★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 228.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
高浜原発3・4号機 運転停止命じる仮処分決定 NHK
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/228.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 09 日 16:43:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

高浜原発3・4号機 運転停止命じる仮処分決定
動画⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160309/k10010436991000.html
3月9日 15時41分 NHK


福井県にある高浜原子力発電所3号機と4号機について、大津地方裁判所は「福島の原発事故を踏まえた事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点があるのに、関西電力は十分に説明していない」として、運転の停止を命じる仮処分の決定を出しました。

稼働中の原発の運転の停止を命じる仮処分の決定は初めてで、関西電力は速やかに原子炉を止めなければならなくなりました。

福井県にある関西電力・高浜原発3号機と4号機について、滋賀県内の住民29人は再稼働前の去年1月、運転の停止を求める仮処分を申し立てていました。
これについて大津地方裁判所は9日、3号機と4号機の運転の停止を命じる決定を出しました。

決定で大津地裁の山本善彦裁判長は、「福島の原発事故を踏まえた事故対策や緊急時の対応方法、基準となる地震の揺れの策定についても危惧する点がある」などと指摘しました。

決定はさらに「津波対策や避難計画についても疑問が残り、住民の権利が損なわれるおそれが高いにもかかわらず、安全性について電力会社は十分な説明を尽くしたとは言えない」として、3号機と4号機の運転の停止を命じる決定を出しました。

高浜原発はことし1月に3号機が、先月に4号機が、新しい規制基準の下で再稼働しましたが、4号機では再稼働の3日後の先月29日に原子炉が自動停止するトラブルが起き、関西電力は早期の運転の再開を目指しています。

関西電力は決定の取り消しを求めて異議を申し立てる方針ですが、仮処分は直ちに効力が生じるため、稼働中の3号機の原子炉を速やかに止めなければならなくなりました。

稼働中の原発の運転の停止を命じる仮処分の決定は初めてです。

高浜原発3号機と4号機を巡っては、福井地方裁判所が去年4月、再稼働を認めない仮処分の決定をしましたが、去年12月に福井地裁の別の裁判長がこの決定を取り消し、再稼働を認める判断をしていました。

関西電力 原子炉停止手続きと異議申し立てへ

福井県にある高浜原子力発電所3号機と4号機の運転の停止を命じる仮処分の決定を受けて、関西電力は、稼働中の3号機の原子炉を止める手続きに入ります。
関西電力によりますと、3号機の原子炉に核分裂反応を抑える制御棒を入れて徐々に出力を落としていき、出力がゼロになるまでに、およそ10時間かかる見込みだということです。

その一方で、関西電力は大津地方裁判所に、9日の決定の取り消しを求める異議の申し立てと、仮処分の執行の停止を求める申し立てをすることにしています。申し立てがあった場合、大津地裁では今回とは別の裁判官が、改めて判断することになります。

関西電力「承服できない 速やかに不服申し立てる」

仮処分の決定について関西電力はコメントを発表し「当社の主張を裁判所に理解いただけず極めて遺憾であると考え、到底承服できるものではない。この決定にしたがい、安全を最優先に運転中の高浜原発3号機を停止するが、今後速やかに不服申し立ての手続きを行い、早期に仮処分命令を取り消していただくよう、高浜原発3号機と4号機の安全性の主張と立証に全力を尽くす」としています。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月09日 16:46:38 : ctXpJhNOPE : FXfjtmbk1uM[6]
高浜原発3・4号機、運転差し止め仮処分決定 大津地裁
2016年3月9日15時52分 朝日新聞

 1〜2月に再稼働した関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町、4号機は機器トラブルで緊急停止中)をめぐり、大津地裁の山本善彦裁判長は9日、福井に隣接する滋賀県の住民29人の訴えを認め、2基の運転を差し止める仮処分決定を出した。稼働中の原発を直ちに停止させる司法判断は初めて。福島原発事故後、新規制基準のもとで再稼働を進めてきた政府に見直しを迫る事態となった。

 関電は運転停止の作業に入る一方、決定の取り消しを求める保全異議や仮処分の効力を一時的に止める執行停止を地裁に申し立てる方針。それらが認められなければ差し止めの法的効力は続き、関電は2基を動かせない。4月の電力自由化を控え、関電は原発再稼働を急いできたが、計画変更を迫られるのは必至だ。

 住民は高浜原発から約30〜70キロ圏内に居住。地震災害に伴う重大事故が原発で起きた場合、放射性物質で琵琶湖が汚染されて水が飲めなくなり、生命や健康を脅かされると訴えていた。

 地裁の審理では、東京電力福島第一原発事故の反省を踏まえて安全対策を強化した国の新規制基準(2013年施行)や、電力会社が耐震設計の基本とする揺れの大きさ(基準地震動)の妥当性が争点となった。

 住民側は、外部電源や使用済み核燃料プールなどの耐震強度は新規制基準でも低いレベルに留め置かれたままで、汚染水への対策も定められていない▽関電が策定した基準地震動は過去の地震の平均像に過ぎず、少なくとも過去の最大地震を基礎とすべきなのに著しく小さな想定にとどまっている――などと主張した。

 関電側は、新規制基準は専門性と独立性を持つ国の原子力規制委員会が策定しており、非常用電源には最高レベルの耐震強度を求めるなど合理的な内容で問題ないと反論。基準地震動についても、詳細な地質調査や最新の知識を踏まえ、連続していないとされる原発付近の活断層が連動した場合も考慮して厳しく策定したと主張。十分な余裕をもたせてあるとしていた。

 事故時の対応を定めた自治体の避難計画をめぐっても、住民側は「土砂崩れや渋滞で避難道路が使えなくなるなどの事態を想定しておらず不十分」、関電側は「段階的な避難や一時的な移転などを想定しており合理的」と対立していた。

 住民らは11年8月にも高浜原発などの再稼働禁止を求める仮処分を申し立てたが、大津地裁が14年11月、避難計画が未整備な点などを挙げて「原子力規制委が早急に再稼働を容認するとは考えがたい」と却下。その後、規制委で再稼働に向けた審査が進み、昨年1月に再び仮処分を申し立てた。

 高浜原発の2基をめぐっては福井地裁が再稼働前の昨年4月、運転を禁じる仮処分を決定。同12月、別の裁判長がこれを取り消し、住民側が抗告している。(島崎周)

http://www.asahi.com/articles/ASJ37454PJ37PTJB00C.html


2. 2016年3月09日 17:02:17 : avuO5EcELw : yPna3WtJpCw[1]
これも影響したのかな

報道ステーション 2016年3月3日 160303 【核燃料サイクル政策は、なぜ撤退できないのか? 】 39分あたりから

https://www.youtube.com/watch?v=yTingUODmzo


3. 茶色のうさぎ[-3388] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年3月09日 17:04:08 : EZ88VODAzg : ptq_T_fd9Ak[4]

こんなの、当然だー♪

大津地裁の山本善彦裁判長、、、ばんざーい♪ うさぎ♂ 給油しちゃおー♪

原因があるから、白煙があがるんでしょ、つまり、検証、のミスでしょ。💢


4. 2016年3月09日 17:05:45 : V43vZGZv0w : wZqF3VGu8C8[1]
稼働中の原発の運転停止命じる初の仮処分決定 その理由は
3月9日 16時20分

福井県にある高浜原子力発電所3号機と4号機について、大津地方裁判所は、「福島の原発事故を踏まえた事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点があるのに関西電力は十分に説明していない」として運転の停止を命じる仮処分の決定を出しました。稼働中の原発の運転の停止を命じる仮処分の決定は初めてです。
決定の理由などについて詳しい解説です。
 ↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160309/k10010437041000.html


5. 2016年3月09日 17:09:35 : YaegIPKLG2 : Fbydgb5o7yo[480]
何故、福井県外の周辺自治体にヨウソ剤が配布されるんですか。
事故ってもヨウソ剤飲んでおけば怖くないなら、東京大阪に原発立てて住民にヨウソ剤を配りましょう。
何故、避難訓練が必要なんですか。
火力発電所周辺の避難計画なんて、聞いたことないんですけど
船や車で逃げてください、って、港湾や道路に影響ない程度の震度でも原発は壊れますってことですか。怖すぎるんですけど。
今年は暖冬ですけど、例年並みの寒さでも原発ナシで電気は足りると関電が認めてます。
猛暑でも電気は足りました。

誰にとって必要な原発なんですか。


6. 2016年3月09日 17:12:37 : V43vZGZv0w : wZqF3VGu8C8[2]
高浜原発「再稼働変わらず」=菅官房長官
時事通信 3月9日(水)16時33分配信

 菅義偉官房長官は9日午後の記者会見で、大津地裁が関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じる仮処分を決定したことに関し、「政府としては原子力規制委員会の判断を尊重して再稼働を進める方針に変わりない」と述べた。

 同時に「当事者である関西電力の対応を注視したい」とも語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000094-jij-pol


7. 2016年3月09日 17:29:54 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1668]
Business | 2016年 03月 9日 16:42 JST
関連トピックス: トップニュース, ビジネス
高浜原発3、4号機の運転差し止め、大津地裁が仮処分決定=報道

http://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160309&t=2&i=1123459330&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEC280DC
 3月9日、NHKなど国内メディアによると、大津地裁は高浜原発3、4号機(福井県)の運転を認めない仮処分決定を下した。司法判断で稼働中の原発の停止を命じる仮処分を決定したのは初めて。写真は福井県で2011年7月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

{東京 9日 ロイター} - NHKなど国内メディアによると、大津地裁は9日、高浜原発3、4号機(福井県)の運転を認めない仮処分決定を下した。司法判断で稼働中の原発の停止を命じる仮処分を決定したのは初めて。

関西電力(9503.T)は大津地方裁判所が9日、高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止める仮処分決定を下したことを受け、現在運転中の3号機を停止するとした上で、今後、決定文の詳細を確認し、仮処分命令の取り消しを求めて速やかに不服申し立ての手続きを行うとするコメントを発表した。

