★阿修羅♪ > 昼休み53 > 431.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
被差別部落出身の有名人は?
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/431.html
投稿者 中川隆 日時 2015 年 9 月 16 日 07:11:37: 3bF/xW6Ehzs4I
 


このスレは皇室の出自の秘密が書かれていた為に(?)アクセス数ランキングから外されてしまいました。


元投稿自体は削除されていないのでリンクを貼っておきます:

被差別部落出身の有名人は?・yomi.mobi(部落出身者は、大和民族の誇りを思い出し、在日・米国と手を切るべきです)
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/860.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月16日 07:22:56 : b5JdkWvGxs

語られ始めた皇太子「退位論」は説得力があるか・・が、語られるだけでも適応失調の天皇家!
http://www.asyura2.com/12/social9/msg/352.html

日本の農村は怖い
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/340.html


3. 2015年9月20日 20:13:56 : b5JdkWvGxs

中川隆 阿修羅投稿集
http://amezor-iv.net/shisou/150920200912.html

4. 中川隆[-6412] koaQ7Jey 2017年9月29日 06:53:28 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

在日朝鮮人タレント
http://www.asyura2.com/2002/dispute2/msg/515.html

朝鮮人が反日になった理由
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/706.html

魅力度ランキング2位「京都」に住んでわかる理想と現実 _ 京都は殆どが部落地区 _ まともな人間は一人もいない
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/777.html#c1

血族結婚部落の優生学的調査概報
http://www.asyura2.com/13/ban6/msg/418.html

被差別部落の支配層はこういう教育をやっている
http://amezor-iv.net/shisou/150920200912.html


5. 中川隆[-6344] koaQ7Jey 2017年10月11日 04:08:53 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

在日朝鮮人タレント
http://www.asyura2.com/2002/dispute2/msg/515.html

朝鮮人が反日になった理由
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/706.html


[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

6. 中川隆[-5758] koaQ7Jey 2017年12月17日 18:49:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

在日朝鮮人は何をやるかわからない
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/887.html

絶滅寸前の日本人と日本文化
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/898.html

日本は近い将来、中国小日本省になる
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/888.html

多文化共生とは移民がレイプしまくるのを放任する事
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/886.html


7. 中川隆[-5493] koaQ7Jey 2018年3月22日 08:27:39 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8546]

部落解放同盟は悪い
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/152.html

8. 中川隆[-5621] koaQ7Jey 2018年3月25日 05:00:46 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8809]
えたひいきシステム 「有名人の出身地+被差別部落」で検索すると大抵被差別部落や朝鮮部落
http://stopbrainhacking.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

有名人 政治家、芸能人、文学賞受賞者などの出身地が被差別部落かどうか検索したら十中八九被差別部落ということが分かってきました。
十中八九ということばは10のうち8か9というのが語源ですが十中七八かもしれませんが大抵が出来レースで選ばれているだけということが分かりました。

とりあえず検索して調べてみたものを列挙します。
被差別部落だった人もそうでなかった人も列挙しています。

河野太郎とかにメールしても難しいでしょう。
河野太郎は確か湘南 湘南は朝鮮系の議員や芸能人が出ている地区があるというのを見ました。
湘南、サザン桑田佳祐、中居正広、河野太郎など

大物の素姓を調べたらみんな朝鮮人かB。 - 小泉純一郎、飯島... - Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217925132
上記サイトから引用
「各界大物の素姓を調べたらみんな朝鮮人かB。
小泉純一郎、飯島勲、中川秀直、森善朗、冬柴鐵三、安倍昭恵、土井たか子、福島瑞穂、辻本清美、松山千春、池田大作、オウム麻原、篠田建市(山口組6代目組長)、成田豊(電通最高顧問)、暴力団員の3割、街宣右翼の9割、日本の長者番付上位から25人中11人などなど・・・」

小泉純一郎→○薩摩の田布施、飯島勲、中川秀直→ パソナの仁風林、森善朗、冬柴鐵三、安倍昭恵→○朝鮮系企業キャラメル屋の森永が実家、
土井たか子、福島瑞穂 →小学生の字、辻本清美、松山千春、池田大作→○、オウム麻原、篠田建市(山口組6代目組長)
成田豊(電通最高顧問)、暴力団員の3割、街宣右翼の9割、日本の長者番付上位から25人中11人などなど・・・

「以下、同和地区出身(反日部落民)
野中公務、竹中平蔵元金融大臣、松岡徹(参院議員)、橋下府知事・・・etc

質問の目的は血筋や出身地が問題なのではなく、彼らのやっていることが問題であると提起するためです。

それから右翼も左翼も協力して、まず日本からエセ右翼や国賊を追い出すことが先決ではないでしょうか?
補足iwashisabasanmaさん、あなたは資本主義の洗脳にどっぷりつかっていますね。人は皆金持ちになる競争をしているワケではありません。貪欲な人が結果的に金持ちになるだけです。金や名声を手にすることが努力の唯一の成果ではないのです。労働者だって日々努力しているのです。寧ろ肉体的には富裕層より努力家です。

あなたもせっかく一歩私の質問に踏み入れたのですから、彼らがどうやってのし上ったか、調べてみてはどうですか?」

 『文殊菩薩』日本維新の会と部落勢力の関係  richardkoshimizu's blog H.25/04/09
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-4299.html?pc

在日韓国人・朝鮮人の芸能人(有名人) | HonuRyoma
https://honuryoma.wordpress.com/%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/%e5%9c%a8%e6%97%a5%e9%9f%93%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%83%bb%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e4%ba%ba%e3%81%ae%e8%8a%b8%e8%83%bd%e4%ba%ba%ef%bc%88%e6%9c%89%e5%90%8d%e4%ba%ba%ef%bc%89/
「書き込んだコメント」
検証の情報はありがたいですが
田布施システムなどを見ていると朝鮮人夫婦が総理大辞になっていて国会議員に朝鮮人がたくさんいることが分かったので。
W杯や国体に出たからと言って日本人という認定もできないのではないかと思います。
総理とか国会議員にそういう朝鮮人や被差別部落の人達が異常に多いということが分かっているのでどうとでもできるのではないかという気がします。

背乗り朝鮮人の石原慎太郎、三國連太郎は被差別部落出身という情報を見た。

「前原誠司代表、同和推進副委員長だったプロフィールを消す : 散歩道」
http://kuyou.exblog.jp/2254910/"

福岡県久留米市一帯から「異能な人」が続出する理由を教えて下さい。私自身... - Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12140570997
上記サイトから引用
「松田聖子さん、橋下徹さん、中森明菜さん、桜井誠さんを名指しで同和地区の人間と公言 久留米の蒲池さん、大阪の橋下さん、東京多摩地区の中森さん、福岡の高田さん」

多摩の語源の中の一つの説

多摩、球磨、巨摩といった地名は全国に見受けられるが、これらの地名には「渡来人(主に朝鮮半島から移住してきた人々の総称)」が関連している。
多摩地方及びその付近では狛江、高麗川、秦野といった地名、また「新羅神社」「白鳥神社」といった祭祀施設が多い。
高麗(こま)が転訛。
武蔵国には『続日本紀』に出てくる「百済王(高麗王)」を始め多くの渡来人が移り住んでいた。

Rの我田引鉄が被差別部落を一筆書きのように我田引鉄で通して行っていたのではないかということが分かってきた。
琵琶湖の手前あたりで一端南に降りる部分があえて被差別部落を通るように不自然に通っている。
そして本物の日本人の多い地域である東北はかなり遅れて新幹線などが通されている。
瀬戸内海内側への利益誘導のハッタリ経歴詐称卑怯なりすまし日本人政権。

舛添弥次郎は舛添要一の父親で福岡県でハングルで新聞にも名前を載せていた。
舛添さんは朝鮮飲みとかで漢字を書けないとかトリプルで当てはまっていたしこれで朝鮮人確定。


メモ帳に便名はメモ+スクリーンショットで記録 遠隔で飛行機のコースを変えて集団ストーカーとして利用している可能性。

「三國連太郎 被差別部落出身 佐藤浩市
中森明菜の実家は肉屋(部落民)。 沢口靖子は、混血でしたよね。 」

「集落改善センター」 が近くにある場所はB地区らしい。

「被差別部落出身の有名人は?・yomi.mobi(部落出身者は、大和民族の誇りを思い出し、在日・米国と手を切るべきです) 小沢内閣待望論」
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/860.html
情報の引用
「宮沢りえ  りえママがB。 りえはオランダ人との私生児。
女優の山本富士子 満田久子 父親は大阪部落解放同盟の幹部
写真家 織作峰子
宝塚歌劇団の創始者 小林翁 がB出身ですが 音楽学校生徒には
所謂ええとこのお嬢と在日&Bの大金持ちの娘さんの混成だそうです
OGの黒木瞳さんはB 同じく音楽学校OGの小柳さんんはKですよね
こうしてみると やはりB出身のかたは綺麗な人が多いですね
残念ながら 一路さんがBのかたとは確認できません 」

宝塚の人達の朝鮮耳の多さが気になっていた。

山本太郎 言動には賛成だけどガス抜きのためのプロレス要員なのか 朝鮮飲み イルミナティサイン
兵庫県宝塚市 中山桜台 被差別部落かは完全一致かは不明だが「〜中山」まで一致

1868年(慶応4年)兵庫県御免許開港神戸之図の一部。上部の中央に「風呂谷穢多村」の表記が見える。いわゆる宇治川地区であり、現在の神戸市中央区中山手通8丁目・下山手通9丁目・楠町8丁目・同9丁目・同1丁目にあたる。1984年にこの絵図の縮小版が『週刊朝日百科 世界の地理』No.49に掲載されたとき「風呂谷穢多村」の字は1ミリ程度で滲んでおり読めない状態であったが、部落解放同盟は「差別地図」であると言いがかりをつけて糾弾し、同誌を回収処分に追い込んだ。

宝塚歌劇団は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団。阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業運営
兵庫県宝塚市栄町1丁目1−57 少し違う完全一致ではない。
被差別部落なのは以下
「宝塚市立くらんど人権文化センター - 兵庫県宝塚市中野町22番19号
宝塚市立まいたに人権文化センター - 兵庫県宝塚市今里町5番1号
宝塚市立ひらい人権文化センター – 兵庫県宝塚市平井6丁目3番38号」

なぜ高校野球の大会は甲子園でやるのでしょうか? - 第1回大会(1924年... - Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012489665
"「全国中等学校野球選手権大会(今の全国高等学校野球選手権大会)」のために阪神電鉄が建設したのが阪神甲子園球場です。
もともとあったものから選定したわけではないんですね。
ちなみに第1回大会は大阪府豊中グラウンドでした"
兵庫県西宮市甲子園町1−82
被差別部落ではない  西宮の別の町にはあるが

「小林一三について
 1.阪急グループの創始者
 2・山梨県の●落出身
 2・慶応大学OB

部落美人といえば一昔前は五月みどりというのが定番だったが
新旧交代のようだなAI−Kに
元華族島津家の先祖が渡来朝鮮人 」

金原瑞人(翻訳家で法政大学教授。芥川賞作家金原ひとみの実父)は父が部落出身の靴屋であることを公表している
出来レースの可能性 
美作の大久保村

新大久保がコリアンタウンへと変わった理由 上 - アマカナタ
http://www.amakanata.com/2012/08/blog-post_30.html
朝鮮系企業のロッテができてから高級な音楽の町からコリアンタウンに変貌してしまったらしい。
ロッテの創業者は、在日朝鮮人の重光。日本人経営の会社では雇ってもらえない、あるいは居心地の悪さを感じていた朝鮮系の人々が、彼を頼って、日本中からやってきました。

苗字に「菊」とか「塚」とか付くとエタである可能性が高いって
聞いたけどね。
あと、東西南北などの方向とか。
まぁこれも地域によって様々と思うけどね。

松浦平吉(エタ)
            |
           川嶋庄一郎(養子 川嶋家へ)
            |
            |   池上四郎
            |      |          
           川嶋孝彦=きこ
               |        
            和代=辰彦
               |
          秋篠宮=紀子様
               |
           ----------------
           |         |
          眞子         カコ

同和関係人口の比率が高かった田川郡赤村出身の仁支川峰子(にしかわ・みねこ、旧芸名:西川峰子、本名:福田峰子)のことと思われる。

"坂本一亀(坂本龍一の父)の出身地は朝倉市三奈木だが、小字名は不明である。
坂本一亀(さかもとかずき)は戦後日本文学の礎を築いた「伝説の編集者」として知られる。河出書房「文芸」の編集長を務めた。"
"〃 三奈木村 下万願寺 上枦田 五二 三八七 〃 朝倉市 三奈木 上枦畑 上枦田は上枦畑の誤記。
〃 金川村 桑原 三八 二三九 〃 朝倉市 桑原
〃 福田村 下原 二〇 九三 〃 朝倉市 三奈木 下原 "

お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二は田川郡大任町出身であり、小峠姓は同町内では大行事に2件存在する
"田川郡福智町伊方3999-16のトヨダ美容室はタレントのIKKO(本名は豊田一幸)の実家である。ただしどの小字に属するかは要調査。
田川郡川崎町川崎1069-18の向山食堂は芸者歌手の赤坂小梅(本名は向山コウメ)の実家である。ただしどの小字に属するかは要調査。 "

久留米には何かありそう。ブリジストン、東芝の創業者。ソフトバンク孫正義、堀江貴文、松田聖子、チェッカーズ、田中麗奈、コメンテーター宮崎

平成の大合併 被差別部落
数年前にあった平成の大合併だが当時は土地名には水に関する場所など土地の特徴を表しているのに土地名が変わってしまうと思っていたが
あえて被差別部落名などをわかりにくくするために合併させて検索などしても同和利権がわかりにくくしようとしていた可能性。

全日本同和会熊本支部 – 熊本県熊本市九品寺 ショーンK 川上進一郎の出身地
ショーンKこと川上 純日本人の出身校の近く どう見てもテレビ局も経歴詐称に加担しないと作れないような感じだった。
ペラペラのハッタリ権威を作り出すのにテレビ局も協力して作り出している可能性。
ハッタリだとわかったが「なんとかの講師も務め」の構図とか「なんとかのマンション」とかの内部の撮影などテレビ局も協力しないと作れない。
予め弱みを握っておいて隠したい田布施一族の事件や嫌がられる法律を通す場合などにスピンとして内部リークか何かで利用されるて明るみに出されるのではないか。

千葉県 - 同和地区Wiki
https://同和地区.com/wiki/%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C
苫米地
"長嶋茂雄に部落民説があり、長嶋の実家は佐倉市臼井17番地で鈴木建具店の斜め向かいだが
『全國部落調査』の臼井台地区にあたるか否かは要調査。
今昔マップ(1927〜1939年)によると、臼井台の表記があるのは臼井台40番地の熊野神社近辺であり、
長嶋の実家からは西に500メートルほどの距離がある。
また赤松宗旦『利根川図志』第4巻19頁「臼井故城図其一」に掲載のある新旧穢多町の現在地は臼井ではなく臼井台と考えられる。 "


荻上チキは本名が「乙川知紀」であることを小谷野敦に暴露されたと主張し、小谷野氏を批判している。[1] なお、この荻上氏の見解は事実誤認であり、濡れ衣だとの逆批判もある。
荻上チキは、川口泰司が部落解放同盟山口県連書記長であることをあえて隠蔽し、中立を装った上で自らのネットメディアで川口泰司に同和地区Wikiを批判させるという人権侵害に荷担している。

金原瑞人(翻訳家で法政大学教授。芥川賞作家金原ひとみの実父)は父が部落出身の靴屋であることを公表している
出来レースの可能性 
荻上チキは小説家の中上健次を被差別部落出身だと暴露(アウティング)している。
芥川賞作家でもある、中上健次という作家がいますよね。彼は被差別部落出身でした
また出来レース疑惑か  こうなると「文学賞」は「えた作文賞」ではないのか

「直木賞の受賞者とは、八百長賞(ショー)に踊らされている、かなしき文学商人。」…『潮』昭和58年/1983年11月号「菊池寛賞を改めて拒否しなおす」本多勝一: 直木賞のすべて 余聞と余分
http://naokiaward.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/58198311-87b4.html

“生活苦の指標”エンゲル係数アップに安倍首相がデタラメ言い訳! 直後にWikiのエンゲル係数解説が改ざん|LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2018/02/post-3777.html

2018-02-07 09:29 又吉の芥川賞はヤラセですか? - ヤラセではないと思います。 - Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11147920786

ネットにあった前原情報 レバニラ定職
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/773.html
引用
「問題なのは差別ではなく、
ユダ金が部落民や在日朝鮮人を使って、反日売国行為を
行わせていることにそもそもの問題がある。
ある政治家や官僚などの人物が部落出身者や在日朝鮮人であるかどうかを
あぶり出すのはユダ金の謀略を頓挫させるのに
きわめて有効なことだ。
なぜなら、ユダ金は部落出身者や在日朝鮮人といったマイニリティを手先として
好んで使ってきたからだ。
たとえば竹中(部落)、野中(部落)、飯島(小泉の秘書、在日)
これを差別とか言うヤツは筋違いもいいとこ。」

引用
「06. 2011年1月29日 11:50:27: Z38cKkRxQk
そんなことより、
前原には、池田先生の隠し子疑惑があるんですけど(笑)
http://ameblo.jp/new-hopper/image-10758123566-10962379816.html

「07. 2011年1月11日 15:53:46: 4hiogTc4xM
アドルフ・ヒトラーは、ネイサン・ロスチャイルドの血をひく隠れユダヤ人であり、ナチスドイツは、ロックフェラーやロスチャイルドが第二次世界大戦を起こすために計画的に作られた実験国家だった。わが国では、小泉純一郎や石原慎太郎、安倍晋三といった似非右翼の政治家が在日コリアンの血をひくことは公然の秘密である。国際金融資本が、他国を操るため、他の血筋をひく者を民族指導者として操り、似非愛国心で民衆を騙す常套手段だ。
さて、前原誠司は、京都府議時代、同和推進委員会の副委員長だった。つまり、前原誠司は竹中平蔵と同じく同和出身という疑惑だ。なるほど、竹中と同じく、部落出身で周りからいじめにあって、その怨念をCIAや国際金融資本に悪用されたか。いや、そういう単純な話ではすまない。
引用
「低気温のエクスタシーbyはなゆー」氏によると、前原誠司は、ある大会で、韓国語を流暢に話したという。「はなゆー」氏は、それが前原誠司が北朝鮮に握られている「弱み」ではないかと推測した(つまり、前原在日疑惑だ)。なるほど、小泉純一郎が北朝鮮で「英雄」扱いされている理由とそっくりだ。前原は、在日コリアンで同和地区に在住していたのか。それだけではない。
前原誠司の妻・愛里は創価短大卒の学会員で、前原の現在の自宅には、池田大作の肖像写真まで飾ってある(愛里だけでなく、誠司も学会つながりか?)。「自殺した」と一般には言われる前原誠司の「父」とされる人物の写真と、池田大作の若い頃の写真を比べると、顔の特徴が何から何まで似かよっているそうだ。池田大作は、本名は「成太作(ソン・テチャク)」という在日コリアンである。
つまり、前原は、在日・池田大作の隠し子であり、同和地区で育ち、創価学会つながりでもある。そして、松下政経塾で育てられた若い右翼のホープであり、内閣総理大臣として、日中戦争による日本滅亡のために、国際金融資本によって育てられた男でもある。
前原誠司は、「21世紀日本のアドルフ・ヒトラー」に他ならない。政治家としても、彼の出生の秘密も、それをありありと物語っている。"

日本の権力構造は、南北朝の対立が底流になっているようである!
少なくとも明治維新以降の日本権力中枢は、南朝=朝鮮系と北朝=中国系
の勢力争いだった!
長州系列は朝鮮系、薩摩系列(含旧幕府)は中国系。
これを利用したのが国際金融勢力=イルミナティである。
戦後、自民党内にもこの系列によって派閥が形成される。
最大派閥は、朝鮮系の清和会、中国系の経世会ということになる。
朝鮮系は米国ロックフェラー系、中国系は英国サッスーン系(上海・香港拠点)
要するに幕末以来、国際金融勢力=イルミナティの分割支配の構図が
持ち込まれているのである。
従って、何と少なくとも明治以降の総理大臣のほとんどは、朝鮮系か
中国系であり、純日本民族系は、極めて稀なのだ!
しかも、政権のバックとなっている教団や暴力団なども、同じように
系列化されているのである。
このように見ていくと、現在の自民・公明対民主の対決の元が見えてくる。
総体的に、朝鮮系が主流を占めてきたようである。
経済発展しつつある中共中国を背景に中国系の巻き返しが図られている
が、人材不足で苦戦を強いられている。
戦後、ほとんどの時期を政権に就いていた米国ロックフェラー=自民系の
基盤は根強いものがあるが、これも崩れつつある。
いずれにしろ、明治以降、日本国民のための政治が行われた事実は無い!

【衝撃】トランプはパキスタン人でイスラム教徒だった! 少年時代の証拠写真も流出、現地メディアも太鼓判
http://tocana.jp/2016/11/post_11504_entry.html
以前12歳の少女がアメリカの大統領はほぼ全てが血族で続いてきていたとリークされていたが、それもスピンで
もしかするとアメリカでもマイノリティによる支配が行われているのかもしれない。このあたりは要検証。

中田ヤスタカ イルミナティサインをPVのきゃりーぱみゅぱみゅやパヒュームの曲中に埋め込む 
石川県立金沢伏見高校出身らしい この高校は 石川県金沢市米泉町 

俵万智 「サラダ記念日」
大阪府北河内郡門真町(現門真市)生まれ、同四條畷市、福井県武生市
被差別部落なのは
「北河内郡 水本村」
「中河内郡 長瀬村」
完全一致かは分からないすぐ近く。

出口治明 被差別部落出身
1948年三重県一志郡美杉村
日本の実業家である。三重県生まれ。ライフネット生命保険株式会社 創業者。
被差別部落なのは
「美杉村 石名原村 14 48 法善寺 八幡宮 
美杉村 八知村 21 79 法善寺 仲山神社
美杉村 八知村 21 79 法善寺 仲山神社」

参考サイト
三重県 - 同和地区Wiki
https://同和地区.com/wiki/%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C

長崎市生まれの衆院議員の中野寛成(民主党)は母方が部落民であると自称しているが、母の出身地区は不明である。

現在の長崎県知事 
中村 法道  数日前に選挙で前回に続いて当選していたが不正選挙の可能性が高くなった
長崎県南高来郡有家町(現南島原市有家町)の一本釣り漁師の家に生まれる。
被差別部落なのは
「〃 南有馬町 五 三四 仝 中 南島原市 南有馬町 同上。
〃 西有家町 二四 一二四 仝 中 南島原市 西有家町須川(向浜) 同上。
〃 堂崎村 四 二三 仝 中 南島原市 同上。南島原市有家町大苑20-4に堂崎郵便局がある。 」

長崎県東彼杵郡川棚町 被差別部落  土地を取り上げて石木ダムを作ろうとしていたが
2015年に長崎県は川棚の住民の土地を強制徴収して取り上げて石木ダムを作ろうとしていたが
被差別部落出身の長崎県知事の中村法道が取り上げられようとしていた川棚も被差別部落と分かった。

金子原二郎 前長崎県知事 長崎県平戸市生月町
被差別部落出身 不正選挙の可能性が高くなった

被差別部落なのは「平戸市 生月村 二 一三 仝 中 平戸市 生月町 平戸市生月町山田免に十字架がたつ墓地「クルスの辻」があり、ガスパル西が1609(慶長14)年にここで処刑された。 」

2018-02-09 10:21 自民党議員(谷川弥一・金子原二郎)のための百条委員会 | JC-NET(ジェイシーネット)
http://n-seikei.jp/2012/04/post-8103.html
谷川弥一 五島出身  被差別部落ではない 国会で般若心経を唱えていた。それは予め自分にV2Kで送っておいて後から仄めかしたものだった可能性。
金子原二郎  被差別部落出身 おそらく不正選挙
自民党議員(谷川弥一・金子原二郎)のために親族企業(概・G・F)を諫早湾干拓営農地に入植できるように仕向けたのは自民党国会議員・谷川弥 一・金子原二郎の二人の権力者である。

谷川弥一族企業概・G・F
谷川建設社長谷川喜一氏を偽証罪で告訴することや、金子原二郎前長崎県知事・谷川弥一現衆議院議員等を、県議会として強く非難する声明、さらには谷川・金子両氏の親族企業である農業生産法人TGFを、諌早湾干拓地に入植

田上富久
長崎県五島市出身 五島列島には被差別部落は存在しないから被差別部落ではない。

集団ストーカー被害者の上五島ブログの人は日本人とほぼ確定。少なくとも被差別部落の人ではない。
飛騨の岐阜の集団ストーカー被害者の人は下呂市で被差別部落ではない 日本人とほぼ確定
このことから集団ストーカーでの思考盗聴などによる私生活覗き見や仄めかしはアシュケナージユダヤ人と不逞朝鮮人たち組んで日本人に嫌がらせをしているのではないかという構図がはっきりとしてきた。


山口県 - 同和地区Wiki
https://同和地区.com/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%9C%8C
田布施が被差別部落として載っていた。田布施システムを知ったときにもっと早く検索しておけばよかった。
同和教育により被差別部落などを検索するのを躊躇、自粛させるような洗脳だったということだろう。

リチャードコシミズ 山梨県北杜市高根町清里 出身
西横森 8 35 北杜市 高根町村山北割字西横森 が近いけども被差別部落ではない可能性

栃木レザー 栃木県栃木市城内町 被差別部落 肉の副産物だからある意味当然か 穢多(穢が多い)=屠殺や食肉、火葬 生死に関わるもの
レザークラフトの本での持ち上げ方がちょっと持ち上げすぎな感じがあった。レザークラフトはバイクの本で知ったが。

ヤンキー先生耳タバコ大臣 義家弘介 被差別部落出身
被差別部落なのは
「長野県長野市 川田村 瀬在 一五 八一 〃 〃 下 長野市 若穂川田 町川田 瀬在」

岩手県 久慈市 じぇじぇじぇ の朝ドラはステマだったのか
大河ドラマは明治維新クーデターを美化するための歴史修正主義のために作られているんだろうことは分かってきたが。

高倉健 福岡県中間市中間町 被差別部落
"〃 中間町 鳴王寺 六九 三六二 農業、日稼 中間市 岩瀬 別名は寿町。岩瀬1-3-10に鳴王寺橋あり。蛙田姓2件、次部田姓1件、白橋姓12件、林添姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 淨花寺 八 五一 農業 中間市 中間 浄花寺 別名は浄花町"

"久留米市 白山町 七七 四八七 日稼、下足修理 久留米市 白山町 久留米市白山町に北川姓の者がいた[50]。同地に以下の姓の者がいた。中山、平井、松本[51]。平井姓14件。2000年電話帳。
〃 西町 五七 三七五 日稼、牛肉商 久留米市 西町
〃 梅満町 一九 一二一 農業、下足修理 久留米市 梅満町
〃 諏訪野町 七三 三七〇 日稼、農業 久留米市 諏訪野町 鮎川誠が8歳まで育った高牟礼会館の所在地。 "

松居一代さんがボランティアに行っていた場所 朝倉郡杷木 2017年8月の豪雨
ボランティア自体はいいことだろうけれども朝倉市など広い範囲が(もしかすると気象兵器で)豪雨になったが
被差別部落出身者が被差別部落を助けに行っていたということなのか。
部落解放同盟末広支部 – 滋賀県近江八幡市武佐町27
"朝倉郡 杷木村 城先 三八 二二〇 農業 朝倉市 杷木林田 城先 杷木林田に高岩姓7件。2000年電話帳。
〃 志波村 杉馬場 三〇 一七八 〃 朝倉市 杷木志波 杷木志波に杉馬場教育集会所あり。
〃 大福村 西村 二四 一九八 〃 朝倉市 石成 石成1040に全日本同和会福岡県連合会甘木朝倉地区協議会あり。『稿本明治前期福岡県町村字名分類索引 6(筑前篇 2)』に石成村の小字として西が記載。 "

松居一代 本来、滋賀県近江八幡市武佐町 被差別部落かははっきりとは断定できないが被差別部落のすぐ近く
2018-02-08 18:47 ズバリお聞きしますが、松居一代さんって部落の人でしょうか?最近テレビで松... - Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12176363197

船越英一郎 
神奈川県足柄下郡湯河原町出身。 完全一致かは分からないが被差別部落のすぐ近く
      足柄下郡吉浜(現在の湯河原町):1936年7月〜1937年3月に設立。
      足柄下吉浜村(現・湯河原町)

真田広之
東京都品川区大井 完全一致と確定はできないが被差別部落のすぐ近く
品川区東大井(浜川町) - 『新篇武蔵風土記稿』によれば、長吏小頭弥左衛門の大井村の59軒の地区は、1652年までは品川寺(当時は大円寺)にあったという。
東京都 - 同和地区Wiki
https://同和地区.com/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD

タモリの高校は芸能人が多く出ているらしい。えたひいきシステムとわかったからいいことなのか何なのか。

ASKA 福岡県筑紫郡大野町は被差別部落ではない。

ゆめタウンの創業者 山西 義政(やまにし よしまさ、1922年(大正11年)9月1日 - )は、日本の実業家。イズミ創業者
イズミ社長。 ヤオハン(現マックスバリュ東海)
被差別部落は
「〃 玖波町 下之町 一二 五一 〃 〃 中 大竹市 玖波町 」
広島県 - 同和地区Wiki
https://同和地区.com/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C

噂では昔は一流企業は被差別部落の地名リストを持っていてそういうところの人は採用しないということを聞いていたが
実は真逆だったんじゃないだろうか。エタ贔屓システムによりそういうところの人を積極的に採っていっていたんじゃないだろうか。
なんせ一流企業の社長とかがそういうところの出で国策企業のようにひいきされて大きくさせられていったということが分かっている。
一般の国民には被差別部落出身の人は落とされるというふうに信じさせておいて逆差別状態になっていることを分からないようにしておくというトリックだったのではないか。

金原弘周(通名)こと金弘周。 OKWave(オウケイウェイヴ) 出典国民が知らない反日の実態 - 反日企業/在日・数字とアルファベット社長の兼元謙任は帰化在日3世。

さだまさし 被差別部落 完全一致かはわからないが
1952年4月10日、長崎県長崎市で佐田家の長男として生まれる。佐田家は元々島根県那賀郡三隅町(現浜田市)の大地主の家系である。
部落解放同盟島根県連合会那賀支部- 島根県浜田市(旧:那賀郡三隅町)

福山雅治 大丈夫
長崎市稲佐町 被差別部落ではない

蛭子能収 大丈夫
熊本県牛深市(現天草市)生まれ。長崎県長崎市戸町育ちという説も

陸前高田の薪セシウム事件で人工地震の証拠の墓穴を掘った金融ハザールの馬鹿さ加減|donのブログ
https://ameblo.jp/don1110/entry-10986503431.html

長谷川幸洋 千葉県千葉市 詳しい場所は分からない 顔は見るからに目が細く朝鮮系だが

菅野完 「日本会議の研究」 日本会議=朝鮮会議
石上隣保館 天理市石上町581-1 天理市人権センター - 天理市石上町581番地1 1.1.4 山辺郡丹波市町大字石上(現・天理市石上町北方)
"山辺郡 丹波市町 御経野 一二五 六一三 〃 商、日稼 中 天理市 御経野町、勾田町 岡田姓5件、西辻姓21件、藤田姓12件、松村姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 石上北方 八四 四九二 農、商 〃 上 天理市 石上町 北方
「被差別部落の出身者なんで、若い頃、地元で解放同盟に参加してました」[25]と自称する
@noiehoieこと菅野完(すがの・たもつ)の実家は天理市石上町にあるという[26]。
2016年にメガソーラー汚職疑惑で自殺した佐々岡典雅市議(自民党)もこの地区の出身。
石田姓6件、菅野姓13件、村井姓4件。2000年電話帳。 "
2018-02-09 06:55 山辺郡 丹波市町 御経野 一二五 六一三 〃 商、日稼 中 天理市 御経野町、勾田町 岡田姓5件、西辻姓21件、藤田姓12件、松村姓5件。2000年電話帳。 〃 〃 石上北方 八四 四九二 農、商 〃 上 天理市 石上町 北方 「被差別部落の出身者なんで、若い頃、地元で解放同盟に参加してました」[25]と自称する@noiehoieこと菅野完(すがの・たもつ)の実家は天理市石上町にあるという[26]。2016年にメガソーラー汚職疑惑で自殺した佐々岡典雅市議(自民党)もこの地区の出身。石田姓6件、菅野姓13件、村井姓4件。2000年電話帳。
https://同和地区.com/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C

増井敬史 安堵町のエセ右翼 叩かれ役をおそらく演じてヘイトスピーチを自粛させようとする役割
東安堵集会所 - 奈良県生駒郡安堵町大字東安堵562番地の4
〃 安堵村 東安堵北方 一八七 九九七 農、商 〃 中 生駒郡 安堵町 東安堵 北方 東
安搭町隣保館 安堵町東安堵782

菅野美穂
神奈川県伊勢原市


サザンオールスターズ 桑田佳祐、本籍が福岡県と明かす 出身は神奈川県茅ヶ崎市
福岡の話になると、「実は私、本籍が北九州市若松区」と明かした桑田
神奈川県茅ヶ崎市出身であることが有名なだけに、共演者は驚きを見せていた

若松市 修多羅 沖田 七五 三八一 日稼、下足修理 北九州市 若松区 修多羅
〃 蜑住 稲岡 三二 一六六 農業 北九州市 若松区 蜑住 稲岡は稲国の誤記


孫正義 ソフトバンク 犬の子(ケッセキ)CMで日本人を馬鹿にするCMでおなじみ
1957年8月11日、佐賀県鳥栖市五間道路無番地。 朝鮮部落
孫三憲、季玉子夫婦の次男として、孫正義は生まれた。
佐賀県鳥栖市は戦前から韓国・朝鮮の人達がバラックを建てて住みついた区画である。

当時国鉄鳥栖に居た佐藤栄作だったそうです。 田布施一族の満州アヘン売買からA級戦犯を逃れCIA
NEO : 五軒道路無番地
http://blog.livedoor.jp/specojp/archives/51961580.html

孫正義氏の生い立ちと理念   【たかじんNOマネー】: テレビにだまされないぞぉ
http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-1829.html
日本マクドナルドの創業者、朝鮮飲みかと思ったらハンバーガー

"藤田 田(ふじた でん、1926年(大正15年)3月13日 – 2004年(平成16年)4月21日)は、日本の実業家。
大阪府大阪市東淀川区(現・淀川区)生まれ。輸入雑貨販売店「藤田商店」、「日本マクドナルド」、「日本トイザらス」創業者。 "

被差別部落出身の有名人は?・yomi.mobi(部落出身者は、大和民族の誇りを思い出し、在日・米国と手を切るべきです) 小沢内閣待望論
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/860.html
情報の引用
宮沢りえ  りえママがB。 りえはオランダ人との私生児。
女優の山本富士子 満田久子 父親は大阪部落解放同盟の幹部
写真家 織作峰子
宝塚歌劇団の創始者 小林翁 がB出身ですが 音楽学校生徒には
所謂ええとこのお嬢と在日&Bの大金持ちの娘さんの混成だそうです  ←朝鮮耳率の高さが謎だったが納得
OGの黒木瞳さんはB 同じく音楽学校OGの小柳さんんはKですよね
こうしてみると やはりB出身のかたは綺麗な人が多いですね
残念ながら 一路さんがBのかたとは確認できません


【被差別部落】
    「中森明菜 瀬川瑛子 森口博子 坂本冬美 伊東四朗
    久本雅美 氷室京介 浜崎あゆみ 加護亜衣 野中広務」

豊田真友子は進学塾の両親の子 スパルタ DV 被差別部落ではない。

金子賢 キム・ヒョンという航空チケットの写真で確定されたらしいが フォトショップとか別人のチケットの写真じゃない限り朝鮮人と確定。

田中康夫
東京都武蔵野市→長野 武蔵野市に被差別部落はない 白山神社はある。

被差別部落出身の売国奴の竹中平蔵や被差別部落出身の安倍晋三などがすすめていた特区=えたひいき特区だった
特区=えたひいき特区だった

パソナ  南部靖之 創価学会 京都府神戸市
神戸市に被差別部落はあるものの市以降が公表されていないから隠しているのではないか。

筑紫哲也 出身地 大分県日田市
日田市に被差別部落はあるものの市以降が公表されていないから隠しているのではないか。
市以降を公表していない人は逆に怪しいのではないだろうか。


9. 中川隆[-11254] koaQ7Jey 2018年4月24日 19:32:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-12196]

被差別部落の起源についてはこちらに纏めました:


「縄文時代はよかった。」_ エタ部落の起源
http://www.asyura2.com/0505/dispute21/msg/430.html


10. 中川隆[-11251] koaQ7Jey 2018年4月24日 19:37:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-12196]
訂正


被差別部落の起源についてはこちらに纏めました:

「縄文時代はよかった。」_ エタ部落の起源
http://www.asyura2.com/0505/dispute21/msg/430.html#c8


11. 中川隆[-13484] koaQ7Jey 2018年12月24日 18:22:52 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告

「家系図や写真まで…」ネットの部落差別が消えない理由とは? YouTubeの“部落探訪”に「悪意がすごい」の声
12/24(月) 9:01配信 AbemaTIMES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00010002-abema-soci


 今、ネットに広がる悪質な部落差別が問題になっている。情報が一人歩きし、どのような意味を持つか深く知らない人も多い「部落」。

 「部落」とは、江戸時代以前の身分制度のもと「穢れている」など、排除されてきた人々が居住している場所(部落)をさす。「部落問題」は、その地域に居住する人々や、そこにルーツを持つ人々に対して、受けるべき権利を奪われてきた問題のことである。
.


「家系図や写真まで…」ネットの部落差別が消えない理由とは? YouTubeの“部落探訪”に「悪意がすごい」の声


部落解放同盟大阪府連合会の青年部長・藤本真帆さん


 ネットに広がる悪質な部落差別について、部落解放同盟大阪府連合会の青年部長として活動している藤本真帆さんは「ネットでは『ここに引っ越そうと思っているけど部落地域ですか?』などの質問が絶えない。アンサー回答の中には『そこは女性がレイプされるところだからやめておきなさい』などの書き込みもある」という。

 「そこで女性がすごくレイプされているっていう事実はある?」という質問に、部落で育った藤本さんは「まったくない。すくすく育ちました」とコメント。ネットの情報とは違い、実態は普通の地区と変わらないという。

 部落出身者が就職の際に「部落出身」と明かすと、企業から断られることもある。NPO暮らしづくりネットワーク北芝の職員である埋橋美帆さんは「企業が部落の地域が載っている本を手に入れて照らし合わせている時代もあった」と説明。しかし、今はその行為が法律違反となり、企業連合で「人権を勉強していこう」という動きに変わっているという。

 企業の意識が変わってきたとはいえ、絶版になった『部落地名総鑑』を復活させようと考えている人もいる。部落の情報発信サイト「BURAKU HERITAGE」のメンバーである上川多実さんも「親の名前や住所、電話番号が部落の関係者一覧リストに載せられた」という。一時期は無断で「家系図や写真までネットに掲載されていた」と胸の内を語った。現在も調べれば『部落地名総鑑』の内容はネットで見ることができてしまう。

法律で部落差別を取り締まれない理由

 なぜ、法律で部落差別を取り締まれないのだろうか。教育コーディネーターとして活動する武田緑さんは「部落に限らず『差別をしてはいけない』っていう法律がない」と話す。2016年の「部落差別解消推進法」施行によって、人権擁護に関する法律が制定されたが、現在も差別が残っている。

 ハフポスト日本版ニュースエディターの田中志乃さんも「憲法で法の下の平等と明記されていても、その平等が守られていなかったからといって、罰せられることはない」と説明。

 前述の「部落差別解消推進法」も罰則はなく、あくまで「差別をなくす努力をしましょう」という法律だ。差別を取り締まることができず、ネット上で部落の個人情報を載せている人が「部落だから差別しろとは書いていない。情報を出しているだけ」と言い逃れしてしまえば、それ以上の追及はできない。

 ネットが普及した今、YouTubeにも「部落探訪」の動画が投稿されている。武田さんは「お洒落なコミュニティカフェのある地域が、すごくおどろおどろしいBGMで撮影されている」と説明。武田さんの話を聞いた藤本さんも「(部落とは)全く違う地域を紹介してることもある。悪意がすごい」と同意した。

 藤本さんによると、情報が一人歩きした結果、部落ではないゴミステーションのような場所を「部落です」と紹介している動画もあるという。藤本さんは、本来であれば、関係のない場所や人にまで部落差別が及ぶ可能性があると指摘。情報化社会の中で情報を正しく伝え、人権を守るための規則が、今求められている。

12. 中川隆[-13483] koaQ7Jey 2018年12月24日 18:24:20 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告
WELCOME!! - burakuheritage Jimdoページ
https://www.burakuheritage.com/

BURAKU HERITAGE は、「部落」に関わる様々な立場のメンバーが、部落「問題」に限らず、人、文化、仕事、など部落に関係する様々な物事の情報発信を目的として運営しているウェブサイトです。

13. 中川隆[-13482] koaQ7Jey 2018年12月24日 18:26:40 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告

部落探訪 - YouTube動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E9%83%A8%E8%90%BD%E6%8E%A2%E8%A8%AA
14. 地下爺[4103] km6Jupbq 2018年12月24日 20:51:29 : GYcRPWoePg : qQ1l3M7sSRs[532] 報告
 

15. 地下爺[4104] km6Jupbq 2018年12月24日 20:52:50 : GYcRPWoePg : qQ1l3M7sSRs[533] 報告

 ということで 馬鹿側は 可哀想なもの てこと !!

16. 中川隆[-13476] koaQ7Jey 2018年12月25日 09:05:38 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告

誤解されるといけないので同和部落民の起源について纏めておきます:


同和部落民というのは日本に先住していた縄文人・弥生人の末裔です。

朝鮮から渡来した漢民族の天皇一族が畿内を完全に乗っ取って、先住民の縄文人・弥生人を民族差別してエタ地域に押し込めたのが同和部落の起源です。


現時点でわかっている事を纏めると

日本は多民族国家で


陸稲は焼き畑農耕と一緒に縄文中期に長江から九州に伝わった

水田は弥生初期に長江から北九州に伝わった

弥生人は九州に移住した少数の長江の男が縄文女性を現地妻として作った混血児の子孫

漢民族系日本人は弥生時代後期に北九州に植民市を作り、朝鮮と交易を行った。

弥生時代後期から昭和までずっと連続して朝鮮から長江系及び漢民族系渡来人が流入し続けた


信仰対象によってどの民族か簡単に判別できます:


縄文人
蛇信仰、巨木・磐座に神が降りる、死んだら円錐形の山からあの世に上がる

長江人
鳥信仰、集落の入り口に鳥居を設ける

朝鮮からの漢民族系渡来人
中国鏡を神体とする太陽信仰


詳細は


日本人のガラパゴス的民族性の起源 0-0. 日本人の源流考
http://garapagos.hotcom-cafe.com/0-0.htm#1
http://garapagos.hotcom-cafe.com/


稲の来た道論争
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku368.htm

稲作の渡来(稲作はどこから来たか?)
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku359.htm

4.呉の国と日本・稲作の渡来
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku358.htm#04

縄文時代に長江から九州に伝えられた照葉樹林帯文化
https://dankai.akimasa21.net/east-asian-evergreen-forest-culture/

遡る縄文稲作の年代
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn2/002_01jyoumonninasaku.html

長江人が九州に移住して作った吉野ヶ里遺跡の鳥居と鳥信仰
http://www.yoshinogari.jp/contents/c3/c104.html

朝鮮を追われた天皇家が日本に移住して作った伊都国・邪馬台国での鏡信仰
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku273.htm




▲△▽▼

漢民族の天皇一族が日本を乗っ取った手口

天皇一族は

中国華北 → 韓国ソウル
→ 福岡県伊都国 → 日向、大和 、 → 北九州、瀬戸内、畿内
→ 沖縄、北海道・東北北半分を除く日本全土


の順に朝鮮を追われて日本に移民して以降、支配地域を広げて行った様です。

弥生時代後期から昭和までずっと連続して朝鮮から長江系及び漢民族系渡来人が流入し続けて、遂に日本人(縄文人・弥生人)は少数民族となってしまいました。

中国人は有史以来、戦争に勝ったことが無いが、人口爆弾で他国を乗っ取ってきた:


漢民族は戦争にめちゃくちゃ弱いので、むやみに人数を増やして集まる。
それが始皇帝の兵馬俑で、北方の蛮族より弱かった。

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/62/20/97ae91cd74d02dab5763add74c395063.jpg


ユーラシア大陸の真ん中に陣取っている中国とロシアは、有史以来ほとんど戦争に勝った事が無い。


中国とロシア(ソ連)は外国に出て行って戦争に勝ったことが一度も無い。

もしかしたら紛争程度の小競り合いでは勝っているかも知れないが、国同士の戦争ではない。

その代わり内陸の領土に敵を誘い込んで、補給を絶って包囲するような戦いを得意としている。


勝てない中国

中国も同様で、秦の始皇帝が初の国家を作ってから、その領土を守っているだけで、対外戦争で勝った事はほぼない。

モンゴル帝国は強かったが、あれは「モンゴル」が植民地にしたので、中国は植民地側でした。

局地的には朝鮮半島で勝利を得たりしているが、必ず朝鮮の統治者に追い出されています。


ベトナムなどインドシナ半島には何度も侵攻しているが、やはりほとんど勝った事が無い。

台湾にすら負け、日本軍にはコテンパンに負け続け、何度も植民地になっています。

清国はイギリスとの戦争に負けて植民地化したが、その清国がそもそも中国を植民地化し征服した国です。


清国は女真族といい、いわゆる中国人とは別の人種で、満州人、満州民族とも言います。

だから辛亥革命で清国を倒したとき、中国人たちは異民族による植民地支配が終わったと言って喜んでいた。

さらにその前には、「中国人」とは北京周辺に住む黄河文明起源の人たちの事で、長江周辺の長江文明とは別な国だった。


今日「中国が発明した」と言っている文字とか火薬とか印刷とかは、ほとんどが長江文明の発明で長江こそ先進地域でした。

黄河文明はただの植民地、蛮族という位置づけで日本や半島と比べても先進地域ではなかった。

この黄河文明起源の「現在の中国人=漢民族」は粗野で教養が低く、戦争に弱いという特徴を持っています。


戦争に勝てなくても領土を増やす方法

そんな漢民族がなぜ中国を支配できたかというと、長江文明や半島や日本よりも、圧倒的に人口増加率が高かったからでした。

稲作によって大量の食料を得て、子作りに励んでついに女真族やモンゴル族、長江人を数で圧倒して吸収したのでした。

長江文明の子孫である長江人は、漢民族に押し出されるようにして、現在のインドシナ半島に住んでいると言われています。


漢民族の戦略はまず人口を爆発的に増やし、歩いて敵国に侵入して住み着き、その国を支配して領土化します。

これなら戦争に勝つ必要がなく、例えば女真族が住んでいた旧満州では、人口の99%は漢民族になったとされています。

女真族は戦争では圧倒的に強かったが、人口を増やさなかったので漢民族の侵入で吸収されてしまいました。


チベット、ウイグル、内蒙古、旧満州など多くの周辺民族をこの方法で倒してきました。

半島に住んでいる朝鮮民族も最初は中国の東北部に住んでいたが、漢民族が移住してきて追い出されて、歩いて半島にやってきた。

台湾島も島民が住んでいた場所に、多くの漢民族が移住してきて、今では人口の95%以上を移住者の子孫が占めている。


このように中国からの移民や移住者を受け入れるのは、他の国の住民を受け入れるのとは、重大さがまったく違う。

中国の場合は移住は軍事戦略であって、住民を移住させて国を乗っ取り、それから軍隊で占領するのです。
http://thutmose.blog.jp/archives/66023396.html


・東トルキスタンでは、最大100万人のウイグル人が「再教育」の名目で中国当局により強制収容されている。遺された幼児たちは「幼稚園」に入れられ、中国人の名前もつけられ、民族も漢民族として登録される。両親が再教育施設から出られたとしても、自分たちの子供を見つけることもできない。「幼稚園」の子供たちは、自分が中国人であること、中国共産党へ感謝することを教え込まれる。

・内モンゴル自治区では「浄化政策」がもう進んでしまって、ここ70年で、人口約2400万のうち、モンゴル人は2割以下になってしまった。経済は中国人に握られ、伝統文化の絶滅が図られている。

・チベットでは、チベット語の学校教育が禁止され、今年になってチベット教の寺院にも共産党員が運営委員として入って監視するようになり、寺院にも習近平の写真が置かれ、共産党の旗を掲げなければならなくなった。
https://s.webry.info/sp/blog.jog-net.jp/201811/article_13.html


▲△▽▼

大阪鶴橋に済州島住民が多い理由 仁徳天皇が渡来人歓迎


仁徳天皇や天智天皇は渡来人を歓迎し、百済洲や百済郡、百済寺に百済川もあった


画像引用:地名で分かる渡来人の分布https://www.facebook.com/295367367249272/photos/a.296474680471874/298873963565279/?type=1&theater

仁徳天皇時代には百済島や百済川まであった

大阪市の生野区には日本最大の「移民地域」である鶴橋が存在しています。

鶴橋駅前から市場に入ると韓国語が通用するし、それどころか日本語が通じにくかったりする。

鶴橋の歴史は非常に古く、仁徳天皇の西暦400年ごろにはすでに大勢の百済人や新羅人が住んでいました。


大陸では東晋が滅亡する末期で、半島では百済・新羅・任那日本府が並立し、半島南部はヤマト政権の支配下にあった。

半島南部ではヤマトの大王(天皇)の支配の証である前方後円墳多数が見つかっていて、百済や新羅も日本の影響下にあった。

仁徳天皇の2代前には神功皇后の三韓征伐が行われたと記紀に記されていて、事実である可能性が高まっている。


奈良県でヤマト政権が成立したのは古墳からは西暦200年代と推測され、もっとも近い港である大阪湾が半島や大陸との交易地になった。

当時の大阪市はまだ海に島が点在している状況で、生野区や鶴橋もまだ島や海岸だったと考えられています。

百済や新羅の商人や労働者、上は貴族や王家まで様々な人が大阪や奈良に移民してきました。


これが古墳時代の渡来人で、百済滅亡によって日本に難民が押し寄せて、特に大阪の生野区に移民が増えました。

大阪湾には島が点在していると書いたが、当時は「百済洲」「新羅洲」という名前の島があり、名前の通り百済や新羅の人たちが住んでいた。

鶴橋周辺には「百済郡」があり「百済川」まで流れていたと記録されています。


半島からの移民受け入れに最も熱心だったのが仁徳天皇で、一時は大阪に住み、渡来人のようすを自ら視察したともされています。

渡来人にとって仁徳天皇は最大の理解者なので、彼らが最大級の天皇陵を大阪に作ったとしても不自然ではありません。


百済滅亡で難民が押し寄せた

時代は下って西暦660年ごろ、斉明天皇と天智天皇(母子)の時代になり、ヤマト政権は半島の支配地を失いました。


660年に同盟国の百済が羅漢同盟(新羅と漢)に滅ぼされ、663年に再興を目指した白村江の戦いで日本軍は負けてしまった。


百済滅亡より前に、任那日本府も羅漢に滅ぼされていたと考えられます。

百済滅亡にともなって大勢の百済人が日本に亡命し、縁故を頼って旧百済洲などがあった大阪に住みました。


この中の滅亡した百済の王子・善光は天智天皇の許しを得て「百済郡」の領主となり、百済王一族は長く栄えたとされている。

百済王敬福は大出世して750年に河内守となり、河内国に移住したが多くの百済人の子孫はそのまま残った。

百済郡がどこだったのかは不明だが、鶴橋は「猪飼野」と呼ばれる百済人居住地でした。


当時日本人はあまり豚やイノシシを食べず、百済人はイノシシを飼育していたのでこの名がついたとされている。

百済を滅ぼした新羅の人も日本と絶縁したわけではなく、やはり大阪を中心に多く居住していた。

こうした渡来人は日本にとっては労働力であり、当時としては進んだ技術や知識を持っていたので重宝された。


たとえば法隆寺など日本の初期の寺は、百済人やその子孫が設計や建設に関わっている。

渡来人は大阪湾の埋め立てにも動員され、習慣や文化の違いから他とは違う文化を築いていった。

秀吉の朝鮮出兵の時にも大量の渡来人が移民または連行されて、大阪城や江戸城の建設に動員されたと言われている。


韓国からの20万人大脱走

時はさらに下って明治維新後は半島からの移住者が増えて、終戦時には200万人前後に達していました。

1948年の調査では約150万人が韓国に帰国し、約65万人が残っていたが10万人は戦後に密航してきた人たちでした。

このあと1948年から1953年にかけて「済州島事件」と朝鮮戦争、保導連盟事件によって20万人以上が日本に密航してきた。


この一連の事件はアメリカが任命した韓国初代大統領の李承晩が行った大粛清が原因で、十万人I以上が日本に逃れたとされている。

当時の研究では送還された人を除いて25万人が日本に密航した可能性があると書かれている。

結局10万人ほどは朝鮮戦争が終わっても帰国せず、戦前からの居住者と混ざって「特別永住者」になっている。


李承晩が最も弾圧したのが済州島で、30万人のうち6万人が犠牲になり、10万人ほどが日本に逃れた。

鶴橋には戦前から済州島出身者が多かったので、縁故を頼って大勢の済州島民が鶴橋周辺に定住しました。

これらの人たちが現在の鶴橋を形成し、一説には住民の過半数が半島系の先祖を持っている。


日本に最初の渡来人が移住したのは縄文以前を除くと今から3000年前で、稲作を伝えたとされている。

それから定期的に渡来ブームがあり、特に半島で戦争や混乱が起きると渡来が増え、やはり縁故を頼って大阪にたどり着く。
http://www.thutmosev.com/archives/78516496.html

▲△▽▼

天皇は日本人ではない
天皇一族や畿内の渡来人は奈良時代まで百済語で会話していた

百済が日本にもたらしたもの〜文化でなく言語にその本質があるのではないか
 

日本語は百済語と近接しているという説は多い。

ブログ「日本語と韓国語は同系語」
http://japanese130.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-3a69-1.html


という中から信憑性のある部分を紹介します。

>飛鳥〜平安時代頃、日本には各地域の方言の外に「宮廷語」があった。

「宮廷語」も日本全体から見れば、宮廷という限られた区域の方言である。

『万葉集』『記紀』はこの「宮廷語」によって書かれ、作者は漢字を自在にあやつることができる宮廷の知識層、朝廷にかかわって働くエリートであった。

大和朝廷で働いていた人たちの生活の本拠地は「飛鳥」で、『続日本紀』『姓氏録』によれば、飛鳥地方の住民の80〜90%は朝鮮人であったという

飛鳥地方を中心に活躍していた聖徳太子は蘇我氏(朝鮮人―当時の実質天皇)の一族で、妻も蘇我氏の人である。

日本で最初に建てられた寺院「飛鳥寺」は蘇我氏の氏寺で創立者は蘇我馬子である。

明日香村にある日本最大級の横穴式古墳「石舞台古墳」の埋葬者は蘇我馬子ではないかとされている。有名な「高松塚古墳」は明日香村にあり、中に描かれた彩色壁画の婦人像の着衣は古代朝鮮人の服装そのままである。

なぜ「飛鳥地方で使われていた言葉は朝鮮語(主に百済語)であった」と言われているか、下記に列挙した研究者の言葉を見れば一層その信憑性に気づくのではないだろうか。


※「飛鳥における政治の実権は蘇我氏(朝鮮人)の掌中にあった。このころの天皇とは蘇我氏のことである。」 (亀井勝一郎他)

※「飛鳥王朝と百済王朝は親戚関係にあり、天皇の側近は百済の学者であ
った。宮中では百済語が使われていた。古事記・日本書紀は百済の学者により吏読表記(百済の万葉仮名)で書かれている。
(金容雲 日韓文化交流会議の韓国側代表)

※ 日本書紀は百済人を主軸にして書かれ、天皇・藤原氏(百済人)の都合がいいように整理されている。 (上田正昭らの対談集)

※ 飛鳥の朝廷を調べると、いたるところに百済人だらけである。常識的に言って、百済語が公用語だったとしか考えられない。(佐々克明)

※ 平安時代までの日本文化は外国のもの。日本の王朝文化は百済と同じ。
(司馬遼太郎・丸谷才一 他)

※ 朝鮮半島からのエリート集団の集中的移住が宮廷文学を開花させた。
(国弘三恵)

※ 唐への留学僧は百済人であった。当時の僧侶の言葉は百済語であった。
(金達寿 司馬遼太郎 上田正昭らとの対談集)

※ 日本国の誕生にもっとも力を発揮したのは、白村江の戦いの敗北で渡来した百済人。『日本』という国号をつくったのも百済人。(文定昌)


司馬遼太郎は「平安時代までの日本の文化は外国のもの、日本らしくなったのは鎌倉時代になってから」と述べている。

「白村江の戦い」で新羅に敗れた百済人は国を追われ、王族・高官などのエリートがたくさん倭国へ亡命した。

故国を失い百済再興の夢を倭国に託した百済人は、奈良時代に「日本」という国号を作り、倭国の文化を根底から変える著しい日本文化の礎石を「飛鳥」に置いたのである。

従って、「百済の王朝語」が「飛鳥王朝の宮廷語」になり、雨後の竹の子のように生まれた「宮廷文学」の言葉は、それ以後の多くの知識層の文学作品の言葉として使われ、結果的に江戸・明治・大正・昭和の学問・文学などの用語として日本全国に広がって行った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上抜粋ーーーーー

これらを読むに付け、日本の宮廷、天皇、王朝を語る際に「百済」という朝鮮半島から消えてなくなった国家が大きく影響している事が判る。

それを日本土着のものに取り戻すのに鎌倉時代までの400年かかっている。
しかし再び明治以降、この百済の復興が天皇を担ぎ上げる事によって為された。

百済王朝が日本に亡命してまだ1300年しか経っていない。

この影響は日本語という言葉の中に浸透しただけでなく日本人の気質や一つに成り切れない民族の核心部にまだ残っているのではないか?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=314004


▲△▽▼


7世紀までに韓半島から日本列島に流入してきた人々は、それぞれグループごとに中国語の方言を話していたと考えられる。
方言と言っても、現代の福建人・潮州人・客家人・広東人・海南人がたがいに話が通じないのと同様、秦人・漢人・高句麗人・百済人・新羅人の間ではたがいに話が通じなかっただろう。
 日本列島の雑多な種族たちは、新羅に併呑されて独立と自由を失わないために、倭国王家の天智天皇のもとに結集して、日本国を作りあげる。

中国語を国語とすることは危険であった。新羅の公用語が中国語だから、別の途を選ばねばならなかった。

それは漢字で綴った中国語の文語を下敷きにして、その一語一語に、意味が対応する倭語を探しだしてきて置き換える、対応する倭語がなければ、倭語らしい言葉を考案して、それに漢語と同じ意味をむりやり持たせる、というやり方である。これが日本語の誕生であった。


 柿本人麿から山上憶良まで、半世紀の間にはじまった国語の開発は、情緒を表現する韻文の詩歌に関する限り目覚ましく成功したが、」より実用的・論理的な散文の文体の開発は、百年たってもなかなか成功しなかった。

 紀貫之の時代から百年をへて、11世紀の初めに紫式部の「源氏物語」が現れてもまだ、散文の文体の開発が完了したとは言えない。日本語の散文の開発がおくれた根本の原因は、漢文から出発したからである。

 結局、19世紀になって、文法構造のはっきりしたヨーロッパ語(ことに英語)を基礎として、あらためて現代日本語が開発されてから、散文の文体が確定することになった。


【出典】「日本史の誕生〜千三百年前の外圧が日本を作った」岡田英弘/弓立社‘94年  
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/706.html



▲△▽▼

従来 弥生人と言われていた民族も弥生前期は長江人、後期は漢民族系朝鮮人で、完全に別民族です。

天皇一族は弥生時代後期に北九州に植民市を作り朝鮮との交易に従事し、漢文を書き、高価な中国製の鏡を大量に持って居たので、勿論漢民族系朝鮮人です:


弥生時代後期の弥生人骨 大半が渡来系 2018年11月18日
https://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20181117-OYTNT50025.html


研究の成果について報告する篠田副館長(右、鳥取市青谷町で)

DNA分析に使われている弥生時代の人骨。青谷上寺地遺跡展示館で展示が始まった


 ◇青谷上寺地遺跡

 ◇DNA分析 後期、盛んな交流


 鳥取市青谷町の青谷上寺地遺跡で見つかった弥生時代後期の人骨について、県埋蔵文化財センターや国立科学博物館などが実施しているDNA分析調査の中間報告会が17日、同町の市青谷町総合支所で開かれた。

大半の人骨のルーツが大陸からの渡来系だったといい、同博物館の篠田謙一副館長は「日本人の成り立ちを知る重要な手がかりだ」と話す。(河合修平)

 遺跡からはこれまでに約5300点の人骨が出土。調査では、頭蓋骨約40点から微量の骨を削り取り、DNA分析を行っている。報告会では、母から子へ受け継がれるミトコンドリアのDNA配列を分析し、母系の祖先をたどった調査結果を篠田副館長が説明。市民ら約130人が聞き入った。

 篠田副館長によると、九州北部の遺跡から出土した弥生前期の人骨の分析では、在来の縄文系と渡来系の遺伝子が見つかった。当時の人が両方の祖先を持っていたことを示しており、青谷上寺地遺跡の人骨についても、両方の遺伝子が検出されると予想していたという。しかし、今回DNAを抽出した人骨32点のうち、31点が渡来系で、縄文系は1点だけ。DNAの型は29種類に分かれ、血縁関係がほとんどないことも分かった。

 青谷は遺跡の発掘調査から、大陸などとの交易拠点だったと考えられており、分析からも、多くの渡来人が入ってきて、交易で栄えていたことがうかがえるという。また、従来の研究では、稲作の普及や定住生活の広がりに伴って弥生後期には日本人の中に渡来系と縄文系が交ざっていたと考えられていた。しかし、今回の調査結果は定説に当てはまらず、篠田副館長は「これまでの説について発展的に考える契機になる」と述べた。

 共同研究では今後、細胞核のDNAから父系のルーツについても分析する。2019年3月には、鳥取市内で最終的な研究成果を発表する予定で、篠田副館長は「当時の人々がどのように暮らしていたのかを明らかにしていきたい」。報告を聞いた同市の会社員宮川昌樹さん(64)は「青谷でどんな人が暮らし、自分たちのルーツはどこにあるのか、興味をかき立てられた。研究内容に注目したい」と語った。

 同町の青谷上寺地遺跡展示館では17日、研究に用いられている人骨5点の展示も始まった。午前9時〜午後5時。月曜、祝日の翌日は休館。無料。終了日は未定。問い合わせは同展示館(0857・85・0841)。

2018年11月18日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


▲△▽▼


邪馬台国時代のすずり5個出土 交易でも文字使用か 福岡市・西新町遺跡
2018年11月23日 06時00分

 邪馬台国の時期と重なる古墳時代前期(3世紀半ば〜後半)に使用されたとみられるすずり5個が福岡市早良区の西新町遺跡から出土していたことが、柳田康雄・国学院大客員教授の調査で分かった。一つの遺跡から5個確認されたのは最多。同遺跡は王都のような政治的拠点ではなく、交易拠点だったと考えられており、まとまった数のすずりは、古代社会の経済活動でも広く文字が使われた可能性を示している。

 弥生時代から古墳時代前期のすずりは、北部九州ではこれまで8個が見つかっていた。各地域の中心とみられる場所からの出土が多く、「王」などの権力者周辺による文字使用が想定されていた。西新町遺跡は中国の歴史書「魏志倭人伝」に出てくる「伊都国」と「奴国」の中間に当たり、古墳時代前期に朝鮮半島や日本各地から多数の土器がもたらされるようになり、倭の貿易港として急激に成長したと考えられている。

 5個のすずりは2007年度までの調査で発掘され、砥石(といし)などとみられていた。柳田教授が他の遺跡の出土品と比較し、形状などからすずりと判断した。長方形の完全な形に近い状態のものが1個(長さ約10・4センチ)で破片が4個。いずれも厚さは0・5センチ前後で、破片も含めて両辺が確認できるものは幅が約4・4〜5・4センチ。3個には朱を使った跡があるという。

 西谷正・九州大名誉教授(考古学)は「政治だけでなく経済でも文字が使われていた可能性が高まり、日本の文字文化の始まりを考える上で興味深い」と評価。柳田教授は「交易で普通に文字を使っていたと考えられる。他の遺跡の出土品を見直せば、もっと見つかるかもしれない」と話している。

=2018/11/23付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/467782/

▲△▽▼


神代文字の使用を裏づける!?、弥生時代の硯も発見された九州筑後の平塚川添遺跡 ・・浮かぶ先進性 三角縁神獣鏡発見で注目(かいけつニュース速報)
https://gansokaiketu-jp.com/kaiketukeijiban/nipponshi/light.cgi?
平塚川添遺跡

浮かぶ、筑後平野の先進性 三角縁神獣鏡発見で注目 福岡・朝倉
https://mainichi.jp/articles/20180906/ddl/k46/040/424000c?inb=ra

弥生時代中期から古墳時代初頭にかけての大規模環濠(かんごう)集落遺跡、平塚川添遺跡(福岡県朝倉市、国史跡)についてのシンポジウムが同市内で開かれた。「卑弥呼の鏡」との説もあり、同遺跡付近で出土したとみられる三角縁神獣鏡が最近発見されたことが報告され、同遺跡一帯の重要性が改めて浮かび上がった。

 平塚川添遺跡は筑後川の支流・小石原川沿いの低湿地にある。1991〜93年に発掘調査。17ヘクタールの範囲で最大7重の環濠や柵列を巡らせた中に、竪穴住居跡300カ所や大型掘立(ほったて)柱建物跡が見つかった。住居、工房、倉庫の用途ごとの区画が存在したとされる。大量の土器や木製品のほか、玉類などもあった。遺跡の最盛期は邪馬台国時代に当たるため、「魏志倭人伝」に登場する「国」の存在を示す遺跡として知られている。

 朝倉市教委文化財係の中島圭さんは、遺跡一帯の地形に着目した。朝倉市では北部の山地から筑後川に向けて小石原川などの支流が流れるため扇状地が発達している。川に沿った高い台地に弥生〜古墳時代の遺跡が多数見つかる。ところが平塚川添遺跡は低湿地で、台地は遺跡の東部に広がる。中島さんは「国の中心は台地にあって、平塚川添遺跡はむしろ新興の開拓地だったのでは」と推測した。

 それをうかがわせるのが発見された三角縁神獣鏡だ。旧福岡藩士の家に所蔵していたもので、今年3月に朝倉市に寄贈された。100年以上前の絵図で存在は知られていたが現物は所在不明だった。出土地点は文献から、同遺跡東部の台地にある、平塚大願寺遺跡の方形周溝墓だった可能性が高いという。これまで同市内で唯一の三角縁神獣鏡の出土地だった神蔵(かんのくら)古墳も、この台地にある。平塚川添遺跡では銅鏡や銅矛の破片しかなく、首長の墓は確認されていない。一方、三角縁神獣鏡は初期大和政権が各地に配布した威信財とされ、地域の首長墓の存在を示す。

 中島さんは「平塚川添遺跡は氷山の一角。台地にはまだまだ遺跡が広がっている」と想像する。武末純一・福岡大教授も「平塚川添遺跡の全容はまだ分かっていない。三角縁神獣鏡と共に葬られた人が当時どこにいたのかも探してほしい」と今後の調査に期待を寄せた。

 朝倉市の隣りの筑前町では近年、弥生時代の硯(すずり)が相次いで発見され、文字使用の可能性を巡って注目されている。同町の遺跡では「王墓」とみられる墳丘墓や銅製品の鋳型も確認されている。平塚川添遺跡を巡る調査研究の進展は、当時の筑後平野の先進性を探る上で鍵を握っているのかもしれない。【大森顕
https://gansokaiketu-jp.com/kaiketukeijiban/nipponshi/light.cgi?

▲△▽▼

こうして畿内は朝鮮からの漢民族系渡来人に完全に乗っ取られた


国内最古の大壁建物跡か、奈良 渡来人の定住早まる可能性 2018年11月27日
http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2018112701001874.html

 奈良県高取町教育委員会は27日、同町の市尾カンデ遺跡で4世紀末から5世紀初めに渡来人が建てたとみられる朝鮮半島式の大壁建物跡が16棟分見つかったと発表した。国内最古とみられ、これまで5世紀後半以降とされていた渡来人の本格的な定住時期が大幅に早まる可能性がある。

 町教委によると、大壁建物は狭い間隔で柱を立てた後、土で壁の中に柱を塗り込めるのが特徴。全容が分かる最大のもので東西約15メートル、南北約13メートルだった。高取町の森ヲチヲサ遺跡で見つかった大壁建物跡と並び最大級という。同町ではこれまで約40棟見つかっていた。

(共同)


▲△▽▼


埴原和郎 東京大学・国際日本文化研究センター各名誉教授

私どもが行った現代日本人頭骨の分析からみても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で“特殊な日本人”ともいえる。

その理由は、この地方で渡来系集団の影響がきわめて濃厚であるためと
想像されるが、このような傾向は、すでに古墳時代に現れていたといえる。

時代はやや下がるが、平安時代に編纂された『新撰姓氏録』によると、
畿内の氏族一一八二氏のうち、ほぼ三分の一が渡来系の氏族といわれる。
とくに新羅系の秦氏、百済系の漢氏、高句麗系の高麗氏などは
代表的な氏族で、ともに畿内を中心として、ほぼ全国に拡散した。

この他、日本書紀や続日本紀などにある渡来人の歴史をみれば、
近畿地方に渡来系の特徴が濃厚に残っていることは当然ともいえる。
そして人骨の研究からこれが裏付けられることは、日本人および
日本歴史を考えるうえできわめて重要である。


▲△▽▼

畿内の被差別部落民は縄文人の子孫

2013年12月17日 形質人類学のデータ

第1章で説明したように、エミシは和人とアイヌの中間の形質をもち、頭型などの点で、東北・裏日本型に属するとみられるが、近畿・山陽・山陰・九州に散在する四七部落を含む、全国的な日本人の形質調査の資料を整理した形質人類学者小浜基次(「形質人類学から見た日本の東と西」『国文学の解釈と鑑賞』二八巻五号)は、


部落民の形質は異質的なものではなく、現代日本人構成の有力な地方型である東北・裏日本形質に一致している。


とし、


頭部については、いずれの地区も共通の中頭型を示し、頭長は大きく、頭幅は小さい。したがって、畿内のような高度の短頭地区内にはさまった部落は、一般集団との間に明らかな差異がみとめられる。しかし、山陰・北九州・四国東北部などの中頭地区内にある部落は、一般集団と近似し、差異は少ない。


と書き、さらに、


大陸朝鮮型形質のもっとも濃厚な畿内地区に、もっとも非朝鮮的な形質をもつ東北・裏日本型の部落が孤島として介在することは、注目に値(あたい)する。おそらくは、婚姻と住居の制限によって内婚率が高く、特異の形質がよく保たれているものと思われる。


と述べている(図2参照)。

重要なことは、小浜基次が「一般集団と近似し、差異は少ない」とする山陰の例をみても、部落民が頭型は、中頭を示す一般の住民の頭型よりも、さらに中頭の度が高く、エミシの血を引いている現代東北北部人の頭型と一致することである。

つまり、形質人類学のデータは、エミシが部落民の先祖であることを明確に裏づけているのである。
http://ryuchan60.seesaa.net/article/435099203.html


▲△▽▼


小浜基次「形質人類学から見た日本の東と西」
『国文学の解釈と鑑賞』二八巻五号

畿内型は西日本の畿内を中心として、瀬戸内海沿岸を経て、朝鮮につらなり、
東北・裏日本型は東日本より裏日本に広がり、西日本では、畿内型の周辺を
とりかこんでいる。西日本の離島には代表的な東日本型形質が残されている。

このような両型の地理的分布によつて、集団の移動を推定すると、はじめに、
東北・裏日本型集団が広く日本全土に先住し、のちに、畿内型集団が朝鮮半
島より渡来し、瀬戸内海沿岸を通つて、畿内に集中し、その一部はさらに、
東進したものであろう。古代の高い文化が、畿内を中心として栄えた史実に
一致することは興味深い(以上、75頁)

(追加)形質人類学的にみた未解放部落

われわれの全国的な日本人調査のうちには、未開放部落もふくまれ、その調
査地区は近畿、山陽、九州、四国に散在する四七部落にわたつている。

(中略)

身長は一般に低身であるが、部落の生活環境によつては、長身の集団もある。
頭部については、いずれの地区も共通の中頭型を示し、頭長は大きく、頭幅
は小さい。したがつて、畿内のような高度の短頭地区内にはさまつた部落は、
一般集団との間に明らかな差異が認められる。しかし、山陰、北九州、四国
東北部などの中頭地区内にある部落は、一般集団と近似し、差異は少ない。

畿内地区における両集団の差異は畿内人と山陰人とのちがいにすぎないので
ある。そのほかの形質、たとえば、頭頂高指数や頭部の測度、指数などにつ
いても、部落はまつたく東北・裏日本型に類似している。

大陸朝鮮型形質のもつとも濃厚な畿内地区に、もつとも非朝鮮的な形質を持
つ東北・裏日本型の部落が孤島として介在することは、注目に値する。おそ
らくは、婚姻と住居の制限によつて内婚率が高く、特異の形質がよく保たれ
ているものと思われる。このような部落の成因については、文化史その他の
分野より検討せらるべき課題であろう。(成績はいずれも男子資料による)
(大阪大学医学部教授)


▲△▽▼


網野善彦 『宮本常一「忘れられた日本人」を読む』 岩波現代文庫

私がこの『東日本と西日本』を読んで、とくに衝撃をうけた記憶がはっきりとあるのは、小浜基次さんの論文でした。

小浜さんは大阪大学の名誉教授で、形質人類学・解剖学の専門家、1904年に生まれ、1970年に亡くなっておられます。

この文章は短いものですが、小浜さんは形質人類学の立場から日本列島の、
東と西に住む人びとの差異をいろいろな角度から指摘しておられます。

その中で私がもっともショックを受けたのは、朝鮮半島人と、近畿、瀬戸内海沿岸の人びとがきわめてよく似ており、
形質上は同じであると指摘されている点です。

そしてそれに対して、山陰・北陸と東北の人びとと近畿人との差異は、朝鮮半島人と近畿人の違いに比べて、
はるかに大きく、東北、北陸の人びとはむしろアイヌに近いと小浜さんは強調しておられます。

これは頭部の特性、短頭、中頭、長頭をはじめ、身体的な特質から導き出された結論ですが、
さらに衝撃だったのは小浜さんの、被差別部落に踏み込んだ発言でした。

小浜さんは大阪大学の方ですから、ここまで立ち入っておられるのですが、この論文の書かれた時期には、
被差別部落民は朝鮮半島から渡ってきた人たちだというとらえ方をする人たちが、実際に関西では少なからずあったと思います。

これに対して、小浜さんはとんでもない誤りで、むしろ部落を差別している人びとの方が朝鮮半島人にそっくりで、
差別されている被差別部落の人びとは、東日本人、東北北陸型の人びととむしろ形質上はよく似ているとされています。

小浜さんは被差別部落の人びとが朝鮮半島からきたなどということはまったくの誤りだと強調されているのです。


▲△▽▼


畿内の被差別部落民は縄文人の子孫 _ 2

chielien_4f89277efa984404924a2bf6bさん 2016/8/30 21:55:06

同和地区、被差別部落関連のご相談です。気分を害される方もいらっしゃるかと思いましたがネットで調べても詳しく分からないのでこちらでご相談させていただくことにいたしました。

付き合って5ヶ月ほどの彼氏がいる30代の女性です。

年齢のこともあり、付き合い始めからお互い結婚を意識した中で、お付き合いをしております。付き合って3ヶ月頃には互いの両親にも会うことができ、双方の両親ともに私たち自身は気に入ってくださっています。ただ、、彼のご両親が同和地区や被差別部落出身のことを気にされる方のようで、私の苗字と、両親祖父母の出身地が九州ということを知ると、祖父が部落出身ではないかということを気にされてるということを聞きました。

第三者機関で調べてくださって結構ですとお伝えしたのですが、付き合いもまだ浅く、結婚の話にも具体的になっていないので調べないと言われました。彼もご両親と言い合いになったりして辛い思いをしています。なんとかこれから結婚という先を見て楽しくお付き合いを続けたいと思っているので、彼も私も自分達なりに調べたところ、そちらの出身ではないと思っているのですが、それでは信じてもらえる証拠にならず困っています。興信所に調べてもらいたいと思っています。そこでお聞きしたいのですが、

@自分の曽祖父の代まで、そういう地区出身かどうかというのは調べてもらえるのでしょうか。

A調査の結果は書類としていただけるのでしょうか。

B曽祖父。祖父の出身が同和地区かどうかを調べる場合のだいたいの金額はいくらぐらいでしょうか。

探偵も興信所も、部落問題は取り扱わないと記載されていることが多いので困っています。もちろん私も彼も差別はしてはいけないという考えですが、彼のご両親にも色々と事情があり、彼のことを思って気にしているので、彼とご両親を仲違いさせていることに心苦しいのです。ただ私も彼もお互いこの人と結婚したい‼︎と心から願っています。とはいえ彼の大切なご両親に祝福されないまま強行突破はしたくありません。わがままかもしれませんが、、

とにかく調べる方法がなにかあれば助言をいただけると大変嬉しいです。
また、同じような経験をされた方がいらっしゃったらどのようにされたのかお聞きしたいです。

大変深い悩みで辛い思いをしております。差別だというご叱責は遠慮していただきたいです。

___

Answer katuragi_893さん 2016/9/11 8:49:32

部落とは元来、村の集落を表す単語で昔はズバリ、穢多村・穢多・非人村・非人と言っていましたが、余りに露骨すぎるので今は穢多村・穢多・非人村・非人の隠語で部落を使ってます。同和は「同胞融和」の意味でこれまた穢多村・穢多・非人村・非人の隠語です。(江戸時代中期以前は穢多と非人は違うモノでしたが江戸時代後期?頃から、セックス、混血、共同行動で今では非人も穢多に同化し同じモノです。有名な非人の末裔に「フーテンの寅」こと車 寅次郎がいます)
https://www.youtube.com/watch?v=HR01VW7qpKY
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
穢多とは奴隷の末裔で日本人じゃ無い。諸説あるが

穢多(えた)とは
日本人とは異なる異人種・異民族。
古代、日本人との戦争に負けた民族が日本人に捕えられ奴隷となっていた民族、穢多族。

非人(ひにん)とは
罪を犯した者に与えられる刑罰の一つ。
罪を犯した者は罰として、非人の身分に落とされた。

穢多は奴隷の末裔。具体的には国栖・土蜘蛛の末裔(マレーポリネシア系人種)+蝦夷の俘囚+中世、近世の流民、罪人・賎民との混血。日本人では無い。

室町時代から「卑しい者とは結婚しない。血は一度汚れるときれいにはならない。穢多の子はいつまでも穢多である」との絶対的概念があるから、穢多族の子は確定的に穢多族に成る。それ故、穢多族男女は既成事実作り中出し妊娠H狙って来る傾向があり大変危険です。

超強力な穢多部落優遇が存在してる段階で差別は無いし、現実は非穢多部落民が穢多部落民からヤリタイ放題されてます。穢多部落民忌避は邪馬台国と出雲帝国時代、2300年前からある日本の伝統文化です。西日本では婚姻忌避は存在していますが、あれは差別ではありませんし誰だって穢多の子は穢多で忌避される血筋を入れたくありません。もし、穢多部落民が逆の立場なら絶対穢多部落民の血筋は入れないでしょう。

或る左翼部落問題活動家が自分の息子の嫁に穢多部落民女を忌避し破談にしたのはこの部落の真実知ってるからです。左翼部落問題活動家で息子の嫁に穢多部落民女を忌避した奴は狡い奴です。他人には穢多部落民と婚姻しても何ともないよ言いながら、自分の息子の嫁には人種的、歴史的に穢多と言う階級の真の意味を知ってるかから忌避したんです。ホントに狡い奴です。

穢多部落民との結婚は彼も穢多部落民に成り、産まれて来る子も穢多部落民に成ると言う事です。わかっていましたか?。彼との子供も排除・忌避される側に成るという事です。本音と建て前、違いますから今でも就職忌避・婚姻忌避が現実に存在していますから貴方の子供が成人した時に穢多の血筋で就職忌避・婚姻忌避に遭遇するでしょう。。
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

全部説明したと思いますが私の書き込みを絶えずチェックし絶えず削除
依頼を出す真実を知られたく無い歴史隠蔽、穢多部落民血筋(DNA)拡散
を狙う穢多部落民に付き纏われてるのでコピペで失礼します。

実際、部落の問題にはこれがあり、奴等が「差別するな!!偏見を捨てろ!!差別するな!!偏見を捨てろ!!」と言えた義理ではありません。

山口組ヤクザ約70%の者が部落出身者であり約10%の者が韓国人等の外国人。 カプランとデュブロ

潜入ルポ ヤクザの修羅場(鈴木智彦著 文春ウェブ文庫)

「不良はある程度の年齢になると、ヤクザになるか、右翼になるか、同和にいくか進路を決めるんですわ」彼のいう右翼も同和も”似非”を意味しており、純粋なそれに所属している人間たちにとっては迷惑な話だろう。しかし、彼の何気ない一言は、関西の暴力社会の基本構造をストレートに現している。鈴木智彦は曰く「暴力団と政治団体と人権団体の三位一体は、裏社会最強のコンビネーションだ」、「大阪ではかつて、同和利権を制するものがヤクザ社会を制すると言われていた」。

穢多非人部落=ヤクザ(暴力団)=右翼(政治団体)=解同(人権団体)=全て同じモノで三位一体が現実。

被差別部落と暴力団(鈴木智彦)

穢多非人部落=ヤクザ(暴力団)=右翼(政治団体)=解同(人権団体)=全て同じモノで三位一体が現実で、仮に一般人と穢多非人部落民が婚姻し、その婚姻が破綻し穢多部落民と離婚しょうとしても、離婚する時は、解同(人権団体)が出て来て「差別するな!!偏見を捨てろ!!差別するな!!偏見を捨てろ!!」と喚き散らし一般人の親・親戚の所に押しかけます。

警察は相手が解同(人権団体)なのと民事不介入で介入してくれません。
ヤクザ(暴力団)、右翼団体(政治団体)の場合は警察が介入してくれますが解同(人権団体)の場合は警察が介入しないのを知ってて奴等はやって来ます。
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
穢多部落民は過去戦争を煽動・推進したことから天皇から絶対的に嫌悪・忌避・排除されています。

穢多部落民忌避の根源は天皇が絶対的に穢多を嫌悪・忌避・排除してるからです。千年経っても変わりません。

天皇・皇后、障害者支援施設視察

:質問:
@自分の曽祖父の代まで、そういう地区出身かどうかというのは調べてもらえるのでしょうか。
A調査の結果は書類としていただけるのでしょうか。
B曽祖父。祖父の出身が同和地区かどうかを調べる場合のだいたいの金額はいくらぐらいでしょうか。


:回答:完璧に調べる方法はある。

ただ、貴方が穢多だった場合、自殺、、、。。。魔の宗門人別改帳、江戸時代穢多管理は仏教(宗門)で行っていたので菩提寺が穢多寺なら絶対穢多で一般百姓は原則穢多寺を菩提寺に出来ません。曽祖父の嫁、曽祖母の菩提寺もついでに調べたら完璧に判ります。どの寺が穢多寺だったかは今でも完璧に判ります。逃げられません。徳川幕府の完璧な穢多部落民、嫌悪・忌避・排除に感謝すべきですね。

私は前、この菩提寺による穢多判別の回答をしましたが、穢い穢多部落民共によって削除されました。でも、これが核心です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12163671097

17. 中川隆[-13475] koaQ7Jey 2018年12月25日 09:14:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告

朝鮮から渡来して縄文人・弥生人が先住していた畿内を乗っ取った漢民族の天皇一族についても、現時点でわかっている事だけ纏めておきます:


「朝鮮と日本の神話を考える」 
上田正昭 京都大学名誉教授 (2002年1月26日 講演記録より)

 敬愛してやまない末本徹夫さんがお亡くなりなって早くも2周年になります。仏教で申しますと3回忌になりますが、徹夫さんは京都大学の先輩でもありました。学生でありながら京都市会議員に当選され、人権問題、とりわけ日朝友好促進に力を入れられました。末本徹夫さんを偲んでの2周年の集いに「神話の問題」の話をしてほしいと雛子さんから言われまして喜んで参上した次第です。末本徹夫さんの写真がここに置かれていますが、その志を受け継いでいきたいと念じております。

 今日は「朝鮮と日本の神話を考える」というテーマです。新しい歴史教科書の問題がありますが、歴史学も科学です。小説家の歴史ではなく、歴史的事実を正確に認識することが大前提になります。伝仁徳天皇陵も仁徳天皇が葬ってあるかどうか大変あやしいのですが、伝仁徳天皇陵は私が学長をしていました大阪女子大学の近くにある日本最大の前方後円墳です。巨大な前方後円墳の仁徳天皇陵と伝えられている古墳ですが、堺では大仙という地名がありますので、我々は大仙古墳と言っています。大仙古墳を天皇を尊敬する方々がご覧になったら全長六百メートルの古墳になる。天皇制に反対の方がご覧になったら二百メートルだ、ということでは学問として成り立たない。

歴史は解釈の問題も大事ですが、誰がどういう立場で言おうと、史実は変わらない。正確な史実をまず認識するということが学問としての歴史研究の第一歩です。神話についても皇国史観の人が解釈する神話と、左翼の人が解釈する神話で全く違う評価が生まれるということでは学問になりません。


神話の定義

そこで神話をどう定義するか。定義が正確でないと内容が間違って解釈されることになりかねないと思います。「神話」という漢字の熟語は中国の古典にもありません。漢字文化圏である朝鮮半島の古典にも神話という漢字の熟語はありません。中国の『三国志』にも神話という文字はない。翻訳漢字です。日本の学者が1890年代に英語のmyth,mythusを「神話」と漢字に訳したものです。神話という翻訳漢字は失敗であったと思います。神話は神様の話という単純なものではありません。

日本の古典の中に神話に類似する用語があるか。「神語」というのはあるんです。『日本書紀』、皇極天皇2年、同3年の条、西暦643・644年の条に「神語」と文字があります。「カムガタリ」という方が皆さんがお考えになっている神話の意味がより正確に言えると思います。神の語りです。神話の定義は神話学者の数ほどあると言われるようにいろんな定義があります。

ギリシャ神話とか文字に記録された神話は神話の本来の姿ではないんですね。記録された神話は第二次、第三次の神話です。書かれた神話は本来の神話とは違うということです。文字を知らない人や、民族でも神話を持っています。なぜなら神の語りだからです。耳から口へ、口から耳へと語り伝えていくものが本来の神話です。文字に属するのではなく言葉の世界に属します。ホーリー・ラングウェッジ、聖なる言葉が神話の大事な点です。

沖縄の研究も復帰前から進めてまいりました。沖縄での国際会議にもたびたび招かれています。沖縄が本土に復帰する以前、米軍が占領していた時代、沖縄に行くにはパスポートがいった時代です。その時代から沖縄の調査をしていますが、本島から先島つまり宮古、八重山諸島など台湾に近いところです。

たとえば宮古島では神話が伝わっていますが、記録にはない。巫女さん、「ツカサ」のおばあさんたちが神話を言葉として語り伝えている。祭りの場で伝えられる。記録としてはないわけです。祭りに参加しなければ神話は聞けない。日常は語られません。男子禁制なので入れない。ツカサの神話の語りを録音させてほしいと申し入れて、

「祭りの場でもないのに語れません」

と拒否されました。お供えをして帰ろうとしたらおばあさんが

「待ってなさい。あなたは神の子だという御告げがあったから語ってあげます」

と録音させていただいたこともありました。


記録された神話

 『記・紀神話』といわれているものは、語られた神話ではなくて書かれた神話です。『古事記』は3巻あっては上巻に神話が書いてある。『日本書紀』は30巻ありまして、巻第一と巻第二が神代の話です。『古事記』は和銅5年、西暦712年正月28日に完成しましたが、時の天皇家の立場から作為的に記録されたものです。天武天皇の勅語に

「偽を削り、実を定める」

と書いてある。天皇家の立場からこれはふさわしくないというのは削ってある。天皇家の立場から書いている。神話のすべてを書いてあるわけではありません。


例えば今日の話について皆さんは、私の言葉を速記するなら別ですが、上田の話はここは大事だなと思う箇所を書いておられる。全部書いているわけではない。皆さんの日記でも全部正確に書いているとはいえない。都合の悪いことは自分の都合のいいように書く。日記だから本当のことが書いてあると思ったら間違いです。将来、孫が読むかもしれない。「おじいちゃんはこんなに立派だった」と第三者を予想して書いている場合もある。

記録する時には作為がある。歴史学をやるものは、書かれたものが全て本当だと思うようでは歴史研究をする資格がない。どこが本当で、どこがウソか文献批判が必要です。ラブレターはそれの最たるものです。「私はあなたを愛しています」と書くわけです。その瞬間はそう書くんです。口説くために。騙されて結婚して今日に至っている人もたくさんいると思います。ラブレターの文献批判をしていない。

自由民主党の新聞に書いている内容と共産党の新聞に書いている内容では違うことがありうる。一つの事実がさまざまに記録されるわけです。新聞が書いているからその通りだと思ってはいけない。毎日新聞の立場がある。朝日新聞には朝日の立場がある。6紙くらい読んでどれが真実かと考える。

 これは文字による記録の限界なんですね。書かれた神話には誇張の潤色が入る場合がある。『古事記』や『日本書紀』が日本の神話のすべてだと言っていたら、神話を教科書に載せる資格は全くない。こんな教科書で勉強するのは気の毒です。戦争中はそういう教育を受けた。神話を疑ってはいない。神武天皇橿原宮で即位された。「紀元は二千六百年、ああ一億の」という時は中学2年生でした。昭和15年。私は級長でしたから並んで国旗掲揚をしました。

紀元二千六百年の元年は西暦ではB.C.660年です。縄文時代の晩期の頃です。弥生時代の前です。そういう時代に日本国ができたというのは、少し勉強したらちょっと待ってくれと言わざるをえない。日本国家が縄文時代にできたなんてことはありえない。邪馬台国よりはるかに昔の話ですよ。邪馬台国の卑弥呼の時代は紀元後3世紀前半の話です。そのときから900年くらい昔の話です。日本国が誕生したという考えには幼稚園の子どもでも待ってくれと言わざるをえないのではないでしょうか。だけどそれは『日本書紀』に書いてあるわけです。『日本書紀』に書いてあるからその通りですと言うていたら、ウソということになるわけです。

神話とはなにということを理解していただかないと、これからお話する日本と朝鮮の神話の問題も間違ってくると思います。神話はまさに聖なる言葉でした。

神話とよく似た言葉には「伝説」「昔話」があります。語り伝える口頭伝承です。言葉の世界に属していますが、しかし内容はみな違うんです。

神話は神様が出てくる。この世のはじめ、天地開闢と関係がある。

「この世のはじめにおける神と人との重要な出来事を語り伝えた聖なる言葉」

が神話です。ハレは非日常、ケは日常。神様をお祭りするハレの時に着る着物が本来の晴れ着です。日本人の晴れ着は祭りの日に着る着物です。ケ着は日常の着物です。ハレの非日常の聖なる時と場の語りが神話です。神の行いを信じるという信仰が神話にはある。語られている内容がどんなに非合理であっても。

国産み神話。イザナギとイザナミの命が鉾を天空から海中に下ろして、それが塩で固まって島ができた。次々に国を生んでいく。塩が固まって島ができる、国土ができる。全く不合理な話ですが、語っている人、聞いている人が信じていた。信仰です。祭りの場に参加していないと聞けない。信じてかつてそのような出来事があったことを深く信じている。


 ところが伝説というのは全く違うんです。ある特定の物に則して語られる。伝説には神様が登場しなくてもいい。即物性がある。弘法大師が池をつくられた。弁慶が運んだ石がある。義経が腰をかけた石がある。何か物に則して伝説は語られる。語られている内容は自分たちの祖先がやってきたこととして語る。伝説には何年何月何日、「頃は元禄15年12月14日」は忠臣蔵の日ですが、日時まで物に則して語られる場合がある。

昔話は語られる内容が全く違う。どの昔話でも「昔、昔、あるところに」と時がわからない。伝説は特定している。昔話は特定しない。「で、あったとさ」と語りの最後は結ばれる。もちろん土地の言葉で語られる。伝説や昔話はケの語りです。いろり端で語る。「昼の話はネズミが笑う」という諺がありますが、夜、語られる。

神話はケの語りではない。神を祀るというハレの時と場で語られる。文字を知らないどこの民族でも神話はある。朝鮮民族には朝鮮民族の神話があり、日本民族には日本民族の神話があるわけです。それが後に記録化される。日本の場合は記録化された神話としては『古事記』『日本書紀』が有名です。

『古事記』『日本書紀』以外も我々の祖先のことが書かれているものがあります。『風土記』があります。『古語拾遺』は西暦807 年にまとめられたものです。『風土記』は各国々で編纂されましたから国々にあります。語り部の神話の記録もあります。『万葉集』の中にも『延喜式』にもあります。『先代旧事本紀』の神話もある。『古事記』や『日本書紀』だけが日本神話のすべてではないということを押さえておかないといけないと思います。


朝鮮の神話では

 朝鮮の神話はどうか。もちろん朝鮮民族の神話も最初から文字で書かれたわけではない。好太王碑文は有名ですが、その冒頭は建国神話で、高句麗の祖先はこういう人たちであったと語っているわけです。25、26年前、高句麗文化展がありました。京都市立美術館で朝鮮民主主義人民共和国から貴重なものを送っていただきました。京都を皮切りに巡回されました。私は西日本の高句麗文化展の責任者だったんです。東日本の責任者は騎馬民族説で著名な江上波夫先生でした。

碑は高さが6メーター38センチあります。これをレプリカにして送ってきましたが、美術館に入らない。京都の場合は屋外に展示しました。そのはじめに高句麗の神話が書いてある。広開土王という高句麗の王様の石碑が彼の子どもの長寿王の2年の時に建った。西暦414年、5世紀のはじめです。[史料5]この碑文が有名なのは、碑文に

「由来朝貢而倭以辛卯年来渡」。

西暦391年に倭人が海を渡ってきた。「百殘」は百済です。「新羅以為臣民」と書いてあります。

倭イコール大和朝廷と解釈しているのは歴史的事実に反します。

倭をどう解釈するか問題があるのですが、北九州を中心にする倭の勢力が海を渡ってきて、朝鮮半島の百済、新羅、伽耶を破って臣民にしたと書いてある。


これを明治以来の日本の政府はかつて朝鮮半島は日本の属国であったということをこの碑文を証拠に言ったわけです。その中心になったのは東京帝国大学の先生方ではなく、陸軍参謀本部なのです。そのことを明らかにしたのが、在日の歴史家の李進熈さんです。和光大学の名誉教授の考古学者です。

陸軍参謀本部が改ざんしたのだというのが李さんの説です。李説が発表された時、中国の学者も韓国の学者も台湾の学者も日本の学者もショックを受けた。好太王碑文の陸軍参謀本部の改ざん説が契機になりまして、好太王碑の研究が前進しました。その功績は高く評価していますが、改竄説には賛成してはいないのですが、李さんの問題提起がなければ好太王碑の研究はあれほど盛んになるとは思われません。

共和国の学者も好太王碑についての論文も書きました。中国の学者も書きました。好太王碑をめぐって大変な論争を展開することになります。その火付け役をしたのが李進熈さんです。このことはちゃんと認めないといけないと思います。

 好太王碑が立っているところは中国の吉林省にある集安、鴨緑江を挟んで対岸は朝鮮で共和国の皆さんが歩いておられる姿が見えます、川を挟んで。

その碑文の調査に私は3回行きました。碑文の文字は残っているのですが、剥落して判読できないところも若干あります。

 この碑文が大事なひとつは高句麗の神話が記述されている事です。

朝鮮にも古典はたくさんあります。たとえば『三国史記』がありますが、『古事記』や『日本書紀』より出来たのははるかに遅いんです。1145年に編纂の命をうけて書かれました。12世紀のなかば、日本でいえば平安時代の終わりです。平清盛の頃に書かれた神話を高句麗の本来の神話として議論してはいけない。

高句麗の神話は5世紀にあったということは好太王碑文を見たらわかるわけです。この碑文ができたのは414年です。414年の好太王碑文の最初に神話が書いてある。

「惟昔始祖 牟王之創基也」。

朱蒙が高句麗の基を築いた祖先である。

「出自北夫餘天帝之子」、

天の神様の子どもであって、お母さんは「河伯女郎」なり。河の神の娘である。お父さんは天の神様。お母さんは河の神の娘である。卵を裂けて世に降りる。生まれながらにして聖。

高句麗には5世紀のはじめのころに建国神話があったということは、好太王碑文によってわかるわけです。もちろん書かれた神話ですが、そういう神話が5世紀のはじめに高句麗にあったことを物語っているわけです。


 昨年12月23日の天皇誕生日の前の12月17日、宮中で記者会見があった。記者クラブが7つ質問している。その中の一つが

「来年はワールドカップで日韓共催でやる。天皇はどう思われるか」

という質問に

「自分の先祖である桓武天皇の生母高野新笠は百済武寧王の子孫であった。
韓国とのゆかりを感じます」

と語られたわけです。私にもすぐ朝日新聞社からコメント依頼がきました。私が感動したのは、人物の交流が皇室を含めてあったのだけれども

「不幸な関係があったということも忘れてはなりません」

とちゃんと言っておられる点ですね。そこがあまり報道されてないんです。

 私は朝日のコメント依頼に「そこが大事だ。それを書いてくれなければコメントしない」と申し上げたのです。1月16日、京都新聞には載りませんでしたが、共同通信が後追いの記事を出しました。なるほどと思ったのは「誕生日の記者会見くらいは自分の言葉で言わせてほしい」と言われたそうです。宮内庁のチェックはなかったようですね。宮内庁は大慌てになったということを1月16日の共同通信配信で知りました。私はその日、松江に行っていまして、山陰中央新報で知りました。実はこれは、神話の問題とも関係があります。


桓武天皇のお母さんの高野新笠は、勅撰の歴史書である『続日本紀』が明記するとおり武寧王の子孫ですが、延暦8年12月に亡くなります。お葬式は正月にあった。葬ったのは大枝の沓掛にある旧山陰道の右手の山の中腹。そこに高野新笠のお墓があります。階段を登らないと行けません。延暦9年1月にお葬式をしている。

『続日本紀』に新笠の伝記が書いてある。どういう人だったかということを書いて百済の神話を書いている。そこに書いてあるものを読むと

高句麗の建国神話と百済の建国神話が同じであったことがわかります。今、残念ながら朝鮮人民民主主義共和国と大韓民国は分断されていますが、百済の建国の神話と高句麗の建国神話は同じです。在日の皆さんが自分の祖国の神話も知らずにいるというのでは残念です。


朝鮮と日本の神話の類似性

百済の国は朝鮮半島南部の西側、忠清南道の方です。百済の都は最初はソウルにあったんです。漢城という。南に遷都せざるをえなくなって公州(熊津)へ行く。そこからまた都を移って扶余(泗沘)に移る。

百済の故都はソウルです。百済の古い歴史を調べようとするとソウルの周辺を調査しないとわからない。

百済の建国の始祖は高句麗の神話と同じで、新笠の伝記の最後に都慕王(朱蒙)の子孫でお母さんは河の神の娘であると書いてあります。

新笠の伝記の中に書いてある神話は高句麗の朱蒙の神話なのです。


 共和国と韓国が分かれるのは北方は狩猟民が多くて、南方は農耕民族だと。そもそも民族が違うのだという南北分断を合理化するような説がありますが、それは大きな間違いです。

同じ神話を持っているわけです、南の百済と北の高句麗は。

伽耶という国、慶尚南道の方です。釜山から大邱にあった国です。始祖は首露という。

 「三国遺事」。13世紀の半ばに編まれた史書です。

そこに「駕洛国記」という伽耶の国の歴史を書いた文章が引用してあります。

伽耶の国の建国神話があります。[史料4]

「後漢世祖光武帝」「建武十八年」は紀元36年。「壬寅三月禊浴之日」。

禊ぎを3月にやっている。雛祭りの日です、3月の節句。中国の春禊の風習は朝鮮半島にも入っています。禊ぎの日に神様が降臨してくる。

「所居北亀旨(クシ)」。

今も首露を祀っている廟があります。

「有殊常聲気呼喚。衆庶二三百人集会於此」。

変な声が聞こえてきたので村人が峰に二、三百人集まった。人の声のようなものがするけれども、形は見えない。ここに人ありや否や。

「九干等云 吾徒在 又日 吾所在為何 對云亀旨」

と言ってお降りになった。これは伽耶の国の降臨神話です。


 天降りの神話です。そこで『古事記』(上巻)に[史料1]

「故爾に天津日子番能邇邇藝命に詔りたまひて、天の石位を離れ、天の八重多那雲を押し分けて伊都能知岐知和岐弓、天の浮橋に宇岐土摩理、蘇理多多斯弖、竺紫の日向の高千穂の久士布流多気に天降りまさしめき」。

高千穂の峰と書けばいいのにわざわざ古事記は「久士布流」という形容をしている。亀旨と同じです。高千穂の峰にクシという言葉がついている。

 「此地は韓國に向ひ、笠沙の御前を眞来通りて、朝日の直刺す國、夕日の日照る國なり。故、此地は甚吉き地。」

という言葉があります。

 高千穂伝承には[史料2]

「筑紫の日向の高千穂の槵觸峰」

「日向の槵日の高千穂の峰」

「日向の襲の高千穂の槵日の二上峰」。

いずれもクシという字があります。

朝鮮の神話と日本の神話に類似性があることを教えてくれます。

それだけではなく

「日向の襲の高千穂の添山峰」。

それを『日本書紀』(巻第二)[史料3]では「曾褒理能耶麻」と云ふ。
わざわざ「そほりの山」と読むと書いてある。

朝鮮半島では聖なる場所のことを「ソホリ」と言う。
韓国の都をソウルというのは聖なる場所という意味なんです。

『三国史記』には百済の最後の都・泗沘(シヒ)のことを所夫里(ソホリ)といっています。
高千穂の聖なる山ということが朝鮮の言葉のソフルと記されています。

天から神が降りてくる、その場所をクシとかソホリという言葉を使っていることに注目して下さい。


朝鮮と日本の神話の相違性

 日本の神話と朝鮮の神話は極めて類似性がある。
玄界灘を隔てて隣り合っている国ですから共通性がある。
日本の神話と朝鮮の神話には共通性がある。

比較というのは似ている点だけをすることではない。どこがどう違うかということを正しく理解することが極めて重要です。朝鮮の文化と日本の文化のどこが共通しているか。

日本の中に朝鮮の文化がこんなにたくさんある。
遺跡めぐりをしても朝鮮の文化が各地にある。
それにあわせてどこがどう違うかという、共通性だけでなく独自性も見ていないと、本当の友好、連帯はできない。全く同じだったら改めて勉強する必要はないんです。キムチと漬物の文化とは違うじゃないですか。

なぜ違ってきたのかを正しく理解しなければ、本当の連帯はできない。同じだと言ってばかりいると「日鮮同祖論」になる。祖先は同じなんだから日本に朝鮮が併合されてももとは一緒ではないかという論理と類似のものになってくる。どこがどう違うかということだけを言っていても具合悪いんですね。共通性と独自性の両方を理解することが必要だと思います。


 書かれた日本の神話と、書かれた朝鮮の神話の決定的に違うところが三つあります。それも知っておく必要がある。

クシの峰、天降った山の名は類似している。

けれども、日本の神話では「荒ぶる神」がいた。降ってきて平定するんです。

高天原から降って「言向和平」する。


朝鮮の神話では違う。民衆が

「どうか神様降ってください」

とお祈りすると降ってくる。 [史料4]「又曰 

皇天所以命我者 御是處 惟新家邦 為君后為茲故降矣 称須掘峯頂撮土 歌之云 亀何亀何」。

もしもし亀よ亀さんよと歌うわけです。

「首其現也 若不現也 燔灼而喫也」。

亀さんの姿を現せ、そうでなければ焼いて食べるぞと。民謡だと思います。

「以之踏舞 則是迎大王・歓喜踴躍之也」。

神が降ってきたといって民衆が喜び、踊り回る。

「歓喜踴躍」する。すばらしいシーンです。


 朝鮮の高句麗や百済、伽耶の神話の場合は卵が天から降ってきて、それが割れて中から誕生する。卵から生まれるという卵生型は日本の神話にはありません。

 そして朝鮮の神話ではお供を連れて天降ってこない。単独降臨です。

日本ではお供の神様がついてくる。

アメノコヤネの命は中臣氏の祖先です。瓊瓊杵尊と一緒に天降ってくる。

後の天皇家の周辺の有力貴族の祖先も一緒に天降ってくる。
朝鮮には檀君神話を除いて随伴神伝承はないんです。
後の時代はお供が増えますが。そのように内容が違う。


 もとは共通であったはずの朝鮮と日本の神話がなぜこのように違ってきたのか。

語られた神話、『古事記』『日本書紀』に書かれる段階で、すでに我が国には天皇制があった。

天皇制を背景にできあがった『古事記』『日本書紀』の神話に対して、朝鮮の場合は貴族の合議制。王者はいるのですが、貴族が合議しながら政治をやる(和白制)。

よりデモクラティックな民主的な要素の強い朝鮮社会と、我が国のように天皇制を中心にする社会体制ができあがっている。記録化の背景が違ってくる。社会の仕組みが違うので神話の内容も専制的なものになっていく。極めてデモクラティックな朝鮮との違いができたのではないかというのが私の説です。文庫本(日本の神話を考える)をお持ちの方もおありのようですが、そこにも詳しく書いておりますので参考にして下さい。


 韓国、朝鮮は日本と最も近い国です。善隣友好、隣と仲良くできなくて、どうしてアメリカ、ヨーロッパと仲良くできるか。近くで対立しているようでは、国際化日本にはなれないと思います。そのためには日本の文化と韓国、朝鮮の文化のどこが共通しているかを確かめると同時に、なぜこんなに違ってきたのかということを相互に詳しく理解しなければ本当の信頼関係は生まれないと思います。国際化ということは、相手を知ることがまず第一です。

我々が朝鮮の文化、朝鮮の歴史、朝鮮の生活を知る。そして己を知る。自分を知る。日本人が日本を知らなくて国際化なんてできません。在日の皆さんもそうです。朝鮮の皆さんが朝鮮のことを知らなくてどうして国際化ができますか。朝鮮民族が日本のことだけを知っているのではなく、己を知ることも大事です。いかに友好の関係史があったか。そのことにあわせて極めて不幸な侵略の歴史、大変なご迷惑をかけた、拭うことのできない歴史も忘れてはなりません。

共通の認識と共にどこがどう違うか。異質性、独自性の認識が正しい理解を生むのだと思います。共通性もありますが、違う点もあることをよくご理解いただきたいと思います。以上で終わらせていただきます。

ご静聴ありがとうございました


質問 三つだけ教えてください。

@神話は科学的に実証することができるかどうか。
A真床追衾(まとこおふすま)について。
B邪馬台国について。


上田 神話を正しく理解するには書かれた神話、記録化した時にどこにどう手を加えたということを知ることが大事です。原像を復元することはむずかしいと思います。しかしその作業をなおざりにはできません。

 2番目の真床追衾。マは形容語で、寝床の床です。高御座の台です。
被りものを被って降臨する。オブスマは被りもの。スマは中が空洞になっているものです。

 3つ目に邪馬台国、卑弥呼の時代は3世紀前半です。
邪馬台国は私の考えでは前期邪馬台国と後期邪馬台国に二つに分けて考えられる。

後期邪馬台国は畿内の大和だと思います。前期は九州だと考えています。

講談社学術文庫『大和朝廷』に私の説が書いてありますのでお読みください。大王家の祖先は邪馬台国の卑弥呼になるのですが、神武天皇が北九州から入ってくる。北九州から大和に入ってくる伝承を全くの架空とは断言できない。西から東に王権が移ったということがあったに違いない。考古学は1、2世紀の文化は畿内大和より北九州の方が進んでいる。3世紀では畿内大和が進んでいる。

弥生時代の前期は九州の方が進んでいる。弥生時代後期は断然大和が進んでいる。2世紀後半に遡る可能性がある。最近は畿内説の方が調子がいい。畿内説から九州説に寝返った人もいるが、私は一貫して畿内説ですが、生え抜きの畿内ではない。邪馬台国後期の畿内論です。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/kouzaueda.html


▲△▽▼

「朝鮮隠し」 と 「日本神話」
「白村江の戦」で新羅に破れ国を追われた百済人は、故郷を追われた怨念もあったであろうか、追われた身としてではなく「天から降臨した神の子」として新天地づくりに熱情を傾けた。自分たちの国として、自分たちの位置づけを明確化し、故郷に対する優越意識を高めるために、「朝鮮隠し」なるものを発揚させたのである。

「日本」という国号を作り、「我々は日本人である」という意識高揚が、現日本人の祖先の位置づけを曖昧化させた。朝鮮系の地名・人名を変え

加羅→唐 高麗→呉 金→今、

その風潮は1300年経った現在も消えず、朝鮮の痕跡を顕在化させまいとする歴史が今でも点灯している。


「日本神話」の真実

ソウル市内の国立中央博物館で韓国の「檀君神話」 と「日本の建国神話」 を比較考察する学術会議が開催されたとき、アジア史学会会長 上田正昭氏の論文が事前公開された。その際、上田氏の

「天孫が空から降りる韓国と日本の神話には類似性が多い」

という記述に注目が集まったという。日韓の神話を比較研究してきた上田氏は、

日韓の天孫は山頂に降臨しており、共通点が多い

と主張。百済の神の存在が、日本で継続的に命脈を受け継いできたと指摘しているという。


日本の建国神話は、韓国の「檀君神話」の影響を大きく受けており、この事実は韓国だけでなく日本史学界でも認められているという。「日本神話」は、主に八世紀初めに書かれた「記紀」の記述がもとになっている。

この説は、「駕洛国記」による韓国の降臨地「亀旨kuji」と「記紀」による降臨地「久志」の音がそっくりであることからも否定できないという。


日本にも朝鮮にも、「仏教」以前から「神道」が存在している。

「神道」は、朝鮮半島の古代文化を形成した北方民族 (騎馬民族) のシャーマニズムに由来すると言われている。北方民族のシャーマニズムは「天孫降臨神話」をもっており、「天孫降臨神話」が日本にも朝鮮にもあるということは、騎馬民族によって形成された朝鮮文化の流れに日本も乗っていることになる。

弥生時代から急増した朝鮮渡来人が、倭国へ「神道」をもちこんだのはごく自然な流れだろう。


梅原猛は「芸術新潮(2009年)」の大特集「古代出雲王朝」で、

「日本書紀の記録や出雲で発見された古墳・遺跡・大社の社などから判断すれば、

スサノオは朝鮮半島から出雲へ来た

という説が正しい。スサノオがヤマタノオロチを切った刀は韓鋤の剣であることからしても、スサノオが韓国から来た神であると考えるのが最も自然であろう。

スサノオに始まる出雲王朝には朝鮮の影が強く差している。」

と述べている。さらに、梅原猛は、著書『葬られた王朝―古代出雲の謎を解く』で、

「出雲王朝の創立者は韓国系と考える。

その証拠に出雲王朝の遺跡から銅鐸が出てきた。
銅鐸の起源は韓国の貴族が双馬馬車につけていた鈴だ。
スサノオが韓国からきたとする説はますます有力になっている。
新しい日韓関係を見せてくれる。韓国に注目しなければならない。
古代日本にとって、韓国は文明国であったし、さまざまな文化を伝えてくれた。」


と述べている。


出雲市の斐伊川の上流に「鳥髪」という所がある。

市町村合併によりその地名なくなったが、奥出雲の「鳥上小学校」「鳥上公民館」の「上 かみ」は「髪」の音から転用した語である。

AD四世紀ごろ スサノオは韓国の「소머리 somoli 牛頭」から奥出雲の「鳥髪(とりかみ)」へ渡来し、「たたら流し」のリーダーとして名を成した人であるという。

スサノオは砂鉄によって「草薙の剣」を作った偉人という伝説があり、「草薙の剣」はヤマタノオロチの尾にあった剣のことである。「記紀」の神話を書く際に、フィクションのモデルにされたのはスサノオであろうという説がある。奇妙に思うかもしれないけれども、

「記紀」を書いたのは渡来人(主として百済のエリート)であり、「記紀」が書かれるより300年前の伝説の人 スサノオも渡来人である。

「日本神話」の成立についてのこのような話は、現在の日本人にとって想像を超えた物語に聞こえるだろう。


「소머리 somoli 牛頭」と「鳥髪(とりかみ)」は同じ言葉で、「소 so 牛」が「새 se 鳥」に転訛し、「머리 moli 頭 髪」は「鳥髪」の「髪」と同じ言葉であるという。

スサノオが天から降りて来たという神話は、朝鮮の「天孫降臨神話」を模したものでフィクションに過ぎない。このような真実を、馬鹿馬鹿しい想像によるものであると影に移し、「記紀」が書かれて1300年たった現在ですら「スサノオ」と「ヤマタノオロチ」は日本神話の真髄である。朝鮮の影が映っている歴史は影に過ぎないと追跡せず、朝鮮由来の歴史は朦朧と曖昧化されている。従って、日本の古代史の書籍には「謎である」という解釈が目立ち、日本語のルーツは明治以来150年にたってもわからないのだから、今後も「謎だらけ」であろうと豪語する学者らしき人の書籍が店頭を飾っている。
http://japanese130.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-1eca.html


[庚戌国辱100年紙上座談会・上]韓日元老6人が100年を論ずる
◇古代からの韓日交流史 2010年04月14日 中央日報/中央日報日本語版

−−韓国と日本は古代からさまざまな交流をしてきた。 お互いどんな影響を及ぼし合いながら現在の社会文化を形成してきたと考えるか。

梅原猛=中国の先進文化は韓国を経由して日本に入った。
私は今月、『葬られた王朝―古代出雲の謎を解く』という本を出すが、

出雲王朝の創立者は韓国から来たと考えている。

『日本書紀』に多くの文書があるが、そのうち3つの文書は‘韓国系’と把握している。 これは新しい考えだ。

弥生(BC200−AD300)時代には日本海(東海の日本式表現)側が日本の中心部だった。 したがって越の国、今の新潟県から移ってきた国が出雲を支配していたが、韓国から来たスサノオ(日本神話の人物)が出雲を越の国の支配から独立させた。

出雲王朝の創立者は韓国系と考える。

その証拠に出雲王朝の遺跡から銅鐸が出てきた。 大和王朝の鏡に代わるものだ。 銅鐸の起源は韓国の貴族が双頭馬車に付けて入った鈴だ。

(神話に出てくる)スサノオが韓国から渡ってきたとする説はますます有力になっている。

新しい日韓関係を見せてくれる。 韓国にまた注目しなければならない。 古代日本にとって韓国は文明国であったし、さまざまな文化を伝えてくれた恩人だった。

朴泰俊(パク・テジュン)=古代韓国は日本に文明を伝授した。
ポスコがある迎日湾の村には、『三国遺事(サムグクユサ)』に記録されている新羅時代の「延烏郎細烏女」という夫婦の話が伝えられている。

この夫婦が日本に‘太陽と月’(光)を伝え、王と王妃に推戴されたという話だ。

‘光’は文明を意味する。

1973年に迎日湾には日本の協力で新しい‘光’が誕生した。 溶鉱炉の光、すなわち浦項製鉄だった。 迎日湾を背景に両国間でやり取りした‘光’の話は、両国関係の未来を照らす灯火と考えてもよい。 韓日間には日本の侵略と植民地という痛ましい歴史もあったが、お互い助け合いながら発展した時期も多かった。
http://japanese.joins.com/article/246/128246.html?sectcode=&servcode=A00

▲△▽▼

2017-05-31 日本神話=朝鮮神話
http://japbuster.hatenablog.com/entry/2017/05/31/092557

日本人が天から舞い降りた民族でもなければ日本から生えてきた民族でも無い以上日本人はどこからかやってこなければならない。そしてそれは間違いなく朝鮮半島であった。日本神話は確実に朝鮮神話に源流を持つ。日本神話で有名な八咫烏も高句麗のシンボルである。

↓高句麗の壁画に描かれた八咫烏

f:id:JAPbuster:20170531091628j:plain

八咫烏とは、当社の主祭神である家津美御子大神(素盞鳴尊)のお仕えです。 日本を統一した神武天皇を、大和の橿原まで先導したという神武東征の故事に習い、 導きの神として篤い信仰があります。

八咫烏について - 熊野本宮大社 | 公式サイト

平安から鎌倉時代にかけて皇族や貴族から篤い信仰を受けた熊野神社の主祭神は朝鮮半島ソシモリ出身のスサノオであり、そのお仕えである八咫烏は高句麗のシンボルである。熊野神社は高句麗系渡来人の神社であったのだろう。スサノオは朝鮮半島のソシモリから虵の韓鋤の剣を携えやってきてヤマタノオロチを退治した。「虵の韓鋤の剣」は間違いなく朝鮮製の剣であろう。ヤマタノオロチは蛇である。日本の古くからの信仰は蛇信仰である。蛇信仰は注連縄や鏡餅や土器などに見ることができる。脱皮し永遠の命を持つと思われた蛇は信仰の対象であった。その蛇を朝鮮半島からやってきた神が朝鮮製の剣で退治したヤマタノオロチの神話は示唆的である。これは渡来人が蛇信仰の土着倭人を殺戮した歴史では無いだろうか。

f:id:JAPbuster:20170531093454j:plain

古神道とはどのようなものか考えたときそれは原始的なアニミズムであっただろう。その特徴を色濃く残す神社と言えば諏訪大社である。諏訪大社の巨木信仰はまさにアニミズムだろう。また諏訪大社ではソソウ神という蛇神やミシャグジ神を祀っている。柳田国男もこれを先住民族の信仰と考えた。諏訪大社の主祭神は建御名方神と八坂刀売神である。建御名方神といえば国譲り神話でこっぴどくやられた神であり八坂刀売神は記紀神話には存在しない諏訪土着の神である。おそらく土着の倭人が朝鮮系の民族に追いやられた歴史を反映していると考えられる。縄文の信仰を残す諏訪大社と国を譲らざるを得なかった神。偶然の取り合わせでは無いだろう。実際縄文系のDNAは日本の周縁へと追いやられている。朝鮮系渡来人である弥生系DNAは日本の中心に分布している。

f:id:JAPbuster:20170531095826j:plain

古神道を考える上で忘れてはならないのが出雲大社である。記紀の3分の1の記述は出雲のものであり、全国にある8割の神社には出雲系の神が祭られているという。間違いなく古神道といえるだろう。出雲大社の主祭神は大国主大神である。国譲りで国を明け渡さなければならなくなった神であり、大和へその地位を譲らなければならなかった古代出雲文明の神であろう。事実、大国主神は祟り神として知られている。大国主神は国津神の主祭神であり土着の神である。大国主神もまた縄文系の土着の倭人の神であろうか。出雲大社にも流れ着いた海蛇を祀る風習があるという。古代の蛇信仰も色濃く残した神社である。研究によれば出雲の人々のDNAは朝鮮人や中国人とは違うようだ。やはり出雲大社は土着の倭人の神社であるように思われる。

f:id:JAPbuster:20170531125845g:plain

比較的新しい信仰が天照大神信仰であろう。天照大神は天津神である。渡来人の神であろう。天照大神は機織りや稲作を行う記述があることからも渡来人であることが伺える。天孫降臨神話においても天照大神の孫にあたる瓊瓊杵尊は「この地は韓国に面して、笠沙の岬にも通じており、朝日と夕日が照らす素晴らしい土地である」と発言したように、朝鮮半島との関係をうかがわせる。天照大神は皇室の祖神であり、国家神道の主祭神である。大化の改新の後に皇祖神となったと言われている。持統天皇が日本書紀を編纂させた。その日本書紀が天照大神に特別な地位を与えたと言われている。
http://japbuster.hatenablog.com/entry/2017/05/31/092557


▲△▽▼


朝鮮と日本の神話の類似性
上田正昭 京都大学名誉教授(2002年1月26日 講演記録より)

百済の国は朝鮮半島南部の西側、忠清南道の方です。百済の都は最初はソウルにあったんです。漢城という。南に遷都せざるをえなくなって公州(熊津)へ行く。そこからまた都を移って扶余(泗沘)に移る。

百済の故都はソウルです。百済の古い歴史を調べようとするとソウルの周辺を調査しないとわからない。

百済の建国の始祖は高句麗の神話と同じで、新笠の伝記の最後に都慕王(朱蒙)の子孫でお母さんは河の神の娘であると書いてあります。

新笠の伝記の中に書いてある神話は高句麗の朱蒙の神話なのです。


 共和国と韓国が分かれるのは北方は狩猟民が多くて、南方は農耕民族だと。そもそも民族が違うのだという南北分断を合理化するような説がありますが、それは大きな間違いです。

同じ神話を持っているわけです、南の百済と北の高句麗は。

伽耶という国、慶尚南道の方です。釜山から大邱にあった国です。始祖は首露という。

 「三国遺事」。13世紀の半ばに編まれた史書です。

そこに「駕洛国記」という伽耶の国の歴史を書いた文章が引用してあります。

伽耶の国の建国神話があります。[史料4]

「後漢世祖光武帝」「建武十八年」は紀元36年。「壬寅三月禊浴之日」。

禊ぎを3月にやっている。雛祭りの日です、3月の節句。中国の春禊の風習は朝鮮半島にも入っています。禊ぎの日に神様が降臨してくる。

「所居北亀旨(クシ)」。

今も首露を祀っている廟があります。

「有殊常聲気呼喚。衆庶二三百人集会於此」。

変な声が聞こえてきたので村人が峰に二、三百人集まった。人の声のようなものがするけれども、形は見えない。ここに人ありや否や。

「九干等云 吾徒在 又日 吾所在為何 對云亀旨」

と言ってお降りになった。これは伽耶の国の降臨神話です。


 天降りの神話です。そこで『古事記』(上巻)に[史料1]

「故爾に天津日子番能邇邇藝命に詔りたまひて、天の石位を離れ、天の八重多那雲を押し分けて伊都能知岐知和岐弓、天の浮橋に宇岐土摩理、蘇理多多斯弖、竺紫の日向の高千穂の久士布流多気に天降りまさしめき」。

高千穂の峰と書けばいいのにわざわざ古事記は「久士布流」という形容をしている。亀旨と同じです。高千穂の峰にクシという言葉がついている。

 「此地は韓國に向ひ、笠沙の御前を眞来通りて、朝日の直刺す國、夕日の日照る國なり。故、此地は甚吉き地。」

という言葉があります。

 高千穂伝承には[史料2]

「筑紫の日向の高千穂の槵觸峰」

「日向の槵日の高千穂の峰」

「日向の襲の高千穂の槵日の二上峰」。

いずれもクシという字があります。

朝鮮の神話と日本の神話に類似性があることを教えてくれます。

それだけではなく

「日向の襲の高千穂の添山峰」。

それを『日本書紀』(巻第二)[史料3]では「曾褒理能耶麻」と云ふ。
わざわざ「そほりの山」と読むと書いてある。

朝鮮半島では聖なる場所のことを「ソホリ」と言う。
韓国の都をソウルというのは聖なる場所という意味なんです。

『三国史記』には百済の最後の都・泗沘(シヒ)のことを所夫里(ソホリ)といっています。
高千穂の聖なる山ということが朝鮮の言葉のソフルと記されています。

天から神が降りてくる、その場所をクシとかソホリという言葉を使っていることに注目して下さい。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/kouzaueda.html

▲△▽▼


高天原故地碑

高天原故地碑(たかまがはらこちひ)は、大韓民国慶尚北道高霊郡の加耶大学校内にある石碑。日本神話の天津神が住む高天原は、ここであると記されている。


慶尚北道 高霊郡 地図
https://map.konest.com/daddr/4783034032


高天原は実在の地域を反映しているとする説は古くから存在し、第二次大戦後は主としてアマチュア研究家によって朝鮮半島説も唱えられることがあった。当初その比定地とされたのは、戦前から一部の研究家によってスサノオが立ち寄ったという新羅のソシモリの候補とされた、『冬のソナタ』のロケ地として知られる江原道春川市であって、慶尚北道高霊郡ではなかった。


春川に代わって名乗りをあげたのが高霊郡であった。加耶大学校の李慶煕総長がこの説の主唱者で、1999年6月28日に「高天原故地」と記された石碑が建立された。


李慶煕の主張


この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2010年10月)


李慶煕総長の主張によると

高皇産霊尊は、高と霊の字が含まれるので、高霊郡で誕生した[1]。

東国與地勝覧に書かれている伽耶の天神夷毗訶の次男伊珍阿豉(イジンアシ)はイザナミと発音が似ている。そのため、伊珍阿豉はイザナミである。

任那の任は現代の韓国語で「主人」「母」を意味する。そのため、任那は『主人の国』や『母なる国』を意味する。

高千穂の添山(そおりやま)は韓国の首都ソウルと発音が似ている。そのため、添山はソウルを指す。


と、いうことだそうである。

これらの主張は、2001年に訪韓した筑波大学の馬渕和夫名誉教授らの賛同を得ている。このとき、馬渕教授は李総長の主催する学会で「朝鮮民族が日本を征服し大和王朝を建てた」と発表している[2]。


脚注

1.^ 以下、特に論評はしない。
2.^ 『韓国 堕落の2000年史―日本に大差をつけられた理由』 加耶大学校客員教授 崔基鎬 著
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%A4%A9%E5%8E%9F%E6%95%85%E5%9C%B0%E7%A2%91


▲△▽▼


10. 2013年7月13日 17:47:40 : WUs3UH3xVg

天皇のルーツが渡来系である可能性は昔から指摘されています。

これは近代国家の枠組みから外れるために、社会一般にも研究者間でもある種のタブー、
として扱われていた事は、昭和の時代から存在していました。
例としては、天皇家の埋葬が土葬で、朝鮮式の埋葬法で古墳と似て山のような
盛り土である事は知られています。
古い時代の古墳が調査禁止となっているのは、そこから物的証拠が出てくるからです。

それは何を意味するかというと、大陸との繋がりを示すからですね。
終戦直後の占領軍はそうした調査を行ったようですが、現在は出来ない。
宮内庁が許可しないでしょうから、ですね。
当時の認識として、日本を象徴する人物が海外に関係していたとするならば、
それは多くの人の混乱を招いたでしょうから簡単には認められない問題でしょう。


日本という国が単一民族ではない、という点もその通りです。
日本が単一民族といった概念を採用したのは近代国家の枠組みが成立する過程で
生み出された概念に過ぎません。
現実は違い、古来から移民の国として存在する、というのが正しいです。


民俗学的考古学的に調査を行った話としては、天皇のルーツは朝鮮半島の38°線付近の
小さな集落に、風習がとても似た村があると指摘されていて、それらは紛争地帯である
ために容易に近づく事は出来ないだろう、同行した当時KCIA局員の話としては、
そうした天皇の由来について何らかの事情を知っていたらしく、意見を聞かれ
「知らない方が良いこともあるのだ」と答えたという研究者の話が伝わっています。

この話はあるメディアに流れました。

38°線付近の集落という事は、朝鮮半島の南北の中間点であるので、
仮にこの付近が関連する村であると、南だけではなく北とも天皇は接点を持つ
可能性が浮かび上がります。

(私の直感として、天皇と北の接点が存在した場合に拉致問題と関係して
いなければ良いなあ、と思うのですが、、、、、気にしすぎでしょうかね)

こうした話題はタブーに属するので、ある種のオルタナティブメディアで
爆弾発言として現れる事も当時としては多かったように思います。

天皇が戦争とどう関わったかについては、総括することは必要だという考えは
理解しますが、
戦前の体制や、戦後の状況からいっても、昭和の時代、平成一桁の時代において
戦争経験者が多く存在する時代ですし、
天皇制や天皇と戦争との関連を法的に取り扱う事は、容易ではない
といえるでしょう。

そうした意味では、棄却理由は無理があるとはいえ裁判所が天皇の戦争との関わり
以外に出自等歴史的タブーに絡み、歴史に挑戦するというのも難しいので、
棄却は無理も無いといえるでしょう。
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/523.html

▲△▽▼


昔、三宅さんから聞いた話 2012-11-16

あのころは、三宅さんに、竹村健一さん、飯島清さんが、


テレビで活躍中だった。


空港まで車で三宅さんを迎えに行った。


高速道路を走りながら車中で、


昭和天皇の話になった。


三宅さんが、日本史の江上波夫さんから聞いた話だと。


あの騎馬民族説の江上さんですね。


そう。


天皇陛下との晩餐で、歴史学者の江上波夫さんが、


昭和天皇に質問したそうだ。
陛下は、オフレコならばと前置きして答えられたそうだ。

Q:先祖は、どこから来たものだと思われますか?
A:朝鮮半島だと思う。
Q:どうしてそう思われますか?
A:皇室の重要な行事のなかで、お供えするもので、シルトックという餅がある。
これが、朝鮮半島由来のものだから、そう思います。

と答えられたと。


三宅さんは続けて、これはいまわれわれが普通に食べている、


もち米からの餅ではなくて、うるち米からつくる。


現在、文化庁は皇室の先祖の古墳を、保存という名目で閉鎖し公開してない。
古墳を公開すると、天皇家のルーツがはっきりするためだ。
と教えてくれた。


昭和天皇ゆかりの話をしたかったようだ。


いま、あのときの顔を思い出しています。


三宅さん、歯切れのいい話で、


日本の左傾化に歯止めを掛けていた。


やすらかにお眠りくださいますように。
https://blog.goo.ne.jp/akirakasan/e/a6f887959603d8e10b513314716d3643


▲△▽▼


hoh********さん 2016/2/13 01:29:09

神武東征は実際にあったとすれば、西暦何年頃の出来事だと思いますか?


pin********さん 2016/2/13 21:23:55

「日本書紀の神武紀」を見ると、彼らは、大阪湾までやってきて、「登美のナガスネヒコ」との戦闘の時に、舟で日下の蓼津(現在の東大阪市日下町付近)まで進出して来ます、そこでの戦闘で、兄の五瀬命が負傷したので、南方(現在の大阪市淀川区西中島南方付近)を舟で経由して撤退し血沼海(茅渟海、大阪湾)に出たとの記述があります。

現在の地形では、「蓼津も南方」も陸地で、舟で到達したり通過したりすることができません。

でも、250年から300年頃の弥生時代の後半には、大阪湾の奥に河内湾というのがあり、この二つの湾を分断するような半島状の地形(片町台地)の先端部分が開いていて、海水が河内湾にも流入していたのです。

その後、堆積物によりふさがって河内湖になり、ふさがったところが「南方」です。

このように、「神武」が東征してきた時の状況がリアルに伝えられていますので、時期としては、250年から300年ごろのことだと考えられます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13155826588


▲△▽▼


文献は語る −日本神話

1.天孫降臨


天孫降臨の話は、基本的には高天原の神々がその直系の神を高天原から地上の世界へ降ろし、地上を支配していた国津神たちから国土を譲り受ける、あるいはそのまま支配する話なのだが、これは以下のような構成になる。

(1)天菩比神と天若日子の派遣
(2)建御雷神と事代主・建御名方神の交渉
(3)迩迩芸命の降臨
(4)迩迩芸命と木花之咲夜姫

このうち(1)、(2)はオオクニヌシの支配する葦原の中津国、すなわち出雲地方のことで、この物語は天孫降臨よりも、「出雲の国譲り」としてのほうが知られている。しかしこれも意味合いから言えば天孫降臨である。「国譲り」とはぶんどった方の呼び方であって、取られた方からすれば略奪であり、占領である。

難波や日向に天下った際には特別な記事はないのに、出雲だけ何故建御名方神が抵抗したのか。おそらく、当時の国々の中では出雲だけが、高天原(天津神(渡来して北九州にいた集団)たちの国)に抵抗できるだけの体制(軍備・文化・技術等々)を持っていたからに相違ない。これは、出雲が北九州とは独立して、遙か昔からの先進文化を受け入れていたことを示している。

葦原中国を平定後、アマテラスは最初、我が子天之忍穂耳命(オシホミミノミコト)に、葦原中国を統治するように命じたが、オシホミミノミコトに子が生まれ、アマテラスは、その子番能邇邇藝(ホノニニギノミコト)を降臨させる。 最初命を受けたオシホミミノミコトが、降臨の役目を辞退してしまうのはなぜかよくわからない。アマテラスは、天児屋命(アメノコヤネノミコト)、布刀玉命(フトダマノミコト)、天宇受売命(アメノウズメノミコト)、伊斯許理度売命(イシコリドヒメ)、玉祖命(タマノオヤ)を孫のニニギノミコトに付けて、共に地上に行くように命じ ニニギノミコトに、八尺の勾玉(ヤサカノマガダマ)、八尺鏡(ヤタノカガミ)、そして草薙剣(クサナギノツルギ)を授ける。更に、思兼神(オモヒカネノカミ)、天手力男神(タヂカラヲノカミ)、天石門別神(アメノイハトワケ)、らにニニギノミコトと一緒の天降りを命じた。ニニギノミコトには、

「この鏡を私の魂と思って、私の前で拝むような気持ちでいつも敬うように」

と下命した。一行の降臨を国津神の猿田彦神(サルタヒコ)が待ち受けていた。こうして、ニニギノミコトは、高天原を離れ、随行する神々と、途中、天の浮橋から浮島に立ち、筑紫の日向の高千穂の峰に天降った。

この地は韓国に向き、笠沙の岬にまっすぐ道が通じていて、朝日がまぶしくさす国であり、夕日が明るく照りつける国でもあった。ニニギノミコトはここに宮殿を造るが、ニニギノミコトが天降った高千穂という伝説地は、宮崎県西臼杵郡高千穂町と宮崎・鹿児島両県にまたがる高千穂峰が有名である。天孫降臨の話は、古事記と日本書紀では若干違っており、日本書紀では本伝のほかに多くの異伝を伝えている。天上から地上への降臨による地上支配の発生という神話は、東アジアを中心にして多くの民族に共通し、それらを北方的な要素とみなす見解もある。 天孫降臨のあとは、いわゆる日向神話における山幸彦・ウガヤフキアヘズ命の誕生を経て、初代神武天皇へと直結する。


--------------------------------------------------------------------------------


古事記での「天孫降臨」


故爾に天津日子番能邇邇藝命に詔りたまひて、天の石位を離れ、天の八重多那雲を押し分けて、伊都能知和岐知和岐弖、天の浮橋に宇岐士摩理、蘇理多多斯弖、竺紫(=筑紫)の日向の高千穂の久士布流多氣(くじふるたけ)に天降りまさしめき。故爾に天忍日命、天津久米命の二人、天の石靫を取り負ひ、頭椎の大刀を取り佩き、天の波士弓を取り持ち、天の眞鹿兒矢を手挾み、御前に立ちて仕へ奉りき。故、其の天忍日命、天津久米命是に詔りたまひしく、

「此地は韓國に向ひ、笠沙の御前を眞來通りて、朝日の直刺す國、夕日の日照る國なり。故、此地は甚吉き地。」

と詔りたまひて、底津石根に宮柱布斗斯理、高天の原の氷椽多迦斯理て坐しき。
(倉野憲司・武田祐吉校注「古事記・祝詞」岩波書店、1993年)


日本書紀での「天孫降臨」

「時に、高皇産靈尊、眞床追衾を以て、皇孫天津彦彦火瓊々杵尊に覆ひて、降りまさしむ。皇孫、乃ち天磐座を離ち、且天八重雲を排分けて、稜威の道別に道別きて、日向の襲の高千穂峯(たかちほのたけ)に天降ります。既にして皇孫の遊行す状は、くし日の二上の天浮橋より、浮渚在平處に立たして、そ宍の空國を、頓丘から國覓き行去りて、吾田の長屋の笠狹碕に到ります。」
(坂本太郎・家永三郎・井上光貞・大野晋校注「日本書紀 上」岩波書店1993年)

(注;)日本書紀では複数ヶ所に「天孫降臨」が記されている。すべて「一書に曰く」という引用によるものであるためそれぞれに表現が異なっており、天孫降臨の地も上記「高千穂峯」の他に「くしふるの峰」「二上峰」「添(そほり)の山の峰」などと記されている。


日向國風土記逸文での「天孫降臨」

「日向の國の風土記に曰はく、臼杵の郡の内、知鋪(=高千穂)の郷。天津彦々瓊々杵尊、天の磐座を離れ、天の八重雲を排けて、稜威の道別き道別きて、日向の高千穂の二上の峯に天降りましき。時に、天暗冥く、夜昼別かず、人物道を失ひ、物の色別き難たかりき。ここに、土蜘蛛、名を大くわ・小くわと曰ふもの二人ありて、奏言ししく、「皇孫の尊、尊の御手以ちて、稲千穂を抜きて籾と為して、四方に投げ散らしたまはば、必ず開晴りなむ」とまをしき。時に、大くわ等の奏ししが如、千穂の稲を搓みて籾と為して、投げ散らしたまひければ、即ち、天開晴り、日月照り光きき。因りて高千穂の二上の峯と曰ひき。後の人、改めて智鋪と號く。」
(秋本吉郎校注「日本古典文学大系2 風土記」岩波書店)


