★阿修羅♪ > 近代史5 > 775.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
朝鮮は近親相姦と儒教思想の国
http://www.asyura2.com/20/reki5/msg/775.html
投稿者 中川隆 日時 2021 年 7 月 20 日 14:22:02: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

朝鮮は近親相姦と儒教思想の国

人類における近親交配で何が起きているか?
2021年07月18日
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1559.html

 近親交配とは?
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A6%AA%E4%BA%A4%E9%85%8D

 近親婚
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A6%AA%E5%A9%9A

 上のリンクにもあるように、近親婚が起きる最大の理由は、特権階級が自分たちの血筋集団への社会的・歴史的な幻想としての畏怖を守ろうとしたことだ。
 だから王族・皇族の特権社会で、近親婚による遺伝的弊害が多発してきた。

 【ヨーロッパの王族、貴族は同ランクの者との婚姻を繰り返したため、近親婚を避けることは事実上不可能になり、気付かなかったことにしたり教会に特別免除をもらうことによって、有名無実なものとなった。

 事実上容認された近親婚の範囲は地域によって異なるが、スペイン・ポルトガルの王族やドイツ諸侯の間では叔姪婚がしばしば行われた。顕著な例としてスペイン・オーストリアのハプスブルク家が挙げられる】

 【歴史的に近親婚は、地位や財産の一族外への散逸を防ぐため、東洋・西洋とも王族・貴族間では慣例的に広まっていた。有名な例では、スペイン・ハプスブルク朝では、血族同士の結婚を繰り返し、17世紀末には虚弱な人物ばかりが誕生するようになり断絶するに至った。

 その典型例である最後の王カルロス2世は、伯父と姪の婚姻の結果であるとみられている。ベラスケスの肖像画で知られる同母姉マルガリータ王女は、父方の従兄・母方の叔父にあたるレオポルト1世と結婚し、夫妻の間に生まれた4人中3人の子が1歳未満で夭折(死去)した。

 日本でも近親婚の風習は戦前までよく見られた。戦後に制定された民法により、三親等内の婚姻は禁止されている(民法734条)が、近親婚の風習が残る地域もある。

 世界的にみて、いとこ婚のような比較的血縁の近い者どうしの婚姻の頻度が高い地域特に中近東、ロシア系ユダヤ教徒内にあるが、遺伝的背景による精神的または体格的障害児が頻繁に生まれやすくなることが報告されている。現在のロシア、ユダヤ教ではこの風習を完全に控える事が一般的である】


 近親婚の多い民族と言えば、アシュケナージユダヤ人以外に、朝鮮・韓国人が知られている。

 【米人類学者Cavalii−Sforzaの遺伝子勾配データによれば、朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きなGenetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。】

 という言説が出回っているが、これをデマとして否定することに躍起になっている人がいるようだ。しかし、朝鮮民族の一つの特徴として、「火病」と名付けられたヒステリーが存在することは世界的に知られている。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%97%85#:~:text=%E7%81%AB%E7%97%85%EF%BC%88%E3%81%B2%E3%81%B3%E3%82%87%E3%81%86%E3%80%81%E3%81%8B,%E8%A8%BA%E6%96%AD%E5%90%8D%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%80%82

 私も、過去半世紀以上にわたる韓国人の性格に関する情報を総合して、恐ろしく切れやすい「火病」が存在することは事実だと思うし、私自身もツイッターやタクシー乗務で何回か被害に遭った。何せ、日本の武闘派暴力団の9割が在日朝鮮・韓国人だといわれている。タクシー運転手を困らせる連中の大半が、その筋なのだ。
 「火病」患者は、暴力団にとって有能な人材である。

 「切れやすい」性格は、「思い込みの激しい」性格でもある。客観的科学的分析と判断を待たずに、たちまち暴走するタイプであることを意味する。
 日本を批判する韓国人の多くが、論理的根拠とは縁の遠い安易な決めつけによって先走る傾向があるが、これは、おそらく近親婚による遺伝的問題と無関係ではない。

