★阿修羅♪ > リバイバル3 > 576.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「吹雪で動けない」 爺ケ岳の女性
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/576.html
投稿者 中川隆 日時 2015 年 2 月 16 日 18:41:18: 3bF/xW6Ehzs4I
 


2012/5/4 「吹雪で動けない」 爺ケ岳の女性


GWの爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳 ( 2012年4月28日-29日)
https://www.youtube.com/watch?v=3pO-93aa0aM

GW 降雪直後の鹿島槍ヶ岳へ 嵐のち感動のモルゲンロート!
https://www.youtube.com/watch?v=4F2PESVbEj4

2014春 北アルプス 爺ヶ岳 鹿島槍ヶ岳
https://www.youtube.com/watch?v=HI8VTNxUdrg

猛吹雪の爺ヶ岳登山
https://www.youtube.com/watch?v=yTCUfwd2mQw

鹿島槍ヶ岳 / 爺ヶ岳
https://www.youtube.com/watch?v=F8sU1kWAk64

冷池山荘 種池山荘 新越山荘 HP
http://www.kasimayari.jp/

長野県大町市扇沢周辺の地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%89%87%E6%B2%A2%E9%A7%85%EF%BC%88%E9%95%B7%E9%87%8E%EF%BC%89/@36.558491,137.720556,14z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0xe1e81a16d0d99c86
http://map.yahoo.co.jp/maps?hlat=36.572911000000005&lat=36.572911000000005&hlon=137.7344305&lon=137.7344305&z=15&datum=wgs&mode=map

冷池(つめたいけ)山荘からのコースタイム付き地図
http://www.yamakei-online.com/yk_map/?latlon=36.6029470373,137.748384721

爺ケ岳(じいがたけ)の天気 - 日本気象協会 tenki.jp
http://www.tenki.jp/mountain/normal/4/19/1047.html

2012年5月 GW の天気図
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/hibiten/2012/201205.pdf

鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱醯鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱霾鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱驩鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱雖雁聴隅鬱鬱鬱鬱羈贍貔躍鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱詣觀召_召状隅鬱羇剤錐鋸醯艪鬱鬱歡笵鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱醢儲ィ鑓テ羽Ы⊇没踈佼Y荘繍鬱鬱鬱鬱甑璢霾鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱勧鬱藹韲菅莢べ⊇∃Ц它∬⊇羽讙蠢鬱葢温輻鬱鬱諸荻Y呈シ隴鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鐔鬱露媛どベ   ベS辷Щ坦旦鏥鬱鬱`驩讒鬱鬪舜悠⊆ジY停o鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱齬醯譴甜Ρ       `∃Ш珀伽躇遏T鬱鬱鬱鬱芦サY川ジベ介Y蹄ヲ霾鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱醯佼三、      ベ∃滋譴靄謔鬱噬ッ¨       ``ベ⊇川浴壮穉隴罅T鬱鬱鬱鬱鬱
鬱盛護燗燗鷦妓冖マ∴、      ベ俎罎靄躇諚牧べ              ベ⊇川衍掘雁隴鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱醢世鎰鋸謐鬱廷レ、          沼貍隴謡鈷⊆゛                `ベ∃氾狛挧鍠薩鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱靉咒謐鬱鬱鬱醢止        ∃堀鍠狽拔シ`∴               ベベ川Y珀掘鐫遏T鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱蠢=@     ‘氾荘珀召Κ`∴、                ベベ川Y壮掘隴鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱蠢蹟蠢蠧熨鬱影        ベY珀笠に∴3、                  `ベ介衍衒鐫鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱醪攤J蠡J鬱’         ‘∃衍衒旦Щ辷゛                   ベ∃衍衒鋸遏T鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱記鷦騾粳”            ベY珀狛錐自.                    ベ∃衍珀鍠疆鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱蠢,``                `ヨ召Y定ネ此                   ベ∃汾珀掘儲鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱監                   ベ交ベヨ疆齔                  ∴S⊇浴衒鍠譴鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱蠢』                  ベ三ヘベ鴪彭                ベ⊇⊇氾衒掘儲鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱ル                  ∃川シ  ヅ’                 ベベ3氾珀伽疆鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱』                  `当癶、        、  u∴     ベベ⊇Y珀雄鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱。                  ″  シ  、uムЩ糴庇     ∴シ⊇汾衍儲鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱監                      ∴、∃ヨ櫨鬱鬱齔      `3⊇氾珀遏T鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱テ                逧此払(錙鬱鬱鬱h     ベ3⊇氾衒鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱蠢』              『鬱JJ鬱鬱鬱鬱影忙      ベ⊇⊇浴郤弭儲鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱蠢=@             『鬱鬱鬱鬱鬱Г      ベジ⊇Y交氾据鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鹹              情苛泣罅         ∴3S川Γ ヨ据鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱醢=@           ヴ県戸”          ⊇⊇ジ   ∃据鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱蠧=@                       ⊇⊇゛    ヨ溷鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱蠧止.                  ベシ       旧疆鬱鬱鬱


爺ケ岳付近で意識不明の女性発見 連絡途絶えた登山者か 2012/05/04 15:21

 北アルプス爺ケ岳付近で5日朝、中高年の女性1人が倒れているのを別の登山者が発見し、山小屋を通して長野県警大町署に通報した。女性は意識不明という。
同署は単独で爺ケ岳に入山して連絡が取れなくなっている大阪市住之江区の女性(62)と見て、身元の確認を行っている。

 女性は4日に入山したが、近くの山小屋に「吹雪で身動きがとれない」と連絡があったのを最後に連絡が取れなくなり、同署が捜索していた。 (共同)
http://mtgear.blog18.fc2.com/blog-entry-270.html

5月5日(土)読売新聞から

爺ヶ岳で発見の女性、死亡確認…大阪市の62歳か

 5日午前、長野県大町市の北アルプス・爺ヶ岳(2670メートル)山頂付近で、女性が意識不明の状態で倒れているのを登山者が見つけ、連絡を受けた山小屋関係者が県警大町署に通報した。

 女性は県消防防災ヘリで収容され、死亡が確認された。

 爺ヶ岳付近では、登山中の大阪市住之江区新北島、会社員宗和(そうわ)住摩子さん(62)が4日から連絡が取れなくなっており、県警は死亡したのは宗和さんとみて身元を確認している。

 発表によると、宗和さんとみられる女性は 4日に同県大町市扇沢から単独で入山。
同日午後5時半頃、携帯電話で「吹雪で身動きが取れない」と山小屋関係者に連絡があったが、その後、連絡がとれなくなった。

                        \               , イ
                      l!   ヽ 、         ,. ( /
                        jl     ヾ 、    ,. (   /
                      l !.       iヘ.  /       /─ -  _
                       l !       !∨             `> 、
                      l i      /l l                  `ヽ
                      ! l    /  ! i                   \
                      ヽ 、  /   ! L- ´  ̄ `>、                ヘ
        ___.            ヾ 、 _i   .j j: : :_: : : : : : : : :ヽ            ヘ
      ,. (////////`>、         `ー|   / 斤´ 7 `ヽ: : : : : : ヘ            ヘ
   ////////////////∧         j.  ノ ,辷ンゅ  ∨: : : : : :ヘ            ヘ
  ////////////////////!         /  ^´ ////     i: : : : : : :i  r-、          i
  .i////////////////////ヽ _      /            .!: : : : : : :|  ー'r 、        |
  .!///////////////////////      `  _      _,.、    l: : : : : : : !    ´o         !
  !'/////////////////////,!         ` ー- (:::":ノrや´!: : : : : : : |             |
  ∨////////////////////               !j ////j: : : : : : : : !            i
.   ヽ//////////////////,{                /////!: : : : : : : :i             !
    \//////////////> '                /////,l: : : : : : : : !            i
      ヽ//////////                ///////,l: : : : : : : : :i            l
      //////////                 ////////,l: : : : : : : : : !             j
     .//////////> 、_              /////////!: : : : : : : : : ヘ            /
     ////////////////`ヽ             i/////////l: : : : : : : : : : ヘ          /
    .////////////////////ヽ          !/////////l : : : : : : : : : : ヘ        /
   .i/////////////////////∧         ∨///////ヽ: : : : : : : : : : :ヽ      ./
   !'//////////////////////∧         ヽ////    ',: : : : : : : : : : : :ヘ   /                 /
.   i////////////////////////∧         ヽ/     ∨ : : : : : : : : : : \/                    /
   !/////////////////////////∧       γ´フ´     ヽ: : : : : : : : : : : : :\                   /
   !//////////////////////////∧、     / ´      j  \: : : : : : : : : : : : :ヽ               /
    l'///////////////////////////∧/>、  /      r-f    \: : : : : : : : : : : :ヘ             /
   ヽ////////////////////////////ヽ///>j       !/,L_    \: : : : : : : :ト、: :j              /
     ∨///////////////////////////\//L_.  .__」////7>ー-'/ゝ: :、: : : : ! ):ノ           / _, . (
       ∨////////////////////////////ヽ//////////////////////フ\:j\: l            /、7/////
      ヽ//////////////////////////////////////////////////,ノ     `            / !/>: ´: :
        \///////////////////////////////////////////////ノ                 ムr//,|: : : : :
         ヽ///////////////////////////////> ´  ̄ `  ̄ ̄´ !                //////l: : : : :
           \//////////////////////> ´ ̄             |                !/! .V//!: : : : :
            ∨////////////////////ヽ     r j        l                l/  ∨ヘ: : : : :
             i//////////////////////ヽ^ヘ   リ         l                {!   ヾヘ: : : :
             |///////////////////に==, そ´          ヘ                !   }∧、:_:
             !/////////////////////r-='_、 !           ヘ                i   //r―
             |/////////////////////(ノ´//} `ー-_,         ヽ                i  l//!
              |//////////////////////////fj^i´ ̄           ヽ              ∨ j//L_
                  l'///////////////////////////∧             \              ∨/r―‐


続報1:朝日新聞から、

最後の電話「吹雪で動けない」 爺ケ岳で死亡の女性

 「吹雪で身動きがとれない。もう電話のバッテリーも切れる」。

爺ケ岳で死亡した宗和住摩子さん(62)は4日夕、身の危険を知らせる電話を最後に消息を絶っていた。

 4日午前7時ごろ、宗和さんは長野県大町市の扇沢から1人で入山。
冷池山荘を目指したが、途中で猛吹雪に見舞われたらしい。

 同山荘の経営者 柏原一正さん(56)によると、宗和さんから電話があったのは午後5時ごろ。
電波状況が悪く、声は途切れがちだった。
「そちらには行けない。まだ登っている途中なので下りる」。
そう言うと電話は切れた。
折り返したが応答はなかった。
柏原さんは警察に連絡し、自ら救助に向かったが見つけることができなかった。


続報2:
長男「信じられない思い」 大阪の宗和さん、キリマンジャロ登頂にも成功

 「山の怖さは十分知っていたはず。信じられない思いでいっぱいです」
 長野県の爺ケ岳付近で遭難し、死亡したとみられる宗和住摩子さん(62)の長男(35)は、突然の知らせに声を震わせた。

