★阿修羅♪ > 藪素人 5U2RZpBs > 100000
 
g検索 5U2RZpBs   g検索 BhHpEHNtX5sU2
 
藪素人 5U2RZpBs コメント履歴 No: 100000
http://www.asyura2.com/acpn/5/5u/5u2/5U2RZpBs/100000.html
[雑談・Story41] チェット・ベーカーの最初のワンフレーズで会場の複数の女性たちが感極まって悲鳴を上げた
 チェット・ベーカーの最初のワンフレーズで会場の複数の女性たちが感極まって悲鳴を上げた。
 曲はマイ・ファニー・バレンタイン。芸の力って凄いのー。「感極まって悲鳴」は児山はんの解説。
男が聴いた分には普通の地味なフレーズのようじゃったが、何か女性の琴線をひっかくもんがあったんかね〜。

 この人のボーカルがまた個性的。非常なるソフトタッチで正統派とは違うんじゃないか。拙者は好んで聴くまでにはいかね。
 このチェットはん、ヨーロッパツアー中にホテルの窓から転落して亡くなった。薬物でもやってたんじゃろか。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/531.html

[雑談・Story41] 銀蠅にも縄張りがあるってえ事らじい。闖入者を追い払おうとしちょる、邪魔臭い奴じゃ
 拙者、時間があるとき一本歯下駄で近くの公園を歩き回るようにしちょるが、ある一角に来ると決まって銀蠅のような羽音の蠅が左耳の後から追い立てるように羽音を響かせてくる(一匹だけ)。いつもそうじゃ。
 そこで逆回りしてみたら今度は右耳の後から追い立てるように羽音がする。そうか、広場の中心から外側に追い立てて追い払おうとしているらじい。この夏からの話じゃが、結構邪魔くさい。同じ蠅が2か月ぐらい生きておるのか(それとも交替?)。

 銀蠅にも縄張りがあるっちゅう事らじい。いつも魚眼目で闖入者を見張っておるのか?
 自分よりはるか図体の大きいものを追い払おうとする気が知れんのー。蠅の生態に詳しい人なら分かるかもネギ。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/537.html

[雑談・Story41] 青春時代にしかできねえ演奏があるんでないかえ? 青春の持つ生命力・息吹が自然に吹き出してくる

 かつて大型新人と目された仲村裕美という歌手がおった。LPを2〜3枚出して姿消したが、その歌声は自らの明るい未来を予感しているかのような溌剌としたもんだった。聴いていて気持ちえがった。

 同ずくLPで早大のハイソヤエティ・バンドの「ハイウェイ」ってのがあって、演奏も自然に若々しさがほとばしっていて気持ち良かった。とりわけピアノの佐藤真理さん(20人の紅一点)の瑞々すい青春の香りいっぱいの演奏に誘われてアルトが出て着るが、これがまた若々すい息吹にあふれておっての、いがった。
 演奏がうまい、下手ってえレベルでねえ音楽の生命力が躍動しておる。時々聴くが、この歳でも胸がワクワクすてくる。

 も一つカセットに収めてあったが、明治大学のバンドの演奏で「500マイルズハイ」ってえのがあってのー、ここに出てくるギタリストが滅法うまい。うまいだけじゃなく若々しさに溢れ、輝かすい未来を望見すてるかのようで感じ、いがったな。演奏後のプロの講評でもプロとしてすぐ通用するとあったの、覚えておる。

 演奏技術越えた若々しさってえのはこの時代にしか湧いてこねもんだべ。つまり若い人たちゃ、青春てえもんを良く味わって生きていってもらえてえもんだ。(拙者も学生ん頃、若さが全身からじわっと滲み出ていた実感があった。電車降りて歩いてたら、前を歩いておった可愛い若い女(おなご)が振り向いてくれたっけ。ウホー!)

さてついでじゃが、坂田明てえサックス吹きがおるが、最近、「じゅげむじゅげむ」って曲にボーカリストとして参加。「食う寝るところ住むところじゅげむじゅげむ…」て早口で延々とやっていて愉快・痛快。おじさんが「青春」やってる感じ。工夫次第でおじさんでも「青春」できる?
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/564.html

[雑談・Story41] 青春時代にしかできねえ演奏があるんでないかえ? 青春の持つ生命力・息吹が自然に吹き出してくる 藪素人
1. 藪素人[29] 5U2RZpBs 2018年1月03日 16:11:41 : Yckm1KyWCc : FXkzaxu2oUo[1]
 さて、おじさんの青春じゃが、加齢とともに嗅覚力がどんどん落ちてくて、食欲不振、やる気のなさ、時間がのっぺらで節目なくなるんだど、NHKためガツでやっておったの。
 嗅覚の力つけるには匂いの小瓶セットを年中嗅いでると回復すてくるど。ある老人がそれを一年やったら、改善すて仲間との飲み会にも復帰でけるようなった。

 耳鼻科の先生によるど、家にあるもんを何でも嗅ぎまわるようにするどええど。
 確かに拙者も嗅覚が昔より落ちてきている実感ある。カレーの匂いなど遠いと分からんごとある。
 嗅覚落ちたおしさんが「青春」やることは難しかろうのー。世界が臭はなくなるってこどは、ヤパシ悲じいことじゃてー。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/564.html#c1

[雑談・Story41] 青春時代にしかできねえ演奏があるんでないかえ? 青春の持つ生命力・息吹が自然に吹き出してくる 藪素人
2. 藪素人[30] 5U2RZpBs 2018年1月03日 23:22:08 : Yckm1KyWCc : FXkzaxu2oUo[2]
 若ければええってもんじゃねえことも思い出すたんで書くべ。
 ハイソサエティに味占めて、2〜30年後のLPとCDに手出したが、これ音楽が死んでおった。メンバー全員が何かに縛られてでもいるようで、伸び伸び、活き活きしておらんかった。