*内容を追加します。

http://jp.reuters.com/article/takahama-idJPKCN0WB0L1

Domestic | 2016年 03月 9日 16:27 JST
関電高浜原発の運転差し止め決定

http://jp.reuters.com/news/picture/%E9%96%A2%E9%9B%BB%E9%AB%98%E6%B5%9C%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%81%8B%E8%BB%A2%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%AD%A2%E3%82%81%E6%B1%BA%E5%AE%9A?articleId=JP2016030901001364&slideId=1123457530
高浜原発の運転差し止め決定

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転禁止を隣接する滋賀県の住民が申し立てた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、運転を差し止める決定をした。決定は直ちに効力を持つため、関電は2基のうち営業運転を続ける3号機を停止する方針。住民側弁護団によると、仮処分決定で稼働中の原発が止まるのは全国初。

 東京電力福島第1原発事故後、原発の再稼働や運転を禁じた司法判断は3例目。うち原子力規制委員会の新規制基準への適合性審査に合格して既に再稼働した原発に対するケースも初となる。関電は不服申し立ての手続きも取る見通し。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016030901001364


8. 2016年3月09日 17:35:09 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[897]
喜ばしい決定でめでたく、勝訴おめでとうございます。鹿児島、愛媛にも波及することを期待したい。

9. 2016年3月09日 18:17:08 : YmJ87vPSFY : gJ1c2B7T7xA[3]
これは、凄いですね。思わず手を叩いてガッツポーズをしてしまいました。
5年目の3.11(金)は久しぶりに国会前に行こうと思います。

10. 2016年3月09日 18:26:35 : 0IBxVd2Qmg : 49cmG_wyexU[23]

    樋口英明裁判長 山本善彦裁判長 の判決が誰が考えても当たり前

    福井地裁の林潤裁判長 あんたの判決 なんだった

    人としての資質に欠ける 関電の金になる弁護士にでもなったら


11. 2016年3月09日 18:32:47 : oIT37ekvVo : zh@WmrtRytk[1]
東京新聞>「関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転禁止を隣接する滋賀県の住民が申し立てた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、運転を差し止める決定をした」


                    「樋口・山本GJ、林・前田NG」
 

  いよいよ殺人プルーム猛威を振いだしたようだ、F1由来の放射能混じりの水蒸気じゃが、コイにゃあプルトニューム・HP・中性子その他最高に美味しい放射性物質がタンマリじゃあ。コイを吸い込んで、生きろつうほうが無理じゃあ。ここ連日の霞みがかった曇り模様、東日本じゃあ一ケ月くれえ続いちょるな、ジョギング途中に富士が見えるポイントあり、見るのを楽しみにしてるが、はや一ケ月くれえ拝んでねえよ。昨年も、4月〜9月くれえ、殺人プルームの襲来で、青空見たんは4〜5日くれえだったな。この間、東日本でどれくれえヤラレたか、今年も、この3月からの殺人プルーム、えれえコツなるよ。原発は止めろつうんだ、これ以上稼働は無理じゃよ、止めてケーロ頼むから、東日本は皆滅ぶよ。殺人プルームの呼気被曝で、プルトニュームの1粒を吸い込んだだけで,肺癌つんだから、東京なんかも皆相当吸い込んじょるようだが、これ以上は勘弁してくんろ。
  福井地裁の樋口英明判事は立派だ、じゃけん同地裁林潤判事は、2015年4月樋口判事の差し止めた仮処分決定を、嬉しそうに取り消したが、早速の事故続きをどう思っちょるんだ。ムラの判断なんか「合理的な根拠」なんかねえんだ。東日本じゃあ、1000万人死ぬつうんに、同じプルトニュームを燃す高浜を稼働していいんか。林潤よ、ヌシャアのドタマの構造はどうなってるんだ。同様に、鹿児島地裁の前田郁勝判事もアカンな、川内が火砕流に襲われねえつう保証はあるんか、川内が爆発したらどうするんだ、オラ知らねえと、われ先にトンズラこくんか、前田よ、ドタマでえじょうぶか、簡裁のドサ周りで、ちったあ陽が当たるとこに移りてんか、前田よ、日本を消滅させる気か。林潤も同じじゃあ、日本人が滅んでもええんか。ドイツもコイツも、人間の屑じゃな。
  樋口英明判事に続いて、大津地裁山本善彦判事は立派な判断を示した、司法官僚が跋扈し、体制が司法を自由自在に操るなかで、こうした判断はなかなか出せないよ。砂川伊達判決や長沼福島判決は、我が国司法史上、司法の独立の点で不滅の輝きもつが、樋口判決や山本判決も同列に加えられるだろう。逆に林や前田は、司法官僚・事務総局から覚えめでたいかもしれんが、国民に言わせれば、人間のクズだな。国家・国民と日本の現状を見ず、自身の利益からのみ判断、消えろ永遠に。


12. 知る大切ざ[1] km2C6ZHlkNiCtA 2016年3月09日 19:32:33 : EeBwrUBGrk : ksbMwASehYw[1]
日本の司法に絶望したと触れ回り、原発裁判に冷や水を掛け続けた小出裕章涙目。
小出裕章は隠れ推進派と確定したな。

[32初期非表示理由]:担当:小出スレはこちらhttp://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/890.html
13. 2016年3月09日 20:19:54 : SCt1Jtn7vo : k4lN1mxfm5g[11]
避難計画も何も、重要免震塔も無いからねぇ

それと、くだらねぇ「小出ガー」の >>12
このスレに関係ないしハンネ
知る大切”ざ”ってなんだよ?
ユーモアセンスないなぁ
1年前の繰り返しで、思想とやら持ち出し繰り返してみなよww

去年と同じようにアフォを晒したいのかネェ


14. 2016年3月09日 20:20:49 : CeotDsxCgw : N6W015YWxr8[1]

 兎に角これは凄い!(ほんとは当たり前のことなんだけど、何もかも狂ってしまった日本では、当り前のことが凄いことに感じる)

 19時の「犬」のニュースでは、判決理由の中で、「福一事故原因は津波とされているが、(津波の前の)地震の影響が検証されていない。」という趣旨の説明があったと思うが、これはもの凄く大きいことだ。村にとっては、最大級のタブーだろう。
おそらく、犬の21時のニュースではこの表現はカットされるだろう。

 こんかいの判決は、当り前のことを当たり前に言ったから素晴らしい!!


15. 2016年3月09日 20:23:08 : RZ8kEMv6OQ : dyBMjXXOq2k[22]
違うよ。司法を使って止める理由を作ったんだよ。自分たちで止めたら再稼働の責任を問われるだろ。うまいことやるよ。

16. 知る大切ざ[12] km2C6ZHlkNiCtA 2016年3月09日 20:30:54 : EeBwrUBGrk : ksbMwASehYw[12]
実は深刻な状態なんじゃないのか?

[32初期非表示理由]:担当:ペンネーム詐称で全部削除
17. 2016年3月09日 20:40:51 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1671]
Business | 2016年 03月 9日 19:12 JST
関連トピックス: トップニュース, ビジネス
大津地裁、高浜原発運転差し止め仮処分 司法判断で初の停止へ 

〖東京 9日 ロイター〗- 滋賀県の住民が関西電力(9503.T)高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを求めていた仮処分申請について、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、住民側の請求を認め、関電に運転停止を命じた。

高浜3号は今年1月末に再稼働したばかりだが、仮処分決定は直ちに効力が生じるため、関電は原子炉を停止しなければならない。稼働中の原発が司法判断により運転停止に追い込まれるのは、日本で初めてのことだ。

決定文で同地裁は、原発の耐震安全性を確保するため前提として関電が設定した基準地震動の数値について「十分に説明されていない」と指摘した。

また、東京電力(9501.T)福島第1原発事故を契機にその重要性が浮き彫りになった津波対策や避難計画についても「疑問が残る」と断定。安全性が確保されているかどうかについて、関電が主張や説明を尽くしていないとして、住民側の請求を認めた。

関西電力は高浜3号について「運転を停止する」(広報担当者)とする一方で、大津地裁の仮処分命令の取り消しを求める不服申し立ての手続きを行うとしている。

(浜田健太郎)

http://jp.reuters.com/article/kansai-electric-takahama-idJPKCN0WB13Z


18. 戦争とはこういう物[1131] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年3月09日 21:37:05 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[179]
また忘れたころに高裁がひっくり返したり、地裁判事がどうにかされたりしなければ良いのだが。

■そして、裁判長は飛ばされた 高浜原発再稼働「差し止め仮処分はけしからん」 最高裁・高裁のお偉方は原発が大好き 週刊現代
http://www.asyura2.com/15/senkyo183/msg/882.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 28 日 09:01:05: igsppGRN/E9PQ
■高浜原発再稼動容認の裏に裁判所と原子力ムラの癒着!原発推進判決出した裁判官が原発産業に天下り!(無責任判決も当然か?)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/609.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2015 年 12 月 29 日 07:57:27: N0qgFY7SzZrIQ


19. 2016年3月09日 21:42:09 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1673]
Domestic | 2016年 03月 9日 21:21 JST
関電高浜原発の運転差し止め決定

http://jp.reuters.com/news/picture/%E9%96%A2%E9%9B%BB%E9%AB%98%E6%B5%9C%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%81%8B%E8%BB%A2%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%AD%A2%E3%82%81%E6%B1%BA%E5%AE%9A?articleId=JP2016030901001364&slideId=1123457530
高浜原発の運転差し止め決定

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転禁止を隣接する滋賀県の住民が申し立てた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、「過酷事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点がある」として運転を差し止める決定をした。決定は直ちに効力を持つ。2基のうち4号機はトラブルで既に停止中のため、関電は稼働中の3号機を10日に停止する。

 決定は東京電力福島第1原発事故の原因究明が進んでいない状況を重視し、政府が「世界一厳しい」と強調する原子力規制委員会の新規制基準自体に「公共の安心、安全の基礎と考えるのはためらわざるを得ない」と疑問を呈した。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2016030901001364


20. 2016年3月09日 22:25:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1675]
2016年3月9日
関西電力高浜原発3.4号機の差し止め決定について(談話)

社民党幹事長 又市征治

1.本日、大津地方裁判所は、関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを求めて滋賀県の住民が申し立てた仮処分について、差し止めを命じる決定をした。原子力規制委員会の新規制基準の審査に合格し再稼働した原発に対して初めての差し止め決定であり、また、稼働中の原発を停止させる決定としても初めてのことである。住民の不安や懸念を受け止めた画期的な決定であり、政府と原子力規制委員会、関西電力は、今回の差し止め決定を真摯に受け止めるべきである。社民党は、1月29日に再稼働した3号機の即時運転停止と緊急停止中の4号機の再稼働断念を強く求める。