 長男によると、宗和さんは 15年ほど前から本格的に山登りをするようになり、毎週末のように単独行やツアーに参加するなどして各地の山に登っていた。

 今年1月には、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロの登頂に成功。
清掃業と弁当配達の 2つのパートを掛け持ちして旅費をため、長年の夢をかなえたという。

 危険な登山の際は、近くで住む長男に出発前に連絡していたが、今回、連絡はなかったといい、
「母にとってはハイキングぐらいの気持ちだったと思う」
と話した。

 宗和さんと同じ団地に住み、山登りが趣味という女性(75)は、リュックサック姿で宗和さんとすれ違ったさい、
「私も山歩きやってるの」
と笑顔で声をかけられたという。
「まさか、山で亡くなるなんて」
と声を落とした。
http://lcymeeke.blog90.fc2.com/blog-entry-1662.html

675 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:33:48.02

ハイキング♪

658 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:26:10.12

ある意味勇者っすなあ・・・

 8人が死亡した北アルプスの遭難事故で、単独登山中に爺ケ岳(2670メートル)山頂付近で意識不明で見つかり死亡した大阪市住之江区の宗和住摩子さん(62)が登山計画書を提出した際、山岳遭難防止対策協会の担当者から「行程が長すぎて危険だ」と指摘され、距離を半分以下にするよう計画変更を求められていたことが6日、分かった。

 宗和さんは4日午前7時半ごろ、登山口にあたる長野県大町市の扇沢で、担当者の矢口正人さん(63)に「五竜岳まで行く」と話した。だが、五竜岳手前には稜線(りょうせん)が切り立った「キレット」と呼ばれる難所もあり、矢口さんは「雪が残るこの時期は、雪山のエキスパートでも非常に危険」と説明した。

 矢口さんによると、雪道では、登山口から爺ケ岳を過ぎた冷池山荘まで約7時間、さらに山荘から鹿島槍ケ岳(2889メートル)を経て五竜岳(2814メートル)までは10時間超かかる。

宗和さんはピッケルもテントも持っていない様子で、到達は不可能と判断して冷池山荘まで1泊2日の往復を勧めたところ、納得した表情を見せたという。

 矢口さんは「最初に五竜岳と言われ、びっくりした。位置関係や時間配分などの知識はなかったのでは」と話した。(共同)


879 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:05:47.50

爺の婆、当初計画、俺の予想

1日目(7時間)扇沢(7:30)→爺ヶ岳→冷池山荘(泊)
2日目(10時間)冷池山荘→鹿島槍→五竜岳→五竜山荘(泊)
3日目(4時間)五竜山荘→遠見尾根→白馬五竜スキー場

天候が荒れてなくてもピッケル無しで遭難必至

761 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:06:11.68

爺ヶ岳のおばさん五竜行くつもりだったのか
種池から冷池小屋の途中でへばったくらいだと思っていたよ

775 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:11:56.73
>>761
NHKで黒部川の源流を行くっていう番組のせいで行きたがる人が増えた気がする

679 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:34:33.73
>>658
キレットぐぐった
こんな怖いとこ行くの?
雪積もってたら足場見失うんじゃねの


八峰キレット
https://www.youtube.com/watch?v=8sWhDvsT7yo
https://www.youtube.com/watch?v=QbCyas83Rg0

20140717 後立山連峰縱走之八峰キレット
https://www.youtube.com/watch?v=bYsifiDw-U8

八峰キレット 日本アルプス登山ルートガイド
https://www.youtube.com/watch?v=qevl26fxfNc

五竜岳〜鹿島槍ヶ岳 キレット 
https://www.youtube.com/watch?v=h7aegA_aZXI
https://www.youtube.com/watch?v=x-6qOc1W5AM

岩場の登り 五竜岳〜鹿島槍ヶ岳
https://www.youtube.com/watch?v=ZOiDdcsZkjk
https://www.youtube.com/watch?v=GSE6SeI--9E


[日本百名山ひと筆書き]vol.26 八峰キレット〜五竜岳
https://www.youtube.com/watch?v=dqYWfkGYIcE

北アルプス 八峰キレットと大キレット
https://www.youtube.com/watch?v=nBlAYsEbfDM

717 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:51:09.70

ロープ無しに八峰キレット越えとか無理だろ

671 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:32:23.35
>>658
扇沢から五竜とか無雪期でも無理ですわ
僕は鹿島槍まで8hかかったし

705 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:46:41.09

ヤマケイのワンゲルガイドブックでは、

夏山基準で、

扇沢 → 冷池山荘は5時間50分。
さらに五竜山荘まで8時間10分。

山と高原地図だと、冷池までは同じだが、五竜までは9時間20分。

この程度は普通見ていくような…

677 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:34:01.04
>>658
62歳の婆さんが立てる計画とは思えないレベルの高さだな
実は田部井さんクラスの猛者だったんじゃないか

664 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:28:20.76
>>658
登山歴相当長いって話だったのに、酷い計画立てるもんだなあ

707 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:47:12.74
>>658
この計画で行くぞ、といわれたら
「ヘタレな俺では無理です」て山行やめる

696 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:42:05.43
>>658
ものすげーハードな計画だな
俺ならこんな登山計画書見せられたら、この人はきっと自分レベルでは何も言えない
達人クライマーに違いないと思ってしまうことだろう


697 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:42:13.38

あらら、爺ヶ岳のオバサンも勘違いオバサンだったのな
もう、春の北アを舐めるなと言う言葉しか思いつかんわw


687 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:39:20.63
>>658
多分地図上の距離で判断しちゃったんだろうなぁ
この時期はアイスクライミングまがいの難所もあるし考えられん


701 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:46:10.67
>>687
いや
いやいやいや
地図上の距離でもきつくね?

702 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:46:14.61

達人クライマでも雪山で10時間以上行動するような計画立てないんじゃないの?
婆、何者だよw

991 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 23:22:02.96
>>702
十数時間行動なんて普通です。
厳冬期に朝2時に度合駅を出て、一の倉沢を登り、土合駅に夜8時着。

681 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:34:39.49

単独婆もすごいな
映画岳のおすすめルートくらい無茶な計画
しかもピッケルもないとかありえないだろ


672 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:32:48.05

ソロババアもキリマンジャロ経験者だったのに
北アルプスはホンマ恐ろしいところやで

682 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:35:28.53

キリマンて言ってもガイド付きのぬるぬる登山だろうしな
冬季北ア単独縦走のほうが難易度高いんじゃないの?


737 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:58:40.63
>>672
キリマンなんかシェルパたくさんつけないと登らせてくれない楽な山だから
タレントもいっぱい登ってるのに、誰がありがたがるんだろ

769 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:09:17.34

キリマンジャロなんて芸人と盲目の女の子ですら登頂できるもんな


742 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:00:20.10 5

8歳で始めて登山歴20年とか
47歳で始めて15年とか
お任せキリマンジャロ登頂とか

は経験値半分以下に見積もらんと駄目だろ・・・


896 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:16:36.39

単独ばあさんの件だが。
さっき今頃だがヨミウリの朝刊見たら、

「高校時代に山岳部、子育て終わってから登山再開、百名山はほとんど踏破済み」

になってた。
ソースがみつけられないんだが、少なくとも関西の三面記事に写真つき。

なんか印象が替わるんだが、どういうことだろう?

913 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:22:28.55

40〜50年前の高校山岳部ってどんな感じよ


922 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:26:24.77 >>913

黄色いテント形のテントとか飯盒炊飯とか、鳥のはねつけた帽子とネルシャツとかじゃね

923 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:26:29.72

40年前の学生はギター担いで放送禁止歌のフォーソン歌い
マル経に酔ってた時代ですね


920 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:24:25.57
>>913
その時代ですと全学連全盛期ですか
山岳部は大人気の頃ですね

921 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:25:12.95

まぁこれだけ立派なキャリアをお持ちなら扇沢で計画指摘されても無視するわな

924 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:26:54.75

無視してないんじゃね。
最初の小屋の前で駄目になったんでは。


898 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:17:39.88

爺の婆さんてモチベ高いよな。
60過ぎて山の為に掛け持ち。
しかも単独。
計画だけがやばかったのか。

901 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:18:54.12

> 登山再開、百名山はほとんど踏破済み」になってた。

ツアー登山は無意味

908 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:21:18.76

元山岳部か。

>901
先のソース見たらツアーも単独も両方してたみたいだ。

906 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:20:25.56

でもちょっとかわいそうだな
医者たちみたいに有り余る金使ってってわけでなくかけもちして
一生懸命働いて山行楽しんでたんだろうに



905 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:20:09.36

ピッケルろくに練習してないと使えないし

八峰キレットで滑落止めたとしても、ほとんど誰も通らないから
単独だと死ぬんじゃない?

ピッケル持ってても気休めにしかならないな


928 :896:2012/05/06(日) 22:28:13.20

五竜まで一日で行く無謀ばあさんかと思ってたが、単に行けると過信したか
本当に行ける能力があるかの、2泊か3泊の予定だったのか。
しかし、それだけの経験があってなんでピッケルなし?
冬山やる気ゼロで調べてもみない自分ですら、GWが冬山と大差ないこと知ってるぞ。
6月ですら警戒するのに。


674 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:33:44.70

残雪期の北アは好天は天国、荒天は地獄て言われるけど
山雑誌なんかももっとリスクを具体的に示さないと


673 :十四代目 ◆Wg12u2MAZU :2012/05/06(日) 20:32:50.16

500m級をいくつか制覇した俺から言わせてもらうと、東北の500m級で山菜取りする婆さんも同じタイプの人多いです

『わたしゃ毎年山歩き上手くなってるで』

と言いつつ、 翌日には沢の中で冷たくなってたりしますわ


680 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:34:37.72

山菜取り婆さんも山で死ねるなら本望だろうて


685 :十四代目 ◆Wg12u2MAZU :2012/05/06(日) 20:38:57.58

500m級をいくつか制覇した俺から言わせてもらうと、
女ってのは地図読めんのですわ

689 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:40:09.19

>女ってのは地図読めんのですわ

どうやって、道を覚えるの?

690 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:40:16.40

装備まったく足りない状態で登る人って何なの?

馬鹿なの?


693 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:41:19.53
>>685
ちゃんと読めますわよ、失礼な

694 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:41:27.66

>装備まったく足りない状態で登る人って何なの?

自殺です。


691 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:40:22.59

ツアーは経験のうちに入らない


700 :十四代目 ◆Wg12u2MAZU :2012/05/06(日) 20:44:16.08
>>691
500m級をいくつか制覇した俺から言わせてもらうと、
3000m級をツアー経験ある爺さん東北の冬山連れて行くと、
300mで音をあげますわ


692 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:40:23.08

経験もさることながら、こう言った遭難者は普段トレーニングしてるのだろうか?


695 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:41:35.17
>>692
脳内トレーニングなら完璧です

820 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:28:15.98

爺ヶ岳の婆はどこで宿を取るつもりだったんだ?
テント無いんだよな?