--------------------------------------------------------------------------------


梅原猛は、この神話は一般に「天孫降臨」として知られるが、最初は「天子降臨」だったのではないか、という指摘をしている。この神話の原典は古事記・日本書紀・万葉集だが、万葉集が一番古い資料で、古事記・日本書紀では確かに 「天孫降臨」になっているが、万葉集では『日の皇子』という表現になっていて、『皇孫』ではない。そこで梅原は、万葉集の原型が作られたのが、まだ持統天皇の子供の草壁皇子が生きていた頃で、その後草壁皇子が早死にしてしまい、持統天皇は孫の軽皇子(後の文武天皇)に位を譲るべく活動していた時に、この孫に国を治めさせるという話が成立したのではないか、としている。なかなか興味深い推察である。


天孫が降臨した「高千穂」を巡っても諸説ある。古事記では、竺紫(=筑紫)の日向の高千穂の久士布流多氣(くじふるたけ)、日本書紀では「一書に曰く」と諸説あるため、高千穂峯(たかちほのたけ)、久志振流岳(くじふるだけ)などに降臨した事になっているが、宮崎県の高千穂町と、鹿児島の霧島山系・高千穂の峰が「高千穂峯」の本家争いをしているのは有名な話である。しかしその「くじふるだけ」という呼び方から、大分県の「久住岳」(くじゅうだけ)と言う意見もあるし、福岡県の英彦山には、天忍穂耳神が降臨されたという伝説があり、農業や鉱業などの守り神として今も信仰されている。


本居宣長(1730年〜1801年)は、高千穂は二説あり、どちらか決めがたいと言っている。「彼此を以て思へば、霧嶋山も、必神代の御跡と聞え、又臼杵郡なるも、古書どもに見えて、今も正しく、高千穂と云て、まがひなく、信に直ならざる地と聞ゆれば、かにかくに、何れを其と、一方には決めがたくなむ、いとまぎらはし。」(『古事記伝』十五之巻)

 
また宣長は、二説併記のみならず、移動説も提示している。「つらつら思ふに、神代の御典に、高千穂峯とあるは、二処にて、同名にて、かの臼杵郡なるも、又霧嶋山も、共に其山なるべし、其は皇孫命初て天降坐し時、先二の内の、一方の高千穂峯に、下着賜ひて、それより、今一方の高千穂に、移幸しなるべし、其次序は、何か先、何か後なりけむ、 知るべきにあらざれども、終に笠沙御崎に留賜へりし、路次を以て思へば、初に先降着賜ひしは、臼杵郡なる高千穂山にて、其より霧嶋山に遷坐して、さて其山を下りて、空国を行去て、笠沙御崎には、到坐しなるべし」
(『古事記』十七之巻)


前出梅原猛氏は、「天皇家の“ふるさと”日向をゆく 新潮社刊」の中で、この本居宣長説について、ニニギノミコトが稲作技術を持って笠沙御崎に上陸したが、シラス台地は稲作に適した場所ではないため、弥生時代中期から後期頃に臼杵郡の高千穂に入り、西都から霧島へ移動したのではないかとこの説を補強している。

2000年9月14日(木)から17日の間、第38回歴史倶楽部例会で、「南九州/神話・遺跡の旅」と称して、宮崎神宮・西都原古墳群・高千穂町・上野原遺跡・橋牟礼川遺跡・水迫遺跡などを廻ってきた。高千穂町はほんとに山深い鄙びた町である。こんな所に神々が降ったとは一寸思えない。しかしそれは、一大生産地としての観点から見ればであって、神話に言うただ降りてきただけの「降臨の地」とすれば納得できない事ではない。山深い幽玄な雰囲気はそれを十分感じさせるだけの説得力を持っている。だが神話を離れて、外来民族か或いは他地方からの民族移動を「天孫降臨」だとすれば、この地はあまりに辺境すぎる。あまりにも山の中である。天孫ニニギの尊が、「葦原の中つ国」を治めるために降りて来るには一寸ばかり山峡すぎる。日向に三代に渡って住んだと記紀は書いているが、高千穂から日向の国へ移ったという記述はない。とすれば、降りてきた高千穂にニニギニミコト、ウガヤフキアエズ、カンヤマトイワレビコと三代住んだと考える方が自然だろう。それにしてはここはあまりにも山の中である。ここでは東に良い国があるなどという情報も到達しないのでは、と思える程辺境だ。


(以下古事記による。)

--------------------------------------------------------------------------------


爾くして、天照大御~・高木の~の命(みことのり)以ちて、太子(おおみこ)正勝吾勝勝速日天忍穗耳(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみ)の命に、

「今、葦原中國を平らげ訖(おわ)りぬと白す。故、言依(ことよ)」

さし賜いし隨(まにま)に降り坐して知らせ」

と詔りき。爾くして其の太子正勝吾勝勝速日天忍穗耳の命、答えて、


「僕、將に降らんと裝束(よそ)える間に、子、生まれ出でぬ。 名は天邇岐志國邇岐志(あめにきしくににきし)天津日高日子番能邇邇藝(あまつひたかひこほのににぎ)の命、此の子を降すべし」


と白しき。 此の御子は高木の~の女、萬幡豐秋津師比賣の命に御合して生める子、天火明(あめのほあかり)の命、次に日子番能邇邇藝の命【二柱】也。是を以ちて白しし隨に、日子番能邇邇藝の命に科(おお)せて、「此の豐葦原水穗の國は汝が知らさん國と言依さし賜う。


故、命の隨に天降爾くして日子番能邇邇藝の命、將に天より降らんとする時に、天之八衢(あめのやちまた)に居て、上は高天原を光し、下は葦原中國を光す~、是れ有り。故、爾くして天照大御~・高木の~の命以ちて、天宇受賣の~に、

「汝は手弱女人(たわやめ)に有りと雖も、伊牟迦布(いむかふ)~と面勝(おもかつ)~ぞ。故、專(もは)ら汝往きて將に、

『吾が御子の天降らんと爲す道に、誰ぞ如此して居る』と問え」

と詔らしき。 故、問い賜いし時に答えて、

「僕は國つ~、名は猿田毘古(さるたびこ)の~也。出で居る所以は、天つ~の御子、天降り坐すと聞きし故に、御前に仕え奉らんとて參い向い侍る」

と白しき。


爾くして、天兒屋(あめのこやね)の命・布刀玉(ふとだま)の命・天宇受賣(あめのうずめ)の命・伊斯許理度賣(いしこりどめ)の命・玉祖(たまのおや)の命、并せて五伴緒(いつとものお)を支(わか)ち加えて天降しき。是に其の遠岐斯(おきし)、八尺勾(やさかのまがたま)、鏡、及び草那藝の劍、また常世思金の~、手力男の~、天石門別(あめのいわとわけ)の~を副え賜いて詔らさくは、

「此の鏡は專ら我が御魂と爲て、吾が前を拜むが如く伊都岐(いつき)奉れ。次に思金の~は前の事を取り持ちて政を爲せ」

と、のりき。此の二た柱の~は、佐久久斯侶伊須受能宮(さくくしろいすずのみや)を拜み祭る。次に登由宇氣(とゆうけ)の~、此は外宮の度相(わたらい)に坐す~也。


次に天石戸別の~、またの名を櫛石窓(くしいわまど)の~と謂い、またの名を豐石窓(とよいわまど)の~と謂う、此の~は御門の~也。次に手力男の~は佐那縣(さなあがた)に坐す也。故、

其の天兒屋の命は【中臣連(なかとみのむらじ)等の祖(おや)】。
布刀玉(ふとだま)の命は【忌部首(いんべのおびと)等の祖(おや)】。
天宇受賣(あめのうずめ)の命は【猿女君(さるめのきみ)等の祖(おや)】。
伊斯許理度賣(いしこりどめ)の命は【鏡作連(かがみつくりのむらじ)等の祖(おや)】。
玉祖(たまのおや)の命は【玉祖連(たまのおやのむらじ)等の祖(おや)】。


故、爾くして天津日子番能邇邇藝の命に詔りて、天の石位(いわくら)を離れ、天の八重の多那(たな)雲を押し分けて、伊都能知和岐知和岐弖(いつのちわきちわきて)、天の浮橋に宇岐士摩理蘇理多多斯弖(うきじまりそりたたして)筑紫の日向の高千穗の久士布流多氣(くじふるたけ)に天降り坐しき。故、爾くして天忍日(あめのおしひ)の命、天津久米(あまつくめ)の命の二人、天の石靭を取り負い、頭椎(くぶつち)の大刀を取り佩き、天の波士弓(はじゆみ)を取り持ち、天の眞鹿兒矢(まかごや)を手挾み、御前に立ちて仕え奉りき。

故、

其の天忍日(あめのおしひ)の命【此は大伴連(おおとものむらじ)等の祖(おや)】、
天津久米(あまつくめ)の命【此は久米直(くめのあたい)等の祖(おや)也】。

是に詔らさく、

「此地は韓國に向かい、笠紗(かささ)の御前に眞來通(まきどお)りて、朝日の直(ただ)刺す國、夕日の日照る國也。 故、此地は甚吉(いとよ)き地」

と、詔りて、底津石根に宮柱布斗斯理(ふとしり)、高天原に氷椽多迦斯理(ひぎたかしり)て坐(いま)しき。


【ホノニニギの、諸文献における表記】

古事記 天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命
天津日高日子番能邇邇芸命
天津日子番能邇邇芸命
日子番能邇邇芸命
日本書紀 天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵尊
天国饒石彦火瓊瓊杵尊
天津彦国光彦火瓊瓊杵尊
天津彦根火瓊瓊杵尊
彦火瓊瓊杵尊
天之杵火火置瀬尊
天杵瀬尊
火瓊瓊杵尊
天津彦火瓊瓊杵尊

風土記 天津彦火瓊瓊杵尊
天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵尊
天国饒石彦火瓊瓊杵尊
天津彦国光彦火瓊瓊杵尊
天津彦根火瓊瓊杵尊
彦火瓊瓊杵尊
瓊瓊杵尊
哀能忍耆命

先代旧事本紀 天津彦火瓊瓊杵尊
天饒石国饒石天津彦々火瓊々杵尊


ホノニニギの神名の多さと長さは記紀にもあまり例がない。ちょっと異常と思えるほどだが、想像をたくましくすれば、北九州の高天原からあちこちへ降臨した神々がいたのではないかと思わせる。日向へ降ったホノニニギはその一人で、神話が形成されていく過程で、ホノニニギ一人に集約されたもののようにも思える。ホノニニギの「ホ」は「穂」であり、ニニギは「にぎにぎ」の意で「賑やかな」「賑わう」と解釈し、稲穂が豊穣に実っている様を表していると言われる。

また、ホノニニギは「天神御子」とも称され、神から天皇へ繋がる系譜上の重要なポイントに位置し、先に見たように、記紀編纂当時の、持統天皇・草壁皇子・文武天皇の皇位継承問題の事情が反映されているのではないかとも言われる。日本書紀九段本書では、天孫降臨の任務は初めからホノニニギであり、赤ん坊の姿でマトコヲフスマに包まれて降臨している。ホノニニギは、崩じた後日本書紀によれば「可愛之山綾」に葬られ、現在その場所は、鹿児島県川内市宮内町や、宮城県延岡市北方の可愛岳などが想定されている。


「国譲り」神話を、何らかの史実を秘めた伝承であるとする立場からすれば、冒頭にも記したように、これは明らかに民族間の領土移譲を含めた権限委譲である。若干の武力抗争もあっただろうが、「国譲り」と表現されるような、圧倒的な軍事力の違いの前に、国を譲らざるを得ないような状況があったのだろうと想像できる。見てきたように、それは北九州の高天原に、出雲の葦原の中津国が屈したのだと考えれば、以後の歴史展開が、考古学の成果も含めて一番説明が容易である。そうやって北九州の、当時の日本列島で一番勢力が強かった一団が、出雲や畿内や南九州を屈服させていったのだろうと思われる。天孫降臨は、それらの屈服させた領地へ派遣する司令官とそのお供の武官達を任命した、いわば壮行会であり、辞令交付式だったのだろうと思われる。そして時代を経て、それは高天原と国津神たちの支配する中津国とのお話として神話となって伝承された。


高天原の神々が降臨に用いる乗り物は天の磐船であり、雲であり、その上に乗って大勢のお供とともに天下っている。これは明らかに海上を船によって移動したことを示唆している。陸上を馬や徒歩で移動したのであればこういう表現にはなっていない。これは高天原が少なくとも近畿ではなかったことを強く物語る有力な証左である。


2.日向三代


天孫「ニニギの尊」が高天原から高千穂に降臨して以来、「ウガヤフキアエズ」「カンヤマトイワレビコ(神武天皇)」と、三代に渡って日向に住んだという事になっており、これを「日向三代」と呼ぶ。「神武東征」については、「邪馬台国の東征」と並び古代史の重点項目である。戦前、戦中は真剣に(現代でもそうだが。)、高千穂の峰や「日向三代」の所在を巡って大論争が巻き起こっていた。今日の視点からすればずいぶんと滑稽な論争もあったようである。

神話を全く否定した「唯物史観」の立場にたてば、神話そのものの基盤が虚構なのだから、その上に立っての議論など何の意義もないと言うことになろう。しかし、すぐ側の西都原(さいとばる)古墳群を見ると、確かに、古代この地方に何らかの有力な勢力が存在していた事を実感させる。古墳群は現にここにあるのだから、これを否定する事はできない。呼応して我が国の古史がそれに似た話を残しているとなれば、もっとその方面の研究がなされてもいいような気もする。


こういう意見を言うとすぐ「軍国主義」とか「皇国史観の復活」とか言われるのは困ったものである。いいかげん、学問からイデオロギーを取り去って欲しいもんだが。


さて、ニニギの尊が地上に降りてからある時、海岸で一人の美女に出会う。迩迩芸命が名を尋ねると

「私は大山津見神の娘で木花之咲夜姫(このはなのさくやひめ)といいます。」

と答えた。そこでニニギは咲夜姫に結婚を申し込むが、咲夜姫は

「私の父に言って下さい」

と答える。そこで迩迩芸命が大山津見神の所に行き、咲夜姫との結婚を申し込むと大山津見神は喜んで、姉の石長姫も一緒に娶ってくれといい、婚礼用品を添えて二人の娘をニニギの元にさしだした。

ところが石長姫の方は醜女だったため、ニニギは大山津見神の所へ返してしまう。すると大山祇神は怒り、

「石長姫とも結婚していたら、あなたの子孫は石のように永遠の命を持てたのに。咲夜姫とだけの結婚でしたら、あなたの子孫は木の花のようにはかなく散り落ちていくでしょう」

と答えた。古事記は、だから代々の天皇の寿命は短いのだとコメントしている。

さて、その咲夜姫だが、ニニギとは一度しか交わらなかったのに、その一回の交わりだけで妊娠してしまう。ニニギは、1回交わっただけで妊娠するとは、と疑った。咲夜姫は、

「これは間違いなくあなたの子供です。その証拠に私は火の中で子供を産みましょう。私が正しければ神の加護があるはずです」

と言い、産気付くと家に火を付け、その中で3人の子供を産み落した。その子供は産まれた順に、火照命・火須勢理命・火遠理命という。火照命が別名海幸彦、火遠理命が別名山幸彦である。山幸彦はまた、天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)という名を持つ。


海の神の娘、豊玉姫神と結婚し、やがて鵜葺屋葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を産む。彼は豊玉姫の妹で、育ての親でもある玉依姫神(たまよりひめのかみ)と後に結婚して、神武天皇が産まれる。


--------------------------------------------------------------------------------


是に天津日高日子番能邇邇藝能命、笠紗の御前に麗しき美人に遇いき。爾くして、

「誰が女ぞ」

と問いき。答えて、


「大山津見の~の女、名は~阿多都比賣(かむあたつひめ)、またの名は木花之佐久夜毘賣(このはなのさくやびめ)と謂う」

と白しき。また、

「汝、兄弟有りや」

と問いき。答えて、

「我が姉、石長比賣(いわながひめ)在り」

と白しき。 爾くして、

「吾は汝と目合(みあ)わんと欲う。奈何に」

と詔りき。答えて、

「僕は白すことを得ず。僕が父、大山津見の~、將に白すべし」

と白しき。故、其の父の大山津見の~に乞い遣りし時に、大きに歡喜びて其の姉の石長比賣を副(そ)えて、百取(ももとり)の机代の物を持たしめて奉り出だしき。故、爾くして其の姉は甚凶醜きに因りて、見畏みて返し送り、唯に其の弟の木花之佐久夜毘賣を留めて一宿、婚爲き。爾くして大山津見の~、石長比賣を返ししに因りて大きに恥じて白し送りて、

「我(あれ)の女、二並(ふたりとも)に立て奉りし由は、石長比賣を使わさば、天つ~の御子の命、雪零り風吹くと雖も、恆に石の如くして、常わに、堅わに動かず坐さん、また木花之佐久夜毘賣を使わさば、木の花の榮ゆるが如く榮え坐さんと宇氣比弖(うけいて)貢進(たてまつ)りき。此く石長比賣を返らしめて、獨り木花之佐久夜毘賣を留むる。故に天つ~の御子の御壽(みいのち)は木の花の阿摩比能微(あまひのみ)坐(ま)さん」

と言いき。故、是を以ちて今に至るまで天皇命(すめらみこと)等の御命(みいのち)は長くあらぬ也。


--------------------------------------------------------------------------------


豊玉姫は妊娠し、天津神の御子は海の中で生んではならないと地上へやってきた。そして渚に鵜の羽を茅葺(かやぶき)にした産屋を建ててくれと山幸彦に頼み、異郷の者が出産するときには、すべて元の国の姿になるので、出産現場を見ないでくれと頼む。山幸彦は見ないと約束するが、心配と好奇心で産屋を覗いてしまう。そこに居たのは、八尋(やひろ)ワニの姿に戻った豊玉姫がいた。驚く山幸彦に、約束を破って姿を見られたからにはもうここにはいられないと豊玉姫は、我が子ウカヤフキアヘズノミコトの世話を、妹である玉依姫神に託すと単身海の国へと戻っていった。


山幸彦ことホヲリノミコト(火遠理命)は、日向で580年生き、高千穂の山の西に葬られた。ホヲリノミコトの子、アマツヒコヒコナギサタケウカヤフキアヘズノミコト(天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命)は、やがておばの玉依姫神と結ばれ、イツセノミコト(五瀬命)、イナヒノミコト(稲氷命)、ミケヌノミコト(御毛沼命)、ワカミケヌノミコト(若御毛沼命)が生まれた。ワカミケヌノミコトの別名は、カムヤマトイハレビコノミコト(神倭伊波礼昆古命)と言った。

ミケヌノミコトは常世国へ行き、イナヒノミコトは母のいる海原に入った。


故、後に木花之佐久夜毘賣、參い出でて、

「妾(あれ)は妊身(はら)みぬ。今、産む時に臨みて、是れ天つ~の御子にして、私(わたくし)に産むべきにあらぬが故に請(もう)す」

と白しき。爾くして、

「佐久夜毘賣、一宿(ひとよ)にや妊(はら)める。是れ我が子に非ず。必ず國つ~の子ならん」

と詔りき。爾くして答えて、

「吾が妊(はら)める子、若し國つ~の子ならば、産むこと幸くあらず。若し天つ~の御子ならば幸くあらん」

と白して、即ち戸の無き八尋殿(やひろどの)を作り、其の殿の内に入り、土を以ちて塗り塞(ふさ)ぎて、方(まさ)に産まんとする時に火を以ちて其の殿に著(つ)けて産む也。 故、其の火の盛りに燒ゆる時に生める子の名は、火照(ほでり)の命【此は隼人(はやと)の阿多(あた)の君の祖(おや)】。 

次に生める子の名は、火須勢理(ほすせり)の命【須勢理の三字は音を以ちてす】。 

次に生める子の御名は、火遠理(ほおり)の命、またの名は天津日高日子穗穗手見(あまつひたかひこほほでみ)の命【三つ柱】。

(略)

是に海の~の女、豐玉毘賣の命、自ら參い出でて、

「妾(あれ)は已(すで)に妊身(はら)みぬ。今産む時に臨みて此(これ)を念(おも)うに、天つ~の御子を海原に生むべくあらず。故、參い出で到れる也」と白しき。爾くして即 ち其の海邊の波限(なぎさ)に鵜の羽以ちて葺草と爲て産殿を造りき。

是に其の産殿の未だ葺き合えぬに御腹の急(にわ)かなるに忍(た)えず。故、産殿(うぶや)に入り坐しき。爾くして將方(まさ)に産まんとする時に其の日子に白して、「凡そ他(あた)し國の人は産む時に臨みて本(もと)つ國の形を以ちて産生(う)むぞ。故、妾(あれ)今本の身を以ちて産まんと爲(す)。願う妾を見る勿(なか)れ」


と言いき。是に其の言(こと)を奇しと思いて竊かに其の方(まさ)に産まんとするを伺えば、八尋和邇(やひろわに)と化りて匍匐(はらば)い委蛇(もごよ)いき。

即ち見驚き畏みて遁(に)げ退(そ)きき。爾くして豐玉毘賣の命、其の伺い見る事を知りて心恥(はずか)しと以爲(おも)いて、乃ち其の御子を生み置きて、

「妾は恆に海の道を通りて往來(かよ)わんと欲(おも)う。然れども吾が形を伺い見ること、是れ甚(いと)(はずか)し」

と白して、即ち海坂(うなさか)を塞(ふさ)ぎて返り入りき。

是を以ちて其の産める御子を名づけて、天津日高日子波限建鵜葺草不合(あまつひたかひこなぎさたけうがやふきあえず)の命と謂う。然くして後は、其の伺いし情(こころ)を恨むと雖ども戀(こ)うる心に忍(た)えずして、其の御子を治養(ひた)す縁(よし)に因りて、其の弟(おと)の玉依毘賣(たまよりびめ)に附(つ)けて歌を獻(たてまつ)りき。 

(略)

故、日子穗穗手見(ひこほほでみ)の命は、高千穗の宮に坐(いま)すこと伍佰捌拾歳(いほとせあまりやそとせ)。御陵(みささぎ)は、即ち其の高千穗の山の西に在り。是の天津日高日子波限建鵜葺草葺不合の命、其の姨(おば)の玉依毘賣の命を娶りて生みし御子の名は、五瀬(いつせ)の命。次に稻氷(いなひ)の命。次に御毛沼(みけぬ)の命。

次に若御毛沼(わかみけぬ)の命、またの名は豐御毛沼(とよみけぬ)の命、またの名は~倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)の命【四つ柱】。故、御毛沼の命は浪の穗を跳(ふ)みて常世(とこよ)の國に渡り坐し、稻氷の命は妣(はは)の國と爲(し)て海原に入り坐しき。


古代、南九州には隼人と呼ばれる一族がいた。山幸彦に降伏した海幸彦は、溺れたときの所作を演じ、ふんどしをつけ顔や手足を赤く塗り、俳優の技をして弟を慰めたといい、そして、この子孫が隼人であるといわれる。海幸・山幸神話は、皇孫である山幸彦に隼人の祖である海幸彦が服従するという、隼人の朝廷への服従起源でもある。この話は、もともと南九州にいた隼人族の伝承であったといわれており、その伝えていた芸能隼人舞の由来話という形で、その首長の前で演じられていたのではないかといわれている。猟具の交換を発端とする海底国への訪問、失った釣針などに類似する話としては、喜界島の「竜神と釣縄」という話があり、そのほか、パラオ等、インドネシアからミクロネシアにかけて類似した話が語られている。


日向国が、現実の南九州の日向であったかどうかについても色々な議論がなされている。日向とは現在の宮崎県ばかりでなく、大隈と薩摩を含んだ地域であるとすると、それは隼人族の住む未開の地でもあるので、皇室の祖先はそうした未開の地は原郷にしないという説もあるし、日向とは単なる「太陽の照らす聖地」という意味にすぎないという説もある。そもそも邪馬台国問題と同じで、或いはそれ以上に情報量は少ないので、神話や民俗学に興味がある者なら、いかようにも解釈できることになる。

日向三代の神話が全て隼人族の伝承だったとすると、「コノハナサクヤヒメの神話」「海幸山幸の話」も同じくインドネシア、ミクロネシアに類似した神話が多くあるので、隼人族そのものも南方種族ではないかとする説もあり、かなり有力視されている。しかし、日向三代神話が隼人の伝承であったとすると、これを大和朝廷が皇室の神話系譜の中に取り入れたのは何故なのか、またいつごろなのかという問題が残る。


北九州の高天原から南九州へ移動した一団がほんとにいたのだと解釈すれば、宮崎に残る西都原古墳群やこの神話の持つ意味も理解できる。日向に三代も住めば、そこが地理的に日本列島の統治にとって都合のいい場所ではないと判明したかもしれないし、もっと実りの多い、稲作に都合の良い平野を抱えた地方が東にあるという情報も、派遣した先兵や偵察隊が報告していたかもしれない。実際に、後に神武天皇と呼ばれる人物が東を目指して旅だった可能性も高いが、私が邪馬台国東遷説にいまだ同意できないのは、もし、高天原=北九州、天照大神=卑弥呼だとすると、その後の邪馬台国はどうなったのかという疑問が未だに解けないからでもある。邪馬台国から日向へ降りてきたニニギは日向で勢力を発展させるが、では北九州に残った邪馬台国はどうなったのだろうか。依然として勢力を保っていたのなら、東遷するのは北九州の高天原でなくてはならない。しかるに、近畿を平定するのは日向に住んだイワレビコなのだ。


3.神武東遷


初代の天皇である神武天皇(カムヤマトイハレビコノミコト)は、日向国に天下りした邇邇芸命(ニニギのみこと)の曾孫にあたる。神武の時期から人代で、それ以前は神代とされる。神武の一族は、日向国高千穂宮に住んでいたが、兄のイツセノミコトと共に、東国に豊かな土地を求めて移住を始め、豊国宇佐足一騰宮(あしひとつあがりのみや:

大分県宇佐市)、竺紫岡田宮(福岡県遠賀川河口)、阿岐国多祁理宮(たけりのみや:広島県府中町)、吉備高嶋宮 (岡山市高島)、青雲の白肩津(東大阪市日下町)、紀国男水門(大阪府泉南郡樽井町)、熊野村(和歌山県新宮町)、吉野の川尻(奈良県吉野郡)を経て、宇田(奈良県宇陀郡)へ到着した。

岡田宮に一年、多祁理宮に七年、高島宮には八年も滞在したとされる。瀬戸内海を渡った神武は、難波の津で長髄彦に抵抗され、兄・五瀬命を失うが、和歌山の大台ヶ原から大和に入り、長髄彦を破って大和の平定に成功し、辛酉年春正月一日に、橿原宮で即位し、百廿七歳で、橿原宮にて死んだ。


-------------------------------------------------------------------------------


宇佐に行く前、二人は速吸門(はやすいのと:豊予海峡)で亀の甲羅に乗って釣をしている人間を見つける。お前は誰かと尋ねると国つ神だといい、海路をよく知っているというので案内人とし、サヲツネヒコ(棹根津日子)という名をあたえる。

-------------------------------------------------------------------------------


  一行は難波に上陸するが、登美(奈良市富雄町)の豪族、ナガスネビコ(那賀須泥昆古)が軍勢を率いて攻めてきた。戦闘はナガスネヒコが優勢で、イツセノミコトも敵の矢を受ける。イハレビコは

「日の神の御子である我々が、日に向かって攻め入ったのが良くなかった」

として、日を背にして敵を撃とうと紀州沖を南下し熊野から内陸をめざすが、兄のイツセノミコトは船上で絶命してしまった。今、イツセノミコトの御陵が紀伊の国の竈山にある。

-------------------------------------------------------------------------------


イハレビコは、和歌山から南に回って、熊野村に到着したが、大きな熊に出会い、やがて一行の兵士達は突然気を失い、次々に倒れ伏す。そのとき一振りの太刀をもった男が現れ、イハレビコに剣を献上した。この太刀で、イハレビコは熊野の山の荒ぶる神を退治した。この時剣を献上したタカクラジ(高倉下)が、イハレビコに剣を渡した訳を説明する。

夢をみて、夢にアマテラスとタカギノカミが現れ、二人は、タケミカヅチ神を呼び寄せて

『葦原中国はひどく騒然としており、我が御子たちは病み悩んでいるようだ。かの国はそなたが服従させた国なのだから、もう一度そなたがいって御子たちを助けてこい。』

と。タケミカヅチは、

『私が降らなくても、かの国を平定した太刀がありますから、このサジフツノカミ(佐士布都神)を降しましょう』

と、タカクラジが授かって届けに来たのだという。さらにタカクラジは、夢の中で、タカギノカミからの伝言を預かっていると言う。

「荒れすさぶ神がたくさんいるから、天つ神の御子をこれ以上奥に行かせてはならない。」

「今、天上からヤタガラス(八咫烏)を遣わそう。そして、そのヤカガラスが先導するので、その後についていくように。」

ヤタガラスの後を追いながら吉野川の川下にたどりついたカムヤマトイハレビコは、魚をとっている人物に出会った。 さらに進むと、井戸から尾の生えた人物に出会った。さらに、山に入ると尾の生えた人物が岩を押し分けで出てきた。それぞれ、天津神の御子が来るというので、出迎えにきた国つ神だった。そして、奈良県の宇陀という場所にたどりついた。タケミカヅチから授かったこの霊剣、サジフツノカミは別名、フツノミタマ(布都御魂)といい、現在石上神宮に鎮座している。


-------------------------------------------------------------------------------


これが神武東征神話の概略である。戦前は史実として流布され、戦後は一転して全面的に否定された。辛酉年は紀元前660年にあたり、1月1日は太陽暦の2月11日にあたるとされる。神武天皇は、なぜ辛酉年に即位したと考えられたのだろうか。中国人の革命思想は、天地を支配する天帝は、人民の中から仁の心に富んだ男を選び、愚民を支配する権力を委任する。

天子は道徳的な力に満ちた男であるが、その権力を譲られた子孫はそうとは限らない。人民を痛めつける天子は、もはや天子ではなく、新たに自分が天子だと自覚する男が、これを殺すことが正当化される。これを革命(革令)といい、このうち、辛酉年には新しい王朝が建てられるという。ただし、60年ごとの辛酉年ではなく、60年の21倍の1260年ごとの辛酉年である。600年代はじめ、推古天皇の摂政だった聖徳太子を責任者として、国史の編纂が行われた。西暦601年が辛酉年であり、ここから1260年さかのぼった紀元前660年が、神武天皇の即位の年と計算され、日本書紀にも引き継がれたのである。神武天皇は、紀元前660年の人物であり、この時期は縄文時代とされているから、とても実在の人物とはいえない。産能大教授の安本美典説では、歴代天皇の平均在位数の計算から、天皇の在位期間は、過去にさかのぼればさかのぼるほど短くなる。そして一代の天皇の平均在位年数は約10年とする。これは日本だけでなく、中国の王の在位年数の場合も、西洋の王の場合も同じ傾向を示しているのである。


ここから導き出される結論は、神武天皇以後、全ての天皇が実在すると考えても、神武天皇の活躍した時代は280年から290年くらいにしかならない。つまり大和朝廷の一番初めは、邪馬台国の時代に届かないことになる。つまり大和朝廷の始まりは、邪馬台国以後である、ということになるのである。

これは、邪馬台国=弥生時代、神武以後=古墳時代という私の史観と合致する。わたしはこの「神武東遷」に象徴される、九州からの勢力が東へ東へと進み大和朝廷を築き上げたと考える説に賛同する。それは中国の文献や我が国の考古学の成果とも、今の所は一番合致していると考えるからである。しかし神武天皇に比定される人物、或いは一団が、ほんとに日向から来たのか、それとも九州の他の地域から来たのかまでは、まだわからない。

だが明らかに、弥生時代から古墳時代に移り変わる我が国の考古学上の状況は、西から新しい文化文明が東へ移ってきたことを示しているし、奈良盆地の中に縄文人が古くから住み付き、純粋な日本人として培養されて、やがて稲作を取り入れ、農耕具や青銅器を自分たちで考えたとはとうてい思えない。それらは明らかに西の九州から来たのであり、厳密に言えばそれは北九州で、更にその源は朝鮮半島であり、中国大陸である。そしてそれらは、散発的な移動はともかく、神武東遷に象徴される、北九州の一団によって近畿地方にもたらされたものとする考え方が一番合理的である。


-------------------------------------------------------------------------------


古事記・日本書紀に書かれている天孫降臨や神武東遷伝承が、大和朝廷の役人達によって机上で述作されたものであるという考え方は、全くの想像である。記紀が編纂されてから今日まで、そういう事を書いてある古文献は1点も存在しない。それを、述作されたものであるとか、創作されたものだとする考えは、完璧に主観的判断に基づいて、歴史をねつ造しているのと同じである。

歴史学者・考古学者たちの第二次世界大戦における敗戦のショックと、戦前・戦中を通じて、強権に確執を醸せなかった自らの贖罪を求める気持ちはよく理解できる。同胞が、戦時中に近隣諸国に対して行った行為に対して、それらの国々に対する謝罪の念も持って良い。しかし、そういったイデオロギーと学問の世界における真理の追究とは全く別物であるということに、もうそろそろ気づいても良い頃だ。古事記・日本書紀という、我が国最古の歴史書に書かれ、また多くの伝承を持ち、長きにわたって多くの研究がなされてきたこれらの日本神話が、戦後50数年間にわたって、歴史家によって殆ど無視され、語られもしなかった事実は全く異常としかいいようがない。教科書にも載せず、読み物にも書かれない今の現状では、やがて日本人は、自分たちの祖先が語った多くの神話と、その中にもしかしたら潜んでいるかもしれない歴史の核を、まるで理解できない、世界でも希有な民族になってしまう。


私は古代史を学んで、日本国家の成立を探り、天皇家の起源を探り、ひいては自分が誰なのかを探ろうとしている。それには、掛ければ色や形が変わって見えてしまう、イデオロギーというサングラスだけは絶対に掛けたくないと思う。
http://inoues.net/yamahonpen10.html



▲△▽▼

実在したアマテラスの墓と八咫鏡

糸島郡の平原遺跡 2014-11-02


平原遺跡 :糸島郡前原町平原

昭和40年糸島郡前原町平原(当時、現在は平原市)において、農作業の最中に多量の朱と共に大小鏡の破片等が発見された。

偶然の発見であったが、福岡県教育委員会はただちに原田大六を調査団長とした発掘調査団を組織し、調査・発掘が実施された。結果、遺構は東西十八m、南北十四mの長方形の方形周溝墓で、弥生時代から古墳時代にかけての遺構であるとされた。原田大六は、2世紀中頃であるとしている。

遺構の中央部には、割竹形木棺を収めていたと思われる痕跡もあった。

この遺跡からは、破砕された合計39面の鏡、ガラス・メノウなどの装身具、素環頭太刀等が出土し、鏡の枚数は一墳墓からの出土数としては我が国最多であった。

又、復元された内行花文鏡は直径が46.5cmもあり、これ又我が国では最大経の鏡であった。太刀等武具の少なさ、装飾品の豪華さ、それに鏡の多さなどから、原田は、この遺構を「伊都国の女王」の墓だと想定している。

平成2年には、平原方形周溝墓出土品が国の重要文化財に。さらに、平成18年には国宝に指定されました。

副葬品は銅鏡40枚、鉄刀1本、ガラス製勾玉やメノウ製管玉などの玉類が多数発見されていて、銅鏡のなかには日本最大級の直径46.5cmの内行花文鏡が5枚ありました。ひとつの墓から出土した銅鏡の枚数も弥生時代としては日本一。

副葬品にネックレスやブレスレットなどのアクセサリーが多いことから、この墓に葬られた人物は女性で、特に超人的な力を持った女性ということで、卑弥呼の墓という説もあるほどです。


1号墓出土品(国宝)

大型内行花文鏡 4面(5面) 別称「内行花文八葉鏡」[3]、仿製鏡(日本製)、直径46.5センチメートルの超大型内行花文鏡である。

内行花文鏡(内行花文四葉鏡) 2面

方格規矩鏡 32面、(鋸歯文縁方格規矩四神鏡が23面、流雲文縁方格規矩四神鏡が9面)

四螭文鏡 1面

メノウ製管玉 12個
ガラス製(瑪瑙:めのう)勾玉(くだたま) 3個、ガラス丸玉 約500個
ガラス小玉 一括(約500)
ガラス管玉 一括(30以上)
ガラス連玉 一括(約886)
耳璫(じとう、耳珠)3
素環頭大刀 1振
鉄鏃10
鉄やりがんな1
鉄のみ1
鉄斧1

 日本一大きな国産の内行花文八葉鏡四枚について、考古学者故原田大六(だいろく)はその図抜けた大きさと特異文様とが、伊勢神宮に関する種々の史料から内宮の御神体である八咫鏡( や たのかがみ)と同じものではないかと推察し、次のように述べている(『実在した神話』、学生社)。

「伊勢神宮の八咫(やた)の鏡と平原弥生古墳出土の大鏡は上述のように、寸法、文様ともに食い違ったところを見受けないのである。これがもし事実だとしたら、平原弥生古墳には大鏡の同型同笵鏡(どうはんきょう)が四面あることから、はじめは五面を作製したものの一面が伊勢神宮の御神体になっているといわれないことはない」

原田大六は平原遺跡一号墳の被葬者は玉依姫であり、伊勢神宮にアマテラス(大日孁貴)として祭られていると推察している。

 森浩一氏も、この原田説を支持され、

「原田氏の生涯をかけての、この重要な研究が基本において修正を要しないとすれば、八咫鏡は弥生時代後期に北部九州で製作され、他の同類は破砕されたけれども、一面だけがはるばる近畿地方にもたらされたということになる」

と述べておられる(『日本神話の考古学』)。


 豊玉姫−玉依姫−イワレヒコ(神武)の系譜から、この鏡の製作の中心にいたのは母豊玉姫を弔(とむら)ったであろう玉依姫ということになる。

その玉依姫が、わが子神武の東征にあたって、鏡の一面を携帯させたとすれば、当然、大和朝廷においてその鏡は玉依姫の鏡として長らく宮中にあったに違いない。それが、

「崇神五年、国内に疫病多発、人民の大半が死亡、六年には国内大混乱。その原因としてこれより先、宮中にアマテラスと倭(やまとの)大国魂(おおくにたま)の二神の並祭が、お互い神威が強すぎることにあると思えたので、別々に祭ることにし、アマテラスは豊鋤入姫(とよすきいりびめ)に託して云々」

とある『書紀』に従えば、このときからアマテラスこと玉依姫の依り代である八咫鏡が、現在の鎮座地である伊勢へと至る長い巡幸が始まるのである。 

 その伊勢神宮内宮を見てみれば、アマテラスこと玉依姫の相殿に万幡(よろずはた)豊秋津姫こと豊玉姫が鎮座している。


http://tokyox.matrix.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/11/IMG_3124.png

http://tokyox.matrix.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/11/IMG_3122.jpg

http://tokyox.matrix.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/11/IMG_3123.png


原田先生の報告書は『平原弥生古墳 大日霊貴の墓』

原田大六は平原遺跡一号墳の被葬者は玉依姫であり、伊勢神宮にアマテラス(大日孁貴)として祭られていると推察している。


tokyoblog April 2015 八咫の鏡

「咫(た)」とは円周の長さの単位で、1咫=8寸、直径2.5寸の円周(円周率3.2)とされている。
八咫鏡とは直径2尺、46センチの鏡という事になる。

平原遺跡からは、まさに直径46センチの国内出土最大の鏡が4枚出土している。御統は勾玉や管玉などを緒に通して首飾りにしたもので、五百箇の御統とは、珠が五百箇ある首飾りという事になる。平原遺跡出土の首飾りを写真で数えてみると約470個の珠があった
http://tokyox.matrix.jp/wordpress/%E7%B3%B8%E5%B3%B6%E9%83%A1%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1%E3%80%81/


平原遺跡(ひらばるいせき)は、福岡県糸島市にある弥生時代後期のものと考えられる遺跡。 曽根遺跡群の一つとして、昭和57年10月、国の史跡に指定。平成12年10月追加指定。

平原遺跡は弥生時代後期から晩期の5つの墳丘墓を合わせた名称である。 1965(昭和40)年1月、平原遺跡1号墓が偶然発見され、原田大六を中心に学術調査された。昭和63〜平成11年度にかけて、1号墓周辺に調査範囲を広げて、最終的に5基の墳丘墓が発見されている。 この遺跡は「平原歴史公園」として、1号墓のみが墳丘墓として復元管理されている。

1号墓からは直径46.5センチメートルの鏡5面を含む鏡40面をはじめとして多数の出土品があり、その全てが「福岡県平原方形周溝墓出土品」の名称で2006年、国宝に指定された(文化庁所有、伊都国歴史博物館保管)。


1号墓は方形周溝墓で、割竹形木棺の埋納が検出されている。

その1号墓の副葬品の中には日本製と中国製の破砕した銅鏡片が多数あった。これらの破片は当初、39面分に復元されていた。

その後の調査の結果、従来4面に復元されていた直径46.5センチメートルの大型内行花文鏡の破片が実は5面分の破片の可能性があると指摘された。(前原市調査報告書)。このうち1面が九州国立博物館、4面が伊都国歴史博物館に展示されている。

1990年の重要文化財指定時には、銅鏡の員数は39面分とされていたが、上述の調査結果をふまえ、2006年の国宝指定時の官報告示では、銅鏡の員数は40面分となっている[1]。この数は1つの墳墓から出土した銅鏡の枚数としては日本最多である(2009年現在)。

なお直径46.5センチメートルの鏡の外周は鏡の円周の単位で八咫(やあた)あることから、八咫鏡と同じ大きさになる。

この副葬された多数の銅鏡片は「人為的に破砕されたモノではない」と発掘責任者の原田大六は主張している[2]。

学術調査時に、2〜5号墓からは青銅器類の遺物は発見されず、出土した土器や石器類などから弥生時代後期の墓と推定された。5号墓から発見されたとする銅鏡の鈕部分2個は、この破片が土中から発見されたことから5号墓の発見に繋がっていることによる。


主な出土品

1号墓大型内行花文鏡 5面(または4面) 別称「内行花文八葉鏡」[3]、日本製、直径46.5センチメートルの超大型内行花文鏡。
内行花文鏡 2面
方格規矩鏡 32面
四螭文鏡 1面
メノウ製管玉12、ガラス製勾玉3、ガラス丸玉 約500、ガラス小玉 約500、ガラス管玉 約30、ガラス連玉 約900
耳璫 3破片
素環頭大刀 1


国宝指定名称は以下のとおり。

福岡県平原方形周溝墓出土品 銅鏡 40面分
玉類 一括
鉄素環頭大刀 1口
附:土器残欠、ガラス小玉、鉄鏃等 一括

5号墓銅鏡片 2


1号墓から出土した大型内行花文鏡(内行花文八葉鏡)を、その文様と大きさから原田大六は「八咫鏡」と解し、伊勢神宮の八咫鏡も元々は同型の鏡であったのではないか、との説を提示している[5]。『御鎮座伝記』に「八咫鏡」の形は「八頭花崎八葉形也」とあり、この「八頭花崎八葉形也」の図象を持つ考古遺物は現在のところ、この「大型内行花文鏡」のみである。

1号墓は副葬品の多くが勾玉や管玉、耳璫(耳飾り)[6]などの装身具であり、武器類が少ないため、この墓に埋葬された人物は女性であると考えられている。 原田大六はこの平原1号墓の主を玉依ヒメとし、大日孁貴であるという説を提示している[5]。

1号墓の東南にある直径約70センチメートルの縦穴を、発掘調査した原田大六は、湧水の存在から井戸として報告している。この縦穴を「前原市報告書」は大柱跡(穴中の土壌成分未調査)として、墓から見て東南の日向峠の方角に位置していることから、この大柱跡は太陽信仰に関係するものとの説を提示している。

墓壙周辺の12本の柱穴の遺構について、原田大六は「銅鐸や弥生式土器などの絵画に見られる棟持柱を持つ切妻造の倉庫建築の柱の配置にこの柱跡の遺構が似ている」として、この墓壙周辺の12本の柱跡は「殯宮関係の建築物の遺構と考えられる」としている[5]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1


2008.9.28
邪馬台国の会 【特別講演会】 柳田康雄先生  伊都国と邪馬台国
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku273.htm

1.伊都国と邪馬台国  柳田康雄先生


私は伊都国とは深い関わりがある。平原遺跡を始め数多くの遺跡の発掘に携わり、平原遺跡の巨大鏡を始め120枚以上の鏡を発掘した。

平原遺跡については発掘後20年以上になるが、ようやく報告書を刊行することができた。

今日は、これらの経験を踏まえて、邪馬台国に入る直前までの北部九州(福岡、佐賀)の状況について解説する。

■ 弥生時代のクニと国の出現

弥生時代の集落を村とすると、それを束ねているのを考古学で、カタカナで「クニ」 という。そして、この「クニ」が「国」に発展する。

現在、発掘が進んでいる早良(さわら)平野に、弥生中期の初め(紀元前200年前後)に 出現した遺跡があり、朝鮮半島の青銅器がはじめて副葬品として現れる。

そのなかの吉武高木遺跡は青銅器が副葬される率が高い。なかには、1人で銅剣、銅戈4本を持ち、小さいが「多鈕細文鏡」という鏡を持ち、勾玉を持つものがある。

銅剣を1本もっている集落が周辺にいくつか散らばっている。 この地域ではこのような銅剣は合計15〜16本出ているので、これは、吉武高木遺跡を中心に付近の村を統率した「クニ」が出現していたと考える。

弥生時代初期からある板付遺跡は福岡平野の拠点集落であるが、ここには弥生中期の初めに銅剣、銅矛7本が出てくる墳墓が出現する。しかし福岡平野の他の地域からは出てこない。

少し後の弥生中期の中ごろ以後、春日平野の須玖岡本遺跡に青銅器が集中する。青銅器を作る工房も集中する。ここでは銅鏡30枚、銅剣、銅矛が8〜10個出土した甕棺が出現する。

福岡平野は、中期のはじめから前半は板付遺跡中心に発展するが、中頃をすぎるとすべてが須玖岡本遺跡に集中する。 博多駅の近くの比恵から、那珂を経て春日市の須玖遺跡に至るそれぞれ100ヘクタール級の広さの地域に遺跡が途切れなく存在する。

発掘は大字、小字ごとにやっているので、その単位で遺跡の名前が付けられているが、この地域の遺跡は連続した遺跡であり、環濠を設けることなしに繋がっている。

30ヘクタールほどの吉野ヶ里が最大の環濠集落といわれているが、伊都国では三雲地域を発掘した時にすでに40ヘクタールの広さがあり、井原鑓溝遺跡の調査で、60ヘクタールにもなる遺跡であることがわかった。考古学では環濠集落でないと拠点集落と言わない風潮があるのはおかしい。

須玖岡本遺跡はわずかな丘陵にはいるので、平野に面したところだけに環濠がある。環濠の内側の春日丘陵の地域は100ヘクタール以上にもなる一つの単位集落と思われる。

比恵那珂遺跡は弥生終末には、側溝を持つ幅6〜7mの縦貫道路遺溝が出てくる。比恵遺跡では幅20mの運河が出てくる。

吉野ヶ里、池上曽根、唐子鍵を取り上げて弥生都市について議論されることがあるが、この地域の遺跡と比べるとこれらの遺跡は規模が小さく、どんぐりの背比べである。

弥生中期の段階で首長墓が出てくる。弥生中期の終わりに、いままでは朝鮮半島との 交流ばかりであったが、福岡平野の首長墓から中国の鏡が出てくる。

これは全部前漢時代の 鏡である。三雲南小路遺跡からは1号甕棺と2号甕棺の合計で57枚の前漢鏡が出土した。

三雲南小路の1号甕棺は、金銅製の埋葬用の飾り金具(下図の8)が発見されている。これは、皇帝が王侯クラスに下げ渡した物で、1号甕棺が王墓であることを示している。


2号甕棺は22枚の小型鏡が出ているが、ペンダントや勾玉が多数出ていることや、武器がないことから女性の墓と考えられている。

なお、昔に発掘されたもので、金ぴかなものなど価値のありそうなものは持ち去られたりして申告されていない可能性がある。 このようなことも考慮しないと、出土物についての研究では誤る可能性がある。


井原鑓溝遺跡は江戸時代に発掘され、鏡の鈕が21個あったことから少なくとも21面の鏡があったとされる。鉄刀や鉄の鎧なども発見されていることから王墓級の墓である。ただし、大型鏡がない。


最近の発掘では、井原鑓溝遺跡から割竹型の木棺墓が発見され鏡やガラス玉が多数出土している。割竹型木棺は4世紀の前期古墳からしか出ないと言われていたが、伊都国では弥生時代後期のはじめから出る。

九州では甕棺が注目されるが、甕棺と同時に木棺がある。大阪の場合は河内湖があって、木材が水に浸かって残るので発見しやすい。しかし九州では大地の中だと木棺が腐ってしまうので発見しにくい。しかし、最近は技術の進歩で木棺が分かるようになった。

このように、弥生中期後半から後期の初めにかけて、北部九州は鏡をはじめとした副葬品をもった墳墓が大量に増える。しかしそれは伊都国だけである。福岡の奴国と言われているところからはほとんど出て来ない。

後漢からもらった金印が志賀島から出土したが、委奴国と彫られた金印の文字を「倭の奴国」と読んで福岡平野の国とすると、鏡が奴国から大量に出ないのはおかしい。金印の読み方はいくつか提案されているが、「倭の奴国」とは読まないのではないか。

吉野ヶ里からは鏡のかけらは出てくるが鏡が出て来ない。吉野ヶ里は福岡に持ってくれば普通の遺跡。福岡では土地の値段が高いので吉野ヶ里のような大規模な発掘はできないのが残念。現在の吉野ヶ里は宣伝などで過大に評価されている。そのため考古学者はそっぽを向いている。

■ 平原遺跡

平原遺跡の1号墓は王墓である。寺沢薫氏などの近畿の一部の考古学者も王墓と認めるようになった。

王墓もランクがある。鏡の大小や数だけでなく、いろいろな要素で決まる。

王墓には鏡がなければいけない。4世紀までの初期の前方後円墳の副葬品は鏡が主体である。

鏡を副葬品の主体とする墳墓は、弥生時代では三雲南小路遺跡と須玖岡本遺跡、平原遺跡だけである。

棺の主軸近くにある柱跡と、少し離れたところにある大柱の跡を結ぶ線を延長すると、日向(ひなた)峠に向かっている。

10月20日ごろの収穫の時期に日向峠から日が昇るので、何か関係があるかも知れない。

墓には長さ3mの刳抜式木棺があり、大量の朱が蒔かれていた。

頭と足の付近で大量に見つかった鏡の破片のうち、頭付近の破片は全て元の鏡に復元できた。

墓坑のコーナに柱穴の跡があり、木槨があった可能性がある。ホケノ山古墳と同じよう、副葬品は木槨の上から落ちてきているように見える。


出土した前漢鏡(上図左)は直径16センチもあり、この型式の鏡としては中国でもトップクラスのもので、楽浪郡でも見つかっていない。平原の王が中国の外臣の中でも上位として扱われた証拠であろう。

この鏡は、カドが丸くなっていて、周りがすり減っている。前漢末に作られたものが、平原の王の時代まで伝世されたものと思われる。

また、直径21センチの方格規矩四神鏡(上図右)は、京都大学の岡村秀典氏の編年では、漢鏡4期から5期の鏡で、1世紀前半から中頃のものとされる。

しかし、後漢の始めの鏡とすると、銘文は鏡の上から始まるのだが、この鏡では下側から始まっているのはおかしい。

また、後漢の鏡では四の文字を横棒四本で現すのが特徴であるのに、ここでは四の文字を用いている。

つまり、この鏡は岡村氏の言うような中国の鏡ではなく、日本で作られた製鏡である。

平原からは40枚の鏡が出土しているが、直径46.5cmの超大型内向花文鏡や、直径27cmの内向花文鏡も中国にはなく、製鏡と思われる。

平原王墓から、楽浪郡などでも出土するガラス耳(じとう:ピアス)が出てくる。

耳は女性の墓からしか出ないので、平原王墓の被葬者は女性であると判断できる。

耳は時代が降るに従って端部の広がりが少なくなり管玉のようになる。

平原出土の耳は端部の広がりがほとんど無く、後漢の終わり頃のものと考えられている。発掘主任の原田大六氏はこれを琥珀の管玉としていた。

平原王墓からは、ガラス連玉、ガラス小玉、細型ガラス管などが多数出てくる。

右図上段左の連玉は直径5ミリ長さ2センチほどのものだが、高度な技術で作られており、内側は薄い空色で外側が紺色の二重構造になっている。

平原王墓を始め伊都国の地域からは、加工途中のものを含め大量のガラス玉や小玉が出てきており、この地域が高い技術でガラス飾りや玉を製作していたことがわかる。

三雲の弥生終末の遺跡からファイアンス(ガラスの釉薬をかけた焼きもの)が出てきている。

ファイアンスは地中海地域が起源で、エジプト・メソポタミアや中国にもあるので、海のシルクロード経由で南方からもたらされた物である。

伊都国地域のガラス玉の技術も南方から海を経由して入ってきたものであろう。

■ 弥生終末から古墳時代

福岡市の那珂八幡古墳は九州で最も古い時期の前方後円墳である。前方部がやや長めだがその形から纏向型前方後円墳であろう。

このような古墳は小さいものを含め、福岡県には多数あるが、唐津を除くと佐賀県にはない。

弥生時代の福岡県の王墓・首長墓を、副葬品の数などの要素から5段階のランクを付けて表に整理してみた。

この表を見ると弥生後期では圧倒的に伊都国の地域に権力が集中していることがわかる。

北部九州の地域では、弥生王墓から初期の前方後円墳に権力が繋がっているのである。

近畿地方でもこのような表を作って検討して欲しい。近畿で前方後円墳が発生したとするなら、福岡地域のように弥生時代から繋がっていないとおかしい。

近畿地方の前方後円墳は、主体部の構造や副葬品については九州の影響を受け、円形に突出部がでた輪郭のデザインは吉備から東瀬戸内の要素である。

近畿の古墳は、独自に発展したものではなく、これらの地域の影響を受けて出来たものである。

弥生終末と古墳出現の時期はAD200年頃と考える。卑弥呼は2世紀の終わりごろ共立されたとすれば、その墓は古墳が出現した近畿の大和であり、卑弥呼の邪馬台国は古墳時代の近畿の大和にあったと考えられる。

考古学者の中には、邪馬台国は弥生時代にあったと考える人がいる。邪馬台国が弥生時代から存在したとすれば、首長墓のある伊都国しかその候補はない。

平原が卑弥呼の墓ではないかという話があるが、そうは考えていない。平原の被葬者は卑弥呼と親子関係なのではないか。


2.柳田先生の論点                             安本美典先生


邪馬台国論争そのものは、いずれ別の機会に行いたいと思うので、今回は論点の整理をしてみたい。

■ 考えの一致する部分と異なる部分

柳田先生は著書『伊都国を掘る』のなかで、原田大六氏の発言を引用して「考古学的事象は日本の原始・古代に関するかぎり、古事記や日本書紀の「神代」神話をさけて通ることは出来ない。」と述べているが、これについてはまったく同感である。

また、「これまで、多くの研究者が平原王墓を無視してきたが、そのために邪馬台国問題や古代国家形成で避けて通れない古墳出現期の諸問題の研究に多くの時間がかかった。今後は、古墳出現期の研究に対して、平原王墓を正面から評価し、その研究に取り組んで欲しい。」とする考えについても賛成である。

邪馬台国に関連する部分では、柳田先生の考えは「伊都国東遷説」ともいえるような内容である。すなわち、邪馬台国は大和朝廷の一時期の姿であり、大和朝廷は九州で発生し、邪馬台国時代以前に畿内に移ったと考えておられる。邪馬台国は畿内にあったことになる。

いっぽう、安本先生は、九州勢力が畿内に移ったのは邪馬台国時代の後であり、邪馬台国は九州にあったとする。

北九州勢力が畿内に移ったとする点では、柳田先生と安本先生の考えは同じであり、中山平次郎や和辻哲郎が述べていた「北九州の弥生文化と大和の古墳文化の連続性」や「大和の弥生文化を代表する銅鐸と、古墳文化の非連続性」は、このような考えと整合するものである。

骨組みの所で意見が異なるのは、北九州勢力が近畿地方に移動する時期の違いである。


■ 洛陽焼溝漢墓出土鏡の時期について

洛陽の焼溝漢墓の鏡の年代の、日本での紹介のされ方がおかしい。洛陽焼溝漢墓の鏡の年代は平原遺跡の年代にも関係する重要なことである。

下表は、奥野正男氏の『内行花文鏡とその製鏡』(季刊邪馬台国32号)による。ただし、後漢晩期の年代幅は、もとの報告書に基づき安本先生が訂正。

平原遺跡から、長宣子孫内行花文鏡が出土している。長宣子孫鏡は、焼溝漢墓では、第六期に最も多く出土する鏡である。

奥野氏は、第六期を後漢晩期として、後147〜160という年代幅を与えていたが、もとの報告書では、西暦190年の年号が記された入れ物から第六期の鏡が出土した記録があり、第六期は少なくとも190年まで時代を広げるべきである。

柳田先生は、平原遺跡を西暦200年ごろと見ておられるので、長宣子孫鏡が洛陽で190年ごろに使用されていたことと年代的には整合することになり、平原の年代についての柳田先生の見解に納得できる。

ところが、京都大学の岡村秀典氏は、平原遺跡でも出土した長宣子孫鏡を漢鏡5期とし、紀元75年頃の鏡としている。平原を200年ごろとする柳田先生とは、100年以上年代が異なっているのはおかしなことである。

3.対談                         柳田康雄先生 VS 安本美典先生


■ 平原遺跡について

安本: 副葬品から考えると平原遺跡を卑弥呼の墓と考えてもおかしくない。しかし、『魏志倭人伝』には、卑弥呼の墓は径100余歩と記されている。魏の尺度では100余歩は100m以上になるが、平原遺跡全体に土を持った墳丘としたとき100m以上になる可能性はあるのか?

柳田: 14m×10mくらいの方形周溝で区切られているので、まったく無理である。周溝があると言うことは、掘った土を盛り上げるので、もともとは墳丘があったはずだが、100m以上にはなり得ない。

安本:女性の墓か?

柳田: 弥生時代で一番大きな素環刀太刀が出てきているが、女性の墓からしか出土しない耳(じとう:ピアス)が出土しており、女性に間違いない。

また、女性の墓とされている三雲南小路2号墳と同じように、小型の鏡に色を付けて模様を塗り分けていることからも女性の墓といえる。

■ 三角縁神獣鏡と庄内式土器の初現

安本:柳田先生の著書に「現在のところ布留式土器より古い土器が伴い、確実に質のよい三角縁神獣鏡を副葬しているのは九州の前方後円(方)墳のみである。」という文章がある。これを素直に理解すれば、三角縁神獣鏡が出てくるのは、畿内より、九州の方が早いということになるが・・?

柳田: 土器で見ると、庄内式土器の一番新しい物と三角縁神獣鏡がいっしょに出るので、三角縁神獣鏡は九州の方が先に出現したといえる。

■ 庄内式土器

安本: 庄内式土器が畿内で発生したことを疑っている。九州の方が早いのではないか?

柳田: 庄内式土器は圧倒的な量が近畿から出る。古い庄内式土器は九州では少ないが三雲遺跡で若干出てくる。しかし、近畿の人はこれを新しいと言う。私も土器の編年についてはみっちりやってきたがどこが新しいというのか良く判らない。私が見ると古いのもあるのだが数は圧倒的にすくないのは確か。

庄内以前の土器は単体で九州に流れてくるが、庄内式土器からは高坏や壺がセットで出現する。ここに大きな違いがあるので庄内式土器から古墳時代に移る。

九州の古墳では、那珂八幡古墳などから庄内式土器の新しい物は出てくるが、古いものは出ない。しかし、近畿と違って、庄内式土器の新しいものと三角縁神獣鏡がいっしょに出てくる。

■ ホケノ山古墳

安本:庄内式土器や画文帯神獣鏡を出土したホケノ山古墳から、布留T式相当の小型丸底土器がでている。柳田先生も、土器の底部の形態変化は平底→凸レンズ状平底→とがり気味丸底→丸底という変化の方向であることを述べておられる。従って、小型丸底土器を出土するこの古墳は、かなり新しいのではないか?

『ホケノ山古墳調査概報』には、布留式相当の小型丸底土器と庄内式土器が同時期に使用された可能性が高いと記されている。そうすると、ホケノ山の庄内式土器の年代は、かなり新しい布留式土器の時代になるのではないか。

柳田: 当事者ではないので、確定的なことを言えない。一時、ホケノ山古墳は新しい布留式土器の時代との話もあったが、今年の2月の勉強会では、また古いとされているようである。

一般的に言えば、古い土器と新しい土器がいっしょに出たら新しい土器で年代を考えるのだが、発掘担当者などによる最近の勉強会では、ホケノ山のものは布留式土器の古いものが見つかったと解釈しているようである。

また、見つかった銅鏃は、普通にみれば布留式土器に伴う銅鏃であるが、これも、古い銅鏃という解釈をしているようだ。報告書をまとめる人たちは、古墳の年代を3世紀なかごろ以前と考えているようだ。

■ 伊都国と女王国の位置関係

安本: 『魏志倭人伝』には、女王国は伊都国の南にあることが、3回も書かれている。伊都国が糸島半島の国だとすると、その南の筑後平野は女王国の有力な候補であり、甘木や朝倉地域を邪馬台国の有力候補と考えている。

ところが、柳田先生の資料に「佐賀平野・筑後平野・筑豊地域などは邪馬台国の候補地どころか卑弥呼を共立した国にも含まれない」と書かれているので、甘木や朝倉は候補地ではないのか?

柳田: 考古学の立場で考えているので、初期の前方後円墳が出現していて、三角縁神獣鏡やそれ以前の鏡が出ているところは候補地になる。

大願寺方形周溝墓、神蔵(かんのくら)古墳のある甘木・朝倉地域は、初期の前方後円墳が出現しているし三角縁神獣鏡も出ているので、候補地に含まれる。

文献学者は安本先生のような見方をする九州説の人が多いが、朝倉以南の筑後平野では、前方後円墳から三角縁神獣鏡やそれ以前の鏡を出すところがないので、この地域が女王国だということは考古学的には証明出来ない。

■ 三種の神器

安本: 三種の神器が出てくる遺跡は須玖岡本遺跡、平原遺跡、三雲遺跡と言われたが、 すぐ南の東小田峰遺跡から璧がでているので、璧を玉と考え、剣、鏡も出土しているので、 三種の神器が出ているといえるのではないか?

柳田: 玉というのは勾玉ではないのか?

安本:璧という字は下に玉がついているので・・・

柳田:ははは、それなら認めます。(^_^)

璧を持っている三雲南小路や須玖岡本は最高ランクであるが、かけらを加工したものがその次に準じると國學院雑誌にはっきり書いた。

東小田峰遺跡では4分割以上したものを丸く再加工して璧に見せようとしている。更に璧のかけらを再加工して勾玉に見せようとしたものもあるので、東小田峰遺跡の例も勾玉と同レベルと考えて良い。
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku273.htm


▲△▽▼

古代史の鍵・丹後 籠神社
太陽信仰もつ海人集団の拠点
「元伊勢」、伊勢神宮の成立に関与?
 京都府の丹後(かつての丹波)地方は、天女伝説や浦島伝説で知られる。近年、古代海部(あまべ)氏の系図が公表されたり、考古学的にも注目すべき遺物が出るなど、漁労や航海を生業とした海人集団による独自の歴史性が明らかにされつつある。

 丹後半島の東側、日本三景の一つ「天の橋立」の付け根に、「元伊勢」といわれる籠 (この)神社が鎮座する。祭神はホアカリノミコト(火明命)で、丹波国造が祖神として祭った。

 籠神社の宮司家は海部直といい、宮司家が長く秘蔵してきた二つの系図、通称「海部氏系図」「勘注系図」は、現存する最古の系図として、昭和五十一年に国宝に指定された。

 これら系図によれば、海部直氏の始祖、ホアカリノミコトをオシホミミの第三子とする。

 オシホミミは『古事記』によれば、天照大神の子である。一方、『新撰姓氏録』(九世紀成立)によれば、ホアカリノミコトは愛知県の濃尾平野に勢力を築いた雄族・尾張氏の祖神である。尾張氏の配下にあった有力な海部集団が、ホアカリノミコトを自らの祖神としたものらしい。


浦島伝説にちなんで名前の付けられた丹後半島の亀島

 籠神社にはまた、二枚の中国製の銅鏡も伝えられてきた。それぞれ前漢時代、後漢時代のもので、系図中にも「息津鏡」(おきつかがみ)「辺津鏡」(へつかがみ)と記されている。昭和六十二年に初めて公表され、弥生時代に招来されて以来、二千年にわたって伝世されたということで、大きな反響をよんだ。息は沖、辺は岸辺のことで、航海の安全に呪力をもつ鏡として祭られたものだ。

 銅鏡といえば、平成六年には、竹野郡弥栄町の墳墓から、邪馬台国の卑弥呼の晩年に相当する「青龍三年」(紀元二三五年)の年号がある銅鏡が発見され、卑弥呼とのかかわりも取り沙汰された。

 弥生時代の近畿地方には、銅鏡文化はほとんどなく、丹後の特殊性がうかがわれる。太陽信仰をもっていた海人集団の幅広い活動を示すといえよう。

 ホアカリノミコトは太陽神で、各地に鎮座するアマテル(天照)神社の祭神である。神話学の松前健氏は、もともとあった「アマテル」という神が、その格があげられて皇祖神である「アマテラス」となったのだと説く(『日本神話の形成』)。

 当時の海人集団の習俗をパノラマ的に描いたらしい土器がある。鳥取県西伯郡淀江町から出土した壷(弥生時代中期後半)だ。神殿建築のような高床式の建物があり、その右側の船には、鳥の装束の人物が乗っており、船の上には太陽らしい渦巻き(同心円)紋がある。

 さらに、左側の木には、瓜のようなものが二つぶら下がっている。金関恕・天理大教授 によれば、銅鐸であるという。千田稔・国際日本文化研究センター教授は、このパノラマ図について銅鐸をともなった弥生時代の太陽信仰を描いたものとし、アマテル信仰の 源流とみている。


息津鏡=籠神社・海部宮司家所蔵

 しかしこれがアマテラス信仰の源流であるかについては、さらに検討の必要がある。ホアカリノミコトは、天照国照彦火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこほあかりくしたまにぎはやひのみこと)のように、ニギハヤヒと複合で称されることがしばしばで(丹後の天照玉命神社もその一つ)、ニギハヤヒは物部氏の祖神の名であるからだ。

 物部氏は銅鐸を奉祭した氏族とみられ、実際、丹後には銅鐸が多く出土する。天ノ橋立に囲まれた阿蘇海に流入する野田川右岸の加悦町から、銅鐸形土製品が発見され、籠神社の東の由良川の上流には、阿陀岡神社が鎮座し、付近から二個の銅鐸が出ている。

 郷土史家の金久与市氏によれば「銅鐸出土地には必ずといっていいほど古社がある。海洋民の集団が由良川をさかのぼり、上流地点に銅鐸を祭祀し、祠を建立、拠点としたのではないか」(『古代海部氏の系図』)という。

 丹後町から西に向かう網野町の函石浜遺跡からは、中国の新時代の王莽によって鋳造された「貨泉」が発見されている。中国とかかわる交流を物語るものだ。

 平成十年には、王墓とみなされる墳墓(弥生後期〜末期)が籠神社から約三キロ西南で見つかった。美しい透明の青色ガラス製の釧で話題を呼んだ。他に、貝輪系の銅釧(く しろ)(腕輪)十三点、鉄剣十四本などが出土したが、これらは九州系の文化遺物である。

 銅鐸氏族・物部氏には、天磐舟(あまのいわふね)による降臨神話があり、先の壷のパノラマ図をほうふつとさせる。物部氏は航海、交易によって栄えた氏族だったといえよう。


 さて、この地を「元伊勢」というのは、天照大神が大和から伊勢に遷座する途中、最初に立ち寄ったのが、この籠神社だったとする伝承が、伊勢神宮に伝わる「倭姫命世記」(やまとひめのみことせき)(七六六年の成立という)にあるからだ。また、伊勢神宮外宮の豊受大神ももと籠神社奥宮の祭神で、八世紀に、丹後から遷座したと伝えられる。

 このように、丹後は大陸・韓半島に近いがゆえに、物部氏や海部氏をはじめとする海人集団の幅広い活動の舞台となり、アマテラスの伊勢への遷宮ともかかわりをもったと思われる。まさに古代史を解くカギが潜む地といえる。

http://tamagaki.exblog.jp/2992078/


京都府北部、丹後半島の付け根にある天橋立は、日本三景の一つに数えられる観光の名所ですが、天橋立を渡ったところにある丹後一の宮、籠(この)神社はまた、古代史ファンにはよく知られた神社です。

 1975年、神社に代々極秘で伝えられていた系図が公表され、関係者の大きな注目を集めました。現存する日本最古の系図として、また、従来にない古代史の新史料として、思いがけないものだったからです。翌年にはさっそく国宝の指定を受けたのも異例のスピードでした。

 この系図には、なんと邪馬台国の女王、卑弥呼と思われる名前が記されています。最近、卑弥呼の墓の最有力候補として注目されている奈良県・纏向遺跡にある箸墓古墳、その被葬者とされる倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)の名が載っているのです。

 系図によると、始祖の彦火明命(ひこほあかりのみこと)から9代目の孫のところに、「日女命(ひめのみこと)」と出てきます。この「日女命」の脇に、「またの名を倭迹迹日百襲姫命」、「またの名を神大市姫命」、「日神ともいう」などと記されています。

 「日神」とは、すごい呼び方です。太陽神のような扱いを受けた女性ということでしょうか。なんとなく卑弥呼を思わせるといってもいいでしょう。
 それに、「神大市姫命」の「大市」。これは『日本書紀』のなかで箸墓について、「倭迹迹日百襲姫が死んで、大市に葬る。時の人はこの墓を名づけて箸墓という」とある記述に完全に一致します。宮内庁による箸墓の呼び名「倭迹迹日百襲姫の大市墓」の「大市」です。

 どうやら、箸墓に葬られた百襲姫という女性は、丹後の籠神社の系図にある「日女命」と同一人物で、彼女が卑弥呼であるらしい。つまり、卑弥呼は「日女命」と考えてよいようです。

 この系図は、5世紀に丹波国造となった海部氏が、籠神社の神主となって代々伝えてきたものです。主祭神の彦火明命を丹波国造の祖として、以後、今日まで海部氏が代々続いており、現在は82代目の海部光彦さんです。

 「海部氏系図」と呼ばれるこの系図には、始祖の彦火明命についての驚くべき伝承も伝えています。

 彦火明命は、「天火明命(あまのほあかりのみこと)」、「饒速日命(にぎはやひのみこと)」など、いくつかの名前がありますが、天皇家の祖先と同じ天照大神の孫で、やはり天孫として天降っている。しかも、丹後に天降っているというのです。

 天孫降臨というと、普通、天皇家の祖先のニニギノミコトが九州の日向の高千穂に天降ったといわれますが、「海部氏系図」はもうひとつの天孫降臨伝説を伝えており、海部家と天皇家は同じ天照大神の孫で、兄弟の間柄になるようです。

 籠神社には、2000年間にわたり伝世されてきた息津鏡(おきつかがみ)、辺津鏡(へつかがみ)と呼ばれる秘蔵の鏡も2面あります。


息津鏡(下)と辺津鏡(上) (c)gakken

 ひとつ(辺津鏡)は、紀元前1世紀後半の前漢鏡(内行花文昭明鏡)、もうひとつ(息津鏡)は、紀元後1世紀の後漢鏡(長宜子孫内行花文鏡)です。

 前漢鏡の方は、近畿地方では出土例がまったくない貴重なものですし、後漢鏡の方も、近畿地方では破片で出ることはあっても、完全な形で出土したことはなく、やはり貴重な鏡といえます。

 驚くべき鏡が、代々神社の神宝(かんだから)として伝えられていたわけです。
 では、なぜ卑弥呼の名が籠神社の系図のなかに残っているのでしょうか。それが謎です。


古代丹後の鉄とガラス


 籠神社のある丹後半島周辺は、不思議な伝説が多いところでもあります。

 『丹後国風土記逸文』には、このあたりの漁師の若者が竜宮城を訪れる話、つまり、有名な浦島太郎の伝説が残っています。ほかにも、羽衣を奪われた天女が天に帰れなくなるという羽衣伝説、さらに、天橋立はもともとイザナギ命が天から通ってくる梯子でしたが、神が地上で寝ている間に倒れて天橋立になった、という伝説もあります。いずれも、天上界や海の彼方にある別世界と交渉する内容をもっているのが特徴といえます。

 籠神社の名前の由来も、神代に彦火火出見命(ひこほほでみのみこと・彦火明命の別名)が籠船で龍宮に行ったとの伝説があり、そのために昔は籠宮(このみや)といったようです。

   


 丹後はこのように、どこか神話的な世界の残る地方でもあります。籠神社のある宮津市の「宮津」とは、大きな宮のそばにある港という意味です。むろん籠神社を指してのことです。天橋立はもともと籠神社の参道だったからです。

 なお、丹後という呼び名は比較的新しいもので、古代には、現在の京都府と兵庫県の中部北部合わせた全部を丹波と呼んでいました。ところが、684年(天武13年)に丹波国から但馬国(兵庫県北部)が分けられ、713年(和銅6年)、丹波国の北部5郡が分けられて丹後国となったという経緯があります。

 弥生時代には、この丹後地方は列島のなかでもかなり特別な地域だったようです。何が特別かというと、弥生時代からなんとガラスや鉄製品が作られていたのです。それを物語る考古学の発掘が、この10年ほどの間に相次いでいます。
 特徴的なものをいくつかピックアップしてみると…

 まず、丹後半島中央部の弥栄(やさか)町、奈具岡(なぐおか)遺跡では、紀元前1世紀頃ごろ(弥生時代中期後半)の鍛冶炉や、玉造りの工房が見つかっています。水晶やガラスを使って勾玉(まがたま)や管玉(くがたま)などを生産していた工房です。そのための道具としてノミのような鉄製品が作られていたようです。
 この遺跡の場合、出土した鉄屑だけでも数キログラムになるといわれ、大和や河内など近畿地方の中心部と比べると、「鉄の量としては桁違いの多さ」だといわれます。ましてや、鉄製品そのものが残されていたら、どれほどの量だったのでしょうか。

 驚くべきことに、このような玉造りが丹後半島では紀元前2世紀ごろから始まっていました。玉造りの工房のある遺跡が、丹後半島だけで十数か所見つかっています。

 当然、この地域の遺跡から大量のガラス玉が出土するケースも多く、大宮町の三坂神社墳墓群や左坂墳墓群など、ガラス玉の総数は1万点にも及ぶということです。全国の弥生時代のガラス玉のほぼ10分の1が、丹後から出土しているといわれます。


もう一つの先進地域


 次は、墓です。平成13年5月、宮津市の隣、加悦町の日吉ヶ丘遺跡からやはり弥生時代中期後半の大きな墳丘墓があらわれました。紀元前1世紀ごろのものです。30メートル×20メートルほどの方形貼石墓といわれるスタイルで、当時としては異例の大きさでした。

  墓のなかには大量の水銀朱がまかれ、頭飾りと見られる管玉430個も見つかりました。水銀朱は当時としては貴重なもので、魔よけの意味があるといわれます。それがふんだんに使われていました。しかも、大量の管玉。墓に接するように環濠集落があるようです。

 この墓は、他の地域と比べてみると、あの吉野ヶ里遺跡の墳丘墓とほぼ同じ時代です。墓の大きさも、吉野ヶ里よりわずかに小さいだけで、しかも、吉野ヶ里の墳丘墓には十数体が埋葬されていましたが、日吉ヶ丘遺跡の場合はただ一人のための墓です。当然、王の墓という性格が考えられ、「丹後初の王墓か」と新聞などでは話題になりました。

 全国的に見ても、この時代にはまだ九州以外では王はいなかったと考えられていますが、丹後では王といってもよい人物が登場してきたわけです。


丹後半島の古墳公園(加悦町)


倭国大乱の原因となる鉄

 丹後地方は、弥生時代の終わりごろになってくると、今度は鉄製の武器を大量に保有するようになります。
 平成10年9月、携帯電話の中継塔を立てる目的で、籠神社から数キロはなれた岩滝町の天橋立を見下ろす丘陵の中腹を調査したところ、驚くべき出土品が多数見つかりました。これは大風呂南遺跡と呼ばれる墳墓群ですが、その中心的な墓(1号墓)から11本の鉄剣と、美しい青色のガラスの腕輪が出土したのです。墓の年代は西暦200年前後。

 ほかにも、銅の腕輪(銅釧・どうくしろ)が13個、大量の鉄製品や管玉、朱など、弥生時代の墳墓の常識を超えるものでした。
 なかでもガラスの腕輪は、国内ではこれまでに3例しかないうえに(福岡県で2例、丹後で1例)、どれも原形をとどめていませんでしたが、ここでは完全な形で出土し、透明感のあるコバルトブルーの輝きを放っています。被葬者が左手につけていたもので、権威の象徴です。

 11本の鉄剣も、墓の副葬品としては異例の多さです。弥生時代の墓に副葬される鉄剣は通常1〜2本ですが、11本というのは被葬者がいかに大きな権力を持っていたかをよく物語っています。しかも、時代は西暦200年前後、まさに邪馬台国が誕生した直後です。

 この墓の被葬者は、奈良県・纏向遺跡の石塚や、岡山県・楯突墳丘墓に葬られた人物と同じ時代に生きていたことになります。

 この時代の丹後の墓からは、鉄剣が大量に出土します。特別な立場にあるような人の墓ではなく、家長クラスの墓からも当たり前のように鉄剣が出てくるのです。おそらく軍事集団のようなものが存在していたのではないか、と考えられています。そうなると当然、軍事集団を束ねるリーダーがいたはずです。大風呂南遺跡の墓の被葬者は、そのような人物だったのではないか、と考えられています。


ガラス釧(腕輪)と銅釧 丹後郷土資料館蔵

 このように倭国大乱期から邪馬台国時代にかけて、列島のなかでどこよりも鉄を保有していたのが丹後です。その多くが鉄剣や鉄鏃(てつぞく・矢の先端部)など、武器として出土しています。

 弥生時代はかつて平和な農村社会と考えられていましたが、案外、戦いが多かった時代だと今では考えられています。各地の戦いで武器の主力が鉄器になってくるのは、1世紀ごろからです。そのころから、丹後の墓からも鉄剣が出始める。ちょうど1世紀ごろの王墓と見られる三坂神社3号墓からは、大陸製の鉄刀やりっぱな弓矢、豪華な玉飾りなど、経済的な権力を持った王の姿があらわれてきます。

 その後、2世紀後半から3世紀前半にかけては、上に述べたような状況で鉄剣がポンポン出てくきます。この時期に丹後の勢力がもっていた鉄は、キャスティング・ボードになったのではないでしょうか。これほどの突出した武力が、あの倭国大乱を引き起こしたのではないか、とさえ思えるのです。

  そう考えると、丹後(古代丹波)の勢力は、女王卑弥呼の誕生にも重要な立場を取ったに違いありません。邪馬台国の女王に卑弥呼を共立していく主要なメンバーに、古代丹波が入っていたのはほぼ間違いないでしょう。しかも、海部氏の系図に残る「日女命」の名は、卑弥呼がじつは古代丹波出身だったのではないか、と思えてきます。

 先進の技術によって蓄えられた力が、数百年をかけてピークに達したとき、そういう時代に合わせるように、ひとりの飛びぬけて神秘的な能力をもった女性が丹波にあらわれたのではないでしょうか。もちろん、その女性こそが卑弥呼です。
http://www2.odn.ne.jp/~cic04500/index.html

▲△▽▼


十種神宝


十種神宝(とくさのかんだから、じっしゅしんぽう)とは、物部氏の祖神である饒速日命が伝えたとされる十種の神宝である。

『先代旧事本紀』の「天孫本紀」の記載によるもので、饒速日命が天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとする。『先代旧事本紀』には「天璽瑞宝十種(あまつしるし みずたから とくさ)」と書かれている。

分類すれば、鏡2種、剣1種、玉4種、比礼(女性が、首に掛けて、結ばずに、左右から同じ長さで前に垂らすスカーフ様のもの)3種となる。これを三種の神器に対応させて、鏡は八咫鏡、剣と比礼は草薙剣、玉は八尺瓊勾玉であるとする説もある。

十種神宝の内容は以下の通りである。

沖津鏡(おきつかがみ)
辺津鏡(へつかがみ)
八握剣(やつかのつるぎ)
生玉(いくたま)
死返玉(まかるかへしのたま)
足玉(たるたま)
道返玉(ちかへしのたま)
蛇比礼(おろちのひれ)…大国主の神話に出てくる比礼との関係が注目される。
蜂比礼(はちのひれ)…大国主の神話に出てくる比礼との関係が注目される。
品物之比礼(くさぐさのもののひれ)


布瑠の言

布瑠の言(ふるのこと)とは、「ひふみ祓詞」・「ひふみ神言」ともいい、死者蘇生の言霊といわれる。

『先代旧事本紀』の記述によれば、「一二三四五六七八九十、布留部 由良由良止 布留部(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ)」と唱える「ひふみの祓詞」や十種神宝の名前を唱えながらこれらの品々を振り動かせば、死人さえ生き返るほどの呪力を発揮するという。

「ふるべ」は瑞宝を振り動かすこと。
「ゆらゆら」は玉の鳴り響く音を表す。

饒速日命の子の宇摩志麻治命が十種神宝を使って神武天皇と皇后の心身安鎮を行ったのが、宮中における鎮魂祭の起源であると『先代旧事本紀』には記載されている。


十種神宝の行方

石上神宮の祭神である布留御魂神は十種神宝のことであるとする説もある。石上神宮に伝わる鎮魂法では「ひふみの祓詞」や十種神宝の名前を唱える。いずれにしても、十種神宝は現存していない。

本物か不明であるが、大阪市平野区喜連6丁目にある楯原神社内の神寶十種之宮に、偶然、町の古道具屋で発見されたという十種神宝が祀られている。石上神宮側から返還要請があったにもかかわらず、返していないという。

江戸時代、山崎闇斎は、垂加神道においては神秘的な意義の有るものとして、さまざまな口伝的著述を残した。

籠神社には、息津鏡・辺津鏡という2面の鏡が伝世している。十種神宝の沖津鏡・辺津鏡との関係は不明で、籠神社も特に見解は出していない。

秋田県大仙市の唐松神社には古史古伝のひとつである『物部文書』とともに奥津鏡、辺津鏡、十握の剣、生玉、足玉とされる物が所蔵されているという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%A8%AE%E7%A5%9E%E5%AE%9D


▲△▽▼


神武東征の物語
http://kodai.sakura.ne.jp/nihonnkennkokusi/index.html

奈良県の神武天皇伝承地
http://www.geocities.jp/mb1527/N3-15-3tousen2.html

古代史の復元 目次
http://www.geocities.jp/mb1527/mokuji.htm





▲△▽▼

2018.08.27
ニギハヤヒ(饒速日命)とは|その正体や瀬織津姫が妻説など解説
https://shinto-bukkyo.net/shinto/kamisama/%E3%83%8B%E3%82%AE%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%92-%E9%A5%92%E9%80%9F%E6%97%A5%E5%91%BD/
ニギハヤヒとはどんな神様?

ニギハヤヒ(饒速日命/ニギハヤヒノミコト)という神様について調べたあなたは、どのような正体を持つ神様であると思っていますでしょうか。

アマテラスオオミカミと同一説

スサノオノミコトの子孫で物部氏の先祖という説

実は日本という国を最初に作ったという伝説の神様

はたまた宇宙人?

ニギハヤヒという謎に包まれた神様は、古事記や日本書紀という書物の中ではあまり多く語られていないのに、とても不思議で重要な神様の役割をしています。

それ故にたくさんの伝説があります。

今回はそんな様々な伝説がどうやって生まれたのか?

またそれらはどの程度あり得るのか?を見ていきましょう。

ちなみに、筆者の私の家は昔から石切劔箭神社にお参りをしている家庭に生まれたので石切さん(石切劔箭神社の通称)の説を基本的に信じていますが、どの説も間違っているとは考えていませんので、ご了承ください。

ニギハヤヒノミコトという神様には様々な俗説が

先ほど少し見ましたが、ニギハヤヒという神様には、たくさんの俗説(伝説)があります。

あまりにも突拍子もない俗説から、神話の中でさえもたくさんの理解があるため、ニギハヤヒという神様はとても謎の多い神様です。

簡単にどのような説があるのか、俗説以外にも、江戸時代から議論されているようなまじめな説など、少し上げてみましょう。

1アメノホアカリ(天火明命)という神様と同じ?
2オオナムチ(オオクニヌシ/大国主命)の子供?(スサノオの子孫)

ここは実は、ニギハヤヒという神様が古事記や日本書記以外で記された書物の中で出てくるもので、昔からの議論の対象となっている説です。

この他に、いわゆる俗説で次のような説もあります。
1ニギハヤヒは実はアマテラスオオミカミである!?
2ニギハヤヒの妻は瀬織津姫という神様!?
3ニギハヤヒは宇宙人?さらに同じく瀬織津姫も宇宙人でシリウス文明が…(?)
4ニギハヤヒは龍神を操る?
5ニギハヤヒは中国の皇帝が不老不死の薬を求めて日本に遣わした徐福と関連が?

と言った様々なにわかには信じがたい説がたくさん存在しています。

こういった説が一体全体どんな説なのかを考える上で、一般的に広まっている日本神話の中のニギハヤヒという神様について見ていきましょう。

ニギハヤヒは漢字で書くと

ニギハヤヒと言う神様はニギハヤヒノミコトと正式には呼ばれ、漢字では次のように書きます。
饒速日命
饒速日尊
邇藝速日命
櫛玉饒速日命


ニギハヤヒの別名は?

日本神話の他の神様の例に漏れず、ニギハヤヒもたくさんの名前を持っています。
櫛玉命

このほかに、古事記や日本書記以外の書物でニギハヤヒは別の神様と同一と考えられるという記述も存在します。
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)

先代旧事本紀ではニギハヤヒは上でみた天火明命(アメノホアカリノミコト)と同一と見られます。

そのためアメノホアカリノミコトの持つ別名もニギハヤヒノミコトの別名とも考えられます。
天照國照彦天火明尊(あまてる くにてる ひこ あめのほあかり の みこと)
天照国照彦火明命(あまてるくにてるひこほあかり)
彦火明命
膽杵磯丹杵穂命
天照御魂神

このたくさんの書物での一説にまとまらないことがニギハヤヒを謎めいた、伝説の多い神様にしているのです。


ニギハヤヒの日本神話の物語

たくさん説のあるニギハヤヒですが、まずは最も知られている日本神話の中での説を見ていきましょう。

ニギハヤヒの系図・関連する神様
登美夜毘売(とみやひめ,三炊屋媛(みかしきやひめ))(妻)
長髄彦(ながすねひこ)(義兄)
可美真手命(うましまでのみこと)(子)
神武天皇(カムヤマトイワレビコ)(後に臣下に下る)

日本書記・古事記以外の神話の中で関連する神
天照大御神(アマテラスオオミカミ)(祖母)
天香山命(アマノカグヤマノミコト)(子)
瓊瓊杵尊/邇邇芸命(ニニギノミコト)(弟もしくは子)
須佐之男命(スサノオノミコト)(祖父もしくは父)
大国主命(オオクニヌシノミコト)(父)
物部氏・穂積氏・古積氏・尾張氏(子孫)

ニギハヤヒが天磐船(アマノイワフネ)で河内国に降臨

ニギハヤヒの物語の参考はこちら
http://www.ishikiri.or.jp/yuisyo/mythology/

ニギハヤヒノミコトはアマテラスオオミカミから十種の瑞宝/十種神宝(とくさのかんだから)という人を治め、身や心の病をいやす霊力をそなえた様々な神器を受け、天磐船(アマノイワフネ)という船で高天原から降臨されました。

十種の瑞宝の中の有名なものは「フツノミタマの劔」と高天原から降臨した天津神である証明となる「天羽々矢(アメノハハヤ)」です。

これらを持ち、ニギハヤヒは神様として、河内国(今の大阪の東南の地域)に向かいます。

その当時、そのあたりは鳥見(登美/とみ)と呼ばれる地域で、長髄彦(ナガスネヒコ)という首長とその一族が治めていました。

その長髄彦(ナガスネヒコ)や一族はとても好戦的でしたが、天津神という神様のニギハヤヒと会いその先進的な文化の差を感じ争わずにニギハヤヒに従うことになりました。

そして妹の登美夜毘売(とみやひめ,三炊屋媛(みかしきやひめ))と結婚します。

十種の瑞宝/十種神宝(とくさのかんだから)

これは、以下に見る2つの鏡、1つの剣、4つの玉と3つの比礼(女性の服飾)です。
沖津鏡(おきつかがみ)
辺津鏡(へつかがみ)
八握剣(やつかのつるぎ)
生玉(いくたま)
死返玉(まかるかへしのたま)
足玉(たるたま)
道返玉(ちかへしのたま)
蛇比礼(おろちのひれ)
蜂比礼(はちのひれ)
品物之比礼(くさぐさのもののひれ)

ニギハヤヒと神武天皇の東征

ニギハヤヒが鳥見(登美/とみ)の里を治めて繁栄を謳歌していたときに、神武天皇(この当時は天皇ではないのでカムヤマトイワレビコと呼ばれている)が東征をされます。

神武天皇は大阪の浪速国の白肩津に上陸をされると、長髄彦(ナガスネヒコ)率いる軍勢に追い返されます。

一度は失敗しましたが、その後神武天皇は別のルートから攻めます。

そして長髄彦(ナガスネヒコ)のいる生駒山まで行きます。

そこで、長髄彦(ナガスネヒコ)とまた戦います。

その戦いの最中、神武天皇は自分がアマテラスオオミカミの玄孫であり、この土地を治めに来たと言いますが、長髄彦(ナガスネヒコ)はそのことを信じず戦闘が続きます。

やがて、金色のトビが空からやってきて、光輝き戦闘ができなくなります。

その時に長髄彦(ナガスネヒコ)はこのように神武天皇に伝えます。

「何ゆえこの土地を攻めるのか?私たちは天津神の櫛玉饒速日命(クシタマニギハヤヒノミコト)に従い、この土地を守っている。あなた(神武天皇)は天津神の子孫と言ったが、こちらはニギハヤヒノミコト様という天津神の元でこの土地を収めている。

お前は偽物の神様だろう!」と。

そこで、神武天皇と長髄彦(ナガスネヒコ)はそれぞれが自分たちが天津神に関わるものだということを天羽々矢を見せ合いました。

どちらも本物だとわかったのですが、長髄彦(ナガスネヒコ)は戦いをやめなかったためにニギハヤヒは長髄彦(ナガスネヒコ)を殺し、神武天皇に従うことを誓いました。

ニギハヤヒの物語の参考はこちら
http://www.ishikiri.or.jp/yuisyo/mythology/

ニギハヤヒにまつわる様々な説

ニギハヤヒは上記の物語がありますが、たくさんの説・物語を持っている神様と冒頭でも説明しましたが、他にどのような説や物語があるかを見ていきましょう。

ニギハヤヒの正体とは?

まず、ニギハヤヒという神様は、日本神話を記した有名な書物の日本書記と古事記でも統一した記述はありません。

他の書物ではさらに全く違う記述がされています、

ニギハヤヒはアマテラスオオミカミの孫?

ニギハヤヒはアメノホアカリと同一と書かれています。(先代旧事本紀)

アメノホアカリとニギハヤヒが一緒なのであれば、アマテラスオオミカミの子のアメノオシホミミと高木神の娘のヨロヅハタトヨアキツシヒメとの間に生まれた子供がニギハヤヒということになります。

これは簡単に言うと、

天孫降臨で有名なニニギノミコトの兄を意味します。(父という記述をした書物も)

つまり、ニギハヤヒは天孫族というアマテラスオオミカミの系統で、神様の中でも特に位が高い神様で、

しかも葦原中津国に降臨をしたニニギノミコトより先に降臨していたということです。
アマテラスオオミカミについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
アマテラスオオミカミ(天照大御神)とは|伊勢神宮の神社史や神話の姿

ニギハヤヒは出雲王朝(スサノオ)の子もしくは孫?

播磨国風土記という、兵庫県の播磨地方の歴史を記した奈良時代の書物の中では、ニギハヤヒは出雲王朝の子孫と言われています。

出雲王朝を作ったきっかけは、アマテラスオオミカミの弟の神様であるスサノオノミコトとその子供のオオクニヌシノミコト(大国主命/オオナムチ)という神様です。

ニギハヤヒはその王朝から現在の奈良の大和地方に向かったとも言われています。
スサノオノミコトやオオクニヌシノミコトについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
スサノオノミコト(素戔嗚尊)とは|神話(ヤマタノオロチ等)、ご利益等を解説大国主命(オオクニヌシノミコト)とは?ご利益や神社の情報や国譲り等神話の物語も解説

ニギハヤヒは物部氏の始祖?

物部氏とは、奈良時代の蘇我氏が政権の中央に出るまで、政治・祭司の中心的な氏族として有名でした。

その物部氏はニギハヤヒノミコトの子孫と伝えられています。

物部氏をルーツとする武将は数多くおり、武士(もののふ)の家柄だとも言われています。

日本で最も古い家系図とも言われる海部氏の系図には様々な氏族がニギハヤヒ・天火明命の子孫と根拠が得られます。

ただし、様々な説が多くあるために、疑問視する人も存在します。

ニギハヤヒとアマテラスオオミカミの男性神?

ここからは少々スピリチュアルな説が続きます。

ニギハヤヒノミコトの正式な名前が、
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)

と表記されます。

この名前の最初の天照(アマテラスともアマテルとも発音)の表記から、「太陽神」つまりアマテラスオオミカミの男性神として生まれたのではと主張する説があります。

そもそもイザナミノミコト・イザナミノミコトという双神で国ができたという話や、太陽神とは陽(男性神)で、月が陰(女性神)という考え方から日本の皇祖神がアマテラスオオミカミ(女性神)だけということに疑問を持つ人たちがいます。

この説はそういった人の推論の上に成り立っているものです。

古代のロマンを感じるものですね。

ニギハヤヒは宇宙人という説

スピリチュアルが好きな方がネット上にたくさんの意見を乗せていて、その一つにニギハヤヒは宇宙人であるという意見もあります。

これは学術的な背景を持っている説ではありません。

この説は、ニギハヤヒの妻の瀬織津姫という女神は、シリウス文明の女神であるという説や、エジプトその他神話を持つヨーロッパ・中東地域の神とつなげるという説の様です。

ニギハヤヒとユダヤ?

古代のロマンが好きな人なら「日ユ同祖論」と呼ばれる、イスラエルに存在した部族の一つが日本に流れ着き王朝を立てたというニコラス・マクラウド氏が明治時代に提唱した意見を聞いたことがあると思います。

この意見では、日本の神様の名前の音がヘブライ語に似ているウガヤフキアエズという神様がユダヤの王と同一という考え方等たくさんの説があります。

ニギハヤヒもその一つという考え方です。

ニギハヤヒと龍神(白龍)の関係がある説

これは後半で考察をする、ニギハヤヒの妻は瀬織津姫ではないか?という説に関わるものです。

ニギハヤヒの妻と言われる瀬織津姫は日本の神話には出てこないのに、神道の大祓詞にでてくる神様で大変謎の多い神様です。

この神様は龍神様であるという説が存在しニギハヤヒは龍神と関りがあるという説があります。

また、千と千尋の神隠しに出てくるハクという白龍になる少年。

彼はニギハヤミコハクヌシという本名を持っているためニギハヤヒと龍の関係に注目が集まったのかもしれませんね。

ニギハヤヒと徐福

さらにはニギハヤヒは徐福という中国の秦王朝の時代に皇帝から不老不死の薬を探して来いと日本に遣わされた人物と関係があるという説もあります。

大神神社(奈良)の大物主はニギハヤヒという説

また、大物主(オオモノヌシノカミ)というご祭神を祀る、日本で最も古い神社の一つと言われる大神神社(おおみわじんじゃ)にもニギハヤヒは関係すると言われています。

ただし、大神神社の公式の見解にはありません。

また三輪王朝と呼ばれる、仮説に基づく考えがあるなど、その真偽は不明です。


ニギハヤヒの妻は瀬織津姫?

上で見てきたようにニギハヤヒには本当かな?と思うような説がたくさんついて回っています。

その中でも特に根強い支持を集めているのが、このニギハヤヒと瀬織津姫が夫婦だったというものです。

瀬織津姫という神様は、先ほども述べましたが、日本の神話には出てこないが、大祓詞の中に名前が出てくる神様で、伊勢神宮の内宮(アマテラスオオミカミを祀る社)の別宮荒祭宮の別名が瀬織津姫であるという記述がいくつかの書物でされています。

他にも兵庫県西宮市の廣田神社では現在はアマテラスオオミカミを祀っていますが、以前は瀬織津姫を主祭神と祀っていたと戦前までの記録にはあります。

また、日本の神社の中で、ニギハヤヒと瀬織津姫と同一とみられる神々が一緒に祀られる神社があると言われてもいます。

ニギハヤヒがアマテラスオオミカミの男性神として、瀬織津姫がアマテラスオオミカミの女性神だという主張も存在します。

瀬織津姫について詳しく知りたい方はこちら

参考:瀬織津姫とは?封印された龍神・弁財天とも言われる伝説の神様を解説!

ニギハヤヒノミコトが祀られている神社・神宮

ニギハヤヒはそもそも神話内でも明確な表記がないことから上記で見たようなにわかには信じられない説が数多くあります。

それでも、重要な神様として、日本の各地でニギハヤヒノミコトを祀る神社が存在しています。

それらの神社について見ていきましょう。

石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)

日本で最も有名なニギハヤヒノミコトとその子の可美真手命/宇摩志麻遅命(うましまでのみこと)を祀る神社です。

神話の中でニギハヤヒノミコトが降臨し、統治の中心とした場所と言われる河内の国にある神社で、ニギハヤヒの子孫の物部氏の有力氏族の木積氏が代々神主を務める神社です。

公式サイト:http://www.ishikiri.or.jp/

磐船神社(いわふねじんじゃ)

ニギハヤヒを祀る神社の中でも、ニギハヤヒが降臨されたときに乗っていたという天磐船(アマノイワフネ)だと言い伝えられる巨石がある神社です。

所在地:大阪市交野市私市9-19-1

籠神社(こもじんじゃ)

籠神社のご祭神は彦火明命(ひこほあかりのみこと)という神様で、ニニギノミコトの兄弟神として地上に降臨し籠神社のご祭神となったとされます。

この彦火明命の別名が「饒速日命(ニギハヤヒノミコト)」とされます。

籠神社は丹後国一宮という古くから皇室でも重要視されている神社であり、国宝の海部氏系図という、神代からの家系図が残る由緒正しい神社です。

さらにこの籠神社の伝承では、彦火明命は宗像三女神のイチキシマヒメ(市杵島姫命)を妻としたと言われています。

このイチキシマヒメは瀬織津姫と同一視される神様と言われています。

籠神社公式サイト:http://www.motoise.jp/index.php


ニギハヤヒの墓

ニギハヤヒは逝去された時、そのご遺骸は天に上っていったとされます。

そのため、ニギハヤヒが埋葬されたというお墓はありません。

ですが、ニギハヤヒの妻がニギハヤヒの遺言に従い、鳥見の白庭にニギハヤヒの遺品を埋めたという言われ、その鳥見の弓塚と言われます。

その伝説が語られる場所は現在も存在します。
饒速日命墳墓(奈良県生駒市白庭台5-9-1)
真弓塚(奈良県生駒市上町5002)

ニギハヤヒのご利益・ご神徳は?

様々な神社で祀られ様々なご利益御神徳をお持ちと考えられています。
腫物(癌等)の守護(石切神社)
病気平癒(磐船神社)
諸願成就

ニギハヤヒノミコトの神格
太陽神
穀物の神
呪術の神
航空の神
https://shinto-bukkyo.net/shinto/kamisama/%E3%83%8B%E3%82%AE%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%92-%E9%A5%92%E9%80%9F%E6%97%A5%E5%91%BD/

18. 中川隆[-13474] koaQ7Jey 2018年12月25日 09:32:47 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告

DNA鑑定すれば先祖がどの民族かはすぐにわかるのですが、何故か天皇家とその親戚縁者の DNA は公開が厳禁されていて、天皇家の系譜の真偽を検証できない体制になっています。

●日本人Y-DNAハプログループ比率 (2013 徳島大 佐藤等 サンプル数2390)

D1b--32% : 縄文人、漢民族と混血していなければ二重瞼

O1b2-32%(旧表記O2b): 弥生人、漢民族と混血していなければ二重瞼

O2---20%(旧表記O3) : 漢民族、縄文人・弥生人と混血していなければ一重瞼

C2----6% : 縄文人、漢民族と混血していなければ二重瞼

C1----5% : 縄文人、漢民族と混血していなければ二重瞼

O1b1--1%(旧表記O2a): 弥生人、漢民族と混血していなければ二重瞼

O1a---1% : 弥生人、漢民族と混血していなければ二重瞼

N1----1%

D1a,Q1--1%未満

▲△▽▼


自分のハプロタイプが調べられる機関
https://genographic.nationalgeographic.com/
https://www.familytreedna.com/
https://www.23andme.com/

最新ツリー -ISOGG、YFull
https://isogg.org/tree/
https://www.yfull.com/tree/

▲△▽▼


西暦200年代に朝鮮半島から日本に移動したグループと判定されました
日本人に多くいそうだね☆

2018年02月25日 Home DNA
http://blog.livedoor.jp/mukamikami000/


Home DNAという祖先解析サービスを見つけたので
早速使ってみました。
https://homedna.com/

他の業者で得られたraw dataをアップロードすると
有料(39US$)で解析してくれるプランもあったため
まずは昨年得られたFamilyTreeDNAでのデータを
ダウンロード、拡張子[.csv.gz]のファイルを保存してから
Home DNAのサイトにアップロード、同時に料金を支払います。
数時間後に、以下の結果が報告されました。

map01

遺伝子多型を解析し、割合の多い3種の人種を提示してくれます。

私の場合

1.オーストロネシア・オセアニア
2.オーストロネシア・東南アジア
3.中央アメリカ

の順でした。この分類はHomeDNA独特のもののようですが
他社データを使って即時に結果がわかるのは便利です。
ほかにも23andme、AncestryDNAやNationalGeographicのデータも受け付けています。
(今後、気が向いたらこれらのデータも解析依頼してみます)
map02
また、上図のように地域上で移動した経路も推測してくれます。
私の場合、西暦200年代に朝鮮半島から日本に移動したグループ
と判定されました。
このバリエーションがどれだけ用意されているかはわかりません。


当然、Home DNAに直接DNAサンプルを送付して解析してもらった場合は
異なる結果が得られる可能性もあるため、通常のサンプル回収キットも
注文しました。
Asian editionなるアジア人集団に特化したと思われるサービスもあったので
ついでに申し込みました。
キットが届き次第再度報告します。

Asian editionは他社にはないユニークなサービスです。
遺伝子解析をするアジア人も多くなった結果でしょうか。
African editionもあるのでアフリカ系のひとたちもこれまでのような
ざっくりとした解析結果にがっかりすることはなくなるかもしれません。

Home DNAではスキンケアなどの健康情報にかかわる遺伝子解析も
提供しているそうなので興味がある方は試してみても
よいかもしれません。
http://blog.livedoor.jp/mukamikami000/


アジア人に特化したサービス
https://homedna.com/product/gps-origins-ancestry-test-asian-edition
 

19. 中川隆[-13463] koaQ7Jey 2018年12月25日 17:50:26 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告

「問題なのは差別ではなく、
ユダ金が部落民や在日朝鮮人を使って、反日売国行為を
行わせていることにそもそもの問題がある。
ある政治家や官僚などの人物が部落出身者や在日朝鮮人であるかどうかを
あぶり出すのはユダ金の謀略を頓挫させるのに
きわめて有効なことだ。

なぜなら、ユダ金は部落出身者や在日朝鮮人といったマイニリティを手先として
好んで使ってきたからだ。

たとえば竹中(部落)、野中(部落)、飯島(小泉の秘書、在日)

これを差別とか言うヤツは筋違いもいいとこ。」
http://stopbrainhacking.blog.fc2.com/blog-entry-233.html


▲△▽▼

馬渕睦夫さんが明らかにしていますが


馬渕睦夫 deep state の世界を語る


ロシア革命も毛沢東の中国支配も朝鮮戦争も東西冷戦もアラブの春も対テロ戦争もすべてユダヤ資本のヤラセだった


左翼=リベラル=グローバリズム=ユダヤ
=国際金融資本、軍産複合体、ネオコン、CIA、FBI、マスコミ、ソ連共産党、中国共産党、天皇一族、日本の官僚
=マクロン、メルケル、ヒラリー・クリントン、オバマ、レーニン、スターリン、ボリス・エリツィン、小泉純一郎、竹中平蔵、小沢一郎、橋下徹、枝野幸男、日本の護憲派・反原発派・反安倍勢力


右翼・民族主義=反リベラル=反グローバリズム=反ユダヤ
=プーチン、チェ・ゲバラ、カストロ、J.F.ケネディ、トランプ、ヒトラー、サダム・フセイン、カダフィ、アサド、ウゴ・チャベス、 ロドリゴ・ドゥテルテ、田中角栄、安倍晋三、日本共産党


なんですね。


安倍晋三は調整型の政治家で権力基盤が弱く、IQ も随分と低いので、官僚や自民党のグローバリストに引き摺られているのですが、本来はプーチンやトランプと同じナショナリストなのです


▲△▽▼


【馬渕睦夫】グローバリズムの罠 国難の正体 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=64Sclci4EVg
https://www.youtube.com/watch?v=d9BwAEI82Fw


2013/08/06 に公開

講師:馬渕 睦夫 氏(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)
演題:グローバリズムの罠 国難の正体
日時:平成25年7月28日(日)午後2時〜
会場:栃木県護国神社 護国会館


▲△▽▼


ひとりがたり馬渕睦夫 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/playlist?list=PL7MaEu9i584fGdp78r27h-eH0rmWLioEC

2018/06/22 に公開
待望の馬渕睦夫大使の新番組がスタート!激動する世界、今の日本に必要なのは何か?どんな危機が訪れているのか?マスメディアでは伝えられない世界の真実と、馬渕睦夫の「眼」をお届けいたします。

20. 中川隆[-13459] koaQ7Jey 2018年12月26日 03:30:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22207] 報告
馬渕睦夫さんが明らかにしたのは

・ロシア革命を行ったレーニン、スターリン、トロツキー等は全員ユダヤ人とそのシンパだった

・ロシア革命に資金援助や支援していたのはアメリカやイギリス・ドイツの金融資本家だった


・毛沢東と中国共産党を支援していたのもアメリカ金融資本家だった

・ルーズベルトとその周辺の人間は全員社会主義者でスターリンと同盟関係にあった

・GHQ は戦後の日本を共産化しようとした

・ボリス・エリツィンはソ連崩壊後に国有財産を民営化して、すべてユダヤ資本に二束三文で払い下げた


要するに、ユダヤ資本は

昔は共産化によって世界各国のグローバル化を進めようとした

現在は移民を大量に受け入れさせて世界各国のグローバル化を進めようとしている


馬渕睦夫さんは唯の国際化とグローバリズムとは全く違う概念だと何度も言っています。

馬渕睦夫さんがグローバリズムと言っているのは

ユダヤ国際金融資本はユダヤ教の精神に基づいて、世界を国境の無い文化も同じ一つの国にしようとしているという事ですね。

ユダヤ教は人類で最後に救われるのはユダヤ人だけで、他民族はすべて滅ぼされるという教義です。

すべて滅ぼすのは無理なので、ユダヤ人が目指す現実性のある理想の社会は
1%のユダヤ人が資産や権力を独占して、99%の他民族は被支配者として搾取される世界なんですね。

北朝鮮みたいな共産国家なら大体その通りになっていますよね。

それから中国では都市籍の人間が農民籍の人間を支配搾取する体制になっていますよね。
中国の経済発展は都市籍の人間が農民籍の人間をタダ同然で働かせる事ができたからだというのが定説ですね。


マルクス主義で言う平等というのは 99% の被支配者の間では階級差別が全く無いというだけの話です。

竹中平蔵さんが、

派遣社員と正社員と待遇が違うのは平等の精神に反するから、正規社員も非正規社員と同待遇にしろ

と言っているのも 99% の被支配者の間では階級差別が有ってはいけないという主張ですね。


だから、ユダヤ人は最初は共産化で 1% 対 99% の世界を作ろうとしたのです。

馬渕睦夫さんが何度も言っていますが、国際化とグローバリズムとは全く違う概念なのですね。

それは航空機で欧米に数時間で行ける時代だから、海外との輸出入も旅行も技術交流や留学も簡単になった。
コカコーラやネスカフェやマクドナルドは世界中どこでも手に入る様になった。

しかし、それはあくまでも国際化であってグローバリズムとは関係ない

移民を入れたらチャイナタウンとかモスクを中心とするイスラム人居住区みたいな国家内に別国家ができてしまうので、唯の国際化とは次元が違うものなんですね。

ユダヤ資本は利潤を最大化したいだけなので、

・言語はすべて英語に統一して、それ以外のローカルな諸言葉はすべて廃止する
・民族ごとに違う習慣や伝統はすべて止めさせて、世界標準の生活様式に統一する
・賃金は民族によらず、すべて同一作業同一賃金にする

という環境を作りたいのです。


グローバリズム=共産主義

というのは、どちらも 1% 対 99% の世界を作って、

99%の中では民族による賃金や福祉等の差別はしない、中国人でも日本人でも賃金はすべて同一にする(賃金は安い方に統一する)

という事なのですね。

それで、レーニンやスターリンやトロツキーの様な反民族主義のユダヤ系のグローバリストが共産革命を起こし、ユダヤ資本が共産国家を支援した

馬渕睦夫さんはそういう歴史的事実を信頼できる資料と客観的事実に基いて具体的に指摘したというだけです。


グローバリズムというのは19世紀の帝国主義と同じものだというのが定説
国家より金融資本の力が上になっている状態の事

19世紀と今の違いは、植民地を作って直接支配するのを止めて、傀儡政権を作って経済支配だけする方向に変わった事

民主主義は国家がないと成り立たないから、グローバリズムは民主主義とは相容れない
それでマスコミ操作で単純な一般人を洗脳して騙す手口を実行しているんだ

アホは平和、友愛とか多文化共生という言葉に弱いから、騙すのが簡単なんだ:


【馬渕睦夫】メディアは「意図的」に洗脳している。マスコミの正体を暴露しよう - YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1UVE71XxbHk
___


【馬渕睦夫 河添恵子】「NHKは人事まで中国大使館の支配下にある」と馬渕睦夫 河添恵子氏が暴露! NHK内部にまで浸透済みだ! 2018年12月17日 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=SGKFLrySAHs

2018/12/16 に公開
馬渕睦夫 河添恵子氏の解説から
「NHKは人事まで中国大使館の支配下にある」と馬渕睦夫 河添恵子氏が暴露!
NHK内部にまで浸透済みだ!
朝日、毎日をはじめとする新聞、NHK、TBSといった地上波テレビなど、既存メディアは、真実を見せなくなっているのではないでしょうか?

___


馬渕睦夫★日本のテレビから外国人スパイを淘汰しろ!
なぜ天皇陛下が農業するのか?その意味と譲位日程の秘密 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=DPaPO66OWBk&app=desktop

2017/12/07 に公開

_____


日本では5万人の中国人が工作活動に従事している:
河添恵子#8-1 ゲスト:馬渕睦夫★リアルに存在するスパイ&工作員の実態 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=ukhGim45GB0

▲△▽▼


民族主義、反リベラル、反ユダヤのヒトラーやサダム・フセイン、カダフィは今迄ずっと極悪人扱いされてきましたが、

ユダヤ資本が支配しているマスコミが現在でもシリア毒ガス兵器の様な悪質な捏造ニュースばかり流している事を考えると、
ヒトラーやサダム・フセイン、カダフィについても、有る事無い事 根も葉も無い嘘とデマを撒き散らした可能性が高いですね。

そうでなければ、ドイツでのヒトラー崇拝やサダム・フセイン、カダフィの国民からの圧倒的支持を説明できないですね:

第一次湾岸戦争時の「ナイラ証言」

アメリカ政府もメディアも、イラク攻撃の世論作りのために露骨な捏造と情報操作をおこなった。世界が、みごとに嵌められてしまった。

「ナイラ証言」というのは、完璧な捏造であることがはっきりしている。ナイラというクウェートの少女が、米公聴会で「イラクの兵士がクウェートの産院の乳飲み子を保育器からだし、次々と床に叩きつけて殺したのを見た」と涙ながらに証言した。

しかし、後にこの少女は、駐米クウェート大使の娘で、ずっとアメリカにいたことが分かった。つまり、証言は真っ赤なウソだった。この証言は、アメリカの広告代理店がシナリオを作り演出したものだった。リハーサルもきちんとしていた。もちろん、スポンサーはアメリカ政府以外にない。ただし、捏造がニューヨークタイムズで暴かれたのは、1年3ヶ月後のことだ。

この「ナイラ証言」が出るまでは、アメリカの世論は反戦が多数を占めていた。しかし、この証言で世論は一気に会戦へと転じた。周到に準備された、たったひとつの捏造が、世論を完璧に逆転させてしまった。しかも、素人の少女のウソ泣きによって。


クウェートから逃げてきたとされる少女の証言だ。そのクウェート人少女は、アメリカ議会の公聴会でこう証言した。

「サダム・フセインの軍隊が病院に乱入して、保育器から赤ん坊を取り出し、床に叩きつけて殺した。私はこの目で目撃した」

 と、少女は涙を流しながら証言した。

 ところが、この公聴会での少女の証言は、真っ赤なウソだった。
 事前にアメリカの広告代理店が綿密なシナリオをつくり、何度もリハーサルをした上での証言だった。当の少女が後に暴露した。


 
▲△▽▼


【日いづる国より】馬渕睦夫、フィデル・カストロと日本人の幸福論[桜H27-5-8] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=eoq6pRXoBBA&app=desktop

2015/05/08 に公開

日本の伝統と文化を尊重し、真に国益を考える数多くの志士達が、自らが国政に臨むことで日本再生に懸けようと奮起している。その志と問題提起を、じっくりとお聞きしていく対談番組。偉大な作曲家にして真の愛国者・すぎやまこういちによるプロデュースでお送りします。

聞き手:中山恭子(参議院議員)・すぎやまこういち(作曲家)
ゲスト:馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)


▲△▽▼


アメリカは日本へのキリスト教布教には失敗したが、戦争犯罪者という原罪を植え付けるのには成功した

【日いづる国より】馬渕睦夫、現代の「三国干渉」を打破せよ![桜H27-5-1] - YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=YxGqLyB3rmQ


2015/05/01 に公開

日本の伝統と文化を尊重し、真に国益を考える数多くの志士達が、自らが国政に臨むことで日本再生に懸けようと奮起している。その志と問題提起を、じっくりとお聞きしていく対談番組。偉大な作曲家にして真の愛国者・すぎやまこういちによるプロデュースでお送りします。

聞き手:中山恭子(参議院議員)・すぎやまこういち(作曲家)
ゲスト:馬渕睦夫(元ウクライナ兼モルドバ大使)

▲△▽▼


【大道無門】馬渕睦夫と国難の正体を暴く[桜H25-5-24] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Rl7oyG4ebwk&app=desktop

2013/05/24 に公開

司会:渡部昇一(上智大学名誉教授)
ゲスト:馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使)


東西冷戦も朝鮮戦争もユダヤ金融資本が仕組んだヤラセだった
ユダヤ金融資本がヤラセの冷戦体制を終わらせようとしたケネディを暗殺した

▲△▽▼


ノンフィクション作家・河添恵子#4-1
「馬渕睦夫氏と語る最新世界情勢」前編・グローバリスト&共産主義勢力 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=Z7syO3BhDdQ

ノンフィクション作家・河添恵子#4-2
「馬渕睦夫氏と語る最新世界情勢」後編・北朝鮮問題の行方 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=Z4Ot9KiWPV8

収録日:2018年4月25日

21. 地下爺[4143] km6Jupbq 2018年12月27日 21:23:16 : GYcRPWoePg : qQ1l3M7sSRs[572] 報告

     ↑↑


 大丈夫か まともなこと 言っているみたいだけど。。。。

 ていねいに 見てないから わからんけど。

 ざーと 読んだ感じだと  50円 もらえなくなるぞ 。。。。


 

22. 中川隆[-13300] koaQ7Jey 2018年12月30日 17:07:10 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22210] 報告
>>21
僕は年間の全アクセス数で決まる年俸制だから大丈夫なんだ

僕の書いたスレは何故か、どれもみんな人気有るからね

23. 中川隆[-13116] koaQ7Jey 2019年1月09日 09:14:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22222] 報告

中川隆はどの組織に所属する工作員なのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/147.html
24. 中川隆[-12016] koaQ7Jey 2019年2月20日 18:48:11 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査|新潟水俣病と正田家
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/09/30/2016093020160930182308/


公害企業になることを承知の上で、次女を嫁がせた正田家

カキフライさまから貴重なコメントを頂戴しました。

新潟水俣病と皇后実妹との因果関係

昭和31年5月、

熊本県水俣市で、初の水俣病患者が出る。

昭和38年3月、

美智子さんの妹の正田恵美子さんが、昭和電工の社長・安西正夫氏の長男、孝之氏と結婚。

昭和39年11月、

新潟で原因不明の神経疾患患者が現れる。

昭和40年1月、

昭和電工は突然アセトアルデヒドの生産停止、そしてなんとプラントをも撤去、製造工程図も消去してしまう。

昭和40年後半、 

昭和電工鹿瀬工場からの廃水で、阿賀野川流域でも水俣病が発生していると判明。新潟水俣病が公式に認定される。

こうやって、時系列に並べるとわかりやすいです。

熊本の水俣病は昭和31年に発見され、その後ずっと問題となっていました。

チッソと昭和電工は同じ業種であり、両者は長い交流もありましたから、昭電の安西家は、自社の工場付近でも水俣と同様の公害病が起こることを早い段階で当然予測していたはずです。

だから、昭和39年11月に原因不明の神経疾患患者が出ると、すぐに生産停止し、プラントも工程図等書類も処分し、大掛かりな証拠隠滅を図りました。
患者が出るまで待ってたんですねぇ。
新潟水俣病が正式認定されたのは、証拠隠滅の後でした。

スポンサーリンク


当時の昭和電工社長の安西正夫氏が、皇太子妃美智子さんの妹・正田恵美子を長男の嫁にしたのは、昭和38年3月。

いずれ自社にも水俣と同じ病気が発生するということは目に見えていました。

チッソと全く同じことをやって全く同じものを作ってるんですから。

美智子さんの妹は、そうしたことを承知の上で廃水を垂れ流している一族に嫁いだということです。

将来、問題が明るみに出て、新潟でも患者が発生した時のために、皇太子妃の妹を嫁にしておくとマスコミは昭電に対して強くは出られまい、ことが大きくならずに済む、チッソの水俣工場のような大騒動にならずに済む、安西氏にそういう考えがなかったとは到底思えません。

事実、マスコミの扱いはチッソに比べれば異常なまでに小さいのが現実です。
そして、極めて悪質な隠蔽工作もあまり報道されず、皇室とのかかわりが非常に都合よくはたらきました。

また、マスコミだけでなく、訴えるべき患者たちにも、皇太子妃の妹が被告企業の一族に嫁いでいるということが、ある種のプレッシャーになった可能性もあります。

恵美子氏の夫の父親であり、当時の昭和電工社長の安西正夫氏は、新潟水俣病発覚後も昭和46年まで社長を続け、その後も何事もなかったかのように一族の人間に引き継ぎました。

ちなみに、熊本で水俣病が発覚したのが昭和31年5月、江頭豊氏が日本興業銀行常務からチッソに出向し社長に就任したのは、水俣病発覚から8年以上たった昭和39年の12月です。

何年も前から工業排水が原因だと知っていながら、患者が発生するまで素知らぬ顔をして有機水銀を垂れ流していたのは、ほかならぬ昭和電工のオーナー一族である安西家の方です。
どうして、だいぶ後になって銀行からやってきた江頭氏ばかりが責められるのか、甚だ疑問で到底承服しかねます。
後の隠ぺい工作と合わせて、昭和電工の悪質さは本当にひどいものです。

美智子さんの最大の実家縁戚がこの安西家なのは有名です。
この安西家から、政界、官界、財界へと閨閥が伸びているからです。
特にこの閨閥に多くの企業があるため、スポンサー料を通じたマスコミへの影響力は絶大と言っていいでしょう。

ちなみに美智子さんの兄・正田巌氏の妻は、浜口雄幸元首相の孫ですが、この方は安西家の親戚でもあります。

こうした美智子さん最大のバックグラウンドが、昭和電工の公害病発覚対策を目的とした縁組からできていったと考えると、おぞましいと思う反面、いかにも美智子さんとそのご家族らしいなとも思えてなりません。

妹さんは、会社不祥事の隠蔽工作の一環としての利用価値が期待されての結婚だったかもしれないって、気が付いてるんですかね?

ちなみに、恵美子さんの夫は日本体育協会会長を務め、今上夫妻の公務である国体の責任者でもありました。呆れてものも言えません。


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/09/30/2016093020160930182308/


▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査@|(前)驚愕、正田富美(皇后実母)は家系図に母の名前無し(笑)
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/23/2016102320161023060000/

皆さんお元気ですか?

知ってる方もいるかもしれませんが、皇后様の実母、正田富美(旧姓)副島(そえじま)富美は、家系図で父は、副島綱雄となっていますが、横線だけ引いて妻の欄は空欄で、その横線に、寂しげな縦線が下りて、娘、富美となっています。

この系図の画像は、先日紹介しました「皇室画像全般掲示板」様で見ましたが、さっき見たら、見つけられませんでした。

当該ブログは、「嵐」も多いので、家系図の画像が消されないうちに、お手数ですが、探して、見ておいてください。


私は、仕事柄、家系図も良く見ます。

嘘、捏造の家系図も良く見ますが、この家系図は「嘘」をつきながらも、ある意味【馬鹿正直】で嗤えました。

副島綱雄は、実態は、独身主義者(時代的に有り得ない)か、性的不能者か男色化のいずれかだったと推測します。一番妥当性のあるのは、「無精子症」かな。

これなら、富美が誕生したとされる1909年(明治42年)日韓併合の1年前に、当時、いくら、上海イギリス疎開で、女遊びしても子供は出来なかっただろうと思います。

どうどうと偽造したのならば、妻の欄に、「キヌ」とか「ヤス」とか記入すれば出来上がりです。敢えてしなかった???

★実質は【養女】だったのだと推測します。

私は、綱雄が、上海英国疎開の【孤児院】から、見目麗しい【英中ハーフの幼い孤児】を貰い受けたか?禁断を侵して中国人の女との間に子を作ってしまった不良英国人神父から、直接貰い受けた可能性が高いと思います。

同じような事は、「掲示板」の方々もおっしゃっていました。

2011年に、あのデヴィ夫人が、美智子皇后を差して「あのかたのお母さんはシナ人でしょう」と言う発言をしていました。

何とか、「美智子皇后のサークル」に入ろうとしたら、皇后から、「あの方、メカケでしょ(怒)」と侮辱され、遺恨を持ったそうです。

色々と毀誉褒貶(きよほうへん)の多いデヴィ夫人ですが、「メカケ」は正しくありません。正式には、インドネシア大統領、スカルノの第五夫人ですから。インドネシアはイスラム教なので、一夫多妻は戒律上認められています。

しかも、スカルノ失脚(1965年)後、50年間、パリの社交界で生き残ってきた人です。世界の上流階級の情報網や人脈を持っています。生前の正田富美は中国語ペラペラだったそうです。

「メカケ」と侮辱された、恨みが、後の彼女が率先して始めた「廃太子廃妃署名活動」の一因ともなっています。

さて、この正田富美と言う女、多くの写真を注視すると、色白で長身の美人、白人の血が入っていますね。

もし、10代後半の頃、現代の平成日本にタイムトリップしたら、美人ハーフモデルのトリンドル玲奈級でしょうね。傲慢さもピッタリです。

この人が生まれた翌年、1910年、日韓併合が有りましたが、その当時の、日本男児の平均身長が147cmでした。

富美の正式身長はわかりませんが、写真で見る限り、若い頃の皇后より高そうです。

皇后が入内時に両親と3人で、立っている写真を見ると、皇后よりかは高い。

私には、少なくとも、頭半分は高く見えます。皇后の伸長が何cmかは知りませんが、今上様よりかは高そうです。私の推測するところ、163cmあたりだと見ますが、皆さんは、どれくらいだと見ますか?

仮に、私の見立ての163cmを基礎に推測すると、頭半分として、168cm〜170cmぐらいでしょうか?

明治生まれの日本女性としては、異常な高身長です。

そして、この人の産んだ子は、皇后を除けば、皆、足が長く高身長で、スタイルが良いです。皇后だけ、足が太く短いです(笑)

妹の恵美子さんも背が高いし

、私が、注目しているのは、皇后の弟で、日清製粉名誉会長の、正田修氏です。

中学の頃のカラー写真は、【色白のイギリス少年】で、クラレの大原総一郎の娘、泰子と結婚したときの顔は、明らかに【イギリスの血の入ったモデル】です。

今のモデルタレントのJOY(日英フーフ)を更にアジアっぽくした感じです。それに異常な高身長、財界の会合で飲んでいる時の写真を見ると、190Cm以上ありそうです。

巨人病とも考えられますが、皇后の兄の巌も相当な高身長です。

但し、顔は、父親似のアジアンですが・・・恐らく女帝が、一番背が低く、足が短く太いでしょう(笑)

この富美と言う女、資産家や上流階級の家庭なら、適齢期になった娘に必ずやらせる【花嫁修業】を一切やらせていません。お茶、お花、お料理等々・・・代わりにやらせたのが、15歳からの【婚活ダンスパーティー】、腹筋が崩壊しそうです。

正田美智子が入内した後の、さる、週刊誌の、生け花をする画像、見る人が見たら大笑いして、顰蹙ものです。

茎や葉を、ばさばさ切って、ぶすぶす突き刺す(笑)小学生の体験学習じゃないんだから。見栄張ってやるなって(笑)

週刊誌記者の手前上「私、生け花、知らないんです」とは言えなかったんでしょうね。そんなこと言ったら、記者は「正田家って資産家じゃなかったんですか?」と驚愕するところだったでしょう。

★正田富美と言う女は【日本人の血が一滴も入ってない英中ハーフ】であることは、確実だと思います。

だからこそ、あれだけ、昭和天皇と香淳皇后に対して、【非国民まがい】の言動が取れたのでしょう。天皇家のことを【あちら呼ばわり】

★韓国人達が、天皇陛下のことを【日王】と蔑んでいうのと同じです。

ちなみに、日本国の、世界での正式な呼び名は、未だに【ジャパン エンパイア】です。理由は天皇がいるからです。日米開戦の時にルーズベルト大統領の対日開戦宣言の議会演説の「ジャパン エンパイア」と同じです。

掲載した、旧正田邸の応接間の写真にきずいたでしょうか?

★土足なんです。何で日本人の家なのに、土足なの?これは、妻、富美の強い要望なんでしょう。イギリス上海租界式です。

今上夫婦と同様、正田家も夫、英三郎は富美に逆らえなかったらしいですから(笑)


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/23/2016102320161023060000/



▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査A|(後)驚愕、正田富美(皇后実母)は家系図に母の名前無し(笑)
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/23/2016102320161023120000/


続きです

正田美智子入内の時に小泉信三(GHQの手先、クリスチャン、慶應塾長)は、「正田家の家系調査は300年前までやった」と豪語しましたが、それは、そうでしょう「部落民」だと分かっても、クリスチャンは気にしませんから。

むしろ、【天皇家に恨みを抱く人種】としては、これ以上の出自は無いはずです。しかし、小泉は、美智子の母方の佐賀の副島は、調査完璧だとは言わなかった。

★副島の家系調査をやったら、実母の富美の存在が問題となり、宮内庁は「見なかったことにしよう」と言って閉じてしまったそうです。

★要は、【最初から入内ありき】の、やばい個所はスルーする、封印する、【エアー家計調査】にすぎませんでした(笑)

副島の分の家系調査は、真実を国民に公開してもらいたいですね。
【偽善】と【虚栄】と【継子、秋篠宮と黒田清子さまに対する冷酷な仕打ち】をする、女帝のそれこそ【真実】を知りたいです。国民は知る権利が有ります。

★富美と言う婆さんは、死ぬまで、「私の日記を見たら150人が卒倒する」と豪語していましたが、それこそ、【女帝の男性経験の人数と相手の名簿】なんでしょう。

貴重な歴史的資料だから、是非、正田家の人は、探して公開してもらいたいです。

余談ですが、37歳まで、結婚させてもらえず、公務に励み続けた黒田清子様の退職金が、たったの8千万で、高円宮家の大した公務もせず、もう、出雲から東京に帰ってきて別居中の、高円宮典子の退職金がなんで1億2千万なの?

