★阿修羅♪ > 原発・フッ素8 > 237.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発被害進行状況まとめ(8)3月31日〜プルトニウム汚染を確認、事態は憂慮すべき深刻なものに
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/237.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2011 年 3 月 31 日 00:25:15: KqrEdYmDwf7cM
 

2011年3月31日 0時

今からの原発放射能漏れ情報のうち、私が有用だと思ったものをすべて
こちらのコメントにアップしていきます。


以前の投稿は下記です。上が新しく、下は少し古い情報です。

原発被害拡大状況まとめ(7)3月25日〜1〜4号機すべて水蒸気のような白い煙・原因不明・何がなんだかわからない状況だと
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/699.html

(6)
原発被害拡大状況まとめ3月21日〜21日午前8時 東京・放射線量急上昇中
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/508.html

(5)
原発放射能情報まとめ3月19日東電「通電してもポンプもタービンも動かないと思う」プルトニウムわずか数粒子で恐ろしい結果
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/397.html

(4)
やられる前にそこから逃げろ!原発放射能漏れ情報まとめ3月18日
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/348.html

(3)
「レベル7」到達の恐れ=福島原発事故―米シンクタンク 逃げて!
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/255.html

(2)
原発事故最悪情報 やられる前に逃げろ! NHKの水野解説委員だけが正しい情報を述べている
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/185.html

(1)
最悪の事態が起きた
http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/822.html

注目記事抜粋

3号機 誰も言わない 知らないから ここに 察してね
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/396.html
投稿者 Darreon 日時 2011 年 3 月 25 日 14:45:54: FaJWk2ed9JOJo

(14日の)3号機は水素爆発ではなく 実は 臨界爆発で 圧力 格納 容器は 無い
政府は 米軍の撮影した 3号機真上からの写真を 公開できない
プルトニウムの測定どころか 東電発の 圧力 温度 炉内水位 全データが ウソ 常習犯
まさか これが ガセ ウソと思うなら 3号機容器外観を確認してごらん 地上部は どこにも無いから 
炉心はオープン 建屋内部を見るだけで 誰でも一目で分かるよ
MOX燃料は 爆発の時に すでに 周囲 環境に飛び散ってしまったよ
だから 周辺で局地的に線量が高いところには 破片が落ちているから 不用意に近づくと 被ばくする 
建屋の中に 今あるのは 燃料の残骸と 落下した使用済み核燃料棒
それが 小臨界を間断的に繰り返して くすぶり続けている
 
時々出ている黒煙は 核燃料の燃えカス すなわち 死の灰だよ
これはプルトニウムの測定をすれば確認できるよ 建屋内部を見るだけでも 直ぐにね
君たちが 今見ているのは 最悪の 後の風景ってこと
みごとに ダマサレタね 

サービスね 
もう一度見てみよう キノコ雲 はっきり出ているよ でも もっと上まで見たいよね
Fukushima Japan Nuclear Reactor #3 Explosion (ENHANCED) 色変更 よく分かる
http://www.youtube.com/watch?v=d1WW18QId50
一号と比較できるから便利
Hydrogen explosion at the Fukushima 1 nuclear plant Reactor 3.mp4 
http://www.youtube.com/watch?v=pVp2NnY16g0
解説の人 東電 保安院 信じてアホ 自分で考えないとダメ  
黒煙は重要 水素爆発では出ないよ 
〜後は 自分で確かめよう〜

言いたい事
重要なのは 放射線量や セシウム イオダインではなく 3号機から広がった プルトニウムの検出
永遠に続くのは これの体内被ばくの影響 それと比べると 他の核種とか ずっと小さいよ
放射線は ただの電磁波 だから 離れれば だいじょうぶ 距離の2乗に反比例 笑
本当に怖いのは 放射能を持つ物質 中でも ずっと減らない 超毒性の プルトニウム
これは 死んだ人が 火葬されても 変わらない 一つの粒が 何人でも 何世代でも 殺せるから

http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/933.html#c3

1970年 政府:「有機水銀はただちに健康に問題はない」
   ↓
2004年「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」

1980年 政府:「アスベストはただちに健康に問題はない」
   ↓
2005年「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」

1985年 政府:「薬害エイズはただちに健康に問題はない」
   ↓
2002年「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」

2011年 政府:「放射能はただちに健康に問題はない」←イマココ!
   ↓
2013年「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」

事態は深刻(枝野官房長官および原子力安全保安院)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3647097.html

そして、今まで楽観的見方をしてきました原子力安全・保安院の審議官は今日の記者会見で『事態は深刻』と述べるようになってきています。

プルトニウムが発見されたことで事態は次のステージに移行しており、もし今度爆発がおこればより大きな爆発となり、より毒性の強いプルトニウムを大気中に大量に撒き散らしますので今日これからお送りします汚染マップ圏内の方は爆発があれば即避難して下さい。
避難経路等につきましてはメールにてお知らせ致します。

爆発がないことを祈りますが、原子力安全保安院審議官および枝野官房長官の『事態は深刻』発言をみれば、大方の国民が思っています『原発問題は終わった』という見方が間違っていることが分かります。

事態は最悪の方向に進んでいます。

東海アマ 2011年03月29日火曜日 9時半更新
http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm

 福島原発は、未明に保安員が「プルトニウム汚染を確認、事態は憂慮すべき深刻なものに」と表明。
どんなに危険でも、たいしたことない安全だと言い張ってきた保安員が、突如、こうした表現を使い出したことの意味は、

「もう事態は手が付けられない。
どううすることもできないから国民は覚悟せよ、
俺たちは南半球にトンズラする」

と言っているに等しいと知るべきだ。実際、1・2・3号ともほぼメルトダウンが確実な兆候が多数あり、すでに炉心底部が溶融して燃料マグマが沈降し地下水を汚染しているとフランス政府が認識している。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年3月31日 00:37:32: R4BIBGb2ew
福島2号、核燃料が炉外漏出か 英紙で専門家指摘
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/231.html

原発 緊急情報(41)  驚くべき千葉県 [武田邦彦 (中部大学)]
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/234.html


その発表を抑えていた。そして28日に汚染がなくなったのを見て、30日に発表している. 発表を遅らせたのは、東電でも政府でもない。私たちの味方、自治体なのだ。


でも、現実はその間に、水道水を飲んだ市民葉被曝した。千葉県民は県税は払わなくても良いだろう。

「水道は大丈夫だ」と言っているが、大丈夫ならなぜすぐ発表しないのか.私たち住民は飲んだものをはき出すことはできない。

大丈夫なら隠す必要がない。大丈夫でないから隠す。

私たちは自分たちで警戒しよう. それは将来のある子供ための親の責任だ。負けるか!


02. 2011年3月31日 01:04:02: PfOkCYQvVk
3号機の核燃料は14日の爆発で破損・飛散している?
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/190.html

03. 2011年3月31日 02:39:43: ED81HW4mdk
3号機

http://sankei.jp.msn.com/affairs/expand/110330/dst11033012510025-l4.htm

http://sankei.jp.msn.com/affairs/expand/110330/dst11033012510025-l3.htm


04. 2011年3月31日 07:36:28: eCEkcsHKRw
日本の将来
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/243.html

 もし、浜岡原発が東海地震で事故れば、首都圏へまともに数時間で放射性物質が行くだろう。その時、人々は政府指示に従って整然と行動するだろうか?

