★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 253.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チェルノブイリハート:福島なら翌年から、東京なら4−5年後から、脊柱側弯症・多指症・兎唇などの奇形児と堕胎の増加
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/253.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 11 月 07 日 01:22:45: trv0OrkwFmReI
 

ヤブロコフ「チェルノブイリ」の先天性奇形の節を読んでみよう。まず、公的に戸籍記録された先天性奇形の何倍もの異常があることを踏まえて以下のデータを見る必要がある−政府は公式記録として異常の件数を少なくカウントする傾向がある。一般に低汚染エリアほど、奇形は遅く出現してくる−時間差を伴って奇形が発生する。ただし、肺がんのように20年も経ってから出現するようなものではなく、高汚染エリアなら事故の翌年から発生し、低汚染エリアなら4〜5年後から発生してくる。福島は高汚染エリアなので来年にはもうすでに奇形児がどんどん生まれてくるだろうし、東京なら4−5年後からそういう傾向が出てくる。首都圏や全国のゴミ処理工場で、汚染されたものを燃やす清掃作業員は、日本のリクビダートルになってしまっており、非常に危険だ。リクビダートルの子供たちの先天性奇形は他と比べて有意に多い(5.12.2 Ukraine(12),5.12.3 Russia(7))。ヨーロッパ諸国で広範に先天性奇形(とりわけ中枢神経の異常)が発生していることから、旧ソ連が80万人ともいわれる膨大な数の男女のリクビダートルを投入して速やかに事故を収束させなかったら、ヨーロッパに人は住めなくなっていただろう。チェルノブイリの原発事故はヨーロッパ文明を滅ぼす寸前であった。それに比べて、福島では現在でも間歇的に核分裂が起きていて、ヨウ素131は周辺の米で検出されるし、まったく事故収束の見込みは立っていない。東日本では、生命の設計図であるDNAが被曝で日々損傷していっており、これからどれだけの奇形と堕胎が増えるのか、考えるだに恐ろしい。
 ベラルーシでは、チェルノブイリの原発事故後、1987-1988年にピークを迎える奇形と4-14年の間にピークを迎える奇形(無脳症・脊髄ヘルニア)とがある(表5.70)。また、1Ci/km2以下の低汚染エリアと5Ci/km2の高汚染エリアで、発症率に差異が見られる奇形とほとんど差異がない奇形とがある。唇の欠陥や縮小と多指(趾)症および複数の先天性奇形は、高汚染エリアでは、1987-1988年にピークを迎えるが、低汚染エリアでは1990-2004年でピークを迎える。食道および肛門の閉鎖症は、低汚染エリアでは1987-1988年にピークを迎えるが、高汚染エリアにおける発生率は1987年以降一定である。図5.14を見ると、事故直後の1987-1988年に0-3歳までの脳腫瘍が急激に増加し(2人から18人へ)、また、1991-1994年に第二のピーク(18人)が来る。1999年が第3のピークである(14人)。さらに、ノルウェーでは、低線量ほどダウン症が増えるという恐ろしい報告がなされている。
------------------------------------------------------------------------
5.12.Congenital Malformations
 幾千もの大小の先天性の奇形が存在する。一つは、説得力のある遺伝的背景をもったもので、もう一つは胎児期の発達中に被曝したダメージに起因する発達上の異常である。それらの内訳は、いわゆる平均以上の“大きな”先天性奇形であり、異常として公式に戸籍登録されたものの大半はこういった大きな先天性奇形だけだった。そのほかの発達異常は、出生前の発達時期における被曝ダメージの結果として生起し、また突然変異によって引き起こされるような遺伝的なものでありえたし、毒物の外的影響によって引き起こされるような催奇性のものでありえた−それらは妊娠の16週目までに通常起きる。チェルノブイリの放射能汚染があるところではどこでも、遺伝的そして先天的奇形をもった子供の数が増えた。これらは、以前にはめったに見られなかった構造上の複数の損傷(四肢・頭・胴体)を含んでいた。

