の想像ではタンノイの原点はロンドンウェスタンになりますからタンノイもきっとウェスタンサウンドに似た音になるはず勿論上質のアンプを使った場合の話である。


 私はAWAのトランスを高く評価していましたから618Bはこの程度のトランスで大騒ぎすることはないと私個人は評価した、世の中探せば618B以上のトランスが存在するはずですから618Bに拘らなくてもAWAのトランスで十分楽しめると思ったのだが・・・・・・

 また価格も40倍以上の開きがありますから618Bはオーディオ庶民派には縁が無いトランスだ、
 


俺もアホだ!


 前所有者から譲り受けた618Bの配線接続を同じように結線して楽しんでいたのだが・・・・

ところがである。大阪の今田氏からWE−618Bの資料がメールで届いた、この資料は英文ですがインピーダンスはプライマリー30Ωと600Ωでセカンダリー25KΩと記載されている。しかも結線の線色と特性表まで載っていた、

 再度トランスケースを開けて確認すると「あれっ」この接続を見るとプライマリー600Ωで入力Pinに配線してあるではないか!

これでは618Bの本領が発揮できない、

インピーダンスのミスマッチングでゲインも低いのと分解能も悪いため並みのMCトランスとは変わらない、

前所有者も知らずに50年以上使っていたのだがこれを鵜呑みにして使っていた俺もアホだ!


 こんなインピーダンスのミスマッチングの状態でショールーム開放日に持ち込んでこれが618Bだと云っていたのが恥ずかしい、

再度プライマリー30Ωに変更して音出し、DENONの103を使って聴きなおしたらゲインも上がり今まで聴いていた103とはすべてに違っていた、


 一般のトランスで聴く103は無機質なつまらない音とよく言われるが(私もそう思う)この618Bを繋ぐと今までの103のイメージが崩れ去ったぐらい変化したのは驚いた、618Bの秘められたポテンシャルは凄い、

 またMCカートリッジと云えばオルトフォンのSPUだがこのトランスを使えば相性はピッタリでSPUの良さが前面に出て素晴らしいサウンドを奏でてくれる。

MCトランスはカートリッジより音の変化があり重要だと思う、たかがトランスされどトランス、

 今月のキット屋さんのショールーム開放日に持ち込んでリベンジとしようと思う、前回の持ち込んだ時はインピーダンスの間違いで実力が発揮しなかったのと本当の音でなかったから今度こそWestem Elctricの618Bと私好みのAWAのトランスのサウンドの比較を私も含め皆さんのご自身の耳で評価して頂きたい、面白くなりそうだ!

トランスの聴き比べ


さていよいよ本題に入る。

「618Bは凄いのか」他のトランスとの比較試聴になる。

トランスは6個用意しての比較だがメーカー現行品の場合は名前を出すわけにはいきませんからその点をご了承ください。

また618Bをリファレンスに使いそれより上か下か優劣と偏見で一刀両断で評価します。

使用トランス

Westem Elctric WE−618B

AWAオーストラリア     型番不明

スタンコア          EIコアを使った鉄コア

UTC            C−2080軍用マイクトランス

A社  国内の有名カートリッジメーカーのトランス

B社  昔から有名なカートリッジの知名度のある現行品トランスの最高級品以上の6個 試聴になります。

使用カートリッジはDENON DL−103

使用アンプはマランツ#7

VT52武蔵アンプ

スピーカー ヴァイタボックス 30cmコアキシャル

使用音源はブレンデルのバッハとヨーヨーマのバッハ無伴奏チェロソナタ、ビルエバンスの名盤

MCトランスの比較


トップバッターはA社の昔から出ていた有名なトランスで皆さんも一度は使われたと思う評判の良いMCトランスから試聴になります。

A社のトランスのPinを接続後早速音出し開始になりますが618Bの音は知っていますから一聴してすぐにわかりました、

出てきた音はつまらん音でシステムがグレードダウンした感じになった、

一言で云えば折角の良いカートリッジなのに良さが出てこない、

103との組み合わせはベストと云われているが中に使ってあるトランスが悪いと思いネジを外してケースの中を見るとやっぱりこのメーカーのトランスは良くない

どうしてこんなつまらん音になるのか、レコードに針を下して1分後にやめた、

2番手は現在でも発売されている現行品の最高機種になる。
コア材も有名な金属会社のコアを使いコストと手間がかかっている。

見た目に高級感があり音もよさそうだ、現在ここのメーカーのMCトランスが一番売れているみたいだ、

早速Pin接続を変更してブレンデルのバッハを聴く、出てきたサウンドは大変透明感に優れ音の粒立ち立ち上がりの良さと非常に歪み感のない優等生なトランス、

音の広がりも文句なしで現代的な鳴り方だが何か物足らない、

上も下も伸ばしたため中域が痩せて聴こえてくる。

一言で云うと最近の整形美人的な鳴り方だがこのようなサウンドなら必ず飽きが来てしまう、


このサウンドを聴いた後早速618Bに接続して音出し開始、レコードに針を下して鳴りだした瞬間、音の系統と音楽の空気感が違う、

WE−618Bの音は絹ずれした品位品格が前面に出て上流社会の貴婦人的な鳴り方でいつまでも聴いていたい音で音色音質とも文句なし

特にこの品位はウェスタンでしか味わえない、

当時のウェスタンエレクトリックは現代で云うNASAのようなものでこの程度のトランスでWE−618Bと同じ土俵で比較するのが間違いかも・・・・・・

それだけ618Bは素晴らしかった!

国産の2種類のトランスの比較でしたが空気感を伴った618Bのようなサウンドは今後もう作れないのと618Bは価格がとんでもない価格になっているがそれだけの価値はあると思う、
http://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-038.html


65. 中川隆[2174] koaQ7Jey 2016年3月30日 13:08:18 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2158]


276 : 薬漬け 2015/09/05(土) 23:20:56

先日、行きつけのお店でモニターシルバー(米GRF)を、WE124で鳴らしました。

球はデフォルト 274B のところが 5U4G、348A のところが RCAの 6J7。

出力球は 350B です。

LP12 とマッキン C22 オリジナルを経由。

これで聴くと、入力トランス 618C のキャラクターも乗ってなかなか艶っぽいのですが、微妙に音色が古い。

(因みに Hi-Input はトランスは関係ないと諸兄に教えられてきましたが、お店のエンジニアで 124 現物と Western Electric の回路図を持つ方は

「実はハイ入力も入力トランスと繋がっている。
1次か 2次に入れているかは個体によるが、繋がれているのは確か。当初見たとき何故こんな面倒臭い配線をかけているのか理解ができなかった」

と教えていただきました。

しかしこれで、ハイ入力も入力トランスの違いで音の性格が変わることが腑に落ちました。)

そこで 5U4G を 274B 刻印球に。理屈からいえばより一層古い球ですが、これが不思議に現代的な清明な響きに変化。

「これだと前段も変えると?」

私「まさか 348A?」

店主笑って「 348Aはそう変わらないな。無理に WEで揃える必要はない」。

エンジニア「 6J7G の ST管もいいかも」。

で、後日私が探してきたのが Brimar の Foreign Made。

メッシュで精密な造り。欧州製か?

これに換装して、カートリッジをハイエンド系に替えたら、出た音に全員オッタマゲ。

現代型ハイエンドシステムを持っている方いわく

「自分の現代システムと違和感のない音だ」。


鳴っているのはシルバーなのに。

私の耳にも、およそ古色蒼然とは対極の音が出たのにはいささか驚きました。

因みにレッド(コーナーヨーク)に替えてデュトワ=モントリオールの幻想(Digital録音)をかけてみると、これも違和感なし。

RCA の 6J7 を Brimar? の 6J7G に替えてからはホルンの響きも丸くなった感じ。

ヴォーカルでは最初はキツかったドリス・ディの声がキツさが後退して滑らかさがでてきました。

古い機器も、使い方で古色蒼然にも鳴れば現代的にも鳴る。潜在能力の高さかもしれません。


277 : ジークフリート 2015/09/06(日) 08:20:57
>>276
現代的にも鳴る

昔のスピーカーで現代的な鳴り方(情報量( SN比)、再生帯域の広さ、忠実度、空間再現力など)って相当無理があるんですが、現代的鳴り方というよりも、

今でも通用する(ある程度の情報量と表現力、昔のスピーカーならではの創意工夫による空間演出(再現ではなく)、しかし歪曲し過ぎないなど)かどうか

ということでしたら、まだ通用するものも残っていて、その創意工夫の部分などが現代的スピーカーにない味わいも楽しませてくれるものと思いますよ。


当時、性能的に限界があった部分を、この創意工夫でなんとか補おうとした・・・

この辺りの巧妙さやセンス、努力が音にもちゃんと反映され、それが今でも魅力的に音楽を楽しませる・・・そんな装置であれば、まぁ今でも使う価値は十分有るんじゃないかナ?と思います。

278 : 薬漬け 2015/09/06(日) 10:14:29
>>277 
ちょっと私の表現が舌足らずでしたね。失礼しました。

「現代ハイエンド機を聴いている人」が「聴いていて自分のシステムと違和感が無い」
≒「現代的な」


という表現をさせていただきましたが、ただモニターシルバーに、――あのF特でも――リアリティを迫真で表現できる能力があることは、見えたような気がします。

もちろん、本当の現代スピーカーとでは F特は言うに及ばず、音場感の現出の仕方その他も作法は違う訳ですが、タヌキさ加減でいえば現代スピーカーより役者が上手といいますか。

実に巧妙に私たちをダマクラかしてくれるような感じですね。

現代スピーカーの、ダマし代が少ないタイプとはその意味でも作法が違います。

その世界では第一級の能力を有していると。
仰せの通りと思います。

ちなみに、今回の再生では Western Electric124 が結構大きな役割を果たしてくれたような。

つい音色の色香に先に幻惑されますが、(ちなみにあのアンプは電話交換用が多かったようですが、あの媚薬的な音の個性は交換手の女性の年齢詐称に役立ったかも。)

まずもって業務用として実に高い能力を有しているな、と感じた次第です。

現代に通ずる能力。

何せシルバーが他のアンプで、こういう鳴りかたをしたのを聴いたことがなかったですから。

ただ知らない人が見ずに「どこからか新製品でたんですか?教えて」と言ったのには…(苦笑)


279 : ジークフリート 2015/09/06(日) 10:27:53
>>278
女性の年齢詐称

薬漬け先輩。女性に限らず、上手いこと詐称してくれれば、ゲンジツよりも魅力的とか。
電話交換手も、どんなお姉さんか、下手に確認して夢破れ・・・てぇのは有りがちだったりしますよねぇ。


280 : 前期 2015/09/06(日) 17:55:55
>>276
またまた凄いアンプを試聴されましたね。

手許にある回路図では OPT 二次側からは負帰還をかけていませんのでトランスそのものが相当に立派なのでしょう。

出力菅のプレートから前段に負帰還をかけているのは恐らく動作の安定性を重視した設計なのではないかと思います。

それにしてもこんな古いアンプが保存されているそのお店というのも超一流ですね。


281 : 薬漬け 2015/09/06(日) 23:32:34
>>280
WE124はかなり以前になりますが、私がタンノイに似合ったパワーアンプをいろいろと見ていた頃、店主が「こんなのもあるよ」と、前期型のレクタンギュラーヨークでマーラーの三番のイントロを聴かせてくれたのが初体験でした。

レクタンのモニターゴールドが、何時にも増して煌びやかに響いた衝撃は新鮮でした。

これが Western Electric の音か、と。 

その個体は、ある人が長きにわたり預けてあるものらしく、店の基準機の一つになっています。

今回私が聴いていたのは、別の人の蔵の中から、様々な機器といっしょにガラクタ同然に(!)出てきたもので、最初一目では 124 と判りませんでした。

ウェスタンと判る位で表面の文字もろくに読めない(汗)。

これでもマシな方でそれ以外の名機は「抜けば錆散るイワシの刃」(汗)。

サビだらけ。

「どういう保管していたんだ?!」

お店のサービスルームで私も目にして絶句。

「どうするんです?」

「ウェスタンは幸い中はコンディション良好のようだから、まあ磨くよ。124だ」。

それにしてもバチ当りな。

数日後行くと、店主とエンジニアが丹精込めて整備した甲斐あり見られるように。銀シャーシの初期型でした。
(だからトランスもKSナンバーでなくウェスタン純正。戦前の製造でしょうか。)

エンジニアに先のハイ入力を聞くと

「メンテされている中には2次に入れているものもあるが、これは配線図通り抵抗を介して 1次に入れている」とのこと。

ちょっと目が覚めるのが遅い傾向はありますが、好調になると先述のような音です。

仰る通り、やはり「トランスが只者ではない」のでしょう。

回路が古い分、素材だけで勝負する要素が強いでしょうから。

問題は、元“飼い主”が「とにかく全て処分して!」とのことらしく、他のサビ刀はメンテが大変な様子。

で、くだんのウェスタンは店主「半端な扱いをする客には預けられないしなあ」と、ジッと私の目を…何が仰りたい?!(大汗)
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/music/11602/1423704997/


66. 中川隆[2175] koaQ7Jey 2016年3月30日 13:14:54 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2159]

ウエスタンの208という黒塗りトランス。


小布施のジャズ喫茶 BUD 音を聴く〜音モダチ〜 2016年03月15日
http://bud-jazz.dreamlog.jp/archives/5246840.html


今日は音モダチのMさんをお訪ねしました。
彼は音マニア、徹底した音マニアです。
僕のような音楽もオーディオも何もかも中途半端、イイカゲンとは大違いです。
納得できるまで追究していく情熱家です。

お伺いする度に感心を超え圧倒される思いを禁じ得ません。
思うに、音マニアは音のプレゼンスを容赦ない鋭い耳で、在るべき音か否かを判じ、あるべき音を求めてやまない人だと。
そこに使うエネルギーは一体どれほどか、Mさんに圧倒される所以です。

僕はある時点からオーディオに良い音をあまり求めなくなりました。
それというのも音楽を聴くときは、演奏者が曲にどれほどのものを感じて、曲想にあった音で演奏しているかを想像しながら聴くようになったからです。

さて、圧倒的なプレゼンスとリアリティを追求していた Mさんの気持ちに、今回少し変化がありました。

その方向とは、「浸透力」のある音だということです。

もっと自分の心に深く浸透する音だというのです。

この発想をもたらす契機になったトランスとスピーカーのコンビが奏鳴する音を、今日は聴かせてもらいました。

そのコンビとはブラック&ブラック。

ブラックとはタンノイのブラックというスピーカー。

もう一つはウエスタンの208という黒塗りトランス。

オルトフォンのステップアップに使用しています。

タンノイのブラックはウエスタンの208を得て、正に浸透力のある表現をするスピーカーとなり、その真価を十分に発揮してうれしそうに鳴っていました。

50年代のモノラルレコードの持っている奥深い音と、演奏者の素晴らしい音楽性が見事なまでに感じられました。

ウエスタン208 帯域の狭さなど問題としない芯のある深く澄んだ音


タンノイ ブラック


ステレオは機材の違う装置ですが、英DECCA SXLの醸す音のたたずまいが美しく響いていました。次回も楽しみです。


67. 中川隆[2177] koaQ7Jey 2016年3月30日 15:57:04 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2161]

332 : 薬漬け 2015/09/20(日) 23:24:16

WE124が、距離が近づいたようです。
物々交換その他でかなり犠牲を伴いましたが(涙)
宝くじでなくて当たりくじがホシイ…

サテ、レッドかシルバーに合わすとしたら、どのプリが「相性」がいいのやら…。

333 : RW-2 sage 2015/09/21(月) 15:34:04
>WE124

3極管の300Bで良いのにわざわざ多極管ppアンプをチョイスとは求道者ですね〜。

274B 出た直後のオイルコンは使えますが、チョーク以降のケミコン群がオリジ
ナルの場合はすでにアウトでしょう。

業務機は定期的に交換するのが前提ですからツメで引っ掛けるベークソケットにてハンダでチョンチョンと交換してたんです。
プロング式ならもっと簡単なんですが、今はその形態のケミコンを作ってません。

350B も当時は大量にあって、そこから選別されたものを使ってましたから自己バイ
アスの共通カソードでも良かったんですね。

350B もバンバン交換してたはずです。

今は貴重ですし、特性が揃ってなくても安心して使えるようにカソードは球ごとに
別けたほうが宜しいかと。500Ω/10Wが4個とケミコン47μF4個で事足ります。

124D ですと 116B ラインプリがハメられてます。
さらにアッテネーター付属が 124Fですが必要はないでしょ。
イコライザー備えた#7もBros1もあるわけですからね〜。


334 : 薬漬け 2015/09/21(月) 16:24:15
>>333 
いや、やはり124が持つあの色香に負けた、ということですよ。

とはいえ、私が選ぶ機械は数年、数十年越しに頭に張り付いた機器ばかりという感じもありますが…
(陰の声:そろそろ中高年性認知症かの?! …ウルヘー(汗))

124も、あの音色に魅せられてから、どれだけ経ったやら…。
我ながら執念深さに呆れます。(苦笑)

まだ拙宅に入っていないのでしげしげとは見ていませんが、多分シンプルな 124A だと思います。

インプットトランスは 618C。

350B は確かに少なくて往生しました。
(ある店主は「アンプより球の方が少ないから厄介だ」と。)

とりあえず生きている間は大丈夫かなという程度に、何とか。

個体がシルバーの最初期型のため、おそらく部品は教授がおっしゃられる古いタイプが付いているかと思われますが、私は中は未確認です。

ただ調べてくれたエンジニアは「これなら優秀ですよ」とのことだったので、それなりに生きているのでしょう。

ただある方からちょっと違った意見を伺いました。曰く、

「350Bは特性を合わせたらダメ。両方ともバラバラにしておかないとハムが出る。

普通のアンプなら合わせないとハムがでるが、ウェスタンは逆。

これはトランスがそういう構造だからで、ほどほどに特性の異なったものを幾つか組み合わせてみて一番ハムの少ないものを選ぶのが正解」だとか。


これを近所のお店の、整備をしてくれたエンジニアに話すと「それはどうなのかなあ…」とド懐疑的。

WE の都市伝説は掃いて捨てるほどあるでしょうから、どれが本当でどれが伝説か、見分けるのは容易ではなさそうです。


335 : 前期 2015/09/21(月) 16:46:32
>>334
>350Bは特性を合わせたらダメ・・・・・

オットロチク奇怪な話ですが、もし事実だとすればそのアンプに問題があって
歪の打消しみたいなことが起きたのでしょうかね?


336 : SAT-IN sage 2015/09/21(月) 17:56:56

球の組み合わせでバランスを取るのを前提にした造りならペア球はかえって駄目でしょうね。

カソードバイパスを共通にしてあるのはそう言うことかも知れません。

ただし現場で選定してマッチングさせるなら何本か球を持っていく必要がある訳ですから、そのへんは謎です。

こういうのは Westrex でメンテナンスをやっておられた方にでもお伺いしたいところです。

337 : SAT-IN sage 2015/09/21(月) 18:15:27

PP は完璧に近いペアでない限りDCバランスを合わせても ACバランスが合わない場合が有りますから、シングルとはまた違った難しさ有りますね。

解説書によればあまり神経質になっても仕方ない説もあります。

安物 PP のDCバランスをキッチリ合わせた上で片側の球を暴走させた経験を鑑みれば、WE の場合、球の信頼性に負うところが大きいのでしょう。


339 : 前期 2015/09/21(月) 19:04:42
>>337
そうですね、DC バランスをとるのは OPT の直流磁化を避けたいからでしょう。

AC バランスとなると歪率計と睨めっこということになりますが、そのバヤイ
どの周波数でどの出力でなんて考えだすとノイローゼになりそうです。

あまり神経質になるな、というのは案外正解かもしれません。


342 : RW-2 sage 2015/09/22(火) 11:23:19

WE124の位相反転はオートバランス型なんですね。

トランスでの送り〜受けやら、用途によって色々な回路を付加して使う業務用なのでこの反転を選んだんでしょか。

オートバランス型はユニット1をの出力をユニット2で受けて反転しますから、大
帰還が掛かってインピーダンスに差が出ます。特性もマチマチになるはずです。

WEの NFB はトランスではなく出力球から戻すのが常套なんですが、出力球の上球
からはカソードに戻し、下球からはスクリーンに戻してますね。

この辺のクリチカルな状況が、球を挿してみなきゃ判らないってな塩梅になったんでしょか。

オートバランス型だから差動型より音が悪いとは思いませんが、好みからすれば
まだ PK分割の方がスッキリします。

多場面で使う業務用なればの回路なんでしょね。

341 : ジークフリート 2015/09/22(火) 07:50:30
〉332
先輩、オートグラフの入手が最優先かと思いきや・・・今度は劇場用アンプですか?
本命アンプに出逢えることを祈ります!

343 : 薬漬け 2015/09/22(火) 11:48:30
>>341 
いや、優先順位は変わらないのですが、オートグラフ譲渡の話が全て(複数もあったのに!)ポシャったところに、こちらがぽつんとこちらが出てきたというのが実態です。

私はどうもオリジナル・オートグラフには縁が薄いようで、最初に聴かせてもらったときには何度も書いている通り自分のスピーカーでなかった。

数年前、入院で頭が暴走しているときに、ふとサイトを閲覧していた時に出会ったのが今のバッタグラフ。(普通サイトでそういったものを見ることはないのですが、これも何かの縁でしょうか)。こちらは明らかに前回とは異なり、私のテイストでした。

そんな中、オリジナル箱の差異、個体差の問題が次第に明らかになるにつれ「最初の時の個体は自分には合わなかったんだな」と思うようになってから、ではと探索が続いているのですが…。
なかなかうまくいきません。

124 は 124 で、相当以前に聴いて衝撃をうけたこと前述のとおりですが、実はこのアンプ、まだ拙宅で鳴らしたことがないんです。

だからドラスティックな選択として、家でどうしても上手く鳴らない時には、オートグラフの原資になることもありうるでしょう。

ただ、いままでの予想から、そうなる可能性はちと低そうな…。

とはいっても拙宅のパターンから、「本命「の一つ」」の位置づけは変わりませんが。

344 : 前期 2015/09/22(火) 12:29:25
>>342
>オートバランス型
は作ったことないからなんとも言えませんが不思議な回路ではあり松ね。
>まだPK分割の方がスッキリ


これはわかります。差動型のほうが合理的に見え松がこの辺は時代でつかね?


345 : RW-2 sage 2015/09/22(火) 13:34:00

>124は124で、相当以前に聴いて衝撃をうけた

タンノイを鳴らすのならロンドンウエスタンの 2040A+2045C が良さそうです。

と言ってみても写真だけで実物を見たことはありませんけどね〜。
日本に何組あるんでしょか (略)


>不思議な回路

以前2台でっち上げましたよ〜。回路図的には綺麗なんです。ダブルプッシュの体です。

6L6G で作りたかったのですが1シャーシーですと電源が大掛かりになるので 6V6G で決着。
その後 6AQ5 で作りました。NF はオーバーオールで軽くサクッと。

どちらも友人宅でノーメンテで元気に鳴っておりまっせ。
6AQ5 は意外にタフで MT管なので音もハイスピード。

346 : SAT-IN sage 2015/09/22(火) 13:43:45

ざっと眺めたところ入力トランスを使っていながら不思議な回路ですね。

トランスで位相反転してそのまま持ってこないのは昇圧比の関係なのか、オートバランス自体が理解力の足りない小生には神の左手ならぬ神の回路に見えます。(見えないか…)


347 : 前期 2015/09/22(火) 14:55:46
↑ 
ご同類がいて安心しますた。
作ってみれば「なあんだ」の世界なのかもしれませんがムラード型に慣れちゃうとあの回路が自然に見えてき松。
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/music/11602/1423704997/


68. 中川隆[2250] koaQ7Jey 2016年4月07日 14:38:22 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2253]


オーディオの「音質を決める」材質について - Mr.トレイルのオーディオ回り道 2016年04月07日

最近は「非磁性体」と云う事で「アルミ製」の箱体が高級品には使用されているが、「音質」には「好影響」なのだろうか?

個人的には「はなはだ疑問?」を持っている。

管球アンプの達人たちはこぞって「鉄製シャーシ」を使っていた。
アルミ製やステンレス製ではない処が面白い。


音数や音色の多彩さを得る為には「色々な沢山の材質」が入っている事が不可欠だと原理的に理解している。その材質を電気が通って来る時に、その材質の音色も併せて出してくれるからだ。だから「簡単な作り」の機器ではいたって簡単なサウンドで有り、複雑な構成の機器では「複雑なサウンド」がしてくると思っている。ただし、複雑な機器程その実力を出すのが難しい事も事実である。


個人的には「鉄(Fe)」が必ず入っていなければならないと思っている。

それも良質の鉄が使ってなければならない。

古い話であるが、WE のトランスでは「純鉄性」のトランスが最高に良いとされている。

その作りの複雑さと手間暇の入れ方は半端ではない。現在では作れない代物だと思う。

WE のライントランスを時系列に追っかけて「音質確認」をしたことが有るが、やはり「古いモノほど」サウンドが豊かで良いと云う結論に達した。

ライントランスの場合 50A以前のモノがそれに相当すると思う。
音色が 50番以降のモノと全く違う傾向なのである。


話は変わって「ケーブル」ではどうだろう?現在ではほとんどが「銅線」である。これに皆さんは疑問を持たないのだろうか?「銅」には「銅」にしか出せない音も有るが、「銅」では出ない音が有ると云う事を理解してほしい。ちょっとグレードを上げれば「銀メッキ線」や「銀線」が有る。

「電気はケーブルの表層を流れる」と云う事実が有る。これから行けば「銅線に銀メッキ」すればかなりの音質アップが期待できる。事実かなり豊かなサウンドで、「銅」と「銀」の音色を併せ持ったサウンドになる。「銀線」は「銀」特有の音で繊細で輪郭がシャープで広帯域で・・・と良さそうなサウンドである。音も非常に豊かに感じる。

ここで私の使っている最高グレードのケーブルには「鉄(Fe)」が使われている。磁石にくっつくので直ぐ判ると思う。

ケーブル材に「鉄」???と思われるかも知れない。

本当に良いモノには先述の WEのトランスでも云った様に「鉄」が使われているのです。

ただ一般に知られている「鉄」の使われ方ではなく、「性能を上げるために使われた鉄」であると云う事。それなりの工夫がシッカリとされているのだと思っている。技術の有るメーカーでないと作れないモノです。
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/d21d68da5f36f9744802573dad80d634


69. 中川隆[4320] koaQ7Jey 2016年10月05日 10:40:56 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4729]

前記

2. WEのある音楽空間「赤兵衛」 (喫茶) 

のシステムを使ったイベントがあったけど


赤兵衛 (momo)2015-07-19 15:38:54

昔。埼玉にあり、苗場など、点々としたものだそうです。
今週も音の調整をし直して、開催するそうです。

土曜日に、倉庫の所有者に聞きました。北関東蓄音機倶楽部の人です。
イベントが、終わると、お引取り願うと話されていました。

Re:赤兵衛 (8417chiharu)2015-07-19 17:30:37

昔、猿ヶ京温泉にあったシステムですね、


これはいくらなんでも WE サウンドと言って良いの? 2015年07月04日
http://blog.goo.ne.jp/8417chiharu/e/ece199cc3ee61d9a28f075d29d796277


あの WE211 をお使いのi氏よりこんなチラシのメールが届いた
なにやら300円で本格的な WE サウンドが聴けるらしい


以前も地元の新聞にWEを所有している方の記事が出ていたが
もしかしてその方が鳴らすならかなりのレベルのはず

住所も電話番号も記載されていないがどうやら場所はそう遠くない
今話題の、あの桐生だ

しかしポスター1つで見事に街のイメージが変わってしまった

まぁそれは置いといて かなりの期待を胸に出かけてみた


会場へ行ってみると、ノコギリ屋根の妹の工場の跡地
その広い工場の左右にそびえ立つウェスタンらしきスピーカ


中央にはプレイヤーとアンプ群

ターンテーブルは確かにウェスタン、

でも9Aってステレオだったんでしたっけ?

よくわからない使い方だが、とにかくステレオで鳴らしている

バッフルはどっからどう見ても残念ながらエルタス

バッフルは残念だがユニットは?
ユニットも残念ながらエルタス


は〜

594 も見慣れたエルタス

ふ〜


チラシにはWEのマークと映画館用スピーカーとあったがエルタスって映画館に収めてるんですか?


どう見ても映画館用には見えないがネットワークも当然エルタス

タンガーバルブもエルタス

鳴らしているアンプもエルタス


は〜〜

プレーヤーは確かにWEだが私も重量級アームでレコードマニアからおしかりを受けましたが ちょっと自分のレコードはかける気になりません

絶対にSP用のはずだが なぜかステレオ?


あのTオーディオで聴きなれた低音

申し訳ないが歪み感の無い「和」の WEサウンド

もっこりぼこりストレスなし

これを WEサウンドと言って良いの?

俺のでも、なんちゃって WEサウンドだけど
WEのマークを使って堂々と WEサウンドと言っているので聴いてる皆さんも本物の WEサウンドだと信じているようです

間違った使い方の WEとエルタスなのに〜〜〜

は〜ポスターは本物なのになー


コメント


WEサウンド (momo)2015-07-11 19:23:00

どんな音だったのでしょうか。本当のWEの音を知らない自分も聞いてみたかったです。

15Aホーン + 555 の音は、横須賀で、聞かせてもらいました。

昨年、群馬のイタリアンの店で、レプリカの 15Aホーンを聞かせてもらいました。

WE594 + 24Aホーン + 4181×2 の音は、聞いた事、ありません。

ただ、WE594A + 山本音響、ウッドホーンだけなら、聞きました。

JBL375 と余り、変わりませんでした。

近くにエルタスのシステムをお持ちの方が、おりまして、聞かせてもらいに行きましたが、運悪く、結線されておらず、EU の 20cmフルレンジを聞かせてもらいました。

タンガーバルブ電源もありました。当人、いわく、エルタスの 594 と WE594 と、余り、変わらないと、話し、していました。

GIP の 594 もエルタスの 594 も WEサウンドで、良いのではと、自分は、そう、思います。

不良な器機で、いくら、オリジナルだと、叫んでも、良い音しません。
メンテされていないオリジナルでは、これを WE の音だとは、あまりに、悲しいことでないかと思います。

知り合いに、オリジナルに拘る人が、いますが。色々と、お世話になっています。
今度、静岡に、WE594A + 24A + 4181×2 で、WE86 と 91 で、鳴らしている方が、いるようなので、尋ねてみたいと考えています。


Re:WEサウンド (8417chiharu)2015-07-11 20:47:31

横須賀は、Dr.mikamiさんで、群馬は夢や sgawara さんですか、

横須賀は本物で、群馬はまったく非なる偽物ですね、ドライバーはJBLかな?

偽物本物、難しいですね、

エルタス 594 と WE594 が同じ音と言った、たぶんT社長、まあ同じと言えば、同じかな?

でも、
一緒にするな〜〜
と、言いたいですね

WE を聞くなら、本物を聴いてくださいね


超えれないエージング (渡辺)2015-07-11 22:06:12

どれも同じ構造かも??しれませんが・・

本物は、何十年もの年を重ねています。こればっかりは、真似できないとおもいます。

きちっとしてない装置の魅力
8417chiharu さんなら理解いただけると思います。(笑)

ロマン的、発言でした。(笑)


幻滅でした (strad)2015-07-15 00:16:39

私も5日に WE ということで行きましたが、オールエルタスと言ってよいものでした。
がっかりしました。

後日、主催者のお一人にその点をうかがったのですが、好評なので WE のまま17日からのするそうです。地元新聞も WE と歌って宣伝をしたそうで、地元民が分からないとでも思ったのでしょうか。

某ショップがサポートされているようですが、触らぬ神に祟りなしです。
ただし、エルタスシステムには何の責任もありません。

Re:幻滅でした (8417chiharu)2015-07-15 07:51:31strad

確かにエルタスには罪はありませんね、現実に音がそんなに悪いわけでもないですしね。

私も広いところでエルタスを聞いたのは実は初めてなんですが、やはりあれは家庭用のスピーカーですね。

音がまったく飛んで来ない

本来劇場用のスピーカーですから、WE は全ての聴衆に明るく明朗な声を届けようと、他のメーカーは、前の人たちは多少犠牲にしても後ろの聴衆にまで届けようと、音を飛ばすことができるのが劇場用のスピーカーだと思います、

本来の目的と違うコンセプトを持った出来の悪いレプリカは音が全く飛ばない、

そんなレプリカを随分聞きましたが、これはその最たるものですね。
エルタスに罪はなくとも、あの人は罪人です


幻滅2 (strad)2015-07-15 08:15:398417

chiharu様、おはようございます。本当に最悪の音でしたね。
この件に関係した人たちはレプリカ物を WE の SP と称して、宣伝し、地元紙にまで紹介した訳ですから、地元の人が地元の人をだました訳ですね。罪深い事です。

ところで、T社長は私も知ってます。

赤兵衛 (momo)2015-07-19 15:38:54

昔。埼玉にあり、苗場など、点々としたものだそうです。
今週も音の調整をし直して、開催するそうです。

土曜日に、倉庫の所有者に聞きました。北関東蓄音機倶楽部の人です。
イベントが、終わると、お引取り願うと話されていました。

昔、YouTube にも動画ありました。

静岡に、WE594 + 26ホーン + 4181×2 のシステムを聞けるらしいので、行きたいと考えています。

このシステムの音を聞いた事ないので、是非、一度と、思います。

Re:赤兵衛 (8417chiharu)2015-07-19 17:30:37

昔、猿ヶ京温泉にあったシステムですね、

北関東ですと群馬でしょうか?、もし情報をお持ちなら教えてください、聴いてみたいです。宜しくお願いします。

エルタス (momo)2015-07-19 23:48:48

このブログ書かれている WE、エルタスのスピーカーのことです。

今週、もう一度、聞きに行かれてはと思います。再調整したようですよ。

変わりないかもしれませんが。静岡の WE は、全然、別の人です。

北関東蓄音機倶楽部の人(この人の所有の倉庫で、聞きに行かれた WE、エルタスのスピーカーのデモが、開催されているようです。)が、小布施の BUD に来られて、曽我ホーンという、蓄音機のサウンドボックスを外して、小型スピーカーを取り付けられるアタッチメントみたいな機械のことを曽我ホーンと言います。

その小型スピーカーの音で、蓄音機の音道(ホーン)を通って音が出るというものです。

音源(CDウォークマン)とアンプ(1から2W)が、必要です。

SP の復刻 CD などは、とても良く鳴ります。実演してもらいました。

驚きの音が、しました。感激しました。

Re:エルタス (8417chiharu)2015-07-20 06:31:21

あのエルタスの音はダメですよ。
エルタスサウンドであれば我慢しますが、WE サウンドと銘打っていて、あの音は我慢できません。
詐欺です。
http://blog.goo.ne.jp/8417chiharu/e/ece199cc3ee61d9a28f075d29d796277


70. 中川隆[6423] koaQ7Jey 2017年1月28日 20:31:00 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6876]

真空管アンプはハンダで音が変わる! 


