★阿修羅♪ > cERhT0preFllVnc= > 100003
 
g検索 cERhT0preFllVnc=  
 前へ
cERhT0preFllVnc= コメント履歴 No: 100003
http://www.asyura2.com/acat/c/ce/cer/cERhT0preFllVnc=/100003.html
[政治・選挙・NHK288] <#岸田政権に殺される、は本当だ>敵基地攻撃をめぐるデタラメの極み(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
174. 達人が世直し[1849] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月05日 22:22:57 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1090]
>>171 氏


憲法9条では、自衛権については触れていないことを確認すると、少し違うかな。

>憲法9条は、日本国が戦争する能力を奪うのであって・・・
というのはそうなんだと思う。

条文では、「放棄する」と自主性を打ち出しているけどね。
それでも、国民が、為政者から戦争する能力を奪うのであって・・・、と考えれば、それもありかな。
ごく抽象的にいって、ということだから・・・。


     
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/838.html#c174

[政治・選挙・NHK288] <#岸田政権に殺される、は本当だ>敵基地攻撃をめぐるデタラメの極み(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
188. 達人が世直し[1850] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月06日 20:58:24 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1091]
>>175 氏

>ちなみに、立憲民主党も共産党も憲法学者も憲法解釈は違う。

また人様の話かい?
それはそれとして、アンタの憲法解釈は、どよ?。
もしかして、私と一緒では?。聞かせてもらったことは無いけどね。
「独自理論解釈」と絶賛したくらいだからね・・・もしかしたら。

それを今更、「素人の俗説」と言ったり、そうかと思えば、「>168の「理論」で言えば・・・」(こっちは、ども)と言ったり、評価が安定しないなぁ〜。
「素人の俗説」でも、「独自」との高い評価は残っているから、まぁ〜、いっか〜。

>全部指摘すると終わりがないので一部だけにするが、
>「国権の発動たる戦争」「自衛権の発動」をとても嫌がっているアンタだが、ならばなぜ自衛隊の存在が合憲になるのか不明。

その一部がこれかい?。

>>68 の問いかけと同じなら、既に >>137 で答えているが・・・。
反応は無いけどね。自分で問いかけながら、もう忘れている。
余裕がないね〜。
まさに、「反語を使った詭弁」の、ただ聞いてみただけってやつだね。

>@そもそも自衛隊は合憲なの?

>日本国憲法においては、その前文で、自然権思想に則り、国民の生存権(そして抵抗権)を認めていることが記されているが、自衛隊について記されている条文は無い。
>憲法9条も自衛権について触れてはいない。
>日本には軍法は無く、軍法会議も憲法で禁じられている。
>日本に軍事法制が無い以上、軍隊は建設出来ないし、保持することも出来ない。
>従って、憲法9条で禁じている軍隊でない自衛隊の存在そのものは、憲法に違反するものではない。
>憲法に違反するかどうかは、自衛隊の活動、行動が、憲法に違反しているかどうかによる。

そして、自衛隊が行使できる実力は、「日本国内での警察権」の範囲を逸脱することができない。
すなわち、日本の警察権の及ぶ範囲とは、日本の主権の及ぶ範囲、つまりは、日本の領土、領海、領空と言うことになる。
さらに、依拠する法律は、国内法以外には想定されていない。

このような範囲内で活動、行動する限りにおいて、自衛隊の行動は憲法に違反するものではない。

軍人は、戦場で、敵対する相手軍人を殺傷したり、加害行為を実行しても、何故罰せられないのだろうか。
それでも、民間人に対しての加害行為は、戦争犯罪として禁じられているという。
日本の法律には、そのような条文は無いし、人を殺傷しても良いとする法律など、普通はあり得ない。
それらは、戦時国際法に規定されている。
戦時国際法の規定では、戦時において一定の人道的な制約の下で作戦行動により敵を直接的に加害する権限を持ち、敵の指揮下に入ればその成員は捕虜として扱われる権利がある。
そんな軍隊は、概ね軍事法制によって建設、保持されており、その制度を「軍制」、行政を「軍事行政」、作戦を「軍令」と呼ぶ。
軍隊とは、そういう人たちの集団。

「保有する軍事力の大小は関係ない。」

振り返って、日本の自衛隊を見れば、
海外に出て、その国の国民を殺傷した瞬間に、逮捕、拘留され、裁判にかけられて、最悪は死刑だろう。
上手く日本に逃げ帰ったとしても、今度は、日本の国内法で裁かれる。
自衛隊員は、軍人さんじゃないことが理解できたでしょ。
軍人さんの集団じゃないから、自衛隊は軍隊じゃないのは道理でしょ。
軍隊かどうかを決めるのは、保有する軍事力の大小は関係ないのよ。
世界には、兵員、数百人の軍隊だってある。たぶん。

>“国民の自然権”とかほざくなら、「存立危機事態」も認められて当然だろう。

「日本の存立危機事態」というものがあるらしいが、問わなければならないのは、そのことの発生していると「する場所」と、その「危機を排除する行動」がどういうものになるのか、ということだ。
日本の領土、領空、領海で発生しているならば、「日本の警察権」の出動という対応となり、他国の主権、生存権を侵さない範囲であれば、問題はないのだろう。
しかし、ひとたび、自衛隊が日本の領土、領空、領海の外で武力を行使するような事態が発生すれば、それは、間違いなく憲法違反であり、それこそが、日本の存立危機事態となって、笑い話では済まなくなるのだろう。

>ちなみに、日本の刑法では“正当防衛”というものがあるが、正当防衛は自己だけでなく他者の正当防衛も認められる。
>例えば、道で強盗に襲われてる人がいた、とっさに強盗を殴って助けたが強盗はケガを負ってしまった…、という場合。
>このときは「他者への正当防衛」として強盗を殴ったことは無罪になる。

そのことに続けなければならない。一方で、「過剰防衛」は罰せられる。と。

>国家で例えれば「集団的自衛権」だな(笑)

笑止、笑止。

正当防衛の成立要件の第一に、@急迫不正の侵害に対して、とある。
ここで「不正」と言うことが重要だろう。
そのことを踏まえて、氏が例えた「集団的自衛権」にあてはめてみよう。
米国と某国が日本の領海の外で、ドンパチを始めたとしよう。双方に死傷者が出て、米国が不利な状況になった。
戦っているのは、双方の軍隊、軍人さんなら、戦時国際法では、敵軍を攻撃し、殺傷することは、禁じられていない。
ここで、正当防衛を口実に、米軍を支援するためには、某国側の戦闘が不正でなければならない。
この時の不正とは、氏は何をもって、主張するのか。
「集団的自衛権」の行使の口実に「正当防衛」を持ってくること自体、何もわかっていないと言わざるを得ない。
それが通用しないから、「日本の存立危機事態」などという訳の分からない言葉が出てきたのではないのか。

>アンタは、自らが存立危機事態になっても自分を守れればそれで良い、家族や友人は一切守らない、って考え方なのかい?(笑)

こういった氏の思考は、安倍晋三の思考によく似ている。
ただ、レベルは、安倍晋三よりも、もっと酷い。

それに自然権思想というものを理解していない。
自然権思想が、近代立憲主義憲法の大前提となっている。「もちろん」日本国憲法も、「自然権思想」を大前提に作られたものだ。
それを理解しないで、憲法を語るとは、・・・。

J.ロックは自然権を「生命、身体および財産」への権利であるとし,国家はこの自然権を保障するための組織であるから,いかなる国家権力も自然権を侵害することは 許されず,そのような侵害に対して人民は抵抗権をもつと主張、これも自然権とした。
この文章は、国家と、人民の関係の中で説明しているが、国家と国家の関係においても、同様と言える。
ここに出てくる自然権は、
@「生命,身体および財産」への権利であるとした「生存権」という自然権。
Aそれ(@)が侵害されたときの、「抵抗権」という自然権。
この二つの自然権は、表裏一体のものであり、どちらか一方を切り離しては、語れない。
憲法前文に取り入れられている表現は、「生存権」の方であることは明らかだが、それによって、表裏一体の「抵抗権」も有することを確認すると言っていることになる。
日本国憲法が、その理念の基が自然権思想にあると考える以上は、当然の帰結だろう。
ここで、但し。、と言わねばならない。
自然権の思想においては、その行動が「抵抗権」の行使であったとしても、その行動の結果として、他者、他国の「生存権」という自然権を「侵してはならない」というものだ。
氏の正当防衛の例を借りて、言葉を換えれば、「過剰防衛はいかんよ」と言うことだ。
抵抗権は、その言葉通り「抵抗する」権利、言い換えれば、「抗う」権利。
人は、その「生存権」を脅かされたときには、徹底的に「抗う」だろう。それが人間の自然な姿。「抵抗権」も自然権という所以だろう。

氏が、「過剰防衛」のことを忘れてしまうように、ここのところの理解が出来ていないと言わざるを得ない。
我の自然権を侵すべからず、他人の自然権は同様に侵すべからず。
我が国の主権を侵すべからず、他国の主権は同様に侵すべからず。
そもそも、「自衛権」とは、国家の「自然権」として、「その国の自然権が侵害されたときの、「抵抗権」を「自衛権」と言い換えたに等しい。

自然権思想の件だけで長くなってしまったが、あとは、自分で調べて。

上記で答えた件以外は、いつものディスリだから、聞き流しておこっと。
それにしても、アンタの場合、文字数が多い割には、中身はほとんどが、ディスリ。
お疲れさんなことだね。
何か、強い劣等感をお持ちなのかな。
ディスリも、汚い言葉も、虚勢の表れであり、劣等感の表明、いや証明。


>>176 氏

>個人的にも、憲法改正の国民投票は早くしてほしい。
>民主主義を標榜するなら、憲法も投票で決めてほしい。

思わず本音が出たようだね。

結局は、誰彼構わず、「バカ左翼」と罵声を浴びせてきたのも、虚勢と「あほ右翼」を隠すための、隠れ蓑だったという事かい。

当初から、「うさん臭い」と思ってたけどね。

>>168 で
>一番知りたいのは、「それでどうしたの」「だからどうなの」の部分。
>分かり易く言えば、アンタ自身の考えさ。
と、プレッシャーをかけたのが効いたかな。
しかも、自分の考えを述べる時は、極端にレベルが低下するし。

>個人的にも、憲法改正の国民投票は早くしてほしい。

と言いつつ
きっと、憲法の、どこの条文を、どう改正したいのか・・・、そんなことは、考えたことも無いのだろう。
あるなら、カキコしてね。楽しみにしてるわ。

誰彼構わず、「バカ左翼」と罵声を浴びせるのが、精いっぱいの虚勢ということだね。
アンタが、イタイと感じているのは、自分の虚勢を張っている姿を、自分で認識しているからだと思うよ。

当初から、「うさん臭い」と思ってたんだ。

http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/838.html#c188

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
15. 達人が世直し[1851] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月06日 21:59:23 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1092]
《これが事実なら、立憲民主党の崩壊だ。敵基地攻撃能力を合憲とするなら、「立憲」という党名を返上すべきだ》

 一方で、《まともな中道左派政党への第一歩》と評価する声もあった。

・・・・・・

立憲民主党はますます分からない政党になったね。
「まともな中道左派政党へ」と言うくらいだから、今はまともじゃないと言っている。
自分たちがどういう政党なのか分かっていないんだから、有権者がわかる筈もないか。

「敵基地攻撃能力(反撃能力)」を憲法違反だと、毅然とした態度で反対を表明出来ないようでは・・・。

「だみだ こりゃ。」
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c15

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
77. 達人が世直し[1852] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月08日 21:44:12 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1093]
>>16 氏

こんなところで、私をディスって、どうしたの?
しかも、隠れるようにして・・・。汚いな〜。やり口が〜。
もう少しで、見逃すところだったわ。

>“自衛隊は軍隊ジャナイ!”
>“生存権自然権あるから防衛力あるのはトウゼン!非武装中立なんてマチイ!”
>とか公然と言い出す>>15みたいなバカ左翼も現れだしたし。

公然と言ってる人を、隠れるようにしてディスる。
恥ずかしすぎるだろ〜。

ディする前に、私の考えに異論を唱えるなら、「公然と」反論してからにすべきでないかい?。
違うかい?
反論してご覧。
反論して、反論されるのが、そんなに怖いかい?

>>45 でも、長々と講釈を垂れているが、要は、「押し付けられた憲法」と言いたいのだろ?
そう言うなら、ごちゃごちゃいう前に、「どの条文が押し付けられた」、それを、「どう変えるべきだ」と自分の考えを具体的に述べれば済む話だ。

ちゃんと、「公然と」ね。

アンタの言ってることは、あの安倍晋三センセーの言っていた内容、そのまんまだわ。
違いは、より分かりずらいところかな。
遺影を神棚に飾ってるんじゃないの?。

>>46 で言ってるのは、集団的自衛権がらみのことをダラダラと書いているのだろうが、・・・
ちょっと前に、集団的自衛権の行使の口実に、「正当防衛」」などを持ちだして、「ポコられた」から、今度は、「一国平和主義」というディスリで来たな。

>「一国平和主義」という言葉がある。これは“自分達が平和であれば、他国がどうなろうと関係ない”という左翼連中の態度を言ったものだ。

>逆に言えば、“アメリカの忠実な家来になっておけば、アジアの厄介な問題はアメリカ様がなんとかしてくれる”
という意味でもある。

馬鹿も休み休み言うもんだ。

「一国平和主義」と言うのは、日米安保条約で、集団的自衛権をフルスペックで行使しようと企む輩が、アンタのような人間を洗脳するためにこしらえた言葉でしかない。

その証拠に、専守防衛を堅持すべきと考えている人たちは、「一国平和主義」などという言葉は使わない。
何故なら、アンタが言うような、
>自分達が平和であれば、他国がどうなろうと関係ない”
などと考える人などいないからだ。

憲法前文でも、次のように記されている。

「・・・われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認する。
われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。・・・」

そういう憲法を守ろうとしているわけだから。当然だろ?

