★阿修羅♪ > 近代史02 > 430.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
株で儲ける方法教えてあげる(こっそり)
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/430.html
投稿者 中川隆 日時 2010 年 11 月 26 日 01:23:59: 3bF/xW6Ehzs4I
 

(回答先: 株で損した理由教えてあげる 投稿者 中川隆 日時 2010 年 11 月 24 日 20:33:35)


経済や企業業績の分析では相場の予測はできません。

株式投資で各種要素の重要度は大体


投資対象の選択、投資する企業の業績判断 : 5%
世界市場・先物・全体相場・為替・景気動向 : 5%
トレンド分析・チャート分析 :30%
損切り・両建て・ドテン・買増し等の建玉法 :30%
投資額・分散投資等のリスクマネージメント :30%


という所でしょうか。

________________

1. 投資情報


1) 証券会社の選択

一般信用で逆日歩無しに空売りでき、かつ逆指値やトレーリングストップができる証券会社でなければ使い物になりません。

この条件を満たすのは カブドットコム証券と松井証券の二つしかないですね。

(1)一般信用で空売りできる証券会社

http://www.hikaku.com/sec/search/shinyo.html


@ カブドットコム証券
http://kabu.com/

A 松井証券
http://www.matsui.co.jp/

B 大和證券
http://www.daiwa.jp/onlinetrade/

C 岩井証券
http://www.iwaisec.co.jp/

カブドットコム証券

長期信用取引(一般信用取引)における売建は「逆日歩が付かない」


カブドットコム証券の一般信用取引は、返済期限が最長3年の「長期信用取引」です。この「長期信用取引」は他社で「無期限信用取引」と呼ばれるものとほぼ同等であり、当社では信用取引の特性を踏まえて返済期限を最長3年※1としています。制度信用銘柄も含めて一部の銘柄を除きほとんどの上場銘柄が買建可能で、売建も行えます。一般信用取引において売建も行える主要ネット証券は、当社以外では松井証券のみ。

(2)逆指値注文ができる証券会社
http://www.all-navi.jp/sec/list/order-stop.html


@ カブドットコム証券
http://kabu.com/

A 松井証券
http://www.matsui.co.jp/

B SBI証券
https://trading1.sbisec.co.jp/ETGate

C マネックス証券
http://www.monex.co.jp/

D 楽天証券
https://www.rakuten-sec.co.jp/

E 野村證券(野村ジョイ)
https://trading.nomurajoy.jp/oms

F 岡三オンライン証券
http://www.okasan-online.co.jp/


(3)トレーリングストップができる証券会社


@ カブドットコム証券
http://kabu.com/

他は不明


トレーリングストップ(Trailing Stop)とは、高値/安値に合わせてリアルタイムで逆指値注文を自動修正する自動売買です。

売り注文の場合

「高値−【X】円を逆指値とし、当日高値更新幅に合わせて逆指値を引き上げる」

という注文になります。


買い注文の場合

「安値+【X】円を逆指値とし、当日安値更新幅に合わせて逆指値を引き下げる」

という注文になります。


売りの場合であれば、

「下落するようなら逆指値で売却し、もし上昇するなら利益をより多く確保するために逆指値を切り上げ、株価の値上がりに追従する」

ということが可能になります。


(4)日足・分足で 各種チャートを無料で提供している証券会社


@ カブドットコム証券
http://kabu.com/

他は不明


__________________

2) 相場判断に必要な各種指標


国内市場スケジュール
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/market_s/market_s.asp

SQカレンダー
http://www.traderssec.com/invest/nikkei225/225_sq.html
http://manabow.com/qa/sq.html
http://kabukabu.web.infoseek.co.jp/sqkoramu.html

@世界の株価

世界の株価リアルタイムチャート
http://ch225.com/main.html
http://kabucha.net/
http://sisannka.com/chart.html
http://nikkei225jp.com/cme/


NYダウ工業株30種(アメリカ)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?code=0200&div=I&zoom

NASDAQ(アメリカ)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?code=0202&div=I&zoom

DAX(ドイツ)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?code=0204&div=I&zoom

FT100(イギリス)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?code=0203&div=I&zoom

CAC40(フランス)
http://www.investwalker.jp/shisuu/stock-weu-cac40.shtm

上海総合(中国)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?code=0305&div=I&zoom

ハンセン(香港)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?code=0300&div=I&zoom

ドル換算 日経平均
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?0104I


Aバルチック海運指数
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0807
http://www.investwalker.jp/shisuu/Baltic-Dry.shtm
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=BDIY%3AIND

Bゴールドマン・サックスの先物差引手口・残高
http://ameblo.jp/option-wing/

C外資系動向


外資系証券会社経由の注文状況
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/foreign_funding/foreign_funding.asp?SID=
http://www.toushi-radar.co.jp/gaishi.php

外資系(10社)寄り付き前注文動向
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_stocks_top.asp#yori_gaishi

主体別売買高チャート_外国人
http://kabutie.jp/tec_pop.php?id=3&no=3
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0487&asi=2&yy=1

D 騰落レシオ


東証1騰落レシオ
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0188

日経平均株価 +東証1騰落レシオ(“設定”で騰落レシオにチェックを入れる)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?0100I

NYダウ騰落レシオ
http://www.h6.dion.ne.jp/~limbland/NY.htm

E 買われ過ぎ・売られ過ぎを探る
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/compass/compass.asp

F 為替

http://www.nikkei225-dow-fx-chart.com/210forex_realtime_usdjpy_yen_10_20.html
http://www.gaitame.com/market/chart/


__________________


3) ネットからの情報入手

@種々の情報

株式@2ch掲示板
http://yutori.2ch.net/stock/subback.html

経済@2ch掲示板
http://namidame.2ch.net/eco/subback.html


A 経済情報


経済コラムマガジン
http://www.adpweb.com/eco/


マット今井『トレーディングのつぼ』コラム
http://www.gaitame.com/gaitame/imai.html

A 相場情報

出島昇の相場雑感
http://ameblo.jp/zubakabu80/
http://www.zubakabu80.com/cgi-bin/free/pre001_view.pl


B相場・経済予測が当たった事は一度も無いが、参考になる事も少しだけ書かれているサイト


S氏の相場観
http://ssoubakan.blog102.fc2.com/

岩井辰士
http://iwai.blogzine.jp/blog/

Nevada 投資情報専用ブログ
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
Walk in the Spirit
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/


Cチャート分析・トレンドラインの引き方

Harvest Chart
http://www.harvestchart.com/oldpage.files/oldpage.htm

堂島相場道場 東 証 株 価 指 数
http://dojimasouba.com/



_______________

4) 株価チャート


次の7つのチャートが必要です。


@ 1分足 ローソク足(5日間)
A 1分足 移動平均線(5日間)
B 1分足 新値足(5日間)

C 日足 移動平均線
D 日足 MACD
E 日足 ディレクショナルムーブメント(DMI)
F 日足 株価と移動平均線との乖離率

(分足・日足・週足 でトレンドラインを2本以上引ける事)

上記の7つのチャートは


カブドットコム証券(スーパーチャート)で無料提供されています。
http://kabu.com/


カブドットコム証券のスーパーチャートだけで十分だと思いますが、銘柄のスクリーニング機能も必要な場合は

東洋経済新報社 株価チャートCD−ROM
http://www.toyokeizai.net/shop/cdrom/chart_cd/detail/BI/14e7455ac0c00fabbb03ff45327a15fa/

テクニカル・チャート入門編 
http://www.toyokeizai.co.jp/data/chartcd/chart_nyumon.html

テクニカル・チャート詳細説明 
http://www.toyokeizai.co.jp/data/chartcd/weekly_chart/index.html

____________

5) テクニカル分析の解説書

@ デイトレード入門―短期売買の極意 (日経文庫) (新書)

廣重 勝彦 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E7%9F%AD%E6%9C%9F%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E3%81%AE%E6%A5%B5%E6%84%8F-%E6%97%A5%E7%B5%8C%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%BB%A3%E9%87%8D-%E5%8B%9D%E5%BD%A6/dp/453211103X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273323201&sr=1-2


A「逆指値」売買入門―「株」でも「商品」でも儲けられる (アスカビジネス)

宮沢 広行 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E9%80%86%E6%8C%87%E5%80%A4%E3%80%8D%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E3%80%8C%E6%A0%AA%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%82%82%E3%80%8C%E5%95%86%E5%93%81%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%82%82%E5%84%B2%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%AE%AE%E6%B2%A2-%E5%BA%83%E8%A1%8C/dp/4756905897/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273296528&sr=1-2


B世界一わかりやすい!FXチャート実践帳

今井 雅人 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84-FX%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%B8%B3-%E4%BB%8A%E4%BA%95-%E9%9B%85%E4%BA%BA/dp/4860633253/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1273298307&sr=1-3


C先物市場のテクニカル分析

ジョン J.マーフィー (著), 日本興業銀行国際資金部 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%88%E7%89%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E5%88%86%E6%9E%90-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-J-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC/dp/4322218911/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273295862&sr=1-2


D柴田罫線


天底と転換罫線型網羅大辞典〈第1巻・第2巻〉

柴田 秋豊 (著), 柴田 豊秋 (編集)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B000J7N6IW/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&qid=1273298656&sr=1-2&condition=used

柴田罫線順張り法則書・逆張り法則書
http://www.jasty.co.jp/service/con2/bt/book_jun/

天底と転換罫線型網羅大辞典(改訂版)3巻セット
http://japan.cnet.com/release/story/0,3800075553,10009358,00.htm


E個人投資家のための「株式チャート」究極の教科書

吉見 俊彦 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%8D%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E2%80%95%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E5%89%8D%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%80%E6%9C%AC-%E5%90%89%E8%A6%8B-%E4%BF%8A%E5%BD%A6/dp/4860950607/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1273296070&sr=1-3


Fチャート分析の真実 普及版
吉見 俊彦 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E6%99%AE%E5%8F%8A%E7%89%88%E2%80%95%E5%A3%B2%E3%82%8A%E4%B8%8A%E6%89%8B%E8%B2%B7%E3%81%84%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%BF%85%E5%8B%9D%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%90%89%E8%A6%8B-%E4%BF%8A%E5%BD%A6/dp/4925112937/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273296070&sr=1-2


G相場に勝つローソク足チャートの読み方

小沢 實 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A4%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%82%AF%E8%B6%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E8%AA%AD%E3%81%BF%E6%96%B9-%E5%B0%8F%E6%B2%A2-%E5%AF%A6/dp/4534034318/ref=sr_1_fkmr0_1?ie=UTF8&s=books&qid=1273296452&sr=1-1-fkmr0

H出来高対応チャート

アームズ投資法
リチャード・W・アームズ・ジュニア (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E6%8A%95%E8%B3%87%E6%B3%95-%EF%BC%8D-%E5%A4%A9%E6%89%8D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%98%8E%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%8F%E3%82%A6%EF%BC%88%EF%BC%93%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%81%B6%E3%82%93%EF%BC%89%E3%81%8C%E3%80%81%E4%BB%8A%E3%80%81%EF%BC%91%E5%86%8A%E3%81%AE%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E7%99%BB%E5%A0%B4-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%EF%BC%B7%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2/dp/4939103498/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1290576059&sr=1-2


________________


6) 相場の解説書


@「いい株」を探そう―すべては買いのタイミングで決まる (同友館投資クラブ)

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%81%84%E3%81%84%E6%A0%AA%E3%80%8D%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%9D%E3%81%86%E2%80%95%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AF%E8%B2%B7%E3%81%84%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A7%E6%B1%BA%E3%81%BE%E3%82%8B-%E5%90%8C%E5%8F%8B%E9%A4%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496037343/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1273296614&sr=1-3


A買いポイントを見逃すな!狙って獲る「株・大勝ちの条件」

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%B7%E3%81%84%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%92%E8%A6%8B%E9%80%83%E3%81%99%E3%81%AA-%E7%8B%99%E3%81%A3%E3%81%A6%E7%8D%B2%E3%82%8B%E3%80%8C%E6%A0%AA%E3%83%BB%E5%A4%A7%E5%8B%9D%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%80%8D-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4938801337


B「カラ売り」入門―ノウハウと定石 (同友館投資クラブ)

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%80%8D%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%81%A8%E5%AE%9A%E7%9F%B3-%E5%90%8C%E5%8F%8B%E9%A4%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496043742/ref=sr_1_6?ie=UTF8&s=books&qid=1273296614&sr=1-6


C「カラ売り」の実践―出動と利喰いのポイント

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E2%80%95%E5%87%BA%E5%8B%95%E3%81%A8%E5%88%A9%E5%96%B0%E3%81%84%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496030624/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=books&qid=1273296614&sr=1-7


D「カラ売り」と信用取引 (同友館投資クラブ)

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E4%BF%A1%E7%94%A8%E5%8F%96%E5%BC%95-%E5%90%8C%E5%8F%8B%E9%A4%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496032880/ref=pd_bxgy_b_img_b


Eカラ売り「勝利の十則」 (同友館投資クラブ)

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%80%8C%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%81%AE%E5%8D%81%E5%89%87%E3%80%8D-%E5%90%8C%E5%8F%8B%E9%A4%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496039346/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1273297903&sr=1-1


F デイトレード 勝ち続ける人の順張りテクニック

二階堂重人 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89-%E5%8B%9D%E3%81%A1%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%A0%86%E5%BC%B5%E3%82%8A%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E5%A0%82%E9%87%8D%E4%BA%BA/dp/4883997545/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1290473681&sr=8-9


__________________

7) 先物・オプションの解説書

@外国人買いに従け (同友館投資クラブ)

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E8%B2%B7%E3%81%84%E3%81%AB%E5%BE%93%E3%81%91-%E5%90%8C%E5%8F%8B%E9%A4%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496042924/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1273297903&sr=1-5


A日経225先物とオプション―実践での戦い方 (同友館投資クラブ)

三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B5%8C225%E5%85%88%E7%89%A9%E3%81%A8%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E2%80%95%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84%E6%96%B9-%E5%90%8C%E5%8F%8B%E9%A4%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496043386/ref=sr_1_8?ie=UTF8&s=books&qid=1273296614&sr=1-8

B日経225先物取引入門

堀川 秀樹 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B5%8C225%E5%85%88%E7%89%A9%E5%8F%96%E5%BC%95%E5%85%A5%E9%96%80-%E5%A0%80%E5%B7%9D-%E7%A7%80%E6%A8%B9/dp/4496043408/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1273322909&sr=1-1

C最新版 オプション売買入門

増田 丞美 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E6%96%B0%E7%89%88-%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E5%85%A5%E9%96%80-%E5%A2%97%E7%94%B0-%E4%B8%9E%E7%BE%8E/dp/4775990268/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1273322035&sr=1-3


Dオプション売買の実践 <日経225編>

増田丞美 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5-3c%E6%97%A5%E7%B5%8C225%E7%B7%A8-3e-%E5%A2%97%E7%94%B0%E4%B8%9E%E7%BE%8E/dp/4775990373/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1273322794&sr=1-4

____________
____________

2. 株式投資の基本


「安いときに買って、高いときに売る」は破滅への道:


______


プロは「安く買って高く売る」など考えない。

いつ押し目になるか分からぬ銘柄を悠長に待つ時間などない。

「高く買ってもっと高いところで売る」、これがプロの思考。


_______


株は高く買って、更に高く売る。

安く売って、更に安く買う。

これが基本な。


これはこのスレの住人なら分かると思う。
1万の下でも1万超えでも9500の時でも高くなったのでそろそろ落ちるとショートして俺に喰われたカモがいた。

これからも出てくるだろう。ショートは下がってからすればいい


______________

127 :山師さん:2009/12/03(木) 23:13:14 ID:lwnqO4UQ

欲張らずにちまちまとリカクと損切りを繰り返すのが一番だな・・・

132 :コンビニ:2009/12/03(木) 23:21:54 ID:36quZD20
>>127
オレもそれには同意。

「大きく勝つ」ではない。 「負けない投資」コレがオレのポリシー。

売りでも買いでも、含み損を抱えるというのは趣旨に反する。

リスクに反する行動は取らない。

_________

80 :山師さん:2010/10/30(土) 16:40:22 ID:sW8lBYfp

例えばですが簡単ですが利益がほぼ毎日確実に出せる方法の仕組みを知りたい人いる?

81 :山師さん:2010/10/30(土) 17:22:43 ID:FVQAhjc7
>>80
居ます〜


82 :山師さん:2010/10/31(日) 15:33:06 ID:HXJcoNpo
>>81
小さく利益を取るという事です。

83 :山師さん:2010/10/31(日) 22:36:23 ID:2t76C7Wn
>>82

損失は、更に小さくと言うわけですか?

84 :山師さん:2010/11/01(月) 19:35:14 ID:SKaIvXEr
>>83

とは限らないです。
勝率の高い売買であれば利益よりロスが大きくても最終的に利益が残ります。

勝率の悪い売買であれば当然ロスを小さくコントロールするべきだと思います。

85 :山師さん:2010/11/01(月) 23:32:13 ID:zPcIvHQj
>>84

こつこつドカンにならないように…
いずれにしろ、リスク管理は最重要なんですね


87 :山師さん:2010/11/02(火) 08:37:56 ID:xSHbZMEr
>>85

勘違いしてる人すごく多いんですけど損小利大じゃないとダメだと考えてる方多いです。

短期のスキャルピングで数tick丁寧に抜いていくのは天才じゃなきゃできない技でも何でもないです。

スキャルピングなら勝率悪くても7割位取れます。



89 :山師さん:2010/11/02(火) 08:58:15 ID:T7i6LaSh
>>87

私の場合、エントリーのタイミングの見極めができず、エントリーの瞬間から含み損という…
ある程度の、見極め方が出来るようになると、変わって来るんでしょうね

95 :山師さん:2010/11/02(火) 21:26:52 ID:T7i6LaSh

スタイルは、銘柄によって中期間保有しているものもありますし、スキャルピングで抜くのもあります。

保有期間が短い物は、そうでもないんですが、含み損覚悟で長めに保有しようと思ってエントリーすると、決まって下に行きますね。

まあ、覚悟の上なので気にしませんが、いわゆる塩漬という時期が長いのです。
こうなると、薄利で慌てて利確してしまいがちで、利が伸ばせないのが現状です。



97 :山師さん:2010/11/03(水) 08:41:43 ID:Gvk5QSs2
>>95

> 保有期間が短い物は、そうでもないんですが、含み損覚悟で長めに保有しようと思ってエントリーすると、決まって下に行きますね。

このタイミングで空売りすれば儲かりますよ!
決まって下にいくんですから!

98 :山師さん:2010/11/03(水) 18:02:08 ID:kwbxATbf
>>96

ロスカットは、下手で最近ようやく出来るようになりつつありますが…
損切り貧乏ですね

ルールという明確なラインは決めずにやるんですが、決めてエントリーするほうが良いように思います。



100 :山師さん:2010/11/03(水) 19:51:35 ID:Gvk5QSs2
>>98

ロスカットに上手い下手はないと思いますよ。

ロスカットしないと絶対成功しません。

ロスカットが精神的にキツイと考えているのはダメです。

キツイのなら逆指値をおくといいです。

ロスカットしたくなくても強制的にロスカットされます。


102 :山師さん:2010/11/03(水) 20:30:13 ID:kwbxATbf
>>101

やはり、ロスカットするラインを決めてエントリーするんですね。

大体、どのぐらいのラインで設定されるんですか?

私の場合、逆指値を刈られて、見事に反転するという、神懸かり的な曲がりを見せられます。

103 :山師さん:2010/11/03(水) 20:51:23 ID:Gvk5QSs2
>>102

神憑り的な被害には私もよくあいます(笑)

ロスカットの位置はご自分で考えるべきです私の場合ですとスキャルピングでは時間で考えたりします。

瞬間的に利益が出なければロスカットします。

私のインの仕方だと瞬時に利益が出なければ間違いだと考えています。

自分インの根拠とか筋書きが否定されたら値洗い無視してカットです。

だからロスカットになるイコール否定された地点がインの前で予測出来るはずです。

_________

20 :山師さん:2010/10/18(月) 23:36:15 ID:PYk/tjaS

相場で利益を上げる方法などいくらでもあります。
何故なら相場では愚かに立ち回り自ら餌食になる人が9割だからです。

手法は何でもいいのです。
勝率が高い方法でも儲かるし勝率は悪いけど損益比が高ければ儲かります。


36 :山師さん:2010/10/25(月) 18:40:14 ID:UIReHaQs

結局のところ手法とかいう考え方は直接利益に結び付くものではありません。

なぜその手法で利益が出るか?という考え方の方が遥かに重要なんです。

利益が出ないという人で手法をあれこれ一生懸命考えているのに利益に結び付かない人は多いです。


39 :山師さん:2010/10/26(火) 08:53:54 ID:+q/ACzfH

手法、手法って皆さん手法って言葉を本当に安易に口にしてるけど手法の意味わかってる人って一握りな気がする。

手法何て本当は何個も存在しないんですけどね。
あまり書きすぎると守秘義務に接触するから言えないけど株は簡単なんですよ。

私の知る限りプロって言っても難しい事して稼いでる人っていないですよ。


55 :山師さん:2010/10/27(水) 08:26:03 ID:kBWBSEvY

確かに勝負してるって感覚はないです。損も結構してますけど3年間マイナスを出した月は一回もないです。言っておきますがぼくは一流の教育を受けたわけでも天才でもないです。

ある事に気がつけば誰でもこうなります。

なかなか気づかない人が多いのが現状ですが株式市場はフェアじゃないと言うのであれな二度とてを出さずにいるべきだと思います。株だけが儲けの種でもないので。


61 :山師さん:2010/10/28(木) 07:40:08 ID:EHs9qlx9

私は競馬とか宝くじとかギャンブルには絶対に手を出さないと決めています。何故だと思いますか?ギャンブルは胴元に優位性があり期待値がマイナスのゲームをやらされる事がわかっているから。

どんなに勉強したりテクニック?を学んでも期待値がマイナスである以上プレーヤーに勝ち目はありません。


しかし株は違います。実は答えがあるのです。

ある特定の手順を踏めば誰でも儲かります。負けるのは、ほぼ自分のせいです。

変なところで買うのは完璧にあなたのミスですよ。

相場で利益をあげている人は皆利益を出す方法を知っているだけなんですよ。

変なところで売ったり買ったりしなければ相場というのは儲かるようにできています。


67 :山師さん:2010/10/28(木) 18:35:35 ID:EHs9qlx9

基本的に相場に才能はいりません。

決められた事を守るだけです。

他人のせいにしている間は絶対に勝てるようにはなりません。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/stock/1287015558/

____________

____________


3. 銘柄の選択法 _ 売買対象は東証1部の優良大型値嵩株 1銘柄に絞るのが良い

時価総額上位ランキング
http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&kd=4&mk=11%2c%2012%2c%2021%2c%2022%2c%2031%2c%2032%2c%2043%2c%2047%2c%2083%2c%2087%2c%2094%2c%2097%2c%2017%2c%20A1%2c%20A7%2c%2037%2c%2019%2c%2029%2c%2039%2c%2049%2c%2089%2c%2099%2c%20A9&ca=1&tm=day&

テクニカル分析を用いた投資スタンスとは中、長期的 に特定の銘柄を追って行く事です。

一相場「底から天井、又はその逆」を取ると言う事です。

ただし、ここで言う中長期とは「買って」、または「売って」からそのまま 売買をしないと言う意味ではありません。

中長期的にその銘柄を罫線分析しながら追って行く事を意味し ます。

http://www.harvestchart.com/oldpage.files/oldpage.htm

1) 売買するのは東証1部の優良大型値嵩株 1銘柄だけで十分

個別銘柄も日経平均に連動した値動きをしますから、投資対象は倒産しそうもない優良大企業1社に絞った方が良いのです。

日経平均に連動しない銘柄は危険なので売買対象から外して下さい。

小型株と1000円以下の株は空売りで踏み上げられるので投資厳禁。


但し、1銘柄勝負の場合はデイトレーディングのループ売買ができなくなります:


Q : 持っていた株を売却して買い戻ししたのですが、この株の売り注文が出せません。なぜですか?

A : 当日中の売→買→売の取引については、買付代金に持っていた株の売却代金が当てられないことになっています。この為、持っていた株の売却代金相当を除いた状態で、買付代金を満たす余力があるかどうかを判定し、余力が無い場合には、売り注文が出せないようになっています。


Q : 100万円の日計り売買を別銘柄で2回行いましたが、受渡日には200万円の入金額必要ですか?
(取引例:A銘柄100万円買→100万円売、B銘柄100万円買→100万円売)

A : 100万円の入金で決済可能です。200万円の入金は必要ありません。
預かり資産の範囲内での買付可能額は、日計り売却代金は次の買付可能額に含めませんが、決済はループにより最小となる必要額に計算されますので、100万の入金で決済可能となります。


_______


31 :山師さん:2009/09/14(月) 19:14:11 ID:aVTaDmXX

時価総額上位30社の大型優良株をやるべき。

低位株や新興は絶対やったらだめ。

スカンピンになるぞ

210 :tiger:2009/03/15(日) 14:43:46 ID:M2GKWZLN

時価総額上位20社だけをデイトレやれば利益だせるだろ。

なんで皆わけわかんない中低位株とか振興株に手を出すのか。

意味ないだろ。

33 :山師さん:2009/09/14(月) 19:37:02 ID:aVTaDmXX

個人が主な取引源の低位株や新興よりも、外人や機関の需給がしっかりしてる大型株のほうが安定的に稼げる。

ストップ安とかないし。

84 :山師さん:2009/01/31(土) 11:28:19 ID:8JmhGv5t

俺が実際に売買するのはほとんど1銘柄だな

去年は4銘柄売買したけど、そのうち3銘柄は気まぐれで1〜2回の売買しただけ
99%以上は1つの銘柄に絞ってる

ある程度の値動きがあって、出来高があれば一つに絞ったほうがいいわ

780 :山師さん:2010/10/10(日) 01:22:04 ID:rE3p0ml/

上の方で1銘柄取引のことをこきおろしてる人がいるけど

多銘柄の取引はいろんな銘柄に同時に注意を配らないといけないからそのほうが大変な気がするけど・・。

1銘柄取引でも、信用全力とか現物全力みたいな無謀なことさえしなければその銘柄だけに集中力を注げる分落ち着いて取引ができると思う。

113 :山師さん:2009/02/09(月) 19:40:01 ID:CevxUlkF

アメリカのピットトレーダーとか通常は1銘柄だしな
ふつうに億万長者いるし

__________
__________


2) 値嵩株は日経平均株価の価格操作に使われる


日経平均採用銘柄 寄与率 構成率 一覧
http://nikkei225jp.com/nikkei/


日経平均株価の50%は30銘柄の株価で決まる


日経平均株価は225銘柄を対象に算出されています。
その算出方法ですが、「225銘柄の株価合計÷225」ではなく、「225銘柄の株価合計÷『除数』」です。

この除数とは、銘柄入れ替えなどがあった際に、指数としての連続性が保てるよう調整を行うための数値で、現在は24・687となっています。
また、合計株価の元になる個別株の株価は、その時々の取引値を「見なし額面」で調整しています。

ところで、日経平均株価の計算式を見て、


「株価が高い銘柄ほど、日経平均株価に与える影響が大きいのではないか」


と直感された方もいるのではないでしょうか。

そこで、12月12日時点の見なし額面を考慮した株価(株価×掛け目)の上位25銘柄を並べてみました(表3)。

トップはファーストリテイリングです。

表3のCDに平均株価に占める金額および割合を示していますが、「ユニクロ」だけで平均株価の約6%を占めています。

また、IT相場華やかなりし頃は「ソフトバンクで日経平均が動く」などとも言われましたが、当時より株価がだいぶ下がった今日においてもなお、影響度の大きい銘柄といえます。

表3のEは、Dを順に足していった累積の割合で、この25銘柄の合計で平均株価の47%を占めます。


調べてみると、平均株価の50%は上位30銘柄、平均株価の75%は上位77銘柄ほどで成り立っています。


上位125銘柄で平均株価の88%になり、残り100銘柄は平均株価の12%分。


計算当日の終値でいうと、(見なし額面考慮の株価が)420円前後です。
つまり、株価が400円を下回る銘柄は、日経平均採用銘柄といっても、平均株価に与えるインパクトは非常に弱いということです。


では、リストの下位のほうはどうなっているのでしょうか(表4)。

見なし額面を考慮した株価では、ヤフーは100円台。双日は見なし額面が500円であるため、計算に用いられる株価は取引値の10分の1となり、平均株価に占める金額は0・6円となります。


リストの上位と下位を見ると、日経平均株価は。株価の高い少数銘柄で説明可能であることがわかります。


つまり、日経平均株価の動きを追うなら、株価の高い銘柄の動きを追うのがよいことになります。
http://www.h6.dion.ne.jp/~yadon/mktinfo/48_081213_2.html


__________


3) 日経平均株価の価格操作の為に買い上げられる銘柄


こういう銘柄を下手に空売りすると恐ろしい事になります:

932 :山師さん:2010/10/15(金) 10:27:15 ID:+/enpl7l

日経下げトレンドを抑制する輸出値嵩株。

東京エレクトロン、TDK、ファナック、京セラ 強制維持相場?

買ってるの誰よ、仙石さん。


________

日経平均買い上げ中は【大型株】が買われ【小型株】が下落していたのですが、今日は買い上げられていた【大型株】が余計に売られていたのです。

では売られた具体的な銘柄は?

”お決まり”の銘柄になります。


東京エレクトロン −500円(−12.98%:ストップ安売り気配)
アドバンテスト  −196円(−11.98%)
ソニー      −105円(− 4.55%)


【東京エレクトロン・アドバンテスト】の主要株主は年金基金となっており、もし、
この両社が経営破たんしますと今まで買いこんできた株が事実上の紙切れになるのでです。


日経平均引き上げ(買い上げ)対象銘柄で最たる銘柄に【東京エレクトロン】があります。


≪年金資金≫は今や【東京エレクトロン】の筆頭株主になっているとも言われており、今や≪年金資金≫は【東京エレクトロン】と一蓮托生とも言える関係になっており、もし、赤字になり更に株価が暴落すれば≪年金資金≫は一体どれだけの損を抱えることになるでしょうか?


<外人>が40%も株を持ち、<浮動株(個人持ち株)>が7%しかない【東京エレクトロン】株は、外人が一旦売りを出してくれば最悪の場合、1,000円を切ることもあり得ます。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report/archives/562588.html


日経平均は226円余り上昇して引けていましたが中身は以下の銘柄への集中買い上げです。

東京エレクトレン +400円
アドバンテスト +72円
ソニー +125円
ユニクロ +550円


これだけ買われれば日経平均は200円以上上昇して当然ですが買い上げから除外されていたのが【トヨタ】と【新興不動産株】です。

【トヨタ】は引けでは何とか10円高で引けていましたが引け前には5円高となっており殆ど変わらずとなっていたのです。

*寄り付きは買い気配から始まり50円高となっていましたがその後55円高まで買われそこが高値でその後はじわりじわりと値を下げて行って終わったものです。
全く日経平均とは違う動きだったのです。

軽量級銘柄は買い上げられますがさすがにトヨタは重過ぎたとなっているのです。

http://www.asyura2.com/10/hasan68/msg/102.html


______________


4) 超優良企業以外は買ってはいけない

『黒字予想からの突然の倒産』

業績予想の修正もなく黒字予想からの突然の倒産というのはなめてますね。

原因は、資産運用子会社がデリバティブでやらかした模様。

子会社の穴埋めに貸付を行っていたサンビシも、子会社貸付金が焦げ付いて連鎖しましたね。

本業がいかに健全であろうとも、変なことをしていたら火傷する、
そういう例になってしまいそうです。

財務諸表分析のB/S分析を行う際に、「なぜこんな勘定残高が必要なのか」ということを意識するのは重要です。

『現預金39億?』

臨時報告書には57億の回収不能とありますが、平成17年3月期のB/Sには短期貸付金は7億しかありません。ただ現預金が39億あります。

資産の内訳を見たら、普通預金が34億あります。また、売掛金の8億、短期貸付金7億はサンビシ商事へのものでした。関連当事者との取引にはサンビシ商事への貸付金の貸付と返済が64億づつあります。平成13年3月期から16年3月期までの有報の訂正報告書が出ているので見てみたら、どれもこのサンビシ商事との貸付金の取引が当初漏れていたようです。しかも年々、貸付&返済額が雪だるま式に増えています。

この貸付&返済額に呼応するようにB/Sでは平成14年3月期から現預金が10億、20億、30億と激増しています。
http://grande.blog2.fc2.com/blog-entry-208.html


____________

____________


4. 逆張りがダメな理由

暴落過程では、高値覚えで素人が買い向かってそのまま肥やしになるケースが多い。

ITバブルでもそうだったし、先のバブルでもそうだったと聞く。

高値でつかんでしまうケースより、暴落過程で飲み込まれる人が多いんだとか。


「暴落が起こるなんて誰にも分からない」なんていうけど、分かる人にはわかっている。ITバブルの頃、私にはそれが分からなかったが、分かってる人はいて、でも聞く気のない大勢の素人が夢中になって反論してたのを覚えている。

バブルなんてのは相対論で、先のバブルほど景気よくない、株価が低いといってもそれはバブルを否定する理由にはならない。

あれほどの最悪の状況からここまで持ち上げるのに、バブル化してやっとたどり着いたという見方もできる。 それほどに日本経済は傷んでいるんじゃないかと言う気はする。

______________


27 :山師さん:2010/10/20(水) 22:59:37 ID:D5vSQP2I

逆張りは高勝率低リワードレシオになる為うけがよく日本株プロディーラーも逆張り派が多い。

順張りは低勝率高リワードレシオの為、精神的にかなり負担は大きい。

しかし過去の相場でバックテストを繰り返すとほぼ間違いなく順張りの方がリターンが大きい。

______________


1 :山師さん:2010/09/27(月) 16:29:38 ID:C6sTf3Xv

100万を10億、100億にしたなどとメディアを通じて語る日本の”カリスマトレーダー”達は皆、逆張り(リバウンド)で儲けたと言う。

実際、逆張りをやってみるとどうだろうか?

下げ止まってしばらくしてから上昇に転じた時に買うのであれば危険性は低いが、急落している場面で株価やテクニカル指標だけで買うと、必ず大きい含み損を抱えませんか?

それは大口が大量に処分している時に個人が「安い」と勘違いして買わされているからです。

業者や大口にとって、一斉に処分したい時に買い支える存在がいないと困ります。

それを解決するために逆張り派のカリスマトレーダーを次々よ作り出すのです。

本当に上手い人は順張りでやっていますよ・・・

株価やテクニカルではなく、日数や地合を見ましょう。

実際の相場は「玄人のベテラン投資家は値段より日柄を大切にする」の格言通りなのです。


2 :山師さん:2010/09/27(月) 16:44:15 ID:nSB2+bXq

逆張りはダメだって。

だいたい失敗する。

ああいうカリスマの輩はああいうデタラメいって個人投資家をかく乱させる方法を取っているらしいよ

信じたら痛い目にあう。

オレや仲間も大損した。


3 :山師さん:2010/09/27(月) 16:44:52 ID:mtNi7euq

海外のウィザードたちはほとんどトレンドフォローだよね。

6 :山師さん:2010/09/27(月) 16:53:37 ID:nSB2+bXq

基本が順張りですよ

順張りで間違いなし

順張りで損する人なんか見たことないです


11 :山師さん:2010/09/27(月) 19:34:53 ID:zTkM7dji

特に初心者は順張りのほうが良いよ

何故か分からないが初心者ほど逆張りにこだわる人が多い気がする

こんな事言っても聞く耳持たんだろうが


12 :山師さん:2010/09/27(月) 19:48:36 ID:Js9SJxuy
>>11
ホント素人ほど逆をやりたがるよね

ヤケドすればいい


14 :山師さん:2010/09/27(月) 20:50:34 ID:C6sTf3Xv

「株は安く買って高く売るもの」 

「パニック的に投げ売られて暴落した時が絶好の買いなんです・・」

「急落すればそこから下は限定的」


といったもっともらしい嘘に騙されているから。


実際はどこで底を打つのかなんてわからないからしばらく様子見をしなければならないのに、「下げたら買い」といった謳い文句に洗脳されている。


22 :山師さん:2010/09/28(火) 01:31:45 ID:aH/imFA2

順張りで損する奴は単に下手で欲張りなだけ


24 :山師さん:2010/09/28(火) 09:48:20 ID:2ZOaD/yE

実際、どこで底を打つのかは分からないのだから反転し始めてから買えばリスクが低いのに。

逆張りにメリットがあるとしたら底値で拾える可能性があることぐらいじゃ?


35 :山師さん:2010/09/28(火) 15:23:20 ID:I5XWySWb

初心者に限って言えば順張りから始めるべき

逆張りは一発で退場になるリスクが多い


37 :山師さん:2010/09/28(火) 16:03:49 ID:2ZOaD/yE

逆張りにメリットがあるとしたら底値で拾える可能性があるということだけのはず。

たったそれだけのために大きい含み損を抱えるリスクを取るのは割に合わないというのが俺の意見。

底値を拾うためにギャンブルをしたいというのであればそれは個人の自由。

頭と尻尾は取りに行くべきではないのが原則のはずだけどね。

39 :山師さん:2010/09/28(火) 17:18:14 ID:2ZOaD/yE

逆張り派はどっちかというとせっかちな性格の人がよくやるのかもね。

結局、待ちきれずに買うわけでしょ。

あるいは少しでも安く買いたいという意識が強いとか。

値が下がることよりも値が上がることの方に恐怖心があるということなのかな。

ただ、あえて言うけど、中途半端な水準で逆張りやると大きい含み損を抱える確率が滅茶苦茶高いのは断言できる。

そのまま持っていれば結果的に買ったラインより上に行くことも多いけど、含み損の額が大きいと精神的ダメージが大きくて冷静に判断できないし胃も痛くなる。

結局、変なラインで損切りしたりする。

そういう理由からも含み損は極力抱えないように入れる順張りは安全だと思う。

40 :名刺は切らしておりまして:2010/09/28(火) 17:44:06 ID:tb9SabHt

下げ相場には個別にしろ225先物にしろかならず大口の売り方がいるから連中の買戻しが入りそうなつまり個人の大量投げ売りが出るときに目をつぶって買い捲ると短期で大もうけできるが上げ相場は馬鹿になって買うと儲かる


43 :山師さん:2010/09/28(火) 19:18:18 ID:2ZOaD/yE

逆張りやるときは当然、底値圏だと思って買いを入れてるんだけどね。

だけど結果的にはまだまだ買う水準ではなかったということが多い。

買ったラインを大きく下回るリスクは天井圏で順張りしなければ逆張りの方が高い。


45 :山師さん:2010/09/28(火) 21:22:17 ID:2ZOaD/yE

結局、逆張りは底狙いなわけだけど、大口がいつまでも売る相場になると以前は通用したやり方が通用しなくなりやすいですね。

逆張りはそういう相場の変化に対応するのが難しい欠点もあるように思う。

対応できる人はやればいいけど、とても人に薦められる手法とは思えないんです。


___________
___________


5. 損切り・ナンピン・買い増し


機械的に損切りしても良いのはデイトレの場合に限られます。

買った直後に株価が予想に反して下がったら、すぐに損切りしてドテン売りに変えれば儲かる確率が大きくなります。

損失が大きくなってしまった場合は、損切りやナンピンはしないで、ドテンするか、又は両建てにして しばらく様子を見ましょう:

193 :山師さん:2010/01/22(金) 10:16:17 ID:qb9Zi3Tk

デイトレしてるオレから見ると

ボックスで上下させてる胴元が居て

動揺させる激しい値動きで個人やらを損切りさせると

そいつの儲けみたいな感じだ

・大口はいつもいかに損切らせるか考えている。

・MACDとMACDオシレーターを見ながら取引している人をわざと嵌め込む大口の動きがよくある。

・東証1部の騰落レシオ120から買いあがる動きが、70以下から(80以下から?)売り下がる動きがあることが多い。

http://blog.livedoor.jp/takkun1995/

_______________


損切り大好きな良い子の運命

5 :山師さん:2007/12/02(日) 00:10:22.36 ID:oHm4WO5S

情報は取らず、チャートだけ見て買う。売る。

益が10%出たら離隔し、損が5%超えそうだったら即切る。

「これからあがるかもよ」って情報があろうがなかろうが、損が5%超えた瞬間に切る。

こうして元出500万で始めたが、今は30万になった。

マジお勧め。


16 :山師さん:2007/12/02(日) 05:40:57.34 ID:rZP0gMKB

損切りが大切って言うけど、俺なんか

5%超えたから律儀に損切りやってたら、あっと言う間に種銭10分の1になっちまったよorz


_________

これは(796 797)、損切りじゃなくて機械切りじゃないかい

なぜなれば、チャートの位置関係などの状況判断もないままの

損切りは、単なる機械切りとなってしまい損拡大は必然なのだから!


>1000円、900円、800円とナンピンしていき、
>700円、600円、500円とさらに下がって目も当てられない状態になるのが現実

そんなに下がる株を買うのは、損切り好きな初心者レベルの奴しかいないぞ

値下がり要因だけで損切りする奴は、初心者レベルの奴だから、もともとファンダメンタル分析なんかできない

逆張りは底値圏にあると思われる株を買うわけだから、それから30%以上も下がる可能性はほとんどない。

損切りは将来的にファンダメンタルの回復が、全く見込めない場合のみ

したがって、そんなケースは10%にも満たない

通常の株は下がり過ぎたら騰がり、騰がり過ぎたら下がる

損切りを勧めている奴は、手数料がほしい証券業者か経験が短いひよこ

10年以上勝ち続けている奴なら、株をよく知っているため、安易な損切りなんか勧めるはずがない

結論としてはナンピンする資金あるならドテン売り覚えろってことだな

ドテンを躊躇無くできる奴の方が儲かっている。

しかし、多くの人はドテンすべきポイントで、ナンピンしてしまう。

多くの投資家のメンタルとしては、ナンピンの方が、精神的にラクなんだろう。

含み益は耐えられないが、含み損は耐えられるし、ナンピンすれば株数も増え、リバウンドした時に大儲けできる期待が持てるからな。

逆にドテンは、下がった安いところで売るから、順張りトレーダーとしてのメンタルを鍛えなければ、なかなかできない。

ちょっとした短期のノイズで、結果的に中期的には上手くいったであろうドテン売りをあっさり手仕舞ってしまうこともある。

ドテンを上手く決めれるようになったら、トレーダーとしてのレベルは一段アップする。

勝ち組は、含み益の時に、プラス方向に動き出したときに追撃買いできるやつだ。

つまりは、ナンピンの正反対。これができるやつが勝ち組。

負け組は、少しプラスになると喜んですぐに利確するやつ。


__________

どの株の本も損きりすすめてるよな。

下降相場でそれやってたら損が増えてくだけだと思うんだが、損きり信仰


負け犬は損切りが大事とほえるよね


「損切りが大事」という人は一様に株式で多くの損失を出しています。

「損切りが大事」というのは負け犬の口癖です。

無価値な自己の体験を過大評価しているのでしょう。

むしろ「損切りが大事」といわないことが大事。


ホントに大事なのは株価が下がったら喜んで買い増せるような優良銘柄を選ぶことです。

借金の多い何をしているかわからない新興企業の株で損失を出し、
損切りが大事といってる人は本気でそんなこと思ってるのでしょうか。

損切りする前の購入の段階でもう勝負は付いてるよね (笑)

__________


ナンピンなんてしない。

株は適正価格から乖離すればするほど元に戻ろうとする性質が高まるという大原則がある。

安定株を安値圏で買えば問題ない。

種の1/4で買って上がれば売り、下がればまた買い増ししていく。

塩漬けという概念が間違っている。期間が延びれば利益額が増加するから結果的にパフォーマンスは安定する。

これで月10%はいけてる。

ナンピンした時点で負けだ。買い増しとゴッチャにしてはいけない。


________


27 :オカ板ディーラー ◆HbpyZQvaMk :2009/01/20(火) 22:34:49

ナンピンで利益を出すためには徹底したリスク管理と戦略、資金配分が必要です。


単に買ってみた。下がったからまた買い増し。

おっ、戻った。取り返せた。 では、必ず将来的に負ける。


俺はこの十数年間、ナンピン癖の付いたディーラーが業界から去っていくのを数限りなく見てきた。

しかし、戦略に基づいたナンピンであれば話は別。

相場は上げトレンドでも下げトレンドでも反対方向の調整が程度の差はあれある。

例えば下げトレンドで買う場合、当然戻りを期待して買う訳だが、下げ相場に勢いがある場合、瞬間的に行きすぎと思える時がある。

そのような場合は一度反転したら戻りも早い。こういったチャンスを逃さないように許容できるマイナスを踏まえたうえで「試し買い」をする。

そこから更に下がっても許容できる範囲だから余裕を持って様子を見ることができる。 戻りだしたらそこを追いかけてナンピンの買いを入れる。

これは一つのパターンで、他にも状況に応じてポジションを取る。

ナンピンする場合は最初からナンピンすることを考えた上でポジションを取っていかないと間違いなく失敗する。

こういったポジションの取り方(ナンピンの手法)は数限りなくあるけど、基本的にナンピンはしないで稼ぐ癖をつけないと長く生き残ることは不可能だと思う。

28 :オカ板ディーラー ◆HbpyZQvaMk :2009/01/20(火) 22:54:52 ID:dBsROLm3

はっきり言うと臆病者の方が相場の世界では長生きする。

これは間違いない。

あなたが、相場を今回限りと決めているなら度胸を決めて勝負しても良いとは思うけど。

相場は毎日ある訳でたった一度のチャンスに度胸を決めて飛び込む必要は無いと思う。

例えばチャンスだけで見れば一日の間に何度もある。年間を通してみれば数限りないチャンスがある。

だから、一発勝負する必要は無くてこつこつチャンスを拾っていけば一発勝負で取るより必ず儲かる。

と、いっちゃアドバイスにならんので俺が過去にやってきた方法を。

わざと勝負の玉を入れてすぐに仕切る。

手数料が損になるがこれでロットへの恐怖が若干薄れる。

リスクにはロットのリスク、値幅のリスク、時間のリスクがあるが、時間のリスクを減らせばロットのリスクは多く取ることが可能だ。

値幅のリスクを最少することでロットのリスクを多く取ることも出来る。

逆にロットのリスクを最少にすれば時間のリスクや値幅のリスクを多く取ることが出来る。

つまり、リスク管理を徹底すれば、とりうるリスクが想定できるのでその範囲内で勝負をすることが出来る。


> 枚数減らしてもう半年もコツコツドカン

これは一番悪いパターン。

相場は1勝10敗でもプラスになるが10勝1敗でマイナスになる。

せめてコツコツ、ツル!って滑った程度に抑えるリスク管理を勉強しないといけない。

コツコツ出来る人はある段階まではリスク管理が出来ているはずだが、途中で自己管理がおろそかになっている場合がある。

この自己管理は精神的なもので「これだけプラスがあるからまだ平気」と今まで慎重にやってきたのに大雑把になるときがある。

こういうときが一番危なく、これだけプラスがあると思っていた利益は大雑把になったとたんに無くなる場合が多い。

これさえ気をつければコツコツホームランも十分可能だと思う。

________________


22 :山師さん:2007/12/02(日) 09:59:53.66 ID:A/UvnJTD

損きりが重要とわかってても出来ない人は、頭の中でわかっててもできないんだよ

朝やる前に損きりするって思ってても一気に逆にふられたら損きりできないんだよ

そういうやつはまず自分が損きりができない人間であると深く認識することからはじめないといけない。

あと同じ値段で5000株かって1ティック5000円しかうごかない場合だとさくさく損きりできるのに50000株かった場合は1ティック5万円だから一瞬で含み損が50万とかなって損きりづらい。

だから損きりしやすい自分にあったポジションサイズを自覚することが重要。

自己売買部門もそういうことわかってるから自分たち以外のそういう大き目の注文が入ったら逆にふってきらせようとする。


23 :空売りの旅人:2007/12/02(日) 10:31:12.59 ID:RP0c3V3S
>>22

全くそのとおりだね。

ロットが大きくなると損切りで損失金が多くなりカットするのに躊躇していっそう損が多くなる。
自分もこれで大損した。

貸借銘柄で,買い持ちで下げだしたら,即空売りも入れ始めるのも一法だ


_______________

自分が買ってみたい銘柄があるとします。

どんなベテランでも、投資家なら誰しも、その株を最初に買いに行く時は、

「ここが目先の底値で間違いないだろうか?」

「買ったこの値段から更に下らないだろうか?」


等と半ば不安な気持ちで買いに行きます。

「船底一枚下は地獄」との言葉がありますが、自分が買ったまさにその瞬間、自分の買値は、この”一枚の薄っぺらな船底”と同じ訳です。

だから、自分が買いたい株数を一度に全部買いに行ってはいけません。

買った値段からの更なる下落リスクを大きくするからです。

こういう、その株を初めて買いに行く時は、先ず相場という戦場への、

”偵察の為の株” ”斥候目的の株”を少数出動させるのです。

だから、それは最低単位数で構いません、いわゆる”少ない株数による試し球による打診買い”ですね。


それでしばらく相場・地合の様子を探るのです。

目先の底値の再確認作業ですね。

それが間違いでないと自分で確信出来たなら、いよいよ”残り本体の精鋭部隊の順次投入”です。

先行投入した最低単位数の偵察・斥候株の買値より、現在株価が少し上がってる段階で本体の精鋭部隊である”残り株数”を順次買い出動させれば、トータルでの”平均買いコスト”は、現在株価よりも下にありますから、少なくとも”船底一枚”の状態ではなくなります。


”船底二枚或いは三枚”になり、気持ちの余裕も出来る訳です。

その後は、相場の地合次第で、現在株価が自分の平均買いコストを下回って来たら、即損切りするも良し、もう少し様子を見続けるも良し、それは貴方の判断次第となりますが。

いずれにしても、”丸裸の状態”で、いきなり”一度に買いたい株数全部”を投入しない事ですね。

_____________

今現在、トータルで実損をしているのなら、それを一気に取り返そうと思わないで、先ず何度かの取引を通じて少しづつ実現益を積重ねて行って、イーブンまで回復する様に心がけて下さい。

それから、デイトレとスイングとは投資行動のリズムも違って来ます。

スイングでも、手掛ける銘柄は多くてもせいぜい2、3銘柄にしておいた方が良いでしょう。

それ以上の数は、目も行き届かないし、フォロー出来ませんから。

デイトレは、単に「ゲーム」と割り切ってやる事が肝心ですね。

その銘柄の業績なんかは余り関係ありません。

要は、日中足の分足を使っての、それこそ「バーチャルな投機ゲーム」に過ぎません。

ザラ場中に、倒産のニュースや悪材料さへ流れて来なければ良いのですから。

デイトレとスイングは、出来ればどちらか一つに絞った方が効率的だと思いますが・・・・

生活資金の他に、何十年でも遊ばせても良い額の余裕資金であれば「評価損は損でない」との考えも成り立つでしょうが・・・・・

何十年も寝かして、その塩漬けになってる株の会社がそれまで存続してるという保証もありません。

ましてや、それが新興の会社なら、存続リスクもあり、株価回復リスクもあるでしょう。

仮に100万円現物投資して、10万円の評価損のまま何十年も寝かしておくのと、
損切りルールの下、10万円の実損は一時的に出しても残金の90万円で他の銘柄に新規再投資するのとどちらがより賢明な判断・投資手法だと思われますか? 


私なら躊躇なく後者を選択します。

人間の限りある寿命と、持ち株の回復との競い合いはしたくはありません。

何の利益も生まない何十年もの塩漬けで失うものはその資金の有用性だけでなく、何十年もの”大事な時”を失う事、だと私は思うのですが・・・・


________________

________________

6. 空売り・両建て


1) 純空売りは危険

954 :山師さん:2008/01/13(日) 16:42:38.74 ID:Kjf8b01a

売りの方がとりやすいけど素人がいきなり売り始めて勝てるほど甘くないよ。

業績悪い銘柄、割高な銘柄売れば勝てると思ってるなら売り始めれば確実に負ける。

空売りは需給がすべて。


__________

”信用売り”は、思っておられる程簡単なもんではありません。

”信用売り”は、買った現物株の”つなぎ売り”に活用して下さい。

半可通での純”空売り”は、危険で勧められません。


証券会社のサービスにはおそらくスクリーニングという機能がついているとおもいます。

それでスクリーニングを行ってください。


PERが明らかに高すぎ、PBRは当然1.0以上

EPA、EPSは当然ひとけた台が望ましいという条件で行ってください。


そして何よりも重要なことはその企業の信用倍率が高いところをスクリーニングしてください。


その企業はたくさん信用で買っている人がいるということです。

そこを空売りしてください。

その株価は容易に崩れるでしょう。

ただし気をつけなければいけないのは売買数の小さいところを狙ってはいけません。


買い板も売り板も厚い、売買数の多いところを空売りしてください。


板の薄いところは簡単に崩れそうに見えますが実際には踏み上げを食らうことが多いです。

一見、厚そうに見えるところを空売りしてください。


買い板が厚いということは逆にいえばそれだけカモがたくさんいるということなのです

一見、買い板が厚そうに見えても信用買いが多い企業ならば時間が味方をしてくれ、いずれ崩れます。

まず、間違いなく今は下げ基調 いや、大調整なのですから。


__________

暴落時に空売りすると恐ろしい事になる

暴落する時はあくまで”暴落”であって、それは一気に急落する、信用売りも仕掛けられないほどの暴落なんです。

言ってみれば、急勾配の坂を下る様な個人が信用売りでコントロール出来る様な代物ではなく、足元に突然大きな深い穴が開いて、真下に真っ逆さまに穴の中に落下する様な”暴落”なんです。


だから、暴落時に信用売りを仕掛けても、何しろ値が全然付かないのですから信用売りも約定する事はあり得ません。それほどの恐ろしいものなんです。

暴落の怖いところは、下がるだけではなく、その翌日は逆に値ごろ感を持った投資家が一挙に買いに殺到して反転暴騰して、今度は買いを入れても値が付かず、買い約定も出来ない・・・

そんな状況を総じて”暴落”というのです。


仮に暴落時に信用売りを仕掛けて”運良く”約定しても、その翌日は、逆に一気に全株全面暴騰し、日経平均で何千円も踏み上げられるのです。

そんな状況でも信用売りを仕掛けるのは、余程の”勇者”か余程の”資産家”か余程の”素人”なんでしょう。

ブラックマンデーの様な、又日経39000円からのバブル崩壊の様な ”暴落” はいわば一方方向の暴落なんていう代物ではなく、

暴落と暴騰を日替わりで繰り返しながら株価が急落して行く、”ダッチロール”の墜落の様な”暴落”である事を 是非理解しておいて下さい。


ネット系の個人投資家は 逆に行け行けドンドンの 横並び体質がありますので、一転暴落が起こったら、過去の暴落以上に売りが売りを呼んで、サーバーダウン等も相まって、過去の暴悪以上の凄まじい想像以上の暴落になると私は思ってます。


_________

今日は寄り付きは様子見、前場下げ始めたので、暴落連鎖が来る思って、何銘柄か空売りしてみました。

その後は御覧の通りで、含み損と途中、損切りも含めて、現在は大幅な損失を抱えていますが、この後はどうすれば良いのでしょうか?

俺も死にました売りナンピン・・・・83万円・・・

一つの事故で死ぬね  株って


いやぁマジで恐ろしいわw

前場の吹き上がり叩いて、ほぼ安値で買い戻して、余力なくて店じまいしたんだけど、欲張ってたら殺されるとこやったわwww

_______

2) ツナギ売買  


@候補を三銘柄くらいあげる

Aそのうち一銘柄を一万〜二万株現物を買う(資金の制約があるので値によって株数が異ります)

Bツナギをしてコストを下げてゆく

Cコストがゼロ、あるいはゼロに近くなったら現物を処分する(なるべく高くなったところで)という順序で、現物を売却して終了ということになります。


利益率の計算としては、コストがゼロになった時点で現物価格と同額の利益をあげたことになり、この時に利益率一〇〇%となるわけですが、早いときで一年ちょっと、動きがにぷく、あまりよく波に乗れなかったときには二年以上かかります。それでも、あせらず仕事としてやっていくのが成功のコツです。


私は手持ち現物と同銘柄しかやりません。

異銘柄へのツナギは、うまくゆけば大きくコストダウンに寄与することもあるでしょうが、どうもツナギ売買から外れるような気がするし私は気が小さいのでやりません。

そのかわり買いツナギは少しやります。

しかし、はじめの頃は買いツナギはやりませんでした。

「買いの買いは危険だ」という原則があるからです。


やはり、売りツナギがやりやすいし、ツナギの本筋は売りツナギだと思います。


また、売りツナギの数量を手持ち株より多くする、すなわちオーバー・ヘッジはよくやります。はじめはこわかったのですが、なれるとなんでもありません。それは買い戻しが非常に楽だからです。これは、原則的なことと関係します。


あらゆる動きは、安値のときは小さく、高値で大きくなります。その値動きの荒い(ゆるやかな天井でもやはり少しは荒くなる)ところから出発するのですが、下がったところでは動きが小さくなるので、手仕舞いが楽なのです。


安値で買い、高値で売る(手仕舞い)ときは、買うときは楽ですが売るときはたいへんです。まして欲がからみますからむずかしく感じます。

反対に、高値のときに売り(仕掛け)、安値での手仕舞いは、建て玉(売りツナギ玉)の全部、あるいはほとんど全部が大体希望どうりに手仕舞いできるので、この点比較にならないくらい楽に感じます。

しかし、ツナギをはじめた十年前は、やはり緊張して固くなってやっていました。誰でもそうだと思います。だから、はじめは、


@一回の株数を少なくする(持ち株の全部をヘッジできなくてもよい)

Aゆっくりやる(はじめは誰でも急ぐ。だから、売りツナギの一部を早目に手仕舞って、残りをゆっくりする)


私の経験ですが五%のコストダウンが出来れば大成功だ、それを二十回やればコストはゼロになる、という計画でやったのですが、こんなのんびりした方針のほうがいいと思います。

コストがゼロに近くなり、現物を買い値より高く売れれば、ゼロ以下になった計算になり、これでひと区切りです。これでひとつ大仕事をしたことになり肩の荷がおります。そして少し休み、次の計画をたてます。コストをゼロにした経験があるのとないのとでは全くちがいます。


_____________


株は天井を打ったり過熱したと思ったら売っておかなければ儲かりません。

現物を売ればそれっきりだし、空売りすれば担ぎ上げられる恐れがあります。

だから下げると思ったら現物を売らずに信用で売っておく事です。

ネット取引が普及した事で裁定取引を利用したデイトレにも取り組んでみましたが上手くは行かなかった。おそらく株式投資で儲けようと思ったら長期投資で現物買いと信用売りを組み合わせた「つなぎ売り戦法」が一番勝てるのではないかと思う。

年中売った買ったを繰り返していたら儲かるわけが無い。

http://www.asyura2.com/07/hasan53/msg/800.html

株式投資で100%勝てる方法は「つなぎ売り」戦法だけです。

株に100%絶対は無いのだから担がれたら現物を渡せばいい。

大天井を打ったら「つなぎ売り」を出して行き、途中で利食いをしながら持ち株コストを下げていきます。

プロの投資家はこうして持ち株コストがゼロの株を大量に持っています。

信用の売りでは金利が入るから長期になればなるほど儲かります。

プロの投資戦法は100%勝てる方法、つまり「つなぎ売り」しかないのです。

(私のコメント)
コメント1,2,3を読んでもらえば分かると思いますが、プロの投資家は「つなぎ売り」を繰り返しながら持つ株コストをゼロ以下にしていく。株式を長い間やった人なら分かる事なのですが、コメント欄を読んでも株をやっている人は少ないようだ。株式のプロは大底と思える時に買い出動して行って、上げたらつなぎで売っていって下げたら買い戻してコストを下げていく。

しかし最近はこのようなプロのやり方が流行らなくなって、アメリカのヘッジファンドに資金を委託するようになってしまった。アメリカのヘッジファンドが何故あのような高利回り運用が出来るのか、画期的な運用方法があるかのような幻想を世界に抱かせて世界から投資を集めてきた。しかしそれはレバレッジを効かせた投資法に過ぎない事がばれてしまった。

先週のNHKスペシャルでも青果物組合の資金担当者のルポがありましたが、資金運用をアメリカにヘッジファンドに委託して巨額の損失を出してしまった。プロは売りで儲けると言う話があるのですが、所詮アメリカのヘッジファンドも素人だ。私は2007年にNY株式はつなぎ売りだと書いた。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu194.htm

______________


3) 両建てにどういうメリットが有るのか?

素人が一番簡単に儲けれる相場が持ち合い相場だ。

売り買い両建て、損切りないで膨大の利益がでる。

同じ位置に戻ってくるわけであるから、損がない状態になる。


ここから、相場に参加した人間は必ず、勘違いし、有頂天になり、自分を天才だと思うのである。

しかし、ひとたび、持ち合いを抜けて、長期トレンドに入ってしまうと、身動きがとれなくなってしまう。

ほとんどの素人は損切りが出来ない、両建てで攻めていると必ず、スクエアになり、雁字搦めになってしまう。

これがお決まりのパターンだ。


両建ては持ち合いでは有効であるが、そんな状態は永遠には続くわけがない。

増えるのは口座残高だけなのである。素人は口座が増えれば儲けていると錯覚してしまう。

ところが、それに比例して、含み損も増えるという負のスパイラルに突入する。

結局、スクエアの幅から、かけ離れ、戻るまで身動きがとれなくなる。

その年に全て、決済してしまえば、いいのだが、せっかく苦労して増やした口座を減らすのがいやなのと、まだ、含み損を減らす可能性があると信じ、持ち越してしまう。

そして、次の年、気づくのである。

含み損は減らせないということに。


素人が一度、スクエアにしてしまうと、もう終わりである。
片方を必ずはずせなくなる。スクエアの幅が広すぎるからである。

それに気づいて、一斉に決済して、利益確定したときにはもう、
人生破滅というシナリオになる。


___________

一般的には買い玉をもってて7月のように相場が何度も天井ではね返された時
やばそうだなっとおもえば空売りしてヘッジ(保険をかける)するわけです。

そうして底をうったなっとおもえば売り玉を買い戻して また買い玉だけにします。

あるいは昔は 大株主で玉が大きすぎて相場が崩れそうなんだけどもち玉を処分できないっていう時やっぱり空売りして(コストを下げるっていうんですけど)

下げてるぶんをとるわけです。(つなぎ売り)

また大相場を下から買い上げてきた時に上で買い玉を利確しながらすこしずつ打診売りで空売りもいれながら相場つきを探る(じっさい玉をもつと相場に対する感性がちがってくるので)というのもあります。


その場合は

売り-買い
0―10
1―9
4―6
7―3
10―0

というふうに玉をすこしずつ交換していくそうです。(ドデン)


素人がやると両建てが解けなくなることがあるので中級以上のキャリアの方がいいでしょうか。

ある程度の資金がある人向けでしょうね。

またこれは手数料が高かった時代のはなしで最近はつなぎ売りなどは死語だという人もいます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3229094.html


1 名前: 両刀使い 投稿日: 2001/08/25(土) 00:34

買いと空売りを両方入れる

それじゃ プラスマイナス・ゼロ 意味ないじゃん

何のために両建てするの??


6 名前:   投稿日: 2001/08/25(土) 00:46

上か下かわからない時に一息つくためや様子見て現引きするとき。

7 名前:   投稿日: 2001/08/25(土) 00:50

どう考えても損だ。

勧めるのは証券会社の回し者だろう。

両建てで瞬間往復ビンタだってありうるし。

8 名前: 山師さん 投稿日: 2001/08/25(土) 00:50

買った現物を手放さず持ちつづけたいが、一時的な(と思われる)下落基調での損失をチャラにしたい、いわゆるツナギ売り

9 名前: 1 投稿日: 2001/08/25(土) 00:51
>6 7 8

本来なら利食いか損切りすべき局面で判断がつかないから空売りしてたら現物を買っておくということか


13 名前:   投稿日: 2001/08/25(土) 01:05

なにより精神の安定にとても役立ちます。

22 名前: 合掌 投稿日: 01/08/28 09:40 ID:MYqock2Q

プロのトレーダーは両建てなんてしない。
スリッページ手数料、2倍損することになる

単なる証券会社のお得意様になる 又は 精神安定

この2つのどちらかだ

28 名前:   投稿日: 01/08/28 22:43 ID:E1uIVdng

買いもしくは売りを入れておいて、利食おうと思ったときに、そのまま手仕舞ってしまうと、銘柄に対する集中力が切れるよね。

両建てするとその集中力を持続させることができる側面もあるんだ。

だから両建ては、同じ銘柄で、買いもしくは売りの一方向でなんどもとりたい人向けの手法だね。

36 名前: ゴミ投資家 投稿日: 01/08/30 22:38 ID:TF6lH/7Y

純カラではどうしても心理的な負担が高いので、両建てにすることにより空売りに対する恐怖心をなくすことができます。

現物買いは、安い値段で買っておいて、高値と思われたところで、つなぎ売りをする。

そして、また値が下がってきた所で買い戻す。
そして、また値が上がればつなぎ売り。

これの繰り返しです。


41 名前: 1 投稿日: 01/08/30 23:25 ID:ehVY2kKo

>>40
だったら安く買っておいて,高くなったら単純に現物を売る

下がったらまた現物かって上がったら売りというとはどこがちがうの?

たしかこういう繰り返して コストゼロの株をつくるって本あったね
「株のゼロ戦」絶版だけど 株で1億とかいう本で絶賛されてた

42 名前: ゴミ投資家 投稿日: 01/08/30 23:41 ID:TF6lH/7Y
>>41

僕が読んだのは林輝太郎の本でした。
同じコストダウンについて書かれてました。

>下がったらまた現物かって上がったら売りというとは
>どこがちがうの?

それについて違いはないです。

しかし、株は買うよりも売る方が有利なようです。
空売りに対して心理的圧迫から解放させるには、有効な手段だと書かれてました。


49 名前: 聞く前に 投稿日: 01/09/11 19:31

1度両建てやってみそ。
心理的な動きがわかって、なるほど〜と思うかも。


59 名前: 投稿日: 01/09/11 20:11

玉操作で利益を出したことが無い奴には、両建ての意義は一生わからない。

買いだけ、売りだけ、の奴はいつか死ぬ。


つなぎ 投稿者:R.O  投稿日:04月09日(日)16時46分59秒 max251-31.naha198.ryukyu.ne.jp

株はポジションを持った瞬間に不安になったり、外した瞬間に強く感じたりします。
心理的な面を冷静かつ客観性を保つよう心がけます。

ツナギを入れると客観的に見れたりします。

売り切りよりも、少しは心理的に売りを入れやすくなります。

特に損切りなら損益中心ではなく相場中心に思考することができます。

また、相場を丁寧に見てタイミングを重視するようになります

普通は、売却代金で別の銘柄を買い、どんどん乗り換えていき、銘柄選びだけを重視し、当てもの的に成ります。

現在はほとんど場合、信用で買ったのを返済する際利食い幅が大きく、源泉の税金が大きくつく時につなぎ売りを入れ、現引きし翌日現渡しを入れて決済してます。


ツナギ売り 投稿者:マーケットの奇術師  投稿日:04月09日(日)

道草さまが

>私は現物を長期用と短期用に区別しており、長期用の現物でツナギ売りをします。

とおっしゃっておられましたが、私も基本的に同じです。

もう少し詳しく説明しますと、

大きく4つの枠に売買を割り振り、全体としてポジションのバランス(買いと売りに極端に偏らないようにして、全体相場の急落・急騰リスクに備える)、セクター間のバランスが取れるように配慮しています。


1. 長期現物買い部門
2. ヘッジ売り部門
3. 短期現物買い部門
4. 短期信用売り部門


掲示板で主に売った、買ったと書いているのは3,4です。

これは原則としてツナギはしません。

利食いになるか損切りになるか、どちらかです。


1は優良株が中心になっています。富士写・トヨタ・TDK・日立・三井物・東海上、等々。(表のソフトバンク信者にはミソもクソも同じでボロ株扱いされてますが(笑))

2がいちばんわかりにくいのですけど、基本的に1のヘッジ目的の売りです。

同じ銘柄をツナギ売りすることもありますが、別の銘柄を見合いで売ることもあります。

さて、ではなぜ現物を売らず、ツナギ売りというややこしいことをするか、ですが。


これには大きく2つの理由があります。


A.はずれ銘柄を引かないようにするため

高値で利食い売りして、安くなったところで買い直せば良い。たしかにそのとおりなのですが、現物を売ってまとまった現金を手にしたとき、はたしてその銘柄が安値をつけるまで我慢強く待って同じ株数を買いなおすことができるでしょうか?


私なら、おそらく待ちきれずに、そのとき強そうに見える他の銘柄に手を出してしまうでしょう。

株で損をする行動パターンとして、ありがちなのが次のようなものです。


・まずおっかなびっくりいくつか買う。

・少し上がれば大喜びで利食い、休む間もなくいそいそと次の新しい株を買う。下がったものは我慢して持ち続け、値上がりを待つ。

・そうこうするうちに、手持ち株に塩漬け銘柄がだんだん増えて行き、利食える株が少なくなってきて、うっとおしい日々が続く。

・とつぜんの暴落が市場を襲う。しこりがあって需給が悪く上がらない株ばかり持っているので、そういう株は市場平均以上に大暴落する。

・怖くなって投げ売りし、二度と株に手を出さないことを誓う。

要するに、着実に値上がりする良い株をどんどん手放し、悪い株ばかり手元に残すので、なかなかパフォーマンスが上がらず、リスクに弱くなるわけです。

こういうパターンに陥らないために、優良株はなるべく現物を手放さないように、目先の下げはつなぎ売りで乗り越えるようにしています。


B.精神的な負担を軽減するため


例をあげて説明しますと・・・6501 日立、

この株は私は2月に1600ぐらいでツナギの売りを入れ、3月中旬に中期上昇トレンド割れが回避されたものとみて売り玉を買い戻しました。

さて、たとえばおお惚けものさまが取得原価数百円ぐらいの日立をたくさん持っていたとして、2月ごろ、なんとなくヤバそう、という程度の段階で現物を全部利食うことができますか?


そこからさらに切り返して上がって行くことを考えると、ついそのまま持ち続けたくなるのでは。

あるいは、3月の段階で、もとの株数全部を買い直す決断ができるでしょうか?

もっと下がるかもしれない・・・と、躊躇してなかなか買えないのが普通ではないでしょうか。

やってみればわかりますが、下落の兆候をかぎとったとき、現物を背景に売り玉を建てるのと、現物を売り切るのとでは、かかってくるストレスが全然違います。

安くなった株を新規で買うのと、売り玉を手仕舞うのとでも、同じことが言えますよね。

いざとなれば現物がある、という安心感のもとで、わりと気軽に売ったり買い戻したりできるのは、大きな利点だと思います。


あと、

C.常に値動きを肌で感じるため

玉を持っていれば、値動きを日々実感でき、感覚が鈍らない、ということもあります。
普通、手放してしまった株の動向をその後も追いつづけることはあまりしなくなりますよね。

たとえ継続して帳面をつけていたとしても、玉をもっているのといないのとでは、値動きから受け取る感覚に大きな違いがあります。
http://falcon-angel.hp.infoseek.co.jp/takarajima/2000/00Apr08.html#tsunagi

両建ての実利的なメリットというのは大したものではなく、その「効用」の大きな部分は精神的なものです。


「精神的なメリットのためだけに、無駄に日歩を払ったり枠を潰したりなんて馬鹿なことを誰がするのだろうか?」

...実は私ファルコン、両建てやりまくりです(^_^;)!