5.12.1 Belarus
(1)先天性奇形の発生率は、1986年までは一定であったが、破局後著しく増えた。先天性奇形は主ととしてひどく汚染されたエリアで記録されるが、Vitebsk州といった低汚染エリアを含む国全体でも有意な増加があった。
(2)31000人以上の流産児の分析から明らかになったことは、公式記録上の先天性奇形の発生率が全汚染エリアで上昇し、、Cs-137の汚染レベルが15Ci/km2以上のゴメリおよびMogilev州でとりわけ有意であった、ということである。
(3)先天性奇形の発生率は、破局前は1000人当たり5.38人だったが、2001-2004年では9.38人になった。
(4)1990年において、先天性の奇形だと診断された子供は、15-17歳の青年の病気の2倍いたが、2001年までに4倍になった。
(5)Cs-137の汚染レベルが1Ci/km2以下の低汚染エリアでは、奇形児が約24%増加し、1-5Ci/km2では30%増加、15Ci/km2以上では83%増加した(表5.67)。
(8)毎年、奇形児が2500人以上生まれている。1992年以来、医学的そして遺伝的指標に応じた妊娠中絶(500-600件/年)によって、先天性奇形児の数は一定化した。
(9)破局後の9年間、神経上の発達異常のために死んだ新生児の数は、有意に高かった。
(10)ゴメリ州では、眼の先天性奇形が4倍に増えた−0.4%(1961-1972年)から1.63%(1988-1989年)へ
(11)1994年には、先天性奇形は、幼児の死亡原因の第二位であった−ゴメリ州では4.1%であり、低汚染エリアであるVitebsk州の3.0%と比べて高かった(全国平均は3.9%)。

5.12.2 Ukraine
(3)先天性欠陥のため不具になっている新生児から15歳の子供が3倍に増えた−1万人当たり10人(1992-1993年)から31人(2000-2001)へ
(11)破局後の10年でRivine州の先天性奇形は、新生児1000人あたり15.3人から37.3人へ増えた(ひどく汚染された北部エリアで顕著であった)。
(12)1986-1987年に掃除人のところで生まれた13136人のうち、9.6%は公的に記録された先天性奇形であった。よく見られる発達上の異常は、以下である−脊柱側弯症・喉と歯の奇形・早すぎる齲蝕(う蝕)・乾いてざらざらした皮のような皮膚・異常に薄くて堅くより集まった髪・脱毛。
(13)掃除人の家族のところで生まれた先天性奇形の最も高い発生率は、1987-1988年の間であった−1000人中117人。その比率は、1989-1991人には83-102人へと減少し、1992人には67人となり、1993-1997人には24-60人となった。
(14)中枢神経異常の98%は、水頭症によるものであった。・・・1987-2004年で0-3歳児の脳腫瘍は2倍に増え(図5.14)、子供では7.5倍に増えた。
(15)1986年の4月26日の事故後9ヶ月以内に生まれた子供たちにおいて、顎顔面奇形の最大の発生率が観察された。より汚染されたエリアでそれは顕著であり、低汚染エリアよりも6-10倍多かった。
(16)公式に戸籍登録されたすべての奇形のうち、泌尿生殖道の奇形が20%を占めていた−1998-2001年でその傾向は顕著であった。

5.12.3 Russia
(1)先天性奇形の数は、破局後数年経って著しく増加した。
(3)破局後、Kaluga州先天性奇形の数は、ひどく汚染されたエリアで増え、15年後には子供の死亡率が2倍になるという結果になった。
(5)Bryansk州の汚染区域における子供の死亡率は、ロシア全土の平均の5倍であった。
(7)掃除人のところに生まれた3万人以上の子供を含むロシア戸籍登録所によると、46.7人が先天性の発達異常と遺伝的症候を抱えていた−骨と筋肉の異常が広範に見られた。ロシア平均と比べて掃除人の子供たちにおける先天性奇形の発生率は3.6倍以上だった。