 具体的なイメージとしては、有名な「ナッツ姫」や、その母親などの報道を見れば一目で理解できる。

 http://omura-highschool.net/2017/06/24/32029/

 https://ameblo.jp/great-purple-emperor/entry-12447457722.html

 朝鮮人は、有史以来、近親婚を繰り返してきた歴史的事実があり、さらに「試し腹」という習慣があった。これもデマと否定されているが、事実として存在していた。
 http://omura-highschool.net/2019/03/28/45383/

 そもそも、日本による植民地統治までは、朝鮮には奴隷制度があり、激しい差別体制があった。女性は、男性にとって「子を産む道具」でしかなかった。
 朝鮮半島では、ホンネや真実を話せない。すべてが儒教の長幼序列価値観の下で抑圧されるから、忍耐を重ねても、ときどき火病を演じて爆発させ、ストレスを発散するしかなかった。

 韓国から長幼序列制度・儒教の影響が消える日まで、火病が消える日も来ないだろう。
 
だが、朝鮮と同じように、頑強な差別体制が続いたイギリスでも、近親相姦が存在していることは重要だ。

 タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに 2019年9月10日
 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/post-12962.php

 <豪クイーンズランド大学の研究チームは、英国人およそ50万人の遺伝子情報のデータベースを用い、「極端な近親交配」について分析した......>

 近親交配は、両親の血縁が近いため、両者が有する共通の劣性遺伝子が子に伝わって発現する可能性が高く、先天性疾患などが起きやすくなると考えられてきた。しかし、長年の文化的なタブーであり、違法と定める国もあることなどから、その調査は難しく、近親交配の実態や健康に及ぼす影響について、まだ十分に明らかにされていない面がある。

 約0.03%(3652人あたり1人)が「極端な近親交配」によって生まれた
 豪クイーンズランド大学の研究チームは、英国人およそ50万人の遺伝子情報が登録されている「バイオバンク(UKB)」のデータベースを用い、1938年から1967年に生まれたヨーロッパ系の45万6426人を対象に、第一度近親者(親子、きょうだい)間もしくは第二度近親者(祖父母、孫、おじ、おば、おい、めい)間の「極端な近親交配(EI)」について分析した。

 2019年9月3日にオープンアクセス誌「ネイチャーコミュニケーションズ」で発表した研究論文によると、対象者のうち、男性65名、女性60名の合わせて125名が、第一度近親者もしくは第二度近親者の間に生まれた子であることを示す遺伝子情報を有していた。

 この分析結果をふまえ、研究チームは、「1938年から1967年に英国で生まれたヨーロッパ系のうち、約0.03%(3652人あたり1人)が『極端な近親交配』によって生まれた子であると推定される」と述べている。

 健康に与える影響は......
 研究チームでは、「極端な近親交配」が健康に与える影響についても分析した。その結果、「極端な近親交配」と肺機能、視力、認知機能などの低下との間に関連が認められた。また、「極端な近親交配」によって生まれた子は、あらゆる種類の疾病にかかるリスクが高まることもわかった。

 「バイオバンク(UKB)」に登録されている人は、概ね、他の英国人に比べて健康で、教育水準の高い人であることから、研究チームは、この研究で示した推定値について「実際よりも低く偏っている可能性がある」との見方を示し、「『極端な近親交配』をより正確に定量化するためには、大規模な研究が必要だ」と指摘している。
****************************************************************

 これらの記事に関して、私の印象を直截にいえば、差別体制が頑強で、社会の風通しの悪い閉塞的な土地(朝鮮・韓国・英国・ユダヤ人社会)では、開かれた自由な人間関係よりも、人の拘束を前提とした荒んだ異常な関係が多くなるのではないかということだ。

 もしも、人間関係がオープンで、たくさんの人と自由に交際できる環境があるなら、閉塞のなかにある近親相姦など起きる理由がない。
 だから、日本にあっても、近親婚の弊害が出ているのは、離島や未解放部落などの差別地域なのだ。