現物の繋ぎ売りについては、安く仕込めて非常に大きな利の乗っている現物玉を持っていると、特にトレーディングが不調な時など心強いものです。こういう宝物ののような玉を安易に手放す事を、私は出来るだけ避けています。

尤も、実は私がやる両建ては、この現物の繋ぎ売りよりむしろ奇術師さんがやらないと書かれていた短期部門が多いんですね(^_^;)。

column11「欲望の制御」で偉そうなことを書きましたが、実はまだまだ解脱できていない俗物ファルコンは、欲の皮を突っぱらかして以前よく失敗をしました(^_^;)。

つまり、せっかく良いところで仕込めて短期間で大きな利益が上がった時に、あまりの勢いについ「もうちょっと」と欲が出て手仕舞えないんですよね〜(^_^;)。

で、結局大分利益を減らして(下手すると損になって)からようやく諦める。みなさんも結構経験あるのではないでしょうか(^_^;)?


短期売買中心でポジションがないのが普通な人は違うのでしょうが、私は基本的に長期保有派から入りましたので「良いポジションを手仕舞って精算してしまう」ということに結構抵抗があります。

特に短期で大きな利が乗った玉は殊更にカワイイ(^_^;)ですからその抵抗感は一層のこと。

迷った挙げ句につい持続してしまいがちでした(^_^;)。


「迷った時はポジションを閉じる」「ポジションに引きずられた判断をしてはいけない(持続=良い方向に動くと判断した、ですからね)」判っちゃいたのですけど......。

実はそんな時に有用なのが「両建て」なんです。

保有ポジションと反対の玉を建て(「繋ぎ」を入れ)て一部〜全部を両建てにする(完全な両建てで実質的にポジションゼロになることを「スクエアにする」なんて言います)事で、カワイイ玉を維持したまま一時的にポジションを小さくする〜実質的に閉じることが出来るわけです。その後は動きに合わせてどちらかを手仕舞ったり、現引き現渡しで決済したりします。

またこれとは逆に、思惑と反対に動いて損勘定になったものの、何らかの理由であっさり損切りするのに抵抗があるような時にも「繋ぎ」を入れることは不思議と気楽にできるものです。

この辺は実際にやってみないと多分理解できないでしょうから、損切りがなかなか出来ないで失敗している人は一度試してみると良いと思います。「損切りする」と思うと抵抗があっても、「繋ぎを入れる」事は不思議と楽、と言うことが実感できると思います。

その理由はおそらく手仕舞いに比べて、仕掛けがより攻撃的な行動だからだと思います。特に「損切り」は非常に後ろ向きな気持ちを伴いがちですが、「繋ぎ入れ」ではそれが「更なる下げ(上げ)を取りに行く」という攻めの気持ちになります。マーケットに参加する人はおそらく例外なく「利益を上げたい」という「攻撃的」な理由から参加しているのでしょうから、攻める方がやり易いのだと思います。

もっとも私の場合は損切りを嫌って両建てにしたものの、結局現引き現渡しで決済してしまうことも少なくなく、本当に気分的な事のためだけにわざわざ余計な手間とコストをかけている気はしますが(^_^;)、それでもなくてはならない手法になっています。


特に含み損銘柄は憂鬱なものですが、一旦両建てに移行したと言うことはつまりポジションゼロと同じ事。そうなると今まで上がる(下がる)としか思えなかったものが、全然違って見えてきたりするから不思議。人間の判断なんていい加減なもんです(^_^;)。

両建てになって冷静に考えても、それでもまだ前のポジションがリーズナブルだと思えばもう一度ポジションを取り直せばいい。大きな含み損は両建てにして取り敢えずあっちに置いといて、新たにゼロから始まるポジションを作るわけです。案外そうなると今までと反対のポジションを作りたくなったりするものです(^_^;)。

「両建て両損」などともいわれますが、取り敢えず冷静な判断が出来るスクエアポジションに身を置く、というのは結構意味があると私は思います。その為のコストは保険料。己の「弱さ」を自覚する事が出来る賢い個人投資家にとって、「両建て」はとっても役に立つ手法だと思います。

http://falcon-angel.hp.infoseek.co.jp/column/13ryoudate2.html

_____________

_____________

7. W・D・ギャンの投資法

トレンドフォロー

1. トレンドが下向きな時には売るのに安過ぎるという事は決してなく、
  トレンドが上向きな時は買うのに高過ぎるという事は決してない

2. 逆張りは決してしてはならない

3. 多くの人は、新高値で買ったり新安値で売ったりする事は誤っていると信じている。 
しかし、これはトレンドに従っていると言う事なのである。

4. 相場の天底をチャートのパターンから予想して勝手に手仕舞まってはいけない。

5. ストップ・ロス・オーダー(逆指値)をどこに置くか判断できないのなら、決して買ってはならない。 (ギャンのストップ・ロス・オーダーは3〜5%差)


ギャンの相場理論 林 康史 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532131278/qid=1134391798/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-4248269-9379548

W. D. Gann's "Twenty-eight Valuable Rules"


第1条 資金管理と損失限度

資金管理は基本中の基本。ギャンは10分の1をルールとしました。

資金配分を厳密にすること。
売買に用いる総資金を10等分し、1回の売買における損失限度は総資金の10分の1にすること。


第2条 ストップロスは必須

ストップロスも基本中の基本。損失限度内にストップを必ずおきます。(原文の数値は当時の商品相場におけるものです。)

ストップロスを必ずおくこと。損失限度を計算した上、ポジションを持つと同時に行うこと。

第5条 トレンドフォロー

逆張りは禁物です。

トレンドに逆らわないこと。トレンドに確信が持てないときは売買しないこと。

第7条 流動性とボラティリティ

為替の場合、マイナー通貨に手を出さないようにしましょう。また、値動きの小さい通貨ペアも避けましょう。

活発に売買され、値動きのある市場で売買を行うこと。

第9条 指値注文の禁止

ギャンは指値で利益確定することを嫌っていました。個人投資家の場合はなかなか難しいですが・・・。

指値をしてはならない。売買の価格を決めず、成り行きで売買すること。

第12条 小利益売買の禁止

為替の場合は、スワップ狙いや小さい利幅でのレンジ取引は好ましくないと思われます。

わずかな利益狙いの売買(スキャルピング)をしないこと。

第13条 難平禁止

トレンドに逆らう行為は損失を拡大させます。

第17条 頻繁売買の禁止

頻繁に売買を繰り返しても、手数料やスプレッドで損をするばかりです。また、ミスも多くなります。

過剰に頻繁な売買は避けること。

難平(ナンピン)は決してしてはならない。これはトレーダーがするかも知れない最悪の失敗の1つである。

第20条 ピラミッディングのタイミング

早過ぎると、トレンドができていないので、はねかえされてしまうこともあります。

ピラミッディング(買い増し、売り増し)のタイミングに注意すること。レジスタンス・サポートをブレークしてから買い増し、売り増しをすること。

第21条 ピラミッディングの選択

商品や株の場合、銘柄によって上昇トレンドの強いもの、下降トレンドの強いものがあります。

買い増しするときは強い上昇トレンドを示すもの、売り増しするときは強い下降トレンドを示すものを選ぶこと。

第25条 天底に関する憶測の禁止

もうはまだなり、まだはもうなり。

相場の天底に関して勝手な憶測を行わないこと。

http://www.forex-traders.net/gann.html
http://shoken.exblog.jp/441966


銘柄の選択法

1. 活発な銘柄のみを取引する。
動きが鈍く、活気のない銘柄には手を出さない。

2. リスクの均等分散。4〜5銘柄を取引する。
全資金を1銘柄に集中させることは避ける。

3. 買いのピラミッディングをするときは発行済み株数の少ない銘柄を選び、
空売りのときは発行済み株数の多い銘柄を選ぶ。

4. 買いのピラミッディングをするときは強力な上昇トレンドを示す銘柄を選び、
空売りのときは強力な下降トレンドを示す銘柄を選ぶ。


天底に関する憶測の禁止


相場の天底に関して勝手な憶測を行わないこと。

これはチャート・パターン分析に基づいた売買をしてはいけないという事です。 

チャートの形状から未来の値動きは予想できません。

ギャンの手仕舞いは逆指値の自動注文に限られます。

逆指値はストップロス条件だけから決められます。

チャート分析の売り転換に基づく手仕舞い法は間違いです。

業績も良く、配当も高いのに、値段が安く放置されている企業の株があるとします。
この場合、この株を買うべきでしょうか。

ギャンなら、『買わない』と答える。 理由は


安いというだけで買ってはならないし、高いというだけで売ってはならない。


『業績も配当もいいのに、どうしてこんなに株価が安いのだろう?』という株があった場合、株価が安いのには、安いなりの理由が隠されている、というのがギャンの考え方です。

実際、こうした株の場合、後になったら、”業績もボロボロになり、配当もなくなってしまった”というパターンになる事が多いと、ギャンは指摘しています。


『こんなに内容がよいのに、なぜ、株価が下がってしまうのだろう?』と思っていたら、しばらくして、株の後を追いかけるように業績も落ち込んでいってしまった、とういうようなケースは、恐らく、多くの投資家が経験していることだと思います。

『株の先見性』という事がよく言われますが、実際に、実態の変化がハッキリと見えてくる前に、株の方が先に動いてしまう、という事はよくあることです。

http://rich-navi.com/gann.html

彼は、ピラミッディングという建て玉方法を提唱しました。

当初の建て玉が10ロットとすれば、5ロット、3ロット、2ロット、1ロット・・・と建て玉を減らしながらも、相場のトレンドに従って建て玉を増していくのです。

上昇トレンドで買いポジションを持つとすれば、例えば当初1ドル=105円で10ロット買い、次に107円で5ロット買います。

そして相場が上昇を続ける限り110円で3ロット、112円で2ロット、115円で1ロットとその度にロットを半減させながらポジションを積みましていきます。

ここで注目すべきは、逆指値の入れ方です。

当初105円で10ロット買う時に104円で逆指値を入れておくとすれば、次に107円で5ロット買う時には15ロット全ての逆指値を106円水準に引き上げます。さらに110円で3ロット買う時には18ロット全てを109円で逆指値を入れます。

このようにポジションを買い増すたびにストップオーダー(逆指値)の水準を引き上げていくのです。

従ってどこかで上昇トレンドが止まりストップオーダーにヒットすると、全てのポジションが一斉に決済され利食いになるわけです。

この手法は、投資資金に余裕があり、相場のトレンドが大きくなれば大変有効です。

http://www.saza-investment.com/useful/wd.html

__________
__________


7. テクニカル分析


ファンダメンタルズとか為替とか先物とか色々気にするとかえって相場の動向がわからなくなります。

特にネットに溢れている自称専門家の意見を読むと先入観ができてしまって、客観的な判断ができなくなるので非常に危険です。

森羅万象はチャートに織り込まれるというのが真実。

1銘柄勝負にして自分が取引している銘柄のチャート一つだけしか見ないのが一番良いのではないでしょうか。


______________


1) ジョン・マーフィーが語るテクニカル・トレードのルール

・ トレンドを把握すること

チャートの分析は長期チャートから始める。過去数年間にわたる週足、月足チャートを見て、先ず長期的な視野で全体像を把握する。日足やイントラデイのチャートに移るのは、長期チャートの分析が済んでからだ。短期チャートだけではマーケットに騙されてしまう。


・ トレンドに従うこと

大雑把に言えば、マーケットには短期、中期、長期トレンドがある。先ず、どのトレンドに従ってトレードするのかを決めよう。もしトレンドが上げなら一時的な下げが買いチャンス、反対に下げなら一時的なラリーが売りチャンスになる。


・ 安値と高値に注目すること

サポートレベルで買い、レジスタンスレベルで売ること。一般的に、前回の安値がサポートになりやすく、そして前回の高値がレジスタンスになりやすい。


・ 値戻しレベルを確認すること

マーケットの一時的な調整場面では、38%、50%、62%の値戻しレベルがサポートやレジスタンスになりやすい。


・ トレンドラインを引くこと

簡単な方法だが、トレンドラインは重要なマーケット分析ツールだ。


・ 移動平均線に注目すること

トレンドの確認に移動平均線は欠かせない。もちろん、最初に動くのは株価であり、移動平均線は株価を追うものだが、客観的にトレンドの変化を教えてくれる。


・ オシレーターを併用すること

RSI、ストキャスティクスなどのオシレーターは、マーケットの買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するために役立つ指標だ。


・ 危険信号を見逃さないこと

MACDヒストグラムは、迫るマーケットの反転を教えてくれる。


・ トレンドの強弱を確かめること

マーケットは強いトレンドを示しているのか、それとも横ばいなのかを確認するには、DMI指標(Average Directional Movement Index)が役に立つ。


・ 出来高も忘れずに見ること

はたして現在のトレンドは継続するだろうか?この質問に答えるためには、出来高の分析が必要だ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kabushikisobatenbo/17284803.html

__________
__________


2) トレンドラインも引けないアホに相場は無理

先物市場のテクニカル分析 ジョン J.マーフィー (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%85%88%E7%89%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E5%88%86%E6%9E%90-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-J-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC/dp/4322218911/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273295862&sr=1-2

(1) トレンドラインの引き方


トレンドラインは棒足罫線図のローソク足に注目し、突び出たヒゲとヒゲを結ぶように引く。

とび出たローソク足にヒゲがない場合には実体(週足ならその週の取引開始値から取引終了値にかけての部分)の中心にあわせて引くのが原則である。

株価が上昇中の場合には下値斜線、下降中には上値斜線を引けばよい。

何回かトレンドラインを引いていると、目先のトレンドライン、大きな流れのトレンドラインと、いくつかのトレンドラインを引くことができるようになるだろう。


・トレンドラインを引く。


 @一番とび出たヒゲとヒゲを結ぶのが基本。

 Aヒゲがない場合には実体の中心にあわせる。

 B株価上昇時には下値斜線、下降時には上値斜線を引く。

 Cトレンドラインは何度でも引き直すもの。

 D目先の流れ、中期的な流れ、長期的な大きな流れ、それぞれにトレンドラインを引く。

http://www.seiko-eri.co.jp/2002/manabu/backnum/manabu-no6.pdf


_________________
_________________

(2) トレンドラインの階層

トレンドラインを入れて観測する訳ですが、一つの罫線に、大勢、中勢、目先、それから超目先などのトレンドラインを入れて行きます。

一つの線に対して合い斜線(チャネルライン)を入れます。

また、修正斜線も必要な場合もあります。

時には軌道を外れた動きをする場合などは、それに対応したトレンドラインも必要になってきます、関門線も欠かすことが出来ません。

この様にざっと数えても一つの罫線に10本以上の線を書き入れが必要になります。

週足、月足で補うことも考えられますが、週足、月足で他の罫線では見えない形が観測される場合があるので、夫々に観測が必要です。

馴れてくると、必要に応じて使うことができますが、初めは観測に必要と思われる線を多く入れた方が良いでしょう。

ですから、チャートソフトを選ぶ際には上記のことを考慮して斜線、水平線、平行線が自由に、制限無く使えるソフトを選ばなくてはなりません。
http://www.harvestchart.com/kenkyu_kousatu/kenkyu_kousatuhtm.htm


_________________
_________________

(3) 斜線切りによるトレンド転換の判定法


売り転換 : 陰線の終値で下値斜線を下に切った場合

買い転換 : 陽線の終値で上値斜線を上に切った場合

トレンドラインの引き方は一意的ではないので、通常は上記に加えてさらに次の条件の何れかが満たされた場合にだけ、トレンドが転換したと判断します:

・ 3% break rule
終値でトレンドラインを3%以上切らないと転換とは見なさない

・ 2日ルール
2日連続でトレンドラインを切らないと転換とは見なさない


_________________
_________________

(3) トレンド分析の方法

入門編 その1

本来の考え方に沿った罫線を用いた投資スタンスとは中、長期的 に特定の銘柄を追って行く事です。

一相場「底から天井、又はその逆」を取ると言う事です。

ただし、ここで言う中長期とは「買って」、または「売って」からそのまま 売買をしないと言う意味ではありません。

中長期的にその銘柄を罫線分析しながら追って行く事を意味し ます。


--------------------------------------------------------------------


入門編 その3

銘柄の選択

一相場の「底から天井」といっても大勢的な基道で5年も10年も下げ続けている 銘柄は転換が確認できた場合以外、当然の事ながら買いは避けた方が無難です。

投資効率を考える上では月足、週足、日足グラフなどを見てハッキリとしたトレンド の転換が確認出来た銘柄を選択する事です。

ここでご理解頂きたい事は基本的なトレンドの流れに逆らわない事です。 例えば上げトレンドの途中に売りが出で「売り建」した場合はすぐに反転して「買い」となり結果的に騙しに合い易いと言う事になります。


日足グラフにトレンドラインを入れる場合、起点や支点となるポイントが観測するポイントと離れ過ぎている場合は、誤差が生じますので、その点を考慮に入れて観測する必要があります。

--------------------------------------------------------------------

応用編 その4

●トレンドラインの利用法(1)

以前日足グラフを用いて観測する際は誤差が発生する為に注意が必要ですと ご紹介しました。

今回は月足グラフの重要性についてご紹介いたします。

銘柄を選択してトレンドをみて行く上で忘れがちになるのが月足グラフだと 思います。
銘柄にもよりますが週足で充分トレンドが掴める物もあります。しかし、 大勢的なトレンドを把握する為には月足での観測も重要です。

日足グラフにサポートラインを入れるとすれば、せいぜいこの程度になると 思います。
こうなると初心者の方にはどの線に重点を置いて観測するのか解らなく なる場合があります。

週足グラフに至っては過去データ数にもよりますが、中々大勢的な流れ を把握する事が困難となります。


月足グラフを観測する事によって初めて大勢の動きが解ります。

今年1月の高値も@のトレンドラインにピッタリで止っている事も解ります。
買い建を入れるには@のサポートラインを上に抜いた事を確認後が 賢明だと言う事も解ります。

この様に大勢でのトレンドを把握しておき現在の位置関係を考慮します。

http://www.harvestchart.com/oldpage.files/oldpage.htm

----------------------------------------------------------------------------


応用編 その5

●トレンドラインの利用法(2)


週足にトレンドラインを入れて中勢的な観測をしてみます。

1〜7までのトレンドラインを入れていますが、1〜3までは今回の観測に直接関係はありません。

1と2は将来的に見て影響を与える可能性を秘めているので引き伸ばしておきました。

3は2の平行線ですが、3を上抜いた事でトレンドが変化した事が解ります。

4、5と上げ角度を増しながらの展開ですので、4、5のサポートラインを下に切った所を中勢的なトレンドが下げに切り替わった事が認識出来ます。

6を基準とした7の平行線を上抜けば再度の中勢トレンドの切り替わりと観測します。
仮に7を上抜けば、次は大勢的なサポートラインを入れて観測する事になります。

http://www.harvestchart.com/oldpage.files/oldpage.htm


---------------------------------------------------------------------


応用編 その6

●トレンドラインの利用法(3)


「買い」と「売り」の法則が交互に切り替わり、どこで出動して良いか判断しにくい銘柄です。(それでも大きく負ける事はさけられますが。)

この様なハッキリとしたトレンドがない保合の場合、できれば銘柄の選択を考えた方が良さそうです。

しかしこのような銘柄の値動きを判断するのにトレンドラインが有効になります。


日足グラフに無理やりトレンドラインを入れれば緑色の線が考えられますが、この様な保合中の銘柄には高値と安値に基準線を入れて観測し、あえて建てない方が有利です。


日足グラフでは相場の大勢的な動きを把握する事は困難です。

月足グラフにトレンドラインを入れると、大勢での動きから現在がどの様なポイントに来ているかが判断できます。

まず上値のトレンドラインを93年の最高値から96年の最高値に引きます。(斜線@) 
次に下値のトレンドラインを93年の最安値から95年の最安値に引きます。(斜線A)

通常は平行線を使うわけですが、この銘柄の場合は上値下値それぞれのトレンドラインで観測することになります。

トレンドラインを見ると現在の持ち合いが@の延長上に近づき、@の線に押さえられる形(線より上に行けない状態)になっている事がわかります。 また97年12月と98年1月の最安値もAの延長上付近である事が解ります。

ここまで解れば「買い」の出動のポイントは、@のトレンドラインを上抜いて鈎足の「買い」が出た時だと観測できます。

逆に、上抜けない場合@の線に押さえられて状態で下げ続けると観測できます。


---------------------------------------------------------------------------

応用編 その7

●トレンドラインの利用法(4)


大勢のトレンドラインを上抜く形は色々ありますが、今回は典型的なパターンをご紹介します。


この銘柄は大勢トレンド@のラインを上抜いた後、再度の下げを展開して Aのトレンドラインを上抜いた所が買いを入れるポイントとなります。

タイミングを計るために、週足、日足、と目先のトレンドラインを 確認します。後は鉤足法則に従って利食いのポイント待ちます。

以下に同じパターンをご紹介します。少しづつ形は違いますが、同じパターンです。


--------------------------------------------------------------------------


応用編 その8

●トレンドラインの利用法(5)


月足グラフでトレンドを確認します。

まず、96年からの下げトレンドにトレンドラインを入れます。

@の陰線の安値を起点とし、Aの安値に向けて下側にトレンドラインを入れます。
そして、この線と平行になる様に上側のトレンドラインをいれます。

Bのトレンドラインを上に抜いたポイントが前回ご紹介したパターンです。

99年に小さく一相場を形成しました。
月足グラフで観測すれば相場の底に現れる典型的なパターンである事が良く解ります。

上値と下値を其々を基準としてサポートラインを入れた延長上でピタリと止っている事が解ります。

最後に日足グラフを使い、トレンドラインと鈎足グラフで「利食い」のポイントを探します。

C、Dのラインの延長上が目先で下げになった場合に影響を与える可能性のあるラインであり、同時に中勢的なトレンドになる可能性もあります。


---------------------------------------------------------------------------

応用編 その9

●トレンドラインの利用法(6)


週足グラフで観ると@のラインを下に抜けるかどうかが観測のポイントとなります。

A、とBCでは「押し」の意味が全く違います。ここでは緑のサポートラインを入れた 所が一つの波動のトレンドです。

Aの「押し」は別の一つ上のトレンドとなる可能性を意味しています。

この違いはAとBCとの「押し」を入れた日柄を観て判断します。


-------------------------------------------------------------------------


応用編 その10

●トレンドラインの利用法(7)


月足グラフで見て下げ相場の終盤である事が確認出来ます。


注意する点は97年の高値を起点とした大勢トレンドの上値のサポートラインを抜けていない事です。

したがってここでの観測では、大勢的に観測すれば大勢的な買いトレンドに入っているとは考え難く、月足グラフでの観測ですから本格的な上げトレンドと判断するにはもう少し日柄がかかる事も考えられます。

また目先トレンドが上げに入っても大勢トレンドの上値斜線にぶつかる辺りでは注意が必要です。

ここでのトレンドラインの取り方は、起点を97年の高値に設定し、その後下げ相場の戻りの高値を支点にとっていきます。

多少の行き過ぎなどで随時修正もありますが、比較的わかりやすいパターンとなっています。

下側のサポートラインは上側のラインと平行にとります。


次に週足で観測してみます。

ここでは中勢的な下げトレンドは抜けていますが、やはり月足グラフでの大勢トレンドを考慮する必要があります。

この底値での保合いではグラフに入れた水平線が一つの目安になります。
またこの水平線を確実に抜けた辺りが月足グラフで観測した大勢トレンドの上値斜線となります。


---------------------------------------------------------------------------

応用編 その11

●トレンドラインの利用法(8)


サポートラインを入れ、トレンドの変化を観測します。

まず、本格的な下げトレンドに入る前の安値@を基点にAの安値に向けて下側にサポートラインを入れます。

Bを基点にこのサポートラインに平行線を入れて中勢的なトレンドを観測します。
多少の行き過ぎはありますが、概ねこの2本線内をトレンドが進んでいる事がわかります。

同じ要領でA→Cを元にBから平行線を入れます。同じくC→Dと平行にEから線を引き下ろします。

最後にD→Fを元にGから平行線を引きます。

以上の手順でサポートラインを入れる事によって解る事は、BからCまでが中勢的な一つのトレンド、続いてEからDまで、最後にGからFまでと順次下げる角度を変えながら下げ続けている事が解ります。

また、この角度もそのつど緩慢になって来ています。つまり下げる力が除々に弱まっているものと観測します。

月足グラフを考慮して本格的な上げ相場と判断するにはGの平行線を上抜いた事を確認してからだと観測します。

使用した銘柄のグラフにサポートラインを下値を基点としていますが、このグラフでは上値を基準として観測する事も出来ます。

また上値を基点に採用した方が観測上正確なポイントもあります。


---------------------------------------------------------------------------

応用編 その12

●トレンドラインの利用法(9)


日足にトレンドラインを入れ、相場の力関係を見ながら観測してみます。

ACの上値に引いたトレンドラインと@Bの下値に取ったトレンドラインがほぼ平行となっています。
この事から、しばらくはこのラインに従って推移する物と観測していました。

今回注目する点は4月の高値から急激な下げ相場に対して、グラフで見る@Aの戻りが小さ過ぎる事。また、ABの目先の下げが深い点、などから本格的な上げ相場となる事は考え難いと観測できました。

週足で観測すれば、4月の高値からの下げも関門でピタリと止まっている事が解ります。

また今回の上げは「戻し」であった事も認識出来ます。

今後の観測上の注意点はDEの斜線を上抜くポイントはいつか? という事です。


--------------------------------------------------------------------------


応用編 その13

●トレンドラインの利用法(10)


360円あたりを「下げ途中の戻り」と判断するのか?(つまり、360円近辺での「売り」を上げ途中の「押目」と判断するのか?)を月足と日足でトレンドラインを使って観測してみます。

まず、大勢的な観測をするために月足を使います。

月足グラフで大勢の動きを観測しますと、'96年からの下げトレンドの中で@、A、Bと順番に下げ幅が縮小している事が解ります。

また、Cのトレンドラインの下げ角度とDの下げ角度の比較からも下げの力がお終いである事が観測出来ます。


次に、目先的な観測のために日足を見ます。

日足で観測すると、5月に高値をつけた後に約一ヶ月半の保合いを展開しています。
「売り方」と「買い方」の力が均衡している時が保合いですから、それが崩れると崩れた方向に大きく動く事は予想できます。今回は買いの方向に大きく動きました。

その後の、Fの目先的な下げトレンドの中にも月足グラフでご紹介した動きをしている事が観測できます。

以上の観測から、4月の安値を基点として8月の安値へ向けて下値のトレンドラインを引き上げます。
このラインを大勢または中勢的な動きを方向づけるトレンドラインとして観測を続けることが有効です。


----------------------------------------------------------------------

応用編 その14

●トレンドラインの利用法(11)


週足で中勢的な観測をしてみると、

@のトレンドラインを下に切った時点で、ここまで買いでポジションを建てていれば利食いのポイントとなります。 とてもわかりやすい形です。

@のトレンドラインを下に切った後、Aのトレンドを形成しています。@とAを比較してみると@に比べAのラインの方が上げの角度が緩慢になっている事がわかります。
この事は、まだ上げに対する力が残って居るものの、その力が衰えている事を意味します。


最後に目先的な観測のために日足を見ます。

日足グラフで観測してみると週足グラフで観測した形が目先のBCでも同じ形を見る事が出来ました。


以上の観測からAのトレンドラインを下に切れば下げ相場を展開する可能性が高いと観測できます。
同時にグラフの点線を下抜けばさらにその可能性が高くなると観測できます。


--------------------------------------------------------------------

応用編 その15

●トレンドラインの利用法(12)


月足グラフで大勢的な動きを観測してみます。

96年7月の高値を起点として下げトレンドを続け、今年の前半まで底値パターンを形成しています。

トレンドラインを高値にとったパターン@と修正斜線として下側に基準をとったパターンAを入れ、Aのトレンドラインと平行に斜線を入れB、転換のタイミングを計ります。

このグラフでは下げトレンドのパターンが解りにくいと思いますが週足グラフを参照頂くと綺麗な形を描いている事が確認出来ます。

次に目先の動きを確認するため、日足に注目します。

8月4日を支点として下値にサポートラインを引き上げた所で9月12日はピタリと止まって現在の目先の上げを展開してDの前高値に面合わせをした所です。

ここで一旦「押し」を入れて前高値を上抜ければ「買い増し法則」となります。

気をつける点として、Cのラインを下に切ってしまうとトレンドが変化したと観測します。


-----------------------------------------------------------------------

応用編 その16

●トレンドラインの利用法(13)


月足グラフで観測してみますと、底値型のパターンが観測出来ます。

この銘柄で実際にトレンドラインを入れる際のご説明をご紹介します。

3月、4月、5月と何処をトレンドラインの支点にとるかで迷いやすいパターンです。

ここでは3月からの上げトレンドに入る前の1月の高値を起点とし、3月の高値を支点に上側に先にサポートライン@を引き上げておきます。

その後の動きから@と平行にAのサポートラインを入れる事でその後のトレンドの変化が認識できます。
これが目先的な動きを観測するためのラインです。

ここでの判断では、Aのラインを下に切った時点で「買い」を入れて居れば確定のポイントと判断します。

その後に7月の安値が確定した所でBのラインを入れて今後の変化に備える事が出来ます。

このBのサポートラインと平行に7月の高値を支点に平行線を入れて観測します。
現時点ではこのラインが大勢的な動きを表す物と観測出来ます。

8月半ばから約一ヶ月半の保合い相場を展開していました。
「保合い」は力の均衡を意味していますから離れた方向に相場が展開する事が多々あります。

-----------------------------------------------------------------------

応用編 その17

●トレンドラインの利用法(14)


今回は「日経平均」を使った解説です。

8月28日の高値から、目先の下げトレンドを展開しています。

ここで週足にトレンドラインを入れて観測します。

@の大勢のトレンドラインを下に切っての「売り」に転換と判断します。

その後Aの目先下げのトレンドラインを上抜いての展開となっていますが、目先のトレンドラインを細かく反転を繰り返しています。

目先のトレンドラインは週足に入れている様に観測します。

さらに日足に中勢的なトレンドラインを入れて今後の展開を予測してみます。

トレンドラインを入れる場合、基準を上側にとる場合と下側にとる場合とがありますが上側に取った場合をご紹介します。

起点を7月4日の高値として、その後の戻りの高値8月28日を支点とし引き伸ばしておきます。(B)

次に、このBの線と平行にサポートラインを入れて観測します。

8月4日の安値を支点にする平行線Cと、5月26日の安値を支点とする平行線Dを補助線として入れて観測します。

10月13日の陰線もこのCのラインに合わせる形で止まっています。

以上の方法で中勢基道を入れて観測しますが、現在の展開は「売り転換」や「買い転換」などとは観測しておりません。

約1,500円強の値幅で上げ下げを展開している一つの往来相場と観測しています。

これが、中勢での「買い転換」と判断するにはBのラインを確実に上抜く事が必要ですが、この1,500円強の往来相場を買い転換するには、基道内での動きで事前にBのラインを上抜くサインを出します。

したがって、まだしばらくはこの中勢のトレンドラインの間での展開と観測しています。


----------------------------------------------------------------------

応用編 その18

●トレンドラインの利用法(15)


まず月足です。

月足グラフにトレンドラインを入れて観測すれば、約400円を上抜いた辺りで流れが変わった事が観測できます。

ここでは基準を下側にとり、平行線を上側に'97年の高値から引き下ろして観測します。

下側の斜線を入れる際、起点にするポイントとして最初はAとして見た場合と@を起点とした場合が考えられます。

念の為にBのラインを引き上げて置きます。

次に週足で確認です。

詳細な斜線を入れれば細かく観測できますが、ここでは見難くなるので簡単な斜線を入れて観測します。

この程度のトレンドラインでも、中勢的なトレンドの転換が容易に認識できます。

最後に日足で確認です。

Cの斜線は週足グラフで平行線で引き上げた斜線です。
ここでも下げが目先止まっている事が解ります。

D、Eの斜線を確実に上抜けば中勢的な買いと観測します。

中勢で買いとなった場合には月足グラフに入れたBの斜線が有効となってきます。 その場合でも、D、Eの斜線辺りで一度は止まる事が考えられます。中勢買い転換となる場合、上値斜線近辺で何らかの買い法則を形成する事が多くあります。

どちらにしてもD、Eの斜線に注意が必要です。


----------------------------------------------------------------------

応用編 その22

●トレンドラインの利用法(19)

底値での保合いを5月から離れ、目先的な動きで三段を形成している事が解ります。

この5〜8月の基道に斜線をそれぞれ起点を上側と下側に取って観測していましたが、結果的に上値斜線@上で11月と12月の高値が止まっている事が解ります。

今回の観測では、この上値斜線を基準に10月の安値から平行線を入れます。
この下側のトレンドラインAを下に切るかどうかが観測のポイントとなります。

そして、大勢基道の可能性があるトレンドラインBを引き上げて置きます。
今後Aの斜線を下に切って下げた場合、Bのラインが止まるポイントとなり、その時点での観測判断が必要になります。

今年1月の下げもAの斜線で綺麗に止まっている事が解ります。

法則の力関係から見て、Aの斜線を切る可能性が強いと観測しますが、現時点ではまだ斜線切りしていないので、法則合致は早合点です。

つまり、これが観測の急所になるポイントと観測します。


トレンドラインを入れて観測する際、注意する事は確実に確認する事と、思い込みをしていないかと言う事です。

例えば週足で観測した場合、「すでに二段の展開になっているので、三段目があるはず」などと勝手に思い込む事です。

確かに統計的に見た時に、三段での展開が6割〜7割近くになりますが、思い込みで観測する事は大変危険です。


---------------------------------------------------------------------

応用編 その23

●トレンドラインの利用法(20)


前回取り上げたNOKですが、観測をする際に気を付ける点をご紹介します。

前回の取り上げた時にはAの斜線で下げ止まった所で、売りになる可能性が高いとご紹介しました。

今回完全に陰線での斜線切りで中勢での観測は売り転換となりました。
今後の展開は多少の誤差は考えられますが、Bの斜線に当たって一旦は止まる可能性があると観測します。

Aの斜線は@に対しての平行線で、多少の誤差が生じたので1月12日の安値を支点に修正斜線を入れて観測しています。

今回注目して頂きたい所は、四角で囲ったCの所です。
この様にある程度、上値斜線と下値斜線との間に基道幅がある場合、特に良く観測されるパターンです。

斜線切りをして転換が合致する前の動きとして、斜線に沿う形での展開です。いつでも斜線切りが出来る位置での展開ですので、特に慎重な観測が必要です。


----------------------------------------------------------------------

応用編 その24

●トレンドラインの利用法(21)

今回も前回前々回同様NOKをご紹介します。

最初にこの銘柄をご紹介した時に、止まる可能性があるとご紹介した@も問題なく通過してしまい、今回の下げ相場のコンマ(*)とも言うべきAの関門直前の所です。

  (*)コンマ・・・小さな節目のこと。
        相場のトレンドを文章にたとえた場合の句読点になる部分。


今回一番注目して観測して見たい所は、まずは関門Aでどの様な展開をするかです。
売りを建てて居れば利食いのポイントとなります。

次に、Bの下げ基道です。
特にここで注意する点は、基道幅が狭い事に注意して観測して下さい。

多くの場合、この目先基道の上値斜線を突破して戻りを入れる可能性が高いと観測できます。しかし、目先での展開ですので中勢的なトレンドが変わったと観測するのは早計で、勘違いを起こさせるくらいの展開になる可能性もあり注意が必要です。
http://www.harvestchart.com/oldpage.files/oldpage.htm


_____________
_____________

3) 柴田棒足罫線は単独では使えないが、分足の60分移動平均線・3本新値足と組み合わせれば有効

天底と転換罫線型網羅大辞典 (別名)棒足法則書
 
第1巻 500頁 B5版  (順張り48法則の解説書)

第2巻 折りたたみ式 (順張り48法則・逆張り48法則)

柴田 秋豊 (著), 柴田 豊秋 (編集) 発行所:清光社
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B000J7N6IW/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&qid=1273298656&sr=1-2&condition=used

@ 柴田鉤足罫線

柴田鉤足罫線はパソコンソフトも数種出ていますが、売買転換のタイミングが遅過ぎて先物主導の現代の相場には対応できないというのが大方の意見ではないでしょうか。

A 柴田棒足罫線 _ 順張り48法則

柴田順張り48法則はアメリカのダウ理論やチャート・パターン分析をさらに深化させたものです。

順張り48法則を週足・日足チャートのパターン分析に用い、日足トレンドラインの斜線切りに基づいた転換タイミングは、分足チャートで60分移動平均線と新値足を使って判断するのが良いと思います。

B 柴田棒足罫線 _ 逆張り48法示
酒田罫線のローソク足組み合わせパターンより柴田棒足罫線の逆張り48法則の方が遥かに優れています。

但し、柴田逆張り法示は(森羅万象を織り込んで決まるとされる)相場の終値を使う場合にだけ有効です。

分足や為替の様な24時間取引の途中の値を使ったローソク足には対応できません。


詳細は

幻の柴田罫線
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/429.html


__________
__________

4) 新値2本足・新値3本足は分足での売買タイミングを決めるのに必須


新値足は日本の代表的なチャートの一つであり目先の小さな株価変動にとらわれることなく、相場の流れの転機を知るために開発された指標です。

新値足チャートは株価の終値を用い、上昇相場では以前の高値を抜いた時に、下降相場では以前の安値を下回った時に初めて行を変え新しい足を記入します。 上昇時は白ヌキで、下降時は黒ヌリで記入します。

一般的によく使われるのが「新値三本足」で、高値や安値が続いている時は新しい足を次々に引きますが、相場の方向が上昇→下降 下降→上昇と変化した時はすぐに足を書き入れません。

転換点を確実にとらえ、売買のタイミングを逃さないために前の三本の足を抜く変化があった時だけ足を加えます。三本が過去の経験から適切であるとされています。


◆新値足の見方・使い方

•新たな陽線が出現した時(陽転)が買いサインです。
•新たな陰線が出現した時(陰転)が売りサインです。

•陽転の場合、その前に続いている陰線の本数が多いほど、その後の値上がりが見込まれます。
•陰転の場合、その前に続いている陽線の本数が多いほど天井を意味します。

•陽転・陰転はそれだけで相場の転換を示していますが、より確実に見極めようとするのであれば、二本目の陽線・陰線がでた時をタイミングとするのがよいでしょう。

•前項に関して、二本目の足は小幅ほどよいとされます。転換以前の相場に戻そうとする動きを封じ、反対売買をこなしながら新値をつけたことを意味するからです。


•何本目かの陽線が前の陽線集団の最高値を上回れば、抵抗線の突破ととらえ買い乗せの好機となります。

•何本目かの陰線が前の陰線集団の最安値を下回れば、支持線の突破ととらえ売り乗せの好機となります。

◆ 新値足の作成方法

大引値が新値を更新する度に、行を変えて罫線を記入していきます。

つまり、上昇過程では前の高値を抜けば行を変えて陽線を記入し、また、下降過程においては前の安値を下回ると行を変えて陰線を記入します。

左図は、新値三本足の作り方を示したものですが、新値三本足の場合は、転換する場合、三本陽線(もしくは陰線)を抜いた時、始めて陰線(もしくは陽線)を記入します。
http://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/shinneashi.html

「新値三本足」とは、日本に古くから伝わる罫線(けいせん)です。

呼び名がたくさんあり、「三線転換」、「三本抜き新値足」、「新値三段」などとも呼ばれていますが、その内容はすべて同じです。

「新値三本足」は、グラフの横軸にあたる時間というものを排除して描かれます。

株価のたどった値幅だけに着目して、そこから本当の相場の動きを読み取ろうとするものです。


このグラフは昨年5月上旬からの新日鉄(5401)の日足チャートと、その「新値三本足」を描いたものです。

通常の日足チャートには1日ごとの値動きが1本の足(線)で示されています。1年分を描くと線の本数は約250本にもなります。これに対して「新値三本足」は、同じ期間をとっても約40本ほどの足で描かれるだけです。

「新値三本足」のチャートの作り方は次のとおりです。


(1)終値を用いる

(2)基準となるスタート日を決める

(3)終値が前日比で上昇しているうちは、行を変えて陽線(□)を足してゆく

(4)終値が3本前の陽線(□)の値段を下回った時に、行を変えて陰線(■)を描く

(5)終値が前日比で下落しているうちは、行を変えて陰線(■)を足してゆく

(6)終値が3本前の陰線(■)の値段を上回った時に、行を変えて陽線(□)を描く


このルールでチャートを描いてゆくと、陽線(□)か陰線(■)がそれぞれ何本も連続してゆくことになります。

(3)の状態のように株価が上昇を続けている時は、何本でも陽線が連続することになり、反対に(5)の場合のように株価が下落を続けている時は、陰線が何本も続きます。

直前の新値を更新している限り、上げ相場では陽線(□)、下げ相場では陰線(■)が一方向に連続して描かれます。

この陽線、陰線の連続がそのまま株価のトレンド(方向性)を表しています。


トレンドの転換は、直前3本分の陽線、または陰線を抜くほどの反対方向への動きが株価に起こった場合に生じます。

大切なのは(4)または(6)のように、陽線(□)から陰線(■)、あるいは陰線(■)から陽線(□)に転換する時です。

何日かかってもいいのですが、直前の3本分の足を下回った(上回った)時に、チャート上では相場の流れが転換したことを示します。

ここから「新値三本足」または「三線転換」という名がつけられています。

「新値三本足」の特徴として、何日間にもわたって陽線(□)も陰線(■)も書かない日が続くことがあります。むしろ何も書かない日の方が多いくらいです。

陽線(□)が続いた後で、株価が前日比マイナスで終わった場合でも、少しくらいの下げでは相場の流れは転換しません。

次に陽線(□)を描くのは、最後に描いた陽線(□)を上回った時(つまり新高値を抜いた時)に新しい陽線(□)を足すことができます。

そして直前の3本分の陽線(□)をすべて下回るほどの下げが起こって初めて陰線(■)が描かれます。これが「時間の概念を一切除いたチャート」と言われる理由です。


陰線(■)から陽線(□)へ、あるいは陽線(□)から陰線(■)へ転換する時に、直前の連続する足が1本、または2本しかなく、ルール上でのトレンド転換にあたる3本抜きに満たない時があります。

その場合でも、それまでの方向とは反対方向に新値をつけた時は転換を示したことになるため、1本だけ、2本だけを抜いた時点でチャートは転換します。この1本、2本の足は「ダマシ」と見ることができるでしょう。


このようなダマシを排除するために、トレンド転換のルールをより厳しくすることがあります。

それが「新値五本足」、「新値十本足」です。

これらは直前の5本分、10本分の陽線(陰線)を抜いて初めて相場が転換したと見るチャートです。


どの種類の「新値足」を使ってもいいと思いますが、実戦上では

「いくらまで値下がりしたら新値足は陰転するのか」、あるいは

「いくらまで値上がりしたら新値足が陽転するのか」

を常に把握しておくことがたいせつです。
http://manabow.com/qa/sanbonashi.html


__________
__________


5) 移動平均線で役に立つのは3日移動平均線と60分移動平均線だけ

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 今井 雅人 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84-FX%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%B8%B3-%E4%BB%8A%E4%BA%95-%E9%9B%85%E4%BA%BA/dp/4860633253/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1273298307&sr=1-3


30 :山師さん:2010/10/22(金) 11:46:43 ID:Mo0KWooT

で、移動平均線を判断材料として売買されているようですが結構損失出していますよね?

最も陥りやすい罠にはまっていると。


35 :山師さん:2010/10/23(土) 14:01:46 ID:6fzKFu3l

一応プロ4年目ですが移動平均どころかテクニカルを使っている方を見たことがありません。

他の会社は知りませんけどね。

213 :山師さん:2010/11/10(水) 23:12:17 ID:PtVL8K2R

言っとくけどプロディーラーはチャートで売買する人は少数派です。

________


@ 移動平均線で役に立つのは3日移動平均線と60分移動平均線だけ

日足の3日移動平均線と分足の60分移動平均線以外は必要ありません。


株価が3日移動平均線を起点にして動いているというのに気付くかどうかがポイント。

連休明けなどで株価の位置がどうなるか良くわからない時は、大抵3日移動平均と同じ値に落ち着きます。

株価と3日移動平均線の乖離がいくら大きくなっても、2, 3日で3日移動平均線まで戻ります。


_____


私は移動平均なんて「3/9/25日線」しか見ませんが、理由は「株価は短期の動きで大きい波動を形成する」からで、「長期のポジションを想定できるものではない」と考えているからです。

 例えば、前述のTは「200日線を越えたのは、ここ1年での平均買いポジションがプラスに転じたことを意味する」と言いますが、そんな昔の玉持ってる連中が相場動かしているわけではありませんし、「200日ずっと買い増してたんかい!」とツッコミ入れたくなります。

今日上げている銘柄は輸出株が多かったのは朝から分かっていたことですが、チャートを見れば、すぐに察しがつきます。

 あぁ、3日線かと。

 今日の日経平均先物は3日線を頭にしています。
 主力銘柄の多くも、株価の位置はさまざまですが、3日線が上値になっています。

 決して、ロイターが指摘する「輸出株が買われ、小売株が売られた」ということではなく、個々の銘柄で3日線が意識されただけです。


25日線を3日線が上抜けた上に株価がそれを越えたことで買い戻しの上昇

25日線を3日線が上抜けた上に株価がそれを越えたことで買い戻しの上昇

 アドバンテストや東京エレクあたりは、3日線の上にいますが、これは25日線を3日線が上抜けた位置にあり、チャート妙味があるからです。

25日線を下抜けで弱いチャートだが、日経平均につられて3日線まで戻っただけ

25日線を下抜けで弱いチャートだが、25日線は横ばいでまだマシ。
しかし、売られているのは増資が原因か。


下がっている25日線を割り込んで、かなり悪いチャート。今日上げたのは3日線につられただけ。

あと、先行して下げており、23日の安値に寄り付きで近かったたことも上昇理由に上げられる。
ただし、悪い銘柄筆頭なので上値も重かった。


下がっている25日線を割り込んで、かなり悪いチャート。今日上げたのは3日線につられただけ。
あと、先行して下げており、23日の安値に寄り付きで近かったたことも上昇理由に上げられる。

 -------------------------------------------------


 ちなみに、普段から「3/9/25日線を見ましょう」と書いている理由は、日々の株価の節目というのが「3/9/25日線」を目途に動くからです。

 移動平均で「5/25/75日線」なんか見ても、株価の動きに遅れてしまいますので、「3/9/25日線」を見ましょう。
http://blog.livedoor.jp/mahorobafumifumi/archives/cat_16873.html

_______

A ゴールデンクロス・デッドクロスは売買シグナルには使えない


テクニカルで注意が必要なのは、「クロス系」は全く役に立たない、ということです。

5日移動平均線と25日移動平均線のクロスなど、「クロス系」は全く駄目です。

メタトレーダー4で検証してもらえればわかります。brocoというブローカーなら日経平均先物も扱っているので、検証可能です。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/archives/1029229.html

1. 774 2009年12月07日 10:52

クロスが使えないということについては全く賛同します。
シグナルが出るのが遅すぎますよね。

「価格ろうそくとMAのクロス」なら比較的使えると思います。

価格そのものがシグナルになるので、非常に早いシグナルです。http://blog.livedoor.jp/takkun1995/archives/1029229.html

斉藤正章氏の書籍では、最も有名なチャート分析の指標である「ゴールデンクロス」についての検証が成されています。それによると、

1983〜2005年の期間で、全銘柄でのゴールデンクロス売買を検証した結果

『勝利は27655回で負けは53932回(勝率33.9%)、平均損益+0.59%』

だそうです。

株式ニュース等でも語られることのあるゴールデンクロスですが、データからはほとんど儲けは出ないことが分かります。
http://rh-guide.com/kabu/chart_okaruto.html


「グランビル理論」と呼ばれるテクニカル分析ではこの200日線のように下がってくる移動平均を上抜ける現象は「売りポイント」としています。

 今回、図を見ていただくと200日線は下がっており、それを短期線と日々線(日足)が上抜ける現象ですから、ここは「手じまいポイント」であると考えることになります。

 なお、この理論は日経平均予測でも頻繁に利用されるのですが、なぜか日本人はあまり言いません。ですが、いつもこういうポイントで強気になってやられています。

 先日の大和証券のテクニカル分析を見ていると、「外国の見方では下がってくる移動平均上抜けは売りポイント」という感じで、「ダウ理論」のことを消極的に紹介していましたが、超有名な「グランビル理論」を”外国の見方では”などと紹介するのはこれいかがなものでしょうか?

 さて、世のかなでは「L字型ゴールデンクロス」などと言っていますが、このように下落する移動平均上抜けは「ゴールデンクロス」とは呼ばないのは、過去何度も本ブログで指摘しています。

 今回も200日線は下がっていますので、これはゴールデンクロスでもなんでもありません。正規のゴールデンクロスというのは、上向きの長期線を短期線が上抜けることをいいます。
http://blog.livedoor.jp/mahorobafumifumi/archives/cat_16873.html


タイミングは早いがダマシが多く、小動きに弱い移動平均。

 移動平均はとにかく保ち合い、小動きに決定的に弱いのが欠点な訳です。

それから、一方付いた大きなトレンドを取る場合も、移動平均だとどうしても途中、惜しくなるようなダマシ、(利食ってドテンしたもののすぐにまた元の方向に相場か走り出す。)にしばしば見舞われます。

改めていうまでもないことなのですが、システム売買は大相場の出ている時は絶対的な有利さがあります。どんな相場巧者が旨く取っても大相場を頭からしっぽまで取ることはできず、それどころか、ふと魔が差して、途中からドテンしてしまったりもすることがあります。そのような大失敗も絶対になく、圧倒的な効率で相場のほぼ全部を取れます。そのために昔から無数のシステム売買が検討されてきたのですが、

どうしても小動き、保ち合いが長期間続いた時は、悲惨な結果になるのを免れなかった訳です。 

例えば、最も親しまれて優秀なテクニカル分析と思われているストキャスティクスですが、これをシステム売買の指標として使って見ると、おもしろいことに移動平均よりもダマシが多く、利回りはぐっと少なくなってしまいます。


移動平均線によるシステム売買でやはり同じスタッフが10年前に検証した内容によると、

移動平均を使った売買ではあくまでも移動平均線は一本。

2本の移動平均線のクロスをシグナルとして使ったのではまるでダメという結果でした。


そしてその一本は大体どの銘柄も11〜13日平均が最も好成績ということでした。

(一本の移動平均を使う、というのは


移動平均線をその日の終わり値が上回れば買い、下回れば売り、


ということです。もちろんこの場合も、玉を全く休むことなく、ドテンをし続ける、ということが基本です。)
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/4weekrule.html

__________
__________


これも一応参考にして下さい:

75日移動平均線と株価の関係
http://blog-imgs-32-origin.fc2.com/t/u/i/tuiterusennin/blog_tyuhadou.gif

http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/

85 :投資家(トレーダー):2009/02/20(金) 16:17:03 ID:Qn2t3twu

短期売買における重要な要素は日足の25日移動平均線乖離率です。
短期売買では短期的な回帰を狙いますので短期間の変動率が重要になります。

RSIだとジリジリ下落し続けている場合でも数値が低くなりますので反発せずそのままジリジリ下落し続ける可能性があります。

従って短期売買では25日移動平均線乖離率を使います。
現物買いでも空売りでも構いません。

そして25日移動平均線へ回帰する過程で決済します。
決済の目安は5日移動平均線で良いでしょう。

5日移動平均線を超えれば決済します。
25日移動平均線乖離率が半分も縮小すれば十分です。

ただし業種や銘柄ごとに25日移動平均線乖離率の数値が異なります。
例えば同じ業種でも銘柄によって25日移動平均線乖離率の数値が異なります。
それについては各人で研究して下さい。


__________
__________

6) 一目均衡表は物の用に立たない

テクニカルで注意が必要なのは、「クロス系」は全く役に立たない、ということです。

一目均衡表の基準線と転換線のクロスなど、「クロス系」は全く駄目です。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/archives/1029229.html


新井邦宏さんの信用取引に関する本を読んでいました。

新井さんを昔教祖のように崇めていましたが、この人が勧めている


ボリンジャーバンド や 一目均衡表 は全く役に立ちません。


MT4で検証すればよくわかります。

 新井さん自身の成績にも疑問が残ります。彼は成績を公表しませんが、多少は勝っているだろうとは思いますが、大勝ちはしていないだろうと思います。彼の手法では無理だからです。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/


157 :山師さん:2010/10/20(水) 19:42:02 ID:ZVxCH0gg

メタトレーダー4で一目均衡表のあらゆる可能性をプログラムして検証したけど、全然駄目だったよw

visual modeで検証の過程をリアルタイムで見たけど、とんでもないサインを連発していたよ。


____________

「一目均衡表を使えるのは日本に10人もいない」by開祖

開祖の一目山人は相場で食えず、新聞記者をしていた。

多くの弟子がいたが歴史に名を残すような相場師がいない。
実子、孫ともに相場で成功していない。
是川からBNF、今日に至るまで成功した相場師に一目信者がいない。

数値の理論、根拠を誰も説明できない(開祖がそうしたからというのが理由となる)

そもそも一目ができた時代と現在の営業日が違う。

「驚くほど当たったので普及した」「ディーラーは昔から使ってる」は実は嘘で、普及したのはパソコンが普及したここ15年ぐらいの間。

20年以上前になると存在自体知らない人が多い。

__________
__________

7) Donchian の4週間ルールは天井圏・底値圏では最強の法則

・天井圏で株価(日足)の終値が直近の日足17本内の終値最安値を下回ったら 売り

・底値圏で株価(日足)の終値が直近の日足17本内の終値最高値を上回ったら 買い

_____


4週間ルールの考案者のRichard Davoud Donchian (1905〜 1993):

He began his Wall Street career in 1930. He published a stock market service called ‘Security Pilot’ which he sold to brokerage houses. In 1933 he became an account executive and securities analyst with Hemphill, Noyes and Co., while remaining in the position of Vice President of the Samuel Rug Company.

移動平均線などトレンドフォロー系テクニカル分析の中に過去何度も「テクニカル分析ベスト1」に選ばれた手法があります。その手法は「ドンチャンズ 4週ルール」。


あまりにも簡単なルールで構成されているものの、移動平均線のよい点を多く持ち、作成時間がかからず使うにも簡単な手法として多くの投資家に活用されています。

1970年インディアナ州ラファイエットでDunn&Hargitt's Financial Services によって"Trader's Notebook" と名付けられた小冊子が出版されました。それは、当時の主要な機械的トレード・システムをコンピュータで検証・比較したものでした。

テストされた結果は、すべての方式の中でRichard Donchian の開発した4週ルールが最も有効だという結果が発表されました。

Donchian氏は、機械的方式による商品先物取引のトレンド・トレードのパイオニアとして知られています。


__________

柴田邸に出入りした私と秋豊先生の間に交わされた雑談の中から相場に関するちょっとした要点を少し記しておきたいと思う。

「特に底値近辺での長期の保合相場や、天井近辺での長期の保合相場の時点で現れる法則の買売の出現には素直について行くべきであると、

一年に何回も出るというのではないが、必ず辛抱強くチャンスを待つということも大切であり、相場というものは常時張るものではない。」

というのが持論である。


「次に誰もが迷う所であるのは、

上昇下降相場の上げ止まり、下げ止まった時点で保合相場に入っており再び上げに転じるか引き続き下げ相場に入って行くかという判断の仕方であろうと思う。

 その場合、上げ相場の時も下げ相場の時も新高値に進むか新安値に向かうかはおおむね一ヶ月(立会日前)25日を限度として考え対処して行けばよろしいだろう。」

との考え方が話された。 要するに


高値をつけた相場が押目または保合に入り、最大限25日経っても前高値を抜けぬ場合は目先天井であり、

反対に安値をつけた相場が戻りまたは保合に入り、25日経っても前安値を下回らねば目先底入れと判断すべきである


との考え方である。
http://www.harvestchart.com/tonpei/tonppei.htm

相場の世界には思惑に頼らず、機械的に売買する必勝法(システム売買)の有効性が大昔から議論されてきました、

その必勝法の中で、最古にして最強、使い方次第ではいくらでも儲けられる4週間ルールを紹介します。

 この4週間ルールは、二十年ほども前、全米アナリスト協会どか言うところの、システム売買の検証が長い期間に且って行われ、その時に、最も高い収益率である、と宣言されたいわくつきのものなのです。

 ではルールを説明します。

 過去4週間の大引け最高値を今同の大引け値が上回ったら買い(勿論これは逆指し値買い可能)。

 逆に最安値を下回ったら即座に売リ、

 たつたこれだけのルールなのです、

なれている方はすぐにお分かりでしょうが、これはドテン式売買方法です。 売り買いシグナル出現した時は、常にドテン売買し続けます。

ちなみに、一例だけ取リ上げますが、粗糖、今年の3月から検証しますと、8月からの例の、すさまじい天井大崩れまでは、さして頻繁な大ダマシには見舞われません。ここら辺がこのシステムの強みです。そしていよいよ8月大暴落となると一枚でしっかリ30万円は取れています。

このシステムに当方では、日本の商品、及ぴ日経平均に合うように作リなおしてあリます。

4週間、つまリ円足20本というのが間題なのです。

 4週間ルールについてご説明致します。

最初にまず、この方法についてそれなりに詳しく書かれている文献というものがあまりないのですが、代表的なものにJマーフィー著の「為替、債券、先物、テクニカル分析」という本があります。それからラリーウイリァムズの著作にも一般的なこととして少し触れられていたようです。

この売買システムは至って簡単で、直近4週間(日足で20本)の終わり値の中で今日が最高値をつけたらその瞬間に逆指し値で買いが入るようにしておく。

逆に再安値をつけるようなら、逆指し値でやはり売りが入るようにしておく。

そうやって常にドテン売買を休むことなく続ける訳です。典型的な順張りによるシステム売買です。

過去の罫線を見て検証する場合も、比較的自分の目でどれぐらいの成績か掴らえ易いものです。どんなシステム売買を検討する場合も常に普遍的なスタンダードとして、移動平均を基本としてそれと比べると良いのですが、この4週間ルールを移動平均と比べてみた場合の特徴ですが、まず、一番に言えることは保ち合い、小動きに比較的強い(ダマシの回数が少ない)ということです。

 移動平均は或いはご存じかも知れませんが、とにかく保ち合い、小動きに決定的に弱いのが欠点な訳です。それから、一方付いた大きなトレンドを取る場合も、移動平均だとどうしても途中、惜しくなるようなダマシ、(利食ってドテンしたもののすぐにまた元の方向に相場か走り出す。)にしばしば見舞われます。

これが大相場の途中の反転というと丁度、日足で20本には満たないケースも多く、そういう場合は無駄無く一方付いた方向のみに立て玉を持続しっ放しで取れることになるのです。移動平均よりは色々検証してみると、売買回数が少なくなることがかなりの利点として挙げることができます。

そして、当方で10年ほど前に1スタッフが長時間かけて検証してみると、日本の商品相場及び日経先物では、日足17本、つまり3週間と2日の期間内の最安値、高値をドテンのシグナルに用いるのが最高と結論が出たことがあります。

改めていうまでもないことなのですが、システム売買は大相場の出ている時は絶対的な有利さがあります。どんな相場巧者が旨く取っても大相場を頭からしっぽまで取ることはできず、それどころか、ふと魔が差して、途中からドテンしてしまったりもすることがあります。そのような大失敗も絶対になく、圧倒的な効率で相場のほぼ全部を取れます。そのために昔から無数のシステム売買が検討されてきたのですが、どうしても小動き、保ち合いが長期間続いた時は、悲惨な結果になるのを免れなかった訳です。

 例えば、最も親しまれて優秀なテクニカル分析と思われているストキャスティクスですが、これをシステム売買の指標として使って見ると、おもしろいことに移動平均よりもダマシが多く、利回りはぐっと少なくなってしまいます。


タイミングは早いがダマシが多く、小動きに弱い移動平均。

ある特殊な動きの時のみ特徴点が出易いストキャスティクス、

それに4週間ルールなどを複合させてシグナル発生の条件設定をし、その上にさらに高等な工学統計数学を取り入れた、ダマシ克服の《フィルター》を付加すること。


実はこの課題に当方としては数年前から取り組んでいます。アメリカの人気ファンドマネージャーなどもこれにかなり近いものを持っている人もいるようです。このような最新兵器にさえも、いまだに使われることがあるのが4週間ルールなのです。


結局、過去3〜4週間における高値、安値をブレイクアウトする瞬間・というのが相場のトレンド発生においては、極めて重要なのだ、という普遍的なファクターにこのシステムが結び付いているところが強みなのだと思います。


 このルールをもし使われる場合に一番重要なことは、まずご自身で納得のゆくまで徹底的に検証してみること。そしていざやるとなったら絶対に儲けが出るまでぐらついたりやめたりしないことが絶対条件です。

それとスタートのタイミングを絶対有利という瞬間に選ぷことが勝つ秘訣となります。

つまり、法外な大天井をつけて、もうとてもこの値段は保たない、と判断できる瞬間。

或いは、十分に底練りを続けて、この銘柄に関するかぎり今年はまず絶対大相場が出ると期待できる時。

そのような時に使用すると絶大な威力を発揮します。

  ただ、10年前に研究したスタッフが実行した体験談をつけ加えますと、このシステム売買だけを一年やっているとよくよく意志の力がないと、気持ちが保たない、そして、自分の判断でシステムのルール変更をしてしまいたくなる誘惑に駆られる、ということでした。つまり全資金をこれに注いでしまうのではなく、4割とかもっと少なくとか、ある一つの、部分的な戦略として用いて、普段の一般的な相場のやり方と併用することなども良い、というのが結論でした。

そして、リターンの方ですが、88年一年間やって為替(円)の売買は125円前後小動きぱかりで、わずかな儲け、(それでも損ではなかったようです)。それと粗糖ですが、88年は、これが何と16000円上げと下げで往復殆ど取ったそうです。

とにかくシステム売買は一にも二にも検証が全てですし、日経、為替、商品とそれぞれ全然違う動きですし、それらのどの方面を目指すかで全く戦略も違って来ます。ご自分の好みと立てた戦略の中で、前述のようなタイミングで有効に使われれば、単純な割には最高の信頼度を発揮してくれることと思われます。

http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/4weekrule.html


__________
__________

8) オシレーターは日足のMACDとDMIだけで十分


・大口はいつもいかに損切らせるか考えている。

・MACDとMACDオシレーターを見ながら取引している人をわざと嵌め込む大口の動きがよくある。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/

テクニカルで注意が必要なのは、「クロス系」は全く役に立たない、ということです。

MACDの短期線と長期線のクロスなど、「クロス系」は全く駄目です。

メタトレーダー4で検証してもらえればわかります。brocoというブローカーなら日経平均先物も扱っているので、検証可能です。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/archives/1029229.html

ダイバージェンスというのは

株価は上がっているのに、テクニカル指標は下がっているような状態を言います。

下は現在株価は上がっていますが、RSIというテクニカル指標は下がっています。

これが高値圏で出ると反転の可能性が高いと言われています。
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/


例えばスローストキャスティクス28−14、という分析は商品、為替などで頻繁に使われます。しかし、この分析カーブは肝心のトレンド転換を1O日も14日も遅れて伝えて来ます。

そしてこの罫線とスローストキャスティクスを見る人間の目はともすると、「とてもきれいに動きを捕らえているじゃないか、と思ってしまいます。しかし、テクニカル分析のキャリアの長い方ならお解りのように、それはとんでもない間違いです。

「とてもきれいに相場の動きを捕らえている」のではなく、「とてもきれいに後からなぞらえている」、だけのことなのです。

そして、それだけタイムラグのある分析でも「トレンド転換する前に必ず転換の前兆の特徴点が現れるからそれで前以て分かる」と言われる人がいますが、果たしてそれほど分かるかは疑問です。

大きな相場になれば、ストキャスティクスの28−14でも上げ相場の1/3ぐらいですぐに天井暗示が出てしまいます。

それでも尚旦つまだ天上ではない、という特徴点が出ている、というのでしょうか。それは全くしんじられないことです、少なくともそれができる人がいたらよくよくの芸術的な、その人だけができる本能的な勘のような働きではないかと思います。
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/QandA.html#Anchor478238

テクニカル分析の重要ポイントは、とにかく転換点が明瞭で見易いこと、騙しが少ないこと、タイミングが遅れないこと、この三つに尽きます。

しかし実際には転換点は極めて不明瞭で、騙しは4回でも5回でも性懲りも無く出現し、タイミングは確実なゆるやかな線ほど限りなく遅くなり、

例えば天井から5日も13日も遅れて「天井確認」などとなってしまいます。(勿論商品ではこれでは全く役立たずであることは全ての方がご存知です。)。

又、重ね書きという手法も、他種類のものを試しに重ねて見ると、殆どの分析が情けないぐらい、全てピッタリと重なってしまうのです。(ストキャスティクスは比較的違うカーブで動きますが、それとても別に役に立つ特徴点を持った動きという訳ではありません)。

古典的分析、RSI、ウイリアムズ、ストキャスティクス、MACD、コポック指数、ヘリック・ペイ・オフ、VSR等など、様々にパラメーターを変え、重ねて表示して見たところで、何の新味もありません。

ウイリアムズなどは大きなパラメーターだろうと小さかろうと、全ての上下の限度へのグラフの上下動が全く同じタイミングになるだけというばかばかしい結果となってしまいます。

相対力指数、ストキャスティクスなども大きいパラメーターではひたすらゆるやかに緩慢に左方向(未来)に動きの頂点がずれるばかりで(つまり転換は相場よりもはるか後になってそれと後追い確認出来るのみ)、小さなパラメーターは神経質な細かい上下動を繰り返すばかりです。

これでは何本重ね書きしてみた所で、一本で相場を予見できない分析は何本重ね書きして見ても全く予見など出来はしないのです。

相場の日々の動きの比差分を任意の日数の合計で足したり割ったり引いたり、そんなことは結局のところ永久に繰り返した所で何の効果も得られない訳です。
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/tech.html


__________
__________


9) MACDチャートではMACDのピーク・ボトムの出現とその位置だけを見ておけば良い

・MACDとMACDオシレーターを見ながら取引している人をわざと嵌め込む大口の動きがよくある。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/


MACDとSignalのクロスなど、「クロス系」は全く駄目です。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/archives/1029229.html

要するに、売買サインとしてはMACDの方向転換と値だけ見ておけば良いという事ですね:


MACDがプラス → 上昇トレンド
MACDがマイナス → 下降トレンド


MACDのピークは株価のピーク
ボトムは株価のボトム

Signal は不要


____________

208 :山師さん:2010/11/10(水) 11:06:50 ID:PtVL8K2R

MACDは有効ですよね。

っていうかMACDって根幹部分が移動平均の概念で出来てるんで理解出来てるん人にとってはいつ、どこで機能するか?どんな銘柄で機能するかは簡単にわかります。

実際に慣れてくるとローソク足のみでMACDと同じタイミングで入れますしね。

タイミングがわからない人は使った方がいいかもですね。


___________

これはオシレータチャートの一種です。

2つの指数平滑平均移動線(EMA)の差(MACD)と、その移動平均線(Signal)を重ねて表示し、相場の強弱を判断します。

 EMA = Yt-1 + α(P − Yt-1)

  ただし、P:直近株価

 Yt-1:時点(t-1)の平均値

 α(平滑化定数)=2 / (n+1)

 n:平均期間

 MACD=EMA1−EMA2


上式では少し判り難いので、具体的な計算手順を紹介します。

平均期間5日のEMAを算出するときは、最初のEMAは時系列の5日目に得られますが、ここは最初なので単純に5日間の移動平均値(EMA代用値)とします。

翌6日目のEMAを求めるには、上式のYt-1に前日のEMA(初回のみ代用値)を、Pには6日目の株価を代入します。

そして平滑化定数αは 2/(5+1)≒0.333となります。

以下同様に、前日のEMAと当日株価、そしてαから日々のEMAを求めます。

株価指標MACDは2つのEMAの差であり、さらにその移動平均を求めてSignalとします。

「株価チャートCD-ROM」では、

2つのEMAの平均期間初期値を、日/週/月足とも5と20、

Signalの移動平均期間を9としています。


このチャートを使用するときは、

MACDがSignalを下から上に抜いたときを買い信号、逆に
上から下に抜けば売り信号と判断します。

また買い信号が出た後、MACDとSignalがともにゼロラインを上回ったり、逆に売り信号の後にMACDとSignalがともにゼロラインを下回れば、それぞれの信号は本格的なものと見なされます。


(図1)は[7203トヨタ自動車]の日足MACDです。

5日平均と20日平均2本のEMAの差をMACDとし、その9日移動平均をSignal線としています。

チャートから判るように、2001年9月末に買い信号が出現していますが、これは同時表示されている2本の移動平均線(5日線と15日線)による買い信号より、かなり早い出現となっています。
http://www.toyokeizai.co.jp/data/chartcd/weekly_chart/27macd.html


<MACDの考え方>

明日の値段を考える時に10日前のデータと今日のデータとではどちらが参考になると思いますか。もっと極端に言えば1年前の100円高と昨日の100円高であればどちらの100円高が明日の相場を考える上で役に立つでしょうか。

もちろん、昨日の100円高という動きを参考に今日の動きを考える方が通常だと思います。

MACDはこの発想を移動平均に取り入れたところに特徴があるのです。

さて、MACDでは指数平滑移動平均というものが使われています。

これは、直近の値にウェイトをかけ、データが古くなればなるほどウェイトは減少するというものです。

単純な移動平均とは違い、n期前のデータと昨日のデータの比重が同じであることは避けられると同時にn期(日)前のデータが完全に落とされるということもないのです。
http://www.gaitame.com/gaitame/technical/030801.html

◆ MACDの見方・使い方

株価がトレンドを形成しながら上昇または下降する時、それに追随してまず短期の移動平均線が動き、遅れて長期の移動平均線が動きます。この際、両線の反応の違いから価格差が生じます。

この移動平均線に生じるカイリをベースに、上昇トレンドの初動から中盤には、ゼロ付近ないしそれ以下から急速に上昇し、プラスの圏内で推移します。逆に、下降トレンドの初動から中盤には、ゼロ付近ないしそれ以上から急速に下落し、マイナス圏内で推移します。

つまり、プラス圏内だと上昇トレンドで、マイナス圏内だと下降トレンドということになります。


株価が転換する時は、短期の移動平均線が横ばいまたは反転するのに対し、長期の移動平均線はそれまでのトレンドを継続するため、急速に価格差が縮小して、MACDの値がゼロに近づきます。

したがって、MACDの天井圏、底値圏がトレンド反転の早期のサインと判断することもできます。


売買サインは、MACDとシグナル線のクロス、MACDとゼロラインのクロス、MACDやシグナル線の方向の転換などが一般的に使用されます。

以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安となります。また、0ラインの前後で反転することも多いので注目してください。


大きなトレンドが発生している時に、MACDが相場の流れと逆行した場合は、相場が天底に近いことを示します。

(相場が下降している時にMACDが上昇し始めた場合は、近い将来相場が底を打つ可能性があります。)

<買いサイン>

1.先行するMACDが遅行する同平均(SIGNAL)を下から上に抜いた時

2.(1)の後に2本のMACDがともにゼロのラインを上回れば、信頼度が増します


<売りサイン>

1.先行するMACDが遅行する同平均(SIGNAL)を上から下に抜いた時

2.(1)の後に2本のMACDがともにゼロのラインを下回れば、信頼度が増します

◆ MACDの欠点

MACDの欠点は、じり高、じり安のトレンドが続いているような場合に、一時的に下向きになってもゼロまで下がらずにプラス圏内で横ばいになったり、一時的に上向きになってもゼロまで上がらずにマイナス圏内で横ばいになったりするケースがあります。

MACDがプラス圏内では、株価は上昇トレンドであり、
マイナス圏内では下降トレンドなので、

株価が高値または安値を更新した場合は、トレンドを優先させて売買した方がいいと思われます。


この他、

横ばい相場ではダマシのシグナルばかり出てしまうことや、

相場の天井や大底付近では株価は1日に10%以上も動くこともあり、


MACDは移動平均線をベースに使っているだけに、株価の動きが短期間に激しく上下動すると把握できないという欠点もあります。


◆ MACD上級編:ダイバージェンス現象

高値圏、安値圏で、株価が以前の高値(安値)水準よりも上昇(下降)しているにもかかわらず、以前の高値(安値)をつけた時の水準よりも下(上)に位置している現象のことです。


MACDが底を打つ時(時点Bとする)、その水準が前回つけたMACDの底(時点Aとする)の水準よりも高いにもかかわらず、時点Bの株価が時点Aの株価よりも安ければその後大きく反発する可能性が高いとされます。

また、MACDが天井をつける時(時点Dとする)、その水準が前回つけたMACDの天井(時点Cとする)の水準よりも低いにもかかわらず、時点Dの株価が時点Cの株価よりも高ければその後大きく反落する可能性が高いとされます。
http://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/macd.html


__________
__________

10) DMIチャートではADXが上昇しているか下降しているかだけを見ておけば良い


ADXとDMIはセットで使われることが多いテクニカルです。

ADXはトレンドの強さやトレンドの始まりと終わりを表すものとして使われています。


上昇するとトレンド発生で、
下降はそのトレンドの終わり。


上昇だから買いというわけではなく、下落トレンドでもトレンド発生すると上昇します。


DMIは+DIと-DIの二つで成り立っています。


+DIが-DIとクロス後、-DIよりも上にあると買いトレンド中、
-DIが+DIとクロス後、+DIよりも上にあると売りトレンド中、

買いトレンドならば、+DIが25以上になった場合はトレンドが割りと強い
売りトレンドならば -DIが25以上になった場合はトレンドが割りと強い

この二つを組み合わせると、

買いでエントリーする場合は、

+DIが-DIを下から上に抜けてとクロスした時点でエントリーし、
ADXが上昇したらそのままポジションを維持し、
ADXが下がったところで決済、もしくは、+DIが-DIを上から下に抜けたときに決済


私はADXを主に見ています。

ADXの使い方として、上昇しているとトレンド中で、下降してるときはそのトレンドが終わり、ということでした。

私はこれを逆手にとりまして、ADXが下降しているときはなるべくエントリーしないと決めています。

もし仮にADXが下降しているときがトレンドの終わり、もしくは、調整中ということであれば、エントリーする魅力に欠けると思うんです。

目の前のテクニカルで「トレンドが終わるかもしれませんよ」と言ってくれてるのにあえてエントリーする必要はないかと。

それに、もし調整中ということであれば、無駄な損切りにも繋がりますし、色々な迷いが生じます。

だから、私はADXが下降しているときはエントリーしないようにしています。

+DIと-DIですが、トレンドがどちらにあるのかを確かめるためだけに使ってます。

+DIが上ならば買い
-DIが上ならば売り

というようにどちらで入るべきかを確かめるために使ってます。


ちなみに、この+DIと-DIですが、クロスしてすぐにエントリーというのは少々危険かと思われます。

-DIが+DIよりも上に抜けたとします。
がしかし、その時にADXが上昇しないと、その-DIが抜けたときに起こった下落の値幅が戻る可能性があるんですね。

つまり、レンジに見られる状況です。


例えば、-DIが+DIを下から上に抜けて、5pipsほど下落したとします。

がしかし、ADXが横ばいで上昇しないとなると、その5pipsが戻ってしまい、元の価格に戻ってしまうという現象が発生するという現象です。

この場合、もし損切りや決済が遅れると、-DIが+DIと先ほどとは逆方向にクロスしてしまい、そのクロスに応じた方向にADXが反応し、エントリーとは逆方向のトレンドが発生するということにもなりかねません。

-DIと+DIの関係をみて下落すると思い売りでエントリーしたが、その値幅を戻してしまい、さらに、逆方向にトレンドが発生してしまい損切り、ということにもなりかねません。

実は結構これ経験しています(汗

なので、+DIと-DIのクロスだけでエントリーするのは少々危険かと、私は思っています。

http://fxdeman1oku.blog53.fc2.com/blog-entry-261.html


DMIを使った順張り戦略


ADXとADX-Rのクロス と +DIと-DIの位置関係で判断する戦略です。

ADXは上昇・下落に関係なくそのトレンドの強さを表す指数なので、


ADXがADX-Rを下から上抜いた場合は、そのトレンドが強くなってきた


と考えられます。 よって、


ADX がADX-R を下から上抜いた時に、

+DI が-DI より上にある場合を買いサイン、

+DI が -DI より下にある場合を売りサイン


とします。


DMIを使った逆張り戦略

ADXとADX-RのクロスとPDIとMDIの位置関係で判断する戦略です。


ADXがADX-Rを上から下抜いた場合は、そのトレンドが弱くなってきたと考えられます。

よって、


ADX がADX-R を上から下抜いた時に、

+DI が -DI より上にある場合は売りサイン、

+DI が -DI より下にある場合は買いサイン

http://mokyumokyu.com/st/st38.html

ADXがADXRを上抜けた場合は

勢いがつきトレンドがある状態と判断します。


ADXがADXRを下抜けた場合は

勢いがなくトレンドがない状態と判断します。


DMIは方向性の有無を示しているので相場の向きを表してるわけではありません。

トレンドがなければ、移動平均線にそって動くことになります。


ADXが反応してない場合に、急に上昇したとします。

ADXが反応しない=トレンドが発生してない 


ことになり、上昇した分は戻る(下降)するだろうと予測できます。


逆にトレンドが発生している場合は、それに沿って取引すれば問題ありません。
http://biggner-fx-win.seesaa.net/article/94516473.html


__________
__________


11) ダウ理論は分足チャートでしか使えない

デイトレード 勝ち続ける人の順張りテクニック 二階堂重人 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89-%E5%8B%9D%E3%81%A1%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%A0%86%E5%BC%B5%E3%82%8A%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E5%A0%82%E9%87%8D%E4%BA%BA/dp/4883997545/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1290473681&sr=8-9


「逆指値」売買入門―「株」でも「商品」でも儲けられる 宮沢 広行 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E9%80%86%E6%8C%87%E5%80%A4%E3%80%8D%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E3%80%8C%E6%A0%AA%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%82%82%E3%80%8C%E5%95%86%E5%93%81%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%82%82%E5%84%B2%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%AE%AE%E6%B2%A2-%E5%BA%83%E8%A1%8C/dp/4756905897/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273296528&sr=1-2

ダウ理論では通常の傾いたトレンドライン・チャネルラインではなく、

水平なサポートラインとレジスタンスラインを階段状に何本も引きます。


殆どの投資家は保ち合いでなくても


日足・週足 : 傾いたトレンドライン・チャネルライン ; 斜線切りで転換判断

分足 :水平なサポートラインとレジスタンスライン ; ダウ理論で転換判断


を使って転換の判断をしている様です。


ダウ理論のトレンド転換判定法


・ 株価が直前の高値を上へ抜けられずに, 直前の安値を下回ってきたら 売り転換

・ 株価が直前の安値を下へ抜けられずに, 直前の高値を上回ってきたら 買い転換


________

129投稿者:商品トレーダー  投稿日:2004年10月28日(木) 22時05分27秒

ダウ理論を要約して見ますと、


1.平均株価は、全てのものを織り込んでいる 
2.トレンドはプライマリー・サイクル セカンダリー・サイクル マイナー・サイクルの3つがある 
4.長期トレンドの定義
5.訂正トレンドの定義 
6.強気市場の定義
 
7.弱気市場の定義
 
8.工業株平均と鉄道株平均の確認
 
9.出来高はトレンドと一緒に動く
 
10.ラインの定義 

11.終値のみ使用
 
12.トレンドは転換が決定的になるまで続くものと判断すべきである 

13.平均株価は除数により権利落ちを調整する

以上がダウ理論の全てだと思います。


H.ダウは平均株価で市場の中長期の強弱や相場の転換を分析しようとしたものだと思われます。

ダウ理論は、個別株の売買法でもなく、トレンドチャンネルは登場せず、三角保合等の各種パターン分析も出できません。
http://www.amezor.to/shiso/051029193358.html

__________
__________

12) 出来高対応チャートで底値圏の大出来高銘柄を見つければボロ儲け

大勝ちの条件 “底値圏の大出来高

アームズ投資法 リチャード・W・アームズ・ジュニア (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E6%8A%95%E8%B3%87%E6%B3%95-%EF%BC%8D-%E5%A4%A9%E6%89%8D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%98%8E%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%8F%E3%82%A6%EF%BC%88%EF%BC%93%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%81%B6%E3%82%93%EF%BC%89%E3%81%8C%E3%80%81%E4%BB%8A%E3%80%81%EF%BC%91%E5%86%8A%E3%81%AE%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E7%99%BB%E5%A0%B4-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%EF%BC%B7%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2/dp/4939103498/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1290576059&sr=1-2

東洋経済新報社 株価チャートCD−ROM ボリューム幅ローソク足

http://www.toyokeizai.net/shop/cdrom/chart_cd/detail/BI/14e7455ac0c00fabbb03ff45327a15fa/

1. 通常のローソク足チャート上ではトレンドラインは直線にならない.
  出来高対応チャート上では直線になる。

2. 株価のサイクル(日柄)は累積出来高で判断するのが正しい。
  経過日数ではサイクル分析はできない。 

3. 出来高対応チャート上では株価の天井と底は等間隔で繰り返す。
 
4. 底値圏での累積出来高はその後の上昇過程での累積出来高と等しい。
天井圏での累積出来高はその後の下落過程での累積出来高と等しい。

5. 出来高はトレンドの方向に向かう時に大きくなる。

  上昇トレンド:株価上昇時に出来高が増加し、株価下落時に出来高が減少

  下降トレンド:株価下落時に出来高が増加し、株価上昇時に出来高が減少


6. 保ち合い圏を脱する時にはパワーボックス(出来高と高値-安値の値幅両方
  が同時に急増する)が出現する。

7. 天井圏では高値-安値の値幅が小さいボックスが連続して現れる。
  出来高がそれまでで最大になる事が多い。

8. 底値圏は天井圏と違って保ち合いにならない。 W底になる事が多く、
2番底の出来高は1番底の出来高より小さくなる。

_____________

出来高対応チャートを用いた空売りのタイミングの判断は三木 彰さんの本に詳述されていますが、小型株にしか使えない方法で、踏み上げられ易く非常に危険なので止めておいた方が良いと思います.