東海地震の震源域の真上に浜岡原発は位置する。しかも、東海地震は20kmより浅い震源で起こるようだ。

つまり、地震のP波、縦波、衝撃波が直撃する。

地震速報も機能しない。大きな地震の縦波、衝撃波がどの程度のものか、一切分かっていない。大きな建物が大きな地震の震源域の真上にあった例が世界で一例もないからだ。

多分でしかないが、制御棒が動くよりも前に原子炉容器自体が壊れてしまうように思える。少なくとも確実に大きな配管が破断するだろう。

メルトダウンや水蒸気爆発の可能性は高く、放射性ヨウ素だけでなく、ウランやプルトニウムのエアロゾルが大量に吐き出され、それが首都圏へ行くはずだ。


05. 2011年3月31日 07:37:40: eCEkcsHKRw
米軍無人偵察機グローバルホークの映像公開しない 北沢防衛相(MSN産経)
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/795.html

(どうしようもなく悲惨な状況だから公開できないみたいです)


06. 2011年3月31日 07:47:57: eCEkcsHKRw
米、日本にロボット支援準備 原発内で作業可能に
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/247.html

「東電がロボット提供の申し出拒否」…仏企業
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110329-OYT1T00309.htm?from=main2

『もんじゅ』という名の”原発利権”に塗れた破壊兵器(暗黒夜考):「もんじゅ」も相当ヤバいことになっている!!
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/252.html

そんな恐ろしい高速増殖炉が、福井県の敦賀に居座っているのである。
それが昨年8月のトラブル以降、”綱渡り”的に冷却状態を保つだけの対応がおこなわれているのである。
このような重大な危機に瀕している「もんじゅ」の事故についても、マスゴミ報道は異常なほど小さい。
これも根っこの部分では、福島第1原発事故の詳細情報の”隠蔽”に腐心する政府・官僚・東電ら「”原発利権”共同体」と同様の構図がその背景にあることは想像に難くない。


07. 2011年3月31日 07:49:52: eCEkcsHKRw
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aBuGX4PoUcOQ

IAEA:福島第一原発、再臨界した可能性も

  3月30日(ブルームバーグ):国際原子力機関(IAEA)は30日のウィーンでの記者会見で、東京電力福島第1原子力発電について、「再臨界」した可能性があるとの見解を示した

http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/406.html#c20

隠蔽された福島原発の核爆発が暴露された
日本中の全生物が死滅する可能性が大になった
 ―ワジーム・ヴィークトロフ Gidepark.ru 2011.3.28
http://gidepark.ru/community/293/article/299808/index/userId/vadimVictorov

2011.3.29
東電と菅亡国内閣の宣伝は嘘だった。彼らの説明−「水素爆発」は、真上へ巨大な煙柱[きのこ雲]を発しない。建屋の高さは約90mで煙柱の高さは600mだ。世界の兵器が持っている弾薬はどれでも、核兵器を除いて、こうした効果を引き起こせない。水素爆発説は日本当局による事故の真実を隠蔽するための説である。
 1,3,4号炉の建屋爆発は水素爆発ではなくて、核爆発だった。上記URLの写真が実証した。
 東京は住めなくなる。関東4000万人の避難が必要になる。日本中の全生物が死滅する。世界海洋の魚が食えなくなる。世界が福島になる、とロシアで指摘された。


08. 2011年3月31日 08:08:32: eCEkcsHKRw
http://twitter.com/xxkae_uchxx/status/52706626653786112
数年前、ポーランドで親しくなったティーンエイジャーの女の子は甲状腺の持病を抱えていた。「私ら世代の子はみんなどっかしら何かある。チェルノブイリのせいなんだけど、政府はそんなこと認めたら補償しきれないから絶対認めない。全員だから」と言ってた。調査の数字に現れないとはそういうこと。


09. 2011年3月31日 08:52:22: DUxDioSC48
着実に悪化の方向へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110319-00000501-san-int
3月19日以前に策定されたロシア政府の危機管理経済戦略スケジュールでいくと、
日本は現在Fの段階ということになる。

@日本国巨大地震被害→A福島原発事故発生→B関東上空域大気汚染・放射性生成物質降下・海中垂れ流し汚染継続C放射性ヨウ素、セシウム等の高レベル汚染地域拡大→国内計測データ改竄と隠蔽→D農産物、魚介類汚染・水質汚染顕在化・食品流通の混乱と麻痺・健康被害懸念E猛毒プルトニウム検出・汚染地域地価暴落・汚染値過小評価隠蔽報道継続・海洋汚染拡散→F欧米協力要請・原子炉制御不能・お手上げ状態で職員退避G食糧危機発生・食料配給制化・国内パニック拡大→H前期小児放射線障害疾患発現→I市民大移動・治安悪化・暴動騒擾状態発生→J国内生産力低下・円暴落・日本経済破綻状態→K低レベル政権崩壊・米軍再駐留と統治→L汚染地域拡大・国外退避開始→実質日本国崩壊→Mロシア政府は放射線障害児童及びシベリア方面日本人労働移住者受入開始(すべてルーブル決済)


10. 2011年3月31日 19:04:18: 3VmBQnTCKo
http://twitter.com/tokaiama/status/53266615638306816
東大病院中川チームいう被曝許容量100ミリシーベルトで三ヶ月胎児が被曝するなら、大半に奇形が出て多くは死亡するだろう。奇形の99%は見えない。「ちょっと不調」程度の器質障害だ。生き延びても今の寿命はない。この事故で日本人の平均寿命は数十年も下がる。ロシアの平均寿命は50歳代なんだ

チェルノブイリの子どもたち
http://www.paulfuscophoto.com/#mi=2&pt=1&pi=10000&s=0&p=1&a=0&at=0

http://twitter.com/Perinteet/status/53293209341788160
8倍… RT @AtsushiHinata: 今日新宿で芝生の放射能を測るのに同行。普段の8倍値。公園の遊具の放射能も高い。保育園などでは砂遊びをやめるように通達を出すべきだ。大人になる頃ガンになる。


11. 2011年3月31日 19:35:33: 3VmBQnTCKo
http://twitter.com/kikko_no_blog/status/53239971557031936
福島第一原発の3号機が日本初の臨界事故を起こしたのは1978年だが、この事故が公表されたのは29年後の2007年になってから。
他にも日本全国の原発の事故の多くが10〜20年以上も経過してから公表されてきた。
日本の原発の「安全神話」は「隠蔽の歴史」の上に作られた虚構である。

12. 2011年3月31日 20:38:38: ED81HW4mdk
3号機

http://sankei.jp.msn.com/affairs/expand/110330/dst11033012510025-l4.htm

http://sankei.jp.msn.com/affairs/expand/110330/dst11033012510025-l3.htm


13. 2011年3月31日 23:52:52: rufjMQtYh6
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/235.html#c3

あの政府発表の”直ちに人体に影響無い”という言い回しはやめてもらいたいね。

昔工場等でアスベストの工事していた人も”直ちに”は影響出ていなかった。

アスベストつながりで、これは仮説だそうだが、アスベストの発ガン原因は、含まれている微量のラジウムなどの放射性元素かも知れないのだそうな。

アスベストが肺組織に突き刺さると、物理的にも化学的にも安定で、動かず溶けずでその位置にとどまり続ける。

放射性物質がほんの僅かでも、ホットスポットを形成し、同じ細胞群だけを内部被曝し続けることになる。


 このように放射能をめぐっては、政府、マスコミ、御用学者が結束してウソとねつ造を平気でやってきた。それは、核兵器(その構造と放射能の影響)が、アメリカの最高の軍事機密であったからである。


