★阿修羅♪ > リバイバル3 > 444.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本人は金髪美女に弱い _ 小布施からセーラ・カミングスの姿が消えた
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/444.html
投稿者 中川隆 日時 2013 年 8 月 04 日 13:10:24: 3bF/xW6Ehzs4I
 

カテゴリ小布施つぶやき 人の去りよう 2013年07月15日

小布施からセーラ・カミングスの姿が消えた。

小布施堂の酒蔵を改造し、寄り付き料理という居酒屋「蔵部」をつくり、桝一酒造を再生、「オブセッション」という気軽に参加出来るオープンなサロンを企画して一流の講師を招き、講義後は美味しい料理と酒でもてなして人気だった。

「小布施ミニマラソン」を立ち上げ、11回になる今年は8,000名の参加をえる名物大会に育てた。

そのセーラ・カミングスがである、7月で最後となった「オブセッション」に、そして
今年の「小布施ミニマラソン」にもその姿はなかったという。

長野オリンピックを機に来日し、小布施という地で20年弱、活躍の舞台はあっけなく終わってしまった。

一つだけ言えることは、商売を越えていたこと、始めに利益在りではなかったこと。

よくもここまで続けてこられたと思う。
http://bud-jazz.dreamlog.jp/?p=2


セーラ・マリ・カミングス(Sarah Marie Cummings、1968年 - )

アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれ。

長野県上高井郡小布施町の町おこしの立役者。2006年に結婚。


株式会社桝一市村酒造場取締役、

株式会社小布施堂取締役、

SMC株式会社代表取締役。

利酒師。


略歴

1968年、アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれ。

1991年、関西外国語大学に交換留学生として来日。

1993年、ペンシルベニア州立大学を卒業。長野オリンピックに憧れ、株式会社マルイチ産商中央研究所に入社。

1994年、株式会社小布施堂に入社。

1996年、利酒師に認定される(欧米人では初)。

1997年より株式会社桝一市村酒造場の再構築に取り組む 。

1998年、小布施堂および桝一市村酒造場の取締役に就任。桝一「蔵部」レストランを開く。国際北斎会議を誘致。

1999年、日本酒造組合中央会日本酒青年協議会の会員となる(日本人以外では初)。

2001年、SMC(ストラティジック・マネージメント・コンサルティング)株式会社を設立。 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2002」(日経ウーマン)大賞を受賞。

2002年、桶仕込み保存会を立ち上げ。

2003年、「人間力大賞2003」(日本青年会議所)地球市民財団特別賞を受賞。

2004年、日本酒造組合中央会代表幹事に就任(初の女性代表幹事)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9


 「町が持っている記憶を辿り、何一つ捨てずに、町がかつて持っていた優しさを取り戻すこと」

 “住んでいる町を根本から見直そう”。1980年代の初め、長野・小布施町で小さな会合が開かれていた。

 「そこに暮らす住民がより住みやすく、訪れる人が楽しめるようにするには、どのような町にすればいいのか」。調査、分析、議論、調整、交渉の日々が果てしなく続いていた。地道で忍耐のいる作業だった。

 「町並み修景事業」。行政と法人、個人の地権者が対等な立場で参加するという、それぞれの思惑を考えれば、到底実現に到らないだろうと思われる計画だった。が、幾つもの曲折を経て結実する。日本では例のない規模の「修景事業」は始まった。奥まった路地にある店舗を街道沿いに移し、民家を幹線道路から離れた静かな場所に移築する。歴史的建造物はそのまま生かし、調和のとれた和んだ界隈を作り出す。

 ちょうどその頃、地球の裏側、アメリカ、ペンシルベニア州、ステートカレッジの町はずれの野球場では、地区リーグで紅一点の少女がマウンドに立っていた。

 州立大学のあるその町は、周囲に森が点在する落ち着きのある町だった。教育熱心で、穏やか、人情味豊かな人々の住む土地柄。そこで少女は育った。電子工学のエンジニアであり、ボーイスカウトなどボランティアに熱心な父。小学校の先生をしている母。近くに住む祖母は毎週末にキルトを教えてくれる。

 やがて自分が日本の小さな町にやってきて、傾きかけた造り酒屋を甦えらせ、様々な手法で町全体の活性化に取り組み、さらには不況に苦しむ全国の経営者たちを勇気づけることになるとは、その時、少女は思ってもみなかった。

 そう、金髪のサウスポーは次のバッターを打ちとること以外、なーんにも考えていなかった。

 セーラ・マリ・カミングスさん(35歳)。

 卓越した数々のアイデアをビジネスに活かし、地域とともに歩む活動が評価されて、日経ウーマン誌が選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2002」を受賞した。

 
--------------------------------------------------------------------------------

気付かずに同心円 社内より先に町が認めてくれた
他者への柔らかな眼差し・小布施 本質を言葉にくるんで
伝統に“今”を吹き込む ゆったりと急ぐ

--------------------------------------------------------------------------------

 


気付かずに同心円



 セーラさんが小布施にやって来たのは10年前。

 ぺンシルベニア州立大学在学中、関西外国語大学に一年間交換留学生として大阪で暮らし、長野オリンピック開催時にはボランティアスタッフとして活動したいという思いを抱く。卒業後、長野市にある会社の研究施設に就職。

 「伝統文化が残っている地方都市で働きたかったんです。オリンピックを意識していたので長野が好都合でした」

 つらい思いをするのは、覚悟の上だった。しかし会社は年功序列型の組織、五輪組織委員会は役所体質で、彼女が望んだ自由な活躍の場はなかった。不完全燃焼のまま、勤めていたシンクタンクとの契約が間もなく切れようとしていた。

「小布施に栗菓子製造と造り酒屋をやっている人がいる。会ってみると面白いかもしれない」

そんな話を聞いた。その日のうちに連絡を取り、その日のうちに自転車で3時間の道のりをやって来て、その日のうちに入社が決まった。

 その時彼女を採用したのは、小布施堂社長・桝一市村酒造場17代の市村次夫氏である。

 「町並み修景事業が終わって五、六年が経っていました。以前よりは活気のある町になって、安定していた。けれど、安定は停滞にも通じます。地域も企業も、常に異分子が存在しないと停滞してしまうと思うんです」

 どこかにカオス(混沌)があると、それを修復しようとする力とぶつかり合ったり、パニックになって場が活性化する。そこを通過しないと新しいステップに行けない。その意味で彼女は充分に「異分子」だった。

 経営企画室に配属されたセーラさんの仕事は文化事業の開拓とその推進役だった。

 「社長は私にチャンスだけくれたんです。『あとは自分で考えなさい』でした。それだけだったんです。自分はここで一体何ができるのか? 必死で考えました」

 ただ一つ、市村社長が伝えたこと、

“雑巾はたたんで拭くように”。

「余計な摩擦は避けろ」

ということ。

 「これはどの国でも同じです。あとになって国際北斎会議の開催のために米国や欧州で折衝した時も、このことを念頭に入れて進めると物事がずっとスムーズに運びました。でも、一番大事なのは、正しいと思ったらしゃにむに努力して頑張り続けることです」。

首輪を付けられることはなかった。

 それが自分の守備範囲であろうがなかろうが、思いつくこと、気付いたこと、次々と発言し提案する。

 社員たちの戸惑い、提案の拒否。何度否定されても、挫けることはなかった。
 
「私はよそ者。日本人じゃないし、根を下ろしきっているわけでもない。決まった 『立場』がないことは実は強いことで、だからこそいろいろなことができたのだと思う。『よそ者であること』を障壁と思わなければ、むしろ強みになるんです」

 様々なシーンで彼女が残した言葉がある。

 「今でも孤独を感じることはしょっちゅうですが、会社に仲間がいなかったからこそ、馴れ合わないで済んだんです」

 「『しかたない』という言葉を今の日本人は使いすぎる」

 「駄目だ、と言われるのは良いこと。どこが駄目なのか、プランを考え直すでしょう?」

 「何事にも遊び心を忘れない」

 「ノーと言われたら、内容に説得力がなかったのか、自信がないと思われたのか、 タイミングが悪かったのか、その理由を考えました」

社内より先に町が認めてくれた


 入社4年目、1998年に最初のビッグウェーブがやってきた。2月に長野オリンピック開催。ここでは英国選手団アシスタント・オリンピック・アタッシェ(民間特命大使)に任命され選手団の面倒を見る中、アン王女主催の英国五輪選手団の激励会をプロデュースする。

 翌々月、学術会議「第3回国際北斎会議」を小布施で開催。

それは地方の小さな町を一躍全国区に押し上げる出来事だった。

その年10月には、250年前の酒蔵の一部を改築によって伝統の寄り付き料理(酒造りの蔵人が食べる食事)を供する「蔵部」(くらぶ)へと生まれ変わらせた。

そのオープンに合わせて、前年から取り組んできた新しい銘柄酒「□一(スクウェア・ワン)」を完成させる。

こうして記すと何行かの言葉で済んでしまうが、それぞれの細部に宿ったこだわりと綿密、決して諦めることのない突き詰め方は凄まじい

(これらがどのように交差しあい進行していったかは 『セーラが町にやってきた・清野由美著(プレジデント社)』に詳しく記されている)。

 例えば、レストラン「蔵部」のプロデュース。

 市村社長は酒蔵の一部を改装して、品質のいいレトルト食品と自社銘柄の酒を出すレストランを計画していた。そのプロジェクトは彼女の範疇外だったが、ただ一人彼女は強く反対した。

 
「ロマネコンティがドライブインを始めるのと一緒です」と厳しい口調で言うと、

「余計なお節介」「君に頼んでないよ」と言われた。

来る日も来る日も反対を主張し続けた。

「自社の酒の品位を落とします」。

それは日を追うにつれ激しさを増した。関西の大学に留学していたから

「酒屋がおのれの酒守らんでどないすんねん! 誰が守るいうねん!」

と言ったかどうか。


 「そこまで言うなら辞めたら?」「辞めます」という時期が続く。

しかし、長野オリンピック終了までの契約が残っていた。「修景事業を実現した人が“とりあえず”のビジネスをしていいんですか」。250年続いた老舗の造り酒屋が現代の風潮に流されていくのが辛かった。

「だったら代替案はあるのか?」

「2週間で作ります」

 市村社長が施工会社に中止の連絡を入れたのは工事の始まる3日前、彼女が言い出してから半年が経っていた。

「予算は当初計画していた10倍以上かかる。それでなくとも小布施という町で夜間営業するということ自体かつてなかったことです。果たして客は来るのか、実験的な要素が多かった。でも、このことで町がまた新しい表情、磁力を持ち始めるなら、やってみる価値はある。『継続』ではなく『創業』なんだ、と思ったら楽になりましたね」

 後に「小布施方式」とまで言われるようになった「町並み修景事業」を副社長の市村良三氏とともに発案し、全身全霊をかけて最後までやり遂げた人である。決まってからの行動は早かった。

 かねてからセーラさんの意識の中にあった建築家が香港を拠点に仕事をしていることを知りコンタクトを取る。慌ただしく作成した企画書を携え、社長に同行を依頼して3日後には香港に飛んだ。

 「建築について素人であるなんて、問題じゃありません。どんなことをしたいのか、その思いが大事です。時間がないとか、お金がないとか、そういう時がいい時です。ピンチの時こそチャンスなんです」

 初対面のその建築家は彼女の熱意と誠実に向かい合った。「蔵部」プロジェクトがスタート。

 そのオープンに合わせて客に出す新しい酒造りも前年から始めていた(その二年前に欧米人としては初めて利酒師の認定を受けている)。同時進行しなければならない案件が山のようにあった。

 「第3回国際北斎会議」は当初、「小布施北斎研究会」というセーラさんの立ち上げた自発的なグループ活動の一環にすぎなかったが、ベニスでの調印式直前に町が主催者になることが決定し、にわかにスケールをもった市民イベントへ膨れ上がりつつあった。

 そしてその先が彼女ならではの展開になる。あふれそうなスケジュールの器に新しいプランを次々と注ぎ込む。工事中の「蔵部」を一時、別の改装を施してアン王女主催の英国五輪選手団の激励会を開く。北斎会議の際、訪れる人々の役に立つ公式ガイドブックの制作を急遽、発案し取りかかる。客の視点から全てを発想していくという姿勢を決して崩さない。

 この年の秋、セーラさんは小布施堂・桝一市村酒造場の取締役になった。

「事務能力でいえば、私も含めた並みの人材かもしれない。でも、独創性や交渉力や断行力は一般的な経営者より数段突出している」

他者への柔らかな眼差し・小布施

 市村社長の五代前、幕末の陽明学者、豪商の高井鴻山が浮世絵師の葛飾北斎を度々小布施に招き、その縁あって北斎はこの地に数々の作品を残した。それが「北斎館」の開館へつながり、界隈の修景事業に発展、今では北斎だけでなく、あかりの博物館、現代絵画、陶磁器など半径2kmにも満たない中心部には公、私立合わせて12の文化施設が立ち並ぶという自然な連鎖を生んだ。

年間120万人が訪れる町となった小布施だが、町の気配に浮ついたところが微塵もない。他者を柔らかく受け入れる資質をこの町は持っている。

 昭和に入ってカナダ人宣教師ウォラー博士がサナトリウムを建設しようとした時、結核という『亡国病』を恐れて30以上の町で反対運動が起きたが、小布施は受け入れている(現在の新生病院)。

 第三セクター方式の町づくりを目指す会社「ア・ラ小布施」は、地元農林加工品の製造・販売を全国的に展開する一方で、ガイドセンター、ゲストハウスを運営し、ヨーロッパ、中国等海外から奏者を招き「小布施国際音楽祭」を催したり「北信濃小布施映画祭」を開催するなど、内外から人を惹きつける数々のイベントを行ってきた。


本質を言葉にくるんで

 この10年、様々なプランを実現してきたが、セーラさんに言わせると「実現したのは十分の一くらい」。プロジェクト名やイベントタイトルは必ずといっていいほど、言葉をのびのびと遊ばせている。

 レストラン「蔵部」の命名も蔵の一部を改築したから「蔵部(くらぶ)」。

 毎月1回、各界で先駆的な仕事をしている人を講師として招き、知的で有効な情報交換を行った後にオシャレ、かつ気楽においしい小布施の料理と酒を楽しみながら、面白い出会いを重ねる会を開いている。「強い思い」「アイデア」「意欲」の英語 obsession をもじって、会の名前は「小布施ッション」。一年ごと書籍にしているが、2002年からはバイリンガルで海外にも発信するようになった。

 元旦、正月でも動き出せるように餅つきをして配っている。「餅ベーション」

 毎月15日と30日にゴミを拾い続けるボランティア活動を開始した。市がゴミゼロになる。「1530」

 小布施の電柱を100%埋めることを目標に2002年2月3日、運動を開始した。 2月3日は節分の日。「鬼は外電柱は内」

 ハーフマラソン(ミニマラソン)を開催している。走るだけでなく、見るのも楽しい、という意味を込めて「小布施見にマラソン」

 それら一つひとつのプランに、町の人たちがふれあい、理解を深めるような仕掛けが巧みに隠されている。分かりやすく、親しみを感じるタイトルの向こうに深い文化の香りと内容が見えてくる。

伝統に“今”を吹き込む

 職人がたくさんいる町にしたい、とセーラさんは言う。そのためには、職人の仕事を作らなくては。

 桝一市村酒造場に50年ぶりに木桶仕込みの酒を復活させたのもセーラさんだ。桶作りの職人を探し出すこと、米の手配、桶仕込みの経験のある杜氏を説得すること、粘り強く地道な働きかけが四年前に実を結び、2,000本限定の「白金」として発売にこぎつけた。
 
「木桶につく微生物が微妙に作用して複雑な味が出る」
 
「酒は不純物が入ることで、深さを増すことがある」

 自身の生きてきた中にその言葉と符合するカードがあったのだろうか。ともあれ闇に落ちようとしていた“木桶仕込み”という日本の伝統は、懸命に伸ばした彼女の指先に、かろうじて引っかかった。

 その後全国の酒造会社に呼びかけ「桶仕込み保存会」を発足。現在では十数社の酒蔵が桶仕込みに挑戦している。レトロ感覚ではない。

「本物の職人のルーツは一度途絶えたが最後、甦えることはない」

 消えようとする職人技の仕事を無理のない形で作り出し、人をそこに送り込む。彼女がこの小布施でしてきたことは正に人間のパッチワークではなかったか。今、燻瓦を達磨窯で焼くことを復活させようと試み始めている。

ゆったりと急ぐ

 待っていた部屋に入ってくるなり

「もうすぐ暗くなります。今のうちに写真を撮りましょう」。

あっと言う間に外へ出る。速い。栗の木のブロックを敷きつめた小道をぐんぐん進んでいく。数名の職人が茅葺きの屋根を葺くために束にした茅を敷きつめている。度々この地を訪れた葛飾北斎が大きな作品を作る時に使ったアトリエを復元しているのだという。職人たちに声をかける。それぞれの名前も役職も、得意なことさえも憶えている。

 酒造場本店前の通りを隔てた向いの廃屋に案内された。新しいオフィスにするため改築を始めるという。使える素材は全て残す。以前、写真館だったというその建物は格別良質な素材を使っているわけでなく、むしろ通常なら解体業者が全て押しつぶして廃棄物として持ち去るほどのものだ。裏手には少し奥行きのある庭があり小さな流れが横切っている。雑草が生い茂り、その中から前人の残していったプラスチックの物干し台が無残な姿で傾いている。庭へ通じる引き戸から荒れ果てた庭を眺めながら、「いいところになりますよ。雑草も少し残してね」。いいところ? 雑草も残して?

 彼女には完成形が見えているのだ。ちょうど彼女が小布施に初めてやって来た日、まだ何者とも分からぬセーラさんから市村社長が何かを感じ取ったように。

 ゆったりと急いでいる。

 絶えず説明を加えながら、時速7kmで歩き、吸殻を素早く見つけ拾い、剥がれかけたポスターを直し、道行く人に声をかけ、今やっていること、あるいはこれからやろうとしていることについて、流れるように話し、その間にも吸殻の発見に余念なく、だが、ゆったりとして見える。何故なら彼女の瞳には少しも焦りの色が浮かんでいない。


殺到する取材や講演の依頼も断ることが多い。

「取材を受けるというのは、やっていることや終わったことの説明です。説明しているより今やらなければならないことがいっぱいあります」

この人には過去、成し遂げた様々を懐かしがる時間はない。
もしあるとしたら、この人は「未来を懐かしがっている」のだ。
やがて来る未来を、さらに先の未来から振り返った時、真に懐かしく思える。
未来を懐かしがるために、この人は片時も休むことなく、それでも優雅に、新しい一瞬に踏み込み続ける。

町が夕闇の中に浸った。

「蔵部」で、セーラさんが最初にプロデュースした酒「□一(スクウェア・ワン)」を飲む。

日本酒本来のうま味を追求したという辛口のそれは「昔のオヤジさんが喜ぶ」ことを目指してつくったという。

キーワードは「なつかしさ」

味蕾(みらい)が懐かしがっていた。
http://www.ntt-f.co.jp/fusion/no33/tokusyu/index.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 中川隆 2013年8月04日 13:20:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


Q : seikotakamoriさん 2008/10/14

信州・小布施のセーラ・マリ・カミングスさんは、いい人なんでしょうか?
それとも、怪しい人なんでしょうか?

【人づくり】 小布施町役場 6 【大失敗】
http://mimizun.com/log/2ch/koumu/1216993926/

で、ぼった栗金髪クセーラとか言われていますが…

ベストアンサーに選ばれた回答 sw042046さん

小布施出身です。私も2ちゃんねるの噂は気になっていました。

先日、帰省した時に、本当かどうか見たり聞いたりしてみたところを書きます。
上出の掲示板は、様々な問題を抱えているのは否定しませんが、 匿名だけに全くのデタラメもあり、また逆に、鋭く真実を突いた部分もあります。

ご質問内容は、私見では、その人の会社の行動が怪しい印象があります。

それは金銭面の詐欺まがいの怪しさとは、やや異質な怪しさです。


実際目にした例では、会社は北斎の家といって茅葺き屋根の家を作り始め、それが壁も塗られない屋根だけの状態。それがもう4年も放置状態です。

やや古い建築を残す写真館も、同じくもう数年間も放置状態でボロボロです。

4年前に会社に反対して料理人が一度に逃げ出す事件もありました。
その後の店の評判は言うまでもなくガタ落ちです。
料理長はリベンジなのか、すぐ近くに美味しい和食の店を出す始末。

ある年は、全く突然に、北斎館周辺の公園化を主張して、それは大きな巨木を植えました。
それも周辺住民の了解を得ず、夜中に強引に植えてしまって、一悶着あったようです。
その巨木も、当然といえば当然ですが、すべて根がつかず枯れてしまって、今ではありません。


例の人が実行委員長であるはずの夏のマラソンの会計も、かなり不明瞭らしいです。
6000人も町中を走らせるのですから、地元住民も良し悪し、
海の日に行うのはいいですが、救急車で運ばれた人も出たそうです。


商標の北斎の大壁絵は素人でも分かる偽物、自分たちは高井鴻山(地元の偉人)の
子孫と言っているのに『高井鴻山伝』(町発行)を見ると鴻山と血のつながりはありません。


最近では、会社から4年前に立候補して当選した現町長の後援会ホームページが
猥褻DVDの販売サイトになっている、これはさすがに怪しい以外の何物でもありません。

そもそも本来は菓子屋・酒屋のはずで、それが突然イタリアン・レストランを始めたり、 巨大な白壁のホテルを建てたり、一体何が目的で、何がしたいのか、それがどう地域の中の企業として生きるのか、企業理念と言おうか、 会社の方針が、他の同種の会社に比べ、わかりにくいのが怪しく思われます。

良く言えば多角経営なのでしょうが、どれも中途半端で地に足がついていない、 自分が目立てば良い、それに町中まきこんで、あれこれ手をつけて、それで何も進んでいないか、一発お祭り騒ぎばかりの始末でした。

これらの事業にゴーサインを出すのは、もちろん社長だったのでしょう。

今では例の人も会社の代表取締役といいますから(代表取締役が二人の会社?)、
類は友を(海を越えて)呼ぶ、と言ってしまうこともできるのでしょうが、
そのような会社の動きが反映し、怪しい人にしてしまっていると思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119893641


02. 2013年8月04日 13:33:47 : W18zBTaIM6

セーラ・カミングス 動画
http://www.youtube.com/watch?v=t4mtjCtZotQ

セーラ・カミングス 画像
http://www.google.co.jp/search?q=Sarah+Marie+Cummings&lr=lang_ja&hl=ja&tbs=lr:lang_1ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=ltn9Uaz5HIa_kgXJ5oC4AQ&ved=0CDEQsAQ&biw=1027&bih=886


03. 中川隆 2013年8月04日 14:27:37 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


日本の田舎特有のよそ者イジメの様な気もしますね:


【ぼった栗】お布施と小布施町【ビッチ電波坊主】


13 :セへラ:2006/12/21(木) 09:54:16

オブセ教にはブロンドの女神もいる。

企業に巣食うが、町政には出ない。
毎月ゾロ目の日(月と日が同じ日)には、サティアンでミサを開いて酒宴を催し、民衆を洗脳する。

町内は女神のサティアンショップでいっぱいだ。
今も巨大な宿泊サティアンが建てられようとしている。

サティアンはどれも闇の黒色で塗られている。
善良な社員も、女神に逆らえばポア、気にくわないのもポア。
民家は壊され、巨木は枯れ、家庭を壊し、人を狂わせる。

誰もブロンド女神が黒い悪魔だと気付かない。

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/22(月) 15:22:36

あいかわらずお布施どうは社員を粗末にしてるんだ。きっとクラブの二の舞いだな。


21 :貧乏マンボウ:2007/10/22(月) 21:18:50

↑張本人は金髪ねえやんだべさ
社長は青い目ときんぱつに弱いだべさ


255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 00:30:24

金髪って社長の愛人だったの? それで今は代表取締役?

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 16:37:07

皆さん製羅さんがよほどお好きなんですね。自分のものにならないから、
社長さんに取られたからいじわるしてるの?


186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 23:16:08

男の嫉妬は格好悪いぜ


332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/21(水) 14:24:02

小布施の町民て、最悪だな。
叩いているオマエら含めて、住んでいる全員が醜く見えるよ

334 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/21(水) 20:43:51
>>332
ハァ?てめえ金髪会社員か?

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/12(水) 21:58:10

こんなの見つけた。

最近2ちゃんねるなどで見たところ、北斎を売り物にして町おこしをした小布施町がかなり住民の間で問題になっているらしい。

北斎館というものも建てられ観光客を呼び込んでいるが、専門家の間では北斎作というのがかなり疑わしいものがずいぶん入っているそうだ。
それをわかっていて平気で北斎作として展示しているとのことである。
専門家の間では暗黙の了解で、小布施の作品は無視しているとのこと。

私も行ったことがあるが、そう言われてみれば…という感じがする。
見終わったあと、思ったほど感動的ではなかったなぁとウスボンヤリ感じたものがあった。

小布施堂の栗鹿の子も、地元産のものばかり使用しているわけではないという。
名前に偽りあり、なんだそうだ。

町おこしの立役者と言われているアメリカ人女性は、小布施堂と同族会社の酒造店社長(今の町長?)と親密になり、酒造店経営のレストランの腕のよかった板さん全員を追い出してしまい、 店も町もひっちゃかめっちゃかにしていると地元民に批判を浴びている。

彼女が最近作ったホテルは夕食さえ出さないのに素泊まりで3〜5万円もする「ぼった栗」だと手厳しい。

近くには有名な温泉もいろいろあるため、わざわざ値段だけ高いホテルに人が泊まりに来ることはなかろうと言われていた。

町は最近マラソン大会をぶちあげたが、5千円の会費で配れたのはおにぎり1つとジュース1本だったそうで。

どうも表面ばかりかっこうをつけ、中身が伴っておらず、住民たちの意向が何も町政に反映されず不満が爆発しているとのこと。

もうけることばかり優先せず、地に足のついた本物の良いものを提供しなければ、 観光地として早かれ遅かれ寿命が来てしまうと思うよ。

831 :非公開@個人情報保護のため:2008/01/13(日) 02:53:24

この町呪われてるな。

832 :非公開@個人情報保護のため:2008/01/13(日) 03:30:17

きっと北斎の呪いだろうなぁ・・・・

偽物ばかりだって言われてるし、
自分の絵の名誉を傷つけられて、いいダシに使われたんで、あの世で怒ってるに違いない。

318 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/24(木) 14:03:23

どこの馬の骨か知れないアメリカ娘に踊らされてる町だからね。
失敗も失敗を失敗と認められない田舎者の典型。

319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/24(木) 17:57:50

善光寺スプレー事件じゃないが、無教養な外人娘には
長野の田舎町や北斎がどうなろうと、どうってことないんだろう。


22 :貧乏マンボウ:2007/10/22(月) 22:42:48

金髪ねえの自称経歴調べてみな
怪しいべ

29 :貧乏マンボウ:2007/10/22(月) 23:18:30

大学経歴調べてみろよ


25 :貧乏マンボウ:2007/10/22(月) 22:59:38

金髪ねえが小布施に来る前、どこにいて何してたと思う?
どうしてこんな片田舎にきたのか?
理由があるはずだ
知ってるやつは書き込めよ


26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/22(月) 23:06:59

長野から自転車で小布施に来たっていうんだろ? 
本によると。
長野で使い物にならなかったのを小布施に押し付けたって、長野市の人から聞いたな。
http://image.blog.livedoor.jp/moripat/imgs/b/6/b605d682.JPG


154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/25(木) 23:14:50

日本に何年いるか知らないが、日本語は話せても読み書き出来ないって話じゃん

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/25(木) 23:20:12

賞味期限切れでつ

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:13:00

それでいて日本文化の講演しとるのか?
依頼するほうもどうかしてる
莫迦の集まりか
しかし堂見てもふけてるよな
50ぐらいにはみえるど
金髪好きだが癖ーらは勘弁してくれ


158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:26:07

社員から聞いた話だが、癖〜らは
左巻き、改め左危機らしい。
英字すらまともに書けない。
日本語など読めない、書けない。
なのになぜ取締役なのか。
それは「私はアイデアが売り」と自分で言っているそうだ。
左危機は王定春や微意取図のポールもそうで、たしかにアイデアや偉業を達するのだが、 それは努力と裏腹のごく一部であって、 自分で「アイデアが売り」などといって会社あのザマ。
賞味期限切れだからアイデアなんて出る涌けがない。
またアイデアが出るくらい勉強していない。


159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:31:14

いわゆる日本語で言う、場当たりの思いつきということね、納得〜。
とても大卒には見えんがなあ
州立大卒が日本の山奥の片田舎のちっちゃな町にくるのかあ?
あやしい〜


160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:32:41

ペンシルバニア州立大学
向こうじゃアホは卒業させないから
関西外大来て大阪でブラブラしてたんじゃねーの。

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:37:20

あっ、そういやあ
こんな話聞いたことあるぞお?
ほんとかどうかわからんが
前に両親お布施にきたことあったよな
そのとき、両親が
娘は大学なんか出てないとかなんとか言ってたとか
昔の話だからほんとかどうかわからんけど〜誰かが聞いたと覚えている
ウ〜ん重い打線

28 :貧乏マンボウ:2007/10/22(月) 23:09:15

数年前、金髪ねえの両親が小布施にきたとき小布施とお布施堂を説明していたとさ
当然、英語で、だからまわりのおぶせ人はぜんぜんわからないと思っていたのだろう
近くに英語のわかるやついたのに気付かないままぺらぺら・・
うそばっかり・・あきれてしまった

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/22(月) 23:31:30

へーそーなんだぁ。
わからないと思っていたのだろう、っていうと出来ちゃってアメリカにおろしに行ったとも聞いたよ。
相手は社長だろうな。
そりゃーアメリカでおろしちゃえば気付かないよなぁ。。。

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:41:32

向こうで卸したって話も真実味があるなぁ

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:45:52

なるほど畑から芽がでちゃったのね〜

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/26(金) 00:49:35

向こういったら本当のことがわかるから
トンズラ準備婚だけしといて残っている訳だ。
こちらじゃ教祖だが向こうじゃビッチな訳だ。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/22(月) 23:50:29

無能な女、ただのビッチというのは分かる。
有能な蔵店の料理人が逃げ出しているくらいだ。
有能無能を見抜けない社長はもっと愚かもの。
「うそくさい」偽北斎を会社のマークにして大きな壁絵までつくり、レストランまでその名前使ってる。
もともとキチガイで目がないんだな。

32 :貧乏マンボウ:2007/10/23(火) 00:06:59

だいたい、元料理長が社長に直談判
癖ーらをとるか?おれらをとるか?と迫ったら社長いわく

「癖ーらは一人しかいないが料理人は何人でも代わりはいる」

だとよ
それで料理長以下料理人全員やめたんじゃあないか
情けない話だべ
蔵?も評判落ちるわけだ
社員を大事にしない会社は終わるね

33 :貧乏マンボウ:2007/10/23(火) 00:16:06

卸にアメリカへ?
なるほど・・
どうりで当時はお盛んだったみたいだし
まだ妻子おるのに、長野の癖ーらのマンションから二人でご出勤してたそうな・・町内ではもちきりの話題だったらしい、
だから社員もびくびくだったろう

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/23(火) 00:16:25

おふせどう、いろんな所で恨みかってるんだな。
もう絶対あの店のもの買わね。
それが現職町長にも飛び火してるんだな。
しかし最低の社長だな。
臭ぇらみたいなビッチはいくらでもいるだろ。
いや、あれほどの馬鹿は他にいないか w

36 :貧乏マンボウ:2007/10/23(火) 00:31:25

だいたいどこの馬の骨だかわかんねえ女が数年で取締役・・ありえねえ
発案したあのマラソンも町民はいい迷惑だと不満も多い
まあお布施集めが狙いじゃあしかたなかんべ
それにご奉仕してる町民も情けないべ

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/23(火) 00:37:22

マラソンマジいらん。夏の間中、道路が石灰で汚い。
集めた金だって何に使われたか使途不明なんだろ?

38 :貧乏マンボウ:2007/10/23(火) 00:46:16

田舎なんだから静かにしておいてもらいたいもんだ
その日は通行止めがそこらじゅうで仕事にならん
参加費が高い割りには参加賞はけちくさい
だいぶ利益出ただろうに儲けはどこへいったやら
小布施町の財政なんて借り金だらけ
それで自立だとよ
もともと企業も少なく人口も少ない
だから個人世帯の負担は大きい
町税高い
陳情にいっても町は金がないの一点ばり
それでいて観光と花にはザクザクてんこ盛り
税金は町民の暮らしのために使ってんだ

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/23(火) 01:13:35

公務員板で、うそくさい、ぼったくりの町っていわれてるよ。
特定の会社のことが広く云われるようになったんだね。
嘘く斎館も評判は悪いよ。
汚い爺いどもが研究所だって、どこかに写真出てたよ。
金髪はじめ悪の本体を叩かないと、おふせは生きのびられないだろうな。


61 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/23(火) 21:43:47

>社長いわく
>「癖ーらは一人しかいないが料理人は何人でも代わりはいる」だとよ
>それで料理長以下料理人全員やめたんじゃあないか

これヒドすぎね? 人として最低じゃね? 
癖ーらが何かと口五月蝿いので料理人が辞めてしまったと聞いてたが、
ただの社内のもめごとにしては、一度に6人くらい辞めたんだろ?
変だと思ったが、こんな事情があったんだな。
あの社長なら言いそうだよ。人ごとながら、ムカつく。

お臥せどうが無くても、栗菓子やはいくつでも代わりがある。
□1が無くても、酒屋はいくらでも代わりがある。
あんなホテルに泊まらなくても、湯田中高山いくらでも代わりがある。
あんなイタリアン食べなくても、いくらでも代わりがある。
今度からそう言うわ。

63 :貧乏マンボウ:2007/10/23(火) 23:55:31

その料理人は今度、対抗してかオブセ中学横近くにお店オープンだとよ
蔵?とは距離にしてたった200メートル足らずしか離れて折らん
炎の料理人、リベンジか?
おもろうなってきた

64 :貧乏マンボウ:2007/10/24(水) 00:00:59

社長に直談判した料理長にはまだ前編がある
前日?だかに蔵?店内で意見の対立か?癖ーらへの抵抗か?社長を殴り倒したそうな
それも客のいる営業中らしい
これも町内じゃ有名な話だ


66 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 00:21:06

>>64
そりゃ癖ぇら癖ぇらじゃ殴ってやりたくもなるだろ。

67 :貧乏マンボウ:2007/10/24(水) 00:27:00

後編ではそのあと蔵?は休業が続いたな
それで後釜見つからず社長がやめた元料理長に頭下げて頼んだということだが、結局断られたそうな・・本当のとこはいまだわからんがそういう噂は聞いたことがある
まあ一流の料理人を怒らせてしまったんだから無理だろう
はい、わかりましたってなわけにはいかんわな
もともとの理由はどうも癖ーらにあると聞いているが・・真相は闇だ

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 00:43:07

>>67
>もともとの理由はどうも癖ーらにあると聞いているが

全部そうじゃん w

70 :貧乏マンボウ:2007/10/24(水) 00:46:24

とにかく癖ーらがお布施道にきてから何人社員やパートを首にした?
すげえ人数だぜ
嫌気してやめた社員も多いと聞いてるが・・ほんとのとこどうなんだろう


71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 01:03:17

なんかコク人奴隷扱いだったらしいよ。
それに気に入らない社員は工場へ仕向けたりしたんだって。
昔の惨風浪の女の子が突然そうなったって聞いたよ。

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 01:13:48

もっとひどい話聞いてる。
奥さん身障者だったよね。
病院遠くて社員が社長命令で車で送ったんだって。
途中で奥さんの用事であれこれ寄り道して遅くなって戻ったら、
癖ーらは、
あなたは仕事をさぼってる、会社に必要ない人間、
といって辞めさせた? らしいよ。
身障者の社長夫人を社長が酒屋の仕事休むの許可して、 酒屋の仕事を休んで病院へ送り迎えしてるのに。

73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 15:08:06

なぁんだ、蔵?って造りはいいけど、見た目だけか。
肝心の料理人をそんなふうにしてるんじゃぁなぁ・・・
ホテルも建築にはお金をかけた割にスタッフにはホテル経営のプロがいなくて プロを雇えるお金がないのが本当なんだろうな。
これじゃ募集を出してもまともな人は誰も応募しないだろうし、
雇えてもどうせまた癖ーらと衝突するのも見えてるけどさ。
小布施に滞在しても、大型プラズマテレビなんか要らないよ。
それで実のところはホテルも社員のたらいまわしらしいね。
それを専門の支配人をおかず・・・と周りには言ってるらしいし。

74 :貧乏マンボウ:2007/10/24(水) 18:34:58

だいたいオブセにホテルなど意味ないよ
前にも儒歩庵というホテルがあったが結局父さんだよ
近くにゃ山田温泉、湯田中温泉あるし
無理してオブセで宿泊する意味ないぞ
第一料金高すぎ、借金返済が大変なんだろうが・・所詮無理
あれ、建てるのだって細かいとこまで癖ーらがいちゃもんつけて工事がはかどらず余計に経費がかさんだというらしい
それで工事が長期間停止だと聞いている
資金が続かなかったんだと噂は広まった
地元銀香からも有志してもらえなかったと・・社長が近作にはしりまわったんではないかい
わしならラブ穂のほうが盛るとおもうがの〜だめ?
最後は癖ーらの愛の巣になるんでないかい?

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 19:42:19

癖ーらの愛の巣なら茅葺き屋根だけの家が似合うんじゃぁ。
あれも二回も屋根ふき直したって聞いたけど。。。

76 :貧乏マンボウ:2007/10/24(水) 19:50:00

だがよお〜く建物見てみると異様な感じだな
やはり癖ーらのお布施教御殿でぴったり!
信者おぶせにん集めるにゃあ最高だな

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 20:37:11

にほんじんのよそものにはつめたいくせにきんぱつだとなんでもおっけーかよ

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 20:38:06

ながのやぐんまのさんそんなんかどこでもそんなもんさ

92 :貧乏マンボウ:2007/10/24(水) 20:42:16

だから癖〜らはお布施にきたのだ!

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 20:56:41

極東の片田舎のお菓子やが潰れようが何しようが痛くも痒くもない外人と
他に行くあてもなくそこにしがみつくしかない人間の違いかな

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/10/24(水) 22:48:29

癖〜らのダンナって町内の幼稚園か小学校に来てるアメリカ人の先生だろ?
http://mimizun.com/log/2ch/kyoto/1192372709/



04. 2013年8月04日 15:20:34 : W18zBTaIM6

950 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/22(土) 00:45:38

小布施町っていったい何県なんだ?
スレ読む興味無いのでよくわからんがなんでこんなにスレッド数多いんだ?
オタクの町なのか?

951 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/22(土) 00:56:31
>>950
おかしなアメリカ女と田中ヤスオに洗脳された信州の田舎町


信濃の国(新しい歌詞確定)
小布施の町は 上高井 ソレ♪
偽者北斎 嘘臭い 名物 糞菓子 糞羊羹
金髪おばさん ぼった栗
須坂も中野も高山も 合併話はお断り
中身がないのに町づくり
信濃の恥です 小布施町

小布施の町の ぼった栗 ソレ
金髪 マラソン 小布施ッション 脱税 偽装に 嘘臭い
小径の横には ボロ屋敷
エロデン 蔵部に 傘風楼
イヤで逃げ出す 料理人
いつまで放っとく 写真館
信濃の恥です 小布施堂

小布施の町の 三悪は ソレ
金髪 彦三 ワル次夫 町長 ペコペコ いくじなし
嘘つき公約 騙された
関谷はイヤだが 良三は
政治の力は 子供以下
ますますのさばる 三悪人
信濃のワルです 金彦次

185 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/18(月) 03:10:11

すでにコメントにも書かれてました。大和撫子顔色なし!てw


発想と実行力 (磯のすー) 2008-02-26 17:42:46
斬新な発想とそれを実現する実行力、しかも金髪美人ときては・・・
大和男子真っ青、大和撫子顔色無し!ですね。
恐れ入りました。


同感ですね (southfellow) 2008-02-27 15:27:30
日本男子がアメリカの田舎に行ってこれだけの地域活性化ができるかと
聞かれれば、「うm−」とならざるを得ませんものね!


写真の茅葺き屋根の家は3年以上前の写真 (小布施の住民) 2008-03-05

今どうなっていると思いますか? 
屋根と柱のまま、まるで巨大な弥生遺跡のように、壁も塗られず放置されているんですよ。
景観を大切にする小布施では、住民から苦情が出たくらいです。
聞くと見るとは大違い、ぜひ一度小布施におこしください。
むしろこの人とは関係のない場所の方に感動されると思います。


そうですか! (southfellow) 2008-03-06 09:44:59
小布施の住民さん コメントありがとうございます。 そういう話って一杯ありますね!
目立つ人の話を鵜飲みにして、 感心していると実際は大違いで、がっかりするってこと!!
これを機会に近々自らの目で見に行きます。
だれか同行者を募集してゆきましょう!!

186 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/18(月) 03:27:39
>>185
>景観を大切にする小布施では、住民から苦情が出たくらいです。

そーだったんだ。。。現町長宅の正面だから、町長も嫌でも目に入るし。

これぞ聞くと見るとは大違いで、小布施をがっかりさせているのは、
本当に小布施堂。北斎館と小布施堂と行った方が正確。

マスコミは上っ面しか見てないものだけれど、それでも最近、以前に比べると小布施は避けられてきてる、というのは実感。

それはそう、あんなにデタラメじゃぁと、住民はみな思っている。
しかし小布施堂や北斎館という「名前」だけが目立ち、「看板に偽りあり」まで気付く人も少ない。 目のある人、味のわかる人、総じて感覚の優れた人には、 小布施、特にあの周辺は避けられている。

特にセーラは避けられている。
それも自分でわかっているのか、トンズラ結婚失敗で借金背負って出てこれないのか、昔ほど今は路上で見ない。
マラソンなど町外者が多く、そういう目立つ所は出てくるが、
町に住んでる町民は、あいつは見るのも嫌だ、という人も多い。

「シンプルな寄り付き料理」も今は「手抜き料理」ってw 
これも鈴木料理長たちが居なくなって、本当に手抜きで、マズくて食べられたもんじゃない。


325 :非公開@個人情報保護のため:2008/09/11(木) 22:11:29

今日のNHKのイブニング信州で小布施が放送されたんだってね。
見た人いる? 市村町長も出たらしい。
栗の小径横の、セーラが北斎の家といって作りはじめて、途中で投げ出した屋根と柱だけの松沢さんちの庭先にあるボロ屋敷が、今では茅葺き屋根の造りを小学生に教えるのに使われてるのが放送されたと。
あんな現代に出来た半端もので、東京理科大学ともあろう大学が、子供たちに町づくりを学ばせていいのか、という声も聞いた。
しかしセーラの北斎ボロ屋敷も、小布施の新名所になりそうだ。
町長宅の前からよく見えるし。

190 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/18(月) 20:39:14

「町が持っている記憶を辿り、何一つ捨てずに、町がかつて持っていた優しさを取り戻すこと」

こういうことは、外人じゃなくて日本人が考えてやるべき!絶対!
日本の古くから伝統があることは、日本人が考えて進める。
そもそも外人が介入するなんて、邪道だよ。
日本の伝統は必ず日本人が守る!
これ正論。

191 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/18(月) 20:47:58

あんな外人に惚れ込んだ社長が出来損ない

215 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/21(木) 13:03:45

出鱈目金髪が大問題。
借金返し終わるまでいるんだろうな。
ほ臭い館も絵も人も出鱈目杉。
もういい加減やめてほしい。

216 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/22(金) 20:06:45

金髪が帰国したら、 直ちに日本は鎖国にしようw
金髪もどうせ目立ちたかったのなら、
ヌードグラビアでもやればよかったのにw

217 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/22(金) 20:29:39

ぉぇぇ
でも社長は見て喜んでたらしい

220 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/22(金) 22:34:52

詐欺夫は金髪のスリーサイズって知ってるの?
あと、詐欺夫は金髪の下着姿とかは見たことあるの?


221 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/22(金) 23:22:41
>>220
金髪のマンションでもっとオゾマシい姿を見ていると思われ。
今のダンナとの結婚以前に、何度町内で金髪ご懐妊の噂が飛びかったことか。。。

222 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/23(土) 02:09:19

アメリカ人の子供欲しいてケコーンしたくらいだから、何度かおろしてるだろ
帰国のたびに

223 :非公開@個人情報保護のため:2008/08/23(土) 12:47:25

で、ここからは金髪追放作戦だ。

まず、エロデンを舞台に金髪のビデオ撮影をする。
できれば、レイープ物だったら一番いいだろう。
そして撮影した金髪のDVDを国内ではなく(国内は目障りだから出さない)、
金髪の母国アメリカ(もちろん全米)でリリースし、 売れて人気が出て金髪カムバックラブコールが出れば、 借金返済はクリアし、金髪はアメリカに帰れる。
晴れて小布施に平和が戻る。

あ、付け加えるが、 DVDをリリースする際は、もちろんぼった栗の金額で売り付ける。

812 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/07(金) 00:26:38

金髪で思うことだが、
このまま小布施にのさばっていて、アメリカの金髪の家族は何とも思わないのだろうか?
金髪の親も年老いているとゆーのに、 老後のことはカミングス家はどうするんだろ?
金髪は自分の親の介護の問題はどうするんだろうか?
素朴な疑問だが。


813 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/07(金) 00:40:19
>>812
>小布施にのさばって

その通りだが、自分が作った借金の責任で頭まわってないと思う。
負債10億くらいあるだろう。
栗かのこ一個売っていくらになるものやら。
あそこの手抜き作りは有名でまずいし売れないだろう。
利息返済だけで終わってるさ。

863 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/14(金) 10:53:09

せーらがまだ居たことに驚いた。
社長は離婚?
せーらは結婚したらしけど、社長とじゃないのか?
社長は どうして離婚したんだろう?
いい奥さんだったと思うけど。
白人は老けるのが早いね。昔は可愛かったんだが。変貌に驚いた。
会社は絶好調だと思っていたのに、借金がすごいの?
誰か 教えてください。

865 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/14(金) 13:17:08
>>863
>せーらがまだ居たことに驚いた。
もうくせーら 酒菓子飯みなくせーら マラソンで町中くせーら

>社長は離婚?
数億の慰謝料と

>せーらは結婚したらしけど、社長とじゃないのか?
くせーらのマンションから二人で出勤と 社長の子供は帰国しては卸してると

>社長は どうして離婚したんだろう?
くせーらが永住権獲得

>いい奥さんだったと思うけど。
そだ

>白人は老けるのが早いね。昔は可愛かったんだが。変貌に驚いた。
どちらもマジキモ
http://image.blog.livedoor.jp/arasan7370/imgs/6/d/6dc8d4a5.jpg


>会社は絶好調だと思っていたのに、借金がすごいの?
クラブは糞部 エロホテルもクサイタリアン 何でも中途半端 今は客からぼった栗 要注意

>誰か 教えてください。
血は争えない


867 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/14(金) 13:39:57

皆様 教えてくださって ありがとう。
しかし、セーラと結婚する為に離婚したんだと思うけど、別の男性 それもアメリカ人と結婚されちゃうなんて 社長も気の毒なような。
さんざん利用したのに社長と結婚するのが嫌だったのか?
社員は気の毒すぎる。
これから世界恐慌の波がくるから、倒産して社員を路頭に迷わせないようにして欲しいものだ。
しかし、誰かセーラの暴走 止めることができる人っていなかったの?

【皇太子様と雅子様のご視察映像(酒蔵レストラン)】
Japanese Crown Prince and Princess visit Obuse, Japan
http://video.yahoo.com/video/play?vid=1901216
http://jp.youtube.com/watch?v=JEv1ztpmKLk

金髪もありまつよ
http://jp.youtube.com/watch?v=rXCyKhCNOj0


金髪も社長もムカつくが
嘘公約で人々を騙して町長の座についた
従姉妹の変態レイプ魔凌三の方がムカつく


883 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/15(土) 10:19:56
>>867
>別の男性 それもアメリカ人と結婚されちゃうなんて 社長も気の毒なような。

シャキーン逃れにアワテテ町内でテキトーな自称声楽家の男とケコーン

>さんざん利用したのに社長と結婚するのが嫌だったのか?

結婚の目的はいつでもトンズラ 
社長は逆手にとって金髪=借金返済のための代表取締厄
フツー白人でもあんなに醜く老けない
しかもケコーン直後

>社員は気の毒すぎる。

あんな店買うのは知らない観光客だけ
クラブは料理人全員逃げ出して、ミュージアム前にチョーウマイ店リベンジ開店
みなガンは金髪

884 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/15(土) 10:39:23
>883
>クラブは料理人全員逃げ出して、ミュージアム前にチョーウマイ店リベンジ開店
なんて店?行きたいなあ。
和食ですか?

885 :非公開@個人情報保護のため:2008/11/15(土) 11:38:59

和食。鈴華。まだちと高いし量も少ないが抜群にウマ-
金髪は一人しかいないが料理人はかわりがいくらでもいる、
などとシャチョーがホザいてこの有様 << サイテー

ところで最近、地元メディア酢坂新聞も小布施に批判的。
中身のないハリボテとは小布施のこと

三木市長の即回答はリッパ
公約晒されるまで何もしなかったオカシ-オツムの
どこかの従姉妹蝶々とは大違い
http://mimizun.com/log/2ch/koumu/1216993926/


05. 2013年8月04日 16:23:26 : W18zBTaIM6


【小布施見にマラソンのランナー・ボランティア・関係者のみなさんに 緊急速報!】

須坂新聞 平成25年7月20日(土)
 
 小布施見にマラソンはことしで11年目。第1回は参加者1000人程度で始めたが、今や全国的に人気の市民マラソンに育った。一方、これまで大会事務局を担ってきた小布施堂が「今まで通りかかわることが難しい」という内容を町に説明していて、来年以降の開催見通しが立っていない。

 共催者の町は「近々、協議の場を設け、やるのか、やらないのかを含めて話し合う。ただ、多くのランナーが継続を期待していると思う。膨大な運営事務を具体的に誰がやるのか検討したい」としている。


528 :ゼッケン774さん@ラストコール:2013/01/17(木) 20:59:51.46

セーラさん居なくなるようだけどマラソンは続けるの?

538 :ゼッケン774さん@ラストコール:2013/07/17(水) 22:23:07.08

会社を辞めたら責任とりたくないって実行委員長途中で降りた発起人。
そんなことも知らずにセーラさんがいなくて寂しがるかわいそうなランナー。

542 :ゼッケン774さん@ラストコール:2013/07/22(月) 13:02:32.54

町がやっているマラソンじゃなかったんですか?
小布施堂の経営問題でマラソンが廃止になったら町の信用問題にもなりますよ。

544 :ゼッケン774さん@ラストコール:2013/07/22(月) 19:28:17.12

膨大な運営事務は小布施堂がやっていたということですよね?


545 :ゼッケン774さん@ラストコール:2013/07/22(月) 22:53:27.17

マラソン以外にも会社を私物化して経営難にしたからとうとう小布施堂クビになって、むくれて出てこなかったらしい。
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/athletics/1302393511/


小布施見にマラソン part.2


11 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/04/14(木) 05:18:06.32

あの白ブタはもう帰って来ないんじゃないか?

汚物堂社長とは既婚者だったから安心して付き合ってたんだよ

元々、黄色い猿と結婚なんてまっぴらごめんだったんだ

ただ金と地位のために愛人やってただけだから

社長がゆりえさんと正式に離婚してから、どうやって逃げようか思案してたんだろうな

で、まず同じ白ブタを見つくろって結婚して
あと、借金だらけの会社からどうやって逃げようかと

そこに天祐の原発事故

あのガキの名前はウィリアムだったよね

たまたまベトナム戦争関係の文章を読んだんだが、
「ソンミ事件」っていう米軍が女子どもを虐殺した事件があってね
その首謀者がウィリアム・カリーという名前だったんだよ
白ブタ女は自分が住民からも悪口言われてる事を知ってたのかな〜って思った
自分のガキに黄色い猿どもを虐殺する存在になってほしかったのかとね


374 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/12(水) 17:56:18.20

【1次締め切り】6,300円
【2次締め切り】 8,400円

ランナーをなめてんのか?

375 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/12(水) 19:37:24.05

金髪の 正体見たり ぼった栗


376 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/12(水) 22:00:11.64
>>374
何それ? 来年の小布施見にマラソン?

377 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/12(水) 23:26:35.19
>>376
そう。
一昨年までは4000円だったのに、今年は5000円。
来年はチャリティーとか言って、1次は6000円。2次は8000円。

何で2年で150%もアップするんだ?
今年もチャリティーと言っていたが、どこにいくら寄付したのか不明。
それなら普通に6000円を日本赤十字に寄付した方がいいわ。

379 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/13(木) 18:07:26.20

値上げか・・・来年はやめとこう。
町の人たちも迷惑そうだし、マラソン反対の立て札も見たし、
小布施堂が町内を私物化しいるようだし。
何よりセーラさんが壇上に家族を上げてキモい。

381 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/13(木) 21:56:09.05 >>380
【大町美麻】 クズブタ物語 【小布施厨】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1318392536/

383 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/14(金) 18:25:51.24

参加費でチャリティーを強制するのか


384 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/15(土) 12:04:30.94

来年参加費6000円(消費税除く)で7000人としたら4200万だな。
一体何に使われるのか、今年も会計報告はなし。


385 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/15(土) 16:31:24.84

以前「小布施マラソン反対」の看板が沿道に出ていただけのことはある

387 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/15(土) 20:58:12.21

2010年は4,000円
2011年は5,000円
2012年は1次6,300円、2次8,400円
だから、
2013年は10,000円以上になって、
ハーフマラソン史上最高値になるのか?

370 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/11(火) 07:10:53.15

今年もやはり会計報告は出ないんだろうな。
汚い女だが、市村良三という人物そのものに対する不審も
会社が原因=セーラが原因のところも多いからな。

371 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/11(火) 19:17:38.64

セーラさん、あやしすぎるんじゃない?
きっとアメリカ側にも、戻れない理由があるんだと思うよ。
だって教員でもなければ、たかが地方の三流会社にいつまでも居るなんて、おかしいよね。


71 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/06/15(水) 22:32:50.47

小布施の癌はセ○ラってみんな言ってるのに.... 


85 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/06/27(月) 09:35:09.90

KY会社も町も北斎のニセモノで客騙してるんだよなあ。
KY会社は壁絵にしたり、北斎ホールにニセモノ鳳凰、北斎巴錦も北斎が描いた作品ではない。
町民として心が痛い、こんな町じゃ人口減るわけだよ。


112 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/05(火) 10:49:26.26

セーラが町にやってこなかった方がよかったよな


210 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/18(月) 21:55:48.88

金髪が来て手始めの北斎会議は2億円浪費の大失敗、蔵部も短命、
へきいけんも写真館もボロ屋敷で放置、マラソンしか自分が目立てるものがない。
汚物ッションはまだ続いてるようだが、社員は嫌がってるし。

213 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/19(火) 21:34:14.48

あの金髪はロジックは弱いのかもね。
何もかも強引に通してるだけみたいだ。


214 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/20(水) 00:50:30.18

金髪は頭は弱いから、お祭り騒ぎだけ。
頭を使う北斎会議は大失敗、学術功績はゼロ。花火あげて終り。

料理だってかなり頭(というか神経)を使うから蔵から逃げだしたんじゃなかったっけ?
それをあの社長が「金髪は一人しかいないが、料理人は代わりならいくらでもいる」だから。
脳無し金髪なら代わりならいくらでもいると思うが、不倫事情もあったしね。
ところで金髪の金髪は金髪染めだねえ。無理してるよね。

216 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/20(水) 08:55:01.35

問題はマラソンは好きだけどセーラはちょっと....ってことでしょ。
ランナーには関係ないことだけど、地元ではタチ悪くて大変でしょう。
あんなの居たら地域の暮しが壊されるもんね。

324 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/08/25(木) 23:46:10.45

自分の家がとんでもないアメリカ人のためにメチャクチャにされてるんだよ。
どうしてこの町の人たちは私のお母さんを傷付けるアメリカ女に寛容なんだろう?
白人を崇めているんだろうか?アメリカがそんなに偉いのか?
軍隊を持てないために(他の理由もあるが)対米追従の日本が情けない、とか。

325 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/08/26(金) 18:03:39.16
>>324
>自分の家がとんでもないアメリカ人のためにメチャクチャにされてるんだよ。

元副社長の家まで借金の低頭に入ってた(る)って本当?


352 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/09/15(木) 01:33:00.54

社長は身障者の奥さん放っといて金髪と不倫関係じゃなかったけ?


367 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/10(月) 20:29:28.57

アメリカ人女性がお母さんを離婚させたのは、 町長の従姉妹にあたる汚物堂の社長の方じゃなかったっけ?
何でもアメリカ人女性が日本永住権を獲得するや離婚。
その時、今いる息子は小布施には居なかったそうだ。
元奥さんは重度の身障者だったそうだ。

小布施の人から聞いた話。
会社の社員が、奥さんは重度の身障者ゆえに近くの病院では足りず、松本か諏訪かの遠くの病院まで連れていっていた。
社長の奥さんだから、いわば社長命令での社員外出。
滅多に外に出れない奥さんも、たまに外出するとあちこち寄りたい、
その気持ちも分かるし、社員も奥さんの希望に沿って、それで帰りが遅くなった。
ところが・・・それで帰りが遅くなった社員に、セーラは何と言ったか。

「何で"そんな用事で"遅くなるのか」
「あなたは会社のために仕事をしていない」
「会社には要らない人」

本当にそう言ったそうだ。

これを聞いて『セーラが町にやってきた』って話題本はウソだらけだろうと思った。
読んでみて、ああやっぱりウソだらけだ、と思い返したものだ。

369 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/11(火) 06:24:52.37
>>367
噂には聞いていたがひどい女だ。
こいつ一人のせいで、どれだけ社員がやめたやら。

368 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/11(火) 01:04:06.71

心配するな。セーラがいられなくなる日が必ず来るって。
親族が周りを固めているよ。

331 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/09/06(火) 08:05:50.85

土曜日の音楽祭でセーラが追い出されたの知ってる?
ウィリアムがぎゃあぎゃあ泣いているので何回も注意されても無視し続けて、会場内を子供を連れてにやにやしながら一人だけぐるぐる歩き回って、最後に歌手が出てきたところで また泣き出したんでとうとう怒鳴りつけられて会場の外に追い出された。
その後、主催者に文句の電話をしてきたってさ。もう自己顕示も神の領域だ。
こっちも入場料を小布施堂に返してもらおう。

341 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/09/09(金) 10:49:02.67

マラソン時も高台にダンナとガキ乗っけてたな
これはセーラファミリーが主催するマラソンって感じでさ

342 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/09/09(金) 19:09:08.75

40で帝王切開までして産んだから嬉しいんだろう


491 :ゼッケン774さん@ラストコール:2012/06/20(水) 19:12:25.09

壇上に出ている外人一家、小布施で相当嫌われてんな

357 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/09/21(水) 11:29:09.96

馬鹿セーラのマラソンだもん
あああ、早く小布施から消えてくれないかなあ
みんながそれを望んでるんだよなあ
一昔前の静かな小布施がなつかしいなあ
社長のように不適切発言で首が飛んで退職辞令受け取る涙目顔が報道されればいいのに


358 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/09/24(土) 12:29:46.65

今頃なら気候も安全だし食べ物も美味いのに、わがままババアには困ったものだね。
きっとアメリカでも嫌われてるから日本に居座るんだろうな。
頭が悪いから迷惑な奴だ。

359 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/09/26(月) 19:41:46.45

引き際を逃した婆ほど醜いものはない


521 :ゼッケン774さん@ラストコール:2013/01/15(火) 17:48:13.19

小布施堂って韓国産の栗なのに小布施の名前で騙し売ってるって本当?


522 :ゼッケン774さん@ラストコール:2013/01/15(火) 20:25:28.71
>>521
国産のものには国産と書いてある
朱雀と栗おこわは
それ以外の国産と明記されていないものは韓国産だろうな
地元の人の話だと国産栗を100%使用しているの竹風堂だけだと言うとった

121 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/06(水) 08:54:11.76

ホリエモンが出所したら小布施堂はどうよ?w
社長のオヤジも受刑者を受け入れて北斎館建てたんだから。

123 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/06(水) 09:01:24.82
>>121
>社長のオヤジも受刑者を受け入れて北斎館建てたんだから。

町で詐欺をやるためだったって北斎館スレで読んだけど。
会社がやってることも詐欺じゃないの? 傘風って「北斎」と書き込んだだけの偽物でしょ?

韓国産の栗を「原料はすべて国産だ」「創業以来製法は変えていない」とか、
そんなことしてるから県もぶざまに追出された訳だし(映像まで上げられてみじめ)。
兄は兄で変なふうになっちゃってて、小坂家の名前を落としたわけで、
町長は町長で、公約にモザイクかけられてネットに出されれるまで守ろうとしなかったし。
マラソンは会計報告もできないわけだし、町は汚されるだけだし。
あの一族が居るから小布施の信用が落ちるわけで、今の竹風堂のところにあったヨシイエさん
という家も、道向かいの家がイヤで出ていってしまったと聞くところがあった。


125 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/06(水) 13:30:29.97

町長の兄二人も出ていった

126 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/06(水) 16:37:02.02

そりゃキチガイ出たんじゃ嫌だろう。
親も兄弟姉妹で結婚してるというから自分も出ない可能性は無いし。
あそこの娘息子も弟の娘息子も、叔父さんにあったこと無いんじゃないかな。

事実弟も(血筋だと思うが)奥さんあんなにして得体の知れない金髪にうつつ抜かして離婚してどうかしてるよ。

奥さんも小布施に来なきゃ、きっと平和に暮らしてたんだろう。
邪魔だから離婚させたのは金髪という話しもあって、最初は金髪が新しい奥さんと言われてたし。

最初は良かったのも一時的で、思慮が浅いから蔵店も何もかも失敗、理性ある人はみんな嫌がってるし。
金髪関係が全て無くなれば、小布施は元通りの静かで平和な町になると思う。


151 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/08(金) 06:09:28.13

金髪と社長がやってることは、ほとんど詐欺だろ。
でなければ、蔵店もあんなになる訳がない。あれは鈴花の人たちが正しい。
市村サギオとまで言われるくらいだ、県を追出されたのもそれなりの理由があるようだ。
しかも退職辞令交付の映像までSBCに全世界にインターネットで流され、さらには保存されて数知れぬ映像サイトで流される、SBCも目をつけていたのだろう。
もっとも田中康夫嫌いの長野市長がSBCの役員なので(代々長野市長は役員をするらしい) SBCに力を入れて取材するようにと指示があったという噂もあったが、報道された事実は事実だ。
小布施以外から見ると、相当な恥知らずに見られていると思うが、その自覚はないのだろうか。


155 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/09(土) 01:44:06.89
>>151
小布施の住民でも恥知らずだと思ってる者は多い。
社長は小布施の人間だが、金髪と一緒に出て行ってほしい。
あれがいなくなるだけで少しはましになる。
恥だらけの町より何もない町の方が住みやすい。

197 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/07/17(日) 22:47:31.18

それとセ○ラはもういい加減に、会社の借金背負ってアメリカに帰ってくれ。
その方が町としてもいいと思うし、存在が不快になっている。

363 :ゼッケン774さん@ラストコール:2011/10/09(日) 00:24:10.91

小布施の栗菓子って大手3社はどこも国産栗だけで作ってないでしょう?
小布施だけの栗であんなに大量の栗菓子作れません。(って聞いたことある)
でも国産も使っているから、(量は知らないけど)
国産栗使ってます。は間違いではない。

セーラは上昇志向が怖ろしく強い女性、しかも「アメリカ人」だからね。
日本女性のような「情とか恩とか義理」の感覚がないんだよ。
最初から小布施の社長は利用されただけでしょ?
セーラにしてみれば金と権力さえあれば誰でもどこでも良かったと思うよ。
田舎の人ほど東京跳び越した海外とか外国が好きだったりするからね。


437 :ゼッケン774さん@ラストコール:2012/01/03(火) 17:02:25.11

おそらく会社では、代表取締役の金髪が経費節約で韓国栗の使用を大々的に取り入れた。
経費は浮いたが信用は落ちた。

マラソンの経費はほとんど菓子屋に流れ、値上げ分は菓子会社とホテル失敗の補填。
代表取締役は会社倒産したら責任がかかるからね。
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/athletics/1302393511/


06. 2013年8月04日 16:33:17 : W18zBTaIM6

要するに、ブロンド美女も賞味期限が切れてオバサンになったらお終いという事ですね

2004年3月20日付紙面から

酒造りの誇りを蘇らせた米国人「台風娘」


展示した昔の木桶の横で。あい染めのはんてんを模した特製コートがお気に入りだ =長野県小布施町の本店玄関で、白谷達也撮影

ビールや焼酎(しょうちゅう)、洋酒に押され、日本酒の造り酒屋は廃業がめだつ。長野県小布施(おぶせ)町にある創業250年の桝一(ますいち)も地域共同ブランド酒の原酒工場にすぎず、じり貧だった。その再興は10年前に入社したこの米国人女性が新風を吹き込んだ結果だ。あだ名は「台風娘」である。

「おやじさん、日本の伝統文化が廃れてもいいのですか」

ここで半世紀前までやっていた木桶(きおけ)仕込みに興味をもった彼女は、その経験をもっている大杜氏(おおとうじ)の遠山隆吉(りゅうきち)さん(78)に、再開を頼み込んだ。

漏れや蒸発の少ないステンレスやホーロー製の桶が当たり前になっていた。でも、扱いに手間がかかっても味に深みの出る木桶仕込みの方が特色が出ると思えた。それで戦前の看板銘柄「白金(はっきん)」などを復活させようとの熱意が、乗り気でなかった遠山さんらを動かし、98年秋から木桶を使い始めた。

近くにはいなかった木桶作りの職人は新潟県内で探した。北信濃地方で栽培されていた酒米「金紋錦(きんもんにしき)」も廃れていたが、金沢市の蔵元が契約栽培で入手していることを突き止め、「分けて」と頼んだ。

できがよいので00年、特別容器入り「白金」(1万円)を2千本限定で出すと完売。消費者に直接売れる商品を得て、酒造部門の年商は以前の3倍の2億円になり、赤字を脱した。


「セーラがいなければ、酒造りはやめていた。老舗(しにせ)はマンネリ化しがち。よそ者がかき回すのはいいこと」と社長の市村次夫さん(55)は話す。

「台風娘」と名付けたのはその市村さん。本店2階の職人宿泊用の大部屋を改装しようと、社内の了解が得られぬうちに、彼女がハンマーを握って壊し始めた時だ。

「風」はそれだけではない。利き酒師の資格を取った。昔の当主が葛飾北斎のパトロンだったと知ると、北斎に関する国際会議を企画・運営した。桝一の酒蔵の空きスペースには和食レストラン「蔵部(くらぶ)」を開いた。

木桶仕込みも、各地で再興させようと02年に「保存会」を設け、いま約30の蔵元が挑む。

桝一では今年、もう一つの戦前銘柄「桜川」を復活させる。

「酒造りへの誇りが蘇(よみがえ)った」と市村さんは感謝する。


大阪の大学に留学して日本語を学んだ。故郷のペンシルベニア州立大を卒業した93年、長野五輪準備のボランティアに応募し、再び来日。通訳や翻訳の仕事に飽きたらず、栗菓子屋・小布施堂も経営する桝一を紹介されると、すぐ飛び込んだ。

そこには、彼女をわくわくさせる古き良き日本の文化が埋もれていた。いずれも日本人が忘れかけていたものばかり。「温故知新」が身上である。

好きな言葉は二つ。日本語なら「為(な)せば成る……」。

英語なら「Don't quit」。彼女得意の関西弁にすれば、「投げたらあかん!」。


木桶は「森の国」文化のシンボル。それが個性に

――日本文化のどこに魅力を感じるのですか

セーラ

米国は76年に「建国200年」を迎えました。そのとき小学生だった私は、日本には2千年近い歴史と文化があることを知り、驚きました。神秘的でした。その後、浮世絵、日本建築などを勉強して、特に江戸時代がファンタスティックに思えました。日本には、昔のいい文化と伝統を生活の中に生かす知恵がある。

――具体的には?

セーラ

たとえば、お正月の行事、日本酒など日本的なものには、それがいっぱいあります。01年8月から月1回開いている「小(お)布(ぶ)施(せ)ッション」は、知的で楽しい情報交換の場ですが、日本文化再発見の場にもなっています。

言葉の豊かさよ

――小布施でのセッション(集まり)と英語の「obsession」(こだわり)を掛けるなど、言葉遊びも好きですね

セーラ

「おやじギャグ」なんて言う人もいますが、違います。おしゃれだと思います。留学で大阪に住んでいたとき、「吉本」に通いましたよ。おカネはなくても笑いさえあれば生きていける。言葉で楽しめれば、生活も豊かになることを知りました。日本文化には、掛け言葉が多い。おせち料理なんて、その詰め合わせ。豆はマメに働く、昆布はヨロコブ……。

――古い酒蔵を改造したレストラン「蔵部(くらぶ)」もヒットしました

セーラ

社長は当初、酒蔵を改装して観光客相手に簡単な食事を出すところを、と考えていました。人件費の負担を軽くするためレトルト食品を活用するプランでした。それを知って、私は驚きました。良い日本酒を出そうという店が、レトルト食品だなんて、似合わないじゃないですか。

――着工5日前に、計画をひっくり返したとか

セーラ

酒屋が酒の文化を大事にしなくてだれがする。小布施の文化を発信するレストランでなくてはいけない。香港在住のホテルやレストランのインテリアデザイナーが改装のデザインを引き受けてくれました。杜氏(とうじ)が丹精込めたお酒にふさわしい和風の食事を、がコンセプトです。

途中で投げない

――まさに「台風娘」。社内にはすごく抵抗があったそうで

セーラ

何かやろうとした時、「難しい」「お金がかかる」などと理由をつけて、やろうとしないのは、どこにでもあることです。やらないための理由なら、すぐに100でも浮かびます。大切なのは、どうやったらできるか、知恵を出すことです。やる価値があれば、理由は一つしかなくても挑戦しなければ、つまらないじゃないですか。会社を説得してやらせた以上、途中で投げ出すわけにはいかない。どこまでも粘り強く、やり遂げるのが私の身上です。

――「女のくせに」と言われたこともあるとか

セーラ

しょっちゅうですよ。「男のくせに」と言い返したいところですが、女だから男だから、というのはおかしい。自分の信念をしっかり持っていれば、評判なんて気になりません。

――昔ながらの木桶(おけ)で酒を仕込もうと提案したのはなぜですか?

セーラ

灘の大手の造り酒屋に行った時、結構、昔の酒造りが知られていないのに驚きました。桝一(ますいち)でも、もう半世紀も木桶を使っていなかった。木桶で仕込むのが原点で、桶は日本文化のシンボル。森の国なのに手入れをしないから、山は荒れ果てている。森を再生させ、木桶を復活させる旗振り役は、桝一のような小さな酒蔵の方がやりやすいと思った。木桶につく微生物が微妙に作用して複雑な味が出て、それが昔は蔵の個性だったのですが、いまでは作業の楽なホーロー製に代わってしまっています。

――経営上のリスクも大きかったのではないでしょうか

セーラ

大杜氏(おおとうじ)の遠山隆吉さんが木桶仕込みを知っていたことも幸いして、桝一のお酒は好評です。問題は木桶職人の多くが高齢者で後継者がいないことです。

――なるほど。それで、どうしたのですか

セーラ

桝一だけでは木桶の市場が小さすぎる。だから、ほかの造り酒屋にも呼びかけて、02年1月に「木桶仕込み保存会」を立ち上げたのです。賛同する蔵がだんだん増えてきました。葛飾北斎の研究で欧米を回った時、ワインもコニャックもステンレスタンクから木製の樽(たる)に変えていることを知りました。樽で熟成させると個性のあるワインができるからです。作り手が誇りに思う食文化って、いいですね。

――いま取り組んでいるのは?

セーラ

桝二(ますに)プロジェクトです。桝一グループは「桝二」ブランドでみそ、しょうゆもつくっていたのですが、30年前にやめてしまいました。その跡地に宿泊施設をつくることにして、今年1月に着工したばかりです。長野市内で取り壊されようとしていた土蔵を移築し、改装します。名称は「桝一客殿」。作った時がいちばんよくて、年数がたつほど劣化する建物が多い中で、時がたてばたつほどよくなる格調の高い施設をめざします。それに、昨年から始めた「小布施見にマラソン」の2回目を今年も7月に開きます。

町の人のために

――小布施の観光振興や町づくりのお手本にもなっています

セーラ

「観光客にお金を落としてもらう」という言葉が嫌いなんです。どこにでもある観光地として名声を博しても、それは一時的なこと。それより、この小布施に暮らす人たちが、いい町になったなと思ってくれたほうがうれしい。東京なんかにない心のこもった施設や交流の場が小布施にはあるよ、と町の人々が自慢したくなるような町づくりが目標です。


転機
蛇の目傘作りで知った日本の「職人力」


仕込み終了時の神事「甑(こしき)倒し」の後、社員らに囲まれて。隣のスーツ姿が社長の市村さん=酒造場の庭で

97年、翌年の長野冬季五輪に会社として貢献できるグッズを作ってみませんか、と社長の市村次夫さんに提案した。

酒造場の歴史と縁のある葛飾北斎の浮世絵・富嶽三十六景に蛇の目傘が出てくる。それを、五輪にちなんで赤、青、黄、黒、白の五色で150本という内容だった。

「白い雪に映える五色の蛇の目を想像するだけで楽しくなる。ものすごく美しく、日本らしい」

当初、市村さんは浮かぬ顔つきだったという。

「蛇の目傘をたくさん作れる職人なんていない。無理だろう」

それならと一人で動き始めた。

県内の傘屋さんを電話帳で調べて、30軒に片っ端から電話した。すべて断られた。和傘作りは骨組み、紙張り、漆塗りなど数人の職人集団でないとできないので、簡単にみつかるものではなかった。

くじけずに、他県でも探した。ようやく京都の和傘工房を見つけた。直談判したところ、引き受けてくれた。

「断られても断られても、粘り強くやったのがよかった。熱意と忍耐強さがあれば、たいていのことはできる、と学んだ」

小さな仕事だったが、得るものは大きかった。傘作り職人の見事な仕事に、強い感銘を受けた。

「頑固だけど良い仕事を成し遂げるために命を賭ける。能力と技と感性を組み合わせて形にする。職人仕事は、機械には置き換えられない魅力がある」

「日本はまねごとが多い、オリジナリティーがないと人は言う。けれど、そんなことはない」

振り返れば、酒造場にも杜氏(とうじ)、蔵人(くらびと)という職人がいる。普通の企業で言えば営繕担当にあたる、大工から左官まで何でもこなせる夫婦もいる。こうした日本の伝統的な職人の力が、自分の会社にも息づいていた。

「彼らを生かさぬ手はない」

この「職人力」への厚い信頼は酒造り蘇生への自信となり、その伝統文化である木桶(きおけ)仕込みの再開につながった。

「そして、ここの人たちが私を見る目も変わりました」
http://doraku.asahi.com/hito/runner/060626_02.html


07. 2013年8月04日 18:39:59 : W18zBTaIM6

セーラ・マリ・カミングスさんインタビュー


11年前に来日し、信州小布施を舞台に、国際北斎会議の企画・運営をはじめ、老舗酒蔵枡一市村酒造の活性化、町おこしと精力的に活動を続けているセーラ・マリ・カミングスさん。「台風娘」の異名をとる行動力で周囲の人々を巻き込み、失われつつある日本文化の復活に精力的に取り組んでいるセーラさんの考えるスローライフとインターネット活用術をうかがった。

株式会社桝一市村酒造場取締役、利酒師、
日本酒造組合中央会日本酒青年協議会員


人が環境を作り環境が人を作る町、小布施

小布施に来てから、もう10年以上経ちました。

小布施の魅力は、周囲の山がお芝居の背景みたいにきれいなところですね。

とても素敵な山に恵まれて、自然にあふれた土地です。周りに栗林や水田、畑があって、農業が大きな産業になっている。

そうした、ものづくりの喜びがあるのが魅力ですね。そして、自然以上に魅力的なのが、小布施に住んでいる人々です。「人が環境を作り、環境が人を作る」という言葉がありますが、環境と人が影響しあって、例えば土壁の数百年の味わいや、屋根瓦の上の苔の味わいが出てくるんです。そうした歴史を実感できるところ、熟成文化の魅力といいますか、年を経ることでよくなっていく日本の文化というものを感じます。

小布施堂界隈を歩いていると、まるでタイムスリップしたかのよう。雪がこれほど似合う町も少ないはず 小布施では新聞店もこの通り。町並みをトータルで演出している


私が働いている「枡一市村酒造場(以降、「枡一」)」のスローガンで、「産地から王國へ」という言葉があります。

小布施は国内でも有数の栗の産地で、かつては地元のためではなく、遠く離れた人のための産地でしかありませんでした。「産地から王國へ」はそうではなく、地元の物を地元の人の生活の中に取り入れていこうということなんです。例えば、せっかく600年以上の背景を持つ栗の文化を大事にしていこうということで、栗の木のブロックを敷き詰めた「栗の小径」を作りました。足に柔らかくて、自然の力を感じ取ることができるこんな歩道は、日本中、いや世界中のどこにもないと思いますね。

栗の木のブロックを敷き詰めた歩道


また、観光客のためだけでなく、地元の人も楽しめる施設が欲しい、ということで夜10時まで営業するレストランも作りました。小布施では、ほとんどの店が夕方5時くらいで閉まってしまうので、10時までなんてあり得ない、とオープン当初はいわれたのですが、現在では地元の人や観光客のみなさんで連日満員状態です。このレストランの建物も、素材にこだわりました。丈夫なナラの木を選んで、梁に使ったり、昔の人が使い分けたように、さまざまな特性の木を組み合わせた建築になったのです。

他にも、晩年をこの土地で過ごした小布施ゆかりの画家である、葛飾北斎の住居を復元したり、ゲストハウス等を造っていますが、すべて当時と同じ材料で、昔ながらの作り方をしていこうと思っています。本物っぽい、とか本物らしくではだめなんです。本物でなくてはならないのです。まだまだ足りないところもありますが、一所懸命考えて小布施流にしていこう、小布施ならではのものを作っていこう、と取り組んでいます。

小布施堂のシンボルともいえる和菓子舗 セーラさんがプロデュースしたレストラン店内。3升の米を一気に炊くかまどが2つしつらえてあり、米本来の味を楽しむことができる
http://eco.goo.ne.jp/life/slow/internet/conts03-1.html


小布施のような地方の小さな町では、10年ぐらい前までは情報を集めるのに一苦労でした。その頃に、葛飾北斎に関する国際会議が4年ごとにベニスで行われているのを知ったのですが、その会議をここ小布施で開きたい、世界中の北斎研究者を小布施に集めたいと思い、彼のことを調べ始めたのです。その時に非常に役立ったのがインターネットでした。

インターネットでは、流れてくる情報を待つのではなく、こちらからダイレクトに世界中につながることができます。世界中に散逸している300冊を超える北斎の研究書をネットを通して買い集めたり、世界の研究者とのコンタクトにもインターネットは威力を発揮してくれました。当時既に、アメリカのワシントンDCのスミソニアン博物館には、ライブラリーネットワークができ上がっていたので、他の図書館にどういうものがあるかを調べることもできました。どういう研究者がいて、どういう論文があるのか、などですね。当時は、インターネットを使っているのは主に学者や研究者が多かったのですが、いまでは誰でも気楽につなげられるようになりましたね。

ジーンズに藍染めの印半纏コートという出で立ちで小布施道内を早足で闊歩するセーラさん。彼女はまさに、小布施のシンボルともいえる存在 小布施堂内は、ほとんどがオープンガーデンになっており、観光客がゆったり鑑賞できるようになっている。小布施では、オープンガーデンが盛んで、小布施堂以外にも、多くの民家がオープンガーデンを行っている

桝一の事務所を縮小して、店内を広くしたおかげでできあがったバー。事務所縮小に動こうとしない社員たちを尻目に、セーラさんが巨大なハンマーを持って壁を壊した逸話は有名。 小布施堂内は、ほとんどがオープンガーデンになっており、観光客がゆったり鑑賞できるようになっている。小布施では、オープンガーデンが盛んで、小布施堂以外にも、多くの民家がオープンガーデンを行っている

私が働いている「枡一」のお酒の中には、インターネット上でしか購入できないものもあります。私は、古い伝統を活かすのは、新しいテクノロジーだと思っています。古い伝統を持つ、昔ながらの作り方で作るお酒を新しいテクノロジーであるインターネットで販売する。インターネットで古いものが活きてくるわけです。私は数年前にテレビに出たことがあるんですが、何分もしないうちに、商品の問い合わせが殺到したんです。でもその時、インターネットがあったので、混乱することなく1週間に1万件もの注文を受けることができました。


小布施ならではのものを作っていきたい、と語るセーラさん。その笑顔には自信と意欲が満ちている

先日、アメリカでWebデザインの仕事している人から、

「日本の酒蔵でインターンシップで働けませんか?」

とEメールが送られてきました。

「その気持ちが本気であることを、私に納得させてください、私を説得することができれば手伝います」

って返信したんです。数日後、私が納得できる内容の返事が来ました。その人は、去年の12月から1年間ということで「枡一」の手伝いに来ています。空港で出迎えた時がお互い初対面です。インターネットがなければ絶対出会えなかった人と、いまは一緒に仕事をしているわけですから、 すごい時代だと思いますね。

インターネットはすべての人に楽しんでもらいたいですね。特に、おじいさんやおばあさんにも!例えば、遠くに住んでいるお孫さんと同時に始める、というのは効果的だと思います。 孫の顔が、しかも今日撮った写真が、インターネットで即座に送られてくるとしたら、おじいさんやおばあさんも、楽しくてすぐに夢中になれるのではないでしょうか。
http://eco.goo.ne.jp/life/slow/internet/conts03-2.html


08. 2013年8月04日 18:46:10 : W18zBTaIM6


セーラ・マリ・カミングス 2012年8月22日


木桶造り保存会

この名前を聞いて発案者が日本人でなくアメリカの女性だと考える人はまずいないだろう

しかし現実はアメリカ ペンシルベニア州でで生まれ育ったセーラ・マリ・カミングスさんが発案したのである

枡一市村酒造場は長野県小布施にあるこの蔵は葛飾北斎の晩年、パトロンとして北斎を支援した事でも知られている

http://www.masuichi.com/


その北斎の描いた富嶽三十六景の中に木桶の胴をこしらえている職人さんの絵がある

木桶の大きな円の向こうに富士が収まって見える

1994年春に枡一市村酒上場に入り様々なことを実践してきたセーラにとって木桶は酒蔵のシンボルのように思えた

外国人が見学に来て貯蔵が木桶ではなくホーロータンクであることにがっかりする姿も見ていたのである

昔の酒はみんな木桶でお酒を仕込んでいた

しかしいつの間にか効率と酒税法の問題で日本中の酒蔵が木桶からホーロータンクに代わっていった

木桶の場合はどうしても自然にお酒が減ってくる

しかし改定酒税法ではその分も酒税を払わなければならない

ホーロータンクは欠減率も低く、雑菌も少ない

このことで一挙に酒は桶からホーロータンクにとってかわったのだ

しかしセーラは木桶の存在を蔵のシンボルだけではなく実際に酒の造り手の道具として復活させたかった

それほど木桶には存在感もあり日本の伝統を感じさせた

市村社長に話すといい考えだと思うが難しいと思うという答え

しかしセーラはあきらめなかった

木桶職人をなんとか探し出し発注することができた

しかし問題はそれだけではなかった

蔵の遠山杜氏だった

容器の手入れ、山廃仕込みの手間の多さ

それらを考えると容易にOKの返事を遠山杜氏は出せなかった

セーラが口説く

オヤジサンがここででやってくれておかないと伝統は途切れます

今の私たちが次の人たちに何を残せるかと言えばその伝統なんです

オヤジさんは蔵と私たちにとって欠かすことのない存在です

どうかもう一花咲かせましょう

泣かせる言葉に遠山杜氏も重い決断をしたのである

それからも様々な難問を持ち前のバイタリティと情熱でクリアーしていく

そしてミレニアムの年2000年に木桶仕込みの酒2000本を発売することができた

枡一市村酒造場にとって50年ぶりに復活した木桶仕込みの酒となった

これを機にセーラは全国の蔵元に参加を持ちかけていく

2002年2月には全国から集まった30の蔵元で小布施で会合を開くことができた

まさに日本人がやらなければならなかったことをアメリカ人の女性セーラが指摘し実践したのである

木桶仕込みは温度管理も大変だしカビもわきやすい、手間がかかる

しかし木桶で作ると蔵の酵母だけではなく木桶の微生物も作用して複雑な味になる

そして年ごとに味が違う

その不確定な要素はビンテージと言う概念を生み出すことができる

木桶仕込み保存会は順調に発展をして今日に至っている

私も浦霞、澤の井などの木桶仕込みを飲んだことがあるがまさに複雑な味

忘れかけていた日本を思いだすような味だった

http://www.okeok.com/

セーラは2002年日経ウーマンオブザイヤーを受賞した

その後も様々な活躍をされ今年は枡一市村酒造場の代表取締役として大吟醸を楽しむ会にも参加いただいた

最初宮崎に来られた時は独身だったが結婚され今や子供3人の母親になられている

相変わらずの明るさと陽気さは周りを華やかにする

タンゴを踊るように精力的に動き回ってセーラは独自の単語を作って行く

桶オッケー(OKEOK) 2000年

いつか桶がOK【大丈夫】になることを願い・・・・

小布施ッション(OBUSESSION) 2001年

ゾロ目の日に行う知的刺激の文化サロン

鬼場(ONI BAR) 2005年

お2階にあるバー 手造りの鬼瓦で飾るピアノバー

フランス語ではレッツゴーの意味

鬼場にオニバー!

まさしくセーラならではの楽しさ溢れる単語(タンゴ)だ

これからもいろんなニュータンゴを披露してくれるのを楽しみにしている

効率と言う名のもとに日本人は大切な文化を無くしてきたように思う

素晴らしい日本だけのオリジナリティがあるのに効率を求めるばかり、それらを捨て去ろうとしている

職人と言われる方々が木桶だけではなくすべての分野で高齢化している現在

私たちは今こそ日本文化を継承していかなければならないと感じている

葛飾北斎の木桶屋の職人さんと富士山の風景の中に日本人は再度大切な文化を見出すべきである

そのことを思い出させてくれたセーラの日本伝統文化の活性化の努力に深く感謝したい
http://www.m-pro.tv/2012/08/post-300.html


09. 2013年8月04日 19:02:06 : W18zBTaIM6

日本の伝統を継ぐ外国人たち 2008年7月1日 (伝農 浩子=フリーライター)

日本酒造りのあるべき風景 木桶仕込みを復活させる


 冬の声が聞こえるとまもなく、酒蔵の軒先には次々と鮮やかな緑の杉玉(すぎだま)が下がる。これは酒林(さかばやし)とも呼ばれ、今期最初の新酒ができたことを告げるものだ。杉玉が茶色に変わっていくと共に酒は熟成されていく。全国には約1700の酒蔵があり、約1万種もの酒が造られているといわれる。その中で昔ながらに木桶を使って仕込みをしている蔵は数少ない。しかし、これは細い糸でわずかにつながっていた木桶仕込みの伝統が、完全に切れてしまう寸前につながれたもの。「伝統を継ぐ」どころか、一度は途絶えた伝統を復活させたのが、枡一市村酒造場の取締役セーラ・マリ・カミングスさんだ。

「日本酒って木桶で仕込んでいるんじゃないの?」


初めは素朴な疑問だった。長野県の小布施で250年以上続く日本酒の蔵元(酒造メーカー)、桝一市村酒造場(ますいちいちむらしゅぞうじょう。以下、桝一)で取締役を務める、セーラ・マリ・カミングスさんは言う。

「日本酒って、木桶で造っているものだとばかり思っていたんですよ。だって、アメリカで見た日本酒のパンフレットは、桶を描いた浮世絵がシンボルとして描かれていました。外国人はみんなそう思っていますよ、今でも。でも、酒蔵に入ったら違っていた」

初めて日本酒に触れたのは、関西大学に留学していたころ。何度も一気飲みをさせられて「2度と飲まない」と誓ったという。しかし、再び来日し、桝一の同族企業である和菓子メーカーの小布施堂に入った1994年に、日本文化を知ろうと参加した唎酒(ききざけ/試飲)大会で、種類の豊富さに驚く。その翌日には、長野県酒造組合が主催する信州酒愛好会「信州酒倶楽部」に誘われ、参加した。

「大学時代は、日本酒って1種類しかないと思っていた。でも、造り方もいろいろで、ワインのようにとても豊かで種類が多いことを知り、海外に紹介したいと思ったんです」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/cover/foreigner/080701_kikizake1/



そして、その冬、桝一に酒蔵1日体験を申し出る。素人には手を出せない世界のため、言われたことだけを手伝い、あとはそばで見ているだけだった。しかし、その作業風景に強く心を引きつけられた。

後に、使っていない酒蔵を利用して低予算のレストランを作ろうという計画が持ち上がったときに、「(仏高級ワインの)ロマネ・コンティがドライブインを出しますか」「丹精込めて造る酒に、レトルトの料理は合いますか」(『セーラが町にやって来た』(清野由美)より)と頑として反対したのも、その誇りある仕事を見たためだった。そして、このレストランの成功で、セーラさんは1998年から枡一の取締役となる。

唎酒大会で、日本酒に興味がわいた。1995年秋には、飲食店や酒販店などで日本酒の説明をしたり、料理などに合せた日本酒を勧める技術を証明する唎酒師呼称資格を取るための認定試験に挑戦した。

日本酒の歴史から醸造方法、料理との相性まで、日本人でも難しい幅広い知識と感性が必要とされる試験にみごと合格。欧米人初の唎酒師が誕生した。

木桶仕込み再開への高いハードル

木桶仕込みで作られる酒。長く途絶えていた風景だ。


かつてはどこの酒蔵でも大きな桶を使って仕込んでいた。しかし、高度成長期に入った昭和30年代(1950年代後半)から、桶はホーローや合成樹脂などの大型タンクにその役目を奪われる。改訂された酒税法に対応しなければならないことや、木桶仕込みで起こる目減りがほとんどない、手軽に清潔さを保てる、均質な酒を大量に生産できる、管理が楽など、理由はいろいろある。大型タンクに切り替えることを、ほとんどの蔵元は当然のこととして受け止め、実行してきた。そして、最終的には、伊勢神宮のお神酒のために桶仕込みの酒を造るだけとなったのだ。

木桶仕込みをセーラさんに提案されたときのことを思い出しながら、社長の市村次夫さんは言う。

「桶は確かに重要なポイントでしたね。ショックだったのは、それまで木桶仕込みなんて思いもしなかったこと。考えてみたら、タンクで造る方が桶より味が良くなるという話は1つもないんです。タンクは均質で雑味(荒さやクセのある味)の少ない酒が楽に造れるけど、雑味と風味も紙一重。酒って嗜好品だから、個性がなけりゃ意味がないんだよ」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/cover/foreigner/080701_kikizake1/index1.html

よけいな菌を避けるため、蔵人(くらびと/酒造りの職人)は酒を仕込んでいる間、納豆を一切食べないところが多い。理由はつくとやっかいな納豆菌を持ち込まないため。衛生管理が厳しくなっている現在でも、少なくとも麹室に入る数日前からは食べないという。それほど、酒造りは繊細な作業なのだ。

枡一でも木桶仕込みを止めてからすでに50年が経っていた。幸い、当時70歳を超えたばかりの大杜氏(おおとうじ/酒造りを任されている各蔵の責任者を杜氏といい、桝一では代を譲った前杜氏がアドバイザーとして残って大杜氏と呼ばれている)が、唯一、若いころに木桶仕込みを経験していた。セーラさんは逡巡する大杜氏を、言を尽くして説得した。

「木桶仕込みを止めたのは作り手側の理由。私は単純に、木桶で仕込んだ日本酒が本来の味で、それを飲みたいと思ったし、酒造りの風景には木桶がなくてはならないと思った。その伝統を絶やしてはいけないと思ったの」

ついに木桶仕込みの酒「白金」を世に出す

しかし、まだ大きな問題があった。桶を造る職人がいないのだ。枡一にはかつて使っていた1.7メートルを越える高さの大きな樽が4つ、そのまま残されていたが、さすがに使えるものではない。電話帳を片手に片っ端から県内の桶屋に問い合わせたが、どこも引き受けてはくれない。そこへ、大杜氏が昔の記憶をたどり、新潟の桶屋を思い出してくれた。新潟の職人は70歳を超えていたが健在で、新しい桶作りを引き受けてくれた。聞けば、その当時、枡一の木桶造りをしていた職人で、小布施にも来たこともあるという人だった。

セーラさんが造ろうとしていたのは、かつて桝一で造っていた名酒「白金(はっきん)」だった。酒米には、長野県が酒造好適米として開発した「金紋錦」を使いたかったが、ある蔵元専用に作られているだけだと知る。そこで、その蔵元を直接訪ね、分けてくれるよう頼み込んだ。道具や材料が揃い、通常より手間のかかる「山廃」という製法をとって、1998年秋に試験的に仕込みが行なわれた。


酒造場の店内に入ると正面に描かれた絵には、「酒」を造る職人と、ハシゴを支える金髪の女性、扇子で仰ぐ社長の姿が。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/cover/foreigner/080701_kikizake1/index2.html


熟成を待って1年後に届けられた酒は、深みのある味わいで、誰の評価も高いものだった。そして、翌2000年、美しいシルバーのボトルをまとった「白金」は、ミレニアムを記念して2000本限定で発売される。750mlで1万500円という高値にもかかわらず、あっという間に完売したという。

日本が誇れる伝統、桶職人が危ない

図らずもこの1件で、酒造りができるほどの大きな桶を造る職人はもう少なくなってしまい、居たとしても高齢で、後継者もいないことに気づかされることとなった。

かつての日本では、まず酒蔵で使われた桶が、味噌屋へ、そして醤油屋へ、と、使い継がれていたという。大好きな、古き良き日本文化における木桶の存在に危機感を覚えた。他の酒蔵にも木桶造りを働きかけた。「今さら桶なんて」と言う蔵元には、「あなたみたいな人がいるから、日本酒業界がだめになる」とまで言ったとか。

「ロマンのある酒造りができる環境も必要です。フランスでは、昔から樽が大切にされているんですけれど、樽職人も本当に大事にされているんです、今でも。名人とされる人は、その人が作ってくれないとワインも仕込めない。日本もそうなると良いのになぁ、と」


「いまさらおけを考える会」の様子。

そして、2002年1月には酒蔵の有志を募り「桶仕込み保存会」を発足させ、小布施堂文化事業部が事務局となった。2006年4月にはNPO法人化を目指し、六本木ヒルズで「いまさらおけを考える会」を開催。今年(2008年)、やっとNPO法人となった。現在、18の蔵元が参加し、12月21日には記念するイベントを開く予定だ。

「手続きに時間がかかってしまって……。もたもたしている間に職人さんはどんどん高齢化するなど、深刻な状況になってきているんです」と心配そうだ。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/cover/foreigner/080701_kikizake1/index3.html

瓦屋根の家並みに桶屋の音が響く、日本酒が似合う日本でいてほしい

1999年12月に日本酒造組合中央会の日本酒造青年協議会員となる。外国人として第1号だった。さらに、2004年5月には日本酒造組合中央会で初の女性代表幹事に就任した。

酒造りにかかわらず、瓦を焼く際に燻すため落ち着いた光沢となる燻し瓦の復興など、消えそうな日本文化を残すことに必死だ。

「1つのことにかかわっている間に、他にいくつも消えてしまうものがある。そして、職人さんなど、すごくお世話になった人が何人か亡くなっている。その人たちの期待に応えなきゃいけない。職人さんたちの魂を将来に伝えていくことがいちばん大事。そのスピリッツ、生き様、根性。熟成文化がものを大切にする文化だと思うんです。日本酒が似合わない日本にしてはいけない」

酒造りの伝統を若い世代につなぐために、桝一では、冬場仕事である酒造りの蔵人が、年間通して働けるよう勤務形態を整えた。そのかいあってか、2000年ころから、夢を持って酒造りに挑む20代の若者も増えているという。

セーラさんはことあるごとに訴えている。

「日本人は“まね”ばかりと言われているけど、こんなに立派なオリジナリティを持っている。それなのに、自分たちで捨てようとしている。こんなにもったいないことはない」

「もったいない」は、「物」に対してだけではない。「もったいない」の、本当の意味を知らなかったのは、日本人の方だったのかもしれない。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/cover/foreigner/080701_kikizake1/index4.html


10. 2013年8月04日 19:09:33 : W18zBTaIM6

国柄探訪: 台風娘の町興し(上)〜 セーラと小布施の人々

長野オリンピックと国際北斎会議を機会に、 セーラは伝統文化による町興しに邁進した。


■1.「マレーシアのセーラなんとか」

 長野県小布施(おぶせ)町にある栗菓子の老舗「小布施堂」の社長・市村次夫に、妙な電話がかかってきたのは平成6(1994)年春のことだった。電話の向こうから聞こえてくるのは、たどたどしい日本語の、しかしやけに元気で弾けるような外国人女性の声だった。

 どうも「マレーシアのセーラなんとか」と名乗ったようだが、よく聞き取れない。そして「小布施堂の仕事に興味を持っているのでお会いしたい」と言っているようだ。「マレーシアの女性がどうしてウチに興味があるのだろう」と素朴な疑問を抱きながらも、市村は面白がって面会を承諾した。

 女性は長野市内にいるというので、小布施までは電車でも30分ほどの距離である。しかし、それから2時間経っても、一向に姿を現さない。ようやく現れたのは、アメリカの青春ドラマから抜け出したような、長い金髪の美しい女性だった。本人は「マルイチ産商のセーラ・カミングス」と名乗ったのを、市村は「マレーシア」と聞き間違えたのだった。

「ごめんなさい。自転車で来たので、ちょっと道に迷ってしまいました」と息を弾ませながら、セーラは元気一杯に挨拶した。

■2.「通訳だけしてくれればいい」

 セーラはアメリカ東部ペンシルバニアの田舎町に生まれた。小さい頃からお転婆娘で、小学校の野球チームではただ一人の女の子で、投手として活躍した。ペンシルバニア州立大学では国際ビジネスを専攻したが、同時に日本の歴史文化に興味を持ち、第二の専攻として日本語を学んだ。

 在学中の平成3(1991)年に来日し、関西外語大学に交換留学生として1年間過ごした。周囲の日本人もとても親切で、日本の生活を面白く感じた。そして将来、日米の架け橋になるような仕事をしたいと夢を膨らませた。

 平成4(1992)年、大学を卒業したセーラは、ある日本人の紹介で、長野市内のマルイチ産商に勤めながら、平成10(1998)年に開催される長野冬季オリンピックのボランティア・スタッフとして働くという機会を得た。

 だが、再来日したセーラを待っていたのは、大きな挫折感だった。マルイチ産商では、親切にホームステイ先を紹介してくれたが、職場では普通の女性社員としての仕事しか与えられなかった。またオリンピックのボランティア・スタッフの仕事も、「通訳だけしてくれればいい」というものだった。

 元気一杯の自分を活かせずに、意気消沈していたセーラに上司が「だったら小布施堂の社長に会ってごらん。あそこならおもしろいことをやっているから」と紹介してくれた。その上司が市村に話をする前に、セーラは持ち前の突進力で自分から小布施堂に押しかけてきてしまったのだった。

■3.「社員に英語を教えるな」

 小布施堂本店は、屋敷門、格子窓の商店、土蔵など重厚な建物が集まる小布施の中心地にある。落ち着いた風格のある町、澄んだ空気、東西を囲むなだらかな山々。そしてなによりも、今、ここに住んでいる人々が暮らしを大切に楽しんでいる雰囲気。この町に着いた時、セーラは「あ、ここなら私の居場所がある」と直感した。

 この町も、つい30年前には、高度成長に取り残され、農業に頼るだけの地方の一町村に過ぎなかった。そんな小布施の町を変えたのが、市村次夫の父で、町長を務めた郁夫だった。

 郁夫は町に伝わる葛飾北斎の肉筆画を目玉にした美術館「北斎館」を開館させて、町興しの気運を高めた。郁夫の死後、後を継いだ次夫は、8年以上の年月をかけて栗の木レンガを敷いた道沿いに小布施堂などの重厚な建物が並ぶ街並みを整備した。この町並み修景事業は全国規模の話題を集め、小布施を訪れる人々は飛躍的に増加した。

 修景事業が一段落し、市村次夫が新たな一手を探っている時に、飛び込んできたのがセーラだった。市村はセーラを一年更新の契約社員として雇い、「経営企画室」に配属させた。

 市村がセーラに言った事は「社員に英語を教えるな」だけだった。セーラが何か、自分で考えて、やり始める事を期待したのである。


■4.「ここでは誰からも期待されていない」

 唐突に登場した金髪娘に、社員たちは戸惑った。セーラが出社すると、職場にはみるみる気まずい空気が流れた。朝、敷地内で職人頭とすれ違った時に、「オハヨウゴザイマス」と声をかけたら、相手は困った様子で顔をそむけた。セーラが意地になって、さらに挨拶を5回繰り返したら、じりじりと逃げるように向こうに言ってしまった。職人頭も青い眼の金髪娘にどう接したらよいのか、途方に暮れていたのだった。

 セーラは、自分は「ここでは誰からも期待されていない」と感じ取った。それなら、自分でやるべき事を見つけるしかない。市村は小布施堂の文化事業として、自社施設を使ったコンサートを開いたり、デザイナー、コピーライターなどを集めたイベントをしていたが、バブルの崩壊後、いったん終息していた。

 次の文化事業を考えようとセーラは思った。文化とは専門家が高所から論ずるものではなく、その地域にしかない生活史を掘り起こし、次代に継承することだと考えていた。

 そこで着目したのが、北斎だった。葛飾北斎は90歳という長寿を全うしたが、最晩年にたびたび小布施に逗留した。その時のパトロンを務めたのが、市村の5代前の先祖、幕末の文人豪商・高井鴻山(こうざん)だったのである。


■5.誰もが「OBUSE」の地名を知っていた

 江戸時代の浮世絵を世界的な芸術として評価・再発見したのは欧米人だった。セーラによれば、アメリカの大学生の教養として、「HOKUSAI」や「HIROSHIGE」の名前は当たり前に浸透していたという。

__________
 そのなかでも北斎は格別なのです。『赤富士』『神奈川沖波裏』・・・。日本人がルノワールの絵に馴染みがあるように、アメリカの学生はみなそれらの絵を知っています。知っているだけでなく、高く評価し尊敬しているのです。[1,p47]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 セーラは仕事や休暇で海外に出かけると、美術館や美術商、古書店を巡って、北斎に関する資料や情報の収集に励んだ。特に大きな成果があったのは、ワシントンのスミソニアン博物館と、ニューヨークのメトロポリタン美術館だった。スミソニアン博物館では、北斎に関する文献が500冊以上も収蔵されており、セーラを驚喜させた。

 メトロポリタン美術館では、1990(平成2)年にイタリアのベニスで開催された「第一回国際北斎会議」の論文集を見つけた。英語で書かれた20本の論文のうち、なんと9本が北斎と小布施の関係に言及していた。

__________

 でも、その会議に小布施の人はひとりも参加していなかったんです。海外の研究者がこんなに小布施に注目しているのに、当の小布施住人がそのことに気付いていない。これもなんてもったいないことだろうと思いました。[1,p50]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 その翌月、ロンドンのオークション会社サザビーで、北斎の作品が競売にかけられると知って、セーラは駆けつけた。オークション会場に集まった世界の有力な北斎収集家は、これまた誰もが「OBUSE」の地名を知っていた。

 セーラは国際北斎会議を小布施に招致しようと考えた。第1回は1990(平成2)年、第2回は1994(平成6)年にいずれもベニスで開かれていた。4年サイクルなら、次は1998(平成10)年ということになる。ちょうど長野五輪の開催年であり、また奇しくも北斎没後150年にあたっていた。


■6.テレビ番組「開運! なんでも鑑定団」まで招致

 セーラは、イタリア・ベニス大学、アメリカ・ハーバード大学、学習院大学、東京大学などで世界の北斎研究のキーパーソンたちに直接会って、国際北斎会議の小布施招致の交渉をした。

 翌平成8(1996)年、セーラの奔走が実り、ついに平成10(1998)年に第3回国際北斎会議が小布施で開催されることになった。

 小布施町議会は会議のために48百万円の拠出を承認し、県や自治省からの予算、さらには寄付金、関連イベント入場料やグッズの売り上げ見込みなどを合わせて、2億円規模の予算が組まれた。

 また、基調講演者には日本研究の重鎮ドナルド・キーンを招き、イタリア、オランダ、オーストラリア、アメリカ、ロシア、日本の北斎研究者たちが発表を行う。

 さらにセーラは会期中に町のあちこちで行うイベント「北斎フェスティバル」の企画も、町とともに進めていった。江戸時代の長屋をテントで再現し、そこで浮世絵の彫りと摺りを実演したり、町立小布施中学校の体育館では野村万作、萬斎による狂言の特別公演、さらにテレビ番組「開運! なんでも鑑定団」に出張鑑定を頼み、地域に眠る北斎ゆかりの品々をお宝鑑定してもらう。

 セーラは、学術性だけでなく、小布施の人々が自然に楽しめるイベントを同時に組むことにこだわった。こうした硬軟とりまぜた企画により、最初のうちは遠巻きに眺めていた小布施の人々の心を次第に惹きつけ、徐々に参加を促していった。

 国際北斎会議に向けて奔走するセーラが、町を歩いていると、「がんばってね」と声をかけられることが多くなった。小布施に来た当初は「ここでは誰からも期待されていない」と思ったセーラを、小布施の人々が受け入れ始めたのである。


■7.オリンピックグッズに伝統工芸品を

 大車輪で、国際北斎会議の準備を進めるセーラにもう一つの大きな仕事が舞い込んできた。長野オリンピックでのイギリスの訪問団、選手団の世話役である。訪問団の中にはアン王女や英国大使といったVIPまで含まれている。セーラのの役割はレセプションの開催から、交通手段や宿泊先の確保といった裏方作業まで含まれていた。そうした地味な仕事もセーラは精一杯こなしていった。

 たとえば「携帯電話を28台用意して貰いたい」といった要望がでた。セーラはNTTと交渉して、その携帯が外国人にどれくらい評価されるかモニターになる、という提案をして、タダで借りてきてしまった。

 勢いに乗ったセーラは、小布施堂オリジナルのオリンピック・グッズ制作に乗り出した。赤、青、黄、黒、白というオリンピックカラー5色の蛇の目傘を150本作り、オリンピック委員会のライセンスを取った上で、同委員会に寄付し、一般にも販売するというものだ。

 セーラは、巷で売られているオリンピックグッズから、日本の伝統工芸がばっさり抜け落ちているのが残念でたまらなかったのである。

 しかし、問題は3ヶ月の期限内にそれだけの蛇の目傘を仕上げてくれる伝統職人がなかなか見つからないことだった。セーラは持ち前の突進力で、職業別電話帳の「和傘工房」のページに載っている電話番号を片っ端からかけて行った。

 30軒以上断られて、ようやく京都の内藤商店が受けてくれた。内藤商店でも「無理だ」と思ったのだが、セーラの熱意にほだされたのだった。しかもセーラは、日本人の知らない細部の技術まで調べていて、和傘の先端につける小さな布の「かっぱ」と蛇の目の色を合わせるところにまでこだわった。内藤商店では、白い生地をセーラの望む色に染め分けて、なんとか要望に応えた。


■8.セーラが目指した町興し

 平成10(1998)年2月7日、長野冬季オリンピックが開幕した。その晩、アン王女、英国大使、そして英国選手団を迎えて、小布施での選手激励会が開かれた。セーラを筆頭に、町のボランティアと小布施堂が総力を結集して企画準備したもてなしである。

 地元の勇壮な小布施太鼓を聴きながら、酒蔵でのオードブルと食前酒、明治時代に建てられた市村家本宅の座敷での古式豊かな懐石料理。小布施の伝統文化はアン王女をはじめ、英国選手たちを魅了した。

 オリンピック閉幕の2ヵ月後、こんどは国際北斎会議が始まった。4月19日からの4日間、小布施の町には国内外から500人を超える人々が訪れた。小布施は宿泊施設が乏しいので、住民のボランティアがホームステイを受け入れて、普段着のもてなしをした。

 オリンピック開催の中心地となった長野市では、その後の経済の落ち込みが激しかったが、小布施を訪れる観光客は増え続けていった。人口1万2千人の小布施町を訪れる観光客は、昭和63(1988)年には約37万人だったが、平成12(2000)年には120万人と町の人口の百倍に達している。

 小布施町の伝統文化を掘り起こし、それを町の人々が毎日の生活の中で楽しみ、誇りにしている様が、多くの観光客を惹き付けているのである。そしてそれこそ、セーラが目指した町興しであった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogdb_h22/jog636.html

 国柄探訪: 台風娘の町興し(下) 〜 老舗蔵元の再出発

セーラは伝統の根っこから新たなエネルギーを引き出し、老舗蔵元を再出発させた。


■1.「蔵人が丹精込めて造る酒に、レトルトの料理は合いますか」

 セーラが国際北斎会議の招致活動に本腰を入れていた平成8(1996)年、社長・市村次夫は小布施堂の親会社・桝一酒造場の古い酒蔵を、レトルト食品を出すローコストのレストランに改築する案を発表した。桝一酒造場は長年、赤字が続いていたが、17代250年にわたる市村家の根幹事業を潰すわけにもいかず、苦し紛れの利益稼ぎに考えた案だった。

 ところが、その案に猛然と反対したのが、セーラだった。「蔵人が丹精込めて造る酒に、レトルトの料理は合いますか」と、セーラは市村と顔を合わせるたびに、激烈な疑問の嵐をぶつけてきた。

 市村は「口出ししないでくれ」と突っぱねたが、そのうちにセーラの言い分の方が理が通っている、という気持ちになってきた。苦渋の末に、市村は建築会社に酒蔵改造工事の撤回を継げた。着工予定のわずか5日前のことだった。


■2.日本酒が体現する日本文化の奥深さに感動

 セーラが猛然と反対したのは、桝一酒造場の蔵人たちの作業を見ていたからだった。日本酒は12月から2月の終わり、一年のうちで寒さが一番厳しい時期に仕込み作業が行われる。手が痺れるほど冷たい水に、酒米をなんども漬け、洗う。次に巨大な釜で蒸し上げる。蒸し器から立ち上がる高温の水蒸気に、上半身裸の蔵人たちが汗を流しながら、作業を続ける。

 桝一の大杜氏(おおとうじ)、15歳のときから60年以上も酒造りに関わってきた遠山隆吉は「金髪の外国人が物珍しいと思って来たのだろう」と気にも留めなかったが、セーラはその光景を見て、日本酒が体現する日本文化の奥深さに、深い敬意を抱いた。[1,p94]

__________
 酒蔵の内部は神秘的な空間で、そこで働く蔵人は、とてもカッコよかった。手間をかけて人が酒を造ること、その心と精神に私は感動したんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「蔵人が丹精込めて造る酒に、レトルトの料理は合いますか」という反対の裏には、こういう感動があったのである。


■3.「来週、香港に行きます」

「モーフォードさんが興味を持ってくれたようなので、来週、香港に行きます。社長もご同行をお願いします」と、セーラが市村に言ってきたのは、それからしばらく後のことであった。

 モーフォードとは、香港在住のアメリカ人デザイナーで、その先鋭的な感覚と仕事の確かさは世界的な評価を受けていた。東京新宿の高級ホテル「パークハイアット東京」の内装を手がけており、セーラは、上京の折に訪れたこのホテルの居心地の良さに強い印象を受けた。そこで桝一酒造で新しいレストランを始めるには、モーフォードに建物の監修を頼もうと考えたのだった。

 市村はセーラからこの案を聞いていたが、世界的な評価を受けているモーフォードが、日本の田舎町の小さな仕事を受けてくれるかどうか、極めて懐疑的だった。

 しかし、セーラは直接モーフォードに電話をし、小布施の町と小布施堂の説明をし、酒蔵の再生について、自分の思いのたけをぶつけた。そして、香港で事業のプレゼンテーションをする約束を取りつけたのだった。

 しかし、セーラが市村に言ってきたのが金曜日で、「来週」とは月曜日のことだった。市村は急遽、若い社員を動員して、小布施の町と小布施堂界隈の町並みをビデオに収めた。

 海外にはまったく知られていない日本の酒蔵の改装という小さな仕事だったが、モーフォードは小布施の蔵や木造屋敷が並ぶ光景に、並々ならぬ興味を示した。そして、このプロジェクトを受諾したのである。


■4.「それはノーです」

 新しい和食レストランは、酒蔵の一部を使うから「蔵部(くらぶ)」と命名された。モーフォードのデザインで、酒蔵の改装工事は、平成8(1996)年10月から始められた。

 モーフォードは、日本の伝統的な建築様式を生かした中で、客にとって居心地のよい空間作りを目指した。外壁や内装の色合い、材質にも本物にこだわり、工事主任を務める北野建設の小島義明施行者を悩ませた。

 たとえば外壁の枠に使う木材の色は「市村本宅の屋敷門の色」と指定してきた。小島が、「あれは年月がたったから出た色、難しくてできませんよ」と文句を言うと「あきらめずにチャレンジしなさい」 職人がいろいろな塗料を調合し、様々な塗り方を試して、サンプルを作り続けた。

 そんなモーフォードの本物主義を徹底的に擁護したのがセーラだった。小島は言う。[1,p101]

__________
 セーラも言いだしたら聞かなかったし、また行動が突拍子もなくてねえ。現場の言い分をモーフォードさんに通訳してくれって頼んでも「それはノーです」って返されると、「おめえに聞いてるんじゃねえやっ」って、こっちも熱くなって。でもそういう対決をすべてセーラが背負ったから、モーフォードさんの考えがすべて生かされたんだね。こっちも施主が(市村)次夫さんなら、という信頼で最後まで付き合えた。26年間の経験のなかでいちばん思い出深い仕事です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 セーラは蔵部で働く人々の姿にもこだわった。短く刈り込んだ頭に鉢巻きをキリリとしめ、襟に「桝一市村酒造場」の文字を染め抜いた藍の印半纏(しるしばんてん)に股引き。そんな粋な男衆がきびきびと働く姿こそ、この店に、ふさわしい。


■5.「ありゃあ一匹狼なんだと思ったねえ」

 工事が進む間に、セーラはこの蔵独自の銘柄酒を新たに造り出す計画にも着手した。酒蔵での仕込みの風景に感動したセーラは、自ら日本酒の勉強をして、欧米人では最初の「利き酒師」の資格をとり、日本酒に関しては並の日本人よりもはるかに深い知識と造詣を得ていた。

 セーラにとって、日本酒の味わいは、それぞれの蔵元の特徴と料理との組み合わせで違ってくる。それなのに、大吟醸ブームのように、みんなが同じような造り方を真似するのは「違うんじゃないかなあ・・・」とセーラは考えていた。

 そこで、大杜氏(おおとうじ)の遠山隆吉には、原料には長野産の「美山錦」を使い、大吟醸ブームの逆をいく本醸造か純米酒で行きたいと伝えた。遠山に異論はなかった。

__________
 とにかく、気が強いというか・・・。いや、気が強いだけじゃなくて、酒のことを本当によく勉強してるんだ。ただのアメリカ人の女だと思ったら大間違いで、ありゃあ一匹狼なんだと思ったねえ。[1,p123]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「杜氏集団も一匹狼の集まり」と言う遠山は、セーラを自分たちと同類の人間と認めたのである。

 遠山が手がけた新銘柄は、江戸時代に桝一が使っていた□の下に一と書く「ますいち」を英語読みして、セーラが「スクウェア・ワン」と命名した。


■6.ハンマーを振るう台風娘

 蔵部の工事が進むに連れて、セーラはそれにあわせて桝一の店舗そのものもリニューアルが必要だと考えた。5人ほどの従業員が働く事務所部分が、店部分よりもはるかに広くとってあり、セーラはお客さまのためのスペースを増やしたいと考えたのだった。

 市村も、蔵部と店の統一感を出すために改築が必要と考えていたが、古手の社員の説得が大変だと、逡巡していた。だからセーラが提案しても、曖昧な返事しか返さなかった。

 しかし、セーラはそれを「イエス」と解釈した。店舗部分の責任者で、市村次夫の「はとこ」にあたる専務の市村憲彦は、セーラが店舗改築を告げにきた時のことをこう語る。[1,p132]

__________
 私たちは帳場で一生懸命、数字をつけていたんですよ。そこに例のごとくいきなりやってきて「明日から隣の米蔵を仮店舗にしますから、ここの場所を片付けてください」って言い出したんです。あの時はさすがにカッときてね。「こちらも大事な用事をやってんだ!」って言い合いになりましたよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 店舗の人たちが動かないと見ると、セーラは実力行使に乗り出した。自ら鉄製のハンマーで、内壁をぶち壊し始めたのである。皆は唖然としたが、そこまでやられると、「やれやれ」といった気配の中で、事務所の移転作業が始まった。この時から、セーラは台風娘と呼ばれるようになった。


■7.「日本の職人技、本物を残したい」

 新生店舗の改築はこうして始まったが、セーラはさらに本物の看板が欲しいと思った。つてを辿って、九州の書道家に躍動感ある「蔵元 桝一市村酒造場」という字を書いて貰った。それを木彫りの看板にして貰う工房を探し歩いたが、どこも機械で文字を彫っており、それでは「男性的なたくましい書の流れ」が出ない。

 セーラがついに見つけたのが富山県高岡市にある工房「三佳(さんよし)」だった。一人やって来て、涙まで浮かべながら、自分の思いを訴えるセーラの姿に、応対した漆(うるし)職人の川口幸子は心動かされた。[1,p143]

__________
 なにしろセーラさんが一途でねえ。私よりひとまわり以上年下のアメリカの方が、日本の職人技、本物を残したいと言うのに、私たちが協力できないというのは、自分でも納得できない。そんなモノ作りに携わる者の気持ちを、セーラさんは強力に押してきたんですね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 大きなヒノキの板に文字を手彫りし、5回、漆塗りを繰り返して、一月ほど乾燥させた後に、プラチナの箔を張る。川口は木彫り職人とともに細かな点まで気を配った。改築の納期に間に合わないと心配する川口に、セーラはこう言った。

__________
 今の時代は納期さえ守ればすべてよしで、ニセモノがまかり通ってしまいます。期限を切ってよくないものを作るのではなく、時間をかけていいものを作りましょう。[1,p144]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 開業から半年遅れでようやく完成した、苦労の多い仕事だったが、川口は「看板を作っている時は最高に幸せでした」と語っている。


■8.「おじいちゃん、カッコイイ」

 平成10(1998)年10月、蔵部が開業し、翌年3月には桝一酒造場が新装開店した。しばらくすると、両店の客層は目に見えて広がっていった。蔵部では、若いカップルや家族連れの客が目立つようになった。新しい銘柄酒「スクエア・ワン」も若い女性に好評で、店舗での自社銘柄酒の売り上げを20倍に伸ばした。

 大きな改革をやり遂げたという達成感が、従業員の誇りと連帯感、桝一への愛着心へとつながっていった。

「桝一市村酒造場」と染め抜いた印半纏(しるしばんてん)と股引(またひき)姿の従業員は、はじめは恥ずかしがったり、ぎこちなかったが、やがて「桝一」の名前を羽織って、おのずと立ち居振る舞い、言葉遣いも磨かれていった。

 年配の営業マンは、印半纏姿での外回りを恥ずかしがっていたが、その姿を見た孫から「おじいちゃん、カッコイイ」と言われて、抵抗感なく着るようになった。雨の日はビニール傘ではなく、セーラが長野オリンピック用に作った和傘を使うようになった。

 町並みや建物、看板だけでなく、こうして昔ながらの印半纏姿できびきびと働く人々の姿も、地域文化の有り様なのである。

■9.「昔のものを大切にしながらイノベーションを重ねていける町」

 台風娘セーラの活躍で、小布施の町では、昔ながらの景観だけでなく、そこでの生活にも仕事にも伝統という根っこから新たなエネルギーを得て、生き生きとした改革が続いている。セーラは言う。 [1,p224]

__________
 小布施には今、生きている人たちが、自分たちの生活を大事にしながら人生を楽しむ姿があります。私は古い町並みが大好きですが、古いものだけに価値を置くと、暮らしは窮屈になってしまいます。昔のものを大切にしながらイノベーションを重ねていける町が、私にとってはいい町です。小布施のような田舎の町には、そんな豊かな生活ができる条件が揃っているんです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 日本全体が小布施のように「昔のものを大切にしながらイノベーションを重ねていける」国になったら、国民ももっと心豊かな生活ができるようになるのではないか。

 セーラと小布施の人々の挑戦は、我々にそんな問いかけをしている。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogdb_h22/jog637.html


11. 中川隆 2013年8月04日 19:33:58 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

桝一「蔵部」レストランの評判は

蔵部 (くらぶ)

ジャンル 郷土料理(その他)、日本酒

TEL 026-247-5300


長野県上高井郡小布施町807

小布施駅から550m

地図
http://tabelog.com/nagano/A2001/A200106/20000248/dtlmap/

営業時間
11:30〜14:30
17:30〜21:00

ランチ営業、日曜営業
定休日 無休


桝一市村酒造場の酒蔵の一部を改装して作った和食レストランで、名前の由来もここにあります。 その酒蔵で造られた日本酒と、レストランの中心部に据えられた竈(かまど)で炊かれたご飯をお楽しみいただけます。

料理は、蔵人が酒造り期間(冬季の 3ヶ月)の泊まりこみに食した「寄り付き料理」をコンセプトにした、焼く、煮る、蒸すのシンプルな和食です。
http://www.obusedo.com/store/detail/club.html

昔はよかったそうです。'13/07 訪問

弥富のいか太郎 さんの口コミ 40代後半・男性・愛知県


信州ロースの重ね焼きを頂きました。栗おこわも追加で注文

で、最初に出てきたのは・・・・モズクです・・・・なぜに????

山の真ん中で海の物って思いながら何か理由があるのかな?

例えば、血糖値が上がりにくく配慮とか

でも、そのあとにまとめて栗おこわ、信州ロース、魚の味噌汁?キャベツの塩漬けがまとめて出てきました。

なんだ、モズクは待ち時間を埋めるだけに使ったのか、お酒を頼む人に対してもモズクではね〜

でも、信州ロースには期待大!さっそく何もつけずに一口・・・・油w 

そうか、塩で食べれば・・・・辛いw 塩が強すぎる つけすぎたのかな? お茶で口をゆすいでもう一口・・・辛いw

わさびで食べれば・・・・油が強いw

親父の口にはこのお店の信州牛は油が強すぎです。 

魚の味噌汁? お吸い物?も臭みが残っていて残念でした。

ここは栗おこわで挽回してくださいって思いながら一口・・・・栗の香りはどこへ・・・時期じゃないからなのか・・・


結局、観光地だから仕方ないと思いました。

近くの人に聞いたら昔は良い板前さんがいたけど、やめてからはね〜・・・私もそれから入ってないって・・・

値段の割には残念でした。


雰囲気は最高!! '12/11 訪問
papapapa (140)さんの口コミ
30代後半・男性・兵庫県


【2012.11.28 13:00ごろ訪店】

昔の豪商屋敷を非常に上手くリノベーションされてるお店。

店内に入れば、まず花をいけていてそれに目がいきます。
真正面に昔の大きな酒樽があり、ライトアップされていてとても不思議な空間となっています。

天井を見上げるとガラス張りになっていて外の明かりが差し込みしたの土間の石をいい感じで照らしています。

その右を見れば大きな厨房があり、オープンスタイルでおくどさんでお米お米を炊いています。
非常に凝った作りで天井も高く広い大空間に蒔きのの煙が充満しお正月に感じる気持ちを感じるお店です。

店員さんたちは酒蔵のイメージしたハッピを着ておりそれもまたふいんきを感じさせます。

ただ残念なのが、料理があまり美味しくなかったことです。

素晴らしい雰囲気の中でおいしい料理が食べたかったなぁと感じました。
注文したメニューはお昼の定食のわさび丼。
自分でわさびをすって食べるところまでは良かったのですがこの丼の内容で980円ないのかなと感じました。

あと、豚汁も追加注文して食べたのですが、これもまたもう少し改良の余地があるように感じました。
その時に食べたメニューが悪かったのかもわかりません。

目の前で魚を調理していたのですがそれは美味しそうだったです。

当日訪れたのは、お昼だったので次回機会があれば夜に行って利用してみたいお店です。

酒蔵の中にお店! '12/05 訪問

まなゆの父 (35)さんの口コミ 男性・長野県

小布施の中心にある小布施堂蔵部。

入口から期待感が高まる。

中に入るとさらに驚き!

酒を仕込む樽が並び、まるでそこで酒を仕込んでいるかのような香り。

席からはキッチンが見える。噂の釜戸もあった!

枡一酒造のお酒を飲もうと思っていたが酒蔵のお店にしては以外に高い。

それでも頼んだが・・・まぁ味の好みは人それぞれだし・・・。

料理も味の好みは人それぞれだが、信州牛や玉子焼きはパサパサでした。

他にも沢山頼みましたが何より残念だったのは釜戸のご飯。

固くて米の味も香りも今一つ。

接客態度も良く無く、お店の雰囲気が物凄く良いだけにただただ残念。

連れはもう行きたくないと言っていました。

観光地では美味しくてサービスも良いのは難しいのでしょうか?
http://tabelog.com/nagano/A2001/A200106/20000248/dtlrvwlst/COND-0/smp2/D-update/1/?lc=0&rvw_part=all


12. 中川隆 2013年8月04日 19:56:02 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


日本の伝統産業を守るスゴイアメリカ人社員!