 天皇家など皇族に近親婚の弊害が出たのも、それが閉鎖社会だからである。解放された社会では、近親婚など何の必然性もない。我々と、子供たちの未来にとって必要な社会は、閉ざされた人間関係ではなく、オープンで自由闊達、毎日が楽しい社会である。

http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1559.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-16128] koaQ7Jey 2021年7月20日 14:29:56 : PyEbk2yR7o : cU1ic1FSWXJYZU0=[22] 報告
朝鮮は近親相姦と儒教思想の国


韓国人が嘘をつく理由
https://nihonsinwa.com/page/860.html

●韓国は儒教国。儒教は徳治主義。

●徳治主義は「徳のある」人には「良い結果」が訪れるという理屈。

●もしもお金を騙し取られた場合、騙されたのは「徳が無い」からとなる。

●もしもお金を騙し取り、うまく逃げおうせたら、それは「徳がある」から、お金を手に入れたとなる。

●よって騙されるより、嘘をついて騙す方が得。嘘がバレたらケンチャナヨ(まぁいいか)となる。

●嘘をつくというよりは、嘘のハードルが低い。


徳治主義について

韓国は儒教の国です。儒教は徳治主義です。徳治主義というのは「徳のある人が統治者になると国が栄える」というものです。これは統治者に関わらず、国民全体に浸透しています。よって韓国ではこの徳治主義が倫理の基礎となっています。

それで庶民にとっての徳治主義をというのは、何か良い結果があれば、それはその人に徳があったからということになります。逆に悪い結果があれば、その人に徳がない、つまり、悪い人であるか、もしくはバカということになります。
この理屈をよく覚えておいてください。

騙す人と騙される人はどちらが悪いか

さて。
ここで問題です。

Aさんがいます。

このAさんが、騙されてBさんにお金を取られたとします。
このとき、AさんとBさんはどちらが悪いでしょうか?

普通の国ならBさんが悪い

普通の国ならノータイムで悪いのはBさんになります。
Bさんが騙しているからです。

事実と異なることを言って、誤解させてお金をせしめているからです。Bさんが嘘をついているから、Aさんは悪くないということです。

まぁ、場合によっては、「よくそんな嘘に騙されたな」ということもありますが、ほとんどの法治国家ではAさんに非は無く、Bさんの犯罪ということになります。


儒教の徳治主義に照らすとAさんが悪い

でも儒教ではそう簡単にはいきません。

「悪い結果があったのは、その人に徳がないから」

という原則があるからです。

この原則に照らすと、Aさんが悪くなります。
お金を騙し取られるという「悪い結果」が起きたのはAさんに徳が無いからです。


騙す人の論理

ではBさんの側で考えてみましょう。

Bさんは普通の国では問答無用で「悪い」のですが、儒教では「嘘をついた時点で悪」というわけではありません。

儒教では警察に捕まるなどしないと、「悪い結果」と受け取られません。

もしも、うまく逃げおうせたら、単に「BさんがAさんのお金を手に入れた」というBさんにとって「良い結果」だけとなり、なぜBさんがお金を手に入れることが出来たのかというと、それはBさんに徳があるからということになります。つまりBさんはうまくやった立派な人であり、徳のある正しい人となります。


無論、中韓以外の国では警察に捕まろうと捕まらなくとも嘘をついた時点で「悪人」なのですが、儒教ではこういった結論と成ります。バレなければOK。バレたらケンチャナヨ精神です。

参考:儒教には神がいない。だから嘘に罪悪感を抱かない。
https://nihonsinwa.com/page/881.html


騙される方が悪い。そういう考えは多少なりとも、何処の国でもあることです。しかし、それは「余りに間抜け」という批判であって、「騙されないようにする努力も必要」という戒めの意味です。「騙した方の正当性」を保証するものではありません。この「騙した方の正当性」を「思想」が後押ししていることが、この儒教の珍妙さでもあります。

ただ、儒教は決して「騙した方が正しい」と言っているわけではありません。徳治主義という原則を厳密に採用すれば、こういった結論に成るというだけです。


騙した方が偉い…ならば嘘をつくべきという文化

結果的ではありますが…
騙した人の方が立派ということです。

日本のように騙すくらいなら騙される方がマシなどという価値観は存在しません。騙されるよりは騙した方がマシ、というレベルではなく、嘘をついても利益を得た方が「立派」「偉い」「徳がある」「正しい」となります。また嘘もバレなければ真実として横行します。だから嘘をつきます。真面目に正直にする意味がありません。正直にメリットが無いのです。