14. 2011年4月01日 00:06:03: rufjMQtYh6
福島第一原発、廃炉は数十年がかり(読売新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/260.html

東北大震災による原発大爆発が人災だった明確な証言
http://www.asyura2.com/09/jisin16/msg/771.html

 淡路島北部は地質学的にも非常に不安定な場所で、野島断層を始め六甲断層群が北東に走り、それが六甲山の東面の崖を作っている。そんな場所を手荒なぺースで削り取り、土建屋の発想に基づいて岩石を破砕して、大量の砂利を運び去ったのだから、断層地帯の地殻は局部的に安定を喪失した。しかも、神戸沖では大規模な埋め立てが続いて、六甲アイランドやポートアイランドが次々と生まれ、均衡異常が起きても不思議ではなかった。


 こんな場所を短期間に大量の土砂で埋め立てれば、猛烈な地盤沈下を生むのは当然であるが、そうした研究は不十分な形でしか行なわれず、強引に空港建設を決めて見切り発車した。ここにも技術過信の弊害が現れており、科学を軽視して技術力で既成事実を作る、戦後の日本を支配した猪突猛進主義が横行して、国策への懐疑や批判を政治力で圧殺した。
 その結果は悲惨である。年間五〇センチ.近くのぺースで沈む空港を支えて、構造物の歪みを補正しなければならなくなり、空港ビルの地下には一〇〇〇本近いジャッキを据えつけた。これは小刻みに毎日連続する災害であり、埋め立て地の安定には数百年が必要だが、自然が数万年かけて行なうプロセスを、わずか数年でやった無謀さの報いでもあった。
 しかし、それ以上の致命的な過ちを犯していたのは、この地域が地質学的に非常に不安定であり、長期的には最悪の選択をしていたのである。


 国策事業を批判して致命的な欠陥を指摘したためかどうかは不明だが、この本は問もなく絶版になっただけでなく、編集を担当した部長はヒラに降格になり、「藤原は編集者殺しだ」という風聞が立った。この出版社が関西財界の重鎮として活躍しており、拙著の指摘に対して、臭いものに蓋の発想があったのか、と推測するのはうがちすぎかも知れない。
 しかし、この出版社から本を出した契機は、一九七八年に関西経済同友会に招かれて講演し、人工衛星写真で構造解析すると活断層がいくらでも見え、このノウハウを戦略的に活用することが、日本の未来を決定づけると強調したおかげだった。
 それから一七年の歳月が経過した現在に至って、乱開発と大規模埋め立て事業が進行し、活断層を刺激して阪神大震災を招いたのなら、犠牲者に対して慰霊に捧げる言葉としては、「同じ過ちをくり返さない」という常套句しか思い当たらないのである。

「科学」でみるコンクリートの生涯

 セメントは組成として一応のポジションを構成するが、次々と結晶型が順番に変わり続ける性格を持ち、その生涯サイクルは六〇年だと言われている。水で練った最初の一か月目は幼年期に相当し、この間に四〇回も結晶は形態を変えるし、最初の一年目の少年期にさらに幾度か形態を変え、次に移行する青年期は最も頑強な時代である。
 最初のクラックは幼年期にできる超微視的なもので、これは結晶化の時の縮みでできる生理的なものだが、少年期から発達する微視的なクラックや、青年期以降のひび割れの原因はストレスであり、外からの圧力や応力に由来して亀裂になる。
 二〇年目を過ぎて壮年期に入る時期には、空気中の炭酸ガスを固定して炭酸化が進み、その過程で結晶構造が異なる形態になり、次第にポロボロになったり剥離現象が目立ち、ほぼ六〇年でコンクリ―トの寿命が尽きる。まるで人生のリズムにそっくりではないか。
 鉄筋コンクリートの建造物の寿命が六〇年とされ、現に米国では古いビルや橋梁の取り壊しが進んでいる、これは幼年期には健康体だった珪酸カルシウムが、時間の経過で珪酸とカルシウムに分かれて遊離し、最後には人問の骨に似てボロボロになってしまうからである。こういったセメントの生理については、建築家や土木関係者はほとんど考慮していないし、

なを、藤原博士はアメリカに住む国際ジャーナリストとして、安倍内閣の無能さを徹底的に告発したことでベストセラーになった、『さらば暴政』という本の著者だったことは、この警告の鋭さを証明している。


15. 2011年4月01日 00:20:35: rufjMQtYh6
戦争中の大本営発表に近づいてきたマスメディアの姿勢 相当にヤバイな(世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/807.html


16. 2011年4月01日 00:37:21: rufjMQtYh6
「放射能が風で拡散する予測で日本国内で出ない理由」--これって統制????
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/289.html

17. 2011年4月01日 01:01:58: rufjMQtYh6
「内部被曝とは」~チェルノブイリ周辺で甲状腺癌治療に従事した「菅谷昭」松本市長記者会見の抜粋~
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/294.html

広瀬隆が警告  原発破局を阻止せよ! 食物連鎖で濃縮 放射能の危険な罠  週刊朝日
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/296.html

──30歳以下の人、とりわけ若い世代、幼児、妊婦や若い女性は、250キロぐらいを最低限の退避圏として、できるだけ福島第一原発から遠いところに、恒久的な移住を考えて逃げる。避難地は西日本のほうが、年間の風向きから考えて長期的な安全性は高いであろう。この受け入れ態勢を政府がしっかり考える。国民規模の協力が欠かせない。東電はそれに専心する責務がある。

若い世代をみなで守らなければ、日本の将来はないのです。助け合いましょう。


18. 2011年4月01日 01:06:37: rufjMQtYh6
政府、地方自治体の役目は何か?
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/832.html

 しかし、政府はSPPEDIのデータで、2週間以上も前から飯館が
 危険な状況にあったことを知っていたにもかかわらず放置した。

 千葉県は、1週間以上も前に安全基準を超える水と察知していたのに
 そのまま県民に飲ませ、あろうことか数値が下がるのを確認するまで
 黙っていた。

 前段に書いたように、今のニュースが正しいのかと疑問を持つ人は多かろう。

 しかし、政府やマスコミをなじっても真実は出てこない。


19. 2011年4月01日 01:41:45: rufjMQtYh6
牛肉から基準超える放射性物質 市場には出回らず 福島・天栄村(MSN産経)天栄村は福島第1原発から約80キロ 
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/307.html

20. 2011年4月01日 09:11:45: eensG90UWc
元GE技術者・菊地洋一さん講演 「命はほんとうに輝いている」
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/309.html

21. 2011年4月01日 09:20:07: eensG90UWc
被災地の美談記事の作り方、教えます 致命的に多様性が欠けている日本のメディア Japan Business Press
http://www.asyura2.com/10/hihyo11/msg/702.html

22. 2011年4月01日 09:22:55: eensG90UWc
原子力発電の推進の根拠は全て嘘である (Beyond 5 Senses)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/314.html

23. 2011年4月01日 09:34:04: eensG90UWc
戦争と「石油ピーク」〜元「石油ピーク」信者の告白〜(Beyond 5 Senses)…原子力にしますか?石油にしますか?
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/315.html

石油の起源は地球深部にあるとする非生物(非化石)理論に従い、ロシアとウクライナの石油・地球物理学者・化学者は、ドニエプル・ドネツ盆地の結晶基底の形成経緯と地質構造の詳細分析に着手した。深部構造・形成分析の後に、地球物理学・地球化学の調査を実施した。