アンタが言う「一国平和主義」な人達は、

極東有事における在日米軍の直接戦闘作戦行動によって、日本が「日本以外」での戦争に「巻き込まれる」ことを恐れてきた。また、日本が自衛権を行使できる局面を、「日本」が攻撃された場合に限定しようとしてきた。

そういう考えの人たちだ。

>逆に言えば、“アメリカの忠実な家来になっておけば、アジアの厄介な問題はアメリカ様がなんとかしてくれる”

というアンタの考えが、いかに馬鹿げているかが分かるだろ?
自分の頭でやっと考えた、解説かもしれないが、その劣化度は半端じゃないことが、分かるだろ?

>“軍事力は持ちたくない…でも非武装中立でやっていく勇気は無い…”
>“米軍基地は無い方が良い…でもアメリカにはイザとなったら助けてほしい…”
>“中国や北朝鮮やロシアと戦争はしたくない…でも韓国や台湾やアジア諸国を見殺しにするのは嫌…”

これなどは、全く無意味な書き込み。
誰彼でもない、見えない相手をディするためにする、アンタのいつもの行動パターンだ。

一言でいえば、妄想。
それを、誰かが考え、言っているような書き込みをすると、
ほら・・・、
「藁人形論法」という詭弁。
この間は、「反語を使った詭弁」を指摘したが、今度は、手口を換えたね。

ディする前に異論があれば、反論しなくちゃ。
「公然と」ね。
隠れるようにしてたら、見逃しちゃうぞ・・・。



http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c77

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
92. 達人が世直し[1853] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月09日 20:18:18 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1094]
>>78 氏

>あ!ケンポーマモレーとかほざきながら、
>“自衛隊は軍隊ジャナイ!”
>“生存権自然権あるから防衛力あるのはトウゼン!非武装中立なんてマチガイ!”
>と言い出す奴じゃないか!(笑)

ほら〜、私の場合は、アンタの様に、「こそこそ」やっていないから、すぐ気が付くだろ。
こうでなくちゃね。

>社会党や共産党や憲法学者の反対を押し切ってきた、岸首相や中曽根首相の墓参りにも行ってこいよ!(笑)

I'm not Abe.
I'm not TOW.

アンタは言う。

>あと、>>77が憲法前文を持ち出したので、これを紹介してやろう。

それは、ども。

>“平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。”

>「諸国民の公正と信義に信頼」とあるのに、なぜわざわざ防衛力を備えるのか?
全然信頼してないじゃないか。

>防衛力はなぜ必要なんだ?諸国民が攻めてくる事もあり得るからか?
「信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意」したくせに?

これなどは、前後の文脈を無視した、所謂「切り出し論法」と言われる詭弁の手口。
切り出すことによって、前後関係が曖昧になり、自分の都合よく、解釈し、人に押し付ける。というもの。
懲りずに、ようやるわ。詭弁のフルスペックだ〜。

ここを紹介するなら、少なくとも、一つの段落をまとめて紹介するのが良い。
すなわち、

「・・・日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認する。・・・」

そして、
「第9条 」
1項 
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

に繋げていけば、より意味が理解しやすい。

要するに、私達日本国民は、平和を望む者です。それを実現するために、平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して行動します。われらは、崇高な理想を、自ら率先することで、国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。そして、われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認しました。

従って、
国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

もっと言えば、「侵略行為はやりません」・・・「永久に」と言っているじゃないか。

全体の文脈を読み解けば、そういうことじゃないかい。

アンタが、
>「諸国民の公正と信義に信頼」とあるのに、なぜわざわざ防衛力を備えるのか?
全然信頼してないじゃないか。

と言うなら、(日本国民を含む)諸国民の公正と信義に信頼するとあるのに、警察があり、刑務所があるのは、日本国民を全然信頼してないじゃないか。
と、日本政府に文句を言わねばならない。
そんな勇気はないと思うが。

>防衛力はなぜ必要なんだ?諸国民が攻めてくる事もあり得るからか?

そうだね。アンタみたいな人が、ほかの国にはいないという保証はないからね。

>「国家固有の自衛権であっても、憲法によってそれを放棄することが出来る」というものだ。

というのは、アンタが付け加えたものかい?

前にも書いたけど、自衛権と言うのは、自然権思想で言う、自然権(生存権と抵抗権)のうちの「抵抗権」を「自衛権」と言い直したに等しい。
人々は、自然権を一人で守ることが出来ないから、国家を起こし、社会契約を結んで、国家に付与した権力で、人々の自然権を守ろうとした。
その国家が、やってはいけないこと、やらねばならないことを、国の最高法規として、国民が記したもの。それが憲法だろ。
自然権を守るために憲法を記しているのに、その憲法で自然権を放棄する。
あり得ないだろ?
自然権は、はく奪も、放棄も出来ないもの。それを自然権と名付けたのだから。
放棄出来たとしたら、それは自然権(自衛権)じゃないということになる。
憲法9条で放棄したのは、自然権ではなく、他国を侵略する行為、行動、そして、それを担保するために、他国まで侵入していく軍隊、戦力、軍政、そんなものは、国民が、為政者に対して「認めない」としている。
しかも「永久に・・・」だ。

アンタは、永久に「自衛権」を放棄したと、本気で考えているのかい。
アンタの考えは、表明されていないので、今回も、分からないが・・・。

長くなったが、もう一つ頑張ろう。



http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c92

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
93. 達人が世直し[1854] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月09日 20:56:48 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1095]
>>79 氏

>憲法条文に専守防衛だの国外派兵だの軍の指揮権だのは存在しない。
>すべて“解釈”でなんとかしているのが日本。

いやいや、憲法9条で軍隊を持たないと言っているんだから、それが全てでしょ。
軍隊がなければ、国外に派兵は出来ない。軍の指揮権云々もあり得ない。
従って、侵略行為は出来ないようになっているから、残るのは「専守防衛」じゃないの。
憲法9条にそのまま表現されている。これは、解釈の問題じゃないね。
それ以外に、理解しようがない。


>昔、“自衛官は文民か?”という問題で揉めた事がある。

それでアンタの考えはどうなのか?その表明は、これも無い。

>自衛隊は軍隊ではない…ならば自衛官は文民なのか?

この設問は、それ自体が、「論点ずらし」だろう。
「軍隊」を定義すれば、自衛隊を軍隊と言えなくなる。
従って、軍隊と自衛隊が「同じ集合に入る設問」に変えた・・・。
というものでしかない。

文民とは、
文民は、一般に軍人でない人物を指す。
もとは日本国憲法を制定する際にシビリアンの訳語として造語された言葉である。
シビリアンとは、一般に「警察、軍、消防の一員でない者」を指す。
すなわち、公共のために犯罪、災害、戦争などへの対処にあたり自分の命を危険にさらす業務に携わっていない人間のことである。 ウィキペディア

軍人でない者。職業軍人の経歴をもたない者。 コトバンク

ネットで拾ってみたものだが・・・。これを信じるかはアンタ次第。

この設問変更でほしいのは、
「・・・シビリアンとは、一般に「警察、軍、消防の一員でない者」を指す。
すなわち、公共のために犯罪、災害、戦争などへの対処にあたり自分の命を危険にさらす業務に携わっていない人間のことである。・・・」

米国には自衛隊は無いから「警察、軍、消防の一員でない者」となるのだろうが、日本の教科書なら「警察、自衛隊、消防の一員でない者」を指すとなるのかな・・・。

軍隊は文民じゃない、自衛隊も文民じゃない。と言いたいのだろう。
文民じゃなければ、軍隊だろうと。

しかし、シビリアンじゃない警察は、軍隊か?
シビリアンじゃない消防は軍隊か?
アンタにとっては残念だろうが、シビリアンじゃなければ、軍隊といいきれない。

混乱が始まっているだろ?

>自衛隊は軍隊ではない…ならば自衛官は文民なのか?

これがいけないのさ。

自衛隊は軍隊じゃないのか?
この設問に戻って、「軍隊とは何か」、を問うべきだ。
「文民とは何か」を問うてどうする?。

軍隊とは、簡単に言えば、国外に出て、敵対する相手の軍人さんをより多く殺傷すると、英雄になれる、そんな人たちの集団と言うことじゃないかい。

アンタはどう考えてるの?
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c93

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
97. 達人が世直し[1855] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月10日 11:20:58 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1096]
>>95 氏

>自衛隊は国外に出ないから軍隊ではないとほざく。

ほら、また、部分を切り出して、・・・。
得意の「切り出し論法」かい。

“軍隊とは、簡単に言えば、国外に出て、敵対する相手の軍人さんをより多く殺傷すると、英雄になれる、そんな人たちの集団”

こんな短い文章を切り出してたら、真意は通じなくなるのは、道理だ。
この文章の肝は、「敵対する相手の軍人さんをより多く殺傷すると、英雄になれる、」にある。

それよりも、「アンタの考える「軍隊」の定義」はぬかさないのかい?
そこを避けてるから、「駄目なんじゃないか?」

>120ミリ砲を備えた戦車、ステルス性を有する世界最新鋭戦闘機、1隻1000億円超のイージス艦。
それらを備えておいて軍隊ではないとでも?

以前にも指摘したが、保有する戦力の大小が、その集団が軍隊かどうか決める要素ではない。

>東南アジアや、オセアニア等の中小国であっても軍隊は存在する。

アンタ自身も、そうぬかしているし・・・。

>憲法上、自衛隊の統制についての条文がなく、全て政府解釈によるため、自衛隊については歴史上二転三転してきた。

憲法には、軍隊を持たないと規定されている。
それ以外に、何が必要なのか。
自衛隊については、法令でその行動規範が決められている。
自衛権については、何度も言ったとおりだから繰り返さないが・・・。

アンタの言い分を聞いていると、まるで「だから、憲法9条に、自衛隊のことを追加しろ」と言っていた、安倍晋三センセーを彷彿とさせる。

>皮肉な話だが、憲法上軍隊を明示して統制権等を示しているアメリカ合衆国憲法の方が、
「国家の最高法規としての憲法」をよく考えているね(笑)

と言う、その後の紹介は、ほかの国は「軍隊を持ってますよ〜。」と言っているだけ。

皮肉な話だが、「軍隊を持たない」と憲法で宣言している、日本国憲法の崇高さが、強調されるばかりだね。

なんといっても、

「敵対する相手の軍人さんをより多く殺傷すると、英雄になれる、そんな人たちの集団」しかも、「海外に出かけていってまで」

そんな集団は、持たないと言っているんだからね・・・。
為政者に、そんな集団を持つことを禁じているんだから、素晴らしいことじゃないかい。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c97

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
112. 達人が世直し[1856] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月10日 21:16:38 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1097]
>>104 氏

>“コレは海外に出ないから軍隊ではありまセ〜ン

自衛隊は、その行動について、日本の警察権の行使を逸脱することは出来ない。
日本の警察権が及ぶ範囲とは、日本の主権の及ぶ範囲、すなわち日本の領土、領海、領空と言うことになる。自衛隊は日本の外、つまり海外で、その実力は行使できないのよ。
前から言っているように、自分で「軍隊」とは・・・を考えて、定義を述べてごらん。
軍隊は、その行動範囲は、国外にも及ぶ、となるから。

それ一事を見ても、やっぱり、自衛隊は「軍隊じゃない」でしょ。

>戦車に戦闘機に軍艦も持って数兆円予算かけてるけど軍隊ではありまセ〜ン

いま言ったように、自衛隊はその実力の行使は、日本の領土、領海、領空内に限られている。日本の主権の及ぶ範囲でしか、武器の使用は認められていない。
戦車も、戦闘機も、空母も、日本国内で運用している限り、自衛隊の行動規範に違反するものではない。
問題は、戦闘機にしろ、空母にしろ、日本の領土、領海、領空の外にまで進出して、その武力を行使することで、そのことは、厳に禁じられている。
軍隊は、むしろ、海外に出かけていって、相手国の軍人さんに銃火を浴びせ、殺傷する人たちの集まりなのだから、自衛隊は、「軍隊じゃない」でしょ。
同じ武力でも、敵基地攻撃(反撃)能力の行使は、武力をそのまま相手国の領土で炸裂させるものであるから、明らかに憲法違反となる。
敵基地攻撃(反撃)能力は、保有するだけで、憲法9条に違反する。
理由はここで言わなくても、前から言っているので、分かるでしょ。

>世界最強の在日米軍基地があるけどケンポー守ってマ〜ス”

残念でした。私の見解は、在日米軍は、憲法9条で禁止する、「その他の戦力」に該当し、憲法違反というものだ。
これも、前に行ったと思うけどね。

>ならば、「防衛目的の核兵器」「防衛目的の空母」は認められるとでも言うのか?

これも、憲法9条の理解が足りないことを、自ら明かしているようなものだ。

核兵器は勿論、空母にしても、それを懲罰的抑止力として誇示することは、憲法9条に違反する。
何度も、書いているが、
「懲罰的抑止」は攻撃されたら相手に耐えがたい打撃を与えると「威嚇し」、反撃を受けるコストが大きいと思わせて断念させる。

これは、憲法9条の、
国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

にそのまま違反する。
これが、答えだよ。

>9条はコレだけだ。どこからどうやったら専守防衛だの国外派兵だの最高指揮官だのを考えられる余地があるのか?