 時代が違ってたのか、メンバーの質が落ちたんかは分からん。前出(1978年録音)の佐藤はんのピアノはやや指がもつれた感もあったが、本人自身が喜々として演奏を楽しんでいる風で実に爽快で幸せな気分にしてくれておる。一口に言ってメンバー全員が「乗っている」て感じ。自ずから彼らの明るい未来を予感させる若々しさが発散すてくる。まさに「ご機嫌」な一品で宝物じゃて。

 後代のもんは乗っていない。聴いていて面白くねえ。退屈。ですぐお払い箱。ここら辺の消息はナゾじゃて。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/564.html#c2

[雑談・Story41] 青春時代にしかできねえ演奏があるんでないかえ? 青春の持つ生命力・息吹が自然に吹き出してくる 藪素人
4. 藪素人[31] 5U2RZpBs 2018年1月04日 21:11:35 : Ec0vURf1Hu : qs9QAdjNgAg[1]
 かつてナベサダがアフリカのどこかの国で演奏活動した時、現地のミュージシャンの一人が馬のいななくのような音を出す半分壊れたサックスで演奏していたが、実に楽しそうに演奏していたと感慨深げに話していた。そこから学んだのだろう、ある少年(に近い)ドラマーを引き立てていたとき、「プレイを楽しんでやるように」と指導したところ、演奏が見違えるほど違ってきて、「いいぞ」と言っていた場面があった。
 アーティストが貧乏人でも、音楽に対する構えや演奏態度というものが、紡ぎだす音に多大な影響を与えることは大いにあると考げえる。安い楽器でも技術がともなわなくても人に感銘を与えるものはあると思う。アーティストが委縮してプレイに苦しげであっては周りに歓びを発散することはできなかろう。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/564.html#c4
[雑談・Story41] 三砂ちづる『オニババ化する女たち』が増えてるようなのはなぜ?
 『オニババ化する女たち』の著者、三砂はんのご指摘、なぜオニババ化するのかってえと、端的に”女の悦びを知らない”からじゃと解釈する。彼女は昔より増えている、っていうニュアンスで語っている。

 「女の悦びを知らない者は正論が好き」との同性からの証言もあった。モア・リポートだったと思う。「正論が好き」の意味じゃが、潔癖症の母や学校のシスター達を引合いに出し、彼女らは人の弱みを徹底的に責め立てて来るという指摘であった。
 女性の心理には不案内じゃが、女性の側からのこの証言は、そんなこともあろうかと率直に受け止めたい。高岡先生のご指摘もある。

☆(おんなのからだ/三砂ちづる)
 http://www.bookclubkai.jp/interview/contents/0063.html
 >具体的に言うと性的に満ち足りた関係を持ちにくい、
 …
 今、世代を問わずセックスをしていない人が多いようですね。

☆セックスで心身ともに満たされていた昔の女性たち/高岡英夫
 http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/774.html
 
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/577.html

[雑談・Story41] 三砂ちづる『オニババ化する女たち』が増えてるようなのはなぜ? 藪素人
1. 藪素人[32] 5U2RZpBs 2018年2月25日 09:39:16 : UOglDEhwCc : PksgOWJLrdg[1]
 天狗下駄散策で体幹部の深層筋を鍛えると、床上手になれるかも。

 小平選手がこの下駄で立って静止できる映像があった。そのまましゃがんでスケートする姿勢に持っていける。
 拙者は静止できない。その場で軽く足踏みしてれば倒れることはねえ。

☆(拙者の一本歯下駄徘徊)
 http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/537.html
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/577.html#c1

[雑談・Story41] 女性に朗報かー飯田宏著『自律健康法』
 飯田宏著『自律健康法―驚異の新開発』からサワリだけ。

 自律健康法は、自己暗示をかけることによって心身の緊張をとり、リラックスさせ疲れをとる。標準練習の公式は全部で六種類ある。仰向けに寝て、各1分行う。

 @″両腕、両脚が重たい″
 A″両腕、両脚が温かい″
 B″心臓が穏やかに規則正しく打っている″
 C″楽に呼吸している″
 D″お腹が温かい″
 E″額が涼しい″

 ☆女性の″オーガズム抑制″治癒に威力
 標準練習に続いて次の暗示をする(5回)。「腰が温かくて柔らかい−」
 つづいて次の暗示をする(5回)。
 「局部が温かく、湿っている−」または「お○○こが温かく、湿っている−」のどちらか好みの方を暗示する。

 あなたの膣は、入口も奥の方も充血してきて潤いをもってきました。もういつでも男性を受け入れることができます。こういう自己暗示は、″オーガズム抑制″が治るばかりでなく、快感が倍加するはず…。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/578.html

[雑談・Story41] 五木寛之『百歳人生を生きるヒント』は、なんと即物的な”手”ばかりでサッパリじゃった
 即物的ないろいろな”手”の話ばっかし。「生きていく」ってことについて、万物の霊長として成長すていくっていう視点が根本的になかったな。
 例えば、こんな記述がある。若者がくつろぐコーヒー店に入ると、冷ややかな視線を感じた。それが””嫌老感”だと。それを踏まえて『嫌老社会を超えて』って本を書いたど。嫌われる勇気を持っててんだが、何か開き直っただけのようでストンと来ん。

 そうじゃなかんべー。「美しく老い」なくてもええ、若者に魅力的な人物に写る人間になるべく日々の”生”の質が問われるべきでねえかえ。人間は顔だけでねく、身体つきや所作からも一瞥すただけで人柄を直観でける。
 十年以上付き合っているっていう帯津良一先生は、60代から急に女性にもて始めたって言うでねえか。こん時期、帯津先生の何かが「吹っ切れ」たのかもしんねえ。五木先生も『青春の門』なかで、「人間は吹っ切れなきゃあかん」って登場人物の一人に言わせておった。