合計で61箇所の油井が掘られたが、その内37箇所が商用生産可能だった。ほぼ60%という大変素晴らしい成功率だった。発見された油田の規模は、アラスカのノーススロープ油田に匹敵していた。対照的なことに、米国のヤマ勘的な掘削では10箇所掘って9箇所は「空井戸」であり、成功率は10%だった。


24. 2011年4月01日 09:39:41: eensG90UWc
枝野氏の会見 とにかく「安全です」印象づけようとしてた(NEWSポストセブン) 平成の大本営発表
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/322.html

。さらにマニュアルにもない海水注入という非常事態に陥っても「コントロールできている」と安全宣言を繰り返した。3号機についても「水素が漏れている可能性があるが、ベント(排気)しているから(大丈夫)」と説明したが、その翌日に建屋が吹き飛んだ。


25. 2011年4月01日 10:00:13: eensG90UWc
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/283.html#c4

シンガポールで日本から輸入した食品に、放射性物質が検出されたそうです。↓

24日夜、日本から輸入した野菜のうち栃木産のミツバ、茨城産の菜の花、千葉産のミズナ、愛媛産のアオジソの4種類の検体から、ヨウ素131などの放射性物質を検出したと発表した。ヨウ素の数値は日本の暫定規制値の約6分の1など、いずれも日本の基準を下回っているが、千葉、愛媛両県産の野菜と果物を輸入停止の対象に追加指定した。
[時事通信社]

今までの基準と大きく外れた日本の暫定基準では
国内で流通できても輸出ができないという事になります。

ニュースでは、いずれも日本の基準は下回っているとなっていますが
これは基準値を甘くしたせいでセーフティーゾーンなだけです。
投稿者さまは学校給食を問題視されているようですが、
輸出される食品に対しても今回の基準値のままでは、
日本からの輸出が難しくなる一方ではないでしょうか。

それにしても遠い愛媛産からも検出とは!


26. 2011年4月01日 10:07:44: eensG90UWc
http://www.asyura2.com/10/hihyo11/msg/701.html#c7

>>03
>テレビは馬鹿生産装置。見れば見るほど思考力と判断力が奪われる

38年前、結婚以来、主人の主義に従って我が家にテレビはありません。世間の話題についていけないときもありますが、時間がゆったり流れている気がします。新製品のCMにつられて買い物することもありません。「お前が、これ以上、アホにならんようにテレビは置かない!」と宣言した主人に感謝しております。
ただ、このごろは、阿修羅にはまって大分の時間をとってしまって、これも中毒なのかな、と


27. 2011年4月01日 10:20:26: eensG90UWc
正義と良心捨てた御用学者を選別して排除すべし(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/850.html

政府が御用学者を使って、放射能に汚染された食物を
「安全だ」
と強弁しているのは、パニックを引き起こさないためではない。
 
 政府と電力会社の損害賠償補償金額を節約するためである。
 
 放射能に汚染された食物を摂取して、体内被曝することは極めて危険である。この危険性に対する認識があるから、摂取についての安全基準が設置されてきたのである。
 
 実際に放射能汚染問題が生じたときに、この基準を変更するのでは、何を目的に基準が設定されてきたのか分からなくなる。基準が適正であるかどうかは基準を設置する際の問題なのであって、実際に放射能事故が生じた際に基準を変えるのでは、本来の基準の意味をなさない。


28. 2011年4月01日 10:43:15: eensG90UWc
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/658.html#c7

放射性物質が広がるプロセスと速さが違うだけですよ。

核爆発すると、爆風で一気に放射性物質が撒き散らされ、それが東北関東一円に降り注ぎ、東京で「ただちに健康に被害がある」(w)レベルの放射線が検出されて終わり。そうなると、東京にずっといれば死ぬし、逃げようとしても大パニックになってとんでもないことになるでしょう。

今みたいだと、放射能がじわじわ漏れるだけ。でも政府は「ただちに健康に被害がない」と言い続けてるから、鵜呑みにして東京にいれば、日がたつほどにだんだん被曝する。もっとも、漏れ方が遅いほうが、太平洋に流れる量は多くなりそうだが、しかしためてある放射性物質の量は、チェルノより福島のほうがずっと多い。

長い目で(一年くらいのスパンで?)見れば東京に人が住めなくなる可能性は、あると思う。大量の放射性物質が福島から漏れることは、間違いないんだから。


29. 2011年4月01日 10:46:19: eensG90UWc
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/280.html#c176

福島第1原発:1号機は高温高圧 安全委員長「最も懸念」

一進一退の状況が続く東京電力福島第1原発。23日夜に会見した原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は「個人的な意見」と断った上で、「最も懸念されるのは炉内の温度、圧力が上がっている1号機。

 奈良林直・北海道大教授(原子炉工学)は、今後1号機で想定される最悪のケースとして、格納容器の損傷を挙げる。「400度近い圧力容器の温度は異常。高温環境の中で燃料棒を包む被覆管と容器内の水が反応して発生した水素が、圧力容器や格納容器にかなりたまっていると考えられる。それが排気などによって外部に漏れた場合、水素爆発を起こして格納容器を破損し、閉じ込めていた大量の放射性物質が放出する恐れがある」

(こうなっているが、こうなりません。→結局いままではどうなってしまった?)


30. 2011年4月01日 10:50:37: eensG90UWc
小沢氏「原発は発表より悪い事態のようだ」(読売新聞) 赤かぶ
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/797.html#c8

>Ag828P0eYw

おまへはやっぱりアホじゃ!!
「政府や東電が発表するよりも悪い事態になっているようだ」
これはゴミ売だって知っているんだ!(否、国民の常識)
しかし、ゴミ売は正面から書けないから、小沢氏を使って姑息な記事を書いてんだろうが!!


31. 2011年4月01日 11:13:26: eensG90UWc
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/280.html#c181

汚染水道水で「情報開示」を押し付け合い 危険な濃度は口つぐむ


32. 2011年4月01日 17:13:13: bzI1UoNFbI
福島第一原発事故 : ご質問 と 回答    [武田邦彦 (中部大学)]
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/332.html

(東京は安心です、と書いてあります。)


33. 2011年4月01日 17:17:12: bzI1UoNFbI
福島第一原発 地下水も汚染 (東京新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/335.html

、海水の濃度もここ数日で急速に高まっていることもあり、原子炉圧力容器の底に穴が開いているなど、何か異変が起きているかもしれない。由々しき事態だ。


34. 2011年4月01日 17:17:50: bzI1UoNFbI
IAEAも修正かよ…40キロ地点の測定値「10倍」に(zakzak)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/336.html

35. 2011年4月01日 17:20:04: bzI1UoNFbI
「近づけば死ぬレベルの放射線量、誰が燃料プールの穴を塞ぐのか」(環境エネルギー政策研究所・飯田哲也)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/334.html

飯田氏はさらに、「そうなると今のようなベント(蒸気を抜く作業)や海に放射性物質を垂れ流す状態が1年2年と続く」と、事態の収束までにいくつもの課題が残されていることを指摘した。


36. 2011年4月01日 18:40:34: bzI1UoNFbI
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/396.html#c197