このアンプの製作者様 チューブオーディオラボ Kさんとの問答を再現してみよう。  


Kさん「使用するハンダの種類で音は随分変わりますよ。端的な例を挙げるとエレキ・ギターですね。ギターの内部配線のハンダを変えるだけで音が一変するので、(ハンダの種類に)拘るエレキ奏者がとても多いです。

真空管アンプにしても以前古いウェスタン製のアンプを修繕したことがありますがソックリそのまま復元したのに肝心の音の方が蘇りません。原因は使うハンダにありました。爾来、古いアンプを修繕するときは可能な限り使用されているハンダを吸い取ってそのまま使用することにしています。」


「ハンダは一種の抵抗素材ともいえますから35か所もの関所があればハンダの種類によって音が変わるというのは十分納得できますね。ちなみにこれまで使用された中で一番音のいいハンダのブランドは何ですか?」


Kさん「それはナッソです。もう市販はされていませんので昔買い込んだものを大切に使っています。古いアンプでも回路はそのままで結線の箇所をこのハンダに入れ替えるだけで音が激変しますよ。」
http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/268f28bacb0f04cf1c580a3ace03d11e

チューブ オーディオ ラボ

ナッソ : 今回使用するハンダです・・・

作業効率は最低のハンダです・・・
体にも良くないです・・・が・・・音は良い
http://shinkuukan2.web.fc2.com/2015/repair2015_06/repair_2015_06.html

チューブオーディオラボ 真空管アンプ 修理工房
http://shinkuukan2.web.fc2.com/Repair/repair.html


チューブオーディオラボ  
〒949-6680   新潟県 南魚沼市 六日町1857-3    

TEL/FAX 025-775-7383

E-Mail:tubeaudiolabo@rouge.plala.or.jp

修理依頼等お問合せ
http://form1.fc2.com/form/?id=561942

板橋商会
オーディオ関係を中心に海外通販代行の板橋商会です

海外大手オークションサイトの「eBay」での輸入と輸出をお手伝いいたします。
「チューブオーディオラボ」様の関東・東海販売代理店も行っております。
ビンテージハンダやケーブル等オーディオパーツの販売もしています。
http://www.arisan58.com/index.html


ビンテージハンダ
 ドイツのクラングフィルムのハンダ
 アメリカのナッソ等

ビンテージケーブル
 ドイツシーメンスのマイクロフォンケーブル
 ※基本的にDIY用にメーター売りしていおります。
http://www.arisan58.com/about.html


ハンダの解説@ Love Martin 工房N
http://love.ap.teacup.com/ooo28ec/80.html

ここで在庫ハンダの解説をしていこうと思います。 

当方もヤフオクでの購入で、その出品者の方のコメントをまとめたものです。 シールド自作派の方とか試してみるのをご検討なさる方には参考になるでしょう。 ただのオタク情報だけど。


アコギやエレアコにも向いていると思います。 というかモガミ2534にスイッチクラフトのプラグの組み合わせだとハンダでさらに使用用途に合わせたチョイスが可能になるんですね。 
 


《レッドー・キースター》
 太く厚く、艶っぽくリッチな音で高域も申し分ない。
 人がビンテージなものに求めるすべてを持つハンダ。
 分厚い中低域と音の豊かさ、キレのよい高域は圧倒的な
 説得力を持つ。
 キングオブキースターよりもパワー感や心地よいエッジ感、
 ブースト感が前面に出てくる。


《キング・オブ・キースター》
 悠々としたバランスはまさに“ハンダの王様”としての貫禄を
 感じさせるゴージャスなもの。
 音のひとつひとつの実体感が多くリアル。
 オリジナリティを保つ音、信頼できる音、音楽的な音、黄金
 のサウンド、アートな音。
 古い時代の楽器をより年代感を出して表現してくれる。

《ビンテージガーディナー》
 究極なナッソー7424と肩を並べるほどの良品。
 耳あたりのよさは格別で、迫力ある音に美音も混じる奥深さ
 があり表情が多彩。
 立体的で音楽に味が出てくる。 
 ソースをあるがままに再現する懐の深いハンダ。

《青ダッチボーイ》
 すごい分解能、ボ^−カルもリアルで背景音もリアル、すば
 らしい臨場感。
 50年代ナッソー寄りの音で音がグラマラスになる。
 ナッソーよりもゴリッとした芯があるから音楽をディープに
 深く濃い味に演出してくれる。
http://love.ap.teacup.com/ooo28ec/80.html

ハンダの解説A Love Martin 工房N
http://love.ap.teacup.com/ooo28ec/83.html


《AETNA エトナ》
 オーディオ用にもギター用にも向いている稀なハンダ。
 クリア&リアル、抜ける高域でボーカルのブレス感も艶かし
 いほど。
 アタック感や内声部のハーモニー感と分解能が両立し、聞
 いていて実に楽しいサウンド。 
 ギターに使うと甘さを抑えてもクールで粘っこいサウンドに
 なる。

 ※プラグへのハンダのノリが悪く作業はやりずらいです

《ナッソ−1952》
http://love.ap.teacup.com/ooo28ec/img/1189769508.jpg

 トータルバランスのよさとウェルバランスは文句ナシ。
 ナッソーの究極的自然さがよく出た逸品。
 原音再現性に優れ、自然でトータルなバランスでマイルドな
 音質。

《ナッソー1956》
http://love.ap.teacup.com/ooo28ec/img/1189769642.jpg

 50年代ナッソーの最高峰。このRM546293は優等生で
 品位があり粒がそろっている。
 エッジとウルトラ・ハイの輪郭が立つ。 
 中低域の厚さも良好で古楽器のCD再生もハイが出てくる。
 実に高品位、実に美しい音、上品の極み。 
 世界遺産的ナッソーにウルトラ・ハイをつけたような音。

 ※ストラトでカッティングを決めたい人ならコレです!

《ナッソーAT−7241》
http://love.ap.teacup.com/ooo28ec/img/1189769990.jpg

 AT−7076の50年代に近い音で中域のぶっとさは異常な
 ほど! また低域の量感もあり! 
 AT−7076よりもウルトラ・ハイが少ない程度の実に音が
 いいハンダ。

※太くて硬くて作業はやりずらいです。 
 基本的に作業時は健康への影響を考えて手袋とマスク着
 用というのが面倒です。
※ハイエンドユーザー向けなベースにはいいでしょう。
http://love.ap.teacup.com/ooo28ec/83.html


2008年4月 7日ハンダについて

ハンダに関してですが自作マニアに一番、有名なのはおそらく KESTER"44"だと思いますが他にも・・・


好ましい音のするハンダは沢山あります。
どんなハンダを使う場合でもハンダを扱う時は部屋の換気を良くして作業後は手を洗いましょう!

有鉛のハンダの場合、素手で触れないようにラジオペンチ等でつかんでやると良いです。


KESTER"44"ですが

Kester44_60s_1

これなどは古いタイプの"44"です。
音的には楽器などには何故か最近の"44"より好ましいです。
ギターの人達には人気がありますね。

マルチコアという名前のハンダもあります。
写真↓は、やはり古い時代の物でERSINブランドのものです。

いたって高解像度で冷たくさえある音にはファンが多いです。

更に WE が過去に外注していたナッソという名前のハンダも今では人気が出ています。

Nassau_56s_rm_top

これは50年代のナッソです。
さっきのERSINと同等かそれ以上の解像度があるのでオーディオ・マニアが良く使います。
http://www.rittor-music.co.jp/jisaku/blog/jisaku/2008/04/post-6ef0.html

NASSAU C-ROSIN AT-7076 1970′s 音質レビュー 【NASSAU】 #12


Nassau はんだ聴き比べ音質レビュー第12回目は

NASSAU の NASSAU CROSIN AT7076 1970′sです。


http://i2.wp.com/blog-imgs-69.fc2.com/a/i/r/airissiba/blog_import_53b3f6cb5c239.jpg

NASSAU はヴィンテージハンダの定番のメーカーであります。

現在は検索などしてもホームページは存在しないためおそらく現存しないブランド・メーカだと思われます。

ヴィンテージハンダの定番中の定番で Western Electric に対しての供給を行うなどの大きな実績もあります。

中音に艶感があり全体的に熟成された音がなる傾向があるブランドハンダであります。

今回はNASSAU CROSIN CORE AT7076 – 1970′s の紹介となります。


レビュー

まず、作業性については保存状態の問題かフラックスが飛んでいたため外付けでフラックスが必要でありました。

フラックスがない状態ではんだづけを行うとなかなか端子などにハンダが乗らないなどの問題が起こり作業に影響があります。

ただし、フラックスがあればしっかりハンダがのります。

ノリさえすれば濡れ性もビンテージであるのにもかかわらず現行品に一歩届かない程度でヘタな鉛フリーはんだよりも作業性が良かったのでヴィンテージとしては扱いにクセが少ないものでありました。

ただ、はんだ自体がやや太めであるため基板作業を行う際には長すぎないようにすることに注意を払う必要があります。

プラグへのはんだづけや楽器に対しての使用などが使用用途として考えられるラインであるでしょう。

音質については KR-19RMA より情報量はやや少ないです。

ただ、ヴィンテージとしての味わいがあり低音の太さや中域のやや枯れた味わいのある艶感に特徴があります。

悪い印象はありませんが他の Nassau のはんだとは毛色が違う印象があります。

ただ、音に潰れがなく高音に抜けがあるため全体のクオリティとしては悪い印象はありません。

ややドライな鳴りでしつこさはありません。

音の広がりはKR-19RMAに軍配。なめらかにすーっと広がる19RMAに対してややつまりがあります。定位感は19RMAよりは潰れがありますが悪い印象はありません。

Western Electric との線材の組み合わせでは WE 素材の中域の表現に渋みを与えます。

艶感やNassau/WE独特の中域の雄大な鳴り方をさせるわけでもなくドライ目に中域を誇張する鳴らし方で表現としては面白みがあります。表現の面では 19RMA にはない良さがあるため線材との組み合わせ次第では渋い一本が出来るかもしれません。

コテコテにヴィンテージ色に染めるものではなく多少枯れた感じにして音のラインを太めに締めた印象で鳴らしますので様々なヴィンテージワイヤーで使いやすいかと思います。

音の温度も温かくも寒くもなく高域の抜けの良さもありますからやはり渋さが光る
万能な一本として魅力のあるはんだと言えるかもしれません。
http://airislog.wp.xdomain.jp/iem/nassu-at-7076-70s/

はんだ Archives - Airis LogAiris Log
http://airislog.wp.xdomain.jp/iem/category/diy/%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%a0/

【54#】 原音忠実ハンダ☆1952年ナッソ《NASSAU》50cm売り 600円
http://tmd.muse.bindsite.jp/vwd21/54-nassau.html
【 商品名 / 形式】
NASSAU 1952's ROSIN CORE SOLDER

【内容】
ROSIN CORE SOLDER

製造年月日はスプールに貼ってあった紙シールに 1952年4月17日とスタンプされております。
ハンダの太さは直径0.9ミリです


【生産国】
アメリカ
製造年月日 1952年4月17日


【この商品の特長】

ナッソは1940年代前半と後半、50年代の前半、中半、 後半でそれぞれ音が違います。

52年あたりは割と オーディオ的にはピュアでマイルドな物が多いです。


1952 NASSAU 【音質】

今回の1952年ナッソの音質ですが、 何も言う事が無い程のトータルバランスの良さを持ちます。 実にウェルバランスで文句の付け入る隙はありません。

原音とほぼ同じか、ナッソ・サウンドでの究極的自然さの 逸品です。

ナッソ・ハンダと一言で言っても年代や種別、 生産地、合金比率、仕上がり太さ、保存状態等々で音質は 全くと言って良い程異なります。

異なりますが平均的音質は やはり一般の市販品とは異なります。

その中でも50年代と 40年代は別格の味わいがあり、40年代では原音忠実なナッソ というより「化け物ナッソ」が見受けられます。

その点、 50年代は平均してHIFIナッソの頂点年代と言う事ができます。

50年代でも後期と前期ではまた音が異なります。

後期は音の フォーカス性に優れ前期は原音忠実性に優れている感じです。

今回出品の1952年ナッソの音質はトータルとしてマイルドです。 耳当たりが柔らかいのです。自然なバランスという感じです。 ニュートラルなバランスです。やはり逸品です!!!

紙シールのアップ画像です↓


今回出品の1952年ナッソの音質はトータルとしてマイルドで 耳当たりが柔らかいです。 とにかく自然なバランスという感じです。 ニュートラルなバランスを求める方にはこちらかな?と 思います。
http://tmd.muse.bindsite.jp/vwd21/54-nassau.html


Nassau ナッソ Western Electric
http://fatguitar.cart.fc2.com/ca19/255/

ビンテージハンダ最高峰のNassauをスプール缶まるごと販売させて頂きます

ギター・ベースの内部配線はもちろんケーブル・エフェクター・アンプ等、幅広くお使い頂けます。


1960年代のメタルスプール缶のNassau AT7076です。

切り売りだと1m1000円〜1500円また20〜50cmで800円

1ポンド缶でも6万〜8万という人気・実力共に最高峰の半田です。

他の半田には無い音の解像度・艶・ロー/ミドル/ハイが抜群のバランスです。

他のハンダならまだしもNassauはあまりにも貴重な為、スプール缶丸ごと売りに出る事はまずないと思います。

ROSINコア(フラックス入り)ですのでそのままお使い頂けます。

1ポンド缶でほとんど使われていませんので画像の通り大体80〜90%は残っております。(ほとんど満タンの状態でこの価格は破格だと思います)

楽器・アンプ・エフェクターの内部配線はもちろんケーブル製作等幅広くお使い頂けます。

近年の価格高騰によってNassauでも特にメタルスプールは入手が困難です。
最後の1缶ですのでお探しの方はご検討頂ければと思います。


価格:22,000円 在庫切れ
http://fatguitar.cart.fc2.com/ca19/255/


WAGNUS.シェフのきまぐれケーブル#15 *Grammas Vision*


今回はワイヤーには、厳選した、かの40年代の Western Electric のツイストワイヤー単線を使用(クロス・ブラックエナメル・シルク絶縁・錫メッキ単線!)を選択しました。

プラグには NEUTRIK のブラックボディ+金メッキコンタクトRCAプラグを接続し、RCAケーブルカスタムとして製作いたしました。長さは100cmペアで作成。

そして、更なる見せ場はやはり大事な半田です。

ここには・・なんと超ウルトラレアで Western Electric の純正ともいえる、同年代・米国40年代「VINTAGE type NASSAU C STEARINE CORE AT7241」を使用!

このハンダは工業用 NASSAU の40年代のモノの中でも評判のいい STEARINE CORE の中でも、更に超レアなCタイプの逸品です。

これは非常に素晴らしいレンジ感とファットさと艶をもち、あまりの素晴らしさに WAGNUS.自信の使用用途以外では、けっして切り売りなどを行わない最高のハンダの1つとなっています。

これにより、Western Electric 社の当時の純正仕様となる、「本物の王道サウンド」をお聴きいただくことができます。

今回は、そのハンダを惜しげもなく使用!是非お楽しみくださいませ。


さて *Grammas Vision*RCA ケーブルのサウンドが他ものと違った味を見せるところは、音像の「迫力」です。壁のように纏まった音の塊がそのまま向かってくる感じの勢いとは違い、リスナーを音で「包み込むように」迫ってくる独特の臨場感があります。

音自体の印象は音楽としてもっとも美味しい「中域」をしっかりと聴かせ、低音もグンとほどよく響きます。高域も輝くようなリバーブ感で伸びていくので、聴いていて非常に気持ちの良いサウンドでウットリします。

これぞ・・という感じの40年代の WE のワイヤーと純正で超レアな NASSAU のハンダの組み合わせは、生き生きとした素晴らしき時代に作られた「本物の」音を聴かせてくれる逸品となっておりますので、是非お聴きいただければ幸いです。
http://wagnus.exblog.jp/11753949/

Nassau P.W.W coreハンダ ... - ヤフオク!
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g200408176

ヴィンテージ NASSAU “PEDIGREED”PRODUCTS の中にあって最高の音質として知られる PURE WATER WHITE ROSIN CORE の登場です!

1960年代までの NASSAU は、その後の同社のハンダとは全く次元の異なる 表現力に恵まれた素晴らしいものです!!

そして この PURE WATER WHITE ROSIN CORE 仕様のものは更に別格。

NASSAU は 何も巷で人気の AT-7076やAT-7424 ばかりが良いと思ったら大間違いです。

PURE WATER WHITE ROSIN CORE とは それほどまでに強烈なポテンシャルを有します。

というか、AT-7076やAT-7424 も列記はされてないですが、P.W.W.coreって話・・・・。

まずは この型番不明の P.W.W. Rosin core は 怒濤の情報量と分解能と芸術性を持っていること。

更に極めて優れた”透明感”のある音像を創出!・・聴者を超感度の 極楽のレベルに誘います。

Kesterファンや Dutchboy ファンの方々も 是非このチャンスを掴んでください!!

このハンダ特有の透明感と気品のある音質に驚かれることでしょう。


超お得な目玉商品の価格 1m/1280円(商品数量1)での出品です。

特に クラシック系のリスナーの方々、優雅なジャズヴォーカルとビッグバンドを
お好みの方々などは、これはかなりすごい音質のハンダですぞ!

最高の音質を有するアイテムです!!超稀少!しかも激安!!

★Nassau Pure Water White Rosin Core ハンダ 60年代 1m。

ハンダもここまでくると 最早 超ハイファイ のイクイップメントとなるのです!!


【商品内容】

★Nassau Pure Water White Rosin Core ハンダ 60年代 1m。

直径は、2.3mmです。 1m の 商品です。

Pure Water White Rosin Core 仕様ですので、ペイストは必要ありません。
Nassau 中、比較的 溶けやすく作業のしやすいハンダです。

型番は不明ですが、音質は歴代 AT-7076やAT-6378 などの名器と同等の方向性です。

Alloyなど、刻印がありませんので不明です。


【ルーツ】

アメリカ製
1960年代の製造と思われます。

【音質】

NASSAU = Western Electric 仕様のハンダ群の中にあって この“PEDIGREED”PRODUCTS の刻印は、それだけで今や大変貴重なものとなりました。

その中でも更に、Rosin Core(Flux)に Pure Water White Rosin Core を用いたハンダは 飛び切りの上物として耳の良いエンジニアや製作家の間で知られるようになりました。

すでに海外相場で この P.W.W.Core レベルの上物が 一巻10万円近くするというスゴイ値段のものも昨今 珍しくありません。

では、一体何がそんなに”通の人々”の耳と感性に響き また 唸らせているのかをご紹介させていただきます。


まず、ハンダを任意の箇所に1カ所だけでも用いることで、高域及び超高域の劣化が避けられないという認識は 殆どのハンダでの共通する「負」の部分であります。

あとは殆どのハンダに於いて それを用いることによって 音楽としての音場が濁り、情報はマスキングされ曇った遠い音像と不安定な定位に悩まされます。

その任意のハンダを使った場合とストレートワイヤーでの比較試聴を徹底して行うメーカーも多分世界でほんの数えるほどでしょう。そう、ハンダは、必要悪とされ今の今まで何も追求されぬままここまできているとしかいいようがありません。

わたくしは、丁寧に一個一個のワイヤー及びハンダの違いを識別する装置を用いて深〜〜〜〜く聴きいっております。まるで深海潜水艇のソナーで超微細な生物が歌う音波を聞き分ける技師の如く・・・あるいは、天文学者のように電波望遠鏡で百億光年彼方からの微細なパルスを検出するように・・・(笑)


Stravinsky の殆ど発明に近い交響曲「ペトリューシュカ」Marcurry盤1947年を聴いて まずはビックリ仰天です。

これはスゴイ!!立体感が!
これだけ複雑なしかも超大編成の緻密なスコアも全くすばらしいセパレーションと音色で、引き込まれる圧巻の空気の動きとその質量感。

うひゃ!この交響曲が、ここまで鮮明・克明に表現されるとは!!

何せ、このハンダ、各楽器の質感が見事なのです。イントロ終わり、前半部 の中頃でのアコーディオンとフルート掛け合い部分で、その響きの確かさとホールのエコー感には舌を巻きます。

こりゃ、すごい分析能力をもった希有なハンダだということを直感いたします。

前後・左右感がもの凄くはっきりと映し出されます。

特に前後感(パースペクティブ)に関しては、何とも各楽器が見事にその立ち位置を現してくれます。

う〜ん、もう一度いいます。

「これは、凄い!!!」

ハンダとして かなり極まったグレード、一級品です。 さすがは「Nassau」恐るべし底力!!

この機会に是非、手に入れられることをお勧めいたします。

NASSAU の中の NASSAU!!
超素晴らしい透明なハイファイ感と広がる空間 を お楽しみください!!
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g200408176


Nassau AT-7076 Rosin core 真髄ハンダ25cm Yahoo!
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/232739511

何はなくとも この NASSAU AT-7076 を溶かすと、「あ〜ら 泣く子も黙る」という究極のハンダです。

これを一級品の「定番」的な位置づけにされるバイヤーの方もおられますが、私はそれに承服できません。。 単なる定番なんて、そんなもったいない!!
私に言わせれば、これはやはり特別な NASSAU なのです!!

今回の NASSAU AT-7076 は、数ある NASSAU の中でもズバぬけたバランス・透明度・スピード感覚・音場の広さ・格調高き品の良さ・色気・艶・芸術性・・・どれをとっても満点な・・そんなハンダがあるのか!といいたいところ。

耳を疑いますよ。音場の明瞭さとスピード感!!
どうですか!聴いてみてください!!

こんなにも音楽を感動的に歌わせるハンダはなかなかないです!

AT-7076・・しかも直径が2.3mm。これはベスト・バランスだと思います。

ハイファイ・オーディオ再生におけるあらゆるファクターを俯瞰して、これはヌキんでています!!

超分解能を持つNASSAU系の本質と相まって、温度感、色気、芸術性、艶とムードのオンパレード。

こういう特別な NASSAU は、そうはありません。

ギター・ベース・キーボード系のケーブルやスタジオ機器に使った時の激変ぶりもやばいです。 そもそも使わないのと使うのでは全然次元が違う。音を明瞭にするエフェクターと考えるのが適切です。

とにかく それぞれの輪郭というものが これほどまでクッキリしていると な〜んも考えなくて ただただ長時間にわたり、音楽を純粋に楽しめる午後の「お宝の空間」のような時間になることでしょう!!!

AT-7076のこの2.3mmスプールを聴いていない方は、そのオーディオ人生では大きな損失だと思います。

そんくらい、すごいのです、AT-7076 のしかも B ROSIN・・・(一般的には C Rosinなので、これがまた異色)

B ROSIN の良さに気付いた方は、なかなかな「通」かも。フフフッ
(B ROSINのAT-7076はおそらく日本初でしょう)

【商品内容】

Nassau AT-7076 Rosin core 真髄ハンダ25cm

直径は、2.3mmです。

B Rosin :Pure Water White Rosin Core です。Flux(ペースト)は必要ありません。
作業的にものすごく楽です。溶けやすく付きやすい。これはありがたい。


ご入札は 25cmで、商品数量1です。


【ルーツ】

USA製

製造年 : 1960年代の製品だと推測いたします。

【音質】

NASSAU の中のベストな NASSAU です。

Western Electric = NASSAU のハンダ

という関係は、周知の通りですが、Smelting and Refining co 時代の金属スプールってのは、特別なモノです。

70年代以降の NASSAU とは次元が違います。

この AT-7076 は、そんな中 贅沢な物作りの時代の奇跡的な産物と呼べる超一級の逸品です。確信的な音質です!!

とにかく、AT-7076 の本質を知る人は、ありったけ購入していきます。

当然ですが、そのモノの価値を熟知しておられるがゆえの判断であります。
一生涯にわたり使いたいハンダなんてそうはありませんよね?・・・私は、これがそうですし、多くの方がそれを認知されておると実感いたします。

何よりも特筆すべきは、信じ難い「分解能」・・色気たっぷりの音楽的表現力と芸術性・・格調・・バランス、考えられるオーディオ再生のどれをピックアップしても、すべてほぼ最高点になります。究極のバランスですねぇ。

因みに、ギター内部配線。64年のストラトキャスターでは、サスティーンが伸びる伸びる。感度が上がった証拠です。 中高域の倍音が見事に増幅されて、美しくパワフルな音色になります。

レスポール・・もうこれは、クリアの一言!!
モケったLPを究極のクッキリした存在に蘇らす感覚。倍音豊か!
しかも、キレ味抜群で、他の大音響のオケに埋もれないっちゅう離れ業もあり!!

追記として、エレキベース・・・めちゃくちゃいいですよ、いや本当、弾いてみるとわかる、実体感。 楽器の本質の「鳴り」を知る事になります。GROOVE最高!!!!

他でもないあの NASSAU の しかも AT-7076 の B ROSIN CORE。超レアものです。

C ROSIN ならともかく・・B ROSIN CORE を聴いた人は、どんくらいいるのか!?
ご入手は、お早めに・・・自分で使って行くこともあり、早期終了もあります。

RCAケーブル製作やら、プリアンプ内部配線材、プラグド楽器やスタジオの配線材など、要の激変媚薬として是非使ってみていただきたいものです。出品は短期間かもしれませんが、是非入手なさって体験していただきたい絶品のハンダです。これはすばらしい才能があるハンダだと思います。
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/232739511


ケーブルチューンスピーカー編 ハンダの音質 作業日 : 2016年04月22日
http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3693387/note.aspx

スピーカーケーブルで、あまり弄っていない部分をチューンしたところ音が悪くなってしまいました。

残りのケーブルも試聴の上で選別し良い物に替えているにも関わらずです・・・。

えーっ、何で!

音が少し前の、アンプ部の入力端子部を替えた時と同じになりました。

と言う事は・・・ハンダが原因?


]と言う事で、ホームセンターを数ケ所回り新たにハンダを買ってきました。

予算が無いので高価な物は買えません。
近くにそんな物売ってません・・・。


http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3693387/2/note.aspx#title


左が今まで使っていたハンダです。
オーディオ専門店推奨の音の良いハンダです。
専門店が言うのであれば間違いないだろうと信じて使っていました。

真中と左のが買ってきたハンダです。

ホームセンターでは数種類あり音響用と書いている物がありチョイス。

それ以外のハンダも成分の比率が同じでハンダの径の違いで用途が異なる様で音響用と言いながら特に音に拘っている物では無さそうです。

共に税込みで300円半ばで買えます。左のハンダの1/10の価格です。


ハンダの音質を確認する為、この様なケーブルを作成しました。

何処にでもある、RCAケーブルの中央部を加工しました。
アースシールド線のみを分断してワニ口クリップを取付けました。


そのワニ口クリップにハンダを3cm程度カットしたものを取り付けて、自宅のCDとアンプの間にRCAケーブルを普通に繫ぎ視聴します。

それにより、音楽信号がその部分を通る事で音の変化を確認します。

そんなにうまく行くのか?

過去のチューンで、少しだけ別のケーブルを足すだけでもその音の特徴が出る事の応用です。


順番に試聴していきます。
面白い様に音の違いが確認でします。


ハンダを少しカットして挿むだけなので手間が掛からずチエック出来ます。

調子に乗って家中に有ったハンダをかき集めてテストしてみました。

同メーカーの品番違いや模型用等。


聴いて良かった順番に並べてみました。


一番良かったのは、HAKKO の音響AV機器用でした。
goot SD-65よりも少し音に明瞭さが有ります。

成分はHAKKOに銀が含まれている所です。その差が違いに出たのか?

goot SD-32はSD-65と成分は同じです。

SD-32は以前の品番の様で20年位前に買った物で古さが差として出たかも知れません。
と言っても僅かな差です。
ハンダは音が良くないので極力使わないと言う考えはこのテストで変りました。


その次がgoot一般電気部品用です。
上記の物より少し成分の配分が異なっています。
上位3点より少し音が大人しくなります。
これも、30年位前の物かもしれません。

その次が、高価なハンダでした。
やはり音がかなり異なります。
上位4点からかなり劣る感じです。

専門店から言わせると、この良さがお前ごとにに分かるはずがない!と。
でないと営業妨害していると思われると困るので・・・。

最後に模型用です、息子の教材で使った物でしょうか?
音に伸びがなくつまらない音です。


その事がもっと早く分かっていれば手直しの出来ない物を・・・。

高価なハンダはハンダが溶けにくく、また取るのも大変です。

何度も修復を試みましたが、音量が上がらず結果 壊しちゃいました・・・。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3693387/note.aspx


ハンダの音質2 ビンテージ・ハンダを試す。作業日 : 2016年04月29日
http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3707758/note.aspx

今までハンダは必要悪で出来るだけ使わない方が良いと信じていました。

考えが変ったのは、音の良いハンダ・ゴールドニッカス101(以降・カス)として使っていた物が私にはとても音が良くない事が一連のカーオーディオチューンで分かったからです。

ホームセンターにも売っている安値のオーディオ用ハンダを購入して確認するとカスと違って劣化感が無く良い音に聞こえます。

手持ちの古いハンダもチェックしましたが殆どカスよりも全然いい音でした。

カスとは別の高価なハンダにも興味が湧きましたが、それよりも今は売られていないビンテージのハンダに興味が出て来ました。

ビンテージケーブルで有名なウエスタンケーブルが現行の 6Nや 8Nと比べても遜色無くそれよりも自然で味のある音が楽しめます。

なら、ビンテージハンダも今のハンダには無い魅力的な製品が有るのではと考えました。

ビンテージハンダをネットで検索するとオークションでも色々出品されている事が分かりました。


しかし何が良いのか分からないので手頃な価格の物を落札。

出品者は他にも色々ビンテージハンダを出品しておられ、こちらの好みを伝え複数見繕ってもらいました。

数日後そのハンダが届きました。

4種類が届き早速テストします。


A GARDINER ROSIN CORE 1940年代 アメリカ製

B Nassau AT-7076 Rosin core 1960年代頃 アメリカ製

C KESTERアールデコ赤缶_Plastic rosin 1930-40年代 アメリカ製

D ERSIN Multicore 1950年代初期 イギリス製


と値段の安い順です。AとDの価格差は2倍です。長さ各5インチ分を購入
諸経費込み費用は約2,800円でした。

これでもかなり割高では有りますが良い物が見つかれば安い物です。
チョット良いケーブルを買っても1万円はしますからね。


個々のはんだの先入観を持たない様 品番を伏せて聞き比べまをしました。
事前の音の傾向も知りません。

期待でいっぱいですが聞き分け出来るかも心配です。


自宅のオーディオでテストです。

最初に聴いたハンダの第一印象は現行のハンダとはやはり違う音です。

次に聞いたのも良く似ています、一通り簡単に聴くと全体にハイ上がりの傾向です。


現行のハンダとも聞き比べながらソフトを替え色々聞き比べました。

どれも個性が有り違いがよく分かります。


ハンダを短く切りたくなかったので、この状態にして試聴です。


各特長

@ 響きが現行品と異なる良さがある 声のトーンがやや低め 大人しめのサウンド

A @よりより多い響き 音が重厚 メリハリのある音で明瞭

B 音詰まり感があり抜けが良くない ハイ上がり感の強い音 広がりのある音 

C 響きの良い音 歌のテンポの速い ハイ上がり傾向 中音域の音が低い


ちなみにこの様に繋いで音を確認しても音に違いは有りませんでした。

結果
Aが一番気に入りました。


1位ABの Nassau AT-7076 Rosin core 1960年代頃 アメリカ製 

ウエスタンケーブルにはこのハンダが定番の様です。

声に品がありとても良く聞こえます、解像度も申し分ありません。


2位@Cの KESTERアールデコ赤缶_Plastic rosin 1930-40年代 アメリカ製

3位CAの GARDINER ROSIN CORE 1940年代 アメリカ製

2位3位は現行のハンダでは無い良さが有りますがバランスがハイ上がり傾向で
ギターアンプには良いのかもしれません。知らんけど・・・。

4位BDの ERSIN Multicore 1950年代初期 イギリス製


最下位が一番高価なハンダでした。カスの音に近くカスと比べるとカスよりは良い音でした。

以前想像していたビンテージオーディオそのもので音が抜けきらない古い音と言った感じです。


素手でハンダをとっかえひっかえしていたらハンダをつまんでいた指がヒリヒリ痛くなってきました。多分体に良くない物質が含まれているのだと思います。
手袋をして作業を続けました。

カメラレンズでも写りの良い昔の放射能レンズ同様に優れた物には毒が有るのかも知れませんね。


複数入手してテスト比較する事でより良い物を見つける事が出来ました。

Nassau のハンダに求めていた音が有ったと言う感じです。

本当はもう少し濃い音だと良かったのですが、声がお上品な感じも面白そうです。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3707758/note.aspx

オーデイオチューン一応の決着
http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3713390/note.aspx

前回の4タイプのビンテージハンダの中から私の好みだった NASSAU のを使いオーディオチューンを完了します。


http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3713390/1/note.aspx#title


このハンダがテストした中で良かっただけですが・・・。


この前加工したパワーアンプの入力ケーブル端子部をそのハンダで加工し直しました。

新しい端子で加工したいのですが手持ちが無く、カスハンダを綺麗に取り去り再利用です。

そこだけそのハンダ?と思われますが、それだけでその音の効果は十分出ます。
カスハンダがそれを教えてくれました。


パワーアンプは助手席の足元奥に設置しています。

工具無しで簡単にアクセス出来る様にしメンテも簡単です。

パイオニアのパワーアンプGM-D1400はかなり熱くなります。
スチール籠とメッシュカバーで風通しを良くして設置しています。


作成したケーブルを差し替えて完了。 僅か5分程度

早速試聴
音のバランスが変りその都度プリアンプのパラメーターを調整します。

一番重要なボーカルの音が当初目指していたくっきりはっきりから自然でソフトな感じに変わりました。

カーオーディオでの再現は難しいと思っていましたが断然こちらの方が良いです。

歌っている歌詞もよく聞き取れてるのでバッチリです。

エコー感の有る響きの良い音場で上品なサウンドです。
心地よく聴けます。


外したパワーアンプの入力ケーブル

金メッキ端子で無くスイッチクラフトの錫メッキプラグで作成してみるとまた違う良さが楽しめるかも知れません。

おりおみてこのケーブルで作ってみようと思います。


悪者扱いのゴールドニッカス101ですが、これの存在でハンダの音の影響を知る事が出来ました。

http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3713390/6/note.aspx#title


これに出会わなければビンテージケーブルに興味を持つ事も有りませんでした。
ハンダが必要悪でない事も分かり良い経験になりました。

しかしこのハンダで10,000円近く無駄遣いしてしまっています。

何度も言っておきますが私には合わなかっただけの高級素材を使った高品質製品です。


これはツイーターケーブルの加工時にプラス・マイナスを何処かで間違えた様でそれを変換する為のケーブルです。

ギボシを片チャンネル間違えた様で音の定位がおかしく変な音になった時が有りDEH-970のパラメーターで音声信号を片側逆相にしても改善せず、これで確認するとキッチリ定位しました。パラメーターでは良くならなかったのは意味不明です。
原因が判明したのでギボシを付け直し対応済みです。


]外部アンプ追加構想から丁度1年掛かりで一応の完成です。

一応・・・より良い物が有ればこれからも改良はすると思います。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2039644/car/1543299/3713390/note.aspx

Garrettaudio 電子部品販売-通信販売
ビンテ-ジはんだ もあります
http://www.garrettaudio.com/Tool.html
http://www.garrettaudio.com/

Nassau
----- OLD LOGO -----

RM 546293
ALLOY 40-60
ROSIN 3-6
Date : DEC ?? 1957
φ約1.5mm SLD048 \700/50cm


Nassau
0.030インチ(0.76mm)
375 Rosin コア
RM728224 Sn45/Pb55 SLD054 \580/1m


Nassau
0.090インチ(2.3mm)
PURE WATER WHITE ROSIN CORE
RM531809 45/55 ROSIN 3〜6% NA531809 \250/50cm


Nassau
SPEC AT 7076
0.070インチ(約1.7mm)
C Rosin SLD043 \690/1m
http://www.garrettaudio.com/Tool.html


【バンテック エレクトロニクス】 電子部品・真空管・真空管アンプ用パーツ販売 通販
http://www.soundparts.jp/solder/solder.htm


NASSAU Sn45Pb55
http://www.soundparts.jp/solder/nassau/nassau.htm

直径:0.070インチ
5ポンド巻 直径:0.070インチ(約1.78mm)

Western Electric に納入された品物です。

このように程度の良い品物は、珍しいと思います。

成分は、スズ:45% 鉛:55%
ROSIN CORE (ヤニ入り)

5ポンド(2,270g)巻です。

長さは、約120m〜130m程度あります。 価格(税込)¥35,000-

NASSAU Sn45Pb55
http://www.soundparts.jp/solder/nassau1m/nassau1m.htm

直径:0.070インチ
1mパック 直径:0.070インチ(約1.78mm)

Western Electric に納入された品物です。
この品物を1mパックにしました。

成分は、スズ:45% 鉛:55%
ROSIN CORE (ヤニ入り) 価格(税込)¥400-
http://www.soundparts.jp/solder/solder.htm

LAVA CABLE ELC moshsound Custom
http://www.moshsound.com/11_117.html

NASSAU

激レアです!
Western Electric御用達の黒缶(C ROSIN)。

もはやこのビンテージハンダは伝説と化してます。
何故、伝説と言われてるのか、
それはただ単に古いハンダという意味ではありません!
とにかく一度お試し下さい!

+700円

NASSAU OLD LOGO Version

スーパー激レア!

NASSAUのオールドロゴ。

NASSAUハンダの中でも初期物です。

ビンテージハンダのキングとも言われてますが、現行品のハンダでは決して味わえないトーンがあり、それは古臭いのではなく、斬新です!

ビンテージハンダを限りなく味わいたいのであれば、これです!