この思想を全員が完全に実践しているとは言いませんが、文化の土台としてこういった思想があるのは事実です。嘘のハードルが低いってことですね。

日本人には理屈では理解出来ても感覚としては理解できないことですが、この理屈を通して韓国のニュースを見ると非常に面白いです。
https://nihonsinwa.com/page/860.html

▲△▽▼

儒教には神がいない。だから嘘に罪悪感を抱かない。
https://nihonsinwa.com/page/881.html
儒教と嘘


儒教は徳治主義です。

徳治主義とは徳のある正しい人間が上に立つとうまく行くという思想です。
この思想は統治者だけでなく、すべての社会にまで浸透しています。

では「徳」とか「正しい」とはどういうことか?というと、明確な答えはありません。時代によって状況によって正しいということは変化するものだからです。そこで、その人物の正しさは何によって証明されるのか?? それは「結果」です。

そのとき正しくても悪い結果が出れば、その行動とその行動を取った人物は「悪い」ことになります。その人物が徳の無い正しくない、悪い人間だから悪い結果となったわけだから、その人物は「悪」です。

となると、良い結果こそが正義です。

徳治主義とは実は、究極の成果主義と言えます。
しかし、それなら何の問題も無いような気がします。

日本のように「和」を重んじるあまり、誰も失敗の責任を取らないという社会によりはずっと現実的で、臨機応変に対応が出来るような気がします。優れている、ような気がします。

しかし、ここに落とし穴があります。

結果がその人物の「徳」を証明するのですが、ここに「因果関係」がありません。

例えば、AさんがBさんに騙されてお金を取られたとします。
儒教の徳治主義では、騙されたAさんが悪い、となります。

騙されたのはAさんに徳がないから、バカだからです。
徳がないから、お金を騙し取られるという結果になったのです。
でも、Aさんは「嘘」をつかれ、騙されたから判断ミスしたのです。
客観的な情報を得ることが出来れば判断ミスはしなかったでしょう。

それでも騙される人はいますが、客観的で正しい情報を得ることが出来ればAさんが騙された確率は格段に下がったのです。だから、嘘をつき、間違った情報で騙したBさんが、儒教の国以外では悪いのです。多少は「騙される方も悪い」という意見もあるでしょうが、Bさんに非が無い、もしくはほとんどの非がAさんにあるという考えにはなりません。そう判断するのは儒教国だけです。


その結果、嘘をつくことが正当化されます。
騙される方が悪いのだから、嘘は付いた方が得です。

騙し切って利益を得られれば、その利益が得られたのは「徳があるから」となるからです。

嘘はつき得なのです。
ばれたらケンチャナヨ(まぁいいや、気にすんな)です。

参考:韓国人が嘘をつく理由
https://nihonsinwa.com/page/860.html


儒教国以外の人が嘘を罪と考える理由


というわけで、
「徳治主義」であることから、嘘が正当性を得ていることになります。しかし、ここまで言ってもピンと来ない人も多いでしょう。

あなたは

「儒教国が嘘をつく『理屈』は理解できる。でも、だからといって、こんな理屈だけで嘘をつくだろうか? 人間には罪悪感があって、本能的に嘘をつきたくないものだ!」

と思っているのでしょう。

嘘は罪だ!!

儒教国以外の私たちの多くは「嘘は罪だ」と思っています。ではなぜ嘘は罪なのでしょうか?