むしろ持っている小型株が天井圏で出来高が急増した場合に、利食いのタイミングを決めるのに使った方が良いです:


「カラ売り」の実践―出動と利喰いのポイント 三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E2%80%95%E5%87%BA%E5%8B%95%E3%81%A8%E5%88%A9%E5%96%B0%E3%81%84%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4496030624/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=books&qid=1273296614&sr=1-7


利食いのタイミング

@ 前場の出来高 を2倍したものが前日1日の出来高より増えていたら
 そのままホールド.

A 前場の出来高 を2倍したものが前日1日の出来高より減っていても前場の
終値が 始値より上昇している場合は そのままホールド.

B 前場の出来高 を2倍したものが前日1日の出来高より減っていて,かつ前場
の終値が 始値より下降している場合はすぐに利食い.

C その日の出来高が前日の出来高より減っていて,かつ後場の終値が 後場の
始値より下降している場合は 翌日寄り付きに利食い.


買いポイントを見逃すな!狙って獲る「株・大勝ちの条件」
三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4938801337/qid=1102138278/sr=1-18/ref=sr_1_0_18/250-8062888-8527423


出来高対応チャートは小型株の底値買いにも威力を発揮します:


大勝ちの条件 “底値圏の大出来高を買え”

底値圏で大量買いが入った銘柄をスクリーニングするには

東洋経済新報社 株価チャートCD−ROM ボリューム幅ローソク足
http://www.toyokeizai.co.jp/data/chartcd/weekly_chart/16volro.html

が便利です。 底値買いのノウハウは


買いポイントを見逃すな!狙って獲る「株・大勝ちの条件」 三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%B7%E3%81%84%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%92%E8%A6%8B%E9%80%83%E3%81%99%E3%81%AA-%E7%8B%99%E3%81%A3%E3%81%A6%E7%8D%B2%E3%82%8B%E3%80%8C%E6%A0%AA%E3%83%BB%E5%A4%A7%E5%8B%9D%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%80%8D-%E4%B8%89%E6%9C%A8-%E5%BD%B0/dp/4938801337


__________


13) 酒田罫線は評判倒れ

定本 酒田罫線法 林 輝太郎
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9A%E6%9C%AC-%E9%85%92%E7%94%B0%E7%BD%AB%E7%B7%9A%E6%B3%95-%E6%9E%97-%E8%BC%9D%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4496018306/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1289050167&sr=1-3

酒田五法の内容は酒田新値に還元できるそうなので、酒田罫線のローソク足組み合わせパターンというのは本来必要の無いものです。

そしてその酒田新値も以下に見る様に評判倒れみたいですね。
何れにしろ酒田五法も酒田新値も物の用に立ちません。
酒田罫線のローソク足組み合わせパターンよりは柴田棒足罫線の逆張り48法則の方が遥かに優れています。


尚、酒田罫線は(森羅万象を織り込んで決まるとされる)相場の終値を使う場合にだけ有効です。
分足や為替の様な24時間取引の途中の値を使ったローソク足には対応できません。


_______

酒田新値 に基づいた 押し目 ・ 戻り と トレンド転換 との判別法

1) 上昇トレンドの途中の 押し の場合には 90%の確率で 陰線新値が 1 〜 3本 になる.

2) 下降トレンドの途中の 戻り の場合には 90%の確率で 陽線新値が 1 〜 3本 になる.

3) 新値が 5本以上 の場合は トレンドの転換を示す.

4) 新値は終値ではなく 最高値 と 最安値 で数える.

5) 寄引同時線 は 新値 には数えない.

6) 陰線新値を数える際には,途中に 陽線 が何本入ってもよい.
陽線新値を数える際には,途中に 陰線 が何本入ってもよい.


________

(1)酒田罫線法とは何か

   ・山形県酒田の本間宗久が創案したもので、日足を用いて、米相場の強弱の判断、売買の規範を示したもの
  
  ・諸説あるが、きわめて一貫した特色は

     @日足であること
     A陰陽の箱型の書き方をすること
     B線の組み合わせで、相場の強弱を判断すること
     C陽線新値、陰線新値など、いわゆる酒田新値の数え方を伴っていること。
     D酒田新値による売買法(建て玉法)を用いること
     E一般にいう、「大勢の見方」が、欠けていること
     F値の予測が全くないこと

     
  ・定義づければ、

    「日足を用い、独自の新値の数え方と集合形の見方とともに、
     それによる具体的な売買法まで一貫している罫線法である」

  

(2)酒田新値の確率


・ここでいう酒田新値の本数とは、上げ相場での押し目、下げ相場での戻りのこと。

   従って、上げ相場での名称は、「逆行陰線新値○本」、
下げ相場では、「逆行陽線新値○本」と、”逆行”の文字がつく点にご注意下さい。

・林先生の株と小豆を使った調査では、

    ■上げ相場途上の押し目が陰線3本までで終わる確率は、 86.6%
        もう一つ、別の統計では、 81.1%

    ■下げ相場途上の押し目が陽線3本までで終わる確率は、 86.4%
        もう一つ、別の統計では、 83.1%

   と有ります。


(3)目的と活用のしかた

   確率50%を、僅かでも越せば、「必勝法」と騒がれる相場社会において、80%を超えることは、驚異ですね。  

私は、この確率にあこがれた?のです。
では、上記3本までの、統計を5本に拡大すると、どういう結果が得られるかというと、

    ■上げ相場途上の押し目が陰線3本までで終わる確率は、 95.0%
        もう一つ、別の統計では、 97.8%

    ■下げ相場途上の押し目が陽線5本までで終わる確率は、 98.9%
        もう一つ、別の統計では、 99.1% 
  

  !!!!! どうです  !!!!!
  95%超の確率に、飛び上がったのではないですか?

   この確率を利用しないのは、落ちているお札を拾わないことと同じですよね。
  この確率を読み替えて、天底転換のルールを作りました。

    ■逆行3本までは、乗せる方向。
      4本出たら、ドテン準備。
      5本で、ドテン。

   「どんな罫線も、100%当るものは無い」ことを、身にしみている私は、まず、この確率が、○○○にあてはまるかどうか、過去の日足で検証。
   これはいけると確信し、逆行だけでなく、順行新値本数も数えております。

   ご質問の答えは、場帳に記入ではなく、グラフに薄く数字を書いております。
  ただ、機械的に盲信は、しておりません。
   事実、逆行新値4本或いは、5本出た途端に、順行に移る経験も、昨年だけで5回ほどあります。  あえて理屈っぽい表現をしますと、

  「日数と、逆行値幅と、場の勢いと、株価水準を感覚的に総合して判断」 
と、いえるでしょうか。

   同じように、順行本数も、捉えております。

  9本から13本くらいで終わることが多いですが、30本近いこともありますから、 建て玉の判断基準としては、弱いですね。  10本くらいの本数が出ますと、日数(ウネリの周期)的にも、 「三月またがり60日」の対象に重なってきます。
http://aaw66340.fc2web.com/kabuqasakatashinne.html

(1)順行と逆行

・トレンドの方向に沿う動きを順行、その逆を逆行と表現される。

・上げトレンドにおいての陽線の動きは順行、陰線は逆行となり、下げトレンドにおいてはその逆で、陰線が順行、陽線が逆行となる。

・また、上げトレンド於いて新高値を付けた陽線これを『陽線新値』と呼び、これに逆行する陰線は『逆行陰線』となる。

・下トレンドに於いて新安値を付けた陰線を『陰線新値』と呼び、これに逆行する陽線は『逆行陽線』となる。

(2)トレンドの転換

・酒田罫線法においては、酒田新値を数えて行き『逆行新値』が5本出現した時点で、それまでのトレンドが転換したと判断される。

・つまり、上昇トレンドについて説明すれば、陰線新値は陽線新値が出現ごとに陰線1からカウントして行き、陰線新値が5本以上出現で下げトレンドに転換したと判断する。

(3)上昇トレンド時の新値判断(下げトレンドはこの逆説明省略)

[1]始値/終値が同じ場合は無視

[2]当日陽線の場合下記実行

[3]直近の陽線新値の日付までさかのぼり、その間の高値を把握する

  ・当日高値が、把握した高値より高い場合は「陽線新値」とする
  ・把握した高値の方が高い場合は、当日の陽線は無視となる
  ・把握した高値と同じ場合も当日の陽線は無視となる
  ・陽線新値が現れる毎に本数をカウント(個数は数を見るだけで特に意味はない)


[4]当日陰線の場合下記実行

[5]直近の陰線新値の日付までさかのぼり、その間の安値を把握する
  ・当日安値が、把握した安値より安い場合は「陰線新値」とする
  ・把握した安値の方が安い場合は、当日の陰線は無視となる
  ・把握した安値と同じ場合も当日の陰線は無視となる
  ・陰線新値に現れる毎に本数をカウント(5個カウントで下げトレンド転換となる)
  ・下げトレンド転換になった場合は、陽線新値は1個からのカウントになる
  ・上昇トレンド時は、陰線新値のカウントは陽線新値出現する度に1からのカウント
http://www2s.biglobe.ne.jp/~iryo/kabu/tool/setumei/sakata.html

■酒田新値の数え方■

自分はひげ部分は数えません。
実体のみを対象とします。
チャートを見れば分かりやすいと思いますので、そちらで説明しておきました。
http://gaitamekawasefx.blog66.fc2.com/blog-entry-183.html


酒田新値でみる株価定点観測
http://blog.nikorich.com/?eid=1270341


酒田の売買法については、

教科書を鵜呑みにして機械的に買い下がりするとえらい目に遭います。(^^;;
一応教科書には陰線新値1本目から買い下がり3本で買い下がり終了と書いています。


1.陰線新安値1本目
  逆行1本目。これで止まる確率は20%。
  逆張りでは、この大引けか、翌日の寄付きから買いはじめることになる。

2.陰線新安値2本目
  逆行2本目。これで止まる確率は50%。
  逆張りでは、この大引けか、翌日の寄付きから買いはじめることになる。
  安値の買い玉があって押し目で買い増しするならば、ここから買いはじめる。

3.陰線新安値3本目
  これで止まる確率は85%となり、押し目買い下がりはここまででやめる。

逆張りは逆行における買いのことである。その買い玉増加の方法は、
  1−3−5 あるいは 1−2−3−4
という比率がよい。

ただ、実際やってみればわかりますが、ほとんどの場合3本なんかじゃ止まってくれません。(^^;;

ましてや1−3−5なんかで買い下がった日にゃ、その後さらに下げたら手も足も出ません。

酒田新値の出現率は一旦忘れて、実際の売買では3本目から入って、4本、5本と入れるのが現実的です。

もちろん変動感覚も資金量も個人個人違いますから、これも機械的に3本、4本、5本と入れればいいってもんでもありません。

あ、言い忘れましたが上記はあくまで「上げ相場の押し目」についての話で、保合いの中では陰線新値15本とか16本とか平気で出ちゃいますので、そこまで想定した建玉にしなければいけません。

機械的に1本目から3本まで1−3−5と買い下がって打ち止めのダルマ状態では、16本まで我慢しきれるはずがありませんので、途中でぶん投げてお終いです。

保合い中は5本目あたりから試しで出て、7本、11本、15本あたりを目安に、突っ込んだ次の日の寄りでポツンポツンと買い下がるのが長く生き残れる売買ではないでしょうか。

と頭では理解したつもりでも実際にできるかどうかは別なんですがね。(^^;;
投稿者 bofaro : 2005年02月17日 12:38

コメント

酒田の自分なりの理解だけど確率という文字があるから混乱するんじゃないかと思う
確かに、調べたときはそういう確率が出たんだけど それが一人歩きしているようにみえるんだが....
投稿者 下手 : 2005年03月01日 19:28

私も確率は全く気にしてません。
単に新値の出るタイミングで建て切りしてるだけですね。

最初本を読んだ直後は1本目、2本目、3本目と、機械的に買い下がりして玄人になった気になって、それで止まらずに何もできずに硬直状態になって、さらに下げ続け我慢できずにぶん投げたらそこが底だった、っていう経験を何度かしてます。(^^;;

投稿者 bofaro : 2005年03月01日 20:45
http://www.9drops.com/bofaro/archives/2005/02/post_18.html

ここしばらく、酒田罫線の研究をしています。

ローソク足の独特の数え方をするのですが、この数えた結果で「新値」を5本更新すると、酒田罫線法では相場の転換点を示すというのがあります。

で、これがほんとなのか?ということで、エクセルで酒田罫線の新値を数えるマクロを組み統計を取って検証してみました。

一般に言われる5本新値更新で、相場転換と見立て、次の相場転換が現れるまでに何本以上、トレンドの方向に新値を継続したか、ということを検証しました。
使用したデータは、ドル円1時間足48,900本です。結果はこのような感じです。

1本 82.3%
2本 67.0%
3本 54.7%
4本 45.1%
5本 37.3% ←
6本 31.5%
7本 26.6%
8本 20.6%
9本 16.4%
10本 13.0%
11本 11.0%
12本 8.9%
13本 7.2%
14本 5.8%
15本 5.0%
16本 4.1%
17本 3.8%
18本 3.2%
19本 2.6%
20本 1.8%

--------------------------------------


トレンドの示す方向に、5本以上継続したのが、37.3%しかありません。

言い換えれば、5本継続しないで、逆方向に5本新値更新してしまったのが、62.7%です。

単純に酒田の転換点通りに仕掛けても、儲からないということになります。

というわけで、次の戦略が有効なのではないかと考えられます。

酒田の転換の逆に仕掛けて、次の相場の転換で仕切り(=5本逆方向への新値更新)。
トレンドの示す方向に5本更新で損切り。

もし、仮に1本の新値更新あたりの値幅が同じであるなら(とりあえず\10としましょう)、期待利益は次のように計算できます。

仕切り 5本×10円×62.7% = \31.35
損切り 5本×10円×37.3% = \18.65
--------------------------------------
                 \12.70

1本あたりの値幅が同じっていう仮定がかなり怪しいですが、ただ、5本順行で更新するのと、5本逆行で更新するのとでは、酒田新値の数え方から言えば後者の方がパワーを必要とします。

なので、5本逆行は、5本順行よりももっと動いてるかもしれません。

ちなみに、酒田の転換点を10本としても継続本数の確率はほとんど変わりませんでした。

その場合、一回の取引での利益は大きくなりますが、最大値洗い損失も、大きくなるはずです。
例え最終的に利益になるかもしれないけど、下ぶれに耐え切れなかったら意味がないですから、最大値洗い損失が許容範囲かどうかも実際に使うなら重要です。
http://plaza.rakuten.co.jp/gyouzasuki/diary/200511060000/


HIG 酒田新値の日足の割合


前回はLIONFXのチャートを使って、ほぼ主要通貨の全ペアを試してみましたが今回はFXCMのチャートを使用して期間をとても長いもので解析してみました。
その前に簡単にルールを説明します。

1.1993年から今までの日足、全4601本のチャートを使用(通貨ペア毎)
※最初の天底を確認できるまでの足は捨てます。
2.チャートを見ながら適当に天井と底を決めていく
3.各天底でトレンドが転換しているものと仮定し、トレンドに逆らった足を逆行とする
4.逆行1本目は必ず逆行新値とする
5.逆行新値が現れた後、順行(トレンド側に)新値を更新すれば、逆行新値1本とする。
6.順行新値を更新する前に、さらに逆行新値を更新した場合、そこを2本目とし以降順行新値を更新するまで逆行新値更新数を数える。
7.1トレンドの中に含まれる逆行新値数の割合を集計

つまり、1トレンドの中に現れる「押し」・「戻り」の大きさ毎の割合を計測していることになります。

通貨ペアは、USD/JPY、GBP/USD、EUR/AUDの3つです。


では、結果発表です。

・ドル円
有効足数:4485本
トレンド数:57

・             回数    割合
逆行新値1回―――→261―――→53.48%
逆行新値2回―――→116―――→23.77%
逆行新値3回―――→48 ―――→9.84%
逆行新値4回―――→28 ―――→5.74%
逆行新値5回―――→12 ―――→2.46%
逆行新値6回―――→12 ―――→2.46%
逆行新値7回以上―→11 ―――→2.25%

・ポンドドル
有効足数:4370本
トレンド数:62

・             回数    割合
逆行新値1回―――→256―――→54.35%
逆行新値2回―――→93 ―――→19.75%
逆行新値3回―――→46 ―――→9.77%
逆行新値4回―――→32 ―――→6.79%
逆行新値5回―――→15 ―――→3.18%
逆行新値6回―――→17 ―――→3.61%
逆行新値7回以上―→12 ―――→2.55%

・ユーロオージー
有効足数:4483本
トレンド数:62

・             回数    割合
逆行新値1回―――→297―――→ 57.12%
逆行新値2回―――→104―――→ 20.00%
逆行新値3回―――→44 ―――→ 8.46%
逆行新値4回―――→26 ―――→ 5.00%
逆行新値5回―――→22 ―――→ 4.23%
逆行新値6回―――→11 ―――→ 2.12%
逆行新値7回以上―→16 ―――→ 3.08%


えー、とりあえず日足に関してはもういいでしょう。

ここまで結果が似ているのであれば恐らく他の通貨ペアをとっても無駄だと思います。
そして、この結果から今までの私の認識で大きく間違っていたと確信できることが一つ。

戻り売りと押し目買いについて。

今まで、上手い戻り売りと押し目買いって逆行新値2〜4本ぐらいの天井を
「ココ、戻りの一杯!!」とかで綺麗に取るのが上手い人のやり方で、それが格好良くて、そして勝てる狙い方だと思ってました。

でも、それって値幅は取れたとしても所詮は全体の中の30%ちょっとをうまーく取ろうなんて考えてることだったんですね。しかもちょこっと行き過ぎれば損切りするか、そこが天井・底でしたなんてのも十分にありえる。

そんなモンより、明らかなトレンドの中に現れる1本、2本の逆行。
これが戻り・押しの全体の70%を越えるんだったら、ここをしっかり着実に取るってのが職人の仕事なわけですね。

この結果は全て、戻りor押しの回数を数えてるわけですので、結果的に必ず順行新値を更新しています。 (そうやって数えたんだから当然なのですが)
だので、新値で利喰いすれば確実にその押し・戻りの分は取れている計算になります。
ってことは大事なのは如何に天底を見極めるかどうか。これさえ間違えなければ明らかなトレンドが出ていなくても逆行と順行を間違えるという痛恨のミスの回数は減るわけです。

あー!!!だから酒田には天井型・底型があるわけだ!!

頭と尻尾をくれてやれっていうのはそーゆーことだったのね。

私今まで、天井と底は取れないから、トレンドが出てからそれに乗れって解釈してました。

※まぁそれも間違ってはいないと思いますが。

でもこの場合はちげーんだ。成程。違う。それは順張りだ。

順張り理論と逆張り理論は全く違う。

同じ相場を見ていて、同じ相場観を持っていても、順張りと逆張りでは同じ現象に対しての望みかたがまったく違う。

※ま、この手法で取れる値幅はたかが知れてますが。
http://brenji.blog84.fc2.com/blog-entry-567.html


__________

__________

8. 騰落レシオの信頼度

東証1騰落レシオ
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0188

日経平均株価 +東証1騰落レシオ(“設定”で騰落レシオにチェックを入れる)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?0100I

・大口はいつもいかに損切らせるか考えている。

・東証1部の騰落レシオ120から買いあがる動きが、70以下から(80以下から?)売り下がる動きがあることが多い。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/


騰落レシオによる売買をすすめる人はたくさんいますし、かなり有名です。
最近も次のようなことを言う方がいらっしゃいました。

日経平均に連動しているETFを売買する。
騰落レシオ25日計算が70%台になったら買い、120%以上になったら売る。
自分の勘で高い安いを判断するのでなく、
騰落レシオで機械的に判断して行くことがポイント。

そこで過去5年半のデータで検証してみました。
騰落レシオをみて機械的に売買することをすすめている人が
実際にそれを実践していたらどうなっていたかを知ることができます。


結果は「こりゃダメだ。全然使えない」でした。


5年半前にETFを買ってそのまま保有して最近売り飛ばせば資産は1.4倍強になります。

しかし上に書いた通りのやり方で機械的に売買を繰り返して期間の最後に売り飛ばすと資産は1.1倍強にしかならない。

単なるバイ&ホールドに大きく負けています。


もしかしたら実際には騰落レシオを見るだけではなく、自分の勘も売買タイミングを決めるときに使っていたのかもしれませんが、それなら機械的な売買を他人にすすめるべきではありません。

少なくとも騰落レシオ120%以上で売るのは止めた方が良いです。

どうしても売りたいならば130%以上で売った方が良い。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3466569.html


騰落レシオと日経平均!!


下のチャートは2009年11月から現在までの日経平均と騰落レシオです。これを見ると


(1) 日経平均の動きと騰落レシオの動きは、ほぼ正の相関関係となっている。

(2) 騰落レシオが100を通過する時の日経平均は下図の通り。騰落レシオ100の水準(値上がり銘柄数と値下がり銘柄数が同数の状態)での日経平均は、10,300円〜10,500円で推移している。

次に日経平均がボトムを打ち反発が始まった2009年3月から8月末までの日経平均と騰落レシオの関係を見てみよう。

(3) 4月17日騰落レシオ134.75から5月1日91.54まで急落したにもかかわらず、この間、日経平均は8907.58から8977.37と上昇した。(負の相関関係)

(4) 下図の騰落レシオが100を通過する時の日経平均を見ると徐々に上昇していることが分かる。


日経平均と騰落レシオの関係は・・・・


(A) 日経平均と騰落レシオの関係は強い正の相関関係があると考えられる。

(B) 日経平均の上昇トレンドの中でも騰落レシオは、100を中心に70〜130の間を往復している。上昇トレンドでは、騰落レシオ100に対応する日経平均は上昇している。

(C) 騰落レシオで売買を考える場合、水準の高低ではなく、100を下から上に突破したら買い、上から下へ下降したら売りと考えた方が適当と思われる。
http://www.03trade.com/mailmaga/timelyhit/th_100416_01.html

いちよし投資顧問の秋野氏によると、

騰落レシオが150%を超える異常値となったのは1990年以降で6回

(91年3月、93年4月、94年2月、96年4月、97年5月、98年2月)

しかない。このうち明確に株価が下落したのは98年2月の1回しかなく、残り5回は1−5カ月上昇トレンドが続いたという。

  こうした過去の経緯から相場が急激に下落するとは考えにくい.

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aZKWRsB_ZOFs

834 :山師さん:2008/08/16(土) 12:19:11 ID:rZBpKGkX

騰落レシオは70を下回ったときの売られすぎ局面だけで使える指標だよ。

なんか120を超えたときの買われすぎ局面で売りだと思ってる人多いみたいだけどw

実際、120超えても株価は上がり続けるし。

けど、レシオと価格の乖離が重要で、レシオが買われすぎ局面から下がってきたら数週間後に株価も下がりだすけどね。

ま、だからレシオは売られすぎ局面でだけ参考にしたらいいと思う。

758 :山師さん:2009/04/17(金) 14:12:00 ID:4ACMT73G

騰落レシオは上値より下値の方が予測し易い。

東証1部の騰落レシオに関して言うと55未満で買えばまず損しない。

2008年10月ですら54である。

ちなみに2008年1月と2006年6月にも55を割り込んでいるがいずれも直後に強烈な反発(リバウンド)があった。

113 :山師さん:2010/10/21(木) 15:14:01 ID:D2keMkuP

2000年のITバブル崩壊前からの記録。

59.0 2001年01月
54.3 2006年06月
52.8 2008年01月
57.6 2009年11月

1営業日で100/1400くらいはよくあるが、連続した25日での騰落レシオが40台というのはなかなかお目にかかれないね。

362 :イカ ◆lhpC0zfcks :2010/10/29(金) 11:34:30 ID:7OJlnVCK

他の情報も見ながら総合的に判断すべきだというのは正しいと思いますよ。
あと、レシオが60割れになったから機械的に買いに走ると危険だということも。

面白そうなので調べてみたら、2000年以降の騰落レシオは、60以下の日が21日ありました。

2001年9月12日
2006年6月7日〜14日 6営業日連続
2007年8月17日〜20日 2営業日連続
2008年1月16日
2008年1月21日〜23日 3営業日連続
2008年10月7日〜10日 4営業日連続
2008年10月15日
2008年10月27日〜28日 2営業日連続
2009年11月27日


以上のように、50台に突入した後も下げ続けるケースは多いです。

特に2008年みたいに、明確な売りの理由があるケースだと、テクニカルを無視して大口が投げてくるため、数日間連続で騰落レシオ60割れになる場合も多いようです。

とはいえ、60割れは全体の0.8%くらいしかない上に、その半分近くが2008年でした。
何の理由もなく、そこまでの大暴落がくることはないとは思いますよ。
とはいえ最近は、いくらでもネタが出てきそうで困りものですけど。

日時      騰落レシオ       要因
97年10月02日 59.0% タイ発アジア通貨危機によるアジア経済不安
98年02月12日 155.3% 長野オリンピック
98年09月04日 58.6% ケニアの米大使館テロ事件とイラクの大量破壊兵器計画問題
99年04月09日 141.0% 大手銀行への公的資金注入
01年09月12日 59.0% 米国同時多発テロ
05年04月18日 68.8% 中国での反日デモ
05年12月01日 133.6% 郵政解散と自民大勝後
06年04月10日 133.9% 日銀による量的緩和解除後
06年06月13日 54.3% 量的緩和後の金融収縮(世界同時株安)
06年08月23日 141.6% 上記世界同時株安後の高値
06年12月27日 134.6% 証券税制の軽減税率延長
07年08月17日 55.3% 米国発サブプライムローン問題による世界的な信用不安

742 :山師さん:2010/03/28(日) 00:10:50 ID:/EfHabQH

過去の似たレシオだと

2004/3/31 11715.39 1179.23 147.30%
2004/3/30 11693.68 1175.51 142.00%
2004/3/29 11718.24 1179.17 136.90%
2004/3/26 11770.65 1176.32 140.60%
2004/3/25 11530.91 1160 138.20%

レシオの天井を打ったのは3月31日だけど、Topixは4月14日、日経平均は4月26日まで上がり続けている。


________


356 :山師さん:2010/10/29(金) 10:28:49 ID:XsQ0Zr8L

リーマン安値を下抜くと思ってる。
レシオが60だからという買い方では勝てない。
いつも言ってることだが、逆行をみてからで十分稼げる。

357 :山師さん:2010/10/29(金) 10:51:40 ID:drxzBQZg
>>356
何の逆行?


358 :山師さん:2010/10/29(金) 10:56:36 ID:XsQ0Zr8L

株価とレシオの逆行。
移動平均系の逆行もあわせて見るとハズレはもっと少ないよ。

293 :夜回り先生(売り):2010/11/01(月) 21:51:47 ID:ggUEgUbw

 レシオとか、乖離率とか基本的に逆張り指標ですね。

相場がもみ合いで、頻繁にリバウンドが起きる時にはパフォーマンスがいい。

しかし、一方通行の強力なトレンドが出たときは、一瞬で破産します。

 リーマンショックの時など、それでたくさんの人が死にました。

ここで反発するはず、とか言いながらナンピンしていって、やられたわけです。

554 :山師さん:2010/11/02(火) 22:15:05 ID:EBQkkzm1

レシオが底をつけてから日経が底をつけることが多くね?
日経の底はまだ少し先かもな。

555 :山師さん:2010/11/02(火) 22:27:14 ID:5ctQEdHf

レシオが底に近いときに、やっぱり買えないお・・・と思うような悪材料が出て、
-300クラスが来てセリクラになる。毎度のパターンです。

556 :山師さん:2010/11/02(火) 22:50:42 ID:v1ZtOGki
>>554
よく見てるな
おれもそう思う

557 :山師さん:2010/11/03(水) 00:06:45 ID:qyt0Bz7I

今、レシオの底か?

底は後になってから、判明するもんじゃねぇ。


____________


Q.騰落レシオ(25日)が120%以上だと天井なの?

A.日経平均は騰落レシオのピークから20-40日くらいは、高値持ち合い、もしくは若干強めで推移します。

397 :山師さん:2010/03/20(土) 09:01:33 ID:ZWY4CyNm

騰落レシオだけで判断するのは間違いのもと。

昨年も一昨年も数値が120を越えてから本格上昇が始まった。

2年続けてレシオに従って売買したのだが大きく儲け損なった事を未だに引き摺っている自分ではある。

ちなみに日経平均の週足ストキャスティクスは上昇に転換したばかりでまだ上昇余地が残ってる。

197 :山師さん:2010/04/04(日) 12:03:48 ID:1bkuuoBI

04年は3月31日に147.9まで上昇して下落した。

(3月31日の日経平均株価は11715円)

翌月の4月は11683〜12163円のレンジで動いて月足ローソク足は上髭を形成。

(始値11683円、終値11761円で4月最終日のレシオ数値は100を割っている)

翌5月上旬から中旬にかけて一気に売りの波が押し寄せて5月17日に10505円まで下落してレシオ数値は70を割った。

今回も似た様な動きになる可能性がある。
皆の書き込み通り、日経とは関係なくレシオは先行して下げる癖がある。

特に数値が100を割ったあたりから急落しやすい地合になるだろう。


88 :山師さん:2010/01/09(土) 09:24:35 ID:KTNhH5N5

今年もレシオを無視した上昇相場になりそうな感じがする。

去年も4月上旬に120を突破してから2ヶ月間も上げ続け、

08年も4月下旬に120を突破してから1ヵ月半も上げ続けた。

138 :山師さん:2010/01/14(木) 19:37:37 ID:oWDh9oNW

騰落レシオが逆行して下げてるけど、過去をみると結局はレシオ通りに下がってる。

RSIも同様に、逆行して下がってる。他のいくつかの指標も同様。

これは近い将来、かなりなガラが来ると思う。

161 :山師さん:2010/01/16(土) 10:04:45 ID:AQnRuYKq

レシオってほんと先行指標だから1ヶ月後くらいに結果がわかるんだろ

11月の57の底のときはすぐ結果がでたけどやはり1ヶ月くらいたったほうが確実だな


479 :山師さん:2009/04/06(月) 09:51:51 ID:iltjJpxQ

ひいい。俺の売り玉がすげえ損。たしけて。 レシオ125で売ったのに。

480 :山師さん:2009/04/06(月) 09:52:15 ID:Qnb/imFe

騰落レシオもRSIも逆張りしてることになるからトレンドができてる時にやられちゃう

それを分かってて売買してる奴ならいいんだが騰落レシオだけで判断してると損きりができなくなる

これが一番まずい

勝率は上がるがどこかでコテンパンにやられちゃう


469 :山師さん:2009/04/05(日) 07:46:18 ID:q5XNyywV

レシオを参考に空売りしました・・・GMより先に破綻しそうです。

475 :山師さん:2009/04/06(月) 00:15:29 ID:Z61ihUiE
>>469
レシオは

 「加熱しすぎているときに買うな」

って目安に使えると思うが、

 「暴落を予期した空売りタイミングの発見」

には使えないと思うわwwww

483 :山師さん:2009/04/06(月) 11:15:08 ID:V/Ow7zDU

騰落レシオを使うなら55未満で買い、140以上で空売りしろ。
我慢の出来ない忍耐力の無い奴は株をするな。


593 :山師さん:2009/04/11(土) 09:48:14 ID:7mB4/E9P

絶対正しいものがあるなんて発想自体がおかしい。
レシオに限らず、指標なんて参考として使うもの。

「絶対に正しい」なんて思って使えばどんな指標でも最終的にはやられるよ。

もっといえば相場観より玉操作。
うまい人は(結果として)トレンドと逆をやってしまっても損を少なく抑えるし、トレンドに乗ったときには利を伸ばせる。

595 :山師さん:2009/04/11(土) 10:56:28 ID:BH4Bfjru

レシオは逆張りで使うと痛い目見る。
高値圏でも底値圏でもレシオがもんでるレンジを抜けたら順張りすればいいよ。
でも逆張り派はそれじゃ買い遅れだと思うのだろうな。

597 :山師さん:2009/04/11(土) 13:45:57 ID:OrMOow8O

レシオでの損きりは難しいよ
高いと思って売ってるんだから更に高くなった時売り以外の選択なくなるし
ただこれは毎度の事なんだが

他スレやブログでレシオに触れる → レシオ逆張り厨が集まる

→ 天井天井と大騒ぎしだす → しばらく上がる

→ レシオ当たらねえって事になりスレ閑散 → 暴落スタート


いつもこんな感じだからなあw

632 :山師さん:2009/04/12(日) 20:48:41 ID:LK7Ki4Qo

絶対に儲かる方法を教えてやろうか

騰落レシオが55未満になれば電力株を買え。
絶対に儲かる。

3 名前:山師さん@トレード中[sage] 投稿日:2009/04/26(日) 02:06:40 ID:OpYlcjHS0

電力、ガス、航空、私鉄、NTT系列、紙パルプは東証1部の騰落レシオが55未満になる時だけ買うようにしている。

この方法で損した事は一度も無い。

941 :山師さん:2009/04/28(火) 23:03:27 ID:Xm0o8lUS

55までは買ってはいけないwww


942 :山師さん:2009/04/29(水) 02:14:46 ID:W6t/Cb02

SQ天井でレシオ120超えてもしばらくモミモミだったように、70になったからといってすぐ手を出す必要もない。
上げより下げの方が株価劇的に吹っ飛ぶのはいつもの事だから慌てずに。


_______________
_______________

9. 相場の大勢判断はバルチック海運指数でしかできない
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0807


★バルチック指数=直接的には英国を中心とした欧州全部、それだけでなく、ワールドの船価と荷物価格と人件費などの総合。

 世界の景気の先行指標であり、 ダウに一番影響を与えると言われているバルチック・ドライ指数

石油や穀物、鉱物などの国際商品や為替に市場があるように、海運にも国際的な市場がある。

現在その中心は、ロンドン、ニューヨーク、東京だが、最も古い歴史を誇り、現在も世界の海運情報が集中しているのがロンドン。

そのロンドン海運市場での海運取引の中心が、300年近い伝統を誇るバルチック取引所(The Baltic Exchange)だ。

当初は、主としてロシア貿易に従事していた商人やブローカーが集まって商談を行う場だったが、その後、地中海、インド、中国、豪州などとの貿易に携わる業者たちが設立したロンドン海運取引所(London Shipping Exchange)と合併し、現在に至っている。


海運ブローカーたちは、この海運取引所に会員として登録し、膨大な海運情報をもとに、積み荷を求めている世界中の船舶と、輸送のための船舶を求めている世界中の貨物(主としてばら積み貨物)を結び付ける業務を行う。


また船主とオペレーターとの間での定期傭船契約や船舶の売買の仲介なども行う。
http://kiyoshisan.blog81.fc2.com/blog-entry-504.html


バルチック海運指数とNYダウの関係性


バルチック海運指数はダウの先行指標になります  

タイムラグは大体1~3ヶ月です  

チャートを見てもらえば分かりますがバルチは5月24日から暴落してます  ということはそろそろダウも逝っても不思議ではないですよね 

 5月24日にプラス2~3ヶ月を足してください  

それがダウ下落の開始日となります  
http://ameblo.jp/841919/


ダウとバルチック。 

バルチックが天井をつけたのは6月3日、
ダウの9月前後の天井は8月28日でした。

直近のバルチックの天井は7月29日、
ダウの直近の天井は10月21日でした。

夏の天井は2ヶ月25日遅れ、直近の天井は2ヶ月22日遅れですね。

平均して2ヶ月23〜24日遅れると仮定しましょう。

バルチックの次の底は8月12日で2ヶ月23〜24日ずらすと、10月5日か6日になります。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/archives/1004920.html

これを見ると、最近の上げもバルチック通りだったんだなー、って感じです。
10月末に空売りすると良さそうですね

日経平均はバルチック海運指数に3ヶ月遅れて連動する傾向があります。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/

バルチックのページと、その中の短期3のページを見て下さい。

バルチックが天井をつけたのは6月3日でした。
日経平均が天井をつけたのは8月31日で、10767円でしたね。

バルチックの直近の天井は7月29日でした。
そして日経平均の直近の天井は10月26日でしたね。

つまり、日経平均はバルチックの2ヶ月27日後に連動していることになります。

バルチックの次の底は、8月12日ですね。なので、11月9日あたりまで一直線に下がる可能性が濃厚です。

その後しょぼいリバウンドをはさみながら、大底を12月21日につけると予想できます。

 そんなに単純でいいのか?、と思われると思いますが、経験上バルチックによる予想が1番確度が高いです。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/


僕の投資法は超シンプルです。

バルチック海運指数の2ヶ月27日後に注目するだけです。

ドル/円も大体そのように動いています。
右のリンク(特にバルチック海運指数2と3)をよく見てください。

 バルチック的には、2月16日まで上がり続けそうですね。
1万2000円ぐらいまでいくかもしれない、と思っています。

バルチックは、10月12日から2日間下がっていますが、2ヶ月27日後に注目しているので、1月9日から2日間下がるかもしれない、ということになります。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/?p=2

________

筆者は、このところ株価は上昇してきたが、10月頃からまた経済が下降する可能性があると見ている。

財政支出増大と中国などの新興国向けの輸出が順調で日本経済も上向いていたが、中国の景気回復が怪しくなっている。

バルチック海運指数が6月3日にピークをつけ、一転それ以降下げ続けている。今日、指数は6月のピーク時の半分になった。これは中国の原材料の輸入がかなり減少していることを示している。

バルチック海運指数の動きが実体経済に反映するのは三ヶ月後であり、

どうも直近の中国経済が足踏み状態になっている可能性がある。
http://www.adpweb.com/eco/eco586.html


筆者は世界的な景気動向を観察する上で、毎日バルチック海運指数(英ロンドン海運取引所)をチェックしている。

バルチック海運指数は、主に原材料を運搬する外航ばら積み船の運賃・配船料を指数化したものである。

近年、新興国を中心にした経済活動が活発だったことを反映して、このバルチック海運指数はかなり大きく変動しながらも、高い水準で推移してきた。

ところがこのバルチック海運指数がここ2週間くらい連日下がりっぱなしなのである。このことはちょうど日経新聞も9月6日付で取上げている。9月5日の指数は5,663まで下がり(1985年平均が1,000)、今年3月の米国金融不安時の安値水準にほぼ並んだ。

バルチック運賃指数は、03年から05年までは、2,500から5,500までの間で上下していた。しかし06年からは上昇に転じ、サブプライム問題が表面化するまで上昇を続けた(この時のピークは昨年11月の11,000)。その後前述のように今年3月の金融不安時まで一旦大暴落したが、そこから5月20日の史上最高値の11,793まで一気に急騰した。しかし6月始めから今日までほぼ3ヶ月の間ほぼ毎日下がった(わずか3ヶ月間で52%の下落)。


ばら積み船の運賃・配船料は、製造業の原材料の荷動きを反映している(製品の方の荷動きはコンテナ船の運賃・配船料の指数、原油の荷動きはWS(ワールド・スケール)がそれぞれ反映)。

そしてバルチック運賃指数の動きは、今年の6月以降、世界の製造業の稼働率が一貫して下がっていることを明らかに示している。

バルチック海運指数がずっと下がっていることは人々も承知していた。しかしこれには北京オリンピックが近付き、中国が工場の稼動を抑えているからという解説があった。つまりオリンピックが終われば、中国の製造業の生産は上向き、バルチック海運指数も反騰するという話であった。しかし筆者はこの話を眉唾ものと思っていた。案の定、オリンピックが終わってからも毎日下がり続けているのである。

たしかにここ5年間をみれば今日の指数の水準はまだ高い。しかしバルチック海運指数下落の止まる兆しが全く見えないところが無気味である。世界的にかなり大きな景気後退が来そうである。
http://www.adpweb.com/eco/eco540.html


バルチック海運指数はバラ積み船の用船料を指数化したものである。

世界の生産活動が活発になれば、用船料は高くなり指数は大きくなる。

特にバルチック海運指数は、中国の生産レベルに大きく影響を受けてきた。指数は投機の影響もあり北京オリンピックの直前まで高騰し12,200程度になった。その後、急速に下がり始め、リーマンショック以降下げが加速し今年の1月頃には700程度まで暴落した。しかしその後リバウンドし2,200程度まで回復した。

ところが3月に入った頃から再び下げに転じ、直近ではとうとう1,500まで下落している。バルチック海運指数だけで経済活動の水準を推測するのは無理であるが、一つの参考にはなる。

少なくとも中国を始めとした世界の生産活動が活発ではないことはたしかであろう。また2,200まで一旦回復したバルチック海運指数がまた下落に転じ下落傾向が止まらないことに筆者は注目している。


バブル崩壊後の経済の特徴は一本調子の回復が難しいことである。米国の昨年の減税の効果のように、一時的に消費が持直すことがあるが、その後は再び下落に転じたりする。バルチック海運指数の動きに沿って話をするなら、指数が示すように一時的に生産が持直す徴候があったのかもしれないが、再度経済は下降に転じたとも読みとれる。
http://www.adpweb.com/eco/eco564.html


____________
____________

10. 素人でもデイトレやスイングトレードで儲けられる方法を教えます


デイトレード 勝ち続ける人の順張りテクニック 二階堂重人 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89-%E5%8B%9D%E3%81%A1%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%A0%86%E5%BC%B5%E3%82%8A%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E5%A0%82%E9%87%8D%E4%BA%BA/dp/4883997545/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1290473681&sr=8-9

「逆指値」売買入門―「株」でも「商品」でも儲けられる 宮沢 広行 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E9%80%86%E6%8C%87%E5%80%A4%E3%80%8D%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E3%80%8C%E6%A0%AA%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%82%82%E3%80%8C%E5%95%86%E5%93%81%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%82%82%E5%84%B2%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%AE%AE%E6%B2%A2-%E5%BA%83%E8%A1%8C/dp/4756905897/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273296528&sr=1-2


大資産家でもない素人投資家が中・長期投資で儲けるのはまず無理でしょうね。


何しろ今は100年に一度の大恐慌の真っ只中ですから。

今、株で儲ける為には、ザラ場の分足を9時から3時までずっと見ていられるのが必要条件になります。

平日に会社が休みの日だけやってみて下さい。


100 :「1レスでも実況」自治スレにて株板実況問題の議論中:2009/10/04(日) 15:06:12 ID:4hSiva+A

スイング狙いで買って、結果的にデイになった

これが正しいデイの形

140 :山師さん:2009/11/01(日) 21:30:35 ID:FdaAmG7A

まぁ デイもトレンドに逆らわないってことだよな

万一利確し損なったとしても利を伸ばせる立ち位置で考える


26 :山師さん:2009/09/14(月) 08:06:10 ID:vJ4dY9Qz

俺は、トレンドで判断してるよ。

上げ相場なら買い持ち越しスィング多用、下げ相場ならディでなるべく手仕舞い。

売りで入る場合は、逆。

今の迷い足相場では、あまり持ち越ししない。


__________


1) 投資対象

東証1部の 優良大型値嵩株 1銘柄だけで十分です。

東証1部以外は不可

小型株と1000円以下の株は空売りで踏み上げられるので投資厳禁


_________


2) 売買注文

成り行き注文はアローヘッド導入後は危なくなった。

利食い・損切り・両建て・ドテンはトレーリングストップで自動執行させる。

トレーリングストップは

順張り→ 1.5%程度

逆張り→ 0.5%程度


但し、寄り付きは株価が大きく揺れるのでトレーリングストップは外す事

9時〜10時は株価が高い事が多いので買い注文はなるべくしない。

金曜日は公的資金出動で午後の株価が高くなる事が多いので買い注文は午前中にする。


_________


3) 必要なチャート

@ 1分足 ローソク足(5日間)
A 1分足 60分移動平均線(5日間)
B 1分足 新値足(5日間)
C 日足 3日移動平均線
D 日足 25日移動平均線
E 日足 MACD
F 日足 ディレクショナルムーブメント(DMI)
G 日足 株価と3日移動平均線との乖離率

(1分足・日足でトレンドラインを2本以上引ける事)


_________

4) 建て玉の翌日への持ち越し

・ 25日移動平均線が下向き → 買い玉の持ち越しは厳禁

・ 25日移動平均線が上向き → 売り玉の持ち越しは厳禁


_________

5) 全体相場の動向の判断基準


バルチック海運指数

騰落レシオ(25日移動平均値)


____________

6) 個別銘柄のトレンド分析法


(1) ライン切りによる転換判断

日足・週足 :傾いたトレンドライン・チャネルラインを引く

分足 :水平なサポートラインとレジスタンスラインを引く

(2) 株価と移動平均線の位置関係によるトレンドの判断

株価 > 3日移動平均線 → 日足では上昇トレンド
株価 < 3日移動平均線 → 日足では下降トレンド

株価 > 60分移動平均線 → 分足では上昇トレンド
株価 < 60分移動平均線 → 分足では下降トレンド

(3) 株価と3日移動平均線の乖離率による仕掛けタイミングの判断

株価は3日移動平均線を起点にして動いている。
連休明けなどで株価の位置がどうなるか良くわからない時は、大抵3日移動平均と同じ値に落ち着く。

株価と3日移動平均線の乖離がいくら大きくなっても、2, 3日で3日移動平均線まで戻ります:


株価と3日移動平均線の乖離率が2%を越えたら、株価が反転する可能性が非常に高くなる。

_________

@ 中・長期トレンドの分析ツール


・週足・日足のトレンドライン

・日足の MACD と ディレクショナルムーブメント(DMI)


A 短期トレンドの分析ツール


・ 株価と3日移動平均線との乖離率

・ 1分足(5日間) のトレンドライン, サポートライン、レジスタンスライン

B 売買の仕掛けタイミングの分析ツール


・ 1分足(5日間) の60分移動平均線と株価の位置関係

・ 1分足(5日間) の新値2本足または新値3本足の陽転・陰転



_______________

7) 仕掛けタイミングの具体例


(1) 買いのタイミング

・中期的には上昇トレンドにある。

・昨日、株価が押し、株価と3日移動平均線との乖離率が -2%以下になっている。
あるいは、株価が下値斜線に近づいている。

・分足で株価が再び60分移動平均線の上まで戻してきた。

・遂に1分足の新値2本足が陽転した。

(2) 空売りのタイミング

・中期的には下降トレンドにある。

・昨日、株価が戻し、株価と3日移動平均線との乖離率が +2%以上になっている。
あるいは、株価が上値斜線に近づいている。

・分足で株価が再び60分移動平均線の下まで押してきた。

・遂に 1分足の新値2本足が陰転した。


_________
_________


因みに、僕は株の売買をした事は一度も無いので悪しからず。

何故って、相場をやる奴はみんな人間の屑、社会のダニだからね。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年12月09日 01:49:45: d8u0QQgn1Y
http://gooyan.blog92.fc2.com/

株は殆んどが証券会社によるいかさまばくちのようなものだとでていますが本当のところはどうなんでしょうね。


02. 2010年12月10日 19:34:17: MiKEdq2F3Q

酒田五法の基本
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kihon_yama.php

買いサイン
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kai_sign.php

売りサイン
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/uri_sign.php


03. 2010年12月15日 13:38:38: MiKEdq2F3Q

11. 酒田罫線


相場に勝つローソク足チャートの読み方 小沢 實 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A4%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%82%AF%E8%B6%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E8%AA%AD%E3%81%BF%E6%96%B9-%E5%B0%8F%E6%B2%A2-%E5%AF%A6/dp/4534034318/ref=sr_1_fkmr0_1?ie=UTF8&s=books&qid=1273296452&sr=1-1-fkmr0

定本 酒田罫線法 林 輝太郎
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9A%E6%9C%AC-%E9%85%92%E7%94%B0%E7%BD%AB%E7%B7%9A%E6%B3%95-%E6%9E%97-%E8%BC%9D%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4496018306/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1289050167&sr=1-3

_______

1) ローソク足の基本

陽線・陰線
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/rosoku_01.php

買いのローソク足
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/rosoku_02.php

売りのローソク足
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/rosoku_03.php

迷い・転換のローソク足
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/rosoku_04.php


_________

2) 酒田五法の基本


三山
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kihon_yama.php

三川
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kihon_kawa.php

三空
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kihon_sora.php

三兵
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kihon_hei.php

三法
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kihon_hou.php


_________

3) 酒田罫線のローソク足組み合わせパターン


ローソク足組み合わせパターン一覧
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/

底での買いシグナル
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/sokouchi_01.php

天井での売りシグナル
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/tenjo_01.php

上昇シグナル
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/josho_01.php

下降シグナル
http://www.nsjournal.jp/stock/sakata/kako_01.php


____________


4) 酒田新値


(1)順行と逆行

・トレンドの方向に沿う動きを順行、その逆を逆行と表現される。

・上げトレンドにおいての陽線の動きは順行、陰線は逆行となり、
下げトレンドにおいてはその逆で、陰線が順行、陽線が逆行となる。

・ 上げトレンド於いて

新高値を付けた陽線これを『陽線新値』と呼び、
これに逆行する陰線は『逆行陰線』となる。


・下トレンドに於いて
新安値を付けた陰線を『陰線新値』と呼び、
これに逆行する陽線は『逆行陽線』となる。



(2)トレンドの転換

・酒田罫線法においては、酒田新値を数えて行き『逆行新値』が5本出現した時点で、それまでのトレンドが転換したと判断される。

・つまり、上昇トレンドについて説明すれば、陰線新値は陽線新値が出現ごとに陰線1からカウントして行き、陰線新値が5本以上出現で下げトレンドに転換したと判断する。

(3)上昇トレンド時の新値判断(下げトレンドはこの逆説明省略)

@ 始値/終値が同じ場合は無視

A 当日陽線の場合は下記実行

直近の陽線新値の日付までさかのぼり、その間の高値を把握する

  ・当日高値が、把握した高値より高い場合は「陽線新値」とする
  ・把握した高値の方が高い場合は、当日の陽線は無視となる
  ・把握した高値と同じ場合も当日の陽線は無視となる
  ・陽線新値が現れる毎に本数をカウント(個数は数を見るだけで特に意味はない)


B当日陰線の場合は下記実行

直近の陰線新値の日付までさかのぼり、その間の安値を把握する

  ・当日安値が、把握した安値より安い場合は「陰線新値」とする
  ・把握した安値の方が安い場合は、当日の陰線は無視となる
  ・把握した安値と同じ場合も当日の陰線は無視となる
  ・陰線新値に現れる毎に本数をカウント(5個カウントで下げトレンド転換となる)
  ・下げトレンド転換になった場合は、陽線新値は1個からのカウントになる
  ・上昇トレンド時は、陰線新値のカウントは陽線新値出現する度に1からのカウント
http://www2s.biglobe.ne.jp/~iryo/kabu/tool/setumei/sakata.html


酒田新値 に基づいた 押し目 ・ 戻り と トレンド転換 との判別法


@ 上昇トレンドの途中の 押し の場合には 90%の確率で 陰線新値が 1 〜 3本 になる.

A 下降トレンドの途中の 戻り の場合には 90%の確率で 陽線新値が 1 〜 3本 になる.

B 新値が 5本以上 の場合は トレンドの転換を示す

C 新値は終値ではなく 最高値 と 最安値 で数える.

D 寄引同時線 は 新値 には数えない.

E 陰線新値を数える際には,途中に 陽線 が何本入ってもよい.
陽線新値を数える際には,途中に 陰線 が何本入ってもよい.



04. 2010年12月15日 23:51:54: MiKEdq2F3Q

12. 信用取引のリスク管理


信用買いは次節で詳述する日計り売買で同一銘柄のループ売買をする場合を除いては絶対に使わない様にしましょう。

信用取引, 先物取引や FX で資力を越える売買をしていると必ずこういう結果になります:

【追証】売り玉踏み騰げ【追証】


5 :山師さん:2009/03/24(火) 08:41:41 ID:E7PNf2Op

電話が怖い電話が怖い電話が怖い電話が怖い電話が怖い電話が怖い電話が怖い

寄り底なら叩き買い戻し寄り底なら叩き買い戻し寄り底なら叩き買い戻し寄り底なら叩き買い戻し

死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい

やっぱり追証
やっぱり追証
やっぱり追証
やっぱり追証

下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ下がれ


18 :山師さん:2009/03/24(火) 15:41:00 ID:E7PNf2Op

3時前から自宅の電話と携帯に電話来まくってます
勿論電話には出てません
自宅の電話はコネクタ外しました

死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい

___________


なんか 下がった 下がった とか思ってたけど、死ねば全部解決するじゃん。

最近自分の買った株が連日-10%とか、見ると、気持ちいいんだけど。

これ以上愚かな自分はないなって感じで底に座ってる感じ。

ホームレスの心境ってこんな感じなんだろうな。

開放感ってやつだな。

さ 死のうか


____________

株式売買に使っても良いのは、

買い は余裕資金の8割まで
空売りは余裕資金の4割まで

というのがリスク管理の常識です:

________________________


海外でカジノをやっていて、確信することがある。強いものが勝つ。

 強いかどうかの物差しは、確率に対する習熟と、1回の掛け金がどれほど当人にとって「大したことがないか」による。たとえ5億円を手元に持っていても、所詮カジノを経営する側の資金力にはまったくかなわない。だからハウスが必ず総体として勝ち、税金も払えるようになっている。

 あなたがもし、100人から1万円ずつ合計100万円を集め、1等の当選金は60万円、それ以外は胴元の手数料という商売を刑法改正後に始めたら、それだけで生活が成り立つだろう。そもそも、博打(ギャンブル)には2種類ある。勝率を自ら高められるものと、そうでないものと、だ。

 麻雀やブラックジャックや競馬や株は前者であり、丁半博打や宝くじは後者に属する。宝くじの当選を願って雨乞いしたり、銀座の某店で買うのが良いと本気で信じている人は小学生からやりなおすほかない。後者の勝率は常に一定なのだ。したがって、必ず一定数の勝者と敗者が出る。それだけの話なのである。

 対照的に例えば麻雀が「勝率を自ら高められる」ゲームであるのは、ビギナーズラックがあっても100回勝負すれば必ずプロ的に強い人が圧勝する事実を見れば明らかだろう。引いてくる牌は人智のあずかり知らぬところ(そうでなければイカサマ)だが、より速くより高い点数でアガるのは、もっぱら確率計算の習熟度に依存する。競馬新聞もよく外れるが、あの予想は確率を高めるためのデータであり、丁半博打とは異なる。

 刑法を当面度外視してあくまで論理的な例としてさらに述べておけば、月収150万円の人が5万円を、月収15万円の人が同じ額を賭けている場合、1回の掛け金に対する期待と絶望の深さは、単純に10倍以上違う。

安心して動かせる資金の「ゆとり」が多ければ多いほど、沈みにくいのである。同様に、なけなしの金を株に投じている人は、長い目で見るとほぼ確実に負ける。あたりまえだ。株もギャンブルも、波のように必ず浮き沈みがある。投下するものが「ぎりぎり」なら、波線が簡単に底辺に抵触して財産を失う。

 資産運用の手法としてポートフォリオ(リスク分散)が奨励されてきたわけだが、よほど資産がある人を除いてポートフォリオもくそもない。一般人は堅実に仕事をこなし、本業で稼ぐこと、万一の倒産やリストラに備えて転職できるように自己研鑽しておくこと。これしかない。

 株を経済の勉強や企業のファンクラブとしてやるなら、結構なことだ。が、小金持ち程度が株やギャンブルでマジに儲けようとするのは、ようこそカモネギチャンと思われるだけである。どうぞ勝手に沈んでいただきたい
http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/981.html


FXだと、あちこちで大損しただとか、破産したという話をチラホラ聞きます。
その原因がレバレッジというのが頭では分かっているのですが、スワップポイントが結構もらえるからかなり負けにくいはずですし、レバレッジをかけたからといって、そこまで負けないのでは? と疑問に思ってました

そこで、過去17年分の

・ドル円レート 終値・安値
・簡易スワップレート:「FF金利」−「無担保コール翌日物金利」

を使って、ドル円をある月末に買って1年間放置するとどのくらいの割合で破産するのかというのをEXCELとVBAを使って計算してみました。 その結果が添付したグラフのとおりで

レバレッジが4倍までは一度も破産はせず

5倍になると約8.6%で1年以内に破産

それ以降は破産確率が急上昇し、

10倍だと 約40%で1年以内に破産、 約2%で1ヶ月以内に破産
20倍だと 約63%で 1年以内に破産、 約9%で1ヶ月以内に破産
100倍で 約85%で 1年以内に破産、 約65%で1ヶ月以内に破産

http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/51033730.html


株のトレーディング教室―3カ月でマスターする投資技術の基本
三木 彰 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4496034026/qid=1103284951/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/250-4088281-7130633


1.底値圏: 株式80%,現金20%

2.上げトレンド中 : 株式50%, 現金30%, 空売り20%

3.天井圏 : 株式20%, 現金40%, 空売り40%

_________________
_________________

13. デイ・トレーディングのループ売買に対する制限


同一銘柄ではデイトレーディングのループ売買ができません。
空売り・信用買いでもループ売買の累計額は信用枠以下になります:

◆日計り取引に関する注意事項

Q. 今日買った銘柄を当日売却することは可能ですか?(日計り商いは可能か?)

A. はい、できます。 しかし以下の点にご注意ください。


・ 売却代金で同一銘柄の買付代金を充当することはできません(差金決済の禁止)。
日計り取引をされた場合は、受渡日までにお取引口座に買付代金相当額をご準備ください。
ただし、日計り売却代金は同一銘柄以外の銘柄の買付代金へは充当することが可能となります。


【例】お預り資産80万円(買付可能額80万円)で、A社株を日計り商いした場合

12月1日(月) A社株買い 約定代金30万円
12月1日(月) A社株売り  約定代金35万円
12月1日(月) A社株買い 約定代金33万円

必要ご入金額 (A社株買い30万円 + A社株買い33万円) = 63万円


________


Q : 100万円の日計り売買を別銘柄で2回行いましたが、受渡日には200万円の入金額必要ですか?

(取引例:A銘柄100万円買→100万円売、B銘柄100万円買→100万円売)


A : 100万円の入金で決済可能です。200万円の入金は必要ありません。

預かり資産の範囲内での買付可能額は、日計り売却代金は次の買付可能額に含めませんが、決済はループにより最小となる必要額に計算されますので、100万の入金で決済可能となります。


___________


同一日(受渡日)同一銘柄にて 「売り(前日持ち越し分) → 買い」

と行なって、更に日計り取引の売却を行なう場合は、売却を発注する段階で日計り買付代金以上の買付可能額が必要です。また日計り売却が約定した時点で繰り越し株式の売却代金は、買付代金へ充当出来なくなり、必要入金額が発生します。


__________


現物株式で同一日に、同一銘柄の日計り取引


■ケース1 (現金買付余力:0円の場合)


A銘柄売り 100万円
 ↓
A銘柄買い 95万円
 ↓
A銘柄売り 100万円


※ A銘柄買いまでの取引であれば、売却代金を買付代金に充当することができますが、2回目のA銘柄売りを行うと、差金決済に該当するため、売却代金を買付代金に充当することができなくなり、別途A買付代金95万円が必要となります。


■ケース2 (現金買付余力:0円の場合)

A銘柄売り 100万円
 ↓
B銘柄買い 95万円
 ↓
B銘柄売り 100万円
 ↓
A銘柄買い 90万円


※ B銘柄売りまでの取引であれば、売却代金を買付代金に充当することができますが、2回目のA銘柄買いを行うと、B売却代金をA買付代金に充当することができなくなります。結果、B銘柄買い代金が「決済必要額」となり85万円の追加入金が必要となります。

_____________


Q : 持っていた株を売却して買い戻ししたのですが、この株の売り注文が出せません。なぜですか?

A : 当日中の売→買→売の取引については、買付代金に持っていた株の売却代金が当てられないことになっています。この為、持っていた株の売却代金相当を除いた状態で、買付代金を満たす余力があるかどうかを判定し、余力が無い場合には、売り注文が出せないようになっています。


____________________


デイトレでは乗り換え売買と信用取引を積極活用する


乗り換え売買とは? デイトレード連勝法

乗り換え売買とは、同一受渡日における同一資金で異なる銘柄への乗り換え売買が行えるものです。(現物取引のみ)

日本株の売買では、差金決済取引規制により同一資金で同一銘柄の複数回にわたる回転売買は禁止されています。

しかし、乗換売買といって現物取引では銘柄を変えることにより同一資金での売買が可能となります。

また、信用取引で新規建余力があれば同一銘柄での回転売買は可能となります。

しかし、新規建余力は当日中に戻らず、現物取引のようにデイトレードを行った代金を他銘柄の買付にまわす乗換売買を行う事は出来ません。

これらの規則は、ネット証券各社によって多少異なる場合があります。

特に小額の資金をデイトレで増やしたい場合には、乗り換え売買という方法を理解して使い方をマスターしないとデイトレードでの成功は難しい!