+1.100円
http://www.moshsound.com/11_117.html

ヤフオク! - 「nassau ハンダ」の検索結果
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search/nassau+%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%80/0/


71. 中川隆[6697] koaQ7Jey 2017年2月13日 19:18:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7157]
>>64, >>65, >>66, >>67, >>68 に追加


ライントランスはサイズでスケール感が変わる - Mr.トレイルのオーディオ回り道 2017年02月13日

CDをアナログみたいな立体感のあるサウンドにしたくてライントランスを色々試した事が有ります。一言で言うなら「サイズでスケール感が変わる」と言う事。

田村製やタンゴ製の国産のライントランスも何種類か使った事が有るが、サイズで音のスケール感が変わる。UTCのトランスはサウンドが凝縮されていて非常に多彩なサウンドを奏でる。しかしサイズの束縛からは解放されない。そこでWE111cと云う1個2Kgのトランスを入手して見た。

WE111cトランスは「パーマロイコア」と呼ばれるものだ。今までの小さなトランスと違いスケール感や情報量は圧倒的に良い。しかし、ライントランスの半田材や配線類を吟味してやらないと宝の持ち腐れになる。普通のケーブルではその真価が発揮できない。

WEのライントランスも111c→93F→91A→62c→50A→15Aと古い物に遡って行く程に、中音の厚みが増して立体的になる。また音色もゾクゾクする様な艶が載って来る。特に15Aや50Aクラスの古い物は「純鉄コア」で作られている様で、「鉄」をうまく使うとこんなにも豊かなサウンドになるのか?と驚かされる。

一般に入手しやすい111cで試して見ると良いだろう。CDの平面的なサウンドがアナログみたいな立体感のあるサウンドに変わってくれる。
http://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/e3f658cf8ca698a2e27d1189bfbb5296


72. 中川隆[6808] koaQ7Jey 2017年2月22日 19:26:51 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7269]

近況など  お買い物で旅する古き良きアメリカ編 Der Klang vom Theater (ドイツ〜劇場の音と音楽)
http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-492.html


以下、この冬に買ったものなどを少々ご紹介します

http://blog-imgs-102.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4691.jpg


いきなりの「スカし」で申し訳ないんですが、この部品は18歳の頃に買ったものです
今でも、我が家を訪ねていただく多くの方にお見せするんですが99.999%の方が

「ふーん、そうなの」と言った反応をされます
本人的には結構前のめりに解説したいんですけれどね、これを見ただけでは何のことやらでしょうね

http://blog-imgs-102.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4692.jpg
PICT4692.jpg

で、こちらこそ昨年末に買ったものです

WEのドライバーなんですが、猫も杓子もWEといえば「555」となびく中で、ドードーの登場です

もちろん「555」を買わない、もとい買えない理由は高すぎるからです


だもんで、こちら

永久磁石のマグネチック、しかもインピーダンスは3kΩ近辺ですから一般のマニアには見向きもされません
しかし我が家には以前にご紹介したWE14というこうしたドライバーを駆動する専用のアンプがございまして

http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-303.html

アダプターは30年前、アンプは8年前、そして昨年やっとこさドライバーを買ったと云う呑気さ
でも、タネをまいてずっと水をくれ続けてきたからこそ今日こうして途方も無いモノラル再生ができる喜びがあるのです

http://blog-imgs-102.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4693.jpg


こんな感じでセットしてサウンドボックスを外したクレデンザに繋ぎますわな、するってえと「555」が裸足で逃げ出すという・・・

お後がよろしいようで


続いても、最初は30年以上前に買ったものの写真です


http://blog-imgs-102.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4695.jpg


何の変哲も無い、薄汚れたバリレラのVR-Uです

いくつか持っていた同型機の中で最も出力が高くフラットレスポンスだったのを残しておきました
こちらもマニア諸氏からは評判が悪い一品です

今の部屋を作って、オイロダインと真剣に向き合おうと覚悟を決めた時、ALTEC の A-5 や WESTREX のアンプと合わせて Gates のプレーヤを処分しました、20年ほど前のことです
その時の生き残りです

http://blog-imgs-102.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4696.jpg


そして最近買ったのはこれ
バリレラに輪をかけて汚れています
もちろん誰からも声をかけてもらえないボッチです

しかし、カバーを「ガバチョ」と開くと

http://blog-imgs-102.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4699.jpg


アンダー・ライセンスド・バイ・ウエスタンエレクトリックのレッキとしたシアターアンプなのです

これにRIAA始め、米国系レコード会社のカーブを入れて(ソケット式に差し替えようかと思う)EQアンプとして仕立てるつもりです


さて、このアンプの技術的な白眉と言いますと

http://blog-imgs-102.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4701.jpg


あら珍しい、DAVENの抵抗切替型のゲインセット・ポテンショメーターなんです
ドイツのものと比べると随分チープなのは仕方ないとして、それでも米国としては異様に気合の入った構造です

いつも言いますが「〇〇だから音がいい」なんて赤子のようなことは言いません
しかし、作り手の気合の入ったものは何かを示してくれるはずです

このアンプは世界中の人からも無視されていたのですがこのポテンショメーターが写真に写っているのを見て即決で買いました
ボッチのおかげでポテンショメーターが単体で売り出されるよりも安く購入できました。ボッチ最強!ありがたいことです

これで、20年以上休眠していたバリレラが息を吹き返すことでしょう

クレデンザをホーンに使うSP復刻盤再生システムはずっと夢見てきたラインナップですからね

今から楽しみです
http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-492.html


73. 中川隆[-7946] koaQ7Jey 2017年4月30日 13:37:45 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

阿修羅管理人に投稿・コメント禁止にされましたので、本日をもってこのスレは閉鎖します

74. 中川隆[-7862] koaQ7Jey 2017年5月01日 11:37:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]


参考に、僕が阿修羅原発板で反原発派の嘘とデマを明らかにした為に、阿修羅で投稿・コメント禁止にされた経緯を纏めました:

これが阿修羅に巣食う電通工作員
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/603.html#c73


75. 中川隆[-7643] koaQ7Jey 2017年5月13日 21:43:56 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

ウェスタンのOEMのトランス シカゴトランスを使ったEL34 PPアンプ


Vitavox DU120 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=emtUZgmV9NM

Y下さん宅にてメトロ劇場で使われていた古モノラルアンプを見事にリビルド。
シカゴトランス搭載の EL34PP です。
ヴァイタボックスDU120から出てくるサウンドは他では聞いたことがない!見事です。

Vitavox DU120サウンド + METRO AMP EL34PP - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WN6CfaaWczQ

Y下さん宅にて。METRO AMP EL34PP

このアンプから奏でられるサウンドは素晴らしい趣のあるとても温かなものです。
Vitavox DU120スピーカの中にアコースティックの楽器が入ってるんじゃないかと勘違いするような心休まるサウンドです。
決め手は Cicago Transでしょうか?
またVitavox DU120との相性も抜群!

西山淳
EL34PPのアンプ、メタリック塗装にピカピカのステンレスプレート、トランスカバーといい素敵ですね!
カートリッジはオルトフォン、ガラスターンテーブルシート、
極めつけはとても珍しいヴァイタボックスの12インチコアキシャルDU120ですね。


________


キット屋コラム「私のオーディオ人生」 by Y下
亡き友のオーディオの遺品

 9月の中旬に他界されたオーディオマニアの友人が使っていたオーディオ関係の真空管とパーツ一式を奥様から譲り受けました、

またレコード盤も数百枚集められていてその中にコラムでご紹介した「小池レコード」も含まれていた、

彼は小池レコード店に通って沢山のレコードを購入した熱心なマニアでもありました。
小池レコードに関してはある程度の年齢の方なら小池レコードの輸入盤の音の良さとそこで鳴らされていたサウンドに多くの方は感動され何時までも脳裏に焼きついていると思う、

小池サウンドとはいったいどんなサウンドで鳴らされていたのかその辺もご報告したい


とんでもないアンプだった

 彼が自作で製作された数多くのアンプがありましたが、

今回ご紹介する自作アンプは見た目は大変汚く、尚且つ内部の半田付けや配線を見ますと汚いのを通り越してこれでも鳴るのかと思えるぐらい酷いアンプですが

使ってあるトランス類は巷ではまず手に入ることのないレアなトランスみたいで

この汚い自作アンプの原器は名古屋駅前にあった有名なメトロ劇場で使われていたアンプらしい、

 劇場用アンプはほとんど一般には手に入りませんがどこで手に入れたのか詳細は不明だ、

又どこのトランスなのか大変気になることだが色々調べて見ますと、当時の劇場アンプは信頼度から云って出力トランス、電源トランス、チョークなどは町のトランス屋で巻いたものとは思えないのと、トランスと云えばラックス、タムラ、山水、タンゴではないはずだ、

   劇場で使われたアンプ類は果たしてどこのメーカーなのか、この件に関して大阪のヴィンテージマニアでRCAアンプやパルメコスピーカーをお持ちの今田氏にお聞きしましたところ詳しい情報を教えていただきました、

 当時の劇場用スピーカー、アンプ類はウェスタンとビクターが沢山の劇場に納入していたらしく、ビクターと云えば馬鹿にしますが本家は米国のRCAになる。

メトロ劇場も米国RCAのスピーカーとアンプが使われていたのではないかと推測できます。

 この点を今田氏にお聞きしますと

RCAのアンプに内蔵されていたトランス類は米国シカゴ製のトランスで、此処のトランスはウェスタン、スタンコア、ランジュバン等から受注して製作されていたらしい、

もし本当ならばとんでもない凄いトランスで音響的には最高のサウンドで鳴るはずだが、本当にメトロ劇場で使われたスクリーン用アンプのトランスなのかは半信半疑だ、

結果は音を聴けば答えは返ってくるから試聴してみることにしたが、使用球は6L6GCだがせっかく手持ちのTelefunken/MAZDAのEL34が4本ありますからPin接続を追加してこれを使えば面白いのでは・・・・・

 スピーカーはヴァイタボックスのフルレンジを使いこのアンプを鳴らす前にWE−300Bを先に試聴してみた、

さすがWE−300Bは音色、音質とも素晴らしいサウンドである。室内楽でとりわけヴァイオリンを聴くと何とも云えない心地よさが感じ取れヴァイタボックスの持ち味が十分堪能できる。やはり個人的には3極管は私好みの音だ、

※この試聴にはアナログレコードでコレルリのヴァイオリンソナタをリファレンスに使用した、

 それに比べて5極管のEL34は過去に使った経験からすると少し大味的な感じと細身な部分があるから、私の好みからすると長く使いたいとは思わない球でほとんど期待していないのだが、果たして今回はどんなEL34の音が出てくるのか期待せずに接続した、

 このアンプは初段、電圧増幅共6SN7GTを使い回路は内部配線やパーツやトランスを見るとウィリアムソン回路を採用しているみたいだが、

こんな商品価値のない汚いトランス類で本当に音が出るのか、

また汚い配線と下手くそな艶のない素人の半田付けでいい音がする道理は無い、

電源投入後にスピーカーから若干ではあるがハム音がでているが試聴位置では気にならないが相当トランスからのリッケージフラックスに伴うノイズが出ているみたい、

何だい!この音は

 早速、同じトラックに針を下ろして鳴り出すのを待った、

出てきた音は「何だい!この音は」にぴったりな表現、

今までのオーディオの概念を覆すほどの特徴を持ったサウンド、

ヴァイタボックスのフルレンジがこんな音で鳴るのは初めての経験、

ジャズ喫茶のDaysを含めて京都のヤマトヤなどで沢山のヴァイタボックスを聴いてきたがこんなヴァイタボックスの音は聴いたことがない、

 私が聴かせていただいた三上先生宅や伊勢市のWEC5、東京のウェスタンサウンドインクで聴いたウェスタンの555のドライバーを使ったスピーカーシステム、WE−755Aとはまったく違う異質な鳴り方だ、

勿論アルテック、JBL、タンノイとはベクトルの違う音で部屋全体に鳴り響くのには脅威を感じた、

ではどんなサウンドの音色、音質かと聞かれても返答に困るのと言葉では言い表せない未体験のサウンドとしか云えない、

 もしこのサウンドを他のマニア宅で聴かされたら私は完全にノックアウトされてしてしまうか、自分のシステムの音を聴く気になれなくなるだろう、

今使用中のロンドンウェスタン直系のスピーカーも良いが、
このアンプを使ったヴァイタボックスは見えない糸に引き付けられる麻薬的な要素を持ったサウンドで一度聴いたら忘れられない音だ、

 このアンプに使用してあるトランスはタムラ、タンゴ、LUX、ファインメットコア、オリエントコアの特性ばかり追っかけた自作マニアが使うトランスでは残念ながらこの音は出てこない、

このトランスは外観こそお粗末だが間違いなしに米国シカゴのトランスと思う、

昔も今も真空管アンプはトランスが一番重要と・・・・・

このサウンドは何処かで聴いたことがあるぞ

 色々聴いていくうちにこのサウンドは遠い昔に何処かで聴いたことがあるぞ、そうだ思い出した!

このサウンドの特徴は小池レコード店で聴かされたサウンドと同じだ、

小池レコードのスピーカーはもう完全に手に入らない1950年代のスピーカーだが、ヴァイタボックスのフルレンジも同じ1950年代に登場したスピーカーであるから音はほとんど共通点を持っていると言うか製造元は同じところで作ったのではと思えるぐらい似ている。

 接続するアンプがWE−300B、PP5/400のアンプを使うと小池サウンドにはならない標準的なヴァイタボックスサウンドになってしまう、

今回初めてこのアンプで鳴らしたサウンドは小池レコードの伝説のサウンドと瓜二つの音だが、遠い〜昔に高校生の頃、小池氏の新幹線と東海道線の話がこのサウンドと共に蘇った気がしてならない、

小池レコード伝説のエピソード

 今になって小池レコードは伝説になってしまったが此処で鳴らすサウンドは誰しも一度聴くと魅了されてしまう音であったのは間違いない、

今でも私の周りにも小池レコード店に通われた方が沢山います。
その方達とお話しますと「あの小池の音は素晴らしかった」と口にする。

 噂では小池レコード店に関西では有名なオーディオマニアでもある落語家がこの店に訪れた、小池氏は黙って一枚のレコードをかけて落語家に聴かせた、落語家は落胆して店を出てから付き添い人に「もうオーディオはやめよう」と洩らしていた、相当ショックを受けたのかもしれない、

 またこの店にタンノイのオートグラフを持っているオーディオマニアが訪れた、小池氏は口論になるとタンノイマニアに一枚のレコードを聴かせた、小池氏は強い口調で「タンノイでこの音が出るか!」と一喝したらしい、

タンノイマニアは黙って店を出て行ったと後から聞かされた、多分あのサウンドとレコードを聴かされて頭の中が真っ白になったかも(このタンノイマニアは私のオーディオ仲間でもあった)


 今回は亡き友人の遺産のパートUになりましたが彼が作った弁当箱を使ったようなシャーシーと高価でもないパーツ、汚いが穴明け加工から組み立てまで考えて製作した努力は自作マニアの中でも大したものだ、

こんな音が出るのならこのアンプをオーバーホールして新しく作り直そう、

 またこのアンプは名古屋の委託販売のショップの棚に置いてあったが誰も見向きもせず埃が被っていた哀れなアンプだった、

彼のために弔い合戦とはいかないが自分のスキルを屈指して新規に作り直そう、

折角作るのであれば真空管アンプでは価格も高く評価の高い新藤ラボラトリーが有名だが新藤ラボラトリーでも真似の出来ないそれ以上のレベルで亡くなった彼のためにY下オリジナルを作ろう、

次回のコラムはシカゴトランスを使ったEL34 PPアンプの製作記事と試聴になります。
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-033.html

 


シカゴトランスを使ったウィリアムソンアンプ
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-034.html

 第34回のブログは彼の作ったアンプを解体して新規に作り直してEL34を使ったウィリアムソンアンプの製作と試聴になります。

ウィリアムソンアンプは1948年に発表された高NFBをかけたアンプでウィリアンソンアンプの原型の出力管は KT−66PP ですが

今回は彼の遺品でもあるドイツMAZDAのEL34を若干ではありますが時定数を変更してウィリアムソンアンプを忠実に再現して製作しましたが、

今回ほど大変苦労をしたアンプはないのと、皆さんの前にお披露目できるものではなく又自慢できる程のアンプはありませんが、音質的には素晴らしいのを持っていましたのでこのコラムで製作と試聴をご報告させて頂きます。

グリーンメタリック塗装を施しY下のお家芸であるステンレスアッパーパネルを採用したEL34−PPモノラルアンプ
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/34_001.jpg


 

ウィリアムソンアンプの製作

 ウィリアムソンアンプは1940年代の終わりごろ英国のウィリアンソン博士が発表した高帰還型アンプでマニアの間では音の良いアンプと云われていました、

 当時発表された真空管構成は 6SN7−6SN7−KT−66を使い、整流管は53KU(コッソー)、トランスはパートリッジです。

既製のアンプではこの回路を採用したアンプはほとんど見かけません。

回路の複雑化と部品点数の多さとそれに見合う良質なトランスがないため本来の良さが発揮されないのかそれとも回路が古すぎて採用しなかったのではと考えられる。

 私が思うには、ウィリアンソンアンプは出力トランスが決め手ですから、自作マニアが国産の既製のトランスを使って回路を真似ても残念ながら本来のウィリアンソンアンプの良さは出てこないと思う、

ウィリアムソンアンプこそ出力トランスが音を決定すると云っても言い過ぎではない、

オリジナルは英国のパートリッジを使っていましたからその良さが引き出されていたと考えられる。

もし私がシカゴトランスを手に入れなければウィリアムソンアンプは作らなかったと思う、

英国パートリッジのトランスの良いのは認めるが、シカゴトランスはパートリッジには負けないウェスタンのOEMのトランスですから作る意欲が出て来るのは当然かも・・・・・・


彼が残したシカゴトランスを使ったウィリアムソンアンプは日本のトランスにはない最高のサウンドを聴かせてくれたが、今回はトランスと一部真空管だけ残してY下アンプの製作になります。まずは写真をご覧ください。


https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/34_003.jpg

これがメトロ劇場で使われていたRCAアンプに内蔵されたシカゴ出力トランス、年代を感じさせるが汚すぎる!


https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/34_004.jpg


 パターン設計から製作したプリント基板で上のボードは電源平滑用で下側のボードはCRボードになります。抵抗はすべてアーレンブラッドレーを使用

今回は予算の関係上あまりお金をかけずに作るのがコンセプトになりますが、これ程苦労して製作したことはありませんが目標は高級マニアの間では有名な新藤ラボラトリーの真空管アンプにすべてを超えるのが目標ですから十分構想を練ってからスタートしました、


アンプ製作の苦労

シャーシーは1.2tの鋼板を使いY下お家芸のステンレスアッパーパネルと
トランスがあまりにも汚いのでトランスカバーも作りました。

1.シャーシーは全て穴加工を自分で行い細かい部分はヤスリを使って仕上げ
  加工を施した、

2.ステンレスのパネルは研磨剤を使って鏡面処理を施しましたが鏡面処理は
  時間と労力だけではステンレスの鏡面にはなりませんからこの部分は失敗が許されないですから大変苦労をした部分であります。

3.内部配線に関してオール手配線を止めてCRボードをプリント基板で作成しました、
  又プリント基板設計はなれていますから回路図を頭に入れれば苦になりません。

4. モノラルアンプですから電源部関係は2倍のコストがかかった、

5. 仕上げ塗装はプラモ用のMrカラーのスプレーを購入してサフェーサーを吹き付けてからペーパーで仕上げてメタリックグリーン塗装にした、
  最後に車用2液ウレタン塗装を吹き付けて仕上げしました、

6. 引き回しワィヤリングは同一色に統一した、
  モノラルの場合は2台とも同じワィヤリングをしないと音に影響を及ぼす

7. ヒーター配線はAC点火ですが今回は真似ては困るのですがヒーター線をツィストペアせずストレート配線を行いましたが完成後のハムの影響がどれだけ出るか、

https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/34_005.jpg


配線前のアンプ内部写真、SPターミナルの所に見えるのがDC,ACバラン
スボリューム、右側が電源トランスになります。


https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/34_006.jpg


  配線及び半田付けがすべて完了、これで完成になります。

 彼のアンプをオーバーホールして再度製作しましたが今迄沢山の真空管アンプ製作の中ではトップクラスの難易度だったが今後アンプ作りは卒業したいが、まだ珍しい名球が2本あるからこれを作って最後にしたいのだけどいつもこれが最後と云いつつあれから何台作ったやら・・・・・・・・

 このアンプも大変苦労をして製作したが前回製作した91B交流点火アンプよりシャーシー構造が複雑と部品配置とワィヤリングが立体のため遥かに作りにくいアンプになった

 またトランスと球があれば出費は少ないと思っていましたら意外や意外パーツだけでも軽く10万以上かかってしまったが見えない部分の費用は予想外でした。
 


アンプの使用パーツと配線

ウィリアムソンアンプに使用したパーツで抵抗はアーレンブラッドレー、カップリングコンデンサーはスプラグのブラックビューティー、真空管ソケットはオムロンの8Pinモールドタイプ、プリント基板はガラスエポキシ、電解コンデンサーは一般市販されている日本ケミカルを使いました。今回も採用しましたスプラグのブラックビューティーはマニア間では最高と評価されています。

このコンデンサーをチェッカーでチェックしましたが容量抜け電流漏れはまったくありませんでした、(ブラックビューティーの購入先はバンテック)です。

引き回しワィヤリングは3次元立体方式を採用したが動作上の問題が生じた為ワィヤリングを変更して組み直したが今回も納得のいく作品ではなかったのが少し残念だ、

ウィリアムソンアンプの音の評価

 使用真空管は初段が日立の6SN7ドライバー管はマツダの6SN7です。

ここの部分に拘りを持ったマニアはRCA,シルバニアなどを使いますが国産球でもヴィンテージ菅は海外の球にも負けず劣らず良い音がします。

出力管はドイツMAZDAのEL34、整流管はザイレックスのGZ32を使いました、(ザイレックスは英国の真空管商社)ザイレックスの場合は実際どこのメーカー球か不明ですが多分球の形状を見ますとSTCと思われます。

 RCAの5U4GBも使いましたが主役のEL34が脇役になるのと直熱整流管ですと+Bの電圧の立ち上がりが早いので球を痛める恐れがあり精神衛生上テストだけで終わりましたのとバランスを考えて却下、アンプの製作日数は構想から45日、約一ヶ月半を要しました、

 出力は3結アンプですから約14.3W、残留雑音は0,8mmVで負帰還量は15dBです。

早速音の評価ですが私1人の評価だと自分が作ったアンプですから悪いとは書けず又最高と書けば自惚れになりますからあえて自己評価はしません。

 またヒーター配線の基本はツィストペアで行いますが今回はストレートでの配線にしましたがハムノイズはほとんど影響なくトランスのリッケージフラックスの問題もトランスカバーを付けた結果心配したハムノイズは生じなかった、この辺はPPアンプの良さかも知れません。

 今回はヴィンテージマニアで大変仲の良い西山氏に同席して頂いて率直な意見を云って頂きました。西山氏にもこのサウンドは一度も聴かせていませんからどんな評価されるのか、

 西山氏曰くバッハのバイオリンを聴くと「木の香りがプンプン漂う一度聴くと忘れられないサウンド」また「小池のじぃちゃんの音」と同じと大変うれしい評価を頂きました、

シカゴトランスを使ったウィリアムソンEL34アンプは期待以上の鳴り方には安心した、

 数日後の日曜日にはJBLのエベレストを上手く料理してクラシックを見事なサウンドを鳴らしている豊橋のオーディオクラブに所属する高橋氏が言うには

このサウンドは他のマニアには聴かせてはならないサウンドで、オーディオマニアが聴けばレッドカードを付き付けられカルチャーショックを受けるからと忠告、

褒めているのか貶しているのかはわかりませんが高橋氏のサウンド評価は二重丸と太鼓判を押して頂きました。

 今回はウィリアムソンアンプの実力を見せつけられたが、シカゴトランスの実力が十分発揮されたのではと思う、

シカゴトランスはウェスタンエレクトリックのOEMメーカーだけはある。

自作マニアが国産のトランスで作ったEL34アンプだとこんな音はまずは出てこないと思う、
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-034.html


76. 中川隆[-7692] koaQ7Jey 2017年5月14日 13:22:00 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

ウェスタンサウンドは人の声が良い


 今まで沢山のウェスタンサウンドを聴いてきましたがどのサウンドも一つの共通点がありました、

ウェスタンの音は一言で云うなら音にコクと味が少なくしかも奥に展開するサウンドにはならない、

聴いていると味のない食パンを食べているようなサウンドだ、

また劇場用のサウンドは観客席に攻めてくるサウンドが特徴ですが、以前有名な方がウェスタンの594を持ち込んで試聴会を開いたことがありましたが、ウェスタン特有の音の浸透力に乏しくこのサウンドには魅力を感じなかったのが残念であったが人の声だけは良かった、

 ウェスタンのシステムを採用した劇場を調べますとピンク映画館が多いのがわかった、

なぜならピンク映画館の女性の声は生々しく聞こえないとしらけますね、

特に人気のあった日活ロマンポルノあれは良かった!

 ウェスタンで聴かされる大事な場面での彼女達の声に色気があった、

今思うとウェスタンサウンドは人の声は素晴らしい!
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-036.html


77. 中川隆[-7692] koaQ7Jey 2017年5月14日 17:25:26 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

キット屋コラム「私のオーディオ人生」第37回門外不出!二管流アンプ武蔵誕生
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-037.html

二管流アンプ「武蔵」


WE−300BとVT52刻印の二刀流アンプ


 WE−300Bは巷では最高に人気がありますがVT52は300Bの陰に隠れて評価はイマイチですがWEのVT52刻印は上手く設計して良いパーツを使えば300B以上の音と云われています。

音でVT52とよく似た球は同じウェスタンの300A、205Dがあります。
この3種類の球こそウェスタンサウンドの象徴と云えるかも知れません。

近年VT52はヨーロッパ、中国、ロシアでは生産されていませんからこの球を使った既成アンプはほとんど見かけないのと自作マニアでも300Bは製作してもVT52は作ったこともなくVT52のサウンドはほとんどの方は聴いていないと思います。


  今回の製作に関して真空管アンプの音はトランスが最大のキーパーソンを握っています。

出力管の交換は同等管の場合大きな変化はありませんがトランスを交換しますと劇的な変化が認められます

面白い事にトランスにもお国柄がありこの部分の比較も面白いのではと思います。

  WE−300BとVT52の特性を比較しますと共通点が多く見られますから回路を変更すれば簡単に差し替えは可能です

300BもVT52もソケットは同じですがプレート電圧、プレート電流、ヒーター電圧、ヒーター電流などの違いがありますから一つ間違えると大切な出力管を駄目にしますから一般的にはお薦めできない上級者向けになります。

  今回は製作途中でVT52と300Bも切り換えて聴けるように改造を施しました

ウェスタンのVT52の謎


  ウェスタンのVT52は1940年代の初めごろ軍用機の通信管として開発されたらしくこの球に関しての特性表がありませんが規格の値を守れば超寿命の球の一つです。またヒーター電圧が6,3Vと7,0Vの2種類の規格がありますがどちらも正しいと思われます。

  一説によると航空機で飛行している時は7,0V、地上で待機している時は6,3Vで使われていたと云われていますがヒーター電圧が6,3Vと7,0Vでは必ず音は違うはずです、この部分での比較も考えて報告したいと思います。

VT52は1940年代の初めの頃軍用機の通信システムに搭載されていた、太平洋戦争中に米軍が日本を爆撃する時B−29が無線送信していたのなら好きになれない球ですが多分ヨーロッパ戦線で使用したのでは・・・・・

  自作マニアで特に音に拘りを持っているオーディオの達人なら300BよりVT52のが音は良いといいます。

300A、205Dに良く似た音色はVT52と云われこの球も今後は手の届かない価格になると思います

VT52のウェスタン球のプリントタイプもよく見かけますがどうも偽物臭い感じがあります。


  特にウェスタン球のトップマイカはおむすび型ですからすぐに見分けることが出来ます。

VT52の刻印タイプは音が良いと云われますから刻印タイプを求めれば間違いありません。

同じVT52もシルバニアや他メーカーでも出ていますがやはり本家のVT52刻印を聴きますと他メーカーのVT52は残念ながら音もさることながら価値観や魅力に欠けるがヴィンテージ管をヤフオクなどで購入される場合は特に注意しないと後で痛い目に合いますから気を付けてください。
 


真空管アンプのルックスとワイヤリング


真空管アンプのキーパーソンは出力トランスですからこの部分には特に拘る必要があります。

ましてや使用球がWE製VT52ですから本来はウェスタンを使いますが、今回はドイツのシングルトランスを使いました

このトランスもほとんど市場に出てこない大変レアなトランスでメーカー名はENGELでテレフンケン、ノイマン、シーメンスに納入している実績のあるトランスメーカーです。 

  今回私も初めて使いますがドイツのサウンドはゲルマン民族らしい真面目で几帳面な音が特徴ですが、その点米国のトランスはアメリカ人らしい豪快さがあり多少雑なところを持ち合わせている。

また日本のトランスはビールで云うならコクとキレが薄い、

やはりビールもトランスもドイツに限ります。

これはトランスに使用してあるコアと巻き線技術の差だと思う、

その点ヨーロッパ系のトランスは質の良い鉄鉱石が採掘されていますから鉄鉱石の違いかも、

WEのトランスは音が良いと云われていますがこのトランスもひょっとしたらヨーロッパのコア材を使っているのではと思いますが詳細は不明です。

トランスもお国柄がありどれが最高とは云えませんが自分がどんな音が好みなのか色々試して聴くのも面白い、

使用パーツと回路構成


 今回は最後の自作アンプですから自分なりに拘ったパーツを採用しました、

出力トランス ドイツENGEL社シングル10W

チョークコイル ヒューレットパッカード社の5H250mmH

抵抗 リケンオーディオ抵抗

コンデンサー カップリング スプラグ ブラックビューティー

カソードパスコン スプラグ 銀タンタルコンデンサー

ヒーター整流 東芝ショットキーバリアダイオード

スイッチ類 日本開閉器 トグルスイッチ

ボリューム アーレンブラッドレー

真空管 初段はテレフンケンダイヤマーク ECC−802S

ドライバー管 NEC 12BH7A

出力管 WE−VT52刻印

整流管 WE−274B刻印

 回路構成は簡単なCR結合3段増幅でNFBは5dBの低帰還になります。NFBなしでもテストしましたが無しの場合は低域が多少ボン付く傾向がありますからここは多少でもNFBを掛ける必要があります。

アンプ内部はラグ板を一斉使わず自分で設計を施したパターン化した自作基板を製作しました、本来はラグ板にCR類を並べてオール手配線で製作しますが「武蔵アンプは」プリント基板がメインでラグ板は一斉使っていません。


 アンプの出力は3.5W×3.5Wです。

もう少しIpを上げればPOWERが取れますが球の寿命を考えて低めに抑えて使用、ヒーター電圧VT52は7V、1.18A,300Bは5V,1.2Aの直流点火にしました、

交流点火も考えたのですが7Vの交流点火ではハムが取れません。
また300Bは私の作ったSV−91Bタイプに交流点火がありますからあえて交流点火にはしませんでした、

直流点火にしたWE−300Bは本来の300Bの音とは違いますが、今回のメインはVT52が主役です。遊び心で300Bも使えるようにしただけと金銭的に困った時にWE−300Bを予備球として付属してやればそれなりの価格で売れるのではないか、

WE−300Bを実装
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img37_05.jpg

ウェスタンの刻印VT52を実装
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img37_06.jpg

ウェスタンのVT52とWE300Bの比較、VT52は一回り小さい
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img37_07.jpg

幻の整流管WE−274B刻印
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img37_08.jpg

試聴用システムの紹介


 今回はアナログでの試聴にしました、

アナログ

フォノモーター ヤマハGT−1000

アーム GRACE G−565F

カートリッジ オルトフォン SL−15E

昇圧トランス ウェスタンエレクトリック WE−618B

AWA オーストラリア

ブリアンプ マランツ#7

スピーカー ヴァイタボックス 30cmフルレンジ

試聴用アナログ キースジャレット ケルンコンサート、バッハ、無伴奏チェロの1番

比較アンプ PP5/400シングルアンプ


 すべてのセッティングが終了して早速VT52シングルアンプの電源を立ち上げた、調整中にハムバランサーは最少の位置に設定してありますからスピーカーからはほとんどハムは聞えません。

最初にキースジャレットのケルンコンサートの試聴から開始、出てきた音に愕然、

ピアノの粒立ち奥行感を伴ったホールトーンの響きとスピーカーの存在感が消える素晴らしい空気感のある音、音色もこれがウェスタンを強調するようなサウンドには参った!

これは使ってあるVT52だけでなくトランスがドイツ製だからアメリカ的な明るいサウンドを抑えて伸びやかに音楽を聞かせてくれる。

 このような音になるのは勿論昇圧トランスのWE−618B、テレフンケンECC−802S高信頼管とWE−274B刻印が寄与しているのは間違いない、

次に試聴したマイスキーの無伴奏チェロも奥行感を伴った小ホールで聴く雰囲気たっぷりのあるサウンドになった、
 


WE−VT52は凄い!


 ウェスタンマニアがウェスタンは最高と云っていますがまんざら嘘ではない、

このVT52に対抗できるのは205Dか300Aしかないのでは、

それだけ素晴らしい球なのに情報量が少ないのか音を聴いたことがないのかわからないのか一度体感してみるとその良さがわかるのではないだろうか、

この球こそコクとキレに音楽性をプラスしたサウンドには偽りはない、VT52恐るべき!


VT52とWE−300Bの対決


 「知らぬが仏」と云うことわざがあります。これをオーディオに当てはめると「聴かぬが仏」つまり良いアンプを聴いてしまうと悪いアンプは聴けなくなる。自分のアンプに満足しているのならば聴かない方のが自分の為と思う、

 最初に書きましたように同等管なら差し替えて比較できますが球の種類が違う場合同じ回路同じパーツを使ってこそ球の比較が出来るのですが残念ながらアンプも違えば使ってある出力トランス、回路が別の場合は比較としての意味は持ちません。やはりここは同一パーツと同じ回路を使わない限り正確な答えにはなりません。

 WE−300Bは巷では最高峰の真空管として君臨していますがではVT52と比較したらどんな結果になるのか、今回は私個人の比較試聴とこのアンプを大阪の今田氏宅に持ち込んで聴いて頂いた、

  早速VT52を接続しての試聴です。スピーカーはRCAのLS12フルレンジを使用、このスピーカーは30cmタイプなのに高域が良く伸びています。

出てきた音は空気感を伴った懐の深いサウンド、長時間聴いても疲れにくくトップクラスの音だ、

RCAはアルテック、JBLとは異なる大変渋いサウンドで私が愛用しているヴァイタボックスとは少し表現力が違いますがジャズもボーカルもOKだ、

  VT52を堪能した後300Bに交換して10分後に同じトラックからの試聴開始、

出てきた音は300Bマニアには申し訳ないがVT52と比較しますと300Bは先ほどの深みとコクが薄くなり少し派手やかな明るいサウンドが特徴で音の渋さが後退してしまう、

それに対してVT52は絵画で例えるなら水彩画を見るようなイメージとしっとり感とシルクの肌触りがありオールド的な雰囲気を持ち合わせている。

WE−300Bも決して悪くない球だがVT52を聴いてしまうと興味が薄れてしまう、

  VT52を聴かずに300Bだけで聴いていますとまったく不満がなくさすが300Bは最高の球だと頷けます。これこそ「知らぬが仏」になります。

  ウェスタンフリークは300Bには関心を示さず205Dや300Aしか興味湧か湧かないのが理解できる。

同聴して頂いた今田氏も300Bにはガッカリ、二回と300Bを聴こうとしなかったのが印象に残こった、

今田氏も大変ショックを受けオーディオ仲間に今回のVT52の良さを話したら仲間曰く300Bでは勝ち目がなく対抗できる球は205Dしかないと云っていた、


PP5/400とVT52武蔵との対決


PP5/400シングルアンプは今田氏に譲ったアンプで回路、パーツ類はほぼ同じものを使っていますがトランスだけは台湾のジェームスです。

ジェームスは台湾のメーカーでトランスのコアは日本製のオリエントHi-Bコアを使ったトランスで大変知名度があり自作マニアが良く使うトランスです。

  早速比較の為に接続を変えて試聴開始、出てきた音は甲高なサウンドであまりにもVT52とは違いなさ過ぎて私もショックだった、英国の名出力管がこんなはずではない、

  違うのはトランスと整流管だけですからトランスを変えれば違った意味での良さが出るはずだがこのアンプをVT52に改造するのは簡単ですが肝心の出力トランスがありませんからこのアンプはこれで良しにすべきと思う、

このPP5/400も以前有名なメーカーの845PPと鳴き比べした時、圧倒的な表現力の差が出た良いアンプであったがVT52と比較すると残念ながらその差歴然だ、

  PP5/400は自分が作ったアンプですからどちらが良くても不満はないがメーカー製のアンプや自作アンプとの鳴き比べはご法度であるのとモラルの問題ですから今後は門外不出にして道場破り、他流試合はやらないことにした、


私が製作した名出力管PP5/400とVT52武蔵アンプ
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/img/img37_09.jpg

6.3Vと7.0Vのヒーター電圧の比較


 VT52のヒーター電圧の違いを比較しました、6.3Vでは多少音の潤い感とハリがなくなり7.0Vにしますと「これがウェスタンだ」と云えるサウンドになりました、今後は変更せずに7.0Vで使い切りますが今は武蔵を聴くのがもったいなくて外野席でお休み中です。


 これからは試聴に来られるマニアにはWE−300Bと5U4GBの組み合わせで聴かそう、帰った後こっそりとVT52,274B刻印に戻して自分だけで良いサウンドを楽しもう、マニアには申し訳ないが極上の組み合わせを聴かせるのがもったいない、
https://www.kit-ya.jp/etc/club/audio/y-037.html


78. 中川隆[-7341] koaQ7Jey 2017年6月25日 13:09:00 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2017年 06月 25日 S.O君の進化は GRFのある部屋
http://tannoy.exblog.jp/27919751/

レコードコレクターで知られる同級生のS.O君の事は、

我が輩の主人の部屋
http://tannoy.exblog.jp/9207945/

とか、

我が輩たちの主人の部屋
http://tannoy.exblog.jp/10008638/


などで、ご紹介しました。

今週の水曜日、茅野まで所用があって往復しました。その折、テレビの交換もするので彼につきあって貰いました。道中いろいろなお話を聞きました。

最近彼の家を訪れたレコードコレクターの話などを聞くと、我々も含めてこだわりを持った変人ばかりだと、笑ってしまいました。でも、パリーウィーン旅行に連れて行ってくれたEさんも、身近につきあっているAさんとA氏も考えてみると元は私の紹介でしたね。類は友を呼ぶのでしょうか(笑)。


A氏がS.O君の家で、イコライザーの実験をしているとのメールがと届いていました。私も届け物があるので、九時頃でしたが、出かけることにしました。

http://tannoy.exblog.jp/iv/detail/?s=27919751&i=201706%2F25%2F99%2Ff0108399_12131973.jpg


すると、いい音でなっているではありませんか!