嘘が蔓延すると混乱するから? 人間と人間が信頼するためには正直であるべきだから? 理屈はいくらでもつけられます。でも、嘘をついてはいけない理由はおそらくこれです。

「神」です。
神が嘘を裁いているから、嘘は罪なのです。

儒教には神が居ない、だから嘘をつく。

キリスト教やイスラム教といった一神教では絶対的存在の「神」が居ます。神には絶対的な力があり、人間では到底叶わない、底しれない能力があります。当然、嘘だって見抜くのです。そのくらいのことは簡単に出来ます。だって神ですもの。

だから、他人に嘘がばれなくっても、神に見張られていて、いつか因果応報でひどい目に逢うのです。そういうトンデモナイ能力を持っているのが神というやつなのです。だから嘘をついて一時的に利益を得たとしても、その「嘘」という罪に見合うだけの罰があると、多くの人は思っています。

日本人もそうです。日本人というと信仰心が無いと思われがちですが、日本ほど寺社仏閣・祠・地蔵といった宗教物がある国はありません。日本人が嘘をつかないのは「言霊信仰」もあるのでしょうが、やはり人では無い特別な存在(神・霊・仏・閻魔様など)が見張っているという感覚はあります。

儒教にはその神が居ない
儒教国にはその「神」がいません。
儒教はハッキリと神を否定しています。

神が居ないので罪悪感も抱かない

神がいないので、

「嘘をついたら、神様が見ていて罰を下す」

という感覚がありません。

誰も見張っていないわけです。
罰が下るという感覚が無い以上、「罪悪感」もありません。抑制するものが一般的な習俗の国よりも薄くなります。


参考

ローマ法王の発言の意味(韓国セウォル号沈没事故に対する)
https://nihonsinwa.com/page/752.html

韓国の偽造犯罪が多すぎるのは何故か
https://nihonsinwa.com/page/2778.html

これが嘘をつくもう一つの理由であり、
嘘をつくことに罪悪感を抱かない理由です。

中国と韓国の違い

ちなみに、韓国と中国では、中国の方がまだ信用できる、
という話がよくあります。

これは韓国が儒教ドップリなのに対して
中国が儒教を「表面的」にしか捉えていないところにあります。中国は儒教の国ですが、道教も浸透しています。

つまり中国には弱いですが「信仰心」があり「神」が存在するため、この違いが生まれたのです。
https://nihonsinwa.com/page/881.html


▲△▽▼


新自由主義に至る「利己主義」は、鎌倉時代から連綿と受け継がれてきたもので、これは中国からもたらされた「儒教思想」から来ている。

 江戸時代はじめに家康が、朱子学を国学として導入してから、それは確乎とした「支配の思想」として民衆に君臨するようになった。

 儒教思想の根源的な柱は、「メンツと序列」とでもいうべきか?

 儒教は、人間には侵すべからざる「序列」があって、下の者は上の者を敬い服従することで社会の安定が保たれるという考え方である。
 これは、春秋時代に孔子が体系化したもので、当時の国家による支配を正当化するための屁理屈であった。

 この思想は、国家による民衆支配に、頗る都合の良いものだったので、国家は争って、儒教を政治支配に導入した。
 近隣諸国でも、朝鮮や越(ベトナム)に圧倒的な影響を与え、それが日本にも入ってきた。儒教が東アジアを席巻したのは鎌倉時代から江戸時代のことだ。

 儒教がもたらした最大の害悪は、序列主義と男尊女卑の封建主義である。もちろん、儒教が犯人というよりは、封建主義の土台の上に、それを正当化する体系的屁理屈として持ち込まれたのだが、朝鮮では、独自の発展を遂げて、社会全体を束縛する序列主義の弊害が現在に至るまで深刻に続いている。

 日本に対する「反日姿勢」も、序列意識から「朝鮮の方が日本より上」という強固な自意識=プライドを守るために、国家経済崩壊を目前に控えても、日本排斥を通すことの方がメンツを守るために重要だと思い込んでいる。

 自民党に韓中の代理人である二階派と安倍晋三がいなければ、とっくに韓国は滅亡しているはずだ。韓国は、統一教会の飼犬である安倍晋三に守られている。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1369.html



▲△▽▼
序列価値観 _ 序列の高い者が、低い者を支配する

我々の生きている社会は、権力者が人に重荷を強要する社会だ。税金から始まって、苦役の強要、差別の強要、序列の強要、果てには嘘つきだらけの国家に命を捧げる徴兵の強要まである。国家が気に入らない人間は、死刑制度で抹殺してしまう。

 だから、我々は、こうした国家や組織による苦役から解放されたい。人に序列をつけ、他人を差別し、見下し、ありもしない権威の虚構に洗脳されたような愚かな社会から抜け出したい。
 我々は解放されたい。人間解放の人生を目指したい。

 人間解放とは何か?