例1)現物取引でのデイトレード@

  預かり         100万円  

約定日 取引 銘柄 単価 数量 精算代金 買付余力
3/1 買い A 300円 3000株 90万円 10万円  
3/1 売り A 310円 3000株 93万円 103万円  
3/1 買い A - - - - 不可


資金100万円で、A銘柄(株価300円)を3000株買いました。

A銘柄が310円になったところで、3000株売ると売却代金が93万円になります。

最初に3000株買いつけた時に残金10万円とあわせて103万円となりました。

この資金で、またA銘柄を買うことはできません! ものの全く上手くいかない!
そんな方に売買の指針を与えてくれます。



例2)現物取引でのデイトレードA乗換売買

  預かり         100万円


約定日 取引 銘柄 単価 数量 精算代金 買付余力 
3/1 買い A 300円 3000株 90万円 10万円  
3/1 売り A 310円 3000株 93万円 103万円  
3/1 買い B 200円 5000株 100万円 3万円  
3/1 売り B 195円 5000株 97.5万円 100.5万円  
3/1 買い C 250円 4000株 100万円 0.5万円  
3/1 売り C 255円 4000株 102万円 102.5万円  


資金100万円でA銘柄を300円で3000株買います。

そして、310円になったところで売りました。

残金10万円とあわせて103万円になりました。

この資金で、もう同じA銘柄を買うことはできませんが、他の銘柄では構いません。

B銘柄を200円で5000株買いました。

あいにく、下がってしまったので195円で5000株損切りしました。

これで残金とあわせて100万5000円となった。

今度は、A銘柄もB銘柄も買い付けれないのでC銘柄を250円で4000株買いました。

運よく、255円に値上がりしましたので、255円で4000株売りました。

これで合計102万5000円となった。

このように、銘柄を変えて乗り換えていけば無限のように乗り換え売買ができます。

もちろん、乗り換えるたびに売買手数料がかかるわけですし、自分の都合よく値上がりする銘柄が見つかるわけではありませんので、無限に続くことはありません。

特に、資金が少ないうちは自己資金で買える銘柄に限りがあるために乗り換え売買をする候補が見つかりにくい面があります。

例3)信用取引でのデイトレード

余力 拘束金 330万円  


約定日 取引 銘柄 単価 数量 精算代金 売買損益 新規建余力 拘束金
3/1 買い A 300円 3000株 90万円   240万円  
3/1 売り A 310円 3000株 93万円 +3万円 240万円 90万円
3/1 売り A 400円 2000株 80万円   160万円  
3/1 買い A 410円 2000株 82万円 +2万円 160万円 170万円
3/1 買い B 250円 4000株 100万円   60万円  
3/1 売り B 255円 4000株 102万円 +2万円 60万円 270万円



※上記の例には手数料・税金を加味していません。

信用取引の場合には、自己資金の大体3.3倍ぐらいまでの資金量を使うことができます。

100万円持っていれば、330万円分の株を買うこともできるわけです。(証券会社によって違いがあります。)

しかし、現物取引の乗り換え売買とは違って、銘柄を変えても買いつけ余力(新規建て余力)が戻って来ないので、売買を行うごとに新規建て余力が減って、新規建て余力がなくなってしまうと新規買いも新規売りもできなくなります。

現物の乗り換え売買は、乗り換える銘柄が見つかれば何回でも売買できるわけですから、場合によっては
信用取引で動かせる資金量よりも大きな資金を動かせることになります。

しかし、現物取引では、空売りして、株価が下がる場面で利益を取ることはできません。

また、現物取引では、元金以上の銘柄を買いつけることはできません。

資金が少ないときは切実な問題です。

30万円しか持っていなければ、500円の株を最低単位の1000株を買うこともできません!

いかに有望だと思っても、見送らなければならない。

しかし、信用取引を利用すれば、30万円の資金でも100万円近くの資金を動かすことができるので、
株価500円の株も余裕で買うことができるようになります。

デイトレでは乗り換え売買と信用取引を積極的に活用することによって小さな資金も大きな資金にすることが可能である。
http://success14.sakura.ne.jp/norikae.html


信用買いは日計り売買で同一銘柄のループ売買をしたい場合にだけしか使ってはいけない方法です。


_______________
_______________

14. 一文抜きで生活費をこつこつ稼ごう

127 :山師さん:2009/12/03(木) 23:13:14 ID:lwnqO4UQ
欲張らずにちまちまとリカクと損切りを繰り返すのが一番だな・・・


132 :コンビニ:2009/12/03(木) 23:21:54 ID:36quZD20
>>127
オレもそれには同意。

「大きく勝つ」ではない。 「負けない投資」コレがオレのポリシー。

売りでも買いでも、含み損を抱えるというのは趣旨に反する。
リスクに反する行動は取らない。

_________


80 :山師さん:2010/10/30(土) 16:40:22 ID:sW8lBYfp

例えばですが簡単ですが利益がほぼ毎日確実に出せる方法の仕組みを知りたい人いる?


81 :山師さん:2010/10/30(土) 17:22:43 ID:FVQAhjc7
>>80
居ます〜


82 :山師さん:2010/10/31(日) 15:33:06 ID:HXJcoNpo
>>81
小さく利益を取るという事です。

短期のスキャルピングで数tick丁寧に抜いていくのは天才じゃなきゃできない技でも何でもないです。 スキャルピングなら勝率悪くても7割位取れます。

基本的に相場に才能はいりません。 決められた事を守るだけです。


____________

1) 昔の一文抜きの方法


証券会社のディーリングルーム。売買端末には電機株の注文状況が表示されている。

 前場は250円に100万株以上あった売り注文がいつの間にか10万株に細り、さらに5万株、4万株と減っていく。

3万株を切ると同時に契約ディーラーが慌ただしく買い注文を入れ、250円の売り注文のほとんどをさらった。

直後に別の買い注文が入り、株価は251円に切り上がり、さらに買いが増えていくと、この契約ディーラーは表情を緩めた。利益が出たからだ。

 こうした手法は「一文(いちもん)抜き」とも呼ばれ、売買の厚い東証1部の大型株を対象に、薄皮をはいでいくように1円ずつ値上がり益を積み上げていく。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/01/post-99b4.html


【株式】誤発注・解雇・野村参戦…株式ミリ秒売買で兜町に“異変” [10/08/14]


株式売買の注文を1秒の1千分の1のミリ秒単位で処理する超高速化が、東京・日本橋兜町に“異変”をもたらしている。 東京証券取引所が2ミリ秒で処理する新システム「アローヘッド」を1月に導入した影響で、証券ディーラーの解雇が続出。


■500人解雇?

証券会社の自己資金で売買をする“兜町の花形”であるディーラーの姿もめっきり減ってきたという。

中小証券が相次いで解雇に走り、「すでに300〜500人が整理された」ともいわれている。

コンピューターを駆使して株価や出来高などに応じて高速で自動売買を繰り返す「アルゴリズム取引」が、アローヘッド導入で活発化。 大手証券会社や機関投資家が荒稼ぎする一方、同取引に対応したシステムを持つ余裕がない中小証券のディーラーは、注文を入力する前に先を越され、稼ぎが激減しているという。

「やり手のディーラーでもコンピューターにはかなわない。開店休業の状態」。
ある中堅証券は、ディーラーを解雇せざるを得ない窮状を訴える。
http://desktop2ch.net/bizplus/1281797235/?nofilter


_________________

2) スキャルピングで有効なのは板情報かチャートか?

446 :山師さん:2010/12/13(月) 19:36:05 ID:TOSCYilU


板の動きの秘密をみんな知ってるのかな?
だったら俺がメインで稼いでいる手法は機能しなくなると思うのだが今日もしっかり機能していた。

板のデータは過去を振り返って検証し難いから、みんなあんまり気がつかないんだろうね。チャートパターンなら誰でも見れるからね。

103 :山師さん:2010/11/03(水) 20:51:23 ID:Gvk5QSs2


ロスカットの位置はご自分で考えるべきです私の場合ですとスキャルピングでは時間で考えたりします。

瞬間的に利益が出なければロスカットします。私のインの仕方だと瞬時に利益が出なければ間違いだと考えています。

自分インの根拠とか筋書きが否定されたら値洗い無視してカットです。だからロスカットになるイコール否定された地点がインの前で予測出来るはずです。


39 :山師さん:2010/10/26(火) 08:53:54 ID:+q/ACzfH

手法、手法って皆さん手法って言葉を本当に安易に口にしてるけど手法の意味わかってる人って一握りな気がする。

手法何て本当は何個も存在しないんですけどね。あまり書きすぎると守秘義務に接触するから言えないけど株は簡単なんですよ。


93 :山師さん:2010/11/02(火) 19:31:07 ID:xSHbZMEr
>>39

守秘義務のある手法なんて聞いた事ありませんが(汗)

考えてみてください。毎月ディーラー募集で色々な方が面接にきますよ。でもそのなかで半年もつ方がほとんどいらっしゃらないんですよ。

もし証券会社に聖杯手法があるならディーラー全員に教えて儲ければいいですよね?でも現実にはディーラーとしてものになる人はほとんどいません。

ちなみに私はアマチュア時代からスキャルピングで取ってます。プロになってからもやっている事はほとんど変わってないですね。

今の方が1日の売買回数は増えてますが基本は一緒ですね。


220 :山師さん:2010/11/11(木) 00:03:22 ID:N02qM0We

個人で板のみでトレードしている投資家もまだいるけど減ったし、優位性があるとは思えないんだよなー

大口の状況とか、板の厚さも大事だし参考になるけどかなり不確かな情報なんだよな

213 :山師さん:2010/11/10(水) 23:12:17 ID:PtVL8K2R

プロディーラーはチャートで売買する人は少数派です。 多くの人は板のみで売買します。板の状況でみんなが何を考えているのかがわかるようになります。
ここまでいけばまず負ける事はないでしょう

348 :山師さん:2010/12/01(水) 17:45:26 ID:HO3m3U/W

板を見るのは悪くないが、見なくても儲かる。
文抜きディーラーさんは板がすべてだろうが。

354 :山師さん:2010/12/02(木) 10:38:03 ID:KWeCqmyz
>>348
俺も板見るけど、そんな重要視してない。板とかよくわからんし。向いてないんですよね板読みには。才能ないの自覚してます。だから自分の得意な手法だけやればいいじゃないかな?

結局板読みスキャルピングやるプロが多いのは勝率の問題があるからだよ。株って勝率8割位まで上げる事は誰でも可能なレベル。スキャに関してだけどね。

ただ勝率高いって事は一回の利益がめちゃくちゃ少ない。だから大きく取りにいって、みんな大きくやられちゃう。スキャは向き不向きもあるけど精神的にも強い人じゃないと無理だね。

俺には無理だった。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/stock/1287015558/


確かに、相場をやる奴は人間の屑、社会のダニですね。


プロはみんな根性がねじ曲がっているみたいで、大袈裟な自慢・宣伝を繰り返すだけで、 は絶対に公開しませんね。

まあ、 プロで板情報だけで儲けている人は沢山いる様ですが、資金量も売買手数料も売買注文の成立するスピードも個人投資家とは全然違うからそれでやれるのですね。

結論として、個人投資家は板ではなくチャートで売買タイミングを判断するしかないでしょう。


______________


3) 一文抜きの一番簡単な方法


(1) 投資対象

デイトレードでは同一銘柄のループ売買ができないので、 資金量が少ない場合には信用で買わない限り、1銘柄勝負は不可能です。

そこで東証1部の 優良大型値嵩株2〜3銘柄を選んで、ずっと監視して、以下の売買条件に適うものを見つけます。


_________


(2) 必要なチャート


@ 1分足 ローソク足(2日間)

A 1分足 60分移動平均線(2日間)
B 1分足株価と60分移動平均線との乖離率(2日間)

C 日足 3日移動平均線
D 日足 株価と3日移動平均線との乖離率


_______________


(3) 仕掛けタイミング

中期トレンドは無視して、日足・分足チャートに関して逆張りで仕掛けます。


@ 買いのタイミング

・ 株価と3日移動平均線との乖離率が -2%以下になった。
・ 株価と60分移動平均線との乖離率が -0.4%以下になった。


A 空売りのタイミング

・ 株価と3日移動平均線との乖離率が +2%以上になった。
・ 株価と60分移動平均線との乖離率が +0.4%以上になった。

(4) 売買注文の出し方

買い注文、 1ティック = 10円, 売り気配 5060円の場合

指値 5050円 で全投入額の1/4
指値 5040円 に全投入額の1/4
指値 5030円 に全投入額の1/4
指値 5020円 に全投入額の1/4


呼値(指定できる金額の刻み値) : 刻み値1つ分を1ティック(一文)と呼ぶ

株 価 1ティック(一文)
3,000円以下 1円
5,000円以下 5円
30,000円以下 10円
50,000円以下 50円
300,000円以下 100円

500,000円以下 500円
3,000,000円以下 1,000円
20,000,000円以下 10,000円
30,000,000円以下 50,000円
30,000,000円超え 100,000円


___________

(5) 利食い・損切りのタイミング


利食い : 2〜3ティックの利益が出たら機械的に利食い

損切り : 損失が0.5% 程度になったら機械的に損切り


中期トレンドとは無関係に建て玉の翌日への持ち越しは厳禁


______


利食い・損切りにはカブドットコム証券 Uターン注文, W指値注文, ±指値注文を使うと便利です:


@ Uターン注文

買い注文と同時に売り注文を予約

買い注文の際に、その銘柄の売り注文まで予約可能!
「300円で買って、330円で売る」といった設定が自由自在。

A W指値

売買注文の際に、時価の上下で指値+逆指値ができる自動売買!

たとえば、時価700円の手持ち株の売却で

(1)760円の指値注文をだしつつ
(2)株価が680円まで下がったら指値を678円に訂正

といった設定が可能に。


B±指値

Uターン注文とセットで発注し、Uターン注文元の約定単価より求める「約定単価±指値」

「約定単価±指値」は「指値」のほか、「逆指値」「W指値®」と組み合わせて発注することができます。例えば、最初に、成行注文等を発注し、次に連続して反対注文(Uターン注文)を出すときなど、最初の注文の約定値段がわからないときの自動売買に便利です。

http://kabu.com/


_______________
_______________

各種ネット情報は

Yahoo ファイナンス
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/

株式@2ch掲示板
http://toki.2ch.net/stock/

経済@2ch掲示板
http://yuzuru.2ch.net/eco/

市況実況1@2ch掲示板
http://kamome.2ch.net/livemarket1/

市況実況2@2ch掲示板
http://kamome.2ch.net/livemarket2/

投資一般@2ch掲示板
http://yuzuru.2ch.net/market/

先物@2ch掲示板
http://yuzuru.2ch.net/deal/

株個別銘柄@2ch掲示板
http://yuzuru.2ch.net/stockb/


05. 中川隆 2010年12月20日 09:45:31: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

上記の

14. 一文抜きで生活費をこつこつ稼ごう を一部訂正します:

(3) 仕掛けタイミング

中期トレンドは無視して、日足・分足チャートに関して逆張りで仕掛けます。


@ 買いのタイミング

・ 株価と3日移動平均線との乖離率が -2%以下になった。
・ 株価と60分移動平均線との乖離率が -0.4%以下になった。


A 空売りのタイミング

・ 株価と3日移動平均線との乖離率が +2%以上になった。
・ 株価と60分移動平均線との乖離率が +0.4%以上になった。

_______


で株価と3日移動平均線との乖離率の条件は不要でした。


@ 買いのタイミング

・ 株価と60分移動平均線との乖離率が -0.4%以下になった。


A 空売りのタイミング

・ 株価と60分移動平均線との乖離率が +0.4%以上になった。

に訂正します。 要は暴騰・暴落時だけ避ければ良いのです。


基本は、 相場が


・トレンドを作りながら急速に動いている → 順張り、トレンドに付いて行く

・保ち合いでなかなか動かない → 逆張り、一文抜きでこつこつ稼ぐ

____________

492 :山師さん:2010/12/18(土) 17:24:44 ID:YWiwTmHV

デイトレなら結局大事なのは相場のボラのデカさ。
ボラの大小で利益率も難易度も全然違う。
低ボラで安定的に利益出せるんなら尊敬するし専業なれると思う。
そういう手法あるならのどから手が出るほど欲しい。

51投稿者:777  投稿日:2010年12月19日(日) 14時28分51秒

499 :山師さん:2010/12/18(土) 22:39:24 ID:8UiF+1rd
>>492
あるよ。しかもそんなに難しい事してない。


501 :山師さん:2010/12/18(土) 23:12:53 ID:SrtvpWug
>>499
そうなんだ。やっぱり逆張り系?
とりあえず損小利大系ではないよね?


502 :山師さん:2010/12/18(土) 23:59:07 ID:ecp4qDpa
>>501
そだね。簡単に言うとスキャルピングの一種。


503 :山師さん:2010/12/19(日) 00:01:09 ID:vOc1smhU
>>501
損小利小で高勝率低リスクリワードレシオ。


504 :山師さん:2010/12/19(日) 07:04:32 ID:WjU1LCnz
>>503
サンクス
専業の人は高ボラの時期に損小利大でがっつりもうけて
低ボラの時期にスキャでコツコツってかんじにやってるのかな。

505 :山師さん:2010/12/19(日) 15:22:26 ID:vOc1smhU
>>504
理想のトレードはそんな感じ。大きい相場ではトレンドフォローでガツガツ攻めて絶対にすぐに利食っちゃだめ。吐き出しなんて気にしない。ロスカットは大きく取る。ロスカット大きくてもすぐに取り返せる。

逆にトレンドが出てない時に遅い利食い、デカイロスカット、大きい吐き出しは絶対に駄目。

手法が決め手だと思い込んでる奴は絶対に勝てないよ。どれだけ相場に順応して上手く立ち回れるかで全てが決まる。

経験ない?いつもと同じ事してるのにアホみたいに勝てる日。逆にいつもと同じ事してるのに自分が才能ないんじゃない?って思うくらいボコボコに負ける日。相場で食える人はこの仕組みを知っているだけ。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/stock/1287015558/l50

但し、損切り・トレーリングストップの最適値が


順張り→ 1.5%程度

逆張り→ 0.5%程度


だというのは動きませんね。


06. 2010年12月29日 23:38:07: MiKEdq2F3Q

15. 板(気配値)の見方

これがデイトレーダーの ”常識”なのですが…:

1) 板 とは :


*市場に出ている、買い注文と売り注文の値段と、株数が、リアルタイムで、表示されているボードのこと

*中央の数字は、株価、右は、買い注文数、左は、売り注文数

*板で、市場に出ている、注文状況を把握する

*現在の株価、今後の値動き、買いと売りの優劣、リターンとリスクなどを読む事が出来る ・・


2) 板の変化を見る:


*市場に出ている注文の変化が、板に現れる

*板の状況を把握し、板の変化から、今後の状況や、他のトレーダーの心理を読む

*板の変化を、追えるように、板情報になじむ事がポイントです

3) 板の変化の読み方・・勢いから読む


*上昇の勢い、下落の勢いを読む

*売り板が次々に買われ、勢いよく上昇していく場合、数分で何円かは、抜く事が出来る

*動きの無かった銘柄が、勢いよく下落しはじめたら、下降トレンドになる確率が高いので、買いを控える ・・

4) 板の変化の読み方・・反転するタイミングを読む


*売り注文が多く、売り板が厚く、買い板が薄い場合、ある程度まで下落すると、売り注文が尽きる

→ 結果として、買い板が厚くなる → 株価が反発する ・・


*売り板と買い板の優劣が、逆転するところで、買う ・・


5) 板の変化の読み方・・まとまった注文で株価の推移を読む


*下値に、まとまった買い注文がある場合:株価は買いに動く

*上値に、まとまった売り注文がある場合:株価は売りに動く

*下値の買い注文が取消されたり、無くなる:株価は下落する

*上値の売り注文が取消されたり、無くなる:株価は上昇する

*株価が上昇中に、まとまった売り注文が出る:株価は反落する

*株価が下落中に、まとまった買い注文が出る:株価は反転する


________

@ 板を見るポイント−1 :板の厚さを見る


*板が厚いとは、注文が沢山でている事をいいます

*板が薄いとは、逆に、注文が少ないことをいいます


*デイトレードでは、板が厚い銘柄:流動性が高い銘柄を、狙う事がポイントです

*板の画面を開いたら、マズ、板の厚さを見てから、売買の候補を決めます ・・

A 板を見るポイント−2 :買いと売りの優劣を見る


*買い板と、売り板の厚さを比較して、どちらが優勢かを判断します

*株価は、通常、薄い板に動く

*売り板が薄ければ、株価は上に動く・・上がりやすい

*買い板が薄ければ、株価は下に動く・・下がりやすい

*買いが優勢で、売りが劣勢の状況で買うことがポイントです ・・


B 板を見るポイント−3 :板を見て、リスクを判断する


*リスクが読める状況で買うことがポイントです

*買い板が全体に薄い・・大きく下落する可能性がある → 先が読めない・・

*買い板の中段に、まとまった買い注文がでている → ここで、下げ止まる可能性が見える→ここで、ロスカットが可能・・

C 板を見るポイント−4 :板でリターンを読む


*利食いできる確率が高い状況で、売り注文を出す

*まとまった売り注文の、手前の値段で売り注文をだす

*やや、厚い売り注文の手前で、売り注文を出す → 1円幅で利食いする→確実に利食い出来る ・・


D 板を見るポイント−5 :見せ板に注意する


*あったはずの、買い板や、売り板が、突然消えてしまう・・

*買う気のないのに、まとまった買い注文を出す・・ → 値上がりしたので、利食いしてから取り消す

*売る気のないのに、まとまった売り注文を出す・・ → 値下がりしたので、買いとってから取り消す

*見せ板にだまされないこと → 株価が、注文の出ている値段にならないと、わからない場合が多い ・・

*株価の動きに合わせて、値段がよく変わる注文は、見せ板の可能性がある ・・

*下値に出ている厚い板は、消える事もあると、予想して、売買する

http://park6.wakwak.com/~cmd/tmp0011.html


________________

板の読み方の基本は

買い板(右側)が厚い場合は上昇しそう、
売り板(左側)が厚い場合は下降しそう、

こう考えるのがセオリーです。

ただし板に表示される発注数は指値注文の数なので成行注文の数はわかりません。

そして、見せ板と呼ばれる買う気もないのに注文だけ出すという禁止テクニックもあります。

なので板の優勢と上下動は必ず関連するものではありません。

見せ板が喰われるのを確認するという判断もありますが、裏の裏をかく見せ板などもあってきりがありません。

なので、個人的には板の優勢をそのまま素直に捉えるようにしています。

http://daykabu15.blog49.fc2.com/blog-category-6.html


回答者1:nrb 回答日時:2006/02/16 17:16


板情報では判るわけないが大正解

板が薄く小型株は・・・・・
持ってる人は急にお金が要るようになった
追証がでて売らないと行けなくなった

ら突然大量の売りが出て安値になったり

決算や上方修正など良い物がでると突然高騰したり

まあ、予想は外れるためにあるのでね・・


1日たっても約定が無いかもしれませんね

日計の1割の200万株売り板があっても簡単に無くなることもあります

また、日計の2割の買い板があっても売られる時は簡単に下がります

上が超薄いのに・・・下がることも珍しく無いですから

_______

回答者3:ewor-03 回答日時:2006/02/16 18:17


板情報で分かるのは、気配値だけですね。なぜならば、成り行き注文は表示されないのです。

売り気配の所で、突然高騰したりは当たり前です。#1さんのおっしゃる通りです。良く勉強なされている方だと思います。

チャートの(↑)(↓)
これだけで売買しようとしています。

指値を入れる場合、ここで指せるかどうかの良い判断材料にします。

デイの場合、板情報でなく、「歩み値」売買値、売買数の表示サービス。これを使います。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1970466.html


板は厚い方へ動く?

 

以前読んだ本に、板は薄い方へ動くと書いてあったし、一般常識として、みんなそう思ってるのではないでしょうか?


 確かに、値段が付いてる直近の板(上下)は薄い方に動きますが、直近の板(上下)より上の板群と下の板群に関して言うと、僕は厚い方へ動く傾向があると思います。

 いつもではなくて、経験上6〜7割ぐらいの確率だと思います。薄い方へ動くこともあります。

 なぜだろう?と考えましたが、機関などの大口投資家が出来高をこなしたいのか、板が動いていく方向にどんどんカウンターの注文が発生するからなのか、判然としませんが、なぜだかそういう傾向があると思います。

 値段がこれから上がる時に売り注文の板が厚く、これから下がる時に買い注文の板が厚いことが多いですが、多分個人投資家で下手な人が多く、利食いを早まり、損切りが遅いことが原因として考えられます。

 板が厚い方に株価が動くことを知っていれば、見せ板に引っかかることもなくなると思います。

http://blog.livedoor.jp/takkun1995/


株価が厚い方へ動く理由

■ ダマシ (デイトレード) 

 相場において、ダマシは多数存在する。

 約定させる気のない、圧力をかけるだけの見せ玉。
 板が喰われた様に見せて、実は注文を取り消しただけと言うダマシもある。(歩値で確認しておく必要がある)

■ 板は厚い方に動く (デイトレード)

 買い板が厚い場合、一見下落の心配なく株価が上がりそうな気がする。

 しかし、株を売りたい投資家から見れば、買い板が厚い時こそ売り時となる。売り易い。
 その銘柄に集まっている投資家の数・資金にも限度があり、資金が入りにくいタイミング・ムードになった時、厚い買い板が崩されると、一気に下落するパターンがよくある。

 また同様に、売り板が厚い場合も、上値が重たそうに思えるが、株を買いたい投資家から見ると、まとめて買えるチャンスとなる。
 上値が重たいと思えるだけに、売り板が喰われた場合、ブレイクとなり株価は一気に上昇。

 板情報には見えない「隠れた板」も存在する。 それは、手の内を見せない大口投資家の存在である。

 彼らが動く時、板は厚い方に動きだす。


http://traderz.web.fc2.com/itayomi.html


板読みアンケートにつきまして、意外に多くのご回答を頂きました。


アンケートの回答内訳をまとめますと、主な傾向としては


・売り板が薄く買い板が厚ければ「買い」、

・買い板薄く売り板が厚ければ「売り」、


というものでしょうか? それでは以下、PANDAの私見を述べさせて頂きます。


***************


上記のエントリのスタンスについて、心理的にはわからない訳ではない。但し、それは目に見えているこの板たちが現在における真実の需給を表しているならばだ。

しかしながら、思うに実際は板が厚い方へ株価は推移することが多い。冷静に過去の経験則に照らせば分かるが、上記のスタンスでトレードするとして、


「おっ、買いが厚くなってきた!よし買った!!」


と成り行きで上を掴んだ瞬間何者かの大口売りによって、一瞬で2ティックくらい下に叩き落され、

「今何が起こったの!?」( ̄▽ ̄;)!!ガーン茫然・・・

なんてことはなかっただろうか。


あったとして、その原因を

「ただの偶然、大口の気まぐれだろう・・・自分は運が悪かっただけ・・・」

と片付けてなかっただろうか。

高値掴みの底値売り、

もしその「偶然」が多いとすればそれはもはや偶然ではなく「必然」である。

このようなエントリのスタンスは根本的に見直さなければいつか退場を余儀なくされるものと思われる。

おそらく上記の心理に基づく行動によりコンスタントにそのまま取れてた、という意見があるとすれば、それは現在ではなく、買い需要が異常に高かった昨年のことではないだろうか。特に昨年9月や12月にそのスタンスでうまくいったのはその手の本の読者も含め全体上昇相場で予想以上に買い需要が高まりみんなで買い上がったというのもあろう。いわゆる「赤信号みんなで渡れば怖くない・・・」的な発想でイケイケドンドンで偶々うまくいったのかも知れない。いくら間違った方法でも多数になればそれが正攻法となり勝てば官軍という具合だ。

従来この相場の世界は機関投資家と海外の大口投資家の独壇場だった。過去形ではなく現在もだ。

昨年は個人が台頭したので一瞬錯覚したのかもしれないが、依然相場を動かしているのは数百枚単位で注文を繰り出してくる大口発注者だ。

いくら売り板が厚いといってもひと度大口買いが入れば売り気配も500枚くらいまでは一瞬で食われ逆転される可能性が高く、関係ないと思われる。

つまり、見た目の板情報は


「どうせその値段で約定しちゃってもいいや・・・」


という程度のノリで指しているものも多く、実際トレンドに乗ろうと固唾を飲んで臨んでいる人は注文確定の1クリック手前で待ち構えているのではないだろうか。

その人たちの隠れた見えない板、「指値」、「成行」の圧力を考慮すれば、今現在見えている板情報はそれほどの意味をなさない。


冷静に考えてみてほしい。

もし自分が大口の機関投資家で数百枚単位の注文が繰り出せる立場にあるとして、「買いたい」と思ったら売り板が薄い真空を買い上がってはいかないだろう。売りが薄い場合、それよりも多い枚数で買いあがったら、株価を一瞬で押し上げてしまう危険があるからだ。

おそらくじわじわと空売りがたまってきたところ、土手のカタマリを一発買いして踏み上げさせるのが理想的だ。

世間で言われている「騙し」というのはこうした心理から言えば当たり前の行動だと思われる。


早速例の板で考えてみる。

この局面は揉み合い状況で一旦戻したが、頭打ちになり、ズルズル下げてきたところである。この数分間は下落局面にあたる。
この(見かけ上の)板から読み取れる情報は、アンケート集計結果の多数意見に鑑みれば、


・買い板が薄いからもっと下がりそう。

・売り板が厚いからここで逆張りで買っても高値掴みになりそう。


センチメントとしてはこんなところだろうか。

皆さんに質問です。
この板情報を見て皆さんはどうアクションをとりますか?
コメント欄に書いて頂ければ結構です。
右欄メールフォームからも受付します。


@15270を成り行き又は指値で買いに行く!

A15270に指値で売りを入れる

B15260の下値を新規売りで指値又は成行で叩きに行く

C15260に指値で買いを入れる

*ちなみにこの局面は
この少し前に15270に売りが入り下落してきたところです。

板読みアンケートにつきまして、意外に多くのご回答を頂きました。ありがとうございます。

アンケートの回答内訳をまとめますと、ざっと以下のような感じでした。


________

1位・・・A68%

15270に指値で売りを入れる

理由:

・上値が重そうだから
・買い板が薄いから


_______

2位・・・B25%

15260の下値を新規売りで指値又は成行で叩きに行く

理由:・ほぼ同上、下落局面と見て追随

_______


3位・・・C5%

15260に指値で買いを入れる

理由:ノーコメント


_______

4位・・・@2%

15270を成り行き又は指値で買いに行く!

理由:ノーコメント

__________


では多数派のAでエントリするとどうなるだろうか・・・。


15270へ指値で新規売り

・・・ポチッ!

が、間に合わず、その売りは買われることなく、みるみるうちに売りが膨らみこの瞬間売り叩きモードの気配・・・。


ここで15270の板は一瞬で400枚単位になり、成行の売りが我先にと追随、小口の個人による下値叩きが入る。

小口ながらも多数がよってたかって叩くため、とうとう15260は売りによって食われ、15250に突入・・・。


そう、ここまでならBが正解か?


この時点で各々の表情はさしずめこんなところであろうか・・・

@(( ̄口 ̄||))!!!

うぉー高値掴みしてしまった!!!

15270で買ってしまい、現在¥20の含み損。損切りすべきか思案中。


A( ´△`)アァ-

売り指値が約定せず・・・売りチャンス逃したかなぁ?

やっぱり成行でいくべきか・・・?と悶々と思案中。


B (*"ー"*)フフッ 

キター もっと下がれ〜♪

早い段階の下値叩きで約定し、気分は絶頂か?

「もっと下がりそう・・・」と欲張り、15250に買い戻し注文は指さず、値幅取り欲望が増幅中。


C( ̄□||||!!

この時点で既に買い指値は約定しており、15250では¥10の含み損の状態。

逆張りのつもりだったが間違えたかなぁ・・・。


「さあ薄々の買い方覚悟しろっ!」と言わんばかりにもっと売り叩こうかとBが号令をかけるも・・・

ついてくる者がいない・・・何で?

しかし薄氷をあえて成行きで叩く者はおらず、意外にもこれ以上下げない。

______________


前述のように株価はむしろ厚い方に推移する傾向にあり、この板情報の瞬間はまだ厚みのあった15250までは売りが続いたものの、その下の100枚台の真空地帯へは売りが続かない。

じわじわ15260に空売りと思しき注文が溜まっていったその時、大口の一発買いが入り、「何が起こったの?」と躊躇していると大口に追随した打診買いと踏み上げも手伝ってスルスルと上昇・・・。


下がる局面と思いきやあっという間に15280に。

ここまでにAはすぐ売り指値を取り消せばセーフ。

一瞬の戻りとたかをくくっていると約定してしまい含み損に・・・。

前後の推移は以下のティックチャートを参考にして頂きたい。


十字カーソルの中心点が板情報の現値の15260

あれほど買い板が薄い局面にあって一瞬1ティック下の15250までしか下げず、直後担がれて反転していく。


つまり出題の意図としてPANDAが言いたいのは、見かけ上の板情報はあてにならないということ。


板の裏にひしめいているトレイダーたちの心理を読むのが本当の「板読み」だということである。


15250より下の100枚台であたかも「買いが薄く、さらに下落するのでは!?」との推測は見当違いで、プライスは思惑を裏切り反転している。


その後の行動次第で何が正解かは一概には言えないが、直後のトレンドを読むという観点からすれば、正解はCかな。

わずかに2人でした。


その後の対応によっては・・・

@でも焦ってすぐにクロスやLCをせず耐えればこの局面を乗り切れたであろう。

Bは値幅取りを目論んでいた人だと担がれているはずだ。

異変に気づいた後15250にすぐ指値買戻しをいれても間に合わない。この場合スキャルピング派のチキンなPANDAだったら15260で売り約定したらすぐ15250に指値買戻しを入れてるであろうから、ひょっとしたら利確が間に合ったかもしれない。

ついでに、買いが厚いケースを示します。

以下は日経225Fの実際の値動きです。板が厚い方へ株価が推移しているのがわかります。

以上、結論として・・・


「株価はむしろ厚い方へ動くものである。」


http://blog.livedoor.jp/ivy_panda/archives/cat_50027419.html


07. 2010年12月30日 12:37:29: MiKEdq2F3Q

板の読み方1

検証方法

 おそらく日中取引を行う者ならチャートと板からは目が離せないでしょう。

株価チャートに関しては古今東西古くから様々な分析手法が考案され現在もそのそれぞれに信奉者がいて取引に活用されています。 しかしながら板に関してこれまで多くを語られることはなく検証できるデータもほとんど公開されてきませんでした。


 一般投資家が板情報をリアルタイムで確認できるようになったのはここ10年ほどの間だと思いますが逆に言えば10年間ほとんど一般投資家の間で議論や検証が行われてこなかったということは不可思議です(もちろん機関投資家は綿密な分析を行っていると思いますが)

 板に関して語られる多くは漠然としたもので


「板は厚いほうに動く」あるいは逆に「板は薄いほうに動く」とか

「厚い売り板が急に喰われだしたら買い」あるいは

「見せ板に騙されないように板は気にすべきではない」


といったものがほとんどでしょう。


 板について語られる場合、板のある瞬間のスナップショット1枚を例にあげて語られることが多いのですがこれは意味のあることとは思えません。

 例えば「10時12分の価格は8,530円でした今後株価の騰落はどうなるでしょう?」などという問いにはどんなテクニカル分析の達人でも答えようがないのです。時間軸上の価格の推移が記録されてはじめてチャートの分析が可能となるように板に関しても時間軸を伴った分析を行わなければ何も見えてこないのです。


 ではどのようにデータを記録していくかということが問題になります。日経225先物は大証ですので売り買いともに8本ずつの気配値を見ることができます、とりあえず10秒毎に売り板の合計と買い板の合計を記録することとしました。ビッド(売り気配値の最安値)とアスク(買い気配値の最高値)は動きが激しく除くという考えもありますが一応含めて計算しています。


上のグラフは2009年2月2日の日経225先物の値動きと売り板合計と買い板合計の推移を表わしたものですがなんだかよく分かりませんね(笑)

そこで売り板と買い板の合計の枚数差を計算してグラフにしたのが下図です。 いきなりグラフが分かりやすくなりました。


価格の推移と板合計の枚数差の動きに相関関係がありそうです。

 もちろんこれはこの日だけの現象の可能性がありますので出来るだけ多くの日数の検証が必要なことはいうまでもありません。現在検証できた日数は約100営業日と充分とは言えませんがそれらを分析して気がついたことを述べていきたいと思います。

http://digoogle.blog123.fc2.com/blog-entry-37.html

________

板の読み方2

レンジ(ボックス)相場の板の読み方

 レンジ(ボックス)相場とはある価格を基準にその上下を行ったりきたりする状態が続くことをいいますが、この動きは非常によく見られる動きで相場の7割近くがそうだといわれています。 このような状態で価格の変動と売り板と買い板の状態はどのように関係しているのでしょうか。


 結論から言えば、価格が上昇すれば売り板が厚くなり、下落すれば買い板が厚くなるということです。

 この日は典型的なレンジ相場となっていて始値の8,200円をはさんで価格が上下を繰り返しています。緑のラインは売り板合計と買い板合計の差(以降売買差)ですがほとんど価格と同じ方向に動いているのが分かると思います。

都合のいい日を選んで載せたと思われるかもしれませんが、日々の値動きと売買差の推移は毎日公開しているのでそちらも併せて検証してみてください。

これは当然といえば当然の現象といえます。誰だってより安く買い、より高く売りたい、あるいはより高く売ってより安く買い戻したいと思っているのですから


価格が上昇すれば売りに指値を入れる投資家が増え、下がれば買いに指値を入れる投資家が増えるわけです。

このようにレンジ相場内で価格が上昇すると売り板が厚くなり、下落すると買い板が厚くなっていくわけですが

注意しなければならないのは板の厚さは上昇あるいは下降エネルギーの源ではないということです。

「板は厚いほうに動く」といわれることがありますが、もし板の厚さ自体が価格を上昇、下降させるのであれば相場は常に青空天井、底なし沼になってしまいませんか。


売り板が厚くなるのは上昇トレンドを感知したマーケットの反応であり、板の厚さは本質的にはトレンドに対する抵抗力と考えるべきでしょう。 レンジ相場の値動きはトレンドがこの板の厚さによる抵抗を突破できるだけのエネルギーを持ち合わせていないことによって起こると考えています。


ではこのようなレンジ相場内ではどのような作戦で取引を行えばよいのでしょうか。

基本的には板が厚くなりきったところでの逆張りがベストです。

しかしこの板が厚くなりきったところというのを読むのはかなり難しいものがあり、現実的には厚くなった板が価格の下落とともに薄くなり始めるのを確認してからということになります。


尚、当日の最高値、最安値圏で厚くなっていた板が急激に、あるいはゆっくりと薄くなり逆に価格が上昇するという逆行現象が起こった場合、逆張りは大変危険な行為です。これはレンジを抜ける重要なサインだからです。


 上記のグラフで14時をはさんで前後10分は両方とも売買差が約1000枚とかなり売り板が厚い状態になっていますが価格はその後13時50分には上昇、14時10分には下降しています。13時50分に売り板の厚さを頼りに売りでエントリーし、ロスカットの設定が低ければ損失を出した可能性があります。

 この例のとおり板の一瞬の状態だけで売買を判断するのは危険です、板読みの基本は常に時間軸を念頭に置くということにつきます。


 問題なのは厚い・薄いではなく厚くなっていくか・薄くなっていくかなのです。


 以上がレンジ相場内の板読みの基本ですが基本通りに行かないのが相場だといことはお忘れなく。

http://digoogle.blog123.fc2.com/blog-entry-38.html

________

板の読み方3


レンジブレイクアウトの裏側

 レンジブレイクアウトとは一定の範囲の中を動いていた価格がその範囲の外に抜けていくことをいいます。


レンジ相場内では


価格が上昇すると売り板が厚くなり、

やがて厚くなった売り板に押し戻されるように価格が下落、

こんどは下落に伴い買い板が厚くなり、やがて価格は再び上昇


ということを繰り返すわけですが、これでは価格は永久に一定のレンジの中を彷徨うことになります。 しかし実際にはそのようなことはなく、やがて価格はそのレンジを離れ次のレンジを形成していきます。 ではその瞬間板はどのように動いているのでしょうか。

 上記のグラフを見てすぐ分かるように、13時頃までほとんどレンジ内で順行していた価格と売買差が急に逆行しています。 これがレンジブレイクアウトの際に板が見せる動きの典型的なパターンです。


この日はわりとゆっくり逆行していますが、一瞬(5分以内)で50円以上値が動き勝負がついてしまうことのほうが多いようです。 このような動きを見せる原因はいくつか考えられますが、


一つには機関投資家等が大口の成り行き買いを行い板が一気に喰われてしまった場合、これは売り板の実際の減少。

また価格の上昇に耐えられなくなったショートポジションの投資家がロスカットのため買い板に指値を入れたため差し引き結果として売買差がマイナス方向に振れる場合(いわゆるショートスクーズ・踏み上げ)

さらに踏み上げを見越した追撃による買い増加などです。

原因はさておき相場がレンジを抜け、価格が大きく動く時には多くの場合この逆行現象が起きています。この例は上に抜けた場合ですが、下に抜ける場合はこれとは反対の形での逆行がみられます。

どちらかといえば少数意見だと思いますが板は薄いほうに動くという意見はこの動きを指しているのかもしれませんね。


 この日はブレイクアウト後一時ブレイクアウト前まで値を戻しています。しかし注目すべきはブレイクアウト前と後での8,420円あたりでの売買差です。
 前者は1000枚近くの売り超、後者は500枚以上の買い超となっていています。これはやはり相場はブレイクアウトによって移動した新しいレンジの中にいると考えるべきだったのでしょう、結局そこからはレンジ相場の典型的な動きを見せブレイクアウトによって付けた高値付近までの戻りを見せています。これは少し結果論的な見方ではありますが。


このレンジブレイクアウトによる逆行ですが、日中の高値または安値を更新する場合に必ず起こるものではありません。

チャートだけみれば最高値、安値を勢いよく抜けていったものはどれもレンジブレイクに見えますが逆行を見ないものはレンジの拡張ととらえたほうが良いようです。

この場合やはり極端に厚くなった板に値を戻されてしまう場合が多いものです。


 では当日の高値、安値付近で価格と売買差が逆行すれば即エントリーなのかというと、これもまた難しいものがあります。 なにせこのブレイクアウトを狙うという戦略はごく一般的なもので、多くのトレーダーがこのタイミングを狙っています、悠長に指値など入れていると間違いなく置いていかれますし、成り行きだと思わぬ高値掴みをするはめになります。

 さらに恐ろしいのは逆行して上がった後は逆行して下がる確率が非常に高いということです。

 このブレイクアウトの逆行を狙う手法はレンジ内の逆張り以上の慎重さが要求されるということはよく知っていただきたいと思います。反対にアゲインストのポジションを持っていた場合には速やかなLC(ロスカット)が要求される局面ともいえます。

http://digoogle.blog123.fc2.com/blog-category-2.html



08. 2010年12月31日 00:09:17: MiKEdq2F3Q

16. 補足


1) デイトレードでは寄付きから30分間は売買厳禁


 通常、寄付きから30分程度は値動きが荒く、方向性が定まらないので初心者の間は手出し無用の時間帯です。

寄付きからグングン値を上げる様子を見ると、ついエントリーしたくなるのですが、高値掴みをさせられる確率も高くなる時間帯です。


 寄付きから30分、1時間は日経平均の動きを調べたり、注目している銘柄の値動きを調べたり、銘柄の出来高の増加ペースを前日やここ1週間の日々の出来高と比較したりして、今日のトレード候補銘柄を絞り込む時間帯でもあります。

オープニングレンジの高値や前日高値はレジスタンスとなっており、板情報をみるとその付近には多くの売りオーダーが入っているのが普通です。

買い手の勢いが徐々に増して、この売りオーダーを食い尽くしてしまうとあっという間に株価が短時間で上昇する場合があります。

そのため高値付近にある売り板が喰われ始めたらエントリーする準備を整えておかないとオーダーが通らないこともあります。

http://www.1advantage.info/method/dt/daytrade.html


09. 2010年12月31日 13:21:53: MiKEdq2F3Q

2) 分足のサポートラインとレジスタンスライン

デイトレードでは分足より板情報を見て売買タイミングを判断している投資家が多いので、分足に斜線のトレンドラインを引いてもあまり役に立ちません:


日足・週足・月足 : 傾いたトレンドライン・チャネルラインを引く
斜線切りで転換判断

分足 :水平なサポートラインとレジスタンスラインを引く
ダウ理論で転換判断

ダウ理論のトレンド転換判定法


・ 株価が直前の高値を上へ抜けられずに, 直前の安値を下回ってきたら 売り転換

・ 株価が直前の安値を下へ抜けられずに, 直前の高値を上回ってきたら 買い転換


分足の水平なサポートラインとレジスタンスラインの位置は暫定的には板が一番厚い価格帯になります。(もちろん、時間と共にどんどん変わっていきますが)

分足のラインブレークには騙しが多いので注意しましょう:


_______

チャート分析で、ここが切れたら下がるといわれるサポートラインがあるとします。そのポイントの下には損切りの注文が並ぶことが多く見られます。

そういう場面で、勘のいいヘッジファンドは、まずそのポイントに向けて相場を誘導するために徐々に売りを入れていきます。そうすると段々上値が重いという雰囲気が出来

ていきます。そして、問題のポイント近くまでやってくると、もう一押しの為にどこかの銀行を使って、売りを入れます。そうすると相場はサポートラインを切れて下がり、

損切りの注文が執行されます。

多くのトレーダーはチャートポイントが切れたと思ってその流れについて売りを入れます。この瞬間を狙って、今度は別の銀行を使って一気に買い上げると、売った人が慌て

て買い戻し、相場が反転。結局損切りの注文は執行され、ロングの人は損が確定、売りに付き合わされた人も買い戻して損だけが残る。そして、ヘッジファンドだけが一人勝

ちする。こういうケースを嫌というほど私も見てきました。

 テクニカル分析などで習った通りに、抜けたら売ったり、買ったりしてみて、損をした経験のある人。貴方も犠牲者の一人です。テクニカル分析的にいうとそういう動きを

「だまし」といいますが、こうした仕掛けをやっている人がいるのですから、当たり前なのです。

 私も最近は、抜けたらポジションを取るというやり方は出来るだけやらないようにしています。皆さんも彼らの餌食にならないように気をつけてください。

http://www.gaitame.com/imai/index.html

907 名前: 名無しさん@お金いっぱい。 04/09/04 00:37 ID:ewJ/7MpI

莫大な資金がある場合、実際に買っていくのと、
ある程度買って見せ板で提灯つけるのとどっちが楽ですか?

908 名前: 名無しさん@お金いっぱい。 04/09/04 01:05 ID:dY4mY+Ti
>>907

どちらも楽ではありませんよ。しいて言えば買い上がっていくほうですね。

実際ある程度の資産が増えてくると調子に乗って相場を作ろうと下心がでますがどちらか一方だとまるで買いがついてこないですね。ここが成功者の第一関門です。つまりま

だまだ資産が足りないと初めて気付くわけです。その後順調に資産を増やしもう一度チャレンジしてみると・・・


まず重要なラインに売り板を並べてそこまで一気に買い上がりその後買い板にそれまでの買い玉を一気にぶつけていき厚い売り板の信頼度を高めるのです。

次に先程買い上がった始点でじっくり玉集めをして始点から売り板までの出来た玉を狼狽させます。

一度始点となるサポートラインを割らせてじっと我慢していた人達を振り落とし売り板を厚くさせます。

当然他の人も売り注文を出してくるのでさらに上値の重さを印象付けます。

始点となるサポートラインまで一度買い上がりそのあとは絶対にサポートラインを割らせないよう買い支えます。

次に厚くなっている板に成り行きで2、3段ぶち抜きをかましそこで一気にサポートラインに大きな買い板を置きます。


この瞬間必ず売り板は逃げるように薄くなっていきここで大きめの注文、つまり売り板を食ってさらに買い板が着地する形をとりどんどん先程の高値の頂点を目指します。

証券会社によって注文速度が変わりますから5秒待って買いがついてこないときは一つ買い上がり提灯がついたときはしばらく放っておきます。

最終的に高値であった頂点の1ティック手前にきたら2、3段ぶち抜きの成り買いを入れます。

この時絶対に売る人はいないですからここからは提灯筋に任せ自分は見せ板を作っていくのです。


買い板の量はちょっと不安が残る程度の量が一番良いですね。提灯筋が同値逃げを始めたら成り買いでまた勢いを取り戻すようにします。

この繰り返しと節目のラインでの大量クロス売買によって一つの大相場につなげることができます。

http://blog.livedoor.jp/dt_ohly/archives/50041385.html

元証券ディーラーでつ。

我々ディーラーは必ずストップロスを置きます。

と同時にブレイクアウトも置きます。

そして、同時に必ずカバーのオプションを撃ちます。

大人同士の撃ち合いになれば「どこにストップやブレイクがあるか」という探り合いになりまつ。

そしてお互い「それを狙い撃つ」ようになりまつ。

(可愛そうなのは、それに巻き込まれる小人)


大人は「わざと」相手の懐に切り込んで、このストップ&ブレイク発動を狙いまつ。

するとストップ&ブレイクが連鎖反応を起こしまつ。


同時にオプションも撃ち込むので、値動きの幅でオプションが先に利益となり
次に本体の先物を次にカバーしまつ。

こうやってちょこちょこと小さい鞘の積み重ねをやっているのがヘッジファンドや大人のトレードでつ。

価格さえ動いてくれていれば、確実に利益になるのでつ。

このストップやブレイクの置かれる場所(「崩し」と呼ばれてします)は、ヘッジファンド、大人達には暗黙の了解があるので、「崩し」にストップとブレイクの逆指値注文が集中しまつ。

外人の大人の「崩し」は5の倍数に関するものが多く、国内の大人の「崩し」はなぜか13の倍数に関するものが多いので、両方が重なる25−26 50−52 75−78 に関するものはお互いにとっての「崩し」になっているようでつ。


逆指値は斜線切りの時の自動注文として使ってはいけない.

ストップロスにだけ使うのが正しい:

「あ、なんか変だ」この感覚が大切です。

しっかりとストップロスを入れておくことです。最近、難平を推奨したりする人がいますが、もっての他です。しっかりストップロス注文さえ入れておけば、いくら相場が大荒れしたとしても、注文以上には損はしないわけです。つまり、損を限定していられるのです。

いろんな書き込みを見ると、資金が半分なくなったとかいった類のコメントを目にします。こういう人は相場をなめています。相場は本当に恐ろしいもので、いつ牙を向くか

わからないと思って掛かっていないと本当に大きな怪我をします。取引の度にストップロス注文を必ず入れて、それを習慣にする努力を是非行ってください。

この2つのことさえ守っていれば、相場に大怪我をさせられることだけは防ぐことができます。人間は儲かると気が大きくなります。こういうときこそ注意が必要です。こん

なに儲かっているほうがおかしいと常に謙虚な気持ちでいたいものです。

http://www.gaitame.com/gaitame/imai.html


このサポートラインは強い?


質問: 株が何度もサポートラインをテストする場合は、最終的にブレイクダウンとなる確率が高い、という人たちがいます。

しかしその反対に、繰り返しサポートが試されるのはサポートラインが強い証拠だから、ブレイクダウンになる確率は低いという意見もあります。

どちらの意見が正しいのでしょうか?


皆さんならどう返答するだろうか?もうかなり前になるが、私はこんな話を聞いたことがある。


「サポートラインを一枚の板と仮定してほしい。あなたはその上で何回もジャンプする。着地する度に板は弱くなり、板が壊れるのは時間の問題だ。」


トレーダーたちの教育にあたっているマイクさん(SMBトレーニング)の回答を見てみよう。

多くの株の本は、サポートラインが繰り返しテストされることで、そのサポートラインの有効性が証明されると説明しています。

「有効性が証明される」という意味が漠然としていますが、私はこの見方に賛成できません。

もしサポートレベルが本当に強いのなら、一度ぶつかっただけで株は直ぐに反発し、株価はサポートレベルから大きく離れていきます。しかしその反対に、直ぐ反発すること

なく株価はサポートの上でうろうろしてしまう。または、反発したが直ぐにサポートに戻ってきてしまうというのは買い手の力不足ですから、このサポートレベルが崩れる可

能性は高いと言えます。


私自身何度も見てきたことですが、トレーダーたちは、株価がサポートに戻るたびに積極的に買っています。

一回めのサポートテストでは500株の買い、二度めのテストでは1000株の買い、そして3度めは2000株といった形で株数が増えていきます。資金が続くうちはいいですが、テス

トが4回、5回と繰り返されると口座資金がなくなり、最悪の場合は予想と正反対のブレイクダウンで大きな損が出ます。


買い圧力が強ければ確かに強い反発ラリーが展開される。下はクレジットカード会社VISAの日足だ。


サポートラインの上でうろうろすることなく、強い上昇が直ぐに始まっている。


そして上はヤフーの10分足チャート。何度かサポートが試され、結局ブレイクダウンとなった一例だ。

このように、単にサポートの上でうろうろしているだけでなく、上辺が右下がりの下降三角形が出来上がっているときは特に注意が必要だ。

http://www.panrolling.com/blog/i/kamata.html


デイトレードにおける基本的なエントリーポイント



デイトレードというトレードの時間枠ではアマチュアはプロに比べて端末、通信速度、ソフトウェア、板情報において大きなハンデがあるため初心者の方にお薦めできるものではありませんが、下記では数時間〜日計りまでのデイトレードにおける基本的なエントリーポイントを図解します。

*スキャルピング(数秒から数分の時間枠でのトレード)用のエントリーポイントではありません。


■オープニングレンジのブレイクアウトとバウンスバック


オープニングレンジのブレイクアウトとは寄付きから30分または1時間の間につけた高値を上抜いた時点でエントリーするトレードです。
オープニングレンジを30分にするか1時間にするかは個人的な判断になります。

通常、寄付きから30分程度は値動きが荒く、方向性が定まらないので初心者の間は手出し無用の時間帯です。
寄付きからグングン値を上げる様子を見ると、ついエントリーしたくなるのですが、高値掴みをさせられる確率も高くなる時間帯です。

上図では青いラインで描かれている部分が当日の株価の動きです。黒い矢印はその銘柄のトレンドの方向です。赤い左右向きの矢印の期間が当日のオープニングレンジです。オープニングレンジのブレイクアウトでは、この間の最高値を上抜いたのを確認した時点(左側の赤丸印)でエントリーとなります。

また、ブレイクアウトした後に一度下押ししてブレイクアウトした地点まで一時的に値が戻る場合があります。これをバウンスバックと言います。ここはブレイクアウトで入れなかったトレーダーや、慎重なトレーダーがエントリーする二つ目のエントリーポイントになります。(上図では右側の赤丸印)

 もちろんブレイクアウトやバウンスバックの後に毎回必ず上昇するわけではありませんが、デイトレードのエントリーポイントとしては基本中の基本となるエントリーポイントです。


■前日高値での反転


上昇トレンド途上で株価が勢いをつけすぎて、大きくギャップアップする場合があります。ギャップアップは好材料が出て人気が集中した銘柄や、前日までの株価の上昇を知った投資家の成り行きによる買いオーダー、空売りしていた投資家の買戻しになどにより発生します。

この場合、行き過ぎた株価に対して利益確定の手仕舞い売りや、短期の空売りが入り、寄付きから一旦売られることがあります。
そのため寄り付きで買いオーダーを入れてしまうと高値を掴まされる可能性が出てきます。

このようにギャップアップした銘柄が寄付きから売られて値を下げる場合には、途中で手出しはせずに、下落する株価が前日高値付近でサポートされるのを待ちます。

その後、買い戻しによって株価が反転上昇を始めるのを確認してからのエントリーとなります(上図では赤丸印)。
トレーダーによっては反転を確認せずに逆張りで前日の高値付近で買いのオーダーを入れる場合もありますが、初心者の間は反転を確認出来るまで待ったほうが無難です。

ここでは前日の高値での反転を狙っていますが、前日の高値ではなく前日の終値を基準にして反転を待つトレーダーもいます。これもどちらを選択するかは個人の判断になります。


■前日安値のブレイクアウト


 これはラリー・ウイリアムズが紹介した「ウップス」という手法ですが、これもデイトレーダーとしては基本中の基本手法です。ウップスの買いトレードのルールは『今日の始値が前日の安値よりも安く始まり、前日の安値を上抜いたら買い。』です。
このルールの適合する場面になかなかお目にかかることが無いのですが、的中率は高いと言われています。

 上図では上昇トレンド途上のある日に、ギャップダウンして寄り付いた株価の動きを描いています。(当日の株価の推移)上昇トレンド途上で何らかの理由でギャップダウンしたものの寄付きから買い進められて、前日の安値を上抜いた時点(赤丸印)でエントリーです。

 このルールにテクニカル指標ADXと+DI、−DIを加えて

(1)パラメータが12期間のADXと28期間の+DI、−DIを利用し、
(2)ADXの数値が30以上の時で
(3)+DIが−DIを上回っている時に
(4)今日の始値が前日の安値よりも安く始まった日に
(5)前日の安値を上抜いたら買い

というトレードルールにすると「ADXギャッパー」と呼ばれるトレード手法になります。



■前日高値のブレイクアウト


マーケットの本質を言い表した言葉に「高値を更新せずに上昇する株は無い。」というものがあります。
当たり前ですが高値を更新し続けるから上昇しているのであり、高値を更新したということは上昇しているということです。この本質に従ったエントリーが前日高値のブレイクアウトです。 上昇トレンド銘柄であれば上図のように前日高値をブレイクアウトしたのを確認してからエントリーします。(赤丸印)

 一般的にはオープニングレンジの高値や前日高値はレジスタンスとなっており、板情報をみるとその付近には多くの売りオーダーが入っているのが普通です。買い手の勢いが徐々に増して、この売りオーダーを食い尽くしてしまうとあっという間に株価が短時間で上昇する場合があります。そのため高値付近にある売り板が喰われ始めたらエントリーする準備を整えておかないとオーダーが通らないこともありますので注意してください。

 また、買い人気が続いて陽線が5本も6本も連続で出ているような場合や、過去3ヶ月程度の期間内で最大の長大陽線が出現した翌日には、エントリーは見送るのが賢明です。このような場合には、このエントリーポイントは高値掴みになる可能性が高くなります。

http://www.1advantage.info/method/dt/daytrade.html


___________


____________


3) 見せ板

@ 昔の見せ板はかわいかった

見せ板の罠

 仕手筋と一般の個人投資家では、継続的な売買の中では、仕手筋の方が百戦錬磨、実力差は歴然です・・・・


 単発で上手くいくことはたまにあっても、命がけで臨んでくる仕手筋は、あらゆる情報、データを駆使して市場参加者の動きを知り尽くし、さらに投資顧問の会員の資金をあやつり、仕掛けてきます。


 そこで仕手筋が使う手法の一つが見せ板です。


 仕手戦の最終段階でいかに売り逃げるか、仕手株系の掲示板などに派手な書き込みをおこない仕手株好きの個人投資家の注目を集めます。

 そしてその銘柄の気配値に、大量の買い板を並べ、他の投資家を騙して売買のタイミングを狂わすような細工を行います。

 掲示板や投資顧問の宣伝記事で、その銘柄に興味を持った投資家がその銘柄の板情報を見ると、下値にびっしり「大量の買い板が!!」


 
 「こりゃ本物だ、これ以上の下値には買い板も並んでるし、買いだ!!」


 「すごい買い板だ、早く買わなくては!!」

 このように沢山の人が、このダミーの買い板に騙され、買いを入れてしまいます。 仕手筋はここぞとばかりにその個人の提灯買いに、売り玉をぶつけて逃げていきます・・・

 気が付けば、先ほどの大量の買い板は無くなり、完全に梯子をはずされた状態に・・・・・

 これは資金量で劣る個人投資家には出来ない芸当です。(最近は個人で見せ板を出して、捕まったひともいるようです・・・・)

 仕手株はいかに、誰かに買わせて売り逃げるか・・・・


 日夜そればかりを考えている仕手筋の作戦を知らないで単純に噂や、気配値で売買していては、見せ板の罠にかかってしまいます。逆に仕込みの段階で、大量の売り見せ板を出して蓋をして安値で買い集めたり悪材料を流し、売り見せ板を出し空売りを誘い込んだり・・・・

http://www.eonet.ne.jp/~shiteken/page122.html

板情報をみると株式の需給状況がある程度把握できるので、株の売買には重要な情報です。 この板情報を操作する、行為が見せ板です。

 

 見せ板とは、約定させる意思のない大量の注文発注をだして板情報を操作し、板情報を見ている人を惑わす行為の事を見せ板(見せ玉(ぎょく))といいます。


 いかに仕込んだ株を売り逃げるか、仕手筋の売り逃げのテクニックのひとつが、見せ板です。

 《見せ板例》


 仕手筋K氏は保有する仕手株、ボロ社株を800円で売りたいと思っています。


 そこで仕手筋K氏は800円での売り注文を発注した後、790円で80万株、785円で80万株、780円で50万株の買い注文を発注しました。

見せ板中

売り 値段 買い
60,000 820
20,000 815
80,000 810
253,000 805
550,000 800
795 110,000
790 820,000
785 825,000
780 502,000


 この段階で、投資顧問や偽黄門がボロ社株を推奨、そしていろいろな株式投資サイトランキングやそのサイトの掲示板などには、

 「ボロ社株買い気配」 「ボロ社株急騰マジカ!!」


 などの書き込みが頻繁に・・・・・

 その後、この買い注文を見た他の投資家から買い注文が入りはじめ、K氏の800円の売り注文が約定されました。


 K氏は、保有株を売り逃げるために、買う意思のない大量の注文を発注し、株価が下がりにくい状況であると一般投資家に誤解を与え800円で見事売り逃げました。


 K氏は売り注文が約定されたので、790円、785円、780円の買い注文を取消しました・・・・
  

見せ板行為終了

売り 値段 買い
60,000 820
20,000 815
80,000 810
253,000 805
50,000 800
795 110,000
790 20,000
785 25,000
780 2,000


 あら・・・・さっきまであった買い板は?・・・・・

 気づいた時にはもう遅い・・・・

 この後は売り優勢・・・株価かはダラダラ下へ・・・・・↓↓↓・・・・

http://www.eonet.ne.jp/~shiteken/page228.html

_________


A 現代の見せ板は…

アルゴリズムの見せ板


東証アローヘッド導入でスキャ厨のデイトレ死滅かと言われてたが、本当に死んでて笑った


 仕事始めでご挨拶などしていたら、外証の担当が来て「本当に死屍累々ですよ」と言うので。

 微妙に古くさいアルゴリズムで自動売買してた個人や弱小ファンドとかも、まだ数日しか経ってないのに鬼のような損を出していてワロシュ。馬鹿だなあ。流動性の低かった銘柄に流れて逝って仕入れたの捌けずに立ち往生している奴とかいるらしいし… ほんと、どうするんだろうね。

 せめて繋ぎやスウィングを学び直して手堅くやればいいのに、と思うわけですけど、日がな精神を集中してモニター何台もしつらえて超短期やっていた人達は、数日のトレード間隔を空ける方法に馴染まないんでしょうか。

逆に、それだけ損をぶちかまして退場する投資家が増えるということは、すでにこの手の時間差を使って儲けているファンドさんが日本でもより儲けられる可能性が高まるというわけで、環境の変化に対応ができない個体は淘汰されるという世の摂理がこんなところでも出てくるわけですね…。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/01/post-99b4.html

563 :山師さん:2010/02/12(金) 10:00:46 ID:RfT1w6sO

一旦騰げて分厚い買い板で買いを誘って嵌め込むのが多いなw
こりゃ素人にはキツイだろ。

570 :山師さん:2010/02/13(土) 01:13:37 ID:MmKe/okc

俺はスキャルピングや板を頼りにしたような売買はやらない。
昔から続けてる単純なテクニカル手法だと一切関係ない。


78 :山師さん:2010/08/17(火) 11:39:22 ID:2uPt5/Bh

アルゴリズムの

『指値→キャンセル→指値→キャンセル』

これを0.02秒で繰り返す見せ板が酷いんだが…

アルゴリズムの違法行為は見逃すの?


86 :山師さん:2010/08/18(水) 01:35:50 ID:mduihiQz


売り崩し→ 個人損切り板出す → 買い板消えるさらに下に指す

→ 売り見せ板増える → 成売する →併せて被して買い板全喰い

→ すかさず蓋 → 個人のロスカット増える

→ 待ち構え底値でアルゴリズムの買い瞬殺でかっさらい

→ プラス5ティック → アルゴリズム利益確定爆弾売り

→ 以下ループ


機関が小判サメ打法されたら勝てねーよ

214 :山師さん:2010/09/05(日) 22:33:09 ID:Bm1hVQmQ

一瞬で板を出したり消したりして、裁定が働く時だけ一気に玉を喰らうようになっているプログラム、

もしくは

個人が一番天辺で買い注文を出すと、それを上回る値段で買い注文が入るようになっているプログラム、

こんなのを悪意あると言わずしてどうする。


87 :山師さん:2010/08/18(水) 07:59:20 ID:nUAhAXUX

アロヘになって、

売り買いどちらかの板が食われた瞬間、売り買い5ティックくらいの枚数が同時に一瞬にして激増したり激減することが多々ある

どうみても人間業じゃねえ


186 :山師さん:2010/09/01(水) 14:46:39 ID:4G634rwn

ブレークしそうになったら、延々と板並べてきやがって、
1日中バーコードじゃねーか。

あ〜ヒマ 時間の無駄

153 :山師さん:2010/08/27(金) 22:10:52 ID:qq8LtlWS

板を出したり消したり、で、チャンスになった瞬間、一気に約定させる
んだからタチが悪い。

119 :山師さん:2010/08/23(月) 10:48:49 ID:fhiUe1V8

特に1円刻みは酷い。 アローヘッドより今の呼値でのアルゴリズムが問題

歯抜けの板スカスカで害人のやりたい放題。

自分の板出したり引っ込めたり食ったり儲かるまで延々下げるし上げる。

絶対勝つようにプログラムされてんだからアホらしい。

こんなんじゃ個人減るわなw 5円刻みに戻すべき。

売買代金10億以上はまだマシだがな。

指値も刺さらんし刺さったらオーバーシュートし過ぎるしデイ、スキャじゃ全然儲からん。

勝率8割でも5分で偶に80円位動くから結局損切りさせられる。

折れも>115みたいにスイングしかしなくなった。

流石にトレンドの上限下限ではムチャしないからな。

今の所は…

しかも週1〜2回取引すれば良い方。

170 :山師さん:2010/08/29(日) 22:41:17 ID:8AkLHmq6

板の一番前に注文出したら同じ値で注文出してきてこっちが訂正したら訂正した瞬間に同じ値に訂正しこっちが取り消すと同時に取り消してくる

閑散銘柄にいるアルゴリズムがかなりムカつく


10. 2011年1月01日 20:03:27: MiKEdq2F3Q

4) 板が厚くなり易い(サポートライン・レジスタンスラインになり易い)株価

サポートライン・レジスタンスラインは分足・日足・週足・月足 すべてに共通ですが、トレンドライン・チャネルラインは日足・週足・月足にだけ引きます。


板(気配値)の一番厚い価格帯は水平なサポートラインとレジスタンスラインを形成します:


・株価上昇時には 売り板が一番厚い価格帯 → レジスタンスラインになる

・株価下降時には 買い板が一番厚い価格帯 → サポートラインになる

そして、板が一番厚くなる(株価の進行がそこで止まる)株価はチャートから大体予測できるのです。

株価の進行が止まる位置(関門)には意味がある!

そこは多くの投資家の心に刻み込まれた因縁場!


投資家の想いが交錯するのが「株価の進行が止まる位置(関門)」!

不安定な動きをするのは当たり前!

_________


@ 以前のサポートラインは新しいレジスタンスラインに、レジスタンスラインはサポートラインになる

レジスタンスラインとサポートラインの予測


以下は私が、日経平均先物のデイトレードをしていたときに考慮していたポイント(レジスタンスラインとサポートライン)のメモです。

日経平均先物ポイント


25MA+3σ10366=25日移動平均線(中期線)の3標準偏差の水準=10366

OP10250=オプションの権利行使価格=10250

CME10215=前日のCME日経平均先物の終値=10215

一目雲上限10200=一目均衡表の雲の上限値=10200

25MA+2σ10139=25日移動平均線の2標準偏差の水準=10139

一目雲下限10105=一目均衡表の雲の下限値=10105

75MA10058=75日移動平均線(中長期線)の価格=10058

この日の日経平均先物の寄付は10170円でしたので、この価格以上のポイントがレジスタンスライン、この価格以下のポイントがサポートラインとなります。この後、このよう

なメモを書いています:


日経平均先物レンジ 10050-10150-10250

本日の戦略


為替が大幅な円安となっており、寄り付きはギャップアップで始まりそう。その後上値の重たい展開が予想されるが、下値不安は少なく10000〜10100円のレンジは強い下値抵

抗帯となりそう。下がれば買い。もしくはレンジブレイクアウトの上抜けを狙う。ただ、10250円より上は売りも可。


つまり、この日の先物レンジを下値10050円、上値10250円と想定し、全般的に強含みの相場を予想。


特に、10200円のレジスタンスラインを抜いてきた場合は、相場が予想よりも強いと考えて、買いを入れる。

ただ、10250円より上昇した場合は過熱感もあると考えて徐々に利食いも考慮に入れる。
もし、ポジションがない場合は、これより上は売ることも考慮に入れる。


一方、下がった場合は10100円か10050円のところが大きなサポートライン(これよりは下がりにくい)と考えて、逆張りの買いも考慮する。

このような考えた方で相場に対峙していました。重要なポイントは相場に対して「上がる」とか「下がる」とかの決め打ちをしていないということです。大まかなトレンドを

想定してはいますが、相場の動きによって臨機応変に対応することが重要です。

このように、多くの投資家が考慮するポイントをレジスタンスライン、サポートラインと考えて株価を見ることは、個別株でも変わりはありません。ただ、個別株の場合はこ

こまで、細かく考えずに、単純に過去の株価の高値をレジスタンスライン、安値をサポートラインとしても良いと思います。

http://blog-traders.okasan-online.co.jp/archives/2010-04.html?p=10


「以前のサポートラインは新しいレジスタンスラインに、レジスタンスラインはサポートラインになる」

上図をご覧ください。とある銘柄の1年間の日足のグラフです。


昨年の12月22日までは850〜860円のところをレジスタンスラインとして株価は動いています。

この時期のサポートラインは680〜700円となっています。つまり、株価は680円から860円の間で動いてたことになります。


その後、12月24日にこのレジスタンスラインを一気にブレイクし、その後はレジスタンスラインがサポートラインとして機能していることが分かります。

さらに、その後はこの間のレジスタンスラインである980円を抜き、現状ではこのラインがサポートラインとして機能しているようです。


この例のように、レジスタンスラインが形成されたとき(投資家の大多数がレジスタンスラインだと認めるということ)、価格がこの水準に近づくとトレーダーたちが一斉に売って利益を上げることになります。そうなれば、このレジスタンスラインに対するトレーダーたちの信頼はますます強くなります。

一般的にはこのようなことが、数回起こった後、何らかの理由で売り方よりも買い方の勢いが強く、この水準をブレイクしてくことがあります。このとき、このレジスタンスラインで売ったトレーダーたちはすべて含み損を抱えることになります。

小さな損失で逃げたトレーダーもいるでしょうが、また下がるだろうとそのままポジションを保有しているトレーダーもいるでしょう。ただ、マーケットが、このレジスタンスラインに対するトレーダーの期待を裏切ったことは明白であり、トレーダーたちのレジスタンスラインに対する信頼は揺らぎ始めます。

その後、このレジスタンスラインまで株価が再び下げるとポジションを保有していたトレーダーたちはやれやれと思って収支トントンでもポジションをクローズする可能性が高いと思います。ましてや、もう一度ここから売ろうというトレーダーは少ないはずです。

この結果、レジスタンスラインは崩れて、この水準では買い方が有利となるのです。


これによって、古いレジスタンスラインは新しいサポートラインとなり、これと同じ理由から古いサポートラインは新しいレジスタンスラインとなるわけです。


因みに、レジスタンスラインやサポートラインをブレイクする理由はどのようなものでも構いません。理由よりはブレイクしたという事実が重要なのです。

http://blog-traders.okasan-online.co.jp/archives/51659531.html

____________
____________

A 株価の動きが止まる位置(関門) 

上昇してきた株価は、いつかは上げ止まる。再度上昇するかどうかはともかく、株価は止まっては動くことを繰り返す。

事前に止まる位置がわかれば、どれ程すばらしいことであろうか。それがわかれば苦労しないと思うであろうが、未来がどうなるかなど誰にもわからない。

しかし、動いてきた株価が止まりやすい位置(関門)、注意しなくてはならない位置は事前にわかるのである。これを知っているだけでも、投資成果は全く違う。その理由を含め、関門を学習してみよう。


【例1】

Aさんは、長期保有しているT社の株式で大きな含み損を抱えている。1年前に最安値をつけた後、株価は緩やかながら上昇してきた。しかし、ここのところ再度下落傾向だ

。Aさんは、T社の株式の売却を考えるが、なかなか踏み切れない。

その際に、一つの基準になるのが1年前の最安値だ。いったんは、その安値まで我慢して持ち続けていたわけだから、その安値までは耐えられるのである。ここで売っても、大きな損失を確定させることには違いない。だったら、もう少しみてみようとなるのである。

ただ、その最安値を下回れば、状況は異なる。これまで耐えたことのない株価水準であり、いよいよT社倒産か、などのニュースでも耳にすれば、紙くずになる前にと売却を急ぐであろう。分岐点は1年前の最安値だ。

【例2】

BさんはかねてからT社の株式を購入したいと考えていた。1年前に最安値をつけた際に買いそびれて、悔しい思いをしていたのである。しかし、ここのところT社の株価は下落傾向だ。安値で買えるチャンスが再度やってきたのである。

今度こそ最安値で購入するぞと、狙いを定めてみている株価は、まさに1年前の最安値だ。

もちろん、あっさりと最安値を更新すれば、いったん留保するであろう。もっと安く買える可能性が出てきたのに、買い急ぐ必要はないからだ。


わかりやすいように、個人投資家の例を挙げたが、機関投資家などのプロの投資家も考え方は同じだ。すなわち、誰もが意識している株価の位置では、これまでの株価の流れ(上昇、下落)が止まりやすく、その位置で反転することも多いのである。

上昇している相場ならば、過去の高値は目標株価としてみる投資家も多い。

その目標株価とは、その株価付近で利益を確定させる目安としている株価をいう。

当然、多くの投資家が注目している高値(目標株価)に到達すれば、売りの力が増加し、いったん下落しはじめれば、多くの投資家も追従しはじめる。流れが変化するのである。

注意しなくてはならない株価の位置を知れ!
知っているのと知らぬとでは投資成果に雲泥の差が出る!