5.12.4 他の国
先天性奇形に関するヨーロッパの公式の戸籍登録は、全体としてヨーロッパ人口の約10%しかカバーしていない。過少推定が考えられ、マイナーな奇形の30%まで、ダウン症なら15-20%までしか記録されていない。たいていのヨーロッパ諸国では、定期的に出生前の奇形を記録しない−そういった奇形は堕胎につながっている。
(1)オーストリア:中枢神経の欠陥が破局後に多くの症例で見られた。
(2)ブルガリア:Pleven州では、心臓と中枢神経の異常が複数の奇形とともに有意に増加した。
(3)クロアチア:1980-1993年にZagreb医科大学で3541人の死体を解剖したところ、チェルノブイリ後に中枢神経の異常が有意に増加していた。
(4)チェコスロバキア:1986年から1987年にかけて、先天性奇形の発生率は、有意に増加した−1000人中、15人から19人へと。
(5)デンマーク:チェルノブイリ後、中枢神経の異常を伴って生まれる子供が増えた。
(6)フィンランド:中程度そしてひどく汚染されたエリアでは先天性奇形の症例数が平均よりも6%増えた。先天性奇形の発生率が高いサブ集団では、中枢神経の奇形と四肢が短くなる異常が含まれていた。
(7)グルジア:三つ口(兎唇)と狼の口と診断された先天性奇形が、破局後増えた。特に、Ajaria共和国とRacha州の最も汚染されたエリアで増えた。
(8)ドイツ:1985年と比べて1986-1987年の先天性奇形は増えた。その増加は、たいていは中枢神経の奇形と腹壁の異常によるものであった。1980-1986年の平均と比べて、口唇裂/口蓋(こうがい)裂.が、1987年には9.4%増加し、この増加は主にチェルノブイリによって最も影響を受けたドイツ北部の三つの州で公言された。
(9)ハンガリー:中枢神経欠陥の多くの症例が破局後見られた。
(10)モルドバ:1989-1996年の時期に先天性奇形として戸籍登録された8509人において、ダウン症・構造上の四肢異常・脊椎ヘルニアといった異常の発生率は、最も汚染された南東エリアで最も高かった。
(11)ノルウェー:1983年5月-1989年4月の間に生まれたと考えられる新生児のデータは、チェルノブイリ由来の計算された被曝総量と脳水腫などの先天性奇形との間に正の(プラスの)相関関係があった。ただし、ダウン症については負の相関関係があった。
(12)トルコ:1987年の初頭には、先天性奇形の増加がトルコ西部(とりわけひどく事故の影響を受けたエリア)で報告された。表5.75は神経管の欠陥(脊椎破裂・脳瘤・無脳症)の要約である。

結論:
大小の発生異常を伴った新生児のかなりの増加は、チェルノブイリの破局の否定できない帰結の一つである。チェルノブイリの放射能によって汚染されたエリアでは例外なく、遺伝的な異常および先天性の奇形をもった子供たちの数が増えた− そういった奇形には、以前にはめったに見られなかった四肢・頭・胴体の構造上の複数の欠陥(奇形)が含まれる(図5.15)。先天性の奇形の発生率は、幾つかの汚染エリアで増加し続けており、放射能の程度と相関している。それゆえ、先天的そして遺伝的な欠陥とチェルノブイリの放射能との間の関連は、もはや仮定ではなく論証されたのだ。利用可能なデータから先天性の奇形と汚染エリアに生まれた子供の数を推定するなら、毎年ヨーロッパで生まれる幾千もの新生児にも、チェルノブイリの放射性降下物によって引き起こされる大小の遺伝的異常が含まれている、と想定しなければならない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月07日 01:25:59: RE24fqItMo
ポリーテイアーさん、翻訳お疲れさまです。シリーズらしですからまとめておきます
海賊版抄訳:ヤブロコフら編著『Chenobyl』
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf
----爺さん抄訳部分----
@「第4章12節 チェルノブイリでの食品と人々の放射能汚染」
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/501.html
A土壌汚染1138Bq/kgから5695Bq/kgで将来起こり得ること。「チェルノブイリ」から抜粋 http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/568.html
B日本で起こり得ること ウクライナ ルギニ地区 1986年
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/631.html
C「第4章14節 チェルノブイリ放射能汚染地域での放射線防御の方法」
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/694.html
D「チェルノブイリ」 第U章 5節 遺伝的変異  フェアユース翻訳海賊版シリーズ http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/646.html
E「チェルノブイリ」第U章 5節 8.神経系・感覚器官疾病と精神衛生への影響 フェアユース翻訳海賊版シリーズ http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/780.html
---ポリーテイアー抄訳部分-----
@首都圏から逃げ遅れれば、いずれは呼吸器の癌―喉の痛みや鼻血が意味していること http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/561.html
A首都圏における低線量被爆の症状−各地で報告される貧血・白血球の減少が意味すること http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/618.html
Bセシウムで心臓・血管が傷つけられ、高血圧・虚血性心疾患・動脈硬化・脳卒中−ヤブロコフ「心臓および血管に関する病気」から
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/707.html
C首都圏で手足口病・マイコプラズマ肺炎が激増している背景−放射能で微生物生態系が「沸騰」し、B・C型肝炎も劇症化へ
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/717.html
Dこれから首都圏で予想される子供の老衰症状−ハゲ・脱毛・老眼・難聴・骨そしょう症−平均寿命は40歳へ http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/741.html
E首都圏における早産の多発―将来は、男性はインポ・無精子症、女性は若くして閉経 or70歳で乳が出る http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/781.html
F健康な歯を持つ子供は9.1%−1歳児で虫歯が多発。将来は、歯牙腫・歯周病が激増 ヤブロコフ「消化器系・内臓疾患」から http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/845.html
Gチェルノブイリエイズ―汚染エリアの子供はCs-137で胸腺が破壊されてリンパ球T細胞がない状態(免疫不全)http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/115.html
----------------------------------------------------------
その他:「第13節 チェルノブイリの放射性核種を除去する」は以下。
http://chernobyl25.blogspot.com/2011/07/13.html