2.活断層などによる地震の対策や津波対策も不十分であり、実効性ある多重防護体制もなく、使用済み核燃料の対策なども未整備のままである。いったん事故が起きれば、京都府や滋賀県等にも甚大な被害を及ぼすことは必至である。3月11日に丸5年を迎えるが、東京電力福島第一原子力発電所事故も収束せず、原因究明もなされていない。新規制基準自体が、東京電力福島第一原発事故の検証や原因究明も不十分なままに決定され、田中俊一原子力規制委員会委員長自信、基準合格は「安全を担保したわけではない」としている。昨年の夏も電力需要ピークも原発なしで乗り切り、その後も安定的な電力供給が続き、「電力不足」は発生していない。到底、高浜原発の再稼働を容認できる環境にはない。社民党は、原発再稼働を許さず、「脱原発」社会の実現に引き続き全力を挙げる決意である。

以上

http://www5.sdp.or.jp/comment/2016/03/09/%E9%96%A2%E8%A5%BF%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E9%AB%98%E6%B5%9C%E5%8E%9F%E7%99%BA%EF%BC%93%E3%80%81%EF%BC%94%E5%8F%B7%E6%A9%9F%E3%81%AE%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%AD%A2%E3%82%81%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%81%AB%E3%81%A4/


21. 2016年3月10日 00:04:08 : iQmeGBgaRU : g_V1O8BAdKQ[1]
今は発電用に使う天然ガスやら石油製品の価格が安いから
そういって居られるだけでしょ。石油や天然ガスは日本じゃ出ないんだけど
昔の様に石油やら天然ガスが高くなれば・・中小企業はどうなるのか?
影響受けるのはそういうとこだよ。反原発派は損害を補てんしてくれるの?
そういうリスクが無いと思ってるから喜んでいられるんでしょうに。
この中に何人、補てんしても良いと言える人が居るのかね。

安全=止めるではないのが解らんのかね、そうか馬鹿だからだね
止めたって安全になる訳ないでしょ、国境を超えるのよ原発事故は
韓国や中国の原発事故でも偏西風に乗って日本に確実に来るでしょうが。

新電電や再生エネルギなんて絵に書いたモチにつられてるだけ
再生エネルギーなんて都合よくピークが消費ピークになる訳ないし
日本の国土じゃ無理、梅雨は、台風はどうするんだろね?
しかも、使えば安くなるって省エネと逆行してるし。

新電電は発電所を持っているのは4社だけ、実際は自治体や電力会社から
買って安く卸してるだけ。中間マージンとってる仲買と同じ。
どっちにしろ、石油が昔の様に高くなれば、これら電力も同じように高くなる。

外的要因で失敗アベノミクスよりひどい目に遭いたいならそれでいいけどね。

しかし、日本の司法判断って、質が下がったね、事実を認定するのでなく
虚構でも想像でも仮定でも認定できるなんて何処で習ったんだろう
あんた、悪そうな顔してるから死刑って言ってるようなもんだよ全く持ってね。
どおりで日本では冤罪事件が減らない訳だと思う。


22. 2016年3月10日 00:10:00 : 0Ija2VS4SM : ylh0mYh@bnI[3]
3・11以降の原発再稼動は辺野古や自衛隊と同じである。
宣伝リンク認定27868265.html

23. 2016年3月10日 01:10:28 : PgM4VYo0qU : P9ZtgAKyNik[1]
原子力村は少しずつ確実に追い詰められている。いくら出世したい裁判官でもこんなうそと欺瞞に溢れた関電の主張には同意しないだろう。

どうせ、御用裁判官に差し替えてくるだろうが、奴らに与えた打撃は大きい。


24. 2016年3月10日 04:30:23 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[909]
>21
もうそういうのいいから。天然ガスの価格推移くらいは調べてから書いてね。大体スポットで買ってるわけでもなし、デリバティブでヘッジするのも当たり前だ。天然ガスが今の値段の10倍になる心配は杞憂であり、原発がメルトダウン事故を起こす心配は現実だ。

25. 悪は必ず亡びる[1] iKuCzZVLgriWU4LRguk 2016年3月10日 05:26:02 : VinfV04tsY : PDnTSzVMCbU[2]
【天然ガス】
効率は原発の約2倍! コンバインドサイクル発電
「世界のエネルギーの趨勢は原子力からガスに移行するということが既に常識になりつつあります。天然ガスはCOなどの排出量が少ないクリーンなエネルギーです。
それを燃料とする効率のよいガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電に火力の3割を切り替えれば原発なんて必要ないのです。」

原発推進に警鐘を鳴らし続けてきたジャーナリストの広瀬隆氏

原発失くしても、電気代は上がらないし、むしろ原発再稼働は時代に逆行している。
核廃棄物処理には膨大なコストがかかり、また廃棄先の見通しも立っていない。
発電コストが安いという国とメディアの詐欺に付き合うのも飽きました。

結論:原発失くしても誰も困らない。

そもそも原発とか時代遅れの発電方法を有り難がる、技術大国日本って国際的にも相当恥ずかしいことなんだが。
世界に、核爆弾作れますと言いたいだけの設備。そして、一部の国民が原発では発電していないと囁かれている。地下で火力発電し、核施設は別の目的で使われているとか何とか・・・?


26. 茶色のうさぎ[-3387] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年3月10日 05:40:57 : Ao1PJ767vw : y5RUhQ3vY6Q[1]

ひとり言です。 うさぎ♂

>20さんの、 3月9日に社民党幹事長 又市さんが、喜びの談話してんのに、共産党なんて、無関心だねー💢

http://www.jcp.or.jp/akahata/web_keyword/key368/ <赤旗です。! 号外ぐらい出せよー!あほ

やっぱ、共産党は、分断統治なのかなー?ぷ♪



[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

27. 2016年3月10日 09:53:29 : Sgz5vMskLn : 03Zd3AGCKPs[3]
1. ミヤネヤで 原発全部なくしたら石器時代に戻るとか言ってたけど、あれからもう5年経ってるよ。 邪魔が入ってなければ代替エネルギーの総量も もっと大きくなってた筈だ。

2.昨日にも規制委員長の田中が 「世界で最高に近い規制基準」とか言ってたが 世界最高はどの国で日本は何処が世界最高で無いんだい。また 最高で無い理由は何なんだ。 ムラの総意で決めた基準なんか誰も信用しない。

3. 福島第一のデブリがもし取り出すことができたとしたら 何処にどうやって埋めるんだい。 トリチウムの処理方法は見つかったのかい。
ケツを拭くこともできないのに廃棄物を増やすんじゃないよ。

4. たかが電力ごときに 広範囲の人間が避難を考えなくちゃならないようなものは ただの迷惑施設。ムラの住民は漏れた下水に住み着くミミズの集団と尾同じであさましくて汚い。


28. 2016年3月10日 11:01:08 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1683]
Domestic | 2016年 03月 10日 10:35 JST
関電高浜3号機、10日夜に停止

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160310&t=2&i=1123681526&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016031001000838.-.-.CI0003
関電高浜3号機、10日夜に停止

 関西電力は10日、大津地裁による高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止め仮処分決定を受け、稼働中の3号機の原子炉を停止する作業を始めた。原子炉の出力を下げ、同日午後8時ごろ停止する予定だ。

 安倍政権の再稼働推進方針に司法が待ったをかけた格好。自社の電源構成で原発の占める割合が高い関電にとり、4月からの電力自由化を控え大きな打撃となった。

 3号機は1月29日に再稼働したばかりで、1カ月余りで再び停止する。4号機は2月26日に再稼働したが、発送電開始の作業中の29日に原子炉が緊急停止するトラブルがあり、既に冷温停止の状態になっている。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016031001000828


29. 2016年3月10日 11:30:05 : SCt1Jtn7vo : k4lN1mxfm5g[12]
>>21
コメントみた瞬間に この主張は似ているなぁ
誰に?
↓コレだよ。
亡国の輩よ、「原発ゼロ」の話はやめよう 内閣参与(特命担当 ...
www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/658.html

なぜ、いま原発を新規建設すべきか 飯島 勲(プレジデント) 赤かぶ
www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/377.html

2年前の蛸オヤジの戯言にソックリですね。
まぁ飯島氏の主張が如何にダメかのオンパレードだったから
該当スレを読んでみたら?


30. 2016年3月10日 12:54:47 : RQpv2rjbfs : DnS7syXjc2g[99]
仮差し止めにもかかわらず、菅は再稼働方針に変更はないと豪語している。

自民党には口も達者で利口そうに見える人たちが大勢いるのになんでバカなことを平気でするのか不思議でならない。お金と権力に目がくらんでいるに違いない。

欲の皮をつっぱらせていると簡単に詐欺にひっかかる、他山の石としたい。


31. 2016年3月10日 14:18:17 : ooEEvtDqxg : LSpOPSCTaE0[1]
まだ原発に「ゼロリスク」を求める非常識な裁判官がいるようだが、本当にその裁判官の資質を疑う。

2016.3.10 05:03
【主張】
高浜原発差し止め 常軌を逸した地裁判断だ
http://www.sankei.com/column/news/160310/clm1603100002-n1.html

 またも驚くべき司法の判断である。これでは日本のエネルギー・環境政策が崩壊してしまう。

 関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県)に対し、滋賀県の住民が求めていた運転差し止めの仮処分を大津地裁が認めた。

 高浜3、4号機は福島事故を踏まえて策定された新規制基準に合格して今年、再稼働を果たしたばかりである。

 にもかかわらず、運転を差し止めるということは新規制基準と原子力規制委員会の審査を真っ向から否定したことに他ならない。

 仮処分は即効力を持ち、関電は運転を停止する。司法判断での稼働中の原発停止は前例がない。

 関電は「到底承服できない」として、速やかに不服申し立ての手続きを行う。一日も早く取り消される必要があろう。

 決定の影響は甚大だ。4月からの電力小売り自由化を目前に、関電の供給計画は全面見直しを余儀なくされ、予定された電気料金の値下げも困難になる。近畿圏での企業活動や生活にマイナスの影響が出るのは避けられない。