続いてのスゴイ外国人社員は、長野県北部にある小布施町にいました!
それが…

アメリカ出身のセーラ・マリ・カミングスさん。

一体、ブロンド美人のセーラさんは何をやっている会社で働いているのでしょうか?

それは…


なんと!職場は造り酒屋!しかも、創業は江戸時代、宝暦5年(1775年)という老舗中の老舗「桝一市村酒造場」!

日本酒の会社にアメリカ人女性とは、何ともミスマッチな感じがするのですが、そもそも何でこちらで働くことになったのでしょう?

実は今から17年前、長野オリンピックの開催準備でボランティアとして働くために来日したセーラさんは、日本の伝統文化に触れたいと、こちらの歴史ある酒屋に就職したのです。

しかし、その当時、桝一市村酒造場さんは窮地に陥っていたそうなんです。
そこで、株式会社桝一市村酒造場の市村次夫社長にお話をお聞きしました。

市村社長:ちょうどその時期、酒を造るのは辞めないといけないかなと、覚悟をしていたんです。

会社は当時、お酒造りと和菓子造りの二本立てで経営していたのですが、日本酒の売上げが伸びず、社長は酒造り自体を辞めようとすら思っていたのです。
しかし、それを聞いた入社1年目のセーラさんが立ち上がったのです!


セーラさん:やっぱり目の前から消えてほしくないなぁと、最初からお手上げになってしまうのもいけないと思って、手をあげました!

お酒造りに関してはもちろん素人だったセーラさん。しかし、日本の伝統産業を断ち切ってはいけないと、自ら経営情報室を開き、会社の立て直しに着手したのです。
そこで、まず取り組んだのは「入れ物の改良」!

セーラさん:これが「スクウェア・ワン」と言いまして、ビンそのものが徳利代わりになるのもがいいなと考えました。

そう!この「スクウェア・ワン」は、入れ物を陶器にすることで、そのまま熱燗にできるという優れもの!

実はコレ、入社後に日本語の勉強をしていたセーラさんが、昔の日本酒は陶器に入れて売られていたことを知り、復活させたのです。

さらに、ネーミングにもセーラさんのこだわりがありました。

屋号である「桝一」の桝は四角なので「スクウェア」、一が「ワン」ということで、「スクウェア・ワン」。これは英語で「原点に帰る」という意味を持ち、「初心に帰って酒造りに取り組もう!」というメッセージが込められているのです!

こうして新しく生まれた「スクウェア・ワン」は、大ヒット!

それまでの「鴻山」は、年間500本造っても売れ残っていたのですが、「スクウェア・ワン」の売上げは、なんと2万本以上!

さらに、酒を造る現場にもセーラさんのアイデアが!

それは…


酒造りには一般的になっていたホーロー桶ではなく、木桶を使った昔ながらの酒仕込みを50年ぶりに復活させたのです。

そこで、現場を仕切る桝一市村酒造場の大杜氏・遠山隆吉さんにお話を伺いました。


遠山さん:社長とこれから変わった酒を造ろうって話していて、何が一番いいかってなった時、自分たちが嫌ってた木桶って言われて参ってたら、それをセーラさんが聞きつけて、桶を頼んじゃったから困った。手入れが大変なんですよ!

セーラさん:いいえ、オヤジさんが真っ先にOKしてくれたんでしょ?

なんと!現場の反対を押し切って、セーラさん勝手に木桶を購入しちゃったんです!

セーラさん:当時は、木桶で酒造ってるところが1軒もなくなっていたので、木桶でどんな酒ができるんでしょうと、飲んでみたいなという所から始めたんです。

木桶は温度管理が難しく、洗うのも一苦労なんですが、手間隙を掛けた分、ほんのり木の香りが酒に残り、味わいが増すんです。

遠山さん:桝一の画期的なことをやったということは、我々も感謝してる。本当は我々は嫌ってたんだけどね。ところが今になれば他の工場じゃこんなことやってないでしょ?これは画期的なことなの!

最初に造った木桶仕込みの純米酒「白金」は、限定2000本750mlで1万円という高値にもかかわらず即日完売!

さらに、セーラさんの発案で酒蔵を改装した和食レストラン「蔵部」を作ったり、宿泊施設「枡一客殿」をオープンするなどして枡一ブランドをアピール!

また、小布施町と一体になり、日本的な町並みの整備にものり出しました。
その様子は外国の雑誌にも取り上げられ、国内国外を問わず多くの観光客を呼び込むことに成功!

その結果…

市村社長:セーラは代表取締役ですよ!

なんと!入社12年目で会社役員に!
そんな桝一市村酒造場は、日本酒とセーラさんでがっちり!
http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/20110206/2.html


スクウェア・ワンのデータ

蔵元 桝一市村酒造場
〒381-0201長野県 上高井郡小布施町小布施807
TEL 026-247-2011 / FAX 026-247-6369
http://www.masuichi.com/


スクウェア・ワン

種類 純米酒

原料米 美山錦(長野県産)

精米歩合59%

日本酒度+5

アルコール 16.5%


スクウェア・ワンの口コミ情報・感想

純米酒面白いおしゃれな瓶に入っていて、本当はこれを買いに行ったのだ。

純米なので常温で飲んでみる。

でも、味は普通のどうってことない昔ながらの純米酒。

ちょい雑味というか癖もある。

わざわざ飲むお酒ではないな。ちょいとがっかりしつつもパス。
ごえも〜ん (2006年10月12日 02時28分05秒)
http://www.sakeno.com/meigara/1276


13. 2013年8月04日 19:57:53 : W18zBTaIM6

うーん、セーラさん関係は人気だけは凄いけど、中身はすべて今一ですね。

やっぱ、美人は得だ という事かな。


14. 2013年8月04日 20:10:33 : W18zBTaIM6

______________
______________


関連投稿

アンティーク・オーディオが聴ける店 _ 小布施 _ JAZZ喫茶 BUD
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/209.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 長野県 奥山田温泉 満山荘-c
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/227.html

超絶人気の仙仁温泉 岩の湯 _ 温泉の泉質も宿からの景観も料理もすべて一流半なのに何故?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/229.html

病気に効く温泉 _ 長野県 真田町 千古温泉 _ 足腰の痛み・運動麻痺に効く名湯
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/228.html


15. 中川隆 2013年8月04日 21:44:33 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

606 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/22(金) 00:52:52.65

http://www.obusession.com/next/index.htm
金髪オブセッション、小布施堂を追い出されたのか。

745 :非公開@個人情報保護のため:2013/05/09(木) 08:59:21.17

金髪のサティアン集会が7月でなくなるそうだ。金髪を出し抜いて会社が発表したらしい。
これがXデーになるのか。

757 :非公開@個人情報保護のため:2013/06/10(月) 23:45:33.56

6月のオブセッションに金髪の姿はなかったらしい。
これがXデーか。

775 :非公開@個人情報保護のため:2013/07/08(月) 22:45:35.82

最後のサティアンに金髪は現れなかったらしい。
オブツ堂のサイトから今まであった文化事業部の名前が消えている。
めでたしめでたしと思いきや、これで黙っていなくなるような玉ではないと思うが。。。


751 :非公開@個人情報保護のため:2013/05/23(木) 00:49:34.46

最近、金髪の講演もほとんどないみたいだ。ようやく無駄金払ってることに世間も気づいてきたか。

784 :非公開@個人情報保護のため:2013/07/16(火) 07:44:03.97

マラソンに金髪はどこにも現れなかったとのこと。大会委員長の役割も放棄。
それでも何の問題もなく大会終了。
これでいなくてもいいことを証明したようなものか。

785 :非公開@個人情報保護のため:2013/07/16(火) 19:01:27.72

映像クリ〜
https://www.youtube.com/watch?v=X2aHyH3MiyI&feature=youtube_gdata_player

786 :非公開@個人情報保護のため:2013/07/17(水) 08:12:16.46

マラソンの公式FBのコメント
中村 正敏 :ところで、セーラさんはご健在なのでしょうか?
事務局:返答なし。。。


483 :非公開@個人情報保護のため:2013/01/19(土) 19:50:09.85

小布施で金髪アメリカが帰るよ


487 :非公開@個人情報保護のため:2013/01/22(火) 00:40:06.49
>>483
金髪は会社クビになってアメリカに帰るの?


524 :非公開@個人情報保護のため:2013/01/31(木) 00:52:08.63

小布施の披露宴に金髪が呼ばれなかったのは社長が金髪はもういらないということを周りに示すためらしい。
本人は顔を売ろうと行く気まんまんだったが、社長と新妻にしめだされたと周囲にぐちっていたという。
会社の役員であそこにいなかったのは金髪だけ。

527 :非公開@個人情報保護のため:2013/01/31(木) 23:57:27.74
>>524
新婦の前に肉便器が呼ばれるわけがないが
社長も性欲処理だけにしとけばいいのに見栄はって金使い込み過ぎだね
ここにきてまだ見栄はって金髪を呼ばないとは w

528 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/01(金) 01:09:13.78

いずれにしてもこれで金髪は終わりだな。
もっとも社長もこれで金髪を正当な理由で切れてほっとしてるんじゃないか。
新妻が金髪を追い出せと言えばきかないわけにいかない。
新妻も相当プライド高そうだから。
どこかで直接対決はないのか。

529 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/01(金) 07:30:45.74

オリンピック終ってアメリカに戻っていれば良かった金髪
引き止めた社長はやはり馬鹿だった
金髪の邪魔になると副社長まで追い出したのに

552 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/07(木) 23:12:35.67 新妻の診療所サイト
http://www.ntv.co.jp/clinic/member/

新妻は今も東京にいるのか。
となると、新妻がいない時に金髪となのか?
これじゃ、まさか社長は二股じゃあるまいな?
不適切二股社長かw

553 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/07(木) 23:43:38.41

金髪はいよいよクビが危ないからあせりまくってんだろ。

555 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/08(金) 10:54:41.87

社長とのカラダの関係もこれで双方切れたし

556 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/08(金) 10:54:47.62

新妻がんがれ
黒木瞳おトメさんのつもりで闘って金髪を追い出せ

557 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/08(金) 20:55:07.00
>>554
あれ、金髪が建てたんじゃなかったっけ。。。昔なら必ず金髪の名前が入ってたのに。
いよいよ口にだすのもはばかるようになってきたか。
Xデーは近いな。

558 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/08(金) 23:24:52.79

金髪さかんにマスニプロジェクトと言ってたよ

790 :非公開@個人情報保護のため:2013/07/17(水) 16:52:41.95 あるツイッター

新妻「ねぇクリ夫さん、私と…とどちらが大事?」

クリ夫「それはお前に決まってるさ、ゆりえ」

新妻「ゆりえって誰よ?」

クリ夫「(ドキ)…ゆきえだよ。娘だよ。名前がお前と似てるからたまに間違えるんだよ」

新妻「ああやっぱり。それでクリ夫さんどちらが大事?」

クリ夫「それはもちろん…」

新妻「じゃあ、あの邪魔なじゃじゃ馬追い出しなさいよ」

クリ夫「はーい」

-----

というところが本当の様に思わないでもないけれど。

女同士が憎み合って争ったらそうなるだろうなあ。


570 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/12(火) 22:57:51.67

もう蔵も廃業寸前かなあ。
蔵の信用も鈴が出来てガタ落ち、鈴の方が断然美味しいし。

潰れかけた酒屋を潰した金髪もトンズラは近い。

社長も近々東京へトンズラか。
残された一族は町長に頼るも町長続ける限り会社は面倒みれない。
残っているのは鈴周辺以外は上にビクビクで反抗しないダメ社員ばかりだっていうからね。


571 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/13(水) 00:55:14.59

町長も引退したら横浜トンズラの可能性はありかと。
息子夫婦が残り、孫が生まれてポイ捨てされた町長は炊き子さんの地元で年金暮らしか。

574 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/14(木) 06:48:11.37

タツオミ君が外で遊んでて家業を放ったらかしていたことにも問題があるが、
出しゃばり金髪と社長が身体悪くした奥さん放ったらかしてやってたことの方が問題が大きかろう。


758 :非公開@個人情報保護のため:2013/06/11(火) 01:05:37.93

自分が強引に始めて大赤字出して、会社の借金どうするんだろうね。
新妻は厳しいらしいよ。

759 :非公開@個人情報保護のため:2013/06/12(水) 00:20:21.22

とうとう小布施堂は5月で退職したそうだ。退職金は出たのか?
借金の返済はしなくていいのか?
会社ぶっつぶしてまだ講演してもうけるのか?


760 :非公開@個人情報保護のため:2013/06/12(水) 05:35:09.41

ついに実質懲戒解雇...
新婚生活の邪魔者で居なくなって欲しいという新妻の意思が見え見えだが、
世間は会社の代表取締役が辞めるんだから相当ひどいと見られるだろう。
しかしタツオミがだらしないせいという声も多い


761 :非公開@個人情報保護のため:2013/06/12(水) 19:38:44.86

町政も動きが出た。
あのツイッターによると、副町長が決まったらしい。
まるで金髪解雇のタイミングに合わせたかのようだ。
新しい副町長が金髪の臭いを払拭か。

417 :非公開@個人情報保護のため:2012/12/27(木) 09:05:53.36

そのツイッターによると、 金髪の自宅は若穂か。
ジョーが若穂に農地を取得して金髪が社員を集めて無農薬野菜を作っているらしい。

601 :非公開@個人情報保護のため:2013/02/19(火) 19:15:25.57

これは金髪夫ジョーの農業映像か?
http://www.youtube.com/watch?v=OYIgEAENFPE&sns=em


770 :非公開@個人情報保護のため:2013/06/17(月) 16:28:50.25

今、小布施堂に電話した。
金髪は小布施堂や桝一は辞めたが、 文化事業部などには残り、アメリカトンズラではなく、 今後は農業などに専念するクリ〜だとよ。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1349087539/


16. 中川隆 2013年8月04日 21:57:46 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

山口県周南市連続放火殺人事件でもそうですが、日本の田舎の人はみんなイジワルで えげつないですね。


詳細は

山口県周南市連続放火殺人事件
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/862.html

日本の農村は怖い
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/340.html

嫁は夫ではなく家の所有物
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/272.html

相場に失敗すると奥さんとお嬢さんはこういう運命が待っている2
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/818.html

名張ぶどう酒毒殺事件の真犯人は?
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/254.html

沖縄パナリの秘祭
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/446.html

こんな女に誰がした
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/332.html

つげ義春が見たもの
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/300.html

つげ義春の世界
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/314.html


17. 2013年8月04日 22:13:23 : W18zBTaIM6

ドッグヴィルの世界 _ 奈良県 月ヶ瀬村
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/269.html

旧家の男子と乳母との心の繋がりが実の母親より遥かに大きい理由 _ 太宰治は本当に性的虐待を受けたのか?
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/348.html


18. 2013年8月05日 09:56:51 : W18zBTaIM6

高木えつこの「滑川市議会ちゃどんなとこけ?」

セーラ・カミングスさんの講演 2007-05-18 (Fri)

昨日は6時半から青年会議所の例会に参加してきた。

今回は、小布施の酒造会社の再建をし、小布施ッションや小布施見にマラソンなどの事業展開をして、年間120万人が訪れる町の一因となった、セーラ・カミングスさんの講演を聞いた後で、八倉巻理事長と私とがパネリストとなって、セーラさんとディスカッションをするということになっていた。

そこで、産業厚生建設委員会終了後に光彩で事前に打ち合わせをする時点からセーラさんと話をすることが出来た。

セーラさんの講演は、魚津商工会議所青年部の皆さんが呼ばれた時に、声を掛けていただいて参加させてもらった時に聞いていた。

だが、講演を聞くと、いくつもの疑問が頭に浮かんだ。

まず、地元の名士とはいえ小さな酒造会社が

「なぜセーラさんを雇い入れ、会社の利益に直接繋がらない事業を許したのか?」

が疑問だった。

今では、多くの観光客を集めて、清酒も栗菓子も売れるようになり、企業の利益に繋がっているのは間違いないが、あくまでもそれは結果だ。

また、一人の女性が「やりたい」と思い自らが行動をするまでは理解できるが、周囲の人がどうして付いてきたのだろうか?

税理士としての発想ではあるのだが、小布施ッションやマラソンなどの事業は法人として行っているのか?

法人で行っていないとすれば、事業費はどこから捻出したのか?・・・等々。

それらの疑問については、実際にお会いする以前に企業のホームページを調べてみることで、謎が解けた部分もあった。

株式会社文化事業部(http://www.bunji.jp/)・・・セーラさんが「やりたい事業」をするために自身で立ち上げた企業。

勤務先の桝一市村酒造場(http://www.masuichi.com/)や小布施堂(http://www.obusedo.com/)でやりたかったが、法人の事業として許可をもらえなかったものを、やるための受け皿として作ったそうだ。

近年、イベントというソフト事業だけでなく、建築というハード事業をするための株式会社修景事業(http://www.shukei.jp/)も設立。

セーラさんが十数年前に酒造会社の再建に着手した当時、売上げは500万円程度、赤字が2000万円という状態だったそうだ。

昔ながらの人頼みの経営は、美味しいお酒を造るという点では大事なことだったが、経費管理の点では行き届かず無駄の目立つ企業体質だったのを、経費の無駄、モノの無駄、時間の無駄を洗い出してコストを3割削減することに成功したのだそうだ。

500万円だった売上げは現在1億5千万円を超えるようになったと聞いた。
1升瓶で1万円を超える付加価値の高い商品を売れる企業になったのだからすごい。

また、どうやって人を巻き込んだのか・・・の答えは、セーラさんのかなりの無茶振りがうかがえた。

振り回された周囲の人は苦労されたことだろう。

セーラさんのしつこさに根負けして、仕方なく従った人も中には居ただろう。
また、セーラさんの強引さに反感を抱き、厳しい対応をした方も少なくなかったようだ。セーラさん曰く。

「やらなくても叩かれる。やっても叩かれる。同じ叩かれるなら、やった方がいい。」

事業資金については、やり始めて規模が小さかった頃は、勤務先の市村酒造場などのサポートがあったのだろうと推察される。

今はセーラさんの講演料を全額、株式会社文化事業部の収益として、事業費に充てているということであった。

出版事業も行っているし、マラソンについては、5000名の参加者から5000円の参加費を集めているが、滑川のほたるいかマラソンのように有名ランナーを呼ぶわけではないので、かなりの部分は参加費でカバーできているのではないだろうか。

もっとも時間的に自由にさせてもらいながら、市村酒造場と小布施堂からは取締役の報酬を受け取っているということなので、やはり市村社長の支援があると言えるかもしれない。


以上が「疑問」とその「答え」。

本題のまちづくりに関してだが、小布施町は人口も面積も滑川市の約3分の1。
様々な要因の「結果として」120万人を超える町になってしまったが、小布施町自体は決して「観光都市」を目指したわけではなく、今もその考えは無いようだ。
様々な要因の一つを担ったのが、セーラさんの行動であったのは間違いない。

観光客が増えることによって、売上げが比例的に増えていく・・・という小布施堂をはじめとした、企業サイドの働きも大きかったに違いない。

行政が果たした役割は、町の景観(建物の外側)を統一感を持たせるための「修景事業のサポート」と、住民の皆さんに「家の中は自分のもの、家の外は皆のもの」という意識を根付かせたことだろう。

そして、住民の皆さん一人ひとりが、「自らの家の外側」を美しくしよう・・・という意識を持ち、隣近所の皆さんと庭の美しさを競うようになったことなども、忘れてはならない要因の一つだ。

その部分に関しては、4月に町議会議員になられた関悦子さんから昨年聞かされたことだ。

滑川が小布施のように、毎日お祭り騒ぎのような状態になることは、私は望まない。

だが、普通に町を散歩していて、つい庭先の花々に目を奪われたり、雑草の無い手入れの行き届いた玄関周りに清々しさを感じたり、窓ガラスが割れたまま放置されている家などは無く、夜には一軒一軒から団欒の明かりが漏れてくるような・・・そんな町にはなって欲しいと思う。

出来ることなら、庭先の花々・草木が「薬になるもの」で統一されれば、どんなに素敵なことだろう・・・。


Comment

高木えつこ : 2007年05月23日(水) 00:02 URL edit

小布施の住民さん、こんにちは。
町長でもなく、地元の有力者でもなく、ただの海外から来た女性が一人で今の小布施町を作ったはずではないと思います。(作れるはずも無いでしょう。)

老人福祉を後回しにして箱物を作ったのも、セーラさんではありません。

今回の例会は、何をするのでも核となるリーダーシップを取る人の力がどんな影響を与えるのか・・・広がっていくのか・・・を聞くためのものでした。

そのリーダーとなるのは、自らの町を知っている自らの中から出るのが望ましいのは言うまでもありません。

ただ、一旦外に出て自らの町を見た時に、今まで気付かなかったことが見えてくることがありますし、外から来た人の言葉で気付かされることもあるでしょう。
そんな例会でした。


_____


小布施の住民 : 2007年05月21日(月) 14:59 URL edit

小布施の現実はそんな奇麗事ではありません。

小布施の人は皆知っていますが、あの会社の社長夫人が脳障害で身体障害者になってしまったところ、あの人がやってきたのです。

若いアメリカ女性に目が眩んだ社長が、甘やかしたのです。
それが偶然うまくいったのです。

社長は、脳障害になった奥さんに、多額の慰謝料を払う約束をして離婚したと聞いています。

それもアメリカ娘と一緒になるため、という噂さえありました。

アメリカ娘はますます、やりたい放題。
クビになる人もいれば、逃げ出してしまう料理人。
その結果、会社は多額の借金を抱えたようです。

小布施の人は呆れていますが、あの人の講演料も何十万とも聞いています。
それを会社に収めるのも自分のやりたいことをするためでなく、自分の責任で作った会社の借金返済の補填が現実でしょう。

「外は皆のもの、中は自分のもの」という考えは、小布施の町づくりを始めた
先代の市村郁夫町長と建築家・宮本忠長氏の考えで、あの人とは関係ありません。
しかし、昔は「中も皆のもの」で、住民の考えが一致していたからこそ、そういった概念が出来たのだと思います。しかし、それが今では、

「外だけ作っておけば中は何をしても良い」

に成り下がっている感じがします。あの人を見てわかりませんか?

外に見えるもの、目立つものを作っておけばよい、前町長がそうでしたが、中身を考えない箱物で、作りすぎて今は町財政に大きな負担となっています。老人福祉などが後まわしになっているのが現実です。

前町長が理事長を務める北斎館も、開館30年で北斎研究所を作ると豪語したものの、30年何も研究などしていなかったのが本当のところででょうし、先日行ってみても、ショップは出来ていても、研究所らしいものは出来ていませんでした。

お金でショップは作れても、何も研究していないところへ、研究所ができる訳がありません。

町長も代わり(現町長はアメリカ娘の会社役員だったはず、それが会社を辞めて町長です)

アメリカ娘が借金だらけにした会社をみて、観光に溺れ自分自身の目で町を見れなくなった小布施も、ようやく自分自身の目を持たないといけないと、少なくとも私の回りの人たちは、それに気付き始めています。先日の町会議員選挙にも、その結果が表れていると思います。

高い講演料を払って他の町の話を聞くのも良いのでしょうが、自分たちで考えを出し合えば、お金はかかりませんし、自分自身の目で納得できるものが、自分の地域で作れるはずです。

それを大切にしないと、無味乾燥なお祭り騒ぎだけの町で終ってしまうでしょう。
ずいぶん遠回りをしましたが、本当の小布施の素晴らしさは、それに気付いた人たちの力で、これから作り上げられることでしょう。いえ、作らなければならないと強く思うのです。

滑川は小布施のように変に奢ることなく、滑川を自分自身の目で見て恥ずかしくないような、住む人の心を大切にした素晴らしい町づくりを進められることを願っています。
http://namerikawa.blog38.fc2.com/blog-entry-463.html


19. 中川隆 2013年8月05日 11:01:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

257:非公開@個人情報保護のため:2010/02/18(木) 12:34:10 downup

「われわれは小さな会社ですから、普通にやっても生き残れないですよ」

小布施堂のある社員は自嘲気味に話す。

商品制作費は他社の半分以下、コスト削減の余地もほとんど無い。

強みを持つ金髪や見にマラソン、旅行、市村委員長発言などと他社との差別化で勝負してきたが、観光客層が50代以上に偏って しまった。この世代は桜井の観光客層ともバッティングする。スポンサーニーズの高い若者の観光客の少なさが小布施堂の低迷につながった。 しかし

「金髪の面倒を見る余裕などどこにもない」

と小布施堂幹部は吐き捨てる。 民間の営利企業と金髪事業の公共性との狭間で折り合いを付けることが今まで以上に難しくなっている。


117:非公開@個人情報保護のため:2010/01/27(水) 18:41:29 downup

小布施にあの金髪が存在するだけで嫌だ

善太郎っての追い出したんだろ?
奥さんも追い出したんだろ?
蔵の人も追い出したんだろ?
町長も追い出したんだろ?

追い出せよ
それで県を追い出されたんだろ?
おまえも出てけよ

30:非公開@個人情報保護のため:2009/12/25(金) 22:36:39 downup

蔵の料理人よりも金髪をとった時点で終わったんだよ。

Sさんの肩もつ訳じゃないが(Sさんには入れなかったが騙された)、
選挙選挙で指くわえて見てて、当選万歳してた副社長にも罰あたったんだよ。

当選したら金髪は即刻、副社長のメールボックスやら全て会社から片づけたんだとさ。
南無阿弥陀仏。

178:非公開@個人情報保護のため:2010/02/10(水) 17:55:08 downup

どこでもある程度まではある話だが、この町はまるで戦前の日本みたいだ w
そこへやってきたマッカーサー金髪だったりして w

678:非公開@個人情報保護のため:2010/04/04(日) 17:41:48 downup

金髪に浮かれてるなんておバカな町だこと w

360:非公開@個人情報保護のため:2010/02/23(火) 17:55:03 downup

小耳に挟んだところは、金髪は関西で何か不適切なことやらかして、
長野でも何かやらかして、小布施に来たらしいね。
不適切は不適切を呼ぶ、か。


362:非公開@個人情報保護のため:2010/02/23(火) 23:46:28 downup
>>360
大阪留学でもマルイチ産商の1年間の契約社員でも
何をやらかしたんだよ?


679:非公開@個人情報保護のため:2010/04/04(日) 20:00:02 downup

セーラさんって何がしたいの?


681:非公開@個人情報保護のため:2010/04/04(日) 22:01:59 downup
>>679
会社のっとり 町の私的化 財産ぼった栗トンズラ

63:非公開@個人情報保護のため:2009/12/28(月) 21:36:27 downup

社長さんは賞に褒章とりまくりですな。

64:非公開@個人情報保護のため:2009/12/28(月) 21:53:24 downup

金髪が居なかったら素直に喜べるんだが。


65:非公開@個人情報保護のため:2009/12/28(月) 22:25:55 downup

みんな社長がアレの弟だって知らないし

66:非公開@個人情報保護のため:2009/12/28(月) 23:19:07 downup

あの性格は不思議だよな。
いろいろ章はとったりするのに、どういうわけか、いい話を聞かないしごく近い人の信用がない。

現職も副社長時代は、アラの方ばかりで会社は立ち入らなかったのでは(金髪祭り上げのせいもあろうが)。

七人姉の末っ子で、自分が跡取りになる気がなかったのに、ひょっこり跡取りになって責任、自負、自惚、また、いつ自分も兄のようになるかしれない恐怖心もあるだろう、

また奥さんがああなってしまったこと、かわいそうだが、それに報わなければという使命、 (しかしそれは離婚+莫大な慰謝料で現実から逃避したとも言える)

そういった様々な要因が、周囲に対して、自分の格好つけ、嘘、それに疑問をぶつける輩への嫌がらせ、 現実逃避からオリンピック景気時に乗じて金髪をもちあげ成功談を作り、また愛人化する、

そうやって変に目立とうとして、金髪本の表紙で大笑い(あれは異様だ)、
どこか自尊心と恐怖心が裏腹で、恐怖を隠そうとすればするほど、
変に目立とうとする自尊心ばかりが主張されて出ているようにも見える。

846:非公開@個人情報保護のため:2010/04/13(火) 16:31:18 downup

奥さんあんなにしても表紙は親子で大笑いします。


827:非公開@個人情報保護のため:2010/04/12(月) 19:41:05 downup

ゆりえさんって誰?

840:非公開@個人情報保護のため:2010/04/13(火) 03:33:06 downup

金髪と一緒になるつもりで車長が捨てた人。
社員が医者連れてったら、金髪はその社員に

「あなたは仕事をしていない」

だとよ。かわいそうに。 やっぱり悪魔だ。

868:非公開@個人情報保護のため:2010/04/14(水) 20:46:09 downup

ゆりえさんって結局誰だったの?


869:非公開@個人情報保護のため:2010/04/14(水) 20:58:53 downup
>>868
不適切発言の社長の別れたカタワの奥さん。
今は東京に戻されている。


872:非公開@個人情報保護のため:2010/04/14(水) 21:54:37 downup

金髪が邪魔者扱いしたんだよ。>>869
あいつら肉体関係あったからな。


314:非公開@個人情報保護のため:2010/02/21(日) 06:53:45 downup

不適切な身体にされて離婚された奥さんが一番かわいそう

670:非公開@個人情報保護のため:2010/04/04(日) 04:57:34 downup

金髪には社長の奥さんが邪魔だったんだよ

68:非公開@個人情報保護のため:2009/12/29(火) 00:14:07 downup

ま、長野オリンピック終って、すぐに金髪が消えれば、何も問題は無かったな。


391:非公開@個人情報保護のため:2010/02/26(金) 11:05:14 downup

肉便器だから日本に留めたんだね

398:非公開@個人情報保護のため:2010/02/26(金) 18:40:45 downup

信州・小布施のセーラ・マリ・カミングスさんですが、いつまで小布施にいる考えなのでしょうか?

07年に同じアメリカ人と結婚し、昨年9月に男の子を出産しましたが、子供の将来の事を考えると、いくら長野で生まれたからといっても、アメリカ人である以上、
まずはアメリカの教育や文化、人間関係などをきちんとさせる事が大事だと思いますが、このまま小布施にいてどうなんでしょうか?

帰国して生活しなくても大丈夫でしょうか?
セーラさんは今のままで満足かも知れませんが、何といっても子供の事が第一ですから、これが子供自身にとって良いのでしょうか?
どう、思いますか?

399:非公開@個人情報保護のため:2010/02/27(土) 02:44:25 downup

結婚前に何度ご懐妊のお話があったことか w
社長の子供はどうしたんだよ w

400:非公開@個人情報保護のため:2010/02/27(土) 04:47:01 downup

卸しはアメリカで


401:非公開@個人情報保護のため:2010/02/27(土) 10:55:30 downup

日本に留めた理由なんて肉体関係しかないよね
奥さんに求めることは無理なんだし

467:非公開@個人情報保護のため:2010/03/03(水) 21:41:06 downup

桝一の酒は金髪酒になってからのは日本酒ならではのコクが無くなったような。
ビールの方がまし。


92:非公開@個人情報保護のため:2010/01/18(月) 16:33:09 downup

小○施堂は明らかに味が落ちてるよね。

他が上ったのかもしれないが。
セ○ラさんのあまり良くない評判もあるし。。。


941:非公開@個人情報保護のため:2010/04/20(火) 23:36:23 downup

あんな金髪万歳で人を粗末にする社長の下で誰が働きたいと思うか?
だからいい社員は辞めてくんだよ。
いい社員が辞めてる会社に、いい商品(食品)が作れるわけがない。

なのに無反省、そんなロクでもない店に皇太子夫妻連れ込むか?
時間延長して翌日雅子様はドタキャンして。。。
県での大失態は永久に晒しとけ。

93:非公開@個人情報保護のため:2010/01/18(月) 16:45:38 downup

セ○ラさんはもう帰った方がいいかもね。
みな不審がってるし、何も知らない県外の人集めてやるしかないね。
マラソンスレにもセ○ラが居なきゃいいなんて書かれてる。
ヤフー知恵袋もみたけど、結局は社長の責任なのかなあ。

635:非公開@個人情報保護のため:2010/04/01(木) 21:47:53 downup

セーラさん、なんかデブったな。
もっと若いぴちぴちした金髪を補充しないと、 小布施町の金髪文化は維持できないと思う。

639:非公開@個人情報保護のため:2010/04/02(金) 00:01:39 downup
>>635
最近見てないが、そうみたいだな。昔はよくゴミ拾ってて関心したよ。
それもすぐ飽きたみたいだけど。


671:非公開@個人情報保護のため:2010/04/04(日) 07:50:29 downup

今見てるよ。 金髪の顔がでかくなったな。


673:非公開@個人情報保護のため:2010/04/04(日) 08:06:27 downup

金髪の家の中を公開
ジョーとウィリアムも出た。
家事はジョーに押し付けている。ジョーがそば粉のパンケーキを作っていた。


675:非公開@個人情報保護のため:2010/04/04(日) 08:17:57 downup

セーラのせいでどれだけ小布施の文化が壊されたと思う?

北斎会議も中途半端、ボロ屋も放置、鈴さんたちも嫌になって逃げ出す、社員も辞める、

現場の実情を知らないで、チヤホヤする人が多過ぎるね。

862:非公開@個人情報保護のため:2010/04/14(水) 19:28:57 downup

金髪は、金になることしか続けないのでやりっぱが多くて困ったものだな。

641:非公開@個人情報保護のため:2010/04/02(金) 00:14:39 downup

金髪みたいに、あちこち手をつけて中途半端が一番いけない。
ま、今の町民、きっと10人中9人は、金髪が嫌いだろうね。
存在そのものがね。

社員も給料もらってて仕方なしみたいだし。
子供出来てから丸くなったとも聞くが、体型のことだったのか。
社長も自惚れ強過ぎたから、年賀状でも反省めいたこと書いてたが、遅いかな。


818:非公開@個人情報保護のため:2010/04/12(月) 00:14:31 downup

オブセ教にはブロンドの女神もいる。
企業に巣食うが、町政には出ない。
毎月ゾロ目の日(月と日が同じ日)には、
サティアンでミサを開いて酒宴を催し、民衆を洗脳する。

町内は女神のサティアンショップでいっぱいだ。
今も巨大な宿泊サティアンが建てられようとしている。
サティアンはどれも闇の黒色で塗られている。

善良な社員も、女神に逆らえばポア、気にくわないのもポア。
民家は壊され、巨木は枯れ、家庭を壊し、人を狂わせる。
誰もブロンド女神が黒い悪魔だと気付かない。

820:非公開@個人情報保護のため:2010/04/12(月) 04:06:57 downup

金髪悪魔婆を通報しましょう。
みな迷惑してます。


821:非公開@個人情報保護のため:2010/04/12(月) 05:08:36 downup

ここ数年の町は不気味で不自然な出来事ばかり。
悪魔が町にやってきた、としか思えない。。。


http://2chnull.info/r/koumu/1261526743/1-1001


小布施北斎の怪 【その118】


日本全国台風17号で迷惑な頃おい、ところで、なぜこの種の替え歌の「おぶせうた」があるのか。

調べてみると、やはり小布施の台風娘、セーラ・マリ・カミングス氏が関係しているらしい。

長野県歌を英訳監修したのが、どうも長野県民の反感を買ったようである。

長野県限定で地域に定着している「信濃の国」は「信濃の国」でいいわけだ。

それがいったい何を考えたのか、社団法人長野青年会議所が県歌「信濃の国」を英訳し、「Our Shinano」として歌い出した(ウィキペディア「信濃の国」参照)

1998年の長野オリンピックにあわせて英訳したものなら、長野を世界にアピールするために、その意図も分からないでもない。

ところが、ウィキペディアによれば、社団法人長野青年会議所で「信濃の国」の英語版が作られたのは、2005年という。

信濃グランセローズの応援歌だったならわからないでもないけれど、一体そんな時期に、何のために、社団法人が先立って「信濃の国」を英訳したものか。


その意図は不明ながら、英訳されること自体は、別段問題ではない。

監修者が問題なのである。

でも小布施だけでやっててね、というわけで、「おぶせうた」が出来たようだ(どこか2ちゃんねるの鬼女板で見た記憶あれど出典不明、上のリンク先参照)


青年会議所の該当ページは、なぜかすでに削除されている。

http://www.nagano-jc.jp/12data/web/index.php

やはり何か問題があったことを暗示するか。

もしかすると、消されたサイトには「小布施の町は〜♪ ぼった栗〜♪ ソレ♪」と、「おぶせうた」の2番が歌い込まれていたのかもしれないが、真相は歌詞にうたわれたところに近い問題が生じたか。


セーラ氏には、北斎会議や「信濃の国」ばかりでなく、長野県関係では前科めいた出来事も有名である。

それは、田中康夫氏が長野県知事に就任された時期、セーラ氏は「長野県ドットコム」や「田中知事ネット」などのドメインを取得して田中知事にプレゼントしたのである。

これも長野県民の反感を買った。

いや、反感とは言わず、一介の小布施移入の愚米女が長野県という県名を私物化して売名に走った行為がはたしてどういうものかと、県民感情を煽ったくらいにしておこう。

しかし、さすがに田中康夫元知事には、「プレゼント」されたドメインを使用した形跡はない。

【参照】
セーラ・マリ・カミングズ
桝一市村酒造場 取締役長野国際親善クラブ理事「田中知事・net」「長野県・com」などホームページのドメイン名5つの使用権を田中康夫に譲渡
http://homepage1.nifty.com/history/yasuo/list/iin.htm

これら様々な事柄が積み重なり、仕舞には社長の足を引き、田中知事から村井仁知事に知事交代した後の不適切姿で栗の花開いたのであろう。

このあたりの事情は、ベストセラー『セーラが町にやってきた』には書かれていない。

2002年12月初版からすでに10年が過ぎているので、このあたりで、そろそろ清野由美氏には続編『セーラが町でやっちゃった』を上梓していただきたいものである。


小布施内外の声を聞くに「セーラの辞書に反省はない」らしい。

一部では会社の借金返済するまではアメリカに戻れないとも噂され、会社か社長か縁は切っても切れそうにないそうでもある。

そして最後の手段に出た。

近所でアメリカ人男性を見つけて電撃結婚! どうしても40で子供を産むのよ(一説に帝王切開)。

そろろそ第二の丸チョン的トンズラも近いか。

小布施の北斎がらみもそうなら、栃木の広重がらみも同手段という怪噂もあって、北斎と広重は、時代を越えて同質めいて繋がるところがあるのだろう。


屋根と柱しか無い「碧い軒」も、手をつけて何年になるのか「養生中」のまま放置ということになりそうである。


(2012年10月1日、少しはまじめに北斎論議を書こうと思ったが横道に逸れて終了)
http://www.hokusai-paintings.com/ObuseNoHen/Kai_118.html


小布施北斎の怪
http://www.hokusai-paintings.com/ObuseNoHen/Hen_0.html


20. 2013年8月05日 12:20:43 : W18zBTaIM6

日本の文化は日本人にしか理解できない


色がない。それが日本の文化の大きな特徴なのかもしれない 2013-08-05

いつだったか、タイ女性が日本旅行のガイドブックを持っていたので、一緒にパラパラとめくって見ていたことがある。

ガイドブックには日本のいくつかの神社の写真が載っていたのだが、タイ女性が不思議な顔をしてこのように言った。

"Is this Wat ?"(これって、お寺なの?)

そうだと答えると、彼女は納得いかない顔をして、このようにつぶやいた。

"No Color..."(色がないのね……)

ほんの少し失望したようなその口調から、彼女が日本の寺院の古色蒼然とした雰囲気がどうも自分の感覚に合わないでいるというのが見て取れた。

日本にも金閣寺のような光り輝く建設物もあるが、そのほとんどはわび・さびを感じさせる古色蒼然としたものである。

現代の日本人にとっては金閣寺が異質で、寺院が金ぴかであったら何となく決まりが悪い。古色蒼然こそ歴史だという誇りすら日本人は感じる。

色の違いに「めまい」を感じたのは、インドだった

ところがタイは立派な寺院(ワット)というのは、ワット・プラケオを見ても分かる通り、金色に光り輝くものだ。

飾られている仏陀像にしても、日本では銅のような鈍い色が主になっているが、タイではこれまた金色である。

「色がないのね……」

この言葉がとても私の印象に残った。どちらが良い悪いではなく、本当に文化の違いというのは両者共に違和感を感じさせるものなのだと感じたものだった。

色の違いに「めまい」を感じたのは、インドだった。

インドの文化は、日本の文化とは対極にあるのではないかとも思う。日本とインドを比べたとき、いつも思うのが「原色の扱い」の違いだ。

日本人は基本的に原色を好まない。派手な服装をしていると、嘲笑されるようなところがある。

ところがインドは逆だ。原色を使って使って使いまくっている。原色を使わなければインド人ではないというほど、原色を使っている。

インドでは、女性の顔立ち自身が派手な上に、ビンディー、メヘンディ、サリーと、過剰のオンパレードである。

それをずっと見ていると、他の文化圏がすべて地味に見える。本当は他の文化圏が地味なのではなく、インドがあまりにも派手すぎて他が霞んで見えてしまうのだ。

まさに、「めまい」がするまでの色使いである。

タイのワット・プラケオ。寺院にこの色使いは、日本人には考えつかないものかもしれない。

インドでは、町でも目が覚めるほど美しいサリーを着こなした女性が山ほどいる。まさに、「めまい」がするまでの色使いである。


同じ文化、同じ人種、同じ価値観を持った人間たち

日本文化の真髄は「わび・さび」だ。

それは「唯、足るを知る」に示されたシンプルを良しとする文化であり、原色を排除した文化でもある。別の言葉で言えば、「奥ゆかしさ」を感じさせる文化だ。

日本がそうなっていったのは、「自己主張しなくても分かるはず」「言葉がなくても相手が理解できるはず」という以心伝心を突き詰める文化があったからでもある。

以心伝心が成り立つのは、同じ文化、同じ人種、同じ価値観を持った人間たちの間だけだ。すなわち、単一民族がほとんどを占めている場合のみに成立する。

日本が単一民族の国家だったというのは、現在では否定されていて、いくつかの人種が日本にあったというのが定説になりつつある。

しかし、アメリカのような白人や黒人、あるいは古代インドのアーリア系とドラヴィダ系というように極端に違う人種はほとんど存在しなかった。

つまり、違うとは言っても、ほぼ同じアジア系が同化しつつ存在したので、単一民族のような文化圏ができあがっていた。

細かく見ればいくらでも異説はあるのだが、日本人は「ほとんど単一民族」だ。

そこに社会的な上下関係が長く存在し、下の者は上の層の人間の感情を読み取る必要性があり、それが以心伝心を突き詰める阿吽(あうん)の文化となって結実した。

単一文化があまねく広がり、さらに華美を嫌う禅や、茶の文化が普及して、「わび・さび」につながった。

自己主張しない文化には、自己主張しない色が似合う。だから、日本では原色があまり使われない「くすんだ色」の文化になっていったのだろう。

日本は金閣寺よりも、こちらのほうが落ち着くはずだ。

龍安寺のこの「美」は、果たして、インド人に通用するのだろうか?


自分はこうなのだと、声高に自己主張するしかない

しかし、インドは単一民族の国ではない。人種から、宗教から、文化から、言語から、ありとあらゆるものが渾然一体となって存在する「多文化国家」である。

インド風の言葉で言えば、カオス(混乱)とマサラ(混合)の文化である。カレーのように、ありとあらゆるスパイスがまぜこぜになって、ひとつの複雑な社会を構成する。

隣の人は、何者か分からない。自分の宗教を相手は知らないかもしれないし、相手の宗教を自分は知らないかもしれない。言葉は通じないかもしれないし、文化も違うかも知れない。

要するに、黙っていると相手の宗教や、文化や、言語が自分を圧倒して、自分の大切な神が消え去り、文化が消え去り、言葉が負けるかもしれない。

自分はこうなのだと、声高に自己主張するしかない。

社会がまとまっておらず、何もかもが混乱の中では、とにかく自己主張し、強烈な個性が尊ばれる。

強烈な個性と激しい自己主張こそが、自分たちの存在を浮き上がらせて、相手に「そんなものもあるのか」と認めさせる武器になるからだ。

黙っていれば理解されないどころか、存在そのものが消されてしまうのである。だから、インドは原色と過剰の文化になっていったのだ。

そういうわけで、インドのヒンドゥー寺院も、基本的にはゴテゴテだ。

過剰一辺倒のインド文化を見てタイに戻ると、タイのワット・プラケオさえもシンプルで落ち着いた佇まいに見えて、困ってしまうほどだ。

インド人が日本の寺を見てどう思うのかは聞いたことはないのだが、きっといつかのタイ女性と同じ感想だろう。

"No Color..."(色がない……)

色がない。それが日本の文化の大きな特徴なのかもしれない。そして、それは意外に重要な点なのかもしれない。

カラフルなこの色使い。これがインドのヒンドゥー寺院の特徴だ。

インドの典型的なヒンドゥー寺院は、このような彫刻でびっしり埋まっている。これは、「主張」なのである。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20130805T0301350900.html


21. 2013年8月05日 12:34:18 : W18zBTaIM6

無責任な社会の中でも無責任になれないのが日本人の気質だ 2013年7月18日


日本にいれば、日本人の素晴らしさというのが気がつかないのだが、海外をふらふらして日本に戻ってくれば、日本人の素晴らしさがよく見えてくる。

海外に長くいればいるほど海外の常識に馴染んで、やがては自分自身からも日本人的な特質が薄れて行き、「日本人らしくない」人間になっていくのだが、そんな人間になっても日本に戻ると、ふと日本人と接して感銘を受けたりする。

誠意ある行動を見せる、嘘をつかない、相手を重んじる、約束を守る、正直である……。

信じられないかもしれないが、日本で当たり前だと思っていることは、その多くが当たり前ではなかったりする。

世界では、

「相手は誰であれ騙すのが基本で、騙された方が悪い」

と心から信じていたり、

「約束は場合によっては守らなくてもいい」

と考えている民族も多い。

そういった世界では、その世界に見合った生き方がある。

たとえば、そのような弱肉強食の世界では、自分自身も他人に対して責任を持つ必要がない。無責任でも責められない自由があるのだ。

信用第一の日本人は、ルーズな世界に馴染めない

日本人の多くは無責任になれないので、「無責任になる自由」と言ってもピンと来ないかも知れない。しかし、実は多くの国ではこの「無責任の自由」を行使している。

そういった国では、あなたも「この仕事は明日できる」と言ってできなくても構わないのだ。「約束する」と言っても、守らなくてもいい。約束は破ってもいいと言うことだ。

なぜなら、できない事情ができたので、できないものはできないという理屈が通るからだ。

途上国で適応して生きるのであれば、あなたは口で何を言ってもそれを果たす必要も義務はなく、単に「できなかった」と言うだけでいい。

「どうしてもやれ」と言われたら、あなたは賄賂を要求することすらもできる。なぜなら、特別に「優先してやる」のだから、それなりの対価を払うのは当然だからだ。

賄賂と言えば中国を思い出す人もいるかもしれないが、中国だけでなく、多くの国ではそうやって社会が回っている。

そのような世界なのだから、あなたがそうしたからと言って糾弾されるわけでもない。信用を失うわけでもない。そうすることができるのだ。

こんなことを日本人に言うと仰天して、「まさかそんないい加減な姿勢で社会が回るとは思えない。どうかしている」と多くの人が呆れたり、怒り出したりするはずだ。

しかし、途上国に1ヶ月でも沈没していれば分かる。世界のほとんどの国は、そんなルーズで無責任な姿勢で社会が成り立っている。

だから、約束重視、信用第一の日本人は、そんな世界に馴染めなくて、ノイローゼになってしまう。無責任で約束など守らなくてもいいと言われても、それができないのが日本人だ。

先進国では契約重視なので、一応は約束は守られるが、G7やG8を見ても分かる通り、先進国というのは全世界で10指に満たない国で構成されているだけなのである。

日本人の当たり前は、当たり前ではない

つまり、世の中は、約束が守られたり、契約が重視される国が少なく、約束も信用も何ら意味を持たない社会のほうが圧倒的多数である。

もっと分かりやすく言うと、日本人の持つ、約束厳守、信頼第一、責任重視を当たり前だと思う社会や民族は、世界でも希有な文化であると言えるのだ。

日本人の当たり前は、当たり前ではないのである。

日本を飛び出した人の多くはそれを実感する。ビジネスで関わった人は、みんな約束や契約の不履行で、悩みに悩み抜いて生きている。

そして、そんな途上国から日本に戻ってくると、約束を当たり前に守り、責任感も強い日本人に、同じ日本人でも感嘆を隠せなくなる。

そのとき初めて

「日本社会は世界でも異質だったのだ」

と気が付く人も多い。

日本人が空気のように当たり前だと思って気が付いていない、日本人気質の美しさに気が付くのだ。

その異質さは、日本人の持つ一般的な性格や気質が作り出しているのは明白で、取り上げるとキリがないほどだ。

日本人の気質として、私が最も美しいと思うのは、日本人の多くは「約束を守って信頼できる人が多い」という部分に尽きる。責任感が強いという言い方もできる。

日本人が明日できると言えば、本当に明日できるのだ。日本人がそれをすると言えば、本当にそれをする。日本人が対処すると言えば、本当に対処してくれる。

こんなことは、多くの途上国ではそれこそ奇跡に近い。途上国ではできないことをできると言い、守れないものを守れると言い、対処しないのに対処すると言う人がうなるほどいる。

日本が世界に誤解され、叩き潰されようとしていく

他人を重んじるのも日本人的な特質かも知れない。日本人は他人に気を遣うし、他人の気持ちにもよく気が付く。相手のために、あえて折れることもある。

他人に対して最初から敵意剥き出しにするようなこともない。最初に好意と協調を見せ、自分の主張ばかりせず、他人の事情にもきちんと配慮する。

何でも計画性があって、それを遵守しようとするのも日本人的な特性だ。ちょっとしたことであっても、計画的に物事を進めて行き、それを成し遂げる。

我慢強いのもまた日本人的な特性だ。成果がすぐに出なくても継続し、コツコツと続けて行く。時間がかかっても、今日中に何とかならなくても手を抜くことがない。

何かあっても他人を恨んだり非難したり責任を押し付けたりしないのも日本人的な特質だ。まず起きたことを謝罪し、状況を分析し、起きてしまったことを受け入れ、二度と同じ過ちを起こさないためにはどうしたらいいのかと考える。

あまり見栄を張らず、虚栄心も持たず、派手な言動を嫌って控えめにするのも日本人らしい。カネを持っていることを見せびらかして傲慢な態度で他人に接するのを嫌うのである。

何をさせても、緻密で正確な点も日本人の特質だ。よく電車やバスが時間通りに来るというので日本社会は賞賛される。しかし、時間だけでないのだ。

社会の隅々に、緻密さや正確さが行き渡っている。物事を徹底してやるという姿勢や、それを賞賛する姿勢が日本にはある。

日本人や日本人気質の中には、こんなに素晴らしいものが山ほどある。ところが、信じられないのだが当の日本人がそれを「当たり前」だと思って気が付いていない。

それもまた日本人らしい。

そんな日本が世界に誤解され、叩き潰されようとしていくのは、見るに忍びない。本当に、心から、何とかしたいと思う。
http://www.bllackz.com/2013/07/blog-post_18.html?utm_source=BP_recent


22. 中川隆 2013年8月05日 13:21:38 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

日本の男は金髪女性を見ると理性を失う?

2006年11月 1日 (水)
銀山温泉の外人女将で有名な「藤屋」が今年7月にリニューアルしていたようだ、最悪だね

趣のある木造3階建ての旅館が川を挟んで並ぶ「おしん」の舞台にもなった銀山温泉にあるアメリカからやって来た女将ジニーさんで有名な旅館「藤屋」が今年7月にリニューアルしているのをたまたま銀山温泉関係をチェックしていて初めて知った。

その藤屋のホームページに行ってみてびっくり。かつて存在した3階建てのほかの旅館と調和して大正ロマンの味わいを見せる木造3階建てステンドグラスの望楼のあるあの雰囲気いっぱいの「藤屋」が完全に消失して、なんと伊豆辺りに普通にありそうな女性好みのいわゆる

オシャレっぽいどうでも良い建築物に成り果てているではないか。

4年ほど前に銀山温泉に行き、共同浴場と3カ所の旅館で日帰り入浴して以来銀山温泉には行っていない。その時に藤屋にも日帰り入浴を確か500円程度でした記憶があるが、素晴らしい建築で何の問題もなかった。あのとき聞いた限りでは宿泊も1万円ちょっとで可能だった。

それがそれがどうしてあの歴史ある、ほかの建物と一体になり銀山温泉の特色を造っていた建物を壊してしまったのか。

経営者は究極の馬鹿なのか。アメリカから来た白人女性の言いなりになってしまったのかどうか実に馬鹿らしい限りの改築だ。

写真で見る新しい藤屋の建物の銀山温泉にあることの違和感。あんな建築家の自己満足だけの建築物が突然闖入してしまった銀山温泉なんて何の魅力もありはしない。もう行く気にもならない。

しかもなんと、新しい藤屋は日帰り入浴も受け付けない(それはそれで旅館の経営方針だから構わないが)上に、宿泊料金が2人で泊って安くて35000円。部屋によっては5万円。銀山温泉の基本的なあり方を完璧に勘違いしているとしか言いようがない。これほどの金を払うなら京都の素晴らしい懐石料理が味わえる俵屋にも宿泊できるではないか。あまりに馬鹿らしい料金設定だ。

銀山温泉は湯自体にはたいした特徴などがある訳ではない。あくまであの建築群が集合した町並みが魅力だったのだ。それをぶち壊す今回の藤屋の改築。自らが自身の存在価値を放棄するという馬鹿らしさ。もう銀山温泉はどうでも良い。山形県なら同じような雰囲気で庶民でも銀山温泉などとは月とスッポンの素晴らしい湯が味わえる肘折温泉がある。藤屋は六本木ヒルズあたりに住み、金が余って仕方ないようなバブル長者辺りを相手に商売していれば良いだけだ。

それにしても日本の建築家というのは文化や伝統との調和を考えることが出来ない奴らばかりなのか。黒川なんとかと言う文化人気取りの設計屋をはじめ独りよがりの自己主張さえしていれば自己満足している人間たちのようだ。

_________________


投稿: ごまちゃん | 2006年11月 5日 (日) 10時46分

私も藤屋のHPみて驚きました。さびれていた銀山温泉をひっぱってきた藤屋だと思っていたのですが。。。なぜ、こんな誤った方向に進んでしまうのか。。。これが、温泉組合とかの方針で、宿により明確な方向性の違いを打ち出すとか決定してのことであれば、まだいい面もあると思いますが、とてもそういう決定でこのようになったとは思えないですね。

この料金設定では、地元の人は誰も行きたがらないでしょう。完全に首都圏の人をターゲットにしている。

エステ?かふぇ?そんなもの銀山温泉に必要なのだろうか?

ここに来る人が求めるものと違う気がします。
勘違いが、温泉街全体におよばないことを祈るしかありません。
http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/2006/11/post_6fe7.html


2010年1月26日
食事の後、旅館から防寒コートと長靴を借りて夜の温泉街を歩く。

古い昔からの佇まいを残す旅館の前に観光客が群がり、ガス灯の下で記念写真を撮る。

しかし藤屋の前は素通りをする。

銀山温泉に観光客は古きロマンの街並を求めているのだ。

 藤屋の前の通りからは藤屋の客室が細い格子越しに良く見えていた。お客はデザインの一部なのだろう。隈研吾にとっては。

 さ、寒くなってきたから藤屋に戻ろう。
http://arigatodiary.cocolog-nifty.com/arigatodiary/2010/01/post-75cd.html


2010年4月14日
ホテル藤屋:民事再生を申請、負債5億円 金髪の女将で話題 /山形

 民間の信用調査会社・東京商工リサーチ山形支店によると、尾花沢市の銀山温泉の老舗旅館「ホテル藤屋」(資本金4000万円、藤敦社長)が13日までに、山形地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約5億円(昨年9月期)。

 藤屋ホームページによると、創業は江戸時代で、大正時代に木造3建てになった。米国出身の「金髪の女将」がいる宿として全国的に知られた。

 同支店によると、99年の山形新幹線新庄駅延伸の効果もあり、ピークの04年ごろには1億9000万円の売上高を計上した。06年に4億円を投じて建物を建て替え。しかし、建て替え後、客単価を高くしたことで来客が伸び悩み、売上高は08年9月期に9000万円台、09年9月期に8000万円台に落ち込み、建て替えの借入金負担が資金繰りを圧迫していた。


_____


943 :世太郎:2010/04/15(木) 03:50:59 ID:tPth4Ih4
 
 さらば、金髪のジニー 〜 Jinny with the light brown hair 〜
 
 アメリカ女性は、三度離婚すると、どの夫よりも金持になる。
 三人の夫の財産から、それぞれ半分づつ収奪するからだ。
 二人目で夫と同じ資産を得て、三人目で追い越す。(以下パロディ)
 
 有能な男は、そのつど財産が半減しても、すぐに稼ぎを倍増できる。

 ただし、日本人の夫と妻には、そういう文化や発想がない。
 母子手当をもらいながら、女の細腕で子供を育てることを覚悟する。
 
 ジニーは、二人の子を産んだので、夫の財産から四分の三を取れる。
 もちろん、夫には現金がない。そこで改築費の名目で借金したのだ。

 改築が目的ではなく、借金が目的だったのだ。
 
 億単位の建築費は、しろうと目には分らない明細書で算出されている。

 業者間だけでなく、施主にもキャッシュバックが行われて当然だ。
 施主の手から(非課税で)妻のふところに入るしかけだ。


946 :名無しさん@いい湯だな:2010/04/15(木) 08:54:31 ID:BJWw9igV

もし世太郎のいうことが真実なら、彼女は結構な大金を離婚によって手にしたことになるな。

故郷にその金もって帰り「離婚太りのジニー」とかみんなから呼ばれて悠々自適とか?

となるとジニーは悲劇のヒロインではなく、かなりの策士だなあ。

藤屋は策士にまんまとだまされた挙句大金をむしられあぽーんしたというのが真相と解釈していいのかな。

アメリカ女将を広告塔に大もうけしようとした藤屋は自分たちの方が悪賢いと思っていたが、実はアメリカ女が一枚上手だったということw。

「しかし藤屋、おぬしも悪よのぉ・・・」

「なんのなんの、ジニーの方が一枚も二枚も上手でございまする。ふっふっふ・・・」

948 :名無しさん@いい湯だな:2010/04/15(木) 19:22:06 ID:E0P6Yxhs

大体、今まで一万円台だった宿が建て替えたって理由だけで三万円台までつり上げるのっておかしいだろ?

三万円出す客は今まで散々高級旅館泊まってるから、掃除がなってない、アメニティが不足、食事の素材がダメ、
挨拶ができてないだの小煩いぞ。客層が1万円台の時とは根本的に違うのに同じ従業員でうまくいくわけない。

959 :名無しさん@いい湯だな:2010/04/16(金) 16:25:10 ID:gQE9oX0/

藤屋の場合は社長親子もDQNだったらしい。

ジニーも「こんなDQNだと思わなかった。なら一円でも多くもらうものもらって、アメリカに帰るか」みたいになったんじゃないの?

どのくらい金もらったかは知らん。でも彼女だって転んでもただじゃ起きない女だと思うが違うか?

子供はアメリカに連れて行ったの?それとも尾花沢に残って、長期の休みになるとアメリカの母親に面会にいくとか?


960 :名無しさん@いい湯だな:2010/04/16(金) 16:55:37 ID:K5LGorBd

自分は事業で一億借りて20年ローン組んだら月の返済が59万〜61万だ。(変動金利、事業のローンは原則最大20年)

6億借りてたら月に360万だろ?
14人の従業員にパートや正社あわせて単純に一人20万の給与と考えると280万。
これだけでも月に700万は黙ってても飛んでいくだろ?

実際は自営業だったら借入と人件費のトータル3倍位は黙ってても飛んでいく。 月に2000万の必要経費だと考えると、もうアウトだからなぁ。


当然ジニーも借り入れの連帯保証人だったと思うし相当もめたと思うよ。 離婚が成立したから、もう銀行からも見放されたんじゃないの?


963 :名無しさん@いい湯だな:2010/04/16(金) 17:30:05 ID:M0lP6KkJ

銀行は女将がいる前提で貸したと思うよ
女将がいない今はもう・・・

経営陣も女将を呼び戻せればそのままでも許されるだろうが
呼び戻せなければ債務保証をタテに自己破産させられて追い出されるだろ


964 :名無しさん@いい湯だな:2010/04/16(金) 21:10:45 ID:dl9VAcIc

DQN親子といつ頃気がついたのかはわからんが、けっこう長い結婚生活
だったよね?

加えて旦那の地元産業に大きく貢献したんだから転んでもタダじゃ起きない額をもらうのは当然でしょ

子供はアメリカに連れてったみたいだよ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/onsen/1271856105/l50


詳細は


あの名画の舞台となった銀山温泉は今 _ ジニーさんの「ニッポン人には日本が足りない」
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/351.html


23. 2013年8月05日 17:02:31 : W18zBTaIM6


白人はなぜ白人か 2006年8月28日 (月)

進歩主義者や、市民主義者、「地球市民」主義者らは、われわれが「白人」というカテゴリーを用いて問題を取り扱うことを、唾棄すべきことのように言うであろう。そのような論者に対しては直ちに右翼、さらには「人種主義者」のレッテルが貼られる。しかし、このような進歩主義者は、「人種差別」「人種主義」の意味すら理解していない。

しかしながら、われわれは正当に、「白人」という範疇を用いて、問題を取り扱うべきなのである。「白人」範疇を用いなければ解明することができない多くの諸論点・諸問題が、論ぜられるべきものとして歴史的にわれわれの前に提示されているからである。

「白人」範疇を最初に作り出したのも白人自身であることもよく確認しておく必要がある。「白人」は白人の自称である。これに対して、黒人、黄色人種等は、白人による他称である。

われわれは「白人」と対決しなければならない。われわれの真の敵は、「白人」なのである。

では、白人はなぜ白人か。

まず第一に、遺伝によってである。

彼らは日本の一般人以上に、はっきりと血統を重んずる。さらに、伝統的に、日本人よりはるかに「容貌」にこだわってきた。血統と婚姻関係と容貌とが、ずっと昔から、大のおとなの男子によっても強く意識されてきたのである。そのような意識の下で、彼らは交配を繰り返し、半ば人為的に現在の「白人」を作り上げてきたのである。さらに、その自らの人為について、誇りすら持っている。

これは白人に直接に接してみればわかることだが、彼らは容貌について実に細かいところを気にしている。日本人のように、鼻が高いか、目が二重であるか、顔が小さいかというような大雑把なものではない。彼らは、高級飼猫や競走馬の毛並みを気にするような目で、人間の容姿をも見るのである。日本人が、金があるのに歯並びなどの容姿を修正しようとしないのを、彼らは奇異に感じている。日本人が自然であることを評価するのとは全く違った容姿に対する感性を彼らはもつ。そもそも彼ら自身が(理性による)人工的な製作物なのだ。

彼らの「血統」と「伝統文化」と「容貌」のコングロマリットに関する強烈な意識は、たとえばトーマスマンの「ブッデンブローク家の人びと」のような小説にもその率直な表現を見ることができると思う。

彼らの先祖はイラン高原(またはロシア南部)を出てヨーロッパに広まったといわれる。またインドにも侵入しインダス文明を滅ぼした。彼らはヨーロッパにおいては先住民を消滅させ、人口稠密であったインドにおいてはカースト制度を考案し、これを先住民に課して苛烈な支配収奪を行なった。

このようにヨーロッパ白人は、「征服して根絶やしにする」こと、すなわち「ホロコースト」「民族浄化」によって自らを確立した人種なのである。

すなわち白人は、その人種としての成立においてすでに、「ホロコースト」の刻印をもつ。

白人はその遺伝的な貪欲さ、攻撃性、粗暴さ、征服欲の強さ、そして他者を顧慮しないで平気でいられる傍若無人な特性によって、その覇権を拡大したのである。

白人はこのような遺伝的素質によって人種的な版図を拡大した後、彼らのうちの特権層・貴族階級が、自らの眷族の中において、牧畜経営で覚えたとおりの人工的な交配を繰り返すことによってその血統的なアイデンティティおよびある種のブランド価値を確立していくのであるが、白人「市民」革命は、この特権貴族層の血統的アイデンティティ即ち身分的「優越」の意識を、「白色人種」の人種的アイデンティティ即ち人種的「優越」の意識へと移行・拡散させ、これを全白人に平等に共有せしめたのである。その背景にはいうまでもなく、新大陸の「発見」と植民地支配と奴隷制とがあった。

「世界の拡大」にともなう新しい他者たる「新しい野蛮」の発見と、新植民地および「奴隷」の獲得とが、物質的にのみならずイデオロギー的にも、白人全体のある種の貴族化・特権層化を可能にした。

「野蛮」と「奴隷」との現出が、白人全体の「市民」化を可能にしたのである。(「市民」とは昔から有産者のことであり、城塞で保護された都市・市場の中に「特権的な地位を有する者」のことである。ただし必ずしも城塞の内側に住む必要はない。都市の原型ともいうべき塀で囲まれた小さな市場は、夜は鍵をかけられて閉鎖され無人になるのが通例である。)

即ち、白人「市民」革命は、イデオロギー的にも、「野蛮の再発見」と植民地支配および人種的奴隷制なくしては成立し得なかった。「自由な市民」は常に「野蛮」と「奴隷」とを要件とするのである。

「イデオロギー的にも」これらが必要であるという意味は、「自由な市民」たる白人は、「白人」たる以上永久に、「野蛮」と「奴隷」とを、自らを規定し境界づけるものとして探し求め、定義し続けなければならないということである。

それらが仮に「非難さるべき野蛮」「啓蒙されるべき野蛮」「保護されるべき野蛮」あるいは「解放されるべき奴隷」という形をとるとしても、「野蛮」と「奴隷」(隷従)との存在が「自由な市民」たる「白人」の存立要件であることには変わりはない。このことが白人の「日本たたき」の背景をも形作っている。

彼ら白人には、われわれ日本人が普通に考えるような「人間的な」感情はない。根が極端にセルフィッシュなので、彼らがまともな社会を築くためには、外から強力な道徳規範を特別に叩き込まれる必要があった。そうされないと何でもやってしまうDNAだからである。

この外から叩き込まれなければならない道徳規範が、キリスト教であったり、現在の人権思想や環境保護思想だったりするのである。

白人は、われわれにとっては自然な感情のように思われる道徳規範さえ、宗教的権威によってドグマとして与えられなければならなかった。彼らは「自然な」罪の意識というものを持たない。キリスト教の教義によって教えられた「罪」しか持たないのである。

日本人にはホンネとタテマエの区別があるといわれる。それは、日本人がしばしばホンネを漏らしてしまうということにすぎない。白人にその区別がないように見えるとすれば、それは彼らが言葉ではタテマエ以外は決して語らず、ホンネの部分は有無を言わさず強力に実行し、永久に隠蔽してしまうからである。彼らのホロコーストの後には何も残らない。したがってホロコーストもなかったことになる。

アジアにおいてはさまざまな系統の言語が錯綜していて日本語のような系統不明の言語も散見されるのに対し、ヨーロッパは、後に侵入したモンゴル系の言語やバスク語などごくわずかな例外を除き、ほとんどが「インドヨーロッパ語族」一色である。

このこともまた、ヨーロッパ人種がその始原において「ホロコースト」「民族浄化」を要件として成立したことを意味する。「ホロコースト」「民族浄化」の衝動は、白色人種の持って生まれた刻印(性格)なのである。

実際のところ大陸世界で、謙虚で欲のない性質の優しい民族というものが仮に存在したとしても、真っ先に強欲粗暴な民族の餌食になって淘汰され、絶滅させられるか辺境に追いやられてしまっているだろう。そのような希少な有徳の民族は、日本列島のような隔離された辺境にしか存続しえなかったのである。

第二に、白人は「白人」として扱われることによって、この世界に確立している「白人」範疇に属するメンバーとして認知され、白人になる。これも大きい。

「白人」としての十分な容貌を備えた者は、世界中どこへ行っても「白人」として扱われる。また、そのような扱いによって、彼らは自らが「白人」であることを再認識する。

彼ら自身がそのことに否定的であれ(その場合ほとんどは口だけだが)、肯定的であれ、彼らはその枠の中で生きていくのである。

たとえば、アジアの辺境の貧しい山村に白人系の孤児がいたとする。もしその孤児が白人らしい容姿をしているならば、どこからともなく白人の篤志家やボランティアたちが現れ、大変な情熱でその子供を支援し、また、白人にふさわしい教育を与えるであろう。ついでにその村も支援する。

貧しい村を支援するという形に糊塗して、白人系の孤児を救うということもある。このような仕事には多くの場合、福音派系のミッショナリーが関与する。(高床式の伝統的な村落に、けばけばしいペンキを塗りたくった礼拝堂や集会所を建て、英会話や聖書の教育をし、村の伝統宗教や先祖崇拝をやめさせ子供の名前も変えさせて「文明」を教えてやる。)

そして、「救われた」混血児は、自らが村の他の人々に比べ、「選ばれた」そして「文明化された」存在という意識を持つようになるかもしれない。また、豊かな生活にあこがれる村の人々は、選ばれた混血児のように、祖先の名前を覚えず、精霊を信じず、英語名を名乗り、伝統的な慣習を無視して、教会小屋で祈ることが、「文明」への道であると錯覚するかもしれない。

このようにして、アジアのあちこちに孤児を産み捨てていく白人の罪も贖われるのであるが、しかし、その子供が不幸にも母親に似てしまい、白人らしい容貌をもたなかったならば、子供は完全に無視され、彼に関しては最初から何事もなかったことにされるであろう。

アメリカ政府もまた、日本占領期、小笠原のドイツ系日本人に対しては、彼らが白人であるがゆえに特別の有利な待遇を与えたことを忘れてはならない。

この事実に対して、白人側にどんな言い訳が用意されているのだろうか。「ドイツ系日本人」だから、二重に「敵性」種族と見られてもよいはずだが、そうはならず、逆に優遇されたのである。ひたすら彼らが「白人」であるが故に。

タイは白人至上主義の東南アジアにおけるイデオロギーエンジンである(その燃料はセックスと「安さ」)

何年か前、タイの銀行の両替窓口に並んでいたときのこと、タイ人係員が私より後ろに並んでいる白人を呼びよせて、私より先に受け付けようとした。

そのときはまだタイに慣れていなかったこともあり、私はその白人に「俺のほうが先だ」と言って注意した。すると、その男はニヤッとしながら「彼(係員)が俺を呼んでいるんだ」と平然と開き直った。これは立派な白人といえる。

後ろに並んでいる白人のほうを先に並んでいるアジア人ツーリストよりも優先受付するということはタイではまったく珍しくない。そういうことはタイではいろいろな場所でたびたび経験した。旅行代理店で用件を話しているときに白人が入ってくるとこちらをそっちのけにして白人を先に受け付けるなど。このような場合、初心の日本人ツーリストはただ唖然として見ているしかないことがほとんどだろうが、タイ初心者の白人のほうは、自分が優先されているということ自体にまったく気づかないか、「ツーリスト優先」(彼らの頭の中ではツーリスト=白人)なのだと考えたり、アジア系はみなローカルだと決め付けて「タイ人はフレンドリーな人たちだ」と喜んだりするくらいであろう。

しかし先にあげた両替窓口の白人の場合は、すでに十分に気づいている。わかった上で開き直っている。白人が白人ゆえに優先される扱いを自分たちの当然の権利と考えている。

その「権利」を前面に押し出して「タイでは白人が優先されるのがルールだ。何か文句あるか」といっているわけだ。

タイは世界中から、安さとセックス、つまりは決して上品とはいえない条件で屑な白人たちを意識的に大量にかき集め、その「屑白人外道ツーリズム」を、金持ちのフトコロが痛まない救貧政策ともしてきた(セックスツーリズム)。

屑白人ツーリズムのルールとして、最低の屑白人をどんな有色人種客よりも上客として扱うという白人優先主義がタイの多くの場所で普通に行われている。

このような白人優先の扱いを日ごろから普通に受けていれば、どんな白人でも、白人が優先されるのが当然のルールだという感覚になっていくのは自然であろう。もとが屑白人ならなおさらである。

そして、多かれ少なかれ、そのような感覚を備えた白人こそ「白人」の名にふさわしい本物の白人なのである。

このように、「白人優先が当然だ」という感覚は、東南アジアではタイに始まったが、現在周辺の白人ツーリストの多く来る地域に急速に広まりつつある。

この数年で東南アジアの人々の感覚は大きく変化し、特にインドシナは急速にタイ化しつつあると思う。

たとえば、現在、ラオスは大量の汚い貧乏白人バックパッカーが押し寄せる国になっていて、ひょっとするとタイ以上に白人密度が高くなっているかもしれない。

ラオスのバスチケット売り場では、乗客の名前をいちいち記録するのだが、ある田舎のバスチケット売り場の若いラオス人は、汚い白人パッカーにはCould you please tell me your name?などという結構な英語を丁寧に使い、われわれにはWhat's your name? Write here.であった。

彼らにとって「ツーリズムを振興させる」とは、必然的に、タイツーリズムの「作法」をそのまま学ぶということに他ならない。それ以外の選択はないのである。

白人ツーリズムの盛況とともにアジア全体に蔓延しつつあるこのような白人の特別扱い・白人優先の実例、慣例化が、若い白人ツーリストたちの「白人」としての自覚をさらに高め、白人を「白人」として鍛え上げていくのである。

そしてタイこそは、「差別OK」「人種差別の何が悪い」「差別は文化」という思想の東南アジアにおける宗家であり、発信地なのである。

どんなに「リベラル」な白人でも、タイでの白人優先には納得しこれを素直に受け入れてしまう理由が用意されている。それは自分が不利益を受けないからばかりではない。

「『一見不当に見える差別扱い』にこそ『西洋的合理主義では理解できないオリエンタルな秘密』があるのであり、それに異議を唱えるのは野暮である」という思想を、タイはもっともらしくブランド化し、白人客のみならず白人優先を甘受する日本人客等にも向けても、高くラベルを貼って売り出しているからである。

欧米「リベラル」派白人としても、この「神秘の微笑みに包まれたオリエンタルな異文化」をやみくもに否定できない。それはちょうど、彼らが「『古式タイマッサージ』は医療とは無縁の擬似性風俗あるいは売春の口実に過ぎない」という真相について、うすうす気づいていてもそれを断言しにくいことと似ている。

このような「タイ式オリエンタリズム」の総本山がホテル「オリエンタル・バンコック」であることはいうまでもないだろう。

タイの「ホスピタリティ」は、日本(東京)のように客を平等に歓待することによっては表されず、「客に差をつけること」によって表現される。

そのようにして客の足元を見、あるいは見るフリをし、客を不安にさせたり喜ばせたりするのが彼らの流儀のようだが、そのほうが結局は誠実な接客より安上がりで楽だったりする。

上客を特にもてなす努力をしなくても他の客を「下げる」だけで「特別扱い」の意思を表現でき、あとはニヤニヤしていればいいだけだからである。

有名なタイの「差別診療」も、本当に金額に見合った治療が受けられるのかどうか私は大いに疑問である。高い費用の大部分は単なる「差別代」であろうと思われるからである。

このようにタイは、「差別」を「オリエンタルな文化」として公然と売り出している。そして、それによって、人種差別云々というような「ケチな」問題をイデオロギー的に「棚上げ」してしまう文化戦略に出ているのである。

それは、白人優先主義を制度化すると同時に、国民の間のさまざまな不条理な差別を日常の些事と感じさせ、少数民族問題や貧困問題などタイの国内問題をも同時に棚上げするイデオロギー政策にもなるとタイの支配層は考えているように見える。

しかし、このようなタイという「オリエンタルな」差別主義のイデオロギー的「エンジン」を東南アジアの中心に据え付けているのもまた、白人の世界的イデオロギー戦略の一環にほかならない。

タイは白人を「白人」として扱うことによって本物の「白人」にする、東南アジアにおけるエンジンである。

日本にいては想像できないほどの、大量の老若男女を問わない白人ツーリストが、季節を問わず、毎日、タイに押しかけている。タイは白人の学校である。彼らはそこで「白人」として鍛えられ、アジアや有色人種を見る「白人」的「視座」を確立していくのである。

第三に、「白人」はシステムである。白人は「白人システム」のなかにあることによって、「白人」の十全な意味を獲得する。

事実上、(自称ユダヤ人のスラブ系白人を含めた)白人が主導し、白人の利益を増進し、主として白人に利益が還流する組織を持ち、白人の価値と美意識を宣教して白人イデオロギーを護持する社会や国家は、白人社会であり、白人国家である。そこに有色人種の構成員が相当数いて、個人的に富み、活躍しているように見えたとしても、そのことはその国家が白人国家であることを妨げない。言うまでもなく、アメリカは白人国家である。

数百年にわたって全世界を覆う、この白人システムに対して、正面から宣戦を布告し、自覚的に戦いを挑んだ有色人種国家は、実は日本だけなのである。

白人が現在もなお、執拗な「日本たたき」をやめようとしない理由はまさにここにある。白人の「反日主義」が、彼らの伝統的な人種主義の悪質かつ必須な要請であることは、すでに明らかであろう。

「反日主義」は人種主義である。「反日主義」を創始したのも実は白人であることに、われわれは十分注意しなければならない。これは、白人システムに対する有色人種によるいかなる挑戦をも容赦なく叩き潰すという、白人の強烈な意思の表現であり、その目的のために白人が特別に創設した戦略的なイデオロギーなのである。

中韓の反日は、白人の創始したこの「反日主義」イデオロギーを借りているにすぎない。反日主義という白人の人種主義イデオロギーを借りて日本を攻撃する中韓は、自らが愚かにも白人のアヘン商売の荷役を買って出ているにすぎないことに気付かない。

「白人システム」は、白人ツーリズムにおいて却って顕著に現れる。白人はいかなる個人旅行においてもこの「白人システム」をできる限り持ち歩こうとする。

このことは彼らが「カウンターカルチャー」だとか思い込んでいるらしいアジアへのバックパック旅行においても同様である。

彼らは自分の国での生活様式をそのまま、アジアの安いゲストハウスの自分たちの空間に持ち込もうとする。白人ツーリストが例外なく、巨大なバックパックを担いでいるのはそのためである。彼らは自国と同様の白人的な生活空間を、多少のエキゾティシズムを加えることはあっても基本的には、滞在先の各所にそのまま実現しようとする。

この点、白人はマイキムチを持ち歩く韓国人ツーリストに似ているが、白人の特徴は「空間の支配」の志向である。

彼らがアジアでは安宿を好み、大いにアジアの「安さ」を求め、背景に「アジア的」なアンビエンスを好んだり、アジア的な習慣のマネゴトをしてみたりするとしても、そこに持ち込む自分の空間はあくまで「白人世界の空間」でなければならないのである。

次に白人は必ず、そこに作り上げた自分たちの空間を外部に向けて拡大しようと働きかける。これは、白人文化に刻印されたコロニー作り・植民地主義の志向性にほかならない。

どんな辺境の地にあっても、貧乏旅行者を自称する白人ツーリストたちはコカコーラを要求するであろう。白人ツーリストの来るところには必ずコカコーラが流通する。

ロシアから来た白人も、東ドイツの田舎から来た白人も、アイルランドから来た者も、旅先ではコカコーラを飲むのである。それが白人ツーリズムのルールだからである。それに従いコカコーラはローカルにも浸透する。

白人ツーリズムは、白人援助・白人NPOとともに、なによりも白人世界・「白人空間」の非白人世界への拡大を目指す、現代の植民地主義にほかならない。

「白人」は自然人類学上の人種であると同時に、文明論上の客観的な範疇なのである。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/journal/cat6354425/index.html


24. 2013年8月05日 17:12:26 : W18zBTaIM6


オーストラリア人に乗っ取られたニセコ

【アジアの国が白人を受け入れて得るものなし:失うばかり】


オーストラリア人に乗っ取られた 北海道のリゾート町

 国土交通省がまとめた2006年の都道府県地価調査(06年7月1日時点)で、北海道町が住宅地としては上昇率全国1位になった。スキーリゾート地として知られる同町だが、原因はオーストラリア人観光客の急増と、それを収容するコンドミニアムの建設ラッシュ。町内では「オーストラリア人に町が乗っ取られる!? 」という半分冗談が飛び交っている。

   倶知安町観光協会によると、オーストラリア人観光客が増えたのは5年ほど前から。05年度は前年を80%上回る約7,700人のオーストラリア人観光客が来た。うち殆どが冬場に7日〜10日間滞在する。スキーやカヤック、温泉などが目当てだ。

コンドミニアム建設ラッシュが続く

倶知安町には英語以外にも、中国語のウェブサイトもある

   町の人口は1万6,000人。その半分近い観光客。

「急に観光客が増えたため驚いている町民も少なくない。冬場だと街は外国人で溢れている。あわてて英語の観光案内を作ったほどだ」

   J-CASTニュースの取材に協会はこう答えた。観光客が増えたきっかけと言われているのは、オーストラリア出身のロス・フィンドレーさんが十数年前にニセコに住んだこと。ロスさんが倶知安の素晴らしさをPRしていくうちに、口コミやインターネットでオーストラリアの人たちに伝わり、5年ほど前から一気に観光客が増えていった。

   地価上昇の直接の要因は、この観光客をターゲットとしたコンドミニアム。倶知安町の「ひらふ」地区は建設ラッシュで、06年冬には36室の施設が新たにオープンし、08年の夏には60億円を投資した100戸以上の施設も予定されている。報道によれば、土地の価格は03年に3.3平方メートルあたり5万円だったものが、06年は30万円を超えるまでに上昇しているという。

経営はオーストラリア企業が大半で、地元に恩恵なし

   これによって倶知安町の経済も活気付いているかというと、そうではないらしい。駅前商店街はシャッターが下りたままの商店街がすくなくない。コンドミニアムの経営はオーストラリア企業が大半。地元の宿泊施設もオーストラリア企業に買われているという。

また、「ニセコ花園スキー場」もオーストラリア企業の経営に代わった。同観光協会は、

「コンドミニアムの建設や運営は地元企業ではないため、(経済的な)恩恵は少ないんです」

と寂しそうに打ち明ける。さらに、地価が上がりすぎて「地元の人たちが手を出せなくなってしまった」と、人口減少の心配まで出ているのだという。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/141291/125681/18935312?page=2


ニセコ町、倶知安町は完全に白人によって現地人が駆逐され撃沈されつつあります。

2001年頃にオーストラリア人の英語講師サイモンが盛んにニセコへオーストラリア人を送るビジネスを開始したときには、純朴で外国人を疑う事のないニセコの地元の人たちや、札幌のHBC、STV、TVH等のテレビ局、北海道新聞等のメディアは

「北海道が国際的な観光地になり、オーストラリア人が観光で多くの資金を落としてくれ、素晴らしく、歓迎すべき大切なお客様」

という取り扱いであった。

北海道人はイギリス、ヨーロッパから世界中(オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ大陸、アフリカ、東南アジア)に植民地を作り、現地人を駆逐しながら定住し、一度略奪した土地は二度と現地人に返さない英国系の人達の文化に対して、完全に無知でナイーブであり、本当に馬鹿であった。

今でも馬鹿な人も多く、完全に駆逐され、白人の蛮行や搾取により八方塞がりにされ、自分の故郷で快適に生活できなくなってやっと気づく、純朴を通り越して馬鹿すぎる人も多い印象を受ける。

倶知安町の福島町長は2007年末でも

「ニセコが国際的に認められる観光地になり嬉しく思う」

等の発言をされているようであるが、現実は「国際的観光地」ではない。利用価値の高い土地はほぼ全て、観光ブームの火付け役となったオーストラリア人が、ブーム直前に破格に安く土地を買占め、建築計画、デベロッパー、販売会社、購入者ほぼ全てオーストラリア人をはじめとする外国人で、地元民は北海道の最低賃金の640円程度で、白人の別荘でメイド、女中をしたりしている。

白人は2001年頃に北海道のテレビ局等のメディアが賞賛したような経済効果をニセコや北海道に落とすことは殆どなく、地域開発、観光業の利益はオーストラリア人、オーストラリア企業に落ちている。倶知安町、ニセコ町や地元民は、土地だけ最低価格で売却した時の一時金を得ただけである。その後に発生した利益はまったく地元に還元されていない。

現在は白人が非常に増え、大柄な態度で、日本人を無礼に篤かったり、夜中に酔っ払って騒いで日本人に注意されるとなおさら嫌がらせをエスカレートさせたりと、日本人が平穏に暮らせない状態になりつつある。日本人は本当に白人に対して無知でナイーブ過ぎた。いずれ、オーストラリアのアボリジニー(原住民)のように日本人用の保護区を作ろうという態度に出かねない様相である。

保護区というより、会員制白人専用ゲレンデ、白人住民専用の地区、住宅街をつくり、住民以外(=日本人)出入り禁止地区を作るかもしれない。

白人に利用され駆逐されつつある地域に一定の規制を作り、植民地化をこれ以上進行させない時期に確実にきている。ニセコ町、倶知安町、後志支庁、北海道庁、中央省庁各機関が連携して、現況を再考し、具体策を作り早急に実行しなければいけない。

また、白人の中には北海道の女と多数関係を持っているものもいるので、倶知安、ニセコではHIV、エイズとうも確実に広がっていると考えられる。彼女らが、札幌等に出てきて、他の北海道の人達とも接点を持つので、急速に広がっているであろう。ニセコのオーストラリアブームはオーストラリア人だけが利益を上げ、現地人は逆に利益を害され、そのほかの日本人にも得なことは何もないと言って過言ではないだろう。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/141291/125681/18935312/list_comments

ニセコ温泉の話 オーストラリア人の富豪別荘エリア

ホテルニセコいこいの村に来る途中、別荘エリアの「入口」を通る。

 で、帰りは、別に別荘エリア内には侵入禁止ではないので、エリア内をドライブして、貧乏夫婦(私と奥さん)は素晴らしい別荘を車の中から眺めて思う存分嫉妬の嘆声を上げてきた。

 というのも、ここはオーストラリアの富豪(!)たちの別荘エリアだからである。


 なぜ、富豪と解るか?
 なぜ、日本人のものではないと解るか?

 それは簡単である。
 建てられている別荘の「質」が、全く違うからである。
 それは「ひと目」で区別できる。


 私がニセコにたまに来るようになったのは20年前から。オーストラリア人が不動産投資をし、別荘やリゾートマンションを建てるようになったのは10年ほど前からである。20年前のその前から、ニセコは別荘地だった。しかし、どの別荘を見ても、

「倹約してやっと建てた掘っ立て小屋」

 以上のものではなかったし、今でも、そうした日本人のみすぼらしい古い別荘はいたるところにある。

ところが、オーストラリア人のそれは、まるで小さな城のように、頑丈で、立派で、見た目も美しい。何よりも、どの家も壁一面を大きく硝子で作り、景色を楽しむことができるようにしている。南側に向けたその硝子壁だけでも驚きである。

建材もいいのを使っていて、大きな車庫のドアですら、日本人が使うガレージ扉などではなく、ずっしりとした木の、彫刻でも施しているような高級品を使っている。

こうした建材は日本では手に入らないのではないか、オーストラリアから持ってきているのではないか、と思えた。庭に駐めてあるジープは、もちろん宗主国英国製のレンジローバーの高級機種である。

 円高でオーストラリア人観光は減ったなどというけれども、オーストラリアや香港の大金持ちは、何も変わっていない、リッチな金の使いかたというのを心得ている。

 それに比べて、日本人の建てている別荘という名の粗末な小屋。

 日本人の別荘エリアにも入ってみたのだが(東山エリアにあった)、どの家も、地方都市の住宅街の建売住宅のように個性が無い。安普請であることがヒシヒシと見るものに確実に伝わってくる建築物だった。
http://plaza.rakuten.co.jp/atsushimatsuura/diary/200903090000/

まさに植民地になりかけているということだろう。

日本がこんなふうになっていくのは主に海外に滞在している日本人としても不愉快で不安でもある。

白人がいったん空間を作ってしまったら決して取り戻せなくなることを肝に銘じなければならない。彼らにとっては日本人よりロシア人のほうが「近しい」のである。

オーストラリア人、オランダ人、ドイツ人、北欧人など(周縁白人)の悪行の実態を暴き出しきっちり叩いておくことには意義がある。

イスラムやヒンドゥのような頑固な戒律あるいは強固な穢れ意識を持たない現代の日本人が、国内に白人を受け入れて勝手なことをさせていれば、行き着く先は日本全体がタイ北部、チェンマイのようになる(あるいはタイのビーチのようになる)ということ。

そのときの国民の精神の荒廃は、残念ながら現在のタイをしのぐものになる可能性がある。

日本では小学生の援助交際もあるようだが、いずれ毛唐が白昼堂々と日本の女子小学生を連れ歩くようになるだろう。そのとき警察は白人のやることには手を出せない


「ネットカフェで英会話を教えてやってただけだ」

「ただの友達だ。何が悪い」・・・・


どんなふうにでも開き直れる。そして警察官の「英語」をおちょくり毛唐得意の嘲笑交じりのネチャっこい「ニヤケ」とともに無視するだけ。

日本には不敬罪もない。令状主義が厳しく守られている。日本の警察権力が弱体であることを大いに悔やまなければならないという、民主主義を普通に尊重する者としてはたいへん残念な事態になるだろう。

かつて日本が貧しかったころ、幸いなことに「グローバリズム」はなかった。
白人ツーリズムのシステムも確立していなかった。

しかし、今度貧しくなるとしたらそのときは前と同じ状態に戻ることはできない。彼らが作って押し付ける「フェアなルール」の下、白昼公然と、国の深奥から、日本人の精神と肉体の内奥から、「目に見える」形で白人たちに食い荒らされていくことになる。そして彼らの公然たる蚕食の現実をわれわれが容認せざるをえないという事実によって、彼らのより奥深い支配が「合意事項」として確立し固定する。

白人、ましてやオーストラリア毛唐。

各種掲示板やメールを見渡しても、国の内外を問わず、とくにオーストラリア人で不愉快な思いをしたという体験を多数見聞きする。

白人の本丸であるアメリカを正面から敵にまわすことは当面無益だが、周辺の「破れ窓」をこまめに補修していくことで内外の意識を変え、事態を全体として徐々によりマシな方向に向けることができるのではないか(まずはそれをやるしかないのではないか)と考える。

その意味でもこういう小さそうな問題に注意を向けることは重要だと思う。

2流3流白人の実態をしっかり暴き出し、二度とキレイゴトを言ったり説教をしたりできないように叩いておくことで、白人世界の外堀を(すこし)埋める効果がある

(とはいえ、それでも彼らはキレイゴトを言うことをやめないだろうし説教もやめないだろう。それが彼らの「文明」と「野蛮」に関する信仰である。しかし効果は多少薄れる)。

3流も1流も彼らの本質は所詮同じ。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/141291/125681/18935312


25. 2013年8月05日 17:22:39 : W18zBTaIM6

オーストラリア人「何故羊達はニセコに向かうのか」:ニセコに対する海外の反応
スキー羊


ニセコはスノーリゾート地として特にオーストラリア人に人気があり、毎年たくさんの人が訪れています。という事で海外向けの日本のスノーリゾート情報サイトでとあるオーストラリア人がスレッドを立てていました。


タイトルは

Why do all sheep go to Niseko?
- - - - -
Started by donald, Nov 14 2012 09:57 AM
http://www.snowjapanforums.com/index.php/topic/22165-why-do-all-sheep-go-to-niseko/

●オーストラリア
何故なのか。

●不明
何故なら羊は他の羊を追うものだから。じゃないのか?

●イギリス
早朝、ニセコのリフト乗り場にて。

●不明
人々がニセコに行くのには多くの理由があるだろうけど、特にこの2つだろうな。

1.凄く良いから
2.交通的に行くのが簡単。飛行機に乗って新千歳へ。バスでニセコへ。本当に簡単だ。

●アメリカ/インド
良いというのは確かにその通りだが、多くの人にとってはニセコが人気で色々聞いたことがあるから、デフォルトがニセコっていう感じなんだろうな。

●シドニー、オーストラリア
未知への恐怖から。
最高の釣りスレだな。

●不明
みんながみんなニセコに行くわけじゃないぞ。
白馬に行くのも少しはいる。

●タムワース、オーストラリア
それはキーウィ鳥から逃げるためだ!

●オーストラリア
次のニセコ旅行ではこれを着ていくわ。
スキー羊

●オーストラリア
雪が良い、食事が良い、宿泊施設が良い、サービスが良い、アフタースキーが良い、子供用施設が良い、よく宣伝されていて行く手段が整備されている。
多くの人にとってはこれだけあれば十分だ。

●香港
何故なら最高だから。

●不明
日本でありながら日本じゃないみたいになってしまったから、もうニセコは飽きてきたかな。
残念ながら自分が感じていた魅力はもう全て無くなってしまった。
自分の快適な空間から出ることを恐れる臆病な外国人が日本に触れるために素晴らしい場所ではあるけど、何年も何年もニセコに行き続けている人達は他の素晴らしいスキータウンやスノーリゾートを見逃しているよ。

●オーストラリア
カモーン、ニセコにはビッグマウンテン(バックカントリー)の入門以上に良い事がたくさんあるだろ。
日本中のスキー場を回っている人達を大勢知っているけど、それでもみんな何度もニセコに行き続けてるんだ。
雪質が高い状態で一貫している事は敵い難いし、(スキー場の)比較的安全なエリアはアクセスしやすく、オフゲレンデの地形は豪快で魅力的だ。
自分も何度もニセコに行っているが、それはそこに友人が大勢いる事と山の事をよく知っているからなんだ。

それに今の自分は休暇で海外にスキーをしに行くのは限られた時間しか取れないから、ディープパウダーを堪能できるチャンスがあること、自分の掌のようによく知っているニセコに行くのはハッピーなんだよ。
娘が大きくなればもっと時間が取れるようになるから、色んな場所を探りに行くこともできるだろうな。
日本以外にだって行くかも!!


●イギリス
自分もニセコは魅力を感じてる。
何で好きかはこんな感じか。

1.ゲート(ゲレンデ外に出れる入口)
2.木が至る所にある事
3.ゲレンデを分けるロープが少ない事
4.パウダー
5.チケットの有効範囲が広い
6.ナイター
7.藻岩山ニセコモイワ(それとルスツ、更にスプリットボードと車があればだけどチセヌプリ。死ぬほどハイクしてから滑る)
8.超安い宿泊施設
9.ティムタムがコンビニに置いてある(訳注:ティムタムはオーストラリアで人気のチョコ)
10.アフターの飲み

正直言って楽しい場所だと思う。
買えるなら毎週通えるように家を買いたいくらいだ。
日本語が話せなくても世界中から来た超楽しい人達と出会う事ができるよ。
ナイスだ。

●イギリス(日本在住)
>9.ティムタムがコンビニに置いてある
これだわ。
もう手遅れかもしれないけど、2034/2035年の予約をしておかないとな!

●不明
>1.ゲート(ゲレンデ外に出れる入口)
>2.木が至る所にある事
>3.ゲレンデを分けるロープが少ない事
>4.パウダー
>5.チケットの有効範囲が広い
>6.ナイター
>7.藻岩山ニセコモイワ(それとルスツ、更にスプリットボードと車があればだけどチセヌプリ。死ぬほどハイクしてから滑る)
>8.超安い宿泊施設
>9.ティムタムがコンビニに置いてある
>10.アフターの飲み
ほぼ完ぺきに同意。
ナイターっていいよな。
スキーでこれ以上の楽しみは出来ない位だ。


●香港
>10.アフターの飲み
11.ジンギスカン

●アメリカ/インド(新潟県在住)
↑家の50m先にあるわ。

●香港
↑それは出来ないはずだ。
全ての羊がニセコに行っているのだから。

●スコットランド、イギリス
何人かはもうそう出来てしまってるって感じだな。
彼らは自分達の場所を見つけて、何年でも喜んで戻ってくるんだ。
自分の田舎でも夏休みに同じ事をしている人達がいるよ。
2週間を太陽と楽しむために毎年毎年決まってスペインやギリシャに行く人を大勢知ってる。
これは自分の楽しみ方じゃないな。

ニセコは好きだし、他の場所よりも頻繁に言ってると思うけど、他の場所で新しい体験をするのも好きなんだ。
人にはそれぞれの考え方があるし、それでハッピーならなんの問題もないと思うね。


●不明
前回のシーズンではニセコをベースに30日間いた(12月後半から1月後半まで)けど、30日中24日は新雪を食えた。
その前は24日中18日ニセコにいた。
他の場所も幾つか行ったことがある(日本に住んでいれば少しは簡単になる)けど、ニセコ程の満足感は得られなかったな。
他の場所を教えてくれないか。
試すのが楽しみだからさ。

●日本在住
全く、木曜日は息が詰まりそうになる。
どんな理由であれ、みんな自分のホームと感じる場所があるんだと思うよ。
それは個人の行動に繋がってる個人的な理由だから、その気持ちを誰かと共有するのは出来ないと思う。

●新潟県六日町在住
多くの人が他のスキー場を逃してるだろうな。
みんなニセコや白馬に行った後で他の場所に枝分かれしていくと思う。
自分は行ける限り毎回別の場所に行くようにしてるんだ。
自分の住んでいる場所から日帰りで行ける良いスキー場に文句を言うつもりはないよ。
自分は色んな場所に行くのが好きなだけに、1つの場所にひたすら行き続けるのが不思議なんだ。
バラエティがある方が楽しいからね。
今期は神楽に戻るかも。
しばらく行ってなかったからね。


●オーストラリア
ニセコは西洋人が行きやすいスキー場として地図に載ってるから。
メインストリームを避けて外れた事をしたがる人は大勢いる。

ニセコは今やメインストリームだから今後どうしようが考えてる人もいるだろうな。
新たな丘を探すのが好きな人もいるだろうし、それは素晴らしいと思う。
自分の手の様によく知っている場所で、限られた日にちで最高のコンディションをゲットしようとする人達だっているだろう。
みんながみんなそう思ってるという訳じゃないけど…
日本にはファンタスティックなスキー場が幾つもある。
ニセコはその1つに過ぎないんだ。

●タムワース、オーストラリア
ニセコには今までに2回行ったことがある。
2006年と2007年の1月に2週間行ったんだけど最高の場所だったよ!
でも…我々は手を広げて新たな牧草を探すことにしたんだ(羊がそうするようにね)。
で、2008年には2週間富良野に行って、2009年には2週間野沢温泉に行った。
それから2011年には2週間妙高高原に、2012年は仕事のトラブルで行けなかったけど2013年はもう一度妙高高原に行くよ。
2009年には京都に”庭園”ツアーに行ったから2010年の分はそれにスライドさせたんだ。
どの場所ももう一度行くことに関してなんの問題もないけど、もっと別の場所で色んな体験をしたいんだよね。
だから次のシーズンには別の場所に行くと思う。
まだ知らない場所、ひょっとしたらカナダにだって行くかも!

●パース、オーストラリア
自分達がニセコに行くのはそこが日本のイントロダクションとして素晴らしいからで、みんなが行くのはスノーシーズンの休暇に素晴らしい雪が降ってくるからだろうな。
まったくもって私は羊だし、海外旅行をしたことのない家族もいるんでね。
最高の場所だし、みんなが行くべきだと思うよ。
グループ旅行にだって良い場所だ。
残りの人生毎年行くことになる気がするよ。


●イギリス/アメリカ
両親と同じ通りにすむ年老いたカップルは毎年コーンウォールの同じホテルに泊まりに行ってるよ。
もうかれこれ30年以上らしい。
自分や、毎年違う場所に行くことが好きな両親にとってはいささか馬鹿げて見えるんだけど、彼らは明らかにそれを楽しんでるんだよな!


●不明
自分は3〜4年前、スイスのツェルマットでスキーをしたことがある。
運営会社は素晴らしかったし良い時間を過ごせたけど、リフトは2つしか動いてなくて満員、しかもマッターホルンは見えなかった。
結局ツェルマットやツアー会社は自分の期待を満たしてくれなかったんだ。

”日本ならどこでも世界クラス”という叫びはみんながニセコに行くこと後押ししてると思うな。

良く知っている通り、規律がしっかりしていて良い休暇を過ごせることも理由だろう。
どう見せるかではなく、どうやっているかなんだ。
それと羊蹄山をバックに自分の写真を撮りたいのなら12月か1月、あるいは2月の初頭だね。
もちろん3月や4月だっていける。


海外のスキー場の雰囲気を経験したい場合ニセコに行ってみるというのも手かも。

なんせ聞こえてくるのは英語か中国語ばかり。
オーストラリアの子供たちのスキー教室とか普通に開かれてます。
時々自分が日本にいるという感覚を失う事すら。

しかし雪質が良いのは確か。
アクティビティやサービスもかなりの充実度です。
バックカントリーが手軽に経験できるのも魅力のようです。

ニセコは2回行った事があるのですが未だに絶好の天気は経験なし…
最近だと本州のスキー場も注目されてきているようです。
長野なんか東京から新幹線で行けて雪質もかなり良いですからね〜
http://asnyaro.blog129.fc2.com/blog-entry-891.html


26. 2013年8月05日 17:38:06 : W18zBTaIM6

ニセコで出会ったオーストラリア人のリゾート・ライフ 2013-01-04

ニセコのスキー場でゴンドラに一緒に乗ったオーストラリア人。

西海岸のパースから200キロメートル南にある町に住んでいるそうだ。

そんなリゾートのようなところに住んでいるにも関わらず、この6年間かかさず冬になると2ヶ月から3ヶ月はバカンスでニセコに来るそうだ。もちろん、2ヶ月から3ヶ月、

ずっとニセコにいる訳ではなく、あちこち巡るそうなのだが、ベースはニセコ。

これは、友人がニセコに別荘を持っているので、ほとんど無料で泊まらせてもらえるからだそうだ。スキーが好きなのでニセコだそうだが、私よりよく日本のスキー場を知っており、天神平はお勧めだとかいろいろと教えてくれた。

以前は、八方とかでオーストラリア人と話すと、自分が日本のスキー場を教えてあげようとか考えていたが、話をしていくうちに、自分よりはるかにオーストラリア人の方が日本のスキー場に詳しいことを知ったので、最近では謙虚に教わるようにしている。そうか天神平か。今度、機会があったら行こう。

それにしても、オーストラリア人は豊かな生活を送っている。

ニセコに来ている人たちも特別にリッチな人とかではなく、普通の人、例えば小学校の先生とかだったりする。そういう人たちが、日本の高給取りなみのリッチなリゾートを満喫しているのである。しかも3ヶ月もバカンスで休めるって一体何なのか。

オーストラリアの消費者としての豊かさがなぜ可能なのか、経済学的に誰か調べてもらいたい。一つ、私が知っているのは、オーストラリア人は世界でもっとも借金をしているということだ。しかし、それにしてもあまりにもリゾート・ライフが豊かというか贅沢過ぎはしないか。
http://urban-diary.blog.so-net.ne.jp/2013-01-04


27. 2013年8月05日 17:49:47 : W18zBTaIM6

ニセコヒラフ 2013年1月リポート 2013年2月 4日 (月)


ニセコは今年もグローバル化が進んでいました。

例によって、レストランは外国人だらけ!


4日間で出会った外国人は、オーストラリア、ニュージーランド、台湾、中国、韓国、イギリス、インドと7カ国にも及び、昨年のオーストラリア、台湾、二カ国と比べ3倍にも増えていました。

とはいえ、イギリス人とインド人の方はいずれも東京在住で、正確には国内旅行組に入りますが。


コンビニも外国人でいっぱい

ニセコへの訪問回数を聞くと2回から7回くらいまでが多く、多くの外国人がリピーターになっているのがわかります、それだけ魅力の有るスキー場なんですよねえ。


もちろんゲレンデも!


今年感じたのは、ニュージーランドからのお客さんが増えましたね。
昼、夜のレストランでたまたま二組のニュージーランダーに遭遇。

夜のジンギスカン屋で出会ったMarkとWayneというニュージーランドから来た二人組みのおっさんとはWayneがTrout Fishingをやるというので、iPhoneに入っていた獲物のでかいニジマスの写真や美しい釣り風景の写真を見せてもらって話は大盛り上がり。

こちらも一昨年釣ったメジマグロの写真で対抗しすっかり仲良しになっちゃいました。

Mark,Wane!Nice meet you and Thank you !


一方、昼に会った家族連れご一行さんは、お父さんがヘルメットの頭にビデオカメラを付けていたので、値段を聞いたら600ニュージーランドドル=約45000円とか。
SDカードにデータが入ってそのまま簡単にYou-Tubeにアップできると自慢してました。

このヘルメットカメラ、今年のニセコでは大ブームで、昨年まで多かったボーダーが手に持って棒にくくりつけたビデオカメラを凌駕していました。

コースを聞かれたオージーの兄ちゃんも付けていたので、値段を聞くと400オーストラリアドル=約37000円とか、欲しくなったので写真を撮らせていただきました。


このカメラ、帰宅後さっそくネットで調べたらGoPro HD HERO2というアウトドア用カメラで、アマゾンで31500円で売っていました。また欲しいものが増えちゃった!

 
ヘルメットといえば、ニセコではヘルメットを付けての滑走が、圧倒的多数派!
毛糸の帽子で滑っているのはたま〜に見かける日本人くらいですね。


お子様たちもちゃんとかぶっています

スキーは危険なスポーツです。本ブログをごらんの皆さんで未購入の方、最近はだいぶ値段が下がっていますので購入のご検討を!


外国人といえば、言葉の問題がありますが、ニセコで商売をやるにはもはや簡単な英会話は必須!

レストランのお姉さん、リフトの係員、スキーパトロール、宿のおっちゃん、コンビニのおばちゃん、ジンギスカン屋、ラーメン屋、居酒屋、レンタルショップ。みんな英語が標準語でした。

夜の裏路地も外国人だらけ

こう書いてみるとニセコは日本一オージーの多い町でかつ公用語の英語化が進んでいるんじゃあないでしょうか?もちろん英語を話せなくても日本後は通じますけど(笑)


てなことで、次回はニセコで食べたものあれこれをご紹介しましょう。
http://noproblem.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/20132-38fc.html

要するに、セーラ・カミングスさんの小布施町興しも日本の植民地化の一環だったんですね。

日本人は西欧コンプレックスでかつ お人好しだから、何でも善意に解釈してしまうんです。

さすがに地元の人だけはその本質に気付いたという事ですね。



28. 2013年8月05日 17:59:00 : W18zBTaIM6

西洋の植民地にされるとこうなる(動画)http://www.youtube.com/watch?v=cT-3DE6nSZs

企業・銀行を外資に乗っ取られてるとこういう社会になる
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/784.html


29. 2013年8月05日 18:11:42 : W18zBTaIM6

2006年1月14日

規制緩和ということは要するに、大資本が野放しになったということです。

ついこの間は青森県の古牧という温泉がのっとられました。

広くていい温泉なんですけど、驚いたことにゴールドマンサックスでした。
世界最大のアメリカの金融投資会社、ハゲタカファンドの代表のようなものです。

これがどうして古牧温泉なのかと思ったのですが、テレビで放送していました。古牧だけではありません。他に28ケ所、超有名温泉みんな買い占めちゃったのです、ゴールドマンサックスが。

どうするかというと、従業員みんな首切っちゃってパートにして、腕利きのマネージャーを送り込み、部屋をヨーロッパ、アメリカ向きに整備しなおして、欧米からの観光客をワーツと呼ぼうという作戦なんですね。

儲かるようにして高く売るのです。ゴールドマンサックスが経営するのではありません。

いま赤字の会社を買い取って、儲かるように造り直してすぐに売っちゃうのです。これが投資銀行のやっていることです。

確かに、いわれてみればそのとおりで、日本の温泉ほどいいものはありません。知らないだけで、こんないいものは世界中どこにもありません。だから日本の温泉の良さが分かったら、おそらくヨーロッパ、アメリカからごっそり観光客が来ると思います。

そこにゴールドマンサックスが目をつけたのですね。そして近代経営やって外国人が来て楽しめるような設備に変えて、世界中にジャパニーズスパーなんていって売り出す気なのですね。

ですから、そのうち皆さんも温泉にいらっしやるとみんな英語で案内され、アメリカのお湯の中に入ることになってしまいます
http://kyonannet.awa.or.jp/mikuni/siryo/2006/kawabata-kouen060114.htm

2007年1月17日
バブル崩壊以後、軒並み斜陽化した国内ゴルフ場は相当数がゴールドマンサックスなどの外資に買収され、それは今に続いている。その上、古くから根付いている我が国固有の伝統文化である「温泉湯治文化」が今、外資の手で根こそぎ破壊されようとしているのである。

 バブル以降、衰退したゴルフ場の再生を請け負ったのが、ゴールドマン・サックスとローンスター社である。特にゴールドマン・サックスのゴルフ場買収は著しい。現在はゴルフ場のみか、ホテル、スポーツ施設、旅館、観光地などの利権を買い漁っている。その中でも彼らが温泉買いを行っていることに日本人は無頓着である。国民は外資が温泉を買収していることがどういうことか考えたことがあるだろうか。

 いしにえの時代から、日本人は山里の温泉を利用してその心身を癒してきた長い歴史がある。温泉文化は日本の代表的な伝統文化である。これを外資に買収された場合、どんなことが起こるか考えてみればその恐ろしさが実感できる。今、ゴルフ場を買収した外資がゴルフ場の経営方針をどのように転換したか、昔からゴルフをやっている連中は気が付いているだろう。ゴルフ場は回転効率を目指した経営に変わっているのである。つまり、外資喫茶店のスターバッグスなどのように集客効率と回転率を上げ、プレーが即席化している。徹底した合理化である。

 日本人には接待ゴルフという言葉があるくらいに、ゴルフはスポーツプレイという側面と同時に、社交の延長という側面がある。これは日本独特の文化である。従って、外資経営の合理化とは、日本の接待的な要素をすべて捨てて、短時間内のプレイに集中させ、回転効率を目指すことになる。

私自身は日本のゴルフ場は、その存在そのものに批判的だから、ゴルフ場の経営方針などどうでもいいのだが、これが温泉になると話は違ってくる。

 日本人とって温泉は、時代を超えて心身を癒す時間を供給する重要な場所であり、民族の文化である。これが外資に渡り、ゴルフ場の集客効率と同様の経営方針をとられた場合、我が国の伝統的な温泉文化は破壊される。

おそらくすべての有名温泉では水着着用を義務付けられ、伝統ある古びた温泉地は西洋風にリニューアルされてしまうだろう。湯の町の情緒性などは根こそぎ破壊され、集客効率と回転率だけを志向した即物的な施設が乱立するだろう。

 そして最終的には日本人も外国人も無機的な施設の温泉地に興味を失い客足が途絶えることになる。その時、温泉地は町もろともさびれ果て、打ち捨てられる可能性が高い。外資には地方文化の興隆などという意識はまったくないから、儲からないと判断した時点で完全に撤退し、後には無残な観光地のむくろだけが残ることになる。

 このまま行くと、我々日本人は温泉情緒を楽しめなくなるのである。我々日本人は、ホワイトカラー・エグゼンプションで成果主義を押し付けられ、過当な生き残り競争の中で疲れ果て、その血のにじむような労働は、ほとんど外資のためであるという構図の中で生きていくことになる。そして疲れた身体を癒すために遠隔地の温泉に行けば、金ばかり吸い取られてゆっくりできない休日を迎えることになる。しかも水着着用で過ごすはめになるかもしれない。目先の利益で外資に委ねることは日本の切り売りなのである。しかし、これを推進する為政者とお役所は国賊である。
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/01/post_2afd.html

ゴールドマンサックスによる温泉乗っ取りについては

湯河原温泉の「指月」は何故山を下りたのか _ あさば・蓬莱・白銀屋
http://www.asyura2.com/10/yoi1/msg/190.html


30. 中川隆 2013年8月05日 18:54:48 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


日本も早くタイやマレーシアの様な欧米人の理想のアジア国家になろう


2006年8月 1日 (火)
"The Sleeping Dictionary"(セックスする辞書) マレーシアの映画

なんとも情けない話である。

イギリスの植民地になった国々は、旧宗主国に対する尊崇の念が自己のアイデンティティの一部になっていることは確かなようだ。(準植民地だったネパールでもそうだし、ミャンマーでもアメリカは嫌われているのにイギリスはそれほどでもない。)

イギリスの場合は「植民地経営」と呼ばれたりするが、日本の場合は必ず「植民地支配」と呼ばれるのは納得がいかないが、長く支配した者の勝ちという教訓だろう。

植民地支配は、十分な実力を背景に容赦なくやること、被支配者を人間と思わないこと(言葉らしいものをしゃべる猿と人間との中間的な存在ぐらいにみなすこと)、被支配者同士を戦わせ争わせること、支配者の言語を複数の被支配者の共通語にすること、そして、とにかく長く支配を維持することが重要であるようだ。
他者をモノとみなすこと、あるいは本当に見下すことは、日本で思われているほど簡単なことではない。これは訓練を要する心の技術であり、少年時代からの教育と修練が必要である。

"The Sleeping Dictionary"という映画がマレーシアのテレビで放送されるらしい。

ここで"Sleeping Dictionary"というのは、「引かないで眠ったままになっている辞書」のことかと思いきや、そうではなかった。

sleepを英和辞典で引くと・・・「((略式))(異性と)寝る((together/with ...)). ▼「性交する」の婉曲(えんきょく)表現」とある。

サラワク(現在マレーシア領のボルネオ島の一部)の"Sleeping Dictionary"とは、イギリス人の植民地役人にあてがわれた、「寝床の辞書代わり」つまり「現地語教材かつ召使を兼ねた性処理用の土人女」のこと。

つまり「イギリス人殖民役人に寝物語で現地語を教える女奴隷」という意味である。

そしてこの物語は、高邁な精神を持つイギリス人役人が、あてがわれた土人売春婦とヤってるうちに愛が生まれたという世にもまれなる御伽噺のようである。
また、イギリス人に女をあてがったのは地元の土人側が勝手にしたことで、土人の未開な悪習からそうしただけであって、イギリス側が求めたわけではないという立派な結構にもなっている。

forbidden loveとあるのは、「土人側にはよくても文明国のイギリスからは禁じられた関係だった」という、まことによくできたお話である。

なお、この女の出身母体である土人は、サラワクの非ムスリムのIban族ということになっている。

あるツーリストは「ボルネオはタイの次に白人崇拝がひどかった」といっていたが、マレーシアの「土人売春国家」的な面が、非ムスリム少数民族との関係で噴出するということだろうか。

マレーシアも、ムスリムの少ないボルネオでは白人向け土人売春ツーリズム・レンタルワイフツーリズムを、タイ並みに振興したいのかもしれない。

なお、サラワクは、Brookeという白人のゴロツキが私的に占領して「白人王」(White Raja)を名乗っていたという歴史のある土地でもある。
誰か志のある人が、大川周明の「英国東亜侵略史」でも英訳して七つの海の国々に配布してくれると良いと思う。

-----------------------------------------------

(記事全文 NEW STRAITS TIMES, AUGUST 1, 2006 より)

A tale of forbidden love By Hizreen Kamal
Set in the 1930s in Malaysia's rainforests, The Sleeping Dictionary tells the story of the tempestuous and forbidden love affair between a young, idealistic Englishman and a beautiful Iban tribeswomanWhen John Truscott (Played by Hugh Dance) takes up a job in the British colonial outpost of Sarawak to "civilise" the Malaysian natives, he is taken aback when he is presented with a native servant Selima (played by Jessica Alba) as his "sleeping dictionary", a local term used for women given to settlers to teach them the local language as well as sleep with them.

Although this unorthodox practice is a readily accepted custome in the local comunity, the pair is monitored closely by Governor Bullard - John's crusty superior - and Bullard's wife Aggie (played by Brenda Blethyn) to ensure that no romantic attachments result from the liaison.

(土人側には喜んで受け入れられた習慣だったが、イギリス植民当局は渋い顔をしただと。ただの肉便器辞書女の関係なら良いが、「恋愛」に発展するのはまずいと。)

John and Selima soon fall passionately and openly in love.
(普通は同国人の素人娘でも簡単にやれてしまうと急速にさめてしまうのが男の性だと思うが・・・・・

確かに、通常の恋愛とはまったく異質の「南国コロニーでの女奴隷遊び」という「特別な分野」に夢中になる白人は今も少なくないようである)


The colonial authorities and the native population soon turn against the lovers, setting off a chain of events that test their resolve to the limit.

(ローカルに受け入れられたのは「肉便器関係」だけであって「恋愛」ではなかったと。)

Filmed in Malaysia, the bettersweet love story directed by Guy Jenkin boasts spectacular cinematography, featuring the lush rainforests of Sarawak and rich colours of the exotic 1930s (including architecture and traditional custumes)The Sleeping Dictionary premieres on Asian television on Aug 27 at 10pm (Cinemax, Astro Channel 41)----------------------------------------------

サラワク原住民Iban族の野蛮性を良く表現した映画であるといえる。ぜひとも「野蛮」の存在を確認し、野蛮の中に神秘的な美を見出すとともに、それによって自己を確認したい白人にとっては垂涎の物語であるということになるのだろう。

はっきりいって、こういう白人に媚びた土人オリエンタリズムは迷惑である。

これを見た毛唐は

「ああ、アジアはやっぱりそういうところか。そうかそうか」

と納得して喜ぶだろう。サラワクへの土人買春白人ツーリストが増えることは間違いない。

「非ムスリムのアジア・土人のアジアは、白人にとって都合のいい便利な所だ」

という白人ツーリズム振興目的の宣伝は、ムスリムのマレー人のプライドは一向に傷つけない。ネイティブ(土人)でない移民系にも関係ない。だからマレーシアでこういう映画が抵抗なくまかり通ることになるのだろう。

なにより"The Sleeping Dictionary"というタイトルが下品というほかない。

いっそのこと日本も「肉便器」というタイトルの映画を作って、

「アジア女にカネ使うなんて、よっぽどもてない不細工な白人なんだろうね」

というキャンペーンをはってみたらどうだろう。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/cat6237979/index.html


"Sleeping Dictionary" 再考

聞くところによれば、

日本語を習得したいと思っている白人男性がまずなすべきことは「日本人のガールフレンドを作ること」

というのが、日本語学習を志す白人たちの「教科書的な答え」になっていて、そのとおりに活字にもなっているそうである。


彼らの日本語テキストには「日本語を覚えるために日本人のガールフレンドを作りました」とか「作りましょう」という話題が平然と出てくるのだとか。

白人にとってはいまでも、日本人を含めた「アジア女」は、望めばいつでも自由に手に入るもの、コンビニで買えるものという感覚なのだろう。

その意味で彼らにとってタイの売春婦も日本の英会話学生も変わるところはない。
(違いがあるとすれば、タイでは多少なりともカネがかかるのに対して、日本ではカネが入る、ただし、タイではハゲデブ60過のオヤジでも白人ならOK、日本ではそれはちょっと難しいかもしれない、というぐらい)。

この関係は、当事者の主観的な認識には左右されない「客観的な枠組み」として確立しているものであり、彼らが仮に主観的にまじめであったとしても、この枠組みから外に出ることはできない。

彼らがそれを意識しなかったとしても、世界的には、当然のようにその枠組みの中で人々に扱われる。それは、タイの上品な高級ホテルで白人男性とアジア人妻のカップルが歓迎されないのと同じく自然なことであり、タイの有名高級ホテルで白人客がつねに優先されるのと同じように揺るぎがたい、確立した枠組みである。

もし彼らが果敢に、その枠から「外に出よう」と努力するなら、その「努力」という行為自体によって、あらためて彼らの関係の「特殊性」が再規定されることになるだろう。したがって、世界に広がるこの枠組全体を壊してしまう以外に、個別にこの枠から自由になる方法はないということになる。

昔「セブン・イヤーズ・イン・チベット」という映画があったが、そこでも簡単に手に入ってしまうチベットのローカル女性と白人との「模範的な関係」が表現されていた。

そこでは、チベット女性をモノにすることは(よっぽど歪んだ性格の白人でない限り)ちょっと色目を使えばすぐに落ちてくるような容易なことなのだが、珍しい素材としての彼女を磨いて付加価値を付けるのは白人の嗜みである。

彼女の文化にすり寄ってみるのも白人の風流な遊びであり、趣味の類である。彼女の携える文化は一見異質そうに見えても、実は白人に容易に「理解可能な」ものばかりである。

白人にとって「異文化との出会い」は「深刻な葛藤」ではありえず、選択肢がひとつ増えたという素朴な喜びにすぎない。そこで彼らが出会うのは決して白人に理解不可能な、アクセス不可能な「他者」ではない。もしそのようなものだったとすれば、それは断固として根こそぎにすべき野蛮だということになる。

「異文化との出会い」とか「異文化コミュニケーション」という気持ち悪い言葉が日本に流布するようになって久しいが、その「出会い」が少しでも「まじめ」なものであるならば、当事者の内面に「深刻な葛藤」を生ずるのが自然だと思う。「異文化」は「厄介なもの」なのである。この認識は、英語だとか英会話だとか言って喜んでいる多くの日本人にも欠けているように思う。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/08/sleeping_dictio_51bf.html


Restoran Hameed'sで。この二人は周期的にここに来る。

典型的なごろつき白人の「レンタルワイフ」。

白人ツーリストたちが「スーツケースのプラグのようなもの」と表現する通りの女である。

彼らは普段はタイにいて南部のビーチあたりでふんぞり返っているのだろうが、男のビザ(あるいはノービザ滞在の更新)の都合でこうやってマレーシアに出てくるのだろう。マレーシアで見る白人の中でもとりわけ汚らしい、下水のような連中である。

この女がこの男のレンタルワイフ(長期契約売春婦)でないということはないだろうが、万一そうでなかったとしても、そう見られる責任は彼らにある。

タイのレンタルワイフと法律上の「結婚」をする白人男も少なくない。しかし、彼らには日本人のような戸籍の観念はない。1年2年でいくらでも離婚できる。仮に子供が出来ても、タイ女の親族が育てるので平気である。女はまた売春バーで働けばいい。女もカネのことは心配するがそれ以外のことは平気で、白人の子を周囲に自慢するくらいのことである(この点は日本人肉便器と共通しているかもしれない)。男は慰謝料さえほとんど払わないことがある。

タイのレッドネックバー、売春バーを回ってみれば白人と「結婚」したことのある売春婦を見つけることは難しくないはずである。

つまり、白人にとってこのような「結婚」は、買春のひとつの形式なのであり、東南アジアバカンスのパッケージに組み込まれた要素に過ぎない。

白人は、白人の歴史を背負い、この世界でそしてアジアで、現に特権を享受している。そうである以上、彼らの歴史に規定された不利益の方も甘んじて受けなければならない。(白人世界の豊かさは、今日の日本の豊かさのようにほとんどゼロから60年で自力で作り上げたものではないのである)。

東南アジアでこのような薄汚いアジア女を連れ歩く以上、その白人男はレンタルワイフを連れているとみなされてもやむをえない。

東南アジアで現地女を連れ歩く白人の80パーセントがそれに該当するとすれば、残りの20パーセントは世間のそのような評価を甘んじて受け入れるか、それが嫌なら東南アジアに立ち入らないか女を連れて自分の国に帰るべきであろう。

どんな金持ちでもゴム草履と短パンランニングシャツで外を歩くのは自由だが、その格好で高級ホテルに入っていけば守衛につまみ出されても文句はいえない。貴金属店に入っていくなら、警察を呼ばれてパトカーで連行されしばらくあれこれ調べられてもやむをえない。それと同じことである。

つまり、白人が東南アジアでこのような女を連れ歩く以上、これが「契約買春でない」という主張立証責任は白人の側にあるということである。

それ以前に、この男の場合、売春婦であろうとせめてもう少しまともな格好をさせて連れ歩くべきである。
http://ibrahim.blog49.fc2.com/?mode=m&no=87

"Discrimination"、BBCの日本批判【忘れないために】

自称日系ペルー人、カルロス・ピサロ(ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ)による、広島市の木下あいりちゃん強姦殺害事件に関し、BBCニュースは、その背景に日本社会の「差別」があることを強く示唆した。

この事実を忘れてはいけないと思う。

これが白人ジャーナリズムの日本批判、日本報道の基準を示すものであるからだ。

またBBCニュースは、「ある一人のセネガル人」から聞き取ったという日本での「差別体験」を紹介し、日本人の「外国人差別」を強調する。それは何の具体性もないただの被害妄想と言ってもいいもので、次のようなものである。

For many foreigners living in Japan, however, discrimination is a real problem. Treatment appears to be determined by a range of factors - from socio-economic status to ethnic background.

Gemba, a Senegalese who works in a topless bar in the red-light district of Kabukicho, said: "Every day, I feel discriminated against. Japanese people don't like foreigners.

"If you are inside a train, the Japanese will not sit close to the foreigners."
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/3708098.stm

これはもうお笑いというしかないが、彼がもし差別を感じたとしたら、それは彼が歌舞伎町の「トップレスバー」で働く不法就労外国人だからというのが、普通のマトモな頭の人間の考え方だろう。しかし、BBCはそうは考えないのである。

大男が大股開きで中途半端な位置に座り、足をぐらぐらゆらし、周囲の日本人を睥睨し、コカコーラをラッパのみしたりチューインガムをくちゃくちゃ噛んでいたりすれば(この種の振る舞いは、ほとんどの白人が東南アジアでごく普通にやっていることでもあるが)、そいつが外人であろうと日本人であろうと、白かろうと黒かろうと、普通の人間なら近寄りたくないのは当然である。

合法的に日本に滞在しているまっとうなセネガル人は、この「トップレスバーのセネガル人」についてどう思うだろうか。

また、欧米豪の白人諸国において、白人たちは、電車で不法滞在者らしきアフリカ出身男性の隣の席に座る義務を感じ、その義務を誠実に履行しているというのであろうか?