この前安値、前高値を含めて、注意しなければならない位置(関門)がいくつかある。

@ 前安値、前高値の位置

A 株価の流れをとらえた上値斜線や下値斜線の位置

B 下げ途中の戻りの高値や上げ途中の押し目の安値位置

C 下げ途中の安値、上げ途中の高値の位置

D 前保ち合いの中心位置

E 保ち合いから放れた際の上値線あるいは下値線の位置

図33、アサヒビール(東証1部 2502)の月足チャートで順番に説明しよう。

____________

@ 前安値、前高値の位置


@の前高値とは、1993年につけた1290円付近の高値に対して、その3年後に再度上昇してきた株価が止められた、1996年6月、7月の1290円のような位置である。

前安値とは、1995年3月の929円という安値に対して、大きく上昇後に下落してきた際に、その下落がいったん止まって反転した2000年9月の株価水準のような位置をいう。
  
同様に、2001年の高値と2005年の高値、その位置は過去にさかのぼれば1991年の高値の位置とも重なる。

1997年の高値も、バブル期の高値の一つとほぼ同じ株価なのである。

____________

A 株価の流れをとらえた上値斜線や下値斜線の位置

Aでいう上値斜線の位置での停滞、反転とは、これまで解説してきた内容そのものである。

大きく下落した株価の流れをとらえるのが、1997年12月の高値から、1999年8月の高値を結んだ上値斜線だ。
多少の修正を加えながらも、2001年の高値や、2002年の戻り高値が、その位置で抑えられていることがわかるであろう。

上昇の流れをとらえた下値斜線ならば、2003年8月の安値からの斜線を参照すればよくわかる。

____________

B 下げ途中の戻りの高値や上げ途中の押し目の安値位置


Bの下げ途中の戻りの高値とは、下げ途中にあった中で2002年5月につけた戻り相場の高値位置1267円付近で、上昇に転じた後の2004年4月に、その上昇をいったん止められた株価水準を指している。

Bと@の境界は厳密ではない場合もあるが、その違いをそれ程意識する必要はないだろう。

____________

C 下げ途中の安値、上げ途中の高値の位置

Cの上げ途中の高値は、少しわかりにくい。先程と同じ2004年4月につけた、上げ途中の高値1279円をみていただきたい。その高値の後、いったん押し目を形成してから再上昇している。

2005年3月に高値をつけた後、再度下落したが、その際の下げ止まりの株価として、先程の高値の位置を観測する必要があるのである。

つまり、高値を上げ止まりの位置としてではなく、下げ止まりの位置として観測するのである。


____________

D 前保ち合いの中心位置

 
Dの、保ち合いの中心値というのも見過ごされる場合が多い。しかし、重要なポイント(位置)なので、認識しておいて欲しい。

保ち合い相場とは、売りの力と買いの力が拮抗(きっこう)して、ある価格帯に一定期間、株価がある状態だ。そこは多くの投資家が売買をおこなったところである。どのような投資家であれ、自分が売ったり買ったりした価格は、その後の売買の基準になり、記憶している。

保ち合いの中のどこで売買したかはそれぞれだが、単純に考えれば、その売買した株価(それぞれが意識している株価)の平均値が、保ち合いの中心値であるのだから、そこは株価の流れがいったん止まったり、変化したりしやすい株価の位置となるのである。

図33の中では、少しわかりにくいが、1991年に高値で保ち合った際の中心位置(株価)が、2年後の1993年の高値となっていることがわかるであろう。


____________


E 保ち合いから放れた際の上値線あるいは下値線の位置

Eの保ち合いから放れた急所については、図33の中にそのわかりやすい例はない。ただ、これも考え方は同じで、

長期間にわたって超えることができなかった高(安)値を超えたとき、その株価は多くの投資家に節目として刻み込まれるから、注意して観測するべきなのである。

____________


これらの他にも、


長大陰線や長大陽線の起点位置や、

窓(その日の安(高)値と前営業日の高(安)値との間に空間ができること)をつけた際の前営業日の高(安)値の位置、更に

日経平均ならば10,000円や20,000円のような切りの良い数字も、注意する必要がある。

株価が止まる位置(関門)には意味がある!そこは多くの投資家の心に刻み込まれた因縁場!

______________

最後に、関門を観測する上での重要注意事項をいくつか記述する。


*注意@ 関門で止まらない場合がある。*

ここまで説明した関門がわかると、上昇していれば、その位置で反転下落すると決め付けて売る人がいるが、その位置はあくまで注意する位置であり、仮にその位置を力強く通り越せば、それこそ流れに勢いがつくことがあるということを忘れてはならない。つまり、この章でいう株価の位置とは、あくまで「注意」する株価水準なのだ。

反転下落すれば「売り方針」、逆に通り越せば「更に買い」となることもあるのである。一つの分岐点ということを認識していただきたい。

図33の1997年4月をみていただきたい。

それまで5年間にわたって超えることができなかった1290円付近の株価を、一気に突破している。

その意味するところを復習する。この高値を超えたときに、投資家の心理はどうなるのかということを知っていただきたいのである。


1993年の高値で購入した投資家、あるいは1996年の高値で購入した投資家は、その後の株価下落時に含み損を抱えることになる。

もうだめだと、そのまま塩漬けになっていた株式が、再びよみがえるのが再度高値に近づいてきたときだ。その際に、また含み損を抱えてはたまらないと、売りの力が増すのである。

ただ、それらの売り玉を全て吸収するほどの、圧倒的な買いの力(上昇)があればどうだろう。過去5年間に超えることができなかった高値を、あっという間に抜けたのである。その瞬間に、投資家の心理が変化する。急いで売る必要がなくなるのである。

この高値を超えるということ、それは過去5年間にこの株を買って保有している投資家は、誰一人として損失を抱えなくなるということなのである。保有している株式に含み益が生まれれば、心理的に「余裕」ができることは、投資家の誰もがわかるはずだ。

だから、その高値を超えたとき、売りの力が急減し株価は急騰。翌月には1991年の高値も突破し、バブル期の株価水準まで到達するのに、それ程時間はかからなかったのである。

つまり関門で止まらなかったら、それこそ注意しなければならないということなのである(例えば単に前高値に到達したという理由での安易な信用売り)。

この章の関門とは、「注意しなければならない株価の位置」ということを覚えておこう。



*注意A 関門で何度も止まるとは限らない。*


関門で、一度止まって反転したのならば、再度その位置にきた際にはどのように観測するのが良いのだろうか。

二度目も同じように反転下落する可能性は、一度目よりかなり低いとみるのが原則だ。

なぜなら、一度は反転下落したという事実を投資家の誰もが知った上で、再度その位置まで買い上げられてくるということは、その高値を上に超えると信じているからであり、より高い位置をみている投資家が多いからである。

図33の中でも、2度目、3度目は関門をすんなりと通過する例もあることがわかるであろう。


柴田秋豊師曰く、


「関門への初回トライは2/3が機能、一度機能した関門は次回以降1/3となる

(2/3は関門として機能しない、すなわち突破される傾向)」。

http://kainoosamu.blog137.fc2.com/



*注意B 関門では、株価は不安定な動きをする。*


ここまで読んでいただければ、これらの位置で株価の動きが変化する可能性が高いということが、よく理解できたかと思う。よし、これからはこの位置で仕掛けるぞと決心した投資家もいるであろう。ただ、この位置は、本当に難しい位置であることを忘れないでいただきたい。例えば、

買いたい投資家が少しでも高値を上に抜けたときに買ってしまうものの、後からみればほんの一瞬の飛び出しであったり、

売りたい投資家がその高値に到達後に少しでも反転下落すればすかさず売り(信用売り)を仕掛けてしまうものの、その後に高値を大きく超えて上昇したり

と、一筋縄ではいかないのがこの株価の位置なのである。この関門を学んだのならば、この位置を「過去にできた、多くの投資家の意識する因縁場であり、不安定な動きをするところ」と覚えていていただきたい。

少なくとも、目先の斜線切りなど、反転した際の順張りサインが確認できない時点で、「この位置で反転する」と決め込んだり、まだその位置に達していないのに「この位置を通過する」と決め付けたりしては、決してならないのである。

http://www.jasty.co.jp/knowledge/con/s_kiso/k_025/


__________________
__________________


B 柴田罫線の関門観測法

 『天底と転換罫線型網羅大辞典』で解説される関門とは


「相場の関所である。その関所は、過去の因縁場につくられる。因縁場とは、


過去にあった保ち合いや分岐点、押し戻り、天底、長大線の起点、斜線


などのことで、そこが、次の相場への検問所の役目を果たすのであ」り、「騰落途中の相場でも、この関所に差しかかると、「通過御免」かどうかの取り調べを受けるらしく、一時その進行が停滞する」


と述べられている。 そこで


「この関門の存在を知ることによって、相場が素直に動けばそうなるはずの、騰落の値幅を予測することができるので、本書の転換法則に従って、間違いのない自信に満ちた出動が可能になるのである。 

また、関門で売り押さえられたり、買い支えられたりしていた相場が、完全にその値を切れば、相場はすでに転換したものと判断できる。

“戻り歩調”と考えられたものが上騰に変貌したこと、“押し目歩調”と見ていたものが下落に変わったことを確認できるから、退陣かドテンかの決断がそれだけ容易になる」

とも述べられている。 だから「関門観測法」は、このような場面に対処する判断基準として、必要不可欠なものである。しかし「値幅観測法」と同様、あくまで前途の予想であって、この観測法1本に頼りすぎてはならないと述べられているのである。 また、なぜこれらの関門で上げや下げが停滞するのかについては


「関門は、過去における種々の材料が影響してできた相場の宿場である。決して偶然にできたものではない。それぞれの根拠や材料から、そのたびによく値ごろが検討されてできあがった宿場である。それで下げにくい難所では保ち合い、急坂では速力が早まる。

いずれにしても、その時々の材料がつくりあげた形跡である。以前に動いた道筋、すなわち前に下げたコースをたどって上げ、上げたコースを下げるのだから、以前に話題になった材料の解消、あるいは蒸し返し、または新規材料の存在が、各関門でその軽重を再検討されるのである。そのために起こる現象であると解釈すべきである」


と理由が述べられている。 『転底と転換罫線型網羅大辞典』では、関門には8種類あると述べられ、以下のものが挙げられている。


《売り型》 《買い型》

@前安値まで上げたとき           @前高値まで下げたとき

A上値斜線に突き当たったとき        A前押し目に入ったときの高値

B前戻り高値に顔合わせのとき        B前押し目の安値

C上値基道斜線まで上げたとき        C大勢下値斜線まで下げたとき

D前長大陰線の起点             D前長大線の起点

E前持保ち合い放れになった急所       E前保ち合い放れの急所

F前保ち合いの中心値            F前保ち合いの中心値

G前高値                  G前保ち合いの安値

 売り型と買い型を比べてみるとわかわるように、若千の違いがある。なぜこのような違いがあるかについては、柴田先生の考えが聞けない今となってはだれもわからない。


ポイント

 ・株価が前高値、前安値付近に到達したら、関門に注意して相場を観測しなければならない ⇒ 関門観測法

 ・過去最高値の関門を抜いたとき、株価は青天井になることがある 

 ・関門観測法の要点は

    安値の関門付近での買い法則で買い

    高値の関門付近での売り法則で売り 

が基本


     


●関門観測の事例−戻り高値、前高値●


前ページで紹介した関門のうち、前高値、前安値(天井値、底値を含む)、戻り高値、押し目の安値についてペンタックスのネットメンバーサービスの画面を使って、実際の売買ポイントを含めて簡単に説明しておく。まず、買いのポイントを関門とからめて説明すると、


画面図の「@前安値の関門(三像形成)」で示した部分でそれまでの下げ基道に終止符を打って、株価は上昇。

250円を超えたところでAに示した「戻り高値の関門」で上げつかえて下落した。

ところが、@前安値の関門付近まで下げると、下げ止まりをみせ反発。

上値斜線を陽線で上に抜いたところで「いき」買いを出した。

安値の関門付近で買い法則を出したこの時点が、買い出動のポイントとなる。

その後、株価は急上昇するのだが、今度は利益確定のポイントとして高値の関門をみていく。

Aの戻り高値付近の関門付近では、陰線1本の押し目をつけただけで再び上昇している。

そうなると、グレーの帯で示されたBの戻り高値の関門が、次の高値の関門として意識されるのだが、ここも長大陽線であっさりと上に抜いている。

ここまで上昇すると、Cの前高値の関門が最後の関門として意識されるのである。

株価がこの付近(450円付近)まで上昇したときに、下値斜線を陰線で下に切る、あるいは保ち合った後に下放れるなど棒足での売り法則出現あるいは、鈎足で売り法則が出れば、利益確定のメドとなる。

ただ、必ず高値の関門付近まで上昇するという決まりはないので、現在の罫線に下値斜線を引いておき、その下値斜線を陰線で下に切ったら「いき」売りと判断して利益を確定させるのはいうまでもないことである。

http://www.seiko-eri.co.jp/main/images/manabu-no15.pdf


 

ヤクルト本社の週足罫線図を見ていただきたい。

1999年8月の高値から2000年の1月にかけて、図示したような三段下げとなっている。この三段下げは


「三段下げが、基道下値斜線、値幅測定法、関門観測法、いずれかの止まり値に到達すれば底値」


という定義の、棒足第十一法則の「いは」型となっている。

ちょうど三段下げの安値が、前安値の関門付近で止まっているのがわかるはずである。


関門観測法も天井と底をとらえる手がかりとなる。関門となる前高値、前安値が天井や底値を形成していることが多いからである。

つまり、段上げ段下げ法と関門観測法を上手に組み合わせて罫線を読めば、天井や底を判断する有力なヒントをつかめるといっていいだろう。

もうひとつ、今度は高値の関門付近まで三段上げで上昇し、天井を打った例を掲げておく。

ご自分でどこが三段上げで、どこが高値の関門となっているのかを確かめていただきたい。


 
 
天底をとらえる――関門観測法

天井や底をとらえるのは難しいが ⇒ 段上げ段下げ法に関門観測法を組み合わせて判断の目安とする

http://www.seiko-eri.co.jp/main/images/manabu-no17.pdf


__________________
__________________

5) チャート分析

(1)チャートの見方

柴田罫線理論基礎講座
http://www.jasty.co.jp/knowledge/con/s_kiso/

「柴田罫線」を無料で学べるWeb講座(全24回)
http://www.seiko-eri.co.jp/main/lib/series.html

Harvest Chart
http://www.harvestchart.com/oldpage.files/oldpage.htm

トレンドライン
http://www.forexwatcher.com/pattern/trend_l.htm

トレンド・チャンネル
http://www.forexwatcher.com/pattern/channel.htm

ダブル(トリプル)・トップ(ボトム)
http://www.forexwatcher.com/pattern/w_top.htm

ヘッドアンドショルダー
http://www.forexwatcher.com/pattern/s_h_s.htm

三角保合い
http://www.forexwatcher.com/pattern/triangle.htm

フラッグ / ペナント
http://www.forexwatcher.com/pattern/flag.htm

ダイヤモンド・フォーメーション
http://www.forexwatcher.com/pattern/diamond.htm

ウェッジ
http://www.forexwatcher.com/pattern/diagonal.htm

_____________


(2)エリオット波動

DVD 杉田勝のエリオット波動入門 理論編 ダイジェスト
http://www.youtube.com/watch?v=OcPjHhBkwJI

松下誠のFX動画解説 エリオット波動原理
http://www.youtube.com/watch?v=lj138EEnwpU

エリオット波動原理
http://cardamon.onmitsu.jp/elliott.htm

エリオット波動原理の三原則
http://cardamon.onmitsu.jp/elliott-gensoku.htm

推進波のウェーブ・パターン
http://cardamon.onmitsu.jp/elliott-suisin.htm

調整波のウェーブ・パターン
http://cardamon.onmitsu.jp/elliott-chousei.htm


エリオット波動
http://fxgaitame1.blog89.fc2.com/blog-entry-325.html

フィボナッチ係数
http://fxgaitame1.blog89.fc2.com/blog-entry-327.html

エクステンション。イレギュラーなパターン
http://fxgaitame1.blog89.fc2.com/blog-entry-347.html

ダイアゴナル・トライアングル
http://fxgaitame1.blog89.fc2.com/blog-entry-504.html

エリオット波動理論の威力


タイム・ターゲット
http://www.forexwatcher.com/topics/topic_1.htm

フィボナッチ比率
http://www.forexwatcher.com/topics/topic_2.htm
http://www.forexwatcher.com/pattern/fibo.htm

三角保合い
http://www.forexwatcher.com/topics/topic_3.htm

ファンライン
http://www.forexwatcher.com/topics/topic_4.htm

エリオット理論を使用した簡単なトレーディングの基本。

・波動カウントを行う場合は最も判りやすい第3波動を見つける。

・トレードの参入は第1波動、第2波動を確認した後、第3波動が第1波動の高値を抜いてきたときに参入するのが安全な戦略。

仮に第3波動でギャップ(窓)を生じれば、自信を持ってトレンドに追随する。


・三角保合いが形成されれば、第4波動あるいはBウェーブの可能性が高く、保合いの放れにつき、第5波動あるいはCウェーブを取りに行くことが基本。


・第3波動で延長が見られれば、第4波動の保合いは乱高下の様相を呈するのでトレードは一旦休むこと。


・Bウェーブには注意を要する。しばしば高値を更新し、トレンドが再開されたと騙されやすい。騙しのBウェーブともいわれ、一文抜け天井となりやすい。
http://www.max-value.com/technical/tec/tec1_erioto.htm


________________


(3)値幅予測


http://www.forex-meister.com/index.html

転換日予測

初項=1,第2項=1として,隣り合う項の和が次の項の値となるような数列をフィボナッチ数列という。

・A(n+2) = A(n) + A(n+1)

・1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597………

フィボナッチ数列を使用し、転換日を予測する
http://www.forex-meister.com/change_day.html


フィボナッチリトレースメント
http://www.forex-meister.com/tecnical.html


一目均衡表計算値
http://www.forex-meister.com/tecnical.html


エリオット波動計算


エリオット波動

エリオット波動は米国のR.N.エリオット氏の理論です。エリオット波動論の基本概念は、マーケットの動きには予測可能な波動パターンが存在するというものです。

5つの上昇時の波動(1〜5)と、それに続く3つの下降時の波動(A〜C)で構成され、合計8つの波をもってそれが1つの周期となり、そのパターンで相場は展開すると考えます。

波1、3、5は上昇波で、波2、4は全体的上昇トレンドのなかの調整波です。

また、波5の上昇が完成したあと3つの調整波が始まり、その3つの調整波はa、b、cで構成されます。


第1波動


第1波動の値幅は全ての上昇波の基本となります。

第1波動は値固めの過程であり、相当下落した水準からの単なる反発としかみえません。

基本的に長きに亘る弱気相場が終了して、その立上りの波動であるため、スタートは急騰気味(踏み上げ相場)になるも長続きしません。

この時点では大部分の投資家は依然弱気のままです。

通常5つの波のうちで最も短いですが、大きな底値形成後などには稀に力強い波動を形成します。


第2波動

第1波動の0.382、0.5、0.618押しが基本であり、第1波動の大部分を戻すこともあります。

第1波動のスタート地点を下回ることはありません。

第1波動(上昇)と第2波動(下落)の1サイクルで準備段階的な構成要素をもちしばしば、ダブルボトムや逆三尊パターンが出現する。


第3波動


第1波動の1.618倍、2.618倍、3倍を第2波の終了点、または第1波動の天井から計測します。

エクステンションの発生時には、2.618倍〜4.236倍になることがあります。

最も勢いのある波動で、出来高もこの過程で最大となり、エクステンション(拡張)の可能性が最も高くなります。

第1波の頂上を突き抜け、伝統的なブレイクやトレンド系指標がシグナルが出現します。

第3波は通常一番長く、最も力強いものとなり、第3波が5つの波のなかで最短になることはありえません。


第4波動

第1波動の全値か1.618倍。あるいは第3波動の0.382、0.5、0.618倍を戻します。

第4波の調整は第3波の上昇(下落)幅の38.2%〜61.8%に収まることが多いですが、第2波が小さかった場合には大部分戻すこともあります。

その場合は、第5波が最長になる場合もあります。

トライアングル等の複雑なフォーメーションを形成し、非常に計測が困難です。

比較的利益を出しやすい第3波動が終了して、慢心な投資家が第4波動で更に玉を増やすため、値幅の大きい乱高下を演ずる。

第4波の底は必ず第1波の頂上より上になるということが、エリオット理論の主要な原則の1つとされます。


第5波動

第1波動の0.382、0.5、0.618、1倍、または、第4波の下落幅の1.618倍の上昇となります。

状況によっては第3波全体の上昇幅の1.618倍以上の上昇になることもあります。

また、底値から第5波動の天井までは第1波動の3倍が目安となることもあります。

踏み上げ相場の様相を呈し、三空を生じる事もしばしばあります。

出来高は価格上昇に追随しなくなり、オシレーターも逆行が生じて、相場の天井を警告することが多くなります。

第5波は通常第3波ほどの力強さはありませんが、商品市場ではしばしば最長の波となり、エクステンションを伴いがちです。


A波動


第5波動の0.382、0.5、0.618押し、あるいは第1波動0.382、0.5、0.618、1倍を下落します。

また、第4波動のボトム近辺が下値支持線として抵抗を受けやすいです。

a波は上昇トレンドにおける単なる戻しと勘違いされます。

a波が5つの波に細かく分かれたときは、そうでないことが明確となります。

B波動

a波動の0.382、0.5、0.618を戻します。

b波動の上昇はまだ天井を打っていないという市場心理が働き、天井近辺まで急騰することもあります。

戻り幅は、通常の場合a波下げ幅の61.8%以下ですが、場合によっては100%に及ぶこともあります。

b波は新しいトレンドにおける反発ですが、通常出来高は伴いません。

b波の出現時は買い持ちを解消する最後のチャンスとされており、同時に新しい売り持ちを作るチャンスでもあります。



C波動


a波動の0.382、0.5、0.618、1倍か1.618倍を下落します。

またcの目標値は第1波スタートと地点から第5波天井までの0.382、0.5、0.618押しが目安となります。

最低でも0.382は必ず下落します。

また第4波動のボトムも支持線として働きます。

このc波も内部に5波動の波を含みます。

c波の出現により、上昇トレンドの終わりは疑いの余地がないものとされます。

第4波とa波のボトムを結ぶトレンド線を引くと、有名なヘッド・アンド・ショルダーがよく出現します。

http://www.forex-meister.com/elliot.html

__________


三角保ち合い放れ 計算

三角保ち合い

三角形の保合いの中で、五波のジグザグを繰り返し、エネルギーを蓄積します。

そして、三角形の抵抗線を抜いたとき、波は勢いよく放たれます。

三角形の最大幅の値幅分を、第五波のポイントから上昇または下落すると計算します。
http://www.forex-meister.com/triangle.html


ヘッドアンドショルダー計算


ヘッドアンドショルダー

ヘッド・アンド・ショルダー(三尊天井)とは、ヘッドと2つのショルダーと呼ばれる3点により天井を作る形態です。

中央のヘッドと呼ばれるものが両脇のショルダーと呼ばれるものよりも高くなりますが、場合により変動します。

もっとも信頼性の高いチャートパターンとも言われています。

ネックラインがブレイクされたあと,ヘッド・ショルダーからネック・ラインまでの値幅分を下落すると計算します。

http://www.forex-meister.com/head_and_shoulder.html

__________________
__________________

6) 結局、デイトレードは日雇い労務者向けのギャンブル

柴田豊秋 柴田罫線「諺」一〇八話集

第十話 罫線観測の心得


ネット売買の普及で株式、商品相場も五分、十分といった小刻みな波動を観測出来る便利な時代で私共の時代とは雲泥の差がある。手数料も安く、便利で取っ付きやすく大変喜ばしいと思う反面、再三警鐘も鳴らしてきた。

第十一話 日計り一度経験身に付いたら中々矯正できない


人間の癖、技術、スポーツ等々一度身に付くと中々矯正が難しい。

一日に五〜六回も日計りで売買することが当たり前と思い実行している投資家が大半と聞いているが、一日中ネットに張り付き仕事も手に付かずデイトレードに明け暮れる。

私は、これは異常で本来の投機、投資ではなくただのギャンブルとしか思われない。

投資金額の差の違いはあっても大半は失敗して始めて相場の恐ろしさを思い知り投資放れの悪い結果も予想される事を心配し愁う。
これは投資とは言えず日雇い労働者のようであり、言い過ぎか、今後共この相場投資方法で大成する事は難しいのではないか。

第十二話 柴田罫線にも目先張り「セリ」売買がある


確かに父存命中は大勢的に週足、日足、節足が売買型となり、建玉の仕込み、仕手舞、最終段階で仲買店より直接電話で「セリ」を入れていたが、現在の日計りとは意味が違っているので迷惑であり今一度再考を。
http://www.zubakabu80.com/sisan_history/20090416.pdf

第十八話 次節、目先なら誰でも瞬間的に解るが仕掛けのタイミングが重要


今日はネットでの売買、大変便利な時代ではあるが反面トラブルも多発していると聞き、昔の場立(手振り)が懐かしくも思うがこれも時代の流れか。

昔から場立に蔵が建ったためしなしの言い伝えがあるが、場立の人は自社からの指令にて売買する。株数、枚数、仕手筋の動きが一番解るのが場立の人達であり、目先が解り過ぎ大儲けし大成したとの話しは私の長い相場人生で聞いた事がない。

あまりにも目先の動き情報が解り過ぎる為か、現在の日計り売買に似ているのではないか、杞憂を感じているが取り越し苦労とならなければ幸いだが。
http://www.zubakabu80.com/sisan_history/20090618.pdf

第十九話 押し戻りまで取ろうとするのは素人の遊び


過去相場師と今日迄語り言い伝えられた人物、父秋豊も同様だが、

押し戻りは絶好の買い増し・売り増しのチャンスと、虎視眈々と狙ってきたと父に教えられ指導され、目先にこだわるなと教えられた。

相場には必ずや押し戻りがあり、それが次回売買のエネルギーとなり騰落の原動力となる罫線観測はこのエネルギーの「力」の均衡を見破り示唆するのが罫線である。

ネットの普及で手数料も安く簡単に自宅で売買ができ投資家自体が目先の利益に左右され小さく固まったように見えるが思い過しか。

第二十三話 損でも手数料が入る甘言に乗るな


ネット売買の普及で手数料も安く手軽に売買が出来る結果一日中ネットに張り付き五〜六回も売買していると聞く。しかし手数料を合計すると結構高い手数料を支払っているのではないか。

一時的に儲かることもあるが、危惧しているのは一度目先張りに手を染めると中々大勢張り、大相場には戻れないのが通例である。

第二十五話 相場は隠れた材料を知る事が肝要


渋沢栄一氏が株式会社を立案し資本拡大に寄与した事は周知の通りである。明治維新後資本家は地主、先祖代々現物株券で長期的に値上がり配当を目的とし子孫に財産を引き渡し継ぐ事に貢献したが時代は変わった。今日の投資家の大半は騰落値幅の鞘が目的で目先の利益に走っている。

何れの目的でも罫線観測は表に出ていない隠れた材料を発見し、掘り起こして看破し便乗するのが罫線観測の法則、法示であることを認識する。


第三十話 出動は最良の型と動く銘柄を選ぶ


相場は売り買いの二通りだが株式は上場銘柄が数千、その中から数銘柄を選択するのは至難の業であり迷いも生じる。現物なら大勢的に長期間に亘って観測も出来るが資金に余裕がない投資家は中々出来ることではない。ましてや今日ネットで日計り売買が大半で一喜一憂しているが、平均株価、為替、業種別で選択し波動のある銘柄を抜粋し時々の花形株数銘柄選び出し罫線観測を進める。

http://www.zubakabu80.com/sisan_history/20091217.pdf


_________
_________


関連投稿


小泉先生は真性のS?
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/305.html

平成バブル崩壊と ソロモン・ブラザース証券 相場師列伝3
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/258.html

ジョン・メリウェザーだけが同じ大失敗を何度繰り返しても再起できる理由
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/433.html

ゴールドマン・サックス一人勝ちの秘密教えます_1_ 勝ち組になりたかったらこれ位の努力はしようね
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/364.html

ゴールドマン・サックス一人勝ちの秘密教えます_2_ 勝ち組になりたかったらこれ位の努力はしようね
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/365.html

史上最強の投資銀行 ゴールドマン・サックス_その強さの秘密に迫る_1
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/360.html

史上最強の投資銀行 ゴールドマン・サックス_その強さの秘密に迫る_2
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/361.html

竹中平蔵物語
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/301.html

さてはてメモ帳(心臓の弱い人は読まないでね) 
http://satehate.exblog.jp/15342781/

________

これを座右の銘にしてね : 相場をやる奴はみんな人間の屑、社会のダニ


11. 2011年1月02日 04:04:29: eW2IOhofLc
こんなもん柴田罫線の宣伝じゃねぇか!辞典にしっかりと斜線は常に引き直すものと解説があるように観測と投資は全く違うものだ。何十万も払う罫線観測辞典にうまく誘いこんでこっそり損させる気か?50円以下の株の分析なんか出来ネェだろ!

12. 中川隆 2011年1月02日 19:13:21: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

僕はずっと柴田罫線を批判してたんですけどね。 これ読んで:

62投稿者:wnori  投稿日:2005年11月03日(木) 11時54分54秒

中川隆 : トレンドラインを引けるのは天才だけ 

に反論できる者もいないようなので 

斜線は相場に合わせて何本になろうが良い。詳細は書かないが 斜線離れにしか見ていない 何故なのか理解できれば また これが解るまでになったとしたら 何時までも素人を相手をしている自分の未熟さを知れ。柴田罫線は奥が深く 無駄な時間の労使はやめるべし。

389投稿者:wnori  投稿日:2005年11月27日(日) 11時59分44秒

通常公開されてる情報では 中川さんの情報判断でも仕方がないとは思いますが 罫線観測の限界を知った上での書き込みとなりますと おそらく違った内容になる物と想像しております。

実際として罫線で 罫線だけで相場が読めることは 大分以前から解っておりましたが おそらく 数少ないでしょうが 知る者は表には出ない(情報)ではないかと思います。一般に相場師に また 相場で稼ぐ憧れるのは解ります。

相場師とは何処まで含んで相場師と言うのかは解りませんが 罫線だけで食ってはいますが 同レベルでの罫線 (見方)を知れば 誰でも成れるものと思います。経験から言いますと 罫線の研究とは長期観測しか 解らなかった実力を 末短期まで(時間単位)知るレベルを上げる事ではないでしょうか。現状での相場に 踏ん切りが付かなく手を振れないのも解りますが おそらく 知れば場に合わせ 簡単に手を振り注文できる事を想像しています。


390投稿者:wnori  投稿日:2005年11月27日(日) 18時53分47秒

以前 中川さんを見ているだけの人と茶化しましたが 指摘の通り実情はプロ 相場師の実態が実情ではないでしょうか これでは見ているだけ 正当な手法に思えます。質問ですが 只相場師が憎い 素人の相場の警告の為の書き込みなのかは 未だに解りませんが教えてください。或いは信者の為の?

391投稿者:wnori  投稿日:2005年11月27日(日) 19時58分38秒

結局 あれこれ試した観測法が 自分が考えて寄せ集めた罫線図では 場に対して判断 決断できないのが実態ではないでしょうか。これが柴田罫線の批判の書き込みとしたら この辺で止めにしたら。

罫線を充分 理解されての批判でしたら説得力がありますが 同じ程度の観測法が他にもあるのに 一方的柴田罫線批判はどうでしょうか。


800投稿者:中川さんョ、  投稿日:2008年05月28日(水) 08時15分52秒

買い転換したら合わせれば、

反撃が遅いようだが 昼 出稼ぎかいな、良かったじゃないか 外部から聞かれるくらいの有名人で、返答も面倒だから 千葉の人に聞けョ、


909投稿者:中川へ  投稿日:2010年12月05日(日) 00時20分45秒

中川 <キッサマ 

あれほどこき下ろしてた柴田罫線をいつから擁護することに...

ばかめ ミイラとりかい?

910投稿者:中川隆  投稿日:2010年12月05日(日) 15時33分13秒

柴田罫線の事を書くとアクセス数が上がるのがわかってるからさ。

911投稿者:中川へ  投稿日:2010年12月06日(月) 09時44分03秒

ふふん 笑わせんなよ

柴田秋豊など最早時代遅れ死んだも同然
もちろん本人は墓ん中だが
故にキッサマ中川も死んだも同然
http://www.amezor.to/shiso/051029193358.html


_________


100円以下の株はデイトレードでしか売買してはいけない株ですから。

危険な会社の判別法

☆ 企業の典型的な倒産パターンは


業績の悪化 → 赤字の累積 → 資金繰りの悪化

→ 高利金融の導入・融通手形の濫発 → 信用不安 → 株価の急落

→ 金融機関が融資をストップ → 不渡りを出して倒産


1. 財務指標


1) 株主資本 が 30%未満 まで下がった.

(剰余金が急減 → 欠損金が出る → 債務超過)

2) 当座比率 が 30%未満 まで下がった.

3) 負債比率 が 250%以上 に上がった.

4) 有利子負債依存度 が 45%以上 に上がった.

2. 業 績

1) 3期以上連続 で 赤字・無配

☆ 3期以上連続 で 売上高 と 経常利益 が両方共 減少すれば 赤字に転落する.
官公庁 では 赤字決算 を1度でも出せば 入札制限 を行う所が多い.
5期以上 減収・減益 が続けば 典型的な 倒産パターンだと考えた方がよい.


☆ 5期以上連続赤字 で, 累積赤字が月商の3〜4ヶ月以上 になると 第三者割当増資 をする以外には事業存続の見込みはなくなる.
安定した親会社 か 一流のブランド名 を持つメーカ-でなければこれも不可能.


☆ 倒産寸前の会社 が発表する 来期の 業績予想数値 は全く信用できない.
倒産直前での 新営業拠点の開設 や 新製品・新事業計画の発表,経営不安の否定等 は日常茶飯事


2) 営業キャッシュフロー と 投資キャッシュフロー が両方共 2期以上続けて赤字


☆ 業績 や バランスシート に全く問題のない会社でも, 営業キャッシュフロー と 投資キャッシュフロー の両方の赤字が続くと, 金融機関の貸し渋り で資金がショートして 簡単に倒産する.

3) 金融収支(受取利息・配当 − 支払い利息・配当)が大幅に赤字 になった.

4) 財務キャッシュフロー が 大幅に 赤字 になった.

☆ 信用不安 で 銀行 が 融資金 を引揚げている.


3. 流動資産


1) 1年で 現金 及び 預金が4割以上減少した.(現金・預金は粉飾できない.)

2) 売掛金・有価証券が急減した.(現金化しやすい資産から処分していく.)

3) 棚卸資産が増加した.(製品が売れないでダブついているか 粉飾決算 に利用されたかのどちらか)


☆ 棚卸資産 は 粉飾決算 に一番よく利用される.(在庫の水増し)
流動比率 が 当座比率 と極端に違う場合には,棚卸資産 が膨れ上がっている.

4) 貸付金・貸倒引当金が急増した.(関連会社への短期貸付金が焦げ付いた.)


☆ 粉飾決算では, 本来 貸倒引当金 に転記すべき 1年以内に回収のできそうもない不良債権や 破産債権 を 売掛金 として計上していることが多い.


☆ 業績 や バランスシート に全く問題のない会社でも, 保証債務・簿外債務 が資金繰りの悪化をもたらし, 突然倒産することも多い.


4. 固定資産

建物・土地が減少した.(資産を売却して凌いでいる.)

5. 負 債


1) 短期借入金が急増した.(資金繰りに窮している. 借入金は粉飾できない.)

2) 私募転換社債を発行した.(銀行から融資を受けられない場合の最後の手段)

3) 長期借入金が減り,その代わりに 短期借入金が増加した.(銀行が貸金を引き揚げた.)

4) 支払手形・買掛金が急増した.(形振構わず 融通手形 を濫発している)


☆ 高利業者に融資を申し込んだり 手形割り止め になると, 信用不安の噂が広がり 倒産に直結する.

6. 株 価

株価が1本調子で下げ続け

貸借銘柄 … 50円以下(額面割れ)
品薄株 … 100円以下

の水準まで下げる.

☆ 機関投資家 や 投資信託 は 社内規定 により 株価が 100円未満 になると 機械的に 持ち株を処分売りするので, 株価 が 150円 以下 の株 は 意図的な 空売りで 100円 未満 迄 売り叩かれる.


☆ 株価 が 50円 以下 になると 信用不安 から 銀行 からの 借入れ や 取引先 からの 仕入れ ができなくなる.


☆ 外人投資家 は 出来高の多い銘柄 だけしか売買せず, 業績の悪い銘柄は徹底的に売り叩くので貸借銘柄 は 額面割れ まで売り込まれる. 品薄株は外人投資家の影響を受けないので 100円前後で下げ止まる.


☆ 取引銀行 は 融資 を 引揚げる前に 持ち株 を 処分する ので, 株価 が 急落して100円 を割り,その後 少し 戻したところで 会社更生法 の 申請 が 発表される.

7. その他

1) 大株主上位5社 から メインバンク や 取引銀行 の名が消えた.

(企業の情報を一番正確に把握しているのは メインバンク )

2) 大株主上位5社 に 証券会社 や 日本証券金融 の名が入いる.(実質的には仕手グループの持株)


3) 社員数 が急減した.(無謀なリストラをしている.)

__________


ついでですが、デイトレードをやってると必ずこういう風にセコくなるので止めといた方がいいですよ:


478 :山師さん:2010/12/16(木) 19:51:26 ID:7cpTc5wM

試しに出来高の少ない二部でやってみればいいだろ 自分の注文だけは全板が見えるだろ

上にちゃんと自分の売りを置いて、下から上に向かって食っていく 少な目にね

アヒャ

必ず自分より先に食ってくれるのがいるからww 

そういうのを煽るだけでいい

結果として同数売りで同数買い上り、でもコストは先回りがいるから安くなる

一日で利回り1パーは越える これだけで十分という・・・わけで

誰だって最初から自分の売り分、買い分だけは見えてるだろ

いくら動いてもどういう動きになってもゴミだけがリスクを犯してるだってだけで、こっちはサヤ取れるだけ

別に価格操作ですらないww


13. 中川隆 2011年1月03日 15:59:14: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

ここら辺はまだかわいいけど、段々と…

46 :山師さん:2010/10/26(火) 18:54:01 ID:xRL+y+9J

酒田五法の足組みをまず暗記すること

208 :山師さん:2010/11/10(水) 11:06:50 ID:PtVL8K2R

MACDは有効ですよね。

っていうかMACDって根幹部分が移動平均の概念で出来てるんで理解出来てるん人にとってはいつ、どこで機能するか?どんな銘柄で機能するかは簡単にわかります。

実際に慣れてくるとローソク足のみでMACDと同じタイミングで入れますしね。

タイミングがわからない人は使った方がいいかもですね。

734 :山師さん:2011/01/02(日) 12:01:25 ID:mRw23k/5

RSIが1ケタ。
−2σに3回下に突っ込んだ。
MACDが2回DCした。

これを確認してLで3回に分けてエントリーすれば誰でも勝てるんじゃないか。

行き過ぎは必ず調整されるから下げ相場・上げ相場関係ない。

326 :タコ ◆rDGuVmz79Q :2010/11/28(日) 07:42:45 ID:sxJ4ioRo

例えばさ、日中の先物VWAP乖離率の+-アベレージはいくらよ
ある時の三ヶ月くらいなんて、必ず+1%になったら売り、-1%になったらでかならず儲かった、でもいまは通用しない。


328 :山師さん:2010/11/28(日) 10:38:08 ID:VxamuyV1
>>326
儲かる手法ってやつはすぐに使えなくなるからね。問題は手法なんかじゃないよ。小手先の手法で利益を出す事ももちろんできるけど。


136 :山師さん:2010/11/06(土) 15:07:40 ID:QnSpv+Ci

勝ち続ける手法なんて無いよ BNFの移動平均剥離率も今は使えないよ 

経験からくるカンですよ

329 :山師さん:2010/11/28(日) 16:49:15 ID:+Q6pM14m

BNFは金の流れを見るといってるな。 これはファンダもテクニカルも関係ない。
ただどうやって見ればいいのか? 同じ流れが続けば簡単だが、流れはしょっちゅう変わるからな。
このへんどうよ?

331 :山師さん:2010/11/28(日) 17:40:26 ID:S2ah9erM
>>329
BNFさんとお話しさせていただいた事がたった一度だけあります。

BNFさんは成功した理由は運が良かっただけだとおっしゃられました。時期が違っていたらこうはなっていなかったと。

手法も聞きましたが初めて聞いたような内容は1つもありませんでした。私には話してくれなかった可能性もありますが。

金の流れの事もおっしゃられていましたが「最も重要なのは感覚的なものです。」とおっしゃられていました。

BNFさんの一番すごいとこはどこだかご存じでしょうか? 確かに地合いが良かったのは間違いないと思います。

だけどBNFさんの最も優れている能力は間違いなくリスク管理能力です。


358 :山師さん:2010/12/02(木) 19:01:28 ID:Wa+p5bAG

確かに勝つ方法で一番大切なのは損切りって答えてたからな
つまり勝って負けて勝って負けての繰り返しで最後に勝った所で止めてんだろうな

あとここまで儲かったのも運が良かったとか地合いが良かったって答えてたな

359 :山師さん:2010/12/02(木) 23:12:21 ID:KWeCqmyz
>>358
地合いは利益を爆発的に伸ばす為に絶対欠かす事のできない要素です。これは証明するまでもなく常識的範囲の見解です。
しかし、BNFさんがトレーダーとして能力が低いという意味ではないです。 BNFさんのリスク管理能力は本当に最高レベルの域に達していると思います。

能力の低いトレーダーが大儲けする事もありますが能力の高いトレーダーが損する事も起こり得ます。つまり負ける時の損失を最小限に抑える事ができるトレーダーがなかな

かよないのです。

461 :山師さん:2010/12/15(水) 19:39:04 ID:+eUX28Nh

実はここ最近、ある銘柄で必ずと言ってもいいくらい同じ動きをしている銘柄がある。

おそらくなんらかの理由で一定価格以下に下がらないように買い支えをしているから支持線を絶対に割らないという美味しい銘柄がある。

他にもないか探してるんだけど美味しい銘柄ってみんな何個くらいもってる?

この銘柄に関してはここ一年間売買して勝率100%だ。この手法が通用しなくなったら即捨てるけど通用する限りガッポリ儲けるつもり。あとどれくらいもつかな?勝ち続ける

人ってこういった銘柄探しが上手いのかね?

487 :山師さん:2010/12/18(土) 14:20:46 ID:O+IfbA+B

ある銘柄ってシナジーだろ。 他にねえからな。
終了。


488 :山師さん:2010/12/18(土) 14:42:57 ID:wRpkDLHw

シナジーなら72%どころじゃなじ2000円弱が6000円
9月前後に買っていれば600円前後


577 :山師さん:2010/12/24(金) 09:56:53 ID:+Q9+VBJp
特買いが点灯してる銘柄に仕込んでおけば嫌でも上がると思うんだが

587 :山師さん:2010/12/24(金) 23:13:25 ID:+GfLy4lp
月曜に売り残の膨らんだ銘柄を寄り買いしろ
そしたら買い戻し相場で利益が出る
7251


588 :山師さん:2010/12/25(土) 00:27:40 ID:Vi5fe5Be
>>587
ずいぶん古い手法を使ってるねw


569 :山師さん:2010/12/23(木) 22:28:05 ID:LyIXsRnq

もし仮にここに儲かる方法を誰かが書いたとして、みんなが金持ちになれる?

ここに書いて誰も見向きもしない方法なら儲かる可能性はある。だがみんなが、お!これは儲かりそうだ!って思った手法なんかはみんなが一斉に真似して効果がなくなる。

直近半年間位で通用した手法とかはその典型例だ。つまり一番大切な事に気がついていない人は一生儲かる方法を探し続けるんだ。 一生かけてもみつからないのにね。

619 :山師さん:2010/12/27(月) 21:09:51 ID:x32vf9as

半年間毎日やって負けなしだった手法がこの数日間全く通用しない・・・というか100%逆に逝ってる・・・


649 :山師さん:2010/12/29(水) 11:34:18 ID:WjXdVwh+
>>619
下げ相場と上げ相場、ましてこの過剰流動性相場で同じにやって勝てるかよカス

629 :山師さん:2010/12/28(火) 08:31:46 ID:uhXf9Q6i
>>619
つまりマグレだったって事だよ。もしくは相場が変化した。


634 :819:2010/12/29(水) 06:35:26 ID:PYcjOy5D
>>629
手法自体はマグレとかそういう博打手法じゃないんですよね
鉄壁の守備で最高級の攻撃力を持った理論的な手法です。これ以上の物はこの世に存在しません。
それが全く通用しなくなった・・・


637 :山師さん:2010/12/29(水) 08:09:02 ID:U3ijVQoE
>>634
通用しなくなった時点で完璧ではないわけだが。ぶっちゃけてしまうと俺は分散投資で食っている。上がるか下がるかってのは誰にもわからないという考えがベースになって

いる。テクニカルもファンダも使わない。

基本的に現物買いのみ。下がったものはさっさと処分して次に有望だと感じたものだけを買う。日本株は他のマーケットと比較して出遅れ感があるのでじっくり買っていけば

有利だと考えている。

でも二年前は全く違う手法を使っていた。長い期間同じ手法を使って専業を続けている人は知り合いの中ではいませんね。同じやり方一つで食べていけるような甘い世界では

ないので。

さらに一つ付け加えると相場で誰も思い付かなかった手法を開発したと考えた時点で負け組確定です。

621 :山師さん:2010/12/27(月) 23:32:31 ID:QUup3L1/

cisは買った後引け間際に引け成買い出してディーラーの買い誘って上げて直前に引っ込めて売り処分するやつだっけ?
もうあんなの今じゃまったく通用しないよw

626 :山師さん:2010/12/28(火) 05:33:21 ID:lTRPpWE3
>>621

そんな単純な手法で勝ち続けられるわけないだろ

シスは勝つための考え方を書いているんだよ
そこから勝つ方法は人それぞれ見つけ出せる
勝ち組が読めばなるほどなって分かるように書かれている

628 :山師さん:2010/12/28(火) 07:45:58 ID:aJ7270Xu
>>621
そんなので勝てると思うそのお花畑脳をどうにかしたほうがいい。
たとえ本人が言おうがな。

631 :山師さん:2010/12/28(火) 08:37:09 ID:uhXf9Q6i
>>621
そのまんまじゃやくに立たないけど応用版はまだ使うよ俺は。
あんまいいたくないけど古い手でもアホみたいに儲かる手法も存在する。効果なくなったら教えます。


224 名前: はねつき(大阪府)[] 投稿日:2010/12/23(木) 10:45:36.40 ID:V6hStmzd0

株は、日足チャートで陽線が立ったものを引けで買って、次の日もしくは明後日の引けで売る

こういう売買のリズムを持つことが出来る


228 名前: はねつき(大阪府)[] 投稿日:2010/12/23(木) 11:03:07.33 ID:V6hStmzd0

たとえば今のドル円 基準線に接触して、遅行スパンが実線に接触してんだろ

これが株なら、基準線で反発して、引けが陽線で終われば、買いシグナル

LCは基準線の下

そこから二日上昇すれば大満足で、別の銘柄に乗り換えればいいわけだけど、日足でのシグナルなんて一月に一度でるかどうかじゃん

株は、


@監視銘柄を多く持つ
 
A仕掛けと利食いとの違いを理解すること

これは、仕掛けは理想的な時を待たねばならないが、利食いは腹三分で十分という違いね

B売買のリズムを持つこと


@ABは、バラバラに存在するわけではなく、相互に関係する
理想的な時を待てるのは、監視銘柄が多いから

利食ったあと相場が延びても悔しいと思わずに済むのも、監視銘柄が多いためすぐに次のチャンスがくるから
そうすると、仕掛けて利食って、仕掛けて利食ってに、リズムが生まれて好循環が生まれてくる


昔の自分も含めて株で勝てない人は@ABの反対をやってるんじゃないかな

監視銘柄が少ないから、焦りがうまれチャンスでもないところで出動する
たまたま上昇すると、少ないチャンスをものにせんとして利食いが遅れる
売買のリズムを持たないから、ザラ場中のささいな出来事にも大慌てする
次第に精神的にも鬱屈する

自分は一目均衡表オンリーで、均衡表信者を自任してるけどMAを使う場合でも、結局のところ、小幅の陽線で出動して、吹いたところ大陽線で売るというトレードになると思

う (仕掛けに関しては、伝統の均衡表理論による理想的な出動場所を求めるが、利食いに関しては計算値の出現を待たない)

勝ててない人のトレードは、モミアイからの放れを示唆する小幅陽線を待てないで、モミの途中か下落の最中に手を出すか、すでに吹いたところ利食いすべきところで出動し

てんじゃないかな

昔のようにトレンドが続いた時代ならともかく、今は動いたの見てから出動しても遅いからね

テクニカルは何を使っても、あるいは使わなくても同じというのは、そういうことじゃないかな


729 :山師さん:2011/01/02(日) 09:34:29 ID:ySRicy9O


2003〜2005年くらいは、なんでも上がったから、05年〜06年に出版された株の本で「私は株で○億円儲けました」みたいな本だと、


信用2階建てで追証に備えて借金しろとか平気で書いてた本とか、

新興銘柄が急落したら全力買いとか、


そういう本がまじでいっぱいあって、そういう本に従った人は、その後に大半がやられただろう。
それと同じで専業で消えていく人の大半は、一時期大儲けできた手法を変えられずに退場してった人が、ほんとに多いよ。


743 :山師さん:2011/01/02(日) 15:50:39 ID:JLCshKJI

ぶっちゃけテクニカルもファンダメンタルも意味ない。
寄りの30分、引けの30分で流れは決まるんだよ


748 :山師さん:2011/01/02(日) 17:50:32 ID:z9sBaEIV
>>743
順張り派の王道キタコレ


751 :山師さん:2011/01/02(日) 19:13:09 ID:JLCshKJI

神王リョウっているじゃん。20億稼いでるかは怪しいがまぁ億は稼いでるトレーダーだろ。

あいつは前場の寄りの30分以外はトレードをやってないそうだ。

あとcisっているじゃん。あいつも日足は参考程度にしか見ずに、25MAが上昇トレンド且つ寄りの買い意欲を見てエントリーするそうだ。

ポジショントレードならまだしもデイ〜スイングにテクニカルは関係ないよぶっちゃけ。

753 :山師さん:2011/01/02(日) 21:02:44 ID:z9sBaEIV
>>751
1日30分はとても合理的。だって一番動く時間しかトレードしないんだからさ。


752 :山師さん:2011/01/02(日) 19:17:05 ID:JLCshKJI

あと有名トレーダーがどいつもこいつも口を揃えていうテクニックが「損切り」

下がってきたらとっととロスカットして、"今"が旬な銘柄に乗り換える。 この繰り返しが大事


757 :山師さん:2011/01/02(日) 22:05:39 ID:ET1DouXf

ほとんどの負け組みは低資産をいっきに増やせるボラがでかい所を前提で触っているパチスロ感覚の奴がおおいんだわ

まずはそんな奴がコンスタントに利益出せるはずないって事に気づけよ

株って言うのは需要と供給が全てだがそれにもいろんな種類があるんだわな

ヒント 個人が機関に勝てる物の一つは時間。なぜなら個人には決算というのがないから。
    別に機関相手だけではなくそういう他の人間と自分ののメリット、デメリットにどう気づくかどうかだね


758 :山師さん:2011/01/02(日) 22:13:46 ID:swvTm+Yr
>>757
もたもた塩漬けしたって時間の無駄だろ。 何いってんの?

それよりなぜボラのでかい所を触ったらダメなの?

機関が触れないような小型の高ボラ銘柄を触る事が可能なことが個人のメリットだとはどうして考えつかないの?


759 :山師さん:2011/01/02(日) 22:25:26 ID:ET1DouXf
>>758
逃げ足の速い資金相手に個人は対応しきれないよ。 特に種が多くなればなるほどにね。

あと歪んだ需要と供給ってのを考えるべきだしそもそもあなたを何を基準にして株を買うのかって話にもなる。

先に言っておくけどテクニカルだけで全て判断できるなんていうのはいわゆる情報統制だからねw

基本に準じた損きりほど愚の骨頂はないんだけど、その理由はわかる?

種の少ない奴は個別の判断要因やファンダ、たった一つぬ大口の指向の影響が少ないFXしていた方がいいよ
まあわざわざ素人相手も面倒くさいからさwそうやって一生相場の肥やしになっていなよ


760 :山師さん:2011/01/02(日) 22:44:59 ID:swvTm+Yr
>>759
>基本に準じた損きりほど愚の骨頂はないんだけど、その理由はわかる?

ハァ?お前バカ?

「理由はわかる?」もなにも、その前提自体が間違ってるんだけど。

基本に準じた損切りが全てなんだよ。
それがわからないならお前は株をやめた方が良い。

761 :山師さん:2011/01/02(日) 22:50:57 ID:ET1DouXf

損切り自体を否定しているわけではないんだがw それも分からないやっぱり素人かw

大多数の素人が分り易いテクニカルを使い分り易い位置にストップロスをおく。

そういう情報さも大口の飯の種なんだけどね
まあ頑張って生きてくれw


http://toki.2ch.net/test/read.cgi/stock/1287015558/


______________


デイトレードをやってると考え方が みみっちくなるんだよね:

20 :山師さん:2010/10/18(月) 23:36:15 ID:PYk/tjaS

相場で利益を上げる方法などいくらでもあります。何故なら相場では愚かに立ち回り自ら餌食になる人が9割だからです。

手法は何でもいいのです。勝率が高い方法でも儲かるし勝率は悪いけど損益比が高ければ儲かります。

28 :山師さん:2010/10/22(金) 11:03:42 ID:Mo0KWooT

この手法は儲かるっという発想はあまり意味がありません。何故なら一日として同じ相場というのは存在しないからです。

ただ似ている相場はあります。トレンドか横ばいであるとかです。どんな相場状況でも利益が出る手法というものを私は知りません。

確かに流行り廃りがあるので今儲かる手法を知ればバカでもいやという程儲かってしまうのが株の怖いところです。

しかし問題は魚を得る事ではなく魚を釣る方法を知る事でしょう。

39 :山師さん:2010/10/26(火) 08:53:54 ID:+q/ACzfH

手法、手法って皆さん手法って言葉を本当に安易に口にしてるけど手法の意味わかってる人って一握りな気がする。 手法何て本当は何個も存在しないんですけどね。あまり書

きすぎると守秘義務に接触するから言えないけど株は簡単なんですよ。

44 :山師さん:2010/10/26(火) 18:27:37 ID:+q/ACzfH

一応プロ3年目ですがインサイダー情報何て聞いてトレードした事一回もないですよ。裁定取引は確かに儲かりますがチャンスが少ないです。裁定取引のみで満足なだけ稼ぐの

は厳しいでしょう。 私の知る限りプロって言っても難しい事して稼いでる人っていないですよ。


47 :山師さん:2010/10/26(火) 18:54:51 ID:xRL+y+9J

赤の他人に利益になることを教えるバカはまず勝てない


50 :中川隆 :2010/10/26(火) 19:01:05 ID:Y24axkXv

(赤の他人に利益になることを教えるバカはまず勝てない)

罫線法則は多くの投資家がそれを信じて同じ所で売買するから、成立するんですね。

だから、広めれば広める程 法則の正確さが増し、儲け易くなります。

55 :山師さん:2010/10/27(水) 08:26:03 ID:kBWBSEvY

勝負してるって感覚はないです。損も結構してますけど3年間マイナスを出した月は一回もないです。言っておきますがぼくは一流の教育を受けたわけでも天才でもないです。

ある事に気がつけば誰でもこうなります。なかなか気づかない人が多いのが現状ですが株式市場はフェアじゃないと言うのであれな二度とてを出さずにいるべきだと思います

。株だけが儲けの種でもないので。


56 :中川隆:2010/10/27(水) 08:36:41 ID:XVj9brZb

そういう事を言ったら、僕の様な普通のサラリーマンは投資をするなという事になりますね。

投資とdealing とは全然違うものです。

資本主義経済や株式市場というのは一般人に遊んでいるお金を出して貰う事で成立しているんですね。

有望な会社に投資して10年、20年 株を持っていれば10倍、20倍になるというのが本来の投資の姿です。

しかし今は長く持っていると逆にどんどん目減りしていくので、一般投資家の投資スタイルが変わってしまっただけです。

57 :山師さん:2010/10/27(水) 19:07:15 ID:kBWBSEvY

負ける位ならやらない方がいいってだけです。安易に儲かる儲かるって誘引してる証券会社はカモを罠にはめようとしてるだけなんで。

まぁ負けてくれる人がいなくなったら僕らは全員失業ですが(笑)


58 :中川隆:2010/10/27(水) 20:10:00 ID:XVj9brZb

そもそも証券会社の自己売買部門がそれで利益を出す事自体が間違いなんですけどね。


(負ける位ならやらない方がいいってだけです。)

銀行の金利がゼロに近いというのは株式市場に投資させる為だというのを認識していますか?

60 :山師さん:2010/10/28(木) 07:28:17 ID:EHs9qlx9
>>58

政治や経済情勢の事を言っているのではありません。一個人的な意見としてむしりとられると解っていながら戦いを挑むのはどうかと。

長期投資というと聞こえはいいですが多くの人はロスカットしたくないのを言い訳にしてるだけなんですよ。


私は競馬とか宝くじとかギャンブルには絶対に手を出さないと決めています。何故だと思いますか?ギャンブルは胴元に優位性があり期待値がマイナスのゲームをやらされる

事がわかっているから。

どんなに勉強したりテクニック?を学んでも期待値がマイナスである以上プレーヤーに勝ち目はありません。

しかし株は違います。実は答えがあるのです。ある特定の手順を踏めば誰でも儲かります。負けるのは、ほぼ自分のせいです。

変なところで買うのは完璧にあなたのミスですよ。相場で利益をあげている人は皆利益を出す方法を知っているだけなんですよ。変なところで売ったり買ったりしなければ相

場というのは儲かるようにできています。

67 :山師さん:2010/10/28(木) 18:35:35 ID:EHs9qlx9

基本的に相場に才能はいりません。決められた事を守るだけです。他人のせいにしている間は絶対に勝てるようにはなりません。

105 :山師さん:2010/11/04(木) 16:25:41 ID:jMSWqLP/

タダで他人に教えるバカがいるね。

なにが善意で教えてる?あ・?自己満足だろうが

相場は金の奪いなんだよ。命の次に大事なタダで他人に教えるだと?餌がいなくなるだろう餌が

722 : 【951円】 【凶】 :2011/01/01(土) 16:20:07 ID:ZRdRd3k8

儲けが出てる手法をタダで書く奴はいないわな


123 :山師さん:2010/11/05(金) 20:01:12 ID:r49gjBoj

もったいつけずに教えろよ。バカ

みんなに教えてそのやり方を使えなくなるよう広めようぜ。
貼りまくってやるからよ。


431 :山師さん:2010/12/10(金) 19:12:00 ID:y5mY1lX5

俺はある人に相場のやり方を教えてもたったけど普通は勝てる方法を教えてくれる善人はいない。損する人がいればいるほど美味しいからね。

勝てないヤツは勝てない方法を一生繰り返していればいいと思う。他人の意見なんか聞くな。

728 :山師さん:2011/01/02(日) 02:50:42 ID:malbA+oR

専業のオフ会でも本当のこと教えあうわけないわな

教えても何の得にもならないどころか敵を強くするだけ

集まった奴が同じレベルなわけないし、それぞれ手法を持っているとしても自分が手法やヒントを話して他の奴がそれを切っ掛けに自分の勝ちパターンの領域に入ってきたら

勝てなくなることも十分考えられる

手法を持っている人なら他の勝ち組に少しのヒントを与えることで想像力の豊かな敵を強くしてしまう危険を知っているはずだからな

スポーツなんかと違ってトレードは少し考える力が他人より秀でた人にヒント、切っ掛けを与えると自分の敵になってしまう可能性が高い

教えてもらった他人の手法に手を出さないなんて、そんなこと証明しようがないし そんなオメデタイ奴は教える奴もヒントを生かさない奴も生き残れないわな


729 :山師さん:2011/01/02(日) 09:34:29 ID:ySRicy9O

「儲かる手法」っていうけど、まわりの専業を見てもやってる方法はバラバラ。

それと、一定の手法でやってるわけでもなく、地合いによって180度変えたり、半年間に超儲かってた手法を、地合いが変わったら変えるのもあたりまえ。

逆に言うと手法にとらわれずに地合いが変わったら柔軟に変えられる人が長期間生き残っている。

極端な例で言うと2003〜2005年くらいは、なんでも上がったから、05年〜06年に出版された株の本で「私は株で○億円儲けました」みたいな本だと、


信用2階建てで追証に備えて借金しろとか平気で書いてた本とか、

新興銘柄が急落したら全力買いとか、


そういう本がまじでいっぱいあって、そういう本に従った人は、その後に大半がやられただろう。
それと同じで専業で消えていく人の大半は、一時期大儲けできた手法を変えられずに退場してった人が、ほんとに多いよ。

744 :山師さん:2011/01/02(日) 16:04:14 ID:malbA+oR
>>729

お前の回りには何でそんなに専業で食っていける奴が何人もいてそいつらの方法をお前が細かく知っているんだ
儲かる方法を他人に話すわけないだろう
負け組が集まった自称勝ち組たちのオフ会で知り合った株友かw

>それと、一定の手法でやってるわけでもなく、地合いによって180度変えたり、

半年間に超儲かってた手法を、地合いが変わったら変えるのもあたりまえ

地合によって変えたり半年しか通用しないって、そんなもん手法と呼べるレベルのものじゃないぞwww

そもそも地合なんて後々になって分かることが多いし、地合によって手法を変えるなんて何を言ってるのやら
手法と言うのが勝つための考え方でそれを元にしていろいろなパターンを繰り出すのならわかるけど


>逆に言うと手法にとらわれずに地合いが変わったら柔軟に変えられる人が長期間生き残っている

って、無知の極み

お前は手法を何も持っていない只の負け組だろうな
Cisが書いている考え方でも、もう何年も有効なんだよ

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/stock/1287015558/

_________________
_________________


7) 会社の安全性分析

株価は森羅万象を織り込まない

チャート分析では


”株価は森羅万象を織り込んでいるのでファンダメンタル分析は不要”


という考え方が前提にされています.

しかし、倒産する会社が会社更正法を申請した時点でのチャートを見てみると,ほとんどが目先では上昇トレンドにあります.


これは,その会社と取引している銀行が 資金をすべて引揚げる前に株価を買い煽って高くなったところで持ち合い株をすべて売り抜けているからなのです.


チャートは取引銀行が株価を買い煽っている事はきちんと織り込んでいますが,会社の数日後に起きる倒産自体は織り込んでいません.

取引銀行が持ち株を処分し終わって、融資を引揚げた数日後に会社更生法の申請が発表される事になります.


わかった時にはすでに手遅れなのです.

売買するのは東証1部の優良大型値嵩株 1銘柄だけにしておくのが賢明です。

投資対象は倒産しそうもない優良大企業1社に絞った方が良いのです。

日経平均に連動しない銘柄は危険なので売買対象から外して下さい。

また、小型株と1000円以下の株は空売りで踏み上げられるので投資厳禁です。


________

参考に、会社の安全性分析法も記載しておきます。


A. バランスシート



株主資本比率 = 株主資本 / 総資産 ; 全産業平均30%, 15%以下危険水域

負債比率 = 負債合計 / 株主資本 ; 全産業平均201%, 300%以上 危険水域

有利子負債依存度 = 有利子負債 / 総資産 ; 全産業平均37%, 電気機器24%, 機械26%

剰余金比率 = 剰余金 / 総資産

流動比率 = 流動資産 / 流動負債 ; 全産業平均122%, 90%以下危険水域

当座比率 = 当座資産 / 流動負債 ; 95%以下危険水域

流動比率が当座比率と極端に違う場合は棚卸資産が膨れ上がっているので要注意.



☆当座資産 = 現金・預金 + 受取手形 + 売掛金 + 関係会社以外の有価証券

☆流動資産 = 当座資産 + 棚卸資産 + 短期貸付金 + 前渡金

☆流動負債 = 支払手形 + 買掛金 + 短期借入金・社債

☆負債合計 = 有利子負債 + 買掛金 + 支払手形 + 各種引当金

__________

B. キャッシュフロー



営業キャッシュフロー = 営業収入 + 受取手形割引額 + 受取利息・配当 − 営業支出 − 人件費
− 法人税 − 支払利息・手形割引料 − 役員報酬


投資キャッシュフロー = 土地・建物・有価証券・子会社 の売却による利益 + 貸付金回収額
− 設備投資額 − 企業買収資金 − 貸付金


財務キャッシュフロー = 短期・長期借入金 + 株式・社債の発行による収入 + 第三者増資による収入
− 支払配当金 − 借入金・社債の返済額


現金および現金同等物 = キャッシュフローの流出・流入の結果としての決算期末における現金等の残高


フリーキャッシュフロー = 営業キャッシュフロー + 投資キャッシュフロー




☆ フリーキャッシュフロー が赤字の場合は, 支払手形 の決済をする為に短期借入金 を増やし,その不足分だけ手持ちの現金および現金同等物を取り崩している. 期日までに手形の決

済ができなければ倒産.


☆ 現金および現金同等物 が 1年で 4割以上 減少したり, 短期借入金・支払手形(融通手形)が 急増した場合は倒産が近い.


☆ 基本的には営業CFで稼いだキャッシュを投資CFに回し、その過不足を財務CFで調整する形になる. 大型設備投資を始めると、一時的には投資CFは大きなマイナスになり、そ

れを当面は財務CFでカバーするが、思ったように新製品が売れないと、営業CFがマイナスになってしまい、財務CFに響いてくる.


☆ 財務キャッシュフロー > 0 … 短期借入金 を増やして 資金繰りをつけている.

財務キャッシュフロー ≦ 0 … 銀行 が 融資金 を引揚げている.



☆ 営業キャッシュフロー ≦ 0 で 棚卸資産が急増するのが 資金繰り悪化の典型的パターン


☆ フリーキャッシュフロー ≦ 0 で |フリーキャッシュフロー| / 売上高 が 3%以上 になると危険水域


☆ 製造業で 投資キャッシュフロー が 何年も続けて プラス の場合は,工場の機械 の補修もできない状態.




@ 営業キャッシュフロー ≦ 0, 投資キャッシュフロー ≦ 0, フリーキャッシュフロー ≦ 0 … 非常に危険


☆ 増収増益企業でも,この状態が3期以上続くと銀行が融資金を引揚げるので,簡単に倒産してしまう.




A 営業キャッシュフロー ≦ 0, 投資キャッシュフロー > 0, フリーキャッシュフロー ≦ 0 … かなり危険


☆ 会社の資産 を売却し,短期借入金も増やして 資金繰りをつけ,なんとか資金的苦境を切り抜けようとしている状態.


B 営業キャッシュフロー ≦ 0, 投資キャッシュフロー > 0, フリーキャッシュフロー > 0 … リストラ途上


☆ 財務キャッシュフロー が マイナス の場合は,借入金の返済 に迫られた為に 資産の売却 によって凌ごうとしている状態.



C 営業キャッシュフロー > 0, 投資キャッシュフロー ≦ 0, フリーキャッシュフロー ≦ 0 … 新規事業がまだ軌道に乗っていない.


☆ 投資キャッシュフローが大きい場合には,営業キャッシュフロー が毎年増えていかないと危険.



D 営業キャッシュフロー > 0, 投資キャッシュフロー ≦ 0, フリーキャッシュフロー > 0 … 望ましい状態


E 営業キャッシュフロー > 0, 投資キャッシュフロー > 0, フリーキャッシュフロー > 0 … 新規事業を計画中

_________

キャッシュ・フロー計算書
http://kessansyo.com/

キャッシュフロー分析の基本
http://www.jimusyo.ne.jp/bunseki/5-1.html

キャッシュフロー計算書の見方
http://www.ipo-navi.com/pickup/final_accounts/cf/


14. 中川隆 2011年1月04日 00:43:36: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

17. 結局、株式投資とは…

自分の投資法を持たれ、成果を上げられている方はほんのわずかです。ほとんどの方は損をしています。 今回はそんな中から極端な例をご紹介します。

その方は相場の経験は浅くと言うか、ほとんどど素人同然でした。元々資産家で商品先物に手を出したのも、ほんの「お遊び」だったようです。

最初、50万円から始められたそうですが、あれよあれよと言う間に儲かって行きました。その時の投資基準は「勘と第六感と度胸」とでも言うのでしょう。儲かった利益をそのまま次の取引に載せていったそうです。

バブル時の長期上昇トレンドに乗った物だと思います。話を聞いただけで恐ろしくなりますが、素人は怖いもの知らず。1年足らずで資金は2億に届く所まで来たそうです。

そうなるともう怖いもの知らずの行け行けドンドン! 一気に登った坂道を登り詰めると、今度は全力で駆け下りるようだったと聞きます。 気が付いた時にはプラス2億がマイナス2億へ・・・となっていました。

本来、資産家ですからこの程度(!)のマイナスなら持ち応えられたらしいのですが、悪い事は続く物です。 知り合いの建設業者に頼まれてなった保証人。その建築業者が失踪、借金取りが押し寄せて来たそうです。

http://www.harvestchart.com/tonpei/tonppei.htm


38 :山師さん:2010/10/09(土) 14:03:17 ID:EvRp2zOd

証券会社の人が書いた本では、225先物取引では、半年でメンツががらり変わるって書いてあったな。

まあ、それが即専業の寿命ではないだろうけど・・・ きびしいね。


5 :山師さん:2010/08/12(木) 18:28:28 ID:XbDRNjv9

専業だと通常はだいたい半年ぐらいしか持たないよ

757 :山師さん:2011/01/02(日) 22:05:39 ID:ET1DouXf

素人は逃げ足の速い資金相手には対応しきれないよ。

あと歪んだ需要と供給ってのを考えるべきだし、そもそもあなたを何を基準にして株を買うのかって話にもなる。


個人が機関に勝てる物の一つは時間。なぜなら個人には決算というのがないから。

別に機関相手だけではなくそういう他の人間と自分のメリット、デメリットに気付くかどうかだね


基本に準じた損切りほど愚の骨頂はないんだけど、その理由はわかる?