 原発の安全性をめぐっては、平成4年の最高裁判決で、その適否について、科学的、専門的な知見に基づく行政の合理的判断に委ねるとしている。

これに対し、今回の決定は、政府の新規制基準による安全性確保が合理的かどうかの説明を関電に求め、「主張および疎明を尽くしていない」と断じた。具体的には耐震性能や津波対策、避難計画などに疑問があると指摘した。

 これが理にかなっているといえるのか。高浜原発の強制停止がもたらす電力不足や電気料金上昇など社会的なリスクの増大にも、目をつむるべきではない。

 司法判断の不可解さには前例がある。27年には福井地裁が今回と同じ高浜3、4号機に運転差し止めの決定を下したが、8カ月後に取り消した。大津地裁も26年に高浜3、4号機を含む運転差し止めの仮処分申請を却下している。

 高度に専門的な科学技術の集合体である原子力発電の理工学体系に対し、司法が理解しきったかのごとく判断するのは、大いに疑問である。

 乱訴が続き、基本計画に基づく国のエネルギー政策や温暖化対策が揺らぐ事態を危惧する。原発政策に対する政府の明確な姿勢を今こそ求めたい。

2016.3.9 23:43
【高浜3、4号機差し止め】
「ゼロリスク」押し付け 最高裁判例を逸脱
http://www.sankei.com/affairs/news/160309/afr1603090043-n1.html

関西電力高浜原発3号機(手前)と4号機=福井県高浜町

 今回の大津地裁の決定には「なぜ高浜原発が安全でないか」について明確な根拠が見られない。「関電側の説明が不十分」とするだけで、何が何でも原発の「ゼロリスク」を求めるという自らが設定した安全基準を押し付ける内容で、原発の安全性を判断する基準となってきた最高裁判例を逸脱している。

 原発の安全性は、高度な専門的技術的判断が伴う。原子力規制委員会は、高浜の審査会合を70回以上開き、約2年3カ月かけて関電が提出した約10万ページの申請書を詳細に検討した上で、安全性を判断した。これに対し大津地裁はわずか4回の審尋で、規制委の精緻な議論をほとんど考慮していない。

 これまで司法は、原発をめぐる行政の判断を尊重し、抑制的な立場を維持してきた。それは、四国電力伊方原発(愛媛県)の設置許可処分取り消し請求訴訟をめぐって、平成4年に最高裁が示した「裁判所の審理、判断は行政庁の判断に不合理な点があるか否かという観点から行われるべきだ」との判示に基づいている。

 裁判所が東京電力福島第1原発事故後、原発の運転を禁じたのは3回目。過去2回は福井地裁の同じ裁判長が担当し、いずれも「属人的な判断」との見方がある。実際に一つの裁判結果は同じ地裁で覆った(もう一つは控訴中)。

事故前を加えても、原発の運転差し止めを求める訴訟や仮処分は、原告側の主張をいったん認めても上級審で覆るなどしており、最終的に差し止めが確定した例はない。伊方の最高裁の基準が踏襲されているからだ。

 運転差し止めは社会的にも経済的にも大きな影響がある。高度な科学技術とリスクとの関係を、規制委の議論に比べ、はるかに短い審尋のみから導き出された判断に委ねてよいものか、大きな疑問がある。(天野健作)

高浜原発運転差し止め 稼働原発初の仮処分 3号機きょう停止 大津地裁
産経新聞 3月10日(木)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000079-san-soci

 ■関電は異議申し立てへ

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを隣接する滋賀県の住民29人が求めた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、「住民らの人格権侵害の恐れが高いにもかかわらず、関電は安全性確保について主張、説明を尽くしていない」として運転差し止めを命じる決定を出した。決定は直ちに効力が生じるため、関電は10日、営業運転中の3号機を停止する方針。仮処分決定で運転中の原発が止まるのは全国初。

 関電は同地裁に異議と執行停止を申し立てる方針だが、決定が停止するか覆らない限り、トラブルで停止中の4号機を含め運転できない。関電が5月から予定していた電気料金値下げは困難な状況になった。

 決定は、東京電力福島第1原発事故を念頭に、「事故が発生すれば環境破壊の及ぶ範囲はわが国を越える可能性さえあり、単に発電の効率性をもって甚大な災禍と引き換えにすべき事情だとは言い難い」と指摘。

 関電に対し「事故を踏まえ、原子力規制行政がどう変化し、原発の設計・運転のための規制がどう強化されたかを具体的に説明すべきだ」とした上で、「過酷事故対策の設計思想や外部電源に依拠する緊急時の対応、基準地震動の策定方法に関する問題点に危惧すべき点がある。津波対策や避難計画にも疑問が残る」とした。

 非常時の電源確保策についても「どこまでも完全を求めることは不可能としても、このような備えで十分であるとの社会一般の合意が形成されたといっていいか躊躇(ちゅうちょ)せざるを得ない」と疑問を示した。

 高浜3、4号機をめぐっては、2基が停止中の昨年4月、福井地裁で再稼働を認めない仮処分決定が出された。だが、同12月に関電の異議が認められ、決定が取り消された。住民側は名古屋高裁金沢支部に抗告している。

*決定骨子
・関西電力は高浜原発3、4号機を運転してはならない
・発電の効率性を甚大な災禍と引き換えにはできない
・福島の原発事故を踏まえた過酷事故対策や耐震基準策定、津波対策や避難計画に疑問が残る
・自治体ごとではなく、国主導で事故時の避難計画を策定すべきだ
・住民の人格権侵害の恐れが高いが、関電は安全性の確保の説明を尽くしていない

菅長官「方針維持」
菅義偉官房長官は9日の記者会見で、大津地裁の関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止め決定に関し「原子力規制委員会が世界最高水準といわれる新規制基準に適合すると判断した」と指摘した上で、「政府はその判断を尊重し、再稼働を進める方針に変わりはない」と述べた。


32. 2016年3月10日 15:11:18 : BNmrCuUaEM : @I3drVDax5E[1]
>>31

慰安婦問題のAPの英文記事の「黙認」を再三「命令」と意図的に誤訳(正しくはねつ造)して出したワシントン支局長の小森が看板役の、クズ新聞で有名な惨軽の記事なんて中身は推して知るべしだからもういいよ。繁春や信夫と一緒だよ。


33. 2016年3月10日 15:20:50 : f8zoVB2a7Q : thOmaXgXEMk[1]
関電ガンバレ! 関電負けるな!

2016.3.10 07:15
【高浜3、4号機差し止め】
地裁、乏しい科学的根拠 規制委新基準も批判
http://www.sankei.com/affairs/news/160310/afr1603100002-n1.html

大津地裁=9日午後3時51分、大津市(恵守乾撮影)

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めの仮処分を命じた大津地裁は、耐震性能や津波に対する安全性能、過酷事故対策など7つの大きな争点について言及した。しかし、多くは関電の説明が「不十分だ」と指摘するだけで、科学的根拠に乏しい内容となっている。高浜を「合格」とした原子力規制委員会に対しても「非常に不安を覚える」と批判するものの、決定文に科学的な反証は見当たらない。

 今回の仮処分の主要な争点となったのは、原発事故の後、電力会社に最も厳しいハードルが課された「地震や津波への対策」だ。規制委が定めた原発の新規制基準では、原発ごとに想定される最大の揺れ(基準地震動)を策定し、それに基づいて機器や設備の耐震設計をするよう求めている。

 大津地裁の決定は、関電の周辺活断層の調査について「徹底的に行われたわけではない」とし、耐震評価も「安全余裕をとったといえるものではない」と断じた。しかし、根拠は不明で、関電の説明の不十分さを指摘した上で「十分な資料が提供されていない」とするだけだ。

 さらに「津波に対する安全性能」についての記述は9行にとどまり、「大規模な津波が発生したとは考えられないとまでいってよいか、疑問なしとしない」と曖昧な言葉が並ぶ。

これ以外にも、裁判所側の説明の放棄は随所に見られる。地裁は「(規制委に)代わって判断すべきであると考えるものでもない」としながらも、規制委の新基準の合理性について疑問を投げかけた。

 例えば新基準は、電力会社に多様で大幅な過酷事故対策を求めている。具体的には、複数の空冷式非常用発電装置や、電源車の設置などだ。ところが、地裁は新基準が求めるこれらの備えについて「このような備えで十分であるとの社会一般の合意が形成されたといってよいか、躊躇(ちゅうちょ)せざるを得ない」と指摘した。

 新基準は福島の事故を教訓に、国際的な基準を参考にして、広く国民の意見を反映した上で策定された。その根底には「安全に終わりはない」という安全神話との決別がある。

 そのような策定過程を無視して、「躊躇」という感想めいた言葉で片付けることが合理的といえるだろうか。仮処分とはいえ、裁判所の判断には緻密な論理と精密な論拠が要求される。

(天野健作、緒方優子)

仮処分 直ちに効力発揮

仮処分決定は民事保全法に定められた手続きで、時間がかかる通常の訴訟で争う間に著しい損害や急迫の危険が生じるのを避ける必要から、当事者の申し立てに基づいて裁判所が審理、可否を判断する。審理は通常の訴訟より迅速に進み、効力も決定後直ちに生じる。このため関西電力高浜原発3、4号機は9日の大津地裁決定に伴って運転できなくなり、関電はトラブルなく営業運転を続けている3号機の停止に追い込まれた。

決定の効力を止めるには執行停止を地裁に申し立て、原発の停止によって「償うことのできない損害」が出ると明らかにする必要がある。

関電は昨年4月に3、4号機の再稼働をいったん差し止めた福井地裁決定に対しても、同じ福井地裁へ執行停止とともに不服申し立て手段の「異議」の手続きを取り、別の裁判長の判断を求めた。今回も同様の流れになる見通し。

異議審の決定に対してはさらに大阪高裁への「抗告」が可能だ。今回の決定内容は今後のいずれかの段階で覆らない限り、基本的に効力が維持される。

一方、関電は裁判所に申し立て、住民側に通常の訴訟を起こすよう求める選択肢もある。通常訴訟は仮処分より優位にあり、住民側の差し止め請求を退ける判決が確定すれば、今回の決定は効力を失う。