これも、女帝が決めた金額でしょう。

【継子苛め】と【忠実な子分、高円宮久子の次女に対する贔屓】です。

スポンサーリンク


それでは、「大陸夫人」と言われた、富美の命式を見てみましょう。

正田(旧姓副島)富美

1909年9月29日生まれ〜1988年5月28歳没(79歳)

・・・・上  中  下   宿命星   十二運   吉凶星

年柱  己  酉  辛  正官 印綬  沐浴  咸池

月柱  癸  酉  辛  劫財 印綬  沐浴  咸池

日柱  壬  辰  戊     偏官  墓  魁罡(かいごう)

時柱  庚  戌  戊  偏印 偏官  冠帯 月徳貴人

【午未空亡】

【総合所見】

@ 強力なパワーを持つ命式、娘を入内させることによって、【皇室ブランドの利権化】を成功させた。あまりにやりすぎたために、短命となった。

@ については

・魁罡(かいごう)が2個もあります。時代を切り開いていく力が有りました。しかし、それは、【皇室を食い物】にし、【皇室利権】と言うものを日本史上初めて、開発した【女大悪党】です。

・日柱の魁罡(かいごう)を持つ女性は、美人ですが非常にきつい性格です。「ストラグル、ストラグル(闘争)」とうるさかったはずです。月徳貴人が有ります。偏官と劫財が干合します。両凶星の意味が薄まり、思いがけぬ大発展をします。

・2個の偏官と2個の印綬が4重にパワーラインを形成します。豪放さを持ちながら大発展する暗示でした。1個の正官と2個の印綬の組み合わせで、「大いに栄達する」とあります。皇太子妃の母となりましたが、平成を迎える一年前に死没しました。

従って「国母」の母にはなれませんでした。私は当時、膵臓がんで闘病中の昭和大帝が粛清したと思っています。平成になり、皇室では、【美智子の恐怖政治】が始まりました。その時に、この婆が生きていたら、三笠宮の長老並みの長寿になっていたら、この婆さんの【皇室干渉】は、度を超えていたでしょう。

・辰と戌の冲「ちゅう」が有ります。感情に左右されやすい性格です。この冲「ちゅう」が有るので、【偏印の印綬化】ができます。

・2個の酉と1個の辰が二重に支合を形成します。大吉が2個です。凄まじいパワーを持った婆さんです。似たような命式は、拙ブログの過去記事で2009年に、スーパーモデルを斬っていた時に、ブラジルのジゼルブンチェンがよく似た発電所のような命式でした。

しかし、最後に残した大きな問題が有ります。

・好色多淫の星の咸池が2個もあります。女性がこの咸池を1個持つだけで、【凄い男狂い】になります。それが、2個もあるとは病的な多情多淫です。

娘の女帝の多淫体質は母親譲りです。実は母親富美にも【カッコー】=【托卵疑惑】が、昔から根強くあります。

★何と、正田美智子は、富美と西武グループの総帥で、政商だった、堤康次郎(後の衆議院議長)との間の子だという疑惑です。母親が【托卵のプロ】ですから、娘に【托卵のノウハウ】を教えるのは簡単です。

内廷皇族は【カッコーだらけ】になりますね(笑)

女帝とまだ生きている、元西武グループの堤義明のDNAを鑑定したら、父親が同じだという結果が出るかもしれません(笑)死んだセゾングループの堤清二なんて、目が東宮そっくりですよ(笑)

この婆さんの二十八宿は婁宿(ろうしゅく)です。

すっぴんは地味ですが、化粧をすると美人になります。

性格は冷酷でドイです。ヒラリー・クリントンがこの星です。

【母娘見事な連携演技】

@ 娘は、「姑や旧華族に苛められるヒロイン」を昨年までは、演じきった。

A 母は「娘を皇室に嫁がせて、憂いの多い母」を演じ切りました。この婆さんほどTVに積極的に出演し続けた皇室関係者は居ませんでした。そして、隠し続けて30年「臨終洗礼」を受けました。

★あくまでも、私見ですが、東宮のDNA鑑定は、佐伯晋より先に、今上陛下とやるべきだと思います。そこで、【親子関係0%】だったらいいんですよ。皇位継承権を失いますから。

最終的には【喜多嶋舞状態】になると思います。本当の父親候補が何人も出てきてしまう状態になると思います。

「でれでれ草」様の記事にもありましたが、正田美智子内廷の時に、国会で議員が質問していました。「正田美智子嬢は、既に波多野某と婚約中であったとなっているが大丈夫なのか?」と・・・

大丈夫じゃないでしょう(笑)

あの好色多淫の女帝ならば、婚約までしていたら、堂々とやっていたと思います。

★官邸へメールをして、「今上両陛下の火葬」を阻止してもらいましょう。国民の負担軽減は嘘です。【皇室専用の火葬場】を作ればもっと税金がかかります。いい迷惑です。陛下も女帝も、何かを隠蔽しようとしています。

以上


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/23/2016102320161023120000/



▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査B|傍証・中国版、Wikipeiaが語る、正田富美は、母無し子
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/24/2016102420161024071336/


昨晩の記事のバックアップデータとして、皇后の母、正田富美の中国版Wikiを下記にコピペしました。中国語の得意な方は、是非読んで翻訳して頂けると有り難いです。

中国語は高校の時に習った「漢文」と構造は同じですから、私でも確認できる箇所があります。

@最も重要だと思われるのは、本人のWikiにもかかわらず、父親の、副島綱雄の記載しかないことです。中国人も調査した結果、母親の情報が取得できなかったのだと思います。

A兄弟の記載もありません。不自然だと思いますが、やはり、兄弟の情報が得られなかったのだと推測します。

B佐賀名門は、佐賀下級武士の間違いです。多久藩という2万石の小藩で、しかも家老でも何でもない家が、名門というのは笑止です。中国人が調査しに来た時に、富美本人が大ぼら吹いて名門ということにしたのでしょう。

C>出生於中國上海,在滬生活十六年・・・は上海で生まれて、16歳まで中国にいたということだと思います。

D>通中文・・・は中国語ペラペラと言うことでしょう。

E>在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。・・・は、双葉高等女学校の「礼拝」で正田英三郎の母と知り合い、19歳で結婚したと言うことでしょう。帰国後3年でよく卒業できたなと思います。卒業したとは、書いてありませんが。

スポンサーリンク

正田富美子[编辑]

维基百科,自由的百科全书

跳转至: 导航、 搜索

副島富美子

副島

富美子

出生

明治四十二年 1909年

逝世

昭和六十三年 1988年(78–79歲)

親屬

夫 正田英三郎

子 正田巌

正田修

女 皇后美智子

安西恵美子

其他親屬 女婿:明仁

外孫子:梵m親王、秋篠宮文仁親王

外孫女:田清子

外曾孫子:悠仁親王

外曾孫女:愛子內親王、真子內親王、佳子內親王

正田富美子(舊名副島富美子,1909年〜1988年),日本今上天皇明仁的皇后美智子的母親,出身佐賀名門副島氏。丈夫是前日清製粉集團的名譽會長正田英三郎。

早年生活[编辑]

出生於中國上海,在滬生活十六年,通中文。父親副島纲雄是日本「國策會社」理事,也是「江商」上海支店店長。1923年9月歸國,居東京,就讀麴町雙葉女子高等學校。在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。

婚姻生活[编辑]

富美子與英三郎婚後曾旅居椢兩年,在柏林生下長子,返日後又陸續添了一男兩女。美智子皇后是她的長女。她曾被社交圈譽為「有明治時代古雅端莊氣質的貴夫人」,但卻因為女兒美智子入宮而飽受精神折磨。在美智子婚事發佈後,就有旁系皇族與舊

華族群起攻擊她在上海生活的經歷,又不斷有消息傳來美智子在宮中受到欺壓,身心重創。為了杜絕莫須有的抹,富美子幾乎未再涉足社交圈。

參考資料[编辑]

• 齊濤。《美智子與雅子》。台北:台灣商務印書館,2006年。

取自“https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=正田富美子&oldid=33452404”
分类:
• 佐賀縣出身人物

以上

http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/24/2016102420161024071336/

▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査➃|最終検証・正田美智子入内に正当性無し、家系調査、母方、信憑性無し
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/24/2016102420161024120000/


一か月ほど前、ブログにこんなコメントが来ました。

(多久市在住のもの)

何度か読みますと皇后さまの母方が朝鮮と書いてありますが佐賀県多久市多久町できちんと御調べになった方がよろしいと思います。

有田焼の創始者李参平氏は確かに最初は多久におられましたが土を求めて有田へ行かれました、朝鮮陶工は伊万里市の大川内山で技術流出を防ぐために隔離状態で生活をされておりましたから多久には当時の窯跡以外は残っておりません。

皇后さまの母方については佐賀県多久市に来ていただき副島家古文書が存在し保管されております多久市の歴史資料館でお調べいただければ
よろしいと思います、菩提寺もすぐにわかります、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク


しばらく、非公開にしていましたが、私は、多久まで行く気は、失礼ながら、更々、有りませんでした。行かなくとも、【副島家古文書の真贋(しんがん)】が推定できたからです。

私事で恐縮ですが、私は代々の薩摩藩士の家柄で、江戸後期は石高2500石でした。1万石以上が大名ですから、【1/4大名】です。高祖母も、宮崎県、佐土原市の島津家の分家、佐土原藩の殿様の側室の子(島津の殿様が、女中に産ませた子)でした。

ですから、島津貴子さんのご主人の島津久永氏とは、血がつながっています。

我が家にも家系図は、有りますが、ご先祖様の代々は、【東京大学史料編纂室】が保存している膨大な【島津家文書】で、チェックできます。室町時代後期までさかのぼれます。

子供の頃、祖父が言っていたのは、「戦後、各家庭が持っている家系図はうのみにしちゃいかん」という事でした。「疑ってかかれ」と言う意味です。武家の家の常識としては、【副島家の様に、武家と酒屋を兼業する】という事は有り得ません。

増して、江戸時代の士農工商の身分制度では、商人は最下層で、商売人は下に見られていました。少なくとも、そのような、【異形の武家】は例え下級武士であっても薩摩には存在しないし、全国でもないでしょう。

三菱の創業者、岩崎弥太郎は、若い頃から土佐で、商売をやっていましたが、身分は【地下浪人(じげろうにん】です。これは、下級武士が貧窮に耐えかねて、武家の株を売って【元武士の浪人】になったものです。

その後のやり取りで、この(多久市在住のもの)氏は、美智子皇后母方の祖父の副島綱雄の縁者であろうことが推測されます。「菩提寺が一緒だ」とも書かれています。

結局は、高い旅費払って、調査に行く必要は有りませんでした。

読者様が、【決定的な証拠】を提示してくれたからです。

以下コメ欄の転載です。

「伏見先生、副島家の家系図は見れば見るほど、違和感を感じ得ません。綱雄以前があまりにも曖昧模糊としすぎです。

(出雲さん)

初代宮内庁長官になった田島道治の日記がすべてを物語っていると思います。

「母方系統、小生、興信所ノミニテ止マルノハ心中ドウカと思ふ」

昭和33年6月21日
 
田島は、ほぼ真相をつかんでいたのでしょうね。 しかし美智子さん入内の流れを変えることは不可能だし、する気もなかった。」

★要は、宮内庁長官が【副島家古文書の資料としての信憑性を真っ向から否定】していたのです。

★母方が、事実上、【母方は3代前までしか遡れない】のです。

誰かにそっくりじゃあありませんか?そうです。雅子肥の実家、小和田家と同じです。

★昭和天皇も香淳皇后も、昭和天皇の弟宮の妃、秩父宮妃、高松宮妃、宮内庁も皆、驚愕し、言葉を失ったと思います。そして、本心【お妃候補からの排除】を考えたのでしょうか、無理でした。

★GHQの工作員、クリスチャン勢力の小泉信三(慶応塾長)、黒木侍従らの根回しや、執拗な説得に、6年前に撤退したGHQの幻影に怯えたのだと思います。

★一説としては、戦後経済的に困窮する天皇家に対し、美智子の実母、西武グループの総帥、堤康次郎から巨額の資金援助が有ったのではないか?と言う説もあります。

【大陸夫人】と言えば聞こえは良いが、要は、【流暢な日本語を話すアジア系混血女】です。昭和天皇は、この女と最初に話した時に「この女キチガイじゃないか」と感じたと思います。香淳皇后は「この女の娘が嫁として来るのか」と怯えに近いものを感

じたと思います。そして、家系図調査してみたら、この【女ヤクザ】の実家の、佐賀の副島家の家系図が一番怪しい。当時の両陛下は、【嫌な予感がし】入内後、それが的中したのです。

正田美智子は入内しましたが、明仁皇太子の妾として入内したのです。そして、国内では皇后でも、海外の王室では依然として、【妾】が正式な処遇です。この人立后もしてませんよね。

★イギリスに訪問したときに、【エリザベス女王が、美智子と一緒に並ぶのを生理的に嫌がる】事は、有名な話です。英国王室は、【日本の部落制度】や【在日朝鮮人問題】についても、正確な知識を持っています。

可能性としては有り得ませんが、雅子肥が英国訪問したら、エリザベス女王は、間違いなく【手袋をしたまま握手】するでしょう。

海外での現在の正しい処遇

今上;Emperor Akihito and  Michiko Syouda

東宮;Prince Naruhito and Masako Owada

秋篠宮;Prince Akisino and Princess Kiko

★上の二人の女、については、【妾扱い】です。卑賤の出だという事をイギリスを始め、主に欧州王室は全て、知悉しています。TVの報道も正式名称はこの通りです。

お気づきですか?唯一、正妻扱いされているのが紀子妃殿下だけです。紀子妃はれっきとした、会津藩士の血を引いていることが認知され、尊敬されているのでしょう。

海外公務される秋篠宮殿下は既に、訪問国では、【皇太子扱い】=【次期天皇】、紀子妃殿下は【皇太子妃扱い】=【次期皇后】です。今年のメキシコ訪問や、ブラジル訪問がそうでした。

【千代田の魔物&東宮の悪霊女】が早くくたばって、【秋篠宮の御代】が一日も早く、訪れることを祈念してやみません。

以上


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/24/2016102420161024120000/



▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査D|部落民であることをひたすら隠そうとする正田家の家系図
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/26/2016102620161026040342/

*写真は部落民の正田美智子と、並んで写真に写るのを「必死に我慢するエリザベス女王」

部落民であることをひたすら隠そうとする正田家の家系図、転載フリー

※正田邸

• 下記に、女帝の実家、正田家、の世に言う、「家系図」とやらをあげます。

★家系図とすら言えない代物で、【噴飯もの】です。

【嘘だらけ】でこれくらい、虚偽、捏造の激しいものはありません(怒)

見えてくるのは、ひたすら、【部落民であることを隠そうとする意図】です。しかも、その、企画がぼろぼろ足を
出しているのが、何とも滑稽で哀れです。

• 『正田貞一郎小伝』9-21頁によると、

「徳川家の菩提所である群馬県新田郡世良田長楽寺の伝えるところによれば、正田家の祖先は新田義重の家臣生田隼人となっている。天正年間、生田義豊は徳川家康に謁し、新田、徳川の郷土に関する旧記由緒を上申して知行を受け、命により生田を正田と改めた。

後世、世良田にいた正田家の人が館林に移って商人となり、これが館林における正田家の始まりである。それは、寛政の頃といわれ、四代を経て正田文右衛門と称し、以後累代これを襲名した。

正田家は代々「米文」の暖簾のもとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく、大阪方面まで聞こえていた。引化の頃(1844年-1847年)には名主の職にあり、 名字帯刀を許されていた。

文政元年(1818年)7月に生まれた文右衛門(3代目)は正田家“中興の祖”といわれている。文右衛門は明治6年(1873年)米穀商を辞め、醤油醸造業を始めた。」という。

• 神一行『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』(角川書店、2002年)385-386頁によると、
「そもそも正田家のルーツは群馬県館林の在。“開かれた皇室”を実現すべく、皇太子妃を選ぶにあたって尽力した小泉信三は、正田家を三百年前までさかのぼって調べたという。

郷土史家によれば“正田家の祖先は源義家の孫、新田義重の重臣、生田隼人までいきあたる”というが、入手した文献で確認できるのは、300年前の庄田六三郎(天和2年没)からである。

この六三郎が館林における正田家の始祖である。四代を経て正田文右衛門という人物が登場し、庄田を正田にあらため以後代々、正田家の当主は文右衛門を襲名するに至っている。江戸時代は“米文”の屋号で代々米問屋を営んでいたようで、江戸深川や大阪堂島の米相場をうごかす、近郊きっての豪商だったと伝えられる。大繁盛した米問屋であったが、明治6年、正田英三郎の曾祖父にあたる三代目文右衛門は、突然家業をやめ、“亀甲正”という商号で新しく醤油醸造業を始めた。」という。

(三代)
正田文右衛門━┳━正田文右衛門
┃              ┏━正田明一郎
┃              ┣━はる
┗━正田作次郎━━正田貞一郎 ┃
┃   ┃

┣━━━╋━正田建次郎
┃   ┃  ┣━━━━正田彬
┃   ┃
きぬ   ┃
(五代目・正田文右衛門の長女)┣━勅子
┣━正田英三郎
┃  ┣━━┳━正田巌
┃ 冨美子 ┣━美智子
┃     ┣━恵美子
┣━祐子  ┗━正田修
┣━正田順四郎
┣━正田篤五郎
┗━和子

スポンサーリンク

≪私の分析≫

@ >群馬県新田郡世良田長楽寺の伝えるところによれば・・・長楽寺と言う寺の和尚の口伝、信憑性のある古文書が有るわけではない。

A >正田家の祖先は新田義重の家臣生田隼人・・・新田家は、太平記で有名な武将の新田義貞で、有名だが、結局、足利尊氏に破れて滅びた大名。滅びた大名を祖先とするのは検証しようがない。

捏造家系図の典型的パターンで、【死人に口なしの法則】と、私は呼んでいる

B >天正年間、生田義豊は徳川家康に謁し、新田、徳川の郷土に関する旧記由緒を上申して知行を受け、命により生田を正田と改めた。

(素朴な疑問)天正年間の何年?天正年間は20年近く続くんだけど(笑)

どこで、家康に会ったの?知行(ちぎょう)を受けたら、普通石高(100石とか)を書くでしょう。

これは、正田美智子の祖父の貞一郎の自伝です。

著者が、独自調査したものか、口述筆記したものかありませんが、【先祖を無理やり生田義豊に結び付けただけです】先祖代々、そう嘘を突き続けたために、いい加減な覚え方をしたのでしょう。

★結論から言うと、正田家と生田隼人、義豊とは無関係となります。「正田姓」は勝手に名乗ったものでしょう。

C>後世、世良田にいた正田家の人が館林に移って商人となり、これが館林における正田家の始まり・・・

★【部落から部落への異動】です。

世良田、現在の、群馬県太田市世良田は【古来から伝統ある(笑)部落地区】です。近代になって、部落民に絡んだ大きな事件が有りました。

【世良田村事件】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世良田村事件(せらだむらじけん)とは、1925年に群馬県新田郡世良田村(現・太田市)で起きた騒擾(そうじょう)事件。
概要
1924年12月、世良田村の一村民が「俺はボロを着ていてもチョウリンボウ(被差別部落民の賤称)ではない」などと発言したことに端を発する。
この発言を村内の被差別部落の水平社メンバーから糾弾された村民は自らの非を詫び、謝罪講演会を開くと約束したが、村の有力者たちの反対を受けて講演は中止となる。
水平社の糺弾に対する反撥から、1925年1月18日の晩に12の字(あざ)から約2000人の農民が手槍や日本刀やピストルや棍棒を持って集結し、翌朝にかけて23戸120人の被差別部落を襲撃、これにより36名の負傷者が出た。

★移った先の館林が、現在【群馬県館林市目車町】です。

例の、部落民労働産業の【正田醤油】が有るところです。「何で、部落から部落に移ったかって?」
★【部落以外の村】が、部落民の正田一族の、侵入を拒否したからでしょう。それにしても、【群馬県は部落地区の多い県】です。

★部落民、初の総理、「雅子を将来の皇太子妃に」が口癖だった、福田赳夫の実家、高崎市金古町は、町全体が部落地区です。

★【部落は部落を求める】・・・小和田雅子と婚約寸前までいったのは、福田の甥の越智隆雄自民党議員でした。ちなみにセレブ婚した、元フジアナの千野志麻の夫、横手信一は、福田赳夫の孫なので部落民です。
女帝美智子が、小和田雅子を気に入ったのも【同じ血の匂い】を直観的に感じたからでしょう。

C >名主の職にあり、名字帯刀を許されていた。・・・【館林の部落地区に住み、苗字帯刀を許されていた】
★ズバリ、【首切り役人】でしょう。名主は嘘でしょう(笑)

★部落出身を公表するルポライターの「上原善広(大宅壮一賞受賞者)」は著書「韓国の路地(部落地区)を歩く」の中で、日本でも【首切り役人は被差別民が多かった】と述べています。
苗字を許された部落民もいます。

【弾左衛門】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先:、

弾左衛門(だんざえもん)は、江戸時代のであった穢多・非人身分の頭領。穢多頭(えたがしら)。幕府から関八州の被差別民を統轄する権限を与えられ、触頭と称して全国の被差別民に号令を下す権限をも与えられた。「穢多頭」は幕府側の呼称で、みずからは代々長吏頭(ちょうりがしら)矢野弾左衛門と称した。浅草を本拠としたため「浅草弾左衛門」とも呼ばれた。

D >郷土史家によれば“正田家の祖先は源義家の孫、新田義重の重臣、生田隼人までいきあたる”入手した文献で確認できるのは、300年前の庄田六三郎(天和2年没)から

★結論から言うと、家計調査に300年遡ったと言いますが、生田隼人までは、遡れなかったという事です。【郷土史家】と言うのは歴史学者ではなく、趣味で地元紙史を調査している人で信憑性は低いです。この人こそ、部落民の可能性が高いです。
★遡れる最後が、庄田某ですからね。生田隼人とは無関係です。

E>江戸時代は“米文”の屋号で代々米問屋を営んでいたようで、江戸深川や大阪堂島の米相場をうごかす、近郊きっての豪商だったと伝えられる。
★江戸まではわかるけど、「大阪堂島のコメ相場を動かす」は眉唾物です。

当時日本は世界で初めて【コメの先物取引】=デリバティブをやっていました。その主要メンバーなら、歴史書や古文書に名前が残っているはず、見せてもらいたいです。

F>大繁盛した米問屋であったが、明治6年、正田英三郎の曾祖父にあたる三代目文右衛門は、突然家業をやめ、“亀甲正”という商号で新しく醤油醸造業を始めた。」という。

★大繁盛しているのに、何故やめたの?【醤油醸造という部落民労働力集約産業】に先祖返りしたのか?

★【矛盾点や謎の多い正田一族の歴史】でした。

最後に読者様の情報提供です。

(すだちさん)

三島由紀夫とのお見合いの顛末。

「つまらない女だった」と三島からお断りしたという話が伝えられています。

あと三島の祖母が美智子さんのご実家の家柄をお気に召さなかったという話も。

どちらもあり得るなと思います。

★三島の祖母は、華族です。見るものが見れば、【矛盾だらけで嘘くさい家系図】です。正田美智子を断った、三島と、その祖母の慧眼(けいがん)に敬服です。

以上

http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/26/2016102620161026040342/




▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査E|(続)部落民の信仰の対象だった白山神社、正田醤油敷地内の白山神社
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/27/2016102720161027063234/


*写真は、群馬県館林市の【正田醤油】敷地内の、白山神社です。

東武伊勢崎線『館林駅』前の正田醤油工場敷地内に鎮座。

館林駅西側が区画整理中で地図やナビが全く役に立ちませんでしたが、工場は目立つのでなんとかたどり着けます。あたりが醤油の良い香りがします。

神社全体像。小規模な神社です。拝殿の隣のお堂には何が祀られているのでしょうか。

2015年12月8日

昨日の記事を書く過程で、「関八州のエタ・非人頭」の弾左衛門について触れました。歴史上有名な人物の、弾左衛門、通称、浅草弾左衛門について、調べていくうちに、【部落問題研究家】の【有力な研究成果】を発見しました。

★関東地方の、部落地区には、必ず「白山神社」が有る。・・・・と言う実証研究成果です。

(根拠)ある時、弾左衛門の次男が重い病気に罹り、生死の境をさまよった時に、浅草新町の【白山神社】=【現、今戸神社】、で祈祷したら、奇蹟的に快癒した。それで、弾左衛門は、関八州(今の関東7県)甲斐都留郡(山梨県都留市)駿河駿東郡(静

岡県駿東郡、清水町、小山町、長泉町)、陸奥白川郡(棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村)三河設楽郡(愛知県新庄市)の部落の「エタ頭」に対して、白山神社を断てるように命じたとあります。神社を新しく建てる際には、勧請(かんじょう)と言って、

「神様に動座してもらわなければなりません」、勧請は浅草新町の白山神社の神様にご動座願ったのでしょう。

この、白山神社が、館林市の【正田醤油】の敷地内にあります。

★これは、醤油労働者が、部落民であること、【正田醤油の社長】も部落民であることの証左であります。

明治になり、石高10万石並みと言われ権勢を振るった、弾左衛門一族も、特権をはぎ取られ、零落(おちぶれる)します。怖い親分は居なくなったし、正田の分家はカトリックに改宗しているのだから、【白山信仰】は親分からの押し付けならば、白山神社を撤去しても良かったはずです。神社は神官によって、決まり通りの手続きを取れば、撤去可能です。祟られることは有りません。それを今現在していないという事は【正田醤油のオーナー=正田本家】は、【白山信仰】を捨てておらず、部落民だという事です。

部落民を公表しているルポライターの上原善広(大宅壮一賞受賞)が、著書「日本の路地を歩く」で、館林市目車町を踏査し、【正田醤油の敷地内の白山神社】を発見し、「ここは、部落地区で間違いない」と判断した結論は間違っていなか

ったのです。

★しかし、【部落地区に指定されていない】その理由を【館林市役所】に問い合わせると【この地から皇太子妃が出ているから】指定できないという回答だったそうです。

スポンサーリンク


≪美智子の祖父、貞一郎は、何故醤油事業から離れ、製粉業を始めたのか≫

★答えは簡単【部落民であることを隠すため】です。

同じような例が有ります。在日企業ロッテです。

創業者の重光武雄(辛格浩;シン・キョクホ)は、事業が成功した後、インタビューにこう答えています。

記者「何故、菓子製造業を始めたんですか?」

重光 「だって、パチンコや、焼き肉屋をやったら朝鮮人だとばれるじゃないですか(笑)私は在日の連中と同じことはやりたくない」

お家騒動で揉める、ロッテですが、この重光と言う男は偉い男です。財務担当役員として、住友銀行から佃と言う重役を引き抜いていました。しかし、佃は重光の長男の宏行とことごとくそりが合わない。

思い余った佃は会長の武雄に直訴「私を取るか、ご長男を取るかはっきりさせてください。」それを聞いた武雄は躊躇なく、長男を子会社に飛ばしたそうです。普通の朝鮮人だったら息子の方を取ったでしょう。

どこか、日本人的な思考の持ち主です。朝鮮人をぼろくそに言っている、私もこの男は憎めません。

≪母国の消費者からエゲツナイ搾取をするロッテ≫

日本でも、何かと評判の悪いロッテのお菓子ですが、例えばロッテ、アーモンドチョコレートを買うと、少なくとも、ケース一杯のチョコが入っています。

これが、韓国では違うんですよ。韓国の掲示板を見ると、ネチズンたちが怒っています。

ロッテが、韓国で売る、アーモンドチョコレートは、ケースも絵柄も日本と同じですが、中身のチョコが、ケースの半分しか入っていません。しかも、値段は日本より高いんです。

★日本市場を重視して、韓国人消費者は、ボッタクリ、搾取の対象でしかないのです。そのせいか、先日、日本の江崎グリコがロッテのパクリを韓国の裁判所に訴えました。判決は、予想に反して、グリコの勝訴です。

国民の感情で判決を左右する韓国の裁判所ですが、【韓国民の反ロッテ感情】を重視した判決だったのでしょう。

そのあとのソウルでの謝罪会見が悲惨でした。重光の二人の息子、宏行と昭雄は、日本生まれの日本育ち、おまけに二人とも、青山学院の一番下から、大学までのエスカレーター、父の重光武雄、二男の昭雄の二人は奥さんは日本人です。韓国人を娶った長男宏行も、韓国語は片言です。

矢面に立たされた宏行に、韓国人から容赦ない罵声が飛びます。「韓国語でしゃべってみろ(怒)」しまいには、TVの画面にハングルの字幕が出る始末でした。

話しはそれましたが、【部落民の白山信仰】について、注意しなくてはならないのは、部落地区&白山神社が成り立つのは、弾左衛門の支配下にあった、関東近辺だけだそうです。

関西や、中部地方の白山信仰は、部落とは関係ないそうです。ご興味のある方は、大阪の部落地区を危険を冒して、散策してみては如何ですか?白山神社は無いと思います。

皇后の出自を暴いた、ルポライターの上原善広は、得意な立ち位置にいます。われわれ、「部落の秘密を知りたい人間」にとっては重宝な存在です。

彼が、「部落」のことをいろいろ言っても、同胞だから、解放同盟の糾弾を浴びなくて済みます。それに我々が知りたくても知れない面白い情報を山ほど持っています。橋下徹の様に「自分がカミングアウトしたからって、何をしてもいいと思うなよ(怒)」と言う同胞もいますが、【大宅壮一賞】まで取った作家ですからね。

★ただの【暴露本作家】ではないと思います。大阪府松原市出身で、父は精肉業でした。ハンマー投げの選手で、大阪体育大卒、子供のころから精神に双極性障害(躁うつ病)の持病を持ち、自殺を図ったこともある。

彼も、正田美智子同様クリスチャンで、洗礼も受けています。同じ部落出身の作家、中上憲次に師事して【部落地区を「路地」】と呼ぶようになる。

代表作、「日本の路地を歩く」を執筆し始めたころ、【部落解放同盟の幹部から】圧力を受けたが、調査してみると、その幹部は、【部落民ではなかった=えせ同和】、上原は「あなたのような一般市民から非難されるのは、「部落解放」にとって良いこと

である。是非【糾弾会】を開いてもらいたい」と言ったが、糾弾会は開かれなかった。

★皇后のルーツが群馬館林の部落地区にあることを発見したのは、東京都立大学非常勤講師の本田豊(著作「江戸の部落」)で、立場上言えないので、フリーランスの上原にリークしたと言われています。

以上


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/27/2016102720161027063234/


▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査F|参考・関東の白山神社を特集したサイト紹介「白い参拝記」画像豊富、住所明記
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/27/2016102720161027120000/

*写真は部落解放同盟中央本部委員長;上杉佐一郎

参考・関東の白山神社を特集したサイト紹介「白い参拝記」画像豊富、住所明記、転載フリー

「白山信仰」の謎を求めて、関東各県を踏査し、現地に行き、写真集を掲載した、サイトをアップしている人がいます。過去の参拝記が豊富です。

http://893ginger.blog55.fc2.com/

西日本にはない白山神社を、見てみたい人【部落民が信仰した白山神社】を見てみたい方にはベストなサイトです。

私の感想では、作りが小ぶりな神社が多いという印象です。

★逆に言えば、関東各県の、【いわゆる白山神社】のある地区は、【部落地区との関連性】を否定できないと思います。

スポンサーリンク


今、解放同盟は、躍起になって、結婚、就職時の「家系調査」を不可能にしようと行政に圧力をかけています。【部落出身説の根強い大阪市長の橋下徹】は、市の部落地区調査を禁止しましたね。

しかし、関東地区においては、何百か所もの【白山神社の全撤去】までは、さすがにやれないと思います。一種の【部落名鑑】だと思います。

関東地区の読者様は、お手すきの時に一度ご覧になられるとよいと思います。

★ただ、今の「部落地区」は、戦後から、最近まで続いた「同和対策事業」で、道路建設、整備、区画整理、橋の建設などのインフラ整備が進み極めて、充実した居住区になっています。周囲の一般市民の居住区の方が、貧相で不便にさえなっています。

従って、周囲の地区からの住民の流入が起きています。阪神地区だとそれこそ、在日の流入でしょう。そこで、部落民と朝鮮人の混血がすすみます。関西以外の、旧部落地区には、部落民ではない、一般市民も居住している可能性もありますのでご注意を。

小和田雅子が妃候補に挙がってきたときに、宮内庁は当然小和田の家系調査に着手しました。その時、圧力と妨害をかけてきたのが【解同=部落解放同盟】です。

公安調査庁の幹部まで務めた、菅沼光弘氏が講演会で言っていたのは、「日本の暴力団の構成員の6割が部落民、3割が、在日朝鮮人、1割が日本人」だそうです。

★要するに暴力団員の過半数が部落民です。

自衛隊ならともかく、お公家さんの宮内庁はビビるでしょう。

当時の、部落解放同盟の委員長、上杉佐一郎(福岡県人)は、「小和田家の家系調査」に強い抗議声明を発表し、宮内庁長官宛、皇室会議議長(総理大臣)宛に【抗議文】を送り付けます。

★日本史上初めてです。【エタ、非人頭】の組織の長が、卑しくも、【天皇家の縁談】に介入したのは。江戸時代の弾左衛門でも、将軍家の跡目争いに、首を突っ込めば打ち首、晒し首になっていたでしょう。

【解同】は、「人権」と「差別」という旗を振る、【暴力集団】であり、【反社会的勢力】です。この【皇室会議への圧力】は立派な【威力業務妨害罪】であり、ひいては、【内乱罪】【騒擾罪】にも該当します。

当時の総理は警視庁を動かして、上杉以下、解同の幹部を根こそぎ逮捕するべきでしたが、同じ【部落民出身の宮沢喜一】だったので動きませんでした。

委員長の上杉佐一郎は「婚約を破棄されて命を絶つ人が後を絶たない云々」と言っていましたが、それは、一般市民にも言える事です。

婚約中の女性が、資産家と婚約をして、破断されショックで自殺したという男性の話は何回か聞いたことが有ります。

男の方が女性より、ストレスに弱いんです。黄体ホルモンが有りませんから。上杉は、部落民と一般市民の婚約破棄の【糾弾会】をやったようなものです。

私はこの時に解同を動かした黒幕は誰かとこの一年、ずっと考えていました。

その候補は

@ 元総理、福田赳夫;根拠「雅子が子供の頃から、大きくなったら皇太子妃に」を公言、小和田恒を秘書官に、後に事務次官まで押し上げた。自身も部落民

A 江頭豊;部落一族、水俣病の時、工場に抗議に来た被害者を暴力団で排除した。

B 皇后美智子;部落一族、宮内庁と常磐会が推す「久邇晃子女史」が妃に成ったら、家柄でも能力でも自分がまけるという恐怖感が有った。

上記三候補を検証

@ 福田赳夫は一抜け。地元に元福田派で引退した議員がいるので「解同動員」の可能性について聞いてみた。「有り得ない」という答え。理由は「先生は荒事(喧嘩)が苦手だし、そこまでやる非常識な人ではない」とのこと。

A 江頭豊は二抜け。暴力団を動員した実績は有るが、解同委員長に動員をかけるほどの力と政治力は無い。その上この縁談は、最近調査したところ、両陛下、徳仁以下皇室の「無理押し」で小和田は最後まで「断っていた」事実が分かった。

★正解は、自称皇后美智子で決まり。久邇さんが来たら、家柄(家族と部落民)知能(後に東大理Vと聖心で成績B、Cだらけ)因縁(いじめ殺した香淳皇后の親戚)

★美智子、【国際法上は愛人】(笑)、久邇晃子が来たら、「いきなりPrincess」美智子は劣等感で発狂。3億の内定費から「つかみ取り」して、上杉に、宮内庁に圧力をかけてもらったとみるのが妥当。

上杉も、【皇后様のお願いで莫大な謝礼付】とあれば、世論のブーメランは覚悟で快諾したでしょう。しかも、マスメディアは、美智子と朝日がコントロールして、「解同の抗議」を報道させなかった。

解同の抗議が有ったことも、私は今年になって、某ブログで知った。

★次の、秋篠宮即位のときに解同が動くかどうか?憲法も改正は終わっているし、共謀罪も成立しているし、また解同が動けば、本部ビルに自衛隊特殊部隊が、突入、全員殲滅ですね。

http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/27/2016102720161027120000/




▲△▽▼


2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査G|MI6キャサリンA・正田富美(美智子実母)中国朝鮮族説、美智子の韓国愛と符合
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/28/2016102820161028120000/


正田富美(美智子実母)中国朝鮮族説、美智子の韓国愛と符合、転載フリー

最近の記事を見て、あとひとつ引っかかっていることがあるのです。

正田冨美という人が中国と英国のハーフとありますが、皇后は韓国に異常な親近感を持っていますよね?

もしかして、【富美は中国朝鮮族】ではないかと思いました。

これを検索して見ると、色々で過ぎてわけがわからなくなりました。

でも、私がはじめて知ったのは、部落のことを色々教えてくれた人でした。

一応先生をしている人でもあり、歴史は詳しかったのもあり、うそだとも思えないのです。

そのときに聞いた話では、韓国でも生きて行けない人たち・・・つまり奴婢や白丁だ と思うのですが、一族が日本に密入国するご一行もあった反面、大陸に行った一行もあったのだそうです。

少数民族だと聞きましたが、ウィギを見ると中国の90%などと言う情報も載っていました。

中国でも、半島に近い端のほうで生息していたようですが、中国でも嫌われ、祖国にも帰れず、孤立した存在だったと聞きました。

その時、女優の常盤貴子さんの話になりました。

私はどこかで中国だと聞いていて、常盤も確か本名です。今は長塚と結婚しましたね。

あの人も韓国っぽい顔していますね。

先生は、最初は韓国だと思っていたようです。

だったら「中国朝鮮族だね」と言ったことから知りました。

常盤さんは、尼崎出身であり、姉妹はもろ韓国顔だそうですが、なぜか横浜出身とうそを公表していました。

その後ストーカーに悩んでしばらく香港の映画に出るためにあちらに行きましたが、現地ではかなり溶け込んで人気があったようです。

現地の人には好感を持たれる顔だと言うのはうなずけますね。

その後、関西ローカルですが、やしきたかじんがはじめた

「そこまで言って委員会」と言う番組に、中国朝鮮族の女性が出ていました。

その人 は、なぜか日本のパスポートを保有しているのです。

その理由は、日本のパスポートが一番使いやすいからと言いました。

≪注;伏見;私もその番組見ました。中国朝鮮族の張恵子で既に帰化済みです。この女の発言以来、朝鮮人の帰化に反感が持たれ始めました≫

スポンサーリンク


問題はその後でした。

どこまでも、国籍なんてどうでもいい、関係なくなると、支離滅裂なことを言い始めて、さすがに部落の辛抱も止めていました。

もろ、韓国の細いつり目でした。あんなのに日本のパスポートを持たないで欲しいと思っていました。

中国朝鮮族も、韓国には住めないくせに、韓国人としての誇りが高く、理解に苦しみますね。

日本を嫌いながら寄生するDNAは何とかして欲しいと思います。

ですが、母世代のアナログ人間たちは、テレビを見ているため素直に雅子は 病気だと思っています。
皇后の豪邸なんて誰もしりません。関西や地方にはそんな情報誰も流しませんし、ネットを見ない年寄りがミッチーをすきなのです。

≪伏見解説≫

中国朝鮮族とは、日本統治時代、満州国の成立に乗じて、北朝鮮の中朝国境を越えて、朝鮮人が、大量に満州に移住。

満洲吉林省に多く、現在中国共産党は、【朝鮮族自治区】として自治を認めている。

朝鮮人独特の非常識な言動と極端な不衛生で、地元の中国農民に徹底的に嫌われた。

※正田富美(左)

※妓生

美智子の母、正田富美の実母は、この朝鮮族の女で、上海まで流れてきて、英国租界で、イギリス人との間に、富美をもうけた可能性が高いと思います。

韓国人が、白人とハーフをもうけて、娘だった場合、朝鮮人独特の「エラハリ、釣り目、平面顔」が遺伝しない場合が多い。

米韓ハーフの、モデルの水原希子が良い例です。

朝鮮人の血が流れていることは、本人がカミングアウトしなければわかりません。

正田富美も生きている間に、韓国に行きたかったかもしれません。しかし、娘を入内した以上、訪韓すれば「皇太子妃実母訪韓」で大騒ぎになっていたかもしれません。

★今の美智子の異常な韓国訪問希望は、「母親の遺志」をついだものかもしれません。「血」は争えませんね。


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/10/28/2016102820161028120000/

▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査H|読者様の証言・東京の上流名門階級が語る【50年前からの公然の秘密】としての【美智子 托卵】
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/04/2016110420161104120000/


東京の上流名門階級が語る【50年前からの公然の秘密】としての【美智子 托卵】

昨秋、皇族をテーマとして、薩摩示現流で縦横無尽で斬り始めると、学習院OB、学習院関係者、両親兄弟姉妹に学習院出身者の居る方からの、情報提供が集中してくるようになりました。

総じて「よくぞ言ってくれた!」「私たちは、言いたくても、正田美智子と実母富美から、脅されて言えなかった」長い事、弾圧された出自の立派な読者様達の解放されたかのような感情の吐露です。

如何に、その中の代表例を挙げます。

・・・・・・・・・・・・以下転載・・・・・・・・・・・

モモンガ@慶応出身様

ボロが出まくりですね。

はじめまして。いつも拝見させていただいてます。

私の祖父母と両親は、昔から正田美智子を心底軽蔑しています。もちろん、私もです。(此の方と小和田雅子においては、はなっから皇族とは思っていません)

子供の頃より、正田家と正田美智子の事は聞かされていました。

また、私は麻布出身でその界隈で「タブー」として語られていたことが、インターネットの時代になり真実が表に出て大変嬉しい限りです。

祖母・母・姉が学習院、また友人にも学習院出身が多く、美智子が部落出身であること、整形をしていること、【托卵】・・・・私たち仲間はインターネットが普及する前から知っていた事実です。

今は秋篠宮様御一家の弥栄を祈るほかありません。

話が変わりますが、水俣病に関して捏造?をしています。

【なぜ水俣病患者は「チッソを許す」と言い始めたか〜皇后美智子と石牟礼道子のものがたり】・【特別対談】山折哲雄×高山文彦

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46735

この方は、偶々、私の慶應の先輩ですが、先祖代々、港区麻布に住む、名門の旧家だと拝察します。ご家族、ご友人にも学習院出身者が数多くいらっしゃることから、おのずと家格はわかります。
この【沈黙を強いられた出自の正しい名門階級】の方々の、苦悩は、昭和天皇が引いた【菊のカーテンとタブー】にありました。

先帝様が隠したかったのは、上記、下線部分の、全て美智子と正田家の闇でした。その、厚いカーテンも、知能の低い美智子が一昨年末、本音の「A級戦犯」発言をしたために、自ら正体と、【楽屋裏】をさらけ出してしまいました。
あの、「自爆発言」が無ければ、今も、私も騙されたままだったし、こうして、美智子以下【不良内廷皇族】を追求することもなく、徳仁の即位すら異議をとまえなかったでしょう(笑)

私は、この方の、投稿を読んで、過去記事に書いた幼いころの、母の抱いた【美智子 托卵】疑惑の、記憶が亡霊のように、蘇ってきました。この読者様の「暴露」はあくまでも、氷山の一角です。
同じことを、言いたい、旧華族、東京の名家の人は沢山いるはずです。

ただ高齢でPCを扱えなかったり、「部落ヤクザ、堤康次郎と朝鮮女やくざ正田富美の不倫の娘」と言う「恐怖」がトラウマになっているのでしょう。

事実は工作員たちが言った「私の母の戯言」と言う低次元な話ではないのです。

「皇室掲示板」の美智子擁護の工作員は【売国勢力】です。美智子に内廷費と言う税金で雇われた【売国奴】です。あくまでも、美智子追求と、DNA鑑定を求める【愛国勢力】の諸氏は、工作員の詭弁に負けずに論破してやってくださ
い。私は書き込みもしていないが応援しています。


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/04/2016110420161104120000/

▲△▽▼

2018.08.17
美智子皇后|正田家再家系調査➉|堤美智子の母、正田富美の戸籍ロンダリング
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/12/2016111220161112000000/


堤美智子の母、正田富美の戸籍ロンダリング、無限拡散希望

コメント欄より

投稿するべきかどうか悩みましたが、私は佐賀出身です。

美智子妃殿下のお母さんの副島さんは本当の武士の副島さんではありません。

ご成婚が決まった時、副島さんのお宅に来られ、戸籍を買いたいと言われたそうです。

副島さんは断られました。

どこの馬の骨とも知らぬ副島さんが武士を名乗るとは。

ましてや多久は炭鉱の町。非常に部落出身者が多く、副島さんの生家も誰も多久の人たちは知りません。

武家の家ならば、高齢の人ならば知っているはず。いろいろな噂がありますが、佐賀の人は知っていますよ。

美智子さんの従妹たちも当時はたくさんいらっしゃったし、成婚が決まり皆東京に行ってしまったけど、話は聞いています。

以上


http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/12/2016111220161112000000/

25. 中川隆[-12015] koaQ7Jey 2019年2月20日 18:51:50 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

美智子様|美智子様の真実 2017.12.18

美智子皇后の真実@@
愛と慈しみの美智子皇后、出自と育ちと学歴、聖心女学院時代、皇太子妃候補時代、
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=836


「皇后」美智子様。

国民からの敬愛を一身にあつめる慈愛の皇后・美智子様には不思議が一杯。

ご成婚前後では、明仁皇太子よりかなり低かった身長が、、、

第二子ご流産のあと半年の御静養のあと、突然、明仁皇太子より高くなり、

平成になると明仁天皇と同じ背丈になるという不思議。

生涯かかわらないはずの耳の位置も形も違うし、、、

ご成婚時にはハート形の大きな耳が、第二子ご流産後小さく「く」の字になって、位置も高くなり、平成になると耳が長くなって低い位置に移動する不思議な耳。もちろん、額のカーブや顎の形も違う。

同じ時期に複数の美智子さんがいるみたいだし。

※掲示板よりおかりしています。

複数の美智子様の謎に関する検証は「美智子様の影武者」で取り上げることにして、今回は、美智子様伝説の検証をしたいと思います。

皇后美智子のwikiを読んでて、あまりに、その内容のひどさに腹がたったので書いてみました。いままでの、まとめ的なものになります。


皇后美智子 – Wikipedia

少女時代 wiki

1934年(昭和9年)10月20日、日清製粉勤務の正田英三郎・冨美(1981年(昭和56年)に富美子と改名した)夫妻の長女として東京府東京市本郷区(現:東京都文京区東部)・東京帝国大学医学部附属病院で誕生。

大和郷(やまとむら)幼稚園、雙葉学園雙葉小学校附属幼稚園を経て、1941年(昭和16年)に雙葉学園雙葉小学校に入学するが、1944年(昭和19年)、疎開のため、神奈川県の乃木高等女学校附属小学校(現・湘南白百合学園小学校)、群馬県の館林南国民学校(現在の館林市立第二小学校)、長野県の軽井沢東国民学校と転校を繰り返し、軽井沢にて終戦を迎えた。雙葉学園を受験する際、本郷区大和郷の俵孝太郎旧居に、一時在住したこともある。

小学生時代の性格は、担任の回想では真面目な女の子・活発で勝ち気だった・神経質な性格だったとされていて、スポーツが得意な女の子だった。また、ピアノ・絵画・料理、香道も習っていた。1947年(昭和22年)3月、雙葉学園雙葉小学校を卒業するが、当時は五反田に在住しており通学に不便なことから聖心女子学院中等科へ入学する。

wiki

1953年(昭和28年)3月、聖心女子学院高等科を卒業。

中高時代も成績はトップクラスで、当時の愛称は米国の人気子役であったシャーリー・テンプルのような天然パーマだった事から「テンプルちゃん」や「ミッチ」「ミチ」と呼ばれていた。


雅子様大好きさまより転載です。

http://masakosamalove.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

1951年 日付は不明 従姉とテニスコートで16才の美智子様

美智子様すてき☆健康的☆
世間はマダマダ配給制で食糧難だったんだけどね☆

正田さんチはイロイロいっぱいあったんだろうね☆

だからひたすら
「少女の頃の疎開の思い出が…つらかったのつらかったの…」
って言い続けるの♡

だって言えないじゃん、
まさか、フツーの国民が飢餓状態にあるのに
正田サンちは軽井沢でテニスコートして子供たちは健康優良児でしたアーなんて。

(ここまで)

Sponsored Link

15歳の頃から、親の公認で、竹山パーティーなるエリート対象の婚活パーティーで、ダンスを踊ってた美智子さま。名門女子高に通いながら、アルコールも入るだろう大人のパーティーで大活躍。

当時は女性は16歳で婚姻が可能でした。「婚活するなら若い方が有利」という、その発想は、妓生か、水商売の世界でのお話のはず。母親の出自がわかる、娘の売り込み方でした。

第一ボタンをはずして、メンチを切ってガンをとばす美智子さま。

耳には球形のピアス。この次代の女学生がピアス。この当時としては異様ですね。

この時代、ピアスをしている女性は、中華系かあるいはパンパンといわれた進駐軍相手の女性だけだそうです。

テニスでの、口癖は「やばい」。

皇太子と結婚した後、新聞記者が、美智子さまが、タバコの火をつけてくれた、と回想しているとこみると、本人が喫煙していたか、大人の男性の接待していた可能性が大木ですね。

ことばの乱れに、服装の乱れに、性のみだれ。

それを、世間ではヤンキーといいます。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

… 無題 Name 名無し 15/10/15(木)20:22 id:feDM8vdk No.1435572

「御徒町が恋しい。」
…御成婚の後、皇居の《籠の鳥》となられた、お可哀想な
美智子妃殿下が そう、おっしゃったそうな…。
「アメ横」に、自由の身であった頃は通っていたそうな。

「アメ横」→戦前は「しょうべん横町」と呼ばれた。
戦後は、闇市の場となり
愚連隊の温床となった。
その中の最大の集団「血桜団」は、朝鮮人連盟と結託して、
賭博、かっぱらい、恐喝、女衒、街娼のショバ代を
稼ぎの源とした。

…今尚、中国人.韓国人であふれ、風俗の多い場所です。

(ここまで)

当時、アメ横なる場所は、パンパンといわれる進駐軍さん目当ての商売されている女性が多かったみたい。美智子さまの英語は、ここで鍛えられたのかもしれません。


wiki

1957年(昭和32年)聖心女子大学文学部外国語外国文学科(英文学)を首席で卒業。

首席にしては、寂しい成績。

Aが46
Bが26
Cが4

http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/cat_802250.html?p=8


wiki

在学中はクラスの福祉委員(ウェルフェア・メンバー)委員長、プレジデント(全学自治会会長)としても活動していた。卒業式では、総代として答辞を読んだ。

美智子自身は大学院進学も希望していたが、両親の意向もあり家庭に入る。クラブ活動では合唱部・英語劇クラブ・テニス部に所属していた。テニスでは在学中に新進トーナメントに優勝して、関東学生ランキングの第4位にランクンインした。

昭和29年度の成人の日記念の読売新聞社主催の感想文では2位に入選した。大学の卒業論文は『ゴーズワージーのフォーサイト・クロニエル』で大学卒業後にフランス語の勉強をしながら19世紀の児童文学の研究を続けていた。


お顔の変容は、整形したから?と思っていたのですが、実は別人だったことの可能性が高いようです。

「美智子さまの影武者」で検証しています。

見合いは惨敗 25連敗の末波多野という青年と婚約

第三十一回 国会衆議院 内閣委員会
昭和三十四年二月六日(金曜日)午前十時十九分開議
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005.pdf
<15/22>ページ

菊池委員
まず第一にお伺いしたいのは、この婚約の前に、美智子嬢は二十五人の見合いをしておられた。 そして最後に波多野という青年と婚約、これを破棄して皇太子の方に振りかえたというようなことが 流布されております。

週刊雑誌に出ておりますが、これは事実でありましょうかどうか。

宇佐美説明員
非常にご立派な方で、従前にもいろいろ結婚のお申込みがあったように伺いますけれども 、お尋ねのようなことは全く聞いたこともございません。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005.pdf

(ここまで)

三島由紀夫「つまらない女」
三島由紀夫とも「観劇でたまたま顔を合わせて、席がちかくなった」風お見合いもした。

三島「つまらない女」

三島祖母「母親がダメ」

お断りされてしまう。26人目が、明仁皇太子殿下。

お見合いが、ことごとく玉砕したころ、GHQから、皇室破壊工作員にならないかという、お誘いがあったのは、このころではないでしょうか。

皇太子妃に化けて皇室にもぐりこみ、「新しい皇室」をつくるため、破壊活動をおこなうという簡単なミッションです。見返りは、怪しげな家系図をもっている正田家を名家にすること、日清製粉を大企業にすること。パパもママも大張り切りでしょうぶにかけます。


wiki

同年8月、軽井沢会テニスコートで開催されたテニスのトーナメント大会にて当時皇太子だった明仁親王と出会う。

お妃候補となった時期、不思議なことに2人の美智子様がいるのです。

左:正田美智子 顔のパーツが中心によっている。額の生え際がまばら、面長な顔立ち。

右:ご成婚した美智子 横に張った丸顔、富士額、極端な猫背

正田美智子

ご成婚した美智子

テニスコートに送られ、皇太子とご成婚したのは、オカメ顔のミッチーでした。

察するに、「続・美智子様の真実」で取り上げていますが、最初から正田家から皇太子妃を出すといことは数年前から決定していたようです。

ただ、肝心の正田家の美智子が、いかがわしい街に入り浸るヤンキーだったので、皇太子妃は無理とされ、代わりに別の女性が正田美智子としてテニスコートへ送られたとみていいと思います。それが、オカメ顔ミッチ―だったのではないでしょうか。


wiki

テニスコートの誓いにちなんだ「テニスコートの出会い」として知られる。

その後もテニスを通して交際を深めたといわれる。明仁親王は美智子の写真を「女ともだち」と題して宮内庁職員の文化祭に出品したが、皇太子妃には旧皇族・華族から選ばれるのが当然と考えられていた時代であり、誰も彼女をお妃候補とは思わなかったようである。


美智子ありきのお妃選びと母親の出自が不明

しかしながら、最初から美智子さまありきの、お妃選びだったのね。

松平女史が、旧華族からお妃に推薦する方のお名前を挙げても、職員はスルーして、一切動こうとしませんでした。

そして、お妃選びに携わった小泉氏と正田家とは、お妃選びよりもっと前からの関係だったようです。

美智子様の母の富美の父が副島網雄氏です。この方がめっぽうあやしいのです。

※伏見氏のブログよりお借りしてます。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/cba5252fd36c9a982081f6e77b3b9719

投稿するべきかどうか悩みましたが、私は佐賀出身です。美智子妃殿下のお母さんの副島さんは本当の武士の副島さんではありません。
ご成婚が決まった時、副島さんのお宅に来られ、戸籍を買いたいと言われたそうです。
副島さんは断られました。どこの馬の骨とも知らぬ副島さんが武士を名乗るとは。
ましてや多久は炭鉱の町。非常に部落出身者が多く、副島さんの生家も誰も多久の人たちは知りません。
武家の家ならば、高齢の人ならば知っているはず。いろいろな噂がありますが、佐賀の人は知っていますよ。
美智子さんの従妹たちも当時はたくさんいらっしゃったし、成婚が決まり皆東京に行ってしまったけど、話は聞いています。

(ここまで)

コメント欄より

美智子さんのWikiにある「中支那振興常務理事 副島綱雄の長女」 で、中支那振興が、富美さんが上海で生まれた頃には出てこないので、色々と調べてみました。
ブログに(正田家の闇だったかな)中支那振興が出てたので、クリックしてみますと、「見つかりません」ではなく「削除されました」となっておりました。
とっても臭ったのですよ。

(略)

私は何故戸籍のない綱雄さんが、中支振興常務理事になれのか不思議でした。

その戸籍のない綱雄さんの娘さんの為に、当時トップの為替銀行(横浜正金銀行)の頭取がお仲人までしてるのも不思議でした。
そしてそのトップの為替銀行の中に、富美さんの娘・美智子さんの陰謀めいた入内を決行した小泉信三さんのお父上・小泉信吉さんが、銀行の運営をしていたことも不思議でした。

伏見様のブログに依る新事実:

かつて佐賀県多久に網雄さんと言う男性がいて、若い頃上海で仕事をしてました。
1923年に、娘富美を連れて帰国。
1959年の皇太子妃婚約前に、副島家に戸籍を売って下さいと頼みに来たが、断られたので、勝手に副島を名乗った。

本当に不思議なことだらけです。

(以上)


wiki

1958年(昭和33年)、ベルギーにて開催された「聖心世界同窓会」第1回世界会議の日本代表として出席し、欧米各国に訪問旅行。


そして、美智子さんのママは、条件を吊り上げるために「嫌だ嫌だ」「皇室に嫁にやるのは嫌だ」を連呼してます。演技です。

正田富美(美智子の母)

「縁談には、どうしても一種のストラッグル(闘争)という面が出てきますものね」
「いいたいことをいわしていただいた。よくあちらさまが我慢なさったと思うくらい」

娘を高く売る交渉はがんばってたみたいね。


wiki

同年11月27日、結婚が皇室会議において満場一致で可決された。


海外マスコミが第一報のお妃決定 皇室会議を得ていない貴賤婚

1959年

11月17日 ニューズウイークが皇太子妃決定の配信

「テニスコートの恋」「明仁皇太子妃に正田美智子」

11月24日 宮内庁公電をもって館林=正田家に通知

11月27日 皇室会議

1960年

02月06日 国会 昭和34年内閣委員会議事録より

「国会も何ら御結婚について知らされておりません。」

皇室会議が開かれたのは(昭和34年 注33年の誤記か?)十一月二十七日でございますが、その前十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって【館林=正田本家、正田醤油】に通知しております。

皇太子妃決定に関して小泉信三・田島前長官などが先頭に立ち、総理大臣はその報告を受けるだけで、なんら疑問をさしはさむ余地がなかった。

それでも「信仰」の問題は気になった。

(岸信介元総理大臣)

国民も国会も何も知らされておらず、しかも皇室会議が一度だけ開かれたのみ。

結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろい ろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのであります。

要するに、「正田美智子さん」という人について、実は国民も総理大臣も、どんな出自の人でどんな考えを持ち、どんな性格なのかという事を全く知ら されていなかったんですよ。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html

(ここまで)

異教徒の皇太子妃

美智子さんが、カトリック教徒でないのかどうか、念を押されましたが、

「ちがいます。洗礼は受けていません」

カトリック系聖心女学院の総代になるには、カトリック教徒でないと無理なのに、総代になった美智子さま。小中高大とカトリック系の学校に一貫して通い、親戚縁者みなカトリック教徒。ご本人が、洗礼を受けていないなんてありえませんが、、、、。

さらに、皇室会議で審議されたわけではありません。

ようは、明仁皇太子が勝手に私的に妻にした女性であり、卑賎結婚であるということです。

そのため、美智子さんは正妃としてみなされず、明仁皇太子、明仁天皇のツマ、正田美智子という扱いです。

そもそもお妃決定は海外のマスコミのリークから始まり、ずるずると印象操作で事実化し、事実婚になってしまった結婚です。

皇室典範の範外であり、かつ、家系、信仰などの偽証があるため、この結婚は無効となるべき結婚です。少なくとも、美智子さんは、妃、親王妃、皇后ではありません。

このお写真をとったのは、朝日新聞記者の佐伯さん。

フリーパスで、正田家に出入りできたただ一人の方。多くの正田邸内での美智子さまの御写真を撮りのこしておられます。嫁入り前の娘の部屋に記者とはいえ男性を好きに出入りさせ、たくさんのお写真を撮らせる。この当時の名家とは思えないあり方です。

佐伯氏の回想より

応接間で美智子さんと母の冨美(後に富美子に改名)さんに号外を見せると、突然美智子さんが、わっと泣き崩れた。美智子さんは両手で顔を押さえていたように思う。冨美さんは「こんな格好をするのは礼拝のときのカトリックを連想させるの」

以上

あれ???

ご縁談に不満があるんじゃなかったのでは??


wiki

同日記者会見にて、記者から明仁親王の魅力について問われ「とてもご誠実で、ご立派で、心からご信頼申し上げ、ご尊敬申し上げて行かれる方だというところに魅力を感じ致しました」と回答。これは流行語にもなった。

また第一印象について「ご清潔な方」とした。
f:id:e-vis:20151208204151j:plain
youtubeなどで当時の会見をみることができますが、日本語がおかしいんですね。

記憶する能力はあるものの、日本語の会話になれていない方のようにみえます。


wiki

清楚で知的な美貌を持った美智子の姿は絶大な人気を集め、明仁親王と美智子の巨大な写真がデパートに飾られる・「美智子さまぬりえ」が発売される等のミッチー・ブームが起こる。テレビの受信台数も急増した。

嫌だ嫌だといいながらも、でも、ママさん嬉しそう。

通説

正田家は、美智子さんの入内のために、会社が傾くほどの勢いでお金をかけたといわれています。

旧華族には、お金がない。

新興資産家の正田家には御金がある。

だから、皇太子妃の入内に相応しい費用を負担できた正田美智子さん以外は皇太子妃はありえなかった。という論調で統一されていましたが、、、、

入内のための準備

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/1.htm?

昭和34年03月23日 参 – 予算委員会第一分科会

Name 名無し 15/11/24(火)22:33ID:.gMkV5Aw No.1460398

高田なほ子君

今度の御婚儀で妃殿下になられる正田美智子さんの費用は
大体百五十万円という御説明がございました。

無題 Name 名無し 15/11/24(火)22:37 ID:.gMkV5Aw No.1460399
政府委員(瓜生順良君) われわれの方といたしましては、むだなものはお作りにならないように、必要なものだけにとどめていただくようにしております。

しかも、この式の前後に必要なものだけを今調製して、御成婚後に必要なものは、
こちらへおいでになってからお作りになればよろしいからというふうに申し上げておる次第であります。

無題 Name 名無し 15/11/24(火)22:38 ID:.gMkV5Aw No.1460400
なお、いろいろお作りになっておるもののうちで、公式の儀式に要るようなものは、
先ほど申しましたように、宮廷費という国の予算の方で作りまするが、
私的な、たとえば今の振袖なんかの中でそういう部分もあるかと思いまするが、

それからいろいろ御旅行のためにお出かけになるときの服装とか、
御参拝になるときの服装ですとか、そういうようなものにつきましては、
これはいずれにしてもこちらへ持って、おいでになりまするので、
しかもこちらへおいでになってから必要なものでございますので、
実を申し上げますと、皇室の内廷費でお作りしておるわけであります。

以上

常陸宮華子様も、紀子様も、雅子さんも、準備するための費用は国からでているのに、川嶋家だけが、国から支給されたという風にデマを流した犯人は、正田以外にありえません。

結婚後も、正田家から、援助金が振り込まれていたといううわさは聞いたことありましたが、それは、とほうもない浪費をごまかすために、流した噂でしょう。お金を入れてたとしたら、贈与税がかかるのだけど、証明できるのかしら。

かくて、嘘に嘘を重ねて、雪だるまみたいに膨れ上がっっていく、正田美智子のタレント人生が、はじまります。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=836



▲△▽▼

2017.12.18
美智子皇后の真実A@皇太子妃時代、いじめにあう「可哀想な」美智子様
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=839


wiki

皇太子妃時代

1959年(昭和34年)4月10日、皇太子明仁親王と結婚、明治以降初めての民間出身の皇太子妃となる。同日の成婚パレードには、沿道に53万人もの市民が集まり、皇太子および同妃を熱烈に祝福した。

第二次世界大戦が終わったあと、 新たな「目に見えない」戦争が始まりました。

アメリカとの戦いのように、倒すか倒されるか、ではなく、日本というアイデンティティを持ちこたえるか、内部から溶解され食いつぶされるかの戦いでした。

病に似ています。

体内に入り込んだビールスが、中枢を狙って進み寄生し支配し違う波動で人間の体を違うものにしてしまうのを防ぐ守りの戦いに似ています。

日本の中心部の皇室には、戦前から、すでに多数のカトリック、左翼、解放同盟とかかわる人たち、また、かつてのGHQにつながる人たちが跋扈して、美智子さんをバックアップしていました。

入江侍従長、明仁さんの教育責任者の小泉信三、北白川女官長はもとより、徳仁親王の侍従であった浜尾さんもカトリックでした。

やり方は朝鮮が中国の王朝を食いつぶしたのと同じ方法ですね。

・中国皇帝の後宮に宦官をまず送り込んで、宮中で勢力を確保する。

・その後、貢女を送りこみ、全力でバックアップして后妃に押し上げる。

・ライバルはつぶす。

・真に中国帝国のことを思う国士は、皇帝の権力でもって獄死させ潰す。

中国という巨大な帝国を支配し、乗っ取り私物化するためには、皇帝一人をおさえれば、いいだけの話。

なんども、同じパターンで中国の帝国は弱体化し、白蟻みたいに食い尽くされた家屋のように倒れました。

日本も、いま、おんなじことされていますね。

Sponsored Link


wiki

晴れがましいご成婚のパレード・民間での祝福ムードとは対照的に、貴賤結婚であることや選に漏れた他の候補者に北白川肇子など元皇族の“お嬢様”がいたことなどの理由から、一部の皇族・女官に受け入れられず、元皇族・元華族の婦人らからも一挙手一投足に至るまで非難され続けたが、一切の反論をしなかった。


「本人の口からは公表しなった」

が、週刊誌、マスコミを使って被害者と加害者をすりかえて、気に入らない相手をバッシングするのが、一貫した美智子さまの方法です。

松平女史や牧野女官長が、

「美智子さんが、皇太子さまの負担になってはいけない」

ということで、宮中のしきたりや作法を、お教えするも反抗する美智子さん。

松平女史

「わかったわよ。すべてが。母親の冨美さん、上海育ちだったので、彼女は大陸夫人です。だからよ。」

宮妃が、美智子さまの御帽子のゆがみを直して差し上げても、すぐにもとに戻してしまう。衣装の約束事が一切守れない。自己中心的な美意識とこだわりがあるらしく、それにそって行動するのでマナー違反が続き、海外王族とのお付き合いにも障りが出始めるのね。

サッシュが素肌にかかるのはルール違反なのに、もろたすき掛け。

ティアラに着物

英国王太子の結婚式に、白いドレスに白いベール付き帽子をつけての参列。

「めだってよかった」とデザイナーをねぎらう。

皇室に泥を塗り恥をぬりつづけた「お美しい美智子様」でした。


wiki

一方、もと内親王であり、美智子妃の義理の姉にあたる、東久邇成子より自宅のホームパーティーに招かれるなど、好意的な旧皇族も存在した。


成子さまが、5人の御子さまをのこして病を得て崩御されたのは36歳。

戦後、宮家や華族が零落て経済的な困難がきわまり、お庭に御芋をうえても、うまくいかない、とかたられてた成子さま。

49日もしないうちに、明仁皇太子一家は、笑顔で軽井沢へ出発。

※雅子様大好き様よりお借りしてます。

http://masakosamalove.blog.fc2.com/

さらには、入江侍従長の記録によると、第一皇女を喪って悲しみに沈んていたご静養中の両陛下を、「つまらないことで」文句を言うために、押しかけてきて、がみがみ文句を言ったのは美智子さま。

昭和天皇は「わかった」とだけおおせになり、皇后は沈黙したままだったという。

上のお写真は、経済的に困窮してた長姉をよそに、贅沢三昧にくらしているさまが、よくわかるお写真ですね。

そして、成子さまの三回忌。

一人だけ和装で参加。

週刊誌に「肩を落とされた美智子さまが印象的だった」とかかせています。

演技、カメラの前で演技すること、タレント化した皇族です。


wiki

またパレードの際にも暴漢が馬車を襲撃して取り押さえられる事件が起こるなどもあって苦難の日々が続いたが、皇太子および同妃は努めて献身的に公務をこなした。


これも不思議な事件ですね。お酒を飲んでよっぱらった男性がパレードに闖入したのですが、警備が機能していなかったのが謎です。


wiki

このような状況にあって、皇太子明仁親王の弟宮にあたる常陸宮正仁親王は常に美智子妃を庇い、よき相談相手だった。

30 Sep 1964, Tokyo, Japan — Tokyo, Japan: Royal Newlyweds. Newlywed Prince and Princess Hitachi pose at the doorway of the imperial Palace September 30th, following a ceremony which included their receiving a new family name from the emperor. The Prince, formerly known as Prince Yoshi, (the emperor’s younger son), married Hanako Tsugaru, a Tokyo society girl, in the ancient rites of the Shinto Religion. — Image by © Bettmann/CORBIS

弟宮の妃には平民からむかえるべきって、明仁皇太子を使って、昭和陛下に言わせたのは、美智子さまでした。

候補には味の素の社長の娘があがっていたとか。粉屋の次は味の素かと、反対派は罵倒したそうな。


wiki

そして、1960年(昭和35年)2月23日に第一男子浩宮徳仁親王が誕生した。

出産後、昭和天皇、香淳皇后より「ごくろうさまでした。しっかり、静養するように」とねぎらいの言葉をかけられた。


宮内庁病院で、午後4時15分に男児を出産。

・予定日より8日早い。
・2540グラム、身長47センチ。
・標準より少し小さい。

・ 徳仁さまは、促進剤を入れて御誕生。

たいてい、こういう処置がとられるのは、予定日を過ぎても出産の気配がないから、という理由が多いと思うのだけど、もしかして、本当の出産予定日は、とっくにすぎてたので、無理やり出したのではありませんでしょうか。

きになるのは、美智子さまの、御里帰りは頻繁で最初の年で10回を超えること。

5月の初旬が最初の御里帰りの日ですね。

2月23日から、受精日は逆算すると5月の半ば。でももっと早い段階で受精した場合は、2月23日だと育ちすぎてい時期なのかも?

お忍びで、お出かけになったことも、しょっちゅうらしいですね。

そのなかでのご懐妊です。

正田家は美智子以外の人はみな長身が多いのですが、実物の徳仁親王を見たかたによると、徳仁親王は150pそこそこの身長で、高く見積もっても155センチくらいだそうです。

そして、成人した親王はなぜか朝鮮人に似てます。

釣り目を整形

整形前です。成人したあともワシ鼻ではありません。

整形後。不自然な垂れ方ですよね。

本来の顔、は天皇家の誰にも似ていない徳仁親王。

でも、美智子さまと親しかった新聞記者に似ているのが不思議です。

佐伯氏の歯並びを治すと、徳仁さんと似た顔になりますね。

下の画像の左側の徳仁さんは耳が低い位置にある徳仁さんです。佐伯氏の歯並びをきちんとすると15歳の皇太子に似ています。

複数の徳仁さんがおり、ダブルを含めて、御成人まえは3人、御成人後は新たに2人確認されています。

「皇太子の影武者」で検証しています。

同じ時期に2人のナルちゃん。2人の美智子。

上)徳仁1号・佐伯徳仁、下)徳仁2号・入江徳仁


wiki

また、浩宮徳仁の命名は昭和天皇が行った。

祖父・昭和天皇が浩宮徳仁(ひろのみや なるひと)と命名した。「浩宮」の称号は四書五経のうちの『中庸』第32章にある「浩々たる天」、「徳仁」の名は同じく「聡明聖知にして天徳に達する者」を典拠とする。


疑問に思いますよね。

なぜ、将来の天皇になる親王に「徳」という漢字を与えたんだろうと、普通はありえない感じなのですが。

皇室において「徳」という名前は「怨」を封じる「呪」に値します。

猪瀬氏の逆転の日本史に詳しいのだけど、「徳」と言う字がついた天皇、上皇というのは、祟り神になりかねないくらい、無念のうちに亡くなった方たちばかりです。

そして、子孫も絶えます。

徳のつく皇族天皇たち

聖徳太子

推古天皇の皇太子及び摂政。

622年に斑鳩宮で倒れて2月22日に薨去。

諡号が聖徳太子。生前時は厩戸皇子と呼ばれていた。

太子の死後、その皇子である山背大兄王は一族もろとも蘇我入鹿によって滅ぼされた。

孝徳天皇

大化の改新後に即位した天皇。

皇太子を中大兄皇子に定めてた。

遷都をめぐって、皇太子と対立が深く、皇太子をはじめ、皇族たちは、勝手に倭京へ遷都してしまう。皇后も兄の中大兄皇子についていってしまい、置いてけぼりにされてしまう。

失意の中、白雉5年10月10日(654年11月24日)に崩御。

孝徳天皇の皇子である有馬皇子は、658年、中大兄皇子によって謀反の疑いで絞首刑に処された。

称徳天皇

聖武天皇の内親王。
即位後、退位して孝謙上皇を称するが、淳仁天皇を廃して重祚。

769年、寵愛する僧侶の道鏡に皇位を譲ろうとしたが、和気清麻呂に阻まれて失敗した(宇佐八幡宮神託事件)
770年8月4日に病気で崩御。

病気回復を願う祈祷が行われた記録がないことから、医療行為を施されず見殺しにされた可能性が高い。独身であったので、お子様はない。

文徳天皇

842年、承和の変で皇太子恒貞親王が廃されると、変の解決に功のあった伯父藤原良房にも推され代わりに立太子。

850年、仁明天皇の譲位により即位。

寵姫の生んだ第一皇子・惟喬親王を皇太子にしたかったが、即位するにあたって功績のあった藤原良房の娘の生んだ惟仁親王を皇太子にする。

藤原良房との葛藤が続き、嵯峨上皇の離宮だった冷然院などに居住し、以後、引きこもる。寵愛する惟喬親王を皇太子にする条件で、皇太子に譲位する運動をするも、858年、突然に崩御。暗殺説の噂が高い。

崇徳天皇

鳥羽上皇は藤原得子(美福門院)を寵愛して、崇徳に譲位を迫り、体仁親王を即位させた(近衛天皇)。

その後、1156年の保元の乱に破れ、讃岐に配流。

同行したのは寵妃の兵衛佐局と僅かな女房のみ。

舌を噛み切って写本に

「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」

「この経を魔道に回向(えこう)す」

と血で書き込み、爪や髪を伸ばし続け夜叉ような姿になり、後に生きながら天狗になったとされている。

配流8年後の1164年8月26日、46歳で崩御。

安徳天皇

父は高倉天皇で、母は平清盛の娘の徳子(後の建礼門院)。

祖父は、平清盛。

生後まもなく立太子。2歳で即位。

政治の実権は清盛が握った。

1185年の壇ノ浦の戦いで平氏の滅亡と共に入水。短い生涯を閉じた。

順徳天皇

1200年4月に立太子。

1210年11月土御門天皇の譲位を受けて即位。

後鳥羽上皇の討幕計画に参画。

1221年5月に承久の乱を引き起こしたものの倒幕は失敗。

乱後の7月21日、佐渡へ配流。

在島21年の後、仁治3年(1242年)9月12日に佐渡で崩御。

以上

死後、祟りが強いものだから、恐れて諡号擦る問う感じが普通だったようです。

「徳」という諡号は、無念になくなった天皇、上皇、たちが祟り神になり、その怨念を封じるための、懐柔するための、呪の字としてつかわれいたはず。天皇である、昭和天皇が知らないはずないわけで、あえて、選んだのはナゼ??


wiki

親王の存在は美智子妃の心の支えとなった。

美智子妃は当時、側近である黒木従達東宮侍従に「どのような時でも皇太子としての義務は最優先であり、私事はそれに次ぐもの」との言葉を語っている。


語っただけで実行していないません。

皇太子の姉が亡くなっても、ご静養。

飛行機が落ちても、火山が噴火しても、ご静養。

何があっても御静養。


wiki

同年9月22日 – 10月7日、幕末より数えての日米修好百周年を記念し、アメリカ合衆国より招待され訪米。ホワイトハウスにも招待された。この折、浩宮は出生後7か月となっていたが伴わず、側近に躾の方針を示したメモ・通称「ナルちゃん憲法」を与えて養育を委ねる。



wiki

1963年(昭和38年)に前後し、週刊誌を中心に虚偽・報道協定違反の報道が相次いだ。

1963年3月4日に第二子懐妊が報じられたが、同月中旬の美智子妃の生い立ちを書いた女性週刊誌連載の小説に絡む小説問題が起こった直後の3月22日に宮内庁病院に緊急入院、翌23日の午後に流産の処置手術が行われた。


初夜の秘儀のことなど、皇室の人でないと知らない内容が書かれていたため、大問題になりました。だれかが、伝統や秘儀をリークしないと書けない小説だったそうです。

流すのは、美智子さん以外になくて、非難ごうごう。窮地にたたされた美智子さん。

生涯に置いて、美智子さんを助けてくれたのは、いつも、ご病気。

ときには仮病を使うんだけど、このときは、第二子をご懐妊したものの、胎児に奇形がみつかり掻把の手術をすることになりました。

手術で人工的に胎児を掻把したのだけど、バッシングによるストレスによる流産という印象を定着させるのに成功した美智子さん。

奇形とストレスは関係ないのに、大衆の同情をあつめて、まんまと被害者になり切り静養に逃避成功。

もちろん、週刊誌に情報を流したこともチャラ。


wiki

その後も心身の疲労から体調が回復せず、同年4月より葉山御用邸にて約3か月間ひとりで静養する事態となった。

7月上旬から皇太子・浩宮とともに軽井沢で過ごした後、9月1日に帰京し、9月13日の山口国体から、段階的に公務に復帰した。

なお、根拠のない中傷に対して一切非難することなく沈黙を守り、その気品ある態度に多くの国民が感銘を受け、週刊誌等の誹謗記事も終熄に向かった。


根拠のない中傷ではなかったから、反論のしようもなかったわけです。

結局、まっとうな記者さんが処分されて、美智子さまマンセーな記者だけがのこっていゆきます。

美智子さまがマスコミの寵児だったときと、マスコミと週刊誌が神託だった時代とが、ちょうど重なりますね。向うところ、 怖いものなしになった美智子さまでした。

週刊誌は、なんでも好きなことを書かせれば、それが事実として世間が信じるという魔法のタブレットだったみたいですね。

美智子の背景にはGHQと、そのながれをくむCIAおよびアメリカが控えていました。美智子の周りには不審死した人間が多いのです。

564 名前:朝まで名無しさん投稿日:2011/07/31(日) 15:00:47.56 ID:0IJywSMz
(略)

喜久子妃殿下の件は他に言える方がいなかったし、わざわざ言う気もなかった。

御生家も、勢津子様百合子様よりはるかに高く、終戦直後もキーナン相手に丁々発止。
鎌倉節長官も喜久子妃殿下を頼りにして、天皇家の孤立を何とかしようと橋渡しをお願いした。
紀宮御婚儀の件も、「どうしておあげにならないの」と何度も陛下を詰問された。
他の宮家はだんまり。

難癖付けられ書きかてられるのは御免だったから。

(ここまで)

平民の美智子さんの、やりたい放題が始まるのよ。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=839



▲△▽▼


2017.12.18
美智子皇后の真実B@母としての美智子様「新しい皇室をつくる」子育て
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=843



wiki

1965年(昭和40年)11月30日、第二男子礼宮文仁親王誕生。



wiki

1969年(昭和44年)4月18日、第一女子紀宮清子内親王誕生。



wiki

苦労の多い美智子妃にとって、唯一の娘である紀宮の存在は大きな心の支えとなったとされる。1977年(昭和52年)から10年間は、毎年2人で陵墓・史跡訪問を含む小旅行を行なっていた。


旅行中は、母子別の部屋に宿泊 一緒にいるのは撮影時のみ

無題 Name 名無し 15/11/28(土)23:14 id:Fya8fBek No.1462966
週に2回だったけ?
ケチの美智子がお金がかかるって、毎日風呂にも入れてくれなかったんだよ。
体操があった後の日は悲惨だったそうだね。
サーヤを語ると、必ずコメに書かれていたのが、耳垢と臭い髪の毛と近視と、
消しゴムもめったに買ってくれなかったという事と、
幼稚園児が持つような籐のカゴしか持っていなかった(買ってくれなかった)ので、
小学校の高学年時代も其れを使っていた。

美智子が内廷皇族の皇族費を一人で、衣装代として使いきっていたということ。
秋さんの新居がアレだったのも、サーヤの結婚式が延期されたのも、
ふくら雀が結べない、美智子のお古の着物と帯しか準備してもらえなかったのも、
美智子と今上が欧州旅行の準備で、散財したからみたいだね。時期が合致するんだよ。。。

無題 Name 名無し 15/11/29(日)04:50 id:qERIqwPs No.1463039
たった八日間の欧州旅行に、
美智子の衣装代が三千万円だったとか。
一回袖を通したものは、二度と着たくない、
生地も仕立ても織も最上級でないと我慢が出来ないんでしょう。
子どもの為に母親は我慢出来るもんですがね、
美智子は違う、鬼母、鬼姑だ。

(ここまで)

Sponsored Link

清子さまが、時代遅れで、みすぼらしい身なりをさせられていたという証言は、結構たくさんありますね。

お兄様の御下がりのシャツをきせられている清子さま。

美智子様の「暖かい」ご家庭

※皇室の写真様よりお借りしています。

http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/1044999797.html

美智子様

「家族で演奏会をしましょう。サーヤは楽譜をめくる係ね。アーヤは聴衆係よ」

(ここまで)

長男教の美智子さまの、子育て。

・徳仁さま=愛玩用

・文仁さま=搾取用

・清子さま=放置子のちに女官あつかい

皇室の「ご家庭が」一般市民化し、一般市民の機能不全の家庭のテンプレ通りになりました。

これが、明仁天皇が、皇太子時代にあこがれていた「暖かい家庭」でしょうか。

伝統をつぶしてまでも、手に入れる価値にあるものだったのでしょうか。


wiki

これら子女の出産にあたり、皇室の慣習である宮中御産殿での出産や、乳母制度、傅育官制度を廃止した。

1984年(昭和59年)、銀婚式となる結婚25周年の会見で「夫婦としてお互いに何点を付けるか」との問いに対し、皇太子が「点数を付けることは出来ないが努力賞ということで」と答えたのを聞いて、美智子妃は「私も差し上げるのなら、お点ではなく感謝状を」と答え、同席していた記者たちからも感嘆の声があがった。


外国報道機関(10社)を代表して南ドイツ新聞のヒールシャー記者の質問

「ローマ法王との会見について、神道を家系とする天皇陛下はどんなご感想をお持ちか。また、カトリック系大学を卒業されている皇后陛下のご感想もお聞きしたい」

⇒「ごめんあそばせ」を連呼。智子は回答を断固として拒否。

居合わせた日本人記者「やっぱり美智子さんってこわいなあ」

家庭内実力者は美智子

さらに、明仁天皇は、皇太子時代より、何かきめるときは

「あちら(ミチコ)の人のいいように」

「あちら(ミチコ)の人は、どうおもっているの」

というので、美智子さまに聞かなければならないらしい。


wiki

1986年(昭和61年)3月、子宮筋腫の手術を受ける。

このため同時期に予定されていた訪米は翌年に延期、訪韓は中止になった。手術の際も皇太子の公務の妨げとなることを好まず、中止の判断はぎりぎりまで下されなかった。退院の際、宮内庁病院玄関前で皇太子の胸に顔をうずめる姿がみられた。

カメラが回っていないところでは、、、

美智子様の韓国への愛

美智子さまの、 韓国に対する愛は留まるところを知らない。

生母の富美は、朝鮮系の大陸夫人ではと疑ってしまうくらいに深い。

油断すると、ファッションも、所作も、発言も、すべて韓国に帰一するのは不思議な話。


2015年09月15日

韓国への届かぬ思い25年!
本誌の取材にフィージンは、興奮気味に語った。
「美智子さまが握手してくださったのですが、ずっとずっと私の手を放そうとなさらなくて・・・。驚きましたが、とても光栄でした。手からは穏やかな、お母さんのようなぬくもりを感じました。」

’08年に共同通信が両陛下の側近に取材しています。
その側近は「(両陛下は)機会があれば(訪韓を)と思っておられるが・・・。
(韓国は)地図より遠い隣国になってしまった。
(訪韓を)夢のままで終わらせたくないが」と、語っています。

’05年6月に両陛下は太平洋戦争激戦地のサイパンを訪問された。
外務省関係者は明かす。
「サイパンご訪問で、両陛下は韓国人犠牲者の慰霊碑にも拝礼されました。
“突然ご訪問された”と公表されましたが、実は、
もともと両陛下は韓国人慰霊碑の拝礼を望んでいらしたのです。
しかし、騒ぎが大きくなることが懸念されて、事前には発表できなかったのです。」


ほんとうに、変わったお方。


wiki

晩年の昭和天皇一家の写真にて、美智子妃が腰を悪くしていた香淳皇后の体を支えている写真が複数公表されている。秩父宮妃とは共にマラソンを観戦した姿も目撃、報道された。また文仁親王・清子内親王は高松宮妃と関係が深く、孫のように可愛がられていたといわれる。


昭和天皇がお倒れになっていらい、国中が慎んでいたのに、明仁皇太子と美智子夫人は、軽井沢の知人の別荘で、大さわぎで遊んでいた証言があるのね。

美智子さんのピアノにあわせて、左翼の友達がダンスを踊って楽しんでたらしい。

この知人というのが、社会党の方で、左翼繋がり。

嬉々として、まってたのね。

昭和天皇が崩御されるのを。

実父、義父が、崩御されるのを。

左翼と一緒に、日本の敵といっしょになって、嬉々として。

無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:28 id:l6AqxPMM No.1711034
>テニスコートでの恋を成就されただけに、天皇、皇后陛下のテニスの腕前はなかなかのものである。
だが、衆人環境の中でわざわざプレーされる必要があるのか、との疑問もわいてくる。

「国民と共にある皇室」を実践されていらっしゃるおつもりなのだろうが、
皇后陛下がショートスカートの裾をなびかせてラケットを振られるお姿を見守る人々の目は、必ずしも暖かいものではない。
… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:29 id:l6AqxPMM No.1711035
>テニスといえば、御所内のコートでは毎日のようにお楽しみになられているが
先帝陛下が崩御され、さらに、皇后陛下のお妹様の大谷智子さまがお亡くなりになったときだった。

テニスは、宮内庁では遊びではなく表芸扱いなのだが、
このときばかりは庁内に服喪のためテニスを当分、控えるようにお達しが出された。

ところが、お三方だけが気になさられることなく、ふだん通りのテニスをされたことがある。
両陛下と皇太子殿下である。

(ここまで)

皇后時代


wiki

1989年(昭和64年)1月7日、明仁親王の即位に伴い皇后になる。

即位後の記者会見においては、皇太子となり東宮仮御所にて独立する徳仁親王について「時たまでよろしいから、ヴィオラを聴かせにいらしてくださると、うれしいと思います」とのコメントを発している。


夫が天皇になって、真っ先にしたこと

1 皇太后への苛め

香淳皇太后つきの信頼あつい女官長を解雇したこと。さらに、皇太后が寂しくて、外部に電話をかけていたら、入江に電話を取り上げさせ、孤立させたこと。皇太后が、骨折したのにも関わらず放置。それが原因で、歩行不能になり、認知症が進んだこと。

明仁天皇、美智子皇后、ともに、見舞いにもいかず吹上御所に放置したこと。

さらに、認知症のすすんだお姿のお写真を、マスコミに掲載させたこと。

美智子さんが、入内いらい、美智子さんからの、数多くの暴言、暴走、無礼に耐え続けた皇太后にたいするしうちは、まさに鬼ですね。

無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:43 id:sl3pxlSw No.2028474
>「皇太后は十分なお世話をされていないのではないかって声に反論してみせなきゃならなかったんですもの」

実際世話なんて全部女官任せだし、その女官だって熱心にお世話した人はミテコの逆鱗にふれて首よ。
良子様が下で失敗するとみんなで手を叩いて笑いものにしたそうじゃないの。
そんな人間だけを周囲に就けて、風呂にもろくにいれずおむつもろくに変えず、
冷暖房も効いていない部屋に一人でほうりだしていたのよ。
美智子はそんな女だよ、悪魔なんだよ。

… 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:47 id:FUlSzL5Q No.2028483
>良子様が下で失敗するとみんなで手を叩いて笑いものにしたそうじゃないの

それどこの情報なんですか?

… 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:51 id:sl3pxlSw No.2028504
ネットです。

トイレットペーパーをお尻に挟んだまま2メートルぐらい引きずって歩いていたのを
女官らが取り囲んで指さして大笑いした、と。
あまりにも具体的だったので嘘ではないとおもいました。

同じところだったと思うけど、豆におむつを替えていた看護師かだれかが「そんなに変える必要はない」と言われていたので首になったとか
あと、ミテコが日当たりの強い部屋に車いすで連れて行って冷蔵を入れずに放置していたとか。

… 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:55 id:MXIe1Tfg No.2028512
それが本当なら
もはや人間じゃないね…
悪魔だ
ひどすぎる

… 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:55 id:sl3pxlSw No.2028514
私は全部信じます。内容が具体的なので。

皇族からいじめられたとミテコが騒ぎまくったことには具体性が全くない。
1・飛行場で無視された

2・割烹着としらずエプロンだった

3・手袋が短かった

具体的虐めの内容はたったこれだけです。
これだけを延々と繰り返している。
比較してミテコの良子様いじめの噂はバリエーションに富んでいてリアルです。

… 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:59 id:EABGt.RY No.2028522
酷い。
美智子は悪魔だ。
地獄の業火で美智子そっくりの鬼に焼かれるんだ。何万年もね。
神様はずっと観ている。
絶対に逃げられない。

… 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:59 id:XErIixrE No.2028523
虐待やん…

… 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:01 id:mIA.Q1bo No.2028530
93年の時点で、明仁がいくら慰問しても母親への冷たさで、
心打たれないと週刊誌の読者の声があった

当時からみんな気づいていたのに、美智子の演技で批判を封じたんだ

… 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:04 id:hSpV7MVI No.2028545
あの猫なで声も演技?
そういえば、この前の園遊会では地声で喋ってたよね

… 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:08 id:bhs.vgbc No.2028551
美智子さんの偽善は自意識過剰の写真で分かりますよね。
昔から多くの人が気が付いていたと思いますよ。

以上

コメント欄より

でれでれ草様 連続投稿失礼します。

掲載中の、香淳皇后さまのお写真ですが、掲示板で、「なんだか貼り付けたような写真ね」とのコメントがあり、改めて見ると、どうも不自然な気もしました。


拡大すると、佳子さまたちの捏造写真と同じで、お顔の周りがモヤッとしています。


※顎にある不思議な型は、栄養チューブの跡ではないかというご指摘もいただいてます。

当時の技術でもこのような加工が出来るのか、古い時代の写真だからの見え方なのかなど、理由が分かりませんが・・・。

実際には、このような服は着せてもらえずに、別人で似た体格の人の身体の写真に顔だけ貼り付けたものなのでしょうか。

画像発表だったのか、映像発表だったのか・・真相が分かりませんが、ミッチーたちのすることは全てが嘘だし、気持ち悪くて、何一つ信用できなくなりました。

最悪な人間性、ミッチーが大嫌いです。 どこの神を信じているのか知りませんが、キリスト教では、このように人を苛めることを神は教えているのでしょうか。 隠れてまで教会に通って、夫や子供までもキリスト様の前に連れていってるような、信仰深い人がこのようないじめをするんですね。滅茶苦茶です。

香淳様の御魂がどうぞ天で、安らかでいらっしゃいますように。 昭和天皇の輸血の話も驚きましたし、体調を崩されるきっかけの時、そばに居たのもミッチーだったと掲示板で話題を見かけます。

ェ仁親王が癌になったりなども、今になって気になります。 癌に成らせることは、簡単に出来るとネット情報で見た記憶があります。 男子を悉く潰してきたのも彼女の指図なのか。 秋篠宮様もですが、皇室内で男児が生まれないよう、増えないように、ミッチーやミッチーの背後の勢力が糸を引いていたのでしょうか。

不信感で一杯です。 正体がばれて、国民から嫌われたらいいのにと思います。

以上

※(管理人)1992年に祖母が亡くなった時、業者さんに祖母のスナップ写真の顔を切り抜き位牌を作ってもらいました。これもそうかもしれません。血色がいいようにみえるように、お顔を着色したあとがあるようにみえます。鼻筋も不自然です。

2 皇室財産の横領

歴代の皇后が受け継いできた三連のダイアモンドのネックレスが、なぜか一連に。

これだけではないはず。

ティアラをしなくなってから年月が経ちます。皇后が代々受け継いできたティアラや宝飾品はどうしたのでしょう。

最近は、サッシュすらしなくなりました。偽物だとばれているからかもしれません。

頸椎が、、といいながらテニスをする美智子様。大粒のネックレスは重いでしょう。しかもベルトもギラギラしたバックル。腕時計もしています。

ついに、ネックレスもなくなりました。

2017年ルクセンブルク大公来日 宮中晩さん会

ティアラなし、サッシュなし、ダイアモンドのティアラもネックレスも無し、、、。

そして、カツラ、、、。

美智子さまのカツラ

本当は若いのよ。

3 自分のための56億円の宮殿を建設

自分のための、56億円をかけて宮殿をつくらせたこと。

映画館付き、さらには、地下道でつながれた部屋もあり、職員に気づかれることなく接触ができるという、仕掛け付きの部屋。カトリックの礼拝室もあるのではと、推察される。

美智子さま一人のための、無駄な宮殿の建設ために、貴重な原生林を伐採し、生き物植物を殲滅させたこと。

原生林の森は、貴重な動植物が生息することもあり、また、昭和天皇が、被災した市民を受け入れたときテントがはれるようにと、残しておいたもの。

当然、抗議があがります。週刊誌が取り上げたのだけど、いつもの仮病で逃げた美智子。


wiki

1993年(平成5年)10月20日、満59歳の誕生日に赤坂御所にて倒れる。

この時期は週刊誌等により、皇后への根拠のないバッシング・中傷報道がまた復活し、精神的な苦痛から失声症となった。


・宵っ張りまで騒いで女官をこきつかう。

・飛行機が落ちても、火山が噴火しても、関係なく軽井沢でご静養。

・高価な服をつくりすぎる。浪費がひどい

無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:28 id:l6AqxPMM No.1711034
>テニスコートでの恋を成就されただけに、天皇、皇后陛下のテニスの腕前はなかなかのものである。
だが、衆人環境の中でわざわざプレーされる必要があるのか、との疑問もわいてくる。

「国民と共にある皇室」を実践されていらっしゃるおつもりなのだろうが、
皇后陛下がショートスカートの裾をなびかせてラケットを振られるお姿を見守る人々の目は、必ずしも暖かいものではない。

… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:29 id:l6AqxPMM No.1711035
>テニスといえば、御所内のコートでは毎日のようにお楽しみになられているが
先帝陛下が崩御され、さらに、皇后陛下のお妹様の大谷智子さまがお亡くなりになったときだった。

テニスは、宮内庁では遊びではなく表芸扱いなのだが、
このときばかりは庁内に服喪のためテニスを当分、控えるようにお達しが出された。

ところが、お三方だけが気になさられることなく、ふだん通りのテニスをされたことがある。
両陛下と皇太子殿下である。

無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:37 id:l6AqxPMM No.1711041
>天皇、皇后両陛下の御暮らしぶりには、いろいろと疑問や不安を感じさせられることが多いと言ったが
その原因の最たるものは、皇后陛下のお力が増大してしまったことだと感じられてならないのである。

とにかく、行幸啓にしろ、パーティの計画にしろ、皇后陛下が
「ウン」とおっしゃらなければことがすすまないのである。
天皇陛下だけの内諾を得て、関係方面と調整しても、
最後に皇后陛下が「ダメ」とおっしゃれば、それですべてが覆されてしまう。

最近では、だれもがそれを承知しているから、起案したらまず皇后陛下にお伺いを立てる。
それでご承知いただけたとなれば、最後まで問題は生じない。
天皇陛下ご自身がこうした力関係を十分に承知されているから
ご了承を頂きに参上すると、「アチラはどういっているの?」と皇后陛下のこと気遣われたりされている。

… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:45 id:l6AqxPMM No.1711047
>本来、ご皇室にとって皇后陛下は、あまり意味のある存在ではない。
ご公務はもちろん、大抵の儀式も天皇陛下がおいでになれば事足りる。

にもかかわらず、皇后陛下が登場する機会が多くなってきたのは、
主として国際親善の場面で、なにごとも夫婦で社会に出ることが一般的とされている欧米風に倣ったためといってよい。

それなのに、最近では国際親善の場面にとどまらず、
あらゆるところにご夫妻として参加されるようになってきているのである。

面白かったのは、皇太子殿下のご結婚の儀式で、「ご結婚の儀」の期日を小和田家に伝える「告期の儀」でのことである。
小和田家を訪問した侍従長は本来、天皇陛下のお遣いとして出掛けたのだが
テレビの説明は「天皇、皇后陛下のお遣いとして」と解説していた。

… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:49 id:l6AqxPMM No.1711049
>後で調べてみると、記者クラブでのレクチャーで担当者が、そう説明したようなのである。
ご皇室の公式儀式は、すべて天皇陛下お一人でまかなわれることになっているのに
担当者たちが協議して、お二人のお遣いということにした方が良いと判断したらしいのである。

男女同権の時代にあった解釈といえば結構なのだが、周りの者がこんなに細かいことまで
「アチラ」に気を遣って決めるようになっていることはおかしくてならない。

… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:55 id:l6AqxPMM No.1711054
>しかし、側近たちの話を聞くと、侍従たちが次第に余計な事はするまいと考えるようになるのも、無理からぬところがあるようである。

それというのも、皇后陛下のご気性に激しい側面がおありのためである。
普段は慈愛に満ちたお顔からも分かるようにお優しいお方なのだが、
癇性な面もお持ちで、御所の中では時折、甲高い声を上げられたりすることがある。
女嬬というお側のお世話係の女性が仕事を失敗したりすると、こっぴどくお叱りを受けたりしている。

侍従たちにはもっと手厳しく、お気に召さないことをすると「どうしてわかっていただけないの」
などとおっしゃって延々とお小言を賜る。
つい先日も、ある侍従は一時間も叱られ続けたと言われているのである。

… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)23:03 id:l6AqxPMM No.1711058
>首を傾げたくなることはまだある。
両陛下はよく、オリンピックのメダリストや有名音楽家などを御所に招いてご歓談されている。
これも結構な話だが、国民としては光が当たっている人よりも、
むしろ光が当たらない人にこそ、お心をかけていただきたいと思うものではあるまいか。

福祉施設にいらしたときに、あれほどまでに頬擦りをされたり、
お優しく声を掛けられいらっしゃるのだから、御所でも恵まれない人々と接していらっしゃると考えるのは当然だろう。

無題 Name 名無し 16/08/02(火)23:13 id:l6AqxPMM No.1711067
>正直申し上げて、バイニング夫人の教育を受けた今の陛下と、
クリスチャンの聖心女子学院出身の皇后陛下に、真に国民が望む天皇、皇后を体現されることを
期待するのは、いささか無理があるように思われる。
先帝亡き後、私どもが一心に期待をお寄せ申し上げていたのは皇太子殿下に他ならなかった。

今、宮内庁の人間たちは危機感を抱き始めている。期待の皇太子殿下にも肩透かしを食わされ、
このままではご皇室の将来がどうなるのか、心配でならないからである。
スキャンダルにまみれた英国王室の現状は決して対岸の火事とは思えない。
このままの状態が続けば、ご皇室もまた、厳しい世論の攻撃を受けるのではないか。
現にご皇族のあり方などに、批判が起き始めている。私たちは気が気でならないのである。

ご皇室は無私、公平で、質素なお暮しを通じて、国民に尊敬されなければならない。
宗教と切り離された象徴天皇制を存立させるものは、結局、天皇陛下をはじめご皇族方のお人柄、
お暮らしぶりであることを、恐れながら申し上げたいのである。

(ここまで)

美智子さんは非難されると、病を装いマスコミをあおらせて大衆から同情を買い、印象操作で被害者を装い逃げ切ります。そして、ヤクザを使い出版社を襲撃したり、実弾をうちこみ脅迫しました。御自ら受話器を取り女性ジャーナリストを恫喝したという話も聞いたことがあります。


wiki

声が出ない間は、清子内親王が皇后の言葉を代弁したりと、常に寄り添っていた。翌年に回復し「どの批判も、自分を省みるよすがとしていますが、事実でない報道がまかり通る社会になって欲しくありません」とのコメントを発表している。


スタッフの証言によると、普通に声はでていて、清子さまと話しているのを聞いているのね。それに、失語症になったご家族がいるかたによると、失語症の方の顔ではなかったらしいですね。


wiki

また回復時の第一声は「もう大丈夫、私はピュリファイ(浄化)されました」であり、周囲を気遣う節度と威厳ある態度に、病状回復後の国民の支持は不動のものとなった。

1994年(平成6年)10月20日、還暦を迎える。

1995年(平成7年)1月31日、天皇と共に阪神・淡路大震災後の神戸を見舞い、神戸市長田区の菅原市場にその日皇居から自ら切って持参した黄色と白の水仙を供えた。この水仙は関係者によって永久保存処置が取られ、同市布引ハーブ園内で展示されている。被災地の避難所を訪問し、被災者一人一人に声をかけ、時には手を握り、時には抱きしめて被災者を労る様子が大きな反響を呼ぶ。また、一人の病身の被災者のために自ら布団を敷いた。


実は被災地に無関心な皇室

ニュース画像をとるときだけやってくる平成皇族たち

阪神大震災が発生したのにもかかわらず、皇太子夫妻が中東へ出発。

あいさつに来た皇太子夫妻を叱りもせず、責めもせず、止めもせずいかせたのは、だれもない天皇陛下と美智子様。海外の王族たちからも非難されたようだけど、天皇皇后も、同罪ですよ。

・訪問先の王妃に、「帰国したほうがいい」といわれ、むくれている雅子さん。

・ラクダレースでバカ笑いする雅子さん。

・紅白のめでたい祝いのドレスで現れる雅子さん。

そして、後年、皇太子が予定を切り上げて帰国したので、「死海が見れなかったの残念でした」と発言。


wiki

1998年(平成10年)、インドで開催された「国際児童図書評議会 (IBBY)」に際してビデオによる講演を行い、日本武尊の妃弟橘比売の吾妻における入水の物語などを引いて、成婚以来の胸中を語った。


日本の犠牲は怖い。カトリックの教祖の犠牲は尊い、、のかしら。


wiki

2002年(平成14年)、スイスで開催されたIBBY50周年記念大会に、IBBY名誉総裁として出席し祝辞を述べた。これが唯一の単独での海外公務となっている。


何しに行ったか不明。スイス銀行へなにか預けたのかしら。そういえば、最近つけていない、ティアラがありますね。


wiki

2002年(平成14年)10月20日、皇后の誕生日に際し宮内記者会の質問に対する文書ご回答で次のように北朝鮮による拉致問題についてコメントした。

「小泉総理の北朝鮮訪問により、一連の拉致事件に関し、初めて真相の一部が報道され、驚きと悲しみと共に、無念さを覚えます。何故私たち皆が、自分たち共同社会の出来事として、この人々の不在をもっと強く意識し続けることが出来なかったかとの思いを消すことができません。今回の帰国者と家族との再会の喜びを思うにつけ、今回帰ることのできなかった人々の家族の気持ちは察するにあまりあり、その一入(ひとしお)の淋しさを思います」。


拉致被害の発端は、よど号事件からはじまってるのね。そして、美智子皇后の正田家の発祥の地でる群馬ともかかわりが深いです。


正田家(群馬の豪商)
正田貞一郎 – Wikipedia

群馬県館林はにおいて「米文」の名で米問屋を営み、明治に入って醤油醸造に従事した。

正田家は代々「米文」の暖簾もとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく大阪方面まで聞こえていた。

弘化のころには名主の職にあり、名字帯刀を許されていた。

(ここまで)


別の視点からの正田家の検証

http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-194.html

下記の部落問題・人権事典ー群馬県のサイトによると、正田家の祖先が仕えた新田家のあった場所は部落であったとあります。

それは別に問題ではないと思いますが、家系がまるまる反日工作員とおもわる節があること、そして、犯罪性が高いことが問題です。

正田と群馬の関係


http://www.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%B7%B2%C7%CF%B8%A9

上原善広というノンフィクション記者が「実話ナックルズ」という雑誌で下記のように指摘したように、部落出身である可能性は高いと思います。

雑誌『実話ナックルズ』にて『JDT 日本の路地を歩く』という連載を執筆しており、2004年7月号に発表した「群馬県T部落」で群馬県の未指定地区を取り上げ、「ここから女性が一人、皇族に嫁いでいる」「ここは女性が皇族へ嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわかってしまうからである」「皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味している」と書いた。

(ここまで)


群馬と福田の関係


福田 赳夫首相(群馬県出身)
福田赳夫 – Wikipedia

福田家は江戸時代は名主を務めた地元の名門であった。

(略)

1977年(昭和52年)

同年に起きたダッカ日航機ハイジャック事件では「人命は地球より重い」として犯人側の人質解放の条件を飲み、身代金の支払いおよび、諜報的措置として6人の刑事被告人や囚人の引き渡しを行ったことで、テロリスト脅迫に屈したと国際的な批判を浴びることとなった。

この後北朝鮮よる拉致が急増した。

(略)

1978年(昭和53年)10月23日、ケ小平副総理を日本に迎え、「日中平和友好条約」に調印。

福田康夫(群馬県)

1976年1月に会社を退社し、衆議院議員秘書となり、1977年12月から1年間、父・赳夫の内閣総理大臣秘書を務める。

事務担当秘書官には、保田博、棚橋祐治、小和田恒らがいた。このことで、議員になる前より外務省にパイプができた。

秘書官として、日中平和友好条約へ向けた中国、アメリカとの舞台裏交渉に関与した。1990年2月に第39回衆議院議員選挙で、群馬4区から出馬して当選。


名門でもなんでもなく、どうも部落の出身みたいですね。

それは問題ないのですが、代々、筋金入りの中国工作員というのが問題です。

福田と小和田の関係


小和田(新潟出身・福田の秘書・雅子の父)

1932年(昭和7年)、新潟県新発田市に生まれた。小和田毅夫、静夫妻の次男で、八人兄弟の四番目にあたる。本籍地は新潟県村上市。

(略)

外務省官房長だった1988年に創価学会からの要請に応じて、池田大作名誉会長らの外国訪問旅行に便宜供与を図ったとして、国会で追及されている。評論家の渡辺昇一は、中曽根内閣の時に小和田が「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁したことを、「国賊と言ってもいいでしょう」と強い調子で非難している。

(ここまで)


小和田家は、三代前から遡れない不思議な家系です。

小和田家とよど号犯人の関係

よど号ハイジャック犯(新潟出身・小和田の近所に住んでいた)

小和田家とは隣どおしの関係。


よど号ハイジャック事件の後から、北朝鮮による日本人拉致が頻繁に起こります。

よその国の人間が勝手に乗り込んできて、市民をさらっていく。

でも、政府は現在まで、やる気なさげで、スルーを続けます。

加害者側は、恐喝、ゆすり、麻薬密売と人身売買しか能のない、世界貧困国家で、人権弾圧国家。日本は、世界第二位、アジア随一の経済大国。しかし、言いなりです。北朝鮮の下座にいるかのようです。北朝鮮は日本にとって、アメリカにおけるイスラエルになったのでしょうか。

横田さん「政府は弱みを握られているのではないでしょうか」

なんの弱みでしょうか。

よど号ハイジャック犯と、自民党の実力のある議員がグルになってて、キックバックをもらってたとか、、自民議員で山分けしたとか、、、、??。

そういえば、金丸という爺さんの金庫からは、北朝鮮の金塊がでてきたましたね。

一時期、朝鮮系キリスト教団の統一教会が、自民党に秘書を無料で派遣してましたね。

いっぱい、北朝鮮から貰い物があったみたいね。

福田と小和田雅子のつながり

福田「雅子ちゃんを、皇太子妃にするよ」

有名な話で、まだ、雅子さんが、おてんばなお子様だったころ、福田がそういったらしいですね。

当時、比類ない霊能者だった藤田女史が、「雅子さんは皇太子妃になれる」預言したとか。藤田女史は、安保闘争の結果や、岸首相の引退、周恩来の死など、数多くの予言を的中させた霊能者でした。

しかし、預言には「皇太子妃になれるが、皇后にはなれない」というおまけがついていました。

藤田女史の予言をあてにして、福田は、評判の悪い小和田恒を出世させ続け、小和田雅子を皇太子妃候補に相応しい釣書造りに協力します。

小和田優美子は、ご婚約会見では、「福」という字をあしらった帯でいどみました。帯は借り物だったのか、あるいはおそろいだったのかは不明ですが、福田家との関係の深さと忠誠心が現れています。

雅子さんの家系調査が入ると、なぜか、部落解放団体からクレームがきたそうです。つまり、そういうことでしょう。

美智子さまと、福田さん、小和田さんつながりは、たまたま、皇室で嫁姑になった、という以前から始まっていないようですね。

ミッチ―と雅子さんは、隠されたところでつながっている「お仲間」にみえます。仲間なので、ミッチ―は、雅子さんを、無条件でかばい続けるのではないでしょうか。


wiki

2005年(平成17年)10月20日、清子内親王降嫁前の記者会見では子供たちに対する思いを語り、徳仁親王が優しく、よく励ましの言葉をかけてくれたこと、文仁親王が細心な心配りを忘れない一方で自分が真実を見失わないようにも注意していたということ、清子内親王誕生の折には曇りなき晴天に朝から吉兆を感じたこと、清子内親王のおおらかでのどかな性格などを回想しつつ語った。婚礼の朝には、民間へ降嫁する愛娘を気遣い、抱きしめて励ましたという。


564 名前:朝まで名無しさん投稿日:2011/07/31(日) 15:00:47.56 ID:0IJywSMz
(略)

喜久子妃殿下の件は他に言える方がいなかったし、わざわざ言う気もなかった。

御生家も、勢津子様百合子様よりはるかに高く、終戦直後もキーナン相手に丁々発止。
鎌倉節長官も喜久子妃殿下を頼りにして、天皇家の孤立を何とかしようと橋渡しをお願いした。
紀宮御婚儀の件も、「どうしておあげにならないの」と何度も陛下を詰問された。
他の宮家はだんまり。

難癖付けられ書きかてられるのは御免だったから。

(ここまで)

雅子さんをつかって嫌がらせをしてたところを見ると、気に入らなかったみたいですね。雅子さん一人軽い洋装、バックストラップのサンダル。

美智子さまと、福田さん、小和田さんつながりは、たまたま、皇室で嫁姑になった、という以前から始まっていないようですね。

ミッチ―と雅子さんは、隠されたところでつながっている「お仲間」にみえます。仲間なので、ミッチ―は、雅子さんを、無条件でかばい続けるのではないでしょうか。


wiki

2005年(平成17年)10月20日、清子内親王降嫁前の記者会見では子供たちに対する思いを語り、徳仁親王が優しく、よく励ましの言葉をかけてくれたこと、文仁親王が細心な心配りを忘れない一方で自分が真実を見失わないようにも注意していたということ、清子内親王誕生の折には曇りなき晴天に朝から吉兆を感じたこと、清子内親王のおおらかでのどかな性格などを回想しつつ語った。婚礼の朝には、民間へ降嫁する愛娘を気遣い、抱きしめて励ましたという。


564 名前:朝まで名無しさん投稿日:2011/07/31(日) 15:00:47.56 ID:0IJywSMz
(略)

喜久子妃殿下の件は他に言える方がいなかったし、わざわざ言う気もなかった。

御生家も、勢津子様百合子様よりはるかに高く、終戦直後もキーナン相手に丁々発止。
鎌倉節長官も喜久子妃殿下を頼りにして、天皇家の孤立を何とかしようと橋渡しをお願いした。
紀宮御婚儀の件も、「どうしておあげにならないの」と何度も陛下を詰問された。
他の宮家はだんまり。

難癖付けられ書きかてられるのは御免だったから。

(ここまで)

雅子さんをつかって嫌がらせをしてたところを見ると、気に入らなかったみたいですね。

雅子さん一人軽い洋装、バックストラップのサンダル。

雅子さん、花嫁に衣装ストーカー。

こういった無礼も、絶対権力者である美智子さまの意向にそうからできること。

雅子さんが、叱責されていることは一度もなし。同じ出自の嫁がかわいいのでしょう。

清子さまの帯

極め付けが、ふくら雀に結んだ帯。総柄でないで、残念なことに、、、。

清子さまの披露宴なのに、公開用の写真は、美智子さま中心のお写真。もちろん報道していい写真を選ぶのは、「おやさしい」美智子さま。

無題 Name 名無し 15/11/29(日)21:09 id:zyB9AmcI No.1463355
この帯を見て笑っていられるくそ婆。
幾度となく不自然に結婚を延期したことといい、自分の手元から逃げていく紀宮にいやがらせしたんだね。
最低。

… 無題 Name 名無し 15/11/29(日)22:53 ID:Z.VWUOwg No.1463401
内親王の結婚式ならせめて高円宮典子さんのような
装束にするべき。黒田さんはモーニング着用でいい。
結婚式のドレスも披露宴の着物も他の皇族と区別が
つかない。
花嫁ならせめて他の皇族女性と違う格好をさせて
あげるべきです。

… 無題 Name 名無し 15/11/29(日)22:55 ID:Z.VWUOwg No.1463403
秋篠宮の結婚では住む所が粗末過ぎ

清子さんの結婚では披露宴が粗末過ぎ

… 無題 Name 名無し 15/11/30(月)01:53 ID:Wg..fP9A No.1463459
で質素アピールと・・・

… 無題 Name 名無し 15/11/30(月)11:43 id:Obk1q9Mw No.1463627
ふくら雀は誰のアイディアなんだろう

… 無題 Name 名無し 15/11/30(月)11:49 id:lbrDE3qU No.1463634
確か「清子様ご自身が」お母様の着物をきせていただきたいと希望された、と記事があったように思います。女帝の言い訳かどうかはわかりませんが、自分の思うようになるお相手を探していたのに、秋篠宮殿下のご親友と婚姻のご縁になったことに、女帝は気に入らないんでは?

旧皇族・華族関係のご縁は、女帝の不徳で紹介してもらえなかったでしょうし。

… 無題 Name 名無し 15/11/30(月)14:10 id:Ej17QjCY No.1463740
喜久子さまに頭を下げれば、いいところへ早くに縁づいたでしょうに。

… 無題 Name 名無し 15/11/30(月)21:58 ID:.aBoWOoE No.1463969
清子様は披露宴ですらこんな地味な格好だったんだ。
一般人だと主役は誰よりも派手だけどね。
なんか母親の影に隠れたような人生に見える。

… 無題 Name 名無し 15/11/30(月)22:03 ID:9xTl2hhM No.1463972
出席者からは予算の割にはショボいと悪評紛々だった。
帝国でヒドいなんてこと普通、有り得ないから。
美智子が披露宴の予算を相当ガメたと確信している。

… 無題 Name 名無し 15/11/30(月)23:11 ID:0eqntKQs No.1464015
>出席者からは予算の割にはショボいと悪評紛々だった。

料理もフルコースではなかったし何だか中途半端な
結婚式でしたね。地味にやるのなら皇族だけ特別
席ではなく黒田さんのお母様や親族と同じテーブル
にされればよかったのに。
これでは新郎新婦が主役じゃないわ!

無題 Name 名無し 15/11/28(土)23:14 id:Fya8fBek No.1462966
週に2回だったけ?
ケチの美智子がお金がかかるって、毎日風呂にも入れてくれなかったんだよ。
体操があった後の日は悲惨だったそうだね。
サーヤを語ると、必ずコメに書かれていたのが、耳垢と臭い髪の毛と近視と、
消しゴムもめったに買ってくれなかったという事と、
幼稚園児が持つような籐のカゴしか持っていなかった(買ってくれなかった)ので、
小学校の高学年時代も其れを使っていた。

美智子が内廷皇族の皇族費を一人で、衣装代として使いきっていたということ。
秋さんの新居がアレだったのも、サーヤの結婚式が延期されたのも、
ふくら雀が結べない、美智子のお古の着物と帯しか準備してもらえなかったのも、
美智子と今上が欧州旅行の準備で、散財したからみたいだね。時期が合致するんだよ。。。

無題 Name 名無し 15/11/29(日)04:50 id:qERIqwPs No.1463039
たった八日間の欧州旅行に、
美智子の衣装代が三千万円だったとか。
一回袖を通したものは、二度と着たくない、
生地も仕立ても織も最上級でないと我慢が出来ないんでしょう。
子どもの為に母親は我慢出来るもんですがね、
美智子は違う、鬼母、鬼姑だ。

美智子さまがいけた薔薇

プリンセスミチコ

左 エンペレス美智子

右 プリンセス清子

一輪だけガラスに投げるように生けられている。わびしすぎる、、、。

良家の子女の必須の素養だったはずの華道は、こんな感じ。同じく茶道の素養がある話もきかない。

武山パーティーで、エリートとダンスを踊り、英会話にテニス、、でも、良家の子女がたしなむはずの花嫁修行を一切してないのがわかるわ。


wiki

2007年(平成19年)、体調を崩し腸壁から出血。ストレス性のものと診断された。通常の公務と並行して療養した結果、病状は回復したと発表された。同年5月21日からは、天皇とともに欧州訪問の途についている。


意味のない海外訪問。私的なフルムーン旅行だったらしい。

経費は3億円。皇后の衣装が3500万。もちろん使い捨て。しかも、壊滅的なセンス。

しかも、天皇の前に割り込んででてきている。エディンバラ公と英国女王のよう。

なぜか、避暑地にいるローマ訪欧を無理やりおしかけて訪問する天皇皇后。

枢機卿にむかって拝礼。

法皇=天皇=>英国王>国王・国家元首>貴族

天皇=法皇>枢機卿>司祭なのに、、、


wiki

8月8日には須崎御用邸での静養を中止し、天皇とともに新潟県中越沖地震の被災地を訪問。

新潟に行くなら、新潟水俣の慰問と慰霊に行くべきです。

新潟水俣は、美智子さまの実妹恵美子さんが嫁いだ安西家が引き起こしたものでした。

水俣が、雅子さまの実母の父が引き起こしたものと同じく、4大公害にあげられている、企業による虐殺と環境破壊の犯罪です。

水俣の画像は拾えても、新潟水俣の画像は、今、拾うのが難しいです。大掛かりな情報統制がしかれています。

九州の水俣のお写真。同じ悲劇が新潟でもあったはず。

テレビによって売り出された美智子。なので、テレビに映ることしかやりません。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=843



▲△▽▼


2017.12.18
美智子皇后の真実C@伝統への取り組み方と、あつい信仰
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=848



wiki

国民に開かれた皇室の想起者という評価もされるが、一方で数々の発言・行動に見られるように伝統を守ることも大切にしている。



踏みにじる続ける伝統と儀礼
護地赤の着物
週間朝日2012年10月5日号  平成皇室12の証言

「愛子内親王の御地赤をつくってほしい」

美智子さまが女官を通じ、こんな連絡をくださったのは2004年夏のことでした。愛子さまが数えで5歳の元日を超える半年ほど前のことです。

御地赤とは、天皇陛下の直系の女性皇族である内親王方が成人になるまで、元日など節目となる日に身につける宮中の伝統的な着物です。上品な朱赤の絹地に、松や梅などおめでたい柄の刺繍が金糸で施されています。

美智子さまは、図案の段階から目を通し、「この刺繍の色数を減らしてシンプルに」といったふうに、女官を通してご要望を何度か伝えてこられました。意匠には鳳凰を望まれ、お印についても、「(愛子さまの)お印のゴヨウツツジに松竹梅を絡める意匠で、背中に刺繍を入れてください」と細部にまで気を配っておられました。



634 名前:朝まで名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/14(日) 02:30:27 id:ypqlB/iH

(中略)

御地赤も、現皇后陛下のもとで公家の御縫御召の伝統は断ち切られた。
あの刺繍は位置と意匠に護符の意味があり、恣意的に変えてはいけないものだった。
「もう元には戻らんでしょう」と専門家の嘆くこと。
民間から入った個人の「センス」で伝統がつぎつぎ断ち切られていく。
それも時代の流れなのだろうか。

Sponsored Link


wiki

また訪問相手・周囲で仕える者に対する気遣いを常に怠らず、慈悲深い姿は多くの人々に感銘を与えている。



宝島30 1993/8

皇室の危機「菊のカーテン」の内側からの証言 大内糺 より引用

皇后陛下のご気性に激しい側面がおありのためである。
(略)癇症な面もお持ちで、御所の中では時折、甲高いお声を・・・・。
女嬬というお側のお世話係の女性が仕事を失敗したりすると、こっぴどくお叱りを受けたりしている。
侍従たちにはもっと手厳しく、お気に召さないことをすると「どうして分かっていただけないの」などとおっしゃって、 延々とお小言を賜る。
つい先日も、ある侍従は一時間も叱られ続けたと言われているのである。

「心因性」(要するにヒス)で倒れること、しばしば。

『天皇家の宿題』 (朝日新書)作岩井 克己著 心因性失声でお倒れになった美智子皇后 を心配する岩井記者にむかって、 主治医が「お倒れになることはこれまでも時々あっ たよ」とあっさり答える。

(ここまで)


浜尾氏「宵っ張りまで女官をこきつかう」

ローマ教皇訪問 いきなり意味のない拝礼

法皇=天皇=>英国王>国王・国家元首>王族>貴族

なのに、、、。枢機卿に拝礼って、、、。

さらに、押しかけたのは、 カステル・ガンドルフォというローマ郊外の離宮で、ここは歴代法王が避暑を過ごす場所。秘書中の教皇を、報道陣を連れて押しかけた天皇・皇后ご夫妻。30分ほどの会談をしてもらった、らしい。しかも、ここでも、ルール違反が爆裂。


ローマ法王に謁見する時は女性は基本が黒服、黒ベール(mantillas)が決まり。

(中略)

Le privilège du blanc(「白の特権」)は、特定のカトリックの女王と王女がローマ教皇に謁見する際、白いドレスと白いマンティージャ(ベール)を着用することを許される、というしきたりを指すフランス語。
イタリア語では、Il privilegio del bianco。

http://lux-arazzi.blogspot.jp/2013/03/luxarazzi-101-privilege-du-blanc.html

ローマ法王に謁見する時は女性は基本が黒服、黒ベール(mantilla)が基本マナーです。

エリザベス女王

こちらは、ラベンダー色の服をお召しですが、でも白色はお召しにはなりません。

カミラ夫人

f:id:e-vis:20151210092240j:plain

(ここまで)


ノルウエイ訪問

また、ここでもケープ付きジャケット。変な帽子。


www.youtube.com

美智子さまの美談になっている一つに、ノルウエイを訪問したときのエピソード。

降雪がひどい天候で、雪が(日本人の感覚では)猛烈に降る中、当時懐妊中だったノルウエイ王太子妃のメッテ・マリット妃を気遣ったエピソード。

今にして思えば、ノルウエイ王太子妃にとって、意味不明で、実は迷惑だったのでは?

ノルウエイ皇太子妃さまも、平民出身で、王太子と結婚することで、プリンセスになった方。過去、薬物の経験があること、連れ子さんがいて、連れ子さんのお父さんが刑務所に服役しているという、超ロックなお妃さま。反対が多かったみたいね。

反対を超えて、プリンセスになったからには、周囲の期待や恩に応えたい、頑張って認められたい、過去も挽回したい、って思うじゃないですか。

王太子妃さまが、初めて監督したのが、天皇皇后両陛下の訪問だったはず。

王太子妃として、立派に努めて見せる覚悟で挑んだのに、責任者として準備も万端、覚悟もきめてたのに、美智子さまの貴族的とは程遠い、陳腐な「お気遣い」によって、国賓を迎えての国の威信をかけての儀礼もなにもかも、「お優しい美智子さま劇場」になってしまったのね。

美智子さまの「お優しさ」は、ノルウエイのネットなんかでは好評で評判になったらしいけど、王太子妃さんの覚悟も意気込みも努力はかすんでしまう。

この日のために、ものすごく準備して、努力して、頑張ってたたとおもうの。

女性として皇后さまにかばわれるより、王太子妃として立派に努めたことを、国民さんに見てもらいたかったんじゃないかな。北欧の女性がそうであるように、独立心の強い、心身共にタフな女性だと思うのよ。プレッシャーと悪天候で挫けるような方ではないと思うの。美智子さまの「お気遣い」は、カメラの回ってないところ、式典が終わった時に、示すべきだったと思うのよね。

ほかに、式典中、とつぜん、隣に立つ夫の天皇様の肩につもる雪を払いだした、というのもあったとおもう。カメラが回ると、自分ひとりが目立とうとするように動くの。

女優としてはいいと思う。でも、皇族のすることではないわ。

エリザベス女王の在位60周年

ものすごいメンバーがそろいました。

問題は、王位継承者さまと配偶者さまの、距離の開け方。

お手本は華子様とエジンバラ公。

モナコ大公妃も、ほかの配偶者様たちも、きちんと、距離を保っておられます。

王位継承者同士でご挨拶が終わってから、女王様から配偶者様へお言葉を賜るのが普通のようです。それまでは、距離を置いて控えているのがルールみたいね。

なのに、美智子さま、いきなり、この距離です。動画を見ると、女王陛下が天皇陛下に語り掛けているのに、美智子様が割り込み、天皇陛下のかわりに答えているのがわかります。

自分は天皇と同等。家庭内の秩序をまるまる持ち出しているのね。

女王さま、陛下とは感無量な感じ。

お互い、次々と王朝が倒れていった激動の20世紀において、家を守り抜いた同志みたいなもの。陛下とご挨拶を交わしているのに、横からなにか話しかけているみたいですね。

女王陛下がうんざ利した表情で振り返っています。

マナー違反もさることながら、感慨に水を差されたのが御嫌だったのでは。

海外の王族を、俗物臭いホームドラマの小道具につかうのがね、、、。


ウイリアム王子来日

ウイリアム王子が来日されたとき、英国王室側は、ウイリアム王子と、悠仁さまとの対面を強く望んでいて、その意を事前に伝えてたのにかかわらず、時間があったのにもかかわらず、実現させませんでした。

愛子様に皇統をつなげたい美智子さまとしては、悠仁さまとウイリアム王子との対面はマイナスになるもの。世界のマスコミに、その写真が後悔されると、ただでさえ、秋篠宮ご夫妻の評価が高いうえに、悠仁さまが将来の天皇として印象付けられるのは痛手。

スケジュールは空いていたのに、秋篠宮さまを美智子さまの親類のイベントに参加させたりして、王子と悠仁さまの、ご対面の邪魔をしたのね。英国のマスコミも、王室側も、非難ごうごうみたいよ。


皇太子家を訪問したけど、話題にならなかったみたい。というか、いないものとして、無視されているのではないのかしら。


ウイリアム王子の来日以来、ぴた、っと、皇室と海外王室との交流が止まってる気がします。 スケジュールの関係もあるとは思うけど、もしかして、完全に皇室は無視されて、ロイヤルの中では、鎖国状態になってるのではないのかしら、と、軽く想像。

そのあとから、両陛下のフィリピン訪問とか、東宮夫妻のトンガ国王戴冠式とか、失礼だけど各段格下の海外公務が決定しています。しかも、こちらから押しかけていっているものばかり。

東宮夫妻の、トンガ国王戴冠式も、欧米のロイヤルは誰も参加していません。中国からは軍人らしき人が数名参加したらしいけど、日本の皇太子とは釣り合いがとれませんね。

36億の援助をしたらしく、トンガ側も嫌とも言えないでしょうね。そこしか、受け入れ先がないとしたら納得いくわ。

海外では平民として表記される美智子さま

どんなに、平民出身の美智子さんが無礼をはたらいても、欧州の王侯貴族は世界第一位の皇室にはクレームがだせないのですね。

変な人を天皇や皇太子妃の妻にし、さらには、監督ができないっていうのは、皇室の責任であり、日本の責任とみなされて当然でしょう。

クールジャパンの波が来るまでは、やたらと日本にたいする蔑視が気になってたけど、原因は、このへんにあるのではないでしょうか。

こんな感じなので、美智子さまの海外での評価は、皇后、正妃ではなく、ただの妻。側室、妾、あつかい。出自も実は平民以下とされてた部落の出身だったということもあるけど、その所業が、どうしようもなく、ルーツに添ったものだからではないかしら。

テロップの表記「日本の明仁天皇と、妻の正田美智子」

※伏見氏のブログよりおかりしています。

http://blog.goo.ne.jp/duque21

★イギリスに訪問したときに、【エリザベス女王が、美智子と一緒に並ぶのを生理的に嫌がる】事は、有名な話です。英国王室は、【日本の部落制度】や【在日朝鮮人問題】についても、正確な知識を持っています。

可能性としては有り得ませんが、雅子肥が英国訪問したら、エリザベス女王は、間違いなく【手袋をしたまま握手】するでしょう。

海外での現在の正しい処遇

今上;Emperor Akihito and  Michiko Syouda

東宮;Prince Naruhito and Masako Owada

秋篠宮;Prince Akisino and Princess Kiko

★上の二人の女、については、【妾扱い】です。卑賤の出だという事をイギリスを始め、主に欧州王室は全て、知悉しています。TVの報道も正式名称はこの通りです。

お気づきですか?唯一、正妻扱いされているのが紀子妃殿下だけです。紀子妃はれっきとした、会津藩士の血を引いていることが認知され、尊敬されているのでしょう。

【正田美智子は妾】の呼称の意味と妥当性について、外務省儀典室イギリス科に問い合わせてみました。担当のキャリア官僚は、その事実は知らなかったとしながらも「少なくとも正妻と言う意味ではない」と回答し、根拠について聞くと「英国王室の独自の判断です」という事で、「こちらから抗議することは無い」という事でした。Masako Owada も同じだそうです。

(ここまで)

※伏見氏のブログよりお借りしてます。2016年1月の天皇陛下と美智子様の、フィリピン訪問の折の話題です。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/67256663873062c840afd277dbda69ee

動画にempressと言う表現が有ったので、在日フィリピン大使館に抗議の電話を入れました。

「美智子は国際法上は、皇后でも、皇族でもなく、天皇と同居しているだけの日本の最下層出身の女ですから、Michiko syoudaと呼称を改めてください。」

大使館職員「それは、良く知っています。こちらもわかっていてああしたのです。ご理解ください」との見解でした。フィリピンもちゃんと事実を理解してくれていてよかったです。

以上

大使館職員「それは、良く知っています」

世界の方は知っているみたい。

もしかして、欧州訪問のおりの経費の中で、訪問先の方たちへの贈り物が大きなウエイトを占めていたけど、それは、向うの方たちに、美智子を妃として扱ってもらうための贈賄だったのかもしれませんね。


wiki

しかしながら、2008年(平成20年)で皇后も74歳の高齢となり、健康上の理由から公務軽減が検討されている。

特に膝を痛めることが多く、2009年(平成21年)春の園遊会では、本来ならば洋装のところ和服を着用し、足を隠した。


テニスはできるみたいよ。

スロージョギングもしているし。

「頸椎をいためてティアラがつけれないのでつけない」(フィリピン大統領宮中晩餐会)でも、ピアノは弾けるのね。

微妙な表情。

なぜ、主役でないといけないのかしら。ヨレヨレだし、ピアノも上手じゃないし、公衆のまえで披露して、さらには、主催の方たちを押しのけて、前にでて、さらには、マスコミを通じて国民に公表する必要があるのかしら。よく演奏に合わせて外人の歌手さんが歌ったり、合奏したりしているけど、小道具として白人さんを置くのがすきよね。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=848



▲△▽▼


2018.01.07
続・美智子様の真実D@(後)最下層から皇后へ
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=919


続きです。


正皇后

wiki

奇后は以前から、政治に身を入れず酒色に耽る順帝に愛想を尽かし、皇位を息子の皇太子アユルシリダラに譲位させたがっていた。

1365年には偽勅を発してココ・テムルの軍を動員し、順帝に迫ろうとしたが、ココ・テムルに気付かれて巧くいかなかった。それでも后妃の地位を廃されなかったのだから、皇太子生母の立場は強いものであった。


2016年天皇の生前退位問題

陛下は退位するとは一言も言ってませんが、勝手にマスコミが「生前退位」という奇妙な造語をつくりだし、クーデターをしかけました。


wiki

まもなく正皇后バヤン・クトゥクが死去したことにより、次皇后の地位にあった奇氏は正皇后に昇格した。

奇氏がバヤン・クトゥク皇后の死後、その宮室に行ってみると、慎ましく暮らしていた前皇后の衣服は破れを繕ったようなものばかりで、奇氏は「正皇后がこんな服ばかり着ていたのか」と大笑いしたという。

次皇后とはいえ、皇太子生母として相当な権勢を振るっていたとみなければならない。


皇后が質素に暮らしていた理由は、モンゴル内の財政が悪化しており内部からの収奪横領が進んでいたのでしょうか。

皇室でも資産、財宝の横領が続いています。

Sponsored Link

天皇家の財宝の横領

現在行方不明のティアラ、ネックレスなどの宝飾品

現在行方不明のジュエリーのまとめ : 皇室の写真

皇后の第一ティアラ

皇后の第2ティアラと3連のダイアモンドのネックレス

平成になっていらい、ネックレスが3連から1連に。

故秩父宮妃のティアラ

本来なら、格下の妃のアクセサリーはつけないのですが、嬉々として着用しているところに、美智子の正体がわかります。

故高松宮妃のティアラ

清子さまのティアラ

皇太子妃の第一ティアラ

皇太子妃の第2ティアラ

雅子がオランダ王晩餐会など、昨今の晩餐会につけてくるのは明らかに偽物。

ジョギングをし、テニスをする美智子。

頸椎や腰が痛いからティアラも勲章もつけないといいつつ、重いネックレス、ギラギラのバックルをつけている美智子。

スイスのバーゼル

美智子は何度も不自然にスイスのバーゼルに行っています。

秘密口座をつくり、天皇家の資産を自分の口座に移そうとしたのでしょう。

そして、一部の資産の横領は成功したと思われます。

なぜなら、小和田が後年、真似をしたからです。

2002年 美智子

2002年(平成14年)9月28日 – 10月3日、スイス旅行。

国際児童図書評議会 (IBBY)、スイス・バーゼル=シュタット準州州政府からの招待により、同準州州都バーゼルで開催される「国際児童図書評議会創立50周年記念大会」に出席のため。(皇后美智子wikiより)

2016年 小和田

小和田恒 スイス軟禁 皇室財産横領 カテゴリーの記事一覧 – 伏見顕正の政経塾

一週間ほど前から、ちらほら「噂」を耳にしていましたが、まさか事実だったとは思いませんでした。
「ある相当な筋」から得た情報ですから、「裏取り」する必要のない「現在進行形の事実」です。某国家の主要地位にいた方です。

★以下、「リーク」を許可された部分のみ公開します。
≪皇太子妃雅子の父、小和田恒は今、現在、スイスのバーゼルのホテルに「軟禁」されている≫
嫌疑は、スイスの銀行に有る「天皇家のお金」に手を付けたからだそうです。
驚くなかれ、日清戦争の、清国の賠償金以来蓄積されたもので、天皇家名義のお金は8兆円も蓄積があるそうです。
★「政府」(総務省らしい)が救出に向かったが埒が明かないそうです。

(以上)

ヤフオク事件

皇太子夫妻による、皇室財産の横領です。

真似をするしか能のない小和田家の人間と雅子。おそらくこれも、美智子のマネでしょう。美智子や皇太子夫妻がベルギーやオランダと関係が深いのは、こうした秘密裏に流れてくる美術品のバイヤーがあのあたりにいるのかもしれません。

※ヤフオク事件の詳細はこちら

どんどん貧困化している皇室

昭和時代

平成時代

ショボイ、、、

国宝級の盆栽、屏風、巨匠の絵画、、、今は何もありません。公民館のよう。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=919



▲△▽▼


2018.01.07
続・美智子様の真実E(前)奇皇后の最後と美智子の最後
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=1243

続きです。



wiki 北元

だが、1368年朱元璋の明軍が大都郊外の通州に迫ると、順帝は奇皇后や皇太子を引き連れて大都を去り、元朝の中国支配はあっけなく終わりを告げる。


史上最強のモンゴル軍が戦わず敗走し解体しました。貢女の息子の漢の武帝が司馬遷を粛清したように、忠臣も国士も粛清されたのでしょうか。あるいは愛想をつかして草原に帰ってしまったのでしょうか。

奇皇后たちは、帝国を乗っ取ったけれど、同時に帝国は奇氏たちに食いつぶされて死体同然だったのではないのでしょうか。

ちなみに、今も日本は帝国だそうです。天皇=皇帝がいるからです。

中国の方が「日帝」「日帝」とうるさく言いますが、間違ってはいないんですね。

しかし天皇制が廃止されるか、皇統が断絶すると帝国でなくなります。

偽王にすり替わったり、女帝になり皇統が変わった場合や、新王朝が立ったとしたら帝国でなくなり、海外からの扱いが普通の一アジア諸国の王に変わります。

いかに日本が経済大国だったとしても、新しい王朝ですからランクは、世界の王室のネットワークの中でも最下位となるでしょう。

昨今の天皇夫妻や皇太子夫妻の扱いを見るに、海外の要人の方々は美智子や徳仁がダブルだとわかってるみたいですねー。

美智子は、フィリピン訪問時も、美智子は皇后としては扱われていませんでした。

欧米との付き合いも絶たれ、どこからも旅行の引受先はありません。

皇太子夫妻も天皇夫妻も行先は、フィリピンやトンガなど日本のODAをもらっている小さな国ばかり。押しかけていっているという感があります。

トンガ王の戴冠式。体育館のような小さな教会で、だれも先進国からは参列者がいないつつましい戴冠式でした。

トンガ川としては、36億円をもらったので無下にもできませんしね。

雅子はいつものとおり衣装ストーカーをしでかしています。マゼンダ色のドレスの女性の冷笑が徳仁夫妻への評価を表しているように見えます。

たまに、王族が来日して天皇を訪問したりしますが自国のWEBでは無視されていたり、

国家間の友好◯◯年記念など、自国のために王族が来日したりはしますが、ベルギー王のための宮中晩餐会では美智子はサッシュを許されず平民の装いでの出席をみるに、

世界の王室ネットワークからは無視され、いないものとみなされているとみて良さげです。

皇太子徳仁さんも、随分前からいないものとみなされているようですね。

※Remikkiさんの記事から一部お借りしています。

「皇太子」が公式に訪問した皇太子は副首席が迎えましたが、、、、

2009年

2012年

研究のために私的に訪問した秋篠宮様は首席と会見しています。

閣僚を従えての会見でしたね。

そして、ローマ法王との会談。

徳仁さんは浩宮時代に一度会っていますが、皇太子になってからは、欧州に行く機会があったにもかかわらず一度もローマ法王とあっていません。

中米での秋篠宮様は皇太子の待遇でした。

南米を訪問した眞子様の待遇も、天皇の孫の一人ではなく、皇女として迎えられていると思います。

秋篠宮さまの待遇は、皇太子の待遇を超えていると思います。世界最高位にある王家の当主としての扱いではないのでしょうか。

美智子は皇室をのっとったものの、美智子と雅子の数多くの無礼と多くのウソのせいで、とっくの昔に世界第一の天皇家が持つ権威を失っているのです。

Sponsored Link



wiki

順帝は内モンゴルの応昌に逃れて再起を期していたが、1370年にこの地で没し、皇太子のアユルシリダラが後を継いだ。

これが北元の昭宗である。奇后は北元の皇太后になったことになる。


今ここの段階で美智子は足踏みしているのよね。

順当に行くと、美智子が産んだナルちゃんが天皇になるのだけど、まずナルちゃんは健康上問題があるのよね。

尿漏れ徳仁1号

オムツにアセンション。

さらには尿パックに格上げ。

そして、最近徳仁1号は見かけなくなりました。


wiki

遼東方面には20万の大軍を擁する元太尉ナガチュの勢力が残存しており、北元は高麗にも圧力を加えた。
やがて北元の昭宗アユルシリダラは明軍に追われてカラコルムに逃れ、1378年にこの地で没した。


奇皇后の息子は逃走の末に亡くなったけど、美智子の「息子」徳仁1号(上段)も2号(下段)も、最近見ないのよね。

そういえば、2号の手相に、運命線と頭脳線の交わる場所に「島」があったのね。精神を病んでたのかも??

今、「徳仁」として、でてきているのは3号だとおもうのだけど、

そして、似ているだけの労働者ナルに変りました。

※詳細はこちらから 皇太子の影武者

三笠宮百日墓祭

・秋篠宮様 皇族総代

・徳仁さん 百日墓祭は欠席。かわりに、小学生の読書感想文コンクール授賞式。

皇族の間でも皇族扱いされてないみたい、、、、

もしかして、こいつは、代理の職員あつかい??


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=1243



▲△▽▼


2017.12.19
皇后美智子の真実E-2@22年目の阪神大震災と「雅子さまの涙」
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=1342


本日1月17日は、22年前に阪神大震災があった日でもあります。

関東大震災における皇族・皇室の対応と、朝鮮人を妻とした天皇、皇太子を戴く平成の皇族、皇室との差が歴然としていますね。

※そのまんま転載させていただいてます。読みやすいように、一部太字にしてます。

Dosuko Wiki

死海 | Dosuko Wiki | Fandom powered by Wikia

平成7年(1995年)1月17日 

阪神淡路大震災発生


平成7年(1995年)1月18日 

ご挨拶(皇太子同妃両殿下(中東3か国ご訪問につき))(御所)

『女性セブン1998年6月28日号別冊 皇太子さま雅子さまご結婚5周年記念 素顔のプリンセス』小学館1998年6月発行 p.128より引用

’94年の11月5日から15日までの日程で皇太子さまと雅子さまは、サウジアラビア、オマーン、カタール、バーレーンの中東各国を歴訪された。

・・中略・・

さらに、おふたりは翌95年1月20日か1月30日までの予定でクウェート、アラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダンの3か国をご訪問。各地で熱烈な歓迎を受けられた。
しかし、ご出発の3日前、全世界が悲しみに暮れた大惨事が起きる。阪神・淡路大震災である。
淡路島付近を震源とするマグニチュード7.2のこの直下型大地震が発生したのは、’95年1月17日午前5時46分ごろ。とくに兵庫県南部や淡路島は、各地で建物の倒壊や火災が相次ぎ、死者約5500人、負傷者約3万7000人、倒壊家屋約21万戸、焼損面積約65万ヘクタール。戦後最大の被害(当時)を受けたのだった。
テレビなどを通じて伝えらえる震災の状況をご覧になるにつけ、このようなときに、日本を離れてもいいものか――おふたりはこの2度目の中東ご訪問を予定通り進めることに、ためらいを見せられたという。

ある皇室記者はこう話す。
「とくに、皇太子さまは、東宮侍従たちに、“スケジュールを変更したほうがいいのでは”と何度も確認されたようです。しかし、クウェートとアラブ首長国連邦への訪問をイラクのクウェート侵攻とそれに続く湾岸戦争、イラク情勢の緊迫などによって過去2回延期していることなどを理由に、外務省が予定通りの訪問に固執し、それに宮内庁も押し切られる形で強行されたと聞いています」

大震災の3年後に発行されたムック本で語られている東宮夫妻の「ためらい」は果たして真実だったのか、それは当該訪問光景画像やその後来日したダイアナ妃との対面、現地慰問等々とを総合して考えるべきであろう。

平成7年(1995年)1月20日〜28日 皇太子夫妻中東3ヶ国(クウェート・アラブ首長国連邦、ヨルダン)訪問
阪神淡路大震災発生3日後に予定が立てられていたからと外国訪問決行、

ヨルダン側の好意のもと同国での行事日程をキャンセルしてしぶしぶ日程を2日間短縮して28日帰国。

各国首脳主催晩餐会では、阪神大震災へのあたたかい見舞いスピーチが毎回述べられた。

・参考その1:『女性自身』1995年2月7日号表紙

ああ夫よ!母よ子よ!!関西大震災総力特別取材特

別号
雅子様中東へ! 被災者に“後ろ髪”ひかれて

・参考その2:『女性自身』2001年2月6日号カラーグラビア記事
この2回目の中東ご歴訪の旅のご出発日は(’95年)1月20日。ちょうどその3日前に、阪神大震災が発生した。

…中略…

ヨルダンの故・フセイン国王のお勧めもあって、予定を2日早めて帰国なさったのだった。

1995/01/21

阪神大震災後4日後、祝福の色紅白に身を包みクェート訪問

1995/01/21 

クウェートジャピル首長を表敬訪問

1995/01/22

クウェート国立博物館でもてなしの菓子を口にする薄ピンク色スーツの雅子。

グラビア記事末尾に当中東訪問について「ヨルダンの故・フセイン国王のお勧めもあって、予定を2日早めて帰国なさったのだった。」と記載

1995/01/22

クウェートサアド皇太子兼首相主催の晩餐会

1995/01/23

アラブ首長国連邦訪問ムシュリフ宮殿で移動中

1995/01/23

同上アラブ首長国連邦迎賓館にて、

ピンク色ドレス姿でだらしない座り姿

1995/01/24

アラブ首長国連邦にて遺跡見学、

鼻の下をみよーんと伸ばした変表情雅子:2007/01/07放送の「皇室日記」から

1995/01/24 

遺跡見学中、落ち着きなくカメラをいじりながら鼻の下を伸ばした変顔雅子連結画像

1995/01/24

アラブ首長国連邦のアル・アインにてラクダレースを観戦

1995/01/24

ラクダレース見物中、

貴賓席で雅子に話しかける徳仁とあまり熱心に相手をする様子のない雅子:2007/01/07放送の「皇室日記」から

1995/01/24

同上ラクダレース観戦、

雅子の顔色をずっとうかがっている徳仁と、それを一貫して無視し、下品に笑っている雅子連結画像

1995/01/24?