分かってないのだから、仕方がないが・・・。
何度も言うが、憲法9条は、自衛権については触れていない。
まず、そのことを理解しなければ・・・。
憲法9条に自衛権、自衛隊、専守防衛とうとうの規定を捜しても無駄。
書いていない。
憲法9条は、侵略戦争、武力を用いた脅しも、侵略行為も放棄すると記している。
核兵器など、保有するだけで、究極の脅しだろ?威嚇だろ?
ちがう?。ここは返答しないといけないね。
国外派兵が出来ないのは、警察権の及ぶ範囲、言い換えれば日本の主権の及ぶ範囲でしか。その実力を行使できないということから、分かり易く言えば、海外派兵は出来ないというものだ。
最高指揮官が、内閣総理大臣というのは、自衛隊が軍人ではなく公務員であることを考えれば、行政府の長たる、内閣総理大臣が、一番トップというのは、当然だと思うのだが。
問題にする意味が分からん。

>生存権は憲法に優先するとでも?その“憲法を超越する生存権の範囲”は誰が決めるのだ?

これは、少しでも、自然権思想を勉強してからにしてもらわないと、「だみだ、こりゃ」
>>92 で少し触れているから、復習したらいい。それからだわ。

>生存権だとギャーギャーぬかしながら存立危機事態における集団的自衛権を認めないのはなぜだ?

同じ話を、繰り返し繰り返し、本当に懲りないね。

>>77 ですでに、決着はついていると思うが・・・

「正当防衛」を持ちだしたり、それが「ポコられた」ら、次に「一国平和主義」を持ちだしたり。
それも「ポコられた」ら、今度は、振り出しかい?
「すごろく」じゃないんだからさ。
正月は、もう少し先だ。

>憲法条文には国外なんて言葉は一言も存在しないし、国会がどのように軍隊を統制すべきかも何も書かれていない。

アンタには、憲法を理解する能力が無い。

http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c112

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
114. 達人が世直し[1857] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月10日 21:30:27 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1098]
>>105 氏


真面目に答えようとしたけれども、中身がなくて、答えようがないわ。
>>112 の内容を読めば、この書き込みを取り消したくなるとい思うけどね。

あんたは、自分の頭で、「軍隊とは」の答えを考え、書き出してみるといいよ。
すっきりすると思うよ。
ちょっとは、恥ずかしくなると思うけどね。

無理かもしれないけど・・・。

http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c114

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
116. 達人が世直し[1858] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月10日 21:48:59 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1099]
>>113 氏

私の >>112 に対してのコメントかどうかわからないが・・・

>自衛隊が海外で軍隊行動をとれば軍隊だし・・・

自衛隊が、海外で軍隊行動(意味するところを、おそらく武器を使用し、相手国の軍人さんを殺傷する行動とすれば)侵略戦争どころか、「狂人の大量虐殺事件」だろう。
日本には、軍法も無いし、軍法会議も制度化されていない。
自衛隊の行動規範は、あくまでも、一般国内法で規定されており、それに違反した行為を裁くのも国内の一般法となる。
国内の一般法照らせば、おそらく、大量殺人により「死刑」。
国内の一般法では、人を殺傷することは、厳しく禁じられ、重い刑事罰が科せられる。
纏めれば、自衛隊員に、相手軍人を殺傷する権利は与えられていない。
軍隊と、決定的に違う所だろう。



http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c116

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
118. 達人が世直し[1859] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月10日 22:16:10 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1100]
>>117 氏

私も同感です。

明らかに、自衛隊の海外派兵の既成事実化を狙った欺瞞。
自衛隊の目的外使用。
PKOに参加するとしても、自衛隊でなければならない必然性は無い。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c118

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
121. 達人が世直し[1860] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月10日 22:25:56 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1101]
>>119 氏


軍隊ならね。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c121

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
130. 達人が世直し[1861] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月11日 09:10:18 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1102]
>>122 氏
>>123 氏

憲法9条は、侵略戦争を放棄するとしている。
同時に、武力による「威嚇」も。武力の「行使」も放棄するとしている。
しかも「永久に」という言葉を添えて。
その目的を達成するために、軍隊を「持たない」とし、国の交戦権は「認めない」とした。

これら、憲法9条で規定していることは、「永久に・・・」とある。

従って、憲法9条の条文は、「永久に」変えられない。

>安倍晋三は憲法に軍隊として自衛隊を明記できると言った・・・

軍隊を持たないとしている憲法に、そのまま違反する。
そういう安倍センセーは、〇〇の極みと言うしかない。

>・・・これを国民投票にかけたらどうなるのだろうか?

憲法9条を変えることは、憲法9条で「永久に」禁じられている。

今問題とされている、敵基地攻撃(反撃)能力を保有すること自体、「トマホークをぶち込むぞ!」と「武力で威嚇する」ことであり、事あればその能力を「使うと表明する」ことであり、
そのことは、

武力による「威嚇」も。武力の「行使」も「永久に」放棄する。

とした憲法9条にそのまま違反する。

そんな重大事が、何故、国会で真剣に議論されないのか、疑問でならない。
国の最高意思決定機関は、言うまでもなく「国会」だ。
「閣議決定」なるものの、暴走を許してはならない。
元々、憲法9条は、時の為政者が、暴走し、結果、国民を侵略戦争に巻き込み、近隣諸国の国民の命を奪い、生活を破壊し、のみならず日本国民をも、その戦禍に多くの命を失うこととなった。
その反省に立っていることを考えれば、今の自公政権の暴走を看過することは出来ないはずだと思うのだが。


http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c130

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
134. 達人が世直し[1862] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月11日 11:31:22 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1103]
>>132 氏


氏は知ってて、あえて言及出来ないのだろう。

日本国憲法第96条では、「憲法改正の手続き」について、定めたものだ。

憲法を変える時は、こういう手続きに従いなさいというものだ。
この手続きに従えば、どの条文でも変えられると言っているわけではない。

従って、憲法9条を変えることは、憲法9条で「永久に」禁じられている。

訳だから、憲法第96条を適用するまでに至らない。

さらに言えば、憲法前文では、

「・・・われらはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。・・・」

と記されている。


憲法の理念に反するものは、憲法ですら排除するとまで言っている。

何でもかんでも、どこの条文でも、数の力で変えられるというものではない。


ついでに・・・、

>>131

「戦争」という概念は、国際法でいう概念と、軍事上で言う概念で違いがあることを、念頭において議論しないと、話は、混乱する。
「戦争」という言葉を使うときは、どちらのがいねんで言っているのか、明示することが必要と思うが、どうだろうか?。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c134

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
138. 達人が世直し[1863] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月11日 20:32:45 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1104]
>>137 氏

私は憲法の条文を一切変えることができないと、全否定しているわけではない。

>>134 で言ってるように、

>日本国憲法第96条では、・・・どの条文でも変えられると言っているわけではない。
>日本国憲法第96条では、「憲法改正の手続き」について、定めたものだ。

ということを言っている。

憲法の前文で、憲法の理念が述べられている。
順不同で箇条書きにすれば、以下の様になるだろうか。

侵略戦争、侵略行為の禁止。
主権在民。
生存権、基本的人権の保障。
自国の主権の維持と各国の主権の尊重。
そして、憲法が最高法規であることの宣言。

この憲法の理念は、日本国憲法の「核心をなすもの」であると言えよう。

その核心たる理念を条文に書き下ろした。

憲法9条では、

1項 
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、「永久に」これを放棄する。
2項は省略。

憲法11条では、

国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。
この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない「永久の権利」として、現在及び将来の国民に与へられる。

憲法の核心をなす理念は、憲法条文に書き下ろされたとき、共通して「永久」という言葉が使われている。
これは、決して偶然ではない。

すなわち、憲法の理念は変えることは出来ない。
何故なら、憲法の理念を変えるということは、同じ憲法ではなくなるからだ。

憲法の理念を条文に書き下ろしたその条文も、同様に変えることは出来ない。
その強い意志が、「永久」という言葉になって表されている。

そして、憲法前文は記している。

「・・・われらはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。・・・」

変えたら、排除すると、強い口調で宣言している。

「永久に・・・」変えられない条文があるという事さ。
当然変えられる条文もあるけどね。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c138

[政治・選挙・NHK288] 「被害拡大の張本人が動かず、声あげた」 小川さゆりさん、陳述全文(朝日新聞デジタル) 達人が世直し
56. 達人が世直し[1864] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月11日 21:51:58 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1105]
>>55 氏


>会期の日程上、議論が十分に尽くされなかったのは事実なので、・・・

だから、「国会は何をやっているのか?」じゃないの?

会期など、延長すれば済む話ではないか。

だから、「国会は何をやっているのか?」じゃないの?

被害者からも、弁護士からも、「役に立たない」と言われているのは承知しているはずだ。

役に立たない法律を作って、法制化できたというほうが、「やってるフリ」じゃないの?

だから、「国会は何をやっているのか?」じゃないの?

くだらない理由で、ぐずぐずと人をディスる。

グズと言うしかない。

http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/865.html#c56

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
142. 達人が世直し[1865] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月11日 22:11:14 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1106]
>>139 氏


おいおい、それだけかよ?。

だけど、お応援してくれてるってことだから・・・まぁ〜いっか〜。


http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c142

[政治・選挙・NHK288] 「被害拡大の張本人が動かず、声あげた」 小川さゆりさん、陳述全文(朝日新聞デジタル) 達人が世直し
64. 達人が世直し[1866] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月12日 09:46:18 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1107]
>>57 氏

>山本太郎並みの幼稚なアホへ

いや〜。それは、どうも、ども。

私は、かねがね、山本太郎氏のような「人間になりたい」と思っていたので、恐悦至極。光栄の至り。
今日は気分が良い。

それは私事なのでさておき、

被害者救済法と言うなら、字のごとく、被害者を救済することを「目的」としているはずだ。
出来た法律はどうか?。

>>61 氏
が引用されている、「【声明】旧統一教会などの被害者救済法案に反対する理由(れいわ新選組 2022年12月8日)」
において、
>(1)すでに生じた被害は、救済できない。
と断じている。

要するに、立法目的が「被害者の救済」にあるとするなら、その法律の評価は、目的通り「被害者が救済できるか?」、そういう内容になっているか?、を問うて判断すべきだろ。

それに対して、「オマエ」さんは、
小学生の子供が、親に「今日のテストどうだったの?」と聞かれて、「出来た!」と、根拠もなく言ってるようなものだ。
自己採点すら覚束ない。
答案用紙が返ってきたら「30点だった」では、大人なら、それは、「出来た!」とは言わないだろ?
しかも、言い訳は、「時間がなかったもん・・・」
「オマエ」さんの言ってることは、その「小学生」並みの幼稚で、バカな言い訳でしかない。

>>55 で
>カルト被害者にとっては一日も早い法制化が重要なことだからだ。

とあたかも、一日も早い法制化が、現在も苦しんでいる被害者の救済に寄与するかのごとく言う。
そうかと思えば、

>>62 では、
>今できた法律で、その前におきた事案を裁くことはできない。

と開き直る。

「オマエ」さんが言いたいのは、本当のところは、どっちなんだね。
現在も苦しんでいる被害者の救済は、出来るのか、出来ないのか?

出来なければ、それを「やってるふり」と言う。

「オマエ」さん、小学生じゃないよな?

http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/865.html#c64

[政治・選挙・NHK288] 「被害拡大の張本人が動かず、声あげた」 小川さゆりさん、陳述全文(朝日新聞デジタル) 達人が世直し
71. 達人が世直し[1867] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月13日 15:29:07 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1108]
>>70 おバカな人間になりたい さんへ

もう十分なってるんじゃないか。

>バカルト信者さんへ

呼びかけから、懲りもせず、「子猫のマウント」を繰り返す人間だネ。
新鮮味はないし、よく思い付くと、関心するわ。
しかし、単なる虚勢とバレていることに、本人だけは気が付かない。

>むかし、カルトにはまった知人が危険な状況に陥らないように監視するため、
>カルトへ偽装入信したことがある。
から始まって、
>敵であり、悪魔ということになるので、まともな議論をすることはできない。

までは、孤独な世界の寂しさの中で想う「妄想」でしかない。

特に、
>屁理屈にもならないクソ理屈で反論してくる。

の、くだりなどは、ことごとく論破してやったと、何気に匂わせ、自慢するあたり、読むに堪えない。

「妄想」で留まっていれば、別にどうでもいいのだが、こうしてコメントに書き出すのは、「藁人形論法」という詭弁になる。
気を付けたほうがいいな。

詭弁を弄する者とは、「まともな議論をすることはできない」。

■>今できた法律で、その前におきた事案を裁くことはできない。
と開き直る。■
>これは、私が開き直っているのではなく、法律や民主主義の根幹なのだが、

こういうのは、典型的な「切り出し論法」という詭弁。そして、「論点ずらし」という詭弁。

>>55 で
>カルト被害者にとっては一日も早い法制化が重要なことだからだ。
>とあたかも、一日も早い法制化が、現在も苦しんでいる被害者の救済に寄与するかのごとく言う。
>そうかと思えば、

>62 では、
>今できた法律で、その前におきた事案を裁くことはできない。
>と開き直る。

私が指摘したのは、>55と、>62で、それぞれ尤もらしいことを言っても、この二つを比べたときに、
矛盾してるだろ?
ということだ。

それを>62の主張の解説をしてどうするの?

>この救済法案は、これから起きる犯罪行為については有効である。
>過去の被害は、国家的な救済方法などを考えればよい。

なんじゃい。
結局は、現在も苦しんでいる被害者の救済は、「出来ない」ということを言ってるじゃん。
何のことはない。
「オマエ」さんの言う、「尊師の御言葉のほうが正しい」ということじゃないの。
しかも、「一刻も早く法制化が重要と」、言う割には、やけにのんびりした雰囲気だな。
それは、「偽善」だろ?