損切り自体を否定しているわけではないんだが、それが分からないのが素人だw


大多数の素人が分り易いテクニカルを使い 分り易い位置にストップロスをおく。

そういう情報も大口の飯の種なんだけどね

まあ頑張って生きてくれw


_____________


あなたが株式投資に失敗すると、奥さんやお嬢さんには こういう運命が待ち受けていると思って下さい:

小泉先生は真性のS?
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/305.html


____________

世界的に過剰流動性が今の株高を演じ、これが経済の安定とされてきましたが、株高を煽れば煽るほど、実態が変わらない大多数の国民からすれば、不満が溜まります。

株が上がれば、株を推奨する人も多くなり、ゴールドが上がればゴールドを推奨する人が多くなり、ユーロが上がればユーロを推奨する人が多くなります。

これで、多くの投資家が右往左往する事になり、結果気がつけば、膨大な損を抱えて身動きが取れない事態に陥ることになるのは、今までの相場上昇期・下降期に見られた事です。


相場で利益をあげようと思えば、一年に一度の売買で良いと言われる程であり、いわば、勝ち逃げですが、これが出来る投資家は、100人に1人か2人しかいません。


お客様の中に、この1人がいますが、私がお奨めした銘柄をそのままじっと保有されている方がいます。下がったら、買い増しを行い、相場が天井をつける段階で売り逃げるそうですが、この方は、そろそろ、ポートフォリオ銘柄以外は、全て売却すると言われています。既に、持ち株の収益は、2倍以上になっているようですが、見事という他ありません。

一切雑音に耳を貸さず、大局を見て買い続け、今、最後の<売り>場を探しているようです。そして、当分は株には手を出さないと言われています。個人が動いてきたために、もう終わりという判断をされています。


投資とはこのようにつまらないものです。

じっとして動かないのが最も収益力が高いのですから

http://www.collectors-japan.com/nevada/wr_qa_fr.html



15. 中川隆 2011年1月04日 11:28:23: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

最後に僕のデイトレ−ドの ”手法”も公開しておきます。 真似しないで下さい。

(1) 投資対象


信用倍率が1.1以下の値動きの良い銘柄 (例 : 8035東京エレクトロン)

朝の寄り付きで空売りの買い戻しが出た瞬間を狙って空売り、同時に2ティック下に買い戻し注文を出しておく。


______


(2) 必要なチャート


@ 1分足 ローソク足(2日間)

A 1分足 60分移動平均線(2日間)

B 1分足株価と60分移動平均線との乖離率(2日間)

C 株価のフラッシュ板情報(時刻 歩み値 約出来 がわかるもの)

_______


(3) 仕掛けタイミング

トレンドは無視して、分足チャートに関して逆張りで仕掛けます。


空売りのタイミング

・ 朝の寄り付きで株価が窓を開けて上昇した。

・ 株価と60分移動平均線との乖離率が +1.0%以上になった。


________


(4) 空売り注文の出し方


買い気配 5190円, 売り気配 5200円の場合


指値 5190円 で全投入額を一気投入

成り行き注文は危険なので指値注文にする

___________


(5) 利食いのタイミング(Uターン注文で買い指値注文を出しておく)


2ティック下( 5190円→ 5170円)


16. 2011年1月06日 09:57:06: MiKEdq2F3Q

(6) 損切り・ドテン買いのタイミング


寄り付き直後に空売りした後、時刻が 9:08 になっても株価が下がらない場合は諦めて手仕舞売りし、ドテン買いに切り変えます。

空売りを余裕資金の4割までにしておけば(リスク管理での空売り額の許容限界)、残った余裕資金の6割を買いに回せます。

ドテン買いと同時にトレーリングストップ注文も出しておきます( 0.5%程度)


17. 中川隆 2011年1月08日 10:12:15: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

再説 _ 相場で儲けるには

柴田秋豊先生は特に私には無口で、改まって難しい話はされなかったが、私から話しかけるていけば簡単な注意や心得については気軽に答えられた。

「細かい事は知らなくても良い。鈎足を信じてそれについて行く事である。種々な情報や自分の考えは入れず、ただ実行するだけである。それさえ時を選ばず行うことに徹すれば必ず結果は出るはずだ」

というのである。

「罫線の見方は色々ある。月足、週足、日足、順張り、逆張り 日柄等参考にすべきは多いが、君のように実業を成している者が趣味的に相場を張る者にとっては鈎足のみで充分である。」

と話される。

「特に底値近辺での長期の保合相場や、天井近辺での長期の保合相場の時点で現れる法則の買売の出現には素直について行くべきであると、一年に何回も出るというのではないが、必ず辛抱強くチャンスを待つということも大切であり、相場というものは常時張るものではない。」

というのが持論である。

「次に誰もが迷う所であるのは、上昇下降相場の上げ止まり、下げ止まった時点で保合相場に入っており再び上げに転じるか引き続き下げ相場に入って行くかという判断の仕方であろうと思う。

 その場合、上げ相場の時も下げ相場の時も新高値に進むか新安値に向かうかはおおむね一ヶ月(立会日前)25日を限度として考え対処して行けばよろしいだろう。」

との考え方が話された。

 要するに高値をつけた相場が押目または保合に入り、最大限25日経っても前高値を抜けぬ場合は目先天井であり、反対に安値をつけた相場が戻りまたは保合に入り、25日経っても前安値を下回らねば目先底入れと判断すべきであるとの考え方である。

 その他に

「日足週足で、高値圏での連続四本陰線は暴落の前兆である。安値圏での連続四本陽線は暴騰の予告である。」

という話もあった。


 はたしてこの説明は当っているのか否かを過去5年間までの日足罫線で調べてみたところ、それは約80%以上の的中率であった。
http://www.harvestchart.com/tonpei/tonppei.htm#m051

事務所に置かれている何百という日足鈎足を毎日見ていると、たとえ初心者としても線さえ信じて実行されるならばトータルとして損失はあり得ない事だけは断言できるのである。

「素人は色々考えることはない。ただ鈎足を信じてついてさえ行けば大きな損は出ない筈であり、信じて実行することさえやれればそれでいい。」

と言ういとも安直な話は、常にされていた。 要するに

「法則の出現を待って最も効率良くやることだ。」という教えである。

http://www.harvestchart.com/tonpei/tonppei.htm#m052


柴田鉤足罫線は本質的には Donchian の4週間ルールと同じもの:


地上最強の必勝法一4週間ルール 

相場の世界には思惑に頼らず、機械的に売買する必勝方(システム売買)の有効性が大昔から議論されてきました、そのる必勝方の中で、最古にして最強、使い方次第ではいくらでも儲けられる4週間ルールを紹介します。

 この4週間ルールは、二十年ほども前、全米アナリスト協会どか言うところの、システム売買の検証が長い期間に且って行われ、その時に、最も高い収益率である、と宣言されたいわくつきのものなのです。

 でぱルールを説明します。

 この売買システムは至って簡単で、直近4週間(日足で20本)の終わり値の中で今日が最高値をつけたらその瞬間に逆指し値で買いが入るようにしておく。逆に再安値をつけるようなら、逆指し値でやはり売りが入るようにしておく。そうやって常にドテン売買を休むことなく続ける訳です。典型的な順張りによるシステム売買です。 

http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/4weekrule.html

23投稿者:柴田鉤足罫線の本質  投稿日:2005年10月30日(日) 11時10分57秒


柴田鉤足罫線の法則書には ろさ、ろく、ろゑ、ろあ法則と もっともらしく法則が沢山書き並べてありますが、実ははこれらの法則が正しいかどうかはどうでも良い事なのです。

柴田鉤足罫線の本質は要するに

相場が十分長く(4週間)もみあった後で、上抜ければ買い転換、下抜ければ売り転換

というだけのものなのです。 正しくても間違っていても構わないから、とにかく何でも沢山法則を作っておいて、もみあった後、持ち合い放れした時に、少なくともどれか一つがうまく転換してくれれればそれで十分なのですね。

従って、柴田鉤足罫線がうまく機能する為の条件も4週間ルールと全く同じでしょう: 


スタートのタイミングを絶対有利という瞬間に選ぷことが4週間ルールで勝つ秘訣となります。つまり、法外な大天井をつけて、もうとてもこの値段は保たない、と判断できる瞬間。或いは、十分に底練りを続けて、この銘柄に関するかぎり今年はまず絶対大相場が出ると期待できる時。そのような時に使用すると絶大な威力を発揮します。


_____

柴田棒足罫線とは  投稿日:2005年10月30日(日) 11時33分04秒

柴田秋豊先生の”発見”した法則というのは結局


”株価がトレンドラインを切ったら相場が転換する”


という当時のアメリカのチャート理論では周知の事実なのです.

大辞典には何やら尤もらしい法則が沢山書き並べてありますが


順張り法則には 一つ”法則”があったら 必ずそれが壊れた場合の”法則”もセットで入れている.


相場が上に行こうが,下に行こうが どっちに転んでも 対になる2つ法則の内のどちらかは成り立ちます. 大辞典の挿入図で順張り法則が完璧に相場の転換を捉えている様に見える裏には こういう仕掛けがあるのです.


天井型はすべて いえ-いこ型 いひ-いふ型 の様にどっちに転んでもどちらかが正しいようになっています. いせ-いわ型もそう. いね-いり型もそう.


柴田秋豊先生としては

"放れにつけ"

と言いたいのでしょうが,結局


”株価がトレンドラインを切ったら相場が転換する”


という以上の事は言っていません.


要するに,柴田棒足罫線法を現代風に言い換えると


”株価がトレンドラインを切った時に逆指値の自動注文を出す”


というだけの内容しかないのです.


_______


29投稿者:トレンドラインを引けるのは天才だけ  投稿日:2005年10月30日(日) 11時52分29秒

柴田罫線で儲けるにはトレンドラインが完璧に引けなければならない。

柴田罫線の順張り法則というのはあくまで、トレンドラインの引き方をあらゆる場合について説明する為のもので、法則自体には何の価値も無いのです。


しかし、素人投資家が順張り法則をすべて暗記したとしてもトレンドラインをうまく引くのは不可能でしょう。

おそらく鉤足法則というのはトレンドラインをうまく引けない素人投資家でも儲けられるようにと考案したものなのです。 

結論として、素人投資家が柴田罫線を使って儲けられる可能性は完全にゼロでしょう。

30投稿者:トレンドラインを引けるのは天才だけ  投稿日:2005年10月30日(日) 12時01分52秒

棒足法則の致命的な欠陥は トレンドラインが実際に破られたかどうかを客観的に判断する具体的な方法を何も示していない事です。

大辞典には トレンドラインは何度も引き直すものだ と書かれていますが、それではトレンドが変わった場合と単に引き直す場合の判別ができない。

棒足法則は最初に 正確なトレンドライン有りき という前提で作られていますが、こういう前提を置く事自体がごまかしでしょう。 良く言われる


”後からわかる相場かな”

というのはチャートの言葉で言い換えると


” 後からわかるトレンドラインかな”

という意味ですね。まあ、RSI や ストキャスティクスの様なオシレーターでも事情は全く変わりませんが。


_______

結局、”相場で儲けるには” の結論はこういう事でしょうか:

386 名前: :03/01/02 19:15

大体、相場の奥義なんてものは必死になって教えてもらったら、内容は、厳格な損きりと、資金管理と、ポジションサイズのコントロールだけで、仕掛けの方法など皆が聞きたがる所はほとんど金もうけに関係ない重要度の低いジャンルだったりするもんさ。

常識的な面白くないことを続けるのが奥義で、秘密はほとんどないというのがこの世界のからくりなのさ。

柴田のような、いわゆる一子相伝奥義なんてものは存在しないんだよ
相場には。

そこを判ってない奴が何度もだまされる。

390 名前: :03/01/02 19:20
>>386
いいじゃんか。馬鹿はだまされるだけだまされさせとけば。

一生、存在しない秘儀を追い求めて死んでいくんだろうよ
この手の詐欺師に引っかかってさ。

http://mimizun.com/2chlog/stock/money.2ch.net/stock/kako/1040/10406/1040626634.html

林輝太郎氏と私十数年前、私は相場の勉強を志す一環として林輝太郎氏の事務所を訪れました。暑い夏の日に地下鉄を乗り継いで行ったことを思い出します。確か日本橋の雑居ビルの一室だと思います。

当時私は東京穀物商品取引所の小豆(しょうず)という銘柄を手がけており、思うような結果が出ていませんでした。

突然事務所に入り、林氏の著作の書籍を何冊か購入しました。あまり長くはお話はしませんでしたが、林氏は私にこう言いました。


「あまり大きく張らないように。小さい枚数でやりなさい。」


この言葉によって私は相場人生の初期の頃生きながらえてこれたと思っております。

現在おそらく林氏は私のことは覚えてないでしょう。しかし私にとってはあの時かけてもらったこの言葉が大切な宝物となっています。

もしこれを読んでいる初心者がいるとするならば、私もあなたに言いたい。

「まずはじめは最小単位でやりなさい。たとえば日経225先物ならラージの資金があってもminiでやりなさい。」

とね。

http://www.1systrade.com/archives/51015130.html


18. 2011年1月09日 01:53:50: eW2IOhofLc
六時間刻みで気温を寄付値、高値(高温)安値(低温)終値で罫線作り、1年相場眺めてみな!そこには人の欲望にとらわれないものなのにマーケットと同じく、トレンドが描かれる。逆張り法示は何も出ずタダ基道斜線を「いき」で切る。でも、銘柄教えずにこのチャート見せたらジャスティの連中は大喜びで張りつくんじゃないか?

19. 2011年2月17日 00:22:26: W6ogLWtYMg
↑ で紹介されている ↓ は名著。

C先物市場のテクニカル分析
ジョン J.マーフィー (著), 日本興業銀行国際資金部 (翻訳)

一度、通読し理解した者であれば、上記のような不毛な書き込みは、まずしない。
繰り返し熟読した者なら、こうしたサイトを覗くこともなく、相場そのものと語り合い、身も心も豊かになっているはず。
相場は深い。
あらゆるものごとが有機的に絡み合い、時間をともないつつ、価格に反映する。
その一つひとつを、原初から解きほぐし、関連性を説き、テクニカルのバイブルとなったのが、↑。


20. 2011年2月20日 20:09:51: MiKEdq2F3Q

先物市場のテクニカル分析 書評


オリジナルは1986年リリース。邦訳は1990年5月24日リリース。テクニカル分析の教科書とも言われる本である。著者のジョン・J・マーフィーは、メリル・リンチの上級先物トレーディング・アドバイザー、CRBの上級テクニカル編集者等を歴任、フォードハム大学という余り聞いたことのない大学でMBAを取得している。

多くのチャーティストなり、テクニシャンといわれる人々はこの本を基本中の基本と言い、単に『先物市場』に限らず全ての市場に通用すると言い切っている。しかし例えばこの中の移動平均線を用いた分析では、平均日数を何日に設定するかで予測は大きく変わり、過去の価格の変動にうまく適合するように平均日数を意図的に変えれば、『予測はすべて当たった』と主張できるなど、読めば読むほど非科学的である。読了してぼくはテクニカル分析などありえない、と思った。

市場は雇用統計やGNPの数値が発表され、予想値と異なったタイミングで『常に』大きく変動する。また、要人の発言の後、『常に』大きく変動する。この事象をテクニカル分析はまったく説明できない。そして有名な3つの前提、

1.市場の動きは全てを織り込む。
2.価格の動きはトレンドを形成する
3.歴史は繰り返す

では説明不能な事象に日々直面する。故にぼくはこの本を評価しない。


21. 2011年2月21日 09:48:36: MiKEdq2F3Q

”先物市場のテクニカル分析”で紹介されている酒田罫線や柴田罫線には無い足型

リバーサルシグナルデーとギャップ(窓)


チャートパターンとしてギャップを伴ったリバーサルシグナルデーを解説します。

これは、個人的にチャートパターンの中で最も信頼性が高いものの1つと考えています。

 まずリバーサルシグナルデーとは、上昇トレンドのなかで新高値をつけた日に安値引けとなる状況、下落トレンドのなかで新安値をつけた日に高値引けとなる状況のことを言います。正確には、高値で寄付き、それから新高値へ急上昇し、同じ日に寄付きを下回り、安値近辺での引けとなるローソク足で示される天井形成パターンと、安値で寄付き、それから新安値へ急下降し、同じ日に寄付きを上回り、高値近辺での引けとなるローソク足で示される大底形成パターンをリバーサルシグナルデーと言います。

 その日の値幅が広く取引量が多いほど、トレンドの転換する可能性が高いと見られます。弱気マーケットにおけるリバーサルシグナルデーは、セリングクライマックスとも呼ばれています。

 ギャップ(窓)とは、ローソク足上で取引のない空間を意味します。例えば、翌日の始値が前日の高値よりも高値でスタートした場合、連続しない空間ができます。この値段がついていない価格の間をギャップ(窓)と言います。このようなギャップが生じるのは市場がクローズした後翌日オープンするまで(外国為替取引の場合は週末)に予期しないセンセーショナルなニュースの発表があった時が多いと言えます。その予期せぬニュースに買い売り注文が殺到し、価格が飛んで価格の空間地帯(ギャップ)を形成することになります。

 このギャップの後にリバーサルシグナルデー(上昇トレンド、下降トレンドの最高潮の時)が現れると相場の転換サインとして極めて重要になります。
上昇トレンドでは、ギャップ→リバーサルシグナルデー→勢いを失い下降へと動き→価格がこのギャップより下でクローズ→売りサイン となります。上昇トレンドでは、ギャップが埋まることが弱気相場への転換サインとなります。
下落トレンドでは ギャップ→リバーサルシグナルデー→反騰→価格がこのギャップより上でクローズ→買いサイン となります。下落トレンドでは、ギャップが埋まることが強気相場への転換サインとなります。

 下図はランナウエーギャップを伴ったリバーサルシグナルデーの好例。
ランナウエーギャップとは、相場がすでに一定の方向に動いているときに価格が急に跳んで形成されるギャップのことを言います。パニック的な売りによる暴落局面では、よく大きなランナウエーギャップが現れます。このギャップはしばしばトレンドの中間点で見られるため、メジャーリングギャップと呼ばれます。

 下図トレンドの始点からこのギャップの距離を測ると、その距離を2倍した時点で、リバーサルシグナルデーが出現し、大底をつけ、相場は反転しました。ランナウエーギャップを埋めた時点が絶好の買い場となります。

 下図は最後のギャップ(Exhaustion Gap)を伴ったリバーサルシグナルデーの好例。このギャップは相場変動の最終局面に現れます。最後の急騰、急落場面でトレンドが力を出し切ったようにみえるためExhaustion Gapと呼ばれています。上昇(下落)トレンドの終わり付近で価格が大きく跳ねた後、リバーサルシグナルデーが出現し、直ぐに勢いを失い数日あるいは数週間内に下落(上昇)に転じ、このギャップより下(上)のレベルとなったときは、トレンドの転換が起こった可能性が強くなります。

下図では、ギャップを埋めた時点が絶好の売り場となっています。

http://www.fxcm.co.jp/tools/study/chart_06.html



22. 2011年2月22日 23:39:05: MiKEdq2F3Q

ギャップ(窓)とは


ギャップ(窓)とは、ローソク足チャートにおいて取引のない価格帯を生じてチャートに隙間が開いた状態を指します。 


相場に対して好材料が出てきて、前日の相場の終値よりも本日の始値が高く寄り付くと、隣接するローソク足の間に窓が開きますが、これを「 ギャップアップ (GU) 」と言います。 あるいは「 上に窓をあける 」、「 上放れる 」などともいいます。

これに対して、相場に対して悪い材料が出てくると、前日の終値よりも本日の始値が安く寄り付くと、窓が開く場合があります。 これを「 ギャップダウン (GD) 」または「 下に窓を開ける 」、「 下放れる 」とも言います。


ギャップ(窓)が生じる理由は、外為市場では週末の市場終了後から翌週開くまでに予期せぬ衝撃的なニュースがあった場合に多いと言えます。 予期せぬニュースに外為市場では売りまたは買いの注文が殺到することにより価格が飛んで、取引されない相場の空白地帯(ギャップ、窓)が形成されることになります。 このように、外為市場や株式市場で相場に大きな変動が生じた場合に、ギャップ(窓)が生じることがあるのです。

上向きのギャップ(窓)は相場の上昇トレンドを、下向きのギャップ(窓)は下降トレンドを示すと言われています。


ギャップ(窓)の後に現れる「 リバーサルシグナルデー 」は、相場の転換サインとして重要です。 

リバーサルシグナルデーとは、上昇トレンドの中でローソク足チャートで示される天井形成パターン、あるいは下降トレンドのなかで示される大底形成パターンを指しています。


上昇トレンドにおいては、


「 ギャップ > リバーサルシグナルデー > 下降 」


という順番で変動を示し、市場がこのギャップ(窓)より下で終了すると、売りサインとなります。 上昇トレンドの場合、ギャップが埋まるということが下降トレンドへの転換サインです。


逆に、下降トレンドにおいては、


「 ギャップ > リバーサルシグナルデー > 反騰 」


という変動を示し、相場がこのギャップより上で終了→買いサイン となります。下落トレンドでは、ギャップが埋まることが上昇トレンドへの転換サインです。


■ 窓を埋める


ギャップ(窓)が開いた後に、その取引されなかったレートを埋め合わせるように相場が反転することがあります。 その動きが、「 開いた穴を埋める 」ようなので、この相場の動きを「 窓埋め 」と呼びます。

ギャップ(窓)が開いて相場が大きく動いてたように見えても、結局は元の為替レートや株価に戻って窓埋めする動きはよくあることで、デイトレードなどの短期のトレードでは非常に重視されます。

例えば、ギャップ(窓)が開いて上昇トレンドにあるとき、いったん開いた窓の近辺の為替レートまで相場が下落することがあり、取引されなかったレートを窓埋めして、再上昇することがよくあります。 同様に、下降トレンドのときには、一度は窓の辺りのレートまで戻った後、再び下降することもあります。

一般的には、窓埋めをするケースが多いのですが、政治経済情勢によってはギャップ(窓)は必ずしも窓埋めされるとは限りません。 外為市場の値動きによっては、まれに窓埋めをしないこともあるので注意が必要です。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-106.html

 リバーサルシグナルデー とは


窓(ギャップ) とは、急激なレートの変動によって、チャート上でローソク足同士の間に開いた、取引されなかったレートの空白地帯を指します。 

外国為替市場では、市場の閉じる週末にサプライズな情報が飛び出すと、週明けに買い売りの注文が殺到して外為市場の値が一気に跳び、始値が前営業日の最高値よりも高値でスタートした場合には、ローソク足が連続していない窓(ギャップ)が生じます。 窓(ギャップ)が生じるときには、上昇トレンドあるいは下降トレンドの最中であることが多いのです。


「 リバーサルシグナルデー 」とは、簡単に言えば、「 上昇トレンドあるいは下降トレンドの頂点 」が形成される相場の変動パターンのことです。 


具体的には、

上昇トレンドの最中、高値をつけたその日のうちに急落して安値引けとなり、相場の天井を形成するパターンを「 リバーサルシグナルデー 」と呼んでいます。

下降トレンドの中で、大幅な安値へ下落したその日の内に反騰して高値引けとなり、大底を形成するパターンの出現も、リバーサルシグナルデーと言います。


相場にとってセンセーショナルな情報によって、為替相場が激変して窓(ギャップ)を生じると、後にやがて相場の天井、あるいは底が形成されて、トレンドの転換が起こります。 トレンドの転換する確率は、その日の変動幅が大きいほど、かつ取引高が多いほど、高くなると言われています。 窓(ギャップ)とリバーサルシグナルデーとの関連性を見てみると、


激動 > 窓(ギャップ) > リバーサルシグナルデー > 反転


こうして、開いた窓(ギャップ)が埋められると、相場のトレンドの転換の確率が高まり、絶好の売り買い時のサインとなるのです。

上昇トレンドの最中に形成された窓(ギャップ)が埋められると、下降トレンドへの転換が示唆され、売りのサインと考えられます。 また、下降トレンドで形成された窓(ギャップ)が埋められると、上昇トレンドへの転換を意味して買い時のサインとなるでしょう。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-192.html

■ Common gap (コモン・ギャップ) とは


Common gap (コモン・ギャップ)とは、相場の世界では「 特に意味のないギャップ 」を指します。


Common gap (コモン・ギャップ)は、重要な意味合いはほとんどないギャップで、コモン・ギャップがみられるのは、マーケットでの取引高が薄く、横ばいの往来相場(ボックス相場)にある時によくみられます。 

わずかなオーダーでも相場に影響を与えた結果として、窓が開くためです。 それだけ市場の閑散さを示しているとも言えるでしょう。 FX (外国為替証拠金取引)では、コモン・ギャップは流動性の低い通貨の取引などにおいて出現します。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-189.html

ブレイクアウェイ・ギャップ (Breakaway gap) とは


ブレイクアウェイギャップ (Breakaway gap) ですが、マーケットが大きな動きを始めるサインとされています。 

相場の天井からの下落、あるいは底からの上昇という、新たなトレンドの動き始めの時にみられる窓です。 

ブレイクアウェイギャップは、トレンドの転換を示す動きを始めるときに「 当面埋めない窓 」という形で出現するlことが多い窓です。

ブレイクアウェイ・ギャップは、往来相場(ボックス相場)を放れたときに開ける窓(ギャップ)なので、その後はそれまでとは全く違った値動きを示すことになりやすいのです。 

ブレイクアウェイ・ギャップは、取引高の増加を伴いながら上昇トレンド、または下降トレンドとなるので、窓(ギャップ)に基づく投資理論では、相場の転換を意味する特に重要なギャップであると言えるでしょう。

窓(ギャップ)は、外為市場において、週末の市場終了後から翌週の市場が開くまでの間に、予期せぬ衝撃的なニュースが出た場合に多いと言われます。 衝撃的なニュースに市場では、売りまたは買いの注文が殺到することにより取引レートが飛んで、取引されないレートの空白地帯(窓)が形成されるのです。 このように、外為市場および株式市場などの投資の世界で相場に大きな変動が生じた場合に、ギャップ(窓)が生じやすいと言われます。

また、窓(ギャップ)の後に現れる「 リバーサルシグナルデー 」は、相場の転換サインとして重要です。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-139.html

イグゾースション・ギャップ (Exhaustion gap) とは


イグゾースション・ギャップ (Exhaustion gap) とは、ブレイクアウェイ・ギャップ (Breakaway gap) や ランナウェイ・ギャップ (Runaway gap) などが出現した相場変動の最終局面に現れる窓(ギャップ)です。 

相場のトレンドの終局において、最後の急騰あるいは急落の場面で、相場のトレンドがついに力尽きた(消耗、枯渇した)ように例えられるため、「 Exhaustion gap 」と呼ばれています。

イグゾースション・ギャップが出現した後、為替相場の上昇トレンド、あるいは下降トレンドの終盤近くで大きくレートが変動した後、リバーサル・シグナルデー が出現します。 

それからすぐに相場変動は失速し、数日から数週間のうちに反転して、このイグゾースション・ギャップを埋めてきた時には、既にトレンドの方向性が転換した可能性が高くなります。

このように、イグゾースション・ギャップ (Exhaustion gap) が埋められるということが、トレンドの転換を示唆し、重要な売買のポイントとなる可能性が高いのです。

また、例えば上昇トレンド時にイグゾースション・ギャップが形成された際に、為替相場が下落する前に、数日から数週間の短・中期のうちで 往来相場(ボックス相場) となることがあります。 

その時のレート動きが、周囲と隔離された「 島 」に例えられる様に見えることから、これを「 アイランド・リバーサル 」と呼びます。


上昇トレンド時のイグゾースション・ギャップの後に続いて ブレイクアウェイ・ギャップ (Breakaway gap)が出現すると、周囲の為替相場の変動から隔絶されたような「 アイランド・リバーサル 」が確認できます。 

このアイランド・リバーサルが、かなりの確率でトレンドの転換、すなわち相場が反転するサインであることが示唆されます。


窓(ギャップ)の後に現れる「 、リバーサル・シグナルデー 」とは、相場の転換サインとして重要です。 、リバーサル・シグナルデーは、上昇トレンドのなかでの天井形成パターン、あるいは下降トレンドでの大底形成パターンを指します。

 1日の変動幅が大きく、かつ取引量が多いほど、相場のトレンドは転換する可能性が高いと言われています。 また、弱気を帯びた市場において出現する、リバーサル・シグナルデーは、「 セリング・クライマックス 」とも呼ばれます。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-190.html

ランナウェイ・ギャップ (Runaway gap) とは

ランナウェイ・ギャップ(Runaway gap)とは、相場が一定方向に動いていて、相場のトレンド(流れ)が形成されている時にレートが急に大きく変動して形成されるギャップ(窓)を指します。

トレンドに乗っているので、ランナウェイ・ギャップ(Runaway gap)が出現した後は、そのまま一方向へ突き抜ける、つまり、走り去る(Runaway)ような力強い相場変動を示唆するものであると考えられます。

また、ランナウェイ・ギャップは、力強い上昇トレンドあるいは下降トレンドの中間点で出現することが多いために、「 メジャーリング・ギャップ (Measuring gap) 」とも呼ばれています。 

チャート上で、そのトレンドの始点からランナウェイ・ギャップ (メジャーリング・ギャップ) までの距離を測って2倍した水準が、トレンドの終息レベルとして予測できます。

ランナウェイ・ギャップは、例えば、株式市場で市場が混乱してパニックに陥ると、相場の大暴落によって出現することがあります。 

ランナウェイ・ギャップの出現は、上昇トレンドあるいは下降トレンドにおける、トレンドの強さを示唆するものであり、トレンドに乗っているために当面は埋められないことも多いものです。 

そこでもし、ランナウェイ・ギャップが埋められるような場面では、トレンドの転換の兆候である可能性が高くなります。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-191.html

リバーサル・アイランド (Island reversal) とは


アイランドリバーサルは、ローソク足チャートの上で、両端を窓(ギャップ)にはさまれて、周囲とは切り離されて「 離れ小島 」のように孤立した状態に見えることから名付けられた相場の変動パターンを指します。

アイランドリバーサルで見られる、両端を窓(ギャップ)によって「 離れ小島 」のように孤立した部分は、数日から数週間の比較的短期間の間、相場の変動幅が小さい「 往来相場(ボックス相場) 」を形成して揉み合います。 もし、最初に現れた窓(ギャップ)をすぐに埋めてきた場合には、「 離れ小島(アイランドリバーサル) 」とはならずに、相場の兆候を認識するのは困難でしょう。 数日経っても窓を埋めきれなかった時、アイランドリバーサルは完成します。


アイランドリバーサルは、上昇トレンドで「 離れ小島 」が出現すると、これが天井となって下降トレンドに転換する可能性が高くなります。 

この場合のアイランドリバーサルは、「 アイランドリバーサルトップ 」と呼ばれます。 トップとは、頂上(天井)のことです。 また、典型的なアイランドリバーサルトップのパターンは「 宵の明星 」とも呼ばれています。


逆に、下降トレンドで「 離れ小島 」が出現すると、上昇トレンドに転換するサインと考えられます。 

この場合のアイランドリバーサルは、「 アイランドリバーサルボトム 」と呼ばれています。 ボトムとは底、つまり底値付近でみられるということですね。 特に典型的なアイランドリバーサルボトムのパターンは「 明けの明星 」とも呼ばれています。


このように、アイランドリバーサルには、アイランドリバーサルトップ と アイランドリバーサルボトム の2つのケースがあり、いずれも相場のトレンドが転換するサインとして重視されています。 さらに、アイランドリバーサルが現れた場合には、再び相場が元のトレンドに回帰するためには少々時間がかかるといわれています。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-195.html


リバーサル・アイランド の意義とは


「 アイランドリバーサル(Island reversal) 」は、両端を窓(ギャップ)にはさまれた独特のパターンを示し、しばしば相場のトレンドの転換点となる重要な兆候です。 


アイランドリバーサルに出現する、両端を窓(ギャップ)によって孤立した「 離れ小島 」の部分は、数日から数週間の比較的短期間の間、相場の変動幅が小さい「 往来相場(ボックス相場) 」を形成して揉み合います。


では、アイランドリバーサルでは、なぜこのような「 離れ小島 」を形成する変動パターンとなるのでしょうか。

例えば、上昇トレンドの時に見られる「 アイランドリバーサルトップ 」では、上向きの イグゾースション・ギャップ (Exhaustion gap) を形成してさらなる高値を目指したものの、相場の上昇圧力は持続しません。

ここで再度の高値更新を狙うには、先に利益確定の売り( 利食い )を消化せねばなりません。 急激な相場の上昇に相場の先行きを探る動きが出てくるために「 往来相場(ボックス相場) 」を形成して揉み合い、調整入りするとの考え方が一般的です。

しかし、すでに相場は天井を迎えており、これ以上の上昇の余力は残っておらず、相場のトレンドは下降トレンドへと転換して ブレイクアウェイ・ギャップ (Breakaway gap) を形成し、急激な下落をきたしやすい傾向にあります。 また、急激な下落をきたした後は、相場が元のレベルに回復するにはしばらく時間を要するようです。

http://fxhyper.blog10.fc2.com/blog-entry-198.html



23. 2011年2月23日 10:41:39: MiKEdq2F3Q

リバーサルデー


相場の頂点で反転が確認できれば、より効率のよい投資ができるのは明らかです。
しかし、実際に相場の頂点を見極めることは容易ではありません。というか、頂点を見極めて投資するのはリスクが高すぎるので普通はしません。リバーサルデーの判断が役に立つのは、決済トレードの時が多いです。

ここで説明するものは、頂点を見極めるためのものではなく、相場の頂点に出てくる足の特徴を示したものです。この特徴を持った足が現れた後に、トレンドの変化があればそのトレンドの信頼性は大きくなるでしょう。

相場の山、谷を示す特徴を持った足のことをリバーサルデーと呼びます。

リバーサルデーには、トップリバーサル、ボトムリバーサル、バイング・セリングクライマックスといったものがありますが山であれば高値を付けて、安値引けする場合が多いです。谷であれば安値を付けて、高値引けです。

条件として取引高が多くなっていることも挙げられます。

また、二日分の足を合わせてリバーサルデーと判断することもあります。

しかしリバーサルデーだけで相場を判断するのは早計です。なぜなら、上の条件だけならば相場の頂点でなくとも起こり得るからです。本来はトレンドラインやテクニカルインディケーターを併用して分析します。

ワンデーリバーサル トゥーデーリバーサル

上の図のワンデーリバーサルは、日本で両はらみと呼ばれる形になります。実際包み・はらみになりやすいです。

包み足は前日の足を当日足が包んでいるもので(当日足が長い)

はらみ足は、前日足が当日足をはらんでいるものです。(前日足が長い)

上のトゥーデーリバーサルのほうは、毛抜き底に近いでしょうか


リバーサルパターンは日足だけではなく、数時間足や週足月足でもどの時間足でも起こりうるものです。ただ、足の期間が長い方が信頼性は高くなるでしょう。

■リバーサルパターン

相場の反転は、1・2本の足だけではなく数本〜数十本の足で構成されるものもあります。トリプルトップ・ヘッドアンドショルダーと呼ばれるものがそうです。
日本では酒田五法から、三山・三尊天井とも呼ばれます。

リバーサルパターンにはトリプルトップ・ヘッドアンドショルダーの他にも
ダブル・ソーサー・スパイクなどがあります。

http://kechifx.doorblog.jp/archives/51364033.html


ツーデートップ(ボトム)リバーサル【two-day Top(Bottom) Reversal】


リバーサルパターンの一つの典型。

ツーデー(two-day)とは日足の2日間から由来するが、週足ではもちろん2週間、月足では二か月間となる。

添付のチャートはユーロドルの週足で、この場合はツーウイークトップリバーサルとでもなろうか。 相場が上下を繰り返しながら変動しているが、それらのトップやボトムでは、比較的長い実体線を持つバーが陰陽入れ替わって出現している場合が多く見える。

この場合、暫くは相場が反転する傾向が見て取れる。


厳密な定義と一致しているのは稀だが、酒田五法的には「はらみ線」と位置づけは同じ。これまでのトレンドを継続し、最後の比較的大きく変動した1本から、次の1本で陰陽が逆転し、この2本の実体線の長さが概ね同じか2本目がやや長い時を見てゆく。


ただ、厳密なパターンは少なく、2本目が早々にブレークアウトしてかなり長く伸びてしまうケースが多い。そこからエントリーするにはやや遅すぎる場合もあり、伸びきる前に丁度終ればチャンスが広がるという、言ってみれば当たり前だが都合がいいといえばそうなる。

個人的にはよく意識するパターンではあるが、かなりアバウトな把握の仕方をしており「トレンド継続後の“行って来い相場”には気をつけろ!」という程度だ。

http://blog.goo.ne.jp/gaitame-univ/e/cf5a3e8e68d9981a4bb86082f7bdb2ae

リバーサルデイシグナルでの売買手法(バーンスタインの著作より)


リバーサルアップデイ:前日の安値を下回った後、前日の終値を上回って引けた。

リバーサルダウンデイ:前日の高値を上回った後、前日の安値を下回って引けた。

1.リバーサルアップデイの翌日、終値が前日の安値を下回って引ければその終値で買う。 最初に利が乗った寄付きで手仕舞う。

2.リバーサルダウンデイの翌日、終値が前日の高値を上回って引ければその終値で売る。 最初に利が乗った寄付きで手仕舞う。


1.2.とも、この手仕舞い方法ではうまくいかないようだ。例えば仕掛けの3日後に手仕舞い、一定のストップロスを設定しておくなどフォロースルーに工夫を加えれば、有効になり得る。

http://bunbuku.cocolog-nifty.com/dotannba/2010/03/post-2b5c.html

リバーサル・ハイ・デイ(高値反転日)をご存知だろうか。

一般的な定義は、上昇して新高値を付け、その後、反転し前日の終値より安い終値になる日のことである。

一般的な定義によるリバーサル・ハイ・デイに求められる条件は比較的弱い。結果ダマシのサインに引っかかってしまうことになる。ダマシも多いということであり、リバーサル・ハイ・デイは100の高値に10あればいいぐらいらしい。


リバーサル・ハイ・デイに関してはもう少し厳しい定義にかえる方がいい。

上昇相場において、新高値を付けた後に反転して、前日の安値を下回る日をリバーサル・ハイ・デイの定義としたい。

(この条件は必要であれば、2日前の終値を下回る終値とすれば、より強められる)定義を強くすれば、相場の天井での最高のシグナルも除いてしまうことになるので注意も必要である。

http://zakuzaku3939.blog87.fc2.com/blog-entry-32.html

             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   おじちゃんたち
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′


_____________

マーケットのテクニカル百科 入門編
マーケットのテクニカル百科 実践編

ロバート・D. エドワーズ (著), W.H.C. バセッティ, ジョン マギー(著),

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E7%99%BE%E7%A7%91-%E5%85%A5%E9%96%80%E7%B7%A8-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBD-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/4775970380/ref=pd_sim_b_1

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E7%99%BE%E7%A7%91-%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%B7%A8-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBD-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/4775970399


初版刊行から50年以上たってもまだ版を重ねている本書は、チャートによる株式市場のテクニカル分析に関する書物の最高峰という輝きを依然として失っていない。本書の初版以降に出版されたテクニカル分析に関するほぼすべての書物は、本書から派生したものといっても過言ではない。

長い時の試練にさらされてもまったく色あせない本書の愛読者は数百万人を超える。大幅に刷新されたこの第8版は、マーケットがどのような局面にあろうとも、株式のチャートパターンから利益を上げる方法をしっかりと教えてくれる。これはまさに株式投資のタイミングを見極める「バイブル」の最新版とも言えるだろう。

 本書のなかに詳述されているエドワーズによるダウ理論の実践的なアプローチをはじめ、反転・保ち合いパターン、トレンドラインおよび支持・抵抗圏の利用法は、個人投資家にとって非常に価値ある売買ツールである。一方、マギーが自らの実践をもって立証した株式売買の戦略と戦術は、真の売買シグナルを決定する最も有効な基礎となるものである。


_________

第10.1章 潜在的な重要性を持つ短期パターン Short-Term Phenomena of Potential Importance


 1日または数日間の極めて短期のパターンは、ときにその後の短期のトレンドばかりでなく、長期の方向も示唆することがある。ギャップ(第12章で検討する)や1日の反転(第10章で検討)などはこのパターンに分類される。

注目すべきその他の短期パターンには、スパイク、キーリバーサルデイ(単に「リバーサルデイ」とも呼ばれる)、ランナウエーデイ(「ワイドレンジングデイ」とも呼ばれる)などがある。


 スパイク(Spike)

 天井圏に現れるスパイクとは前後する日の高値よりも突出して高い日、底値圏のスパイクは前後する安値よりも突出して安い日であると定義されるため、スパイクが起こった日にそれであると判断することはできない。スパイクの日をランナウエーデイと区別するには、異常なレンジで変動した日に続く数日間の推移を見なければならない。この2つのパターンはいずれも強気筋と弱気筋の全面戦争を表しており、その日の終値が最終的な勝者を暗示している。スパイクのポイントは次のようなものである。


スパイクに先立つ一定期間の相場の基調はかなり強い(または弱い)。

株価はその日の値幅の上限または下限の近辺で引ける。

前後する数日間よりも突出して高い(または安い)。

 長期の強気相場の最終局面で極めて大きな値幅で変動した日に、突出高したあとにその日に安値近くで引けたときは1日の反転シグナルと解釈できる。

このパターンをトレードできるかどうかは、その投資家のトレーディングスタイル(長期保有、サヤ取りなど)や好みなどによって決まる。

事実、スパイクは1日の反転にもなり(ギャップを付けて寄り付いたあと、大量の買いが入って急騰するが、その後に株価は崩れて始値より安く、またはその日の最安値近くで引ける)、このような値動きは撤退するかに見せかけた敵軍の反撃に遭って逆に敗走する軍隊の動きに似ている。

このような状況を想起すれば、スパイクの特徴がよく分かるだろう。スパイクのあとに株価はそれまでとは反対方向に大きく逆行するのが普通である。

 ランナウエーデイ

 ランナウエーデイとはその日の安値で寄り付き、その日の高値で引ける(またはその逆)など、異常な値幅で変動した日である。

このパターンも敗走するかに見せた敵軍がこちらの軍隊を罠に陥れようとする動きに似ている。売り方は買い方からの買い注文を吸収しきれず、株価は2〜3回もその日の高安値を行ったり来たりする。

抜け目のない投機家はこの動いている電車に飛び乗って利ザヤを稼ごうとするが、最終的な損益が確定するのは数日後である。大きな揉み合いと高水準の出来高が続けばランナウエーデイの確認となるが、取引が細って値動きも小さくなればその有効性は疑わしい。

この数日間に一時的に買いシグナルが出ても、株価がランナウエーデイの最安値に反落したときはダマシのシグナルと見られるのでドデンをすべきである。図39はギャップを伴ったランナウエーデイの一例。2000年のマイクロソフト株の値動きを示した図104.2も、強気の落とし穴のあとに株価が50%も急落したランナウエーデイの好例である。

 キーリバーサルデイ

 このパターンは上昇局面で新高値を付けたあと、前日の終値を下回って引けた日である。

短期のトレーディングシグナルとして利用できるが、その他のテクニカルパターンと同様に、そこから利益を上げるには判断力とベストのタイミングが必要である。強気相場ではこのパターンの一時的な高値をうまく利用すれば、いくらかの利益は上げられるだろう。

大天井のキーリバーサルデイではこの日の高値近辺に空売りのストップを入れ、終値で買い戻せば効果的である。

このようなリバーサルデイでは反対側に利益目標値を設けて素早く手仕舞う。

もっとリスクを取れるならば、まず最初にその後の反落を見越したポジションを建て、予想どおりのパターンが現れたときに、そして株価が支持線を下抜いたときに増し玉してもよい。


 このパターンは2000年以降のインターネット関連株のように保ち合い相場でも有効であり、キーリバーサルデイをうまく利用したトレーダーは2000年初めのナスダックのミニクラッシュを無傷で乗り切ることができた。


忘れてならないのは、これ以外のすべての短期パターン(ギャップ、1日の反転、スパイク、ランナウエーデイ)のシグナルについても、その後の株価がパターン形成の最初の水準に戻ればそれはダマシのシグナルであり、そのようなときはドデンして利益を狙うべきである。


■第28章 底とは何か――天井とは何か What is a Bottom−What is a Top?


以下で検討するのは、株式のテクニカルな売買をするときにひとつの重要なカギとなる目先の天井と底についてである。ストップの水準、トレンドライン、目標株価、支持・抵抗圏などは目先の天井と底によって決まる。これはトレーダー(短期売買の投資家)にとって最も重要なことである。


ストップオーダーの位置を決めるひとつの有効なルールは、


株価が予想される底値圏の最安値を付けた日から3日間にわたり、そのレンジよりも高い水準で数位すればその安値が底値と考えられる。


このルールに従えば、もしも株価が数日にわたり下げ続けたあとに、その日の高値25ドルを付けたが結局は24ドルの安値で引けたときは、その後に25 1/8ドル以上の日が3日間続かないと底が形成されたことにはならない。つまり、この丸3日間は最安値を付けた日の高値よりも上方のところで株価が推移しなければならない。

これが「3日間のルール」であり、天井圏ではこれを逆に適用すればよい。


すなわち、最高値を付けた日から3日間は株価がそれより安い水準で推移しなければならない。


 これが最初のストップを入れたり、またはストップオーダーの水準を変更する基準となるものである。具体的に説明すると、


株価が新底値を付けたと思われる日のレンジよりも高い水準で3日間推移したら、直ちにその底値の下のところにストップを移動する。

買いのときのプロテクティブストップの水準は、株価の上昇に伴って単純に上方に移動させていけばよい。

いったん決めたストップの水準は配当・権利落ちを除いてけっして下方に移動してはならない。そうした権利落ちがあったときは、ストップの位置をその分だけ引き下げる。同じように空売りのときのプロテクティブストップの水準も引き上げることはなく、下方にだけ移動していく(やはり配当・権利落ちのときは、空売りのストップの位置をその分だけ引き下げる)。

底と天井を判断することが難しいこともあるが、それは株価が中期トレンドの方向に進まず、保ち合いまたは調整局面に入ったと思われるときである。このような場合(株価が一連の動きとその反動で上下するようなはっきりした状況は別として)、目先の基点をどこにとるのかを決めるには判断力と経験が必要となる。

 基点

 ストップオーダーを入れる水準のベースとなる位置を「基点(Basing Point)」という。既述したように、


強気相場では株価が目先底から上昇したあと、3日間にわたってそのレンジよりも高い水準で推移すれば、その底値をストップオーダーの水準を決める基点とする。


上げ相場のときは目先天井を基点とし、下げ相場では目先底をその基点とする。

株価がメジャートレンドの方向に例えば15%以上上昇したあと、その上げ幅の少なくとも40%を押したが、その後に再び元の方向に向かうときはすぐに基点が分かる。しかし、もしも株価が40%に達しない程度に押したあと、1週間以上にわたってその近辺で保ち合ったとしても、その後に株価が再びメジャートレンドの方向に向かえば、やはりその水準を基点と考えてもよい(ただし、出来高の推移と照らして判断すべきである)。


 何回も見てきたように、日々の出来高とは熟練した看護婦が用いる体温計のようなものである。つまり、その株式に何が起こっているのかについては株価が多くのことを語ってくれるが、出来高は


@株価が保ち合い圏から上放れた日、

A株価が大勢または中期のトレンドの方向に向かって新値をとった日(上げ相場では直近の目先天井を上抜き、下げ相場では目先底を下抜いた日)、

B目先の動きが完成またはほぼ完成しつつある日(上げ相場では目先の新高値、下げ相場では目先の新安値を付ける日)――


を教えてくれる。さらに株価がメジャートレンドの方向に推移するなかで、ある日に再び大出来高ができれば、それは当初予想された上昇や下降が起こらず、その動きが終了したことを示唆している。


 ところで、目先の天井が形成されて(株価が新高値を付けて)そこで大出来高ができると、そのあとは調整局面を迎えることが多い。

その期間は数日から1週間、ときにはさらに長期にわたることもある。

その調整パターンは必ずしも下向きのはっきりした形になるわけではなく、1週間以上にわたって水平圏で揉み合うこともある。

下向きの調整となるときは、おそらく直近の目先天井(支持圏)近辺まで下げるだろう。または以前の2つ以上の安値を結んだ基本的なトレンドラインまで、もしくは以前の2つ以上の高値を結んだトレンドラインと平行なリターンライン(アウトライン)まで下げることもある。

もしも調整が水平の動きとなれば、おそらく株価がこれらのいずれのラインに接するまでその調整の動きは続くだろう。


 そのいずれにしても、そこで注意しなければならないのは、出来高が減少することである。


新たな天井を形成してから数日間に不規則ながら全体として出来高が着実に減少し、その間に株価が反落、または少なくともメジャートレンドの方向に進んでいなければ、そこは目先の調整局面と見て間違いない。


一方、株価がメジャートレンドの方向に進みながら、目先底と思われる日のレンジよりも高い水準で3日間にわたって推移したら、この底値(トレンドラインはこの位置に沿って引かれる。水平な動きのときは必ずしも直近の安値を結ばなくてもよい)が新しい基点と考えられる。


 株価が気迷いの動きの期間を脱して新しい動きを始めたと思われるとき、どの位置を目先底と考えたらよいのか分からないときがある。真のブレイクアウトの前などは出来高が少なく、株価がどっちつかずの小さな動きを見せることもあるが、そのようなときは

出来高の増加をブレイクアウトのシグナルと考えて、その直前の安値を基点とする。

通常ではブレイクアウトが起こる3〜4日前の出来高の少ない日が基点となる。

 上げ相場の基点について述べてきたことは、逆の形で下げ相場にもすべて当てはまるが、下放れに大出来高が必ず伴うとは限らない。ところで、


長期にわたる上昇局面のあと、はっきりしたフラッグを形成し始めた株式を出来高が減少して40%ほど押したところを買ったが、その後も続落して反発の動きやそれを示唆する出来高のシグナルも現れないような厳しい局面に直面することがある。


こうした状況はそれほど頻繁には起きないが、上昇または下降のいずれの局面でもときどき見られる。このようなケースでは以前の下降トレンドの途中に(保ち合い圏や何回も高値を付けたところに)支持圏があると考えられ、その水準は買いを入れたところよりも下方にあったのである。ほぼ垂直に急騰したときの出発点である大底の下にストップオーダーを入れるよりは、この支持圏を基点としたストップの位置を考えたほうがよい。

 しかし、このようなケースについては適当な基点を見つけることは実際にはかなり難しい。したがって、


@株価が明らかに基点と考えられる支持圏を上抜くまで上昇した、または

A株価が数年来の高値圏にあって下がる気配がほとんどない――


などの場合を除いて、長期にわたる続伸のあとの調整局面でそうした株式を買うのはあまり賢明ではない(その逆の下げ相場で空売りするときは、株価が強力な抵抗圏の下方にある、または過去数カ月来の新安値圏にあることが条件となる)。

株価が長期にわたって急勾配で上昇したあと保ち合い圏に入った株式を売買するときは、フラッグやペナントなどの調整パターンの形成途上では出来高が著しく減少しなければならない。


 中期のトレンドを売買するときの注意点がもうひとつある。あるトレンドの一連の動きが極めて規則正しい形で現れることがあるが、そのときははっきりしたトレンドラインが存在するし、既述したルールどおりに40〜50%の押しを入れたあとに再び直近の目先天井まで反騰するものである。

出来高は調整局面では減少し、新しい天井を付けるときは急増する。

株価がいつまでもこうした規則的な動きを続けると予想して、株価がこうした階段みたいに動くところで出動するのは簡単である。しかし、こうした動きがずっと続くことはなく、いずれ最後の目先天井に達する。基点を見つけることの重要さは、たとえ株価が基点のひとつを終値で割り込むことがあっても、プロテクティブストップを使ってその取引をクローズできることである。


 そのトレンドの株式取引をいつ終了するのかを決めるとき、出来高は大きな手掛かりとなる。

一般に株価が天井を付けるときは大出来高ができるが、以前の天井形成のときよりも出来高がかなり急増したら、それには大きな疑問を抱くだろう。

あるトレンドのなかで最後の(またはその次の)噴き上げのときの出来高は、それ以前の目先の噴き上げのときよりも高水準であるのが普通であり、中期のトレンドを形成してきた一連の動きはこれから調整局面に入ると予想すべきである。

それから数週間または数カ月後に株価は中期のトレンドの上昇幅の40%またはそれ以上の調整となり、株価はほとんど小動きに終始するようになるだろう。そのときは大勢方向に向けてやがて新しいトレンドが形成され、新たなチャンスが来るのを待つときである。

■第34章 トレード戦術の要約 A Quick Summation of Tactical Methods


 株式売買の戦術は、

@新規の仕掛け、
A予想どおりに展開して評価益が出たポジションを手仕舞って利益を確定する、
B予想どおりに進まなかったポジションを損切りする――

の3つの大別される。トレンド、支持・抵抗圏、各種チャートパターンによる値幅測定、出来高の推移などのテクニカル指標によって利益を確定する方法についてはすでに述べた。

チャート上に現れたパターンが一般的な売買ルールどおりに、そして予想した方向に進んでいるかぎり、利益を確定する方法に特に難しい問題は生じない。評価益の出ているポジションの手仕舞いポイントを決定するのは簡単である。

難しいのは新規の仕掛けを正しく行うこと、評価損の出ているポジションをできるだけ少ない損失にとどめて手仕舞う防御的な手法である。


 強気の動きをストップしたとして売却した株式がその後に反発したからといって、必ず空売りしなければならない理由はない。株価がそれまでのトレンドから幾分外れたり、またはまったく別の方向に向かうようなシグナルが現れても、それが直ちにそれまでとは反対のトレンドを前提とした取引に転換せよというシグナルになるわけではない。

例えば、対称三角形や長方形からそれまでのトレンドとは反対の方向に株価が向かうようなときは、これまでの取引から新しい方向に向けた取引に転換せよというひとつのシグナルであろう。しかし、ヘッド・アンド・ショルダーズやその他の反転パターンが未完成に終わり、株価が以前の目先底の水準を下抜いてトレンドラインから外れたとしても、それは評価損の出ているポジションを手仕舞う理由にはなっても、新しい方向に向けた新規の仕掛けを正当化するものではない。

以下は株価のシグナルに応じた対処法をまとめたものである。

次のようなときはポジションを手仕舞う。


株価がヘッド・アンド・ショルダーズからそれまでとは反対方向に放れた。

株価が対称三角形からそれまでとは反対方向に放れた。

株価が長方形からそれまでとは反対方向に放れた。

それまでとは反対方向に新しい目先底や天井が形成された。

株価がダイヤモンドからそれまでとは反対方向に放れた。

株価がウエッジからそれまでとは反対方向に放れた。

大出来高やギャップを伴って1日の反転パターンが出現した。

株価がフラッグやペナントからそれまでとは反対方向に放れた。

株価が支持・抵抗圏からそれまでとは反対方向に放れた。

それまでとは反対方向にブレイクアウエーギャップが形成された。

株価がそれまでと同じ方向に動いたあとアイランド(島)が形成された。

特定のパターンやその他の有効なシグナルは現れないが、株価が基本となるトレンドラインを突破した。


(注 終値でそのパターンを突破しなければ、真のブレイクアウトとはならない。

支持圏、トレンドライン、各種チャートパターンからそれまでとは反対方向に終値で3%以上放れることが有効なシグナルである。

ポジションを手仕舞うときは、前日終値より上下1/8ドルのところに入れたプログレッシブストップを使う)


 新規に仕掛けるとき。


株価がダウ平均のメジャートレンドと一致している。株価がダウ平均のメジャートレンドと一致していないときは、全体のリスクを小さくするため投資額を制限する。

株価がヘッド・アンド・ショルダーズから放れた。

株価が対称三角形のスタート地点から頂点までの距離の2/3以内のところで放れた。

株価が直角三角形から放れた。

株価が長方形から放れた、または(できれば)そこが第6番目の反転ポイントだった。

株価が拡大型の天井から放れた。

株価がダブルトップ(またはダブルボトム)やトリプルトップ(またはトリプルボトム)から放れた(株価が同トップの谷の水準を下抜いた、または同ボトムの山の水準を上抜いた)。

株価がウエッジから放れた(できれば、スタート地点から頂点までの距離の最後の1/3以内で放れた)。

(できれば)そのパターンで十分な調整を経たあとにフラッグやペナントが形成された(ただし、出来高やその他のシグナルがそれをはっきりと確認していることが条件となる)。

株価がはっきりした支持または抵抗圏から決定的に放れた。

(できれば)ブレイクアウエーギャップが形成された。

かなり大きく動いたあと、はっきりしたアイランド(島)が形成された。

トレンドラインとリターンライン(アウトライン)が同じ方向を向いているとき、株価がトレンドラインと接したまたはそれを突破した(この場合のトレンドラインとは、強気相場では上方の青のトレンドライン、弱気相場では下方の赤のトレンドラインを指す)。


(注 株価がそのパターンから放れた、またはある水準を突破したというのは終値による3%以上のブレイクで、それと同時に出来高の条件も満たさなければならない。

「できれば」と書いた新規の仕掛けは長方形、ウエッジ、フラッグ、ペナントなどのパターンのときに適用されるが、そうしたときは特に注意が必要である。

またブレイクアウエーギャップであると判断するのは極めて難しく、このギャップを取引条件に含めるのはあまりお勧めできない。)

http://www.panrolling.com/books/wb/technical_contents.html#postface


24. 2011年3月10日 00:40:18: MiKEdq2F3Q

             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   おじちゃんたち
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′

ゴールド・シルバーレシオ(GSR) と ゴールド・プラチナレシオ(GPR)


ゴールド・シルバーレシオ(GSR)
http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$gold:$silver

ゴールド・プラチナレシオ(GPR)
http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$gold:$plat

@ GSR(ゴールド・シルバーレシオ)

http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$gold:$silver

金に対して銀価格が大幅に安くなり始めると、金融恐慌が進み、株価は下落し、金の短期トレンドは変化する。

その数値はGSR(ゴールド・シルバー・レシオ)と呼ばれ、ここ数日で銀が大暴落したことから、54→61.8まで急上昇した。金に強い買いシグナル、NYダウに売りシグナルが出ている。

過去100年のデータでは、銀が金に対して割高な時は、景気が良く、銀が割安な時は、銀行の破綻が増加している。

GSRが100に近づくにつれて、金融危機は激しさを増す。

http://sunsetmoon2020.blog61.fc2.com/blog-entry-157.html

GSR(ゴールド・シルバーレシオ) は金の価格を銀のそれで割った比率のこと。金が銀の何倍で買われているかという指標。

金価格と銀価格の比率が大きく変わると、統計的にNYダウが暴落する確率が高い。
30年の間では50を割ったときか100になると株式市場で暴落が生じている。

http://www.cazoo.jp/blog/archives/2009/03/10_6.html


ゴールド・シルバー・レシオという指標は金価格を銀価格で割った指標で、金が銀の何倍買われているかを表す。松藤民輔氏の本では過去30年間のデータで、GSRが50を割ったとき、または100になったときに株式市場では暴落が起きているとのこと。

実際に過去、30年間のデータを上のグラフ見てみます。赤がGSRで、緑が金の価格です。 GSR(赤)は確かに


87年の暴落時には50近く、

90年の暴落時には100近く、

2003年には50近く、

直近の暴落は100近くとなっている。


なぜ50の時と100の時があるかはよくわからないが、この指標がトレンドから乖離した時は、株式相場の転換点となっているのであろう。

http://d.hatena.ne.jp/qqqqchan/20090516

GSRの算出方法 → 「金価格 ÷ 銀価格」 


現在の価格で算出すると、、、。

828.6(金価格) ÷ 13.63(銀価格) =60.79

と、なります。 ちなみにGSRは通常では55前後の数値で収まっています。

この数値の意味。


100に近づくにつれて金が銀に対して高くなる

50を割り込むと銀が金に対して高くなる

(なので60.79である現在、金が銀に対して高いです)


そして、この金と銀の価格の比率が大変動する時、株式市場では大きな動きがでているようです。


過去30年の具体例で言うと、、、。

数値が50を割ったとき、そして100になった時、株式市場は暴落しています。

なので、GSRは流動性危機を予測するのに重宝されています。

また、いったんGSRが100を記録してしまえば、、、。
今度は50以下を目指す動きになるようです。
(銀が金に対して高くなる)

そして、数値が16になった時、コモディティはピークの可能性が高いらしいです。

http://kajigon.blog19.fc2.com/blog-entry-76.html


恐慌心理を推し量るものとして代表的なものにゴールド・シルバーレシオというものがある。

ゴールド・シルバーレシオ=金(ゴールド)価格を銀(シルバー)価格で割った指標。

この指標は金(ゴールド)の「有事の金」という性質に着目したものだ。

ネガティブサプライズ(テロ、大地震、大型企業の倒産、小国デフォルトなど)がマーケットを襲い、株式市場や商品市場が崩壊しそうなときの先行指標になってくれる。

ゴールドは有事(戦争など)の兆候が出たとき、上昇する性質がある。


ゴールドは


@「コモディティ」(商品)としての性質

A「通貨」としての性質


と二つの顔をもつ。


インフレ下ではゴールドはコモディティとしての顔を出す。

景気拡大とともに、産業用素材(PCの部品)としてゴールドの需要もふえることから、株式市場と連動して上下を繰り返す。 これがコモディティの顔。(@)

多面、デフレ懸念が台頭し、ショッキングな出来事のため、市場が崩壊しそうになると、「有事」の烙印を押されたマーケットは安全志向が高まり、「質への逃避」が始まる。

リスク回避に敏感になったマネーは国債や金(ゴールド)にシフトする。これが「通貨」としての顔。(A)

日本ではなじみがないが、欧米では金(ゴールド)は「通貨」として認識されている。欧米では外国為替証拠金取引を専門に扱う部署の中に、ドル ユーロのとなりに 商品金先物のパソコンがセットしてあるらしい。 それをみてもわかるように金は「通貨のひとつ」というくくり方がいいみたいだ。ドルやユーロとならぶ「今も昔も変わらぬ永遠の通貨」。


通貨としての金(ゴールド)の顔は有事や危機に敏感に反応して上下を繰り返す。ダウやドルと逆相関的な動きになる場合だ。

危機が収束すれば下がり、危機の予兆がでれば上昇し始める。 

金に関しては@とAの両方のサイクルで動いているため、すごく事態がややこしくなる。景気拡大とともに上昇する他の産業用コモディティ(銀、銅、鉄鉱石、原油)などとは性質が異なるのだ。

ともあれ、金に関しては「有事」の顔や「通貨」の顔があることから、危機の兆候をつかむサインとなりうる。 それがゴールド・シルバーレシオだ。

(ちなみに、シルバーは通貨としての価値もなくはないが、コモディティとしての側面が強いので、有事でも金ほどは上昇しない。)


ちなみに上の図の 


1は サブプライムショック。 

2はベアスターンズ危機。 

3はリーマンショック

4は08年秋の金融危機。

GSレシオは通常は50以下で動いていて、何かしらネガティブな事柄の懸念が出始めると50をこえてくる。

金融危機のときはなんとか100手前で収束した感じ。

http://blogs.yahoo.co.jp/cumo_66/7950324.html


__________


A ゴールド・プラチナレシオ(GPR)

http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$gold:$plat


ゴールド・プラチナレシオ(GPR)の先行性:ダウとの比較


このブログではよくGSR(ゴールドシルバーレシオ)について言及する。これは金と銀の比の動きで、銀が選好されるときは景気上昇、金が選好されるときは景気下降という傾向を見るのに使っている。

ところで、これと似た動きをするレシオに、GPR(ゴールドプラチナレシオ)がある。

GSRとの差は、金(ゴールド)と白金(プラチナ)との価格差はそれほど大きくなく、また全体の変動幅も少ないということがある。そして、こちらがより重要なのだが、プラチナは市場が銀よりもさらに狭いため、短期の値動きが大きいこと、そして、工業原料としての性質が、銀よりもさらに強いため、銀よりも敏感にリスク回避・選好に同期するということがあると思う。

ということで、ゴールドプラチナレシオ(GPR)はゴールドシルバーレシオ(GSR)と比較して、短期での細かな動きを見るのに適していると言える。


動きは、GSRと同様に、リスク選好で下降、リスク回避で上昇となる。

 
このチャートはGPRの日足であるが、ご覧のように、この半年で3回ほどのボトムをつけて反転上昇している。

GPRの上昇は景気悪化(リスク回避)であり、この動きを見れば、その他の動きも推測できるはずだ。


赤い矢印で示したところが最近の波動のボトム(=リスク選好から回避への転換点)である。 で、実際ダウの動きと比較してみると


  GPRの反転上昇    ダウの下落開始

1  8月1日       8月9日
2  11月4日      11月4日
3  2月3日       2月22日


というふうに、GPRの反転上昇から、同日、あるいは1週間から2週間の間を置いて、ダウも下落開始している。(ちなみに、同時期のGSRからはこのような動きを見ることができない。)

ということで、今後あると思われるダウの下落を予測するのに、このGPRは必須の資料だと考えている。

http://blog.goo.ne.jp/yamahafx/e/e23d0e66cef5f4e0cb8a6622f11b4ef1


25. 中川隆 2011年7月15日 17:32:29: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

参考HP 追記

相場のネタ&儲けのタネ
http://blogs.yahoo.co.jp/kabushikisobatenbo/folder/267539.html?m=l

為替 - やまはFX
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx/c/32c0f96e49c66fed6378dc4868a58376

株式市場は非常識 : 変化をつかめ!
http://blog.livedoor.jp/mkubo1/

Market Hack
http://markethack.net/

ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/

国際戦略コラム
http://www.asahi-net.or.jp/~VB7Y-TD/index.html#sinty

逆光の株式相場
http://sniperfon.exblog.jp/i0/

三橋貴明オフィシャルブログ 新世紀のビッグブラザーへ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/page-1.html#main

デフレ・インフレの一般理論
http://siawaseninarou.blog.so-net.ne.jp/
http://www.eonet.ne.jp/~hitokotonusi/


26. 2011年7月15日 19:51:15: MiKEdq2F3Q

日本経済復活の会
http://ajer.cocolog-nifty.com/blog/

経済コラムマガジン
http://www.adpweb.com/eco/

Walk in the Spirit
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/

Nevada 投資情報専用ブログ
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

マット今井の「風を読む」
http://matt.livedoor.biz/

マット今井 プロの目線
http://www.starkawase.jp/blog/

マット今井 勝利の方程式
http://www.matt-i.com/index.php

出島 昇のズバ株80-本日の指標株の動き-日経平均&TOPIX
http://www.zubakabu80.com/cgi-bin/free/pre001_view.pl

オフィス出島_ 宝徳ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80/

OPTION?
http://ameblo.jp/option-wing/


27. 2011年7月15日 20:09:13: MiKEdq2F3Q

S氏の相場観
http://ssoubakan.blog102.fc2.com/

中原圭介の資産運用塾
http://blog.livedoor.jp/asset_station/


____


うーん、確かにみんな 色んな事知ってますね。

でも、下の二つだけ見て売買するのと結果は全然変わらない気がするけど:

主体別売買高チャート_外国人
http://kabutie.jp/tec_pop.php?id=3&no=3

トレンドを探る
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/compass/compass.asp


28. 2011年7月15日 20:32:53: MiKEdq2F3Q

株の売買代金の7割は外人投資家なんだから、外人投資家の売買動向だけ見ていれば絶対に勝てるんだけど、みんなその事を隠したがるんだよね:


73 : 山師さん : 2011/07/01(金) 07:09:36.46 ID:+DZ/MWHY [2回発言]

3年くらい前から勝てるようになった
簡単な事だったから、その頃は人に言いたくて言いたくて

しかし、それを匂わす書き込みを始めると必ず誰かがやんわり止めようとした

なんで? と思ってたが、最近になってわかってきた
やっぱり負ける奴がいるから勝てるんだってこと

http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/stock/1308751929/


168 : 山師さん : 2011/05/21(土) 02:59:48.63 ID:9RbxlzRO [3回発言]

こういうスレでは、親切な人がときどきヒントを与えようとしてくれたりしますが、撤退という番人が見張ってます。

その場合、撤退が直ちに

”ただで教えるバカがいるね”と言って邪魔します。

つまりしつこく撤退が邪魔してきたら、そこには重大なヒントが隠されている
ということです。

210 : 山師さん : 2011/05/21(土) 16:37:13.46 ID:9RbxlzRO [3回発言]

>株価が決まるのは需給だというのは前から知っているのですが
>勝ち組はどうもそこから先の何かを知っているみたいで…。

>値段はなぜ動くのか?とか。


値段はなぜ動くのか

ここに勝つために唯一必要な解答がある
勝てない奴はこの解を手に入れることだ

これを書いたら撤退がでてきて

”ただで教えるバカがいるね”と言って邪魔をするから書かないけどな

重大なヒントを与えてやったぞ


213 : 山師さん : 2011/05/21(土) 17:53:35.19 ID:HflWK/AW [1回発言]

もう答え出てるけどその日の外国人の売買動向に従ってれば勝てる

これだけ

簡単だろ?

http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/stock/1305670123/


29. 2011年7月15日 20:44:35: MiKEdq2F3Q


ただ、その日の外国人の売買動向はこれを見てもわからないんですよね:

外資系(10社)寄り付き前注文動向
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/foreign_funding/foreign_funding.asp?SID=
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_stocks_top.asp#yori_gaishi

外国証券寄前動向について 2011年06月02日

昨晩のことですが、旧友と焼肉を食べに行きました。そのうちの一人が、九州の大富豪と会う機会があったそうですが、それをアレンジしたのが九州の地元の証券会社だったようです。その証券会社で、「外国証券寄前動向」の分析をしていると聞いて、みな、驚いたわけです。

このブログを読んでいただいている方でどの程度個人投資家がいらっしゃるかわかりませんが、この「外国証券寄前動向」については、大きな誤解があるような気がしたので、これについて説明します。


多くの証券会社で株式業務に従事している人にとっては常識なことを書いていきます。

外国証券、具体的には、メリル、ゴールドマン、モルガン、UBSなどなどの外資系証券会社に朝8時前後にある証券会社から「今日の売り買いを教えてください」と電話があり、各外資系証券会社は「買い150万株、売り200万株」などと答えます。
それを約10社分集計して、メールなどで、今日の外資系動向とかいうことで「買い1500万株、売り1800万株、差し引き300万株の売り越し」のように情報が回るのです。それを個人投資家、機関投資家などなど、多くの方がご覧になっているのです。


問題は、各外資系証券が公表している数字にあります。先ほどの例では、「買い150万株、売り200万株」という数字です。

その前に、朝の8時前に証券会社に来ているオーダーには、どの様なものがあるのかご存知でしょうか。

もちろん、海外の投資家の注文なのですが、ほとんどが欧州の投資家からの注文なのです。

米国勢の注文もありますが、主要な米国の投資家は、米国本土からナイトトレーダー(日本市場が開いているとき米国は夜ですので)が直接オーダーを出したり、アジアの拠点からオーダーを出したりします。

つまり、事前に(寄前に)証券会社(他人)にオーダーを見せるようなことは、出来るだけ避けます。理由は、自分がこれから行う投資行動をわざわざ人に見せたがる人はそうそういないはずですよね。

ということで、この寄前動向の内容の多くは、欧州の投資家のオーダーであることが多いのです。

では、ここで、各外資系証券会社は、8時前に来ているオーダーを集計するのですが、それを正確に公開するかどうか考えてみてください。

もし、ある顧客から500億円相当の売り注文が来ていたとします。これを世間に公開するかどうか考えてください。

公開すれば、その情報は、たちまち、市場に拡がります。もしかしたら、この注文を出した投資家の耳にもはいるかもしれません。一般には、大きな注文は、まず、公開などしないものです。

ともかく、朝、来ているオーダーの合計を正確に公開する証券会社は、たぶん、ほとんどいないと思います。オーダーが少ないときは、ちょっと恥ずかしいので、少し水増した株数で出したり、オーダーが多いときは、大きなオーダーを除外したりして、朝の数字を作るものです。