アラブ首長国連邦訪問ハリファ皇太子とサッカー観戦

1995/01/25 

アラブの伝統的木造船(ダウ船)でドバイ・クリークを見学

1995/01/25 

同上ドバイ・クリーク見学での指差し姿 【指差し】

1995/01/25

同上アラブ首長国のムハマド皇太子との会食・会談、

果物いっぱいのゴージャスなもてなしを受ける皇太子夫妻。砂漠の国では最上級の歓待

1995/01/26

阪神淡路大震災から9日後、ヨルダンで満面の笑みを浮かべる雅子


26 Jan 1995 — JAPANESE PRINCE HEIR APPARENT VISITING JORDAN — Image by © ATTAR MAHER/CORBIS SYGMA

1995/01/26

ヨルダン王国訪問、晩餐会前にサルワット妃と談笑

1995/01/26-27

ヨルダン王国バスマン宮殿のハッサン皇太子・サルワット妃主催晩餐会にて、

皇太子ヨルダンの援助に感謝の言葉を英語でスピーチ/ヨルダン北部の遺跡「ウンム・ケイス」を見学

1995/01/27

ハッサン皇太子ご一家とヨルダン・ペトラ近郊の古代遺跡を見学

「阪神大震災への配慮からヨルダンでの日程は2日間短縮」と説明あり

1995/01/27 

ヨルダンからの帰国前、

クイーン・マリア空港にてサルワット妃とムッとした表情の雅子。パンプスから甲の肉がはみだしている【甲の肉】

※無題 Name 名無し 14/12/18(木)15:58 ID:4NmWSn76 No.1204666
そのうえ、「お国が災害で大変な時ですからお帰りになったほうが・・」
と心配し助言して下さったヨルダン王妃に
不貞腐れてブンムクレ顔しちゃうサイテーな女!
一緒にはしゃいでた無能な徳仁も同罪

1995/01/31

阪神淡路大震災から2週間後に被災地に向かわれた天皇・皇后両陛下

1995/02/08 

ダイアナ妃が単身震災見舞いに来日。

雅子はダイアナ妃とバッティングしている、瓜二つそっくりスーツ姿で出迎える(『女性自身』2/28号「あっ!同じコーディネート!」とキャプションが添えられたグラビア)【雅子のお召し物当たり屋シリーズ】

ダイアナ妃は震災現地視察慰問を希望していたが、この時点で東宮夫妻は未訪問。他国皇太子妃に先を越されるわけにはいかないので彼女の希望を断ることに。

ダイアナ妃「阪神淡路大震災被災地か日本赤十字を訪問したい」→近衛が断る。

参考

2012年5月18日 テレビ朝日「やじうまテレビ」にて、阪神大震災直後に来日したダイアナ妃と皇后陛下の秘話として『女性自身』2012/3/20号記事を紹介

阪神淡路大震災被災地か日本赤十字を訪問したいと打診したダイアナ妃側に対して、日赤の近衛社長からは丁重にお断り。

松崎敏哉氏の説明では、日本の皇室からまだ誰も行っていないからなのが理由ではないか。

そのことを知った美智子さまが近衛社長に電話。自分のことは心配せず、ダイアナ妃を迎えてあげて下さいと。

結果、ダイアナ妃の日赤訪問が実現。その様子が世界中に配信された。

雅子の「順序が違うのではありませんか」の対極。

※こちらは、東北大震災のときの近衛。3600億の義援金はどこへ消えたのか?

※野盗のように、救援物資をよこどりした辻元とピースボート。消えた義援金は赤十字へ??


Sponsored Link


皇太子「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」


http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005082601003570.html
皇太子さま、万博から帰京 死海の水のプールを見学
皇太子さまは26日、愛知万博(愛・地球博)の長久手会場を訪問、ポルトガルやモロッコなど7つの外国パビリオンを見学、夕方に新幹線で帰京された。  今回の訪問で、各国政府や国際機関、企業などが出展した80以上のパビリオンのすべてを天皇、皇后両陛下と皇族方が訪れたことになる。

万博の名誉総裁を務める皇太子さまは、9月25日の閉会式にも出席する。

午後に訪れたヨルダン館では、塩分濃度が高く人が入っても沈まない「死海」の水のプールを見学。

1995年の同国訪問に触れ、案内役の関係者に

「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」と話した。
2005/08/26 09:55 【共同通信】

(以上)


撮影がおわったら、ヘラヘラヘラ

平成7年(1995年)1月18日

ご挨拶(皇太子同妃両殿下(中東3か国ご訪問につき))(御所)

この時点で、なぜ、美智子は徳仁夫妻の中東域を止めなかったか、なのよね。

それは、美智子もまた雅子と同種の人間だったから。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=1342



▲△▽▼


2017.12.19
皇后美智子の真実E-3@美智子様の「愛の」被災地訪問と水仙の花と「美談」の数々
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=1339


関東大震災と皇室

・国庫から支出される皇室費は年450万円の時代に、御内帑金(天皇のお手元金)が一千万円、下賜。

・社会事業、司法保護事業、盲唖教育事業に関わる諸団体に対して、応急資金3万9千余円が前後2回にわたって下賜されました。

・皇室財政は裕福といえるものではなく、被災者救済のための御内帑金1千万円は株式の一部を売却して捻出。


http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.php?res=1608941

一方、日光で天皇のおそばにある(貞明)皇后は、罹災地の食糧が欠乏していることを知ると、毎日の供御の数を減らすよう、担当の大膳職に指示されました。

また、「両親と死別した孤児、扶養者を失った老人はどれほどの数になるか」と、侍臣たちに問われ、その身の上を気遣われました。

9月25日に後藤新平内相が伺候して、被災状況をお話申し上げたとき、
皇后は、

「自分らはたとい一汁一菜でも凌ぐから、役人たちは徹底的に罹災民を救い、帝都復興に尽くしてもらいたい」

と述べられました。

さらに、国民の不安を取り除くため、天皇が一日も早く帝都に還御されるべきだ、とお考えになり、29日に皇后は混乱の続く焼け野原の東京にもどられます。

お召し列車が上野駅に到着されるや、皇后は直ちに上野公園自治会館や都内の病院に被災者や入院患者を見舞われ、翌日も、その翌日も、そのまた翌日も、都内数カ所の病院を慰問され、負傷者たちをいたわられました。

… 無題 Name 名無し 16/04/21(木)21:17 id:xJrq6N2. No.1609188

震災当日、父帝のお見舞いのため日光に滞在されていた秩父宮親王は直ちに帰京され、
第一師団の戒厳勤務となり、都内を巡視、皇族の総代として被災者を慰問されました。

9月4日、被災した街の辻々に、活字のほかにガリ版、手書きを含む新聞の号外が張り出されました。
地震発生当日から東京の新聞は発行不能に陥っていましたから、号外とはいえ久しぶりの新聞です。

そこには、被災者を思いやって御内帑金(天皇のお手元金)が一千万円、下賜されたことが記され、左記の「摂政宮の御沙汰書」が掲載されていました。

「今回、希有の大地震、東京および近県を襲い、これに加うるに大火をもってして、その惨害はなはだ大なるはじつに国家生民の不幸なり。
予はその実情を見聞して、日夜憂戚し、ことに罹災者の境遇に対して心深くこれを傷む。ここに内帑をわかちてその苦痛の情を慰めんと欲す。
官民それ協力して適宜応急の処置をなし、もって遺憾なきを期せよ」

無題 Name 名無し 16/04/21(木)21:19 id:xJrq6N2. No.1609189

また先述したように、御内帑金1千万円が下賜されたほか、皇太子の御成婚予算の大部分が罹災社会事業の奨励下賜金に流用されました。

救恤金は閣議を経て、内外人を問わず、死亡者・行方不明者は1人16円、
全焼住宅は1世帯12円というように、各被災者・罹災世帯に配分されました。さらに、社会事業、司法保護事業、盲唖教育事業に関わる諸団体に対して、

応急資金3万9千余円が前後2回にわたって下賜されました。

紀元節(いまの建国記念の日)に奨励金を下賜されるのが毎年の恒例でしたが、
震災で被災した団体も少なくなかったことから、事業が滞ることがあってはならないというお考えからでした。

救世軍社会事業部、二葉保育園、浄土宗労働共済会、聖路加病院など、
キリスト教や仏教関係の社会事業団体も含まれています。

無題 Name 名無し 16/04/21(木)21:24 id:xJrq6N2. No.1609191
国庫から支出される皇室費は年450万円にすぎません。

15宮家の生活費などは所有される林野からの収入約1千万円と日本銀行その他の株券・公債からの収益でまかなわれ、その収益は例年下賜される社会事業奨励金や自然災害の救恤費にも当てられていました。

皇室財政は裕福といえるものではなく、被災者救済のための御内帑金1千万円は株式の一部を売却して捻出されました。

また帝室林野の用材は被災者たちの建築用材に下賜されたため、皇室は無収入に近い状態に立ち至ったといわれます。

このほか、一部宮邸が焼失した外国公館に貸与され、高輪の竹田宮邸はアメリカ大使館に、北白川宮邸はフランス大使館に当てられたばかりでなく、各宮家は賑恤金50万円を交付され、各妃殿下は職員やその家族にも督励して被災者に下賜される被服の裁縫に努められました。

公正無私のお立場で、つねに国と民のため、さらに世界の平和のために祈られる皇室本来の姿がここにうかがえます。

(ここまで)

Sponsored Link


阪神大震災と平成皇室

「皇后」美智子夫人が、御所に自生する水仙を17本、御自らお摘みになり献花される。


自生してた水仙17本。

それだけ。

東北大震災と皇室

「皇后」美智子夫人が古本を14冊寄付、しかも震災とは関係のないキリスト系の施設へ


水仙をささげた場所は在日朝鮮人の町


f:id:e-vis:20170117180457j:plain
コメント欄より

怒涛の更新ありがとうございます。いつも勉強させていただいております。

ずっとROMでしたが、今回初めてコメントを書きます。

以前は御慈愛仮面にころっと騙されていた一人ですが、皆様のご尽力で仮面が剝がされた今、常に静かな憤りで一杯です。

水仙の花言葉はナルキッソスの神話に由来しており、「自惚れ」「自己愛」だそうです。 その他に神秘や尊重もあるようですが、美智子夫人には「自己愛」という巨大なブーメランが見事に突き刺さっています。

また、水仙には全種類、「毒」があるそうで、見事に実際の美智子夫人を表現していて驚きました。 国民を見殺しにした村山富市、貝原兵庫県知事に怒りを新たにしています。

コメント欄より

いつも、記事をありがとうございます。
掲示板で、水仙の花を手向けた場所についての、内容を見つけました。

>無題 Name 名無し
このスイセンを手向けた場所ご存知?
周辺一帯は在日が大勢住んでいた地区です。
この菅原通は長田区役所襲撃事件のあった区役所のすぐ近く。
〇〇青年同盟の事務所もすぐ近く。
他にも犠牲者が出た場所はたくさんあったのに、わざわざここ。

これは同胞にのみ、追悼してると言うことなんでしょうか。
17本というのも、震災が起こった日の17日にちなんでの本数ってことなのかと今気づきました。
17本の意味がわかって、あの日の、計算されつくした、自己満足な演出に嫌悪感が増します。

ベターニア様が書かれている、「アテクシは大丈夫」の話といい、最初に呆然とするあの間といい、全てが芝居じみてて、ご慈愛ミッチーPRの場所に使われたんだなと思いました。
災害だらけの平成が終わり、秋篠宮様の代になることだけを願います。
平成は、全てを崩壊させる時代でした。

(以上です)

・『おおきなかぶ』
・『白いお姫さま』
・『スーホの白い馬』
・『くるみ割り人形』
・『新美南吉全集』1〜4
・『ガラスのうさぎ』
・『ともしびをかかげて』
・『三月ひなのつき』
・『しんせつなともだち』
・『でんでんむしのかなしみ』
・『龍の子太郎』
・『わたしとあそんで』
・『わすれられないおくりもの』
・『しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです』

古本14冊、これだけ。

※皇室掲示板より

「無題 Name 名無し 16/04/21(木)21:19 id:xJrq6N2. No.1609189

また先述したように、御内帑金1千万円が下賜されたほか、皇太子の御成婚予算の大部分が罹災社会事業の奨励下賜金に流用されました。

救恤金は閣議を経て、内外人を問わず、死亡者・行方不明者は1人16円、
全焼住宅は1世帯12円というように、各被災者・罹災世帯に配分されました。

さらに、社会事業、司法保護事業、盲唖教育事業に関わる諸団体に対して、
応急資金3万9千余円が前後2回にわたって下賜されました。」

(以上)

コメント欄より

私も震災での美智子の偽善に腹が立っている一人です。

絵本を送った相手は、被災地の市役所でも図書館でもない、同じカトリック仲間の活動に対してです。これって、ようは仲間内のお話ってこと。それを美談に仕立てて、本当に偽善者だと思います。

水仙の訪問の動画をyoutubeで見たことがあります。

体育館内を回っているときに、誰かが「美智子様、お体大丈夫ですか」というニュアンスの声があり、それに対して「アテクシは大丈夫」と美智子が振り向き言うんです。

人が大勢いる広い体育館で、こんな映像と音声は事前に準備、打合せでもしてないと絶対撮れない、ヤラセだと確信しました。

また、この訪問で着る服のオーダーを受けた当時のお抱えデザーナーの雑誌インタビューに、体育館で子どもを抱きしめたとき温もりが伝わるようにと美智子からの注文で、最高級のウールで服をつくったとありましたよね。 被災地を自己PRの場所に思っている証拠です。

(以上)

ありがとうございました。

【朝鮮族中国女工作員の商売】テレビに出るのが生きがい

天皇皇后の被災地お見舞いDVD 1500円

公益財団法人菊葉文化協会−頒布品(DVD)−

【北朝鮮女の哄笑】ぐはっはっはっはー

貞明皇后の関東大震災の慰問
f:id:e-vis:20170117180823j:plain
雅子と美智子。

皇室に入れてはならない女2代にわたって皇太子の妻にしてしまいました。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=1339



▲△▽▼

2017.12.19
美智子皇后の真実F@大切な家族たち、娘、嫁、孫
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=857


他の妃・皇孫に対するもの


wiki

他の妃・皇孫に対するもの
紀子妃は同じく旧皇族・旧華族以外の出身であり、彼女に対してそれまでの自分の経験を話し、助言をしていると言われている。彼女の婚約が内定した際には、「またひとつ宝物が増えました」との感想を発表している。


秋篠宮妃への対応

※伏見氏のブログよりお借りしています。

情報によると、女帝の紀子様に対する、苛めは半端ないそうです。

どうでもよいことで、頻繁に呼びつけて、高く大きな声で、長時間厳しく叱責し続けるらしいです。

その回数も、日に一度や二度なんて程度じゃないそうです。それでも、不貞腐れたり、口答えもせずに、神妙に耐えて聞き続ける紀子様に、「良くこらえてらっしゃる」と他の宮様や、宮内庁の職員の中から徐々に紀子様に同情する人々が増えているそうですが。

※つづきはこちらから

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/eedd1018202f90032788a1c2c1e8a3f3

Sponsored Link

655 名前:朝まで名無しさん[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 01:31:43 id:JxAcrms1
紀子妃いじめは入内前から川嶋家訪問の折、皇后が紀子妃を怒鳴りつけた。
和代さんに茶を入れさせたのは宮内庁の支持だったが、紀子妃を標的にして宮中の慣例を壊していった。

紀子妃は皇后と宮内庁の板挟みにあって苦しかった。

皇后のビデオを見て所作を真似たのも、なにをやっても叱責されたための自衛策。

紀子妃先祖は戦前に学習院初等科科長を務めるなど、皇室との距離の近さは正田家とは比較にならない。しかし皇后からすれば、金も地位もない、戦後の皇室に何も貢献していない家だった。何をやっても抗議もなく、皇后はやりたい放題だった。

オクの人間は会見時のアツアツぶりに眉をひそめ、最初は皇后に同調していたが、そのうち皇后の常軌を逸した態度に腰が引けはじめ、紀子妃が一言も愚痴をこぼさなかったことに驚嘆し、『若いのによく御勤めになる』とだんだん認めるようになっていった。決定的だったのは前代未聞の子作り禁止。

※つづきはこちらから

http://ariesgirl.exblog.jp/25061567/

秋篠宮邸

独立した秋篠宮様に、秋篠宮邸として、与えられたのは、築30年の平屋の職員宿舎。

※皇室の写真様よりお借りしています。

http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/1042824590.html

これが、筆頭宮家の宮邸、、、。

池にナマズを飼い、お子様が、おひとり生まれるごとに、増築し、つつましく暮らしておられた秋篠宮家。

秩父宮妃がなくなるとき、邸宅を秋篠宮家に譲るよう遺言をしたため、今は、筆頭宮家らしいお住まいで暮らしておられる。

末端宮家の高円宮邸

東宮御所

東宮御所は、改築のおり、バリアフリーにしリフトを付けたのは、小和田雅子の祖父の為。小和田雅子の祖父。つまりは、水俣病の公害企業主の責任者。

ヤクザを使い、被害者の方たちや、写真家ユージンスミスを襲わせたのが、この人。

小和田家のホテル化した東宮御所

東宮御所は、けがらわしい小和田家の年寄りのための老人ホーム件、小和田一族のためのホテルになりました。

改築費用・建築費用

・御所 56億円

・東宮御所 改築費用累計23億円

・高円宮邸 3億6千万円

・秋篠宮邸 1680万円


wiki

皇太子徳仁親王の結婚の際には、雅子妃にルビーの指輪を贈った。この指輪は自身の結婚の際、香淳皇后から贈られたものであった。また、秋篠宮文仁親王の結婚の際には、紀子妃に真珠の指輪を贈った。


指輪を、値踏みする母子。 お約束のように、行方不明。


wiki

2006年(平成18年)2月、紀子妃の第三子懐妊時には、友人に秋篠宮および同妃が、一人で悩んでいる天皇の胸中を思って懐妊を決断したのだろうという、天皇への思いを語ったとされる。また、紀子妃が前置胎盤で帝王切開が必要なことがわかると、それを心配する言葉を寄せた。


秋篠宮家、高円宮家への産児制限を命じる

高円宮さま(TVのインタビューで)

「男の子が欲しかったけど、宮内庁から、産児制限をかけられた」

第三子の絢子女王が1990年生まれ。高円宮家にも、第三子(絢子女王・1990年生)宮内庁からお達しがあったらしい。

秋篠宮家

「ようやくお許しが得たので、第三子を、、、、」

明仁天皇

「皇后は、秋篠宮家に親王がうまれたことを喜んでいますが、皇統は皇太子の系統に継がせたいと考えているのですよ」

「もう片方の靴は棺に入れてあげるわ」ですか?

愛子様を女性天皇にするために、邪魔になっている悠仁さまへの、殺人予告でしょうか?


wiki

無事に悠仁親王が誕生すると、皇后は白いベビーシューズを携えて見舞いに訪れた。このベビーシューズは秋篠宮家で大切に保管されていたとみられ、悠仁親王の1歳の誕生日写真においてソファ脇の机に飾られていた。


同じものを取り寄せられたんでしょうね。秋篠宮家も、ご苦労が多いです。


wiki

また、同年の誕生日においては、敬宮愛子内親王との面会や彼女の着袴の儀を楽しみにしている旨を発表。なお、この年を境に、コメント・会見の際に「敬宮」と呼ばずに「愛子」と呼んでいる。


だってー、内廷皇族は、朝鮮王朝だもの。日本皇室ではないもの。敬宮はそぐわないわよねー。

愛子様の着裳の儀

これも、変なことが多かった。

リハーサルと撮影用には、天皇から送られた伝統的な赤い装束。

本番は、朝鮮センス炸裂の色合いの衣装。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

無題 Name 名無し 15/11/29(日)23:40 id:ywfodvj6 No.1463421
これでいいと 思います
元々、穢れの子だから…
守り刀の件もそうですが、きちんと儀式を踏んで
守りがつく方が恐ろしいと思います

馬鹿な両親でよかったです

無題 Name 名無し 15/11/29(日)23:56 id:shPBcIhs No.1463429
そうですね。
失敗してよかったです♪
無題 Name 名無し 15/11/30(月)00:56 id:m91P0iXA No.1463447
皇室の血が流れていないから、
失敗したのでは?

無題 Name 名無し 15/11/30(月)20:28 ID:9UP1Ak0Q No.1463937
>池田犬作からの贈り物の生地で作ったそうよ。陛下からの赤い着物はリハーサルで着ただけ。
陛下<犬作?
皇太子、呑気に笑ってんじゃね〜わ。ここまで貶められてよく平気だね。本当に陛下の息子なの?

無題 Name 名無し 15/11/30(月)22:59 id:svtQNdak No.1464007
徳仁も雅子も徳仁の本当の出自を知ってるかもね。
だから(他人の先祖の)祭祀を行うのは合理的でない。
という前提であれば雅子祭祀サボリと徳仁がそれを容認するのもよ〜く理解できる。
無題 Name 名無し 15/11/30(月)23:16 id:gwJO1Yj. No.1464017
なんでこのピンクと黄色?
まさこさんはなんでスーツ?
なんでだす?
なんでこないにおかしいんだす?

(ここまで)

ミッチーも、ピンクがお好きみたい。天皇も白とピンク。

莫迦みたい。


wiki

その他

皇太子妃時代、庶民からの羨望の気持ちを込めて「同じ服は二度と着ない」等ともいわれていたが、実際には丁寧に管理され、時には仕立て直しなどリフォームをして繰り返し着用しているという。


※伏見氏よりお借りしてます。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/c/bf5f3e00c56c4cd4c7b394286758cb86/1

超高額の着物を買って、一度袖を通すと、二度と着ずに放り出すそうです。それを皇后になって以来、27年間続けているものだから、今上陛下が「物置を作ってほしい」と言ったら、山のように積まれている、御着物を全部収納する建物が体育館並みになったそうです。平民皇后としては、これは明らかに、【皇室利権】ですよ(怒)

以上

リフォームをして、清子さまに着せているのは確認できる。

清子さまのドレスが酷い。虐待に近いセンスの悪さ。


wiki

公務の際は、洋装に日本独自のもの(佐賀錦等)をあしらったり、訪問先の国花・都道府県花等を身につけたり、国旗を意識した配色の衣服を着用する等の気配りを見せている。


気配り以前に、雅子さんに衣装ストーカーをさせて、海外の王室や国内の皇族に嫌がらせをする美智子さん。

雅子さんが叱責されている気配はない。絶対権力者の意に添うことしかできないはず。


wiki

そのファッションセンスは、日本のみならず世界的にも高く評価されており、1985年・1988年・1990年の三度、国際ベストドレッサー賞を受賞している。植田いつ子らがデザイナーとして知られる。


・小皿のような帽子は、髪飾りとされルール違反。

・ケープ付きスーツも、ルール違反。

・それに加えて、正気を疑うセンス。

ヒラヒラ、ひらひら、おまけに、サッシュに注目。

60年代、70年代の万博のコンパニオンでも、無理があるデザイン。

アタマに乗せているものが、韓服の頭飾りににているのよね。

こういうゴミ箱、100均で売ってたヨ。

使い捨て衣装3500万の中の一つがこれ。

だんだん、ファッションとかいうカテゴリーから外れてきたみたい。


wiki

1992年(平成4年)に、山形県において開催された秋の国体(べにばな国体)の開会式臨席の際、暴漢が発煙筒を投じたところ、とっさに片手を挙げ身を挺して天皇をかばうなど、常に天皇を気遣っている。


725 名前:可愛い奥様 [sage] 投稿日:2010/10/13(水) 22:32:46 id:mSq4hpHa0
皇后陛下の不定愁訴の激しさは、医者の間では有名。
テレビでみる慈母のごときお姿からは想像ができないだろうが、
プライベートな場での皇后陛下は、触れただけで血が噴き出そうなほど
ぴーんと張りつめた糸で囲われているような人。
対照的に、天皇陛下はいつでもどんなときでも穏やか。
だからこそ、皇后陛下とうまくいくのだろう。
並の人間には皇后陛下のそばに居続けることはできない。
そういう意味では、紀子様もすごい人。
当然ながら、雅子さんには無理だった。

(以上)

常に天皇より前を歩こうとする。天皇を覆い隠して自分が前に出ようとする。

かばっているからなのカナ??

※雅子様大好き様よりお借りしてます。

かばっている??

かばっている??


wiki

宮内庁職員組合文化祭には白木華子(=白樺子→シラカバ)の名前でひそかに手芸作品を出品したことがある。その時、紀宮清子内親王も「川瀬美子(かわせ・みこ→カワセミ)」の名前で出品した。


義妹の常陸宮妃のお名前が華子様なのに、、、、。


wiki

音楽に造詣が深く、学生時代よりピアノが得意とされる。バチカン訪問の際の音楽会では、即興でグノーの『アヴェ・マリア』の伴奏を弾いた。

だれも、望みもしないのに、報道陣の前でピアノを弾きたがる御方。しかも、御上手でない。


wiki

自宅でじかに演奏に接したピアニストの中村紘子は、あれだけ想いの深い演奏をするピアニストは日本にはいない、もしピアニストになっていたら自分には出番がなかっただろう、と最大級の讃辞を送っている。

またピアニスト・田中希代子の演奏を愛し、1996年(平成8年)に田中が急逝したときには深い悲しみを表している。


左翼仲間のピアニストや友人のための追悼式などには、税金使って御静養先から、交通規制させてやってくるのに、散々世話になった、ナルちゃんつきの侍従さんの浜尾さんが亡くなった時は、無視。ナルちゃんが、一番安い花かごを送っただけ。

週刊誌を通じて換言をしたことが、気に入らなかったらしく、冷淡になったらしい。


wiki

このほかハープも得意とする。ハープを演奏する写真も撮影されている。


だれも、美智子さまの、ハープ演奏を聞いたことがないのよね。もし弾けるなら、ここぞとばかりに、披露してくれるだろうに。

金ぴかハープは、「セレブなわたくし」を撮影するための小道具なのね。

なにもかも、最高の金額をかけているのだろうけど、、、、なんで、こう、成金臭いのだろう。


wiki

2009年(平成21年)のカナダ訪問時に訪れたトロントの小児病院では子供たちを前に、子育てのとき子供たちに歌って聞かせた「揺籃のうた」(北原白秋作詞、草川信作曲)を歌唱した。


掲示板より

>カナダでも即興で歌ったんでした?
>すごい下手だったとの書き込みを見たことがあります

カナダの子供病院を訪問されて時間がなかったのか
病気の子供達と面会が出来ないので代わりに
「アテクシのハミングの子守唄」を館内放送で
流して子供達に聞かせてという皇后の希望で行われたそうです。

この時に私は美智子さまは相当の自信家だと思いました。
日本の子供達でも?と思うかもわからないのに外国に来て
婆のハミングを館内放送して果たして病気の子供達が感激するのでしょうか???

「ゆりかごの唄」ですね

下手とまで言いきるのとはちょっと可哀そうだけれど、人前で披露すべきレベルでは無いわ
かぼそい「ひぃぇひぇー」ハミングよ
取材されてるのにあれは日本人として恥ずかしかったわ
ゆ〜り〜かご〜のうたを♪
子供達ギョッとする
ね〜んねこ〜ねんねこ〜♪
子供達ひきつってる、関係者身の置き場ない表情w
動画あるかも知れない探してね

(ここまで)

読者の方より情報をいただきました(19分からスタートです)

ありがとうございます☆


天皇皇后両陛下外国訪問 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=e_etx1VcydQ


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=857



▲△▽▼


2017.12.20
美智子皇后の真実G@「名門」正田家と正田家の「ご立派な」人々(上)
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=860


正田家


wiki

『正田貞一郎小伝』
「徳川家の菩提所である群馬県新田郡世良田長楽寺の伝えるところによれば、正田家の祖先は新田義重の家臣生田隼人となっている。天正年間、生田義豊は徳川家康に謁し、新田、徳川の郷土に関する旧記由緒を上申して知行を受け、命により生田を正田と改めた。

後世、世良田にいた正田家の人が館林に移って商人となり、これが館林における正田家の始まりである。それは、延享、寛政の頃といわれ、四代を経て正田文右衛門と称し、以後累代これを襲名した。

正田家は代々「米文」の暖簾のもとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく、大阪方面まで聞こえていた。弘化の頃(1844年 – 1847年)には名主の職にあり、名字帯刀を許されていた。
文政元年(1818年)7月に生まれた文右衛門(3代目)は正田家“中興の祖”といわれている。文右衛門は明治6年(1873年)米穀商を辞め、醤油醸造業を始めた。」という。

神一行 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』(角川書店、2002年)385-386頁によると、
「そもそも正田家のルーツは群馬県館林の在。“開かれた皇室”を実現すべく、皇太子妃を選ぶにあたって尽力した小泉信三は、正田家を三百年前までさかのぼって調べたという。

郷土史家によれば“正田家の祖先は源義家の孫、新田義重の重臣、生田隼人[注釈 7]までいきあたる”というが、入手した文献で確認できるのは、300年前の庄田六三郎(天和2年没)からである。
この六三郎が館林における正田家の始祖である。四代を経て正田文右衛門という人物が登場し、庄田を正田にあらため以後代々、正田家の当主は文右衛門を襲名するに至っている。

江戸時代は“米文”の屋号で代々米問屋を営んでいたようで、江戸深川や大阪堂島の米相場をうごかす、近郊きっての豪商だったと伝えられる。大繁盛した米問屋であったが、明治6年、正田英三郎の曾祖父にあたる三代目文右衛門は、突然家業をやめ、“亀甲正”という商号で新しく醤油醸造業を始めた。」という。
(三代)


Sponsored Link

正田家の家系図

以下、伏見氏のブログよりお借りしています。

【正田家再家系調査】(前)驚愕、正田富美(皇后実母)は家系図に母の名前無し(笑)転載フリー

皆さんお元気ですか?

知ってる方もいるかもしれませんが、皇后様の実母、正田富美(旧姓)副島(そえじま)富美は、家系図で父は、副島綱雄となっていますが、横線だけ引いて妻の欄は空欄で、その横線に、寂しげな縦線が下りて、娘、富美となっています。


f:id:e-vis:20151213150041p:plain
この系図の画像は、先日紹介しました「皇室画像全般掲示板」様で見ましたが、さっき見たら、見つけられませんでした。

当該ブログは、「嵐」も多いので、家系図の画像が消されないうちに、お手数ですが、探して、見ておいてください。

私は、仕事柄、家系図も良く見ます。

嘘、捏造の家系図も良く見ますが、この家系図は「嘘」をつきながらも、ある意味【馬鹿正直】で嗤えました。

副島綱雄は、実態は、独身主義者(時代的に有り得ない)か、性的不能者か男色化のいずれかだったと推測します。一番妥当性のあるのは、「無精子症」かな。

これなら、富美が誕生したとされる1909年(明治42年)日韓併合の1年前に、当時、いくら、上海イギリス疎開で、女遊びしても子供は出来なかっただろうと思います。
どうどうと偽造したのならば、妻の欄に、「キヌ」とか「ヤス」とか記入すれば出来上がりです。敢えてしなかった???
★実質は【養女】だったのだと推測します。

私は、綱雄が、上海英国疎開の【孤児院】から、見目麗しい【英中ハーフの幼い孤児】を貰い受けたか?禁断を侵して中国人の女との間に子を作ってしまった不良英国人神父から、直接貰い受けた可能性が高いと思います。

同じような事は、「掲示板」の方々もおっしゃっていました。

2011年に、あのデヴィ夫人が、美智子皇后を差して「あのかたのお母さんはシナ人でしょう」と言う発言をしていました。

何とか、「美智子皇后のサークル」に入ろうとしたら、皇后から、「あの方、メカケでしょ(怒)」と侮辱され、遺恨を持ったそうです。

色々と毀誉褒貶(きよほうへん)の多いデヴィ夫人ですが、「メカケ」は正しくありません。正式には、インドネシア大統領、スカルノの第五夫人ですから。インドネシアはイスラム教なので、一夫多妻は戒律上認められています。

しかも、スカルノ失脚(1965年)後、50年間、パリの社交界で生き残ってきた人です。世界の上流階級の情報網や人脈を持っています。生前の正田富美は中国語ペラペラだったそうです。
「メカケ」と侮辱された、恨みが、後の彼女が率先して始めた「廃太子廃妃署名活動」の一因ともなっています。

さて、この正田富美と言う女、多くの写真を注視すると、色白で長身の美人、白人の血が入っていますね。

もし、10代後半の頃、現代の平成日本にタイムトリップしたら、美人ハーフモデルのトリンドル玲奈級でしょうね。傲慢さもピッタリです。

この人が生まれた翌年、1910年、日韓併合が有りましたが、その当時の、日本男児の平均身長が147cmでした。

富美の正式身長はわかりませんが、写真で見る限り、若い頃の皇后より高そうです。

皇后が入内時に両親と3人で、立っている写真を見ると、皇后よりかは高い。


14 Jan 1959, Tokyo, Honshu, Japan — Akihito’s Fiancee and Her Parents. Tokyo, Japan: Wearing a traditional kimono, Miss Michiko Shoda (center) leaves the Tokiwamatsu Palace here Janury 14 after having called on her fiance, Crown Prince Akihito of Japan. She is flanked by her mother, Fumi (left), and her father, Hidesaburo. Miss Shoda formally became the Crown Prince’s fiancee by accepting betrothal gifts he gave her earlier in the day. January 14, 1959. — Image by © Bettmann/CORBIS

私には、少なくとも、頭半分は高く見えます。皇后の伸長が何cmかは知りませんが、今上様よりかは高そうです。私の推測するところ、163cmあたりだと見ますが、皆さんは、どれくらいだと見ますか?

仮に、私の見立ての163cmを基礎に推測すると、頭半分として、168cm〜170cmぐらいでしょうか?

明治生まれの日本女性としては、異常な高身長です。

そして、この人の産んだ子は、皇后を除けば、皆、足が長く高身長で、スタイルが良いです。皇后だけ、足が太く短いです(笑)

妹の恵美子さんも背が高いし、私が、注目しているのは、皇后の弟で、日清製粉名誉会長の、正田修氏です。

中学の頃のカラー写真は、【色白のイギリス少年】で、クラレの大原総一郎の娘、泰子と結婚したときの顔は、明らかに【イギリスの血の入ったモデル】です。

今のモデルタレントのJOY(日英フーフ)を更にアジアっぽくした感じです。それに異常な高身長、財界の会合で飲んでいる時の写真を見ると、190Cm以上ありそうです。巨人病とも考えられますが、皇后の兄の巌も相当な高身長です。

但し、顔は、父親似のアジアンですが・・・恐らく女帝が、一番背が低く、足が短く太いでしょう(笑)

この富美と言う女、資産家や上流階級の家庭なら、適齢期になった娘に必ずやらせる【花嫁修業】を一切やらせていません。お茶、お花、お料理等々・・・代わりにやらせたのが、15歳からの【婚活ダンスパーティー】、腹筋が崩壊しそうです。

正田美智子が入内した後の、さる、週刊誌の、生け花をする画像、見る人が見たら大笑いして、顰蹙ものです。茎や葉を、ばさばさ切って、ぶすぶす突き刺す(笑)小学生の体験学習じゃないんだから。見栄張ってやるなって(笑)

週刊誌記者の手前上「私、生け花、知らないんです」とは言えなかったんでしょうね。そんなこと言ったら、記者は「正田家って資産家じゃなかったんですか?」と驚愕するところだったでしょう。

★正田富美と言う女は【日本人の血が一滴も入ってない英中ハーフ】であることは、確実だと思います。
だからこそ、あれだけ、昭和天皇と香淳皇后に対して、【非国民まがい】の言動が取れたのでしょう。天皇家のことを【あちら呼ばわり】

★韓国人達が、天皇陛下のことを【日王】と蔑んでいうのと同じです。
ちなみに、日本国の、世界での正式な呼び名は、未だに【ジャパン エンパイア】です。理由は天皇がいるからです。日米開戦の時にルーズベルト大統領の対日開戦宣言の議会演説の「ジャパン エンパイア」と同じです。

掲載した、旧正田邸の応接間の写真にきずいたでしょうか?

★土足なんです。何で日本人の家なのに、土足なの?これは、妻、富美の強い要望なんでしょう。イギリス上海租界式です。

今上夫婦と同様、正田家も夫、英三郎は富美に逆らえなかったらしいですから(笑)

昨晩の記事のバックアップデータとして、皇后の母、正田富美の中国版Wikiを下記にコピペしました。中国語の得意な方は、是非読んで翻訳して頂けると有り難いです。

中国語は高校の時に習った「漢文」と構造は同じですから、私でも確認できる箇所があります。

@最も重要だと思われるのは、本人のWikiにもかかわらず、父親の、副島綱雄の記載しかないことです。中国人も調査した結果、母親の情報が取得できなかったのだと思います。

A兄弟の記載もありません。不自然だと思いますが、やはり、兄弟の情報が得られなかったのだと推測します。

B佐賀名門は、佐賀下級武士の間違いです。多久藩という2万石の小藩で、しかも家老でも何でもない家が、名門というのは笑止です。中国人が調査しに来た時に、富美本人が大ぼら吹いて名門ということにしたのでしょう。

C>出生於中國上海,在滬生活十六年・・・は上海で生まれて、16歳まで中国にいたということだと思います。

D>通中文・・・は中国語ペラペラと言うことでしょう。

E>在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。

・・・は、双葉高等女学校の「礼拝」で正田英三郎の母と知り合い、19歳で結婚したと言うことでしょう。帰国後3年でよく卒業できたなと思います。卒業したとは、書いてありませんが。


正田富美子[编辑]

维基百科,自由的百科全书

跳转至: 导航、 搜索

副島富美子

副島

富美子

出生

明治四十二年 1909年

逝世

昭和六十三年 1988年(78–79歲)

親屬

夫 正田英三郎

子 正田巌

正田修

女 皇后美智子

安西恵美子

其他親屬 女婿:明仁

外孫子:梵m親王、秋篠宮文仁親王

外孫女:田清子

外曾孫子:悠仁親王

外曾孫女:愛子內親王、真子內親王、佳子內親王

正田富美子(舊名副島富美子,1909年〜1988年),日本今上天皇明仁的皇后美智子的母親,出身佐賀名門副島氏。丈夫是前日清製粉集團的名譽會長正田英三郎。

早年生活[编辑]

出生於中國上海,在滬生活十六年,通中文。父親副島纲雄是日本「國策會社」理事,也是「江商」上海支店店長。1923年9月歸國,居東京,就讀麴町雙葉女子高等學校。在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。

婚姻生活[编辑]

富美子與英三郎婚後曾旅居椢兩年,在柏林生下長子,返日後又陸續添了一男兩女。美智子皇后是她的長女。她曾被社交圈譽為「有明治時代古雅端莊氣質的貴夫人」,但卻因為女兒美智子入宮而飽受精神折磨。在美智子婚事發佈後,就有旁系皇族與舊

華族群起攻擊她在上海生活的經歷,又不斷有消息傳來美智子在宮中受到欺壓,身心重創。為了杜絕莫須有的抹,富美子幾乎未再涉足社交圈。

參考資料[编辑]

• 齊濤。《美智子與雅子》。台北:台灣商務印書館,2006年。

取自“https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=正田富美子&oldid=33452404”
分类:
• 佐賀縣出身人物


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=860




▲△▽▼


2017.12.20
美智子皇后の真実H@子女と家系(下)兄弟と家系
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=9986


続きです。

兄・巌(元日本銀行監事)

1927年 – 東京商科大学(現・一橋大学)を卒業(上田貞次郎ゼミ)し、三菱商事に入社。
1929年 – 日清製粉に転じる。
1935年 – 取締役に就任。
1945年6月 – 社長に就任。
1959年4月10日 – 長女美智子が当時の皇太子明仁親王(1989年即位し天皇となる)と結婚。
1973年11月 – 社長を退き会長に就任。
1981年6月 – 会長を退き名誉会長に就任。
1986年6月 – 次男・修が日清製粉の社長に就任。
1999年6月18日 – 逝去。

日清製粉


国内産の小麦は一切あつかっていないとのこと。つまりは、遺伝子組み換えの小麦を扱っているということ。さらに、環境汚染の深刻な中国で、工場を建設するとかキチガイじみています。

正田会長メッセージ 一般社団法人 日中経済交流協会

http://www.jc-eea.com/?page_id=2250

一般社団法人 日中経済交流協会 会長 正田 紘

ソニー(株)入社後ソニーアメリカに赴任、世界60カ国を回る。1993年ソニー(株)北京事務所に赴任。

1998年ソニーチャイナを立ち上げ、董事長、東アジアエリア代表他を歴任し2004年退任。2012年より現職。


正田建次郎 – Wikipedia

正田建次郎は日清製粉グループ本社の創業者・正田貞一郎の次男として生まれた。建次郎は天文学者・平山信の次女・多美と結婚し、長男・彬(法学者・慶應義塾大学名誉教授)、長女・絢子、次女・さだ子の1男2女をもうけた[1]。多美の死後、建次郎は元九州大学教授・伊藤栄三郎の娘・禎子と結婚し次男・紘(元ソニーチャイナ(中国)董事長(会長))をもうけた。

(ここまで)

【ご注意】小麦が人間の脳と体を完全に狂わせる。|生き抜くために

日本で皆さんが食べている小麦は、ほとんどが輸入小麦で、その大半がアメリカ産です。現在アメリカで収穫されている小麦は、遺伝子研究によって形質転換されたもので、昔ながらの天然の小麦とは明らかに異なります。
また、長い日数をかけて日本まで運ぶため、防かび剤が大量に使われています。そしてそれらが原因で健康被害が出ているという情報です。

朝食でパンを食べることが、人間の脳と体を完全に狂わせる。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302690&g=131208

米国の医師ウィリアム・デイビス氏は、

「現在の小麦が本物の小麦なら、チンパンジーは人間だと言うようなもの」

だと指摘し、この形質転換された小麦が肥満、高血圧、糖尿病、そして心臓疾患の原因になっており、患者2000人に独自の「小麦抜き」の食生活を実践してもらったところ、病気や疾患が見事なまでに回復する結果になったと同医師は述べています。

(中略)

乳ガンはもともと欧米に多い病気ですが、ここ最近では日本でも乳ガン患者が急激に増えており、料理評論家の幕内秀夫さんによれば、乳ガンの患者さんで、朝にパンを食べている方の割合は、40歳以上で7割、20代、30代では8割に上ると言われています。

小麦は脳にも大きな影響を与え、小麦を取り続けることで脳が、

「もっとカロリーを摂取しろ。」

と指令を出したり、活力や気分、そして睡眠の作用にも障害をもたらします。
(略)
コロンビア大学の研究によれば、小麦を断つことによって一年以内に肥満の患者が半分に減り、太り過ぎだった被験者の50%以上が平均で12キロ減量しました。

小麦が人体に与える影響として、

血糖値の大幅な上昇、病気や老化の原因となる糖化反応、神経障害、そして糖尿病など、体への悪影響を与えればきりがありませんが、ウィリアム博士は小麦を食べない分、野菜やナッツ、肉、卵、オリーブ、アボカド、チーズといった「本物の食品」でお腹を満たすことで、栄養不足になるどころかもっと健康になり、よく眠れるようになると述べています。

(ここまで)


ほかにも、事例として、移植がひつようだた心臓病の患者さんが、小麦の摂取を止めたとたん、健常になったそうです。

鬱、過食症、なども、小麦の影響があるといわれており、害毒のある遺伝子組み換えの作物を、防かび剤・殺虫剤などの猛毒に混ぜて輸入している、独占企業が、日清製粉といえますね。

≪笹川一郎、日清製粉株買い占め事件≫

昭和51年、山崎製パンで御家騒動が有りました。オーナー一族の兄弟喧嘩です。兄の社長を追い落とすべく、弟が正田英三郎に頼み、山崎製パン株の買い増しを頼みました。日清製粉をバックに、兄を追い落とそうとしました。兄は驚いて、大株主

で、競艇のドン、笹川一郎に助けを求めました。笹川はあっという間に日清製粉株430万株を買い占め、筆頭株主となり、英三郎に社長退陣を要求します。

さすがに、皇太子妃の実家が乗っ取られたら、まずかろうという事で、大蔵省が動き、富士銀行(現ミズホ銀行)のドンで頭取の、岩佐凱実(よしざね)を仲介に立てて、笹川に英三郎に日清製粉株を返すように話を付けました。

英三郎は、自社の自己資金か、銀行の融資かで,買い戻したのでしょう。社長から追い出されるのは逃れましたが、右翼で競艇のドンの笹川がただで株を戻したと思いますか?それでは【子供のお使い】です。

私は巨額の裏金を要求したと思います。日清製粉株を例えば5年もって、買値の3倍になれば、時価で売ってやれば、普通にもうかりますが、430万株もの株を買ってすぐ返すわけです。一週間やそこらで株価は上がりません。

田中角栄のロッキード事件が5億円でしたから、恐らく笹川は2億円は要求したと思います。富士銀行1行がそんなお金出せませんよ。私は大蔵省が税金から笹川に払ったと思います。【裏公的資金】=国民の血税です。

ただ、長女が皇太子妃と言うだけで、無能な社長は乗っ取られずに済んだんです。国民の生活に何の影響もない一粉屋を救うために血税が払われたであろうことは想像に難くありません。

これを【皇室利権】と言うのです。富士銀行の岩佐は長く権勢を振るいましたが、ダーティーな仕事が多く、創価学会の池田大作と親しすぎた故に、岩佐没後の頭取は学会の無理な融資を断れなくなったそうです。

転載ここまで


Sponsored Link


妹・恵美子(元昭和電工専務・日本体育協会会長安西孝之夫人)

安西家


2015年11月05日
昭和63年 7月13日号  週刊文春
東京ガスで一族がトップ独占  安西浩会長が 「私物化どこが悪い!」

http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/1044281049.html

昭和63年 8月11・18日号  週刊新潮
美智子妃を悩ます 「正田家」 婿の金銭トラブル

平成元年 4月7日号  週刊朝日
東京ガスをまんまと世襲  安西家の高笑い  社員ガックリ

平成元年年 4月7日号  FOCUS
「安西家の世襲」 になった東京ガス・新社長の弁明


安西家は、4大公害といわれた、新潟水俣の公害企業主。

画像が拾えませんので、九州の水俣のお写真を。

人間、動物、魚介類、関係なく無差別に大量虐殺にいたるといえる残虐行為でした。

雅子様が水俣を慰問しないことにたいして非難を受けていますが、美智子さまもまた、一度も、新潟水俣への「慰問」にはゆかれていません。

安西も正田も公害企業主といえそうです。

弟・修(実業家・日清製粉グループ名誉会長相談役)

2004年(平成16年)6月 日清製粉グループ本社取締役会

2006年(平成18年)6月 花王取締役

2009年(平成21年)6月 日清製粉グループ本社名誉会長相談役

花王
2011年には、反日的な番組のスポンサーをしているということで、不買運動もおこっています。花王が、どういう立ち位置の企業かが、うかがえますね。

デモの時期より前ですし短期間でしたが、花王の取締役を務めていたとのこと。

花王の社風と、よくあってたのでしょう。


あぶない化粧品―美しくなるために (三一新書 (896))

あぶない化粧品―美しくなるために (三一新書 (896))
作者: 日本消費者連盟
出版社/メーカー: 三一書房
発売日: 1979/01
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

害悪な化粧品を派手な広告を使った売りさばき、日本女性の顔を染みだらけにし、健康も害した企業。

花王もまた、売国・犯罪企業といえます。

従兄・正田彬

(1929年 – 2009年、正田建次郎長男・経済法の専門家・慶應大学名誉教授

以上。

美智子様を模範し続けていた東宮夫妻

美智子さまが、外務省もみとめているように、正妻あつかいされておらず、英国女王が嫌悪感を丸出しにしているのは、出自が怪しげなところから発しているというのもあるし、所業もまた、賤しく残忍だからではないでしょうか。

東宮夫妻と小和田家の面々が、皇室財産をヤフオクで売りさばいた事件があったけど、あれ、美智子さまのマネをしているとしか考えられません。

絶対に、叱られないという自信がないと、やらないもの。美智子さまがやっているから、自分たちもする。そういう考えの人たちよ。美智子さんと正田家は、もっと巧妙に、もっと大規模にやっておるとおもいますね。

横領疑惑のある皇室財産・ティアラ、ネックレスなど

ティアラなんかの宝飾品もそうだけど、税金で買った着物なのだから、美智子様個人のものではなく国の財産です。勝手に処分はできないはず。

もし、勝手に処分しているのなら、それは立派な犯罪です。

ダイアモンドの三連のネックレスも、今は一連。2連はどうしたのか。

ついに、ダイアモンドのネックレスがなくなりました。のこっていた1連はどうしたのでしょう。

歴代の皇后が受け継いできたティアラも、故宮妃のティアラも行方がわかりません。

行方不明のティアラ

皇后のティアラ

皇后のティアラ

故秩父宮妃のティアラ

故高松妃の葵のティアラ。

皇太子妃の第一ティアラ

皇太子妃の第二ティアラ

左は本物、右はレプリカ

ティアラ以外にも、ネックレス、指輪、数多くありそうです。

何故、美智子さまは海外の王族から卑しまれているのか

表記が、ミチコ・ショウダ 明仁天皇のツマとなっています。

最近は、ティアラなし、サッシュなしの平民の装いで「皇后」が晩餐会に出席。

ティアラは横領したから手元にない、サッシュは相手の王族から着用が、許されていないのだと思いますね。

美智子さんたち(複数います)は、韓国の礼法であるコンスをやたらにしますが、これ、韓国でも奴隷や使用人のマナーみたいですね。

つまり、そういう階層から、正田富美や正田美智子達はやってきたのでしょう。

平民が王家に乗り込んできて、モノを盗んでいく。

どこの国の王族にとっても、嫌悪する対象になるのは当たり前ですよね。

それに、病的にヒステリックな御性格のことも、お耳に入っていると思います。

・宮家出身の、温和な皇太后を苛め抜いて殺してしまうという、恐ろしさ、

・出自正しい紀子妃への、壮絶な苛め、

・長男だけを鍾愛し、文仁親王、清子さまを虐待して育てるという心の狭さ、

・衣装、式典上の、数多くのマナー違反、

・公的精神の欠落した、利己的な生き方、

・共産主義は、王族にとって最大の脅威にもかからわず、左翼との関係が深い、

これは、日本だけではなく、世界の王族貴族への裏切りともいえると思いますけどね。

そして、托卵疑惑

※こちらで検証しています。皇太子の影武者

海外の王家の方たち、真相を、全部しっているでしょうね。

諜報部員が、こっそり天皇家の方々の毛髪とか採取しての、遺伝子調査もやってると思われます。とくに英国は、諜報がすごいもの。

美智子さまは、妾、どころではなく、犯罪者ということ。

本来なら、うちの国に連れて来るな、と、いわれても、おかしくない人。

今まで、よく、自国のために辛抱してくださったと思いますね。

2016年1月末から、天皇・美智子夫人が訪問するフィリピン。

フィリピンは南国気質の、素敵な方たちが住む国。でも、天皇皇后が単国訪問するには、格下すぎる気がすぎます。「平成天皇・美智子さまの皇室外交」は、そこまで、堕ちたということです。

・秋篠宮様 ブラジル

・眞子さま 南米の複数国

・天皇皇后 フィリピンのみ

・皇太子夫妻 トンガ王国

秋篠宮さま>眞子さま>天皇>

皇太子(実質上、いないものとして無視されている)

これが、世界における皇族の序列。

この現実を、保守の方たちも、日本国民も、ひろく知るべきだと思いますね。

「美智子さまが、皇室に入って何かいいことがあったのか?」

美智子さま入内時に期待されたこと「血族結婚がつづいていた皇室に、新しい健康な血を」

⇒徳仁、愛子さんをみるに、正田家・副島家の怪しげな血が入り、穢く濁ってしまったようです。

⇒さらに、托卵疑惑があり、隠すために整形していると思われます。

釣り目を整形

鼻を明仁天皇に似せて整形

なぜそんな必要があるのでしょうか。

・徳仁親王の出生時のカルテが、紛失。

・なぜか、お妃候補取材担当で、その後、正田家。皇太子家担当の新聞記者に酷似

誰に向かって、産んだ子供を見せたのか

有名な写真ですね。わざわざ、お車の窓をあけて「記者」に向かって新宮さまを披露。

もしかしたら、取材陣のなかの佐伯氏にむかって見せたのかもしれません。

顔が、、、、蛇っぽいです。

「してやったわよ。うまくいったわ」

新しい血をいれるのと、他家の男の血をいれて家系を遮断するのとは、意味が違うと思うのよ。

美智子さま入内時に期待されたこと「皇室に新しい現代的な風を」

⇒皇室の神性さが解体され、カカア天下のプチブル階級に押し下げられました。海外王室との関係が、それを顕著に表しています。鎖国状態です。

新しい皇室とは、つまるところ、天皇家が、美智子のいた階級へ落ちることだった

美智子さま主導で、たくさんの伝統が破壊されました。

秋篠宮様のご成婚のおり、式には、紀子様の弟さんは、学生であることを理由に呼ばれませんでした。

が、一方で、清子内親王さまの披露宴には、慣例を破り天皇皇后は出席してます。

天皇御夫妻には、年間100回をお超える、公私あわせたお出かけがあります。自分の都合のまにまに動かれるくせに、警備や交通規制など、本来の皇室の特権を要求し行使します。

伝統を破壊し、祭祀王としてのの祭祀の義務も放棄したうえに、「民主制」「現代性」を掛け声に、一般市民の暮らしぶりを実行していますが、その反面、古来からの天皇家の特権は、都合よく要求するという浅ましいありさまです。

正直、ご尊敬申し上げることはできません。

国にとって必要もないのに、フルムーン旅行に3億かけて出かけるのも異様です。

ただ、ローマ法王に会いたいというだけの「美智子様の想い」のために、莫大な公費と、膨大な人員を、日本にも、訪問先の国にも強いました。さらには、顰蹙を買うおふるまいばかりして、国に泥を塗り、皇室・王室間の間の関係は、友好が深まるとは別の結果になりました。

日本の国庫は、天皇の私的は財布ではありません。

Kuonさまのブログにて、美智子夫人が、次男に嫁ぐ紀子様のために与える着物を選んでいる歌があり、検証されておられました。

※詳細はこちらから

http://kuonnokuon.blog.fc2.com/blog-entry-2554.html

私は、そのお歌をよんでみて、美智子さまは、税金で購入した着物も何もかも、私物だと思っているように受け取れました。恵んでやるというような、不遜なにおいがしました。感じ方はそれぞれなのですが、、。

白人と中国もしくは韓国系の混血児であった母親の血筋のとおり、日本人には、当たり前に備わっているはずの公的意識が欠落しているので、ご本人も公人という観念がない方なのだとおもいます。

明仁天皇即位後、天皇・美智子夫人の、ありさまを、一言でいうと皇室の私物化です。

皇太子時代から、その風はありましたが、平成になってからは、もう、遠慮することがなくなったのでしょう。最近は、老耄が進んだせいか、油断したのか、隠すこともしなくなりました。週刊誌に提灯記事を載せさせ、マスコミにイメージ操作をさせ、本をだせば、大衆は簡単に、ごまかせるとなめきっています。

カトリック教徒の美智子夫人が支配する皇室は、カトリックを国教とする南米やフィリピンの、荘園経営の枠を出ない特権階級を目指しているふうに見えます。カトリックを国教とする国は、どいつもこいつも、デフォルトの常連国ばかり。

司祭に懺悔して、お布施をはらえば、許される。だから、金があれば、何をやってもいい、というところに帰一するため、支配者は残忍で利己的、富の分配はなされず、市民は母子家庭だらけの、モラルのない犯罪だらけの社会で逼塞しています。

さらには、天皇、という象徴をこえた政治活動も目に余ります。

政府の反対を押し切って、不必要なパラオに慰問にでかけた天皇皇后。

本来なら国防に必要な海軍の船「あきつしま」を使ってのご旅行。莫大な費用をかけ

バリアフリーに改造してまで、船を使う必要はあったのでしょうか。

西太后は、清の軍事費を横領して、豪奢な庭園を造りました。似たものがあると思います。

さらに、韓国大統領に、政府を無視して親書を渡すなど、大日本帝国時代の天皇ですら、ここまで独断ではできなかったことが、まかり通っています。日本国民が選挙で選んだ安倍政権を倒閣するために、左翼と連携するありさま。

このコラは一部で「日の丸を毀損している」と非難を呼びましたが、ちがいます。これは、「日の丸=日本を毀損している天皇夫妻」を現したコラです。

我々の税金でまかなわれる皇室の経費と、皇室の特権をつかって、皇后は、我が国と国民を毀損し、攻撃し、搾取し、私物化し、利用しています。われされは、我々の税金で、敵国の破壊工作員を養っているのです。

皇室の朝鮮化と、皇族による日本と皇室の私物化。

これが、問題なのです。

以上


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=9986



▲△▽▼


2018.01.07
続・美智子様の真実H@(後)正田富美とミッチーズ
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=936

続きです。

正田美智子の母、富美 

話をミッチーズに戻しますが、母親とされている正田富美が戸籍のない人間だった可能性が高いですね。

富美は女学校に入ったとか書かれてますが、卒業したのか卒業できたのか、という以前に、実際に通ったのかどうか不明です。

富美は、美智子が成人したあとも、大陸夫人、上海夫人といわれてたそうですが、当時の上海はものすごくイカガワシイ魔窟でした。

Sponsored Link


伏見氏によると、富美の皮膚の色の白さや、本人や実子たち(長男、次男、次女)が、東洋人離れした高身長であることから、父は英国人、母は中国人朝鮮族だった可能性が高いのではと推測されています。

≪伏見解説≫

中国朝鮮族とは、日本統治時代、満州国の成立に乗じて、北朝鮮の中朝国境を越えて、朝鮮人が、大量に満州に移住。満洲吉林省に多く、現在中国共産党は、【朝鮮族自治区】として自治を認めている。朝鮮人独特の非常識な言動と極端な不衛生で、地元の中国農民に徹底的に嫌われた。

美智子の母、正田富美の実母は、この朝鮮族の女で、上海まで流れてきて、英国租界で、イギリス人との間に、富美をもうけた可能性が高いと思います。

韓国人が、白人とハーフをもうけて、娘だった場合、朝鮮人独特の「エラハリ、釣り目、平面顔」が遺伝しない場合が多い。米韓ハーフの、モデルの水原希子が良い例です。

f:id:fushimiakimasa:20161028063656j:plain

朝鮮人の血が流れていることは、本人がカミングアウトしなければわかりません。

正田富美も生きている間に、韓国に行きたかったかもしれません。しかし、娘を入内した以上、訪韓すれば「皇太子妃実母訪韓」で大騒ぎになっていたかもしれません。

★今の美智子の異常な韓国訪問希望は、「母親の遺志」をついだものかもしれません。「血」は争えませんね。

(以上)

管理人がおもうに、富美は、中国に流れてきた朝鮮人、もしくは朝鮮族を母にもつ大陸の妓生か、あるいは、シスコ・ウィーラーさんのように、エリートに性奉仕する女性だったのではと考えてます。

富美は、正田英三郎という製粉会社のオーナー社長と結婚しますが、正田家はもともとは群馬の館林の部落の出身でした。

そして、英三郎の親友で富美の愛人であった西武グループの創立者の堤康次郎は、読者様によると、滋賀の部落の出身でだそうです。滋賀に来る前は朝鮮にいたらしく、2代目の義明は、総会屋に恐喝されるとき、恐喝材料の一つが「堤家が朝鮮から来た」ということだったそうです。

しかしながら、本人が、あるいは父祖の代に朝鮮から来た、という日本の事業家や成功者は多いです。それだけでは恐喝の材料としては弱いはず。外患罪にちかいことをしてたのでしょう。

堤家と正田家、康次郎と富美は、階級制度に苦しむ者通し、引き寄せあったのかもしれません。

富美の正体

http://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/03/08/080815

正田美智子の母、富美の生母が不明です。

伏見氏のブログで、読者の方のリークで、美智子が皇太子妃になれそうな卦がでてきたころ、副島家の戸籍を売ってくれと押しかけて断られたというリークがありましたね。

富美は、もともと戸籍がない人だった可能性が高いと思います。

父とされる副島氏も伏見氏は、あの時代で独身はありえない。男色家かなにか理由があって独身だった副島網雄の養女ではないかと推測されています。

※皇室掲示板より

… 悪役は、皇族.華族!…by.上海母娘 Name 名無し 16/08/13(土)01:59 id:mQtzS5DY No.1724548
河原敏明の本でしたか…
三婆(香淳皇后、喜久子様、勢津子様)と牧野女官長が
いつも集まって、若く、美しく、人気者の美智子さまの悪口を
言っていた…と書いていました。
ストラッグル富美に「牧野さんをどう思うか?」と河原が尋ねたら、
心の広い富美さんは、
「あちらも、私の実家と同じ《佐賀の葉隠れ》(士族)ですから。」
と、庇ったとか….。
聖女の母娘でいらっしゃいます。(吐き気)

… 無題 Name 名無し 16/08/13(土)02:08 id:CXYEG2IA No.1724551
わらっちゃうわね、
佐賀藩藩主のお嬢様つかまえて「同じ」とはね。
自称士族の実はなんだかよくわからない佐賀のエタ部落の小娘がw

(ここまで)

旧主の姫を「あちら」呼ばわり!

ありえないことです。

富美の出自はすくなくとも、武家の副島家では無さげですね。

※転載させていただいてます。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/8eb948da5c1f51ccbf3c404a80768f22


代表曰く、「オマエ、今日のスケジュールはすべてキャンセルしろ。ハカセに会わせてやる」透かさず、「ハカセならアンタの目の前に立っている」と反論すると

彼は破裂顔をしながら「違う。違う。政治と経済の博士。いや、暗闇の博士のほうがいいかも」

(略)


Japan:Apr.19, 1979 Tokyo
Former U.S. Secretary of State Henry Kissinger at U.S. Embbasy
ƒwƒ“ƒŠ[EƒLƒbƒVƒ“ƒWƒƒ[

そして、その暗闇のハカセは、あの泣く子も黙るヘンリー・キッシンジャー博士。彼とは、東京・イスラエル大使館の大使執務室で接触しました。

眼付が異様に鋭いボディーガード付き。恐らく、この男はモサドのヒットマン出身でしょ。もっとも、ウズィー・マシンガンを左肩にぶら提げていましたから。

博士の身長は思ったよりも高くなく、170センチぐらい。それより、横幅がデカイ割には動作が敏捷。そんな印象でした。

その当時から「世界の影の支配者構造(メカニズム)」に興味があったので、キッシンジャー博士にこう質問しました。

『世界の影の支配者は誰と認識していますか?』


この時、テーブルの下で右足を会社代表から蹴られたことは懐かしい思い出。

極端に怪訝そうな顔つきに豹変したハカセは、きついドイツ語訛りの英語でこう語ってくれました。

『食糧供給を支配する者は国家を。エネルギーを支配する者は大陸を。金融を支配できる者は全世界を支配することができる』と。

それで、

『それを成就するまで何世代ぐらい必要ですか?』


と畳み掛けて訊くと、こんな回答。

「私のボス(恐らく、ロックフェラー家)でも二世代以上の時間が掛かっている。

だから、先代(ジョン・D・ロックフェラー)もシティー・バンクの成功は見られなかった」と。

私の結論(仮説を積み上げた結果)は、正田冨美が中国大陸に生息していたと推測できる10代後半の頃。客として寝たのか愛人として寝たのか判りませんが、確実にその中国大陸で「ロックフェラー家」の代理人に接触していたハズです。

だから、粉屋(食糧供給)の冴えない男(正田英三郎)と結婚し、出産した本当の娘をガス屋(安西一族)(エネルギー)に嫁がせた。

そして、代理人から教わったその権力支配構造(メカニズム)のノウハウをそのまま手を加えず履行した。

でも、金融(世界支配)達成には能力も運も体力もなく、届かなかった。そんな感じです。

(以上)

富美の日本支配の布石

金融:長男は日銀へ

食料:夫、次男は家業の小麦

エネルギー:次女はガス会社

情報:次男の嫁が共同通信を支配している一族と閨閥を持っている

富美はあきらかに大陸時代から工作員だったと思うのですが、堤康次郎との不倫の関係とは別に、康次郎とは工作員同士という関係を超えた強いつながりがあったように見えます。

堤康次郎は鎌倉に霊園を作り、朝鮮系らしく墓相にこだわったのでしょう。古墳のような墓をつくりました。正田家の墓もその鎌倉霊園にあり、正田英三郎と富美の夫婦もそこで眠っています。富美は夫よりも、康次郎に強く愛情をもっていたのではないのでしょうか。

話を富美にもどしますが、富美の愛人が西武グループを創立した堤康次郎でした。

堤康次郎はは英雄的な人物でしたが、一方では目につく女性なら華族でも女中でも親類でも部下でも取引先の妻子でも、親友の妻でも娘でも、とにかく誰でも彼でも手を付けたといわれている 性豪だった人です。

ミッチーズは皆、堤康次郎やその息子たちに似てますので、やはり堤康次郎の子供か子孫ではないかとおもわれます。

ミュージシャンのASUKAをシャブ漬けにしたことで一躍名を挙げた、某派遣会社の「酒池肉林+薬やり放題」の要人用の接待所がありましたが、西武も似たようなものを持ってた可能性がありそうです。

康次郎の葬儀には、堤に似た子を連れた女性が押しかけてきて収集がつかなかったそうです。100人は婚外子がいたそうですから、認知したり認知しなくてもお金で決着をつけたり、母親や本人が納得の上、美智子たちのように工作員になっているケースも含めると相当な数の異母姉妹兄弟が美智子たちにいたと思われます。

豊富な人材バンクから、ナルちゃんや美智子のダブルを探してくるのはたやすいでしょう。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=936


▲△▽▼


2018.04.26
美智子皇后の真実I@神話の法則と捏造皇太子妃
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=866

容姿、御性格、お育ち、お血筋、、、、、、

ウィキペディアさんをなぞりながら、ざーーっとみてきましたが、とてもとても、正田美智子さんは、明仁皇太子の、お妃候補になるにふさわしい方ではありませんでした。

にもかかわらず、聖心女学院の推薦するお妃候補の筆頭に挙がってましたね。

BもCも沢山あったのに、「首席で卒業」「聖心女学院開校いらいの才媛」という箔がつけられ、売り出されました。

そもそも、なぜ、カトリック系の聖心女学院に、お妃候補の名簿の提出をさせたのでしょう。ここからすでに、おかしいのです。

・お妃候補といわれた令嬢たちが、窮屈なくらしをいやがって辞退し、ほかに候補がいなくなったので、民間に候補者を広げた。

⇒実際は、松平女史が、候補者をあげても、小泉たちが一切、動かなかった。

・戦後の華族の没落から、皇太子妃をお受けできることができなくなった。

⇒御成婚にかかる費用も、その後の経費も、すべて国の負担。

正田家の皇室への援助というのは、ウソ。

贈与税がかかるはずだけど、証拠はあるの?

あったとしても、美智子さまの散財がひどいので、補うためだったと思われる。

・才色兼備で、数おおくの令嬢から選び抜かれた素晴らしい女性

⇒「、、、、、、」

・家柄も素晴らしく、優秀な家系。

⇒「、、、、、、」

Sponsored Link

正田美智子を皇太子妃にしたのはGHQの占領政策の一つ

占領政策の一つが、皇室に下賤な女性を皇室に入れて血を汚し、権威を解体し廃絶させるという計画でした。アメリカは、天皇を処刑はしませんでしたが、皇室に遅行性の毒薬を仕込んだのです。朝鮮戦争がおこり、中国を手に入れる夢も破れ、アメリカにとって、日本が不可欠になるのは先のことです。アメリカは、蒋介石など中国人に何度も何度も騙されています。

日本を弱体化させることは、アメリカにとって不利益になる。もし、それを予想できていたのなら、正田美智子の出番はなかったはずです。順当に、北白川家などの旧宮家や旧華族から、皇太子妃が選ばれたのでは、ないでしょうか。

神話の法則とハリウット

神話の法則をご存知でしょうか。

観客を共感し、感動させ、納得させ、ヒットさせるストーリーには、ひな形があるんですね。様々な古来からの神話を因数分解したのが、神話の法則だそうです。

アメリカの映画の脚本は、みな、この法則をもとに書かれています。

神話の法則は、12のステージに別れるそうです。

1.日常の世界
2.冒険へのいざない
3.冒険の拒絶
4.賢者との出会い
5.第一関門突破
6.敵との戦い・仲間との出会い
7.最も危険な場所への接近
8.最大の試練
9.報酬
10.帰路
11.復活
12.帰還

美智子さまの、ご成婚物語は、この通りに、一歩一歩すすみました。

美智子さまは、大掛かりな装置のもと、作られた作為的に作られたシンデレラストーリーにあわせて、行動していたのです。

1.日常の世界

ヒロインになるにふさわしい、新興ブルジョワの美しい娘が、つつましく明るく暮らしている。
f:id:e-vis:20151213141919j:plain
2.冒険へのいざない

テニスコートで、明仁皇太子に出会い、愛がめばえる。
f:id:e-vis:20151213141951j:plain
3.冒険の拒絶

求婚されるが、ご辞退する。


4.賢者との出会い

欧州へ聖心女学院の大会へ出席。そのほか、感銘をうける本にも出会う。


5.第一関門突破

求婚を承諾。


6.敵との戦い・仲間との出会い

皇后や宮妃、旧華族による妨害と反対。皇太子のご学友たちの応援。

7.最も危険な場所への接近

お妃候補にあがり、正式に審議される。


8.最大の試練

皇室会議。皇太子妃に内定。

9.報酬

はれて、ご成婚。祝福されたパレード。
f:id:e-vis:20151213142112j:plain

10.帰路(目的地)

東宮御所へ帰還。


11.復活(再生)

正田美智子から、皇太子妃美智子に華麗に変身。
f:id:e-vis:20151213142341j:plain


12.帰還(目的地)

皇太子妃として宮殿にて幸せに暮らす。御伽ばなしふうの、めでたし、めでたし。
f:id:e-vis:20151213142858j:plain


アメリカの、プロの扇動家や工作員が、明仁皇太子の心理を読みながら、シナリオを描いたのでしょう。雅子さんも、同じ方法をつかって、皇太子妃として乗り込んできました。

もちろん、美智子さまの入内が、まったく、無利益だったとはいいません。

20世紀は、沢山の王家が倒れていきました。

地球を二分したソ連の共産化の勢いは、まだまだ収まらず、日本でも60年安保など危険な状態が続いていました。皇族、王家の方たにとっては、油断できない時代だったと思いますね。

ロシア皇帝一族の無残で非情な最後、明治天皇を尊敬して範としてたイランのパーレビ王朝が崩壊、日本の皇室より古かったエチオピア王家も倒れ、カンボジアでは、シアヌーク殿下が共産側に拘束されたり亡命したりでご苦労されていました。

この共産革命は、マスコミ、世論の誘導から始まっています。

60年安保も、学生たちは、肝心な安保法案の中身を知らないで、ただイメージだけで、あれだけの騒ぎを起こしていたのです。王家側の正邪善悪関係なく、手を振っている群衆が、いつ暴徒にかわるのか、わからない、そういう世紀でした。

「政治家とゴキブリは新聞でたたくと死ぬ」

と、マスコミが、豪語していた時代もあったのです。

皇室が廃止される可能性が、歴史上で最も高かった時期だったと思います。国力の向上とは別に、皇室継続の機の時代でもありました。実際、筆先の加減で、首相を解任させ失脚させるだけの力を新聞や週刊誌は持っていたのです。このマスコミに誘導されて、世界中で革命がおこりました。

皇室人気が、ミッチーブームの人気と一体化しているうちは、革命はありえませんでした。

ミッチ―ブームは、作られ、煽られたものですが、共産革命や天皇家廃止、という勢力をそらした、という良い面もあると思います。一方では、美智子さまは、このマスコミと世論を、ほぼ自在にしながらイメージを作り上げ、その陰で野心の根を張り伸び広げてきました。

しかし、今はもう、ソ連はもう解体し、共産主義の脅威もまた無力な形に解体しました。共産主義は失敗であったことが、もう、だれの目にも明らかです。前世期の、燃えないゴミに出される、型の古くなった家電みたいな共産党が、各国で細々と消費者運動などと連携しながら活動しているくらいです。60年安保のおりの、岸首相の判断は正しかったというのが、定説化しています。

それに、もう、大衆は物語を求めなくなりました。

新聞の部数は減り続け、マスコミも神託としての機能の解体が進んでいます。ネットの時代になって、出版界は本当に悲惨だそうです。部数も、発表されいる販売部数の数字は、ほとんどが嘘だそうです。

マスコミの凋落は、そのまま、美智子さまの凋落でもあります。

大衆をだますために過去に山ほど書かせた記事、特集、写真などが、今は、美智子さまの正体をあばくための証拠として検証されはじめました。今、そうとう、焦っているでしょう。

皇室に対して、国民に対して、国に対して、正田家と美智子さまは、そして、小和田一族は、数多くの、ウソと背信行為を行いました。

1 出自と信仰に関するウソ

2 途方もない浪費

3 皇族に対する苛め、殺人

4 伝統と祭祀の破壊

ここまでなら、なんとか、最低の悪女、ですみます。

しかし、

5 秋篠宮家に対する産児制限の強制。

これはもう、反逆行為、ご謀反、に値します。

佳子さまご誕生後、お子様をつくるな、という命令によって、皇統が危機にさらされました。理由は「雅子が傷つくから」。意味が不明です。

たとえ、宮家に何人お子様がおられようと、皇位継承権は、皇太子家の男児が優先です。皇統を断絶させる気、満々です。

秋篠宮家に、産児制限がとかれたときは、紀子妃は30代後半になっていました。

なので、制限を解いても大丈夫とおもったのでしょうが、神風が吹きました。

悠仁さまのご誕生です。

瑞祥が各地にみられ、御誕生になられた9月6日は、道鏡が失脚した日でもあります。

とどめは、托卵疑惑。

6 第一子の徳仁親王は、托卵の可能性。

徳仁親王が、天皇家の誰にも似ていない朝鮮顔。しかも、正田家、皇太子家担当だった、朝日新聞記者の佐伯氏に酷似しているということ。佐伯氏は、お妃候補の取材担当者。正田家にはフリーパスで出入りできた唯一の記者です。美智子さまの、ご成婚前の、数多くの写真を残しています。

・東大が保管しているはずの、徳仁親王のカルテが紛失。

・徳仁親王は、段階的に明仁天皇に似るように整形をしている。

托卵が事実なら、処刑されても文句はいえないレベルですよね。

天皇皇后には、逮捕権がなかったと思いますが、美智子さんは、ウソをついてお妃になった方。なので、明仁親王との結婚を認めた皇室会議の決定は当然、無効です。

実質、婚姻関係にあったとしても、それは、妾としての関係。

正妃ではない、正妻でもない、つまりは、皇族ではないのです。そのため、逮捕することができるとおもいます。

BB様や、ドス子さまのサイトにて、皇室問題の真実をしり、その後、ブログを更新し続けていますが、正直、ここまで危機的な状態とは、予想だにしませんでした。

昭和から平成にいたるまで、我々は、いったい、いままで、皇室の何を見てきたのでしょう。
f:id:e-vis:20151212140633j:plain
一般参賀で、天皇皇后に向かって手をふる国民は、真実の天皇・美智子をみていません。昭和までの天皇皇后がたの、輝かしい神々しい残像に向かって旗を振り、手を振っているのです。だれもかれも「天皇家」という、イメージしか、見ていません。

もし、美智子様の正体、皇室の危機の真実を知ったら、明仁天皇が恐れていたように、暴徒になって放逐、最悪の場合は廃止をさけぶでしょう。

過去に、平成は日蝕の時代だと書いたことがあります。

美智子さまという月が、天皇という太陽を覆っている様に、その時は見えました。

でも、今はちがいます。

平成皇室自体が月のような王朝だと思います。

過去の輝かしい天皇家の太陽の光を浴びて初めて輝く月です。月は自らは光を発しません。太陽の光を浴びて、暗黒の夜に太陽に擬態して輝くのです。

もう、そろそろ、夜明けをむかえてもいいとおもいます。

(以上)


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=866



▲△▽▼


2018.04.26
美智子皇后の真実J ミッチ―2号&若き新聞記者の愛のものがたり(妄想です)
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=828

正田美智子こと ミッチー2号&若き新聞記者の愛のものがたり(妄想です)

美智子さんの微笑み

コメント欄より

陛下の生前退位の飛ばし記事を受けての連続のブログ更新、ありがとうございます。

昨夜の第一報以来、今回の事をどうとらえていいのかまだ混乱していて、少しでも頭の中を整理しようと記事を読ませていただいています。
f:id:e-vis:20160714155414j:plain
今回の記事の中で車中の美智子様が生まれたばかりの徳仁親王を抱いている有名な白黒写真がありますが、左上(美智子様の背後、ちょうど車のリアガラス部分)にすごい顔が見えませんか? 鬼?

以上

たしかに、、、、、
f:id:e-vis:20160714155418g:plain
ここにも、、、

ここにも

さらには、この顔も怖い。
f:id:e-vis:20160714155545j:plain
新聞記者に窓を開けて、生んだばかりの親王を見せる美智子さん。

「ニタリ」と蛇のように笑うミッチ―2号。これはまさに、犯罪者の笑顔。

誰に微笑んでいるのかといえば、、、愛人、間男、徳仁親王の実父では、と噂される若き日の朝日新聞記者の佐伯晋さんでしょうか?
f:id:e-vis:20160714170724j:plain f:id:e-vis:20160714161619g:plain
ミッチー2号が、正田家を旅立つ日。
f:id:e-vis:20170115233142j:plain
美智子の旅立ちを、正田邸の美智子の部屋から見送ったという佐伯晋さん。

正田家にはフリーパスで出入りを許され、独身時代の美智子さんの部屋や、プライベイトな写真を数多く残したお妃候補担当の新聞記者、佐伯晋さん。
f:id:e-vis:20160714161835j:plain
徳仁親王の実父では?という疑惑が何度もあがる佐伯晋さん。

美智子さんのお家

そもそも、もともと、深窓の令嬢とはかけ離れてた美智子様。

まず正田家は豪邸ではなさげですね。

初期の正田邸。拡張したみたいですが、思いのほか敷地も狭かったみたい。
f:id:e-vis:20160715130307j:plain
庶民からみたら立派なお家ですが、敷地の全面に家を大きく見せて建ててはいますが、豪邸とはいえませんね。

コメント欄より

何ですか、生前譲位の件、情報が錯綜していますね。

確か「育ての父」もあの大学卒なはずです。あの大学は経済とか金融に強く、金融機関への就職率が高いようです。日銀とか。やはり、この国の金融やら不動産やらあれらに掌握されているのでしょうか。(棒)

ところで、初めて外観を見ましたが、失礼ながら豪邸とは言えませんね。子供の頃、ご自宅内の映像を観て違和感。お振袖着用の2号さんが「ご母堂」と居間でお茶してるのですが、銀のポットから彼女自身が注いでました。お茶を。

「深窓の」御令嬢なら、食事等のサーブをする使用人が何人もいるはずですし、運転手つきの御宅の車も複数台必須です。何より、玄関の前に広い車寄せがありません。

バブルの時も思っていましたが、外から丸見えな「豪邸」なんてそもそも豪邸ではありません。

ど庶民に理解しやすいうわべを整えることは簡単だったのですね。マスコミの「言い聞かせ」「洗脳」が加味されたので完璧でしたわね。

てれ朝は性懲りも無く、お上の最大の功績は美人局に引っかかったこと=平民を娶ったことみたいな扱いをしています。失礼千万です。

コメント欄より

おはようございます。
私、5年くらい前に正田邸跡地に行ったことありますよ。
近くに池田山公園という都内でも指折りのパワースポットがありまして、池田山公園に行くついでに何か周辺にあるかなって検索したら、正田邸跡地がありました。
その頃は、まだ有難い存在だと思っていたので、立ち寄ったんです。
あまりにも狭い土地で、呆気にとられたのを覚えています。
美智子さまって、お嬢様だったはずじゃなかったっけ?
あれ?一般庶民の普通の家の人だったっけ?って。
ねむの木公園となったその場所も、
人がお散歩するにも犬のお散歩するにも距離がない・・・。
あんな狭い家に佐伯が出入りしていたなんて、気持ち悪いですよ。
そりゃ、佐伯似のナルが誕生しますよねぇ。

天皇陛下の生前退位ニュースは、猪瀬さんのツイッター暴露を隠す為という説もあるのでしょうか?

(以上)

Sponsored Link

美智子さんの青春

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

… 無題 Name 名無し 15/10/15(木)20:22 id:feDM8vdk No.1435572
「御徒町が恋しい。」
…御成婚の後、皇居の《籠の鳥》となられた、お可哀想な
美智子妃殿下が そう、おっしゃったそうな…。
「アメ横」に、自由の身であった頃は通っていたそうな。

「アメ横」→戦前は「しょうべん横町」と呼ばれた。
戦後は、闇市の場となり
愚連隊の温床となった。
その中の最大の集団「血桜団」は、朝鮮人連盟と結託して、
賭博、かっぱらい、恐喝、女衒、街娼のショバ代を
稼ぎの源とした。

…今尚、中国人.韓国人であふれ、風俗の多い場所です。

(ここまで)


f:id:e-vis:20160714163823j:plain
第一ボタンをはずして、メンチを切ってガンをとばす美智子さま。

耳には球形のピアス。この次代の女学生がピアス。この当時としては異様ですね。

テニスでの、口癖は「やばい」。

皇太子と結婚した後、新聞記者が、美智子さまが、タバコの火をつけてくれた、と回想しているとこみると、本人が喫煙していたか、大人の男性の接待していた可能性が大木ですね。

ことばの乱れに、服装の乱れに、性のみだれ。

それを、世間ではヤンキーといいます。

清楚なアイドルも、、、
f:id:e-vis:20160714163938p:plain
ご覧のとおり、、、
f:id:e-vis:20160714163931j:plain


清楚な令嬢も、、、
f:id:e-vis:20160714164129j:plain
ご覧のとおり、、、
f:id:e-vis:20160714164040g:plain
「御可哀想な美智子様」を連発する佐伯晋さん。

社会部にもかかわらず、異例の出世をした佐伯晋さん。

なぜか、ナルちゃんにそっくりなの。
f:id:e-vis:20160714170830j:plain
この方のいっている「美智子様」はミッチー2号のことなんでしょうね。

第二子ご懐妊するも、胎児がブドウ状に奇形化し掻把した美智子様=ミッチー2号。

長期ご静養後、姿を消し、美智子様は、ミッチー3号にとってかわったのヨ。

美智子様の耳

耳の形は軟骨出てきているので、形は生涯かわらないそうです。

耳たぶは弛んできたりするらしいのですが、耳の位置は、頭蓋骨と関係があるので、これも変わりません。
f:id:e-vis:20160715130811g:plain f:id:e-vis:20160714164345g:plain
全員別人なうえに、今現在は、ミッチー4号とミッチー5号、ミッチー7号でまわしているようです。

二本眉・ミッチ―4号
f:id:e-vis:20170115231717j:plain
一本眉・ミッチ―5号
f:id:e-vis:20160714232125j:plain
ミッチー7号
f:id:e-vis:20170113141302p:plain
似てますけど、鼻、耳、頭蓋骨の奥行きが、違いますね。

左)4号、右)5号
f:id:e-vis:20160714232202g:plain


美智子様の身長

美智子さん。

半年間の長期ご静養前と後では、身長がちがうのが致命的ね。

ヒールのある靴を履いても、明仁親王より身長が低い美智子様。
f:id:e-vis:20160714164427j:plain
ヒールの高い靴を履くと、明仁親王の背丈をこしてしまう美智子様。

ご静養前より身長が15pは高くなり、首も脚もすらりとして、まっすぐになった美智子様。ミッチー3号です。
f:id:e-vis:20160714164432j:plain


根強い噂

美智子の所業に手を焼いた昭和天皇の指示により、ブドウ状に奇形化した胎児の掻把の手術をしたときに、ミッチー2号の子宮も全摘にした。

昭和天皇の弟宮妃が、そのことを美智子に告げた

「あなたには、御子は授からないのよ」

ヤンキーミッチー2号が、火病をおこして暴れた。

職員数人がかりで拘束着を着せ、御用邸に隔離。

その後、なんども自殺を図る。

実際、武蔵野に住むご婦人の友達が、美智子とは無二の親友で、夜になると毎日のように電話がかかってきた時期があったとか。

明仁皇太子も、「美智子が自殺するといけないから、相手をしてほしい」と頼まれたとか、、、。何人か、別の方から、この噂を聞いたことがあるの。時期としてはこの時期のことだったのかも。

そして、ミッチー2号が消え、ミッチー3号になったところをみると、意志を貫徹したのかもしれませんね。

2号はいったん潜伏し、その後復帰して、ミッチー4号になったのでは、というお声もありましたが、身長、耳、骨格(とくに肩)が違うところを見ると、2号と4号、5号は別人だと思います。

ミッチ−2号は、耳にピアスを開け、制服を変形して着用し、当時、パンパンと進駐軍がたむろする町に出入りしてた生粋のヤンキーですが、4号がもつ、あきらかに工作員として訓練を受けた上に、4号や7号のように悪智慧を働かせるだけの知能があったように思えません。工作員として送り込まれたとはいえ、2号は単なる成金の不良バカ娘のようです。

一橋大学と左翼

ちなみに、佐伯晋さん。一橋大学の出身なのね。

一橋大学といえば、シールズの偏差値28の莫迦学生を無試験で入れた学校でしたよね、たしか。
f:id:e-vis:20160714164721j:plain f:id:e-vis:20160714164707j:plain


一橋大学

むかしから、部落出身、在日さんの出身が、異様に多いらしいの。

左か右かといえば、バリバリの左巻の学校みたい。
f:id:e-vis:20160714165226j:plain
ミッチー2号と佐伯晋

この二人は、

「平等な社会をつくる」「階級のない社会を作る」「差別のない社会をつくる」

といった赤い思想をもつ、同じ同志だったのかもしれないわね。

ミッチー2号は、もともとヤンキーなうえに、こうした思想の工作員なら、2000年つづいた皇室の皇統を断絶させることも、浮気も托卵も、財宝の強奪横領も、なんなくできるのではないのかしら。むしろ天皇家に果敢に戦いを挑んでいた形跡があるわ。

正田美智子は、父方の正田家は部落出身のようです。母は出自不明の大陸夫人で工作員。副島家とは何の関係のない方で、まともな戸籍があったかどうか怪しい方。

しかも、ミッチ―2号は、正田家の実子ではなく、おそらくは、富美の愛人の堤康次郎の落胤の一人であり、死亡した正田美智子に背乗りさせ、正田家で育てたのではと推測できるのね。

歴代のミッチーズは、3号を除いてはみな堤康次郎やその次男さんとそっくり。

ミッチー2号
f:id:e-vis:20170115232436g:plain
ミッチー4号
f:id:e-vis:20170115232449g:plain
ミッチー5号
f:id:e-vis:20170115232503g:plain
ミッチー7号

のちに二代目の堤義明が、総会屋に脅迫された内容の一つが、堤家が朝鮮から来たこと、だったとか。かつ、滋賀県の部落からでたのは、地元の方のリークから明らか。

でも、部落出身で大成した家も多いし(犬養家、福田家、鳩山家ほか)、朝鮮系で大成した家も多いし(ロッテ、SS製薬、小泉家、ほか)今の時代、部落であることや朝鮮系であることが、脅迫の材料になるとは思わないのね。半島がらみの犯罪行為か、逆賊行為にかかわったんでしょうね。

ミッチー2号の実母が、仮に正田富美ではないのなら、朝鮮系の妓生だったとういことも考えれそうですね。

なんせ、堤康次郎には100人を超す婚外子がいたというし、人材バンクは充実してます。

正田家の実子にせよ、すり替わりにせよ、ミッチー2号にしたら恥の多い出自を消し去るには、社会ごと変えるしかないもの。

そのために、

「天皇制を倒すこと」

「階級をなくし、平な社会にすること」

「新世界で支配者として君臨すること」

を目標にしたのかもしれないわね。


f:id:e-vis:20170115232819j:plain
正田美智子=ミッチー2号と、若い新聞記者は、お互い頑張ろうと、若い二人は誓い合ったのかもしれません。でも、ミッチー2号は志半ばで消えてしまう。

佐伯さん「おかわいそうな美智子様」

ま、かつての同志で愛人だった女性にたいしての思慕とすれば、妥当な感慨なのかも。

これらは、あくまで、想像ですけどね。

あらためてみると、このお写真。
f:id:e-vis:20160714155414j:plain
「してやったわよ」「うまくいってるわ。予定通りよ」悪辣な策謀の共犯者にみせる笑顔に見えます。

そんな感じに見えませんか。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=828



▲△▽▼

2018.01.07
続・美智子様の真実J@カトリックとミッチーズ(中)
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=942


続きです。

戦国時代とカトリック

ローマカトリックと我が国の邂逅は戦国時代にさかのぼりますが、昔は(今もそうでしょうけど)日本にカトリックを広めて国教とし、支配下におくことを目的としていました。

欧州の他民族異人種に対する侵略は

1 宣教師がいく

2 商人がいく

3 最後は軍隊が来る

の3点セットで、地上の有色人種を億単位で消し去りましたが、日本への侵略は1と2までで止まり、3には至りませんでした。

理由はシンプルで、日本は戦国時代にあり、士農工商の区別なく武装していたため侵略は不可能だったからです。

Sponsored Link


春夏秋は農耕を、冬の農閑期に戦争をするというのが、当時の日本人ライフでした。

これをぶち壊したのが信長で、尾張という商業国家であったので豊かな財政をもとに傭兵を雇い、年がら年中戦争ができるようにしました。

傭兵は正規の兵と比べて弱く、卑怯なふるまいも多かったのですが、それでも対戦国を披瀝させることはできました。

農民も、近くで合戦があるときけば、嬉々として落ち武者狩りにいくような猛々しい風潮だったので、艦隊で攻めてきて兵を上陸させても全滅するのが関の山。

島国なうえに統一国家ではないので、Aの国を占領しても、B,C、と周辺国家が黙っているはずもなく、スペイン帝国と言えど、また、カトリックといえど、アフリカやインカ、アステカのようにはいきません。

当時の宣教師が本国に

「艦隊を日本によこそうとしていると聞いたが本当か。やめるように王に進言するように。絶対に無理だから」

と書き送っています。実際無理だったのです。

士農工商の「工」も、火縄銃を輸入していたのは最初の頃だけで、時期に自前で生産しだし、さらには改良した火縄銃は世界一の品質となり、欧州へ輸出するまでになりました。

水軍対策に、大船を鉄船で覆った空母を作らせたのは信長でした。

水軍も進んでいて、土瓶に火薬を詰め手りゅう弾のように投げ合う戦法が水軍の間では一般化しててたため、スペインの無敵艦隊がきても、上陸しようとすれば火だるまになるだけだったでしょう。瀬戸内海を通過することすらできず、陸地に降りれば世界最強の武士団と農民たちによって殲滅したのは必至でしたので、異国の軍隊が京都にのぼり占領することなど不可能でした。

なので、宣教師は内部からの占領を進めていきました。

改宗させ、ローマ教皇のヒエラルキーの中に取り込んでしまい、10パーセントの収入を修めさせ支配する。これです。

支配層には、文物や文化をもって広め、

下層階級には慈善事業によって広め、

慈善事業の活動と清貧さから信用を得て、支配層を改宗させ、あるいは改宗させなくとも、領内での活動を承認させることに成功しました。

宣教師たちの清貧さには定評があり、秀吉も細川忠興もその辺は「坊さんと違う」と、信仰しなかったもののキリシタンの司祭を褒めていました。

たしかに慈善活動を熱心にしてたのは事実ですが、一方では日本女性を奴隷として海外に売りとばしてたのも事実です。

支倉使節団が訪欧したおり、裸体で鎖や縄に家畜のように繋がれた見目麗しい日本女性が2万人ほど見たと証言しています。

ローマ法王に「このような、人道に反することはやめさせてほしい」と懇願しましたが、貴重な財源を獲得する商売をやめるよう働きかけた気配はなかったようです。

諸侯から給わった封土を勝手にローマ教皇に献上したこと、そして、キリスト教徒が日本の寺院を焼きうちしたことがきっかけで、秀吉がキレ、弾圧がはじまります。

信仰の自由を弾圧された、と、戦後の左翼よりの史観は主張していますが、

「ローマ教皇を頂点とするキリスト教のみ認める一神教の国になるか」、

「天皇を頂点とする、神道、仏教などを包括した多神教的な社会でいつづけるか」

の二者択一で後者を選んだにすぎません。

この戦いは江戸幕府初期まで続きました。

幕府は、当時「エコノミックアニマル」であった、商売しか考えてないオランダ人以外の外人は、めんどくさいので放逐しました。オランダ人の商売活動も長崎の出島に限定します。そして、維新を迎えます。

維新後、ふたたび日本にキリスト教が上陸します。

戦国時代と同じように、慈善を通じて最下層に広がり、文化や教育を通じて支配層に広がっていきました。

そして、天皇家、正田家、カトリックをつなぐフロジャック神父が姿を現します。

フロジャック神父


wikiより

ヨゼフ・マリウス・シャルル・フロジャック(Joseph Marius Charles Flaujac、1886年3月31日 – 1959年12月12日)はパリ外国宣教会所属のフランス人宣教師である。1909年(明治42年)に来日し、結核患者及びその家族のための総合的な福祉施設を目指して活動し、東京における社会福祉活動に大きな足跡を残した。

以上


清貧さや慈善活動の功績によって、昭和天皇の信頼を得、正田家、天皇家、カトリックをつなぎ、宮内庁にも人脈を持った神父でした。

フロジャック神父の神への愛も、弱者への愛も本物だったと思います。

が、今日まで日本に悪しき影響を与えている「正田美智子」の皇太子妃冊立は、この人がいなければ不可能だったのかもしれません。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=942


17. 中川隆[-12040] koaQ7Jey 2019年2月20日 15:41:32: b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
▲△▽▼

2018.04.26
皇后美智子の真実K@【転載】美智子発クーデター1 共同通信と正田家
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=873

正田美智子の三種の神器

ご成婚した正田美智子には無敵の三種の神器がありました。


1GHQ・カトリック・CIA

2堤家の財力とつながりのある暴力団

3マスコミ

1には見捨てられたとみていいと思います。かわりに中国人民解放軍に乗り換えたのではとおもう気配がありますが、その中国が共産党国家70年寿命説を立証するかのようにグテグテです。正田美智子どころではないでしょう。

2は没落しました。堤義明がなくなって相続税を払うと普通の資産家になります。あるいは、数代経てば初代とその会社の所業が忌み嫌われ、もとの賤民になるのかもしれません。

今、機能しているのは3のマスコミだけです。

共同通信・最後の美智子の武器

※伏見氏のブログより転載させていただきます。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/0b382f30f1182e01c5a8bf6ee247af32

内廷費を追うシリーズは、まだまだ続きますが、今回の記事が有る程度「とどめ」になると思います。

美智子の弟で、正田製粉G名誉会長の正田修氏に嫁いできたのは、クラレ(倉敷紡績、岡山)の創業者、大原孫三郎の次女、大原泰子でした。1970年(昭和45年)9月のことでした。
f:id:e-vis:20160726213456j:plain
表面だけ見ると、良くある政略結婚ですが、この結婚には、美智子の母、正田富美の遠大な布石が有ったのです。
f:id:e-vis:20160726213558j:plain
大原泰子の姉、麗子は、共同通信社社長の、犬養康彦(いぬかい)の後妻で、TV演出家です。
f:id:e-vis:20160726213612j:plain
大原泰子を嫁にもらえば、実姉の麗子を通じて、夫犬養康彦を通じて、

「共同通信社に影響力を与えることができる」

と考えたのでしょう。

犬養と言う苗字で、ピンと来た方はいませんか?

そうです。戦前の総理大臣犬養毅(つよし)の孫です。515事件で、海軍の反乱将校に対して「話せばわかる」という有名な、言葉を残して暗殺された人です。
f:id:e-vis:20160726213712j:plain


≪共同通信社とはどんな会社か?≫
その前に、【通信社】について、説明しておきましょう。

全国紙、読売、朝日、産経、毎日、民放キー局、日テレ、テレ朝、フジ、TBS、公共放送のNHKが有りますが、どの新聞社も世界中の100数十か国に特派員を常駐させ、24時間体制で、ニュースを一件も漏らさずに、収集、配信することは、人材、人員、コストの面から不可能です。

国際通信社
それで、その分をカバーしているのが通信社で俗に【ニュースの卸問屋】と言われます。

国際通信社は世界100カ国以上に支社局があり、24 時間活動し、1日数十万語を収集、数百万語を配信する、100カ国以上の新聞、放送、通信など数千の顧客に記事を配信する。
共同通信は、英国のロイター、アメリカのAPと並んで、世界三大通信社の一つです。
日本には、もう一つ、時事通信と言う、通信社が有ります。2社で上手にすみ分けています。

・共同通信は、国際情勢、政治面
・共同通信は 経済情報等々

共同通信は、得意分野の経済を日経のQuickなどに、食われて、落ち目です。経営もかなり悪化しているそうです。
故に、日本の通信社は、「共同通信がオンリーワンの独占状態」だと分かるでしょう。

Sponsored Link

≪共同通信から嫌われるとマスゴミはどうなるか?≫
例え、天下の読売でも、傲慢なNHKでも、「ニュース番組」の編成ができなくなる

のです。何故なら、共同通信が「ニュースを売ってくれなくなる」からです。

地方新聞は、軒並み全部倒産です。何故なら、地方新聞の一面の主要記事は、みな、共同通信から買った記事の「べた写し」です。

地方紙には、優秀な記者も、特派員を送る資本力が、無いからです。

おまけに、共同通信は、新聞用の【4コマ漫画】まで、配信しています。

私は子供の頃、家で購読していた、地方紙に「フジサン太郎」などの有名漫画家の漫画が載っているのを不思議に思っていました。「この漫画家さんは、こんな田舎
新聞に漫画を描かないと食べていけないのかな?」と、その謎が今解けました。(笑)

≪共同通信は、美智子の安倍内閣打倒の最強兵器≫

1970年、昭和45年、大阪万博の年です。

この年から、現在に至るまで、共同通信は、美智子の最大の応援、宣伝組織となります。
犬養康彦は、共同に、入社後順調に出世を重ねます。

そして、美智子が皇后に成った1991年社長に就任、今年2015年7月12日、相談役のまま癌で死去しました。

≪皇太子妃時代は、母、正田富美が工作資金を投入≫
f:id:e-vis:20160726221118j:plain
1970年から、富美が死亡する1988年までの18年間は、富美が正田家の資金でもって、共同通信に工作資金を渡していたでしょう。

要は、美智子に都合の悪い記事は、メディアに配信するな。昭和天皇や香淳皇后に都合の悪い記事は、どんどん、配信しろ!と(笑)

1991年、犬養は社長に就任します。

美智子は既に自称皇后となって、内廷費3億2千4百万は、濡れ手に粟のつかみ取りです。

その後は、内廷費から糸目もつかず工作資金が共同通信に流れ込んだでしょう。

≪共同通信と電通の比較≫

よく、日本のTVメディアを牛耳る悪党企業電通と言われますが、電通もNHKには頭が上がりません。何故なら、国営放送のNHKはCMが不要だからです。
しかし、そのNHKも共同通信には頭が上がりません。

「ニュースを配信しないぞ(怒)」

と意地悪されたら終わりだからです。

その意味で、日本の言論空間を支配しようと思ったら、電通を押さえるより、共同通信を押さえたほうが理にかなっています。

≪共同通信は、そもそも「反日」「反安倍」の通信社≫
私が、先ず怪訝に感じたのは、2013年に、安倍晋三氏が総理に復権し、活発な国益外交を繰り広げましたが、愛国保守の我々が、最も知りたい、「安倍総理の活躍」をTVがほとんどつたえなくなったことです。

これは、安倍総理が就任早々「女性宮家創設の白紙化」を宣言したことに対する、「美智子の意趣返し」です。

最近特に露骨だな〜と思ったのは、秋篠宮家の長女、眞子様が危険を冒して、中南米のエルサルバドルとホンジュラスに一週間の御公務でした。

現地では、大歓迎一色で、心配した事故もなく、大成功した御公務でした。
f:id:e-vis:20160726220918j:plain
しかし、TVを見た友人から聞くと「ちょっと流しただけ」とのこと。

代わりに、母校学習院に、遊びに行き、オーケストラに参加した徳仁は、まるで、ご公務扱いの報道(笑)

これは、美智子の工作資金が効いていますね(笑)

「秋篠宮一家を露出させるな」

が至上命令でしょう。まあ、お蔭で徳仁君の土色を通り越した、緑がかった顔色で健康状態が確認できましたけどね。

≪愛国保守の日本人の心に響かなかった「天皇誕生日のお言葉」≫
f:id:e-vis:20160726220815j:plain
全く、聞く気もしませんでしたから、ネットのニュースで見ました。

「反省、反省、反省・・・」

「過去に戦争が有った事実を忘れずに・・・」

海外の掲示板をみると。

「もう、70年前の話だろ(怒)」

と真っ当な突込みが有りました。

「過去に戦争が有った事実?」

高校の日本史で習ってまんがな(怒)

某有名演出家のブログを見ると、婉曲に疑問を呈していました。

「あたかも特定政党(自民党)を非難したかのように国民に受け取られる発言は如何なものか?」

「護憲をおっしゃるが、「政治的発言」は如何なものか?」
仰る通りです。

≪天皇のお言葉ではなくて「美智子のお言葉」≫
f:id:e-vis:20160726220608j:plain
天皇のお言葉は、書き終わったら、今上陛下は、美智子に手渡し、美智子が赤で添削した後、自分で宮内庁に持っていくそうです。
f:id:e-vis:20160727111405j:plain
憲法改正を以上に怖がる、朝鮮人たち。

「また強い日本が復活するのが余程怖い」

のでしょう。これは、在日だけではなく韓国もそうです。美智子にも間違いなく朝鮮の血が流れていますね。

口を開けば、「護憲、護憲」とわめく左翼評論家には、在日が多いです。

典型的な例が、「反日TVTBS御用達評論家」の佐高信です。彼がTVに出演できたのは、慶應の同級生の毎日新聞記者の髭の岸井成格の縁故です。
f:id:e-vis:20160726220707j:plain
佐高が、定期的にコラムを持っているのは「サンデー毎日」だけ。「反安倍の急先鋒」だった、岸井は、TBSのNews23を降板させられました。岸井と言う毎日新聞記者は、元々共産主義者だったんですよ(笑)

慶應の法学部のマイナーなゼミの卒論が「トロッキズム」ですからね。

岸井の後ろ盾が無くなった佐高は、もうTVに出にくくなるでしょうね。ニュース9の大越が降ろされて、報ステの古舘も3月一杯で引導を渡されました。
次は、TBSサンデーモーニングの関口宏(夫婦とも在日)でしょう。時間の問題ですね。

≪今上両陛下は間違いなく、安倍内閣の倒閣を画策している≫
まだ、噂の段階ですが、恐ろしい話が有ります。

天皇と美智子は、定期的に、誰でも知っている都内某高級住宅地(23区内)の、ある有名左翼知識人の自宅で正田泰子と落ち合い、長時間、話あっている。

正田泰子と言えば、実の姉が共同通信相談役に努めている。「共同通信側の窓口」です。美智子の何千万と言う工作資金は、泰子に渡され、泰子から姉の犬養麗子にわたされ、最終的に相談役の犬養康彦に渡っていたのでしょう。
f:id:e-vis:20160726220527p:plain
その犬養も今年、7月に死にましたが、未亡人の麗子が生きています。未亡人にどれだけ影響力が有るかわかりませんが、会社側も、妹が皇后の弟の嫁だという事実は無視できないでしょう。
加えて、数千万の現ナマを渡されたら、配信するニュースを喜んで反安倍、憲法改正反対に統一することは簡単でしょう。

内廷費つかみ取りの美智子の巨大工作資金は、
@週刊誌、雑誌等の「言論界」の自由を奪い【北朝鮮状態】にする。
A【共同通信社】を通じて、国民に「真実を伝えない」ようにする。

一番良い例が【愛子様優秀説】と素人が見てもばれる【愛子のたくさんの影子】です。

東宮一家は「三人そろって千代田に挨拶に行くときだけの家族」です。

車中の真ん中、一番カメラスポットが当たりやすい位置に愛子がいます。誰が見ても、明らかに、バレバレの良く似た影武者ですが、
f:id:e-vis:20160725212616g:plain
あのニュース映像も【共同通信】が、各TV局に売ったものなんですよ。

【共同通信】がいかに美智子の【印象操作】と【世論調査】に全社挙げて協力していることの証左です。
【政府・官邸様】としては、美智子と徳仁だけではなく、今上様も公安にマークさせるべきだと思います。

なんせ、あの「お言葉」に共産党が感動して、今まで、拒否していた国会開会式に出席にすることを表明した具合ですから。

言うまでもなく、共産党は朝鮮総連と並んで、公安の監視対象です。

朝日新聞系の雑誌AERAは、【左翼知識人名鑑】に、両陛下を居れました。

瀕死の朝日新聞は【今上様と美智子を抱き込む】ことによって、【安倍打倒の錦の御旗】を取ったつもりなんでしょう。

朝日の焦り方は尋常ではないです。昨年の【慰安婦捏造】に続いて、今度、【佐伯晋による美智子托卵】が証明されれば、即倒産ですから(笑)
f:id:e-vis:20160726220449g:plain


上記以外に国民の血税「内廷費」が工作資金として流れてそうな組織】

@ 韓国の挺対協・・慰安婦問題の反日団体

美智子は「慰安婦性奴隷承認派」自分の姉が講演会で慰安婦問題に触れたことを電話で感謝している。
f:id:e-vis:20160726220207j:plain


A シールズ

主要メンバーは、在日朝鮮人学生。「同胞」への親近感と安保法制反対が、絡んで、億単位の工作資金が流れたことは想像に難くない。陛下も美智子も「安保法制阻止」に必死だったのだから。
f:id:e-vis:20160726220047p:plain f:id:e-vis:20160726220125j:plain


B 国連大学

反日組織、公務おサボりの雅子はしょっちゅう講義を聴きに行っている。

C ヤフー

ヤフコメは「東宮批判」はOKだが、「皇后批判」は問答無用で削除。朝鮮人で反日の孫正義は、皇室に義理立てする必要は無いはず。それなのに、皇后批判を許さないのは、工作資金貰っている証拠。

孫は、反日女優アンジ―が制作した反日捏造映画「アンブロークン」に数百億円の寄付を行っている。
f:id:e-vis:20160726215904j:plain


≪そもそも「内廷費」とは≫

「内廷皇族が、祭祀をするための費用」だった。

祭祀をするためには体力もいるし、健康管理も必要だという事で、ポケットマネーの要素を入れて、増額されていった。

戦後、「政教分離」の原則から、予算化されなかった。

予算化されなかったという事はどうゆうことか?

全ての予算は国会で審議される。「内廷費」は国会で審議されず、「国民不在」の【皇室経済会議】で、「しゃんしゃん議決」される。

財務省主計局の主計官も査定はせずにスルーパス。

宮内庁の担当者が「【内廷費】は公金じゃないんですよ」と言った気持ちも、制度的にわかる気はするが、絶対に譲れないのは、【もとはと言えば国民の血税】でしょ。

という事です。

元々、質素だった、昭和天皇は「内廷費」を無駄遣いせず、余った分はコツコツためて、来る大喪の礼(ご自分のお葬式)に備えた。

そのお蔭で1989年の大喪の礼は経費不足にならずに、無事完了しました。

今の今上様は、TVクルーが来る時だけの祭祀。しかも相当簡略化している。美智子に至っては「気分はローマ法王」で祭祀は一切やらない。

「火葬」を言い出したのは、DNA鑑定が怖いだけではなく、「大喪の礼」をやる金が底をついたこともあるのではないかと思います。

@ 「日本のイメルダ」ともいうべき美智子の浪費癖
f:id:e-vis:20160726215629j:plain


A 「朝鮮盗賊小和田一味」によるたかり構造。

「死んでも返せない借金を持つ男」が、自宅に、一台8億円のメルセデスマイバッハを数台所有。

B 美智子の「国民洗脳」「批判の封殺」を狙った工作資金。
f:id:e-vis:20160726233852j:plain f:id:e-vis:20160726215359j:plain


C 国民無視の「フルムーン旅行」
f:id:e-vis:20160726215130j:plain f:id:e-vis:20160726215134j:plain
【大喪の礼】と言うのは個人的には、昭和大帝のような、大きな功績を遺した天皇にのみ行えばよいと思います。

明仁天皇の様に、学習院大学も卒業できず、「一左翼知識人に格下げ」された方は、死後DNA鑑定。秋篠宮さまと黒田清子様との親子関係さえ確認できたら。行事は行わず、普通に荼毘にふせばよいと思います。

今の段階で、明治以来、最低最悪の天皇です。歴史書にもそう記述されるでしょう。自業自得。

佐伯美智子、佐伯晋の妻でありながら、天皇の妾をしている。死んだら、戸籍上の父正田英三郎と親子関係が有るか、DNA鑑定する。堤康次郎の息子の堤義明と「腹違いの兄弟関係」が有るかどうかも鑑定する。

今まで、調査した結果、父親は部落民の堤康次郎、母親は朝鮮系シナ人の正田富美の可能性が高いと思います。

(以上)


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=873


18. 中川隆[-12039] koaQ7Jey 2019年2月20日 15:42:48: b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
▲△▽▼


2018.01.07
続・美智子様の真実K@カトリックとミッチーズ(後)
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=945


続きです。


フロジャック神父の活動

wikiより

1886年(明治19年)3月31日 誕生
1898年(明治31年)サン・ピエール小神学校に入学
1903年(明治36年)中神学校に入学
1905年(明治38年)1年間兵役に服す
1906年(明治39年)パリ外国宣教会の運営する大神学校に入学
1909年(明治42年)9月26日 司祭に叙階
1909年(明治42年)12月30日 来日
1910年(明治43年)1月19日 宇都宮教会へ赴任
1911年(明治44年)水戸教会へ赴任
1914年(大正3年)8月 浅草教会へ赴任
1918年(大正6年)12月10日 関口教会へ転任
1927年(昭和2年)7月19日 東京市立中野療養所に行き、患者の見舞を開始
1929年(昭和4年)9月 丸山に民家を借り、結核患者を収容
1930年(昭和5年)6月27日 江古田に「ベタニアの家」を開設
1932年(昭和7年)12月 ベタニアの家筋向いに「ナザレトの家」を開設
1933年(昭和8年)10月 清瀬村に「ベトレヘムの園」を開設
1934年(昭和9年)8月月2日 ベトレヘムの園の隣地に「東星学園」を開設
1935年(昭和10年)10月 ベトレヘムの園、診療所の認可を受け重症患者の受入れを開始
1936年(昭和11年)天主公教宣教師社団「ベタニア事業協会」認可
1936年(昭和11年)4月1日 ベトレヘムの園構内に「東星尋常小学校」を開校
1937年(昭和12年)関口教会主任司祭及び東京大司教区司教総代理を辞職
1938年(昭和13年)7月 東星尋常小学校に幼稚園を併設、「聖テレジア寮」を開設
1939年(昭和14年)2月、事業機関誌『るり草』を創刊
1939年(昭和14年)4月 ベタニアの家構内に「聖ヴィンセンシオ寮」を開設
1940年(昭和15年)10月 ベトレヘムの園に紀元二千六百年記念恩賜病棟を建設
1940年(昭和15年)11月 東星尋常小学校に高等科を併設
1942年(昭和17年)9月 三河島に「三河島診療所」を開設
1943年(昭和18年)4月 「ベタニア事業協会」を「慈生会」に変更
1943年(昭和18年)6月10日 江古田に「徳田保育園」を開設
1945年(昭和20年)12月25日 「ベタニア巡回診療班」を組織、上野地下道にて診療活動開始
1946年(昭和21年)4月 浅草教会構内に「浅草診療所」を開設
1946年(昭和21年)7月 那須町の御料地を借り受け、開拓を開始
1947年(昭和22年)那須事業所に診療所を設置
1947年(昭和22年)8月 東星小学校に「東星中学校」を併設
1948年(昭和23年)レジオンドヌール勲章を受章
1949年(昭和24年)10月 坂本に「坂本診療所」を開設
1950年(昭和25年)4月 坂本診療所構内に「上野保育園」を開設
1952年(昭和27年)7月 「社会福祉法人 慈生会」に組織変更
1952年(昭和27年)5月28日 結核死亡率半減記念式典にて表彰される
1952年(昭和27年)9月 那須事業所にアフター・ケア施設が完成
1952年(昭和27年)10月 那須事業所に「八角堂」が完成
1953年(昭和28年)4月 ベトレヘムの園構内に「慈生会準看護学院」を開設
1953年(昭和28年)7月 徳田教会を献堂
1954年(昭和29年)7月 勲五等双光旭日章を受章
1955年(昭和30年)ベタニアの家隣地に「新ベタニアの家」を開設
1956年(昭和31年)6月 ベトレヘムの園構内に「東星女子高等学校」を開校
1956年(昭和31年)10月 那須事業所に「光星学園」を開設
1958年(昭和33年)9月 ベタニアの家隣地に「慈生会病院」を開設
1958年(昭和33年)10月 ベトレヘムの園敷地内に「聖家族の家」を開設
1959年(昭和34年)1月19日 朝日賞を受賞
1959年(昭和34年)9月29日 野塩に「柳瀬寮」を開設
1959年(昭和34年)12月12日 死去、勲四等瑞宝章を受章

以上


開設につぐ開設で、慈善施設を作った方ですね。

こうした活動を後援した人の一人が正田きぬ(正田美智子の祖母)であり、昭和天皇をはじめ皇室だったようです。

Sponsored Link


館林と正田家

館林の部落出身だった正田家

上原善広というノンフィクション記者が「実話ナックルズ」という雑誌で下記のように指摘したように、部落出身である可能性は高いと思います。

雑誌『実話ナックルズ』にて『JDT 日本の路地を歩く』という連載を執筆しており、2004年7月号に発表した「群馬県T部落」で群馬県の未指定地区を取り上げ、「ここから女性が一人、皇族に嫁いでいる」「ここは女性が皇族へ嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわかってしまうからである」「皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味している」と書いた。

(以上)

http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-194.html

さらに、伏見氏が正田家の家系図の嘘っぱちさを検証されています。母不肖の正田富美。江戸時代からの豪商というのは嘘。広告宣伝としての家系図。

※正田家家系再調査

正田家をはじめ、犬養家など、部落出身者でカトリックやプロテスタントに改宗したケースは多そうです、、、というより、支配層でキリスト教に改宗している家が同和地区にルーツがある確率が高すぎます。

異教に改宗することで、先祖からの日本社会の底辺にいた苦しくも屈辱の多い歴史から解放されることも多い意のかなと思ったりします。

「神の前には皆、ひとしく平等」といってもらうのも、天皇をトップにした日本の社会階層から自由になれることで救いになるのかもしれません。

キリスト教の信仰に是非をのべるつもりはありませんが、「信仰の自由」が、そのまま、異教徒や異国の侵略の先兵となり破壊活動をする正当化する理由にはならないとおもいます。

正田家とフロジャック神父

ttp://blogs.yahoo.co.jp/kawagoe_ekimae_seikotuin/43120328.html

今は何かと話題の多い皇室の話ですが・・・

皆様は美智子妃殿下をご覧になったことはありますか?

私は、川越に天皇ご夫婦が来られた際に、一度だけ見に行ったことがあります。

凄かったです。 あのご夫婦は。

特に美智子妃殿下のオーラといったら・・・

さっきまでわれ先に見んと殺気立っていた女性たちを〜ふぁ〜ぁと大人しくさせてしまいました。まるで塩をかけたれたナメクジの如く、膝から崩されました。

私の故郷は、上州は館林。美智子妃殿下の由来の地です。

日清製粉の創業家として知られる皇后美智子の実家の、本家筋であることでも知られる正田家のあるところ。

美智子妃殿下の旧姓は、「正田」になります。地元館林には「正田醤油」というのが名品です。

美智子妃殿下は、都内にお住まいになっていましたが、戦時中はここ館林に疎開されていました。

そして、カトリック館林教会に熱心に通う方であったのは、祖母の影響が大きかったのだと思います。

私も、正月2日の朝に・・・美智子妃殿下が通われてた「カトリック館林教会」に行ってきました。

2日は、ミサもないので 早朝に外から見てきただけですが。

あ〜 ここに通われていたのか?とシミジミと見てきました。もっともこの聖堂が出来たのは1953年なので美智子妃殿下が通われていたのは、その前の聖堂になります。

(転載以上)

フロジャック神父と宮内庁

木下道雄侍従長

※「隠された皇室人脈エピソード」より

ttp://www.yorozubp.com/0806/080621.htm

 ■昭和天皇と木下道雄

『隠された皇室人脈』の主役の一人である木下道雄は、東京帝国大学法学部政治学科卒業後、内務省入省、岡山県で地方勤務を体験し、内閣書記官となる。二四(大正十三)年夏、摂政であった東宮殿下(後の昭和天皇)の侍従にと声がかかり、東宮事務官兼東宮侍従に転任、一九二七(昭和二)年に侍従兼皇后宮事務官に就任するが、一九三〇(昭和五)年四月に宮内大臣官房秘書課長に転じ、天皇側近からいったん離れる。以後総務課長、内匠頭、帝室会計審査局局長を歴任する。

終戦後、木下が再び昭和天皇の側近として侍従次長兼皇后宮大夫に就任したのは一九四五(昭和二〇)年一〇月二三日。しかし、わずか半年余りが過ぎた翌年五月三日に辞任する。以後、宮内省御用掛を経て、皇居外苑保存協会理事長として皇居前の整備に尽くした。

木下は昭和天皇が最も信頼していた人物とされるが、皮肉にも昭和天皇の意向を受けて女官制度改革に手をつけたことが、貞明皇后の逆鱗に触れ、辞めざるを得なかったと伝えられている。

実は、『隠された皇室人脈』の第五章で、靖国神社を「長州の護国神社のような存在」とバッサリ切り捨てた田中清玄を取り上げたが、この清玄が終戦直後の一九四五(昭和二十)年十二月二一日に昭和天皇との拝謁を許されたのは、木下の推薦があったからだ。

(略)

この木下の昭和天皇への忠誠心は並々ならぬものがあった。一九四六(昭和二一)年一月一日に発せられた「人間宣言」の作成過程で、天皇を現人神としてみる神格化表現が入っていないとして猛烈に怒り、内閣と文書のやりとりまで行っている。木下もまた「七生報国」の心構えだったのだろう。

木下道雄は侍従次長を辞めた後、敬虔なカトリック信徒になっていた。洗礼を与えたのはヨゼフ・フロジャック神父である。

財団法人慈生会の設立者として知られるフランス人神父のフロジャック神父は、一九〇九(明治四二)年に来日、戦前から乳児院、結核療養施設、診療所などを建てて社会事業に貢献していた。日本語巧みで胸まで伸びた真っ白いヒゲが特徴だった。

木下は、幼友達の妹がフロジャック神父の下で働いていた関係で、噂だけは聞いていた。村から村へと布教の旅を続ける神父が、足に大きな裂傷を負った際、近くの農家から針と糸を借りて、自分で縫い合わせたという話を聞いて、「フランス人にも、こんな弁慶のような荒法師がいるのかと、一種の親しみを感じた」と語っている。この親しみとともに、フロジャック神父の名前が木下の記憶に刻まれた。

宮内省総務課長時代、陛下からの推奨金推薦先として財団法人慈生会の前身にあたる「ベタニアの家」の名前があがり、木下の記憶によれば、三二(昭和七)年の暮れに弁慶の元を訪ねる。ここで二人は初めて出会い、事業も評価され、フロジャック神父には推奨金五千円が与えられることになる。

本格的に二人がかかわり出すのは、侍従次長時代の四五(昭和二十)年十一月二五日、この日の夜にフロジャック神父は木下宅を訪れ、戦災の傷跡残る上野駅周辺の浮浪者救済のための診療施設開設と関東に酪農を主体とするトラピスト施設の必要性を説いた。木下の日記にも「共に予の共鳴する所なり。考慮を約す」とある。

木下は早速その翌日の宮内省事務調査会でフロジャック提案を披露して、宮内省の協力を取り付けた。
しかも、那須の名前は早くも十一月二九日に登場し、木下退官直後の四六(昭和二一)年七月には木下の斡旋で那須御料地約三百町歩が貸し下げられることが決まる。

フロジャック神父は貸し下げられた川西御料地六〇町歩を「聖ヨゼフの山」、奥まった道上下の御料地を「聖マリアの山」と名づけて、早速開墾が開始され、引揚者、復員兵の受け入れを始める。この地には那須診療所、林間学校宿舎、精神薄弱児のための光星学園(現マ・メゾン光星)などが次々とつくられていく。

この御料地貸し下げの背景を見ておこう。

木下によれば、フロジャック提案を昭和天皇に話したところ、昭和天皇より「助けてあげなさい」と言われ、それがきっかけで林野庁との話し合いもつき、貸し下げることになり、成績によってはこれを払い下げることまで決まったとしている。

入江侍従長

※「隠された皇室人脈エピソード」より

ttp://www.yorozubp.com/0806/080621.htm

興味深いのは一九三四(昭和九)年に侍従となり、侍従次長、侍従長として半世紀余にわたって側近を務め、宮中生活最後の休日に急死した入江相政もフロジャック神父と交流していた。この入江もクリスチャンだったとする説もあるが、現時点では事実かどうか確認できていない。
『入江相政日記』(朝日文庫)にヨゼフ神父として登場するのは、四六(昭和二一)年三月十九日この時入江はフロジャック神父と会食している。

フロジャック神父と昭和天皇

※「隠された皇室人脈エピソード」より

ttp://www.yorozubp.com/0806/080621.htm

木下と入江の口利きもあっただろうが、昭和天皇も積極的に支援したことは間違いない。

これを順に追っていこう。

フロジャック神父は四六(昭和二一)年十二月十九日に天皇皇后両陛下に進講する。カトリック宣教師が単独で拝謁したのはこの時初めてと言われている。この時、入江日記にはフロジャック神父が「大変色々申上げて面白かつた」とある。

四七(昭和二二)年九月二日に木下道雄が拝謁しているが、おそらくこの直後に行われる両陛下の那須巡行の件でお願いでもしたのだろう。

五日後の九月七日、入江日記には「夕狩の慈生会に行く。フロージヤアク老が大変な元気で何かと案内してくれる。例によつて愉快といつたらない。」と書かれている。

翌九月八日にも両陛下は慈生会を訪れている。

フロジャック神父は、進駐軍やフランス大使館員や大工を一人ずつ引き合わせた後、「私は日本人以上の愛国心を持つて居ります。一生懸命に致しまして必ず立派な国に再建致します、云々」と語る。入江はこの時の様子を「フランス人らしい上品なユーモアの連続で非常にお楽しませした」と書き記した。

四八(昭和二三)年もフロジャック神父は二度にわたって両陛下に拝謁し、この年には高松宮、三笠宮も慈生会施設の視察を行っている。

つまり、皇室あげてフロジャックの事業を後押ししていたのである。

フロジャック神父と館林

※「隠された皇室人脈エピソード」より

ttp://www.yorozubp.com/0806/080621.htm

弁慶神父「会心の傑作」とは

皇太子の結婚の儀が行われたのは五九(昭和三四)年四月十日、その年の十二月十二日、フロジャック神父は帰天。

「わたしは貧しいひとびとの友であった。わたしの葬式は貧しい人にふさわしいものにして欲しい。花は一切ご遠慮したい。思召しがあったら貧しいひとびとに与えていただきたい」との遺言を残した。

フロジャック神父には勲四等瑞宝章が贈られ、昭和天皇より祭資料を賜る。

この年、衰弱激しいフロジャック神父の身を気遣う見舞客はあとを断たなかった。その中には、軽井沢のテニスコートで天皇皇后両陛下の「初めての出会い」の瞬間を写真におさめたカトリック信徒の田中耕太郎最高裁長官もいた。

フロジャック神父と正田きぬ

※「隠された皇室人脈エピソード」より

ttp://www.yorozubp.com/0806/080621.htm

そして、三〇年来にわたってフロジャック神父の事業を援助し続けてきた正田きぬの姿も当然あった。

フロジャック神父は、この年皇太子妃になったばかりの正田きぬの孫への心やりと永年の援助に対する感謝の気持ちから、こう語りかけた。

美智子さんも大変だろうね、わたしも天国で祈っているよ、美智子さんによろしくね

神父には、この時代のことが、余程なつかしいらしく、晩年になって、いろいろな思い出話をうかがいましたが、そのうちで上州館林に於ける活動は、神父の布教生活中の会心の傑作と自分でも思っておられたようです。

皇太子殿下御婚約のよきしらせを耳にされたときの神父の心中は、定めしけいけんな祈りと感謝と期待との熱きものがあったのではないかと思います。

「神父」とは当然フロジャック神父、「この時代」とあるのはフロジャック神父が水戸を拠点に日本伝道を始めた頃を意味する。そして、「会心の傑作」が「皇太子殿下御婚約のよきしらせ」につながっていく。

フロジャック神父は関東の山野を歩きまわって布教していた。

文中にあるように上州館林へ行ったのもこの頃である。上州館林と言えば、美智子皇后の実家があったところ。つまり、上州館林の正田家にカトリックの信仰の種をまいたのもフロジャック神父だった。

一九二七(昭和二)年、東京関口教会で美智子皇后の祖母である正田きぬはフロジャック神父の手から洗礼を受けて敬虔なカトリック信徒になっていた。

このきぬと美智子皇后の祖父・正田貞一郎(日清製粉創業者)、それに叔母・正田郁子の告別式はいずれも 千代田区 麹町の聖イグナチオ教会で営まれた。

また、母・登美子も聖路加国際病院で臨終洗礼を受け、妹の安西恵美子も洗礼を受けている(『美智子皇后と雅子妃』福田和也、文藝春秋他参照)。

弁慶が皇室とカトリックの縁結びを務めていた。明治維新以後、神道界や仏教界にフロジャック神父のような弁慶が存在していたなら、やはり歴史は大きく変わっていただろう。

(以上)

不思議なことに、wikiでは正田家や館林、宮内庁のカトリック職員、美智子との関係やエピソードなどの記載がありません。

なんでだろう〜〜♪

昭和22年雙葉小学校卒業

左、中はテンプルちゃんと呼ばれた正田美智子。右は雙葉小学校を卒業した正田美智子。

フロジャック神父はカトリック神父として、当然、信徒である正田家の人たちの懺悔もきいていたでしょう。正田美智子がすり替わったことを知らないはずないと思うのね。

というか、この人は純粋な神父であると同時に、純粋なバチカンの先兵であり、純粋な日本侵略の工作員であり、GHQと宮中のカトリック教徒と組んで皇太子妃に美智子をねじ込んだ主犯の一人のはず。

日本でのフロジャック神父の慈善活動の熱意と実績には疑いを持たないけど、いろいろ知ったことが多くなった今、

「美智子さんも大変だろうね、わたしも天国で祈っているよ、美智子さんによろしくね」

カトリックの日本侵略の第一段階を成し遂げた勝鬨に聞こえるわ

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=945



19. 中川隆[-12038] koaQ7Jey 2019年2月20日 15:45:49: b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
▲△▽▼

2018.01.08
皇后美智子の真実L@【転載】美智子発クーデター2 マスコミ(朝鮮勢力)対民主主義(日本人)
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=876

マスコミのスクープに世論が添い、議会が添った形で決まった2代にわたる皇太子妃内定

美智子の場合


1959年

11月17日 ニューズウイークが皇太子妃決定の配信

     「テニスコートの恋」

11月24日 宮内庁公電をもって館林=正田家に通知

11月27日 皇室会議

1960年

2月6日 国会 昭和34年内閣委員会議事録より

「国会も何ら御結婚について知らされておりません。」

皇太子妃決定に関して小泉信三・田島前長官などが先頭に立ち、総理大臣はその報告を受けるだけで、なんら疑問をさしはさむ余地がなかった。

「それでも「信仰」の問題は気になった。」(岸信介元総理大臣)

1959年

4月10日 明仁皇太子ご成婚


雅子の場合


1993年 

ワシントンポスト「徳仁皇太子妃に小和田雅子」

1月19日

皇室会議 小和田雅子に内定(19分で終了)

同日 婚約記者会見

4月12日 納采の儀

ご成婚パレードとマスコミの宣伝により誤魔化されてしまいましたが、いずれも、国会も皇室典範も無視した形で決まりました。

そのため、美智子と雅子の二人は正妃としてみとめられず、親王が私的に結婚し同棲している親王夫人のあつかいです。

英国のチャールズ皇太子の後妻カミラさんは、皇太子の夫人で爵位を持っていますが、正式な妃、プリンセスではありません。美智子も雅子も同じ立場なのです。

表記:明仁天皇の妻 正田美智子


表記:徳仁皇太子の妻 小和田雅子


皇太子の「妻」小和田雅子表記です。

表記:プリンセス キコ

紀子様はプリンセスとして認められています。

マスコミに報道させたあと、さも確定された事項であることのように国民に雰囲気で信じさせ、そのあとどんどん事実化していしまうやり方は「正田美智子、皇太子妃内定」からかわってませんね。「皇太子妃、小和田雅子に決定」「生前退位」も同じ方法を使いましたね。

今度も、マスコミが勝手に決めています。

国政のありかた方向を、日本国憲法や法律をもとに日本国民が選んだ議会を無視して、マスコミが決めていることになります。これが民主主義でしょうか。

Sponsored Link

自爆し続ける内廷皇族

ナルちゃんの妃に、旧宮家の久邇晃子さんが内定したことに危機を持った美智子。

高円宮家とくんで、ナルちゃんが気に入っていた創価学会の池田大作の落胤で、隠れ朝鮮人の小和田雅子を皇太子の 妻にしてしまいました。

その後、皇室の朝鮮化が進みます。

が、あまりに雅子が莫迦なので、美智子の正体もばれてしまいました。

以後、自爆し続けています。

頑張るけど、なんだかんだで北朝鮮クオリティ


愛子天皇に着地点を置き、いちおうは、内廷皇族、マスコミ、芸能界、創価などが連携して着地点を目指しているのですが、、、


@女性天皇になるにふさわしい愛子様を用意しよう

2015年12月

自閉症の本物の愛子様と、


影武者を務めていた通称影子とすり替わりが完了。


A海外からの圧力をもって皇室典範を改正させよう

2016年3月

美智子と小和田が国連に働きかけ、「皇室典範は女性差別、改正しろ」と勧告。

前日の雅子。


ニタニタが止まらない。


⇒日本政府が抗議。あっさり勧告は取り下げられる。

B東京五輪のロゴマークを創価の紋にしよう

東京五輪を私物化しよう

2016年04月

決定済みだったロゴマークが盗作であることが指摘され、再度選定されることに。

結果は、なぜか、創価のマーク。

小和田雅子は、創価学会の池田大作の落胤と言われている。

C明仁さんを退位させ徳仁さんを即位させよう

2016年8月


一言も「退位する」とは言ってない「天皇の役割をつとめるのがしんどい年になった」という内容の明仁さんのスピーチを勝手に解釈して「生前退位」をマスコミが宣伝し始める。

が、有識者会議をしたけど、実のところあんまり進んでない。

そればかりか、生前退位発言の責任を取らされ、創価の風岡宮内庁長官が更迭。

バリバリの警察官僚が次長になる。その後、愛子様の長期欠席が始まる。

10月のベルギー王来日晩餐会のおり、ナルちゃんのダブルの徳仁3号がサッシュがなかったり、ミッチー7号もサッシュなしの平民の装いだったことも関係あるかも、

D日本の次代の天皇皇后として皇太子夫妻と愛子様の存在をアピールしよう

「愛子様」を伴って参拝するも、


愛子は偽物だわ、ナルは尿漏れだわ、雅子は異教徒だわ、この連中が欲心のためにニュース映像撮影のために皇祖に詣でるなど不敬ここに極まりないことをしたため、神の怒りをかい、影子ちゃんは憑き物付きになりました。


E米国大統領に確定のヒラリーの圧力で皇室典範を改正させよう

ヒラリーはミッチーとトモダチなのでうまくいくはず。

予定では2017年01月に就任するはず。


2016年11月

アメリカの大統領選挙で、まさかのヒラリー落選。

トランプさんが次期大統領に。

日本人の立場としては、正直、ヒラリー以外ならだれでもよかったわ。

F愛子様の美しさと優秀さで国民を夢中にしよう

そして国民の総意によって皇太子にしよう

2016年12月

山咲トオルに。


このコピー用紙で織ったかのような鶴は「創価の鶴」を意味しているとの噂。


創価の日本乗っ取り宣言なのかもしれません。

愛子天皇に発情しているのは、小林よしのりくらいで、かつてのカリスマ漫画家もキチガイ扱いされはじめました。

小等部のころの不登校や、中等部ではテストをうけないのに翌日は遊園地で遊ぶなど雅子を映したかのような学校生活、そして今回の長期欠席、御優秀といわれて信じる人間がいるのでしょうか。むしろ雅子の雛形をみるかのよう。

そもそも、こいつ偽物だし(笑)。

G芸能界も愛子天皇に協力

「パーフェクトヒューマン」を用意

生前退位でアキヒトはクビ!といいたそうな内容。


そのほか、B29の爆撃を連想させるパフォーマンスや、震災を揶揄するような歌詞で問題が多い。

【拡散希望】パーフェクト・ヒューマンに違和感|戦後体制の超克

紅白に出たものの、大衆の潜在意識をかえるほどでもない感じ。

むしろピコ太郎に話題を奪われたもよう。


HNHKも愛子天皇実現に協力、

連続ドラマは「おんな城主 直虎」


2017年01月

・『直虎』初回視聴率は16.9%

・2000年以降大河ドラマではワースト2位

I平成は30年でおわらせよう

新聞社やマスコミが勝手に記事を書いて一斉に飛ばし記事をだしましたが、、、

よく読むと「検討に入った」という内容なんですね。

何も知らない国民に印象操作で誘導しようとする魂胆はほとんどファシズムです。

生前退位のリークの時と同じく、天皇側の職員でたぶん更迭される人が出てくるんじゃないのかな。

J次期皇后として雅子様をアピールしよう


生前退位がどうとか言い出した前後から、いそいそと公務にでてきた雅子。適応障害がどうしたのかと思うくらい元気に公務を始めた雅子。地獄の血の池地獄に住むカバのような分厚い顔でニタニタ笑いはじめた雅子。


しかし一方では、雅子の父親の小和田恒がスイスのバーゼルで軟禁中だという噂が。

天皇家の財産を横領しようとしたとか。政府に近い人は皆知っているらしい。

小和田が帰国している時期は、紀子様バッシング記事がでるのでわかるといわれているけど、まだスイスにいるらしい。

プーチンが安倍ちゃんに送ったオランダで購入した天皇家由来の刀。

これ、代々皇太子家が受け継いできた壺切の御刀ではないのかという説も。小和田が持ち出し、オランダで売り飛ばしたものではないのかという声も。

山口で開催された、日露会談に影響をあたえたとかいないとか、、。

K徳仁が即位すると強調しよう

その徳仁さんが、危なそうなのよね。

講書始の儀

昨今の映像では、ナルちゃんを映さないようにしてますね。少し椅子をずらせば、ナルちゃんも映るのに。


歌会始の儀

皇居で「歌会始の儀」 陛下が込めたお気持ちは・・・(17/01/13) – YouTube


www.youtube.com

コメント欄より

hiromi様、お邪魔します。 講書始の儀、それから歌会始のニュース映像で、「あ、徳仁さん、いない(嬉)」と最初思ってしまいまして。皇族の席をハの字型に置いたら、佐伯徳仁が秋篠宮様の影にかくれたということですね。


www.youtube.com

よく見ると、時々佐伯徳仁の頭が、文仁親王の後ろで揺れている?文仁親王が不動の姿勢だから、揺れる頭がチラチラと目立つのです。これを隠したくてハの字型に椅子を置いた訳?(小細工するなぁ)


※0:37あたりから、ナルちゃんグラグラしています。

徳仁と雅子がいないと、皇室ってこんなにスッキリ見えるんですね(嬉)。

三笠系は信子妃以外うっとおしいし、佳子様がおられればパーフェクトでした。

佐伯徳仁の揺れる頭は、もうアル中が相当・・・ということでしょうか?もうアルコール無しではいられない?