ともあれ、ジャーナリストがこのような一人の(事実上匿名の)外国人の主観的経験の聞き取りで記事を書いていいのなら、私にも言うことがある。

私が3年ほど前にタイで話をしたあるタイ女性は、かつてデンマーク人と結婚していて、一年ほどデンマークに住んでいた。その間、初めて雪の実物を見るという楽しい体験もあったが、見知らぬデンマーク人から「アジアへ帰れ」と罵倒されることはしょっちゅうであったという。

言葉だけではなかった。あるとき彼女が自転車に乗っていて、交差点で信号待ちをしていたとき、2人の巨体のデンマーク女が突然彼女の自転車を二人がかりで押さえつけ、前へ押し出してきた。彼女はただ恐ろしいだけで、何事が起きているのか一瞬理解できなかったが、それがひたすらなる「悪意」による「嫌がらせ」であることを了解した。

女二人で示し合わせたこの犯行は個人の思いつきや出来心とはいえないない。ネオナチでもないだろう。白人社会の本来の土壌に根ざしたきわめて悪質な人種差別犯罪といえる。

有色系外国人は白人諸国で、白人の人種差別に基づくこのような現実の生命の危険に日々晒されているのである。

このような犯罪は、白人国家では毎日起きているはずだが、白人ジャーナリズムがそれを報じることは決してない。

また、BBCニュースはタイでいかに白人が優遇され、有色外国人、とくに色の黒い人種がひどい扱いを受けているかについても一言も語ったことがないはずである。

優遇のあるところには差別もある。不当に優遇されるものがいれば必ず不当に差別されるものがある。しかし、白人メディアはタイにおけるきわめて明瞭かつ明示的な「白人ゆえの白人優遇」については一切語らない。

というのも、このようなタイのシステムが、白人にとってもっとも都合の良い「アジアのあり方」を示すものであるからである。すなわち、白人の理想とするアジアは、全アジアが「タイのような自由な国」になることだからである(その対極にあるのがイスラム社会であろう)。

したがって、白人の作り上げる評価基準は、タイを「自由な国」とし、デンマークのようなレイシスト国家を「高度に人権の保障された国」と認定し、ロシアでさえ自由で民主的な国と評価する。

ロシアをはじめヨーロッパ各国で、東洋系人種が投石、暴行、殺害等、直接の暴力の危険にさらされていることはほとんど論じられない。

これらの問題が白人ジャーナリズムによって「ネオナチ問題」という「特定地域の特殊問題」として語られることはあるが、彼ら自身の世界の人種差別問題として問われることは一切ない。

すなわち、ヨーロッパ全般で見られるアジア系人種に対する嫌がらせ、罵詈雑言、暴行、投石等の事案は、「ネオナチ」の枠内で処理され、そのことによって「知的でリベラルな」彼ら自身とは無関係な特殊な人々の問題と見做され、安心して脇に置かれる。

これらの切迫した現実の危険を伴う問題が、「ネオナチ」問題の定式を介さず、「白人による有色人種差別」すなわち「白人世界の人種差別主義的な土壌に根ざした人種差別犯罪」として、白人ジャーナリズムによって率直に問題にされたことが一度でもあるだろうか。

______________________

白人の「日本の人種差別」批判は白人自身の人種差別・アジア蔑視に由来する

日本が、白人から「人種差別」という批判を受けることになる一つのありそうなモデルはこうである。

アジアにくる白人ツーリストはまず最初にタイにやって来ることが多い。タイは物価が安くその割に安全であるといわれる。イスラム国でもなく、欧米人を狙ったテロもおきていない。文化的制約やタブーも少なく何よりも白人が優遇されるから欧米ガイドブック等でも絶賛されている。若い白人の貧乏旅行には最適の国ということになる。

実際、タイに行ってみると、日本では想像のできないほど大量の薄汚い白人ツーリストがアジアに来ているのだということがわかる。そのほとんどは日本には恐らく一生来ないだろう。

タイとその周辺国だけを見て、

「私はアジアがわかった」とか「アジアはすばらしい」

とか、寝言を言っている白人ツーリストも少なくない。

彼らは一生日本を見ないまま「アジア」を語って過ごすのだが、彼らがアジアを気に入ったとすればそれは、アジアの「後進性」と白人ゆえに与えられていた「特権」からに他ならない。

彼らの中にはやがて少しカネができたころに日本にやって来るものも出て来る。アジアの非イスラム国・仏教圏だと思って、タイの延長くらいの軽い気持ちで日本にやって来る。

しかし、ちょっと物価の高いタイに行くような気持ちで日本に来てみたところ、タイとはちょっと勝手が違うことに気づく(六本木と肉便器とNova講師だけでやりくりできた者にとってはタイと同じだが、みながそううまく行くとは限らない)。


・タイでは安かった物が日本ではこんなに高い。アジアなのに・・・

・ネット屋がその辺にない。アジアなのに・・・

・米ドルが使えない。街に両替所がない。アジアなのに・・・

・タイでは許されていたヤンチャやワガママが日本ではやりにくいような感じがする。バックパックを担いで喫茶店内を歩き回りながら(白人の普通の声で)しゃべっていたら日本人たちに白い目で見られた。→日本には「自由」がない!「人権」が抑圧されている!

・日本では白人だからといってタイほどにはチヤホヤ持ち上げてもらえない。アジアの非イスラム圏なのに・・・→これはきっと「外国人差別」だ!

・タイでは、禿げて腹の出た60代の白人オヤジも若い娘を自由に連れまわしていたのに、日本では30代の俺が若い娘に持てない。ちょっと禿げて少し体重が増えているだけなのに・・・→これはあきらかに「差別」だ!日本社会の「差別体質」がここに現れている!

・日本にはバービアもゴーゴーバーもない。タイのように若いレンタルワイフを簡単に手に入れられるところがない。その上、風俗店は外国人を入れてくれない。・・・→これは明々白々な「人種差別」である!

註:外国人は日本の風俗店には入れないと聞いていたが、実際はそうでもないようである。

先日バンダ・アチェで会った男は、日本で5年間不法就労したことがあると言っていた。色黒で一見して外国人とわかる容姿だったが、流暢な日本語で日本滞在時代の楽しい思い出について熱く語ってくれた。

インドネシア人の友人に連れられて行った西川口の本ストでは入場料3000円のほかに別室料金3000円で完全満足制であった。外国人だからといって別室で差別されることはなかった。

ただ、「ジャンケン」に参加することができるのは日本人だけであったという。ジャンケンに勝てば別室に行く必要はない。彼はジャンケンに参加できなかったことを何度も残念そうに語っていたが、外国人が本ストのまな板ショーのジャンケンに参加できないことが「外国人差別」として問題にされるべきかどうかは、さらに議論の余地があろう。

アチェはもともと風紀の厳しい土地柄であり、彼は割礼のある敬虔なムスリムである。彼が性感染症を日本に持ち込んだ可能性はきわめて低いと思われる。

これに対して、HIV感染率が高く、ろくに風呂に入らず、傲慢で、自らの傲慢さには気づかず日本人をarrogantと批判し、空気も読めず、遊び方も知らず、「イエース、イエース、ハッハッハッハッ」と女に襲いかかることしか知らない白人が日本の風俗店に入れてもらえないのはきわめて当然の扱いである。
バンダ・アチェの日記はのちに上げる予定である。


・昔カオサンで買ったDieselの半ズボンをはいて脛毛をさらして日本橋三越を歩いていたらなんとなく浮いてるような気がした。タイではどこでも半ズボン姿で歓迎されたのに・・・→これは「人種差別」に違いない!


白人はだいたいこの程度の連中である。

白人の日本批判が基本的に、上記のBBCの「歌舞伎町の風俗店で働くセネガル人」からの伝聞記事のような根拠薄弱な思い付きで成り立っている反日宣伝にすぎない以上、われわれもまた、あらゆる伝聞や噂を動員して、これに対抗し白人世界の反人権・反人道の現実を摘出し続ける必要がある。

そういう努力をしなければ、「日本人は罪を認めた」とみなされ「やっぱり一番悪いのは日本人だ」と強調されて、白人たちの不法非道は不問に付されたままになるだろう。残念ながらこれが現在の世界のルールである。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

白人ツーリズムは現代の植民地主義である

白人の基準によれば、デンマークは「高度に人権と表現の自由の保障された国」であり、タイはマレーシアよりも立派な「自由の国」であって、ミャンマーは民主主義はもちろん人権に関しても最底辺に位置づけられる国であろう。

白人はまず、「ミャンマーに旅行すべきかどうか」すなわち「ミャンマーに旅行することは正しいことかどうか」を議論するところからはじめる。

これは彼らの頭が完全に狂っている証拠としか私には思えないのだが、彼らは、

「(白人)ツーリストがミャンマーの人権状況を監視することができるから行ったほうがいい」

というキチガイじみた結論に達するのである(ロンリー・プラネット)。

しかし彼ら白人ツーリストは、「白人にとって居心地のいい・都合のいい場所」にしか最初から行くつもりはない。常に「白人の生活様式一式」を巨大なバックパックに詰めて辺地を移動する擬似「異文化」体験を求めるツーリストにすぎない。

したがって、彼らのいう「人権を監視する」とは、白人がどれだけ「ふさわしく」「文明的に」扱われるかを監視するということ、すなわち、有色人種たちがご主人様たる白人をもてなすマナーをちゃんと守っているかどうかを監視することに過ぎないのである。

白人ツーリズムはまさに、現代の植民地主義にほかならない。現代の植民地主義たる白人ツーリズムをイデオロギー的に指導し、弁護するのが、「ロンリープラネット」である。

彼らは白人がミャンマーに旅行することの是非については大いに語るが、タイでレンタルワイフを雇ってアジア中を連れ回している大量の白人男たちの「旅」の是非については決して語らない。

脛毛を出してのし歩き、地域住民感情など一切意に介さず、どんな片田舎にもアジア人売春婦を連れまわし、西洋式の買春の仕方とビールとコカコーラのラッパ飲みの仕方を実演して見せ農山村にまで害毒を撒き散らしている大量の白人男たちの行動の是非については、決して語らないのである。

なぜミャンマーが非難されるのか

ミャンマーは人種差別も少なく、日本人旅行者にもやさしい国である。

人権と民主主義に関していえば、ネパールの専制の方が深刻である。ブータンも自由で民主的な国とは言えない。もちろん私はブータンを批判するつもりは全くない。

なぜミャンマーは白人に批判され、ネパールやブータンは批判されないのか。ネパールやブータンはアメリカに楯突いていないし、ネパールはイスラエル人を含む白人ツーリストを大々的に受け入れてちやほやしているからかもしれないが、なにより、ミャンマーには天然資源があり、地政学的にも重要な位置にあるからだろう。

ミャンマーには、将来インドとともに発展し、世界的な食糧難の時代に食料資源の供給に寄与しうる潜在的な力がある。

植民地時代にイギリスは、マンチェスターで織った綿布をビルマにロンジー用に「輸出」し、ビルマの米を「輸入」するという形式で、ビルマの富を搾取していたほどである。

ミャンマーが人権批判をかわすには、根本的にはアメリカに膝を屈し、内外にアメリカの価値の優位性を宣言しなければならないのだろう。

しかし、近道がないこともない。ヤンゴンの目抜き通りに売春バーやプールバーを開き、英国旗やカナダ旗、オーストラリア旗掲げて白人ツーリストを誘致歓迎し、現地女性を自由に抱かせる。これは事実上の白人の「勝利宣言」「優越宣言」であり、ビルマ人の「雌伏」の宣言になる。(ボス猿が交尾の真似をすることによって上下関係を公認させることと同じ原理だが、ここでは従属させようとする集団の雌たちと実際に交尾するのである。)

白人が欲しいのは(広い意味で)イデオロギー的な「ヘゲモニー」であり、白人の文明的「優位性」を、国際的にもミャンマー国民にも、認めさせることだから、現地女が競って白人男に憧れ抱かれたがる姿を世界中に晒させることでもかなりの部分目的は達成できるのである。

しかしそれをやってしまったらミャンマーは終わりであることは言うまでもない。千年単位の国家の自殺である。

タイのようにゆっくりと腐って行き、周囲に腐臭を撒き散らしながらやがて自壊する国になるほかはない。

アウン・サン・スー・チーの意味とアウン・サン将軍の動機

ミャンマーが特別な批判を受ける理由(口実)の第一は、もちろん、アウン・サン・スー・チーをめぐる問題である。

彼女は「人権弾圧」の「象徴」にすぎないが、何よりも「ヘゲモニー」を求める白人にとっては「象徴」が極めて重要な意味を持つ。

ミャンマー政府がアウン・サン・スー・チーを弾圧するということは、アウン・サン・スー・チーが代表するところの「白人世界」(「白人の理念」「白人の正義」および「白人の支配する世界のルール」)に対して、ミャンマー政府が正面きって反抗しているという象徴的な意味を持つ。白人にとっては何よりもこの「意味」が重要である。

アウン・サン・スー・チーは、内面は完全なイギリス人で、ビルマ語も満足に話せないといわれる。イギリスの雌犬にすぎない。それでは、自らの娘を旧宗主国の女奴隷のように育てた「建国の英雄」アウン・サン将軍とはどんな人だったのだろうか。

彼は日本軍の支援のもとでビルマ国民軍を創設し国防大臣の地位についたが、戦後(連合国に対し)「日本人はわれわれを犬のように扱った」と公言している。

The Japanese were able to maintain Burmese political support for only a short time before their harsh and arrogant conduct managed to alienate the Burmese.(日本人はほんの少しの間はビルマ人の政治的支持を得ることができたが、過酷で傲慢な振る舞いでビルマ人を遠ざけようとして支持を失った。・・・・・

訳註:これを書いているのはきっと『ロンリープラネット「タイランド」』を書いているあのレイシスト白人男だろうと思う。ロンリープラネット「ミャンマー」の執筆にはあの男も一部加わっている。

彼はビルマ人とタイ人との区別もつかないようだ。白人が優勢になったらすぐに白人側に日和り、日本人に背を向けただけでなく、日本軍の駐屯地を襲ったりしたのはタイ人である。日本が優勢に見えたときには日本人に媚び、日本軍について来てビルマに侵攻し、シャン州を侵略したが、その罪は、後の白人への必死の媚びへつらいと死に体の日本兵への容赦ない残虐行為という踏み絵により、戦後も不問に付されたのである。

ここに書いてあるのは、タイ人がとった醜悪な行動を白人の側から都合よく解釈したものに過ぎない。それがビルマ人にも当てはまると勝手に妄想しているだけだろう)
Aung San expressed his bitterness during his stay at Japan's 15th Army headquarters in Maymyo(now Pyin U Lwin):

I went to Japan to save my people who were struggling like bullocks under the British.But now we are treated like dogs.We are far from our hope of reaching the human stage,and even to get back to the bullock stage we need to struggle moreLonely Planet, Myanmar(Burma), Facts about Myanmar-Historyより


要するにアウン・サンは、日本人のもとで自分たちは人間並みに扱われなかった、イギリスに支配されていた方が良かったというのである。

イギリスに支配されて去勢された牛、すなわち白人にぺこぺこしながらも結構良い思いのできる植民地エリートでいた方が良かったと彼は思ったのであろう。

結局のところアウン・サンも、アジア途上国エリートにありがちな男で、エリート意識とコンプレックスとのあいだで揺れたすえ、白人にはどうしてもかなわないと観念し、反日にコンプレックスのはけ口を見出した反日家、白人崇拝主義者でしかなかったということだろう。

しかし、すべてのビルマ人が彼と同じように感じていたとは私は思わない。日本兵とともに最後まで戦い散華したビルマ人を含め、大部分のビルマ人は彼とは別の考えを持っていたはずである。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/09/discriminationb_bbd7.html

東南アジアにいる白人「教師」たちはほとんど性犯罪者の集まり。

日本でもそうかもしれないが。

若者への「性的いたずら」でタイから追放されるアメリカ人英語教師【NST】

オーストラリア人英語教師が児童買春・児童ポルノ作成で逮捕される ジャカルタ インドネシア

2,3年前には、チェンマイの大学の白人先生が、ホテル「スリ・トーキョー」で売春婦相手にバイアグラセックスをして腹上死した事件があった。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/08/post_1629.html


白人メディアも認めざるを得ない
「アジアでの英語教師職は性犯罪者の隠れ蓑」−AP通信(ジョンべネ事件)

[記事の概要]アジアの英語教師の世界は、旅行中に簡単に現金を稼ぎたいバックパッカーや海外での経験を作りたがっている新卒者、そして、何か隠し事があって絶えず動いている連中の、浮動的なネットワークである。

機会と成功と同視されるこの言語を学びたい人が多い地域では、多くの国で、ネイティブの英語教師の需要が供給をはるかに上回る。

多くの英語学校では教師の転職率は高く、審査は最小限のものである。インチキの認定書を持ってくる者や、−このJohn Mark Karrのように−本国で教師を辞めさせられた者にも、アジア中で広く門戸を開き、彼らを教室に招き入れている。

10年前の事件のときに「ジョンベネと一緒にいた」ことを自供している容疑者Karrは、2001年以来ドイツ、オランダ、コスタリカで教師をしており、同年4月カリフォルニアで児童ポルノ所持で逮捕され6ヶ月の服役の後、姿を消した。

その後、Karrは、2002年に韓国で数ヶ月、2005年にホンジュラスで、そして今年6月、「厳しすぎる」という理由で解雇されるまで2週間、バンコクの一流の学校で教えていた。

Convicted sex offenders from various countries have popped up in Asia as English teachers性犯罪の前科者たちが英語教師としてアジアにひょっこりやってくる。

"It's a very traditional paedophile strategy,""If you want to sexually abuse children what better job would there be."

これはたいへん伝統的な小児性愛者の戦略である。もしあなたが子供を性的虐待したいなら、これよりいい仕事があるだろうか。

犯歴のある外人教師が、ばれないようにするのは簡単である。前歴や素性に関する情報が国際的に共有されることは容易ではないからである。もっとも格式の高い英語学校でさえ審査は困難である。

とくにタイのような観光国家では、英語能力に対する需要が大きく、これが教師の欠員をすぐに埋めなければならないプレッシャーになっている。

アジアではニセの教師証明書も安く手に入る。仕事はいくらでもある。たとえば、昨年度日本では4500の外国語学校があり14000人近い教師がいた。韓国では12000のネイティブスピーカーが私立学校で教えている。

(ニセでもOK仕事はいくらでもあるときて、いきなり日本の数字が挙げられている。いずれ、日本の女が英語教師名目の白人性奴隷を買いあさり虐待している、とか批判されそう。その通りなら仕方がないが・・・・)

世界中の国の学校がネットで求人広告を出しており、教師たちが、仕事を見つける前に短期で働き、すぐに次の仕事に移ることが容易になっている。これが逃亡中の性犯罪者のための完璧な隠れ蓑をセックスツーリズムで悪名高い地域に提供している。・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------

こんなことはいまさらくどくどというまでもないこと。

中卒のオーストラリア人でも白人でさえあれば英語教師の口はすぐに見つかると思う。オランダ人、ドイツ人や北欧人でも英語が話せればOKではないだろうか。しかし、アジア系や黒人だったらアメリカの一流大学を出ていてもタイの民間語学学校で英語教師の仕事はまず無理だろう。

現在大量の一般白人ツーリストたちが、タイを中心とする白人セックスツーリズムセンターにおしよせいるにもかかわらず、彼らがそこで何も見ていないということはありえない。

みんな十分知っているはずなのに、白人メディアは、Karrの事件のような言ってみればくだらない「失踪白人女性症候群」的な騒ぎがおきて初めて教科書的な能書きを披瀝している。

この記事に出てくる白人NGOなども、東南アジアなど行ったことのない人間向けのお上品な言い訳の仕事をしているに過ぎない。

白人はただセックスバカンスにいそしんでいるだけでなく、チャイルドセックスツーリズムを憂いているんです、というところだが、日本人などが何かしたときの彼らの反応に見られるような高飛車な非難の態度はまったくなく、ひたすら「憂う」のみ。

今回は「英語教師」がターゲットなので、白人は逃げられない。アジアの「英語」産業が、名だたる人種主義産業、白人至上主義産業であることは言うまでもない。白人もアジア人もみんな知っていることである。

必要もないのに「英語」を勉強したがることは、かっこ悪いだけでなく、実害を生んでいるという認識を、日本人はもっと持つ必要がある。

私は以前、日本など東アジアでの英語教師を目指す(イギリス)人向けの指南書みたいな本をチラッと見たことがる。前書きで、金額まで挙げて

「日本でビジネスマンとちょっとおしゃべりするだけでこんなに儲かるのだ。これをやらない理由があろうか。これは不道徳だろうか。いや、そうではない・・・・日本人はとてもhumbleな人たちである・・・・」

みたいなことが、くどくど書いてあった。そこしか読まなかったのだが、しんそこ日本人をなめきった内容だった。humbleというのは卑屈とか卑しいという意味だと思った。こういうのを読んだ人間が英語教師として日本などに来るのである。

「教師はみんな外国人」なんて広告を出している学校には特に注意すべきだと思う。正常な感覚の人間が聞けばただでもいかがわしく感じるセリフだが、性犯罪者をかくまいかねない社会的にも有害な施設であるといえるだろう。

こういう学校は、間接的にであれ白人セックスツーリズムを激励し、白人による児童買春ツーリズムにも寄与しているのだということが、今回の事件でますます公になってきたといえる。

小学校で英語を教えるそうだが、これにも反対である。福沢諭吉は25歳から覚えたそうである。戦前の知識人は、ほとんど読本だけで英語を学んだが、英語もほかの外国語もよく使いこなした。読めない外国語がまともに話せるわけがなく、読めるようになれば英会話など習わなくても話せるようになる。

よく言われるとおり、内容のない話をぺらぺらしても軽蔑されるだけである。英語をぺらぺらしゃべって尊敬されるのは、後進国の情けない連中にだけである。尊敬というより羨望で、あなたの英語が彼らから見て上手すぎればだだちに嫉妬に変わり、白人を巻き込んだ返り討ちにあうだろう。

そういうかわいそうな国では、白人ツーリズムが産業の重要部分であり、「英語を話せること」がすなわち「学問」であり「教養」なのである。

彼らはそれ以外の「教養」の定義についてほとんど思いをめぐらせたことがない。国が発展するということの意味も考えたことがなく、自国が事実上の乞食国家であるという自覚もない。

つまり、小学校で英会話を教えましょうというのは、それらしい英語をしゃべるタイの白人バーの売春婦みたいな子供をたくさん養成しましょう、ということにほかならない。

とくに白人の英会話インストラクターを大量に採用するようなことは、現実問題として、日本に大量の白人ぺドフィリアを引き入れるというのとほど同義である。白人NGO団体も性犯罪者をスクリーンのしようがないと認めているのである。

白人男が、キャリアにもならず大してカネにもならない日本での英会話教師などを志願するのは、女以外の目的はまずないだろう。しかも白人男にとってアジアの幼女というのは格別に魅力的なものらしい。
http://ibrahim.blog49.fc2.com/blog-entry-15.html


児童買春(子供買春)2008年10月 2日 (木)

クアラルンプルでまた幼女(10歳くらいに見える)を連れた白人男を見る
あまりに堂々としているので写真も撮らなかった。「正当な理由」があるのかもしれない。「正当な理由」を準備して堂々と振舞うことで白人は世界を制覇してきた。

今日、クアラルンプルの中華街で、10歳くらいに見える幼女を連れた30歳くらいのバックパッカー風白人男を見た。10歳くらいに見えるというのは、もし日本人の女の子だったらそのくらいの年頃に見える、ということ。東南アジアの子だから12歳か13歳くらいかもしれない。

どう見ても白人の子には見えないが、父親に似ないこともあるのでこの汚い白人男の子でないとは断定できない。かわいいアジアの女の子、どっちかといえば中国系の子に見えた。

「正当な理由」はいろいろある。

「養女(義理の母親もあり。カネで現地女を雇う)」

「孤児と遊ぶボランティア」

「少数民族の子供にただで英会話や勉強を教えてあげるありがたい白人青年ボランティア」

「現地妻の連れ子(現地妻を雇うがそのオバサンが目的ではもちろんない)など。

こちらにも書いておいた。
http://kuantan.aboutme.jp/user_statuses/show/82392


白人の強みは情報、ネットワーク、「野蛮の地」における惜しみない相互扶助、重要なことにはカネを惜しまないこと、長いバカンスが取れる「生活の質」などである。これらの諸要素は、「正当な理由」付の児童買春・児童性的虐待遊びや「ガールフレンド」遊びにも有効である。

「イスラム国家」マレーシアの首都クアラルンプルで幼女連れ白人を見たのはこれで2回目である。いずれも中華街。一回目はこれ。
http://ibrahim.blog49.fc2.com/blog-entry-116.html
http://journal-ibrahim.blogspot.com/2007/03/kl.html

  
なお、タイの幼女連れ白人の実例はこれ。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/04/crime.html

【タイ】5歳の養女に性的暴行を加えた72歳の米国人男を逮捕 パタヤ

「バービア」というのはビア・バーすなわち、タイの売春バーのことです。タイでは絶対売春(対価を支払って女の子をお持ち帰り)がないバーというのはまずないので、すべてのバーは潜在的に売春バーといえます。

タイではすべての恋愛や結婚も、かなり長期契約売春といえるわけですが。(別にマルクス主義者〔結婚は法制度化された売春だと主張する〕とかでなくても納得するような「あからさまな」意味で)。
 
母によると、ビーチ付近で娘と散歩中に声をかけてきた男にいきなり娘を養子にしたいとの話を持ちかけられ

白人男による、こういう形での幼女少女調達、偽装夫婦による児童性的虐待は、タイではありふれたものです。白人のお家芸といえます。

アジア系男はこういう段取りが苦手なようで、売春宿から児童がいなくなってからはトンと児童買春に縁がなくなったようですが。

  
「タイの地元新聞を読む」より。 
   
5歳の養女に性的暴行を加えた72歳の米国人男を逮捕

 チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は18日夜半、5歳の養女に対する性的暴行容疑で72歳のアメリカ人の男を逮捕した。

 この逮捕は、養女の実母であるバービヤで働く21歳のタイ人女性が警察に被害届を提出した事により実現したもので、実母によると、ビーチ付近で娘と散歩中に声をかけてきた男にいきなり娘を養子にしたいとの話を持ちかけられ、当初は疑っていたものの、男の誠実な対応に心を打たれた両親や親戚の勧めを受け、娘の教育費や自分の住居費の面倒を見るという条件で今年5月に養子契約を締結したという。

 しかし、その後男が、定期的に娘を男の家に行かせるという当初の約束に満足できず、終いには娘を男の家に留め母親に会わせることを拒むようになった為、不審に思い17日に何とか娘に会うことが出来た際に娘に生活状況を聞いたところ、娘から毎晩の様に男に性器を触られたり、無理矢理男の性器を咥えさせられているとの証言が得られたことから、男に娘の返還を要求したが拒絶された為警察に告発したという。

 逮捕された男は警察の取り調べに対して一貫して容疑を否認しているが、警察側は、養女と実母の証言に一致する点が多いことから、実母の告発は事実に基づいたものであると見て、医療機関で養女の診察を行った上で、あらためて詳細な事情聴取を行う方針を明らかにしている。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/times/2008/07/572_c8c3.html


 59歳のアメリカ人男がチャイルドセックスで逮捕 
11歳と12歳の少女とプノンペンのホテルで カンボジア

59歳のアメリカ人男が11歳と12歳のカンボジア人少女とプノンペンのホテルにいるところを警察に逮捕された。月曜日、元旦のこと。

これは児童買春というより、幼女奴隷といったほうがいいのだろう。

白人の場合、同時に二人の幼女と性行為をすると逮捕される確率が高いようである。このケースは男が2人の幼女と一緒にホテルにいるところを逮捕されている。身を隠そうとする形跡すらない。

このケースの被害者はベトナム人少女でなく、カンボジア人少女のようである。(なおさら悪質性が高いように感じられる。ことさら幼女を求めて貧しい家庭と交渉したことが考えられる。というのは、ベトナム幼女の人身売買には「市場」があるが、カンボジア人幼女の人身売買には市場がないからである)。

最近のカンボジアでも、白人が逮捕され報道されるケースはこのようなエゲツナイものばかり。

幼女を連れて歩いているくらいでは逮捕もされないのだろう。

孤児援助のボランティアだ、NGOだ、ミッショナリーだなど、白人にはどんな言い訳でもして開き直る用意がある。実際、その手のボランティア、NGO、ミッショナリー等が、白人のチャイルドセックス、児童性奴隷、人身売買の温床にもなりカバーにもなっているのである。


An American held over child sex

アメリカ人男が幼女性的虐待と人身売買の罪で逮捕される プノンペン カンボジア

裁判所は昨日、アメリカ人の男をヒューマントラフィキングと二人のベトナム人幼女を性的に虐待した罪で告発した。(カンボジアは糾問主義)。Myron Maboris(46歳)が、水曜日、当地のゲストハウスの彼の部屋を手入れされたあと逮捕されたと、市の人身売買対策警察の副長官、Keo Theaが語った。警察は、Maborisが13歳と14歳の2人の少女と部屋にいるのを見つけた。彼は彼女らとセックスをしたとされる。(マレーシア紙New Straits Timesより)

白人が起こすこのような犯罪は、3日に一回ぐらいの割合で報道されている。このアメリカ人男も白人でないとは考えられない。タイ近辺では、黒人は道を歩いているだけで犯罪者扱いされ警察の尋問を受けることが多い(マレーシアを除く。マレーシアはタイとは逆で人種差別がタブーというのが国是の国で、黒人はのびのびしている〔ただし白人崇拝がまったくないわけではない〕)。

日本人男性がこのような事件を一件でも起こしたならば、(産経新聞も含めて)日本の新聞は大きく紙面を割いてスキャンダラスに報道するだろう。そしてその報道がまた世界中にフィードバックされて復唱されるのである。
しかし、こちらで3日に一度のように報道されている白人の性犯罪は白人世界のメディアではまず報道されることがないだろう。彼らにとってはこのような事象は「ない」ということになる。白人セックスツーリズムの醜態についても具体的には報道されることはないのではないか。

カンボジアでクズなドイツ人が逮捕されてもドイツの新聞が報道するということはないだろうし、アメリカ人でも同じ。

当地の新聞で報道されるものも、起訴に至ったものばかりであるし、それもすべてかどうかわからない。実態と比べれば、氷山のほんの小さな一角である。

東南アジアの国々の警察は(マレーシアも含めて)白人に対してはきわめて及び腰である。タイはいうまでもないが、カンボジアのような弱小国ならなおさらであろう。もしも白人を誤認逮捕でもしたら欧米メディアにどれだけたたかれることか。賠償を請求され、重要な資源である観光のイメージを悪くすることか・・・・。

よほどの目にあまる確証(たとえば近所の人間は誰もが知っているとか、白人NPOからの通告とか、白人からの密告とか)がない限り、なかなか強制捜査に着手できないのではないだろうか。この事件の犯人も、2人のローティーンの少女を同時に、ゲストハウスの自分の部屋に連れ込むという、おぞましくも不用意な男である。
underageというのが何歳からになっているのかわからないが、新聞で報道されるのは女の子が15歳未満の場合ばかりである。

日本のように17歳と援助交際で逮捕されて名前を晒されるということはない。17歳の少女を堂々とレンタルワイフにしている白人男は東南アジアにはいくらでもいるだろう。

つまり、underageでない年長女子との同棲や事実上の人身売買は大手を振ってまかり通っており、そのような白人は自国メディアでの倫理批判を受けることもなく開き直っているということである。

児童買春カテゴリーを見てほしい。白人の児童買春犯罪がいかにすさまじく性懲りもないことか。

私は常に新聞をチェックしているわけではないし日本にいるときもあるから、これらは報道されたものの中でも氷山の一角、つまり氷山の一角のさらに一角なのである

ドイツ人男が児童性的虐待で10年の刑 シアヌークビル カンボジア

裁判所は、7歳もの若さの4人のホームレスの少年に性的虐待をした36歳のドイツ人の男に10年の刑を言い渡した。男の名前は、Watrin Alexander Moritz。火曜日、シアヌークビルの地方裁判所により、debauchery(遊蕩):これは当地の当局が使う性的虐待を意味する言葉、の罪で有罪の宣告を受けた。(マレーシア紙New Straits Times記事)

「プノンペンの置屋にたむろする日本人」を批判する産経新聞の記事を前にあげたが、白人流のやり方の一端がこの事件に現れている。ホームレスの少年と直接交渉したようである。白人はフィールドを好むようだ。

アンコールワットの近くにあるレストランなどにも多くの白人ツーリストがたむろしている。

そして、実にかわいらしい(カンボジアの子供はたいていかわいらしいが)幼い少女たちが、彼らのところに笛を売りに来る。白人男たちはまず買わないが、物売りの幼女たちと会話を楽しんでいるようだった。

4年前に私が見たのはそこまでであるからそれ以上のことは言えない。

しかし、3,4年前のタイで。「チェンマイの花売り少女」は8歳ぐらいから20歳近いのまでいた。多くは山岳少数民族の女の子たちで、ロイクローの売春バーにたむろする白人酔客たちのところに行って薔薇を売っている。(チェンマイのバーは売春バーでもオープンバーで花売りが自由に客のところまで行ける)。客は花を買ってバーの女(多くが売春婦で少数民族の少女が多い)にやるのである。

花売り娘たちは夜更けまでチェンマイの街中をうろついていた。中にはかわいらしい12歳の少女で、なぜか英語が上手すぎる子もいた。

NGOのようなところに出入りしていた14歳のアカ族の少女は、バーの白人客から500バーツでホテルに行こうと持ちかけられたことがあると言っていた。彼女は学校には行っていなかったが英語が話せた。キリスト教ミッショナリーに侵食された村の出身らしく、自分もクリスチャンだといっていた。英語は村の教会(高床式の村の中でひときわ目立つけばけばしくペンキを塗りたてた小屋など)で教わったようだった。

タイの山岳少数民族はお金に困ることが多い。彼女らのほとんどが「永久IDカード」は持っていなかった。タイ族なら無条件にIDカード(=タイ市民権)が交付されるが、山岳少数民族には難しい。町に出てきている山岳民族の多くが期限付きのIDしか持たず、その更新をするには警察に大金(私が聞いたときは4000バーツ)を払わなければならない。(IDカードなしでも自分の村には住めるが、移動の自由はなく町に出ることができない。

彼らは本来山岳地域を移動しながら焼き畑農業などをしてきたので、移動を禁じられることは自給自足の生活さえ脅かされることを意味する。また貨幣経済の浸透により、現金収入も必要になっているからどうしても町に出ざるを得ない。一方ミャンマーではすべての山岳民族が永久IDを与えられる。山岳少数民族の市民権に関する扱いではタイよりもミャンマーのほうがより「人権」に配慮している)。

彼女たちにとって4000バーツは気の遠くなる大金である。このような状況に陥った少女たちに対してファラン(白人)の「援助」の手が差し伸べられることは、大いにありそうなことであろう。

東南アジア全域で、花売りや物売りや乞食の少年少女(幼女)に「援助」を持ちかける白人男は数え切れないと思われる。
 
アジアの現地警察は(日本を含めて)、白人の性犯罪に関してはよほど目に余ることをやっていない限り手を出せないということにも注意すべきである。

カンボジア警察はよくやっているほうだが、これは国連が作り出した「スワイパー村」での幼女買春(お客は国連関係者)が問題になった経緯があり、国連機関・国際警察機構が取締りの後押しをしているからである。

タイ当局は「取り締まらないことによって問題がないことにする」政策を貫き、映画「闇の子供たち」をも弾圧している。

「闇の子供たち」、タイで上映中止に=バンコク国際映画祭

(私はこの映画を見ていないし原作も呼んでいないので、その内容についてはここで評価することはしないが)。

実際、タイの田舎を回ってみれば、不自然な3人家族を見かけることは珍しくないはずである。白人の「父親」とタイ人「妻」と12歳前後の「娘」が、会話も交わさず人目を忍ぶように、あまり人の来ないようなホテルに滞在し、転々としている。
タイ北部の田舎でゲストハウスを経営していたあるアメリカ人は、そういうドイツ人の「父親」から宿泊の依頼を受けたが断ったと言っていた。しかし、このアメリカ人は「良心的」といえるか?

「野蛮」の地では白人同士はやばいことでも遠慮なく頼むし、頼まれたほうもできるだけ力になろうとする。野蛮人の警察に通告したり恐喝したりはしないのである。

アジアの白人ツーリズムは異常である。中東から西では、これに類するような嫌なものは見なかった。ごくまれに土人売春婦連れの白人を見たくらい。
    


2008年9月17日 (水)
いまだに繰り返される「日本人もやっている」で黙らせようとする論法
先日、アクセス解析のリンク元解析を見ていたら、ある匿名掲示板にこの記事のリンクが貼ってあり(よくは読まなかったが)、あいかわらず「そういうことは日本人もやっている」という反論がなされていた。

はっきりいえば、少なくとも今、日本人はこんなことはやっていない。80年代の幼女が万国の路上で売りに出されていたころならどうかわからない。しかし、今こういうことを堂々とやっているのは白人だけである。

なぜなら、相手が白人の場合と日本人の場合とでは現地警察の対応がまったく異なってくるからである。

白人も幼女買春で逮捕されることは多いが、東南アジアで逮捕される事例は、被害者が非常に幼い場合がほとんどで、同時に複数の13歳未満の幼女を自宅やゲストハウスの部屋に引き入れて同時に淫行していたとか、常習であったり、派手なものがほとんどである。目にあまるので近所の住人のうわさになり通報があったような場合である。警察が気がついただけでは容疑者が白人なら見て見ぬふりをするのが普通だろう。カンボジアはいまは多少厳しいかもしれないが、タイではまずそうである。

一方、日本人がこの写真にあるような行為をしていたなら、直ちに現地警察が駆けつけて逮捕するだろう。タイなら現地マスコミも大喜びするはずである。

東南アジアのNGOや国際機関も白人主導であり、できるだけ「アジアで児童を虐待しているのはやっぱりアジア人だ」という結論を導きたがっている。彼らも白人の悪行はなるべく表に出したくないのである。

昔も今も、この種の犯罪行為の「数」から言えば白人が圧倒的である。白人は日本人が東南アジアなどに買春旅行にいくようになる何百年も前から、アジア、アメリカ、アフリカの植民地でこの種の犯罪を普通に、犯罪ともされずにずっと行ってきているのである。

「量の違い」、ということを無視することは欺瞞である。白人が今も続けている圧倒的な歴史的犯罪を、日本人の一件の犯罪で中和することはできない。同じような犯罪行為を行う日本人が数名いたとしても、この種の犯罪の主体が白人であることには変わりはない。

圧倒的な量の違いは「質の違い」なのである。

さらに、「日本人もやっている」という反論で白人批判を中和しようとする言論は、その論者がこの種の行為を「本当は悪いと思っていない」ということを示している。

彼らは日本人がやっている限りはその行為を手厳しく批判し、日本人を非難するだろう。rところが、白人だけがやっているときにはすっかり批判の手を緩めてしまう。それが「悪い」ことであるならば、誰がやっていようと、白人がやろうと日本人がやろうと悪いのだが、彼らにとってはそうではないということだ。

「人権」や「正義」は重要な理念である。ところが、世界史上最も人権や正義を踏みにじってきた白人が人権や正義をもっとも声高に叫んでいる。彼らが偽善者なのは確かだが、だからといって人権や正義が無意味になるわけではない。

つまり、仮に「日本人もやっている」としても、われわれは白人のこの種の犯罪行為を見つけたならばそれを糾弾することができるし、また、しなければならない。人権や正義の普遍性ということはそういうことである。白人は白人の評価を下げるような事実をできる限り隠蔽しようとするのが現実なのだから、なおさら非白人が声を上げなければならない。
 
白人によって「アジア人もやっている」という反論がなされる以上に、日本人自身が「日本人もやっている」で黙らせ、議論自体を潰そうとすることが多い。この種の「日本人もやっているで黙らせる論法」は、非常に「ムラ的」で団体主義的で配分主義的な言論だといえると思う。「日本人ならそのようなことをよそに向かって言うべきではない」といって、日本人言論社会の思想統制をしようとしているに等しいからである。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/journal/cat6339172/index.html


31. 中川隆 2013年8月05日 19:29:13 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

セーラ・カミングスさんも女性の白人ツーリストという位置付けが妥当でしょうね。

彼女が何故時々ヒステリックに怒るかというと:


日本の文化にすり寄ってみるのも白人の風流な遊びであり、趣味の類である。

日本の文化は一見異質そうに見えても、実は白人に容易に「理解可能な」ものばかりである。

白人にとって「異文化との出会い」は「深刻な葛藤」ではありえず、選択肢がひとつ増えたという素朴な喜びにすぎない。

そこで彼らが出会うのは決して白人に理解不可能な、アクセス不可能な「他者」ではない。もしそのようなものだったとすれば、それは断固として根こそぎにすべき野蛮だということになる。


まあ、これでは小布施の住民に嫌われても仕方ないですね。


32. 2013年8月05日 19:40:55 : W18zBTaIM6

「日本は地上の天国」「日本に行けばヤリ放題」 2012年10月18日木曜日


沖縄で、27歳の女性が米兵に輪姦される事件がありましたが、女性は複数の米兵に追い掛け回された上、首を絞められて、40分以上にもわたって輪姦されたということです。

しかも、米兵は日本に来たばかり。まだ2週間ほどしかたっていない。

犯人の米兵(海軍。海兵隊ではない)は狂っていたわけではなく、最初は女性に声をかけています。日本語混じりでなにか話しかけ(ナンパしようとしたのかもしれませんが)、無視されたため、腹を立てて、追いかけて輪姦したようです。

これは、日本に来る前から、「沖縄に行けばその辺の女をやり放題だぞ」という話があり、そういう予備知識を持ってやってきたに違いないと思われます。

そんなイメージを作っているのは、沖縄にかぎらず、日本人の責任でしょう。

たとえば、タイを賛美する日本人には、「タイは天国」などという言い方をする者がいるようです、これは「タイはなんでも思い通りに行くところ」という意味でしょう。つまり、早い話が、「タイに行けば女をやり放題だぞ」くらいの意味です。

それと同じような感覚で、この米兵たちも「日本は天国」「沖縄は天国」と聞かされていて、そういうつもりで赴任してきたのだろうと思います。この米兵は、カタコトながら日本語で話しかけているのです。
http://kuantan-bin-ibrahim.blogspot.jp/


33. 2013年8月05日 19:58:15 : W18zBTaIM6


道端に女の子のパンツがいっぱい干してあるようなのどかな村に、西洋式生活を全部入れた巨大なバックパックを背負っておしかけ、欧米直輸入のギラギラした眼差しで、女の子が水浴びしている姿やおばさんが昼寝している姿をノゾキ歩くというのが、白人ツーリズムである。

白人ツーリズムの目的はつねに、征服感なのである。

未知のものを暴き出し、未知の領域を踏破し、その空間に白人が滞在できるシステムを設置したという、征服および空間の支配の感覚こそ白人ツーリズムがあくことなく求め続けているものである。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/12/post_ba4e.html

白人ツーリズムの本源は、十字軍ツーリズム、大航海ツーリズム、植民役人ツーリズムであり、その実相はまず持って、レイプツーリズムにはじまり、幼女姦ツーリズム、人買い・児童買いツーリズム、すなわちゴーギャン鬼畜ツーリズムを基本とするものである。

ゴーギャンこそ児童ポルノのパイオニアである。
このように、白人ツーリズムは「セックスツーリズム」と不可分である。

しかし、この「セックス」は本国におけるセックスと同じではない。「隠されたもの」を暴き出し、「未踏の地」を白人の30センチのビブラムソールで踏みにじり踏破する。
目に付いた処女の脚を開かせてその日常における処女膜の様態を確認し、さらにその断裂の様態をも観察する。これもまた人種分類をうちたてた白人人類学に属する。

重要なことは、これら一連の破壊行為が白人にとってはたんなるエネルギーの消費ではないということである。彼らは「野蛮人」の文化の収奪、有色人種の文明的なエネルギーの収奪という意味を持つようなシステムを確立した上で、この破壊行為に及んでいるのである。

ツーリズムは多かれ少なかれ伝統文化の破壊を将来するが、白人ツーリズムの特徴はやはりその宣教師的な性格、すなわち、熱心な「破壊+宣教」活動にある。
つまり、白人(セックス)ツーリズムは、「破壊」であると同時に「宣教」もあるのである。それは次のようなシステムを持つ。

白人ツーリズムはセックスツーリズムと不可分であるだけでなく、「男女関係」にかんする規範の破壊を必ず将来し、旧来の規範に変わる新しい規範を強要する(恋愛ツーリズム)。

ところが、この「男女関係に関する規範」こそ、あらゆる伝統文化の「形」を維持する堤防なのであり、文化の要(かなめ)なのである。

白人ツーリズムによって「男女関係に関する規範」を破壊された土地は、いわば堤防を壊された「輪中」部落のようなものである。

そこには何の歯止めもなくなり、新しい規範たる白人消費文化と(キリスト教を含む)白人イデオロギーとが無制限に流れ込むことになる。

このように、白人ツーリズムは、たんなる「恋愛ツーリズム」によってさえ、白人世界による非白人ローカル文化の破壊と宣教、その文化的なエネルギーの収奪の尖兵となり、その文化破壊と「新規範の注入」を敢行していくのである。

白人ツーリズムの動因は今も昔も「セックス」(これは「破壊と宣教」でもある)である。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/12/post_1ade.html


34. 中川隆 2013年8月05日 20:16:42 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6
>白人(セックス)ツーリズムは、「破壊」であると同時に「宣教」もあるのである。


セーラ・カミングスさんも銀山温泉のジニーさんも年がら年中 講演ばかりしていました。 これには日本風にアレンジされた西洋式経営法の「宣教」という意味があるのですね。

セーラ・カミングスさんのもジニーさんのも大失敗でしたけどね:

国際派日本人養成講座 ニッポン人には日本が足りない H16.11.14

老舗温泉旅館の女将になった米人女性奮闘記

我慢強さと親切心。これこそが、日本人に備わっている 素晴らしさ、価値ではないかと思います

■1."Yamagata"ってどこ?■

 山形県と宮城県の県境にある銀山温泉は江戸時代からの湯治
場として長い歴史を持つ。狭い銀山川を挟んで両側に3、4階
建ての大正初期の木造旅館が立ち並ぶ光景は、情緒たっぷり。
NHKの連続ドラマ「おしん」の舞台ともなった。

 その老舗温泉旅館の一つで350年もの歴史を持つ藤屋に、
アメリカ人女性が嫁入りした事からドラマが始まる。

 女性の名前はジニーさん。1988年夏、オレゴン州の大学卒業
を前にしてJETプログラムに応募して来日した。JETとは
"The Japan Exchange and Teaching"プログラムの略で、外国
青年が日本の地方公共団体に招かれて、中学や高校での英語教
育の助手を務める、という制度である。

 赴任地は、「京都、奈良」を希望したのだが、JETプログ
ラムから来た回答は"Yamagata"だった。アメリカ人には聞いた
こともない地名で、図書館の地図でようやく探り当てたが、
「田んぼの多い田舎」という程度の情報しかなくて、少なから
ずショックを受けた。

 山形の冬は長く、厳しい寒さは大変だったが、1泊2日のス
キー研修で出会った藤屋旅館の若旦那・敦さんと交際が始まり、
翌年夏に婚約に至った。

■2.「若葉マーク付き」若女将■

 ジニーさんの両親や友人は、日本でうまくやっていけるのか、
と不安を抱いたが、敦さんの両親も「アメリカ人女性に350
年も続いている老舗旅館の女将が務まるのだろうか」と心配し
た。反対の意見が出ると、敦さんは「じゃあ、アメリカに行っ
てジニーと生活する」と言ったので、周囲は仕方なく賛成した。

 平成3年、厳冬の12月、ジニーさんは25歳にして藤屋に
嫁ぎ、「若葉マーク付き」若女将としての生活を始めた。藤屋
旅館は客室が12室あって、一晩で多いときは60人ほどのお
客さんが泊まる。姑は料理も掃除も布団の上げ下げまで、ほと
んどすべてを一人でこなしていた。

 ジニーさんは裏方の仕事から徹底的に仕込まれた。調理場で
の盛りつけ、皿洗い、客室やお風呂、トイレの掃除、布団の上
げ下げなどである。食器の形も色もバラバラなのを見て、この
旅館は貧しいからセットで食器を揃えることが出来ないのだと
思いこんでいた。和食は目でも味わうので、器も大事な役割を
果たすと知ったのは、後のことである。

 朝は5時半に起き、6時前には姑の朝食づくりを手伝う。客
が大広間で朝食をとっている間に、二人で各部屋の布団をたた
んで、押し入れにしまう。朝食後は食器洗い。午前中にお客さ
んを送り出すと、客室や廊下、トイレの掃除。昼食をとって3
時頃まで一休みした後は夕食の準備と、到着するお客さんのチェッ
クイン。夕食の膳を各部屋に運び、頃合いを見てお膳を下げて、
布団を敷く。再び、調理場で食器洗いと、翌日の朝食の仕込み。
終わるのは10時頃で、ようやく夕食となるが、その頃にはく
たくたのヘトヘトだった。

■3.苦闘と失敗の数々■

 姑からはいろいろ教わった。重たいものを両手で抱えてドア
を足で開けたら「足さ、みっだぐない(足ではみっともない)」
と注意された。寒さの厳しい時期には、姑は心配して「寒いが
ら、冬の間はモンペはいだほうがいいよ」と気遣ってくれた。

 5ヶ月ほどするとフロントの手伝いや客の部屋への案内など
表方の仕事を始め、敦さんの勧めで着物を着るようになった。
着付けは姑に教えてもらったが、これまた窮屈で、身体が悲鳴
をあげた。正座も慣れないので、すぐしびれてしまった。

 客室の前で「失礼します」とドアを開けるときも、音がしな
いようにするのに、だいぶ練習が必要だった。しかし、当初は
「失礼します」という言葉は「部屋に入ります」という意味だ
と勘違いしていた。それで「失礼します」と言いながら、いき
なり部屋のドアを開けたら、若いカップルが取り込み中だった
りした。「失礼します」と言って、お客の返事を聞いてから、
部屋に入るものだと知ったのはだいぶ後の事だった。

 日本語も難しかった。駐車場でお客から「ゴミ箱を探してい
るんですが?」と聞かれて、「私がゴミを投げますから」と答
えた。山形弁では「捨てる」ことを「投げる」と言う。お客さ
んは困った顔をして「いいですよ。家で捨てますから」と行っ
てしまった。このガイジンさんはゴミを銀山川にでも投げ捨て
るのか、と心配になったのだろう。

■4.不満爆発■

 老舗旅館の若女将がアメリカ人、というニュースが、新聞や
テレビで報道されると、物珍しさも手伝って、客数が急激に伸
びた。ところが藤屋はパートの仲居さんが1、2人いるだけで、
あとは姑とジニーさんで数十人のお客さんのおもてなしをする。
休日はなくなり、早朝から深夜まで息つく暇なく働きづめだっ
た。

 しかし、夫の敦さんは非協力的だった。仕事と言えば、魚を
さばいて刺身を作ることと風呂の掃除ぐらい。夜な夜な飲みに
出かけては午前様。昼になって起き出してくるという生活スタ
イルを変えなかった。

 不満が高じて、喧嘩が絶えなかった。8ヶ月目には「もうダ
メ!」と音をあげた。敦さんを変えるには極端な行動に出なけ
ればダメだと思い、アメリカに帰ってしまった。敦さんは何度
も電話をかけてきて、「これからは、努力してみるよ」と約束
したので、その言葉を信じてジニーさんは銀山に戻った。そし
て子供ができたのを機に、旅館から歩いてすぐの所に一軒家に
住まいを移した。

 ある時、ジニーさんがトイレ掃除をしている時、お客さんか
ら「女将なのに、トイレ掃除をしているの?」と聞かれた。こ
れをきっかけに女将の仕事とは何だろうと考え始めた。そして
やはり女将は女中とは違う。料理や掃除や洗い物は人に任せて
も、女将は客へのサービスを最優先して考えるべきだと思い始
めた。そこで仲居さんや料理長を雇い、分業体制を作っていっ
た。

■5.「心がこもっていればいい」■

 現在は、調理場、洗い場、掃除、事務、仲居さん、番頭さん
など、パートも含めて17人もの従業員がいる。その教育はジ
ニーさんが担当している。従業員を雇い始めた頃は、相手の気
持ちなど考慮せずに、お客のことだけ考えていため、自分の言
う通りにしないと、感情的になったりもした。感情的になると、
ついストレートな言い方をするアメリカ人の癖が出たのである。
給料を支払っているのだから、という気持ちもあった。ぶつかっ
て辞めていく人も出た。

 そういう時に敦さんは「相手の考え方、気持ちもあるから、
理解する努力をしなさい」「もっと丁寧な言葉を使いなさい」
と注意した。

 そんなある日、山形県と宮城県の旅館の女将が集まる機会が
あって、ある有名な女将と話をする機会を得た。その人をテレ
ビで見た時には立ち居振る舞いがすべて完璧な人だと思ってい
た。ところが実際に会ってみて、話を聞くと、どこか違う。

 それまでのジニーさんは、藤屋旅館をグレードアップしたい
一心で、作法のこと、敬語のことなど、とにかく「形」にこだ
わっていた。しかし、そうではないと気がついたのである。

 私はそれ以来、サービスは完璧な形である必要はなく、
心がこもっていればいい。山形弁でもなんでもいいし、少
しくらい失敗してもいい。失礼なことだけはしないように
気をつけましょうと思い直しました。[1,p103]

■6.生け花は相手のために生ける■

 花が大好きなジニーさんは、JETプログラムで英語教師の
助手をしていた頃から、草月流の生け花を習っていた。幸い、
山形では四季折々に美しい花が咲く。12の客室から玄関、フ
ロントなど、20数カ所を生け花で飾る。

 美しいものを目にすると、気持ちがやわらぐと思います。
そして、誰にとっても心地よい空間、時間がそこに生まれ
ます。

 生け花は精神世界だと思います。そして、相手のために
生けるという心がまえが大切だと思います。気持ちが入っ
ていなかったり、いらいらしているときは、うまくできな
かったりします。心を落ち着けて、お花を愛でて、ひとつ
ひとつ最高に美しい姿に見えるように想像しながら生ける
ことを心がけています。

 美しい空間を演出する、一見お客様のためにやっている
ことが、実は私自身にとってのプラスにもなっているのだ
と思います。実際、生け花をしているその瞬間が、自分に
とっても癒しになっています。[1,p148]

 仲居さんの数が増え、午前中に掃除や洗い物をしなくても良
くなった頃から、ジニーさんは終日、着物を着るようになった。
しっとりと落ち着いた雰囲気、地味な色の着物が好みだ。

 女将として朝から夜遅くまで着物を着ていても、平気になっ
た。帯も苦しいとは感じない。着付けも自分で10分たらずで
できるようになった。

 着物の良さを若い方ももっと再認識していただければと
思います。世界各国の伝統的な衣装の中でも、着物はこど
もからお年寄りまで、しかも男女の関係なく、似合ってス
テキだと思うんです。[1,p143]

 美しい着物を着こなしてお客を迎えるのも、生け花と同じ
「もてなし」の心だろう。銀山温泉の女将さん達も以前は洋服
や割烹着だったのが、最近は着物を着る人が増えてきた。

■7.日本語の美しさ■

 当初、ジニーさんの日本語は男性っぽくて、敦さんからは
「従業員にはきつく聞こえるよ」と、よく注意された。英語的
な発想、表現で日本語を話すと、きつく聞こえる。

 ある時、ご婦人の団体客が玄関口からバスに乗るのに、雨が
降っていたので、藤屋のロゴの入っている番傘を貸した。一人
のご婦人が、見送りに出ていたジニーさんに「この番傘、いい
ですね」と言った。ジニーさんがどう答えたら良いのか分から
ずに黙っていると、一行は番傘を持ったまま、バスに乗り込ん
でしまった。

 後で、敦さんから、こういう時は「お客様、それはちょっと
ご遠慮いただけますか」というのだと、叱られた。お客の気分
を害さずに断るというのは本当に難しい、とジニーさんは思っ
た。

 このように日本語は奥が深く、繊細で、あいまいで、翳
りのようなものがあって美しいと思います。

 日本語の翳りといえば、松尾芭蕉の俳句がよい例ではな
いでしょうか。アメリカ人にも俳句はとても人気がありま
す。芭蕉は『奥の細道』で山形県の風物をいくつか詠んで
います。

五月雨(さみだれ)を集めて早し最上川
閑かさや岩にしみ入る蝉の声(立石寺にて)
涼しさをわが宿にしてねまる(座る:山形方言)なり

 わずかな文字数の中に、名所や旧跡に託して、静けさと
か涼しさとかの感情をこんなに豊かに繊細に表現できるな
んて、日本語だから可能なのでしょうね。[1,p160]

 正しい日本語、そして日本人の心を表現する日本語につ
いては、きちんと身につけていきたいと思います。
[1,p161]

■8.みんなで銀山温泉全体の繁栄を考えていこう■

 ジニーさんが女将として成長していく過程で、銀山温泉街の
人々の考え方にも大きな変化があった。以前は一軒一軒がバラ
バラだったのが、みんなで街全体の繁栄を考えていこうという
ように変わってきた。ジニーさんも別の旅館に、外国人から電
話やファックスがあったら、手助けしたりする。

 銀山温泉街の「女将会」も月2回開かれている。女将達が揃っ
て、ゴミ拾いをしたり、橋に花を飾ったりする。山形新幹線が
山形駅から先に延伸されることになった時には、女将会で揃っ
て仙台駅長のもとに出かけていって、最寄りの大石田駅に停車
してもらえるように嘆願した。それが実現して、関東方面から
の客がどっと増えた。

 またお客の案内ができるように、銀山の歴史を学んだり、芭
蕉・清風歴史資料館で松尾芭蕉について講義を受けたりした。
前節の句も、ここで学んだものだ。

■9.我慢強さと親切心■

 こうして日本での暮らしが長くなるにつれ、時折アメリカに
戻るたびに、母国が外国になりつつある、と感じるようになっ
た。

 昨年、敦さんと子供二人とともに米国に戻り、オレゴン州の
美しい海岸で週末を過ごした時の事。連れていた犬が遊んで欲
しいと、通りかかった小さな女の子に近づいた。女の子が怯え
て泣き始めたので、一緒にいた父親が激怒してジニーさんたち
を非難した。ジニーさんは謝って、犬を連れ戻したが、その父
親はなおも罵声を浴びせてきた。

 明らかに度を超した振る舞いに、以前のジニーさんだったら
売り言葉に買い言葉で応戦していただろう。しかし、今のジニ
ーさんは、冷静さを保ちながら、さらにお詫びして、その場を
立ち去った。こんな事は怒るに値しないと思ったからだ。そう
振る舞う自分自身に、ジニーさんは驚いた。

 日本に暮らして15年。もしその間に、私のどこかに日
本人らしさが備わってきたとしたら、それは我慢強さと親
切心かもしれません。つまり、私は成長していると感じて
います。

 我慢強さと親切心。これこそが、日本人に備わっている
素晴らしさ、価値ではないかと思います。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogbd_h16/jog370.html

要するに、セーラ・カミングスさんやジニーさんが日本の伝統だと勝手に思い込んでいたものは実は全然日本的ではなかったという事ですね。

日本人の建前と本音の違いとか、日本の支配階級と一般民が全く違う遺伝子の民族だというのに全然気付かなかったんですね。


35. 中川隆 2013年8月05日 22:03:48 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

西洋文化については


白人はなぜ白人か
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/390.html

アングロサクソンの凶暴性http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/367.html

安くて従順な子供を朝から晩までこき使う資本主義の裏の顔http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/413.html

日本人が戦った白人の選民思想
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/767.html

元弟子が語るイエス教団「治療」の実態
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/605.html

リリアン・ギッシュが独身を通した理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/487.html

他人には絶対に知られたくない秘密って沢山あるよhttp://www.asyura2.com/09/reki02/msg/418.html

西洋の達人が悟れない理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/385.html

イエスが殺された本当の理由http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/371.html

日本人を馬鹿にしきったアメリカ人
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/566.html

サルはなぜサルか _ 白人崇拝がタイ人を猿にした
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/396.html

ゴッホは何故ゴッホになれたのか
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/481.html

ディープ世界への入り口 _ ゴーギャンは何故ヨーロッパを捨てたのか?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/297.html

モナリザは何故書き換えられたのか?(未完)
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/199.html

欧米人の恋愛は性的倒錯の一種
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/200.html

フランダースの犬
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/864.html


36. 中川隆 2013年8月06日 07:45:48 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

土人社会ではハクジンの血が入った女性はみんなの憧れの的


滝澤ローラ
母が日本人、父がロシア人
http://fuzokuav.com/ta/takizawa_roora/
http://ebobiku.blog.fc2.com/blog-entry-484.html

小澤マリア
父はフランス系カナダ人で母は日本人
http://fuzokuav.com/a/ozawa_maria/

ハクジンの作り方

ヨーロッパ政府の先住民政策のことを少しでも知っている人ならすぐにわかると思うが、そう、これは、イギリス政府 (後にはオーストラリア政府)の先住民同化政策のひとつで、アボリジニー女性から生まれた赤ちゃんを出産後 母乳をやるのも許さず、すぐ取り上げ、ハクジン夫婦のもとで育てさせる。というもの。こうすることにより、アボリジニーのこども達は、親から文化を継承せず、イギリス人化する と考えたのだ。

私は知識としては知っていたけれど、まさか、こんな若い人がまだ、その政策の当事者として存在していることが、驚きだった。

私の勉強不足のせい、なのですが、ただ、この事実を豪州政府は公にはしない。
事実をしるためには、アボリジニーから聞いた話をドキュメンタリーにした本やビデオしかないのだ。

彼女曰く、この政策は、1980年まで続いた。だから今26歳以上のアボリジニ−は、みんな親を知らないで育った。「そんな最近まで!!」私には衝撃だった。
自分のこどもが、政府によって取り上げられ、2度と会えないのだ。親は子供の写真を見ることも、消息を知らされることも この制度が廃止されるまではなかったという。

たとえ、海外に行っても、死亡しても、知らされなかったのだ、と言う。

これだけでも、悲しいのに、彼女の話は終らない。
この制度は、ただアボリジニーを先祖から引き離し、イギリス人文化に馴染ませるためだけのものではなく、アボリジニーを抹殺するかわりに、彼らの肌を白くする政策でもあったのだ。

アボリジニーをひきとる親のほとんどは、女児を好む。
女児なら大きくなれば強姦し放題だからだ。そして妊娠させる。そしてその赤ちゃんの肌は母親より少し白くなる。だから、政府はそれをよしとしたのだ。

強姦したいハクジンの父親は、早ければ8歳くらいには、強姦すると言う。

彼女の周りでも、たくさんのアボリジニー女性がまだ幼い頃に強姦され、12、13歳で妊娠した人がいっぱいいたはずだ、と言う。もちろん 強姦された挙句生んだ赤ちゃんは、すぐ政府によって取り上げられるのだ。そしてその子も女児なら、運が良くなければ、強姦される運命だ。

男児はどうなるのか。地方や役人によっては、男児は、何の役にも立たないので、(アボリジニー女性は、ハクジン男性の性の遊びの役に立つが、アボリジニー男性がハクジン女性とセックスするのは、許されないし、アボリジニー女性と性交渉をすると、二人の赤ちゃんの肌の色は白くならない) 不必要として、生まれた直後 近くの壁にたたきつけて殺したのだ と言う。

私には、言葉も出なかった。


彼女は自分の父親が誰だか知らないという。あるとき、病気で医者に行った時、医者から、両親にその病気をしたことがあるか、聞いていらっしゃい、それが予防に役立つと言われ、母親に父親の所在を聞いた。母親が インド人の男性だ、と教えてもらい、会いに行く直前、母親から止められて、何事かと思ったら、よく考えたら違うと言う。笑いながら、インド人だったら、あなたの肌はこんなに白くないわよね、と娘の肌をさすりながら言った と言う。で、父親は、アイルランド人、ハクジンだと言って、でも死んだのだ、と。

彼女は 父親に会うのはあきらめた、と言った。母親が話したがらないから。と。
考えてみればこのお母さんも 親から引き離されて、ハクジンの親の元、苦労して育ったわけだから、何があったかは、想像にかたくない。

彼女は、自分の肌をさすりながら、豪州政府はこの肌でもまだ白さが足りない、と言うわ。といった。肌の白さ、をこれほどまでに気にしながら生きていかなければならのは、信じられないほど理不尽だと思った。

彼女は言う。過去も悲しいけれど、今も悲しい。なぜかと言うと、時折話す、オーストラリア人(ハクジンだと思うけれど)は、総じてこの話を信じないと言う。政府がそんなことするはずない、と。彼女は、じゃあ、なぜ多くのアボリジニーがこんな都市に住んでいるの?各地にあった、トライブにいないの?なぜアボリジニーの言葉が話せないの?と聞くのだそう。

私には、ハクジンオーストラリア人が政府の行ったこの蛮行をしらないのはありえるとして、その本人からこういうことをされた、と言われて、政府がするわけない、と否定するその気持ちがよくわからない。

それほどまでに、政府を信じきっている気持ちが。いや、政府というか、ハクジンがそんな残酷なことをするわけない、とおもっているのかもしれない。

イギリス政府が行った数々の蛮行、植民地支配も何もかも習わず、海賊も彼らの誇り、アメリカ大陸の”発見”と勉強するし、あの土地の近代化をひたすら美化し、第一次大戦も、その後のすべての戦争も (ベトナム戦争、湾岸、今の戦争も)ひたすら、正義の戦いとして教わってきているからね。彼らは。ベトナムは、やるべきでなかった、とはいうけれど、政府には、ちょっと批判的でも、自国の兵士への同情だけ(ベトナムへはなし、)。

反省の”は”の字もない。

ここまで、国際社会の中で(おそらく、対非ハクジン国、民族にかぎって)イギリス系の自分達が間違っているわけない、という、強い信仰があるのだろうな。
一般の日本人が、沖縄の人から、占領された後、こういうひどいことを日本政府から、組織的にされた、と言われたら、頭から否定するかな。特に、強姦とか、殺人とか、そういうものは、抑圧につきものだし、あるかも、と思うのが、普通だと考えてしまう。

まあ、それはともかく、私はこの話をきいて、この国にいまでもひたすら起こりつづけている、先住民女児への、先住民男性からの強姦、性暴力事件の深層が、こういうところにあるのではないかと感じました。(下の方に投稿してあります。)
また、アボリジニー女性が強姦された事件で、容疑者がハクジン男性、アボリジニー男性にかかわらず、裁判員に女性が複数いても(ハクジンのみ裁判員)、裁判で有罪にならず、釈放されてくる事実を見て、アボリジニー女性らが、「私達が強姦されても、とにかく、ハクジン達は、彼らが女性であるか、男性であるかにかかわらず、同情はけっしてされない。どういうわけか、私達は、強姦されてもいい生き物と思われている」、と言った言葉の裏の意味が、今少し理解できる。


さらに、大学時代、クラスで見た(女性学の授業、フェミニスト系の女性教授の中には、アボリジニーのことを理解しようとする人はいる)まだ、上陸したばかりのイギリス軍がアボリジニ−を虐殺する物語のビデオですが、クライマックスは、偶然に森に入っていた9歳くらいの少女は殺されるのをまぬがれ、じっと木の陰から、自分の親、兄弟、姉妹を含む、部族全員がイギリス軍の手によって銃殺されるのを目撃する というような話だったのですが、悲しすぎて、涙がとまらなかった。明かりがついて、60人くらいの生徒の誰ひとり(私以外全員ハクジン女性(一応見た目ですが)、涙ひとつ、うるうるした様子ひとつないのには、映画の内容以上に驚いたことを覚えています。が今、その理由がわかります。

ついでに書きますが、こちらでは、もちろん、ハクジンが全員ひどいのではありません。何とかしようとするハクジンだっているのです。

最近こういう不満がハクジンから出され、報道されました。

今では、アボリジニーの赤ちゃんが母親から強制的に奪われることはなくなりましたが、アボリジニー家庭はすさみ、アルコール中毒やら暴力やらで、親としてきちんと子育てできない家庭が多く、中には、ハクジン夫婦が 好意で親が落ち着くまで預かる制度があります。(これは、ある程度管理されていて、強姦などはできないようですが)

そのハクジンの親で、それは 自分の子供のように一生懸命面倒見る人もいるわけです。

その中で、学校にきちんと行かせ、宿題をさせ、ドラッグをすわないように ある意味愛情こめてしつけている親がいました。政府はその親に対し、こういう”質のいい”子育てをするのは、契約違反だから、すぐ止めないと、告訴する、というのです。

腹を立てた親が、テレビ局に話して公になったわけです。

政府いわく、先住民のこどもはいずれ、ドラッグを吸い、しつけもろくにできない親元に返るのだから、かけ離れたことをするのは だめ。ということです。
ハクジン親は、親がたとえ吸っても、あなたは自分の身体のため、やめなさい。と教えて何が悪い、また、勉強に興味を持ち、学校に行く習慣ができれば、その子の将来の利益になる、と主張しました。

また、別の アボリジニーの子供をあずかった親からも こんな政府への不満がテレビ局にとどきました。

このこどもが自分のこどものように可愛く、将来は頑張って欲しいから、その子と別れる時、将来大学に行きたくなったら私に連絡しなさい。援助してあげる、と言ったそうです。それを知った政府にそんなことはするなと言われた、と。不公平だと。
あづかった親は、言う。政府は他の子に対し不公平だというが、本当の理由は違う。
彼らは、アボリジニーに、その地位を向上してほしくないのだ。

話をもとのもどすと、そのアボリジニー女性に、私は ここはあなたの土地よ。と言ってしまった。
むなしいだけなのに。

マオリの人に、私たちは、同じ先住民でもアボリジニーよりずっとましなんだ。といっていたことが胸にしみた。

どうなったら、彼らの幸せはやってくるのでしょうか。
http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/428.html


37. 中川隆 2013年8月06日 07:58:33 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

日本も早くタイの様な欧米人の理想のアジア国家になろう


タイは天国に二番目に近い国 _ タイ女性で綺麗なのはハクジンとの混血だけ
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/377.html

タイは天国に二番目に近い国 2 _ タイ女性は白人の女奴隷であることが嬉しい
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/378.html

タイ女性は白人の女奴隷であることが嬉しい


仏教や王室に対する侮辱にヒステリックに反応して見せるタイ人だが、自国の娘たちが白人の女奴隷として扱われることには何の抵抗も感じない。

現にまったく抗議しないのだ。 嫌だという意思表示も一切しない。

だから白人側も安心して、後に載せるような文章をタイ女ポルノの商売のコピーに使うことができる。

タイ人自身、どうせ自分たちは「土人」だと思っているからである。

それが土人の土人たるゆえんでもある。

そして、白人の前で他の有色人種がタイ人より勝って評価されないようにその足を引っ張ることにのみ専念する。


「日本人もヨーロッパに行くときには往復航空券が要るよね」

「日本人の女の子もファラン(白人)が好きだよね」

タイ人が日本人に対する決め手として出してくるのはだいたいこんなとこである。

次のようなことをヨーロッパの堂々たるサイトに書かれていても、タイ人は白人には一切文句を言わない。彼らは白人からはどんな扱いを受けても平気なのである。

次の文章はhttp://www.apenstaart.be/という立派なサイトのerotiekというカテゴリーからスッと入れるページにある。日本人女性のポルノもあるがここまでひどい能書きはついていない。

Join us as we assault Thailand's incredible talent pool of whores, and fuck one of them who will hold still long enough for us to bust a nut! This site is not for the feint-hearted and we apologize for none of it. It is raw, rude, uncut and downright immoral at timesWatch these young Thai whores fuck, suck, beg us to give them babies, act stupid and take loads of cum on their faces and up inside their super tight Asian pussies... all just to survive in The City of Angels and Orgasms!

What can we say about Ae? We were chilling out at a go-go bar drinking a few beers when when we first saw her.

She doesn't speak much English, but once she understood what we wanted, she smiled knowingly & said "we go." Her sexy young body plus a heavenly wet & bald pussy called for a huge messy load from DiscoFly. A top notch whore!

Lek was found walking the streets outside Nana Disco at 2am as everything was closing. We quickly saw BSW potential and stepped to her doing our usual "we're American talent scouts" song and dance.

She was dumb and desperate so of course she went with us and didn't bat an eye when the cocks came out, she simply asked if she was supposed to "smoke" itThis shy whore claimed she was down for whatever until she got a peek of Mr. Kincade's 9 1/2 inch cock. She then desperately tried to talk her way out of getting fucked but as soon he shut her up by stuffing his cock in her mouth, the peace talks were overThen he split her wide open! We all know that Kincade brings the pain, but damn she's bleeding!

http://www.bangkokstreetwhores.com/1/bangkokwhore1.html


これが白人男がアジア女に求めているものである。

When it comes to sex, well I'm still submissive and I prefer a man to do just do anything he wants to me. I love being thrown around like the little rag doll I am. I'm what many men call an Asian Fuck Doll because I like to dress up in really sexy and colorful Go Go outfits and then show them off to my boyfriend. He can't help but want to fuck me in all the positions imaginablehttp://asianbutterflies.com/galleries/8/th/001_01/th/1060318.html
http://www.apenstaart.be/
http://www.apenstaart.be/erotiek.php


日本が白人を歓迎すればするほど、白人からも他のアジア人からも舐められ軽蔑されるようになるという事実は軽視すべきではない。
    
Youtubeに白人による人種差別的な反日侮日動画がひしめいていることは私も知っている。

アジア女を使った私製ポルノみたいなのもあるだろう。

白人に「自由な表現」を許すと何が出てくるかがよくわかる。

しかし上の文章は、ポルノとはいえ立派なサーバーで堂々たる業者の営業として運営されているサイトの商業コピーであって、個人が好き勝手に人種差別的な表現をしているものとは性質が違うと思う。

なお、グーグルは「差別を嫌う」などと能書きを垂れているようだが、今の世界でもっとも人種差別的な表現を垂れ流す手助けをしているメディアはYoutubeを所有するGoogleにほかならない。Googleは現代の白人の偽善の象徴のような会社である。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/08/post_eecb.html


タイ社会は、自己の中にある「土人」性を十分に自覚している。

「土人」を制度化し、「土人搾取」のシステムを内包しているのがタイの社会なのである。

これは「土人」とそうでない人がいるという意味ではない。

そうではなくて、上流色白タイ族であっても、自分自身も白人の前ではいつでも「土人」として最低に卑屈に振舞えるように、それ以上に、タイ社会の中の「弱い部分」を自分以下の「土人」として徹底的に卑下し搾取し、外国人に奴隷として容易に売り払える体制のことである。

この意味でタイこそはアジアの「土人売春国家体制」の大元であり震源地たる「便所国家」なのである。
http://ibrahim.blog49.fc2.com/blog-entry-4.html


実に、猿ほど鈍感なものはない。

このことを見失うと痛い目にあうと思う。

そしてよく覚えておかなければならないことは、アジアの諸民族は、発展の過程で必ず反日になるということ。

彼らにとって「反日」はアジア新興国・準先進国の証である。

彼らがたとえムスリムであっても、彼らの社会観、他者観は相対的である。

彼らの風土に根ざした人間関係に唯一絶対の神が入り込むことは難しそうである。

つまり、より身近な者との間の比較と嫉妬とが彼らの燃料である。

理念で高みを目指すのではなく、情念で近くにいる者の足を引っ張ることのほうに、彼らのエネルギーは費やされるのである。

中国韓国が反日だ、だから東南アジアに目を向けてみた、という具合に、「仏教国」幻想でタイに投資し、タイ人の嫉妬反日と怠惰ぶりにうんざりして、今度はマレーシアに投資し、インドネシアに投資し、、、、というのはナイーブな日本人のやりそうな失敗ではないだろうか。

東南アジアの猿というのは、喩えて言えば、反抗期を経ていない子供のようなものである。

自我をもって親とぶつかったことのない子供にとって、親はひたすら怖い、絶対的な存在である。


この場合彼らの親は白人である。

あるいは、反抗期に自我を確立しきれずに引きこもり、家庭教師の先生だけをよりどころにしているような子供。

この家庭教師は親よりも学歴が高く、子供に適当におだてたことを言ってくれる。

耳に快い理念や人道に関する話も教えてくれる。

この子供はその家庭教師の話を暗誦し、彼の威を借りて親にたてつく。

家庭教師の入れ知恵を自分で考えたことのように親に向かって復唱し、兄弟の前でしゃべりたてて得意になる。


タイ人にしろマレー人にしろおそらくインドネシア人にしろ、およそ猿というのは成人ではないし、成人になる意思もない。

猿の神は「力」である。

彼らは自分が困ると努力をする前に大いに保護と援助を訴える。

おねだり、物乞いは猿の文化である。


が、彼らを援助してやろうと手を出す者は大きなリスクを覚悟しなければならない。

保護され援助されながらも、彼らは常に、保護者たちのなかで一番強いのは誰かを観察する。

一番強いものに取り入って、他の保護者の上に立てないまでも、それを見下す態度を取ろうとする。

そのようにして嫉妬と羨望の念を紛らわせることは猿にとってきわめて重要な生活条件なのである。

ここは見落としがちな重要なところである。日本人は嫉妬に関してきわめて淡白な国民であることを自覚したほうがいいと思う。

もし日本で、民族間の扱いの違いなどを、「平等原理に反する差別」という理念的な問題とするのではなく、その代わりに「嫉妬」という形で政治問題にするとしたら、左右を問わず、日本ではちょっと恥ずかしい沙汰だろう。

しかし彼ら猿の間ではそうではない。

猿の尊敬を獲得できるのは嫉妬の相対性を超えた圧倒的な力だけなのである。

そのような形で尊敬を獲得することを潔しとしないのなら、間違っても猿に何かを期待することのないように自らの心に命ずるしかないだろう。

だからわれわれは彼らに安易に援助を申し出てはいけない。共同事業も同じである。

「むかしどおりに白人の保護を受け入れたほうがいいのではないの?」


「白人のほうが偉いでしょ?

尊敬してるでしょ?

奴隷になるにしてもボスが白人のほうが威張れるでしょ?」


と粘り強く勧奨すべきなのである。


「白人に支配されていたことが不幸だったという実感がない、

日本の占領は許しがたいがそれまでずっと白人のご主人様の奴隷だったことはそう悪かったと思わない、

今ではむしろ誇りにさえ感じる」(マレー人)。


「アジア全体が白人の従属の下に置かれていても自分たちさえ自由でいい生活が出来ていれば何の問題も感じない、

一族の体面を保つためには隣国の土地を勝手に白人に割譲してもいいし、娘を女奴隷に売ってもいい」(タイ人)。


猿とはこういう連中なのである。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/cat6237979/index.html

タイでは、全国土に渡って白人崇拝が「作法」ないし「制度」として定着している。

日本人の場合、白人崇拝の念を持っていたとしても、それをあからさまに表現するということは、普通の場所では少ない。

肉便器はいざ知らず、公共の場や接客の場面では少ないと思う。

日本人には「人種差別は良くないこと」という「タテマエ」がある。

したがって、あえて白人崇拝を表現することには躊躇と「うしろめたさ」がともなうのが普通だと思う。


ところが、タイ人の場合には、このような躊躇や「うしろろめたさ」は一切ない。

彼らは白人崇拝を公共の場所であからさまに表現することに何の恥らいもうしろめたさも感じない。

むしろ、自らの白人崇拝をあえてあからさまに表現することによって、白人客へのホスピタリティの表現としようとするのがタイ人である。

その表現方法には、「白人客を上げる」という以外に、その場にいる「有色人種をことさら下げる」という方法がある。

「差別の表現」によって一方を満足させるというのは、典型的なタイ的ホスピタリティの表現である。

つまり、タイには「人種差別はよくないこと」という思想が、「タテマエ」としてすら存在しないのである。


日本の銀行や旅行代理店の窓口で、アジア系外国人を受け付けているときに、白人客が入ってきたからといってアジア系外国人を押しやって公然と白人を先に受け付けるというようなことがありうるだろうか。

アジア系外国人が先に並んでいるところに後から来た白人の優先受付を認めるようなことがあるだろうか。

ありえないだろう。しかしタイではこれが普通なのである。

ホテルでもレストランでも、ちゃんとした身なりの有色人種外国人客にはむっつりと接客し、汚い半ズボン白人客には最高の笑顔で媚びへつらうというようなことが、日本にあるだろうか。

よっぽど特殊な場所でないかぎりないだろう。しかしタイではこれが基本なのである。

すなわち、日本に白人崇拝があるとしても、それはタイ人の白人崇拝とは量質ともに比較にならないものである。


かつて東南アジアで反日暴動が頻発したときの感情的な理由のひとつは、

「日本人は有色人種のクセに白人のような生活をしている」

というものだった。


言うまでもなくこれは、白人の作り上げた枠組にすっぽりはまりこんだ奴隷根性というほかない。

この考え方は、自分たちが白人より絶対的に「下」であるという前提をおいた上で、日本人を自分たちレベルに「引き下げ」たいという卑屈な感情である。

このような感情は、

「白人に支配されるのならまだしも日本人に支配されるのは我慢がならない」

という中国韓国の感情にも類似している。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/10/post_8b81.html

お猿さんの白人崇拝と人種差別


東南アジア土人は欧州でも人種差別接客=白人至上主義接客をする 


そう聞いていたが本当にそうのようである。

パリは白人も黒人も親切な人が多い。大都会の真ん中でも道など聞くと親切に教えてくれる。

英語を話す人も多く、英語を話したからといって嫌な顔をされたことはない。

しかし、東南アジア系だけは要注意である。

東南アジア系には嫌な思いをさせられる可能性が高いと思う。

東南アジア系がいる店は避けたほうがいい。

今朝、サンミシェル通りのソルボンヌの向かいにあるホテルTrianon(www.trianon-rive-gauche.com)で部屋を予約した。

200ユーロ以上する部屋しかなかったが、ほかが見当たらなかったので今夜のために予約した。

しかしそのときはまだ部屋が空いておらず、午後2時まで待てということだったので、荷物をストアに置いて街に出た。

予約の証拠として、クレジットカード番号も取られた。

ところが夕方戻ってみると部屋はまったく予約してない。

フロントの人間は変わっていて、東南アジア系の女が受け付けていた。

タイ人にほんの少し白人を混ぜたような顔立ちの色黒の女。

クレジットカード番号まで控えさせてストアに荷物も置いているのに、この女は予約はされていない、部屋はないと言い張る。

そして、案の定、後から来た白人客を優先的に受け付け、こちらの重要な話を聞こうとしない。

そして恩着せがましくそれなら部屋を用意してやるという。そしてまたすぐにカードを見せろという。

その態度があまりにも偉そうで、また白人客優先のやり方が露骨だったので、

「お宅はアジア系の客は歓迎していないのか」といってみた。

すると、とたんに開き直り、

「だったら泊まらなくていい。他に泊まれ」と言った。


まさにタイ土人女である。

もちろんこんなところに泊まらない。

3万円も出してこういう接客態度だ。しかも白人優先接客。

荷物を持ってTrianonを出て、明日の予約をしてある近くのCujasというホテルに行って聞いてみると、幸い今夜もダブルの部屋が空いていた。92ユーロだと言う。

欧州でも東南アジア系とくにタイ人のような連中が働いている店には行かないほうが無難だと思う。

率直に言って、彼らは色黒になるほど人種差別的になるとみていいと思う。

タイやマレーシアでも色黒土人のほうが実際に白人によく媚びるし性格も悪いものである。

ブダペストでの経験からいうと色白のベトナム人などはまだわりとマトモなようだ。

タイ人は白人かどうかでの対応の違いがまずあり

(白人優遇はタイの国是ともいえる確立したルールであり好き嫌いとは関係ない)、

次に「承認された権威」と「カネ」と「力」が基準になる。


タイ族はもともと中国から来た、というのはタイ人が好んで口にするフレーズである。

また、白人との関係で


タイ人のほうが日本人よりも白人に愛されている=タイ人のほうが日本人より上だ


という具合に序列をつけようとすることはすでに頻繁に見られること。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/journal/cat6339137/index.html

TG(タイ航空)のひどさについて


タイという国の白人崇拝および人種差別主義が、

「そういう人もいるしそうでない人もいる」というレベルの話ではなくて、

確立した「制度」であるということを手っとりばやく体験し観察してみたい人は、
TG(タイ航空)に乗って見るのが良いと思う。


「日本-バンコク」線は当然日本人を意識するので、「バンコク-カトマンドゥ」線とかがいいだろう。

最初は、エコノミークラスだから大バカなクルーが配置されているのかと思ったが、聞くところによるとビジネスクラスやファーストクラスの方がもっとひどいということである。

ホテルやレストランの接客の場合には、主観的なさまざまな要因

(つまり「あなたが身なりや態度のせいで個人的に差別されていただけですよ」という反論を導くような要因)が関与しないとはいえないが、

一列に座席が並んだ飛行機内ではより客観的な観察が可能になる。


つまり、他の人たちがどういうふうに接客されているか、クルーが客の人種によってどんなふうに態度を変えているかを、客観的に観察することができてしまう。

私が観察したところでは、意外なことに、女のクルーは(差別接客は)それほどでもなかった。

これは、白人バーの売春婦のように見られたくないということかもしれない。

しかし、「エイズ以前」、売春ツーリズムリゾートとして大いに売り出していた誉れ高きタイ王国においては、どんな女も売春婦とみなされがちなのは自業自得の結果である。

恨むなら自分の国とその国の全権を掌握する国王を恨むべきである。

これに対して、TGの男のクルーの醜態はこっけいを極めていた。

白人の周りをくるくると回っている茶色い猿というほかはない。

ビジネスクラスだとこれがもっとひどくなるというからたまらない。

念のためにもう一度いえば、私はここでは、自分がどう扱われたかという話をしているのではない。


飛行機だと他人のこともはっきり見えてしまう。

白人がちやほやされる一方、アジア人、有色人種が邪険にされたり冷笑されたりしている様子を見せつけられるのは、非白人としては不快である。

TGの男のキャビンクルーは、客の人種によって満面の笑みやむっつり顔、振舞い方までクルックルッと変換することができる。


あの反射神経の良さはやはり猿のものであろう。

飯の注文をとるとき、白人とアジア人乗客とが並んで座っている席では、必ず白人を先に、満面の笑みを浮かべほがらかに声をかけて注文を聞く。

次の瞬間には、さっとむすっとした表情に切り替え、アジア系客をろくに見もせずに

「わかってるだろ、早く言え」という感じでちょっと首を横に振って「催促」する。

エコノミーとはいえ、仮にそのアジア系が隣の白人の上司またはボスだったらどうするつもりだろうと思うが、タイではホテルやレストランなどでも白人とアジア人とが(男同士)一緒に入っていけば、アジア人のほうは完全にその白人の下僕扱いが普通である。

一度タイを白人の友達と旅行してみることをすすめる。

これが、タイの猿王の航空機、タイ王国のフラッグキャリアなのである。

人種差別接客はTGおよびタイ王国の「制度」なのである。

「猿王」といわれたくないならば、自分でクーデタを起こすというボス猿のような行為をつつしみ、猿の群れのような国を多少でも人間らしいものに変える努力をすべきである。


タイにおいては、高級なところに行けば行くほどますます、人種差別・白人崇拝がひどくなり露骨に表現される。

この点が他のアジア諸国の「白人崇拝」と趣を異にするところであると思う。

つまり、他のアジアの国々では、高級なところに行くほどバカは少なくなるのが普通である。

バカでなければ露骨な人種差別や白人崇拝を表に出したりしない(白人国は別である)。

なぜならこれらの国では白人崇拝は国の「制度」にはなっていないからである。

これに対して、タイ人にとっては、白人崇拝の強さはその場所の「高級」の証しであるらしい。

そして「差別」がひどいことは、その場所に「特別なもてなし」があることの徴のようである。

おそらくタイ人客たちは、自分が来た場所の白人崇拝のひどさを見て、自分も「高級」な場所に来れたことを喜ぶのであろう。

このようにタイにおいては、頂点に近づけば近づくほど白人崇拝がひどくなる。

その「頂点」こそが、クーデタの黒幕にしてクーデタ政治の守護者であるタイ国王・プミポンの宮廷にほかならないことは容易に了解せられるであろう。

タイの白人崇拝は、国王崇拝に次ぐ国家の「制度」であり、タイの「国体」の不可欠の要素だということである。

ほんの数百年前にインドシナに乱入した文盲の蛮族の野盗の子孫が猿王よろしく君臨し、その私兵として軍と警察を掌握し、白人崇拝主義を御誓文のごとく戴き、弱い者の娘たちを毛唐に貢いではシノギとする国、これがタイ王国。

軍事クーデタをおこしても白人からはほとんど批判されることのない、インドシナの「優等生」の猿王国である。

現に多くの白人がタイの各地に女を囲って定住しているという事実が、白人世論のタイへの矛先を鈍らせているということを忘れてはいけない。

このように多数の白人がタイ人と(肉体)関係を持ちながら各地に定住していることは白人世界にとって有利なネットワークである。

それはタイ国内での白人国家の情報機関やミッショナリーの活動を容易にしているのである。

このようなことも含めた、総体的な「女の貢ぎ」である。

それにしても、TG、日-タイ線の日本語アナウンスの客を馬鹿に仕切った感じは他社に例がない。

説教口調で「トイレでタバコを吸うな」などとくどくど言う。

それだけTGの客層、そしてタイへ行く日本人の水準も低いということなのだろう。

タイ人の差別体質・白人崇拝体質は、タイの数百年に及ぶ白人とのやり取りを通じた国家形成の歴史に根ざすものであり、タイの文化の根本にあるもの、すなわちタイ人のアイデンティティと不可分のものだから、そう簡単に変わるものではないし、変えようとする意思さえなかなかもてないものだろう。
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/cat6759876/index.html


38. 中川隆 2013年8月06日 08:15:47 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

質問者:97862 投稿日時:2011/01/12 09:01

海外生活の長い日本人からの投稿です。

日本人だれでも海外、特に欧米に行くと白人による人種差別を多かれ少なかれ経験しますよね。ジャップ、とかチンク、とかグークとかよく呼ばれること又は、軽視されたり、無視されたり、小ばかにされることもありますよね。要するに我々日本人を準人間と扱っているようでね。それだけでなく、レストランでオーダーをとってれもらえなかったり、陰口でばかにされたり、会社とかで昇進できなかったりと色々あると思うのですが。

質問ですが、なぜ日本のメヂアは日本人がそのように人種差別をされるということを視聴者に教えないのですか?日本人の愚かな所は、自分は差別するほうだと信じていることで、本当は差別される側だと言う事を知らない事です。


回答者:noname#159516 回答日時:2011/01/19 16:56

個人の中身を知れば、知人となり差別とは別に性格なり仕事の腕なりで判断されるのですが、人種差別は立っているだけで、本人を知らない所で起こります。職業がわかれば、医師ですとか銀行員ですとか、肩書きで話ができますが、私服の日本人なら「白人より下の人間」扱いです。小バカにされたりここに住めるだけ有り難いと思え、的な態度はよく見ます。

トップレベルの日本のアニメ会社のプロデューサーが、アメリカの会社と合作の会談をしました。あちらのプロデューサーはふんぞり返り足を机の上に乗せ、靴底を日本人に向け、この猿が、みたいな態度を終止通しました。せめて足は下ろして欲しいですね。

テレビ局が作品の宣伝を兼ねた報道番組で、スタジオ内の取材をしました。ざーと撮影した後、編集されてテレビに映ったのは白人男性だけでした。カメラがなめて撮ったスタジオ内部が、立場の高い人も、才能のある人も、白人に見えない人と女性(!)ははずされていました。これがメディアの情報操作です。オーストラリアであの有名な作品「。。。」を制作しました、描いたのはオーストラリア人です、と言いたいのでしょうが、実際は半分以上外国人です。

別のテレビ局がアニメーターにインタビュー取材に来ました。白人男性のビデオ撮りの後、アニメーターの女性にも取材したいというので前出の男性がベテラン女性を指定しました。カメラクルーが部屋に入って来て、レポーターが続き、日本人女性と目が合ってから、「あ、時間ないのでキャンセル」と回れ右をしました。白人じゃないというのがいけないのかな、と思いました。

また別の取材で、レポーターはアシスタントの白人男性に話を聞いています。細かい話になって、その男性が「それはボスに聞いて下さい」と直属のボス日本人女性女性を紹介すると、あっそう、と帰ってしまいました。白人男性がボスで、アジア人女性がアシスタントだと勝手に思ったようです。

しかし、こういう事は私的な話かブログ程度では広められますが、表立って公言はできるものではありません。無駄に敵を作りますから。印刷物になると、リークして反発買います。というわけで、ご内聞に。白人で人種差別が以上に神経逆撫でされる人もいるので、面倒起こす必要ないですよね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6442132.html


セーラ・カミングスさんが小布施で嫌われている原因はセーラ・カミングスさんの無意識の人種差別的言動にあるのですが、誰もそれに気付かないというのは不思議ですね。


39. 中川隆 2013年8月06日 08:24:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

白人美女が見た日本人の姿


@ t.A.T.u


タトゥーがデンマークのラジオ局のインタビューで日本での騒動について訊ねられて


 「日本は物ばかりが進化していて人間は成長が止まってるのよ。」

 「うん。ステレオタイプの人間が多いのは確かね。」

 「番組の途中で帰ったくらいで騒いでるのよ。笑っちゃうでしょ?」

 「プライベートで日本へ行きたいか?答えはNO!よ。」

 「日本人は不細工ばかり(ぷぷぷ・・・)」


とコメントしてましたね。この話はかなり話題になりました。


ロシアのラジオ局

 「日本はどうでしたか?」

 「街にはゴミが沢山落ちてて汚かったわ」

 「日本人はなんか動物っぽくて嫌ね」

 「全員同じメガネを掛けて、同じファッションでダサい。

それに臭いから好きじゃないわ」


イギリスの雑誌 日本の印象について

 「先進国と思って期待していったらがっかりね、

街に歩く人は全員無表情で気持ち悪い」


 「日本人って歯並び悪いし背も小さいし、かっこいい人が全然いないわ。

環境(空気)が悪いせいかしら 笑」


アメリカのラジオ 日本にこないだ行きましたね

 「行きたくて行ったんじゃないわよ 」

 「騒動って言うけど、あんな下手糞な子供じみた歌番組出れないわ」

 「私たちは一流よ!日本人の2流3流の素人歌手と一緒にされるのが間違いよ」

日本での騒動について

 「あの人達って、工業製品で小型化得意でしょ、だから心も体も小型化してるのよ」

 「だって、みんな唾を飛ばしながら、同じ非難しか言えないでしょ。

知能の無いロボットみたい 」


_________


A ペネロペ・クルス


「あぁ、日本?

勿論、行った事あるわよ映画のプロモでね。

それがなきゃ行かないわ。あんな気持ち悪い国。


男?

アジア人の男って何考えてるかよくわからないわ。

まあまあな容姿の人もいたけど大抵がシャイで無口なんですもの、ちょっと不気味だわ。


女?・・・・・(ため息)ブスだらけだったわ。(大笑)

特にスタイルに至っては、ほとんどギャグとしか言いようが無いわね。

顔は岩みたいに大きくて、体は子供並み。ちんちくりんよね。

足は短くてくねくね曲がってるし、赤ん坊みたいなふらふらした歩き方

あれ可愛いと思ってやってるのかしら?

それに、胸もお尻もどこにあるの?って聞きたかったわ。(苦笑)


ほんと、日本人に生まれなくて本当に良かったと思ってるわ♪」


_________

猿の惑星

Planet of the Apes (1968) trailer
http://www.youtube.com/watch?v=VjcpRHuPjOI

テイラーたちが不時着した星は、猿が人間を支配する猿の惑星だった。

言葉を話す猿たちと、首輪で繋がれ家畜として扱われる人間たち。

この逆転した世界からなんとか逃げ出したテイラーが最後に見たものとは・・・


出演

テイラー : チャールトン・ヘストン

ノバ :リンダ・ハリソン

中国人 : オランウータン

黒人 : ゴリラ

日本人 : チンパンジー

原作者のピエール・ブールはフランス人ながら英国軍に身を投じて戦い、結局日本軍の捕虜になった悲惨な人。

捕虜時代の恨みつらみをもとに書いたのが「クワイ川の橋」。
また日本人が月一番乗りして、ハラキリするのが「カナシマ博士の月面庭園」
でもって、黄色い連中が世界を支配する未来小説が「猿の惑星」


1 名前: O 投稿日: 02/01/24 15:11 ID:tTH+ej+C

自分はアメリカに住んどるもんなんですが
猿の惑星とは日本人をバカにして作られたということが分かった。

アメリカの知り合いが言うとったよ

「あれは日本人をバカにした映画だよ」

とあっちでは有名らしい。

日本人の前でそんなことは言えないけど俺にだけ話してくれた。

まあアメリカで反日が多かった時代に作られただけにやむおえないことだろう。

で最近新しく放映された「猿の惑星」ももしかしたら・・・

そう考えて改めて見たけど猿が着ている服も確かに日本の侍のように見える。

つまり猿(日本人)の惑星(日本)

そして猿の惑星にでてくる人間はアメリカ人ということです。


あの作品では人間よりも優れていると思いこんだ猿が人間によって人間の方が優れていると証明されますが、それを信じたくない猿との葛藤を描いていますよね?

つまり知恵遅れの猿(日本人)のくせに人間(アメリカ人)に戦争を仕掛けやがって!

という意図が込められているそうです。
http://tv.2ch.net/movie/kako/1011/10118/1011852691.html


40. 中川隆 2013年8月09日 12:43:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

チャーチル 日本人は中国娘と猿との野合の末に生まれた類人猿のようなもの

ルーズベルト 日本人は獣である

マンハッタン計画をスタートさせたフランクリン・ルーズベルト大統領は、日本人を“劣等人種”として激しく差別していたことで知られている

当時のアメリカの雑誌にはこう書かれていた

アメリカ人はドイツ人を憎むことを学ばなければならないが、日本人に対しては憎しみが自然と湧いてくる。これはかつてインディアンたちと戦ったときと同様に自然なものだ


普通の日本人は知性が低く、無知である
たぶん人間なのだろうが、人間であることを示すような点はどこにもない
 

当時トマス・ブレーミー将軍もこう演説していた

諸君らが闘っているのは奇妙な人種である。人間と猿の中間にあると言っていい。
文明存続のために我々は最後まで戦いぬかねばならない。日本人を根絶しなければならない!


ウィリアム・ハルゼー海軍元帥

 日本軍との戦闘に際し

敵を殺せ!
敵をもっと殺せ!
猿肉をもっと作れ!

など度々過激な発言を繰り返したことで知られている。http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc700.html#ex15


41. 中川隆 2013年8月09日 12:47:59 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


ハイドパーク協定 1944(昭和19)年9月18日

ニューヨーク州ハイドパークの大統領私邸でルーズベルトと会談した英国の
ロナルド・キャンベル大使がルーズベルトから「劣等アジア人種」の品種改良と
いうとんでもない提案を受けたと本国に宛てた書簡に書き残している

インド系、あるいはユーラシア系とアジア系を、さらにはヨーロッパ人とアジア
人種を交配させ、それによって立派な文明をこの地に生み出していく

ただ日本人は除外し、もとの島々に隔離して衰えさせる
http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/a-f2.htm#03


トルーマンのカバートへの返事 1945年8月11日

日本人の理解する唯一の言語は、彼らを爆撃することのように思われます。

獣と相対したときは、獣として扱う他はありません。
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/RE_sammuel_1945_8_11.htm

トルーマン回想録

Japanese are beast. So are treated as(日本人は獣だ。だから、そのように扱った)


ダワー教授によればアメリカ側の、日本人に対するステレオタイプの典型は猿であり、野蛮人、劣等人間、人間以下、害虫、と続いた。それは、個性もなく次々とわいてくるものであったというhttp://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc700.html#ex15


42. 中川隆 2013年8月09日 12:59:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


占領後にアメリカ軍が行なったことは

第1に原爆の惨状についての報道を禁止し人体実験についての情報を独占すること

第2に史上前例のない火傷、放射能障害の治療方法を必死に工夫していた広島
長崎の医者たちに治療方法の発表と交流を禁止するとともに、死没被爆者の
ケロイドの皮膚や臓器や生存被爆者の血液やカルテを没収すること

第3に日本政府をして国際赤十字からの医薬品の支援申し出を拒否させること


たしかに実験動物を治療するのでは実験にならない

そこでアメリカ軍は全力を尽くして被爆治療を妨害したのである


第4に被爆者を治療せず実験動物のように観察するABCC

広島で女学生(14歳)のときに原爆にあい現在も原爆後遺症で苦しむ詩人の橋爪文さんはABCCについて、次のような恐ろしい事実を述べている。


戦後広島に進駐してきたアメリカは、すぐに、死の街広島を一望のもとに見下ろす丘の上に原爆傷害調査委員会(ABCC)を設置して放射能の影響調査に乗り出しました

そして地を這って生きている私たち生存者を連行し、私たちの身体からなけなしの血液を採り、傷やケロイドの写真、成長期の子どもたちの乳房や体毛の発育状態、また、被爆者が死亡するとその臓器の摘出など、さまざまな調査、記録を行ないました。

その際私たちは人間としてではなく、単なる調査研究用の物体として扱われました。

治療は全く受けませんでした。


こうして私たちは内外から隔離された状態の下で、何の援護も受けず放置され、放射能被害の実験対象として調査、監視、記録をされたのでした


私たちは焼け跡の草をむしり、雨水を飲んで飢えをしのぎ、傷は自然治癒にまかせるほかありませんでした。



43. 2013年8月09日 13:01:32 : W18zBTaIM6

 フィラデルフィアで林間学校に参加していた16歳の時だった。ラジオで原爆投下を知った。周囲の子どもたちは歓声を上げた。私は我慢できず、一人で森の中に入り数時間戻らなかった。

もっと衝撃を受けたのは

ポルノ映画との触れ込みで50年代にボストンで上映されたヒロシマという題の映画で被爆者が沸騰した川に飛び込む映像を見ながら、観客が大笑いしていた光景だ。
http://www.asyura2.com/0505/idletalk14/msg/428.html


44. 2013年8月09日 13:06:52 : W18zBTaIM6

これが西欧人の本性


ビール一杯のため、黒人の手首を切り落として遊ぶロスチャイルドの部下達 

藤永茂 「闇の奥の奥」 三交社
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E9%97%87%E3%81%AE%E5%A5%A5%E3%80%8F%E3%81%AE%E5%A5%A5%E2%80%95%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89-%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E4%B8%BB%E7%BE%A9-%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E9%87%8D%E8%8D%B7-%E8%97%A4%E6%B0%B8-%E8%8C%82/dp/4879191671


かつてベルギー領であったアフリカのコンゴでは、ベルギー国王レオポルト2世の経営する無数の大規模ゴム農園で、黒人が凄まじい奴隷労働を強制された。

この奴隷農園を経営していた実働部隊が、ロスチャイルド一族とその盟友・銀行ソシエテ・ジェネラル・ド・ベルジック[Société Générale de Belgique]である(拙稿「核兵器の密売人フランス」参照)。


本書p28には、ロスチャイルドによって手首を切り落とされた黒人の少年の写真が載っている。

黒人には1日に採集するゴムの量が1人1人割り当てられた。1日でもその割り当てノルマが達成できないと、ロスチャイルドはその黒人奴隷の手首をオノで切断し、制裁を加えた。相手が少年であっても容赦はされなかった。

本書に掲載されている写真が残されている事は、「写真という技術が登場し、しかもアフリカの奥地にまで持ち込める携帯用のカメラが開発・販売されるようになったつい近年まで、ロスチャイルドによる黒人奴隷の手首切断が実行されていた」事実を示す。

この有色人種を奴隷とし人間とも思わない一族が、今後、中国を支配し、原発と核兵器を大量生産する事になる。原発の事故が起こり、核戦争が起こり、アジア人=有色人種が死のうとロスチャイルドが「何とも思わない」事、むしろ不要な人種が死んで喜ぶ事を、この写真は事実として示している。

今後、国連の中心となり、国連という国際機関を「動かす」中心国となるベルギーとロスチャイルドによる、この黒人・有色人種虐殺の犠牲者は、数百万人に上る(p33)。

 国連が平和維持活動と称しPKO部隊を送り込み、有色人種の国々で虐殺を繰り返している事実は、このベルギーとロスチャイルドによるコンゴでの大虐殺に「同一起源・源流」を持つ。

本書p79にも、切り落とされた黒人奴隷の手首を持つ黒人の写真が掲載されている。
ロスチャイルドは、逆らった黒人、病気・ケガで働けなくなった黒人を射殺する事を農園の監督人に命じた。しかしライフル銃の弾丸を節約するために、殺害に使用した弾丸の数と同一の数の黒人の手首を持ち帰る事を監督人に要求した。殺害された黒人1名につき弾丸1個しか使用してはならない、という弾丸の節約命令が出されていた。

黒人の命より、弾丸1個の方が「もったいない」という事である。

一方、監督人は木の棒等で黒人を撲殺し、弾丸を未使用のまま残し、「黒人が逆らったので銃殺した」とウソの報告を行い、弾丸を銃器販売店に「横流しし」、その利益を「小遣い」として着服する事が常態化していた。

つまり逆らってもいない黒人を撲殺し、弾丸を横流し販売する事で「小遣い」が得られた。ロスチャイルドの監督人達は、ビール1杯を飲む小銭のために、逆らってもいない黒人を殴り殺し続けて来た事になる。

このベルギー国王(英国王室と同族のザクセン・コブルク・ゴータ一族)とロスチャイルドの行った大虐殺を知り、写真を撮り世界に知らせた勇敢なジャーナリストが三名居た。

最初の告発者ワシントン・ウィリアムズ[George Washington Williams, 1849-91]は、わずか32歳(引用注:正しくは41歳)の若さで何者かに毒殺されている。

盟友の毒殺にも屈せず政府とロスチャイルドの告発を行ったジャーナリスト、ロジャー・ケースメント[Roger David Casement, 1864-1916]は「国家反逆罪」で、ベルギー政府の手で逮捕され「絞首刑」となり処刑されている。

3人目のE・D・モレル[Edmund Dene Morel, 1873-1924]も逮捕され、ケースメントと同一の刑務所に収監され、出獄後、病死している。

こうした写真は、この勇敢なジャーナリスト達が自分の命と引き換えに撮影してきたものである。

本書p142には、南アフリカで絞首刑にされ、「さらし者」にされている3名の黒人奴隷の木に吊り下げられた死体の写真が掲載されている。

裁判等抜きで、白人が「気に入らない黒人を自由にリンチ処刑している」。 同時に、リンチにされた黒人の姿を「満足気に葉巻を吸いながら眺めている白人達の姿」も撮影されている。有色人種をリンチ殺害する事は、大好物の葉巻を吸いながらそれを眺める程、「最もリラックスできる楽しい時間」であった事を、この写真は示している。 これは、携帯用の小型カメラが世界中に販売されるようになった時代のリンチであり、「つい最近」の出来事である事を、写真撮影という事実そのものが示している。 そしてコンゴだけでなく、南アというロスチャイルドの支配下に入った国・地域では、どこでもリンチ殺人が行われていた事実を、こうした写真は示している。

コンゴは、ゴムだけでなく核兵器原料のウランの最大手の生産国であり、ロスチャイルドの核兵器原料企業ソルベイ社[Solvay]が、コンゴでのウラン採掘と世界への販売を担当してきた。

このソルベイ社とベルギー国王が「国連所在地のブリュッセル」で3年に1度開催する「ソルベイ会議[Solvay Conference]」は、世界中の核兵器メーカーと核物理学者が集まり、今後の核兵器販売計画を密談する、ソルベイ社から招待された者だけが参加可能な、マスコミにも情報を出さない「隠密会議」となっている。

かつて、第5回ソルベイ会議に出席したアインシュタインが、ソルベイ社に説得され、米国のルーズベルト大統領に書簡を送り、原爆開発の推進を「提言」した事実は有名である。著名であったアインシュタインの書簡であれば米国大統領も「核兵器開発を認め、説得されるであろう」と計算したソルベイ会議は、アインシュタインを「上手に誘導し説得した」のである。

このソルベイ会議が無ければ、日本の広島・長崎への原爆投下も原爆開発も無かった。 この会議を開催している者が、ロスチャイルドとベルギー王室、つまりコンゴの奴隷虐殺者達である。

日本人という有色人種を大量に虐殺した広島・長崎への原爆投下と、コンゴでの有色人種=黒人大虐殺が、同じ「論理」、同じ企業・人間達によって行われてきた事実が浮かび上がる。その論理とは「有色人種虐殺」である。

この企業・人間達が、今後アジアの盟主として中国の政権中枢を担当する。その金融面での動きがアジア統一通貨の形成であり、それは欧米・ロスチャイルドの新しい支配戦略である。

アジア通貨の誕生をドル支配からのアジアの独立である等という寝呆けた主張は、国際情勢への無知か、自分がロスチャイルドの「手先」である事を自白しているに過ぎない。
*・・・なお、ベルギーによるコンゴ支配を描いた小説「闇の奥」の作家ジョセフ・コンラッド[Joseph Conrad, 1857-1924]は、「ベルギーのような遅れた国がこうした虐殺を行うが、自分達、英国人であれば、こうした虐殺は行わない」と英国人を自画自賛している。

英国王室とベルギー王室が同一一族である事実を知識人コンラッドが知らないはずは無く、悪質なデマをコンラッドは流している。

こうした悪質なデマを流し、真実を隠す作家でなければ「大作家」「人種差別に最初に気付いた知識人」などと言う「名誉ある称号」は手に入らない。

またコンラッドの小説を映画化し「地獄の黙示録」を製作した映画監督・「巨匠」フランシス・コッポラ[Francis Ford Coppola]は、ベルギー政府とロスチャイルドの行った、この残虐な黒人奴隷の手首切断をベトナムに舞台を移し、「ベトナム共産軍の行った野蛮な行為」として描き出している。

ベトナム戦争でベトナム共産軍を敵として戦争を行った米国政府の「ご機嫌を伺うために」、ベルギー政府の行った虐殺を「ネジ曲げ」、米国政府の敵=共産軍が行った野蛮な行為として手首切断を、「巨匠」コッポラは描いている。

手首切断を行ったロスチャイルドの米国支部はロックフェラーであり、そのロックフェラーこそがベトナム戦争を行った米国政府中枢である事を、無知からか意図的にかコッポラは無視し、デマを世界中に「タレ流している」。

こうした悪質なデマを流し、真実を隠す作家でなければ「巨匠・映画監督」にはなれない。

真実を語るものが絞首刑になり、デマを「タレ流す」者だけが「大作家」、「巨匠」になる。現代世界と芸術界は、ニセ者だけが表通りを歩く事の出来る肥溜めと化している。
http://satehate.exblog.jp/15342781/  


45. 2013年8月09日 13:08:58 : W18zBTaIM6

これが西欧人の本性


アディダス、ナイキ、リーヴァイスは、犯罪組織 2012年01月20日


 スポーツシューズの有名ブランド、ナイキは、インドネシアで15歳以下の児童を工場で酷使し、ユニセフ等から犯罪企業として非難を浴びているが、国際的に禁止されている児童の酷使、労働を、ナイキは止めようとしない。

 ナイキのシューズは児童の酷使により、1足あたりわずかに5ドル=400円弱で製造され、1〜2万円で販売されている。原価の50倍前後であり、シューズ価格の98%がナイキの利益となっている。

 また、有名なスポーツ用品メーカーのアディダス、ジーンズのリーヴァイスは、インドネシアで同様の、15歳以下の児童による違法な労働で利益を上げている。児童は工場に閉じ込められ、学校に通う事も出来ず、十分な食料も与えられていない。これは犯罪である。

 アディダスとリーヴァイスは、児童と女性に「睡眠を与えず」死ぬまで働かせるために、覚醒剤の入った飲み物を飲ませ、麻薬中毒にし、文字通り奴隷として死ぬまで酷使している。

 アディダスとリーヴァイスのために多数の児童が「殺され」、児童と女性が麻薬中毒になっている。

 リーヴァイスは、タイではジーンズの原料となる綿花の農園で大量の農薬を使用し、河川を汚染、タイの一般市民にガン患者の多発を引き起こしている。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/247288059.html


上司が部下の女性従業員を自由に強姦出来るスポーツシューズ、ナイキ
2007/10/12(金)

 スポーツシューズの有名ブランド・メーカー、ナイキのメキシコ、インドネシアの工場では、13歳〜14歳の少女達が時給わずか17セント、20円程で働かされている。子供を学校にも通わせない、この児童労働は違法な児童虐待と言える。

 ナイキは、13歳〜14歳の少女達が生理で仕事を休むためには、少女達を上司の男性全員の前で全裸にし、出血を確認するという「義務」を強制していた。

 この義務は、従業員全員に強制されていた。

 これは極めて悪質な人権侵害である。

 また、この少女達は仕事中、強引に別室に連れ込まれ、上司の男性により日常的に強姦されていた。

 ナイキはこの犯罪事実を「隠し」、そのような事は無いと嘘を述べて来たが、2003年6月、米国連邦最高裁判所は、児童労働、人権侵害、強制猥褻、集団強姦等の犯罪で、ナイキに有罪判決を下した。

 現在、従業員の13歳〜14歳の少女達を強姦し続けたスポーツシューズ、ナイキの企業犯罪の有罪判決は確定している。
http://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/25567191.html


46. 中川隆 2013年8月09日 13:13:59 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

オブセ教にはブロンドの女神もいる。
企業に巣食うが、町政には出ない。
毎月ゾロ目の日(月と日が同じ日)には、
サティアンでミサを開いて酒宴を催し、民衆を洗脳する。

町内は女神のサティアンショップでいっぱいだ。
今も巨大な宿泊サティアンが建てられようとしている。
サティアンはどれも闇の黒色で塗られている。

善良な社員も、女神に逆らえばポア、気にくわないのもポア。
民家は壊され、巨木は枯れ、家庭を壊し、人を狂わせる。
誰もブロンド女神が黒い悪魔だと気付かない。

____


小布施では悪名高いセーラ・マリ・カミングスさんですが、一般的な西欧人と比較すると むしろ平均値よりはかなり良心的で誠実な人なのではないでしょうか。


47. 2013年8月09日 13:22:11 : W18zBTaIM6

西洋の植民地になるとこうなるhttp://www.youtube.com/watch?v=cT-3DE6nSZs

48. 2013年9月01日 10:07:48 : W18zBTaIM6

民族によって体臭がそれぞれ違い、人々の無意識を刺激する 2013-08-31


民族が好む料理、代表する料理はまったく違う。それぞれ多種多様で、独自色があって、それが多民族を驚かせたり、戸惑わせたりする。

味も違うが、匂いもまったく違う。

以前、インド料理屋にタイ女性を連れて行ったとき、彼女はどうしても「匂いが駄目だ」と言ってタンドリーチキン(チキン・ティッカ)を食べなかった。

日本人は納豆が食べられるのに、タイ料理のパクチー(香菜)が駄目だという人が多い。やはりその匂いが受け付けないのだという。

逆にタイ人はパクチーにはまったく抵抗がないが、日本の食材である「納豆」は駄目だろう。匂いで挫折するはずだ。

ニューヨークにいたとき、イタリア人の女性と一緒にコーリアン・タウンを歩いたことがある。

彼女は顔をしかめて「すぐにここから出たい」という。通りまで漂っていたのはキムチの匂いで、彼女はそれがたまらなく嫌だったようだ。

それぞれの民族が、なかなか融合しない理由のひとつ

イタリアと言えばスパゲッティだが、他にもピザのようなチーズを使った料理がある。知り合いの中国女性は、「あのチーズの匂いがとても嫌いだ」と言った。

ある外国人のフォーラムで、ひとりのアメリカ人が「日本は嫌いじゃないが、日本料理でどうしても耐えられないものがある。それはみそ汁の匂いだ」と言っている男がいた。

そのアメリカにはマクドナルドがあるが、まだ若い頃、タイのヤワラーで巣食っていたときに、ひとりの日本人がこう言ったのを覚えている。

「マクドナルドのポテトの揚げた匂いが嫌いだ。あれを嗅ぐと頭が痛くなる」

いつだったか、タイ中華街に一軒マクドナルドができたことがあったが、流行らなかったようで気がつけばなくなっていた。

その近くの薄汚い中華料理屋は大繁盛だったが、どうもマクドナルドは異質だったらしい。

それぞれの民族がなかなか融合しないのは、見た目や文化の違いもあるのだが、「匂い」もひとつの要因としてあるはずだ。

かなり早くからそう気が付いたのは、こういった経験をしていたからだ。

民族によって、好む匂いとそうでない匂いは違う。

微妙な違いではなく、かなり違っていると言って良い。匂いが違うと、「無意識」がそれに反応し、民族間で、距離や溝のようなものができるのかもしれない。

それぞれの民族がなかなか融合しないのは、見た目や文化の違いもあるのだが、「匂い」もひとつの要因としてあるはずだ。


かつて日本人は外国人をバタ臭いと思った

人は、特定の食べ物を食べるうちに独自の体臭になっていく。

食べ物の匂いが体臭に出るというのは本当だ。だから、食べ物が違うということは、体臭も違ってくるということである。

かつて日本人はアメリカ人のことを「バタ臭い」と言っていた時代があった。

この「バタ」というのは乳製品の「バター」のことであり、「バター臭い」というのが一般化した言葉である。

昔の日本人はバターを常食する習慣がなかったから、この体臭の違いが非常に明確に分かったのだと思う。

今の日本人がアメリカ人をバタ臭いと思わなくなったのは、日本人がその臭いに慣れて、もはや感じなくなっただけだろう。

しかし、日本人はまだ欧米人に比べて肉食ではない人も多いから、やはり体臭の違いを感じる人もいるのかもしれない。

ところで、話はここからだ。

食べ物の臭いの違いを感じるくらいなら別に何でもないが、それが体臭の違いになっていくと、その民族の好き嫌いにまでつながらないだろうか?

たとえば、体臭に慣れないという無意識の理由で「遠ざけたい」と思ったりしないだろうか? そういうケースは絶対にあるはずだ。

意識しないが、食べ物の匂いで好き嫌いがはっきりと分かれるくらいだから、体臭の違いで好き嫌いが分かれてもおかしくないのである。

しかし、「体臭の違いで民族対立」という新聞の見出しは見たことがない。違いがあっても、臭いは無意識であることが多いからだ。

話題になったハートアタック・ハンバーガー。アメリカを代表するのがハンバーガーだが、肉とポテトとバターをたっぷり使う。かつての日本人はアメリカ人の体臭を「バタ臭い」と言った。


個人の体臭とは別に「民族特有の体臭」というのがある

個人個人で臭いが違うのは当然だ。しかし、個人の体臭とは別に「民族特有の体臭」というのがある。それは個々の違いを越えて、その民族が共通して持つ独特の体臭だ。

まだ誰もそれを一般用語・専門用語化していないと思うので、これを「民族体臭」と言いたいが、民族体臭は人種の違いや文化の違いと同様に存在する。

その国にはその国の独特の食べ物があり、独特の食材があり、独特の常備食がある。それが体臭の違いを生み出す。

肉食の民族と、魚食の民族と、果物食の民族では、明らかに体臭の違いがあって然るべきだ。

ならば、食べ物の臭いが好き嫌いがあるのと同様に、体臭に好き嫌いがあってもおかしくない。

スパイスを常食するインド人はそれを取り込んだ独自の体臭になるだろう。それを無意識に嫌う人もいるかもしれない。

たとえば、タンドリーチキンを嫌う冒頭で紹介したタイ女性は、もしかしたらインド人も嫌いだというかもしれない。

彼女が意識しないかもしれないが、それはインド人独特の「体臭のせい」なのかもしれない。

同じ理由で、中国人の体臭とアフリカ人の体臭も、それぞれ違ったものになる。それぞれが相手の体臭を無意識に惹かれたり嫌ったりするかも知れない。

民族によって体臭が違う。そして人は、恐らく無意識下でその匂いに反応していて、好き嫌いの感情を左右されているはずだ。

私はインド女性も、インド料理も、心から好きだ。しかし、タイ人の多くは、インド料理の匂いをとても嫌悪する。インドとタイはどうも民族体臭が合わないらしいのが分かる。


肌の色が多様であるのと同様に、体臭も多様

意識していない匂いが、実は異性を惹きつける作用があるというのは、フェロモンという言葉で説明されている。

しかし、ここで言いたいのは、フェロモンという無意識下のものではなく、意識できる臭いのほうだ。

イタリア女性の身体の匂いと、タイ女性の身体の匂いは違う。メキシコ女性と、パナマ女性の臭いも違う。インド女性の匂いと日本女性の匂いも違う。

東アジアの人たちと付き合っている日本人がいたら、もしかしたら、日本人女性と、中国女性と、韓国女性のそれぞれの体臭も違うと言うかも知れない。

多国籍の環境で過ごしている人は、いちいち私が言わなくても無意識にそれを知っているはずだ。

「民族体臭」に、良い悪いは関係ない。肌の色が多様であるのと同様に、体臭も多様だからだ。

当然、自分がそれを受け入れられるか、そうでないかという部分が重要になることもあるだろう。

民族の臭いが、ある民族を惹きつけたり、遠ざける作用があるとしたらそれはそれで興味深いと思わないだろうか。好みの匂いの異民族がいたら、何となく、無意識に惹かれたりすることもあるかもしれない。

「臭いの敏感な民族は単一民族で、そうでない民族は多民族国家である」のような違いもあるかもしれない。

体臭は誰も意識しようとしないものだが、案外こういった動物的なものが民族間の融合や対立にもつながっているような気がしてしかたがない。

民族によって、それぞれ体臭が違い、当然のことだが好きな匂いも好きでない匂いも出てくる。すべては無意識だが、影響力は強いかもしれない。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20130831T2329190900.html


49. 中川隆 2014年7月20日 15:27:39 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc

レジスタンスがあるからこそ、強くなれるしおもしろい
セーラ・マリ・カミングスさん

深澤真紀の「免疫美人」に会いに行く 2014.07.15

「小布施の町おこしで話題になったアメリカ人女性が、新しい活動を始めようとしている」と聞き、深澤さんが向かったのは、長野駅から車で20分ほどの山里。車がやっと通れるほどの坂道を進んでたどり着いたのは、建て替え工事の最中にある古い民家でした。

「ようこそ! こんにちは」。山間に吹き抜ける初夏の風のように明るいブロンドヘアをなびかせながら現れたのは、セーラ・マリ・カミングスさん。

栗菓子と日本酒の老舗「小布施堂」を中心に「古き良き日本の文化が息づく町の再生」に着手し、独創的な発想力と類いまれなる実行力で注目を集めた女性です。文化発信イベント「小布施ッション(オブセッション)」の開催、地元に縁のある画家・葛飾北斎を前面に出した「国際北斎会議」の誘致といったセーラさんの実績は、魅力的な町づくりのモデルケースとなっています。そんなセーラさんが、拠点を移し、始めようとしているチャレンジは何なのでしょうか。

アメリカ人女性が「地上の天国」で始めた場づくり


拠点となる古民家をバックに。右の建物は畑で収穫した野菜などを蓄える貯蔵庫として、左の建物は事務所として使用する予定。

深澤:ここに来る前に、小布施に行ってきたんですけど、相変わらず素敵な町ですね。セーラさんが大改装した桝一酒造のレストラン「蔵部(クラブ)」での食事も、とってもおいしくて空間にも引き込まれました。ただ、こちらはまだ工事中なんですね。ここが取材先かとちょっとびっくりしました(笑)。

セーラ:実はここで取材を受けるのは初めてなんです。ここ、長野市若穂保科に移ってきたのは、実はつい最近のことです。約6000坪の土地を借りて、この地区に暮らす"人生の先輩たち"の知恵を借りて農業を始めました。家屋の工事も1か月後には完成している予定です。

深澤:何を始めようとされているんですか?

セーラ:農業を中心としたコミュニケーションの場づくりです。ここ若穂には、日本人が忘れかけている原風景がまだ残っています。ホタルやカエルが庭に集まってきたり、家の中を通り抜ける風と一緒にトンボが家の中に入ってきたり。自然と共に生きる暮らしは、日本家屋という建物そのものにも象徴的に表れています。私は、初めてこの家に来て満点の星空を見たときにとても感動して「地上の天国」だと思いました。この場所を使って、地域の老若男女の交流を促進する場の提供や、農業体験ができるツーリズムを企画中です。世界のクリエイターを集めてイベントをするのもおもしろそうでしょう!

深澤:たしかに、里山の風景は、日本人が忘れかけている宝ですよね。私も両親が育った山梨県の家がまさにこのようなつくりだったので、縁側に弱いんです。ここに座っているだけで不思議なくらい落ち着いて、東京に帰りたくなくなりますね。

「元気にしたい」から挑戦する

(写真右上)栗菓子工場「傘風舎」の入り口では、小布施堂に縁のある画家・葛飾北斎の「傘風子図」が迎える。(右下)桝一市村酒造場の酒蔵の一部を改装した和食レストラン「蔵部(クラブ)」。蔵人が酒造りで泊まり込む時期に食したシンプルな「寄り付き料理」を提供する。(左下)酒造場の改築でセーラさんがこだわったのは看板。グラフィックデザインは原研哉さんに依頼し、富山まで職人を訪ねて「時を経るほどに輝きがにじみ出る」プラチナ箔で仕上げた。(左上)昭和30年代に廃れた「木桶仕込み」の酒造りを復活させたのもセーラさんの実績。

セーラ:里山は風景も素晴らしいですが、人も素晴らしい。私は農業について地域の先輩方に毎日教えていただいていますし、キノコ狩りにも連れていってもらったんです。

深澤:セーラさんのお話で、「里山」の持つ力について思い出させてもらった気がします。「里山」って、100%自然でもなく、100%人工でもない、「人の手が入った自然」。つまり、先人の知恵が結集された暮らし方なんですよね。

セーラ:そうです。でも残念ながら、里山の風景は日本の各地でどんどん失われています。私は、ここ若穂で里山を再生して地域を元気にするチャレンジをしたいんです。名づけて、「かのやまプロジェクト」。日本の歌「ふるさと」に出てくる「かのやま」を、みんなの心に取り戻そうというプロジェクトです。

深澤:「かのやまプロジェクト」! いいですね。「かのやま」は「彼の山」だけど、セーラさんの込めた意味は「みんなにとってのそれぞれの山」。小布施ではすでにある「小布施堂」「桝一酒造」というブランドをより活性化する試みだったと思いますが、「かのやまプロジェクト」はきっと「何もない」ところから始める挑戦なんですよね。だからこそ、どこででも応用できるモデルにもなれる。

セーラ:そのとおり! 私もワクワクしています。

深澤:小布施に恋したセーラさんにとっての「セカンド・ラブ(二度目の恋)」が若穂だったということですね。

セーラ:ファースト・ラブかな(笑)。それくらい夢中です。

「必要なものがなければ、自分たちで作ればいい」

起伏のある広い敷地は、野菜畑、鶏小屋、リンゴ畑など表情豊か。近々、ヤギも飼い始めるそう。「昔ながらの日本家屋は来客を迎えるスペースを重視し、家族が生活する面積は控えめでした。私たちもその文化に準じて、家屋の3分の1ほどのスペースを自宅にし、それ以外は皆さんに使っていただける場所として開放したいと思っています」とセーラさん。

深澤:素朴な疑問ですが、どうして若穂だったんですか?