824 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:31:28.87
>>820
普通に冷池山荘じゃないのかな
その手前で悪天で力尽きてパンパカ


829 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:35:24.14
>>820
当初の目的・五竜岳だもんな
爺 → 鹿島槍 → 五竜 

爺も鹿島槍も双耳峰だからピークが複数存在しててアップダウンがキツそう

清掃業と弁当配達の掛け持ちとか、ハードスケジュール大好きすぎる


838 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:39:55.36
>>658
結局元の計画を実行しようとして遭難したの?
それとも矢口さんの言うことを聞いて遭難したの?

840 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:40:39.78

五竜山荘まで特攻するつもりだったんじゃないの?
登山口の担当者が止めるくらいだから

851 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:47:47.69

登山口での助言聞いても変更した目的地まですら辿り着けなかった低知能ババア
医者6匹と同様で自殺としか思えん

743 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:00:42.98

はっきり言って小蓮華爺さんより爺ヶ岳婆さんの脳内の方が不思議
山仲間とかいなかったにしても、15年も登ってれば少しは知識が、、、、


911 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 22:22:05.53

いろいろ嫌になって死に場所を求めてたんじゃね?

724 :十四代目 ◆Wg12u2MAZU :2012/05/06(日) 20:54:38.51

500m級をいくつか制覇した俺から言わせてもらうと、
ノーロープキレット越え婆さんの気持ちもわからんでもないですわ
キリマンジャロ制覇したら、次に狙うはヒマラヤですわ
年齢的にも残された時間わずかですわ
女性てのは真面目で努力家なんですわ
訓練のつもりだったと思いますわ


734 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 20:57:53.06

あーもしかしてヒマラヤ行きたかったのか
まあ、思い立って行動に走る大阪のオバちゃんは誰にも止められませんわ

785 :底名無し沼さん:2012/05/06(日) 21:13:54.14

お年よりはもうオマケの人生なんだから、どんどん登って好きな山で死ねばいいよ

http://hello.2ch.net/test/read.cgi/out/1336277502/

                                           ,. -―._====>ミ'ヽ、
                                        ,.ィ,. -‐''二 ̄  ___   `゙'(
                                         //x‐''"´ ァ‐''"´_二ニ-――=-ミ、
                                     /':/,.ィ´ / >'"/       _
                                    / / イ////,.イ ,.-‐ァ'"´ ̄,.ィ"´ ̄
                                 _z=/ :////=,/ // ̄/フTメ==、_,.イ´   _,. -‐
                               // Y /// /-ノ とテ斧ミメx、  `Х ,.ィ''"´
                                  レ'/ Y :/ /イ:/´。``':ミテメミト/ /   u  ,.ィ
                                   /´/ノ:/, ' .l{   :::::::::::ヾ(゙///      ,.l /
                      _              /// 、_リ     :::::::::::::::....     /,.ィ!
                    ,. -‐''"´  ``ヽ         /(ノ7            ,; :::::::::::..  / xく l!ノ
               ,. '"           \ ,.-‐=ァ==ァ':l/'.    __  、   ::::::::::o'´xェ;-‐''" l!/
            ,,. '"      _,.          Y  ./ ,.ィ/.とノ     ヾヽ.ヽ    ::::::::::ヾヾミメ,_,.ノl!_
           ,. '"    u  /         ヽ、(   {:l/ ./l      、 ヾ,、}    ::::::::::::.Yi芽.l-‐|
        ,. '"  _,.っ,,.__o゚ノ            ヽ`゙'ー--‐'".:::::l         ノ'       ::::::::ノ'"}lメ! ,レ
    ,. ,. -‐''"´ -::r=:、:.、  ``丶、      u     ヽ.   / .:::::::l、   ι´´   _     ::::U '゙’-ィ-/
 ,. ' イ    /::::::::::゙'':´::::::::..                ヽ./  ..:::::::::>:..、      ´u (( ̄``ヽ=ァニ二イ/,ィ
'"/     : : :: : : : : : : : : :                              `゙' ァ,.、 _  ゞ_,.-‐'ア´__ノ__ノ ノ
/                                            /´// / ̄/ / / ̄(/ //
                                    ´``ヽ、   l、:l l /  / / // //_/// ,
                     _,.:==    _____   __ `丶 \l l :/ / // ///  / /,.イ /
   ι                u'´       (ノ ̄ ̄フ‐'"´ ̄    ̄``丶 、゙ ‐- l.,l_l //l { / / l !(
            u                     ,. ィ''´               `丶、 `ヽ、Y :l l iヾ
                            /             ι       ヽ、 ヾ、 l ! !〃
                              , '         u              ....-\: ヽl / / l
、ij               ι           /                       ..:::::::::::::ヽ_j./ / l
::::ヽ、                  ,..:::::                               :::::::ヽ:(;;;':)/ /
::::::::::\               ...:::::::::::                           ...:::::::::::゙'´:! /


爺ヶ岳での女性遭難。 2012/5/7(月)

3日からの連休後半、北アに登山した何人かのグループの音信不通、救助の要請が相次いだ。特に山の上ではすごい吹雪の冬山状態のようだった。

そうした救助要請者の中に爺が岳で遭難した大阪住之江区の女性単独登山者、宗和住摩子さん62歳の名前もあった。

このニュースを知ってすぐに鳥さんに連絡し、確認しあったが、やはりあの時の女性だった。3年前の2009年6月、甲武信岳に登った折、下山直後に大雨になって、雨宿りしていた女性を車に乗せ、途中、竜王町の温泉までも一緒に入って、駅まで送ってやった女性が今日遭難が確認された宗和さんだった。

http://blogs.yahoo.co.jp/ciaocommodore/61874542.html


車の中で、彼女は単身で100名山を目指していると言っていた。もう既に80幾つかの山は登頂したとも言っていた。スリムな如何にも山ガールらしい、はつらつ、さばさばした感じの女性だったが、あれから3年、その後幾つの山を走破したのか知らないが、100に届く一歩手前で山の犠牲になってしまった。

車の中の短い時間だったので、家族のことも、生い立ちも聞くことはできなかった。ただ、出身が大阪の住之江、天下茶屋に近いところ、神戸の須磨ではないが、同じようにスマコと言う、いろいろな各地の山の話しなどし、竜王駅で別れたが、あれが最後となった。山を愛し、山と共に生きた一人の女性の死を悼む。


コメント

新聞では62歳と出ていましたが、スリムな若々しい女性でした。
こうした形で亡くなるなど、本人も誰も想像していなかったことでしょう。
しかし、本人に取っては、登山中の山で死んで、本望だったかも知れません。
彼女の家庭、亡くなるまでの境遇等を知りたくなりました。
凄い美人でしたよ。
2012/5/7(月) 午後 8:55


3年前のことですが、若々しくて、僕よりも脚力は優れていました。
100名山を目標にしていましたが、残念ですね。
2012/5/8(火) 午前 10:01
http://blogs.yahoo.co.jp/ciao3776/5058828.html


      /⌒X⌒ヾ%ヽ     ,. -  ,.-----‐'      \
    /⌒X ,.二、ヽ爻ハ  /  / (_二二 _/ ̄_     ヽ
/⌒X不ヽソノ{ 仄 } } 厂}人/ //        〈_/´     ̄`ヽ '.
,.二、{弋ソ,.二弋辷ンノノ-‐〈 /  {    ヽ     i  |      ハ
{ 仄 }} 八 仄} `辷ン八うY } :|  八  、   \ ヽ.!   レ-、ヽヽ ∧
_‐<>< 辷ン 仄ィ介=≦ミ、N   \ \   }_  |:i  |'^ヽ|i :! :!:!∧
、Y/ ,.二、`Y_ノ-=彡'´`ー'´^ミ!、  i :ト、\x<_\ |:| i :!} } !| | :|:レ'
ノ( { 仄 }}八 《《 _,. -=≠  ,.ィ=ミ茫N  `´ィ芹rt刈:! | !'´ 爪 !ハト!
⌒ヽ 辷ン{ } }}}´_,.ィ伝ミヾ {以刈ゞヽ   `¨´ | | | 「´i | N:|
Y 二 ヽ 人ノノノハ ゞ┴'   、` }   }         ! ! !八 |从八
{ 仄} }} ノミ辷彡'}      ,. '  从 ヽ'_       !:/:/レ人< ヽ
弋辷ン乂}{ミ辷彡'}    _,. - /辷`ヽ  `    //://  ̄`ヽ
辷彡'辷彡{ミ辷彡'}>、   ´ /辷彡}  `  <イj:/         '.
辷彡'辷彡{ミ辷彡'}j  ≧=- '辷彡} _____} _,. /           '.   /
辷彡'辷彡'⌒{辷彡}   { !辷彡}´       /           i/
八  `ヽ.  /{辷彡}    ヽ j辷彡} 、 /    /             |
ヘ      `V {辷彡}_  /  )ノ´  ヽ_, /            / ;
.∧       {  `)ノ   `    (´   ,.'´  /          ,.'_,...:
 人     ヽ {{        ,.   /  /           ,. '   ,'
    \      \`ヽ     `ヽ   { /        /     ,'
     \     \         \/        /      /
     '. ヽ     \     /         /     /   /
          \     `  、/       /     /   /
       '.    \        '         /     ,.'   /
        '.    \            /      /    /
       '.     \      / /`   ' ´     /
        '.        `、、ー  /   |          /
         '.       '.  ̄ __j__,.    -―'――‐- ...__
           、       '´ ̄                           ヽ
            `、                      _____/   |
            ハ 、           _,.  -‐   T「      |    |
            ヽ `ー  _,.  -‐  「          \     |    !
            / ̄ ̄       |          \   !    ヽ
            /            !           \  ヽ     :i
        /,. '           '.              \ }  , i{ !、
       //                 :                  V / } 〉)
       /                ; '.             〈_/ | |/
     /                     ,' ヽ.   _          { |
  /         ` 、          /´ ̄ },. '´           ヽ_jハ
 /             \     /  /                     }


爺ヶ岳南尾根 101座からの山歩き 2012年05月13日
http://101yamaaruki.seesaa.net/article/268813710.html


爺ヶ岳南尾根

爺ヶ岳南尾根(2012.5.5)
http://101yamaaruki.seesaa.net/upload/detail/image/P5050049-thumbnail2.JPG.html


GW後半、北アルプス・鹿島槍ヶ岳に登る計画で、柏原新道から爺ヶ岳南尾根を経て、冷池山荘へ。

しかし4日は天候も悪く、稜線では強い風とみぞれ混じりの雨で、翌5日の朝も風はおさまらず、鹿島槍ヶ岳登頂を断念して下山しました。

結局、冷池山荘(テント泊)を往復しただけで終わってしまいましたが、この天候ではこれでよかったのだと思っています。

GW後半
風雪の爺ヶ岳

爺ヶ岳から南・南東に延びる尾根が爺ヶ岳南尾根で、柏原新道ができる以前は爺ヶ岳の登山道として利用されていたようです。

積雪期は柏原新道が使えず、この南尾根が爺ヶ岳への登山ルートとなっています。


http://101yamaaruki.seesaa.net/upload/detail/image/P5040008-thumbnail2.JPG.html
ルート上からは針ノ木雪渓や蓮華岳から
鳴沢岳、岩小屋沢岳などの稜線が見渡せます。
4日の朝、この頃は天気が回復することが期待されたが・・・。