 これじゃて。人間一つの道でも何でももええが、質の伴った生を精進し続けて行けば自然に若者にも女性にももてる人間になるんでないかえ。別にそれを目的とするんでねえ。真っ当な人の道を歩んでいればそうなるってこと。そんな人間観を持ちてえもんだ。
 そうならんかったとすれば、歩み方がどこかで間違っておっって、「嫌われる勇気を持とう」なんて本末転倒ってことにもなる。

 霊長類の頂点に立つ人間は単に動物としての生を真っ当すれば事足れりってもんじゃなかんべえ、俗に言っても「徳」を積むってのがある。犬猫ライオンが徳を積んだなんて聞いたことねえ。
 若者から冷たい目で見られるんは、一瞥して徳のねえ人間と見抜かれたんでねえかえ。それを”嫌われる勇気”なんてねえー。名の知れた小説家の言う事かえ。
 ちっとも有難味を感じん本じゃったな。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/584.html

[雑談・Story41] 五木寛之『百歳人生を生きるヒント』は、なんと即物的な”手”ばかりでサッパリじゃった 藪素人
1. 藪素人[33] 5U2RZpBs 2018年3月21日 10:23:25 : houvivScNk : E2Uf2DthISM[1]
 何が吹っ切れたかってえと、それはその人特有の「バリア」ではないかい。
 端的に分かり易いのは、高学歴を鼻にかけるバリアである。女(おなご)はこのバリアに敏感なように思う。
 女は男に比べれば社会的弱者の部類に入る。女は身を守るため本能的にこのバリアに敏感で、バリアのある人は好かない。バリアがなく分け隔ての無い人に好感を持つと考えられる。

 帯津はんは東大医学部の出身。同僚たちのすごいエリート意識をどこかで指摘しおられた。自分はある時期からそのエリート意識から脱したとも。医療の現場で西洋医学の限界を目の当たりにして、ホリスティック医学を始めて長いキャリアを積んだ過程でエリート意識がガラガラと崩れ去ったんでないかえ。
 変なバリアを取り払い自分を飾らず本音で人に接するところに、その人の真価も現れる。女(おなご)はそれを敏感に感じ、自ずから好感を持つ。
 五木はん、コーヒー店に入るとき、名の知れた小説家として「俺様意識」がなかったんかどうか。

http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/489.html#c3
高峯秀子はんが広辞苑の編者・新村出を評して、人間の真価てえのは、贅肉や虚飾をはぎ取ったところから、底光りしてくる、と書いておった(「私の渡世日記」)。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/584.html#c1

[雑談・Story41] 五木寛之『百歳人生を生きるヒント』は、なんと即物的な”手”ばかりでサッパリじゃった 藪素人
2. 藪素人[34] 5U2RZpBs 2018年3月21日 20:12:44 : mx5DpRf3oI : YLsuuKlPw6A[1]
 「帯津良一の生きる力」ん中に(人は幾つになっても)「青雲の志を常に抱くべし」てえのがあった。これには別の意味もあって、「徳を修めて聖賢の人になろうという志」とあった。

 何のこたねえ、拙者これがインプットされておったてえことになる。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/584.html#c2

[雑談・Story41] 五木寛之『百歳人生を生きるヒント』は、なんと即物的な”手”ばかりでサッパリじゃった 藪素人
5. 藪素人[35] 5U2RZpBs 2018年3月22日 18:03:50 : y77NDDjLOg : @EOQY3gmgN4[1]
色気というのは、内面を磨くことによって年齢を重ねてくるとともに、ぐんぐん増していく〜アンチエイジングという欺瞞/帯津良一
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/734.html
投稿者 藪素人 日時 2014 年 3 月 12 日 20:18:12: BhHpEHNtX5sU2


Re: 人間にはちょうどいい「死に時」がある〜野生動物には「寝たきり」や「要介護」はありません/帯津良一
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/738.html
投稿者 藪素人 日時 2014 年 3 月 13 日 20:11:50: BhHpEHNtX5sU2
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/584.html#c5

[雑談・Story41] 「ゆるしてください」と書いて亡くなった5歳の女の子が哀れでならない
「ゆるしてください」と書いて亡くなった5歳の女の子が哀れでならない

 どうしてこんな苛酷な運命に会わなければならなかったのか。実母は連れの男の虐待を見て見ぬ振りをしていたという。女も我が子と紙一重のところにいたのか、靴下のように強い女は現代でもそう多くはないのだろう。女にもまた不憫を感じてしまう。
 連れの保護がなければ生きていけなかったのか。生殺与奪の権を握られていたのか。まだ若いのに何とかならなかったのか。可愛い女の子だったのに可哀想でならない。

 10年前ぐらいにNHKでやっていたが、無職の父親に体罰を受けていた小さい男の子の話があった。児童相談所も目を付けていて、カメラが入って取材ができた。親が(父子家庭と見られる)折檻するのは悪い事したからだと、我が子に説明していたが、子はただ笑い顔を作って、保護者が守ってくれなければ僕には逃げ道もないんです、と言葉にならない気持ちで必死に父親にすがっている目に見えた。親に抗議できる立場じゃなかった目だ。

 親父(40代ぐらい)は失業中でおそらくイライラの毎日だったのだろう。その気持ちを抵抗力のない子供にぶつけていたという良くあるパターンだったのだろう。こちらは明らかにセフテイネットが不足している社会の問題がからんできている。前者はどうだったのか。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/600.html

