★阿修羅♪ > 地域13 > 674.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
風化させてはならない安藤事件 第八弾
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/674.html
投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 29 日 12:03:26: GnuC3w3pf.O5U
 

(回答先: 風化させてはならない安藤事件 第七弾 投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 29 日 12:01:21)

事の経緯は、安藤後援会移転費捻出会議を行った翌日に、
安藤氏が宮崎市にて演説集会を行うに際し、参加者の増員及び送迎依頼を受け、
演説会へと向かった。
数台が分担し支援者の送迎を行っていたが、遅れた平田絹子(以降未亡人)を
新谷氏が送迎する事となる。
送迎途中の車内で新谷氏は「後援会の移転費を佐藤工業の社長へ援助を
頼んでよ」と佐藤工業の社員である未亡人に冗談を交えて話していた。

この冗談話を聞いた未亡人は、何を思ったのか心の寂しさを新谷氏が埋めてくれるの
であれば、援助すると新谷氏へ告げたのである。

この時期は、新谷氏がプライベートに、高額の出費をしていた。
告発人へ資金捻出の相談をためらっていた。

新谷氏は、その未亡人の提案を、渡りに船とばかりに受け入れてしまった。

後の資金援助は、交流会で告発人と会う事に成る未亡人の嫉妬心を
利用した事に成る。

嫉妬心にかられた未亡人は対抗意識を満たすため、新谷氏が常時利用していた
個人車両(四駆車)を高級セダンへと変更させ、支援者達への面目を立たせる
ように仕向け、更に無職になった新谷氏の面目を同様に立たせるために
コンサルタント事務所も未亡人が資金を提供し、開設されたものであった。

その様な中、延岡後援会に在席している支援者達と連日の飲み会を行っており、
同席させる未亡人と、安藤支援の意識固めに奔走していたのである。

それと併せて、未亡人が条件として提示した心の寂しさを埋める週一の面会に
従うため、新谷氏は未亡人宅に通っていた。
告発人へ現状を話した新谷氏が、未亡人と縁を切りたいと告げた。
それが新谷氏の本意と受け取った告発人は、未亡人の自宅へと赴く事となる。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