*今後見込まれる主な司法手続き

@大津地裁:運転停止の仮処分決定「3号機を運転停止(4号機はトラブルで停止中)」⇒関電が異議申し立て⇒異議が認められ決定取り消し⇒2基の運転が可能に⇒大阪高裁:住民側が高裁に抗告⇒却下⇒運転可

A大津地裁:運転停止の仮処分決定「3号機を運転停止(4号機はトラブルで停止中)」⇒関電が異議申し立て⇒異議認めず⇒2基とも運転できず⇒大阪高裁:関電が高裁に抗告⇒認められる⇒運転可

B大津地裁:運転停止の仮処分決定「3号機を運転停止(4号機はトラブルで停止中)」⇒関電が異議申し立て⇒異議が認められ決定取り消し⇒2基の運転が可能に⇒大阪高裁:住民側が高裁に抗告⇒認められる⇒運転不可

C大津地裁:運転停止の仮処分決定「3号機を運転停止(4号機はトラブルで停止中)」⇒関電が異議申し立て⇒異議認めず⇒2基とも運転できず⇒大阪高裁:関電が高裁に抗告⇒却下⇒運転不可

D大津地裁:運転停止の仮処分決定「3号機を運転停止(4号機はトラブルで停止中)」⇒関電が執行停止申し立て⇒認められる⇒2基の運転が可能に

E大津地裁:運転停止の仮処分決定「3号機を運転停止(4号機はトラブルで停止中)」⇒関電が執行停止申し立て⇒却下⇒2基とも運転できず

関電 値下げ・域外販売先送りも 遠のく自由化メリット

大津地裁が高浜原発3、4号機の運転を認めなかったことを受け、関西電力は当面、原発を動かせなくなる。原発稼働を前提に予定していた値下げや、首都圏などへの域外販売も先送りになる可能性が高い。4月には電力小売りが全面自由化されるが、競争に伴う料金引き下げやサービス多様化といった、自由化のメリットが十分に発揮されない恐れがある。

高浜原発の2基が稼働すれば、火力燃料費の削減などで収支を月100億円程度改善する効果がある。関電はメリットを還元するため「5月1日に値下げする」(八木誠社長)計画だった。だが、2基が動かせなくなり、値下げは見送らざるを得ない状況だ。

原発の稼働停止に伴う火力燃料費の増加で、関電は2度にわたり値上げした。このため自由化で新規参入する新電力と比べ「価格競争力で劣後している」(八木誠社長)。新電力は大手電力の料金をベンチマーク(基準)にしており、関電の値下げが進まなければ価格競争が活発にならない可能性がある。

また、自由化で可能になる、首都圏や中部地方といった域外販売に関し、関電は正式に参入を決めていない。東京電力など他の大手電力が相次ぎ名乗りを上げる中、もともと原発比率の高い関電は原発停止で需給に余裕がないからだ。

地域独占が崩れ値下げやサービス向上につながると期待される域外販売だが、関電の出遅れで十分な効果が得られない懸念がある。


34. 2016年3月10日 16:09:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1687]
2016年3月10日(木)
きょうの潮流

 福島県の浜通りを縦断する国道6号。車窓から見える沿道の所々に紅白の梅の花が咲いています。たゆまぬ季節の移りを知らせる自然のめぐり。しかし、そこに人の営みはありません▽朽ち果てた家や商店。雑草に埋もれた田畑。残された看板だけが、在りし日のにぎわいを想像させます。あれから5年。広大な無人の町に目立つのは汚染された廃棄物が詰まった黒い袋の山と、わがもの顔の獣たちだけです▽山があり、川があり、海がある。自然豊かな地で何世代にもわたり、子や孫とともにのどかに暮らしてきた故郷。そのすべてを奪い取った原発事故は今も被害をひろげています。10万人近い県民が避難生活を強いられ、原発・震災関連死は2千人を超えてしまいました▽復興どころか生きる希望さえ失い、命を絶った人も他の被災県に比べ突出している福島。地元紙が行った直近の世論調査でも、復興を実感していると答えた県民はわずか2割にとどまります▽必死に生きながら生業(なりわい)を返せ、原発をなくせ、と立ち上がる多くの被災者。それをあざ笑うかのように、再稼働へと走る電力会社と安倍政権に司法が待ったをかけました。大津地裁が高浜原発3、4号機の運転差し止めを求める住民の申し立てを認めたのです▽運転中の原発を止める画期的な決定。それは、汚染水が拡大し、核燃料の状態も事故原因もわからない福島原発の現状に照らせば当然です。人生のすべてを奪う原発こそ、私たちの営みから消し去らなければなりません。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-10/2016031001_06_0.html


35. 2016年3月10日 17:32:57 : 2gu0t9Rrfw : F@oOKG3TEbo[1]
原発安全性 司法判断で二分 2016年3月10日

日本のエネルギー政策の根幹に関わる原発の安全性をめぐる判断は、これまで裁判所の見方次第で結論が二分する状態が続いている。

福島の事故後、初めて原発の運転差し止めを命じたのは平成26年5月の福井地裁判決だった。樋口英明裁判長は関電大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じ、この裁判は現在、控訴審が続いている。

樋口英明裁判長は昨年4月にも、高浜原発3、4号機について、規制委の新基準を「緩やかに過ぎる」と指弾。想定外の地震が起きる可能性などの理由を挙げ、安全対策が不十分だと強調。災害を引き起こす恐れが万が一にもない「ゼロリスク」を保証しておらず「合理性を欠く」と切り捨て、仮処分による判断としては全国で初めて原発の運転禁止を命じた。

この仮処分については、同じ福井地裁で昨年12月、関西電力の異議申し立てを審理した別の裁判長が、「何らかの程度の事故発生の危険は常に存在し、絶対的安全性を要求することは相当ではない」と「ゼロリスク」を否定し、「世界一厳しい」とされる規制委の新基準に不合理な点はないとして再稼働を認める判断をしている。

高浜原発と同様に再稼働している九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)をめぐる仮処分で、昨年4月に出された鹿児島地裁決定も新基準や規制委の判断を支持し、住民側の申し立てを退けている。

福島の原発事故発生前に差し止め訴訟で住民側が勝訴したのは、北陸電力志賀原発2号機(石川県志賀町)の運転停止を命じた平成18年の金沢地裁判決が唯一だが、上級審で覆り、逆転敗訴が確定した。

*原発の運転差し止めが争われた主な裁判(@対象A地裁B結論C現状)

(A)@北陸電力志賀原発2号機(石川県志賀町)A金沢B差し止め(平成18年3月・判決)C逆転敗訴
(B)@関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)A福井B差し止め(平成26年5月・判決)C控訴審中
(C)@関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)A福井B差し止め(平成27年4月・仮処分決定)C抗告審中
(D)@関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)A福井B差し止め決定取り消し(平成27年12月・異議審決定)C抗告審中
(E)@関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)A大津B差し止め(平成28年3月・仮処分決定)C関西電力が不服申し立てへ
(F)@九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)A鹿児島B住民の申し立て却下(平成27年4月・仮処分決定)C抗告審中

・結論決まっていた印象
(元東京高裁判事の升田純中央大法科大学院教授(民事法))の話
「原発のような高度に科学的な議論を含む争いが、早期に結論を出す必要がある仮処分になじむかそもそも疑問だ。通常の訴訟に比べて提出できる証拠にも制約があるのに、決定は関電側に厳しい立証責任を課した上で『主張が足りない』と判断しており、説得力に乏しい。決定を出すための大前提となる住民への『著しい損害』や『急迫の危険』に関する判断もほとんどない。結論が最初に決まっていたような印象で、分量、内容とも肩すかしだ」

・司法への信頼を損ねる(宮崎慶次大阪大名誉教授(原子力工学)の話)
「外部電源と非常用電源の役割の違いなど多くの点に事実誤認があり、専門的立場から納得できない。原子力規制委員会の判断を無視し、原発事故後の関係者の努力も一切評価していない。原発にゼロリスクを求める内容だが、仮に夏場に電力供給が滞り工場などの稼働が止まれば社会的リスクも生じる。関西電力側の主張も分かりやすさの点で不十分だったのかもしれない。再稼働を認めた昨年末の福井地裁決定と正反対の内容だが、裁判官により判断が二転三転するのは、司法への信頼を損ねるのではないか」

高浜原発差し止め 原発と共生また遮る
産経新聞 3月10日(木)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000054-san-soci

定例会見で記者の質問に答える原子力規制委員会の田中俊一委員長=9日午後、東京都港区(緒方優子撮影)(写真:産経新聞)

 ■関電「受け入れられない」 地元も困惑

 原発に求められるのは「百パーセントの絶対安全」か、最新の科学技術に照らした厳格な管理か−。関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを認めた9日の大津地裁の仮処分決定は、再稼働を阻む“司法リスク”が顕在化した形となった。原告側からは喜びの声があがる一方、関電からは「到底承服できない」「極めて遺憾だ」と不満があふれ、“原発との共生”を目指してきた地元自治体や経済界には困惑が広がった。

 「到底受け入れられない」。決定を受け、大阪市の関西電力本店で行われた会見に出席した関電幹部は不満をあらわにした。

 3号機は1月29日に再稼働し、既に営業運転に踏み切っている。稼働中の原発運転差し止めを認める初の仮処分決定は昨年4月に同じく差し止めを認めた福井地裁の仮処分決定と比べても「大変厳しい」と表情を曇らせる。

 関電は高浜再稼働などの情勢を受け、5月1日に電気料金の値下げも予定していたが、「改めて検討したいが、(値下げは)極めて難しくなった」。予期せぬ決定に言葉をつなぐのがやっとの様子だった。

 原子力規制委員会の定例会見では、田中俊一委員長が、東京電力福島第1原発事故後に策定した原発の新規制基準について「見直す必要はない」との考えを示した。

 会見は大津地裁の決定の約1時間後。報道陣からは新規制基準や規制委による審査の妥当性などを問う質問が飛んだが、田中委員長は「まだ(決定文の)中身を承知していないので、今の段階で申し上げることはない」と淡々と話し、内容についての言及を避けた。