音量は何時ものように大きめですが、ハイ上がりだった音が落ち着いて、とても良いバランスになっています。今までの聴いた中でも一番かもしれません。

私が行ったときには、大改革は終わっていて、モノラルレコード用のイコライザーのカーブの実験を行っていました。

で、その大改革はと聞くと、単純なことで、アームの高さを下げたそうです。

古い時代のレコード盤は随分と厚みがあり、それらに対応するためにアームの根元を上げてあったそうです。それを規格範囲まで下げたところ、低域が楽になり始め、奥行きも随分出てきて、S.O君も大変満足していました。

A氏は、よそのお宅に行っても実際に触ることはないのだそうですが、今日は特別の夜ですね(笑)。


http://tannoy.exblog.jp/iv/detail/?s=27919751&i=201706%2F25%2F99%2Ff0108399_12140572.jpg


イコライザーの実験は、モノラル盤に対しての対応ですが、メインのイコライザーのウェスタンのトランスを使用した、LCR型のイコライザーの質に、カーブを変更してもRC型では、なかなか対抗が出来ないようです。

あとは複雑に交差し合うケーブル類の交通整理を勧めると、インピーダンスの高い真空管回路には、線間のクロストークが無くなり、音のひずみ感も少なくなるようです。

しかし、いい音になりました。余分な低域はカットして、必要な帯域が充分に鳴っているオートグラフ特有の美点が発揮されていますね。

ここまで来たら、キャビネットの埃も落としましょう。私が提案したら、A氏が隅々まで拭いてくれました。彼も気になっていたのでしょう。

http://tannoy.exblog.jp/iv/detail/?s=27919751&i=201706%2F25%2F99%2Ff0108399_12150545.jpg

 
こうして、気を掛けることにより、音はどんどんよくなって行きます。思いを掛けてあげると、相手も返してくれるのは、ペットばかりではありません。あまりに音が改善されていたので、その他の改良点も聴きに今朝行ってきました。今、載せた写真は、先ほど撮ってきたばかりです。産地直送ですね(笑)。

http://tannoy.exblog.jp/iv/detail/?s=27919751&i=201706%2F25%2F99%2Ff0108399_12195958.jpg

活き活きとした音の秘密は、91型のパワーアンプにあります。

通常のアンプより一段多い三段の増幅回路になっています。
それを600オームの入力トランスで増幅度を保ったまま、音を柔らかくしています。

現代の機器類を繋ぐときは、二段増幅でも良いのですが、前段にウェスタンのプリを配した場合はこのトランスの威力が発揮します。


http://tannoy.exblog.jp/iv/detail/?s=27919751&i=201706%2F25%2F99%2Ff0108399_12205483.jpg


スモールメッシュと呼ばれるWE310aが音の細かさを決めているようです。二本の管のあいだにあるRCA端子は、前段を飛ばすときに使う端子ですが、もちろん今は使っていません。今ひとつの音の秘密は、

http://tannoy.exblog.jp/iv/detail/?s=27919751&i=201706%2F25%2F99%2Ff0108399_12251393.jpg

このプリアンプの空中に浮かんでいるウェスタンのケーブルです。細い線ですが、もっと細い線が八本縒り合わさっていて音の細やかさを伝えています。これらの組み合わせが、ウェスタンの音の秘密となって、タンノイオートグラフから、タンノイの音では無くウェスタンの雄大なサウンドが出ているのでしょう。50年以上彼の音の発展を見てきましたが、現在が、一番いい音がしていると思います。

http://tannoy.exblog.jp/iv/detail/?s=27919751&i=201706%2F25%2F99%2Ff0108399_12305042.jpg


めずらしいレコードを発見しました。二版以降は、白黒のジャケットで知られている、アルゲリッチの最初のリサイタルのオリジナル盤です。若い、かわいいアルゲリッチが写っています。彼女のキャリアと同じぐらい我々のレコード史も続いてきたことになります。ますます楽しみですね。
http://tannoy.exblog.jp/27919751/


79. 中川隆[-5804] koaQ7Jey 2017年12月05日 17:27:25 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

 Der Klang vom Theater (ドイツ〜劇場の音と音楽) Western Electric 124というアンプ
http://kaorin27.blog67.fc2.com/


https://blog-imgs-116.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4900.jpg

今年の夏前にメンテしたC形

入力は618AやBもお持ちなのですが、よりブロードに使えるピアレスのINPUTに決めて搭載しました
これが駆動するスピーカーがトンデモナイ化け物ですので正解だったかと思います

先日、術後の経過を見に立ち寄った際に
ビートルズの 「サージェントペパーズ ロンリーハーツ クラブナイト」のオリジナルLPを聞かせていただきました

椅子からお尻が浮き上がるほどぶっ飛びました!!

確かにWEとやらは、とてつもないのかも知れません

https://blog-imgs-116.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4896.jpg

刻印の274B元箱入りですかね
最初についていたプリントの274Bが破棄値の30%ほどに減っていたので「こちらを付けてもいいですか?」と問うたところ
食い気味に「どうぞ・・」で挿入
この球を躊躇なく使える人でないと、このアンプを使えないのかも知れません

と申しますのも
出力管の350Bと合わせて、予備球の半分近くが動作不良で使えないという殺生な現実があったのです

次は秋頃にメンテしたA型

https://blog-imgs-116.fc2.com/k/a/o/kaorin27/PICT4939.jpg


お二人とも沢山の予備球をお持ちだったので全ての球の試験をしてみました
返す刀で、350Bを所有する知人の物も大概は計ってみた

かなりの数に達したので生存率は上がってきたが、各々の購入金額の総額を生存者数で割ったらバカバカしくて使えないような金額になるだろう


そういえば随分前より先人達から「350Bは寿命が短くてたまったもんじゃない」という話を度々聞いていた

今回の調査でその一端を垣間見たのかも知れないが、その逸話を聞いていた時分から僕の中では釈然としない想いはずっとあったのだ

Westernだからということもないが、どんなメーカーだって半年や一年でダメになる球やアンプを作っていたら社会問題になるはずだ。ありえないね・・・と

でも通と呼ばれるお人は、おかしな理屈を引っ張り出してきて自分をだましちゃうんです


当時は業務用だから球が切れる前に、交換時期が来たら強制的に取り替えていたから問題なかったんだ

なんて、いかにもそれらしい嘘っぱちで自分の方から都合よく騙されている

いやいや、バカをいっちゃあいけない
FM放送だって、映画館だっていつ切れるか知れない球を使って木戸銭とって営業なんてできやしねえんだ

高座で 寝ていてぇ許されたのは日暮里のお師匠さんだけでぇ
アメ公がそんなに気が長えわけはねえだろう

今回、アンプの方を見せてもらって、一体何があったのか凡その見当はついたような気がします

原因は2つに大別されるでしょう

一つは与太郎のアンプで使うと、立派な球もすぐに切れるということ

もう一つは球自体にも与太郎がいるということだ


実際にメンテの済んだアンプの球は半年以上経っても 切れるどころか電流の1mmだって減るそぶりはない


それと沢山の球を見せてもらって、なんとなく外見を見て「これはダメだろうな」という鼻が効くようになってきた
その目で、今のネット・オークションなんかを見るとやばい奴が相当数紛れて居る

多くは出して居る方もわからないんだろうが・・・お気をつけあそばせ


これは想像というより、統計学上の判断(選挙の時の出口調査→すぐ当確ほどの高精度である)なのだけれど
この世に実在する相当数のWE124はひどい状態でひどい音を出していることが容易に想像できるのが怖い

そうすると、あちこちでこんな会話も聞こえてくる

流石にウエスターンだねえ、他では出せない味のある音がするものだ

え? 帯域も狭いし低音なんか全くでないし、音が団子状になっているって?

おまいさんねえ、滅多な事を言うもんじゃないよ

こちらは、天下のウエスターン様だよ

なんだね。この奥深さがまだおまいには理解できないんだろうね・・若いね

私くらいの年になったらわかるからさ それまでに買えるように精々稼ぎなさいよ

てやんでぃ 何言ってんだい くれるったって要るもんかい  そんな変な音のアンプ!

全くもって「酢豆腐」そのものですよ

もう一度言いますけれど

WE124は 腰を抜かすほどトンデモなく素晴らしい音のするアンプです
http://kaorin27.blog67.fc2.com/


80. 中川隆[-5745] koaQ7Jey 2017年12月19日 10:43:16 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

オークション情報〜2017.12.19〜 - 「音楽&オーディオ」の小部屋 2017年12月19日
http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/d0494f7378a54334ab5e8fcf66590d22


3極出力管 WE300B 刻印 新品元箱入2本組 - ヤフオク!
出品者: cvnumber
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p583546235


オーディオ愛好家にとって今やネットオークションは欠かせないツールの一つになっているが、お互いに顔の見えない同士の取引とあって、どうしてもいくばくかの博打的な要素が伴うのは否めない。

そういう中、「この出品者なら絶対に間違いなし」という定評のある方が居られるが、古典管マニアの間で取り分け折り紙付きなのが関西の老舗のショップさんで、仮に「Eさん」としておこう。

このEさんが出品されたときはアラート登録しているので常にメールで教えてくれるが、いつもスタート価格がリーズナブルだし、品質もたしかとあってたいへん重宝している。

そして、このほど出品されたのが、いわずと知れた泣く子も黙るほどの「WE300B刻印」。画像と解説文を見てみよう。

    

「WE ウエスタンエレクトリックの直熱3極出力管WE300Bです。言うまでもなくWEの代表的銘球で、出品していますのはWE300Bでも最初期の刻印ベースのものです。

どちらも新品元箱入りで、WE300B刻印の未使用品は今では現地でも入手困難になっています。1940年前後頃の製品。

プレート上部側面の3枚のマイカ板が長い長方形になっている点やプレート下部のマイカ板の中央部だけに白いマグネシアを塗布してある点(劣化の進行を防ぐため)など刻印時代の特徴が見られます。どちらも大型のO型ゲッタリングのものです。

内1本(各画像左側)の足ピン表面に多少浮きサビが見られますが、問題になるようなものではありません(もう1本はぴかぴかの状態)。

どちらも新品元箱入りで(片方の元箱には裏ぶたが無くなっているなどいたみやシミが見られます)、WEオリジナルのWE300Bの動作例などが記載されたデーターシートもそのまま残っています(片方のシートにはいたみが見られます)。

特性はTV7/Uにより確認済みです。 測定値は基準値58に対しどちらも77となっています。入札価格は2本セットの価格です。」   

スタート価格は10万円で入札終了日は12月10日(日)を設定。

このEさんは、老舗だけあって独自の輸入ルートがあるとみえ2年ほど前の12月にも300Bの刻印を出品されており、その時の落札価格はたしか100万円近い額だったと記憶している。

同じ「12月」に出品されるというのは偶然かもしれないが、比較的ふところが豊かになる「ボーナス」時期を当て込んでのことかと、つい勘繰りたくなるし(笑)、また落札終了日は誰もがオークションに時間を割きやすい日曜日の設定だし、背後に緻密な計算が垣間見えるような気がする。

何しろ100万円近い取引なんだから、もし自分ならそうする!(笑)

結局、入札結果は激しい競り合いの末「933,000円」で決着をみた。たった真空管2本の値段がそんなにするのかと驚かれる方も多いことだろう。

もはや現代の技術をもってしても再生産が不可能な「300B刻印の人気衰えず」といったところだが、一説には通貨「元」の不安を見越して、高価で安定的な物品に換えておくために投機筋が動いているという噂もあったりして、可能性としてはかなり高いと思う。

趣味の世界に投機が持ち込まれるのは愛好家にとって不幸極まりないが、品物そのものにとっても使われることもなく仕舞い込まれるのは実力が発揮できなくて可哀そうである。

そうはいうものの、300B刻印を100万円も出して買うほど音質的に価値があるのかというと、個人的には首を傾げざるを得ないと思っている。

わが家ではやや「へたり気味の300B」(1951年:せいぜい市価30万円程度だろう)とエレハモ(ロシア製:市価2万円程度)をときどき入れ替えて聴いているが、とてもお値段の開きほどの音質の差は感じない。せいぜい「音に品があるかないか」程度のものである。

ところが「品が一番大切だ!」と言われると切り返す言葉がないが(笑)。

それはさておき、むしろ100万円もあればスピーカーに投資した方がずっと好みの音に近づけるような気がするのも事実。アンプ(真空管)とスピーカーは持ちつ持たれつの関係だが、スピーカーが主人公であり、アンプは召使だという思いはずっと変わらない。

なお、一昨日(17日)の落札日を迎えオークションに出品されていた「PX25ナス管」(イギリス:未使用)をずっと注視していたが、結局お値段が伸び悩んで落札価格が「146,200円」に留まった。

300B刻印とは月とスッポンの差だ。かっては直熱三極管の両雄だと並び称されていたのにどうしてこんなに差が開いたのだろう。

    

PX25のファンとして実力が正当に評価されていないことに一抹の寂しさを覚えるが、まあ、予備球が比較的安く手に入るのは歓迎というところだ(笑)。
http://blog.goo.ne.jp/jbltakashi/e/d0494f7378a54334ab5e8fcf66590d22


81. 中川隆[-9618] koaQ7Jey 2018年4月13日 20:48:25 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-10267]

名器は何?
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/music/11602/1261060674/

1: 555 :2009/12/17(木) 23:37:54 HOST:220-152-22-45.rev.home.ne.jp ○○は名器と聞きますが、本当でしょうか?
古い物は名器に成るのかな?


2: くろねき :2009/12/18(金) 00:55:11 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 「名器」といっても基準はいろいろなのではないでしょうか。

例えば、これは必ずしも特定の製品や機器を指定したものではありませんが、
「IEEEマイルストーン」というのがあり
( www.ieeeghn.org/wiki/index.php/Milestones:IEEE_Milestones_Program )、
オーディオの話から離れますが、その中にビクターのVHSがあります。
これは技術的に記念碑的と考えられる物事をピックアップしたものであり、
「名器」にはこういう基準もあるでしょう。


私は、個々人の主義主張はどうあれ、よく話題に上るような機種は
やはりよく語られるだけの何らかの価値があり、
そのような意味では「名器」たりえるのでは、と思います。

そもそも、この言葉自体に主観的ニュアンスが含まれるように思います。
そう評価した人にとっては「名器」であることは間違いないのでしょうが、
他の人にとっては必ずしもそうではないかもしれませんし、
またそのことをよく自覚しておいたほうがよいと思います。

3: RW-2 :2009/12/18(金) 10:04:14 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp やややや・・・
名器と書いちゃいかん。名機もしくは銘機にしなされ(だはは)

4: 555 :2009/12/18(金) 18:21:31 HOST:220-152-22-45.rev.home.ne.jp いやいや 未熟者ですみません
調べたました
めい‐き【名器】すぐれた器物。名作とされる器物。
めいき【名機】 すぐれた性能を持つ写真機・機械・飛行機など
銘機 該当無し オーディオ用語?

5: 555 :2009/12/18(金) 18:24:11 HOST:220-152-22-45.rev.home.ne.jp 間違えです
>調べたました
調べました

6: 略 :2009/12/18(金) 18:30:18 HOST:br1031.jig.jp >>3
(^ω^)

7: 551 :2009/12/18(金) 20:46:39 HOST:pc27204.amigo2.ne.jp 名機とはズバリ、ウエスタンの555のこと!

8: 前期高齢者 :2009/12/19(土) 10:00:38 HOST:h219-110-201-168.catv02.itscom.jp 名機、いろいろあるでしょうね。小生にとって何が、ということになると多分昔(今でもかな)憧れたが高価で所有できなかった機械ということになりそうです。
ひとつだけ挙げるとすればアムクロンのプリアンプDL-2、これは一度だけ実際に音を聴いたことがあります。作為的な味付けのないしっかりした素直な音で本物
とはこうい物を言うのだろうと思いました。好き嫌いは分かれるかもしれませんが機能美あふれるデザインも秀逸でした。

9: 555 :2009/12/19(土) 16:15:35 HOST:220-152-22-45.rev.home.ne.jp >名機とはズバリ、ウエスタンの555のこと!
私も555は憧れの品です
15Aで聴く音は、別世界ですね
今は高くて買えませんが

10: 551 :2009/12/19(土) 20:59:16 HOST:pc26251.amigo2.ne.jp 555以外なら551や549もすばらしいですよ! 8万円ぐらいで買えます。ホーンが問題ですが。
マグネティックタイプですので、15Aや22みたいな折れ曲がったホーンだと元気がなくなります。
ストレートホーンにつけると、すばらしいです。
低音をどんなウーファーで補強するかが問題ですが…

11: 555 :2009/12/19(土) 21:58:07 HOST:220-152-22-45.rev.home.ne.jp 励磁型を聴いてしまうと永久磁石は聴けなく成ります
私の場合は15A+ツィーターで、ウーファーは無くても十分満足しています

12: 551 :2009/12/19(土) 23:52:27 HOST:pc26251.amigo2.ne.jp 555さん、555+ツィーターはステレオですか?
私は古いモノーラルを聴くので、4151A+597です。ウエスタンは555で始めました。セレンもタンガーも試しました。551や549だと最長のストレートホーンが11Aで約180cmなので、低音は不足します。今は555使ってませんが、一番の名機と言えば、やはり555+15Aでしょう。
551、549、4151にはクセがあり、誰でもが名機と認める名機にはなり得ないでしょう。

アンプの名機は41、42、43あるいは46でしょう。特に43は凄いの一言。ただ、555+15Aだと、43アンプは不必要かもしれませんね。しかし、コストを度外視するなら、本当の名機は8、9、10アンプだと思います。17アンプなんかも名機でしょう。でも、これらはバッテリー駆動なので、今じゃ使えません(400Vのバッテリーなんて実用的じゃないので…)こういうのに較べると、86や91はちょっとかすみます。

時代が新しくなるに従って、音はますます薄くなる傾向があります。まあ、これはエスプレッソがいいか、アメリカンがいいかみたいな好みの問題でもありますが…

13: 551 :2009/12/20(日) 00:06:03 HOST:pc26251.amigo2.ne.jp 2ちゃんねるなんかを見ておりますと、ウエスタンは嫌われているようです。ゴミだとか、ジャンクだと言われてます。「特性が悪い」なんて言う人もいます。でもね、フェラーリが好きな人は、単に「速いから好き」な訳じゃないですよね。つまり、今の科学で計ることが可能なパラメーターだけですべては判断できないですよね。

われわれは、音は「聞こえるもの」と思い込んでいますが、250年ぐらい前の楽器に触ると、音は「光を発する」し「香り立つ」ものだということが理解できます。すばらしい演奏に触れても、これは同じです。音のそういう側面を濃厚に表出してくれるのがウエスタンの古い装置だと思っているし、そういう音の側面を濃厚に表出してくれる装置こそが名機だと私は思っております。このことは、555さんがいみじくもおっしゃられた「励磁型を聴いてしまうと永久磁石は聴けなく成ります」という発言と重なると思います。

アンプに関しても、オール直熱管を聴いてしまうと出力管だけ直熱管は聴けなくなります。

ピックアップに関しても、ウエスタン4Aの様な針圧180gを聴いてしまうと、針圧2gは聴けなくなります。

14: 555 :2009/12/20(日) 09:00:55 HOST:220-152-22-45.rev.home.ne.jp 551さん 素晴らしい物を御持ちですね 羨ましい限りです
15A×2で聴きました
WE製のアンプは、知識が無いので分りません
いつかホーンで鳴らしたいと思ってます

その他、名器は何でしょうかね?

15: ジークフリート :2009/12/20(日) 11:39:51 HOST:wb56proxy04.ezweb.ne.jp 名機の条件は?
カリスマ性とデザインの美しさ、それにある程度の?高性能でしょうか。(音の良し悪しはあえて除外かナ)

16: RW-2 :2009/12/20(日) 12:55:27 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>名機の条件は?・・・

 「その道では誰でも知ってる機械」でなければ名機に成り得んでしょね。
 一介のマニアだけが良さを知ってる物は名機成り得ません。零戦やトヨタ
 2000GTが名機/名車たる所以だす。

 パルジ様の説はパラゴンやハーツフィールド、オートグラフあたりにピッ
 タリ当てはまりやんす。#7やMC−275もそうでしょね。

 日立のHS−500やヤマハのNS−1000Mは今や名機と呼んでも差支えない
 でしょ。これらはそうとうな数が世に出て、今でも入手は簡単なのですが
 たくさん売れた作られたという事実も名機に押し上げるファクターだすね。
 メッサーシュミットBf109は性能以上に製造数がモノ言うわけです。

 551様や555様の名機群はツウの方々が使っている業務用/プロフェッショナル
 用途の逸品でやんすから、巷のオーディオファンには馴染みが薄いでしょね。

17: 551 :2009/12/20(日) 15:42:56 HOST:pc20168.amigo2.ne.jp RW-1様が仰られる意味でなら:

アキシオム80、ラウザーPM6A、ジーメンス・コアキシャル、アルテック604、A7、A5の系統(もちろん755の系統も)。アンプならマランツ・モデル7と2、アルテック1567、1568と1569、クォード22と2。ターンテーブルならガラード301、401、トーレンス。カートリッジならデッカMark 1と2と5、オルトフォンSPU-A。CDプレーヤーならEMT981。

思い切りランクを下げ、思い切り主観的に言うと:クォード405でドライブしたオーラトーン5C!(コストパーフォーマンスの高さとデザインの何気なさで…)

18: 前期高齢者 :2009/12/20(日) 16:57:10 HOST:h219-110-201-168.catv02.itscom.jp 国産の名機は?小生の独断と偏見で言うと三菱2S-305。一種の風格が感じられる珍しい製品でした。

19: 551 :2009/12/20(日) 21:11:22 HOST:pc27209.amigo2.ne.jp アンプならヤマハB3、日立HMA-9500マーク2、アキュフェーズのアンプ群、ラックスSQ38。カートリッジならデンオン(デノン)DL103。テクニクスSL1200シリーズ。スピーカーは三菱とヤマハ以外ではフォステクスの一連のフルレンジユニット群、ちょっと古いものではマクソニックやゴトーユニット、パイオニアのPEシリーズ。部品ならタンゴU608出力トランス、松下電気の電源ソケット等々。

20: Shino :2009/12/20(日) 22:52:55 HOST:adsl-495.ehm.enjoy.ne.jp ウェスタンを名機であると主張しても、どうにもならないでしょうに。

礎になったことは誰も否定しないでしょう。

如何せん、伝説になりかかっている。

「・・・だったらしいよ」で括られるのは最早避けられないでしょう。
それこそが「名機だ」というのなら、何をか云わん!

21: 世直し奉行 :2009/12/21(月) 00:59:48 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 551さま
17のレス、同感です。拙者もその昔、405には#44とTD126でESLを、オーラトーン5Cは現在もマランツ#1250で愛用してます。
タンノイのRED15吋も名ユニットだと・・・
名機とは、音質はもとより、使い勝手やメンテナンス&デザインも重要、且つ、飽きのこないもので、一度は手に入れたいと思うもの。所謂、味の有るものと・・・多分

22: 前期高齢者 :2009/12/21(月) 09:54:55 HOST:h219-110-201-168.catv02.itscom.jp >>21
横レス失礼します。

>飽きのこないもので、一度は手に入れたいと思うもの

同感です。長きにわたって人々の心を捉え続ける製品というのはオーディオの世界に限らず決して多くないですね。

23: ビックリマスダ :2009/12/21(月) 16:00:18 HOST:p4018-ipad203niho.hiroshima.ocn.ne.jp うーんタンノイ・ファンなのに未だに聴いた事の無い、レッドのオリジナルのオートグラフ。

24: ジークフリート :2009/12/21(月) 22:05:33 HOST:wb56proxy18.ezweb.ne.jp ビンテージものも好きですがそこで止まりたくはないですね〜。
もう先がないてのは夢が持てません。(しかし新しいもので欲しいのがほとんど無いのがツライところ)

25: 555 :2009/12/21(月) 23:11:03 HOST:220-152-22-45.rev.home.ne.jp >17
名器=良い音 
では 無さそうですね!

26: RW-2 :2009/12/22(火) 04:12:40 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp どうしても「名器」として語りたいようだすね。

名機 非常に優れた、高性能な機械
銘機 史上記憶に残る、画期的な機械

すてれお機械は銘機と記される場合が多いようでやんすよ。

27: ジークフリート :2009/12/22(火) 08:15:49 HOST:wb56proxy11.ezweb.ne.jp 「高性能な機械」という面で「?」が付くものもありますからネ。

28: RW-2 :2009/12/22(火) 15:48:33 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp タンノイを例に取るとオートグラフとミンスターは銘機間違いないでしょね。
デザインの美しさに仕様の豪華さ。オールホーンという画期的構成。羨望だす。

下位のアーデン、レクタン、GRF、レッドモニあたりになるとチト弱い。
むしろ永く作られてるエントリーモデルのスターリングはタマ数も出てますし
皆さん知ってて評価も確立してやすから逆に銘機といって差し支えないでしょ。

ヤマハにしてもNS−1000Mは画期的(ベリリウムユニット、全面真っ黒)
であり知らない方はいやせんし、NS−10Mもプロアマ問わず圧倒的に使われ
やしたから銘機と言っても差し障りないでしょが、中間の100Mとか200M、
500Mあたりになると知る人ぞ知るになっちゃいますからね。

29: ジークフリート :2009/12/22(火) 23:11:51 HOST:wb56proxy14.ezweb.ne.jp 「燻し銀」ではないタンノイは、「銘機」としては外すべきかも。

30: V-LZ :2009/12/23(水) 14:37:49 HOST:server121.janis.or.jp 29様同感です。スターリングは手ごろ価格でしょうがV-LZと比べて繊細さに欠けると思いますし
簡単に良い音に成りすぎるところがつまらないSPです。私のV-LZは手に入れて40年近くなりますが
最近やっと安定した鳴りと組み合わせの妙が解った気がしております。




31: RW-2 :2009/12/23(水) 15:23:09 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 何十年もかけて自分好みに調教するのはマニアの愉しみではありますが、
誰でもポン置きで美音を楽しめるのもまた銘機のひとつでありやんしょ。
ま、パラゴン級になりますとまともな音がしなくとも銘機ですが(だはは)

32: V-LZ :2009/12/23(水) 16:34:00 HOST:server121.janis.or.jp ハーツフィールドやパラゴン、オートグラフ、191コーナー型、ウエストミンスターなどは別格ですのでーーー
ただ鳴っているだけで名機だと思います。私の職場のすぐ近くにお勤めをリタイヤした人が趣味で聴いていたパラゴンを中心とした喫茶店をオープンして
コーヒーも趣味とかで生豆からローストして出してくれるお店を発見し楽しみにしています。

33: RW-2 :2009/12/23(水) 17:45:51 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 普通はSP設置の床は固めやんすよね。ある御仁はパラゴンを学校の木造り
木張りの教壇みたいな台に乗せておりやんした。あれは絶対教壇だす。

パラゴン鳴らすと教壇がガタクタしてるはずなんだすが、何故かたいへん
宜しい。音楽がイキイキと演奏される。パラゴン楽器化(だはは)

34: RW-2 :2009/12/23(水) 17:52:08 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 近所にカレーとコーヒーの店がありますが、コーヒーはサイフォン使用だす。
ドリップの方が美味いと判ってても、あのサイフォンの中の状況を見て楽しめる
のが宜しい。シュ〜〜〜〜ッゴボゴボゴボジョ〜ロジョロタタタタ(だはは)

35: 555 :2009/12/23(水) 18:15:57 HOST:220-152-26-234.rev.home.ne.jp >32
名機を聞いて、ガッカリする人が多いのでは?
>33
土台で出てくる音が違います
ガッチリした台をおすすめします

36: V-LZ :2009/12/23(水) 18:53:32 HOST:server121.janis.or.jp SPをのっける基礎は振動をなるべく避けるべくが基本なんですが応用編として
教壇の上で鳴らしてその振動があいまっておつな音というのはすばらしいと思います。
どなたも初めは基本に忠実にするのですがそれでは面白味がありません。
いつしかとんでもない応用編を見て新鮮さを感じるんではありませんか。
やがてはシングルアンプとシングルSPが気楽になる時期が来るのではと感じています。

37: 555 :2009/12/23(水) 19:00:57 HOST:220-152-26-234.rev.home.ne.jp パラゴンに関しては、硬い台の方が良いかと思います
>パラゴン楽器化
パラゴンの箱自体は鳴らすが、台まで鳴らす必要は無いかとおもいます?
WE製 15Aなどは、上から吊るしても、台に載せても良いかと思いますが?

38: ジークフリート :2009/12/23(水) 19:14:37 HOST:wb56proxy17.ezweb.ne.jp 実物を聴かずして善し悪しを語るはナンセンスですね!

39: 555 :2009/12/23(水) 19:37:27 HOST:220-152-26-234.rev.home.ne.jp >実物を聴かずして善し悪しを語るはナンセンスですね!
パラゴンに関しては、体験しましたが
足に柔らかい物、硬い物を試しました
WE製 15Aは吊るした物しか聴いた事が有りませんが

40: 世直し奉行 :2009/12/23(水) 20:44:24 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp パラゴンに限らず、SPはデキルだけ固い頑丈な土台(理想は地球に直結?)が基本。SP本来の実力がフルに発揮するものと確信しておりますで候。SPのガタイをシッカリ受け止める床が欲しいい今日、この頃なり・・・
最悪は畳床、因みにSPを空中にぶら下げると、とんでもない音が・・・多分!?床材で響きや音色etcはそれからの塩梅也(鳴り?)。

41: RW-2 :2009/12/24(木) 00:48:46 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 箱は鳴らしても良いが台を鳴らすのは必要悪?。短絡だすねェ。床が弱いと
そうするしかないんでしょけど。

なんでも抑え込めば宜しいと思っている御方は多いですね。すてれおしの影響で
しょか。オーディオとはもっと奥が深いものでありましょう。

42: 世直し奉行 :2009/12/24(木) 01:37:30 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp ユニット本来の音を出すのは、箱すらもならないほうが良いかも?
然るに、箱も適度に鳴るためには、ある程度の質量や硬さと、床もSPの音圧を受け、適度に響(反射含む)く材質(木材)が・・・
拙者の拙い経験上、空間大きさ(特に高さ)と響きは特に重要とおもいます。押さえ込む?必要はありません。むしろ生き生き鳴らすべきかと・・・
浮世は何でも奥が深い!オーディオ技術の歴史などタカガ“100年”也。アナログは奥が深いのでオモシロイ!?で候。

43: SATIN :2009/12/24(木) 02:08:29 HOST:br1031.jig.jp どうせ鳴るならストラリバリの如くとか。
板質、接着剤、塗装を吟味しても一億の値は付かんでしょうけど。

44: SATIN :2009/12/24(木) 02:14:51 HOST:br1031.jig.jp ストラディバリウスでしたね。

失礼しました

45: くろねき :2009/12/24(木) 02:38:17 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp バトンにぶら下がったボーズとかはどうなるんだ(笑)。
ちなみに私は「スピーカー・オン・スピーカー」です(笑)。

46: ジークフリート :2009/12/24(木) 08:25:38 HOST:wb56proxy17.ezweb.ne.jp 「教壇」は教壇の鳴きを利用するというよりも、低音のある種のドギツさを下へ抜くという意味で教壇の強度等によってその操作が出来るものと思います。
それに、その材質によってパラゴンの箱鳴きもある程度操作出来るでしょうね。(個人的には、先ずあの箱鳴きをスッキリさせたいナ〜)

47: ビックリマスダ :2009/12/24(木) 10:55:22 HOST:p2051-ipad28niho.hiroshima.ocn.ne.jp 床は丈夫なら教壇みたいでも良いとおもいますけど?バラゴンは少し高い所に置いたほうが
音像の表現が良いと思っています。

48: RW-2 :2009/12/24(木) 13:54:57 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>低音のある種のドギツさを下へ抜くという・・・

 まさしくそれでしょね。リジッドなベース(or床)にSPシステムを直置き
 しやすと伝達した振動がまたSPシステムに戻ってきますから具合が悪い。
 教壇をスペーサーとして使ったのは振動緩和の意味でうまくいった訳でしょね。
 小さな台を複数使って載せたのではシステム本体と振動の係数が変わります。
 あのパラゴンの大きさですから教壇でなければ載らんでしょ。

!様 >>パラゴンは少し高い所に置いたほうが良い・・・

 そう思います。実は教壇の目的はそれだったのかもしれやせん(だはは)
 15cm高くなるだけでもだいぶ違いますからね。

49: 551 :2009/12/24(木) 17:57:50 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp パラゴンもいいけど、私は551とか549の音聴いていると涙が出そうになります。
完全無欠になる前の555という感じでしょうか。だから、面白くてたまりません。
「名機」という呼び名がはばかられるなら「歴史的名機」です!

50: 555 :2009/12/24(木) 20:37:02 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp どこかのHPで「パラゴンは楽器と同じで箱を鳴らさないと・・・」
375の高さが自分の耳と同じか、少し下が良いかと思います
それより空間が必要だと思いますが




51: くろねき :2009/12/25(金) 20:56:05 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。
ここで>>2の「名器と書いちゃいかん」(RW-2さん)
問題に戻って恐縮ですが、これについて、あることを発見しました。

とあるところに、チューナーの取説をPDF化したものが出ていたのですが、
その表紙には「世界の名器 Sansui」と確かに書かれていました。
やっちまった犯人の一人は、あのサンスイだったのです(笑)!

52: 555 :2009/12/25(金) 23:00:09 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp 名機・名器・銘機 どれでも良いのでは?
私はそこまでこだわりませんが

53: V-LZ :2009/12/27(日) 15:05:32 HOST:server121.janis.or.jp 世の中に存在しても自分で持っていなければ憧れだけでの評価です。恋焦がれていざ自分の物にしたとたんに
さめるものが多いのでやたらに購入しなくなりました。自動車などもカタログをもらいオプションを決めている時がワクワクするだけで
いざ乗り出してしまえば普通になるように乗るたびに感激する車は今の車だけですが
歳とると異常に疲れガレージに入れたままが多くなりました。
私の名器はクオード405-UとsonyのTCD-5Mかな!