映像でも土色の顔の佐伯徳仁が、出るようになりました。

宮内庁東宮派でももうごまかす気が無い?

腎不全が進行中?

皇室の理想像を神様が垣間見せて下さったような講書始や歌会始でした。

あとは今上が譲位すれば。 期待してしまいます。

(ここまで)

ありがとうございました。

爽やかな土色の顔色のナルちゃん。耳に合わせて並べています。


2015年のナルちゃん。尿漏れ起こしたから本物だと思う。苦笑するだけで、鼻ってこんなに変形するんでしょうか。やっぱり、鼻も女房の胸のように詰め物でしょうか。

反日勢力の目標

「天皇の血統を朝鮮系にすり替えて日本を支配すること」

賢い在日さんや朝鮮系の方は、こういう企画には参加しないでしょう。無理だとわかってますから。妄想の中で生きている朝鮮人の企画した計画が上手くいくはずないんですよね。

ま、危なかった時もありましたね。

民主党政権時代

・与党は朝鮮系の巣窟である民主党、

・首相は朝鮮系(鳩山、菅、野田)

・皇后も中国朝鮮族(正田美智子)

・皇太子妃も朝鮮系(小和田雅子)

・NHKの会長も朝鮮人

・テレビのタレントは朝鮮系だらけ、

・経団連の会長も朝鮮系

韓国大統領が、日本をのっとった、宣言をしたのも、まあ、わからなくもないのですが。調子の乗った韓国大統領が竹島に上陸したり、天皇謝罪せよ発言したりして、一気に嫌韓ブームが到来。

日本人観光客が姿を消し、大久保は閑古鳥が鳴き、フジテレビの視聴率は低迷、、、

第二次安倍内閣がおこり、以後、逆転が続いてます。

今の皇室の問題は、つきつめると、

・皇室の朝鮮化

・内廷皇族による皇室の私物化

ですね。

明仁さんは、公務ができなくなったから譲位したいといいながら、上皇になり院政を敷き親政するきまんまんです。公務も減らすつもりはないとか言ってるそうで、意味不明です。

これはまさに、天皇ご謀反です。そもそも、明仁天皇は美智子のいいなりなのです。

美智子の謀反なのです。

続きます。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=876


20. 中川隆[-12037] koaQ7Jey 2019年2月20日 15:47:12: b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
▲△▽▼


2018.01.08
皇后美智子の真実M@美智子様の最終目的
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=879

ミッチーの最終目的って何なのかしら。

ここからは管理人の想像なのだけど、この正田美智子に化けた老婆たちの狙いは徳仁即位、愛子女性天皇に実現にとどまらず、その先に「史上初めて皇族でない女性が天皇になる」という究極のジェンダーの実現「美智子天皇誕生」をおいてあると思うの。

1 明仁天皇を譲位=生前退位させ徳仁を即位

2 徳仁を健康上の理由で退位させ愛子を天皇に

3 理由をつけて愛子を退位させ、「素晴らしい美智子さま」が「国民の要望により」天皇に即位。

そのために、

・憲法を無視して皇族の私情で何もかも決める前例をつくる

・皇族の私情で勝手に後継者を決める前例を作る、

段階的に踏んで、易姓革命双六のあがりを狙っているのだと思う。

というか、そうとしか考えられない。

・ご成婚から一貫して「聖女」美智子神話をしつこくマスコミにが作り出し今も続けていること。

・一方では、徳仁雅子の所業を放置し、拡散しつづけていること。

・堕胎経験豊富なうえに不妊体質の雅子のような極悪な女を皇太子の妻にしたこと、

・秋篠宮家、高円宮家に産児制限を強制し子作りを禁止したこと、

が、すじがとおって納得がいくのね。

過去に数多く残した画像や今までの軌跡からみても、正田美智子に化けた工作員は、皇族を根絶やしにして最後は「すばらしい美智子様しかいない」という形で即位しようとしてるんだと思うわ。

天皇を押しのけて、、

天皇を押しのけて、、

天皇を押しのけて、、

最後は私が天皇に、、、でしょうか。

即位式の報道写真すら美智子が中心。まるで美智子の即位式のよう。

本物の正田美智子は生きていれば80歳だけど、今の影武者の4号は、おそらく40代から60代くらいでしょう。時間に余裕があると思ってるでしょ。きっと。

そもそも「陛下のお言葉」の中でも、陛下は譲位したいとは一言もおっしゃらなかったのよね。ただ、高齢のため天皇の役割を果たすのが難しくなりましたとかかれた、外人が書いたかのような変な日本語の原稿を読んだだけ。

そこをポン菓子のように膨らませて「生前退位」などという、けったいな言葉を造語して拡散したのがマスコミと美智子。

でももう、マスコミが神託としての力を失ったのね。アメリカでヒラリーを通せなかったというのが、それを証明しているわ。

ヒラリー大統領誕生に一抹の希望をいだいていたであろう美智子たち。

希望敗れて、ミッチ―4号、5号、正田美智子に化けた老婆たちは抱き合って号泣したのではないかしら。

今は西武・堤家=ヤクザという暴力装置もなくし、美智子入内に協力した旧GHQの当時の関係者が老齢化してチームは消滅同然になりつながりは薄れ、中国朝鮮は国がグテグテのうえ能のない工作員ばかりで役にたたず、電通をはじめ美智子を支えてきた「美智子様神話」つくりに励んできたマスコミの凋落は止まらない。

残ったのは、山のような罪業と疑惑と多くの敵だけ。

美智子の正体に気が付いた国民は暴徒に変るでしょう。

日本人は、皇室が絡むと怖いんですヨ。

Sponsored Link

美智子の命数

トランプ勝利とヒラリーの運勢をドンピシャであてた伏見氏。

生年月日の違うヒラリーの影武者であっても、ヒラリーとして活動している以上、「ヒラリークリントン」は屋号化し「ヒラリークリントン」の運勢の影響を受けると証明してくださいました。

伏見氏による、屋号「正田美智子」の鑑定です。

ダブルであっても複数であっても「正田美智子」は屋号化しているので、オリジナルの影響を受けると思われます。


皇后様
1934年10月20日生まれ(81歳)

上  中  下   宿命星   十二運   吉凶星

年柱  甲  戌  戊  比肩 偏財   養  華蓋

月柱  甲  戌  丁  比肩 傷官   養

日柱  甲  子  癸     印綬   沐浴
時柱  辛  未  己  正官 正財   墓  天乙貴人  寡宿
【戌亥空亡】

【総合所見】
@ 現在は宿願の皇室の「女帝」、国民も徐々にその本性を知って心が離れていく。2017年が大きなターニングポイントになる。

(略)

2015年 81歳 乙未 劫財の年

一年を通して疲れ切る年でした。8月9日の宮内庁病院で心筋虚血の検査を受けたのも関係しているでしょう。

2016年 82歳 丙申 食神の年

一年を通してのんびり過ごせるでしょう。

2017年 83歳 丁酉 傷官の年

けじめをつけられる厳しい年です。天干の丁と命式の未で丁未になり羊刃を呼び込みます。不慮の事故にも注意です。

2018年 84歳 戊戌 偏財 

空亡の2年間が始まりました。持病の心臓病の悪化にご注意です。

2019年 85歳 己亥 正財 

空亡の2年目です。

大運を見ると、

84歳〜94歳は、乙丑―劫財 −冠帯で、劫財の10年間ですから、かなりしんどい10年間です。

皇后さまは再来年、2017年に大きな変化にさらされるでしょう。

そして、この年が【皇室問題】が政治問題として本格的に動き出すときです。

ですから、秋篠宮殿下擁立派の保守日本人は、諦めずに、鑑定に、廃太子、廃妃のメールを辛抱強く一人でも多く、根気よく送り続けたほうが良いでしょう。
以上

(転載ここまで)

氏の鑑定によると、ナルちゃんも、愛子様も来年は分岐点になり「ドボン」となるとか。そういえば「愛子様」として活動し続けた結果、影子にも愛子様の水俣の祟りがでてましたね。

ダブルであっても、やはり影響を受けるのでしょう。数多くいる影子もまた水俣の祟りに苦しんでいるのかもしれません。

チーム・ミッチーズ

美智子に話を戻しますが、この美智子達のチームは、正田美智子がご成婚した当時はGHQの工作員でしたが、チーム・美智子のまとめ役であるCIAの工作員であった美智子の母の富美が亡くなった後は、ナチュラルに朝鮮化・左翼化が進み、朝鮮系の中国共産党の人民解放軍の工作員で運営されていると思われる節があります。

美智子の趣味がすべてにおいて朝鮮に帰一すること、中国の利にはんする海外の要人と会わなかったり、晩餐会でもやる気のなさを示したりしているところをみると、朝鮮族の人民解放軍の工作員でしょう。

10年後は日本はなくなると豪語した中国の要人がいました。

米国のビル・クリントンの露骨な親中、反日政策やその妻ヒラリーの「一番大切な国は中国」発言などからみて、中国10億人の市場に目がくらんだアメリカのパワーエリートたちも、中国の時代が来ると信じていたと思います。

中国とアメリカとのトップ同士の閨閥作りが進んでいて、とてもとても親密な関係だと軽く新聞で触れていましたね。

もちろん、ミッチーたちもそれを信じていたとおもいます。

なので、ティアラや皇室の財産や財宝の横領を大胆に進めていたのだと思います。

美智子としては、日本が中国の一部になり、中国から美智子が日本の天皇として即位するよう任命される筋書だったのではと思います。

が、誤算が生じましたね。

10年後、2015年にクラッシュしたのは日本ではなく中国のほうでした。

焦っているでしょうねー。

そもそも、今の美智子様(たち)は、ご成婚した正田美智子ではありません。

たんに、天皇と同居している女性にすぎません。

にもかかわらず、勝手に皇后を詐称し莫大な公費をわがものにし、お出かけともなると交通規制をし警備で守られ、56億かけて建てさせた宮殿に住み、堂々と海外の要人と会い、騙されている国民が日の丸を振り手を振り歓迎します。

これを、詐欺と言います。そうです。犯罪です。

美智子が天皇になるたくらみも、愛子様に化けて影武者の影子が女性天皇になるたくらみも、クーデターと言います。

古今をとわず洋の東西をとわず、クーデターの主犯は極刑と決まっています。

さらには、美智子は左翼の知識人工作員と連携し倒閣運動までしています。

その背景に、敵国の存在があれば、外患罪に匹敵する罪になるでしょう。

国家反逆、外患罪、共謀罪、破防法、いずれかをカバーしてると思います。

この得体のしれない老婆たちが、秋篠宮家や高円宮家に産児制限を敷き、皇統断絶の危機を作り出しました。

悠仁さまご誕生により危機は回避されましたが、万死に値する女どもであることは間違いありません。

2016年、安保法案が通りました。

2017年は共謀罪、改憲まで行けると思います。

是非、安倍首相には皇居と東宮御所をオウムのサティアンのように山狩りをしていただきたいですね。

カトリックの礼拝堂、創価のご本尊様、美智子ににた複数の老婆たち、本物の愛子様、そしておそらくは、徳仁ににた男が数人出てくるでしょう。

「天皇ご謀反」という言葉が日本にはあります。

国体そのものであるにもかかわらず、私欲をもち私情により政治に介入した天皇や、上皇、親王は流罪にしたり、中には命を絶ちました。不適切な天皇、皇族を廃し続けたからこそ、皇室は2700年続いたのです。民主主義化の象徴性天皇であっても変わらないはずです。

そもそも、天皇であっても、皇族であっても、歴然と逮捕、告訴できる、それが真の法治国家、民主国家です。

今後、1万年の皇室の継続と日本国家の繁栄のためにも、是非、安倍ちゃんと政府は、山狩りを行い、証明していただきたいと思います。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=879


21. 中川隆[-12036] koaQ7Jey 2019年2月20日 15:55:10: b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
▲△▽▼


2018.01.07
続・美智子様の真実N@ミッチーズとCIAB
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=954


続きです。

正田富美(美智子の母)

「縁談には、どうしても一種のストラッグル(闘争)という面が出てきますものね」
「いいたいことをいわしていただいた。よくあちらさまが我慢なさったと思うくらい」

※嫌々、娘を嫁にやるにしては嬉しそうな富美

当時、皇室に対してこんな無礼な態度をとる日本人がいたでしょうか。

大陸女郎あがりのヤクザの情婦にして中国朝鮮族の混血児にして異教徒なら納得がいきます。

小泉信三と正田富美

美智子の皇太子妃冊立に動いたカトリック系工作員・小泉と、正田富美との繋がりは皇太子のお妃選び以前からのようです。

コメント欄より

美智子さんのWikiにある「中支那振興常務理事 副島綱雄の長女」 で、中支那振興が、富美さんが上海で生まれた頃には出てこないので、色々と調べてみました。
ブログに(正田家の闇だったかな)中支那振興が出てたので、クリックしてみますと、「見つかりません」ではなく「削除されました」となっておりました。
とっても臭ったのですよ。

(略)

私の場合は、人間関係で推測してみました。

私は何故戸籍のない綱雄さんが、中支振興常務理事になれのか不思議でした。
その戸籍のない綱雄さんの娘さんの為に、当時トップの為替銀行(横浜正金銀行)の頭取がお仲人までしてるのも不思議でした。
そしてそのトップの為替銀行の中に、富美さんの娘・美智子さんの陰謀めいた入内を決行した小泉信三さんのお父上・小泉信吉さんが、銀行の運営をしていたことも不思議でした。

伏見様のブログに依る新事実:

かつて佐賀県多久に網雄さんと言う男性がいて、若い頃上海で仕事をしてました。
1923年に、娘富美を連れて帰国。
1959年の皇太子妃婚約前に、副島家に戸籍を売って下さいと頼みに来たが、断られたので、勝手に副島を名乗った。

本当に不思議なことだらけです。今度の大砲の照準は、本丸・富美さんです。

(以上)

Sponsored Link


正田富美と、小泉信三とのつながりは「正田美智子がお妃候補になった」時点から生じたものではなく、またキリスト教徒という信仰つながりだけではなさそうですね。

松平女史が旧華族からお妃候補をあげても、小泉たちは動きません。

「旧華族からお妃候補となる女性がいないので」「聖心女学院にお妃候補に相応しい女子学生のリストを依頼した」とされますが、神道の祭祀王になる妃を選ぶのに、カトリック系の学校に依頼することは本来ならありえないはずです。

しかも、偏差値の高くない、当時は「成金のバカ娘」と言われていた女子に依頼するのは異常でしょう。さらに、トップに正田美智子の名前があることも異常です。

そして、正田富美の愛人であり、美智子たちの実父とおもわれる堤康次郎が開発した軽井沢で、「テニスコートの恋」がおぜん立てされます。

初対面の皇太子と美智子の写真を修めたのは、フロジャック神父と親しい田中最高裁判事でした。明仁皇太子を誘導し、正田美智子に関心をもたせ関係を繋ぐ役だったのでしょう。

明仁皇太子妃決定の第一報は、アメリカのマスコミのリークでした。

皇室会議にかけられることなく、あとは、なし崩しに海外のマスコミのリークに添う形で決まってしまいました。

戦後は、マスコミが神託となり法を踏みにじり法を超えたのです。

そして戦後、神託としての機能を持つマスコミと世論を支配したのが、GHQ、CIA、これらとつながり、共同通信に閨閥を持つ美智子でした。

※転載させていただいてます。

元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 《転載ご自由に》 – BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

1959年

11月17日 ニューズウイークが皇太子妃決定の配信

「テニスコートの恋」

11月24日 宮内庁公電をもって館林=正田家に通知

11月27日 皇室会議

1960年

02月06日 国会 昭和34年内閣委員会議事録より

「国会も何ら御結婚について知らされておりません。」

皇室会議が開かれたのは(昭和34年 注33年の誤記か?)十一月二十七日でございますが、その前十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって【館林=正田本家、正田醤油】に通知しております。

皇太子妃決定に関して小泉信三・田島前長官などが先頭に立ち、総理大臣はその報告を受けるだけで、なんら疑問をさしはさむ余地がなかった。

それでも「信仰」の問題は気になった。(岸信介元総理大臣)


f:id:e-vis:20170216123638j:plain
国民も国会も何も知らされておらず、しかも皇室会議が一度だけ開かれたのみ。

結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろい ろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのであります。

要するに、「正田美智子さん」という人について、実は国民も総理大臣も、どんな出自の人でどんな考えを持ち、どんな性格なのかという事を全く知ら されていなかったんですよ。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html

(ここまで)

「お妃候補」複数の正田美智子

他のサイトさんに写真が上がってましたが、ご成婚前からというより、お妃候補時代から「正田美智子」は複数いたようです。

違いは明らかで鼻の穴の目立つ正田美智子と、そうでない美智子、富士額の正田美智子と、生え際が乱れている美智子、など分類が可能です。

上の2人の美智子は、たしかに、肩幅がちがうようですし、頭蓋骨の幅、目、鼻、口、のバランスが違うようです。

右が正田家で育てられ、聖心女学院でヤンキー女学生をしていた美智子でしょう。

顔のパーツが中心に寄り気味です。

徳仁1号、徳仁2号のように交代で「正田美智子」をしていた関係なのかも。

長身の3号と思われる女性もご成婚後すぐ「美智子様」として報道されていますので、相当な数の「正田美智子」が明仁皇太子と関係を持ったののではないのでしょうか。

ミッチーズに共通していることの一つが、耳にピアスをしています。

この時代、耳に穴が開いているのは中国系ならありえたそうです。大陸夫人、中国朝鮮族の妓生だった富美の趣味なら納得がいきます。

ミッチー1号。正田富美が生んだテンプルちゃん。

ピアスか耳飾りをつけているようです。

日本でピアスが一般化したのは1990年ごろからではなかったでしょうか。

富美は大陸夫人とよばれ、中国語はペラペラ。

正田家について、伏見氏は家族写真が土足である、上海の租界式であると指摘されてましたね。

※皇室掲示板より

無題 Name 名無し 17/02/15(水)22:53 id:RGNsqTQ. No.1910047

礼宮は靴下、紀宮はスリッパ、あとのお二方は・・・。お子様方はまともなのに。
お寺に敬意など払わない感覚がそのまま、「生前退位」発言につながるんでしょうね。
「無私の心」とは正反対の自我の追求、拡大。

(以上)

富美も美智子たちも、外人だということですね。

続きます


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=954


22. 中川隆[-12035] koaQ7Jey 2019年2月20日 15:57:09: b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
▲△▽▼

2018.01.07
続・美智子様の真実O@ミッチーズとCIAC
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=958


続きです。

工作員チーム「正田美智子」

正田美智子に化けた複数の女たちのチーム、ミッチーズですが、複数の「正田美智子」たちを監督したのは、工作員であり大陸で妓生やってたであろう可能性が高い富美でしょうね。ベテラン工作員が、工作員チームを指導する。あるいは、売春業を引退した女性が、売春婦を監督するのに似てます。

富美は平成になってすぐになくなりますが、以後「美智子」のやり方が荒くなり、暴走をはじめるのはこのころからです。露骨に反日反米となり中韓よりになりました。カトリック系から朝鮮系へと勢力が移動したのかもしれません。

Sponsored Link


※この美智子は、ご成婚パレード美智子ではなく、ヤンキー美智子のほうですね。

昭和のミッチーズは監督者が富美だったので、運営方法も工作員たちへの教育も下賤で風俗風、大陸流になるのは避けられなかったと思います。

富美が「娘を皇室に差し上げたからには、死んだものと思え、、云々」、と言って、皇室とは一線をひき、皇室に遠慮していたというのは大嘘。

ご成婚前に、美智子と皇太子のために御所と正田家に敷かれたホットラインを使って、毎日のように美智子と富美は電話で会話をしてたそうです。

さらに、美智子がご成婚から出産までの間に実家に帰ったのは10回を超えます。

富美も頻繁に東宮御所に出入りしていました。

富美が、東宮御所にあがるとき、浩宮にはお土産をもっていくけれど、文仁親王と清子さまには何も持って行かなかったのは有名な話です。

管理人は、文仁親王と清子さまはミッチーズの生んだ子供ではなく、お公家さんのお嬢さんがお相手をして授かった親王、内親王という噂は本当だと思っています。だから、浩宮とちがい貴人の品位が備わっていらっしゃるのだと思います。

いつものスライド

反秋篠宮派の連中が、秋篠宮様が美智子と入江侍従長との不倫の子だと言ってますが、いつものスライドでしょう。

なんてったって、国賊入江に似ているのは文仁親王ではなく徳仁2号ですから。

徳仁2号は、堤家の特徴と入江を足して2で割ったかのような風貌してます。

耳の位置が低い徳仁1号は某新聞記者ににているし、「お父さん」が歯並びを直すと「息子」に似てきますね。

徳仁たちの明仁天皇に似た部分は、「成人後に整形した」鷲鼻だけ。

明仁親王にも天皇家の誰にも似ているところは塵ほどもないのに、浩宮徳仁親王が他家の男に似ているのは不思議ですね。

入江は美智子(何号かは不明)と男女の関係であった、勤務態度がわるく飲酒していた、香淳皇太后を苛め奉ったとか、悪い評判しか聞こえてきません。

三島由紀夫は宮内庁を「華族子弟のゴミ捨て場」と書いてましたが、浜尾さんのような忠臣がいた半面、何もしないタイプの職員のほかは、奸臣、逆賊工作員がウヨウヨ涌いていたのが、今も昔も変らなさそうです。

しかしながら、酷い花の生け方です。

大陸夫人の富美は、茶道、華道、などの当時の名流の子女の花嫁修業というものを一切、ミッチーズにはさせていないのがわかります。

その代わり、美智子(たち)を15歳の頃から竹山パーティーなるエリート男性のための婚活パーティーに参加させていました。当時は16歳から婚姻が可能だったのですが、女性は若いほうが高く売れる、有利、という富美の水商売的な発想だったのかもしれません。竹山パーティー以外のところで、堤家のために接待させてたのかもしれませんし、GHQ=CIAのために諜報活動をさせていたのかもしれません。

富美は手帳に何やら書きためていたらしく、「これが世間に公表されたら、、、、」

膨大な数の人間がこまることになる、世の中ひっくりかえる、と豪語してましたが、富美がCIA工作員兼、堤家の妓生接待の元締めなら納得がいきます。日本の要人たちの弱みを握っていたのでしょう。

かつて中国皇帝へと送った貢女のように、ゆくゆくは寄生した帝国の支配層の妻に、と考えますが、しかしながら、正田美智子は、三島由紀夫をはじめ、エリートとお見合いしても惨敗。27人目で波多野という男性と婚約するも、皇太子妃になれる見込みが出ると破棄。その後、波多野氏は自殺したといわれていますが、本当でしょうか。

雅子も不倫相手が中東で「流れ弾にあたって」亡くなっています。あの当時の状況だと暗殺以外にありえないそうです。

カルトの奴婢

話しは飛びますが、アメリカにシスコ・ウィーラーさんという方がおられます。

彼女は闇のカルトの世界で非嫡出子として生まれた方で、イル美ちゃんからの脱会者であり、隠れたフランクリン大統領の子孫だそうです。

風貌もフランクリン大統領に似ており、マリリンモンローに似た美女だそうです。

そして、マリリンも実はシスコさんと同じく、カルトの性奴隷だったと証言されてました。シスコさんは、エリートの血統なので、脱会しても脅迫はされましたが殺されることはありませんでした。カルトにも、いろいろと決まりがあるようです。

シスコさんは、エリート男性のための性奴隷として生まれたときから「調教」されてきた女性でした。こうした調教を受けた女性たちを、エリートたちは「子猫ちゃん=キティ」とよんでいたそうです。

シスコさんは、幼少時から幼児性愛者のために奉仕していたため、「本体」は6歳から生理が始まったとかかれてました。シスコさんは「調教」によって多重人格となったため、自分のことを「私たち」と称します。

彼女は、カルトの生贄殺人の儀式にあるカルト儀式に参加したり、トルーマン大統領と会った人格もあり、ケネディ大統領が殺されることを知っている人格もあったそうです。さまざまなアメリカの闇の部分を見てきた人です。

スウェーデンと日本の「テクニック」を教授されるほか、エリートとデートするために、食事の仕方、歩き方、マナーなどのほかに、音楽や芸術や哲学などの教養などさまざまな教育と躾を受けたそうです。

そして、自分が多重人格者であることに気が付くと自殺するようにプログラミングされていたそうです。シスコさんは自殺を図ったことがあります。

そういえば、ハリウットで自殺を遂げた俳優さんもいましたね。ロビン・ウイリアムズさんです。この方は、とある映画の中で「キティ先生」という役を演じていました。

話が長くなりましたが、こうしたカルトの性奴隷の女性たちの、マインドコントロールを担当した医師は、シスコさんによるとナチスドイツで洗脳を専門に人体実験をしていた科学者の生き残りでアメリカに亡命したメンげレ博士の流れを汲むそうです。

奴隷たちは、それぞれ『双子』となる相方のパートナーがおり、二人一組でペアになりお互いを監視したり行動したりするそうです。ナチス時代に人体実験では双子をつかったそうですが、その名残だとか。テレパシーである程度意志疎通ができるようにしているとも書かれました。

アンソニー サマーズの「マリリン モンローの真実」という、マリリンのすぐれた評伝があります。
f:id:e-vis:20170217094100j:plain
作者のサマーズさんは、マリリンとかかわった人たちを綿密に取材をして本を書かれています。その中で、マリリンと、フランク・シナトラやケネディ家、ケネディ家とマフィアとの綿密な関係には触れていますが、イル美ちゃんに関するカルト的な情報や要素は完全に排除しています。マリリンを調べていて触れないはずはないのですが、地雷を避けたのでしょう。

でも、シスコさんの証言や自伝を重ね合わせると違った絵が見えてきます。

『マリリン・モンローの真実』の後半部分に、マリリンと親しい関係だった女性が頻繁に出てきます。マリリンとは互いに依存しあい憎悪しあい、そしてロバート・ケネディを取り合った時期もある仲のようです。

上記のシスコさんの証言に照らし合わせると、彼女はマリリンの『双子』の片割れだったのかもしません。

そして、マリリンの精神科の主治医だった博の娘が、著者のインタビューの中で、マリリンのことを美しくて儚い「蝶」にたとえてたのが印象に残っています。

第二次世界大戦後、ソ連とアメリカがナチスドイツの下にいた優秀なナチスドイツの科学者たちを戦利品として分け合いました。

ソ連もアメリカも、戦後、宇宙開発が一気に進んだのはこのためだそうです。

超大国がわけあった戦利品の人材には、人体実験やマインドコントロールの研究に秀でた恐ろしい科学者もいたようです。

これらの科学者は戦犯になることなく、ナチス狩りに追われることもなく、大国に保護されながらナチスドイツ時代からの研究をつづけ完成させたものもいて、その研究の一つがマインドコントロールだったそうです。

話をシスコさんに戻しますが、シスコさんのようなカルトの性奴隷の女性たちは、カルトの生贄殺人を含んだ儀式の司祭・魔女としての役割のほか、要人の性接待だけではなく、要人の恐喝に使われたりするそうです。

彼女たちは「モナークスレイブ(子孫に記憶を伝えることができる絶滅した蒼い蝶)」と言われてたそうで、コードネームとして、一人一人に宝石の名前がついていたそうです。シスコさんは「カメオ」だったとか。

妓生は奴婢でしたが、シスコさんも自分たち「モナークスレイブ」は奴隷であると明確に証言してます。「モナークスレイブ」は「マインドコントロール」でコントロールされたカルト版の妓生という感じみたいですね。

こうしたカルトの性奴隷を、シスコさんは「CIAの蝶」と呼んでました。

2組で動くミッチーズ

ミッチーズを見ていると、ご成婚前は、

・富士額で顔幅が平たく広い、小鼻の張りがめだつ美智子

・生え際にムラがあり、顔の幅がやや狭く、顔のパーツが中央に寄りぎみで、鼻の幅がやや狭い、目つきの悪い「ヤンキー」美智子

ご成婚後はミッチー4号と5号、など

徳仁さんも、1号(上段)と2号(下段)がいて、、、

ほかにも美智子やナルちゃんはいましたけど、基本的に何組かのペアで動いているのかもしれません。

正田富美は、あきらかに大陸からアメリカの工作員だったと思うのですが、洗脳とかカルトの血統などとは直接関係ないかもしれませんが、片目のダヤンさんの寄稿内容や、富美の言動やミッチーズに共通する水商売臭い趣味や言動をみるに、大陸でキッシンジャーのようなエリート専用に、シスコさんたちのような役割をしていたことは考えられますね。

そしてダヤンさんのご指摘通り、富美は闇のプランナーたちの手法をあきらかにまねている気配があります。

正田美智子の母、美人の正田富美の若いころの写真があるはずですが公開してませんね。

一目で職業がわかってしまうようなもので、とてもとても公表できるものではないのかもしれません。

あるいは、富美の若いころはブロンドだったのかも??

あるいは、満州帝国で活躍していた女優や歌手だったのかも??

wikiなどに記載されている富美のプロフィールはあてにはなりません。副島家に戸籍を売ってくれと言いに行く人でしたし、もともと、戸籍がなかった可能性がある人ですから。

複数の女たちが入れ代わり立ち代わり、正田美智子に化けて公務をこなし、明仁親王に侍り、公式の場で理想的な家族を演じ子供たちを伴って姿を見せる。

※皇室掲示板よりお借りしてます。

身長がちがう美智子。平成<<昭和

※明仁皇太子と人形をだいて撮影に応じる美智子。「礼宮を抱く美智子様」らしい。

日本人の常識の範囲を超えていますが、目的を持った諜報組織の書いた計画にしたがって動くプロの工作員チームであると同時に、皇太子担当の妓生集団ととらえるなら、彼女たちの行動に納得がいきます。ようはプロの朝鮮風の娼妓でありプロの工作員なのでしょう。

「皇太子妃美智子様にタバコに火をつけてもらった」と証言する新聞記者もいましたね。

良家の子女だった女性、ましてや親王妃のすることでしょうか。

「皇太子妃美智子様」たちは、ご成婚前は、大陸時代の正田富美のように大人の男性の接待の経験がある女性だった可能性があります。シスコさんのように諜報活動や接待をしていた可能性があります。もちろん、どの「美智子様」も非処女だったでしょう。

日本では、玄人の女性と、一般の女性とはいちおう線引きが昔からあります。

が、美智子たちを見ていると、女学生をしながら、その傍ら15歳からダンスパーティーや大人の男性の接待?、などをしている匂いがあるというのは、ちょっと日本社会の枠から外れていますねね。監督者の富美の影響かもしれませんが。

鳩山一郎が朝鮮女性に産ませた子供がルーピーで、息子夫婦に育てさせたのは有名な話ですね。

さらには、ルーピーの実父が笹川良一ではないかという疑惑もあり、、あくまで疑惑ですが、、

戦前から、平成の現在まで、おびただしい数の貢女とも妓生ともつかない異国の女性たち、富美や美智子のような女たちが、権力者の枕席に侍り奉仕し、結果、少なくない数の子供ができた可能性があります。

魔境のある群馬

北朝鮮とズブズブの福田家や正田家のルーツのある群馬県。清原元選手が覚せい剤を仕入れに行った群馬県。

平成になってから、何度か美智子は群馬を訪問しています。

実家のルーツがあるところだからというのもあるので思い出深い土地なのでしょうが、群馬の館林にミッチー牧場のような場所があってここで美智子たちが養成されたた可能性はありますね。あるいは、今では引退したミッチーが暮らしているかもしれません。

昔から朝鮮では妓生を育成する養成所があったそうですが、孤児院とも養成所ともつかない養成施設が、もしかしたら、群馬の館林にあったのかもしれませんネ。

明仁皇太子と正田美智子のテニスコートの出会いは、長い年月と多数の人間と巨大な組織による戦争に匹敵する規模のプロジェクトであり、二人の出会いは偶然の出会いでもなければ運命の恋でないことは確かそうです。

そして、GHQ・CIAの工作員チームとしてはじまったチーム「正田美智子」は、平成になって中韓へと軸足をかえましたが、一貫して複数の中国朝鮮族の女どもによって構成された・明仁さん担当妓生の屋号なのではないのでしょうか。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=958


23. 中川隆[-12034] koaQ7Jey 2019年2月20日 15:58:55: b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
▲△▽▼


2018.01.07
続・美智子様の真実Pミッチーズの今
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=964


ゾルゲ事件をしのぐ陰謀だった「皇太子妃に正田美智子」

富美の死後

平成になってすぐに富美はなくなります。

そして、富美の死後からミッチーズの暴走が露骨になった気がします。

56億の宮殿を必要もないのに建てさせたり、欧州へ用もないのにフルムーン旅行に行きローマ教皇のバカンス先へ押しかけてゆき会ってもらう、天安門事件以降世界中から総スカンされていた中国へ天皇をつれて訪問する、、

最大の暴走が皇太子妃に小和田雅子を入れたことでしょう。ご成婚式には君が代を排除するという異様なご成婚式になりました。

富美が監督していれば、ここまでひどくはなかったような気がします。

小和田雅子が徳仁親王の妻になり、「御優秀な雅子様」の化けの皮もはがれると連鎖して「すばらしい美智子様」の化けの皮がはがれ始めました。

そして、堤家も2代目になってから、ミッチーズも堤家も富美の死後からはアメリカから中国へ軸足をうつしたのかなと思うのですがどうでしょう。

堤家があっけなく没落し、何の暴力装置も動かなかったこと、治外法権にちかい形だった堤家があっさり有罪になったことなどからみて、もう堤家や美智子はアメリカ・CIAなどの強者に見捨てられ見限られた感があります。

気に入らない記事を書く出版社には、街宣右翼を出版社に押しかけさせ、ヤクザを使って実弾を撃ち込ませ、女性ジャーナリストを美智子自ら恫喝し、退職する直前に「急死」した入江をはじめ、数多くの宮内庁職員や関係者、マスコミを粛清してきた美智子の暴力装置は、今はもう機能していないとおもいます。

Sponsored Link

美智子は昭和の時代、4種の神器+2アイテムをもっていました。

1皇室の権威

経済大国に君臨する、世界第一位に位置する王家の権威です。

世界でも英国王やローマ教皇と並びたつ権威です。美智子側に無礼があっても、欧州の王家王族すらクレームが出せないほどの威力を持っていました。

2神託としての機能を持つマスコミ

大衆に対して、淫売を聖女に、下賤を貴族に、加害者を被害者に、白を黒と信じ込ませることができていました。

3堤家の金と暴力装置

※左から吉田茂、操夫人、正力松太郎、堤康次郎

初代の堤康次郎の次代から、官とヤクザと癒着し、土地を強奪して成り上がりました。戦後も治外法権下にあったように法を超越してやりたい放題してきた一族です。

4アメリカ、CIA=GHQ

初代の堤康次郎の次代から、官とヤクザと癒着し、土地を強奪して成り上がりました。戦後も治外法権下にあったように法を超越してやりたい放題してきた一族です。

GHQの占領政策の一環として皇太子妃になった美智子。世界の覇権国家が美智子のバックにありました。いつの時代も、占領国で大きな顔し権力を持つのが、占領軍と体のつながりをもつ女性たちです。ミッチーズたちは、その最上位にいました。

しかしミッチーズは、平成になり、正田富美の死後、アメリカ・CIAから中国・人民解放軍へ軸を移したようです。

補完するものとして、

アイテム1、カトリック

アイテム2 広告、教育、政治、マスコミ、芸能界などの世界で主流であった日本の左翼人脈、

ミッチーズの今

初代の堤康次郎の次代から、官とヤクザと癒着し、一般市民や旧華族皇族から土地を強奪して成り上がりました。戦後も治外法権下にあったように法を超越してやりたい放題してきた一族です。

アメリカ、CIA=GHGHQの占領政策の一環として皇太子妃になった美智子。世界の覇権国家が美智子のバックにありました。

いつの時代も、占領国で大きな顔し権力を持つのが、占領軍と体のつながりをもつ女性たちです。ミッチーズたちは、その最上位にいました。

皇太子の妻として明仁皇太子とご成婚した「ピアスをしている」「お多福顔の美智子」は、占領国アメリカの支配層の男性の愛人、オンリーさんだった可能性があると思います。

1皇室の権威

結局、今、機能しているのは、皇室の権威、のみではないでしょうか。

だまされている方が多いですが、ジリジリ拡散し続けています。

2マスコミ

マスコミは凋落しSNSに敗北しました。安倍批判をし安保反対を誘導し、生前退位や愛子様優秀伝説を宣伝しても羊たちは踊りません。アメリカですらヒラリーを大統領にできませんでした。

3堤家

堤家は没落し、暴力装置は機能していません。

陸上自衛隊をアゴで使うほどの権力を持っていましたが、結局はアメリカの使用人にすぎませんでした。

4アメリカ・CIA=GHQ

AIIBは中国を覇権国家にするための装置でした。が、日本は加盟せず、英国が加盟したあと、ウオールストリートの激怒を買い、その後、中国市場が暴落。それはそれは綺麗なナイアガラの滝になりましたね。

近代化以降、中国10億人のマーケットの夢にかられて、中国工作員に乗せられて排日運動をしたり、欧米は莫迦な選択ばかりしてきました。

今もそうですが、欧米人は日本人と朝鮮人と中国人の区別がつかず、中国=日本の10倍のマーケット、日本人が10億人いるみたいな国だから伸びるだろう、朝鮮半島にしても、南北とも貢女をくれるし賄賂をくれるし、いいんじゃね。経済成長も日本でできたんだから中国も半島もできるだろ、と思ってたのではないかなとおもいます。

が、あけてビックリ、だったのではないのでしょうか。

詳しい事情はしりませんが、アメリカのエリートさんは閨閥つくったりして、ずいぶん入れ込んでたみたいですね。アメリカのロック家さんの覇権もおわったのではないのかなと、軽く想像。

夫のビルはロックさんの隠し子。バリバリの親中反日だったヒラリー。

おそくらくは「用意された女性」同士のヒラリー大統領誕生に希望を持ってたのでしょうけど、大統領になったのは、女性天皇どころか女性宮家にも反対の安倍ちゃんと仲良しのトランプさん。

男尊女卑のおっちゃんが、ジェンダーを旗印にして皇室典範の改正をするよう美智子のために愛子のために圧力をかけて動くとはおもわないわ。

5カトリック

浩宮徳仁を捨て、秋篠宮さまをとりましたね。

追記:黒髪の宮様夫妻も偽物だとわかりました。カトリック系、中国人工作員と思われます。→詳細はこちらから

常に勝ち馬に乗り続けて生き残るイタリア半島の実利性、現実性はさすがです。

6左翼系

悠仁さまご誕生、安倍政権復活後、右にむかって巻き返し始めています。

止められませんよ。「日本人のための日本人による日本人国家」というあるべき姿に戻るだけの話ですから。次の選挙で、民主も社民も大敗するでしょ。

巨大な風俗業界の頂点にあるのが芸能界でした。タレントも、テレビが凋落して神託としての力を失ったので、おおくのタレントがもとの風俗業界へと戻っていくでしょう。

※パチンコ営業に励む芸能人さんたち。かつてはゴールデンタイムを飾ったスターなのに、、。

トレンディドラマの主役も、、、

今、ミッチーズにのこっているのは、凋落していくマスコミと皇室の権威だけ。

捏造された美智子様伝説だけ。

なので、再びミッチーブームを作ろうと必死でテレビ番組を作ったり、本を出版子弟ますが、美智子の本はさっぱり売れません。

佳子さまの写真集は売れているので、皇室に関心がないわけではなさそうです。

さらに、災害があってもご鑑賞、生前退位したいといいながらベトナムへ行く、天皇に微熱があるのに御静養に出発する、「皇后」の天皇に対する扱いが酷い、など、天皇夫妻の昨今のおかしさから疑問を持つ人も増えてきました。

ネットでは、美智子や雅子の正体、愛子さんの影武者など、サクサク真実が拡散しつつあります。

尿漏れしていた徳仁1号は余命僅か、あるいはもうなくなっているかもしれませんね。

もう、皇位継承問題は我々国民の見えないところで決着はついている気がします。

2号は生息不明。手相に運命線と頭脳線との交差部分に島がありましたね。精神を病んだのかもしれません。生命線が短かったので、もう生きていないのかも。

自閉症の愛子様を偽物にすりかえ「御優秀な愛子様」を女性天皇にという卦もなくなりました。あまりに似ていないし、かりに御優秀だったところで皇位継承権には関係ない内親王からです。

タレントを売り出す方法でマスコミ総出で「御優秀な愛子様」を演出し「愛子様を天皇に」という世論を捏造しようとしたものの、世論は冷たく、さっぱり結果が出ない。

そもそも、仮に本当に本物の愛子様がスーパーガールだったとしても、関係ないもの。

日本国民と天皇家の2700年にわたる絆と、男系で繋いできた世界最古の王家の権威を引き換えにするような代物じゃないのよ。北朝鮮と同じにはいかないのよ。

外堀も内堀も埋められて、あてにしていた援軍も来ず、菊のカーテンに籠城して決裁をまっているのがミッチーズです。

日本国民が美智子を敬愛していたのは、天皇という無二の存在にとって大切な人であり天皇を支えていると騙されていたからです。美智子そのものに価値があったわけではありません。そこを歴代の美智子は勘違いをしていたように見えます。

騙されていた国民が真実を知った時、手を振る群衆は暴徒に変って美智子に制裁を与えるでしょう。

フランス革命にて国王夫妻が死罪になったのは、王妃が贅沢していたからではなく、フランス国王、王妃であるにもかかわらずフランスと国民を裏切ったからです。


http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=964

26. 中川隆[-12014] koaQ7Jey 2019年2月20日 18:53:22 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

美智子妃殿下の実家の正田家は同和部落出身なのか?


皇室関係の噂は皇位継承に絡んでいるので嘘やデマが多いですね。
もし事実だったとしても、宮内庁が必死に揉み消し工作をするので、真偽の判定が難しいのです。


▲△▽▼


皇后美智子(こうごう みちこ、1934年〈昭和9年〉10月20日 - )は、第125代天皇・今上天皇の皇后。皇族。

旧姓名は、正田美智子(しょうだ みちこ)。
明治時代以降初めての民間出身の皇族。

1934年(昭和9年)10月20日、日清製粉勤務の正田英三郎・冨美夫妻の長女として東京帝国大学医学部附属病院で誕生。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%90%8E%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90


▲△▽▼


陰湿な差別の中でカムアウトできない『噂真』最後のタブー『部落出身芸能人』
●レポーター 上原善広
 
 そして最後に触れておきたいのは、ある部落出身者が皇族に嫁いでいるとい
う事実だ。皇族と部落が重なっている、まさに日本最大のタブーなので、報道
されたことは一度もない。ある関係者からその確証を得て今回、わたしは実地
にその部落を見に行ってきた。

何県かということもここでは控えたい。そこは、今は廃れてしまったが、元
は有名な城下町。その人の住んでいた場所の裏にひっそりと、忘れさられたよ
うに白山神社が建っている。その周囲は見事にボロボロのバラック様の建物ば
かりで、N・Aの出身地N地区よりも田舎だけに、そのみすぼらしさはよく目立
つ。もちろん未指定地区になっている。ここの出身者が皇族に嫁いだというこ
とで、指定地区を見送られたのだ。そのため、行政による環境改善はほとんど
入っていない。かつてMと呼ばれたこの地区は、その昔は湿地帯で住みにくい
ところだったと、明治以前の記録に残されている。

 この地域の城跡はここから数キロ離れたところにあるのだが、実際に城があっ
た頃は、この部落の近くまで勢力があった。城の追手門跡は、実にこの部落の至近
に設置されている。長吏や牢番を代々担当してきたのは部落民だったため、昔の城
の近くには被差別部落が置かれることが多かったのだ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 06:02:59 ID:3CJxrDaL0

紀子妃の母親は未指定部落出身じゃないよ。
未指定同和地区出身は美智子皇后だと主張していたのはあなたじゃ
なかった?

それから雅子妃の母方がBなのは有名。

雅子妃の叔父江藤淳の祖父は、甚目寺のすぐ側の旧指定地区の
出身。かつての陰陽師村です。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 14:16:02 ID:zhY9MOuI0

正田美智子(皇后陛下) 館林にある実家の正田家の先祖は小頭半左衛門

小和田雅子(皇太子妃殿下) 母方・江頭家の先祖は石山合戦で穢多身分に落された
              海賊
 
http://mimizun.com/log/2ch/rights/1141816707/           


▲△▽▼


2015年12月30日 ある噂について


噂の真相 二〇〇四年 三月号
                      ●レポーター 上原善広

そして、最後に触れておきたいのは、ある部落出身者が皇族に嫁いでいるという事実だ。

皇族と部落が重なっている、まさに日本最大のタブーなので、報道されたことは一度もない。ある関係者からその確証を得て今回、わたしは実地にその部落を見に行ってきた。

何県かということもここでは控えたい。そこは、今は廃れてしまったが、元は有名な城下町。その人の住んでいた場所の裏にひっそりと、忘れ去られたように白山神社が建っている。その周囲はボロボロのバラック様の建物ばかりで、N ・Aの出身地よ りも田舎だけに、そのみすぼらしさはよく目立つ。もちろん未指定地区になっている。ここの出身者が皇族に嫁いだということで、地区指定を見送られたのだ。そのため、行政による環境改善はほとんど入っていない。かつてMと呼ばれたこの地区は、その昔は湿地帯で住みにくいところだったと、明治以前の記録に残されている。この地域の城跡はここから数キロは離れたところにあるのだが、実際に城があった頃は、この部落の近くまで勢力があった。城の追手門跡は、実にこの部落の至近に設置されている。長吏や牢番を代々担当してきたのは部落民だったため、昔の城の近くには被差別部落が置かれることが多かったのだ。つまり、問題は、皇族ですら、部落民を身内として受け入れているという事実があるということだ。だからこの点に関しては、意外に皇族の方が進歩的といえるのかもしれない。この結婚に関しては、当の皇族本人が強く希望したため、宮内庁をはじめとする周囲も押し切られたとされている。まさに快挙といえる話ではないか。
05f7519e


実話ナックルズ 2004年7月号
J D T      群馬県T部落   文・上原善広
同 和 地 区 指 定 さ れ て い な い 理 由 あ り の T 部 落

群馬県T駅に降り立ったのは午後3時くらいだろうか。私は駅を出ると横を通り 駅舎の裏側に出た。 部落は必ずしも一律全てが悪条件な場所にあるのではない、ということを以前 に書いたが、ここはそれとは正反対。いわゆる今までの偏見どおりの、条件が悪 悪い部落に入るか。 以前の地名は「××町」といい、道端の案内板によると、 昔は湿地帯の中を曲がりくねった道が続いていたので、それで××とつけられたと、道端の案内板は解説している。 ここは非常に説明しにくい部落だが、非常に貴重な部落でもある。なぜなら、ここから女性が一人、皇族に嫁いでいるからである。そもそもこの土地につ いては、ある研究者の方に紹介していただいて知ったのだが、最初は私も半信 半疑であった。しかし今回実地に歩いててみて、それを確信するに至った。

まず、日本有数の企業N社がここから誕生しているのだが、女性はその社長 の娘だった。地元では「粉屋の娘」と呼ばれていたという。何代にもわたって 記録的な成長を続けてきたこのN社だが、それはやはり「差別からの脱却」が まず根本に、怨念のようにあったからであろうと思う。江戸期から商いに奮闘 してきたその歴史は、彼の地にあるN記念館でも辿ることができる。老舗の醤油 屋も現在彼の地にあるが、その醤油屋から分家してできたのがN社である。「こ な屋」と「醤油屋」はいずれも女性の一族の経営で、 故に彼の地ではうどんが 名物となっているが、これは不味いのであまり有名でない。醤油もそう良質な 醤油でなかったと聞いている。

駅の裏にはそれらの工場群が散在する。日本を代表する大企業であるから、本社はずいぶん前に東京に移してあるが、工場は小規模ながらまだこの発祥の残っている。いずれも古い施設だ。その工場の一つをぐるりと回ると、その裏にひっそりと、これもまた古ぼけた白山神社が祭られている。白山神社の周囲には廃屋と呼んでもよさそうな、朽ちかけた家々が並ぶ。ここは女性が皇族へ嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。指定を受けると部落とわかってしまうからである。家々の横を泥川が流れる。

「貴 あ れ ば 賎 あ り」か ら 真 に 貴 も 賎 も な い 時 代へ・・・

私はこのような事実をことさらスキャンダラスに書いて、読者や部落民の劣 情に訴えたいのではない。休刊した「噂の真相」三月号でも書いたが、この事 実を考えると、私たち「平民」よりも皇族の方が先進的ではないかと思うのだ。 なぜなら皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺 の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味しているからだ。 ただ「平民」と「部落民」の結婚差別どころの騒ぎじゃない。無論、皇族や宮 内庁内には数々の激しい抵抗があったと予想できるが、私たちにそのことをうかがい知ることはできない。 私はこの事実を知ったとき「さすがは象徴天皇である」と、心の中で喝采し た。私たちも税金を払っている身である。しかし、この事実は、公表されて初 めて意味を成すことである。公表すればそのまま、差別に対して皇族の先進性 がアピールできるではないか。これをもって「部落解放」を宣言しても良いく らいの、画期的な「事件」なのだから。

しかし、それはされなかった。そうした事実がまことしやかに広まることもほとんどなかった。一部の研究者や関係者だけの心に留め置かれたのである、 なぜか。 女性が結婚したその当時は、残念ながら差別はまだまだ悲惨なものだったからである。 しかし、これは快挙事であることは間違いない。現天皇が自らの祖先につい て朝鮮半島を持ち出して一騒動になったことはまだ記憶に新しいが、今思えば 彼らしい自由な発言であるといえる。そして今回の皇太子による「雅子のキャ リアや人格を否定する動きがあった」という発言は、この父にしてこの子あり 、真に勇気ある堂々とした発言だ。周囲の関係者や宮内庁職員の方が、天皇家よりも閉鎖的で前近代的なのだろう。正に皇室の新時代の幕開けと見て良い。

私は今まで松本冶一郎の「貴あれば賎あり」を信じてきたが、これからはそんな古臭い言葉なんか放棄したい。真に、貴も賎もないのだとしたい。 こうした事実を、この稿で堂々と具体的に公表できたらいいのに。そして地 名も堂々と公表することができたとき、部落解放は成されたと見ても良いと私 は思う。 彼の地を歩いたその夜、たいしてうまくない田舎町の飯と酒と女だったが、 それはたいそう私のはらわたに沁みた。彼らの「歴史的な結婚」の四十年に乾杯 しようではないか。
http://blog.livedoor.jp/royalfamily_picture/archives/1047288071.html


【緑カラスの独占ビジネス:館林の部落=美智子妃の実家=正田家=日清製粉等とカーギルが独占する、食物産業】2013/08/15
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-194.html


美智子妃の実家である正田家は日清製粉の創業者です。


■正田醤油

正田醤油株式会社(しょうだしょうゆ)は、群馬県館林市栄町にある醤油の老舗メーカー。

米穀商が投機的であると考えていた三代正田文右衛門が、千葉県野田町の二代茂木房五郎より醤油醸造業を勧められ、醤油醸造業を創業した。館林の正田記念館に二代茂木房五郎より贈られた醤油醸造に関する経営指導書がある。屋号は「キッコーショウ」。

日清製粉の創業家として知られる皇后美智子の実家の、本家筋であることでも知られる。

2010年12月に、主要子会社の正田食品株式会社と正田フーズ(旧ヤマト産業株式会社)を統合。

■正田家

徳川家の菩提所である群馬県新田郡世良田長楽寺の伝えるところによれば、正田家の祖先は新田義重の家臣生田隼人となっている。天正年間、生田義豊は徳川家康に謁し、新田、徳川の郷土に関する旧記由緒を上申して知行を受け、命により生田を正田と改めた。

後世、世良田にいた正田家の人が館林に移って商人となり、これが館林における正田家の始まりである[2]。それは、延享、寛政の頃といわれ、四代を経て正田文右衛門と称し、以後累代これを襲名した。

正田家は代々「米文」の暖簾のもとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく、なく大阪方面まで聞こえていた。弘化の頃(1844年 - 1847年)には名主の職にあり、名字帯刀を許されていた。

祖父・文右衛門(3代)(商人)
文政元年(1818年)7月に生まれた文右衛門(3代目)は正田家“中興の祖”といわれている。
文右衛門は明治6年(1873年)米穀商を辞め、醤油醸造業を始めた。

父・作次郎 1846年(弘化3年)生〜1871年(明治4年)5月没
母・幸(長家の長女)1850年(嘉永3年)年生〜1922年(大正11年)4月没
野州足利付近の小生川の長家の長女として生まれた[6]。長家は代々代官をした格式の高い家柄であった[6]。広大な宅を構え常に名僧、学者、画家、俳人などが食客として出入していた[6]。渡辺崋山なども一時寄食していたことがあった[7]。

妻・きぬ(群馬県、正田文右衛門(5代)長女)

長男・明一郎 1899年(明治32年)
長女・はる 1898年(明治31年)
二男・建次郎(数学者・大阪大学長、武蔵大学長)
二女・勅子(化学者・東京大学名誉教授水島三一郎夫人)
三男・英三郎(実業家・日清製粉名誉会長)
三女・祐子(和歌山県、実業家脇村禮次郎夫人)
四男・順四郎(実業家)
四女・千鶴子
五男・篤五郎(学者・東京大学教授)
五女・和子

孫  彬、紘、美智子皇后、修等

(Wikipediaより)

下記の部落問題・人権事典ー群馬県のサイトによると、正田家の祖先が仕えた新田家のあった場所は部落であったとあります。

http://www.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%B7%B2%C7%CF%B8%A9

上原善広というノンフィクション記者が「実話ナックルズ」という雑誌で下記のように指摘したように、部落出身である可能性は高いと思います。

雑誌『実話ナックルズ』にて『JDT 日本の路地を歩く』という連載を執筆しており、2004年7月号に発表した「群馬県T部落」で群馬県の未指定地区を取り上げ、「ここから女性が一人、皇族に嫁いでいる」「ここは女性が皇族へ嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわかってしまうからである」「皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味している」と書いた。

(Wikipediaより)

部落を差別する目的でこの記事を書いている訳では無い事を先にお断りいたします。

むしろ、部落を利用して来たコミュニストの一部であるイエズス会などの巧妙な手口を暴く目的で、この記事を書いています。

Wikipediaで正田家のいた新田家を遡っていくと、源 義重(みなもと の よししげ/新田 義重 にった よししげ)に始まり、源 義重を遡って行くと、なんと、藤原不比等に行き着いてしまいました。

■藤原不比等

藤原 不比等(ふじわら の ふひと、 斉明天皇5年(659年)- 養老4年8月3日(720年9月9日))は、飛鳥時代から奈良時代初期にかけての公卿。藤原鎌足の次男。文献によっては史(ふひと)と記されている場合もある。『興福寺縁起』『大鏡』『公卿補任』『尊卑分脈』などの史料では天智天皇の御落胤と書かれる。諡号は文忠公、国公は淡海公。

(Wikipediaより)

この人物は、以前の北朝、南朝の記事で取り上げましたね。

長男:藤原武智麻呂(680-737) - 南家祖
次男:藤原房前(681-737) - 北家祖
三男:藤原宇合(694-737) - 式家祖
四男:藤原麻呂(695-737) - 京家祖

みなさんも新田義貞の先代をWikipediaで辿ってみてください。

名無し先生からは、部落問題は中途半端な知識で記事にするとケガをすると釘を刺されていますから、ここでは深追いしません。

■株式会社日清製粉グループ

株式会社日清製粉グループ本社(にっしんせいふんグループほんしゃ、Nisshin Seifun Group Inc.)は、日清製粉グループの持株会社である。

業種が異なる日清紡績とは人的関係がないものの、現在は根津財閥出身企業として相互出資を行なっている。また、山崎製パンとは資本関係があり、両者相互に出資している。

日清食品・日清オイリオグループとは過去も現在も資本・人材を含め一切無関係。3社とも著名な食品企業なので注意を要する。日清医療食品も無関係である。

1900年(明治33年) 正田貞一郎らによって、群馬県邑楽郡館林町(現館林市)に館林製粉株式会社として設立される。

持株会社 日清製粉グループ本社

グループ・関係会社 製粉 日清製粉 - フレッシュ・フード・サービス - ヤマジョウ商事

加工食品 日清フーズ - 大山ハム - 日清製粉プレミックス - マ・マーマカロニ - イニシオフーズ - タイ日清製粉

酵母・バイオ オリエンタル酵母工業 - パニーデリカ- OYCフーズネット - 日本バイオリサーチセンター - 北山ラベス - オリエンタルバイオサービス - オリエンタルサービス - ケービーティーオリエンタル

健康食品 日清ファルマ

ペットフード 日清ペットフード

その他 NBCメッシュテック - 日清丸紅飼料 - 日本ロジテム - 日清エンジニアリング - 日清サイロ - 阪神サイロ - 千葉共同サイロ

関係会社 日清紡ホールディングス(相互出資)

かつての関係会社 日清キョーリン製薬(杏林製薬に吸収)

関係人物 正田貞一郎(創業者) - 正田修 - 皇后美智子(創業者の孫)

(Wikipediaより)

この正田家は、美智子妃の家系です。

上の日清製粉グループに千葉共同サイロという会社が有ります。

その会社サイトに行くと、主要取引先にカーギルジャパンという会社が入っています。

http://www.kyodosilo.co.jp/outline.html

スクリーンショット 2013-08-15 9.44.16


カーギルに関しては、有名過ぎて、何も説明する必要は無いと思いますが、

カーギル (英語:Cargill) は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市近傍のミネトンカに本社を置く穀物メジャーの1つである。穀物のみならず精肉・製塩など食品全般及び金融商品や工業品にビジネスの範囲を広げている。

カーギル社の企業形態は、株式の全部をカーギル家とマクミラン家の関係者が所有する同族企業であり、非上場企業としては世界最大の売上高を誇る。秘密主義であり、情報の公開を義務付けられる公開会社としていない。

20世紀に資産が6000倍になる成長をしている。

(Wikipediaより)

このカーギルがモンサントと組んで遺伝子組み換えでF1種を世界にばらまいていることも有名です。

■モンサント (企業)

モンサント社 (Monsanto Company,NYSE:MON) は、アメリカのミズーリ州 クレーブクール(Creve Coeur, Missouri)[3]に本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。

2005年の売上高は62億ドル、2008年の売上高は110億ドル、遺伝子組み換え作物の種の世界シェアは90%。研究費などでロックフェラー財団の援助を受けている。

また自社製の除草剤ラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売している。バイオ化学メーカーとして世界屈指の規模と成長性を誇り、ビジネスウィーク誌が選ぶ2008年の世界で最も影響力があった10社にも選ばれた。

カーギル - モンサントと組み、遺伝子組み換え作物の販売拡大を行っている。

(Wikipediaより)

このように、TPP反対もクソも無い訳で、日本の食物はすでに牛耳られているのです。

日清製粉をはじめとする日本企業、大手商社はモンサント、カーギルと組み、日本の食物を握っている。

その日清製粉の創業者である正田家は、平成天皇=明仁の妃である、美智子の実家。

日本の食物関連は緑のカラスが担当しています。

要は、ここで価格を釣り上げられているわけですね。

白黒はっきり分けられないのですが、美智子は緑のカラスと無関係ではないのです。

天皇陛下バンザイとか言っている人達は、緑のカラスバンザイに変えなければなりませんね(笑)。

トウモロコシなどの穀物を牛耳るという事は同時に、牛、豚、鳥といった、すべての肉類を牛耳る事を意味し、

これらの動物から得られる乳製品、卵等も牛耳っている事を意味します。

さらに小麦、大豆といった穀物も牛耳っていますから、パン、豆腐、お好み焼き、タコヤキ(笑)・・・・ほぼすべてを牛耳られているのです。

しかも天皇家の人達に。

これでも、アナタハ、カミ(天皇)ヲ、シンジマ〜スカ?

洗脳されているという自覚は持てませんか?

あっ、イエズス会、コミュニストのこと、置いて来ちゃいましたね。

部落などの差別をされている人達に取り入って利用するのが彼らの得意技なんです。

被差別者の日本人に対する憎しみ、恨みを利用し、ついには乗っ取らせる。
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-194.html

館林の部落=美智子妃の実家=正田家=日清製粉等とカーギルが独占する、食物産業その2 Wed, October 30, 2013
https://ameblo.jp/masayukisatomura/entry-11658986774.html


この正田家は、美智子妃の家系です。

上の日清製粉グループに千葉共同サイロという会社が有ります。

その会社サイトに行くと、主要取引先にカーギルジャパンという会社が入っています。

http://www.kyodosilo.co.jp/outline.html

カーギルに関しては、有名過ぎて、何も説明する必要は無いと思いますが、

カーギル (英語:Cargill) は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市近傍のミネトンカに本社を置く穀物メジャーの1つである。穀物のみならず精肉・製塩など食品全般及び金融商品や工業品にビジネスの範囲を広げている。

カーギル社の企業形態は、株式の全部をカーギル家とマクミラン家の関係者が所有する同族企業であり、非上場企業としては世界最大の売上高を誇る。秘密主義であり、情報の公開を義務付けられる公開会社としていない。

20世紀に資産が6000倍になる成長をしている。

(Wikipediaより)

このカーギルがモンサントと組んで遺伝子組み換えでF1種を世界にばらまいていることも有名です。

■モンサント (企業)

モンサント社 (Monsanto Company,NYSE:MON) は、アメリカのミズーリ州 クレーブクール(Creve Coeur, Missouri)[3]に本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。

2005年の売上高は62億ドル、2008年の売上高は110億ドル、遺伝子組み換え作物の種の世界シェアは90%。研究費などでロックフェラー財団の援助を受けている。

また自社製の除草剤ラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売している。バイオ化学メーカーとして世界屈指の規模と成長性を誇り、ビジネスウィーク誌が選ぶ2008年の世界で最も影響力があった10社にも選ばれた。

カーギル - モンサントと組み、遺伝子組み換え作物の販売拡大を行っている。

(Wikipediaより)

このように、TPP反対もクソも無い訳で、日本の食物はすでに牛耳られているのです。

日清製粉をはじめとする日本企業、大手商社はモンサント、カーギルと組み、日本の食物を握っている。

その日清製粉の創業者である正田家は、平成天皇=明仁の妃である、美智子の実家。

日本の食物関連は緑のカラスが担当しています。

要は、ここで価格を釣り上げられているわけですね。

白黒はっきり分けられないのですが、美智子は緑のカラスと無関係ではないのです。

天皇陛下バンザイとか言っている人達は、緑のカラスバンザイに変えなければなりませんね(笑)。

トウモロコシなどの穀物を牛耳るという事は同時に、牛、豚、鳥といった、すべての肉類を牛耳る事を意味し、

これらの動物から得られる乳製品、卵等も牛耳っている事を意味します。

さらに小麦、大豆といった穀物も牛耳っていますから、パン、豆腐、お好み焼き、タコヤキ(笑)・・・・ほぼすべてを牛耳られているのです。

しかも天皇家の人達に。

これでも、アナタハ、カミ(天皇)ヲ、シンジマ〜スカ?

洗脳されているという自覚は持てませんか?

あっ、イエズス会、コミュニストのこと、置いて来ちゃいましたね。

部落などの差別をされている人達に取り入って利用するのが彼らの得意技なんです。

被差別者の日本人に対する憎しみ、恨みを利用し、ついには乗っ取らせる。
https://ameblo.jp/masayukisatomura/entry-11658986774.html
 

27. 中川隆[-12008] koaQ7Jey 2019年2月21日 09:13:12 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

以上、長いコピペでしたが、皇室、創価学会関係とユダヤ関係の投稿は統合失調症やパラノイアの患者の電波の場合が多く、真偽は全く不明です。
あくまでも参考だと思って下さい。
28. 中川隆[-11997] koaQ7Jey 2019年2月21日 14:24:34 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

2015年12月24日
皇后陛下の母方祖父について
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1973637.html

BBの覚醒記録。さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7a600bbceb460d5584caf68186d920e0
<転載開始>

半ば休載あるいは不定期更新を標榜している最中、検証する時間がないので、必要最小限の記事です。ご寛恕くださいませ。

まず、正田美智子嬢入内にあたって、時の宮内庁長官が「(美智子さんの母、冨美さん=)副島家の調査をすべきであった」と慙愧の念を漏らしていることに触れておきたいと思います。

何らかの、不審点があってこその上記の言でしょう。

ということを前置きに・・・・

以上の資料はおそらく丹念に読みこめば、あるいは何かが掴めるのかもしれませんが、それは読者さまがたの慧眼にお預けするとして、今回拙ブログ主は一つのことだけを指摘するにとどめたいと思います。

記事が読みづらい人はURLにある画像をクリック、拡大してお読み下さいませ。

http://www.dosuko.com/bbs/img/1409117690.jpg

佐賀藩における副島が下級武士で、醤油(と酒)の醸造販売を行っていたというくだりに着目しました。

当然、誰もが連想するように醤油は美智子さまの父方、正田家の家業でもありました。

そして、その工場は被差別部落エリアにあり、部落の人々が多く信仰する白山神社が祀られてあることから、正田家の部落説、醤油の醸造に部落民を使っていた、という2説が生じ、拙ブログでは今の段階では、いずれの説にも絞り込んでいません。いまだ追求の途次にあります。

ただ、副島家のなりわいで感じるのは正田と同じ、醤油醸造に携わっているなら、現場にいわゆる穢多非人という非差別の人々が、やはりいたのではないか、と。

そして、正田、副島と群馬と佐賀に隔たった両者を結びつけたものは、なんであったのだろうか、と。

公表レベルの話では、どこぞのキリスト教関係のミサで美智子さまの父上が、母上である、当時19歳であった副島冨美氏を見初めたと。

出会った場所がカトリックの場であるのなら、おそらく両者カトリックの洗礼を受けていたであろうし、冨美氏の臨終洗礼は宮中にある美智子妃の立場を糊塗するためのフィクションではなかろうかと想像します。

冨美氏は上海の少女期に「英語のお稽古に、修道院に通っていた」とあります。
だから洗礼を受けていたとは短絡しませんが、カトリック的なるものに少女期から親しんでいたとは言えます。そしてその後伴侶と出会うのもカトリックの場であるのなら、まずご本人がカトリック教徒ではないでしょうか。

そして現在ミャンマーにいる正田姓の某ご親戚の女性もカトリックであることはブログ主は掴んでいて、とにかく祖父母、弟妹、親戚まで総カトリック。

こんな一族郎党カトリック一色の中にあり、美智子さまだけが未受洗ということは、まずあり得ませんね。

国民と宮内庁、そして昭和天皇皇后両陛下に嘘をついての入内であった、ということになるわけですが本稿の趣旨はそこにはなく、正田、副島を結びつけたのは醤油、ではなかったかという可能性についてです。

正田の実家が、穢多非人という人々を現場で使っていたなら、副島も醤油醸造の現場では彼らを使っていた事が考えられるわけです。

すると、両家の接点は醤油ということであり、ひょっとして醤油醸造に関わった被差別部落の人々という・・・・端的に言えば「部落」というキーワードを共通して持つのではないか、という・・・・。

朝鮮人は朝鮮人と、被差別部落の方々は同じ血の人と水面下でつながりあい、婚姻も往々にして同じ相手と結びつく傾向があります。
表向きは解らなくても、裏事情を知っていれば部落同士の婚姻、朝鮮人同士の婚姻であるというケースがあります。

だから、美智子さまの出自が、というごとき性急な結論は出しません。

ただひとつのデータとしてご記憶ください。

小和田雅子さん入内になぜ、部落解放同盟が関わったのか、ということも念頭に置いてください。

美智子さま、雅子さまとお二人を考察するとき、遠くはGHQ,そしてカトリックと創価学会、部落解放同盟・・・・がいやでも背景に見えて来ざるを得ないのです。
更に小和田家は三代前しか家系が辿れぬこと、小和田の実家は北朝鮮部落のエリアにあったらしいことが、小和田家居間の金正日花と併せて思われます。


北の将軍、金正日(キムジョンイル)花

念のため申し上げておきますが、部落だから悪いというごとき偏狭な価値観で申しているわけではありません。

ただ現実、何か問題が生じる場合、その人物が朝鮮の人であったり部落であったりと、データ的に確率が高いのは事実です。
暴力団の構成要員を見れば、一目瞭然ですね。部落出身が一番多く、
ついで朝鮮人。日本人は10%程度しかいません。

ちなみに、連合赤軍の田村高麿は諸事見るに北朝鮮の出身ではないかと、疑われるのですが、小和田の実家がこの田村高麿の家の隣であったと漏れ聞きます。以下は想像による物言いなので、心得てくださいませ、ひょっとしてそこは北出身が多く住む朝鮮人部落ではなかったのでしょうか?

田宮高麿の遺骨は、田宮の兄が北朝鮮から持ち帰り、田宮家の菩提寺である新潟県新発田市の瑞雲寺の墓に埋葬された、と記録にありますが、新潟県新発田市は小和田恒氏の出生地です。


ハマナスは雅子さんのお印。

自分の手形の碑を作らせる勘違いと厚顔、下品。


皇太子夫妻は結婚の儀の時も、雨に祟られたか・・・・・


上記の記事が読みづらければ、URLにある画像をクリック、拡大してお読みください。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1235096344687.jpg

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1235096344687.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/fanny_valentine/imgs/4/e/4e5d0608.jpg

小和田恒氏は、中曽根内閣の時に「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁しました。

「国賊である」と渡部昇一氏はじめ、まっとうな保守論者たちは断言しています。
拙ブログ主も心から、そう思います。売国奴だと。

その「国賊」の娘がなにゆえ、宮中に入れたのか。部落出身の元総理に発端が遡るわけですが、内部で熱心だったのは美智子さまであったと聞きます。
なぜ? よもや「部落」というキーワードはそこになかったろうな・・・・という
疑念が一抹脳裏をよぎらないわけではありません。


名家・旧家であるはずなのに冨美の母親名が不明のふしぎ。 ⇒ あや、けふ、という名は拾えるようです。どちらが正妻なのかは不明。


あの時代に、室内土足。今でさえ、珍しいのでは?
日本人は室内に泥を持ち込むのを忌む清潔感があります。

ハイヒールを履いた娘より背が高い正田冨美さん。

両親弟妹全員、図抜けて背が高い中、美智子さまだけ突出して低い。
それでも162センチ。当時の女性としては大きい。

皇太ssiの極端に短い足と低身長は、いったいどこからの遺伝因子?
今上陛下も長身ではないが当時の男としては普通で、足は長い。

いえ、単なる疑問でとりわけ意味はありません。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1973637.html


▲△▽▼


2018.02.27
【皇室】正田富美の美容院、美智子の美容院
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=13970

正田富美の謎

謎の多い美智子の母

正田美智子の母・正田富美。謎の多い方ですね。

伏見氏の検証など合わせてをまとめると、、、

・皮膚の白さと170センチちかい身長の高さ(1948年の日本女性の平均身長は152センチ、男性は160センチ)、顔立ちからみて白人とアジア人のハーフではないのか。

・実子であろう、長男、次男、次女がいずれも西洋人なみの長身。英国人に血が入ると長身になるらしい。

・大陸夫人、上海夫人といわれていたが、富美は、上海にいた日本人ではなく、中国人、あるいは、中国朝鮮族ではないのか。

・正田家の家族写真を見るに土足で生活していたようだ。上海租界の生活スタイルではないか。

・正田家での食事会は、いつも中国料理だったらしい。

・皇室にたいして敬意なるものがみじんもない。「いいたいことを言わせてもらいました。あちらがよく辛抱されたと思うくらい」。

・幼い正田美智子の耳にピアス、学生時代の正田美智子の耳にもピアス。この時代、耳に穴が開いていたのは中国系か、あるいはパンパンとよばれる進駐軍を相手にした女性だけ。

ピアスホールがありますね(左)

女学生がピアス、

・女性は16歳で婚姻可能だった時代、15歳の正田美智子を竹山パーティーなるエリートのための婚活パーティーに参加させていた。良家とは思えない。

・正田美智子の特技は英会話、ダンス、テニス。西洋人あいての妓生ならこれでもいいとおもうが、日本の良家の未婚の子女がたしなむはずの、茶道、華道、料理、などの花嫁修業は一切させていない。教育方針が水商売臭く、日本の家庭のものとはかけ離れている。

・あれだけの美人なのに、富美の若いころの写真がでてこない。富美の女学生時代の写真もでてこない。若いころは金髪に染めたりして、上海で舞台女優、あるいは高級コールガールなどをしてたのではないか。

・富美の言動を見るに、日本人らしいことろがない。

などなど、、、

上海と佐賀と正田富美

そしてこちら、『上海に生きた日本人』という本があります。

上海支店長だったという富美の父の情報を得られるかと思って期待して読んだのですが、この中には副島の名前は出てこなかったですね。

皇太子妃、皇后となった美智子の母と祖父母が、上海に駐在していたことがあるとなると、そのことについて触れているんじゃないかと思うのですが、日本人租界の世話役などをみても副島姓の方は見当たりませんでした。

伏見氏のブログで、伏見氏の読者様から、正田富美が佐賀の副島家に「戸籍を売ってほしい」と談判にきたというリークがありましたね。

すくなくとも、富美とその両親は、佐賀の士族の副島家とは関係ない人のようです。

無題 Name 名無し 16/12/26(月)23:02 ID:O/IoBGSU No.1860659

写真の公開は宮中三殿をお参りしてからという、皇室のしきたりがあったそうでこれは守らねばならない信仰の話ではないの?

そうしたら、牧野女官長のお怒りももっともだよ
ミテ子は、風邪をひくと叱られたとか本質を隠してこの話をわざと矮小化している

… 無題 Name 名無し 16/12/26(月)23:09 ID:UfQf.ZDQ No.1860665

悠仁様ご誕生にあわせて宮中三殿を改築し参拝させなかった基地外女。この女の強い意志を感じる。

以上

しっかり、霊写真が写ってますね。ああ、怖い。

心霊写真らしきものは、こちらでまとめています。

無題 Name 名無し 16/08/13(土)00:56 ID:YFe7T21U No.1724462

>ナルちゃんは小さいころ「うちのままをいじめるな」と女官の前に仁王立ちになったそうですね。
牧野女官長に散々いじめられたって週刊誌で宣伝していましたね。
この女官長が良子さまや高松宮妃秩父宮妃にすぐにちくるって書いてありましたね。

… 悪役は、皇族.華族!…by.上海母娘 Name 名無し 16/08/13(土)01:59 ID:mQtzS5DY No.1724548

河原敏明の本でしたか…三婆(香淳皇后、喜久子様、勢津子様)と牧野女官長がいつも集まって、若く、美しく、人気者の美智子さまの悪口を言っていた…と書いていました。

ストラッグル富美に「牧野さんをどう思うか?」と河原が尋ねたら、心の広い富美さんは、「あちらも、私の実家と同じ《佐賀の葉隠れ》(士族)ですから。」と、庇ったとか….。

聖女の母娘でいらっしゃいます。(吐き気)…

無題 Name 名無し 16/08/13(土)02:08 ID:CXYEG2IA No.1724551

わらっちゃうわね、佐賀藩藩主のお嬢様つかまえて「同じ」とはね。

自称士族の実はなんだかよくわからない佐賀のエタ部落の小娘がw

以上

旧主の姫を「あちら」よばわりしていますね。本物の佐賀藩士の士族では無さげですし、言動が日本人の常識とかけ離れています。

やはり、小泉家のように、勝手に士族の姓を名乗ったのでしょう。

富美の行きつけの美容室

富美は、与儀美容室に通っていたみたいですね。

与儀美容室さんは、ホテルオークラに入る前は、王長徳さんという中国オーナーのビルに入っていたようです。

王さんのビル内に美容室があったころ、富美が定連として通っていました。皇室ご用達になったのはその縁でしょうか。

富美は上海夫人といわれていましたが、ビルのオーナーの王長徳さんは、上海から日本にやってきた方です。

富美が髪を結っている間、美智子は、ビルのオーナーの王さんの応接間で時間をつぶしていたそうな。普通の御客とは違うあつかいだったのかもしれませんね。

中国人のオーナーとは、中国語で会話できるので、気安かったのかなとおもいますし、美容院がいわゆる仲間であり、中国系工作員どおし連絡する場であったのかもしれず、、、。


闇市の帝王 七尾和晃

第五章 封印された「戦後」P208〜

ところで、虎ノ門のホテル・オークラにテナントを構えている与儀美容室も戦後の一時期、王の黄色合同会館に店を構えていた。

与儀美容室は現在も、皇室ご用達として日本でも有数の格調高い美容室である。王は回想する。

「与儀八重子さんは沖縄の出身で、そこで銀座で沖縄料理屋を3件も経営していた宮城あきこさんの紹介でうちに入ってきたの。昭和27年から33年くらいかな。ワンフロアを月に35万円くらいでかしていました。髪を結わう女の人の椅子が10くらいあったんじゃないですか。

結婚する前の正田美智子さんのお母さんもきてましたよ。で、美智子さんは待っている間、私の部屋であそんでおったわけ。三階の社長室は応接間がでかいから、そこに座ったり、本を読んだり、雑誌を読んだり。

その美容室には秩父宮勢津子さんもきていて、そうしたら勢津子妃が『あの子を皇后(※原文ママ)にするから』って言って、そんな話がでて1年か2年くらいしたら、本当に婚約しちゃったの。

だから、美容室にもこれなくなったわけよ。皇后(※原文ママ)になるものだから、護衛が付いたっているから」

婚約が発表されたのは1958年11月27日だった。

この与儀美容室を語るときの王は、なによりもそれがわが身の誇りであるかのように懐かしんでみせた。

2006年、王はあるとき、ホテル・オークラの与儀美容室まで出向いたことがあった。

「娘さんたちとはなしたら、母親から聞いたことがあるといって、昔、私のところに入っていたのを覚えていましたよ」

転載以上


「そうしたら勢津子妃が『あの子を皇后(※原文ママ)にするから』って言って、そんな話がでて1年か2年くらいしたら、本当に婚約しちゃったの」

ここ、気になりますね。正田美智子の入内には勢津子妃をはじめ旧華族は反対してましたね。

外人である中国のかたの記憶から引っ張ってきたものですがから、語彙や意味が実際は微妙に違っていたかもしれませんが。

皇太子ご成婚までの時系列

1958年

08月19日 明仁皇太子と正田美智子が軽井沢のテニスコートで「出会う」

1959年

11月17日 ニューズウイークが皇太子妃決定の配信「テニスコートの恋」

11月24日 宮内庁公電をもって館林=正田家に通知

11月27日 皇室会議

1960年

2月6日 国会 昭和34年内閣委員会議事録より

「国会も何ら御結婚について知らされておりません。」

1959年

4月10日 明仁皇太子ご成婚

1960年

2月23日 第一男子浩宮徳仁親王

宮内庁から、皇室会議より先に正田家に決定の通知を出してますね。

つまり、明仁皇太子が私的に結婚した貴賤婚だったということです。なので、美智子は明仁さんの妻という扱いで、妃としてみとめられていませんでした。

ベルギー王葬儀のおりのテロップ 明仁天皇の妻ショーダ・ミチコ

話を美容室に戻しますが、、、

皇室ご用達美容室


与儀美容室:ttp://www.yogi.co.jp/concept/index.html

ようこそ与儀美容室へ。

「その人本来の美を引き出し、その日の元気と生きる勇気を与えるのが美容の真髄です。」

これは創業者与儀八重子が最も大切にした言葉です。
1948年、銀座に開業してから60余年。
多くの賓客の皆様に支えられながら、ここホテルオークラ東京の開業と共に道を歩んで参りました。
変わらぬ理念は、「私たちは美の職人である」という言葉。
一見華やかな世界ではありますが、ずっと変わらない美しさのスタンダードを追求し、
伝統と先進を見据えながら、大切に守ってきた本物の技術こそ、他に比類なきものと考えています。

それは表情として見えてくる美しさはもちろん、
お客様のお人柄や内面からくる美しさも引き出すことにつながっていく。
それが私たちの願いでもあり、自信でもあります。

何代も大切に受け継がれてきたもの、そして多くの賓客の方々を大切に、
これからも守っていくべき美のスタイルがここにはあります


皇室ご用達の与儀美容室。

敷居が高そうですが、価格表を見ると、場所も格式も高いのに意外に安いんですね。

今でも、佳子様、眞子様がお出ましになるといご用達の美容室ですが、、、。

しかし、ここで違和感がでてきますね。

・美智子は複数いた。

・紀子さまも今は偽物。

・眞子さまは2度、偽物とすり替わった。

・佳子様も怪しい。

このことに気が付いていないはずないと思うんですが、、、、。

ナルちゃんのご成婚式のおりの雅子の髪を結わえたのも、ここの美容室だそうでで、雅子とは、面識がなかったので、報道されていた雅子の写真をあつめて研究した、そうです。

ちなみに、ご成婚後も、子供や夫を連れて正田美智子が頻繁に通ったとされるのが、聖イグナチオ教会でした。三笠の宮信子(旧姓麻生)さんもミサに通っているというリークをコメント欄にいただきました。

美智子も信子さんも、ともにバリバリのクリスチャンの家系であると同時に代々、敵国工作員の家系です。

※詳細はこちらから

こうした「お仲間」どうしの連絡場が、聖イグナチオ教会だったのかなと思う節がありますが、闇市の帝王といわれた王氏のビルに入っていた美容室など、ほかにも、不思議なスポットがあちこち探せば見つかりそうです。

2人の正田美智子

オカメとヤンキー・2人の正田美智子

なんどもご紹介させていただいてますが、御成婚前の正田美智子は、少なくとも2人いるんですけどね。

・富士額で顔幅が平たく広い、小鼻の張りがめだつ「オカメ顔ミッチー」。

こちらは、「ヤンキーミッチー」。額の生え際がまばらで面長、顔のパーツが中心によっています。

ともに、耳にピアスをしています。

正田家の長女として育ったのが、目つきの悪い生え際のまばらなヤンキーのほうで、何らかの理由で(例えばあまりにヤンキーミッチーが下品すぎて皇太子妃は無理という判断がされたとか、、)、オカメ顔が正田美智子としてテニスコートに送られ、謀略どおり、ご成婚したのだと思われます。

明仁さんからのプロポーズを受ける前に、聖心女学院世界大会のために渡欧した美智子もオカメ顔のほうでしょう。

無題 Name 名無し 17/03/29(水)18:57 ID:EtXAUIfk No.1950988

一人旅のはずなのに・・・ だれが写真をとってくれたの?

ポーズつけて明後日向いて・・・プロがとってみたいねw…

無題 Name 名無し 17/03/29(水)19:22 ID:WPytAxZo No.1951006

すげーな。この当時、外国に行ける金持ちのお嬢様 恋に悩む乙女ドラマ仕立てで国民は熱狂したんだね。
華子さまはフィーバー起きないように五輪の騒ぎの間御成婚。

… 無題 Name 名無し 17/03/29(水)19:26 ID:E24hWAek No.1951014

ミテコさんの人生はドラマみたいですもんね。

長男の嫁とりさえうまくいっていれば、私らネット民だって一生だまされてたかもしれない。

以上

ご成婚前の美智子のご用達の美容室

東京・川島美容室

そして、もう一つ美容室があります。東京にある川島美容室。

※こちらから転載させていただいてます

以上

記事を抜粋すると、、、、

・東京芝白金台町・川島美容室、開業して24年目。

・従業員は4人、住居の2階にちょっと手を加えた、古めかしい建物。

・ご婚約発表の前日、川嶋美容院へ来店された正田美智子さん。後ろが川島さん。

・聖心女学院に在住のころから熱心に通っていた。

・正田さんのお母さんも、月に2〜3回通ってくる。

・下のお嬢さんは最近お客さんになった。

白金の川島美容室で髪を結ってもらっている正田美智子は、絶壁の頭部と耳からみて、おそらくはご成婚したオカメ顔ミッチ―ではないでしょうか。

川島美容室に通ていたのが、オカメ顔で、与儀美容室に通っていたのが、ヤンキーのほうのミッチーだったのかなと。

オカメ顔が皇太子の妻になることに内定したので、正田富美や次女も通うようになったのかな、と。

愛子さんのダブルたちは、学習院の行事にその姿がみられるので、複数いるダブルたちは学習院の同級生でしょう。

ともに、聖心女学院の写真がのこっているので、オカメ顔とヤンキーミッチーは、愛子さんと影子たちのように、おなじ学校の同級生だったかもしれません。

まとめしだい、UPしていきます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=13970


29. 中川隆[-11993] koaQ7Jey 2019年2月21日 14:55:30 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

皇后さま82歳「生前退位」に衝撃 お可哀想な美智子様!
http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/442970102.html


皇后さまが82歳にもなって、
衝撃をお受けなさる。

なんてお可哀想な美智子様!

て、報道を額面通りに受け取る人が、
おそらく国民の99%だろ。

あとの1%て120万人。

いやいや、皇室ブログ読んでる人が
そんなに居る訳がない!

そう考えたら、恐ろしくなった。
皇后さまの後ろ盾は、無知な国民なんだから。

皇后さまの自出

皇后さまは、どういうお人なのか?
これ、基本中の基本。

母は大陸夫人いわれた、正田富美子。
朝鮮系の中国人。

父は正田と思いきゃ、
在日の堤康次郎。西武の創立者。

そう、不倫の子です。皇后さま!

写真を見れば一目瞭然。
皇室ブログをググって見て!

そして、正田家は部落民の出。

ために、皇后さま15歳から婚活するも
二十数回見合いして、すべて断られる。

これ、当時の国会でも問題になりました。 

加えて、カトリック信者!
耶蘇教を隠しての入内です。

なぜこう言う事になったのか?


日本を弱体化したかったアメリカの意向がありました。
それと、小麦粉。日清製粉とGHQつるんでました。

ですから、結婚の報は米国が先なんです。

ええとこの娘とはいいながら、
皇后さま、お茶もお花も知りません。

御徒町をうろつくヤンキーでした。
"やばい"が口癖だったそうです。

もひとつ、15歳で婚活パーティーいうことは
男知ってるてこと。

パーティーはダンスが付きもの。
男はズボンのポケットにバナナ入れたりします。

これが佐伯晋に繋がります!

皇后さまの入内

テニス場の恋とかなんとか、
GHQの嘘とカトリック信者総出のたくらみで、

みごと入内した皇后さま。
これ見て下さい。

欧州王室の報道の有様です。

今上;Emperor Akihito and  Michiko Syouda
東宮;Prince Naruhito and Masako Owada
秋篠宮;Prince Akisino and Princess Kiko
皇后さまと股子は、妾扱いなんです。

卑賤の出と、欧州王室は全てお見通しなのね。
皇后さまは、欧州では末席に座らせられます。

報復に皇后様、ロイヤルブルー着用も
他の女王と同色衣装の使用も好きなままにしてます。

個人ならかまいません。
皇后さま、日本を背負ってます。

と、しかし、皇后さま入内の最大の罪・害悪は、
佐伯晋の子種を宿していたということです。

皇太子のDNA鑑定、必須です。

皇后さま、入内の年に里帰り10回。
これ、佐伯晋との逢引でしょう。

昭和天皇に注意されました。

当然皇族間の評判は悪くて、 
立后会議は見送られます。

入内はしたけれど、
皇后さまは、皇后陛下ではないのです。

 
しかし、佐伯晋の朝日新聞が援護します。

「昭和天皇が、即位したときから、
側妾(そくしょう)制度が廃止されたのだから、
天皇の奥さんは一人しかいない。
だから、【立后会議】は必要ないんじゃないか」と。

日本では、なし崩し、今も皇后さまではない
皇后さまを皇后陛下と看做しております。

皇后さまがヤったこと これからヤる事

皇后さまがヤっことは、
欧州王室との信頼関係をズタズタにした。
だけではありません。

昭和天皇が崩御されると、
すぐに、
"災害のあった時には、国民がテントを張れるように..。"
と天皇が丹精込めた昭和の森を伐採。

更地にして、56億円で宮殿を建てる。

バレて非難されると、
"失語症"になったと嘘ついて引きこもり。

香淳皇太后への復讐。
御所にPC70台配備。
秋篠宮家に10年間の産児制限。
悠仁様誕生祝に、暗殺示唆するベビーシューズ片方。
朝鮮飾りの皿帽子。
法王に見立てたマント服。
祭祀の簡素化、廃止。
天皇と並んで歩く。或いは前を。
マスゴミ使っての、アテクシ上げ。



いま、天皇を操って"生前退位"表明。

愛子天皇推進。
自虐史観拡散。
無用の慰霊の旅。サイパンで朝鮮人慰霊碑にぬかずく。
無用の災害地訪問。
股子を入内させる!

ま、上げたら切りがないか。
皇后さまは、鬼婆です!

ミテコといい股子といい
つくづく嘘つきチョンとは
関るべきでないなと、オモフ。
http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/442970102.html

30. 中川隆[-11987] koaQ7Jey 2019年2月21日 16:23:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

2018.07.17
美智子様の影武者D堤家と皇室
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=810

「皇后美智子様」は、複数の女性がなり替わっていらっしゃる可能性があるのでは、との疑惑があります。その複数の女性たちは、どこからきて、何が目的で、そして何者なのでしょうか。

ミッチーズの父は共通して西武グループの創立者の堤康次郎ではないかという噂があります。調べてみると、これが、結構、本当臭いのです。

まず風貌が似てます。

ザ・ミッチ―ズと堤家

ミッチーズが、互いによく似ているのは、父親が同じか、同じ一族ではないかという憶測が成り立ちます。

徳仁親王 ミッチー2号が生んだ親王

ミッチー2号

ミッチー3号

ミッチー4号

ミッチー5号

ミッチー7号

堤義明氏とミッチー7号

番外編の謎の女官ミッチー6号

どこのだれかは存じませんが、よくにておいでです。

それぞれ、どこか似てますね。

正田家と美智子

美智子様は、、、

・美智子様の戸籍上の母の富美と、康次郎氏の不倫の子説

・正田家の美智子が死亡し、富美の愛人の堤康次郎の落胤を引き取りすり替えた説

いろいろありますが、ようは、戸籍上の正田家ではなく、堤家のお子様であることが根強い説となっております。

美智子様は、正田家兄弟の中で、一人だけ低身長。

一人だけ成績が悪い、一人だけ顔が違う、などいろいろありますが、当時の上流階級の皆さんの間では「堤康次郎と富美の不倫」も「美智子が正田家の娘でないこと」も「正田が新平民であること」も「美智子が整形している」ことも「富美が大陸育ちの朝鮮人女性であること」も「みんな知ってた」とのこと。

上流階級の旧華族の証言

※お借りしてます。

【読者様の証言】東京の名門階級が語る【50年前からの公然の秘密】としての【美智子 托卵】、転載フリー – 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

モモンガ@慶応出身様

ボロが出まくりですね。
はじめまして。いつも拝見させていただいてます。

私の祖父母と両親は、昔から正田美智子を心底軽蔑しています。もちろん、私もです。(此の方と小和田雅子においては、はなっから皇族とは思っていません)

子供の頃より、正田家と正田美智子の事は聞かされていました。また、私は麻布出身でその界隈で「タブー」として語られていたことが、インターネットの時代になり真実が表に出て大変嬉しい限りです。

祖母・母・姉が学習院、また友人にも学習院出身が多く、美智子が部落出身であること、整形をしていること、【托卵】・・・・私たち仲間はインターネットが普及する前から知っていた事実です。

今は秋篠宮様御一家の弥栄を祈るほかありません。

※続きはこちらから

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/994840aae9ec36f2d6f94afa2b28d10b

「私たち仲間はインターネットが普及する前から知っていた事実です。」

「私たち仲間はインターネットが普及する前から知っていた事実です。」

「私たち仲間はインターネットが普及する前から知っていた事実です。」

「私たち仲間はインターネットが普及する前から知っていた事実です。」

「私たち仲間はインターネットが普及する前から知っていた事実です。」

堤家の出自 滋賀の部落らしい

コメント欄より

初めてコメントさせていただきます。

堤康次郎の下りを読み思わず「あっ」と、声が出てしまいました。

私の実家は西武の地元に代々住む家で、祖父や父、親戚の叔父達から堤がどのような手段であの辺りの土地を手に入れて成り上がったかを聞いて育ちました。

御多分に洩れず部落です。

昔から西武グループはそちらの人達が多く働いています。それより何より堤清二と美智子さんが似ていると、確かにそのように見えますが、他にもよく似た人物を思い出しました。

記事中にあるように、康次郎が女色に耽ったのは事実で地元の芸者に産ませた子供を見知っています。この人物が見事に美智子さんに似ています。

垂れ下がった康次郎譲りの鼻、腫れぼったい瞼に眉と目の間が広くあいている所も。何かパズルのピースが嵌っていくようで、少し身震いいたしました。

(以上)

滋賀の部落に住み着いた朝鮮人らしい

※お借りしてます
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/47d9f1deb9151b8f6efeb299aebe217b

★驚いていることは、今、堤家の本を資料として、数冊読み込んでいますが、堤義明が、「堤王国」が崩壊する過程で、
ある「事件屋(総会屋と暴力団の中間的存在)」から、「質問趣意書」を突き付けられます。主に「堤王国」が崩壊した「株名義偽装事件」のことですが
箇条書きにされた質問事項のトップが「堤家のルーツは半島人であるのは事実か?」と言うものでした。
「総会屋」も「事件屋」も経営者を脅して、なんぼの商売ですから、質問されて、経営者が鼻でせせら笑うような、いい加減な質問はしないものです。
部落民の堤家は先祖が朝鮮半島から来て、滋賀県の部落に住み着き、定住した可能性は高いです。これも、国民例外無しのDNA鑑定を義務付ければ簡単にわかることです。

※詳細はこちらから
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/47d9f1deb9151b8f6efeb299aebe217b

堤古墳

鎌倉霊園には堤康次郎の巨大古墳があります。昭和天皇陵の2〜3倍の大きさになるそうです。

これをみたとき、やはり朝鮮の方なんだなと思いました。

朝鮮の方々は墓相にめちゃくちゃ凝るそうです。某霊能者が、李方子さんにお墓を見てほしいと頼まれて土地の鑑定にいったと書いてました。墓相のよい墓を暴き、自分の祖先の遺体や骨とすり替えることもあるそうです。

この霊園に正田家の墓もあり、当然富美の遺骨も治まってます。

「死してもなお、おそばにいたい」

のでしょうか?

だとしたら、寝取られ続けたうえに、死後も似た立場にある正田氏の立場がないですね(笑)

皇室と堤家

捕捉として、秋篠宮家は第2子佳子さまご誕生以来、ミッチーと雅子が、秋篠宮家に「今後、子供を作るな」と、前代未聞の産児制限を強いられてきました。

産児制限を強いられたのは秋篠宮家だけではなく、高円宮家も第三子出産後、宮内庁より子供を作らないようにいわれたそうです。

以下の時系列をみると、堤家が皇室に影をおとしていたかがわかると思います。

1960年

明仁皇太子と正田美智子、ご成婚

1961年

03月23日 明仁皇太子、第一子、徳仁親王誕生

1963年

皇太子の妻美智子が第二子を懐妊するも、胎児が奇形化し掻把。

半年間の御静養に入る。半年後、姿を現した美智子は身長が20センチは高くなり、耳は小さく顔の高い位置になり、身体のゆがみはなくなり、小顔の長身美人に変った。早い話が、別人に。

流産前

流産後

1964年

4月26日 

堤康次郎死去

1965年

11月30日

明仁皇太子に第二子・文仁親王誕生

皇太子明仁に「第二子をつくる、お許し」が出た可能性あり

2000年

【皇室】

ある側近は皇后さまに「秋篠宮家にも男児を…」と申し上げたら、皇后さまは

「紀子ちゃんがどんなに苦しむか…佳子ちゃん懐妊の時に遠慮もなく、と言われて、どんなに苦しんだか…」

と嘆息しておられた。(文芸春秋2010年)

2003年

1月

【清子さま】次兄の秋篠宮文仁親王の友人での黒田慶樹と再会。

12月

【皇室】湯浅利夫宮内庁長官が(天皇の意の下で)第三子を要請

【東宮家】翌日、雅子倒れる。

2004年

【堤義明】2004年に入るとマスコミへの露出が急激に増加。

1月

【清子さま】黒田氏の求婚を受け承諾。

2月

【清子さま】黒田氏を天皇夫妻に紹介(正式の婚約発表は12月)

【皇室】湯浅利夫宮内庁長官更迭

4月

【堤義明】辞職。

西武鉄道が総会屋に利益供与をしていたことが発覚(→西武鉄道総会屋利益供与事件)し、経営の総責任者の座を降りた。

但し辞職したのは西武鉄道の会長職のみで、ライオンズのオーナー、コクド(2006年にプリンスホテルと合併し消滅)会長には留まった。

5月

【皇室】皇太子が雅子の人格否定を非難

10月

【堤義明】すべての会社の役員から辞職。上場廃止処分。

有価証券報告書への虚偽記載の責任を取り、コクドおよび西武鉄道をはじめとする、すべてのグループ会社の役員職から辞任する事を発表した。

これは後に西武鉄道証券取引法違反事件へと発展し、株式上場をしていた西武鉄道・伊豆箱根鉄道は東京証券取引所から上場廃止処分が下される。

12月

【清子さま】婚約を発表

予定は11月だったけど災害を憚って延期。

【秋篠宮家】反論。

秋篠宮様インタビューで(雅子の人格否定発言)逆襲。

2005年

03月

【堤義明】3日。逮捕

西武鉄道株式に関する証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載、インサイダー取引)の疑いで東京地検特捜部に逮捕。

【清子さま】19日 納采の儀

【堤義明】23日、東京地裁に起訴

04月

【皇室】湯浅利夫宮内庁長官、依願退官

10月

【堤義明】27日 有罪確定・執行猶予4年

一審の東京地裁にて懲役2年6月、罰金500万円、執行猶予4年(求刑懲役3年、罰金500万円)の判決。義明側・検察側とも控訴せず、判決どおり有罪が確定。

【秋篠宮家】受診。

紀子さまの掛かりつけである愛育病院の関係者がその内幕を明かす。
「次の子を考えています」と内々にご相談があったのが秋頃でした。
ただ、ご相談があったからといって何か特別なことをしたわけではありません。
大事にしましょう。自然なかたちでお生まれになるのを待ちましょうとお話ししました。(週刊文春2006年2月23日号)

11月

【清子さま】ご成婚

賢所皇霊殿神殿に謁するの儀。朝見の儀。結婚式。披露宴。

2006年

【堤義明】執行猶予中9月

【秋篠宮家】悠仁親王誕生 各地で瑞祥が現れる。

www.youtube.com

でも、ミッチーズは闘う気満々ヨ。美智子は秋篠宮家をマスコミにバッシングさせ、呪いの靴を贈りました。

ミッチー「片方は棺に入れてあげるわ!」

でしょうか?

さすがは、ピストル堤の娘たち。

2009年

10月

【堤義明】執行猶予期間満了。

2015年

裁判所「46億円払ってネ」

堤さん「、、、、、、」


西武鉄道、約46億円支払い確定 虚偽記載巡る株主訴訟:朝日新聞デジタル

西武鉄道が2004年に有価証券報告書の虚偽記載を公表した問題をめぐり、株価が下がり損害を受けたとして、株主が計約370億円の賠償を求めた4件の訴訟で、同社側に計約46億円の支払いを命じた二審・東京高裁判決が確定した。

最高裁第二小法廷(鬼丸かおる裁判長)が22日付の決定で、個人株主や機関投資家と、西武鉄道側の上告をそれぞれ退けた。高裁は株価下落分の10〜15%を損害と認定していた。

4件の訴訟をめぐっては、最高裁が11年、株主の損害額について「株の取得時と処分時の価格差から、経済情勢や会社の業績など虚偽記載と無関係の下落分を差し引いた額とする」と判断。この基準で損害を算定し直すよう、審理を二審・東京高裁に差し戻していた。差し戻し後の高裁は、株を売却したために出た損害のうち、10〜15%が公表による損害額だとした。


「旧コクド株を手放してネ」

堤さん「、、、、、、」


西武 堤義明氏に「旧コクド株を手放せ」と非情な最後通牒│NEWSポストセブン

元西武グループ会長の堤義明氏(81)が窮地に立たされた。堤氏の資産が買い叩かれ、“王国”からの完全追放を余儀なくされようとしている内幕を、8月31日発売の週刊ポスト(9月11日号)が報じている。

堤氏のグループ掌握の手法には独特の仕組みがあった。上場企業の西武鉄道は、未上場で実質堤家の持ち株会社だったコクドが支配する資本関係にあった。そのコクドの筆頭株主として堤氏はグループを資産面で支配した。

こうしたワンマン経営が仇となり、2004年に有価証券報告書の虚偽記載が発覚して西武鉄道は上場廃止、堤氏はグループの全役職を辞任した。

その後のグループ経営を引き受けたのがメインバンクであるみずほ銀行出身の後藤高志氏。後藤氏は米投資会社サーベラスに増資を引き受けさせて筆頭株主とし、グループを再編。西武ホールディングス(HD)が設立され、後藤氏が社長に就任するとともに、創業者一族である堤家は追い出される形になった。

しかし、“歪な親子関係”は残っていた。NWコーポレーション(NW社)という会社がある。前身はコクドであり、今も西武HDの株を約15%保有し、サーベラスに次ぐ第2位株主に名を連ねる。堤氏にとって自身と西武をつなぐ最後の接点といえる。

だが、NW社の持株会は7月末、「所有株の返還」を案内した。

昨年4月、西武HDが再上場し時価総額は8550億円(8月25日終値)に膨らんでいることから、単純計算してNW社の株にはその15%の資産価値があると考えられる。1株に換算すれば6000万円になるという。だが、NW社が設定した価格は1株30万円だった。西武問題に詳しいジャーナリストは同誌にこう語っている。

「西武HDはこれまでも上場企業を未上場企業が支配するという歪な構図を修正してきたのですが、NW株返還の動きもその一環です。NW社の株主は堤氏の“家臣”ともいえる人ばかりですが、彼らから株を取り上げ、持株会のメンバーを入れ替えれば、堤氏は孤立する。西武側は最終的に堤氏も手放すことになるはずと踏んでいるのでしょう」

堤氏のNW社の所有株数は757株(発行株式全2099株の36%)で、1株30万円としても約2億3000万円もの大金が手に入る。堤氏は持株会の一員ではないため、NW株を売却する場合はこれより高額になると考えられるが、それでもかつて3兆円の資産を持っていた堤氏への“手切れ金”としては非情な最後通牒といえよう。

同誌は西武HDやNW社など関係各所にも取材し、見解を聞くとともに、堤氏の近況も報告している。

(以上)


2016年

堤さん「226億払うわ」


堤義明氏らが西武側に226億円賠償へ 訴訟の大半が決着

堤義明氏らが西武側に226億円賠償へ 株主訴訟めぐり

西武鉄道の有価証券報告書の虚偽記載で株価が急落したとして、同社とプリンスホテルを相手取り株主が起こした損害賠償請求訴訟をめぐり、現在、西武鉄道の親会社の西武ホールディングス(HD)は10日、堤義明元コクド会長に請求していた約226億円すべてが支払われることになったと発表した。

堤氏と旧経営陣4人が、保有していた西武HD株の売却益などから計約255億円を支払う。残りは裁判の遅延損害金に充てる。西武HDはこの金額を16年1〜3月期決算に特別利益として計上する。かつて上場していた西武鉄道などが株主から起こされていた損賠訴訟は十数件あったが、訴訟の大半が決着したため、西武HDは昨年8月、同社がそれまで支払ってきた金額を堤氏らに請求していた。

西武HD関連株をすべて手放した堤氏は「会社に資産の提供を申し出、身をゆだねることとした」とのコメントを発表した。(野口陽)

(朝日新聞デジタル 2016年2月11日02時56分)

西武HD関連株をすべて手放した堤氏は

「会社に資産の提供を申し出、身をゆだねることとした」

とのコメントを発表した。

以上

ミッチーと雅子

この二人、性根も育ちも生まれも似ているのだけど、お帽子のかぶり方もソックリよ。読者様のご指摘があったので、気が付いたのですが、帽子のリボンが変です。

リボンが 帽子の最上部の正面中央に赫赫と位置してますが、こういう帽子は普通、被った時、背後の下にくるものだとおもいます。おそらく、ミッチ―は、薄手のお帽子を、表裏逆にひっくり返してかぶり、さらに、リボンが正面頭頂にくるようにしてかぶっていると思われます。昔、花魁さんが豪華な帯を客にみせるため、腹の前で引き結んでいたのを思い出しました。見えるところを豪華にする。ほかはどうでもいい。

下あごを突き出して笑い「おしゃれなワタクシ大成功!」と言わんばかりの笑顔が痛い。

さらにこれ。帽子も前後逆なら、服も前後逆みたいなデザイン。なんでしょうか。ギャグなんでしょうか。
f:id:e-vis:20170109160320j:plain
そしていつののことですが、この人、服にはアホみたいに凝るのですが靴が汚いんです。一流の料亭では靴で客の位を見分けるそうです。

雅子も、堂々と同じことをしてます。掲示板から拾ってきた画像です。

この二人の性格と自閉性の高い病的な性格が、理解できると思います。

やはり、この二人の血の配分は同じでしょうね。なので、美智子は会津藩士の末の出自ただしい紀子様を苛め、無能で下賤な雅子を贔屓したおすのでしょう。

続きます。
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=810



▲△▽▼


2017.12.13
美智子様の影武者F堤家の家風
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=806


ミッチ―ズ★ヨ

正田美智子、佐伯美智子、堤美智子、ほかにも、メンバーがいるの。

写真の写り方によって、変わってくるとはいうものの、、、。

同一人物には見えません。アララララな感じです。

同一人物か否かの判定は、読者様にお任せします。素人には難しいですワ。

このミッチーズの父親と思われる方。それが西武グループの創立者の堤康次郎さん。

伏見氏のブログによると、ミッチー2号が堤康次郎さんと正田富美さんとの間の不倫の子だというのは、上流階級の方たちはみんなしってたらしいですね。

堤家家訓「税金を払うな」

西武・堤家 英雄2代の国盗り物語 – kakunist ページ!

創立者・堤康次郎さん

戦後の、金さえあれば何でもできるし何やってもいい、というのを体現した方。治外法権みたいな立ち位置で、やりたい放題してくれた御方よ。

戦争で焦土になった土地を、官とヤクザとつるんで勝手にわがものにしてのし上がったお方。


堤康次郎 – Wikipedia

康次郎の女性関係は派手だった。下はお手伝いさんから上は華族まで“女”と名のつくものであれば“手当たり次第”だった。お手伝いさんから女子社員、部下の妻、看護婦、マッサージ師、乗っ取り会社の社長夫人、秘書、別荘管理人、旧華族…社員たちの言葉の端にのぼっただけでもざっとこんな具合である。

このあと始末は部下の仕事だった。愛人の数は有名な女優を含めて、正確な数は誰もわからないし、本人もわからなくなっていた。

子供12人というのは嫡子として認めた数にすぎず、100人を超えるという説もある。葬儀には康次郎そっくりの子どもの手を引いた女性が行列を作ったという。

(略)

堤は零落した青山家の姉妹四人をすべて“愛人化”しようとしたという。

青山家の長女は康次郎の好みからかけ離れていたためあとまわしにされたが、あとの三人は美人ぞろいであった。康次郎はまず操のすぐ上の姉から手をつけた。本当は操に強く惹きつけられた康次郎だったが、彼女があまりにも手強かったため姉のほうにいってしまった。そして次が一番下の妹だった。この妹を康次郎が“自分の女”にしたのは、彼が36歳だったのに対して彼女はまだ16歳であった。何年かのち二人とも相次いで身籠った。上林国雄によると

「おわかりでしょう。姉の子が清二さん、妹の子が邦子さんなのです。」という。

(ここまで)


次男さん・堤清二さん

実母は、父の正妻の操さんではなく戸籍上の母の姉妹だったらしいのね。

さらに、最初の奥さんと離婚した要因の一つが、父の康次郎が奥さんに手を出したためらしいことと、戸籍上の母が幼稚園のお子さんを人質にとって離婚を要求したことらしいのね。泣く泣く離婚したらしいわ。

父の複数の「妻」たち、12人の異母兄弟たち。そして、おびただしい数の認知されてない兄弟たち。父の財力と権力に群がる女性たち、そして、父の意向一つで見捨てられる母子たち。

どこを向いても、尋常でない人間だらけという家族と家風から、ひたすら逃避したという感じの御方。小説かいたり、セゾングループを作ったりして、3桁を超すお子様たちの中で、一番、人生に成功した方なのかもしれません。

ちなみに、ミッチ―が生んだ(たぶん)ナルちゃんは、横顔は堤家の方たちに似ているの。でも、正面から見ると、朝日新聞の正田家担当だった佐伯さんにそっくりよ。不思議なお顔よ。

似ているわよねー。

片目のダヤン氏の証言

Bそう云えば、浩宮(告白するには遅すぎたアホの坂田)って、堤(清二)さんに似ている。これは、今回出張で同行した会社役員の妹が、西武百貨店でその堤の秘書をしていた。その衝撃のエピソード。

堤は、その秘書に対し、アホの坂田を「ヒロ君」「ヒロ坊」「ヒロッチ」と呼んでいた。血のめぐりが悪い(理解力がない)のではなく、血は争えない。血は水より濃い。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/eaf740e4e05250e8feb2258cb03f164b

それで、本題に入ります。

この同僚に、「日本から何か面白い保険依頼ってあります?」と、訊いたら。こんな回答。

「先週、アリアンツ(ドイツの大保険会社)から照会があったけど。火災と地震保険の双方でカバーする土地が広大すぎて」すると透かさず、本社の役員が横槍を入れる。「ウサギ小屋に住んでる日本人にそんな土地があるハズない。でも、その保険依頼者って、ブルーブラッド(名門の出)の方?」

「良く判らないけど、セイジ・ツツミと云う名。何しろ、この男の家からインペリアル・パレス(皇居?)まで含まれている」とか。

私の結論は、ミテコの保険会社は、ドイツ資本の「アリアンツ社」。そして、投資銀行は、スイス資本の「UBS」。では。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/5555d957c01607a3a332fa02acf71088

(以上です)

2代目・堤義明さんとプリンスホテル

3桁をこす兄弟の中から、康次郎さんに鍾愛され後継者になった方。実母は、正妻にはなれなかったみたいね。沢口靖子さんをはじめ沢山の女優さんと仲良しみたいね。

堤氏とプリンスホテルの雰囲気がわかるブログさん。

http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-49c1.html

高輪プリンスホテル

ざっくりまとめると、東京都港区高輪にある「高輪プリンスホテル」は、堤義明にとって特別な秘密の場所だったみたい。

政治家や人気タレントなんかを招いては、内緒の会合するための場所だったらしいの。

・高輪プリンスホテル最上階の16階には堤氏専用のロイヤルスイートルーム

・女優さんが大好きで、企画を持ち掛け、まんざらでも無さげだと、お食事に誘う

・さらに、まんざらでもなさげだと、軽井沢、苗場なんかのリゾート別荘へ招待。

・ホテルというより、実質的に、氏専用の使用人つきの私邸。

・その「秘密の館」を現在、頻繁に使用しているのが、他ならぬ小泉純一郎首相。

さらには、

・成人式を迎えた社員さんたちを集めて、別に「成人式」をする。

・新成人の女性社員で気に入った子がいたら、例の高輪プリンスホテル16階のロイヤルスイートに連れ込む。

・堤前会長が女性を招く際に用意しておく『三点セット(趣味のカメラ、避妊具、女性にプレゼントする高級下着)』は常に用意されている。

・愛人たちの別荘への移動は、運転手付の専用車の場合もあるが、人目を避けるため13人乗りのジェット・ヘリ、シコルスキーS−76を利用する時が多い。白い機体に青い線が入り、中には革製のソファが備えつけてある。一時間の飛行料は約百万円と言われる。

※詳細はこちらから

http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-49c1.html

皇室に対して堤家は元朝香宮家の別荘を皇族用のプリンスホテルにして、提供してたのね。 軽井沢+テニス+明仁ご夫妻とセットになるのよね。

マスコミや愚民がみまもるなか、球技で遊んでみせる皇太子夫妻たち。

http://masakosamalove.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

壮年を超えても、ギャラリーの中でテニス

老年になってもテニス

そして、ミニスカ。

無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:28 id:l6AqxPMM No.1711034
>テニスコートでの恋を成就されただけに、天皇、皇后陛下のテニスの腕前はなかなかのものである。
だが、衆人環境の中でわざわざプレーされる必要があるのか、との疑問もわいてくる。

「国民と共にある皇室」を実践されていらっしゃるおつもりなのだろうが、
皇后陛下がショートスカートの裾をなびかせてラケットを振られるお姿を見守る人々の目は、必ずしも暖かいものではない。

… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:29 id:l6AqxPMM No.1711035
>テニスといえば、御所内のコートでは毎日のようにお楽しみになられているが
先帝陛下が崩御され、さらに、皇后陛下のお妹様の大谷智子さまがお亡くなりになったときだった。

テニスは、宮内庁では遊びではなく表芸扱いなのだが、
このときばかりは庁内に服喪のためテニスを当分、控えるようにお達しが出された。

ところが、お三方だけが気になさられることなく、ふだん通りのテニスをされたことがある。
両陛下と皇太子殿下である。

(転載以上)

だれにも知られない祭祀や、忍耐が必要な公務と違い、さしたる努力も忍耐もなく優越と特権を享受しかみしめることができたのが軽井沢のテニス。

多くの人が見守る中で遊び、虚栄心を満たす楽しみ。

病みつきになったみたいね。

「テニスコートの恋」の頃のまま天皇夫妻は固まっているもの。

還暦も超えたのに、ミニスカでテニスをするミッチ―。わざわざ、マスコミ呼んで撮影させ、共同通信を通じて公表しているの。

80歳をこえても、テニス。

元気よね。頸椎を痛めてティアラもつらいほどの、満身創痍にはみえないわ。

若々しいのではなくて、安易に楽しみだけを追求できた年代でフリーズしているように見えるわ。趣味で遊ぶのはいいと思うけど、わざわざ、公表するのはやめた方がいいと思う。威厳がもとめられる地位で年齢の人間が、わざわざ晒すことではないわ。みっともないわ。

軽井沢と明仁夫妻

軽井沢が好きで好きでたまらない明仁親王殿下。

※お借りしてます

1964年7〜10月♡美智子様30才♡ – 雅子様大好き

1961年8月28日 成子さまが亡くなって49日も待たずに経たぬうちにウキウキで軽井沢へ
神道だから四十九日関係ない?エエー?そういう問題?

※続きはこちらから

http://masakosamalove.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

御身内の不幸があっても軽井沢で静養。

航空機がおちても、軽井沢で静養。

火山が噴火しても、軽井沢で静養。

昭和天皇がご危篤でも、軽井沢で静養。

コメント欄より

Hiromi様

4−5人はいるかもしれない美智子さんの影碑グループを北組にならって、【ミッチーズ喜び組】と言うのはどうでしょうか?

「いわゆる皇后さん」と堤家のダークサイドを検証して頂きありがとうございました。
もうお読みになっておられるかと思いましが、Wikiにこんな記載もありました。

【コクド経営のプリンスホテル】

敗戦に伴い行われた皇室離脱後、占領軍によって没収された旧皇族の土地が、日本国と平和条約締結によって日本政府に返還された後、安価で購入し、その土地にホテルを開業した事に由来している

*東京プリンスホテル(東京都港区芝公園) – 1964年開業。徳川家霊廟跡。

*品川プリンスホテル(東京都港区高輪) – 1978年開業。旧・毛利公爵邸跡。

*千ヶ滝プリンスホテル(長野県北佐久郡軽井沢町) – 旧・軽井沢プリンスホテル。プリンスホテルの名の起源。

皇太子・同妃時代の明仁と皇后美智子が最初にテニスをしたこと(いわゆる「テニスコートの恋」)で知られる隠れた名門。
朝香宮の沓掛別邸跡に建てられたもので、買収した堤康次郎が皇室の為に用意した。
1964年からは一般市民の利用は出来なくなり、事実上皇室専用施設となっている。
名前こそ「プリンスホテル」だが、現在、いわゆるホテルとしての登録はされていない。
1980年代に堤義明から非公式に「軽井沢御用邸」にとの計画が持ち上がったが、グループの経営悪化、民間からの献上は受けない定めが法律にあること、後年に堤義明の逮捕もあり立ち消えとなった。
天皇皇后が1990年8月に静養の為訪れたのを最後に現在まで使用されておらず、年に一度のメンテナンスが行なわれているのみ。

もうズブズブの関係だったのですね。
本当に罰当たりな人達です。

(ここまで)

明仁さんも軽井沢で、堤・西武流の接待をうけたのかしら。

「その「秘密の館」を現在、頻繁に使用しているのが、他ならぬ小泉純一郎首相である。」
f:id:e-vis:20160222060740j:plain
その小泉家が、ヤクザさんの稲川会とズブズブというより、稲川会の政治部門が小泉家らしいのね。選挙は稲川会がすべて担当するので、小泉家は一銭も出す必要がないらしいの。対立候補に棺桶をおくったりするものだから、競争相手が共産党くらいしかいなくなったのね。だから、当選するみたい。

堤さんとこのお家も、小泉純一郎の小泉家と同じく、法からも道徳からも自由であったという意味で、ヤクザさんと仲良しというより、ヤクザさんとは線引きが難しいお家に見えますね。ヤクザさんの政治担当が小泉家であるように、ヤクザさんの皇室担当が美智子だとか。そういう感じみたいですね。

以前、

@在日さんの中で反社会的・反日な方々、

A部落だった方々の中で反社会的・反日的な方々、

B反社会的組織のヤクザさん、

@+A+Bが、同種で呼び寄せ合い引き寄せ合い、新しい部落=新部落、を構成しているのではと書かせていただきました。

これらの方たちが、地下で繋がり連携しあい婚姻をしながら結束と連携をつなげていっているこの集団。共通の利己的な気質で結び合う新しい部落。

利得と虚栄のみを追求するゆえ国民を裏切り国を食いつぶす、日本に内在する日本国民の新しい敵「新部落」。

風俗業界という巨大な業界の頂点が芸能界であるように、この「新部落」という集団の頂点にあるのが、正田、堤、小泉、福田、小和田、池田(創価)、たちのように見えるわ。これらの家の方たちが、お金をかけて子女に学歴をつけて要職に就かせ、上流階級家庭の形を整え、お嬢様学校に入れて釣書を整え、ついには、皇太子の妻になったように見えますね。

おもうに、「新部落」の提供するレジャーや、お楽しみにスポイルされ丸め込まれたのが、明仁さんだったのではないのかしら。

もし、仮に仮設通り「美智子夫人」が複数いて、それらが同父姉妹なら、それを承知でいるのなら、かつての、一人の正妃と複数のお妃女官が侍る京都の後宮とはちがい、明仁さんは、「新部落」風のというより、朝鮮馬賊のような雑婚といっていい堤家の家風に飲み込まれたのかもしれません。

第二次世界大戦後、新しい戦争がはじまり、「新部落」と「日本国民」との戦争がはじまり、今に至っているようにもみえます。日本を白蟻のように食い散らしていた「新部落」が優勢とおもいきや神風が吹きます。

そうです。紀子妃殿下のご懐妊。悠仁さまの御誕生。

秋篠宮妃殿下のご懐妊の一報をきき、憮然とする小泉。

そして第二次安倍内閣の発足でした。

ミッチーズの5種の神器とは

1 西武・堤家の資金

2 西武・堤家につながる暴力装置

3 共同通信

4 GHQ&CIAのアメリカ

5 皇室の権威

1 ミッチーズの資金源の一つ西武グループの破たん

堤さん「ATM手放すわ」


堤義明氏らが西武側に226億円賠償へ 訴訟の大半が決着

堤義明氏らが西武側に226億円賠償へ 株主訴訟めぐり

西武鉄道の有価証券報告書の虚偽記載で株価が急落したとして、同社とプリンスホテルを相手取り株主が起こした損害賠償請求訴訟をめぐり、現在、西武鉄道の親会社の西武ホールディングス(HD)は10日、堤義明元コクド会長に請求していた約226億円すべてが支払われることになったと発表した。

(略)

西武HD関連株をすべて手放した堤氏は「会社に資産の提供を申し出、身をゆだねることとした」とのコメントを発表した。(野口陽)

(朝日新聞デジタル 2016年2月11日02時56分)


2 ミッチーズの暴力装置の破たん

山口組さん「何やっても、つかまるねん」
f:id:e-vis:20160222033724p:plain
アメリカさまの圧力で、法律が変わってからというもの、

・銀行の口座が開けない

・買い物できない

・商売できない

・分裂しちゃった

www.sankei.com

・逮捕され放題

news.livedoor.com

最近、鹿児島から 覚せい剤密輸しようとしてつかまりましたよね。

ロックさんと正田家

ネットなんかで検索していると、山口組は、ロックフェラーさんの実行部隊っていう話はよく聞きますね。嘘か本当かしりませんが。

ミッチ―に批判的な記事を書く出版社さんに実弾をうちこんだり、ヤクザ右翼の宣伝カーがやってきたり、ミッチ―御自ら受話器をおとりになり女性ジャーナリストさんを恫喝したり、ジャーナリストさんが海に浮いたり、宮内庁の職員さんがお昼休み時間に、なぜかソープランドで腹上死したり、必要もない56億かけて建設するのを反対した宇野首相が、本来なら口の堅いはずの玄人女性との関係を女性から暴露され失脚させられたり、、、、、、、。

風俗業界と一体化しているヤクザさん達と一体化してないと、こういうの無理でしょ。さらには、事実上の占領軍の覚えめでたくないと、無理でしょ。

実家は公害企業主、アメリカのロックフェラーにつながる遺伝子組み換えで地球の生態家を破壊している方々と、正田家が小麦のご商売の関係で、関係が深そうなのは確かですね。


大摩邇(おおまに) : 【緑カラスの独占ビジネス:館林の部落=美智子妃の実家=正田家=日清製粉等とカーギルが独占する、食物産業】

株式会社日清製粉グループ

株式会社日清製粉グループ本社(にっしんせいふんグループほんしゃ、Nisshin Seifun Group Inc.)は、日清製粉グループの持株会社である。

(略)

上の日清製粉グループに千葉共同サイロという会社が有ります。
その会社サイトに行くと、主要取引先にカーギルジャパンという会社が入っています。

http://www.kyodosilo.co.jp/outline.html
スクリーンショット 2013-08-15 9.44.16


カーギルに関しては、有名過ぎて、何も説明する必要は無いと思いますが、

カーギル (英語:Cargill) は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市近傍のミネトンカに本社を置く穀物メジャーの1つである。穀物のみならず精肉・製塩など食品全般及び金融商品や工業品にビジネスの範囲を広げている。

カーギル社の企業形態は、株式の全部をカーギル家とマクミラン家の関係者が所有する同族企業であり、非上場企業としては世界最大の売上高を誇る。秘密主義であり、情報の公開を義務付けられる公開会社としていない。

20世紀に資産が6000倍になる成長をしている。

(Wikipediaより)

このカーギルがモンサントと組んで遺伝子組み換えでF1種を世界にばらまいていることも有名です。

■モンサント (企業)

モンサント社 (Monsanto Company,NYSE:MON) は、アメリカのミズーリ州 クレーブクール(Creve Coeur, Missouri)[3]に本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。

2005年の売上高は62億ドル、2008年の売上高は110億ドル、遺伝子組み換え作物の種の世界シェアは90%。研究費などでロックフェラー財団の援助を受けている。

また自社製の除草剤ラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売している。バイオ化学メーカーとして世界屈指の規模と成長性を誇り、ビジネスウィーク誌が選ぶ2008年の世界で最も影響力があった10社にも選ばれた。

カーギル – モンサントと組み、遺伝子組み換え作物の販売拡大を行っている。

※つづきはこちらから

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1821387.html


3 戦友はGHQの名残の米国民主党人脈のヒラリー

ヒラリーには気軽に会うのよね。このひと。

長官にすぎなかったのに。ミッチ―の皇室の私物化によって、どんどん天皇家の権威が落ちていくのね。有名な話だけど、ヒラリーの夫のビルさんは、ロックフェラーさんとこの落胤みたいね。 デビット・ロックフェラーさんが、著書の出版に来日した時、わざわざ御所に呼んだらしいの。

デビットさん(右)は、ミッチ―の友達で聖心女学院仲間の緒方さんとも、おなかまよ。

緒方さんも、日本の権威と国力を利用して、反日・日本毀損活動をし破壊工作をしているの。やり方が、ミッチ―と同じよ。といいうか、それが「新部落」のやり方、生き方なのね。

隣にいるのは例のアンジェリーナ。緒方の立ち位置がわかるわよね。

緒方は、国連で日本毀損を頑張っている方で、愛子天皇実現にむけて頑張っている方。犬養家と閨閥につながっているのだけど、犬養家はカトリックでさらには部落だったみたいね。上流階級のカトリック教徒が部落であるとは限らないけど、部落だった方たちで上流階級に上った方たちはカトリックの比率が高そう。

そして緒方さんもテニス

でも、ミッチ―の手足となり、力となっていた方たちは、老いて引退したり事情が変わったりして、堤みたいにガラガラポンになっている場合が多いみたい。

工作費用をだしてたのは、ミッチ―の内廷費の横領もさることながら、正田富美が生きていたころはCIA、そして堤家が大きかったと思うな。土地バブルのころは、堤さんは「世界一の金持ち」とか言われてたし。ヤクザさんも自在に使えてたでしょ。でも、お金がないと、右翼もヤクザも動いてくれないしね。

ミッチーズの誤算

徳仁がポンコツに

せっかくミッチー2号が「皇太子」を生んだのに、肝心の「皇太子」は、アル中が祟って臓器が機能しなくなり尿パック常備の状態。

しかも園遊会や新年祝賀の儀なんかの重要な公務で派手に尿漏れおこして、真正のガラクタになってしまったの。

愛子さんのウソがばれている

孫の愛子さんを女性天皇にしたいのだけど、愛子様は自閉症なので影武者をつかっていたのね。でも、影武者がばれて拡散している状態。

ネットをしない美容院の方も知ってましたよ。

ヒラリー大統領選におちる

どいつもこいつも、もうどうしよもなく使い物にならないものばかり

さらに、頼みにしていたヒラリーが大統領選に落選するし。

ヒラリーはダブルだし、トランプは暴言王だしで、アメリカ開闢以来もっともハチャメチャな大統領選だったのではないのかとおもわれる2016年米国大統領選。

以前にも書かせていただきましたが、アメリカの嫌われ者と厄介者の戦いだったといわれていますが、管理人は、以前、某学校の修学旅行先を決めたアンケートを思い出します。

修学旅行先のアンケート

・学校側としては、どうしても修学旅行先は韓国ときめたい。

・保護者や生徒からは、修学旅行先は韓国は嫌だ国内にしてほしいと反対の声が

・学校側は、修学旅行先は生徒のアンケート結果で決定することに。

・何としても韓国に行かせたい学校側のアンケート。

「修学旅行の行き先はどちらがいいですか」

1 韓国

2 群馬

学校が提示した選択は2つだけ。

・圧倒的多数の生徒さんが、群馬を選んだ。

2016年米国大統領選

絶対にヒラリーを当選させたいヒラリー一択の選挙。

・ヒラリー

・大勢のショボイ男性候補者。

でも大勢のショボイ男性候補者の中の、とくにこいつは選ばれないだろうと思われていた泡沫候補・トランプさんをアメリカ国民は選択。

第45代米国大統領はトランプ氏に決定。

※ネットからの拾いものです。

「ヒラリー、女性大統領の登場」という本が12月に読売新聞社から発売予定 ←全ネット通販のURL削除へwwwwwwww

http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/9409700.html

1: スターダストプレス(東京都)@\(^o^)/ [US] 2016/11/09(水) 14:52:11.61 ID:j+dNIBnb0

55: 中年’sリフト(東日本)@\(^o^)/ [FI] 2016/11/09(水) 15:14:22.40 id:S8nhfxOi0
12月20日発売 四六判の256ページか
部数にもよるけど印刷開始から納品まで18営業日と多めに見ても
まだ印刷にはかかっていないと見た
あぶなかったな、おいw

64: ジャンピングカラテキック(静岡県)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/09(水) 15:18:06.06 id:XXyM5Z380


https://archive.fo/JLunW

このNewsweekは昨日の時点で本屋に入荷してたらしい
店員がツイートしてその後削除


125: ボマイェ(茸)@\(^o^)/ [US] 2016/11/09(水) 18:20:50.83 id:IxDA60xP0
トランプ本がない当たりがジャーナリズム(嘘つき)の所以だな

(転載ここまで)


トランプ当選は本当に想定外だったのね。

美智子も、ヒラリー当選するものとして動いていたと思う。

4 最後の砦・共同通信とテレビ

ミッチーズの武器として残ったのは、共同通信。

共同通信を支配しているのが、正田美智子の弟の嫁の一族であるということもあり、自由に世論をつくることができるのだけど、それは、資金を投入しているからだとおもうのよね。弾が切れても、今まで通り言うことを聞いてくれるのかしら。

5 皇室の権威

そして、最後にのこった武器は自分。

過去の自分の美貌と人気と、嘘まみれの伝説。昨今、ミッチー関連の本・写真集が、アホほど出版されているのね。 さらに、TV番組もミッチ―視点の特集が組まれたりしてますね。

ご成婚式、パレードに触れた内容も、すべて、明仁天皇や皇室を主としているのではなく、乗り込んでいく美智子視点の印象操作ばかりの内容です。

美智子に大衆を共感させたい、っていう気もちが痛いほど伝わるものばかり。

でも、今、だれもテレビ見ないのよ〜。残念ね〜。

テレビとマスコミから公害汚染水のように世間にむかって垂れ流しされる北朝鮮なみのプロパガンダ。でも、盛り上がらないのよね。だって、飽き飽きしているもの。ミッチ―真実を知らない人も「また、これか」という感じではないのかしら。

着地点の一つに「美智子天皇即位」も考慮にいれていたとおもわれるけど、美智子天皇どころか、今の立ち位置すら危なくなってきたわよね。

ネットでも、工作はしてるらしくて、極めて不自然な「皇后さまのお若い時ってすごかったんですか」とかいう質問のトピが立ったり、「皇后さまのお若いとき超おきれい」というトピとかサイトとかが立ったりするのね。

定期的に、海外の反応系でも「日本の天皇皇后はすばらしいなあ」「僕たちの国にも皇室王室があったらなあ」というコメントをあつめて、わざとらしいトピを作ってますね。

ざっと目を通すけど、どの海外の反応さんも、月に一回くらい作ってるわ。

Youtubeのコメントの好意的なコメントをあつめてトピを作ってるの。でも、そういう海外のコメントを紹介している動画の再生数が、多くて数万台くらいでショボイのよ。作り手も、書き込みしている方々も、工作員とちがう?という感じにみえるわ。本当に現地の人が書き込んでいるのかしら。

海外の評価

海外では本当は、美智子さんの評価は散々なの。皇后どころかプリンセスの表記もされない、貴賤婚あつかい。ミッチ―は、天皇の妻、正田美智子。

紀子様は、プリンセスと表記されるけど、、、、

徳仁親王と妻の小和田雅子。

雅子の場合、所業と出自の賤しさもあるけど、皇室会議で正式に通さずに妻になったから、ではないのかしら。

さらに、昨今は、天皇陛下すら無視されているの。

Kungen besöker Japan med Royal Technology Mission – Sveriges Kungahus

今、スウェーデンの王様が来日しているみたいね。

御所にもご挨拶に訪問されているらしいのだけど、スウエーデンのサイトでは、皇室関係との写真はあげてないらしいの。

メルケルさんを接待したアシモ君や富士山の写真は載せてるけど、天皇皇后を訪問した時の写真なんかはスルーしているっぽい。

スウエーデンでこれってことは、英国王室や欧州全体の王室も同じ足並みではないのかしら。

今年、天皇ご夫妻が訪問したフィリピンや、昨年、東宮夫妻が戴冠式に参加したトンガ。

トンガも、日本から36億円の援助を受けたらしくて、断れないでしょ。もともと、英国連邦に属する小さな国で、戴冠式とはいえ本国の英国や英国連邦のロイヤルやエライ方は、だれも参加してなったみたい。小さな教会で温かみのある式にみえたけど、規模的には旧家の継承お披露目式みたいな規模だったわね。雅子はティアラをつけなかったし、戴冠式だけで後はブッチ。いつもの雅子。

しかも、衣装ストーカーをやらかして、もう、日本から出すなというレベル。

ウイリアム王子の来日時、英国側から強い要請があったのに、王子と悠仁親王と対面させなかったの。向うの新聞さんも非難してたみたいヨ。

(上)英国皇太子の結婚式に、白いドレスに、白いベール付き帽子のミッチー。顰蹙を買い続けた美智子。こんなことばっかりしてたみたい。 でもプトロコル上では皇室のほうが上位にあるので、抗議はできないらしいのね。

ミッチーがマナー違反をさく裂させてきたので、堪忍袋の緒が切れたのかな。

市井に住む民草からみると、ウイリアム王子の来日以降、欧州の王室との関係は完全にストップしているふうに見えるわ。皇太子夫妻が「いないもの」としてみなされているらしいけど、もしかして、もう、「天皇皇后」もシカトされてしまったのかな。

下賤な生まれのミッチ―が、世界最古の皇室で世界最高の権威の皇室を支配したため、天皇家もミッチ―の生まれの地位に落ちようとしているのね。

ミッチ―の勝負どころが、「もう半世紀以上の前の自分」と「世紀のご成婚とロマンス」しかのこってないのなら、気の毒なくらいね。

再度、美智子さまの美しさを知らしめるために、フルカラーにしたけど失敗だったわ。

モノトーンだったら物語めいて、欠点も隠れてノスタルジックないい感じだったのに、フルカラーにしたとたんに、正田美智子が年寄りは老けたお多福顔のもっさりしたダサいねえちゃんだとばれてしまったのね。冷静に見れば、正田美智子が美人じゃないのがばれてしまったもの。

ミッチ―ズは「極道の女(むすめ)」だもの。

菊のカーテンに籠城して、弾が切れるまで戦い続けるのよねー。

続きます。
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=806



▲△▽▼


2017.12.13
美智子様の影武者H ミッチー牧場 群馬という魔境
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=825

1号のテンプルちゃんはどうかしりませんが、2号から7号までミッチーズは日本人ではなさそうですね。

少なくとも日本の社会や風習とは断絶した環境でそだった風があります。

ミッチー2号と、ミッチー4号は日本語が下手です。3号は声紋がのこる映像が、今のことろ探せないのでわかりません。

ご成婚のおりの記者会見でも、2号は上手く話せていません。

4号も、前もって提出された質問にしか答えませんし、イントネーションやその内容もどこか変なことろがあります。

決められた答えを記憶する能力はあるとおもいますが、即興で長いセンテンスの会話ができないと思われます。

スピーチや記者会見でも、何度も遂行された原稿を記憶する能力はあるみたいですが、やはり、どこか変です。どこか、朝鮮族中国人である余命三年時事日記の管理人のかく文体に似ている気がします。

ミッチーズはみな、マナーや行動、言動をみても、全て日本人、もしくは日本の国で育った方ではなさげですね。

・言葉にしないけど、日本人ならみんな知っていること、

・言葉にしないし戒律にしないけど日本人ならみんなやらないこと、

というのが、この方は理解してません。

日本人ならしないこと、を平気でしてしまうので、ばれてしまいます。これは、小和田の連中や、雅子にも言えることですが。

壊滅的なファッションセンスは中国・朝鮮のものでしょう。ダサいとかいう問題をこえて、文化力がなさすぎます。

ミッチーズには共通して、事大主義で、言動、行動、人治国家に育った方が身に着ける言動や思想が見え隠れします。

おもうのですが、正田美智子は「大陸夫人」富美の下で育ったとはいえ、日本の正田家で育ちましたが、正田美智子にかわってご成婚したミッチ―2号をはじめ、ほかのミッチーズたちは、日本以外の国、おそらくは、共産国家で育ち訓練を受けた工作員ではないでしょうか。