前半は樹林帯の中の急な尾根路で、ジャンクションピークの少し先からは森林限界の吹きさらしの路となります。

ジャンクションピークは、地図上の本来の南尾根との合流点で、ピークで南尾根と柏原新道に向かう尾根とに分岐しています。


http://101yamaaruki.seesaa.net/upload/detail/image/P5040014-thumbnail2.JPG.html
ジャンクションピーク
ダケカンバが生える緩やかな雪面が続く。
この辺りで幕営する登山者も見られた。


1週間前の週間予報では3日までは天気が悪く、4日から回復する予報となっていたので、4日からの山行を計画したのですが、直前で4日も天気が崩れる予報となりました。

4日の早朝、登山口では青空も覗かせ、天候が回復するかに思われましたが、登るにつれ天候は徐々に悪化していきました。

標高を上げていくと、風雨も強まり、ジャンクションピークからは爺ヶ岳は雲に覆われ、山頂をのぞむことができません。

やがて雨も降りだし、爺ヶ岳への吹きさらしの斜面では、西からの強い風にあおられながらの登高なりました。

南峰山頂では霧が掛り当然視界もなく、風雨も強くすぐに冷池山荘方面へと下りました。

冷池山荘への路でも西からの強風に悩まされ、やがて雨はみぞれとなり、思いの外時間を要することとなりました。

計画では冷池山荘に午前中に到着すれば、テントを張り身軽になってその日に鹿島槍ヶ岳を往復しようと思っていましたが、結局山荘に到着したのは昼過ぎとなってしまい、風雨も強まり視界もないのでその日は諦めました。


http://101yamaaruki.seesaa.net/upload/detail/image/P5050034-thumbnail2.JPG.html
冷池山荘前のテント場

夏のテント場は山荘から鹿島槍ヶ岳方面に少し登ったところにあるが、
冬期は山荘前に所狭しとテントが並ぶ。

山荘前の看板より爺ヶ岳よりの尾根の傾斜地に設営する。
風が強く設営に一苦労だった。


夕方から風は更に強まり、はじめ樹林の上をゴーゴーと風が吹き抜けていましたが、やがてその風はテントを直撃しはじめ、周期的に訪れる風の波にのまれそうな思いでした。

風の音に夜中何度も目が覚め、翌朝には風が収まっていることをお祈る思いでした。

翌朝、隣のテントの物音で目が覚めるともう辺りはすっかり明るくなっており、風は相変わらず強く吹いています。

テントから這い出して辺りを見回すと、雨は止んでいるものの鹿島槍ヶ岳方面は霧に覆われ何も見えません。

鹿島槍ヶ岳方面に向かう登山者も何人かいましたが、この強風で例え山頂に登ったとしても何も視界が得られず面白味もないと思い、早々に諦め登頂はまたの機会に譲ることにしました。


http://101yamaaruki.seesaa.net/upload/detail/image/P5050035-thumbnail2.JPG.html
5日朝の冷池山荘
鹿島槍ヶ岳方面の視界はほとんどない。


テントを畳み下山しましたが、下山と言っても爺ヶ岳を越えなければならないので、ある意味一旦は登頂することになります。

爺ヶ岳南峰までは、昨日と同様に強風にあおられながらの登高となり、山頂を越えるのに一苦労でした。


http://101yamaaruki.seesaa.net/upload/detail/image/P5050036-thumbnail2.JPG.html
爺ヶ岳への路も昨日はハイマツが青々としていたが、
一晩で氷の世界にとざされた。


山頂を越え、ジャンクションピークまで戻ってくると天候は回復し、先ほどまでの嵐が嘘のような青空が広がっていきました。


http://101yamaaruki.seesaa.net/upload/detail/image/P5050041-thumbnail2.JPG.html
爺ヶ岳南尾根から針ノ木雪渓・蓮華岳方面をのぞむ。


結局青空に始まり青空に終わるのですが、その間の2日間はとんでもない天候で、登山をしてはいけない日だったのかもしれません。

GW後半、北アルプスで遭難が相次いだまさにその日、私は爺ヶ岳を登高していたことになります。
早出が功を奏し、昼過ぎに山荘に到着し、その後の行動を中止していたことが正解だったと思っています。
GWの3000m級の山では冬山装備でのぞむことは当然ですが、これほどまでに急変する天候の怖さを思い知った山行でした。

爺ヶ岳で亡くなられた女性の単独行者のご冥福をお祈りいたします。
http://101yamaaruki.seesaa.net/article/268813710.html

        ´   . : : : : : : : : : : ,...  -―    ̄ ̄ ̄「
        . ´   . : : : : : : : : :   j´ iヽ   \  ヽ   :i
       /    . : : : : : : : : : /  .:   ノ  \   丶    : :l
       ′  . : : : : : : : : :./   :/     ''" ̄ >,、 \}: : :j  i
      /     . : : : : : : : : :.//   _/_,       〃 f、ノ\ ヽ :′ j
    ;     : : : : : : : : : ://  . .:/ __ヽ        ゞ:;り 〕 ー\ ′
     {    : : : : : : : : : : /   V〃f ):,           "´ |.:/  .:
        : : : : : : : : :./ .: ハ  ゞ:リ          ' '''' |   .:.′
      \    : : : : : : / .: / :∧ "´ r'          ;  .::′.:
           : : : :/ .:. :/ .:.:.:.:', ''''            .′:/ ,.:.
         `   _/ .:.:j:ハ .:.:.:.:八      ⌒     /. .://.:;  /
            ノ/ .:.:.:i{ { .:.:}.:.:.:.:\          ..:'.:.:;〃 .:/ /
             //:.:.:/' i.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.丶..      /:.://: .://:/
             .'/i:.:./   li ;.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.> /:. イ /   .::/:/
             li|:!   リ .′.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/"´:.:.::∨′.:.:;イ:/
             { !:.iゝ   j/.:.:.:.〃:/:.:.:ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:// /′
             :.{   /.:.://:./;//.:.:.:.:.:.:./.://   /
                 ヾ  // /.:// /.:.:.:.:.:.:イ.:/ ´     ′
                  /´   /:.イ:{ /:.:.:.:/ ´       /  /

2012年ゴールデンウィーク

5月4日の夕刻、 種池山荘のオーナー・柏原一正氏の大町市内の自宅に、女性登山者(大阪市・62歳)から一本の電話がかかってきた。

開口一番、女性は「何度もかけて、やっとつながった」と言い、「吹雪でなにも見えない」と続けた。

ところがそのあとすぐに電話は切れてしまい、以降、つながっては少し喋って切れるというやりとりを何度も繰り返すことになる。その切れ切れの会話で判明したのは、女性が朝7時に扇沢から爺ヶ岳を目指して登山を開始したということであった。

 扇沢から爺ヶ岳へ登るには通常、柏原新道をたどっていくが、まだ雪のあるこの時期は上部が通行不能になっているため、下部でコースを外れて尾根伝いに登り、合流した南尾根を詰めて爺ヶ岳の南峰に直接出るルートをたどっていくことになる。当然、女性もこのコースをたどったものと思われたが、では今どこにいるのかがはっきりしなかった。柏原氏が

「ジャンクションピーク(南尾根上の一ピーク)は過ぎたのか」

「樹林帯は越えたか」

「南峰には着いたのか」


と尋ねても、曖昧な答えしか返ってこないのだ。「赤旗が立っている」というのが唯一の情報だったが、赤旗は南尾根の上部および爺ヶ岳南峰〜冷池山荘間に何本も立ててあるので、その情報だけでは位置を特定できない。

 それにしても朝7時に扇沢から歩き出して、午後5時になってもまだ冷池小屋に到着していないのは、いくらんでもペースが遅すぎる。柏原氏が「ずいぶん時間がかかっているね」と言うと、女性は「休み休み来たものだから」と答えたという。

「とにかく現在地がまったくわかっていなかったし、南峰まで登ったのかどうかもはっきりしない。話の様子からして、コースを全然把握していないし、山にも慣れていない印象を受けました。もしかしたら、夏道と冬道が違っていることを知らなかったのかもしれません。南尾根をたどりながら、本人は柏原新道を歩いているつもりだったのでは」

 腑に落ちないのは、女性がひとことも「助けてください」「救助を要請してください」といった類いの言葉を言わなかったことだ。「もう諦めてぼちぼち下りますわ」と伝えてきたので「大丈夫か」と尋ねると、女性は「はい、大丈夫です」と答えた。ヘッドランプも持っているという。

「非常に落ち着いていて、切迫感はまったくありませんでした。だからそれほどひどい状況だとは思わず、南尾根の標高2500mあたりまでは下ってきているのだろうと考えていたんですが……」

 最後の電話が掛かってきたのは午後5時半ごろ。「もう電源がない」と言って切れ、以降、電話はつながらなくなった。いくら本人が「大丈夫だ」と言っていたとしても、この状況下ではさすがに心配になり、柏原氏は警察に一報を入れるとともに、警察の許可を経てひとりで現地へ捜索に向かった。

 自宅を出て扇沢に着いたのが午後7時ごろ。7時10分から登りはじめ、支尾根が南尾根に合わさるジャンクションピークには9時半に到着した。ピークにはテントが4張あり、それぞれのパーティに「単独行の年配の女性登山者を見なかったか」と聞いてみたところ、2パーティが女性に行き合っていた。その2パーティはやはり扇沢から爺ヶ岳を目指していたが、悪天候のため途中で撤退を決め、南尾根を下山してくるときに登ってきた女性とすれ違ったという。

 その情報を得た柏原氏は、ジャンクションピークの上あたりまで女性が下ってきているかもしれないと思い、10時すぎまであたりを捜して歩いたが、目も開けていられないほどの猛吹雪のため捜索を断念し、諦めて11時過ぎに下山した。

 翌5日、爺ヶ岳に登った登山者が、中央峰と北峰の鞍部付近に倒れている女性登山者を発見したのは午前7時ごろのことである。午前11時40分、女性は長野県の消防防災ヘリによって収容され、前日から行方不明になっている単独行者であることが判明したが、すでに息を引き取っていた。死因は低体温症と見られている。

爺ヶ岳で遭難した女性については、装備および計画が不充分だったようだ。扇沢の登山指導所で女性に対応した北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会理事の矢口正人は、「どちらへ行かれますか」という質問に対し「五竜まで」という答えが返ってきてびっくりしたという。

「この日だけで爺ヶ岳登山口から四十数人の登山者が入山しましたが、全員が鹿島槍ヶ岳の往復するという計画でした。この時期、扇沢から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳を越えて五竜岳まで行けるのは、ごく限られたエキスパートの登山者だけです。なのにその女性はスパッツもせず、ピッケルも持っていませんでした。一見して素人のような恰好でしたね。しかもザックは30リットルぐらいの小さなもので、そのザックからストックを取り出していたようでした」