これらの状況から爆発を再現すると、
まず格納容器内で水蒸気爆発が起こり格納容器上部が破壊される。
内壁や床が破壊される。
水蒸気と爆発によって粉砕された核燃料が建屋に爆発的に充満する。
壁と屋根を粉砕しながらオペレーションフロアに充満していた水素を持ち上げる。
水蒸気と核の塵とコンクリートの粉砕物と水素の混合物が上方へ浮かびながら爆発する。これが黒い球体の煙と思われる。
水素爆発は1号機の爆発を見る限り白昼に炎は見えない・
3号機の爆発はオレンジ色の炎が見える。触媒となった塵が赤熱したものと考えれば辻褄が合う。
爆発後の塵は高熱のため上昇する。これがきのこ雲の正体と思われる。
きのこ雲を核爆発と見るならば炎の色温度が低すぎるし破壊の程度が弱すぎると思う。
爆発はごく短時間に2回あったと考えられるのだが、爆発映像では3回の爆発音でありその間隔も長い。
もしかすると排気塔への配管の破裂が3回目かもしれない。

なんにせよ格納容器が損傷し、水蒸気と共に核物質が環境に相当量放出されたのは間違いない。
爆発から2週間経過して現状の汚染量である。


37. 2011年4月01日 18:55:30: bzI1UoNFbI
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/190.html#c15

◆福島2号、核燃料が炉外漏出か 英紙で専門家指摘
2011/03/30 18:42 【共同通信】

1号機は再臨界しているという分析もあります。

その割には茨城や栃木など福島近県の大気中の放射線量が激増していません。

福島原発のハードウエアは崩壊です。
というよりも、この国の政府もマスコミもすでに終わっています。


38. 2011年4月01日 18:55:41: bzI1UoNFbI
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/922.html#c15

こら、アホウ放射線治療医デタラメをいうな。私は小児科医だがおまえらのコメントのデタラメさは見るに耐えない。

 この中村って奴、番組の最後に言っていたが、週に1回50μグレイ程度の被曝しかしてない奴だぞ。そのアホウが、0.3mグレイ/hrについて、「放射線は身体にいい」と言っているわけだ。

 一般の人たち、政府・マスコミ・エセ専門家のコメントに騙されないようにね。
 その証拠に、これらカスども、誰一人として福島に行かないでしょ。


39. 2011年4月01日 18:57:20: bzI1UoNFbI
http://www.asyura2.com/10/hihyo11/msg/686.html#c3

何も知らない子供達がかわいそうすぎる。
5年後に甲状腺癌になるだろうし、白血病の可能性も高くなる
おそらくもう子供も作れない。

1分でも早く西日本に避難させてあげてくれ。
もう2週間たった。
もう十分放射能を浴びた

なぜ、安全、安全ばかりいうのか?
菅、枝野、お前らは殺人鬼だ。

400億円の義援金でなぜ、助けない。
ひどすぎる。


40. 2011年4月01日 19:01:52: bzI1UoNFbI
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/234.html#c22

知らしむべからず というのがよく判った。

各市町村の検査結果も、ほとぼりが冷めた頃の数値を出しているのだろう。
乳幼児への水配布など目くらましだったということだ。

総務庁からの指示か・・・・。
まことに恐ろしい管理国家だ。


41. 2011年4月01日 22:35:37: ioqxzl4ObE
辻元清美らの悪行!裏がとれたぞ!(スミスのブログ)
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/880.html

辻元の団体「ピースボート・ジャパン」が被災地への救援物資を足止め



[削除理由]:その他
デマの可能性高い http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/880.html#c21
42. 2011年4月01日 23:35:29: ioqxzl4ObE
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/336.html#c1
「少しの放射量であれば人体に有用である」なんて嘘っぱち :

43. 2011年4月01日 23:47:03: ioqxzl4ObE
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/284.html#c2

頭の良い人は先回りして考えるものです。たとえばこの人。
安冨歩氏
(1)たとえば、局所的だが、決して小さくはない再臨界が1号機で起きたとしよう。
(2)爆発は起きない。
(3)しかし、放射性物質の放出が急激に増える。
(4)たとえば圧力容器の破損が拡大する、ということは十分ありうる。

ここまではIAEAの言うとおりである。話はここから先が、気分が悪くなる。


44. 2011年4月02日 07:06:53: CR8UJQSJVE
東日本大震災巡る記者座談会   民族根絶やしの原発推進行政   長周新聞
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/367.html

 とくに3号機は、プルサーマルなのでMOX燃料を使っている。これは通常のウラン燃料よりも溶けやすいうえに放射能が高い。熱エネルギーも強烈で、地中に埋められる温度に下がるまで500年もかかるといわれる。使用済み核燃料もプルトニウムの含有率が高く、他とは比較にならない重大事故につながるため特別重視されている。

 C 原発災害の危機はまだ終わっていない。沈静化させるまで長期間かかるし、それまで放射能は放出し続ける。炉心が溶けるなり、燃料を覆う被覆管が崩れて核燃料が集まれば「再臨界」(核爆発)の危険性がある。爆発しなくても水をかければ水蒸気となって放射能は放出され続ける。出力エネルギーは四基あわせてチェルノブイリ原発の約3倍で、広島型原爆1500発分の死の灰を蓄積している。使用済み核燃料も含めると放射能の量は計り知れない。

 D 政府もマスコミも、はじめは「自動停止したので安全」といっていたが、非常装置が動かず緊急事態になってから騒ぎ出した。現場は一刻の猶予も許されないのに、「現場視察」といって菅首相がヘリで飛んで行った。総理大臣の世話で現場対応を遅らせたという指摘もある。そして菅首相が帰ってから「原発は安全」といっていたら、すぐに1号機が爆発した。だが、その後も「安全だ」「想定の範囲内だ」といって、危険予測を出さなかった。

 A 東電は、1号機から大量の放射能が出ていた14日の時点で「全員退避」を政府に打診していた。現場としてはあの時点でお手上げだった。ついに3号機も爆発し、現地の所長判断で50人程度を残して避難させた。何度もチェルノブイリに視察に行っていた研究者が双葉町に行くと放射線測定器が振り切れ、「これはチェルノブイリ以上だ」といっていた。

 B 海水を入れたから安全とはいえない。原子炉は一種の塩釜になっている。1dの海水には、30`以上の塩が含まれ、原子炉の熱で水分が蒸発し、底にはどんどん塩が溜まっていく。燃料棒まで塩に包まれると対流が起こらなくなって冷却効率が下がるし、圧力容器の底や配管、バルブは塩でふさがれてしまう。発生する大量の塩素で鋼鉄製の容器も腐食していく。1、3号機は爆発しており、そこに電気を流せば、漏電による火災、爆発も含めて予測できない危険性を秘めている。

 D 大量に放水しているが、その水はすべて海に流れている。22日の発表では、放水口付近の海水から安全基準の127倍のヨウ素、25倍のセシウムが検出された。あのあたりの海流は黒潮に乗って三陸沖まで行き、親潮とぶつかる。三陸沖は日本有数の好漁場だ。カツオ、マグロ、スケソウダラ、イワシ、アジ、サバなど魚種も豊富で、西日本からもまき網などが漁に行く。深刻な漁業被害だ。海に放出された放射能が海草に付き、それをプランクトンが食べ、それを魚が食べる。食物連鎖によって濃縮された放射性物質を含んだ魚を食べれば、内部被曝につながる。

 E 農業も壊滅的な打撃だ。ホウレンソウなどの葉物野菜はもちろんだが、放射能が水に混じって土壌にしみこめば根からも吸収される。それを人間が食べれば、体内に蓄積された放射能で細胞がやられ、ガンを引き起こす。すでに福島、茨城、群馬などで野菜や牛乳で放射線量が基準値を超え、出荷停止になっているが、東京の食糧基地である関東一円の農業地帯が壊滅している。冬型気圧配置が終わると今度は海から内陸に向かって風も吹き始める。水道水が汚染されれば、農業どころかさらなる避難地域が出てくる危険性がある。