セーラ:2006年に結婚した夫と出会った当初、彼が暮らしていたのがここだったんです。彼が主催したパーティに呼ばれてここに来たら、とても気に入って。彼もアメリカ人で英語教師として日本に暮らしていて、私と同じくらい日本文化に興味を持っていたんですね。私も山の中で暮らしたいと思っていたけど、暗い夜道が怖くてひとりではできなかった。でも、彼と一緒なら大丈夫だから、それも都合が良かったですね。

深澤:"怖いものなしの台風娘"と言われたセーラさんにも怖いものってあったんですね! でも、その怖いものを克服してくれる存在がご主人だと。

セーラ:そうかもしれないですね(笑)。"台風娘"って言われていたときも、私自身はそんなふうに意識していなかったんです。でも、周囲にそう思われることで、かえって仕事はラクになりましたよ。

深澤:その頃のことを、少し聞かせていただいていいですか。今の取り組みもそうですが、小布施時代もセーラさんは「日本人が忘れかけている大切なものを再発見」してくださる方だと思うんです。その視点はどこから生まれるものなんですか?

セーラ:地域の先輩方に直接聞いて昔のことを教わったり、地域で保管されている写真を何千枚も見たりすると、酒蔵の壁に使われる建材の変遷など、いろんなことがわかります。ここ若穂も、何もないようで、きちんと文献を調べていくと、昔は地元で力のある人たちが山に登って定例の月見の会を開いていたという記録が見つかって、ぜひ残したい文化だと思いました。私は、私が好きになった日本の姿が消えてしまうのが嫌なんです。そういう危機感を持ったら、足元でできることを探して、行動するだけ。

深澤:そして、再発見した「伝統」を、私たち日本人が思いつかないくらい斬新な手法で新しい形に発展させて残すのがセーラ流ですね。日本で活躍したアメリカ人女性として語り継がれる人としては、日本国憲法の草案作成に関わって男女平等の思想を取り入れたというベアテ・シロタさんが有名ですけれど、セーラさんは第2のベアテさんにもなり得る存在じゃないかと私は思っているんです。

セーラ:とんでもない。私は自分のやり方で「必要なものがなければ、自分たちで作ればいい」とやってきただけです。

できないことは人に任せて、人がやらないことをやる

小布施町には、セーラさんのインスピレーションを刺激するスポットが点在。北斎が晩年に描いた「八方睨み鳳凰図」の天井絵が飾られる岩松院(写真右上)は、その色あせない筆致に「伝統を未来につなぐパワー」をもらうそう。600年前に作られた石段が名物の浄光寺(写真右下、左下)は、「日本笑顔プロジェクト」など地域や東北支援活動にも積極的な姿勢に共感できるという。玄照寺(写真左上)の三門は、「シンプルながら存在感のある佇まいが素敵」とセーラさん。境内ではアートイベントが行われたことも。

深澤:セーラさんって「これだ!」と思ったことに対してものすごいエネルギーを注ぐ半面、「できないことはやらない」に徹底している方じゃないかと思うのですが、いかがですか?

セーラ:そうですね。人がやろうとすることは人に任せればいいと思っています。だから、私は人がやらないことをやります。

深澤:そして、セーラさんと言えば「言葉遊び」の達人。小布施堂で開催する餅つき行事の名前が「餅ベーション」で、蔵の一部を改装した店舗は「蔵部(CLUB)」。極めつきは文化発信イベントを「小布施ッション(OBUSESSION)」と名づけたことで、これは表記に英語の「obsession」にはない「U」=「you」を加えて「あなたも参加する」という意味を込めたそうですね。私は言葉を扱う職業柄、セーラさんの言葉遊びの才覚に興味があるんです。

セーラ:あはは。「餅ベーション」はちょっとやり過ぎました(笑)。でも、同じ言葉でも発想次第で意味はいくらでも膨らむでしょう? だから、私は何でもおもしろがれるんだと思います。

深澤:それがセーラさんの強みですね。新しいことを始めるときに、完成形のイメージは浮かぶんですか?

セーラ:全然。イメージは走りながら固めていきます。ただ、結果が中途半端になるのが一番よくないことだと思っているので、思い切ってやることが大事です。例えば、レストラン「蔵部」のプロジェクトは「若者の職場を作りたい」という思いで始めたもので、結果的に空間も素敵なものになりました。

深澤:新しいことを始めるときには対抗勢力が付きものですが、それに対してはどう考えていますか?

セーラ:レジスタンスがあるからこそ強くなれるし、おもしろい。でも最近は、自分ひとりで走るより、もっと周りの力を借りて巻き込んでいきたいと思うようになりました。「助けてほしい」って言ったら、たくさんの人が関わってくれて本当にいいものができるし、とっても楽しい。今、私はこれから夢中になれるライフワークに出合えた喜びでいっぱいなんです。

深澤:「かのやまプロジェクト」、私もぜひ参加したいです。まずは工事が完成したらまた伺いますね。


インタビューを終えて

まだ始まったばかりの「かのやまプロジェクト」の拠点で、私たちを迎えてくれたセーラさん。「ファースト・ラブ」と言うほどに力を注ごうとしている新たな挑戦についての取材は初めてだったということで、イキイキとした笑顔でお話をしてくださいました。

免疫美人は、「自分のありものを最大限に生かして、機嫌よく生きる女性」のことですが、セーラさんは「日本のありもの」も発見してくれる人。そして、「人がやらないことをやる。できないことは人に任せる」ことで、自然と応援者を増やしていける女性なのでしょう。小布施で実績を残した実行力で、きっと近い将来、私たちを驚かせてくれるに違いありません。
http://www.cafeglobe.com/2014/07/039389sarah_marie_cummings.html


50. 中川隆 2014年10月20日 11:40:41 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

どうしても言う事を聞かない意固地なアジア人メイドでもこのお仕置きさえすれば直ぐに素直ないい子に変身する
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/302.html

51. 中川隆 2014年11月21日 17:47:42 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

・黄金の拘束服 _ 家事サポートの外国人労働者の受け入れ決定
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/311.html

52. 中川隆 2014年11月21日 17:50:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

こんなに簡単に行くものか

http://www.madameriri.com/2014/11/21/%e3%80%90%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%ab%e4%bd%8f%e3%82%80%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%80%91%e4%ba%ba%e7%a8%ae%e5%b7%ae%e5%88%a5%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e6%84%9f%e3%81%98/


この人は長い間「海外で差別されたという日本人は被害妄想だ」と信じていたという(以前そう書いていた)。

相当無神経な人だと言えるが、ようやく欧米にも人種差別が存在することを認められたらしい。

ところが、これが解決策だというのが、要するに「あなたの心のもち方を変えましょう」というありきたりなお説教になっていて残念である。

アジア系差別も、それによる(物質的、精神的)被害も、世界が変わらない限りなくならない。

それではなぜ、欧米中心の世界をまずは私達の意識から変えていきましょう、とならないのか。


我々自身が白人優位の序列を子供の頃からの教育や宣伝を通じて知らず知らずのうちに身につけてしまっているから、白人のいる場所では白人優先ルールを進んで受け容れ卑屈に振る舞い、人種差別など存在しないと言い、自分にも言い聞かせ、実際そう信じこんでいる人も多いのだろう。

欧米でもタイでもいいが、アジア系差別が存在しないと主張する日本人は、無意識のうちにそういう作業をしていて、白人世界のタテマエ的な部分を受け容れ内面化してしまっている。

今の世界で、白人と日本人が対等ということはありえないので、この秩序を変えるために闘うか、Nevadaさんもときどき諭しているように「日本人の身の程をわきまえ」不条理なことがあっても諦めて謙虚に生きるか、のどちらかしかない。

「差別するほうがかわいそう」などというのは文学の世界のおしゃべりであって、現実的な解決策にはならない。

実際「平等」という理念も白人に教えてもらったのである。価値の基準も審判者も相手側に預けたままで、対等になろうとしても無理がある。現存の価値秩序を変えるつもりがないのなら、「白人が上」であることを認め、下流人種として諦めて生きるしかない。
http://kuantan2007.wordpress.com/2014/11/21/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%8b/


53. 中川隆 2015年6月24日 20:44:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

(株)文化事業部
http://www.bunji.jp/

54. 中川隆 2015年7月19日 07:39:17 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

KUMANO - 熊野 _ 海外の反応 _ スノースポーツ天国! 日本の冬が世界で大人気なワケ
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/587.html

55. 中川隆 2015年7月19日 10:55:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

自ら発展途上国化しようとしている日本 1


アベノミクスの主眼は格差拡大にあり−−森永 卓郎


アベノミクスに対して否定的な立場を明確にする一人が、テレビのコメンテーターでもお馴染みのエコノミスト、森永卓郎氏だ。森永氏はアベノミクスの目的を、経済格差の拡大と言ってはばからない。


加速する格差のグローバル化

 今から10年以上前、筆者は、森永卓郎氏の著書『年収300万円時代を生き抜く経済学』(知恵の森文庫)を読み衝撃を受けたが、今の現実は、同書の「予言」通りの方向に進みつつある。そして、アベノミクスによって、この状況がさらに悪化するというのが、森永氏の見立てだ。

 「あの本を出したときは、『頭がおかしい』って周りから言われました。ところが今や、年収300万円でも御の字の時代です。要するに、本質的な問題は10年前から何1つ変わっておらず、安倍内閣は、小泉内閣の構造改革政策と同じことをやろうとしているわけです。この政策の進展で、弱者にとってより悲惨な未来が訪れると思いますね」

 確かに、「3本の矢」からは経済的弱者の姿が浮かび上がって来ない。アベノミクスが続くことで、日本の経済格差が広がる可能性は否定できない。

 「可能性というか、アベノミクスは格差を押し広げるのが本来目的だと思いますね。表向きは誰もそれを口にしませんが、テレビでご一緒した人たちは皆、裏では『そんな社会を作りたい』と言っていますから」

 ちなみに、ここで言う「皆」とは、政治家や政権に参加するエコノミストたちのことを指しているのだろう。そして、彼らが欲する「社会」とは、米国的な格差社会を意味するものでもある。

 「米国や中国は、実質的に日本よりはるかに厳しい格差社会。それを、『グローバルスタンダード』と称して、日本に持ち込もうとしているのがアベノミクスの実態です。要するに、アベノミクスの推進派は、日本の社会を、エリート層が金の力で人をこき使う世界にしたいだけなんです」

 「戦後における日本社会の特殊性というのは、社会的な強者であるエリートの家にも、お手伝いさんや子守りがいなかったこと。それって世界的に希有な例なんです。だからこそ、日本は、『人類史上、最も成功した社会主義国家』と評されてきたわけで、そう言われるほど平等な社会だった。そんな社会を瓦解させ、一部のエリート層が運転手やら、メイドさんやら、ボディガードやらを雇えるような社会にする。それがアベノミクスの真の狙いと見るべきです」

乱世を望む弱者の群れ

 ほんの20年前に比べてもレベル低下が著しい今日の政治家や財界人が、自らがエリートであるという前提で「格差を欲する」というのも嫌な話だ。ただし、政治家ばかりも責められない。有権者のほうにも、民主国家の致命傷となりかねないレベルダウンの傾向が見られるようなのだ。

 森永氏はため息混じりにこう語る。

 「本来なら、経済的な弱者が平等政策を唱える政治家を支えるのが当たり前です。ところが日本の有権者は、それと真逆の行動を取ってきた。小泉内閣のときも、安倍内閣の今も、低所得層が圧倒的に『弱者切り捨て』の構造改革を支持するんですよ。おそらくこれは、視野の狭さによるものでしょう。自分の近くにいる課長とか部長を見ている分には、自分と大した格差は感じませんから。ただし、世の中には、年収何億円・何十億円の勝ち組がいる。自分の半径5b以内のモノしか見ていないと、その姿は見えてこないんです」

 「ですから、多くの若者や経済的弱者が腹を立てる相手は、正社員で高給を取っているような人たちでしかなく、日本の年功序列的な体系や正社員優遇の体系を打ち壊しさえすれば、自分たちが上に上がれると錯覚してしまう。実に、嘆かわしい状況です」

 これは、経済的な「乱世待望論」と言えるだろう。しかも、恐ろしいことに、同様の錯覚は日本外交をめぐる世論にも影を落としているようだ。

 「今の構造改革賛成派は安全保障上の右派であるケースが少なくありません。ですから、戦争を是が非でも回避しようという考えはさらさらなく、逆に戦争になって社会がばらばらになれば自分たちに浮き上がるチャンスがあるとすら考えてしまう」

 「もちろん、現実に戦争が起きれば、低所得層から戦場に送られて、命を落とすことになるのは、米国の例を見れば明らかなんです。そんな簡単なことに、なぜ気付かないのか不思議でなりません」

 格差の拡大が続けば、国内需要全体は縮小し、国内経済の体力は落ちる。一方、戦争待望論がにわかに沸き起これば、対外関係は確実に悪化する。これは、日本の将来にとって決して良いことではない。「勝ち組」の人士たちは、その辺りのことを、どう考えているのだろうか。

 「お金持ちの人たちは、何かあっても、いつでも日本から逃げられる――そう考えているだけだと思いますね。ただし、現実には海外で活躍できる人は少数派なので、これも錯覚なんですが」
http://net.keizaikai.co.jp/archives/7384  

安倍の政策は
原発再稼働、中国警戒、集団的自衛権、TTP、特定秘密保護法 etc
全てCSISの豚ゴリラこと

L.アーミテージ「第3次アーミテージ・ナイレポート」
http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-033.html

の指示通り なのが知られてきたわけだが 朝日、毎日などの大手メディアもB層国民向けのガス抜き程度の扱い
民主党国対議員も含めて未だに安倍と夕食会でお気楽
内閣支持率が40パーセントある等あり得ない
メディアも民主も一体化し全体で既定路線を消化しているだけでは

___

在日米国商工会議所のHPには、日本政府に対する「意見書」が並んでいて、自民党も安倍首相はすべてその指示通りに動いているだけだった。
 

在日米国商工会議所のHP 日本への「意見書」
http://www.accj.or.jp/ja/advocacy/viewpoints

在日米国商工会議所のHPには、日本政府に対する「意見書」が並んでいます。

「日本人女性を労働市場に送り出すために、日本政府は外国人家政婦を受け入れよ」、

「金銭解雇ルールの導入など、正社員の首を切りやすくせよ」、

「共済の優遇措置をなくし、アメリカの保険会社の稼ぎやすい環境を作れ」、

「統合型リゾート(カジノ)やれよ、日本人から稼ぐんだからカジノへの入場料を高く設定すんなよ」

といったようなあからさまな要求が並んでいます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/05/29/se-58/


竹中平蔵が日本に外人メイドを入れろと言っていたのもアメリカの指示だったんですね:


日本在住の欧米人がメイドを欲しがる理由

竹中平蔵先生が突然、外人メイドを入れろと言い出したのは日本在住欧米人から指示された為。 彼らにとってメイドというのは性奴隷の事なんですね:

若い女性が金持ちの家にメイドで雇われて、性的被害に遭う話は、それこそ膨大にある。

ある女性が中東にメイドで雇われたが、仕事は老人の性介護(セックスの相手)であり、そのうちその家の息子たち全員の性の玩具にされてしまったという凄惨な話があった。

中東の出稼ぎはフィリピン人も多いが、やはりホスト・ファミリーにレイプされたり、 性的ないやがらせを受けたり、虐待されたりしている。

ブラジャーだけやトップレスで掃除することを強要されたり、レイプされそうになって雇い主を刺殺したら、

正当防衛に関わらず死刑の判決が下ってフィリピン全土が大騒ぎになったりした。

アラブ圏では言うことを聞かないメイドを罵ったり、棒やムチで殴ったりするのは、「しつけ」のうちで、それでも言うことを聞かないとメイドを殺すこともある。
http://ginga-uchuu.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-ffbc.html


犬とメイドはきちんと躾けるのが本人の為
メイドは体を触られたら必ず『Oh Yes. Fuck Me My Master』と言う様に躾けようね。

_____________


自ら発展途上国化しようとしている日本 2

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる 2015-07-08


我が国を長期的に亡国に導く可能性がある衝撃的なニュースが報じられていた。

『ホンダ、英語を公用語…日本人だけなら日本語も
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150705-OYT1T50040.html


 ホンダは2020年を目標に、英語を社内の公用語にすることを決めた。
原則として、外国人の社員が参加する会議や、本社と海外拠点で共有する文書では、英語を使う。自動車業界はグローバル化が進んでおり、英語の公用語化によって、社員同士の意思疎通を円滑に進めることを目指す。

 基本的には、外国人社員が一人でも会議に出席していたり、本社から海外拠点に指示したりする場合には英語を用いる。ただし、外国人社員が出席しない会議や、現地の従業員だけが共有する文書は、これまで通り日本語や現地の言葉を使うなど柔軟に対応する。

 現在、本社と海外の現地法人の電話会議は、主に日本語で会話しており、日本人の駐在員しか出席しない場合が多い。駐在員が会議の内容を英語に翻訳して外国人従業員に伝えるため、手間がかかり、本社の意図を正確に伝えられないこともあったという。』


 これで、ホンダは「日本企業」であることをやめたも同然です。そして、日本語環境で高度な思考を巡らせ、製品開発や販売戦略を練ってきた日本人社員が英語を強制されることで、意思疎通は更に悪化し、需要に応える自動車を作るという意味における、真の意味の「ホンダの競争力」は凋落していくことになるでしょう。


 ホンダを含む「英語の公用語化」などと愚かな実験を始めた全ての日本企業の経営者、社員に読んで欲しい一冊があります。7月17日に発売になる、施光恒先生の「英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) 」です。


自由、平等、そして民主主義の「基盤」となっているのは、何でしょうか。

国民の言語です。


 国民の言語が統一されていることで、人間は、
「多数の選択肢に実際にアクセスし、その中から選ぶことができる」
 という意味における自由を手に入れます。日本が、

「英語が公用語。日本語は現地語」

 といった状況だと、我々日本国民の人生の選択肢は相当に狭まってしまうでしょう。すでにして、「英語が分からなければ、ホンダで働けない」と、自由の制限が始まっているのです。


 また、言語が統一されていれば、
「グローバル言語(かつてはラテン語。今は英語)を話す人と、現地語(あるいは土着語)で話す人」
 といった格差が生じ、平等が破壊されることが防げます。そして、日常生活で使う言葉や語彙で「政治」を話し合うことができて初めて、民主主義が成立するのです。 


 施先生が本書で例に出されていますが、ベルギーは1830年の建国以来、異なる言語を使う人々の間で連帯意識をいかに醸成するか、苦労に苦労を重ねてきました。結局、言語が異なる国民同士の連帯意識を高めることは不可能に近く、現在は南部と北部の対立が先鋭化し、選挙のたびに国政が停滞する(政権が発足できない)状況が続いています。(最近では、言語問題に輪をかける形で、移民問題を抱えているわけです)


 母国語を捨てることは、自由や平等、そして健全な民主主義が存在する社会を諦めることなのです。
 
 そもそも、「グローバルな言語(現在は英語)」が公用語的になっており、人々が日常的に話す言葉が「土着語」「現地語」と呼ばれ、高等教育を母国語で実施できない国のことを「発展途上国」と呼ぶのです。


 ビジネス界のみならず、我が国では小学校の英語教育の早期化や、大学教育の英語化が始まっています。すなわち、自ら発展途上国化しようとしているわけで、これほど愚かな国は世界に類例を見ないのではないでしょうか。
 
 人類の進歩というものがあるとしたら、それは施先生も書かれていますが、「翻訳と土着化」で進んできました。欧州を近代化させたのは、間違いなくグローバル言語(ラテン語)で書かれた聖書の各国語への翻訳と土着化です。聖書が英語やフランス語、ドイツ語に翻訳され、概念に基づき語彙が増えていき、各地の「国民」は母国語で世界を、社会を、神を、人生を、哲学を、政治を、科学を、技術を考えられるようになったのです。結果、欧州は近代化しました。


 日本の近代化は、それこそ「明治産業革命」時代の翻訳と土着化により達成されました。外国語をそのまま使うのではなく、概念を理解し、日本語に翻訳する。適切な言葉がないならば、作る(日本語は漢字で表現されるので、非常に便利です)。


 科学、哲学、個人、経済、競争、時間といった言葉は、日本語に適切な訳語がないため、造語されました。自由、観念、福祉、革命などは、従来の漢語に新たな意味が付加されました。


 日本が先進国なのは、先人が「英語を公用語化する」(そういう話は何度もありました)という愚かな選択をせず、「総てを母国語で」を貫いたおかげです。結果的に、恐ろしく柔軟性(これも幕末以降の造語ですが)に富み、抽象表現が幅広く使える日本語により、世界に冠たる文明(これも造語)を築き上げることに成功したわけです。


 確かに、日本人は英語が下手ですが、当たり前です。そもそも日常生活で英語を使う必要が全くなく、母国語で素晴らしい文化(これも造語)を花開かせているのです。英語が巧くなるわけがありません。とはいえ、何度か書いていますが、「日本語」以外でワンピースやコードギアスやシュタインズ・ゲートが生まれると思いますか? 絶対に、無理です。


 逆に、「現地住民」が英語を学ばなければならない国は、母国語のみでは生活できない発展途上国なのでございます。この種の国の国民が、母国語のみで生きていけるようになったとき、初めて「先進国」になるのです。


 というわけで、施先生がメルマガなどでも書いて下さったように、我が国は各国が、
「英語が下手でも普通に生きていける国」

 になるよう、支援するべきなのでございます。それにも関わらず、我が国は自ら「英語を学ばなければ、生きていけない国」を目指しているわけで、このあまりにも愚かな動きに対し、断固反対していかなければなりません。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12047937948.html


【施 光恒】英語化と「国のかたち」 2015/07/10


7月17日に、『英語化は愚民化──日本の国力が地に落ちる』(集英社新書)という新しい本を出します。
http://www.amazon.co.jp/dp/4087207951/ref=zg_bs_492118_4


中身は、日本社会で進む英語偏重の流れや、その背後にあるグローバル化を筋道立てて批判したものです。

しかし、英語偏重の流れは、止まりませんね。三橋さんも先日触れていらっしゃいましたが、楽天、ユニクロだけでなく、ホンダも、企業内の公用語を英語にするらしいですね。

昨日もそれに関連する下記のような記事がでていました。

「ホンダ「も」導入した英語公用語化──「オフィスは英語」が日常の風景になるのか」(『日経ビジネス ONLINE』2015年7月9日付)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/070800028/?P=1

小学校での英語正式教科化も、2020年から始まる予定です。7月6日の『朝日新聞デジタル』では、小学校での英語教育推進の是非についてのさまざまな意見が特集されていました。

「早期の英語教育、改めて考える 反響をもとに取材」(『朝日新聞デジタル』2015年7月6日)
http://www.asahi.com/articles/ASH6T6486H6TUTIL03Y.html

日本語も覚束ないような幼い時から「英語、英語」ということには、上記の記事にあるように反対意見も多々出されているのですが、文科省など行政は、着々と、英語化を進めています。

小中学校で外国人教師を採用したり、小学校教員の採用試験を英語重視に改めたりするようです。

「教員採用試験でも広がる「グローバル化」──英語教育の充実で」(『Benesse教育情報サイト』2015年7月2日)
http://benesse.jp/blog/20150702/p1.html

私が「おっかないな」と思うのは、こうした英語偏重の「改革」が続けば、あるどこかの時点で「閾値」を超え、ダーッと日本社会の英語化が進んでしまうのではないか、ということです。

その「閾値」というのは、多くの日本人が、「英語ができなければ、子供たちが将来、よい教育を受けられないし、よい職業にもつけず、みじめな思いをしてしまうだろう」と実感してしまう時点だと思います。

この時点を迎えてしまえば、たとえ個々人が「ここは日本なのだから、英語よりもまず日本語が大切だ」と考えていたとしても、あまり関係ありません。自分の子供が将来、つらい思いをするかもしれないと心配になってくれば、大部分の人は、自分の考えはどうあれ、子供にともかく英語を身に付けさせるようになるでしょう。

この「閾値」となる時点は、すでにすぐそこまで来ているのではないかと思います。

今回のホンダの企業内英語公用語化のニュースも、この時点の到来を早めるものの一つでしょう。

それに政府は、小学校の英語正式教科化や、大学の授業の英語化など、英語偏重の教育改革に躍起になっています。

全国の小学校で英語が正式教科となってしまえば、当然、私立や国立の中学入試でも、英語が必須科目となります。

「コミュニケーション重視」「実用的英語力重視」のご時世ですので、中学受験で英語の面接などが導入されるところが増えるのではないでしょうか。

そうなれば、教育熱心な家庭では、小学生のときから、アメリカやイギリス、あるいはフィリピンなどの英語圏に留学させることが流行すると思います。少なくとも、夏休みに、小学生が語学留学するのは、ごく一般的になるはずです。

また、下村博文文科大臣は、平成25年の第四回産業競争力会議で、「世界と競う大学」を作るために、「今後10年間で、大学の授業の5割以上を英語で実施するようにすべきだ」という成果目標を提案しています。
(-_-;)

「人材力強化のための教育戦略」(「第4回 産業競争力会議配布資料 下村文部科学大臣提出資料」平成25年3月15日)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/skkkaigi/dai4/siryou7.pdf
(PDFファイルが開きます。上記の成果目標は、6ページに記載されています)。

「小学生の間にある程度、英語を身に付けていないと、よい中学に入れない」「英語ができないと、よい大学で学べない」「将来、良い仕事にも就けなくなってしまう」と思う日本人が、遅くても10年足らずの間に急速に増えることが予想されます。

財界の一部や、その意を受けた政府が、(日本人の税金を用いて)政策として日本社会の英語化を進め、「国のかたち」を変革しようとしているわけです。

この変革は、ある程度まで行ってしまい、「英語ができなければ、子供たちが惨めな境遇に追いやられる」と多くの人が実感するようになれば、それから先は、半ば自動的に日本社会の英語化は加速度的に進んでいくようになります。

その先に待っているのは、英語能力の格差が経済的なものに反映される著しい格差の拡大であり、「英語族」と「日本語族」との間の国民の分断であり、日本語があやしく日本人的な感覚も持ち合わせていない新世代の「エリート」による、よそよそしい政治であると思います。
(´・ω・`)

なぜ、日本社会の英語化というバカな流れが止められないのでしょうか。

一つの理由は、現代人の多くが、「グローバル化は時代の必然的流れであり、抗うことはできない」「英語化も時代の不可避の流れだから、しょうがない」というような奇妙な歴史観にとらわれてしまっていることにあるように思います。

拙著『英語化は愚民化』では、まず、この奇妙な歴史観の検討と批判から、話を始めています。

「グローバル化・英語化は時代の流れだから、しょうがない」という無力感にとらわれず、「たとえ英語ができなくても、子供たちは、高いレベルの教育をきちんと受けられ、よい仕事にも就ける。様々な機会を享受できる。惨めな思いなどしなくてもよい」という日本を守っていかなくてはならん。そういう思いから、拙著を書きました。

書店に並ぶようになりましたら、ぜひ手に取ってご覧くだされば幸いです。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/category/seteruhisa/


本日は先日来ご紹介して、異様に反響があった施 光恒先生の「英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) 」発売日でございます。わたくしはゲラ段階で拝読させて頂き、献本いただいて再度読んだわけですが、つくづく「良書」でございます。

 というわけで、あまりネタバレしたくはないのですが、一つだけ、
「なぜ、現在の日本国において、曲がりなりにも民主主義が成立しているのか」
 について、施先生の考察を書きたいと思います。


 民主主義が成り立つためには、国民が政治的な概念、言葉、定義を共有し、議論をする必要があります。政治の語彙(ボキャブラリー)がない人は、政治について語ることはできません。


 例えば、現在の永田町では「防衛という安全保障」を巡る議論(一応、議論としておきます)が活発化していますが、これは「防衛」「安全保障」といった概念を、日本国民が日本語で語ることが出来なければ成り立たないのです。日本語に「防衛」「安全保障」という語彙がない場合、日本国民は防衛や安全保障について議論することはできません。


 その状況で、民主主義が成り立つでしょうか。もちろん、無理です。


 というわけで、民主主義をこよなく愛する(はずの)朝日新聞は、今こそ「反・英語化」の路線を採るべきなのです。日本の政治が「英語」なしでは議論できない状況になった日には、間違いなく我が国の民主主義は終わります。政治は、英語を解する一部の特権階級のものとなり、「土着語」である日本語を話すマジョリティの国民は、政治について語ることが不可能になってしまうのです。


 母国語で、つまりは日常的に使う言語で「政治」について、一般の国民が話し合うことが不可能な国では、民主主義は成り立たないのです(実際、成り立っていません)。我が国が「国民が主権を持ち続ける国」であるためにも、現在の「英語化」の動きには断固として反対しなければならないのでございます。


 日本国民は、江戸末期から明治初期にかけて、欧米から新たに入ってきた「概念」について、「翻訳と土着化」をして下さった先人に感謝するべきです。当時の日本人が、文化、文明、民主、自由、共和、経済、競争といった「概念」について、日本語を「造語」してまで翻訳して下さったおかげで、我が国は先進国になれたのです。すなわち、普通の日本人が文化やら文明やら、共和、民主、経済、競争といった「概念」を用いてコミュニケーション可能な国にしてくれたからこそ、日本は先進国となりました。


 無論、当時の日本人は概念の翻訳と土着化のみならず、より物理的な「技術」についても欧米から学び、「日本で生産可能」とするための投資を積み重ねました。まさに、その「遺産」こそが明治産業革命遺産なのです。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12051193178.html


56. 中川隆 2015年7月19日 11:10:22 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

 科学的実証例に基づいてバイリンガルの実態を分析した興味深い本を見つけたので、紹介します。
 
バイリンガルの科学―どうすればなれるのか?
小野博著(工学医学博士) 講談社発行 ブルーバックスB-1011
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E2%80%95%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%B0%8F%E9%87%8E-%E5%8D%9A/dp/4062570114/ref=cm_cr_pr_product_top


 この本によると、バイリンガルは平均的に思考能力が弱く、著者の見たケースでも成功例は数%、どの言語でも年齢に見合った思考ができるだけの言語能力が獲得できない「セミリンガル」も多い。

 小学3・4年生までに母語(日本語でも英語でも)を確立しないと「セミリンガル」になり「一生問題が残る場合が多い」と書かれています

  それは「バイリンガルの子供は知力の発達が遅れる。何故ならば人間は言葉を使って物事を考えるからで、習得言語を2つに広げると、両方の言語の発達程度が低くなるので、難しい問題を考えようとする時にどちらの言語の発達も未熟となって頭が混乱してしまう。」ということのようです。

 著者は、子供の知的な発達が自然に行われるためには、少なくとも小学生の時代は1つの言語で教育を受ける事が望ましいとまとめ、小学校から英語を始めれば日本の英語教育の問題はすべて解決される、といわんばかりの風潮に、警鐘をならしています。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=281852


『英語は勉強するほどダメになる』著:栄陽子(扶桑社新書)
http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AF%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%BB%E3%81%A9%E3%83%80%E3%83%A1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E2%80%BE%E2%80%9D%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E2%80%9D%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%82%E3%81%AE-%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-34-%E6%A0%84-%E9%99%BD%E5%AD%90/dp/4594057446


著者はミシガン大学大学院を修了した後、留学カウンセラーを長年しておられる方。


「外国語は母語以上のレベルにはならない」という指摘には納得です。

実際には役に立たないような「受験のための英語」に時間を割いている位なら、むしろ国語や数学にその時間や労力をまわした方が、結果として将来英語を学ぶときの役に立つように思えます。

この書籍の概要をまとめたブログ

「書いとかないと忘れちゃうから「読書記録」」
http://blogs.yahoo.co.jp/chanchan_yanagi/52844010.html

から一部転載します。

 ==========================================================

【これで「英語をモノにした」と言えるのか?】

 私は仕事柄、たくさん「ネイティブ並み」の発音で英語を操る日本人の若者を見てきました。

 こうした日本人のなかには親の海外赴任について小さいころからアメリカで暮らしていた人もいれば、「語学留学」とやらでアメリカで暮らしていた人もいます。
 確かに目をつぶって聞いていれば、彼らの話す英語は日本人とは分からないくらいの流暢な話しぶりです。

 ところが、問題はその内容。

「あのコ、チョーイケてるじゃん」

「なにそれウザイ」

「だりー。やってらんねー」


 日本語に直せば、このくらいのことしか話していないという例がどれほど多いのか、みなさんはご存知なのでしょうか。

 流暢な英語を操っても、こんな彼らは「アメリカと日本の政治史」「環境問題について」「日本文化について」などを話すことはできませんし、論じ合うこともできません。

 高度な会話はできないけれど、発音だけは英米人と同じくらいきれい―――これで「英語をモノにした」と言えるのでしょうか。(p.34)


【外国語は母語以上のレベルにはならない】

 “外国語の習得には母語の力がベースになる”とは、言い換えると「外国語は母語以上のレベルにはならない」ということ。

 ベースになる母語もしっかりしないうちに外国語を教えることは、実は非常に大きな危険性をはらんでいます。

 英語を使いこなし、バイリンガルになるためには、まず母語の力を伸ばし、幅広い知識と語彙、コミュニケーション能力を身につけることが、まず第一に必要なことだと私は常々思っています。

 私は脳科学の専門家ではありませんが、言語はおそらく思考力にまで影響を与えるであろうことは経験上想像がつきます。二兎を追ったがゆえに、どちらの言語も中途半端、ひいては思考力の乏しい大人になってしまうという悲劇は避けるべきです。(p.40)

 それでも「いや、やはり正しい発音は小さいうちからはじめるからこそ身につくのだから、早いうちから英語教育を始めたい。外国語を母国語と同時に使っているうち、両方の言語能力が高まるはずだ」

 こう反論する方もいることでしょう。

 しかし、これに対しては、

「残念ですが、なかなかそううまくいきません」

とお答えするしかありません。(p.40)


【「悲劇と喜劇」の積み重ね】

 「私は日本人なんだから、英語が苦手なのは当たり前じゃないの!」と相手に言い切る強さを持てば、怖いものなどありません。

 ジャパニーズ・イングリッシュだと笑われても言いたいことを伝え、おしゃべりの輪に入り、「ねぇねぇ、こんなとき、なんて言えばいいの?」と聞きまくる。

 こうしたコミュニケーションを重ねるうち、「日常会話レベル以上」の会話力がつくものです。

 外国語を学ぶとは、本来そうしたものではないでしょうか。

 恥ずかしい思いを重ね、悔しい思いを重ね、そして開き直ってさらに恥をかき・・・と、まさに「悲劇と喜劇」の積み重ねで獲得するのが、外国語なのです。

 日本で活躍する外国人タレントの姿を、思い浮かべてください。

 彼らは「つたない日本語、間違った日本語」で笑いを取ったりしますよね。あの姿が、本来の「外国語を学ぶ姿」ではないでしょうか。(p.91)

 それに、日本人がやけにこだわる「正しい発音・流暢な英語」とは、何でしょう。

いまや “正当な英語” と言われたイギリスのクイーンズ・イングリッシュを、ほかならぬイギリス人が「こだわるのはやめよう」と言い出しているのです。その理由は、増え続ける移民が操る各国のなまりのきつい英語です。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=282450


まさに英語教育の真っただ中にいます。

ここはアメリカ。日本人の子どもたちは現地の公立校に放り込まれバイリンガルになる期待を一身に受けESLで教室で頑張っています。

結果、不幸なことに日本語がぐだぐだになってしまった子もいます。

小学校高学年までは、まず日本語を完成させるのが先です。

コーヒーを連れてくるとか、お昼ご飯を持つなんて表現する日本人を信用できますか?

無理でしょう。近所の子は小学校6年生でありながら日本語のおしゃべりは小2レベルで止まっています。親は気づいていません。

英語は今の日本の教育の中で骨子を学べます。ただし語彙もスピーキングもリスニングも不十分ですから授業外で毎日英語字幕で映画を見たり英語の書籍を読んだりすることが大切です。エッセイを英語で書いたり、スピーチをしたり訓練すれば英語を使う仕事についてもなんとかなるでしょう。要は勉強時間の問題です。
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/387.html

英語を学ぶなら日本語を勉強しよう 2012年11月17日

私は言語学者でもなければ、英語を教えるのプロでもないのですが、日本語力がある人は英語も上手くなるように思います。

ずっと海外で暮らしていた人は別にして、普通は第二外国語は母国語を超えることはない、と言われています。この考えに従えば、英語だけをがんばったとしても、日本語能力もアップさせないことには、英語は上達しない、となります。

言語能力の発展についてはいくつか考え方があるのですが、こちらの図をご覧下さい。


これは言語を能力を図式化したものなのですが、表層部と深層部に分かれています。表層部は、読み、書き、話し、聞く、といった、日常的に目に見える能力を表しています。

一方で深層部では、言語生活を支える層で、基底能力と呼ばれます。これは、普段はそれほど使いませんが、簡単にいえば「知っている」「理解できる」言葉です。

例えば、語彙を例にとると「初詣」や「奉納」といった言葉は、は日常生活の中で使わないけど、誰もが知っている言葉です。普段自分で使うことがないけど、あるいは使う自信のない単語であっても、いつでも理解したり引き合いに出せる能力が、基底能力です。そして、表層部は基底能力の大きさに比例するので、基底能力が大きければ大きいほど、表層部の発達度合いも大きくなります。

では、バイリンガルの人の言語能力の発達はどのようなものになるかといいますと、それを表したものがこちらの図です。


バイリンガルの人は、表層部に2つの山があります。表層部は分かれていますが、深層部では分かれておらず、共通基底能力として一体化しています。なお、表層部の山の大きさはきれいに同じではなく、言語の発展段階によって、母国語は大きく、第二言語は小さくなったりします。

これは言語能力発展の一つの理論で、他にも考え方はあるので、正しいか正しくないかは自分にはわかりません。

でも、確かに、自分の留学中に色々な人と出会いましたが、日本人だけではなく他の国の人も、母国語の能力が高い人は、英語力もしっかり身についていたように思います。

英語をすぐに身につけたい人には遠回りな方法かもしれませんが、英語を学びたい!と思ったら、新聞や本とかで日本語にも触れて、日本語能力をアップさせると、しっかりとした英語が身につくかもしれません。

余談ですが、最近日本でも小さい頃から英語英語、と言われていますが、日本語もしっかりと学ばないと、将来的にはその子どもが困るのではないかと思う今日この頃です。。。
http://blog.gcsgp.com/english_japanese_study.html

遊び感覚で思考壊す英語教育
情緒や生活習慣を米国化

親や教師無視しゴリ押し    2013年11月15日付


 「グローバル化に対応する人材をつくる」「そのためには英語がペラペラ話せることが必要」といって、小学校では5、6年生で英語が必修とされ、中学校では3年間の英語の授業時間が国語を上回るようになり、高校では今年4月から「英語の授業はすべて英語でおこなう」という方針が実行され始めた。大学でも、「英語でやっている授業は○%」と数値目標で追い立てている。加えて安倍内閣の教育再生実行会議は、「小学校5・6年生から英語を教科にしてテストをおこなう」「中学校でも英語の授業を英語でおこなう」といった方針をうち出している。しかしこの間、「話せる英語」「使える英語」を徹底したことで学校現場はどうなったか。小・中・高校で実情を聞いた。
 
 桃太郎はピーチボーイ 小学校の学習発表

 下関市内のある小学校では、最近、父母たちが見守る学習発表会で、六年生が「英語劇(むかし話)」を発表した。だれもが馴染みのある「桃太郎」「浦島太郎」「おむすびころりん」といった日本の昔話を、日本語でなく英語で演じるのだ。
 例えば「桃太郎」の劇は、「Hello! everybody! Momotaro,the peach boy. Let's start !(こんにちは、みなさん! ももたろうの劇です。さあ! 始めましょう!)」から始まる。

 英語のセリフを暗記している子もいたが、その他の子どもは父母たちにわかるように画用紙に書いた日本語訳を示しながら、画用紙の裏にカタカナで書かれたセリフを読んでいる。小学校では、英語のスペルを教えて読ませることはしてはいけないことになっているからだ。

 恥ずかしそうにいう子もいれば、ふざけていう子もおり、見に来ていた親たちは「だれがどの役をやっているかわからない」と苦笑したり、「なにをいっているのかわからない。低学年が日本語で桃太郎の劇をした方がまだいい」という声が上がるなど、なんともいえない違和感が漂った。以前なら六年生は、重厚な内容の物語を学級の仲間と協力して練習を重ね、感情を込めて劇を作りあげ達成感を得ることが追求されてきた。しかし英語では日本人としての情感や人情の機微に触れる演技などできない。親たちのなかでは「子どもになにが残ったのだろうか」と語られている。

 小学校では、子どもたちが感情をぶつけあい、会話もしけんかもしながら大きく成長していく時期である。その成長期にわざわざ英語教育を導入すること自体、なにを成長させたいのかと多くの親が疑問を感じている。普段の英語の授業も、絵や音楽を通じて「楽しく英語に慣れ親しむ」というものが貫かれている。日常会話である時間の聞き方や買い物の仕方、色、数字や果物などをゲーム感覚で覚えたり、耳で聞いてそれを聞き分けたりと、「スピーキング重視」「ゲーム感覚で楽しく」「英語を積極的に発すること」が重要とされている。英単語や英文を書いたり、読んだりすることは一切ないのが特徴。それはまともな英語教育ではなく語学力をつけることなど最初から目的ではなかったことを示している。

 最近の授業では、この時期に欧米でおこなわれるキリスト教の祭り、「ハロウィン」を勉強し、「Trick or treat(ご馳走をくれないと悪戯するよ)」といって各家庭をせびって歩くかけ声をはじめ、それにちなむ英語を覚えるなど、ことさら欧米流の風俗・習慣に幼い頃から慣れ親しませる内容となっている。

 6年生の教師は「スペルを書かせることもなく、絵を見てその名前を英語で答えさせたりで、英語の時間はほとんどゲーム感覚。教師であればどんな授業であれ、子どもにどんな力をつけさせるかと考えて教育するが、これで英語の力がつくのか? というのが本音だ。まずは日本語の勉強からだろうというのが、教師ならだれもが感じている。だが文科省はそれでいいという。どんな人間をつくろうとしているのか」と語っている。


 必修化後の中学生英文書けず語学力低下

 ゲーム感覚で英語に慣れさせられた子どもたちが、中学に入学すると、初めて単語のスペルを覚えたり、名詞、動詞、現在進行形などの文法を習う。

 現在の中学2年生は、小学5年生のときに英語が必修となった学年だ。ある中学校教師は、「今の中2が入学してきたとき、ALT(外国語指導助手)と積極的に英語で挨拶を交わしている姿を見て、“これまでと違う。小学校の英語の効果だ”と感心していた」という。しかしその時の英語のテストが過去最低だったと話す。例えば「What is your name?(あなたの名前はなんですか?)」を聞いて意味を理解することはできるが、そのスペルや文の構成が理解できない。つまり、耳で反応したり外国人と軽い調子で挨拶ができたとしても、英語という言語がどのような成り立ちになっているか思考する力は身についていない。

 英語教育の専門家も、文科省が「しゃべれる英語」「コミュニケーション重視」といって英語教育の改革を20年やってきたが、その結果「文法がわからない、英文が読めない、書けないという生徒が増え、英語の力が年年下がっている」と指摘している。また「物事を深く考えて、多角的に見る視点が失われた」ことも共通して指摘している。

 ある中学校の教師は、「小学校の英語は“コミュニケーション能力の育成”といって導入されたが、それは単に“ハーイ!”“ハロー”といって軽い挨拶ができる能力であって、相手の気持ちを深く理解するという力ではない。今、いじめやスマートフォンなどを通じた子ども同士のトラブルが深刻になっている。小学3、4年生から英語を導入するというが、日本語で友だち同士の関係を結ぶことも難しいのに、さらに短絡的な思考を強めるだけではないか」と語っている。

 英語で授業する高校 現実にあわず大矛盾に

 高校では今年4月から、進学校か実業高校かに関係なくすべての高校で、1年生の英語の授業は「原則として英語でおこなう」という方針を実行することになった。

 下関市内の高校で半年たった実情を聞くと、「立ちなさい」「座りなさい」「黒板に答えを書きなさい」「プリントを集めなさい」「グループで話しあいなさい」「教科書の○○ページを開きなさい」という生徒への指示は英語でするが、日本語を使わずに授業を進めることは無理であり、これまで通り日本語を使った授業をおこなっているところが多い。

 進学校に通う1年生の女子生徒は「4月の初め、先生が日本語を使わずにすべて英語で指示しはじめたので、みんな“えっ? 意味がわからない”と話になった。それで最近はなくなった。英文法の授業については先生が“文法は日本語でないとわからないから日本語でやる”といっている」と話している。

 ある英語教師は、「日本人が英語を学ぶ場合は、育った環境が日本語なのだから、日本語で考えて学ぶのがあたりまえ。英語で英語を教えることは生徒も教師も混乱するだけで、まったく無理なことをやらせようとしている。結局、アメリカに対する劣等意識を植えつけ、条件反射的に英語で動ける人間をつくろうとしているのではないか」と指摘した。


 大学人も警鐘 母国語奪う植民地教育

 小学校も中学校も高校も、英語を担当する教師は、文科省の進める「コミュニケーション重視」の英語教育では子どもの力はつかず、逆に英語の基礎的な力はなくなり、物事を深く考える力も弱まり、短絡思考とアメリカ崇拝が強まることを共通して危惧している。安倍政府の進める英語漬け教育は、学校現場ではすでに大失敗している。

 それなのになぜ、さらに対象年齢を引き下げて、無理矢理押しつけようとするのか。それは英語教育の目的が、純粋に子どもたちに会話の力をつけさせたいというものとは別のところにあるからである。

 大学で英語を教える教員のなかでは、英語教育の押しつけはアメリカによる植民地教育であるとする論議が高まっている。この数世紀間の歴史を見ても、アメリカやイギリスが世界各地でおこなった侵略と植民地支配のなかで、支配された民族は生活のすべてを奪われるとともに、民族の文化も母語も奪われた。

 たとえば19世紀のアフリカ大陸は、資源を求めるヨーロッパの列強によって勝手に線引きされ、全面的に植民地化されたが、同時に言語も奪われ、英語が押しつけられた。土着の言語は「悪魔の創造物」であり、それを話す者は白人によって「愚か者」「野蛮人」とみなされた。ケニアでは、高校や大学に進学するための試験の六科目がすべて英語でおこなわれるようになった。母語を奪われた結果、アフリカ人は民族の歴史や文化を継承する手段を失い、学校の教育で語られる言語と家庭や地域での日常言語との間につながりが見出せず、疎外感に苦しむ子どもが続出したという。

 またアメリカ大陸では、先住民のインディアンの虐殺がおこなわれ、生き残った先住民は居留地に押し込められた。インディアンの子どもたちは親から隔離されて寄宿学校に入れられ、そこで子どもたちは部族語を禁止され、それまでの生活習慣も捨てさせられて、英語と白人の生活習慣、キリスト教を強制された。そして、もともとの名前もとり上げられて、ジョンやメリーといったアメリカ人の名前がつけられた。

 そして、日本もそれが他人事ではなくなっている。日本の子どもたちから、物事を深く考える力を奪い、短絡的で条件反射的な、思考能力破壊を「英語教育」と称して植えつけ強い支配者に屈服するような状態におくことは、いったいだれが喜ぶことか。それは外資系企業や国を捨てるグローバル企業のためにごく一握りのエリートをつくるとともに、大多数の子どもを切り捨て、カタコト英語で反応する使い捨ての非正規雇用労働力にする意図に通じている。そしてそれは自衛隊にも英語での命令をするよう徹底し、あげくは日本の若者を米軍の下請戦争の肉弾にするための、正確な計算にもとづいた政策にも通じている。

 安倍政府が力を入れる英語漬け教育で進行する事態は、日本の子どもたちから民族の背骨を抜くのでなく、民族の子どもとして育てる教育を徹底して強める重要性を示している。父祖たちの歴史的経験、とりわけ被爆体験や戦争体験を学び、原爆投下者を憎み、平和を愛し、独立した日本をめざして行動できる青少年を、教師、父母、戦争体験世代が一致団結して育てる運動を、大きく発展させなければならない。
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/asobikannkakudesikoukowasueigokyouiku.html


「英語教育論」についての再論 (内田樹)
http://blog.tatsuru.com/2014/09/14_1017.php

 英語教育についてある媒体に書いたものをブログに採録したところ、それを読んだニュージーランドに20年お住まいの読者の方から手紙を頂いた。
その方の見聞でも、ニュージーランド「留学移民」事情は、だいたい私の指摘と符合しているということであった。

香港や台湾や韓国からの児童生徒の留学生は「いざというとき」の脱出先を確保するという政治的な目的もあるので、parachute children と呼ばれている由。もちろん、そればかりでなく、幼児期から英語運用能力を身につけることで、故国に戻ったときにキャリア形成上のアドバンテージを得るということも期待されている(それをhead start と呼ぶというそうである。「一歩先んじたスタート」)。
僕の見聞の通り、父親が国に残って仕送りする母子家庭がベーシックなスタイルだが、中には小学生の子どもだけをホームステイ先に送り込んでいるケースもあるという。

さて、このように幼いときに母語的環境から切り離された子どもたちはどうなるのか。

家族と一緒に移民してきた場合、母語を生活言語として「話すこと」はできるが読み書きはできないという事例が多い。

小学生の途中で留学したが、英語運用能力が大学入学レベルに達せず、一方日本語では祖父母と会話ができないというケースや、高校の途中から留学して大学入学の英語レベルには達したが、今度は英和辞典の日本語が読めなくなったというケースなど「英語も日本語も中途半端」ないわゆる「セミ・リンガル」というケースも少なくないそうである。

この方は「留学移民」についてもEMI(Englishas a Medium of Instruction=英語以外の教科を英語で教える教育法)についても批判的であった。

高校の数学や物理を英語で教えることにどういうメリットがあるのか。教えられる教員もいないだろうし、英語の苦手な生徒たちは数学や物理学について興味があっても教科内容を理解する手前で梯子を外されてしまう。

それが非効率だからというので、明治初期に大学での教科を日本語で教えられるように、漱石のような卓越した知性を「お雇い外国人」に代えて次々と大学教員に登用し、あわせて日本語そのものを高度化していったのではなかったか。

先人が営々として築き上げて、日本の近代化を推し進めた民族的な努力を100年後にまたゼロに戻そうとする人たちは何を考えているのか。

私たちにまず必要なのは英語の早期からの習得ではなく、むしろ「日本語の高度化」だと私は思っている。

明治時代において西周や加藤弘之や中江兆民や福沢諭吉が果したような「世界と日本を架橋する」仕事を担う人々が出てこなければならないと私は思っている。
そういうのは「そういう仕事は自分がやるしかない」という自覚のある人が進んで担うものであって、利益誘導したり、強制したりするものではない。ましてや、日本人全員が就くべき仕事でもない。

「外界と自分たちの集団の間を架橋すること」は集団が生き延びてゆくために必要な無数の仕事のうちの一つである。必須のものではあるが、無数の必須の仕事のうちの一つであることに代わりはない。

「餅は餅屋」。そういう「架橋仕事」が「好きで堪らぬ」とか「自分の天職だ」と思っている人がやればいい。全員が「餅屋」になる必要はない。

考えればわかるが、「全員が餅屋であるような社会」で人は生きて行くことができない。

そんな社会で、そもそも、誰が餅米を作るのか、誰が餅を流通させるのか、餅を売った金で餅以外に何が買えるのか。少し考えれば「餅屋経済」が不可能であることはわかる。

けれども、それでも「餅屋経済」を願う人たちがいる。

「全員が餅屋であるような社会」はすぐに壊滅してしまうが、「ほとんど全員が餅屋である社会」でなら、残りの「非餅屋」には莫大な利益を確保するチャンスがあるからだ。

彼らは「餅屋が欲しがるもの」(つまり餅以外のすべての生活財)を作り、それを売ることで莫大な利益を上げることができる。

ご覧のとおり、これはグローバル経済の理想状態を戯画化した姿である。
すべての労働者と消費者を規格化・定型化することで企業の収益は最大化する。

全員が同じことしかできない、同じものしか求めない状態にあって、「それ以外のことができる」一握りの人間になることこそグローバル資本主義者の夢なのである。70億の99%を互換可能な状態にとりまとめると、地上のすべての富は残り1%に排他的に集積されることになる。

いま日本の英語教育で推進されているのは、「できるだけ多くの互換可能な人間で地上を埋め尽くす」というグローバル資本主義の夢の実現のためのプログラムである。

明治人たちの身を削るような努力を水泡に帰せしめ、日本語話者は母語だけでは政治も経済も学術も芸術も「語ることができない」状態にすること、つまり言語的な植民地状態に日本を作り替えることに官民挙げて熱中している。

「狂気の沙汰」という以外に形容のしようがないけれど、さすがにここまで頭のネジが飛んでくると、「この人たちは頭がおかしいのではないか」ということには気の利いた小学生でも気づくだろう。

彼らが言語的実践としてどういうオルタナティブを提示してくるのか、私は期待して眺めている。

予測できることが一つある。

それは、アメリカにおけるエボニクスやシンガポールにおけるシングリッシュのような「英語の極端な方言化」である。

戦略的な言い方をすれば、「母語として身につけた英語」ではもう「別の英語」圏の人たちとはコミュニケーションできないという状態を作り出すことで、英語の国際共通性=特権性を解体するのである。

実際に、たぶん半世紀後には、インドと中国では、人々が文法も語彙も私たちの知っている英語とは違う固有の「インド英語」と「中国英語」を話し始めているだろう。彼らがそのときに十分な政治力を持っていれば、当然それを「英米英語」に代えて「国際共通語」にすることを要求してくる。

もちろん、そのときは文科省は(まだ存在していれば、だが)「中国英語ができないとビジネス・コミュニケーションで不利になり、また無用の侮りを受けるリスクがある」という理由で、低年齢からの「中国英語」習得を学習指導要領に書き込むだろう。

それに対して「バカじゃないの」と思う国民が過半に及ばないようであれば、日本はもうその前に終わっているだろうから、私が今さら心配するには及ばない。
もう一つもっと夢のあるオルタナティブもある。

それは「日本語の高度化」という選択肢である。

それを担うような天才的な「日本語の遣い手」の登場を私ははげしく待望している。  
http://blog.tatsuru.com/2014/09/14_1017.php

アメリカ人の優位性は自国語が国際語になっているという事だけ:


ヨーロッパ連合(EU)では、医師免許をはじめとする諸種の国家資格が共有化されようとしている。そこでは英語が共通言語だ。この国家の壁を乗り越えたヨーロッパの歴史的で壮大な試みを無視してよかろうはずがない。医学生に限らず、わが国の大学生は皆、日本語の教科書だけで学問ができる。その例外性に多くの人は気づいていない。

日本以外の国では、英語(最低、ヨーロッパ系言語)ができなければよい教科書が読めないし、医者にも看護師にも臨床検査技師にもなれない。日本語は漢字のおかげで、外来語を簡単に母国語化するすばらしい能力を有していることを再確認したい。タイ語やスワヒリ語では医学用語の大部分が表現できない。韓国でも、医学生は英語でばかり勉強して、ちっともハングルで勉強してくれないと多くの教員が嘆いている。

EUでは医師免許をはじめとして、いろいろな国家資格が英語で統一されようとしている。最近になってフランス文化やドイツ文化の最先端科学部門における劣勢がはっきりしてきて、ドイツ人もフランス人もその他のヨーロッパ人は最先端科学部門は英語が出来ないと母国語では無理らしい。

同じアルファベットを使い、ラテン語からの派生語や、大きな影響を受けた同じ文化圏の言葉だから、専門用語はいちいち翻訳するよりも英語をそのまま使ったほうが手っ取り早いのでしょう。もはやフランス語やドイツ語はローカル言語であり、英語でないと最先端科学分野の学問は出来なくなっている。だからドイツ人やフランス人のお医者さんは英語が堪能なのは国家資格が英語で行われるからだろう。

アジア、アフリカ、中南米諸国の医学生は英語ができなくては最先端医療が学ぶことが出来ないし、多くの留学生を欧米に送り込んで学ばせている。タイ語やスワヒリ語では専門用語が翻訳できないからだ。2010年9月7日の株式日記ではスウェーデンの化学や文化の事を書きましたが、スウェーデン語と英語の二重言語生活を強いられる結果をもたらしている。他のヨーロッパ諸国も大なり小なり同じだろう。英語を学ばなければ最先端科学について行けない。

中国や韓国が大量の留学生をアメリカに送り込んでいるのも同じ理由によるものだろう。まさに英語帝国主義の大勝利であり、英語がグローバルスタンダード言語となり、非英語国では二重言語生活を余儀なくされている。その反面では英米人は外国語を学ぶ必要が無く、その時間を科学分野の研究に割り当てることが出来る。英語で国家試験が行われるようになると言うことは、それだけ非英語国民は負担を強いられることになる。

スウェーデンにおいても、スウェーデン語で書かれた文章と、英語で書かれた文章を読ませて、理解力を比べてみたら25%も英語で読んだグループは劣っていた。

つまり国際競争力においてもアメリカイギリスといった英語を母国語とする国民が圧倒的に有利になり、スウェーデンなどのヨーロッパの小国は言葉も文化もやがては失われていくのだろう。アイルランドもかつてはアイルランド語を話していましたが、今では英語が国語となりアイルランド語は文化財として残っている程度だ。

IT用語や金融用語や医学用語などは英語が共通語となり、日本も例外ではない。かつては武力が帝国の力の象徴になっていましたが、現代では言語が帝国の象徴となり、非英語国では二重言語生活を余儀なくされて、25%ものハンデを背負っているようなものだ。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu232.html

アメリカの大学院入学はGREという共通一時みたいなのが、ほとんどの大学入学基準として使われてるが、英語と数学と英作文からなる。

で、アジア人は数学で満点近くを皆とるが、英語試験が恐ろしく難解なボキャブラリーの現地人しかできないしろもので、落ちる外国人が多い。

もし、数学だけだったら、アイビーリーグや名門はほとんどアジア人留学生だけになってしまうだろうね。

で、英語帝国の興隆とともに、経済学はもとより科学の発展も止まってしまったんじゃないか?だいたい発明のような直感は自国語でしか出てこないだろ?

アメリカの戦後の発明なんて何がある?ロケットなんてv2そのものだし、ジェット機もコンピューターもヨーロッパ人が発明した。もう、0にちかい。

ようするにアメリカは英語を武器に戦後の科学覇権(社会科学の含む)を維持してきたんだ。

まあ、本当の天才を育てたいんだったら、英語を勉強させたとしても教育は自国語ですべきだ。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/471.html

しかも、アメリカ人は一部のエリート以外は英語で書かれた文章すら読めないアホばかり:


なぜ外国映画はアメリカで字幕上映されない?


世界中ほとんどの国で、外国映画は吹き替え上映が普通。

日本みたいに字幕上映が多い国が例外。


1 :名無しより愛をこめて [sage]:2009/07/12(日) 13:22:19 ID:J3Qe6wQy

アメリカで公開される外国の映画は殆どが英語吹き替えで上映されたり、
映画の舞台が非英語圏でも堂々と登場人物が英語を喋ったりで、日本で言う
字幕厨なんていう奴は全くいなく、吹替厨だらけ。

なんでアメリカ人は外国映画を英語字幕で見ようとしないんだろ?


3 :名無シネマさん[sage]:2009/07/12(日) 14:18:47 ID:CKJtk7i/

英語は綴りを読まなくちゃならないからな
漢字は一文字の情報量が多いから流し読みしても意味が汲み取りやすい
日本語字幕が全部ひらがなで書かれてる位の読み難さじゃないかな>英語字幕


7 :名無シネマさん[sage]:2009/07/13(月) 14:18:50 ID:Y0rfQyei
>>3
何度か、英語字幕付きの日本映画を見たけど登場人物が難しいことを言いだすと、長い単語が画面にズラズラと流れてこれは無理だと思ったよ。


8 :名無シネマさん[sage]:2009/07/19(日) 20:34:54 ID:ShU9guzs

ドイツに半年いたことがあったけど、
映画館は約8割はハリウッド映画を吹き替え上映してたよ。 
1日一本週4日、メジャーな映画(天使と悪魔、グラントリノ、ターミネーター等)の英語のオリジナル(字幕なし)上映があってたけど。

>>4が最初のほうでいってるように、
吹き替え上映はアメリカに限らず、けっこういろんな国で多数派なのでは?


10 :名無シネマさん[sage]:2009/07/28(火) 18:02:21 ID:W/Jd8xzS

吹替えって結構徹底してるみたいです。
しかし一度「John Rabe」というドイツ映画を見に行ったことがあるんだけど、
これがドイツ映画でドイツ語が主言語のくせにせりふがすべて吹替え!

なぜかというと、この映画はシンドラーのリストドイツ版?
日本軍の南京大虐殺から中国人を救ったドイツ人ビジネスマンの話。

なので、せりふもドイツ語のほか、英語、フランス語、中国語、日本語といくつかある。(IMDbで確認した)

日本人の将校役の俳優さんたちは日本語だな!と期待したらだめだった。
明らかにドイツ語でしゃべってる部分まで調整のため?かふきかえられてんだもん。

まじで徹底した吹替えっぷり。 これはドイツでの一例なので、ほかの国でどうなのかは未体験だが・・・
外国いって字幕で外国映画を見ようなんて、アメリカに限らずどこの国いっても期待しないほうがいいぞ。


そしてその結果、アメリカ人の知性はこの有様:


 「アメリカでは大人の4人に1人が自分の名前程度しか読み書きできない」。新聞や雑誌で、こんな統計に出くわしてハッとする。

 ただそれは、ぼくが4人に1人という数に驚くからではなく、

「やっぱりそうか、アメリカの非識字率ってそんなとこだったんだよな・・・・・」

と改めて意識させられ、でもショックは受けず、危機感もイマイチわかず、

「ま、別段新しい数字でもないし・・・・・」

と片付けそうになる、とそこで気がつく。そしてハッとするのだ。慣れっこになってはならない、深刻な問題なのだ。

 しかしまったく、ぼくの母国はどこを見ても、危機的な統計がゴロゴロしている。


――国民健康保険の制度はなく、アメリカ人のおよそ6人に1人が無保険状態で、事実上、医療が受けられない。


――ブッシュ政権が1期目で実施した大型減税は、総額の半分以上が超富裕層のトップの1パーセントの懐に入った。


――米国人は世界人口の5%にも満たないが、世界の石油消費量の4分の1以上を、一国だけで燃やしている。


――マリア様がセックス抜きに、処女のまま妊娠してキリスト様を産んだという「処女懐胎」を、アメリカの成人の8割が信じている。


 25%の非識字率と、その他もろもろのトンデモ統計と、当然みんな地続きのものだ。字がうまく読めないと、テレビが主な情報源になってしまい、テレビ報道は、「処女懐胎」と同じくらい現実から掛け離れていることが多々ある。

では、もし一生懸命ABCを勉強し、どうにかディクショナリーと首っぴきで新聞が読めるようになったとして、それで確かな情報にありつけるかというと、そうはメディア屋が卸さない。

 例えば、二年前の古新聞を見てみると、『ニューヨーク・タイムズ』を始めアメリカの全国紙も地方紙も、妄想とイリュージョンの記事で埋め尽くされている。「死との隠れん坊・なおくすぶるイラクの核兵器の謎」「細菌博士・世界一の殺傷力を持つ女」―― 2002年の暮れは、イラクが隠し持っているに違いない生物兵器と化学兵器と核兵器と弾道ミサイルの脅威の話題で100%持ち切りだった。
http://www.web-nihongo.com/back_no/column_01b/041221/index1.html

日本の成功の秘密は日本語にあるのですが、欧米人にも、そしてなぜか当の日本人にもそれがわからないのですね:


日本語は、マスターをするのが難しい言語かもしれない。しかし一旦マスターすれば、これほど便利な言語はないと考える。これは筆者の偏見かもしれないが、日本語は世界の中で一番進化した言語であり、優れた言語と思っている。

表意文字である漢字は、文字自体に意味を持つので、言葉を速く理解することができるという利点がある。特に漢字はパターンで認識するので、文字とイメージが結びきやすい。「犬」という文字を見ると、犬のイメージが頭に直ぐ浮かぶ。「京都」という言葉に当ると、京都という文字から京都に関するイメージが自然と頭に浮かぶ。


高速道路の標識も、漢字だから速く、しかも正確に認識できる。これがアルファベットなら一瞬のうちに認識することは難しい。例えば長い地名がアルファベットで記されていたなら、車を停車させなければ、書いてある行き先を読むことはできないであろう。これは言語の特徴を考える場合、重要な点である。

日本語の文書は、斜読みによって、ある程度の意味を把握することができる。これも日本語に漢字が使われているからである。速読の達人と呼ばれる人がいるが、もし文章が全て「かな」で書いてあったなら、とても一瞬のうちに読むことはできないであろう。アルファベットだけの英語も速読に向かない言語と思われる。


日本においては、昔から、一般国民の中に文章を読める者は大勢いた。特に明治時代に義務教育が始まり、誰もが日本語を書いたり読んだりするのが当り前になった。少なくとも日本では、中国のように、国語というものが、極少数の超エリートしか操ることができないという代物ではなかった。


戦後、GHQが日本人を色々調査した。当時、米国人から見れば「日本人は人間より猿に近い動物」という認識であった(失礼な話である)。

そのような日本人が、どうして短期間のうちに列強と対等の国力を持つことができたのか、不思議だったのである。しかし調査によって、日本では、どのような地方に行っても、またどれだけ年配の人でも、文字を知り、文章が読めることを発見した。これはGHQにとって驚きであり、これで日本を見直したのである。これも日本の教育制度が優れていたのと、日本語が誰にもマスターできる優れた言語であったからである。
http://www.adpweb.com/eco/eco395.html

日本語は奇跡の言語 _ 欧米人が日本人に絶対に敵わない理由:


世界で最も《 繊細 》な表現をもつ日本語


 雨や風といった自然の気象を表現する言葉や、魚を分類する言葉などの具体例を調べてみるならば、日本語の中に存在するそれらの数の多さに誰もが唖然とすることでしょう。日本語は、外的な事物を対象にした場合のみならず、内的な世界に向かう場合であっても極めて繊細なのです。

 日本語、英語、中国語、台湾語の4ヶ国語を自在に語れる、台湾の李登輝・前総統は、「じっくり考えたい時、私は日本語で考えている」 と語っているそうです。

 私は中国語を話せませんが、100ページ分の中国語を日本語に翻訳すると、どうしても150ページになってしまうことを経験しています。中国語には現在・過去・未来という時制がないこと等も原因の一つですが、対人関係や周辺状況などによっておのずと表現の異なってくる日本語の繊細さが、中国語にはないのです。

 この言語的特長は、「日本人が中国人(外国人)に対して、相手を気づかった繊細な表現をしても無駄である」 ことを示しています。中国語には繊細な表現がないのですから、日本語の繊細さがおのずと生み出している 「日本人の謙虚な態度が、中国人(外国人)には伝わらない」 のです。また、「中国の政治的傲慢さの出所は中国語を話す民族であるから」 とも言えるのです。


○《繊細さ》 それは日本語の中に生きている横の秘儀である 【現実世界での日本の優位性】○

 認知心理学の表現を借りると、「認識できないものは存在しない」 ことになります。言い換えるならば 「言葉で表現できないものは存在しない」 ということです。つまり、「細やかな表現を持つ日本人にとって存在する世界が、細やかな表現を持たない外国人には存在しない」 のです。このことを逆の方向から表現するならば、「言葉で表現できない外国人に創れないものが、言葉で表現できる日本人には創れる」 ということになります。

 常に未知の領域を目指して開発されてゆく最先端産業技術の領域や、繊細な感情表現を背後に内包するアニメなどのストーリー展開において、日本語を話せる人のみが、常に世界の先頭に立って、開発し生産し表現し続けることになるのは必然的なことなのです。

 さて、次に 《繊細》 さ とは全く逆と思われる、《曖昧》 な 表現が活きる日本語の特徴を、その背景から探って見ましょう。


曖昧な表現が活きる日本語の背景


 今日では、日本のアニメがもたらした 「カワイイ(可愛い)」 とか 「ビミョー(微妙)」 といった意味の曖昧な単語が、世界中に広がっています。輸入先の各国では、これらの言葉がいろんな場面によって、異なった意味に用いられているため翻訳できず、「日本語の音」 をそのまま印刷して出版しています。

 言うまでもないことですが、日本語を話す日本人どうしならば、曖昧語を用いた表現でも即座にコミュニケーションが可能です。その理由は、「細やかな感情表現」 や 「音が媒介する意味の広がり」 を言葉の背後で共有しているからです。


■ 細やかな感情表現を持つ日本語 ■

 細やかな感情表現の有無を比較するには、小説や映画のラブストーリーの描かれ方を見るのが例として相応しいでしょう。

 外国のラブストーリーの面白さは、階級や身分の異なる者どうしが、それらの障害を乗り越えて互いを求め合うという “ 状況の中 ” にある ものが殆どです。 故にストーリー展開に引き込まれる傾向があります。「ロミオとジュリエット」 や 台湾・中国でブレイクした 「寒玉楼」 など、みなこのパターンに分類されます。 一方、日本人が心打たれるラブストーリーとは、「相手を思いやる優しさ」 とか、「相手を労わる美しさ」 とか、「惻隠の情」 といった “ 情感の中 ” に見出されるものなのです。

 繊細な日本文学や、日本映画だけを対象にし日本人の審査員だけが選ぶ日本映画大賞の最優秀作品の良さ(美しさ)を、外国人が分るかどうか、日本語の特徴から考えて、かなり難しいと思うのです。


■ 音が媒介する意味の広がりをもつ日本語 ■


 具体例を挙げるならば、「神」と「火水」、「姫」と「秘め」、「松」と「待つ」、「結び」と「生す霊」、「日の本」と「霊の元」、「性」と「生」と「正」と「聖」と「誠」、「愛」と「天意」、「真剣」と「神権」 など、神道の世界では、一つの音を聞いて同音の単語を瞬時に複数思い浮かべることは、「一を聞いて十を知る」 ための大前提になっているのです。神道の世界はここから始まると言っても過言ではありません。

 派生的な事例ですが、日本語の特徴として、音で表現する擬態語や擬声語が非常に多いことが挙げられます。 「ヨタヨタ歩く」 と 「ヨロヨロ歩く」 の違いを日本人に説明する必要はありませんが、外国人にこの違いを理解してもらうためには、ややこしい単語を用いて説明することが必要になります。 前編に記述してきたように、古代の日本人は現代の日本人より遥かに音(言霊)に対して敏感だったようですが、現代の日本人であっても、音としての日本語の特徴に多くを依存して使い分けを行っているのです。


●《言霊》それは日本語の中に生きている縦の秘儀である 【精神(霊的)世界での日本の優位性】●


 音は言葉以前の原初的なものです。日本人が自然の美しさや自然に対する畏怖を感じた時、深い感情をともなって、「ああ」 とか 「おお」 等の母音の単音表現が出てくるのです。感情表現としての音、この原初的な音に細やかな感情表現が乗せられた時、日本語は繊細であるが故に強力なエネルギーをもった言霊となります。

 この原初的な音(母音)を日本語の中に持つが故に、日本は言霊を介して宇宙(神)へと通ずる回路を脳の中に保持している、世界で唯一の特殊な民族集団として<言霊の国・日本>を形成しているのです。
http://74.125.153.132/search?q=cache:Dsy-yxb-UusJ:blogs.yahoo.co.jp/bmb2mbf413/30487456.html+%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E+%E6%84%9F%E6%83%85%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84&cd=6&hl=ja&ct=clnk&gl=jp


57. 中川隆 2015年7月20日 08:12:20 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

日本人が陥りやすい「パリ症候群」とは?


パリ症候群 (TRAJAL Books) 1991/8 太田博昭 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%AA%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4-TRAJAL-Books-%E5%A4%AA%E7%94%B0-%E5%8D%9A%E6%98%AD/dp/4895592332

朝日新聞 2005年 (平成17年) 2月2日 水曜日

「花の都」幻想破れ、精神トラブル 在留日本人の「パリ症候群」  

「パリの日本人が謎のうつ状態に/ 毎年100人が変調訴え」。

こんな記事が仏リベラシオン紙に出たのは、昨年12月半ばだ。
朝日新聞パリ支局にも、複数の欧州メディアが「本当か」と問い合せてきた。
在仏日本人に多発する精神トラブルは「パリ症候群」と呼ばれている。
花の都のイメージとは違う現実を前に、心を病む邦人は後を絶たない。  (パリ=冨永格)

転職を期す女性に多発

「パリ症候群」=キーワード=は、在仏20年の精神科医、太田博昭氏 (55) が91年に同名の単行本で公表した。世界の主要都市の中でも、精神的トラブルに陥る日本人が多いことに注目した報告書だ。「発症」はいまも続いている。

 太田医師は毎年、130人前後を診察する。85〜04年に診た日本人は計1758人。
このうち「パリは好きだが適応できない」という典型的な症例は約3割。
疑いのあるケースを含めると、全体のほぼ半数がパリ症候群といえる。

 診察者の73%は女性で、20代と30代が突出する。バブル経済期には、仕送りは多いが、学習意欲が低い女性が大挙留学し、言葉の壁に跳ね返される例が相次いだ。

 いま危ないのは転職志望の女性たちだ。仏語を身につけ、服飾や旅行、メディア関連の「パリらしい」仕事をしたい。そんな夢想を抱いた人たちがこの街に来て、打ちひしがれる。

 太田医師の04年の診察例から拾うと---。

 金融系事務職だった30代の女性は、ファッション関係への転職を期して渡仏。
パリはブランド物の買い出しで何度も来ていたが、今回はホテルではなく屋根裏暮らしだ。生活費の蓄えは2年分しかない。隣室の音が気になる。言葉も上達しない。自分が笑われている気がして、半年で外出が嫌になった。それでも「ここで帰ったら負けだから」と帰国を拒んだ。

 雑貨バイヤーを夢見て語学留学した30代の女性は、自室の隣から「自分を馬鹿にする声」が聞こえ始め、渡航10カ月目にパン屋で店員と口論、警察に通報されて強制入院となった。

 芸術系では画家よりも音楽家に発症しやすい。演奏や試験は重圧がかかる一発勝負で、練習時の音にも神経を使うためだ。太田医師は「楽器奏者はティンパニ以外は全部診た」という。

 パリ第8大学心理学研究所のクロード・メスマン氏は「症例に接するたびに驚くのは、日本人がフランス社会に交わろうとしないことだ。せっかく夫婦で渡仏しても専業主婦の妻が孤立することが多い」と指摘する。

 だが、フランス人の友達を作れば済む話でもない。太田医師と協力して邦人の保護にあたる日本大使館の作永重一領事は言う。

 「女性の精神的トラブルには恋愛が絡んでいるケースが少なくない。太田先生と四苦八苦して帰国させた人が、元の彼氏に会うために戻って来てしまうのです」


外出恐怖が「入り口」

 太田医師によると、発症しやすいのは渡仏半年。だが、1日目から違和感を覚える人もいる。例えば、東京の有名私立大学で仏語を学ぶ女性 (21) だ。

 パリへの短期留学は04年春。大学の交換留学を半年後に控え、あこがれの街で腕試しという軽い気持ちだった。ところが、着いた空港で早くもつまずいた。約束した迎えがいない。学校やタクシー会社への電話では仏語が通じず、英語を使うはめに。登校初日は道に迷い、クラス分けテストに1時間半遅れた。

 3日目、映画館に出かけた。家のビデオで何十回と見た「となりのトトロ」で初めて泣いた。後半、不思議の森で迷子になる主人公のメイを「自分に重ねて」涙が止らない。終映後、ボロボロの顔を周りの子供たちに笑われた。

 落ち着くのは自室と学校だけで、雑踏や観光地はだめ。空き時間は日本文化会館の図書室で川端康成に没頭した。こうした外出恐怖は「パリ症候群の入り口」(太田医師)だ。帰国した晩、母親に「留学は無理」と打ち明け、泣いた。

 家族に「パリとは違うから」と説得された彼女はいま、フランスの地方都市で勉強している。パリでは苦手だったスーパーも平気になった。日本人留学生間の競争からは降りた。

 「パリで独り暮らしを楽しむ仲間を見て、私も同じようにしなきゃだめなんだと力み、未体験の孤独感を味わった。自分がこんなに弱い人間だとは思わなかった」と振り返る。

 いまも、パリには足が向かない。


ずぶとく暮らしては
名付け親の精神科医 太田博昭さん

同じ留学でも、資格や技能を身につけるというより「ちょっと住んでみたい」人が多いのがパリの特徴。小説や映画、ガイド本などの情報から自分の中で夢のフランスや花のパリが出来上がっている。実体験との溝は深く、転入直後のゴタゴタが一段落する渡航半年あたりからが要注意だ。

 日本のサービスの質は官民ともに世界最高だが、フランスは残念ながらその対極に近い。日本基準のままだと不快な体験を重ねることになる。きちんとした日本人は、この国のいい加減さではなく、それについていけない自分を責めてしまう。精神修行に来たつもりで、ずぶとく暮らせば、違う世界が見えてくる。

妄想や幻覚など、病的な状態に追い込まれてもパリへの思いは断ちがたい、というのが典型的な症候群。フランス大好き、フランス人大嫌いという状態だ。夢と現実が重ならないまま、だらだらと滞在しているうちに症状は重くなり、投薬治療や入院が必要になる。

 保険が利かないと入院費は1日10万円近い。入院期間は平均2週間。パリへの片思いは高くつく。


キーワード パリ症候群

あこがれを抱いてパリに住む日本人を襲う適応障害の一種。

日常生活のストレスが高じ、妄想や幻覚、自律神経の失調や抑うつ症状を招く。
パリで多発するのは


@もともと過度の思い入れ (花の都幻想) を持ち、目的意識があいまいで、経済力が弱い滞在者が多い

A言葉の壁や現地社会の「不親切さ」--- などが背景とされる。
問題が生じてもなかなか帰国せず、トラブル後に帰国しても戻って来ることが多い。
http://kiriesekainokunikara.blog108.fc2.com/blog-entry-108.html

内田樹の研究室 パリ症候群 2005年02月02日


朝日新聞の朝刊に興味深い記事が載っていた。
「在留日本人のパリ症候群」という記事である。

パリ在住の日本人の中に鬱病を発するものが多く(毎年百人程度)、中にはかなり重篤なものも含まれる。これを現地に在住のドクター太田という方が「パリ症候群」(syndrôme de Paris) と命名した。

朝日の記事によると

「診察者の73%は女性で、20代、30代が突出する。
バブル経済期には、仕送りは多いが、学習意欲が低い女性が大挙留学し、言葉の壁に跳ね返される例が相次いだ。

いま危ないのは転職志望の女性たちだ。仏語を身につけ、服飾や旅行、メディア関係の『パリらしい』仕事をしたい。そんな夢想を抱いた人たちがこの街に来て打ちひしがれる。」

典型的な症候は、将来への見通し不安とことばによるコミュニケーション失調。
それから対人恐怖、外出恐怖、「自分をバカにしている声が聞こえる」ようになり、妄想を発して強制入院、自殺未遂に至るケースもある。

原因についてドクター太田はこう語っている。

「日本のサービスの質は官民ともに世界最高だが、フランスは残念ながらその対極に近い。日本基準のままだと不快な体験を重ねることになる。きちんとした日本人はこの国のいい加減さではなく、それについていけない自分を責めてしまう。」

朝日新聞によると、『リベラシオン』の12月の記事がきっかけで取材をしたそうであるので、さっそく当の『リベラシオン』の記事を読んでみる(インターネットって、ほんとに便利だなあ)

フランス人は「パリ症候群」をどうとらえ、その原因をどう解析しているか興味がわいたのである。(まさか「フランスのサービスは世界最低水準なので、日本人は不愉快な経験を重ねてしまう」という説明はしてないよね)

どれどれ。
ふむふむ。

では04年12月13日の『リベラシオン』の記事をご紹介しよう。

症状の現状報告はだいたい朝日の記事と同じだが、分析にはだいぶ温度差がある。

「症状は渡仏して三月目くらいから始まる。日常生活の些細な不調がきっかけで軽い鬱状態になり、それが不安、外出恐怖、交通機関への恐怖症と症状は進行し、25%が帰国する前に入院加療を必要とする状態にまで悪化する。ドクター太田によると、

『症状は異文化との違和感でフランスに適応できない人に発症する』。

Association Jeune Japon のベルナール・ドゥラージュは家父長的な日本社会の厳格さを原因に挙げる。

『患者のほとんどは甘やかされ、過保護で育てられた ええとこのお嬢さんたちだ。西欧的な自由に免疫がないので、頭が変になってしまうんだね。』

日仏協会のマリオ・ルヌーがこれにこう付け加える。

『社会関係がぜんぜん違う。日本的な集団主義は西欧的な個人主義と相容れない。日本人は自分たちの集団から離れるとまるで無防備になったような気になるんだ。』

われわれの社会は日出るところの国の居留民を変調させてしまうのであろうか?
ドクター太田はことばの問題とコミュニケーションの問題を指摘する。

『日本人は臆病だから、フランス人のいらだちに恐怖を感じる。ぺらぺらしゃべるのは日本では不作法なことだ。日本人は何も言わないでも内心を察知してもらえるから。フランス人のユーモアもきまじめな日本人にとっては攻撃的なものと感じられる。』(中略)

マリオ・ルヌーの仕上げの説明によれば、これらの心理的トラブルは夢と現実の乖離を前にした日本人の幻滅に起因する。

『雑誌が日本人の幻想を育てているんだよ。あんなものばかり読んでいると、パリではそこらじゅうにマヌカンがいて、女性はみんなヴィトンでまとめていると思うんだろうね。』

残念ながら現実はそれとはほど遠い。街にはヴァン・ゴッホもいないし、そこらじゅうにトップモデルがぞろぞろ歩いているわけでもない。別にだからといって病気になることはないじゃないか。」

というものであった。

同一の論件について日仏二つのメディアを徴すると、その「ずれ」や温度差から出来事の意味がよくわかる。

『リベラシオン』の論調は精神的に失調している日本人にたいしてあまりフレンドリーであるようには思われなかった(きっとこれがドクター太田の言うところの「ちょっと攻撃的なフランス的ユーモア」というものなのであろう)。

たしかにバブル期のパリでヴィトンやエルメスの店に観光バスで乗り付け店の品物をあらかたさらっていった日本人のレディーたちに対していまなおフランスのみなさんがあまり親近感を抱くことが出来ないでいるというのもわからないではない。

しかし、それにしても「病気になるのはお前が弱いからだ」ときっぱり決めつけるあたり、ほんとに「フランス的個人主義」の面目躍如である。
こういう風土の中で暮らせる日本人はたしかにそれほど多くはないだろうと私は思う。

現在の若い日本人のほとんどは自分の不幸や失敗を「他の人のせい」にする他罰的説明に依存している。「社会が悪い」「親が悪い」「学校が悪い」「メディアが悪い」などなど。

「私が不幸なのは私のせいではない(「父」のせいだ)」という発想そのものを「家父長制」と呼ぶのである(その点ではわが国の作物は、マルクス主義もフェミニズムもポストモダニスムもすべては「日本的家父長制」の消しがたい刻印を負っている)。

これはフランス的個人主義の採用する説明原理ともっともなじまない発想法である。

かの国では、すべての不幸や失敗を(それがかなりの程度まで制度や他人の責任である場合でも)自分の責任として引き受けることを市民に要求するからである。

日本的家父長制の発想になじんだ人々がフランスで精神的に参ってしまうのはある意味当然である。

特に20代30代の若い女性が発症するというのは、彼女たちの社会集団が「他罰的」な構文で自身を語る習慣をもっとも深く内面化していることと関係があると私には思えるのである。

しかし、考えてみると私もパリ滞在中はだいたいホテルの部屋から一歩も出ないでパソコンに向かって仕事をし、ベッドに寝ころんで成島柳北や夏目漱石や白川静を読み、ごはんは「ひぐま」の味噌ラーメンである。

ドクター太田によれば、これは「パリ症候群」の初期症状にほかならない。
でも、日本にいるときも、私は一日部屋から出ないでパソコンに向かって仕事をして、同じような時代錯誤的な本を読み、昼ごはんにはうどんかラーメンかカレーを部屋でもそもそ食べている。

これをして「芦屋症候群」と言ってよいのであれば、私は世界中どこにいっても土地にかかわりなく同一の精神の病を患っていることになる。

おそらくかのドクター名越はこれをして「狂い過ぎている人は発症しないんです」と診断されたのであろう。
http://blog.tatsuru.com/archives/000739.php

208. 無味無臭なアノニマスさん 2012年06月29日 18:56 ID:PPxQpe0c0

日本の女が馬鹿ってだけ。
少女漫画と現実の区別がつかないバカが現実のパリを見て
落胆してるだけ

31. 無味無臭なアノニマスさん 2012年06月26日 13:08 ID:XLFtIGls0

日本人がパリに抱く幻想。

金髪碧眼の美男美女が、洗練された高級服を着てモデルのように歩いている。
中世ヨーロッパを感じさせるゴミ一つ落ちてないきれいな街に馬車が走っている。
女性がお店に入ると、イケメン店員がフランス語で何事かをつぶやきながら跪いて、手のひらにキスをしてくれて歓迎の意を表す。

47. 無味無臭なアノニマスさん 2012年06月26日 13:31 ID:oVRsz7QA0

中高年女性は特にフランスにすごい幻想を抱いてるね。
おフランス!おフランス!ってね。

「ベルサイユのばら」あたりの影響もあるだろうし。

現実のパリはゴミと犬の糞まみれ。
そこかしこがオシッコ臭い。

パリジャンやパリジェンヌも、別におしゃれじゃない。
東京の人の方がはるかにおしゃれ。
そしてパリの男性は、日本人の私からしたらありえないほど不潔だった……

123. 名無し 2012年06月26日 20:12 ID:Gnxt6F7qO

フランス料理は食材の鮮度が悪かったから発展して、香水はウンコ臭かったから発展した
パリは元々汚物の街だよね


61. 無味無臭なアノニマスさん 2012年06月26日 14:04 ID:zef3HL8A0

観光ならがっかりするだけで済む。
症候群になるのはお花畑留学をする哀れな女性だよ。
アジア人がスーパーで買い物するだけでゴミの様な扱いしてくれるよ
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/5623684.html


外人は背が高くてかっこよくて優しいとか言う奴に多そうだな(笑)


日本人は海外を知らなさすぎるんだろう。
テレビ越しの美化され演出された海外しか知らなけりゃそうなるわな。


白黒のボーダーシャツを着て赤いスカーフしたパリジャンに「マドモアゼ〜ル」って声かけられると期待して行ってみればヤンキーみたいな人ばかりで唖然とするんでしょ?


そもそもテレビがいいところしか映さないから変に美化されるんだよ
安全な日本にいるとわからないけど白人なんて野蛮人の住処に行くこと自体が危険なんだから


20年前に訪れた時は確かにガッカリした。
パリジェンヌなんて1人もいなかった。
大学生はみんなアイスブルーのジーンズにウインドブレーカー着てて貧乏丸出し、
こちらを見て「ジャップ」だなんだの言ってるのが聞こえてくる。
ただ素敵な小物を置いたお店は多かった。
店の人は無愛想で感じ悪かったけどw


パリの民度は中国並な。これ本当。


白い土人。
それがヨーロッパ。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52114029.html



58. 中川隆 2015年8月04日 17:00:29 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

・施光恒・九大大学院准教授「英語押しつけで日本人は愚民化」(日刊ゲンダイ)
2015年8月3日 日刊ゲンダイ
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/878.html


・英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) – 2015/7/17
施 光恒 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%8C%96%E3%81%AF%E6%84%9A%E6%B0%91%E5%8C%96-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%8A%9B%E3%81%8C%E5%9C%B0%E3%81%AB%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%82%8B-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%96%BD-%E5%85%89%E6%81%92/dp/4087207951


・■安倍政権は米国に追随したいだけはないか


・安倍政権は安保法制で何を守ろうとしているのか。根本的な問いかけをしている話題の書が、施光恒・九大大学院准教授が著した「英語化は愚民化」(集英社新書)である。米国の繁栄を前提に、とことん米国に追随しようとする安倍政権は安保政策やTPPで尻尾を振るだけでなく、ついには英語の事実上の公用語化に動き始めている。英語教育の充実は当たり前のように思われがちだが、それによって、強制的に国の形、文化、働き方が変えられてしまう恐れがある。その先に何があるのかを著者に聞いた。


・――タイトルは非常に刺激的というか、英会話ブームの今の日本の風潮を真っ向から否定するものですね。この本を書かれた動機は?


・楽天やユニクロが社内の公用語を英語化したでしょう? 同じ頃、安倍政権が日本社会全体を英語化する政策を推進し始めた。たとえば、産業競争力会議の下にあるクールジャパンムーブメント推進会議は「公共の場での会話は英語のみ」という英語公用語特区をつくる提言をしました。日本国内であるのに日本語を「使ってはいけない」区域をつくるという信じ難い提案です。

・教育行政でも、英語による授業の割合を増やす大学には巨額の補助金を与えるようになり、文科省は一流の大学は10年後に5割以上の授業を英語化せよ、とまで一昨年言っている。

・その背景には、グローバル化の時代なのだから仕方がないという発想があるのですが、本当にグローバル化の流れは必然なのか、良いことなのか。その波に乗ることで、日本の強さの基盤が破壊されることはないのか。そうした根源的な疑問を持ったんですね。


・――小学校でも間もなく英語が正式教科になりますね。


・そうなれば、中学入試の科目に英語が入ります。教育熱心な家庭は小学生を英語圏に短期留学させるでしょうね。父親は日本で稼ぎ、母子は外国で暮らす。そうやって英語が上達した子が、日本のエリートと目されるようになる。

・しかし、こうした英語偏重教育は当然、日本語の力に跳ね返ってくる。母国語である日本語が怪しいエリートたちに、果たして深い思考ができるのだろうか。英語はできるが思考力のない植民地エリートのような人々が仕切る政治や行政は、一般の国民が求めるものとはかなりずれたものになる。これが怖いのです。


・――こうした英語化推進は「国家百年の計の過ちである」と書かれていますね。


・ビジネスや大学教育など日本の社会の第一線が英語化されてしまうと、どうなるか。英語がしゃべれるか否かという教育格差が、収入など経済的格差に直結し、究極の分断社会が誕生します。どんなに他の能力が高くても英語力を磨く余裕がないというだけで、中間層の人々は成長したり、能力を磨いたりする機会を奪われる。日本の誇る中間層が愚民化を強いられ、没落するのです。

・また、日本語が高度な議論の場で使われなくなれば、日本語そのものも最先端の用語を持たない遅れた言語となり、国民の愚民化に拍車が掛かる。一方で、英語がしゃべれるだけのエリートもまた、深い思考力や洞察力を持てないから日本全体が愚民化していきます。


・――でも、英語がしゃべれるようになるのは悪いことじゃないでしょう?英語化に熱心な楽天の三木谷さんは「第2公用語を英語にしたら、日本の経済はシンガポールのように超強くなる」と言っていますよ。


・英語化によって日本の知的中間層が衰弱したら、日本経済の再生など不可能です。ちなみにシンガポールは超格差社会で、民主主義国家ですらないのです。グローバル化の流れに乗れば、国民が幸福になるというのは幻想です。


・――今の日本を覆っているのが、米国流のグローバルスタンダードに従うべきだという風潮です。


・安保法制にしても、TPPや英語公用語化の動きにしても、何が日本の利益になるのかはっきり見えない。結局、米国に追従したいだけではないか。こうした問題への対応を見ていると、今の政府が、まるで自分たちをアメリカ人であるかのように錯覚しているのが分かる。すでに植民地エリートになっているのかもしれません。


■英語しかしゃべれない植民地エリートが国を壊す


・「安倍政権に強い危機感」と訴える施氏(C)日刊ゲンダイ


――英語を公用語化すれば、グローバル企業が参入し、日本人もそこで働けるというのが狙いなのでしょうが、この発想も植民地的ですね。


・「経済的利益のためなら日本語をないがしろにしてもかまわん。言語はしょせんツールだから」と英語化推進派は思っているようです。しかし、経済的利益などあまりないし、それよりも何も、言語は私たちの知性や感性、世界観をつくっているのです。

・例えば、日本語は私、俺、小生などさまざまな一人称がある。時には子供の前で自分を指して『お父さんはね』などとも言う。相手を呼ぶ場合もあなた、君、おまえから、先生、課長などいろいろです。日本人は常に相手との関係を考えて話をする。それが互いに思いやる文化をつくってきた。一方、英語の一人称は常にIだし、二人称もYouだけです。英語を母国語とする人は、最初から自分が中心にいるのです。


――日本人の気配り、欧米人の自己主張。そういう民族性の違いは言語に起因すると?


・我々は言葉から自由になれないし、その言語がつくり出す文化に縛られているのです。たとえ英語がペラペラになっても、彼らの文化やルールの上で、米国人や英国人と対等に勝負できるかというとそうではない。結局、日本人がグローバル資本の奴隷になるだけです。つまり、英語はそこそこ話せるけれども高度な思考はできないといった、安価で都合のいい現地雇いの労働者の量産が狙いでしょう。


・非英語圏の星である日本までが英語化すると、世界全体も不幸になります。英語圏諸国を頂点に置くピラミッドのような「英語による支配の序列構造」がさらに強固になるからです。つまり、英語のネーティブの特権階級が上にいて、その下に英語を第2公用語とする「中流階級」ができる。その下に英語を外国語として使う「労働者階級」が存在する。そういうピラミッドが不動のものになる恐れがあります。


――このピラミッドの下の方から、日本人が抜け出すことは難しそうですね。


・この言語による不公正な格差構造のある世界を、日本人はグローバル社会と呼び、称賛する。グローバル化って、マジックワードなんですよ。本当は違うのに、進歩した世界に聞こえてしまう。役所でも、グローバル化対応予算などというと、すんなり通りやすくなる。


――村より国家、国家より地域統合体、理想は世界国家みたいな考え方ですね。しかし、EUは地域統合で行き詰まっていますね。


・「『ドイツ帝国』が世界を破滅させる」で話題のフランスの歴史学者のエマニュエル・トッドは、グローバル化の進展に伴って、EU各国内での民主主義が機能しなくなっていると警鐘を鳴らしています。


――EUの閉塞状況こそを参考にしなければいけないのに、日本は周回遅れのランナーのように、グローバル化と叫んでいる。


・安倍首相は当初、「瑞穂の国の資本主義」というスローガンを掲げていたのに、真逆の方向に進んでいます。安倍さんのナショナリズムというのは日本の文化や言語を大事にするのではなく、米国がつくった評価システムの中で日本のランキングを上げるという発想です。私はそれをランキング・ナショナリズムと呼んでいます。米国の覇権を前提にして、日本がなるべく米国に近い位置を占めようとする発想です。


・グローバル化の荒波からいかに国民生活や文化を守るかが問われているのに、国民経済の安定を目指すべき経産省がグローバル化をあおり、日本文化を守るための教育を担う文科省が日本を破壊する英語公用語化の旗を振っている。米国への従属から脱する気のない政府に強い危機感を覚えます。


59. 中川隆 2015年8月07日 12:50:34 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

植民地下にある人々が、宗主国に対して抱く文化的劣等感には強烈なものがあります。

以前、本メルマガでも引用しましたが、ケニアの作家グギ・ワ・ジオンゴ氏は次のように書いていました。

グギ氏は、植民地体制下では一般に、宗主国の人間は自分たちの言語を、現地の言葉よりも価値の高い一種のステイタス・シンボルにしようとすると指摘します。その上で、次のように続けます。

「白人の言葉を学んだ者は誰もが、田舎者である大多数の者とその粗野な言葉を軽蔑しはじめる。選びとった言葉の思考方法と価値観を身につけることによって、彼は自分の母語の価値観から、すなわち大衆の言葉から疎外されるのである」

(グギ・ワ・ジオンゴ/宮本正興ほか訳『精神の非植民地化──アフリカ文学における言語の政治学(増補新版)』第三書館、2010年、188頁)。
http://www.amazon.co.jp/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E3%81%AE%E9%9D%9E%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E5%8C%96%E2%80%95%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%96%87%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AD%A6-%E3%82%B0%E3%82%AE%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B4/dp/4807410156

拙著『英語化は愚民化』(集英社新書)でも触れましたが、日本社会の最近の英語偏重政策で一番危惧するのは、近い将来、多くの日本人が、

「日本語や日本文化よりも、英語や英語文化のほうが高級で、偉い」

と思い、日本語や日本文化に対する自信を根本から失ってしまわないだろうかという点です。

また、それに伴って、白人など英語を話す人々と比べて、日本人同士が互いに「俺たちはダメだよな〜」と軽視し合ってしまわないだろうかということです。

戦争に敗れ、戦後の日本人は長く自信を失いました。特に、戦争に負けた米国に対して劣等感を抱きました。しかし、戦後、経済大国になるにつれ、自信を徐々に回復し、最近の若者に至っては、米国に対する文化的劣等感は、ほとんど持っていないといっても良いと思います。

例えば、映画の興行収入は、2006年ごろから邦画が洋画を上回るようになり、最近はその傾向が定着しています。
http://www.eiren.org/toukei/data.html


音楽でも、以前と比べ、洋楽の人気は落ちてきています。

オーディオ・レコード(CDやレコード)の売上金額は、1985年では、洋盤と邦盤の比率は38対62でしたが、2014年では16対84となり、邦盤が洋盤を圧倒するようになっています(日本レコード協会のHPの統計より)。
http://www.riaj.or.jp/data/


留学に関しても、米国への留学は、ここ15年ほどで急減しています。ピーク時の1997年は47073人の日本人が米国で学んでいたのですが、2013年では、19334人にまで減っています。およそ6割減です。
http://www.fulbright.jp/study/directory/basic.html

(リンク先のサイトで「アメリカの大学における留学生の動向 – B 日本人留学生の動向」のところを開くと、「日本人留学生数の変遷 1954-2013」というグラフに飛べます。そのグラフをご覧ください)。

もちろん、米国で学ぶ日本人留学生が減ったのは、経済的要因も大きいでしょう。米国の大学の学費は、近年急騰していますし、日本の実質賃金はやはり1997年ごろを境に低下し続けています。

ただ、中国などアジア諸国への留学はこの期間、増えていますし、英国以外のヨーロッパへの留学もほぼ横ばいです。米国や英国への留学のみが大きく減少しているのです。

(英国へは、2002年に6202人だったのが、2012年には3633人へとやはり大幅減少。

同期間中、フランスは微増(1439人→1661人)、

ドイツは微減(2182人→1995人))。

経済的要因も大きいでしょうが、「高い金を払ってまで、米国や英国で学ぶ必要は特にない」と思う日本人が増えたこともまた事実だと思います。

最近の日本の若い世代は、英語や英語文化に対する特別な憧れは抱かなくなってきたと言っていいようです。

私は、このように英語や英語文化に特別な憧れを抱かなくなり、相対的に日本語や日本文化に自信を抱くようになった状態、また英語圏以外の文化にも関心が向くようになりつつある状態からは、結構、面白いものが生まれてくるのではないかと期待できると思います。

いま、

大石久和氏の新刊『国土が日本人の謎を解く』(産経新聞社)
http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%9C%9F%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E8%AC%8E%E3%82%92%E8%A7%A3%E3%81%8F-%E5%A4%A7%E7%9F%B3%E4%B9%85%E5%92%8C/dp/4819112651


を読んでいますが、欧米と日本の文化的相違が自然環境の違いと関連付けられてわかりやすく説明されており、なかなか面白いです。

例えば、次のようなことが書かれています。

ヨーロッパでは、自然災害が少ないため、環境は人が手を加えなければほとんど変化しない。それゆえ、人を物事の出発点として捉え、人は、動物や自然環境を支配する特別な存在であるとの見方が発展してきた。

他方、日本は自然災害が非常に多い。地震や洪水では、人も、他の動植物と一緒に否応なく被害に合い、ともに死んでしまう。そのため、人間だけが特別で、万物を支配しているといったような欧米的発想は生まれようがない。

本書では、他にも、欧米と比べた場合、あるいは中国と比べた場合の日本文化の特徴が様々述べられています。

私が専門とする政治理論でもそうですが、欧米の発想が「普遍」であり、模範だとみなされてきました。他の領域でも、その傾向は強かったと思います。

最近になって戦後の自信喪失傾向がようやく改められ、日本人が自前の発想から出発し、独自の考えや思想を生み出しやすい条件が整いつつあるように思います。

しかし、英語化です。拙著『英語化は愚民化』の冒頭で示したように、昨今、日本政府は、国民の税金を使いつつ、英語偏重の教育改革、社会改革を推進しています。

昨日もこんな記事が出ていました。

「高校に新科目「公共」…小学校英語、授業3倍に」(『読売新聞』2015年8月6日付)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20150806-OYT8T50048.html


米国に対するコンプレックスが弱まり、「従軍慰安婦」などの戦後マスコミの自虐史観も、戦後70年たってやっと改められつつあるのに、今度は、政府が、


「英語や英語文化 > 日本語や日本文化」


と思わせるような「改革」をわざわざ行おうとしている――。

迷走していますね。

「思考の戦後レジーム」からの脱却は許さんぞ!ということなのでしょうか。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/08/07/se-62/


60. 2015年8月22日 13:12:05 : b5JdkWvGxs

『英語化は愚民化』刊行記念 施 光恒さん×中野 剛志さんトークショー
https://www.youtube.com/watch?v=Eb6JF3fjmaQ&feature=youtu.be

61. 中川隆 2015年8月22日 15:22:25 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

【西部ゼミナール】 「若き日本人が語る古き良き日本論」
https://www.youtube.com/watch?v=_liwqM4UQ4E
http://www.youtube.com/watch?v=qwJgeJReU2c
http://www.youtube.com/watch?v=Jn9tPEiE58Q
https://www.youtube.com/watch?v=4AdUCXDSexU


ゲスト
中野剛志(元京都大学大学院准教授・評論家)※ホサ官
柴山桂太(滋賀大学経済学部准教授・雑誌「表現者」編集委員)
施光恒(九州大学大学院比較社会文化研究院 准教授)


62. 2015年8月26日 19:31:35 : b5JdkWvGxs

英語化は愚民化 西部邁ゼミナール 2015年7月21日放送 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=IafdovwzF3g

63. 2015年8月26日 19:59:44 : b5JdkWvGxs

英語化は愚民化-言語はツールなのか- 西部邁ゼミナール 2015年7月26日放送
https://www.youtube.com/watch?v=w7PZXjPnamg

64. 2015年9月05日 08:33:27 : b5JdkWvGxs

施 光恒(政治学者・九州大学大学院准教授)×柴山桂太(経済思想家・京都大学大学院准教授) 
「英語化」政策で我々は何を失うのか?
https://www.youtube.com/watch?v=Yk6fHUKzqlE

65. 2015年9月06日 09:04:48 : b5JdkWvGxs

2015-09-05
ユーロの大量難民受け入れを促進するグローバリストの裏側
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20150905T1620500900

ユーロの為政者たちは「多文化主義」を強力に推進しており、移民を大量に自国に入れ、難民を大量に受け入れている。

ユーロという枠組みで国境をなくし、人の出入りを容易にして人種を混合して「世界はひとつ」を実現しようとしている。

この動きを「グローバリズム」という。

グローバリズムが推進され、それに反対する保守的な政党はすべて「極右」というレッテルを貼られてメディアで叩かれるのは、現在の支配階級(エスタブリッシュメント)がグローバル化によって莫大な利益を得るからである。

なぜ、現在の支配階級はグローバル化によって利益が得られるのか。

それは支配階級の資金源のほぼすべてが「多国籍企業」から来ているからだ。

彼らのほとんどは多国籍企業の所有者なのである。だから多国籍企業が求めるものが、彼らの基本政策となる。

その多国籍企業こそがグローバル化を求めているので、現在の強大な影響力を持った支配階級は、迷うことなくグローバル化に向かって突き進む。

100%の確率で「巨大多国籍企業」の所有者

フォーブスの億万長者ランキングをひとつひとつ見れば、そのすべてが「多国籍企業」の所有者であることが分かるはずだ。

(1)ビル・ゲイツ(マイクロソフト社)
(2)カルロス・スリム(テレフォノス・デ・メヒコ)
(3)ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハサウェイ)
(4)アマンシオ・オルテガ(ザラ)
(5)ラリー・エリソン(オラクル)
(6)チャールズ・コーク(コーク・インダストリーズ)
(7)デイヴィッド・コーク(コーク・インダストリーズ)
(8)クリスティ・ウォルトン(ウォルマート)
(9)ジム・ウォルトン(ウォルマート)
(10)リリアンヌ・ベッタンクール(ロレアル)

上位10位の億万長者を見ても、100%の確率で「巨大多国籍企業」の所有者である。それに続く億万長者もまた然り。

ロスチャイルド一族、ロックフェラー一族、デュポン一族、ヴァンダービルト一族、メロン一族等は、こうした億万長者のリストに入っていない。

しかし、こうした旧財閥一族がもう億万長者ではないのかというとそうではない。

彼らはそれぞれ自分たちの財団を所有しているが、その財団が多国籍企業の株式を大量に所有している。旧財閥一族は今でも財団を通して巨万の富を得ているのだが、ただリストに載らないように振る舞っているだけである。

つまり、すべての支配層は多国籍企業に通じている。

そのため、多国籍企業にとって素晴らしいことは、支配階級にとっても無条件に素晴らしいことでもある。

その多国籍企業がグローバル化を求めているのであれば、すべての支配階級がグローバル化を一心不乱に推進するのは当然のことである。


なぜ多国籍企業にグローバル化は重要なのか?

では、なぜ多国籍企業にグローバル化は重要なのか。もちろん、「市場」が全世界に広がれば広がるほど成長と利益が手に入るからだ。

そして、全世界の人間が「共通の文化」を持っていればいるほど、同一製品を大量生産することができて低コストで利潤を追求できるからだ。

さらに、全世界に進出できるようになると、賃金の安いところで工場を作り、賃金の高いところで商品を売るという芸当も可能になる。

多国籍企業にとってグローバル化は自分たちが「より儲ける」ために必要不可欠のものなのである。だからこそ、多国籍企業の所有者である支配階級は、全力でグローバル化を推し進めることに余念がない。

その国の文化や伝統など、そんなものはグローバリストにとっては邪魔な存在でしかない。

文化や伝統のような独自のものが強く残っていると、その文化や伝統に商品をローカライズしなければならないのでよけいなコストがかかる。

コストを消すためにはグローバル化を推進して、価値感も文化も「同じ」にするのが一番だ。

国家の力が強大であると、国が地場産業を守るために関税をかけたり保護貿易を進めたり多国籍企業に寄生をかけたりするので、国家も邪魔になる。

多国籍企業にとって、すでに「国家」という概念は自分たちの邪魔なものになっている。だから国家を弱体化させ、ブロック化させ、最終的に国家を単に地域の役場レベルにまで弱体化した方が良いとグローバリストは考える。

こうした多国籍企業の圧倒的な影響力を背景に選ばれたのが先進国の政治家たちである。

先進国の政治家たちが揃いも揃ってグローバリズムを推し進め、それに対して何の疑問も抱かないのは、そういう人間だけを支配階級が「選択」しているからである。


難民受け入れに反発する国民をどう押さえるか?

そういった目で、現在のヨーロッパで起きている移民や難民の大量流入を見ると、こうした難民を受け入れるというのはグローバリストにとっては「素晴らしいこと」であることであると気付くはずだ。

大量の「安い賃金で働く人間」がなだれ込み、大量の「消費者」が生まれる。

しかも難民が増えれば増えるほど、ヨーロッパが持っていた伝統や文化というものは破壊され、難民たちが持っていた文化もヨーロッパの文化に触れて薄められていく。つまり、両方が同時に画一的な文化に染まっていく。

これは、多国籍企業にとって都合が良い展開だ。

もちろん、30万人も難民が一気になだれ込んで来るのだから、ただでは済まない。

現在のヨーロッパは大混乱に見舞われており、難民が増えるに比して難民排除の動きもまた活発化してヨーロッパ圏は「難民崩壊」する可能性がある。

それでもヨーロッパの政治家たちが大量難民を受け入れるのは、そうすることによって国が混乱しても「多国籍企業は儲かる」からである。

しかし、大量の難民が押し寄せてしわ寄せを受け、難民の受け入れに反発する国民をどのように押さえるか……。

最近、グローバル・メディアは、トルコ海岸で死んだシリア難民の三歳児の死をクローズアップして、「難民を受け入れないと悲劇が繰り返される」「難民を助けなければならない」という洗脳工作を一挙に繰り広げている。

そして、難民の流入に反対する人間は「かわいそうな三歳児を見なかったのか。人間としての感情がないのか」と吊し上げて非難する世論形成を作り上げている。

かくしてユーロ圏には大量の難民が押し寄せても、それに反対することはできなくなっていく。そして、多国籍企業はモノを売る人間が数十万人も増えて歓喜に湧く。

世の中は多国籍企業が儲かる方向で動いている。資本主義社会の支配者は、多国籍企業だからである。


今後、難民の受け入れに反対する人間は、この写真を突きつけられ「かわいそうな三歳児を見なかったのか。人間としての感情がないのか」と吊し上げられることになる。


66. 2015年9月28日 16:56:06 : b5JdkWvGxs

英語化は植民地政策だ 施光恒

9月 28th, 2015 by 月刊日本編集部.


英語化は植民地化政策だ

―― 施さんは『英語化は愚民化』(集英社新書)を上梓し、英語化に警鐘を鳴らしています。


施 結論からいうと、英語化は植民地政策の一環です。安倍政権は様々な面で対米従属を深めています。経済面ではTPP、軍事面では日米ガイドラインと安保法案、そして文化面でも英語化という形で対米従属が進行しているのです。

 しかし言語の問題は政治や経済とは訳が違います。国語は国家、民族、歴史、伝統、文化の根源だからです。

 フランスの作家アルフォンス・ドーデの小説『最後の授業』では、普仏戦争後にフランスからドイツに割譲されることになったアルザス・ロレーヌ地方の小学校でのフランス語の最後の授業が描かれます。そこで教師は児童にこう語りかけます。「フランス語は世界中でいちばん美しい、いちばんはっきりした、いちばんしっかりした言葉である。だから君たちはこれを守りつづけ、決して忘れてはならない。なぜなら民族が奴隷になったとき、国語さえしっかり守っていれば、自分たちの牢獄の鍵を握っているようなものなのだから」と。

 現在の英語化は「英語公用語化」といっても過言ではないほどです。このまま英語が日本語を駆逐していけば、私たちは「牢獄の鍵」をうしない、対米自立の道が断たれます。日本的なるものは滅びるか、滅びないまでも再起不能になり、そのあと日本列島に残るのはアメリカの植民地ということになってしまうのです。


―― それでは英語化の現状から伺えますか。


施 現在、日本社会全体で英語化が進んでいます。企業では今年7月、ホンダが楽天やユニクロに続いて社内で英語を公用語とすることを決定しました。

 教育分野でも同様です。政府は早ければ2018年以降小学校5年生から英語を正式科目とする方針です。さいたま市や岐阜市のように小学校一年生から英語の正式教科化を進めている地方自治体もあります。英語のみで英語の授業を行う「オールイングリッシュ方式」はすでに高校では導入されていますが、今後は中学でも採用されます。

大学教育については下村文科相が一昨年、一流とされる大学は、今後、10年のうちに5割以上の授業を英語で行うようにすべきだと述べています。また、文科省も「スーパーグローバル大学」構想なるものを打ち出すなどして、授業の英語化を進めるよう各大学の尻を叩いています。

その結果、京大は一般教養科目の2分の1の英語化を目指していますし、東大理学部化学科に至っては昨年秋からすでに全授業を英語に切りかえています。各学会でも、最近は「研究発表は日本語ではなく英語でやるべきだ」という風潮が強まっています。

 行政も例外ではなく、近い将来、国家公務員から地方公務員まで英語化が進む恐れがあります。今年度からはキャリア官僚になるための国家公務員総合職試験ではTOEFLの活用が始まりました。またTPPには「政府調達(公共事業の入札)」という項目があり、TPPに加盟すれば国家レベルの公共事業だけではなく、地方自治体レベルの小規模な公共事業も国際入札で行われるようになり、行政文書も英語化されていくでしょう。

 さらにクールジャパンムーブメント推進会議という政府の有識者会議は、公用語を英語とする「英語特区」を企画し、「公共の場での会話は英語のみに限定する」「販売される書籍・新聞は英語媒体とする」と提案しています。いわば「日本語禁止特区」です。自ら「アメリカの租界」を作っているようなものです。

英語化で日本の国力は地に落ちる

―― しかしグローバル化の時代を生き抜くには、英語力を高める必要があるという声が大きい。


施 いや、逆に英語化は日本の国力を落とすでしょうね。まず日本人の学力が格段に落ちる。ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏は、中国や韓国の研究者から「どうしてアジアで日本だけが次々と受賞者を輩出できるのか」と尋ねられ、「日本人は母国語で専門書を読むことができるからだ」と思い当ったと話しています。

 本来、人間の可能性は母語の中でこそ最大化します。どんなに上手でも日本人にとって英語は外国語です。外国語である以上、英語で日本語より深い思考をすることはできない。スーパーグローバル大学は「世界レベルの教育研究」を行うために「英語で授業を行う」と謳っていますが、英語化は日本の知的レベルを下げる一方でしょう。

また政府は「グローバル人材」を育てて経済力を上げたいようですが、GDPの上位五カ国はアメリカ、中国、日本、ドイツ、フランスです。一方、英語を公用語として使っているアジア・アフリカ諸国のGDPは低い。

 そもそも英語力と学術や経済の力とを結びつける発想が間違っています。……
http://gekkan-nippon.com/?p=7080


67. 中川隆 2015年10月04日 06:33:01 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

フルボッコ植民地からの脱出 2015 年 10 月 04 日


戦争法に反対する動きが継続しており、多少の希望は持っている。しかし、野党、特に民主党、の状況を見ると日本の政治に働きかけるだけでは立憲主義の回復、廃案などにはならないだろう。

戦争法案の採決時の様子を見ても、中途半端なfilibusterや牛歩戦術の不採用など反対は表面上のものでしかなかった。小沢一郎は以下のようなことを言っていた。

「もちろんまだ、総理や大臣、議長、特別委員長など、参院に5つも6つもの問責決議案を出して裁決させないように粘ることはできる。参院の本会議を来週金曜まで延ばせれば、連休に入る。連休になれば、反対している国民がドッと国会周辺に集まるだろう。27日の会期末が迫り、官邸は追い込まれる。」

詰まるところ。反対運動が盛り上がって収拾がつかなくなる可能性があるシルバーウィーク前に決着をつけることを自民と合意した上での「プロレス」であった思わざるを得ない。民主党もご主人様には逆らえず反対の演技をさせていただき選挙で全滅しないようお情けをいただいたということであろう。

このような状況に鑑みると、安部反対、野党頑張れと行ったところで全く無駄である。日本の政治状況は、アメリカというお釈迦様の手の上でお猿が「政争演舞」をしているようなものである。中国もロシアももう日本など植民地と認識して日本政府など相手にしていない。

日本国民として注力すべきは、反植民地運動である。過去の半植民地運動を参考にして植民地からの脱出を目指すしかない。植民地状態こそ諸悪の根源である。自民党も民主党も官僚、マズゴミも全て我が身かわいさのために植民地統治に手を貸している。

アメリカ大使館へのデモが最も効果的な反対運動だが、官邸に押し寄せる人たちも宗主国の総督府になぜか押し寄せない。表に出ず、傀儡を使っていることの見事な成果というしかない。

しかし、何もしなければ、植民地のままである。自国の都合によって植民地は戦力は持つなと言ってみたり、やっぱり持って宗主国様の戦争を手伝えといってみたり、宗主国製品をもっと買うよう制度を変更しろと言ってみたり、されたい放題である。以前は、代償として多少の経済的繁栄を引き替えにもらっていたが、ご主人様の凋落と嫉妬の中でそのようなおこぼれも許されなくなり、毟られ放題の惨状である。端的に言えば今のように半分気が狂ったご主人様に仕えて振り回されるのは、日本にとってbad dealなのである。
http://www.asyura2.com/15/senkyo194/msg/252.html


68. 中川隆 2015年10月17日 14:42:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

内田樹 子供たちよ、英語のまえに国語を勉強せよ。
http://family.president.co.jp/blog/online/9666/


何年も「英語の重要性」が叫ばれているが、子供の英語力は向上しないどころか、むしろ後退気味……。一体、その原因はどこにあるのか?

「日本語力の低下と深い関係がある」と教育について数多くの著作を持つ、思想家の内田樹さんが分析。英語以上に国語の重要性を力説する彼に、その真意を問う。


内田 樹(うちだ・たつる)
思想家、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。1950年、東京生まれ。専門は、フランス現代思想、ユダヤ文化、映画、武道等、幅広い。

「英語を学べ」とメディアをはじめ社会も、文部科学省も騒ぎ立てる昨今。特に文科省は2002年から、「英語が使える日本人」の育成のための戦略構想を発表しているが、子供たちの英語力が向上したかと問われれば、甚だ疑問だと答えるしかない。大学生にしても、英語力についての評価は高いのに英語力そのものは低下し続けるばかり。この矛盾した事態はなぜ起きたのか?