以降は、読むに堪えない駄文なので、ほっとこっと。
それも概ね、「人格攻撃の詭弁」だし。
よくも、まあ、根拠もなく、そこまで人をディスれるものだわ。

一種の「狂気」を感じさせる。
それは、劣等感の裏返し、虚勢の現れ、「子猫のマウント」
そのことに気付けない。
いい加減、気付けよ。赤ん坊じゃあるまいし。

本当に驚いたわ。まるで、「詭弁の教科書」だ。
こんなの初めて。
気を付けよっと。

http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/865.html#c71

[政治・選挙・NHK288] 立憲民主党「反撃能力」容認検討に「安全保障の罠」「立憲という名前をはずせ」身内からも渦巻く批判(玉虫色の野党は票を貰え… 戦争とはこういう物
163. 達人が世直し[1868] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月13日 15:54:03 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1109]
>>159 、>>160 、>>161 、>>162

「永久に・・・」変えられない条文があるという事に気が付いて、慌ててるな。

>「憲法改正限界説」を自ら持ちだして、・・・アホクサ。w
>つまり憲法改正限界説は未だ「説」に過ぎないということだな。w

ただ、「憲法改正限界説」をディスることしかできない。
そんな程度の書き込みしか出来ないなら、書き込みなど、しない方がいいんじゃないか。

「一行書き逃げ」と言われるのがオチだ。
気になっているのか、今回は三行に増えてるみたいだが・・・。

日本国憲法は、「憲法前文」と、それに続く103にも及ぶ「条文」で構成されている。
中でも、「憲法前文」は、日本国憲法の「理念」を高らかに謳ったものであり、その内容は、「日本国憲法の核心」と言うべきものだろう。

そして、氏ら?が自ら、言っているように、

@国民主権A基本的人権の尊重B平和主義という三つの基本原理

それは、どこに記されているかといえば、私が、>>138 で指摘したように、「憲法前文」に記されている。
これらは、「理念」であり、この理念を変えることは、「できない」。

「理念」を変えるということは、全く別の憲法をつくるということに等しい。

日本国憲法第96条では、「憲法改正の手続き」について、定めたものだ。
憲法第96条では、新たな憲法を創設することは想定していない。
すなわち、「憲法前文」を変えることは想定していない。

憲法「改正」議論でも、「憲法前文」を変えることを主張する人は見かけない。

>>138 で書いたように、
その核心たる理念を条文に書き下ろした
憲法9条も、憲法11条も、
憲法の理念を条文に書き下ろしたその条文は、同様に変えることは出来ない。
その強い意志が、「永久」という言葉になって表されている。

そして、「憲法前文」は記している。
「・・・われらはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。・・・」
変えたら、「排除する」と、強い口調で宣言している。

私が言っていることは、所謂「憲法改正限界説」というものではなく、
「憲法の核心は、変えちゃだめだと、憲法前文に書いてあるよ」と言っている。

所謂「憲法改正限界説」で主張されている、自然法論とか、法実証主義云々を理由にしている訳ではない。

少なくとも「憲法前文」は、難しいことを、難しく記しているわけではない。
「人類普遍の原理」という「当たり前のこと」を、易しい言葉で書き記したものだと思うけどね。


http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/851.html#c163

[政治・選挙・NHK288] 首相の「国民の責任」発言 松野氏が訂正要求、自民HPを修正(毎日新聞) 達人が世直し
1. 達人が世直し[1869] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月15日 20:25:08 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1110]
投稿者です。

>嘘しか吐かなかった、今は亡き「あの人」が、唯一正直にいったことば・・・。

その言葉を、国民は決して忘れない。



http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/883.html#c1

[政治・選挙・NHK288] 岸前防衛大臣が引退宣言「息子に譲りたい」世襲は日本政治衰退の元凶(まるこ姫の独り言) あきらめない
8. 達人が世直し[1870] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月17日 13:25:47 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1111]
>結局、能力関係なく世襲を当選させてしまう有権者に問題がある。

独り言と言うが、「姫」の言う通りだろう。

日本国民は、「世襲」という言葉に、負のイメージが薄いのではないか。

以下は、論点がズレそうで恐縮だが、私の「独り言」として、批判を恐れずに書いてみた。

日本国憲法の第一条と第二条には、こう記されている。

第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

日本国憲法では、「世襲」を悪いものとしてはいないようだ。

ここで、「姫」の指摘を「天皇」に当てはめてみると、一つの問題が浮かび上がってくる。

>結局、能力関係なく世襲を当選させてしまう有権者に問題がある。

これを「天皇」に当てはめ、言い換えれば、すなわち、

私達「主権者たる国民」は、「天皇」は

能力に関係なく、血筋のみで「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と決めていることになる。

決めつけていると言った方がいいか。

そのことは、時が流れ、「主権者たる国民」がいくら世代が変わろうと、いつでも「国民の総意」とされる。
憲法で規定しているからと・・・。

少なからず、疑問が湧く。それでいいのか?と。

共産党が主張している・・・、
 個人が世襲で国民統合の象徴となる現制度は、民主主義及び人間の平等の原則と両立せず、国民主権の首尾一貫した展開のためには、民主共和制の政治体制の実現を図るべき、
 天皇制は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、国民の総意により解決されるべきもの、という立場を明確にしている

私も、この主張に同感だ。

時に、「天皇が日本の歴史、伝統及び文化と不可分であり、・・」とし、象徴天皇制の「世襲」を正当化する言説も見られるが、伝統、文化というものは、国民の内心に関わる事項であり、憲法で強制することは、基本的人権の保障を謳う日本国憲法の大きな自己矛盾でしかない。

関連してもう一つ言えば、
国民の平等を謳い、憲法第十四条で記している。

第十四条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

これは、憲法の規定だ。

実態は、皇室典範で、
1条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。

と男系男子主義がとられ、男女平等という憲法理念に反する。
また、世襲であるがゆえに、「皇室」が温存され、皇族という「貴族」が残ったと言えよう。

政治家は古来より、皇室、皇族を政治利用し、願わくば血縁関係を結ぶことで、自らも皇族の権威を利用しようと目論んできたといえる。

皇室典範は、一つの「法令」に過ぎない。
「皇室典範」と言えども、憲法に違反する規定は許されない。

憲法前文にも記されている。
「・・・われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。・・・」
と。

ところが、今の政府は、「「閣議決定」に反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」という暴走ぶりだから、始末に負えない。

異常は、あくまでも、「独り言」です。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/894.html#c8

[政治・選挙・NHK288] 岸前防衛大臣が引退宣言「息子に譲りたい」世襲は日本政治衰退の元凶(まるこ姫の独り言) あきらめない
11. 達人が世直し[1871] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月17日 14:11:12 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1112]
>8です。

訂正します。 異常→以上

やっぱり異常かな?
独り言だから、いっか〜。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/894.html#c11

[政治・選挙・NHK288] ここがおかしい 小林節が斬る! 防衛費「1.5倍に」額先行の不合理 防衛の意思と合理的積算こそが必要だ(日刊ゲンダイ) 達人が世直し
17. 達人が世直し[1872] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月17日 20:58:55 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1113]
>>14 氏

私に問いかけるなら、「詭弁」を止めてからにしてほしいな。

氏が引用した私の言葉は

>軍拡競争に、ゴールは無い。

確かに、これは私の言葉だが、

そんな言葉も、氏にかかると、不思議なことに、

>あなたは、「これで軍拡は終り。あとは永遠の世界平和です」なんてことが可能だと思っているのか。

となる。

あたかも、私が「これで軍拡は終り。あとは永遠の世界平和です」と言ったように書き出すのは、「藁人形論法」という詭弁。
さらに、「可能だと思っているのか」と言うのは、「反語を使った詭弁」。
何度も説明し、忠告してあるのに、懲りないお人だ。

あげくの果てに、氏自身が、
>これからも当分、軍拡競争にゴールはない。

と言うに至っては、「私の言葉のパクリ」。
こんな「詭弁」があったとは・・・。

マイッタ。

氏は、「これで軍拡は終り。あとは永遠の世界平和です」なんてことが可能だと思っているのか。

これは、私が書いても、詭弁にはならない。
何故なら、氏自身が書いている言葉だから・・・。ね。

このコメントは、管理人さんに削除をお願いした方がいいよ。


http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/891.html#c17

[政治・選挙・NHK288] ここがおかしい 小林節が斬る! 防衛費「1.5倍に」額先行の不合理 防衛の意思と合理的積算こそが必要だ(日刊ゲンダイ) 達人が世直し
18. 達人が世直し[1873] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月17日 21:06:35 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1114]
>>15 氏

何を言っているのか、何を言いたいのか、さっぱり分からない。

意識していないだろうが、論点がかなりズレている。
意識しているなら、「論点ずらし」という詭弁になるが・・・。

言ってることが理解出来ないので、コメントは返せない。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/891.html#c18

[政治・選挙・NHK288] ここがおかしい 小林節が斬る! 防衛費「1.5倍に」額先行の不合理 防衛の意思と合理的積算こそが必要だ(日刊ゲンダイ) 達人が世直し
29. 達人が世直し[1874] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月18日 10:12:26 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1115]
>>20 氏


>私の14・15のような論じ方はあなたに「いかん」と言われれば・・・

と言うが、私はそんなことは言っていない。
ということは、これも又、「藁人形・・」と言う事か?

私は、藁人形論法などという詭弁を使うなら、問いかけてくれるな、と言っている。

藁人形論法とは、
「議論において、相手の主張を歪めて引用し、その歪められた主張に対して反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の主張そのものを指す。」

分かり易く言えば、藁人形論法を使うということは、「嘘」を吐いているということだ。

つまりは、氏の、論じ方を問題にする前に、「「嘘」は止めてくれ」と言ってるわけだ。
そのことが、理解できないようなので、はっきり言おう。

私が言ってもいないことを、あたかも言った風に、「嘘」を掲示板に書き込むのは止めてくれ。

氏が言う、
>一般の阿修羅読者の啓蒙、
を目的などと、偽って、「嘘」を広めるのは止めてくれ。

迷惑でしかないから・・・。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/891.html#c29

[政治・選挙・NHK288] ここがおかしい 小林節が斬る! 防衛費「1.5倍に」額先行の不合理 防衛の意思と合理的積算こそが必要だ(日刊ゲンダイ) 達人が世直し
39. 達人が世直し[1875] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月18日 20:44:37 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1116]
>>34 氏

懲りずに、氏は言う、

>あなたの言ったことを一言も変えずに引用しないと「ウソだ」と言われる。

と。

こんなことを、恥ずかし気も無く、平然と言えるということは、さては、「引用」の意味を理解していないな。

「引用」とは、で調べてごらん。

「引用」とは、「書籍やインターネット上の文章をその通りに記述することです。」と出てくる。

つまりは、一言も変えずに、「その通りに記述する」ことを、「引用」と言う。

氏のやってることは、「引用じゃない」ということが分かったかな?

また、氏は、言う。

>「それはこういうことでしょう。だから間違っている」

と。

それは、「こういうこと」でしょう。と氏が言う、
その「こういうこと」が、「私の主張を歪めた上に、引用を装い」、その歪められた主張に対して、氏は、「だから間違っている」と反論している訳だね。

立派に、「藁人形論法」じゃないか。
藁人形論法とは、
「議論において、相手の主張を歪めて引用し、その歪められた主張に対して反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の主張そのものを指す。」

「引用」の意味も知らないようだが、「反省」の意味のも知らないな。
http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/891.html#c39

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
40. 達人が世直し[1876] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月22日 17:34:33 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1117]
>>6 氏

>朝鮮半島やロシアの北方領土は日本国土から目視できるほど近くにあるんだけど。
>そこまで届かないミサイルって、なんか意味あるの?

本当だ、いいところに気が付いたね。
ミサイルなんて、「意味ないじゃん」・・・ねエ。
「ミサイルなんか必要ない」と、もっと言ってやれ〜。

>自衛隊は危険だから廃止せよと言われたら、
>ハイ、自衛隊は解散しますって言うわけ?

まともな反論が出来ないとき、人間・・・は論点をずらして、意味の無いことを言い出し、反論している風を装う。
ちょうど、氏のように。
そんな人間にはならない方がいい。

私は、

>「専守防衛」の放棄。
>このことは、近隣諸国にとっては、極めて重大な関心事となるに違いない。
>日本のこの動き、・・・

すなわち、「専守防衛」の放棄という、動きのことを言っているわけだ
総理大臣が、専守防衛を堅持と言っても、他国は全く信用しない。そのことを言っている。
論点ずらすな〜。

>なんでロシアは核ミサイル撃ち込まないの?
>日本に核ミサイルを撃ち込んでも、いいってこと?

こんなことで反論した気になっているとは・・・
氏の想像力は人間離れしている。
「日本が再び侵略行為を働く兆候を見せている」とプーチンが判断していないからではないの。
真意は分らないけど。
それは、プーチンに聞いてくれ〜。
I'm not Vladimir Vladimirovich Putin.

>くだらない屁理屈こいて、れいわカルトを正当化したいのだろうが

また出たね。
人格攻撃と、「れいわ」への誹謗中傷。
前にも言ったけど、罵詈雑言、人格攻撃は、劣等感の裏返し、意気地なしの虚勢、子猫のマウント。
見ている方が恥ずかしくなる。
少し前までは、「天才大石ちゃん」とまで言ってた人間が・・・今は、どよ?
まるでストーカーだわと、見ている方が恥ずかしかったけど。・・・ね。
そんな人間にはなりたくね〜。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c40

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
41. 達人が世直し[1877] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月22日 17:57:42 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1118]
>>9 氏

折角だけど、私に問いかけるなら、

>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。

この考えを、改めてからにしてくんない?

