★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 325.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
脱毛症・乾癬といった皮膚疾患の増加−ヤブロコフ『チェルノブイリ』5.10節 Skin Diseases
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/325.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 11 月 10 日 08:35:18: trv0OrkwFmReI
 

みんなのカルテの子供板によれば、低線量被爆の症状として、「とびひ」が再発するといった皮膚疾患も目につく。特に、生えてくる爪が変形したり、細かい赤い発疹ができたりするようだ(例年にはない、かゆみを訴える症状も散見される)。また、アトピーも悪化している。内部被爆によって副腎が本格的に傷つけば、アトピーや喘息はひどく悪化するだろう。以下のチェルノブイリの症例では、免疫が低下したため、乾癬などの感染症にもかかりやすくなっているし、汚染がひどいエリアの子供は髪の毛が抜けて脱毛症になってしまっている。そして掃除人では内皮が膨張し、皮膚が内部から破壊されている。除染ボランティアという名で、リクビダートルを無償で召集し、福島へ特攻させるのは、狂気の沙汰だ。戦地へゆくのに、死んでも恩給もないなんて、旧日本陸軍でも唖然とする召集の仕方だ。

「2歳の長男は7月半ばから最近まで、蚊に刺されたような小さな発疹が身体中に出たり消えたりを繰り返しました。3つの小児科にかかりましたが、どこも原因不明と言われるだけでした。」「神奈川 2歳11カ月。足の親指の爪の異常。つま先から半分までが真っ白になっている。」「杉並 小学1年の息子は、震災後、爪の甘皮部分と境目の指が痛痒く、腫れた部分を押したら爪の生え際から膿が出た。しばらくしたら生え際の爪が浮いてきて浮いた爪の下には新しい変な爪ができてた。水疱も出来た。」「横浜 1歳児 (女性)3月後半にいきなり3個のほくろ(顔、背中、腕)が同時にできました。それまでほくろはありませんでした(1歳2ヶ月当時)」「中央区 4才児 首筋や脇の下や顔などに細かい赤い発疹などの症状。」「茅ヶ崎市 年長息子 小2娘 二人とも皮膚の痒みを生じる。息子は背中と足の裏をぼりぼり掻いていた。」http://sos311kartekids.blogspot.com/

------------------------------------------------
5.10 Skin Diseases
皮膚の病気は、外部からの刺激物を反映しているだけでなく、体内への吸収された有機/無機の作用物質の諸効果と内部器官の病気をも反映している。複数の機能をもった多層の器官である皮膚は、表皮・真皮・様々な細胞―爪や髪を形作る角質/メラニン色素を含む−そして皮脂腺・汗腺、から構成されるものである。皮膚には神経と血管が豊富に通っている。それゆえ、皮膚と皮下組織すべてが、以下で引用する研究で論証されているように、血管と他の体内組織への内部のダメージを反映している。

5.10.1 Belarus
(1)1994年までにひどく汚染されたエリアの全てにおいて、子供達の間で皮下組織の病気が増大した。
(2)様々なタイプの脱毛症で病院に担ぎ込まれた子供とティーンネイジャー69人の内、70%以上がひどく汚染されたエリアの出身であった。
(3)Brest州Luninets区域のSenkevichi村では、子供の皮膚疾患および皮下組織の疾患の発生率は、2000-2005年で1.7倍に増えた。
(4)1986年から1996年 にかけて、Cs-137による汚染レベルが15-40Ci/km2であるゴメリ州のkormyanskおよびChechrsk区域で検査された子供4598人の内、皮膚疾患の発生率は、低汚染エリアと比べて有意に高かった。
(5)破局時に0才から4才だった子供達の間における皮膚疾患の発生率は、5-15Ci/km2の汚染エリアと比べて、15-40Ci/km2の汚染エリアの方が有意に高かった。
(6)破局からの9年間では、皮膚および皮下組織の罹病率が最も高かったのは1993年だった。