英語力が下がった理由は「英語を学ぶと将来的に有利」などと、英語力を実利に結びつけるようになったからである。学習の“報賞”があらかじめ開示された場合に、子供たちはいかに効率よく“報賞”を手に入れるかを考える。最小の学習時間で、最大の効果を求めるようになり、最も費用対効果のよい学習法を探すようになる。書店に「6週間でTOEICのスコアが100点上がる方法」と「3週間で100点上がる方法」が並んでいれば、ためらわずに「3週間」の本を選ぶだろう。「聞き流すだけで英語力が上がる」とか「居眠りしながら英語力が身につく」とかいう商品が市場にあふれている。これらはすべて「最小の学習努力で最大の効果」をめざしている。頭がいい子ほどその傾向は強い。その結果、子供たちに「英語ができるといいことがある」というアナウンスをすればするほど、彼らの英語学習時間が短くなるという奇妙なスパイラルが生じたのである。

かつての「英語が好き」な子供たちは、誰に言われなくても英語の小説を読み、英語の音楽を聴き、英語の映画を観て、厚みのある英語力を身につけた。そのようにして得た英語力は試験の点数にそのまま反映されるわけではない。無駄が多すぎたからである。入学試験に出るはずのない「無用の知識」を大量に含んでいたからだ。けれども、その「試験には出ない知識」が彼らの英語力の厚みを形成していた。

あらかじめ“報賞”を開示すれば、子供たちは必ずそこに至る「最短距離」を探すから厚みがない。だから、「この教科を勉強すると、いいことがある」という誘導のしかたはしてならないのである。今学校で教えている教科の中で「成績がいいと金になる」と露骨に効用が示されているのは英語だけだ。近代教育史上、今の英語ほど実利と有用性がうるさく言われている教科は存在しない。

英語力の低下より深刻なのは国語力の低下である。だが、これについては「国語力をつけるといいことがある」という類いの利益誘導はほとんど見ることができない。それは「日本人なのだから、自分は日本語がうまく使えているはず」「母語運用能力には差などない」という思い込みがあるからだ。でも、実際には英語以上に大きな差がある。

母語はあらゆる知性的・情緒的なイノベーションの培養基である。私は母語によってしか「喉元まで出かかったアイディア」を言葉にすることができない。後天的な努力によって英語で読んだり、書いたり、話したり、場合によっては考えたりすることも可能だが、英語で“創造する”ことはできない。母語を話すときだけ、私たちは「それまで存在しなかった語」や「それまで発音されたことのない音韻」を口にすることが許される。それでコミュニケーションが可能であり、ニュアンスが正しく伝わるのであれば、「文法的に間違った言い方」をすることも許される。その「間違った言い方」が広く使われるようになれば、いずれ辞書に載ることもある。そういうことは外国語では起きない。私たち非英語話者は英語に新しい語彙(ごい)を追加することもできないし、文法的に間違っているが“言いたいことはわかる”言い回しを英語話者に受け容れさせることもできない。母語は話者に思考の自由、アイディアの創造を保証する。だから、母語が国際語である人々はその時点ですでに国際競争におけるアドバンテージを握っているのだ。英語が現在国際共通語であるのは、イギリス、アメリカという英語国が20世紀世界の覇権国家だったからである。それにインターネットの共通言語が英語になってしまった。これによってかつては国際共通語として競合していたフランス語、ドイツ語はその地位を失った。

英語=母語が国際共通語である国民は政治交渉でも、経済活動でも、学術活動でも、あらゆる点で優位に立つことができる。国際的なネゴシエーションも、商取引も、学会発表も、すべて母語で行うことができる特権がどれほどのものか、私たちのようなマイナー言語の話者にはとても想像が及ばない。だから、英語話者たちはこの特権を決して手放さない。英語ができれば世界中どこでも誰とでもコミュニケーションができるという言い方は、フェアで民主的なコミュニケーションのルールであるかのように見えるけれど、実際には英語話者があらゆる領域で優位性を保持し続けるためのトリックなのである。

言語は政治的なものである。だから英語話者たちは英語圏の政治的優位を固定化するために、英語学習について強い方向性を打ち出している。それは英語教育を「読み書き」から「会話」中心にシフトさせるという流れである。これはどこでも植民地支配に際して宗主国が植民地住民に対して行ってきたことである。植民地住民に読み書きを教えた場合に、優秀な子供であれば短期間に宗主国の言語を習得し、文学や哲学や宗教書まで読んで理解できるようになってしまう。読み書き中心で語学学習した場合に、植民地住民が宗主国民を知的に圧倒するという事態が出現しうる。植民地の現地官僚が名前だけ知っていて読んだことがないような古典を諳(そら)んじてみせる現地人というのは、彼らにとって「悪夢」である。だから、「会話」を教えるのである。宗主国の言語を会話学習に限定している限り、植民地住民が知的に宗主国民を脅かすという事態は絶対に起こらない。あらゆる会話局面において、ネイティブ・スピーカーはノン・ネイティブスピーカーに対して、その発音の誤りを正し、語彙選択の不適切を指摘し、話の腰を折って「そんな言い方はしない」とコンテンツごと否定する権利を留保できる。オーラル・コミュニケーション中心で宗主国語を教える限り、圧倒的にネイティブ有利な言語の政治が実現するのだ。

日本人は古来さまざまな外国語を採り入れてきた。漢字を“やまとことば”にはめ込むハイブリッド言語を作り出し、明治維新後は猛然たる勢いで欧米のテクニカルタームを漢字二字の熟語に置き換えて、感動的な質と速度の翻訳事業を成し遂げた。このとき「読み書きはいいから、会話中心で外国語教育は行うべきだ」というような理屈がまかり通っていて、人々が外国人とネイティブの発音に近い会話をすることに知的努力を集中していたら、日本はいまだ蛮国のレベルにとどまっていたであろう。

英語教育のモデルとしてよくあげられるのがシンガポールである。住民の多くは中国の福建省や河南省にルーツを持つ中華系だが、公用語は英語であるおかげで東アジアの経済的・学術的中心となっている。しかし、そのことの代償もシンガポールの中国人たちは支払っている。今の若者たちは祖父母と共通の言語を持っていない。先祖が書いた日記も手紙も読めない。先祖伝来の食文化や生活習慣も希薄化している。

文芸評論家の江藤淳は、母語で読み、書き、語ることで伝来の文化に触れる経験を「死者たちとの共生」と呼んだ。その意味でシンガポールの若者たちは「共生すべき死者」を今は持っていない。だから、シンガポール文学というものがない。シンガポール音楽というものもない。シンガポール美術というものもない。オーケストラもあるし、立派な美術館もあるが、楽団員は海外から集めてきた人たちであり、収蔵品は金で買ってきたものである。国民をどうやって国民的に統合するのか、それがシンガポールの最大の悩みだ。

また、フィリピンは久しくアメリカの植民地であったから、人々は英語を話す。しかし国際化が進んでいると言うことができるかどうか私にはわからない。フィリピン人はタガログ語という母語を持つが、日本の明治維新のときのような翻訳文化がなかったために、タガログ語では政治や経済や学術を語ることができない。だから、政治家も官僚も学者もみな英語で話すほかない。これを幸運と言うべきなのか、悲劇的と呼ぶべきなのか。たとえば漱石も鴎外も荷風も読めない日本の若者たちを想像してみるとよい。彼らが自国文化へのつながりを実感し、自国文化への誇りを持つことはずいぶん困難になったであろう。

母語の運用能力を上げるためにどのような方法があるか。1つは音読である。無文字言語というものは存在するが、音を持たない言語は存在しない。言語の本質は音である。古典をひたすら音読すると、意味はおのずとわかってくる。同僚の日本文学者が授業で樋口一葉の『たけくらべ』を読ませたところ、学生たちが「意味がわからない」と言う。でも、音読させたら意味がわかったと顔を輝かせたそうである。音読の最良のかたちは謡曲だろう。能楽の謡(うたい)は「謡うエンサイクロペディア」である。漢籍仏典、記紀神話、万葉集、古今集、源氏平家、伊勢物語から近世に至るまでの文学・宗教・歴史の基礎教養を謡って覚えることができる。話芸を聴くこともリズミカルで響きのよい日本語を習得するうえで効果的である。落語でも歌舞伎でも、「こういうふうに語るとグルーブ感が出る」という消息は、名人の話芸を聴いて習得するのが最も効果的である。

話を英語に戻そう。私自身は、今日本の学校で行われている英語学習に疑問を抱いているが、国際共通語の必要性と有用性はもちろん認めている。そのうえで、英語ではなく、「リンガフランカ」を学習するということを提案している。これは非英語圏の人たちが英語によって意思疎通を果たすことをめざすコミュニケーションのための言語のこと。かつてヨーロッパではラテン語がそうだった。ラテン語は死語であり、それを母語とするものがいなかった。だから、ラテン語で意思疎通する人たちは誰もアドバンテージを持たなかったのだ。「リンガフランカ」はPoor Englishと言い換えてもいい。とにかく通じればいい。発音がいいとか悪いとか、そういう言い回しはしないとか、文法的にどうだとか、そういうことを言わない。

「リンガフランカ」の授業では、教師は決して生徒の発音の間違いや文法上の間違いを指摘しない。身振り手振りも、絵を描くことも、コミュニケーションに資するふるまいはすべて許される。そして、点数も成績もつけない。この授業で、オーラル・コミュニケーションの基本は身につくはずである。その後“正しい英語”で古典を読み、政治や経済や学術の専門的なテキストを読むといった、授業に移行する。これで、日本人の英語力は今よりずいぶん向上するはずであるし、物怖(お)じしない英語話者が誕生すると思う。

しかし、英語より前に、母語=日本語の学習が大切だ。


69. 中川隆 2015年10月29日 10:27:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

NEVADAブログ 2015年10月29日


留学生者数


日本の海外留学生数は約6万人とされており、2004年のピーク(83000人)に比べ2万人以上少なくなっていますが、行き先も様変わりしたとなっています。

今まではアメリカ向けが半数を占めていて一番人気だったものが、今やその比率は35%にまで落ち込み中国向けが一番人気となったと報じられているのです。

このアメリカ向け留学生減少の理由の大きな理由に学費の高騰があると言われていますが、円高の時でもアメリカ向け留学生は減少していましたので、実際は別のところにあると言えます。

即ち、ただ英語がしゃべれましても企業からすれば仕事が出来なくては採用しないからです。

以前帰国子女を採用したことがありましたが、仕事能力は全く期待するレベルには達していませんでした。話せてもまともな文章を書けないからです。

これはよく聞く話で、日本語の能力が足らない人間が英語(会話能力)をマスターしましてもビジネスでは使えないからです。

結果、企業からすれば、留学生や帰国子女を採用することを減らし、外国人で優秀な者を採用した方がよいとなりつつあるのです。

今や日本は中国への留学生が増えているようですが、今後中国語はできるがまともな仕事がないという日本人留学生が増えるかも知れません。

何故なら優秀な中国人が出てきているからです。

日本では東大に匹敵する大学を出て英語、日本語ができる中国人が多く出てきており、しかも向上心が強く日本人より遥かに働くということになれば、誰も日本人留学生を採用しません。

そのうちに日本人が中国企業の中で下働きをするようになる時代がくるのでしょうが、これも一つの時代の流れかも知れません。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/


要するに、大学や社内で日本語だけで研究や開発業務をしていれば日本人に敵う民族は世界に存在しないのですが、日本人が英語や中国語を学んでバイリンガルになったらフィリピン人やアフリカ黒人程度の能力しかなくなってしまうのですね。


70. 2015年11月14日 10:56:07 : b5JdkWvGxs


【施 光恒】「上級国民」による政治? 投稿日: 2015/11/13


TPPについて政府は、どうも逃げの一手のようですね。
ここ数日、話題になっていますが、臨時国会、結局、開催しないようです。

臨時国会召集見送りへ、週内にも判断=政府・与党筋(ロイター、2015年11月12日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/12/extraordinary-diet-idJPKCN0T103320151112

リンク先のロイターの伝えるところによると、政府は、11月10日、11日の二日間に開催した衆参両院での「閉会中審査」で、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などをめぐる議論は「出尽くした」と判断したとのことです。

臨時国会を開かないのは、2005年以来10年ぶりですので、とても稀なことです。上記のように、政府は、「議論は出尽くした」とか、あるいは「わざわざ臨時国会を召集までして議論するテーマがない」「安倍首相の外遊が多く、日程が合わない」なとど言っています。

これ、残念ながら国民軽視、民主主義軽視ですよね。
(-_-;)

TPPは、先月初めに「大筋合意」に至りましたが、合意内容や、TPPが国民生活に及ぼす影響など、不透明なことばかりです。また、自民党が、2012年12月の衆議院選挙のときに掲げていた公約は守られていないように見えますが、その検証の必要も大いにあるでしょう。

どう考えても、臨時国会を召集して、大筋合意の内容や国民生活への影響についてきちんと説明すべきです。

また、TPP問題に詳しい弁護士・岩月浩二氏が、最近、ご自身のブログで指摘していますが、政府は、合意された条文(「暫定案文」)をきちんと翻訳していません。日本語では大幅に短縮された「概要」が読めるだけです。

(岩月浩二氏のブログ『街の弁護士日記』の2015年11月8日付の記事「政府は日本語訳を開示せよ TPP「暫定案文」」)
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2015/11/post-8876

「暫定案文」の全体は、2000頁以上あると言われていますが、日本語訳された「概要」は97頁しかありません。政府のHPには、「暫定案文」については、ニュージーランド政府のホームページに英語で全体が出ているからそちらを参照せよとリンクが貼ってあるだけです。

(内閣官房「TPP政府対策本部」のHP「TPP協定暫定案文等の公表について」)
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/tppinfo.html#201511kyoutei_zanteiban

これもおかしいですよね。TPPについてきちんと国民に説明する気がないとしか思えません。

「暫定案文」全体を、正確かつ読みやすい日本語に翻訳し、公開するというのが、TPPをめぐる国民的議論を深める大前提ですが、政府は、それを怠っています。

先日発表された今年の「流行語大賞」の候補なかに、「上級国民」という言葉がありましたが、「これからの政治は、英語が達者な「上級国民」だけで決めるから、一般国民はだまっとけ」ということなのでしょうかね。
(+_+)

日本語訳ができていないということは、おそらく、おおかたの日本の国会議員も、自分の関心のある分野であっても、「暫定案文」にほとんど目をとおしておらず、理解もしていないでしょう。

また、岩月弁護士のブログでも指摘されていますが、TPPの正文は、英語とスペイン語とフランス語となるようです。日本語は、排除されます。これも大問題だと思います。

経済規模からみて、日本は、TPP域内で米国に次ぐ第二位の地位を占めています。なぜ、日本語が排除されてしまっているのでしょうか。政府は、「日本語も正文に含めるべきだ」という当然の交渉をしなかったのでしょうか。

控えめを美徳とする日本人には「日本語も正文言語に含めるべきだ」と主張することがはばかられるというのであれば(国際交渉でそういう遠慮は必要ないと思いますが)、せめて、EUのように、多言語主義を採用すべきだと主張し、TPP交渉参加国12カ国のすべての公用語をTPP域内の公用語として認め、全部の言葉で正文を作るべきだというぐらいの主張はできなかったものでしょうか。なんか情けないですね…。
(´・ω・`)シカーリシロオ…

TPPと言語の問題に関してさらに言えば、TPPの「政府調達」(公共事業の入札など)関連の案文では、やはり調達計画の公示は英語を用いるように努めるべきだと規定されています。

(内閣府HPにあるTPP協定の「全章概要」の第15章7条「調達計画の公示」(53頁)に、次の文章があります。「調達機関は、対象調達ごとに、附属書に掲げる適当な紙面又は電子的手段により調達計画の公示を行うこと、締約国は、調達計画の公示に英語を用いるよう努めること等を規定」。)

TPP発効後は、地方自治体が行うようなかなり小規模の公共事業の公示や入札手続きに伴う事務であっても、英語が使用できなければならなくなるのでしょう。日本の政府や自治体には、かなりの負担になるはずです。(業者に頼んで英訳してもらうことになるのでしょうが、財政負担は多額となるでしょう。米国をはじめとする英語圏諸国の業者がここで大いに儲けるんでしょうね)。

おそらく、入札後の事務手続きも、英語が使えないと文句を言われることになりますので、そこも英語化されていくのではないかと思います。やはり、日本でも、英語が次第に事実上の公用語となっていきそうです。

なぜ、ここでも政府は、やすやすと「調達計画の公示」は「英語を用いるよう努める」という条文を認めてしまったのでしょうか。英語国が一方的に有利になり、日本語を含む非英語圏は不利になります。せめて、「政府調達の文書は英語と同時に日本語でも作る」とかあるいは、それが利己的でいやだというのならば「TPP加盟諸国の公用語すべてで作成する」とすべきだったのではないでしょうか。

国際交渉の場では、国民のために主張すべきことを主張せず、国内では、国民に十分な情報を与えず、議論の場からは逃げ回る。そして国民に対しては、「グローバル化の時代だから、これからは外に打って出なければだめだ。英語がしゃべれなければ失格だ!」などとしたり顔で説教をする。

なんか最近の日本の指導者層は、非常に劣化しています…
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/11/13/se-69/


71. 中川隆 2015年11月20日 10:59:47 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

グローバリスト官僚 2015-11-20


『グローバリズムは国民経済を弱体化させるのみならず、国民を、

「国境を越えた移動が困難で、母国語(日本の場合は日本語)を話し、労働と対価としての所得で生活する国民」

 と、

「国境を越えて移動が可能で、母国語ではなくグローバル言語(現在は英語)を話し、労働の対価としての所得ではなく、資本利益(配当など)で生きていくグローバリスト」

 に二分化する。国民が英語を話す「少数派グローバリスト」と「それ以外の多数派の国民」に分断され、各国の安全保障や社会保障が揺らいでいくのだ。安全保障や社会保障は、国民の「共同体意識」なしでは成立しない。すなわち、ナショナリズムが重要なのだが、グローバリズムは国民の連帯感を破壊する。』


 
 11月20日の日本農業新聞の「小話往来」に、信じがたい記事が載っていました。


『小話往来「日本語軽視が露呈」

 政府が「日本と米国がリードした」(安倍晋三首相)と誇るTPP交渉。実際、日米で参加12カ国の国内総生産(GDP)合計の8割近くを占め、日米の批准がなければ発行しない。しかし、大筋合意した協定文には「英語、スペイン語 およびフランス語をひとしく正文とする」と定め、日本語は入っていない。

 19日の民主党経済連携調査会。篠原孝氏(衆・長野)が「(日本語を)要求してけられたのか」とただすと、外務省の担当者は「日本語を正文にしろと提起したことはない」と認めた。

 同省は以前、日本が遅れて参加したことを理由に挙げていた。だが、同様に後から参加したカナダは一部地域でしか使われないフランス語も正文に認めさせた。矛盾をつかれても同省は「カナダには政治的に非常に重要な課題だ。日本語をどうするかという問題とは文脈が違う」と言ってのけた。

 政府自ら自国の言語を軽視しているともとれる発言に岸本周平・同調査会事務局長は「今のは聞かなかったことにする。議事録から削除」と切り捨てた。(東)』


 いかがですか?


 「2016年 」の国民の二分化。グローバル言語を話す「グローバリスト」と、日本語を使う「日本国民」とに、現実の日本で国民が二分化されていっていることが分かると思います。


 当たり前ですが、TPP交渉において、交渉に当たる外務官僚は、「日本国民」を代表する立場です。あるいは、カナダの交渉官もまた、カナダ国民を代表する立場にあります。


 カナダでは、ケベック州などがフランス語を公用語として定めています。とはいえ、メインの言語は圧倒的に英語になっています。


 そのカナダですら、国内の「一部の国民」のために、TPPの正文の言語としてフランス語を押し込んだわけです。カナダの交渉官が「カナダ国民」を代表している以上、当然だと思います。


 日本農業新聞の記事にもある通り、TPP協定はアメリカ、もしくは日本国が批准しない場合は、失効となります。それに対し、カナダは別に抜けたところで、他の国々が批准すれば、TPPは発効します。


 それにも関わらず、TPP協定の正文について、日本の外務官僚は「日本語」を要求しなかったわけです。しかも、国会で、

「カナダには政治的に非常に重要な課題だ。日本語をどうするかという問題とは文脈が違う」

 と、発言した。すなわち、外務官僚は、

「日本国民は、別にTPP正文を日本語で読む必要がない」

 と、判断したことになります。


 別に「売国奴」という話ではないと思います。むしろ、問題はより深刻で、彼ら外務官僚は、

「日本国民は英語を話し、国境にとらわれず、グローバルに生きることが正しい」

 と、勝手に思い込んでいるグローバリストなのです。彼らは、日本国民が日本語ではなく、英語で生活、ビジネスすることを「正しい」と思い込んでいるわけです。結果、国民国家としての日本国が壊れていっています。


 すでに、日本では教育分野における「英語化」が進められています。同時に、「国」を背負って外国との交渉ごとに当たる外務官僚までもが、日本語を軽視する。


 もちろん、日本国や日本語を軽視する官僚は、文部科学省や外務省にばかりいるわけではありません。と言いますか、日本を軽視するグローバリスト官僚が「いない」省庁を、わたくしは思いつくことができないでいます。


 国土交通省の官僚ですら、この自然災害大国日本の国土を守る立場にありながら、

「日本の土木・建設企業が潰れても、外国企業から土木・建築サービスを提供してもらえばいい。自然災害の発生時にどうするか? もちろん、自然災害の際には我々を助ける契約にしておけばいい」

 と、信じがたいまでに安全保障軽視なセリフを言ってのけた人物がいます。


 それにしても、日本農業新聞の外務官僚の発言を読むと、我が国が冗談抜きで「亡国の危機」に瀕していることが分かります。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12097581104.html


72. 2015年12月03日 09:33:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw

許していいのか TPP合意文書「日本語訳」がない驚愕 2015年12月3日 日刊ゲンダイ


 TPP大筋合意を受けて、安倍首相は「攻めの農業に転換し商品の輸出額を1兆円にする」などと吠えているが、そんな中、とんでもない事実が明らかになった。合意文書の全容が日本語で公開されていないのである。臨時国会も開かず、議論から逃げ回っているうえに、文書も翻訳しないとは怠慢の極みというか、よほど後ろ暗いことがあるとしか思えない。「英語化は愚民化」(集英社新書)の著者で九大准教授の施光恒氏は、「これぞ、TPP交渉の本質」と看破した。


■政治家は誰も読んでいない?


 政府は11月5日にTPP合意文書の概要を公開しましたが、2000ページに及ぶ正文(英語)の翻訳は作成されていません。日本語に翻訳されたのはわずか97ページの「概要」だけですが、正文も100人ぐらいの翻訳者を動員すればあっという間にできるはず。やっていないのは、そもそも説明する気がないのでしょう。大筋合意した以上、いまさら覆されたくない、内容に関して突っ込まれたくないのだと思います。


 これだけ大量の英語の文書に、政治家が目を通しているとは思えません。官僚だって、全容をきちんと把握している人はいるのだろうか。だとしたら、検証も何もない。これだけ重要かつ広範な領域にわたる条約の正文を英語のまま放置したうえに、臨時国会も開かないのですから、とんでもない話です。


 農業分野では各県のJAから自民党の公約違反という声が噴出していますが、農業以外の分野はどうなっているのか、ちっとも伝わってこない。合意事項は7年後に見直すといいますから、なおさら懸念は膨らみます。


 たとえば、医療問題。政府は「国民皆保険は守る」と繰り返していますが、TPP発効後、政府が薬価を取り仕切る今の制度は障壁だといわれる可能性は否定できない。「医薬品の償還価格(日本では薬価)」の決定ルールについて将来、協議を行うことが日米間の交換文書に記されているのです。


 こうした懸念事項を政治家、マスコミ、そしてもちろん一般市民が十分に議論して、TPPという条約を批准すべきか議論するのが民主主義です。しかし、日本語訳がなければ始まりません。政治的に重要な文書を英語のまま放置するのは、英語の分かる「上級国民」だけが政治に参加する資格があり、英語の分からない「愚民」はつべこべ言うなと、安倍政権が考えているからなのでしょう。


 そもそも、大筋合意文書に日本語がない、ということもおかしいのです。正文は英、仏、スペイン語だけ。日本はTPP経済圏の中で、経済規模は2番目に大きいのですから、交渉過程で日本語も公用語にしろと主張するべきでした。


 TPPでは、政府調達の入札手続きにも英語での公示文書を作ることが努力義務として課せられる。入札だけでなく、その後の行政手続きも、すべて英語との併用を義務付けられていくのでしょう。こんなふうに、小さな自治体から霞が関まで日本中が英語化されれば、参入してくる外資に対して、日本人は国内でも競争や交渉に負けることになるでしょう。日本の国力は地に落ちます。言語という問題ひとつとっても、TPPが日本にとってロクでもないものであることがわかります。


73. 中川隆[1094] koaQ7Jey 2015年12月07日 15:58:40 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[147]

日本語の科学が世界を変える (筑摩選書) 2015/1/13 松尾 義之 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B-%E7%AD%91%E6%91%A9%E9%81%B8%E6%9B%B8-%E6%9D%BE%E5%B0%BE-%E7%BE%A9%E4%B9%8B/dp/4480016139

フランクライアン著の「破壊する創造者:Vilolution」以来、久し振りに読んでストレートに入ってくる納得の内容でした。

  何故、日本人はガラパゴス的民族性なのか?のかなり近い過去の行動がよくわかります。

  何故、英会話が苦手な日本人が日本語思考で英語論文を書くことができ、しかもノーベル賞を取り続けることが出来るのか?

  何故日本人より圧倒的に英語が得意のはずの某隣国では出来ないのか?

  この内容は何故日本人が独特の先端技術を磨くことが出来たか、そしてガラパゴスになれたの、かなり明解に理解させてくれます。

  本の帯に「はじめに」の抜粋が転記されていたので転載します。
http://garapagos.hotcom-cafe.com/30-2.htm


この溢れんばかりのガラパゴス的な考え方は日本人の面目躍如と言って差し支えないだろう。

  家内と英会話のレッスンをコンゴ人を父に持つアフリカ系イギリス人に習っていた時、2人で感じたのは、

  「日本人は、日本語のみで全ての思考・表現をすることが出来る、だから英語なんて話せる必要がなかった。」

  「英語が読み書き出来れば十分だね」でした。

  このレッスンは、残念ながらアフリカ系イギリス人が日本で就職先を見つけられず失意の帰国をしたため、3回で終わってしまった

  この時に、感じた「何故日本人は英会話が下手なんだろう?発音の仕方、口の周囲の筋肉の使い方が違うことが大きいんじゃないか」

と形質学的な考察をしていたのですが、実は、全ての西洋文明・思想・思考が江戸時代の先人の手によって日本語で正確に体系ずけることが出来ていたからだった、と言うことなのです。

  つまり、日本人は日本語だけで西洋文明を日本語化し、自分たちの物にしてしまっていたのです。だから独自に発展することがいとも簡単に出来たのです。

  日本語だけで文明・文化の全てを表現することが出来るからこそ、ガラパゴス化が可能になったのです。この意味することはガラパゴス化は恥じることではなく、胸を張って良いことだ、ということなのです。


  また、朝日新聞に萱野稔人氏が書いていた書評を転載します。
http://garapagos.hotcom-cafe.com/30-2.htm


74. 中川隆[1094] koaQ7Jey 2015年12月11日 15:11:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[217]

「日本(自国)の文化を語れることが外国人の尊敬を得るために一番重要」というのは本当か?


よく言われる、「外国文化や外国語を勉強するよりも日本(自国)のことを学び、語れるようになりなさい。それが外国人の尊敬を得るために一番重要なことです」という話は、本当でしょうか。

私は疑問です。勿論、日本のことに特に興味がある外国人に対する場合にはその通りかもしれません。しかし、一般論としてそういうことが言えるのかどうか。

例えば、あなたが日本でパーティーを開き、いろいろな外国人を招待して歓談していたとします。今なら、中東は今後どうなるのだろうとか、ヨーロッパは変わってしまうのだろうか、ロシアはどこまでやるのか、アメリカ大統領選挙は、というような話題が、誰もが食いつける一般的な話題でしょう。

ところが、客の中に、タイから来た学生が一人いて、タイの文化や歴史、プミポン国王の得の高さというような話ばかり持ち出してくる、イスラム教の話になると、タイ南部のムスリムがいかに悪党で怠惰で無教養な連中かを語り、しかし我々タイ人は彼らにも寛容なのだ、などと自慢をするとしたら、一座の人はどう思うでしょうか。白けるでしょう。途上国の無教養な学生だな、と思われて終わりです。

しかし、世界に受け入れられている「微笑みの国」(実態は全く逆ですが)、「仏教国」「小乗仏教」「国王が尊敬されている」という枠組を逸れない範囲で、他の客の予想をしていることを上手に喋れば、気の利いた若者と思われるだろうと思います。

日本について語る場合も同じことです。

まず、外国人に語るのだから外国語ができることが第一です。
そして相手が日本に対して持っているイメージを追認してやることが有効です。

集団で行動するとか、個人より全体を重視し、上下関係を重んじるとか、アニメの文化が優れているがそれとともに児童ポルノが野放しにされているという憂うべき事態がある、とか言えば、欧米人は満足してくれるはずです。さらに、日本人が視覚的な技芸に秀でているのは、日本語が読み書きを中心として発達した言語であるからだろう、などという、相手の予期していない情報もすこし付け加えておけば、知的な人と見られるかもしれません。

しかし、基本的には、相手が持っている先入観の大枠を逸脱しないことが大事です。

特に欧米人相手の会話では、この「基本枠」を壊すような発言は禁物です。

無作法な野蛮人と見做され、以後完全に無視されるようになり、場合によってはすぐに出ていくように言われるでしょう。

だから、外国人に好かれるために日本について語れるようになるということは、対象外国人が日本をどう見たがっているかをよく知るということにほかなりません。それができても、愛されるというレベルであって、尊敬されるというレベルではありません。

外国人の尊敬を得るためには、ギリシャ、ラテンの古典に通じていることが有効だと言われています。実際欧米の知識層にはギリシア語、ラテン語に通暁していて、古典を暗唱しているような人が少なくないようです。日本でも、私が大学に入ってマルクスと格闘していた時、東大法学部に入った人は翻訳ながらキケロを読んでいました。この差だといえます。

自然な会話の流れの中で古典教養がにじみ出てくるようになれば、ちょっとした会話で尊敬を得るようになれるのだと思います。もちろん、知ったかぶりや通ぶりではダメです。

よく言われる「日本(自国)のことを学びなさい」は、外国語や外国文化の勉強を疎かにする口実でしかありません。

大人になってから外国語を本当にマスターするには30年位かかると言われています。

だから、そういう説教をする者自身、自分が怠ける口実を探している可能性が高いのです。しかし、いやしくも知識人を志すなら、30年の語学修行程度は乗り越えるべきでしょう。そこまでやって初めて、外国の文化も自国の文化も見えてくるのだと思います。
https://kuantan2007.wordpress.com/2015/12/11/%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%88%e8%87%aa%e5%9b%bd%ef%bc%89%e3%81%ae%e6%96%87%e5%8c%96%e3%82%92%e8%aa%9e%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%b0%8a/


75. 2015年12月11日 15:40:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[218]

【施 光恒】民主主義の終わり 2015/12/11
From 施 光恒(せ・てるひさ)@九州大学


前回のメルマガ記事では、大筋合意が得られたTPPの条文(暫定案文)に日本語訳がないことを問題にしました。また、TPPの正文は、英語、スペイン語、フランス語であり、日本語が入っていないことも指摘しました。

去る12月3日の衆議院の審議(内閣・農林水産連合審査会)で、ほぼ同様のことを、福島伸享議員(民主)が取り上げています。

福島議員と甘利明大臣のやりとりが大変興味深いので、下記のリンク先の動画をぜひご覧ください。


「衆議院TV インターネット中継」(2015年12月3日(木)、上から七番目の福島伸享議員の質疑。TPP案文の翻訳に関することは、福島議員の質疑開始の5分30秒後あたりから12分後ごろまで。甘利大臣の答弁は8分後あたりから。)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=45355&media_type=wb


まず、福島議員が、「概要だけではなく、TPP案文全文の日本語訳を公開するのか、しないのか」について尋ねます。

すると甘利大臣は、だいたい、次のように回答します。

「英語っていうのは世界共通語でありますから、この種の条約をするときにはですね、日本とどこかの国の二国間協定でも日本語が使われない場合がある。TPP協定の場合は、正文は英語、スペイン語、フランス語だが、解釈問題が生じたときは英語が優先するということになっています。ですから、スペイン語、フランス語でやってもですね、この主張がこうだとおっしゃっても、英語が優先することになっております」。

つまり、甘利大臣は、質問をはぐらかし、そのうえで「TPP協定の条文解釈権は英語のみにある」ということを強調します。

甘利大臣の答弁は、質問に対する回答になっておりませんので、福島議員はあらためて下記のように質問します。

「TPP域内では日本の GDP は非常に大きい。日本語を正文に加えるべきだという交渉をなぜしないのか。正文にしないというのなら、仮訳でもいいから、なおさらすぐに日本語に翻訳して、国民的議論を巻き起こすのが日本国の政治家としての役割ではないか」。

再び答弁に立った甘利氏は、「日本語訳についてはTPP協定が署名されてから出す」と述べたのち、さきほどと同じことを繰り返します。

「例えば、(TPP条文の)フランス語と英語の解釈が違ってきた場合には、英語が優先するんですよ、これは。どういう解釈の違いだと競った時には、英語が優先するんですよ。これは大事な話ですよ、本当に」。

このように、「解釈権は英語にあるのだ」と繰り返す甘利氏の回答は、まとはずれな印象を与えるものです。TPPの案文だけでなく、甘利氏の言葉も翻訳が必要なようです。たぶん甘利氏は、以下のように言いたいのでしょう。

「英語は、世界共通語である。フランス語やスペイン語が英語と並んで正文に加えられる一方、日本語がそうならなかったからといってフランス語やスペイン語を羨んだり、日本語が正文から落ちたことで私を責めたりしてはならない。フランス語やスペイン語が正文に加えられたと言っても、解釈権は世界共通語たる英語にあるのであり、実質上、フランス語やスペイン語も日本語と変わらないのだから」。

甘利氏のこの発言、大変情けないと思います。

特に、「英語が世界共通語である」などと、日本の責任ある政治家がすんなりと認めてしまっていいのでしょうか。

ビジネスマンの発言ならまだ理解できます。しかし、政治家は、それも「国家百年の計」たる TPP交渉を指揮する政治家が、「英語が世界共通語である」と公言してはばからないのは大問題です。

確かに、現在の世界では、事実上、ビジネスや政治の言葉として英語は大いに優勢です。ですが、いうまでもなく、これは、日本をはじめとする非英語国の国民に一方的に不利な立場を押し付ける不当な、公正ではない世界のあり方です。

だからこそ、TPP交渉を指揮する政治家や、実際に交渉に当たる官僚は、

「せめてTPP域内では、日本人が活躍しやすい場を作り出してみせる! 
日本語や日本の商慣習がなるべく認められ、日本人がなじみやすく能力を発揮しやすい環境を実現するぞ!
日本企業や日本人の海外進出が少しでも楽になるように後押しするのだ!!」

というぐらいの気概をもつべきだったのではないでしょうか。

TPP域内では、日本は、アメリカと並んで圧倒的な経済大国です。こうした主張をしてもまったくおかしくなかったはずです。

それなのに、最初から、「英語は世界共通語だから」と言っているようでは、ハナから交渉になりません。

くわえて、TPP条文の最終的な解釈は英語条文に依拠するということも、これも、日本など非英語国にとっては、非常に不利なことです。この不利益も、もっと強く意識し、他の非英語国と連携のうえ是正できなかったのでしょうか。

TPP条文は、今後、法的には、日本の国内法よりも上位に来ます。

我々の生活を律するかなり多くのルールが、我々の日常感覚では判別できない英語の微妙な解釈に左右される恐れが出てくるわけです。これは民主主義の観点から、とてもまずい状況です。

日本語も正文として認めさせ、そして正文として認められた言語には、それぞれ同等の解釈権を付与すべきだ、と主張し、交渉するべきでした。

11月20日付の三橋さんのブログでも引用されていましたが、『日本農業新聞』の記事(2015年11月19日付)の伝えるところによると、外務省の担当者は、TPP交渉で「日本が日本語を正文にしろと提起したことはない」とあっさり認めています。

外務省は以前、日本語が正文に含まれないことについて、日本がTPP交渉に遅れて参加したことを理由に挙げていました。しかし、これはその場しのぎの言い逃れだったようです。日本と同様、後から参加したカナダは、ケベック州などの国内の一部でしか使われていないフランス語も、正文として認めさせました。

矛盾を突かれた外務省は、『日本農業新聞』のこの記事によれば、フランス語話者に配慮することは「カナダには政治的に非常に重要な課題だ。日本語をどうするかという問題とは文脈が違う」と言い放ったそうです。ひどい話ですよね。

現在の日本の指導者層の人々は、悲しいかな、ホント「内弁慶」ではないでしょうか。国内では

「若い人は内向きでけしからん!」
「グローバル化の時代だから、これからは中小企業も外に打って出ろ!」
「攻めの農業だ!!」

などと、とても勇ましく国民を煽るのに、国際交渉では、将来の日本人の生活を大いに左右する言語の問題であっても、やすやすと譲ってしまいます。
(-_-;)

TPP 条文の日本語訳の公開は、結局、甘利氏が述べているように、TPP 協定の署名後になるようです。

それまでは、国会議員を含む大多数の日本人は、TPP の全容を理解するためには、難解な法律用語からなる膨大な英文を読み込まなければなりません。

大多数の日本人にとって、TPP条文の全容を把握し、吟味することは、実際上、非常に困難です。TPPの内容に関し、十分な国民的議論ができるわけがありません。

そして、TPP条文の日本語全訳がやっと公開されたあかつきには、政府は、まず間違いなく、今度は次のように言って国内の異論を封じるのでしょう。

「TPPの内容については、これはもう国際的に決まったことだから、つまり、いわば『国際公約』なのだから、いまさら覆すことはできない。 他の交渉参加国に迷惑をかけるわけにはいかない!」

このようにして、日本国内の制度や政策は、十分な民主的審議を経ることなく、グローバルな投資家や企業にのみ有利な形にどんどん変えられていくのでしょう。

ほんと、ヤレヤレですね…
(´・ω・`)
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/12/11/se-70/


76. 中川隆[1963] koaQ7Jey 2016年3月18日 11:46:01 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[1928]

【施 光恒】グローバル化は中世化 2016/03/18


拙著『英語化は愚民化』(集英社新書)で述べたことの一つに、

グローバル化やその文化面での表れとしての英語化は、

なぜか一般的には「進歩」とか「歴史の必然的流れ」とか思われていますが、

その実、全く逆で、中世的世界への逆戻りと考えたほうがいいのではないか

ということがありました。

中世ヨーロッパでは、ラテン語を話す聖職者や貴族などの各地の特権階級が一種の「グローバル・エリート」層を形成していました。そして、各地の未発達の土着語(英語やフランス語、ドイツ語などの元になった語)しか話せない庶民を、社会の中心から排除していたのです。

近代社会とは、この状態が変わることを通じて成立しました。
宗教改革における聖書の翻訳は大きなきっかけでした。

ラテン語で書かれていた聖書を、ルターやティンダルらの宗教改革者が、ラテン語(あるいはギリシア語やヘブライ語など)から庶民の日常語である土着の言葉に聖書を翻訳していきました。

ラテン語などからの知的な用語が、各地の土着語に移植され、それによって、庶民の日常語が知的なものとなっていきました。

これに伴い、ラテン語ではなく日常の言語に根差した社会空間が各地に成立します。

ここでは、多くの普通の人々は、社会の中心から排除されることなく、自分たちの知的能力を磨き、発揮し、社会参加できるようになります。

こういう状態が生じてはじめて、多くの人々の力が結集され、活力ある近代社会が登場してきたわけです。


しかし、現在の世界で進む英語化は、英語をかつてのラテン語のような「グローバル・エリート」の言葉とし、英語が不得手な者を、社会の中心から排除していきます。

日本のような英語国ではない国では、「英語階級」と「非英語階級」(日本では「日本語階級」)といった形に国民が分断されます。

そして、おそらく大多数を占める「非英語階級」は、政治や経済の中心から排除されるわけです。ちょうど、中世のヨーロッパのような社会になってしまいます。

拙著『英語化は愚民化』では、こんな感じで、グローバル化や英語化は、実は、社会が良くなる「進歩」などではまったくなく、逆に、中世のような社会への逆戻り現象だととらえたほうがいいのではないかと書きました。

今回のメルマガで何が言いたいかといいますと、最近、やはり

「グローバル化は、進歩どころではなく、中世化に過ぎないのではないか」

とよく考えます。そう考えられる現象が多々あるのではないかということです。


この点で一つ興味深かったのは、

郭洋春氏の『国家戦略特区の正体――外資に売られる日本』(集英社新書、2016年)
http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%89%B9%E5%8C%BA%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93-%E5%A4%96%E8%B3%87%E3%81%AB%E5%A3%B2%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%83%AD-%E6%B4%8B%E6%98%A5/dp/4087208206

という本のなかの農業改革についての記述です。

国家戦略特区のなかには、新潟市や兵庫県の養父(やぶ)市や秋田県の仙北市のように、農業改革を主眼として指定されたものがあります。これらの農業改革の試みで規制緩和のテーマとして挙げられているものの一つは、「農地の集積・集約、企業参入の拡大などによる経営基盤の強化」です。

つまり、米国のような大規模農業を日本にも導入して効率化を図り、日本の農業の国際競争力の強化を狙うものです。

こうした「農業の大規模化」について、著者の郭氏は、「世界史的に見ても、農地解放運動の歴史に逆行する行為」(107頁)だと指摘しています。

確かに、日本を含む多くの国では、農地解放、つまり大規模な土地を所有する地主の下で働かざるをえなかった小作農に土地を分け与え、自作農にすることこそ、農業の近代化であり、民主主義の社会にふさわしいものだと考えられてきました。

国家戦略特区構想などで進む農業改革は、株式会社の農業への参入が一つのテーマです。大企業が参入することによって、農業は大規模化し、効率化されます。

そこではもちろん、土地所有者ではない人々が、低賃金で働くことになるのでしょう。昔の「地主」と「小作人」の復活とも見て取れます。

郭氏は、

「効率化が目的とはいえ、日本の農業を再び大規模化するというのは、農地解放運動さらには民主主義の歴史に対する挑戦といってもいいだろう」(同頁)

と記しています。


このように、TPPなどグローバル化の中で進む日本の農業改革も、一種の中世化かもしれません。中世ヨーロッパで見られたような、大地主と農奴の再現といったら少々言い過ぎでしょうか。

こういう「中世化」というか、歴史の逆行のようなものは、他のところでもいろいろと見られます。

国家戦略特区でいえば、例えば「解雇規制の緩和」や「労働時間規制の緩和」(残業代ゼロ)などの労働規制の緩和の流れもそうでしょう。

高校生のころ、「現代社会」や「世界史」の時間に、労働者の権利や社会保障受給権などを総称して「社会権的基本権」ということを習いました。また、社会権的基本権は、20世紀になって定められたということで、「20世紀的人権」ともいうと学びました。

私の高校時代は、1980年代後半でまだ20世紀でしたので、「なるほど、社会権的基本権とは、新しい、現代的人権なのだな」と思っていました。

しかしこれ、21世紀になった今あらためて考えてみると、

「20世紀に徐々に認められてきたが、21世紀になるとだんだんと削減され、なくなっていく」

という意味で、労働者の権利などの社会権的基本権は「20世紀的人権」と呼ばれているのだと理解したほうがいいかもしれません。

経済のグローバル化が進み、資本の国際的移動が自由になると、各国政府は、資本の海外流出を避けるために、あるいは外資を呼び込んでくるために、グローバル企業が「ビジネスしやすい」環境を作ろうとします。つまり、グローバル企業に都合のいい環境を作っていきます。

そこで、各国は、労働者の権利や社会保障を徐々に削っていくのですね。
人件費も削減されますので、労働条件は、悪くなっていきます。

これも、「中世化」への流れの一つとみることができるでしょう。

こう考えてくると、最近、自民党が、「移民受け入れの議論を始めるべきだ」と言い始めているのも、この流れのもう一つの現れといえそうです。

近代社会とは、一般庶民が、社会の中心メンバーとなり、自分たちの言語や文化のうえに国を作り、民主主義の下、国を運営していく社会です。つまり、各国では、人々が「我々は同じ国民だ」という連帯意識を持ち、「自分たちこそ社会の主人公だ」と考え、政治を動かしていくわけです。

しかし、経済のグローバル化の名のもと、移民を大規模に導入すれば、こうはいきません。一般的に、国民の連帯意識は薄れ、団結が難しくなります。人々はバラバラになり、政府に意志を伝えにくくなります。

移民受け入れを推進する側の狙いの一つは、このように、移民を受け入れることによって、国民を分断し、連帯しにくくすることだともいえるでしょう。

国民の連帯を分断すれば、政治に文句がつけられることが減りますので、労働者の権利や福祉の削減、人件費の引き下げ、移民のいっそうの受け入れなど、国民に不人気な政策が、その後、やりやすくなります。

また、各種の社会保障などの福祉は、おおもとでは、国民の相互扶助意識に根差しています。つまり、人々のもつ「同じ国民だから、助け合おう」という意識こそが、福祉の基本にあるものです。

移民を大規模に導入することによって、国民の連帯意識を壊してしまえば、社会保障を減らしていくことは、ますます容易になっていきます。

実際、近代社会の成立の一つの前提は、国民意識の確立でした。
国民の連帯があってはじめて、民主主義や福祉(平等)も成り立つのです。

以上のようにみてくると、やはり、「グローバル化は中世化」と言えるでしょう。


一方には、英語を操り、土地に縛られず、愛国心も持たず、世界を飛び回って大金を稼ぐごく少数の「グローバル・エリート」がおり、

他方には、社会の中心から排除され、(英語で構築された)知的な世界から切り離されて自信を失い、低賃金でこき使われ、打ちひしがれ、バラバラの大多数の一般庶民がいる

という世界です。

「グローバル化」って言葉、本当に最近、ますますいやになってきました…

どうにかしないといかんですね
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/03/18/se-73/


77. 中川隆[2265] koaQ7Jey 2016年4月09日 03:22:07 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2271]

ラーメン一杯2千円…ニセコ、ほぼ完全に外国化?外国人だらけ、日本人にもパスポート要求

2016.04.09 文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント Business Journal


 スキーシーズンが終わろうとする3月末、雪を求めて北海道に渡った。何十回、何十年と北海道へ滑りに出掛けているが、今回選んだのはニセコスキー場だった。ニセコなら雪不足の心配はないと踏んだとおり、3.6メートルもの積雪量に恵まれた。


 私のスキー歴は長い。ニセコに初めて来たのは48年前、最後に滑ったのが41年前のことで、勤めた会社がニセコのスキー場のひとつを買収してそこでのスキー指導に出かけた。ニセコを長年敬遠してきたのは、新千歳空港から2時間半という遠さに尽きる。


■ラーメンが2300円、「日本は物価が安い」?


 ニセコスキー場は4つの大スキー場の総称だ。北海道の西側、倶知安町とニセコ町にある。日本海からの偏西風が初めてぶつかり、世界一と評される粉雪を降らせるのがニセコアンヌプリ山(1308メートル)だ。その山頂付近でつながる、花園、ヒラフ、ビレッジ、アンヌプリの4スキー場で「ニセコユナイテッド」を形成している。それぞれのスキー場で最高標高のリフトからは森林限界を超えているので、山頂まで広大な斜面が広がっていて、ほかのスキー場では望めないような絶景を生み出している。


 半世紀もたてばどんな町でも表情を変えるが、ニセコの変貌には驚いた。合わせてゴンドラが3基あり、リフトはそれこそ縦横に掛け渡されている。半世紀前にスキーを担いで2時間かけて山頂まで歩いた時代とは雲泥の差である。


 さらに驚かされるのは、外国人スキーヤーの多さだ。「ここは日本か?」と思うような情景だ。ヒラフの町並みの変容にも驚いた。近代化ではなく外国化という方向への発展である。レストランや居酒屋が並び、それらの看板には大きく英語表示がなされている。内装も西洋風でなければ、西洋人に受ける日本風といった趣だ。中に入れば、これも西洋人だらけだ。ついで、香港、マレーシア、シンガポールなどからのアジア人富裕層、最後に日本人スキーヤーという構成となる。

「ニセコの町は英語仕様」


 町を歩けばマッサージ店と不動産業者の店舗が目に付くが、それらの看板にも英語表記がなされている。


 当地にオーストラリア人とニュージーランド人が多いのは、あちらでは夏休みとなっているので、2週間程度の夏休みを滞在型で過ごすビジターが多いからだ。ニセコの4大スキー場である花園スキー場のベースにあるHANAZONO308という大きなレストランに入ったら、大型テレビが無数にディスプレイされ、そこに流れている映像はすべて英語のものだった。


 ここでの人気メニューが蟹ラーメンで、その価格が2300円だった。現地関係者に聞くと、外国人ビジターたちは「日本の物価は安い」と言いながら口にしているという。


 ニセコにまでスキーに来るような外国人たちは、世界中へ旅行に行くような層だ。たとえば英ロンドンや仏パリなどではビジネス・ホテル程度のシングル・ルームが3万円以上したり、ロンドンの地下鉄の初乗り料金が4ポンド(約650円)するという状況を知っているので、2300円のラーメンでも安いと思うのだろう。彼らからみれば、私たち日本人のほうが貧しいと思える状況がニセコでは現出しているのだ。


■土地価格上昇が日本一


 昨年3月18日に国土交通省が発表した「平成27年地価公示」で、住宅地の上昇率でニセコが全国1位となった。花園スキー場に隣接する別荘地の地価が平成27年に20%近く値上がりしたのである。各国の富裕層がニセコ地区に別荘を建てたり、コンドミニアムを購入しているのだ。4大スキー場のひとつも「ヒルトンニセコビレッジ」とよばれ、ヒルトンホテル・グループが運営を受託している。


 豪州だけでなく欧米でニセコの知名度、人気は急上昇している。「ワールド・スキー・アワード」誌の15年版で、リゾート部門では3年連続で1位に選ばれた。宿泊施設でも高級デザイナーズ・ホテル「ザ・ヴェール・ニセコ」が2年連続で、50室以上のホテル部門では「ヒルトンニセコビレッジ」が3年連続で、ロッジ部門では「セッカカン」が2年連続1位に選ばれるなどだ。


 外国資本の視線も熱い。ヒルトンビレッジは旧名をニセコ東山スキー場といって旧コクド系だったが、07年にシティグループに売却され、10年にはマレーシアの建設コングロマリットYTLコーポレーション傘下に入った。ヒルトンは運営を受託している。


 4スキー場のなかで、花園とヒラフは「ニセコグラン・ヒラフ」として東急不動産が運営している。このうち花園のほうは香港の不動産開発会社パシフィック センチュリー プレミアム ディベロップメンツが所有しているが、運営委託先をパークハイアットに変更して19年からはパーク ハイアット ニセコ HANAZONOとして展開することが決まっている。


 アンヌプリスキー場は、かつてモイワスキー場という名で、その後外資も含めて所有者と名称の変更が繰り返された。そのなかに前述した私の旧社もあった。いまでは地元資本の中央バス観光開発株式会社が経営しているが、湧き立つブームでいつ外国資本に売り渡されるか、予断を許さない。


■パスポート事件


 今回ニセコに来て思い出されたのは、新潟県湯沢地区のスキー場で起きたリゾート・マンション・ラッシュだ。バブル時代に雨後の筍のように湯沢や石打、岩原などのスキー場にマンション群が林立し飛ぶように売れたが、今ではその取引価格は初期の10分の1程度だともいわれる。


 今回のニセコ行きに先立ち、インターネット上でホテル情報を探した。あるホテルの「口コミ」として次のような投稿を見た。ニセコスキー場のホテルでチェックインしようとしたところ、フロントにいた西洋人の若者から、「パスポートを提示してほしい」と要求されたというのである。客が「私は日本人だ」といっても、「パスポートを」と何度も繰り返されとても不愉快だったという投稿だ。


 オーストラリア租界となってしまったニセコである。私たちは異国に遊ぶような感覚で出かければいい。
http://www.asyura2.com/16/hasan107/msg/349.html


78. 中川隆[2268] koaQ7Jey 2016年4月09日 10:39:15 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2274]

ニセコ外人向け高級別荘 Taiga Niseko
http://www.taigaprojects.com/ja/


一方、こっちが北海道の別荘地の日本人向け物件:

北海道に移住! 温泉付き田舎暮し物件情報
http://www.daidou.net/p009-0000-0.html


79. 中川隆[2278] koaQ7Jey 2016年4月10日 15:24:41 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2293]

2014年08月28日
ここは海外?!倶知安町ひらふの「ニセコスーパーマーケット&デリ」
http://www.hokkaidolikers.com/articles/2396


The Niseko Supermarket & Deli
https://www.facebook.com/TNSandD


北海道 虻田郡 倶知安町 字山田190-4 四季ニセコ1F

電話 0136-55-8235


地図
https://www.google.com/maps/place/42%C2%B051'36.3%22N+140%C2%B042'21.4%22E/@42.860089,140.7037643,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0


倶知安(くっちゃん)町の中心部から南西方向に約10km。地元の人が「山」と呼ぶ、ひらふのリゾートエリアに品揃え充実のニセコスーパーマーケット&デリが2013(平成25)年12月に開店し、コンドミニアム滞在客に人気です。

店での接客は英語に完全対応し、買物客の多くが外国人。

海外のような光景が見られるお店で話を聞きました。


外国人客に特化した倶知安初のデリ

売場を束ねる事業部長の徳永菜公子(なおこ)さんと、スタッフ小林笛(ふえ)さんのふたりに迎えられ、ニセコスーパーマーケット&デリ(以下:デリ)へ。お洒落な店内を進むとチーズやパン、肉や新鮮野菜がケースに並び、海外のスーパーのような雰囲気です。

「お客様が自国で過ごすのと同様な快適さを、ひらふ滞在中に感じられるよう食材を揃えています」(徳永さん)。

各国に名が知れるようになった NISEKOを一言でいうと、

ニセコアンヌプリ山(1,308m)を取り巻く東西南北およそ10kmの山麓。

そこに花園、ひらふ、東山、五色、昆布などの温泉群と、スキー場や宿泊施設など数々の魅力が点在する一大リゾート地。

「地区は違っても外国のお客様には全てNISEKOという認識ですね」と小林さん。


▲瑞々しい野菜も出揃います。POP類は英語と日本語の表記

外国人客の滞在中に必要な、食材やデリ(洋風惣菜)、雑貨品などの品揃えがお店の自慢。棚にないものは3日以内に手配します。

デリが開店した2013年暮れのスノーシーズンには、食材を買う滞在客で長蛇の列に。

冬のピークを過ぎても人気が続く店内では、流暢な英語とさわやかな笑顔で接客を行います。

▲ひらふ初の365日開店のデリは、滞在客の心強い味方!

▲肉の厚みに“文化”の違いを感じます

小林さんと棚を巡ると、商品の大きさにびっくり!

例えばオージービーフは1枚400gを超える塊。
ほかにも七面鳥が1羽入った袋など、日本のスーパーでは見ない商品に驚きの連続です。

▲外国人に人気の黒ラベルは箱積み


滞在1ヶ月はザラ。ひらふステイの魅力

「お客様の多くは雪を目当てに毎年冬に来る人や、冬をきっかけに NISEKOに魅せられ夏に再訪する人たち。

国籍はオーストラリアやシンガポール、香港や東南アジアなど多彩です。

ここ1、2年で北米やヨーロッパからのお客様も増えてきています」と話す徳永さん。

▲蝦夷富士の別名をもつ羊蹄山(1,898m)はNISEKOのランドマーク(※提供写真)

近年この地を訪れる人は香港やシンガポールを中心とする中華系の観光客で、オーストラリア人に次いで多く、年々増加しています。

さらに急伸が見られるマレーシアやタイなど東南アジアからの来訪も多く、彼ら富裕層の多くは英語を話します。

そのため、倶知安町一帯の観光で必要な言語は中国語より英語という土地柄なのです。

ちなみに平均滞在は約1ヶ月、中には3ヶ月に及ぶ人もいて、なんとも羨ましい限り!

▲羊蹄山が窓一面に広がるリッチなコンドミニアム(※提供 四季ニセコ)

▲大きなキッチンもあり滞在中は料理も可能(※提供 四季ニセコ)


ひらふ一帯の歴史を少し遡ると、1970年代以降ニセコアンヌプリを活用した4つのスキー場が開発。一大リゾート地として国内外に知られるようになりました。

国内ではバブル崩壊やホテル経営主体の移転やスキー人気の陰りもありますが、各国から人びとが訪れる限り、NISEKO は成長し続けるリゾート地なのです。

▲デリが1Fに入る「四季ニセコ」。
周辺は旅館、民宿、ペンション、ロッジ、コンドミニアム形態など約100軒が建ち並びます


買い物客に聞いてみよう!

店内に話を戻し、ラム肉2kgと野菜、ビールとワインをこの日買った、コンドミニアム滞在者のクリスさんとジェイさんに、小林さんが声をかけて滞在の感想を聞いてみました。

▲今回は2週間で短期のステイと気さくに話してくれたクリスさんとジェイさん

「オーストラリアのゴールドコーストから2週間、仲間4人でヒラフのコンドミニアムに滞在しているよ。ゴルフやマウンテンバイク、登山などのアウトドアを満喫して、これからビールを片手に羊蹄山を眺めながらBBQさ!」

と、笑顔で答えてくれました。


▲滞在中ひんぱんにデリを訪れて会話を楽しみます

今度は女性のお客様に、ひらふステイでの様子を聞いてみました。

「香港から1週間の家族旅行で、都会の喧噪から逃れて緑の中のんびりしに NISEKO に来ました。このお店はフレッシュハーブやシリアルなどの種類が豊富だし、なじみある商品が多くてありがたいです。ここは涼しくて最高!」(フィオナさん談)。


▲香港から来たフィオナさん一家は、ひらふで1週間の滞在

このように、ひらふに滞在する期間それぞれの国のスタイルで寛ぐことを尊重し、食を中心に生活する上で「ちょっと欲しい・あったら嬉しい」ものに対応できるお店がデリなのです。


秋への移ろいもNISEKOの魅力

冬だけでなく、恵まれた自然を使ったカヌーやラフティング、キャンプ、自転車、トレッキングなど、夏の終わりからや秋にも楽しみがあります。


近年はアウトドアや不動産業でビジネスを始める人もいて、倶知安やニセコで働く外国人は着実に増加中。

外国人が所有する施設も増えたため、建物に「歌舞伎」や「魂」といった、ちょっと変わった名前がつけられている点もユニークです。

そこは日本にあって、日本ではない。

インターナショナルなリゾート地、倶知安町ひらふエリアを訪れる機会があったら、ぜひニセコスーパーマーケット&デリを覗いてみてください!
http://www.hokkaidolikers.com/articles/2396


80. 中川隆[2414] koaQ7Jey 2016年5月10日 09:38:07 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2659]

「英語はアホが話す言語」
 

GW中に大学時代の仲間と会いました。

彼は偏差値はうんと低かった人間ですが、大学を卒業してから単身音楽留学をして、英語は話せるようになりました。

その彼から、出てきたのが表題の言葉でした。

その彼が、自分と他愛もない会話をしているときに、

“I'm happy to hear that.”

と言いました。そこで、

「その表現はネイティブ的に正しいのか?」

「確かに日本の教科書的には“それを聞けてうれしいよ”が正解かもしれないが、不定詞が使われているのだから、本来“喜んでそれを聞こう”というニュアンスが自然なんじゃないのか」

と問いました。

すると、彼が答えたのは

「どっちでもいける。日本の教科書でもおまえが言ったのもどっちも取れるし、そんなこと誰も気にしない」

と言いました。

「英語はアホやねん。あいつらみんな基本アホやから。俺みたいにな。」

「だいたい、数え切れないほどの民族が話している言語なんだから、文法も使い方も何通りも生まれてしまっている。」

と続けました。


「では、一体英語では何をコミュニケーションの核にしてるのか。」

と聞きました。すると、

「ニュアンスとか感情とかではないな。たぶん、事実だけだ。」

と答えました。

「誰が何をどうした、どうなった」
「何が起こったか」
「これは〜〜しました」
「これがそれです」
「これは違います。」
「つまり、“ホウ・レン・ソウ”のようなものだ」

というのです。

彼は続けて、

「東南アジアの後進国の人間だってしゃべってる。アホなやつらが、アホなりにでもできるコミュニケーション、それが英語だよ。英語は誰でもできるようになる。だって、オレが普通にしゃべれるようになってんで」

と笑いながら言いました。


そして、

「日本人が英語が苦手なのは、アメリカ崇拝してるからだ。何かすごい言葉を話しているように感じて、難しそうな勉強をしているように感じるから。

あと、英語できるくらいで『あの人はすごい』『自分は英語できてすごいだろ』みたいな風潮があかんねん。

英語はアホでもしゃべれる言葉って思わないから、苦手なんねん。思い込みやで。」

「おまえだって、英語は単語でほぼ伝わるの知ってるだろ」

と、皮肉たっぷりに言いました。


アホが話す英語。「そんな英語を話せるようになるために、必要なことは?」と聞きました。

■とにかく、speaking と会話。「自分はへたくそ」という前置き。

「まず、何より話すことだと思う。とにかくspeaking が大事だ。
自分が英語を話している。英語で何かを言っている、という感覚が大事だと思う。そんで、次に相手に伝わっているという感覚。」

「日本人は前置きしといたらよい。しゃべれないから、失礼なことを言うかもしれない、と言っておけば、大体伝わる。相手がこっちを受け取ろうとしてくれる」

ということ。


英語で、以下のような失敗談を話してくれた。

大学の授業で、「大学の記事を何でもいいから書け」というものがあった。そこで、大学の警備のおじさんにインタービューに行った。

「最近、なんか事件ありましたか。」

「自転車がよく盗まれている。」

そこで、彼は日本語で「セキュリティは大丈夫だったのか?」と聞こうとした。そのときに英語で

「Did you check〜〜」

と言ってしまった。すると、相手は

「私がちゃんと仕事していなかったって!?」

と怒ってしまった。ここでも、英語が“事実重視”の言語であることを思い知った。だから、「私は英語が下手です」と前置きしておけば、こういうことも少なくなる。

■音読と文字、両方で取り入れる。

音読しながら理解すること。自分の言っていることを自覚しながら音読していく。これを毎日やることが一番速いと思う。

アメリカでは、発音は人や人種によって違うし、あらゆる民族が使うから、発音だけ認知するのは実は結構難しい。

だから、テレビには必ず字幕がついている。それを見ながら、瞬時に英語を取り入れていく。

聞き取りが大事というが、聞き取りだけはきつい。人が伝えていることを音声プラス文字で取り入れていった方がいい。

だから、長い文章を見ながら聞いて、話していく。

この繰り返しをしていると、意味や表現が自分のなかで、広がっていく。少し慣れてきている人とかは英語字幕の英語とかでもよいと思う。


文法よりも、話す。目で読むだけでなく、話す。

アホの言語を克服するには、話すことがまず大事で、「こいつらアホやねんな」と実感するのが一番いいというのが面白い話でした。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=315042
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=315043


81. 中川隆[2415] koaQ7Jey 2016年5月10日 17:20:19 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2660]


説得の必要から長口上が登場し、数個の文言をつなぐ接続詞や関係代名詞が生み出された。
 

日本語の場合は、関詞「て」を使っていくらでも文言をつないでゆくことが出来るが、伝わり難くなるので、できるだけ一文言を短く区切って接続詞でつないだ方が良い。それに、一つの文言が長過ぎて伝わり難い場合、短く切って接続詞でつなぐのは万国共通の不文律であるとも云える。これは、文章作成において心得ておくべきポイントである。

他方、侵略戦争に直面して、能力や説得が重視されたセム語や印欧語では、説得のための優先動詞を発達させただけではなく、更に関係代名詞を作り出したが、その結果、関係代名詞の後により詳しい説明が長々と続くような文体が、普通になっていった。

(日本語の場合は、いったん文章を切って、接続詞でつなぐのが、普通である。)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=314959


英語における文法規則の半壊と前関詞の多用と構文の不明化
 

力にまかせて侵略してきたノルマン族(英語)では、相手に対する配慮は不要なので、冠関詞も、動詞の語尾変化も(過去形以外は)消滅していった。

近代以降も、英米は武力支配によって世界覇権を握っていったが、そこでは特に成果を問う可能・許可や、支配のための義務や使役・受身などの優先動詞、あるいは説得のための否定・断定の優先動詞や関係代名詞が発達した。

また、常に力にまかせて侵略していったので冠関詞や人称による動詞の語尾変化などは廃れてゆく。(現在の英語には、三単現のSしか残っていないが、アメリカの黒人などはそれさえ無くなりつつある。)

また、同じ一つの前関詞を多様な意味を持たせて使い廻してゆく。

つまり、それら侵略・支配が常態化した英・米語では、冠関詞も動詞の人称変化もわずかしか残っていない。

加えて、関詞の消滅を補うべく前関詞を発達させ、一つの前関詞に多様な意味を持たせることになった。

つまり、英・米語は文法規則が半ば壊れてしまった言語であり、従って構文が非常に分り難い言語である。


従って、日本人が英語を習得するためには、語順の違いだけではなく、優先動詞と前関詞の使い方に習熟することが不可欠になる。

もちろん、それらが話し言葉の中で習得されるべきものであることは云うまでもないが、聞いているだけでは習得はできない。習得するための最速方法は、伝えたい何かを始めはブロークンでも何でも良いから、とにかく英語で話してみることである。

☆単語については、語幹と派生語の一覧も有効か?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=314995


82. 中川隆[2468] koaQ7Jey 2016年5月16日 20:23:06 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2720]

移民を先兵に領土を奪ってきたリアルな歴史

米国は移民を先兵にテキサスとハワイを手に入れた


――移民を受け入れることは「人道的に正しいこと」というイメージがあります。

しかし、現実には移民は“武器”と言えませんか。
茂木先生は著書の中で「テキサス共和国」について触れています。

米国は、当時はメキシコ領だったテキサスへの移民を拡大。これは合法的なものでした。人口でメキシコ人を上回ると独立を宣言し、米国への加盟を申請し、28番目の州になりました 。

 ハワイでも同様のことをしています。大量の移民を送り込んだ後に「ハワイ革命」を起こし、米国の50番目の州となった 。

茂木:おっしゃる通りです。ロシア系住民が多いクリミアをウクライナから分離してロシアに併合したプーチン大統領も、当然、これらの歴史的事実を意識していたでしょう。

 加えて、一帯一路政策は純粋な経済政策ではないことも、ロシアの恐怖心を高めていると思います。例えば中国企業が、「一帯」の西端に位置するギリシャ最大の港、ピレウス港を買収しました 。ロシアから見ると、ロシア艦隊が黒海から地中海に出る際のチョークポイントを、中国に塞がれる可能性が出てきました。

 同様に中国は、海路である「一路」の通り道であるオーストラリアでも港を抑えています。米海兵隊がローテーションで駐留するダーウィンの港を、中国企業が99年にわたって借りる契約を結びました 。米豪の同盟関係にくさびを打ち込むことが狙いでしょう。オーストラリア経済は、資源を海外に販売することで成り立っています。その最大の貿易相手は中国です。

――オーストラリアが、米海兵隊の拠点近くの港を中国に貸し与える判断までしているのでは、日本の潜水艦が選ばれないのも道理ですね


茂木:オーストラリアには中国からの移民が年々増えています。中国傾斜を強めるターンブル政権は彼らの意向にも配慮する必要があったのでしょう。

――ここでも移民が重要な役割を果たしているのですね。


 ロシアは極東でも中国の人口圧力を警戒しています。バイカル湖以東のロシア人口が620万人で千葉県の人口程度しかいないのに対し、国境の南の旧満州には1億人が住んでいます。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu361.html


83. 中川隆[2772] koaQ7Jey 2016年6月07日 09:58:33 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3047]

英語の拡大に伴い、スウェーデンでは「分野の消失」の危険性が叫ばれるようになりました。その国の科学や文化が消失してしまうという意味です

2010年9月7日

◆The Enligsh, French and Swedish documents are revised in May 2005.
http://www.2-2.se/ja/index.html#toc

◆なぜ母語は大切か
http://www.2-2.se/ja/11.html

この章はスウェーデン人以外のみなさんにとっても、とても大切な内容ですので、ぜひ飛ばさず読んでください。ここでお話することは、私の母語であるスウェーデン語に限らず、世界中のほとんどの言語にも当てはまることです。みなさんの母語がまだ危機に瀕していなくても、もしかして数年後にはそうなっているかもしれないのです。私たちはお互い助け合うべきなのです。少数の言語しか存在しない世界に向かって進む道は、不安と争いで満ちているのです。

世界では英語による植民地化が進行しています。外国から受ける政治的、文化的、技術的な影響は好ましくない影響を与えるというよりは、かえって豊かにしてくれることがわかっています。しかしあまりに急速に英語の影響を与えたために、今やスウェーデンの言葉や文化を脅かす存在にまでなってしまいました。スウェーデン人言語学者の中には、数世代後には、スウェーデンの主要言語は英語になってしまうかもしれないと言っている学者もいます。そのときには、言語だけではなく、文化も英語に支配されてしまっていることでしょう。

何千語という言語が消える

言語学者らによると、100年後には、何千という言語が消えてしまうそうです。

スウェーデンでは、状況によっては、スウェーデン語より英語の方が主に使われることがあるという困った状況になっています。ここ何十年かで、特に自然科学、医学、工学といった分野の研究や高等教育で、英語がだんだんと力を増しています。

分野の消失

英語の拡大に伴い、スウェーデンでは「分野の消失」の危険性が叫ばれるようになりました。ここでいう「分野の消失」とは、科学や文化において、ある分野そのものそっくり失ってしまうという意味です。

例えば、医学に関する「分野の消失」の例として、次のような現象がみられます。

 
医学の参考書物の大半を英語が占めている。 
医学の講義またはコースそのものが英語で行われている。 
医学論文のほとんどが英語で書かれている。

学術論文の大部分は、概して英語で書かれています。スウェーデン語の論文には英語の要約を必ず付けなければなりませんが、英語の論文にはスウェーデン語による要約は必要ではありません。


言葉だって死ぬ

言語が衰え消えてしまうとき、一体そこでは何が起こっているのでしょうか。ある分野で一旦言語の使用が止まってしまうと、もはやこの言語はその分野におけるコミュニケーション手段として発達しなくなってしまいます。新しい事象に対応する言葉も生まれなくなってしまいます。

例えば、スウェーデン語が医学研究の分野で使われなくなったとしましょう。その場合、やがてスウェーデン語で話した方がいいような場合でも、新しい研究に関して書いたり話したりするためにスウェーデン語を使うのは難しくなるでしょう。これは、医学のある分野において、スウェーデン語がある医学知識を説明する言語として機能を失ってしまったという、「分野の消失」のシナリオを表しています。もしこのような状況が続けば、学生はもっぱら英語で医学を学ぶばかりであり、スウェーデン語から医学全体が遠ざかってしまうということにもなりかねないのです。

スウェーデン語審議会(Svenska Spraknamnden)では、「分野」全体がスウェーデン語を必要としなくなってしまうのではないかと憂慮しています。国際化がますます進む政治の世界においても、銀行業、財政、コンピュータ、情報技術の世界においても、スウェーデン語の単語と表現が不足しています。このことを考えれば、スウェーデンの教育と研究が英語で行われていることは、何も不思議なことではないのです。

スウェーデンがEUに加盟して以来、政治の分野において、英語が重要な役割を占めるようになりました。産業や商業では、スウェーデンの多くの会社が、英語を企業言語として採用しています。つまり話すときには主に英語を使い、書類は英語で作成するといった具合です。こういったケースでは、スウェーデン人同士がコーヒーを飲むときぐらいにしか、スウェーデン語を耳にすることができません。

ここで起こっていることは、つまり、スウェーデン語が自国の文化と社会を伝承する力を失いつつあるということを意味しています。

スウェーデン語から英語への「分野の消失」は、とりわけ、社会に関する民主主義的な議論からほとんどのスウェーデン人が締め出され、大事な知識からも遠ざけられてしまうことを意味します。このような「分野の消失」は、数々の問題を引き起こします。例えば、専門家以外の人々に知識を広めることが困難になります。科学研究における問題を見通す力を弱め、様々な疑問に対応するために欠くことのできない一般の議論が開かれる機会も減少します。将来、科学者たちが自分の母語で科学的知識を語ることができないからといって、環境や医療の論議などに関する科学者の知識もろとも、国内の議論から隔絶されてしまってもいいと思いますか。


遺伝子工学は私たちみんなのこと

スウェーデン語に適切な専門用語が存在しなければ、専門家と専門家以外の人々の間のコミュニケーションは、困難に満ちたものになるかもしれません。私たちスウェーデン人がスウェーデン語で、遺伝子工学や国民経済について議論できるということは、非常に大切なことなのです。新たな発見がスウェーデン語で普及しなければ、スウェーデンの企業がそれらの発見を利用できる可能性は減ってしまうでしょう。

分野の消失は、雪だるま式にどんどん周辺の分野を引き連れ、大きくなってしまいます。今日のスウェーデンがいい例です。スウェーデンの小学校、中学校、高校では、その後に続く高等教育の大部分が英語で行われている現状を踏まえ、ますます英語による教育を増やしています。

家庭の言葉

もし様々な分野がスウェーデン語から次々と姿を消していったら、社会に大きな反響を引き起こすでしょう。スウェーデン語はもっぱら日常語や家庭の言葉として使われ、英語がスウェーデンの公用語(学校および職場、行政機関などで使用される言葉)として使われるというような結果になるかもしれません。

このような地位の「高い」言語、「低い」言語が存在するという現象は、そう珍しいことではありません。例えば、以前植民地だった国などでは、国民の大多数が母国語を別にもっているにもかかわらず、植民地時代の言語が、今でも学校で一般的に使われているのはよくあることです。しかし、これらの国でみられる前例は、あまり好ましい例とは言えないようです。それどころか、教育が貧しい成果しか生み出せず、社会的緊張まで招く、間違いなく不健康なものなのです。

みなさんは、私が単に大げさに話しているだけだと思うかもしれませんが、残念ながらここで述べていることは事実なのです。

競争力をつけるか、消えるか

私たちが気がつかないうちに、スウェーデン語はだんだん衰弱しています。いずれ同じスウェーデン人でも、英語を話せる人と話せない人の二つのグループに分かれてしまうでしょう。スウェーデン語が邪魔な存在となり、地域社会に息づく豊かで自立した言葉としては、もはや機能しなくなるでしょう。

これは民主主義を脅かすものです。そんな状況にスウェーデンが陥ってしまったら、今さらエスペラント語を導入しようとしても、もう遅いのです。そうなると、日々国際化が進むこの競争の激しい世界で、スウェーデンがその地位を守り続ける道は一つしか残っていません。英語で教育を受けた学生の割合を増やすしかないのです。競争力をつけるか、または消えていくかの二つしか、選ぶ道はないのです。

スウェーデン語が。英語に取って代わることなどまずあり得ません。この激しい国際競争を必死で乗り切ろうとしなければ、再び私たちがこの高度に発達した福祉制度を手に入れることは不可能でしょう。より多くのスウェーデン人が英語を自由に話せるようにならない限り、この科学技術の上に築かれた世界市場で生き残ることはできないのです。

スウェーデン語の勉強はそんなに大切じゃない

スウェーデンでは、自分の子どもを、英語で教育を行っている中学、高校に入れようとする親が増えています。語学教師の話によると、子どもにはしっかり英語を勉強して欲しいが、スウェーデン語はそれほどきっちり学ばなくてもかまわないという親もいるそうです。確かにこの英語社会では、小学校に上がったときから、すべての教育を英語で行った方がいいのかもしれません。

仮に、私たちスウェーデン人が英語を話す国民だとしたら、EUにおけるスウェーデンの発言力はもっと大きかったのかもしれません。

英語を話すEUと、アメリカ、カナダ、オーストラリア、その他の英語圏の国が一緒になって、英語以外のほとんどの言葉を社会の進歩から取り残しつつ、願わくは、長期的に英語の占拠する世界を作ろうとしているわけです。このこと自体は、私が理想とする、すべての人が互いに意見を交わせるよりよい世界になるわけですから、よりよい世界につながると言えるのかもしれません。

高まる民族間の緊張

スウェーデン語から英語への変遷は、そのプロセスの間中、スウェーデン社会を苦しめることでしょう。民族的背景と階級により分けられた人々の溝は深まるばかりでしょう。私たちは言葉を使って知識や経験を整理します。その言葉が違う言語に変わってしまうと、結果的には大量の知識を失うこととなり、近い将来、国際競争をくぐり抜けていくことは一層困難になります。

スウェーデンが研究先進国としてその地位を守り続けるためには、スウェーデンの科学者が英語を話せなくてはいけません。しかし、彼ら科学者がスウェーデン語で自分の研究内容について、英語同様に話したり書いたりできることは求められていません。

「人間にとって母語とは、言語という乗り物と、精神という乗り物を動かすエンジンのようなものなのです。」

最もよい成果をあげようと思えば、科学者は翻訳家を雇い、自分の母語で文章を書くべきなのです。スウェーデンの言語の権威によると、人は自分の母語で考えるときに、最大の能力を発揮できるのだそうです。

地方の博物館

もちろんいくつかの分野では、英語が使用され、その分野で最も有力な言語になっても構わないのです。科学や労働市場の国際化により、英語しか実務用語として通用しないことがよくあります。しかし、ある分野において、スウェーデン語が全く通用しなくなったとき、つまり、発達を続けるコンピュータ言語、遺伝子工学、家族法、農業経済について、スウェーデン語で話したり、書いたりできなくなったときが問題なのです。その時、人々は愚かになりはじめ、社会的格差が生まれるのです。たくさんの分野がその影響を受ければ受けるほど、その現象はひどくなります。この「分野の消失」を何度も経験した言語は、最後には、家庭生活や儀式、地方の博物館といったところでしか使われない、狭く限られた言語になってしまうのです。

私たちEU加盟国は、今、言葉の選択に迫られています。明日では間に合わないのです。今何が起こっているのかを知り、私たちの運命に対して責任を負わなければならないのです。24もの公用語をもつEUでは、組織としてうまく機能しません。通訳や翻訳に法外な経費がかかるでしょう。会議、書類すべてを、あらゆる言語に訳すに足るだけの経済力と人材があると思うのは、あまりに非現実的です。EUが24もの公用語をもつことを認めるのは、実は、英語がますます支配を強める世界や文化を認めることでもあります。さらに、多様な文化が存在するヨーロッパを否定し、少数の文化しか存在しない世界を認めることを意味するのです。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/421.html


84. 中川隆[2773] koaQ7Jey 2016年6月07日 10:06:25 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3048]

◆英語
http://www.2-2.se/ja/19.html

英語には、色々な種類があります。それぞれ固有の単語と発音をもち、つづりの違う単語もたくさんあります。

アメリカ、オーストラリア、ベリーズ、カナダ、イギリス、フィリピン、香港、インド、インドネシア、アイルランド、ジャマイカ、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、南アフリカ、トリニダード・トバゴ、ジンバブエで使われている英語は、それぞれ話し方、つづり方が異なります。

地方で話されている英語の多くは、普通の英語を話す人々には理解できなかったり、理解しにくかったりします。

このような違いは、イギリス英語やアメリカ英語にも見られます。

英語を話す国の多くは、それぞれの国の理由から、自分の国の英語をこれからも使い続けたいと考えています。

ほかの多くの国々と同様、スウェーデンでも学校では主に容認発音(RP)という英語を教えています。この英語はまた、オックスフォード英語、クウィーン英語、BBC英語とも呼ばれており、イギリス人口の3〜5%の人しか使用していません。

このRPという英語の中にも異なる形態が存在します。イギリス諸島で一般的によく使われている英語は、コクニー英語、エスチュアリー英語、ウェールズ英語、北部英語、アイルランド英語、そして異なる方言がいくつか存在するスコットランド英語です。

一般アメリカ語

アメリカには、少なくとも方言が3つあります。


北部英語(米国北東部、ニューイングランドおよびニューヨーク)、

南部英語(バージニア州からテキサス州までの地域およびメーソン・ディクソン線より南全域)、

その他の地域で話されている一般アメリカ語

の3つです。


英語はつづりが難しく、文法が不規則で例外だらけの言語です。

母語が英語でない人のうち一体何人が、政治、労働組合、感情に関する内容について議論するのに、自分の言いたいことを十分に英語で話したり、書いたりできるでしょうか。せいぜい数パーセントに過ぎず、その人たちはみな、誰もが言語の才能に恵まれた人なのです。

アメリカ大統領のスピーチの内容を理解し、その内容についていけることができる人は一体何人いるでしょうか。多くはないはずです。

英語を難しくしている要因の一つに、英語は言語の変化のスピードが速いということがあげられます。書き言葉でも俗語表現の使用が増え、それらは政治的、専門的な文章にさえ見られるようになりました。

しゃっくり

母語が英語である人にとっても、つづりを習得するのは難しいのです。

例えば、次のつづり“ -ough”の発音の仕方は6通りもあります。以下の単語の発音を比べてみてください。

though, tough, enough, through, plough, cough, hiccough

17世紀から変わっていない

英語のつづり方は17世紀からほとんど変わっていません。

英語の表記法を一新することはできないのでしょうか。

残念ながら、英語には一つの文字が一つの音を表すというシステムがないので、それは無理な話です。

実際の20音の母音を表すのに、英語の5つの母音の文字では足りません。もし表記法を改変したとしても、新しくアルファベットを増やすか、または英語の発音体系そのものを改変しなければなりません。どちらの方法も現実的な方法とは言えません。

英語は世界中それぞれの地域によって、発音が大きく異なるので、どの地域の英語をもとに新しい表記法を作るか、意見をまとめるのはほとんど不可能です。

そのうえ、英語表記の改変を実行に移せるような権威をもつ言語機関がないのですから、やはり表記の改変は無理なようです。

スウェーデン人英語学者、ヤン・スヴァルトヴィック(Jan Svartvik)は、著書の中で次のように述べています。(出典参照)


「英語の人気がとくに高まり、世界中に広く普及しましたが、この状況はかえって、将来英語が国際語になる可能性を難しくしています。

世界で話されている英語の中には、わかりにくい英語もあります。
お互いに理解し合えなくなるほど、英語がさらに複雑に分化するという、困った状況にもなりかねないと危惧する人も少なくありません。…」


「…学者たちは、英語に関する、ますます多くの論文を書いています。

マック・モレイ(Mac Murray)は、母語から別の外国語に切り替える危険性について、貧困な英語力は貧困な思考につながる、ということを次のように示唆しています。

『英語が母語でない人が科学雑誌に書いた英語の文章は、微妙なニュアンスに欠けた含みのない文章である。』」

111人の医者

2000年、デンマーク人とノルウェー人とスウェーデン人の一般開業医111人が、10分間、全く同じ内容の論文を読むという実験が行われました。

被験者の半分は母語で、残りの半分は英語で読みます。

実験直後、被験者は論文の内容に関する質問項目に答えます。

この実験に参加したデンマーク人、ノルウェー人、スウェーデン人の医者は、誰もが学校教育の早い段階から英語を学び始め、テレビや映画を通じてずっと英語に慣れ親しんできた人ばかりです。

また、彼らの母語は英語に近い言語です。医学コースの学術論文の大部分を英語で読んできており、今でも被験者の多くが、英文の医学雑誌を講読しています。被験者となった医者は自らの英語理解能力が優れていると答えています。また、毎週、英語でなんらかの医学情報を得ている人は全体の42%でした。

実験結果では、自分の母語で論文を読んだ被験者の方が、英語で論文を読んだ被験者に比べ、はるかによい結果を示していました。

英語で論文を読んだ人は、母語で呼んだ人の数値から25%も下回る数値を示していました。


出典:Lakartidningen(スウェーデンの医学専門雑誌), 26−27号, 2002年

一般のスウェーデン人学生は、中学校卒業(9年間の義務教育)の時点で、表現語彙:約1000語、理解語彙:約1500〜2000語を習得しているべきだとされています。(後略)
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/421.html


85. 中川隆[3193] koaQ7Jey 2016年7月08日 12:45:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3544]

【施 光恒】「EUが引き起こす分断」 2016/06/25

国民投票の結果がどうなるかわかりませんが、加盟国がEUを離脱しようという動きは、今回の英国がどちらを選択するとしても、今後、たびたび生じるでしょう。

数日前にも、イタリアのローマ市長選で、EU懐疑派の新興政党「五つ星運動」の候補ビルジニア・ラッジ氏の当選が決まりましたし。

日本の評論家やマスコミは、「EUは人権や民主主義の理念を体現したものだ」といった具合に好意的にみる場合が多いですが、EU自体に民主的正当性があるかどうかは、実は結構、疑問です。EU加盟各国の人々の多くが、本当にEUを支持しているとはなかなか言い難いのです。

例えば、2004年から2005年にかけて、EUのいっそうの政治的統合を進めるために「欧州憲法条約」(EU憲法条約)を制定しようという動きがありました。欧州憲法条約の発効には、全加盟国の批准が必要でした。批准の是非を決める手続きは国によって異なり、議会承認だけで済ます国と、国民投票を行う国とがありました。

フランスやオランダ、イギリスなどは、国民投票が必要な国でした。それで、フランスは2005年の5月末に、オランダは6月に、それぞれ国民投票を行ったのですが、どちらの国でも、否決されてしまいます。つまり両国では、EU統合推進を否定する側が勝ったのです。

そのため、イギリスやアイルランドなどその後に国民投票が予定されていた国も、実施を延期してしまいました。それで結局、欧州憲法条約は立ち消えとなります。

その後、しばらく冷却期間を置いたのち、2007年には、欧州憲法条約をよりマイルドにし、統合推進の色彩を薄めた「リスボン条約」(EU基本条約)の批准手続きがはじまりました。

欧州憲法条約の二の舞となることを恐れた各国政府は、リスボン条約の批准に際しては、国民投票を回避し、議会承認で済まそうとします。ただ、アイルランドだけは、自国の憲法での取り決めとの関連で、国民投票を回避することはできませんでした。

そのため、2008年6月に国民投票を実施したのですが、ここでも、リスボン条約反対派が、つまりEU懐疑派が勝ってしまいました。

欧州憲法条約やリスボン条約の国民投票の結果から推測されるように、加盟各国で国民投票をすると、EU懐疑派が勝つ可能性は決して少なくありません。

その意味で、EUに民主的正当性があるかどうかは怪しいのです。

EU懐疑派の懸念は、一つは、EUはどうしても新自由主義的政策を推し進めがちで、「勝ち組」に有利な政策が増え、庶民には厳しい政治が常態化してしまうのではないかという点です。

例えば、欧州憲法条約がフランスで否決された際、ある記事は次のように伝えていました。

***
EU憲法、グローバル化の勝ち組は賛成? パリで80%超える区も
(『朝日新聞』東京本社版2005年5月31日夕刊)

欧州連合(EU)憲法条約を拒絶したフランスの国民投票で、パリの商業地や高級住宅地での賛成率が80%前後に達したことが分かった。反対派が「自由競争に偏りすぎ」と批判するEU憲法を、欧州統合を前向きにとらえる「グローバル化の勝者」が懸命に支えようとした様子が浮かび上がる。

内務省によると、全国で賛成45%という結果に対し、大都市の賛成率はパリ66%、ストラスブール63%、リヨン61%と総じて高い。地中海の「移民の街」マルセイユは例外で、大幅に低い39%だった。(以下、略)
***

フランスの歴史人口学者エマニュエル・トッドも、次のようにEUの新自由主義的性格を批判しています。

***
ブラッセルにある欧州委員会のメンバー選出は、選挙によらない極めて不透明なもので、「ブラッセル体制」とは、ヨーロッパの政治エリート同士の談合による寡占を表現したものと言えます。

そしてナショナルレベルの政治リーダーは、不人気な政治政策を実行するときは、

「いや、これは欧州委員会で、EUレベルで決まったことだから受け入れざるを得ないんだ」

と、上から押し付ける形で、例えば自由化や民営化のような大衆には不人気な政策を実行する。

こうした二重構造がある以上、少なくともEUに関しては、「デモクラシー以後」という事態がすでに始まっていると言わなければなりません。
(E・トッド/石崎春己編『自由貿易は、民主主義を滅ぼす』藤原書店、2010年、39頁)。
***

EUは確かに、加盟各国を「統合」しますが、その反面、EUの内部では、グローバル化した経済のなかで利益をえられる少数の「エリート」と、緊縮財政や福祉の削減、移民流入に伴う人件費の低下などの悪影響を被る各国の「庶民」という「分断」が生じます。

EUをめぐるこのような「統合」と「分断」という点に関しては、少々古いですが、もう一つ、興味深い記事があります。2008年6月のアイルランドの国民投票でのリスボン条約否決直後の首都ダブリンの様子を伝えるものです。


***
「EU基本条約否決 小国の反乱 統合に打撃」
(『朝日新聞』2008年6月15日付朝刊)

13日夜、開票結果が発表されたダブリン市内の会場。不思議な光景だった。

中絶反対を訴える宗教右派の団体の横に左翼グループ、後ろには民族主義のシンフェイン党支持者。近くのホテルでは企業家グループが勝利会見を開いていた。
条約批准に反対し続けてきたのは、何の共通点もない人々だった。

(中略)

また、反対票を投じた人々からは

「仏独など大国主導のEUには反対」

「われわれが選んだわけでもないブリュッセル(EU本部所在地)のエリート官僚がすべてを決めてしまう」

との声も上がっていた。(以下略)
***


上記の新聞記事では、捉え損なっていますが、ダブリンで条約批准に反対し続けた人々は、「何の共通点もない人々」ではありません。

これらの人々には、「アイルランド人」という共通点があります。
私は、このことはとても大切だと思います。

普段あまり意識されませんが、ナショナリティ(国民意識)という絆が重要なのは、ここに表れているように、「宗教右派」、「左翼」、「民族主義者」、「企業家」といった多様な信条や利害を持つ人々をまとめる力を持つという点です。

一般に、人は、自分と信条や趣味、利害が近い他者とは、協力しあうことが可能ですが、これらを異にする他者とは、なかなか協力しあったり、連帯したりできません。

ナショナリティという絆は、少々不思議ですが、イデオロギーや利害、趣味、社会的経済的立場が大きく違う者同士の長期間にわたる協力や連帯、相互扶助を可能にするのです。

あらためて考えてみれば自明ですが、いまにいたるまで、自由民主主義の政治は、「国民国家」という単位でしか実現していません。

つまり、「平等」(再分配的福祉)や「民主主義」を重視する政治は、ナショナリティという絆なしではおそらく成り立たないのです。

「同じ国民だから」という意識がないところでは、経済的立場や思想・信条を大きく異にする者同士が(たとえいやいやながらであっても)連帯したり、助け合ったりしていくことは実際上、大変困難なのです。


ヨーロッパは、他の地域と比べれば、歴史的にも宗教的にも同質性が高く、「EU人」とでもいうべきトランスナショナルな(超国家的な)共通のアイデンティティを作りやすいところだと思いますが、それでも、民主主義や福祉政策を常時一緒にやっていけるほどの連帯意識や相互扶助意識を生み出すのは非常に困難です。

逆に言えば、新自由主義者からしてみれば、民主主義や再分配的福祉といった「面倒くさい」ことを要求してくるナショナルな連帯意識など、なるべくなくしたいわけです。

国境の垣根を低くし、人の移動を活発化し、域外から移民も連れてきて、異なる人々を混ぜ合わせてしまえば、連帯は生まれにくくなり、自己責任原則が支持を得ます。

つまり福祉や民主主義の要求は出てこなくなるでしょう。
新自由主義者には大変都合がいいわけです。


長々と書いてきましたが、結局、言いたかったのは、次のことです。

どうも日本では、

「EU賛成派 = 自由民主主義的で開明的、前向き」、

「EU懐疑派 = 非自由民主主義的で排外主義的、後ろ向き」

といったイメージに基づく一面的な論評や報道が多いように感じますが、必ずしもそうとは言えないのではないでしょうか。

むしろ、自由民主主義の政治という観点から見た場合、EU懐疑派のほうにも、少なからず、耳を傾けるべき理があるのではないでしょうか。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/category/seteruhisa/page/2/


2016.7.7 【施光恒の一筆両断】投票日を前に声にならぬ民意、見下すな


 「既存の政党が民意を十分に取り込めていない」。そういう懸念を最近よく耳にします。

米大統領選では、共和党でも民主党でも非主流派候補が大躍進しました。EU離脱を巡る英国の国民投票でも、保守党と労働党それぞれに離脱派、残留派が存在し、既存政党が世論をまとめ切れていないのが明らかでした。


 なぜ既存政党が民意を取り込めなくなってしまったのか。

英国の国民投票後の論評を見てその一因がわかりました。

英国内外の評論家やマスコミの論調は、離脱派の選択を頭ごなしに非難するものが大部分でした。


「『理性』が『感情』に敗れた」

「悪しきポピュリズム(大衆迎合主義)の噴出」

など、離脱派の選択を非合理なものと見下す論評があふれました。

 離脱派に対するこうした批判は一面的です。

離脱派の主張の根幹にあるのは、国民主権の回復という至極まっとうなことです。

例えば、

「移民をどの程度受け入れるべきか」

「どのような人々を受け入れるべきか」

など国の形に関わる重要問題の決定権を、EU本部から自分たちの手に取り戻したいという願望は、賛否は分かれるとしても別に非合理ではありません。

 米大統領選のトランプ氏の躍進に関する論評にも同様のことを感じます。

トランプ氏の言動は確かに乱暴なものも少なくない。
ですが、同氏を支持する人々の背景にあるものを軽視せず、見つめる必要があるでしょう。

 英国の国民投票、米国のトランプ現象の背後にあるのは、過度のグローバル化に伴う経済的格差の拡大です。

また、多くの事柄が「グローバル化の時代だから仕方がない」と片付けられてしまう傾向に対して庶民が抱く政治的無力感です。


 そもそも政党の役割、あるいは評論家やジャーナリストなど「知識人」を自認する人々の役割の一つは、いまだ十分に言語化されていない市井の人々の声に耳を傾け、実現可能な世論の一つとしてまとめ上げ、代弁していくことでしょう。

にもかかわらず、英国の国民投票や米国のトランプ現象をめぐる論評を見る限り、離脱派やトランプ支持者の声を

「感情的な反発」

「危険な極右的意見」

など「病理的」だと断定するばかりで、この役割が十分に果たされていません。

 政治家や「知識人」の多くは、グローバル化への流れを自明視し、それに反対する声を「非合理」「危険」と決めつける傾向が強いからでしょう。

この決めつけこそが、既存政党が民意を十分に取り込めない現象の背後にあるのではないでしょうか。

 この現象は、残念ながら日本でも生じつつあります。参院選がいまひとつ盛り上がらないのはそのためではないでしょうか。

実際、東日本の一部の県では、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関する与党の対応への不満のためJAなど農政団体が自主投票に回り、事実上の保守分裂選挙となっています。

 また、民泊解禁や外国人単純労働者の受け入れ検討の開始などグローバル化路線一辺倒の安倍政権の成長戦略に、保守層の中に違和感を覚える人々は少なからずいます。

しかし、彼らの不満には受け皿がありません。
http://www.sankei.com/region/news/160707/rgn1607070007-n1.html

【施 光恒】日本は英国から学べるか


英国のEU離脱の決定は、現在の新自由主義に基づくグローバル化の流れに対して、民意として明確な疑問を突き付けたという点で大いに意義があったと思います。

EUというトランスナショナルな政治体を作ろうという試み自体に無理があることが露呈しました。

ただ、国民投票後の報道を見る限り、離脱したとしても、英国の前途は多難ですね。
私がそう思うのは、経済の問題ではありません。
英国の国民統合が相当揺らいでしまっているのではないかという点です。

いくつかの深刻な分断が英国の国民統合を脅かしています。


第一に、「グローバル化から利益を得ていたエリート層」と「そうではない一般庶民層」との間の分断。

第二に、「グローバル化の恩恵を受けてきたロンドンやバーミンガムなどの大都市」と「それ以外の地方」との分断

第三に、「離脱派が多かったイングランド」と「残留派が多かったスコットランド」との間の分断


これらの分断を解消し、英国が一つの国民国家として今後もうまくやっていけるのかどうか、他国のことながら心配になります。

国民統合さえしっかりしていれば、EU離脱後の英国にはたくさんの政治的、経済的選択肢が生まれるゆえ、短期的には少々経済が悪くなったとしてもあまり心配しなくてもいいでしょう。

しかし今回の国民投票で顕在化したこうした分断が続けば、英国の将来はあまり明るくありません。

前回のメルマガでも書きましたが、福祉政策や民主的意思決定の基礎となるのは、国民の連帯意識にほかなりません。これが得られなくなってしまえば、せっかくEUを離脱したところで、格差是正などの様々な社会政策を円滑に行っていくのは困難でしょう。

「やはり英国はEUに残留したほうがよかったのでは?」などと言いたいわけではありません。EUに残っても、EUには、福祉政策や民主的意思決定を行っていく土台となる人々の連帯意識は欠如しています。

平等(再分配的福祉)や民主主義を取り戻すという点で、離脱は賢明な選択でした。
ですが、肝心の英国の国民統合を修復し、再生しないと、離脱した意義が消えてしまいます。

では、英国の国民統合の修復・再生の見込みはあるでしょうか。

残念ながら、国民投票後の英国内外の報道や各種の論評を目にしたかぎりでは、これもなかなか難しそうです。

一番問題だと思うのは、EU残留を望んだ側に、離脱派の声に真剣に耳を傾けようとする態度がほとんど見られないことです。

エリート層の多かった残留派は、どうもハナから離脱派を「非合理で思慮の浅い奴ら」とみなしてしまっており、真面目に耳を傾け、対話していく相手と考えていないようです。

各種メディアには、残留派の立場に立ち、離脱派をけなす論評があふれていました。

曰く、

「理性と感情が戦って、感情が勝ってしまった」

「離脱派の政治家のウソの宣伝に騙されただけだ」

「離脱派は、すでに後悔しまくっている」

「悪しきポピュリズムの発露だ」

「移民に対する差別意識が噴出している」

「極右勢力が台頭しつつある」

などなど…

しかし本来であれば、国民投票の後、残留派は次のように考えるべきでしょう。

「国民の半数以上がEU離脱を望んだということは、きっとこれまでのEUのありかたはどこかおかしいのだろう。今後の英国の国づくり、EUや国際社会との付き合い方についてあらためて離脱派の見解を聞きながら、一緒に模索していこう」。

残留派のほうが、教育の面でも、経済的にも恵まれている層が多いということですので、なおさら、彼らのほうから歩み寄って英国民の間に生じた分断を解消していかなければならないはずです。そうでなければ、国民統合の再生は難しいでしょう。

あと、もう一点だけ。

日本についてなのですが、日本政府や日本の財界は、以前から、英国のEU残留支持にとても熱心でした。どの国よりも、残留支持の強い態度を早くから表明していたといっても過言ではありません。


たとえば、三年前の2013年7月には、次のような毎日新聞の記事がありました。

***
「日本政府『EUに残るべきだ』 “異常干渉”と報道」
(『毎日新聞』2013年7月21日付)

英国内で欧州連合(EU)からの離脱を求める声が高まる中、英紙サンデー・タイムズは21日、 1面トップ記事で日本政府が英国に対しEUに残るよう、「異常な警告」をして英・欧州関係に干渉したと報じた。

同紙によると、日本政府は英外務省に提出した覚書(メモ)の中で、英国内で活動する日本企業は約1300社で約13万人の雇用を生み出していることを説明し、英国がEUから離脱すれば、こうした雇用が危機に直面すると「異常な警告」をして、EUにとどまるべきだと「異常な干渉」をしたとしている。

日本側には、英国がEUから離脱すれば、英国内で製造したモノを欧州で売る場合に関税や事務手続きなどの点で、これまでにない制限が加わり、 英国内の日本企業に不利になるとの懸念がある。日本政府はこれまでも英政府に繰り返し日本の立場を説明してきた。

今回、覚書という形で明確に警告したことが一部に「異常な干渉」と受け止められた可能性がある…(後略)
***

他に、今回の国民投票では、トヨタ自動車は、英国法人の全従業員に対して「残留支持」を呼びかけました。離脱してしまったらEU向け輸出に関税がかかるようになってしまって大変だから、ぜひ「残留支持」に投票してくれと依頼する手紙を送ったそうです。

「トヨタ、英従業員に手紙で残留支持訴え 「関税、コスト削減、値上げ……重大な課題に直面する」と(『産経新聞』2016年6月22日付)
http://www.sankei.com/world/news/160622/wor1606220017-n1.html


他に、経団連の榊原会長も、国民投票後に、英国民の選択を強く非難しています。

***
「ナショナリズム“断ち切り”重要 〜 榊原会長」
(日本テレビ系(NNN) 6月27日(月)22時45分配信)

 イギリスの国民投票でEU離脱派が勝利したことを受けて、経団連の榊原会長は、「ナショナリズム」が他の国々に波及するのを断ち切ることが経済にとっても重要であるとの認識を示した。

「イギリスが選択したのはうち向き思想、ナショナリズム、保護主義、孤立主義、そういったグローバル経済と逆の動きですよね。

そういった考え方が広がってくる。そういったことを懸念するわけで」


榊原会長はこのように述べた上で、これまでG7(=先進7か国)が築き上げてきた「自由貿易のもとで各国が成長、繁栄していく仕組み」を維持するために、イギリスで起きたようなナショナリズムの動きが他の国に波及していかないよう断ち切ることが大事だとの認識を示した。
***


普段、「大人しい」「自分の意見をいわない」とされている日本政府や日本人なのに、英国のEU離脱に関しては、他国以上と言ってもいいほど、非常に強く残留派を支持し、離脱派をけなしています。

これにはもちろん、経済的考慮もあるでしょう。

ですが、それだけではなく、日本の政治家や財界人の多くは、いまだに、グローバル化は、常にハッピーで進歩的で、絶対的に正しいものなのだと強く信じてしまっているようです。

つまり、

「EUや、EUに体現されている現在のグローバル化の流れは、否定しようがなく良いものだ。人類の理想なのだ。

逆に、国の枠組みにこだわることは、後ろ向きで望ましくないことなのだ」

という強い思い込みがあるのでしょう。

そして、

「グローバル化には、多くの一般庶民に貧困をもたらし生活基盤を破壊する側面もある」

とか、

「グローバル化に伴い、国民主権を奪われることは、人々の生活にとっても、民主主義の観点からも望ましくないことなのだ」

という至極当然のことに思いが至らないのでしょう。


グローバル化によって国民統合に大きな傷を負った英国の将来も前途多難ですが、グローバル化をいまだに妄信する政治家や財界人を多数抱えている我が国の将来もかなり危なっかしいものなのかもしれません。

用心しなければなりませんね!
m9( ・`ー・´)キリッ
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/07/08/se-79/


86. 中川隆[3194] koaQ7Jey 2016年7月08日 13:12:36 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3545]

英国のEU離脱について – 西尾幹二のインターネット日録
平成28年6月26日 坦々塾夏季研修会での私の談話


 6月25日のニュースを見ながら考えました。

今回のイギリスの決定で、離脱派の党首と思しき人物がテレビで万歳をして、イギリスの独立、インディペンデント・デイだと叫びました。

常識的に考えて、世界を股にかけ支配ばかりして、世界各国から独立を奪っていた国が、自ら「今日は独立の日だ」などと叫んでいるのですから、いったい地球はどうなっているのかと思いました。

 今日の段階で日本のメディアはヨーロッパの情勢ばかり言っています。
アメリカや中国を含む地球全体の話をほとんどしません。

そして英国のEU離脱、すなわち EU というグローバリズムの否定、英国ナショナリズムをさも悪いことのようにばかり言っていますが、そうなのでしょうか。


 ヨーロッパは今、確かに混乱していて、伝え聞くところでは、ドイツのメディアは気が狂ったかのようにイギリスを罵って、

「こんな不幸なことを自ら招いている愚かなイギリスの民よ・・・、
これからイギリスは地獄に向かってゆく。あれほど言ったではないか。」

私には、これがドイツの焦りの声に聞こえます。

さっそくドイツ、フランス、イタリアの外務大臣が会合して、意気盛んに

「すぐにでも出てゆけ。来週の何曜日に出て行け。」

まるで借家人を追い出すような勢いで言っているそうです。フランスもイタリアも次の「離脱国」になりそうで怖いのです。ですからイギリスはいろいろ長引かせようと思っても、そういう四囲の状況から早晩追い立てられるようにして出ていくことになるのではないか。

いっぽうイギリスの中では後悔している人が何百万人もいて、再投票をしてその再投票願望のメディア、インターネット上の票数が何百万に達したとかいうような騒ぎもありますが、もうそんなことは出来ないでしょうから、決められたコースに従って粛々と動いてゆくことだろう思います。


 それもこれも日本のメディアが EU というグローバリズム、国境をなくす多文化主義を一方的に良い方向ときめつけて、それに反した英国の決定を頭から間違った方向と定めているからではないでしょうか。

必ずしもそうではない、という見方が日本のメディアには欠けています。


 各国の思惑はそれぞれで、日本のメディアはとてもそこまで伝えていないけれど、基本的にはヨーロッパの情勢を伝えているだけですので、私は今日は今度の一件を端的にアングロサクソン同志の長い戦い、米英戦争の一環と考えてみたいと思います。

アメリカとイギリスという国は宿命の兄弟国であり、また宿命のライバルでもあって、何かというと、どちらか片一方が跳ね上がると、すぐもう片一方が制裁を加えるということを繰り返しています。

これはずっと昔からそうで、私が『天皇と原爆』の中でも書いたように、基本的に第二次世界大戦は「アメリカとドイツ」、「アメリカと日本」の戦いであると同時に、実は「アメリカのイギリス潰しの戦い」でもあったということを何度も何度も歴史的な展望で語ったのをご記憶かと思いますが、私の見る限りではそういうことは度々あるわけです。

 今回のイギリスはやり過ぎていますね。

何をやり過ぎたかというと、キャメロン首相とオズボーン財務大臣というのは組んでいて、オズボーンはキャメロンと大の友達で、キャメロンの後を継ぐことにもなっていて、キャメロンを首相に持ち上げた人ですが、大英帝国復活の夢を露骨に言い立てています。

しかし今の自分の国の力だけでは出来ないので中国の力を借りるという路線に踏み込んで、オズボーンは中国に出かけて行って「ウイグルは中国の領土だ」と言って習近平を喜ばせたりしてやっていたイギリスの勢力です。

私なんかは日本人として苦々しく思っていましたが、アメリカの首脳部も苦々しく思っていたのだ、ということがいろいろ分かってきました。

 基本的にヨーロッパはどの国も中国が怖くありません。
煩くもないので、中国を利用したいという気持ちがつねにあり、そしてロシアが邪魔という気持ち、この二つがあります。
それからドルは出来るだけ落ちた方がいい、ドルの力を削ぎたいという気持ち。

これがヨーロッパ人が考えている基本姿勢です。
ですから日本に対する外交も全部その轍の中に入っています。

なんとかして日本を・・・、という考えは全く無く、この間の伊勢志摩サミットでどんな話が出たのか分かりませんが、結局今言った基本ラインがヨーロッパの政治の中枢にありますので、そういう方向だったでしょう。

 今中国が握っている人民元は2,200兆円(22兆ドル)です。
ところが中国は3,000兆円もの借金をしています。
だから2,200兆円を世界にばら撒いても、借金が3,000兆円で、年間150兆円の金利を払わなければいけないのですが、中国にそんな力はありません。

ですからズルズルと中国経済がおかしなことになっているのが我々には見えているのです。
そのズルズルとおかしなことになっている間に人民元が急落するでしょうから、そうなる前に何とか自国に取り込もうと、少しでも自分たちの利益になるようなことをしようということを、各国が目の色変えてやっているのです。

その先陣を切ったのがイギリスでした。

ご承知のAIIB、アジア・インフラ投資銀行でイギリスが真っ先に協力を申し出たというので、世界を震撼せしめました。

それは先ほど言った財務大臣オズボーンの計略だったのです。
中国の力を使ってシティを復活させたい・・・。
中国もシティの金融のノウハウを手に入れたい・・・。


 中国共産党党員の要人が金を持ち出しているのは夙に有名ですが、その持ち出した金は1兆5千億ドルから3兆ドルの間と、はっきりした額は分らないのですが、1兆ドルは100兆円ですから、「裸官」によっていかに途轍もなく多くの金が海外に飛び出しているのです。

しかし、なによりもそれをアメリカがしっかり監視し始めて、アメリカはこれを許さない、というスタンスになってきた。

中国人からするとアメリカではもうダメだ、ということで、中国共産党の幹部たちはその資金をシティに逃がしたい。

香港経由で専ら中国とイギリスは手を結んでいましたので、シティを使って自分たちのお金を逃したいということもあるのでしょう。


 それを暴露したのがパナマ文書ですよね。
それでキャメロンが引っかかったではないですか。

ものの見事にアメリカは虎の尾を捕まえたのです。
おそらくEU離脱派を主導しているジョンソンという人が次の総理になる可能性が高いと思いますが、あの人物もトランプに顔が似ていてね・・・。(笑)

ジョンソンが首相になったら、彼は反中ですから、イギリスはAIIBから抜けますと言う可能性は高いし、今まで支持していたSDRの人民元の特別引き出し権も止めるかもしれない。つまり、イギリスは中国から手を引いて一歩退くという方向に行くかもしれない。

中国の悲願は、人民元が国際通貨ではないということをどうやったら乗り越えられるか、何とかして人民元を国際通貨にしたい、どこの国でも両替できる通貨にしたい。

それができなかったので、今は香港ドルに替えて、そこから国債通貨にしていますから香港ドルに縛られていたのです。

10月からSDRを認められて、人民元はいよいよ国際通貨になれると期待されていますが、英国の離脱でさてこれもどうなるか?疑問視されることになるでしょう。

 パナマ文書という言葉が先ほど出てきましたが、ついこの間までタックスヘイヴンやオフショア金融とかいう言葉が飛び交ったことはご記憶かと思います。

タックスヘイヴンは「脱税システム」ということで有名です。

私は、あぁこれこそ歴史上イギリス帝国が植民地を拡大した時の悪貨な金融システムなんだなぁと・・・。

そうなのです。イギリスは酷いことをやっていたのですよ。

タックスヘイヴンというのは、その中心、大元締め、つまり元祖みたいなものはシティです。

シティというのは、イギリスの女王がシティに入るためにも許可がいるというほどイギリスの中の独立国みたいなものです。つまりローマの中のヴァチカンのような一つの独立国みたいなもので、それくらい権威が高く、しかも中世から続いているわけです。

そしてそれを経て東インド会社ができて、世界中を搾取した、あの大英帝国の金融の総元締めであって、そしてそれによって皆が脱税などを繰り返した。

そう、二重財布ですよね。

つまり日本でも税金を納めないでやるために商店とかでも二重財布をやっているでしょう。

実際の会計と、それから違う会計を作ってやってるではないですか。
その二重財布みたいなことをやって、これで世界を支配していたんだなぁと。
武力だけではなかったということです。
日本は明治維新からずうっと手も足も出なかったではないですか。

悪質限りの無いこのオフショア金融あるいはタックスヘイヴンのシステムというものを、今でもアングロサクソンは握っているのですが、結局この思惑が米英で今ぶつかったのですね。

 アメリカはイギリスのやり方がやり過ぎている、というか、チョッと待てと・・・。

じつはアメリカだって隠れてやっているけれど、パナマ文書にアメリカは出てこなかった。イギリス人やロシア人や中国人は出てきたけれど、アメリカは国内にそういうシステムがあるものだから誤魔化せるわけですね。ですがアメリカは国際的に大々的にはやりませんよ。その代り各国の不正な取引は監視します、と。

 なぜそういうことになったかというと、一つにはリーマンショック。

自分の不始末で金融がぐちゃぐちゃになって、これを何とかしなければいけない。監視しなければいけない。

それからもう一つは、ダブついたお金がテロリストに回って、イスラム国みたいなテロリスト集団が出てきたから、これを何とか抑えなければいけないということ。

この二つの動機からアメリカは断固取り締まるという方向になりました。

そうすると目の色が変わるのはシティです。
イギリスはシティによっていま一度大英帝国の夢を・・・、ということですから、これは当然ながらイギリスのシティがアメリカのドル基軸通貨体制の存立を脅かすということになってきます。深刻な対立が生まれていたことがお分りかと思います。


 「中国の野望」は「イギリスの野望」を裏から支えているという姿勢があります。
つまり所謂プレトンウッド体制というものが毀れかかってきている。

そのためにアメリカは過去にイラク戦争もしてきたわけですから、アメリカは焦っている。しかも身内であるイギリスがそういうことをやったということで、対応をとる処分に苦慮してきたのだろうと思います。

 それでもアメリカとイギリスが永遠に対立するなどということは無いので、結局イギリスの中の体制が変わってキャメロンが辞めて、きっと親米政権が生まれるでしょう。そして、どうせまたアメリカとイギリスは手を結ぶことでしょう。

いずれはウォール街とシティは和解するのです。
今度の出来事はその流れの一つではないかと思いますが、皆さんいかがでしょうか。


 そうなると、残ったEUはどうなるでしょうか。

先ほども申したようにドイツは頻りに

「哀れなイギリスよ、お前たちは泥船に乗ったのか?」

と言っているそうです。メディアも頻りに「可哀想なイギリスよ」とやりたてている。

テレビなどがイギリスは明日ダメになってしまう、というようなことをどんどん流しているそうです。そしてシティがEUから離れていくわけです。

そうするとEUは必然的に没落します。
それでシティの代わりにフランクフルトにいろんな金融機関が集まってくるということが興りかかっているそうです。
しかし100パーセントそうはならないでしょう。

つまりこのあとアメリカはイギリスの出方ひとつでシティを守るかもしれません。だから結局EUはドイツが中心。アメリカとドイツが永遠に仲良くなるとは思えませんし、結局アメリカとイギリスは和解してEUはダメになる。

そしてシティはアメリカの管理下に置かれる。
アメリカ、というかウォール街がシティの上に立つような構造になるのではないか、ということが当たるかどうか分かりませんが私の予想です。

ヨーロッパ全体はおかしくなってくる。
フランスやイタリアもEUを否定する政権になるかもしれず、ドイツは英国を憐れんでいましたが、話は逆になるかもしれない。ドイツは EUという泥船をかかえてどうにもこうにもならなくなるかもしれません。


 少なくとも中国の世界戦略は破綻した・・・。良かった!と思います。

今度の事件で私は良かった、と思ったのですが、私はドルを少し持っています。
ドル建て債券を持っていて、円高になるからみんな落っこっちゃったのです。
私なんかほんとに僅かだけれど、その変化をみていると、企業や国家が持っているドルはどんどん目減りするわけですから、大変なことになるだろうなぁと思っています。

アベノミクスがうまくいったとかいうのは、あれはほとんど円安政策です。
円安があそこまでいったから経済が動き出したのですから、名目上のことです。
とにかく個人的には不味いのだけれど、私の中の非個人的な部分は万歳と・・・。心の中で喜んでいます。

 私の短い人生の中でこんなことが沢山はないのです。

つまり中国が台頭したのも理解できない。
あの最貧国が大きな顔をして、お金で他国を威圧するなどということは5年くらい前までは夢にも考えられなかったということ。

そしてあのアメリカがタジタジとして自分で自分を護れなくなっているというのもビックリする話で、イギリスもおかしくなってきた。

おそらくスコットランドが独立するのではないかという気がします。
スコットランドがもう一回独立投票をやれば確実に離れるでしょう。
そうするとイギリスという国は無くなるのです。
ブリティッシュという概念は無くなってイングランドになる。
イングランドになると同時に大国ではなくなります。

何がおこるかというと、おそらく第二次世界大戦の戦勝国としての地位を失う。
即ち国連の常任理事国としての地位を継承できなくなると思います。

だってそうでしょう。ブリティッシュ、ブリテン大国がイングランドになったら、これはもう違う国なのですから。
そういうことが直ぐにではなくとも必然的に起こりますよね。

これでイギリスに片がつくと・・・。
明治以来日本の上に覆いかぶさっていた暗雲が私の短い人生の中で一つずつ消えてゆく、というようなことを考えながら昨日(6月25日)のニュースを見ていた次第です。
https://ssl.nishiokanji.jp/blog/?p=1754


87. 中川隆[3195] koaQ7Jey 2016年7月08日 13:24:53 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3546]

EUの終わりの始まりか。2016年6月23日イギリスEU脱退


イギリスがEU(欧州連合)を脱退するか残留するかの国民投票が2016年6月23日にあったが、その結果、大勢の見方を覆すかのように「EU脱退」が確実になった。

接戦だった。最後の最後までイギリス国内の見方は割れ、今も残留派と脱退派が「どちらがイギリスの将来にとって良いのか」で激しい議論がある。

6月23日までEU残留の可能性の方が高いと言われていたので、この番狂わせで経済が大混乱し、2016年6月24日のポンドは前日比でマイナス10%近く急落した。

イギリスがEUを脱退することになると、イギリス自身がEU(欧州連合)という自由貿易圏から抜け出すことになるのだから、これはイギリスの多国籍企業にとってはビジネスが制限されることを意味する。

また、今後はEUがどのような展開を向かえるとしても、イギリス自身は蚊帳の外におかれるわけで、政治的な影響力も減退する。

つまり、政治・経済の観点から見ると、イギリスのEU脱退はマイナスの影響が強い。これは、国民投票をする前に、イギリスのキャメロン首相が何度も繰り返して国民に訴えていたことである。


EU脱退は、多国籍企業とグローバル化の敗北

イギリスの多国籍企業にとっても、イギリスのEU脱退は大きなビジネス的災厄である。今後、イギリス製品にはEU圏内で関税がかけられる可能性もある。これは製品の価格競争力が失われることを意味する。

また、イギリスも大量の移民・難民を国内に流入させていたのだが、これによって多国籍企業は安い労働力を手に入れてコスト削減に邁進していた。

イギリスがEUを脱退するのであれば移民の流入もストップするわけで、イギリス企業だけでなく「イギリス国内に製造拠点を持つ多国籍企業」は等しく危機に陥ることになる。

つまりイギリスのEU脱退は、まぎれもなく「イギリスの多国籍企業の敗北」であり「グローバリストの敗北」であると言うこともできる。

事実、イギリスのEU脱退派の中には「我々は多国籍企業に勝った」と歓声を上げる人も多かった。それと同時に過度なグローバル化にもブレーキがかけられることをEU脱退派は願っている。

今まで怒濤の勢いで世界中を覆い尽くしていたグローバル化は、「貧困層を他所から連れてきて安く働かせ、自国の労働者の賃金も下げさせる動き」であることが、ゆっくりと普通の人々が認識するようになった。

賃金が下げられ、仕事が消え、わずかな仕事も低賃金をモノともしないで働く移民たちに取られていった。

そんな現実を見て、一般の労働者は「グローバル化は自分たちを幸せにしない」ことを知るようになったのだ。

グローバル化は多国籍企業にとって都合が良いことでも、自分たちには不都合な動きであると知ったのだ。そのため、現在は世界中で人々がグローバル化に懐疑の目を向けるようになっている。

今、EU諸国で「反グローバル主義」が台頭し、既存政党を揺るがすようになっているのだが、いよいよイギリスの反グローバル主義者が、難攻不落と思われていたEUという「グローバル化」を揺るがすことに成功した。


政治よりも経済よりも、もっと重視したいものとは

ヨーロッパの支配階級(エスタブリッシュメント)はグローバル化を極度なまでに押し付けてきた。

これに対して各国の国民は、エスタブリッシュメントに反旗を翻して「反グローバル化」の動きを鮮明化させていた。

フランスでは、以前から国民戦線(FN)が大きく躍進するようになっている。

(フランスは、イスラム過激派のテロで大きく意識が変わった)
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20151207T1707350900


EUの頂点に立っているはずのドイツでも、AfD(ドイツのためのもう一つの選択)という反EU、反グローバル化の政党が躍進している。

(世界がつながり、混乱が生まれ、指導者も不在という地獄)
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20160509T0338530900.html


オーストリアでも、オランダでも、ハンガリーでも、スウェーデンでも、ノルウェーでも、ギリシャでも、同じような反EUを標榜する政党がじわじわと勢力を拡大している。

もはや、この動きが止まらない。

EU(欧州連合)というシステムは、ヨーロッパの普通の人々にとっては「グローバル化押し付け制度」に他ならない。そのため、グローバル化に疑念を持つようになっている人たちにとってはEU脱退は当然のことだったのだ。

確かにEUという巨大な自由貿易圏から抜けると、経済活動は停滞し、政治的にも活力を失っていくことになる。一時的には国内も大混乱に見舞われることになる。

今回のイギリスでも、事前にキャメロン首相やEU諸国の首脳が警鐘を鳴らし、全世界のグローバル・メディアもイギリス人を思いとどまらせようとした。

にもかかわらず、イギリス人の半分以上がEU脱退を選んだ。イギリス人は「政治よりも経済よりも、もっと重視したいものがあった」ということだ。

それは何だったのか。


イギリスのEU脱退は、「EUの終わりの始まり」

それは、「移民・難民の排除」である。

日本のメディアはほとんど報道してこなかったが、イギリスでも「移民・難民問題」「それに伴うイスラムの文化侵食」が大きな社会問題を引き起こしていた。

ロンドンはインド系移民、アフリカ系移民、イスラム系移民でごった煮のような状態と化している。

それを嫌って白人がどんどん郊外に逃げ、ロンドンは事実上、イスラム系移民に乗っ取られた都市のようになっていた。

2016年5月にはイスラム教徒の議員であるサディク・カーン氏が市長となっているが、これも投票者にイスラム教徒が増えたことから起きている現象である。

こうした「多文化共生」はグローバル・メディアでは異民族共存の美しい姿として描き出されていたが、実際には社会の底辺では激しい軋轢と対立と衝突を生み出していて、社会は混乱していく一方だった。

価値感が違うと共存できないのが現実だったのだ。

治安も悪化し、彼らが暮らす区域はスラム化し、凶悪犯罪も無差別テロも多発し、売春やドラッグと言ったアンダーグラウンドも拡散していた。

その上、2015年からは内戦で国家崩壊したシリアから大量の難民がヨーロッパに押し寄せるという現象まで起きて、こうした難民がイギリスにも到達していた。

これによって、古き良きイギリスを愛する国民の我慢の限界を超え、2016年6月23日の国民投票で、EU離脱派が勝利するという番狂わせに向かっていったのである。

イギリスのEU脱退の背景にある「反移民・反難民・反グローバル化・反EU」の精神的な感情は、他のEU諸国もまた共有しているものだ。

そのため、このイギリスのEU脱退が引き金となって、EU加盟国のEU離れが起きて、EUの崩壊が起きるのではないかと早くも懸念されるようになっている。

2016年6月23日のイギリスのEU脱退は、「EUの終わりの始まり」になったかもしれない。

辞任に追い込まれたキャメロン首相。イギリスのEU脱退が引き金となって、EU加盟国のEU離れが起きて、EUの崩壊が起きるのではないかと早くも懸念されるようになっている。
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20160624T1615320900


88. 中川隆[3196] koaQ7Jey 2016年7月08日 13:27:43 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3547]

「イギリス国民が世界恐慌を起こしてでもEU離脱を希望した理由」

イギリス在住のめいろま氏が語る分かりやすい解説 腹BLACK 2016年6月24日 netgeek


国連でのキャリアも持つ「めいろま」こと谷本真由美氏が、なぜイギリスの有権者が国民投票でEU離脱に票を投じたのか解説している。現地の状況を知れば、EU離脱は納得の結果だった。


端的にまとめれば、経済が豊かなイギリスにEU域内の人たちが来すぎて日常生活が極度に不便になっているから。


めいろま ‎@May_Roma

イギリスの庶民的には、なぜEUを脱出したいかというと、EUから人が山の様に来てしまって、病院や電車が混む上に、学校の教室が足りないから。年に18万人も来る。そして帰らない。ビザいらないので。ブルガリアとルーマニアからは年に5万人も来る。月収5万円ぐらいの国だから皆イギリスに来たい


EUでは加盟国を同一の国とみなし、ビザなしで自由に行き来できる仕組みを整えた。これにより経済が活性化すると思われたのだが、実際は賃金の低い国から高い国に大移動が起きることに。当然ながらもともとイギリスに住んでいた人は生活が不便になったと不満を漏らす。


▼めいろま氏自身もイギリスに移住した移民。それゆえ状況を詳しく把握している。


めいろま ‎@May_Roma

私はビザをちゃんととって納税してきた移民で専門職なので、失業者や納税しない移民とは違います。


RT @beawareafter311: @May_Roma
うーん、でも、めいろまさんご自身も移民ですよね。自分はOKだけれど、他の移民は厄介かもという論調にならぬよう注意では…?

それでは、より詳しい解説を一気にみていってみよう。

めいろま ‎@May_Roma 2016年6月24日 12:00

イギリスの庶民的には、ガイジンが増えるから困るというよりも、「人」が増えて色々困っているというのが正直な感想。ここの人達はガイジンには慣れているし寛容。ただEUからこんなに人が来るとは誰も予想してなかった。政府の予測は大外れだった。自治体が耐え切れない状態になっている。

日本の人は知らないと思うのだけど、EUの人がイギリスに移り住んだ場合、税金一円も払ってなくても医療費も学校も無料。通訳まで付けてもらえる。病院は年間予算が決まっているから沢山治療しても予算が増えるわけではない。学校も同じ。人が増えれば増えるほど苦しくなる仕組み。


そしてイギリス庶民が最も恐れているのは、トルコがEUに加盟すること。加盟したらトルコ人もイギリスに自由にこれるようになるんですが、月収6万円の国で、あそこにはシリア難民も大量にいる。トルコは人口も多いですから人が大量に来てしまう。しかもテロリストも混じっているかもしれない。


EUから人が来る場合、EU市民なら誰でもイギリスに移住できるので、元犯罪者とか、テロリストの可能性がある人も入ってこれちゃうんです。しかも犯罪者を強制送還できない。EUの決まりがあるので。チェックが機能しません。加盟国(特に新規)には超いい加減な国も多いので庶民的には怖い。


EU離脱を求めるのは年寄りのエゴというのとはちょっと違う。例えば子供がいる中流のサラリーマン。子供が病気になってもEUからの移民激増で病院のERは4時間待ち、公立は英語不明な外国人生徒が激増し授業が成り立たない上教室ギューギュー。不動産高騰で家買えない。中流も離脱したい


イギリスがEUに残留し、トルコ、マケドニア、セルビアからも人が入ってきていたら、国内で暴動が起きていたかもしれません。。。外国人排斥じゃなくて、人が増えすぎて病院、学校、交通、住宅が対応できなくなってしまって。。。イギリス平均月収25万円、それらの国は4-6万円ですから大量に来る


イギリスEU離脱に関する補足情報。

今回の離脱の最大の引き金はギリシャ金融危機と難民問題。

イギリスへの移民は年に30万人、EUから18万人。EUからくる人はビザ不要、誰でも住めて医療費学校福祉無料。政府予測大外れで病院や学校がキャパオーバーで市民生活直撃で皆うんざり


イギリス病院キャパオーバーの事例。ER待ち時間は4-7時間。EUからの移民激増で誰でも治療無料の国立病院患者激増で検査は数カ月待ち当たり前。人で不足で手術キャンセル日常。小児科病棟でも1歳にレンジでチンの冷凍食品。出産退院一日。昔は一週間入院。外国人には税金で通訳つける


移民激増のイギリス。年に24万の新築住宅必要だが人増え過ぎで年に17万件しか建てられない。住宅不足で持ち家も賃貸も値段激増。公営住宅は順番待ち。ロンドン郊外給料半分以上家賃。新卒若者中古1DK購入頭金貯めるのに24年労働必要。需要激増で供給追いつかない。だからEU離脱希望多数


EU加盟国。スペイン、イタリア、ギリシャは若者ひどい失業率。大人も仕事なし。新規加盟東欧諸国、月収4-6万円、田舎は現金収入月5千円とかのレベル。それらの国からイギリスへ稼ぎに来る。最低賃金でも月収25万。英語通じる上ガイジンにオープン。言葉分からないドイツやフランスに行かない


イギリスで実際に起こって庶民が激怒した件。ルーマニアのマフィアがイギリスで子供手当をもらってルーマニアに送金。EU国籍さえあれば福祉が受けられるので子ども手当も受けられた。ルーマニアど田舎では大変な金額。これは大変な問題になった。


_____


本当に分かりやすい解説でありがたい。実際にイギリスに住んでいるからこそ把握している病院や学校の問題はめいろま氏ならではといったところ。直接的には無関係とはいえ、経済面で影響を受ける日本としてはいまいひとつイギリス国民が何を考えているかが理解できなかった。それがようやく腹落ちしたという感覚だ。


また、さらに詳しい解説についてはめいろま氏が執筆した記事

「イギリスがEU離脱した理由」
https://wirelesswire.jp/2016/06/54327/


を一読あれ。現地の事情が手に取るように分かる力作だ。


世界に不況を巻き起こしてでもEUを離脱した理由。それは自身や家族の生活のためだった。


       ◇


イギリスがEU離脱した理由
https://wirelesswire.jp/2016/06/54327/
Updated by Mayumi Tanimoto on 6月 24, 2016, 13:38 pm JST 


イギリスのEU離脱を問う国民投票の結果、イギリスがEUを離脱することになりました。TwitterやメルマガでイギリスのEU離脱については書いてきましたが、残留予測の人が多かったにも関わらず、なぜイギリス有権者が離脱を選択したのかを疑問に思う方も多いでしょう。離脱の理由は、ヨーロッパを理解する上で、テック業界の方にも重要な事だと思いますので、以下まとめました


■そもそもEUってなによ?


ところでなぜイギリスが離脱したかを理解するには、そもそもEUとは何かを理解する必要があります。


EUというのは欧州連合(European Union)のことです。地域統合体と呼ばれる組織で、主権(自分で自分の国のことを決める、独自の法律がある、固有の領土と国民を持っている)を持った国家が集まった組織です。


ヨーロッパというのは、様々な民族が集まった土地で、昔から領土争いや宗教紛争などが絶えず、一年中戦争を繰り返していました。時には中東や北アフリカの人々とも大げんかしています。


しかし、そういう争いばかりのヨーロッパにうんざりした人の中には、「戦争が起こらないようにヨーロッパを一個の国みたいにしちゃえばいいんじゃない?そしたら、国境引き直したりする必要ないでしょ」と考える人達が出てきました。


例えば、オーストリアの伯爵であるリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー等の「国際汎ヨーロッパ連合」という思想です。(ところでカレルギーの母親は日本人の青山みつさんです)第一次大戦後のヨーロッパは疲弊していましたが、ロシアに対抗する必要がありました。そこで、ヨーロッパの国々が結束しようではないか、という考え方です。


この考え方は理想主義だったので実現に至りませんでしたが、その後、第二次大戦後に欧州経済協力機構(OEEC)、北大西洋条約機構(NATO)、欧州審議会(Council of Europe)などが設立されて、EUの母体となりました。


これらが設立された理由は、第二次大戦後のヨーロッパは戦火のためにひどい状況になっていたので、そのような惨禍が起きないように、各国が協力し合いましょう、というものでした。


地域内の関税を下げて経済を活性化させること、軍事同盟を結んでアメリカと協力した上でドイツの再軍事化を防止し、ソ連に対抗する、という目的がありました。そして、特にドイツは世界制覇したいという意味不明な野望があった困ったさんなので、二度と悪さをしないように監視したかったのです。


現在のEUは、加盟各国の代表が欧州議会で様々な事柄を決め、経済、金融などの分野で、加盟国すべてが従う必要がある「きまり」を作ったり、利害の調整を行う場になっています。情報通信業界に関しては、プライバシーや情報管理に関する規制、携帯電話の通話料金などの規制が「きまり」にあたります。


活動の中には、ヨーロッパ内での貿易の障害となる関税や規制を撤廃、域内の市民の移動や仕事の自由を保証して経済を活性化させる、農業への補助金を出す、多国籍な研究プロジェクトへ資金を出す、国を超えて犯罪の取り締まりを行う、国を超えて環境を保全する等も含まれます


■なぜイギリスはEUを脱出したかったのか?