 今後の規制のあり方については「常に新しい知見を取り入れて、より安全を追求していくという姿勢、原則に変わりはない」。その上で、新規制基準について「これまで世界最高レベルに近づいていると申し上げてきたが、その認識を変える必要はないと考えている」と改めて強調した。

 一方、高浜原発3、4号機が立地する福井県高浜町。人口約1万人の町は、多くの住民が原発関連の仕事に従事している。

 「福井、大津と裁判所ごとに判断が違い、立地自治体がもてあそばれている状況だ。驚いたし、残念だ」。野瀬豊町長は報道陣を前に険しい表情で切り出した。ばらつく司法の判断には「しっかりとした基軸で判断をしてくれないと、地元は困惑するばかりだ」。

 昨年3月、2基の再稼働に対する町議会の同意を議長としてまとめた元町議、的場輝夫さん(71)は「安全対策や避難計画などをきちんと細部まで確認して判断したのか。地元にとっては相当深刻な事態だし、怒りすら覚える」と憤る。高浜町商工会の田中康隆会長(59)は「ようやく将来を考えられるようになったところだった。こんな形で原発が止まるのなら、ある日突然仕事がなくなることもありうる。納得できない」。さらに「訴える権利はあるが、電力生産地のことも少しは考えてはどうか」とこぼした。

2016.3.9 17:08
【高浜3、4号機差し止め】
運転差し止め命じた裁判長、前回は差し止め申請却下
http://www.sankei.com/west/news/160309/wst1603090087-n1.html

 関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた山本善彦裁判長(61)は民事裁判を主に担当し、平成26年4月に大津地裁に着任した。同年11月には今回とは反対に、再稼働前の高浜3、4号機をめぐる同様の仮処分申請を「再稼働は迫っておらず、差し止めの必要性はない」と却下していた。

 京都府出身。昭和63年に大阪地裁で判事補になり、福岡、鹿児島両地裁や大阪高裁などを経て、平成23年4月から26年3月まで山口地裁で判事を務めた。

 山口地裁では24年12月、中国電力の上関原発(山口県上関町)予定地をめぐり、住民側が山林の入会権確認を求めた訴訟の差し戻し審判決で請求を退けた。大津地裁に異動後は、いじめを苦に自殺した中学生の遺族が大津市に損害賠償を求めた訴訟も担当し、昨年3月に市が和解金1300万円を支払うなどの内容で和解が成立した。


36. 2016年3月10日 18:14:50 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[121]

>>31

「まだ原発に「ゼロリスク」を求める非常識な裁判官がいるようだが」って、裁判官であろうとなかろうと「原発に「ゼロリスク」を求めない」ような非常識な人間など、原子力ムラや原発右翼以外に、どこにいると言うのか?

自動車事故であろうが、飛行機事故であろうが、はたまた火力発電所事故であろうが、その事故一発で、その国が、その社会が、その民族が壊滅するわけではない。だから、その事故に巻き込まれた人間にとってはとんでもない不幸であっても、その国、その社会、その民族にとっては忍受できる(許容可能な)事故だ。だから、「ゼロリスク」は求められない。

しかし、原発事故はまったく違う。幸運でない限り原発事故は、一度起これば、その国、その社会、その民族全体の破滅を容易に招く。だから、原発事故は、その国、その社会、その民族にとって忍受できない(許容不可能な)事故だ。だから、「ゼロリスク」でなければならない。

この違いはわからない人間は馬鹿だ。

そんなやつは知能が低い。もし知能が低いのでなければ、そいつは原発利権に絡め取られた邪悪な人間だ。自分の「得」だけがなによりも大事な人間のカスだ。「これでは日本のエネルギー・環境政策が崩壊してしまう」とはそんな以上に利己的で邪悪な人間の本音だ。

もう一度言おう。

「原発にゼロリスクを求めない」と主張することは、即「原発が事故を起こした場合には、日本は、日本社会は、日本人はみな、滅びて構わない」と言っていることに等しい。

そういうことを平気で、しかもいかにも自分は「現実主義者だ」というようなドヤ顔で(一体これのどこが「現実主義」だ、笑わせるな)、言って恥じないのが、原子力ムラの人間とその走狗である原発右翼(多摩散人とか会員番号4153番のような)だ。

そんなやつらがまともな人間でないことは論を待たない。

原子力ムラと原発右翼は恥を知れ。



37. 2016年3月10日 18:26:48 : FbUIIaPBCk : zc2tX@LK8yU[1]
原発であれ何であれ「ゼロリスク」を求めるのはアホのすることだ。

「絶対安全」はあり得ない。

だからこそ、対策を尽くしてもなお残るリスクが「受け入れ可能かどうか」こそが大事だ。

高浜差し止め 判例を逸脱した不合理な決定
2016年03月10日 03時03分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160309-OYT1T50157.html 

裁判所自らが、原子力発電所の安全審査をするということなのか。

 滋賀県の住民29人が、福井県の関西電力高浜原子力発電所3、4号機の運転差し止めを求めた仮処分申請で、大津地裁が差し止めを命じる決定を出した。

 重大事故や津波の対策、事故時の避難計画の策定などについて、「関電側が主張や説明を尽くしていない」との理由である。

 原子力規制委員会は、福島第一原発事故後に厳格化された新規制基準に従い、1年半をかけて3、4号機の審査を実施した。昨年2月、合格証にあたる「審査書」を交付し、関電は今年1月に3号機を再稼働させた。

 大津地裁は、規制委と同様、関電に原発の安全性の技術的根拠を説明するよう求めた。関電は、審査データを提出し、安全性は担保されていると主張した。

 だが、大津地裁は「対策は全て検討し尽くされたのか不明だ」として、受け入れなかった。

 司法として、関電に過剰な立証責任を負わせたと言えないか。

 最高裁は、1992年の四国電力伊方原発訴訟判決で、原発の安全審査は「高度で最新の科学的、技術的、総合的な判断が必要で、行政側の合理的な判断に委ねられている」との見解を示した。

 高度な専門性が求められる原発の安全性の判断で、司法は抑制的であるべきだとする判例は、その後の判決で踏襲されてきた。

 今回の決定も、最高裁判例に言及はしている。だが、再稼働のポイントとなる地震規模の想定などについてまで、自ら妥当性を判断する姿勢は、明らかに判例の趣旨を逸脱している。

 大津地裁が、規制委の新規制基準に疑問を呈したのも問題だ。

 新基準は、第一原発事故を踏まえ厳しくなったにもかかわらず、規制委の策定手法などに対して、「非常に不安を覚える」と独自の見解を示した。原発にゼロリスクを求める姿勢がうかがえる。

 菅官房長官が「世界最高水準の基準に適合するという(規制委の)判断を尊重していく」と強調したのは、もっともである。

 仮処分決定を受け、関電は、再稼働したばかりの高浜3号機を停止する作業に入る。4号機は2月に再稼働したが、直後のトラブルで停止している。

 関電は、大津地裁に対し、保全異議などを申し立てる。それが認められなければ、高裁に抗告することになろう。裁判所には、冷静で公正な判断を求めたい。


38. 知る大切さ[4694] km2C6ZHlkNiCsw 2016年3月10日 20:03:47 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[676]

>だからこそ、対策を尽くしてもなお残るリスクが「受け入れ可能かどうか」こそが大事だ。

の判断をする為にも 高浜原発4号機の大量の蒸気発生の理由とかが、明示されるべきだが、
現実は関電も原子力規制委員会も国民に対して何も語らない。

緊急停止した4号機は蒸気が数時間少なくとも2時間30分以上モクモクと大量の水蒸気を
輩出していたが、すぐそばで通常運転していた3号機には水蒸気は出ていなかった。

最善を尽くすポーズすらない、事業者や安全を監視する行政機関を信じれるか?

関西電力株式会社高浜発電所4号機における法令報告対象事象に関する原因と対策
について報告を受理
https://www.nsr.go.jp/activity/bousai/trouble/houkoku/00000043.html

120ページの何処にも大量の水蒸気に関する記事が無い。
コレが福島原発事故を経験した国の真実の姿。


39. HIMAZIN[362] SElNQVpJTg 2016年3月10日 21:06:34 : FouVKe0ugE : bwWAesB6PUw[21]
>>37

>「絶対安全」はあり得ない。
>だからこそ、対策を尽くしてもなお残るリスクが「受け入れ可能かどうか」こそが大事だ。

原発再稼働させる連中がまるで信用ならんということ。
福一の事故の顛末みただけで、受け入れ不可能です。


40. 2016年3月10日 21:26:24 : jNMlQMuI1Q : mv@Lk5jad5Q[1]
福井地裁が昨年12月、高浜原発3、4号機の再稼働を認めた保全異議審の決定書は、200ページを超えていたが、今回の大津地裁は3分の1以下しかなく、大津地裁が提出された証拠を十分に検討したのかという疑問さえ抱かせる。大津地裁は1つ1つの争点に対して、「説明が足りない」の一言で片づけてしまっている。

昨年4月に再稼働を差し止めた福井地裁の仮処分決定では、「ゼロリスク」を求めるがゆえに、その見解に沿う事実を集めた印象だが、今回の大津地裁は判断の根拠となる事実を実質的に検討すらしていない。「大津地裁は手を抜いているな」と感じる。

日本人の「安全」に対する考え方が問われている。

「ゼロリスク」を求めていては何もできない。

「絶対安全」はあり得ない。

対策を尽くしてもなお残るリスクが「受け入れ可能かどうか」こそが大事なのだ。

ごく低い確率でしか起きない事態を心配するよりも、原子炉が壊れたとしても、「住民に被害が及ばない」という対策に重点を置くべきだ。

きちんと検討したリスクは、工学的な対策で減らしていける。

高浜原発3、4号機が動かせなければ月に100億円の利益を失うとみられている。2015年4月に出された福井地裁による差し止めの仮処分は8カ月後に取り消された。仮に8カ月の間、稼働できなければ逸失利益は800億円に膨れ上がる。「再稼働すれば2016年5月に電気料金を値下げする」との方針は見送らざるを得ないだろう。

民間企業が利益を損なえば、企業価値が下がり、株主利益にも影響が広がる。電力会社であれば、電気料金を押し上げ、電気利用者の負担が重くなってしまう。原発の再稼働の差し止めには、経済的なデメリットが存在することも留意されるべきだ。