5.10.2 Ukraine
(1)1988-1999年にひどく汚染されたエリアに住んでいる避難民の間では、低汚染エリアと比べて皮膚疾患が4倍以上であった。

5.10.3 Russia
(1)汚染エリアの学校に行く前の子供達では、破局前と比べて、滲出性体質(皮膚や粘膜が過敏で、湿疹や呼吸器・消化器などの炎症を起こしやすい)が4倍以上頻繁に見られた。
(訳注:顆粒球過剰、あるいは/また、副腎ホルモンの分泌過少)
(2)1995から1998年にかけて、州平均そしてロシア平均と比べて、ひどく汚染されたエリアでは、子供達における総体的そして原発性の皮膚疾患の発生率が、著しく上昇した。
(3)Bryansk州のGordeevka―ここは最も汚染された区域の一つである―にいる子供達とティーンネイジャーの60%に皮膚科学上の病理が発見された。
(5) 掃除人に関していうと、皮膚および皮下組織の病気の発生率は、破局後6年にわたって増加し、1992年には1986年の水準を16倍超過した(表5.64)。
表5.64:1986年46人、1987年160人、1988年365人、1989年556人、1990年686人、1991年747人、1992年756人、1993年726人
(6)掃除人の間では、表皮の角質層と細胞小器官層が薄くなり、内皮の膨張、リンパ系の炎症性浸潤、小動脈の炎症も見られた。そういった症状は、放射能の程度と相関していた。
(7)破局後、乾癬にかかった掃除人の97%では、乾癬に付随して、中枢神経の機能不全および胃腸の不調が見られた。

チェルノブイリ後、子供と掃除人において皮膚と皮下組織の疾患が増加したことは疑い得ない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ポリーテイアー 2011年11月10日 08:45:06: trv0OrkwFmReI : w6jnLGPqbg
これから起きる破滅的な健康被害の数々。以下、熟読した後、西日本へ避難すべし。これから、セシウム入りの毒花粉も飛んでくるし、もはやタイムリミットだ。すみやかに転校の手続きを取るべし。時間がない。

海賊版抄訳:ヤブロコフら編著『Chenobyl』
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf
----爺さん抄訳部分----
@「第4章12節 チェルノブイリでの食品と人々の放射能汚染」
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/501.html
A土壌汚染1138Bq/kgから5695Bq/kgで将来起こり得ること。「チェルノブイリ」から抜粋 http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/568.html
B日本で起こり得ること ウクライナ ルギニ地区 1986年
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/631.html
C「第4章14節 チェルノブイリ放射能汚染地域での放射線防御の方法」
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/694.html
D「チェルノブイリ」 第U章 5節 遺伝的変異  フェアユース翻訳海賊版シリーズ http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/646.html
E「チェルノブイリ」第U章 5節 8.神経系・感覚器官疾病と精神衛生への影響 フェアユース翻訳海賊版シリーズ http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/780.html
---ポリーテイアー抄訳部分-----
@首都圏から逃げ遅れれば、いずれは呼吸器の癌―喉の痛みや鼻血が意味していること http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/561.html
A首都圏における低線量被爆の症状−各地で報告される貧血・白血球の減少が意味すること http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/618.html
Bセシウムで心臓・血管が傷つけられ、高血圧・虚血性心疾患・動脈硬化・脳卒中−ヤブロコフ「心臓および血管に関する病気」から
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/707.html
C首都圏で手足口病・マイコプラズマ肺炎が激増している背景−放射能で微生物生態系が「沸騰」し、B・C型肝炎も劇症化へ
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/717.html
Dこれから首都圏で予想される子供の老衰症状−ハゲ・脱毛・老眼・難聴・骨そしょう症−平均寿命は40歳へ http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/741.html
E首都圏における早産の多発―将来は、男性はインポ・無精子症、女性は若くして閉経 or70歳で乳が出る http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/781.html
F健康な歯を持つ子供は9.1%−1歳児で虫歯が多発。将来は、歯牙腫・歯周病が激増 ヤブロコフ「消化器系・内臓疾患」から http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/845.html
Gチェルノブイリエイズ―汚染エリアの子供はCs-137で胸腺が破壊されてリンパ球T細胞がない状態(免疫不全)http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/115.html
Hチェルノブイリハート:福島なら翌年から、東京なら4−5年後から、脊柱側弯症・多指症・兎唇などの奇形児と堕胎の増加 http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/253.html
----------------------------------------------------------
その他:「第13節 チェルノブイリの放射性核種を除去する」は以下。
http://chernobyl25.blogspot.com/2011/07/13.html


02. 2011年11月10日 11:44:00: GIjSPjRQNm
いつも訳をありがとうございます。
非常に助かっています。

03. 2011年11月10日 13:12:03: HBOLZyCLLs
いつも矛盾を感じるんだけど。
もうすっかり被爆してて、病気になるっていう記事だよね
今避難して散財して貧乏になったところで、子どもが病気になったら
治療費払えないんじゃないのか?
お父さんも避難したら収入が減ったりしないか?