 この社会で、もっとも人々を拘束し続けてきた虚構の「序列価値観」からの解放である。

 孔子は儒教体系のなかで、人に序列をつけて組織を支配することを教えた。国家という組織に根拠を求めるとすれば、それは「序列の高い者が、低い者を支配する合理性」という虚構である。

 人には生まれながらの貴賤があり、能力の差があり、序列があるという虚構を洗脳し、権力の統治に従わせるというやり方が儒教の本質である。

 こうして、生物学的人間として何一つ差のないにもかかわらず、皇族と名付けられるなら、「血筋」という虚構によって「特別にえらい人たち」と根拠もなく決めつけ、人々を欺して序列の価値観をすり込んできた。

 皇族なんてタダの人に過ぎないのは、彼らを観察していれば誰にもあっというまに分かる事実なのだが、そんな嘘をありがたがる一群の人々がいて、そんな嘘の価値観を全国民に強要してきたのだ。

 「王様は裸だ」=「皇族はタダの人だ」と叫ぼうとすれば、抹殺される社会なのだ。

 現在の社会にあって、我々は二種類の人間に区分することができる。
 「王様は裸だ」と素直に言える人々と、裸なのに立派な服を着ているように思い込まされている人々だ。

 なぜそうなるかといえば、序列という虚構を刷り込まれた人々にとって、「特別の価値ある人」と思い込まされている相手は、例え裸であっても立派な権威を身にまとっているかのように洗脳され、思い込まされ、畏怖させられる幻想に束縛されているからだ。

 序列や権威という虚構に洗脳されている人々のことを「右翼」といい、「王様は裸だ」と言える人々のことを「左翼」と便宜上言っている。

 つまり、右翼というのは、天皇が素っ裸で歩いていても王様の衣装を身につけているように思い込まされている人々であり、左翼というのは、素っ裸であることが素直に見えてしまって「王様は裸だ」と言ってしまえる人々のことである。

 我々は、序列・格差・差別という虚構を「実際にはありもしない虚構にすぎない」と素直に思い、素直に口に出す。

 すると、それを激しく怒り、ありもしない序列の虚構にしがみつこうとする人々が出てくる。今の日本は、そんな連中が社会を支配している。
 なぜかというと、無条件に権威や序列に従う人間は、権力者にとって、とてもありがたい存在であり、その人を利用して利権を得て、自分の権力を拡大再生産できるからだ。

 この文章は、昨日のブログの続きのつもりで書き出したが、ずいぶん異なる方向に歩き出してしまった。昨日書いたことは、以下のようだ。

 【日本人は合理化が大好きなので、すぐに効率化、合理化を進め、会社組織のような生産性を作り出し、上下関係を生み出してしまう。
 だが、それでは、これまでの日本社会と本質的に何も変わらないことになってしまう。
 それでは「真の人間解放」を実現することはできないのだ。】

 「人間解放の理念」を示したかった。
 人間は高い知能があり、それは他人との比較のなかで鍛えられてゆく。競争は知能を高めるのだが、それゆえに、競争の勝者は、弱者を支配する傾向が生まれる。
 勝者は必ず奢るようになり、弱者を見下すようになり、序列と差別が自然発生してくる。

 日本人は競争の好きな民族だ。「自分こそは勝者だ」と自己満足したくて、すぐに序列と階級を作り出し、差別に自己陶酔するのだ。
 そんな関係ができれば、その集団には必ず階級差別の構造が成立してくる。


我々の生きている社会は、権力者が人に重荷を強要する社会だ。税金から始まって、苦役の強要、差別の強要、序列の強要、果てには嘘つきだらけの国家に命を捧げる徴兵の強要まである。国家が気に入らない人間は、死刑制度で抹殺してしまう。

 だから、我々は、こうした国家や組織による苦役から解放されたい。人に序列をつけ、他人を差別し、見下し、ありもしない権威の虚構に洗脳されたような愚かな社会から抜け出したい。
 我々は解放されたい。人間解放の人生を目指したい。

 人間解放とは何か?