 D 20`圏内で避難、30`圏内で屋内退避となっているが、それ以上に広域の放射能汚染だ。放射線レベルも、1時間あたりの値しかいわないが、1カ月浴び続けていたらどうなるかが問題だ。放射能の放出は止まるめどはなく、まだまだ放出が続くだろう。


 迅速に動かぬ政府 統治能力のなさ露呈

 C 政府やマスコミの対応に大きな問題がある。テレビは原発が爆発する前から被災地の実況中継を延延とやるだけ。政府はこの緊急事態に対してなにをするか、国民になにをアピールするかがない。住民が避難生活で困っているのだから、ヘリでも動員して必要な物資をすぐに届けなければいけないし、あれだけ土砂で埋まっているのなら、日本中の土建業者に号令をかけてどんどん片付ければいい。内航船もたくさん余っているし、接岸できなければ沖合にとめ、小回りのきく船で物資を運べばすむ。危機に対する統治能力のなさがあらわになった。

 D 実情を眺めているだけで、それに対応する行政機能、官僚機構が働かない。「全体の被害が把握できないから動けない」というが、把握できなくてもやるべき事はある。これまでの災害の蓄積もあり、対応するマニュアルがあるはずだ。

 F 自衛隊、消防、行政、それぞれに役割分担がある。消防の人の話では、支援物資が必要なら、まず陸自が道路の復旧を急ぐ、その間に空輸で物資を運んだり、接岸できる港を確保して船で運ぶ、そして消防は救助にあたるなど、全組織を統括して役割分担をして現場にあたらせる必要性があるのだという。「人命を救助する」急を要するときに迅速な動きがないことにいらだっていた。

 B 被災地が広域なら全国の組織を動員すればいいことだ。2月のニュージーランド地震では「救出は72時間が生死の分かれ目」といっていたが、48時間たっても、72時間たっても動かない。政府に焦っている様子がない。外国救援隊が急いで来たが動きようがなかった。「日本政府は国民を救う意志があるのか」と疑われていた。

 D 東北自動車道も、通れるのに全面封鎖した。緊急車両を通すためだというが、避難民が脱出したり、救援車を行き来させたりするのに道路は必要だ。渋滞しそうな時点で閉鎖するなどの対応はできるはずだが、それが全面ストップだった。被災地に人人を閉じ込める統制が働いていた。

 国民見殺しの対応 米軍の軍事機密守るため

 C 原発災害への対応は、戦後政治を象徴している。もともと原発は、アメリカが原爆開発のマンハッタン計画の途上、原子炉でウランを燃やしてプルトニウムをつくる際、生まれる膨大な熱を発電に利用したのがはじまりだ。日本には、1950年代末からCIAのエージェントだった正力松太郎(読売新聞社主)と中曽根康弘がアメリカの要請で誘致し、はじめからアメリカ従属の構図でスタートしている。日本は世界でも有数の地震大国だ。そんなところに五四基も原発を建てたらどうなるのか、それを承知のうえで進めている。それよりもアメリカのエネルギー戦略、核戦略が優先だ。

 万事アメリカのいいなりで、その下で利権をあさり、「あとは野となれ」の見殺し政治だ。国民の生命と安全を守るという意志も能力もないということが暴露された。原子力政策にそれが象徴的にあらわれている。

 A 原子力についてはアメリカが特許を占有し、日本のメーカーは莫大な特許料をアメリカに払う関係だ。福島第一原発の沸騰水型原発はアメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)社の設計で、東芝や日立などが下請でつくっている。日立の原発技術者が「自分たちにはわからない部分がある」といっていたが、特許があるためアメリカからの技術提供がなければ修復一つできない。今回の事故でも、1号機は丸ごとGE製なので、急きょ運んできた東芝の発電機では電圧などが違うため対応できなかったという。


 D 原発には、アメリカの核戦略の上で重要な軍事機密が詰まっている。日本政府がウソばかりいう裏には、アメリカにとって第一級の軍事機密を守るという意識がある。実際に9・11テロの後、アメリカでは原発についての機密防衛をかなり強めており、日本もそれに見習っている。原子炉建屋の見学もさせなくなり、学者にも圧力をかけているから事故が起きても箝口令が敷かれている。原子炉内の構造も、使用済み核燃料プールの存在も爆発が起こってからはじめて教える。みすみす国民を見殺しにしてでも、アメリカの顔色をうかがって機密を隠し通す。そこが核心だ。そのためには「放射能をいくら浴びても大丈夫だ」などと平気でいえる。

 B 与謝野経財相は、この段階にきても「原発は重要なエネルギーであり、見直しはあり得ない」といっている。中曽根に見込まれて日本原子力発電社員から政治家になった人物だが、ここまできて原発推進をいうのだから度はずれた売国性だ。

 A この地震列島に原発を作って40年もたてば、地震災害に巻き込まれることはほぼ100%予測できることだ。フランスやイギリスでは地震による原発災害をもっとも恐れ、活断層を避けて用心深くやっているが、日本は活断層などおかまいなしに54基も建てた。日本の原発政策は、世界の常識から見てありえないものだ。

 B 地震学会では、日本が大地震の活動期に入っていることをかなり前から警告している。駿河湾から四国沖にかけての東南海巨大地震の可能性はほぼ確実といわれる。そうなれば浜岡、伊方原発を直撃する。これをやったら山口県も吹き飛ぶ。過去の例でも、東南海で巨大地震が起これば、翌年に東京で直下型の地震が起きているし、新潟中越地震も阪神大震災に連動したものだといわれている。今回の地震に刺激されて、他の断層も動きはじめる可能性が非常に高い。日本中の原発はすべて停めなければ、日本中が壊滅することになる。

 A 枝野や原子力安全・保安院にしても、テレビのアナウンサーにしても、解説する専門家にしても、この大惨事に感情が動いていない。まるで危機感がなく、自分たちが原発を推進してきた結果であるにもかかわらず痛みがない。これまでの隠蔽体質を改めるのではなく、放射能が漏れ出したら、今度は国民を守る安全基準をごまかし、ウソにウソを重ねて国民を見殺しにする方向で進んでいる。


 A 「東日本がひどい目にあっているから、食料生産は西日本が支えよう」とか、「現地に復旧応援に行こう」という機運が高まっている。みんなが助け合って国難を乗り越えようという全国連帯の意識だ。それは国の上層部とは全然違う民族的な連帯意識だ。



45. 2011年4月02日 08:25:19: CR8UJQSJVE
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/280.html#c313

宮崎駿監督「絶望する必要ない」 大震災への思い語る 3月28日19時48分
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103280347.html

スタジオジブリの宮崎駿監督(70)が28日、自ら企画したアニメ映画「コクリコ坂から」の主題歌を発表する記者会見で東日本大震災について思いを述べた。

 「埋葬も出来ないままがれきに埋もれている人々を抱えている国で、原子力発電所の事故で国土の一部を失いつつある国で、自分たちはアニメを作っているという自覚を持っている」と話し、「今の時代に応えるため、精いっぱい映画を作っていきたい」。

 「残念なことに、私たちの文明はこの試練に耐えられない。これからどんな文明を作っていくのか、模索を始めなければならないと思う。誰のせいだと言う前に、謙虚な気持ちでこの事態に向き合わねばならない」と述べた。