絶対病気になるぞ、だから避難だ
金のために避難しないなんておかしい
まあそうだろう、
避難してお金がなくなっても健康ならいいじゃないか、と書いた人がいた。
そう、健康ならね
でも絶対病気になるぞ、と書いてある
お金がなくなってから病気になったら治療できるのか?
避難で散財したことを後悔することにならないか。

イラクでは劣化ウラン弾で被爆し、白血病になった子の治療で
家族は全てを売り払い、一文無しになった頃
病院で子どもが死ぬんだそうだ。



04. 爺さん 2011年11月10日 14:56:52: pkMRoq8j2xu8g : OnShKKKoqQ
最初のスイッチはすでに入ったかもしれない。たしかにストロンチウムを1ヶ月後から多少排泄してももう手遅れかもしれない。ヨウ素も。関東や福島にいたなら、崩壊期間の短い核種のα線やβ線をかなり内部被曝してしまっているはずだ。
それでも癌全種の「死亡」率は1000人に一人かそこらだろう。多くても100人に一人、交通事故が300人に一人。

癌になって最終的に死ぬまでは数ステップの細胞内変化を経る。
β線も足元から舞い食品にはことごとく多種の放射性核種が含まれる地域に居座ったら、人類が経験したこともない変化が体に生じ、癌は多重となり悪性への変化も加速される。
まだ放射性ヨウ素も放出されている。
汚染地に居座れば居座るほど癌でない病気は癌死の数百倍、数千倍生じる。
数世代後までの遺伝的障害は割の単位で生じる可能性がある。

フランスの国家機関さえDNA修復の限界を考慮して1年たつまでに福島を出ろ、と言っていた。
毎日100ミリシーベルト被曝しても、何ヶ月も幹細胞死に耐えられるがある時突然限界が来て、些細な原因で造血システムがいっきに崩壊する、とWHOの職員が言っていたそうだ。

反原発陣もDNA修復機能は否定してはいないでしょう。大きな変化はもう戻らないかもしれないが、戻る変化もあるでしょう。
「みすみすモルモットになり続けるより、可能な人は押し付けられた運命に抗おう」と投稿者さんは訴えているのだと思う。人間は屠殺を待つ家畜ではない。
私も4月の初めにLLRCのメンバーから子供を逃がせお前も逃げろと赤!付きメールで3回言われましたが、「可能な限り」とも書いてありました。
可能な限り運命と神に抗い続けるのが人のなすべき道だと思います。
わたしはそうさせてもらいます。

あとは「可能な限り」の意味を個人がどう受け止めるかですね。
犬死して残りの者の役に立つ道も確かに選択肢の一つです。


05. 爺さん 2011年11月10日 15:53:26: pkMRoq8j2xu8g : OnShKKKoqQ
ポリーテイアーさんへ
さっき来年3月までの翻訳ボランティア活動スポンサーが付いたので、もうしばらくしたらヤブロコフの ChapterV を訳して投稿しようと思いますが、いいですかね?あなたがすでに訳す予定だったなら止めます。
ChapterUの 6.Oncology と 7.Mortality はあなたの方が得意だと思うので。

私のスポンサーは引越しのためのスポンサーではないことが、資本主義の痛いところですな。


06. 2011年11月10日 17:06:04: 3KMfb86pxQ
避難すべしというのは簡単だが、そうしたくても先立つものがなければ避難に躊躇することもある。
実際何千の小中学生が福島から他県に引っ越してるのだし、動ける人はもう既に動いているのだ。
馬鹿マスコミの事故収束を印象づける報道や、地元マスコミが事実を報道しないといった中で、残っている人々に、ただ避難を呼びかけても無駄かもしれない。

しかし、避難までしなくても、短期(数日)間、被曝地域を離れるだけでも十分意味があると聞く。
そのことを福島県民に気づかせる事の方が、結果的に避難を促すことにつながるんじゃないかと思う。

福島の隣の川俣町のある住民の話だが、原発事故後、持病が悪化していたものが、八丈島に避難したら治ってしまったという。
その後福島に戻るとすぐ再発するが、再び避難すると2、3日で治ったという。
この方は2度目に避難するときは放射線による被害を疑い、その経過を写真にとって医者にも見せたという。東京から車で福島に帰ったのだが、矢板(栃木)に入ると症状が悪化し始め、福島についたときには完全に再発してしまっていたらしい。
福島中通りから那須方面にかけての汚染を示す国の汚染マップと一致する。