 この社会で、もっとも人々を拘束し続けてきた虚構の「序列価値観」からの解放である。
 孔子は儒教体系のなかで、人に序列をつけて組織を支配することを教えた。国家という組織に根拠を求めるとすれば、それは「序列の高い者が、低い者を支配する合理性」という虚構である。
 人には生まれながらの貴賤があり、能力の差があり、序列があるという虚構を洗脳し、権力の統治に従わせるというやり方が儒教の本質である。

 こうして、生物学的人間として何一つ差のないにもかかわらず、皇族と名付けられるなら、「血筋」という虚構によって「特別にえらい人たち」と根拠もなく決めつけ、人々を欺して序列の価値観をすり込んできた。

 皇族なんてタダの人に過ぎないのは、彼らを観察していれば誰にもあっというまに分かる事実なのだが、そんな嘘をありがたがる一群の人々がいて、そんな嘘の価値観を全国民に強要してきたのだ。
 「王様は裸だ」=「皇族はタダの人だ」と叫ぼうとすれば、抹殺される社会なのだ。

 現在の社会にあって、我々は二種類の人間に区分することができる。
 「王様は裸だ」と素直に言える人々と、裸なのに立派な服を着ているように思い込まされている人々だ。
 なぜそうなるかといえば、序列という虚構を刷り込まれた人々にとって、「特別の価値ある人」と思い込まされている相手は、例え裸であっても立派な権威を身にまとっているかのように洗脳され、思い込まされ、畏怖させられる幻想に束縛されているからだ。

 序列や権威という虚構に洗脳されている人々のことを「右翼」といい、「王様は裸だ」と言える人々のことを「左翼」と便宜上言っている。
 つまり、右翼というのは、天皇が素っ裸で歩いていても王様の衣装を身につけているように思い込まされている人々であり、左翼というのは、素っ裸であることが素直に見えてしまって「王様は裸だ」と言ってしまえる人々のことである。

 我々は、序列・格差・差別という虚構を「実際にはありもしない虚構にすぎない」と素直に思い、素直に口に出す。
 すると、それを激しく怒り、ありもしない序列の虚構にしがみつこうとする人々が出てくる。今の日本は、そんな連中が社会を支配している。
 なぜかというと、無条件に権威や序列に従う人間は、権力者にとって、とてもありがたい存在であり、その人を利用して利権を得て、自分の権力を拡大再生産できるからだ。

 この文章は、昨日のブログの続きのつもりで書き出したが、ずいぶん異なる方向に歩き出してしまった。昨日書いたことは、以下のようだ。

 【日本人は合理化が大好きなので、すぐに効率化、合理化を進め、会社組織のような生産性を作り出し、上下関係を生み出してしまう。
 だが、それでは、これまでの日本社会と本質的に何も変わらないことになってしまう。
 それでは「真の人間解放」を実現することはできないのだ。】

 「人間解放の理念」を示したかった。
 人間は高い知能があり、それは他人との比較のなかで鍛えられてゆく。競争は知能を高めるのだが、それゆえに、競争の勝者は、弱者を支配する傾向が生まれる。
 勝者は必ず奢るようになり、弱者を見下すようになり、序列と差別が自然発生してくる。

 日本人は競争の好きな民族だ。「自分こそは勝者だ」と自己満足したくて、すぐに序列と階級を作り出し、差別に自己陶酔するのだ。
 そんな関係ができれば、その集団には必ず階級差別の構造が成立してくる。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1437.html  


▲△▽▼


朝鮮人は頭がおかしい _ あるのはウソだけのめんどくさい国
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/193.html

朝鮮人が嘘をつく理由
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/512.html

中国人に愛国心や公共心が完全にゼロな理由 _ 中国人は宗族から宗族の利益になる様な悪事をやる事を毎日強要されている
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/138.html