 また、「僕たちの島は繰り返し地震と台風と津波に襲われてきた。しかし、豊かな自然に恵まれている。多くの困難や苦しみがあっても、より美しい島にしていく努力をするかいがあると思っている。いま、あまりりっぱなことを言いたくはないが、僕たちは絶望する必要はない」と語った。

 東京などで避難や買い占めが起きていることについて、「僕はこの年齢ですから一歩も退くつもりはありません。乳児については配慮しなければなりませんが、僕と同じくらいの年齢の人が水を買うために並んでいる。もってのほかだと思います」と厳しい表情で述べた。

 「コクリコ坂から」は宮崎吾朗監督作品。1963年の横浜を舞台にしている。7月16日公開予定。


46. 2011年4月02日 08:35:47: CR8UJQSJVE
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/528.html#c117

暴走を続ける福島原発3号機に、東京消防庁のハイパーレスキュー隊が決死の放水を敢行したのは
今月18日深夜だ。その後も放水は続いており、国民はレスキュー隊の勇気に拍手喝采を送ったが、
その裏では信じられないような混乱がいくつもあった。

無能を絵に描いたような菅内閣のせいで、国民の命は危険にさらされ、
消防隊は被曝覚悟の突入を余儀なくされたのである。

東京都副知事の猪瀬直樹氏の話は衝撃的だ。

「3月11日に地震があって、すぐに消防庁は気仙沼や千葉で燃えた石油コンビナートに向かいました。
本来は知事の要請があってから動くのですが、要請を待っていたのでは間に合わないかもしれない。

そこで、とりあえず向かわせて、知事の要請を待ったのです。福島原発にも向かいました。
ところが、いわき中央インター付近まで行ったところで、総務省傘下の消防庁から『来なくていい』という連絡が入った。
消防庁の判断というより、上からの指示でしょう。やむなく消防隊員は引き返したのです」

11日の時点で、原発を冷やす態勢を整えておけば、その後の混乱を回避できた可能性があるのに、
国が拒絶していたのである。猪瀬氏はその理由について、こんなふうに言う。

「東京消防庁は自治体が管轄する。自治体同士には横の連携がある。だから、千葉や福島では活動ができる。
阪神大震災以後、取水口の口径も全国統一されて、どこでも消火活動ができるようになりました。しかし、原発は国の管理になる。
そのため、まずは自衛隊や警察が出ることになったのでしょう」

この期に及んで、そんな縄張り争いがあったことにたまげてしまう。実際、まず、出てきたのは自衛隊だ。
バケツで海水をくみ、原発の真上でまいた。焼け石に水の愚行で、隊員が被曝しただけだった。次に出てきたのが機動隊の高圧放水車。
しかし、これも水が上に向かないのだから、どうにもならない。惨めな結果に終わったのは周知の通りだ。

万策尽きて、ようやく、東京消防庁への出動要請になったのだが、すでに原発周辺は放射能が充満していた。
現場は修羅場になり、放射線量を測る計器がアラームを鳴らし続けた。
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/27gendainet000140905/


47. 2011年4月02日 08:43:40: CR8UJQSJVE
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/280.html#c266

仏原子力研究機関見解「福島3号機の燃料格納容器は密閉状態にない」
3月25日 14時14分(日本時間26日0時14分)

http://www.francemedianews.com/article-3-70205881.html
25日仏ル・モンド紙の報道によれば、福島で最悪のシナリオである「原子炉溶融」が起きようとしている。

東京電力は同日未明「第3号機の燃料棒を搭載している格納容器が破損している可能性がある」と発表し、「放射性物質が遠方に放出された」と日本の原子力安全・保安院は報告している。


48. 2011年4月02日 08:46:17: CR8UJQSJVE
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/826.html#c1

東電「熱交換器壊れてる。復旧に数ヶ月。放射性物質の放出を今後も行っていく」 ひばくしまふくしまへ
1 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県) 2011/03/27(日) 10:53:44.04 ID:I8EVx0cw0 ?PLT(12001) ポイント特典

 16日夜から東電の記者会見に続けて参加しているが、昨26日、夜の定例会見
(といっても始まる時間の予告はない)で、重大な事実を認めるに至った。
いずれも、これまでに、少し真剣にこの問題を検討していた人なら予測していたことだが、
東電がきちんと認めたことは非常に重要だと思う。


●低温停止させるためには、炉に水を入れるだけでは足りず、熱交換器(車でいえば、ラジエーター)
を動かさなければならないが、その部分の復旧については、ほとんど手がついていないこと。

●1、3号機については、おそらく、ラジエーター部分は壊れているため、別に準備しないといけないが
そのためには、放射線量を下げないと作業ができないこと。

●放射線量を下げるには、現在の注水によって燃料を完全に水中に浸す必要があること
(これが簡単な作業ではないことは明らかです。)

●したがって、復旧にかかる時間は数カ月単位であること

●その間、炉に水をいれるしかなく、そのため炉内圧力が上がる可能性があることから、
今後もベント(放射性物質の入った炉内大気の放出)が予測されること

●しかし、その回数や規模などは予測できないため、そのような情報は政府に伝えていないこと
(→20キロの避難範囲には科学的な根拠がおそらくないと思います)

などが明らかになった。極めて深刻な状態だというほかない。
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/bbaeeea74ff50e784acf6ddf73ad8ca1


49. 2011年4月02日 08:53:36: CR8UJQSJVE
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/831.html#c2

ロシアの科学者「お前ら放射能被害を甘く見過ぎ。MOX燃料からプルトニウムが出たら人が住めなくなる」

 だが、福島第1はチェルノブイリより人口密集地に位置し、200キロの距離に人口3千万人の巨大首都圏がある。

さらに、福島第1の3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使ったプルサーマル発電だ。

もしここからプルトニウムが大量に放出される事態となれば、極めて甚大な被害が生じる。除去は不可能で、人が住めない土地が生まれる。それを大変懸念している。

 チェルノブイリ事故の最終的な死者の推定について、国際原子力機関(IAEA)は「最大9千人」としているが、ばかげている。私の調査では100万人近くになり、放射能の影響は7世代に及ぶ。

 セシウムやプルトニウムなどは年に1−3センチずつ土壌に入り込み、食物の根がそれを吸い上げ、大気に再び放出する。例えば、チェルノブイリの影響を受けたスウェーデンのヘラジカから昨年、検出された放射性物質の量は20年前と同じレベルだった。

そういう事実を知るべきだ。

 日本政府は、国民に対し放射能被害を過小評価している。「健康に直ちに影響はない」
という言い方はおかしい。直ちにではないが、影響はあるということだからだ。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/233873


50. 2011年4月02日 18:20:57: jDxJOMlTaQ
>「福島に必要なのは石棺ではない」チェルノブイリ汚染除去責任者 ;欲しい情報
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/371.html

 −−福島の事故の状況は

 「2号機は炉心や原子炉圧力容器が溶融している疑いがある。国際原子力事象評価尺度でチェルノブイリは最悪の7だった。福島の事故は日本がいう5ではなく、最初から6であることは明らかだ。今は6と7の間と判断している」

 −−状況はなぜ悪化しているのか

 「東電の情報が不正確で不足しているからだ。(企業というものは)会社の利益を優先して行動するので作業から外す必要がある。幅広い知識を持つ経験豊富な技術者を日本中から集めて特別チームを編成し、作業に当たらせるべきだ」


51. 2011年4月02日 19:12:47: jDxJOMlTaQ
事実上の報道管制(デマ・憶測は摘発)原発問題で関係機関が発表する内容以外の情報を流すと摘発。海外のメディアは可能
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/370.html