 女性は矢口氏の説明や問いかけにも終始無言で、「鹿島槍へのピストンに変更したほうがいいですよ」というアドバイスに従って登山届けに記入はしたが、矢口氏がほかの登山者の応対をしているうちにいなくなってしまったという。ちなみに自作の登山計画書(登山届け)は持っておらず、冷池山荘にも予約の連絡は入っていなかった(当日、冷池山荘には約35人の登山者が宿泊したが、そのほとんどが事前に予約を入れていた)。

 報道によると、この女性は登山歴約15年で、毎週のように山に出掛けており、今年の1月にはキリマンジャロにも登頂しているという。それほど山の経験があるのに、なぜ無謀としか思えない山行を実施しようとしたのか。その疑問は解消されないままである。
http://www.sangakujro.com/column/201206.html

2012年5月7日 冷池山荘種池山荘新越山荘
http://www.kasimayari.jp/2012.05.htm

   皆さんすでにマスコミ報道でご存知のとおり、大きな気象遭難が相次いだ連休後半の北アルプスです。

当方の爺ヶ岳でも60代の女性が凍死するという、残念な事故が発生してしまいました。

10人を超える亡くなられたみなさんには慎んで哀悼の意をささげます。毎年のように繰り返される山岳遭難ですが、単に気象遭難というだけでなく、あらゆる点から、徹底して事故原因を究明して、今後に活かしていかなければ、また繰り返されるばかりかと思います。

   なおテレビニュースでは、遭難が相次いだ5/4の夕方の温度が、マイナス2度まで下がっていたと、ビックリしたように報道していましたが、温度的にはまったく驚くようなものではありません。ごくごく当たり前の温度です。
この時期でもマイナス15度、降雪も一晩に70センチぐらいになることも、ままある北アルプスです。今回の吹雪よりもっともっと強烈に、長時間続いた猛吹雪も過去には何度もあるゴールデンウィークです。
過去には7/1にみぞれが降ったこともあります。まだまだ5月いっぱいはもちろんのこと、6月中旬まで降雪や凍結に気をつけなければならないことは当然のことです。まして雪渓上での滑落注意なんていったら、それこそ場所によっては、シーズン終了まで注意しなければならないことは言うまでもありません。
http://www.kasimayari.jp/2012.05.htm

爺ヶ岳白沢天狗尾根〜鹿島槍ヶ岳
http://www.sanjc-gijutsu.com/site/log/%E7%88%BA%E3%83%B6%E5%B2%B3%E7%99%BD%E6%B2%A2%E5%A4%A9%E7%8B%97%E5%B0%BE%E6%A0%B9%EF%BD%9E%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E6%A7%8D%E3%83%B6%E5%B2%B3/

◾期間 2012-05-03〜2012-05-05

5(土)
3:45 起床
5:00 あたり一面のガスの中をアイゼンをつけて出発。
アイゼンはよくきくが、小雪まじりの強風でメガネが曇り足元がよく見えない。風にあおられ何度もバランスを崩しそうになりながら2時間で鹿島槍南峰に着く。
視界はゼロ。

雪は止んだが、じっと立っているのが難しい程の風で、そそくさと下山。
下るにつれ雲が晴れ北アルプスの連なりが姿を現し始める。

布引山から引き返してきたコア隊と記念撮影をした後、9:50下山開始。

テント場を出発して1時間半、爺ヶ岳北峰手前で、前方から歩いてきたグループにすぐ先に遭難者がいることを教えられ驚く。

昨日の天候悪化で山荘にたどり着けず遭難したらしいとのこと。

恐る恐る歩いていくと、北峰と中央峰の鞍部の登山道に女性がうつ伏せで横たわっており、警察の方(或いは山小屋の方か?)が立っていて、登山道をはずれて歩くように指示される。

その色鮮やかな雨具や登山靴などのあまりの生々しさに足早に通りすぎるが、直後ヘリコプターの音で振り返ると、強風のためか何度もホバリングをやり直した後、救助隊(?)の人が一人下降し、やがて遺体を収容していった。。
http://www.sanjc-gijutsu.com/site/log/%E7%88%BA%E3%83%B6%E5%B2%B3%E7%99%BD%E6%B2%A2%E5%A4%A9%E7%8B%97%E5%B0%BE%E6%A0%B9%EF%BD%9E%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E6%A7%8D%E3%83%B6%E5%B2%B3/


爺ヶ岳東尾根 塾長の山行記録
http://juqcho.jp/climbing/2012/20120505.html

日程 2012/05/05-06

テントを張ったP3で遭遇した荒天。雷鳴、降雹と強風。(2012/05/05 18:15-20頃撮影)
http://juqcho.jp/climbing/2012/20120505_sub01.html

初日、鹿島山荘から爺ヶ岳東尾根に取り付き、初日はP3までで幕営。荒天に悩まされながら、二日目に爺ヶ岳に登頂し、南尾根を扇沢へ下山。


11:00 P3
ちょうどそのとき赤いヘリコプターが下界から飛来してきて、爺ヶ岳中央峰の北側のコルあたりでホバリングを始めました。遭難救助かな?と思って見上げていると、ヘリからレスキュー隊員が下ろされ、しばらくして何かを吊り上げて回収すると、冷池山荘の方をぐるっと回って下界へ戻って行きました。

このときはわからなかったのですが、どうやらヘリがピックアップしたのは、前日に吹雪の中で遭難した60歳代の女性登山者の御遺体だったようです。


■08:50 爺ヶ岳中央峰 ■09:10 爺ヶ岳南峰 ■12:00 柏原新道入口 ■12:10 扇沢

中央峰には滞在1分、登頂の感慨もなくただちに下山開始。限られた視界の中、登山道らしきルートをいったん大きく下って再び登り返したところが南峰で、そこからは指導標にくくりつけられた注意書きの指示に従って南尾根へ入りました。

アイゼンでは歩きにくいガラガラの長い岩斜面を相変わらずの強風に閉口しながら下り、やっと樹林帯に入って風雪から解放されてからは、雪の上の踏み跡や樹間の明瞭な道筋をつないで下降を続けます。

よく整備されて歩きやすい柏原新道に出ればあとはわずかの下りで登山口で、再び鳴り出した雷と豪雨の中、そこから車道を10分ほど遡れば扇沢のターミナルでした。

そして、この連休の間(5月4日から5日にかけて)に白馬岳で6人、涸沢岳で一人、爺ヶ岳でも一人が気象遭難で亡くなっていたことを知ったのは、このターミナル内の暖かいレストランでのことでした。
http://juqcho.jp/climbing/2012/20120505.html


鹿島槍のはずが爺ヶ岳

日程 2012年05月05日(土) [日帰り]

天候 曇りのち晴れ、JPから上は強風、不安定な気候
気温:登山口10℃ 山頂2℃

アクセス
柏原新道登山口脇の駐車場は6:00の時点で満車
扇沢の無料駐車場も満車...
扇沢有料駐車場は1日1000円(涙)

写真
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=188651


朝姉宅を出るとき雲に覆われた後立山方面を苦い顔で眺めていると見送りの姉が

『昨日爺ヶ岳で中高年女性が遭難したってニュースで言ってたよ』って、言う。

気分がますます暗くなる。

6時前には柏原新道登山口脇の駐車場に着くが2カ所ともすでに満車(涙)
扇沢の無料駐車場に駆け込むが最後の1台分の空きスペースにタッチの差で停められてしまう。
泣く泣く扇沢の有料駐車場へ。去年の秋の連休のときと同じだ。
金も払って一番遠いところに停めなきゃならないなんて。あ”〜。

...冷池山荘予約のときの山荘の Kさんとの会話を思い出す。

私『柏原新道から行きますけど GW だから駐車場はすぐいっぱいになっちゃいますよね』
Kさん『いやいや、秋はすごいけど GW なんてぜんぜん大丈夫。GWに北アで混むのは涸沢だけだよ』
私『そうなんですね〜、よかったです。あはは』

...Kさんはご自身の山の人気を過小評価しておられるようだ。

駐車場探しで時間をとり扇沢から15分歩かされ登山口についたらもう7時だった。
臨時登山相談所がここにも出ていてカードに記入して提出すると係の人から

昨日遭難した女性がまだ見つかってないので何か見つけたら連絡を、

と言われる。
まだ見つかってなかったのか...なんとなく気分が重たいまま登山道に入る。

ヤマレコなどの情報通り冬期の尾根ルートは取り付きも分かりやすく樹林帯も多少薮っぽいが、人が多く入っていてトレースもばっちりだし赤テープもしっかりあって迷うことはなし。

雪は腐れ気味だったが踏み抜くところもあまりなく歩きやすい。
ほとんどの人は泊まり装備で大きなザック、日帰りの身軽な私はどんどん先行者をパスさせていただく。

朝どんよりしていた天気も徐々に回復しジャンクションピーク(JP)に着いたころにはそれなりの好天に。

しかし JP から先は標高をあげるに従い風が強まり夏道あたりからは時によろめくほどに。
雲の流れも速く空の状況は刻々と変わり気候が不安定なことは火を見るより明らか。
山頂に着くまではなんとかもってくれと祈りつつ急ぐ。

途中冷池から下りてきた若い山女(ガールという呼称が失礼にあたりそうな雰囲気だったので敬意をこめて)2人組から遭難情報を教えてもらう。

爺山頂から鹿島槍方面のルート脇で男性が遺体でみつかり救助ヘリは他の捜索に行っててとりあえず安置されていて人だかりができてますよ、とのこと。

男性? 女性では? また別の遭難があったのか?