孔子を捨てた国――現代中国残酷物語
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/499.html

論語と儒教は無関係である
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/305.html

中国が仏教を禁止し無数の仏像を取り壊している
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/517.html

儒教 _ 中国共産党が絶賛する孔子の思想
http://www.asyura2.com/20/reki4/msg/223.html#c1  
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/512.html

2. 中川隆[-15923] koaQ7Jey 2021年7月30日 09:42:46 : FR7Mntvne3 : cFNhZkVmS0FoM2c=[17] 報告
両班(ヤンバン・特権貴族階級)
清廉を謳い文句に「儒教の国」と誇り高き朝鮮半島においても、性的愛玩を含む身分階級制度は、間違い無く存在していた。

朝鮮王朝(チョソンワンジョ)の身分制度は、上から王族、両班(ヤンバン・特権貴族階級)、中人(チュンイン・科挙に合格した役人)、良民(ヤンミン・常民と呼ぶ普通の身分)で、最下級は奴婢(ヌヒ・奴隷)である。

最下級は奴婢(ヌヒ・奴隷)は、公に王朝政府が抱える賤民(せんみん)を公奴婢(くぬひ)、地方の豪族が所有し、基本的に家畜と同じ所有物扱いの私奴婢(しぬひ)と呼ばれる身分の者が定められ、被差別階級に組み入れて隷属的に支配されていた。

つまり、公奴婢(くぬひ)と私奴婢(しぬひ)は非人(奴隷)であり、家畜同然だったから儒教の精神は都合良く及ばない理屈で、公奴婢(くぬひ)の遊技の妓生(キーセン)制度は公に存在し、私奴婢(しぬひ)は抱え主の両班(ヤンバン)の愛玩要素を含む慰め者だった。

処罰として法も倫理観も適用されない卑しい家畜身分にされた訳で、女性は結果的に性の愛玩物にされても仕方が無い。

この辺りの考え方は、ご多分に漏れず国家体制を維持する為に特権階級を設けて実力者を取り込み、王朝に忠誠心を持たせる狙いである。

貴族特権とは王権に対抗し得る有力者の懐柔目的も在るから、如何に儒教の国とは言え王権維持の為の実利的例外に性奴隷としての奴婢身分は、法の抜け道として必要だったのだろう。

都合が良い事に、人に非(あら)ずの家畜である「奴婢(ヌヒ)身分」には儒教の精神思想は除外で、奇麗事の「儒教の精神」に組しない例外の扱いだったのである。

また宮廷の医女(イニョ)も身分は家畜扱いの公奴婢(くぬひ)であり、遊技の妓生(キーセン)同様に女医と言うよりも両班(ヤンバン)のストレス解消の為の慰め者だったのが実情で、現代で言うヘルス嬢的な愛玩要素を含んでいた。

身分を示す帽子状の被り物の形状が、医女(イニョ)と妓生(キーセン)はまったく同じで、医女の身分は「奴婢(ヌヒ)」であったから、両班(ヤンバン)に取っては逆らえない性奴隷同然の存在で、医女を妓生(キーセン・日本で言う芸者)扱いする悪弊は、李氏朝鮮の燕山君の時代に生まれ、内医院(ネイオン・宮中の医局)の風紀が乱れ、「儒教の国」の精神も多分に統治上の権力的例外が存在したのである。

旧李氏朝鮮王国でも罪を犯した者の刑には、身分刑として良民(ヤンミン)から奴婢身分(ぬひみぶん)に落とす刑罰が存在した。

奴婢身分に落されると、国が所有する公奴婢(くぬひ)や個人が所有する私奴婢(しぬひ)となり、人格は認められない。

女性の場合は、公奴婢(くぬひ)の遊技・妓生(キーセン)や私奴婢(しぬひ)は抱え主の両班(ヤンバン)の愛玩、また宮廷の医女(イニョ)も身分は公奴婢(くぬひ)であり、王侯貴族のヘルス嬢的な慰め者だった。
http://jiyodan.exblog.jp/7936337/

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史5掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
近代史5掲示板  
次へ