とくに、4号、7号などの足運びなどをみても、隙がありません。

館林とミッチーズ

ミッチー4号が2008年、お忍びで館林に御成りになっています。

堤義明氏の執行猶予中ですね。正田家とおなじく群馬の同和地域の住民だった福田首相の時です。群馬は、福田の地盤でもあります。

※お借りしています


ttp://blogs.yahoo.co.jp/cruze7351smk/54694825.html

2008年4月7日

天皇皇后・群馬の館林にお忍びで御成り

4月7日、私の故郷・館林市に天皇皇后両陛下がお立ち寄りになられました。
名家・正田邸のある館林市は、美智子様ゆかりの地としても知られ、今回は近隣の町でのご公務の後、美智子様の強いご希望で非公務としてお立ち寄りになられました。
少し前に実家へ帰った時、父から『お忍びで両陛下が来る』と聞き、皇室が大好きな私としては居ても立ってもいられず、本来なら稼ぎ時である週末の添乗を断ってまで再び帰省し、そのフィーバーぶりを体感して参りました!
“お忍び”と聞いたはずの来訪情報は、回覧板で通過ルートと予定時刻、さらに“お見送りポイント”として明記されてあっという間に知れ渡り、当日の市役所付近の沿道は、ちょっとビックリするくらいの人・ひと・ヒトでした。
県警の方から分刻みでの情報がマメに入り、待ち時間も苦にならない小雨の中、1時間前から1番前で待っていた私の目の前を、白バイ・先導車と続いて両陛下はいつもの微笑みでゆっくりと通り過ぎ、感激・感動も束の間、すぐさま今度は“お帰り道”=反対車線に移動して、再び一番前でお見送り。
時速15km程のスピードなので、両陛下の表情はもちろん、お車の豪華な内装までしっかりと拝見する事が出来ました。
美智子様が、特別な思いを寄せて下さっている館林市。そんな街が故郷だなんて、なんだかとっても誇らしい。

(ここまで)

この主婦さんのブログは、上記の記事を最後に更新が止まってます。
どうしたのでしょ。
2〜3年前までは、雅子や小和田のことを書くと、脅迫の電話がかかってきたそうです。

小和田は、今も昔も、水俣で大量虐殺を行い、さらには被害者様たちを弾圧したヤクザであることは、今も昔も同じということです。


ミッチーに話を戻しますが、、

足を運ぶと、部落民だった正田家のルーツに注目がいくのにもかかわらず、御成りになってます。やはり、ミッチーたちは、ここで育ったのでしょう。あるいは、だれかを見舞ったのでしょうか。

美智子による出版社への脅迫、職員の不審死、、、

ミッチーズが組織だった工作員だとしたら、納得のいくことが多いです。

ミッチ―牧場を当初は群馬の館林につくり、のちに、大陸に人民解放軍が運営する養成所があったのでは、と、想像をたくましくしてしまいます。

ミッチーズが共通して堤康次郎の娘たちであるのは確実そうですが、では、堤康次郎、および堤家とは何だったのか、という疑問の答えが、昨今の余命の事情とミッチー4号が連動していることから、想像できるように思いますね。

総会屋の脅迫「堤家は朝鮮から来たというのは本当か」

2代目の堤義明を総会屋が脅迫した内容の一つが、堤家は朝鮮から来た、ということだったらしいのですが、、、、でも、単に朝鮮半島から来た、ということは、別に脅迫の材料としてはゆるいんですよね。

戦前は朝鮮半島は日本の領土でしたから、半島の方も日本人でした。選挙権もありましたし、政界財界軍部で多くの半島出身の方が出世しましたね。

戦後も、朝鮮系で出世した方は多いです。

極真会館、SS製薬、ソフトバンク、ユニクロ、ロッテ、ほかにも探せばいくらでも朝鮮系の創立者がいるはずです。別に西武グループの創立者の一族が昔半島にいた、ということは脅迫の材料としてはゆるいのかなとおもいますけどね。

密航ではなくて、一族あげて工作員だったことを脅迫されてたのではないのかしら。

あくまで想像ですけど。

群馬には魔境があるようです。


正田家(自称群馬の豪商)
正田貞一郎 – Wikipedia

群馬県館林はにおいて「米文」の名で米問屋を営み、明治に入って醤油醸造に従事した。

正田家は代々「米文」の暖簾もとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく大阪方面まで聞こえていた。

弘化のころには名主の職にあり、名字帯刀を許されていた。


別の視点からの正田家の検証。

http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-194.html

下記の部落問題・人権事典ー群馬県のサイトによると、正田家の祖先が仕えた新田家のあった場所は部落であったとあります。


http://www.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%B7%B2%C7%CF%B8%A9

上原善広というノンフィクション記者が「実話ナックルズ」という雑誌で下記のように指摘したように、部落出身である可能性は高いと思います。

雑誌『実話ナックルズ』にて『JDT 日本の路地を歩く』という連載を執筆しており、2004年7月号に発表した「群馬県T部落」で群馬県の未指定地区を取り上げ、「ここから女性が一人、皇族に嫁いでいる」「ここは女性が皇族へ嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわかってしまうからである」「皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味している」と書いた。

(ここまで)


「wiki 正田家は代々「米文」の暖簾もとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく大阪方面まで聞こえていた。」

【笑激】部落民であることをひたすら隠そうとする正田家の家系図、転載フリー – 伏見顕正の政経塾

正田家は、醤油製造をしてたそうですが、明治以前で醤油製造にかかわっていた方は、部落のかただったみたいです。製造方法によっては、動物の内臓を使う場合もあり、動物の解体にかかわっていた部落の方との連携がないと難しかったのでしょう。

米問屋で利益を出してたいのに、なんで、格下の醤油業にもどるのか意味不明です。

※詳細はこちらから


福田 赳夫首相(群馬県出身)

福田赳夫 – Wikipedia

福田家は江戸時代は名主を務めた地元の名門であった。

(略)

1977年(昭和52年)

同年に起きたダッカ日航機ハイジャック事件では「人命は地球より重い」として犯人側の人質解放の条件を飲み、身代金の支払いおよび、諜報的措置として6人の刑事被告人や囚人の引き渡しを行ったことで、テロリスト脅迫に屈したと国際的な批判を浴びることとなった。

この後北朝鮮よる拉致が急増した。

(略)

1978年(昭和53年)10月23日、ケ小平副総理を日本に迎え、「日中平和友好条約」に調印。



福田康夫(群馬県)

1976年1月に会社を退社し、衆議院議員秘書となり、1977年12月から1年間、父・赳夫の内閣総理大臣秘書を務める。

事務担当秘書官には、保田博、棚橋祐治、小和田恒らがいた。このことで、議員になる前より外務省にパイプができた。

秘書官として、日中平和友好条約へ向けた中国、アメリカとの舞台裏交渉に関与した。1990年2月に第39回衆議院議員選挙で、群馬4区から出馬して当選。

(以上)

「福田家は江戸時代は名主を務めた地元の名門であった」

そして妻は旧華族とか書いてる文章もあるそうですが、実際は下宿した下宿屋の娘さんだったとか。

ナチュラルに、福田家も同和地域にあった家だったそうです。



小和田恒(新潟出身・福田の秘書)

1932年(昭和7年)、新潟県新発田市に生まれた。小和田毅夫、静夫妻の次男で、八人兄弟の四番目にあたる。本籍地は新潟県村上市。

(略)

外務省官房長だった1988年に創価学会からの要請に応じて、池田大作名誉会長らの外国訪問旅行に便宜供与を図ったとして、国会で追及されている。

評論家の渡辺昇一は、中曽根内閣の時に小和田が「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁したことを、「国賊と言ってもいいでしょう」と強い調子で非難している。

(ここまで)


しかしながら、福田に「雅子ちゃんを皇太子妃にするよ」といわれて推された小和田恒の娘の小和田雅子こそは、国籍ロンタリング、学歴ロンタリング、家系ロンタリングの見本となる人のようですね。

雅子・家系ロンタリング

嫁ぐ前の一家団欒の居間の机におかれた北朝鮮の花。

愛子さんを生んだら、韓国人が大喜び。像を立ててくれたのよ。

家系は3代先から遡れず、さらには金吉なる人物は、14歳のときの子どもということになり意味不明だとか。

小和田雅子が提出した家系図があまりにめちゃくちゃで、家系図ではなく宣伝広告だと言い切った方もいます。

※詳細はこちらから

雅子様A家系(1)部落解放同盟との関係

雅子様A@家系(2)母方・江頭家は高祖父、父方・小和田家は曾祖父までしか遡れない

雅子様A@家系(3)小和田雅子の家系のトリック

雅子様の学歴ロンタリング


【雅子の経歴】
http://ameblo.jp/9023410651/entry-11502029224.html

@田園双葉の入試に2回落ちて、3回目にお情けで編入。
A田園双葉時代の成績は頑張っても専修大がやっと。
Bアメリカの公立高校では最低レベルのESLクラスから出られず。
C当時ハーバードで客員教授していた父のコネで女子部のラドクリフに入学。

卒業後、ラドクリフがハーバート大に吸収されたため、勝手にハーバート大卒業と詐称している雅子。
D卒業論文も父のコネで普通の学生には不可能な経済界の大物達へのインタビュー。
それでも優良可の良にあたる評価がやっと。
普通の会話が続けられずパーティーでは壁の花。
E東大への学士入学は簡単なものでしかもここでも父が当時教授をしていた。授業にはほとんど出席せず1単位も取れずに中退。

F父のいる外務省へ。 当時外交官は2世が多く、父がもうすぐ外務次官という娘を、どんなに出来が悪くても落とすことはなかった。
G外務省時代は内規違反をしてマイカー通勤しVIP専用駐車場に駐車。
H通勤手当をもらっていたので返却することに。しかも連日遅刻。
I仕事が出来ないため大切な仕事は任されなかったが、頼まれると失敗して泣く。それなのに傲慢な態度だった。 出来る仕事はコピー取りしかなく、「コピー番長」とよばれ笑われていた。
Jしょっちゅう化粧直しに席を立ち、なかなか戻らなかった。
K職場でも父を「お父様」と呼んでいた。
Lオックスフォードに国費留学するが、同期の中で唯一学位が取れず帰国。

(ここまで)


学歴や家柄がすべてだとは思いませんが、ご成婚前から壊れていた方だったようです。

※詳細はこちらから

皇太子妃雅子@雅子様の問題と病気

小和田家とよど号犯人との関係

よど号ハイジャック犯(新潟出身)

小和田家とは隣どおしの関係。


よど号ハイジャック事件の後から、北朝鮮による日本人拉致が頻繁に起こるのね。

よその国の人間が勝手に乗り込んできて、市民をさらっていく。

でも、政府は現在まで、やる気なさげで、スルーを続けるのよ。

加害者側は、恐喝、ゆすり、麻薬密売と人身売買しか能のない、世界貧困国家で、人権弾圧国家。

日本は、世界第二位、アジア随一の経済大国。

横田さん「政府は弱みを握られているのではないでしょうか」

なんの弱みなのかな。

よど号ハイジャック犯と、首相がグルになってて、キックバックをもらってたとか、、自民議員で山分けしたとか、、、、??。

そういえば、金丸という爺さんの金庫からは、北朝鮮の金塊がでてきたのよね。

いっぱい、貰い物があったみたいね。

いろいろ調べ物をしていると、日本を支配しているのは自民党だけど、自民党を支配しているのは北朝鮮という、みたくない現実にいきつくのね。

福田「雅子ちゃんを、皇太子妃にするよ」

まだ、雅子さんが、おてんばなお子様だったころ、福田がそういったらしいの。

小和田優美子さんは、雅子さんの会見では、「福」という字をあしらった帯でいどんだとこみると、関係はふかかったみたいね。

雅子さんの、母方の江頭家。家系調査が入ると、なぜか、部落解放団体からクレームがくるらしいのね。福田家も名家とWIKIには書かせているけど、実際は部落地区の出身で偽装してるのね。

雅子さんの母親の実家の江頭家、ここの本家の人がタレントをしているけど、自分は部落だとカミングアウトしていたらしいわ。

でも、福田、江頭、堤、などの家の方々の行動規範や考え方をみるに、純粋な日本人の部落ではないと思う。

日本人ならわかっていること、絶対にしないことを平気でしてしまうのね。信仰や思想をもっても変わらないものが日本人にはあるのだけど、それがないのよね。この人たち。

戦前あるいは戦後、日本の部落に入り込み部落の家に婿入りしたか、あるいは一家皆殺しにして背乗りしたかだと思う。

そう考えると、福田、江頭、堤のそれぞれの行動や考え方が理解できるの。

福田の場合、思想や信仰に影響されてというより、最初から北朝鮮の工作員という立ち位置にあるもの。

美智子さまと、福田さん、小和田さんつながりは、たまたま、皇室で嫁姑になった、という以前から始まっているのかな。

ミッチ―と雅子さんは、隠されたところでつながっている「お仲間」なのかしら。ミッチ―は、雅子さんを、無条件でかばい続けるのかしら。


群馬にある魔境

今、日本に出回っている覚せい剤は北朝鮮が作っているそうです。

オウム真理教のサティアンではサリンではなく覚せい剤を作っていたといわれています。オウム真理教の教祖の松本被告が実は朝鮮系だったことは有名ですね。

おそらく、北系のかただったのではないでしょうか。

最近、元プロ野球選手の清原さんが覚せい剤の使用で逮捕されました。清原さんは群馬に覚せい剤を買いに足を何度も運んでいるそうです。

群馬と北朝鮮とはつながりがあるんでしょうね。

話をミッチーズにもどすけど、大掛かりな妓生とも工作員ともつかない女性を育成する場所があったのではないのかしら。ミッチーズはここで育ち、ここから補給されつづけたのではないのかしら。

小泉もそうだったように、福田、小和田、正田、江頭、堤などは、やはり、北朝鮮系なのではないのでしょうか。

真正のお妃候補

明仁皇太子妃候補NO1だった方

北白川肇子さま

久邇晃子さま

徳仁親王妃候補NO1だった、というより内定していた方。

着物も準備して、あとは発表だけという段階で海外のマスコミが「雅子決定」をリークし、勝手に婚約発表をしてしまったので、破棄されてしまいました。

東大の医学部に入学、精神科医になったという本物の才媛。

なぜ、この方たちでなかったのか(怒)
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=825

▲△▽▼


2017.12.13
美智子様の影武者I@今の「皇后」美智子の正体は人民解放軍工作員・朝鮮族の可能性
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=831


つまるところ、ミッチーズの正体はなんなんでしょう。

初期のころのミッチーズたちは、堤康次郎の落胤の娘たちの可能性は高いと思います。

しかし、普通の妓生姉妹軍団、というだけではなさそうです。

とくに、ミッチー4号の足運びの隙のなさ、バスケットボール選手のような肩幅のはりかたから、若いころ工作員として訓練をうけた女性ではないかと思われる節が多いのです。
f:id:e-vis:20161003181425j:plain
ヒントは意外なところから出てきました。

「余命三年時事日記」の管理人カズ。通称余命爺。

伏見氏、元検事の女性弁護士さん、ダヤンさん、など、知能の高い方たちのプロファイリグは、共通して余命爺が、中国国籍の朝鮮族、人民解放軍の工作員では、との推測をされています。

「限りなく朝鮮的でありながら、中国の国是に添って動いている」

思えば、ミッチーズにも、余命爺と被るところが多くあります。


2016年3月

・国連・女性差別撤廃委員(中国人)により「皇室典範は女性差別、改正しろ=愛子を天皇にしろ」と勧告。

・中国人民解放軍の朝鮮族工作員・余命とその手下が、女性天皇反対派のブロガーを攻撃

美智子たちの宗派はカトリックなのは、ばれてましたが、

・中国共産党人民解放軍の工作員。

・出自は朝鮮族。

決まりではないでしょうか。

アメリカGHQ工作員チーム「正田美智子」から、中国共産党人民解放軍の工作員チーム「正田美智子」へ

しかしどこの国の指示で動いている工作員かですが、平成になってアメリカから中国へかわったようにみえます。

ご成婚した「正田美智子」は、あきらかにGHQとカトリックの工作員でした。

が、平成になり、大陸時代からCIAだったと思われる正田富美が亡くなったあたりから、ミッチーズが露骨に親中国へと傾倒します。富美は消されたのかもしれませんね。そして、手法が荒くなります。水も漏らさぬアメリカCIAクオリティから、中韓クオリティになったのです。

雅子の入内や愛子さんのダブルチームなどは、美智子の入内、ナルちゃんのダブルチームと同じ方法で仕掛けられ運営されていますが、品質がわるいのでばれてしまいました。

アメリカのイルミちゃんにもキッシンジャーや、小沢一郎の親友であるロック4世など親中派がおり、アメリカと中国のトップの境界線は実はあいまいでいではないかとおもいます。ロックフェラー家の落胤・ビルクリントンの嫁と仲がよさげなのを見ると、今の美智子チームの背景は、人民解放軍&ロック4世さん系かもしれませんね。ロックさんとこのお家も、かつてほどの勢いはなく、日本に留学した4世さんをトップにして、東アジアをぐちょぐちょに混ぜて君臨する予定だったと思うのですが、たのみの中国がガラガラポンになり予定どおりにすすまず自暴自棄になっているのかもしれません。

中国派ヒラリー・クリントンとの親密さ

アメリカ大統領選では、かつては「中国ラブ」を叫んでいたヒラリーが有力候補に挙がっています。ミッチーの仲間です。


ミッチ―の戸籍上の実家・正田家は小麦のビジネスの関係で、アメリカのロックフェラーさんとのつながりがあります。そして、ヒラリーの夫のビル元大統領は、ロックさんの一族の隠し子なのは有名な話です。ビル夫妻は、大統領就任後、日本を無視して訪中してくれました。中国を肥やすことばかりやってくれたので、全地球に影響している環境破壊、中国国民の人権蹂躙と恐怖政治、軍事的緊張など、今の災禍があります。

あの夫婦の責任は重大です。


思えば、美智子さんは、日本人的なところのない方でした。

どこか、不自由な違和感のある日本語

ミッチ―2号から4号まで、一貫して日本語が変だったわね。


北朝鮮的なプロパガンダ


傲岸無礼な、数多くのマナー違反

嫁を煽って衣装ストーカーをさせて、海外のロイヤルに嫌がらせ

秋篠宮家に産児制限を強いるほどの力を持つ美智子さんの意向に沿わないことは、一切できないはず。

オランダ王来日


オランダ王のお見送り。


雅子の無礼の共犯は、美智子様だということ。

ルクセンブルク大公来日のおりの晩餐会

※雅子様大好き様よりお借りしてます。

・「皇后」美智子、白いドレス

・ルクセンブルク大公妃・水色のドレス、

・宮妃、内親王、水色のドレス

中国の国是に合わせた言動

天安門事件があった後、中国共産党は世界中から孤立しました。

しかし、日本の天皇夫妻が訪中したため包囲網が崩れましたね。

舐めきった中国指導者は、以後、反日教育を頑張り国内の不満とフラストレーションを日本に向かわせるよう頑張ります。

中国共産党が延命したため、我が国だけではなく、国境を接する国々が軍事的緊張にさらされました。周辺国や中国人民もまた、中国共産党の圧政に苦しむ時間が、無駄に伸びてしましました。さらに、環境汚染も進んで地球規模の禍が止まりません。

中国を膨張させた犯人は、クリントン夫妻です。


同時に、中国を訪問したミッチ―と陛下の責任もあります。

対中国事同盟の国の元首たちに対する無礼な振る舞い

反中国の結束を確かめ合うために来日したメコン諸国の元首さんたちの、会談をブッチした美智子。

対中国のために、日米同盟を頼って来日したフィリピン大統領の晩餐会では、ティアラなし、ショボイ盛り花、法事のようなグレイの地味なドレス。やるきなさげ。


宮中行事から、君が代を廃したこともありましたね。宮内庁から抗議があり復活させましたが。自分の君臨する国の国歌を廃する「皇后、王妃、ファーストレディ」なんか、この世にいるのから。いたら、そいつは、敵国の工作員よね。

徳仁親王の托卵子疑惑

ご成婚した正田美智子が産んだともわれる徳仁1号、よそのおっちゃんに似ているのよね。


不思議ですね〜〜〜。

・朝鮮に帰一するパーソナリティー

ファッションも朝鮮。なんか変。


マナーも朝鮮


・心は朝鮮に

2015年09月15日
韓国への届かぬ思い25年!
本誌の取材にフィージンは、興奮気味に語った。
「美智子さまが握手してくださったのですが、ずっとずっと私の手を放そうとなさらなくて・・・。驚きましたが、とても光栄でした。手からは穏やかな、お母さんのようなぬくもりを感じました。」

’08年に共同通信が両陛下の側近に取材しています。
その側近は「(両陛下は)機会があれば(訪韓を)と思っておられるが・・・。
(韓国は)地図より遠い隣国になってしまった。
(訪韓を)夢のままで終わらせたくないが」と、語っています。

’05年6月に両陛下は太平洋戦争激戦地のサイパンを訪問された。
外務省関係者は明かす。
「サイパンご訪問で、両陛下は韓国人犠牲者の慰霊碑にも拝礼されました。
“突然ご訪問された”と公表されましたが、実は、
もともと両陛下は韓国人慰霊碑の拝礼を望んでいらしたのです。

しかし、騒ぎが大きくなることが懸念されて、事前には発表できなかったのです。

「皇后」美智子が選んだ嫁も朝鮮

さらには、昨年の夏も、天皇陛下に倒閣につながる発言をさせ、日本国民が選んだ安倍政権を憎み倒閣運動に邁進。「慰霊」のたびに、天皇陛下に過去の日本の罪に触れて謝罪させ、巨額賠償への道を作っている美智子様。

たゆまぬ、反日運動、日本毀損運動をつづける美智子様。

どこの国に尽くしているのか。どこの国民をいつくしんでいるのか。

今一つ不明。日本ではなさげ。

天皇陛下を見下し、粗略にあつかっておられるご様子。

そして盗癖

歴代皇后が受け継いできたはずの宝飾品、ティアラやダイアモンドのネックレスが行方不明。国家の財産を、私物とみなして横領している疑いがあり。


国民の多くが美智子様のことを尊敬しているのは、マスコミに作られた「美智子様神話」を信じているから、騙されているから。

「美智子様聖女伝説」というなぜ、この世紀の嘘がまかり通っているかというと、皇室に関してはマスコミが北朝鮮並の言論統制をしているから。正田家の嫁の親戚が支配する共同通信と、左巻きのマスコミが、「美智子様神話」の造り手であり守り手であるのね。

「美智子様」の真実に気が付いたら、歓迎のために手を振る国民は暴徒になるわ。

皇室がからむと、日本人は怖いのよ。

話を戻しますが、今の平成以降のミッチーズの正体は、

・中国共産党人民解放軍の工作員。

・出自は朝鮮族。

決まりではないでしょうか。
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=831

31. 中川隆[-11982] koaQ7Jey 2019年2月21日 18:14:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告
2018.08.18
政財界|(前)堤美智子の腹違いの兄弟、堤義明を斬る
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/24/2017012420170124000000/


2016年02月24日

堤美智子の腹違いの兄弟、堤義明を斬る、

先ずは命式から、でれでれ草様からのリクエストです。

ちょっと遅きに失した感は有りますが、折角斬ったので、記事にしようと思いました。

尚、拙ブログでは、従来、佐伯美智子と記載していましたが、美智子の托卵の相手が実父、堤康次郎との説(朝鮮人固有の「試し腹」)がたつや、「皇室掲示板」では、美智子が「火病」を発したとの反応が有ったので当面は、「堤美智子」で通したいと思います(笑)

ちなみに、掲載した写真は、「鎌倉霊園」にある部落成金の堤康次郎の「古墳まがいの巨大な墓」です。

「掲示板」で、武蔵野御陵の、「昭和天皇陵」との航空写真による比較が有りましたが、先帝様の御陵より、縦横、ゆううに2倍から3倍の大きさが有りました。

大阪の仁徳天皇陵といい勝負に見えました(笑)

「何を考えてるんだこの部落ヤクザは(怒)」呆れるのを通り越して激怒しました。

今は無いと思いますが、堤義明が失脚する前は、こんな笑えない話もあったそうです。

「鎌倉霊園」の地元の人で、父親が墓地に眠っているので、墓参りに行ったら、

入り口のゲートが閉められているので、「おい、開けてくれ!」管理人に言うと、管理人「駄目です」「何故だ(怒)」

管理人「今、堤さん(義明)がみえていますから」

要は、西武グループの総帥の堤義明様が来ているから、「民間人は遠慮せよ」との意味でしょう(笑)ふざけた話です。

西武グループには康次郎死後も、この男の考え方や、掟、ルールが厳然として生きており、後継者の義明は、それを無批判に、完全に踏襲していたのです。

さて、義明本人に戻りますが、私は個人的に嫌いな人物でしたが、一世を風靡した、巨大企業経営者であり財界人でした。

彼が、マスメディアに対する露出を一気に増やしたのは、昭和53年、福岡に本拠地を置く、クラウンライターライオンズ(旧西鉄ライオンズ)の球団買収をしてからでした。

九州の人間には、「西武鉄道」も「西武プリンスホテル」も知りません。ただ、野武士軍団として、日本シリーズで読売巨人軍に三連勝した「西鉄ライオンズ」の過去の栄光については強い郷愁を抱いていたので、西鉄が球団売却後、弱小親会社が続き、戦力補強もままならず、万年最下位を走っていたライオンズの新しい親会社の「西武」ってどんな会社だろう?

「オーナーの堤義明ってどんな人だろう?と自然と興味が集中したものです。

そして、この球団所有が、彼を全国区の財界人に押し上げる効果を発揮したのでした。

アメリカでは、企業のオーナーが「球団を所有」すると、財界でのステータスがワンランクアップするそうです。

それで、朝鮮人の孫正義のソフトバンク、これも朝鮮人の楽天、三木谷浩史の楽天イーグルスの様に、球団を持ちたがるのです。

最近ではこの人は日本人でしょうが(笑)ネットオークション会社、スマホアプリ提供会社のDeNaの南場智子まで、横浜ベイスターズを買収しています。

任天堂に至っては、アメリカMLBのシアトルマリナーズまで、持っています。

この中で、「プロ球団保有の経営者」としてのステータスを有効活用しているのは、孫ぐらいでしょう。彼は、金に物を言わせて、アメリカのスプリントやら携帯電話会社を買収しまくっていますからね。

話しを堤義明に戻します。

この球団買収で、父康次郎の死後、14年間単なる、西武グループの後継者にすぎなかった義明に、「財界の新しいホープ」として、メディアの注目が俄然集まりだします。

彼は、康次郎が非合法で買い漁り、強奪した土地を、スキー場等のリゾート開発をさせて、一定の実績を挙げていました。

ただ、巨大企業のトップとしては、「資質を疑う言動」を連発していました。羅列すると

・「僕は呼吸器系統が弱いんです。風邪をひきやすいんですよ」

人間だれでも、体質的に弱点は有ります。私の印象は、「これって新入社員が直属の上司に「僕は病弱なんです」って言っているのと同じじゃん」と思ってしまいました。

・「内は、社員に大卒はいらない、高卒で十分です。」

実際西武グループには大卒社員もいるようですが、母校の早稲田出だったり、数は多くないと内部の人に聞きました。

絶対君主、義明にとっては、社員なんて、家来以下だし、理屈を言う「イエスマン」以上であってはいけなかったでしょう。

・「内には、「休暇」を欲しがる管理職はいりません」

管理職は、労働者じゃないけど、これじゃ「ブラック企業」ですね。

★もっとひどいのは、堤康次郎は生前から、「鎌倉霊園」の自分の墓を社員に掃除させたり、墓守させたりしていました。

それが、義明の代になると、「社員に「康次郎の墓の墓参」を強制」にします。挙句に、大みそかの晩は、社員に寒風の中、「徹夜」で墓守させるのです。

部落出身の康次郎の狂気のDNAが、更に強化されて、義明に遺伝したのです。同じDNAが皇居に勝手に住み着いている堤美智子にも引き継がれているのです。

★自分のヘリコプターで、妻同伴で、突然、プリンスホテルを視察し、ちょっとでも気に入らないところが有ると、妻の目の前で、ホテル支配人をぼこぼこに殴り血まみれにする。

上記、いずれも週刊誌情報ですが、「オーナー企業」数あれど、「世間」としては、人徳ある財界人としては評価はしないと思います。

スポンサーリンク


何と、自分の結婚式の媒酌人は、部落民出身の元総理の福田赳夫です。

福田の息子で「あなたとは違うんです」総理の康夫は麻布高校、早稲田と2年後輩です。

この二人が通っていた当時の麻布高校のレベルが知れますね。今の麻布と違い、二流高校だったのでしょう。

当時、福田赳夫の秘書をやっていた、朝鮮人の、小泉純一郎とも個人的に親しかったそうです。

不思議なのは、父の康次郎は、自民党でも「宏池会(現岸田派)」でした。その縁で行くと、媒酌人は、大平正芳元総理になるのが普通なのですが・・・

★やはり「部落は部落を呼ぶ」「朝鮮人は部落と混交する」の法則どおりなのでしょう。

「西武グループ」は横須賀市とも深い縁が有ります。

1993年「横須賀プリンスホテル」ができたときは、「地元には一切関心を持たない」変人政治家の、小泉純一郎が落成式に「満面の笑顔」をたたえて、参加したそうです。

そもそも「鎌倉霊園」そのものが、鎌倉市と横須賀市にまたがっており、横須賀市内には、西武グループが購入したものの、使い物にならない、斜面地や、窪地などの、「不良遊休土地」が多数、残存しているらしいです。

今回の記事を書くにあたって「西武を潰した総会屋、芳賀龍臥(はがりゅうが)、狙われた堤義明」著者、平井康司嗣、WAVE出版を読みました。

2005年3月発行の古本です。

私は、増えすぎた蔵書を随分Amazonで処分しましたが、未読だったこの本は、何故かいつか読むだろうという気がして、処分していませんでした。

当時12万部売れ、堤義明の逮捕につながったという、「いわくつきの本」です。

「鉄壁の結束」を誇った「堤・西武帝国」が大物総会屋の芳賀龍臥(権勢の有ったのは過去の話で当時は癌で闘病中)の、横須賀市の「某土地」の売却依頼に、パニックをお越し、「死に体」だった芳賀の「虚像」に恐れをなして、「康次郎時代からの悪事」を握られていると勘違いして、堤以下社内が大混乱になり、「アリの一穴」が「巨大な堤防」を一気に崩壊させていくさまがリアルに取材されています。

この書籍は、現在Amazonで1円で売られていますから、ご興味のある方は、送料込みで258円で買えますのでお勧めです。

時系列で述べると

2004年

4/8 西武鉄道総会屋利益供与事件

義明は責任を取って、西武鉄道の総責任者の地位を降りる

総会屋の芳賀は癌で入院中の為「起訴猶予」

10/13 

有価証券報告書虚偽記載事件(いわゆるコクド株の社員名義の借り株事件)

義明、西武グループの全ての会社の役員から辞任する。

2005年

3/3 

堤義明、証券取引法違反で東京地検に逮捕される。

この時、担当検事の取り調べに対して、70男が「ワン、ワン」大泣きして許しを請うたのが有名になる(笑)

10/27 

東京地裁判決、懲役2年6か月、罰金500万円、執行猶予4年の有罪判決。堤側は控訴しなかったので刑が確定。

★この時にニュースで見た、裁判官の発言が忘れられません。

「わかっている、「悪い奴」は墓の中にいる(怒)」

康次郎のことですね。

私が、怒るより呆れたのが、検事の取り調べに対して、号泣して許しを乞うたことです。私はTBSの野球解説者の張本某氏のように、馬鹿の一つ覚えのように「男は絶対泣くな」とは言いません。

肉親、友人、可愛がったペットの死でも、泣いても良いと思います。しかし、裁判と言う「一つの戦い」においては、例え絶体絶命であっても、「男」は泣いてはいけないと思います。

今、号泣した義明を思い浮かべながら、イメージが一致するのが「覚醒剤」でしょっ引かれた清原和博です。

彼は巨人に来て肉体改造して、格闘家のような体格になり、坊主にサングラス、ピアス、刺青さえして、周囲を威嚇しましたが番組で、涙を流してみたり、自殺を図ってみたり、「見た目はごついが気の弱い男」と言うのが周囲の一致した評価でした。

堤義明も同じです。

総会屋の芳賀が放った一発で、警察の追求と、メインバンク(みずほコーポレートB)の西武グループの財務の「洗い直し」が始まります。

例の著書で、筆者は「警察は、総会屋排除を理由に、西武に「警察の天下りポスト」を確保したかった。メインバンクのみずほは、

バブル崩壊後の地価下落で年々悪化するグループの業績を見て、堤一族を経営から追放したかった」と述べていますが、その通りだと思います。地下が狂騰したバブル期には、米紙フォーブスで、世界一の資産かとしてもてはやされた、義明も、バブル崩壊と地価の下落で、経営は悪化しました。

銀行団から送り込まれた、後藤高志取締役社長、債権者として大ナタを振るっています。個人的には、社会人時代から入り浸った思い出多き(笑)「赤坂プリンスホテル新館」の解体は非常に残念でした。

前著で、警察関係者や銀行担当者が共通に言うのは「義明はボンボン育ちで気が弱い」です。


有罪判決後、NW株(旧コクド株)を一定割合もって、「西武ホールディングス」に間接的に、影響力を残していた義明ですが。

「直近で2016年2月、堤が持つNW社の全株式を西武HDに譲渡する形で、西武HDが一般株主から起こされていた訴訟で発生した賠償費用のうちNW社株の譲渡分248億円、

また自ら持つ西武HD株の売却で7億円の計255億円を負担することになり、堤は西武HD株の所有がゼロになることが発表された。西武HDはNW社株式約43%を所有することになる。

これによって堤は西武との資本関係が切れることとなった。」wiki


堤義明と、西武Gとの資本関係が切れるという事は、後藤高志取締役会長の宿願の、西武Gからの堤一族の事実上の追放の完成を意味します。

執行猶予開けに就任したJOC特別顧問のポストも安泰なのでしょうか(笑)

今や、外堀、内堀を埋め立てられた大阪城状態です。

数年前の文春では、後藤オーナーが、義明に対して「鎌倉霊園」の康次郎の墓を撤去して、他所の墓苑に引っ越せと圧力をかけていました。

一族=義明の腹違いの兄、弟たちは反発して、義明を突き上げていましたが、義明は「後藤にはいろいろ弱みを握られているからな〜」と消極的抵抗を続けていました。

しかし、NW株、放棄で完全に白旗をあげてしまった以上、遅かれ、早かれ、康次郎の墓は、解体撤去されることになるでしょう。

「ボンボンで気の弱い義明」と東大のラグビー部を出て、都銀(現在のメガバンク)の熾烈な権力抗争を勝ち抜いて、みずほコーポの副頭取までのし上がった後藤取締役会長とでは所詮、喧嘩にならないと思います。

不思議なことに、2003年に、癌で死にかけていた総会屋、芳賀龍臥が一発の号砲をあげてから、康次郎の頃は健在だった「部落ヤクザ堤家の暴力装置」が動きを見せなかったことです。

金の切れ目が縁の切れ目で、離れていったのでしょうか?謎です。
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/24/2017012420170124000000/


政財界|(後)堤美智子の腹違いの兄弟、堤義明を斬る
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2017/01/25/2017012520170125000000/

32. 中川隆[-11977] koaQ7Jey 2019年2月21日 21:49:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22249] 報告

美智子さんが皇室古来のしきたりをすべて破壊したのは GHQ からの指示だった?

2016年03月10日
やっぱり!! 正田家とGHQの癒着。美智子さま入内を仕組んだGHQ
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1983268.html

BBの覚醒記録。さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/b176c669206cae06cadf0d41f5530ed5

<転載開始>

今回の記事は、何かあった時のために先の稿と共に、それぞれできる形で
永久保存扱いにしておいたほうがよいかもしれません。皇后陛下とGHQとの
癒着の根っこが明らかになりました。現代の日本における、あらゆる国家弱体化・破壊要素は全て、在日さえ含めてGHQ発です。皇后陛下はGHQ施策の
極めて具体的な体現者です。


要保存◆元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/3d31f7ba1c00eea5fe7e0163cfec3a76

↑ 国会で美智子さんの出自と、成婚の陰謀、そして皇太子(今上)の不出来ぶりが、厳しく追求された極めつけの史料です。

要保存◆なんと、社会党が支援していた美智子さま 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/113f75c1f2919bd0cc381ceee34452c1

要保存◆皇后陛下は「アカ」でした 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c1d3f5e7a9593118391c92ad90752bac

かねてより、拙ブログでは正田美智子さんの入内がGHQによる、日本/皇室
弱体化施策の一環であることを、推論として検証してきました。

また、余剰小麦粉を敗戦国日本に売りつけたい希望がGHQにあり、そのために
日清製粉と結びついたことも。

GHQが日本弱体化のためにプロテスタントとカトリック問わず、キリスト教を
そのツールに使ったことは事実です。

そういう意味で、カトリック背景でまた実家が粉を扱い、また一説には「ある出自」の美智子様は、満点以上のお后候補ではありました。これ以上望めぬ日本と皇室弱体化・破壊の尖兵候補ではありました。

彼らの狙いは実に正しく、美智子さまは皇室内の伝統を
次から次に破壊、現在は天皇陛下を率いた女帝として、
愛子さまを皇太子の次の、皇位継承権者として女性天皇の
擁立を強く主張、天皇陛下もそれに従っていらっしゃいます。

他に、朝鮮式挨拶コンスふうの宮中導入、お手振りを天皇より
高い位置で、肩並べて歩かれ時には天皇より先に立って
歩かれ、天皇陛下が語っていらっしゃる間の
低頭廃止を、徐々に巧妙に。また控えめながら自らの思想の披瀝。

日の丸と君が代忌避。自衛隊の制服嫌悪、ということは
自衛隊の否定。GHQ憲法ともいうべき現憲法の擁護者であり、
GHQメンバーや、一条の会という憲法護持の左翼者との
親交他。


20150203.館林の日清製粉ミュージアムと正田記念館内外部CX-535


こちらに正田家と、GHQ派遣のアップルトン女史との密着ぶりが
残っています。女史は館林の正田家をわざわざ訪れています。


当時の敗戦国の国民である日本人が、GHQ関係者を「自宅招待」というのは凄いことでしょう。

正田家は、商売人なので関係はないとはいえ、当時愛国者は軒並みGHQから
追放されていた時代です。
外務省内でも、愛国者は追われるか隅に押しやられ、GHQの意向通りに
反日を貫く者が出世していた時です。雅子妃の実父小和田恒氏がその筆頭格ですね。

雅子妃の背景を知るにつけ、なぜこのような頭も性格も悪い皮膚病持ちの出自も清らかではないお方が入内を?(おまけに身内に精神病者がいるのに)と不可解だったのですが、結局GHQという大きな潮流の中の、美智子さまから雅子様への系譜と捉えると、クリアに視えて来るものがあります。因縁めくことには、お二方とも日本人の健康破壊に関与した第一第二水俣病に、つながっていらっしゃいます。現代では日清製粉の遺伝子組み換え小麦粉が、日本人の健康破壊。皇后は敗戦時から今まで、日本人の健康破壊者とご縁があります。


野田醤油の工場を訪れたアップルトン女史。右端は日本醤油協会会長・正田文右衛門氏(1948年8月)

正田文右衛門は、正田醤油の創業者です。文右衛門も日本人としては
相当に高身長。正田一族、それと母の冨美さんも当時としては図抜けた背の高さ、兄妹共に。ただ一人美智子さんだけが小柄。(当時の日本人としては、
平均ですが正田の中では、一人だけ極端に小さい)

日本本来のものである醤油から、小麦粉への新たな進出。
敗戦国から戦勝国アメリカへの擦り寄りが日清製粉です。

美智子様の入内直前に、国会でその入内ぶりの不可解な動きを
追求されています。その一つが新平民、つまり部落出身ということの
ほのめかしです。拙ブログではその点は断定していず、保留状態です。
ただ、正田家が新平民ではなくても、母方はどうでしょうね。
正田家が、部落と密着した存在であったことは事実。

美術館には正田家の、家系図まで麗々しく掲げられています。

1873 明治6年12月
・正田文右衛門(三代)醤油醸造創業 ※1
1891 明治24年7月
・帳簿組織を改め複式簿記を採用
1900 明治33年1月
・合名会社正田文右衛門商店設立
1908 明治41年10月
・正田式麦煎機特許取得
1910 明治43年2月
・正田稲荷神社を目車町より譲り受け敷地内に遷社

この年譜で目を引くのは、「正田稲荷神社を目車町より譲り受け敷地内に遷社」

「正田稲荷神社」とは?

これは稲荷神社ではなく、白山神社ではなかったかと思うのですが?
なぜ稲荷と書くのでしょう? 白山神社は、部落の人々の信仰対象でした。
(信仰者即穢多非人というわけではありません。)

「目車町」は、皇后を部落の出として書いた被差別部落出身作家の上原善広氏によれば非差別地区だということです。


⇒ 調べました

h ttp://www.shoda.co.jp/knowledg/bunkazai.htm

正田醤油は明治6年(1873年)今から140年前に創業いたしました。また、正田家が群馬県館林市のこの地に移住してきたのはそれ以前のことで、300年程ここにいることになります。
 そのためか、この敷地の中には醤油業をはじめる前のもの、例えば文政11年(1828年)に建てたという『正田稲荷神社』、現在は『正田記念館』として現在にいたるまでの資料が陳列されております嘉永6年(1853年)に建てられた店舗、そして江戸末期にたてられた文書蔵などがあります。これらは全て登録有形文化財に指定されていますが、古いものはなるたけ壊さずに残しておこうという気持ちは以前よりございました。

【正田稲荷神社】
 もともと目車町(現・栄町)の鎮守であったが、明治43年(1910年)に正田家が目車町より譲り受けた。
  以後、正田稲荷神社として栄町および当社の守護神として祀られている。例祭は2月の初午である。御社と本殿からなり、御社の創建は館林城築城天文元年(1532年)以前といわれるが定かでない。文政11年(1828年)、安政6年(1859年)の2度の再建を経て今日に至る。

  ・・・・・・・・・・・・ここまで

画像二枚目の神社さんがネットでは「白山神社」として、認識されている
祠だと思われますが、いったいなぜ稲荷が白山神社に変貌?

仮説が一つあるとすれば、目車という被差別部落にあった神社さんの
移転なので、穢多非人という人たちに多く信仰されていた
白山神社さんと勘違いされた? 

念のため、白山神社さんの ご神体を調べましたがお狐さんではありません。

更に白山神社は全国に散らばっていますが、そこが全部被差別部落だという
ことではありません。穢多非人の人たちだけの信仰対象でもありません、念のため。

由緒正しいお家柄なら、なぜわざわざ穢多非人村に越していらしたのか?
醤油製造に穢多非人を使った?

しかし「正田神社」と呼ばれるほどの厚き稲荷信仰のお家が、一族根こそぎカトリックに改宗?
何か不穏な気がするのは考えすぎでしょうか。

・・・・・・と書いて、ふと思い出したのですが・・・・


先入観を与えるといけないので、この画像を見て見える人だけどうぞ。
更にオカルト的な話が嫌な人や認めない人は、スルーして下さい。

皇后陛下に現れた数少ない・・・・・皇太子夫妻に比べると少ない・・・・
霊画像に、霊眼が多少ある人が見えるのは、



九尾の狐です。

誰でも視える形ではなく、視える人だけに限定で、むしろよかったです。
わかりやすいと、合成とか気のせいとか言われてうざったらしいので。
なぜ皇后に狐? と霊写真に気づいた時には不思議だったのですが、
お狐信仰のお家でしたか・・・・。
皇后に憑いた霊体の、九尾の狐は瞋恚(怒り)の形相ですが・・・・・。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/41d4caf989f1ec33423082307330b824

とはいえ、BBの霊眼もさしてあてになるレベルではないので、視える知人に
再チェックしていただいたら・・・


こんな感じで、美智子さまの背後にいるそう。BBはこんなに判然と視えるわけではありません。
帽子のデザインも、狐っぽいのは偶然でもないのかもしれません。

霊眼のある知人が更に示してくれたのは、皇后陛下の内面が
こういうふうである、と。

一説に半島出自だとも言われる小和田家のように下賤なことはしない・・・・のが正田家だと長いこと言われてきましたが・・・・

もっと下品でした。

美智子さまのご両親様の胸像でございます・・・・


日清製粉会社の歴史を展示している「製粉ミユージアム」内に展示。何の事はない、皇后陛下を間接的にCMガールとして、日清製粉の宣伝ですね。
普通、妻の銅像まで置きませんが。日清製粉にとっては夫妻の
娘が皇后陛下だってことで、莫大なメリットです。
こういうところからも商売人の娘は本来、忌避されたのでしょう。
小和田は小和田で、娘の入内を最大限に活用、外務省機密費流用疑惑は
不問にされるし、とうとうハーグの判事にまで上り詰めました。

◆元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 《転載ご自由に》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/3d31f7ba1c00eea5fe7e0163cfec3a76

こちらの記事で、国会で正田美智子さんの素性に関して今では考えられないほどの肉薄ぶりで追求、またカトリック(キリスト教徒)たちがよってたかって美智子さんを入内させた「陰謀」について、また皇太子(今上陛下)の不出来ぶりを、仮借ないまでに述べた平井義一議員。

以前も調べたのですが、不可解なほどのその後の動きが解らないのです。


http://www.wikiwand.com/zh-yue/%E7%AC%AC25%E5%B1%86%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9C%BE%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B8%BD%E9%81%B8%E8%88%89

若くして(34歳)福岡4区でトップ当選の実力と人望と人気。その後も当選すること、5期。第28回(1958年5月)でもトップ。これほどの政治家の、写真すら残っていない、気味の悪さ。美智子さん入内1959年の翌年に落選しています。
5期連続当選のベテラン議員が。


中央が平井義一氏。


1958年 皇室会議で満場一致で正田美智子皇太子妃に決定。これも実は奇妙な話。
国会にすら知られずまずアメリカで発表され、名だたる皇族は全て正田美智子入内に反対していたのが、いきなり賛成派に。昭和天皇の賛成の一言により、とされていますが
その昭和天皇はいまだGHQの呪縛の中にあられました。


1959年2月 国会で平井義一議員が正田美智子入内の胡乱さと出自を問い詰める。

その2ヶ月後の1959年、正田美智子入内。

その翌年の総選挙で、今まで5期落選したことのなかった平井義一落選。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%BE%A9%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)


平井 義一(ひらい ぎいち、1913年3月 - 没年不明)は、日本の政治家。元衆議院議員(5期)Wikiより

国会議員を5期務め、第4次吉田内閣で郵政政務次官に就任、横綱審議委員、日本プロレス協会長などの、華やかなポジションにいた人物の没年が不明?・・・・。

没年不明は行方不明とほぼ同義ではないのですか?
気色の悪い・・・・。⇒ コメント欄に・・・・ご存命だそうです。Wikiの「没年不明」記述はなぜに?

⇒更にコメ欄に。衆議院の広報課に訊いたら、平成19年9月6日にご逝去。

平井議員とは違う意味で、履歴の一部がすっぽり消されているのは、
美智子さん入内に直接動いたカトリック神父、ジョセフ・フロジャックです。
足跡はかなり詳しくWiki他にまとめがあるのに、部落布教のために
群馬は館林に向かい、そこで布教していた事実だけ全部、
過去から抜き取られ、なかったことになっています。

ご本人が著した書物まで焚書されたら、ジョセフ・フロジャック神父が
美智子さんの父方祖母、正田きぬさんを一番目の布教者として、
それから次々に正田一家をカトリックに改宗させたことも、
「なかったこと」にさせられるのかもしれません。

正田家とGHQの癒着、それにからんだ美智子さんの入内について
発信し始めたのは、ひょっとして拙ブログが始発だったかもしれませんが
(始発信は誰でもいいのですが)これまで推論の域を出なかったことが
更に今回の記事で一歩進めたかもしれません。


朝鮮髪飾り ペッシテンギ

国連女子差別撤廃委が女性天皇を認めよ、そのために皇室典範改正をと、言ってきましたが、もともと現行の皇室典範も戦前のそれから様変わりしたのはGHQ関与だと思います。憲法をいじった彼らが皇室典範放置はないですね。

それまでは皇太子が不出来であったり人望が無かったり、ふさわしからぬ行為があった時は、長男であろうと排除、ふさわしい人物が天皇になっていました。
皇后も目論む女系天皇は論外ですが、どんなアホでも長男なら即位というのも、考えてみればGHQのやりそうなことです。当時の皇太子(今上)はさんざん、GHQによる恫喝と洗脳教育で自虐史観左翼に仕立てていたので、そのまま
即位させないと、計画が成就しないわけです。

いまだ日本を敵国としてみなす「敵国条項」のある反日国連とその事務総長、
潘基文と癒着している皇太子。そのさぼり妻は国連大学通学には熱心で、
個室が与えられたほど。またその父はGHQの意向に忠実で、要するに
反日姿勢で出世階段を駆け上がっています。妹も国連関係。

池田 (小和田)礼子国際連合職員、国連ユニセフ駐日事務所(東京事務所)副代表などを歴任。
そして、売国の宮高円宮の長女と同じく、あの中抜き日本ユニセフに
母親と妹が関与。小和田は真っ黒。反日一家です。出自はほぼ間違いなく半島。


そして国連といえば美智子皇后の盟友、ブサヨフェミの緒方貞子。
皇后の、女性宮家の創設で皇后の助っ人をし、一方で
すでに在日という難民に苦しめられている日本に、更に
難民受け入れを迫る左翼女がいます。

皇后陛下が主張なさり、天皇陛下がそれに追随なさっている
「皇太子の系譜の女性天皇」を立てたら、皇統に朝鮮人の血が
入り込みます。

以下はBB参考過去記事です

◆皇后陛下の“実家”日清製粉という売国企業  《転載ご自由に》


http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/5c63283c17c5264c4a373df1e9eccd11

◆資料  皇后陛下、その精神を形作った生い立ちと環境

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7c9cffa819831b24bbfbd63d9f8eb57b

◆ついに小和田家【出自】の秘密 《水間氏の意向により全文掲載条件でネット転載可》

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/77810d5d792b9b41f51b837fb20648db

◆天皇陛下に国辱謝罪させた「皇室使い」の国賊/小和田恒 【保存・拡散希望】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ec86f08a22b5d6d8c431e44bd6a4c7b5

久々にアクセスレポート

3月8日のアクセス数


•閲覧数103,659
•訪問者数39,633
•順位:3位 / 2,425,249ブログ中 前日比 ↓

•2016.03.07(月) 113630 PV 43329 IP 3 位 / 2424028ブログ

*再三繰り返していますが、お名前欄の空白Unknownや、文章の一部を名前にしたもの、「あ」や「ん」などのいかにも、やっつけ的なHNは、読まぬまま削除しています。「通りすがり」も同じく。発言には最後まで責任を持つという意思表明を兼ねて、他とダブらないような常設のお名前を工夫の上、お入りください。


必然性のない「非公開」指定もお控えくださいませ。公開非公開段階では、
文を熟読して選り分けているわけではないので
「非公開」ないしは「非表示」については

【タイトル欄に】

【非公開】と強調して表示なさってください。

長めのコメント内に書かれると見落として
表示することがあります。常連の嫌がらせさんたちも読まず即ハネています。HNを騙っても変えても解るので無駄です、念のため。


反論は大いに歓迎しますが、但し記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、「論拠を示して」ご提示くださいね。知能が一定レベルに達してない方へのコメント返しは不毛なので、ご遠慮ください。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1983268.html


▲△▽▼


皇后さま82歳「生前退位」に衝撃 お可哀想な美智子様!
http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/442970102.html


皇后さまが82歳にもなって、
衝撃をお受けなさる。

なんてお可哀想な美智子様!

て、報道を額面通りに受け取る人が、
おそらく国民の99%だろ。

あとの1%て120万人。

いやいや、皇室ブログ読んでる人が
そんなに居る訳がない!

そう考えたら、恐ろしくなった。
皇后さまの後ろ盾は、無知な国民なんだから。


皇后さまの出自

皇后さまは、どういうお人なのか?
これ、基本中の基本。

母は大陸夫人いわれた、正田富美子。
朝鮮系の中国人。

父は正田と思いきゃ、
在日の堤康次郎。西武の創立者。

そう、不倫の子です。皇后さま!

写真を見れば一目瞭然。
皇室ブログをググって見て!

そして、正田家は部落民の出。

ために、皇后さま15歳から婚活するも
二十数回見合いして、すべて断られる。

これ、当時の国会でも問題になりました。 

加えて、カトリック信者!
耶蘇教を隠しての入内です。

なぜこう言う事になったのか?


日本を弱体化したかったアメリカの意向がありました。
それと、小麦粉。日清製粉とGHQつるんでました。

ですから、結婚の報は米国が先なんです。

ええとこの娘とはいいながら、
皇后さま、お茶もお花も知りません。

御徒町をうろつくヤンキーでした。
"やばい"が口癖だったそうです。

もひとつ、15歳で婚活パーティーいうことは
男知ってるてこと。

パーティーはダンスが付きもの。
男はズボンのポケットにバナナ入れたりします。

これが佐伯晋に繋がります!


皇后さまの入内

テニス場の恋とかなんとか、
GHQの嘘とカトリック信者総出のたくらみで、

みごと入内した皇后さま。
これ見て下さい。

欧州王室の報道の有様です。

今上;Emperor Akihito and  Michiko Syouda
東宮;Prince Naruhito and Masako Owada
秋篠宮;Prince Akisino and Princess Kiko
皇后さまと股子は、妾扱いなんです。

卑賤の出と、欧州王室は全てお見通しなのね。
皇后さまは、欧州では末席に座らせられます。

報復に皇后様、ロイヤルブルー着用も
他の女王と同色衣装の使用も好きなままにしてます。

個人ならかまいません。
皇后さま、日本を背負ってます。

と、しかし、皇后さま入内の最大の罪・害悪は、
佐伯晋の子種を宿していたということです。

皇太子のDNA鑑定、必須です。

皇后さま、入内の年に里帰り10回。
これ、佐伯晋との逢引でしょう。

昭和天皇に注意されました。

当然皇族間の評判は悪くて、 
立后会議は見送られます。

入内はしたけれど、
皇后さまは、皇后陛下ではないのです。


 
しかし、佐伯晋の朝日新聞が援護します。

「昭和天皇が、即位したときから、
側妾(そくしょう)制度が廃止されたのだから、
天皇の奥さんは一人しかいない。
だから、【立后会議】は必要ないんじゃないか」と。

日本では、なし崩し、今も皇后さまではない
皇后さまを皇后陛下と看做しております。


皇后さまがヤったこと これからヤる事

皇后さまがヤっことは、
欧州王室との信頼関係をズタズタにした。
だけではありません。

昭和天皇が崩御されると、
すぐに、
"災害のあった時には、国民がテントを張れるように..。"
と天皇が丹精込めた昭和の森を伐採。

更地にして、56億円で宮殿を建てる。

バレて非難されると、
"失語症"になったと嘘ついて引きこもり。

香淳皇太后への復讐。
御所にPC70台配備。
秋篠宮家に10年間の産児制限。
悠仁様誕生祝に、暗殺示唆するベビーシューズ片方。
朝鮮飾りの皿帽子。
法王に見立てたマント服。
祭祀の簡素化、廃止。
天皇と並んで歩く。或いは前を。
マスゴミ使っての、アテクシ上げ。

いま、天皇を操って"生前退位"表明。

愛子天皇推進。
自虐史観拡散。
無用の慰霊の旅。サイパンで朝鮮人慰霊碑にぬかずく。
無用の災害地訪問。
股子を入内させる!

ま、上げたら切りがないか。
皇后さまは、鬼婆です!

ミテコといい股子といい
つくづく嘘つきチョンとは
関るべきでないなと、オモフ。
http://kumo-tarooo.seesaa.net/article/442970102.html


▲△▽▼


ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その1
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-925.html?sp


『美智子皇后物語』
2015/08/2719:45


さーて、今日はこの本を紹介します。

美智子皇后物語

(鎌倉市の図書館を通じて横須賀市の図書館から取り寄せてもらった。昭和天皇と徳仁皇太子ご一家ならガンガン買いまくってますが、平成4人組の本はたとえ中古でも買いたくないので取り寄せになった)

文月今日子先生は面白い作品を描く漫画家なので大好きですが、この本の原作者が美智子教信者の河原敏明氏なので、平成皇室ウォッチャーのヘカテーと看過できない所がめちゃくちゃあった。

なのでカテゴリーを独立させました。

じゃあ突っ込んしゃうぞー!

@美智子さまは優秀な成績だった

正田美智子嬢 父正田英三郎氏は

ヘカテ―も美智子さまは主席だと信じていました。
いや、美智子さまの聖心女子大学時代の成績表が公開されていますが、BどころかCもあるよ。
はっきり言って普通です。
卒業生代表に選ばれたものプレジデント(要するに生徒会長のような地位)だったから。
ガチで成績優秀だったのは雅子さまですね。

A明仁皇太子と正田美智子嬢は恋愛結婚

美智子さまと明仁皇太子は恋愛結婚と言われていますが、違います。
佐伯 晋氏はこう仰っています。

恋愛関係はなかったと、公式の場で、少なくとも2回、当時の最高責任者である宇佐美宮内庁長官は、言い切っています。
一つは、婚約発表のときの公式会見ですね。皇室会議で宇佐美さんは、自分の方から「皇太子様が、正田嬢とテニスコートで数回お会いになったことはあります。しかし、世上で一部に噂されたような、恋愛関係はない。」と、はっきり言っています。あの結婚は公式的には、恋愛関係ではなかったことになっているわけです。
それからもう一つ、これは、婚約が発表されて、ご成婚になるまでの間、昭和34年2月6日衆議院の内閣委員会、ここで自民党の平井義一代議士が、宇佐美宮内庁長官に向かって「新憲法のもとで、恋愛は自由だ。皇太子も人間だから恋をする、とおっしゃる。しかし国民の象徴が、自分のしたいことをしても、国民は尊敬するでしょうか。いろいろ探したが無かった、民間からもらっていただきたい。」と。さらに平井代議士は「あなたから進言されたのならいいが、伝え聞くように、皇太子殿下が軽井沢のテニスコートで見初めて、自分からいいというようなことであったとするならば、我々の子どもと変わりはないではないか。そういうことで、国民の象徴として尊敬されると思っているのか。」と質問。
それに対して宇佐美長官は、「殿下は非常に慎重な方で、ご自身の義務については、はっきりした考えをお持ちだ。世上、一昨年(昭和32年)あたりから、軽井沢で恋愛が始まったように伝えられているが、その事実は全くなく、テニスを一、二度なさった程度のことです。昨年(昭和33年)の春頃から、いよいよ何人かの候補者に絞り、そのうちから我々もご推薦申し上げ、殿下もご冷静に観察なさって、ご決心になさった。世上に伝わるような浮ついた態度というのは、実際に全然、認めることはできません。」と、こう答えていますね。
要するに、恋愛関係はなかったと、ここでも断言しているわけです。この世間一般に長らく信じられている「恋愛結婚だった」ということは、公式の場で、二度にわたって、責任者である宮内庁長官が否定しています。


そもそも皇太子妃候補がどんどん結婚してしまったというのも大きかった。
常磐会がご推薦しなければ決まるはずありませんのにね

自由がない身分の皇太子妃になりたくないという理由もありますが、
最大の理由は明仁皇太子に魅力がなかった。
根性と性格が悪いと言う話は華族社会では周知だったから、みんな皇太子妃になりたがらなかった。

C正田家は皇太子妃にさせたくなかった

どうかこの話はなかったもの 

藤島泰輔が暴露してます。
軽井沢の上流社会は狭いので偶然出会ったとは考えられない。
要するに正田家側も計算していた。
正田家って美智子さまが結婚してめちゃくちゃおいしい思いをしています。
美智子さまのお兄さんは婚約していましたが、妹が皇太子妃になると決まったら「お宅とうちじゃ家格が違うから婚約は解消します」と宣告しました。そして浜口雄幸首相の孫と結婚しました。そして弟は大原家から嫁をとり、妹は安西家に嫁ぎました。いずれも皇太子妃の実家でなければ本来なら正田家は相手にしてもらえない家です。

D良子皇后筆頭に女性皇族みんなが美智子さまを反対していた

わたくしは北白川さんと思いますわ
ばかばかしい

松平信子さんは東宮参与として皇太子妃選びという大役を背負っていました。
まー、とにかく大変だった。
甘やかされて育った明仁皇太子と結婚したくないと皆嫌がった。
ようやく旧皇族の北白川肇子さんで決まり松平さんもホッとしていました。
しかし小泉侍従らは正田美智子嬢がいいとこっそり動いていました。
正田美智子嬢が皇太子妃に決まっても、まだ松平さんに報告しなかった。
「皇后さま勢津子さま喜久子さまそれに松平に言ったら絶対反対するよね〜。ギリギリまで黙ってよーぜ」と皇室会議の数日前まで秘密にしておいたのです。
北白川さんで決まりと新聞記者まで思っていたことから上流社会の人は全員北白川肇子さんが皇太子妃になると疑うことなく信じていました。それが違ったんだから、北白川さんはさぞ恥ずかしかったろうね。平民に負けたと世間には思われたんだから。
北白川さんのことを考えたら、そりゃ松平さんだって激怒するよ。何と言ってお詫びしたらいいのか真っ青になったでしょうね。

高松宮妃も

喜久子さまの反対理由は平民だったら宮中の難しい決まり事を理解することが難しいというものでした。
喜久子さまの心配通り結局美智子さまは皇室の伝統を破壊しましたね。


「 ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その1」のコメント一覧


まるさん

美智子妃神話はこうして作られた
いやー、笑っちゃいますね。
昭和の皇太子、美化しすぎ。
それに引き換え、松平信子さんは不細工な意地悪婆に書かれて酷い扱いですね。
鍋島の殿様のお姫様によくもまあこんな仕打ちが出来ましたねぇ。
(で、なぜ妃殿下方含めて皆さん着物なんだろう)

あ、最後のコマに出てきた黒木さん。
お昼休みにとても恥ずかしいところに行って、とても恥ずかしい亡くなり方をしました(チーン)。
どこかの宮家の変態宮務官の元祖みたいな方です。
2015/08/2720:44 URL 編集


タヌキそばさん

美智子さんの成績表を見たら、首席とは言えない。
正田美智子さんの聖心女子大学での成績表はネットで見ることができる。

美智子さんは首席だから卒業生代表としてスピーチしたと言われているけれど、あの成績表を見たら首席とは思えない。

首席ならオールAと思うけれど、美智子さんはBもCもあった。

よくそれで首席と言えると呆れてしまう。

卒業式でスピーチしたのは首席だからではなく、プレジデントだったからでしょうね。

もし正田美智子の成績で首席だと言うなら、聖心女子大学のレベルはかなり低い大学です。


2015/08/2721:37 URL 編集


原さん

へぇ…
まだ生きてるのにこんなのあるんですか。
本当すごいですね、コーゴーサマって。
2015/08/2722:25 URL 編集


おばちゃんママさん

昔、子供の頃に私の毒舌ハハが話してましたが、戦後皇室に新しいものを入れなければ!状態だったから、それが美智子さんなんだと。
この時代に大学出てるってだけで、皆の憧れになったのよ。
ある程度の家の子は、大学出てるけどまだまだ貧しい時代だから、そう言う人達の憧れになっただけと…
この人、普通にしとけばいいのに様子するからね…と、相変わらずの母でしたが、様子する姿は今も昔も変わりませんね。
今日も、軽井沢でピアノピアノでした。

2015/08/2723:34 URL 編集


Oakleyさん

北白川肇子さん
うちの母は東京から遠く離れた田舎の主婦でしたが、美智子さんの前に北白川肇子さんと言う人がお妃に決まっていたというようなことを言ってましたので、それらしい報道をされていたことがあるんじゃないでしょうか。

私は美智子さんよりもう一世代後での見合い結婚ですが、それでも間に入ってくれている人の顔をつぶすようなことはご法度です。
当時の美智子さんの決まり方は、松平女史をはじめ、いろんな人に恥をかかせているわけで、女史が怒るのは当たり前だと思いました。
2015/08/2723:52 URL 編集


名無しさん@美談にお腹いっぱいさん

その本を少し読みました
この本はどこかの食堂に置いてあって、待ってる間に一部読みました。
当時はまだミテコさまファンだったからミテコさまの描き方はまだしも、チャブがまさに少女漫画チックな二枚目に描かれてるのには苦笑しました。

それから外国からの要人たちが英語が堪能なミテコ様の前に群れをなし、宮妃たちがハンカチ咥えてキーッとなるシーンがあったような。
探してみてください。
でも宮妃のどなたか、ヨーロッパ育ちでミテコ様より遥かに堪能ではなかったっけ。
今聞くと、ミテコさんの英語、あくまで日本仕込みですよね。
だから「留学したことが無い」と言い訳された。教員免状まで出された。
当時の日本では十分な語学力。「私の力はこの程度。それ以上でも以下でもありません」と自然体でいられないのでしょうか。

この本は作者が独自の取材をしたわけでなく、当時のマスゴミが作り上げた幻影の美智子さま…健気で美しく、周りの虐めに耐え抜いたヒロインとしての美智子さまを、漫画仕立てにしただけ。
ご本人も自分をそう認識されていたのでしょうね。
2015/08/2808:14 URL 編集


射手座さん

少女漫画家は今。
少女漫画家のほとんど全員が、仕事なくて大変なんざんす。
大ヒットを飛ばした代表作持ち少女漫画家にしても、仕事はあれど原稿料は20年以上据え置き。青池保子が嘆いていたくらいだから、相当なんでしょう。今の少女は楽しみいっぱいでマンガに執着しない。
あすか組描いた人や美女姫描いた人も、仕事なくて大変なんだよ。ミチコサマ物語の先生も、要するに金欲しくて引き受けたんでしょ。
2015/08/2809:42 URL 編集


ペリドットさん

文月今日子すきだったのにな
こんな仕事を引き受けるようになっちゃって。涙。

しかし、画ってこわい。
善人、素晴らしい人のように描けばそう見えるし、悪役(太って怖い顔)に画けばそう見えちゃう。

これ、実際の写真で描けばかなり違った印象になると思う。

昭和の皇太子妃、気が強くてでしゃばりの顔。
昭和の皇太子、ぼやーっとした、アホぼんの顔。

だからこそ、漫画家に画かせたんでしょうが。
文月今日子さんも仕事選んで欲しかったなあ。
2015/08/2810:02 URL 編集


blugirlさん

うーん
チャブとミテコ様があまりに美化されすぎて、爆笑しきりwww
正にミテコ様は悲劇のヒロイン調、皇族のお方々が全て敵キャラって、何だかなあと思ってしまいました。
確か、雅子様のご婚約やご結婚の時だったかに記事で読んだ気がしたのですが、ミテコ様は皇室会議だったかで問題点というか、懸念事項として唯一上げられたのが「キリスト教信者である」ことではなくて、「気が強い」ことという記事で、未だによーく覚えているのです。何で見たんだろ・・・未だにソースがつかめないのです。申し訳ありません。
2015/08/2818:35 URL 編集


アメジストさん

No title
こんばんは。
美智子さんて、「感謝の塩揉みレタス」といい、ヘカテー様が紹介して下さったこの漫画といい、公開ピアノレッスンといい、いつも注目を浴びて賞賛され続けなければ気が済まないのですね。いつでしたか、美智子さん夫婦が結婚50年、天皇即位20年の年に、ある地方新聞の記者が、このような記事を書いたという噂を聞いたことがあります。

「天皇皇后、特に皇后は、なんて素晴らしい人なのだろうと褒められたい人。結婚50年即位20年を祝う記念式典は、2人の意向もあって、この1年は続くだろう」

そんな美智子さんの欲望が、聞こえてきそうです。

「ワタクシへの注目と賞賛は、まだまだ足りないわ。もっともっと、注目と賞賛を浴びたいの。次は、どうやって、注目と賞賛を浴びようかしら」
2015/08/28 23:28
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-925.html?sp

▲△▽▼


ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その2
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-926.html?sp&m2=res


『美智子皇后物語』
2015/08/2720:11 5 -

じゃあ、PART2もいっちゃうよ。

@お前らより美智子の方が偉くなるんだよ!


東宮さんが何と言われようと

おばさま方の上位に位するのですよ

けんか腰だ!

これたぶん美智子さまにも言ったんじゃないかな?
「美智子、気にすんなよ。お前あのババアたちより立場上なんだからさ」

喜久子さまの偉い所はこんなアホの花嫁のためにクリスチャンディオールのドレスを用意してくれたこと。

仮縫いは高松宮邸で行われました。

雅子さまを喜久子さまがかわいがってくれたのって単純に花婿の態度があったのかもね。
皇太子殿下ならこんな態度絶対にとらないもの。

Aミッチーは感情が高ぶるとすぐに倒れる

正田さん 平気です

どうも美智子さまって感情が高ぶるとすぐ倒れる体質みたいですね。
あーだから平成初期のバッシングの時に倒れたんだ。

B正田家と美智子さまは疎遠

美智子はもう皇室の人になった

列外派をご覧の方々はもうご存知の通り、美智子さまと正田家は疎遠になっていません。
小和田家に比べたらべったりと言っていいほどです。
明仁皇太子夫妻が正田邸にお忍びでしょっちゅう帰ってたし、軽井沢静養中は正田家の別荘に行きまくってたし。
美智子さまは実家と交流しまくってたのに、海外に住む小和田家の両親と会ったらバッシングするんだもの。
本当に平成って昭和を無理矢理なかったことにしてるよね。

C結婚当初は大変でしたと全国民にアピール

ご成婚一年をむかえられた

これもよくよく考えてみるとかなり感じ悪いよね。

国民は「美智子さまかわいそー」と思うもん。

良子さま、先輩宮妃、女官さんを「私をいじめる」と言っているようなものだからね。

D英語が話せるのは美智子さまだけじゃない

ご自分だけ英語ができると思って

秩父宮妃勢津子さまは帰国子女です。
ですから、英語でスピーチできるくらいに英語ペラペラ。
ぶっちゃけ美智子さまよりも英語が上手です。
そもそも宮中の外国語はフランス語だから女性皇族は旧皇族も含めてフランス語ペラペラです。

「 ツッコミどころだらけだよ!『美智子皇后物語』 その2」のコメント一覧


まるさん

舐めたらいかんぜよ
あ、ヘカテーさまに「お仕事お疲れさまです」と書くのを忘れていました。
無理をなさらないでくださいね。

>秩父宮妃勢津子さまは帰国子女です。
>ですから、英語でスピーチできるくらいに英語ペラペラ。

不細工意地悪婆にされた松平信子さんのお父さま、鍋島直大侯爵もイギリス留学経験者です。
信子さんのお姉さまの梨本宮妃伊都子さまは、侯爵が公使時代のイタリアのローマで生まれてらっしゃいます。
(この方は美人で有名)
「伊太利亜の都の子」で伊都子。
2015/08/2720:56 URL 編集


原さん

つまらない感想を立て続けにすみません
あのイケメン誰ですか?
え?昭和の皇太子サマ?
ご冗談を!

みたいな美化ですね、いやはや。
2015/08/2722:39 URL 編集


大江春Dさん

漫画とはいえ
この上品で穏やかなお顔で老婦人と美しいご婦人は
正田夫人と美智子様です・・・ね
知的で二枚目の男性はもしかして今上陛下ですか
(誰やねんと言いたいレベルの美化)
ここまで悪者にされた他の宮妃の方がお気の毒です
個人的には山岸凉子先生にリアル今上陛下夫妻、野望の秋篠宮夫妻を描いて頂きたいです
夜怖くて寝られない絵柄とお話になるでしょう


2015/08/2821:11 URL 編集


ベアトリスさん

知らないと思って
他の方もあげられていますが、勢津子さまもそうですし、梨本伊都子さまも英語やフランス語に堪能だったと思います。
この時代の日本人なんて大半は英語しゃべれないですし、美智子さんでも一応しゃべれる部類だったんでしょうけど。
それにしても、結婚したらあんたらより立場は上ですって、どう贔屓目に見ても失礼だと思うんだけどなぁ。
2015/08/2911:10 URL 編集


ライブラリーさん

美智子さんの語学力
美智子さんって、これまで2度、IBBY(国際児童図書評議会)において、英語で演説をしています
私が初めて美智子さんが英語で話すのをじっくり見たのは、このIBBYのニューデリー大会(1998年)で流されたビデオメッセージでした(ネットでも見られます)。

メッセージと言っても、全文予め用意した原稿をただ読み上げるだけのもので、ところどころ指で原稿をなぞりながら読み進めてました。
我々が学生時代、英語の授業で先生に指されて、テキストを音読したのと全く同じです。

出だしをちょっと聞いて、この程度じゃ、おそらく大してしゃべれないな、英語に堪能というのは明らかにお世辞だな、と思いました。

事前に専門家から指導を受けて、発音や文節の区切り方、抑揚のつけ方、どこで区切ってカメラ目線にするかなど、おそらく入念に練習を重ねたのでしょうが、それぐらいやれば、誰でもこの程度の読み上げはできるでしょう。
先刻、米国議会で演説した安倍首相よりはマシ、といったところでしょうか。

この時の原稿を読む様子からすると、英語での自由な会話において、自在に言葉を駆使して外国人と深くコミュニケーションをとるといったレベルには達していないと思われます。
この当時ですでに入内して約40年、語学の先生もいただろうと思うのですが。

美智子さんが切望してやまない、欧州王族とのプライベートでの親密な交際が困難なのは、こうしたことがネックになっているのでしょう。
若いころからあれほど外国に行きまくっているというのに。

雅子さまを絶対に欧米諸国に出したがらない最大の理由がこの点にあることは、多くの人が想像するとおりでしょう。

かつて昭和のころ、当時の東宮御所を訪れた欧州王族の接遇で、昭和の東宮一家にまじって、どういうわけか少々場違いな感じで秩父宮妃勢津子さまが同席しておられたのは(ちょっと見つけられませんでしたが、確か写真があったはず)、明仁・美智子夫妻では英語での会話がもたないことを考慮してのものだったという話があります。

先日、こちらに久子さまのスピーチがアップされているのを見ましたが、日本語と英語を自在に操り、原稿も見ずに聴衆に向かってどんどん話を展開していく久子さま、美智子さんなんかとはそれこそ雲泥の差があり、比較するのも失礼なほどです。
美智子さんにとって久子さまはさぞかし目障りな存在でしょうね。

ちなみに美智子さん、日本の詩の英訳本も出してますが、直訳の英作文と言った感じで、これってどうなのかなぁといった代物です。

英語でこの程度だと、「造詣が深い」(笑)と持ち上げられているフランス語ではどんな話し方をしているのか、恐ろしくなります。

聖心時代の大して良いとは思われない成績表と同様、演説映像の公開や翻訳本の出版、(それに草津でのピアノレッスンも)出せば出すほど、この方の「程度」が露わになっていきます。ご本人は得意顔ですが。

美智子さんの語学力、おそらく今の皇室では、秋篠宮夫妻よりちょっとましという程度で、底辺グループであることは間違いないでしょうね。
2015/08/3116:25
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-926.html?sp&m2=res

33. 中川隆[-11972] koaQ7Jey 2019年2月22日 06:40:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2] 報告

関連投稿

美智子妃も雅子妃もアメリカが皇室と天皇制を破壊する為に送り込んだスパイなのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/262.html


皇太子妃の雅子さんは典型的なダメダメ家庭出身者 
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/179.html

知恵遅れの皇太子の嫁にされた上に、皇族全員から陰湿な苛めに遭った美智子妃殿下は復讐の鬼と化した
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/118.html


美智子妃殿下の実家の正田家は同和部落出身なのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/116.html


柏原芳恵のバイブレーター騒動 _ 宮内庁が皇太子妃候補 No.1 を引き摺り降ろした手口
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/117.html


秋篠宮文仁  僕の父親は一体誰なんでしょう? 皆さんも一緒に探してください
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/109.html


天皇家では何時から知恵遅れや発達障害の子供しか生まれなくなったのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/110.html


日本人と日本古来の文化を滅ぼそうとしているクリスチャンでグローバリストの天皇一族 _ 天皇は何人で何処から来たのか?
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/102.html


君はアジアを解放する為に立ち上がった昭和天皇のあの雄姿を知っているか?
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/312.html


昭和天皇が戦争狂になった訳
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/321.html


原爆投下が日本を救った_ ユダヤ人とトルーマンと昭和天皇に感謝
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/327.html

34. 中川隆[-11961] koaQ7Jey 2019年2月22日 08:05:11 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[13] 報告

zqi********さん 2019/1/21 22:11:21

香淳皇后は民間から来る美智子様と当時皇太子だった天皇陛下との結婚を反対していたらしいのですが、宮内庁は賛成だったのでしょうか。
それとも反対だったのでしょうか。

詳しい方、教えてください

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん 2019/1/23 02:49:26

良子様は反対だったと思います。
常磐会選出の、旧皇族出身の方を候補で押していましたので。

昭和天皇は、生物学者でしたので、血族で結婚するより、他所からの血を入れた方が、優生学上いいと思っていらしたと思います。

ただ正田家は、個人的に駄目だったようです。
お母様の富美子さんが苦手のようでした。

最終的には、皇太子がいいなら、民間からでもいいでしょうと、昭和天皇の判断で決まったのです。


正田富美子
系図では得体の知れない存在です。

父にあたる人に、妻(いわゆる富美子さんの母)の欄が無いのです。
富美子さんは、副島氏の実の娘ではなく、中国で、中国人とイギリス人のハーフの美少女に出会い養女にしたようです。

それまでの富美子さんの経歴はわかっていません。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13202267613?query=%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90%E6%A7%98&status=solved

35. 中川隆[-11952] koaQ7Jey 2019年2月22日 10:26:25 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[22] 報告

要するに、美智子も雅子も柏原芳恵も全員 被差別同和部落出身者

特に、雅子は醜く、性格も悪く、淫乱女で何度も堕胎を繰り返していたという噂なので絶対に皇太子妃にはなれない筈なのですが、美智子が強引に他の候補者を引き摺り降ろしたのです。

家柄で柏原芳恵を振るい落とした訳ではないのですね。

▲△▽▼


美智子妃殿下が皇太子妃候補から強引に引き摺り下ろしたのは家柄が悪い柏原芳恵だけではありません:


浩宮徳仁親王妃の最有力候補だった旧皇族の女性、久邇晃子さんのこと。

久邇晃子 (旧皇族久邇邦昭令嬢)

久邇晃子は、宮内庁が最後の切り札として、「お嫁にいかないで」とお願いしていた方と言われています。何のたくらみか、あるいは偶然か、一度外れた方があっと言う間に海外のプレスの報道によって浩宮妃決定と流されるまで、この方が東宮妃の有力候補であることはまちがいありませんでした。

そして30代近くまで待たされた揚句に、皇后陛下から、侮辱とも受け取られる言葉があったと言われています。

「あちら(小和田)のほうがおできになるから」(ハーバード、東大、オックスフォードのこと)

「退職金を使ってまでのお支度が貧弱」
(退職金まで使わせ、そのくせ、小和田には支度金を出した)

そもそも、お待ちしているので留学など、できるわけがないのに。そして、お妃決定後、彼女はオックスフォードに留学して哲学を学び、一般試験で東大に合格して、三年度からは、難関の医学部医学科に進級しました。これに、何かに対する
「意地」を感じない人はあまりいないでしょう。現在の彼女は精神科医師としてキャリアを積んでいらっしゃいます。

現在の東宮家を見てつくづくとこの方が東宮妃だったら、と思ってしまうのはしかたないでしょうか。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/emperor/1309427384/


浩宮徳仁親王妃の最有力候補だった旧皇族の女性、久邇晃子さんのこと。

邦昭王(伊勢神宮大宮司・神社本庁統理)のご令嬢、すなわち香淳皇后実家である久邇宮家末裔であり、徳仁とは“またいとこ”の関係に当たる。

ご本人は乗り気でなかったらしいが、学習院女子高等部の同窓会である常磐会も推薦し、特に母方祖父である日本生命元会長:弘世現氏が積極的で皇室に働きかけをしていたと言われている。お妃候補といわれた女性たちが次々と結婚していく中、彼女が独身を続けたのは元華族勢力からの強い要請により、最後の切り札として温存されていたためと信じる人も多い。


 宮内庁の“最後の候補”久邇晃子さんとも、'91年秋、数回お見合いしたが最終的に、皇太子のOKが出なかった。


現在も独身であるため、もし徳仁親王が彼女と結婚していれば……という声が時々ある。

学習院大学文学部哲学科卒業、国連英検特A級所持で英語は堪能。徳仁が小和田雅子と結婚した後、なんと久邇さんは東京大学理科二類に入学しただけでなく、日本最難関の理科三類入学よりもさらに難関とされる医学部進学(理IIの定員560名中上位10名だけが医学部へ進学可能)を果たし卒業。現在は精神科医としてご活躍中である(医師としては略字体の"久迩"を使用)。

このように、久邇さんは文系理系ともにパーフェクトな上、ピアノだって当然のように弾けてしまう女性であり、三代以上家系図が遡れず、学歴ロンダリングに加えプラチナフルート放り出しの小和田雅子とは比べ物にならない、本物の才媛である。 •参考:久邇家が東京大学にピアノを寄贈。その寄贈式にて久邇さんがピアノ演奏した記録

このような女性を選ばなかったナルちゃんの目は、まことに節穴であったとしか言いようがない。

『文藝春秋』2011年12月号に久邇晃子さんが唐突に日本原発政策について寄稿掲載。皇室とは関係ないトピックながらも、副題に「旧皇族」と添えるなど今までなかった動きを見せており、同年11月3日悠仁親王殿下着袴の儀を境にいろいろ動き出したかと、スレ住民の注目を集めている。
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%A4%AF%A4%CB%A4%B5%A4%F3


久邇 晃子(くに あきこ、久迩 晃子、1963年(昭和38年)8月25日 - )は、日本の医師。旧皇族久邇家出身。

久邇邦昭(先々代の神宮大宮司、現神社本庁統理、前霞会館理事長)の長女。弘世現の孫。

1986年(昭和61年)頃から1992年(平成4年)夏まで、皇太子徳仁親王(浩宮)お妃候補の切り札といわれた。


経歴
1982年(昭和57年)、学習院女子高等科卒業。
1986年(昭和61年)、学習院大学文学部哲学科卒業。
1997年(平成9年)、東京大学理科二類に合格。のち、同大学医学部医学科に傍系進学し卒業。
2003年(平成15年)、医師国家試験合格
現在、精神科医。


執筆した論文・記事

ヴィトゲンシュタインの『論理哲学論考』における「語り得ず示されるもの」(学習院大学文学部研究年報(学習院大学文学部)37 平成2(1990) pp.41〜57)
そこが知りたい 薬物療法Q&A(月刊 臨床精神薬理第7巻5号 平成16年(2004年)5月)
愚かで痛ましい我が祖国へ 旧皇族の問題提起(文藝春秋 平成23年(2011年)12月)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E9%82%87%E6%99%83%E5%AD%90

36. 中川隆[-11949] koaQ7Jey 2019年2月22日 14:55:44 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[25] 報告

反日「部落の輪」か 雅子さま入内 2015/12/9
https://blogs.yahoo.co.jp/wood72046/36951533.html

BBの覚醒記録さんより転載します。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/d6f72bd3542021db465fc1ee0e2edb80


まず小和田恒氏「ごときが」という言い方も、

当日小和田氏の出版記念パーティに出席したメンツを見れば、

妥当ではないでしょうか。

イメージ 1


*1994年9月 小和田国連大使の出版記念パーティー。

7日、帝国ホテルで行われた小和田国連大使の出版記念パーティー。

政・官・財界などから、

福田赳夫、宮沢喜一、瀬島龍三氏をはじめとする

約二百五十名が出席する華麗な会となった。

弱小出版社からたかだか2千部を出したに過ぎない自著(部数から推して自費出版の可能性?)のパーティを帝国ホテルで開く・・・・・・田舎趣味。

本人は華やかな場が嫌い、とのたまってますが、

それなら何も出版記念パーティなど開かなければよいわけだし、

招待状を元総理2名に出す如きことは、控えれば良いだけでしょうに。

田舎者の屈折した、目立ち好みだと思います。

いやいや、いやと舞台から去りながら、

でも首はスポットライトのほうに突き出してる、みたいな?

「目立ちたくない人」がこの恥ずかしい立て札放置?


イメージ 2

放置どころか、令夫人が「これじゃあ、お墓みたい」とクレームをつけて、
大きく作り変えさせたのですってよ。

たった2千部で帝国ホテル!!

今、出版に詳しい知人に問い合わせたらやはり、自費出版っぽいとのこと。
コミケの壁サークル(コミケの大手)なら、5千部出るって笑ってました。
それも1日間で。3日間で万を刷りますって。


イメージ 3


http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%82%E7%94%BB%E3%81%8B%E3%82%89%E5%89%B5%E9%80%A0%E3%81%B8%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%96%E4%BA%A4%E3%81%AE%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E3%82%82%E3%81%AE-%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0-%E6%81%92/dp/4924831107


¥566 より 14 中古品の出品

¥ 5,033 より 1 新品

カスタマーレビュー皆無。

コミケに敗けた皇太子妃父。

礼子さんが、お得意の自作自演で褒めてあげればよいのにねえ。
(自著を、Amazonのビックレビューで、自分で褒めまくり、

その時自らの洗礼名を使って、ばれちゃった事件があるのです)


宮沢喜一、福田赳夫、そして本人。このメンツで何が解りますか?


共通キーワードは「売国奴」

そして「部落」ではないでしょうか。

                    宮沢喜一


イメージ 4


内閣官房長官時代には、歴史教科書の検定基準に「 近隣諸国条項 」を設けさせ「中韓の感情を害してはいけない」という基準を作り、中韓2国の意向に沿った

『日本を貶めるために創作した自虐史』でないと

教科書検定で合格させないようにした。


内閣総理大臣になってからは、 《 朝日新聞のねつ造記事 》 にのっかり

『 従軍慰安婦 』の存在と『 日本軍による強制 』を認め、韓国で謝罪。


河野洋平官房長官と共謀、「 河野談話 」を発表させ、

世界に向かって「日本は悪い国」と宣言した。


ちなみに、皇太子の考える新たな天皇の姿とは

「国連大使のような仕事をする」です。

売国官吏、小和田恒氏の影響を受けての愚かしいご発言です。

影響というより考える能力がないので、口走っただけ。

国連大使のような仕事をする皇太子や天皇って、どんなのですか?
天皇家の視座はあくまでも、日本でございます。


ローマ法王と肩を並べることの出来るのは世界でもエリザベス女王と

天皇陛下のみであり、その天皇陛下に訪れて頂くことで、

支那は天安門における非人道的行為に対する

世界からのバッシングを緩和させることに成功したのです。

福田赳夫は、やはり媚中で「雅子ちゃんを皇太子妃にする」と

雅子妃の少女期から口にしていた男です。部落出身者の権勢広げか?

小和田夫妻は、福田赳夫の子分であり、

妻の優美子さんは高円宮と通じていました。

お膳立ては整っていたわけです。


イメージ 5

父子で、影に日向に東宮にひっつき虫でコントロール。

イメージ 6


ごく最近の福田康夫の言葉。

「中央日報
http://japanese.joins.com/article/386/209386.html?servcode=A00§code=A10
日本の福田康夫元首相は「韓日関係は離婚できない夫婦のような特殊関係」としながら「相手に対する配慮と信頼、 忍耐力が必要だ」と話した。

・・・・・・・

気色悪いこと言う売国奴でしょう? 国交断絶とまで国民は願い始めているのに。あの韓国に「配慮と信頼」ってw 忍耐は70年間たっぷりさせて頂きました。
こういう手合が総理をやっていたとはね。

こんな韓国ヨイショの父子が

小和田と密着していた事実を忘れないようにしましょう。

美智子さまと雅子さまの入内共通項は、

いずれもマスコミ先行で情報が漏れ、というより意図的に漏らされ

既成事実化されたこと。

美智子さまの時は、海外にまずリークするという手段が取られました。

「ニューズウィーク」当時の日本はアメリカさまの雑誌で言うことですから、

一もニもなく信じこみ、いつの間にか既成事実化。

初の民間からの入内という驚天動地も、

アメリカでまず報道されることで緩和されました。

それ以降の、ミッチー・ブームとやら、

今思えば韓流と同じで仕込みの構造が見え見えです。

反日に転じたマスコミがこぞって皇族を芸能人化。

人気という名のもとに、格を果てしなく落としていきます。

某ワイドショーの方に聞いた言葉。「昔、雅子さんのお母さんって、すごかった。

週刊誌のグラビアで女優の裏に雅子さんが載っているとねじ込む。

雅子を女優ごときの裏にして、貶めないでくださいませ、と。

そして、皇太子妃を、女優、ホステスなどと同等に扱わないでくださいませ、と。

女優とホステスが、優美子さんの中では同格の賤業らしいけど、

雅子さんがあれ上品なの?」

「女優もホステスも努力と才能で自力で懸命に生きてるじゃないの。

たった20メートルしか歩かない皇太子妃と比べたら、

女優とホステスが怒るんじゃないの?」


イメージ 7

イメージ 8

皇室会議の議長である岸信介が、

内閣総理である岸信介に通知する形式ですね。

思えば日本の半世紀に及ぶ、これが悪夢の始まりだったのです。

安倍晋三皇室会議議長の名で、廃太子廃妃の通知を

安倍晋三内閣総理宛てに出して頂きたいものですね。

内部で強固な反対論者が多数いたのに、

皇室会議ではあっさり全員一致という不可解も、美智子さま雅子さま共通でした。いえ不可解ではなく、双方ある勢力により初めから仕組まれていた成婚であり、

テニスコートでの出会いも、どこぞのレセプションでの出会いも

フィクションだった、ということです。

雅子さまは、フランスの地方都市コルマールで皇太子と同宿しています。

レセプションで出会ったとされる、遙か以前にです。

はっきり言えば密罠仕掛けなんじゃないですか?


イメージ 9


皇太子妃決定の報道が出る前から、

あちこち出回った小和田雅子嬢絶賛記事の不可解。

抱き合わせでさりげなく、小和田恒氏の持ち上げも。

なんだかねー。

何もかもが嘘。でっち上げ。誰かが書いたシナリオ通りに、

美智子さまと雅子さま、希代の皇室伝統壊し妃たちは宮中に仕込まれました。

お二人共に結局は、GHQの流れに現れた異人(エイリアン)なのだと思います。

正田家、小和田家と皇室からの打診を辞退したり、渋ったりしていますが、

娘を好条件で売りつけるための駆け引きです。「ストラグル」w
いずれも買い手のほうの息子たちが目の色変えて夢中ということを

心得ていての、駆け引き策謀です。

でも双方背後に組織がついていての入内なので、

どのみち決定事項に等しいことでした。

正田は娘が15歳の時からエリート富裕狙いの男が集まるパーテイに出して

婚活させていた家、小和田家では福田赳夫元総理の頃から入内に虎視眈々、

高円宮家ともそのためにつるんでいます。

もっとも雅子さんのほうには、結婚を意識した相手(自民党代議士)がいたので、個人的には渋る気持ちがあったかもしれず、その為に「来てやった」意識は

強いかもしれません。国民には全く関係のない、

迷惑千万な来てやった意識ですが。

実態は異常なまでに上昇志向、権力欲の強い父親に「売り飛ばされた」のです。父親には、娘を使ってのし上がった藤原道長が

理想像としてあったかと思われます。

江頭某という芸人が、雅子妃の母方江頭と縁戚関係だというのが事実なら、

雅子妃の母方実家・江頭家は被差別部落の出です。同じ佐賀の出身。

江頭某が、かつて東郷健という市民運動家の家で

「オレは部落出身者だ」とカミングアウトしたのを、その場にいた人が聞き、

拙ブログ主はその方から個人的に証言を得ています。

その方に失礼ながら幾つも質問を重ね、

その証言の信憑性を確信するに至りました。

筆名江藤淳(評論家 本名江頭)は江頭家について調査しますが、

“手明鑓(てあきやり)”という平時は無役、戦時に槍や具足を携えての身分と

推定しますが、確定的家系図と資料は皆無です。

鮮人と多分ハーフの布袋寅泰を登場時のBGMとして使ったり、

パチンコ業界とも密なので、ある想像をしますが、決定的資料はありません。

某暴露系雑誌の記者に、江頭某が身の上を語ったら

「そんなもの、とても書けません」と言われたいう逸話。

暴露系雑誌に「書けない」といわしめる内容とは、皇室以外に何かあるでしょうか。雑誌名は失念しましたが、拾おうと思えばソースは見つけられます。

時間がないので、さぼります、ごめんなさい。

Wikiにあるはずなので、興味のある方はどうぞ。

ちなみに、江頭某というタレントは佐賀県の出身ですが、

むろん雅子妃の母方江頭も佐賀。

面白いことに、皇后陛下の母上も佐賀の副島家なんです。
いったい、どういう因縁なのか。

副島家も、江頭家も確たる家系図は存在していません。

初代宮内庁長官が「副島は、興信所ではなくもっと調査の必要があった」と、

書き記しているのは、どういう意味なのでしょうね。

おそらく、そういう意味なのではないかと、想像していますが。

在日は在日を地下水脈で実にあっさり嗅ぎ分け、裏でコミュニティを形成します。思うに、部落もそうなのではないですか? 

被差別部落への差別がいいとは思わないし、

部落だからどう・・・・と短絡はしません。

けれど、暴力団の6割が部落、3割が朝鮮人、

日本人は1割というごとき現実はあるわけです。

在日利権と同様に部落利権も巨大です。

副島家が佐賀で家系図不詳ということと、

同次元に考査しなければならないのは、群馬正田家の家系図でしょう。

拙ブログの読者間では意見が二分されていて、

部落説、名家説と両方ありブログ主はいまだ結論を出し得ないでいます。

仮に白山神社と、部落エリアに実家があったことを論拠に

「そうだ」と仮定するなら、部落円環がきれいに閉じますけどね・・・・・。

念のため再度申しますが、部落だからどう、ということではないのです。
そのお血筋にあるからいけない、と短絡もしていません。

皇族に部落の血が混じるのも厭いません。

朝鮮人は困りますが。

ただ、言動に不審がある場合出自を探ると半島であったり、

部落であったりすることは多いと言わざるを得ません。


天皇皇后、東宮擁護の頭脳硬直・思考停止連中が判で押したように言う、

皇室はいかなる理由があろうと批評してはならぬという言い方も

理解は出来るのです。それは正しい。

皇室の権威を保つには、守られなければならぬ鉄則です。

但し、皇居の中の人々が最小限の則を保ってくださることを

前提での了解事項です。

外れる人がいるからこそあった、廃太子の制度です。

日本弱体化を目的になされたGHQの政策は、

祭祀を「天皇の私的行為」としてランク下げを行い、

その弊害が日々現れて、終戦後この方現在に至ります。

祭祀や神事を軽んじる皇太子の誕生、忌避する姿勢すら見せる妃殿下の出現。いずれも、GHQの皇室弱体化施策の結実というべきでしょう。

竹田某なる者は皇太子の祈りが真剣である、とのたまいますが、

真剣な皇太子が両陛下の剣璽動座による伊勢参内の時

スキーに一家で遊びに出掛けますか?
お慎みの日に遊びほうけていますか?
大震災の命日に御所でお楽しみ会を開きますか?


さて皇室典範です。


*第三條  皇嗣に、拐~若しくは身体の不治の重患があり、

又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、

前條に定める順序に從つて、皇位継承の順序を変えることができる。

重大な事故に該当する要素はあると思いますけどね・・・。

しかし、皇室会議の委員長である時の総理は、

誰も皇室問題には手を触れたくありません。

触れれば命取りになりかねない、デリケートな問題だからです。

まして時の総理が売国政権の者である時は、放置です。


現在の両陛下、皇太子と皇太子妃殿下のありようは、皇室解体、

日本国の国体の弱体化には、いたって都合のいいお方たちです。

例の朝鮮カルト教団が東宮夫妻に肩入れし、秋篠宮ご夫妻に関わるデマを

流していることからしても皇太子夫妻は反日勢力にとって都合よいのです。

また利用しやすい存在であることは、反日韓国の要人潘基文(パン・ギムン)、

韓 昇洙(ハン・スンス)らの皇太子への接触と交流で解ります。

皇太子も進んで彼らや小和田恒氏の喜ぶことをやります。

人民解放軍少将であり、習近平の妻である彭 麗媛(ほう れいえん、

ポン・リーユアン)への接触。

創価イベントへの出席。池田大作の息子との食事会など。

それでも、擁護連中は現実を見ようとはせず、

皇室批判をするは不敬という原則論に縛られて自らに盲目を強いています。

皇太子と反日潘基文を結びつけたのは小和田恒氏です。

イメージ 10


今や雅子妃入内以来20年間の居座りで、小和田王朝完成。
以外に頭が悪く使えない皇室弱体化乗っ取り要員ではありましたが、

居座ることで小和田反日王朝が宮中に完成しました。

天皇陛下にタイで「謝罪させた」のが小和田恒氏。

河野談話の影の人物、また「韓日」ワールド・カップの影の推進者でもあります。


イメージ 11


イメージ 12


なんで、嫁ぐ数日前の小和田家に北朝鮮の金正日の花が飾られているのかと、拙ブログでは執拗に問い続けています。

仮説の域は出ませんが、江頭が部落なら小和田は北朝鮮ですか?
あくまでも「もし、そうだったら」雅子妃は朝鮮と部落との掛け合わせで、

鳩山幸さんと同じような境遇です。


擁護派は(ひょっとしたら)朝鮮人の即位を認めるのでしょうか。

その論調の拙さからして、「皇室は批判すること能わず」であるなら、

皇室の定義を述べよ、その定義に逆らう者でも皇族と呼べるのか。

皇族の資格を有せぬ者すら、

批判してはならぬというロジックによって成り立つ典拠を述べよ、

と突き詰めても答える能力は有してはいないように見受けます。

論というのは美称なのであって、擁護派の語彙はいかにも貧しく、

ツイッターで呟くか、語彙乏しい連中が寄り集まった掲示板で

主語述語すら定かならぬ、未熟な日本語で数行書きつけるのがせいぜい。

こちらでも、理路整い語彙も備えた反論なら来なさい、

お相手しますと言っているのに、ちょろちょろと嫌がらせが来る程度。

擁護論にロゴス化出来るほどの根拠が無いからです。

東宮夫妻という擁護に実は値しない方たちの擁護は、

しょせん数行が限度だということなのでしょう。

小和田雅子という、記者を指さし恫喝し、

差し出された名刺を記者の前で破り捨て、

また自らを撮ったカメラマンを追いかけ胸ぐらをつかんで

フィルムを廃棄させるごとき荒いヤンキーもどきの気性の女性、

婚約寸前の男性がいた女性、つまり非処女、堕胎の噂さえ根強くあります、

というより・・・・元皇室担当記者から具体的なことを聞いています。

学歴職歴共に著しい疑惑を指摘されている女性が、

一歩皇居の敷居をまたいだだけで皇族となれるのか、なれるなら

そのロジックはいかなる言語で構成され得るのか、答える能力もない者たち、

それが擁護派の頭脳と教養のレベルです。

この酷いアトピー肌も、露出の多い夜会服を考えれば妃失格だと思いますね。


*ここに雅子さんのアトピーの画像があるのですが、

こちらでは、反映されませんので、

転載元様の記事をご覧下さい。


イメージ 13

婚姻により単に皇族という「地位」を得ただけで、そ

の内実が反日性を著しく帯びて、皇室と日本の国体を蔑ろに、

毀損する存在になっていたら、それらをお守りする事こそが反皇室、

反日本となるという論理も理解できぬ痴呆の群れが擁護派です。

雅子妃とその背後の小和田家、それにひきずられる皇太子殿下というのは、

前代未聞の異常な存在たちです。

「自虐史観左翼」小和田恒氏が仕切る東宮。


*ここでも、画像があるのですが、反映出来ないので、

転載元様の画像をご覧下さい。m(_ _)m


何やら老舗の批判論者につきまとい、またこちらのコメ欄にも

犬の立ちションよろしく、短文訪問で数行の批判文をひっかけて行く、

稚拙な擁護論者もいますが、現在までおびただしい時間と費やして、

皇太子と皇太子妃がいかに、皇族という名に値しないか、そ

れ以前に人間としてどうなのか、膨大に記事を積み上げ、提示してきました。

ツイッターの数行で批判した気になるとは笑止です。

語彙とロジックに対しては、語彙とロジックで向き合いなさい、

と申し上げておきます。

焦眉の急は、反日であると言わざるを得ない

皇太子と皇太子妃との廃太子廃妃です。

東宮夫妻は、皇室と国家に害を与える存在になりつつあられます。

皇太子に天皇に即位されたら、韓国に趣き「皇室と朝鮮との濃い関わり」など

述べられ謝罪などされかねず、そうしたら一巻の終わりです。

あり得ない? いいえ、反日左翼勢力が天皇を政治利用可能なのは、

天安門事件以降の天皇皇后両陛下の中国訪問が現実にありました。

訪れても何の効果もなかった、どころか天安門事件への目眩ましの役割を

天皇皇后両陛下が押し付けられた格好です。

こうした状況に加え、皇太子殿下は皇太子妃の実父小和田恒氏の自虐史観にどっぷりと影響を受け、またその手引きで反日韓国人代表、

潘基文や韓昇洙と接触していますから「売る気まんまん」です。

両陛下の支那行きは、教科書の「近隣条項」を作った反日宮沢喜一元首相の

政権下で企まれ、小和田雅子嬢入内は、あたかもそのどさくさにまぎれての

ゴリ押しが見て取れることに留意してください。

そして以後の日本を傷つけ苦しめ続ける河野談話の発表も、

この宮沢政権下であったことに注目。


イメージ 14

「雅子さま」にヘコヘコする、宮沢喜一元総理。

そして河野談話発表に寄与した、時の外務事務次官は誰あろう小和田恒氏であることを、腹に叩き込んでください。天皇陛下訪中に寄与したことも。

池田大作の外遊に便宜をはかったことも。

その「反日左翼男」の娘がなぜ入内出来たのですか?


雅子妃の父親 小和田恒氏の反日思想

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/813fa021b780fc44dc3b10f0ea7a4eec

皇陛下に国辱謝罪させた「皇室使い」の国賊/小和田恒 【保存・拡散希望】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/ec86f08a22b5d6d8c431e44bd6a4c7b5

小和田恒氏を喚問せよ 【拡散希望】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/0d31e664a65cd09bcd2a054bd2635040


雅子さま入内を素直に喜んだこともありました・・・・(遠い眼差し)

雅子さん入内は、天皇皇后両陛下の訪中に尽力のあった

小和田恒氏への論功行賞であったという見方があります。

(全ての要因ではありません。

他に福田赳夫元総理、そして無論高円宮の暗躍あっての入内です。

小和田優美子氏は福田家、高円宮家と双方へ通じていることに留意)

小和田氏の自虐反日的思想と言い、昭和天皇の反対と言い、

あり得べからざる入内の影には謀略あり。

福田赳夫元首相(媚中)が、雅子さんの少女期に「雅子ちゃんは、

将来皇太子妃にする」と言い放った逸話は有名。

小和田氏は福田元総理の秘書。伏線は昔からあったわけです。

小和田優美子氏は帯に「福」の字を染め抜くほど、福田氏には忠誠を誓った人。

そして高円宮久子妃とも旧知。


マンデラ元南アフリカ大統領の逝去に際して,

追悼式御参列のため南アフリカ共和国へ出向いた皇太子に付き添ったのが、

誰あろう福田赳夫の息子福田康夫(親中)元総理大臣です。

更につながりましたね。

点と点を結べば現れる「売国の輪」。部落の輪。


「韓日ワールドカップ」は、世界のサッカー界にとっても

日本単独開催にすべきでしたが、

ここでも暗躍したのが高円宮と小和田恒氏です。


ちなみに、その天安門広場に弾圧粛清側の人民軍少将としていたのが、

皇太子が自らの意志で会ったと指摘されている彭 麗媛で、

皇太子のこの行動は内閣には無断、反日韓国要人たちとの接触と併せて、

民間なら公安の追尾がつくほどの、反日色の強い行動です。

池田大作関連のイベントに出席なさったことと併せて、ご本人にその反日性を

自覚するだけの知力がおありなのかどうか、そこが心許ない点です。


擁護の連中は、反日行動が皇太子であるゆえに許される、

という論理の根拠を示しなさい。

潘基文と韓昇洙に操られ水の総裁として国費を使い、

国連を訪れ続けている皇太子。

これは昨年の画像ですが、一国の皇太子への扱いではありません。

粗末な部屋で、お座なりなレセプション。

スペインを訪問したときも、どうでもよさげな扱いが露骨でしたね。

海外のほうが正直に、「次期が誰か」を知っています。


*ここの画像もこちらでは、反映されませんので、

転載元様をご覧下さい。


皇太子を取り込むことに腐心している潘基文は名うての反日です。

【韓国】潘基文 国連内で「反日ビラ」ばら撒き

反日国連


https://www.youtube.com/watch?v=pYtsgvEtmSg


あの気色悪い売国怪物、小沢一郎がなぜ国連を愛していたのか。
大反日組織だからですよ。そことパイプのある小和田恒とは何者なのか。
国連には雅子妃の妹も噛んでいたはず。

*池田 礼子は、 国際機関職員であり、

皇太子徳仁親王妃雅子の実妹として知られる。

国際連合職員、国連ユニセフ駐日事務所(東京事務所)副代表などを歴任。

反日組織国連と国連大学に入り浸る皇太子とその妃。

次期大統領候補、超反日・潘基文がなぜ、皇太子と親密なのか。

皇太子妃の母親、小和田優美子氏と

日本ユニセフとの関わりも看過できません。

なにゆえ、池田大作と密着のアグネス・チャンを看板とする
組織に皇太子妃の実母と妹がからむのか。

こちらにはまた半島利権の宮家高円宮家の承子さんが、就職して
ここでもまた、いかがわしいひとかたまりをなしています。
日本ユニセフは鳩山由紀夫の母方祖母が創設者です。
小和田家の関わるところ、朝鮮中国の気配が色濃いのはなぜ。


大体韓国と支那に褒められるって、鳩山や村山富市と同列売国奴。

・・・・・あ、天皇陛下皇后陛下も韓国から絶賛なんでしたっけ。 http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif

イメージ 15

長年、妃をやっているというのに、

浅く腰をずらしてから立つという知恵すら身につかぬままの粗末な脳。

痩せこけた脳に引き比べ体は膨満。


イメージ 16


年間1700万円、「式服費」の名目で受け取っているのに、
一体、そのお金、何にお使い?

雅子さまの「学歴」の底上げはだいぶ知られてきましたが、

小和田恒氏も疑惑のお方ではあります。


小和田恒氏修士論文盗難事件


本人が語った(要旨)


ケンブリッジ大学が賞をくれて、その上で博士号コースを続けていた3年目。

ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、

もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。

そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。

いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、そ

の時はもう日本に戻らなければならなかったから。

当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、

私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。

それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。

トランクは二度と見つからず、

ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

あのー、船便って現代でも紛失ありますよ。飛行機でさえトランク紛失はあります。大切な学術論文を「衣類と一緒に」トランクに入れます?

 普通、肌身離さず自分で持って帰りませんか?

 だって、船便到着が遅いのですもの。

論文を仕上げる時間がなくなっちゃいますから。

普通、自分の手で持ち帰ると思います。・・・・・それを船便で盗られた、ねえ。

雅子さまも、国民のお金でオックスフォードに派遣されて、

単位取れずにお帰りになったのでしたね。

はいはい、はい。あ、天皇も落第。皇太子は政治学科に入る学力なし。
あーあ、多いですね。賢くないお方たち。


イメージ 17


祓い給い 清め給え

機能不全に陥って久しい東宮。皇太子と皇太子妃の廃太子・廃妃を望みます。
秋篠宮殿下妃殿下への移譲を。

◆宮内庁へ意見

information@kunaicho.go.jp<information@kunaicho.go.jp

電話:03-3213-1111

◆廃太子・廃妃への要望 

内閣官房

http://www.cas.go.jp/goiken.html

首相官邸

http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html


拙ブログでは秋篠宮殿下支持の表明として、

ナマズのイラストの入ったグッズを身につける運動を提案しています。


イメージ 18


でれでれ草さま、製作。


年賀状などにもどうぞ。


イメージ 19


イメージ 20

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日は雅子妃の誕生日として、今年一年、病気の身の上で、いかに

公務に励んでいたかとワイドショーでやっておりましたが、

公務に励んでおられたのは、秋篠宮様御一家であります。

病気なのに、スキーや、遊びは、元気に出来るって

一体どんな病気なのでしょうか。

支那からの大気汚染が北海道にもきているようで、

そちらも何とかして欲しいものです。

https://blogs.yahoo.co.jp/wood72046/36951533.html

37. 中川隆[-11944] koaQ7Jey 2019年2月22日 16:34:49 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[30] 報告


雅子妃の父親 小和田恒氏の反日思想 2015-01-22
https://ameblo.jp/iofc-chiba-bbqa/entry-11978145149.html

「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」

外交に関しては「ひざまずき外交」と評されるように、中韓には膝を屈して接しなければならないとする、要は「日本は悪い国だ」を前提に、中国にも韓国にも対せよ、と。

上記の言葉に見られるように、間接的とはいえ、東京裁判の肯定者であり、それは天皇陛下と皇室との否定論者を意味するのだということが、どういうものか、案外知られていません。
雅子妃はむろんのこと、その言動から推して皇太子が多大の影響を受けていると思われるのに、あまたある東宮批判論、擁護論にこの視点が抜け落ちています。

第一、このような思想を家長が持つ家の娘が、よくまあ宮中に招じ入れられたものだと、宮内庁の、と言っていいのかどうか、関わった人々の迂闊さに驚くばかりです。
通常ならあり得ないのです。はっきり言えば反日思想家の娘を皇室に入れるなどと。
おまけに母方は、極悪な企業犯罪会社、チッソに連なっているのですから、あり得ない環境のダブルです。いや、小和田氏の家系が当主金吉に至る、わずか3代前にしか遡れない不明朗な家系であるということを加えれば、トリプルに、お后候補には絶対に成り得ない条件が揃っています。

それが強引に入内に至ったということを、まずなぜなのか怪しまねばなりません。

韓国利権べったりの高円宮と、小和田氏との結託により、その「陰謀」はなされた、と今までに複数回述べてきたとおりです。そして、そこに某カルト系の宗教団体が2つ、からみつつ、ひとつのカルトは、明瞭に朝鮮半島系カルトです。なぜ半島の気配がつきまとうのか、そこも怪しむべきでしょう。秋篠宮家への捏造による悪評が、2つのカルト教団を母体にばらまかれたという事実とともに。

枝葉を広げると際限もなくなるので、小和田恒氏の思想に戻り、そこに絞り込みます。(他の要素に関しては、今まで過去記事で膨大に述べて来ました)事実を直視できない人たちは、何を述べても避けるのですが、小和田氏の思想などは、どう勘違いしようもない「論」なのですから、これは視線をそむける訳にはいかないのではないですか?

事後法による訴訟の提起など、非常に不当な要素が多い裁判である東京裁判(極東国際軍事裁判)の肯定者であるということは、天皇否定、皇室否定の人物だということです。東京裁判自体が、つづめれば天皇の戦争責任を追求して、処刑にするかしないかの裁判だったのですから、その裁判を「よしとする」思想の持ち主に、少なくとも天皇と皇室への崇敬はないでしょう。皇太子をくん呼ばわりでの婿扱いは、まさにそこに由来しているでしょう。

市ヶ谷の陸軍士官学校講堂で東京裁判は開かれました。一般的な説明によれば「The International Military Tribunal for the Far East」は、第二次世界大戦で日本が降伏した後、連合国軍が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の裁判である、と規定されます。

この「犯罪者の」最大の責任者が天皇ではないか、という裁判であったわけです。こういう裁判を肯定し受け入れる小和田氏がいかなる思想の持ち主か、それは理解できるでしょうか。

東京裁判は戦勝国の一方的裁判であり、イギリス、アメリカ、中華民国、フランス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ソ連の9か国が参加。
これらの国による一方的吊し上げですね。これにイギリス領インド帝国と、アメリカ領フィリピンの2地域を参加させたのは、「日本によるアジアへの侵略」という「罪状」を正当化させる目的です。

こういうでっち上げ裁判ともいうべき裁判を肯定する小和田恒氏の思想の、うろんさを知ってください。

昭和天皇の訴追に熱心であったのは、オーストラリアとイギリスです。

天皇陛下が犯罪者として裁かれなかったのは、天皇無罪ということではなく、連合国最高司令官のダグラス・マッカーサーが「日本統治にあたり必要な存在である」。要するに使えると踏んだからに過ぎません。

繰り返します。小和田恒氏は天皇陛下が罪人として吊るされる可能性もあった裁判を、間接的にながらよしと肯定している人なのです。非常に乱暴に簡潔に言うと、東京裁判の肯定者こそが、朝日新聞や民主党員などを代表とする、自虐史観の系譜に連なる者達であり、反日左翼です。
小和田恒氏もそうなのです。これを見落としてはなりません。

経緯は割愛しますが、天皇を訴追に至らせないための工作は、裁判開廷の半年前から行われていました。

結果的に天皇陛下は「無罪」となったものの、裁判が天皇のみならず、皇太子(今上陛下)まで視野に含んでのそれであったことは、拙ブログで「東京裁判」をテーマにシリーズで書き継いだものがあるので、そちらをご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/afbc2ae8f4a799fb1bc04df4ae9bb526

1つだけエピソードを抜き出すなら、

7人の絞首刑判決を受けたものへの刑の執行は、12月23日午前0時1分30秒より行われ、同35分に終了しました。この日は当時皇太子だった継宮明仁親王(今上天皇)の15歳の誕生日(現天皇誕生日)でした。時計の針が1分ぴくりと動いて皇太子の誕生日当日になった瞬間、でっちあげられた「戦犯」の首にロープがまかれ吊るされたのです。恫喝ですね。お前もヘタしたら、吊るされていたのだぞ、という。罪人であることを忘れるな、という暗喩です。

今上天皇を巻き込みながら、昭和天皇のお命まで断崖絶壁に追い詰めたのが東京裁判です。小和田恒氏がこの裁判を肯定しているということを、忘れてはなりません。すなわち本来は反日、反天皇、反皇室の立場なのです。


裁判それ自体がアンフェアなものであり、日本のあの戦争が自衛のためのやむを得ぬ戦争であったという見方が有力説として浮上していることを付記しておきます。インドのパール判事はおろか、当の関わったアメリカ人からさえ強い疑義と抗議が出されている裁判を肯定する日本人など、日本人の風上にも置けません。

雅子妃の実父である小和田恒氏の反日思想について、十分ではないとはいえ、踏み入って記述したのは今回が初めてですが、その小和田恒氏の思想の色濃い配下にあるのが、皇太子と雅子妃であると拙ブログではずっと説明しています。
お二人の言動を逐一上げつつ、それが持つ反日性についても考察を重ねて来ましたので、興味があれば過去記事の累積があります。
拙ブログでは皇太子を「反日皇太子」と呼ぶことに、もはやためらいはありません。
その言動を追えばそう呼ばざるを得ないのです。ご本人が自覚していようといまいと。
見事に中韓カルトと三者の包囲網を受け、ご本人はそれぞれの工作員たちと接触なさっています。

反日・潘基文の求めに応じ、反日体質の国連に出向き、粗略な扱いを受けながら、「天皇を訪韓させ謝罪させる」ことを主張する韓昇洙・元韓国首相(首相として初の竹島不法上陸者)と親しく食事。

創価学会イベント出席と共に日本には出回らない写真。(池田大作氏の息子と共に出た創価イベントは聖教新聞で報道されて日本国民の知るところとなった)

擁護派の定番に「週刊誌の記事などあてにはならない」というのがありますが、これに関しては2つの反駁があります。
では週刊誌の記事を抜き取っても残るある現実をきちんと見ているか?(上記の事実としての写真や聖教新聞掲載の写真その他)
週刊誌の記事も名誉毀損という訴訟と常に向き合いながら書かれているので、そうそう捏造記事を書き放題というわけにはいかないが、その点をどう考えるのでしょうか。

雅子妃も父親の影響下にありますが、至近では、東宮に訪ねてきた沖縄の子らには顔も見せず、OECD東北スクールへは参加。
被災地にこれまで3度もドタキャンを食らわせた妃が、被災地から都内にやって来た
子供たちに会って、被災地訪問を怠っていることをごまかす、実に卑しい心根の
行動ですが、このOECDじたいに小和田恒氏が噛んでいるのです。1988年(昭和63年)にOECD政府代表部大使を勤めていました。
オランダの公務にも小和田氏が暗躍していたのは、もはや知られている所です。
雅子妃の学歴、職歴にも常に小和田氏の「手」が動いています。思考を停止させないで、冷静に調べて欲しい所です。客観的な資料を拾える事象なのですから。

反日思想の持ち主である小和田氏はいかなる目的で、娘を本来はアンチである
皇室に入れたのか、そこにすべての問題点が集約されてあります。

以上の文脈からは逸れますが、最後に一言、皇太子と皇太子妃の背後に揺曳している韓国とカルト教団の存在に、国民は早く気づいて欲しいと願っています。
中国も習近平の奥方を早々と送り込んで、皇太子は引き合わされていますが・・・。
中国は無論そうですが、韓国も韓国と密着した某カルトも工作という点にかけては実に深謀遠慮で長期を見据えたシナリオを書きます。

たとえば創*大学に迎えた初の中国人留学生が、現在の駐日本中国大使です。
先を見据えての留学生受け入れであったと思います。結果的に配下であった中国人が日本大使になった。いや大使にした、というべきかもしれません。外務省にも随分昔から、カルト教団の名誉会長の息のかかった学会員は送り込まれ、その勢力を年々に拡大しています。
小和田氏がそんな中、いかなる立ち位置にあったかわかりませんがカルト教団名誉会長の外遊に際して便宜をはかり問題視されています。また雅子妃が、外務省内カルトグループとの接触、付き合いがあることは事実です。

日本国の毀損に基本に常に韓国と、それと密着したカルト教団の存在があることを
知る人は多いのですが、皇室と結びついたとたん思考と視力が飛ぶらしく、
現状を理解できない、見えない人がいまだ多いのです。
およそ考えられる限り、ありとあらゆるジャンルに入り込んでいる彼らが、
皇室だけを除外するかどうか、考えてみればよいのです。ある意味、
最も押さえたいところでしょうに。

反日国連事務総長・潘基文と小和田恒氏

【備考】 外務省の中韓への、弱腰体質の基幹を作った小和田恒氏。

http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%C6%FC%CB%DC%A5%CF%A5%F3%A5%C7%A5%A3%A5%AD%A5%E3%A5%C3%A5%D7%CF%C0

雅子妃の父・小和田恒氏が外務省時代に唱えていた主張。「ハンディキャップ国家論」ともいう。その定義については、論者によって微妙に評価が分かれるが、平和維持活動などに、軍事力を用いた、いわゆる「一人前の活動」をしてはいけない、という面では共通している。特定アジアへの「土下座外交」の基礎をなすものだとして、保守派の論者からは厳しく批判されている。

以下の文献に詳しい。

JIS+2D21『靖国問題と中国』屋山太郎、岡崎久彦(海竜社)167〜169ページより抜粋

「(前略)福田康夫氏と谷垣禎一氏は外交の最大テーマとして『日中の異常な関係の正常化』をあげている。『異常な関係』とは何か。日本の首相が靖国神社を参拝するかぎり、『首脳会談を行わない』と中国側が頑張っている状態こそ異常というほかない。これは『たった一つのことが気に入らないといって首脳会談に応じないのは異常だ』と小泉首相が言っている通りだ。国際的常識では『他国の神社参拝を自国の外交関係の中心部分にする国は全世界でも例がない』(米中経済安保調査委員会ラリー・ウォーツェル委員長=産経新聞2006年5月13日付)と見るほうが自然だろう。

 中国の側に理があるという非常識を日本国民に植えつけてきたのは、田中内閣以後の親中派議員と外務官僚だ。中国に対する贖罪意識に加えて、日中条約締結後にはじめたODA援助がらみの利権が親中派議員を激増させた。

 一方で外務省主流も親中派に傾き、チャイナスクールが跳梁跋扈した。小和田恒元外務次官、元国連大使(現国際司法裁判事)が『日本ハンディキャップ論』を唱えたのは有名だ。日本はハンディを背負っているのだから一人前の行動や発言をしてはいけない、との暴論である。

 次官、駐米大使、外務省顧問を歴任した栗山尚一宮内庁参与は『日本は永遠に謝罪し続けなければならない』という主旨の大論文を月刊誌『外交フォーラム』に連載(2006年1・2月)した。

 栗山氏によれば、首相が靖国参拝をやめても、ガス田、尖閣諸島、国連安保理常任理事国などすべての懸案問題で中国の譲歩は期待できないが、それでも謝れという。そもそも何も得ることが期待できない方針を『政策』と呼べるのだろうか。

 こと中国のことになると、急に風向きを気にする政・官・学・財界の諸氏の姿勢は不可解といわざるをえない。」

JIS+2D22『渡部亮次郎のエッセイ集』

外務官僚の背骨

一連の外務省不祥事件は、そろそろ判決が出はじめる一方で鈴木宗男事件はまだまだ尾をひいている。その中で北朝鮮からの集団脱国者対応や不審船引き揚げなど当面の外交問題についての我が外務官僚閣下らのお粗末は、批判する方が疲れてしまうくらい続く。どうしてこんな体たらくになってしまったのか。どうもその底には、皇太子妃殿下の父たる元外務事務次官・小和田恒の「ハンディキャップ国家論」の甘えと驕りが横たわっている。

(中略)

小和田恒という人は、超エリートといわれるが、政界に知られるようになったのは若くして福田赳夫首相の秘書官になってからだが、なぜか省内に人望は無い。仕事に厳しすぎるという以外に何かありそうだが、官僚の口はいまだに固い。その小和田が外務事務次官時代(1991年8月~93年8月)時代に展開して、未だに外務省員を支配しているのが、「ハンディキャップ国家論」である。日本は他の大国と違って、憲法9条の平和規定が厳然としてある。仮にPKOなどの国際貢献でそれがハンディキャップとなっても、最大限尊重すべきで、あくまでも憲法の許される範囲内で、世界に貢献すべきだ、という論である。

 この論は次の事務次官斎藤邦彦(のちに駐アメリカ大使、国際協力事業団総裁)にも追認され、今日も外務省無気力の允許状になっている。そこには敗戦の結果として押し付けられた憲法であるとか、軍隊は外交の手段として用いるべきではない、という敗戦・無能力国家を厳として是認するばかりで、国民を奮い立たせるとかの精神はひとかけらもない。あるものはゼニだから、これさえ出しておけば、他から文句をいわれることはないから いいじゃないか、と言っているに過ぎない。国家の誇りなんかとっくの昔に棄ててしまった逆乞食の驕りである。

 中国大使・阿南は陸軍大臣の倅であることを、何かと隠そうとするらしい。一種のハンディキャップ大使に自ら陥っていると言えるかもしれない。しかし、大使は事務官ではない。国家を代表して駐在しているのだから、社交もさることながら、外交に徹するべきだ。言う事も言わないでいる方が友好だと考えているとしたら、本当にハンディキャップ外交のハンディキャップ大使になってしまうだろう。

 中国は、綿の中に針を潜ませた外交をする国である。昨今の核戦力の増強ぶりと靖国問題を中心とする対日攻勢を見るまでも無く、日本との間に単なる友好のみを考えているとは絶対考えられない。靖国と国民を乖離させ、国民をして「国のために死ぬことは馬鹿らしいことだ」と思わせて防衛意識を低下させ、やがて日本を属国にする際、好都合にすることを狙っているとしか思えない。それをただただ「友好」の二文字だけで事なかれを決め込むとは、なんとも情けない。

 アメリカもクリントン時代の対中国政策をがらりと変えて国益を守ろうしている。その時に我が外務省のみが、チャイナ・スクールにまかせた中日友好万歳だけで国を操縦していけるとは、どうしても考えられない。

http://p-www.iwate-pu.ac.jp/~tokuhisa/watanabe/wat...

JIS+2D23平成14年06月06日 第154回通常国会 衆議院 憲法調査会国際社会における日本のあり方に関する調査小委員会

4号

○田久保参考人 田久保(編者注;田久保忠衛氏)でございます。

 本日は、かかる権威ある会議にお招きいただきまして、大変ありがとう存じます。

 私の専門は国際情勢と外交防衛でございまして、その見地からいろいろ申し上げてみたいと思うのでございます。四十年近く在野の評論家生活をやってまいりましたので、勝手なことを申し上げて、あるいは皆様の御不興を買うかもわかりませんが、何とぞ御容赦いただきたいと思います。

(中略)

  湾岸戦争で衝撃を受けたか受けないかでございますが、私は、政府は受けていなかったんじゃないか、特に、中心たるべき官庁の外務省は受けていなかったんではないかというふうに考えているわけでございます。

 当時、九三年でございますから、湾岸戦争の二年後でございます。小和田外務次官が現役でございまして、東京芸大の平山郁夫先生と「プレジデント」で対談をしたわけでございます。平山先生が、小和田さん、あなた、外務次官だから、日本の今後行くべき方向はどうなの、どういうふうに考えるの、こういう質問に対して小和田さんは、三つあります。一つは、戦争に敗れた直後の日本で、清く、貧しく、美しく生きていくので、国際貢献なんか考えなくていい、こういうことです。このアジアの小国の地位に甘んじていいんだ、余り他の国とかかずらいたくない、こういうお考えであります。

 その直前に、小沢さんの普通の国論というのがジャーナリズムでわっともてはやされて、これに対して小和田さん、ちょっと曲解しておられるんじゃないかなと思ったんですが、政治、経済、軍事、軍事だけがバランスがとれてない、これを経済に見合った軍事力にする。経済に見合った軍事力にするというと、これは世界第二位のGNPを持った日本は、とんでもないことにならざるを得ない。小沢さんが言っているのはそんなことじゃなくて、非常に単純な、一般大衆がわかるように、普通の国がやっていることをやれっつうの、こういう言い方ですね、あの日本改造論の中に出てくる表現は。大して意味を持たない。ただし、小和田さんは、これはバランスをとった国になれ、こういう意味だと。

 三つ目の選択は、軍事の貢献はやはりだめなんだ、そのかわり、その他の面で日本はほかの国よりももっとやるんだ、こういうことでございます。例えば、軍事が出せない。ほかの国が軍事力を出して百億ドル出していれば、こっちの方は軍事を出さない、軍事面での貢献をしないかわりに三百億ドル、四百億ドル、こういうふうに出すんだというお考えのようでございます。

 第一、自分の国がハンディキャップ国家などと言うことは、私はいいのかねという疑問を持つわけでございます。それから、そういう第三の生き方というのは、湾岸戦争で余り通用しなくなったんじゃないかなというのが私の考えでございましたので、これは愕然としたというふうに私は申し上げなければいけないと思います。

 この直後に斉藤邦彦さんが外務次官になられて、駐米大使におなりになるときだったですか、日本プレスセンターで会見というか講演をやられて、一問一答をやられた。そこで、小和田先輩が言われたハンディキャップ国家論を私は正しいと思いますということおっしゃっているわけでございます。ここまでくると、これはこういうことで突っ込んでいくとどういうことになるのかなという私は心配を持っているわけでございます。

 (後略)

http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdo...

http://www.nishiokanji.jp/blog/

西尾幹二氏のインターネット日録

『『週刊新潮』(2月23日号)

「『雅子妃』をスポイルした『小和田恒』国際司法裁判所判事」という題の記事を書きました。週刊誌をお読みになった方が多いかもしれませんが、お読みになっていない方のためにここに掲示します』


すでに渡部昇一上智大名誉教授による指摘などから、小和田氏が典型的な戦後左翼思想の持ち主であるという国会答弁などでの事例紹介によりビックリしていたのであるが、『評論家の西尾幹二氏(76)は、小和田氏を「皇室とは余りにそりが合わない人格」と分析するのだ。』と西尾氏も週刊新潮で発表された由である。

そこにはそうした結論に至った経緯が述べられている。
『 私は今度、小和田氏の雑誌対談やインタビュー記事など資料9編を読んでみた。そこから浮かび上がるのは、アメリカ占領下の日本無力化政策にいかなる疑問も不安も抱かなかった、既成権力にひたすら従順で用心深い小心な一官僚の姿である。』

『 小和田氏が、日本は過去の自分の行動のゆえに国際社会の中で「ハンディギャップ国家」だと言い立てていることはよく知られている。中韓両国に永久に謝罪しつづけなければならない国という意味であろう。1985年11月8日の衆議院外務委員会で土井たか子氏の質問に答えて、小和田氏は東京裁判においてわが国は中国に対する侵略戦争を行った、これが「平和に対する罪」である、サンフランシスコ平和条約第十一条において日本は「裁判を受諾する」と言っている以上、「裁判の内容をそういうものとして受けとめる、承認するということでございます」と答弁しているが、これは百パーセント解釈の間違いである。』
と指摘しておられるが、渡部名誉教授もだいぶ前からこの小和田氏の答弁を問題視されていた。
西尾氏は100%解釈の間違いの理由を述べた後、
『要するに小和田氏はその師・横田喜三郎氏と同様に、何が何でもあの戦争で日本を一方的に、永久に、悪者にしたい歴史観の持ち主なのだ』と指摘されている。

『傲慢で権威主義者

 1990年に湾岸戦争が起こり、翌年、小和田氏は外務事務次官になった。審議官時代から、氏は自衛隊の派遣に反対の立場をとっていた。彼の非武装平和主義は湾岸戦争で破産したはずだった。櫻井よしこ氏から対談で、日本人は人も出さない、汗もかかないという国際世論からの批判があるが、と問い詰められても彼は何も答えられない。ドイツがNATO地域外に派兵できるように基本法を改正する件に触れて、「日本の場合は、まだそういう状況まではきていない」と彼はしきりに客観情勢を語ることで弁解する。だが、「そういう状況」をつくらないできたのは小和田氏たちではなかったか。櫻井氏に追い詰められ、「日本という非常に調和的な社会の中で、できるだけ事を荒だてないで処理したい」と思わず三流官僚のホンネを口に出して、私は笑った』などとも書かれている。

『理想を持たない空想的人格は決して現実と戦わない。戦わないから傷つくこともない。用心深く周囲を見渡して生き、世渡りだけを考える。ドイツ語にStreber(立身出世主義者、がっつき屋)という蔑視語があるが、小和田氏のことを考えると私はいつもこの言葉を思い出す』

『自分の国を悪者にしてこうべを垂れて平和とか言っている方が、胸を張り外国と戦って生きるより楽なのである。そういう人は本質的に謙虚ではなく、身近な人に対しては傲慢で、国内的にはとかく権威主義者である』

『皇后陛下のご実家の正田家は、自家とのへだたりを良く理解し、皇室に対し身を慎み、美智子様のご父君は実業世界の禍いが皇室に及んではいけないと身を退き、ご両親もご兄弟も私的に交わることをできるだけ抑制した。一方、小和田恒氏はさっそく国際司法裁判所の判事になった。私はそのとき雑誌で違和感を表明した。小和田氏は領土問題などの国際紛争のトラブルが皇室に及ぶことを恐れないのだろうか。雅子妃の妹さんたちがまるで皇族の一員のような顔で振舞い、妃殿下が皇族としての必要な席には欠席なさるのに、妹たち一家と頻繁に会っているさまは外交官小和田氏の人格と無関係だといえるだろうか』などなど結局師の横田喜三郎教授の思想に無批判に権威主義的に染まりきった小和田氏の人格のなせる技ではないかとの指摘であり同感を禁じ得ない。いやはや、恐れ入った皇室とは正反対のお人なりなのであり、この点が天皇も無理して雅子妃を迎えるべく外務省高官たちに打診されたりした過去があるだけにご心痛の極みにあられるものと拝察するのである。

正田家と小和田家とはかくも別格の思想の違いがあるのである。

小和田恒氏の反日思想の師、横田喜三郎氏について。


http://ja.wikipedia.org/wiki/

ハーグ国際裁判所は、竹島(独島)をめぐる日韓の争いの場になる可能性のあるところ。
それが現実になった時、この方は皇室に与える影響を考えていません。
裁判所への就任は明らかに皇室(雅子妃)の威光。よく居座っていられると思いますね。
高齢で延々と。巷間噂されるようにお金に困っているのでしょうか?頻繁に日本と往復しながら、東宮に入り浸る。浅ましく見苦しくはないでしょうか。

下記における講演で小和田氏は「日本だけを考えず、クローバリゼーションを考えよ」と主張しています。皇太子と雅子妃にも、こう炊きつけているのでしょうか。

https://ameblo.jp/iofc-chiba-bbqa/entry-11978145149.html

38. 中川隆[-11928] koaQ7Jey 2019年2月22日 23:27:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[46] 報告

2017.12.05
雅子様A@家系(1)部落解放同盟との関係
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4260

結論からいうと、

父方・小和田家=隠れ朝鮮人の背乗り家系

母方・江頭家=旧被差別民の家系

のようです。

徳仁皇太子と小和田雅子さんに決定の一報から、マスコミから発せられる「小和田雅子」さん像は、

@父は東大卒の外交官、二人の妹も名門校を卒業した。

A高学歴の一族で、本人はハーバート大、東大、オックスフォード大学を出た才媛。

B本人は才色兼備のバリバリのキャリアウーマンで、将来の女性大使候補だった。

C英語、フランス語、ロシア語に堪能。

➄父方は、新潟の村上藩士の家系で、母方は海軍で成功した人が多い。

E皇太子とのなれそめは、スペインの王女が来日時のパーティーで。皇太子の一目ぼれ。

F日本で一番優秀な女性。

これ、@以外は皆、ウソだったんですね。

Sponsored Link

まず、家系ですが、皇太子妃に内定した「小和田雅子」に関する家計調査について、部落解放同盟が「差別を増長させる」という理由で、抗議していました。何故でしょうか。それは、雅子さんの家系を正確にさかのぼると、旧被差別民につながるからでしょう。

転載させていただいてます。


部落解放同盟が、小和田雅子さんへの家計調査に対して抗議

東京読売新聞朝刊

1993年1月9日

1ページ
「確かに五年前、小和田さんの調査をしました」
皇室関係一筋の老調査員が都内の事務所で重い口を開いた。
宮内庁から直接、調査依頼を受けたのは東京・丸の内に事務所を構える大手興信所。
(略)小和田雅子さん(29)に関する分厚い調査報告書は、作成にまる一か月かかった。
直系は四代前までさかのぼり、大祖父、祖父の兄弟姉妹まで徹底的に調べた
両親については交友関係、勤務先、近所の評判も。肝心の本人は、さらに詳細をきわめた。
経歴、性格、趣味、素行、健康状態……。

結論は「優秀な家系に驚いたのを覚えています。もちろんご本人も申し分ありません
でした」。このベテラン調査員が手掛けたお妃候補は、実は雅子さんだけではない。
この五年間で十人以上にのぼる。雅子さんの調査書はその中でひときわ鮮明に記憶に残っているという。

部落解放同盟中央本部よりマスコミへ

皇室報道に対する抗議と申し入れ

1993年2月18日

「皇太子妃内定」いらいの皇室報道について、
部落解放同盟中央本部は、マスコミ・報道各社に、2月18日、抗議し申し入れた。

————————————————–

日頃よりの、マスコミ・報道関係者各位の人権尊重、差別撤廃のための取り組みに敬意を表します。
さて、私たち部落解放同盟は、部落差別はもとより、あらゆる差別を撤廃するために、
「部落解放基本法」制定をはじめ、「国際人権規約」「人種差別撤廃条約」の早期批准、世界人権宣言の具体化や、「国際先住民年」など、国内外において、さまざまな取り組みをすすめてきました。

しかしながらこうした平和と人権を守る取り組みの拡がりにもかかわらず、今日においてもなお、結婚差別によって、自らの命を絶つという悲惨な差別事件を起きています。
また行政書士や社会保険労務士などによる戸籍謄本等不正入手横流し事件のほか、パソコン通信を利用して、「部落地名総鑑」の一部や、差別文書を大量に送りつけるなど、いまだに差別事件が続発し、悪質な差別調査ともいえる身元調査がおこなわれていることが明らかになっています。

この間、私たち部落解放同盟は、大きな社会問題ともなった「部落地名総鑑」差別事件をはじめ、こうした悪質な身元調査による人権侵害の問題を取り上げ、戸籍閲覧制限や身元調査おことわり運動などに取り組み、大阪においては、興信所や探偵社の差別調査を法的に規制する、部落差別調査等規制等条例が制定されるなどの成果をあげています。

しかしながら、本年1月6日の「皇太子妃内定」の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立の立場から看過できない内容の報道が繰り返されています。

とくに、小和田家の家族の掲載や「家柄」賛美などの過熱ともいえる報道内容、さらには、「皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が
4代前まで徹底調査などと、公然と身元調査が行われていることが報じられています。
こうした報道内容は、人権尊重というマスコミ、報道本来の使命に反するものであるばかりでなく、差別を助長するものであり、強く抗議するものであります。

私たち部落解放同盟は、昨年、全国水平社創立70周年を迎え、これまで取り組んできた国内外の反差別共同闘争を大きく発展させるとともに、「貴族あれば、賤族あり」として、生涯、部落差別撤廃と人間解放に取り組んできた、故・松本治一郎元委員長の取り組みに学び、差別なき社会の実現にむけて戦いをすすめていくことを誓い合いました。

いうまでもなく、私たちは、こうした人権確立の取り組みをすすめるにあたって

マスコミ・報道関係者各位の果たされる役割に、大きな期待を寄せるものでありますが、今回の一連の皇室報道の内容は、差別撤廃、人権尊重の姿勢に逆行するものであることを指摘せざるを得ません。

私たち部落解放同盟は、マスコミ・報道関係者各位が、今後の皇室報道において、
差別を助長する、これまでの過剰な報道を改め、差別撤廃と人権尊重の立場を明確にして報道に取り組んでいただくように、強く要望します。
(解放新聞 93.3.8)

以上

部落解放運動と「同和」行政の動き
解放同盟、抗議文書「皇太子妃報道差別助長する

1993.2.18

部落解放同盟中央本部(上杉佐一郎委員長は)は「一連の皇太子報道は人権尊重という報道の使命に反し、差別を助長する」との18日付の抗議・申し入れ文書を全国の新聞、通信、テレビ各社に送った。
近く雑誌出版社にも申し入れるという。

文書は「解放同盟は部落差別撤廃に向け、戸籍閲覧制度や身元調査おことわり運動に取り組んできた。
その中で、家系図が掲載され家柄を賛美する報道が繰り返され、
公然と身元調査が行われている事が報じられている」と指摘。
過剰報道を改め、人権尊重の立場を明確にするよう、要望している。
(朝日 93.2.25)

皇太子妃決定にかかわる身元調査等の差別助長行為に対する抗議と申し入れ
1993.3.16

(抜粋)
本年一月六日の「皇太子妃内定」の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立をすすめる立場から看過できない内容の報道がなされています。小和田雅子さんの「家系図」の掲載や「家柄」賛美などの過剰ともいえる報道内容、そして「皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査」などと、宮内庁自らが公然と身元調査を指示していたことが報道されています。

いうまでもなく、すべての国民は法の下に平等であり(憲法第一四条)、婚姻は両性の
合意のみに基いて成立する(憲法第二四条)ものです。

したがって、私たちは、こうした宮内庁の身元調査の指示というものが、差別を助長・拡大させるものであるばかりでなく、憲法違反という重大な問題であると考え(略)強く抗議するものです。

転載以上

東京読売新聞朝刊

1993年3月20日

部落解放同盟(上杉佐一郎委員長)は十九日までに、「皇太子妃決定に際し、身元調査が行われたことは結婚差別を助長する」として、皇室会議のメンバーである宮沢首相や衆参両院の議長、最高裁長官の三権の長と宮内庁長官あてに抗議文書を送った。

1993年04月21日
第126回国会 大蔵委員会 第10号

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/126/0140/12604210140010a.html
上田(卓)委員 ぜひとも前向きに検討していただきたい、このように思います。
次に、皇太子の結婚にかかわって身元調査のことが新聞などで今までにいろいろ報道されておるわけです。

(略)

結婚や就職の際の身元調査や家系調査は差別につながるということで、我々は法務省や労働省あるいは地方自治体、民間企業、宗教界の皆さんとともに身元調査お断り運動というのですか、全国的に展開しておるわけでありまして、大阪などでは部落差別を目的とした興信所や探偵社による身元調査を規制する条例もできておるわけであります。

ところが、先ほど申し上げましたように、一月六日の皇太子妃内定以来、新聞、雑誌、テレビなどでは江戸時代にまでさかのぼる小和田家の家系図を掲載して、家柄や家族などについて過剰な報道をしておるわけでありまして、皇太子妃を選ぶに当たっては皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査、こういうような報道もあるわけでございまして、宮内庁みずからがそういう民間調査機関に指示して調査しておったのかどうか、その点についてお聞かせをいただきたい、このように思うわけであります。

その前に、法務省と労働省の方がお見えでございますが、一般的な身元調査についてどういう見解を持っているのかお答えいただきたい、このように思います。

『部落解放』1993年6月号
「皇太子妃決定に関わる身元調査等の差別助長行為にたいする抗議と申し入れ」記事

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4260

▲△▽▼


2017.12.05
雅子様A@家系(2)母方・江頭家は高祖父、父方・小和田家は曾祖父までしか遡れない
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4296


続きです。

父方・小和田家

河原敏明著(平成5年4月)
小和田家の系譜

ここで小和田家の戸籍系統図をみよう。本家は小和田岩夫氏といい、現在東京都下の小平市に住んでいる。
岩夫氏の5代前の群蔵から分かれた兵五郎が、雅子さんの直接先祖になる。
つまり 兵五郎―道蔵(匡利)―金吉―毅夫―恒―雅子の流れである。

その祖先が眠るという西真寺(さいしんじ)を訪ねた。西真寺は村上市にある浄土真宗の寺で、元和4年以来、ここで370年の歴史を持つ。住職本荘長弘師はその小和田家の墓について、毅夫氏が新潟市の学校に在勤中、父金吉の墓のみを新潟市の泉性寺に移した、という話をしてくれた。

ゆえにいま西真寺にある小和田家の墓には、兵五郎夫妻と道蔵(匡利)の妻とその子供だけで(夫の道蔵の墓は新潟に)二基の墓石が並んでいる。

高さが70cm、近隣のものと比べて極端に小さく墓域にも余裕がない。
「なぜ祖父の妻と子、および曽祖父夫妻の墓を残していったのか。

ふつう移すときはそっくりもっていくものなんですがねえ」と住職夫妻も不審気だった。

昭和61年11月、恒氏が外務省官房長のとき、恒、毅夫の両氏夫妻が村上市にきたが、そのときも祖父、曽祖父が眠っているにもかかわらず墓参していないことにも、理由をはかりかねていた。
そこで小和田毅夫氏が村上から墓を移したという新潟市の泉性寺に聞くと住職の広沢誠師が、
「小和田家の墓は明治七年よりうちにあるが、ただ金吉と兵五郎の墓はない。匡利(道蔵)の墓だけがあります。外務省の小和田家にとって初代に当たる兵五郎の墓は寺にはありません。
私の父が死んでいるので、その辺の詳細は分かりませんが。三十年くらい前に毅夫さんが父金吉の墓をうちに移したということはまったく知りません」

と西真寺の住職の話とはだいぶ食い違いがある。
しかも泉性寺が明治十三年の大火で類焼しているので資料が乏しいという。
昭和五十五年に毅夫氏が、この泉性寺にある墓の台座だけを、よりよいものに直している。
先の61年11月に新潟を訪ねた恒氏は夫人、両親とここの寺には墓参のため立ち寄っている。

以上

Sponsored Link

母方 江頭家

江藤淳『一族再会』
祖父
木原村

肥前国佐賀郡北川副村木原は、現在の佐賀市大字木原で、国鉄佐賀線の南佐賀駅にほど近い農村地帯である。
明治四十三年ごろ、祖父に連れられてはじめて佐賀に行った父は、市中に田圃があるのにおどろいたのを今でも印象にとどめている。
そのとき祖父は、小学生だった父にむかって、
「おれの生まれた家はこの田圃のはるか向うのほうだった」といったという。

つまりそれが木原である。
それから三年後に祖父は死んだ。

父の記憶にないところをみると、祖父はこの佐賀滞在を利用して生家のあった木原を訪ねようとはしなかったらしい。
それが何故であったかは私にもよくわからない。当時木原にはすでに近親の残存者は皆無で、裁判官になっていた祖父の兄も遠く東北の任地にあった。

しかし海軍少将で佐世保鎮守府参謀長の職に在った祖父が、久しぶりの帰郷にあえて生家の跡をおとずれようとしなかったのは、やはり彼に故郷に対する根強い嫌悪感があったからではないかと思われる。
彼はおそらく「錦を飾る」などというにはほど遠い心境だったのである。

以上

母方・江頭家は高祖父、父方・小和田家は曾祖父までしか遡れない

高原氏
小和田雅子さんの母方・江頭家は高祖父の江頭嘉蔵までは遡れます。
父方の小和田家は、曽祖父の小和田金吉までしか系譜は分かっていません。
3代前までしか遡れない小和田家の4代前を、その調査員の方はどうやって調査したのでしょうか?
また、4代前まで遡って調査したはずなのに、マスコミに公表された家系図の小和田金吉には職業や経歴は一切記されていないし、金吉以前の系図が記されていないのは何故ですか?