52. 2011年4月03日 09:31:00: SWN6EwHUkh
人命を犠牲にする原子力産業
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/409.html

保安院、浜岡原発の緊急停止「考えなければならないのは確か」(日本経済新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/412.html

今回の原発事故
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/419.html

遅かろうが早かろうが必ずどこかで起きることはわかっていた、起きる前に止めることはできたはずだったし、脱原発派はそのために必死で努力してきた。私もその一人だ。
しかし声を上げる者は社会的に抹殺されてきた。(福島原発の闇を追求した元福島県知事佐藤栄佐久氏は冤罪で引きずりおろされた(『知事抹殺』)他、挙げればきりがない)

代替案はいくつもあるのに、単に知らない、知る機会がないという理由で今までのシステムから発想転換できない人のなんと多いことか!
今までも「代替案を誰もが選択できるようにしたい」と考えていたけれど、一刻も早くしないと日本が本当に終わってしまう、というのを今回のことで強く感じた。「無知は死を意味するというか、死につながる。」と坂本龍一氏が言っていたが、それは個人の死どころか国全体にもなるわけで、人間だけでなく他の生命さままで巻き込むことになる。そんなの許されない。


53. 2011年4月03日 09:33:33: SWN6EwHUkh
世界の水道水放射線基準値(菜食文化研究会)+アメリカの基準からは約2700倍(@39chiro)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/423.html

現在、暫定的に世界保健機関(WHO)の
300倍の基準、ドイツの基準からは
600倍、アメリカの基準からは約
2700倍の放射能を含む水道水まで許容するという基準になっている。


54. 2011年4月03日 09:37:57: SWN6EwHUkh
チェルノブイリ超えで御用学者もてのひら返し(ネットゲリラ)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/424.html

 オーストリアの気象地球力学中央研究所(ZAMG)は、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した事故により、大気中に放出された放射性物質の量が、旧ソ連・チェルノブイリ原発の事故(1986年)をすでに超えているとの見方を示した。


55. 2011年4月03日 09:54:21: SWN6EwHUkh
http://twitter.com/tokaiama/status/54317521490296833
チェルノブイリ事故から8年後の1994年、ロシアでは数百万人が原因不明で死亡した。我々は分かってた、事故から5〜10年後にそれが訪れることを 
ソ連崩壊のせいにされたが違う。チェルノブイリ事故がソ連を破滅させた
ロシアの平均寿命の推移 1994年に急落下
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8985.html

56. 2011年4月03日 09:59:20: SWN6EwHUkh
http://ow.ly/i/9Sre/original
ノルウェーも
ドイツ 
http://p.tl/L9Vv
http://www.dwd.de/bvbw/generator/DWDWWW/Content/Oeffentlichkeit/KU/KUPK/Homepage/Aktuelles/Sonderbericht__Bild5,templateId=poster,property=poster.gif
も良く似た結果、やはり西日本太平洋岸が汚染される

4月5日〜6日頃西日本一帯に放射能がやってくる


57. 2011年4月03日 10:02:35: SWN6EwHUkh
外国で公開されている福島第一原子力発電所の高精細画像--(非常に鮮明です)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/430.html

 写真からは到底1ヶ月や2ヶ月で事故処理が終わるとは思えません。
3号機は爆発により上部がほとんど吹き飛んでいるように見えます。
本当に3号機の使用済燃料保管プールは存在しているのでしょうか?
格納容器、圧力容器のダメージはどれくらいなのでしょうか?

タービン建屋に大穴があいているという事実は、よく考えるとパイプなどの配管に相当なダメージがあることを予想させますが・・・・、


58. 2011年4月03日 10:05:19: SWN6EwHUkh
福島第1原発:   汚染水 海への流出が止まらず  汚染水、直接海へ流出を確認 立て坑に亀裂
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/431.html

ところが、ピットの中に流れ込む水の量が多く、ピットに流し込んだコンクリートが固まらず、午後11時の時点でも、海への流出を止められない状態が続いているということです。


。ピットの中の水を調べたところ、運転中の原子炉の水のおよそ1万倍の濃度の放射性物質が検出され、東京電力は原子炉からの水が海に漏れ出すルートの1つとみて調べています。


59. 2011年4月03日 10:15:10: SWN6EwHUkh
孫崎享氏のTwitterより「米海軍病院、5才以下の子供に離日を勧告・怒らぬ日本人・・・」 (ちきゅう座)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/434.html

[原発]東京電力が会見で謝罪「判断が甘かった」(テレ朝) 1週間 海に高濃度放射性物質を垂れ流し
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/439.html


60. 2011年4月03日 12:46:07: Vl4ArJlw2g
以降の情報はこちらにコメントしていきます。

原発まとめ(9)4月3日〜事実上の報道管制(デマ・憶測は摘発)風向き反転・関西に放射能が襲いかかる
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/467.html


61. 2011年4月06日 08:31:48: B5offegeiY
阿修羅さんへ
コンクリートの寿命は、手抜きで30年くらいまで短くなるが、本物のコンクリートは200年保つ。
パナマ運河の建設に携わった青山士の手がけた玉川上水?は、未だに問題なく使用されているのではありませんでしたか?
青山氏はセメントを舐めて品質を見極めていたそうですからね。

62. 2011年4月09日 23:47:14: nkmWRbdRyY
>13
科学的根拠に基づかない推論を正しいかのように述べるのは止めた方がいいかと思います。放射性物質とアスベストを比較することはナンセンス。
放射性物質は消滅する。特にヨウ素に至っては8日で消滅する。
また、放射線によって肺に入ってしまったら確かに被ばくは受け続けるが、ホットスポットなるものは存在しない。
アスベストと違うのは放射線は透過性を持っていること。しかし、食物として摂取する分には何ら問題ない。放射性物質として知られる元素は基本的には吸収されにくいものであるため、速やかに排出される。また、食料摂取する分には毎日食べても被害を与える程の実効線量にはならない。

正しい知識で風評被害を防ぎましょう


63. 2011年4月18日 15:34:29: QJZTk5IfeQ

「8日で消滅する」

って何のギャグでしょうか。


アルファ線もベータ線も摂取する分には問題ないとおっしゃっているなら理解に苦しみます。ストロンチウムとかセシウムって知ってますか。

正しい知識ってナンナンデショウね。


64. 恵也 2011年5月02日 17:20:59: cdRlA.6W79UEw : ADAf3GyM3Y
>>62 正しい知識で風評被害を防ぎましょう

あなたの知識がどうして正しいと思ってるの。
俺には間違った知識の塊で、風評被害という名前で国民への加害者
の役回りを任されてる感じがする。

もしかしてテレビや新聞に出てくる人が嘘を言わない人間だと信じてるのかな。
ヒットラーにしても旧日本軍にしても、これらの人に嘘を言わせることでミスリード
したもので、チャンと国民に嘘をいった実績があるんだけどね。
歴史は繰り返される。

それから放射性ヨウ素は500万倍くらいに濃縮して、植物内で蓄えます。
人間はそれをまた何倍にして甲状腺に蓄えるんだろうね。

ーーーー引用開始ーーーー
放射性ヨウ素の濃縮についての報告がありました。それでデータを見ていくと、何と
マーターさんの場合では、サバンナリーバーというところで1959年に起こった事故な
んですが、そこで1週間前後で植物の種類によって違いますが、作物、自然の草、
木も含むんですが、植物種によって200万倍から650万倍にも濃縮してたという報告です。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report5.htm



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