54: へなちょこ :2009/12/27(日) 15:21:56 HOST:118-86-130-48.kakt.j-cnet.jp 購入に相当の勇気と決断を迫られる様な高額な物じゃなくて
誰でも気軽に手に入れられる様な物の中に有ると嬉しいんだけど・・・
高額でなければ名機の仲間入り出来ないとするなら悲しい事だよね〜

55: west :2009/12/27(日) 16:24:59 HOST:p26245-adsao06douji-acca.osaka.ocn.ne.jp 参考
stereophile.com/features/709/index.html
40年間 100台 1962-2002 John Atkinson

56: V-LZ :2009/12/27(日) 18:37:49 HOST:server121.janis.or.jp 世界の名器とか言われて羅列されるようですがハイエンド機器は除いて考えております。
この世界はコストパフォーマンスがいかに優れているかであると感じておりますが?
その考え方に成ったきっかけはプロオーディオの世界を知ってからです。
この世界を知ればハイエンドの機器は購入しないのではと思います。
しかしこの世の価値観はいろいろですので一概に決め付けるわけではありませんが!
40年ほど前伊藤きたお氏にアンプ製作を依頼してから現在まで何もかわりはありません。
昔からの名器は変わりないようです。自分で使用してみて初めてわかる名器とチョイ聴きで惚れ込む名器は異なるようです。

57: ジークフリート :2009/12/28(月) 00:45:12 HOST:wb56proxy15.ezweb.ne.jp 安価でも一流品はあると思いますが・・・安上がりな名機が生まれる可能性は、フルレンヂユニットとカートリッジくらいかナ。

58: 神々のたそがれ :2009/12/28(月) 10:27:22 HOST:FLA1Aaa220.myg.mesh.ad.jp いつの頃からハイエンドという言葉を使うようになったんでしょうね?
私も、言葉としては良く用いますが、ある意味差別用語に感じています。
銘機=ハイエンドではなく、高額=ハイエンドです。スーパーローエンド
で世界の銘機と戦うもよしと考えています。

59: 世直し奉行 :2009/12/28(月) 19:29:56 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 「ハイエンド」と云うタンゴ♪?は、30余年前からオーディオ専門店でやたら使うようにナリマシタ。おそらくオーディオショー等で、似非評論家や業界が顧客の購買意欲をソソルため乱用したのがキッカケと邪推します。

拙者が嫌いな単語の“最右翼”です。
最左翼は「デジタル&ピュアオーディオ&追い込む?」也。

60: 神々のたそがれ :2009/12/28(月) 20:40:53 HOST:FLA1Aaa220.myg.mesh.ad.jp 御奉行殿が出てくるとホットいたします。
自称ハイエンドの人を揶揄してスーパーローエンドと名乗っています。

61: ジークフリート :2009/12/28(月) 23:13:28 HOST:wb56proxy02.ezweb.ne.jp 昔よく話題になった「アメリカンハイエンド」は、その対象機種が割合ハッキリしてましたが、ここで語られているハイエンドが単なる高級品ということならば、対象範囲が広すぎて一概にはなんとも言い難いですね。

日頃、自分が所有する高級品の名前を自慢げに並べたてている人までが「ハイエンド」?に嫌悪感を示されると、よけいに何のこっちゃ?てな感じですね。

62: RW-2 :2009/12/28(月) 23:47:24 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp ひとつ言えることは高級品と高価格品は別モノでやんしょね。

さらにシリーズ中、最高価格のハイエンド機が一番音が良いかといえば
むしろ良くなかったりしやんす。所有欲を満たすための機種にゃ間違い
ありやせんが。

63: 551 :2009/12/29(火) 00:11:58 HOST:pc20121.amigo2.ne.jp ハイエンドや骨董品はなかなか買えないから問題あり。
ローエンドやスーパーローエンドだって、雑誌で採り上げられたり、インターネットで有名になると、ローエンドでなくなってしまうので、やはり問題あり。

私が宣伝しても有名になったりしないので、敢えて一例を挙げるとアルテックの603B。604みたいな顔をしてるけど、実体は15インチのフルレンジ。真ん中のホーンはアルミのセンターキャプの振動を拡散するため、しかし、実際はほとんど飾り。現役時代に日本には正式輸入されてないので、知名度は著しく低い(低かった)。601、602、604、605の間に隠れてもいたし… だから4〜5年前ぐらいまでは4万円ぐらいで買えたのに、そして、とても4万円の音じゃなかったのに(コストパーフォーマンスめちゃめちゃ高い!)、というか、40万円でもそんな音はなかったのに、持っている人はひとりでニヤッと秘密にしていたのに、ステレオサウンドのアルテック特集で有名になり、今じゃ、市場にありません。(eBayでは時々200ドルちょっとで出ますが…)

かつてローエンドの名機だったものが「幻の名機」に成り下がった(成り上がった)好例です。

64: 世直し奉行 :2009/12/29(火) 01:50:50 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp ジークフリートさま
過分なお褒め?のお言葉、痛みいります。拙者は、ハイエンド&ピュアオーディオと称して、チープな機器(阿漕?価格の製品)を追い込むetcでの薀蓄に奉行の立場上、愛用機器を記しているだけです。30余年間殆ど機器の入れ替えはございません。良い物は良い。それだけです。無駄な出費や時間があれば、音楽&オーディオを楽しむ方が良かれと、それだけです。拙者の過去の愛機も出来うれば手元に残したかったものばかり、諸般の状況で惜別したものばかりです。ソコントコ宜しく!?
ただ、自分の愛機を売り飛ばすとか、不良個所が有る機器をネットオークションにかけるとかと嘯く輩には、拙者馬餌?東風です。・・・・・

折角の懐古録、誉め殺しは程々で多少は本音もありかと・・・
拙者、下町育ちの、カイショ無しです。たかが〇ー〇ィ〇?です。
かしこにかしこに

65: 555 :2009/12/29(火) 09:20:14 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp >30余年間殆ど機器の入れ替えはございません。良い物は良い。
と言うことは昔の製品の方が良いと言う事でしょうか?

>良い物は良い。
これが名機ですかね

私個人は今のオーディオ製品に興味が無いし、欲しいと思った物が少ない
CD・DACは別ですが、殆どCDは聞きません
レコードが好きですね

66: 世直し奉行 :2009/12/29(火) 11:43:24 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 555さま
これが名機ですかね>左様でございます。

拙者、根っからの貧乏症、愛車もミラ・ジーノに似た奴に22年間、バイクと自転車も32年前購入のものを愛用しております。決して懐古趣味ではありませんが、家具調度品も約40年使用しています。モノ購入に関しては、メーカーや職人が「いい仕事してますね!」と自分の尺度で感じたものを、衝動買い!?、勿論“JCBカードボーナス一括払い”です。
スポンサーの広告料で成り立つ雑誌etcの記事はあくまでも参考程度。身銭を叩いて買った人の感想は大いに参考になります。

オーディオ製品は欠陥商品でも、火災や人命にかかわりませんしマイナーな世界なので、現在のチープな製品?に法外な価格が罷り通るのです。

拙者もレコード派です。アナログは無限(自然)、デジタルは有限(都合の世界?)かと・・・・
手間、無駄?、遊び、シャレが好きな果報者。生真面目は天敵!です。

67: へなちょこ :2009/12/29(火) 12:11:57 HOST:118-86-130-48.kakt.j-cnet.jp 必ずしも古い物が良いとは限りませんが、古い物に良いものが多いのは確かだと思います
誤魔化しの少ない正直な物が多かった様に思います
今は何だかな〜・・・

物作りの技術も、素材も昔の時代より相当良くなってきているのに・・・
○○の様に見せかけるセコイ誤魔化しの技術も相当な物で・・・
保証期限内に何事もなければ良しとする気風が感じられます

ぎりぎりまでコストダウンされた物達の寿命も短いのでしょうね

誤魔化しの少ない正直な製品は確実に長寿命だと思います
名機と呼ばれる製品はそう言う物達の中から生まれるのでしょうね〜
今このコストダウン最優先の時代にそういう製品は生まれるのかな〜?
そう信じたいけど。

68: ジークフリート :2009/12/29(火) 13:34:14 HOST:wb56proxy04.ezweb.ne.jp 古いものに良いものが多いというのは、オーディオの場合、特に名機と呼ばれるものなんかは音作りが上手いんですよね。

音作りというのはある種の誤魔化しの部分もなきにしもあらず。「良いものは良い」というのは正しくは「良いと思う人には良い」ということでしょう。
勿論、それがいつまでも良いと思えることは大変幸せなことですがネ。(信じる者は救われる!?)

69: 世直し奉行 :2009/12/29(火) 17:09:27 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 多くの愛好者が、いつまでも良いと思えること(モノ)は、間違いなく名機です。
流通価格は正直です。モノの価値=価格 市場経済、浮世の定め?かと・・・

折角なら、幸せな暮らしを送りましょう、来年以降も・・・・・

70: 神々のたそがれ :2009/12/29(火) 17:43:24 HOST:FLA1Aaa220.myg.mesh.ad.jp オーディオ界も他の、電気製品と同様、経済設計と言うコストダウンで
作られているのが内部を見ると良く判ります。
かつて名機を輩出してきた、かのメーカも今では、復刻版でセコイと、
いうくらいの中身になっています。したがって故障の続出です。
ただこれを、故障するまでの間、楽しませてもらったと思える人と、
数年で故障してがっかりする人といます。価値観の違いです。
前者はお金持ち、後者は、欲しくてがんばって買った人です。
どちらを大切にするかはメーカーの方針です。

71: RW-2 :2009/12/29(火) 17:43:35 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp オーディオショップ覗いてもセコハン店覗いても、はたまたオ−クション
覘いても、名機名機銘機銘機のオンパレード。これは名機そっちも銘機。

今ぢゃ球も石までその辺に転がってて見向きもされんかったモノまで銘球銘石。

かと言って大衆が使ったことのない、見たことさえない機械も銘機らしいようですが、
希少品は銘機にあらず。いや成り得んでしょね。多数が使ってみて良さが判り、長く
使われた、使い続けられている機械こそ銘機に成り得るのでしょう。


むしろショップでは大失敗作、世紀の駄作機、堕作機とでも書いてありゃ直ぐ
売れると思いやんすよ(だははは)

72: くろねき :2009/12/30(水) 00:43:48 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。
RW-2さんがおっしゃるような文脈での、
主に'90年代以降の「現代の名機」というと何があるか、考えてみました。


シリーズ化されている単一型番の機種ですと、まずサンスイの07シリーズ。
世代によって設計が違い、またどちらかというと'80年代のイメージが
強いものですが、このくくりならこれは外せないだろう、ということで。

それからぐっと低価格のものになると、
デノンのPMA-390シリーズは意外や名機なのではないかと思います。
現行品はPMA-390AEですが、シリーズでもう20年近く販売されてますからね。
やはり20年近く続いた、ビクターのSX-500シリーズなどもそうでしょう。


一方、完全な単一機種では、名機というにはちょっと地味かもしれませんが、
ホームオーディオ用のセパレートアンプとしては異例なほど息が長かった、
オンキヨーのインテグラP-308・M-508が挙げられると思います。

オンキヨー製品には、シリーズものでもスピーカーのD-77シリーズや、
単売の一部製品が単一型番でシリーズ化されていて、
これからも販売が続きそうなシステムコンポのインテックやFRシリーズなど、
息の長いものが結構ありますね。

73: RW-2 :2009/12/30(水) 15:04:57 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp JBLユニット例にとってもLE−8Tは銘機問題無しでしょう。プロにもアマ
にも好まれ製造数も凄いし、何度も修理されてまで使われ続けてやすからね。

2115となるとツウ好みの銘機、D208となるとマニア方の銘機でしょか。

低音も8Tはドンドン、2115はダンダン、208はバンバンってな感じで
それぞれ味わい深いものがありやんす。

74: ジークフリート :2009/12/30(水) 21:26:43 HOST:wb56proxy11.ezweb.ne.jp 確かにLE8Tは、一般的に名機として認知されていると思います。
ただ、ご承知のようにスピーカーユニットは箱次第という面がありますから、その「音」自体が名機たりえるかどうか?評価は難しいんじゃないでしょうか。

それから、見方によっては・・・フルレンヂユニットとしては大変洗練されたユニットである一方で、JBLのスピーカー群の中では入門編みたいな位置付けでもありましたから、JBLの名機としてハーツフィールドやパラゴン等と伴に果たして選ぶことができるかどうかは、ちょっとツライところですね。

75: 世直し奉行 :2009/12/31(木) 13:29:14 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp LE8Tに始まり、LE8Tで終わる・・・・・

エヴァーグリーンな名機は、“オーディオ無常”何のその!

たかがオーディオ“奥が深い!?”

76: ポパイ :2009/12/31(木) 14:31:18 HOST:i121-116-106-107.s05.a015.ap.plala.or.jp NS1000M 今でも音を聴くとなるほどと思ってしまうスピーカーです。

77: 神々のたそがれ :2009/12/31(木) 14:43:08 HOST:FLA1Aaa220.myg.mesh.ad.jp RW-2様
>低音も8Tはドンドン、2115はダンダン、208はバンバン
さすがです。使った人なら分かる形容です。

78: 555 :2010/01/02(土) 11:30:00 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp 昔LE8Tに憧れ、2115を買いました
今はA12を使ってみたいかな
昔は良かったな?

80: 551 :2010/01/02(土) 13:12:00 HOST:pc21179.amigo2.ne.jp A12ってそんなによくないですよ。低音出にくいし、高域にはクセがあるし。
マグナヴォックスやローラのA12相当品の方がずっといい!

81: 555 :2010/01/03(日) 22:46:29 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp えっ そうですか
なかなかマグナヴォックスやローラは有りませんね?
あっても価格は高いでしょうね

82: 551 :2010/01/03(日) 23:00:46 HOST:pc20059.amigo2.ne.jp ローラはジェンセンより安いですよ!
ヤフオクではあまり出ませんが、eBayだと出ますし。
200ドルぐらいで買えたりします。

83: 555 :2010/01/03(日) 23:48:55 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp 200ドルなら良いですね
プラス送料+税金ですか?
1度聞いてみたいな
でも聞くと欲しくなるか?

84: 551 :2010/01/04(月) 11:43:34 HOST:pc20059.amigo2.ne.jp 12インチ径のユニットなら送料はAIR便で50ドル前後/1本です。税金は消費税が5%です。だから、日本で買うよりずっと格安になります。eBayで「rola speaker」で検索すればたくさん出て来ます。50ドルで買えるものもあります。

MagnavoxもJensenもたくさん出てます。運賃を入れて、日本の価格の半分かそれ以下で買える場合が多いです。

この手のスピーカーはオーディオ用であれ楽器用であれPA用であれ、皆よく似た音を出します。ハイスピード、高密度、ナローレンジです。はまる人ははまるし、はまらない人ははまりません。私は、はまりまくってますが。

アメリカ産のこの手のスピーカーの名機は、ウエスタンのTAシリーズとジェンセンのDシリーズだと思います。TAシリーズはバカ高く、Dシリーズは極めて珍しいですが、価値のわかる人が少なく、運がよければ美品が5万円ぐらいで手に入ったりします。中部地方にお住まいなら、うちに招待しますよ。どちらの音もじっくり聴けますよ。

85: 150−4C :2010/01/05(火) 00:31:02 HOST:KD124214129112.ppp-bb.dion.ne.jp 私は、551さんや555さんよりもやや後輩かと思われますがエレキギターやエレキベースを親父バンド
で遊んでいますから、JENSENの音の良さは共感出来ます。近所の先輩もWESTAN派でオールホーンシステム
で聞いておられます。40年代の高価なレコードを収集されそれなりのこだわりは尊敬いたします。50年代
のアルニコは世代を問わず誰もが認めると思います。フィールドは電源の問題で素人は手を出さない方が、よろしい
のでは?私は楽器用の物でときどき音楽を聞いていますが大きな声では言えませんが最近の何十万もするスピーカー
よりも良いのではないかと思います。

86: 世直し奉行 :2010/01/05(火) 00:50:18 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 大きな声で言ってしまってください。拙者も同感です!

87: 高橋 :2010/01/05(火) 03:21:32 HOST:p4a39d0.tkyea101.ap.so-net.ne.jp そうですね

88: 551 :2010/01/05(火) 07:44:21 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp 立ち上がりばかりか、立ち下がりもよく、切れもよく、そのため、音が遠くまでよく飛びます。
つまり、良い楽器と同じく音に浸透力があり、充実感があり、楽しませてくれます。
大昔は"loud speaker"という言葉はなく、"telephone"つまり「音を遠くへ飛ばすキカイ」と
呼んでましたが、うなずけます。オーディオ用、楽器用にかかわらず、こうでなくっちゃ!と
思ってしまいます。ああ、そういう音は今、どこへ行ってしまったのでしょうか?

89: 世直し奉行 :2010/01/05(火) 13:21:46 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 温故知新&音古知新です。よき時代のアナログに戻りましょう・・・

まだ間に合います。

90: 555 :2010/01/05(火) 21:37:59 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp >84
551様 お誘い有難う御座います 
近くの店にローラ 12インチが2個ありました・・・A12は数セット
残念ですが、ローラは2個有りましたが、フィールドコイルが違うそうです
ステレオでは問題ありとか?

>85
いやいや 私の方が若輩者だと思います?
私の場合、フィールド電源は、セレン整流で満足しています
タンガーまでする勇気・資金が有りません・・他の問題も有りますが
昔はコルゲーションタイプのウーファーを使ってましたが
もう聞けませんね!

91: 555 :2010/01/05(火) 23:07:00 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp ↑>昔はコルゲーションタイプのウーファーを使ってましたが
 もう聞けませんね!
これは永久磁石のユニットの事です

92: 551 :2010/01/06(水) 00:16:17 HOST:pc20169.amigo2.ne.jp 555様
フィールドコイルが違う場合、ステレオでは問題あると思います。
仮に問題を解決出来ても(出来たと思っても)気分の問題が残ります。
まずはジェンセンvsローラ、どちらもモノで聴き較べさせてもらえばどうでしょうか?

タンガーは良い物ですが、オリジナル電源は大変高価だし、大げさだし、重いし、つぶしがきかないし、いろいろと厄介ですね。

93: 555 :2010/01/06(水) 23:08:27 HOST:220-152-20-244.rev.home.ne.jp コイルを巻き直すか、同じ物を1個(1組)探すかですね?
現在電源が無いので、簡単には聞き比べ出来ない状態です
ステレオでA12を使っている仲間はいますが
でも WE-15Aが欲しいな!
15A+壊れても良いコンプレッションドライバーで
中低域までガンガン出したいです

94: 551 :2010/01/07(木) 08:28:45 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp 15A手に入れるとタンガーも597Aもハイスピードのウーファーも特大バッフルも欲しくなりますよ! 597Aこそが世界一のトゥイーターです。しかし、どれもこれも高くなり過ぎ、現実的じゃないのが問題ですね。

A12に大変興味がおありのようですが、30cmフィールドでA12よりいいものはたくさんあります。ローラもマグナもジェンセンのOEMかもしれませんが、ジェンセンよりバランスがいい場合が多いの不思議です。

電源が250V前後の高圧タイプなら、普通のパイ型整流(整流管・コンデンサー・チョーク・コンデンサー)やチョークインプットより整流管・コンデンサーだけのシンプル回路の方が音が良いように個人的には思いますが、いかがでしょう? しかも、これだと、電源トランス、整流管に加え、コンデンサー1個だけで電源が組めます。ものは試し、ぜひお試しあれ!

95: 555 :2010/01/07(木) 18:04:44 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp 資金が無いので、紙SPで我慢かと?
ドライバーは別として15Aホーンは使って見たいですね
597・594は別格ですね・・・価格
555も昔から比べると、価格上昇
我家のウーファー・ドライバーのフィールド電源は
電圧が低いのでセレン整流・チョークインプットです
ツイーターは、コンデンサーインプット?
チョークが唸る為?
勿論、チョークトランスはケースに入れ、固めましたが

96: 555 :2010/01/08(金) 22:59:20 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp マランツの名機は#7では無く#10Bかな?

97: 世直し奉行 :2010/01/09(土) 00:50:50 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp マランツの名機は、#2、#7、#8B、#9、#10Bとおもいます。

マッキンはC22、MC275.MC3500でしょう。

多分・・・

98: 555 :2010/01/09(土) 09:34:56 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp
20数年前に数台使ってました

名器=骨董品
名器=中古価格が高い
名器=音が良くなくても人気が有れば良い
 
でしょうかね

名器と言われる
プレーヤー・スピーカーは何でしょうかね?

99: 150−4C :2010/01/09(土) 11:45:08 HOST:KD124214129112.ppp-bb.dion.ne.jp 基準が漠然としている様な気がします。例えば歴史に残る名機とは?だったらゼロ戦とかフェラーリ250GTOカリフォルニア、ジャガーXJ13、アストンマーチンDB5など
、性能は今では通用しませんが、名機また名車ですね。

100: へなちょこ :2010/01/09(土) 11:49:02 HOST:118-86-130-48.kakt.j-cnet.jp 名機!なんてのは物欲を満たして、自慢して自己満足したい人の為に有る言葉かも?
自分の気に入った物が一番で良いのではな〜い!(^^)!
名機なんてど〜でもいいって思える様になれば音楽をもっと楽しめる様になるかも?





101: 世直し奉行 :2010/01/09(土) 11:56:15 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 555さま

なかなかスルドイです。2/3は正解です。
骨董ではなく中古です。骨董とは少なくとも、100年が目安です。

拙者の好きな名機?はSPとプレーヤーが“コレ!”です。
JBL>ハーツフィールド、パラゴン、オリンパス、ランサー、#4343、#4333
タンノイ>オートグラフ、GRF、コーナーヨーク、(何れも15吋RED)
アルテック>A5、A7
エレクトロボイス>パトリシアンW.同#600、ジョージアン
ダイアトーン>DS305、クォ―ド>ESL、
*ESL以外はアルニコです。
オーディオ業界の衰退は、フェライトとデジタル、阿漕価格、SS誌の“誉め殺し”から始まりました

トーレンス>TD124、TD125、TD226
ガラード>#301、#401、EMT>297

*番外で孤高・究極がデコラ・ステレオ・デコラです。(平伏しましょう!?)

こんなんデマシタ・・・・・

102: 555 :2010/01/09(土) 12:08:43 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >自分の気に入った物が一番で良いのではな〜い!(^^)!
私も思います
オーディオに興味が無い人は只のゴミ

>性能は今では通用しませんが、名機また名車ですね
オーディオでも言える事が有りますね!

103: 555 :2010/01/09(土) 12:34:00 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >名機なんてど〜でもいいって思える様になれば音楽をもっと楽しめる様になるかも?
確かに・・・
昔私も名器だから音が良いと思って使ってました
これが大間違いだと、やっと気付きました!
冷静に考えれば直ぐに分りますよね

104: 150−4C :2010/01/09(土) 12:54:54 HOST:KD124214129112.ppp-bb.dion.ne.jp 良い音あっての音楽ですね。テクニクスSP10を若い頃、無理してローンで買いましたが、正確なターンテーブル
正確のトレースすれば良い音がするかと思っていましてが?好きでは有りませんが、技術的に名機だと思います。
日本的無駄な努力。

105: 世直し奉行 :2010/01/09(土) 14:36:11 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者は、名機???を味わっており、音もその内の大事な一つです。

30余年、楽(愉しむ)しんでおります。

間違いは誰もが経験しますが、気がつくか否かです。
ご本人の教養、センス・感性・生き様?の問題です!? 多分・・・・・

106: RW-2 :2010/01/09(土) 15:06:40 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 純粋に音楽を楽しんでおられる方は銘機かどうかなんて気にしちゃおりやせん。
そもそも銘機とかという意識がない。ワゴンRやムーヴでお買い物してる奥様
たちに名車の観念がないのと同じ。

銘機にこだわるのは音好き、もしくは機械好き。拙者にとっての、あくまで
個人的銘機とは音が良くて佇まい(デザイン)が良い機械。骨董とか価格は
関係ありゃしません。パラゴンなら音が出なくともOK。エレキ奉行様。頂戴(だはは)

107: 世直し奉行 :2010/01/09(土) 15:33:52 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 名機・銘機は独り占め、愉しむものなのです。

即答!あげません(だはは・は!?)

ワゴンR&ムーヴは天敵?です。似非ミラ・ジーノにとっては・・・

108: SATIN :2010/01/09(土) 16:19:31 HOST:br1031.jig.jp 名機名器ならね名耳たらんと毎日イヤ・スラッジをばホジホジしております・・・

109: 555 :2010/01/09(土) 16:46:18 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >パラゴンなら音が出なくともOK。
パラゴンは形に騙されてしまうのでしょうか?
さすがパラゴンと言う人もいますが

殆どの人がパラゴンは音が良くないと言います
1台聞いただけで、結論を出すのは早いのでは

本来の音を出してるパラゴンを聞いた事が有るのですかね?
150-4Cの聞いた事が有るのかな?
LE-15系では無理でしょうが

110: 世直し奉行 :2010/01/09(土) 17:18:18 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 人生いろいろ、パラゴンいろいろ、・・・・・

初期型パラゴン・プロト・タイプ(150−4C+375の2WAY)中期型パラゴン(アルニコタイプ)、中後期型(アルニコ・フェライト混在)、最後期(SFGフェライト)総て本来、SPユニットの音が巧みに出ております。

パラゴンはAMP出力の音色、個性、ハッキリでます。AMPetc機器に何を選ぶかが、所謂センスです。絶対安全剃刀?安全牌?は???

拙者は初期の2way(150−4C)が好みでが、侭なりません。
何れのパラゴンも名機(超ロングセラー)です。多分・・・・

111: 551 :2010/01/09(土) 18:19:07 HOST:pc21179.amigo2.ne.jp >99
ジャガーXJ13は今でも通用します! 100km/hに達するまで2.8秒なんてマシンは今でもそうザラに
あるものではありません。しかし、こんな車は誰にも買えない(世界で5台?)ので、私ならロータス
やケーターハムのスーパー7みたいなのを「飛行機で言うとゼロ戦みたいな名機」と呼びたいです。

オーディオにそんなのがあるかと言うと、アキシオム80なんかがそうでしょう。

112: ジークフリート :2010/01/10(日) 12:10:52 HOST:wb56proxy01.ezweb.ne.jp アキショム80なんてのは特殊スピーカーですから、高感度という意味では「名機」に値するかもしれませんが、まともに鳴らすのはナカナカ難しいですからどうでしょうか?
名機マニアやコレクターの方にはお薦めできませんね。(鳴らさず眺めるだけならいいかも?)

113: V-LZ :2010/01/10(日) 14:26:04 HOST:server121.janis.or.jp ジャガーXJ13は解りませんがアキショム80ならお金さえ出せば購入できます。
両方ともにもし手に入れても自分の実力に相当自身がなければ使いこなせません。
使いこなせて何ぼでしょう?
このレスは自分の部屋にある名器はなににすれば架空の話にならずおもしろいのでは?
高性能な自動車はお金さえ出せば自分の物に成りますが自分の手足のように使いこなしている方を私は知りません。

114: 555 :2010/01/10(日) 14:38:23 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >111 100km/hに達するまで2.8秒なんてマシンは・・・
JPEでも出ますよ

30年前にポルシェで高速を走ったら○00Kmオーバー
アクセルを踏めば簡単ジャン
何だか、つまらなくなり売却
ケーターハムは面白いですね!
最近は、ロータス7のS1・S2が好きです

115: 555 :2010/01/10(日) 14:47:37 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >112 アキショム80なんてのは特殊スピーカーですから・・・
アキショム80を使っている仲間が2名いますが
個性が強すぎるかな?
極端すぎる?

>113高性能な自動車はお金さえ出せば自分の物に成りますが
自分の手足のように使いこなしている方を私は知りません。

オーディオでも同じ事が言えるのでしょうね
パラゴン買っても、まともに鳴ってない場合が多い

116: V-LZ :2010/01/10(日) 15:07:15 HOST:server121.janis.or.jp パラゴンは本来自宅用でしょう良い音なんて望む方が無理というものです。
来客用と考えると気が楽になると思うような人がもつSPですよ。
私のもう一つの趣味がサーキット走行で富士スピードウエイや筑波サーキットで
走っていますがFとかPとかが速いと感じたことはありません。
R35は素晴らしい車だと思います。

117: 555 :2010/01/10(日) 15:15:25 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >116 パラゴンは本来自宅用でしょう良い音なんて望む方が無理というものです。
なるほど そう考えればよいのですね!
では タンノイも同じ様に考えれば良いのですね

>私のもう一つの趣味がサーキット走行で・・・
それは素晴らしい趣味ですね!
街乗りとサーキットでは、話に成りませんね

118: V-LZ :2010/01/10(日) 15:44:55 HOST:server121.janis.or.jp ケーターハム7はたしか筑波での最速車ではありませんか?私も欲しかったのですが似合う帽子がみつからずにやめました。
高速道路では周りに注意しながら常に安全運転です。アクセル踏みさえすれば簡単に000kmオーバーは年寄りの言葉と思っております。
R32やR35に比べFもPも素人ドライバーでは決して速くは走れないようです。難しいようです。
フォミュラー型の運転はエンストの繰り返しで発車すら出来ませんでした。

119: 551 :2010/01/10(日) 15:50:38 HOST:pc21179.amigo2.ne.jp >115
JPEは3.5秒ですよ! S1、S2とは、なかなかのツウですね。
エランやエリートなんてのも渋いです。
私はエスプリ・スポーツ300なんてのが欲しいですが。
ジネッタG12なんてのもいいですが、こいつはじゃじゃ馬です。
個人的にはスピーカーもそのぐらい使いこなしの難しいのがいいです。
つまり、使いこなしがいのあるやつ!飽きないやつ!です。

120: 555 :2010/01/10(日) 15:58:08 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >118 ケーターハム7はたしか筑波での最速車ではありませんか
確か1分切った人もいます
知り合いで、01秒台がいます
モテギで06秒台

>119 
JPEは2秒台では無かったのですね
G12欲しいな!
知り合いが筑波で走ってます

なんか話が脱線したかな?

121: ジークフリート :2010/01/10(日) 16:31:57 HOST:wb56proxy01.ezweb.ne.jp 555さん。アキショム80が個性的で極端な音に聴こえましたか?
当方が特殊スピーカーと書いたのは、その構造と使い方のことでして、ちゃんと使い方が解っていればさほどおかしな音にはなりませんョ。
紙やカンチレバー、金属フレームの音も幾分混入しますし、TADやJBLみたいなふてぶてしい低音は物理的に無理ですけど、楽器の音触や場の雰囲気等を結構克明に聴かせてくれるんですがね〜。

私の80はオリジナルよりも評判の良くない復刻版で、特にサブコーンの縁に折り返しがなく高域が神経質になりがちなんですが、これも使い方次第ですね。
ご承知のようにオーディオてのは立派なキカイを揃えただけじゃ上手くいかないってところが、私のような一般庶民でも取り組み甲斐があるところではないかナと考えております。

122: V-LZ :2010/01/10(日) 16:35:12 HOST:server121.janis.or.jp サーキット走行を始めたのが16年ほど前からですが実際に自分で体験していない人とお話しても意味がありません。
友達に居るだけではお話に成りません。今では煙草くわえながらサーキット走行しております。
初めの3〜4回は全身汗が吹き出し腕にまで汗をかきました。その頃は行き帰りの高速でもぬかれた車はありませんでした。
今はマイペースで挑戦者があれば応じる程度にしてます。
車もオーディオも独自の価値観から発生しているところがとても面白いのです。
これが正しいなんてものはないのでは?自分が満足すれば事足りるんですよ。

123: 555 :2010/01/10(日) 17:30:26 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp >121 アキショム80が個性的で極端な音に聴こえましたか?
オーナーが改造している為
>122 友達に居るだけではお話に成りません。
私は18年前に初めてサーキットを走りました
最近は走りませんが

>118 ケーターハム7はたしか筑波での最速車ではありませんか
と書き込みが有ったので書いたまで

124: 世直し奉行 :2010/01/10(日) 19:00:49 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp クルマ論争、ヒートUPしていますね?。速さだけ競う?まるでピュア―オーディオの世界ですね!?
因みに、拙者の愛車は、ミニ1000(マニュアル)を新車時より、かれこれ23年乗っています。未だに飽きのこない味の有るクルマです。昨年プチ・レストアを行い、後20年は乗るツモリです。
クルマもオーディオもバランスが大事と思います!?如何???

ロータスはエラン、#7が好みですが、残念ながら?格納するガレージ&購入資金が有りません。所謂、「甲斐性無し」です。
何時かはDB4&5???30年余年前の“物欲?”でした・・・

「サーキットの亀」&「頭文字〇ビ」藤原湯豆腐店?・・・

125: 551 :2010/01/10(日) 19:08:13 HOST:pc21179.amigo2.ne.jp ケーターハム7も限界に挑めば、腕が要りますが、その辺りを流すだけなら、運転しやすい車に
入りませんでしょうか? G12は試乗のチャンスがあったのですが、消化器が必需品と聞いて、
買うのも(買えませんでしたが)試すのもやめました(涙)

同様に、アキシオム80も普通に器楽曲などをシングルアンプで普通の音量で聴くなら、そんなに
鳴らしにくいスピーカーではないと思います。ジャズをバンバンということになったら、限界走行
かもしくは限界を超えた走行となるでしょう。それはそれで面白いでしょうが… 車と違って、
事故って死ぬことはないので。スピーカーは死ぬかもしれませんが…

126: 世直し奉行 :2010/01/10(日) 19:26:24 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp アキシオム80は30年昔、阪急岡本駅スグソコ!の名曲喫茶で拝聴しました。
綺麗で清楚な、音の記憶が・・・・・モダンJAZZやPOPなジャンルは無理が???多分!

室内楽を静かに楽しむには、VL−Zと共に好相性でしょう。品?が有ります。

127: SATIN :2010/01/10(日) 19:56:45 HOST:br1031.jig.jp アキシム80(現在休眠中)一本で約10年JAZZ聞いてました。
エッジが無くフレームとコーンに5mm位隙間が有り、低域の音圧が掛からない為に逆RIAAを通したような特性です。
JAZZをバンバン鳴らしても別に死にはしませんがベークライトのカンチレバーが共振する事はあります。
密閉や指定箱モドキでは充分な低音が得られませんが、そこは脳内補正で補っておりました。
おかげで後から普通のブックシェルフを入れたら暫く低音肥大に聞こえてました。
本格的に使うなら複数個使うかホーンと組み合わせたらよろしいかと。

128: 555 :2010/01/10(日) 20:16:35 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp 私の知り合いは、アキシム80を4本計画をしています
もう1人の方は
最初は、箱に入れてましたが箱の音が嫌いなようで
段々無くなってきました
今ではバッフル板もありません

>友達に居るだけではお話に成りません
また 友達の話をすると怒られるかな?