消えたお妃候補たち 指摘されたいくつかの問題点

小田桐誠

宮内庁は小和田について弁護士や興信所を通じ、直系三代に汚点がないか、両親の評判、本人の健康状態などを徹底的に調べ、独自にチェックしたといわれる。その結果は首相官邸にも報告されていたという。報告にはいくつかの問題点が指摘されていた。

一つは八七(昭和六十二)年暮れから八八(昭和六十三)年初めに発売された一部週刊誌が指摘していたように、小和田雅子の母方の祖父・江頭豊が、日本興業銀行の銀行マンから転じたとはいえ、代表的な公害企業・チッソの社長や会長を務めていたこと。

「お妃とともに全国を回らなければならぬ立場にある浩宮さまの訪問先で、水俣病の患者のムシロ旗が立つようなことがあっては」と宮内庁幹部は懸念したのである。

(中略)

母方の親戚に江口朴郎東大名誉教授(故人)のような左翼系の学者がいることをマイナス要因にあげる者もいたという。

(中略)

ただハーバード時代にボーイフレンドがいたことも一つのネックになっているのでは、とみるマスコミ関係者もいた。

小和田雅子の母方の祖父に難点ありとして、富田宮内庁長官は浩宮に
「(小和田さんには)こういう問題が付随しますからね」と伝えた。
「難しいですか」
「はい」
「ああ、そう。それなら仕方ないですね」
二人の間でこのようなやりとりがあったといわれる。

当時のことを富田は『週刊朝日』(九三年一月二十二日号)でこう答えている。

「私が(小和田さんに)反対したことはありません。ただ、当時は、いわゆる『チッソ問題』の被害者の方がまだ大勢おられました。加えて、批判勢力というか、社会運動派の人たちが(チッソの)東京本社に、押し掛けたりもしていた。そういう状況でしたから、もう少し様子をながめたほうがいいのではないかと、そう殿下に申し上げた。殿下はそれを『わかった』といわれたのです。
『おやめなさい』といったのではなく『みつめましょう』といったのです」

以上

毎日グラフ 1993年1月31日号
新潟県・村上市 慶祝ムード 小和田家のルーツ・系譜に論議わく

恒さん夫妻は87年11月22日、毅夫さん夫妻とともに、郷土資料館を訪ねている。
当時の館長、前田健さんは「士族の血を引く人物らしいエピソード」として、その模様を日記にこう書き残している。
「お父様(毅夫さんのこと)は足がお悪いとのことで車に残られ、お母様と奥様と恒さんをご案内した。
おしゃぎり(村上市の祭りで使われる山車)の説明を終えて、二階へ階段をのぼられる時、恒さんはお母様をおんぶされてのぼられたのには敬服した。なかなかの人だと思った」
小和田家と同じ村上藩士の子孫で、郷土史研究家の村上城跡保存育英会の竹沢盛夫理事長(77)も、小和田家のルーツ探しに追われる日々だ。

竹沢さん自身、雅子さんの父方の曽祖父、金吉さん以前の祖先がつかめていない。
「ご婚約は同じ士族の子孫として大変喜ばしいこと。
下級武士であったために小和田家のルーツは記録が少ないが、これで系譜を解きあかす興味が増えた」といきいきとした表情で語った。

以上

皇太子妃・雅子を生んだ小和田家の犯罪ルーツを徹底追跡!

噂の真相1993年4月号

現地水俣でも異変が……
それにしても、かつて自分たちを苦しめた加害者の孫娘が皇太子妃に選ばれたことを、
被害者である水俣の人々はどう感じているのだろうか。

マスコミは内定直後、宮内庁の言い分をあれだけたれ流しながら、
肝心の患者たちの生の声をほとんど取り上げようとしなかった。
「自主規制ですよ。わずかに共同通信熊本支局がきわめて当たり障りのない患者の声を配信しましたが、それとて掲載した新聞はほとんどなかった」(大手紙・社会部記者)
そして、驚いたことにそうした自主規制のムードは水俣病の患者自身にまで広がっている。

実際、取材をしてもほとんどの患者たちはこの件については、何もしゃべりたがらないのだ。
「何をいっても慶事に水を差すととられかねない、という恐れをいだいてるんですよ」
と語るのは地元支局の記者。
ある患者がマスコミにコメントを求められ、ごく素直なお祝いの気持ちを話したらしいんです。
ところが、それが掲載されたとたん、右翼と称する人物から『結婚を台なしにするつもりか』との脅迫電話がはいったらしい」

今なお残っている水俣病患者に対する差別構造。そして、その構造は天皇制という差別のシステムによって、さらに増幅されていく。しかし、ひとりの患者がようやく重い口を開き、本音を語ってくれた。

「正直いって、江頭については今も怒りの感情は消えていない。が、だからといってあの男の孫がお妃になることをどうこういうつもりもない。これはほとんどの患者がそう考えていると思う。
「ただ−」呼吸をおいて患者はこう続けた。
「許せないのは宮内庁だ。五年前、あの男の孫がお妃になれなかったのが水俣のせいだといわれて、我々が周囲からどれだけ白い目でみられたか、ところが、宮内庁は今度はまるで水俣病の問題が解決したようなことをいう。宮内庁にいったい水俣の何がわかるというんだ」

以上

美智子皇后と雅子さんのルーツ 三代前にニアミス

週刊朝日1993年1月29日号

佐賀 早逝した明治のエリート将軍
雅子さんが皇太子妃になって、天皇家には“佐賀の血”がさらに濃くなる。
美智子皇后の母の故正田富美子さんも、雅子さんの母の優美子さんもルーツは
佐賀だからだ。

正田富美子さんの実家は、佐賀県多久市の副島家。

優美子さんの祖父は、肥前国佐賀郡北川副村木原(現在は佐賀市内)出身の江頭安太郎海軍中将である。

安太郎は、慶応年間の生まれ。

中学、海軍兵学校、海軍大学と常に首席で、日露戦争の際は大本営参謀。海軍中枢の軍務局長に昇進し、海軍大臣を嘱望されたが、肺病のため、一九一三(大正二)年、四十七歳で亡くなった。
安太郎一家は東京に出て、佐賀には、安太郎の長女の嫁ぎ先の親類がいるくらいだ。
その一人、古賀治男さん(八一)は、こういう。
「新聞に出た系図に叔父の名前があって、驚いたとです」
佐賀市内の遠縁の女性も、「親戚づきあいもないのに、ある新聞に遠縁と書かれて迷惑でした」と、話すのである。

以上


「皇后美智子さま秘録」「正田家」と「小和田家」

ノンフィクション作家・工藤美代子

週刊新潮2014年10月9日号

(略)
雅子さんの父・小和田恆の血脈を遡行すれば、越後村上藩(現・新潟県村上市)藩士の流れを汲むとされる。
江戸中期、元文5(1740)年以降、村上藩の町同心や下横目(しもよこめ)といった職に小和田家が就いていたことが判明している。ただし、俸禄は石高ではなく、わずかな金銭・穀物を藩から支給されて暮らしていたようだ。

(略)
幕末期の当主・小和田道助は、郡方懸(こおりがたかかり)というやや上級の職に抜擢されるが、それは捕縛術に秀でていたためだった。
制剛流(せいごうりゅう)という独自の捕手(捕り方、および捕縛術を指す)の極意を体得した小和田道助は、村上藩公認の免許皆伝の腕前として知られたが、それでも俸禄は乏しかった。

村上市郷土資料博物館館員の説明を聞いてみよう。
「明治元(1868)年の村上藩士籍分限で、小和田家は二人扶持二両という年収になっていますね。
一人扶持が一日米五合ですから、二人扶持は一日一升。つまり年間で三百六十五升と二両という給料でした。
これは、おそらく日本でもっとも貧乏だった幕末の村上藩主内藤家に仕えている藩士の中でも、最低賃金労働者だったと思われます」

道助は町同心として優れた能力がありながらも、生活はかなり苦しかったようだ。

恆の父祖は、道助の弟・兵五郎が立てた分家で、その嫡男・道蔵匡利が跡を継いだとされている。
古史料「村上城下絵図」(村上市郷土資料館発行)を見れば、兵五郎の名は同心組が住む城下の足軽屋敷の一角に確かに見出すことができる。
ところが兵五郎と道蔵匡利が維新後に相次いで亡くなったため、道蔵匡利の次の世代があいまいなのだ。
現在分かっているのは、どういう出自かは判然としないものもの金吉という人物が現れ、税務署勤務をしながら小和田姓を継いだということである。
多くの系図資料を検討しても道蔵匡利と金吉を実線で繋ぐものはなく、点線でしか繋がっていない
(『週刊朝日』増刊号、1993年3月25日号ほか)。

いずれにせよ、小和田恆の祖父がこの金吉ということになる。金吉は、高田税務署に勤務していた
明治30(1897)年、熊倉竹野と結婚し、長男・毅夫、長女・ミヨシの二児をもうけるが、明治33に早世してしまった。
金吉に先立たれた竹野は苦労して助産婦の資格を取り、女手ひとつで子供を養育した。
長男・毅夫は当時としては最高学府といわれる広島高等師範学校を卒業、教員の道を歩む。
新潟県立旧制高等女学校の教員、校長を経て、戦後には新潟県立高田高校校長を長らく務め、地元では篤実な教育者として名が残っている。
毅夫は村上藩士の血を引く田村静を妻に迎え、五男三女に恵まれた(長女・節子は夭折)が、子供たちは全員が秀才・才媛ぞろいだった。

恆の兄弟五人の男子はすべて東京大学を卒業、二人の姉妹も旧制奈良女子高等師範(現・奈良女子大)、お茶の水女子大といった名門を卒業している。

この秀才一家の次男(第四子)として生まれたのが、雅子さんの父・恒である。

雅子さんからみれば、毅夫が父方の祖父で、金吉が曽祖父ということになる。

(略)
その雅子さんが東宮妃と内定したのは、平成5年1月19日に行われた皇室会議だった。
同年6月9日に予定されている結婚の儀とご成婚パレードを前にした4月17日、恆と妻・優美子は雅子さんとともに新潟市の菩提寺・泉性寺にある墓を詣で、テレビや新聞で大きく報じられた。
ただし、小和田家の墓はかつて村上市と新潟市で三ヵ所に分散されており、各寺の住職でさえ家系を辿るのは難しいと語っている。

墓碑の取り壊しやご遺骨移動の事情も絡み、小和田家代々が泉性寺に祀られているかどうかは不明なのだ。それだけ江戸時代から明治にかけて、小和田家先祖の苦節が偲ばれるわけだが、
墓の件にこれ以上分け入るのは今回は避けたい。

父祖の苦渋に満ちた歴史があればこそ、雅子さんが皇太子妃として入内し、恆が国連大使に就任したことで、家郷へ錦を飾った一家の誇らしい気持ちが溢れ出たのはうなずける。
そんな小和田家の高揚感の表れのひとつだろうか、新発田市の歴史を偲ばせる。

旧新発田藩下屋敷の庭園「清水園」の一角に、一つの木札(高さ百二十センチ、幅五十センチほど)がある。
恆の生誕地から至近距離にあるその木札は、雅子さんのご成婚記念として平成5年11月に市の職員の手によって
建てられたものである。

雅子さんの「お印」であるハマナスが側に植えられた木札には、次のような文言が記されている。

雅子妃殿下御父上誕生の地
樹種 ハマナス
寄贈 北蒲原郡聖籠町
平成五年十一月十三日
新発田市皇太子殿下御成婚記念実行委員会

「清水園」を管理する職員に話を聞いてみた。
「何度か、小和田さんご夫妻がお見えになっていますよ。最初は細長い木簡のような札に書いて建てたのですが、奥様から『なんだかお墓みたいね』と言われたので、市のほうであわてて現在の形に作り変えました」
これまで、東宮妃の父親り生誕の地が、わざわざ顕彰される事例はあまりなかっただろう。

平成10(1998)年10月23日のこと、新潟駅では駅長以下総出で皇太子妃殿下の父・小和田恆のお出迎えに奔走していた

新発田市の市民会館で、地元の敬和学園大が主催する小和田国連大使による特別講演会が開かれるためである。

新潟駅では駅長の先導で特別通路を通り、JR東日本新潟支社の正面玄関から用意された車で新発田市へ向った。
駅や道中での警備陣の対応も、地元民によれば「まるで天皇陛下並み」の緊張ぶりであったという。

また、平成21年2月に小和田恆が国際司法裁判所所長に就任した夏である。
恆はオランダから夏休みを兼ねて帰国すると、山形県にある山辺町を妻とともに訪れた。天童市に隣接する
この寒村に足を運んだのは、この地出身で日本人初の常設国際司法裁判所(国際司法裁判所の前身)所長となった安達峰一郎(1869〜1934)の生家を訪ね、同時に山形市で記念講演を行うためだった。
なにしろ皇太子妃の父の来訪とあって、地元での歓迎ぶりはいやが上にも盛り上がった。

この日、恆は国際司法の先達の生地に自らの手形と署名を残した。
翌年、生家前には黒御影石の立派な記念碑が建立された。石碑に刻まれた文字は、
「山辺町来町記念 国際司法裁判所所長 小和田恆」
とあり、中央に実物大の右手形が刻印されている。名前も自らの直筆文字を彫ったものだ。

もちろん、恆が申し出たわけではなく山辺町の役場やロータリークラブの発案で製作されたのであろう。
しかし、生誕の地の木札も、来町記念の石碑も本人の許可を得て建てられたものである。
個人の感覚はそれぞれ違うが、人前で自分の印象を強めるような振る舞いを極力避けてきた

正田英三郎との差異は歴然だといえる。
一方、ご成婚前に、小和田家の系図を遡って用意しようとしていた宮内庁は、部落解放同盟から思わぬ抗議を受けた。雅子さんの父方、三代前の金吉以前が繋がらず、調査に行き詰っていたときである。
今の時代、出自で人を云々することは、もとより許されない。だが、一般とは違う立場の歴代の皇太子妃はこれまで厳密な系図が準備されてきた。
「身元調査は差別である」との抗議が、部落解放同盟中央本部の機関誌『部落解放』(平成5年6月号)に掲載された。

抗議文から、一部引用しておこう(部分引用)。
「本年一月六日の『皇太子妃内定』の報道いらい、こうした差別撤廃、人権確立をすすめる立場から看過できない内容の報道がなされています。とくに、小和田雅子さんの『家系図』の掲載や『家柄』賛美などの過剰ともいえる報道内容、そして、『皇太子妃を選ぶにあたっては、皇室専門の興信所員が四代前まで徹底調査』などと、宮内庁自らが公然と身元調査を指示していたことが報道されています」

抗議文は3月16日付で、宮沢喜一皇室会議議長(内閣総理大臣)、衆議院議長、参議院議長、宮内庁長官にも送付された。

個人情報の管理が以前よりはるかに厳しくなっている時代に、「身元調査」は確かに差別といわれるのも当然である。

しかし、家柄や血筋と、家風や伝統は異質のものだ。子供にどのような教育をほどこすかは、
それぞれの家の価値観によって異なる。
(略)

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4296



▲△▽▼


2017.12.05
雅子様A@家系(3)小和田雅子の家系のトリック
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4300


続きです。

小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う

あるホームページから syutuji.htm

江戸時代、山屋家は代々俸禄二人扶持の下級藩士であったてことでこれはこれで間違いではないけれど俸禄二人扶持は厳密に言うと武士ではない

扶持取りは原則非戦闘員なので戦の時は雑用係。平時は中間か小者だったはず
壬申戸籍(明治5年制定・昭和43年に封印)には「士族」ではなく「卒族」となっているはず

小和田金吉(宮内庁が隠蔽する小和田家の歴史)
まず、小和田新九郎と小和田新六匡安と小和田匡春(道助)(1858年64歳で死亡)が、
兄弟であることには間違いない。
新六の息子が小和田郡蔵。匡春(道助)の息子が勝治であることも間違いない。
勝治の弟が兵五郎であることも間違いなし。
小和田兵五郎の息子が小和田匡利(道蔵)であることも間違いないのである。
さて、問題はその先、小和田匡利(道蔵)の3男となっている小和田金吉。

こいつがクセものである。

雅子様の父が小和田恒。祖父が毅夫。
曽祖父が小和田金吉であるが、この金吉、1867年生まれのあたりの人になるが
この人の代に村上を離れ新潟に移住した。
だが、この人が村上を離れた年もわからない。村上にいるとき何してた人かもわからない。(足軽ということになっている)

どうも金吉の父は小和田匡利(道蔵)となっているがそうではないらしい。
宮内庁が隠蔽してるのはこの金吉の父の名前がわからないということと、半島出身という点らしい。
小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う

※1868年時点で(もし生きていたら)
・小和田匡春(道助)(1858年64歳で死亡) 74歳
・匡春(道助)の次男 勝治        48歳?
・勝治の弟兵五郎(5男として)      42歳?
・小和田兵五郎の息子(3男)が匡利(道蔵)15歳?
・匡利(道蔵)の次男金吉         1才

金吉の戸籍がないのは明治30年代に金吉が死亡し(若死)
死亡から80年たって雅子様が嫁いだ頃戸籍は処分されたからではなくて初めから存在しなかった。
(明治19年式戸籍ならどんな役所でも取り寄せ可能だし、19年式戸籍を廃棄している自治体はほとんどない。)

以上

Sponsored Link

小和田雅子の系図のトリック

部落解放同盟系の研究者である上杉聡
マスコミが発表した小和田家の「優秀な家系図」の欺瞞性を指摘
『戸籍解体講座』
上杉聰

次の応用問題にいきたいと思います。お手元の資料の中に小和田雅子さんの系図が載っています。
この小和田雅子さんの系図が掲載された時、これは『朝日新聞』からとってきたんですけども、海軍大将なんかのりっぱな家系の娘さんだということが盛んに言われました。

これに対して部落解放同盟が抗議をしました。

宮内庁が四代前まで徹底的な調査をすると言っていたことに対して抗議をしたということは、やはり解放運動のおかげだというふうに思うんですけども。この系図を見て、うっかりすると唸ってしまうといのもまた我々の性なんですね。

そこで、これまでの予備知識を踏まえて、私もちょっと動揺を押さえながら、これをじっくり見てみました。

そうすると問題点がだんだん見えてきたんですね。一番上を見ていただきますと、
小和田金吉、田村又四郎、江頭安太郎、山屋他人、この人たちは聖母マリア様でもあるまいし、一人で子どもを生んでるという恰好になるんですね。

その下の段階になると男、女が確実に書かれてあるんですが、一番上の四人は配偶者なしなんですね。

一人で子どもを生んじゃってるんですね。

これ、「処女懐胎」じゃなくて「童貞懐胎」っていうやつですかね(笑)。

これは何だ、というふうに考えれば、やはり先ほどの、女は家系図から除かれる傾向を代表しているんだろうというふうに思うわけです。

それともう一つ。

二段目になってきますと、右の方に静さんという人と、
それと一番左に寿々子さんという人がいますね。これ、肩書きがないんですよ。
さらに寿々子さんの下に優美子さんという人がいますが、この人は外務省のキャリア・ウーマンということで、鳴り物入りで宣伝されたのもかかわらず、肩書きがないですね。
女性は一人として肩書きがないんですよ。

これも問題ですね。みんな専業主婦だったのか。

まさかそうじゃないですね。

これはやはり、女性は肩書きを除く傾向にある。
肩書きを除くまでして何で載せているのかと言えば、どうもそれは、海軍大将の山屋他人から雅子さんまで引っ張ってこようとすると、寿々子、優美子という二人の女性を経由してしかもってこれないわけですね。そのために肩書抜きで載っけているわけです。

それからもう一つ思いますことは、たとえば山屋他人さんには配偶者がいるはずなんですが、その子は一人っ子なのかということですね。

さらにその下のチッソの社長と寿々子さんの間にできた優美子さん、
これも一人っ子になっているんですね。

それから右の方の田村又四郎さんも一人っ子で静さんを生んでいる。

小和田金吉さんも一人っ子の家庭だったのか、と。

どうもおかしいんですね、これね。
これ、除かれているんだと思うんですよ。

まず女性は徹底的に除いたんだろうと思います。
そして肩書きがとるに足りないと考えられた男性も。

たとえば江頭安太郎さんの息子さんは三人おります。
隆さんと古賀博さんと豊さん。

豊さんが元チッソ社長というのが誇らしげな肩書きなのかどうかは問題がありますが、それはおいておきまして、この中で隆さんは肩書きがないんですよ。

何でかなと思ってよく見ると、その下にですね、評論家の江藤淳がおるんですね。

この江藤淳をもってきたいために隆さんを載っけてるんですが、
隆さんには肩書きがないんです。

書くに足らないような肩書きだと判断したんだろうと思うんですね。
この系図から除かれた男、女性も惨めですが、名前だけ書かれて肩書きを除かれた男も惨めだと思うんですね。

女性差別は必ず男性差別にもつながるという典型的な例だろうと思います。
そうすると、果たしてこれでも系図と言えるのか、ということがだんだん見えてくるわけですね。

要するに、何とかして雅子さんと海軍大将とか江藤淳とかを関係づけたいために、つないでみせたにすぎないわけですね。これはものすごい宣伝文書です。

彼女の血筋、家系がいかに立派かということを宣伝するための図です。家系図でも何でもないんですね。
それなのについ「なるほどね」と、私も含めて思いたくなるということです。
本来なら笑ってしまってもいいようなものが、大新聞に堂々と載せられて、我々も抗議すらしない。
我々の感性がいかに鈍ってしまっているのか、ということを思うわけです。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4300



▲△▽▼


2018.04.25
雅子様A@家系(4)小和田家は朝鮮人密入国者の家系の可能性あり
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4349


ざっとまとめますと、、、、

・小和田家は村上藩士の小和田家とは無関係。

・小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う、つまり嘘っぱち。

・宮内庁が公表している小和田家の家系図は、小和田雅子の血筋、家系がいかに立派かということを宣伝するための捏造家系図であり、家系図とはいえない。

・家計調査が入ったら、部落解放同盟から「差別を増長させる」として抗議がきた。

以上の事柄からみて、父母どちらかがかつての被差別階級につながる血筋であること、宮内庁から公表されている家系図がうそっぱちであることがわかります。

今は旧社会の階級制度からは解放されている時代です。仮に推測や指摘通り、最下層の階級の出身でもいいんじゃないのか、と思われる方もおおいとおもいますが、問題は、一族ぐるみで、日本国にたいする破壊活動に与していること、日本の国や国民を裏切っている可能性が高いところにあります。

話を家系にもどしますが、小和田家の先祖が、どこから来たのか、それは、小和田家の過去の行動や経歴からみていくと大方推測は可能です。

結論をいうと、北朝鮮からきた工作員の家系と思われます。

Sponsored Link

テーブルに置かれた、北朝鮮にゆかりのある花。

ハワイの韓国軍の記念施設に「コリアン プリンセス ベビー像」を設置

雅子さんが、愛子さんを生んだら、韓国人が大喜び。

なぜコリアンなのか、プリンセスなのか、という問い合わせが殺到したあと、「これは李方子さん」とごまかして、像を撤去。

東宮御所で飼われていた珍島犬の存在

時期的にみて、韓国大統領が北朝鮮の金正日におくった2頭のつがいの犬の子孫と思われ。

犬を飼い始めたときの宮内庁からのコメントは、

・東宮御所にメスの野犬が紛れ込んだ。

・犬は10匹の子供を産んだ。

・2匹を残してあとの子犬は職員で分けた

とか言ってましたが、

・東京に野犬はいない。

・中型犬が生む子犬の数としては10匹は多すぎ。ありえない。

・厳重な警備と張り巡らせれた柵を突破して犬が侵入することは不可能。

北朝鮮から下賜された犬かどうかは推測ですが、見た目からみて珍島犬なのは間違いないでしょう。

そして、よど号ハイジャック犯との関係

第67代総理大臣福田 赳夫

・雅子の父、小和田恒は福田首相(父)の秘書だった。

・秘書仲間に小泉純一郎がいた。

・小泉の父は鹿児島の朝鮮部落の出身であり、小泉の母は横須賀の朝鮮系ヤクザの娘だった。当然、小泉自身も、一滴も日本人の血を引いていない朝鮮系である。嫁も在日なので、3人の息子も当然、純朝鮮人である。

・よど号ハイジャック事件が起こった。

・莫大な身代金を与え、世界から非難された。犯人は北朝鮮へ亡命した。

・よど号ハイジャック犯が、新潟の朝鮮部落に居住していたころの小和田家と近所であった。

・よど号ハイジャック事件後、北朝鮮による拉致がはじまった。

・政府(自民党)は長い間、拉致事件に取り組まなかった。

横田めぐみさんの父「政府は、北朝鮮に弱みを握られているのではないのでしょうか」

・小泉が首相になった時、突然、北朝鮮を訪問。5人の拉致被害者を連れて帰った。

・仲立ちしたのが、総連の実力者だった。日朝に交流がない状態では、パイプがないと成立しない会談だった。

・噂によると、金日正は、小泉を別部屋につれていき「あなたの父祖の国へようこそ」といったとか。

マスコミは、小泉の手柄のように書いていたが、小泉が朝鮮人であることを自ら暴露したことでもある。

ここから、単純な推測が成り立ちますね。

・福田、小泉、小和田は、朝鮮系あるいは部落のつながりの仲間であり、代々、北朝鮮の工作員。

・よど号事件は福田と北朝鮮の共謀したヤラセだった。

・身代金のキックバックを、福田がうけとり口封じに自民党内に撒いた。

・その弱みを握られていたので、今にいたるまで自民党政治家は、北朝鮮のような犯罪国家に屈している。

あくまで推測ですが。

さらに、この連携は、皇位継承問題にも及んでいます。

・福田家は、群馬の部落の家。

・福田は、「雅子ちゃんを皇太子妃にするよ」と宣言していた。

・雅子が生んだ愛子さんを天皇にするための法案を通そうとしたのが、小泉純一郎。

なんとしても、朝鮮人、部落民の血を引く愛子さまを即位させるのが、部落解放同盟、および朝鮮人たちの宿願なのでしょう。

しかし、神の采配により、秋篠宮紀子妃殿下の第三子ご懐妊、そして悠仁親王ご出産により、その企ては頓挫しました。

まだ油断がなりませんが。愛子さま天皇実現運動は、部落民&朝鮮人のクーデターなのです。

大日本帝国時代の朝鮮

小和田家の祖とおもわれる人物が新潟に住み着き、背乗りしたころといえば、大日本帝国時代でしょう。

併合後のピクニック?の様子。いい雰囲気ですね。

このころは、朝鮮半島は普通に日本領であり、朝鮮人は朝鮮系日本人でした。すべての国民に対して戸籍もできましたし、選挙権もあり、出世して大臣になったり将軍になった人物もいます。スター的存在になり財をなした妓生もいます。戦後までは、半島と日本列島との間の行き来は普通にできていました。にもかかわらず、わざわざ、密入国して背乗りする必要があったとなると、

・半島で犯罪をおかして逃げてきた人物。あるいは一家離散などの憂き目にあった。

・半島でも身分の低い階級(例えば、白丁)に属しており、日本列島の北の果ての新潟に住み着きロンタリングする必要があるくらい、絶望的な階級だった。

・もともと目的があって日本に住み着いた「草」、すなわち工作員である。

・新潟の朝鮮部落にすんでいた朝鮮系の人間が、小和田家に背乗りした。

などが考えられます。

故中川昭一議員が、小和田恒の書斎にレーニン像があったと証言してますね。小和田恒が、ロシア大使だったころ、ロシアのハニトラにかかってダブルスパイをしていたことが、ソ連崩壊後の情報の公開によりわかっています。

小和田家は、不法入国する必要があったくらい社会階級の低い位置にあった朝鮮系であるだけではなく、思想的にも旧東側の人間の立ち位置を置く人物であり、代々、工作員の家系である可能性があります。

母方の江頭家もまた、部落の出身の可能性が高いですね。

雅子の母方の親族であり本家になるタレントが、「自分は部落だ」とカミングアウトしていたそうです。

さらには、祖父の江頭豊は、水俣病を引き起こし放置したばかりではなく、「腐った魚を喰った貧乏人がわるい」等の暴言、被害者の方々へのヤクザを使っての暴行と弾圧、ジャーナリストでカメラマンであったユージンスミスへの暴行などをヤクザとつるんで行った大量殺人犯でした。

つまり、雅子さんは父方、母方、ともに、日本、朝鮮それぞれの社会の、最下層の階級の出身でかつ犯罪性が高い家系ということになります。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4349


▲△▽▼


2017.11.18
雅子様A@家系(5)小和田家の家業は犯罪?
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4435


今は江戸時代の階級制度から解放された時代であり、仮に皇太子の妻が、朝鮮系でもあるいは被差別階級につながる家系でも問題ないのではないか、と思われる方も多いと思います。親王妃になる方のご性質やご家族が立派な方であるなら、管理人も何代か前の先祖の境遇は問題にならないとは思います。

しかし、ご本人やその家系が皇族になるにふさわしくない場合、犯罪性があった場合、あるいは、国家破壊を目的としてて活動している家系である場合は、最下層からきた方であっても、あるいは名門であっても問題にしなくてはならないと思います。

こちらからの続きです

この写真一枚でも、不思議が一杯ですね。

・コスプレ感満載の、サングラスをしたお寺さん。

・数珠を持たないのは何故。

・つぎはぎだらけの墓石。

そして、この感覚感性、恥も遠慮もありません。自らをなんだと思っているのでしょう。まともな日本人なら恥ずかしくてできないことです。

小和田恒の石碑

なんじゃこりゃ?

小和田家の人々は自らを「宮家のようなもの」「準皇族」と称し、けじめのなさが非難を集めています。

・雅子が出席するはずの場に、出席できない雅子のかわりに妹がやってきた。

・東宮御所に住み着き、公使のケジメなく私物化している。

・東宮家の御静養に、妹の家族が一家ぐるみで同行する。東宮家の御静養は、ディズニーランドを貸し切り、スキー静養のおりにはホテルも貸切っての「御静養」です。新幹線も車両は貸し切り、莫大な費用が生じます。警備に動員される警備の費用も同じく税金から出されます。それに便乗して恥るところをしらないのが小和田家です。

・集まる大衆に向かって雅子の妹が、皇族になりきって手を振る、あるいはカメラを向けるなど、けじめのない行為が目立ちます。

・小和田雅子の母親が御所に来ては、調度品や美術品を持ち帰るという噂もあります。こうした噂が本当臭いのは、小和田優美子がつけているブローチを堂々とつけていることなどで、その性質を察することができます。

皇族女性の宝飾品は皇室財産であり、国家財産であり、所有権は国にあります。結婚などで、皇族女性がなんらかの事情で皇室を去る場合はおいていく決まりです。小和田母子がしていることは、国家財産の横領に値します。

Sponsored Link


小和田恒@ 二重スパイ疑惑

2015年11月30日  MI6コードネーム「ムツヒト」皇太子の義理の父、小和田恒はソ連との二重スパイだった、今も怪しい

※転載させていただいてます。


皇太子妃父の小和田恒は、旧ソ連では有名なスパイでミトロヒン文書にも明記されています。

KGBスパイとして活動した駐ソ連日本大使館勤務経験のある外交官たちがいる。ミトロヒン文書では「OVOD」(2回もハニートラップに引っ掛かった)、「MARCEL」などの存在が明記されています。

モスクワ時代、誘惑したのはロシア語教師で2回も行為を撮影され工作員にされた。(コードネームアナグラム)

レフチェンコが実名を明らかにしたのは、自民党の石田博英氏(フーバー)、社会党の勝間田清一氏(ギャバー)、伊藤茂氏(グレース)、佐藤保氏(アトス)である。

その他、レフチェンコ・メモに実名が記載されている人物に上田卓三氏がいる)サンケイ新聞編集局次長の山根卓二氏(コードネームは「カント」)、読売新聞の外山四郎記者(トマス)、テレビ朝日の三浦甲子二専務(ムーヒン)、『インサイダー』の山川暁夫氏(バッシン)の実名が明らかにされている。

実名は不明ながら、サンケイ新聞東京版記者で山根編集局次長を補強しうる「デービー」(コードネーム・以下同)、韓国問題専門家の東京新聞記者「カミュ」、共同通信記者の「アレス」、大手新聞元モスクワ特派員の「アギス」、フリージャーナリストの「ドクター」外山四郎氏、三浦甲子二氏。

東京新聞記者の「コーチ」、朝日新聞の「BLYUM」、読売新聞の「SEMIYON」、産経新聞の「KARL」(あるいは「KARLOV」)、東京新聞の「FUDZIE」、社名不詳大手新聞の「ODEKI」、社名不詳ジャーナリストの「ROY」

自民党関係者にさらに2人のエージェントがいたと指摘されている。

自民党議員の「KANI」と、田中角栄の側近の「FEN」は「フェン・フォーキング」と同一人物?

一部週刊誌(新潮)にも記載されていましたし、ジャーナリストからの情報ですか ら情報は確かだと思います。

民主党政権時に公安情報がかなり紛失・消失したとのことです。

(民主党政権時の国家公安院長の名前を思い出してみてください)

再構築しなければならないので、情報を提供してほしいと古屋議員から言われま した。

以上

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4435



▲△▽▼


2017.12.05
雅子様A@家系(6)小和田家の家風 ソ連文書からみるスパイ小和田夫妻
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4439

続きです。

1967年モスクワ

※こちらより転載させていただいたうえに、編集しています。


【武器輸出三原則違反】犯罪人的発想

雑誌正論2008年1月号 佐々淳行

カンボジア総選挙国際監視団に日本の文民警察を派遣するとき、装備として拳銃と若干の小銃、それに防弾チョッキを持たせようと提案したら、外務省の小和田恒が、
「丸腰で行け! 装備をもたせると、帰るときに売っぱらい、武器輸出三原則に違反するから」と言い放った。
日本の警察をバカにしたような発言に驚いた。

以上

※帰るときに売っぱらい、、、その発想は堅気の日本人にはない(管理人)

Sponsored Link

【論文紛失】国費留学しつつも、博士号はとっていない。

ニューヨーク大学での対談形式でのレクチャーのマニュスクリプトP8

ケンブリッジ大学が賞をくれて、その上で博士号コースを続けていた3年目。

ケンブリツジを離れる頃には論文をほとんど書き上げていたけど、もう少しいいものにして、それから提出したいと思った。
そこで、日本に戻ってから仕上げようと決めた。
いずれにしろ私は(日本)政府から派遣された身で、その時はもう日本に戻らなければならなかったから。
当時は全て船便で送らなければならない時代だったから、私も自分の物を船便で送ったら港でトランクが1つ紛失。
それには服や本などと一緒に大事な学位論文の原稿が入っていた。
トランクは二度と見つからず、ゆえに私は博士号を取る機会を失ってしまったのです。

以上

※博士号をとっていないいいわけが、陳腐すぎる気がする。(管理人)

機密費横領

防衛省OB太田述正メルマガ「小和田恆さんいい加減にしなさい。」

皇太子殿下の嫁の実父という立場にある君は恐れ多くも、皇太子殿下を利用し、次から次と悪事を働いて来ましたね。
ある時は、後藤田正晴氏と組んで想像も付かないような恐ろしい悪事を企てましたね、
元日銀総裁の三重野康氏を使って実行した事は日本国の信用を著しく損ねたのみならず、皇室の尊厳を著しく傷つけました。
それに懲りずに今度は武藤敏郎日銀副総裁(当時)、飯島勲(元小泉総理秘書)、等と組んで小泉純一郎氏を巻き込み某国の大統領にまで手を延ばして、恐ろしい事をしましたね、その時も恐れ多くも、皇太子殿下を欺いて利用しましたね。

【日銀総裁の座を狙っていた小和田恆氏】

何故小和田氏は日銀総裁の座を狙ったのか、それは国連大使、オランダハーグの国際司法裁判所判事と歩んできた最後の仕上げであった。
今、小和田氏は武藤総裁を実現して最後の賭けに出ようとしている、
これは皇室に災難をもたらす、あまりにも無謀な恐ろしい暴挙であると言わざるを得ない。小和田氏自身のみならず皇太子殿下にも災難が及ばないとも限らない。

このうえは天皇陛下の御英断を煩わせる他にないのか?
小和田氏はかねてソヴィエットロシアの大使館に勤務していた時、北朝鮮の工作員と接触しましたが、その時利益供与を受けたという疑いが某国の諜報機関に持たれています。
いづれにしても、小和田氏の信用と評価はアメリカでは最悪であり、EU諸国に於いても最低だと言われています。
自らの立場を猛省されて身を処されたらよいのではないか。

以上

ソ連共産党日本人工作員のなかに、小和田夫妻の名前が??

ソ連共産党・日本人工作員

70年2月26日に、ソ連共産党政治局は、日本社会党とその機関紙に助成金を支給 するために、合計10万ルーブル(当時、3571万円)の支出をKGBに承認し た。類似した助成金は、毎年払われたようだ。

たとえば、72年に支払われた10万ルーブルのうち、6万ルーブルは政治資金とし て各議員個人に渡された。

1万ルーブルは日本社会党とソ連共産党の交流資金、2万ルーブルが日本とアメ リカおよび中国との関係に打撃を与えるアクティブ・メジャーズ工作資金、1万 ルーブルが日本社会党に公明党や民社党など他の野党と提携させないためのアク ティブ・メジャーズ資金として使われた。

社会党最高幹部と自民党大物議員

▽勝間田清一コードネームはGAVR。

彼は66年の日本社会党書記長選挙の次点者で、74年 にその党内地位を強化するために400万円をKGBから受け取っている。 KGBでは社会党中道派のリーダーと評価されていた。

(※ミトロヒン文書に勝間田氏の名前はないが、後にレフチェンコ氏が GAVR=勝間田氏と断定した)

▽佐藤保 コードネームはATOS。

社会党左派(マルクス主義派)のリーダーで、4つ の党刊行物の責任者だった。KGBファイルには、佐藤氏が日本社会党機関誌に 記事を掲載するための資金として73年10月に40万円をKGBから渡した記録がある。

(※ミトロヒン文書に佐藤氏の名前はないが、これも後にレフチェンコ氏が ATOS=佐藤氏と断定)

▽ALFONS(実名不明)

社会新報に記事を書いていた。72年に250万円受け取っている。KGBファ イルには、社会新報に記事を書くために15万円が支払われた記録もある。

▽DUG(実名不明)

日本社会党委員長に非常に近かった社会党員。選挙資金として72年に39万円を 渡された。

▽DIK(実名不明)

選挙ビラとポスター制作費として72年に20万円を支給された。

――それ以外にも、社会党でKGBエージェントとファイルされていたのは以下の 通り。

▽JACK(キリル文字でDZHEK/実名不明)

73年からエージェント。社会党議員。

▽伊藤茂コードネームはGRACE。

社会党議員で党中央委員会のメンバー。おそらく 75年よりエージェント。

(※ミトロヒン文書に伊藤氏の名前はないが、これも後にレフチェンコ氏が断 定。レフチェンコ氏はその他に、ミトロヒン文書に出てこない2人の社会党員 「RAMSES」と「TIBR」の存在も断定している)

▽DENIS(実名不明)

江田三郎・社会党書記長の親しい側近。

▽KING(実名不明)

後に日本社会党の幹部となった。

▽KERK(実名不明)

勝間田派議員。KGB東京支部と日本社会党執行部のコネに重要な役割を果たした。

▽上田卓三・社会党議員

親ソ派の学者で「山本」という人物が、KGBの協力者として議会で影響力を行使したという。「山本」がリクルートされたのは77年。以後、彼はKGBの意に 沿うような国会質問が出るように議員に働きかけた。

▽石田博英・元労相(自民党幹部)

▽「HOOVER」自民党幹部の石田博英・元労相

石田氏は73年2月に「日ソ友好議員連盟」(コードネームはLOBBY)の代表 になり、同年の8月〜9月の訪ソ団の団長となった。この訪ソ団は17年ぶりの日 本国首相の訪ソとなる田中角栄首相訪ソの直前に行なわれた。石田氏がソ連中央 で重く扱われるようにKGBが裏で支援した。

石田博英氏は70年代を通じて日ソ友好議員連盟を足がかりに、「影響力のエー ジェント」として使われ続けた。

77年には、KGBの要請に基づき、彼は個人的に福田赳夫首相に意見した。

※福田赳夫は小和田恒の親分

モスクワの日本大使夫妻がソ連反体制派と接触し、「歓迎されざる人物」になっ たから、日本に呼び戻すようにということだった。

※モスクワの日本大使夫妻=小和田恒で間違いないと思います(笑)


09 Jun 1993 — PRESS CONFERENCE WITH THE PARENTS OF MASAKO OWADA — Image by © HARUYOSHI YAMAGUCHI/CORBIS SYGMA

▽田中角栄の側近だった「FEN」

角栄秘書『フェン・フォーキング』はこの中に?

曳田照治 榎本敏夫 山田泰司 田中利男 遠藤昭治 田中勇 高鳥修 佐藤昭 子 早坂茂三 麓(ふもと)邦明 古藤昇司 朝賀昭 工藤節子 中村喜四郎

本間幸一  小長啓一 桜井新 小谷兄弟  樺沢 城谷 片岡憲男 井上孝

高橋国一郎 下河辺淳 小野吉郎 西村尚治 長田裕二 山下元利 林義郎

大村襄治 両角良彦 小長啓一 後藤田正晴 秦野章

政治家『フェン・フォーキング』はこの中に?

木村武雄 西村英一、橋本登美三郎。二階堂進、小沢辰男、久野忠治

愛知揆一、木村俊夫 江崎真澄、小坂徳三郎 後藤田正晴 山下元利

小沢一郎 小沢辰男  渡辺紘三 高島修  西村英一  橋本登美三郎

木村武雄  植木庚子郎 足立篤郎 原田憲 亀岡高夫 前田正雄

金丸信 竹下登 橋本龍太郎  小渕恵三 田村元 小坂徳三郎

林義郎 大村襄治  羽田孜 梶山静六  渡部恒三

奥田敬和 高島修  佐藤恵  石井一  綿貫民輔

斎藤滋与史  中山利生 佐藤守義 稲村利幸  野中英二

有馬元治  浜田幸一

▽自民党議員の「KANI」→金丸信?

マスコミの記者

日本社会党機関紙以外に5人の一般マスコミの記者が特定。
・朝日新聞の「BLYUM」

・読売新聞の「SEMIYON」

・産経新聞の「KARL」(またはKARLOV)

・東京新聞の「FUDZIE」

・社名不明な主要新聞社の上級政治部記者の「ODEKI」

▲ジャーナリストの「ROY」=「ARES」(同一人物)

日本の防諜機関上級幹部の「KHUN」をリクルートするのに役立った。 KHUNはとくに中国に関する機密情報を提供した。

▲「FET」(あるいは「FOT」)

この人物については具体的な情報はない。

▲山川暁夫・インサイダー編集者

▲サンケイ新聞の編集局次長だった山根卓二氏

(コードネームはKANT)

▲三浦甲子二・テレビ朝日専務

▲杉森康二・日本対外文化協会事務局長

MADE IN RUSSIA―ロシアは何をつくったか 単行本 – 1997/11
森本 忠夫 (著), 江南 和幸 (著), 杉森 康二 (著)

2人の日本外交官

■「RENGO」

RENGOはまた、自ら新たなエージェントのスカウト

■「EMMA」

EMMAには、彼女がエージェントになったまもなく、運営者によってハンド バッグが与えられ外交文書の写真を複写するためのミノックスカメラが仕込まれていた。

■「OVOD」→小和田恒

合計6年間のモスクワ勤務の間に2回、ハニートラップに引っかかり、それをネ タにエージェントに仕立て上げられた。

彼へのハニートラップのうち2回目のほうは、MARIANAというコードネー ムのKGBエージェントによって実行された。彼女は、OVODのロシア語教師 として雇用されたが、まもなく男女関係となり、その性交渉時の写真が撮影さ

れ た。OVODはいやいやながらも、KGBに協力することを承認した。

■70年代前半にモスクワに駐在していた電信官「MISHA」

LANDYSHというコードネームのKGB工作員が誘惑したケースだった。

MISHAは、70年代後期に「NAZAR」というコードネームでKGBに運営 されていた東京の外務省本省に勤務する電信官と同一人物である。

■「MARCEL」

MARCELの協力で、「KONUS」というコードネームの自衛隊の駐ソ連の 防衛駐在官もリクルートされた。

KGBの科学技術情報スパイ

70年代に日本のハイテク産業と研究所の幹部職にある日本人エージェントは合計16人

◎東京地域のハイテク会社の社長で、「TONDA」

米国の空軍とミサイル部隊のための新しいマイクロ・エレクトロニクスのコン ピュータ・システムに関する重要な機密資料をKGB東京支部に提供した。

◎半導体製造会社オーナーの「TANI」

日米の半導体の機密情報やサンプルを提供した。

◎「LEDAL」日本の大学の半導体研究の責任者。

◎日本のハイテク産業と研究所の幹信技術研究者の「ARAM」

◎通信技術者の「ARGUS」

◎東京大学の科学者である「BRAT」

◎宇宙研究者の「EYR」

◎微生物学者の「KANDI」

◎物理学者の「KARI」

◎宇宙学者の「KISI」

◎日立社員の「RIONI」

◎三菱社員の「SAK」

◎技術専門家の「SOT」、

◎赤外線分光学者の「TAIR」、

◎電子技術者の「TONI」

◎核科学者の「UTI」

などである。

グレーゾーン工作員

※ソ連通でスパイではない?

自民党:鳩山一郎、河野一郎、赤城宗徳、田中角栄、中川一郎。

社会党:成田和巳、石橋正嗣、勝間田清一、飛鳥田一雄、土井たか子、五十嵐広 三、高沢寅男、山本政弘、岡田春夫、岩垂寿喜男、伊藤茂。

その他:三浦甲子二、杉森康二、堤清二、松前重義(東海大総長)、池田大作 (創価学会名誉会長)、千田恒(元サンケイ新聞記者)、秦正流(元朝日新聞編 集局長)、白井久也(朝日新聞記者)、中村曜子(画廊「月光荘」経営者)、長

谷川千恵子(画廊「日動画廊」経営者)、柴野安三郎(札幌日ソ友好会館オー ナー)、岡田茂(東映社長)(以上、肩書きは同書のまま)

ソ連崩壊後、中国共産党、北朝鮮のスパイに転向したものも多いのではないか。
コードネームをつけられているものは、KGB側が認めているスパイ。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4439

▲△▽▼


お笑い「小和田家」家系図 2018-10-15
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/f0ffe3a0cf6cc2088255576c74fa4848

ここ、結構笑えるので息抜きにたまに拝読させていただくのですが、今回はまた吉本的お笑い家系図の掲載。

遂に小和田家家系図完成!!  だって。

http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-2312.html

突っ込もうかどうしようかと迷っていたら、トド子さんがいち早く目に止めて記事にしていらっしゃいました。

雅子卑のカレ〜なルーツニダ♪

なので、わざわざこちらで追求する必要もなくなり手間が省けて助かったのですが、それにしても「遂に小和田家家系図完成!!」って、雅子さまが入内されていったい何年経過しているのやら、即位直前になった今頃「家系図完成」とか。本家分家の区別も解らないまま、ずさんなこと。

それに無関係なはずの素人さんがわざわざ新潟まで出かけて調査、自費で「小和田家の家系」を調べます?

次男三男に養子がいたことにするとか・・・・嘘ももっとリアリティを持たせなくては。

武士の系譜という触れ込みですが、武家に「金吉」などという名前はありません。


後記 コメ欄にご指摘を頂きました。

>有馬藤吉、有馬彦吉、有馬静吉(有馬姓が並んでいたので一族でしょう)伊集院兼吉や、伊集院末吉もいます。


以上ですが、単に語感の問題なのかもしれませんが「金吉」に未だ違和感。
なぜなのだか?

最近はブログ仕様が異なって「いいね」ボタンがなくなりましたが、以前はコメントがどっさりある割に「いいね」がゼロという、不思議なブログでした。
と指摘されてから、仕様を変えたかな? コメントを書き込んでみたら、数分後にブロック。仕事、早いです。

秋篠宮殿下、妃殿下、悠仁親王殿下を悪し様に罵っているブログです。返す刀で皇后陛下を斬りまくり(まるで雅子妃が姑を見る目線で)、その一方高円宮家は褒めそやし・・・・という解りやすさで、どういう立ち位置の「身内」か見えて来るような? 文章にはそこはかとなく加齢臭。

即位を目前に、疑惑が再燃、吹き出すのを怖れて相当焦っていらっしゃるような。
こんな、すぐ見破られるような家系図を持って来たら、小和田家の家系のいかがわしさが、逆に見えて来るでしょうに。

いとこ(男)さんが大阪の精神病院に長く入っていらっしゃることなど、通名屁カテさんはどのように、今後は言いくるめるか楽しみなことです。外務省入省は、当時あったVIP子弟採用枠5人のうちの一人で縁故採用だとか、奥参事官との不倫とか。
ついでに言っておけば、雅子妃が精神に変調を来たしたのは皇室のせいなどではありません。元々ご家系にその因子をお持ちでした。

出自云々や精神を病んだ方への誹謗でも差別でもありません。あくまでも、宮中には入るべきご家系の方ではなかったという論旨です。江頭家も含めて。


I write my will across the sky in starsは、I write my lie across the earth in shit.

と書き換えたほうがよさげ。

トド子さんが紹介していらっしゃるけれど、こちらのブログさんが通名屁カテ様の基本的嘘の論破となりそうです。

http://kabanehosi.up.seesaa.net/image/syutuji.htm

台所婆は有名ですが、もう一つ身内臭がするサイトがこちらです。

h ttps://blog.goo.ne.jp/index2013/e/668bb73fc657778f7d78fe29e96604d3

これに対しても、上記のブロガーさん記事でその嘘がばれるでしょう。

しかし、あちら必死です。身内勢とあのワールド***という新興宗教勢でしょう。

情報をいくら操作しても無意味だと思います。即位されてからの雅子妃はより目立つようになり、それと共にいかがわしさも表に出ます。東宮の在位期間は短い、最長10年と思っていますが、それは単なる直感に過ぎません。


ついに小和田家【出自】の秘密 

2018-03-22 17:44:30

被災地訪問にも出る、品格の差。


https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/f0ffe3a0cf6cc2088255576c74fa4848

39. 中川隆[-11927] koaQ7Jey 2019年2月22日 23:34:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[47] 報告

それにしても雅子という女は凄い女です。
気に入った相手とは手当たり次第という感じです男性経験は20人は超えている
https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/68610e019843f20695a65523fb7823aa


それにしても雅子という女は凄い女です。気に入った相手とは手当たり次第という感じです
白人か黒人かも噂に出ない人数を合わせれば男性経験は20人は超えていると思います。


2018年4月26日 木曜日

◆【雅子妃】男性遍歴B婚約直前まで行った福田元総理の孫;越智隆雄現自民党衆議院議員 2015年4月3日 伏見顕正の政経塾と四柱推命


皆さんお元気ですか?

また出来てきました雅子の昔の男(笑)たたけば埃の出る女ならず、【たたけば昔の男が出る女】です。

越智隆雄という男は、福田赳夫元総理の娘が大蔵官僚の越智道雄に嫁ぎできた子で、孫に当たります。

同じく福田赳夫の孫で、チノパンの夫となった横手真一と同じく、慶應の幼稚舎から慶應義塾大学の経済学部までというコースは全く同じです。

就職も横手真一は三菱銀行(のちゴールドマンサックス)越智隆雄は住友銀行(後父越智道雄の秘書)というのも似ています。

祖父の赳夫が小和田恒を可愛がっていたこともあり、幼少の頃から小和田家と越智家は家族ぐるみの付き合いをしていました。

小和田家と越智家は一緒にスキーに行ったり、雅子の母の小和田優美子が、着物に「福」の字を入れて、福田家に忠誠を誓うようなこともしていました。

その中で年の近い雅子と隆雄は次第に親しくなり、雅子が外務省に入ったころに結婚を視野に入れた真剣な交際を始めました。

特に雅子がイギリスのオクスフォード大学に留学中に、隆雄も「フランスのエセック大学に留学したいと言い出し、父親の道雄から「なんでフランスなんだ?」と聞かれて「好きな女がイギリスにいるから」と答えたそうです。

そして二人は、ドーバー海峡をお互い行ったり来たりして逢瀬を楽しみます。

わざわざ、イギリスから海峡を渡って隆雄に会いに来て、「お茶と食事がすんだらさようなら〜」なんてことは常識的に考えて無いでしょう。お互い愛を確認しあったことは想像に難くありません。

しかし、気になるのはこの英国留学中の雅子の男関係です。

オクスフォードに一緒に留学したT氏と深い関係に落ちていました。

また白人男性との交際もありました。

少なくても三股はかけていたことになりますね(驚)

凄い女です。性欲が強いのはよくわかりますが、三人の男とのスケジュール管理もしっかりダブルブッキングしないようにやっていたのでしょう。

一人とSEXしているときに他の二人にばれないように完璧にやっていたんですね。

確かにこの時期男同士がかち合ってトラブルという話は聞きませんでした。

こういう能力はあるんですね(笑)

こんな雅子でも越智隆雄は真剣に愛していました。

二人とも帰国後に、越智家の方から、プロポーズしたのですが、小和田家は断っています。この辺の事情は、雅子入内後に、落ちとの関係を週刊文春や写真誌が掲載してたたいていました。

なぜなら、ハーバート→東大→外務省という箔付けが完了した今、一度断られた皇太子妃に名乗りを上げる環境が出来上がっていたからです。

皇室に食い込み権力と権勢欲を握りたい小和田恒がそのチャンスを逃すわけはありません。

また1988年当時に大勢いたお妃候補も、皇太子のちびで不細工な容貌で、早々と他の男と婚約したり、結婚したりして逃げ、残っていた候補も、ここが重要なところですが、創価学会が一人ずつスキャンダルを捏造し、辞退に追い込んでいました。

最終時点で残っていたのは、雅子と久邇(くに)晃子さんとタレントで皇太子のアイドルだった柏原好恵の三人でした。

柏原は早々に逃げるために「ヌード写真集」などを出して、自分が候補から抜けるように工作しました。

最後は雅子と久邇(くに)さんでした。

宮内庁は久邇(くに)さんを押していましたが、そこに皇族の小和田のトロイの木馬の高円宮夫妻が出てきて、自宅で皇太子と雅子を合わせたり、外務省の小和田の後輩の柳谷謙介が自宅を提供して二人を合わせたりして、水面下の工作をやり、女性経験のない皇太子は雅子にころっとつかまってしまいました。

久邇(くに)さんの方も着物まで準備して、待っていたところに、皇太子側が勝手に雅子内定記者会見を開いて、宮内庁と両殿下を出し抜きました。

小和田―高円宮―創価学会―外務省の連携工作にしてやられた【朝鮮女雅子入内事件】です。

それにしても雅子という女は凄い女です。気に入った相手とは手当たり次第という感じです

今も白人国家の元首があいさつに来たら出迎えに出ますが、黒人国家の元首が来たら絶対に出てきません。アメリカ時代に、黒人の子供を堕胎した経験がトラウマになっていて、出てこれないそうです。

名前が出た男だけでかなりの人数がいますから名前やイニシャル、白人か黒人かも噂に出ない人数を合わせれば男性経験は20人は超えていると思います。

雅子は、祖父から水俣病患者の怨念父から創価学会関係の邪気を受け継いで皇室に入りました。逆に言うと婚約を破棄された越智隆雄は変な悪霊を持ち込まれずラッキーだったかもしれません。

それでは越智隆雄の命式を見てみましょう。

(私のコメント)

たまたま「雅子妃 男性遍歴」でググると多くの記事が出てきます。皇室を侮辱するようなすざましい記事なのですが、名誉毀損で消されることもなくネットで読むことができます。本当の話かどうかは私にはわかりませんが、このようなことはマスコミで報道されることはないようだ。

最近では、眞子さまの相手の小室圭氏との話題がありましたが、小室氏にもいろいろと良からぬ噂話があるようで、成り行きが注目されます。皇太子と雅子妃が結婚されたのは1993年であり、インターネットは普及しておらず、情報はマスコミがほとんどコントロールしていた。だから雅子妃の男性遍歴が広まる事はなかったようだ。

「株式日記」でも雅子妃のことは何度か書きましたが、外務省と創価学会関係に関してであり、男関係のことはまだ知らなかった。ネットでこのような事が書かれても名誉毀損で消されないのは、明らかな事実もあるからであり、越智隆雄現自民党衆議院議員との仲は公然の事実だったようだ。

記事にもあるように、「その中で年の近い雅子と隆雄は次第に親しくなり、雅子が外務省に入ったころに結婚を視野に入れた真剣な交際を始めました。」という事ですが、しかし、「二人とも帰国後に、越智家の方から、プロポーズしたのですが、小和田家は断っています。」という事です。

相手としては、今は国会議員をしている福田元総理の孫なのだから相手に不足はないはずだ。つまり小和田家としては最初から皇太子の嫁の座を狙っていたわけだ。そして、「ハーバート→東大→外務省という箔付けが完了した今、一度断られた皇太子妃に名乗りを上げる環境が出来上がっていたからです。」ということで小和田恒の野望はかなった。

私は当時はテレビで報じる程度のことしか知らなかったが、ネット化社会になって雅子妃や小和田恒の良からぬ噂を「株式日記」で何度か書くようになった。気の毒なのは皇太子であり、20人もの男性遍歴のある雅子にしてみれば皇太子を手玉に取ることは簡単だっただろう。

記事では、「残っていた候補も、ここが重要なところですが、創価学会が一人ずつスキャンダルを捏造し、辞退に追い込んでいました。」とありますが、スキャンダルの巣窟とも言える雅子が残り、多くの他の候補が創価学会にスキャンダルを捏造されたとありますが、本当なのだろうか。

皇太子妃ともなれば、マスコミの注目の的となりますが、テレビでは一切このような事が報道されなかったのは、やはり創価学会の影響があるのだろうか。雅子妃は結婚後はひきこもり状態となり公務ができない状況ですが、やはり後ろめたい過去があるからだろうか。皇太子はこの事をどこまで知っているのだろうか。

皇室に雅子妃が入ったことで、天皇家は亀裂が入って影が差しているような感じですが、皇太子が女を見る目がなかったことが原因なのだろう。「宮内庁は久邇(くに)さんを押していましたが、」とありますが、そのほうがよかったように思える。顔つきからして皇太子と合いそうの思える。

一番悪いのは小和田恒であり、強引に雅子を皇室に送り込むことに成功した。それができたのも創価学会などのバックがあったからでしょうが、皇太子が天皇に即位した後の日本はどうなるのだろうか。雅子皇后が本性を表してくるかもしれない。

https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/68610e019843f20695a65523fb7823aa

40. 中川隆[-11922] koaQ7Jey 2019年2月22日 23:45:28 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[52] 報告

2018-04-23
皇太子殿下と雅子さま ご成婚の裏にあったもの
https://inbouron-toshidensetsu.hatenablog.com/entry/2018/04/23/080000

平成の世もあと一年余りになった。

来年4月30日をもって天皇皇后両陛下は、皇太子ご夫妻に天皇の地位を譲位され、上皇陛下、上皇后陛下となられる。

新しい時代が始まるわけだが、今の若い方々は、次期天皇皇后陛下となられる皇太子ご夫妻のことを、どれくらいご存知だろうか。

昭和の時代は、皇室の話題はごく普通にそして頻繁にテレビなどで取り上げられ、今の天皇陛下が皇太子殿下時代は、家族全員でのお写真も動画も頻繁に撮られ、お茶の間に流れていた。皇太子殿下、秋篠宮殿下、今は降嫁された黒田清子さんの学校行事や卒業式での様子、夏休みをお過ごしになるご一家の自然なご様子なども、しっかり写真や映像として納められ、実にオープンに披露されていた。そのため国民皆、当時の皇太子ご一家を「ふつうの家庭と変わらないご家族」という親しみを感じていた。当時は皇室に妃殿下も多くおられたので、ロイヤルファッションチェックの番組や週刊誌報道もとても多かった。

そんな華やかでオープンな皇室報道は、今はすっかりなくなってしまった。原因はおそらく、長い療養生活を送られる雅子さまを慮ってのことだと思われる。

皇室との縁組を熱望していた小和田家

平成の時代がもうすぐ終わるいま現在でも、ごく一般に言われていること。

『雅子さまは、皇太子殿下の熱烈なプロポーズに折れる形で、外務省でのキャリアを泣く泣くお捨てになった。しかし皇室は、雅子さまの高い能力や国際感覚を十分に発揮するにはあまりに旧態依然としたところで、外国育ちのキャリアウーマンであった雅子さまは適応障害を起こされた』

この流布は、ほぼ、真っ赤な嘘である。

雅子さまは、泣く泣く外務省でのスーパーキャリアを捨てて、皇室に嫁がれたのではない。外務省と当時外務省次官だった父、小和田恒氏を中心とした人々の猛烈な後押しによって、皇室に嫁いだのである。

1993年当時、皇太子婚約についての報道は、国内では報道協定が結ばれていた。しかし、その協定外にあったアメリカ合衆国の新聞『ワシントンポスト』が、同年1月6日に、日本の皇太子御婚約をスクープした。

このスクープを流したのは、ワシントンポストの日本人記者・東郷茂彦氏である。東郷茂彦の祖父・東郷茂徳は、太平洋戦争開戦時及び終戦時外務大臣、父・東郷文彦は戦後、外務省事務次官と駐米大使を務めている。茂彦の双子の弟・東郷和彦も、元駐オランダ大使・外務省欧亜局長などを務める外交官だった。

雅子さまと皇太子殿下と婚約の報道は、当時の外務省を中心とした関係者が熱烈にその縁組を望み、全力でサポートし、見切り発車的にスクープを飛ばしたものなのである。

ワシントンポストのスクープを受けて、同日夕、日本の報道機関もなし崩し的に、皇太子妃内定の速報を一斉に流した。

1月6日に皇太子妃内定の速報が出ても、当事者であるはずの宮内庁は数日間、完全に沈黙していた。宮内庁はおそらく、婚約スクープに関して完全に蚊帳の外に置かれていて、この騒動をどう収拾させるか苦悶していたと思われる…。

f:id:inbouron-toshidensetsu:20180421031302p:plain

外務省とマスコミが作り上げたお妃候補 小和田雅子さん

時代がまだ昭和だった頃、1960年生まれの浩宮徳仁親王殿下の結婚は、いつも注目の話題だった。そんな中、1980年後半頃から、外交官の娘、ハーバード大学卒の才媛、小和田雅子さんの名前がまるで何かのキャンペーンのように、たびたびマスコミで喧伝されていた。東京大学在学中に外交官試験に合格したというニュースは、NHKや新聞でもとても大きく取り上げられた。

当時は海外留学、帰国子女、バイリンガル、キャリアウーマンなどとという言葉が大ブームで、雅子さんはそのすべてを持ち合わせている女性として、マスコミに盛んに取り立てられていたのである。

皇太子殿下と雅子さまは、1986年10月のスペイン・エレナ王女のレセプションで、初めて運命的な出会いをしたと言われている。しかし本当はそのずっと以前より、お二人はかなり親密な知り合いだったのではないかと、まことしやかに言われている。

1984年、浩宮徳仁殿下と小和田雅子さんは、欧州・ドイツ国境に近いフランス・アルザス領コルマールという都市を、お忍びで旅行に行ったという話がある。お二人がその時、意気投合したのか、それともそのまま交際は自然消滅したのかは分からない。

しかし、運命の出会いとされる1986年10月のスペイン・エレナ王女のレセプション開催直前には、徳仁親王殿下本人の記事が掲載された写真週刊誌「FOCUS」10/17号に、まるで狙い定めたように、『父娘2代の外交官誕生!』と、雅子さんのグラビアがデカデカとねじ込んであったことを見ると、小和田家とその周辺の人々が引き続き必死になって、雅子さんを殿下に売り込んでいたことが分かる。

エレナ王女のレセプション当日には、出席者名簿に手書きで、小和田雅子さんの名前が急遽書き加えられた。      

小和田家、外務省、マスコミ、+αの人たちにとって、宮内庁が選ぶ良家出身のお妃候補には決して加えられない小和田雅子さんという女性が、とても重要な人物だったのは間違いないのだ。

昭和天皇は反対対されていた

当時まだご存命だった昭和天皇は、徳仁親王殿下と小和田雅子さんとの縁組は反対されていたと伝えられている。また当時の宮内庁が、小和田家の家系や雅子さんの異性関係を調査し、雅子さんとの縁組は断念するよう浩宮徳仁親王を説得したと言われている。

しかし、昭和天皇は1989年1月にご崩御。時代は昭和から平成に変わり、皇太子となった徳仁親王殿下の周辺がようやく落ち着いて来た頃に、小和田家とその周りの人々は、まだ独身だった皇太子殿下に、また猛烈なアタックを仕掛けてくるのである。

時にはご両親である天皇皇后両陛下や、宮内庁職員の目を欺いてまで、雅子さんとの密会の機会を作ったりしていたようである。

一度は破談になった雅子さん本人は、一時他の男性との結婚を考えていたとも言われているが、父親の小和田恒氏が、娘を皇太子妃にするという野望を、決してあきらめることはなかった。そして雅子さんも、結局は父親がひいたレール以外は歩いたことのないひとである。結婚も、親の言う通りの道を進んだのであった。

f:id:inbouron-toshidensetsu:20180421031305p:plain

雅子さまの背景にあるもの

1月6日のスクープから約2週間後の1月19日、皇室会議が開かれ、雅子さまは皇太子殿下の婚約者として内定した。この時、全会一致ではなく、昭和天皇の弟、三笠宮崇仁親王殿下は婚約反対の意思を出されたとされている。

そして6月9日、お二人は晴れて夫婦となられた。皇族の結婚式が行われる賢所での、十二単に身を包んだ雅子さまは、非常に険しい表情をされていたが、白のローブデコルテに着替えられると、明らかに幸せいっぱい、喜色満面の笑みを浮かべられていた。皇太子殿下の方が、これからの苦難の日々を何となく予感されてのことなのか、どこか神妙なお顔をされる場面が多かった。

1993年の世紀のロイヤルウエディングがあった当時は宮沢内閣、河野洋平氏が内閣官房長官、そして、外務省次官が皇太子妃の父となった小和田恒氏だった。

ロイヤルウエディングより2か月後の同年8月、その後、長期にわたって日本を苦悩させ、日韓関係を狂わせるあの「河野談話」が発表されるのである。

当時、新聞社は既に斜陽産業だったが、朝日新聞などの左派メディアの勢いはまだまだすさまじかった。マスコミの号令で時の政権を操作することは十分可能な時代であった。

いまから25年前、様々な人々の思惑を背負って皇室に嫁がれた雅子さま。来年の新天皇御即位を控え、今年の6月9日には皇太子殿下と銀婚式を迎えられる。


https://inbouron-toshidensetsu.hatenablog.com/entry/2018/04/23/080000

41. 中川隆[-11921] koaQ7Jey 2019年2月22日 23:59:34 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[53] 報告


2017.12.02
雅子様C@学歴 日本語も英語も話せない釣書詐欺
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

「日本で一番優秀な女性」という触れ込みで皇太子の妻になった小和田雅子さんですが、実際はどうだったんでしょうか。

学歴がすべてを決めるわけではありませんが、実は高学歴とは程遠い方。学歴ロンタリングのの見本のような方です。

学歴が高低がもんだいなのではなく、嘘をつくとろに問題があると思います。ざっと見てみましょう

語学力 日本語が不自由

帰国子女やバイリンガルの場合、日本語がおかしいことは、よくあることですが、高校2年まで日本で育った雅子さまは、帰国子女とは言いません。にもかわらず、「天照大神」を、てんてるだいじん、とよむ知能のレベルでした

音読すると、変さが、いっそう解ります。支離滅裂です。

クワガタ、けれども、クワガタ、けれども、クワガタ、クワガタ、、、

言語は思考の土台だと思うのですが、言語能力が低いということは、知能が高くないということではないのかしら。


テレビ朝日 スーパーモーニング

工藤雪枝氏(雅子様の友人)の発言、小和田優美子さんの代弁として
「英語でのカウンセリングを希望」
「日本語では敬語や皇室用語が負担」

しかしながら、雅子さん、その英語が話せないようです。

Sponsored Link


語学力 英語が不自由

雅子様の英語のスピーチって、おおまっぴらに公表されてないけど、人前で話せるレベルではないんでしょうね。

本当に堪能なら、「英語が堪能な優秀な雅子様」として、スピーチの動画をマスコミを通じて拡散に励むはず。実際は、日常会話の、英検1級がやっとのレベルらしいですね。一般人なら問題ないけど、外務省勤務で将来の女性大使候補。名門ハーバート大卒、英国名門大学留学、という経歴には無理がある実力です。

ご成婚後、海外の音楽家に「サインして」とねだったらしいですね。それだけでも、ちょっと問題があるとおもうのですが、雅子はsignしてくれと頼んだそうです。

日本では署名も、色紙のサインも同じくサインといいますが、

英語では、Autographs。

signとは、書類に署名するサインのこと。それぞれ違うものです。

音楽家は「sign??はあ??」ってなったらしい。雅子さんの英語力は、その程度のレベル。

2015年のトンガ王の即位式に参列した折、雅子に通訳が付いていたところをみると、本当に話せないらしいらしいですね。

※以下、ドス子wiki様よりお借りしてます。

http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

マサグリッシュとは、

雅子夫人が口にするトンデモ英語のこと。2008年10月9日、とある奥様により『English Journal』2008年11月号掲載のHayley Westenraさんインタビューで、2005年6月4日サントリーホールにてコンサート鑑賞した東宮夫妻が

“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

と超上流階級にあるまじき品のない表現でサインを求めたことが発見され、ヘイリーサインおねだり祭り・ウォンチュー祭りとなった。

『English Journal』2008年11月号

Hayley Westenraさんがインタビュー中で証言した雅子の台詞“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

Part1342-802 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:20:51 ID:mG+LOOXnO
そんなにたいした記事ではありませんが
English Journal 2008,11号でちょっとだけ盆丼について書いてあったのでレポします。
Haylay Westenra へのロングインタビューの中に、
「A Royal Stir」という記事があり
2005年6月4日にのコンサートに盆丼が来て、その後歓談したと書いてあります。
・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった。
・二人とも「lovely」だった。(かわいい?)
・警備がすごかった
・ヘンリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

と言われて、ちょっと時間が長引いてしまったら、ドアの向こうの警備がパニックになってしまった。
という話でした。

804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:23:18 ID:mG+LOOXnO
続き、、、
上の英語を話したのは丼かな〜と思います。
英語は勉強中なので詳しくはわかりませんが、上品な英語ではありませんよね。
ヘンリーはフジテレビドラマの白い巨塔の主題歌を歌っていたので
ミーハーな気持ちで見に行ったのかと思いましたが、
なんとユニセフ史上の最年少の大使でした。
あと、ニュージーランド出身だそうです。

804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:37:21 ID:mG+LOOXnO
EJは48ページです。

『English Journal』2008年11月号(ヘイリーさんの大きな顔写真が表紙)
http://www.yuko2ch.net/mako/mako/src/1225897331546.jpg

Hayley Westenraロングインタビューpp.48-49より

A Royal Stir(やんごとなき珍事)

2005年6月4日のコンサートを皇太子夫妻が鑑賞して、その後歓談したことについて:
・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった(いつものことながら迷惑)
・二人とも「lovely」だった(とりあえず褒めておく時の無難で典型的な言葉)
・警備がすごかった
・ヘイリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

But on the second knock, I was like“Oh”, you know, “Thank you very much. Um, I’d better, better be going. I’d better let you go.”
And they’re like,“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”
And so, I thought, “OK, well, I’ll, I’ll hang around then, and, um, better sign,”you know,
“Better do as they say.”And, um, not knowing that I was, you know, creating quite a stir outside.

アルク編集部がサインねだりにつけた対訳「いえいえ、ちょっと待って、何かにサインをしてちょうだい!」

マスコミ記事にて外務省で美しく正確な英語を話す、と散々宣伝されていた小和田雅子だが、
人にものを頼むときに「May I…」や「Would you…」を使うという初歩の初歩ができない
「sign」は書類に署名する場合に使い、有名人の所謂サインなら「autograph」を使うという、超初級英単語を知らなかった

…という、帰国子女(小中学校義務教育時期のほとんどを日本で過ごしている小和田雅子は厳密にはこの定義に当てはまらないが)ではありえない英語のレベルの低さが判明することになった。

転載以上

雅子「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

・signサイン 書類にする署名

・autograph 署名、(有名人の)サイン

ハーバート大卒業したはずの雅子さんは、この違いが判らなかったということ。

語学力 ロシア語・フランス語は問題外

釣書にあったはずの、ロシア語、フランス語は、全くダメ。

ドイツ語が堪能野のは、紀子様のほう。ドイツ語圏の人が、紀子妃はドイツ語を流ちょうに話すと書かれていたのだから、間違いなさそう。

雅子の場合、子供の障害や同和の出自や婚前の堕胎経験など自分の恥は紀子様にスライドして流布させ、紀子様のお手柄は自分のものにしているみたいですね。何語なら、まっとうに話せるのかしら。朝鮮語??

雅子様の「華麗な」学歴も経歴も全部無試験、親のコネ

・学習院初等部をうけるも落ちた。双葉には、なんども落ちた。

・双子の妹がうかったとき、お情けで入学を許された。

・高校2年生のとき、親とともに渡米。

この渡米も退学も意味が不明だとか。

大学受験もあるのに、中途半端な時期に日本の高校を退学して、わざわざレベルの低い米国の公立高校へ編入というのも不思議な話です。

アメリカの公立高校はレベルが低く、ちょっと勉強したらAが取れるそうですが、それでも雅子の成績は悪かったそうです。勉強ができない子のクラスに移動させようとすると、父親が乗り込んできて文句をいったそうで、、、どっかで聞いた話ですね。

紀子様はご成婚前になんども堕胎した。怒った川嶋教授が御所に乗り込み、「なんども堕胎さえやがって」「うちの娘を殺すきか」と天皇に詰めよった、という創価学会が流している流説に似てます。

アメリカの学校への転校の理由としては、雅子が学業がついていけない、あるいは、堕胎する必要ができるなどの不祥事をおこした、、、、など、理由があったとみなしたほうがよさそうです。

双子の妹は日本に残してますので、雅子だけ連れてというのもおかしな話です。雅子は、英語ができない子のクラスから上がれないままのレベルのままでした。

ハーバート大卒

実際に入学したのはラドグリフ女子大。14年後にハーバートに吸収されたので、小和田家は「ハーバート大卒」といいはっているだけ。

しかも、ハーバート大付属の女子大に父のコネで入学。試験なし。

卒論は、父のコネの大物のインタビューをまとめたもの。雅子さんが書いたかどうか不明。おそらくは代筆では??それでも優を取れなかった雅子さん。

東大

面接のみでの編入。ひとつも単位をとれず、ろくに授業も受けず、父のコネで職員の子弟枠をつかって外務省に入省。

外務省入省

父のコネで、子弟枠(今は廃止)をつかっての面接のみので入省。

省内では、仕事ができない人で有名だった。遅刻の常習犯。けじめがなく、小和田外務次官を「お父様」とよび、通勤手当をもらいながら車で通勤。通訳に呼ぶと、通訳が出来なくて泣く。できる仕事はコピーだけ。ついたあだ名がコピー番長。

当時、不倫をしていたのは省内でも有名な話らしい。すくなくとも、2人の不倫相手がいたらしい。

ひとりは、奥参事官。赴任先のイラクで「流れ弾にあったって」亡くなった方。しかし状況的に流れ弾がとんでくるなど、状況的に見てありえないという。

レベルの低いアメリカの公立高校の成績も、学力が低いクラスから抜け出せなかった雅子さん。

2015年のトンガ王国の戴冠式に参列した時は、通訳が付いてましたので、ハーバート大學どころか、付属の女子大も実力ではは無理でしょう。

オックスフォード大

外務省から国費留学させてもらうも、一人だけ学士がとれず帰国。

毎週洗濯物を抱えて、親がいるフランスへ渡ってたそうな。

この間、福田元首相の甥と恋愛関係にあり婚約まで発展。ほかにも付き合っていた彼氏がいたうえに、浩宮徳仁親王とはコルマールのホテルに同宿したことが確認されてます。「運命の出会い」とされているスペイン王女のパーティーでの出会いよりも数年前の話です。

もともと、「留学」の意味が解ってなかったのかもしれません。

続きます。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

42. 中川隆[-11915] koaQ7Jey 2019年2月23日 00:10:04 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[59] 報告


2017.12.02
雅子様➄@皇太子妃雅子様と後藤組と創価学会の素敵な関係
http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4805

続きです。

親王妃の学歴が低くても、ご本人の気質が真面目で素晴らしければいいのではないのか、と思われる方も多いかもしれませんが、祭祀王の家系たる皇室に嫁ぐ方は、皇室とその信仰に適応していただかなくてはならないと思います。それができないなら、最初から皇室に嫁がなければよく、嫁いだ後も適応できないのなら、離婚されて同じ信仰のかたと再婚されればいいだけの話。


今更ですが、小和田雅子は創価学会員です。

創価の三色旗が振られるパレード。君が代が排除された異様な皇太子の成婚式でした。

Sponsored Link

今更ですが、小和田雅子は池田大作の落胤と言われています。

ほかにも池田大作の落胤と言われている人もいます。あくまで噂ですが。

Will 2016年10月号
内外に蠢く皇室を潰したい勢力(河添恵子氏)

p232〜
国連大学本部ビル前で聞いた話
皇室典範に触れた質問が、初めて飛び出してから13年を経た今年3月、国連の女子差別撤廃委員会が日本に関してまとめた最終見解案に、「皇室典範の改正を求める勧告が盛り込まれた」と報じられたのは記憶に新しい。
日本側が抗議して削除を要請したことで、皇室典範に関する記述は消えたが、日本側に提示された最終見解案は、「委員会は既存の差別的な規定に関するこれまでの勧告に、対応がされていないことを遺憾に思う」と前置きし、「特に懸念を有している」として、「皇室典範に男系男子の皇族のみに皇位継承権が継承されるとの規定を有している」と挙げた。その上で、母方の系統に天皇を持つ女系の女子にも「皇位継承が可能となるよう皇室典範を改正すべきだ」と勧告した。

国連と関連づけたくなる、もう一つ別の理由もある。私の脳裏にこびりついて離れない話があるためだ。(中略)
創価学会の幹部A氏が、青山通りに面した国連大学本部ビルの前で上を指さしながら、私にこう語った。
「この最上階に雅子さまの執務室がある。裏側に専用エレベーターがあって、誰にも会うことなく部屋まで行かれる。雅子さまは毎日のように、こちらに通われている」
唐突なこの話に、私はおそらくこんな反応をした。
「え? 適応障害でご公務はお休みなのに・・・。毎日こちらで何をされているのでしょう? 確かに雅子さまは、国連大使までされたお父様をとても信頼されているようだけど」
(中略)
ただ、次の言葉にある種のショックを受けた。
「雅子さまの執務室を誰が用意したのか知っている? 池田大作先生だよ」
何か聞いてはいけないことを聞いてしまった、そんな気持ちが私の心を強く支配した。
以来、国連大学本部ビル周辺を通るたびに、この話を思い出すのだが、A氏が嘘を言う理由も考えられない上で、事実をこの目で確かめる術もなく、何より不用意に他言すべきではないと胸に収めていた。ただ、小和田家、東宮が国連や創価学会に近いことは、客観的な報道等からも徐々に知るようになっていく。
2008年6月、ブラジル連邦共和国のバラナ州で行われた日本人移住百周年を慶祝する記念式典に、皇太子さま、副大統領、州知事などの他、「式典委員会からの招聘を受けた池田SGI(創価学会インターナショナル)会長の名代として池田博正SGI副会長が出席したことが「聖教新聞」(同年7月1日号)に報じられている。
また、昨年3月には天皇、皇后両陛下が、国連防災世界会議で来日中の潘 基文(パンギムン)事務総長夫妻と仙台市内で会われたが、皇太子ご夫妻も総長夫妻と東宮御所で面談された。2007年から国連水と衛生に関する諮問委員会(UNSGAB)の名誉総裁となった皇太子さまは、昨年11月にニューヨーク国連大学本部に招かれ、基調講演を行っている。

※創価学会の新聞・聖教新聞。ブラジル訪問時、創価学会の大会に参加した皇太子徳仁。池田大作の息子が同列にならんでいるのがわかります。


異教徒どうしの結婚は認めないはず。皇太子徳仁は、創価学会に改宗している疑惑がありますね。

今更ですが、雅子は鳥居がくぐれない人。当然、祭祀は不可能。

天皇家は神道の祭祀王の家系ですが、天皇家に嫁いでおきながら、鳥居がくぐれません。

神武天皇陵参拝時の雅子。嫌悪感まるだし。

白人王族を前にした雅子

幸せいっぱい、歓喜にみちた雅子様のお顔

「、、、、、、、、、、、、、」

今更ですが、小和田雅子は北朝鮮系です。

三代前から家系が遡れません。北朝鮮の不法移民が新潟の朝鮮部落に住み着き、日本人に背乗りしたと思われます。

当時、朝鮮は日本領でしたから普通に行き来が出来ましたし、半島民にも戸籍が与えられていました。学校にも通えましたし、選挙権もありました。にもかかわらず、わざわざ、新潟までながれてきて日本人に背乗りするには、小和田家の先祖には、それなりの事情があったのではないのでしょうか。

※詳細はこちら

もちろん、雅子が朝鮮系であることは、南朝鮮人も知っています。愛子が生まれたときは大喜びで,ハワイの記念館に銅像を作りました。

今更ですが、小和田雅子とその夫は北朝鮮の将軍様の配下の工作員ではないのか

忠節と奉公の報酬に、朝鮮の犬珍島犬を下賜されました。

2に匹の犬は、大切に御所で飼われていました。

創価学会・池田大作会長は、朝鮮系であるといううわさが絶えない。

某掲示板のレス

1.朝鮮(東京都大田区大森北)出身
2.子供時代に父から朝鮮語を習った
3.父と母の氏名が不明確と言われている
4.成長とともに在日朝鮮人と多くであった
5.ところどころで朝鮮語風の発音をする。例えば、大臣をデージンと言う。
6.朝鮮人を擁護する発言が多い

以上

学会の上層部は、東大卒の在日もしくは朝鮮系が占めており、学会員を支配しているという。

こうした支配層の学会員は、出世にはばかるので、学会の名簿に名前が載らないそうです。小和田恒もその一人でしょう。


今更ですが、今は解散した後藤組は、創価学会の暴力装置でした。

世界的な映画監督を自殺に見せかけて殺害を実行したのは、この後藤組ではないかといわれています。

さらには、後藤組組長は、池田大作から、亀井静香元議員の殺害も依頼されたとか。

#114 2017/02/11 15:24

おまけ(笑)

877 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/11(土) 13:59:28.34 id:jSCd/Ep1
創価学会本部 発砲事件

暴力団「後藤組」と決裂した創価学会は、
後藤組を解散させるため公明党を利用して警視庁・県警に圧力を掛けたという。
その後、管轄内に「暴力団対策本部」が設置された。
組の事務所は捜索され、組員はマナー違反など微罪ともいえない理由で逮捕され不当な扱いを受けたとしている。
教団に裏切られたと判断した組員は、創価学会本部で発砲事件を起こし、
池田会長が入院している病院の先々でも組員が発砲事件を起こしたという。

組長は「池田は相当ビビっただろうな」と自身の著書で振り返った。
創価学会との抗争については、後藤組組長の著書「憚りながら」をお読みください。

今更ですが、雅子は後藤組と何らかのつながりがあった可能性があります

※皇室掲示板より

無題 Name 名無し 17/04/13(木)20:53 id:tjAzK1fQ No.1966533
ここから髪の毛をどんどん伸ばし始めたんだよね。

何があったのだろう。

オウムみたいで気味が悪かった。

… 無題 Name 名無し 17/04/14(金)10:22 id:B2HIUCzg No.1966955
そりゃああのアヘ顔写真が出たからでしょ。

無題 Name 名無し 15/05/17(日)20:01 id:xpeiLuZU No.1335226

>誰が流失させたの?

隠し撮りされたのだから、流出元は分からないかも?
雅子のお相手が自ら流出させるとも思えないし…。
国連大学に隠しカメラを仕掛けたヤツが犯人では?

無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:28 ID:r.Oh9U8E No.1335346
こんな写真を入手できるのは普通の人間じゃないでしょうね。
解散させられた後藤組関係者じゃないの?
マイバッハ、国連大学、六本木夜遊び、一連の流れは悠仁親王誕生後から。
親王誕生で雅子ブチギレはある程度容認されたが、おかしな交際が度を越したんで後藤組解散まで行ったんじゃないの?

後藤忠政は雅子さんが出入りしていた六本木ヒルズに住んでたんだよね。
雅子さんが六本木ヒルズの会員制クラブに出没していたのは当時の御一行に書かれていた。

>529 :名無しさん@13周年:2013/04/07(日) 20:45:32.86 id:f1vvl+lj0
>雅子マイバッハに乗車  ←マイバッハ後藤組所有
>雅子六本木ヒルズ入り浸り←六本木ヒルズ地上げ+後藤組最上階居住
>東宮夫妻+小和田家煎餅疑惑 ←後藤組煎餅と癒着

… 無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:42 ID:r.Oh9U8E No.1335410
>後藤組は山口組内の「武闘派」という半面、「経済ヤクザ」としても知られ、大きな資金力を背景に山口組内での発言力も大きかった。

これが突如解散。
よほどのことがあったとしか思えない。
皇室絡みなら納得。

… 無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:47 ID:r.Oh9U8E No.1335437
2007年の週刊現代

>・六本木ヒルズ最上階の会員制クラブでも知人と一緒のところを目撃されている
「外出が「治療目的」と言われればそうかもしれないが、伝統的な皇室の姿とは乖離している。治療方針を国民にわかりやすく説明すべき」(皇室ジャーナリスト)

後藤組解散 2008年秋

… 無題 Name 名無し 15/05/17(日)21:47 ID:0UHg8zgc No.1335441
やっぱ相手は組長なんすか?
そんな疑念を持たれる皇太子妃とかないわ

(以上)


後藤組と雅子さまの疑惑

・後藤組という暴力団があったそうな。

・創価学会の暴力装置だったそうな。

・ある時期、創価学会・池田会長の落胤「皇太子妃」雅子はしきりに後藤組に関連する場所に出没していたそうな。

・さらには、後藤組の所有と思われるマイバッハに乗っていたそうな。

・後藤組の組長が創価の「なんらかの」弱みを握り、学会を恐喝したそうな。

・失敗したそうな。

・組長はカンボジアに逃亡し、組は解散したそうな。

・組長は、カンボジアで伯爵になったそうな。

2005年 愛知万博

2006年08月 皇太子一家オランダ静養

2006年10月

東宮夫妻、第58回正倉院展鑑賞(奈良国立博物館)、京都御所視察 (宮内庁HP)

髪の長さから見て、これが雅子だとしたら、2005年あたりでしょうか。

2008年10月、後藤組解散

後藤組組長。6代目山口組の除籍処分を受け入れて引退

雅子の男たち

雅子の元カレたちは、顔長い、眼鏡、大鼻、長身、戸籍上の父・小和田恒に似ている男ばかり。

後藤組長は、雅子の好みかな??

カンボジアで伯爵になった後藤元組長。低身長ではなさそう。眼鏡かけてますね。

雅子は、主治医の大野医師とも関係があったといわれてますね。

組長も一緒に並べてみましょ。

眼鏡かけているし、顔が長いし鼻も大きいし、違和感なし。どうしよう。

掲示板のコメントにもありましたが、これが国連大学の池田大作が用意した部屋で、相手が現役の暴力団組長だったら笑いますね。

そういえば、雅子の母方の祖父は、写真家のユージン・スミスや水俣の被害者さまたちをヤクザを使って暴行させた鬼畜でした。つまりは江頭は経営者に化けたヤクザだったということです。雅子と後藤はヤクザ同士なので、同種なので引き合ったのかも。

雅子様はご病気ではなく、ただ畜生化しているだけのはなし

人間を人間たらしめているもの、知性、理性、思いやり、向上心、努力、道徳、、、これらを放棄しながら、ただ欲望のままに生きてた雅子。

病んでいるという言葉は使いたくないわ。本当に病を得ている方に失礼だもの。

雅子は、人間を人間たらしめているものを放棄しながら生きた末に、動物化しただけ。それだけの話だと思う。

週刊文春2015年12月31・2016年1月7日号

近年、雅子さまの母・優美子さんはある皇室ジャーナリストにこう語ったという。
「親馬鹿だと思われるかもしれませんが、私は妃殿下が心配なのです。妃殿下はありのままの人なのだから、演技はできない。何かあると『小和田家か悪い』と言われるけれど……。
日本も皇室も変らなければ」

以上

大切なのは雅子ではなく皇室なのですが、、、

公私のケジメのなさ、泥棒癖、水俣病問題にみられる残忍性、、江頭家も、日本人ばなれしたところがめだちますね。母親の小和田優美子(旧姓江頭)の実家の江頭家に関しては、雅子の本家筋の芸人が「部落なんだ」とカミングアウトしているそうです。

が、日本の部落にルーツがあっても、やはり日本人は日本人としてのケジメやモラルを吸収しながら成長すると思います。

半島にも昔からの階級があり、個人もそれぞれ個性があり、善悪賢愚、いろんな方がいますので一概にいえませんが、もしかしたら、小和田家だけではなく、江頭家も「半島の最下層・犯罪層」からきた背乗り家系かもしれないと疑う余地があります。

皇太子のツマ、親王妃という究極の公人には、公私のケジメがなく、というかそれ以前に、「公」という観念がかけている人は相応しくないでしょう。

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4805

43. 中川隆[-11909] koaQ7Jey 2019年2月23日 10:41:42 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[65] 報告

正田家と美智子さんの うさん臭さを国会で追及した平井議員の消息が不明って…怖いですね。


元正田美智子さん、成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 2016-03-10
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12137728773.html

元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解 


031回国会 内閣委員会 第5号
昭和三十四年二月六日(金曜日)
    午前十時十九分開議

敗戦後まだ14年しか経過していない時点での国会です。GHQの残存影響力がまだ甚大であったころ。この点に留意。サンフランシスコ講和条約 発効とともに連合国軍最高司令官総司令部は活動を形の上で表面上停止したのは昭和27年4月。

要点

 

昭和34年内閣委員会議事録より)

【国会も何ら御結婚について知らされておりません。】

皇室会議が開かれたのは(昭和34年)十一月二十七日でございますが、その前

★十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって【館林=正田本家、正田醤油】に通知しております。

皇太子妃決定は公式発表の十日前、つまり十一月十七日のニューズウイークが最初に配信した。

BB:日本の皇室の成婚がまずアメリカで発表された面妖さ、背後のGHQ.

皇太子妃決定に関して小泉信三・田島前長官などが先頭に立ち、総理大臣はその報告を受けるだけで、なんら疑問をさしはさむ余地がなかった。

それでも「信仰」の問題は気になった。(岸信介元総理大臣)

BB;気にして当然、として気にしたのは正解だったのです。しかし、内閣置き去りに宮内庁が(その実GHQ勢力が)一方的に整えた成婚でした。

国民も国会も何も知らされておらず、しかも皇室会議が一度だけ開かれたのみ。

結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろい ろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのであります。

BB;GHQ決定だから誰も逆らえません。

要するに、「正田美智子さん」という人について、実は国民も総理大臣も、どんな出自の人でどんな考えを持ち、どんな性格なのかという事を全く知ら されていなかったんですよ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで 

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html

○内海委員長 これより会議を開きます。

○平井委員 日本の天皇制が始まりまして、天皇または王様――あるいは外国の王様のごときは戦争をして、勝って王様になるというのが通例でございますが、日本の天皇制の場合、やまと民族の中心として天皇がおわしますというような観念であったのでありますが、長官は皇統連綿と続いて、たとい徳があろうとなかろうと天皇は皇統連綿として続いているのだ、あるいは非常に人格が高くてやまと民族の中心としてふさわしいお方が日本の中心になられておった、このいずれをおとりになりますか、お聞きしたい。

○宇佐美説明員 わが国の天皇制は世襲の制度でございまして、しかもその天皇の位につかれる方がやはり国民の崇敬の中になるようなりっぱな方であってほしいというのが国民の念願であろうと思います。

○平井委員 また北畠親房卿は「君は尊くましませど、民を苦しむれば天これを許さず」、こううたっております。 略

BB;昔からふさわしからぬ者は、天皇の地位には就けなかった。今が
異常なのです。これも、うがてば暗愚の皇太子でも、長男なら即位できる仕組みは、GHQの皇室典範関与が疑われます。

○宇佐美説明員 略 いろいろ一口に天皇制の民主化ということがいわれるのでございますが、そういう意味における民主化ということでございまして、やはり一般市民と全部同じになるという形式的な問題ではないと思います。

○平井委員 昔は先帝陛下がおなくなりになりますれば、皇位をお継ぎになる皇太子は、少くとも一年ないし三年の高座の行事をやられて、これならば民族の中心になり得るという確信がなかったならば、即位をしなかった ということを読んでおりますが、その昔の日本の天皇制に比べて、敗戦とはいえ、今日天皇制を維持するとするならば大きな差があると思いますが、この点長官はどう考えられますか。略

○宇佐美説明員 昔のいわゆる皇太子のお地位というものは、立太子の儀式によってその方に皇太子というものがきまったのでございます。必ずしも現在のような長子相続という形ばかりではなかったのでございます。その意味におきまして立太子ということは非常に重要な意味があったわけでございます。現在におきましては、法制上当然長子相続ということが定められておるわけでございまして、

○平井委員 略 象徴といえば、少くとも全国民の崇拝されるべき皇太子でなければならぬ。しかも立太子の式を終了された。しからば宮内庁長官として、あるいはおそばについておる人としては、民族の象徴にふさわしい教育、ふさわしい姿にさせることが職責ではなかろうか。そうならなければ、民族のより場もない。将来の日本を考えたときに、一体どうなるか、これは人ごとでない、日本民族の問題でありますから、

BB:「日本民族の問題」とまで、皇太子(今上)の資質に不安と疑念がもたれています。その疑念もゆえないことではなかった、と現在の言動を拝すれば、思わざるを得ませんね。

特に宮内庁長官はこの点をほんとうに真剣に考えなければ、これが一角がくずれていった場合には、宮内庁はもちろん要りません。宮城開放の問題も近く起ることは当然の話でありますが、現在のあり方が新憲法にふさわしい、あるいは日本民族が非常に尊崇して、喜んで天皇制を護持されると思われておるかどうか、この点を長官にお尋ねいたします。

○宇佐美説明員 略 今のような新しい憲法のもとにおける皇室におきましては、皇室の方々の御行動というものが非常に大事であると考えております。そういうような意味におきまして、皇太子殿下の御教育と申しますか、御研さんを願うことは、われわれとしても非常に強いわけであります。人を作るということは容易なわざではございませんけれども、われわれといたしましては、大きな一つの職責と考えておる次第であります。

BB;職責失敗して現在に至る。

○平井委員  略 しかし民族の象徴という観点から見まして、もしも天皇陛下が皇后陛下と銀座を毎晩散歩しておる、あるいは自分のしたいことをするということになっても、民族が尊敬をし崇拝をすると思われておるかどうか。

もしも伝え聞くように、皇太子殿下が軽井沢のテニス・コードで見そめて、自分がいいというようなことを言うたならば、ここにおられる代議士さんの子供と変りない。私の子供と変りない。これが果して民族の象徴と言い得るかどうか私は知りませんが、あなたから進言をされたものか、皇太子殿下が自分で見そめられたものか、この点をお尋ねしたい。

BB:テニスコートで見そめたはある意味事実です。ただし出会いは偶然ではなく、GHQ勢力延長クリスチャンたちによって仕組まれました。ある作意による仕掛けがあったこと、雅子妃の場合と同じです。


○平井委員 長官の説明を了としますが、われわれ、世上というか、宮内庁係の新聞記者連中ともよく知っておりますし、いろいろ聞くところによれば、小泉さんと田島さんが非常な推薦者であった、あとはむしろそう賛成をなさらなかった、これはどうだか知りません。世上の話でございます。そこで小泉さんあたりの教育の仕方がいいと言う人もあるし、悪いと言う人もある。私、小泉さん、田島さんがどういう意味で強硬に推薦されたか知りません。推薦する方にもまた考えはあると思いますが、非常な推薦をして、ついに宇佐見長官も同意をしたというふうに聞いておりますし、また東宮御所において、皇太子殿下が学友を集めてわあわあ言うた結果とうとうきまったのだというようなことが、御婚約の後にぼつぼつ週刊朝日などに載るようになりましたときの責任や重大なるものがあると思いますが、この点長官いかがお考えになりますか。

○宇佐美説明員 今度の御選考につきまして、皇太子殿下の御教育に顧問として参画しておられる小泉博士あるいは前長官であります田島氏や、その他の方々といろいろ御相談したことは事実でございます。略


○平井委員 略 将来日本の天皇制が傾いた場合に大へんな問題になるので、私は国民代表として言うておかぬと困ると思うのですが、まず参考に申し上げておきますが、私が先般いなかに帰りましたとき、非常な天皇崇拝者のおばあさんがこういうことを言った。先生、日本も天皇制はしまい(注 終わり)ましたね、だから金持ちのお嬢さんをもらったのだろう、そういうふうに心から言うのであります。そういう年寄りが全国津々浦々に非常に多い ということも長官は知らなければならぬ。いずれ天皇陛下になられるのでありますから、民族の象徴として、今日の皇太子がそれにふさわしいお方にならぬときは、日本はしまえるのですよ。

今日われわれ中共だとかソ連だとか言っておるけれども、内輪でしまえる(終わる)のですからこれは冗談じゃない。

BB:その「冗談じゃない」ことが起こりつつあるのが今です。内に巣食う白蟻が天皇と皇后であったという、GHQ製作のホラー大作「戦後皇室物語」です。

小泉さんあたり少しどうかしておられますまいか。よほど慎重に考えてくれなければ困る。もう皇室の尊厳というものは、小学校の本にもないし、だんだんなくなってくる。

略 九千万の象徴となられる方だから心配をしておるのであります。その点義宮の結婚と非常な違いがあるということも考えなければならぬ。

そういう場合には退位をされるといえば別でございますけれども、英国とは日本の皇室はかなり違った立場に置かれておるのでございます。英国ならば恋は自由でありますから、恋をなさい、そのかわり国民はあなたを養いませんよ、どうぞなさって下さいというようなことになると思いますけれども、

BB:「養いませんよ」という状態に、今なっています。


○平井委員 略 皇太子殿下の教育というものは、一般の学習院の生徒と別でなければならぬ。昔なら上御一人といわれたのです。一般の学習院の生徒並みに教えたのではこれは絶対に象徴になれない。われわれが欲しない点、またできない点、国民では及ばないという教育があると思います。

略 昔、北畠親房などはこれはもう け飛ばしおったという話です。たたきまくって教育をされたということも聞いておるが、あまりにも自由奔放な教育をされておるのじゃないか。そういうことからきて皇太子殿下の感覚が違ってくる。

BB:一議員の当時の卓見に、うなだれるのみ。

 ○高瀬委員  略 国会も何ら御結婚について知らされておりません。公式発表の十日前、つまり十一月十七日のニューズ・ウィークには事こまかに、全部私は翻訳して持っておりますが、「皇太子の恋」という表題で詳細に報道されております。結局知らないのは国民だけだ。 略

BB;GHQ作のラブストーリーが日本には「テニスコートの恋」というタイトルで、
逆輸入されたわけです。本当におかしな話。アメリカには関係のない、日本の
皇室の話なのに。誰よりもいち早くアメリカが知っていた、という事実。

略 皇室会議というものはただ一度しか開かれていない。結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろいろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのでありますが、こういうふうになりますと、皇室会議などというものは非常に形式的なものであって、国民や国体と重大な関係にある皇太子妃を決定するということは、あまりにも非民主主義的なやり方じゃないか。皇室会議というものは非常に形式的なものになって、たった一回、既成事実を承認するというだけになってしまったのでは、皇室会議のあり方としては非常に危険じゃないか、こういうふうに思うのであります。


特にたとえば皇室典範の第三条を見てみますと、世継ぎの方、皇嗣に重大な事故があるときは、皇室会議の議によって皇位継承の順序を変えることができる、

BB:皇太子がこれに該当します。それを国民の多くが知りつつあります。後は総理の決断だけ。

こういうふうに述べてあります。従ってこの皇室会議を開くのは、議長であるところの総理大臣ではありますけれども、形式的には宮内庁がイニシアチブをとることになりますから、これが非民主主義的に運営されるということになりますと、非常に重大な結果を及ぼすと思うのであります。

○菊池委員 略 私は、皇太子が平民の娘をそのきさきとして選ばれたことを非常に喜んでおります。平民であろうが新平民(注 部落民)であろうが、粉屋の娘であろうが何であろうが差しつかえないと私は考えておるのであります。

略 その婚約の過程においていろいろの謀略、策略が行われておるということが、最近の週刊雑誌やその他の刷りものにおいて世間に流布され、これによって国民が非常な疑惑を抱いて、国民の頭は割り切れないような感じになっておるのであります。


 まず第一にお伺いしたいのは、この婚約の前に、美智子嬢は二十五人の見合いをしておられた。そして最後に波多野という青年と婚約、これを破棄して皇太子の方に振りかえたというようなことが流布されております。週刊雑誌に出ておりますが、これは事実でありましょうかどうか。

宇佐美説明員 非常にりっぱな方で、従前にもいろいろ結婚のお申し込みがあったように伺いますけれども、お尋ねのようなことは全く聞いたこともございません。


BB:宮内庁はこう答えるしかないでしょうが・・・・見合い25回は知りませんが、美智子さんが婚活に熱心で15歳から、公職追放を免れた、ということはGHQ側の人間が主催する、エリート男性とのお見合いダンスパーティに常連として参加しています。

○菊池委員 片一方にそういう婚約がありながら、これを破棄して婚約をするということは、世俗、人情に反し、道義をじゅうりんし、将来の国民の象徴たるべき人を作り上げるにはふさわしいことではないと思うのでございます。そういう婚約者があるかどうか、その点をお伺いいたしたい。波多野という青年です。

宇佐美説明員 全くないものと考えます。

BB;「ない」と明言せず、出来ず? 「考えます」とは、つい出た本音?

○菊池委員 もう一つ重大なことは、この婚約を運ばれた方々、運動に当られた方々が全部カトリック教徒である。

BB:委員に、当時はありがちにキリスト教への認識が薄く、十把一からげに
カトリック呼ばわりしてしまったので、せっかく肉薄しながら逃げられています。
答える宇佐美さんもクリスチャンだった。


前の田島長官もカトリック教徒であり、それから宇佐美長官もカトリック教徒であり、小泉信三氏もカトリック教徒であり、それからしゅうとになられる正田英三郎氏もカトリック教徒である。それから最高裁判所長官の田中耕太郎氏もカトリック教徒である。カトリック教徒の一連のからくりによってこの婚約が運ばれたという説が流布されておるが、これはいかがであるか、承わりたい。

○宇佐美説明員 略 ただ出身せられた聖心学院というのはカトリック系の学校でありますが、御本人は洗礼を受けておられない。

BB:もはや、この嘘は成立しないでしょう。

あるいはカトリックが将来皇室に対して何らか影響を持たないかという心配をせられた方々が世上あるということは聞いたことがございます。しかし、もちろん美智子さんは洗礼を受けておられませんし、学校当局においても非常に慎重な態度をとっておられまして、この問題に対しては何ら御心配はないと考えるのでございます。従って、過去においてこの問題についてカトリック系の陰謀があったなどということは全然根拠がございません。

BB:「カトリックに陰謀があった」という説が当時にはあったということですね。
そして、それは事実でした。拙ブログ主が、キリスト教が手段として使われ、キリスト教信徒がGHQの手先として動いたのを掴んだのは、この情報を知る前です。

○菊池委員 もう一つ、この御結婚の話について、天皇皇后両陛下を初め皇族の方々がみな反対されたという説が流布されております。皇室会議が終りまして、その報告を宇佐美長官から天皇陛下に申し上げると、天皇陛下は怒られたお顔で、ふんまんやる方ないお顔で一言も発せられなかったというようなことも流布されておりますが、これはいかがでありますか。

○宇佐美説明員 今回の御結婚につきまして、御両親陛下であります両陛下その他皆様の御反対があって、進め得られるものではございません。

BB:進め得られます。背後にGHQがいれば。

ましてやただいま申されたようなデマは、取るに足らぬものと私は思います。

○宇佐美説明員  略 昔の規定によりますと、天皇は皇族を監督するというような規定もございました。今はございません。

BB:監督の義務を外してしまったのも、おそらくは憲法と同じく皇室典範を作らせた、GHQの意図でしょう。放置するほうが、バカ皇太子やバカ皇族が現れる確率が高くなるのですから。


反日韓国人、韓 昇洙(左)と、潘基文(右)に取り込まれた皇太子。

皇后陛下は、安倍総理の靖国神社を厳しく批判、捏造慰安婦を称して「性奴隷と言うべき」と言い捨てたヒラリー・クリントンと親密。

皇后も、強制の慰安婦がいたという捏造を信じこんでいらっしゃいます。

ヒラリー・クリントン曰く、

「韓国を見ろ。韓国人も経済開発をして民主主義を成し遂げる過程で多くの問題に直面した。これは一夜になるものではない」

米民主党の大統領候補であるヒラリー・クリントン前国務長官が27日、 4番目の選挙戦であるサウスカロライナ州のプライマリー(予備選挙)を控えて24日に開かれたタウンミーティングで、突然韓国について言及した。
「(中略)」

・・・・・・・・・・・・・・

親韓まで、反日クリントンと皇后陛下はシェア。

日本がなければ、韓国の急速発展はなかったものを。
皇后とクリントン。賢そうで、実はそうでもないのも共通項。

思われているほど偏差値は高くない聖心女子大(名門ですが)は、
敗戦後明らかにGHQの息がかかっています。(卒業生全員が、
カトリック左翼だという意味ではありません。GHQは日本/皇室弱体

化の手段としてキリスト教を用いました)

開校は1916年ですが、敗戦を機に1948年、新学制により聖心女子大学として発足。初代学長はエリザベス・ブリッドですが、この女性は、
皇太子(今上)洗脳係としてGHQが送り込んだ、バイニング夫人と
同じ船で来日。GHQの息がこの女性にもかかっていたと思っても、
ほぼ間違いはないでしょう。

元国連難民高等弁務官の緒方貞子は新制大学の第一期生。愛子天皇擁立論加担者で、女性宮家創設の知識人会議に皇后陛下の お声がけで参加。愛子天皇擁立論加担者。

緒方貞子は男女同権のフェミニズムでも皇后と同じ価値観。
日本は難民を受け入れるべきと主張しています。
日本にはすでに、政治難民・経済難民をルーツに持つ在日という名の、難民を60万人も受け入れさせられているのに。

◆マッカーサーが仕掛けた戦慄の時限装置


http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091124/197024/?rt=nocnt


皇太子明仁の誕生日になぜA級戦犯が処刑されたのか?

・・・・・・・・・・・・

著者の猪瀬直樹は、ろくでもないところもある男ですが、この件に
関する考察は正確です

欧州の王室は見抜いていた「貴賤結婚」の娘。賤しい出自だと。


長いこと、皇太子妃とも書いてもらえず、「その妻 正田美智子」扱い。
雅子さんも同じく、賤しい出自の娘との認識。

紀子妃は、最初から正当な出自と認められています。

知らぬは日本人ばかり。日本人でも、成婚前後の国民(現在80歳以上)は、相当数が気づいていましたね。仕組まれた成婚、ふさわしからぬ嫁であることを。

◆参考ブログ伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」様より

http://blog.goo.ne.jp/duque21
【重要事実発覚】自称皇后堤美智子の母、正田富美の戸籍ロンダリング、無限拡散希望 


投稿するべきかどうか悩みましたが、私は佐賀出身です。美智子妃殿下のお母さんの副島さんは本当の武士の副島さんではありません。

ご成婚が決まった時、副島さんのお宅に来られ、戸籍を買いたいと言われたそうです。

副島さんは断られました。どこの馬の骨とも知らぬ副島さんが武士を名乗るとは。
ましてや多久は炭鉱の町。非常に部落出身者が多く、副島さんの生家も誰も多久の人たちは知りません。

武家の家ならば、高齢の人ならば知っているはず。いろいろな噂がありますが、佐賀の人は知っていますよ。

美智子さんの従妹たちも当時はたくさんいらっしゃったし、成婚が決まり皆東京に行ってしまったけど、話は聞いています。

https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12137728773.html



▲△▽▼

衆議院会議録情報 第031回国会 内閣委員会 第5号
第031回国会 内閣委員会 第5号
昭和三十四年二月六日(金曜日)
    午前十時十九分開議
 出席委員
   委員長 内海 安吉君
   理事 岡崎 英城君 理事 高瀬  傳君
   理事 高橋 禎一君 理事 平井 義一君
   理事 前田 正男君 理事 受田 新吉君
      今松 治郎君    植木庚子郎君
      菊池 義郎君    小金 義照君
      始関 伊平君    田村  元君
      富田 健治君    橋本 正之君
      船田  中君    保科善四郎君
     茜ケ久保重光君    石橋 政嗣君
      柏  正男君    中原 健次君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣 伊能繁次郎君
 出席政府委員
        法制局長官   林  修三君
        法制局次長   高辻 正巳君
        防衛庁参事官
        (長官官房長) 門叶 宗雄君
        防衛庁参事官
        (経理局長)  山下 武利君
 委員外の出席者
        宮内庁長官   宇佐美 毅君
        専  門  員 安倍 三郎君


     ――――◇―――――
○内海委員長 これより会議を開きます。

 総理府設置法の一部を改正する法律案を議題とし、これより質疑に入ります。質疑の通告がありますので、順次これを許します。平井義一君。

○平井委員 皇居造営審議会を設置する件につきまして、宇佐美宮内庁長官にお尋ねをいたします。皇居を造営するかしないかという問題に関しまして、まず長官に天皇制のあり方について所感を承わりたいと思いますが、天皇制といえば神武以来の天皇制でございますので、非常に長期にわたりますので、これを三つに区切って所感を承わりたい。神武天皇から孝明天皇まで、明治天皇から終戦までの天皇制、終戦になって新憲法のもとに作られた天皇制、この三段階に分けて、天皇制のあり方について長官の所感を承わりたいと思います。


○宇佐美説明員 天皇制のことにつきまして御質問があり、歴史的に大へんに古いところからの考え方を述べろということでございますが、私どもは日本の歴史を振り返って、わが国において天皇を中心にした一つの日本民族の国家が発展してきたものと考えております。これを明治以降におきまして一つの近代国家として新しい憲法制度のもとに、はっきりと国法的にも規定的に定められて参った特徴があると思うのであります。しかし明治制の憲法というのは、今さら申し上げるまでもなく天皇主権という立場において制定せられたものでございますが、新憲法によりまして国の象徴としてのお立場であり、主権は国民にあるという建前に立って、いわゆる民主主義国家の建設を行われたと考えるのであります。私どもは現憲法の趣旨に基いて今後発展していくべきものと考えておるわけであります。


○平井委員 日本の天皇制が始まりまして、天皇または王様――あるいは外国の王様のごときは戦争をして、勝って王様になるというのが通例でございますが、日本の天皇制の場合、やまと民族の中心として天皇がおわしますというような観念であったのでありますが、長官は皇統連綿と続いて、たとい徳があろうとなかろうと天皇は皇統連綿として続いているのだ、あるいは非常に人格が高くてやまと民族の中心としてふさわしいお方が日本の中心になられておった、このいずれをおとりになりますか、お聞きしたい。


○宇佐美説明員 わが国の天皇制は世襲の制度でございまして、しかもその天皇の位につかれる方がやはり国民の崇敬の中になるようなりっぱな方であってほしいというのが国民の念願であろうと思います。


○平井委員 続日本紀でしたかに「武烈天皇は性さがなくましまし、悪しきというてなさざるはなし。ゆえにここに皇統絶えにき。」と出ておりますが、そこで日本の皇統は絶えております。ところが民族の中心がないというので、当時のやまと民族が非常に心配をされていろいろ徳の高い人を探した結果、河内の国の山奥に非常に崇高なお方がおられた。その人をその次の天皇に中心として迎えた。これが孝昭天皇でございます。そういうふうで非常に徳の高い、民族の中心としてふさわしい方が中心となられ、これを親として崇拝をしておったということは長官も御承知のことと思います。また北畠親房卿は「君は尊くましませど、民を苦しむれば天これを許さず」、こううたっております。

そういうことで常に天皇と国民は一体の姿であられたということも長官は御承知の通りと思うのであります。そこで孝明天皇は、いよいよ王政復古の声が日本に立ち始めまして、当時御承知のごとく日本は徳川幕府によって支配をされておった。そのときも孝明天皇は「すましえぬ水にわが身は沈むともにごしはせじなよろづ国民」、これは若くして世を去られたとも聞き、あるいは切腹したとも私は承わっておる。明治天皇は幼少にして非常に苦労をされた。その結果明治天皇が王政復古の後に明治大帝とまで崇拝をされておるのであります。その後明治天皇は欽定憲法をしかれて、ほんとうに天皇主権のもとに天皇と国民は一体である。すなわち「罪あらばわれを咎めよ天つ神民はわが身の産みし子なれば」、全く一体の姿で来たのであります。その点から見まして日本の天皇制は諸外国と違って、ほんとうに天皇と国民が親子の姿であり、一体の姿であるところに天皇独裁ということでなく、ほんとうに国民と天皇といったような、決して天皇はオール・マイテイでないと私は考える。すべて民の世論、民の声を聞かれて、これで政治を行なったということが日本の天皇制の姿でなければならぬと思います。

従いまして天皇は国民の親であり、ほんとうの中心である。それが戦争がだんだん敗戦の姿をたどって終戦になる。国民の中にはあるいは戦犯、あるいは数百万の戦死者を出しておる。国民の親であるべき天皇は近代天皇でありますが、いかなる親としての行動をされたか、これは私は強く追及をすることもいたしませんが、だんだん敗戦後に天皇制に対する観念が薄らいできておるということは長官も御承知と思います。しかも皇室の尊厳について今日の日本の姿、あるいは日本の青少年の気持、これを考えて今後の天皇制、皇室の尊厳がどうあらなければならぬか、過去のことでなくこれからの天皇制でよろしゅうございますが、皇室の尊厳、今後の天皇制のあり方、これに対してどういう確信を持たれ、どういう天皇制のあり方がいいと思われるか、この点を一つ長官にお伺いいたしたいと思います。


○宇佐美説明員 ただいま平井委員がるるお述べになりました点につきましては、私どもきわめて同感いたすところでございます。常に皇室が国民とともにあられるということ、昔から皇室の念願とされ、その実現に心を砕かれたのであろうと考えるわけでございます。いろいろ機構上の変化があるといたしましても、皇室と国民との関係というものは、常に皇室は全国民のために行動せられるということであろうと思うのでございます。明治憲法時代の憲法上の地位に基く諸制度と変りました今日におきましては、やはりそこに新しい憲法に基く皇室のあり方というものが立っていかなければならないと考えております。もとより先ほど申しましたような基本的な問題は変らないと思いますが、この現われというものは常にその方向に向って進むべきものであると思います。天皇の御位地は、今は政治あるいは文化それぞれの長という意味ではもちろんございません。国民の統合の中心ということにあられるわけでありまして、そういうような立場から国民の進歩とともに皇室もまた歩かなければなりませんけれども、常に国民の大多数とともにおられるということが必要であると思うのでございます。いろいろ一口に天皇制の民主化ということがいわれるのでございますが、そういう意味における民主化ということでございまして、やはり一般市民と全部同じになるという形式的な問題ではないと思います。やはり国民の象徴としてのお立場というものははっきりお持ちにならなければならないと考えますし、国民もまた、そういうわが国民、民族の象徴であるということに対する尊敬もあるのが当然であろうと私どもは思うのでございます。皇族と国民が相親しみ、その間におのずからな尊敬があって、ともに日本国の発展のために尽されるというお姿が将来の考え方の基本であろう、かように考えております。


○平井委員 昔は先帝陛下がおなくなりになりますれば、皇位をお継ぎになる皇太子は、少くとも一年ないし三年の高座の行事をやられて、これならば民族の中心になり得るという確信がなかったならば、即位をしなかったということを読んでおりますが、その昔の日本の天皇制に比べて、敗戦とはいえ、今日天皇制を維持するとするならば大きな差があると思いますが、この点長官はどう考えられますか。戦争が負けたからどうでもいいのだというふうに考えておりますか。


○宇佐美説明員 昔のいわゆる皇太子のお地位というものは、立太子の儀式によってその方に皇太子というものがきまったのでございます。必ずしも現在のような長子相続という形ばかりではなかったのでございます。その意味におきまして立太子ということは非常に重要な意味があったわけでございます。現在におきましては、法制上当然長子相続ということが定められておるわけでございまして、昔の立太子とただいま行われます立太子の意味は非常に違っておると思うのでございます。昔のような行き方につきましても一つの方法でございますが、同時に、そこに政治的なあるいはいろいろな紛淆も起り得るのであります。私どもは、そういうことが皇室に行われませずに、現在のようなはっきりとした皇室典範に基いてそれが行われることが明確であり、紛淆を来たさずにいけるものであると考えておるわけであります。


○平井委員 終戦後に、御承知の通り日本は、国民として非常によりどころがない。せめて天皇制は維持されたのでありますから、これが一つの希望であり、よりどころであったと思うのであります。新憲法のもと国民の象徴となられたのでありますが、象徴ということの解釈は非常にむずかしいと思うのでありますが、象徴といえば、少くとも全国民の崇拝されるべき皇太子でなければならぬ。しかも立太子の式を終了された。しからば宮内庁長官として、あるいはおそばについておる人としては、民族の象徴にふさわしい教育、ふさわしい姿にさせることが職責ではなかろうか。そうならなければ、民族のより場もない。将来の日本を考えたときに、一体どうなるか、これは人ごとでない、日本民族の問題でありますから、特に宮内庁長官はこの点をほんとうに真剣に考えなければ、これが一角がくずれていった場合には、宮内庁はもちろん要りません。宮城開放の問題も近く起ることは当然の話でありますが、現在のあり方が新憲法にふさわしい、あるいは日本民族が非常に尊崇して、喜んで天皇制を護持されると思われておるかどうか、この点を長官にお尋ねいたします。


○宇佐美説明員 私どももただいまお述べになりましたようなことを深く考えておるつもりでございます。今のような新しい憲法のもとにおける皇室におきましては、皇室の方々の御行動というものが非常に大事であると考えております。そういうような意味におきまして、皇太子殿下の御教育と申しますか、御研さんを願うことは、われわれとしても非常に強いわけであります。人を作るということは容易なわざではございませんけれども、われわれといたしましては、大きな一つの職責と考えておる次第であります。


○平井委員 皇太子殿下の御結婚につきましてお尋ねいたしますが、新憲法のもと恋は自由でございますから、皇太子殿下も人間だから恋をするだろう、こうおっしゃるでしょう。それもまことにけっこうでございましょう。しかし民族の象徴という観点から見まして、もしも天皇陛下が皇后陛下と銀座を毎晩散歩しておる、あるいは自分のしたいことをするということになっても、民族が尊敬をし崇拝をすると思われておるかどうか。私は決してこの御結婚に反対をするものではありませんけれども、要するに、もしも皇太子殿下、天皇が民族の象徴とするならば、国民の声によって――いろいろお相手を探したけれどもなかった、民間からぜひもらっていただきたいとあなたから進言をされて御結婚あそばすならば、これは民族の声である、ほんとうに国民の声でありますから、私は大歓迎でございますが、もしも伝え聞くように、皇太子殿下が軽井沢のテニス・コードで見そめて、自分がいいというようなことを言うたならば、ここにおられる代議士さんの子供と変りない。

私の子供と変りない。これが果して民族の象徴と言い得るかどうか私は知りませんが、あなたから進言をされたものか、皇太子殿下が自分で見そめられたものか、この点をお尋ねしたい。


○宇佐美説明員 皇太子様の御婚約の実際についてのお尋ねでございます。これは世上いろいろ間違って伝わっておりますので、ただいま御質問がありましたので、私はこの機会にはっきり申し上げておきたいと思います。

 今回の御婚約につきましては、数年前からいろいろ準備を事務的に進めておったのでございますが、もちろんその選考の方針その他につきましても、皇太子殿下御自身はもちろん、両陛下のお考えも伺って、われわれとしては慎重にいたしておったわけでございます。殿下御自身の御性格も非常に慎重な方でございまして、御自身の義務というようなことにつきましては、はっきりとお考えをお持ちになっている方でございます。

今回の御内定になりました方につきまして、世上で一昨年あたりから軽井沢で恋愛が始まったというようなことが伝えられますが、その事実は全くございません。もちろん軽井沢でテニスを一、二度なさったことは事実でございます。しかしそれ以上の交際があったわけではもちろんございませず、この御婚約につきましても、その当時は何らそういう方がわれわれのあれにも入っておりません。しかしいろいろ候補者を選考して参りました過程におきましても、殿下に一々ごらんに入れているわけでございます。昨年の春ごろからいよいよ何人かの候補者をしぼって御相談申し上げ、そのうちからわれわれも御推薦申し上げ、殿下も冷静な観察をなさって御決心になったわけでございます。

世上伝わるようなうわついた御態度というものは、私どもは実際において全然お認めすることはできません。むしろ非常に老成された考え方を持って注意深く進められたのでありまして、このことはあの当時の発表後におきましても私どもは外に向ってもはっきり申しております。世上そういうふうに伝わっておることは事実と反していると私は考えます。なかなか先に出ますとあとから幾ら申しても徹底をいたしませんで、この点は非常に残念でございます。ただいま御質問をいただきましたのは、私としましてはむしろありがたいことでございます。


○平井委員 長官の説明を了としますが、われわれ、世上というか、宮内庁係の新聞記者連中ともよく知っておりますし、いろいろ聞くところによれば、小泉さんと田島さんが非常な推薦者であった、あとはむしろそう賛成をなさらなかった、これはどうだか知りません。世上の話でございます。そこで小泉さんあたりの教育の仕方がいいと言う人もあるし、悪いと言う人もある。

私、小泉さん、田島さんがどういう意味で強硬に推薦されたか知りません。推薦する方にもまた考えはあると思いますが、非常な推薦をして、ついに宇佐見長官も同意をしたというふうに聞いておりますし、また東宮御所において、皇太子殿下が学友を集めてわあわあ言うた結果とうとうきまったのだというようなことが、御婚約の後にぼつぼつ週刊朝日などに載るようになりましたときの責任や重大なるものがあると思いますが、この点長官いかがお考えになりますか。


○宇佐美説明員 今度の御選考につきまして、皇太子殿下の御教育に顧問として参画しておられる小泉博士あるいは前長官であります田島氏や、その他の方々といろいろ御相談したことは事実でございます。しかしながらこの間においてだれが反対をし、だれが強く推したということはございません。非常にこれは大事なことでありまして、一人の懸念もないということを私は慎重に考えて進めたわけでございます。こういうような点につきまして、私は内容について外に言ったこともございません。いろいろな憶測が出るようでございますが、これは全く事実と違うものと存じております。


○平井委員 これはなかなか大事な問題でございます。将来日本の天皇制が傾いた場合に大へんな問題になるので、私は国民代表として言うておかぬと困ると思うのですが、まず参考に申し上げておきますが、私が先般いなかに帰りましたとき、非常な天皇崇拝者のおばあさんがこういうことを言った。

先生、日本も天皇制はしまいましたね、だから金持ちのお嬢さんをもらったのだろう、そういうふうに心から言うのであります。そういう年寄りが全国津々浦々に非常に多いということも長官は知らなければならぬ。いずれ天皇陛下になられるのでありますから、民族の象徴として、今日の皇太子がそれにふさわしいお方にならぬときは、日本はしまえるのですよ。今日われわれ中共だとかソ連だとか言っておるけれども、内輪でしまえるのですからこれは冗談じゃない。小泉さんあたり少しどうかしておられますまいか。よほど慎重に考えてくれなければ困る。

もう皇室の尊厳というものは、小学校の本にもないし、だんだんなくなってくる。そういうお方を国民が崇拝して、宮内庁まで置いてああいう広いところで生活をする必要はないではないかというような段階まで行きはしないかと、私は非常に心配して言うのであります。長官は世上に伝わっておることはうそであるというけれども、一年前のテニスの写真を出したり、遊ぶところを写してみたり、ああいうことはあなたの責任ですよ。国民は決して喜んでいはしない。

それを国民は非常に御結婚には賛成だ、いよいよ皇室も民主主義になったのだ、こういうふうにもろ手をあげて喜んでいるというふうに考えることは、私は大きな間違いだと考えます。しかし婚約が整ってもう式も近まったのでありますから、これに対して私はとやかく言いませんけれども、英国の例によりましても、これは皇帝にならなければ心配はない。恋愛は自由ですから。私は退位して会社にでも勤めましょうということになると、われわれは一口も差しはさみません。九千万の象徴となられる方だから心配をしておるのであります。その点義宮の結婚と非常な違いがあるということも考えなければならぬ。

そういう場合には退位をされるといえば別でございますけれども、英国とは日本の皇室はかなり違った立場に置かれておるのでございます。英国ならば恋は自由でありますから、恋をなさい、そのかわり国民はあなたを養いませんよ、どうぞなさって下さいというようなことになると思いますけれども、日本はそこまで言わぬが、それだけに国民の気持というものは、あなた方が想像されるのとちょっと違いはすまいかと考えておりますので、今後の皇太子のあり方、今度婚約されるお方のあり方、写真等、これは宮内庁の宣伝と申しますか、そういうことについては特に私は留意をしなければならぬと思う。

これは共産党であったら大歓迎です。要するに天皇制のあり方、皇室の尊厳ということをもう少し高める上において、何かあなた方は研究をされておりますか、まだ何も考えておりませんか。将来どういうふうに日本のこの皇室というものを持っていきたいというお考えですか、この点一つ。これはあなたが長官のときですから大へんな問題になる。将来問題になったときに、私があそこで質問したがその通りになったと言わないように一つ心がけ、また今後あなたとしては、どういうふうに天皇制を持っていき、皇室の尊厳を高めていくというお考えであるか。


○宇佐美説明員 先ほど御指摘になりました殿下の今回のことについての御態度は、先ほど私がはっきり申し上げた通りでありますが、おきまりになりました以上は私どもはやはり将来殿下と妃殿下がほんとうの愛情を持って、りっぱに結ばれていかれるということをわれわれは望むものであります。しかし今御指摘になりました御行動についてはわれわれも非常にこまかい点まで注意をいたしております。最近の週刊雑誌等を見ましても、そういった問題についてわれわれも国民の疑惑が起らないように、いろいろ報道関係にもお話し申し上げたのですが、雑誌を見ますと、宮内庁は反動化したというようなことを盛んに座談会でも言っておりますけれども、国民に筋の通った報道というものはやはりなければいけない、どういう生活をなさるかということは当然なければならないと思いますけれども、むやみに追いかけ回されるということについては、われわれとしても心外でございます。そういう点で、殿下の御行動については慎重な注意をいたしておるわけであります。しかし昔のようにすべてを不自由なと申しますか、当然あっていいことまで押えるということもどうかという気がいたします。殿下が伸び伸びと自身の立場を思いながら御成長を願いたいとわれわれは思うわけであります。やたらに何でもかでも押えるということもどうかと思います。ただりっぱな地位に対する御自覚から、すべての行動をよく考えていただいて、われわれもそれをお助けして、ほんとうに国民の将来の象徴としての素質を十分伸ばしていただきたいということでございます。これは大きな政策とか、そういうことが表面に出ることではなく、日々の行動が重なってそこに現われていくものと思います。私は日々のことにつきましても、東宮職のおそばにおります者にもちろんるる申しますし、小泉博士も皇室の将来ということとあわせて考えてやっていただいておりますが、私もよく国会における御質問等も伝えますし、私の考えも始終述べておるわけでございます。

 なお今後の皇室のあり方につきましては、御指摘の通りに、ほんとうに真剣に慎重に私どもは考えなければならぬ。そういう問題について、ただ宮内庁の組織だけで考えていいのか。その間において世論を聞き、いろいろな立場から検討すべきはもちろんであります。そういう点についてもいろいろ今考えつつあるところでございます。まだ申し上げる程度にまとまりませんけれども、将来のためにこれはほんとうに考えていかなければならぬというふうに思っております。


○平井委員 皇室は、御承知の通りわれわれ国民と実は違うのでありまして、これは昔なら天皇学でございますが、今日の教育係というものの教育は、われわれ国民と違った立場においてされなければならぬと思うのであります。これはわれわれのようにちょっと代議士に立ちたいとか、金がほしいとか、名誉がほしいということ、全く教育に要らぬのであります。ほんとうに欲も得もない、ほんとうに人間の象徴としていかれればいいのでありますから、その教育は今あなたがおっしゃるように、あまり何もかにも押えるということではなく、民族の象徴にふさわしい教育、それを小泉さんはちょっとはき違えておりはしませんか。