02. 2011年11月07日 03:00:45: RE24fqItMo
旧ソ連では、リクビダートルに住居・高額の年金・無料の医療などが生涯保障された。福島の汚染瓦礫が日本各地のゴミ処理場で燃やされるので、日本のゴミ処理場の作業員は、これから常時被曝するわけだ。しかし、健康を害しても、何の保障も受けられない。まさに犬死。ゴミ処理場の公務員は、ストライキを起こし、福島の高濃度汚染瓦礫の受け入れを断固として拒否せよ!。特に、大阪府の地方公務員は、全員で拒否せよ!被曝したらその影響は永遠だ。将来の結婚差別につながる。大阪のゴミ処理場の作業員は、持ち場を離れ、放射能瓦礫を燃やすことを拒否せよ。そうしないと、親戚にゴミ処理場で働いていた公務員がいるというだけで、遺伝子が傷つくわけで、婚姻対象とならない。また、子供を授かっても、奇形児である確率は、飛躍的に高まる。

03. 2011年11月07日 03:25:46: RE24fqItMo
バンダジェフスキーレポート:癌以外の疾患
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0Bz1fZmrqFppsZWE3NDhkZTMtNmRjNS00NjVkLWIwZmMtODQ0YWVhN2YyMDlh&hl=en_US&pli=1

04. 恵也 2011年11月07日 10:54:28: cdRlA.6W79UEw : gJFZ4cHXEY
>> 先天性奇形の発生率は、破局前は1000人当たり5.38人だったが、2001-2004年では9.38人になった。

こういった記事では、あまり神経質になる必要はないよ。
%で言えば0.5%の奇形児の発生率が1%くらいになったというわけでその仲間に
入ったら運が悪かったと諦めざるをエン。

ベラルーシの事故後15年くらいした統計だけど、福島県などの高汚染地帯の
住民は奇形児になる確率が2倍くらいになってしまうという意味だが、0.5%が
1%になるというくらいじゃ、無視は出来ないけど心配したら損するような感じだ。
俺個人としては奇形より、内分泌疾患の方が心配だ、


05. 2011年11月07日 15:09:39: HYHUspnQ6g
>(13)掃除人の家族のところで生まれた先天性奇形の最も高い発生率は、1987-1988年の間であった−1000人中117人。

放射能がれきを燃やすために、ゴミ処理場で働く日本のリクビダートルの家族に奇形児が生まれる確率は11.7%ですわ。10人に一人は奇形。公式記録でこの多さ。

04氏は、阿修羅に来なくてよい。普通に市民生活を送れ。


06. 爺さん 2011年11月07日 18:12:42: pkMRoq8j2xu8g : UxEaOXHyEI
爺さん訳のAとBに関東地方程度の汚染度における症例と奇形児率の部分を抜粋しておきました。
Bq/kgとBq/m2の換算に65を使いましたが、政府関係の研究会では80を使っています。
さらに200とか300と言う専門家もいました。
健康被害の報告やベラルーシでの空間線量と地表沈着量の関係などと照らし合わせると、個人的には300だろうと考えています。

汚染食品を食べ続けたら10年、20年後は関東地方の早川地図で0.125以下の地域、群馬で言うと、高崎と前橋の大部分では奇形児が2割以上、渋川・草津・富岡・鬼石の一部は奇形児が3割、沼田から中之条にかけての一部や下仁田・妙義の一部は奇形児が8割になる可能性があります。
福島は沈積量からは8割以上です。
なぜ04は四国の山の中で「非」汚染食品を食べながら、被曝地の我々に油断させようとするのでしょう?
先週の3号機騒動でも妻子を一時退避させたのは私だけではないと思います。