目まぐるしく変わる雲と強風が不穏な空気をまとって心に重くのしかかる。

山頂に着くと鹿島槍、立山、剣はガスの中、後立山の一部のピークのみがなんとか見える程度。

景色と気候がよければそのまま中峰、北峰と縦走しようと思ってたが、やめやめ。
強風でゆっくり休憩もできないので写真だけとって下山します。
写真を撮っていると鹿島槍方面からきた方が冷乗越あたりを指して

あそこにご遺体が置かれてる

と聞きもしないのに教えてくれる。

そういう生々しい情報は聞きたくなかったな〜。

その方向に手を合わせる。
明日は我が身だ。

さっさと下りJP手前の風がない樹林帯で大休止。
いつのまにかまた好天になり針ノ木がやっと見えた。
針ノ木は父親が最後に登った山。

その2ヶ月後に亡くなっているので私にとっては特別な山なのです。
だからその姿を見ると嬉しい反面、感傷的にもなる。

JPからの雪道から樹林帯に入るルートを無視してそのまま行けるとこまでシリセードを楽しむ。

柏原新道に戻ると上とはうってかわって長閑なぽかぽか陽気の春の道。
むしろ暑い。気温20℃ぐらい。新緑も萌え下界はすっかり春です。

今回は無事の下山をしみじみ感謝しました。


結局遭難したのは男性ではなくみなさんご存知のように60才代の女性の方 1人でした。
どこで情報が間違ったのかわかりませんが、人づての情報はあてにならないものです。

この日は午後から積乱雲が発達、天候が急変し翌朝は麓も雷雨で、当初の計画通りだったらアーベントもモルゲンも見えないし、翌日は雷雨の中の停滞か下山を強いられたはず。
伯父さんが引き止めてくれたのかもしれない。

今回はいろんな意味で感傷的な山行でした。慰霊登山でもあったし。
山で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-188651.html

:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.:
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: i!:: :: :: :: :: :: :: ::∵ :: :: :: :: :: ::.
:: :: :: :: :: :: 。:: :: :: :: :: :!i:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::。:: :: :::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::i !:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.:
:: ::。:: :: :: .--===ニ:ニ :ニニ===--: :: :: :: :: ::∴ :: :: :
:: :: :: :: ::゚ :: :: :: :: :: :: :| |: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:。 :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :| |:: :: :: ::゚ :: :: :: :: :: :: :: :: :::: :: :
:: :: :: :: :: :: :: 。:: :: :: :: | |:: ::。:: :: :: :: :: ゚:: :: :: :: :: :: :: :
:: :゚: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :| |: :: ::。゚::.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :
:: :: :: :: 。:: :: :: :: :: :: :: | |:: :: ::゚ :: :: ・:: :: ::。 :: :: ::゚ :: :: :
:: :: ゚:: :: :: :: :: :: :: :: :: :|!:: :: ::。 :: :: :: :¨ ::。:: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::l ! :: ::。 :: :: :.:: :: :: :: :: :: :: :: :
:: :: :: :: ::゚::. :: :: :: :: :: :| | : :: :: :: :: :: ::゚ :: :: :: :: :: :: :: :
~`"'丶.,_:: :: :: :: :: ::._九 l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: :: , ''"
      `'' ー- .,__フハ!:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /
               `゛丶.._,.、:: :: :: :: :: :: ::,.へ
rfv"k'^''ー、           `ー-‐-、._ノ  `‐-
      L,.ー−−−−−−−−−−−,rヘ∧
        レ'ヾ、 :. ≡≡:. :.. .: :. :. :. :,rヘヘ,ノ
         ミ  .: ≡.: rー'`^ヽ√

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 中川隆 2015年2月17日 00:55:49 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs
_______
_______

プロがド素人だった話 2 _ 吾妻連峰・雪山遭難をたどる〜そして5人は帰らなかった


平成 6(1994)年 2月 吾妻連峰遭難事故(吾妻連峰)5名死亡


NHK教育TV・平成6年5月__初回放送
平成11年4月再放送より

そして5人は帰らなかった 吾妻連峰・雪山遭難を辿る 動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6847149

https://www.youtube.com/watch?v=9aSBmp3Riu0
https://www.youtube.com/watch?v=raucHHhRn_M&spfreload=10
https://www.youtube.com/watch?v=PdHTrMTww5U


家形山登山ルート
http://www.h4.dion.ne.jp/~yamataro/iegatayama.html

慶応吾妻山荘 地理院地図
http://maps.gsi.go.jp/?vs=c1&z=16&ll=37.746552917007,140.25255555579#16/37.746553/140.252556

家形山避難小屋 地図
https://www.google.co.jp/maps/place/37%C2%B044'48.9%22N+140%C2%B014'38.4%22E/@37.746829,140.243869,14z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x0

滑川温泉 地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92992-1303+%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E7%9C%8C%E7%B1%B3%E6%B2%A2%E5%B8%82%E5%A4%A7%E6%B2%A2%EF%BC%91%EF%BC%95/@37.7822457,140.2271488,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x5f8a93b5c55d335f:0x280fd3aa7217401d?hl=ja

家形山避難小屋のご案内 - 福島県ホームページ
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16035b/hinangoya-02-iegatayama.html

慶応吾妻山荘 20110915
https://www.youtube.com/watch?v=9YMDt_xdwsk

パーティ構成
男性2人、女性5人(60代〜40代)

「リーダー」は登山歴30年、ガイド資格もある男性。吾妻連峰は13回目の登山。

霧の平分岐点の杭は過去3度確認している。

「サブリーダー」的存在のもう1人の男性も、登山歴こそリーダーより少ないもの
の、吾妻連峰へは何度か来ている。

女性5人も山は一通り経験済みで、いわばベテランの登山パーティである。


H6 行動 捜索その他

2/11祝日 07:16 上野発東北新幹線あおば

予定では、やまびこに乗り、30分早い福島駅着のはずだったが、空席なし

09:19 福島駅着
スキーキャリア付きの車を手配するのに30分程予定外に費やす。

道路凍結の為、登山口までは車で行けず、途中車を降りた。

結局、運転手さんの薦めていたスキー場のリフトを利用する為、戻る。

強風の為、リフト4本中、2本目と4本目は動いていなかった。

しかたなくリフトを傍にみながら登るが、途中4本目のリフトが動き出した。

4本目のリフト乗り場で登山計画書の提出を受付けていた為、それ に気づかなかった。

13:00 登山口着

15:00 慶応吾妻山荘入口(山荘まで340m)に先頭メンバー到着

大分遅れるメンバーもいた。

予定を変更し、「慶応吾妻山荘に泊ろうか?」というやりとりがあったが、家形山避難小屋をめざす。

16:00 家形山避難小屋到着

他に宿泊客のいない、避難小屋での宴会がはじまる。

避難小屋備え付けのスコップで焼くステーキがメインメニュー

ラジオの天気予報を聞く事はなかった。

慶応山荘では気象状況から、明日は下山するよう宿泊客にすすめていた。

2組下山。1組早朝出発

22:00 宴会終了

2/12(土) 晴間もみえる。小雪がちらつく程度。風ほぼなし。

(気圧配置の偶然による一時的好天)

「天気が悪ければ帰ろう」と考えていたが、この偶然により何の不安も持たずに出発。 東京は朝から25年ぶりの大雪


08:35 小屋を出発。 山のガイド本では冬以外は1時間で滑川温泉着のコース


12:00 白浜の尾根着。2km先の霧の平をめざす。

メンバーのスキーの滑り止め用シールがはがれるなど、足止めをくう。

分岐点の杭がみつからない。


18:00 ビバーク決意。

雪のくぼみに銀マットを敷き、ビバーク。(−10℃以下)

メンバーに疲れはあるが、この時点ではまだ余裕があった



2/13(日) 猛烈な吹雪(日本中で30人が一時的行方不明)

白浜の尾根まで引き返す。

身体ごと風にとばされ、前進できないので、比較的風の弱い東側を行く

雪が深く、男性2人でラッセルしてもほとんど進めなくなった。

再び尾根に戻り、スキーを外し、這って進む。

6人がやっと尾根を通過したが、1人止まっている。

リーダーが救出に向かい、ザックを受け取り、尾根を渡る。

まだ、動けないでいるため、再度救出に向かう。

意識を失ったので、シュラフに入れ、全員で引っ張る。

しかし、どうしても尾根を渡りきれない。

コッヘルで雪堂を掘る。

22:00、3つの雪堂をやっと掘り終える。

リーダー、疲労の為か、目が見えなった様子で、雪堂をくずしてしまった。

もう1人の男性が4つ目の雪堂を掘った。 東京の山仲間から捜索願いが出される。

7人の登山ルートが特定できず、捜索開始が遅れる

夜、捜索活動開始

ラジオ福島は放送で一晩中呼びかけた


2/14(月) まだ吹雪は続いている。

4人意識不明。

残り3人(男性1人、女性2人)で出発しようとするが、女性1人は動けない
為、残る。

尾根すじをあきらめ、滑川温泉をめざす。

途中、力つき、3度目のビバーク。

東京は晴れ

本来ならば7人は、おのおのの職場へ出勤していた

2/15(火) 12:00 晴れ

2人は自力で温泉にたどり着く。重度の凍傷。

15:00 捜索隊、温泉にたどり着いた2人の証言からヘリコプターで5人の遺体を発見・回収

後日、7人の所属している山岳グループから報告書が自費出版されている。

報告書は、装備品の不備として「ツェルト」「ラジオ」を上げています。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/teppen/so-azuma.htm


Question : 平成6年吾妻連峰雪山遭難について質問です。


平成6年吾妻連峰雪山遭難について質問です。事故の概要は下記動画のとおりです。

http://www.youtube.com/watch?v=9aSBmp3Riu0
http://www.youtube.com/watch?v=raucHHhRn_M
http://www.youtube.com/watch?v=PdHTrMTww5U


この事故では7人中5人が死亡したようですが、雪山登山に詳しい方から見て、下記の行動をとった場合に生存者が何名になったか項目ごとに見解を教えてください。


1、初日の夜に避難小屋ではなく慶応吾妻山荘に宿泊していたとしたら

2、2日目に朝、擬似好天に気がついて下山していたとしたら

3、霧の平が見つからないときに、早々に避難小屋に引き返していたとしたら

4、3日目の朝(初回のビバーク後の朝)に、天気が良くなるまでビバークした場所にとどまっていたとしたら

5、避難小屋に戻る途中に白浜の尾根で強風地獄に見舞われて、風が弱いところに移動したようだが、そのまま風が弱いところでビバークしていたとしたら

6、白浜の尾根の上で動けなくなった人をみんなで引っ張ろうとしたようだが、その時点で動けなくなった人を見捨てて避難小屋に向かっていたとしたら

7、3日目の夜(2回目のビバークのとき)にツェルトやテントがあったとしたら


補足
登山計画書を提出していたら結果は違ったと思いますか?