129: 略 :2010/01/10(日) 20:33:41 HOST:br1031.jig.jp アル〇イダでなければ大丈夫でしょう・・・

130: 551 :2010/01/10(日) 20:59:14 HOST:pc21179.amigo2.ne.jp >だんだん箱がなくなってきました
その気持ちよくわかります。しかし、箱はだんだん大きくなって行くこともあります。
この気持ちもよくわかります。励磁型だと、そのどちらかにころぶ傾向があります。

131: ジークフリート :2010/01/10(日) 21:36:43 HOST:wb56proxy06.ezweb.ne.jp アキショム80といいますとARU付き指定箱が有名ですが、あれはスペースや予算に配慮した「苦肉の策」ですから、本来ならばバックロードホーンやかなり大きな箱に入れて低音を稼ぎたいところですね。
音量が足りない場合は本数を増やす。(限界を超えて鳴らすのは意味がありません)

昔メーカーが発売していた劇場用のシステムで、アキショム80が横並びに4本バックロードホーンに取り付けられたものなんかもありましたが、家庭のフツーの部屋で音楽を楽しむには、まぁせいぜいバックロードホーンに片チャン2本程度で間に合うんじゃないでしょうか。(右肩上がりの周波数特性も、箱で低音を稼ぐのを前提にメーカーがワザワザそういう作りにしています。)

指向性も真正面ではなく45度辺りで周波数特性が整うように作られていますから、フツウのスピーカーとはちと異なるところですね。(この辺りは、4本使いの枝大先生?のウンチクもまんざらでもないかナ)

132: 551 :2010/01/10(日) 22:21:33 HOST:pc21179.amigo2.ne.jp 4本使いはいいでしょうけど、今アキシオム80を4本(ステレオで8本)揃えるのは大変です。枝大先生のあの箱を作るか、作ってもらうのもまた大変です。何十苦にもなるイバラの道です。しかし、このユニットはそこまでしたい気持ちにさせる何かがあります。そこが名機の名機たる所以かもしれません。

イバラの道が嫌な私としては、そんなことをするよりLowther PM4を一発使いで迷路みたいな箱に入れる道を選びます。こちらの方が高そうに見えて、結果的にはアキシオムより安くつきます。(他の場所での話を蒸し返してごめんなさい。)

それにしても、アキシオムは大変高くなっております。それに、なかなか出て来ません。あと20年ぐらいすると「幻の名機」と呼ばれるようになるかも…

133: ジークフリート :2010/01/10(日) 23:05:39 HOST:wb56proxy14.ezweb.ne.jp 売りに出されるよりも、価値を知らない人が粗大ゴミに出す方が多いとかね。

134: 551 :2010/01/10(日) 23:31:27 HOST:pc21179.amigo2.ne.jp ちょっと前までは、高音がビリつき出すと、ヤフオクに出すならわしでしたが…
そういうのは安くなっており、狙い目でした。ビリつきは簡単になおるので。
だから、粗大ゴミには出さないでください! 安くてもペアで30万ぐらいでは売れますので。
似たようなことがウエスタン211という真空管にもありました。ダメになっているように見えても
ダメになっていなかった! それをタダでもらって歩いた人を知ってます。「死んだフリをする
真空管」なんてオツなもんです。

135: SATIN :2010/01/11(月) 00:12:18 HOST:br1031.jig.jp かつての取扱店の話では、某商社が輸入したもののクリティカルなカンチレバーやダンパーの位置決めにズレが出ており、引き取って調整し直し販売したとの事。
ある程度鳴らし込むと稀?にボイスコイル位置が前に出て来る現象もあり、調整が必要になるらしい。

手持ちの個体も一時ポールとコイルのクリアランスに難がありビビりが出て、オシレータから信号を入れながら微調整しました。

オリジナルと復刻の見た目の違いは折り返しコーンとコルゲーションの有無ですが、コーンの剛性が違い似て非なる物と言う人もいます。
しかし並べて測定したりブラインドテストで比較された例を知りません。

136: ジークフリート :2010/01/11(月) 00:41:46 HOST:wb56proxy09.ezweb.ne.jp 大先輩が新旧両方使ってまして、違いがよく判らないと言うので聴きに行ってみましたが、双方とも酷い音で目一杯のボリューム。
比較以前の問題でした。

137: SATIN :2010/01/11(月) 01:11:45 HOST:br1031.jig.jp おそらくそんなに違いないと思いますが・・・おそらく

138: 世直し奉行 :2010/01/11(月) 01:56:25 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 「言い出しかねて」♪ます・・・

139: 551 :2010/01/11(月) 08:00:27 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp アキシオム80はどうかわかりませんが、Lowther PM6Aは新旧で音が違います。
ジェンセンA12も初期型(ハカマ付)と後期型(ハカマなし)では音が違います。
そういう音の違いについて「微妙な違い」と言う人もいれば、「全くの別物」と言う人もいます。
「細かいことは気にしない」のがいいのか「細かいことにこだわる」のがいいのか、これもまた
難しい問題だと思います…

140: 555 :2010/01/11(月) 11:42:39 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp そう言えば去年、数台375を持っている方に
375シグネチャー(グレー)と375(ブラック)は音が違うかと聞いたら
「変らないかな」と言われました
色々なHPでは「全然違う音・・・」とかありますが

141: 世直し奉行 :2010/01/11(月) 16:28:33 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 「変らないかな」>「変わらないかな?」と解釈を・・・

「全然違う音・・・」>「違う音・・・」です。
拙者3種類隠匿してます。白状します。上記に間違い?有りません。

142: ジークフリート :2010/01/11(月) 16:43:19 HOST:wb56proxy06.ezweb.ne.jp 375も175もグレーのモデルは一般的には高域がよく伸びると言われていますね。(振動板やバックカバーの鳴きの違いかナ?)
JBLではホーンなんかも同じ型番でも長さや塗装違いが有りますし、ホーンドライバーも個体差が大きい、減磁の程度も様々と考えると、違って当たり前のようにも思えますね。

当方の近所に正規輸入でないヤケに木目が赤いオリンパスが有りますが、黒い375のハズですがかなりブライトな音色でして、出来ることならバラして中身を診てみたい!

143: 神々のたそがれ :2010/01/11(月) 17:12:31 HOST:FLA1Aap197.myg.mesh.ad.jp そうですね。同じ375でも2440でも、型番が同じでも皆、音が違いますね。
だからお金持ちの方は、多数集めて、音の悪いものから放出します。
友人とそれぞれのドライバーを持ち寄って以前比較しました。
ダイヤフラムは同じなんですけどね。ただ体重計で量るとかなり重さが
異なります。減磁の問題かも知れません。磁力計がなかったので測定は
出来ませんでした。

名機は使用者にとっては迷気ですね。

144: 世直し奉行 :2010/01/11(月) 22:33:41 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp ひょっとして、〇枝氏のお店に有る物?ですか?ご近所のブツは???

145: 555 :2010/01/11(月) 22:52:05 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp 142>出来ることならバラして中身を診てみたい!
375は後のカバーを外して、ダイアフラムまでバラしましたが
2440・2441・175は全てバラして見た事があります・・・着磁しないと元に戻らない
2440・2441はそんなに変わらなかったと思います
鋳物の為、ケースの寸法誤差などは有りましたが

146: 世直し奉行 :2010/01/11(月) 23:02:17 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者、小心者につき、解体ショーは出来ません。クワバラ クワバラ

ohh!マイ・ゴッド!?

147: ジークフリート :2010/01/11(月) 23:54:36 HOST:wb56proxy04.ezweb.ne.jp 世直しさん。近所のブツは某大先生?のところじゃありませんョ。(某大先生ってB&Wや#4344とか色々売ってるみたいですが、本人の方向性はどうなんでしょう?私は一度もお世話になったことがありません。)

当方はバラすと言ったって、箱の中身をみる辺りまでで、赤い封印まで解こうとは思いませんね〜。
ダメと言われれば余計に覗きたくなる男心も解りますが・・・

148: 555 :2010/01/12(火) 00:03:21 HOST:220-152-26-55.rev.home.ne.jp 145>175・・・
2420の間違えでした

149: アルテック好きです :2010/01/12(火) 01:39:50 HOST:125x100x174x35.ap125.ftth.ucom.ne.jp 自分が使用して名機と思った物。
・マランツ7(オリジナル、ボリュームがクラロスタットであること)
・マランツ8(オリジナル、ムラードEL34最高)
・レビンソンLNP2、
・レビンソンJC2(電源150、153で、フォノモジュール抜き、ウオーターズのボリュームで使用)
・レビンソンML6
・レビンソンML1(2台で使用してもよい)
・JBL SG520(特に初期、ゴールドパネル、ボリュームがオリジナル)
・JBL C26「バイカウント、バロン」(D130+075)
・JBL 4333A
・アルテック マグニフィセント(A7-500-16)、バレンシア(A7−800-16)
・RCA LC1A
・スチューダーA727
・プロアック タブレット、レスポンス1
・タンノイVLZ(オリジナルキャビネット、ユニットはゴールド、レッド)
・アルテック323(バードゲージ)

名機とは思えなかった
アルテック1567、1569、A5。マッキンのc22(オリジナル)を含むプリアンプ。JBLパラゴン。マランツ9(オリジナル)。リン。

150: ジークフリート :2010/01/12(火) 08:22:08 HOST:wb56proxy08.ezweb.ne.jp 「VLZインキャビネット」のオリジナル箱はモニターレッド用とゴールド用ではかなり異なりますが、家庭で楽しむには、個人的には軟らかいゴールド用が好きですね〜。
レッド用はユニットの傾向に似合って?よりモニター的に思えます。

151: 世直し奉行 :2010/01/12(火) 13:00:47 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 名機とは思えなかった>・・・より上記記載は略同感です。
A5・パラゴン(初期タイプ)、#9は至高の名機とおもいます。
無機質なモダンなスペースで鳴らしてみたい!?

あくまで、私見です・・・

152: 555 :2010/01/12(火) 21:09:36 HOST:220-152-18-113.rev.home.ne.jp 名機と呼ばれる物は沢山有るかと思いますが
それ以上の物が有りますね

153: 世直し奉行 :2010/01/12(火) 22:08:54 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 有るでしょう、もしや、お持ちでは???

「ナンデモ鑑定団」に出したら如何?

浮世の沙汰も「極楽」も〇次第です!?

154: 150−4C :2010/01/12(火) 22:58:09 HOST:KD124214129112.ppp-bb.dion.ne.jp 555さんと551さんから、何かが出てくると期待してXJ13を出してみました。お楽しみです。

155: 555 :2010/01/12(火) 23:06:56 HOST:220-152-18-113.rev.home.ne.jp 「ナンデモ鑑定団」に出せる様な物は
逆立ちしても出て来ません!

156: 世直し奉行 :2010/01/12(火) 23:17:13 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 朝まで生ブログ?「ゼロ4論争!」に・・・・・・

“XJ13”拙者は、1/18のモデルカーでナントカ凌いでおります。

157: 551 :2010/01/12(火) 23:47:08 HOST:pc24202.amigo2.ne.jp アルテックの初期のA5やA7、604、1568や1569アンプはかなりいいですが、XJ-Sクラスです。XJ13に匹敵するとなるとズバリ:

ウエスタン8、9、10アンプ!
ウエスタン549、551、そして555、11A、13、15、22ホーン等々と597トゥイーター! 型番は忘れましたが、一番デカい陣笠!
ウエスタン4Aピックアップ!
ウエスタンTA-4151AとTA-7331エンクロージャー!
それから300Bや300Aだとまだ「幻」までは行かないのでVT1とVT2!

すみません。自分が病気だというぐらいはまだわかっております…

158: 551 :2010/01/13(水) 00:14:11 HOST:pc24202.amigo2.ne.jp ごめんなさい。ついでに:

ライカのズミルックスやノクチルックスやズミクロンじゃなくて、カール・ツァイスのゾナーとかでも、アルパのマクロスイターとかでも、ローライ用やハッセル用でもなくて、

1850年頃のペッツヴァールのポートレートレンズと、
1890年頃のツァイスのプロターとダブルプロターと、
極めつけは1930頃のエミール・ブッシュのニコラペルシャイト!

私はこのレンズで撮られた失敗写真を見て、写真を撮るのをやめたほどです。

ヴァイオリンならストラディヴァリやガルネリ・デル・ジュスは「幻みたい」ですが、コンサート等でお目にかかることは可能なので、

1560年頃のアンドレア・アマティ!
1600年頃のガスパロ・ダ・サロ!

159: 150−4C :2010/01/13(水) 00:18:01 HOST:KD124214129112.ppp-bb.dion.ne.jp ついに出ました。あのレコードの溝が削れるのでは?と思える様な濃くは民生オーディオがラジカセに聞こえて
しまいますね。ショップでもアンプのボリュームの修理に2年ほどかけています。20メートル位離れて聞いて
ちょうど良いかな?次元が違いますね。

160: RW-2 :2010/01/13(水) 00:39:01 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 「銘機」と「個人的銘機」はまったく違う物でしょね。
永らく使い続けられて生き長らえ認められてきた機械と、個人的思い入れの
機械は別物。ちょっと齧って騒ぐような物ではないのは確でやんす。
ステレオ機械も楽器もカメラも車・バイクも。

エレキ奉行爺のように30年寝食共に過ごしてこそ判断できるんでしょね。

161: 世直し奉行 :2010/01/13(水) 00:55:48 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 551さま

拙者、40余年昔から一昨年1月まで、大阪の「コレがシネラマダ!」の“往時日本屈指の大劇場”を経営する会社へ丁稚奉公しておりました。
一連のウエスタンの機器は体験済みです。劇場閉館時のPA・AMP、噂では、ニューヨークの近代博物館へ流れたみたいです。根拠は定かで有りませんが。
磁気録6chの音は、現在のシネコンの似非デジタル音響とは次元が遥に違います。映写レンズも建物も次元が違います。

162: 世直し奉行 :2010/01/13(水) 01:16:13 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 久しぶりに、真夜中?にモーツァルト「喜遊曲」を小音量で聴きました。

機器はTD124(SPU-AEゴールド)+#7+#9>>>コーナーヨーク(15吋RED)
節度有る?音色、バランス。・・・・・コーナーヨークも名機???

MCトランスはコッターMK-U(L)が欲しい、今日この頃・・・?

昨日未明?ご近所に空き巣被害発生!???
ゴミ屋敷はガラクタの要塞で大丈夫!?

163: RW-2 :2010/01/13(水) 01:30:21 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp エレキ奉行様
 そんなロンドンレーベル盤なんか聴いてないで早くお休みくだされ。
 要塞はそのうち片付けに伺いやんすよ〜(だははは)

164: 略 :2010/01/13(水) 01:48:05 HOST:br1031.jig.jp エレキの若大将は名作でした。
若き日の寺内タケシも助演、寺内氏は徹子の部屋でギター弾いておりましたが
アンプとの接続に6Nだか7Nだかを使用、その良さをシミジミ喧伝しておりました。

深夜特急脱線の巻

165: 551 :2010/01/13(水) 08:05:04 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp 「名機」(名器)については、池田圭氏『音の夕映』の中の「名器考」にいろいろな定義があります(池田氏は確か「名器」という字を使ってます)。それから(>世直し奉行様)ウエスタンの機器がどうやってメンテされたかは伊藤喜多男氏の『もみくちゃ人生』の後半に詳しい記述がありますね。(>150-4C様)4Aだと溝削れます。白いシェラックの粉が出ます。当時のウエスタンでは40回かけたら、レコードは終わりと考えていたようです。

そんな誰も買えないような装置について云々すると反感を買うのが常ですが、ジャガーXJ13の部品の一つでも手に入れて「やっぱり凄かったんだなあ」としみじみ思いをはせるのも一つの生き方かと存じます。

555や594がないからといって、自分の運命を嘆いたり、持っている人をうらやんだりする必要はありません(持っている人は持っている人で苦労しておりますので)。ウエスタンの10D (これならJBLより安い)とか100F(ソニーのミニコンポより安い)を夜中にしみじみ聴いて「XJ13のタイアの一本ぐらいには相当するかな」なんて自惚れるのも人生です。どんな装置でも「ないものは補って聴く」訳ですが、補うものが大きくたっていいじゃありませんか!

楽器だって、みんな「ストラディヴァリ、ストラディヴァリ!」と騒いでおりますが、18世紀の無名楽器(下手すると20万円以下です)だと、どれも歴史的名器を彷彿させる何かをもっております。カメラのレンズだって200万円のニコラペルシャイトに手を出さなくても(贋作ばっかりだし)、コダックのベス単レンズ(eBayなら数千円で入手可)を2ヶ直列(焦点距離が半分で2明るさが2倍になるので)にし、デジカメに付けると、とてつもなく面白い世界が展開します。きっと、そういうのが一番楽しいですよ! すべての「銘機」「名機」特に「名器」は人を(というか、男を)喜ばせるために生まれて来たのですから。

166: 神々のたそがれ :2010/01/13(水) 11:08:54 HOST:FLA1Aap197.myg.mesh.ad.jp 名機については、私的には、『世界の著名機器』というまだ日本が今ほど豊かでなかった頃、(心は豊かだった)
の名残と思っています。著名機器は多くの人に感動を与えて来ました。アンプ類は名機、スピーカーは楽器と同じように名器と言
えるかもしれません。

いつの日かそれらの名機も追い越される訳であります。アンプ類においてはそれが顕著で追い越された時点で手放されたものを
次の人の手に渡りそこで愛されれば銘機となります。

167: RW-2 :2010/01/13(水) 11:32:16 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>。ヨ名器」は人を(というか、男を)喜ばせるために生まれて来た

 つ、ついに言ってしまいやんしたね〜(でへへ)
 拙者もずっとそのオチ書きたかったのだすけど、また品位がどうたらとか
 言われやすから書けんかった〜(だはは)

168: RW-2 :2010/01/13(水) 11:44:55 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>次の人の手に渡りそこで愛されれば銘機

 国産でイメージしやすいのはNS−1000Mでしょね。独りで30年
 使い続けて未だにもっと良く鳴るはずだとガンバッてる御方もいれば、
 人から人へ渡り、磁気回路固着修理やコーン紙交換エッジ張替えやネット
 ワーク改装までして使われ続けてます。簡単には廃棄されない。
 2S−305や6半のP−610シリーズあたりにも言えるでしょね。

169: 略 :2010/01/13(水) 12:06:18 HOST:br1031.jig.jp ひ、品位は守らねば!(`・ω・´)キリッ!

なんちゃって(´^ω^`)

170: MT :2010/01/13(水) 15:00:39 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp 所有しているオーディオ機器で名器といえるのは
ソニーのC37PとC47マイクでしょうか。(C38Bもあります)
吹奏楽もオーケストラもチェンバロも雅楽・ジャズも難なくこなして録音出来ます。

171: RW-2 :2010/01/13(水) 17:01:28 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp MT様お使いの松下のウーハーは知る人ぞ知る銘機でしょね。
あんな物騒なユニットは今ぢゃ何処も作らない作れない。

172: 150−4C :2010/01/13(水) 19:24:03 HOST:KD124214129112.ppp-bb.dion.ne.jp これだけのメンバーの所有物から想像すると、並の名機、名器では、話題として
盛り上がらないだろうと民生60年の歴史からして、ある程度きまりきっています。
バブルはじけた頃、ある大手メーカーの顧問の方がもうステレオでは飯食えない
のよと言って5,1サラウンド始めておられました。真空管時代から庶民に受け入れ
られやすい様に進歩したのでは?と思いますので音色的にはやっぱり後退?

173: 551 :2010/01/13(水) 20:11:17 HOST:pc26023.amigo2.ne.jp >150-4C様
「ヴァイオリンだけは古い方がいい」なんて世間は言いますが、「ヴァイオリンだけがよかった」時代なんてあり得たでしょうか? そんなことが論理的、物理的に可能でしょうか? ヴァイオリンがよければ、伴奏するチェンバロも、横にいるフルートも、オーボエもやはりよかったのです。楽器全般がよかったということは、作曲者も、演奏家も、聴衆も、貴族のパトロンたちも(少なくとも文化的には)よかったのです。

「ヴァイオリンだけは古い方がいい」とか「長い年月をかけて熟成したのだ」なんていうのは現代人の自己欺瞞に過ぎません。楽器の歴史は長く、オーディオの歴史はまだ短いですが、作る側の精神も、聴く側の精神も、録音するプロの精神も昔は今とは相当違ったのではないでしょうか?

古い世代はよく「そんなに醤油を使ったらもったいない」なんて言いますが、昔は醤油が貴重品だったからではなく、昔の醤油はちゃんとしたプロセスを経て作られた醤油だったからではないでしょうか。昔のオイルコンデンサーと今の電解コンデンサー、昔の巻き線抵抗と今のカーボン抵抗等を較べてみますと、そのように考えざるを得ません。

今はすべてが薄くなってしまった… そして、これからは、もっと薄くなって行く… そう悲観するのは品位の低い私だけでしょうか(くすん)

174: 555 :2010/01/13(水) 20:19:06 HOST:220-152-18-104.rev.home.ne.jp >157 551さん  理想なアンプですね 
オール直熱管 ニッケルプレート
前段1本では難しいそう?
元々難しい球でしょうが?

175: 神々のたそがれ :2010/01/13(水) 22:30:58 HOST:FLA1Aap197.myg.mesh.ad.jp 551さん
昔はしっかりした良い物を作るのが良い仕事。
今は言われたとおりに同じ手順で早く安くそれなりのものを作るのが良い仕事

私達は時代に逆らい軽薄短小を嫌います。

品位が低いなどと悲観されないでください。高品位高品質を求めるのがオーディオ
上品にオペラ聴いていても、日本語だったら、品が無いといわれそうですね。
品があるなしはそんなもんです。

176: 555 :2010/01/13(水) 22:44:21 HOST:220-152-18-104.rev.home.ne.jp >173 電解コンデンサー・・・
電源部には使いたくないですね!
PCB入りオイルコンでしょう

177: SATIN :2010/01/13(水) 23:14:59 HOST:br1031.jig.jp 皆さん今夜の「熱中時間・NHK」ご覧になられましたか?
いやはや凄い方がいらっしゃるものです。

178: MT :2010/01/13(水) 23:18:48 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp 電源部に巨大な電解コンを使用していますが音の抜けや力感遠近感は良く出ますよ。
回路次第でしょう。
電源がしっかりしていないと吹奏楽やオーケストラ・チェンバロが濁ってきこえますね。

179: SATIN :2010/01/13(水) 23:30:08 HOST:br1031.jig.jp 熱中時間レトロ機械

ttp://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/text/p.cgi?a=001&d=2010-01-13&c=21&e=21116

かなり世界が違いますが・・・

180: くろねき :2010/01/14(木) 00:08:14 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。


☆SATINさん☆

こんばんは、見ました見ました。いやー、すごい人でしたねー!

オーディオ機械もありましたが、年季も収集の幅も違いますよね。
果ては飛行機まで買っちゃって(笑)。


収集品をきちんと並べて展示して、地元の小学生の見学を受け入れたりして
地域に貢献もしているのに、家族からは「わるこつ(=悪いこと)部屋」(笑)。
共感される方も少なくないんじゃないでしょうか。

181: くろねき :2010/01/14(木) 00:24:33 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp あそうそう、リンクはこっちのほうがよろしいんじゃないでしょか?

 目に見える機械と人間の関係「レトロ機械収集熱中人」
 (NHK 熱中倶楽部ブログ)
 www.nhk.or.jp/nj-blog/300/28140.html

182: SATIN :2010/01/14(木) 00:32:43 HOST:br1031.jig.jp どうもです。

ご覧なられたんですね、調べたらかなり有名な方のようで、別に私設の旧軍事記念館を持ち戦闘機も展示されています。

いささかポイントがズレましたが名機名器関連でご容赦を・・・

183: 551 :2010/01/14(木) 00:42:46 HOST:pc27186.amigo2.ne.jp >555さん
オール直熱こそがアンプの醍醐味!だと思っております。WE8や9やVT1やVT2は無理でも、239Aや205Dだったら、なんとかなります。そこまで行かなくても、201Aとか226で210なんてのも楽しい世界です。それに、この辺りだとかなり現実的と思いますが。もちろん、3段構成で、電圧増幅管は直流点火、固定バイアスでないと、ハムが出るでしょう。前段1本でも、入力トランスと段間トランスでゲインをかせげば、CDだったらそんなに問題ないでしょう。もちろん、大前提は100dB以上の高感度スピーカーということになります。私はモノーラル派ですが、こういう骨董趣味をステレオでやらかすと、部品が揃わない、揃っても左右異なっている等、問題は多いと思います。

PCB入りオイルコンはある程度ストックしております。でも、PCBにうるさいのは日本だけみたいで、大きな声では言えませんが、eBayでは出ているし、日本に輸出もしてくれます。厳しい日本の税関もそこまではチェックしてないので、普通に輸入出来ますよ。業者が輸入しないのは、日本市場ではおおっぴらに売れないから、じゃないでしょうか。ヤフオクで売るのもちょっとやばいと思います。

昔の万年筆、例えば、パーカーのデュオフォールドなどの復刻でなくオリジナルは、ものすごくきれいな色艶をしておりますが、今では禁止の材料を使っていたりします。こういうのにひかれる人はたくさんいます。実力はウォーターマンの18番とか20番だと思いますが… そういうので試し書きなんかすると、たとえ50万円しても、もう指から離したくないほど書き心地が「官能的」です!(すみません、また品位落としております。)

>MTさん
>回路次第でしょう
その通りと思います。古典回路にはオイルコンがいいです。しかも、4とか8マイクロぐらいの… オイルコンは4マイクロ600V耐圧ぐらいのやつでもチャージしてからショートさせるとバチッと爆発的に火花が散ります。指で触ったりしたら大変です。この勢いというかバネみたいな力が古典回路には効くように思われます。低音の弱いシングルアンプの電源部にそういうオイルコンを使いますと、低音は出るようにならないかもしれませんが、低音感は出るようになります。

古いオイルペーパーコンデンサーは普通のオイルコンより優れているようですが、生きているヤツを揃えるのが大変です。

184: 世直し奉行 :2010/01/14(木) 01:41:02 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 熱中時間、見ました。

拙者の夢?の世界です。

185: 555 :2010/01/14(木) 21:08:42 HOST:220-152-18-104.rev.home.ne.jp 私は電器に詳しく有りませんが
>178 回路次第でしょう。
容量の問題で? 
我家の励磁電源は、仕方なく電解コンデンサーを使っています

>183 551さん
只今、アンプの構成を考えています
入力トランス→○○直熱管1本→トランス→○○直熱管1本

>古いオイルペーパーコンデンサー・・・
WE製のオイルコンは良い音しますね!

186: 551 :2010/01/15(金) 09:54:32 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp >555さん
トランス結合、オール直熱はいいですね! どんなタマを使われる予定ですか? 前段が201Aとか226なんて古典的で私は好きです。整流は280がオーソドックスですが、281x2とか282も味があります。281は半波整流管なので人気がないですが、私は「整流管の名器」と思っております。5Z3なんかよりずっと音がまろやかになります。210や250とはベストマッチでしょう。

水銀整流管と言うと、ほとんどの人が83と言いますが、282を使ってしまうと、もう83には戻れなくなってしまいます。「83の青い光が…」なんてよく言いますが、83は青いのがほんのわずかなの(よく注意して見るとわかる程度)に対し、282は管全体が水色の雲におおわれた様になり、きれいです。音もいいです。やはり「名器」です。

他に整流管の名器を挙げるなら、レイセオンのCK1006という冷陰極管は、点火するとボボッという感じで動作状態に入り、紫色に輝きます。171Aなどと組み合わせますと、電圧はギリギリですが、音は悪くないです。

同じくレイセオンのBHという冷陰極管は見た目がすごく面白いです。ナス型のガラス管の中に中華鍋をひっくり返したようなプレート?が入っております。これは全く光を発しませんが、音は280と甲乙付けがたいぐらい、いいです。245シングルぐらいだったら、これで行けます。

「整流管の名器」となるとウエスタンの274B(A)が真っ先に登場しそうですが、ものすごく高価な割に、280より決定的にいいという感じがしません。

新しいところでは5R4GYとか、メタル管なので人気はイマイチですが、5T4なんてのも悪くないです。

187: MT :2010/01/15(金) 10:27:58 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp 録音した編成の大きい音楽(80人の吹奏楽やオケのマーラーの交響曲)を再生するには
低域のインピーダンスの低い電源回路と高速な安定化電源でないと
当方では無理ですね。

特にティンパニーの再生。

188: RW-2 :2010/01/15(金) 11:06:19 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp まァ、オイルコンなどのパーツや球まで名機・名器呼ばわりしたらシンチの
SP端子とかアンフェーノールのソケット、挙句にゃオムロンのかんとか
まで挙げにゃならんでしょ。限がない。球、石は名球、名石で良いのでは。

整流管においては単にイイとか悪いなんてことはご法度。トランスの巻線抵抗、
供給電圧、供給電流、電源インピーダンスもろもろでまったく違った動作に
なりやんす。ただ差し替えてイイ悪いと言っても意味がありやせんので注意でっせ。

189: SATIN :2010/01/15(金) 12:17:56 HOST:br1031.jig.jp いい球いいパーツはコッソリ隠匿(ちょびっと)するも策かな。

今からじゃ遅いけど。

190: 551 :2010/01/15(金) 13:55:10 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp >MTさん
そうですね。何が名器かということ以前に、何を聴くかということが一番大切ですね。私はSP時代の古いヴァイオリンなどをモノで聴きますから、古典回路と古い部品と高能率フィールドスピーカーとホーンがぜひとも必要です。こんなものではとてもマーラーは聴けません。逆に、ラッパ吹き込み録音は最新装置では雑音だけが目立つし、録音のポリシーも異なるので聴けません。そういうことも大事ですよね。

>RW-2さん
仰る通り。名器でなく名球です。すみません。確かに「整流管そのまま差し替え」では判定出来ませんが、280と80ではプレートやフィラメントの作りが違ったりします。古いタマの方が作りが丁寧な場合が多いです。83と282は音がどうのという以前に、水銀の入っている量が違います。282はより大規模に青く光るので、つまり「水銀整流管」という名前に負けてないという意味で「名球」だと思います。その他、CK1006やBH(それから0Z3Gなど)は555さんがお好きなタンバーバルブと共通するものを持っているので、挙げさせていただきました。

私は「名器」とか「名球」という言葉より「音楽性」とか「音楽的」という言葉の方にひっかかります。「このアンプは音楽的だ」なんて言う場合の「音楽的」とはどういうことを意味しているのか? そういうことについて議論しても面白いのではないでしょうか。

191: RW-2 :2010/01/15(金) 14:17:20 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 近くにある無線電機屋さんにゃ良く覗きに行きやんす。どっからか持って来た
廃棄機材、ま所謂ガラクタなんだすが、段ボールやプラカーゴに入って積まれと
るんですよ。お店がそれらのガラクタを整理、陳列する前に拙者が勝手に値付
して買うのだす。良さそうな球はひっこ抜いて隠匿(だはは)

192: RW-2 :2010/01/15(金) 14:32:44 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 551様
 拙者もCK1006は大好きだす。「真空管アンプ 2」スレの289にて
 画像挙げておりやんしたよ。〜MHz帯で盛大なノイズを撒き散らします
 ので初段からは距離を取らないと使い物になりません。ヒーターコイルも
 付いとりますが、アノード、カソードが離れてますからあまり役に立ちま 
 せん。ヒーターに点火すると多少は安定しますが管温度が高くなりますので
 点火しておりません。手で触れる温度で600V供給できやんす。

193: 略 :2010/01/15(金) 17:10:35 HOST:br1031.jig.jp >>191
陸奥RW-2屋
おぬしも悪よのう〜(がはは)

194: 551 :2010/01/15(金) 17:26:45 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp CK1006は点火した時(1.75Vのヒーター点火なしで)、白いドーナツの中であのボボッという感じで紫色の炎が吹き出すのを見ていると、なぜか癒されます。病気でしょうか?

隠匿は確かに罪ですが、宣伝も値段をつり上げてしまうのでやはり罪です。

話はかわりますが、江戸川区にある「ばざーる」というお店は最高です。昔はMJにも広告出してましたが… あんなお店が増えると、幸せになる人間も増えるのではないかと思います。高級店ばっかりじゃ面白くないです。

195: ジークフリート :2010/01/15(金) 18:45:02 HOST:wb56proxy04.ezweb.ne.jp >193 悪い奴ほどよく笑うってね。

196: 世直し奉行 :2010/01/15(金) 19:16:13 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 笑いが止まりません。

197: RW-2 :2010/01/16(土) 01:02:26 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 皆に笑われたので焼け酒飲んで寝やんす(だははは)

198: RW-2 :2010/01/16(土) 01:07:17 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 今日は山崎と越之景虎龍だす。貰いもんですんません(すでにれろれろw)

199: 略 :2010/01/16(土) 01:15:48 HOST:br1031.jig.jp 笑ってゆるして♪

200: 祝200 :2010/01/16(土) 11:10:36 HOST:br1031.jig.jp て事で200です

エニグマ(DAHAHA一号二号)の銘器殿堂入りも近い!かな・・・

201: 世直し奉行 :2010/01/16(土) 15:36:27 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 懐古録で「鶴田浩二さま」が朝と夜の間に「冥土?の殿堂入り」されていました。

ビックリ仰天?しませんでした。彼?の王道です。
もしかして?天性の名器?マッキンの呪縛??かも・・・

202: 略 :2010/01/16(土) 17:34:49 HOST:br1031.jig.jp 一流のジョークでしょう・・・がスルーさせていただきました(笑)
下手にレスをつけて引っ張っても(懐古録においては)ねぇ〜〜。

ナルシソ・イエペスのメロディーがこだまします・・・

203: 略W-2 :2010/01/16(土) 18:26:44 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>下手にレスをつけて引っ張っても

 まったくですねェ。ナルシソ・イエペスはひっそりやって欲しい。

204: 鶴田浩二 :2010/01/16(土) 19:01:28 HOST:119-175-163-178.rev.home.ne.jp 羽目外しすぎてしまいました(汗)
たまにはこんなジョーク燃料投下も
良いかなと(滝汗)

205: 鶴田浩二 :2010/01/16(土) 20:29:15 HOST:119-175-163-178.rev.home.ne.jp ちなみにナルシソイエペスもコスプレや女装してたんですか?(笑)

206: 555 :2010/01/16(土) 21:12:39 HOST:220-152-24-7.rev.home.ne.jp >186 551さん
VT-2を考えています
トランスはパーパロイコア
>280より決定的にいいという感じがしません。
WE-274A・B プリント・刻印 SYLVANIA 274B(1943年) STC 5R4G 80・280など聴きましたが
刻印には敵いません!
私は刻印が お気に入りですが

207: 555 :2010/01/16(土) 21:13:47 HOST:220-152-24-7.rev.home.ne.jp >206 トランスはパーマロイコア
の間違いです

208: 551 :2010/01/17(日) 01:27:35 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp VT-2!行き着くところまで行き着いた感じではないですか!
普通の人は205Dで止まりますが、どういう経緯でVT-2に行き着かれたのか、差し支えなければ教えてください。大変興味があります。(私も実はUV202というヤツで何かやらかす計画をしております。VT-2は隠匿するのみで、宝物として崇めております。)

274Aのナスなんてどうでしょう? 昔の知り合いで、VT-2プッシュプル、整流VT-2 x 2、前段VT-1で行こうと準備していた人がいます。 トランス、チョーク、抵抗、コンデンサー、配線材、すべて1920年代のウエスタンで… 部品はほとんど揃えておりましたが、最終的には211Eの様な大型送信管の方に行ってしまいました。8年以上前の話ですが。

そういう極端なこと(というか快挙、というか偉業)をする人は最近少なくなりました。もちろん、やりたくても出来ないという説もありますが…

209: 略W-2 :2010/01/17(日) 04:08:33 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>ちなみにナルシソイエペスもコスプレや女装してたんですか

 ナルシストと♪「禁じられた遊び」とで2重に掛けた高度な批評です。
 音楽も音だけ聴いていてもダメなように、文章も文面だけナゾっても
 把握できません。思慮することが必要です。

 暴走するのも羽目外しも結構ですが落とし前はきちんとお願いします。

210: 神々のたそがれ :2010/01/17(日) 08:12:06 HOST:FLA1Aas041.myg.mesh.ad.jp それより謎なのがRW-2さんと略W2さんが同じIPなのに文体が違うし
略さんの謎かけはエニグマでエニグマ製造元はRW-2さんだし訳がわかりません。
ここは名奉行にお裁きいただかねば!

211: 555 :2010/01/17(日) 09:23:01 HOST:220-152-24-7.rev.home.ne.jp >208  551さん 同じ回路で205DとVT-2を聞き比べて決めました
整流もVT-2でやりたいのですが予算の問題!
274Aはナスでは有りません
ナスは1本 20万円位しますよね
私の場合は整流管1本 10万円×2が限度です
EL-34で満足出来れば、良いのですがね!

212: 世直し奉行 :2010/01/17(日) 10:55:16 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 神々のたそがれさま

新手のアルペジオ也

業界ではケッコウ仮面とも呼ばれ、「禁じられた遊び」の自称?第一人者!?
ソノ道では「尻?滅裂和音」とも呼ばれ、恐れられている。

イキナリにご注意を・・???

213: RW-2 :2010/01/17(日) 11:21:01 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp God's twilight 様
>>RW-2さんと略W2さんが同じIPなのに文体が違うし

 いや〜っ。マジレス書いたので文末の「だはは」忘れてしまいやんしたよ〜。
 略様はエニグマ命名者としてだはは会名誉顧問に任じられておりやんす。

214: SATIN :2010/01/17(日) 11:50:18 HOST:br1031.jig.jp VT-2の件

自分も欲しかったなぁ〜、昔205Fを買いに行ったのですが、205Dは倍くらい高くその頃丸球やナスには全く興味なかったのです。
月日が経ち嗜好が変化し猛烈に欲しくなったら値段が・・・
一時期VT-2は205Dより多少は安かったと思います。

ゲッタ無しで古い球ですから使いこなしが難しいかも知れませんね。

>>213(略W2様?)

(でへωへ;)

215: 鶴田浩二 :2010/01/17(日) 14:54:57 HOST:119-175-163-178.rev.home.ne.jp 略W-2さん。

勿論半分ジョークです。ごめんなさい。

>落とし前はきちんとお願いします。
はいっ!もっと綺麗になって出直してきます!!


>皆さま
ご迷惑おかけしました(汗)((orz・・

216: くろねき :2010/01/17(日) 19:57:33 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。


☆鶴田浩二さん☆

(欽ちゃん風に)
だ・め・だ・よぉ〜ん「何のボケ?」って質問はぁ!
ボケの説明ほどアレなものは無いんだから(笑)。こんばんは。


・・・で、ここ何のスレでしたっけ(笑)?

