★阿修羅♪ > 地域13 > 672.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
風化させてはならない安藤事件 第六弾
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/672.html
投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 29 日 11:59:39: GnuC3w3pf.O5U
 

(回答先: 風化させてはならない安藤事件 第五弾 投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 29 日 11:57:47)

新谷氏は、床に臥した告発人を顧みることなく、
精力的に安藤氏支持者の集約・纏めを行っており、告発人との会話は非常に
少ないものであった。

その様な中、床を離れ程度に回復した告発人は、
大晦日に除夜の鐘と帰宅した新谷氏に、車の提供者と個人事務所
の提供者を問質したが、刑事被告人の様に黙秘を貫き通した。

これでは埒が明かないと判断した告発人は、安藤氏の支援者名簿を引き出し、
全支援者に御礼状を作成し投函する為の準備を行っていた告発者に、
車や個人事務所の経緯を、平成15年の初日の出が昇る頃に話始めた。

車および個人事務所の提供者は、数回の関係を持つ女性であると・・・

会社を退職し、家庭は一切顧みず、1月間も床に臥した告発人を危惧することなく
選挙活動に邁進していたと告発人は思っていた。

告発者が新谷氏へ常日頃教訓として言い続けたことは、
・他人の懐を当てにして遊興三昧することは夜の世界では蔑まされること、
・友人が三顧の礼で連帯保証を頼んできても一切受けあわないこと。
・交友する際は誰であろうと互角の関係にする。その為の支出は容認する。
・新谷氏の女性関係は不治の病と思い黙認し、その浪費も容認する。

この教訓は20数年間新谷氏に言い続けてきたことである。
この教訓を反故にし、しかも提供者が女性で有るという事実が、
告発者の神経を尚更に逆撫し激昂した。

マンションのベランダ側に駐車してある提供車に、陶器の置時計を投げつけ、
ボンネットを破損させ、更に時計と対になっていた花瓶も投げつけ、
リアガラスを砕くに至った。

この行為により、元旦早々新谷氏は飛び散ったガラスの片づけを行っていた。
告発人はこの間、冷静に成る様に必死であったが、 片づけを終えた新谷氏が、
コーヒーを依頼した。
新谷氏が片づけを行っている間、女性の事を問い詰めることなく、新谷氏を
追い詰めるような事に成らぬ様、自身が落ち着けるよう必死であったが、
反省の色もなく、コーヒーを依頼した新谷氏に、更に神経を逆撫で
された告発者は、その女性が誰であるかを確定するための詰問を覚悟した。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