時間の無駄でしかないから・・・。ね。

ついでに・・・
>9条には「戦争放棄」「戦力不保持」と書いてある。

そんなことは書いていないよ。
こう書いてあるんだよ。
「第9条 」
1項 
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2項
2項前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

氏は、突然、あらぬことを口走る人だからね。

http://www.asyura2.com/22/senkyo288/msg/787.html#c36
>多摩散人です。
>私は、9条には「武力行使は放棄する」とは書いてないから、戦争と呼ばず武力行使なら先制武力行使だろうと核武力行使だろうと侵略武力行使だろうとOKだと思います。これなら護憲派も支持します。

と言っちゃう人だからね。

「詭弁」は勿論いかんけど、「嘘」はもっといかんよ。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c41

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
50. 達人が世直し[1878] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月22日 19:59:13 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1119]
>>19 氏

「ルーピー」かぁ〜、響きはちょっと「かわいい」。
だけど〜、
ルーピーとか言わないといけないという所が、既に自信無さげだね。
それに、私は、バリバリの「専守防衛」論者だぞ〜。

「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」
「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

と、かの孫子も言ったとか。

>専守防衛と反撃能力(相手と同じ事が出来る)これが大事。

これが間違い。

氏は、ちょっと、「頭がおかしい」
私がルーピーなら、氏は、「頭がおかしい」ひと。
>「お互いさまでしょ」
とは、こういうことだね。

戦争は、このようにして始まる・・・。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c50

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
72. 達人が世直し[1879] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月23日 15:57:43 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1120]
>>55 氏

>なんの反論にもなっていないんだけど。

そうだね。反論の価値も無いから、ちょっと、揶揄ってるだけなんだけどね。
気が付いてくれないかなぁ〜。
揶揄られていることにも気が付かない・・・>知能レベル。
>まともな判断などできるわけないわなー。

>人格攻撃してるのはおまえなんだけど。
そう言う「オマエ」さんに、「人格攻撃は良くないぞ〜」と、意識して知らしめているわけよ。
自分のやってることは、棚に上げて、全く気が付かない、
>典型的な子ども思考。

>私は、誰であっても、その振る舞いが人間社会に資することであれば評価するし、反することであれば非難する。

大層立派な心掛けとは思うが、「オマエ」さんの言う「非難」は、ただの「誹謗」であり「中傷」。
そのことに、全く気付いていない・・。

ちょっとググれば、
「誹謗」とは、他人へ悪口を言ったり罵ったりする行為を、「中傷」とは、根拠のない嘘やでたらめを述べる行為を、それぞれ意味する。
「非難」とは、人の欠点や過失・誤った言動などを(具体的に)取り上げて責めること。
と知ることができる。

「オマエ」さんの場合、「その振舞」と言う、そのことに、具体的明示がないまま、「非難」する。
それを、悪口を言うだけの「誹謗」と言い、根拠を示さない「中傷」と言う。
そこで使われる「きたない言葉で、悪口を並べ立ててののしること。 また、その言葉。」を「罵詈雑言」と言う。

そのあとの書き込みは、根拠のない「誹謗・中傷」の羅列。
繰り返しになるので、ほっとこっと。

・・・・・・

このスレの趣旨と大分ズレてしまった。・・・戻そうっと。

ところで、この争いはどのようにして始まったか?

事の発端は、>>6 の以下のことばで始まる書き込み。
>相変わらずではあるが“達人が世直し”というアホは何が言いたいんだろう。

何故、突然こうなるのかは、私の理解を越える行動ではある・・・
他のスレで、ポコられたことの「遺恨」が、あるが故かとも思うが。

私は、私の主観で、これは「オマエ」さんが「私に対する攻撃に着手した」と判断し、 >>40 のコメントで反撃行動をとった。
それに対して、「オマエ」さんは 、「私に攻撃された」と主観的に判断し、>>55 の攻撃行動をとる。

この時すでに、どちらが先に手を出したか、どちらに非があるかは、そんなことは関係なくなる。
そして、どちらかが、疲れるか、馬鹿馬鹿しくなって、止めるまで、この争いは続く。
終わっても、後に残るのは・・・「不毛」

おそらく、
「戦争も、このようにして始まる・・・。」

そして、どちらかが、あるいは両方が、疲れ果てるまで続く。

終わっても、後に残るのは・・・「破滅」

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c72

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
73. 達人が世直し[1880] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月23日 16:17:52 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1121]
>>61 氏

折角だけど、私に問いかけるなら、

>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。

この考えを、改めてからにしてくんない?

時間の無駄でしかないから・・・。ね。

じゃないと、また >>63 氏から言われる。

>多摩散人、達人が世直し、この御両人、「憲法9条」が3度の飯より好きと見える。w

私は、そんなの嫌だよ〜。
そう言いつつ、ついでだから一つだけ言っとくわ。

憲法9条は、侵略戦争、侵略行為を放棄すると言っている。
侵略行為の対極にある自衛権については記されていない。

従って、9条に絡めて防衛を語るのは、意味がない。
語れるとしたら、自衛を口実にした侵略行為、そして、その行為の放棄くらいだろう。

何度も言うが、自衛権は放棄できない。
憲法前文にも、こう記されている。

「・・・われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認する。・・・」

繰り返すけど、

>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。

この考えを、改めてからにしてくんない?
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c73

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
76. 達人が世直し[1881] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月23日 17:12:37 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1122]
>>66 氏

>アメリカの軍事力に守られている国こそ、日本だろ。

それは、どうかなぁ〜。
そう言うのは、政府、自民党のパシリが言う、下手なプロパガンダと同じだが・・・。

そう言うためには、>>68 楽老氏が言うように、これまで「守られてきた」という証拠を示すことが必要ではないかい。

>日米安保条約の下、アメリカは日本の防衛義務がある。日本は、アメリカの防衛義務はない。

氏が言う、このことも、条文で確認しなければならないのだろう。

日米安保条約第5条には

「各締約国は、日本国の施政下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和および安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定および手続きに従って、共通の危険に対処することを宣言する」

との規定がされている。

つまり、日本は日本の憲法上の規定および手続きに従って、米国は米国の憲法上の規定および手続きに従って、共通の危険に対処しましょう、と言っているに過ぎない。
「義務」という言葉も、無い。
しかも、日本国の施政下にある領域における「在日米軍」が武力攻撃を受けた場合が含まれている。

>日本は、アメリカの防衛義務はない。

というのも、日米安保条約が「日本国の施政下にある領域における」ということで、アメリカ本土への攻撃は対象ではない、と言っているだけだろう。
しかし、日本国の施政下にある領域に居を構える「在日米軍」が武力攻撃を受けた場合は含まれている。

このことは、重大な危険を絡んでいることになる。

そもそもが、「義務」という、条文にない言葉を使って、国民を欺いていることになる。

NATO条約第5条は割愛するが、
NATO条約では全ての締約国が「・・・軍事力の使用を含んだ行動を直ちに取って被攻撃国を援助する」ことが明記されている。
これに対し、日米安保条約には「アメリカは、個別的自衛権または集団的自衛権を行使して、日本に対する軍事的支援を含んだ行動を直ちに取って日本を援助しなければならない」といった趣旨の文言は全く記されていない。

日米安保条約第5条発動に相当する事態が生起した場合には、米軍は、アメリカ合衆国憲法第2条(大統領の権限)ならびに「戦争権限決議」(日本では「戦争権限法」と呼ばれている)などに従って対処する、ということになる。

ということらしい。まどろっこしい。

いまのウクライナ戦争を見れば、「戦争権限決議」なるものが、相手国への経済制裁か、武器支援に留まるかもしれない、という可能性は排除できないだろう。
しかも、日本は国連憲章上は、いまだ敵国条項の対象国だ。
米国議会が、反対すれば、日本は「守ってもらう」どころか、支援すら受けられない。
そういう条約になっているということだ。

>日米安保条約の下、アメリカは日本の防衛義務がある。日本は、アメリカの防衛義務はない。

と言うが、かなり違っていないかい?

>日本は「アメリカに守ってもらってる対価として」日米地位協定や思いやり予算などでアメリカに便宜をはかっている訳だ。

そう言うのは、これもまた、政府、自民党のパシリの下手なプロパガンダと同じだが・・・。

日米安保条約第6条に、こう規定されている。

 「日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。・・・」

と。

在日米軍は、日本だけのために存在しているわけではなく、「極東」地域の安全保障にかかわっていることは、既に公知だろう。
従って、ひとたび朝鮮半島に戦争が勃発し、在日米軍も参戦すれば、真っ先に反撃を受けるのが、在日米軍基地となることは必定だ。
その時、日米安保条約では、「共通の危険に対処しましょう」と言うことで、たちまち、日本は戦争に巻き込まれることになる。、

他国の戦争に巻き込まれる、そのことをかろうじて阻止してきたのが、日本国憲法9条だ。
日本は、米軍に守られてきたのではなく、憲法9条によって守られてきたことが理解できるだろう。
在日米軍の存在が「憲法9条に違反する」という証でもある。

このどこが「安全保障」なのか。
このどこが、「日本は、アメリカに守ってもらってる」ことになるのか。

やっぱり、証拠を示すことが必要ではないかい。

ここまでくると、氏の存在は、政府、自民党の「パシリ」としか言いようがない。
後は、押して知るべしだな。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c76

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
82. 達人が世直し[1882] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月23日 20:59:20 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1123]
>>78 氏

>>63 氏は、ちょと横向いててね。目線が気になるから。

>9条のどこに「自衛権は放棄しない」と書いてあるんですか。

コメントを返す積りなら、人のコメントは、良く読むべきだ。
そして、理解してから、コメントを返すべきだろ。

>>73 の私のコメントに、書いてある通りだ。

>憲法9条は、侵略戦争、侵略行為を放棄すると言っている。
>侵略行為の対極にある自衛権については記されていない。

>従って、9条に絡めて防衛を語るのは、意味がない。

「憲法9条には自衛権について記されていない。」
そう言っている人に、

>9条のどこに「自衛権は放棄しない」と書いてあるんですか。 

という質問は、いかにも間が抜けているだろ。

どうしても、気に入らないなら、「憲法9条で自衛権について、どう記しているか」言ってくれ。
それからだわ。


>>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。この考えを、改めてからにしてくんない?

>私の引用ではなく、私の解釈では、あなた自身が、自分たちの憲法を自分たちで破っているんだよ。

何時の間にか、私が言ったことにされちゃった。

マイッタ!わ。あ〜ぁ。



http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c82

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
83. 達人が世直し[1883] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月23日 21:21:11 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1124]
>>80 氏

氏の言う
>敵基地攻撃に要するミサイルを保有すること自体は専守防衛に反しないと思う。

私は、それは間違いだと思う。
何故なら、本スレの本文でも書いたように、

「敵基地攻撃能力(反撃能力)を保有」することは、相手を「武力により威嚇する」ことであり、「抑止力」と言う以上、相手に対して「敵基地攻撃能力(反撃能力)を行使すると表明することになる。

どのように屁理屈を言おうと、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

と記した憲法に違反する。
憲法では、「永久に・・・」と強い言葉で禁じている。

専守防衛の理念は、自衛隊の保有する武力の行使は、あくまでも、日本の主権の及ぶ範囲に限るというものであり、したがって日本の領土、領海、領空の外にある敵基地で、あるいはその周辺で、武力を行使できない。
自衛隊がその武力を行使できる根拠は、あくまでも、主権国家としての警察権の範囲に限定される。
侵略戦争を放棄した日本にあっては、自衛隊が、軍隊でないことの最大の意味はそこにあるとも言える。

>敵からミサイル攻撃を受けたら敵基地をミサイル攻撃していいわけだからね。

上記で説明した通り、そのことは、自衛隊には認められていない。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c83

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
91. 達人が世直し[1884] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月24日 09:54:40 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1125]
>>84 氏

一般に、抑止とは、「相手が攻撃してきた場合、軍事的な対応を行って損害を与える姿勢を示すことで攻撃そのものを思いとどまらせる」軍事力の役割とされる。

抑止が機能するためには、抑止する側に、軍事的対応を実行する意図と能力があり、かつ、それが相手に正しく認識されることが必要であるとされる。

安全保障の分野では「拒否的抑止」と「懲罰的抑止」の2種類に分けて議論される。

「拒否的抑止」は相手の攻撃を物理的に阻止する十分な能力を持ち、目的を達成できないと思わせて攻撃を断念させる。
ミサイル防衛システムなどが、これにあたる。

「懲罰的抑止」は攻撃されたら相手に耐えがたい打撃を与えると威嚇し、反撃を受けるコストが大きいと思わせて断念させる。
「敵基地攻撃能力」などは、まさに、これにあたる。

従って、「敵基地攻撃能力」を言い換えて、「反撃能力」と言うのは、政府が国民を欺くための、「まやかし」でしかない。
相手からしてみれば、「我が領土への攻撃能力」に違いはない。

そのことは、事あらば、これを使うぞと「威嚇」しているということになる。
北朝鮮が、ミサイルを打つたびに、「威嚇しているな」と日本人が思うのと同じ。


>弾道ミサイルが主力兵器となった現在、敵基地攻撃能力はむしろ必須だと思う。

「戦争」をする気ならばね。

しかし、その結果は、お互いの「破滅」しかない。
地球上には、何千発もの核ミサイルが存在している。
これは、人類を何回滅亡させることができる能力なのか、想像もつかない。

懲罰的抑止力の保有は、「敵基地攻撃能力」の保有は、際限なく続く「軍拡競争」に他ならない。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c91

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
94. 達人が世直し[1885] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月24日 11:25:58 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1126]
>>85 氏


>あなたとの議論は、波長が合ってきた感じがします。

マイッタ!わ。あ〜ぁ。
また、>>63 氏に何か言われそう。

>「あなた自身が、自分たちの憲法を自分たちで破っているんだよ。」と私は言っているんだよ。

>>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。

と言って憚らない氏が、言える「セリフ」じゃないだろう。

これなども、先の例を引くまでもなく、いかにも間が抜けている。
私としては、「何をか言わんや」。

>>85 のコメントは、明らかな「論点ずらし」だなぁ〜。

>「憲法9条で自衛権について、どう記しているか」

これに応えが無いということは、私が言うように、

「憲法9条には自衛権について記されていない。」

ということに同意したという事だね。

結論を避けて、「論点ずらし」するから、「無限ループ」と言われる。

改めて言っとくけど、
「あなた自身が、自分たちの憲法を自分たちで破っているんだよ。」
と、私を中傷するなら、

>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。

この考えを、改めてからにしてくんない?