国民らしく育てるということが小泉さんの教育の方針では困る。これは事実欲も得も要らない、選挙の必要もなければ何も要らぬのですから、その点の教育はあなたが小泉さんに教えてやって、皇太子殿下の教育というものは、一般の学習院の生徒と別でなければならぬ。昔なら上御一人といわれたのです。一般の学習院の生徒並みに教えたのではこれは絶対に象徴になれない。われわれが欲しない点、またできない点、国民では及ばないという教育があると思います。そういう教育を教えない限り――ただ昔と違って自由である、自由に教育をするのであるという行き方もありましょう。自由主義者の中にはありましょうけれども、そこは一つあなたが小泉さんあたりに教えてやって、一般の生徒とは違う立場においての昔なら天皇学、今日なら皇太子殿下の教育というものをされなければ、これは象徴として国民が崇拝するかどうかわからなくなってしまう。早い話が、皇太子殿下が銀座へ遊びに行かれる、友だちと一ぱい飲みたい、そういうことになったら、これは民族の象徴ということは絶対に言えない。天皇は常に大自然とともにあらねばならぬ。そうしなければ英国の国体と同じになるのですよ。日本の天皇というものは、常にもう大自然、どこから見ても富士山の姿のように拝まなければならぬというぐらいのあり方でなければ、国民は崇拝しませんよ。そういう点から見て、いま少し厳格な教育をされたらどうですか。昔、北畠親房などはこれはもうけ飛ばしおったという話です。たたきまくって教育をされたということも聞いておるが、あまりにも自由奔放な教育をされておるのじゃないか。そういうことからきて皇太子殿下の感覚が違ってくる。自分の将来民族の象徴としての感覚が狂ってくる。どうもこのごろはわれわれが考えても――われわれは子供のときから天皇一本で育ってきた、教育を受けてきた者でも、ちっとおかしいではないか。まして終戦後の教育を受けた青少年は、全くそういうことがなくなってしまう。

 そこで議題にありますところの皇居の造営ということになれば、これは非常にむずかしい。あなた方の教育いかんにより、天皇のあり方いかんによって、造営ができるかできぬかになるのです。お互いが天皇制護持者だから、何でもかんでも皇居を作れというふうなわけにはいかぬようになっておるのです。それを一つ長官は十分考えていただきたい。もしも教育があまり芳ばしくないというなら、小泉さんあたり入れかえたらどうですか。そんなことこそ民主主義だ。いつまでも、勤まっても勤まらぬでも、この人間をそこにつけておくということが一番封建的ですよ。もし皇太子殿下の教育係でも、これはちょっとあなたが悪いと思ったら、あなた方が入れかえたらいいじゃないですか。それが今日のあり方でございます。昔ならばかでも何でも一ぺんひっついたら、宮内省におればやめさせられなくなっておった。今日ではどんどんやっていいのですから、そういう新体制に切りかえていって、よりよく皇太子を教育するというふうにされなければ、天皇陛下は何もおっしゃらぬのですから、あなたがそういうふうに判断をしなければ、今後の、遠き将来というか近き将来というか、日本に変動が起った場合には、あのときの長官は宇佐美さんであったということになれば、あなたの人格はりっぱであるけれども、やはり時にぶつかればあなたの責任になりますから、その点、あなたが十分研究をされ、努力をされて、やはり皇室の尊厳を残していくというふうに努力をされなければならぬと私は思いますし、また皇太子殿下においても、これはあなたが直接進言できるのかどうかわかりませんけれども、十分そこを自覚されて、やはり国民の崇拝するに足る人間になってもらいたい。これは人間というか、昔は神様だったのです。御承知の通り明治憲法のもとにおいては、神聖にして侵すべからず。今日人間になったというだけで、やはり象徴ですから、象徴ということについての私の解釈が合うかどうか知りませんけれども、私は民族の象徴ということになれば、天皇は、国民が貧しければ貧しいものを食べ、国民の政治、経済に伴って生活をしていかれる、ああ陛下は銀座にも行かれぬし、映画も見られぬ、これはわれわれはひとしく崇拝しなければならぬという気持になっていくと思うのでありまして、民族の象徴というのはただ看板だけで、あとはわれわれ国民と同じ行動をとってよろしいのであるというふうに考えたならば、象徴とは言えないと私は思いますが、あなたは象徴ということをどう解釈されますか。


○宇佐美説明員 終戦後今まで皇室に対する一般的ないろいろな批判が行われて参りましたが、この大きな流れというものは、やはり一言で言われるような民主化、もっと自由にしてあげなければいけないのじゃないか、あるいは今おっしゃったような、銀座にもおいでになればいいし、喫茶店にもおいで願えばいいじゃないか、そういう議論が割合に多かったと思います。しかし私は決してそうは思っておりません。やはりすべて普通の国民と同じ生活をするということでは、ほんとうの象徴としての国民の尊敬を集め、親愛を得られることにはならない。それは、ある意味において自由が一部ないともいえます。しかしそれはやはり国民の中心となって、象徴としてお過ごしになるには当然負われるべき御責任であり、御義務であると思います。そういうことでなければ、何らわれわれと差がなくなってしまう、私は常にそう思うわけであります。最初に申し上げたような意見はいろいろございますし、いわゆる雲の上に上る行き過ぎた行き方は、もちろん直していくベき点があれば直さなければならぬのでございますけれども、やはりそこにはきぜんとしたことがなければ、秩序は保たれませんし、また尊敬や親愛というものも生まれてこないと私は常に考えております。そういう御修養もなさらなければなりませんし、そういう義務ということもしっかりとお持ちを願わなければならぬと私は考えております。しかしそういう点は御幼少のときからおそばの者が、そういういろいろな進言に対しては気持よく胸を開いてお受けになることをほんとうによく申し上げ、われわれが、あるいはそばの者が申し上げることは、よく御反省になる方だと私は思っております。もとよりまだお年もお若いことですし、御修養願うべきことは多々あるわけであります。小泉博士は、常に皇室の将来を最も心配しておられる一人だと私は考えております。しかし具体的にどういうことをということについては御相談もございますし、私も遠慮なく意見を申し上げておるわけであります。今後においても、そういったことについては最善を尽したい。今回のことにつきまして、大きなことを申すと仰せになるかもしれませんが、私が責任をとって済む事態ではない、それ以上の大きな事態であるというふうに考えて参ったつもりでございます。不敏でございますけれども、この覚悟だけはいたしておるつもりであります。


○平井委員 最後にお尋ねなりお願いをして終りたいと思いますが、御結婚式も近いのでありますから、今の長官の御説明で私は納得いたしましたが、なお宮内庁から国民が納得するようにしていただきたいと思うのと、これは長官に幾らわれわれが質問してもしようがないが、皇太子殿下並びに宮様のおつきの人は、悪ければ取りかえなければ教育というものはよくなりません。あなたが見はからつて、これはあまりよくないと思われる人はどんどん取りかえられて、そうしてりっぱな教育をされる方をお入れになって――今の人がいいか悪いか知りません。悪いと言う人もあり、いいと言う人もあるが、取りかえて教育をなさらぬと、将来非常に大きな問題が起るのではないか。天皇制のあり方ということは、日本の政治、経済あるいは世界の動静に従ってあらなければならぬと私は思うのであります。従って皇居造営の問題におきましても、まだ審議会はできないのでありますけれども、もしも審議会ができましたならば、時代に即応して、かつて三井、三菱の大財閥が十万坪の屋敷に住んでおったのが、今日一万坪の住居におるということを参考にして、今日の皇居のあり方はどういうふうでなければならないかというふうに、率先宮内庁は研究をされていかなければ、これまた非常な難関に到達すると思うのでありますから、日本の情勢、世界の情勢、東南アジア未開地のところにクーデターがあり、いろいろある世界の動向をよくながめて、ひとり日本だけが昔の風習ではいかれない、日本の皇室はこうあらなければならないという見地から、まず率先してあなたの方で案を立てられなければ、将来禍根を残すと私は思うのであります。どうか皇居の造営の問題につきましても、あなたの方で十分考えられて、先手を打つといってはおかしいのでありますけれども、この程度でよかろうとか、あるいはこうした方が今の日本の皇室にふさわしいのであるということを十分考えられてお作りにならなければ、将来禍根を残す。東宮御所の御造築のごときも、間組が一万円で引き受けた、こういう崇拝組も日本にはあります。また家がなくて困っておる国民もある。私は間さんに言いたい。そういう金があるならば、住宅のない人に建ててやったらどうかと間さんに言いたいが、あまり私は懇意でないから言うておりません。そういうお方もあるが、それが全部でないことも考えなければならない。そういう人もおります。いなかの年寄りの八十、九十の人は、日本が戦争に負けたことも知らないという人もおりますから、そういうことを十分考えて、あなたの方で考慮されて、現在の世の中にふさわしい皇居の造営を計画していただきたい。同時に今後の皇室の尊厳並びに天皇制のあり方を十分研究されなければ、日本の将来にいかなる変動が起るかわからぬということを肝に銘記して、今後長官としてりっぱに職責を全うされるようにあなたにお願いを申し上げて、私の質問を終ります。


○内海委員長 受田新吉君。


○受田委員 私は宮内庁長官並びに法制局長官並びに総理大臣にかわって御出席いただく官房長官に相次いでお尋ねを申し上げたいと思います。それは皇室に関係した事項で、今、平井議員よりお尋ねになった諸問題を別の角度からお尋ねしてみたいと思います。

 私は最初に、日本の天皇制というものが新憲法で国民の象徴とされているということに一応うなずき、またこれを支持していく一人であります。ただここで問題となるのは、天皇の御地位というものに対して、新しい憲法が保障する基本的人権、いわゆる憲法の第三章に掲げられてある基本的人権と矛盾する面が相当起っておらないか。この点が第一のお尋ねの問題であります。具体的に申し上げますが、新憲法は天皇を人間天皇として宣言せられておる。そういう意味からいうならば、その人権もまた十分尊重をするという意味で、象徴としての天皇の権威を傷つけない限度におけるゆとりある人権尊重のあり方が示されておらなければならぬと思います。一例をあげますが、天皇はいつまでも天皇の御地位におられなければならないということになると、非常に窮屈なお感じをなさることもあろうと思うのです。従って、たとえば皇太子が成年に達せられ、あるいは御結婚をされる。そして十分後継者として天皇の地位を守ってもらえるということになり、また天皇御自身も、一般でいうならば定年退職に当られるくらいの年配になられる、こういうことになるならば、天皇の御退位の自由ということが一応認められていいのではないかと思うのでございますが、この問題は、宮内庁としては、また法制局としては、どういう御見解を持っておられましょうか。


○林(修)政府委員 ただいまの問題は、非常に重要な問題であると思います。これは御承知の通りに、新憲法が当時の帝国議会において審議された際に、あるいは現行の皇室典範が法律案として議会で審議された際にも、非常に議論されたところでございまして、いろいろの角度から御議論があったわけであります。しかし当時の政府として、皇室典範にこういう制度を認めなかった理由としては、次のようなことがいわれております。現在の憲法は、もちろん皇位継承のことにつきましては法律に規定を譲っております。法律である程度のことは書き得る範囲のことがあるはずでございます。しかしこれは憲法第一条が、天皇は日本国の象徴とし、それからその地位が日本国民の総意に基くというこの規定、それから第二条に皇位は世襲のものである。こういう規定と離れて、ただいまの問題を議論することはできないと私は思うわけであります。なるほど新憲法によって人間天皇としての地位はできましたけれども、しかしそれだからといって、一般の人と同じようにこれを扱うわけにはもちろんいかない。やはりこの象徴たる地位、あるいは国民の総意に基くこの地位というものと相いれない範囲におけるもの、そこに制約があることは当然だと思うわけであります。これはやはり皇位というものは世襲のものである。それから古来ずっと一つの系統で受け継がれてきているということと、それからそこに天皇が過去においてはもちろん譲位ということはあったわけでございます。そういうことはありましたけれども、ただいま申し上げたような御地位、それからこの天皇のそういう象徴たる地位から考えまして、御自分の発意でその地位を退かれるということは、やはりその地位と矛盾するのではないか、これはやはり幾多過去の例からいっても、いろいろ弊害があったこともございます。これは一言で申しまして、天皇には私なく、すべて公事であるという考え方も一部にあるわけであります。やはり公けの御地位でございますので、それを自発的な御意思でどうこうするということは、やはり非常に考うべきことである。そういうような結論から、皇室典範のときに、退位制は認めなかったのであるということを、当時の金森国務大臣はるるとして述べておられます。この問題は、実は皇室典範の審議されたときの帝国議会においては、皇室典範の論議の半分ぐらいを占めております。そういうことで政府案が通過したような関係であります。その当時における政府側の見解は、ただいま直ちに変更するほどの理由は私はないと思っております。従いまして今、受田先生のおっしゃったようなことも確かに一つの議論としてはあることと思いますけれども、軽々にこれはきめられない、かように考えております。


○受田委員 私はこの新しい憲法や皇室典範の審議の際の問題を今持ち出しておるわけではない。当時は天皇のお立場が戦犯としての批判を受けようとされたり、戦争責任が追及されたりという渦中にあられた。しかし今日はようやく世界の情勢も落ちついてきたし、日本の復興もほぼでき上ってきたという段階になって、しかも世継ぎになられる皇太子が御結婚されるという段階になられるということになるならば、もうそうした戦犯論議とかその他の戦争責任問題を乗り越えた新しい段階にきて、この問題を考えなければならぬ時期にきておると思う。ことに現在の天皇は二十才になられたときに摂政になられて、自来すでに四十年に近い間を、まことに筆舌に絶する苦労をされておられる。ことに大東亜戦争の責任などという問題になってくると、御自身も非常に痛切に感じておられる。しかしあの大東亜戦争を締めくくる終戦というところへ踏み切られたのは今の天皇であられた。そういう意味からも、私は今の天皇御自身がその悲劇的運命の中に苦労されて今日に及んでおられることを思うときに、皇太子が御結婚されて、一人前の世継ぎとしてもりっぱな資格を備えられておるということになるならば、ここに終戦直後の混乱の中で論議された憲法論議や皇室典範論議とは別の意味で皇室典範は法律でありますので、この法律を改正して、天皇の退位の自由を認めてあげるということが、新憲法の第三章に掲げられた基本的人権の尊重の条項にも合致するものだと思う。従って象徴の尊厳を傷つけないで、後継者がりっぱにおられる場合に、皇室会議の議を経て退位をすることができる、そういう考え方は、私は成り立つと思う。この問題は、新しくそういう事態に遭遇しておるという気持を私は持っておるので、新しく検討をすべき段階ではないかと思う。昔のものを引っぱり出して、今ごろまだ依然として古い感覚で、憲法、皇室典範の論議をされた終戦直後の空気をそのまま今に持ち込むということは、どうも時代感覚のずれはなはだしいものありと認めざるを得ない。いかがですか。


○林(修)政府委員 決してその当時のいわゆる戦犯論議とかいうこととの関連のみで申しておるのではございませんので、やはり確かに受田先生のおっしゃるような基本的人権の尊重ということもございますけれども、憲法第一条、第二条等で規定しております象徴たる地位、あるいは国民の総意に基く地位、皇位世襲の継承ということと切り離して、この問題は解決できないと実は思っております。従いましてやはりそういう今おっしゃったようにいろいろ個々的の場合には、いろいろの事情が起ることはございましょうけれども、今おっしゃることであれば、結局制度としてそれを認めろということになるわけでありますが、この制度として認めろということは、国民の総意に基く御地位、象徴である御地位ということを考えますと、私はそう適当なものではない、過去の歴史を見ましてもそういうことは適当なものではないのじゃないかということも考えるのであります。あるいはこれは制度として認めれば、皇位継承の順位に異動を来たすこともあり得るわけであります。そういうことから考えまして、これはやはり慎重に扱わなければならない、軽々にきめられない問題だと思います。


○受田委員 もちろん軽々にきめるべき問題ではないでしょう。しかし世襲制度というこの憲法第二条の規定によっても、世襲には間違いないわけです。だから隠居する制度も考えられておるのですから、御隠居なされるという形になればいいわけです。従って世襲制度というこの憲法第二条の規定に矛盾する形にはならないわけです。お世継ぎがちゃんと成年に達しておられる、御自身も定年に達しておられるということになれば、当然そういう自由を認めてあげるという規定が、しかもそれが皇室会議という一応の機関の議を経てきめられるわけでありますから、軽々にきめるわけではありません。こういう制度を考えて差し上げることが、憲法の精神にマッチした皇室典範の改変であると思う。

 もう一つそれに関連して、天皇の行為の自由ということにもしばしば問題が起ってくる。たとえばただいまの陛下は、弟さんの秩父宮がなくなられるときに、ぜひ臨終の弟宮を見舞いに行こうとされたときに、ついに宮内庁は見舞いを押えたといわれる。ただいまの皇后は、お母さんの倶子さんがなくなられるというときに、これまたついにお母さんの臨終にもおもむかせしめられなかったという、おそるべき人権侵害をやっておると私は聞いておる。肉親の死に宮内庁がそういう圧力を加えて、人情の自然と美しさを押えるという、こういうことは一体どういうところに原因があるか、そういうことは絶対なかったかどうか、その事情をこの際あわせてお伺いしておきたい。


○宇佐美説明員 前段の陛下の自由な御意思に基く御退位ということにつきまして、法制局長官からお答えがございました。私も全く同様に考えておるわけでございます。現在の場合のみを考えるのでなく、日本永久の将来のことを考える場合に、自由なる御意思による御退位というようなことを、その象徴たる位地から見て、常に国民が全部異論なく認めるかという問題は、いろいろな将来のことを考えますと、容易なことではない。私どもはこれにつきましてすぐ御賛成を申し上げる気持になれないのでございます。

 また後段の御質問でございますが、これは宮中のいろいろな昔からの風習がございます。今の陛下は、そういう点について勇敢に直すべきものは直すお気持でございます。われわれといたしましても、そういう御趣旨に基いて、自然にそういった点につきまして十分考慮をいたしております。御指摘になりましたような点につきましては、われわれは宮内庁において阻止をしたというようなことは全然ございません。事実不幸にしてお間に合いにならなかったということでございます。


○受田委員 そういうお間に合いにならなかったというようなことで、その場をごまかすべきものではないと私は思う。こういうことは、お工合の悪い肉親がおられる場合に、自由にお見舞いができ、その臨終に立ち会われるという努力を、宮内庁がなぜなさらないのです。間に合わなかったのだという言い分は、はなはだ重大な問題だと思うのです。宮内庁としてそういう人情の美しさを押えるような措置をされたと解釈しても、これはやむを得ないじゃありませんか。今度皇太子が結婚される正田さんの場合でも同じことです。つまりこういう場合に正田家が非常に心配しておられる問題として、そうした人間としての自由性を圧迫される点はないかという点がおそらくあったと思う。そういうことについて宮内庁としては、人間としての美しさ、人情の自然というものを十分尊重して、一切こういう問題については人権を侵害するようなことはない、今後は絶対にさようなことはしないということをお約束できますか、まずそれを伺っておきます。


○宇佐美説明員 皇室の方々が、御両親その他の御不幸の場合にお見舞いなさることを、われわれは阻止するというようなことは考えてもおりません。しかし実際の場合に、やはり象徴としてのお立場から、今の例でなくても、そうあそばしたくてもなされないときもあろうかと思います。そこはやはり外から見ますと自由を押えているとわれわれは考えるわけであります。


○受田委員 九重雲深きあたりの一般国民に理解できないような形の宮内庁の措置は、やはり感心できません。宮内庁としては、そういう問題についてはもうあけっぱなしで、たとえばお見舞いに行かれるのに途中の警戒の問題などがあるとかいうことを気がねされて、肉親の死にも会うことができないというような御心配があるならば、そういう問題についてはあたたかい心組みをもってお役目の方をやられればいい。そういうことを十分含んで、何らか一般国民との間を隔離申し上げるような形のないように、一つ宮内庁としては御努力願いたいと思う。

 私はもとに話を戻しますが、もう一つこの御退位の問題に関係するのですけれども、もし退位の自由を認めたならば、皇位継承の順序にも問題があると今長官が仰せられました。これは私はどこに問題があるかということをお尋ねしてみたいのですが、たとえば皇族から、皇位継承の地位にある皇族の身分を離れるという申し出があったという場合のことですが、いかがですか。


○林(修)政府委員 これは仮定の問題ですから、そのつもりでお聞き願いたいと思いますが、かりにそういう制度がございました場合に、たとえば天皇が退位せられる、そのときに実は皇子がおられない、従って皇位継承が皇弟に行ったという場合に、あとから皇子が生れるという場合のことを考えれば、いろいろ問題があると思う。これは過去においても日本の国史を見れば問題があったと思う。そういうことも一つの形態としては考えられるということを申し上げたのであります。


○受田委員 私は、後継者がはっきりして御本人も相当の年令に達しておられる、こういう場合に皇室会議の議を経てきめられるのだと申し上げているわけです。皇子もおられない、もう本人はおやめになった、そのあとに皇子が生れた、そういう仮定の問題を今持ち出したら皇室会議の議が通りますか。皇室会議の議を経るということになれば、やはりそこにはっきりした後継者がおられる、天皇の長期にわたる御苦労に対してもいたわりの気持をもって御退位をお認めするという形になる場合です。そうでない場合には皇室会議の議は通りませんから、あなたの御懸念の問題は解決するのではありませんか、私はそう思うのですが、いかがですか。


○林(修)政府委員 先ほどから申し上げております通りに、今受田先生のおっしゃることは、やはり制度としてそういう制度を設けたらどうかというお話でございます。従いましてそれはやはり皇室典範の中にそういう規定を取り入れることになるわけであります。そうなればこれは一つの制度として将来に向っての問題になります。いろいろなことももちろん考えなければならないことになるわけであります。そういうことを考えてみました場合に、今の自発的な御退位の制度というものが、果して天皇の世襲制、皇室の世襲制、皇子の世襲制、あるいは天皇の象徴たる地位、あるいは国民の総意に基くという国民の信念から見た考え方、そういうところにマッチするであろうかどうか、これはやはり相当疑問のあるところだと思う。今、受田先生のおっしゃるような御議論ももちろんあることと思いますが、それに反対する議論も相当強い根拠を持っていると思います。従いまして私どもとして今簡単にそういうことに踏み切る決心はないわけであります。むしろ先ほど宮内庁長官が言われました通りに、簡単には賛成できない、こういうことでございます。


○受田委員 あなた方は天皇のお立場というものを考えていかなければならない。そこで、あなた方だけの御都合で、天皇の人権をいつまでも侵害していくことは問題だ。だから御用学者という立場であるなら仕方がない。しかしながらもっと純粋な理論的な立場でものを考えていく、あるいは日本の将来を考えてこう解釈したいというような、あなた方はやはりある程度の余裕のある解釈をしなければならぬ。

 もう一つ、これに関係するのですけれども、女帝です。皇族女子には皇位継承権がないわけですが、この皇族女子の皇位継承権を容認するという典範の改正というものは、これは決して差しつかえないわけです。今の憲法では男女平等である。憲法の十四条で、法のもとの平等、貴族の禁止、栄典というところにも、人種、信条、性別云々で差別されないことになっている。そういうところからいっても、国民の象徴だけを差別するということがあり得ますか。そういう意味からも新憲法の精神にのっとって、皇族女子の皇位継承権を認めるということは、私は当然考えられていいことだと思う。いかがですか。


○林(修)政府委員 これも皇室典範のときに議論されたところでございまして、一応議論済みのことだと私は思っております。重ねて申し上げますけれども、確かに憲法では男女平等、あるいは婚姻における男女平等、あるいは相続についての男女平等の原則をきめております。しかしこれはむしろ普通一般の家であれば、昔のような家の制度はもちろんないわけでありますから、主として財産相続についての男女平等でありますが、皇位あるいは象徴たる地位というものは、必ずしも今申しました民法上の相続と同じように考えるわけにはいかない問題が一つあります。そのほかにやはり古来の日本の国民の一つの総意と申しますか、国民の信念と申しますか、つまり男系相続ということで実は一貫して参っておるような状況でございます。従いまして男系相続ということを認める以上は、女帝を認めれば、そこで男系は断絶するわけです。別の系統に移動するということになってくるわけであります。そういうことから一つの問題点がある。また女系による相続を認めれば、これは別の問題でありますけれども、やはり日本のいろいろの古来の国民の感情あるいは現在における国民の感情からして、果していかがであろうかという問題があるわけであります。また過去における女帝の例、日本には幾つかの女帝の例がございますが、これはいろいろな特殊な事情に基いた例だと思っております。そういうところから、やはりこれは慎重に考えるべき問題だということで、皇室典範のときにもその問題はいろいろ話題に上りながら、そういう規定はされなかった。その事情を今直ちに――おしかりを受けるかもしれませんが、そういう事情を今直ちに解消するだけの事由はないのじゃないかと思っております。


○受田委員 この問題は、どうも男系相続が日本の伝統であるからなどという古くさい考えで御答弁されておるようでありますが、すでに英国においてもそういう制度が長期にわたって保持されている。ただ英国の制度には、女帝の場合には男子の兄弟がおらぬというような場合に、女子だけだというようなときに、女帝ができておるわけでありますけれども、一応程度の差はありましても、皇位の継承権に女子の相続権というものは認められておる。こういうところから見て、世界の大きな流れというものを見たときに、昔の古い伝統を今ごろ持ち出されて、男系相続が日本の伝統などというこの論議は、どうも法制局長官としてまずい論議じゃないか。新憲法の精神というものを――ここにおられた自民党の方の中にも、退位の自由と女帝は大賛成だという意見が出ておる。そういうふうな意見が……(「反対だ」と呼ぶ者あり)与党は分裂状況です。そういうことからも皇室典範に対して、もう少し人権を尊重し、象徴としての権威を傷つけない限度において人権を尊重するという配慮をなさるべきではないか。特に宮内庁長官とされても、そうした宮内庁の事務を担当される責任者として、常に日本の将来、国民の皇室に対する感情等の問題を十分洞察して、長い目で見た日本の皇室の将来への見通しを持った努力をしておかれないと、思いがけないところから、今回の御結婚を契機として、皇室に対する重大な国民の悪感情が起ってきたりするおそれが私はあると思うのです。そういう意味から、少くとももう少し大衆と溶け込んだ皇室という、同時に象徴としての立場は保持されるような配慮を払いながらという気持は必要でございますが、そういう努力をしておかれないといかん、かように思うのです。

 そこで、三笠宮に例をとりますけれども、三笠宮が紀元節に対する見解を表明されたというので、中にはこういう三笠宮のような皇族がおられては、皇室の尊厳に関係するから、皇族をやめてもらおうじゃないかという意見がある。宮御自身も皇族をやめたいというお気持を表明されたとも承わっておるのであります。宮が、皇族が、そういうことを発言されたということについて、これを政治問題として見ようとするならば、それはけしからぬじゃないか、皇位の継承予定者がそういうことではいかぬじゃないかという議論が成り立つかと思いますけれども、宮の学者としての良心から叫ばれたこの言葉に対してかれこれ議論する。自民党の諸君の中にそういう声があるわけです。そういうものに対して宮内庁としては、また法制局としては、皇族の身分にある者の発言について、何か常に注意をしておるとか、あるいは圧力を加えておるとかいうことがあるのかないのか、また三笠宮の皇族を離脱したいという気持を持っておられるという表明があったことがあるのかないのか、これも一つお答え願いたいと思います。


○宇佐美説明員 三笠宮様のことについてのお尋ねでございます。殿下は、終戦と同時に軍籍を離れられまして、将来のために東大にお入りになって歴史を御勉強になっておられます。非常に熱心に御勉強になっておるのであります。しかし私は、皇族であられることがまず第一でございまして、国民は学者になっていただくということにおいて皇族におなりを願っておるのじゃないと思います。やはり皇族としてのお立場、義務というものを第一にお考え願うべきであると思います。同時に、お仕事として御勉強になり、それを通じて国家、社会に貢献されるということも私はけっこうだと思う。しかしそれはあくまで学問的なことでありまして、そのお地位から申しまして、政治的問題に関与されていかれるということ、どうも私どもとしては御賛成できないと思います。そういうことにつきまして私も殿下とお話を申し上げておることがございますけれども、しかし今お話しになりましたような皇族の籍を云々ということは、何も私は伺ったことはございません。いろいろ著書等も御発表になるようであります。私といたしましては、もっと慎重な御態度を希望しておるところであります。


○受田委員 宮内庁長官、えらいかたくお考えですが、三笠宮は、紀元節の問題などについても、これは天皇一家の、皇室の私事であるという見解を表明され、これを国民の行事として取り上げることについての意見を持っておられるわけなんです。そういうことについて、これが政治的な見解であり、学者としての立場では行き過ぎだというような御注意を申し上げるということは、これはどうかと思います。皇族の御発言は何事もそれではできないということになる。純粋な御意見も述べられないということになる。それが多少でも述べられると、すぐどこかにひっかかるというような問題であれば、何事もこれは発言できないということになる。これこそ人権侵害もはなはだしいものになってくる。こういうことについて、もっと自由な気持で皇族としての立場を御自身が十分考えておられるのですから、もし皇族の立場をお考えにならなければ、もう皇族を離脱されることになるのですから、そこは成年に達せられて、しかも良識を持たれたりっぱな三笠宮の御言動に対して、一々御注意申し上げ、おしかり申し上げるということは、私は宮内庁長官としては行き過ぎだと思う。そうなりますと、皇族の身分に生まれた人は、そういう発言やらすべての行動にわたって非常に不幸な立場になる。(「もちろんだよ」と呼ぶ者あり)そういうことこそ人権侵害なんです。私が今申し上げていることは、あらゆる面に不幸な立場に追い込むということでなくて、許される限度内の御自由を認めてあげる、新憲法の御自由を認めてあげるという努力もしておらないで、すべてワクの中にはめ込んで、非常に窮屈な生活をさせていくというようなことは、お役人たちのとるべき道ではないと私は思っておる、そういうことを私は今指摘して、人権の尊重を可能な限りにおいて認める努力をしてあげるという、その配慮を希望しているわけなんです。これはもちろんと言われるかもしれないが、皇族の身分にあり、あるいは天皇の御地位にある人は、あらゆる角度からその人間性の豊かな暮しを押えられるということになる。いかがでしょうか、こういう点について、高い立場から今後の皇室のあり方、皇族の立場というものについての配慮をどうすべきかということについて、何かあなたはお考えになっていらっしゃることはないでしょうか。


○宇佐美説明員 重ねてのお尋ねでございますけれども、一つの学問をせられましてある結論に達せられるということは、これはだれも押えることはできません。またそれを周囲の人に多少お漏らしになるというようなこと、それもいけないとは思っておりません。しかしながらそのお考えが、言葉は悪うございますが、左右いずれにしろ政治的な問題になり、皇室に非常に影響するというようなことを国民が心配するときには、慎重な態度をとらるべきであるということは私は誤まりないと思います。


○受田委員 左右いずれにせよ、それが政治的な方向へ行ったとおっしゃっているのですが、三笠宮御自身としてはそういう政治的な気持はみじんもないわけなんです。そういう問題を政治的にこじつける人々がおり、それを悪意にとる人々がおるわけなんです。この問題は、つまり三笠宮の言動に対しての影響力というものを、外部から不純に利用しようということになるわけなんです。あなたはむしろその外部を押え、宮の考えておられることは正しいのだ、学問の研究の自由は尊重しなければならぬという立場で、特に政府与党の諸君などに厳重に御注意される方が、むしろ筋が通ると思う。

 もう一つ、皇室典範の規定の中で、退位の問題にも触れてきたのですが、天皇が崩ぜられたあとへ新しい天皇が即位されることによって元号が変るわけなんですが、その元号がどういうふうに変るかということは法律では規定してない。これはもし御退位が実現され、あるいは天皇がなくなられたという場合に、どういう規定が用意がされておるのか、法制局長官から一つ伺います。


○林(修)政府委員 御承知の通りに、これも旧皇室典範には規定があったと思います。それが新しい皇室典範を規定するときには、皇室典範のきめる事項ではなかろうということではずされておるわけであります。そこで残っておりますものは多少問題がございますが、明治初年の行政官布告というものがあるわけであります。しかしいずれにいたしましても元号の問題は、確かに天皇の御退位あるいは天皇がおなくなりになったあとの新しい天皇の即位という問題と相関連する問題でございますけれども、これは今の憲法のもとにおいて、そういう新しい元号を立てるということは、私はやはり法律できめるべき事項だろうと思っております。これはかつて新憲法施行当時、そういうような法案も予定されたこともあったようでございますが、当時の占領軍政策の事情でもってこれは消えております。その後御承知かと思いますが、当時の参議院の文教委員会において、いわゆる西歴紀元を採用したらどうかということも御議論になったこともございます。そういうようなこともございますが、いろいろな事情を考えて、これは将来のことでございますが、元号制をどう立てていくかということについては、法律をもってきめるべき問題である。かように考えまして、一応そういうことは私ども考えなくてはならないというふうに思っております。


○受田委員 元号の問題を考えなければならぬという御意見のようでございますが、これは西歴を用いるとか、いろいろなことがあるにしても、日本の立場からの特別な規定を設けておくということは大事なことだと思っております。大へんおそれ多い話ですが、天皇がいつなくなられても、ちゃんとした用意をされておくということが必要だと思う。

 あとお二人御質問があるので、最後に一言お尋ねしておきますが、今度の御結婚につきましても、天皇の国事事項としての御結婚の儀式と、天皇の御一家あるいは皇太子御自身の個人的な御儀式というものがある。こういう国事の儀式あるいは個人の儀式というものの限界線は、一体官内庁としてはどういう形でおとりになっておられるのか。もちろん国事に伴う費用というものは当然国会の承認で出されるものでありますけれども、国会の承認を要しなくても済む支出の面もありますので、そういう限界線をはっきりしておいていただきたい。今回の御儀式の中で国事として取り扱える儀式と、皇室の私事として取り扱える儀式の分別をちょっとお聞かせ願いたい。


○宇佐美説明員 今回の御結婚に関しまして、御婚約、いわゆる御結納のことから式の終りますまでいろいろの計画、すでに済みましたものもございますが、今後進められるものも研究中でございまして、こまかい点を今検討中でございますが、大綱につきましては、過日の閣議の決定におきまして、当日行われます結婚の儀と朝見の儀、それから引き続き行われます祝宴の儀が、国の儀式として行われるということが正式に決定になったわけでございます。そのほかの儀式につきましては、実は旧来の諸規定をもとにいたしまして、なるべく簡素に行う、あるいは時代に即するようにするという趣旨のもとに整備をいたしているわけであります。いろいろございます中で、特に国の儀式として考えましたものは今申しました三つでありまして、結婚の儀というのは、これはあくまで両殿下が誓い合われるという結婚の中心をなすものであります。朝見の儀と申しますのは、両陛下に両殿下が正式に会われてあいさつをされるという意味のものでございまして、これは前回の立太子礼、成年式礼の際にも国の儀式として行なったので、その例に従ったわけであります。最後の祝宴と申しますのは、天皇陛下が内外の人に御披露をなさるという公的なものとして、これを国の儀式の一つに入れたわけであります。その他お内輪でなさいますもの、あるいは皇室の御例によって神宮その他に参拝されるということは、一切内輪のこととしていたしたわけであります。


○内海委員長 高瀬傳君。


○高瀬委員 実は赤城官房長官においでを願いたいと申し上げてあったのですが、それはどうでしょうか。


○内海委員長 赤城さんは参議院の本会議に行っておりまして……。


○高瀬委員 実は私は皇室会議のあり方について私の所見も述べ、あるいは内閣あるいは宮内庁の意向も伺いたい、こういうことであるのであります。特に今回の皇太子殿下の結婚に関しまして、皇室会議のあり方について一言お伺いしたい。そして私の所見も述べたい、こういうのであります。もちろん前提条件として、私は皇太子妃が今回きまりまして、御成婚があるということについて、日本国民として心からお喜びを申し上げておる一人でございますから、そういう点は誤解のないようにお願いしたい。

 私は皇室のあり方というものについて、平井君などと意見が違うかもわかりませんが、敗戦直後陛下もおっしゃったように記憶しておるのでありますけれども、つまり英国の皇室のようなあり方、これが日本としては非常に望ましいということを陛下がおっしゃったように記憶しておるのであります。御承知のように私から申し上げるまでもなくいイギリスは今日存在しておるところの君主制の国家の典型的、代表的のものであると言ってもいいのでありまして、皇室と国民とが真に一体になっておるということは事実のようであります。従って敗戦後、日本が民主主義の国家として再出発した際に、英国流の皇室のあり方、あるいは英国流の議会の運営のあり方、あるいは英国流の国民と皇室の関係、こういうものを陛下は理想にしておられたのではないか、そういうふうに拝察される節があるのでございます。しかし現在必ずしも皇室と国民とが一体になっておるとは私は思えない点もございます。たとえば、これは言葉のあやでありますから、こんなことは理由にはならぬかもしれませんが、菊のカーテン、こういうような言葉をよく耳にいたします。従って現在の皇室に対する国民の感情というものは、今回の皇太子妃の選定に当りまして、端的にこれらの点を現わしておる点がなきにしもあらず、一般の世論というものは非常にお祝いを申し、私もその一人でありますが、必ずしもそればかりではない。先ほど平井君もちょっと触れたようであります。しかも憲法の第一条に明記してあります通り、天皇は日本国民統合の象徴でありますから、皇室と国民とが密接なつながりを持つということは当然でございますし、天皇御自身ももちろんそういうふうにお考えになっておると私は拝察いたします。ところが現在の、特に今回の結婚で国民感情から多少離れているような印象がある。これは実は私はあの発表の形式とか、そういうものをかれこれ言うのではありませんが、実際のところ皇太子妃の選定に当りまして、宮内庁の宇佐美さん初め関係者は長い間大へん御苦労になったと思うのです。この点私は敬意を表しておりますが、国会も何ら御結婚について知らされておりません。公式発表の十日前、つまり十一月十七日のニューズ・ウィークには事こまかに、全部私は翻訳して持っておりますが、「皇太子の恋」という表題で詳細に報道されております。結局知らないのは国民だけだ。私はこういう問題がありましたときに、宮内庁に電話をかけまして、宇佐美さんは当時お留守でありましたが、そういう事実があるかどうか、私はそれを尋ねたのでありますが、電話に出た人は相当の方だと思いましたが、全然知らないというお話でございました。それはいろいろ都合があったかもしれませんが、現在結納もかわされた今日ならば、その辺のいきさつを相当詳細に御報告を願って、そうしてやはり国会の記録に残しておく必要がある。これはやはり一つの国事でございますから、その点はぜひとも――先ほど、いろいろうわさされておるような事実はないとか、断片的におっしゃったようでございますが、ニューズ・ウィークにいろいろなことが書いてあります。特にこれは恋愛という言葉を盛んに使っております。たとえば「二人は恋愛中だが、果して因襲に刃向って結婚ができるだろうか、これが事情を知っている連中がもう何カ月も抱いている疑問である。」というようなこと、それから「皇太子が正田美智子さんに初めて会ったのは軽井沢のテニス・コートである。」それから、非常に反対があったということも載っております。「反対は大へんなものだ。一番驚いたのは米国の占領下に皇室を除いて爵位を全廃された元の公爵、伯爵、子爵、男爵などであった。天皇の義妹に当られる秩父宮妃のお母さんの松平信子前子爵夫人を先頭に、華族たちは皇族出の他の候補者を立てて運動したが、民主化がとうとう皇位にまで及んだことに一斉にろうばいした。」こんなことが書いてあります。これはもちろん単なるニュースでありますから、私はその信憑性のいかんは知りませんけれども、特にあのとき宇佐美長官もおっしゃったと思うのですが、あれは恋愛ではない、たとえば結婚は相互の合意のみによって成立し、相互の協力によって打ち立てなければならないという憲法の条章そのものとは関係がない、普通の恋愛ではないのだということを非常に強調されたようでございます。従ってこういうような問題について、先ほど長官も非常にいい機会を与えてもらって感謝すると言われましたが、私はやはり国家の一つの重大な国事でございますから、こういう点についても詳細に系統的にいきさつを説明されて、国会の記録に残しておく方がよかろう、私はこういうふうに考えるので申し上げているようなわけであります。ここで一問一答をして宇佐見さんをどうこうしようというのではございません。

 それから、特に私の念頭に浮びましたことは、皇室会議というものはただ一度しか開かれていない。結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろいろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのでありますが、こういうふうになりますと、皇室会議などというものは非常に形式的なものであって、国民や国体と重大な関係にある皇太子妃を決定するということは、あまりにも非民主主義的なやり方じゃないか。皇室会議というものは非常に形式的なものになって、たった一回、既成事実を承認するというだけになってしまったのでは、皇室会議のあり方としては非常に危険じゃないか、こういうふうに思うのであります。特にたとえば皇室典範の第三条を見てみますと、世継ぎの方、皇嗣に重大な事故があるときは、皇室会議の議によって皇位継承の順序を変えることができる、こういうふうに述べてあります。従ってこの皇室会議を開くのは、議長であるところの総理大臣ではありますけれども、形式的には宮内庁がイニシアチブをとることになりますから、これが非民主主義的に運営されるということになりますと、非常に重大な結果を及ぼすと思うのであります。従ってこれは宮内庁だけを責めるわけには参りません。政府の重大なる責任でもあると思いますが、一体こういうような点で、ただ既成事実だけを皇室会議に形式的にかけて、たった一回だけの会議でああいう重大な国事をきめるということが果していいのかどうか、その点が非常に私は重大だ、こう思うのであります。

 それからもう一つ、こういうような問題について、これは例は違いますけれども、イギリスなどの例をとってみますと、たびたび非公式の閣僚会議などを開いております。たとえば私はここにノーマン・バリメインの書いた「ザ・ストーリイ・オブ・ピーター・タウンゼント」という本を持っておりますが、これによりますと、あのプリンセス・マーガレットがタウンゼントと婚約するときに、非常に衆人環視の中で国民が納得するような状態でああいう問題を解決したようであります。従ってその当時のサー・アンソニー・イーデンはたびたび閣僚会議を開き、あるいはカンタベリー大僧正とも相談をし、あるいは上院の枢密院議長のソールスベリー卿などとも相談をして、慎重な手続をとってあのプリンセス・マーガレットの問題を解決した。私は当時ロンドンにおりました。非常にその点の合理的な国民と密着したやり方について、敬意を表して帰ってきた一人なのであります。従ってそれと比較して、この皇太子妃のきめ方が一回の皇室会議できまる。しかも私は、きょう内閣側からだれも出ておりませんが、この皇室会議の構成自体についても非常に疑問を持っております。両院の議長、副議長が出ているが、副議長というものは議長が事故あるときにだけこれを代理するものであって、院を代表して出るとすれば議長だけでいい、こういうような点も私の聞きたい点でございますが、答弁する人がおりません。

 そこで私は、この皇室会議の構成についても疑問があるし、ああいう皇位継承をきめるような重大な皇室会議というものはもっとたびたび開くなり、あるいは内閣と連絡するなり、そういうふうにして国民が納得するような状態であの御結婚をきめていただいたらなおよかったのじゃないか、こう思いますが、これらに対する宮内庁の見解、それから内閣の見解、それから宮内庁は内閣などとどういうふうな折衝をされたか、小泉という人は皇太子殿下の先生でありましょうけれども、大体田島、小泉などという方だけがイニシアチブをとって、きまったものを総理大臣に報告し、総理大臣はただ正田美智子さんの信仰の問題だけをお聞きになったというふうにしかわれわれは受け取れない。それの前にたびたび閣僚会議を開くなり、あるいは皇室会議を開くなり、こういうふうにして念には念を入れてきまったものならば私は非常にけっこうだと思うのですが、われわれ国民はその点は全然知らされてない。知らないのは国民だけだという結果になったわけであります。十一月十七日のニュースでこういうこともちゃんと出ているわけであります。それで私は電話をかけた。

 しかも十二月六日号の「エコノミスト」に日本の皇室と題して、宮内庁の役人の各位には非常に痛いことを書いてあるのであります。これは読むとはなはだ妙なことになりますが、一応読んでみましょう。「古くからの皇室の伝統のうち、残っているものは天皇一家が守っているよりも、むしろ皇室の役人が守っているといった方がいい。宮内庁の役人の数は一万人から一千人に激減したが、依然強力である。彼らは野心を持たず、別に悪い人間ではないが、強い義務感に縛られる傾向があるので、時代に取り残されがちである。彼らは渉外のセンスがないので、他の官庁のより進歩的な役人たちからきらわれ、一般国民から疑惑の目で見られている。」これは非常にお気の毒ですが、これはただ書いてあるので、私の意見ではございませんから……。「皇太子の婚約発表の際、発行部数の多い日刊紙「読売」は十一月二十八日の社説で辛らつに論じている。「天皇を独占することによって特権を維持しようとする暗い勢力が、かたくなに民衆への接近を妨げていたのである。皇太子の婚約は、これらの人たちの態度に対して、痛烈な反省のむちを与えたものと言ってよい」以上の言葉は、正しいと思っていることをやってきただけの役人たちにとって、やや点が辛いかもしれない。だが、大ていの日本人は、宮内庁の官僚が皇太子に、一般民間人と決して結婚させないと考えてきたが、今では皇太子みずからがこれら官僚に分を知らしめることによってのみ、自分の望みを貫徹したと信じ、皇太子の勇気ある行為に対して、熱烈な拍手を送っていることは事実だ。」というのであります。非常に長くかかりましたが、こういう批評もあるのでございますから、私は宮内庁の、特に皇室会議なんかに対するやり方に対して反省を促したい、こういうことでございます。

 それから先ほど三笠宮の問題で受田君からお話がありましたが、私は少くとも皇族方というものは政治的にもあらゆる点で中立性を持って、インパーシャルでなければいけないと思うのです。特に選挙権もない、被選挙権も行使されない、こういう地位にあるのでありますから、やはり政治的な影響のあることは発言されない方がいいと思うのであります。そういう点で宇佐美長官が率直に三笠宮におっしゃったことは私は正しいと考えております。従って今後も三笠宮殿下の学問のいろいろ結論とかなんとかを、そういうふうな中立の立場にある特殊な皇族方は、ぜひとも積極的に発表されないことを望む一人でございます。

 自分の意見だけを長々と述べましたが、これらについて実は内閣並びに宮内庁の意見を拝聴したい。特に私は宇佐美さんを責めるよりも、国家組織法によりましても、宮内庁は内閣の一つの庁になっておるのでありますから、内閣委員会としては赤城官房長官の臨席を願って、この点の所見をはっきりと聞く必要があると確信いたしておるのでありますが、どういうわけか来ない、それでは答弁を得ることもできませんが、宇佐美さんに一つ所見をお伺いしたい。


○宇佐美説明員 きわめて多岐にわたっての御質問でございます。今回の御結婚に対しまして、もう数年前から、私が長官になる前からいろいろな準備が始まっておった、調査があったわけであります。もちろんその調査につきましては先ほどもちょっと申し上げましたように、これは御両親陛下としても御心配になることであり、皇太子様自身のお考えということもございまして、十分お考えも伺いながら方針を立てて参ったわけであります。もとより御選考の基準と申しますものはこれは皇太子様の妃殿下にふさわしい方ということで、御健康にしろ何にしろ最上級、お尋ねがあればそう申し上げるよりほかないわけでございます。しかし現実の場合にはそういったすべて万全を備えるということはなかなか困難でございます。ただ国会においても各報道が漸次現われるにつれまして、ほとんど毎国会ごとに宮内庁の考えの御質問がございました。それにつきましてはお尋ねに従って、われわれは考えるところを率直に申し上げて参ったつもりでございます。その当初の考えは国会でもお答え申し上げたと思いますが、そういった諸要件がすぐれた方であられるのはもちろんでございますけれども、その御選考の範囲というものについてもお尋ねがあったわけでございます。御承知の通り前の皇室典範におきましては、皇族の結婚は皇族または華族に限るという規定がございました。それが新しい憲法に従ってできました新しい皇室典範におきましては、憲法の精神によって、華族制度はもちろん貴族の制度というものが廃止されたのでございます。従って、皇族男子の御結婚につきましては、何ら法制的には制限はございませんけれども、やはり皇室自体が長い歴史を持ったお家でありまするし、旧来の範囲から選考が始まるというのが、むしろ常識的であるということをわれわれも考えておったのでありますが、しかしそういったときにも、ときによっては、その範囲外に出ることもあり得る。御質問の中にも、全国民を対象にして選べというようなこともしばしば伺ったわけであります。われわれとしてはそういうようなことでお答えしたと記憶するのであります。実際の選考に当りますると、やはり終戦後の各家庭生活の変化でございますとか、あるいは優生学的な見地からの制限でありますとか、いろいろな点でなかなかむずかしい問題に逢着いたしました。従って、第一段の方針から一歩出るということにつきましても、実に時間をかけて慎重に考えたわけでございます。単純に考えたわけではなかったのであります。しかし実際問題といたしまして、一般と申しましても、どこでもいいというわけではございません。やはり日本の良識のあるりっぱな家庭ということを考えなければなりません。これのうちからまた候補を選ぶということにつきましては、相当苦心をいたしたわけであります。だんだんそれをしぼって参りまして、何人かの候補をあげ、殿下にもよく御説明をして、私どもの申し上げることと殿下の御決心も合致いたしまして、ことしになりましてようやく進行するようになったわけであります。その間私どもといたしましては、前内閣あるいは現内閣におきましても、総理大臣にはそういった経過を申し上げ、それからそういった大きな根本の方針の変更等についても説明申し上げて参ったのであります。

 皇室会議を開きますことは、先ほど仰せになりました通りに、議長たる内閣総理大臣の招集でございます。もちろん一国の官吏としての立場、議長としての立場から、私どもといたしましては、過去においても十分な御連絡と御意見を伺うということには意を配って参ったつもりでございます。そういうことで皇室会議が開会せられたわけでございます。実際先ほどお述べになりました通り、皇室会議を開くにつきましても、実は皇室会議が設置せられましてから第二回の例であります。第一回は御承知の通りに、新憲法の実施の当時に多くの皇族が下られまして、そのときが一回で、第二回であります。私といたしましてもこの取扱いについては、内々皇室会議の委員であられる方の御意見も聞きながらやったつもりであります。会議が開かれまして、できるだけ経過と資料を申し上げ、私といたしましては、世上でいわれまするいろいろな不安と申しますか、心配ということも率直に申し上げて、御説明をしたわけであります。その結果、満場一致でおきめをいただいたのであります。ただ今回の問題を離れて、将来のことを考えます際に、先ほど摂政の場合の例をお引きになりましたが、要するに結婚の場合におきましては、あくまで憲法の原則と申しますか、これは新しい憲法ばかりでなく、従前からも、これは人間の本質であろうと思いますが、結婚される方の合意がなければならぬわけでございます。事前にいろいろなものを多くの人が公式に論議をして、これを配合するというものではなかろうと思っております。皇室会議におきまする皇族男子の御結婚、将来も起るのでございますが、これはやはり両性、両方の合意というものがなければ、皇室会議の議にはならないのではないかというふうに思います。こういった選考の経過というものを国民に周知させてやるということは、その事柄の性質上、私は避けねばならないことだと考えております。その間においていろいろ派生的な問題が起りますし、人権の問題にも及ぶことであろうと思います。ただ皇室会議に慎重に審議を願うという意味から申しまして、私も今の皇室会議があのままでいいかどうかということは、実は今回当りまして、いささか考えたことでございます。今回の現実のことを申すのではなく、全体を進める上において、たとえば御結婚会のような重大なことを進めます際に、今の制度のままでいいかどうかということは多少私も考えました。まだこうしたらいいのではないかという結論はここで申し上げかねますけれども、単に御結婚のことばかりでなく、摂政の選定等いろいろ重大なことを議する制度でございますから、慎重に検討しなければなりませんが、私も正直に申し上げて、多少当時は考えて、幾らか申したこともございます。そういうような点から考えますと、皇室制につきましても、御発言のようなことが一つあるのかもしれません。どういうふうにしたらば、ほんとうに事を運ぶに容易であって、しかも慎重な審議を尽せるかという行き方について、将来検討すべきものであろう、こう考えます。申し落したことがあるかと思いますが、以上でございます。
○高瀬委員 私は別にこれ以上伺うことはありませんが、実はこういうふうな重大な国事というものは、やはり国会というものは国民の代表というか、国権の最高権威のところですから、こういうことはやはり内閣において公式に国会に報告があってしかるべきものだと思うのです。それは宇佐美さんに申し上げてもなんでありますが、私はその点を特に官房長官に念を押しておきたかったのでありますが、おりませんから、委員長を通してこれをお願いします。委員長、いいですか。特にこういう問題については、やはり公式に国会に内閣が報告する義務があると思うのです。そういうことを特に私は確かめたかったのですけれども、おりませんから、委員長を通してお願いいたします。それから、特に皇室会議のあり方ということについては、宇佐美長官もいろいろ考えておられるようでありますから、内閣においても慎重に考える必要がある。うまくいったときはいいのですが、いろいろ事が紛糾した場合に、あんなやり方、ほんとうの形式的な、イエスかノーかというようなやり方では、非常に国民が安心しない。私はこういう考えでございますから、どうぞ御善処方を要望いたしまして終ります。


○内海委員長 柏正男君。


○柏委員 今までの各委員の御質問を聞きまして、私もいろいろと考えさせられる点がございます。私は、国民の大多数は、自民党の委員さんの言われるような意味で皇太子の御成婚を考えてはいないのではないか、もっと明るい、朗らかな気持でこの御成婚を迎えておる、これが実態ではないかと感ずるものでございます。そうでなければ、これからの天皇制、これからの皇室というものに対して、私どもは安心ができないというように思います。そういう立場において私は、今度の皇太子の御成婚を契機として新しい皇室制度というものが自然に生まれてくるのではないか、そういう感じをいたしておるものでございますが、そういう観点から以下の質問をやってみたいと思います。

 今回の皇太子の御成婚は、皇太子御自身があるいはどの程度に意識されておったかはわかりませんけれども、古い封建的な皇室制度から、新しい時代に即した皇室制度に移っていこうというようにお考えになっておるのではないか、そういうように私どもは感ずるものでございます。すなわち従来の皇太子妃の選定方法と今度は、これが一変してしまっておる。皇太子みずからが、今までは日本民族の上に立つ皇室というようなものから、日本民族の中に溶け込んでいく皇室というような姿に変っていっている。古い意味の皇室制度というものは厳としてやはり中にはあるのでございましょうが、それに挑戦するように今度の新しい御成婚がわいてきておる。これに私ども国民の大多数は明るい希望をつないでおるのではないか、そういうように私は思います。しかしこういう御成婚の問題をまた違った意味で、何か皇室の尊厳を傷つけるように考えておる人たちも、今までの質問の中に出ておりますので、むしろ私どもは意外に思うくらいでございます。私どもは、戦後に民主主義の教育を受けられました皇太子が、身をもってこの時代の流れの中で、封建的なものではない、民主的なものを打ち立てよう、それを実践しようとしておられることに対して、ほんとうに力をかして、皇太子のお考えになる道を実現さしてあげねばならない、そういうように感じます。その意味におきまして、私どもはこのたびの御成婚の式につきましても、ほんとうにそういう皇太子のお気持がどの程度現わされておるだろうか、そういう点について、尊厳というよりもかえって、もっと違った意味合いの心配を感じております。しかしその点について先はほど長官からお話もございましたので、重ねて御質問する必要もないわけであります。皇太子が御婚約をされ、御婚礼の式をあげられて新しい生活にお入りになるという場に入ったわけでございますが、そのことはまた新しく次の天皇としての生活への第一歩でございます。そういう意味からして、果して皇太子のこれからの生活設計が、皇太子の意図されるような、国民の中に溶け込んでいくような皇室というようなものを、これからの生活設計の中に宮内庁としてお考えになっておるかどうか。そういう点について、新しい皇居の造営の問題とか、あるいは皇居の開放論とかいうふうなものと関連を持って、宮内庁ではどういうふうにお考えになっておるか、御見解を承わっておきたいと思います。


○宇佐美説明員 このたびの皇太子様の御婚約が、国民の大多数に非常に明るい気持を与えておるという点は、各種の面から見て間違いのないことだと私も考えております。しかし国の内外を通じまして、こういう問題にそれぞれの立場から他の意見を持ち、あるいは心配をなさる方があるということは、これまた間違いのないことだろうと思います。過去のこういった大きな問題につきましても、常にあったことであります。ただ先ほど来、非常に真情を披瀝しての御質問がございましたが、そういった一部における――将来のために御質問があったことと私はありがたく拝聴しておるわけであります。今回の御結婚がこれによってすぐどうなるということでなく、私が常に申しますように、御結婚は第一歩であります。今後これをスタートとしてりっぱな御家庭を作り、皇室の中心に立っていだたくということこそ願うべきことであろうと思います。そういうような点につきまして国民もまた相協力して、そうしてお互いに日本の将来のために進んで行くべきものであるということを考えるものでございます。われわれそのお手伝いをする立場におります者といたしましては、よく将来のこと、あるいは国民の気持を洞察して、日々そういうような問題を具体的な問題で現わしてこたえていきたいというふうに考えておるわけであります。


○柏委員 今の御答弁で私ども考えております明るい皇太子の御成婚ということに対して、皇室を初め関係者その他においても同じく考えておられることが私どもよくわかるのでございます。それだけに私は、こういう明るい日本の皇室を、再び昔のような菊のカーテンの中に追い込んでしまう、雲の上に押し上げてしまうというような形にならないように、これから天皇側近の皆さん方において特に留意をしていただきたい、そういう感じをいたしております。また正田美智子さんは民間人として宮中に入られるわけでございますから、それだけにいろいろと因襲のあるところにお入りになるので、心配もおありだろうと思います。国民もひとしくそのことを心配しております。普通の家庭でも家風の違うところに参りますと心配でございますが、それ以上の心配を国民がひとしく持っておる。この御成婚がうまくいかないようなことでもあったならば、その責任は一体どこに出てくるだろう。私ども国民のひとしく願うところは、この御成婚がやはりともにしらがの生えるまで、ほんとうに偕老同穴のりっぱな御生涯を送られますように、これを願っております。しかし宮中はなかなかむずかしいしきたりもあるそうで、先ほどお話のありましたように、肉親の方にも会いに行けないというような、あるいはおいでにならなかったというようなことがあるというようなことを聞くだけでも、胸のふさがるような思いがいたします。そういう点から人間美智子さんが人間としての生活を、これからの生涯を宮中において平穏無事にお過ごしになれるように、皆様方、特に御配慮を願いたいという気がいたします。

 その次に私の申し上げたいことは、従来とは異なって民主主義の教育を受けた天皇の時代がくる。今までのような帝王学を身につけられた天皇ではなくして、民主主義を身につけて、ほんとうに人間天皇として初めから教育された方が天皇の地位につかれ、国民統合の象徴としておふるまいになるという、今までと違った新しいケースができていく。その意味におきまして、決して帝王学が天皇に必要なのでなくして、良心至上主義に徹した、りっぱな人間としての天皇をお作りになっていくということこそ私どもは願いたいのでございまして、天皇が特別の教育を受けて、人間とかけ離れた者になっていかなければならないというお考えを持っておられるような発言に対しては、私どもはどうしても賛同いたしかねる。今の小泉さんがやっておられるような教育の仕方をこそ、私ども国民の大多数の者が、ほとんど全国民と言っていい、すべての人々がそういうことを願っているのではないか。今の皇太子に対して私ども日本民族が希望をかけ、期待をかげておるゆえんのものは、りっぱな人間としてすくすくと成長しておる純真な人である――そう頭脳明晰だというような感じをみんな持っておりません。そうでないが、人間としては実にりっぱな皇太子が、この次には天皇になられるのだというところに、日本民族の希望があるのだ、そういうふうに声なき国民の声というものを私ども感ずるものでございます。それだけに曲げられた教育をされていくというようなことはなるべくチェックしていただいて、今のようなりっぱな民主主義の教育を身につけられた天皇ができていかれることをお願いいたしたいと思っております。今まで明治憲法のもとにおきましては、確かに天皇は最終の決定権者でございました。それだけに私どもは最終の決定権者である天皇に対しましては、ほんとうに人間としての能力の最善なるものを要求しなければならなかったと思います。ある意味におきましては、明治天皇は確かに人間としても私らが考えられる能力の面から見ましても、最上級のお方であらせられたと思います。しかしそれに続く大正、昭和におきましては、明治天皇に求めた最上級のものを求めることは不可能であったと思います。明治憲法のようなほんとうの天皇制のもとにおきましては、天皇の人間としての能力が問題になっておったと思います。しかしながら新憲法におきましては、天皇はもうすでに最終の決定権者ではありません。その意味におきまして私は天皇が最終の決定権者でないそういう事態に即して、天皇が生物学をおやりになろうと、歴史学をおやりになろうと、それは天皇の自由であり、天皇もその意味において人間として十分にお好きな道をお進みになってけっこうだと思います。しかしながら私どもは天皇が国の象徴であるという点から見まして、皇室の天皇はいつもりっぱな状態であるようにおしつけを願いたいと思うのでございます。その意味からいきますと、先ほど受田委員からもお話がございましたが、現天皇におかせられては少しく身体的障害というようなものもこのごろはおありになるのではないかという懸念を私どもは感ずるのでございます。たとえば最近にございました開会式当日の天皇の御様子を見ましても、顔色はなはだすぐれられない、あるいは御歩行においてもまだ五十何才のお方にしてはしっかりされていない、言語もあまりきちっとされていないというような点から見ますと、あるいは天皇御自身に身体的障害というようなものでもおありになるのではないかという懸念さえ持つものでございます。かりにもしそういう事態でもございますものならば、皇室典範にも憲法にも規定されております摂政を置かれるということを、当然に宮内庁あるいは側近において何らかの形でお考えを願うことが出てくるのではないかという感じがいたします。そういう意味で今は一つの段階に来ておる。先ほど天皇退位のお話もございましたが、退位はいろいろの面でもし実現できないといたしましても、摂政を置かれるということは、憲法においても皇室典範においても定められておることでございますから、その限度においてこの際皇太子の御成婚を一つの機会にして、摂政を置かれるということについて何らかお考え合せになったようなことがございますかどうか、そういう点について伺いたいと思います。


○宇佐美説明員 皇太子殿下の明るい御結婚について、こういった気持を発展して明るい皇室、明るい国ということにつきましては、先ほど申し上げました通り私どもが今日がスタートで、この気持がほんとうに実りますように努めるべきものであると考えております。明治時代と現在におきましては、天皇の地位も変って参り、明治、大正、昭和と比較いたしまして、そのときの国家の情勢、社会の情勢、そういった諸制度、あるいはおそれ多いことでございますが、各天皇の御人格またそれぞれ御特徴があることと思います。常に同じ方ということはあり得ないわけでございます。日本将来のためにこの新しい感じ、国民とともに進まれるというお気持を大いに今後発展すべきであるということにつきましては、私どもそういうことで努めて参りたいと思います。ただお述べになりました陛下の御健康につきましては、最近数年間おかぜもおひきになったことございません。何ら御支障ございません。従ってただいまお述べになりましたようなことは夢にも考えたことはございません。


○柏委員 健康の点につきましては、おそばにおられる皆さん方の方がいつもごらんになっておられるので、かえってお気づきにならないのではないかというようなことさえ私どもは考えます。私どもはほんとうにときたま天皇にお目にかかるわけでございますが、ときたまのものであるがゆえになお、過去数年来の健康がお悪いのじゃないかという懸念を持つものでございます。そういう点は民間でございますればすぐ、顔色が悪いよ、人間ドックにお入りなさいということが言えるのでございますが、そういう精密検査というようなことをおやりになったことがございますか。


○宇佐美説明員 両陛下初め皇太子様、皆様方の御健康につきましては侍医が数名おりまして、常に拝診をいたしております。一切御心配ないことと存じます。


○柏委員 それではその点は私ども安心いたしますが、次に憲法改正の問題と天皇制との関連につきまして、現在憲法調査会においては第三委員会か何かでもって、すでにこういう問題は取り上げられていると思っております。こういう現在の流れの中におきましては、天皇制が憲法改正の問題の中に取り上げられるときに、昔の天皇制に返していくというような力が非常に多く動いております。民主主義政治への反動の形として、憲法改正と天皇制の問題とが結びついております。そういう状態ではございますが、しかしながら私どもが皇室の永遠の安泰という点を考えますと、現在皇太子御成婚において見られるような、すなわち皇室が今までの菊のカーテンをはずして、国民と一緒に溶け込んでいくというような姿、また先ほどお話のございました三笠宮の紀元節反対の態度と申しますか、お話というものが、かえって国民には皇室を身近なものとして感じさしていく。ある一部の人は、皇族の身分でそういうことを言うのはけしからぬというように言われるかもしれませんが、国民の大多数は、そうじゃない、なかなか三笠宮様は公平にものをお考えになっておる、皇室をして誤まらしめないようなものの考え方を持っておられるのだというように感じておるのじゃないかと私どもは考えるものでございます。そういうように、いろいろな意味合いから見まして、皇室が菊のカーテンをみずからおはずしになって、国民に溶け込もうという状態にありますだけに、この憲法改正の問題の中に天皇制が昔の姿になって返っていくというようなことは、かえってひいきの引き倒しになっていくのではないかということを私どもはおそれます。そういう意味で、宮内庁としては、こういうことに対して積極的に、天皇制をどういうようにするのか、あるいはまた将来においてもっと違う形に変えていこうとするのか、また皇室会議のようなものにそういう問題をかけて考えてみるというようなことがありますものかどうか、そういう点についてお話を承おりたいと思います。


○宇佐美説明員 憲法改正と皇室というものとの関係についてのお尋ねでございますが、現に政府では憲法調査会を設置せられまして調査の途中でございます。それはわが国としてきわめて大きな、全国民が関心を持つ政治的な問題でございまして、特に皇室のお世話をいたしております宮内庁といたしまして、そういう問題についてただいま意見を申し上げることは適当ではないと私どもは考えております。ただ歴史というものは昔のままには返らぬ、そのままには返らぬということを私はいつも考えております。


○柏委員 では最後に、実は私は昨日あるところから印刷物を届けられたのですが、その中に非常に不敬なことが書いてありますので、ちょっとそれを御披露します。その中には、粉屋の娘が殿下と呼ばれるようになり、さらに陛下というように敬われるということ自体からして、皇室の尊厳がなくなる、国民の尊崇というものが薄くなるのではないか、天皇制がそういう点から廃止されるのではないかというようなことを書いた印刷物を受け取りましたが、そういう点を考えますと、私どもは全く反対の考えを持っておるものでございます。これらは明らかに国粋主義の――昔国粋主義というのがございましたが、そういう国粋主義というか、あるいは右翼的といいますか、そういう非常に偏向したところではそういう考え方を持っておるということが考えられるのでございます。そういうことは、天皇を神格化しようという考えがあればこそ、今のような言葉が出るのでございまして、こういう考え方は、伊勢神宮を特殊化していこうとか、あるいは二月十一日の紀元節の復活をしようとかいうようなことに対する一連の連なりのある考え方であるといわざるを得ないと思っております。こういうことは、一つの皇室への忠誠のように見受けられるのでございますが、ほんとうはただひいきの引き倒しになっていく。皇室の永遠の安泰のためには、皇太子妃の選定に見られますような民主的な皇太子の考え方の方向が、私は実に大事な方向ではないかと考えます。そういう意味におきまして、宮内庁におきましても歴史の進み方に歯車を合せて、新しい社会制度がどういうように変革をいたしましても、永遠に日本民族とともに繁栄していける皇室制度を確立する。単なる目の前に見えるものだけでなくして、永遠に日本民族とともに生きていく皇室制度というものについて深くお考えを願って、国民の上に特殊な存在として作っていくという考え方よりも、もっと国民の中に溶け込んで、日本民族のほんとうの象徴として伸びていくというように一つお考え願い、新しい皇室制度もお考えいただくようにお願いいたしまして、この質問を終りたいと思います。


○内海委員長 次に菊池義郎君。


○菊池委員 宮内庁長官にお尋ねいたしますが、この皇太子殿下の御成婚につきまして諸説ふんぷんとして、国民はいろいろの誤解を抱いておるのでございます。私は、皇太子が平民の娘をそのきさきとして選ばれたことを非常に喜んでおります。平民であろうが新平民であろうが、粉屋の娘であろうが何であろうが差しつかえないと私は考えておるのであります。こういう点において、私は欣快にたえないと考えておりますが、その婚約の過程においていろいろの謀略、策略が行われておるということが、最近の週刊雑誌やその他の刷りものにおいて世間に流布され、これによって国民が非常な疑惑を抱いて、国民の頭は割り切れないような感じになっておるのであります。この際それが事実であるかいなかを長官から明確に発表されて、そうして流説の真偽を明らかにして下さるならば、国民は晴れやかな気持になり得ると思うのであります。私はもう時間がございませんので、端的にせんじ詰めて要点々々だけ申し上げますから、長官も簡単にお答えを願いたい。

 まず第一にお伺いしたいのは、この婚約の前に、美智子嬢は二十五人の見合いをしておられた。そして最後に波多野という青年と婚約、これを破棄して皇太子の方に振りかえたというようなことが流布されております。週刊雑誌に出ておりますが、これは事実でありましょうかどうか。


○宇佐美説明員 非常にりっぱな方で、従前にもいろいろ結婚のお申し込みがあったように伺いますけれども、お尋ねのようなことは全く聞いたこともございません。


○菊池委員 片一方にそういう婚約がありながら、これを破棄して婚約をするということは、世俗、人情に反し、道義をじゅうりんし、将来の国民の象徴たるべき人を作り上げるにはふさわしいことではないと思うのでございます。そういう婚約者があるかどうか、その点をお伺いいたしたい。波多野という青年です。


○宇佐美説明員 全くないものと考えます。


○菊池委員 もう一つ重大なことは、この婚約を運ばれた方々、運動に当られた方々が全部カトリック教徒である。前の田島長官もカトリック教徒であり、それから宇佐美長官もカトリック教徒であり、小泉信三氏もカトリック教徒であり、それからしゅうとになられる正田英三郎氏もカトリック教徒である。それから最高裁判所長官の田中耕太郎氏もカトリック教徒である。カトリック教徒の一連のからくりによってこの婚約が運ばれたという説が流布されておるが、これはいかがであるか、承わりたい。


○宇佐美説明員 関係なさった方々がどういう宗教であるかということは、私調べたことはございませんので、責任を持ってお答えいたしかねますが、私がカトリック教徒であるなどということはとんでもない間違いであります。ただ出身せられた聖心学院というのはカトリック系の学校でありますが、御本人は洗礼を受けておられない。あるいはカトリックが将来皇室に対して何らか影響を持たないかという心配をせられた方々が世上あるということは聞いたことがございます。しかし、もちろん美智子さんは洗礼を受けておられませんし、学校当局においても非常に慎重な態度をとっておられまして、この問題に対しては何ら御心配はないと考えるのでございます。従って、過去においてこの問題についてカトリック系の陰謀があったなどということは全然根拠がございません。


○菊池委員 もう一つ、この御結婚の話について、天皇皇后両陛下を初め皇族の方々がみな反対されたという説が流布されております。皇室会議が終りまして、その報告を宇佐美長官から天皇陛下に申し上げると、天皇陛下は怒られたお顔で、ふんまんやる方ないお顔で一言も発せられなかったというようなことも流布されておりますが、これはいかがでありますか。


○宇佐美説明員 今回の御結婚につきまして、御両親陛下であります両陛下その他皆様の御反対があって、進め得られるものではございません。ましてやただいま申されたようなデマは、取るに足らぬものと私は思います。


○菊池委員 さらに、皇室会議が開かれたのは十一月二十七日でございますが、その前十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって館林に通知しております。こういうことは、皇室会議を無視し、皇室典範を無視し、国民を愚弄するもはなはだしき行動であるといわれても弁解の余地はないと思うのでありますが、この点はいかがでありましょう。


○宇佐美説明員 皇室会議の前に館林に電報を打ったなどということは、思いもよらぬことであります。ましてや館林に宮内庁がどうして電報を打つか、了解に苦しむところであります。


○菊池委員 別の問題に移りますが、東宮御所の造営であります。われわれは、赤坂離宮がありますので、国会図書館がドイツ大使館の跡に建ちますと、そこへ国会図書館を移して、東宮殿下が移られるものと考えておりました。ところが、もうその国会図書館の引っ越しまでそう長くもないのに東宮御所を建てるということは、費用は少いといたしましても、国民に与える影響がいかにもおもしろくないと思うのであります。それで、こういうことについては長官から天皇陛下にも進言し、東宮御所の造営は見合せて、御所ができてから赤坂離宮に引っ越されてはどうかというくらいのことはおっしゃられてもよかったのじゃないかと思いますが、この点はいかがでございますか。


○宇佐美説明員 御質問の趣旨は、皇居の建設と皇太子殿下の御所の関係でございますか。赤坂離宮でございますか。


○菊池委員 東宮御所です。


○宇佐美説明員 赤坂離宮が国会図書館に移管されまして、今国会図書館の所管になっておるわけでございます。それがあるのに東宮御所を作るのはおかしいじゃないかという御質問のように伺いましたが……


○菊池委員 引っ越しまでしんぼうせられてはどうかということです。


○宇佐美説明員 国会図書館がいつ新しいところに移られて、あとどうなるかということはまだきまっておらないことでございます。しかも一方皇太子様の御殿というのは、お一人でも非常に狭いのでありまして、御結婚を控えましてどうしても早く建設しなければならないという事情に迫られてお願いいたしたわけであります。あるいは世上説をなしで、皇居ができないのに東宮様の御所を作るのは早いのじゃないかという説を聞いたこともございますけれども、しかし実際の必要に迫られていたしたことでございます。御了承をいただきたいと思いますし、もう一つは、今国会図書館の入っております赤坂元離宮は、住居としてはとうてい使いにくいところでございます。これだけは申し上げておきたいと思います。


○菊池委員 そうすると、赤坂離宮ががらあき状態になったときには何に使うのですか。


○宇佐美説明員 現在国会図書館の所管でございまして、その後につきましてはどう措置されるか、まだはっきり決定はいたしておりません。しかしながらあれを国会図書館に移管いたしましたときに、皇室経済会議にかけておるわけでございますが、そのときの議事録を見ますると、希望としては、国会図書館が不要になりましたときは皇室の用に供するようにしてもらいたいという希望は出ておる。しかしそのあとのことはまだはっきりきまっておるわけではございません。


○菊池委員 そうしますと、東宮御所を今度新築するということは、要するに結婚のためにというだけでございますか。


○宇佐美説明員 現在お一人だけで外交団にお会いになりますとか、そのことでも困っております。また御結婚になりますればいよいよそれが激しくなるわけでございます。そういう全般的の考慮からいたしたわけでございます。


○菊池委員 国民の中には、家なくして困っております数百万の同胞がありますし、また失業者も三百万もあるということですが、そのくらいなら皇居を利用することもできようし、今の仮御所を利用することもできましょうし、どうにでもできると思いますが、皇室に限ってはそういう融通がきかぬものでございましょうか。


○宇佐美説明員 皇居の中の諸建物もきわめて狭隘でございます。またそういうわけで彼此融通すると申しましても簡単でございません。お述べになりましたように、国民の生活を重視しますならば、いろいろ問題もございましょう。しかし私どもといたしましては、昨年来国会の慎重な御審議を経て予算をいただいておるわけでございます。


○菊池委員 間組から七千万円の工事を一万円で受けると好意的に言ってきた。ああいう話は喜んで受くべきではないかと思いますが、いかがでございましょうか。向うはせっかく寄付しようと言っておるのに……。


○宇佐美説明員 東宮御所の建設につきまして、御審議になりました通りに、宮内庁の予算に上って、それを建設省に全部委託してございます。建設省が入札その他を進めておられることでございます。この間の問題につきましては、そういう申し出をせられた方の純粋なお気持をわれわれはもちろん疑いたくはございません。そういう意味で申すわけではございませんが、そういった全国民の上に立っておられる皇太子様、皇族、皇室の方々としては、一人の方の恩恵を多く受けるということはできない。これは憲法のいろいろな条章から見てもはっきり出ていることだと思います。


○菊池委員 最近皇居の移転論が盛んに行われて、読売新聞あたりで取り上げて議論まで起しておりますが、私は欧州あたりの宮城を見て、日本の皇居は世界の名城であると考えております。イタリアのローマ城、シナの北京城、エジプトのカイロ城を見ましたが、外観の美において日本の宮城に及ぶものはない。あそこから皇居を取りのけたら、世界の使臣は楽しみに来るのでありますから、彼らは失望するだろうと思います。宮城の上空の空気が悪いとかなんとか言っておりますが、それなら下町のあんな空気の悪いところに住んでおる何百万の住民は、死んでもいいのかということになるのであります。長官はこの皇居移転論についてどうお考えになりますか。また陛下はこれについてどういうお考えを持っておられますか。それを伺いたい。


○宇佐美説明員 皇居は戦災によって焼失いたしまして、その後事務所の一部を使って今日に至られたわけであります。講和条約ができましてから諸外国からの使臣もふえますし、国賓その他来訪者も非常に多く、国の力の充実とともにそういった行事も非常に多くなっております。前から国民の中におきましても、早く皇居を作るべきではないかということが盛んにわれわれの耳にも入って来るわけでございます。しかし陛下の従前までのお気持と申しますのは、戦後の国民の生活上の困苦をしのばれまして、常に先憂後楽というお気持から、今までこういう問題について触れることを私どもにはお許しにならなかったのが事実でございます。しかしいずれかはこれは建てなければならないという問題が起って参るわけでございます。われわれとしてもいろいろ調査をいたしておったわけであります。しかしその過程におきまして、皇居の位置その他についていろいろな意見が昔からございます。最近起ったわけではございません。新しく皇居を作るといたしますれば、その位置とかあるいは今までしばしば熱烈に出ております、国民が献金をしたいという各地における希望、その他建築のやり方につきましてもずいぶんいろいろな意見を申されます。ほんとうに全国民の皇居として考えるということにおきましては、単に宮内庁だけで事務的に結論をつけてしまうということは適当でないということで、今回皇居造営審議会を作り、広く御意見も聞いて、その上で慎重に進めたいというふうに考えておるのであります。ただ私どもはこの問題を解決するについては、宮殿あるいはお住居、あるいはまた陛下の御日常の模様でありますとか、世間でいわれます各種の条件を考え、しかも単に理想論でなくて、日本の経済にも合う点を考えなければならないというふうに考えております。私どもは今の皇居は一つも手をつけてはいけないというような考えはもちろん持っておりません。そういった意味におきまして、これは将来のために慎重に考えなければならない問題でありまして、単純な開放論という問題については、私は直ちに賛成いたしかねる次第でございます。


○菊池委員 つまり開放ということは、あの宮城から皇居を移転することでございますが、あの宮城から皇居を別のところに移転するということについて、長官はどうお考えになりますか。これをお伺いしているのです。現在の宮城内に皇居を置いた方がいいとお考えになりますか。ほかのどこかに移転した方がいいとお考えになりますか。陛下はこれについてどういうお考えを持っておられますか。その点をお伺いしたいと思います。


○宇佐美説明員 私どもの今までの事務的な調査では、諸種の条件から見て宮城内に作るということでいろいろな資料を集めつつございます。しかし今お尋ねのありました陛下がどうお考えになっているかは、審議会を作ろうという前に申し上げる時期でないというふうに私は考えております。


○菊池委員 結婚式に招待する外国の使臣の席順はどういうふうになるのですか。


○宇佐美説明員 今回の御結婚式において、多少他国の例もございますが、特派使節というものは前例によって受けないということでございます。ただ外交使節、外国使臣というものは、おそらく祝宴にお招きがあるだろうと思います。その席順ということでございますが、これはおのずから国際慣例によって、外務省とよく打ち合せたものがございます。おそらくそれによることだと思います。


○菊池委員 英国のエリザベス女王の戴冠式に皇太子が行かれたときに、その座席が実に右を見ても左を見ても黒人種ばかりであった。それで皇太子は憤慨されたということであった。今度の結婚式においては、英国の大使だけは黒人種の中にまぜてすわらせてもらいたいと思います。その点どうでしょうか。


○宇佐美説明員 皇太子様が戴冠式においでになって、そういう御感想を漏らされたということは、私は聞いたことはございません。席順はおのずから国際慣例があるので、今のようなまぜるということは、どうも解しかねることだと思います。


○菊池委員 それから結婚式が昔ながらの衣冠束帯、これはどうも南方の風俗のようで、世界各国に何となく日本が野蛮国のような印象を与えやすいと思うのであります。衣冠束帯というものはやめにして、最近の流行の洋風で一切がっさいやってしまったらどんなものですか。


○宇佐美説明員 過去の歴史に基かないで、新しくここでものを考えるとなれば、あるいはその場所柄も考えていろいろな案も立とうと思います。やはり皇室は一つの伝統に立っておられる、こういった大きなおめでたい儀式、結婚式場の場所柄を考えましても、やはりこれに合った服装をなさるべきだと思います。祝宴その他のときの服装は、これはまだはっきり決定いたしておりませんけれども、殿下が洋装をなさるか、あるいは妃殿下になられる方が和服になさるか、そういう点は今慎重に考えつつございます。


○菊池委員 別のことでございますが、皇太子殿下にしても陛下にしても、政治、経済学をさっぱり研究せられないで、生物学ばかり研究しておられるのでございますが、これからは皇太子にも政治、経済の学問を熱心にさせ、国際情勢も勉強させなければならぬというように私は考えておるのです。生物学の研究ばかりではどうも心配だと思う。日本が第二次大戦に突入したのも、天皇陛下が国際情勢を知らないで生物学ばかり研究して、カエルの目玉やホタルのしりばかりいじっておられた結果、とうとう軍部に押し切られて、ああいう悲惨な目に日本を陥れたのでございますが、これを考えるにつきましても、やはり天皇というものには政治経済学をしっかりやっていただかなければならぬと思うのでありますが、そういう点は長官はどうお考えになりますか。


○宇佐美説明員 ただいまの御発言は私どもはきわめて意外で、私どもはそういう認識は全然持っておりません。特に陛下や皇太子様が生物学ばかりというようなことは、全く根拠のないことでございます。現に外交問題については、毎週のように外務省の専門家に聞いておられます。経済問題についても、時々その道の人を呼んで聞いておられますし、皇太子様も御勉強になっておられます。皇太子様も今後だんだん学校を出られまして、そういう政治、社会、あらゆる問題についての御認識を深めていただく方針のもとに現に進めつつございます。御安心をいただきたいと思います。


○菊池委員 それから天皇という名称でございますが、外国語に訳しようがないそうですね。ヘブン・エンペラーというような訳はない。天皇という実に古めかしい、いかにも新興宗教のような名前で、われわれは聞き苦しいのでありますが、何とかこれを改めて――日露戦争当時には、宣戦の詔勅にも、大日本帝国皇帝となっていました。皇帝とか大帝というように現代語に改めてはどうかと思いますが、そういうことについて長官に何か構想はございませんか。


○宇佐美説明員 天皇ということにつきましての御発言でありますが、長い歴史と、現代の憲法、日本国民の大多数の感情から、そういうことは、私はないものと考えておるのでございます。


○菊池委員 さらに宮内庁の機構でありますが、一万人から現在は千人近くに減らされている。けれども、世界の宮廷を見ましても、千人もの吏員を擁している宮廷はどこにもない。日本がこういう貧弱な国家でもって、千人近くの吏員を擁しておるということは、いかにも不均衡であると思うのでありますが、これを敗戦の今日において、また陛下も今までの大権を失われた今日におきましては、そうたくさんの吏員は必要はないと思う。これは二分の一でも、あるいは五分の一でも私は間に合うのではないかと思いますが、これを大々的に削減して、三分の一ぐらいに減らす、そういったお考えはございませんでしょうか。


○宇佐美説明員 宮内庁の陣容につきましては、今仰せになりましたが、終戦当時においては約六千二百名でございました。現在千人以下でございます。もっとも六千といううちには、農林省に移管いたしました帝室林野局、それからただいまの国立博物館、学習院等、仕事とともに移ったものを除きましても、当時の三分の一でございます。終戦後十回以上にわたって徹底的に一人々々の仕事の内容を見て、減らしてきたわけであります。しかもわれわれといたしましては、中の配置転換につきましても、急不急を見ながら極力増員を避けていたしておるわけであります。われわれとしまして、終戦後とあまり変らないいろいろの諸施設を擁して、三分の一以下の人で全力をあげてやっておる状況でございます。外国との比較もございましたが、イギリスの王室等につきまして、幾ら向うへ行って調べてもなかなか実はわからない。しかし最近統計年鑑等を見ましても、課長ぐらいの幹部だけでも四百人、その下は幾らいるかわからないのであります。そういうようなことで、数というのは全国に散っている御陵七百八十カ所の管理まで含んでのことであります。私どもは現在の状況が多過ぎるということは現在考えておりません。しかし将来事務の必要によって――たとえば外国関係が非常にふえつつございますけれども、増員もいたしておりません。それは中のやり繰りをしてやっておるような実情でございます。


○菊池委員 千人ということは外務省とほぼ匹敵しているのでありますが、外務省にほぼ匹敵するぐらいの人員を擁するということは、今の宮内庁としてはあまりにも多過ぎると考える。この点一つ御工夫を願いまして、私の質問は終ります。


○内海委員長 高橋禎一君。


○高橋(禎)委員 もう時間もだいぶおそいようですし、あともう一人いらっしゃいますから、簡単に今日の委員会で出ました問題に関連して、長官に二、三お伺いをいたしておきたいと思います。

 私は宮内庁に対して非常な理解者といいますか、同情者といいますか、そのお立場を理解して、ほんとうにお気の毒だ、かような感情がわいてくるのであります。と申しますのは、昭和二十年、敗戦後占領政治の時代、これは日本の天皇制に対するいわば革命期といいますか、国民の天皇制に対する考え方が非常に動揺をした時代であります。ところが独立いたしました今日においても、一部には天皇制を否認するような考え方の人もありましょう。それからまた一部には、今の憲法の表現しておる天皇が日本国の象徴である、日本国民統合の象徴であるという、そういう言葉をもってしたのでは、まだいわゆる天皇制に対しての表現としては不徹底であるといったような考え方の人もありますでしょうし、天皇制についての考え方はいろいろあるわけであります。その間にあって、憲法は天皇制を認めているわけでありますから、天皇制を擁護し、憲法を守っていこうということに非常に関係の深いお仕事をしておられる宮内庁としては、なかなか仕事のやりにくい面があると思うのであります。しかしそのむずかしいことは、国民大多数は承知しているわけでありますから、憲法その他の法制の精神に従って、強い信念を持って私はお仕事をやっていただきたいと思うのであります。

 そこで、それに関連いたしましてお尋ねをいたしますが、天皇、摂政については、憲法に憲法擁護の義務を明らかに規定をしているのであります。御承知の通り第九十九条に、「天皇又は摂政」云々は、「この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」こういうように規定しておりますから、私は天皇御自身は、天皇制を擁護していこうということに対しての国家的な大きな責任をやはりお持ちになっておるように思われるのであります。ところが一般の皇族の方は、一体どういうふうな御関係にあられるか。お尋ねいたしますのは、国民全体が憲法を尊重し、憲法の認めている天皇制を守らなければならない責任があると思いますが、皇族の方々は、いわゆる普通国民と同じような意味においてであるか、あるいはまた天皇と格別御関係の深い方々であるから、天皇に準じての立場において天皇制を擁護していく責任をお持ちになっているのであるかどうか、その点についてのお考えがありましたらお聞かせ願いたいと思います。


○宇佐美説明員 皇族のお立場の御質問でございますが、現在の皇室典範におきまして皇位継承権の義務をになう方、皇室として法律的にも、その経済的な面においても、いろいろな規定があるわけであります。それはあくまで皇位継承権者としての責務であろうと思います。それだけに国家的な配慮がなされておる。従ってそういうお立場でございますから、よけい中立な立場におられて、それぞれの立場においで国のためにお尽しになるということであろうと思います。昔の規定によりますと、天皇は皇族を監督するというような規定もございました。今はございません。またその経済の立て方の問題、あるいはそこに勤めます職員の問題にいたしましても、あの規定のできましたのがまだ占領下の時代でございまして、占領軍の方のいろいろな意向も相当多く入ってきたのではないかと想像されます。今から見ますと、いろいろ実情に合わないような点もあろうかと思いますが、そういう点のはなはだしいところは多少訂正を国会でお願いしたこともございます。そういうような意味で、皇族という方が、やはり天皇の御一族と申しますか、そういうお立場から今申し上げましたようなふうに、りっぱな行動をしていただくようにわれわれは念願をするわけでございます。


○高橋(禎)委員 今長官のお話のありましたように、やはり皇族は一般国民とは異なった立場において、天皇制を擁護していくという責任があると私は思っておるのであります。そういうことになりますと、その責任を果されるために、やはり教育の問題も起ってくると思うのであります。学校教育、それから世間でいうその他の社会教育と言ってはちょっと表現が正しくないかもしれませんが、学校教育以外の教育によって、その線に沿ってほんとうにその職責を果されるようなことが必要であると思うのでありますが、皇族の方の教育に関して、宮内庁ではどういうふうな配慮がなされておるか、また制度上どうなっておるか、それについてお尋ねいたしたいと思います。


○宇佐美説明員 皇族と申し上げましても、陛下の御膝下にあらせられます未成年であられる方は、清宮様だけであります。そのほかの方はすでに成年に達しまして、学校を出て、それぞれ研修を積んでおられるわけであります。そのほか秩父、高松、三笠宮関係は、すでに相当のお年でございまして、一家をなされておりますので、特に私どもは教育というような面について何らいたしておりません。ただ三笠宮様のお子様が御五方おられますが、これは御両親が慈愛の目でもって教育なさっております。まだお小さいのでございまして、宮内庁としてはただいまのところ特に御方針なり、いろいろなことについて申し上げたこともございません。その御家庭において今御教育をお進めになっておるわけであります。まだ上の方が中学でいらっしゃる程度でございます。


○高橋(禎)委員 天皇それから皇族の点については今のお答えによりましてわかりましたが、今度は皇族でない、いわゆる御親族の方々については、これはもう一般の国民と同じであるか、あるいはまた先ほど来お話のあったような立場にあられる方々の親族であるという立場で、宮内庁としては、いわゆる皇室を守り、そして日本の天皇制、すなわちそれは憲法ということになりますが、守っていくために格別の配慮がなされておるか、あるいはそうでないか、その点いかがですか。


○宇佐美説明員 ただいま仰せの通りに、皇族でおられて御結婚等によってすでに皇族の籍を離れられておる、あるいは新憲法と同時に皇族籍を離れられた各宮家、あるいはその他の御親族の関係は、今お話のございます通りに、これは一国民としてのお立場でございまして、宮内庁でとやかく干渉すべきではございません。ただわれわれ皇室の私的な面についてのお手伝いをいたしておりますから、何か御連絡でありますとか、何かの御希望等がございますれば、お世話するときもございますが、これはあくまで役所の仕事ではありません。


○高橋(禎)委員 天皇及び皇族の方々が、先ほど来話に出ました人間としての幸福な生活を送っていただくように、国民は一人残らず念願しているわけであります。さらにその上に憲法上りっぱな立場にあられるのでございまして、またそれが確立擁護されていくということを、国民の大多数が念願しているわけでありますから、国民のその気持を尊重し、それを失望さすといったようなことのないように、私どもは現在のごとく将来もあっていただきたいということを念願しているわけでありまして、やはりそれには教育という問題が非常に関係があると思いますので、それらについても特段の御配慮が願いたい。また法制上必要なものについては、やはりその制度を確立する必要もあると思いますので、それらについてお考えがあれば伺いたいと存じます。

 次に、今度は物的設備の問題であります。皇居運営に関しての審議会設置法が提案されているわけでありますが、私どもりっぱな皇居の造営されることを希望する者の一人でありますが、ただこの場合に考えなければならぬと思いますことは、私、外国をちょっと回ってみましたところから受けた印象、あるいは日本の歴史及び現在残存している有名建築等を見まして、りっぱな建物というものが何かそこにやはり人間に対して大きな影響を与え、意味を持っているということを痛感しているわけであります。従ってやはり日本の国の象徴としての天皇のお住居なり、または憲法上認められておるお仕事をなさる関係、それからさらに国際的な影響というようなことを思いますときに、私は日本的な、そして非常にりっぱなものを造営されることが必要だ、いたずらに外国式のまねをしただけの建物で、バラックのような印象を与える。とても外国のまねをしましても、外国の宮殿のような大きなものを作るということはなかなか容易でない。それにまねをして洋間を作っても、それがまた貧弱であるということではいかぬので、やはり天皇制はその制度そのものが日本のいい伝統といいますか、国民の気持の現われでありますから、天皇がお住まいになりあるいはお仕事をなさる場所というものも、やはりそういう考えをくんでやられる必要がある。もちろんこういうことについては審議会等において十分検討されることであると思いますけれども、それらについての資料、お考えというようなものを、十分国会あるいは審議会等に出していただくようにされることがいいと私は考えておるのでありますが、それらについてはどういうふうなお考えでしょうか。


○宇佐美説明員 将来建設さるべき皇居の様式等についての御発言でございますが、私どももいたずらにヨーロッパのまねをする必要はないのじゃないか、私参ったのではございませんが、宮内庁から調査いたしました報告を見ましても、非常に歴史的なものが多いのでございまして、とうていそれをそのまままねることができないのは当然でございますし、日本で建てます以上は、日本の建築の技術と日本的な現代の建築最高の技術を合せて取り入れてやるべきだろう。もちろん様式等は周囲の風光その他にもよることでございますし、なお大ぜいの方が入られることでありますから、利用の面からも十分考えなければならぬ。またこれは何事でもそうでございますが、やはり質素にやってはどうかということ、いや豪華でやれという説もありましょうが、しかし宮殿と申しますか、皇居としてふさわしいものでなければならないと私は思っております。また昭和のほんとうにいい建築だといわれるような工夫をしなければならないというふうに思っております。


○高橋(禎)委員 では最後に同じようなことになりますけれども、希望を述べておきます。こういう問題については、いろいろの意見が出ますが、ただそのときに出た雑然とした思いつき等に押し流されるというのではなくて、憲法の認めておる天皇制を守るために、私はやはり皇居というものの規模その他が非常に影響すると思うのでありまして、人の問題、物的設備の問題等を十分総合的に考えて、大いに天皇制を守っていこう、憲法を守っていこう、そういう考えで一つ進めていただきたいということを特にお願いをいたして、私の質問を終ります。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html



▲△▽▼

平井義一 (政治家、没年不明) - Wikipedia

平井 義一(ひらい ぎいち、1913年3月 - 没年不明)は、日本の政治家。元衆議院議員(5期)。


経歴

東京都出身。明治大学法学部卒。東京地方専売局に勤務した後、計理士となり、麹町区議、東京市会議長秘書を歴任する。1947年の第23回衆議院議員総選挙で福岡4区から日本自由党公認で立候補して初当選。以来5期務める。

第4次吉田内閣で郵政政務次官に就任する。1955年の保守合同により自由民主党衆議院議員となる。

1960年の総選挙で落選。その後も複数回総選挙に出馬したが、いずれも及ばず、国政復帰はならなかった。

このほか横綱審議委員、日本プロレス協会長などを務めた。

1972年にはシングル「部隊長」(キングレコードに製造を委託した自主製作盤。品番:NCS-387)で歌手デビューもしている(B面は神田たかし「青年の歌」)。


参考文献
『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%BE%A9%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)



▲△▽▼


それにしても、正田家と美智子さんの うさん臭さを国会で追及した平井議員の消息が不明って…怖いですね。

これでも皇后擁護? やり放題になった乱脈皇室 2015-12-02
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12101934575.html


それにしても、美智子さんのうさん臭さを国会で追及した平井議員の消息が不明って…怖いですね。


こちらは↓数ヶ月前から保存していた資料なのですが、

第三十一回 国会衆議院 内閣委員会
昭和三十四年二月六日(金曜日)午前十時十九分開議
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005.pdf


言及するには「続日本記」まで解読、その他勉強と関連資料集めがたくさん必要で一日延ばししている内に、不定期更新になってしまいました。

絶句するような、大変なことも述べられています。

いつ、きちんと学び解析できるか分かりませんので、とりあえず第一級「資料」として皆さまにご提示します。この記録もこの所、ぼちぼち表に出始めていはいるようだし。

これに併せて、美智子さまが大左翼政党社会党に支持されての入内であったことを、ぜひご記憶ください。またカトリック団体からの応援があったことも。

こちらの国会記録を通読してまず思ったのが、皇室への敬意は昔のほうが強かったと一般に思い込まれていますが、戦前はともかく戦後の数年間は皇室への国民への視線は非常に厳しく現在より冷静であったようです。

そして、巧妙になし崩しにことは運ばれて、現在は皇室の権力が危険水域に達するまで強大になっています。天皇陛下による、内閣に無断のイミョンバク元大統領への親書による接触で友好・謝罪訪問願い、

日本最大の巡視艇を私用に改造してのパラオ行き決行(政府は反対)、皇太子による習近平夫人への接触、創価学会イベント参加、池田大作氏の息子との会食、皇后陛下による従軍慰安婦問題への関与、A級戦犯発言、九条の会加担、元GHQメンバー賛美・・・・他、政府と国民の意向は無視して天皇皇后の「私情」正確には皇后の意志優先で「やりたい放題」になっているのが現在の皇室です。

要するにOSS発GHQの描いた10年がかりのシナリオ通りにことは運び、間もなく日本解体皇室弱体化劇は、エンディングを迎えようとしています。OSS3年間、GHQ7年間をプラスして10年間をかけて練り上げた完璧に近いシナリオです。

そこに、秋篠宮殿下による、シナリオライター(OSS、GHQ)の予想外の
ドンデン結末が付け加えられるかどうかが、今後の皇室のひいては日本の新たな物語の幕開けになるか、亡びへの序章となるか、でしょう。

政治も含め今の流れのまま、事が進むなら日本は変質して、もはや日本という国は消滅してしまうでしょう。

OSSは日本の精神性瓦解、GHQは日本の軍事力解体と2本の柱はありますが両者の目的はむろん通底してそれぞれ存在していました。いえ、過去形ではなくOSS発GHQの埋め込んだ自己増殖を続けるウィルスは現在も作動中、その目的を今や果たしつつあります。

安倍総理による後三年間の政治の安泰と、秋篠宮殿下の表舞台への御登場を切に望む次第です。

(お断りしておきますが以前から弊ブログでは安倍総理100%の支持者ではないことは繰り返し表明、批判すべきはして来ています。ただ現実厳しき中、この現実を踏まえつつ、現時点では他にいない以上安倍総理を推すしかないと思っています)

「君は尊くましませど、民を苦しむれば天これを許さず」

これを弊ブログ主は手を変え品を変え、訴え続けてきたわけです。
自称保守が、凝り固まって見ようとしない点。
昔から「民を苦しむる」天皇はいたからこその、北畠親房卿の言葉です。

*北畠親房

北畠 親房(きたばたけ ちかふさ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿。著書の『神皇正統記』で名高い。

昔は、宮中に自浄作用がありました。だから不適格の皇太子や天皇が排除され、現在まで皇統を繋いできたのです。

現代、自浄作用は廃絶されました。雅子さん入内により、小和田王朝自虐史観王国が外務省創価派により形作られ、しかし小和田王朝成立の背後には、正田美智子さん入内により始まった、OSS発GHQによる皇室壊しが始まり、民の気づかぬ内に皇室への批判は公にはいつしかご法度とされ、政治家もこの分野には口をつぐんで硬直するようになってしまいました。

第三十一回 国会衆議院 内閣委員会の記録を 読めば解るように、昔は実に発言が自由、批判も可能だったのです。
「不敬」の一言で発言を封じられる今が異常なのです。
思考停止保守というのは、まさしくGHQ勢力の思う壺、皇室を崇めているようで、実は貶め弱体化したい勢力の催眠術にむざむざかかっています。

「(皇太子の地位は)必ずしも現在のような長子相続という形ばかりではなかったのでございます」

これも現代日本人が知らないことの一つではないでしょうか。思えば長子相続に何らの意味はなく、有能なほう、海外にお出ましになられた時の風采も押し出しも含めて決められるべきでしょう。

秋篠宮への委譲を主張するものに対して「不敬」呼ばわりする思考停止層は、歴史を知らぬと言うべきでしょう。

うがてば、長子相続制度の設定はGHQ勢力の目論見であった可能性もあるかもしれません。
A級戦犯の絞首刑を今上(当時は少年としての皇太子)にぶつけ、お前もいうことを聞かねば吊るすぞと脅しをかけ、更にはバイニング夫人による洗脳と、当時の長子である皇太子を洗脳したわけですから、それをさしおいて弟君に即位されたりすると、計画が覆るので、長子と限定させたとも(可能性として)考えられます。

「先生、日本はもう、しまいましたね」
皇室尊崇の老婆がこう言った、と。見抜いていたと言わざるを得ません。その尊崇故に老婆には却って見えるものがあったということではないですか?

現代も同じこと「尊崇故に」物申すのです。批判無き輩は皇室を真剣には思っていません。

「もう皇室の尊厳というものは・・・・だんだんなくなって来る」

その通りになっていますね。「不敬」という言葉を錦の御旗に、口封じしてその結果、国民の尊崇を得られない皇室に成り果ててているわけです。たかが庶民の粉屋の娘が、女帝として今は宮内庁も天皇も従え、皇室の頂点に君臨していますが、その皇室は政府の意志すら無視して、ことを決行するようになっています。韓国大統領への友好願い親書、巡視艇の私的改造、使用他。

それらを糊塗するがごとき、被災地訪問。これは昭和になって始まったことであり、しかし被災地に必ずしも心を沿わせてのご訪問ではないことに、国民は気づき始めています。鬼怒川の氾濫がきっかけでした。
まだ混乱の最中に、護衛の車を連ね人々を引き連れて乗り込まれ、ただお辞儀するだけの、プロモーション映像制作のためのパーフォーマンス。

しかも皇后陛下は、朝鮮式挨拶であるコンスのポーズでのお辞儀です。

「今少し厳格な教育をされたらいかがですか」

これは当時の皇太子(今上陛下)のことで、当時の言動を拝すれば「よくぞ言ってくださった」と思われます。軽薄極まりなく、朝9時から勤務して夕方5時には終わり、後は家庭生活を大事にしたい、などと。だったら、皇籍離脱してご自身でお稼ぎ遊ばせ、と当然なりますね。学習院大学を落第したのに、特別措置で「学業終了」として卒業扱いにしてもらったお方の頭脳で、何を考えられるやら。


特権と富は手放さず、権利は庶民と同じ生活形態を望む・・・・・現在の皇太子の在り方そのままです。元凶は天皇陛下にあり、ひいては皇后陛下にあります。

そして1959年(昭和34年)の頃は、民が「もっとまともな教育を」と宮内庁に注文がつけられていたのです。それも国会の場で! 今なら考えられませんね。一切の批判を許さず、という偏頗な形に持って来られ、それは決して皇室の健全な存続に資することはありません。

批判すればよってたかって「不敬」の連呼。こと皇室問題に関しては北朝鮮にさせられてしまいました。

三笠宮は皇族でありながら、神武天皇を否定するということは当然男子一系否定、つまりは自己否定なのですから、皇籍は離脱なさるべきだと思いますね。

皇族であるアイデンティティを否定しながら皇族として、無為の暮らしを送りつつ、大枚の国費を受け取りながらのありようは欺瞞です。あまつさえ、南京大虐殺の肯定。

今上陛下による、先祖に朝鮮人がいる発言も必ずしも歴史の定説とはならざることを含めて、言ってはならぬことをお弁えではありません。今上陛下も三笠宮もこの基本の禁句を心得ていらっしゃいません。


「美智子嬢は25人の見合いをしていられた」

「最後に波多野という青年と婚約。これを破棄して皇太子のほうに振り替えた」

宮内庁側は否定していますが、否定せざるを得ませんね。
むろん、当時の週刊誌の記事をまるごと信じるわけではありませんが、国会という言質が取られたら厄介な場で、見合い25回、25回目の婚約者が波多野、と極めて具体的な回数と名前が出てきていることに留意は必要でしょう。

「美智子嬢」が15歳から、見方によってはいささか下品な婚活パーティに出ていたことは既報の通り。主催者がGHQ寄りの人物である可能性についても触れました。15歳でエリート男子を狙っての婚活なら、25回見合い歴はない話ではないでしょう。三島由紀夫との見合いも否定する人がいるようですが否定の論拠は曖昧です。


拙ブログが最近掴んだ、入内にあたっての関係者がすべてプロテスタントかカトリックのキリスト教徒であるという事実が、当時も不可解に思われていたのですね。「カトリックの陰謀」と表現されていますが「カトリック(プロテスタントも含む)を日本と皇室弱体化ツール」として使ったのはGHQです。

ただこの時代にGHQを口にしたら、その地位から(場合によっては命さえ)消されかねない状況ではあったかもしれません。一番の恐怖はこれもGHQが日本弱体化の尖兵として使った朝鮮人が束になっての親、子供への押しかけ、恫喝であったでしょう。彼らが特権を奪い取るにあたっての、常套手段です。

美智子さまご成婚時は、GHQが表向き引き上げてから7年間が経過していますが、GHQが愛国者をバサバサ刈り取って残った自虐史観売国奴が国のあちこちを仕切っていました。雅子妃の父親、小和田恒氏が外務省におけるその典型です。だから形としてのGHQは解体しても、去った後GHQ勢力は根強く日本に残り、定着しました。

美智子さまの父上正田英三郎氏もカトリック教徒だったのですね。

冨美夫人との出会いが双葉高等女学校の「礼拝」であった、というから美智子さまの母、冨美さんもカトリック教徒だったということでしょう。
臨終洗礼とされていることに、拙ブログは疑問を呈してきました。
美智子さま入内にあたって、一族郎党全員カトリック教徒であることが解ると、当然美智子さまの信仰にも疑義が及ぶので、自らは受洗していないことにしたのではないか、と。

祖父母の代から一族郎党全員カトリック教徒(ブログ主独自の調査で現在ミャンマー在住の、正田姓を名乗るお身内の方もカトリックだと掴んでいます)の中、美智子さまだけ違うというのは無理があるのではないでしょうか。洗礼はまずお受けになられている・・・・つまり入内にあたって、嘘をつかれた可能性があるかもしれません。いや、相当濃厚にカトリック教徒として胸に十字架を抱いたままの入内ではなかったかと、考えるほうが自然でしょう。

信仰を密かに抱かれていなければ、その後のカトリックへの明らかに頻繁な接触が説明出来ません。
美智子さまは、大変な嘘をつかれての入内と拙ブログ主は心証的には色濃くそう思っています。

朝日新聞記者により、発表されたカトリック信徒を思わせるベール姿が公開された時、わっと泣き崩れた美智子さま。勝ち気な美智子さまが泣き崩れるほどの衝撃は、自らがカトリック教徒だったからではないのですか?

もしそうでないのなら、違いますと答えればいいだけのこと。

嘘をついての入内を今更難詰しても、現実を変える力はありませんが、皇后なるお方が政府と国民、そして昭和天皇皇后両陛下を裏切って、皇太子妃となった方かもしれないということは、国民は知っておくべきでしょう。

仮にカトリック教徒でないとしても、頻繁なるカトリック教徒たちとの交流、教会行き、ローマ法王への傾斜など、神道の祭祀王の妻としての立ち位置は著しく損ねていらっしゃいます。合唱練習を名目に母校への月一回の訪問は、敷地内にある聖堂で礼拝なさるためではないのですか?

私的お出ましにも、護衛の車10台が付き従うと仄聞します。そのつど大きなお金が出て、年間通算すると莫大になるでしょう。九条の会の音楽家の追悼コンサートへのお出ましも、公のお金が費やされています。

言葉を変えれば皇后の「反日左翼活動」に私たちが営々と時に苦しみながら納めている税金が、いとも安易に使われているということです。

美智子さまは、象徴であるということに対して何やら小難しい理屈を述べて、象徴であることは出来ないと言っていらっしゃいますが、そんな言い分は、屁理屈と申します。

ことは簡単でたとえば、浮世の政治的なイベントにお出にならぬこと。
あの大戦への言及、憲法に対するお考えなど、国民の世論を二分するそのどちらかへ加担などなさらないことなのです。

象徴であらんとすることは、何をすべきということではなく、してはならぬということをお守りになることです。

こんな簡単なことがお分かりにならない愚昧さ。

美智子さまの入内に関して皇族全員が反対という説は否定されていますが、しかしながら「全員」賛成という説のほうが首肯出来かねます。

不自然ですよ、美智子さまも雅子さまも入内にあたって周辺では強い反対に取り囲まれながら、皇室会議においては一人の反対もなく、すんなり決定。

双方、きちっと調査がなされれば絶対あり得なかった、と言いきってもいいほど
「瑕疵」のある縁談なのに。

外国先行報道、あるいは報道先行で既成事実化して現実周辺では
反対論が渦巻いているのに、皇室会議では反対者ゼロで通過の
不自然さも小和田雅子さん入内の時と同じ手口ですね。

他幾つも、新たな発見がある国会記録かと思われます。
読んでみてください。平成の世の皇后陛下を論じるにあたって
後世相当役に立つ資料だと思われます。それゆえ他の資料のように
押し隠しておきたいでしょうが、国会記録抹殺まではさすがに出来かねたのでしょうか、国民にとっては幸いなことでした。

後世の評価はおそらく前代未聞、希代の悪女皇后となるかと思われます。

その悪辣さにおいて美智子さま。無能力なダメさかげんにおいては雅子さま。
いずれも皇室の歴史上、突出した黒歴史として末代まで残ることでしょう。
そしてそれを支持した、愚かしい民衆が保守の名で存在していたことも。

備考 田島道治宮内庁長官(無教会 派)、宇佐美毅宮内庁長官(クエーカー)などもクリスチャンと、拾えますが決定的データは今のところ拾えないでいます。いずれにしても美智子さまの入内に絡んで動いた人々にキリスト教関係者が偶然の確率超えて以上に多いのは事実。荒っぽく言えば、宮内庁はクリスチャンと創価学会の巣窟となっているかもしれません。

美智子妃入内にあたってはキリスト教が背後に。
雅子妃入内にあたっては、創価学会。

・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


追記 読者さまよりコメ欄に寄せられた情報。


WiLL 1月号に、『皇后の真実』 工藤美代子 著 の書評があります。
元産経新聞記者の方が書かれていますが、最後の方の記述にびっくりしました。
この方が記者時代、皇后に直接関わった高名な二人から、激しい皇后批判を別々に聞き驚いたそうです。
口外していないけれど、今でも忘れられないということですから、ぜひどこかで書いていただきたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・ここまで

逝去の後、少しずつでも結局全部語られ、さらされそうです。


更に追記 コメ欄への読者さまからの書き込み

質問に立った自民党議員は、昭和の憂国の臣だと思います。
天皇の本道・本質を明らかにし、すでに始まった劣化と将来迎える危機を鋭く指摘して下さった自民党議員に感謝とお詫びを申し上げたい思いで、どのような方なのか少し調べてみました。

《平井義一衆議院議員 自民党》
平井議員の深い洞察には改めて感服します。議員生命賭けての質

疑だったと思います。
しかし平井議員が憂慮されたとおりになってしまい、今、泉下からご覧になって何を思われていらっしゃるか。

平井議員は「吉田学校=吉田茂派閥」のメンバーで、第四次吉田内閣で郵政政務次官就任。その他に横綱審議委員や日本プロレス会長(893大親分複数が役員になっていたので警察に解散命令出された後の一新人事で会長就任)等務めた形。

入内するところまでは、吉田茂はミテコ押しだったはずなので、退陣後といえども親分に逆らったのですから…(後に御所でのプッツン振りを知り、アンチミテコになったとか)
義一さん、真の国士でいらっしゃいます。
この後の選挙は落選が続きそのまま引退されていますので…逆風吹いたかなぁ?
没年も判らないなんて、悪の藩屏に抑え込まれたのか?

写真中央が平井氏(横審時代でしょうか。元関脇北の洋・緒方昇氏宅とのこと)
h ttp://members3.jcom.home.ne.jp/abashirikai/jpeg/tuitou-3.jpg

《菊池義郎衆議院議員 自民党》
菊池議員に至っては、質問をするために、この回のみ町村金吾議員(故町村信孝議員の父上)と交代して委員になっています。
美智子さんの疑惑はもとより。国会図書館設立に尽力した人なので、赤坂離宮内の図書館廃止の件を取り上げたかったのでしょう。

せっかく、見合い25回で婚約者有り、入内チームがカトリック教徒(正確にはキリスト教徒と言うべき)だらけと良いところを突いていても。宇佐美長官に揚げ足取られたり突っ込みの甘さから、週刊誌報道の火消しに終わり、残念に思います。でも、当時から胡散臭さは知られていた事を記録に残してくださいました。

衣冠束帯では南方の風俗のようで野蛮国と見られやしないかとか、英国女王戴冠式では皇太子が黒人の中に座らされたので、婚礼では英国大使は黒人来賓の間に座らせろだの……_| ̄|○ (宇佐美長官の気持ち)
猪突猛進、一言居士、「黒潮に吼える男」という小説になっただけはあるオモロイおっちゃんです。平井議員と初当選当時から同期でしたが、菊池議員はこの後も当選を続け、叙勲もされています。

更に追記

尚、
菅原研究室の国会議員白書から両議員の議員歴を、
wikipediaから大方のプロフィールを把握し、さらに検索して確認しています。

平井議員の写真は"たぶん"ご本人ではないかと?……程度です。

平井義一議員
http://kokkai.sugawarataku.net/giin/r00419.html

菊池義郎議員
http://kokkai.sugawarataku.net/giin/r00139.html

菊池議員題材の小説
『黒潮に吼える男』上野登史郎著/三彩社刊
八丈島出身の自民党きっての硬骨漢・衆議院議員、菊池義郎の伝記小説。物語は彼の出生から国会議員になるまでが、明治時代の政治(大熊重信などとの交流)や文化(島村抱月や須磨子などとの交流)、そして島の様子がイキイキと描かれていて面白い。島抜けしてからの一徹な苦学生活、普通選挙実施や元老廃止などの演説運動、さらには議員になってからの私学振興議員連盟を作ったり、国会図書館などを作ったりと紹介されている。
h ttp://www.muse.dti.ne.jp/~squat/fiction.htm


それにしても、平井議員の消息が不明って…怖いですね。
https://ameblo.jp/kusanagi-turugi-2014/entry-12101934575.html

▲△▽▼

それにしても、正田家と美智子さんの うさん臭さを国会で追及した平井議員の消息が不明って…怖いですね _ 2

これが、現代皇室の現実。ブサヨの巣窟に現れた皇后陛下 2016-06-22
https://blog.goo.ne.jp/sitihenge994/e/319d1c927965be306fdfa254b877efdd

正田美智子さんの入内にまつわり、キリスト教徒のみが関わっていることのうろんさをついた国会議員が当時いました。

1959年2月 国会で平井義一議員が正田美智子入内の胡乱さと出自を問い詰める。
その2ヶ月後の1959年、正田美智子入内。
その翌年の総選挙で、今まで5期落選したことのなかった平井義一落選。

天皇皇后の左翼化

皇后陛下が、左翼の連中や組織と親密であられることにテーマを
絞るつもりで書き始めたのですが、結果的に今までの「総まとめ」ともいうべき
記事になったようです。志ある方は保存なさってください。

左翼の巣窟に出入りの皇后陛下

http://www.asahi.com/articles/ASJ6673Z7J66UCVL01Y.html 

反日左翼「九条の会」秋山ちえ子さんお別れの会 皇后陛下が会場に
皇后陛下の入内には戦勝国GHQがからんでいます。入内前に、正田家とGHQの要人とがアメリカ産小麦粉利権を介在に癒着していたのは、事実です。
客観的史料があります。

やっぱり!! 正田家とGHQの癒着。美智子さま入内を仕組んだGHQ 

そして美智子さんの父親は、アメリカ産小麦粉の宣伝マンとして
GHQの協力要員でした。

日本の国会が知らなかった正田美智子さんの婚約が、アメリカで先に報じられたのはそういう理由です。入内にまつわり、キリスト教徒のみが関わっていることのうろんさをついた国会議員が当時いました。今は亡き平井義一氏ですが、おそらく議事録に残っていること以上の闇を承知していたと思います。
よく殺害されなかったことです。しかし・・・・・

1959年2月 国会で平井義一議員が正田美智子入内の胡乱さと出自を問い詰める。

その2ヶ月後の1959年、正田美智子入内。


その翌年の総選挙で、今まで5期落選したことのなかった平井義一落選。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%BE%A9%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)

【重要】 これでも皇后擁護? やり放題になった乱脈皇室

元正田美智子さん、あなた一体何者? 成婚国会承知せず、アメリカで発表された不可解

平井氏の他に、正田美智子さんの入内に不可解な点ありとして国会で疑義を表明した議員が2人もいたことは、脳裏に刻みつけておきましょう。

国会ですよ? 末代まで発言が残る場。軽々に言えることではありません。まして、国中が操作されて世紀のご成婚に浮き立っている時に、議員生命を賭けて成婚とやられ放題の宮内庁に疑問を呈した議員たちが3人いたということです。

なんと、社会党が支援していた美智子さま 

皇室史上初の民間妃の誕生は、異教徒の男女同権主義者である左翼思想の女性の入内をも意味していました。去ったはずの、GHQによる皇室と日本弱体化施策が本格的作動し始めたのが、正田美智子さんの入内の年であり、この年日本は伊勢湾台風が荒れ狂いました。

そして嫁いだお相手は、多感な少年時代にGHQに生涯忘れ得ない恫喝を受けた、今上陛下でした。当時皇太子であったその人の、誕生日めがけて時計の針がピクリと動いた瞬間から、東条英機らいわゆる「戦犯」が吊るされて行ったのです。GHQの言外の脅しは明白でした。
「お前もアメリカに逆らうなら、吊るすぞ。父親もな」。
そして、言うところの戦犯28名の処刑を決定、公表されたのが「父親」昭和天皇の誕生日だったのです。これも言外の恫喝です。恫喝であると同時に罪悪感の刷り込み。「お前と、お前の父親のせいで、こいつらは首をくくられるのだぞ」と。

http://hon.bunshun.jp/articles/-/226

いえ、恫喝は言外ではなく直接浴びせられたかもしれません。
昭和天皇を何度となくGHQ本部に呼びつけたほどのマッカーサーです。

当時の皇太子は「ジミー」と戦勝国名で呼ばれ、GHQが差し向けたバイニング夫人が張り付き、洗脳に明け暮れました。神道思想の破壊です。

破壊教育を受けた皇太子というよりはジミーに、異教徒の平民の娘があてがわれ相乗効果で皇室の神道的なるもの、そして伝統がなし崩しに壊されていくことをGHQは見越していました。皇后も幼児洗礼をもしお受けならマリア・テレジア・カテリーナなどというお名前をお持ちでしょうから、ジミーとはお似合いの夫婦でしょう。皇后のカトリック洗礼に関しては、(幾つもあるにせよ)傍証でしか示せません。
しかしながら、実は皇太子と平民の娘との成婚ではなく、ジミーとマリアとの婚姻だったのだと踏まえるとその後の皇室伝統の、あっという間の壊れように得心が行きます。

もともとルーズベルトのOSSの頃から、日本を共産化する計画がありました。
ルーズベルトの死去により、共産化は免れましたがそれと同等の、日本破壊ウィルスをGHQは日本の国体に仕込んでいきました。

NHKはいまだその体質を引きずるGHQの宣伝局であり、外務省には反日思想の者たちが跋扈。公職追放で、まともな日本人は追われ、反日であるほど、出世階段を駆け上り、その代表格が雅子妃の父、小和田恒氏です。
小和田雅子さんという、皇室にはおよそ馴染むはずもない女性の入内もまた、
偶然ではありません。

皇室には、バイニング夫人とカトリックという異教とワンセットで正田美智子さんが送り込まれ、現在に至ります。神道の祭祀王の家に嫁いでからも元正田美智子さんはカトリックを捨てませんでした。そのことは、皇祖神を奉じるには至らなかった・・・・・いえ、基本のところでないがしろになさった、ということです。
ご本人がいかほど、自覚されているかどうかは知りません。しかしながら、
GHQの目論見は100%成功でした。いえ皇室の伝統破壊と共に、アメリカ産小麦粉の売りつけの目論見通りであったので、一石二鳥、200%の成功でしょう。

今上陛下が実は学習院の講義について行けず、ご卒業なさってないという事実を国民は知りません。

学習院を落第した天皇陛下は左翼でいらっしゃいますか

悪い頭で政治と歴史、憲法を語られるな両陛下と皇太子 

乏しき頭脳で政治外交、史観を語られませぬよう、両陛下

天皇が必ずしも頭脳俊敏でなくてもよろしいのです。
しかしながら、敏いとは言えぬ頭脳にバイニング夫人、そして伴侶である元正田美智子さんという異教徒から、思想上の決定的洗脳を受け続け、更に将来の天皇たる者は政治学科に進まねばならぬところ、進めなかった父親より頭脳の働かない皇太子殿下が、両親から口移しで「GHQ作の平和憲法護持」という左翼思想を受け継ぎ、現在に至ります。

天皇と皇太子共に、脳細胞の不活発なところに女帝と化した皇后から洗脳を受け続け、さらにその不活発な脳で考えた政治外交上の言動は、国を損ないます。政治関与それ自体が、ご自身が護持を唱えられる憲法に反する行為なのですが、その矛盾をお解りではありません。

天皇も皇太子も頭がよろしくはない、という現実をまずは正視しましょう。ということは、周辺の者がしっかりと舵取りをしなければならないのですが、しかしその舵は今や女帝として皇室ヒェラルキーの頂点に君臨する左翼皇后の手に握られています。その皇后陛下も、巷間思い込まれているほどにはご優秀ではありません。聖心女子大学は名門ですが、偏差値は高くはありません。

大変言いづらいことをズバリいいます。頭のさしてよくない左翼が3人固まったのが、今の皇室です。行き過ぎた言動を止めるものは皆無です。

随分粗っぽい総括ですが、細目は過去記事に資料を添えながら具体的に提示してあります。

皇室に男女同権思想は馴染みません。民間では極端な男女不平等が、本来の皇室です。なぜなら夫婦である以前に、夫は神とつながる者、神道の大祭祀王であるからです。対等ではあり得ないし、生理出産を伴う女性に、この国最大の神官は務まりません。
しかし、溺愛の皇太子の系譜である愛子内親王を天皇にしたいというのが、GHQ仕込みの男女同権主義者・皇后陛下の執念であり、左翼お仲間を引き入れつつあれこれ画策していらっしゃいます。


左翼の巣窟に出入りの皇后陛下

http://www.asahi.com/articles/ASJ6673Z7J66UCVL01Y.html

4月6日に99歳で亡くなった、放送ジャーナリストの草分けで評論家の秋山ちえ子さんのお別れの会が6日、東京都千代田区の日比谷松本楼で開かれた。聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さんや脚本家の小山内美江子さんらのほか、秋山さんと親交のあった皇后美智子さまが会場を訪れ、遺族らと言葉を交わした。

BB:秋山ちえ子氏がそもそも反日左翼の旗振り的オピニオンリーダーでしたが、
小山内美江子、反戦歌の森山良子他歴然たる左翼思想の人たちばかり。更に、仰天すべきことには、反日慰安婦問題の張本人である河野洋平が発起人代表を務めているという凄さ。

皇后陛下が、韓国側と左翼たちが捏造した慰安婦問題を信じこんでいらっしゃるさまは、それこそ「九条の会」の鶴見俊輔により、具体的に語られています。

会では、発起人代表の河野洋平元衆院議長が「父の河野一郎と秋山さんは信頼しあっている仲で、インタビュアーとして日本一だと言っていた」とあいさつ。

さすがに息子の河野太郎は、安倍内閣の清濁人事の濁のほうながら閣僚なので、出て来ていませんが、本来なら売国父息子としてこの場にいるべき人間です。


 秋山さんは毎年8月15日の終戦記念日に、上野動物園で戦時中に餓死させられたゾウの童話「かわいそうなぞう」をラジオ番組で朗読。会の終わりには2002年の収録分が流され、「地球上のすべての生物の命を守るために、ことを解決するのに戦争というものを手段に使うことのないことを祈りながら読ませていただきます」と語る秋山さんの声と朗読に、参列者は聴き入った。

ゾウの話は胸を打ちますが、そのことと日本が防衛的に無力で無防備であっていいということと何の因果関係もありません。そこがなぜ解らないのか、いつものことながら左翼と言われる人たちの奇妙なまでの頭の悪さを思わずにはいられません。
夏になると、震え声で反戦詩を朗読する大根女優・吉永小百合も同類です。
問題は、中国韓国北朝鮮で反戦詩など読まれないことです。読めば投獄、下手すりゃ処刑。日本の反戦運動は彼らがせせら笑いながら歓迎するところ。


 30年来の親交がある司会の大沢悠里さんは「秋山さんは一貫して戦争反対を訴え続けてきた。私たちはこの心をずっと受け継いでゆく覚悟が必要だ」と締めくくった。

戦争に賛成の人間など、武器商人か一握りのマニャックな戦闘愛好者しかいませんよ。誰しも平和は恒久的な願いなのです。問題は「戦争反対」と唱えていない国が至近に3カ国あり、折あらば日本人の命と国土が狙われているということなのです。


 夜には皇后美智子さまも会場を訪れ、展示された秋山さんの遺品などを見たり、遺族や発起人らと言葉を交わしたりした。

・・・・・・・・・・抜粋ここまで

社会的にはその存在が希薄になっていた秋山ちえ子の逝去と、そのマイナーなお別れの会を即座に嗅ぎつけ駆けつける皇后陛下。左翼ネットワークの親密な一員でいらっしゃるからです。

皇后陛下は上記の左翼運動家たちのまごうことなき、共感者であり仲間であるということなのです。それ以前に皇后陛下の政治思想の表明など、
とんでもないことがいつ許されるようになりました?この方の入内以来です。

▼「男性には戦争をしたがる人がいる」
「戦争の悲惨さを知らない政治家が憲法9条をなくそうとしている」

と売国左翼新聞朝日新聞「天声人語」で紹介された秋山ちえ子氏をはじめ、以下が皇后陛下のブサヨ仲間です。


▼左翼鶴見和子の会にもお忍び出席した皇后

 和子=鶴見和子(元・共産党員)

>和子さまの三回忌に、美智子妃殿下の御臨席をいただき、
>内山さんが宮中に御礼の記帳に行く予定の所、
>皇后様から「鶴見和子病床日記」持参で参内するようにとの連絡があり、
>宮中大変奥深くのお部屋で、一対一の四〇分の御下問で、緊張のし続けでした。との事でした。

ttp://www.php.co.jp/magazine/voice/?unique_issue_id=12369
(Voice 2008年9月号)
上坂冬子〈対談〉鶴見俊輔 158p

> 美智子皇后は姉の和子に対して、彼女の学友だった女官を通して
> 「宮中まで来てほしい」とお呼びになったことがありました。
> そのとき、「あなたがこのあいだの講演で慰安婦の問題を取り上げてくださって、
> とてもありがたかった」とおっしゃった。(略)


上坂冬子の対談相手、鶴見俊輔は皇后のシンパ鶴見和子の弟であり、市民運動組織「ベ平連」メンバーで、共産党支持。


皇后は九条の会の左翼音楽家・三善晃氏にも熱心に肩入れ、そして「日本も難民を引き受けるべき」などと、日本がすでに60万人の朝鮮人難民を抱えてあえいでいるのも知らぬげに反日国連をバックに、押し付けてくる緒方貞子も皇后の左翼お仲間で、女帝擁立肯定の皇室典範変更のための有識者会議には、皇后がこの人を押し込んでいます。


森村桂の軽井沢の家では社会党・党員と交流も。

敗戦後の日本を、もっと弱体化させるためGHQがキリスト教を、なかんずくカトリックをツールとして用いたことは事実ですが、カトリックすべてがそうだとは言いませんが、皇后と同じく「カトリック左翼」と名付けたい一派がいるのは事実です。

「憲法九条にノーベル賞を」という演題で講演したのは、カトリック教会の光延神父で、そのお仲間には、岡田大司教や高見大司教という人らがいるようです。

h ttp://www.jesuitsocialcenter-tokyo.com/?page_id=4979
この光延神父が、HPで述べた言葉を引用します。

《《実際、日本は第2次世界大戦以後の68年間、戦争で他国民を誰一人殺すことなく、また一人の自国民も死なせることがありませんでした。》》

あらゆる(日本の)左翼は頭が悪い、悪くなければ日本では左翼はやってられない、というのが拙ブログ主の持論ですが、上記の神父の言葉の馬鹿さ加減は、読者の皆様はお解りですよね。

この神父の脳裏には、北朝鮮への拉致被害者も竹島をめぐって殺戮され、半島に強制連行されて虐待され、そして死者も出た日本人船員約4千名の存在はないのです。

そしてこれらの、カトリック左翼ともいうべき神父たちと皇后陛下が昵懇であるという現実を国民は直視すべきでしょう。

捏造慰安婦問題で日本を追求する「女性国際戦犯法廷」の拠点はカトリック教会です。副題は「性国際戦犯法廷」です。この場合の戦犯とは、日本ですね。
とんでもない反日とカトリックが結びついているということであり、これもまたGHQの目論見通りです。

反米を唱える左翼ですらGHQ製作の憲法を後生大事にするのだから、占領政策はここでも大勝利です。

日本の武力放棄をほくそ笑んで喜ぶのは、中国、韓国・北朝鮮だけであるという
現実がなぜ見えないのでしょうね。

そして皇后陛下は、「憲法九条にノーベル賞を」という、カトリック界における“九条の会”もお仲間だということであり、憲法改正を掲げ、女性天皇の布石になる女性宮家の創設に反対する安倍政権には、アンチであり、皇陛下も皇太子殿下もそれに従っていらっしゃる、とこういうことです。

「マスコミ9条の会」も、皇后はシンパです。

2004年6月10日

井上ひさし 梅原 猛 大江健三郎 奥平康弘 小田 実 加藤周一 澤地久枝 鶴見俊輔 三木睦子さん九人による「九条の会」アピールが出されました。

東京では「新聞OB九条の会」「出版OB九条の会」「民放九条の会」「映画人九条の会」「音楽九条の会」

「所沢マスコミ文化九条の会」 「憲法九条にノーベル賞をの会」

・・・・・・・・惨状を来しています。


軽井沢九条の会を支援する牧師

http://karuizawa9.exblog.jp/

表立って、九条の会の理念を「平和憲法護持」という形で発信されるのは
天皇陛下ですが、皇后陛下も違う形でメッセージを出されています。

79歳のお誕生日、宮内記者会の質問に文書で次のように回答。

「五月の憲法記念日をはさみ、今年は憲法をめぐり、例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら、かつて、あきるの市の五日市を訪れた時、郷土館で見せて頂いた『五日市憲法草案』のことをしきりに思い出しておりました。


長い鎖国を経た19世紀末の日本で、市井の人々の間に育っていた民権意識を記録するものとして、世界的にも珍しい文化遺産ではないかと思います」

・・・・・・・・・ここまで

要するに、憲法改正派の唱える「GHQによる押し付け憲法」説へのアンチテーゼです。事実護憲派の左翼にこの言葉は賛美され、利用されています。

しかしながら、英語からの拙い翻訳文である現在の醜い日本語の憲法が戦勝国による押し付けである事実がいかに美辞麗句を連ねたとて消えるわけではなく、GHQ憲法に関わった白洲次郎の慟哭の告発記録があります。

雅子妃とともに反日組織である国連、国連大学に入り浸っていらっしゃる皇太子は、両陛下の仰る通りに、お言葉をなぞるだけです。オウム。腹話術の人形。

皇太子殿下 平成26年 2014年お誕生日

皇太子の政治発言 朝鮮日報が大喜び 

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/77824c824a67a7da9a0b85660cfd4223 

(抜粋)憲法に関しては、昨年末天皇陛下も触れられましたが、「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は」という出だしで、憲法の成立した由来を語られましたが、皇太子殿下の文言は、はっきり憲法順守。すなわち憲法改正反対ということかと思われます。

・・・・・・・・・・ここまで

皇太子もアンチ安倍政権だということを、意味します。
今度の選挙は、憲法改正が争点の一つですが、平和憲法護持の
天皇皇后皇太子は、その選挙に影響を及ぼす発言をずーっと
続けているということなのです。それがいつから許される日本になりました?
皇后陛下の入内以来です。

問題は、天皇皇后両陛下と皇太子殿下のご発言に喜び勇んでいるのが、まっとうな国民ではなく朝鮮日報だということでしょう。無論「朝鮮日報」はあらゆる反日メディアと勢力の表象として記号化して記しました。

天皇及び内廷皇族が、GHQ発反日左翼史観をベースに語っていらっしゃる現実を、国民は冷静に直視すべきでしょう。

秋篠宮文仁親王殿下と紀子妃に、このたぐいのご発言がないことに、一筋の光明を見る思いがすると同時に、皇位は秋篠宮殿下と悠仁親王殿下に渡るべきだと考えます。

本来当然のことながら左翼は皇室不要論、侮蔑の対象です。

http://mid.parfe.jp/kannyo/sukuukai/seimei-houkoku/tirasi-syomei/H18-5-13-asiya.pdf#search='%E7%9A%87%E5%90%8E+%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A'  

左翼コメンテーター 大谷昭宏も関わっている「九条 おおさかの会」で
行われた、天皇皇后愚弄芝居です。

その左翼がなぜ、最近共産党はじめ両陛下に擦り寄って来ているのか。
両陛下が自分たちの仲間だと、知ったからです。

九条の会の作曲家の追悼に、わざわざ静養先から駆けつけた皇后陛下。

皇后陛下は「アカ」でした 

左翼皇后と、愉快なブサヨフェミのお仲間たち 

男女同権主義者であった、憲法作成者の一人であったGHQ元メンバー、ベアテ・ゴードンへの皇后の思い入れは、よく知られたことで彼女の追悼式にはわざわざメッセージを出しています。

天皇陛下や皇太子殿下のように、直接的な表明はなさいませんが、皇后陛下は折に触れその言動により、九条護持の左翼思想を表明していらっしゃいます。
これ以上明白なお立場表明はないのに、しかし思い込みが国民の目を遮っています。

生来聡くはあられない天皇陛下と皇太子殿下を陣頭指揮、現在の左翼皇室を作り上げたのは皇后陛下であらせられます。

かつて皇室には、自浄能力がありました。廃太子、という形で、あるいは天皇の入牢、島流しという形で。今はチェック機構を失い(これとてGHQの仕掛けでしょう)やり放題です。

となれば、皇室の腐敗と歪みは国民が指摘するしかないではありませんか。
不敬という名の下に、批判一切許さずというのであれば、それは北朝鮮の社会機構と何らかわりなく、マンセーの対象が天皇皇后というだけのこと。それも敗戦後すっかりその実質を喪失し、左翼運動家夫婦と化した相手への盲目的崇拝です。実のところ、それが都合がいいのは天皇制否定の左翼と、中韓だけであり、天皇陛下への尊崇が国の要と心得ている人たちこそが、現状を憂えているということです。

不敬という言葉が成立していた時代には、皇室自体が自浄能力を有して、
悪しき因子は排除していた、今チェック機能はない、ということを忘れないようにしましょう。

あなたがもし、安倍政権支持派なら天皇皇后皇太子はあなたにアンチのご存在です。

◆GHQと皇后陛下 フェミニストとしての美智子様と皇室は共存し得るかhttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/b0b5919d022a094f259e8305c60b13f2

◆資料  皇后陛下、その精神を形作った生い立ちと環境

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7c9cffa819831b24bbfbd63d9f8eb57b

◆ご慈愛仮面で言葉も仮面 《転載ご自由に》http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/95e08f125aa7af66013af19b1e216a00

◆人権蹂躙「子供を産むな」発言は、いったい誰? 

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/fdbfcdb2fe41a09f9b9d1a4ca385f1d6


https://blog.goo.ne.jp/sitihenge994/e/319d1c927965be306fdfa254b877efdd

44. 中川隆[-11902] koaQ7Jey 2019年2月23日 13:07:37 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[74] 報告

2018.07.11
雅子妃|男性遍歴@外交評論家;岡本行夫
http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/2016/11/20/2016112020161120000000/

外交評論家;岡本行夫、外務省時代の尊敬する上司、二人の関係に怪文書が飛び交った 

今回は情報収集中に引っかかった雅子の乱脈な男性関係を具体的に斬っていこうと思います。

今から20数年前の1991年、あるニュースが週刊誌を賑わしました。

タイトルは「将来の次官候補、外務省北米一課長岡本行夫氏が退職」というもので、外務省内でエリートコースを突っ走っていて、周囲の期待も高く将来の事務次官候補と言われていた岡本氏がいきなり、不自然な止め方をした。

という趣旨の内容でした。

外務省は元々天下り先の少ない省です。ですから、一部の人を除いては、定年まで勤め上げます。その岡本氏が46歳という中途半端な年齢で、天下り先もないのに辞めるなんて・・・随分憶測を呼びました。

「上司と喧嘩したのだろう・・」とか。

しかし、出世コースを突っ走る男は上司と喧嘩するなんて馬鹿な真似はしません。

【あの世に持っていかなければならない理由】があったのでしょう。

そこでピ〜ンと来たのが外務省時代の小和田雅子です。

当時雅子は、隣の北米二課に所属してました。

バリバリ仕事する隣の課の課長の岡本に尊敬の念と憧れを抱いたのでしょう。雅子はいつも「岡本課長を尊敬している」と事あるごとに公言していたそうです。

働く女性が、同じ職場の上司を「尊敬している」と公言するのは、もっと踏み込んだ意味があります。

ちなみに岡本行夫の最初の妻は、有名バイオリニストの佐藤陽子です。

のち離婚して、「エーゲ海に捧ぐ」で有名になった池田満寿夫と事実婚しています。その恋愛経験が豊富な佐藤陽子が岡本を評して「SEXが本当に上手なの〜」と高評価をつけて