ですから、「買い150万、売り200万」の150万とか200万という数字には、ほとんど意味がないのです。

ただ、意味があるとすれば、その方向性でしょうか。一応、売り越しということは、真実だと思います。

ですから、ベクトルの方向性を見るのはいいとしても、その長さ(数量)には、ほとんど意味がないのです。特に、数字が拮抗しているときなど、ベクトルの方向性すらあまり意味がありません。

もう一点、重要なことは、この注文は、外資系証券の(適当な)数字の合計であり、日系証券の数字は、まったく含まれていません。野村や大和といった大手証券ともなれば、欧州の投資家から、時には、外資系証券会社以上に注文が入るものです。

このようなことを理解した上で、「外国証券寄前動向」を利用すれば、方向性を見る時に、役に立つこともあると思います。ただ、株数には、ほとんど意味がない(正確性においてです)ので、それを分析しても役に立たないのです。

大事なことを言いますと、本当に役に立つ情報は、ただでは手に入らないということです。

http://blog.livedoor.jp/mkubo1/archives/51264559.html


30. 2011年7月15日 20:57:19: MiKEdq2F3Q


外国人のシェアは上昇していますが・・・なぜ? 2011年05月30日

今晩、英や米がお休みだから仕方ないのかもしれませんが、売買代金は9100億円、出来高13.8億株でこちらは今年最低でした。日経平均も値幅約90円で前日比17円安。ご苦労様でしたとしか、言いようがありません。

株式市場で外国人のシェアが高まっているのは、今に始まったことではありませんが、ここで、東証の売買シェアの確認をして見ます。


    2010年 2011年3-4月


証券   26     20

外国人  47     55

個人   18     17

法人    9      8


外国人のシェアが拡大していますが、証券会社のシェアが落ちています。単純に考えれば、日本で営業をする証券会社のリスク許容度が落ちて、ポジションを取れなくなっているため、売買が減少しているのかもしれません。


一方、外国人は、ハイフリークエンシー取引に代表されるようなコンピューターによる超高速取引が急増しています(ロボットトレーディングとも言われていますね)。この割合が、聞くところによると、常時30%を超えてきているようです。

ということは、外国人のシェア55%もありますが、30%以上はコンピューター取引というわけです。では、残り25%が純粋な外国人の取引かというとそうでもないわけです。

証券会社で株式部門経験者にとっては常識なんですが、日本にいる外資系証券会社の自己売買では、海外口座を使って取引する場合が多く見られます。


通常は、日本での業務の場合、証券会社の自己売買は、国内口座で、自己とか証券会社というカテゴリーで表記されます。


が、海外口座と売買一任契約を結んでいる場合は、自己とか証券会社というカテゴリーではなく、外国人というカテゴリーに属するのです。


というわけで、外国人と言っても、純粋な外国人の売買は、25%もなく、しかも、その中には、先物やオプションも絡めた短期売買を得意とするヘッジファンドも含まれます。


まとめますと、外国人のシェアは増加していますが、その要因は、超高速取引の増加により、そのシェアが押し上げられていると予想されます。また、証券会社のシェアの減少は、リスク許容度の低下や利益機会の減少などが考えられます。


外国人が買っているといっても、以前のように、マーケットが上昇しにくいのは、外国人というカテゴリー内の投資家層の変化にも原因があるのだと思います。


つまり、日本市場に投資対象としての魅力が欠けているから、テクニカルな投資家(コンピューター売買や超短期売買)のシェアが高まり、純粋な投資家のシェアが落ちて、売買代金も増えないということなのだと思います。


テクニカルな投資家が去ってしまっては、東証の売買代金は、激減しないとも限りません。


というのは、テクニカルな投資家のベンチマークは、短期金利ですから、現在の超低金利の間は、市場から去ることはないと思います。

http://blog.livedoor.jp/mkubo1/archives/51263635.html


31. 2011年7月28日 09:40:04: MiKEdq2F3Q

海外投資家地域別株券売買状況の本当の意味

毎週、東証から、投資主体別動向が発表されているのですが、その中で、海外投資家地域別株券売買状況なるものがあります。月ごとに、北米、欧州、アジア、その他地域という区分で、どの程度の売買があったのか、株数と金額で統計が出ています。これを見て、アジア勢が買っているということが、新聞にも出ているのです。

が、このデータをどこまで信じればいいのかが問題です。

まず、このデータはどうやってできているのかと言いますと、各証券会社がデータをまとめて東証に報告するのです。証券会社は、投資主体別に売りと買いの金額や株数を報告するのですが、外国人という属性の中でも、どこの地域からの取引かを報告しているのです。地域は、先ほどの4つに区分されています。


では、どうやって区分するのか。

A証券会社は、外国人の投資家とA証券のロンドンかA証券のニューヨークに口座を開けるようにしています。仮に、投資家が香港の投資家であっても、ロンドンで口座を開けます。一般に、ロンドンの方がNYより口座を開ける手続きが簡単とも言われています。一方、B証券会社は、外国人投資家とB証券の香港で口座を開けるようにしています。

このように、証券会社によって、どこの拠点で口座を開けるかは、運営管理の方法が違います。香港の投資家なのに、口座はロンドンというのは、多いはずです。
また、逆もあり、ロンドンの投資家なのに、香港に口座を開けている方もいます。

結論を言えば、投資家の口座の解説場所で、どこの地域からの取引かを報告しているわけです。もし、新聞の書いているように、アジアの投資家の日本株への投資が増加していれば、アジアの投資家の売買のウェートは上昇傾向にあるはずです。


東証がWEBで公開している2003年以降データを見てみます。

年 合計(兆円) 構成比(%)差引き(億円)

2003 27.5 20.1 7,700

2004 43.9 21.4 7,600

2005 72.9 24.4 10,600

2006 109.1 22.2 22,500

2007 162.0 26.0 18,900

2008 125.0 25.2 -12,100

2009 37.1 14.0 200

2010 35.8 11.2 3,900

参考までにアジアは下記の国です。

インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、大韓民国、中華人民共和国、ネパール、パキスタン、バングラディッシュ、東ティモール、ブータン、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス

いかがでしょうか。2008年と2009年で大きな落差が生じています。急にアジアの投資家が日本株の売買を止めてのでしょうか。

そんなことはありません。逆に、中国の資金は、日本株を買っているはずです。

となれば、この統計は、地域別の投資家の動向というよりは、その地域に口座を開けている投資家動向ということになるということです。ですから、新聞の言うような、アジアの買いを100%信じてはいけないと思います。もちろん、そういう傾向があるということは言えるかもしれませんが。

最後に、なぜ、2008年と2009年に格差があるのかと言いますと、多分、いくつかの証券会社が、コスト削減か、リスク管理かの理由で、香港の口座を開けていた分をロンドンに移管した可能性があります。金融危機の影響は、こんなところにもでているのですね。

http://blog.livedoor.jp/mkubo1/archives/51277584.html


32. 中川隆 2011年9月15日 21:48:52: 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q


正しい知識さえあれば株式投資で儲けるのは簡単なのですが、自称専門家のHPや2ちゃん株板を見ると嵌め込み情報や嘘ばかりで、参考にすると必ず失敗します。

そこで素人でもできる一番簡単な株の売買法を紹介しておきます。


    |:::::::::::::::::   ____________    :::::::::|
手  |::::::::::::: ,. '":::::::::::::::::::::::::`ヽ.  ::::::::| 頭  ど
遅  |:::::  /::::::::く:::::::╋::::::::>:::::::::\  :::| で.   こ
れ  |:::: 〈:::::::::;:::--- 、─ァ -- 、:;:::::::::〉 :::| す   が
で. .|:::::  ,〉'"      `'´     `ヽ!  :| か  悪
す  |:::: /   /  ハ  ハ ヽ ヽ 、  ',  |  ゜  い
ね. |:::: i  ,'  /!__i_, !' ! ,_ハ__ハ ',  ! ',    ん
  ゜/::  ノ.! ! /,ィ-ァ!、! レ',ィ-=!、! i ハ  〉    で
´\|::  〈 ノ Yレヘ''ゞ-'     ゞ-''/レ' ン ∠、    す
::::    〈 ハ  !ハ."  ______  "ハ ハ !   !    か
::     ノ、 `ァ'_」>、._`ー' ,,.イ/イ、ノ    ヽ.  ?
     / `ァ''´ ',   ヽ干´ン::::::::::::`ヽ.   `''ー─
    ! ヽ/   ,y ヽ、. .,!':::::::::.y::::::::::::',
    〉r〈_,.-、7-、  Y十::::.::::::i::::::::::::::〉


1) 長期的な投資方針(1〜3ヶ月)


どうやら騰落レシオやバルチック海運指数は全く役に立たない様ですね。

ゴールド・シルバー・レシオも売買の判断には使えないでしょう。

もちろん、週足や月足チャートではプロでも相場予測はできないでしょうね。


頼れるのはこれだけだと思って下さい:

主体別売買高チャート_外国人
http://kabutie.jp/tec_pop.php?id=3&no=3


要するに外人投資家が買っているか売っているかを調べればいいのです:


期間 外国人
2011/1/11〜 1,988
2011/1/4〜 3,597
2010/12/27〜 -386
2010/12/20〜 387
2010/12/13〜 1,772
2010/12/6〜 2,074
2010/11/29〜 1,990
2010/11/22〜 738
2010/11/15〜 2,210
2010/11/8〜 1,708
2010/11/1〜 3,668
2010/10/25〜 -1,321
2010/10/18〜 242
2010/10/12〜 386
2010/10/4〜 3,337
2010/9/27〜 -274

外人投資家が買っている → 買いが基本、空売りはすべて手仕舞い

期間 外国人
2011/9/5〜 -4,809
2011/8/29〜 -855
2011/8/22〜 -2,671
2011/8/15〜 -1,486
2011/8/8〜 -5,511
2011/7/24〜 -5,376
2011/7/25〜 -1,444
2011/7/19〜 1,104
2011/7/11〜 -1,102
2011/7/4〜 3,785 -
2011/6/27〜 2,756

外人投資家が買っている → 空売りが基本、買いはすべて手仕舞い

           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,〜 〜  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

騰落レシオとバルチック海運指数は呪われたものとなった

2) 中期的な投資方針(1〜4週間)


トレーダーズ・コンパス
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/compass/compass.asp


の“ トレンドを探る” を見て 総合判定 が ↑ か ↓ かを調べます。

“買われ過ぎ・売られ過ぎを探る” の方は気にする必要は全く有りません:

☆ ナンピン・損切り厳禁、両建てで逃げる

“ トレンドを探る”の 総合判定 で ↑ が続いている → 買いが基本、空売りはスィング・トレードのみ

“ トレンドを探る”の 総合判定 が ↓ が続いている → 空売りが基本、買いはスィング・トレードのみ


              /               \
          / / ∠三ミレ-- 、      ヽ
         / / //─'''´ ̄ ̄`ヽ      ゙i
        / /  //        ゙iヽ  ヽ  |
        ,' /  //          | ヽ  ', |
        | |  / l,、、,,_   -‐''" ̄`゙i. |   | |
        | | / ノ,.t-、    'Tッ'Tゝ ヽ|レ‐、| |
        ゙i |/ ,ィ`' _L.,!    ` ┴'  リ‐、 } |
        .!///゙!     ,         ノ__/ .!
         |/ | ',    ゙        /  |  |
          |! |  \   ゚       /  |  .!
          {  |  | | ゙ヽ、    /  |   |  | 中長期投資では
         ゙、 ', | |   | `l'"´    ゙、|  |i   | ナンピンと損切りは厳禁よ
         ヽ ヽ | |   レ'′      \ || /
           /ヽ \!  |  ̄ ``   r'´ ` ̄``ヽ
        /   ヽ ヽ ノ                   ヽ
        |     〉 V              |   |
        |    /  /       \       ヽ、 |
        |    / / /|       ヽ       \
        .!   / { ヽ|    ...     ゙、        ヽ
        |  {  ゙i   ヽ  ::r.;:.     l         ::_)
        .!  \ ト、 |   `゙"     /          /
         |    ト| | ∧       /           /
            |  / / /|| ゙ヽ、 __ ,. -'"    ` ーr┬ '′
          | / / | ヽ、               | /


3) 短期的な投資方針(1〜5日)


スーパーチャート(カブドットコム証券版)
http://kabu.com/

のドル建て日足チャートで


@ 3日移動平均線

A ボックス圏では直近4週間の最高値・最安値から水平に伸ばしたサポート・ライン、レジスタンス・ライン


を見ます。


☆ ナンピン・損切り厳禁、両建てで逃げる


株価 > 3日移動平均線 → 買いが基本、空売りはデイ・トレードのみ

株価 < 3日移動平均線 → 空売りが基本、買いはデイ・トレードのみ


株価がボックス圏のサポート・ラインに近付いた → 買いが基本、空売りはすべて手仕舞い

株価がボックス圏のレジスタンス・ラインに近付いた → 空売りが基本、買いはすべて手仕舞い


              /               \
          / / ∠三ミレ-- 、      ヽ
         / / //─'''´ ̄ ̄`ヽ      ゙i
        / /  //        ゙iヽ  ヽ  |
        ,' /  //          | ヽ  ', |
        | |  / l,、、,,_   -‐''" ̄`゙i. |   | |
        | | / ノ,.t-、    'Tッ'Tゝ ヽ|レ‐、| |
        ゙i |/ ,ィ`' _L.,!    ` ┴'  リ‐、 } |
        .!///゙!     ,         ノ__/ .!
         |/ | ',    ゙        /  |  |
          |! |  \   ゚       /  |  .!
          {  |  | | ゙ヽ、    /  |   |  | 株価は必ずドル建て3日移動平均線
         ゙、 ', | |   | `l'"´    ゙、|  |i   | まで戻ろうとするものよ
         ヽ ヽ | |   レ'′      \ || /
           /ヽ \!  |  ̄ ``   r'´ ` ̄``ヽ
        /   ヽ ヽ ノ                   ヽ
        |     〉 V              |   |
        |    /  /       \       ヽ、 |
        |    / / /|       ヽ       \
        .!   / { ヽ|    ...     ゙、        ヽ
        |  {  ゙i   ヽ  ::r.;:.     l         ::_)
        .!  \ ト、 |   `゙"     /          /
         |    ト| | ∧       /           /
            |  / / /|| ゙ヽ、 __ ,. -'"    ` ーr┬ '′
          | / / | ヽ、               | /


4) デイ・トレード

スーパーチャート(カブドットコム証券版)
http://kabu.com/

@ドル建て日足チャートの3日移動平均線

A 円建て分足チャートの30分移動平均線

を見ます。

☆ 持ち越し厳禁、無限ナンピンが基本、リバリッジ無しの信用売買


株価が上から3日移動平均線まで押す → 無限ナンピンで買い下がり

株価が下から3日移動平均線まで戻る → 無限ナンピンで買い上がり

株価が上放れて始めて、直ぐに急押し → 30分移動平均線を上下上と 上に2回切ったら無限ナンピンで買い

株価が下放れて始めて、直ぐに急戻り → 30分移動平均線を下上下と 下に2回切ったら無限ナンピンで売り

株価が上放れて始めて、更に上昇 → 30分移動平均線を下上下と 下に2回切ったら無限ナンピンで売り

株価が下放れて始めて、更に下落 → 30分移動平均線を上下上と 上に2回切ったら無限ナンピンで買い


              /               \
          / / ∠三ミレ-- 、      ヽ
         / / //─'''´ ̄ ̄`ヽ      ゙i
        / /  //        ゙iヽ  ヽ  |
        ,' /  //          | ヽ  ', |
        | |  / l,、、,,_   -‐''" ̄`゙i. |   | |
        | | / ノ,.t-、    'Tッ'Tゝ ヽ|レ‐、| |
        ゙i |/ ,ィ`' _L.,!    ` ┴'  リ‐、 } |
        .!///゙!     ,         ノ__/ .!
         |/ | ',    ゙        /  |  |
          |! |  \   ゚       /  |  .!
          {  |  | | ゙ヽ、    /  |   |  | デイトレは無限ナンピンが基本よ
         ゙、 ', | |   | `l'"´    ゙、|  |i   | 破産するまで買い続けてね
         ヽ ヽ | |   レ'′      \ || /
           /ヽ \!  |  ̄ ``   r'´ ` ̄``ヽ
        /   ヽ ヽ ノ                   ヽ
        |     〉 V              |   |
        |    /  /       \       ヽ、 |
        |    / / /|       ヽ       \
        .!   / { ヽ|    ...     ゙、        ヽ
        |  {  ゙i   ヽ  ::r.;:.     l         ::_)
        .!  \ ト、 |   `゙"     /          /
         |    ト| | ∧       /           /
            |  / / /|| ゙ヽ、 __ ,. -'"    ` ーr┬ '′
          | / / | ヽ、               | /


33. 2011年9月16日 08:35:19: MiKEdq2F3Q

誤記訂正

1) 長期的な投資方針(1〜3ヶ月)


主体別売買高チャート_外国人
http://kabutie.jp/tec_pop.php?id=3&no=3


外人投資家が買っている → 買いが基本、空売りはすべて手仕舞い
外人投資家が売っている → 空売りが基本、買いはすべて手仕舞い


2) 中期的な投資方針(1〜4週間)


トレーダーズ・コンパス
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/compass/compass.asp


“ トレンドを探る”の 総合判定 で ↑ が続いている → 買いが基本、空売りはスィング・トレードのみ
“ トレンドを探る”の 総合判定 が ↓ が続いている → 空売りが基本、買いはスィング・トレードのみ

3) 短期的な投資方針(1〜5日)


スーパーチャート(カブドットコム証券版)
http://kabu.com/

のドル建て日足チャートで

株価 > 3日移動平均線 → 買いが基本、空売りはデイ・トレードのみ
株価 < 3日移動平均線 → 空売りが基本、買いはデイ・トレードのみ


株価がボックス圏のサポート・ラインに近付いた → 買いが基本、空売りはすべて手仕舞い
株価がボックス圏のレジスタンス・ラインに近付いた → 空売りが基本、買いはすべて手仕舞い

4) デイ・トレード


スーパーチャート(カブドットコム証券版)
http://kabu.com/


株価が上から3日移動平均線まで押す → 無限ナンピンで買い
株価が下から3日移動平均線まで戻る → 無限ナンピンで売り

株価が上放れて始めて、直ぐに急押し → 30分移動平均線を上下上と 上に2回切ったら無限ナンピンで買い
株価が下放れて始めて、直ぐに急戻り → 30分移動平均線を下上下と 下に2回切ったら無限ナンピンで売り

株価が上放れて始めて、更に上昇 → 30分移動平均線を下上下と 下に2回切ったら無限ナンピンで売り
株価が下放れて始めて、更に下落 → 30分移動平均線を上下上と 上に2回切ったら無限ナンピンで買い

         /  . :          . :`ヽ     `ヽ
         / . : : /      . : :}  . : : : : : }      ハ
       / . : : : : / : / . . : : : : :ハ: : : : : : : }   トヘ  .ィハ
        / . : : : : / : /. : : : :./!: : : :ト、: : : : : :!  人 Y フハ
      ' !: : : : /i: /: : : : :./ j: :.八:! ヽ: : : :,′ (⌒ o く : ハ
     / : : : : :/ j:ハ: : : :/,,-ァァ¬ト ハハ/   `7 ト、 ヽ∧
.    /  .ハ : : :レ'「`ヽ: :i :{ / /´ァテ示ミV/     いノ: :`^′: \    
   / . :/∧: : {    ヽ|八   /・\》 . : : : : : : :.:i: :i : : : : : :\  
   ,′. :// ∧ハ/・\      ニ二ニ/. : : : i| : : ト、ノ:八: : : : ト、: : \ \
   . : : : : : : :ゝ:}ニ二ツ      ´ ̄ //!: : :||: : ノく Y: : :\: 八 \: : :ヽ
  i : i : : : i : : : :.:} ^´ 〈        /(  |: :ノj/) } ハ : : : iト、: ヽ  ー-=ミ
  |:i i: : : :ハ/|: i    ____,     |'´〃^   イ: : : : : 八: : : : \     `ヽ
  |:! i: /   j从    Y^ ⌒^'|        r‐( : |: : : : :/: : \: : : : \
.  从 !'    /. :.:.\   V  丿      |: : : :.从: : :/: : : : : \: : : : `: ー--‐==
        / . : : : :.:\ u`こ´|'|     イ  ├‐-=ミノ : /: : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : : : :
        , '. : : : : : : : : \   U        ∨ .:/: : /三二>(: : : }ヽ: : : : : : : : : : :
      /. :/. : /!: : : : : : :` ¬!          / /. : : /:::::::://⌒>x   ): : : : : : : : : :
    / . :.:/. : / j: : : : : : :_/:::|        /.: : : : : :/::::://  ´   寸ニニニニニ==ミ
.   / : :.:/: : / r┬一'´.::::::/j      /. : :/} : :/:://  /      \::::::::::::::::::>>::ヽ

@ 利食い


127 :山師さん:2009/12/03(木) 23:13:14 ID:lwnqO4UQ
欲張らずにちまちまとリカクと損切りを繰り返すのが一番だな・・・

80 :山師さん:2010/10/30(土) 16:40:22 ID:sW8lBYfp
例えばですが簡単ですが利益がほぼ毎日確実に出せる方法の仕組みを知りたい人いる?

81 :山師さん:2010/10/30(土) 17:22:43 ID:FVQAhjc7
>>80
居ます〜

82 :山師さん:2010/10/31(日) 15:33:06 ID:HXJcoNpo
>>81
小さく利益を取るという事です。

      ___
    く/二二,'ヽ>
    ((ハイ))|l|
    从`Д´iリ|
     (=====)
   __ (⌒(⌒ )
 /\ ̄ ̄し' ̄ ̄ ̄\
  ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄
         | |
       / \

A 損切り・両建て

193 :山師さん:2010/01/22(金) 10:16:17 ID:qb9Zi3Tk

デイトレしてるオレから見るとボックスで上下させてる胴元が居て動揺させる激しい値動きで個人やらを損切りさせるとそいつの儲けみたいな感じだ


・大口はいつもいかに損切らせるか考えている。

・MACDとMACDオシレーターを見ながら取引している人をわざと嵌め込む大口の動きがよくある。

・東証1部の騰落レシオ120から買いあがる動きが、70以下から(80以下から?)売り下がる動きがあることが多い。


両建てにどういうメリットが有るのか?


素人が一番簡単に儲けれる相場が持ち合い相場だ。 売り買い両建て、損切りないで膨大の利益がでる。 同じ位置に戻ってくるわけであるから、損がない状態になる。

しかし、ひとたび、持ち合いを抜けて、長期トレンドに入ってしまうと、身動きがとれなくなってしまう。 ほとんどの素人は損切りが出来ない、両建てで攻めていると必ず、スクエアになり、雁字搦めになってしまう。

これがお決まりのパターンだ。 両建ては持ち合いでは有効であるが、そんな状態は永遠には続くわけがない。

 
               ∧_∧
   _ノ⌒\_ノ     ( ;`Д´>アーっ!  :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
 / ∧∧   ピシッΣ(=====)
(\ / 中\ 彡     ( ⌒)っ)。'。゚_・゚
 ( ( `ハ´ .) / ̄ ̄ ̄'し ̄ ̄/\
  \  ⊂ )  ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄
  /    \      | |
  し ̄ ̄ ̄\)     ./ \


B 銘柄選び

31 :山師さん:2009/09/14(月) 19:14:11 ID:aVTaDmXX

時価総額上位30社の大型優良株をやるべき。
低位株や新興は絶対やったらだめ。
スカンピンになるぞ


売買するのは東証1部の優良大型値嵩株 1銘柄だけで十分

日経平均に連動しない銘柄は危険なので売買対象から外して下さい。

小型株と1000円以下の株は空売りで踏み上げられるので手出し無用。


こういう銘柄を下手に空売りすると恐ろしい事になります:


932 :山師さん:2010/10/15(金) 10:27:15 ID:+/enpl7l

日経下げトレンドを抑制する輸出値嵩株。

東京エレクトロン、TDK、ファナック、京セラ 強制維持相場?

日経平均引き上げ(買い上げ)対象銘柄で最たる銘柄に【東京エレクトロン】があります。

≪年金資金≫は今や【東京エレクトロン】の筆頭株主になっているとも言われており、今や≪年金資金≫は【東京エレクトロン】と一蓮托生とも言える関係になっており、もし、赤字になり更に株価が暴落すれば≪年金資金≫は一体どれだけの損を抱えることになるでしょうか?



   (((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


Cリスク管理

株式売買に使っても良いのは、

買い は余裕資金の8割まで

空売りは余裕資金の4割まで

1.底値圏 : 株式80%,現金20%

2.上げトレンド中 : 株式50%, 現金30%, 空売り20%

3.天井圏  : 株式20%, 現金40%, 空売り40%

相場では、株も、為替も、商品も、みんな同じであるのですが、必ず不測の事態というものが起こるのです。

いやいや、私はロスカットの注文を入れているから大丈夫!

なんて話も聞きますが、そういう人は相場の本当の恐ろしさを知らないだけです。

 相場と言うものは、大きな事件事故が起こった後、完全な売り気配となり値段が付かなくなる可能性があるのです。例えロスカットの注文を入れていても、二日も三日も値段が付かないという事もあるのです。滅多にあることではないのですが、毎日毎日病気のように売買をしていれば、そうした事態に遭う可能性は必然的に高まるということになります。


           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,〜 〜  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

デリバティブは呪われたものとなった


34. 2011年9月21日 19:52:41: MiKEdq2F3Q

外国人投資家の動向
http://mstgv.com/gaishi


35. 2011年11月26日 10:28:34: Y0DbF2byvQ
.
証券取引に最適なマルチモニタートレードシステム。

======================================
マルチモニターのイートレード

http://www.etrade.co.jp
======================================


36. 中川隆 2012年2月04日 21:00:06 : 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q


669 :山師さん:2012/02/01(水) 22:08:16.34 ID:OhZuPL9M

外人はものすごい買い越しているんだけどね

でもなぜか寄り前はいつも大幅売り越し
証券が個人騙そうとしているのか?

個人だけ売り越し


670 :山師さん:2012/02/01(水) 22:16:36.80 ID:SHUxfl8M
>>669
>証券が個人騙そうとしているのか?

だから、そうだと前から言われてるじゃん。

外人投資家の動向を知るには


主体別売買高チャート_外国人
http://kabutie.jp/tec_pop.php?id=3&no=3
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0487&asi=2&yy=1

は OK

外資系寄り付き前注文動向
http://mstgv.com/gaishi
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/foreign_funding/foreign_funding.asp?SID=
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_stocks_top.asp#yori_gaishi

は NG



37. 中川隆 2012年4月08日 11:02:12 : 3bF/xW6Ehzs4I : MiKEdq2F3Q

590 :山師さん:2012/03/09(金) 12:01:18.02 ID:CxwM93g7
外資系9社の寄り付き前注文動向

売り1510万株
買い1980万株

3営業日ぶりの買い越し。米国系は売り買い交錯、欧州系は買い越し。
金額ベースも買い越し。

 セクター別では、売りは電機・卸売り・その他製品など。買いは自動車・
化学・ガス・建設など。売り買い交錯は機械・情報通信・精密など。


594 :山師さん:2012/03/09(金) 12:20:39.32 ID:/9oGrV4i
>>590

外資系の寄り付き前の注文状況は当てにならん。注文なんて寄り付く前にいくらでも変更できるからな。

外人が買い越してるか売り越してるかを確実に知るには、東証のホームページで毎週木曜日に公表している「投資主体別売買動向」をチェックすることだな。ちなみに、先週は1382億円の大幅買い越し(笑)

投資主体別売買動向(3市場+225先物) 金額ベース

期間 外国人 個人
2012/3/19〜 -1830 2483
2012/3/12〜 2057 -1035
2012/3/5〜 1064 -615
2012/2/27〜 1315 -76
2012/2/20〜 1862 -851
2012/2/13〜 2943 -1851
2012/2/6〜 1757 -805
2012/1/30〜 121 -297
2012/1/23〜 1591 -794
2012/1/16〜 2721 -2408
2012/1/10〜 1657 -808
2012/1/4〜 64 -541
2011/12/26〜 583 -674
2011/12/19〜 -336 35
2011/12/12〜 -1079 831
2011/12/5〜 -2219 464
2011/11/28〜 1291 -2085
2011/11/21〜 -1560 331
2011/11/14〜 -397 360
2011/11/7〜 -864 543
2011/10/31〜 -1150 1238
2011/10/24〜 2349 -1913
2011/10/17〜 -644 513
2011/10/11〜 742 -411
2011/10/3〜 23 -269
2011/9/26〜 368 -1945
2011/9/20〜 -1444 1432
2011/9/12〜 -717 -1444
2011/9/5〜 -4809 727
2011/8/29〜 -855 -453
2011/8/22〜 -2671 347
2011/8/15〜 -1486 1057
2011/8/8〜 -5511 2997
2011/7/24〜 -5376 2383
2011/7/25〜 -1444 1839
2011/7/19〜 1104 -579
2011/7/11〜 -1102 1093
2011/7/4〜 3785 -2306
2011/6/27〜 2756 -2281
2011/6/20〜 1963 -2320
2011/6/13〜 -2054 1381
2011/6/6〜 -1055 -18
2011/5/30〜 2189 146
2011/5/23〜 -725 357
2011/5/16〜 125 596
2011/5/9〜 -53 2064
2011/5/2〜 492 -52
2011/4/25〜 1320 -1252
2011/4/18〜 1411 -452
2011/4/11〜 155 884

http://kabutie.jp/tec_pop.php?id=3&no=3

626 :山師さん:2012/04/04(水) 23:35:49.97 ID:ZbAvvGXL
半端無いわ
この暴落

何が起きてる?

627 :山師さん:2012/04/04(水) 23:38:03.06 ID:gGPaZvmo
>>626
外人が利喰中なんですよ
国内勢は、全部食われてる最中ですわ


630 :山師さん:2012/04/04(水) 23:39:38.39 ID:ZbAvvGXL
>>627
外人は3月中旬から大きく売り越してるね

反対に個人は最近買い越しに転じた
個人は馬鹿だな


642 :山師さん:2012/04/05(木) 00:00:19.85 ID:AlS4nfQN
>>630
たぶん、個人の手口が筒抜けなんだと思うよ

釣り針に引っ掛けられた程度じゃなくて、
しっかり針を飲み込ませてから〜の、ガンドンズドンですから〜


466 :山師さん:2012/01/23(月) 12:11:08.69 ID:VJab3vfm
株、外国人が3週連続買い越し 金額は昨年10月以来の高水準
個人は4週連続売越しww

日本人は株式投資の資質が根本的に欠落してる、DNAレベルの問題だな。

635 :山師さん:2012/04/04(水) 23:44:11.97 ID:jHYTD8zf
バルチック無視 実体経済無視 誰が買ってんのカネ


314 :山師さん:2012/02/06(月) 10:41:03.00 ID:jIH6dUup
バルチック海運指数は現在の実需を表す指標だから、ダウに先行するのか・・・。
株は半年先を織り込むなんていうんだけど、どーなんだろうな

318 :山師さん:2012/02/06(月) 10:56:22.71 ID:nDTgVs1d
バルチック海運指数がもてはやされたのはリーマンより前

いまの過剰流動性仕手相場で指数連動考えてる奴は馬鹿

上がる物に投機資金が流れ込んでるだけだろうが


929 :山師さん:2012/03/17(土) 02:11:37.28 ID:PDtoGRQv

結局この相場って大人が儲けるために仕組んだ相場だよね。
悪材料は沢山あるけど、それも打ち消し!

だだただ為替とか指数とか上げて含み益たんまりになったら利食い
目標があるんだと思うけど、そろそろかな
で、落としてまた上げるってやつ、それを数回繰り返して最終的に暴落すんの

去年の12月23日CME日経が深夜〜朝方にかけて異常に高騰してたんだ。
日経は余震でジリビンだったのに、CMEだけ上がって・・・
私はCMEもするけど買い上げが普通じゃなかった。

で、年明け1月4日のシンガポール日経先物も高騰してびっくりしたよ。
その日は日本は休みだったけど日経先物は安値引けだったのに・・

先物スレの人とどうもおかしいって話してたんだけど、
今思えば、あれは仕込み玉だったんだなって・・・


                  r〈沙夊ァ
             ,x)水.ゞムイ´Xx,`   、
           ,xXXXxxxxXXXXXXx,. ` 、
           /ァ''^"´,   `^''xXXXXX,.  ヽ.
         / ´    !       l `xXXXX,    ),
.        /     l      l   `xXXX,.   ),
         ′     l.     l l   `xXX{.   |
.        !  / /  i| i   ! l / ! ,仆、 `XxL  |
       l /,/ | _|小、!   |/)' |/,斗∨ |XXマk !
       ! 〉l ∨ |≧t圦  リ_>チ〒ァ、} ! };;ト、 }}
.       l l 从. ト、ト弋リゝ\{ イ弋リノ' ノ ノ/l;;|,リノ'|
        | ‖ ', マヽ`ー'      _,ノ / /|;! ||. i   な〜に♪
       l |  ', '込 ""  、  "" _,ノ,/ / l! ノ' |
        !十!l´', マ价x、 ー -' , イ/ /`l!ー'く、 i
.       ,´ヽ! !l ', ∨从 > .ィ /../ / l!.:.:.:.:.:ヽi
.       i.:.:.:.:.:.:.:.:!l )ヘ,.∨》,. ≫‐≪ // /《 l!.:.:.:.:.:.:.:;.i
       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:."》 ヘ{ 《. ∧ 《/}/  》.:.:.:.:.:.:.:.:l.|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:》     《 》' '《. 》  《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.',
      /.:.:.:.:.:.::.l`y'′    》||   ||《   》.:.:.:.:.:.:.:.:.ス ,
     !.:.:.:.:.:.:.:.:,! 〉      ||  ||     )、.:.:.:.:.:.:.:ハ ,

繰り返しますが、正しい知識さえあれば株式投資で儲けるのは簡単なのです。
株で損している人はみんな自称専門家のHPや2ちゃん株板の嵌め込み情報や嘘を参考にしているのですね。

特に NEVADAブログ
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

なんか読んで洗脳されていると必ず現実と反対の判断をしてしまいます。 日経新聞や有名アナリストの予測もすべて嵌め込みだと思った方が良いです。証券会社のレーティングや目標株価もすべてデタラメですね。


株式投資に必要な正しい知識は次の2つがすべてです:

主体別売買高チャート_外国人
http://kabutie.jp/tec_pop.php?id=3&no=3

トレーダーズ・コンパス
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/compass/compass.asp

要するに、

外人投資家が買って、個人投資家が売っている → 株価は上昇中

外人投資家が売って、個人投資家が買っている → 株価は下降中

これだけ判ればその他の情報は何も見ない方が良いのです。

多過ぎる情報は無きに等しいのですね。



38. 2012年5月09日 08:28:12 : MiKEdq2F3Q


投資主体別売買動向(外国人)
http://www.ando-sec.co.jp/market/movement.html
http://www.opticast.co.jp/opt/gcom/market/kokunai/shutai.htm
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0487&asi=2


余裕資金が500万円も有れば、失業してもデイ・トレードでなんとか食べて行けます。派遣で働いたり、コンビニでバイトするよりは相場で稼ぐのが正解ですね。


分足チャートを見てみれば直ぐにわかりますが、株価は殆どの場合、寄付き直後の9:06 〜9:13が一番高くて、その後の安値は10:15 〜12:40 の間に来ます。

スーパーチャート(カブドットコム証券版)1分足
http://kabu.com/


従って例えば4000円の株だったら、

@ 9:06 から3回に分けてナンピンで400株〜1200株空売りする

A 20円下の株価で指値の買い戻し注文を出す。

のやり方で9割方は儲かります。具体的には

・9:06頃に400株成り行き注文で空売り

・約定価格が例えば4000円の場合には、400株づつ指値で4010円と4020円に空売り注文を入れておく。

・空売り注文が約定する度に(平均売り価格−20円)の指値で返済買戻し注文を入れる。


利食いは20円位にして、欲張らないのがコツですね。

試し売りの株数が400株というのは株価の最小刻みの5円下で買い戻してもトントンになる様に決めています。

資金に余裕が有る場合にはナンピンする株数も


4000円:400株 空売り
4010円:500株 空売り
4020円:600株 空売り


と増やして行った方がいいです。

株価がそれから更に暴騰した場合には両建てにして逃げます。

空売りを持ち越す場合は余裕資金の4割迄というのが定石ですが、デイ・トレードでナンピンする場合は 余裕資金を越えなければOKです。何れにしろ空売りの持ち越しはなるべく避けた方がいいです。

             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   おじちゃん
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′

うん、イロイロあってね・・。
そんなことよりおじちゃんとこれからエエことしよっか?
ケーキでも食べながら楽しいことしよう!
オモロイでえ



39. 2012年10月12日 14:12:58 : HNPlrBDYLM

デイ・トレードの方法2


上に書いた

寄り付き暴騰時は 9:05〜9:10 にピークを付ける
寄り付き暴落時は 9:05〜9:10 にボトムを付ける


というのが最近はあまり当たっていないので、違う方法も紹介しておきます。

ついでに、朝起きた時から売買注文を出す迄に何をすれば良いかも纏めておきます:


@ SQ日・配当落ち日を確認

各限月の売買最終日(SQ算出日の前日)
http://www.hs-sec.co.jp/futures_option/sq.htm

SQ算出日は寄り付きの変動が極端になるので逆指値は外しておく。

_________

A ツールを準備する

以下は、時価4000円の株を1500株買える保証金代用買付可能額が有る場合に

カブドットコム証券
http://kabu.com/

のツールを使ってトレードする方法です。

(時価1000円以下の株はすぐに踏み上げられて危険なので、絶対に空売りしないで下さい)


カブドットコム証券のカブボードから

・ウルトラチャート
(再描画ボタンを押しても株価は1分毎にしか更新されないので注意)

・株板ボードフラッシュ


の二つを開く。

ウルトラチャート

日足チャートに3日移動平均線を入れ、25日移動平均乖離率のサブチャートを表示。

分足チャートに30分移動平均線を入れ、200分移動平均乖離率のサブチャートを表示。


__________

B 全体相場のトレンドを確認


全体相場の動向 = 外国人投資家の動向

なので、外国人売買動向を確認します


主体別売買高_外国人
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp
http://www.ando-sec.co.jp/market/movement.html
http://www.opticast.co.jp/opt/gcom/market/kokunai/shutai.htm
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0487&asi=2&yy=1

外国人が何週間も連続して買っている → 上昇トレンド

外国人が何週間も連続して売っている → 下降トレンド

_________

C 売買する銘柄のトレンドを確認


チャート分析に基づいて売買する場合は基本的には一銘柄のドテン売買になります。 二つも三つも保有していると混乱するので東京1部の大型値嵩株を選んで一銘柄勝負にしましょう。


銘柄のトレンドは日足チャートの25日移動平均乖離率で判断します:


25日移動平均乖離率 > 0 → 上昇トレンド
→ 買い玉の持ち越し OK

25日移動平均乖離率 < 0 → 下降トレンド
→ 買い玉の持ち越し NG


空売りは基本的には持ち越し禁止、持ち越してもせいぜい1日か2日にします。

________

D BOX圏の上値・下値近くでの自立反発・反落を狙う


週足・月足チャートは通常の上値斜線と下値斜線でトレンド分析できますが、
日足・分足の場合は前記の 7. テクニカル分析 11) ダウ理論 で紹介した

株価を水平なサポートラインとレジスタンスラインを階段状に何本も引いてBOX圏に分ける

方法の方がうまく行く様です。

ウルトラチャートの日足・分足それぞれににBOX圏を想定してサポートラインとレジスタンスラインを入れる。

その際、寄り付きで極端に前日終値から外れたものは除外。

株価が日足のサポートライン近くにある場合

分足のサポートラインの少し上の値に500株の信用買いの指値注文
→ 約定した値の10円下と20円下に500株づつ信用買いの指値注文
→ 平均買い価格より 15円〜20円上に指値で返済注文

株価が日足のレジスタンスライン近くにある場合

分足のレジスタンスラインの少し下の値に500株の空売りの指値注文
→ 約定した値の10円上と20円上に500株づつ空売りの指値注文
→ 平均売り価格より 15円〜20円下に指値で返済注文

_______________

E 投売り・空売りの踏み上げでの行き過ぎを狙う

CME 日経225先物の現在値と日経平均株価前日終値を比較して寄り付きの動向を予測します


CME 日経225先物 現在値・日経平均株価前日終値
http://kabucha.net/
http://ch225.com/main.html
http://sisannka.com/chart.html
http://nikkei225jp.com/cme/


CME 日経225先物が暴騰・暴落している場合には寄り付きで投売りや踏み上げで極端な株価を取った後、すぐに適正株価まで戻りますから、株価を見ながら9:01頃に成り行き注文を出します。


朝 CME 日経225先物が暴騰 → 9:01頃に500株 空売りの成り行き注文
→ 約定した値の20円上と30円上に500株づつ空売りの指値注文
→ 株価が上から30分移動平均線を下に切ったら買い戻す

朝 CME 日経225先物が暴落 → 9:01頃に500株 信用買いの成り行き注文
→ 約定した値の20円下と30円下に500株づつ信用買いの指値注文
→ 株価が下から30分移動平均線を上に切ったら返済売り


__________

F 場中での買いの過剰・売りの過剰を狙う


200分移動平均乖離率 > 2.0 → 買いの過剰
→ 200分移動平均乖離率=2.0 になったら、
その時点より10円高い株価で 500株空売りの指値注文
→ 約定した値の10円上と20円上に500株づつ空売りの指値注文
→ 平均売り価格より 15円〜20円下に指値で返済注文


200分移動平均乖離率 < -1.0 → 売りの過剰
→ 200分移動平均乖離率=-1.0 になったら、
その時点より10円安い株価で 500株信用買いの指値注文
→ 約定した値の10円下と20円下に500株づつ信用買いの指値注文
→ 平均買い価格より 15円〜20円上に指値で返済注文

デイ・トレードの場合は利食いを欲張らないのがコツです。
昔の一文抜きだと思ってやりましょう。


40. 2012年10月12日 23:48:39 : HNPlrBDYLM

因みに

暴落時に200分移動平均乖離率が -3.0以下になるケースは頻繁に起きますが、

暴騰しても200分移動平均乖離率が 3.0以上になる事は殆どありません。


従って、200分移動平均乖離率を使ったデイ・トレードでは空売りの方が勝率が遥かに高くなります。


41. 2012年10月15日 16:11:05 : HNPlrBDYLM

仕掛ける基準となる 200分移動平均乖離率の値は その前1週間の最大値・最小値を元に決めます。


デイ・トレードのポイントは


・空売り・無限ナンピンが基本

・200分移動平均乖離率が決めた値になる迄は絶対に動かない。

・確実だと思った場合には最初の建て玉に余裕資金をすべて投入。

・確信が無い場合には一切仕掛けない。


42. 2012年10月16日 13:42:19 : HNPlrBDYLM

株価が上昇トレンドの場合には現物株をキープしたまま、つなぎ売りで

買いが過剰になった場合だけデイトレードで空売りをするのが一番効率的です。

デイトレードは本質的には一文抜きですから、生活費を稼ぐのがやっとなのですね。


43. 2012年10月18日 13:25:58 : HNPlrBDYLM

カブドットコム証券のツールには 株価の歩み値と約出来高の情報もあります:


カブボード → 板フラッシュ → 板

から呼び出せます。


買い気配値 : どうしても売りたい人がこの値段で売る

売り気配値 : どうしても買いたい人がこの値段で買う

従って、株価の歩み値と約出来高をずっと見ていて


歩み値が売り気配値になる事が多い → 上昇トレンド

歩み値が買い気配値になる事が多い → 下降トレンド


によって株価の超短期の動向を判断できます。

板情報を使って売買する投資家は


上昇トレンドから下降トレンドに変わる → 売り

下降トレンドから上昇トレンドに変わる → 買い


で仕掛けるタイミングを判断しているのではないかと思いますが、トレンドの変化は分足チャートを見た方がわかりやすいですね。


44. 2012年10月18日 15:33:28 : HNPlrBDYLM

応用編としてスィング・トレードの方法も


25日移動平均乖離率 > 0

が続いている間は上昇トレンドなので

200分移動平均乖離率 2.0

になったら、即返済。 それ以外は利子がかからない様に引け前に現引きします。

翌営業日以降は基本的には

200分移動平均乖離率 > 0

の間はキープ。

200分移動平均乖離率 > 2.0

になった場合だけ即利食いします。(空売りして、現渡し)


45. 2012年10月18日 15:36:22 : HNPlrBDYLM
一部消えたので再投稿します:


25日移動平均乖離率 > 0

が続いている間は上昇トレンドなので

200分移動平均乖離率 ≦ 0.9

になったタイミングで2,3回のナンピンで余裕資金内で信用買いします。

もし、その日の内に

200分移動平均乖離率 > 2.0

になったら、即返済します。 それ以外は利子がかからない様に引け前に現引きします。 翌営業日以降は

200分移動平均乖離率 > 0

の間はずっとキープ。 但し、

200分移動平均乖離率 > 2.0

になった場合だけ即利食いします。(空売りして、現渡し)



46. 2012年10月18日 15:39:22 : HNPlrBDYLM

訂正


200分移動平均乖離率 ≦ -0.9

になったタイミングで2,3回のナンピンで余裕資金内で信用買いします。


47. 2012年10月18日 15:54:35 : HNPlrBDYLM

仕掛ける基準となる 200分移動平均乖離率の値は銘柄毎に違うので、 その前1週間の最大値・最小値を元に決めます。

上記の -0.9 とか 2.0 というのは某値嵩株の場合の値です。


48. 2012年10月21日 14:14:14 : HNPlrBDYLM


         _j^⌒ヽ=、_r─、.
        /: : : : : : : : : : :`´`='ハ、.
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `t、_
     /: : : : : : : : : :.__: : : : : : : : : : : :ハ
     {: : : : : : : : : /´   ``ー-、: : : : : : : :j
      |: : : : : : : /        `ヽ: : : : : |
     f: : : : : : 彳           、: : : : :}
     |:,._: : : /  __          |: : : :/
     !f´ヽ.: ト、   `ー-、         i: : :/
      { l=7:j  ヽr'´ャュ、`ヽ‐- -‐‐- j: :./
     ヽ `.   |  ` ´ ノ⌒´ャェァ、ヽ:f´
       トl    `-____.ノ  代 ` ´ fノ'   派遣は人ではないのなら、法を守る必要もない
      レ|       (   .ヽ`ー--'/     
      _ト     .: .:.`:.l´:. . ..  /      
  __   /|,-、    `ーニニY=、,.  /     
  ! ヽ. / !__jヽ    `ー‐ '  /        革命家 加藤智大(25)
  _,ハ j.  | 1 \_`_   ノ/``‐、
/ ハ ∨ !__.i   ` ̄ ̄ /|`,   ヽ``ヽ
   ハ ∨| ト、       レ'     ヽ  ``ヽ.
    ハ 、!  !ヽ      /   _  \    \
    /´ ̄`` (^iヽ   /   `7 `ー‐、
    { -'^`ヽ ヽ 〉=_./!   /
   { ー‐、 `ヽメ !  f´  /
    |    Y´ー' ./  / /

株価の歩み値を元に空売りする場合はナンピンでなく余裕資金の8割を一気に成り行き売りで投入しても構いません:

@ 分足チャート

200分移動平均乖離率が 1.8以上に上がる迄待つ


A 板情報

歩み値が
買い気配値で約定 → 売り気配値で約定
に変わるタイミングを捉えて空売りする

B 余裕資金の8割を一気に成り行き売り

C 分足チャート

200分移動平均乖離率が 1.2以下に下がる迄待つ

D 板情報

歩み値が
売り気配値で約定 → 買い気配値で約定
に変わるタイミングを捉えて買い戻す

E 売り玉をすべて成り行きで返済


         )ソ)           
       ッλ ノ(.,ノ)         
     (゙ー ..::.::. . (         
    (ソ  ,...;;;,; ;,;  )ソ)       
    ) .::';( ゚∀゚);';: (.         
   ソ .::;';';/  _ノ⌒⌒⌒`〜、_   
   ( ̄⊂人 //⌒   ノ   ヽ)  
  ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃


49. 2012年10月21日 14:23:00 : HNPlrBDYLM
誤記訂正


@ 分足チャート

200分移動平均乖離率が 1.8以上に上がる迄待つ

A 板情報

歩み値が

売り気配値で約定 → 買い気配値で約定

に変わるタイミングを捉えて空売りする

B 余裕資金の8割を一気に成り行き売り


C 分足チャート

200分移動平均乖離率が 1.2以下に下がる迄待つ


D 板情報

歩み値が

買い気配値で約定 → 売り気配値で約定

に変わるタイミングを捉えて買い戻す

E 売り玉をすべて成り行きで返済

         )ソ)           
       ッλ ノ(.,ノ)         
     (゙ー ..::.::. . (         
    (ソ  ,...;;;,; ;,;  )ソ)       
    ) .::';( ゚∀゚);';: (.         
   ソ .::;';';/  _ノ⌒⌒⌒`〜、_   
   ( ̄⊂人 //⌒   ノ   ヽ)  
  ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃


50. 2012年10月23日 10:53:31 : HNPlrBDYLM

板情報から超短期のトレンド転換を判断する一番簡単な方法は、例えば

1) 株価が分足チャートのBOX圏下限に近づいた、
或いは
200分移動平均乖離率が -0.9以下になった


@ 今迄は歩み値が買い気配値で約定していた(下降トレンド)

A 買い売り気配値で3000株以上の買いが約定

B 歩み値が売り気配値で約定する様になった(上昇トレンド)


_____

2) 株価が分足チャートのBOX圏上限に近づいた、
或いは
200分移動平均乖離率が 2.0以上になった


@ 今迄は歩み値が売り気配値で約定していた(上昇トレンド)

A 買い気配値で3000株以上の売りが約定

B 歩み値が買い気配値で約定する様になった(下降トレンド)


ここで 3000株というのは某値嵩株の場合で、他の銘柄は経験値から判断するしかありません。


51. 2012年10月23日 12:34:39 : HNPlrBDYLM

3000株というのは累積出来高ではなく1回の約出来です。

52. 2012年10月24日 14:52:49 : HNPlrBDYLM

BOX圏のレジスタンス・ラインとサポート・ラインは基本的には前日の安値・高値から判断します。寄り付き等の極端な株価は除外します。

2日以上前の安値・高値はあまり関係しない様です。


レジスタンス・ラインやサポート・ラインより200分移動平均乖離率の方が信頼度は上です。


53. 2012年11月12日 09:37:26 : HNPlrBDYLM

デイトレードでは空売りの方が買いより成功率が遥かに高くなります。

200分移動平均乖離率が 2.3以上になったらナンピンなしで空売りしても失敗する事は殆んどありません。

一方、買いの場合は

通常は200分移動平均乖離率が-0.9以下になったら自立反発する事が多いのですが、

寄り付きで200分移動平均乖離率が-2.0以下になっても、終日トレンドを作って下げ続けるケースも頻繁に出てきます。

上で紹介した Exhaustion Gapを伴ったリバーサルシグナルデーの後は相場のトレンドが反転してこういう動きになるのですね。


デイトレードでは Exhaustion Gap を伴ったリバーサルシグナルデーの出現に気付かないと悲惨な結果になります:

デイトレードで一番重要なチャートパターン は

『ギャップを伴ったリバーサルシグナルデー』


これは、個人的にチャートパターンの中で最も信頼性が高いものの1つと考えています。

 まずリバーサルシグナルデーとは、上昇トレンドのなかで新高値をつけた日に安値引けとなる状況、下落トレンドのなかで新安値をつけた日に高値引けとなる状況のことを言います。正確には、高値で寄付き、それから新高値へ急上昇し、同じ日に寄付きを下回り、安値近辺での引けとなるローソク足で示される天井形成パターンと、安値で寄付き、それから新安値へ急下降し、同じ日に寄付きを上回り、高値近辺での引けとなるローソク足で示される大底形成パターンをリバーサルシグナルデーと言います。

 その日の値幅が広く取引量が多いほど、トレンドの転換する可能性が高いと見られます。弱気マーケットにおけるリバーサルシグナルデーは、セリングクライマックスとも呼ばれています。

 ギャップ(窓)とは、ローソク足上で取引のない空間を意味します。例えば、翌日の始値が前日の高値よりも高値でスタートした場合、連続しない空間ができます。この値段がついていない価格の間をギャップ(窓)と言います。このようなギャップが生じるのは市場がクローズした後翌日オープンするまで(外国為替取引の場合は週末)に予期しないセンセーショナルなニュースの発表があった時が多いと言えます。その予期せぬニュースに買い売り注文が殺到し、価格が飛んで価格の空間地帯(ギャップ)を形成することになります。

 このギャップの後にリバーサルシグナルデー(上昇トレンド、下降トレンドの最高潮の時)が現れると相場の転換サインとして極めて重要になります。
上昇トレンドでは、ギャップ→リバーサルシグナルデー→勢いを失い下降へと動き→価格がこのギャップより下でクローズ→売りサイン となります。上昇トレンドでは、ギャップが埋まることが弱気相場への転換サインとなります。
下落トレンドでは ギャップ→リバーサルシグナルデー→反騰→価格がこのギャップより上でクローズ→買いサイン となります。下落トレンドでは、ギャップが埋まることが強気相場への転換サインとなります。

 下図はランナウエーギャップを伴ったリバーサルシグナルデーの好例。
ランナウエーギャップとは、相場がすでに一定の方向に動いているときに価格が急に跳んで形成されるギャップのことを言います。パニック的な売りによる暴落局面では、よく大きなランナウエーギャップが現れます。このギャップはしばしばトレンドの中間点で見られるため、メジャーリングギャップと呼ばれます。

 下図トレンドの始点からこのギャップの距離を測ると、その距離を2倍した時点で、リバーサルシグナルデーが出現し、大底をつけ、相場は反転しました。ランナウエーギャップを埋めた時点が絶好の買い場となります。


 下図は最後のギャップ(Exhaustion Gap)を伴ったリバーサルシグナルデーの好例。このギャップは相場変動の最終局面に現れます。最後の急騰、急落場面でトレンドが力を出し切ったようにみえるためExhaustion Gapと呼ばれています。上昇(下落)トレンドの終わり付近で価格が大きく跳ねた後、リバーサルシグナルデーが出現し、直ぐに勢いを失い数日あるいは数週間内に下落(上昇)に転じ、このギャップより下(上)のレベルとなったときは、トレンドの転換が起こった可能性が強くなります。

下図では、ギャップを埋めた時点が絶好の売り場となっています。
http://www.fxcm.co.jp/tools/study/chart_06.html


54. 2012年11月12日 12:52:12 : HNPlrBDYLM

結論として


@上昇トレンド時は現物株を買い持ち

A買いが過剰になった場合だけ つなぎ売りで逆張りの空売り(デイトレード)


が資金の有効利用という点からも一番お薦めですね。


純空売りや空売りの持ち越しは危険です。

買いの持ち越しは寄り付きでの株価ギャップ分を手に入れる為にどうしても必要です。デイトレードだけでは生活費を稼ぐのがやっとでしょう。


55. 2012年11月12日 13:32:39 : HNPlrBDYLM

下降トレンド時はデイトレードだけにしておいた方がいいです。

寄り付き暴落時も直ぐに買わないで後場寄り付き(12:30)まで様子を見た方がいいです。


56. 2012年11月16日 09:25:55 : HNPlrBDYLM

注意事項追記


日足のトレンドラインを引いたり、200分移動平均乖離率を見る場合は円表示ではなくドル表示にします。

日経平均だけでなく個別銘柄のトレンドラインもすべてドル換算のチャートに従って動きます。従って、前記の200分移動平均乖離率の上限・下限もドル換算のチャートに基づいて決定します。

デイトレードで売買タイミングを判断する時は、ドル表示のチャートを使わないと判断を誤ります。


デイトレードで空売りをする場合

9:05 前後に200分移動平均乖離率が 2.0以上になったら空売りの踏み上げですから、直ちに売っても大丈夫です。

10:00 以降に200分移動平均乖離率が 2.0以上になった場合は終日下がらないと思った方がいいです。 従って売り出動も200分移動平均乖離率が2回目に2.0を超えてきた時点からナンピンで売り上がります。

(2.0というのは某値嵩株の場合で、他銘柄の場合はその銘柄の移動平均乖離率チャートから判断して下さい)


57. 2012年12月07日 15:46:01 : HNPlrBDYLM

・デイトレードでの売買注文は指値より成り行きの方が絶対にいいです。

4000円の株だと大量の注文が入るとすぐに40円位簡単に飛んでしまいますから、指値注文を出していると株価変動の最初の段階で発注されてしまい、挽回するのが難しくなります。

・大引けの前はディーラーやデイトレーダーの手仕舞い売りが入って、4000円の株だと15:45前後から20円乃至50円程度急落する事が多いです。

特に株価が長時間膠着状態だった時や、株価が分足のトレンドラインのレジスタンス・ライン近傍にある場合は、15:15から15:40までに空売りすると20円程度抜ける場合が多いです。

なお上述の様に、日足でも分足でも円表示だとトレンドラインが上手く引けません。トレンドラインは必ずドル表示のチャートに引いて下さい。



58. 2012年12月07日 20:53:20 : HNPlrBDYLM

誤記訂正

15:45→14:45

15:15→14:15

15:40→14:40

_______

株で儲けて温泉へ行こう:


修善寺温泉「あさば」 _日本最高の旅館だけど、客によって扱いがガラッと変わるのは何故?
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/1109.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 手白沢温泉
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/221.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 長野県 奥山田温泉 満山荘
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/227.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 北海道 八雲町 銀婚湯
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/226.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 妙見温泉 石原荘
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/223.html

中川隆_温泉関係投稿リンク
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/159.html

温泉情報リンク
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/130.html


59. 2012年12月13日 00:22:07 : HNPlrBDYLM


849 :山師さん:2012/12/12(水) 01:22:45.67 ID:OQ2BmjGL

「完全に自信喪失です。“株の運用はプロにお任せ下さい”なんて言えなくなってしまったよ」

大手証券会社の営業担当者はこう言ってボヤいた。

株式市場は、日経平均が一時、1 万 6000 円台を回復。
大商いでにぎわっているが、市場とは対照的にすっかり元気をなくしてしまったのが証券マンだ。

理由は、20 代の若者 2 人のボロ儲けがプロの連中を直撃したのだ。

ある証券会社ではディーラーやファンドマネージャーといった運用のプロに対して役員のカミナリが落ちた。

その様子を目撃した社員がこう明かす。

「24 歳が 6 億円、27 歳の無職が 20 億円超もボロ儲けしたが、2 人とも証券会社で働いたこともないドシロウト。ところが、おまえらは毎日相場を張っているプロだろう。よく恥ずかしくないな。プロ中のプロの集まりなんてよくいうよ、とその役員はカンカンに怒っていた」

証券マンにはさらなるショックも待ち受けていた。
ある証券会社の幹部が 27 歳の無職の男性に会いに行ったのだ。
で、その場で言われたことを再現するとこうなる。

「株の本を読んでも相場はうまくならない。ムダです。
水泳の本を読んで泳げるようになりますか。大事なのはセンスと実戦です」

これまでプロとして蓄積してきた自信が音を立てて崩れてしまった瞬間だ。

冬のボーナスが出て、忘年会もたけなわだが、証券マンはいまやグチのオンパレードだという。

入社 2 年目の 24 歳の営業担当者がいますが、あまりのショックに大落胆です。だって、彼の冬のボーナスは 30 万〜 40 万円。それが片や
6 億円。忘年会はキズのなめあいの場と化しています」(前出の営業担当者)

存在価値を否定された形のプロ連中にはなんとも師走の風は冷たい。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1352247413/-100


あの……落としものですよ?

         .∧__,,∧
        (´・ω・`)
         (つ夢と)
         `u―u´

  あなたのすぐ後ろに落ちていましたよ?


60. 2013年1月31日 11:44:46 : W18zBTaIM6

訂正


上で

大引けの前はディーラーやデイトレーダーの手仕舞い売りが入って、4000円の株だと15:45前後から20円乃至50円程度急落する事が多いです。

と書いたのですが

売り長で貸借比率が0.7以下の場合には反対に

大引けの前は空売りの買戻しが入って、4000円の株だと15:45前後から20円乃至50円程度急騰する事が多いです。

になります。 注意してください。


それからナンピン買い増し・売り増しした場合

大引け前にその一部でも利が乗っている場合は、その利が乗っている建玉だけはその日の内に利食いして、翌日新たにナンピンし直した方が絶対に良いです。


61. 2013年3月09日 07:46:22 : W18zBTaIM6

試し玉と分割売買


さて基本的な売買方法ですが、ここでは解り易い様に

株価100円程度の銘柄 最低単位100株、投資資金20万

と設定します。買える株数は2000株になります。(以後、手数料や細かい単位は除く)


まずは自分が底値と判断した場面で100株、買います。

ここでは100円の株が下げに転じた95円で買った事にします。

持ち株 100株 95円買いとなります。

これは試し玉と言って、株価がまだどちらに動くか判断しづらいので試しに最低単位で買い、その後の株価動向を冷静に見る為に行うのです。ですからこれは下げても損切り不要です。

何故、こういった事をするのかと言いますと、例えばデイトレードをやっていて、株を買った瞬間に株価が下がるといった経験は誰にでもあります。下落した後になって、今買えば良かったと思う方も多いと思います。

つまり試し玉を建てる事により、自分の買い判断基準の成否が判るのです。

もし余力いっぱいに95円で2000株買った後、株価が更に5円下げ90円になってしまいますと、その時点で10000の含み損になってなってしまい、株価が上がるまではどうやっても利益を出す事が出来なくなります。ですから、絶対に2000株、いきなり買う事はやめましょう。


さて、株価が95円から90円まで下落しました。

持ち株 100株 95 90 -500(含み損)です。

ここで自分が底値と判断した95円は誤りであった事が判りましたので、暫く様子を見ます。すると、どうも93円辺りが本当の底値と判断して、ここで900株買います。

持ち株 1000株 平均買値 93.2円 となります。


しかし予想に反して、又も3円下落して90円となった場合、持ち株 1000株 平均買値 93.2 90 -3200(含み損)となります。ここでは様子見ですが、買い勢いが弱すぎると判断した場合はここで損切りします。

しかし今度こそ、底値で買い勢いが強くなってきたと判断した場合は最後の買い増し、90円で1000株買います。

持ち株 2000株 平均買値 91.6円となり、株価が92円以上戻せば利益が出る計算になります。

2000株、92円で売れば+800、以後は1円も戻す度に+2000円。

94円で利益確定すれば持ち株 2000株 平均買値 91.6 94 +4800 の利益となります。


しかし現実には必ずこう上手くいくとは限りませんので注意点を幾つか述べておきます。

まずは、試しの100株、次の900株買った時点で株価が反転したら買い増しする事は絶対にやめましょう。

(例外で、試し100株で買った時が底値と感じたら同じ値段で1000株買うのは良いと思います)

平均買値が不利になり、折角の含み益が含み損になり兼ねないからです。

100株で買って、値を上げた場合は買い増しを素直に諦め、100株は売ってしまいましょう。

900株買い増しをした後に株価が反転した場合も同様です、
そこそこ利益が出たら売るようにしましょう。


又、100株、試し玉を建てた時に、たまに10ティック以上下げる暴落銘柄もありますが、そういった場合は諦めて買い増しをせずに損切りしましょう。

-10ティックでも1000円の損失で済みますので、比較的、損切りが出来ないという方にも楽に切れるのではないでしょうか?

こういった売買には派手さはないのですが、リスク管理という面では重要であり、
多くのプロが行っている売買の基本的要素なのです。

勝てずとも大きく負ける事もなくなっていくと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/fdhtq731/24838653.html


62. 中川隆 2013年3月09日 08:19:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

試し売りの例として前記の

無限ナンピン + 一文抜き

で5000円の銘柄を 最大で 2000株迄 空売りする場合を取り上げます。

相場は寄り付き後 7〜20分の間は過剰な買いによる高値になる事が多いので

9:07 の時点で200分移動平均線乖離率が 0.9以上になっていたら躊躇わず200株を成り行きで空売りします。

例えば、売りが 4000円で約定したらすぐに30円下の3970円に指値で買戻し注文を出しておきます。

その後さらに株価が上昇した場合は

試し売りした株価より 30円高い 4030円で 200株 ナンピン売り増しします。

売りが 4030円で約定したらすぐに、直前の買戻し注文を取り消して、今度は売り平均単価4015円より 20円下の3995円に指値で400株の買戻し注文を出します。


さらに株価が上昇した場合は

一回目にナンピンした株価より 20円高い 4050円で 1000株 ナンピン売り増しします。

売りが 4030円で約定したらすぐに、直前の買戻し注文を取り消して、今度は売り平均単価4015円より 20円下の3995円に指値で400株の買戻し注文を出します。


さらに株価が上昇した場合は

二回目にナンピンした株価より 15円高い 4045円で 1000株 ナンピン売り増しします。

売りが 4045円で約定したらすぐに、直前の買戻し注文を取り消して、今度は売り平均単価4036円より 20円下の 4015円に指値で 1400株の買戻し注文を出します。


さらに株価が上昇した場合は

三回目にナンピンした株価より 10円高い 4055円で 600株 ナンピン売り増しします。

売りが 4055円で約定したらすぐに、直前の買戻し注文を取り消して、今度は売り平均単価4042円より 20円下の 4020円に指値で 200株の買戻し注文を出します。


ここで2000株をナンピンする場合の株数配分は

200株 → 200株 → 1000株 → 600株(最終ナンピン)

とするのが一番効率的です。


試し売りはあまり正確なピーク時を狙わないで気楽に実行しないと、売り建てのタイミングを逃してしまいます。

朝 10:00 前に200分移動平均線乖離率が 1.7以上になっていたら何も考えずに200株試し売りした方がいいです。

ナンピン売り増しして、その日の内には買い戻せなかったが、大引け前にその一部でも利が乗っている場合は、その利が乗っている建玉だけはその日の内に利食いして、翌日新たにナンピンし直します。


63. 中川隆 2013年3月09日 08:30:17 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

誤記訂正

9:07 の時点で200分移動平均線乖離率が 0.9以上になっていたら躊躇わず200株を成り行きで空売りします。

売りが例えば 4000円で約定したらすぐに30円下の3970円に指値で買戻し注文を出しておきます。

その後さらに株価が上昇した場合は
試し売りした株価より 30円高い 4030円で 200株 ナンピン売り増しします。

売りが 4030円で約定したらすぐに、直前の買戻し注文を取り消して、今度は売り平均単価4015円より 20円下の3995円に指値で400株の買戻し注文を出します。


さらに株価が上昇した場合は
一回目にナンピンした株価より 20円高い 4050円で 1000株 ナンピン売り増しします。
売りが 4050円で約定したらすぐに、直前の買戻し注文を取り消して、今度は売り平均単価4036円より 20円下の4015円に指値で1400株の買戻し注文を出します。


さらに株価が上昇した場合は
二回目にナンピンした株価より 15円高い 4065円で 600株 ナンピン売り増しします。
売りが 4065円で約定したらすぐに、直前の買戻し注文を取り消して、今度は売り平均単価4048円より 20円下の 4025円に指値で 2000株の買戻し注文を出します。


64. 2013年3月09日 09:02:23 : W18zBTaIM6

上の指値注文ですが、

何分も前から指値注文を出しておくと、大量の買い注文が出て一瞬で何十円も値が飛ぶ場合には株価上昇の始めに売り建てた事になってしまい挽回不可能です。

株価が目標値に到達した段階で、その時の買い気配値に売り注文を出すのが正解です。(成り行き注文するのと同じ事なのですが、成り行き注文にすると他の大量売り注文と重なった場合には一文安く売る事になります)


65. 2013年3月14日 02:51:42 : W18zBTaIM6

一部訂正

最近暇なのでデイ・トレードをやってみたのですが、

2000株をナンピンする場合の株数配分は


200株 → 200株 → 1000株 → 600株(最終ナンピン)


より、最初の 100株を純粋な試し玉とした


100株 → 400株 → 1000株 → 500株(最終ナンピン)


の方がうまく行きますね。


66. 2013年3月24日 09:55:47 : W18zBTaIM6

買いのノウハウについても追記しておきます。

デイトレの買いは空売りより遥かに難しいです。

大口の買いで急騰した株は一時的に買いの過剰の状態になりますから、95%位の確率でその日の内に下落します。従ってリスク管理をした上で無限ナンピンすれば損する確率も5%位でしょうか。

特に買いが極端に過剰の状態になるのは 9:02 から 10:00 の間が殆んどですから、その間に空売りしておけば大抵うまく行きます。

(後場寄り付きの 12:30 直後も相場が極端に変動する事が多いので、指値注文は 11:30 の段階で一旦取り消した方がいいです)

一方、売りの極端な過剰がその日の内に解消される事は少ないです。大口の売りは悪いニュースが出たり、証券会社のレーティングが下がったりした場合に出ますから、その日から数日間ずっと下がり続ける場合も有ります。

従って、空売りと違って買いはスウィング・トレードを前提に建玉と利食いを考えた方がいいです。

特に外人買いが何週間も続いて上昇トレンドにある場合には利食わないでずっと買い持ちしていた方がデイトレより遥かに利益は多くなります。

日中の上昇分より寄り付きでのギャップの方が遥かに大きいですから買い持ちしていないと上昇トレンドの恩恵に与れないんですね。

外人買いは

投資家主体別売買動向
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp
http://www.ando-sec.co.jp/market/movement.html
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0487&asi=2&yy=1

で調べて下さい:


外国人が買って、日本人が売っていたら上昇トレンド

日本人が売りから買いに変わったらピーク

外国人が売って、日本人が買っていたら下降トレンド

日本人が買いから売りに変わったらボトム


それから銘柄別では

外資のレーティングが下がったら 一旦下落し、1週間程度で上昇トレンドに転換

外資のレーティングが上がったら 一旦上昇し、1週間程度で下降トレンドに転換

もし上昇トレンド中に一時的に相場が下がりそうな場合には売らないで両建てにした方が絶対にいいです。即ち、買い玉を担保にして つなぎ売りしたり、デイトレで同一銘柄を空売りして儲けましょう。


スウィング・トレードがデイトレに変わるのは買い建てた日の内に急騰した場合だけになります。14:50までに利食いできなければ信用で建てた買い玉は15:00前にすべて現引きしておきます。 (余裕資金を超えた信用買いは厳禁)

ナンピンした場合には、14:50 の時点で利が乗っている建玉はすべて利食いして、翌日再ナンピンした方が絶対にいいです。


買いでデイトレする場合には、2000株をナンピンするなら前記の空売りと同様

100株 → 400株 → 1000株 → 500株(最終ナンピン)

という配分にした方が勝率は高くなります。


9:00 から 9:30 の間は一時的な買いの過剰で株価が高い事が多いので、買い建てるのは 9:35以降にした方がいいです。


67. 2013年3月24日 10:17:36 : W18zBTaIM6
誤記訂正


外資のレーティング → 外国の証券会社のレーティング


外国の証券会社は嵌め込み専門ですが、ニュースは朝日や日経よりロイターの方がましですね:

ロイター ビジネスニュース
http://jp.reuters.com/news/business


但し、ロイターはロスチャイルドの通信社ですから、当然情報操作されています。

リーマン・ショックの時はロイターが情報操作で投資家の恐怖を煽り、ロスチャイルドが空売りでぼろ儲けしましたね。 気を付けて下さい。


68. 中川隆 2013年3月24日 11:27:37 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

株で儲けて美味しいものを食べに行こう:


酔狂老人卍 グルメレビュー
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/427.html

湯河原温泉の「指月」は何故山を下りたのか _ あさば・蓬莱・白銀屋
http://www.asyura2.com/10/yoi1/msg/190.html

天才料理長を失った嵐山_吉兆と雲仙_半水盧のその後
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/276.html

京都の「おもてなしの文化」 とは _ わかる人にはわかる日本一ハイ・センスな京都 俵屋旅館
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/231.html

超絶人気の仙仁温泉 岩の湯 _ 温泉の泉質も宿からの景観も料理もすべて一流半なのに何故?
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/229.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 妙見温泉 石原荘
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/223.html

LPの音をSPの音に変える魔法のスピーカ タンノイ オートグラフ _ 湯布院御三家
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/494.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 手白沢温泉
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/221.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 長野県 奥山田温泉 満山荘
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/227.html

こんな温泉に泊まってみたい _ 北海道 八雲町 銀婚湯
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/226.html

恐怖の強アルカリ泉 厚木七沢温泉 _ 柚子薬膳料理の埼玉県 都幾川温泉 旅館とき川
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/304.html

佐久間 駿 _ 失われた音を求めて _ 磯料理が美味しい隠れ宿 千葉県 弁天鉱泉
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/210.html

中川隆_温泉関係投稿リンク
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/159.html

温泉情報リンク
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/130.html

超絶人気の名曲喫茶ネルケンのマダム _ クラシック・ファンが本当に求めているのは…
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/281.html

あびたろうの憧れの旅館・ホテル
http://abitaro.com/

あびたろうの食べある記
http://puiko2000.blog27.fc2.com/

あびたろうの旅行記
http://abitaro.blog52.fc2.com/

ABITARO掲示板
http://abita2000.bbs.fc2.com/

友里征耶の行っていい店、わるい店
http://tomosato.net/
http://tomosato.net/kako/


69. 2013年4月07日 10:15:45 : W18zBTaIM6

相場関係のサイトでは


やまはFX
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx

オフィス出島 相場雑感
http://ameblo.jp/zubakabu80/


の二つが一番まともですね。 間違っても


NEVADAブログ
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

だけは見ない方がいいです。(僕は毎日見てるけどwww)


70. 2013年4月08日 08:07:00 : W18zBTaIM6

チャートで見る、ダウとQEの関係
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx/e/a1419e51ae4374606878284e49d7c5c4

71. 中川隆 2013年4月18日 12:13:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

今迄はデイトレードの逆張り法ばかり紹介していましたが、デイトレードの順張り法も紹介しておきます。


一番簡単なのは 120分移動平均線で次のグランビルの法則を使った順張りですね:

(買いの法則2)

 120分移動平均線が上昇している局面で、株価が120分移動平均線を上から下にクロスする。

 主に、「上昇時のだまし」のケースに見られて、心理的には相場を上昇させる前に「もう一段落とすぞ、この辺りが天井だぞ」と市場参加者に思わせておきながら上げていく際に見られます。

(売りの法則2)

 120分移動平均線が下落している局面で、株価が移動平均線を下から上にクロス。

 主に、相場が上昇後にもう一度高値をトライして失敗する場合に良く見られます。

 このポイントにおいて、相場の下落を案じさせる良いサインとなる場合が有ります。

グランビルの法則と8の売買法則
http://mituwasou.com/chart/chart_analysis/granville-chart-theory.html
http://www.goldencross.jp/granville.shtml

グランビルの法則は重要ですが、でも本当に重要なのは移動平均線の向きだと思います^^

移動平均線の向きと反対にポジションを建てると、トレンドに逆らっていることになるので、負けやすいポジションになります。

できるだけトレンド方向のポジションを建てるように意識すれば、負けも少なくなるのでは♪
http://fxgaitame1.blog89.fc2.com/blog-entry-547.html

「グランビル理論」と呼ばれるテクニカル分析ではこの120分移動平均線のように下がってくる移動平均を上抜ける現象は「売りポイント」としています。

 今回、図を見ていただくと120分移動平均線は下がっており、それを30分移動平均線と日々線(日足)が上抜ける現象ですから、ここは「手じまいポイント」であると考えることになります。

 なお、この理論は日経平均予測でも頻繁に利用されるのですが、なぜか日本人はあまり言いません。ですが、いつもこういうポイントで強気になってやられています。

 先日の大和証券のテクニカル分析を見ていると、「外国の見方では下がってくる移動平均上抜けは売りポイント」という感じで、「グランビル理論」のことを消極的に紹介していましたが、超有名な「グランビル理論」を”外国の見方では”などと紹介するのはこれいかがなものでしょうか?