217: 551 :2010/01/17(日) 21:40:45 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp >555さん
>EL34で満足出来れば、良いのですがね!
まったく同感です。「世の中にはEL34も使えない人がいるんだよ」といくら自分に言い聞かせても、やはり無理です。だから、我々(特に男)はすべてに贅沢している訳ではないので、せめてオーディオには贅沢しましょう。ジャガーXJ13とまで行かなくてもフェラーリ・エンツォを買って1日でオシャカにするよりはマシと思えば、何でも揃います!(世の中にはきっとそういう不運な人もいますから…)

>整流もVT-2でやりたい
ますますもって偉業です。SATIN様も言われる様に、VT-2の方が205Dより安いことが多いですが、手に入れたVT-2が必ずしもちゃんと使えるかどうかわかりません。ゲッターなしの古いタマは難しいところがありますね。ちゃんとエージングしても、2〜3日で切れてしまうか、ずっと持つか… 難しいのはこの辺だと思います。

218: 555 :2010/01/18(月) 23:09:13 HOST:220-152-24-7.rev.home.ne.jp VT-2はそんなに気難しい球ですか?
知り合いで2人使っていますが、当り球ですかね
以前雑誌で、アンプの前に玉ネギ球を数個飾っている画像を見た事がありましたが!

219: 551 :2010/01/19(火) 00:07:05 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp VT-2やUV-202は気難しいと言われておりますので、私は使うのがちょっと恐いです。恐れおののく必要はないでしょうが、慎重にやった方がいいと思います。(なので205DやUX-210で止まっております。)

アンプの前に玉ネギ玉を飾るなんてシャレてていいですね。私だったら、ナスを逆さにしたり、ヘチマをぶっ立てそうです(WE212Dのつもりで)。トランスは豆腐にするか、カステラにするか迷うところです。

220: ビックリマスダ :2010/01/19(火) 10:05:42 HOST:p5245-ipad11niho.hiroshima.ocn.ne.jp ウエストミンスターを名機と言ってくれませんかねー?願望・・・

221: ジークフリート :2010/01/19(火) 12:46:23 HOST:wb56proxy10.ezweb.ne.jp 名機じゃなくてもいいじゃないですか。
名機なんか使ってると、「あの名機を使っても、この程度!かョ?」てな感じで自分のウデ前にガッカリとか・・・
無名の装置とか鳴らすのが難しい装置とかでイイ音出せる方が嬉しいと思いますョ〜。

222: ビックリマスダ :2010/01/19(火) 14:52:44 HOST:p5245-ipad11niho.hiroshima.ocn.ne.jp >無名の装置とか鳴らすのが
これだとタンノイ・ファンは面白くないのですよー、タンノイでなくては。

223: 551 :2010/01/19(火) 16:54:34 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp じゃあ、恐ろしく知名度の低いタンノイ・バッキンガムモニターなんてどうでしょうか?
今ちょうど、ヤフオクに出ております。このチャンスを逃したら、もうあとはありません!

224: RW-2 :2010/01/19(火) 17:20:49 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 「銘機もいろいろ、知名度もいろいろ、タンノイもいろいろ」

これは小泉さんの名言のように残りやせんねェ(だはは)

225: 555 :2010/01/19(火) 20:23:37 HOST:220-152-18-226.rev.home.ne.jp タンノイはSPユニットは全て磁石が1個ですかね?

226: 神々のたそがれ :2010/01/19(火) 20:39:10 HOST:FLA1Aas041.myg.mesh.ad.jp レッド、シルバー、ゴールド、HPD、DC386、K3828などは1個
それ以降のもので2個もあった記憶があります。
タンノイは名器です。箱の違いで音を作っているから器の名器!
オートグラフの意味がわかりませんが判る方教えてください。
ウエストミンスター寺院、バッキンガム宮殿、アーデン、バークリー、
・・・・・イートン校と順番がわかるようなのとはまた違う???

227: 551 :2010/01/19(火) 20:54:42 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp オートグラフは「アウトグラフィア」つまり「サイン」(署名)とか「シグナチャー」とつながる
言葉です。有名人に「サインして!」と言う時の、あの「サイン」です。有名人の署名、本物の
刻印、そういう意味でしょう。

228: usagi :2010/01/19(火) 21:07:51 HOST:n210148235149.nct9.joetsu.ne.jp デュアルコンセントリックのタンノイは銘記中の銘記ですね。近所のミンスター3台それぞれが違った鳴り方をしていますが、3人3様にその音の中から音楽性を聞き取って満足していますから。

229: usagi :2010/01/19(火) 21:17:37 HOST:n210148235149.nct9.joetsu.ne.jp 銘記じやなくて銘器の間違いじゃった。変換ボケが始まったかな

230: ジークフリート :2010/01/19(火) 23:34:03 HOST:wb56proxy05.ezweb.ne.jp HPD以降は一般的には名機と認識されていないんじゃないですかね。
現代タンノイならではの魅力って・・・?

231: RW-2 :2010/01/20(水) 01:24:39 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp マニアから言わせたらオリジナルユニットの'74年までなんでしょね。
HPDからのユニットはTEAC主体で復活シリーズのために作った。
オートグラフどころかレクタンからGRFまでみな復活させやんしたからね。
なんやかんや言っても日本では商売になります。箱作ったのは進工舎ですか。
ステサンの広告も凄かったっす。観音開き8Pキンキラキンでしたよ。

232: 551 :2010/01/20(水) 07:56:35 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp ジョーダンワッツのステレオラは名機でしょうか、ゲテモノでしょうか?

233: ビックリマスダ :2010/01/20(水) 10:43:30 HOST:p5174-ipad205niho.hiroshima.ocn.ne.jp それなのよー最近のタンノイは名機と言われないから淋しいの・・・
だってオートグラフなんて買えないし無いし。
沢山有って安いミンスターの評価が上がれば良いのですけどねー?良いスピーカーと
思うのですけど・・・

234: 世直し奉行 :2010/01/20(水) 12:50:57 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp ジョーダンワッツのステレオラは、同フラゴン、JBLのメトロゴン、ミニゴンと同類で形容するなら珍品!?。

決してキワモノでは有りません。多分・・・

235: ジークフリート :2010/01/20(水) 12:58:57 HOST:wb56proxy16.ezweb.ne.jp ステレオラというと、枝大先生お気に入りのモジュールユニットが多数入った一体式ですよね。
メインシステムになり得るでしょうか?
ブツは拝みましたが未だ音は聴いておりません。今度聴いてみよっと。


現代タンノイって、先ずはスピーカーユニットにもう少し工夫が有っても良いのでは?と思いますが、昔のユニットよりも良い部分があるんでしょうか?

236: ふるさと通信員 :2010/01/20(水) 13:54:26 HOST:i125-205-132-140.s11.a034.ap.plala.or.jp TANNOYもいいけど これ如何?
JBL CONTROL 1

237: RW-2 :2010/01/20(水) 14:10:04 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp モニターシルバーのホーンダイヤフラムはK−3808に付きましたから
(その後は未確認)互換性は徹底してやんすよ。その頑固さは素晴らしい
ことではありますが、逆にアダとなって大きな進化の妨げとかになっとる
んでしょね。

モニターゴールドあたりから石アンプで鳴らし易いように15→8Ω化した
のだすが、ウーハー低域端を持ち上げたでしょ。DFが高いアンプで鳴らすと
低域が締まって薄く感じられるからの対処かどうかは判りやせん。結果的
にゃボンついて良かったのか悪かったのか。鳴らし方でしょうけど。

238: usagi :2010/01/20(水) 14:40:30 HOST:n210148235149.nct9.joetsu.ne.jp だいたい名機なるものの基準があいまいだから、はなしがおかしくなるの。
神格化されて、名機と言われるオートグラフを二箇所で聴いてきたが私にはウエストミンスターの法が良いように思えましたね。

HPDやDC386はワイドレンジ化のため8本のリブが付いているが、これが災いして評価が得られなかったのではないだろうか。K3803以降はリブは付いていないようです。

>

239: usagi :2010/01/20(水) 14:50:15 HOST:n210148235149.nct9.joetsu.ne.jp 訂正 誤 ウエストミンスターの法が: K3803

正 ウエストミンスターの方が: K3808

240: 551 :2010/01/20(水) 14:53:27 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp ジョーダン・ワッツ・ステレオラ vs ボーズ301
で「銘機選抜敗者復活戦」をやらせてみては如何でしょう?
ついでに、長岡式マトリックススピーカーも参加させませう。

タンノイを入れるなら、アルテック604、ジェンセンG610、パルメコあたりもぜひ入れませう!

241: ビックリマスダ :2010/01/20(水) 15:35:12 HOST:p5174-ipad205niho.hiroshima.ocn.ne.jp ジークフリート さん、タンノイのユニットって、あれが良いのですよ、初期のブラックから
シルバー・レッド・ゴールドと構造は変わりせんし、完成されてるとも言えると思ってます。
自分の好くスピーカーを誉めても意味無いのですけど、タンノイって独特の音色と音楽の表現力を
持ってると思いませんか?同軸の特徴の定位の良さも有りますし・・・
usagi さんK3808は国産箱のオートグラフの後期のユニットでミンスターには使われていないと思いますけど?
そのリブの話ですがRの後のミンスターで付いてる時期が有りますよ。

242: ビックリマスダ :2010/01/20(水) 16:02:31 HOST:p5174-ipad205niho.hiroshima.ocn.ne.jp オートグラフにしてもウエストミンスターにしても、多分他の大型スピーカーもでしょうけど
鳴らすのは難しいですよ、オートグラフを私も聴いて良いと思ったのは一度だけです、それは素晴らしかった。
その他の所は低域の制御が出来てなかったし定位もイマイチ、でも不思議にオーナーは、その音で気に入ってるみたいでした。
K3808のユニットは私好きなんです、フェライトにハードエッジで人気ないですけど、これも名機と思ってます。

243: ジークフリート :2010/01/20(水) 17:57:47 HOST:wb56proxy16.ezweb.ne.jp デュアルコンセントリックの構造はほとんど変わらず・・・とは言え、今のプレステージシリーズは日本のタンノイ等のために製造しているだけで、タンノイ自身、ホントはもっと現代的なものを作りたいんじゃないでしょうかね。(日々、本気でスピーカーの開発をやっているエンジニアがいるならば、きっとそうではないでしょうかね。)

ま、しかし、マルチユニットのスピーカーがどれもズッコケ・・・エンジニアもやりがいがないでしょうね。

244: ビックリマスダ :2010/01/20(水) 18:19:51 HOST:p5174-ipad205niho.hiroshima.ocn.ne.jp 同軸の良さって歴然と有りますよ、他のスピーカーを聴いて定位が良いと感じる物は
有りません。チェロの無伴奏とか聴いて、定位が良いとホッとします・・・
弓の動きが解るし移弦するのも解るし重音が同じ所から聴こえる、これ当然ですけど
マルチユニットだと結構この重音が違う所から聴こえる違和感を受けます。
今年の新作はウーハーを付け同軸との2個スピーカーの付いたの出してますよ、さてさて売れるのか?

245: 555 :2010/01/20(水) 19:52:45 HOST:220-152-18-226.rev.home.ne.jp 同じ同軸でもアルテックは如何な物でしょうか?
私はタンノイより604系の古い物が好きですが・・・磁石が2個

246: 551 :2010/01/20(水) 21:09:28 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp 私はジーメンス・コアキシャル、ジェンセンH222、アルテック604B、604Aと使い続けて来ました。どれもこれもJBLの4344よりは定位がいいですが、ネットワークにLとCが入っているので、上質のフルレンジには負けます。604けいは磁気回路が2つに独立してますが、やはり、高音が低音にあおられ、少し濁ります。そのせいで、同じようなユニット構成のA5みたいにスカッと開放的という訳には行きません。つまり、定位はある程度優れていても、スケールの大きい音場再生は苦手です。それから、604系のユニット自体は相当なポテンシャルをもっていると思いますが、タンノイと較べると入れられている箱がお粗末です。アルテックのネットワークも関心しません。(ネットワークを外し、1mFぐらいのコンデンサーでトゥイーターの低域だけをカットし、バッフルにつけて聴くと、これが604か!という音に変身します。)

昔、タンノイのモニターブラックなら欲しいと思いましたが、タンノイをたくさん扱って来たあるお店では「タンノイは磁石が弱っているものが多い」と言っていたので、使ったことがありません。そのせいか、確かにタンノイは聴かせてもらう場所によって音が異なります。

247: 555 :2010/01/20(水) 21:24:43 HOST:220-152-18-226.rev.home.ne.jp 久し振りに604-8Gを聴きましたが
高域が、うるさく感じました

>タンノイと較べると入れられている箱がお粗末です。
タンノイの小型SPが有りました・・・箱だけでユニットは外されていた
確かに重く、頑丈げでした
直ぐに売約済み・・・ユニットが付いて無いから?

>アルテックのネットワークも関心しません。
JBLの方が最悪ですよ!

248: 551 :2010/01/20(水) 22:25:44 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp >JBLの方が最悪ですよ!
だから、LE8TとかD130とかを聴くと、こっちが本当なのかなと思ったりします。

249: usagi :2010/01/20(水) 22:29:37 HOST:n210148235149.nct9.joetsu.ne.jp K3808はユニットについて言っただけなのです。
私のミンスターは3839/Wのユニットが付いています。
ターミナルの所にmad in the United Kingdomと記されていて、その上にティアックが厳重検査して入荷したものであるむねの内容が記されていますから国産の箱ではないと思います。

250: くろねき :2010/01/21(木) 00:03:34 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。


☆ジークフリートさん☆

こんばんは。プレステージシリーズはともかく、
タンノイはやはりデュアルコンセントリック・ユニット採用の、
現代的なDefinitionシリーズ
(エソテリック www.esoteric.jp/products/tannoy/definition/index.html )
というのを出しています。

デュアルコンセントリック自体には、
やはり相当なこだわりがあるんではないかと思います。

251: ジークフリート :2010/01/21(木) 08:29:06 HOST:wb56proxy02.ezweb.ne.jp ビックリさん。タンノイに感じておられるのが正確さ?とは意外でした。(箱の響きを積極的に利用するタイプという意味で)
それでしたらオートグラフなんか要らないでしょう?

当方もフルレンヂ一発に馴れてしまうとマルチウェイに戻れるかどうか・・・(本日はメインスピーカー候補が組み上がったので試聴してまいります。これもフルレンヂですがね。)

252: usagi :2010/01/21(木) 09:50:08 HOST:n210148235149.nct9.joetsu.ne.jp フルレンジ一発の音はレンジさえ欲張らなければ、新鮮さや透明感は他のスピーカーシステムでは得られない良さがありますね。
しかし、贅沢なもので聴いているうちに少しレンジを広げたくなり、2ウェイに移行したりしてふらふらしてしまいます。
当分私は行方定まらないヤジロベー。。。

253: 551 :2010/01/21(木) 09:56:55 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp ヤフオクにハークの30cm励磁が5万円ちょっとで出ておりましたが、フェランティみたいな音が出るのでしょうか? 名機なんでしょうか?

254: 世直し奉行 :2010/01/21(木) 17:02:05 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp ご冗談がお好きなようで・・・

255: ビックリマスダ :2010/01/21(木) 17:25:52 HOST:p3214-ipad12niho.hiroshima.ocn.ne.jp いやータンノイぼろくそで無くて良かった良かった・・・
>ビックリさん。タンノイに感じておられるのが正確さ?
定位の良さを言えば、どのスピーカーよりも正確かもです。フルレンジ一発と同じ。

256: 555 :2010/01/21(木) 23:18:17 HOST:220-152-18-226.rev.home.ne.jp >255 いやータンノイぼろくそで無くて良かった良かった・・・
フェージングプラグを見ると・・・

257: ジークフリート :2010/01/22(金) 08:28:11 HOST:wb56proxy05.ezweb.ne.jp いや〜しかし、現代タンノイを誉めるつもりはありませんョ〜。
型番変えた(コスト削減が主?)だけの昔ながらの?ユニットに殿様仕様の箱。新しい製品を出した意味が有るのでしょうかね?
個人的には昔の質素なボロい?箱の方が好印象ですし・・・

それから、フラッグシップ機というのは、JBLにしてもタンノイにしても、メーカーの名を上げるために開発されたようなふしが見受けられ、興ざめすると言いましょうか・・・エンジニアがやりたい放題やったものが結果、フラッグシップ機になりました、てぇのが不純な動機がなくてイイんじゃないかと思うんですがね。

258: RW-2 :2010/01/22(金) 10:50:53 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp !様
>>定位の良さを言えば、どのスピーカーよりも正確かもです・・・

と思いたいんですが、25年くらいまえから以下の事象にて定位の問題が
指摘されておりやんす。

1 ホーンツイーターのカットオフを下げるためにウーハーコーン部を
   ホーン延長として使用しておりますが、ツイーターホーンと
   ウーハー部に段差およびギャップが有り、かつコーンは軟体
   かつ振動体という性質上正確なホーンとしては成り立たず、よって
   位相および定位も正確ではない。

2 ツイーターのネットワーク回路の共振回路の問題。コイルタップ切り
   換えでおこるインピーダンスの変化を抵抗挿入で抑え、また大抵抗を
   直列に入れかつ並列にCも入れているためアッテネーションによって
   高域音圧力レベルではなく周波数特性も変わってしまう。

3 ウーハーの周波数特性において500〜700Hzに渡って8dBのデップが
   ある(これはカーブドコーンとエッジによる宿命らしい)

ま、こんなのは技術者がのたもうてる技術論だすから、聴いて気持ち良ければ
どうでも良いことだす。あっちを立てればこっちが立たずなわけですから、
そういう意味ぢゃタンノイの同軸はギリギリのところで成り立っている天才的
ユニットであろうことは間違いないでしょね。

259: ビックリマスダ :2010/01/22(金) 11:20:10 HOST:p1098-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp >タンノイの同軸はギリギリのところで成り立っている天才的
ユニット
同感ですねー、スピーカーは難しいだいたい15インチを同軸2ウエーにして
鳴らしてるのですから、無理も多いです・・・
この音質に麻痺してるのがタンノイ・ファンなのよね?もーこれでないと、音楽聴けない。

260: ビックリマスダ :2010/01/22(金) 12:02:34 HOST:p1098-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp >個人的には昔の質素なボロい?箱の方が好印象ですし・・・
ジークフリートさん私のタンノイはボロいですよ。

261: ジークフリート :2010/01/22(金) 12:58:20 HOST:wb56proxy09.ezweb.ne.jp 定位が良いとは言っても、バックロードやバスレフ等が付いてれば、適度?に曖昧なところもあると思いますョ。

262: usagi :2010/01/22(金) 15:15:45 HOST:n210148235149.nct9.joetsu.ne.jp 昔のタンノイと現代のタンノイはどの機種や年代から区別するんでしょうね。

263: RW-2 :2010/01/22(金) 15:47:16 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 一般的にゃゴールドまでとHPD以降でしょうか。
年代でいくと'74年あたりでしょね。

五味氏フォロワー方々や球アンプドライブ派はレッド(15Ω)までと
言うかもしれやせんね。

264: 世直し奉行 :2010/01/22(金) 16:08:04 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 同感です。

拙者、スターリングHE(現行機種の1つ前の機種)を2年余りサブシステムで愛用していました。
ジャンルを問わず中々の役者ぶり、現代版VLZ?有印良品です。

265: ビックリマスダ :2010/01/22(金) 17:23:05 HOST:p1098-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp ジークフリート さん定位の良さに箱鳴りの効果?かどうか解りませんが音像の大きさが増し
スケール感が合うと言うか、チェロはチェロの大きさピアノはピアノの大きさを感じられる
のは大型スピーカーの良さと思ってます、定位が良いと言ってもピンポイントに定位すると
小人の演奏みたいに成るのでは?これは想像ですけど・・・
現代のタンノイねー、プレステージ・シリーズは昔のタンノイとほとんど変わらないと思っています。
又タンノイが新しいシステムを出してきても受け入れられない状態が続いてるのではとも思います。
タンノイの特徴ですから同軸2ウエーは、その他の箱鳴りを抑えたりマルチ・スピーカーを出しても他の
メーカーに勝てないですし、タンノイのイメージから売れないのでは?

266: ジークフリート :2010/01/22(金) 17:41:26 HOST:wb56proxy17.ezweb.ne.jp そうなんですよ。「フルレンヂ一発の点音源ダ!」なんてやってみても、音像も音場もこぢんまりし過ぎて非常〜に淋しさを感じるんですよね。
だだ、低音ホーンとかは、ヤッパリその開口部から音が聞こえて来ますから、点音源にはならないんですね。

個人的にはオールドタンノイは、初期のHPDが本国製の箱に入ったものまでと思っています。(HPDの型番末尾に「A」が付かないもの)

267: ビックリマスダ :2010/01/22(金) 17:51:44 HOST:p1098-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp ジークフリートさん、定位を感じる音域って私は結構高い音だと思いますよ500Hz
以上と思ってます、バイオリンやチョロの弦の位置、シンバルの位置、私が気にするのは
弦楽器の重音がちゃんと同じ所から聴こえる事なんです・・・

268: 551 :2010/01/22(金) 17:54:08 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp >ジークフリート様
フルレンジ3発で疑似3チャンネルってのはどうでしょうか? LEFT+CENTER+RIGHTで。
(L-R)+(L+R)+(R-L)のマトリックス方式でもいいかもしれません。
点音源に近い効果が得られます。

269: ジークフリート :2010/01/22(金) 23:38:15 HOST:wb56proxy01.ezweb.ne.jp 551さん。それって中抜け対策ですかね?3chは試したことが無いのでよく解りません。

個人的には、ダブルコーンフルレンヂの次はシングルコーン?フルレンヂ辺りを試してみようかと思っておりますョ〜。但し、振動板がW700×H1400くらいで、半円筒波?を発生するものでして、ちょっと楽しみです。

270: 551 :2010/01/23(土) 02:09:43 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp >ジークフリートさん
音場の見通しがよくない時は、大体、中央の定位が悪い訳で、3chだとこれをかなり改善出来ますよ。「定位が悪い」と言う時、右斜め40度の定位が悪いなんてことはめったにないのだし…

「上下の位置関係がよくつかめない」場合、同軸だってやはりダメですよ。確かにチェロの低音と高音が「同じ場所」から聞こえるように思えますが、チェリストの背の高さがいつも同じに感じられるのもやはり関心出来ませんよ。それにバスレフやバックロードの場合は、いくら同軸でも低い音は下から聞こえます。本物のチェロだって、高音が上からふって来るように感じたり、低音が地面を伝って到達するように感じたりすることもありますよ。

それと、同軸の場合、トゥイーターがウーファーの中にあると、やはり高音はにじむと思うのですが。そういう意味では、同軸より仮想同軸(ウーファー2つで間にトゥイーター)の方がスッキリしないでしょうか?

まあ、なんと言っても、一番定位がいいのはフルレンジ一発のモノーラルです(笑) もちろん、現代のステレオ録音のソースは聴けませんが…

>振動板がW700×H1400くらいで、半円筒波?を発生するもの
それってクォードのESLのことですか?

271: ジークフリート :2010/01/23(土) 09:19:01 HOST:wb56proxy15.ezweb.ne.jp 551さん。当方のフルレンヂ好きは、高音と低音の自然な繋がりと位相があまりズレない?こと、それに軽やかさぐらいでして、音像が横方向のどこへ定位するかははあまり気にしていないんです・・・中抜けはエネルギー感の弱いスピーカーでも生じ易いとも思いますが・・・まぁ、スピーカーのセッティングと部屋の響きの操作でなんとか解決出来るでしょう。

ビックリさんの場合は、楽器からの直接音たっぷりの指揮者の位置で聴くような再生音を求めておられるから定位にかなりコダワリがあるみたいですけど、個人的には聴衆の立場(間接音の聞こえ方も大事にしたい=曖昧さもOK?)で聴ければ良いかなと考えておりますョ。

クオードは57ですと2ウェイでしたっけ。63は疑似球面波を発生しますが遅延回路を用いたものですよね。(振動幕に塗布された磁性体が次第に剥がれて音が小さくなっていくんですよね〜)
当方はマーチンローガンCLSを予定していまして、磁性体はコーティングでなく打ち込みなんですが、コレも長年使うとくたびれるみたいです。

272: RW-2 :2010/01/23(土) 11:07:12 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp どうも皆様、勘違いしておられるようだす。定位と音像の大小は違うパラメー
ターでやんす。それに定位は100Hz以下であっても感知できまっせ。3D方式や
スーパーウーハーであればローパス50Hz位に設定しないと定位は定まりません。

またフルレンジが一番定位が良いというのも短絡した考えで、内周(ボイスコイル)
付近から外周(エッジ付近)に向かっては同相で振動せず周波数によって複雑に
位相が変化しやす。打ち消し合い増長し合ってノコギリ刃のような特性になるわけ
でやんす。もっともフルレンジ一発では高低域が出ませんのでHi−Fi的定位と
いう土俵に上がるのは困難でしょね。

それでもフルレンジの聴感上の優位性はあるんですね。レンジ的にはマルチには
敵いませんが、反応の速さ、中低域のヌケの良さ、屈託の無さ等々。ガサついて
紙臭いのは仕方ありやせんが、なんでも美音に仕上げるよりは人間味のある音が
する場合も多いのだす。

273: 551 :2010/01/23(土) 15:08:41 HOST:pc20013.amigo2.ne.jp RW-2様
フルレンジの聴きやすさは、たとえ位相がズレていても上から下までを同じ振動板が受け持っているところから来るのだと思います。本当の意味で「定位がいい」というのがどういうことかは難しいですね。上から下までバラバラに聞こえない安心感というのが、同軸やフルレンジの美点でしょうか。

>フルレンジ一発では高低域が出ませんので
確かにどんなフルレンジユニットももマルチウェイにはかなわないでしょうけど、フルレンジも様々で、LowtherやAxiom 80などはアルテックA7よりも上は伸びている感じがします。下の方は確かに薄いですが… まあ、どこで妥協するかってことじゃないでしょうか。私ならレンジを犠牲にし、一体感を取ります(というかモノがいいと思ってます、時代遅れですが一番安心です)。

ジークフリート様
マーチンローガンを845パラプッシュあたりで鳴らしたらどんな音になるかぜひとも聴いてみたいものです!(すみません、私も2階席派でなくカブリツキ派です。)

274: 世直し奉行 :2010/01/23(土) 20:08:38 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 定位が良いのは、A5、A7、ハーツフィールドとタンイGRF&コーナーヨークあたりでは???

多分・・・

275: 世直し奉行 :2010/01/23(土) 20:36:16 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者、本日小馬鹿?にしていたアキュフェーズ(約30年昔C240の無味無臭な生気の無い音?に失望?)のC200を中古でGET!しました。
37年前の機器ながら、C200Vより立派?な音でした。矢張りこの時代のオーディオは平均値が高かった様に感じる次第!
15吋REDでJAZZが、鳴りました、聴けました!?
因みに、パワーAMPはU-BROS16です。

C200はパクリ(C28)の名品です。造りは本家より立派!

276: RW-2 :2010/01/23(土) 23:20:43 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp C200もいっとう最初が良かったっすね。サフィックスが付いた改良機はなぜか
好みに合いやせんでした。女房も新しければ良いというわけぢゃないようで(だはは)

277: ジークフリート :2010/01/24(日) 09:47:17 HOST:wb56proxy12.ezweb.ne.jp 間接音の聞こえ方も大事にしたい = 二階席派?・・・認識の相違でしょうか。
例えばアンプを使わないジャズベースとかを至近距離で聴いても、私の耳には壁の方向から音が聞こえる場合もあります。
当方ジャズファンですが、楽器からの直接音だけが飛んで来るような録音や装置ですと、生々しさも気配も無く、渇きを感じてしまいます。

278: MT :2010/01/24(日) 10:10:34 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp 昨年末からマーラーの9番からジャズボーカルも録音していますが、
直接音だけではなくホールや会場の響きも含めてマイクをセットします。

その事も踏まえて再生機器も調整しています。

279: ビックリマスダ :2010/01/25(月) 08:40:52 HOST:p3190-ipad201niho.hiroshima.ocn.ne.jp ジークフリートさん、定位を気にするのは、定位の悪いスピーカーも有るからなんです、
聴き方でホール二階席がお好きな方でも定位の悪いスピーカーだと違和感を感じますよ。
モノのバイオリン独奏の曲で一人の奏者が二人に成るスピーカーも有りますから・・・
それやチェロの独奏のCDとかだと音域が広いので、それらの重音が同じ位置から聴こえる事が
大切と思ってます。昨日チョン・ミュンフン・・バスティーユのCD3枚連続で聴きましたー。

280: ビックリマスダ :2010/01/25(月) 09:43:12 HOST:p3190-ipad201niho.hiroshima.ocn.ne.jp マーチンローガンは大阪の知り合い宅で聴きました、最近聴いたクオードの大型は
欲しく成りましたよ・・・独特の表現力ですね平面スピーカーって?

281: ジークフリート :2010/01/25(月) 12:42:01 HOST:wb56proxy19.ezweb.ne.jp ビックリさんが聴かれたマーチンローガンは如何でしたか?ウーハー付きですかね?(ボロクソに書いても大丈夫ですョ)

当方はCLSを3台聴きましたが、初期型と最終型では元々別物ですし、年数が経ったものは草臥れて「幕」っぽい音が出やすくなっています。

ビックリさんのような?大音量派には不向きでしょう?

282: 551 :2010/01/25(月) 12:46:43 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp >定位の悪いスピーカーも有るからなんです
こんなことを言うと語弊があるかもしれませんが、3ウェイのブックシェルフはほとんど定位が悪いような気がします。皆が「名機」と呼ぶヤマハNS-1000Mを、学生の頃、親父との賭けに勝ってせしめました。部屋は6畳でスピーカーとの距離が取れず、すべてがバラバラに聞こえる状態でした。そんな状態では感動もありませんでしたが、自分自身に「これは良いスピーカーなんだ!」と言い聞かせておりました。しかし、ある時、秋葉原のあるお店でタンノイのGRFメモリーをデッカMark Vで聴かせてもらった時、たまっていた無意識の不満がすべて爆発してしまいました。それから、クォードESL63も別の場所でじっくり聴く機会を得ましたが、定位はもちろんのこと、音のナマナマしさに参ってしまいました。これが今でもトラウマになっているみたいで、どうしても「ナマナマしい音」を求めてしまいます。もちろん、間接音を無視している訳ではないです。

「二階席派」という言い方についても:クラシックの場合、ツウは皆二回席を選びます。ストラディヴァリなどの良さは二階席で始めてわかりますから。一流芸能人でやっているような距離では楽器の差はほとんどわかりません。私の場合、自分で楽器をやってますので、オーケストラの指揮者かそれよりも近い「カブリツキ」を好む訳です。誰がどんな演奏をしているかチェックしたいし。ただ、その場合でも、間接音は当然無視出来ません。

283: 世直し奉行 :2010/01/25(月) 13:28:26 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者も四半世紀昔、クォードESLを愛用していました。

弦楽四重奏や女性VO,は絶品(生々しさも含む)でした。定位も◎

知人がESLをスタックス仕様にする為、譲渡しました。

若気の至りとは故、勿体ない事をしでかしたと後悔しております。
名器です!

284: SATIN :2010/01/25(月) 14:09:41 HOST:br1031.jig.jp >>135
訂正

復刻版もコルゲーション有りでした。

285: ビックリマスダ :2010/01/25(月) 14:16:47 HOST:p3190-ipad201niho.hiroshima.ocn.ne.jp >ビックリさんのような?大音量派には不向きでしょう?
へへへーやっぱそう見えますか?見えるだろーなー?でも流石に夜中は小さい音量でも
聴きますよ・・・二階席も有りカブリツキ?も有りです、どちらも聴けるオーディオが理想としてます。
チェロの無伴奏なんか二階席で聴きたい人は居ないと思います、そのつどソフトの編成とか、その日の気分よね?
私が聴いたマーチンはオーナーが私もビックリの爆音でしたので、評価の使用が無いです、音像がバカデカイ感じでした、
でもオーナーはお気に入りなのだから良いのですけどね、クオードの最新の大型のは良かったですよ。

286: MT :2010/01/25(月) 14:21:44 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp 古い3ウェイのスピーカーはMIDが逆相になっているので
定位も悪いしパルスの再生が苦手です。

最近の3ウェイはほぼ正相接続が多いです。

287: ビックリマスダ :2010/01/25(月) 17:18:30 HOST:p3190-ipad201niho.hiroshima.ocn.ne.jp 551 さん、良い音ってねー、近くで聴いても良いのですよ、なにも二階から聴かなくても・・・
大きなホールって物は採算性を考えて沢山のお客を入れられるってーのが目的で、音質を
考えれば1000人も入れば、それでも大きいホールだと思いますよ。

288: 551 :2010/01/25(月) 18:53:30 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp ビックリマスダさん「二階」というのは喩えで「離れた場所」というほどの意味です。
クラシックにしろ、ジャズにしろ、かなり近くで聴きたい人とちょっと遠くで聴きたい人が分かれる
ような… この違いはオーディオの好みとも重なっているようでちょっと面白い… と、そう思い
ます。

289: 世直し奉行 :2010/01/25(月) 23:24:35 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者はJAZZfanゆえ、ライブハウスでのスモールコンボの生演奏はなるべく近くで聴きます。
JAZZコンサートは会場の中央でかなり前席を確保。

JAZZ喫茶では何処でも構いません。JAZZがそれなりに鳴っていれば良しかな?

クラシックは片手ぐらいの鑑賞経験、できれば会場の中央のやや前が好みです。映画鑑賞も同様。

290: ジークフリート :2010/01/26(火) 01:20:51 HOST:wb56proxy18.ezweb.ne.jp 誰でも知っている(というほどでもないかもしれませんが)「カインド・オブ・ブルー」なんかは、幾らか距離をおいた録音になってますから、フツーなら聴き手の好みに係わらず(否応なく?)距離をおいた聴き方になると思いますが、オーディオなんてのはどうにでもなりますから、もしかするとあれを歪曲してカブリツキの雰囲気で聴いている方もおられるかもしれませんね〜。

291: 世直し奉行 :2010/01/26(火) 01:45:05 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者は『〇〇ミュージック』ではカブリツキ専門。役毒?で無料(業界語ではアオタ)也。仕事の休憩時間のドサクサに目の保養に努め鋭気を養いました。
仕事の効率UP、生産性が上がったのは云わずもなが?

園まりの「なんでもないわ」♪がBGMで良く使われてオリマシタ。
私が黙ってウツムクと♪どうかシテルト訊く貴方♪中略♪ホラ「何でもないわ」♪

292: 世直し奉行 :2010/01/26(火) 01:53:58 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 「カインド・オブ・ブルー」聴?名盤です!

293: 551 :2010/01/26(火) 02:18:01 HOST:pc20144.amigo2.ne.jp 理想は、60畳ぐらいのサロンを持っており、そこへ演奏家を招き、やや後方で聴く感じ。ギターや古楽みたいに音が小さい場合は、40畳ぐらいのサロンで、やはりやや後方で聴く感じ。

でも、私はヴァイオリン族、ヴィオル族、フルート、オーボエ属、バスーン、太鼓などの楽器が好きなので、キーがカチャカチャ鳴るのが聞こえたり、指使いが見えたりする位置もいいです。音の再生だけじゃなくて、演奏の研究も趣味にしておりますので…

そうは言っても、遠近感の再現性は録音にかかっております。プロのリハーサルにつき合うと、近くで聴いたり、遠ざかったり、いろいろ研究出来ていいのですが、ステレオではいくらいじりたおしても、限界があります。

ベルギーのアクサン(Accent)なんていう古楽専門のマイナーレーベルはとんでもないONマイク録音をやっており、モノによってはほとんど間接音無視で、能率の低いクォードESL63でモニターしておりました。今でもそのレーベルが存在するかどうか知りませんが、そういう録音をアルテックA7で再生すると、とんでもないことになってしまいます。

ヤマハNS-1000Mはガラスが割れる音とか、チャイコフスキーの大砲の音とか得意ですが、ある時、子猫がミルクを飲む効果音をかけて、ぶったまげました。恐竜とまでは行かないにしろカバかクマが水が飲んでいるように聞こえました。どんなに音量をしぼっても、親猫のサイズにすらなりませんでした。同様の理由で、クラヴィコードなんていうとてつもなく小さい音を出す鍵盤楽器もスチール弦をポリアセタールの爪ではじく現代チェンバロの様に聞こえてしまいます。

私はないものねだりなので、ストラディヴァリとガルネリとアマティが、裸のガット弦と銀巻き線とスチール弦が、ヘッケル式とフランス式のバスーンの差が、ルイ・ロットのフルートとヤマハやムラマツが、ある程度区別出来るような録音と再生を望んでしまいますが、子猫のミルクや蚊の羽音の再生が無理なら、こういったことを望むのはやはり無理なのでしょうか? せいぜい、クラリネットとオーボエ、チェロとヴィオラ・ダ・ガンバが区別出来ればよしとすべきなのでしょうか?

294: 世直し奉行 :2010/01/26(火) 03:54:55 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者は「ガラスの割れる音」や「立ち〇便の音」&SLの音は如何でも良し。
レコードがせいぜい普通の音でSPからでればOK!似非オーディオ?