ベストアンサーに選ばれた回答

maxtockdvdrさん 2014/7/2121:22:34


この遭難ですか、疑似好天とかじゃ無く論外の天気です。

3連休家でゴロゴロしていたら母親から心配する電話が有りました。

「こんな天気で山には行かない」当たり前でしょう。

KO 山荘に泊まったら小屋番が戻らせたでしょう。

その後泊まった時に小屋番色々言っていました。

家型の避難小屋出たのが9時、何を考えているんだ、遅くとも6時には出ろ

さっさとスキーで下れば板谷に降りる。

別に滑川温泉に直行しなくても良い。

ツェルトも持たないスキーツアーとか度素人の集まりです。

大沢の櫻井さんとかよく知っています。
画像はKO山荘泊まって谷地平小屋に来た所です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12132202677


02. 2015年2月17日 01:59:54 : b5JdkWvGxs

山の不思議


636 名前:sage 投稿日:03/10/12 00:58

山の話を3つほど


ひとつめ。

自分の親の知り合いが登山が趣味でそいつから聞いた話らしい。

この男がマニアで登山道の無いところを踏破する、通称「ルートファインディング」の趣味の持ち主。

彼が言うには、奥地に行くと絶壁を人がものすごいスピードで上がって行く様が見られるらしい。

当然、絶対にそれはこの世の人間ではない。


637 名前:sage 投稿日:03/10/12 00:59

ふたつめ


その後、自分は大学でワンゲル部に入った。

先輩から先輩が雪山に入って避難小屋の中にテントを張って

深夜、猛吹雪の中で外でアイゼン(登山靴に付ける雪用の鉄製の爪)を外す音がガチャガチャすると言う。その後誰も入ってこない。

深夜、吹雪の中でアイゼンを扱う人間など居るはずが無い。ましてや入ってこないのはおかしい。

このようなカタチで遭難者の霊がさまよっているとのことだった。


638 名前:sage 投稿日:03/10/12 00:59

みっつめ


その後社会人になってからヒマだったので社会人山岳会に少し居た。
その会では遭難しそうになって恐ろしくなりそれ以来、山はやめた。


遭難は会津の吾妻連峰に山スキーで入ったときのこと。

天気が回復するとの天気予報を信じて入山したんだが、一向に回復せず、吹雪が続いた。

やめれば良かったんだが深入りした我々3人パーティーは見事にホワイトアウト
(吹雪で目の前が真っ白)に遭って道を見失い、気が付くと日没寸前でそのまま夜になった。

樹林帯を寝ずに突っ切らないと凍死するため、夜間強行を実施しずいぶん遅くまでさ迷った。

余談だが、人間って極限状況になると幻覚が見えるのよ。

自分の場合は木々の向こうに「家」が見えてかなり参った覚えがある。

あ、家だ、と思うって近づくと森があるばかり・・・。これはかなり嫌な経験だね。

前を歩いていたメンバーは怒っていたし、後ろのメンバーは話していることが時間と共に脈絡を失っていった。

ホントどうしようもない思い出。


その後、慶応小屋を見つけて僕らは命拾いしたんだけど、快晴となった翌日は自衛隊が捜索に出動してきた。

昨日の天気予報の御報のせいで僕ら以外のかなりの人が雪山に閉じ込めれていたらしい。

慶応小屋のおじさんによると小屋に向かっていた人達の中でも「来なかった」人が居た。

その人のものかどうかは知らないが、昼前に小屋に向かう道の真中で、山スキーが一本刺さった状態で見つかったとの連絡が入ったのを聞いた。

深夜、山スキーしか移動手段が無いのにそれを刺すことなどあり得ない。

しかも一本だけ・・・。命の掛かるスキー板は絶対に手放せるもんじゃない。

感覚的だけどね。

多分、このスキー板の持ち主は最期何か見たか気が触れたんだと思う。
そういう事が起こっても全く不思議じゃないから。
http://www.enigmarvel.com/blog-entry-5118.html


03. 2015年2月17日 02:47:48 : b5JdkWvGxs

4 :底名無し沼さん:2009/02/03(火) 13:38:36

いまから15年前に起きた衝撃の雪山遭難事件。

 ↓ リーダーはベテラン中のベテランだったのに、なぜ?
 ↓ こーゆうミスというか思い込みというか。。だれでもあるよ。
 ↓ 
そして5人は帰らなかった 〜吾妻連峰・雪山遭難をたどる〜 (1994年) -45分-
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6847149

46 :底名無し沼さん:2009/02/03(火) 17:58:08

当事者の語りは説得力ありすぎ。
お決まりの会見だけでなくこんな番組はもっとあっていい。
題材は少なからずある。


181 :底名無し沼さん:2009/02/04(水) 14:40:02
>>46
この東吾妻のドキュメンタリー番組は当時も驚きだった。
取材スタッフはかなり長い時間をかけて取材したはず。

生き残ったメンバーは精神的なショックが大きく、ほぼ取材拒否に近い状態だったから。
信頼を得るのにかなり長い時間を使ったと思われる。

山渓だったかのインタビューではほとんど口を濁してた。

だから関係者以外真相は分からないと思われていた。
このスタッフは超GJだと思う。

269 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 19:46:59

最終的には本人の危険予知、防衛本能の問題だと思う。
俺ならこんなじじいに従わない。

>>4の動画を見て本当に腹が立った

非難小屋を私物化する、備品で勝手に焼肉する(スコップの柄はかなり弱ってるはず)

アクシデントが起きてからの行動は全て行き当たりばったり。

ツェルトなし、出勤に間に合わせたくて猛吹雪の中を出て行く・・・

典型的なバカの集団

じじい、下らんイラストなんぞ描いてるヒマがあったら装備チェック表でも作れよ。
お前のせいで5人も死んだぞ


272 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 20:09:56

吾妻山の遭難の頃、福島に住んでいたので、夏にハイキングに行き、避難小屋や遭難したらしき場所を歩いたな。

自分はハイカー程度なんだけど、NHK のドキュメンタリーで、天気予報を確認しなかったと知って、さすがに同情のかけらも感じなかった。

その時に「二つ玉低気圧」を知り、このスレを知り、現在はおまいらのパンパカ期待する脳内登山家になった俺。


273 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 20:15:50

自分も上げてくれてる NHK のを見ましたが、胸が締め付けられるような悲しさを感じましたね。

276 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 20:30:40

始まりはマイクロバスの運転手の言うことに聞く耳持たずに突入した事からだな

この人ら当時40〜50歳ぐらいってことは団塊世代だろ
今の団塊世代のふるまい見てたらこんな行動も納得いくわ

277 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 20:37:00
>>269
スコップがあったら雪洞ちゃんと掘れたんだろ。
目的外使用されたスコップの祟りさ。

303 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:04:42
>>277
32分当たりで

「雪洞掘りはスコップがないため、アルミ製の食器を使いました」

とナレーションがある。白浜に引き返すのにスコップを樹林帯に置いて食器を持っていくとは考えにくいからスコップは非難小屋のものでは?

306 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:07:36

スコップは避難小屋備え付けの物だっていってたぞ。

318 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:21:14
>>303
そうだよ。

スコップはリーダーリストにはあったんだろ。

でも、持って行かなかった。なぜ忘れたのか?

そこで、祟りの登場だ。
目的外使用を繰り返され怒った避難小屋のスコップが呪って忘れさせたってこと。
スコップをおろそかにする者はスコップに泣くってことさ。

401 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 13:21:35

スコップで肉を焼いてクッカーで雪洞を掘るとはw

279 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:13:33

吾妻連峰をスキーで踏破するのに、ツェルトもショベルもなし。
天気予報も確認せず、入山届けもなし。
救助用にロープやスリングを持ってたかどうかも怪しい。

何なんだ、このジジイ。殺人で起訴しろよ。

308 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:09:42

登山者カードも提出してなかったんだ。
これはちょっとなあ。

287 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:38:03
>>4
4の動画面白いな。
スコップでステーキ焼いてた頃がこのパーティーの全盛期だろう

288 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:42:03

営業小屋がすぐ近くにあるのに、スコップでステーキ焼いて宴会やるために、
わざわざ避難小屋に泊まるモラルの欠如と浅はかさ。


289 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:45:44

バーベキューやりたきゃ雪洞掘ってそこでやれよ


291 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:48:40

ジジイのガイド一人が数人のババア連れたグループってよく見かけるよな。

こいつらも遭難予備軍だ。


293 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:51:29

リーダーは産経新聞の監査役。


295 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:53:00

要は産経新聞関係者らしいモラルと見識のなさだった。
そーゆう事件ってことだ。

296 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:54:49

このパーティの不運はそもそも列車が遅れる所から少しずつ始まっていて

重要な分岐点や致命的なミスや装備の不備などその後いくつかあるんだけど、

本格的な詰みが始まったのは、7人の足並みが乱れた辺りだな

414 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 15:40:43

ラジオで遭難者に呼びかけることがあるなんて知らなかったよ

しかし遭難者はラジオ持ってなかったというのが笑える


349 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:33:24
>>296
> このパーティの不運はそもそも列車が遅れる所から少しずつ始まっていて

ドキュメンタリではそう言っているが、そんなことは全くない。
天候判断の失敗が全て。あんなに食糧担ぐくらいなら、ラジオを持っていって聴けよと。というか出発の朝天気予報すら聴いてないのでは?


> 本格的な詰みが始まったのは、7人の足並みが乱れた辺りだな

登りでパーティが分離している段階で最悪パーティだとは思うが、まだまだ問題はない。この時の疲れが問題なら、ビバーク一日目に死んでるよ。

297 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:55:36

まぁ…何言ってもたらればなんだけどね

298 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:57:42

馬の背で意識を失った人を見捨てれば残りの人は助かったんだろうけど
これもたらればだな

300 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 21:59:34

弱ったババアを助けようとして、他の4人も死んじまったんだよな。
死ぬのはくそバカジジイとそのババアだけでよかったのに。

301 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:03:51

立山の場合もそうだけどパーティーの場合弱った人を見捨てられず共倒れになってしまうんだよな

もっとも弱い人を基準に予定を組まないと結局そこがネックになってしまう

302 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:03:53

結局、月曜日に仕事があるので、どうしても戻らないといけないという焦りと、
遭難したら恥ずかしいというプライドが、ビバークせずに大荒れの馬の背突破を
強行した原因か?

タラレバ定食だけど。

305 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:06:49

観ててもゾクゾクしてくるな・・
明日はわが身のなんとやら

310 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:12:16

白馬の遭難事件とも良く似てるな。

男のガイド一人に、ババアが数人。
無謀な計画。装備の不備。
天候の悪化を無視しての強行。

311 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:14:42

>無謀な計画。

計画は別に無謀じゃないと思うが?


313 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:17:12

>天候の悪化を無視しての強行。

避難小屋を出発したとき無風のよい天気で
天候悪化を無視しての強行はしていないと思うが?