07. 2011年11月07日 21:08:33: ydPGTZNZ0s
花粉症は日本特有のもの。

植林が原因ではないかと思うが、海外の例は花粉症との合併症を考慮していない。

来年はセシウム花粉が襲いかかる世界初の例になる。


08. 2011年11月07日 22:05:32: N4ysGmxBeU
奇形はあくまで被害の一部です。
見た目が普通でも内部に何らかの疾患を抱える子も生まれてきます
免疫が弱くてすぐ病気になる子は通常児にカウントされますし、
少々学力が低くても奇形児とはなりません。
脳疾患・軽度発達障害の増加などはよくわからないのです。
ましてその子たちが大人になって生む世代への影響とか
その孫の世代への影響とか、わかるわけがないのです。
放射能の影響はまったくないとか、たいしたことはないなんて言う根拠はどこにあるのでしょう。
04さん、どうか実験データの一部になってくださいね。あなたの家族が無事だといいですね。その子が産む子も、そのまた子孫も。
将来あなたやあなたの家族に放射能による不幸が訪れても、それはあなたの決断によるものなので、運がわるかったとか、ババひいちゃったとか明るく笑い飛ばして生きていってください。
まちがっても私の払う健康保険料を使って治療しないでくださいね。
あなたが幸運な星のもとに生まれてきていることを祈ります。
私は自分で努力して被害を減らして、幸運を増やすようにしていきます。

09. 2011年11月08日 00:24:17: HYHUspnQ6g
06爺さんへ

>政府関係の研究会では80・・・個人的には300だろうと考えています。

いつも貴重な情報をありがとうございます。リスク計算し直してみます。

群馬大の早川教授は、公衆の年間被爆限度が1ミリシーベルト未満となるように考えるなら、4000万人を避難させなければならない、とツィッターでつぶやきましたが、その通りだと思います。

4000万人を全員避難させるのは不可能ですが、逃げれる人から逃げていっているのが現状です。残念ながら、旧ソ連でも引っ越したのは金持ちからであって、貧乏な人は汚染エリアに留まりました。それにしても、強制移住エリアにいる福島の人々に対して、移住費用をまったく出さない日本という国は、残念ですし、壊れています。


10. 2011年11月08日 01:38:53: Y4z2FI9WCY
>>09
だって福島県知事がそんなことさせないでしょ。
そんなことをしたら、福島を潰す気かとかいって逆上するのが目に見えてる。

福島県知事にそんなことをするのは結局福島の農家などの概ね総意だから。


11. 2011年11月08日 04:02:28: HYHUspnQ6g
岩上安身氏/http://www.ustream.tv/recorded/18296364(58分過ぎ)
「福島県内の自治体職員が語った話。人口流失は決してさせない。県あるいは市で働いている公務員の給料が決まってる。流失すると税収が減り、給料を下げるか首になる。それは絶対に嫌だから」

----上記の岩上氏のコメントを聞いて思ったこと------------
 日本という国は、国民のことを税金を収奪する対象と考え、貧乏人たる庶民から無理やりカネを奪ってゆく暴力団と変わらない。だから、国民の安全のためにカネを使うわけがない。国民というのは官僚に対して、税金というみかじめ料を納めるために生かしておく奴隷的な存在なのだ。おもしろ半分に殺さず、生かしておいてもらっているのだから、お前ら税金を払え、と。
 奴隷を維持する費用がかかりすぎるなら、つまり、強制移住させなければならないなどという費用が発生するくらいなら、奴隷は見殺し。何もしない。後は勝手に癌になれ。国民は、奴隷としてカネを納めないなら、虫けら以下の存在。これがこの国の役人が考えていることですよ―いいから、奴隷のように働け、いやなら、死ね。


12. 2011年11月08日 18:00:00: vyVEI11V1N
http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-255.html
 先天異常データベース 2002年度 【横浜市立大学先天異常モニタリングセンター】

 2002年度と若干古いのは、2003年度以降が公表されていないためだ。統計は 1999年から公表されている。日本の分娩施設の協力を得て、総出産の約1割をモニタリングした結果だ。
 奇形児総出産頻度を年度別に比較していくと、