折角だから、ついでに・・・、、、

>「何時の間にか、私が言ったことにされちゃった。(達人が世直し)」というあなたの言葉は、は詭弁分類学の、何とか論法に該当すると思うけど。

「何時の間にか、私が言ったことにされちゃった。(達人が世直し)」

と言うのは、「中傷」されたと感じた私の「呆れてしまった気持ちの表現」

その周囲に、氏の言葉を「歪めて引用したもの」は無いでしょ。

もう一つ、ついでに >>90 で言う、
>サンタが、「麻薬の売人か、バカヤロー」という場面があります。ののちゃんは麻薬も売人も言っていないのに。このサンタの言葉、詭弁の「わら人形型」ですかね。

やっぱり何も分かってないね〜。
単に「麻薬の売人みたいな真似はやめろ〜、このバカヤロー」と、優しく注意したんじゃないの?
私はその漫画は見てないけど、風刺漫画ならもっと奥深いものがあるかもしれないかもね。
この場合は、
「こんなくだらない書き込みはやめろ〜、このバカヤロー」と同じようなものじゃないのかい。

この程度の、読解力、理解力で、「憲法9条を語るのは・・・〜、この・・・・・」
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c94

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
122. 達人が世直し[1886] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月25日 16:37:45 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1127]
>>98 氏

スレ主ですが、私の書いた、スレ本文の、

「・・・隣国の領土まで届く、そんな長射程のミサイルを保有することは、「専守防衛の理念」に反するし、近隣諸国に対しては、これまでの「専守防衛」という防衛方針を、かなぐり捨てたというメッセージになるだろう。
「専守防衛」の放棄。
このことは、近隣諸国にとっては、極めて重大な関心事となるに違いない。
日本のこの動きを、どう判断するかは、日本側がするのではなく、近隣諸国の主観に委ねるしかないことを忘れてはならない。・・・」

という文章に対して、少しコメントを追加しときます。

実は、あまり深く考えてはいなかった。
日本のこの動きを、相手国がどう判断するかは、日本側の思いはどうあれ、あくまでも相手国がすることだ。
その相手国の判断を、日本がどうこう出来るものでもなく、日本がとやかく言っても始まらない。という主旨で書いたもの。
もっと端的に言えば、敵基地攻撃能力(反撃能力)と、日本がいくら、(かっこ)を付けて、「反撃能力」と言っても、相手国が「敵基地攻撃能力」と判断し、とすれば、「専守防衛」を放棄したな、と判断することを、非難出来ない、と。
言いたかったのはそんなところ。

その判断が、客観的か、主観的か、を問うても、あまり意味がないのではと思う。

主観的とは、 自分の立場からの見方や、考え方
客観的とは、 第三者の立場からの見方や、考え方

当事者としての相手に、客観的な判断を求めることは無理があるし、
「敵基地攻撃能力」を「反撃能力」と言い換えること、そのものが日本の主観的な言い分でしかないと言えよう。

この場合の客観的な判断とは、
隣国の領土まで届く、そんな長射程のミサイルを保有することは、「敵基地攻撃能力の保有」ということではないか。

自国の主観を相手国に押し付けること、そのことがすでに争いに違いない。
相手国の主観が間違っていれば、客観的事実を示しながら、その誤りを指摘し、相手国の主観に誤解があれば、客観的事実を示しながら、その誤解を解く努力をする。
その結果として、互いの主観は、互いに納得のいく内容で、妥協することができる。
その努力を、話し合いと言い、国際政治においては「外交」と言う、と私は考えるのですが。

そういう意味で、
>>77 楽老氏の言う、
>これも、外交の基本だ。
に、同感です。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c122

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
124. 達人が世直し[1887] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月25日 19:59:01 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1128]
>>96 氏

「威嚇」という言葉について調べてみた。

威嚇は、実際の攻撃ではなく、それに似た姿や様子を見せることで対象を脅かすことである。往々にして自らの身を守るために自らの力を誇示する行為である。しかし、攻撃の糸口として威嚇が使われる場合もある。 カタツムリやカメにみられるような専守防衛とは違い、攻撃的な防衛手段として知られる。 ウィキペディア

この解説では、「威嚇」とは、相手に対する攻撃の一形態と捉えている。

この解説に従えば、氏の言う、攻撃的威嚇も防御的威嚇も、相手に対する「攻撃」であることには変わりはない。

9条の武力による「威嚇」も武力の行使も・・・という部分は、どちらも武力「攻撃」は放棄する、という意味だと、理解できる。

>「威嚇」というなら全て駄目というのはおかしい。

「威嚇」も「攻撃の一形態」と理解すれば、「敵基地攻撃能力」も駄目ということになる。

「・・・カタツムリやカメにみられるような専守防衛とは違い、攻撃的な防衛手段として知られる。」

攻撃的な防衛手段とは、まさに、敵基地攻撃能力、トマホークがそれにあたり、抑止力で言えば「懲罰的抑止力」がそれにあたる。
明らかに、「専守防衛の理念」に反する。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c124

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
125. 達人が世直し[1888] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月25日 20:44:30 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1129]
>>92 >>93 氏


私は、非武装論者ではないし、無抵抗主義者でもない。

私は、「専守防衛論者」とでも言おうか。

そんなわけで、
日本は、常に国際紛争を起こさないように、不断の「外交努力」を全力で実行することが求められている。
それが、日本国憲法を定めた、主権者たる日本国民の求めるものだ。
外交の努力も叶わず、武力による侵害を受けるという不安が払拭できない場合でも、日本において検討すべき「抑止力」は、「拒否的抑止」の範囲を逸脱することは許されない。

という考え方を持っている。

従って、相手国からミサイルが飛んできて、日本の領空に侵入して来たら、ミサイル迎撃システムに働いてもらうのだろう。
サイレンが鳴ったら、頭を抱えて、物陰に隠れて「しゃがむ」・・・かどうかは分らない。
その前に頭を抱えて、悩むのだろうことは予想できる。

ミサイル迎撃システムも完全ではない。
であればこそ、そういう事態になる前に、防衛が困難な、しかもそれ自体危険な「原発」は廃止すべきだと訴えている。
地下構造物を避難場所として活用する等の計画と準備も必要なのだろう。

一方で、ミサイル防衛システムが完璧ではないから、敵のミサイル発射基地を粉砕するということを口実に、敵基地攻撃能力の必要性を正当化しているが、そういう敵基地攻撃能力も、その効果は疑問視されている始末だ。
その存在位置が固定的でない、潜水艦、あるいは移動式の発射基地を的確に粉砕することは、ミサイルを撃ち落とすことよりも至難だろう。

そう考えると、最も確実な防衛手段は、何か?
最も確実な防衛手段は、「外交」と言うことになる。
「外交」が成功していれば、ミサイルが日本に向けて発射されることもなく、日本領土内に着弾する不安もない。
原発も、ミサイル攻撃の対象となることもない。

私が、
日本は、常に国際紛争を起こさないように、不断の「外交努力」を全力で実行することが求められている。
それが、日本国憲法を定めた、主権者たる日本国民の求めるものだ。

というのも、そういう考えをしているからに他ならない。

「外交」が一番確実な、「抑止力」であり、日本の「防衛の最強の手段」と言うことが出来よう。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c125

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
136. 達人が世直し[1889] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 11:11:06 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1130]
>>135 氏

氏の言い分は、私が >>125 で指摘していることと同じ。
下記に書き出せば、
>一方で、ミサイル防衛システムが完璧ではないから、敵のミサイル発射基地を粉砕するということを口実に、敵基地攻撃能力の必要性を正当化しているが、・・・

そういう敵基地攻撃能力も、その効果は疑問視されている始末だ。
その存在位置が固定的でない、潜水艦、あるいは移動式の発射基地を的確に粉砕することは、ミサイルを撃ち落とすことよりも至難だろう。

氏は、ミサイル防衛システムを役に立たないと言い、もっと役に立たない「敵基地攻撃能力」を振りかざす。
敵ミサイル基地などは、当然「変幻自在」。
「トマホーク発射!」と命令しても、返事は「敵目標を見失いました!」
結局は、「そのあたりに撃ち込め!」
それは、もはや「盲撃ち」
最後は、「国中に打ち込め!」、そうすれば、「どこかで当たるだろう」となる。
しかし、潜水艦は、海中深くに健在・・・。

ここで、設問。

「敵基地攻撃能力」のトマホークの発射は誰が命令するのか?
「敵基地攻撃能力」のトマホークの発射ボタンは誰が押すのか?

日本国憲法は、他国の領土を武力攻撃することは禁じている。
従って、「敵基地攻撃能力」を運用する、法的根拠が無い。

それを、先人は「ガラクタの持ち腐れ」と言う。

「トマホークの発射ボタンは誰が押すのか?」
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c136

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
138. 達人が世直し[1890] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 11:38:02 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1131]
>>137

それでも、

「トマホークの発射ボタンは誰が押すのか?」

そのくらいは、あらかじめ決めておかないと、いざという時に、役に立たない。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c138

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
140. 達人が世直し[1891] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 12:33:05 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1132]
>>139 氏

>決まってるでしょ、

という根拠は?

内閣総理大臣は「シビリアン」だし・・・私は、違うと思うけど・・・。ね

日本には、「人を殺傷しても良い」と認められている人間はいない。
同様に、「相手国兵力の殺傷と破壊をしても良い」と認められている人間はいない。

「相手国兵力の殺傷と破壊」することは、憲法で認めていない。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c140

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
143. 達人が世直し[1892] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 12:48:22 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1133]
>>141 氏

その自衛隊の中にも、「人を殺傷しても良い」と認められている人間はいない。

その自衛隊の中にも、「相手国兵力の殺傷と破壊をしても良い」と認められている人間はいない。

なので、自衛隊員は、「最高司令官」を含めて、「トマホークの発射ボタンを押す」、その権限は付与されていない。

「トマホークの発射ボタンを押す」ことは、すなわち、「相手国兵力の殺傷と破壊をする」ことだからね。

当然だよね。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c143

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
145. 達人が世直し[1893] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 13:18:36 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1134]
>>144 氏

少し論点がズレてきている。

「トマホークの発射ボタンは誰が押すのか?」「誰が押せるのか?」
その人を捜している。
氏も、その人を捜して。「内閣総理大臣」じゃないよ。

>“敵兵を仕方なく殺してしまった”、は認められるよね。w

「トマホークの発射ボタンを、間違って押しちゃった」は認められない。

敵が武力をもって、日本領土に侵入し、その敵を、自衛隊が武力で押し戻そうとした際に、“敵兵を仕方なく殺してしまった”は認められる可能性は否定しない。
それでも、その行為が、必要最小限のものであったかは、厳しく問われる。
警察官が、警察権の行使という行動の中で、時に、結果的に犯罪者を拳銃で殺害した場合と同じ。
その警察官の行動に職務違反は無かったか?
時々、ニュースにもなる。

「トマホークの発射ボタンは誰が押すのか?」「誰が押せるのか?」
その人を捜そう。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c145

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
149. 達人が世直し[1894] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 13:42:54 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1135]
>>146 氏

氏の答えは、>>139 に戻っている。

ということは、私は >>140 のコメントを返すしかない。

何故そうなるか。

それは、氏が、私の、

>という根拠は?

の問いに、「答えを示していないから」。

それがない限、堂々巡りに陥る。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c149

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
151. 達人が世直し[1895] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 14:40:28 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1136]
>>150 氏


「根拠法」と言う名の法律は存在しないですよ、当たり前。w

「根拠法」と言う法律は無いということは、それを根拠にしている氏の言うことには、結局「根拠は無い」ということだね。
それが答えだな。
最初から、そう言えばいいのに。回り道した〜。

>「トマホーク」を発射する権限は内閣総理大臣にある、つまり内閣総理大臣がトマホークの発射ボタンを押せるただ一人の人、ね。w

こんなん、根拠は、いくら探したって無いよ。当たり前。w

>内閣総理大臣がトマホークの発射ボタンを押せるただ一人の人。

ただ一人の人が、否定されたら、答えは「誰もいない」。

結局、私が、>>136 で指摘したように、

「敵基地攻撃能力」を運用する、法的根拠が無い。

ということが分かったと思うけどね。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c151

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
153. 達人が世直し[1896] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 15:18:16 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1137]
>>152

>内閣総理大臣がトマホークの発射ボタンを押せるただ一人の人。

と氏が言ってることに、

どう屁理屈を言おうと、結局は「根拠が無い」ということだね。

「これからは、いい加減なこと言っちゃ〜いかんよ」。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c153

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
158. 達人が世直し[1897] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 20:44:08 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1138]
>>154 氏

論点ずらしに忙しい人だ。

>>。ヨ根拠が無い」ということだね

>当たり前、トマホークはまだ無いし、根拠法もまだ無い。w

これなどは、

「根拠が無い」ということの根拠を「トマホークはまだ無いし、根拠法もまだ無い。w」と言っている訳だが、
論点を、「「根拠が無い」と言うことの根拠」にすり替えてしまっている。