原発の再稼働を巡っては、経済面と社会的な影響の両面を見るべきだ。再稼働の難易度が上がり、あまりにも経済性を無視した動きが盛んになれば、逆に国民の不利益になることを忘れてはならない。

高浜3、4号機差し止め仮処分 2016年3月10日

大津地裁が、関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを関電に命じる仮処分を決定した。運転中の原発を止める初の司法判断となる。異例の決定が持つ意味や、今後予想される影響について、3人の専門家に聞いた。

結論ありきの決定 疑問
中央大法科大学院教授 升田純氏
京都大学法学部卒、弁護士。専門は民事法。1996年から東京高裁判事を務めた。2004年4月から現職。65歳。

大津地裁の仮処分決定は、内容も分量も説得力に乏しく、はじめから結論ありきだったのではないか、と言わざるを得ない。

1つは、立証責任の所在が関電側にあるとした上で、説明不足を指摘している点だ。決定では「行政庁側がまず相当な根拠や資料に基づき、主張、立証する必要がある」とした1992年の四国電力伊方原発訴訟の最高裁判決の論理を踏襲し、主張が尽くされない場合、関電の判断に不合理な点があることが推認できる、とした。

しかし、伊方訴訟が正式裁判だったのに対し、今回は仮処分だ。正式裁判で求められる「証明」よりも簡易な「疎明」で足りるはずで、提出できる証拠も限られている。

にもかかわらず、争点となった過酷事故対策については、裁判所として関電が行うべき安全対策の基準を示さないまま、「主張及び疎明が不十分な状態」だと断じている。これでは関電がどうしていいか分からないだろう。伊方判決の趣旨をはき違えているように思える。

2つ目は、検討内容の乏しさだ。福井地裁が昨年12月、高浜原発3、4号機の再稼働を認めた保全異議審の決定書は、200ページを超えていたが、今回は3分の1以下しかなく、提出された証拠を十分に検討したのかという疑問さえ抱かせる。1つ1つの争点に対して、「説明が足りない」の一言で片づけてしまっている。

昨年4月に再稼働を差し止めた福井地裁の仮処分決定では、「ゼロリスク」を求めるがゆえに、その見解に沿う事実を集めた印象だが、今回は判断の根拠となる事実を実質的に検討すらしていない。元裁判官としては、「手を抜いているな」と感じる。

3つ目として、仮処分の要件の1つである「保全の必要性」に関する言及も不十分だ。決定は、原発が既に再稼働したことのみを根拠としているが、原発が動いたことで、保全の要件となる「著しい損害または急迫の危険」があると言えるのだろうか。

原発の差し止めを求める判断は、高浜原発で3回目、九州電力川内原発でも1回行われている。同じような証拠で審理しているはずなのに、裁判所の判断がこうもコロコロ変わるのかと、国民にとっては驚きのはずだ。これによって、司法そのものに対する信頼が損なわれることを懸念する。

裁判官は原発の科学的な安全性については素人だ。専門家が詳細に検討した内容を尊重して判断するのがあるべき姿なのではないだろうか。

想定超えたリスク 語れ
工学博士・弁護士 近藤恵嗣氏
1982年に東京大学院を修了し工学博士。1984年に弁護士。福田・近藤法律事務所(東京)で知的財産を専門に活動。著書に「法工学入門」(共著)など。64歳。

福島第一原子力発電所の事故は、東京電力が想定していなかった規模の津波によって、原子炉を冷やせなくなり、大変な災害になってしまった。その最大の教訓は、「想定が甘かった」と片づけるのではなく、「想定を超える事態はありうる」という前提で対策を考え、たとえ事故が起きても周辺住民に被害が及ばないようにすることだ。

原子力規制委員会は、新規制基準で過酷事故対策を義務づけ、安全審査でもそれをチェックしていると思う。ところが、原発をめぐる裁判では、「想定が正しいか」「事故が起きないか」の論争になってしまう。今回も、使用済み燃料プールについては「水が漏れても大丈夫か」を論じているが、全体には「地震の想定が十分か」といったレベルにとどまっているようだ。

電力会社は、停電したらどのような手段で原子炉を冷やすのかなど、綿密に練った過酷事故対策を説明して、「もし想定を超えて、原発が壊れても、原告の皆さんに大きなリスクはありません」という主張を前面に出すべきではないか。過去の裁判では例がないと思うが、タブーにしてはいけない。

日本人の「安全」に対する考え方が問われていると言ってもよい。日本機械学会は、福島事故の教訓について検討し、私も委員となって3年前に報告書をまとめた。その中で、日本人は「『お上』の決めたことは安全である」と考えがちであることを指摘した。「絶対安全」はあり得ない。対策を尽くしてもなお残るリスクが「受け入れ可能かどうか」こそが大事だ。

その意味では、規制委の活断層評価にも違和感がある。ごく低い確率でしか動かない断層に白黒つけるよりも、「万が一、断層が動いて、原子炉が壊れたとしても、住民に被害が及ばない」という対策に重点を置くべきではないか。直下の断層が新しいと「どんな対策をとってもダメ」で、古ければ「対策は要らない」のはおかしい。

故障や事故を完全に防げないのは、どのような機械も同じだが、たとえば飛行機は「翼が折れても大丈夫」というまでの設計はしない。しかし、原発はどんな壊れ方をしても、なお放射性物質の飛散を防ぐなどの対策を考えねばならない。きちんと検討したリスクは、工学的な対策で減らしていける。

学会で報告書をまとめた時、「安全」の考え方を転換する機会にしたいと考えたが、福島の事故から5年たっても変わっていないのは残念だ。変わらない限り、今回のような判断が続くかもしれない。今こそ、電力会社も市民も、リスクに向き合うことを改めて考えるべきだ。

規制委審査 正当性揺るがず
慶応大特任教授 遠藤典子氏
専門はエネルギー政策。経済誌副編集長などを経て現職。京都大で博士号を取得。2014年度、著書「原子力損害賠償制度の研究」が大沸次郎論壇賞を受賞。47歳。

司法判断で運転が差し止められても、今後の原子力発電の再稼働には、さほど影響しないだろう。原発は、原子力規制委員会の新しい規制基準に適合していることが確認されれば、基本的に再稼働できることになっている。

今回の仮処分決定は規制委の審査のあり方にも触れているが、規制委は法律に基づいた行政委員会で、独自に権限を行使できることになっている。正当性は揺るがない。今後もそうした基準で、合理的に審査を進めていくべきだ。司法判断を受けて規制委のあり方を見直さなくてはならない、という問題ではない。

エネルギー政策への影響も考えにくい。今回の司法判断によって、電力会社が原発から撤退する動きに直接つながるとも考えづらい。あくまで関西電力への「局地的な」影響にとどまる。

原発停止を強いられる関西電力の経営には、大きな影響がありそうだ。高浜原発3、4号機が動かせなければ月に100億円の利益を失うとみられている。昨年4月に出された福井地裁による差し止めの仮処分は8カ月後に取り消された。仮に8カ月の間、稼働できなければ逸失利益は800億円に膨れ上がる。「再稼働すれば5月に電気料金を値下げする」との方針は見送らざるを得ないだろう。

民間企業が利益を損なえば、企業価値が下がり、株主利益にも影響が広がる。電力会社であれば、電気料金を押し上げ、電気利用者の負担が重くなってしまう。原発の再稼働の差し止めには、経済的なデメリットが存在することも留意されるべきだ。

仮処分は、原発が立地する福井県の隣県の住民が申し立てた。

東京電力福島第一原発の事故前には、原発の立地自治体の住民の合意が大切だった。だが、いったん過酷事故が起きると、その影響の大きさから同意を得るべき地域が拡大した。そして、国民全体の問題に変わった。

今回の司法判断が、原発そのものに対する社会の大きな逆風になり得るかどうか、今後どうなるかはまだ見通せない。ただ、国も電力会社も、社会が原発を受け入れるかどうかのハードルが上がっていることを、改めて認識する必要がありそうだ。

とはいえ、原発の再稼働を巡っては、経済面と社会的な影響の両面を見るべきだ。再稼働の難易度が上がり、あまりにも経済性を無視した動きが盛んになれば、逆に国民の不利益になることを忘れてはならない。


41. HIMAZIN[363] SElNQVpJTg 2016年3月10日 22:37:45 : FouVKe0ugE : bwWAesB6PUw[22]
>>40

>「ゼロリスク」を求めていては何もできない。
>「絶対安全」はあり得ない。

しかし、>>36さんが以下言う通り、原発は一度事故を起こせば、取り返しのつかない破滅に至る危険な代物です。

>しかし、原発事故はまったく違う。幸運でない限り原発事故は、一度起これば、その国、その社会、
>その民族全体の破滅を容易に招く。だから、原発事故は、その国、その社会、その民族にとって
>忍受できない(許容不可能な)事故だ。だから、「ゼロリスク」でなければならない。

つまり、「絶対安全」はありえない以上、原発再稼働など到底無理。
そもそも福一の事故すらまともに収束できていないから、議論にすらならない。


42. 2016年3月10日 22:39:56 : EVSnPZPNQE : e6sEurZghks[1]
事故が発生すれば何万年も立ち入る事ができない場所が出来てしまうリスクに対して
何世代にも渡り健康被害が発生するかもしれないリスクに対して
一世代限り、当事者限り、復旧や現状回復が高い事象のリスクを比較し
ゼロリスクは無理だから&工学的に改善していけるとか・・

リスクという言葉だけ同じで同列に比較出来ないものに屁理屈を捏ねリスクを受け入れる???
こう言った論理を展開する方々は精神的にヤラれている人なんだろう。


43. 2016年3月11日 00:49:04 : r0a24yDUZc : huJbDzdyb1o[18]
これだけ日本国民貧困化をすすめるケチの極みみたいな人達が、本当に核燃料が
搭載された状態で原発を破壊するだろうか?