[雑談・Story41] 「ゆるしてください」と書いて亡くなった5歳の女の子が哀れでならない 藪素人
2. 藪素人[36] 5U2RZpBs 2018年6月29日 19:27:41 : OlKNA8cpNE : L0Yu@A2cviI[1]
 久しぶりに、柳家小三治『子別れ』(CD2枚)を聞いた。
 笑いの中に一時代前の人情が巧みに織り込まれていて、感動的である。
そして改めて思ったのは、当時の女性の社会的地位の低さであった。この地位の低さは現代社会の底流にも連綿として引き継がれているのではないかという思いを強くした。

 言ってみれば、今回の事件の背景には女性の社会的地位の低さも絡んでいるように見えるということ。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/600.html#c2

[雑談・Story41] 「ゆるしてください」と書いて亡くなった5歳の女の子が哀れでならない 藪素人
4. 藪素人[37] 5U2RZpBs 2018年6月30日 06:41:56 : mT8TttheTY : EIxfTHdZqj0[2]
 一つ忘れたのは、この家庭は生活困窮者ではなかったのか。父親が定職に就いていたのか、また一家三人を過不足なく養える収入があったのかどうか、何も報道されていなかったように思う。家庭の貧困から子供を虐待する例は、これまでも沢山あった。

 今朝の民放をちらっと見たが、児童相談所は虐待を防止する専門機関ではないこと、他にもたくさんの仕事があり専門家集団ではなく、親の立場を優先する機関であるなどとしていた。
 本件んも児童相談所に二度ほど保護されたことがあったが、親の引越しを契機に親の方から離れて行って経過が見られる。

 日本社会の根深い貧困化が本事件の底流にあるのは否定できないと思う(若年女子の貧困化も指摘されている)。
 本件の母親も子供を引き連れて駆け込み寺のような所に逃げ込むこともできたと思われるが、この女性にはそんな知恵も勇気もなかったのか。靴下のように強い女性も多くはないと見られる社会で、第三者がそこまで求めるのは酷でなないか。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/600.html#c4

[雑談・Story41] 「ゆるしてください」と書いて亡くなった5歳の女の子が哀れでならない 藪素人
5. 藪素人[38] 5U2RZpBs 2018年6月30日 09:01:05 : eGxXdYP6d6 : H8bkUvBA_j4[1]
 同じ小三治の落語に、「美しい女性はそれだけで価値がある。そんな女性を見かけると、嬉しくなりとても良い気分になる」と男心を語っているものがあった(「短命」の導入部)。
 拙者も日頃から同じことを考えていた。

 この女の子も、美しい麗人に成長していって社会に潤いを与えたり男どもに慕われる存在になった可能性を考えると、途中で命を落としてしまったのは大きな社会的損失である。
 その意味でも大変残念な事件であった。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/600.html#c5

[雑談・Story41] 「ゆるしてください」と書いて亡くなった5歳の女の子が哀れでならない 藪素人
8. 藪素人[39] 5U2RZpBs 2018年6月30日 14:49:40 : 1XoLNn2jGc : kIY56Sa0bUs[1]
 >6

 「ただただ悲しい」だけでは、再び似たような事件が起こらないようにする手掛かりが見つかりません。

 (>7も同じ)
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/600.html#c8

[雑談・Story41] 「ゆるしてください」と書いて亡くなった5歳の女の子が哀れでならない 藪素人
12. 藪素人[40] 5U2RZpBs 2018年6月30日 17:42:32 : NpnrgoJLJo : PTMC3lWeB0E[1]
 >>9

 >このコメントもそうとうキモく感じましたが。

 キモく感じるのは個人的な所感である。だから何だって言うんだ?
 キモく感じるから拙者の主張が間違っているという事にはなりません。
 (キモいなどというのは論点のすり替え)

 兄さん、この事件はこの二親特有の個人的な非常に稀な事件であると主張したいように見えるが、その場合、この家庭の収入が3人を養えるに必要にして十分な収入を前提にしなければならないが、その前提条件が担保されていない。(すでに言っているが似たような事件は数えきれないくらいあり、日本の社会現象になっていて稀な事件ではない)


 >>10

 >生活困窮者なら虐待が許されるのか?

 そんなこと誰が言ってるんですか? 当然、応分の法的責任が問われるのは必然です。そんなことは暗黙の前提で、それがなければ貧困を口実にした子殺しは自由、無法国家になってしまいます。  

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/600.html#c12

[雑談・Story41] 帯津先生には居酒屋でスカウトされた。帯津先生がいつも患者さんを大事にされている姿を、看護師たちは見ていた/山田幸子
帯津先生には居酒屋でスカウトされた。帯津先生がいつも患者さんを大事にされている姿を、看護師たちは見ていた/山田幸子
第二章 看護師としての道のり
〔帯津先生には居酒屋でスカウトされた〕
 帯津先生は、食道がんの患者さんを執刀した日は、必ず泊まることが日課になっていました。患者さんが急変したとき、すぐに対応できるようにということで、当直日以外でも泊まっていたのです。
 そのため、手術後はいつも、患者さんの容態が安定したのを確認してから、夕食をとりに出かけていた…。
 ICUの看護師はみな、それを知っていましたから、帯津先生が手術をした日は、そのベットをほかの先生は使えないように空けておいたものでした。帯津先生は、看護師の間で本当に好かれていたのです。とても尊敬されていました。

 なぜかと言いますと、帯津先生がいつも患者さんを大事にされている姿を、看護師たちは見ていたからです。ベットで休んでいても、患者さんの様子を定期的に診に来ていましたし、何かあって看護師が先生を呼ぶと、すぐに飛んできて対応してくれる。朝もしっかり診て、それから病棟の回診へ行かれるのです。そんなふうに一晩中、手術後の患者さんをフォローする医師はまずいません。今思えば、その頃から帯津先生は、ホリスティック医学をふつうに実践されていたのですね。…今考えると大変だったと思います。
 あるとき日勤を終えて帰る途中、病棟の廊下を歩いていると、帯津先生から、「ちょっと一杯飲みに行かない?」と声をかけられて…。