上手いことを考えるものだと、言いたいところだが、一度発した言葉は、論点をずらしても、取り消しようがない。
しかも、その根拠とやらも、出鱈目だしな。

結局は、どのように論点をずらそうと、氏の言った、

>内閣総理大臣がトマホークの発射ボタンを押せるただ一人の人。

という「いい加減な言葉」は、取り消すことは出来ない。

「当たり前」を連呼することで、そのいい加減さを一層際立たせてしまう。

論点をずらすのは、まともな反論に窮した人が、何か言葉を発しなければと、反論を装うための、ごまかしの行動でしかない。

直近の論点は、
「トマホークの発射ボタンは誰が押すのか?」「誰が押せるのか?」

ということだろ。

それに対しての氏の答えが、

>内閣総理大臣がトマホークの発射ボタンを押せるただ一人の人。

という、根拠の無い「いい加減なもの」。

それなのに、根拠はない、「当たり前」など言っちゃったら、「いい加減なもの」であることを自ら吹聴するようなものだわ。、

「間違っちゃった」と気が付いたら、訂正すれば済む話なのに・・・。
変な人だ。



http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c158

[政治・選挙・NHK289] 立民、長射程ミサイル保有容認 外交・安保戦略を決定(日本経済新聞) 達人が世直し
160. 達人が世直し[1898] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月26日 21:37:46 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1139]
>>159 

>トマホークを配備する根拠法はまだ無いが、それができれば自衛隊の最高司令官たる内閣総理大臣が指揮権を発動しトマホークを発射できる、おわかりかな?。w

自分で「まだ無い」と言いつつ、よく言うわ。
またまた、根拠のない、「いい加減な」物言いじゃないか。
まるで、法律の中身を見てきたように「嘘を言う」、ってやつだ。

それに、氏が言うような法律では、「発射ボタンを押す」ことは出来ない。

その理由は、私が >>143 で指摘したとおり、

>その自衛隊の中にも、「人を殺傷しても良い」と認められている人間はいない。

>その自衛隊の中にも、「相手国兵力の殺傷と破壊をしても良い」と認められている人間はいない。

>なので、自衛隊員は、「最高司令官」を含めて、「トマホークの発射ボタンを押す」、その権限は付与されていない。

「トマホークの発射ボタンを押す」ことは、すなわち、「相手国兵力の殺傷と破壊をする」ことだからね。

自衛隊の最高司令官たる内閣総理大臣が指揮権を発動したところで、自衛隊員に、他国の領土にミサイルを撃ち込み、人を殺せ、と命令は出来んでしょ。

結論を言えば、「他国の領土にミサイルを撃ち込み、人を殺すことは」、憲法で禁止されているから。
憲法に違反する法令は作ることができないし、作っても、効力は発しない。

氏の言うことは、概ね、根拠のない、いい加減なものだと分かってきたし、
ということで、堂々巡りになりそうなので、私は、この辺でお開きにするわ。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/111.html#c160

[政治・選挙・NHK289] 沖縄・与那国島に地対空誘導弾部隊、台湾有事を見据え防衛省検討(読売新聞オンライン) 達人が世直し
10. 達人が世直し[1899] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月27日 21:18:17 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1140]
>>8 氏

氏のコメントの全体の論旨には賛同しているものです。

一つ二つ気になる点があるので、私の考えを記しておきます。

一つは、「新防衛構想」という言葉。

>先制攻撃、攻撃的防衛能力可能な防衛体制に転換しようとしてる今回の新防衛構想。

と氏も書いているように、
実態は、先制攻撃も辞さず、敵基地攻撃能力の保有、というものであり、憲法9条で永久に放棄するとした「戦争」をする国に転換しようとしている。

「戦争をする国構想」というべきものであって、防衛の概念を逸脱しており、「新防衛」構想という言葉は「めくらまし」と考えるべきだと認識しているところです。

さらに言えば、「戦争をする国」にするための、憲法の変更は、永久に出来ない。
と憲法で規定されている、というのが私の認識。

二つ目は、

>それは従来の日米同盟における米国の攻撃役割「矛」に対して防衛の役目を持「盾」という関係・・・

という「認識」と言うか「前提」、について。

日米安保条約第5条には

「各締約国は、日本国の施政下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和および安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定および手続きに従って、共通の危険に対処することを宣言する」

との規定がされている。

つまり、日本は日本の憲法上の規定および手続きに従って、米国は米国の憲法上の規定および手続きに従って、共通の危険に対処しましょう、と言っているに過ぎない。

一般的に、日本は、アメリカの防衛義務はない。

というのも、日米安保条約が「日本国の施政下にある領域における」ということで、アメリカ本土への攻撃は対象ではない、と言っているだけだろう。
しかし、日本国の施政下にある領域に居を構える「在日米軍」が武力攻撃を受けた場合は含まれている。

日米安保条約第5条発動に相当する事態が生起した場合には、米軍は、アメリカ合衆国憲法第2条(大統領の権限)ならびに「戦争権限決議」(日本では「戦争権限法」と呼ばれている)などに従って対処する、ということになる。

いまのウクライナ戦争を見れば、「戦争権限決議」なるものが、相手国への経済制裁か、日本への武器支援に留まるかもしれない、という可能性は排除できないだろう。
しかも、日本は国連憲章上は、いまだ敵国条項の対象国だ。
米国議会が、反対すれば、日本は「守ってもらう」どころか、支援すら受けられない。
そういう条約になっている。

>米国の攻撃役割「矛」に対して防衛の役目を持「盾」という関係

は、日米安保条約第5条の条文からは、到底読みとれない。

日本は日本の憲法上の規定および手続きに従って、米国は米国の憲法上の規定および手続きに従って、共通の危険に対処しましょう、と言っているに過ぎない。

>米国の攻撃役割「矛」に対して防衛の役目を持「盾」という関係

というのは、政府が国民に向けて行ってきた、「プロパガンダ」であり、中身は「虚偽」という物でしかない。

全体の文脈には影響するものではないが、この点は、見直しされたい。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/127.html#c10

[政治・選挙・NHK289] 沖縄・与那国島に地対空誘導弾部隊、台湾有事を見据え防衛省検討(読売新聞オンライン) 達人が世直し
48. 達人が世直し[1900] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月28日 20:23:39 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1141]
>>21 氏

またまた、私のディスリかい?。
懲りない人だね〜。
ちょっとした変質者に付き纏われているようで、「キモイ」。

>ま、そもそも、
>“専守防衛ならデキル!”というもの自体、歴代自民党政権の解釈改憲の産物なので、・・・

と言う「アンタ」は、“専守防衛はデキナイ!”と言っているのかい?
どうなんだい?
相変わらず、自分の考えの「無い」人だな〜。
と言うよりは、“自分の頭で考えることがデキナイ!”人だな〜。

たまに、自分で考えたらしきことを言っても、

>アメリカの軍事力に守られている国こそ、日本だろ。
>日米安保条約の下、アメリカは日本の防衛義務がある。日本は、アメリカの防衛義務はない。
>日本は「アメリカに守ってもらってる対価として」日米地位協定や思いやり予算などでアメリカに便宜をはかっている訳だ。

という程度。

>>10 でも取り上げた日米安保条約第5条と同第6条を示して、誤りを指摘すれば、・・・そのまま「ダンマリ」。
「嘘」がバレて、ちょっと効いたかな。
守られているというなら、「やっぱり、証拠を示すことが必要ではないかい。」と指摘しても、、・・・そのまま「ダンマリ」。
「逃げ出す」のが、100歩だとしたら、「ダンマリ」は50歩といったところだね。

>相変わらず>>10はギャーギャー文句をほざいて“ボクノ解釈ガ正シイ!”と喚き散らしているが、
>この解釈でさえ「解釈改憲」によって産まれたものだ。
>自民党のやっている事と大差はない。

>かつて、社会党や共産党や憲法学者連中から非難轟々だった昔の自民党解釈を今になって持ってきている。
>言ってる事は昔の自民党と何も変わらん癖にね。

ま、そもそも、「アンタ」は、最初は、そうは言っていなかったけどね。
私の記憶では、「独自理論解釈」と絶賛していたのでは・・・。
「独自」と言われ、「理論」とまで言われちゃった。
私は「いや〜、それほどでも・・・」と思ったものだわ。
途中で、「素人の俗説」に変わっちゃったっけど、それでも、「自民党とは違う」素人の俗説ということだから、「まぁ〜、いっか〜」と・・・。

>コイツは自民党のアシストをしているのじゃないか?(笑)

とうとう「コイツ」にされちゃったけど、それって、この間、

「ここまでくると、氏の存在は、政府、自民党の「パシリ」としか言いようがない。」

と言われた、「腹いせ」かい?
しかし、政府、自民党の「パシリ」、それは「図星」だろ?

この辺でやめとくわ。
「アンタ」と「50歩100歩」と、それだけは言われたくないからね。

纏わりつくのも、常識の範囲で、ほどほどに頼むわ。

http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/127.html#c48

[政治・選挙・NHK289] 自公政権復帰から10年…この国の政治はどう変わったか 信任なき政策決定が常態化 野党は低迷続く(東京新聞) 蒲田の富士山
3. 達人が世直し[1901] kkKQbIKqkKKSvIK1 2022年12月29日 11:20:55 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1142]
やはり、東京新聞の記事は読みごたえがある。
大袈裟に言えば、「社会の木鐸」の役割をしっかり果たしていると言えよう。

{・・・「敵」をつくることで「味方」から強固な支持を得る安倍氏の政治手法は社会の分断を助長した。・・・」

言ってみれば、小泉流のこの手法が通用する、これまでの日本の政治状況を変えていくしかない。

同様の手法を取っているのが、日本維新の会であり、地域政党大阪維新の会だろう。
何と言っても、維新の血は、公務員、労働者、労働組合を「敵」にして、特に公務員を叩くことで、一般市民の不満の受け皿を偽装し、のし上がってきた集団だ。
逆な言い方をすれば、公務員、労働者、労働組合の「敵」であり、そのことを自認し、利用してきた。
「敵を作って叩く」小泉流のやり方の模倣でしかない。

限られた、強固に固められた組織票を持つ政党に有利に働く「小選挙区制」を嘆いても仕方がない。

「・・・10年前に惨敗した民主党の流れをくむ勢力は、分裂と合併、協調と対立の歴史を刻む。憲法や安保などの主要政策の違いのほか、共産党も含めた「野党共闘」を巡る考え方に差があり、与党に対峙たいじする「大きな塊」になれずにいる。・・・国政選挙で批判票を取り込むことはできなかった。・・・」

政権党は「利権」で固まり、野党は「理念」で分裂する。

あの自民党ですら、公明党との連立政権を組む。
いくら一つの強い野党が誕生しても、「連立政権」を前提にしなければ、「政権奪取」は叶わないだろう。
そのことは、今や日本政治の常識ではないだろうか。

今の日本は、有権者の50%もの人が権利を行使していない現実がある。
こんな国は「先進国」では、他に見つけることができない。
何故だろうか。
一方で国民の大多数の人が、生活に不安を抱え、現状に満足している人は圧倒的に少ない。

「・・・強い自民に、さらに強力な組織をもった公明がつき、自公と対等に戦える勢力をつくることが難しくなり、政権選択型の国政選挙が機能しなくなった。複数の選択肢があるという実感が必要だ。自公の勝利が揺るがなければ、わざわざ投票に行く気にはならず、市民の政治への関心を弱めている側面もある。どう「二大勢力型」の政治にするかという課題が残されている。」

私もそう思う。
今、野党が有権者に対して訴え足りないのは「複数の選択肢があるという実感」、そのことではないか。
「実感」とは、「政権交代の可能性」そのことであり、政権が代わって、新たな日本が誕生するという、「夢」と「希望」そのことではないか。

そのことを有権者が「実感」することができれば、眠れる50%の有権者も目覚め、他の先進国並みの投票率を取り戻し、山が動き、政権交代を現実のものとして、「実感」することになるのでは・・・。

この書き込みをしながら思い出してきた。
民主党が政権交代を実現したあの時、私達は、「政権交代の可能性」を強く意識し、政権が代わって、新たな日本が誕生するという、「夢」と「希望」を胸に、投票所に足を運んだことを。

「政権交代の可能性」と、政権が代わって、新たな日本が誕生するという、「夢」と「希望」を有権者に訴えるとはどういう事だろうか。

単に「・・・国政選挙で批判票を取り込むこと・・・」ではないはずだ。

日本語には、「政権構想」という言葉がある。
この10年、野党から、「政権構想」という言葉は、まともに聞かれない。
有権者は、政権を取らなければ、どんな立派な政策も実現できないことを知っている。

野党は、「政権構想」を固め、その構想に従って行動し、有権者に訴えかけるべきではないか。

今の日本においては、その構想とは、「連立政権構想」になるのだろう。
そのことは、有権者の期待とも合致する。

政権党は「利権」で固まり、野党は「理念」で分裂する。

こんな「愚」をいつまでも繰り返していては、いけないのだろう。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/135.html#c3

[政治・選挙・NHK289] 最長3000キロの長射程弾開発 防衛省調整、30年代の配備目標(中日新聞) 達人が世直し
13. 達人が世直し[1902] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年1月05日 20:43:24 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1143]
日本有事の際に、アメリカは日本を守ってくれるのか?、守ってはくれないのか?