316 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:19:06
>>313
天気図を見ていれば、天候の悪化は予測できた。

317 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:20:08

天気図を見れば天候の悪化は容易に想像できたはず
一時的な好天に騙されて地獄に落ちた

333 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:43:32

オイラは滑落や雪崩で死ぬ事はあっても、低体温症では死なんよ。
なぜなら、天気の悪いときには山に入らないから。

345 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:24:57
>>333
ろくに山に行っていないことは明白なカキコですね。


321 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:26:42

イラストの上手いリーダーは名誉の討ち死にを遂げたんだな
この場合は生き残っておめおめと生き恥を晒すより良かったかもしれん


337 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 22:51:44

これは90パー、リーダーの責任といっても過言ではないだろう


339 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:09:03
>>337
俺はリーダーの責任は90%も無いと思うな。
せいぜい40%程度者ないかと思う。

装備不足は各自の責任だし、遭難の決定的要因となった天気情報についても
避難小屋でラジオを誰も聞かなかった。

たぶん今までだれも遭難した経験がないから、この一線を越えたら危険という境界線を越えて踏み出してしまっても、誰もそのことに気がつかなかったんじゃないかなと思う。

また、リーダーにほぼ全責任を負わせてしまうと、生きるも死ぬもリーダー次第みたいな極論になってしまい、リーダー不信にもつながってゆく。

やはり、全員といわずとも3割ぐらいのメンバーは、リーダーの意識をもって危険予想と警戒を怠るべきではなかったと思う。

341 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:15:37

天気予報を聞かなかったリーダーに責任があるだろ


342 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:18:21

パーティーの行動を決定するのがリーダー責任なら、天気予報の時間に他のことをしていたことも、天気予報を聞かずに山行を続けたこともリーダーの責任だな。


344 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:23:59

このリーダーに慰藉料や損害賠償責任が問われる民事上の法的根拠はない
もちろん刑事責任もない

まあ「ごめんね死なせて」って言えば済む話


347 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:31:59

ちゃんとしたリーダーの下だったらこんな死に方はしなかっただろうな。

353 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:50:08

リーダー氏、吾妻連峰登山13回目だったらしいけど
毎回好天でツェルトやスコップ持参のことなんか頭になかったんだろうな。

馴れってやっぱり恐いなあ。

しかし山行くのに、早くから登山計画たててたらしいのに天気予報聞かないってありえないんだけど・・・

普通そこらへん散歩するのだって天気 気になるよ。


355 :底名無し沼さん:2009/02/05(木) 23:54:13

俺は覚えているけど、

連休前の木曜の夜から注意報出てたよ。
週末大きく崩れる天気予報もあった。

連休最初の金曜の朝には天気図も出てたしね。

会津駒ヶ岳を中止にしたから良く覚えてる。

404 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 14:30:40
>>355
俺は、強い冬型になると猪苗代が地吹雪になるからスキーを取りやめたので覚えてる。
下界での運転中にパンパカしそうなのに、山のてっぺんに行くなんて考えられん。

358 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 00:00:36

おそらく、前から日程を決めていたから天気が悪くても日地には変えられんかったんだよ。
しかし、これでガイドの資格があるとはお笑いだあ。

359 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 00:04:17

最大のメインイベント、スコップ焼肉は出来たんだから
天気予報を聞いて翌日下山したってよかったわけだ。

そうならなかったのは、やはり夢枕にスコップが出てきたのかもしれない。


377 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 08:20:34

天候判断の失敗が全てなのは誰もが分かってる事。

でも、東京で集合した所から始まるあの番組は、雪山だけでなく、人生のあらゆる場面で起こりうる事の教訓になると思うんだが。

あと7人の足並み乱れというのは、馬の背で身動き取れなくなった人が出てきた時の事だろ。


431 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 18:35:29

つーか、このパーティ、雲ノ平の標識を見つけられてれば、
フツーに無問題だったとも思うのだが?

天候が猛烈に悪化したのは、雲ノ平付近でビバークした翌日だし。

さらに言うなら、雲ノ平からムリに出発せずにそのままビバーク続け
救助隊を待っていれば、2日後に全員救助されたはず。

東京に帰らないといけないという焦りから、雲ノ平を出発して
避難小屋に引き返そうとしたのが間違っていた。

判断のミスが重なったとしか言いようがない。


437 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 19:46:00

>>431
>つーか、このパーティ、雲ノ平の標識を見つけられてれば、
>フツーに無問題だったとも思うのだが?


ふつうに問題だらけだろw おまえ何者???

雪山登山の能力・レベルが低すぎ。

日程分の天候を把握せず、装備も不足、シールの取扱いも下手、体力もなし、

短距離なのに雲ノ平を確認できずなおかつビバーク、さらに尾根上でビバーク


438 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 19:48:23

タクシーやリフト停止のせいと言ったバカもいたくらいだからねw

378 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 08:25:51

だから言っただろ。 リーダーなんぞ名前だけ。
信用できるのは自分だけ。
避難小屋を私物化したのとスコップの祟りだよ。

2時間ほっつき歩いても標柱を見つけられなかった。
こいつら全員登山回数が多いだけのド素人


379 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 08:28:06

俺は登山には必ずGPSを携行する。
携帯を合わせれば3個持ち歩いてる。
視界が無ければ役に立たない地図、コンパスよりよっぽど使えるよ。

370 :底名無し沼さん:2009/02/06(金) 01:16:12

リーダー68だし。顔に表情ないし。下降点見つけられないし。目見えなくなってるし。
お偉いさんだしイラストはうまいけどね!
http://mimizun.com/log/2ch/out/1233634020/#544


04. 2015年2月17日 11:16:18 : b5JdkWvGxs

2014.03.09 家形山 (吾妻連峰) スノーボード 滑降
https://www.youtube.com/watch?v=V4-9CZXLfas

吾妻連峰 家形山からの滑降シーン
https://www.youtube.com/watch?v=QPrUg0mHT-c
https://www.youtube.com/watch?v=zN_HYGetMbM

2014.2.23 吾妻連峰 大沢下り
https://www.youtube.com/watch?v=mhH2dXOOX2A

吾妻連峰 大平スキーツアー(H23.2.19)
https://www.youtube.com/watch?v=lSGN1nsGBdE


05. 2015年2月17日 11:23:20 : b5JdkWvGxs

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 13:30:03.23 ID:mcl3AnsqNIKU.net

下山中に50代後半くらいと思われる山ガールに声をかけられて

道に迷って困ってました一緒に降りて下さいって言われたんだよ


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 13:54:17.94 ID:mcl3AnsqNIKU.net

その山ガールと遭遇した場所はルートを外れた所でもなんでもなく
一般的な登山道上だったから、このまま下れば大丈夫だよって答えたんだ

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 13:57:50.34 ID:mcl3AnsqNIKU.net

それでも凄く不安そうな顔で自信がないからお願いしますというから
まあ断ることもないし別にいいよと言って一緒に下りることにしたんだ

ところがとにかく遅いんだよ
いくらなんでも遅すぎだろって言うぐらい歩くのが遅い


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:02:16.52 ID:mcl3AnsqNIKU.net

辛抱たまらなくなって、

もう少しペースは速くならない?日が暮れますよって言ったら

足が痛くてとてもじゃないけどこれ以上速くは歩けないと言うんだよ

しょうがないから俺が山ガールのザックを持ってやることにして
しばらくその状態で下り続けて
休憩しようかと思って振り返ると山ガールが若いんだよ

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:03:10.82 ID:mcl3AnsqNIKU.net

あれ?最初見た時は50代後半くらいと思てたのに35歳位に見えるんだよ

少なくとも最初に見た時よりも若く感じるんだよ

おかしいなと思いながらもまた歩き出して
そしてしばらくして振り返ると更に若く見えるんだよ

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:04:32.10 ID:mcl3AnsqNIKU.net

どう見ても20代の女がそこにはいるんだよ

俺はさすがにこれはおかしいから
最初見た時と比べて若返った感じに見えますねと冗談ぽく言うと

そうですか、荷物を持ってもらってるから楽になって表情に出たのかな

と答えるんだよ

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:06:44.36 ID:mcl3AnsqNIKU.net

俺もそういわれるとそうなのかなと思って納得するしかなかったんだけど
いくらなんでも最初に見た時の印象と違い過ぎるから不思議だなと思いつつ
そんなことを考えていても仕方ないので、とにかく最後まで一緒に行動して
登山口まで下りてきたんだよ


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:09:18.12 ID:mcl3AnsqNIKU.net

そしてその山ガールをもう一度まじまじと見ると
間違いなくそこにいるのは20歳前後の女なんだよ


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:10:52.37 ID:mcl3AnsqNIKU.net

俺は激しく動揺してたと思うんだけど
最初はもっと年配の女の人だと思ってたのに若いんだねと笑いながら話すと

ザックを持ってもらったり一緒に行動できた安心感から若返ったのかな

本当にありがとうございます

と笑顔で返されて車で来てるのでお礼に駅まで送りますと言うんだよ


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:14:23.28 ID:mcl3AnsqNIKU.net

断る理由もないし違和感を感じつつも乗せてもらい雑談をしながら走っていると
突然山ガールが少し休憩していきましょうと言うんだよ

俺はてっきりどこかのメシ屋にでも行くんだと思ってたんだけど
車はそのままラ*ホテルに入っていったんだよ

ビックリしたけど俺も男だからすぐに察してそのまま部屋に入ったわけ

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:14:40.43 ID:r+eL7RvcNIKU.net

どこの昔話よ


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:15:19.72 ID:R1oGVXr6NIKU.net

これは美人局とオカルトと複合技か


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:15:30.26 ID:mcl3AnsqNIKU.net

お互い順番にシャワーを浴びてエ**することになったんだけど

俺は仰天したわけ

顔は確かに20代なんだけど体はシワシワの婆さんなんだよ

どう見ても婆さん

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:17:50.84 ID:mcl3AnsqNIKU.net

只事じゃないから気持悪くなって突き飛ばして問いただすと
みるみる表情が変わっていき般若のような顔になって掴みかかってくるんだよ

俺はもう必死になってそれを振り払い逃げ出そうとしたんだけど
その般若顔のシワシワババアに押さえつけられて首を絞められて
そのまま気絶してしまったんだよ

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:19:59.39 ID:mcl3AnsqNIKU.net

この世の物とは思えない形相で俺の上に乗っかり首を絞めつけてきたのを覚えているが
そこから先は意識が無くなった

気が付いたらその般若山ガールはいなくなってて俺だけがホテルの部屋にいたわけ
もちろん俺が金を払うことになりホテルは出た


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:20:54.82 ID:mcl3AnsqNIKU.net

登山中に出会ったところからホテルでのことまでを思い返しながら
俺は車道を駅まで歩きつづけた
あれから約3ヶ月経ったけどいまだに首には薄らと痣が残っている


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:21:41.84 ID:mcl3AnsqNIKU.net

以上が事の顛末だけどこれはすべて本当の話だよ


47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:21:44.77 ID:IXF+sgMoNIKU.net

日本昔ばなしにありそう


48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/29(月) 14:22:51.39 ID:o95igYm3NIKU.net

まさかのhorrorだった
http://tozanchannel.blog.jp/archives/1016580658.html


06. 2015年2月19日 15:50:26 : b5JdkWvGxs

63 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/02/22(水) 18:12:43.61 ID:amB4Yvxs0

遭難したことあるけど、遠くから人の声が聞こえるんだよな。

おーい、おーい、って。

空耳だとわかってるのに仲間が飛び出て死体で発見されたわ。

それでも冬山に登っちまう、いつか死ぬだろうな、俺。


638 名前:sage 投稿日:03/10/12 00:59

人間って極限状況になると幻覚が見えるのよ。

自分の場合は木々の向こうに「家」が見えてかなり参った覚えがある。

あ、家だ、と思うって近づくと森があるばかり・・・。これはかなり嫌な経験だね。

前を歩いていたメンバーは怒っていたし、後ろのメンバーは話していることが時間と共に脈絡を失っていった。

ホントどうしようもない思い出。


7. 中川隆[-11005] koaQ7Jey 2019年10月08日 09:41:45 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1828] 報告
ガチで直撃の台風の中でキャンプしてみた - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=H-Kk5E7DAJs

2017/09/30 に公開


【10/5更新】賛否多くの反響本当にありがとうございました!
いつもは無理ですが、また何か気になるだろうテーマがあればやれればと思います。
台風の中、キャンプしたらどうなるか?の検証をしてきた時の動画です
無人の半島ソロの続きは来週になりまーす

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
リバイバル3掲示板  
次へ