所謂、らしくDE十分・充分。気色悪い音は寒イボ(鳥肌?)がでます。
あるものねだりです。  おやすみ・・・

295: ビックリマスダ :2010/01/26(火) 10:50:35 HOST:p5179-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp 551さん、書かれてた事からの私の受けた感じとは、可也違いました、私の聴くスタイルと、ほぼ同じと見受けます。
私の場合、室内楽などは100畳程度の部屋の感覚ですチェロやバイオリンの独奏だと、その程度の空間の部屋で4―5m前方
オペラは小規模ホールの二階席って感じです、ソフトの録音位置も考えます。
>ヘッケル式とフランス式のバスーン・・・なかなかフランス式は聴けませんが、面白い音ですよね?
>クラリネットとオーボエ、チェロとヴィオラ・ダ・ガンバが区別出来ればよしとすべきなのでしょうか?
・・・これはミニコンポでも解ると思うけど?

296: 551 :2010/01/26(火) 12:05:21 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp ビックリマスダさん、私はクラシックファン(ジャズが嫌いな訳じゃないです)で楽器マニアです。音楽鑑賞の時は常識的な距離で、演奏テクニックを分析する時はカブリツキで、というのが基本です。また、オールド・ヴァイオリンなどを実際に聴く時は、出来る限り離れて「音の到達度」も聴いてみたいという欲張りです。一般のクラシックファンの仲間入りがなかなか出来ないのは、例えばチェロだとフォイアーマン、マレシャル、カザルスといった所が大好きで、ロストロポビッチ、ジャクリーヌ・デュ・プレ、シュタルケルぐらいになると「自分にはちょっと新し過ぎる」と感じてしまうから、です(聴くことは聴きますが)。一番好きな楽器はヴィオラ・ダモーレですが、古楽器系になると本当の名手がいないのが残念です。なので、代わりにウィリアム・プリムローズのヴィオラなどをよく聴きます。オーケストラや宗教曲やピアノはほとんど聴かず、オペラは全く聴きません。ヴァイオリンはジャック・ティボー、エネスコ、クライスラーとかその他古いマイナー中のマイナーが好きです。そういったソースはモノで聴きますが(モノでしか聴けませんが)、新しい?器楽曲やヴォーカルはAxiom 80で十分です。オーボエとクラリネットは、同時に鳴った場合、定位が悪く解像度の低いスピーカーでは区別しにくいことが多々あります。チェロとガンバは同時に鳴ることがまずないので安心です。

297: ビックリマスダ :2010/01/26(火) 16:02:44 HOST:p5179-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp 551さん、なかなかお詳しいですね、感心いたしました・・・
私も最近はヴィオールとかピリオド楽器とか、昔の時代の曲を好んでいます。
チェロはウルニエとかは如何ですか?私は一番好きです、バイオリンきグリュミオー。
しかし楽器マニアって始めて聴きましたよ・・・ヴィオラ・ダモーレは私も愛聴盤はLPで
一枚しか無いです。

298: ビックリマスダ :2010/01/26(火) 16:08:20 HOST:p5179-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp ごめんチェロはフルニエです打ち間違い・・・

299: 551 :2010/01/26(火) 16:48:39 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp フルニエはいいですよ! バッハの無伴奏ならカザルスはさすが古過ぎます(録音はいいです)が、シュタルケルなんかも聴けると思っております。フルニエならシューベルトの『アルペジオーネソナタ』が好きですが、ロストロポヴィッチのもいいですよ(極めつけはフォイアーマンですが、古過ぎ)。ドヴォルザークの協奏曲なら(カザルス!と言いたいところですが、押さえて)ジャクリーヌ・デュ・プレ!感動的です。

古楽ならアネール(アンナ?)ビルスマとかヤープ・リンデンとかにがんばってもらいたかったのですが、フルニエのレベルには達しておりません。そういう時、私は代わりにジョルディ・サヴァールのガンバを聴くことにしております。バロックヴァイオリンもあまりいい演奏がないですが、フランツ・ヨゼフ・マイヤーというドイツ人の『ロザリーソナタ』は一聴の価値ありです。

モダンヴァイオリンなら、ぜひぜひ渡辺茂夫を聴いてみてください! モノラルですが、時代が新しい(1960年代)のでかなり普通にハイファイです。とにかく凄いヴァイオリニストです。タンノイで聴いたらノックアウトものですよ。唯一の問題は、この人の音を聴いてしまうと、新しいところではもう他は聴けないほどショックを受けてしまうかもしれないこと、です。ここに最高の音楽あり!という感じです。あのハイフェッツが茂夫少年のことを「100年に一度の天才」と呼んだほどですから。

古楽は昔大好きで、バロックフルート(トラヴェルソ)、バロックオーボエ、バロックヴァイオリンをやってました。今はヴィオラ・ダモーレが何とかうまく鳴らないか模索中です。「楽器マニア」というのは結構いますよ。ギターのコレクターがいるように、フルートのコレクター、ヴァイオリンのコレクター等がおり、ほとんどみんなオーディオマニアより悲惨な道を歩んでおります。楽器とオーディオの両方のマニアというのは少ないかもしれませんが…

300: ビックリマスダ :2010/01/26(火) 18:01:42 HOST:p5179-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp 渡辺茂夫そんなに素晴らしいのですか、探してみますね。
楽器のコレクターって、居るのですねー?

301: JBL :2010/01/26(火) 18:05:50 HOST:p4140-ipad11kanazawa.ishikawa.ocn.ne.jp 551さん、なかなかお詳しいですね、私も感心いたしました・・・
と同時にオーディオには多彩な聞き方があるものだな〜と関心しています。

実は私は最近になってモノラルに関心が高まってきました。音ではなく、素晴しい演奏はステレオ、モノラルに関係なく素晴しいですね。

また、楽器にお詳しいようですが、近頃ではルイロット(ルイロー)のフルートを吹く方はあまりいらっしゃらないようです。最近の楽器に比べて音程に問題があり、なにせ楽器が古いので構造上完璧にメンテナンスされているものが殆んど無いようです。

302: ビックリマスダ :2010/01/26(火) 18:10:09 HOST:p5179-ipad03niho.hiroshima.ocn.ne.jp バンドネオンも凄くないですか?テレビで少し見たのですけど、ほとんど全てが
オーストリー製だったか?がアルゼンチン・タンゴのメイン楽器で使われてますけど
新製品は作れる所が無く昔の楽器しか無いとか?

303: 551 :2010/01/26(火) 20:11:20 HOST:pc20144.amigo2.ne.jp JBLさん、ルイ・ロットをご存知とはなかなかのフルート通ですね。古い物は作られたのが今から約150年前ですから、あちこち痛んでいたり、改造されていたりで大変です。プロがルイ・ロットでコンサートをする場合、一曲ごとに調整が必要なんて話もあるぐらいです。それと、このブランドの楽器は正体不明の深さをもっておりますので、吹いていると虜になりますが、聴いている人にまではなかなかそれがわからず、諦めてしまう人もずいぶんいるとか… もちろん、音程も音響学的な見直しが行われる前の産物ですから、他の楽器と合わせるのが大変です。

私はモノラルで弦楽器を主に聴いております。フルートもオーボエも大好きですが、なかなかこれという演奏に出会いません。この前"Clarinet Historical Recordings, Vol. 1"というCDを入手し、なかなかの演奏ぶりに感心しております。その中でベニー・グッドマンはジャズで有名ですが、クラシックもすばらしいです。それと、このCDの中で一番古い録音は何と1898年です。さすがに原盤は痛み放題で、雑音だらけですが、録音が悪いとは言えない感じです。

フルートだとエヌバン(エネバン)とかモイーズとかを時々、聴きます。

304: Shino :2010/01/26(火) 20:57:41 HOST:adsl-1412.ehm.enjoy.ne.jp 551さん
なぜ、わざわざ日本のSPを聴いて、文句を垂れるのですか?

305: JBL :2010/01/26(火) 22:14:08 HOST:p3078-ipad02kanazawa.ishikawa.ocn.ne.jp 551さん
モイーズは現在でも基本中の基本なのですよ。

306: 世直し奉行 :2010/01/26(火) 22:23:18 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 薀蓄(講釈)がご趣味?かなりの使い手、只者ではあるまい!

“脳軟化症”末期の拙者には、馬耳東風?シャッパリわかりまへんで候。

演歌だと「ちあきなおみ」とか、魔がさせば?テレサ10‥時々、鑑賞?する也。

307: JBL :2010/01/26(火) 22:40:58 HOST:p3078-ipad02kanazawa.ishikawa.ocn.ne.jp ルイロットを基本にしてアメリカで製作されるようになったのがヘインズなのです。
ヘインズから枝分かれしたのが、パウエルやブランネンやシェリダンなのです。
ヘインズは音程の難を除けば甘い音色で素晴しいフルートです。パウエルはヘインズよりも精巧な作りで音色は上品で明るいです。
しかし、現在最も高価なのはブランネンでしょう。パウエルの上品さに力強さがプラスされて現在では最高の楽器だと言う方もいらっしゃいます。

308: 551 :2010/01/26(火) 23:56:25 HOST:pc20144.amigo2.ne.jp >世直し奉行様
いつも長々と書いてすみません。なるべく短く書こうとしておるのですが。不備な点、お許しください。

>Shinoさん
おっしゃることがよくわかりません。ヤマハNS-1000Mは、それしかなかったので聴いておりました。ブックシェルフ3ウェイに関しては「定位が悪いものが多い」と言っただけです。いいのもあるはずです。日本のSPには良いものもたくさんあります。フォステクスなどはコストパーフォーマンス世界一かもしれません。昔のダイアトーンやパイオニアのユニットもよく出来ております。

>JBLさん
ランパルもニコレもグラーフもラリューもよく聴きましたが、基本中の基本であるモイーズは自伝も読み、立派な人格者だと尊敬しておりますが、演奏はちょっと苦手です。私の知人の一人はルイ・ロットを所有しながらヘインズを吹いているし、知人のプロの方はルイ・ロットを休ませブランネンを吹いておられます。有名なA大先生も最近ハンミッヒでバッハのソナタを吹き込まれました。時代は変わって行くのだと思います。私はその昔、懐かしいサクライを使っておりました。

309: 551 :2010/01/27(水) 00:12:00 HOST:pc20144.amigo2.ne.jp >世直し奉行様
私だってモノラル時代の「みそらひばり」と「やまぐちよしこ」と「たかみねみえこ」は大正時代のラッパと送信管でせっせと聴いております! さっきも聴いておりました。

310: 世直し奉行 :2010/01/27(水) 00:50:36 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 高尚なご趣味で・・・

拙者は「OPUS DE JAZZ」♪を聴きながら、懐古録を拝見してます。

拝見中はCDでパラゴンです。程々で鳴っております。(小音量)

311: くろねき :2010/01/27(水) 01:54:23 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。


ブックシェルフ3ウェイの定位で思い出したのですが、
その昔よくあった配置の3ウェイってあるじゃないですか。
今でもシステムコンポで見かけたりしますが、
ウーファーが下にあって、スコーカーが中央の左より、
トゥイーターが右上、みたいな。

ご存知の方もおいででしょうが、あの配置は1950年代に、
オーケストラにおける各音域の楽器配置を参考にして、
モノラル再生の際にオーケストラがより自然な定位に聴こえるように
考えられた配置であるというのを、古いオーディオ解説本で読んだことがあります。


その後、こういう配置のものでも左右一組で対称配置のものが登場し、
センモニのような片寄せ配置が登場し、現在ではインライン配置が主流になり、
ユニットの取り付けを工夫して位相整合をかけたりするようになったのは、
ステレオ再生に対応していった過程なのではないでしょうか?

312: JBL :2010/01/27(水) 08:57:51 HOST:p4052-ipad08kanazawa.ishikawa.ocn.ne.jp 551さん
>モイーズは自伝も読み、立派な人格者だと尊敬しておりますが、演奏はちょっと苦手です

演奏よりも教本がまた素晴しいです。現在どの生徒、どの先生も使っています。

313: 551 :2010/01/27(水) 10:32:34 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp JBLさん
私はその教則本というやつで苦労したので「モイーズの演奏は苦手」発言になったのかもしれません。今度からはちゃんと聴いてみます。古いフルーティストではル・ロワなんかがいいかなと思います。それにしても、JBLさんは本当にフルートがお好きなんですね。パユとかお聴きになるのですか? 私は新しいところではMatt Molloyなんていうアイリッシュフルート吹きも好きです。笛全般だとバロックもルネッサンスも中世も、横笛も、縦笛も、パンフルートもゲムスホルンも縦笛も尺八もほとんどすべて好きです。ルネ・クレマンシックの『古笛の響き』(Rene Clemancic et ses flutes)というCDは名盤中の名盤だと思っております。オーディオ的にもかなりの優秀録音です。ワンポイント録音でドラムの響きがすばらしいです。(日本では絶版になっており、プレミア価格がついておりますが、アマゾン・フランスでなら15ユーロ+送料で買えます。)

314: JBL :2010/01/28(木) 22:37:15 HOST:p1014-ipad11kanazawa.ishikawa.ocn.ne.jp 551さん
モイーズ著のソノリテやエチュードなんか本当に良く考えて書かれていますね。
脱帽です。

>パユとかお聴きになるのですか?

パユのソロCDはありませんが、ベルリンフイルのDVDなら10枚程あります。

315: ディラン :2010/01/29(金) 18:15:00 HOST:FLH1Ace212.kyt.mesh.ad.jp 3WAY,4WAYのスピーカーの左右は決まっているんでしょうかね?
ツウィーターが中央寄りか外側寄りか?
最近のSPはセンターにユニットが並んでおります。JBLランサー101なんかは
ドライバーは外側にして居られるのか内側か?
部屋の状況に拠るんでしょうかね?
SPを内向きに振るのは良く見ますが外向きに振っておられるのは見たことが無いんですが
外に振ったほうが定位が決まると言われる方もいらっしゃいます。
ツウィーターは外側が正しいんでしょうか?カタログには内側が多いですね。

316: くろねき :2010/01/29(金) 20:00:46 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。


☆ディランさん☆

こんばんは。L・Rの指定があるのであれば、メーカー標準はそれなんでしょうけどね。

そういえば、最近はインフィニティやNHTなどの製品にあるような、
サイドウーファーのスピーカーというのもありますね。
両側にある場合もありますが片側であることが多く、
その場合内向きにするか外向きにするかで、音に違いが出るようですね。

317: ジークフリート :2010/01/29(金) 21:22:55 HOST:wb56proxy07.ezweb.ne.jp ランサー101は、左右非対象です。

318: ディラン :2010/01/29(金) 22:08:38 HOST:FLH1Ace212.kyt.mesh.ad.jp 迷機?ALTEC0962はLRペアーですので今までツウィーターを内側に
しておりましたが今日外側にした所思いも因らず定位、奥行きがしっかりしました。以外でした。
部屋の問題も有るでしょうが壁から離して内向きにも外向きにもせず並行にセットして4−5m付近で聴いておりますと丁度良い塩梅です。
遣ってみるもんですね。
CDPの電源コードWEで完成。此れで全てのケーブルはWEの手作りで統一、自己満足しております。

319: ディラン :2010/01/29(金) 22:27:17 HOST:FLH1Ace212.kyt.mesh.ad.jp ALTEC0962→ALTEC9862.失礼しました。

320: ジークフリート :2010/01/31(日) 09:37:51 HOST:wb56proxy04.ezweb.ne.jp 電源ケーブルには全くこだわっておりませんが、インターコネクトが本日やっと統一できる運びになりました。
ケーブルに名機無し!(しかし標準とか基準みたいなものはあるかも)

321: ディラン :2010/01/31(日) 21:16:10 HOST:FLH1Adl055.kyt.mesh.ad.jp ジークフリートさん今晩は。
電源ケーブルに名機無し。仰せの通り!
しかし、此れほど線材、組み合わせで音が変るとは?
LPプレーヤーのメンテしてます。序でに気に為っていたキャビネットも依頼。
オーディオは金食い虫。

322: 551 :2010/02/01(月) 08:21:52 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp 日曜日に名古屋の某オーディオショップで211シングルドライブのアルテックA4を聴いて来ました。どえりゃースピーカーですが、名機です!

323: ビックリマスダ :2010/02/01(月) 11:29:56 HOST:p5087-ipad11niho.hiroshima.ocn.ne.jp 211シングルドライブのアルテックA4・・・スコ゜そうですねー。

324: 551 :2010/02/01(月) 11:44:00 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp 店の雑踏の中で鳴っていてもスゴい可能性を感じますが、残念ながら、買えません(涙)、置けませ
ん(涙) スピーカーも高いですが、入れ物(部屋)はもっと高いですから。

325: ビックリマスダ :2010/02/01(月) 12:12:47 HOST:p5087-ipad11niho.hiroshima.ocn.ne.jp 何と言ってもデカすぎますよね?20畳程度の部屋でも鳴らせるのかなー?
あれこそ映画館専用って感じだけど・・・

326: 551 :2010/02/01(月) 12:43:38 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp 20畳じゃほとんどムリかと思われます。最低30畳、出来れば60畳というところかと思います。
20畳ぐらいだと置けることは置けても、良い音は出してくれないかもしれません。
A5ですらフツーの人から見たら映画館専用でしょうから、A4となると… こんなスピーカーを
褒めると非現実的とそしられますので、インフィニティのインフィニテシマル初代と2代目は
名機です! あれぞ本当のリボントゥイーターの音です(スケールダウンしてすみません)。

327: ジークフリート :2010/02/01(月) 12:52:36 HOST:wb56proxy14.ezweb.ne.jp 日本のオーディオマニアてのは、立派さや凄さに憧れがちみたいですね〜。
確かに、スゴい音は出るでしょうが、そんなもん追求してもキリがないし、「それで?」と思う時が来るんじゃないでしょうかね。

328: JBL :2010/02/01(月) 13:33:57 HOST:p2038-ipad08kanazawa.ishikawa.ocn.ne.jp 20畳の部屋で不満タラタラの人。4〜5万円のラジカセで音楽を聞き、涙を流している人。

どちらが幸せ?

329: 551 :2010/02/01(月) 13:41:44 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp JBLさんに激しく同感です。

オーラトーン5CとかロジャースLS3/5Aとかウエスタン100Fをメインにしている人を心から尊敬してしまいます! なぜって、弱い私には出来ないから、です。

330: 世直し奉行 :2010/02/01(月) 14:08:02 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp ↑拙者、ロジャースLS3/5Aを初めて視聴したのは、30数年前にSONY系のオーディオ専門店でした。
確かに、立派な音でした・・・が、鳴らしているAMPも超高額なものでした。
SPの立派な価格と能率そして異質な?ウーハ-コーンをも鑑み、即!選外!!に・・・その後オーラトーン5CをGET!

今でも、賢者?の選択!だったかと・・・・

331: 551 :2010/02/01(月) 14:17:21 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp 私は愚者の選択でLS5/9を手放してしまいました(くすん)
オーラトーンの5Cはいろいろな場面で活躍してくれます!

332: 世直し奉行 :2010/02/01(月) 14:22:42 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp ↑只者ではありません、デキル・・・・・

333: 551 :2010/02/01(月) 17:13:21 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp お奉行様、すみません、今日は仕事がちょっとヒマでしたので、またちょっと長く書かせていただきます…

ここは真空管で音楽を聴いておられる方が多いと思います。私もその一人ですが、1960年代初め頃、最初にトランジスターアンプを出したメーカーはすごく勇気が要ったと思います。当時、マランツやマッキンは真空管の名機を作っていたので、トランジスターに対しては保守的だったと言われております。最初にトランジスターの名機を出したのがJBLということらしいです。(以上、すべて瀬川大先生による解説のまとめ)

日本はと言うと、その後少し遅れて、ラックスやデンオンがトランジスターアンプを出し始めたらしいです。さて、そこで、多くの人達が「トランジスターなんてダメだ」と思っていたこの時代に「トランジスターだって良いもんだよ!」と勇気をもって世に出され、なおかつ、真空管世代に認められたアンプは名機、少なくとも歴史的名機の名にふさわしい、と言えるのではないでしょうか?

例えば、ラックスのL-505VとかデンオンのPMA-700なんて、どうでしょう? 私はベストコンディションにある個体の音を聴いたことがありませんが、「1970年代の日本のトランジスターアンプの音が一番よかったんだ」という説もあります。

334: ビックリマスダ :2010/02/01(月) 17:45:43 HOST:p5087-ipad11niho.hiroshima.ocn.ne.jp JBLさん、それってどちらも不幸せかも?

335: 世直し奉行 :2010/02/01(月) 17:47:36 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 拙者、金は無いが、暇は有る!

佇まいはさて置き、パイオニアCZ−1、MZ−1の音は良かったと記憶する
打倒!?レビンソン!?

336: ジークフリート :2010/02/01(月) 17:48:54 HOST:wb56proxy15.ezweb.ne.jp JBLでアンプを作ったのは天才バート・ロカンシー氏ですが、ちょうどJBLはシステマチックの時代で、当初のパワーアンプなんかはスピーカー組み込み用でしたから、トランジスタの方が都合が良かったんですョ。
それにJBLは会社のイメージ作りに特に力を入れていましたから、革新的なものでないと駄目だったのでしょう。

337: ジークフリート :2010/02/01(月) 17:53:38 HOST:wb56proxy15.ezweb.ne.jp 日本のトランジスタアンプは重さで勝負か?
電源の重さならいいけど、入れものだったりね。

338: 神々のたそがれ :2010/02/01(月) 18:00:18 HOST:FLA1Aaw136.myg.mesh.ad.jp ラジカセしか知らない不幸せ、大型システムを知ってしまった不幸せ??

551さん
日本のトランジスタアンプの先駆けに日幸電機を忘れてはならないと思います。

339: MT :2010/02/01(月) 18:04:33 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp 日本で本格的なトランジスタアンプを製作したのはソニーでしょうか。
自社のトランジスタ製品への宣伝もあったでしょう。
コンデンサーマイクからアンプ、スピーカーまで力の入った製品がありました。
今でも録音に古いソニーのマイク(C37P,C47,C38B等)を使用しています。

アンプは電源と回路とシャーシですね。

340: 551 :2010/02/01(月) 20:38:58 HOST:pc20250.amigo2.ne.jp この種のアンプは整備済みでも安いので、1つ試してみます。デンオンはトランジスターらしい音、ラックスは真空管に近い音と勝手にイメージしておるのですが。神々のたそがれ様、日幸電機という名前は初めて聞きます。ちょっと調べてみます。MT様、古いソニーのマイクで録音なんてなかなかですね! 私は遊びですが、また、そんなに古くはないですが、カセットデンスケを愛用しております。

この前eBayで面白いアンプをみつけたのですが、これはどういう素性のもんでしょう?

cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=320480670223&ssPageName=STRK:MEWAX:IT#ht_7871wt_1247

ルボックスの真空管アンプです。なんだかすばらしいデザインに見えます。サイズにもよりますが…

341: MT :2010/02/01(月) 20:54:09 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp ニッコーのアンプは地元のオーディオショップが沢山売りました。
真面目な設計のアンプで、M−205というA級アンプは今でも良い音がします。

ソニーのC37P改造やC47改造で色々な音源を撮っていますが、
80人のオケや80人の吹奏楽も4本−6本でほぼ事足ります。
各パートが鮮明に聞こえますし、前後左右の位置やホールのサイズまで判ります。
当時1本10万円20万円というマイクですから
最近の安いマイクでは太刀打ち出来ないですね。

342: RW-2 :2010/02/01(月) 21:09:33 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>日本はと言うと、その後少し遅れて、ラックスやデンオンがトランジスター
アンプを出し始めたらしいです

ソニーだす。ついでトリオ、だす。特にソニーの製品はトランジスタアンプの
方向性を決めやんした。TA-1120は伝説的でしょ。

343: RW-2 :2010/02/01(月) 21:16:42 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp パルジ様
>>」ハ」ツ」フでアンプを作ったのは天才バート・ロカンシー氏ですが・・・

 SA600なんざ中を見てみやんすと国産のサンキュパ程度だす。
 その辺がマランツあたりとはチト違うんですが、某ジャズ喫茶の大将
 あたりのジムラン崇拝が影響してるんでしょか。

344: Shino :2010/02/01(月) 21:16:46 HOST:adsl-247.ehm.enjoy.ne.jp >最初にトランジスターの名機を出したのがJBLということらしいです。(以上、すべて瀬川大先生による解説のまとめ)

アコースティカル、ハドレー

岡俊雄さん、岩崎千秋さんの一時期のリファレンスでした。

345: くろねき :2010/02/01(月) 21:30:38 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp 皆さんこんばんは。


日本のメーカーで最初にソリッドステート・アンプを発表したのは日幸電機
(1962年、第11回日本オーディオ・フェアにて、
日幸電機製作所 会社沿革 www.nikko-el.co.jp/co_guide/history.html)。
この製品は発売時期がわかりませんが、その後ソニー(TA-1120は1964年発売)、
トリオと続くんでしょうか。

ラックスは慎重派で後発になったようですね。
「オーディオの足跡」さんで見たところでは、
テクニクスや東芝がラックスと同時期だったような。


日幸電機といえば、今でも真空管アンプのサーキットブレーカーとして
同社の製品が使われているようですが、1952年に商品化された
FMサーキットブレーカーがあってこその製品化だったのではないでしょうか。
現在はブレーカーやサーキット・プロテクターの専門メーカーであり、
日本の各電力会社やJR、NHK、旧建設省に納入実績があるようです。

ちなみに、オールICアンプ(ただしパワー部を除く)を製品化したのは
日幸電機が世界最初だったようです。

 NIKKO プリメインアンプTRM-50の仕様(オーディオの足跡)
 www.audio-heritage.jp/NIKKO/amp/trm-50.html
 1969年9月発売、37,600円。

346: ジークフリート :2010/02/01(月) 21:39:28 HOST:wb56proxy13.ezweb.ne.jp RW−2さん。天才も神様じゃありませんから・・・ランサロイエッヂにしてもホーンレンズにしても、なんでこんなもんを?てな感じですが、傍から見るにゃ面白いじゃないですか。

当方は、中堅でも天才でもなく、ホモ達のアンプを選びました。

347: RW-2 :2010/02/01(月) 21:43:46 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp 大昔のTRアンプはなかなか良いんでっせ〜。
まずリレーが入っていない。電源入れるとボソッ。断っても球アンプのように
次第に音が消えていく。ケミコンの容量にて遅延タイム決まりやんすが。
電源も±電源ぢゃありませんしね。単純なので素子の性格丸出しだす。

実は今聴いても生き生きと鳴りやんす。特に高能率なユニットにゃグンバツな
相性だすよ。国産でもJBLよりイイ音出すアンプはあるんですよ。

348: RW-2 :2010/02/01(月) 21:52:41 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp ニッコーが最初にTRアンプを発表といっても市販されてウケたのは圧倒的に
ソニーだすね。当時はレコード店、学校音楽室、公民館、ほとんど1120
でやんしたよ。価格が高いので一般市民は簡単には買えなかったんだすが。

349: MT :2010/02/01(月) 22:51:50 HOST:PPPpf68.aichi-ip.dti.ne.jp ニッコーは当時の社長の寺田さんがオーディオマニアで専門誌にも投稿していました。
その時に製作したアンプです。
販売網も狭いし本業ではなかったですので知る人ぞ知るアンプです。

350: 551 :2010/02/01(月) 23:05:06 HOST:pc20250.amigo2.ne.jp とりあえずは、デンオンのPMA-500とか700あたりで日本製ヴィンテージ・トランジスターアンプ入門と行ってみます。それとも、もっと古い物の方がいいでしょうか? デンオンだと整備品が2万円代で買えるみたいだし。結果がよければ、ソニー1120やニッコーも考えてみます。こういうのでオーラトーン5Cやイニフィニテシマルをドライブしたら、たぶん、良いのではないかとぼんやり思うので… 人によってはこちらの方がレヴィンソンやクレルより良いなんて言いますし…

351: くろねき :2010/02/01(月) 23:53:02 HOST:KD113159118125.ppp-bb.dion.ne.jp >>349 ☆MTさん☆

なるヘソそういう事情があったか・・・
ICにしても自前のものを作っていたようですが、
これもそういう経営者がいてこそだったのかもしれませんね。

352: 神々のたそがれ :2010/02/02(火) 09:35:39 HOST:FLA1Aaw136.myg.mesh.ad.jp 日幸電機製作所のアンプは昭和42年頃にはすでにイコライザー(フォノ、TAPE)
部にはオレンジ色のプラスチックに入った複合素子(IC)が採用されていました
ICの外観はマッキンC26の黄色い複合素子に似ています。
パネルのしっかりしたアルミサッシは、国産他メーカーとは一線を画すくらい
豪華でした。輸出が多かったのでそのせいもあるでしょう

353: 555 :2010/02/02(火) 14:57:27 HOST:220-152-24-222.rev.home.ne.jp 最近 JBL SE400?トランジスターパワーアンプを聞きました
レンジが狭く、薄っぺらい音でした

>324
狭い部屋に無理矢理大型SPを入れても良い結果は出ないでしょうね?
SPより部屋に金を掛けろ?

354: ビックリマスダ :2010/02/02(火) 15:33:08 HOST:p1089-ipad208niho.hiroshima.ocn.ne.jp 6畳の部屋でも15インチを持ち込む位の、意気込みが欲しい・・・

>SPより部屋に金を掛けろ?
同感です・・・

355: 神々のたそがれ :2010/02/02(火) 16:32:33 HOST:FLA1Aaw136.myg.mesh.ad.jp 15インチを持ち込むのは簡単です。費用もある程度ですみます。
部屋にお金をかけられる方は、少ないです。
SE400薄っぺらい音、ツインT型回路は自作アンプの教祖様に通じるものが
あります。そんな音です。
8畳程度の狭い部屋でも38センチWウーハーさえ不可能ではありませんよ!
良い結果は出せます。

356: 551 :2010/02/02(火) 16:39:16 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp どこでもどの機器が良いか議論が戦わされますが、音にとって本当に一番大切なのは:
一、部屋の容量と作り
二、録音
三、スピーカー
ではないでしょうか?でも、スピーカーは換えられても、部屋を換えるのはそう簡単じゃないです。だから、6畳の日本間でウエスタン15Aホーンを聴いている人もいる、と代々木の某ショップの人は褒めて?おりました。

357: 555 :2010/02/02(火) 16:52:53 HOST:220-152-24-222.rev.home.ne.jp >356 6畳の日本間でウエスタン15Aホーン
これは凄い!
1本?
お店の人は売れれば良いのかな?

>354 部屋は広いだけではなく、天井高も必要ですね

358: 551 :2010/02/02(火) 17:25:41 HOST:ntmiex120024.miex.nt.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp その6畳の人は、確か、あの高いステレオサウンドのウエスタンの本だったか、他の雑誌だったかに載っており、1本でした。(2本だと単純に、入らないのではないかと懸念されます。)まさに「ホーンに首を突っ込んで聴く」とはこのことです!

359: 神々のたそがれ :2010/02/02(火) 17:29:13 HOST:FLA1Aaw136.myg.mesh.ad.jp 1、スピーカー箱の容量
2、音楽ソース録音
3、部屋の響きや特性
4、駆動システム
5、使う人の能力
スピーカーは、大きな箱に入れて飼いならしてください。
最近は大きなスピーカーが敬遠されていますが、箱が大きくないと本領を
発揮出来ません。最終的には使う人の能力です。名機を集めても迷器にするのも
能力次第。(売り手の伝説化された名機を除く)

360: ジークフリート :2010/02/02(火) 17:36:11 HOST:wb56proxy04.ezweb.ne.jp 箱無しスピーカーは二番から。

361: 世直し奉行 :2010/02/02(火) 17:46:53 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 555さま、SG520+SE400でパラゴンの初期(2way)から中期(3wayアルニコ)で聴いてください。
アルテックA5、ハーツフィールドはよりBEST!

其れからの話です。音色はプリで決まります。

362: 555 :2010/02/02(火) 18:35:38 HOST:220-152-24-222.rev.home.ne.jp >361 世直し奉行さま パラゴンで聞きましたが
フォノイコ→パワーアンプ
プリを使うと接点が多くなるので、音が濁るかと思います?
#7も同様?

363: 555 :2010/02/02(火) 18:37:56 HOST:220-152-24-222.rev.home.ne.jp >358 15A買ったがドアから部屋に入らなかった人がいます
家を改築するしかありませんね

364: 150−4C :2010/02/02(火) 18:50:46 HOST:KD124214129112.ppp-bb.dion.ne.jp サッシをはずしていれてましたがさすがに劇場用、映画館のスクリーンの裏で全体の画像が近すぎ
て冷静に観れません。しっかり車間距離をとりましょう。

365: 555 :2010/02/02(火) 18:57:59 HOST:220-152-24-222.rev.home.ne.jp 15Aも そうですがパラゴン・ハーツ・A5なども
広い空間が有ってこそ、本領発揮するのではないでしょうか?

366: 世直し奉行 :2010/02/02(火) 19:12:26 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 555さま
接点での音の濁り?極些細なコト、気にする必要は皆無。
因みに、#7の入出端子を金メッキしたところで、50歩51歩?
アンプは回路のノウハウで音が決まる。

拙者のゴミ屋敷では、スピーカーの搬出入時、サッシを外す場合は多々あり。
何せ、足の踏み場、置き場がガラクタで占領され、アルカイダでも侵入不可能な、「ナバロンの要塞」の形相也。

金さえあれば、部屋は何時でも改造可能なり。程度の良い名機は品薄につき、見つけ次第、即!GET!のコト

古い言い伝え「格言」、“オイシイものは、矢の如し”!?弘法、筆を選ぶ・・・

367: SATIN :2010/02/02(火) 19:33:41 HOST:br1031.jig.jp ロータリー接点にはスクワランが効きました、ヘッドホンで聴きながらやって驚いた。
他の復活剤でも効くと思いますがヤケに高いのが多い。

368: センモニフエチ :2010/02/02(火) 19:56:31 HOST:p1183-ipbf310fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp 文部科学省認定趣味のオデオ講座のテキストの中に「スピカの銘記」と言う項目が有り
WEの555、QAUDのESL、グッドマンのアキシオム、RCAのモニタスピカや日本の16cmフルレンジ
及びAR-3aが紹介されていますた。然し、YAMAHA NS-1000Mの登場によりAR-3aは
その座から引き降ろされることでせう。

369: 世直し奉行 :2010/02/02(火) 20:45:57 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 555さま 
365>緊急動議!?之件、実行委員会事務局よりご回答申し上げます。

欲を言えば限ないが、一セットなら本間サイズで8〜10畳で充分也。

これホンマじゃ。但、床の強度、硬度は大事じゃ。壁も準ずる。

370: RW-2 :2010/02/02(火) 21:30:27 HOST:125.173.203.61.ap.yournet.ne.jp >>プリを使うと接点が多くなるので、音が濁る・・・

 エレキ奉行爺の「接点での音の濁り?極些細なコト、気にする必要は皆無」
 御意で候。まさしく同意だす。

 接点が増えるから音がうんたらという御方はCDP→DCアンプダイレクト
 で聴くのが宜しい。#7なんぞは接点の塊でやんす。セレクター、モード、
 トーンコントロール、ハイカット、ローカット等々。結合/出力コンデンサー
 も怖れることなかれなんと7段!理論家には目を覆うよな機械でありやんす。

371: 世直し奉行 :2010/02/02(火) 23:18:13 HOST:p2147-ipbfp1601kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp 555さま
「自分を楽しんでいますか?」 YES!?“オーディオ名機器クリニック!”
余り整形はしないほうが??? 晩年みじめです。(弘田三枝子談)

名機?愉しんでます。拙者、程々に極楽極楽也。
AGIー511Bに懺悔!?

372: 555 :2010/02/02(火) 23:41:24 HOST:220-152-24-222.rev.home.ne.jp 知合い宅で、CDP→#7→#2から
CDP→自作WE-205Dシングアンプ(ボリューム付き)に交換したら
もう#7・#2は聞く気には成りませんでした
これが名機の音?
#7+#2に比べて価格も205Dアンプの方は半額位です
私も#7を持っていますが、出番がありません
飾り物に成ってます

>アンプは回路のノウハウで音が決まる
その通りですね 
300Bなら何でも良い音がすると勘違いしている人がいる

373: 555 :2010/02/02(火) 23:52:40 HOST:220-152-24-222.rev.home.ne.jp >欲を言えば限ないが、一セットなら本間サイズで8〜10畳で充分也。
パラゴン・A5などは無理が有るかと思います
一般家庭では10畳位の間取りが多いかとおもいますが
現実には広い部屋を作るの無理な為 仕方なくだと思います?

374: 555 :2010/02/02(火)