しかし、イギリスは、なんだが良さそうなことをやっているEUを辞めたくて仕方がありませんでした。


それにはいくつか理由があります。


まずEUは加盟国の間の経済格差が凄まじいからです。


豊かな国はお金を出すばかりで、貧乏な国に、補助金などの名目で吸い取られてしまいます。これはカツアゲと同じです。例えばスペインやギリシャの高速道路は、ドイツやイギリスが出したお金で作られています。しかし、そんなものを作っても、ドイツやイギリスには大した利益がありません。イギリス的には、貧乏なギリシャはそんなものはテメエで作れと思っています。


そしてイギリスはEUにお金を出しているのに、EUからの補助金や研究予算で賄われたイギリスの科学技術研究はたった8%です。テック業界的にもEUはあまり役に立ってないんじゃないか、という考え方の人がいました


■EUのバカらしい法律


EUの最初の目的は、そもそも関税障壁を撤廃して、域内の経済を活性化することでした。しかし、EUは役所として肥大化してしまい、次第に、わけのわからない法律を作るようになりました。


そのような法律の少なからずに実現性がなく、各国の事情を反映していないので、ビジネスや法務にとって大きな足かせになっています。


例えばタンポンの消費税を決める法律、掃除機の吸引力がすごすぎてはいけない、ゴム手袋は洗剤を扱えなければならない、スーパーで売られるキュウリとバナナは曲がっていてはいけない、ミネラルウオーターのボトルには「脱水症状を防ぎます」と書いてはならない等です。


なぜこんなバカげた法律がたくさん作られるかというと、EU関係者には、様々な企業や政府内部の人が、ロビーストを使って圧力をかけているからです。ロビーストというのは、お客さんからお金をもらって、政治家やマスコミを使って、作られる法律をお客さんの有利にする弁護士や広告代理店やコンサルタントのことです。


こういう法律があるおかげで、ヨーロッパの掃除機の吸引力は低く、部屋がなかなか綺麗になりません。部屋があまりにも汚いので、こんな規制が必要だと思っている人は誰もいません。


EUの役人はこういうバカげたことを決めるのに多大な時間とお金を費やしています。でもEU関連機関の役人の給料は大変高く、待遇は国連よりも遥かに良いのです。そういうお給料を維持するために、意味不明な仕事を沢山作らないといけません。だから掃除機の吸引力はとても重要です。


その他、例えばEUのデータ保護指令というIT関連の規制は、データセンターの個人データはEU域外に保存してはいけません、といっていますが、しかし現在はクラウドやインターネットの発達で、データは世界各地に保存されていたりしますので、全くナンセンスなことをいっています。そういう規制に対応するために、テック業界の人も困り果てていることもあります。


イギリスで話題になるのがEU人権規約という法律で、これは、EU域内で守られるべき人権を規定したものですが、その内容があまりにも理想的かつ大雑把なので、それを悪用して訴訟を起こす人がいるので、会社や役所は困り果てています。例えばパブで転んで怪我したのはEU人権規約違反だから5億円払え、とかそういう話です。


■貧乏国の人がイギリスに来てしまう


イギリスが特に困っているのは、EUから移民が来てしまうことです。EUは域内の国籍を持った人なら、どの加盟国に住んでも働いてもいいですよ、ビザは要りませんよ、というルールを決めてしまいました。


これは最初は良い考え方だと思われていました。なぜなら、働く気のある人、優秀な人は、ビザを取る必要なく好きな国で働けます。お金がある人は、好きな国に別荘や家を買って住むことが簡単になります。人が動くと経済が活性化するはずでした。


ところが、実態は、貧乏な国からお金持ちの国に人が大量に移動しただけでした。


なぜなら、EUにはルーマニアやブルガリアのような貧乏な国も加盟してしまったからです。ルーマニアやブルガリアの平均月収は4−6万円ぐらいです。田舎に行くと現金収入が殆ど無いに近いこともあります。


私のブルガリア人の知り合いは、実家は田舎で農家ですが、野菜や豚を飼育し、一族が食べる肉は、年に一回潰す一頭分の豚です。現金収入は月に5,000円ぐらいです。


ドイツやイギリスのようなお金持ちの国に行けば、5倍、10倍のお金を稼ぐことができます。イギリスは最低賃金で働いても月に25万円ぐらいは稼げます。ロンドンなどの大都市の路上で物乞いをやると、一日に10万円ぐらい稼げることもあります。


しかも、EUの人権規約や差別を禁止しています。EU国籍ならどの加盟国にも住めますその国の人と同じように、無料の病院や無料の学校を使う権利もあります。公営住宅に住んだり、生活保護や子ども手当をもらうことができます。銀行の口座も開けるし、当然会社で働くことも可能です。


例えば一ヶ月に三万円ぐらいの子ども手当をもらったら、自分の国では、それは店員の一ヶ月分の給料に当たることもあります。ルーマニアで浮浪児を探してきてイギリスに送り、子供手当を送金するというビジネスをやる人まで登場しました。


そういう状況なので、働く気がない人も、やる気のある人も、貧乏な人も、イギリスやドイツにどんどん移動してしまいました。


その結果何が起こったかというと、イギリスには一年に18万人もの人がEUから来るようになりました。来た人は働いたり住む目的で来るので、全員が国に帰るわけではありません。ルーマニアとブルガリアからは年に5万人ぐらいの人が来ます。


さらに、EU以外からの移民も合わせると、一年に30万人もの移民が来るようになりました。イギリスにこんなに移民が増えたのは2002年以後ぐらいで、1980年代には移民の数はマイナスで、イギリスから出て行く人の方が多かったのです。


政府はこんなに人が来るとは予想してなかったので、病院や学校が対応しきれなくなりました。病院は国の税金で運営している所や、自治体の補助金も合わせてやっているところもありますが、国立で治療費が無料なので、予算が決まっています。治療すればするほど予算は減り、人が来れば来るほど苦しくなるという仕組みです。


人が急激に増えたので、家は足りなくなり、電車やバスは大混雑するようになりました。電車は元々古い線路を無理をして使っているので、人の急増に対応しきれなくなり、遅延や故障が当たり前です。電車賃は毎年値上がりしています。


家の値段が上がったので、ロンドンのような大都市では普通のサラリーマンが家を買えなくなってしまいました。新卒の人が1DK中古を買おうとすると、頭金を貯金するのに24年も働かなければなりません。移民が増えた病院や学校を嫌って、元々地元にいた人達は、田舎に引っ越して行きました。不動産の値段が上がってしまったのも理由です。


EUからやって来た人々の全部は、投資家とかエンジニアとか医師ではありませんでした。ごく簡単な仕事しかできないような人、無職の人、英語やドイツ語が全くわからない人が含まれていました。入国審査が一切ないので、英語の試験もないからです。EU以外から来る人達には、資格の審査などがありますし、永住権や配偶者ビザを取るには、英語、高速道路の制限速度や、イギリスでは女性をむやみに殴ってはいけませんなど、イギリスに関する知識の試験があったりします。


EUの法律は差別を禁止していますので、言葉がわからない人達には、お役所のお金で通訳を手配しなければなりません。こういう人は増えるのに、入ってくる税金はそれほど増えません。予算不足で病院や学校のレベルはどんどん低下していきました。


スコットランドのグラズゴーという町にあるAnnette Street Schoolは、生徒数222名の小学校ですが、スコットランド出身の生徒が一人もいません。222名の生徒のうち、181名がルーマニアもしくはスロバキア出身です。生徒は英語がわからず、先生は生徒の話す言葉がわからないので、授業が成り立ちません。しかし政府の教育予算不足のため、「英語」を教えるための教材すら手に入りません。教材入手はクラウドフンディングに頼っています。


こういう状況に怒った人達が多いので、イギリス政府はEU以外からの移民を厳しくするようになりました。しかしEUから来る人にはアナタは来ちゃダメです、とはいえません。いったらEUから怒られるからです。


その代わりに、カナダ、アメリカ、日本、中国、オーストラリア、シンガポール、インドといった国からの移民を厳しく規制しました。しかし、こういう国から来る人達には、エンジニアや医師、研究者、投資家、起業家などお金を稼いでくれる人や、地元の企業が必要な人も沢山いました。


優秀な人が来るのが大変になってしまったので、困った会社が出てきてしまいます。こういう人達は、福祉に頼ることもなく、一般常識もあるし、英語も上手なのに移民できないのです。


■EUに残りたい人の言い訳


こんな風にEUはイギリスにとってあまり良いことがありません。辞めたいという人も多いのですが、一方で、残りたいという人もいます。残りたい人達の言い分は、EUにいた方がビジネスがやりやすいし、色々な人がイギリスに居ることは良いことだよ、です。


しかし、イギリスはEUから物を沢山買っていますし、ヨーロッパの他の国はイギリスに色々売りつけたいので、EUを辞めたからと言って、それほど困ることはなさそうです。


それに、EUから人が来なくなるなら、今度は、優秀な人だけを来ていいですよ、という仕組みを作ればいいだけの話なので、これも、あまり困らなさそうです。


シリアの移民はドイツが面倒を見ますといいはっているので、イギリスは何もする必要がなくなるでしょう。


EUで働いている人は、元々あまり仕事をしていませんでしたが、イギリスの離脱により失業すればせっせと働くようになるでしょう。
http://netgeek.biz/archives/76287


89. 中川隆[3197] koaQ7Jey 2016年7月08日 13:31:37 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3548]

2016-07-07
弱肉強食の資本主義が最後に生み出すのは階級社会の固定化

富裕層の子供と貧困層の子供は、生活環境が違う。富裕層の子供たちは心地良い環境で暮らすことができて、明日の食事の心配をすることもなく、親の資力を使って「良い学校」に通うことができる。

良い学校とは、子供たちの能力や学力を向上させてくれる思慮深い教師がいて、子供たちをバックアップする環境が教室にあって、安全で、清潔な学校である。

良い学校は、その環境を維持するためのコストがかかるので、それが学費に反映される。

だからこそ富裕層の子供しか通えない私学が存在し、そこで子供たちは生まれ持った能力をより良く向上させていくことができる。

貧困層の子供たちは親の財力からして、こうした「良い環境」の学校には入れない。そのため、近所の学費の安い学校に通うことになる。

こうした学校は多くが公立なのだが、欧米でも途上国でも同じく、公立学校というのは荒廃しやすい状況にある。

その理由は別に難しいことではない。教育にも弱肉強食の資本主義が取り入れられるようになって、教育の場は著しく荒廃していったのだ。


教育の現場に資本主義を取り入れて生まれた結果

アメリカの教育の環境が変わっていったのは1980年代以降であると言われている。

何が起きたのか。

この時代、アメリカの大統領となったロナルド・レーガンは、「新自由主義」の信奉者であり、「小さな政府」をスローガンにして政策を推し進めていた。

「小さな政府(リミテッド・ガバメント)」とは、政府の関与をどんどん小さくして、ほとんどのことは民間に任せるという政策を言う。

これによって民間ではダイナミックな競争が生まれ、その競争によって世の中が進化するのではないか、という思想がその根底にある。

レーガン大統領はこれを「レーガノミクス」と名付けて、すべての分野に当てはめていったのだが、教育もまたこの自由競争の中に放り込まれた。

その結果、公立学校では国からの補助金が削減されていくことになり、教師の賃金も下がり、学校の施設・備品も補充されることもなくなり、学校の環境はどんどん悪化していった。

給料が下がると、優秀な教師から消えていく。公立学校の予算が削減されていくのが既定路線になると、優秀な教師は最初から公立学校の教師にはなろうとしない。

教師の質が落ちると問題児も放置される。また優秀な生徒も問題児の影響を受けて学力が低下していく。そうすると、富裕層の親たちが子供をそこから引き上げて私立の学校に入れるようになる。

こうした流れが延々と続いた結果、1990年に入る頃になるとアメリカの教育の場は、荒れ果てた公立学校と、良い環境と良い教師が揃った私立学校と完全に分離するようになった。

教育の現場に資本主義を取り入れると、富裕層と貧困層の子供たちが分離する結果となったのである。

教育の格差は、子供たちのその後の人生は大きく左右することになる。


貧困層の子供たちは、スタートから出遅れていく

アメリカでは今、ケンブリッジ大学でも、マサチューセッツ工科大学でも、ハーバード大学でも、女子学生に対するレイプが多発していて問題になっている。

しかし、これは「あり得ないことが起きた」という反応ではなく、「いよいよ名門大学でも起きるようになった」という捉え方をされていることに注意すべきだ。

アメリカの最底辺の公立学校では、学校内でドラッグが蔓延し、レイプ事件が起き、時には銃撃事件も発生するほど荒れているのはよく知られている。

こうした底辺の学校の日常が「いよいよ名門大学にもやってきた」という捉え方なのだ。荒れた学校が存在し、暴力が恒常化しているのである。

貧困層の通う学校が荒れ果てて学力低下が止まらなくなるのは、別にアメリカだけの話ではない。イギリスでもフランスでもまったく事情は同じだ。

貧困層の子供たちが学力荒廃の流れに絡み取られてしまうのは、本人の資質を問う前に、劣悪な環境を問わなければならない。

教育に理解のない親兄弟、教育に適していない家屋、教育に適していない共同体、貧困による栄養不足や飢えが一度に子供たちに襲いかかってくる。

その上、教育に必要な書籍や備品も経済的な理由で揃えることができないこともある。飢えていたり、服装が粗末だったりすると、いじめに遭う確率が高まる。

そして、経済問題の悪化が知能を低下させる大きな理由になっていることも知られている。

(「お金がない」ということ自体が、知能を低下させる理由)
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20131009T0413150900.html

貧困層の子供というのは、「学ぶ」ということに対して、富裕層の子供よりも思った以上にハンディをかぶっているのだ。資本主義社会では体力ではなく知力が重要視されるので、貧困層の子供たちはスタートから出遅れる。

貧困層の子供というのは、「学ぶ」ということに対して、富裕層の子供よりも思った以上にハンディをかぶっているのだ。資本主義社会では体力ではなく知力が重要視されるので、貧困層の子供たちはスタートから出遅れる。


弱肉強食の資本主義が最後に生み出すのは階級社会

日本では1990年から明確に経済が衰弱していくようになり、じわじわと貧困層が生まれて来た。

それが社会で見えるようになっていくのは2000年に入った頃だが、本来はここで対策を打たなければならなかったのに、当時の小泉政権がしたのは真逆の政策だった。

小泉政権は貧困層を支援するのではなく、むしろ「新自由主義」という弱肉強食の資本主義を取り入れて、貧困層を思いきり見捨ててしまった。

小泉政権時代、経済財政政策を担当していた竹中平蔵という男はロナルド・レーガン大統領が行った「小さな政府(リミテッド・ガバメント)」の政策をそのまま日本に持ち込んで、教育も含めてすべてを民間の競争の渦に放り込んだ。

こうしたことから、日本でも明確に教育の劣化が起きるようになっている。この流れは止まらないと考えられている。

日本でも公立学校は荒れ、高い学費の私立学校が好環境になるという二極化になりつつあり、現職の教師もこうした現状に警鐘を鳴らしている。

やがては日本も貧困層の子供たちは学力が低いまま放置されて、永遠に資本主義の底部に押し込められることになる。

親の財力で子供の将来が決まるというのは、言うまでもなく「貧困の固定化」を生み出す。つまり、貧困層の子供は貧困層に、富裕層の子供は富裕層になる社会の誕生だ。

名門大学の学費は異様なまでに高くなり、すでに金持ちしか通えないのが現実だ。

富裕層の子供は学力がなくてもコネで名門大学に入ることができるようになり、逆に貧困層の秀才は学力があっても経済力がないので名門大学に入れない。

弱肉強食の資本主義が最後に生み出すのは、もがいてもあがいても抜けられない底知れぬ階級社会である。

世界はグローバル経済に覆われ、そのグローバル経済の正体が弱肉強食の資本主義であるのであれば、全世界が階級社会に向かっているということになる。

貧困層の子供は貧困層、セックスワーカーの母親の娘はセックスワーカーという途上国で見られた構図は、今後は先進国も含めて全世界で当たり前になるのかもしれない。

世界はグローバル経済に覆われ、そのグローバル経済の正体が弱肉強食の資本主義であるのであれば、全世界が階級社会に向かっているということになる。弱肉強食の資本主義が最後に生み出すのは、もがいてもあがいても抜けられない底知れぬ階級社会である。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20160707T0251420900.html

「教育を与えない」が、体制にとって非常に重要な理由とは


インドではダリット(不可触民)というカーストがある。「人間ではない。それ以下だ」と呼び捨てられ、差別されている人たちだ。

(人間以下(Sub-human)と呼び捨てられて、生きている人たち)
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20120731T2334260900.html


彼らは今も安い労働でこき使われている。

女性は売春宿に売り飛ばされたり、排泄物の汲み取りや、動物の死体の処理など、人のやらない仕事を強制されていることが多い。

(人間の排泄物を両手で集めることを強いられた人たちがいる)
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20120923T0236040900.html


そんな彼らはまさにインドの隠された奴隷である。

ダリットは激しい差別を受けているのだが、その差別のひとつとして「教育を与えない」というものがある。なぜ教育を与えないのか。

教育を受けて、ものを考えられるようになると、自らの立場を「知る」ことになる。そうすると、社会がおかしいことに「気づく」。自然と「反抗心」が芽生え、現状を変えようと「立ち上がる」人間が出てくる。

そうなると奴隷状態に置かれていた人間が次々と「目が覚めて」しまって、奴隷制が維持できなくなる。だから、教育を与えない。支配者は、最終的に奴隷化する人から教育を奪い、無知なまま生きてくれたほうが都合が良い。

だから、教育を絶対に与えないのである。


教育を与えないというのは、体制にとって非常に重要

アフガニスタンやパキスタンでは、女性が教育を受けようとすると命を狙われる。学校が襲われて飲み水に毒を入れられたり、学校に通う女学生が撃たれたりする。

女性に教育を与えない。なぜなら、教育を受けることによって女性が目覚め、自分たちが抑圧されていることに気がつき、現状を変えようと立ち上がる人間が出てくるからだ。

そうすると、イスラムを「おかしい」という女性が出てくる。あるいは男尊女卑に疑問を持つ女性も出てくる。男女平等だと言い出し、女性が家長制度を脅かすかもしれない。

だから、女性には教育を与えず、考えることすらも禁じて現状が当たり前だと思わせておく。

それでも教育を受ける少女が出てきたり、教育の大切さを訴える「邪魔」な少女が出現する。そんなときは、マララ・ユスフザイのように撃たれたりする。

このような事件があると女性は萎縮し、無知であることに甘んじて声を失っていく。

私たちは部外者なので、イスラム国家の女性が奴隷化されていることは分かる。しかし、当のイスラム女性たちは、自分が奴隷化されていることに気がついていないことも多い。

子供の頃からイスラムに従順であることが当たり前になると、それが世界のすべてだから違う世界が分からないのである。部外者は分かるが、当事者は分からない。

だから「教育を与えない」というのは、体制にとって非常に重要であることが分かる。

教育は一部の人間、すなわち体制側の人間や為政者やエリートだけが受けていればいいのであって、一般大衆は「言われたことだけをロボットのように行う人間」であることが望ましい。

いちいち何かを考えて、体制側のシステムに立ち向かって反旗を翻すような人間が増えるのは望んでいない。むしろ、そんな人間が出ないようにしたいと考えている。

国民から教育を奪い取った方が都合が良くなった

イギリスの産業革命以降、先進国社会では国民に教育を与えることによって、他国よりも経済的競争力がついた。だから、為政者は他国よりも有利になるために、国民に対して教育を促進していた。

教育がつけば、より複雑な工業製品が作れるようになり、それが社会に恵みをもたらした。

そして、国が豊かになれば、為政者たちも豊かになる。だから、国民に教育を与えるにはすばらしいメリットを享受する施策であった。その流れはずっと続いて来た。

しかし、もう状況が変わった可能性がある。

グローバル化によってグローバル経済に参加する国では教育の平準化が行われて、どこの国でも労働者は一定の水準が保てるようになっている。

そのため、企業は自国の労働者に頼る必要がなくなった。そもそも先進国の高度な知識を持った人間は高賃金を要求するのでコスト削減には逆行するので使いにくい。

優秀であれば国籍を問わず経営者も雇えるようになったので、国民全員に教育を施すよりも、そういう人材を即戦力で雇った方がコストが安くなっているのだ。

労働者の質は平均化されているので、むしろ高度な教育のない安い賃金で雇える労働者の方が使いやすいと企業は考える。使い捨てできるからである。

国家も財源が不足するようになって、教育を与えるということが負担になっている。そして、国民に必要以上の教育を与えることによって、為政者に刃向かってくるデメリットのほうが大きくなっている。

誰もが高度教育を受けられるようになると、もう教育そのものが陳腐化して、強みにもメリットにもならない。だから、先進国では逆に国民から教育を奪い取った方が為政者にとっては都合が良くなりつつある。

奴隷に見えない。しかし、実は奴隷だった

下手に教育を与えると、国民はいろんなことを考えて「目覚めて」しまう。社会で自分たちの立場が為政者に抑え込まれていることに気付き始めて反抗を始める。

だから教育を与えているように見えて、教育の成果をどんどん奪っていくような社会構造ができあがる。具体的には、以下のような社会になっていく。

・学校をレジャー化させ、教育させない。
・テレビ・映画・映像に浸らせて考えさせない。
・スポーツ観戦に夢中にさせて考えさせない。
・セックス・ポルノに夢中にさせて考えさせない。
・ゲームに夢中にさせて考えさせない。
・ギャンブルを与えて夢中にさせて考えさせない。
・本を読ませず、深く考えさせない。

これによって教育を受けているように見えて実は教育をすべて打ち消し、結果的には国民は完全なる無教育の状態に戻されてしまうのである。

「考えさせない」環境をどんどん作り出して知能を劣化させ、結果的に無教育にしていく。これを「衆愚化政策」という。「パンとサーカス」を与えて関心をそちらに寄せておき、政治を転覆させないようにする手法だ。

この愚民化の風潮は止めることができるものだが、社会的にはまったく止められる兆候もなく、むしろ加速させられている。学校が衆愚政策によって学力低下を強化されている。

自然にそうなったのではない。学力低下、愚民の方向に誘導されているのである。

かつて「奴隷」と呼ばれる人間が存在していたことは誰でも知っている。途上国では、女性や貧しい人々が意図的に教育を奪われていることを私たちは知っている。

しかし、先進国に暮らす私たちも実は教育を奪われている可能性があるということには気付かない。外部から見るとその人は奴隷的な境遇だと分かるのだが、自分が当事者であると自分が奴隷だとは気付かないのだ。

「一見自由を与えられているように見える。奴隷に見えない。しかし、実は奴隷だった」

私たちは気がつかないうちに、衆愚政策で奴隷にされているのかもしれない。まさかと思うかも知れないが、嘘ではない。場合によっては、私たちはもう手遅れかもしれない。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20160401T0037520900.html


90. 中川隆[3198] koaQ7Jey 2016年7月08日 13:53:32 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3549]

トリクルダウンはあり得ない


経済関連の「詭弁」の一つに、仮説を「原則」であるかのごとく扱い、結論を断定するという手法があります。

例を挙げますと、

「トリクルダウン理論により、富裕層・法人減税は正しい」

「クラウディングアウトが起きるから、国債発行はダメ」

「マンデル・フレミング・モデルにより、変動相場制の国では財政政策が無効」


などになります。

クラウディングアウトとは、政府の国債発行が「金利上昇」を招き、企業の投資が減少するため、経済成長が阻害される。というロジックなのですが、現実の日本(欧州でも)ではデフレで民間の資金需要が不足し、政府の国債金利はむしろ「下がって」います。

マンデル・フレミング・モデルはクラウディングアウトの延長で、政府の国債発行・財政政策の拡大が「金利上昇」と「通貨高」をもたらし、輸出減により財政政策によるGDP拡大分が相殺される。よって、変動相場制の国において財政政策は無効。というロジックなのですが、長期金利0.23(!)%の国で、何言っているの? という感じでございます。

しかも、第二次安倍政権発足以降、「通貨安」が大幅に進んだにも関わらず、日本の実質輸出は増えていません。純輸出で見ても、原発を稼働しないため、外国からの原油・LNGの輸入が増え、マイナス(純輸入)が拡大していきました。

さらに言えば、日本銀行が国債を買い入れている以上、「国債発行=金利上昇」などという単純なモデルが成立するはずがないのです。MFモデルにしても、財政出動が金利上昇、円高をもたらすのがそんなに怖いなら、金融政策を併用すれば済む話です。

要するに、クラウディングアウトにせよ、MFモデルにせよ、

「絶対に財政出動の拡大はダメ。国債発行もダメ」

という「結論」がまずあり、その結論に導くための詭弁として持ち出されているに過ぎないのです。


とはいえ、この種の詭弁が政界を支配し、財政政策による需要創出が実現しないため、我が国はいつまでたってもデフレ状況から抜けられないでいます。

トリクルダウンも同じです。

トリクルダウンとは「富裕層減税や法人税減税により、国内の投資が拡大し、国民が豊かになる」というロジックになっています。

減税分を「国内の投資に必ず使う」ように政府が強制できるならばともかく(できません)、資本の国境を越えた移動が実現したグローバリズムの時代に、トリクルダウンなど成立するはずがないのです。

しかも、法人税を減税し、企業の現預金を増やしたところで、デフレで投資利益が見込めない以上、国内の設備投資が拡大するはずがありません。

上記の理屈は、「常識」に基づき考えてみれば、誰でも理解できるはずです。特に、損益計算書やバランスシートに触れる機会が多い経営者であれば、一発で分かるでしょう。

ところが、現実にはトリクルダウンが成立するという「前提」に基づき、法人税減税をはじめとする構造改革が推進されています。

それどころか、もはや政府はトリクルダウンという「言い訳」をする必要すら感じていないのかも知れません。


竹中氏が今回、トリクルダウンを否定しましたが、これは別に、

「トリクルダウンがあると嘘ついていました。ごめんなさいね」

とう話ではなく、

「トリクルダウンなど、あるわけがない。政府に甘えず、各人が努力せよ。負けたら、自己責任」


と、責任を「国民」に丸投げしたに過ぎません。

それにしても、中国が改革開放を推進した際、ケ小平は「人民」に対する言い訳として、トリクルダウン仮説の一種である先富論を持ち出しました。中国のような共産党独裁国であっても、勝ち組に優しい政策をする場合は、トリクルダウン仮説で「言い訳」をする必要があるのです。

ところが、日本ではもはやトリクルダウンという「言い訳」すらなされず、格差を拡大することが明らかな構造改革が推進されていっています。

この状況を「怖い」と思うのは、三橋だけでしょうか。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/01/11/mitsuhashi-345/

「トリクルダウンあり得ない」竹中氏が手のひら返しのア然 2016-01-06    

 さて、今さらですが、トリクルダウンとは何でしょうか?


 トリクルダウンとは、

「富裕層や大企業を豊かにすると、富が国民全体にしたたり落ち(=トリクルダウン)、経済が成長する」

 という「仮説」です。トリクルダウン「理論」と主張する人がいますが、単なる仮説です。


 上記は今一つ抽象的なので、より具体的に書くと、

「富裕層減税や法人税減税をすると、国内に投資が回り、国民の雇用が創出され、皆が豊かになる(=所得が増える)」

 となります。


 要するに、グローバリズム的な、あるいは新古典派(以前は古典派)経済学的な「考え方」に基づき、所得が多い層を優遇しようとした際に、政策を「正当化」するために持ち出される屁理屈なのでございます。


 ちなみに、大恐慌期のアメリカでは、財閥出身の財務長官アンドリュー・メロンが「法人税減税」を推進した際に、まんまトリクルダウン仮説が用いられました。 


 さて、現代日本において、トリクルダウンで安倍政権の法人税減税に代表される「グローバル投資家」「グローバル企業」を富ませる政策を正当化していたのが、みんな大好き!竹中平蔵氏です。


『「トリクルダウンあり得ない」竹中氏が手のひら返しのア然
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172701/1


 テレビ朝日系の「朝まで生テレビ!」。

「激論!安倍政治〜国民の選択と覚悟〜」と題した1日放送の番組では、大田区の自民党区議が「建築板金業」と身分を隠し、安倍政権をヨイショするサクラ疑惑が発覚。「今年初のBPO入り番組」とネットで炎上中だが、同じように炎上しているのが、元総務相の竹中平蔵・慶応大教授の仰天発言だ。


 番組では、アベノミクスの「元祖3本の矢」や「新3本の矢」について是非を評価。

冒頭、「アベノミクスは理論的には百%正しい」と太鼓判を押した竹中平蔵氏。

アベノミクスの“キモ”であるトリクルダウンの効果が出ていない状況に対して、

「滴り落ちてくるなんてないですよ。あり得ないですよ」

と平然と言い放ったのである。


 トリクルダウンは、富裕層が富めば経済活動が活発になり、その富が貧しい者にも浸透するという経済論だ。2006年9月14日の朝日新聞は〈竹中平蔵・経済財政担当相(当時)が意識したのは(略)80年代の米国の税制改革だった。

その背景には、企業や富裕層が豊かになれば、それが雨の滴が落ちるように社会全体に行きわたるとする『トリクルダウン政策』の考え方があった〉と報じているし、13年に出版された「ちょっと待って!竹中先生、アベノミクスは本当に間違ってませんね?」(ワニブックス)でも、竹中氏は

〈企業が収益を上げ、日本の経済が上向きになったら、必ず、庶民にも恩恵が来ますよ〉

と言い切っている。


 竹中平蔵氏がトリクルダウンの旗振り役を担ってきたのは、誰の目から見ても明らかだ。

その張本人が今さら、手のひら返しで「あり得ない」とは二枚舌にもホドがある。

埼玉大名誉教授で経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言う。


「国民の多くは『えっ?』と首をかしげたでしょう。ただ、以前から指摘している通り、トリクルダウンは幻想であり、資本は儲かる方向にしか進まない。竹中氏はそれを今になって、ズバリ突いただけ。つまり、安倍政権のブレーンが、これまで国民をゴマカし続けてきたことを認めたのも同然です」(後略)』


 そもそも、トリクルダウンが成立するためには、絶対的に必要な条件が一つあります。それは、富裕層なり大企業で「増加した所得」が、国内に再投資されることです。前述の通り、トリクルダウンとは、富裕層や大企業の所得が「国内の投資」に回り、国民が豊かになるというプロセスを「仮定」したものなのです。


 現代の説明も、かなり抽象的ですね。

「トリクルダウンは、富裕層が富めば経済活動が活発になり、その富が貧しい者にも浸透するという経済論」

 まあ、それはそうなのですが、正しくは

「富裕層が富み、国内に投資がされる」ことで経済活動が活発になる

という話なのです。


 すなわち、資本の移動が自由化されたグローバリズムの下では、トリクルダウンなど成立するはずがないのです。特に、デフレーションという需要不足に悩む我が国において。


 富裕層減税や法人税減税で、「富める者」の可処分所得を増やしたところで、「グローバリゼーションで〜す」などとやっている状況で、国内への再投資におカネが回ると誰が保証できるのでしょう。誰もできません。


 結局、企業は対外直接投資、富裕層が対外証券投資におカネを回すだけではないのでしょうか。特に、日本のように国内にめぼしい投資先がなく、国債金利が長期金利で0.26%と、異様な水準に落ち込んでしまっているデフレ国では。というか、国内における投資先がなく、民間がおカネを借りないからこそ、長期金利が0.26%に超低迷してしまっているわけですが。


 無論、国境を越えた資本移動が制限されていたとしても、トリクルダウンが成立するかどうかは分かりません。減税で利益を受けた富裕層や企業が、国内に投資せず、増加した所得を「預金」として抱え込んでしまうかも知れません。


「いやいや、貯蓄が増えれば金利が下がり、国内に投資されるので、トリクルダウンは成立する」

 などと学者は反駁するのかも知れませんが、長期金利0.26%であるにも関わらず、国内の投資が十分に増えないデフレ国で、何を言っているの? 頭、悪すぎるんじゃないの? という話でございます。現在の日本は、企業の内部留保までもが史上最大に膨れ上がっています。


 お分かりでしょう。トリクルダウンが仮に成立するとしても、その場合は、

「国境を越えた資本の移動が制限されている」

「デフレではない」

 と、最低二つの条件が必要になるのです。ところが、現実の日本はグローバル化を推し進めつつ、同時にデフレです。トリクルダウンが成立する可能性など、限りなくゼロに近いわけでございます。


 そんなことは端から分かっていたし、何度も著作等で訴えてきたわけですが、残念ながらマスコミの主流は

「トリクルダウン理論により、法人税減税は正しい」

という、「頭、悪すぎるんじゃないの?」理論が主流を占めていました。


 少なくとも、現在の日本において、トリクルダウン前提の経済政策は「間違っている」と、全ての国民が認識する必要があるのです。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

続 トリクルダウンはあり得ない 2016-01-07


 昨日は、単にトリクルダウン仮説について解説しただけで、竹中氏の「真意」には踏み込みませんでした。

そもそも、竹中平蔵氏はなぜ「トリクルダウンはあり得ない」と語ったのか。


 安倍総理は、年頭の記者会見において、フジテレビの西垣記者の「選挙に向けてこの半年、国会が今日から開く中、どういった目標を掲げていかれるお考えでしょうか」という質問に対し、

「将来の老後に備えて、あるいは子育てのためにも使っていくことになるわけでありまして、これは正に成長と分配の好循環をつくっていくという新しい経済モデルを私たちは創っていく。その「挑戦」を行っていかなければいけないと思います」

 と、答えました。


 「分配」という言葉を総理が使ったのは、初めてのような気がいたします。


 わたくしは昨年末に刊行した徳間書店「2016 年 中国・ユーロ同時破綻で瓦解する世界経済 勝ち抜ける日本 」において、


『安倍総理は2015年1月28日の参院本会議で、民主党の質問に答えるかたちで、

「安倍政権としてめざすのはトリクルダウンではなく、経済の好循環の実現だ」

 と、トリクルダウンを否定した。

 だが、実際に安倍政権が推進している政策は、消費税増税をはじめとする緊縮財政にせよ、法人税の実効税率引き下げにせよ、あるいは様々な構造改革にせよ、明らかに特定のグローバル投資家を利する政策ばかりだ。

 グローバル投資家に傾注した政策を推進しつつ、トリクルダウンを否定したため、筆者はむしろ総理が国内の所得格差の拡大を歓迎しているかような印象を受けたものである。

 すなわち、富裕層やグローバル投資家、大企業を優先する政策を打つ政権は、言い訳としてトリクルダウン理論を持ち出すのだ。

法人税減税や消費増税、構造改革など、国内の所得格差を拡大する政策を繰り出しつつ、トリクルダウンすら否定するのでは、余計に問題ではないだろうか。』


 と、書きました。


 朝生のを見た限り、竹中氏は別に、 「トリクルダウンはあり得ないんです。ごめんなさい」というニュアンスで「トリクルダウンはあり得ない」と語ったわけではないわけです。


 トリクルダウンなど起きえない。
政府の政策で富が「滴り落ちる」のを待っている方が悪い、

というニュアンスでトリクルダウンを否定したのでございます。

すなわち、格差肯定論としてのトリクルダウンの否定なのです。


 そもそも、トリクルダウン仮説は民主主義国家において、一部の富裕層や法人企業に傾注した政策をする際、有権者である国民に「言い訳」をするために編み出されたレトリックなのです。


「富裕層や大手企業を富ます政策をやるけど、いずれ富は国民の皆さんに滴り落ちるので、安心してね」

 というわけでございます。


 つまりは、政治家がグローバリズム、新自由主義的な構造改革、緊縮財政を推進し、国民の多数を痛めつける際に「言い訳」として持ち出されるのがトリクルダウン仮説なのです。


 竹中氏がトリクルダウンを否定したのは、構造改革を推進するに際し、国民に言い訳をする必要性を感じなくなったのか、あるいは言い訳するのが面倒くさくなったのかのいずれかでしょう。


「面倒くせえな。トリクルダウンなんてあるわけないだろ。

政府の政策で、富める者はますます富み、貧しい者はますます貧困化し、それでいいんだよ。

どうせ、負けた奴は自己責任なんだから」


 と、一種の開き直りで「トリクルダウンはあり得ない」と竹中氏が発言したと確信しています。


 とはいえ、総理が「分配」と言い出したということは、竹中氏はともかく「政治家」にとっては、「トリクルダウンすらない構造改革、富裕層・大企業優遇政策」は、有権者に説明がつかないということなのだと思います。


「竹中氏がトリクルダウンを否定した。へ〜え。

つまり、あんた(国会議員)たちは富める者がさらに富み、貧困層はますます貧困化する政策を肯定するんだな?」

 という突っ込みを受けるのは、安倍総理とはいえどもきついでしょう。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12114721167.html


91. 中川隆[3199] koaQ7Jey 2016年7月08日 14:08:03 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3550]

「真面目に働くことによって明るい未来が拓く」という今までの資本主義の基幹を為していた牧歌的な時代は、グローバル化が進めば進むほど過去のものになりつつある。

現代の資本主義は、全世界を巻き込んだ凄まじい競争を強いる弱肉強食の資本主義である。企業は競争に打ち勝つために、素早く巨大化し、素早く時代に対応し、利益を極大化させることが望まれている。

利益を極大化させるためには、余計なコストがかかる雇用を必要最小限にするのが手っ取り早い。人間を雇うというのは、企業から見ると凄まじいコストなのである。

年500万円の人間を20年雇用したら、その1人だけで1億円のコストがかかる。実際にはこれに福利厚生から事務所代から雑費等含めて、かなりの出費がある。

単純に言えば、人は雇わなければ雇わないほどコストは削減される。そのために企業は、ありとあらゆる方法で雇用を削減する方法を考え出す。

それが派遣雇用の拡充であったり、アウトソーシングであったり、途上国の工場移転であったり、IT化であったり、ロボット化であったり、人工知能であったりする。

現在はそうした「雇用を排除する動き」が同時並行で行われ、加速している時代である。

これがさらに進んでいくのが2016年以降の動きだ。「働いても働いても豊かになれない」というワーキングプア層が社会の大半を占めるほどの苛烈な社会になっていくのだ。

今起きているこの大きな動きに私たちはひとり残らず飲み込まれていることに注意しなければならない。2016年以降、この流れが変わるというのはあり得ない。

「会社に雇われて働く」というのは、ワーキングプアになるというのと同義語になる。

まだ多くの人は半信半疑かもしれないが、よほどのエリートでない限り、「会社に勤める」というのは貧困に落ちる危険な行為になりつつあるのだ。
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20160101T1601100900

富裕層が仕掛けているのは、自分たちが100戦無敗になる方法


100戦無敗になるにはどうしたらいいのか。簡単だ。徹底的に弱い相手と戦うことだ。たとえば、大人は3歳児と戦ったら必ず勝つ。

大人が常に3歳児と戦い続ければ、常に勝ち続けることができる。それは勝負ではなく、リンチになるはずだ。大人はその気になれば、殴り殺すことさえ可能だろう。

だから、スポーツはこういった「大人vs子供」のような、最初から勝負が分かりきっているような組み合わせを禁止する。惨劇を避けるためだ。

それを不服として、大人が「自由に勝負させろ」と叫んでいたら、どうかしていると思われるはずだ。

しかし、それはスポーツの世界だからどうかしていると思われるだけで、実社会ではそのあり得ない競争が行われる世界なのである。

100万円の資産しかない人間が、100億円の資産を持つ企業と無理やり競争させられるのが資本主義の掟である。巨大な者が「もっと自由を」という時は、「弱者を叩きつぶす自由をくれ」という意味なのである。


落ちこぼれた人間には金すらも出したくない政府

「どんどん競争させろ。競争のルールは必要最小限にしろ。弱い者がどうなったところで知ったことではない」

これが資本主義を拡大解釈した「市場原理主義」の正体である。日本は2000年に入ってから、この弱肉強食の市場原理主義が小泉政権下で組み入れられた。

事実上の実行者は、当時、経済財政政策担当大臣と金融担当大臣を兼任していた竹中平蔵だった。

この男によって社会経験の浅い若年層は非正規労働者に追い込まれ、どんどん生活が不安定化しくことになる。

こういった格差が生まれるのは当然だと竹中平蔵は言っている。さらに、「日本はまだまだ格差が少ない社会だ」との認識も示している。

つまり、もっと激しい競争社会して、それによって弱者がもっと増えても別に構わないというスタンスである。さらにこの男は2016年に入ってからトリクルダウンも否定している。

トリクルダウンというのは「資産家や大企業を先に豊かにすると、富が国民全体にトリクルダウン(滴り落ちて)、経済が成長する」というものだ。

ケ小平の唱えた「先富論」に似ているものだが、竹中平蔵はそのトリクルダウンもないと言った。強い者はどんどん富むが、その富は弱者に回らない弱肉強食の社会を日本に取り入れたのがこの男である。

竹中平蔵は派遣会社の会長なのだが、派遣会社というのは労働者の稼ぎをピンハネする事業をしている。ピンハネして、要らなくなったら捨てる。

その結果、労働者が弱者になったとしても「それは、その人の自己責任だ」と言うのが竹中平蔵の理論なのである。

弱者など、どうでもいい。落ちこぼれた人間には金すらも出したくない。だから、この男が小泉政権下でしたのは、社会保障支出の大幅な削減だった。

その結果、高齢者も、障害者も、シングルマザーもみんな追い込まれて、生活保護受給者は大幅に増えることになった。


努力しても這い上がれない社会が来ている

弱肉強食の市場原理主義を取り入れればそうなることは、はじめから分かっていた。なぜなら、強欲な資本主義の総本山だったアメリカがそうなったからだ。

アメリカではレーガン政権がこの市場原理主義を推し進めた結果、1%の富裕層と99%の低賃金層という超格差社会を生み出して、今でもその格差の分離は広がっている。

アメリカでは、強者と弱者が明確に分離しており、その格差は極限にまで近づこうとしている。富める者はさらに富み、貧しき者はさらに貧しくなっている。

中流階級は激減し、2010年には貧困者が4620万人に達した。7人に1人は貧困層だ。さらに、予備軍まで入れると、3人に1人は生活に追われている状況になっている。

問題なのは、この格差が固定化しつつあるということだ。アメリカン・ドリームはすでに消失している。努力しても這い上がれない社会がやってきているのである。

当然だ。競争を開始する時点での条件に大きな格差がついている。スタートラインが富裕層と貧困層とではまったく違う。正当な競争になっていないのである。

貧困層は満足な給料がもらえない職業を転々とするしかなく、結局、働いても働いても豊かになれないワーキングプアが常態化してしまう。

貧困が固定化するのは、次の5つの要因がある。

(1)生活に追われ、疲れて何も考えられなくなる。
(2)低賃金で自分も子供も教育が受けられなくなる。
(3)金を含め、あらゆるものが不足してしまう。
(4)這い上がれない環境から自暴自棄になっていく。
(5)社会的影響力がなく、権利は保障されない。

いったん貧困に堕ちると、この5つの要因が同時並行で始まっていき、その中で押しつぶされてしまう。

これは、アメリカだけの問題ではなく、今や日本の底辺の問題でもある。すでに、日本の底辺もこの5つの要因にがんじがらめにされて、這い上がるのが絶望的に難しい社会になっているのである。


アメリカでは、強者と弱者が明確に分離しており、その格差は極限にまで近づこうとしている。富める者はさらに富み、貧しき者はさらに貧しくなっている。


貧困層は、相変わらず見捨てられていた

格差が固定化されるというのは、富裕層と貧困層の超えられない一線ができるということである。人々は分離し、この両者は次第に違う文化を生きることになる。

暮らす場所も、食べる物も、通う学校も、遊ぶ場所も、付き合う人も、すべて違っていく。そして、この両者は互いに相手に無関心になり、話す言葉すらも違っていくようになる。

日本もそうなる危険性が高い。格差は固定化して、堕ちてしまった人は、社会から見捨てられて生きるようになっていく。

2014年3月。私は10年ぶりにインドのコルカタに向かって、インドの貧困地区がどうなっているのかを確認しに行った。

その結果、どうだったのか。書籍『絶対貧困の光景』で書いたのだが、かつての貧困層はインドの経済発展からものの見事に取り残されていた。

コルカタは、確かに一部は経済発展していた。

ところが、貧困層はまったく経済発展の恩恵に浴していなかったのだ。彼らは社会から無視され、相変わらず社会から見捨てられていた。

10年前、貧困の中で生きていた女性たちは今もまだまったく同じ状態で放置されていた。彼女たちは路上で暮らし、路上で物乞いをし、スラムは相変わらずスラムのままだった。

先進国と変わらないマンション、ショッピングモールができていて、富裕層がベンツを乗り回しているその横で、10年前に貧困層だった人たちは、まだ路上を這い回って生きていた。

(堕ちたら、這い上がれないのだ……)

竹中平蔵が言った通り、「トリクルダウン」など、影も形もなかった。貧困層に富はこぼれ落ちていなかった。完全に置いてけぼりだ。

そういった状況は私もよく知っていたはずだった。しかし、実際にそんな現状を目の前に突きつけられた時に感じたショックは、決して小さなものではなかった。

格差が固定化され、弱者が見捨てられ、貧困層が大量に増え続ける社会がどんなに悲惨な社会なのか、日本人はもっと真剣に考えるべきだ。

日本はそんな道を辿ろうとしているのである。


スラムの子供たち。富める者は富み、貧しい者は奪われるのであれば、この少年と幼い妹には未来はない。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20160118T0438270900.html


2016-02-06
難民・移民が流入して大混乱しても、それが止まらない理由

移民問題・難民問題は、今やユーロ圏を揺るがす火薬庫と化してしまった。

排斥デモ、異民族敵視、憎悪、相互対立は、多民族国家を目指した国のほとんどが経験している。多民族共生というのは、口で言うほど簡単なものではない。

共生どころか、むしろ衝突となり暴力の応酬となってしまう。当然だ。ひとつの地域に、文化がまったく違って、考え方も根本からして異なる人たちが押し込まれる。

民族によっては、マナーも違えば、常識も違えば、言葉も違えば、人種も違う。

何もかも違った人間がどんどん増えていくと、受け入れる側からすると、自分たちの文化が侵略されていると捉えるのは、避けられない。こういった対立は、これから世界中で吹き荒れることになる


しかし、だからと言って、移民・難民の流入や、多民族国家の動きが頓挫するとは、絶対に考えない方がいい。

どんな問題が起きても、どんな激しい国民の抵抗が起きても、グローバル社会に参加した国家では、それが強引に行われていくことになる。

なぜなら、グローバル化していく社会の中で、国家という枠組みが邪魔になっており、今は「国家」という枠組みを取り壊そうとする動きが加速しているからである。

「自国文化を守ろう、自国の歴史を大切にしよう」という動きは、「保守」とは呼ばれず、「極右」とグローバル・メディアによってレッテル貼りをされている。

世界中のメディアは、保守を必ず「極右」として扱い、レイシストと断定する。それはグローバル化を後退させる動きなので、「絶対に許されない思想」と認定して、封印されていく。

グローバル化を阻止する動きは、絶対に許されない。

多国籍企業、金融市場、巨大メディアは、グローバル化する社会の中で支配権を拡大していく過程にある。

世界を動かしているのは国民ではなく、多国籍企業、金融市場、巨大メディアである。そして、これらの企業の各ステークホルダー(関係者)たちである。

全員が揃って陰謀に荷担しているという見方もあるが、実際のところは、陰謀論によって動いているというよりも、グローバル化した方が「より儲かる」というシンプルな原則によって突き動かされていると言った方がいい。

儲かるのなら、儲かる方向に向かって資本が殺到していく。それがあたかも何らかの指示があるように一方方向に動いているように見える。

事業家や金融資本は何者かに命令されて動いているわけではない。儲かる方向に向かって動いていたら、それはグローバル化の方向だったのである。

ロンドンの光景。もうすでにロンドンでは44%近くが非白人となっていると言われている。移民・難民の流入や、多民族国家の動きは止まらない。


儲かるから、グローバル化が推し進められるのだ

グローバル化したら、世界のすべてが多国籍企業にとって市場になる。そうなれば、単純に儲かる。だから、多国籍企業はぶれることなくグローバル化を推し進める。

グローバル化したら、賃金の安い国で物を製造することができるようになる。そうなれば、コスト削減できる。そして、競争力が付いて儲かる。

グローバル化したら、移民が大量に入ってきて、やはり低賃金で人が雇えるようになる。そうなれば、またもやコスト削減ができる。だから、移民政策や、多文化主義は推進されるのだ。シンプルだ。

貿易を行うに当たって、国をまたぐたびに関税を取られたら損をする。だから、国がなくなればいいと考えるのが多国籍企業でもある。儲けのためには、関税を取る国家という存在が邪魔なのだ。

販売を行うに当たって、各国の違いに合わせて商品をローカライズするのは無駄なコストである。言語が英語か何かで統一できれば、ローカライズする手間がなくなる。だから、国がなくなればいいと考えるのが多国籍企業である。コストのためには国家という存在が邪魔なのだ。

販売を行うに当たって、文化が違っているとやはりその国に合わせなければならないが、それも無駄なコストである。だから、移民を入れて、混ぜて、独自文化を薄めさせれば、文化に合わせる手間もなくなる。

だから、文化がなくなればいいと考えるのが多国籍企業でもある。移民・難民を大量に入れて「多文化共生」にするのは、その国の独自の文化を消すのに最良の方法だ。

パリの光景。41%が非白人の人口となっている。グローバル化したら、移民が大量に入ってきて、低賃金で人が雇えるようになる。そうなればコスト削減ができる。だから、移民政策や、多文化主義は推進される。


世の中は多極化しているのではない。逆だ

ありとあらゆるものが、国家の消滅、国家の役割縮小、国家の無力化を目指している。上記以外にも、そんな動きは次々と動いている。

通貨が違っていれば、為替の変動というものに注意を払わなければならず、それは多国籍企業にとっては手間である。国家をブロック化するか、もしくは国家を消滅させれば為替も統一するので便利だ。だから多国籍企業は、通貨の統一を邪魔する国家という概念を消し去りたい。

巨大メディアも、言語・文化がどんどん統一されていけば、情報収集も、情報提供も、世論誘導もやりやすい。だから、グローバル化に乗るのは「得する」動きだ。そのために、言語・文化の守り手である国家を消滅させたい。

インターネットもまた、「情報」という分野で世界を統一しようとする動きである。インターネット企業は、世界がグローバル化すればするほど儲かる仕組みになっている。だから、国家間の情報遮断は許しがたいことであり、やはり国家という概念を消し去りたいと思っている。

グローバル化は、それを突き詰めると、世界が「ひとつ」になるということだ。世界が「ひとつ」というのは、要するに国家も、文化も、言語も、通貨も、すべてが「ひとつ」になるという意味である。

現在、そのような社会に向かっている。世界は多極化しているのではない。完全にその逆だ。

グローバル化の動きは、「ひとつ」になる動きだ。国家のブロック化は、「ひとつ」になる動きだ。多文化主義の動きは、「ひとつ」になる動きだ。金融市場の国際化は、「ひとつ」になる動きだ。移民促進の動きは、「ひとつ」になる動きだ。

グローバル化によって、世界は統一化されようと動いている。多極化しているというのは、単に政治の力学の話であって、世の中全体の動きではない。

多極化していると見せかけて、世の中はグローバル化によって「ひとつ」になろうとしているのである。

絶対に移民政策が止まらないのは、世界が「ひとつ」になるためだ。本当に、単純な話だ。そうすれば多国籍企業、金融市場、巨大メディアは儲かるのである。そして今や、すべての国がグローバル化に向かって暴走している。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20160206T0136500900.html



92. 中川隆[3200] koaQ7Jey 2016年7月08日 15:04:39 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3551]

サッカーとか、ワールドカップの様子を見ていると、「日本戦見てない奴は非国民」みたいな攻撃的な同調圧力が異常に高まっていましたね。全員が同じものに、同じように熱狂することを強制する。この同調圧力がこの20年くらいどんどん高まっている。

均質化圧と同調化圧。それはやはり学校教育のせいなんだと思います。

学校はどこかで子どもの成熟を支援するという本務を忘れて、子どもたちを能力別に格付けして、キャリアパスを振り分けるためのセレクション装置機関になってしまった。

子どもたちを格付けするためには、他の条件を全部同じにして、計測可能な差異だけを見る必要がある。

問題は「差異を見る」ことじゃなくて、「他の条件を全部同じにする」ことなんです。みんな叩いて曲げて同じかたちにはめ込んでしまう。そうしないと考量可能にならないから。同じ価値観を持ち、同じようなふるまい方をして、同じようなしゃべり方をする子どもをまず作り上げておいて、その上で考量可能な数値で比較する。

見落とされているのは、この均質化圧が財界からの強い要請で進められているということです。


彼らからすれば労働者も消費者もできるだけ定型的であって欲しい。

労働者は互換可能であればあるほど雇用条件を引き下げることができるからです。

「君の替えなんか他にいくらでもいるんだ」と言えれば、いくらでも賃金を下げ、労働条件を過酷なものにできる。


消費者もできるだけ欲望は均質的である方がいい。

全員が同じ欲望に駆り立てられて、同じ商品に殺到すれば、製造コストは最小化でき、収益は最大化するからです。

ですから、労働者として消費者として、子どもたちにはできるだけ均質的であって欲しいというのは市場からのストレートな要請なんです。

政治家や文科省の役人たちはその市場の意向を体して学校に向かって「子どもたちを均質化しろ」と命令してくる。


―均質化と同調圧力を押し返し、本来の「知のありよう」を取り戻すのには、やはり教育がキーワードになっているのでしょうか?

教育だとは思いますよ。でも、今の学校教育は閉ざされた集団内部での相対的な優劣を競わせているだけですから、そんなことをいくらやっても子どもは成熟しないし、集団として支え合って生きて行く共生の知恵も身につかない。

保護者も子どもたちも、どうすれば一番費用対効果の良い方法で単位や学位を手に入れるかを考える。最少の学習努力で最大のリターンを得ることが最も「クレバーな」生き方だと思い込んでいる。

でも、学校教育を受けることの目的が自己利益の増大だと考えている限り、知性も感性も育つはずがない。人間が能力を開花させるのは自己利益のためではなくて、まわりの人たちと手を携えて、集団として活動するときなんですから。

でも、今の学校教育では、自分とは異質の能力や個性を持つ子どもたちと協働して、集団的なパフォーマンスを高めるための技術というものを教えていない。

共生の作法を教えていない。それが生きてゆく上で一番たいせつなことなのに。


僕は人間の達成を集団単位でとらえています。ですから、「集団的叡智」というものがあると信じている。長期にわたって、広範囲に見てゆけば、人間たちの集団的な叡智は必ず機能している。エゴイズムや暴力や社会的不公正は長くは続かず、必ずそれを補正されるような力が働く。

ですから、長期的には適切な判断を下すことのできるこの集団的叡智をどうやって維持し、どうやって最大化するのか、それが学校でも最優先に配慮すべき教育的課題であるはずなのに、そういうふうな言葉づかいで学校教育を語る人って、今の日本に一人もいないでしょう。学校教育を通じて日本人全体としての叡智をどう高めていくのか、そんな問いかけ誰もしない。

今の学校教育が育成しようとしているのは「稼ぐ力」ですよ。

金融について教育しろとか、グローバル人材育成だとか、「英語が使える日本人」とか、言っていることはみんな同じです。

グローバル企業の収益が上がるような、低賃金・高能力の労働者を大量に作り出せということです。


文科省はもうずいぶん前から「金の話」しかしなくなりました。

経済のグローバル化に最適化した人材育成が最優先の教育課題だと堂々と言い放っている。

子どもたちの市民的成熟をどうやって支援するのかという学校教育の最大の課題については一言も語っていない。子どもたちの市民的成熟に教育行政の当局が何の関心も持っていない。ほんとうに末期的だと思います。

―モノや資源のレベルでも、教育のレベルでも、色んな意味での持続可能性というのは、一人一人がそういった知のマップを作ることだと思います。このマッピングをどうやって可能にして、共生の知恵をもった社会に作ることができると思われますか。

今の日本の制度劣化は危険水域にまで進行しています。いずれ崩壊するでしょう。ですから、目端の利いた連中はもうどんどん海外に逃げ出している。シンガポールや香港に租税回避して、子どもを中等教育から海外に留学させて、ビジネスネットワークも海外に形成して、日本列島が住めなくなっても困らないように手配している。彼らは自分たちが現にそこから受益している日本のシステムが「先がない」ということがわかっているんです。でも、「先がない」からどうやって再建するかじゃなくて、「火事場」から持ち出せるだけのものを持ち出して逃げる算段をしている。


僕は日本でしか暮らせない人間をデフォルトにして国民国家のシステムは制度設計されなければならないと思っています。

でも、日本語しか話せない、日本食しか食えない、日本の伝統文化や生活習慣の中にいないと「生きた心地がしない」という人間はグローバル化した社会では社会の最下層に格付けされます。

最高位には、英語ができて、海外に家があり、海外に知人友人がおり、海外にビジネスネットワークがあり、日本列島に住めなくなっても、日本語がなくなっても、日本文化が消えても「オレは別に困らない」人たちが格付けされている。

こういう人たちが日本人全体の集団としてのパフォーマンスを高めるためにどうしたらいいのかというようなことを考えるはずがない。どうやって日本人から収奪しようかしか考えてないんですから。
http://blog.tatsuru.com/2014/09/05_1112.php

イスラム女性が酒を飲み、ダンスをし、ランジェリーを着る 2014-01-25


女性がアルコールを飲んで酔っ払う。そして、男たちの前でダンスする。女性がフィットネスに精を出す。女性がビリヤードをする。女性がベランダに出てタバコを吸う。女性がセクシーなランジェリーを買う。

何か問題があるだろうか?

もちろん、先進国で女性がアルコールを飲んでダンスしたところで、それが問題になるわけではない。しかし、それがイランだったら?

もちろん、イランでも表立ってこのような行為をしたら、公開処刑にされる可能性がある。しかし、時代は変わりつつある。

厳しい戒律の中、黒いベールに包まれているイラン女性も、ホメイニ師が仕掛けた1979年2月のイスラム革命以前は、実は自由はファッションが許されていたイスラム戒律の緩い国でもあった。ミニスカートをはいていた女性すらもいたのだ。

そんな時代が、イランの底辺で少しずつ戻りつつあるという。もちろん大ぴらではない。ゆっくりと、である。


世界標準に相容れない価値観は消すという流れ

インターネットによる結びつきは、全人類に共通の価値観を定着させようとしつつある。

先進国も、後進国も、今では人々の着ているものは、ほぼ同じものになりつつあり、食べ物の嗜好も統合されてきた。

もちろん、国による違いや地域差も、依然として残っている。犬食が悪いとか、鯨が悪いとか、イルカ漁が残酷だとか、激しい議論がある。

実は、そういった議論は「異質を失くす方向」で統一される可能性が高い。「世界標準に相容れない価値観は消してやる」というのが現在の社会の動きなのである。

かつては、それぞれの国にはそれぞれの衣装があった。

日本でもアメリカでもイギリスでもアフリカでも中国でも、それぞれその国特有の「衣装」があった。

現在は、そういった衣装は「民族衣装」と特定カテゴリー化されて、気がつけば「普段着るものではない」ということにされている。

そして、どこの国でもプライベートはTシャツ、ビジネスではスーツというものに統一されていく。そして、世界はどこも代わり映えしない世界となった。

どのようにして、そうなるのか。

それはグローバル企業の莫大な「広告」によって為される。広告によって人々の意識は変えられて、いつしかTシャツやジーンズ等が良いという嗜好になっていくのである。

そして、それと平行して、色も質も豊富なTシャツやジーンズ等が大量に入って来る。それらは先進国の若者も着ているので、後進国の人々も嬉々としてそれを着る。


グローバル化の本質は、画一化なのである

インドの女性たちはその美しいサリーを捨て、Tシャツにジーンズを履くようになっている。

男たちはとっくの前に民族衣装など捨てていて、背広とワイシャツとネクタイに変身している。

カンボジアも10年ほど前まで誰もがクロマーと呼ばれる手ぬぐいを帽子の代わりに頭に巻いていたが、今どきそんなカンボジア人がいたら、ただの田舎者だと思われるだけだ。

カンボジア人は今や工業製品で作られた安物の帽子をかぶるか、帽子をかぶらないでヘアスタイルの方に凝るようになった。

彼らにしてみればそれは新しいものを追い求めているのかもしれない。しかし、先進国の人々が見れば、「カンボジア人がグローバル化された」ということなのである。

グローバル化の本質は、画一化だ。

グローバル化によって画一化されることで、企業は「同じ製品」をどこの国でも大量に売りつけることができる。

国ごとに好みが違っていたら、その国に合わせてローカライズしないとならない。企業にしてみれば手間がかかる。インド女性がサリーを着ていたら、多国籍企業のジーンズ会社は困るのだ。

サリーは大量生産できないし、インドにしか売れない。しかし、インド人を画一化させて全員にTシャツとジーンズを履かせることに成功すれば、グローバル化された企業はインドで大儲けすることができる。

インド人にTシャツとジーンズを履かせること、それが「画一化」させるということである。


グローバル化の中で画一化されるように洗脳された

グローバル経済は見かけだけではない。考え方も、技術も、欲しがるものも、すべて画一化する。

たとえば、インターネットを使うための技術は世界中どこでも同じものである。そして、インターネットに接続されるOSや機器も数社ほどの製品に統一されている。

パソコンならマイクロソフト、スマートフォンならアップルやグーグルが頭脳を独占している。その世界で人々は画一化されたブラウザを使い、画一化されたSNSで友達を見つける。

車を見ても、バッグを見てもそうだ。先進国の男も後進国の男も欲しがる車はメルセデス・ベンツであり、女の欲しがるバッグはルイ・ヴィトンである。

すべての国の人たちが判で押したかのようにベンツやルイ・ヴィトンを欲しがる。画一化されたのだ。グローバル化の中で画一化されるように洗脳されてしまった。

しかし、本人だけは、なぜか自分が「画一化」されたとはまったく気がついていない。気がついていないが、しっかり「画一化」されてしまっている。

味覚もそうだ。その国にどんな飲み物があったとしても、グローバル化された社会で人々はコカコーラを飲み、ペプシを飲む。ラオスで飲むコカコーラも、タヒチで飲むコカコーラも味は同じだ。画一化されてしまっている。

中国は今でもポーレイ茶を飲んでいる。中国や香港やチャイナタウンを歩くと、あの独特の香りを街中で嗅ぐことができる。

しかし、若者はコカコーラを飲み歩き、マクドナルドのハンバーガーを食べる。

こういったグローバル化はイスラムの世界をも浸食しているのである。いずれ、イスラム世界も長い時間をかけてグローバル化されて、画一化されて来るだろう。

イランの女性たちの動きは、そういった時代の最先端となっている可能性がある。


アルコールを飲んで、ダンスをして、楽しむイラン女性。ホメイニ師が見たら激怒して処刑してしまうだろう。


おしゃれを楽しむイラン女性。もともとイラン女性はとても美しいことで知られている。

ベランダで顔も髪も隠さないで喫煙するイラン女性。タバコは別に珍しくない。髪も顔も隠さないというところが珍しい。

ランジェリーに凝るイラン女性。黒いベールの下は、とてもエロチックであると言われている。

ビリヤードをするイラン女性。こうやって女性が少しずつ街に出て人生を楽しむことが、時代を変える第一歩になるが、皮肉にもそれはグローバル化の中に取り込まれる第一歩にもなる。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20140125T0348290900.html


そういえば、つい数年前までインドでは髪や身体を洗う時には泥を使っていたが、今では安く変える石鹸やシャンプーが浸透していっている。
これらの石鹸やシャンプーは貧しい人たちでも買えるように小分けで売られている。

メーカーはユニリーバ。イギリス企業(正確にはイギリスとオランダに経営機能を持つ多国籍企業)である。


インドに浸透していく多国籍企業ユニリーバ。男は「ユニリーバ」と聞いても知らない人も多いかも知れないが、女性はみんなこの企業を知っている。


侵略されても、それが文化侵略などとは思わない

ユニリーバはインドで確固たるブランドを築いている。これらの人たちが生活レベルを上げるたびに、ユニリーバの高級商品が彼らの手に渡っていくことになる。

グローバル化は、安い労働力と巨大な市場を求めて世界中のどこにでも浸透していくから、地元産業は衰退し、残った企業は淘汰されていく。

日本では昔、よろず屋という形態の店があったが、今ではそんな店を捜しても見つからないかもしれない。なぜならすべて淘汰されてコンビニがそれに取って変わったからだ。

フィリピンに、サリサリ・ストアという「よろず屋」「雑貨屋」形態の個人ショップが多く見かけるが、もしフィリピンの経済状況が上がっていくなら、これらのサリサリ・ストアは淘汰されて消えていくことになる。

国がグローバル化に組み込まれると、このような個人店舗から吹き飛んでいくのは定石の動きだから誰でも分かる。

すでに1985年前後からグローバル化に飲み込まれたタイでも、コンビニエンス・ストアが幅を利かすようになって個人ストアを駆逐してしまった。

コンビニで売られるものは、自国の大企業のものと、海外の多国籍企業のものに二分される。

日本でも、コカコーラやエビアンなどは普通に売っているが、これらが多国籍企業であるのは言うまでもない。

スーパーもデパートもショッピングモールも、地元のものがスケールで敗退して、莫大な資本を投下できる多国籍企業がゆっくりと確実にその地に浸透していく。

テスコ、カルフール、ウォールマートという巨大ショッピングモール店はそれぞれイギリス、フランス、アメリカの資本だが、買い物をする人間がそんなことはいちいち考えていない。

趣味が良い空間で、大量のものがあって、安く買えるのであれば、どこの国の資本でも歓迎するし、それが文化侵略などとは思わないのである。


フィリピンのサリサリ・ストア。この国もグローバル化に飲まれると、やがてこういった個人商店の店は、大資本によるコンビニやショッピングモールに駆逐されて消えていくことになる。


すべてが画一化されたようなモノクロの世界

外国資本のショッピング・モールに入っているテナントは、マクドナルドだったり、ケンタッキー・フライド・チキンだったり、あるいはスターバックスだったりする。

しかし、それらに目くじらを立てる人間もいない。これらは新興国にとって、先進国の香りがする「素晴らしい企業」であり、文化侵略どころか「憧れ」だ。

かくして、これらの多国籍企業はゆっくり、着実に、アジアに浸透していき、やがてどこの国に行っても代わり映えのしない多国籍企業の看板に埋め尽くされる。

グローバル化はアジアを激変させている。そして、文化を画一化させていく。

多様化を失っていく文化は、人間の増加によって次々と野生動物が絶滅していく姿にだぶる。

グローバル化に対応できない国は絶滅していく。グローバル化に対応した国は均質化・画一化していく。グローバル化がとことん浸透すると、賃金もやがては画一化していく。

多国籍企業は経済的な論理で激しいグローバル化を追い求めているが、その結果についてはほとんど無視されているように思える。

グローバル化の行き着く先は、すべてが画一化されたようなモノクロの世界だ。世界中、どこに行っても同じ光景、同じ商品、同じ価値観で固定化される。

多国籍企業は、その商品が全世界を覆い尽くすまで止まらないのは間違いない。この動きに歯止めはかからない。資本主義が終わるまで続く。

すでに私たちは、日本にいても、タイにいても、シンガポールにいても、コカコーラを飲み、マクドナルドを食べ、スターバックスでくつろぐことができる。

幸せだろうか?


これがどこの国か分かるだろうか。タイだ
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20131110T2225020900.html


93. 中川隆[3202] koaQ7Jey 2016年7月08日 16:56:00 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3553]

日本も含め、全世界は最後に同じ文化になってしまうのか?


中国やインド、そして東南アジアの各諸国が台頭してきたのは、グローバル化が加速したからだ。

グローバル化が加速するとなぜこれらの諸国が台頭することになるのかというと、簡単に言えば「人的コストが安いから」である。

では、なぜ世界はグローバル化していくのかというと、企業間の競争があって、そこでは結果的にコスト削減を徹底的に行い、利益を上げたものが勝利を手にするからである。


コストを削減するには人件費を削減するのが一番早い。

あるいは、安い労働力を使うのが良い。

当然、どこの企業もこの2つに目をつけて、この2つは同時に行われた。具体的に言うと、以下のことが、同時に行われた。

(1)賃金の高い先進国の労働者の削減
(2)賃金の安い新興国の労働者の確保

賃金の安い国はどこだったのか。それは中国であり、インドであり、東南アジア諸国であった。


残った正社員は、リストラするか賃金削減するか

先進国の失業問題は、グローバル化によって必然的に起きたことだ。

日本人の労働者がそれに巻き込まれるのは、時間の問題だったのだ。

だから、小泉政権時代からそれは加速していったが、日本はもっと早く賃金削減が起きてもおかしくなかった。

本来であれば、バブルが崩壊して企業がコスト削減に走らなければならなかった1990年代に賃金削減が起きてもおかしくなかった。

そうならなかったのは日本には終身雇用という文化があったからで、企業が無理していたという言い方もできる。日本企業にも良心があったということだ。

結局、無理に無理が重なってどうにもならなくなったので、企業側はどんどん工場を新興国に移し、本社側の人員は派遣に切り替えた。

そして、残った正社員は、リストラするか賃金削減するかの二者択一になった。

2000年代に入ってから、この両方が平行して行われたのである。

・日本の賃金はまだ高いから、正社員はもっと削られる。
・賃金はもっと削減される。


サラリーマンをやっている人間は、もはや一部分の人間しか生き残れないことになる。グローバル化の本質を考えると、どうしてもそのような動きになってしまうからだ。

すべては賃金の安い国へと仕事が流れていく。

それが中国であり、インドであり、東南アジアだったのだ。


大量のコマーシャルを流して、その文化の中に浸透

この中で、中国とインドはよく特別化されることが多いが、それは理由がある。

最も大きな理由は「人口」だ。これらの国は安い労働力を使えると同時に、支払った賃金で潤うと、人口の多さがそのまま販売の市場につながっていく。

中国とインドはこの2国だけで人口は26億くらいで地球上の人口の40%ほどを占めているから、市場としての魅力は抜群である。

そのためには、この国に巣食う貧しい人達がもう一段階豊かになる必要もある。

それで労働コストが上がったのであれば、今度はバングラやアフリカが「世界の工場」になって、そこで作ったものを中国やインドに売るという流れになる。

多国籍企業は新興国に大量のコマーシャルを流して、どんどんその文化の中に浸透している。

まさにその動きこそがグローバル化の動きであって、これがアジアを強制的に変化させている原因だ。

アジアの文化に浸ってのんびりしたいと思っていたら、アジアの姿がどんどん変わって取り残されてしまう。


その背景には、多国籍企業の顔がちらつく。

古き良きアジアは、もはや幻想の中にしか存在しない。

______

なぜ「日本文化はいずれ死ぬ」と断言することができるのか

私たちは自国を愛しており、自国の文化、自国の言語、自国の歴史を愛している。これは誰でも心に持っている気持ちであり、国を大切にする気持ちは決して消えることはない。

しかし、「自分の国を大切に思う」という気持ちは、これから次々と踏みにじられることになる。これは現代社会の大きな方向性として、知っておくべきだ。

「自分の国を大切に思う」というのは、グローバリズムに反するものだからだ。グローバリズムは、国を消失させる動きであることは、もう誰もが気付いている。

グローバル化は文化を破壊し、最終的に国を破壊する。

そうなる理由は簡単だ。文化がそれぞれの地域で違っていると、ローカライズするのにコストがかかるからだ。

文化が違っていると、文化に合わせなければならない。「合わせる」というのが多国籍企業にとってコストであり、不確定要素になる。

国家がなくなり、文化が均質化すれば、全世界で同じ物を売ることができて、全世界に支配権を得ることができる。


独自文化は破壊される方向性にあることを認識せよ

グローバル化にとって、独自文化は邪魔だ。理解できないし、ローカライズには手間がかかるし、無視すれば市場をとりこぼすことになるからだ。

だから、私たちは気が付かなければならない。

グローバル化がこれからも進むのだから、「独自文化は破壊される方向性にある」ことを。もっとはっきり言うと、こういうことになる。

「日本文化は必ず破壊される」
「日本人は日本のものではなくなる」

日本だけではなく、すべての国がそうなる。欧米ではすでに多文化主義が執拗に推進されている。

移民が続々と入り込み、人種が地域文化に馴染まないで混乱し、国内で大きな混乱が起きているにもかかわらず、それは粛々と推進されている。

ドイツでも、イギリスでも、フランスでも、オランダでも、ノルウェーでも、すべての国でまったくブレることなく多文化主義が推し進められている。

もちろん、こういった多文化主義に反対し、「独自文化を守れ」という動きは市民の間から大きな声となって湧き上がっているのは言うまでもない。

世界各国で、次々と保守政党が立ち上がって支持されている。

しかし、こういった移民排斥の運動は、世界中で「差別主義者」のレッテルを貼られる。そして、その政党は「極右団体」と称され、グローバル・メディアによって徹底的に糾弾されて、叩き潰されていく。
http://www.bllackz.com/2013/10/blog-post_20.html?utm_source=BP_recent


94. 中川隆[3248] koaQ7Jey 2016年7月11日 08:38:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3599]

金持ちが長生きして貧困層が早死にする現象が鮮明化する


米ライス大学とコロラド大学ボルダー校の共同研究では、アメリカ人の寿命は1930年代は59.85歳、ざっくり言えば約60歳だったのだが、これが2000年代になると77.1歳になっており、70年で驚異的な寿命の伸びが確認されたという。

しかし、悲しいことがある。

1940年代生まれの富裕層と貧困層の寿命を分けると、貧困層の寿命は圧倒的に短くなっており、最大では富裕層よりも12年も早く亡くなるという。

同じ結論は2016年に米医学界の学会誌「ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション」が指摘している。富裕層と貧困層の平均寿命は今も拡大し続けている。

超富裕層と絶対貧困層という風に、収入の差を広げていけばさらに寿命の差は明確になる。絶対貧困で暮らす人たちは超富裕層に比べて男性は14.6年、女性は10.1年も短かった。

アメリカの貧困層は、パキスタンやスーダンのような途上国の人たちの平均寿命と同じなのである。貧困に堕ちたら、先進国に生まれても後進国で生まれても関係ないということだ。

ただし、都会の貧困層は都会のインフラを利用できることもあって、貧困層でも若干は長生きできるようだ。もっとも、それでも富裕層の快適な環境と寿命を手に入れることができないのだから慰めにもならない。

身体の具合が悪いからと言って仕事を休めない

富裕層が貧困層よりも長生きするというのは、2つの見方があるのに気付かなければならない。「金持ちは長生きする」という見方と、「貧困層は早死にする」という見方だ。

どちらが正しいのかというのではなく、「金持ちは長生きする」という現象と「貧困層が早く死ぬ」という2つの現象が同時並行で起きているというのが正しいのだろう。

医療が充実し、早期治療や健康維持の方法が確立されていくと、富裕層も貧困層も同時に恩恵を得る。しかし、どちらかと言えば富裕層の方が受ける恩恵が大きい。

なぜなら、医療は「ただではない」からである。

病院で検査を受けるのも、高度医療を受けるのも金がいる。金がモノを言う。富裕層には問題がない金額でも、それは貧困層には大きな問題になることが多い。

金がかかると思ったら、貧困層は医者に行かない。そのため、本当であれば医者にいかなければならないような病気やケガでも放置して、それを重篤化させてしまうことが多い。

その前に、時間の余裕がたっぷりある富裕層と違い、貧困層は身体の具合が悪いからと言って仕事を休んでしまえばたちまち生活に窮するので休めない。

そのため、たとえば貧困層は歯の治療などを放置することが多いことがよく知られている。

虫歯や歯石や歯槽膿漏などは早期に治療を受けていれば完治できるものだが、放置しておくとどんどん歯が悪くなって最終的にすべてを失うこともあり得る。

そのために早い段階で治療を受ける必要があるのだが、生活に余裕がなければ、どうしても仕事よりも治療を優先してしまうことになる。

あらゆる身体の不調を放置するので、それが積もり積もって寿命に反映されていく。歯を失うと固いものなどがうまく食べられなくなり、それで栄養が偏るようになって寿命が短くなるというのはよく知られている。


歯を失うと固いものなどがうまく食べられなくなり、それで栄養が偏るようになって寿命が短くなるというのはよく知られている。


富裕層と貧困層は、食べているものも違う

富裕層と貧困層は、食べているものも違う。富裕層が少々高価でも、オーガニックで栄養価が高く、健康的で、身体に優しいものを継続的に買える収入がある。

しかし、貧困層は往々にして、カロリーが高くて身体に悪くても、安いものを選んで食べることになる。安い価格でカロリーを取ろうと思うと、砂糖と添加物と油脂と加工物でまみれたジャンクフードを食べるしかない。

それしか食べられないので、栄養のバランスなどほど遠い食生活になる。

こうした食事はたまに食べるくらいならいいのだが、それを常食するとやがて体調を悪化させ、病気やケガをしやすい体質になっていく。

富裕層は食べれば食べるほど健康になるのに、貧困層は食べれば食べるほど不健康になっていく。

グローバル経済は、食品に関してもどんどんコストを下げて安いものを大量に売るために品質を次第に劣悪化させていく。そして、消費者をリピーターにさせるために、砂糖や油脂のような常習と依存を生む物質を意図的に含有させる。

多国籍企業の作り出す食べ物というのは、そのほとんどは常軌を逸する量の砂糖をまぶし、油脂をどっぷりと含ませたものである。

そうすれば、消費者が常食し、依存し、その結果として商品が売れるのだから、批判されても絶対に止めない。

富裕層は教育の中でそうした食品が身体に悪いことを知り、避け、より良い食品を選んで食べるようになることが多い。親が子供の健康を守るためにそうする。

しかし貧困層は、教育よりもテレビに影響されて毒々しい食品を食べるように洗脳されており、自らジャンクフードに飛びついて離れられない。

後でそれが身体に悪いと言われても、もうすっかり中毒になっているので止められない。そして、身体を壊すまでそれを食べ続けて、最後には寿命に影響する。


貧困層は教育よりもテレビに影響されて毒々しい食品を食べるように洗脳され、自らジャンクフードに飛びついて離れられない。


貧困層の暮らす劣悪な環境とはどんな環境なのか?

富裕層は快適な環境の中で、ストレスなく暮らすことができる。貧困層は劣悪な環境の中で、様々なストレスを抱えながら暮らすことになる。

途上国に行って劣悪な安宿やスラムに泊まると、「劣悪な環境」というのがどんな環境なのかすぐに知ることになる。

エアコンなどないので、部屋は気が狂うほど暑い。部屋の中で蒸されて意識が朦朧とすることもある。シャワーを浴びようと思うと水が出なかったり、水が濁っていたりする。

そもそもシャワーなどなくて、雨水が溜まったバケツの濁った水を浴びるのがシャワーだというところもある。1990年代後半のカンボジアでは、ほとんどがそうだった。

(「売春地帯をさまよい歩いた日々:カンボジア編)
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20110201T0000000000.html


食事中はハエが食べ物にたかり、夕方になったら蚊の大群が襲いかかる。中にはマラリア蚊もいたりするので、蚊に刺されてマラリアになる人も多い。

ベッドに横になると今度は南京虫が襲いかかってくる。東南アジアのスラム、あるいは南アジアのスラムは南京虫の温床になっているベッドも多い。

(トコジラミ。部屋に入ったらベッドのシーツをまくって裏を見ろ)
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20120914T0045320900.html


飲み水はドブのような臭いがしたり、食べ物にも虫が混じっていたりするのは日常茶飯事だ。

貧困層というのは、そんな劣悪な環境の中で暮らし、劣悪な仕事に就き、劣悪な食べ物を食べるしかなく、医療の恩恵にもあずかれない。

そして、そんな環境から抜け出せない絶望感もあれば、自暴自棄もある。これで富裕層と貧困層の寿命が同じだったら、それこそ奇跡であると言わざるを得ない。

結局、貧困層はこうした劣悪な環境に追い込まれてもがくしかない人生が待っており、それが寿命に反映して「金持ちが長生きして貧困層は早死にする」という統計となって表れる。

現代の資本主義は、歯止めがきかない弱肉強食の資本主義と化している。

(204倍もの格差の中で自由競争しても、一生勝てないのが現実)
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20130907T1628000900


今後、「金持ちが長生きして貧困層は早死にする」は、もっと鮮明になっていくはずだ。


結局、貧困層は劣悪な環境に追い込まれてもがくしかない人生が待っており、それが寿命に反映して「金持ちが長生きして貧困層は早死にする」という統計となって表れる。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20160711T0146060900.html


95. 中川隆[3273] koaQ7Jey 2016年7月14日 19:06:45 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3624]

 アフリカ女性を略奪・奴隷にした白人たちの現代の罪意識


『地獄の季節』で有名な詩人アルチュール・ランボーはフランス人だが詩人を辞めた後はいろんな職業を転々としながらさまよい歩き、やがてアフリカで武器商人となっていた。

なぜアフリカだったのか。フランスもかつては「帝国」であり、東南アジアのカンボジアだけでなく、アフリカの北西部に植民地を持ち、そこでは多くのフランス人が進出してビジネスをしていたのだ。

当時のヨーロッパが競って世界の未開国に突き進んで植民地にしていったのは、言うまでもなく「略奪」で国家発展をするためだった。

ヨーロッパはいろんなものを略奪した。金・銀・宝石から、珍しい文化遺産、毛皮、植物、食物。植民地にした地域から「何を奪えるか」が帝国の重要課題であり、奪えるものが多ければ多いほど帝国は繁栄した。

最も徹底的に、かつ収奪的に奪っていったのはイギリスだが、フランスも後を追ってアフリカを次々と植民地化していき、そこから手に入れた略奪物資で国全体が豊かになっていった。

「植民地から奪えるだけ奪え」というのは国策だった。だから植民地には政府の統制の取れた軍隊とは別にランボーのような山師的な人間も大量に入り込んで現地に蠢いていた。そして、山師はアンダーグラウンドで手に入れていたものがあった。それは何だったのか。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20160714T0220080900.html

日本の美徳は、グローバル化した世界では危険なワナになる

中国が南シナ海を侵略をじわじわ侵略しているのだが、これに対して国際司法であるオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所から明確に「国際法に違反する」と判断された。

ところが、中国はこの国際司法を「紙くず」と言い放って傲慢不遜の態度を見せつけている。

(中国による侵略・占拠・実効支配という騙し討ち工作を知れ)
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20160713T1530270900


これを見て分かる通り、中国の侵略は着々と進み、それは尖閣諸島から沖縄にまで達している。

これから日本に重要になるのは、「防御」である。今まで日本人はあまりにも無防備すぎた。国も、企業も、個人も、みんなまとめて無防備だった。

国が無防備であったのは、70年以上に渡って日本の防衛をアメリカが担ってきたからだ。日本は自主防衛しなくても良かった。アメリカがそれをしてくれていたからだ。

だから、一部の日本人は「国を守らなければ侵略される」という当たり前のことですらも理解できなくなっている。

「平和を唱えていれば平和でいられる」と、いつから日本人は思うようになったのだろうか。馬鹿げているが、子供の空想みたいな世界を信じている人もいるのだ。

美徳が悪意ある人間たちの踏み台にされている

最近は、さすがに目が覚めた日本人も増えて「いくら平和を唱えていても侵略されれば終わりだ」と当たり前のことを理解できる人も増えて来た。

そもそも「平和を守れ」と言っている市民運動の人間が中国・韓国・北朝鮮の工作員であり、日本を丸腰にして侵略する工作の一環としてそれを行っている。

日本にはスパイ防止法がないので、中国・韓国のみならず、アメリカからロシアから北朝鮮から、ありとあらゆる国のスパイで溢れている。日本の情報は筒抜けだ。

さらに、最近はインターネットによるサイバー攻撃にもさらされているが、日本はハッキングされ放題である。また、日本人が好んで使っているLINE(ライン)も韓国にサーバーがあり、韓国の情報機関の人間が経営に関わっている。

すべてについて、日本人は「防御」が弱い。あまりにも、日本国家は外国を信じすぎている。人間が性善説で動いていると思い込み過ぎている。

人を疑わず、人を信じるというのは、日本人のとても大きな特性だ。それは、日本人の美徳である。しかし、その美徳が悪意ある人間たちの踏み台にされている。

詐欺師もスパイも表向きは「友好的な態度」でやって来るのだが、日本人はその表面を信じてしまうので、悪意を持った人間がすぐに内部に食い込んでしまう。

日本国家は「防御」を真剣に考えないと、日本を潰してしまうことになる。

これは企業にも言える。日本の重要な企業にはことごとく中国・韓国のスパイに潜り込まれて情報が盗まれ続けている。

あるいは、日本人の従業員が買収されて特定アジア諸国の企業に情報や技術を漏らしていく。あげくの果てに、シャープのように外国企業に買収される有り様だ。

台湾の企業にシャープを買収すればいいとそそのかしたのはソフトバンクの孫正義だが、この孫正義も日本人の父親を犬扱いするコマーシャルを延々と流し続けた企業の経営者だ。


日本全土で、何もかもが狙われている

日本人は「狙われているのは一流企業だけだ」と考えるのだが、そうではない。中小企業も、零細企業も、現場に多くの中国・韓国・北朝鮮の内部工作者が潜り込んでいる。

彼らは日本企業の機密情報が金になることを知っているので、ごく普通の人間すらもスパイになってしまう。

技術も機密情報も、最近はデジタルデータによって記録されているので、インフラの内部からごっそりと情報を抜いて、そのまま他社に売りつける。

だから、企業も決死の「防御」が必要になってきている。外からも内からもデータが狙われている。

狙われているのはデジタル・データだけではない。

そんなものとはまるで無縁の農作物も、収穫期になると窃盗団がトラックで農園を回って、リンゴもブドウも野菜も根こそぎ奪っていく。日本人に育てさせて、果実だけ夜中に窃盗して持っていく。

仏像のような重要文化財も片っ端から盗まれていく。犯人は韓国人であることは分かっている。

(韓国人の窃盗団が重要文化財や家財を好き勝手に奪っていく)
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20140502T1701000900

それを返せと言っても、韓国人は絶対に返さない。国家・国民を上げて、泥棒を擁護するのが韓国という国だ。

そんな国の人間がうようよしている。日本から、あるいは日本人からは何を奪っても愛国無罪になる時代に入っていて、日本全土が狙われているのである。

何にしろ、重要なものを扱っている組織は、すべて「防御」が必要になっているのは分かるはずだ。「まさか」というところにまで内部工作者の手が伸びていて、ありとあらゆるものを盗み取ろうとしている。

いまや「防御」を無視しては確実に死んでしまう。

言うまでもなく、個人もまた例外ではない。個人情報は金になるのだから、個人のパソコンやスマートフォンもハッキングの対象である。


日本人は他人を無防備に信じる「癖」がある

日本人はあまりにも他人を無防備に信じる「癖」があり、相手に多少の不審な点があったとしても、それはすべて善意で解釈する。

これだけ周知されても、日本ではまだオレオレ詐欺に引っかかる人間がいて、ひどい場合は同じ人が二度も三度も騙されてしまうという。

2012年8月、ルーマニアで二十歳の日本人女性がタクシーに乗ってレイプされて殺されるという事件があったが、現地では白タクを信用する日本人の無警戒さに驚きの声があった。

2014年12月、インドで22歳の日本人女性が一ヶ月にも渡って監禁・レイプされるという事件があったが、彼女も日本語で声をかけてきたインド人をそのまま信用して1ヶ月もレイプされ続けるような結果になっている。

日本人はどこの国でも「いいカモ」にされているのはよく知られている。

それは日本があまりにも治安が良すぎて、他人を疑うということができなくなっているからだ。日本の美徳は、グローバル化した現代社会では日本人を傷つける危険なワナになってしまっている。

グローバル化した社会の中で、もう「他人を疑ったら失礼」という日本の常識は通用しない。今までと違って、性善説では世の中が渡っていけない。

最近はテレビも、新聞も、ジャーナリストも、日本人を騙すために朝から晩まで嘘八百を報じているような時代なのだから、なおさら人を信じることが危険になっている。

「他人を信じない」というのは、恥ずべきことではない。もう日本も世界も小さな村社会ではないのだから、「他人を信じない」ことを日本人は一から学ぶ必要がある。

防御とは、他人を頭から信じないことから始まる。


小笠原諸島にやってきてサンゴを密漁する中国の漁船。いろんな意味で、まったく防御のできていない国。それが日本である。今までと違って、性善説では世の中が渡っていけない。
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20160714T1634080900


96. 中川隆[3281] koaQ7Jey 2016年7月15日 08:03:58 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3632]

RK: 彼らのやり方は、少数によって大多数の人々を管理して富を独占する。
  そのやり口を見ていると、まるで人間を家畜と考えていて、
  ある意味非常に効率的に管理支配していますね。

BEN:ここが農耕民族である日本人には理解しにくいところで、
  彼らの発想は非常に遊牧民的というか、非常に残酷なのです。

  それはユダヤ人の割礼なんかもそうですが、
  乳牛でもちょっとでも乳の出が悪いとすぐ殺処分するし、
  主人の言うことを聞かない暴れるオスだと、すぐに断種して
  睾丸を抜いてしまうんです。

  だけどこれが農耕民族だと、牛や馬は家族扱いにして大切にする。
  彼ら動物は田畑を耕したり、荷物を運んだりする使役動物だから、
  日本の昭和初期頃までは家の中で大切に飼って、
  潰して食用にすることもあまりなかった。それだけ感覚がまったく違うわけです。

  事実、遊牧民たちは農耕民族のことを、草を食べる
  あるいは穀物と言い換えてもいいのですが、
  羊人(Sheeple シープル)と呼んでいます。

  その羊人である農耕民族を管理するために「羊飼い」としての一神教
  (キリスト教やユダヤ教)があり、その神を動かすことで
  全体を支配するという考えです。

  これまでもその発想でずっと世界を支配してきたのです。

  ですから支配者たちから見ればその他大勢の庶民は同じ人間ではなく、
  「羊人」という家畜にすぎません。

  だから増えて管理が面倒になれば「間引こう」となるし、
  劣等な種族は断種して子孫を作らせないようにする。

  家畜を使って利益を得れば、当然のように牧場主がすべてを奪い取る。

  文句を言えば餌を減らし、ムチで叩いて大人しくさせる。

  このようにして食料と軍事力で世界を管理・コントロールしている連中が
  存在しているのです。
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-a3d1.html


【噴水台】強者にだけ謝罪するドイツ 2016年01月11日
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]


アドルフ・ヒトラーの著書『わが闘争』が絶版から70年ぶりの今月8日、ドイツで再出版された。

この本は1925年に36歳のヒトラーがミュンヘン暴動で投獄された当時、ナチズムの思想的土台を整理した自叙伝だ。

ナチ崩壊後に版権を得た独バイエルン州が出版せず、事実上の禁書だった。
しかし昨年末に70年の著作権が消滅すると、ドイツ研究所が激しい反対を押し切って「極右人種主義を防ぐにはナチズムの正確な理解が必要」として再出版したのだ。

その間、国内外を問わず、『わが闘争』出版禁止は反省するドイツの良心の象徴のように描写されてきた。

反省をしない日本とは違い、ドイツはナチズムなら接触さえできないようにこの本を禁止したという論理だった。

ところがこの悪名高い本が出てくると、世界メディアは「ナチズムを批判するための措置」という形で再出版も美化している。出版を禁止しても解除してもドイツはいつも模範的な国と見なされているのだ。


しかし本当にそうだろうか。隠れている歴史を見てみよう。
ドイツの醜悪な顔が一つ一つ見えてくる。

1904年、ドイツは植民地のナミビアから土地を奪うためにヘレロ族・ナマ族を無惨に殺害した。

井戸に毒をまいたという話もある。

20世紀初めの人種虐殺だった。

ヘレロ族8万人のうち6万5000人、ナマ族2万人の半分の1万人が死亡した。

これだけでなくドイツは生存者2000人を強制収容所に入れて人体実験もした。その後、ドイツは遺体を本国で運んで研究用として使用し、2011年に20人の遺骨を本国に返した。

ドイツ人はあまりにも純真であるためヒトラーという狂った人物にだまされ、悪行を犯したようになっている。しかしドイツ人はヒトラーの登場前から悪魔の人体実験をしていた。

ドイツは繰り返されるナミビア政府の謝罪要求にもかかわらず、100年が過ぎた2004年に虐殺の事実を認めた。それも首相ではなく経済開発相が演説して一言述べたのがすべてだ。しかし経済的賠償は拒否し続けている。

日本の否定的なイメージを強化するため、我々は「誠実なドイツ」という虚像を築いて見たいものだけを見ている。

もう一つ。それではドイツはなぜユダヤ人だけに頭を下げるか。
専門家らの答えはこうだ。

「米国内のユダヤ人の影響力が強く、ナミビア人は弱いから」。

悲しくもこれが国際社会であり、これが「不都合な真実」だ。

日本からきちんと謝罪を受けようとするのなら、我々から強くならなければいけない。

ナム・ジョンホ論説委員
http://japanese.joins.com/article/627/210627.html


ドイツは1884年から1915年にかけて南西アフリカを植民地にしていました。

そこでドイツは先住民であるヘレロ族・ナマクア族を反乱に対する報復として虐殺しました。

20世紀最初のジェノサイドといわれている1904年から1907年にかけてのヘレロ・ナマクア虐殺である。

ヘレロ族の80%、ナマクア族の50%が虐殺されたといわれています。

南西アフリカはドイツが第一次世界大戦に敗北し国際連盟の委任統治領となりました。


ホッテントット蜂起

ドイツ本国にもこの無残な植民地統治についてある程度報告された。しかし国民の大多数はこの強制収容所での残虐行為を容認したようだ

1906年、議会で社会民主党がホッテントットへの弾圧があまりにも過酷だとして政府を追求した。

これに対し、首相ビューロウは社会民主党を追い落とす絶好の機会ととらえ、議会を解散し総選挙に訴えた。当然争点はこの蜂起事件についてだった。

国民はホッテントットへの過酷な弾圧を支持し、社会民主党の議席数は急落した。後世になりこの選挙はホッテントット選挙と呼ばれた。


首相ビューロウとはベルンハルト・フォン・ビューローのことで1900年から1909年の間、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の下、帝国主義政策を推進したプロイセンの貴族です。

異教徒・異民族に対する宗教的偏見・人種的偏見はドイツ人の血であり本性です。

日本人はドイツの歴史を知らなさ過ぎる。ドイツ人の本性を知らなさ過ぎる。


国家社会主義ドイツ労働者党はヒトラーが入党する前から公然とユダヤ人弾圧を綱領に掲げていました。

ユダヤ人だけが例外とされる理由は存在しません。

ヘレロ族・ナマクア族と同様にユダヤ人も虐殺された。
それは疑いようが無い事実です。

ただし600万という数字は疑わしい。とはいえ犠牲者の数がどうであろうと虐殺があったことには変わりありません。
http://qa.life.auone.jp/qa6948335.html


「アメリカは正気を取り戻せるか」と「アメリカン・ジハード」が指し示すもの 2009-11-26


アメリカは正気を取り戻せるか―リベラルとラドコンの戦い 2004/10
ロバート・B. ライシュ (著), Robert B. Reich (原著)
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AF%E6%AD%A3%E6%B0%97%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%88%BB%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%8B%E2%80%95%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%83%A9%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBB-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A5/dp/4492222545


の感想から連想したことなどを。


 さて、以下、「ラドコン(Radcon)」というのは「ラディカル・コンサバティブ(radical conservatives)」の略称で、よく言われるネオコンとほぼ同じ人々のことを指している。

「ラドコンにとって規律を行き渡らせる究極の道具は市場である」(150ページ)

「当時、フリードマンの提案をまともに受け取った人はほとんどいなかったが、ラドコンが支配するようになった今、その考えが主流となった」(152ページ)

「ラドコン社会学者のチャールズ・マレーは次のように言う。『今日のアメリカで、あなたが本当に頭がよければ、おそらく本当によい学校に入ることになり、収入のよい仕事に就くことになり、給料も上がり続けるだろう』」( 157ページ )


→では、右翼であるラドコン(ネオコン)と市場原理主義者の共通の「根」は何か。  


「当時(南北戦争後の好景気時代『金メッキ時代』の支配的な経済理論は自由放任であり、その哲学的ルーツは社会ダーウィニズムとして知られるようになった。

 今生きているアメリカ人でハーバード・スペンサーの著述をなにがしかでも読んだことのある人はほとんどいないだろうが、彼の著作は19世紀の最後の30 年間、アメリカに強烈な影響を与えた。・・・

(ハーバード)スペンサーと彼の信奉者にとっては、市場は人格を発展させる場であった。勤労は人々に生き残るために決定的に重要な道徳的規律をもたらした。

生きることは、最も強い道徳的素質を持っている者だけが生存できる競争的闘争であった。・・・

「適者生存」という言葉をつくったのはチャールズ・ダーウィンではなくスペンサーだった。・・・

スペンサーの熱心な信奉者だったイェール大学の政治・社会学教授ウィリアム・グラハム・サムナーはこれを簡潔に説明した。

『金持ちは生き残り繁栄するに値するが、貧者はそれに値しないだけの話だ。』」(159〜160ページ)


→強い者が勝つ、あるいは勝った者が強いのであり祝福されるべきである、と考えるところが、そのまま市場原理主義の考え方に当てはまるということなのだろう。


 一方、ラドコンが積極的に他国・他民族を侵略してよしとするのもまた、

勝てば良い、負けた者は劣っているのだから虐殺されても文句は言えない

との考えが根にあるということになる。


「強い者が勝つ」

あるいはさらに進んで

「どんな手を使っても勝てばいい、勝った者が強い者であり、祝福されるべきである」

という弱肉強食の論理は、市場原理主義の典型的なたとえだが、実はこれは侵略戦争の論理でもあるのではないか。


 市場原理主義とラドコンの共通性を論じるのに、ハーバート・スペンサーのことが取り上げられたが、彼の文章はマフムード・マムダーニ著「アメリカン・ジハード」でも

「付随的な損害を斟酌せず、完璧な幸福という大計画を実行に移しつつある勢力は、邪魔になる部族の人類は絶滅に追い込む」(注の1ページ)

と紹介され、この時代の思想傾向がどのようなものであったかが次のように記されている。


「『帝国主義が劣等人種を地上から排除することによって文明に貢献した』」

とする考え方は、自然科学、哲学から人類学や政治学に至る、十九世紀のヨーロッパ思潮の中に広く表明されている。

イギリス首相、ソールズベリ卿が一八九八年五月四日、アルバート・ホールで行った有名な演説で、

「大雑把に言って、世界の民族は生き延びていく民族と滅びていく民族の二つに分けられる」

と述べたとき、ヒトラーはわずか九歳、

ヨーロッパの空気は

『帝国主義こそ、自然の掟によれば、劣等人種の必然的破滅に通じている生物学的に必然のプロセスなのだ』

という確信が瀰漫していた」


→マムダーニは、こうした時代思潮を背景にニュージーランドのマオリ族やドイツ領南西アフリカのヘレロ族などが絶滅させられていったとし、

ヘレロ族についてはドイツの遺伝学者オイゲン・フィッシャーがその強制収容所で人種混淆の実験を行い、

「ヘレロ女性とドイツ男性の混血児は心身ともにドイツ人の父親に劣っていた」

などといった結論を引き出して「人間の遺伝原理と人種的予防措置」を著したとする。

さらに、それをヒトラーが読み、フィッシャーをベルリン大学の学長に任命し、その教え子の1人が、アウシュビッツで人体実験を行ったヨーゼフ・メンゲレだったという関連性を指摘して、19世紀後半の「適者生存」—社会ダーウィニズムが20世紀前半のナチズムを人脈的にも思想的にも支えたことを明らかにしている。


 もちろん「ラドコン・イコール・ナチズム」と短絡的に考えてはならないが、「強者の論理」であったり「人種差別的」であったりする点には、両者に共通性を感じないわけにはいかない。

世界の「衆人環視」の中、あの時代もこの時代も「大虐殺」が公然と行われたことも、両者の同質性を疑わさせるに十分ではないだろうか。
http://d.hatena.ne.jp/takamm/20091126/1259251365


97. 中川隆[3332] koaQ7Jey 2016年7月18日 17:43:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3683]

弱い民族に襲いかかる弱肉強食の歴史はまだ終わっていない


動物界では弱肉強食の世界だが、人間もまたその弱肉強食のルールに支配されている。人間の歴史を紐解くと、弱い民族は常に侵略され、弱い民族の文化・言語は消し去られている。

弱い民族は、大事に保護されるのではない。侵略され、大虐殺され、結果として淘汰されるのだ。

それを一番よく知っているのは、アメリカ人だ。なぜなら、彼らはネイティブ・アメリカンの土地を侵略して国を作ったという歴史から始まったからだ。

アメリカ大陸は本来はネイティブ・アメリカンのものだったが、白人たちはこの先住民を徹底的に殺し続け、結局は彼らの95%を虐殺したと言われている。

人類史上でも類を見ない「大量虐殺の歴史」がそこにあったと言うしかない。イギリスから移住したアングロサクソンが、先住民族を淘汰して今のアメリカにしたのである。

そして、かろうじて生き残った先住民族(ネイティブ・アメリカン)は、今や天然記念物のように指定地区に押し込まれて貧困の中で細々と生きている。


大虐殺は200年ほど前まで世界中で普通に起きていた

アメリカ人は、弱い民族を大虐殺して、自分たちがそこに居座った。だから、「自分たちが弱ければ淘汰される」という本能的な恐怖を持っている。自分たちがそうしたのだから、そうされるという意識を忘れない。

オーストラリアもまた白人の国ではなかった。

しかし、イギリスから島流しにされたアングロサクソンが先住民族だったアボリジニを大量虐殺して、白人の国「オーストラリア」になった。アボリジニはその90%を虐殺されたと言われている。

その頃のアボリジニは、スポーツとして狩りの対象にされていた。信じられないかもしれないが、白人たちは先住民を「獲物」にしていたのである。

また、害虫の駆除のつもりだったのか、井戸に毒を入れたり、孤島に置き去りして餓死させたりしていた。

ラテン・アメリカでは、先住民だったインカ帝国の末裔はことごとく皆殺しにされて、残った女性はほとんどがレイプされて混血児を産むようになった。

今やラテン・アメリカは混血国家として知られているが、それは大虐殺とレイプの結果であることを日本人はもっとよく知っておいたほうがいい。

南米の混血は美しい。その美しさには血の歴史がある。(南米の混血女性が美しいのは、美しい女性だけを選別したから)

この大量虐殺は古代史ではない。つい200年ほど前まで人類が行っていた所業である。

鎖につながれたアボリジニ。アボリジニは、スポーツとして狩りの対象にされていた。信じられないかもしれないが、白人たちは先住民を「獲物」にしていたのである。


言葉も消され、伝統も、文化も、すべて根絶やし

弱い民族は一方的に駆逐され、歴史から抹殺される。そんな民族が生きていたという痕跡すらも消し去られる。そうやって歴史は無数の弱小民族を消してきた。

近年においてもこのような状況である。人類の歴史を長いスパンで見ると、淘汰された民族は夥しいリストになる。言葉も消され、伝統も、文化も、すべて根絶やしにされる。

衰退した民族が、そのまま「保存」されるのはあり得ない。

衰退した国家には強大な国家が入り込み、強大な国家が衰退した民族を駆逐していく。非常に荒々しい手段で、強制的に歴史から消していく。

現在、中東で大虐殺が繰り広げられているが、こうした大虐殺が続けば続くほど、シリア・イラクは疲弊していき、国家的にも民族的に衰退していくことになる。

いったん衰退が確実となると、それが故に他民族がその真空を埋めていく。長期化する内戦は、その民族に大きな危機をもたらすのである。もしかしたら、それが絶滅のきっかけになる可能性もある。

弱体化した民族は、他民族にとっては「獲物」なのである。

現代文明の下で、私たちはすでに人類が石器時代のような弱肉強食の社会ではなくなったと考えている。

しかし、依然として兵力という名の「暴力」が国家の基盤となっているのを見ても分かる通り、いつでも弱肉強食の社会に戻る危うさを秘めている。

そうであるならば、自分たちの民族が衰退しつつあるのか、それとも強大になりつつあるのかを見極めるのは、非常に重要なことであるのは間違いない。

弱体化しているのであれば、未来に淘汰が待っているからだ。

現在、中東で大虐殺が繰り広げられているが、こうした大虐殺が続けば続くほど、シリア・イラクは疲弊していき、国家的にも民族的にも衰退していくことになる。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20150529T0236190900.html

セオドア・ルーズベルト (1858年10月27日 - 1919年1月6日)

アメリカ合衆国の軍人、政治家であり、第25代副大統領および第26代大統領。

彼はその精力的な個性、成し遂げた業績と合衆国の利益、国の発展期に示したリーダーシップと、「カウボーイ」的な男性らしさでよく知られる。

彼はノーベル賞を受賞した初のアメリカ人であった

彼はアウトドアスポーツ愛好家および自然主義者として、自然保護運動を支援した。

ルーズベルトは歴代アメリカ合衆国大統領のランキングで現在でも偉大な大統領の一人として格付けされる。


ルーズベルトとインディアン

ルーズベルトが大統領職に就いた時代は、すでにインディアン民族が保留地(resavation)に強制移住させられ、表立った軍事衝突は終わった後だった。1901年の大統領就任祝賀パレードにはアパッチ族のジェロニモが見世物として連れてこられ、コマンチ族のクアナが騎馬参列している。クアナとは、二人でコマンチ族の土地で狩りをする仲だった。

一方で、故郷アイダホからワシントン州に強制連行されたままのネ・ペルセ族の窮状について、世論の批判が高まっていたのに対してまったく放置した。ギボン将軍が後押ししたジョセフ酋長の嘆願も、まったく無視し、死ぬにまかせた。「ノーベル平和賞」を受賞したルーズベルトだが、インディアン民族に対しては歴代大統領の絶滅政策を支持していた。


彼はマニフェスト・デスティニーのなかの「インディアンに対する虐殺と土地の略奪」について、次のように述べている。


それ(インディアンに対する虐殺と土地の強奪)は回避不能だったし、最終的には有益なことでした。

女・子供を含む無抵抗のシャイアン族のバンドが米軍によって徹底虐殺された「サンドクリークの虐殺」については、次のように賛辞を送っている。


これほどまでに、まさしく正当で、有益な行いが、フロンティアで起こったのです。

また、こうも発言している。


私は、「死んだインディアンだけが良いインディアンである」とまでは言いませんよ。しかし、私は10人インディアンがいたとして、そのうち、9人まではそうじゃないかと思っています。それと、私はあまり10人目については真剣に考える気になれませんね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AA%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88


98. 中川隆[4233] koaQ7Jey 2016年9月29日 13:42:17 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4641]
『月刊日本』10月号
施光恒「国民生活の根幹が破壊されている」より

厚労副大臣が外資系製薬会社の御用聞きをする異常さ

── 安倍政権は、対日直接投資推進会議の枠組みを利用して、規制改革を加速させようとしています。

【施】 投資拡大の名のもとに、あからさまにグローバル投資家や企業にすり寄る姿勢を見せています。日本国民ではなく、グローバルな資本が、日本の政策を決めてしまう事態が進行しているのです。

 対日直接投資推進会議が昨年3月に発表した「外国企業の日本への誘致に向けた5つの約束」には、重大な問題点が含まれています。「一番ビジネスしやすい環境を整えますから、日本にぜひ投資してください」と、グローバル投資家、企業に露骨に阿る内容です。

 どの「約束」にも疑問を感じるのですが、特にひどいのは五つ目の約束です。そこには、「日本に大きな投資を実施した企業が政府と相談しやすい体制を整えます」と書かれています。この約束にしたがって設けられた制度が「企業担当制」です。多額の投資をする外資系企業の相談相手として各省庁のナンバー2クラス、つまり副大臣や政務官をつけるのです。まさにこれは、日本の政権幹部と海外の大企業との結託です。「外資系企業サマに様々な便宜を図れるように御用聞きをさせていただきます」ということです。

 そして、外資系企業の要望に沿って規制改革を断行しようとしています。すでに今年5月には、規制・行政手続の簡素化について検討するための「規制・行政手続見直しワーキング・グループ」の設置が決まり、8月17日にその第1回会合が開かれました。

 しかも、規制改革について、早期に結論が得られるものについては先行的な取り組みとして年内に具体策を決定し、速やかに着手するとしています。

 すでに、副大臣を担当者、つまり相談窓口としてつける外資系企業として、IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン、デュポン、ファイザー、フィリップス、マイクロンテクノロジー、メルクなどが選定されました。このうち、ファイザーとメルクが製薬会社、ジョンソン・エンド・ジョンソンとフィリップスが医療機器メーカーで、厚生労働省の副大臣が担当者になることが決まっています。

 外資系企業は、日本でビジネスがしやすいように、日本の規制やルールを撤廃するよう、担当者である副大臣に対して要求することになるでしょう。担当者が経産省の副大臣ならばまだ理解できますが、製薬会社や医療機器メーカーの担当者に厚労省の副大臣が就くのは問題でしょう。医療や労働など国民の健康や生活に直結する問題を扱い、国民生活を守る役割を担うはずの厚労省が、国民一般ではなく、外資系企業の要望を直接聞く立場に転落してしまっているのですから。

 子宮頸がんワクチン「ガーダシル」を製造しているメルクは、厚労省の副大臣に対し直接、ワクチン接種を推進してほしいという要望を突きつけてくるかもしれません。あるいは、外資系企業が一斉に、解雇規制の緩和など労働法制の変更を厚労副大臣に迫ってくるのではないでしょうか。

 四つ目の約束にある「海外から来た子弟の充実した教育環境の整備を図る」という政策も大きな問題を含んでいます。すでに、国家戦略特区では公設民営学校の設置が認められており、日本の公立学校の校舎を利用して、アメリカなどの団体が英語で教育を行う学校を作ることが可能となっています。日本の税金を使って外国人が望む教育環境を整えようとしているのです。

 例えば、対日直接投資推進会議には、日本貿易振興機構が4月に、在日外資系企業・外国人材の要望をまとめた文書が提出されており、その冒頭に「インターナショナルスクールは学費が高すぎるので、日本の公立学校を国際化するほうが良いのではないか」という意見が挙げられています。

 本来、外国人子弟の教育は、外国人自身、あるいは彼らを雇用している外資系企業が負担すべきものです。それを日本の税金で賄おうとしているのです。日本の公立学校の在り方を外国人に合わせる必要などありません。(以下略)  
http://gekkan-nippon.com/?p=9484


99. 中川隆[4245] koaQ7Jey 2016年9月30日 17:26:31 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4653]

【施 光恒】「国民」軽視が招くもの 2016/09/30

今回の蓮舫氏の二重国籍問題で明らかになったように、野党の政治家の多くは、国家への帰属意識や愛国心といったものをあまり重視してきませんでした。

そのことが、国民一般のもつ野党への信頼性を損ねてきたのではないか。
また、国民に信頼されうる有力野党がほとんど存在してこなかったことが、日本の民主政治の質を低下させているのではないか。

しかし、最近は、問題なのは、民進党などの野党陣営だけでもないようです。

残念ながら、与党である自民党のほうにも、日本という国家・国民の将来を真剣に考えて政治をしているのかどうか疑わしく感じることが少なからずあります。
(´・ω・`)

本メルマガでもたびたび指摘していますが、最近の自民党の政治は、「グローバル化」信仰に取りつかれ、米国をはじめとするグローバルな投資家や企業の影響を強く受けすぎているのではないかという点です。


(【施 光恒】「『企業担当制』という約束」(『三橋貴明の新日本経済新聞』2015年4月3日)
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/04/03/se-56/


「企業担当制」とは、多額の投資をする外資系企業の相談相手として各省庁のナンバー2クラス、つまり副大臣や政務官をつけるという制度です。

グローバル企業からさまざまな要望を直接聞き、日本に進出しやすいように規制緩和など各種の便宜をはかろうとするものです。

この「企業担当制」という制度、経世済民の観点からすれば、やはり奇妙だと言わざるを得ません。外資系企業の意思によって、日本の国民一般の生活に悪影響が及ぼされる可能性は否定できません。

当然ながら、外国の企業や投資家は、日本国民の生活の安定や安全、日本経済の長期的発展などに特段の関心を持ちません。

例えば、外国企業からすれば、日本に進出する際、各種の安全基準は、できるだけ緩いほうがいいわけです。

労働法制も、なるべく厳しくなければ助かります。

従業員の解雇はしやすいほうがいいですし、残業代もできれば払いたくないでしょう。

法人税は安いほうが助かりますし、企業の社会保障費の負担も少ないにこしたことはありません。

上記のリンク先の文章でも触れていますが、「企業担当制」の制度の下で、特に、グローバルな製薬会社や医療機器メーカーの相談相手として、厚労省の副大臣がつくのはかなり問題ではないかと思います。

医療や労働など国民の健康や生活に直結する問題を扱い、国民生活を守る役割を担うはずの厚労省が、国民一般ではなく、巨大外資の要望を直接聞く立場になってしまうのは、さすがにまずいでしょう。

人々の生活の安心や安全を脅かすような過度の規制緩和が行われてしまう恐れは残念ながら否定しがたいのではないでしょうか。
(´・ω・`)

このように、最近では、与党も「グローバル化」に踊らされてしまっており、政治を通じて国民生活を何としても守るという気概が薄れてしまってきているように思います。

国民一般が、野党だけでなく、与党も信頼できなくなってしまえば、深刻な政治不信、ひいては国民の連帯意識の弱体化は避けられません。

そうなれば結果的に、新自由主義者というか、グローバルな投資家や企業の思うつぼです。人々の暮らしが、ますます食い物にされてしまいかねません。

与党も野党もしっかりしてもらいたいものです。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/09/30/se-83/


100. 中川隆[4246] koaQ7Jey 2016年9月30日 17:29:04 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4654]

【施 光恒】「企業担当制」という約束 2015/04/03


少し前の話になりますが、3月17日に政府の審議会「対日直接投資推進会議」は、海外から日本への投資拡大のための「5つの約束」というものを発表しました。

海外からの投資を呼び込むため日本は下記の5点について努力しますと、外国政府や外国企業に対して約束したのです。

「海外企業の対日直接投資加速へ 政府が5つの約束を決定」(FNNニュース 2015年3月18日配信)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00288394.html


5つの約束とは、次のものです。(政府発表の文章、そのままです)。

(1)百貨店・スーパーマーケット・コンビニエンスストア等で外国語で商品を選んで買い物をいただけるよう、病気になったときも外国語で安心して病院で診療いただけるよう、車や電車・バスで移動する際も外国語表記で移動いただけるようにします。

(2)訪日外国人が、街中のいろいろな場所で、我が国通信キャリアとの契約無しに、無料公衆無線LANを簡単に利用することができるようにします。

(3)外国企業のビジネス拠点や研究開発拠点の日本への立地を容易にするため、すべての地方空港において、短期間の事前連絡の下、ビジネスジェットを受け入れる環境を整備します。

(4)海外から来た子弟の充実した教育環境の整備を図るとともに、日本で教育を受けた者が英語で円滑にコミュニケーションが取れるようにします。

(5)日本に大きな投資を実施した企業が政府と相談しやすい体制を整えます。また、日本政府と全国の地方自治体が一体となって、対日投資誘致を行うネットワークを形成します。

(上記の「5つの約束」の詳細については下記のサイトをご覧ください)。
「内閣府 対日直接投資推進会議」HP
http://www.invest-japan.go.jp/promotion/

いかがでしょうか。

まあ、なんか情けないですよね。最初の(1)の「買い物をいただけるよう…」とか「外国語表記で移動できるよう…」なんて日本語の文章自体がどこかヘンになっていますし…。
(・_・;)

それに、こういう「国際公約」を作る最近の政治のやりかた、私は、気に入りません。

日本国民に周知する前に、「5つの約束」を外国や外国企業に対して発表し、既成事実を作っていくというのは、言うまでもなく、民主政治に反しています。

「5つの約束」について問題にしたい点は多々あるのですが、今回は、「企業担当制」の創設についてです。上記の約束(5)の一環として作られる制度です

(「企業担当制」については、先月、産経新聞の九州・山口版の拙コラムでも扱いました。そちらもご覧ください。)
「企業担当制 自国民保護へ十分な監視を」『産経新聞』(九州・山口版)(平成27年3月12日付)
http://www.sankei.com/region/news/150312/rgn1503120044-n1.html

この「企業担当制」とは、「海外から日本に重要な投資をする企業には、安倍内閣の副大臣や政務官を相談相手につける」という構想です。外国企業からさまざまな要望を直接聞き、進出しやすいように各種の便宜をはかるというのです。

この構想、ちょっとヘンだと思いませんか。

あからさまに、日本の政権の高級幹部と海外の大企業が結託し、企業に様々な便宜をはかるよう御用聞きしますよ、ということですので。

普通、政治と企業とが近い関係にあれば、注意が必要です。一般国民の利益ではなく企業の利益が優先されるのではないかと、マスコミなどは警戒します。

また、外国勢力が、日本の政治に影響を及ぼすことにも、通常は注意が促されます。

実際、日本の政治が、外国の政府、企業、個人からの影響のため、国民本位でなくなってしまうことを恐れ、そうならないように各種の規制がかけられています。

外国人の政治献金が禁じられているのも、放送局に外資規制がかけられているのも、また、外国人の参政権を認めるべきでないのも、政策が外国の影響を受け、国民本位でなくなってしまう事態を避けるためにほかなりません。

「政府と企業の癒着の恐れ」、「外国勢力から影響を受ける恐れ」という二つの懸念があるのに、「企業担当制」については、マスコミは、ほとんど批判していないように思います。なんか不思議です。もうちょっと警戒心をもって報じてもいいのではないでしょうか。

「グローバル化」の一環だから、ということで、批判の矛先が鈍っているのではないかと懸念します。

確かに、海外からの投資は、株価を引き上げたり、雇用を生み出したりするプラスの効果もあります。

しかし、グローバル化の進む現代の経済においては、グローバルな投資家や企業の利益と日本の一般国民の利益が必ずしも一致するとは限りません。

周知の通り、現在の日本はデフレ継続中です。したがって、国内市場ではモノが売れません。日本企業でさえ、投資を手控えて、内部留保をため込んでいるのが現状です。

日本企業でさえ投資を手控えるほど日本市場は稼ぎにくい状況にあるのに、「海外企業を呼び込んできたい、そのための口利きを政府の高級幹部が直接行おう」ということですから、「企業担当制」では、おそらくいろいろな「サービス」が行われるはずです。

グローバル企業に有利で、たいていの場合、日本の一般国民には不利な「サービス」です。

おなじみのものとしては、例えば、法人税の減税でしょう。

グローバル化時代の税制の基本原則は、「国境を超えて移動できる企業や投資家、富裕層には甘く、国境を移動できない一般庶民には厳しく」です。この基本原則に忠実な税制が「海外企業からの要望」、「投資を呼び込むために必要」という言い訳のもと、ますます整備されていきそうです。

他の「サービス」としては、「岩盤規制の打破」です。周知の通り、政府は、「エネルギー、医療、農業、雇用、教育」などを「規制産業」と称して、これらの分野の規制緩和を行うと繰り返し強調しています。

しかし、これ、日本の一般国民の生活という観点からすれば、結構恐ろしい話です。

これらの分野は、いうまでもなく国民生活の根幹です。「人々の生活の基盤となるので、あまり直接的に市場原理を導入してはならない」ということで、これまで政府や自治体が監督してきた部分が大きいわけです。

それなのに、そういう経緯をきれいさっぱり忘れ、最近は「既得権益」をぶっ壊して、市場原理にさらすぞ! それこそ前向きな改革なんだ!!と、安倍政権は、躍起になっています。

企業からすれば、国民生活の根幹に関わる「エネルギー、医療、農業、雇用、教育」などは、デフレでもとても「稼ぎやすい」領域です。

人々は生活が苦しいときでも、電気やガス、水道などのインフラは使いますし、医療も受けます。食品も買わなければなりません。教育についても、不況下でも、なるべくよい教育を子供に受けさせたいというのが人情です。

デフレの渦中にあっても、この領域であれば、企業は、安定したビジネスが期待できるわけです。

市場として国際的にみても非常に大きく、またデフレだろうがなんだろうが安定的に稼げる日本のこの種の領域に、グローバル企業は、参入したくてたまらなかったわけです。

「企業担当制」では、これらの領域のいっそうの規制緩和も海外企業から要望されるでしょうし、政府のほうも、「海外企業や投資家の皆様にご満足いただけるよう」それに応えていくのでしょう。

昨日(4月2日付)の日経新聞の第一面は、「裁量労働制の対象拡大──金融やIT、専門知識持つ法人営業職に」という労働規制緩和に関する記事でした。
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS01H51_R00C15A4MM8000/

これも、「岩盤規制の打破」の一環です。「雇用」分野の規制緩和です。

「企業担当制」ができた暁には、グローバル企業と日本政府高官との間にホットラインが敷かれるわけですから、この種の変革がさらにどんどん進められるようになるはずです。

日本人は、「外国人からこれこれの要望がある」という議論に大変弱いですからね。国内の議論ではなかなか進まなかった各種「改革」も、「企業担当制」という御用聞き制度からあがってきた要望と絡めることによって、結構簡単に実現するようになっていくのではないでしょうか。

また、「企業担当制」では、グローバル企業と政府高官や中央省庁とのホットラインだけではなく、事実上、各地の自治体とのホットラインも作られます。

政府は、各自治体間で、海外から投資や企業を引き込んでくるための競争をさせたいのでしょう。一種の「御用聞き競争」になりそうです。「法人税引き下げ競争」とか「規制緩和競争」、「補助金あげる競争」、「外国人向けの病院や学校などの施設を日本の税金で作る競争」など、グローバル企業やその従業員に便宜をはかる競争が行われそうです。
(+_+)

ホント、現在の日本では、「グローバル化」というのは、我々の通常の感覚を麻痺させる一種の「マジック・ワード」として機能しているように思います。

企業と政府が直結してしまう危険性がマスコミなどにほとんど指摘されず、スルーされてしまっているわけです。

「グローバル化」の名のもとに進められる各種「改革」提案に、もう少し警戒心をもってもいいのではないでしょうか。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/04/03/se-56/


101. 中川隆[4273] koaQ7Jey 2016年10月02日 13:22:04 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4681]

ニコライ・ニキフォロフ通信情報大臣によれば、ロシアは外国ソフトに、毎年約 200億ルーブル(3億ドル以上)費やしているが、ロシア企業は同様な IT ソリューションを政府に提供する用意ができているという。

検索してみると、New Cloud Technologies というのは英語訳社名で、元のロシア語名があり、MyOffice も、元のロシア語名称がある。
http://ncloudtech.com/

主権国家としては、ごもっともな選択肢。

一方、TPP を推進しているこの属国では、こうした選択肢は完全に排除される。ISDS 条項。大本営広報部、別名、マスコミは、TPP のおそろしさには絶対に触れない。

冷静に考えれば、主権喪失の危険性、豊洲の土壌の危険さより、遥かに深刻、かつ明白と思うのだが。

電車の中で、隣の男性が読んでいた経済紙、シンガポール首相が来日して、TPP 批准を進めるようせっついているという記事をちらりとみた。

この人物、アメリカにもとんで、大統領と早く批准しましょうと宣伝している。

TPP 加盟で、日本も、シンガポール同様全員が英語しか話さない国になることだけは確実。


大本営広報部の漱石ドラマ、第二回、精神のおかしくなった漱石、

「イギリス人の母国語を勉強して何になる」

と叫んだ。

史実かどうかは別として、漱石は、日本で大学教育が、日本語でできることこそ、日本文化向上の結果の素晴らしいことで、大学教育が英語で行われたのを懐かしく思う精神を批判している。

英語の達人の賢明な洞察。今頃、漱石は、歯ぎしりしているだろう。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/microsoft-outlo.html


102. 中川隆[4274] koaQ7Jey 2016年10月02日 13:31:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4682]

日本は現在でも米国の軍事占領下にある _ 日本の政治を決定している日米合同委員会とは

なぜ、日本では国会議員が地方議員の仕事をしているのか 2015年6月15日
http://www.yamamotomasaki.com/archives/1991

日本政治を図らずも30年近く見てきて、いつも不思議に感じてきたことがある。

それは、「地方分権」と言われながら、いまだにすべての情報は中央、東京に集中し、内政における大枠の情報がほとんど東京に集中していることである。しかも国家主権にわたる外交、安全保障、国の経済政策、教育政策、福祉政策、医療政策、その他の分野でも大きな方針、政策は、すべて霞ヶ関から、国会議員に「勉強会」という形で官僚から卸されてくるのである。

そこで国会議員になった人間は、その中の一つか二つの分野に精通し、期数を重ねることによっていわゆる族議員というものになって、その内政の利権のお裾分けに預かる。この仕組みが、今も続く戦後の日本政治である。

さらに不思議なことは、その霞ヶ関に大きな政策を棚卸ししてくるのが、戦勝国であるアメリカなのである。

今回は、その大きな役割の一つを担っている「日米合同委員会」なるものを改めて紹介したい。不勉強の小生はこの組織のことを知ったのが、十年ちょっと前である。2011年の311以降、ネットや一部の本でもやっと言及されるようになったが、多くの日本人はマスコミがほとんど報道しないので全く知らないのではないだろうか。

そのためにいまだに一般の日本人には、認識されていないが、「日米合同委員会」というものが、戦後日本政治をコントロールしてきた最重要会議であることは間違いないのである。憲法で規定された国権の最高機関である国会を現実には超越していると言っても過言ではない。今回の安保法制を巡ってもテレビのニュース等で、あたかも日本が独立国としてこの法制を審議しているかのような報道がなされているが、残念ながら、このような報道は戦後に創られた共同幻想を維持するためものでしかない。

ところで、話題の書である矢部宏治氏は『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』で、矢部宏治氏は、「日米合同委員会」についてこう書いている。

日本はなぜ帰途と原発を止められないか

「官僚というのは法律が存在基盤ですから、下位の法体系(日本の国内法)より、上位の法体系(安保法体系)を優先して動くのは当然です。裁判で負ける側には絶対に立たないというのが官僚ですから、それは責められない。

しかも、この日米合同委員会のメンバーがその後どうなっているかを調べてみると、このインナー・サークルに所属した官僚は、みなそのあと、めざましく出世している。

とくに顕著なのが法務省で、省のトップである事務次官のなかに、日米合同委員会の元メンバー(大臣官房長経験者)が占める割合は、過去17人中12人。そのうち9人は、さらに次官より格上とされる検事総長になっているのです」


日米合同委員会の構成メンバーを見ると、米側がほとんど軍人である。

米側代表は在日米軍司令部副司令官である。

代表代理として在日米大使館公使、在日米軍司令部第五部長、在日米陸軍司令部参謀長、在日米空軍司令部副司令官、在日米海軍司令部参謀長、在日米海兵隊基地司令部参謀長である。在日米軍の軍人が威嚇するかのごとく居並んでいる。


日米合同委員会の日本側代表は外務省北米局長である

代表代理は、法務省大臣官房長、農林水産省経営局長、防衛省地方協力局長、外務省北米局参事官、財務省大臣官房審議官である。選挙で選ばれた政治家は一人も入っていない。


これは極めて象徴的な演出で、米国側は意識的に軍人を出している。現在も日本が米国の軍事占領下にあることの象徴なのだろう。わかりやすく言えば、日本官僚はネイティブの日本支配者であり、在日米軍の意向を受けて官僚の利権を維持拡大しているというわけである。

そして、日米合同委員会から多くの検事総長を出す。そして日本の対米隷属に異を唱え、真の独立を目指す人間を裁判にかけて攻撃する。その対象になったのが、最近では小沢一郎氏であった。

また、日米合同委員会で決まったことが公表されることはない。記録として残されることもない。いわば密約である。それが日本官僚を通じて政権与党である自民党に降ろされている。前回のレポートでも指摘した覇権国である米国経済の実情を考えると、もっと多くの日本人がこのことを知るべき時を迎えている。


日米合同委員会1日米合同委員会2

下記の参考資料を読んでいただければ、総理になった人間ですら、日米合同委員会のことを知らなかったことがわかる。日本の政治は見事なまでに空洞化しているのである。

<参考資料>

(*週プレNews 2014年12月16日より)

「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」で話題の矢部宏治が鳩山友紀夫と“日本の真の支配者”を語った!