健康被害はケムトレイル・食品・医薬品で十分演出できるはず。

再稼動→事故→停止命令というのは原発シロアリの資金的延命策かもしれません。

核放射能が実在しなければ世界を股にかけた恐怖洗脳架空電気料金詐欺であるし、

核放射能が存在するならそれでまた立派な殺人集団ということになる。

原発に冷却水が必要なのはわかるが立地が水際であることの理由は別のところに
あるのかもしれません。単なる水力発電の可能性も否定できません。

だから平気で耐用年数を超えて運用するなどと馬鹿げた判断をするのかも。



44. 2016年3月11日 11:28:16 : L2AYUoeZkR : GRDpxyE61SY[1]
高浜の差し止め命令が気に入らなくグダグダ文句を言ってる野郎は、犯罪新聞のゴミウリ、惨軽の片われさ。
とにかくそれだけは100%確かだ。

45. 2016年3月11日 11:28:24 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[122]

>>41 HIMAZINさま、

>>36ですが、あなたのおっしゃる通りだと思います。

>>37さんは、「原発であれ何であれ「ゼロリスク」を求めるのはアホのすることだ。「絶対安全」はあり得ない。だからこそ、対策を尽くしてもなお残るリスクが「受け入れ可能かどうか」こそが大事だ。」とおっしゃいますが、

誰も、普通の交通手段や発電手段について「ゼロリスク」や「絶対安全」を求めてなどいません。交通事故や航空事故やはてまた火力発電所事故があっても、その国や社会や民族が絶滅してしまうわけではないからです。

ところが原発はまったく違います。一度事故が起これば、その国が、その社会が、その民族が壊滅してしまいます。ですから、やるのなら、「ゼロリスク」や「絶対安全」が求められるのは当然のことです。「ゼロリスク」や「絶対安全」でなければ、事故の可能性とその破滅性は常に存在しそれが排除できないということですから、それでもやるということは「日本も日本人も絶滅しても構わない」ということになります。

>>37さんは、さかんに「ゼロリスク」や「絶対安全」などありえないと強調されていますが、それなら単純に原発などやってはいけないということです。「対策を尽くしてもなお残るリスク」が依然として「日本と日本人の絶滅」であるのに、どうして日本人はそのリスクをとらなければならないのですか? 

「日本と日本人の絶滅」は自民党=官僚利権政府や原子力ムラ、その走狗である原発右翼にとっては「受け入れ可能なリスク」なのかもしれませんが(間抜けな原発右翼は置き去りですが、自民党政治家や高級官僚や原子力ムラ御用学者や企業幹部は、いざとなったら日本を見捨てて逃げるんでしょ)、金も地位も特権もなく、日々真面目に働き家族を愛し守る、普通の日本人(平民です)には、「日本と日本人の絶滅」は決して「受け入れ可能なリスク」ではありません。

私はそんな日本の平民の一人として平民の利害を代表して主張します。

原発右翼が認める通り、原発に「ゼロリスク」も「絶対安全」もないのだから、原発は、事故を起こしたら、日本もその社会も日本人も絶滅させてしまうということだ。そんな愚かな発電手段を我々平民は必要としない。いや、我々平民はそんなものを許さない。

我々は日本と日本人の絶滅を許さない。


46. 2016年3月11日 16:59:23 : cfEXT28DzY : wP4v2C9Cl60[253]
>>40 jNMlQMuI1Q : mv@Lk5jad5Q[1]よ

いくら長い文章で煙に巻こうとしても無駄だ。

自動車事故や飛行機事故と一緒にする事は出来ないよ。
原発はひとたび事故が起きれば運が悪けりゃ日本全滅だ。
自動車事故や飛行機事故でそんな事はありえない。

>>36様の言う通りだよ

第一、規制委員長の田中俊一氏は私は「規制に合格しましたー!とは言いましたがだからと言って原発が安全ですなんてとは言ってません!だからたとえ原発が事故を起こしても責任は取りません」って言ってるでしょう。

それなのに安倍晋三は「規制委員会が安全だと言った」と嘘を言ってます。
更には「世界一の安全基準をクリアーしています」だなんて大嘘の大連発!

これまでそんな大嘘に乗っかって、原発再稼動を出してきた裁判所がボッコレです。

これだけの書き込みの中であなたに賛同する書き込みが無いのがその証左です。
あなたがおかしいのですよ!
それが認識出来ないあなたははっきり言って、もうボッコレ脳です。

さぁ、このコメの中で、あなたの味方はいったい何パーセントでしょう?
けいさんしておみ(^・^)


47. 2016年3月11日 18:26:23 : i369o6kJZk : kP8O_M@Sqs8[17]
原発に何か有れば真っ先に逃げるのは上層部の家族とか本人
そして状況すら一般人には伝えず、確か福島の時は飛行機は予約取れず
何故か新幹線は深夜営業で動いてて、放射能情報は観測測定装置は有っても
伝えず、原発は安全ですよと言い包めて何か有ったら知らん顔の原発組。
信用なんてとっくに無い。

48. 悪は必ず亡びる[6] iKuCzZVLgriWU4LRguk 2016年3月12日 04:34:55 : VinfV04tsY : PDnTSzVMCbU[7]
チェルノブイリは事故後29年経過しました。
これから、廃炉まで100年計画で作業を進める予定です。

原発の電力が安いと言うのは、もう都市伝説ですね。
コスパ悪すぎです。
天然ガスで、原発の効率2倍のガスタービン発電。
天然ガスは、ロシアからパイプラインで引くから問題なし。
アメリカとそのパシリの背乗り、通名政治家が邪魔しなければ上手く行きます。


49. 2017年3月28日 15:11:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5501]
こちら原発取材班‏ @kochigen2017 3分3分前
〖速報〗#大阪高裁 が #高浜原発 3、4号機の運転差し止めで、関西電力の異議申し立てを #認めた 。再稼働への途を進むことに
https://pbs.twimg.com/media/C7-5EBEVsAAaB9E.jpg
https://twitter.com/hashtag/%E9%AB%98%E6%B5%9C%E5%8E%9F%E7%99%BA

50. 2017年3月28日 15:16:52 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5500]
関電高浜3、4号機の再稼働認める 大阪高裁

2017/3/28 15:05

 関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを認めた大津地裁の仮処分決定を巡り、大阪高裁(山下郁夫裁判長)は28日、関電の抗告を認め、運転再開を容認する決定をした。司法判断に基づき初めて運転を停止された原発が、今回の決定を受け、昨年3月以来約1年ぶりに法的に再稼働が可能な状態となった。
http://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXMZO0772622028092016000004&ng=DGXLASPT27H0E_Y7A320C1000000&z=20170328
画像の拡大

関西電力の高浜原発3号機(左)と4号機(福井県高浜町)

 高浜原発3、4号機を巡っては、滋賀県の住民らが運転差し止めを求めて仮処分を申し立てていた。2基は原子力規制委員会の安全審査に合格し、昨年1〜2月にいったん再稼働したが、4号機は直後にトラブルが発生して自動停止した。

 翌3月には、大津地裁が東京電力福島第1原発事故の原因究明が不十分なうえ、事故後に国の原子力規制委員会が策定した新規制基準についても「関電は安全性の説明を尽くしていない」として2基の運転差し止めを命令。3号機は稼働中の原発として司法判断により初めて停止した。

 同地裁は7月の異議審決定でも運転を認めず、関電側が抗告した。抗告審で関電側は「大津地裁決定は科学的知見に基づかず、著しく不合理」と強調。「新規制基準には合理性があり、2基の安全は確保されている」と主張した。

 一方、住民側は、関電が耐震設計の基準とする地震の揺れについて「過小評価されている」とし、避難計画などの安全対策も不十分だと反論していた。

 高浜原発は若狭湾に面した内浦半島の付け根に立地し、1974〜85年に1〜4号機が順次運転を始めた。1、2号機は運転開始から40年を超すが、昨年6月に運転延長の認可を受け、関電が再稼働を目指している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASPT27H0E_Y7A320C1000000/


51. 2017年3月28日 15:35:29 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5499]
======================================
Domestic | 2017年 03月 28日 15:18 JST
大阪高裁、高浜原発の再稼動を認める判断=報道

〖東京 28日 ロイター〗 - NHKなど国内メディアによると、大阪高裁は28日午後、関西電力(9503.T)高浜原発3、4号機の運転停止を命じた昨年3月の仮処分決定に対する不服申し立てを受けた抗告審で、再稼動を認める判断を示した。

http://jp.reuters.com/article/osakahighcourt-takahama-idJPKBN16Z0JM
=====================================
=============================================================================


52. 2017年3月28日 16:11:23 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5498]
=====================================
===========================================================================
Domestic | 2017年 03月 28日 15:29 JST
高浜原発、仮処分取り消し

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170328&t=2&i=1178301416&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2017032801001585.-.-.CI0003
高浜原発、仮処分取り消し

 大阪高裁(山下郁夫裁判長)は28日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を不服とする関電の抗告を認める決定をした。再び2基の運転が法的に可能となり、全国で初めて運転中の原発を止めた司法判断は約1年で覆った。

 関電は地元自治体などへの説明後、再稼働の手続きを取る方針。住民側は今後、最高裁の判断を仰ぐ特別抗告や許可抗告などの対応を検討する。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2017032801001593
=====================================


53. 2017年3月28日 16:30:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5497]
======================================
〖51.リンク追加〗
http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170328&t=2&i=1178300620&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED2R0BU
=============================================================================
======================================

54. 2017年3月28日 17:14:58 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5496]
===========================================================================
=====================================
Domestic | 2017年 03月 28日 16:32 JST
高浜原発、再稼働容認

http://jp.reuters.com/news/picture/%E9%AB%98%E6%B5%9C%E5%8E%9F%E7%99%BA-%E5%86%8D%E7%A8%BC%E5%83%8D%E5%AE%B9%E8%AA%8D?articleId=JP2017032801001593&slideId=1178301416
高浜原発、仮処分取り消し

 大阪高裁(山下郁夫裁判長)は28日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を不服とする関電の抗告を認める決定をした。再び2基の運転が法的に可能となり、全国で初めて稼働中の原発を止めた司法判断は約1年で覆った。関電は地元自治体などへの説明後、早期に再稼働の準備を進める見通し。

 住民側は今後、特別抗告や許可抗告を申し立て最高裁の判断を仰ぐことができるが、憲法違反などの要件が定められ、覆すハードルが高いため慎重に対応を検討する。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2017032801001593
===========================================================================
=====================================



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