第三章 帯津三敬病院で奮闘した日々
〔帯津先生の医療を実践することの難しさ〕
 帯津先生のホリスティック医学に憧れて、高い志をもって入職した医師であっても、自分の診療に対して、患者さん側が断固拒否し続けたり、否定的なことを言われたりすることが、日々繰り返されると、どうしても我慢の限界を迎えます。患者さんに怒鳴ってしまったり、あるいは優しくして怒れない医師は自分の中にストレスをたま込んでしまって、心身ともに疲弊していきます。
 そして帯津先生の医療をやりぬけない自分が許せなくなり、3年ほどで挫折し、退職する先生方も多々ありました。真面目で志の高い先生ほど、理想と現実のギャップに耐えられなくなるのでしょう。
 帯津先生は、辞めて行く先生方を無理に引き留めることはしません。…先生は何も言いません。

 それでも不思議なことに、2〜3年で辞めた医師がそのあと、よその病院でしばらく勤務し、また戻ってくる場合があります。看護師の中にも、いったん辞めて戻ってきた人がいます。外の世界を見て、あらためて思うところがあり、戻ってくるのだと思います。
 帯津先生は、そういう職員をいつも笑顔で迎え入れます。職員にたいしても患者さんに対しても、決して自分の意見を押しつけることなく、その人の考えを尊重する方なのです。…
 あまりの寛容さに、私はときどき腹を立てたりしたこともありました。それでも、私自身、そうした帯津先生のやさしさの中で、自分のやりたい看護を続けることができたのだと、今は思っています。

山田幸子:1936年、東京(根岸)生まれ。帯津三敬病院の開院後、看護師長に。

【出所】山田幸子『つなぐ看護 生きる力』佼成出版社/H30年
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/603.html

[雑談・Story41] 帯津先生には居酒屋でスカウトされた。帯津先生がいつも患者さんを大事にされている姿を、看護師たちは見ていた/山田幸子 藪素人
1. 藪素人[41] 5U2RZpBs 2018年7月08日 19:29:47 : Rl79fb5S7A : SRNPARnFhLA[1]
帯津「僕が一番驚いたのは、山田師長が私のいうことに絶対反対しなかったことだな。…とにかく、私がやることにすべてついてきてくれた…すごかった」

第一章 帯津三敬病院の35年を振り返る
〔出合いは都立駒込病院のICU〕
山田 帯津三敬病院が開院してから、35年経ちました。私自身は22年目で病院の総師長を辞め、池袋の帯津三敬クリニックへ移って、今はそのクリニックも退職しましたが、本当にいろいろなことがあった35年でした。

〔「孤独なる荒野のガンマン」を支えたもの〕
帯津 僕が一番驚いたのは、山田師長が私のいうことに絶対反対しなかったことだな。…とにかく、私がやることにすべてついてきてくれた。本当によくやってくれたと思っているんだ。総師長だから、部下を統率しなければいけないし、対外的に患者さんとのコミュニケーションもいっぱいある。そういう方面は、最初の頃はそんなにすごいと思わなかった。ふつうだったんだけど、私の手伝いという意味では、じつにね、かゆいところに手が届くと言うか、すごかった。…師長はいつも傍らにいてついてきてくれて、僕の仕事を全力で支えてくれた。だからこそ、人にはなんと言われようとも、平気で続けられたと思う。
山田 私が何もいわずに先生についていったのは、先生のことを信頼していたのはもちろんのことですが、先生が私のやりたいことを自由にやらせてくださったからです。とくに、いつも診療につかせていただいて、患者さんと先生のやりとりを聞いたり、私が口をはさんだりすることを許してくださったことに感謝しています。おかげで…先生のいないところで患者さんから聞いた本音を先生にフィードバックして患者さんと先生をつなげることもできました。これは私がずっとやりたかった外来の看護の形でした。それが結果的に、先生のおっしゃる「かゆいところに手が届く」お手伝いにつながっていったのだったら、とても嬉しいです。

帯津 いやあ、私にとっても、そうした師長の働きは、診療を行ううえで助かった。本当に師長がいてよかったと思っているんだ。
山田 医師の中には、診療中に看護師が傍らにいたり、まして口をはさんだりすることを嫌がる方がいます。でも、帯津先生は一言も文句を言わなかった。だから、新人の看護師にも、帯津先生の診察のときには、必ず患者さんの傍らについて、先生の話を一緒に聞き…。
〔フットワークの軽さは誰にも負けない〕
帯津 山田師長は、僕の考えをいち早く察知して、動いてくれるところがありがたいんだ。…

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/603.html#c1

[国際23] タイ洞窟から13人全員救出、皆「無事」 海軍特殊部隊発表(AFP) 赤かぶ
1. 藪素人[42] 5U2RZpBs 2018年7月11日 06:32:16 : kIZzoFbqZk : 69VSafvapTM[1]
 素晴らしいです!!