  1.48%(1999)→1.42%(2000)→1.70%(2001)→1.77%(2002)
--------------------------------------------------------------

1000人に17-8人ですね、日本。しかも増えてるし。
要するに、放射能地帯のデータが当てにならない。


13. 2011年11月08日 23:32:08: HYHUspnQ6g
>12

工作員、がんばって奇妙なデータを引っ張ってきたな〜。原発事故が起きていない日本とチェルノブイリを比較できないぞ。条件が違う。実験計画法って大学で習わなかったのか?低脳児め。


14. はつかねずみ 2012年2月14日 22:44:33 : 9tDC6Hu4zTTCI : aMXN1kCtSg
すべて読んだわけではないけど、口蓋裂・ダウン症・知恵遅れ・心臓疾患・内臓奇形・喘息、周囲に今もいるのでちょっと増えたくらいでは影響はないと思う。うちの子も内臓疾患でかつて経過観察1年やったし。

ただ、巨大なコブが背中についていたり、手足が2本多い、シャム双生児など、見たものにショックを与えるような映像はつらい。人々に与える心理的なダメージが心配だ。


15. mainau 2012年2月25日 03:54:44 : GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
先天的奇形の子供は、チェルノブイリ事故では、しょっちゅう捨て子になり、親から捨てられた。その結果、孤児院みたいなところに集められていた。
悲惨としかいいようがない。でも現実だった。こわい。

16. 2012年4月16日 17:21:14 : JmBhOkef4w
>13
頭でっかちな3流学者なのか ミンス党員なのか なんなのかはっきりしたまえ

17. 2012年4月21日 00:39:00 : GyaX1fY6iw
失笑

放射能進めるからググって来たが、細か突っ込みどころが色々w

俺は東日本の野菜を食らって

首都圏三千万人と数年後にデータを見るわ

まあ、何も変わらんとは思うけど


放射能なやつらは大好きな中韓に行って綺麗な原発()の電気で生きれば良いじゃん♪


18. 2012年8月06日 01:58:01 : 1Is8OoizdQ
この子達・・・足はどこ?・・・鼻はどこ?・・・顔はどこ?・・・
○チェルノブイリ奇形写真
http://portirland.blogspot.jp/2012/08/shashin-houshanou-genpatsu.html#
○劣化ウラン弾による内部被ばくでガン、奇形児がつぎつぎ
http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/ExtremeBirthDeformities.htm
http://20070110.at.webry.info/201104/article_36.html

「保守」でもなんでもない「単なる一部電力会社の利権メディア」、韓流で日本文化を殺す『S経新聞』の不買運動を開始しよう!!


19. 2012年12月16日 16:13:20 : xV8jvQ3oeo
>>17
あなたが、積極的にデーターを取られる側になってくださればいいと思います。
もちろん、あなたの子供さんは、国が必ず一生を保証する、とした上でね。
でも今はそうじゃない。

放射能問題以前でさえ、前途を悲観して、とか、
面倒を見ていた姉妹共に孤立死、というケースが、実際にある。

原爆でない、少しずつ影響を受ける形での放射能の、真の被害がわからない過度期に、
安易に楽観論をおっしゃるのは結構ですが、
やはり親御さんは、障がい児を持つと、今のシステムでは一生、時間に制約がかかるし、
お子さんの幸せな一生など、保障されてはいない。
気持ち的には、自分の仲間を増やしたい、と言うのもわかるが、それをすると「支える」人がいなくなる、と言う道理も、わかってはいない。

それを覚悟の上ならいいのですよ。空の巣症候群になるような人なら逆に、そういうお子さんを持つことが、幸せに繋がるのでしょうから。

ただ、それを望まない人には、それを非難する風潮は無くすることですね。


妊娠に気付かずレントゲンを受け、
その子は諦めた母より。


勿論、経済苦の母、知識がなく妊娠した母で、子供を諦める選択をした方の意向も、非難されるべきではないと思いますよ。

後で殺したり、
もしくは最初から、社会扶助を当て込んで計画なしに子供を産む人よりは、立派じゃないですか。


20. 2013年9月24日 23:52:24 : LkyxXOwbsc
あ〜〜まずいなぁ
あの昭和の大宗教家霊能者の予言どおりになる、三代後には人でないのが産まれてくるかもしれんとの内容の予言。

21. 2013年10月29日 19:47:58 : WiqJDvNY5E
>>19
正気・・・ですか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