その疑問の答えは、日米安保条約第5条にある。

「守るとは言っていない、しかし、守らないとも言っていない」

というのが、その答え。

日米安保条約第5条には

「各締約国は、日本国の施政下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和および安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定および手続きに従って、共通の危険に対処することを宣言する」

との規定がされている。

つまり、日本は日本の憲法上の規定および手続きに従って、米国は米国の憲法上の規定および手続きに従って、共通の危険に対処しましょう、と言っているに過ぎない。



http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/154.html#c13

[政治・選挙・NHK289] 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 元防衛庁出身・柳沢協二氏の発言に納得…敵基地攻撃能力の前に、まず外交、最後まで外交努… 達人が世直し
17. 達人が世直し[1903] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年1月13日 20:10:18 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1144]
>>8 氏

>トラトラトラは奇襲成功、ニイタカヤマノボレが作戦の号令じゃんねw

しか〜し、
文脈からすると、「奇襲成功」で調子にのっちゃったことがその後の悪夢の始まりということで、やっぱり、ここは「トラトラトラ」じゃんねw

真珠湾奇襲が失敗していれば、広島、長崎の悲劇は無かったかもしれないし・・・。
今更の「たられば」、だけどね。
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/177.html#c17

[政治・選挙・NHK289] 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 元防衛庁出身・柳沢協二氏の発言に納得…敵基地攻撃能力の前に、まず外交、最後まで外交努… 達人が世直し
81. 達人が世直し[1904] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年1月14日 14:51:00 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1145]
>>56 氏

氏には、何度も言っているが、

>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。

という考えを改めてからにしてくんないか。

しかも、今回は私への「誹謗中傷」が含まれているので、看過できない。

「誹謗中傷」とは特定の人に対して、言葉で侮辱や嫌がらせをしたりデマや嘘を触れ回ったりすること。

>そもそも、憲法9条なんて、達人が世直しさん自身が守ろうとしていない。達人が世直しさんは、「専守防衛の戦争は戦争ではないから、憲法9条の戦争放棄に抵触しない」と、訳の分からない主張をしている。

これを「誹謗中傷」と言わずして、なんと言おう。

語義曖昧論法といわれる「詭弁」がある。
一つの単語がもつ複数の意味を、ごちゃごちゃに使ってしまう誤謬。、実際は文脈によって定義が変わる単語を使い巧妙に弄する。

氏は、
>憲法9条の「戦争放棄」・・・
とは言うが
憲法9条の「国権の発動たる戦争の放棄」・・・
とは言わない。

何故なら、「国権の発動たる戦争」が意味するところを、宣戦布告によって始める能動的な戦闘行為、すなわち「侵略戦争」であることを理解したからだろう。
そして、「専守防衛」は「侵略戦争」の対極に位置づけられる戦闘行為であることを理解したからだろう。
そのうえで、「戦争放棄」としか言わないのは、語義曖昧論法といわれる「詭弁」でしかない。
一つの単語がもつ複数の意味を、ごちゃごちゃに使ってしまう誤謬。
誤謬と言うよりは、策を弄していると言うべきや。

氏の言っていることは、「国権の発動たる戦争」と言った瞬間に、支離滅裂となり、破綻する。

これも、氏には何度も説明しているが、
氏が「戦争放棄」と言うときの「戦争」は、軍事上の概念でいう所の、「戦争」であり、軍事力の実質的な戦闘行動が実行されている状態を指す。
一方、「国権の発動たる戦争」となれば、その「戦争」とは、国際法上の概念でいう所の「戦争」であり、宣戦布告により生起すると定義される。
軍事力の実質的な戦闘行動が実行されているかどうかは、関知しない。

氏の言っていることは、「国権の発動たる戦争」と言った瞬間に、支離滅裂となり、破綻する。

同じことを何度も言わせないでほしい。
「無限ループ」と揶揄されてしまう。

ちなみに、
>「専守防衛の戦争は戦争ではないから、憲法9条の戦争放棄に抵触しない」と、訳の分からない主張をしている。

これは、氏得意の「藁人形論法」。
典型的な「詭弁」だろ。


http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/177.html#c81

[政治・選挙・NHK289] 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 元防衛庁出身・柳沢協二氏の発言に納得…敵基地攻撃能力の前に、まず外交、最後まで外交努… 達人が世直し
147. 達人が世直し[1905] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年1月15日 14:44:18 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1146]
>>137 氏

憲法9条で記されている「国権の発動たる戦争」の意味を問われて、

>国権、つまり日本国の権利の発動たる戦争・・・

これが答えとは・・・。トホホ。

どこから解説をすれば良いのやら。

改めて憲法9条を見てみよう。

氏が引用した憲法9条に次のように記されている。

>国権の発動たる戦争と、
>武力による威嚇又は武力の行使は、

これを見て分かるように、
「国権の発動たる」という文言は「戦争」という言葉にかかっている。
一方で、
「武力による威嚇又は武力の行使・・」
に対しては、
「国権の発動たる」という文言はかかっていない。
ということは、氏の言によれば、

>武力による威嚇又は武力の行使は、

とはどんなことを言っているのだろうか。

さらに言えば、同じ戦闘行為でありながら、「戦争」と「武力行使」をわざわざ分けて記しているのはなぜか?

氏は、
>国権、つまり日本国の権利の発動たる戦争・・・
の考え方で、
ここを説明できなければならない。

私は何度も説明しているので、今回は割愛する。

氏の説明を楽しみにしていよっと。
解説はそれからだね。

ところで、私に対する「誹謗中傷」は続ける積りのようだが・・・。

>私に言わせれば、あなたは9条を破って専守防衛の戦争をすることを主張している。つまり、9条を破ろうとしてると、私は考える。

氏がその乏しい理解力で、どう考えようと、それが間違いであったとしても、「考える。」だけなら、その自由は憲法で保障されている。
しか〜し、
特定の人に対して、・・・「デマや嘘を触れ回ったりする」ことは、「誹謗中傷」と言い、常識的に判断する能力を持った人の社会では、やってはいけないこととされている。

「誹謗中傷」は、決して「笑いごとではない」でしょう。

そんなことにも気が付かない。
そのことこそは、「お笑い種」でしょう。

氏は言う、

>9条が放棄しているのは「国権の発動たる戦争」であり、「国権の発動ではない戦争」は9条は放棄していないと、あなたは言うらしい。

>そして、「専守防衛の戦争は『国権の発動たる戦争』ではないから、9条違反ではない」と言うらしい。

>専守防衛の戦争は、国権の発動たる戦争ですよ。

と。

どうも、氏は分かっていない。

>9条が放棄しているのは「国権の発動たる戦争」であり、「国権の発動ではない戦争」は9条は放棄していないと、あなたは言うらしい。

>そして、「専守防衛の戦争は『国権の発動たる戦争』ではないから、9条違反ではない」と言うらしい。

のいずれも、私の考えを述べた、私の言葉ではなく、氏が勝手に、氏の頭で考えた「氏の考えであり、氏の言葉」になっていることに気が付かない。

>あなたは国権の発動たる専守防衛の戦争は、9条合憲だからしてもいい、と言うらしい。

これも、私の考えではなく、あなたの考え。

もう気が付いたと思うが、教科書にも載りそうな、典型的な「藁人形論法」という「詭弁」。
「・・・らしい。」と言っても、逃げられんよ。

私は、
「憲法9条では、自衛権については触れていない。」
と認識しており、
専守防衛の根拠を憲法9条に求める訳がない。・・・じゃないか。

そうだ、思い出した。
過去に氏には、憲法9条では、自衛権について、どう記されていると言うのか?
と質問したことがあった。
そう言えば、答えをまだもらっていない。

関係するから、こっちの答えも、楽しみにしていよっと。



http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/177.html#c147

[政治・選挙・NHK289] 岸田首相の「黒田切り」明言が波紋呼ぶ…日銀総裁人事で“安倍派分裂”待ったなし(日刊ゲンダイ) 達人が世直し
27. 達人が世直し[1906] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年1月25日 16:59:31 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1147]
">>>7 氏
>>10 氏

スレ主です。

私も、>1のコメントは見ていません。

私は、コメントを初期非表示にしたり、削除したりしていません。
したこともありません。
というか、出来ないのです。

HNは「達人」となっていますが、スレ建てに関しては「新人」なのです。

私は、ジャップランド中川隆という「古い人」を存じ上げません。
どんな「古人」なのですか。

>>16 氏

私は「モサド」ではありません。
私は私です。「ぼさっと」はしてるかも。
どうせなら・・・もう少し「可愛い」のがいい。
欲を言わせてもらえば、・・・



http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/205.html#c27

[政治・選挙・NHK289] ここがおかしい 小林節が斬る! 森喜朗元首相が発言「ロシアが負けることはない」という嘘(日刊ゲンダイ) 達人が世直し
18. 達人が世直し[1907] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年1月29日 21:05:01 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1148]
>>9 氏

氏の、このコメント投稿

>何言ってるのか 全く分からない!

>■この投稿

をしたスレ主です。

誤解があるようなので、コメントします。

この記事は、小林氏が、「コラム」の形で、御自身の見解を述べられているものです。

従って、日刊ゲンダイの記者の意見・見解が

 ど〜こ〜述べている

部分はありません。

>投降者(と言われても・・・私は戦争に負けてはいません、私は戦争をしていません。私は戦争に反対しているのです・・・為念)自身は 小林・現代の言ってることの

>何それに 賛同とか反対とか・・・

>どれ一つとして

>読み取れない

と言うところを見ると、確かに読み取れていないのでしょう。

そうなってしまうのは、氏が、

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/317931
(文脈の理解を誤らないために、上記URLに飛んで、記事を直接確認願いたい。)

との記述を読み落としたか、無視したかで、結果的に、記事本文を読んでいないがためではないだろうか。

もし、記事の本文を読んでいれば、
>■この投稿・・・にある、

記事の抜粋は以上。

・・・・・

安全地帯に身を置いている者たちが、戦争の勝ち負けを論ずることほど、いかがわしいものはない。

という以降の記述が、私の意見であることは「読み取れた」・・

>・・・と私は思います!
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/219.html#c18

[政治・選挙・NHK289] 首相、戦闘機飛来で敵基地攻撃も 反撃力発動排除せず(中日新聞) 達人が世直し
13. 達人が世直し[1908] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年2月02日 15:58:32 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1149]
>>10 氏


相変わらずの愚問を、何度も投げつけるのではなく、少しは自分で調べたり、考えたらどうだい?

>もし日本を侵略する国が、その国の領域内の基地から日本本土をミサイルで攻撃して来たら、日本はどうすればいいんですか。

そんな質問は、防衛省か、自衛隊に電話でもして、聞いたらいいんじゃないかい?

防衛省の職員は、国家公務員だし、自衛隊員は、特別職の国家公務員だから、国民のために働く公僕の意識を持って、懇切、丁寧に答えてくれると思うけど・・・。
当然だが、「専守防衛」の理念に従ってさ。

ちなみに、法律にも少しは書いてあるようだけどね。

自衛隊法 第82条の3第1項
(弾道ミサイル等に対する破壊措置)

防衛大臣は、弾道ミサイル等(弾道ミサイルその他その落下により人命又は財産に対する重大な被害が生じると認められる物体であつて航空機以外のものをいう。以下同じ。)が我が国に飛来するおそれがあり、その落下による我が国領域における人命又は財産に対する被害を防止するため必要があると認めるときは、内閣総理大臣の承認を得て、自衛隊の部隊に対し、我が国に向けて現に飛来する弾道ミサイル等を我が国領域又は公海(海洋法に関する国際連合条約に規定する排他的経済水域を含む。)の上空において破壊する措置をとるべき旨を命ずることができる。

大切なのは、
「・・・我が国領域又は公海(海洋法に関する国際連合条約に規定する排他的経済水域を含む。)の上空において破壊する措置をとる・・・」

のくだり・・・。

法律ではダメかな〜。言葉が難しすぎるかも。

そもそも、日本には、「とんでもないこと」を、恥ずかし気もなく言っている奴がいる。

>自分たちの憲法を自分たちで破って、何が悪い。

>日本国民誰一人として憲法9条を守ろうなんて人はいない。

なので、「あんた方」も、そうしたらいいよ・・・と。

この発言は、どうあがいても、今更取り消すことは叶わない。

最近鼻につくのは、「おまえだって論法」。
そして、「みんながこう言っているから、こう」と言う、「お子様論法」。
これらは全て、「詭弁」らしいよ。

てなわけで、残された行動は、「詭弁」を弄しながらの、「開き直り」・・・今、ここ。


http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/229.html#c13

[政治・選挙・NHK289] 首相、戦闘機飛来で敵基地攻撃も 反撃力発動排除せず(中日新聞) 達人が世直し
19. 達人が世直し[1909] kkKQbIKqkKKSvIK1 2023年2月02日 20:48:41 : vouZoQV3GI : cERhT0preFllVnc=[1150]
>>14 氏

>出た!詭弁判定士!(笑)

なんか、今か今かと、待ってたようだね。
お待たせ〜。
他に、相手をしてくれる人もいなくなったか?

アンタの書き込みは、正直言って面白くないし、偏執狂を思わせる、しつこさがある。
そして、文字数はいたずらに多い割に、全く中身が無い。
役者は、いつも、誰だか名前も分からない「昔の人」、とバカ左翼という「藁人形」。
飾りは、虚ろな感じで・・・(笑)
正直言って、キモイ。
一番いけないのは、いつものことだが、「自分の考え」らしきものが皆無なこと。

自分で読み返してごらん。
老婆心から言えば、そこのあたりは、直すように心がけた方がいいよ。
私からの、暖かい忠告だよ。

>しかも、憲法9条に関する過去の議論をすべて無視して「素人の俗説」を開陳する痛いヤツ(笑)

「あんた」はそう言っても、
私にとっては、「あんた」に、「独自理論解釈」と絶賛されたという記憶が生々しい。
覚えてるよ〜。
それを「あんた」は、取り消すことが出来ずに、「解釈変更」して、「素人の俗説」と、ちょっとだけ評価を落としたつもりになっているだけ。
「あんた」こそ、記憶喪失しちゃった?
今となっては、「独自理論解釈」と絶賛したのが、・・・痛いね。

「あんた」の中身の無い書き込みに付き合うと、中身の無い書き込みになってしまった。。

「自分の考え」などというものは、どうせ無いんだろ?
http://www.asyura2.com/22/senkyo289/msg/229.html#c19

   前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > cERhT0preFllVnc= > 100003  g検索 cERhT0preFllVnc=

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。