 世界に歓びの波動を放射しています。

 (一つ残念なのは、途中でダイバーが一人亡くなったことかな)

http://www.asyura2.com/18/kokusai23/msg/435.html#c1

[雑談・Story41] 「宇宙の理」という冊子に、「いらいらする心、せかせかする心」はご法度の心とあった
 本箱に「宇宙の理」という冊子の一部があった。
 それによるど、「咎めの心、いらいらする心、せかせかする心」はご法度の心とあった。
 拙者、この咎めの心は自覚ねえが、セカセカ、イライラ心に悩まされておる。いらいらは毎日繰り返される不愉快なニュースが第一。これに煩悩から来てるものがある。

 せかせかは生来せっかちのようでそこからと思われる。
 些細なことが決着がつかないとせかせかする。勝手にせかせかすて悩んで、噴飯ものだ。考げえると実につまらんことじゃが、修行が足りんのじゃと自覚して努力してえと思っとるがなー。
 帯津良一先生によると「心がときめく」行き方が良いと。こっちで気楽に行けば、せっかち心も気にならんかな。

 また、「宜しからぬ欲を捨て」ることが「常の心」じゃとあった。宜しからぬとは男女間のことかと思われるが良くわからん。こちら、正統なものまでお咎めではなかんべー。

 話変わるが、コルトレーン「アフリカ」は何か土着の信仰みてえな宗教性を感じる。「至上の愛」にもそれに似たもんを感じていた。
 拙者、宗教感覚はあるようじゃ。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/610.html

[雑談・Story41] フィーリングの歌詞『今 あなたと私が 美しければ それでいい』ってところがとても官能的
 最近FMでフト聴いたフィーリングの歌詞
 『今 あなたと私が 美しければ それでいい』ってところがとても官能的だったんだなーと思った。
 この後『フィーリング オーオーオー フィーリング…』と続く。
 ハイファイセットの美人歌手が歌っていた。

 この歌が全盛期の頃は、スケ子の歌ぐらいにしか受け取っていなかったが、歳をとって聴くと、どうしてどうしてすごく官能的に感じた。
 歌は世につれ、加齢につれてってことか。

 フィーリングの歌詞
 http://j-lyric.net/artist/a001dc2/l011bf2.html
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/621.html

[雑談・Story41] フィーリングの歌詞『今 あなたと私が 美しければ それでいい』ってところがとても官能的 藪素人
1. 藪素人[43] 5U2RZpBs 2018年9月19日 20:46:22 : d5Be899Ly2 : xxetQlrHWww[1]
 『美しければ それでいい』ってところを『若ければ それでいい』ってすると、もっと官能的な気する。
 拙者も若さが全身から滴り落ちる実感があった時代があったが、男女共そんな時代には、美しくなくとも情熱が下火になるってことはないんでないかな〜。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/621.html#c1
[文化2] 春画の濃密な愛、技巧の粋を復刻 「縮れた線が複雑に」〜今もタブー視されるが
春画の濃密な愛、技巧の粋を復刻 「縮れた線が複雑に」〜今もタブー視されるが
森本俊司
https://www.asahi.com/articles/ASLD37V5SLD3PLZB01F.html

 江戸時代の春画(しゅんが)の復刻に、東京と京都の木版画職人と国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)が取
り組んでいる。当時から制作が規制され、今もタブー視されるが、そこに駆使されている浮世絵の優れた技法を、職人と研究者が協力して後世に伝えるのが狙いだ。男女の濃密な愛を表現する春画が、国内外で評価され始めたことも追い風になっている。

 復刻が進むのは江戸時代の浮世絵師・鳥居清長(とりいきよなが)(1752〜1815)の「袖の巻」。横長(縦10センチ、横70センチ)の和紙に、むつみ合う男女が木版画で表現されている。12作組みで日文研は10作を所蔵する。

 東京と京都の職人が加入する東京伝統木版画工芸協同組合が2016年から日文研と進めており、3作を復刻した。日文研が所蔵しない2作については所蔵者の協力を得て、20年までに全作を復刻する予定だ。職人十数人が携わる。

 きっかけは、組合の高橋由貴子理事長がロンドンの大英博物館で見た春画展(13〜14年)。「袖の巻」は「簡素で上品。男女の会話が聞こえるようだった」という。「日文研から貸し出されたことを後で知り、技法を学びたいと思った」

 ただ、展示をめぐり今も論争が…
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/858.html

[雑談・Story41] エフエムから流れてくるソプラノに思わず耳をそば立てる。歌手の名は、キリ・テ・カナワだど
 エフエムから流れてくるソプラノに思わず耳をそば立てる。歌手の名は、キリ・テ・カナワだど。普段、オペラやソプラノは敬遠すてる。意味も良さも分からんから。頭にあるんはシルビア・マグネアの名ぐれえ。
 じゃが、この声は、女性特有の生器官からから来てるんじゃなかろか、って考えると胸がわくわくすてきて、ただ、かたじけなさに全身が包まれるばかりじゃった。

 こんな気高く、そすて男をとりこにする声は、絶対に男からは出ねえね。うんうん。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/707.html

[雑談・Story41] その昔、五右衛門風呂に入っていた頃の思い出
 ここは地方の都市じゃが、3月でもまだ寒う。今の風呂は、ひねればジャーで適温のお湯が溜まりザブンと入ること出来て、つくづく文明を感じるがのー、有難さをつくづく感じるワケでもねえ。
 むしろ子供の頃、寒村で五右衛門風呂に入っていた頃の風呂と比べると、あの時代の方が仕合せでねがったがと思うこどある。

 本家の少し年上の兄やんと一緒に良く入ったな〜。蓋を取ると、丸い板が浮いておって、それを踏みつけて入ったもんだ。それねえと足が熱くてやっていられん。火 燃やしてるときにゃ 背中を釜に付けることもできねえなあ。釜には何でも燃やすこと出来ただ。
マキはもじろんじゃが、もったいねえね。んで、豆殻、わら、小枝、紙くずなど何でも燃やせた。だから、家周りにはゴミなんてもの見たこともねがったなあ。
 風呂場は、母屋から離れたところにあったが、真冬でも寒くてしょうがない思い出はないね。雪はたくさん降り、篠竹の林が雪の重みでたわわになったもんだ。静かな深夜には物音一つせず、「シーン」って音が耳底にしたもんだった。当時の大人も寒がってる風はながったな。