3,4日でいいので、気持ちのリフレッシュのためにも、北海道や日本海側などの汚染されてない地域への保養を呼び掛けたい。

きっと、きれいな環境を体験することで、身をもって、放射能被害を理解すると思う。
報道では得られない実害に気づけば、住民は必要な判断をすることができるようになる。


07. 2011年11月10日 18:10:37: pEWqdslItA
北海道や日本海側などの汚染されてない地域への保養を呼び掛けたい。

呼びかけるだけではなく
具体的に、汚染されてない地域に住んでいる人が、
保養所確保の為に動き始めなくてはね


08. 2011年11月10日 22:35:59: w6jnLGPqbg
爺さんへ

ポリーテイアーです。コメントありがとうございます。また、スポンサーがついてよかったです。是非とも第3部、お願いいたします。動物や植物、そして土壌・空気・水といった環境がどのような変化を受けたのか、ということは重要だと思います。除染とかムダな作業をしている連中は、第8章を読むべきだと思いますし、農業関係者は9章を、そして、畜産業関係者は10章を、読むべきだと思います。

Chapter III.Consequences of the Chernobyl Catastrophe for the Environment
8章:Atmospheric, Water, and Soil Contamination after Chernobyl.
9章:Chernobyl’s Radioactive Impact on Flora
10章: Chernobyl’s Radioactive Impact on Fauna.

>ChapterUの 6.Oncology と 7.Mortality はあなたの方が得意だと思うので。

それでは、第二部の6章と7章などを担当させていただきます。6章の甲状腺がんのところは爺さんが訳されたので、それ以外のところになります。ヤブロコフらは、第5章で記されたような病気になり、それが悪化して癌(悪性腫瘍)へと至る、と考えているようです。チェルノブイリの放射能で、人々はありとあらゆる病気になっているのですが、日本のメディアが癌の話しかしないのは、意図的に健康被害を小さく見せようと考えているからだと思います。


09. 2011年11月10日 22:40:56: Ev4SUiWewc
>07さま
>具体的に、汚染されてない地域に住んでいる人が、
保養所確保の為に動き始めなくてはね

すばらしいことです。
日本じゅうで協力できる何か。それが出来れば最高です!
 
 
 


10. ポリーテイアー 2011年11月10日 22:51:34: trv0OrkwFmReI : w6jnLGPqbg
>04爺さん
>フランスの国家機関さえDNA修復の限界を考慮して1年たつまでに福島を出ろ、と言っていた。毎日100ミリシーベルト被曝しても、何ヶ月も幹細胞死に耐えられるがある時突然限界が来て、些細な原因で造血システムがいっきに崩壊する、とWHOの職員が言っていたそうだ。

これも重要な発言だと思う。被爆への体の抵抗力を過大評価してはいけないということですね。福島は、1ヶ月以内に逃げ出す必要があり、首都圏は1年以内だという感覚です。それ以上いると、チェルノブイリ第2部第5章のような病気になり、5年後〜から弱い個体において癌が発症し始めます。人によってはもっと早く発症するはず。福島の事故は、チェルノブイリよりも放出された核種の種類が多く、核種同士の相互作用でチェルノよりも早く発症する可能性がある。
 要するに、関東や東北に住んでいる人が、西日本や北海道の食材を食べていたとしても、塵やほこりを吸入することによる被爆は避けられない。群馬大の早川教授も同じような懸念を示している。食事による内部被爆をほぼ100%避けたとしても、呼吸による被爆は避けられない。それが累積して閾値を超えれば、病気になるはず。それを早川教授は恐れている。教授は、ほこりや塵が舞う日には、息を殺してじっとしているそうだ。今は、東日本のゴミ処理場で猛烈に放射能がれきを燃やしているので、呼吸による被爆がバカにならないレベル。西日本へ移住可能な人はしてしまった方が安全。


11. 2011年11月11日 10:07:52: UTuUbAxVaE
3です
西日本に住めば食事で被曝しても大丈夫なんでしょうか?
チェルの時、遠方の子がチェルの野菜でがんになったそうです。
関西のスーパーは関東の野菜ばかりだとききます。
関西では給食を拒否できないともききます。
ガードの甘い関西人は関東の野菜を気にしないで食べているのではありませんか
ガードが甘いから関西で売っちゃおう、という印象をうけますが

雪国まいたけは東京ではすぐ売り切れます。
雪国もやしもです。気にする人がけっこういるからでしょう。
東京は西や北海道や海外の食品が豊富にあります。
わざわざ関西で関東の野菜を食べるより東京の方がいいと思いますが。


12. 2011年11月11日 23:47:40: w6jnLGPqbg
>11さんへ

西日本に住んでも、東日本の野菜を食べては、何の意味もありません。
地元農家の野菜など食べてください。東北や関東から、売れ残ったものを持ってくると思いますが、絶対に食べない方がいいでしょう。沖縄に避難したって、福島の野菜を食べるなら、全く避難が無意味です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