矢部宏治

鳩山友紀夫元首相(右)と矢部宏治氏が日本が「真の独立国」として新しい戦後を歩むための方法を議論

<民主党・鳩山政権の崩壊と沖縄の基地問題を出発点に、日本の戦後史を振り返った話題の新刊

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル)
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%81%E3%80%8C%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%80%8D%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8B-%E7%9F%A2%E9%83%A8-%E5%AE%8F%E6%B2%BB/dp/4797672897

の著者・矢部宏治(やべ・こうじ)氏。
そして、まさにこの本を執筆するきっかけとなった鳩山友紀夫元首相。

このふたりが、辺野古移設反対派の圧勝に終わった11月の沖縄県知事選や総選挙を踏まえ、事実上、今も米軍の占領状態が続いているこの国の姿と、日本が「真の独立国」として新しい戦後を歩んでいくためにはどうすればいいのか、その方法を考えた!>


首相の時はわからなかった「見えない敵」の正体

―まずは鳩山さんに、矢部さんの本を読まれた率直な感想から伺いたいのですが?

鳩山  正直申し上げて“ぶったまげた”というか、矢部さんがここまで勇気を持って取材され、この本を書かれたことに敬服しました。先にこの本を読んでいれば、私も総理を辞めずに済んだかもしれない、と(笑)。

もちろん、私は自分の非力について言い訳する気はありません。総理として一度は沖縄県民に期待感を与えながら(県外移設を)実現できなかったのは私に大きな責任があります。

ただ、この本を読んで、当時、自分がもっと政治の裏側にある仕組みを深く理解していれば、結果が違っていた部分もあるのかなとは思いました。それだけに、自分が総理という立場にありながら、この本に書かれているような現実を知らなかったことを恥じなきゃいかんと感じるわけです。

矢部  鳩山さんは以前、インタビューで「官僚たちは総理である自分ではなく『何か別のもの』に忠誠を誓っているように感じた」と言われていましたが、その正体がなんであるか、当時はわからなかったのでしょうか?

鳩山  物事が自分の思いどおりに進まないのは、自分自身の力不足という程度にしか思っていませんでした。本来ならば協力してくれるはずの官僚の皆さんには、自分の提案を「米軍側との協議の結果」と言って、すべてはね返されてしまって。分厚い壁の存在は感じながらも「やっぱりアメリカはキツイんだなぁ」ぐらいにしか思っていなかった。その裏側、深淵の部分まで自分の考えは届いていなかったのです。

 しかし、矢部さんのこの本はもっと深いところで米軍と官僚組織、さらには司法やメディアまでがすべてつながって一体となった姿を見事に解き明かしてくれて、いろんなことが腑(ふ)に落ちました。この本を読んで、目からうろこが何枚落ちたかわからないくらい落ちましたね。

矢部  在日米軍と日本のエリート官僚で組織された「日米合同委員会」の存在は、当時ご存じなかったということでしょうか?

鳩山  お恥ずかしい話ですが、わかりませんでした。日米で月に2度も、それも米軍と外務省や法務省、財務省などのトップクラスの官僚たちが、政府の中の議論以上に密な議論をしていたとは! しかもその内容は基本的には表に出ない。

 私が総理の時にアメリカから「規制改革をやれ」という話があって、向こうからの要望書に従って郵政の民営化とかがドンドンと押しつけられた。そこで「この規制改革委員会はおかしいぞ」というところまでは当時もわかっていたのですが。

矢部  日米合同委員会は基本的に占領以来続く在日米軍の特権、つまり「米軍は日本の国土全体を自由に使える」という権利を行使するための協議機関なのですが、この組織が60年間続いていくうちに、そこで決まったことには、もう誰も口出しできないという状況になってしまった。

 なかでも一番の問題は、日米合同委員会のメンバーである法務官僚が、法務省のトップである事務次官に占める割合は過去17人中12人、そのうち9人が検事総長にまで上り詰めている。つまり、米軍と日本の高級官僚をメンバーとするこの共同体が、検察権力を事実上握っているということなんです。

 しかも、在日米軍基地の違憲性をめぐって争われた1959年の砂川裁判で、当時の駐日米国大使だったダグラス・マッカーサー2世が裁判に不当な形で介入し、「日米安保条約のような高度な政治性を持つ問題については、最高裁は憲法判断をしない」という判例を残してしまった。ですから日米合同委員会の合意事項が仮に憲法違反であっても、日本国民にはそれを覆(くつがえ)す法的手段がない。

鳩山  それはつまり日米合同委員会の決定事項が、憲法も含めた日本の法律よりも優先されるということですよね。そのことを総理大臣の私は知らなかったのに、検事総長は知っていたし役人も知っていたわけだ。

矢部  ですから、鳩山さんの言う「官僚たちが忠誠を誓っていた何か別のもの」、つまり鳩山政権を潰(つぶ)したのは、この60年続く日米合同委員会という米軍と官僚の共同体であり、そこで決められた安保法体系だというのが現時点での私の結論ですね。

―そうした仕組みの存在を知った今、鳩山さんはどのような思いなのでしょうか。

鳩山  日米合同委員会に乗り込んでいきたいぐらいだね。「何をやってるんだ、おまえら!」みたいな感じで。

 ただ、そういうものが舞台裏で、しかも、憲法以上の力を持った存在として成り立っていたとしても、決してメディアで報道されることもないし、このメンバー以外にはほとんど知られないような仕組みになっているわけですよね。


矢部  このような「見えない力」の存在は、政権内にいないと、野党の立場ではまったく知り得ないものなのでしょうか?

鳩山  私も自民党時代がありましたので、8年は政権党にいたわけですが、当選1回や2回の新人議員の間は、官邸内部で何が動いているか知りようもありませんでした。でも与党の一員としては扱ってもらっていたと思います。

 それが野党となると、与党、特に与党の中枢の方々とは情報量が圧倒的に違う。官僚も野党に話す場合と与党に説明に行く場合では、丁寧さも説明に来る人の役職も全然違う。そのぐらい野党に対しては、官僚は区別し、冷たい対応をしていました。

 つまり、自民党政権と官僚機構が完全に一体化していたということです。野党は圧倒的に情報過疎に置かれているのは事実で、国民はその野党よりも情報が少ない。

 この先、特定秘密保護法によって、ますます国民には何も知らせない国になるわけで、非常に恐ろしいことだと思います。

日本全土が「米軍の基地」という現実

矢部  「横田空域」という、1都8県の上に米軍が管理している広大な空域がありまして、日本の飛行機はここを飛べない。これなんか典型的な「米軍が自由に日本の国土を使える」事例ですね。

鳩山  私も横田空域のせいで、日本の航空会社が非常に不自然な飛行ルートで飛ばされていることは知っていましたが、「沖縄と同じように、米軍の優位性というのが東京や関東周辺にもあるんだな」という程度にしか理解していなかった。

 しかし、具体的に図を見ると、関東上空がこれほど広範囲に米軍に「占領」されているという事実に仰天しますよね。沖縄だけではなくて、実は日本全体がアメリカに今でも支配されているも同然ですから。

矢部  飛行ルートの阻害もありますが、それより問題なのは、米軍やCIAの関係者が日本の国境に関係なく、この空域から自由に出入りできる、入国の「裏口(バックドア)」が存在することです。これはどう考えてもおかしな話で、こんなことは普通の主権国家ではあり得ません。

 この問題なんて国際社会にアピールしたら、みんなすごく驚くと思うんです。これは今、日本で起きているほかの問題、特に原発の問題にも絡んでくる話ですが、日本という国が置かれている状況の歪(ゆが)みやおかしさを伝えるいい事例になると思っています。

 結局、日米安保条約とは、米軍が「日本の基地」を使う権利ではなく、「日本全土」を基地として使う権利を定めたものなのです。

 旧安保条約の第1条で米軍にその権利が認められ、60年の安保条約で文言は変わっていますが、その権利は残されている。これを「全土基地方式」というのですが、これはなんとしても国際社会にアピールして変えていかないといけない

鳩山  矢部さんの本だと、米軍がそんなことをできる根拠は、敗戦国である日本を今でも「敵国」と見なした、国連憲章の「敵国条項」があるから、という話でしたが。

矢部  そこの説明は少し複雑で、旧安保条約第1条には、そうしたメチャクチャな軍事利用のあり方は、日本側が望み、アメリカ側がそれに応えたものだということが書かれている。そうした戦後処理を日本が望んだ以上、日本の主権や国民の人権がいくら侵害されていても、国連は口を出せないというロジックになっているんです。一種の法的トリックと言ってもいい。

 ですから、日本にちゃんとした政権が誕生して、国際社会で堂々と議論し、「全土基地方式はやめてくれ」と言ったら「それは敵国条項があるから無理だ」とは絶対ならないと思います。


米軍の占領状況を米国民に訴えろ!

鳩山  矢部さんのような方の努力もあって、私もようやく目隠しが外れて真実が見えてきたわけですが、問題はそこから先をどうするかです。やはり一部の人たちだけが目隠しを外すんじゃなくて、日本の国民の多くに触れられるPR戦術というか、日本の戦後の背後には何があるのかをきちんと解き明かす手段が必要だと思いますね。

 それと、日米関係に関わっている米軍関係者を除けば、アメリカの議会や国民は日米合同委員会なるものがどういう役割を果たしてきたのか、それが今も日本の主権をさまざまな形で侵害している事実も知らないと思います。しかし、こうした状況はアメリカの国民から見ても「異常なこと」だと映るはずですから、われわれが海外、特にアメリカの議会や国民に対して「日本は今も事実上、米軍に占領されているけれど、本当にこれでいいのか?」と訴えることが重要です。

矢部  情報発信という意味では、今、ドイツなど多くの国が日本の原発汚染に対して「何を考えてるんだ!」って相当に怒っている。基地の問題だけだと「勝手にやっててくれ」となるかもしれないけれど、原発の問題はそうはいかない。全地球的な問題です。

 あれだけ深刻な原発事故を起こした日本がなぜ、今再び原発推進への道を進もうとしているのか? その背景には「日米原子力協定」という、自国のエネルギー政策すらアメリカの同意なしには決められないという、客観的に見ても非常に歪(いびつ)な構造がある。それをうまく国際社会にアピールできたら、こうした日本の歪んだシステムに世界の光が当たる可能性はあります。


鳩山  そうですね、日本のメディアも完全に取り込まれてしまっているのであれば、基地の問題だけではなく、原発も併せて海外に訴えるほうが、圧倒的に意義があると思います。

ただし、そうした「外圧」に頼るだけでなく、結局はこの国の政治を変えない限り、そして多数派にならない限り、こうした流れは大きく変えられません。

*2015.03.16 NEWSポストセブンより

「米軍幹部と日本の官僚が進路決める「日米合同委員会」の存在」

東京都港区南麻布。都内屈指の閑静な高級住宅地も、そこだけは異空間が広がる。

入り口には屈強なガードマンが立ち、脇には「100%、IDチェック」と書かれた案内書きがある。米軍施設の「ニューサンノーホテル」である。


 在日米軍関係者は、

「ここは赤坂の米国大使館以上に、米国にとって重要な施設。表向きは来日した米軍関係者の宿泊施設ですが、米海軍情報部や CIA の拠点が置かれていて、日米のインテリジェンスの集積地です」

と説明する。

 日本のメディアどころか、政治家も立ち入れない。そんな場所で、日本の高級官僚と在日米軍関係者は、定期的に会合を重ねていた。それが日米合同委員会後述するが1960年に締結された日米地位協定(※注1)をどう運用するかを協議する実務者会議だ。

※注1/1952年に旧安保条約と同時に発効した「日米行政協定」が前身。1960年に日米安全保障条約を締結した際に改めて交わされた。 

そこでは、日本の安全保障の根幹に直接かかわる問題から、米軍基地と周辺住民の諍いまで協議される。 前者は在日米軍基地の移転・縮小、米海兵隊の新型輸送機オスプレイの配備といった問題、後者は基地内のゴミ処理、航空機の騒音問題などだ。

かつては、米兵の犯罪並びにその処遇も、開かれた法廷ではなく、密室の話し合いによって、解決がなされたこともあった。 

日米合同委の組織は、米国側は在日米軍司令部副司令官、在日米大使館公使など、日本側は外務省北米局長を代表として法務省大臣官房長、防衛省地方協力局長といった面子だ。

 日本側の代表者及び代表代理は、将来的に事務次官を狙えるポストにある。そんな高級官僚が、在日米軍や米大使館の有力者と密議を交わすことから、日米合同委は「影の政府」との異名もつく。

 ただし、彼らが一堂に会するわけではない。同委員会は、基地問題、刑事、環境など35の分科会や部会に分かれ、担当ごとに参加者が決まる。実際に出席したことのある官僚が明かしてくれた。

「日米の責任者(担当者)が最低一人、書記および通訳などの職員が最低二人は出席する。対話は基本的には日本語で行なわれますが、日本側も英語の話せる通訳を連れているため、微妙なニュアンスで日米の解釈が異なるという事態は生じない」

 関係者らの話をまとめると、毎月2回ほど開かれ、開催場所は米国と日本で持ち回りとなる。米国ならニューサンノーホテル、日本の場合は外務省を中心に、分科会や部会ごとに代表者の所属する官庁内で開催されているという。

 だが、会合の中身は一切明かされない。合意の一部は外務省、防衛省のホームページに公表されているが、それも簡潔に記されているだけだ。

 同委員会を所管する外務省北米局に日米合同委の詳細を問い合わせても、「回答できるのは、既に公表しているものだけ」の一点ばりで、防衛省広報課に問い合わせても、「外務省が所管なので、外務省に聞いてください」という堂々巡りだった。

 元琉球新報論説委員で、在日米軍基地問題に詳しい沖縄国際大学大学院教授・前泊博盛氏は語る。

「日米合同委に合意内容を公表する義務はない。日米双方の合意がない限り公表しない取り決め(※注2)になっているからです。」

※注2/1996年2月に、日米両政府は日米地位協定の9項目についての運用改善で合意。「日米合同委員会の公表」もそこに含まれた。しかし、結果的に「合意内容」の公表こそ一部改善はされたものの、会合内容が公表されることはなかった。

 「基本的に軍事関係の取り決めなので米軍側は、情報を出したくない。また、米軍に有利に推移した合意内容を表に出して、日本人の神経を逆なでしたくないという思いもある。日本側としても、米国との交渉に負けた、との誹りを避けるために、できるだけ隠密に事を収めたい」

 必然的に日米合同委は「密約の温床」になってしまう。(終わり)
http://www.yamamotomasaki.com/archives/1991


日本はアメリカの仮想敵国 _ 米軍は日本が独立するのを阻止する為に日本に駐留している
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/528.html


103. 中川隆[6007] koaQ7Jey 2017年1月11日 13:55:34 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6451]

私たち日本人の意識構造が英語学習によっていかに「家畜化」されてしまっているのかを検証


英米人の考え方や生活様式が合理的であり、日本人の考え方や生活様式は非合理的だという思い込みが、日本人の脳に定着していて、いまだにそこから脱却できていない。

英語教育・英語学習がこのような姿勢を助長してきた側面も否定できないと思うのです。

 明治維新で日本が新しい社会をつくろうとしたときオランダ語を勉強していた福沢諭吉が英語に切り替えたことからも分かるように、明治の日本でも英語が大流行しました。しかし英語一辺倒だったわけではありませんでした。

 二葉亭四迷によってロシア文学が翻訳されたのも明治時代でしたし、文学者としても有名だった森鴎外も実は本名は森林太郎と言い、本職は陸軍軍医(軍医総監)でした。そのため東大医学部卒業後に、陸軍省派遣留学生としてドイツに留学もしています。

 イギリス留学後に東京帝国大学で英文学を講じた夏目漱石も、長男の純一にはフランス語やドイツ語を学ばせ、英語を学ばせていません。次男の伸六が学んだ外国語もドイツ語で、慶應義塾大学文学部予科に進み、同独文科を中退しています。

 つまり「文明開化」に明け暮れた明治でさえ、英語一辺倒ではなかったのです。

 ところが日本では、アジア太平洋戦争に敗北しアメリカ軍が占領者として入り込んでくるようになってからは英語の全盛時代を迎えるようになりました。

 アメリカとしても占領期間が終わった後も日本を当時のソ連や社会主義中国にたいする防波堤として利用するために英語教育を重視しました。

 そのためにトルーマン大統領は、講和条約(1951年9月8日)が結ばれる8か月以上も前の1月22日に、ジョン・フォスター・ダレス(ロックフェラー財団理事長)を特使とする「講和使節団」を日本に派遣しました。

 このとき文化顧問として同行したロックフェラー3世は、帰国してから2か月後に(1951年4月16日)、80頁にもおよぶ日米文化関係の「機密」報告書を提出しています。

 ここで注目されるのは、この報告書が「英語教育プログラムのもつ潜在的な可能性」を強調して次のように述べていることです。

 「英語教育プログラムは表向きは英語教育法の改善を手助けすることであるが、実際には健全なアメリカの理念を日本社会に浸透させる道がこのプログラムによって約束される。」

 「資格のある英語教育専門家が日本に滞在していれば、教科書の執筆ならびにアメリカ合衆国の選定教材を日本に紹介する際に、折ある度に彼らは影響力を行使することができ、しかも長期にわたって影響を及ぼしつづけることができる。」

 「日本人は生活のあらゆる部分において英語の学習を受け入れる傾向があるので、英語教育の分野には潜在的に大きな可能性が認められる。」

(以上、拙著『英語で大学が亡びるとき』明石書店、176―178頁)
https://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%8C%E4%BA%A1%E3%81%B3%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8D%E2%80%95%E3%80%8C%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%8A%9B-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E4%BA%BA%E6%9D%90%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%82%AE%E3%83%BC-%E5%AF%BA%E5%B3%B6-%E9%9A%86%E5%90%89/dp/4750342661


 そもそもロックフェラー3世がダレス特使の文化問題顧問として日本に派遣されたのは、トルーマン大統領が1951年に 「心理戦略本部」(PSB:Psychological Strategy Board)を創設したことに由来しています。

 ですからロックフェラーの機密報告書「英語教育プログラム」も、日本にたいする心理戦すなわち「いかにして日本を『半永久的な米国依存の国』にするか」という戦略の一部として提案されたものでした。

 松田武『戦後日本におけるアメリカのソフト・パワー、半永久的依存の起源』(岩波書店)は、1951年1月に日本政府と対日講和条件を協議するために東京を訪問した時のダレス国務長官を次のように描写しています。

 「ダレスは公衆の面前では、日本のことを『戦勝国によって指図される国』ではなく『相談される当事国』と表現し、雅量のある調子で語った。しかし私的な場所では、解決すべき主たる重要な問題は『我々の好きな場所に我々の好きなだけの期間、我々の好きなだけの軍隊を駐留させる権利を手に入れることではないのかね』と側近に語った。…そして実際にアメリカ政府は、日本の領土内に合衆国の基地システムを保持することに成功した。」(126頁)

 こうして日本は、沖縄の基地問題に象徴されるように、アメリカ兵が犯罪を犯しても、垂直離着陸機オスプレイが事故を起こしても、政府が独自に調査し処罰できない軍事的従属国になっています。そして軍事的に従属しているだけでなく文化的にも従属するようになり、「アメリカのものは優れているが日本のものは劣っている」と思考形態をいつのまにか身につけてしまいました。

 というよりも軍事的従属は、英語教育などを通じた文化工作の結果として生まれた文化的従属の結果でもありました。あるいは軍事的従属は文化的従属と手を携えながら進行したと言うべきでしょう。

 その典型例がカタカナ語の氾濫です。明治の知識人は外来語を何とか日本語に移し替えようとして悪戦苦闘しながら新しい語彙・新しい日本語を創造する努力を積み重ねて来ましたが最近はそのような努力を放棄して、英語教師でさえ意味のとりづらい「コンプライアンス」などという語を、NHKでさえ平気で使うようになってきました。

 これは老人や子どもにとって生活上の障害になるだけでなく、明治の知識人が外国語と格闘するなかで日本語を磨き、それを土台にして創造力を鍛えてきた先達の遺産を放棄するという意味で、知的退廃につながっていきます。

 日本のノーベル賞受賞者の多さも、このような先達の知的努力が生み出したものの成果だとも考えられるからです。

 このような知的努力を放棄しているかぎり、小学校から英語を導入しても、そのような世代からはノーベル賞受賞者は決して生まれないでしょう。

 それどころか、日本の進路を大きく左右しかねないTPP(環太平洋経済連携協定)という協定文書は、正式な交換文書であるにもかかわらず、政府はその日本語版を要求しなかったばかりか、全文の翻訳すらもおこなおうとしませんでした。

 こうして、国会議員は内容もよく分からないままTPPへの賛成を強いられることになりました。

 カナダが、英語国であるにもかかわらず、ケベック州の公用語が仏語であるという理由だけで、協定文書の仏語版をも要求したのと、なんという大きな違いでしょう。

 これはまさに知的退廃の極みです。これでどうして国益を守ることができるのでしょうか。これでどうして安倍首相の言う「美しい国」を築くことができるのでしょうか。
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/gunjitekijuuzokutobunnkatekijuuzoku.html


104. 中川隆[6090] koaQ7Jey 2017年1月16日 10:18:23 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6536]

「恥の文化」の力 From 施 光恒(せ・てるひさ)@九州大学


このところ特に強く感じるんですが、最近の日本人って、ホントに自信を失ってますよね。といっても、周りの大学生などと話していると、若い世代はそれほどでもないように思うのですが、50代後半〜60代ぐらいの人たちは、なんか日本は経済も文化も根本的にダメダメみたいな感情をもっているように思います。

だから、「バスに乗り遅れるな」とか「世界の孤児になってもいいのか」「これからは英語、英語、留学、留学、トーフル、トーフル」「アジアに打って出るしかない」みたいな強迫的ともいえるグローバル化衝動が生じるのかなあなどと日々感じております。

こういう日本人の自信のなさの背景には、一つは、日本の道徳に対する不信感があるようです。

たとえば、「日本人は同調主義的だ」「自律性や主体性がない」「権威に弱い」「周りの他者や世間の目ばかり気にする」ということがよく言われます。

なんでこんなイメージが広まったかといえば、一つの理由として、アメリカの文化人類学者ルース・ベネディクトが書いて終戦後、日本でベストセラーになった『菊と刀』の議論があると思います。

この本の中で、ベネディクトは、日本は「恥の文化」だといって、日本の一般的な道徳観をかなり悪く言っています。

ベネディクトの説明によると、「恥の文化」とは、「ものの良し悪しを判断する際に、他者の目や世間の評判のみを基準とする外面的な道徳が支配的な文化だ」というんですね。

要するに、周りに他者や権威者の目がなければ、日本人は悪いことしますよ〜というわけです。

逆に、ベネディクトは自分とこのアメリカの道徳は「罪の文化」であり、自律的だといっています。たとえば、「罪の文化」は、「道徳の絶対標準を説き、良心の啓発を頼みとする」と書いています。

つまり、アメリカ人は、「良心を重視するので、誰もみていなくても悪いことしませんよ、自律的ですよ」というんですね。

こういう「恥の文化=他律的、外面的」、「罪の文化=自律的、内面的」という図式を『菊と刀』で展開して、日本の道徳を否定的にみるわけです。

『菊と刀』は、終戦直後の日本でよく読まれました。戦争でみんな自信を失っていたんでしょうね。日本人は真面目だから、戦争で負けたのは、自分たちに何か欠陥があったからに違いない。アメリカ人の言うことをよく聞いて反省しなければならない、と考えたのだと思います。

それで、「日本文化 = 恥の文化 = 良心が弱く、権威にも弱く、他律的で同調主義的だ」というイメージを受け入れてしまったんだと推測します。

でも、このイメージ、正しくないですよね。
たとえば、日本は、米国に比べれば、はるかに治安が良く、犯罪も少ないと思います。
電車に財布を置き忘れても無事に届けられる確率は、日本は世界で最も高い部類に入るでしょう。
人に見られてなければ悪事を犯すなんてことは、大部分の日本人には思いもよらぬことです。
権威に弱いというのも、間違いだと思います。日本ほど、政治家の悪口をいう国民はそうそういないように思います。私も例にもれませんが(^_^)

つまり、ベネディクトは、日本の道徳をひどく矮小化し、間違って理解していたと思います。現代の日本人も、残念ながらベネディクトの理解に影響されてしまっているところ多々があるようです。

ベネディクトの「恥の文化」の理解のおかしさについて、いくつも指摘したいことがあるのですが、今回は、上の新聞記事でも書いた一点だけ触れたいと思います。

「恥の文化」で敏感に感じとるべき他者の視点として、同時代の他者や世間だけではなく、死者の視点、つまり過去の世代の人々の視点もあるということをベネディクトは見逃していたということです。

現代の日本人も忘れがちかもしれませんが、日本の伝統では、死者の視点を常に身近に感じ、死者に思いを馳せることに、とても価値が置かれていました。
(なんか五月の連休ではなく、お彼岸に書いたほうがいいような内容ですね…。スミマセン…)
f(^^;) フタタビポリポリ

私はすごく好きな文章でよくとりあげるのですが、民俗学の祖・柳田国男は、この点についてとても美しく書いています。

「私がこの本のなかで力を入れて説きたいと思う一つの点は、日本人の死後の観念、すなわち霊は永久にこの国土のうちに留まって、そう遠方へは行ってしまわないという信仰が、おそらくは世の始めから、少なくとも今日まで、かなり根強くまだ持ち続けられているということである」(『先祖の話』)

「日本を囲繞したさまざまな民族でも、死ねば途方もなく遠い遠い処へ、旅立ってしまうという思想が、精粗幾通りもの形をもって、おおよそは行きわたっている。

ひとりこういうなかにおいてこの島々にのみ、死んでも死んでも同じ国土を離れず、しかも故郷の山の高みから、永く子孫の生業を見守り、その繁栄と勤勉とを顧念しているものと考えだしたことは、いつの世の文化の所産であるかは知らず、限りもなくなつかしいことである。

それが誤りたる思想であるかどうか、信じてよいかどうかはこれからの人が決めてよい。我々の証明したいのは過去の事実、許多の歳月にわたって我々の祖先がしかく信じ、さらにまた次々に来る者に同じ信仰をもたせようとしていたということである」(「魂の行くえ」)。

つまり、柳田国男によると、日本の多くの人々は、人が死んだら故郷の山のあたりに魂は昇って行って、そこから子孫の生活をずっと見守っているというのですね。そしてお盆になると降りてきて、子孫や近所の人たちと一緒に過ごして、お盆が終わるとまた戻っていく。そういうふうに考えられてきたというわけです。

私は、この考え、すごく好きです。私も死んだら、近くの山の頂上あたりにふわふわと漂って、後の世代の人々の生活をぼーっと見ていたいなあ、なんて思います。
柳田国男が「…限りもなくなつかしいことである」といった気持ちがわかるような気がします。
(^-^ )

少し話がズレました…。
(-_-;)

柳田国男がここで述べているのは、日本人の道徳は、死者、つまり過去の世代の人々に思いを寄せ、彼らの意を汲むことを重んじてきたことだと解釈できます。

つまり「恥の文化」は、同時代の他者や世間のみではなく、今は声をあげることのない過去のさまざまな人々の思いを感受し汲みとってはじめて完成するということです。

同時代の他者の観点やその総体としての世間の観点だけでなく、過去に生きたさまざまな人々の視点やその集合体としての祖霊に思いを馳せる。
それを通じて、いわば横軸(同時代)だけでなく、縦軸(伝統)の視点を身につけ、時間のつながりのなかで自分の位置を反省し、遠い将来まで見据えたうえで自分がいま何をなすべきかを立体的かつ複眼的に考えられるようになる。

本来の「恥の文化」とは、とても奥深く、そこまで求めたものだと思います。

そこをベネディクトは見抜けなかったし、現代のわれわれ日本人も、忘れがちのような気がします。

現代では、死者とのつながりが忘れられ、縦軸が疎かになっているので、(私もえらそうなことはまったく言えませんが)ふらふらと周囲の目ばかり気になり、自分を見失い、何をなすべきか定まらない人が増えているように思います。

靖国の問題だけではないですが、現代の日本人にとって困ったことの一つは、戦前と戦後で意識の分断が生じやすくされてしまったことですよね。

それが、日本人が本来の力を発揮するのを難しくしているのではないかと思います。

逆に言えば、日本にもう少しおとなしくしていてもらいたい国々は、何かにつけてそこに付け込もうとするんですよね。

戦前と戦後の意識の分断をどう修復すれば一番いいのか私にはわからないところも多いのですが、一つ言えると思うのは、戦前の人々も、現代の我々も、根本ではあまり変わっていないと認識することなんじゃないでしょうか。国民性って、そう簡単に変わるものではありませんので。そしてもっと身近に過去の世代の人たちに思いを馳せることではないかと思います。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/05/03/se-12/


内田樹 2017.01.15 「民の原像」と「死者の国」


高橋源一郎さんと昨日『Sight』のために渋谷陽一さんをまじえて懇談した。
いろいろ話しているうちに、話題は政治と言葉(あるいは広く文学)という主題に収斂していった。

そのときに「政治について語る人」として対比的に論じられたのが「安倍首相」と「天皇陛下」だった。

この二人はある決定的な違いがある。

政策のことではない。霊的ポジションの違いである。
それについてそのときに話しそこねたことを書いておく。

なぜ、日本のリベラルや左翼は決定的な国民的エネルギーを喚起する力を持ち得ないのかというのは、久しく日本の政治思想上の課題だった。

僕はちょうど昨日渡辺京二の『維新の夢』を読み終えたところだったので、とりわけ問題意識がそういう言葉づかいで意識の前景にあった。

維新の夢 (ちくま学芸文庫) 2011/6/10 渡辺 京二 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E5%A4%A2-%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%BA%AC%E4%BA%8C%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%8F%B2%E8%AB%96-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E4%BA%AC%E4%BA%8C/dp/4480093796

渡辺は西郷隆盛を論じた「死者の国からの革命家」で国民的規模の「回天」のエネルギーの源泉として「民に頭を垂れること」と「死者をとむらうこと」の二つを挙げている。

すこし長くなるけれど、それについて書かれた部分を再録する。

渡辺によれば第二回目の流刑のときまで西郷はスケールは大きいけれど、思想的には卓越したところのない人物だった。

「政治的な見識や展望はどうか。そういうことはみな、当時の賢者たちから教えられた。教えられれば、目を丸くして感心し、それを誠心実行に移そうとして。勝海舟、横井小楠、坂本竜馬、アーネスト・サトウ、みな西郷に新生日本の行路を教えた人で、西郷自身から出た維新の政治理念は皆無に等しかった。だから、この維新回天の立役者はハリボテであった。

だが、政治能力において思想的構想力において西郷よりまさっていた人物たちは、このハリボテを中心にすえねば回天の仕事ができなかった。これは人格の力である。

この場合人格とは、度量の広さをいうのでも、衆心をとる力をいうのでも、徳性をいうのでもない。それは国家の進路、革命の進路を、つねにひとつの理想によって照らし出そうとする情熱であり誠心であった。革命はそういう熱情と誠心によってのみエトスを獲得することができる。エトスなき革命がありえない以上、西郷は衆目の一致するところ最高の指導者であった。」(『維新の夢』、ちくま学芸文庫、2011年、341頁)

彼は戊辰のいくさが終わったあと、中央政府にとどまらず、沖永良部島に戻るつもりでいた。「官にいて道心を失う」ことを嫌ったのである。

島は彼の「回心」であったというのが渡辺京二の仮説である。

島で西郷は何を経験したのか。

渡辺は「民」と「死者」とがひとつに絡み合う革命的ヴィジョンを西郷がそこで幻視したからだと推論する。

「西郷は同志を殺された人である。第一回流島のさいは月照を殺され、第二回には有馬新七を殺された。この他にも彼は、橋本左内、平野国臣という莫逆の友を喪っている。」(343頁)。

この経験は彼に革命家は殺されるものだということを教えた。革命闘争の中では革命家は敵に殺されるだけでなく、味方によっても殺される。「革命を裏切るのは政治である」。

死者はそれだけでは終わらなかった。

寺田屋の変で西郷は旧友有馬を殺された。西郷の同志たち、森山新蔵、村田新八、篠原國幹、大山巌、伊集院兼寛も藩主の命で処罰された。渡辺は「これが西郷を真の覚醒に導いた惨劇である」と書く。

事実、この直後に西郷が知人に書き送った書簡にはこうある。

「此の度は徳之島より二度出申さずとあきらめ候処、何の苦もこれなく安心なものに御座候。骨肉同様の人々をさえ、只事の真意も問わずして罪に落とし、また朋友も悉く殺され、何を頼みに致すべきや。馬鹿らしき忠義立ては取り止め申し候。お見限り下さるべく候。」

西郷は同志朋友を殺され、同志朋友と信じた人々によって罪に落とされた。もう生者たちに忠義立てなどしない。自分が忠義立てをするのは死者たちに対してだけだと西郷は言外に宣言したのである。

彼が維新回天の中心人物として縦横の活躍をするようになるのは、彼が「お見限り下さるべく候」と書いた「あと」の話なのである。同志朋友を殺した島津藩への忠義を断念し、死者のために生きると決意したときに西郷は政治家としてのブレークスルーを果した。

「いまや何を信ずればよいのか。ここで西郷の心は死者の国へととぶ。彼はもう昨日までの薩摩家臣団の一員ではない。忠義の意図は切れた。彼は大久保らの見知らぬ異界の人となったのである。彼の忠誠はただ月照以来の累々たる死者の上にのみ置かれた。」(346頁)

みずからを「死者の国の住人」と思い定めた西郷は島で「民」に出遭う。
西郷はそれまでも気質的には農本主義者であり、護民官的な気質の人であったが、民はあくまで保護し、慰撫し、支配する対象にとどまっていた。それが島で逆転する。

「彼が島の老婆から、二度も島に流されるとは何と心掛けの改まらぬことかと叱られ、涙を流してあやまったという話がある。これは従来、彼の正直で恭謙な人柄を示す挿話と受けとられたきたと思う。しかしかほど正直だからといって、事情もわきまえぬ的外れの説教になぜ涙を流さねばならぬのか。老婆の情が嬉しかったというだけでは腑に落ちない。

西郷はこの時必ずや、朋友をして死なしめて生き残っている自分のことを思ったに違いない。涙はそれだから流れたのである。しかしここで決定的に重要なのは、彼が老婆におのれを責める十全の資格を認めたことである。それは彼が老婆を民の原像といったふうに感じたということで、この民に頭を垂れることは、彼にとってそのまま死者を弔う姿勢であった。」(347頁)

「革命はまさにそのような基底のうえに立ってのみ義であると彼には感じられた。維新後の悲劇の後半生は、このような彼の覚醒のうちにはらまれたのである。」(348頁)

長い論考の一部だけ引いたので、論旨についてゆきずらいと思うけれど、僕はこの「民の原像」と「死者の国」という二つの言葉からつよいインパクトを受けた。
渡辺京二の仮説はたいへん魅力的である。歴史学者からは「思弁的」とされるかも知れないが、僕は「これで正しい」と直感的に思う。

という読後の興奮状態の中で源ちゃんと会ったら、話がいきなり「大衆の欲望」と「死者の鎮魂」から始まったので、その符合に驚いたのである。

『維新の夢』本で、渡辺京二は日本のリベラル・左翼・知識人たちがなぜ「国家の進路、革命の進路を、つねにひとつの理想によって照らし出そうとする情熱と誠心」を持ち得ないのかについてきびしい言葉を繰り返し連ねている。

それは畢竟するに、「民の原像」をつかみえていないこと、「死者の国」に踏み込みえないことに尽くされるだろう。

「大衆の原像」という言葉は吉本隆明の鍵概念だから、渡辺もそれは念頭にあるはずである。

だが、「死者の国」に軸足を置くことが革命的エトスにとって死活的に重要だという実感を日本の左翼知識人はこれまでたぶん持ったことがない。

彼らにとって政治革命はあくまで「よりよき世界を創造する。権力によって不当に奪われた資源を奪還して(少しでも暮し向きをよくする)」という未来志向の実践的・功利的な運動にとどまる。

だから、横死した死者たちの魂を鎮めるための儀礼にはあまり手間暇を割かない。
日本の(だけでなく、世界どこでもそうだけれど)、リベラル・左翼・知識人がなかなか決定的な政治的エネルギーの結集軸たりえないのは「死者からの負託」ということの意味を重くとらないからである。僕はそう感じる。

日本でもどこでも、極右の政治家の方がリベラル・左翼・知識人よりも政治的熱狂を掻き立てる能力において優越しているのは、彼らが「死者を呼び出す」ことの効果を直感的に知っているからである。

靖国神社へ参拝する日本の政治家たちは死者に対して(西郷が同志朋友に抱いたような)誠心を抱いてはいない。そうではなくて、死者を呼び出すと人々が熱狂する(賛意であれ、反感であれ)ことを知っているから、そうするのである。

どんな種類のものであれ、政治的エネルギーは資源として利用可能である。隣国国民の怒りや国際社会からの反発というようなネガティブなかたちのものさえ、当の政治家にとっては「活用可能な資源」にしか見えないのである。かつて「金に色はついていない」という名言を吐いたビジネスマンがいたが、その言い分を借りて言えば、「政治的エネルギーに色はついていない」のである。

どんな手を使っても、エネルギーを喚起し、制御しえたものの「勝ち」なのである。

世界中でリベラル・左翼・知識人が敗色濃厚なのは、掲げる政策が合理的で政治的に正しければ人々は必ずや彼らを支持し、信頼するはずだ(支持しないのは、無知だからだ、あるいはプロパガンダによって目を曇らされているからだ)という前提が間違っているからである。

政策的整合性を基準にして人々の政治的エネルギーは運動しているのではない。
政治的エネルギーの源泉は「死者たちの国」にある。

リベラル・左翼・知識人は「死者はきちんと葬式を出せばそれで片がつく」と思っている。いつまでも死人に仕事をさせるのはたぶん礼儀にはずれると思っているのだ。

極右の政治家たちはその点ではブラック企業の経営者のように仮借がない。「死者はいつまでも利用可能である」ということを政治技術として知っている。
それだけの違いである。けれども、その違いが決定的になることもある。

安倍晋三は今の日本の現役政治家の中で「死者を背負っている」という点では抜きん出た存在である。

彼はたしかに岸信介という生々しい死者を肩に担いでいる。祖父のし残した仕事を成し遂げるというような「個人的動機」で政治をするなんてけしからんと言う人がいるが、それは話の筋目が逆である。

今の日本の政治家の中で「死者に負託された仕事をしている」ことに自覚的なのは安倍晋三くらいである。だから、その政策のほとんどに対して国民は不同意であるにもかかわらず、彼の政治的「力」に対しては高い評価を与えているのである。
ただし、安倍にも限界がある。それは彼が同志でも朋友でもなく、「自分の血縁者だけを選択的に死者として背負っている」点にある。

これに対して「すべての死者を背負う」という霊的スタンスを取っているのが天皇陛下である。

首相はその点について「天皇に勝てない」ということを知っている。

だから、天皇の政治的影響力を無化することにこれほど懸命なのである。

現代日本の政治の本質的なバトルは「ある種の死者の負託を背負う首相」と「すべての死者の負託を背負う陛下」の間の「霊的レベル」で展開している。
というふうな話を源ちゃんとした。

もちろん、こんなことは新聞も書かないし、テレビでも誰も言わない。
でも、ほんとうにそうなのだ。
http://blog.tatsuru.com/


105. 中川隆[6560] koaQ7Jey 2017年2月04日 22:06:32 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7017]

 文字と日本人


「文字の上意味の上をば冬の蠅」-----中村草田男
http://archive.fo/mYoy#selection-25.0-2033.25


まだ物象の形をとどめ

きっかりと石に刻まれた神聖文字(ヒエログリフ)から
少し略された祭司文字(ヒエラテイク)へ
もっと書きやすい民衆文字(デモテイク)へ
五千年もたてば坐り疲れて
文字だってもじもじと身をよじり
膝を崩したりもするのだ

-----多田智満子「刻」『十五歳の桃源郷』(人文書院)

山という字を書いてみせ
川という字を書いてみせ
山という字は
山そのものから
川という字は
川そのものから生まれたのですよ
と説明すると
横文字の国の人は感動する
この間 岡山で
ひぐらしをひぐれおしみ
と呼ぶ人々がいると知って
胸がなった
人を打つ言葉が日本の言葉のなかにある
そのことに
日本語の国に住む私は感動する

-----川崎洋「ことば」『海を思わないとき』(思潮社)

 ココロ
 こころ
 心
 kokoro ほら
 文字の形の違いだけでも
 あなたのこころは
 微妙にゆれる【…】

-----谷川俊太郎「こころ1」

「漢字は難解で、新しい時代の言語生活に適合しないという考え方が一部に根強い。しかしわが国の文化は漢字に支えられているところが多い。ことに知的な営みの世界から漢字を除くことは、ほとんど不可能といってよい」


-----白川静『字通』序文

科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付
科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付
科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付
付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科
付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科
付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科


 友達のお父さんが脳溢血で倒れた。見舞いに行って、運動性の失語症だから治っても漢字は読めるけど仮名はダメだろう、と話しておいた。しばらくしてその友達から本当にそうなったといってきた。元気になってから雪囲いを作るときに材木に書いてある「西」「東」とかいうのをいとも簡単に理解して組み立てたというのだ。失語症の人には表音文字であるカナより、表意文字である漢字の方が遥かに読みやすいのである。



 アメリカやイギリスの子に失読症(dyslexia)が多い。トム・クルーズが告白したことで有名な言葉になったが、「『トップガン』を撮影していた22歳のときに、夢だったパイロットになろうと思ったんだ。でも、レッスンをいくつか受けて、すぐに投げ出してしまった。人からどうして? と聞かれたときは映画の準備に忙しくて時間がないと答えたけど、実際には操縦の理論を理解することができなかったんだ」とトムは告白している(1994年にトムは無事にパイロットのライセンスを取得)。オーランド・ブルームもそうだし、キーラ・ナイトレイも録音で学習したり、色付き眼鏡をかけて文章の文字が混じって見えないように工夫して読書しているそうだ。

 失読症が発見されたのは19世紀のイギリスで、「7」が読めるのに都even”が読めない子どもがいたのだ。失語症研究の笹沼澄子の研究によれば、失語症のアメリカ人は音で認識できなくなって言葉をアルファベットで紙に書いて見せても認識できないが、失語症の日本人は音声で認識できなかった言葉でも漢字で書かれると認識できるということは、日本人が大脳の2箇所、つまり音声処理と映像処理の部分を同時に使いながらコミュニケーションを行っていることを示しているという。※読み書きのみの学習困難への対応策

 小説ではヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』に文盲の家政婦グロースが出てくるし、ウルフの『レモネードを作ろう』には文字さえろくに書けない17歳で未婚の母のジョリーが出てくるし、ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』はまさか職業をもっている人が文盲とは…という意外性があり、文字を取りかえすことで愛を取りかえす話になっている。映画ではミュージカル『フェーム』やキャメロン・ディアスの『イン・ハー・シューズ』で描かれている。キャメロン・ディアスが弁護士を演じた『私の中のあなた』では白血病のお姉さんのために放っておかれた長男が失読症治療の学校に進むシーンが出てくる。

 失読症と文盲とは直接関係がない。後者は教育の問題であって、『カラーパープル』では黒人女性ウーピー・ゴールドバーグが文盲のまま奴隷の状態で育っていく。どうにか文字を教えられて自立していく話なのだが、アフリカに行ってしまう妹と別れる時に展rite.”と一言いうのが泣かせる。

「手紙を書いてね」という、ごく普通の挨拶が心に響く。いや、別に黒人でなくても、日本の寺子屋のようなものがなかった欧米では文盲が多かったのである。1964年のデ・シーカ監督の映画『あゝ結婚』では娼婦のフィルメーナ(ソフィア・ローレン)が自分の名前をやっとかっとサインするシーンが出てくるが、これが実情だったのである。

1989年の映画『アイリスへの手紙』では小さい頃転校ばかりしていて文字を憶えなかったロバート・デ・ニーロが文盲を理由に(塩と消毒薬を間違えると大変だと言われ)コックを辞めさせられる。文盲だと口座も開けないし、注文品の受取もできない。ジェーン・フォンダが教え、お手紙も書けるようになり、免許も取れてめでたし、めでたし。同じ年の『ドライビング Miss デイジー』は1948年以降のアメリカの状況を表しているが、ここでは黒人の運転手モーガン・フリーマンが文盲でお墓の文字が読めないのだが、元教師でユダヤ人のデイジーが「クリスマスプレゼント」に文字の練習帳をあげるシーンがある。

 もちろん、日本にも読めない人はいた。落語では「三人無筆」「親の無筆」「無筆の手紙」というのがある。中勘助の『銀の匙』(岩波文庫)に出てくる伯母さんは物知りなのだけれど、「四角い字」つまり漢字が読めない。肥立ちが悪かったお母さんの代わりを務めてくれるのだが、想像力を駆使しておもしろおかしく話を聞かせてくれるので、主人公が完成豊かに育っていくことになる。昭和4年のスラム街の識字率は70%以下だったというという報告を見たことがある。

 欧米に文盲は多い。「正しい」英語を目指して初の『英語辞典』を完成させたジョンソン博士はスコットランドを訪れた時に識字率の低さに驚いて、文字を知らない人々は現在形でのみ生きる運命にあると述べた。なぜなら「いったん目の前から消えれば、永久に失われてしまうからだ」という。

 サインをする時には十字形署名といってラとだけ書いた。映画でいえば、ゾラの『居酒屋』などに見られる。「感性の歴史家」と呼ばれるフランスの歴史家アラン・コルバンは、『記録を残さなかった男の歴史 ある木靴職人の世界 一七九八…一八七六』(藤原書店)という本のなかで、名前と〈十字形署名〉というわずかな「痕跡」しか残さなかった〈ルイ=フランソワ・ピナゴ〉という男の人生を歴史学の方法で再構成しようと試みた。

 ディケンズの『大いなる遺産』ではピップがどうにか文字を覚えて手紙を書く。hの音が抜けているものだからhopeがopeになってしまう。


MI DEER JO i OPE U R KR WITE WELL i OPE i SHAL SON B HABELL 4 2 TEEDGE U JO AN THEN WE SHORL B SO GLODD AN WEN i M PRENGTD 2 U JO WOT LARX AN BLEVE ME INF XN PIP.
My dear Joe,

I hope you are quite well. I hope I shall soon be able to teach you, Joe and then we shall be so glad. And when I am apprenticed to you, Joe: what larks! Believe me, in affection,

親愛なるジョー お元気ですか。もうすぐ字を教えてあげられると思います。そういしたら二人とも嬉しいです。僕がジョーの弟子になったら、楽しくやろうね。親愛を込めて ピップより。


 東ドイツのジョークでこんなのがある。


質問:人民警察官の制服に線が三本あるのはどういう意味?

回答:一本線は「読める」しるし。二本線は「書ける」しるし。三本線は「読み書きできる人を知っている」しるし。

 西江雅之先生からアフリカではどんな選挙をやっているか知っているか、と言われたことがある。文盲が多いので、投票できない人が多いからなのだが、答えは立候補者を象徴する動物などを決めておいて、その絵柄の方にマークする方式を採っているのである。子ブッシュ大統領の不正選挙の時に、弟が知事をしているフロリダ州の選挙を報道している時に気づいたのだが、投票用紙に名前を書く方式になっていないものだから、どちらに投票したかとても分かりにくくなっていた。おかしいと思って調べたのだが、自書式と呼ばれる自分で用紙に名前を書く方式を採っているのは日本だけらしい。これはまさに識字率の問題なのだ。LDなどの例を除けば、日本人は文字が書けて当たり前なのだ。

 2010年のブラジル連邦下院議員選挙で、男性コメディアンが全国最多得票で当選したものの、「読み書きができないのでは」との疑惑が持ち上がったため、裁判所で学力テストを受けた。ブラジルでは、非識字者は議員になれないが、立候補の際「読み書きが出来ます」と手書きで選管へ提出したのが、実は妻が代筆したことが判明し、裁判所が読み書きテストを実施、書き取りの正解は30%未満だったが「文章を最低限は、理解出来た」と判断した結果、「合格」し、議員への就任が認められたという。

 ギリシャ時代にはオストラコン(陶片)に追放したい人の名前を書くオストラキスモスが紀元前508年に始まった。6000票を超えた最多得票者が一人、十年間、国外に追放されたのだが、みんなが書けたとはいえず、サラミスの海戦でペルシアをうち破ったアテネのテミストクレスも追放にあったのだが後に井戸から発見された陶片200枚を調べると十数人しかの筆跡が見られなかったという(政敵の陰謀?)。日本以外の国ではギリシャ時代と変わらない投票風景が残っている。

 村上春樹の『1Q84』には『空気さなぎ』という作品で新人文学賞をとったばかりの美少女作家ふかえりは失読症ということになっている。ふかえりは物語って、一緒に暮す「ふたつとしした」のアザミという女の子にタイプしてインサツしてもらったという。この作品によれば、アインシュタインもエジソンもチャーリー・ミンガスもみんあディスレキシアだという。


「君はいつもどんな本を読んでいるの?」

「ホンはよまない」

「ぜんぜん?」 ふかえりは短く肯いた。

「本を読むことに興味がないの?」

「よむのにじかんがかかる」

「時間がかかるというのは、つまり……、すごく時間がかかるってこと?」と天吾は尋ねた。

「すごく」とふかえりは断言した。

(中略)

「よんでいるふりをする」と彼女はこともなげに言った。

(中略)

「君が言っているのはつまり、いわゆるディスレクシアみたいなことなのかな?」

「ディスレクシア」とふかえりは反復した。

「読字障害」

「そういわれたことはある。ディスーー」

【…】

「でも読めなくても、書く方は大丈夫なんだね」、天吾は恐る恐る尋ねた。
ふかえりは首を振った。「かくこともじかんがかかる」


 ディスレキシアであっても悩むことはない。きちんと治療すれば治るだろうし、『海辺のカフカ』に登場する老人のナカタさんも文字が読めない人という設定になっているが、一緒に行動することになる長距離トラックの運転手の星野青年が

「おじさんも字が読めねぇってのはきっと不便だろうけど、つらいこともあるだろうけど、それがすべてじゃないんだ。たとえ字が読めなくたって、おじさんにはおじさんしかできないことがある。そっちの方を見なくちゃいけない。たとえばほら、おじさんは石とだって話ができるじゃないか」

という。すると、「はい。たしかにナカタは、石さんとは話ができます。前は猫さんとも話ができました」と答えるのである。



 もう一つは文字の特性がある。表意文字でなく(象形文字的なのはlocomotiveだけといわれる)、表音文字を使っているのに、スペリングが複雑なことがある。日本の子供は「あいうえお」を覚えればどんな絵本だって読めるが、英米の子供にはできない。

pneumoniaとかpsychologyとかwreathとかubiquitous

とかという言葉を初めて聞いたときに意味を調べようと思っても辞書で調べることもできない。Wednesdayなんてどうして読めるのだろう。つまり、表音文字とは名ばかりなのだ。

 日本の子どもは「はいえん」とか「しんりがく」「リース」「ユビキタス」でその意味を調べることができるし、暗記する時も「“指切った・す”ぐに治療してくれる病院は“どこにでもある”」などと簡単に覚えることができる。

 英語圏では5−10%くらいの子に失読症が存在するという。日本人小児では2−3%以内が失読症であろうと考えられている。アルファベット圏より少ないのは間違いない。落語でも文盲の人はあまり出てこない。わずかに「手紙無筆(むひつ)」というのがあって、地の読めない男が手紙をもらい、その手紙を地の読めない兄貴に読んでもらおうとする噺である。川柳には「串といふ字を蒲焼(かばやき)と無筆よみ」というのがあるが、逆にこれは読める人が多かったからこそ成立しているといえる。日本では寺子屋が見事に機能していたのである。

 日本人にとってアルファベットはとても簡単な文字体系だと思うのだが、アメリカ人にとってはそうでもなさそうで、電ot your i's and cross your t's”(iに点を打ち、tに横線を書く)で「作業を注意深く仕上げる」という意味になる。

 英語で溺ind your p's and q's.”というと「言動に注意する、言行を慎む」を意味するが、p と q は非常によく似た文字でで、書き方を教える先生は溺ind your p's and q's.”(p と q に気を付けて)と言って生徒に注意した。ここから意味が広がって「言動に注意しなさい」の意味にも使われるようになったとされる(面白語源は他にもあって酒場の勘定書きで、飲んだビールのグラスの大きさ【パイントのpと、倍量のクォートのq】をごまかされるな、という言葉ともされる)。日本語で子どもが「犬」と「大」を間違うようなものであるが、表音文字で似ていることが失読症の原因の一つと考えられる。ドナルド・キーンでも「ゑ」を憶えるのは苦労したというが、「惠」を意識すれば子どもでも覚えられる。それほど日本の文字は覚えやすい。

 マッケンジー・ソープMackenzie Thorpeは小さい頃、失読症でお前は大人になっても何もできない、と教師に言われて自殺まで考えたという。そのうち、美術学校を勧めてくれた人がいて、そこで才能が開花した。今では世界的に有名な画家になっている。

Mackenzie Thorpe


 紅白の司会を何度もしたことがある宮本隆治アナウンサーはシナリオをもらうと、目が悪いために全部ワープロで打ち直し、その形で文章を覚えるのだという。象形文字ならではの記憶法である。



 アメリカでは字幕入りの映画というのは受け入れられない。早い話、英語圏以外の映画がヒットすることは稀である。外国でヒットした映画はそのため、リメイクされることが多い。例えば、『赤ちゃんに乾杯』というフランス映画がヒットすると、そのまま『スリーメン&ベビー』としてリメイクされる。黒澤明の『用心棒』はイタリアで作られた『荒野の用心棒』の方は盗作として有名だが、『ラストマン・スタンディング』が最近ではリメイクとして有名だ。

 『ダンス・ウィズ・ウルブズ』が作られた時も、ネイティブ・アメリカンの言葉が出てきて字幕を付けざるを得なかったのでヒットしないといわれた。今のところ、字幕入りでヒットした唯一の映画といってよい。

 つまり、字幕があると英語だと読み切れないのである。日本語は漢字があるから大体のことはすぐにつかめる。表音文字は反応するまでに0.3秒かかり、表意文字は反応するまでに0.1秒かかるという説もある。つまり、表意の方が0.2秒も早いことになる。

 漢字はゲシュタルトとしてのまとまりがある。かなでずっともじをかかれたらとてもりかいできるものではないが、漢字が入っていると一気に読みやすくなる。とはいえ、漢字だらけだと読むのがつらい。中国の外来語は誰が決めているのかしらないが、マルクスは「馬克思」、アインシュタインは「愛因思坦」、ニュートンは「牛頓」、エジソンは「愛迪生」、ゲーテは「歌徳」となる。これらは短いからいいけれど、レオナルド・デカプリオなどはとっても長くて憶えられないくらいの名前になってしまう。

 「ゴミ」をカタカナで書くのもゲシュタルトを保つためでもある。ゴミを表わす漢字がない以上(塵はチリとしか読まれない)、「ここにごみを捨てないで」よりは「ここにゴミを捨てないで」と書いた方が分かりやすい。日本語はそうした表記が複雑なので、逆に簡単というパラドックスがある。

 日本人はさまざまな文字をうまく使い分けている。「破廉恥」と「ハレンチ」では語感が違う。「不倫」と「フリン」では重さが違う。<「あじさい」と「紫陽花」から受ける印象の違いに触れた文章で、ひらがなの花には「カタツムリがいそう」と感じる人が多いとか。「あ」の字がカタツムリの形に見えるから…ある小学1年生はそう話したという>とは読売新聞「編集手帳」(2011年7月12日)の一節だ。

 もちろん、読めない漢字だっていっぱいあって、困るのだが…。



 ただし、英語でも速読術がある。ベトナム戦争を激化させたマクナマラは国防長官時代、自分への説明は文書で提出せよと命じた。わけを聞く側近に、こう答えたそうだ。「彼らが話すより自分で読む方が早い」(『ベスト&ブライテスト』)。つまり、英語が象形文字的な、というか表意文字的でないとは決していえない。人間は文字をゲシュタルト的に読んでいるからである。以下の文章はケンブリッジ大学の実験だというが、人は語頭と語尾の文字だけを見て、読んでいることが分かるはずだ。人の脳は文字を一つ一つ読み取っているのではなく、単語を丸ごと読み取っているのである。


Had any Friday lunchtime drinkies?

I cdnuolt blveiee taht I cluod aulaclty uesdnatnrd waht I was rdgnieg

THE PAOMNNEHAL PWEOR OF THE HMUAN MNID

Aoccdrnig to a rscheearch at Cmabrigde Uinervtisy, it deosn't mttaer in what oredr the ltteers in a wrod are, the olny iprmoatnt tihng is taht the frist and lsat ltteer be in the rghit pclae. The rset can be a taotl mses and you can sitll raed it wouthit porbelm. Tihs is bcuseae the huamn mnid deosn't raed ervey lteter by istlef, but the wrod as a wlohe.

Amzanighuh ?


 戦後、敗戦の理由を軍国主義ではなくて日本語やその文字に求めた人が多かった。

 日本語を英語やフランス語にしてしまえ、という乱暴な議論もあったし、文字を平仮名だけとか、ローマ字にしてしまえ、という議論もあった。

 萩野貞樹『旧かなづかひで書く日本語』(幻冬舎新書)という、かなり反動的な?本があるが、次のように書いてある。


 【…】国語改革に大きく「貢献」した人物は、ごく最近までぞろぞろとゐました。その一人に石黒修といふ人があります。この人は「現代かなづかい」「当用漢字」を制定したときの国語審議会委員で、改革(破壊)を強力に主張した人です。その仲間には金田一京助、松坂忠則、岩淵悦太郎といつた人々があります。 
 その石黒氏は東京教育大学の教授もつとめた人ですが、その著『日本人の国語生活』で次のやうに述べてゐます。
 アルファベットは二十六字しかないのにすべての用を弁ずる。当用漢字千八百五十はその八十倍もある。無駄があり習得も困難である。
 これが東京教育大学、いまの筑波大学の言語系教授の「知性」ですから事はおだやかではない。やはりそのバカさ加減だけは一応教へておいた方がよいでせう。

 冷静になれば、ローマ字を使っていたイタリアもドイツも軍国主義に走ったのだからおかしいと分かるはずなのだが、混乱期にはそうはいかなかった。国家としてのアイデンティティが問われると言葉のアイデンティティも問われるようになる。

  Shikashi, chotto kangaete mireba wakaruga ro-majidakeno bunshoutoiunoha jituni yominikuinodearu.

 にほんごがひらがなだけになっていてもひじょうによみにくくてしそうというものをになうことはできない。谷崎潤一郎は『盲目物語』をひらがなでかいているが、馴れるまで苦労する。啄木の『ローマ字日記』だってローマ字のままだったら、どんなにいい本でも売れなかっただろう。

 米原万里も日本語の表記が煩わしいと思っていた一人だった。ところが、同時通訳の中でサイトラ、つまり都ight translation”(黙読通訳)をするようになって、この考えがコペルニクス的転回をとげたという。サイトラというのは、スピーカーの原稿の事前に入手して、目は文章を追い、耳はスピーカーの発言を確認しながら訳出していくものである。日本語からロシア語とロシア語から日本語と、後者の方が日本人には楽なはずなのだが、前者の方が楽なのに、気づいてきたという。アウトプットの問題ではなく、インプットのプロセスに謎があるのだという。つまり、複雑な表記の日本語の方がはるかに内容をつかみやすいということである。漢字のみの中国語よりも、意味の中心を表すのが漢字で、意味と意味の関係を表すのが仮名の日本語の方が一瞬にして、文章全体を目で捉えることが可能だという。いろいろためにしてみて時間を計りながら読み比べてみたという。


 そして、活字にして断言できるほどの自信満々な確信を持つにいたった。黙読する限り、日本語の方が圧倒的に速く読める。わたしの場合平均六、七倍強の速さで、わたしの母語が日本語であることを差し引いても、これは大変な差だ。

 子どもの頃から文字習得に費やした時間とエネルギーが、こんな形で報われているとは。世の中の帳尻って、不思議と合うようになっているんですね。
     -----米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』(文藝春秋)



 日本人が訓読みを発明して、ひらがなやカタカナを発達したのは凄い。ただ、これも朝鮮で吏読(りとう、イドゥ)という読み方ができていて、朝鮮では残らなかったのをうまく利用したのである。朝鮮では中国語をそのまま外国語として受け入れ、今でも韓国人は名前を漢字で書けるけど外国語の意識だという。ベトナム人も同じで、例えば、「ホーチミン」は「舗胡志明」なのだが、そんな意識を持っている人はいないという。韓国ではハングルにして久しいのだが、今は漢字の元を知らないから、国語能力が低くなっているという。

 ところで、「弗」の読み方を知っているだろうか。「彷佛」の「弗」で「仏」の意味なのだが、実は「ドル」とも読む(「ドル」で変換される)。これは幕末にアメリカの「$」をどう書こうかということになって、形が一番似ている「弗」になったのである。ここまではいいのだが、これが中国や朝鮮にも伝えられたのが、中朝では基本的に音読みしかしないものだから、「フー」「プル」としか読まれず、多くの人が「ドル」をどうしてこう読むか分からなくなっている。しかも韓国では更にハングル表記だけとなったために、その理由が更に分からなくなっている。



 井上ひさしが『東京セブンローズ』を書いたのも豊かな表記法のある日本語への愛着だった。作品はすべて旧字、旧仮名で書かれていて、読み進むうちに違和感が消え、表記法も魅力の一つになっていくという趣向である。GHQ民間情報教育局の日本語簡略化担当官が「きみたち日本人のためを思って」と日本語のローマ字化を押し付けるのだが、主人公の団扇屋・山中信介はこれに反対する。「一生懸命に生きているうちに自然と思想犯になってしまった」というが、占領目的阻害の疑いで三度思想犯として逮捕されることになる。

 この時、「東京セブンローズ」と呼ばれる七人の高級娼婦、うち二人は信介の娘なのだが米軍高官を手玉にとって、日本語の危機を救うことになる。

 信介には日本人の変節ぶりが信じられない。「こんなに簡單に人間の考へが變へられるといふなら、なぜ絹子【愛娘】が燒夷彈の直撃を喰らふ前に變へてくれなかつたのだ」と憤慨する。文字政策、言語政策というものを路傍の石のようにころころと動かしてほしくない。

 実際、『東京セブンローズ』は僕より年下の年代の人には旧字、旧仮名なのでかなり読みづらいと思う。文化の断絶をも考えさせる作品である。

「世代」 谷川俊太郎(『二十億光年の孤独)

−−詩をかいていて僕は感じた

漢字はだまっている
カタカナはだまっていない
カタカナは幼く明るく叫びをあげる
アカサタナハマヤラワ

漢字はだまっている
ひらがなはだまっていない
ひらがなはしとやかに囁きかける
いろはにほへとちりぬるを

−−そこで僕は詩作をあきらめ
  大論文を書こうと思う
  「字於世代之問題」
  「ジニオケルセダイノモンダイ」
  「じにおけるせだいのもんだい」


 蓮實重彦の『反・日本語論』(文藝春秋)の中にこんな話がある。フランス人の奥さんがフランス語の授業で「伝言ゲーム」(メッセージを順に伝えていき、最初と最後の違いを楽しむゲーム…英語ではsecrets,rumors,Chinese whispers,Russian scandalなどと呼ぶ)をやったらなかなか成績がよかったという。ただ、その途中、日本人の学生達が何故かみんなしきりに指を動かしていたが、あれはいったい何の魔法かしら?と旦那に尋ねたというのだ。

 これは日本人にとってはなんら不思議のないことで、要するに学生達は宙に文字を書いてメッセージを覚えていたのである。

 同じことを菊澤律子が「目で見る言語・耳で聞く言語」(『月刊言語』1998年2月号)で書いている。フィジー人一家と暮らした時に筆記用具というものがなかったという。日本語を教えるとノートなど取らずに耳で覚えようとする。日本人が文字を書かない限り覚えられないのと対照的だ。


【…】結果として「目で見る言語」の文化にどっぷり使っている教師は、インド系フィジー人はよくできるkれど、フィジー系フィジー人はだめだとこぼすことになる。

…といったようなことをフィジーの首都スパで日本語教育に携わる友人に話してみたのではあるが、最初に述べたように、伝言ゲームをすれば二人目でたちまち内容が変わってしまう民族にとっては、これはやはり想像を超えた世界なのである。「だって書いたらずっと残るけど、記憶はかならず薄れていくものじゃない」というのが唯一、彼女から得た反応であった。もっともである。私だってそう思う。でも、書いたものを読まない人にとっては、風が吹けばどこかへ消え去ってしまう紙切れのような文字よりも、人間の記憶の方がずっと確かで永遠なのである。



 小野篁は嵯峨天皇の怒りに触れて難題を突き付けられたことがある。「子子子子子子子子子子子子」をどう読むのか。篁はすぐに「猫の子の小猫、獅子の子の小獅子」と読み、これで篁は許しを得た(『宇治拾遺物語』)。

 金田一春彦『ことばの歳時記』(新潮文庫)に「立秋のころ」というエッセイがある。風流人のところを訪ねた客が、通された茶室の掛軸に目をやると「夕有風立秋」と書いてある。夕風に秋の気配を感じるというのは、この季節にぴったりの良い句だと褒めると、微笑した主人は「これは、ユーアーフーリッシュと読む。『そんなバカな』ということだ。」と答えた。音訓二通りの読み方がある日本語だからできる文字遊びで、英語など他言語ではこんな風流は通じまいと金田一は書いている。

 文字を通して言語を理解するというのはどうやら日本人(や漢字文明圏の人々)特有の現象であろう。外山滋比古は『日本語の論理』の中で「ヨーロッパの言語が音声中心の一元的言語であるとすると、日本語は表意文字をともに用いる二元的言語だ」という。

 ちなみにエジプトのヒエログリフの文字は表音と表意の両方がある。シャンポリオン以前の研究者たちは、表意か表音か、このいずれかしかないと決めていたため、行き詰まっていたのだが、シャンポリオンは言語学の基礎があったので、先入観に惑わされなかった。

 山内昌之は『多神教と一神教 古代地中海世界の宗教ドラマ』(岩波新書)の中で、アルファベット、つまり表音文字の誕生と普及が一神教を生んだと考えている。複雑になるばかりの文明はある時点から単純化に転じる傾向があったのだが、アルファベットのようにあらゆる音声を記せる文字として、表音文字が開発されるなら、やがて全能の神の姿が人びとの脳裏に浮かんできても不思議はないという。それと社会の危機や抑圧という問題が結びつくと、問題解決の担い手となる虐げられた民族や階層は排他的な一神教に向うようになった。う〜ん。

 欧米人にはディクテーションというのがあり、音を聞き取り文字化する。逆に日本人は漢字を書き、さあ、これは何て読むのでしょう、と尋ねる。もし、知らない言葉が出てきたら、日本人は「どう書くの?」と聞き、西洋人なら、展hat do you mean by〜?”と聞き、滴ow do you spell it?”とはあまり聞かないだろう。

 銀行の現金自動支払い機、ATM(Automatic Teller Machine)になぜ鍍eller”という単語が用いられているか不思議に思ったことはないだろうか?鍍eller”というのは元来、銀行側と顧客が互いに納得できるように、出し入れする金銭を声を出しながら数えて確認する人だったのである。

 イギリスの大学には途eader”と呼ばれる職位があって上級講師と教授の間だ。たいてい学部にひとり、講義をすることが主たる任務で、学事を担当したり個人指導をしなくともよい(実際にはしているが)という特権が与えられた地位である。この言葉は「たくさんの本を読む人」ではなく、 「教室で声に出して原稿を読む人」、つまり講義者を意味していた。また、ケンブリッジ大学などでは日本の講師に相当する、ずっと低い教員に斗ector”というのがあるが、原義はカトリック教会で講義をする人、つまり声を出して講義をする人だった。

 アメリカの大学に留学する聴講生で講義には出席するが単位を取らない学生を殿uditor”という。これも14世紀用いられている語義では、組織や会社の経理報告が正しいかどうか検査する監事や監査役、会計検査官に当たる言葉だった。14世紀以来会計検査官が、数字を読み上げる経理担当者の報告を耳で聞いて、その是非を問うのを習慣としていたことを示している。



 養老孟司によれば日本語が世界の言語と違うのは、脳の2カ所を使わないと読めないという。一般に世界の人が文字を読むのに使っている脳の部分は「角回」と呼ばれる場所1カ所だけだが、日本人は「角回」では仮名を読み、漢字は別の場所で読むらしい。これは漢字の読みがたいてい1種類ではないという日本語の特徴による。つまり、日本人は文章を読むだけで外国人より2倍頭を使っていることになる。

 そんな脳の特殊性が影響してマンガ文化を育てたというのが養老の持論だ。日本のマンガではいわば、絵が漢字で、吹き出しの文字がルビにあたる。それを日本人は脳内ですばやく情報処理して読んでいく。日本語の教育をすれば、かなと漢字の2カ所の脳が働き、マンガの読解力も高まるというわけだ(『マンガをもっと読みなさい』晃洋書房)。内田樹もこんなことをブログで書いていた(2008年04月23日で後に『日本辺境論』)。


私たちは日常的には非識字者というものにほとんど出会うことがない。
だが非識字というのはヨーロッパでもアメリカでも重大な社会問題なのである。

非識字者の存在がプロットの鍵になるような物語(ルース・レンデルの『ロウフィールド館の惨劇』やロバート・B・パーカーの『プレイメイツ』など)に類するものを私は日本の小説のうちに知らない。

数年前に『フィガロ』が非識字率を主題にした特集を組んでいたことがある。
そこには、フランスの12歳児の35%が「速読できない」という統計結果が示されていた。

「速読できない」というのは単語を拾って文章を読み上げることはできるのだが、読み終えたあとに「今読んだところに何が書いてあったのか」と質問されても答えられないということである。

フランスの初等教育カリキュラムに別に構造的な難点があるわけではない。
しかし、つねに一定のパーセンテージで非識字者が発生する。

一方、日本の初等教育については、その欠点をなじる人はいくらもいるが、にもかかわらず日本人には非識字者がほとんどいない「功績」については、言及する人が少ない。

なぜ日本人は識字率が世界でもっとも高いのか。

私は長いことその理由がわからなかったが、先般、養老先生にその理由を教えていただいた。

それは、日本人が文字を読むとき脳内の二カ所を同時に使っているからである。

漢字は表意文字であるので、図像として認識される。ひらがなカタカナは表音文字であるので、音声として認識される。

図像を認識する脳内部位と、音声を認識する脳内部位は「別の場所」である。
だから、アルファベット言語圏では、脳の器質障害の結果の失読症では患者は端的に文字が読めなくなるが、日本人の失読症患者の場合、障害を生じた箇所によって、「漢字は読めないが、かなは読める」「かなは読めないが、漢字は読める」という二つの病態に分岐するのである。

文字を読むときに単一の部位を使うのと、二つの部位を使って並列処理するのでは、作業能率が違う(たぶん)。

だから、日本でマンガが生まれた、というのが養老先生の仮説である。

 日本語は複雑な文字体系をもっているが、実際には脳にあまり負担がかからない。ただ、外国語会話のような場合には負担がかかってしまって、外国語嫌いが増えるのだと考えられる。

 レヴィ=ストロースは『悲しき熱帯』で次のように書いているが、日本には当てはまらなかった。文字を中心とした教育が進んでいたからだ。


 結局のところ、数千年のあいだ、そして今日でさえ世界のかなりの部分で、文字というものは社会における制度として、その社会の圧倒的多数の成員がその取り扱いを知らない制度として存在して来ている。

 井上ひさしは『私家版 日本語文法』の中で次のように書いている。


 ところでかつて魯迅は中国に「挙毒(科挙の試験)、煙毒(阿片の吸煙)、字毒(漢字の使用)の毒がある。とくに字毒をなんとかしないかぎりこの国は救われない」と嘆じ、毛沢東は「漢字は封建制の異物である。世界の文字の大勢に従って表音化をはかれ」と行った。【…】これはむこうに仮名がなく、こっちには仮名があるという彼我のちがいをわきまえない愚挙で、こういう人たちにはつぎのようなことばを気付け水のかわりに進呈しよう。

「漢字はもはや中国からの借りものではな。訓読できるようになった瞬間からわれわれのものになったのである」

 これを言ったのは白川静であるが、ついでにわたしからもひとこと。

「政治家よ、字をいじるな、票でもいじっている」

 中国のトウ小平書記長は昔、「中国人は、日本人に対していくつも悪いことをした。そのうちもっとも悪いことの一つは、漢字を輸出して、こういうつまらんもので日本人民を苦しめたことである」と語ったが、「国字」も含めて、とっくの昔に「自家薬籠中」のものにしていたのである。

 トウ小平は上から目線で語っているが、日本人は西周らの努力で大量の概念を作ってきたのである。唐亜明『さくらの気持ち パンダの苦悩』(岩波書店)には日本製の漢語の例が出ている。これらが中国に逆輸入されていなければ社会主義も共産党もなかったはずだ。

 総理が会談で次のように述べている。「われわれは教科書などの出版物を通して共産主義の精神を宣伝しなければならない。必要な場合は、浪漫主義の現象を否定し、節約の経験を肯定すべきだ。わが国の公務員、乗務員、教授、憲兵、資本家、元帥らは、反動的ではなく、公認された共和国の幹部、公僕、公民であり主人公だ。無産階級は形而上学と主観主義には反対する。われわれは憲法にある自由、民主、人権などの内容を承認しているが、自分の法律観念と政策をもっている。国際組織の協定やわが国の対外関係、および経済の原理と指数にもとづいて、いわゆる制裁に対しては、消極的に反応し、積極的に抵抗しよう。

われわれは具体的な指標を制定し、工業と交通を発展させ、幹線を増やさなければならない。とくに重工業を発展させるべきだろう。わが国の手工業は特長があり、出発点でもある。われわれには条件も動機も目標も綱領もある。民衆を動員し、速度をはやめ、主動的に打って出よう。さらに建築の高潮を迎えようではないか。われわれはさらに現金収入と所得税を増やし、国庫の資本を増やそう。きみたちには日程表をつくってほしい。成功したら、座談会を開いて、広告を出そう。まあ、電報も打って、電話もかけよう。わしの豪邸で国立交響楽団の演奏でも聴いて、天安門広場で踊ろう。手榴弾の演習を行うのではないぞ」


 書家の石川九楊の『二重言語国家・日本』(NHKブックス)のテーゼ「日本語は中国語の植民地語である」というのは必ずしも当たっていない。日本語は漢語も外来語もどん欲に、柔軟に受け入れる余地のある言語である、としかいえないのではないだろうか。

 日本人は中国語を音読み、訓読みを駆使して日本語の取り入れ、更にその漢語を使って外国語を自家薬籠中のものにしてきた。

 内田樹も『日本辺境論』(新潮新書)で次のように書いている。


…東アジアの旧辺境国(韓国やベトナム)は彼らのハイブリッド文字を棄てました。フィリピンは二重言語ですが、知的職業の公用語は英語です。…他の旧植民地国はどこも同じ事情です。…日本だけが例外的に、土着語しか使用できない人間でも大学教授になれ、政治家になれ、官僚になれます。これは世界的にきわめて例外的なことです。

 それは英語やフランス語で論じられることは、ほぼ全部日本語でも論じることができるからです。どうして論じられるかといえば、外来の概念や術語をそのつど「真名」として「正統の地位」に置いてきて、それをコロキアルな土着語のうちに引き取って、圭角を削って、手触りの悪いところに緩衝材を塗り込んで、生活者に届く言葉として、人の肌に直に触れても大丈夫な言葉に「翻訳」する努力を営々と続けてきたからです。

…なぜ中国の人たちは日本人の作った漢訳を読み、自身で訳さなかったのか。

 日本人にとって、欧米語の翻訳とは要するに語の意味を汲んでそれを二字の漢字に置き換えることだった…。外国語を外国語に置き換えただけです。…でも、清朝の中国人にはそれと同じことができなかった。不可能ではなかったでしょうがけれど、つよい心理的抵抗を感じた。これまで中国語になかった概念や術語を新たに語彙に加えるということは、自分たちの手持ちの言語では記述できない意味がこの世界には存在するということを認めることだからです。自分たちの「種族の思想」の不完全性とローカリティを認めることだからです。ですから、中国人たちは外来語の多くをしばしば音訳しました。外来語に音訳を与えるということは、要するに「トランジット」としての滞在しか認めないということです。…

…明治維新の後の日本はそういう考え方はとらなかった。なにしろ外来の語に「真名」の地位を譲り、土着語の方を「仮名」すなわち一時的で、暫定的なものとして扱うという辺境固有の言語観になじんできたわけですから、外来語?ということは「強者の種族の思想」ということです?の応接は手慣れたものです。明治の日本が中国や李氏朝鮮を取り残して、すみやかな近代化を遂げ得た理由はこの日本語の構造のうちに読み取ることができるだろうと私は思います。

…「真名」」と」仮名」が絡み合い、渾然一体となったハイブリッド言語という、もうそこを歩むのは日本語だけしかいない、「進化の袋小路」をこのまま歩み続けるしかない。孤独な営為ではありますけれど、それが「余人を以ては代え難い」仕事であるなら、日本人はそれをおのれの召命として粛然と引き受けるべきはないかと私は思います。

 しかし、榊原英資『日本人はなぜ国際人になれないのか』(東洋経済新報社)は日本の世界に類を見ない翻訳文化がもたらした功罪である。翻訳文化のマイナス面として、翻訳することによって異文化との直接接触が薄くなるため、本来の意味で異質なものとして外国文化を理解することが出来なくなってしまうことをあげる。そして次のように述べている。


 翻訳大国であることが、今やネックになって日本の外国語インフラが相対的に大変貧しくなっている。翻訳は、西洋文明を急速かつ大きく移入するためには大変プラスだったが、日本企業や日本人が外国に出ていくに際しては大きなマイナスになってしまう。中国文明を吸収した時から積み上げられてきた翻訳文化を一挙に変えることは決して簡単ではないが、これを変えることなく、日本の真のグローバル化は望めない。



 文字は邪魔だという考えがあることも確かだ。河合隼雄は『ケルト巡り』(NHK出版)の中で次のように書いている。意図的に文字を作らないということは言語学的にはありえないのだが…。


…辻井喬・鶴岡真弓両氏が、その対談のなかで興味深い指摘をしている(『ケルトの風に吹かれて』北沢図書出版)。「アイルランド人は意図的に文字を作らなかったのではないか」というのである。

 たとえば、文字で「山」と書くと、私たちは山が何なのかがわかったような気がしないだろうか。しかし、考えてみれば、山の本質など絶対にわかるはずがない。本来、山という存在は人が思いを巡らせ、考えを巡らせても、その全貌はわかるはずがないものなのに、「山に登りました」と記すと、わかったような気になってしまう。

 つまり、ケルトの人たちは、あるもののイメージやそこに内在するものが固定されるのを避けるために、あえて文字を作らなかったのではないか。ケルトのカルチャーは、ある意味では非常に高いレベルに達したが、それゆえに文字を作ることを拒否したという主旨のことを、ふたりはおっしゃっていた。私はそれを読んで深く感じ入り、大きくうなずいた。

 大昔の日本人も、文字を持っていなかった。外国との交流のなかで、他国の文字を自国のものとしていったわけだが、興味深いのは、そのときに「山」や「川」という漢字を持ち帰っただけでなく、それらを「あいうえお」に換え、ひらがなを作り出したことである。かつての中国人は具象的なものをポンと字にしただけだったが、日本人は、そこから「あいうえお」を作り出し、これを混じえて文章を作った。そして、このひらがな文字で書かれた文章による作品が、日本の物語の多くを構成していくことになる。紫式部をはじめとするこの頃の物語作家は、ひらがなで作品をどんどん書いていったのである。



 『アルプスの少女ハイジ』で感動的なことの一つはハイジがフランクフルトでクララのおばあさまから受けた教育だ。一つは宗教教育だが、もう一つは文字教育だった。文字なんか読めっこないと思っていたハイジの抵抗感を消したのはおばあさまの本の、緑の牧場にいる羊飼いの絵だった。その絵のお話を知りたい一心で、ハイジはすぐに読めるようになって、本をごほうびにもらう。しかも、山の戻った時に、ペーターのおばあさんが目を悪くして大好きな本が読めなくなっていたのだが、ハイジがその本を読んであげれることに気づき、朗読を聞いたおばあさんが喜びで涙を流すことになる。山にすぐ帰りたいという祈りが叶えられていたら、おばあさんをそんなに喜ばすことはできなかったとクララのおばあさまに感謝する。このことをアルムじいさんに話し、羊飼いの本のルカ伝「放蕩息子の帰還」というキリスト教の寓話を話してあげる。じいさんも放蕩息子だった自分も神のもとへ帰ろうと決心するのである。

 日本でも似たような話がある。1905年7月7日に北代色(きただい・いろ)という女性が高知県足摺岬の近くの土佐清水市に生まれた。彼女が3歳のときに両親が離婚して、お母さんにひきとられた。7歳のときにお母さんは再婚した。5歳のころから子守と部落産業である草履づくりをさせられていたので学校に行けなかった。そのため色さんは字をまったく知らないまま大人になった。差別ゆえに学習権を奪われ、字を知らずに育った。50歳で「識字学級」で字を覚える学習がはじまったときに参加して、やがて字が書けるようになった。

 字が書けるようになってはじめて書いた文章が次の通りだ。文字を覚えて始めて感動できることもあるのだ(cf.元木健・内山一雄『人権ブックレット37 改訂版 識字運動とは』部落解放研究所)。

わたくしはうちかびんぽうであったのでがっこうへいっておりません。
だからじをぜんぜんしりませんでした。いましきじがっきゅうでべんきょうしてかなはだいたいおぼえました。
いままでおいしゃへいってもうけつけでなまえをかいてもらっていましたがためしにじぶんでかいてためしてみました。
かんごふさんが北代さんとよんでくれたのでたいへんうれしかった。 夕やけを見てもあまりうつくしいと思はなかったけれどじをおぼえてほんとうにうつくしいと思うようになりました。みちをあるいておってもかんばんにきをつけていてならったじを見つけると大へんうれしく思います。
すうじおぼえたのでスーパーやもくよういちへゆくのもたのしみになりました。 またりょかんへ行ってもへやのばんごうをおぼえたのではじもかかなくなりました。これからはがんばってもっともっとべんきょうをしたいです。
10年ながいきをしたいと思います。

48年2月28日北代 色


 西洋では書き言葉(エクリチュール)は話し言葉(パロール)に従属すると考えられている。表音文字であるアルファベットはパロールを、音を分解してしまう。そんな道具に意味をもたせることはない。

 日本は全く逆で文字から入る。「剛」という人がゴウであろうと、タケシであろうと、ツヨシであろうと関係がない。本人すら違って呼ばれても異議を唱えることは少ない。そして、漢字が書けない人はどんなに弁舌巧みであっても教養を疑われる。「目に一丁字(いっていじ)も識らず」(『唐書』張弘靖伝「今天下無事。汝輩挽得両石力弓、不如識一丁字」)というのは一つも字を知らない人から無教養の人をいう〔「丁」は「个(か)」を誤ったものという説と「十文字ほどの字」だという説がある〕。

 落語の「泣き塩(焼き塩とも)」は文盲の女性が実家から送られてきた手紙を誰かに読んでもらいたくて、通行中の浪人者に依頼したのだが…。



 これらの文字が呪術性を持ったことは確かで、様々なお守りの護符や「耳なし芳一」の経文や、歌舞伎十八番「助六」侠客・花川戸の助六の「おれが手を手のひらへ三遍書いてなめろ、一生女郎に振られるということがねえ」という啖呵にいたるまで、まじないとしての機能を文字は持っている。書類がないと何も始まらない日本の官僚社会もこうした呪術性から生まれている。そして、その官僚たちを生むのもペーパーテストだった。

 中島敦の短編「文字禍」は文字を見ているうちに文字が解体してしまうという事件(「ゲシュタルト崩壊」!)に見舞われた古代アッシリアの老博士の話である。博士は王の命令をうけて文字の魂とはいかなるものか、調査にかかる。「文字を覚えてから目が弱くなった」とか「髪が薄くなった」という人もいた。狩人は文字を覚えたとたんに弓が下手になったという。文字を知るまでは本物の獅子を見て獅子を認識できたが、獅子という字を獅子だと思ってしまう人もいる。出来事も文字にかかれたものだけが事実となり、書かれなければないに等しい。文字の霊は人間を滅ぼそうとしているのではないか。博士は単なる線の集まりが音と意味を持つのはなぜかを考え、他でもないそれは「文字の霊」の働きによるものだということを思いつく。博士はそれから文字の霊がもたらす害悪をあげつらい、その崇拝をやめるよう王へ報告するが、文字の霊の思わぬ復讐を受けることになる。粘土板が…。

 仏教も梵字を使って呪術性を持たせているが、文字に呪術性を持たせた宗教は他にもモルモン教がある。モルモン教の創始者ジョセフ・スミス(1805-1844)は、ある日、天使の導きで自宅近くから読解不能な文字が刻まれた黄金の板を発見し、これがイスラエルの残された民がアメリカ大陸に渡ってきて書き残したものであることを教えられる!?書かれた文字は古代エジプトのヒエログリフを変形させたものとされるが、ジョセフはこれを特殊なメガネを使って解読し、この板にかかれた文面こそ本当のキリストの教えであるとして、解読した文書を「モルモン経典(モルモン書)」として1830年に出版した…。

 ちなみに、シャンポリオンによるヒエログリフ解読が1822年だから、スミスはもう少しで最初の解読成功の栄誉を受けるところだった!?


文字たち    『谷川俊太郎《詩》を読む』(澪標)から

 文字たちは種子
 砂漠を越えてやってきた
 海を渡り 空を飛んでやってきた

 文字たちは種子
 意味の重荷を担っている
 星の声 泥の無言を隠している

 文字たちは種子
 故郷を離れて芽吹き
 色とりどりの花 珍しい果実をもたらす

 文字たちは種子
 魂によって移植され育まれ 五〇年
 すでに新たなフローラを形成している


 文字は力を持っている。『シャーロットのおくりもの』で子豚のウィルバーを助けるためにクモのシャーロットがいう。


「『すばらしい』ってことばなら、ザッカーマンさんも感心するでしょう」
「だけど、シャーロット、ぼく、すばらしいブタなんかじゃないよ」と、ウィルバーが口をはさみました。
「実際はどうかなんて、どうでもいいの。人間は、書いてある文字なら、たいていなんでも信じてしまうものなのよ」

 文字は権力である。文盲の人が多かった頃はどんなにか権力を振るえたことだろう。

 ジョージ・オーウェルの『動物農場』でもリテラシーを身につけた豚たちが権力を握っていく。「七戒」では「全ての動物は平等」だったものが、


ALL ANIMALS ARE EQUAL.
BUT SOME ANIMALS ARE MORE EQUAL THAN OTHERS.

 「二本足以外は悪」だったはずが、


Four legs good, two legs bad.
Four legs good, two legs better.

といつの間にか言い換えてしまう。書かれたものは権力になって、誰も抵抗できなくなってしまう。

 もっとも、鈴木孝夫は『アメリカを知るための英語、アメリカから離れるための英語』(文藝春秋)で次のように書いている。


 イギリスを見てごらんなさい。イギリスというのは、なぜ機械を産業革命であれほど必死で発明したかというと、その前の奴隷制、つまり、ヨーロッパというのは古くから働くのは下層民か奴隷なのです。奴隷がいないときには農民なのです。帝政ロシアの農奴を考えればわかりますね。農民がダメなら機械、機械がダメなら植民地の人間なのです。つまり、上の人は自分から働くものではないのです、紳士は。韓国もそうです。朝鮮の両班(ヤンパン)という上の階層は、働くどころか地面を靴で歩くことさえも下人のすることだといって、自分の館に当時の一輪車を横づけさせて、縁側から乗ったのです。地面を歩くのは下人なのです。土と接してはダメなのです。

 ところが日本人は、天皇陛下まで長靴をはかれて稲を植えられたりするわけですよ。全く違うのです。中国の皇帝は長く愚はいて、「あ、そう」なんて言って稲植えていてはダメなんです。反対に酒池肉林で美女をはべらせ(北朝鮮の金主席を見てください)、自分はそっくりかえって、ものども、文句あるならかかってこいという、むき出しの誇示を常にしていなければ馬鹿にされてしまう。その山賊の親玉みたいなのがみんな王様や皇帝になるわけです。だから、昔のイギリス王というのは、大体字が書けなかった。学問や文学なんかに縁がないのが、ほとんどの王様でした。



 日本が文字の文化であることは日本語の音節が五十音あまりなのに漢字や仮名などの文字が2000以上、英語は音節が1000以上もあるのにアルファベットという文字は26しかないことから理解できるだろう。

 ちなみに、アルファベットといってもローマ字の最初の頃は小文字や筆記体がなく、カエサルの頃にもまだYとZがなく、21文字だった(アウグストゥス帝の時にギリシャ語の借用語を表すために加えられて23文字となった)。ギリシャにはユプシロンΥがあったが、Yをフランス語で「i grecイ・グレック」、イタリア語で「i grecaイ・グレカ」というのは「ギリシャ語のI」という意味だ。「W」は「ダブルU」か「ダブルV」で作った。

 中世まで「J」と「I」、「U」と「V」の区別がなかったのだが、ブランドの「BVLGARI(ブルガリ)」はわざと当時の表記法に従っている。外国のギフトショップでわざとGyfte Shoppeと書いてあるのもあるが、同じ効果を表す。日本でも「一番街」ではなく「壱番街」などとするのも歴史と伝統をかもしだすためである。

 日本語が文字に依存している、もう一つの例がソバ屋の看板である。あの奇妙な看板は「蕎麦屋」ではなく「楚者屋」という字の崩し字が書いてあるのだ。上は「きそば」と書いてあるが、「楚」は「そ」、「者」は 助詞「は」の変体仮名に濁点である。何という字が書いてあるか誰も気にしないで食べに行っている。

 映画館などのチケット売り場で「大人」「小人」と書いてあっても、何て読むか気にしないし、扉の「押」「引」とか、エレベーターの「開」「閉」というのも読まないで、記号になっている。マークを使って、文字になっていないエレベーターは僕にはとっても使いにくい。

 人名やさまざまなタイトルなども読めなくても字面で判別している。小津安二郎に『宗方姉妹』という、高峰秀子、田中絹代が出た映画があるが、これがちゃんと読めたら、立派な小津ファンだ(答え)。

 また、日本人は文字そのものに大きな興味を持っている。書道という芸術の「道」がある。外国のカリグラフィーはカードや封書などにきれいに書くだけの技術だが、書道は芸術だ。

 文字がきれいな人は人間性まできれいだと思われがちで、字が汚い僕らは人格まで疑われる。実際、字のきれいな人の手紙を見るのは実に気持ちのいいものだ。間違った字の多い手紙はその場で破り捨てたくなる。ただ、吉田兼好法師は名筆だったことが知られているが、「手のわろき人の、はばからず文書き散らすはよし」と『徒然草』に述べている。下手でも遠慮せず、大いに手紙を書けば結構、と心やさしい。

 でも、作家は石原慎太郎のように字が汚い方が出世する。

 書道は漢字文化圏だけのものだと思っていたが、違っていた。鹿島茂『フランス歳時記』(中公新書)によれば、アレクサンドル・デュマ・ペールは能書で有名だったという。デュマは何をやらせてもダメだが、字がうまい。神父が褒めるとお母さんは天を仰いだという。フランスでも字のうまい男は出世しないという言い伝えがあるからだという。


 ところが、運命とは不思議なもので、この字のうまさがデュマを何度か助けることになる。

 最初は、デュマがパリに出て父の知り合いのフォワ将軍に職を紹介してもらいに行ったときのこと。勉強嫌いだったデュマは□はもちろん、得意な科目もない。そこで困った将軍はとりあえず住所だけでも書いて置くようにと命じた。デュマが住所を渡すと、将軍は叫んだ。「救われたぞ。君は字で食べていける」。デュマはのちにフランス国王となるルイ=フィリップの書記として採用されたのである。

 協力者のマケから『三銃士』は自分が書いたと訴えられたときにも能書が役に立った。裁判長は原稿を調べて、デュマの加筆がなければ作品は成立しなかったと判定を下した。能書ゆえに、デュマの筆跡が容易に鑑定できて、加筆の程度がわかったのである。



 メディア研究家というのか山根一眞の『変体少女文字の研究』はその意味で大変面白かった。当時の「かっわいい」としか言えなかった少女たちの時代を活写していた。

 ところが、97年に起きた神戸の「酒鬼薔薇聖斗」事件では赤と黒を使って直線的な(定規を使っているともいわれた)字体で書いていた。全体が角張っていて、濁点も下の方に意識的に持っていく。フェイスマーク状の文字や意味深なイラストも使われる。もちろん、筆跡を隠すために意識的に強調した部分があるのだろうが、丸文字になれていた世代には衝撃だった。丸文字に挑戦しているかのような字体であった。

 考えてみると学生の中にも三角を多用したような文字を見ることがある。「イラ文字」と呼ばれているそうだ。つまり、文面がイライラしているから、らしい(「イラスト系ヘコミ文字」でイラストみたい、という説もあるが信じがたい)。

 何でも「かっわいい」としか言えなかった時代に対して、どんな時代を迎えているのだろうか、不安に思った。



 蔡倫が紙を発明したおかげで漢字文明圏がより強固なものとなった。中国の『後漢書』に「古自(よ)り書契(しよけい)は多く編むに竹簡を以てし…」(岩波書店・吉川忠夫訓注)とある。書契は、文字の記録のことで竹簡や絹布を使っていたが、簡は重く、絹は高い。それで、蔡倫という人が工夫し、樹皮や麻くず、ぼろ布、漁網を用いて紙をつくったという。帝に奏上した年は、西暦の105年にあたる(『紙の文化事典』朝倉書店は、最近の学説で前3世紀ごろが紙の誕生の時期とされるとし、蔡倫がそれまでの製紙技術を集大成したとしている)。新古今和歌集(1021)に藤原伊尹の「水の上に浮きたる鳥の跡もなくおぼつかなさを思ふ比(ころ)かな」という一首が出てくる。水の上に浮かぶ鳥の足跡が見えないように、便りをくれないから不安な心になるこのごろですと嘆いた歌だが、この場合、「鳥の跡」とは文字や筆跡を意味する。これは鳥の足跡を見て文字を創作したという中国の故事に由来する。転じて下手な筆跡を指す場合もある。

 13世紀に元を旅行し、『東方見聞録』を書いたマルコ・ポーロはそこで紙幣が流通しているのを見て皇帝フビライ・ハーンを「錬金術師」と評した。ヨーロッパにまだ紙幣はなく、人工的に金をつくろうとする錬金術が盛んだったからだ。中国4大発明のうちの紙と活版印刷の2つを使って作られた紙幣は、ポーロの目には魔法に見えたようだが、その裏に皇帝の強力な権威があるのも見抜いた。ニセ札作りは斬殺刑に処すと印刷してあったからだ。

 こうして中国を中心とする漢字文化圏では科挙をはじめ、ペーパーテストが横行した。一方、紙がなかった西洋では口頭試問が一般的に長く続いた。ブリュノ・ブラセルの『紙の歴史』(創元社)によれば、紙の大量生産が私信の習慣を広めた。例えばドイツ人が1年に出す手紙は、19世紀半ばの1通強から世紀末には58通になったという。文化が変わったのはほんの少し前だったのである。

 プラトンも『パイドロス』(岩波文庫275A、B)でソクラテスの口を借りて、文字を批判した。「記憶と知恵の秘訣」を発見し、文字を広めましょうという進言する文字の発明の神テウトに対して王様の神タモスは次のように言う。


 たぐいなき技術の主テウトよ、技術上の事柄を生み出す力を持った人と、生み出された技術がそれを使う人にどのような害をあたえ、どのような益をもたらすかを判断する力をもった人とは別の者なのだ。いまもあなたは、文字の生みの親として、愛情にほだされて、文字が実際にもっている効能と正反対のことを言われた。なぜなら、人々がこの文字というものを学ぶと、記憶力の訓練がなおざりにされるため、その人達の魂の中には、忘れっぽい性質が植え付けられることだろうから。それはほかでもない、彼らは、書いたものを信頼して、ものを思い出すのに、自分以外のものに彫りつけられたしるしによって外から思い出すようになり、自分で自分の力によって内から思い出すことをしないようになるからである。じじつ、あなたが発明したのは、記憶の秘訣ではなく、想起の秘訣なのだ。また他方、あなたがこれを学ぶ人たちに与える知恵というのは、知恵の外見であって、真実の知恵ではない。すなわち、彼らは、親しく教えを受けなくとも物知りになるため、多くの場合、本当は何も知らないでいながら、見かけだけは非常な博識家であると思われるようになるだろうし、また知者となる代わりに知者であるという自惚れだけが発達するため、付き合いにくい人間になるだろう。

 そして、「書かれた言葉とは、ものを知っている人が語る、生命をもち、魂をもった言葉の影に過ぎないのか」と問うパイドロスにソクラテスは「そのとおり」と答える。プラトンはまた「ソクラテスがこう言っていた」といって「事実、長大な叙事詩を憶えた吟唱者に文字の知識を与えたとたん、すべての記憶が失せてしまったという例が世界の各地から報告されている」という言葉を引用している。とはいえ、このプラトンの言葉自体、文字でパピルスに書き留められていなかったら、後世の人々は知ることもできなかったのでないだろうか。

 レヴィ=ストロースの弟子で西アフリカ・ブルキナファソのモシ族を9年間もフィールドした川田順造は無文字社会の豊かな“音”の文化を研究してきた。モシ族は太鼓の音の高低で複雑な言葉を語る(talking drumという)。川田は、彼らは決して遅れた文化ではなく、文化の別の形なのだという。そしてむしろ、印刷技術やインターネットで文字に支配された我々の方こそ、彼らに学ぶべきだと説く。我々は文字を得て失った声の復権が必要だと訴えている。

 藤縄謙三『ホメロスの世界』(新潮選書)には次のように書いてあった。文字によって人間は身体性を失ってしまったのである。


 言葉の音声には強弱や遅速や色調があり、きわめて多彩な表現性を持っている。文字というものは、これらの微妙な要素を捨て去って、無味乾燥な骨だけにしたものである。文学とは文字で書かれたものだと考えるようになって以後、人間は言霊への感覚をむしろ大きく害されてしまったのである。

 口頭試問を重んじる西洋と筆記を重んじる漢字文化圏では大きな違いが生まれてきた。ハーバード大学のロースクールを描いた映画に『ペーパーチェイス』というのがあるが、法科学生は教授にいつも厳しい質問を受けて学んでいく。その仕上げにペーパーテストが行われるのだ。英語の「オーディション」auditionというのも「聴く」が語源となっているし、演劇も観るものではなく聴くものであった(「観客」audienceも「聴く」から)。日本人のものの考え方は視覚的だということである。

 米原万里は「通訳ソーウツ日記」の最終回で次のように書いている【名文で省略しきれなかった】。

脳が羅列モードの理由

 前回、この頁で「○ラモードの言語中枢」と題した文章を書いた。日本人が欧米人に較べて、情報を非論理的に羅列する傾向が強いこと。同時通訳をしていると、スピーカーの脳のモード差がモロに体感できること。それは、学校教育において、欧米では口頭試問と論文という能動的な知識の試し方を多用するのに対して、日本では○ラ式と選択式という受け身の知識の試し方が圧倒的に多いせいではないか、という愚見を披露した。単なる教育法の違いに原因を見ていたのだが、その背景にまで思い及ばずにいた。ところが、比較文学者の平川祐弘が、「せれね」という新聞に掲載されたエッセイに面白いことを書いている。
 日本人を含めてなべて東洋人が口下手なのは、「昔から科挙などで筆記試験に慣れてきたせいだろう。それに反し、西欧人は口頭試問で鍛えられてきた」と、ここまではわたしと同じ論旨なのだが、平川は、「それは紙が少なかったから」という。西洋では紙が非常な貴重品で、「第二次大戦中の米国兵は一日一回四片の割り当て」「18世紀に来日した西洋人は日本人が和紙で鼻をかんで捨てるという贅沢に一驚している」。「ケンブリッジ大学で筆記試験が始まったのは、数学は1747年、古典は1821年、法律と歴史は日本歴の明治5年にあたる1872年とたいへん遅い」と。
 日本人や中国人など漢字圏人間の脳の情報入力が視力経由に依存している割合が高く、西欧人の脳は聴力経由の依存度が高いという事は以前から指摘されている。西欧のアルファベットそのものが、音声を文字化したもので、文字そのものが聴力モードなのだ。文字は、音として発せられた瞬間に記憶に留めない限り消え失せてしまう言葉を固定化させる具として生まれた。要するに、記憶の負担を軽減するために発明されたとして過言でないだろう。実際に長大な叙事詩を記憶していた世界各地の吟遊詩人たちが、文字が発明された途端に大量の知識を失ってしまったと、ソクラテスやプラトンは嘆いている。わが国でも「平家物語」の全テキストを暗唱していた琵琶法師たちは文字の恩恵を受けることが不可能な盲人だった。
 先ほど同時通訳をしていると、スピーカーの脳のモード差がモロに体感できると述べたが、それは切実極まる問題だからだ。通訳者は、スピーカーの発言を訳し終えるまではそれを記憶していなければならない。ところが、論理的な文章はかなり嵩張ったとしてもスルスルと容易に覚えられるのに、羅列的な文章には記憶力が拒絶反応を起こすのだ。要するに、論理性は、記憶の負担を軽減する役割を果たしているわけで、文字依存度が高い日本人に較べて、それが低い西欧人の言語中枢の方が論理的にならざるを得ないのではないのだろうか。
 何かを得ることは、何かを失うことなのである。わたしたちは、文字に記憶の負担を転嫁することで、記憶のための貴重な具をいくつか失ったことになる。
 コンピュータ化が進むとともに記憶力のみならず計算力とか情報整理力とか、いくつもの脳の雑用と思われている作業を電脳に負わせるようになった。肉体労働だけでなく精神労働の負担からも人間を解放し、持てる力をなるべく創造的な仕事に振り向けようというのだろう。しかし、創造力とは何だろう。記憶力や情報整理力など脳の基礎体力の上に成り立つもののような気がしてならないのだ。わたしたちは、キャベツの葉を剥くように、今後も脳の持てる力をどんどん削ぎ落としていくのだろうか。


 イギリス議会の伝統に学んだのだろうが、日本の国会では文章の棒読みは1890年の国会開設以来禁止されている。「会議においては、朗読することはできない」と衆参両院規則にあるのだ。草稿なしに演説するためには、論点をしっかり頭に叩きこんでおかなければならないから、言葉の重みが違ってくる(若宮啓文『忘れられない国会論戦』中公新書)。福沢諭吉はスピーチを「演説」に換え、ディベートを「討論」と訳した。『学問のすゝめ』では「演説」を「大勢の人を会して説を述べ、席上にて我思うところを人に伝うるの法なり」といい、「第一に説を述ぶるの法あらざれば、議院もその用をなさざるべし」と解説している。でも実際は?



 日本語は難しくはないが、文字言語までいれると途端、難しくなる。人の名前をいうときも、「あの人の名前は読めないけれどこう書く(「こう言う」とはならない)」といって音を離れた漢字で人を識別する。難しい漢字を書けるだけで尊敬されたりもする。歌人の塚本邦雄は「薔薇(ばら)」と漢字で書いて罰せられるならば、罰金を払ってでも書く、と語った。グロータース神父も講演する時には「薔薇」とか「憂鬱」とか書いてみせるという。

 河野六郎先生は「漢字の場合、言葉は文字の背後に隠されてしまうことも稀ではない」(「文字の本質」)と指摘されている。経験や実験より文字で書かれたものをありがたがるのも同じ理由からであろう(幸か不幸か本校の学生には本を読みすぎる人はいないが、本ばかり読んで実践しない人は結構多いものだ)し、こうした視覚性が日本人の外国語学習の弱点になっているのだろう(とはいえ証明は難しい、というのは同じ漢字文化圏の中国人や韓国人の英語のうまさは説明できない)。

 たとえばアルファベットの文字から入っていく(筆順まで気にする人がいる)し、スペリングにやたらこだわる。「読み書き」中心であって「話し聞き」ではない。それに日本人の完ぺき主義が加わるから余計にっちもさっちもいかなくなっているのだろう。



 音声言語に対して文字言語は二次的なものなのだが、日本では文字言語が優先される。前者を優先するのを「音声中心主義」(phonocentricism)、後者を優先するのを「ロゴス中心主義」(logocentricism)というが、もともと一次的だった音声が文字におされている。つまり、一次性と二次性が逆転している。これをジャック・デリダはプラトン以来の西洋形而上学は「ロゴス中心主義」に陥っているといった。

 プラトンの『パイドロス』の中で、ソクラテスは「ロゴス(=パロール)こそが真の言葉であり、「正しきもの、美しきもの、善きものについての教えの言葉、学びのために語られる言葉、魂の中にほんとうの意味で掻きこまれる言葉」であるのにたいして、「書かれた言葉(=エクリチュール)の中には、その主題が何であるにせよ、たぶんに慰みの要素が含まれて」おり、「言葉というものは、ひとたび書きものにされると、どんな言葉でも、それを理解する人々のところであろうと、ぜんぜん不適当な人々のところであろうとおかまいなしに、転々とめぐり歩く。そして、ぜひ話しかけなければならない人々にだけ話しかけ、そうでない人びとには黙っているということができない」と語る。語られる言葉(パロール)こそが「正嫡の息子」であり、「自分で自分の力によって内から思い出す」記憶の秘訣[毒=薬]であるのに対し、書かれる言葉(エクリチュール)は、いわば父親のいない私生児であって、「自分以外のものに彫りつけられたしるしによって外から思い出す」ための「想起の秘訣」にすぎないとされる。

 旧約聖書でも『出エジプト記』24章には次のようにある。「神はことばを使って、人間と契約する」のである。


そこでモーセは来て、主のことばと、定めをことごとく民に告げた。すると、民はみな声を一つにして答えて言った。「主の仰せられたことは、みな行ないます」。
それで、モーセは主のことばを、ことごとく書きしるした。そうしてモーセは、翌朝早く、山のふもとに祭壇を築き、またイスラエルの十二部族にしたがって十二の石の柱を立てた。
それから、彼はイスラエル人の若者たちを遣わしたので、彼らは全焼のいけにえをささげ、また、和解のいけにえとして雄牛を主にささげた。
モーセはその血の半分を取って、鉢に入れ、残りの半分を祭壇に注ぎかけた。
そして、契約の書を取り、民に読んで聞かせた。すると、彼らは言った。「主の仰せられたことはみな行ない、聞き従います」。
そこで、モーセはその血を取って、民に注ぎかけ、そして言った。「見よ。これは、これらすべてのことばに関して、主があなたがたと結ばれる契約の血である」。
それからモーセとアロン、ナダブとアビフ、それにイスラエルの長老七十人は上って行った。
そうして、彼らはイスラエルの神を仰ぎ見た。御足の下にはサファイヤを敷いたようなものがあり、透き通っていて青空のようであった。
神はイスラエル人の指導者たちに手を下されなかったので、彼らは神を見、しかも飲み食いをした。
主はモーセに仰せられた。「山へ行き、わたしのところに上り、そこにおれ。彼らを教えるために、わたしが書き記した教えと命令の石の板をあなたに授けよう」。

 さて、デリダがこんなことをいわなくても日本では「ロゴス中心主義」がごく自然のことだったのである。

 【初出『富山商船高専図書館だより』1988年】

「むねかたきょうだい」というのが正しい。知らなかったでしょ。僕も知らなかったから…。


 俳優トム・クルーズは小学生の時から読書障害に苦しんできたが、サイエントロジー教会の創設者L.ロン・ハバードが開発した学習技術で読書障害を克服できたことを米誌に語った。クルーズは今、ハバードの学習技術を使う非営利の個人指導教師プログラムの創設委員を務めており、同じ学習障害を背負う子供たちを救おうとしている。


「私は7歳の時、読書障害児と呼ばれました。読書に集中しながらページの最後まで読み終わっても、何を読んだのかほとんど記憶がない。(一時的に)記憶を失い、不安を感じ、落ちつかず、退屈して、いらいらし、愚かに感じる。怒り出したりもする。勉強している時、両脚が実際に痛くなる。頭も痛くなる。学生時代から俳優になるまでずっと私は秘密を持っているように感じました」

「新しい学校に行く時、他の子供に私の読書障害のことを知られたくありませんでした。でも、読書力補強のクラスに行かされました」 (クルーズ)

「学習障害で一番多いのは読書障害で、5人の子供のうち1人が 読書障害を持っている」と専門家がいう。

 学習障害は知的発達の遅れがないのに、学齢期にいたっても読み、書き、計算、運動などのうちどれかの能力に障害があるものをいう。

 「Overcoming Dyslexia」(直訳で「読書障害の克服」)の著者でエール大学医学部小児科のサリー・シェイウィッツ教授によると、学習障害の中で一番多いのは読書障害(dyslexia)で、5人の子供のうち一人がこの読書障害を持っているという。

 読書障害は言葉が理解できないという意味ではなく、書かれている言葉を話し言葉の音声にして読めないことに問題がある。

 母親は「絶対にあきらめないで」と言い続け、勉強を助けてくれた


 「母は私に『あなたにはとても大きな可能性がある。絶対にあきらめないで』と言い続けました。彼女は仕事を3つ持って、私と妹の面倒を見てくれましたが、私の勉強のためにも時間を割いてくれました。私が学校の宿題を書かなくてはいけない時は、まず最初に、母にそれを口述して書き取らせ、私はそれを非常に慎重に書き写しました」

 「私は1980年に高校を卒業しましたが、卒業式にも出席しませんでした。私は学ぶことが大好きでした。学びたかったけど、今の教育制度の中で失敗したことを知っていました」

 クルーズは1986年、「トップガン」の公開後、L.ロン・ハバードの学習障害克服の学習技術を発見し、サイエントロジー教会のメンバーになった

 クルーズは1986年、「トップガン」が公開されてからサイエントロジー教会のメンバーになった。彼はハバードが1960年代に開発した3つの学習障害を克服する「Study Technology」(学習技術)を発見した。クルーズはこの技術を使って読書障害を克服することができたという。

 「私は読書障害のすべての症状があると言われてきたが、誰も解決法を与えてくれなかった。私は自分が学びたいものは何でも学べることを悟りました」(クルーズ)

 そしてクルーズはハバードの学習技術を使って子供たちに個人指導する非営利プログラムHollywood Education and Literacy Projectの創設委員を務めている。

 「私はみんなに自分が体験したことと同じ体験をして欲しくない。私は、子供たちが読み書きの能力を持ち、人々が何を言っているのかを理解し、人生の問題を解決できるようにして欲しい」(クルーズ) …

(07/16/03、ロサンゼルス=ZAKZAK特電)


 韓国ドラマ『星を射る』では俳優を目指すのだが、難読症のインソン君扮する青年が、ドヨン姉さんの手助けで文字の学習をしながら並外れた記憶力を武器に映画界で頭角を表し やがてはカミングアウトし周囲の理解を得るという設定になっている。ハングルも同じように表音文字なのである。

 2004年9月に脳卒中などで文字が読めなくなる「失読症」は、アルファベットを使う西洋人と漢字を使う中国人や日本人では、脳の損傷部位が違うことが、香港大の研究で分かった。

 文化に合わせた治療法の必要性を示した結果で、2日付の英科学誌ネイチャーに発表される。

 欧米を中心としたこれまでの研究では、失読症の人は、文字のつづりを音の固まりに分ける過程に障害があり、左脳の「頭頂葉」や「側頭葉」などでの神経活動の低さが原因と考えられてきた。しかし、香港大のリ・ハイ・タン助教授らが、先天的に失読症である中国人の子ども8人の脳を、磁気共鳴画像装置を使って調べたところ、左脳の「中前頭回」という西洋人とは別の部位の活動性が低いなど、これまでの実験結果とは大きく異なることが分かった。文字自体は意味を持たない表音文字のアルファベットを使う言語と、表意文字の漢字では、脳での読み方の仕組みが異なるらしい。研究チームは「理という漢字のなかに読み方を表す里が入っているなど、漢字の読み書きの仕組みは英語などとは大きく違う。文化に即した治療法の開発などにつながるのではないか」としている。


※冒頭の「科研交付」は北岡明佳が考案したものである。ポップル錯視(文字列傾斜錯視)というのは平行に並べた図形の模様を均等に上下にずらすと、図形が傾いて見える錯視。ツェルナー錯視のように並べると顕著になる。なおパソコンの活字体でもこの傾向が見られ、「杏マナー」とパソコンで入力すると文字が右下がりになっていることが2ちゃんねるで採り上げられ後に『トリビアの泉』で採用、北岡明佳がポップル錯視との関連を指摘(但し、学術的に検証を行ったわけではない)したことで知られるようになった。この錯視は単なるインターネットメディアの話題にとどまらず国内錯視研究の第一人者でもある北岡のホームページでも「読み人知らず」として採り上げられているほか、新井仁之がこの錯視を『文字列傾斜錯視』と定義して論文を発表している。また、「アロマ企画」「コニア画」「科研交付」などと入力してもこの錯視が発生する。


杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
http://archive.fo/mYoy#selection-25.0-2033.25


106. 中川隆[6596] koaQ7Jey 2017年2月08日 19:06:03 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7053]

科学も証明。日本の漢字教育が育む、子供の心と高い知能指数 2017/2/1

外国の方からよく「難易度が高い」と言われる日本語。その理由として漢字、ひらがな、カタカナの使い分けが挙げられますが、今回の無料メルマガ『Japan on the Globe−国際派日本人養成講座』で紹介されている小学校教師の石井勲氏は、あることをきっかけに「漢字」に子どもの能力を伸ばす不思議な力があることに気付き、「石井式漢字教育」を編み出したと言います。「幼児に漢字は難しい。まずはひらがなから」は誤りなのでしょうか。

子どもを伸ばす漢字教育

きっかけは偶然だった。小学校教師の石井勲氏が炬燵に入って「国語教育論」という本を読んでいた。そこに2歳の長男がよちよち歩いてきて、石井氏の膝の上に上がり込んできたので、氏は炬燵の上に本を伏せて置いた。

その時、この2歳の幼児が「国語教育論」の「教」という漢字を指して「きょう」と言ったのである。びっくりして、どうしてこんな難しい字が読めたんだろう、と考えていると、今度は隣の「育」の漢字を指して「いく」と言った。

石井氏が驚いて、奥さんに「この字を教えたのか?」と尋ねると、教えた覚えはないという。教えてもいないものが読めるわけはない、と思っていると、奥さんが「アッ! そう言えば一度だけ読んでやったことがある」と思い出した。奥さんは音楽の教師をしており、「教育音楽」という雑誌を定期購読していた。ある時、息子が雑誌のタイトルを指で押さえて、「これなあに?」と聞くので、一度だけ読んでやったような記憶がある、というのである。

そんなこともあるのか、と半信半疑ながら、ひょっとしたら、幼児にとって漢字はやさしいのかもしれない、と石井氏は思いついた。ひらがなは易しく漢字は難しい、幼児に教えるものではない、と思いこんでいたが、実はそうではないのかもしれな い。これが石井式漢字教育の始まりだった。

漢字学習で幼稚園児の知能が伸びた!

それから石井氏は昭和28年から15年にもわたって、小学校で漢字教育を実践してみた。当初は学年が上がるにつれて、子どもの学習能力が高まると信じ込んでいたが、実際に漢字を教えてみると、学年が下がるほど漢字を覚える能力が高いことが分かった。

そこで今度は1年生に教える漢字を増やしてみようと思った。当時の1年生の漢字の習得目標は30字ほどだったが、これを300字ほどに増やしてみると、子供たちは喜んでいくらでも吸収してしまう。それが500字になり、とうとう700字と、小学校6年間で覚える漢字の8割かたを覚えてしまった。

ひっとしたら就学前の幼児は、もっと漢字を覚える力があるのかもしれない。そう思って昭和43年からは3年間かけて、幼稚園児に漢字を教えてみた。すると幼児の漢字学習能力はさらに高いということが分かってきた。同時に漢字学習を始めてからは幼児の知能指数が100から110になり、120になり、ついには130までになった。漢字には幼児の能力や知能を大きく伸ばす秘密の力があるのではないか、と石井氏は考えるようになった。

複雑でも覚えやすい漢字

どんな子どもでも3歳ぐらいで急速に母国語を身につけ、幼稚園では先生の話を理解し、自分の考えを伝えることができる。この時期に言葉と同時に漢字を学べば、海綿が水を吸収するように漢字を習得していく、というのが石井氏の発見だった。漢字は難しいから上級生にならなければ覚えられない、というのは、何の根拠もない迷信だったわけである。

同時に簡単なものほど覚えやすい、というのも、誤った思いこみであることが判明した。複雑でも覚える手がかりがある方が覚えやすい。たとえば「耳」は実際の耳の形を表したもので、そうと知れば、簡単に覚えられる。「みみ」とひらがなで書くと画数は少ないが、何のてがかりもないのでかえって覚えにくい。

石井氏はカルタ大の漢字カードで教える方法を考案した。「机」「椅子」「冷蔵庫」「花瓶」などと漢字でカードに書いて、実物に貼っておく。すると幼児は必ず「これ、なあに?」と聞いてくる。そこではじめて読み方を教える。ポイントは、遊び感覚で幼児の興味を引き出す形で行うこと、そして読み方のみを教え、書かせないことである。漢字をまず意味と音を持つ記号として一緒に覚えさせるのである。

抽象化・概念化する能力を伸ばす

動物や自然など、漢字カードを貼れないものは、絵本を使う。幼児絵本のかな書きの上に、漢字を書いた紙を貼ってしまう。そして「鳩」「鴉」「鶏」など、なるべく具体的なものから教えていく。すると、これらの字には「鳥」という共通部分があることに気づく。幼児は「羽があって、嘴(くちばし)があって、足が2本ある」のが、「鳥」なのだな、と理解する。ここで始めて「鳥」という「概念」が理解できる。

これが分かると「鶯」や「鷲」など、知らない漢字を見ても、「鳥」の仲間だな、と推理できるようになる。こうして物事を概念化・抽象化する能力が養われる。

またたとえば「右」、「左」など、抽象的な漢字は「ナ」が「手」、「口」は「くち」、「工」は「物差し」と教えてやれば、食べ物を口に入れる方の手が「右」、物差しを持つ方の手が「左」とすぐ覚えられる。そう言えば、筆者は小学校低学年の時、右と左の字がそっくりなので、どっちがどっちだか、なかなか覚えられなかった記憶があるが、こう教わっていたら瞬時に習得できていただろう。

推理力と主体性を伸ばす

また一方的に教え込むのではなく、遊び感覚で漢字の意味を類推させると良い。石井式を実践している幼稚園でこんな事があった。先生が黒板に「悪魔」と書いて、「誰かこれ読めるかな」と聞いた。当然、誰も読めないので、「じゃあ、教えてあげようね」と言ったら、子供たちは「先生、待って。自分たちで考えるから」。

子供たちは相談を始めて、「魔」の字の下の方には「鬼」があるから、これは鬼の仲間だ…、こうしてだんだん詰めていた。

この逸話から窺われるのは、第一に、幼児にも立派な推理力がある、という事だ。こういう形で漢字の読みや意味を推理させるゲームで、子どもの論理的な思考能力はどんどん伸びていく。第二は、子どもには自分で考えたい、解決したい、という気持ちがあるということである。そういう気持ちを引き出すことで、子どもの主体的な学習意欲が高まる。そして自ら考えて理解できたことこそ、本当に自分自身のものになるのである。

漢字から広がる世界

石井式の漢字教育と比較してみると、従来のひらがなから教えていく方法がいかに非合理的か、よく見えてくる。たとえば、「しょうがっこう」などという表記は世の中に存在しない。校門には「○○小学校」などと漢字で書かれているのである。「小学校」という漢字熟語をそのまま覚えてしまえば、近くの「中学校」の側を通っても、おなじ「学校」の仲間であることがすぐに分かる。「小」と「中」の区別が分かれば、自分たちよりやや大きいお兄さん、お姉さんたちが行く学校だな、と分かる。

こうして子どもは、漢字をたくさん覚えることで、実際の社会の中で自分たちにも理解できる部分がどんどん広がっていくことを実感するだろう。石井氏の2歳の長男も、お父さんが読んでいる本の2つの文字だけでも自分が読みとれたのがとても嬉しかったはずだ。だから、僕も読めるよ、とお父さんに読んであげたのである。

このように漢字を学ぶことで外の世界に関する知識と興味とが増していく。本を読んだり、辞書を引けるようになれば、その世界はさらに大きく広がっていく。幼児の時から漢字を学ぶことで、抽象化・概念化する能力、推理力、主体性、読書力が一気に伸びていく。幼児の知能指数が漢字学習で100から130にも伸びたというのも当然であろう。

漢字学習を通じて、多くの言葉を知り、自己表現がスムーズに出来るようになると、情緒が安定し、感性や情操も豊かに育っていく。石井式を取り入れた幼稚園では、「漢字教育を始めて一ヶ月くらいしたら、園児たちの噛みつき癖がなくなりました」という報告がしばしばもたらされるという。子供たちのうちに湧き上がった思いが表現できないと、フラストレーションが溜まって噛みつきという行為に出るが、それを言葉で表現できると、心が安定し、落ち着いてくるようだ。最近の「学級崩壊」、「切れやすさ」というのも、子どもの国語力が落ちて、自己表現ができなくなっている事が一因かもしれない。

自閉症児が変わった

NTTと電気通信大学の共同研究では、「かな」を読むときには我々は左脳しか使わないが、漢字を読むときには左右の両方を使っているということを発見した。左脳は言語脳と呼ばれ、人間の話す声の理解など、論理的知的な処理を受け持つ。右脳は音楽脳とも呼ばれ、パターン認識が得意である。漢字は複雑な形状をしているので、右脳がパターンとして認識し、それを左脳が意味として解釈するらしい。

石井氏は自閉症や知的障害を持った子供にも漢字教育を施して、成果をあげている。これらの子どもは言語脳である左脳の働きが弱っているため、言葉が遅れがちであるが、漢字は右脳も使うので、受け入れられやすいのである。

石井氏が校長をしていた小学校にはS君という自閉症児がいた。授業中、机に座っていることができずに、廊下に出てはぐるぐると左回りを続けているという子どもだった。校長としてS君を引き取った石井氏は、彼が電車に関心を持っているのを見つけた。絵を描かせると、黄色い電車と新幹線を描く。「黄色いのは総武線で、東京に行くんでしょ」と言って電車のそばに「東京」と書いてやった。新幹線にほうにも「新幹線」と書いてやると、S君は本当に嬉しそうに笑った。

翌日、また絵を描かせると、今度は電車の絵に「東京」「新幹線」という文字に似た模様を書き付けていた。これを生かさない手はない、と思った石井氏は、S君のお母さんを呼んで夏休みの間、毎日5分でいいから「漢字カード」で遊んでやってください、と頼んだ。

休みが終わると、お母さんが200枚もの漢字カードを持って、「あまりにS君の反応が良いので、どんどんやっていったら、こんなにできた」という。

夏休み明けのS君にクラスの友だちは驚いた。「S君が授業中ずっと椅子に座れるようになった」「体育の時間に皆と一緒に駆け足をやった」そしてついに「S君が教科書を開いた。」

S君は家でお父さんと一緒にお風呂に入っている時、「学校で勉強、頑張るからね」と言った。父親は思わずS君を抱きしめて「頑張れよ」と励ましたそうである。

漢字かな交じり文の効率性

漢字が優れた表記法であることは、いろいろな科学的実験で検証されている。日本道路公団が、かつてどういう地名の標識を使ったら、ドライバーが早く正確に認識できるか、という実験を行った。「TOKYO」「とうきょう」「東京」の3種類の標識を作って、読み取るのにどれだけの時間がかかるかを測定したところ、「TOKYO」は1.5秒だったのに対し、「とうきょう」は約半分の0.7秒、そして「東京」はさらにその十分の一以下の0.06秒だった。

考えてみれば当然だ。ローマ字やひらがなは表音文字である。読んだ文字を音に変換し、さらに音から意味に変換する作業を脳の中でしなければならない。それに対し漢字は表意文字でそれ自体で意味を持つから、変換作業が少ないのである。

日本人はこの優れた、しかしまったく言語系統の異なる漢字を導入して、さらにそこから、ひらがな、カタカナという表意文字を発明した。その結果、数千の表意文字と2種類の表音文字を使うという、世界でも最も複雑な表記システムを発明した。たとえば、以下の3つの文章を比べてみよう。


朝聞道夕死可矣

あしたにみちをきかばゆうべにしすともかなり

朝に道を聞かば夕に死すとも可なり

漢字だけ、あるいは、ひらがなだけでは、いかにも平板で読みにくいが、漢字かな交じり文では名詞や動詞など重要な部分が漢字でくっきりと浮かび上がるので、文章の骨格が一目で分かる。漢字かな交じり文は書くのは大変だが、読むにはまことに効率的なシステムである。

情報化時代になって、書く方の苦労は、かな漢字変換などの技術的発達により、急速に軽減されつつあるが、読む方の効率化はそれほど進まないし、また情報の洪水で読み手の負担はますます増大しつつある。読む方では最高の効率を持つ漢字かな交じり文は情報化時代に適した表記システムであると言える。

漢字教育で逞しい子どもを育てよう

英国ケンブリッジ大学のリチャードソン博士が中心となって、日米英仏独の5カ国の学者が協力して、一つの共通知能テストを作り上げた。そのテストで5カ国の子ども知能を測定したところ、日本以外の4カ国の子どもは平均知能指数が100だったのに、日本の子どもは111だった。知能指数で11も差が出るのは大変なことだというので、イギリスの科学専門誌「ネイチャー」に発表された。

博士らがどうして日本の子どもは知能がずば抜けて高いのか、と考えた所、この5カ国のうち、日本だけが使っている漢字に行き着いたのである。この仮説は、石井式で知能指数が130にも伸びる、という結果と符合している。

戦後、占領軍の圧力や盲目的な欧米崇拝から漢字をやめてカタナカ書きやローマ字書きにしよう、あるいはせめて漢字の数を減らそうという「国語改革」が唱えられ、一部推進された。こうした科学的根拠のない「迷信」は事実に基づいた石井式漢字学習によって一掃されつつある。

国語力こそ子どもの心を大きく伸ばす基盤である。国語力の土壌の上に、思考力、表現力、知的興味、主体性などが花開いていく。そして国語を急速に習得する幼児期に、たくさんの漢字を覚えることで、子どもの国語力は豊かに造成されるのである。

石井式漢字学習によって、全国津々浦々の子供たちが楽しく漢字を学びつつ、明日を担う日本人としての逞しい知力と精神を育んでいくことを期待したい。

文責:伊勢雅臣
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170201-47736643-magmag


107. 中川隆[7123] koaQ7Jey 2017年3月15日 08:41:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7589]

時は戦前。来日したアインシュタインを感動させた神秘の国ニッポン 伊勢雅臣
http://www.mag2.com/p/news/242620

喜劇王のチャールズ・チャップリン、作家のラフカディオ・ハーンなど、親日家として知られる偉人は少なくありません。

親日家として知られる偉人のひとり、天才物理学者のアルベルト・アインシュタインと、「彼の目から見た日本と日本人の印象」について、詳しくご紹介します。日本を賞賛しつつも、彼が残した「警告」とは、一体どんなものだったのでしょうか?