 拙者、その後、普通の木の丸風呂にも入ったな。これも何でも燃やせたが、当時は石炭が豊富でこれで炊いた。どういうわけか、この風呂に入ると、体にビリビリ来たもんだ。石炭風呂はこんな感じが付きまとっておった。わらで炊くと柔らかい湯になるど、大人たちは良く言っておったの。
 仕合せの基準は、時代によって変わるんべえ。風呂に限って言えば「昔はよかったねえ」(D・エリントン)ってことになる。
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/735.html

[雑談・Story41] その昔、五右衛門風呂に入っていた頃の思い出 藪素人
2. 藪素人[44] 5U2RZpBs 2019年3月17日 17:35:24 : j3yfPEVNXI : QmgucUt0L1kzZWM=[1]
 今晩の日テレで、アフリカのザンビアで無休で働く女性医師をやっておった。
 関心事は、このアフリカで病人が多いのは何故だろかってこと。

 元々アフリカでは病人と言われる人は目立たなかったんでねえんか。
 いわゆる文明病ってもんが出てきたんでねえのかっちゅうことを疑っておる。
 食や衣類に文明物が入って来ると、調子狂って病気が増えるごとあるんでねえのかのー。

 文明は便利なことに異議ねえがの、その裏腹に薬の副作用お同じ現象が起きるんでないかえ。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/735.html#c2

[不安と不健康18] 沼野尚美はんは薬剤師として出発したが、病棟で患者と接する中で患者の想いから学び、ホスピスに脱皮していった
 沼野尚美はんはある病院で薬剤師として働いていたが、あるとき異様な光景を目にする。
 大部屋の病室にいたとき、その日は地域のお祭りの日で、青年団がおみこしを担いで病院の前を通って行く。そのとき、6人のおばあさんの患者がそれぞれ起き上がってベットの上に正座しておみこしの方向に手を合わせて深々とお辞儀をした。みな示し合わせたかのようなその姿は異様に映った。
 その一人に声をかけた。するとその人は淋しそうな表情で「早う死んで土にならんといかんと思い、早くお迎えが来るように拝んでいた。生きていてもなんの楽しみも希望もない。かえって周りに迷惑をかけるだけ」と、訴えるように言った。その言葉を聞いていた他の患者も「あんたの言う通りや」とそれぞれにやるせない思いをその日はじめて語り出した。

 6人がそろって語った心の苦しみにふれて彼女の心は痛んだが、ただ病室に立ちすくんでしまった。患者の言葉に大変なショックを受けた。この出来事があってから、彼女は、病める人々が生かされていることに喜びを感じられるようにお助けしたいという気持が日増しに強くなっていって、自らの「使命」になったホスピスの道へまっしぐらに進んで行った。

 その過程で、劇的な出会いもあり、それが彼女の背中を強く押した。あるホスピス病棟で、60歳の定年まで働いていた元看護婦・助産婦の老婦人が彼女を取り上げた人だった。婦人は彼女がホスピスの仕事についていることをとても喜んでくれた。
 末期癌患者であったその婦人は、亡くなる3週間前、彼女の手を取り「人生の初めと終わりー誕生と死ーには、特別な人の助けが必要…私が死んでいくのを助けてね」と言われ、彼女は自分の使命を明確に認識するきっかけになった。

【出所】沼野尚美「癒されて旅立ちたい」佼成出版‘02年

(ヤブ人)本書を読もうとするもんは、手元にタオルかハンカチを用意した方がええな。
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/757.html

[不安と不健康18] 沼野尚美はんは薬剤師として出発したが、病棟で患者と接する中で患者の想いから学び、ホスピスに脱皮していった 藪素人
1. 藪素人[45] 5U2RZpBs 2019年5月13日 18:03:36 : CIQ92Zc4Nn : S004SnJlUk9qNWs=[1]
 存在感の温かさ

 十年前、彼女は日頃の仕事の疲れを癒すために友人を訪ねてベルギーに行った。
 毎晩パーティがあり、最初は物珍しくもあり楽しんでいた。が、現地の言葉もわからず会話を楽しむことができず日毎に元気がなくなってきた。四つ目のパーティのとき「淋しい!」と思った瞬間、涙が溢れてきた。多くの招かれた客と一緒にいながらも、自分は地球にたった一人でいるような淋しさを感じた。
 その楽しそうな輪の中に入っていく勇気もなく、大邸宅の庭を一人あてもなく歩き始め、涙に堪えながらふと見つけた白いブランコに乗った。一生懸命にこいだ。しばらくそうして自分の世界にこもっていると、誰かの視線を感じた。
 その視線の方を見やると、5歳ぐらいの金髪で青い目をした人形のように可愛い女の子が、隣のブランコに座り私を見つめていた。目が合うと、その子は優しい眼差しで彼女ににっこり微笑みかけてきた。彼女たちは黙ったまま互いにブランコをこぎ、時々目を合わせては、微笑みを交わした。
 女の子の温かい存在は、孤独な心を慰め癒してくれた。彼女たちは一言も言葉を交わさなかったが、女の子を通して「あなたは一人ではない」というメッセージを受け取ったのだった。女の子の温かさは、その微笑みから感じ取ることができた。
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/757.html#c1

[不安と不健康18] 沼野尚美はんは薬剤師として出発したが、病棟で患者と接する中で患者の想いから学び、ホスピスに脱皮していった 藪素人
2. 藪素人[46] 5U2RZpBs 2019年5月17日 17:55:28 : t6Ye2M3MBU : ZzFjRnRBY3c2S00=[1]
 ペットたちの活躍

 会いたい人を問うと、近年ペットの名前を告げる人が増えてきた。最近のペットは人間のような名前を付けるので勘違いしたことが何度かある。田中さんという猫もいた。ヨッちゃんという猫もペットケースに入れられて病院に来た。ヨッちゃんは身動き一つせず、患者の体に寄り添って静かにしている。時が過ぎご主人がヨッちゃんを連れて帰ろうと思い、抱こうとするのだが、ヨッちゃんがベットから離れようとしない。ヨッちゃんは患者の両足の間に挟まるようにして丸くなってしまった。ご主人が引き離そうとすると、ヨッちゃんは抵抗して固まってしまう。…その晩、ヨッちゃんは飲まず食わずで、患者の冷たい足を自分の体温で温め続けた。翌日の夕方、患者は旅立っていった。
 先生が死亡宣告した後、ご主人は布団をめくり、患者の両足の間にいたヨッちゃんを抱き上げ話しかけた。「ヨッちゃん、ありがとう。お母さんも喜んでいたよ」と。

 ホスピスでは、ペットたちは家族のようにではなく、立派な家族として、すてきな働きを見せてくれている。

【出所】沼野尚美「いのちと家族の絆」明石書店‘10年

http://www.asyura2.com/16/health18/msg/757.html#c2

[雑談・Story41] 人間の色欲は自然の産物であるが、江戸の文化は遊郭において、「粋(いき)」といふ美的理想を生んだ/桶谷秀昭
人間の色欲は自然の産物であるが、江戸の文化は遊郭において、「粋(いき)」といふ美的理想を生んだ/桶谷秀昭

〔解説ー桶谷秀昭〕

 人間の色欲は自然の産物であるが、そのあらわえ方は時代の文化に支配される。第一部は遊郭を舞台にしてゐる。江戸の文化は遊郭において、「粋(いき)」といふ美的理想を生んだ。「粋」とは「野暮」と対をなしてゐる言葉であるのはいふまでもない。
 見栄を張るには金が要るけれど、遊女でも吉原の第一級の花魁になると、いくら金を積んでも不粋な客であれば、同衾拒否することができる。この世界では「粋」の美学が金銭以上の価値をもっている。

 第二部は、まさに四十八手のあの手この手を描いてゐるが、作者の眼目は、新奇をみせようとするんでなく、平凡な部類に入るであろう。
気が付くのは、登場人物に武士が多いことである。商家の主人の出てくるが、その精神は武士であっる。女の方も、武家の妻でなければ商家の内儀で、…房事においてもつつましく振舞ふやうに教育され、それが身についている。
 それが江戸封建の文化文明であった。

 房事は人まへにさらけだしたり、得意になってひけらかすものではない。しかしその…

【出所】「いろ暦四十八手」五味康祐/文春文庫 1989.12
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/753.html

[雑談・Story41] 一般論とすて小説は、作者が誕生さした登場人物は、当初の作者の意図を離れて、生き生きと躍動するもんだと思う
 一般論とすて小説は、作者が誕生さした登場人物は、当初の作者の意図を離れて、生き生きと躍動するもんだと思う

「運命峠」柴田錬三郎/廣済堂から一部抜粋
  「この世に生まれた無数の人のうち、どれだけの人が、その希望が、叶えられるだろうか。…まして、悲運に生まれた者が、一転して、夢のような幸福をつかむなどということは、奇跡にひとしい。
 作者は、神と言う存在を否定するものではない。
   ただ、この長い物語においては、そのような、夢のような幸運などを、作者が神に代わって勝手に与えるる不遜は避けようと、心に決めて、それぞれの運命に、むしろ作者自身がしたがって来たのである」

 (ヤブ人)
 この小説は、登場人物の心理描写が生き生きとして素晴らすい、説得力あり感動的でござった。筋の展開に必然性あり納得できた。
 一般論とすて、作者が誕生させた登場人物は、当初の作者の意図を越えて、生き生きと躍動していくもんと思う。じゃから面白い。上の引用部分は柴田はんが、この辺の消息を簡潔に語っているんでねえかい。
 
 対して比較すてえのは、大江健三郎の小説。この人物の小説は下でも吐いたが、誕生させた人物は、ただ作者の”奴隷・ロボット”となって、最初から最後まで理解不能な言動に終始するだけの操り人形に過ぎん。必然性も説得力もなく動き回るだけである。繰り返すが「グロテスク」。こんなのが、ノーベル文学賞だと?

 村上春樹にも大江と同じ”調べを感ずる。

大江健三郎『燃えあがる緑の木』、胡散臭くグロテスクでんなあ〜
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/217.html
投稿者 藪素人 日時 2012 年 10 月 10 日 21:22:15: BhHpEHNtX5sU2
 
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/832.html

[雑談・Story41] 一般論とすて小説は、作者が誕生さした登場人物は、当初の作者の意図を離れて、生き生きと躍動するもんだと思う 藪素人
2. 藪素人[47] 5U2RZpBs 2020年7月14日 12:55:13 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[55]

 この物語は、四国の片田舎における共同農場が舞台なのに、何の脈絡もなくアイルランドのイエーツや十字架の聖ヨハネさらには仏教国には馴染みない巡礼団などがたくさんお出ましになる。

 何じゃこちりゃ〜と言いたい。透けて見えるのは、大江はんキリスト教文化ってえもんに尾っぽ振ってる姿だ。んだから文学賞を手に出来たんじゃなかろか。邪推かな〜。

(補足)
 「ヒロシマ・ノート」にゃあ、韓国の金 芝河(キム・ジハ;詩人・思想家)はんは批判的じゃったのー。

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/832.html#c2

   

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 藪素人 5U2RZpBs > 100000  g検索 5U2RZpBs

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。