アインシュタインの見た日本

大正11(1922)年11月17日、アインシュタインを乗せた日本郵船の北野丸は、瀬戸内海を通って、神戸港に近づいた。フランスのマルセイユを出てから、1カ月以上の船旅だった。瀬戸内海の景色について、アインシュタインはこう記している。


私の好奇心が最高潮に達したのは、「北野丸」が日本の海峡を進むとき、朝日に照らされた無数のすばらしい緑の島々を見た時でした。
(『アインシュタイン日本で相対論を語る』アルバート・アインシュタイン/著 杉元賢治/翻訳 講談社)

景色ばかりでなく、その時に同乗していた日本人船客らの態度も、アインシュタインを感動させた。


しかし、いちばん輝いていたのは、日本人の乗客と乗組員全員の顔でした。いつもは朝食前にけっして姿を見せたことのない多くの華奢なご婦人たちは、一刻も早く祖国を見たいと、ひんやりとした朝風も気にせず6時ごろにはいそいそと甲板に出て、楽しげに歩き回っていました。私はそうした人々を見て深く感動しました。

日本人は、他のどの国の人よりも自分の国と人びとを愛しています。
(同上)

これが、アインシュタインの40日以上に渡る日本滞在の始まりだった。

「神秘のベールに包まれている国」

アインシュタインの来日は、改造社の山本実彦社長からの招待によるものだった。


山本氏(改造社)から日本へ招待いただいた時に、私は数ヶ月を要する大旅行に行こうとただちに意を固めました。それに対する私の説明しうる理由というのは、もし私が、日本という国を自分自身の目で見ることのできるこのチャンスを逃したならば、後悔してもしきれないというほかありません。

私が日本へ招待されたということを周囲の人びとが知ったその時、ベルリンにいた私が、あれほどまでに羨望の的になったことは、いまだかつて、私の人生の中でなかで経験したことはありませんでした。というのも、われわれにとって、日本ほど神秘のベールに包まれている国はないからです。
(同上)

当時の日本を限りない愛情を込めて西洋に紹介したのは、ラフカディオ・ハーンであった。アインシュタインはハーンの著作を読み、日本への期待を抱いていた。来日後、彼は次のような手紙を親友に認めている。


やさしくて上品な人びとと芸術。日本人はハーンの本で知った以上に神秘的で、そのうえ思いやりがあって気取らない。
(同上)

当時のヨーロッパは、第一次大戦が終わったばかりの荒廃した状態だった。多くのヨーロッパ人は、現代西欧文明の精神的な行き詰まりを感じていただろう。それに対して日本はいまだ「神秘のベールに包まれている国」であった。

熱狂的な歓迎

11月17日に神戸に上陸したアインシュタインは、京都で一泊。翌朝、東京に向かった。


朝、9時から夕方7時まで雲ひとつない空の下、展望車に乗って東京まで汽車旅行。海、入り江を通過。雪に被われた富士山は遠くまで陸地を照らしていた。富士山近くの日没はこのうえなく美しかった。森や丘のすばらしいシルエット。村々は穏やかで綺麗であり、学校は美しく、畑は入念に耕されていた。…

東京に到着! 群衆に取り囲まれ、写真撮影で凄まじいフラッシュを浴びた。無数のマグネシウムをたく閃光で完全に目が眩む。
(同上)

この情景を翌日の大阪毎日新聞は大きな写真入りで、こう伝えた。


東京駅で人びとが絶叫――「アインシュタイン!」「アインシュタイン!」「万歳!」怒濤のごとく群衆が博士に殺到し、東京駅は大騒ぎとなった。日本人の熱狂ぶりを見て、駅に博士を出迎えたドイツ人関係者らは喜びのあまり目に涙を浮かべる人さえいた。
(同上)

この熱狂的な歓迎について、アインシュタイン自身こんな談話を残している。


私の生涯に、こんなことはありませんでしたよ。米国に行った時も大騒ぎでしたが、とてもこんな赤誠はありませんでした。これは日本人が科学を尊ぶためでしょう。ああ愉快だ、心からうれしい。
(同上)

「6時間におよぶ講演に聴衆が酔った」

11月19日には、アインシュタインは長旅の疲れをものともせずに、慶應義塾大学にて6時間もの講演を行った。読売新聞はこう伝えている。


6時間におよぶ講演に聴衆が酔った――慶應義塾大学での日本初の講演は内容は「特殊および一般相対性理論について」。1時間半から3時間の講演後、1時間の休憩をはさみ、講演が再開され8時半に閉会。実質6時間の長講演にもかかわらず、2,000人以上の聴衆は一人として席を立たず、アインシュタインと通訳石原純の一言一言に静粛かつ真剣に聞き入っていた。理屈が理解できる、できないにかかわらず、皆アインシュタインの音楽のような声に酔いしれたという。
(同上)

その後も、東京帝国大学での6回連続の特別講演、東京、仙台、京都、大阪、神戸、博多での一般講演などが続いたが、どの会場も盛況で、千人単位の聴衆が集まり熱心に聞き入った。

アインシュタインがいかに分かり易く説いたとしても、これだけ多くの一般的な聴衆が、相対性理論をよく理解し得たとは思えない。東京駅での熱狂的な歓迎、そして講演での熱心な聴講態度は、何が原因だったのだろう。

「外国の学者に対する尊敬の念」

12月10日、京都に戻ったアインシュタインは、講演後、京都御所を訪問し、「御所は私がかつて見たなかでもっとも美しい建物だった」との感想をもらした。


中庭からは即位式用の椅子がある即位の間が見えた。そこには約40人の中国の政治家の肖像画があった。中国から実のある文化を日本にもたらしたことが評価されたためである。

外国の学者に対するこの尊敬の念は、今日もなお、日本人のなかにある。ドイツで学んだ多くの日本人の、ドイツ人学者への尊敬には胸を打たれる。さらには細菌学者コッホを記念するために、一つ寺が建立されなければならないようだ。

嫌味もなく、また疑い深くもなく、人を真剣に高く評価する態度が日本人の特色である。彼ら以外にこれほど純粋な人間の心をもつ人はどこにもいない。この国を愛し、尊敬すべきである。
(同上)

「外国の学者に対するこの尊敬の念」は、日本人の伝統だが、近代西洋科学への尊敬はまた格別の念があった。富国強兵は、世界を植民地化しつつある西洋諸国から国家の自由と独立を護るための日本の国家的課題であった。そして経済力にしろ、軍事力にしろ、その根幹は近代西洋の科学技術にあったからだ。

そしてアインシュタインこそ、その西洋近代科学の最高峰を体現する人物であった。当時の日本人が、彼を熱狂的に歓迎し、その講演に陶酔したのは、「外国の学者に対する尊敬の念」という伝統と共に、近代西洋科学の国家的重要性を国民の多くが感じ取っていたからであろう。


「微笑みの背後に隠されている感情」

日本は明治以降、ヨーロッパに多くの留学生を送り、西洋近代科学を学び取ろうとしていた。アインシュタインは来日前から日本からの多くの留学生と出会い、ある印象を抱いていた。


われわれは、静かに生活をし、熱心に学び、親しげに微笑んでいる多くの日本人を目にします。だれもが己を出さず、その微笑みの背後に隠されている感情を見抜くことはできません。そして、われわれとは違った心が、その背後にあることがわかります。
(同上)

日本滞在中、講演と観光の合間を縫って、アインシュタインは多くの日本人と会った。長岡半太郎や北里柴三郎ら日本を代表する科学者、学生、ジャーナリスト、そして一般家庭の訪問まで。そして「微笑みの背後に隠されている感情」が何かに気がついた。


もっとも気がついたことは、日本人は欧米人に対してとくに遠慮深いということです。我がドイツでは、教育というものはすべて、個人間の生存競争が至極とうぜんのことと思う方向にみごとに向けられています。とくに都会では、すさまじい個人主義、向こう見ずな競争、獲得しうる多くのぜいたくや喜びをつかみとるための熾烈な闘いがあるのです。
(同上)

全世界の植民地化、そして1,900万人もの死者を出したと言われる第一次大戦は、この「熾烈な闘い」の結果であろう。

「日本人の微笑みの深い意味が私には見えました」

それに対して、日本人はどうか?


日本には、われわれの国よりも、人と人とがもっと容易に親しくなれるひとつの理由があります。それは、みずからの感情や憎悪をあらわにしないで、どんな状況下でも落ち着いて、ことをそのままに保とうとするといった日本特有の伝統があるのです。

ですから、性格上おたがいに合わないような人たちであっても、一つ屋根の下に住んでも、厄介な軋轢や争いにならないで同居していることができるのです。この点で、ヨーロッパ人がひじょうに不思議に思っていた日本人の微笑みの深い意味が私には見えました。

個人の表情を抑えてしまうこのやり方が、心の内にある個人みずからを抑えてしまうことになるのでしょうか? 私にはそうは思えません。この伝統が発達してきたのは、この国の人に特有のやさしさや、ヨーロッパ人よりもずっと優っていると思われる、同情心の強さゆえでありましょう。
(同上)

「不思議な微笑み」の背後にあるもの、それは「和をもって貴し」とする世界であった。

「自然と人間は、一体化している」

日本人の「個人の表情を抑えてしまうこのやり方」のために、アインシュタインは日本滞在中も、その心の奥底に入り込むことはできなかった。


けれども、人間同士の直接の体験が欠けたことを、芸術の印象が補ってくれました。日本では、他のどの国よりも豊潤に、また多様に印象づけてくれるのです。私がここで「芸術」と言うのは、芸術的な意向、またはそれに準じ、人間の手で絶えず創作しているありとあらゆるものを意味します。

この点、私はとうてい、驚きを隠せません。日本では、自然と人間は、一体化しているように見えます。…

この国に由来するすべてのものは、愛らしく、朗らかであり、自然を通じてあたえられたものと密接に結びついています。

かわいらしいのは、小さな緑の島々や、丘陵の景色、樹木、入念に分けられた小さな一区画、そしてもっとも入念に耕された田畑、とくにそのそばに建っている小さな家屋、そして最後に日本人みずからの言葉、その動作、その衣服、そして人びとが使用しているあらゆる家具等々。

…どの小さな個々の物にも、そこには意味と役割とがあります。そのうえ、礼儀正しい人びとの絵のように美しい笑顔、お辞儀、座っている姿にはただただ驚くばかりです。しかし、真似することはきません。
(同上)

「和をもって貴し」とする世界で、人びとは自然とも和して生きてきたのである。


アインシュタインの警告

明治日本が目指した富国強兵は、西洋社会の闘争的世界に、日本が参戦することを意味していた。国家の自由と独立を維持するためには、それ以外の選択肢はなかった。しかし、闘争的な世界観は「和をもって貴し」とする日本古来の世界観とは相容れないものであった。

また富国強兵を実現するために、明治日本は西洋の科学技術を学んだ。しかし、近代科学の根底には、自然を征服の対象として、分析し、利用しようとする姿勢があった。それは自然と 一体化しようとする日本人の生き方とは異なるものであった。

西洋近代科学を尊敬し、アインシュタインを熱狂的に歓迎した日本国民の姿勢は、彼が賛嘆した日本人の伝統的な生き方とはまた別のものであった。両者の矛盾対立について、アインシュタインはこう警告している。


たしかに日本人は、西洋の知的業績に感嘆し、成功と大きな理想主義を掲げて、科学に飛び込んでいます。けれどもそういう場合に、西洋と出会う以前に日本人が本来もっていて、つまり生活の芸術化、個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらのすべてを純粋に保って忘れずにいて欲しいものです。
(同上)

科学技術の進展から、人類は核兵器を持ち、地球環境を危機に陥れてきた。アインシュタインが賛嘆した人間どうしの和、自然との和を大切にする日本人の伝統的な生き方は、いまや全世界が必要としているものである。
http://www.mag2.com/p/news/242620


108. 中川隆[7124] koaQ7Jey 2017年3月15日 08:47:08 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7590]

アインシュタイン日本で相対論を語る – 2001/10
アルバート アインシュタイン (著), Albert Einstein (原著)
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E8%AB%96%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/406210931X


「私は相対性理論が、どんなにやさしいものかを日本の皆さんに伝えに来ました」
幻の日記、全世界に先駆け初出版!!
来日80周年記念!!日本滞在43日間の全記録と「講演録」完全再現!!

アインシュタインは、日本と日本人に恋をした!!

「日本人は西洋の知的業績に感嘆し、成功と大きな理想主義を掲げて科学に飛び込んでいます。けれども、西洋と出会う以前に日本人が本来もっていた生活の芸術化、謙虚さと質素さ、純粋で静かな心、それらのすべてを純粋に保って、忘れずにいてほしいものです」
――アインシュタインの「日本における私の印象」

「厭味(いやみ)もなく、疑い深くもなく、人を真剣に高く評価する態度が日本人の特色である。彼ら以外にこれほど純粋な人間の心をもつ人はどこにもいない。この国を愛し、尊敬すべきである」
――1922年12月10日付、アインシュタインの日記より


1922年11月17日より43日間にわたってアルバート・アインシュタインが来日したときの記録を、本人直筆の旅日記や日本から投函した手紙、当時の新聞記事、写真やイラストなどによってまとめた図録。滞在中、名古屋で行われた相対性理論の講演内容も収録されているのに加え、アインシュタインの旅日記が翻訳出版されるのは、本書が世界で初めてというから、貴重な本である。

アインシュタインの旅日記には、食べたものや見たものに対する無邪気な感想や、日本人についての印象などが克明に描かれている。その日記に並行するように掲載された当時の新聞記事や写真などからは、アインシュタインを見た日本人のフィーバーぶりがうかがえる。また、アインシュタインに同行していた、近代漫画の先駆者である岡本一平(岡本太郎の父)のイラストは、素顔のアインシュタインの魅力を伝えてやまない。さらに、随所に織り込まれているコラムでは、相対性理論が理解できるかどうかについての「閣議による大論争」や、女子学生に囲まれ大人気だったアインシュタインの様子など、くすっと笑える話も紹介されている。相対性理論はチンプンカンプンでも、活気あふれる大正デモクラシー時代の日本がのぞき見られるだけでも、得をした気分になれる。

アインシュタインは日本人に好感を持っていたようで、息子への手紙には、「物静かで、控えめで、知的で、芸術好きで、思いやりがあってひじょうに感じがよい」としたためている。また、日本の雑誌に寄せたエッセイの中では、「西洋と出会う以前に日本人が本来持っていた、(中略)謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらのすべてを純粋に保って、忘れずにいてほしいものです」という言葉を残している。


カスタマーレビュー


大物理学者の日本観察が鋭い 投稿者 tttabata 2002/12/27

 北九州市門司を訪れたとき、旧三井倶楽部のアインシュタイン記念室を見学した。そこはアインシュタインが1922年に来日した際、5日間滞在したところである。彼の日本印象記の和訳も陳列されていたが、その出典が記載されていないことを残念に思った。その後間もなく、本書の出版を知って購入したところ、たまたま、その印象記が再録されていたので、嬉しかった。それは、雑誌「改造」の1923年1月号に掲載されたものだそうである。

本書の中心をなすのは、43日間におよぶアインシュタインの講演旅行日記の和訳である。来日80周年の機会に、当のわが国で世界に先駆けて、この日記が出版されたのは、すばらしいことである。日記の随所に、アインシュタインの観察の鋭さがみられ、感心させられる。

日本人の熱狂的な歓迎ぶりを伝える多数の写真や新聞記事のコピー、随行して描いた岡本一平の漫画なども多数含まれており、眺めるだけでも楽しい本である。巻末にある佐藤文隆京大名誉教授の解説は、世間に流布するアインシュタイン観を正すように書かれたユニークな一文である。

始めに記した日本印象記の末尾において、アインシュタインは、西洋と出会う以前に日本人が本来もっていた、生活の芸術化、謙虚さ、質素さ、純粋で静かな心などを、忘れずにいてほしい、と述べている。その願いは果たしてかなえられているかと、昨今のわが国が反省させられもする。


109. 中川隆[7255] koaQ7Jey 2017年3月21日 20:45:36 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7727]

フィリピン大統領: 西洋は他国に自分たちの文化を押し付けるな2017年3月21日
http://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/5885

フィリピンのドゥテルテ大統領が吠えている。フィリピンが現在行なっている麻薬撲滅政策のもとで超法規的な殺人が行われているとしてEU議会の政治家たちがフィリピンを非難しているが、これに対してドゥテルテ大統領が答えている。Guardian(原文英語)など各紙が報じている。

西洋の介入主義

一般的に言って、日本では有り得ないことが海外では行われる。だからフィリピンで現在行われている超法規的な麻薬撲滅について、その是非を議論をするのはこの記事の目的ではない。

ここで取り上げたいのは、西洋諸国が当たり前のように行う内政干渉全般に対するドゥテルテ大統領の主張である。彼がオバマ元大統領を含む西洋の政治家を嫌っている理由はこの一点に尽きる。彼は彼の麻薬撲滅政策を批判するEU議会の政治家に対して、はっきりと次のように言った。


この地球上で各国政府がどうあるべきかということについて、自分の文化や信仰を他国に、とりわけフィリピンに押し付けるな。

何故自分のことだけ考えないのか? 何故われわれとまぐわる(原文:fuck with us)必要がある? 忌々しい。

歴史的に、西洋諸国は自分を正義と信じて他国への政治的、軍事的介入を行なってきた。その最たる例が、存在しない大量破壊兵器を理由に行われたアメリカのイラク侵略であり、しかし大抵の西洋人は一国を侵略したことさえ多少の失敗としか思っていないだろう。

反グローバリズムと介入主義

そうした介入は軍事介入の形で行われることもあれば、国連などの国際機関が平和や人権の名のもとに政治的圧力として行われることもある。介入主義はグローバリズムの本質だからである。日本人は国際機関がどういうものかをもっと知るべきである。

•イギリスのEU離脱でOECDと財務省が化けの皮を剥がされる
http://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/3687


しかし、そうした傾向も変わりつつある。アメリカのトランプ大統領が、アメリカは他国の政権転覆をやめると語っているからである。

•トランプ次期大統領: アメリカは他国の政権転覆をやめる
http://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/4936


110. 中川隆[7258] koaQ7Jey 2017年3月21日 21:09:08 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7730]

「アラブの春」とは何であったのか


1980年代からネオコン/シオニストやイスラエルはイラクのサダム・フセイン体制を倒すべきだと主張していた。

イラクに傀儡政権を樹立させれば、ヨルダン、イラク、トルコの親イスラエル国でイランとシリアを分断することができると考えたからである。

すでにイラクを破壊、今はシリアを侵略している。

 欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)の最高司令官を務めたことのあるウェズリー・クラークによると、1991年に国防次官だったポール・ウォルフォウィッツがシリア、イラン、イラクを殲滅すると口にしていたという。そうした発言の背景には、そうしたネオコンの戦略があったということだ。

「アラブの春」、「民主化」、「人権」などは侵略を正当化するために掲げた中身のない看板にすぎない。

イラクを攻撃する際にはアメリカ軍が乗り出しているが、その後、傭兵を使い始める。1970年代の終盤、ズビグネフ・ブレジンスキー国家安全保障担当補佐官が考えた作戦に基づいて編成されたサラフ主義者/ワッハーブ派やムスリム同胞団を中心とする武装勢力をソ連軍と戦う傭兵部隊として使い始める。

 イラクでの戦乱が続く中、2007年にシーモア・ハーシュはニューヨーカー誌で、アメリカ(ネオコン)、イスラエル、サウジアラビアは手を組み、シリアやイランをターゲットにした秘密工作を開始、ヒズボラが拠点にしているレバノンを攻撃すると書いている。さらに、イランにもアメリカの特殊部隊JSOCが潜入して活動中だとされている。

 その秘密工作が顕在化したのが2011年春。北アフリカで発火した「アラブの春」だ。

おそらく「プラハの春」をイメージとして取り入れたのだろうが、リビアやシリアではサラフ主義者/ワッハーブ派やムスリム同胞団、つまりアル・カイダ系武装集団を使った軍事侵略にほかならなかった。侵略の主体はアメリカ、イスラエル、サウジアラビアだが、さらにフランス、イギリス、カタールといった国々が加わる。シリアではトルコやヨルダンも参加した。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201608170000/


クリントン国務長官は、後に“アラブの春”と呼ばれるようになった、イラク占領後、2003年に、ブッシュ政権によって明らかにされた大中東プロジェクトの一環として、アラブ中東の至る所で、アメリカが資金提供した政権転覆の波を解き放つ陰謀にもどっぷり浸かっていた。

2011年、アメリカ政府が、フリーダム・ハウスや全米民主主義基金などの“人権”NGOを、いつも通り、億万長者の投機家ジョージ・ソロスのオープン・ソサエティー財団や、アメリカ国務省やCIA工作員と共謀して利用する、アメリカによる“アラブの春”の最初の標的となった三国は、ベン・アリのチュニジア、ムバラクのエジプトと、カダフィのリビアだった。
アメリカ政府による、2011年“アラブの春”による特定中東国家の不安定化の時期と標的が、公表されたばかりの機密解除されたクリントンから、私的なリビア“顧問”で友人のシド・ブルーメンソール宛の電子メールとの関係で、今や新たな意味が浮かび上がっている。ブルーメンソールは 当時のビル・クリントン大統領を、モニカ・ルインスキーや他の性的スキャンダル問題で、弾劾されることから守った一流弁護士だ。

カダフィのディナール金貨

一体なぜアメリカ政府が、ムバラクのように亡命だけで済ませず、カダフィを個人的に破壊し、殺害しなければならないと決めたのかは、多くの人々にとって謎のままだ。カダフィが、アメリカが資金提供しているアルカイダ“民主的反政府”テロリストによって、残虐に殺害されたと知らされると、クリントンは、CBSニュースで、ユリウス・シーザーの有名な言葉を、むかつくような、ふざけた言い換えをし“来た、見た、彼は死んだ”と言い放った。彼女は心から気味悪い笑いをしながら、この言葉を言ったのだ。

リビアにおける、いや、それを言うなら、アフリカとアラブ世界におけるムアマル・カダフィの業績については、欧米ではほとんど知られていない。今、国務長官として、オバマ政権の対カダフィ戦争を指揮していた時期のヒラリー・クリントン電子メールの新たな部分が公表されて、戦争の背景に、劇的な新たな光が当てられることになった。

カダフィを抹殺し、リビアの国家としての全てのインフラを破壊するというのは、ヒラリー・クリントンの個人的判断ではなかった。判断は、アメリカ金融オリガーキーの極めて高位の集団が下したものであることは今や明らかだ。彼女はこうしたオリガーキーの命令を実行する、ワシントンの政治道具の単なる一人に過ぎない。介入は、石油貿易で、ドルに置き換わる金本位制のアフリカ・アラブ通貨を創設するというカダフィの良く練られた計画をつぶすのが目的だったのだ。1971年に、アメリカ・ドルが、ドルの金兌換を放棄して以来、ドルは劇的に価値を失った。アラブとアフリカのOPEC加盟産油諸国は、1970年以来、アメリカ政府によって、アメリカ・ドルでのみ支払うよう命じられているドルのインフレが、2001年までには、2000%以上にまで跳ね上がり、石油販売で得た購買力の消滅に長いこと反対してきた。

新たに機密解除されたクリントンの電子メール中の、2011年4月2日付けのシド・ブルーメンソールから、ヒラリー・クリントン国務長官宛のメールで、ブルーメンソールは、カダフィを排除すべき理由をあかしている。不明の“高位の情報筋”の話を引用するという口実で、ブルーメンソールは、クリントンにこう書いていた。“この情報筋が入手した機微情報によれば、カダフィ政府は143トンの金と、同様な量の銀を保有している… この金は、現在の反乱以前に蓄えられたもので、リビアのディナール金貨に基づく汎アフリカ通貨創設のために使用する予定だった。この計画はフランス語圏アフリカ諸国に、フランス・フラン(CFA)に対する代替を提供するべく設計されていた” このフランス関連の部分も、カダフィ・ディナール金貨の氷山の一角にすぎない。

ディナール金貨、そして更に

今世紀の最初の十年間、サウジアラビア、カタールなどを含むアラブ湾岸OPEC諸国は、ノルウェーの石油ファンドの成功を元に、膨大な石油やガス販売による収入のかなりの部分を本格的に国家のソブリン・フアンドに向けはじめた。

アメリカの対テロ戦争、イラクとアフガニスタンでの戦争や、2001年9月以降のアメリカによる中東政策全体への不満の高まりから、大半のOPEC加盟アラブ産油諸国は、1971年8月15日に、アメリカ政府が投げ捨てた金兌換のドルの代わりに、石油価格天井知らずに上がり、ヘンリー・キッシンジャーが好んで“オイル-ダラー”と呼んだものを作り出した1970年代以来、習慣になっている、手癖が悪いニューヨークとロンドンの銀行家に任せるのではなく、石油収入の益々多くを、国が管理するファンドに振り向けるようになっている。現在のスンナ派-シーア派戦争、あるいは文明の衝突は、実際は、2003年以降の、地域における“分割して、統治せよ”というアメリカによる操作の結果だ。

2008年、益々多くのアフリカとアラブの産油諸国が国家の石油とガス収入を、国が管理するファンドに向けていることが、ウオール街とシティー・オブ・ロンドンにとって大きな懸念となった。何兆ドルもの莫大な流動性を、彼らがもはや支配できなくなる可能性があるのだ。

今にして思えば、アラブの春のタイミングは、膨大なアラブ中東の石油の流れだけではないものを支配しようとする、アメリカ政府とウオール街の取り組みと緊密に繋がっていたことが益々見えてくる。新たな主権国家資産ファンドに集積された、彼らの何兆ドルものお金を支配することも、お同じ位重要な狙いだったのだ。

ところが、最新の2011年4月2日のクリントン-ブルーメンソール電子メールで、今や確認された通り、ウオール街とシティー・オブ・ロンドンの“お金の神様”に対し、アフリカとアラブ産油国世界から、質的に新たな脅威が出現しつつあったのだ。リビアのカダフィ、チュニジアのベン・アリと、エジプトのムバラクは、アメリカ・ドルから独立した金に裏付けられたイスラム通貨を立ち上げようとしていた。私は、2012年始めに、スイス金融・地政学会議で、このプロジェクトに関する豊富な知識をもったアルジェリア人から、この計画の話を初めて聞いた。文書は当時ほとんどなく、この話は私の記憶の中で棚上げになっていた。今や、アメリカ政府によるアラブの春の凶暴性と、リビアの場合の切迫感を総体的に把握できる、遥かに興味深い構図が現れたのだ。

‘アフリカ合州国’

2009年、当時、アフリカ連合議長だったカダフィは、経済的に窮乏したアフリカ大陸に“ディナール金貨”を採用するよう提案した。

イギリスとフランスの支援を得て、NATOによるカダフィ政権破壊の法的隠れ蓑を与えてくれる国連安全保障理事会決議を得ようというアメリカの決断に先立つ数ヶ月間、ムアマル・カダフィは、アフリカの産油諸国とアラブのOPEC加盟諸国が、世界市場において、彼らの石油販売に使用するはずの、金に裏付けられたディナール創設を組織していた。

ウオール街とシティ・オブ・ロンドンが、2007年-2008年金融危機で、ひどく厄介な状態にあった時に、もしもそういうことが起きていれば、ドルの準備通貨としての役割に対する影響は、深刻というだけでは済まされなかったはずだ。アメリカ金融覇権とドル体制にとって、弔いの鐘となっていたはずだ。膨大な未探査の金や鉱物資源を誇る世界で最も豊かな大陸の一つアフリカは、何世紀にもわたり、意図的に、低開発のまま留め置かれたり、発展を阻止するための戦争にさらされたりしてきた。国際通貨基金と世界銀行は、ここ数十年、アフリカの本当の発展を抑圧するための、アメリカ政府の道具だ。

カダフィは、アフリカ連合のアフリカ産油諸国や、イスラム教諸国に、ディナール金貨を主要通貨と為替手段とする同盟に参加するよう呼びかけていた。各国は、石油や他の資源を、アメリカや他の国々に、ディナール金貨でのみ販売することになるのだ。2009年、アフリカ連合の理事長だったカダフィは、アフリカ連合加盟諸国の会議で、リビア・ディナールと、ディルハム銀貨を、アフリカの石油を世界が購入できる唯一の通貨として使用するというカダフィ提案をした。

彼らの石油に対する、アラブOPEC諸国の主権国家資産ファンドと共に、他のアフリカ産油諸国、特にアンゴラとナイジェリアは、2011年のNATOによるリビア爆撃の当時、自分自身の国有石油の主権国家資産ファンドを作る方向で動いていた。カダフィのディナール金貨という考え方と結びついた、こうした主権国家資産ファンドは、イギリス・ポンド、フランス・フラン、ユーロ、あるいはアメリカ・ドルであれ、植民地的な通貨支配からの独立というアフリカの長年の夢を、現実のものにしていたはずなのだ。

彼が暗殺された当時、アフリカ連合の議長として、カダフィは、共通の金貨を持った、主権あるアフリカの諸国の連合、アフリカ合州国計画を推進していた。2004年、53カ国が参加する汎アフリカ議会は、2023年までに単一の金貨を持ったアフリカ経済共同体計画を立てていた。

アフリカの産油諸国は、オイル-ダラーを破棄し、彼らの石油とガスに対する、金による支払いを要求することを計画していた。参加国としては、エジプト、スーダン、南スーダン、赤道ギニア、コンゴ、コンゴ民主共和国、チュニジア、ガボン、南アフリカ、ウガンダ、チャド、スリナム、カメルーン、モーリタニア、モロッコ、ザンビア、ソマリア、ガーナ、エチオピア、ケニヤ、タンザニア、モザンビーク、コートジボワール、更に、新たな大規模石油埋蔵を発見したばかりのイエメンがあった。アフリカのOPEC加盟諸国、四カ国-アルジェリア、アンゴラ、ナイジェリア、巨大産油国で膨大な天然ガス埋蔵量を誇るアフリカ最大の天然ガス生産国と、最大の埋蔵量を持つリビアも-新たなディナール金貨制度に参加する予定だった。

カダフィに対する戦争で、アメリカ政府から前衛役を振り付けられていたフランスのニコラ・サルコジ大統領が、リビアは世界の金融の安全に対する“脅威”とまで呼んだのも何ら不思議ではない。

ヒラリーの‘反政府派’中央銀行を創設

カダフィを破壊するためのヒラリー・クリントンの戦争の最も奇妙な特徴の一つは、石油豊富なリビア東部のベンガジでアメリカが支援した“反政府派”、戦闘のさなか、彼らがカダフィ政権を打倒できるどうかはっきりするずっと前に、“亡命中の”欧米式中央銀行を設立したと宣言した事実だ。

反乱が始まってわずか数週の内に、反乱指導部は、カダフィの国営通貨庁を置き換える中央銀行を設立したと宣言した。反政府派委員会は、捕獲した石油を売るための彼ら自身の石油会社の創設に加え、“ベンガジ中央銀行を、リビア通貨政策を行う資格を有する通貨当局として認め、リビア中央銀行総裁を任命し、ベンガジに暫定本部を設置する”と発表した。

戦闘の結果が明らかになる前に、金に裏付けされたディナールを発行していたカダフィの主権ある国立銀行におきかわる欧米風中央銀行創設という奇妙な決定について発言して、ロバート・ウェンツェルは、経済政策ジャーナル誌で“民衆蜂起から、わずか数週間で作られた中央銀行など聞いたことがない。これは単なる寄せ集めの反政府派連中が走り回っているだけでなく、かなり高度な影響力が働いていることを示唆している”と言っている

今やクリントン-ブルーメンソール電子メールのおかげで、こうした“かなり高度な影響力”は、ウオール街と、シティー・オブ・ロンドンとつながっていたことが明らかになった。2011年3月に、アメリカ政府によって、反政府派を率いるべく送り込まれた人物ハリファ・ヒフテルは、カダフィの主要な軍司令官をつとめていたリビアを去った後、それまで20年間の人生を、CIA本部からほど遠からぬバージニア州の郊外で暮らしていた。

もしカダフィが、エジプトやチュニジアや他のアラブのOPECと、アフリカ連合加盟諸国とともに- ドルではなく、金による石油販売の導入を推進することが許されていれば、世界準備通貨としてのアメリカ・ドルの未来にとってのリスクは、明らかに金融上の津波に匹敵していただろう。

新たな黄金のシルク・ロード

ドルから自立したアラブ・アフリカ金本位制度というカダフィの夢は、不幸にして彼の死と共に消えた。ヒラリー・クリントンの身勝手な“保護する責任”論によるリビア破壊の後、現在あるのは、部族戦争、経済的混乱、アルカイダやダーイシュやISISテロリストによって引き裂かれた修羅場だ。カダフィの100%国有の国家通貨庁が持っていた通貨主権と、それによるディナール金貨発行はなくなり、ドルに結びつけられた“自立した”中央銀行に置き換えられた。

こうした挫折にもかかわらず、今や同様な金に裏付けされた通貨制度を構築すべくまとまっている国家の全く新たな集団は実に注目に値する。それぞれ世界第三位と、第一位の産金国であるロシアと 中国が率いる集団だ。

この集団は中国の一帯一路・新シルク・ロード・ユーラシア・インフラストラクチャー大プロジェクト建設と結びついている。これには、世界の金取引の中心として、シティー・オブ・ロンドンと、ニューヨークに置き換わるための中国による極めて確固たる措置である中国の160億ドルのゴールド開発基金も関わっている。出現しつつあくユーラシア金本位制度は、今やアメリカ金融覇権に対する、全く新たな質の挑戦になっている。このユーラシアの挑戦、その成功あるいは失敗が、我々の文明が生き残り、全く異なる条件のもとで繁栄できるようにするのか、あるいは破綻したドル体制と共に沈むのかを決定する可能性が高い。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-cc58.html




111. 中川隆[7267] koaQ7Jey 2017年3月22日 07:34:24 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7739]


巨悪の根源、アメリカにノーを突き付けたフセイン 2002年 7月


こんなことを書いても、「独裁者の下、秘密警察だらけのイラクで、まさか?」と思う人も多いと思うけれど、イラクに行く度に、世界の中で、こんな平和で美しい都市があり、苛酷な条件下でも、こんなに優しい人々がいるのだ、「生きていてよかった」と逆にこちらが励まされることが多い。

六月十七日の朝日朝刊に「米大統領、フセイン大統領暗殺容認」の記事が出ていた。声高にテロ撲滅を叫び、テロ支援国とかってに決めた国々を核攻撃で脅している本人が他国の指導者の暗殺を命じている。まるでブラックジョークであるが、そんな大統領に忠誠を誓い、共同軍事行動に踏み込もうという首相がいるなら、その顔を見たいものだ。

 筆者の考えでは、アメリカはフセイン大統領を亡き者にしようと焦っていることは間違いないが、アメリカに楯突くイラク国民をジェノサイドしてしまおうと目論んでいることもまた事実である。

今、週刊『金曜日』に本多勝一氏が連載で書いているように、あの湾岸戦争で、アメリカは、電力や貯水場などの生活に重要なインフラの破壊に重点におき、非戦闘員、とりわけ、女性や子供を標的にした学校、病院、シェルターなどをピンポイント爆撃したのも、地球の寿命ほど長く放射能の被害をもたらす劣化ウラン弾を投下したのも、そうしたフセイン大統領と一体となってアメリカに反抗するイラク国民自体の絶滅を目指してためであろう。

第二次大戦中の沖縄戦や、東京大空襲はじめ日本本土の焦土化作戦、広島、長崎への原爆の投下もさらに、ベトナム戦争、アフガン空爆その他の第三世界への干渉戦争は、兵器産業や巨大石油資本の営業部のブッシュ政権が受け継いでいる伝統的覇権主義の発露であろう。


筆者がバグダードの国際連帯会議に出席していた五月一日には、フセイン大統領が昨年出版し、ベストセラーとなった小説『ザビーバと王』が、パレスチナ生まれの詩人アディーブ・ナシールにより戯曲として脚色され、ラシード劇場で上演されていた。フセイン大統領はさらに小説を二つ、『難攻不落の砦』と『男たちと都会』も発表している。

 何はともあれ、西欧のメディアで描かれているサダム・フセイン像と大分違う。

 大統領の誕生祝いに参加した青年男女、市民の表情は、複雑な国内の宗派、民族の相違を克服して、幼稚園から大学まで無料、医療費もほとんど国庫負担、住居その他民生の向上に力をそそぎ、今日、アメリカに膝を屈しない国にまで育て上げたことへの感謝の気持ちを伝えようという熱気がうかがわれていた。そして、イラクに対するアメリカの不当な抑圧政策のへの怒りがその心の底にマグマのように燃えているからであろう。

 筆者が感銘しているのは、発展途上国では類のない児童文化の育成に力を尽したり、識字運動への熱意で、ユネスコから過去に二回も表彰されている。

 実は、この先頭に立ったのは外ならぬサダム・フセイン大統領である。それは何故か。それは、生まれた時にすでに父親は他界しており、はじめ小学校にも満足に入れなかった幼い日の悔しさがあるようだ。その背景に苛酷なイギリスの植民地政策があった。彼の貪欲な読書欲、そして祖国再興への使命感は、イラク人に共通する国民性であろう。
http://www.kokuminrengo.net/old/2002/200207-inter-ab.htm

2011年10月1日 米国にとって鳩山由紀夫とフセインとカダフィは同じ極悪人


アメリカにとって、イラクのサダム・フセインとリビアのカダフィ大佐はアメリカに敵対する極悪人のような存在だった。そして、実はアメリカの目で見ると日本の鳩山由紀夫氏もまったく同列の極悪人に見えていた可能性がある。

確かに強面(こわもて)のフセインとカダフィに比べて、我らが鳩山由紀夫氏はどこか頼りない印象でもあるが、アメリカは外見で彼らを見ているのではない。思想と行動で彼らを見ている。

そして、アメリカは彼らに共通項を見出し、明確に敵として認識した可能性が高い。


白アリに国家を食い荒らされているアメリカ

「強いドル」とはアメリカの政治家がよく口にするセリフである。アメリカにとっては世界を支配している象徴が基軸通貨としてのドルであり、決済手段としてのドルである。

ところが、2008年9月15日のリーマン・ショック以降、アメリカは目に見えるほどのスピードで急激に衰退が顕著になってきていて、それと平行して基軸通貨としてのドルの信認が揺らいでいる。

アメリカは、本当ならば2008年のリーマン・ショックでグローバル経済は破綻してもおかしくないような崖っぷちにまで追い込まれた。必死に破綻を回避して現在に至っているが、世界がアメリカを見る目がどんどん厳しくなってきている。

アメリカは2011年7月に累積債務の上限引き上げ問題に紛糾して、危うく国家破綻(デフォルト)する寸前にまで追い込まれた。

オバマ政権はタイムリミットぎりぎりの段階で何とかそれを回避したが、赤字削減学が低いとして今度は米国債の格下げで市場を動揺させることになった。

家の中で白アリが見つかると、その家の柱は食い荒らされて脆弱になっている可能性がある。

今のアメリカは莫大な負債という白アリに国家を食い荒らされている。

その結果、州財政が破綻していく問題であったり、失業率が高止まりしている問題であったり、FRBが莫大な不良債権を抱えて身動きできなくなっている問題であったり、米国債が格下げされる問題が、次から次へと噴出しているのである。

それぞれの問題を応急処置のように対処しても、もう間に合わないところにまで来ている。

そして、これらの出来事のひとつひとつが、ドルの衰退を示唆するものになってしまっている。

アメリカが覇権国家でいられたのは、世界で唯一ドルを印刷できる国だからである。ドルが信用されなくなってしまうと、アメリカは死ぬ。

だから、必死になってドルの価値を守るしかアメリカは生き残れない。

ドルを守る=ドル防衛のために、アメリカは何だってするだろう。死に物狂いになって、ドル離れを食い止め、ドルの前に立ちふさがる敵は徹底的に破壊しようとするはずだ。

「基軸通貨としてのドルを守るためにアメリカは死に物狂いである」という姿をまず、私たちは切実に意識しないとならない。


ドル防衛のために何でもするアメリカ


通貨基軸としてのドルの信頼低下

アメリカは大きな問題を抱えており、世界中がそれを認識している。その結果起きているのが米国債とドルの信頼低下である。

特に、通貨基軸であるドルはここ数年でどんどん価値を減退させており、それが日本では円高ドル安として認識されている。

実は、このドルの信頼低下がすべての問題を引き起こしているのである。

今までドルに変わる通貨基軸などないと世界は認識していた。しかし、今では世界中が「アメリカが国家破綻したらドルが紙切れになってしまう」という危惧を持っている。

国連までもが、米ドルが通貨基軸としての信認を失ってグローバル経済そのものがリクスにさらされているという見方を表明している。2011年5月25日のことだった。


国連が米ドル信頼の危機を警告、今年の日本の成長率予測を引き下げ

国連は25日、昨年12月に出した「世界経済情勢と見通し2011」の中間見直しを発表し、米ドルの主要通貨に対する価値が下がり続ければ、米ドルに対する信頼の危機、さらには米ドルの「崩壊」が起こりかねないと警告した。

中間報告は、主要通貨バスケットに対するドル相場が1970年代以来の水準に低下したことを挙げ、このトレンドの一因に、米国とその他主要国との金利差、米の公的債務の維持可能性に関する懸念の高まりがあると指摘。

「(予想される)外貨準備の一段の価値低下が起これば、それをきっかけに準備通貨としての信頼の危機が生じ、国際金融システム全体がリスクにさらされる」とした。

IMFと言えば、2009年3月25日、ドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)専務理事はこのようなことを言っていた。

「米ドルに代わる新たな基軸通貨の創設に関する議論は合理的であり、今後数か月以内に実施される可能性がある」「新たな基軸通貨について議論することは全く道理にかなっており、数か月以内に協議が行われるだろう」

2008年 リーマン・ショック、アメリカ経済崩壊
2009年 ストロスカーン、米ドル以外の基軸通貨示唆
2010年 ギリシャ危機、勃発
2011年 5月、ストロスカーン、レイプ疑惑で逮捕

ここで覚えておきたいのは、ドミニク・ストロスカーン氏は明確に米ドルに変わる基軸通貨が必要だと主張していたことだ。アメリカにとってストロスカーンは、「とんでもない男」に見えていたに違いない。

アメリカの見方は2011年5月に世界が共通認識することになった。ストロスカーンは「レイプ魔だった」のである。


レイプで逮捕されたドミニク・ストロスカーンIMF専務理事


アメリカの決死のドル防衛

ドルの通貨基軸としての地位が揺らいでいるのが今のアメリカの状況である。

アメリカの当面のライバルになるのはユーロだが、このユーロは実は2006年には紙幣供給量がドルを超えており、アメリカにとっては非常に危険なライバルになった。

ユーロ紙幣は2002年に紙幣の流通を開始しているのだが、イラクのサダム・フセイン政権は石油の決済をドルからユーロへ変更すると言い始めてアメリカと鋭く対立するようになり、崩壊していった。

1999年 決済用仮想通貨としてユーロ導入
2000年 フセイン、石油の通貨をユーロに変更
2001年 アメリカ9.11同時多発テロ事件
2002年 1月1日ユーロ紙幣流通開始
2003年 フセイン政権、崩壊


アメリカの敵として葬られていったサダム・フセイン

中東GCC(湾岸協力会議)でも、原油のドル決済をやめて、中東独自の通貨「カリージ」を作って、それで決済をする方向が2008年あたりに決定した。

しかし、そのあとにアメリカと鋭く対立するようになり、2009年にはドバイ・ショックで中東湾岸諸国が危機に陥っていった。そして今、湾岸諸国は通貨どころか、国家存続の危機に立たされている。

2008年 リーマン・ショック
2008年 GCCによる中東独自通貨の導入決定
2009年 ドバイ・ショック
2010年 アメリカによるカリージ延期要請
2011年 中東諸国、暴動・デモで全面崩壊

アフリカでもドルに変わる通貨としてアフリカ共同体の共通通貨をアフリカ連合が画策していた。特に中心となったのがリビアのカダフィ政権である。

しかし、これもカダフィ政権が崩壊したことによって恐らく延期、もしくは中止になっていく可能性もある。

2002年 アフリカ連合(AU)発足
2008年 リーマン・ショック
2009年 AU総会議長にカダフィ大佐就任
2010年 アフリカ共通通貨構想の現実化
2011年 1月、北アフリカ諸国、次々と崩壊
2011年 8月、リビアのカダフィ政権、瓦解


アフリカ共通通貨を主張していたカダフィ大佐


イランは2007年にやはりフセイン政権と同じく石油の決済をドルからユーロへと変更している。

しかし、アメリカはイランを厳しい経済制裁を2007年に課して、事実上、イランの石油が国際市場で販売できないようにしてしまっている。

ユーロ決済云々の前にイランは石油販売ができないのである。イラン攻撃についてはずっとアメリカで検討されていたが、いまだそれは行われていない。

イランは強国であり、いったん攻撃となるとアフガンやイラクのようにすぐに終わらない可能性がある。しかし、アメリカはそれをする計画を立てていた。

ところが、2008年9月にリーマン・ショックが起きて、もうアメリカはそれどころではなくなった。

2005年 アフマディ・ネジャド政権発足
2007年 石油決済をドルからユーロへ変更
2007年 アメリカによるイラン経済制裁
2007年 イランの石油は国際市場では販売禁止
2008年 アメリカ、イラク攻撃を計画
2008年 リーマン・ショック。アメリカ経済危機

イランは首の皮一枚で生きながらえている。偶然にそうなったのか、それとも最後の手段で残しているのかは分からない。


アメリカにとって非常に危険な男、イラン・アフマディネジャド大統領


日本が沈んで行った理由

ちなみに、共通通貨についてはアジアでも検討されていて、これを強力に推進しようとしていたのが鳩山由紀夫氏だった。


鳩山代表、「アジア共通通貨」を提唱

次期首相候補の鳩山由紀夫(Yukio Hatoyama)民主党(DPJ)代表が、10日発売予定の月刊誌「Voice」で、アジア地域の経済的および政治的な連携強化に向けた、アジア共通通貨の創設を提唱した。

出版社から入手した論文によると、鳩山氏はアジア共通通貨について、世界的な金融危機が将来起きた場合の衝撃を回避し、地域の政治的対立を軽減することに役立つと述べた。さらに、鳩山氏は、アジア地域において経済協力と安全保障のルールをつくりあげていくべきだと述べた。

もし、アジアに共通通貨ができあがったら、アジアの経済規模からしてドルの通貨基軸としての地位は完全に崩壊してしまうのは間違いない。

これはアメリカにとっては非常に危険な動きだった。端的に言うと、アメリカにとって、鳩山由紀夫はフセインやカダフィと同じくらいの極悪人だったことになる。


アジア共通通貨を提唱した鳩山由紀夫

そのせいなのかどうかは知らないが、結果的に言うと、アジア共通通貨を提唱した日本は現在、崩壊の危機に瀕している。

2008年 リーマン・ショック、アメリカ経済危機
2009年 鳩山氏、アジア共通通貨創設を提唱
2009年 民主党政権発足
2010年 鳩山由紀夫氏、失脚
2011年 東日本大震災、福島原発爆発

もちろん、2011年の東日本大震災、福島原発爆発は「偶然」起きた災害なのでアメリカが関係しているわけではない。アメリカは「トモダチ」作戦で助けてくれたではないか。

しかし、この震災によって、もはや日本はアジア共通通貨どころではなくなってしまったのは確かだ。

ちなみに、「ドル基軸通貨見直し論」は中国からも出てきている。これは周小川人民銀行(中央銀行)行長が2009年3月23日に「国際通貨システムに関する考察」と題する論文を発表したものが下敷きになっている。


周小川論文の波紋、中国から「ドル基軸通貨見直し論」
周小川人民銀行(中央銀行)行長は、3月23日、人民銀行のホームページに「国際通貨システムに関する考察」と題する論文を発表した。この内容は、ドルを国際基軸通貨とする現行の国際通貨システムには欠陥があり、ドルの代わりに国家主権を超越した新基軸通貨を創造すべきであり、当面はIMFの特別引出権(SDR)を活用すべきというものであった。

この論文に対し、英国タイムズは、「中国のドルに対する挑戦である」と論評し、米国オバマ大統領は、「私は(新たな)基軸通貨を創造する必要があるとは考えない」と反発した。しかし、国連の専門家チームのリーダーでノーベル経済学賞の受賞者でもあるスティグリッツは、これを支持している。

何度も言うが、ドルが基軸通貨でなくなった瞬間にアメリカは崩壊する。したがって、中国が「敵」になるのであれば、アメリカは容赦なく中国を破壊して回るだろう。


中国の将来にとても危険な発言をしていた周小川氏

アメリカが最終的に中国を破壊するのは、可能性としてゼロではない。中国がどのように破壊されるのかは、日本にとっては他人事ではないのは言うまでもない。(日本が完全に破壊され、二度と復活できない暗黒時代が来る)

アメリカが必死になってドル防衛をしている姿が世界中のあちこちで見て取れる。

ドル通貨基軸を揺るがす最大のライバルがユーロなのだとすると、当然今回のユーロ崩壊劇もアメリカの謀略が裏にあると考えていいだろう。

ギリシャの累積債務問題は、元はと言えばゴールドマン・サックスがギリシャ政府にアドバイザーとして入り込んでから始まったとも言われている。

ユーロが安定すると常にギリシャ危機が再燃する仕掛けになっていく。格下げのタイミングも絶妙だ。

最終的にユーロはどうなっていくのか。ユーロがドルを揺さぶる潜在的な危険性を持つ限り、ユーロの将来は極めて暗いと言ってもいいのではないだろうか。

なぜか。アメリカがそれを許さないからである。
http://www.bllackz.com/2011/10/blog-post.html

2011年10月24日月曜日


カダフィが死んで高笑いするヒラリーと八方美人外交の日本

欧米はアジア・アフリカを侵略し、植民地支配し、その富を奪うことで豊かになったという歴史がある。つまり、暴力で豊かになってきたという歴史が刻まれている。

暴力と成功体験がリンクしているのである。だから、根本的なところで暴力的であることが悪いとは思っていない。特にアメリカは建国史から暴力にまみれているのでそういう傾向が強い。

もちろん、暴力的であることが世界に支持されるとはアメリカも思っていないので、そこでアメリカが取ってつけた錦の御旗が「正義」である。どこかの国を「悪」に仕立て上げて、「悪を倒す」という名目で暴力を振るいに行くのである。


来た、見た、死んだ

なぜ暴力を振るうのかというと、そこの土地の指導者をいいように操ってその国の国富を収奪するためだ。だから、アメリカは「いざとなったら暴力がモノを言う」ことを否定していない。

その体質は、今回のリビアのカダフィ大佐が血まみれになって引きずり回されて殺されたのを見て、ヒラリー・クリントンがカエサル気取りで大喜びするのを見ても分かる。


"We came, we saw, he died"
(アメリカは来た、見た、カダフィは死んだ)

そういって、ヒラリー・クリントンは自分がプロポーズされたかのように屈託なく喜び、心から笑っているのが分かるはずだ。

別に私もカダフィが死んで悲しいとも思っていないが、これほどまで単純に喜べるわけでもない。

むしろ、これからリビアは収拾がつかない混乱に陥ることになるのは分かっている。喜ぶべきものではないはずだが、アメリカの戦略が一歩進んだことに、ヒラリーも喜びを隠せなかったのだろう。


捕獲され、死にゆくカダフィ大佐の最期の姿


カダフィが死んだと聞いて、心から喜ぶヒラリー・クリントン

何度も書いているが、アメリカは国家戦略の中に暴力を埋め込んでおり、世界中のどこの国も、アメリカの暴力から逃れられない。

言うことを聞かない国は叩きつぶせ(米軍)
相手が悪ならば、自分はそれ以上の悪になれ(CIA)
叩きつぶせないなら手を結べ(米政権)


アメリカの暴力哲学

アメリカの暴力哲学は歴史上、ほぼ一貫して行われていることは誰でも知っている。そもそも世界最大の軍需産業はすべてアメリカに集中している。

ロッキード・マーチン、ボーイング、レイセオンを筆頭として、そこにぶら下がる無数の企業がアメリカを支えている。

ノースロップ・グラマン、ユナイテッド・テクノロジー、ゼネラル・ダイナミックス、ハネウェル、アライアント、ロックウェル・コリンズ、L3コミュニケーションズ。

これらの企業はアメリカの雇用を支えると同時に、多くの政治家を排出して、アメリカの暴力を支えている。だから、アメリカの政治が暴力と縁が切れないのは当然のことである。

雇用を支える必要があるから、暴力は正当化される。その暴力正当化の歴史が長かったので、それがアメリカのDNAになっているとも言える。

だから、アングロサクソンがアメリカ大陸に「侵略」して、ネイティブ・アメリカン(インディアン)を根絶やしに侵略し、虐殺し、絶滅品種に追いやったのは「正当化」される。

また、日本に原爆を落として一瞬にして20万人の人々を焼き殺したのも「正当化」されている。

ベトナムではナパーム弾、絨毯爆撃、枯葉剤と、おおよそ考えられる非人道的な皆殺し作戦を実行していた。

湾岸戦争では劣化ウラン弾を使用して現地を放射能まみれにした。すべて「正当化」されていて謝罪の言葉は聞いたことがない。

また、イラク・アフガン・パキスタンで、大量虐殺が発生していても、それが正義のためであると喧伝された上に「正当化」されている。これらの国の市民が誤爆や誤射で何人死のうが同じだ。

ヨーロッパのほうも南米やアフリカを激しく収奪してきた。現在のアフリカの問題、中東の問題、イスラエルの問題は、すべてイギリスやフランス等が種をまいたと言っても過言ではない。

リビアの空爆はNATO軍が行った。多くの市民が死んでいったが、ここでの暴力は「正当化」されている。カダフィの死も、アメリカの正義戦略の中で行われて目的が達成された。

ヒラリー・クリントンの高笑いは、アメリカの暴力がまたひとつの国を崩壊させたという満足感の現れである。


リビアの反政府軍はアメリカのカダフィ排除戦略に乗っている。
http://www.bllackz.com/2011/10/blog-post_24.html



112. 中川隆[7282] koaQ7Jey 2017年3月23日 07:08:43 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7754]

2016年11月4日
今回は、ヒラリー・クリントンなる人物が、アメリカの国務長官として何をしてきたかを、まず調べてみることにします。

    *

 さて「国務長官」というと、まるでアメリカの国内行政における最高責任者のように聞こえてきますが、実は日本の「外務大臣」にあたる外交政策の責任者です。
 アメリカの「防衛省」は、今は「防衛総省」(別名ペンタゴン)と言っていますが、かつては「戦争省」と言っていました。

 日本では「陸軍省」と誤訳(意図的?)されていますが、第2次大戦が終わる前までの正式名称は、「United States Department of War」すなわち「アメリカ戦争省」でした。

 まるで外国にたいして侵略戦争をし続けてきたアメリカの歴史を象徴するような名称ですが、アメリカにとって軍事力による外交=戦争は、内政よりも重要な「国務」であったからこそ、「外務省」を「国務省」(United States Department of State)と名付けたのかも知れません。

 アメリカ軍人として伝説的な英雄スメドレー・バトラー将軍は、退職したあと自分が軍人として果たしてきた役割を振り返って『戦争はペテンだ』という著書を著し、そのなかで、右のような事情を、次のように述べています。

 「私は、大企業、ウォール街、銀行、お偉方の用心棒として時を過ごした。
要するに私は資本主義に奉仕する恐喝者でありギャングの一員だった」

「私はウォール街の利益のために中米の六つの共和国の略奪を手伝った。恐喝の記録は長い」

「ギャングの親玉アル・カポネがやれたのは、せいぜい三つの地区のボロ儲けの口を操っただけのことだ。私なんか3大陸を操ったんだ」
(『肉声でつづる民衆のアメリカ史』上巻442頁)


 このスメドレー将軍のことばは、アメリカ外交の本質を赤裸々に暴露しているのではないでしょうか。

    *

 それはともかく、ブッシュ氏が大統領になったとき、「9・11事件」を口実にアフガニスタンを爆撃し、それをイラクへの侵略戦争に拡大したのですが、それでもアメリカによる戦争は中東の小さな範囲にとどまっていました。ところがオバマ大統領とヒラリー国務長官のもとで、戦火は一気に地中海沿岸の北アフリカ(リビアの内戦)や東ヨーロッパ近辺(ウクライナやシリアの内戦)にまで拡大しました。

 それどころか、今まではブッシュ大統領が表立って手出しをしなかった中南米にまで手を出してクーデター工作をおこなうようになりました。このような戦争やクーデターの拡大に深く関わってきたのが、ヒラリー国務長官でした。

 いま深刻な人道危機をもたらしているシリアの内戦について、ヒラリー女史が「リビアと同じような飛行禁止区域をもうけるべき」だと強く主張していることは前回の拙稿で紹介したとおりです。

 アサド政権の要請でロシアが本格的にイスラム原理主義集団の掃討作戦に乗りだし、彼らの拠点を空爆し始めてからは、ダーイッシュ(今まではISISとかイスラム国と呼ばれていた)などのイスラム原理主義集団諸派は、負け戦です。

 サウジを中心とする湾岸諸国が資金と人員を供給し、アメリカやNATO諸国が(さらにイスラエルも)裏で、武器や特殊部隊を派遣して軍事訓練をしてきたにもかかわらず、この状態なのです。

 アメリカの基本戦略は、あくまでアサド政権の転覆です。そのためにはロシア軍の空爆をやめさせる必要があります。ロシア軍の空爆はアサド政権の正式な要請によるものですから、国際法に則った行為ですが、イスラエルやNATO諸国(トルコも含む)のシリア領内における空爆は領空侵犯になりますから、どうしてもリビアの時と同じような「飛行禁止区域」の設定が必要になります。

 これを強く主張しているのが、先述のとおり、ヒラリー女史です。

 しかし、ロシアは安全保障理事国ですから今のままでは国連の許可を得ることができません。残された道は、偽の人道危機をつくりだして、「ロシア軍やアサド軍は民間人を無差別に殺傷している」とか、「彼らは化学兵器を使っている」とかの口実で、世論を喚起して彼らを押さえ込む以外にありません。

 他方、ロシアの主張は次のとおりです。

 「リビアでは『独裁者カダフィが自国の民衆を無差別に爆撃して大量の死傷者を出している。だから飛行禁止区域を』という口実で、カダフィはイスラム原理主義集団と戦う手段を奪われてしまった。その結果、何が生まれたか。国土の荒廃と大量の難民だった。同じことをシリアでも繰りかえすつもりか」
    *
 シリアになだれ込んでいるイスラム原理主義集団は、サウジを中心とした湾岸諸国からだけでなく、ロシアのチェチェンや中国の新疆ウイグル地区といったイスラム教徒が多い地域からも流入してきています。彼らはロシアや中国を不安定化させる勢力としてCIAが以前から訓練してきた勢力だと言われています。

 ですから、シリアが内戦で崩壊した場合、そこで勝利したイスラム原理主義集団は、次の攻撃目標として、ロシアや中国に還流し、ロシアや中国を不安定化させることに最大の精力を注ぎ込むことになるでしょう。

 今やEUとアメリカに対抗する勢力として経済的にも軍事的にも対抗する大国になりつつある動きを、アメリカとしては何としても阻止しなければなりません。

 BRICsという興隆しつつある経済共同体の中心がロシアと中国だから、これはなおさら、アメリカにとっては放置できない事態です。

 だからこそ、ロシアと中国を不安定化させることが必要なのです。

 かつて中東一円からイスラム原理主義集団(ビンラディンもその中の一人でした)をかき集めてソ連をアフガニスタンに引きずり込み不安定化し崩壊させた方法を、シリアでもやろうというわけでしょう。

    *

 しかし、これはロシアや中国にとっても座視できない重大事です。

 ロシアと違って、中国は表立ってシリアに味方しては来ませんでしたが、最近、中国も、アサド政権を支えるために、裏で大きく動きはじめていると言われるのも、このような情勢から見ると当然のこととも言えます。

 ですから、ヒラリー女史が「シリアに飛行禁止区域を!」と大声で叫び、「ロシアやシリアが言うことをきかないのであれば軍事力の行使もいとわない」と主張することは、世界大戦になることを意味します。

 この戦いは、NATO諸国やサウジなどの湾岸諸国と一緒になって、アメリカが、ロシア=シリア=イラン=中国といった勢力と、軍事力で戦うことになるからです。

 前回の論考で述べたことですが、イギリスの高級紙インデペンデントだけでなく、ヒラリー女史の自叙伝を書いたディアナ・ジョンストンなどが、イタリアの新聞インタビューで

「クリントン氏の大統領選の勝利は、第3次世界大戦の勃発も含め予想外の結果をもたらす可能性がある」

と語っているのも、このような背景をふまえてのことだと、私は理解しています。

    *

 ここで、もうひとつ考えておかねばならないことは、ロシアの軍事力はシリアにおける原理主義集団との戦いで明らかになったように、通常兵器ではアメリカ軍をはるかに凌駕しているということです。

 ですから、アメリカ軍がロシア軍や中国軍と戦って本気で勝つつもりならば、残されている手段は核兵器による先制攻撃しかありません。

 しかも集団的自衛権でアメリカに縛られることになった日本も、否応なしに、この核戦争に巻き込まれるかも知れません。

 しかし、いったん核戦争が起きれば、生き残れる国はほとんどないでしょう。今は、それほど深刻な事態なのです。

    *

 話が少し横道にそれたので、クリントン女史に話を戻します。

 ロシアはヒラリーの主張する「飛行禁止区域の設定」について、「シリアをリビアのように破壊して、再び大量の死傷者を出し、EU全土を更なる難民であふれさせようとするのか」と怒っているわけですが、このリビア内戦にヒラリーは、どのようにかかわっていたのでしょうか。

 2016年10月20日は、リビアの元首だったカダフィ大佐が、アルカイダの一派に惨殺されて5周年になる日でした。

 カダフィが殺されたとき、ヒラリー女史は国務長官として、NATO軍のリビア攻撃を指揮・監督する立場にいたのですが、カダフィ惨殺の報が届いたときCBSのインタビューの中で

「来た・見た・死んだ」"We came, We saw, He died"

と、身振り手振りをまじえて、嬉しげに言っています。

 この言葉は、共和制ローマの将軍カエサル(日本ではシーザーとして知られている)が言ったとされることば「来た・見た・勝った」をもじったものですが、その嬉しげに語っている映像がユーチューブに流れ、ヒラリー女史の冷酷さ・好戦性を浮き彫りにするものとなりました。

    *

 では、リビアとはどのような国で、カダフィとはどのような人物だったのでしょうか。

 元財務省高官(財務次官補)で、かつウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者だったポール・グレイグ・ロバーツ氏は、このカダフィ惨殺五周年の日に、自分のブログで、それを次のように書いています。

 「ムアマル・カダフィは、世界で最も進歩的な指導者だった。カダフィはリビアの石油の富をリビア国民のために使っていた。

 彼は宮殿ではなく、立派なテントではあるが、テントで暮らしており、アメリカ政府の中東同盟国であるサウジアラビアや産油首長国支配者一族につきものの、ヨーロッパ高級車や他のあらゆる身の回り品のコレクションを持っていなかった。

 リビアでは、教育・医療・電力は無料だった。ガソリンは事実上無料で、1リットル14セントで売られていた。子どもを産んだ女性は現金の助成金を貰い、カップルが結婚すると現金の助成金が貰えた。リビアの国営銀行は無利子で融資し、農民には無償で開業資金を供与した。」


*Hillary's War Crime
「ヒラリーの戦争犯罪」

    *

 ロバーツ氏はこれらの事実を、グローバル・リサーチという独立メディアに載せられた「リビア:知られては困る、カダフィに関する10の事実」という小論に依拠しながら書いているのですが、日本では全く紹介されていない事実ばかりです。

 このロバーツ氏が依拠した小論には、カダフィが計画していた世界最大の灌漑施設の地図も載せられていて、驚かされました。カダフィの言う「緑の革命」は単なる夢想ではなかったのです。

 しかし日本で紹介されているカダフィ像は、アメリカ政府から流れてきた情報にもとづいた「自分の国民を冷酷に支配する独裁者」という悪魔化されたものばかりでした。


*Global Research
"Libya: Ten Things About Gaddafi They Don't Want You to Know"
「リビア:知られては困るカダフィ10の事実」

    *

 では、上記のような理想国家をつくろうとしていたカダフィ政権を、なぜアメリカとNATOは倒そうとしたのでしょうか。それをロバーツ氏は、先の引用に続けて次のように書いています。

 「カダフィがアメリカ政府から自立していたことが彼の没落をもたらしたのだ。若い頃のカダフィの目標は、アラブを欧米の略奪に抵抗できる一つの連合に組織することだった。

 それが思うように進展しないことにいらだった彼は、汎アフリカ主義に向かい、アメリカのアフリカ軍に参加するのを拒否した。また彼は、ドルではなく金をもとにしたアフリカ統一通貨を導入ようとした。そうすればアフリカをアメリカの金融覇権から解放できるからだ。

 カダフィは、中国のエネルギー企業にリビアのエネルギー資源を開発させた。以前から地中海におけるロシアの存在に腹を立てていたアメリカ政府は、今や中国の存在にも向き合わねばならなくなった。だからアメリカ政府は結論を出した。カダフィは悪い連中と付き合っているので退陣させるべきだと。」

    *

 私は今まで、アメリカとNATO軍によるカダフィの追放は、リビアの石油が目当てだとばかり思ってきたのですが、実はもっと深い理由があったのです。「ドルによる世界支配」を維持し、「中国のアフリカ進出」を阻止することが、カダフィ追放の真の理由だったのです。

 では、何を口実に、どのような手段で、カダフィを追放するか。それがアメリカにとって次の問題になります。米軍が直接、アフリカに乗りだしてリビアを破壊するのでは、世界の世論はもちろんのこと、アフガン戦争やイラク戦争に嫌悪感が強くなっているアメリカの世論も賛成しないでしょう。ではどうするか。それをロバーツ氏は先のブログで次のように説明しています。

 「アメリカ政府はイスラム原理主義者を使って傭兵を編成し、シリアと同様、連中を『反政府派』と名付け、リビア政府にけしかけた。

 カダフィ軍が勝っていることが明らかになると、アメリカ政府は、初心(うぶ)で騙(だま)されやすいロシアと中国の政府を罠(わな)にかけ、国連でリビア領空に飛行禁止空域を設定することを認めさせた。それを実行するのはNATO軍だ。

 飛行禁止空域の口実は、カダフィによる民間人攻撃を防ぐためということだった。しかしそれは嘘だった。本当の理由は、主権国家のリビアが自分の領空を使えないようにして、傭兵と戦っている地上軍をリビア空軍が支援できないようにするためだった。

 ロシアと中国がこれに騙されて、安全保障理事会の議決で拒否権を行使しそこねると、今度はアメリカとNATO自身が、決議に違反してNATOの空軍力を用いてカダフィ軍を攻撃した。こうして戦局はCIAが組織した傭兵に有利になった。

 カダフィは捕らわれ惨殺された。それ以来、かつて繁栄し成功していた国家リビアは混乱・混沌の極みだ。それは、オバマ政権が望んでいたものだ。」

    *

 ところが今やイギリスでは議会による調査報告書が、「カダフィが欧米の覇権にとっての障害と見なされていたがゆえにリビアは破壊された」と明白に結論づけているのです。だからこそ、ロバーツ氏は上記のブログを次のように締めくくっているのでしょう。

 「注目すべきなのは、ニュルンベルク裁判をもとにした国際法では、彼女が有罪であることは明らかなのに、この戦争犯罪について、この「殺人婆」(killer bitch)に質問したマスコミは皆無だということだ。

 なぜなら、この戦争はヒラリーが国務長官の職に就いているときに、彼女の監督下で準備されたものだからだ。

 もうひとつ注目すべきなのは、この「殺人婆」を所有している巨大な政治力を持ったひと握りの集団オリガーキーと、連中の手先である「売女マスコミ」 (presstitute=press+prostitute)は、この戦犯を次期アメリカ大統領にするつもりだということだ。

 この「殺人婆」や「売女マスコミ」という言葉づかいのなかに、元アメリカ財務省高官だったロバーツ氏の憤りが伝わってくるような気がします。

 ヒラリー女史にたいする怒りもさることながら、ロバーツ氏の大きな怒りは、トランプ叩きに終始しているアメリカの大手マスコミにも向けられているのです。

 それにしても、実名で公けにしているブログなのに、よくぞここまで大胆に言い切れるものだと、その勇気に感心・感動しました。日本の元政府高官に、このようなひとはいるのでしょうか。私は寡聞にして知りません。

    *

 以上で「シリアに飛行禁止区域を!」と主張するヒラリー女史の冷酷さ・好戦性が少しは分かっていただけたかと思いますが、これだけでは、リビア空爆の残酷さや戦犯性が今少し伝わりにくいように思いますので、そのようすを物理化学者・藤永茂氏のブログ「私の闇の奥」から引用して紹介したいと思います。

 このブログの日付は「2011年8月31日」となっています。カダフィが惨殺されたのは10月20日ですから、そのことを念頭において読んでいただければと思います。

 「いま、リビアについての我々の関心は(好奇心は)、カダフィが何処でどのようにして捕まり、どのように処分されるかに釘付けにされているようですが、我々の本当の関心は、今回のリビア内戦でNATOが何をしたか、何をしているかに集中されるべきだと私は考えます。

カダフィの政府軍による大虐殺からリビア国民を守るという名目の下に開始されたNATOによるリビア空爆は、想像を絶する物凄さで行なわれました。8月23日のNATOの公式発表によると、過去5ヶ月間にNATO空軍機の出撃回数は2万回を超えました。1日あたり130回の物凄さです。

 対地攻撃を行なった戦闘爆撃機が1機に複数の爆弾や誘導ミサイルを搭載しているとすると、正確激烈な破壊力を持った数万の爆弾やミサイルがリビアの人々の上に降り注いだことになります。

 リビアの人口約650万人、人口的には福岡県と佐賀県を合わせた位の小国です。ミサイルの標的が戦車であれ、輸送車両、船舶であれ、カダフィの住宅であれ、放送局、大学であれ、無人ではない場合が普通でしょうから、多数の人間が殺傷されたに違いありません。8月上旬に、NATO空爆による死者2万という報道がちらりと流れたことがありましたが、あり得ない数字ではありません。

 しかも、NATOの反政府軍支援は空爆に限られたわけではありません。大型ヘリコプターなどによる兵器、弾薬、物資の補給も行なわれ、地上でも多数のNATOやCIAの要員が間接的に参戦した模様です。しかし、こうしたNATOの活動の具体的報道は殆ど完全な管制下にあります。

 これだけの規模の軍事暴力が、国際法的には全く合法性のないままで(UNの決議内容をはるかに超えて)、人口数百万の小独立国に襲いかかったのです。まことに言語道断の恐るべき前例が確立されました。カダフィと息子たちの今後の命運など、この暴虐行為の歴史的意義に較べれば、3面記事の値打ちしかありません。」

    *

 これを読んでいただければ、ロバーツ氏が先に、「注目すべきなのは、ニュルンベルク裁判をもとにした国際法では彼女が有罪であることは明らかなのに、この戦争犯罪について殺人婆(killer bitch)に質問したマスコミは皆無だということだ」と言っていたことの意味が、改めてよく理解できるのではないでしょうか。

 そして、満面に笑みを浮かべて「来た・見た・死んだ」と言ったヒラリー女史にたいして、ロバーツ氏が悪罵を投げつけたくなった理由も。

    *

 それにしても、藤永氏は1926年生まれですから、2016年11月の現在で、氏は90歳前後のはずです。

 九州大学やカナダのアルバータ大学で教鞭を執っていた一流の物理化学者でありながら、老体にむち打ちつつ、NHKや朝日新聞などの大手メディアが目をつむって通り過ぎている事実を掘り起こし、上記ブログを通じてそれを私たちに伝える仕事を続けておられます。

 唯々(ただただ)、頭が下がります。

    *

 ところでリビアの事態は、単にカダフィの惨殺に終わったわけではありませんでした。

 前述のとおり、この戦争は全土を瓦礫に変え、「リビアの民主化」どころか大量の死者と難民をうみだしただけでした。そしてリビアはいまだに混沌の極致にあります。

 そのうえ今度は、このような惨劇をシリアに輸出しようとしているのがヒラリー女史なのです。

 それは単に彼女が「シリアにも飛行禁止区域を!」と叫んでいるからだけではありません。リビアで使ったイスラム原理主義集団を、実際にシリアに輸出しようとしてきたのが、ヒラリー女史を外交政策の責任者とするアメリカだったからです。

 この間の事情を櫻井ジャーナル(2016年8月20日)は次のように伝えています。

 「カダフィ体制が倒された直後、リビアのベンガジでは裁判所の建物にアル・カイダの旗が掲げられ、その映像がユーチューブにアップロードされた。その事実をイギリスのデイリー・メイル紙でさえ、伝えている。リビアを侵略した軍隊は空がNATO軍、地上はアル・カイダ系のLIFG(リビア・イスラム戦闘団)だった。

 リビアを破壊した後、侵略軍はリビア軍の倉庫から武器/兵器を持ち出してトルコへ運んでいる。勿論、戦闘員も同じように移動した。調査ジャーナリストのシーモア・ハーシュによると、輸送の拠点になったのはベンガジにあるCIAの施設。輸送にはマークを消したNATOの輸送機が使われたとも伝えられている。

 運び出された武器/兵器の中に化学兵器も含まれ、これをシリアで使い、政府軍に責任をなすりつけてNATO軍が直接、シリアへ軍事介入する口実にしようとしたと言われている。」

    *

 これを読むと、リビアから傭兵集団が兵器もろともトルコを経由してシリアに輸送されていることが分かります。しかも輸送の拠点になったのはベンガジにあるCIAの施設で、輸送にはマークを消したNATOの輸送機が使われたというのですから、二重の驚きです。というよりも二重の犯罪と言うべきかも知れません。それはともかく、櫻井ジャーナルの説明は次のように続いています。

 「そうした武器や戦闘員の輸送をアメリカ国務省は黙認した。2009年1月から13年2月まで国務長官を務めたヒラリー・クリントンもこの工作を知っていたはず。

 しかも、クリントンの部下にあたるクリストファー・スティーブンス大使は2012年9月10日、CIAの武器輸送担当者と会談、その翌日には武器を輸送する海運会社の人間と会っている。勿論、武器はトルコ経由でシリアの侵略軍へ渡される手はずになっていた。

 その9月11日にベンガジのアメリカ領事館が襲撃されてスティーブンス大使が殺されている。リビア議会が首相を指名する前日だ。その2カ月後にCIA長官を辞めたデイビッド・ペトレイアスはヒラリーと緊密な関係にあることで知られ、このルートからもシリアでの工作を知らされていたはずだ。」

    *

 これを読むと、アメリカ大使館や領事館はCIAの拠点になっていることがよく分かります。日本のアメリカ大使館や領事館も同じ機能を果たしているのでしょうか。

 しかし、ここでもっと重大なのは、その領事館が襲撃されてスティーブンス大使が殺されていることです。ヒラリー国務長官が公的なメールサーバーを使わずハッカー攻撃に弱い私的メールを使ったことが、大使殺害につながったかもしれないのです。

 あるいは、うがった見方をすればこのような極秘事項を手配した人物だけに、それを外部に知られては困るから、密かにテロリスト=傭兵集団に頼んで大使を消してもらったのでしょうか。

 櫻井ジャーナルはこれについては何も述べていないのですが、この私の仮説が正しければ、これほど身の毛のよだつ話はないでしょう。櫻井氏は、これに続けて次のように述べているだけです。

 「クリントンは戦争犯罪人と言われても仕方のないようなことをしてきたわけだが、欧米の支配層はクリントンを支持してきた。投機家で体制転覆に多額の資金を提供してきたジョージ・ソロスも支援者のひとり。

 この支配層は軍事的に世界制覇を進めるだけでなく、巨大資本が国や国際機関を支配する仕組みを作り上げようとしている。それがTPP(環太平洋連携協定)、TTIP(環大西洋貿易投資協定)、そしてTiSA(新サービス貿易協定)の3点セットだ。」

    *

 ヒラリー女史の好戦性、あるいはヒラリー女史が大統領になると、なぜ第3次世界大戦になる危険性があるかは、以上の説明で、かなり分かっていただけたのではないかと思います。

 しかし彼女の好戦的履歴は、このリビア爆撃にとどまるものではありません。

 とはいえ本稿もすでにかなり長くなってきていますので、以下ではその略歴だけを紹介して、この論考を閉じたいと思います。以下の引用は先の櫻井ジャーナル(同日付け)からのものです。

 「ウィキリークスによる電子メールのハッキング情報が続いている。今回は投機家で体制転覆に多額の資金を提供してきたジョージ・ソロスだ。

 彼がターゲット国の体制を転覆させるために使っているオープン・ソサエティ基金もハッキングされたという。そうした電子メールの中には、ソロスがヒラリー・クリントンに対してユーゴスラビア=アルバニア情勢に対する対処の仕方をアドバイスするものがある。そのメールが書かれたのは2011年1月24日で、国務長官だったクリントンはソロスのアドバイスに従って動いたようだ。

 ヒラリー・クリントンは夫が大統領だった1990年代、マデリーン・オルブライト(国連大使から国務長官)やビクトリア・ヌランド(国務副長官の首席補佐官)と連携して政権をユーゴスラビアに対する先制攻撃へと導いているが、その背後にソロスがいたということだろう。国務長官に就任したオルブライトが主導する形で1999年3月にNATO軍は偽情報で環境作りをしながらユーゴスラビアを先制攻撃、ひとつの国を破壊した。」

    *

 上記に登場するマデリーン・オルブライトとビクトリア・ヌランドという二人の女性は好戦的人物として有名ですが、この2人を、戦争にあまり乗り気ではなかった夫のビル・クリントンに紹介し強引に新しい国務長官や国務副長官の首席補佐官に据え付けたのも、ファーストレディだったヒラリー女史だったと言われています。

 ですから、彼女のタカ派ぶりは、ここでみごとに発揮されていると言えます。

 櫻井ジャーナルの叙述は、さらに次のように続いています。

 「2003年11月にはジョージア(グルジア)で「バラ革命」、04年から05年にかけてはウクライナで「オレンジ革命」があり、新自由主義体制になった。

当然、一部のグループが不正な手段で国民の財産を奪って莫大な富を築き、その後ろ盾になっていた西側の巨大資本も利益や利権を手にした。こうした「革命」でもソロスはスポンサーとしての役割を果たしていた。

 言うまでもなく両国の庶民は貧困化、そうした状況への怒りからソロスたち西側の富豪や巨大資本にとって好ましくない方向へ動いた。そこで仕掛けられたのがウクライナ首都キエフのクーデター。

2014年2月22日、ネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)を主力とするグループがビクトル・ヤヌコビッチ大統領を暴力的に排除している。そのクーデターを現場で指揮していたのがヌランド国務次官補だった。クリントンは2013年2月に国務長官を辞めているが、ヌランドは彼女の同志だ。」

    *

 私は「バラ革命」や「オレンジ革命」のニュースを聞いたとき、旧ソ連圏の東ヨーロッパで、新しい民衆運動が起きているものと信じていました。

 しかし今から考えると、実に巧妙に仕組まれた「偽の民衆革命」だったのです。これは一種のクーデターでした。

 しかも、このクーデターは東欧だけにとどまりませんでした。ヒラリー国務長官のもとで、クーデターは中米にまで飛び火していました。あの悪名高いブッシュ大統領ですら、やらなかったことです。以下の櫻井氏による説明は次のようになっています。

 「クリントンが長官に就任したのはバラク・オバマが大統領に就任した2009年1月のことだが、その年の6月にホンジュラスで実行されたクーデターでクリントンは黒幕的な役割を果たしたと言われている。約100名の兵士が大統領官邸を襲い、マヌエル・セラヤ大統領を拉致し、コスタ・リカへ連れ去っている。

 現地のアメリカ大使館は国務省に対し、クーデターは軍、最高裁、そして国会が仕組んだ陰謀であり、違法で憲法にも違反していると報告している。つまり、クーデター政権には正当性がないと明言した。

 このクーデター政権は翌2010年、最初の半年だけで約3000名を殺害したとも報告されている。そのクーデターの背後にクリントン長官がいたということだ。」

    *

 以上で櫻井ジャーナルからの引用を終えます。まだまだヒラリー女史の好戦性・冷酷さを示す事例に事欠かないのですが、長くなりすぎていますので、ひとまずここで筆をおきます。今のアメリカ情勢を理解する一助にしていただければ幸いです。

 ただ一つだけ付け加えておきたいことがあります。それはアメリカの民衆が、知れば知るほどヒラリー女史に嫌気がさしているのに、他方の大手メディアがトランプ叩きに終始しているという事実です。

 これでは、アメリカ民衆は「どちらがワルとして我慢できるか」という選択肢しか残されていないことになります。これはアメリカ史上、最悪の大統領選挙と言えるでしょう。

 ただ私たち日本人に一つだけメリットがあるとすれば、今までアメリカは理想の国、民主主義のモデル国だと思われていたのに、それは虚像に過ぎなかったことが、この選挙戦を通じて見えてきたことではないでしょうか。
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/hirarikurintontohadarekage.html

2017.03.02
世界制覇を今でも目指す米国の勢力はウクライナで攻勢を強め、シリアでの巻き返し図る(その1)

ロシアのビタリー・チュルキン国連大使が急死して8日後の2月28日、国際連合ではシリアに対する制裁を強化するように求める決議がロシアと中国の拒否権で阻止された。勿論、大使の死でびびるような2カ国ではない。この決議はアメリカ、イギリス、フランスが提出したもので、これらの国々はOPCW-UNの報告書を根拠に、2014年と15年にシリア政府軍が塩素を使用したと主張している。

 しかし、この報告書が示している根拠、証拠は信頼度の低いもの。その根拠薄弱な話を西側支配層の配下にある有力メディアがその中から都合の良い部分を都合良く解釈し、大声で叫んでいる。つまり、いつものパターンだ。

 シリアのバシャール・アル・アサド政権を倒すためにアル・カイダ系武装集団やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)をシリアへ侵入させ、破壊と殺戮を繰り広げてきた国はアメリカ、イギリス、フランス、トルコ、サウジアラビア、カタール、イスラエルなど。今回、決議を提出した3カ国も含まれている。

 1991年にポール・ウォルフォウィッツ国防次官(当時)はシリア、イラン、イラクを5年から10年で殲滅すると口にしたと欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)の元最高司令官、ウェズリー・クラークは語っているが、その中で最初に破壊されたのはイラク。大量破壊兵器という偽情報を有力メディアに広めさせ、2003年3月に配下の国々を従えて軍事侵略したのである。

 シリアでの戦闘は2011年3月に始まっている。リビアで似たことが始まった翌月のことだ。両国でも侵略勢力は偽情報の流布に力を入れてきた。そうした偽情報を発信していたひとつが2006年にイギリスで設立された「SOHR(シリア人権監視所)」。そこから出てくる話を西側のメディアや「人権擁護団体」は垂れ流してきた。

 SOHRは設立当時からCIAやイギリスの情報機関MI6が背後にいると指摘されていた。アメリカの反民主主義的な情報活動を内部告発したエドワード・スノーデンが所属していたブーズ・アレン・ハミルトン、プロパガンダ機関のラジオ・リバティが存在しているとも言われている。

 内部告発を支援しているWikiLeaksが公表した文書によると、SOHRが創設された頃からアメリカ国務省の「中東共同構想」はロサンゼルスを拠点とするNPOの「民主主義会議」を通じてシリアの反政府派へ資金を提供している。2005年から10年にかけて1200万ドルに達したようだ。

 こうした工作が始まった直後、調査ジャーナリストのシーモア・ハーシュは2007年3月5日付けニューヨーカー誌で、アメリカ、イスラエル、サウジアラビアの「三国同盟」がシリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラに対する秘密工作を開始した書き、その中心にはリチャード・チェイニー米副大統領、ネオコン/シオニストのエリオット・エイブラムズ国家安全保障問題担当次席補佐官、ザルメイ・ハリルザド、そしてバンダル・ビン・スルタンがいると書いている。

 ハーシュの記事に登場するバリ・ナスルはサウジアラビアについて「相当な金融資産があり、ムスリム同胞団やサラフ主義者と深い関係がある」としたうえで、「サウジは最悪のイスラム過激派を動員することができた。一旦、その箱を開けて彼らを外へ出したなら、2度と戻すことはできない。」と語っている。

 このナスルはジョンズホプキンス大学高等国際関係大学院のディーンで、CFR(外交問題評議会)の終身メンバー、つまりアメリカ支配層の一員だ。そのナスルもムスリム同胞団やサラフ主義者、つまりアル・カイダ系武装集団を使う危険性を警告していた。

 2011年10月にリビアのムアンマル・アル・カダフィ体制は倒され、カダフィ自身は惨殺された。NATOの航空兵力とアル・カイダ系のLIFGの地上部隊が連携しての攻撃だった。政権が崩壊した直後にベンガジでは裁判所の建物にアル・カイダの旗が掲げられたている。その映像はYouTubeにアップロードされ、デイリー・メイル紙も伝えていた。リビアでの任務が終わったアル・カイダ系武装集団の戦闘員は武器と一緒にシリアへ移動していく。

 その後のシリア情勢に関するホワイトハウス向けの報告書をアメリカ軍の情報機関DIAは2012年8月に作成している。その中で反シリア政府軍の主力はサラフ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団のAQIであり、そうした勢力を西側、ペルシャ湾岸諸国、そしてトルコの支援を受けているしていた。バラク・オバマ政権が主張するところの「穏健派」は事実上、存在しないとしているわけだ。

 また、オバマ政権が政策を変更しなかったならば、シリアの東部(ハサカやデリゾール)にはサラフ主義者の支配国が作られる可能性があるとも警告、それはダーイッシュという形で現実のものになった。この報告書が書かれた当時のDIA局長がトランプ政権で安全保障担当補佐官に就任する予定のマイケル・フリン中将だ。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201703010000/

2016.12.13
シリアで政府軍と戦っているのはアル・カイダ系武装集団やダーイッシュであり、反体制派はいない

 シリアで政府軍が戦っている相手に「反体制派」というタグをつけているマスコミが存在する。かつて、日本のアジア侵略を「大東亜共栄圏」を建設するためだと主張した人たちがいるが、それと同じようなものだ。

 リビアやシリアで体制転覆を目指して戦っている集団が「反体制派」でないことは戦闘が始まった2011年春の段階で指摘されていた。シーモア・ハーシュなどが何年も前から予告していたことが引き起こされたのだ。

 2012年8月にはアメリカ軍の情報機関DIAが反シリア政府軍の主力がサラフ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団のAQIであり、そうした勢力を西側、ペルシャ湾岸諸国、そしてトルコの支援を受けているとバラク・オバマ政権に報告している。その結果として、シリアの東部分にサラフ主義に支配された地域が作られるとも警告、それはダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)という形で現実のものになった。この報告書が書かれた当時のDIA局長がトランプ政権で安全保障担当補佐官に就任する予定のマイケル・フリン中将だ。

 こうした武装勢力の戦闘員は武器/兵器と同じようにシリアの外から入った。リビアのムハンマド・アル・カダフィ体制が倒された後、戦闘員や武器/兵器をアメリカなどはシリアへ移動させたが、その拠点になったのがベンガジのアメリカ領事館だったことは本ブログでも紹介した。そこが2012年9月11日に襲撃され、クリストファー・スティーブンス大使も殺された。領事館が襲撃される前日、大使は武器輸送の責任者だったCIAの人間と会談、襲撃の当日には武器を輸送する海運会社の人間と会っている。

 サラフ主義から現在のタクフィール主義者は生まれた。この人びとはタクフィール(背教徒宣告)して人を殺す。2012年6月にエジプト大統領となったモハメド・モルシはシーア派へのタクフィールを許可、シリア侵略を後押しした。この許可はイラン侵略も視野に入っているのだろう。

 こうした侵略の背後にはネオコンの世界制覇戦略がある。ソ連消滅後、アメリカが唯一の超大国の超大国になり、その超大国を自分たちが支配していると認識した彼らは世界制覇プランを描き上げたのだ。1992年2月にポール・ウォルフォウィッツ国防次官(当時)たちが作成したDPGの草稿がそのプラン。「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」とも呼ばれている。

 ソ連の消滅は西側支配層の傀儡だったボリス・エリツィンたちが仕掛けた。この事実は本ブログでも何度か指摘している。2度とソ連のようなライバルが出現しないように、彼らは旧ソ連圏のほか西ヨーロッパ、東アジアなどが成長しないような方策をとろうとし、力の基盤になるエネルギー源が地下に存在する西南アジアを支配しようと考えた。

 ウェズリー・クラーク元欧州連合軍最高司令官によると、DPGが作成される前の年にウォルフォウィッツはイラク、シリア、イランを殲滅すると口にしていている。ソ連が消滅する前から彼らは世界制覇の野望を持っていたわけで、ソ連消滅はそうした野望を顕在化させることになった。

 しかし、このプランはジョージ・H・W・ブッシュ大統領が再選に失敗、ビル・クリントンが大統領に就任したことでお蔵入りになる。それを蔵から引きずり出したのがファースト・レディーだったヒラリー・クリントン。彼女と親しいマデリーン・オルブライトが国連大使から国務長官へ異動した1997年1月のことだ。そして1999年3月、NATOはユーゴスラビアを先制攻撃した。ちなみに、オルブライトはズビグネフ・ブレジンスキーの教え子。ヒラリーのもうひとりの友人、ビクトリア・ヌランドは当時、国務副長官の首席補佐官を務めていた。

 本ブログではすでに書いたことだが、ウォルフォウィッツをはじめとする好戦派はユーゴスラビアを破壊、解体するため、ウォルフォウィッツ・ドクトリンが作成された直後からプロパガンダを始めている。例えば、ニューズデイのボン支局長だったロイ・ガットマンは1992年8月、ボスニアで16歳の女性が3名のセルビア兵にレイプされたと書いているのだが、これは嘘だった。この嘘を広めた功績で、後に彼はピューリッツァー賞を受賞している。

 2003年3月にアメリカ政府が始めたイラクへ侵略戦争も嘘を広めることから始めた。この時は偽情報を発信する目的で国防総省の内部にOSP(特殊計画室)が作られた。その室長に選ばれたエイブラム・シュルスキーはシカゴ大学でウォルフォウィッツと同じ教授について博士号を取得している。ふたりはネオコン仲間だ。

 1990年代からアメリカの侵略戦争に広告会社が深く関与してくるようになったことも本ブログで書いてきた。偽情報の作成と流布は彼らにとって御手の物だ。そうした偽情報をアメリカなど西側の有力メディアは垂れ流し、アメリカの政府や議会はそうした嘘を暴くメディアやサイトに「偽報道」というタグをつけ、検閲しようとしている。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201612130001/


113. 中川隆[7283] koaQ7Jey 2017年3月23日 07:25:00 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7755]

今こそ合州国の正体直視を  
週間金曜日2003年 3月14日号「風速計」 本多勝一


この一文が出るころ、アメリカ合州国の体制主流は、イラク侵略を開始または開始寸前にあるだろう。

 国連安保理外相級会合に米英ら3国が今月7日提出した修正決議案は、国連安全保障理事会で11日に採決にかけられる見通しだが、ここで否決されても、合州国は単独で開戦・侵略に踏み切る構えである。

 あたりまえだ。アメリカ合州国の歴史は、こういうことの連続の末に今日の地球史上最強・最悪の帝国となった。ワシントン初代大統領以来の二百余年間は、手段を選ばぬ詐欺・脅迫・テロ・虐殺による侵略史にほかならぬ。そのことはこれまで機会あるごとに触れてきたが(注)、目前でまたしても超大軍事力によって同じことが強行されようとしている今、「正確な合州国史」にうといままその正体に気付かぬ例が多い日本人のためにも、このさい改めて正面から指摘しておきたい。

 ただし、こんどのイラク侵略が開戦されてもされなくても、これはコロンブス以来のヨーロッパによる世界侵略500年史の中で、ベトナム戦争とともに画期をなす歴史的事件となるかもしれない。

米西戦争などで世界制覇競争に勝った合州国は、それまでに北米大陸での先住民族侵略をウンデッドニー虐殺によって終了していたが、以降そのままハワイ・グアム・フィリピンへと「西部へ西部へ」を進めた。朝鮮戦争につづくベトナム戦争で、合州国軍隊はワシントン初代大統領以来初の敗戦を喫したものの、侵略のための巨大軍需産業や体質に傷はつかなかった。その成りゆきとしてのイラク戦争(12年前も今回も)である。ところが、合州国の正体に気づき始めた人々の世界的盛上りによって、開戦寸前での中止か、開戦してもベトナム以上の反戦の広がりで帝国の没落となるかもしれない。この500年来の画期をなすゆえんである。


合州国は“民主主義”をタテマエにしている。実態はともかく、民意を完全・明白に無視した侵略は支持されない。そこで開戦のとき必ずといえるほど使われるテこそ、相手が先に攻撃したとみせかける捏造事件である。これは先住民族への侵略以来イラクまで一貫してきた。

戦艦メーン号爆破事件(米西戦争)をみよ。トンキン湾事件(ベトナム戦争)をみよ。真珠湾(太平洋戦争)をみよ。その他その他。

これを書いている9日の朝日放送(サンデープロジェクト)は、イラクのクウェート侵入(これも裏に合州国あり)にさいして、イラク兵が乳児を哺育器から出して次々と放り投げた様子をクウェートの少女に証言させたこと、これが繰り返し放送されて世論を憤激させ、開戦に有利になったこと、ところが後に、この少女は駐米クウェート大使の娘で、証言は捏造だったこと等を放映した。

 こんどはどんな捏造が、いいように操作されるマスコミによって“報道”されることだろうか。

 開戦寸前の今、このテーマは「未完」としておく。
http://www.kinyobi.co.jp/KTools/fusoku_pt?v=vol451


第一次湾岸戦争時の「ナイラ証言」と「油まみれの水鳥」

アメリカ政府もメディアも、イラク攻撃の世論作りのために露骨な捏造と情報操作をおこなった。世界が、みごとに嵌められてしまった。

「ナイラ証言」というのは、完璧な捏造であることがはっきりしている。ナイラというクウェートの少女が、米公聴会で「イラクの兵士がクウェートの産院の乳飲み子を保育器からだし、次々と床に叩きつけて殺したのを見た」と涙ながらに証言した。

しかし、後にこの少女は、駐米クウェート大使の娘で、ずっとアメリカにいたことが分かった。つまり、証言は真っ赤なウソだった。この証言は、アメリカの広告代理店がシナリオを作り演出したものだった。リハーサルもきちんとしていた。もちろん、スポンサーはアメリカ政府以外にない。ただし、捏造がニューヨークタイムズで暴かれたのは、1年3ヶ月後のことだ。

この「ナイラ証言」が出るまでは、アメリカの世論は反戦が多数を占めていた。しかし、この証言で世論は一気に会戦へと転じた。周到に準備された、たったひとつの捏造が、世論を完璧に逆転させてしまった。しかも、素人の少女のウソ泣きによって。


クウェートから逃げてきたとされる少女の証言だ。そのクウェート人少女は、アメリカ議会の公聴会でこう証言した。

「サダム・フセインの軍隊が病院に乱入して、保育器から赤ん坊を取り出し、床に叩きつけて殺した。私はこの目で目撃した」

 と、少女は涙を流しながら証言した。

 ところが、この公聴会での少女の証言は、真っ赤なウソだった。
 事前にアメリカの広告代理店が綿密なシナリオをつくり、何度もリハーサルをした上での証言だった。当の少女が後に暴露した。


湾岸戦争のときの「油にまみれた水鳥」の映像

 石油の海と化した波打ち際に、全身石油まみれの真っ黒の水鳥が弱々しく立っていた。いや、呆然と立っていたといった方がいいかもしれない。

 当時、メディアはサダム・フセインの「環境テロ」だと大騒ぎした。フセインがわざと油田の油を海に「放出」していると報道された。

環境は破壊され、海の生物が犠牲になっていると。油にまみれた水鳥の映像は、大きな訴求力を持った。水鳥の映像は世界中をかけめぐり、繰り返し放映された。世界中がフセインを「狂気の極悪人」として認識した。このたったひとつの映像が、永遠にフセインのイメージを世界に決定づけたのだ。

 しかし、あの映像はヤラセだった。

 まず原油が海に流れたのは、米軍の爆撃機がイラクのタンカーを撃沈したからだ。アメリカは自分の爆撃の結果を、フセインの環境テロにすり替えたのだ。そしてメディアは、タンカーから流出した油の映像に、水鳥の映像を付け加えて、効果を高めた。日本のメディアは、その映像がおかしいと知りながら、アメリカの大本営発表に沿った報道をした。

 水鳥の命をダシに、イラク市民は爆撃された。
 クジラの命をダシに、日本が爆撃されたら、日本人は納得できるだろうか。

サダム・ フセインが自国民(クルド族)に化学兵器を浴びせた想像を絶する暴君だというイメ−ジを与える宣伝キャンペ−ンがあげられる。私自身もそう信じ込まされていたし、長い間彼のことを何をしだすかわからない怖い存在だと思っていた。

しかし、これもアメリカの巧妙な宣伝が成功したに過ぎない。イラン・イラク戦争の期にイラク領のハラブシャで、イラクとイランとが互いに化学兵器を使い合ったのは確かだが、クルド人を殺した毒ガスはイラン側が所有するシアン化物だった、当時イラクの毒ガスは、マスタ-ドけいのどくがすであっっという。
   検診したトルコの医者が証言している。

しかし、スタンフォ−ド大学フ−バ−研究所特別研 究員松原久子も「アメリカは戦争を望んでいた」(文芸春秋一九九一年五月号)と題した寄稿文でこのことはっ きり書いているが、これに対する反証は出されておらず、今では 定説となっているのである。湾岸戦争後に、米軍は、降参したイラク軍のクウェ−ト陣地に少しでも化学
兵器が残っていないかと躍起になって捜したというが、ついに化学兵器は少しも見当たらなかった。イラクは国家存亡と岐路に立たせられたあの湾岸戦争でも科学兵火は使っていなのである。

http://www.freeml.com/ctrl/html/MessageForm/chance-forum@freeml.com/6841/;jsessionid=0m2cs06w21


悪魔化されるサダム・フセイン

米国は、報道機関の助けを借り、戦争を国民に納得させようと、サダム・フセインを悪魔のような人物に仕立て上げた。イラン・イラク戦争の期間は米国とイラクの問に緊密な外交、経済、軍事の協力があったが、戦争が終って数年すると、サダム・フセインは突然、「ヒットラーより悪い」独裁者となった。

 個人的中傷のほかにも様々な宣伝が行われた。その最初は石油だった。一九九〇年九月十一日、ブッシュは「あまりにも重要な資源をあまりにも残忍な人間に支配させておくことは、許容できるものではなく、今後も許容されない」と述べた。それでも、米国のかなりの人々がこれに同調しなかった。同年十一月十四日付け 「ニューヨーク・タイムズ」 は米政府の新たなアプローチを次のように報じている。

  ホワイトハウスのスピーチ・ライターがブッシュ大統領の湾岸政策について、明瞭に、そして一貫して理解を得られるよう紹介することができず、その結果、本国民の支持をつなぎとめておくことができそうにないことに、(中略)ベーカー国務長官は怒りをつのらせていると言われている。

 湾岸戦争が始まった八月以降、戦闘部隊派遣を正当化する大統領の理由は、「死活的利益」が危機に瀕していることから始まり、侵略による損害を見過ごしてはならない、サダム・フセインはヒットラーより悪い、に至るまで実に網羅均である。

……

 このため、ベーカーは失業という新たな恐怖を持ち出した。「湾岸危機を米国民の生活水準レベルで話すならば、それは雇用問題だと言わせていただきたい。なぜなら、西側の経済的生命線(石油を支配するある国により、さらに言えば、ある独裁者により、世界の経済が不況へと転落すれば、米国民に失業が生まれるからだ)とベーカーは語った。サダム・フセインは今度は、湾岸での米国の支配強化に対してだけなく、米国経済のさらなる悪化に関連しても、非難されるようになった。ただし、米国の景気が実際に悪化するのは、湾岸戦争が終った後のことである。


最も人々の注意を引いて話題となった虚報は、「保育器の報道」である。一九九〇年十月十日、人権に関する議会コーカスにおいて「ナイラ」とのみ紹介された十五才の少女は、イラク兵士が嬰児を保育器から取り出して、「冷たい床の上に置き去りにして死なせる」のを目撃したと主張した。この話は、戦争に向けて突き進むブッシュ政権によってすぐさま利用された。ブッシュはこの話をいくつものスピーチで繰り返し引用し、このようにして三百十二人の赤ん坊が死んだと訴えた。アムネステイー・インターナショナルも一九九〇年十二月十九日のリポートで、この話は真実だと報告した。

 戦闘が終ってみると、保育器の話はまったく信用できないことが分かった。時がたつにつれ、国家安全保障会議や議会で証言を行った証人は、姓名も身分も偽っていたことが判明した。姓名がイサハ・イブラヒムで、身分が軍曹とされた人物は、イブラヒーム・ベハベハニという矯正歯科医だった。先の十五才のナイラという少女は、証言では残虐行為の行われた時に病院でボランティアとして働いていたと言ったが、実は、駈米クウェート大使の娘だった。これらは、十月十日の議会コーカスを、主催した者にとって、既知の事実だったのである。

 アムネステイー・インターナショナルは一九九一年四月、保育器の話を真実とした報告を撤回した。ミドル・イースト・ウォッチは一九九二年二月、保育器の話はイラク軍による大量レイプや拷問と同じく、「明らかに戦時の宣伝工作」である、とするリポートを発表した。

今回の開戦前の国連査察結果からも、ここに抜粋しましたラムぜー氏の見解のごとくに、「イラクの核兵器保有」は、ブッシュ(父子)の捏造である事が判りました。

そして、「保育器の報道」についても、最近ではテレビ放送で、自由クウェート市民との団体が、アメリカの大手広告代理店「ヒルトン&ノートン」に依頼して「駐米クウェート大使の娘」ナイラと名乗らせ作成した「宣伝工作」であったと放映されていました。


ビアーズ次官は完成したばかりの政府広報誌「イラク 恐怖から自由へ」を紹介した。「1988年3月16日、イラク北部の町ハラブジャで、イラク軍の毒ガスにより5000人のクルド住民が死んだ」という内容で、イラク攻撃への支持を訴える意味を込めて、世界中に配布されている。

 冊子には、赤ん坊を背負ったまま道端に倒れる女性や、息絶えた子どもたちの写真が多い。「我々が発信する情報は心を打つ物語でなければ」と次官は言う。ハラブジャ事件にはブッシュ大統領もしばしば言及、「自国民を毒ガスで殺した非道なフセイン政権」の象徴となっている。

 しかし、この事件には実は謎が多い。当時、米中央情報局(CIA)のイラク担当だったステファン・ペレティエ氏(米国の陸軍戦争大学元教授)は「毒ガスはイラクではなくイランのものだった」と主張する。当時はイラン・イラク戦争のさなかで、犠牲者はイランしか持たないシアン(青酸)ガスで死んだ兆候を示していた、というのだ。


 元教授によると、ハラブジャを現地調査した国防総省の情報機関は90年春、部内報告として、クルド人殺害はイランのガスによるものと結論付けていた。ところが、連邦議会の調査委員会は「イラク軍がマスタードガスと神経ガスでクルド人10万人を殺した」と発表し、イラク虐殺説が広まったという。

だが、密室ではなく戸外に散布したガスで一度に10万人も殺せるのか――。首をかしげる専門家も少なくなかった。その後、広報誌のように「5000人」という死者数が多用されるようになったが、昨年10月のCIAの報告書は死者を「数百人」と記し、宣伝用の数字(5000人)と大きな食い違いを見せている。

テレビ放送でも、多くの評論家は、この事実に全く触れずに、“毒ガスを同国民であるクルド人に使用し虐殺した、極悪人のフセインを追放すべし!”と声高に語り、アメリカのイラク侵攻を支持しています。

「多数のメディアが、繰り返し強調する事例はまず疑え」
ということだ。

ソビエト連邦=共産主義=世界の脅威

サダム・フセイン=大量破壊兵器=世界の脅威

タリバーン=原理主義=世界の脅威

「アル・カイーダ」=テロリスト=911、疸阻菌、ロンドン爆破=世界の脅威
・・・etc.


ソビエト連邦も、フセインも、タリバーンも世界の脅威ではなかった。
意図的に強調されてきたにすぎない。
「アル・カイーダ」は実際に存在するのかどうかさえ怪しい。
本当の世界の脅威とは、常套的に情報操作し、平気で他国を爆撃するアメリカ合州国自身ではないのか。

──大量破壊兵器とアルカイダ──

 今回のイラク戦争でも、このウソによるイメージ戦略は大いに発揮された。

 イラク戦争開戦の最大の理由は、
「大量破壊兵器の存在」「フセインとアルカイダのつながり」
 だった。

 この二つの「事実」が、世界中のメディアを使って大宣伝された。狂人フセインを打倒しなければ、世界の安全は脅威に晒される、というように。フセインは世界の脅威、世界の敵になった。すでにフセインのイメージは10年前に定着している。

しかし、「大量破壊兵器の存在」も「アルカイダとの関係」も、ウソだった。

http://blog.goo.ne.jp/leonlobo/c/9596a99dfeb4a0daf5a852d62ea14fa5


マスコミ業界の世界的な中心地であるアメリカでは、マスコミは、開戦後に戦争に協力するだけでなく、政府による戦争開始の策動に協力してきた。アメリカのジャーナリズムの賞として世界的に有名なものに「ピューリッツァ賞」があるが、この賞を作ったジョセフ・ピューリッツァは、1898年にアメリカとスペインの戦争(米西戦争)が始まる原因を作った人である。

 米西戦争は、当時スペイン領だったキューバに停泊中のアメリカの戦艦メーン号が何者かによって爆破沈没され、これをピューリッツァの新聞「イブニング・ワールド」などのアメリカのマスコミが「スペインの仕業に違いない」と煽り、開戦に持ち込んだ戦争である。メーン号が沈没した理由が、故障による自損事故だったことは、後から判明した。

 この米西戦争開始の経緯を見ると、アメリカのマスコミが政府の肝いりで「イラクは大量破壊兵器を持っているに違いない」と煽って開戦に持ち込み、後で、実はイラクは大量破壊兵器を持っていなかったことが分かったという、105年後の2003年に起きたイラク侵攻と、ほとんど同じであることが分かる。

 ピューリッツァとその後の同志たちが巧妙だったのは、自分がやっていた扇動ジャーナリズムを、洗練された知的で高貴な権威あるイメージに変えることを企図し、成功したことである。ピューリッツァは、ニューヨークのコロンビア大学に巨額の寄付を行い、ジャーナリズム学科を創設した。今では、コロンビア大学のジャーナリズム学科は、ジャーナリズムを学ぶ場所として世界最高の地位にあり、ピューリッツァ賞は、世界最高の賞となっている。「ジャーナリスト」は、世界中の若者があこがれる職業になった。

 しかし米西戦争からイラク侵攻まで、「人権」などの一見崇高なイメージを使って敵方の「悪」を誇張し、自国にとって有利な戦争を展開することに協力しているアメリカのマスコミのやり方は、巧妙さに磨きがかかっただけで、本質は変わっていない。
http://tanakanews.com/g0725media.htm


ウンデッドニー以来…… (本多勝一)

 アメリカ合州国が、一方的な「ブッシュの戦争」でアフガニスタン空爆を続けている。予測されていたとおり、一般住民に多数の死傷者が出た。そして、そんなことは一切おかまいなく空からの無差別虐殺をつづけるであろうことも、予想通りである。なぜか。

 合州国の「はじまり」から点検してみられよ。この国は500余年前の「コロンブスの大虐殺」で始まる。すなわち南北アメリカ両大陸(および付属諸島)の、何千万人とも知れぬ先住民族たちの、おそらく人類史上最大の悲劇の始まりである(注1)。合州国に直接関連するものとして、北米の先住民族が最近までにどんな虐殺をされてきたかは、日本人による世界に誇れる報告『アメリカ・インディアン悲史』(藤永茂・朝日新聞社・1972年)がある。

 ワシントン初代大統領時代から強行された侵略は、最後の組織的虐殺「ウンデッドニー」で一応終るものの、そのわずか10年後(1900年)、フィリピンを侵略した米軍による「10歳以上すべて」の全男女が、ルソン島・サマル島で大虐殺された。のちの日本占領軍司令官マッカーサーの父親たるアーサー=マッカーサー将軍の命令だ。この虐殺軍の指揮官たるや、なんと米本国でのベテラン対先住民戦闘兵自身だった。つまりアメリカ先住民大虐殺の歴史は、アジア人大虐殺へと直結する(注2)。

 息子のマッカーサーを最高司令官とする米軍は、東京大空襲や広島・長崎への明白な無差別大虐殺を、「真珠湾」への“反撃”として強行する。真珠湾は軍事施設だけを目標としていたが、東京や広島・長崎等は住民の生命そのものが目標である。

 その5年後、朝鮮戦争が始まる。そこでの米軍による住民大虐殺については、たとえば松本昌次『朝鮮の旅』での「信川大虐殺」などで明らかだが、つい最近も「老斤里大虐殺」が暴露された(注3)。

 朝鮮での終戦後10年と経たぬうちに、ベトナム戦争への米軍介入だ。ソンミ事件その他、アメリカ先住民大虐殺と全く同じ無差別婦女子大虐殺が、カウボーイ米兵らによって“楽しく”行なわれた。

 ベトナム戦争終了26年後の今、父親ブッシュによるイラク戦争(湾岸戦争)を経て息子のブッシュが、国連を無視してアフガニスタンに開戦した。ウンデッドニー当時の大統領と現在のカウボーイ父子大統領とで認識に基本的違いがない以上、非白人で異教徒住民への無差別爆撃(虐殺)は当然である。良心的アメリカ人は、あくまで非主流だ。

 ここまで書いた直後、ミニコミ誌『シサム通信』10月号が届いた。その中から、アフガニスタンで長年医療活動をして今回脱出した中村哲医師の言葉――「一連の動きを見て思うのは、西部劇の続きである。勇敢な白人がバッタバッタとインディアンをなぎ倒していく。」


<注1>たとえばラス=カサスの『インディアス破壊を弾劾する簡略なる陳述』(石原保徳訳・現代企画室)などに詳しい。

<注2>詳細は拙著『アメリカ合州国』(著作集12巻=朝日新聞社)収録の「マイアミ連合からベトナムまでの合州国の道程」参照。

<注3>1950年7月に韓国・忠清北道老斤里で避難民数百人を米兵が無差別射殺。AP通信が一昨年9月に報道。
http://www2.kinyobi.co.jp/old/fusoku_oldf/386


こんな事態が許されるのでしょうか!?

ラムゼー氏の著書を見るまでは、イラクのクウェート侵攻の非は、イラクそしてその独裁者フセインに在ると信じ込んでいましたが、ラムゼー氏は、このイラクのクウェート侵攻はアメリカによって仕掛けられた罠であった事を示してくれます

その罠は、イラン・イラク戦争で疲弊し復興を図るイラクに対して、(アメリカの差し金で)クウェートは石油の過剰な増産を企て国際的な石油価格の暴落を図り、イラクの石油からの利益を削減させた上、イラク油田の盗掘等を行いイラクを徹底的に痛みつけ、イラクがクウェートに善処を請うと、イラク、クウェート、サウジアラビア、UAEによる四ヵ国の石油相会議の席上では、クウェートのサバハ外相は“(イラクに)対応するつもりはない。(中略)気に入らないことがあるなら、イラクはクウェートの領土を勝手に占領すればいい。(中略)我々は米国を引き入れる”とのも発言しています。

そして、当時のブッシュ(父)大統領は“警告も挑発もなくイラクはクウェートに侵攻した” と述べたというが、フセインはこの会議で(イラク軍のクウェート国境への集結の前日)は、“話し合いでイラクを守れないなら、事態を正しく立て直し、かつ奪われた権利をその持ち主に返還するために、何らかの有効な手段が講じられなくてはならない。全能の神よ、我々は忠告を与えたことを覚えておいてください” と語りクウェートに警告を発していたことが紹介されています。

中東で戦争を望んでいたのはイラクではなく、米国の巨大勢力だった。つまり、巨額な予算を維持したい国防総省、中東への武器販売と国内の軍事契約に依存する軍需産業、原油価格に対する支配力強化と利益の増大を望む石油公社、ソ連の崩壊を米軍の中東常駐の絶好の機会と考え、石油資源の支配により巨大な地政学的勢力を二十一世紀に向け構築しようとするブッシュ政権だった。


国防総省の課題は、拡張よりも再建に腐心するイラクを、どうしたら米国の軍事介入を正当化できる行動に駆り立てることができるか、であった。このような危機的状況を創り出すため、国防総省はクウェート王族との特別な関係に頼ろうと考えた。

イラクがイランとの戦いに没頭している最中、クウェートは国境を北方に移動させ、ルメイラ油田の中の九〇〇平方マイルを占拠した。クウェートはこれに加え、米国から供与された傾斜穿孔技術により、イラク領土内に間違いなく位置するルメイラ油田から盗掘を行った。イラン・イラク戦争が最高峰に達した時、イラクの石油輸出能力は低下したが、クウェートは盗掘したイラクの石油をイラクの消費者に売りつけて大いに儲けた。

クウェートは戦争期間を通じ、イラクに三百億ドルを貸与したが、その大部分はクウェート自身がイランから直接的脅威を感じた後のものだった。戦争が終ると、クウェートの指導者はイラクに返済を求めたが、イラクは戦争により八百億ドル以上の被害を受けていた上、クウェートの身勝手な行動で石油価格が引き下げられていた。

イラクにとって債務の即刻返済は不可能だった。

一九八八年から九〇年にかけ、米国防大学の研究が予想した通り、イラクは外交によりクウェートとの紛争解決に努力した。一方、クウェートは、情報筋のすべてが認める通り、一貫して傲慢で非妥協的だった。


サダム・フセインはバグダッドで開催されたアラブ連盟首脳会議で次のように述べた。

戦争は通常、「軍隊の越境、破壊行為、殺人、クーデター支援により遂行される。(中略)そして、現在行われていること(クウェートの石油政策)はイラクに対する戦争である」。

一九九〇年六月、イラクはアラブ数ヵ国に外交使節を派遣し、原油価格の若干の引き上げを可能にする新たな生産割当を訴えた。クウェートはこの生産割当を拒否したが、さらにイラク、クウェート、サウジアラビア、UAEによる首脳会談の開催というイラク提案まで拒絶した。

 七月十日、前記四ヵ国の石油相会議がやっと開催され、原油価格の漸次引き上げが可能となる生産割当が決められた。ところが、翌日、エミールと会談したクウェート石油相は、原油生産を十月まで大幅に引き上げると発表した。

サダム・フセインは、クウェートと米国がイラク経済の破壊を共謀していると公然と非難し、「話し合いでイラクを守れないなら、事態を正しく立て直し、かつ奪われた権利をその持ち主に返還するために、何らかの有効な手段が講じられなくてはならない。全能の神よ、我々は忠告を与えたことを覚えておいてください」と語った。イラクの戦闘部隊がクウェート国境に結集し始めたのは、この翌日である。

 言い換えるなら、イラクは、経済戦争が仕掛けられていると認識しており、事態はそれほど深刻だ、と警告したのである。ブッシュ大統領は八月八日の声明で、警告も挑発もなくイラクはクウェートに侵攻したと述べたが、これは真っ赤な墟である。

http://members.jcom.home.ne.jp/u33/i%20think%20030322.htm


1990:米国の承認の下、クウェートに侵攻。

米国の承認?

1990年7月25日、勢いに乗る独裁者は、米外交官で駐イラク大使のエイプリル・グラスピーとバグダッドで会談。サダムがグラスピーに、イラク石油のちょっとした首長権限をめぐってクウェートに攻撃を仕掛ける際に、アメリカが反対するかどうか確認したところ、このアメリカの使者はこう語った:

「私たちに意見などありません。(国務長官の)ジェームズ・ベイカーが私を寄越したのは、指示を確認するためだけです。それはつまり、クウェートはアメリカと連合関係にないということです。」

サダムは彼女の発言を録音していた。グラスピーは、1991年の議会証言で、父ブッシュがイラクのクウェート侵攻を承認したと世界中の外交官が見なすことになる録音について、その信憑性を否認できなかった。

http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/04/the_best_democr.html


湾岸戦争はアメリカが仕掛けた罠だった

1991年1月17日、湾岸戦争が始まった。しかしながら、軍事偵察衛星から送られてくる写真から、米ソはイラクがクウェートに攻め込む何日も前から、フセインの軍隊の大規模な移動と、クウェート国境への集結を確実に把握していたことが、関係者の証言で明らかになっている。1990年7月20日に打ち上げられたソ連製スパイ衛星「コスモス2086」が、突然軌道を変え、侵攻直前のクウェート上空を集中的に飛行していたことが、徳島市の「民間・人工衛星追跡組織(LAT)」の調査によって明らかにされた。(1990年10月23日付け「朝日新聞」による)

 他国の衛星の位置を確認しているアメリカが、このソ連衛星の動きを察知していたのは確実で、つまり、「奇襲」とされるイラク軍の侵攻を事前に知っていたことになる。

 もし、アメリカが本気でイラクのクウエート侵攻を沮止しようとするならば、第7艦隊をペルシア湾へ向かわせ、イラクへ警告を発せば、良いことだ。そうすれば、湾岸戦争は回避されていた。

 また、当時のイラク駐在のグラスピーというアメリカ女性大使が、フセインの国家再建努力を褒めて、「アメリカはイラクの行動には関心がない」と言ったのだ。


さらに、国務省の中東専門家であるジョン・ケリー国務次官補が記者会見で「クウェートが攻撃されてもアメリカにはクウェートを助ける責任がない」と公言したのだ。

 さらには、1989年、クウェイト国家公安局長がCIAを「極秘」に訪問し、「非公式会談」を行なっている。

「イラクの経済情勢の悪化を利用して、イラクがわが国との国境を画定しようとするよう仕向けることが重要である、との点で米側と一致した。CIAは、彼らがふさわしいと考える圧力のかけ方を説明し、こうした活動が高いレベルで調整されることを条件に、両国間の幅広い協力関係をつくるべきだと詳述した」ケネディ政権の報道官で、ABCテレビ欧州中東総局長ピエール・サリンジャー他による「湾岸戦争 隠された真実」で、アメリカとクウエートの密約文章の中身をこう紹介している。

 という訳で、フセインはまんまとアメリカが仕掛けた罠にハマったのだった。

http://www.election.co.jp/column/2001/k20011121.html


イラクの湾岸戦争をテレビ報道を見ていて、イラクがクウェ−トに侵入し破壊している様子が映し出されていましたが、その裏にはアメリカのCIAの情報工作があり最初イラクのクウェ−ト侵略を容認した節がある。

 それを、鵜呑みにしたサダム・フセイン大統領がアメリカの思う壺にはまり、悪者にされてしまったのである。

 イラク人の破壊よりも、アメリカの爆撃機の破壊のほうが本当は多大だったのです。

私達は、日本が真珠湾攻撃をしましたが、アメリカは、その情報を先に知っていて、日本の攻撃を口実に日本に宣戦布告してきました。

 時代が変わっても、アメリカのやりかたは、同じなのです。

クウェ−ト(親米政権)は隣のイラクの原油盗掘を行い、また、クウェ−ト人は周辺の貧しいアラブ人を労働者として酷使し、大きな利益を得ていた。これにイラク(フセイン)が抗議したが無視。このため、イラクはクウェ−トを攻撃、占領した。

 クウェ−トは欧米に支援を要請。米を中心とする多国籍軍が編成され、ハイテク兵器を駆使した大攻勢が行われ、一瞬でイラク軍は粉砕され約30万人が戦死しイラクは敗北した。放射能汚染を招くウラン弾頭も使われ、死者の半数は民間人であった。また、国連の降伏勧告を受け入れ、イラクに戻る途中の無抵抗のイラク軍に対し、米軍は隊列の前後の集団を攻撃し足止めした後、「動くもの全て」を対象とした大殺戮を行い、約1万人のイラク兵を全滅させた。イラクへ向かう道路には死体が累々と並び、「死のハイウェイ」と呼ばれた。これらの行為に対し、イスラム勢力の中ではテロによるアメリカへの報復を叫ぶ者も多かった。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5930/newpage117.htm

湾岸戦争はアメリカなどの、軍需産業を持った多国籍企業という死の商人によって仕組まれた戦争だった。

フセインに資金を送り続けたのはイタリアの銀行であり、化学兵器を造らせてきたのはドイツやソ連であり、原子炉とウランは堂々とフランスから売却され、スーパーガンはイギリスから輸出され、アメリカは資金援助を行ないイラクを戦争ができる国に育ててきた。フセインに戦争させるという作戦を実行してきたのが、この軍需産業ファミリーだ。

[『国連 死の商人』(P.34)、広瀬隆(1992)、八月書館]

世界を飛び回って多国籍企業が操る「影の政府」の意思を世界に伝えて回ったベイカー・アメリカ元国務長官。ユーゴ内戦の国連事務総長特使であり、かつ、アメリカ第2位の軍需産業ゼネラル・ダイナミックスの重役であり、かつ、大マスコミのニューヨークタイムズの重役であるサイラス・ヴァンス。他のイラク在住外国人が足止めをくらったときに、イラクのフランスに対する30億ドルという借金をたてにフランス人のみを脱出させたミッテラン・フランス大統領。

僕たちが新聞やニュースで知ることのできる彼らの肩書きは、長官や大臣や、代表といった平和的なもので、人殺しを職業とする兵器工場の経営者という素性がどこにも書かれていない。ところが原爆・水爆・ミサイル・戦闘機から地雷まですべてを造り、ゲリラ戦の特殊部隊を生み出す戦慄すべき国際グループというのがこの一族の正体だ。

[『国連 死の商人』(PP.36-42)、広瀬隆(1992)、八月書館]


また、この一族の系図は、軍需産業とアメリカ、イギリス、フランスといった多国籍軍の中核をなした各国の政府や、国連、マスコミが一体である証拠だ。近代の戦争はすべて彼ら「影の政府」が仕組んだものだ。

そして湾岸戦争直前の1990年、世界の軍需産業が不況にあえぎはじめていた。その軍需産業の不況を打破するために、多国籍軍が湾岸戦争を引き起こし、大量の兵器を消費して儲けようと企てた。

また、軍需産業とアメリカ政府とのつながりは、現在ますます強まっており、クリントン大統領の閣僚の多くが、多国籍企業の重役出身である。
例えば、現在アメリカの国務長官のクリストファーがいる。彼がクリントン大統領から指名されたとき、潜水艦用の核ミサイル、「トライデント」や、湾岸戦争で使われたステルス戦闘爆撃機をはじめとする軍用機を数多く製造したアメリカ第3位の軍需産業ロッキード社の現役重役だった。

アメリカ大統領直属の情報機関、CIAの長官であるジェイムズ・ウールジーは、アメリカ国防総省との取引額第8位のマーティン・アリエッタ社の重役だった。この会社が生産していたトマホーク巡航ミサイルも湾岸戦争で有名になった。

さらに、クリントン政権は各軍需産業から政治献金を受け、彼らに操られていることがこの面からもわかる。ゼネラルモータース、GTE、テクストロン、グラマン、ゼネラルダイナミックスといった軍需産業がクリントン政権やアメリカ議会議員に政治献金をしていることが明らかになっている。

このようにアメリカは軍需産業のために政治を行なうような仕組みになっている。それがアメリカが世界各地で戦争を勃発させている理由である。

湾岸戦争で多国籍企業は国連を思いのままに操りイラクを世界から孤立させた。そしてこの国連ビルがそびえるマンハッタンの土地を寄贈したのはアメリカ最大の財閥ロックフェラー財閥だった。文字どおり、国連はアメリカの多国籍企業の手のひらの上にある。

また、多国籍企業は、新しい国連事務総長に、ガリを送りこんだ。ガリは、「影の政府」の方針を決定するダボス会議のメンバーである。

http://yiori.tripod.com/aum_related/aum1.txt


湾岸戦争でボロ儲け

……ブッシュ政権の重要ポストにエネルギー業界出身の者が数多くいることにある。……テキサスの石油及び天然ガス会社こそが、ブッシュ・ジュニアの選挙戦の最初の協力者グループだったからだ。……

 副大統領ディック・チェイニーからして、石油産業関連のサービス会社では世界第二位