 さて、世のかなでは「L字型ゴールデンクロス」などと言っていますが、このように下落する移動平均上抜けは「ゴールデンクロス」とは呼ばないのは、過去何度も本ブログで指摘しています。

 今回も120分移動平均線は下がっていますので、これはゴールデンクロスでもなんでもありません。正規のゴールデンクロスというのは、上向きの長期線を短期線が上抜けることをいいます。


_____


グランビルの八つの法則で実際に役に立つのは上記の二つだけです。

期間は 120分でしょうか。


具体的には


@ 120分移動平均線が上昇している場合

株価が一度120分移動平均線を下に切った後、再度上に切ったら買い

@ 120分移動平均線が下降している場合

株価が一度120分移動平均線を上に切った後、再度下に切ったら空売り



72. 2013年4月18日 15:48:09 : W18zBTaIM6
順張りと逆張りとでは建玉法が違ってきます:


@ 逆張り

無限ナンピンが基本
利食いは一文抜きに準じる(5000円の株なら 20円か30円で利食う)


A 順張り

ナンピンは厳禁
損切りはしないで、両建てにしてしばらく様子を見る
利食いはトレンドが変わるまでは行わない

買い → 120分移動平均線が上向きから下向きに変わったら返済
空売り → 120分移動平均線が下向きから上向きに変わったら返済

順張りの場合もリバーサル・デイ以外には持ち越さない方がいいです。



73. 2013年4月24日 17:59:07 : W18zBTaIM6

前記の200分移動平均線乖離率を使った逆張りの空売りデイ・トレードについて追記

寄り付き後の 9:00〜9:30 は買いが過剰になる事が殆どなのですが、200分移動平均線乖離率が 1.5〜2.5 の場合と 3.8以上の場合とでは本質的に異なります:


・200分移動平均線乖離率が 9:00〜9:30 に 1.5〜2.5 の場合
その日はボックス圏で推移し、寄り付き後に無限ナンピンで逆張りの空売りをしておけば (株価 5000円なら)20〜30円抜きは大抵上手く行く。

・200分移動平均線乖離率が 9:00〜9:30 に 3.8以上の場合
大人が買ってきているので、その後数日間はトレンドを作って上昇を続ける。
従って、逆張りの空売りは危険、特に空売りの持ち越しは厳禁
200分移動平均線乖離率が 小さくなった時点からナンピンで買って順張りのスィング・トレードする



74. 中川隆 2013年4月24日 18:57:57 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

200分移動平均線乖離率が 9:00〜9:30 に 3.8以上の場合の買いのタイミング


200分移動平均線乖離率が小さくなってきて、株価が一度120分移動平均線を下に切った後、再度上に切ったら買い

120分移動平均線が上昇していなくても、水平だったら OK


75. 2013年4月29日 11:17:40 : W18zBTaIM6


       /            | ヽ        \
        /       i  i   l   \  ヽ    、
      i  /  / // |  /   /    ヽ l ヽ    i
      | /  / // _/ / / /ー─ - 、 ヽl   ヽ   ;
     │i  / //'´/ / / / .ン== 、、` リ   l   l
        i  / //r=、、/ / /  ´iノ;;::ヽゝ i   . |   |
      l.   //i,ノり) ' /   丶ニノ,  l    |、  |
      メ  /|´ 弋ノ              |   | 〉  i
      /   ヘ "               |   |'   ;
      i     .ハ     ヽ            l     |    i
      │i   i ヽ     -        .|    |    ',
       ; l   ;  >、.         / |    |         
       | i     `丶、`丶、  _ 、-´   |    |    ',
.      i  l    ヽ  `ヽ ヾ´( ヽ_.   |    |     i
     |  |     V´ ,ヘ  V´ /`,ヽ. |    l     ',
      ;  ヘ     \ ヽ| / /  /i_ l、,i    |      i
    │/`ヽ      \く    ´´  ハ   |、      ;
    /´``'ヽ\      ヽ\     〈/l   | \   i
   /       ヽ       ヽ    \l   |   ` ヘー、


相場長者のお婆さんの話

 北海道の旭川に相場の上手なお婆さんが30年程前まで生きていたそうです。手がける銘柄は、小豆、乾繭、生糸、毛糸、大手亡だけと決まっていたようです。毛糸だの大手亡だのというところに30年前というのがよく窺えます。営業マンでも余程古い人でなければ、もうこの頃の話はしらないみたいです。

 そのお婆さんは、北海道だからといって、毎年5月には豆の状況を身に道内旅行、などということは一切しなかったそうです。小間物屋をやる傍ら、人知れず相場を張っていまして、ごく身近な営業マンや知り合いしかそのことは知らなかったようです。そして80を過ぎて寝込むようになってから、ある日、3人程相場の世界の知リ合いを家に呼ぴ、伝えておきたい相場の秘伝があるから、というのです。この秘伝で私は、40年に亙る相場人生で、かれこれ2億は稼いだ、と言われ、集まった3人は、一体如何なる秘伝か、と固唾を飲んだ訳です。そして、おもむろに取り出された手帳の中身をお婆さんが説明すると、全員狐に摘まれたような表情になってしまったそうです。

 何故かというと、その皆さんにお伝えしたいという秘伝とかが、全く単なる10日移助平均を元にしたクロスオーバー法だったのです。(平均線うわ抜けば買い、下抜けば売リ)。鉛筆を嘗めなめ何冊もの手帳にピッシリ書き連ねられている数字は紛れもなくお得意5銘柄の移動平均値だったのです・…。

 全くこの話には筆者も言葉を失ってしまいます。誠に深みのある皮肉というか、真の含蓄があるというか…。

 本当の相場の極意というものはこんな所にあるのかも知れません。とにかくただ性急に「移動平均だけで2億なんて、そんなの嘘に決まっている!」と決めつけるのだけは、間違いだと思います。相場の動きさえ大きければ、ただひとつの機械的売買でやるのが実際一番良いのです。まして当時の乾繭だの小豆なら知る人ぞしる、ですから。お婆さんが鉛箪を嘗め嘗め書き連ねた移動平均値・…。これを常に忘れずに、今自分のしている事が、この移動平均値こ勝るものか、劣るものか、そういう尺度を頭の中に入れておくことが、重要なのではないでしょうか。
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/basan.html


移動平均は単一の指標であると同時にそれ自体が一つの完成されたシステムともなり得ます。

相場の世界では、10日移動平均を終値が上抜いたら買い、下抜いたら売りという途転売買で40年間に200,000,000円を稼いだ旭川の小間物屋のおばあさんの話が伝えられています。

今から30年ほど前の200,000,000円ですから、すごい金額ですよ。


また、洗練された#買戦略を持ちながら、破産に追い込まれたニーダホッファー氏の話は移動平均に新たなる光を当てていると思います。

ニーダホッファーとおばあさんは見事な対照を成しています。

  ニーダホッファー氏 旭川のおばあさん
洋の東西 西洋 東洋
戦略 複雑な逆張り(?)、 状況判断売買 単純な順張り、機械的売買
性別 男性 女性
立場 玄人 素人
市場 株式などさまざま 商品先物のみ
最終結果 他人のお金を預かって運用し大失敗 自分のお金を運用し大成功

このおばあちゃんほどの実績を上げている玄人はほんの一握りです。

あなたが一角千金を夢見ているのでなければ、結論はもう出ているのです。10日移動平均クロスオーヴァーはきちんと結果が出せるシステムです。数十年の間、相場の性質はさまざまに変化したはずですが、この戦略は生き延びてきました。そして現在、手数料ははるかに安いわけですから、なおさら有利なのです。

銘柄は5つほどにしておけば、1つの銘柄でレンジ相場が続いても精神的に耐えられると思いますよ。

このセクションの要点は、「まず最初は、単純でしかも長期間にわたって実績を上げてきたシステムの真似をしなさい」ということなのです。
http://mountaingate.50megs.com/concepts/masystem1.html


76. 2013年4月29日 11:25:54 : W18zBTaIM6

あべ 静江 コーヒーショップで
http://www.nicovideo.jp/watch/nm12518918
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12765311
http://www.youtube.com/watch?v=5jYVINfnQf4http://www.nicovideo.jp/watch/sm12765311
http://www.youtube.com/watch?v=SmhS1fUDKx0
http://www.youtube.com/watch?v=dbNevERRCb4


77. 2013年4月29日 14:34:19 : W18zBTaIM6

あべ静江 ゆらめき 
http://www.dailymotion.com/video/x9v8e1_yyyy-yyyy_music

あべ静江 みずいろの手紙
http://www.youtube.com/watch?v=dbNevERRCb4
http://www.youtube.com/watch?v=G4_1b4HuCiM
http://www.youtube.com/watch?v=1ynyLO77BJc
http://www.dailymotion.com/video/x9moq2_yyyy-yyyyyyy_music


78. 2013年5月19日 19:49:12 : W18zBTaIM6

956 :山師さん:2013/05/19(日) 13:50:13.79 ID:FXw8xuwe

テクニカルを突き詰めていくと、ニュースや材料は邪魔者でしかなくなる
テクニカルを通してのみで相場を見ていれば、思いのほか相場の動きが見えてくる
その域に達して初めてテクニカルを使えるようになったといえるのだよ


958 :山師さん:2013/05/19(日) 14:33:28.38 ID:Z10ZQ7Ku
>>956
それをさらに突き詰めていくと結局チャートだけで全て足りるってことがわかるよ
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1363641994/l50


要するに

@ 120分移動平均線が上昇している場合

株価が一度120分移動平均線を下に切った後、再度上に切ったら買い


A 120分移動平均線が下降している場合

株価が一度120分移動平均線を上に切った後、再度下に切ったら空売り


を延々と繰り返していれば幾らでも稼げるという事ですね。

トレンドと反対の方向に逆張りすると悲惨な結果になる事が多いですから、順張りだけにするのが正解かもしれないです。


79. 2013年5月21日 13:34:00 : W18zBTaIM6

最近は日経平均とエロ情報をここで同時に確認しながら仕事をしている。

便利だぞこれ。 職場で見てもばれない。

http://eronator.com/biz.html


80. 中川隆 2013年6月14日 07:08:49 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

相場に失敗すると奥さんとお嬢さんにはこういう運命が待っている(修正稿)
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/818.html

女縄−裸女を縄で縛る悦楽
http://w.livedoor.jp/onnanawa/d/%B2%D6%BB%D2%A4%CE%C9%F4%B2%B0
http://w.livedoor.jp/onnanawa/d/%cc%dc%bc%a1%20/%20MENU
http://w.livedoor.jp/onnanawa/d/%e6%ea%cc%e7%c5%db%ce%ec


81. 2013年6月17日 08:56:13 : W18zBTaIM6


 
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ●_ ●  |< 余力は株資金の1/3以上が基本で、これより突っ込むと資金効率が悪くなる。
 (〇 〜  〇 |<まあ天底当てとかの博打なトレードやってる連中にはどーでもいいこったなw
 /       |  \_________
 |     |_/


82. 2013年7月03日 07:44:45 : W18zBTaIM6

   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ●_ ●  |< 個人が出来る、ファンドが出来ない唯一の手法
 (〇 〜  〇 |< 場が悪い時には手を出さない。
 /       |  \_________
 |     |_/


83. 中川隆 2013年7月10日 23:18:23 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

外資は完全なアホだと思った方がいい

最近ヘッジファンドでさえあまり考えずにプログラムに任せて売買したりしますので、世界的に考えずに行動するような投資行動が多くなっているのかとも思えます。

何せこの前の上昇局面で1ドル円安になれば日経平均を300円買い上がると言うプログラムがあり、為替と共にガンガン値上がりして行きましたからね・・・。

結局今回の調整局面でやられてしまったようですが、どれだけ検討してそんな売買をやっていると言うのでしょうか。
http://ssoubakan.blog102.fc2.com/blog-entry-1591.html


外資はインサイダー情報とマスコミを使った情報操作が無ければ絶対に勝てないのは有名な話ですね。

まあ、アホは何をやるか見当も付かないんで、四季報とかを真面目に調べている日本人投資家も絶対に儲からないんですけどねwww


84. 2013年7月14日 09:18:37 : W18zBTaIM6

選挙期間は、下げても介入で戻すだろ。だから、今は、下げたら買い、下げたら買いが合理的。大きな力には逆らわないようにしないと

利確のタイミングは選挙終了後、ワンテンポ待って。

たぶん、自民党圧勝に合わせて大人がカチ上げてくるだろ。カチ上げる理由は、単純に材料出尽くし売り狙うより儲かるから。

材料出尽くし下げを狙った空売りをふみあげ、さらに出遅れ組の焦り買いを誘って爆上げ。売るのはこのタイミング。ここでドテンすると良い
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1373182113/l50


85. 2013年8月03日 09:25:58 : W18zBTaIM6

396 :山師さん:2013/08/03(土) 07:24:17.72 ID:oL9XDGxo

前に痛い目にあって、下がってからの追撃売りはやめた。

おかげで今回助かった。


86. 中川隆 2013年8月04日 10:16:57 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

分足で底値圏、天井圏かどうか判断する一番簡単な方法

移動平均線を三本使います

カブドットコム証券のウルトラチャート使用
http://kabu.com/

50分移動平均線
90分移動平均線
180分移動平均線

この三本がすべて水平になって重なってきたら底値圏・天井圏でトレンド転換直前だと判断します。

期間は銘柄によって最適値が変わります。


移動平均線三本がすべて水平になって重なってきた場合は
逆張りで無限ナンピンで建玉すると成功率が高くなります。

逆張りナンピンで最初は100株、次は200株、次は400株、次は800株

という様に建玉数を増やして行って、利が乗ったら直ぐに利食えば、損する確率は限りなく小さくなって行きます。

大引け前に一部でも利が乗っていたらそれだけは利食いして、翌日再ナンピンします。


移動平均線三本がすべて上向きの場合は順張りの買い
移動平均線三本がすべて下向きの場合は順張りの空売り

順張りの仕掛けのタイミングはもちろんグランビルの法則で判断します:


グランビルの法則
http://mituwasou.com/chart/chart_analysis/granville-chart-theory.html
http://swing-trade.net/trade1520.html
http://www.goldencross.jp/granville.shtml
http://www.dambo-33.com/kouza/granville.shtml


因みに、順張りではナンピンは厳禁ですね


87. 2013年8月04日 10:30:54 : W18zBTaIM6

分足の場合は3日間程度での分足BOX圏を想定して、

前安値まで下がったら買い
前高値まで上がったら売り

とやっていると必ず大損します。


分足BOX圏は 利食いならともかく仕掛けに使うのは NG

移動平均線三本を使ったトレンド判断が一番正確です。


88. 2013年8月09日 19:36:32 : W18zBTaIM6

注文は必ず成り行きにします。

指値注文にすると必ず、一瞬しかない絶好のタイミングを逸するか、株価の急騰・急落の最初の段階で注文が成立して(時間的には売買成立が数秒早くなるだけですが)大損します。


89. 中川隆 2013年8月29日 11:30:50 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

張りで仕掛けるタイミング

分足で見ると大抵 三段上げ、三段下げです。 従って


50分移動平均線
120分移動平均線
180分移動平均線

を使って順張りで仕掛ける場合は


株価が暴落した後、この三本の移動平均線がすべて水平になって重なってきたら底値圏

株価がそこから急騰して移動平均線三本がすべて上向きになったら上昇トレンドに転換

株価が一旦50分移動平均線まで下落したら最初の押し目

移動平均線三本がすべて上向きでかつ株価が50分移動平均線に近付いたら成り行きで買い

株価が再上昇してからまた50分移動平均線まで下落したら二回目の押し目

移動平均線三本がすべて上向きでかつ株価が50分移動平均線を下に切ったら、成り行きで買い

株価が再上昇してから50分移動平均線を超えて120分移動平均線まで下落したら三回目の押し目

三回目の押し目では買いは見送ります。

空売りも同じで

株価が暴騰した後、この三本の移動平均線がすべて水平になって重なってきたら天井圏

株価がそこから急落して移動平均線三本がすべて下向きになったら下降トレンドに転換

株価が一旦50分移動平均線まで上昇したら最初の戻し

移動平均線三本がすべて下向きでかつ株価が50分移動平均線に近付いたら成り行きで空売り

株価が再下落してからまた50分移動平均線まで上昇したら二回目の戻し

移動平均線三本がすべて下向きでかつ株価が50分移動平均線を上に切ったら、成り行きで空売り

株価が再下落してから50分移動平均線を超えて120分移動平均線まで上昇したら三回目の戻し

三回目の戻しでは空売りは見送ります。


90. 2013年9月08日 22:21:35 : W18zBTaIM6

相場に失敗すると奥さんとお嬢さんはこういう運命が待っている(修正版)
_http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/818.html


91. 2013年10月11日 17:42:59 : W18zBTaIM6
相場に失敗すると奥さんとお嬢さんにはこういう運命が待っている(最新版)
___http://amezor-iv.net/book/131005175551.html

92. 2013年10月11日 18:07:00 : W18zBTaIM6

寄り付き後に空売りする方法

1) 寄り付き 暴騰した場合


逆張りの空売りで一文抜き

9:06〜9:50 の間で200分移動平均線乖離率がピークになった所で空売りする


・200分移動平均線乖離率が 1.5〜2.2 の場合は空売りOK

・200分移動平均線乖離率が 2.4 を超えた場合はその後一日上昇する事が多いので空売りは見送り

・200分移動平均線乖離率が 1.4 以下の場合は、その後一旦 50分移動平均線近くまで下がってから再上昇する事が多いので、空売りするのは再上昇迄待つ


空売りの利食いは株価が下落して 50分移動平均線に近付いた時

2)寄り付き 暴落した場合

順張りで空売り


最初の戻りでは50分移動平均線を超えない事が多い

二度目の戻りでは50分移動平均線を超えて90分移動平均線近くまで上昇する事が多い

最初の戻りで株価が戻して 50分移動平均線に近付いた所で最初の空売りをする

二度目の戻りでは50分移動平均線を超えて90分移動平均線近くまで上昇した所で空売りする

三度目以降の戻りでは空売りは見送り


93. 2013年10月21日 08:35:14 : W18zBTaIM6

以前

『デイトレードでは寄付きから30分間は売買厳禁』

という某デイトレーダーの言葉を紹介しましたが、

空売りに関しては素人が稼げるのは 9:07 から 9:50 の間に売り建てた場合だけ

なんですね。 もちろん持ち越しは(明らかな下げトレンドの場合以外は)厳禁


94. 2013年10月21日 08:36:12 : W18zBTaIM6

年末年始、ゴールデンウィークは休み前日の大引け少し前に買って、休み明けに売れば 5%は確実に抜ける

166 :山師さん:2013/10/20(日) 21:30:10.37 ID:H0LaVO8U

揚げるのは今週のみ、あるいは明日一日だけだろうな
来週はヨコヨコで11月は下げ一色
年末は利確売り恐怖で誰も買わないから更に下げ
その分年始に一気に揚げるから年末に買いあさるべき

っていうので合ってるかな

プロのトレーダーは長期休暇前に必ず手仕舞い売りを出しますからね。

トレンドが上向きの場合は 3連休でも休み明けには必ず休暇前より上がります。

トレンドの方向はこれで大体わかります:

トレーダーズ・コンパス トレンドを探る
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/compass/compass.asp


長期トレンドは (1週間タイムラグが有りますが)

外資の売買動向
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0487&asi=2&yy=1
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp
http://www.ando-sec.co.jp/market/movement.html


外人投資家が買って、個人投資家が売っている → 株価は上昇中
外人投資家が売って、個人投資家が買っている → 株価は下降中

外資は去年の12月から買い続けて、今売り手が居なくて困ってるところですね。
日本のアホ投資家に売りつけて逃げたいんだけど誰も買ってくれない。


Hedge Fund Chart Guru Tom DeMark Sees Dark Days Ahead
By Sheelah Kolhatkar October 14, 2013

赤線  世界大恐慌の時 (1928年1月〜1930年4月)のダウジョーンズ株価指数 (左軸)

黄緑線  2012年5月から現在までのダウジョーンズ株価指数 (右軸)


マーケットは、あともう一度くらい高値を狙いに行くだろう。その後は恐い展開になるかもしれない。
最近高値を更新するたびに、取引に名を連ねる銘柄(または取引高)が減少傾向にある。
これは値崩れを起こす時におきやすい現象である。

http://www.businessweek.com/articles/2013-10-14/hedge-fund-chart-guru-tom-demark-sees-dark-days-ahead
http://londonfx.blog102.fc2.com/blog-entry-3430.html


95. 2014年1月03日 14:16:24 : 2D6PkBxKqI
和洋の違いを知ろう
NOと言えないアメリカ人・http://amairisuki.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

[12削除理由]:あだると
97. 2014年2月02日 12:16:31 : 2D6PkBxKqI
↑は”削除コメント切り替え”をクリックして読んで下さい。


アナリスト別の相場予測的中率


中原良太 勝率:45%(59勝70敗)

高パフォーマンス銘柄をデータから徹底選別!

最大20年分の膨大な株価データの分析と、手数料や注文方式までこだわる利用者目線から生み出されるシステムトレードの戦略が人気を得ている。IQ上位2%が入会できるMENSA会員であり、2006年ルービックキューブ日本大会準優勝。

日本株予想期間(2月3日〜2月7日)
【買い】 川崎重工業(株) 中原良太NEW!
12時00分みんなの株式中原良太勝率:45%(59勝70敗)

日本株予想期間(2月3日〜2月7日)
【買い】 三菱電機(株) 中原良太NEW!
11時59分みんなの株式中原良太勝率:45%(59勝70敗)

日本株予想期間(2月3日〜2月7日)
【買い】 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ 中原良太NEW!
11時57分みんなの株式中原良太勝率:45%(59勝70敗)

日本株予想期間(2月3日〜2月28日)
【買い】 バリューコマース(株) 中原良太
2月1日(土)19時11分みんなの株式中原良太勝率:45%(59勝70敗)
http://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/


98. 2014年2月18日 22:40:23 : 2D6PkBxKqI

因みに、デイ・トレで勝率95%以下なら株は止めといた方がいいです。

99. 2014年2月22日 20:32:50 : 2D6PkBxKqI

デイ・トレは欲張らないで 2000円ないし5000円で利食いしてしまえば, ど素人でも勝率100% に幾らでも近付けるんですね。

100. 中川隆 2014年4月12日 10:23:08 : 3bF/xW6Ehzs4I : 2D6PkBxKqI

今年のゴールデンウィーク空けは株価上昇、下落?


プロのトレーダーは長期休暇前に必ず手仕舞い売りを出しますから
トレンドが上向きの場合は休み明けには必ず休暇前より上がります:


トレンドが上向きの場合のゴールデンウィーク前後の日経平均株価

日付 始値 高値 安値 終値
2013/04/24 13,687.28 13,843.46 13,686.78 13,843.46
2013/04/25 13,887.53 13,974.26 13,827.96 13,926.08
2013/04/26 13,978.98 13,983.87 13,852.20 13,884.13
2013/04/30 13,854.82 13,897.06 13,778.75 13,860.86
2013/05/01 13,837.72 13,844.82 13,782.00 13,799.35

2013/05/02 13,727.25 13,780.48 13,637.96 13,694.04 :この日に買う

2013/05/07 13,960.04 14,196.38 13,951.81 14,180.24 :この日に売る

2013/05/08 14,196.20 14,421.38 14,186.83 14,285.69
2013/05/09 14,366.95 14,409.82 14,191.48 14,191.48
2013/05/10 14,449.24 14,636.81 14,426.74 14,607.54
http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data


株で儲けて憧れのロシア女性に会いに行こうよ
http://www.blond-collection.com/top.html
http://www.blondie-roppongi.com/
http://www.dto.jp/shop/8423
http://eyoru.jp/fuzoku-shop/-%E9%87%91%E9%AB%AA%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89/1-1-1.htm
http://www.vanillalala.com/top.html
http://www.hyper-bingo.com/cate1.php/12/


しかし、そうでない年もあるんですね:

トレンドが下向きの場合のゴールデンウィーク前後の日経平均株価

日付 始値 高値 安値 終値
2012/04/24 9,466.08 9,510.70 9,423.30 9,468.04
2012/04/25 9,578.42 9,582.73 9,530.02 9,561.01
2012/04/26 9,613.16 9,630.97 9,531.03 9,561.83
2012/04/27 9,564.40 9,691.70 9,463.60 9,520.89
2012/05/01 9,471.66 9,472.25 9,332.79 9,350.95

2012/05/02 9,397.87 9,417.96 9,344.53 9,380.25 :この日に買う

2012/05/07 9,198.17 9,206.45 9,109.01 9,119.14

2012/05/08 9,190.50 9,207.56 9,159.47 9,181.65 :この日に損切り

2012/05/09 9,112.72 9,115.94 9,021.20 9,045.06
2012/05/10 9,013.26 9,075.63 8,985.90 9,009.65


こっちの場合は


相場に失敗すると奥さんとお嬢さんにはこういう運命が待っている
http://amezor-iv.net/shisou/131216002631.html


101. 2014年5月16日 21:36:40 : 3cdYZYbVIc

今年はトレンドが下向きの場合の典型でしたね:

日付 始値 高値 安値 終値
2014/04/24 14,563.25 14,563.25 14,367.13 14,404.99
2014/04/25 14,369.72 14,554.32 14,327.60 14,429.26
2014/04/28 14,289.82 14,324.03 14,224.47 14,288.23
2014/04/30 14,393.51 14,421.22 14,275.69 14,304.11
2014/05/01 14,341.09 14,493.03 14,341.09 14,485.13

2014/05/02 14,454.44 14,473.75 14,405.77 14,457.51:この日に買う

2014/05/07 14,296.25 14,299.13 14,033.45 14,033.45

2014/05/08 14,136.41 14,254.44 14,108.16 14,163.78 :この日に損切り

2014/05/09 14,101.98 14,266.29 14,091.20 14,199.59
2014/05/12 14,173.49 14,234.49 14,130.30 14,149.52
2014/05/13 14,367.94 14,464.01 14,359.74 14,425.44
2014/05/14 14,385.60 14,419.65 14,349.87 14,405.76
2014/05/15 14,280.51 14,306.36 14,190.27 14,298.21
2014/05/16 14,087.76 14,108.44 14,016.49 14,096.59
http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data


まあ僕は3月末に空売りして5月2日に買い戻して少し儲けたから、ハーフ美女でも拝みに行こうかな:


滝澤ローラ
http://fuzoku-t.com/archives/33478470.html
http://www.tora-ana.jp/detail.php?id=474

小澤マリア
http://fuzokuav.com/a/ozawa_maria/
http://www.cityheaven.net/tt/toranoana/A6GirlDetailProfile/?girlId=570571

[32削除理由]:アラシ

102. 中川隆 2014年8月14日 08:22:20 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc

ADR入門


日本株 ADR銘柄 詳細一覧MONEY BOX
http://moneybox.jp/adr/


ADR(米国預託証券)とは


「投資」といえば、多くの方が「株式投資」を連想されると思います。

今ではインターネットでの株トレードもすっかり定着し、株式投資を身近に感じている方も増えたのではないでしょうか。

国内の株に限らず、証券会社によっては、海外の株もインターネットで簡単にトレード出来るようになりました。そして、これから紹介する「ADR」も、国内証券会社の一部でトレード可能な時代になったのです。

ADRの正式名称はAmerican Depositary Receiptといい、日本では「米国預託証券」とも呼ばれています。

ADRをひとことで説明しますと、米国市場で米国以外の国、つまり日本を含めた先進国や新興国など世界の優良企業に対して、株と同じように投資出来る証券ということになります。

日本の投資家にとっては、世界への投資だけではなく、日本株ADRの値動きをチェックしておくだけでも、日本株トレードの役に立ちそうです。

それについては後に述べるとし、まずはADRの特徴を簡単に見ていきましょう。

《ADRは株式と同じように、配当金はもらえるの?》

ADRは株式そのものではないのですが、預託機関が実際の株式を裏付けにADR証券を発行していますので、配当金も受け取れますし議決権もあります。

《ADRで取り扱っている外国企業銘柄って、どのような国?》

新興国では、インドや中国、ブラジルなどの主力銘柄、先進国ではイギリスやドイツなどの主力銘柄が売買出来ます。

しかし、日本の証券会社では取り扱っていない国や銘柄もあります。

《日本企業のADRは何社あるの?》

200社以上ありますが、日本の証券会社では購入出来ません。

米国のネット証券会社の口座開設が必要となります。

《ADRの取引時間はどうなっているの?》

米国市場で取引されていますので、米国の市場と同じ取引時間となります。

日本では、夜中の時間帯ですね。

日本株のADRをドル表示から円の換算値に直して株価表示しています。
http://news.moneybox.jp/archives/31


それでは、どのような仕組みで株式と同じような投資証券になっているのか、順番に見ていきましょう。

■現地の銀行が実際に株式を購入

まず、外国の証券取引所に上場されている企業、仮にAとしましょう、その株式を現地にある銀行が購入します。

この銀行というのは、JPモルガンなどの大手銀行です。仮にX銀行とします。

X銀行は現地において、購入した株式を保管します。

このX銀行のように、現地の企業の株式を購入し、保管する銀行を預託銀行と呼びます。

■預かり証を米国で発行

そして、現地のX銀行が保管しているA企業の株式を裏付けとし、米国のX銀行が預り証を発行します。

この預り証にはA企業の株式の所有権が示されてあります。つまりは、株式と同じ権利を持つということなのです。

この預かり証のことを預託証券と呼び、まさに株式と同じように米国の市場で取引されているのです。

それをADR(米国預託証券)と呼んでいるのです。

■簡単に外国企業へ投資

米国では、自国の株式と同じように簡単に取引出来るということで、ADR市場が発展してきました。

確かに、実際に外国で口座を開設し、現地の株式を購入した場合と比べると、ADRはかなり手軽ですよね。

しかも、外国通貨建てではなく、自国通貨の米ドル建てでの取引ですので、為替相場に気を取られず取引出来るという利点があり、さらに配当金も米ドルでの受け取りなのです。

そのような理由から、ADRは米国投資家に広く受け入れられてきたようです。

■企業にとっても資金調達のチャンス

ADRの利点を受けるのは、投資家だけではありません。

たとえば、新興国の企業が大規模な投資で資金が必要なとき、新規株式を発行したとします。

ADR市場を通してその企業のADRを売れば、自国で売るよりも良い条件で、先進国の投資家から資金の供給を受けることも可能です。

その場合、知名度が上るというおまけまで期待できるかもしれませんね。
http://news.moneybox.jp/archives/42

「ADRに興味を持ったのでさっそく購入しよう!」

と決意したとしても、残念ながらすべての証券会社がADRを取り扱っているわけではありません。

現在、日本の証券会社でADRを取り扱っている会社は、楽天証券とSBI証券のわずか2社のみです。

国内にこだわらなければ、米国のネット証券会社を利用することも出来ます。

その場合、より豊富なADR銘柄が取引可能になるでしょう。

しかし、まずは国内証券会社が取り扱っているADR銘柄だけでも、十分に魅力的な銘柄が揃っているということを、説明していきましょう。

■日本の証券会社で取引可能な国

中国、イギリス、インド、ブラジル、オーストラリア…といった国々の主力銘柄のADRが取引可能です。

楽天証券とSBI証券では、取り扱っている国や銘柄が異なりますので、あらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

■人気のADR銘柄

フィンランドの「ノキア」や、イギリスの製薬企業「グラクソ スミス クライン」などが、ADRでは人気があるようです。

フィンランド株もイギリス株も、日本からは取得が困難ですので、このような世界的企業の銘柄を簡単に買えるということが、ADRの魅力のひとつと言えるでしょう。

さらに、中国の「百度(バイドゥ)」、ブラジルの資源会社「ヴァーレ」といった、将来の成長が期待される新興国企業も人気があります。

■上場されているADRは優良企業の集まり

ADRには3つのレベルがあり、「レベル1」のADRは、米国の証券取引所に上場されておらず、主に店頭で取引されています。

ADRが証券取引所に上場される場合、米国の厳しい審査がありますので、それを通過しなければなりませんが、「レベル1」のADRは、その審査を受けてないということなのです。

しかし、日本の証券会社を通して取引可能なADRは、すべて米国の証券取引所に上場された「レベル2」と「レベル3」のADRのみです。

財務などに不安のない優良な企業だけが上場されるということですので、投資家にとっては余計な心配なく投資出来るということになります。

■世界中から優良企業を選んで投資

このように、ADRでは世界中から厳選された優良企業への投資を可能にしてくれます。

配当金を目的に先進国の安定した大企業ADRを購入するのもよし、成長を期待して新興国企業のADRを購入するもよし、というわけです。
http://news.moneybox.jp/archives/60

日本株のADR取引を本格的に始めようとする場合、米国のネット証券会社の口座開設が必要となります。それというのも、現在、国内証券会社では日本株のADRを取り扱っていないからなのです。

一方、米国のネット証券会社では、200社以上の日本株ADRが取引可能です。中には、日本語対応の会社もありますので、思ったほど敷居が高くないかもしれません。

ところで、外国人が日本株ADRの取引をするのは、理解できます。

しかし、日本に住んでいる私たちが、日本株の取引は普通に出来るのにもかかわらず、米国市場で日本株ADRの取引をするということは…

はたして、このことに一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

■単元株制度がなく1株から購入可能

メリットのひとつが、「安さ」です。

実は米国のネット証券会社では、1株から購入が可能です。日本では単元株制度あり、取引するには1000株単位や100株単位で取引しますよね。

米国ではその制度がないために、1株から小額でコツコツと株を買い貯めていくことが出来るのです。これはADRでも同じです。

ですから、日本株の高くて手の届かなかった銘柄も、日本株ADRで購入すれば、1株から購入出来るというわけです。

しかも、配当金も1株から受け取りが出来ます。

■オプション取引が可能

株投資といえば、株価が上ったときに利益が生まれるというイメージがありますが、オプション取引では、株価が上っても、下がっても、変わらなくても、利益を生み出すことが可能です。

日本の株式市場でも出来ますが、日本株ADRの方が流動性が高い分、有利だといわれています。

■情報に素早く対応

メリットの三つ目がこれです。

日本では夜中になりますが、米国時間の朝に、米国雇用統計など株価を大きく動かす情報の発表があります。

米国雇用統計などは、米国の株価だけに影響するのではなく、日本を含め、世界中の株価や為替相場に大きな影響を与えます。

当然、日本の証券取引所は時間外ですので、日本株の取引は出来ません。そのような情報に素早く対応しようと考えるなら、やはり日本株ADRの取引が適切でしょう。

米国のネット証券会社では、ADRの空売りも可能ですので、良い情報のみならず、悪い情報のときも利益を得ることが可能です。
http://news.moneybox.jp/archives/62


日本株ADRの値動きで外国人投資家の動向をつかむ

前の章では、日本株ADRの売買をするには、米国のネット証券会社を利用することが必要だと述べました。

しかし、わざわざ米国に口座を開設しなくても、ただ日本株ADRの値動きをチェックするだけで、国内株投資に役立てることは出来ます。

というのは、ADRが上場されるほどの優良な企業の株は、外国人投資家の占める比率が高く、仮に米国時間に何か大きな情報が発表された場合、ADRの値動きで外国人の動向をいち早くつかむことが出来るからです。

そのため、日本株ADRの取引はしていなくても、日本株ADRのチャートをチェックしているという人は、国内の投資家に多くいると思われます。

実際に、日本株ADRのチャートを掲載しているサイトは、数多く見られます。

■決算に対する外国人の評価

上場企業は定期的に決算を発表していますが、株式取引時間の後に発表する企業も多くあります。

そうすると、その決算にたいする投資家の評価はPTS(夜間取引)の値か、日本株ADR値で判断することになります。

特に、外国人投資家がどのような評価をしているのかは、日本株ADRの値で判断出来ますので、それを参考に取引に臨むことは、とても意味のあることでしょう。

■日本株ADRの終値に注目

日本時間の早朝に、米国市場の取引が終了しますので、当然日本の市場が開く前には、日本株ADRの終値がいくらだったのかが、わかっています。

このADRの終値をチェックしておくだけでも、日本株に大きな影響力を持つ外国人投資家の欲しがっている銘柄や、売りたがっている銘柄などが垣間見えるかもしれません。

以上見てきたように、ADRとは決して難しいものではありません。

簡単だからこそ、米国の投資家に受け入れられてきたのです。

最後に述べたように、日本株投資の参考にするため、ADRの値をチェックするだけでも十分に役立つものですので、ぜひ投資に活用してください。
http://news.moneybox.jp/archives/65

MONEY BOXでのADR株価のかんたんな見方をご紹介します。

参考までに:ソニーのADR株価
http://moneybox.jp/investment/adr.php?t=6758

ここで注意して頂きたいのが、ADR株取引での ”出来高” です。

ADR株価の市場は限られた投資人口での取引になっていますので、日本株価との乖離が大きくなる場合があります。

バランス良く出来高も伴っていれば、翌日の日本株にも少なからず影響すると思われますが、出来高が少なかったり、まったく取引が行われず、0だったりした場合は、翌日の日本株にとってはまったく参考になりませんのでご注意ください。

特にADRに上場している企業が、東証取引終了後にビッグニュ〜ス!が流れた場合は、もろにその日の晩のADR株価が大きく動きますので、翌日の日本株投資の参考になります。
http://news.moneybox.jp/archives/71


103. 中川隆 2014年9月15日 00:06:37 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc

923 :山師さん:2014/09/13(土) 16:17:09.03 ID:y6ERdMR4

年率7%を維持するのはかなり難しい。

ディーラーさんで年率7%くらい稼げる人の年収は、少なくても3−5000万円クラスだし、安定した10%なら、外資証券に行けばふつう、給料は何億かになるレベルだからね。 だから極めて少ない。

しかも日本市場は世界で一番難しい市場で、日経平均が2万円から8000円とか07年なんかも半分以下まで暴落した。

だから、逆にいうと、買いでも売りでも、柔軟に使い分けられる人なら、買いと売りを交互にやれば、数年で2倍とかの波に、何度も乗れるってことでもあるが。

925 :山師さん:2014/09/13(土) 17:00:07.85 ID:E+T8OMxy

個人だわからなければ相場休めるし、小型株ばかりいじったりとかできるけど、
機関投資家はそういう自由がなくて制約が大きいからなあ。

そういう環境で実績出し続けるのはきついだろうな。

926 :山師さん:2014/09/13(土) 17:06:32.10 ID:6mzU6A7Xなるほど。

わからなければ相場休んだ方が賢明と。
休まず何%、って目指せば墓穴を掘るに等しいと。

938 :山師さん:2014/09/14(日) 23:15:19.58 ID:dUmXZRUS

日本市場の場合は、ずうっと安定して勝つ人が偉いってのはないからね。

日本市場ってのは、急騰と暴落を何度も繰り返してて、証券会社のプロが集まった自己売買部門の業績を見ればわかるが、

地合いがいい時は、プロのディーラーも大儲け。

暴落時には、空売りで大儲けかっていうと、そんなことはなく、日本では暴落時に、市場参加者がいなくなって、まったく現物が動かなくなり、外人の先物1万枚の空中戦になってしまい、結局、プロのディーラーでも稼げない。

これは決算書を見れば簡単にわかる。

だから結局、急騰時に50%とか100%とか稼いで、地合いがだめなときには損をしないって人が、10年単位だといちばん稼いでると思う。


104. 中川隆 2014年9月20日 13:27:29 : 3bF/xW6Ehzs4I : 3cdYZYbVIc


・18 : 山師さん [sage] 2012/03/16(金) 06:01:34.31

・ずうっと専業をやってるとだれでも分かると思うが、だれでも市場にうまく乗れるときと乗れないときがある。

・そういうときに、家賃の支払に利益をあてにしてトレードしてたら、精神的もだめよ。

・家をもってたら、食費と光熱費は切り詰めれば極端に安く生活できるから、利益は大半を複利にできる。

・たとえば毎月20万稼いで家賃10万、食費と光熱費10万って生活をしてたら、50年たっても資産が残らないんよ。

・でも、家を買えば家賃分は複利になるし、複利って専業にとってボーナスみたいなもんなんよ。資産が増える人、増えない人の差はその差。

・それに安くても持ち家があれば、またリーマン・ショックみたいなのが起こっても、家を売ってしばらくは生活できるから、安心感がぜんぜん違う。


・24 : 山師さん [sage] 2012/03/18(日) 06:41:15.19

・個人の専業で、お金が出来たときに、マンションや家を買った人は、ぼろ儲けなんか続かないってことを理解している人だから、退場する人はまずいない。

・たまたま地合いが良くて儲かると、これがずうっと続くから、そんなお金があるんなら、全力投資を続けたほうがいい、っていつも勝負をやり続ける人は、一時的に何千万円儲けても、けっこう退場していくよ。

・おれは10年くらい専業同士20人くらいで、ザラ場でチャットしながらトレードしてたんだが、 一時5000万〜1億資産を作った人でも、退場率ってとんでもないくらい高いよ。

・1億の人がゼロになるのも何人も見たし、元一流証券のトレーダーが退場してくのも何人も見た。

・とくに利益を上げてその中から生活費を出してる人ってのは、一番早くつぶれる。

・そういう人たちは、今月は稼げないから、稼がなくちゃ、って勝負をしまくるわけだが、稼げない時ってのは、トレンドが不安定だったり、動いてる銘柄がないとか、そういう時期で、そういうとこで無理して勝負すると負けやすい時期。

・家賃や生活費を利益で支払ったり、子供の教育費も毎月の利益で払おうとする人は、すぐに潰れる。

699 : 山師さん [sage] 2012/08/08(水) 06:48:34.74

おれも賃貸で専業やってて、更新のときに保証人を頼む場合、無職で頼むわけにいかないから、仕事をしてるって嘘を言って保証人になってもらったり、仕事先の嘘を言って借りるとかやると、あとあとめんどくさいだろっておもって、更新の直前に必死に探して買ってしまった。

不動産屋を自転車で回ってるときに合った、都心付近の中古のオープンルームに入って、そのまま即契約。

で、結果論としては、そのあとリーマン・ショックがあったり震災があったり原発暴落があったりしたときに、家賃を払わなくてよくて、更新の必要もない、ってものすごい安心感になるよ。

家賃がないと生活費って、いくらでも節約できるから。

当時マンションを買って種が激減したあとは、1kg、198円のパスタ(5食分)を主食にしてたら食費ってほんとにかからなかった。


_____

投資家におすすめの街 _ 苗場スキー場の元高級リゾートマンションが遂に10万円になった
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/565.html


105. 中川隆 2014年10月14日 22:45:49 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs


VIX恐怖指数2年分チャート
http://chartpark.com/vix.html

VIX 恐怖指数とは?


VIX指数とは、シカゴ・オプション取引所が作り出した「ボラティリティ・インデックス」の略称です。

VIXはS&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表されており、このVIX指数は投資家心理を示す数値として利用されており、「恐怖指数」という別名が付けられています。

恐怖指数は、通常時10〜20の範囲内動き、相場の先行きに不安が生じた時に数値が大きく上昇する特徴があり、過去のチャートを見ると、大きな出来事が起きた後は大きく上昇していることが分かります。

年月 出来事 最高値

1993年 Robert E. Whaley 教授によって提唱される 12/24に過去最低の9.48を記録する

1997年10月 アジア通貨危機 38.20

1998年8月 ロシア通貨危 45.74

2001年9月 アメリカ同時多発テロ 43.74

2002年7月 エンロン不正会計事件 45.08

2003年3月 アメリカのイラク侵攻 34.69

2008年10月 リーマンショックが起き過去最高値を記録 89.53
http://chartpark.com/vix.html

VIX急上昇 2014-10-14


昨晩のNY市場はコロンブスデーで債券などがお休みだったが、株式市場は、最後で急落した。ダウの下げも大きいが、ナスダックがかなり大幅な落ち込みだ。

さらには、S&P500のオプションの各種指数から算出されるVIX指数(市場の変動が大きくなると参加者が感じる指数)が24を越えてきた。

VIXは平常では20を越えることはなく、これは完全に異常値だ。

掲げた月足チャートからもわかるように、月足での今回のVIXの上昇ぶりは、サブプライム/リーマンショック時、その後の2010年、11年の大幅下落の時と酷似している。

リーマンの時は別としても、2010年にはダウが1000ドル以上、11年には2000ドル以上の下落を示しているわけなので、今回も16000ドル以下15000ドル程度までの下落は十分に射程に入ってきた。

為替も、今朝はドル安(ユーロ高)で反応しているが、今後、円高(クロス円安)と、ドル安(ユーロ高)が波状にやってきて、ドル円が続落するという展開が予想される。
 
ここまで来ると自分としてもクロス円売りについで、ドル円売りもOKということで参入している次第だが、前に述べたように、ダウの変調は、かなり異常である可能性があるので、注意しつつしばらくドル円の戻り売りに移行していきたい。

米株関係の記事を読むと、これを大きな調整と見て買いのチャンスとするものもあれば、極めて大きなリスクオフ到来と見るものもある。為替も含めて、ここしばらくは勝負のしどころということになろう。


コメント

Unknown (やまは) 2014-10-14 10:08:01

昨日、引用した春山氏は、BUYですね。

https://www.facebook.com/shoka.haruyama/posts/753273688079494

彼の引用しているマイケル・シンクレアはSELLです。笑

http://www.marketwatch.com/story/this-is-the-most-dangerous-stock-market-since-2008-2014-10-13?dist=beforebell

判断は皆様にお任せします。

SELL (たける) 2014-10-14 12:48:02

デニス・ガートマンもSELLみたいですね。
私も、もう少しSELLです^^;。

Unknown (roland) 2014-10-14 18:01:16

先々週VIX大底と見てたのは多いはずですね。
先読みして相場に向かいましょうwww

又VIXの反応にはindexと同じでタイムラグがあります。VIXの大底でしたら底あたりで大暴れしますのでね。

Unknown (やまは) 2014-10-14 20:09:53

たけるさん

CNNなんか見てると、トップにエボラで、とても買う気にならないですね。^^;

rolandさん

大底とは、株価の大底=VIXの頂点ってことですね。たしかに、VIXは月足で長い上ひげを作るので、そのあたりがどこになるか興味深いです。
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx/e/d46ce01b0d368c99e9e1c1fc08f3417b


106. 中川隆 2014年10月15日 08:24:39 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

VIX:IND CBOE SPXボラティリティ指数
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=VIX%3AIND
http://www.bloomberg.co.jp/apps/quote?T=jp09/quote.wm&ticker=VIX:IND

VIX恐怖指数リアルタイムチャート
http://moneybox.jp/cfd/vix.php
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EVIX+Basic+Chart&t=1d

恐怖指数[VIX 日経VI VSTOXX] 日経平均比較チャート
http://nikkei225jp.com/data/vix.html

ゴールドプラチナレシオ
http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$gold:$plat
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx/e/e23d0e66cef5f4e0cb8a6622f11b4ef1


107. 中川隆 2014年10月15日 08:30:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

投資情報


日経平均(ドル建て) - MarketNewsline
http://www.marketnewsline.com/market/1010.html
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/kokunai_index/kokunai_index_chart.asp?ID=0102
http://www.miller.co.jp/chart.cgi?0104I

株チャ - 世界の株価チャート
http://kabucha.net/

日本株 ADR銘柄 詳細一覧MONEY BOX
http://moneybox.jp/adr/

米ドル-円(USD-JPY)|週足|FXチャート&レート|ザイFX!
http://zai.diamond.jp/list/fxchart/detail?pair=USDJPY&time=1w

バルチック海運指数
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0807&yy=1

騰落レシオ
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0188

騰落レシオ 日経平均比較チャート
http://nikkei225jp.com/data/touraku.html

レーダーズ・コンパス _ トレンドを探る
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/compass/compass.asp

海外投資家売買動向(投資部門別売買動向)
http://karauri.net/kaigaidoukou/
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0487&asi=2&yy=1

まあ、本当に役に立つのは『ドル建て日経平均』と『海外投資家売買動向』だけですけどね


各銘柄のドル建て株価は

カブドットコム証券 ウルトラチャート
http://kabu.com/tool/ultrachart/default.html

で見る事ができます。


108. 中川隆 2014年10月15日 10:07:59 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

輸出企業のチャートはドル建てだと教科書通りのトレンドラインを引けるけど、
円建てではきれいなトレンドが出ない

RSI を見てもドル建てだと教科書通りに転換するけど、円建てだとダイバージェンスが頻出する

輸出企業のチャートはドル建てで描かないと意味が無いんだ。

それから、ファンダメンタル解析では株価の予測は絶対にできない。

日本のファンダメンタル・アナリストも殆どそうだけど、まずドル建てチャートを見てこれから上がるか下がるか判断する。

その後で、ドル建てチャートからの予測と同じ結論を出す様なファンダメンタル材料だけを使ってレポートを書く。


109. 中川隆 2014年10月15日 12:36:43 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

上にデイトレの逆張りのノウハウを沢山書きましたが、逆張りというのは基本的にド素人がやりたがる最悪の方法なんですね。

セミプロなら

まず日足の3本の移動平均線を見て、上昇トレンドか下降トレンドか持ち合いかを判断します:

日足
4日移動平均線
9日移動平均線
18日移動平均線

移動平均線が3本共 上向きなら上昇トレンド
移動平均線が3本共 下向きなら下降トレンド
移動平均線3本が交差したり重なっていたら持ち合い

日足が上昇トレンドならデイトレは買いだけ
日足が下降トレンドならデイトレは空売りだけ


次に分足の3本の移動平均線を見て、上昇トレンドか下降トレンドか持ち合いかを判断します:

分足
50分移動平均線
120分移動平均線
180分移動平均線

移動平均線が3本共 上向きなら上昇トレンド
移動平均線が3本共 下向きなら下降トレンド
移動平均線3本が交差したり重なっていたら持ち合い

分足が上昇トレンドなら買い
分足が下降トレンドなら空売りだけ
分足が持ち合いなら見送り


銘柄は常時5つ位監視していて、トレンドがはっきり確認できるものだけにしか手を出さない

空売りは全資金額の7割まで、1500円以上の値嵩株、信用倍率が高いものに限る
買いは 3000円以下の株に限る


売買注文は3回位にわけてナンピン注文

株価が分足と交差したらすぐに手仕舞いする


110. 中川隆 2014年10月15日 18:26:22 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

因みに、日足でも分足でも2本の移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスは売買シグナルとしては全く役に立たないので注意

一方、株価と分足移動平均線のクロスはデイトレの売買タイミングを判断するのに最重要です。


デイトレで、分足の移動平均線が3本共 上向きで、株価が押して50分移動平均線を上から下にクロスする時が買いのタイミング

買い建てした後に、株価が再度押して50分移動平均線に接触したら直ぐに利食いした方がいいです。


111. 中川隆 2014年10月15日 18:35:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

スウィング・トレードとデイ・トレードではデイ・トレードの方が比較にならない位簡単です。 と言うよりデイ・トレで勝率95%以下なら株は止めておいた方がいいです。

デイ・トレは欲張らないで 2000円ないし5000円で利食いしてしまえば, 勝率100% に幾らでも近付けるんですね。



112. 2014年10月15日 18:39:54 : b5JdkWvGxs

デイ・トレをやるには生活費やストレスがかからない環境も必要ですね。


参考にして下さい:


投資家におすすめの街 _ 苗場スキー場の元高級リゾートマンションが遂に10万円になった
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/565.html

中川隆投稿集
http://amezor-iv.net/shisou/131216002631.html


113. 中川隆 2014年10月18日 17:47:58 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

僕が負け組にデイトレを勧める理由

772 :山師さん:2014/10/18(土) 16:22:32.56 ID:MPo3itg5

30歳の平均年収300万でどうやって結婚するんだよ
結婚はともかく家族3人はまともに養えないだろう
無茶なこといいやがる


775 :山師さん:2014/10/18(土) 16:28:35.10 ID:h2lXnQGn

いまはFXとかオプションとか先物とか、資金が少なくてもけっこうな額をやり方次第で稼げるじゃない。

年収300万だったら、仕事やめて専業投資家になったほうが儲かるだろ?

月に25万、平日に1万ちょっとでしょ。
安全確実に稼げるじゃんそのくらい。


もはや個人での起業って成立しなくなっている。

なんか逆転現象が起きていて、本来カタギの係わるべきものではない株式等の金融投機のほうが比較的リスクが少なく、 起業は大手も含めて、よほど山師的な才能とコネクションがある人、しかもそういう破滅的な博打と横暴、暴力、不正等々の世界がよほどど好きな人しか参入できなくなっている。

ここで株に行くのは誰もが安易だとは思いつつ、他に手段がない。 今、自分の金で起業するのは無謀です。

企業の資産があるなら、それを株に投資して派遣で働きながら、長期的な視点で投資するなら、そっちの方が成功する可能性あるんじゃない?

(自主的、強制的wな)脱サラの行く方向が株しかないので。


114. 2014年10月20日 10:42:16 : b5JdkWvGxs

145 :山師さん:2014/10/20(月) 10:30:13.79 ID:Kp5PaUCL

株なんて日足でトレンドフォローしていれば負けようがないだろ。

負けている人間は「早く金持ちになりたい」、「楽して儲けたい」という欲に負けているだけ。


115. 中川隆 2014年10月24日 18:11:04 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

 \
    \
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::   儲かったら何を買おうかなあ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   そうだ土地付きの一軒家を買おう
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::   その前に結婚だな
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   やっぱ料理の出来るかわいい妻がいいよなあ
   |l    | :|    | |             |l::::   そして子供も欲しいよな
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   もちろん妻似のかわいい娘だよなあ
   |l \\[]:|    | |              |l::::   
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   ふと気がつくと布団の中にいた
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::    この脱力感は何なんだろうか
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::    そうか全て夢だったんだ・・・
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::     株で財産を失ったこと以外は・・・

116. 中川隆 2014年10月26日 18:40:07 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

982 :山師さん:2014/09/21(日) 21:14:48.36 ID:ajLWD0/x

元々サラリーマンには向いていないし東京に住んでいるのもいやになったから
出身地にUターンし専業に

他に生活できるだけ稼げるような特技もなかったし
地味な生活をしているので年間生活費は250万円ほど(税金は除く)
心身ともサラリーマン時代よりもずっとゆとりができたよ

966 :山師さん:2014/09/21(日) 08:56:25.36 ID:LLtoNNTM

おれは、残業が激しいリーマンから専業になったんだが、最初のころは時間が山のようにあるのが嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

スポーツクラブに入会して、3時に終わったらバイクや車で東京から箱根まで温泉に入りに行って、3時から高尾山に登って、バイクで湘南に行って お茶を飲むとかもしょっちゅう。

ゴルフの打ちっぱなしとか、話題のグルメ店にも行きまくり。

でも、一年もたつと完全に飽きちゃう。

結局、商店街で明るいうちからやきとりにビールを飲んで、散歩したり、そういうふつうの生活がいちばん快適になった。

リーマンの時にはストレスがたまるからあれもやりたい、これもやりたいってのが貯まるんだが、専業って一日中座ったまま、おいしいコーヒーを飲みながら、 好きな音楽でも聞きながらできるんで、トレード以外のストレスがたまらない。

だから、ストレス解消で、何かやりたいってのが、まったくなくなっちゃうんだよね。


972 :山師さん:2014/09/21(日) 15:52:23.69 ID:u/TCoxY6

ここ読んでると専業ってすごく簡単になれそうなところが怖いね。


981 :山師さん:2014/09/21(日) 20:36:46.39 ID:xmhwGn50

いや一回コツ掴めば一生食えるじゃん
途中で溶かす人ってのは実はコツ掴んでないんだよ

980 :山師さん:2014/09/21(日) 19:35:10.88 ID:LLtoNNTM

専業でうまく行ってる人の大半って、始めたときの地合いが大きいんだよね。
おれはたまたまITバブルで大きく稼げて、中古マンションを現金で買って、家賃を払わなくてよくなってから専業に。
その後大損をしたこともあるが、それで専業を続けられるコツを理解した。

専業を安定して続ける最大のコツは技術でも勝負の勘でもなんでもない。
去年みたいな馬鹿でも儲かるときに、真剣にリスクをかけて勝負をして大きく儲ける。

そして、地合いがダメなときや低迷したときには、欲張らないで、海外の株、債券やリート投資で、年率数パーセントでも良しとする。
たったこれだけで、資産は増える。

ただ、大半の人は、1年で何千万円も稼げた年の記憶が忘れられずに、ダメな相場でも勝負して、どんどん退場してしまう。

専業の退場理由の9割くらいはそれじゃないかな。


991 :山師さん:2014/09/21(日) 22:18:10.22 ID:m7H/CpUg

スタイルにも拠るけど地合いは大きいよ
レンジ相場なら過疎って儲からなくなるし


989 :山師さん:2014/09/21(日) 22:09:10.09 ID:m7H/CpUg

初めて勝てるようになった時の印象がやっぱり一番残るんだよ
地合い良い時が最初なら地合い悪い時には負ける
地合い悪いときが最初なら地合い良い時でもやれる

993 :山師さん:2014/09/21(日) 22:24:10.55 ID:PL3hpYme
>>989
株そのものを始めたのはITバブル崩壊時だから兼業としては豚ショックもリーマンも経験してるな。
兼業だから投げ売りして知らん顔で済んだ。

専業スタート時は2010年夏、民主政権下の糞地合いの時だったが
何より閑散相場ほど辛いものは無い。
あれはもう経験したくないな。

994 :山師さん:2014/09/21(日) 22:25:51.38 ID:LLtoNNTM

だめな地合いってのは、ほんとに難しいんだよ。

下がってるときでも空売りで稼げるだろって思うかもしれんけど、下がり続けると、出来高がなくなり、動きもなくなり、閑散状態になって買いでも売りでも稼げなくなる。

証券会社の自己売買部門の業績を見ればわかるが、そんなときって、一流ディーラーでも稼げないんだよ。

仮にだめな地合いでもなんとか10%稼いだとして、専業なりたてなら、種が1000万円とすると100万円。
種が生活費でどんどん減っちゃうんだよ。

これじゃ、安心して生活すらできないし、将来の家賃の支払すら心配になるだろう。

でも、地合いのいいとこではじめて、1000万円が2000万円になったら、仮に生活費3年分の600万円を別口座に移しても種は1400万円に増え、複利で増えていく。

周りの専業でも、圧倒的にいい地合いで始めて、いっきに資産を増やした人が残ってる。

ダメな地合いでは損しないで、いい地合いだけ勝負することができたら、ほんとに資産は一気に増えるよ。

996 :山師さん:2014/09/21(日) 22:26:43.04 ID:hiY3KWIh

たしかに大荒れ相場で損するのは、カネあるけどボケかけた団塊の世代かな
奴らは割と簡単にカネ稼げてたせいか、カネ儲けの才能に欠けるのにカネ持っていたりするな

999 :山師さん:2014/09/21(日) 22:33:01.78 ID:hiY3KWIh

勝てそうなときに勝負して、難しそうなときは静観する
当たり前なのに、カネあるけどボケかけた団塊の世代はこんな簡単なことも出来ない奴が多いよな
うちの親もそうだ。1行目と逆のことをする

1000 :山師さん:2014/09/21(日) 22:33:30.77 ID:HlnTq4hM

真のクソ地合とは、〜ショック時のような暴落相場ではなく、出来高のない閑散相場の事をいう
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1405987000/


117. 2014年10月26日 20:48:42 : b5JdkWvGxs


27 :山師さん:2014/09/23(火) 01:06:48.78 ID:7Pfbru0q

仕事なんてよほど自分がやりたい仕事じゃなきゃやらない方がマシだよな

28 :山師さん:2014/09/23(火) 02:49:10.62 ID:pWIaOhps

俺は健康の為に、3〜4時間働いてる。
暇つぶしに。
単発1日の派遣労働とかもあるから、面白いよ。
嫌なら断ればいいし。


57 :山師さん:2014/09/23(火) 22:51:55.82 ID:wErqPwd+
>>28
時給1000円で1日3〜4時間働くと、平均とって3500円。
月20日働いても、たった7万円しかならない。
これが本当の暇つぶし。

39 :山師さん:2014/09/23(火) 14:26:08.72 ID:nEIzIJMP

専業はいったんコツつかめば永遠に儲かるからな
いい商売だ

58 :山師さん:2014/09/23(火) 22:54:03.79 ID:d0FbkCWI

家賃 2万のところに住んで、残り5万あれば極貧生活出来るわな

423 :山師さん:2014/10/18(土) 11:56:20.79 ID:/yAOtuNa

北海道の田舎に住んでるけど2年目正社員で手取り13万ぐらいなんだぜ
20万もあれば十分だ
株やって儲かっている事自慢したいけどできないのが辛いよね

42 :山師さん:2014/09/23(火) 16:54:59.94 ID:daeak/rF

わしも東一の貸借銘柄だけ付き合っもう20数年、専業になって4年目だな。
信用でレバのかけ方によっては劇的に増やせるかもしれんが、わしは暴落しても資金を全て吐き出すことはまずないので、 大して利回りは取れんな。
でもそれで、家族3人食うには十分だよ。


17 :山師さん:2014/09/22(月) 12:41:51.34 ID:hO4/tdCl

「巨利を求めるものはすべてを失い、
生活費を求めるものは巨富を築く」

このへんの違いなのかな。

73 :山師さん:2014/09/25(木) 00:25:38.10 ID:leDhm0uB

売りは無しで買いのみで億築いた人いる?


75 :山師さん:2014/09/25(木) 01:01:47.17 ID:QM4RT2jR

そんなの一杯いるよ
ほとんどの人は空売りやらないでしょ

76 :山師さん:2014/09/25(木) 03:08:00.07 ID:6GqbVjmA

空売り派はアベ相場で大分消えただろうな

77 :山師さん:2014/09/25(木) 07:17:47.87 ID:bB/7WPGA
>>73
日本人でショート専門の人はいないだべ

アメリカのヘッジファンドでも空売り専門はジームズ・チェイノス、カイル・バスの二人しかいない
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1411309181/



118. 2014年11月06日 09:28:30 : b5JdkWvGxs

個別株式の News を調べるにはここが一番いいですね:

株のSNSサイト『みんなの株式』(みんかぶ)
http://minkabu.jp/


119. 2014年11月16日 08:41:19 : b5JdkWvGxs

因みに、東京エレクトロン(8035)は日経平均株値を1日だけ先取りして動く事が多いですね。

それは、東京エレクトロンは日経平均株価の価格操作に使われる代表的な値嵩株で、価格操作した筋が株価を吊り上げた後で真っ先に利食いしてくるからなのです。

金曜日に東京エレクトロンは前日の木曜日につけた2007年8月以来の高値から200円下がったので、月曜の日経平均も200円下落の可能性が高いですね。

それから東京エレクトロンの午前中の株価は大体 ADR株価に収斂していきます。

東京エレクトロンは東証では一番儲けやすい銘柄なのですね:


東京エレクトロン (8035) 株価-予想・目標株価 [東エレク] - みんなの株式 (みんかぶ)
http://minkabu.jp/stock/8035

東京エレクトロン ADR株価:MONEY BOX
http://moneybox.jp/investment/adr.php?t=8035

8035 - 東京エレクトロン(株) - Yahoo 株式 textream
http://textream.yahoo.co.jp/message/1008035/el5fea5a8a5la5afa5ha5ma5s


120. 中川隆 2014年11月29日 08:52:35 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

僕が負け組にデイトレを勧める理由2


「つまらない仕事」を一生懸命しても、もう何の意味もない

企業は不況を脱して好景気に入っても、もう正社員を大量に取ることはしない。
多くの企業は、業績が回復しても、年功序列にも終身雇用にも戻らない。

それどころか、業績が回復してから逆にリストラをするようになっている。
日立化成は増収増益の中で社員を1000人をリストラしている。パイオニアも、エーザイも、みんなそうだ。

それは、黒字の最中のリストラは、企業が「選択と集中」を体力のあるうちに成し遂げようと考えるからだ。

社員を早期退職で追い出すためには、退職金を上乗せして出て行ってもらう必要がある。リストラは経費がかかる。

会社の業績が傾いたときにこの早期退職を募ると、弱っているところに金が余計に飛んでいく。だから、体力のあるうちに不振部門を解体し、切り捨て、社員も放逐する。

企業は極限までIT化が推し進められ、事務職も要らなくなり、今や管理職も必要なくなりつつある。現場の仕事はコンピュータに入力されて、それはすぐに経営職に分析される。企業は今や労働者と経営者がいればいいのである。

人件費を削り取るのが、最もコスト削減になる

だから、もう日本人の多くがサラリーマンやOLでいられることができなくなる。いつでもクビを切れる非正規雇用ばかりになっていく。

会社はコストのかかる正社員を必要としていない。

グローバル化が極度に推し進められ、モノ言う株主が増え、企業の経営者は誰もが極限まで利益を絞り出さなければ株主に糾弾されて追い出される時代になっている。

だから、経営者は気が狂ったように利益追求とコスト削減に邁進する。そのコスト削減が、リストラに直結する。人件費を削り取るのが、最もコスト削減になるからだ。

もう終身雇用の時代ではない。それどころか、経営者の仕事は無駄な社員をひとり残らず会社から追い出すものになった。

今、私たちは時代の転換期にいるのに気が付かないと、後で蒼白になる。もう、サラリーマンであることは、安定した生活であるとは言い難い時代なのだ。

いまだにサラリーマンになって「つまらない仕事」でも一生懸命にやれば生きていけると考えている人が多いが、それが一番生きていけない人生になる。

資格を取ろうが、残業に邁進しようが、上司にゴマをすろうが無駄だ。企業が社員を必要としなくなっているのだから、経営者候補のエリート社員でもない限り、その多くは会社にいられなくなってしまう。

サラリーマンは非正規雇用になり、使い捨ての労働者と化していく。もう、そうなっているのである。


なぜ、今はつまらない仕事が報われないのか?

これからは企業に雇われるというのは、「使い捨て」にされるも同然になる。これは、「つまらない仕事」を一生懸命しても、もう何の意味もない時代になったことを意味している。

以前は「つまらない仕事」をすることによって、目をかけられて将来は大きく報われた。

「つまらない仕事」はそれがつまらないものであることを誰もが分かっている。だからこそ、そんな「つまらない仕事」を頑張っていると評価されたら、「いずれ」は引き上げられた。

年功序列の終身雇用だったからこそ、その「いずれ」があった。使い捨てにされるのであれば、その「いずれ」はなくなる。つまらない仕事を延々とやらされた後、報われることもなく使い捨てにされる。

終身雇用も年功序列もなくなった今、「つまらない仕事」をしても報われるどころか、そのつまらない仕事が消えたらすぐにリストラが待っている可能性も高い。

自分を評価してくれるはずの管理職の上司も、一緒にリストラされるかもしれない。そうすると、「つまらない仕事」をやらされていただけ損するということになる。

もう、「つまらない仕事」を延々とやっても割に合わない時代がやって来ているのである。

いずれ報われると勘違いして、そのつまらない仕事を延々と続けていると、本当に報われないと分かったとき、大きな落胆とショックに見舞われる。

日本の鬱病患者は2008年の時点で100万人を超えている。

どこの職場でも心の病で長期休職に追い込まれている人が存在し、メンタルヘルスの重要性が叫ばれている。それは、こうした厳しい社会情勢の反映であるとも言える。

これを逆に言えば、もう「つまらない仕事」はするなということになる。


何を第一優先にしなければならないのか?

ところで、興味深いことがある。人間はひとりひとり性格が違い、適性が違い、関心が違い、好き嫌いが違う。

自分はそれが「つまらない仕事」であると思っても、他の誰かはそれが「面白い仕事」と思うかもしれない。反対に他人が「つまらない」と思っている仕事は、自分がしたい仕事であるかもしれない。

適材適所という言葉があるが、人間は誰でも自分の適性に合った仕事につくのが、一番幸せになれる。その仕事を、自分で探し求めて、そこに自ら動かなければならないのである。

かつては、ひとつの会社の中で、適材適所の仕事に巡り会うまで異動するのがサラリーマンの生き方だった。しかし、これからは自分の適性に合う仕事を、会社を超えて探さなければ生きていけなくなる。

分かりやすく言えば、会社を選ぶのではなく、仕事を選ぶ時代になっている。会社名や規模や収入で選ぶのは間違っていて、やりたいことをさせてくれるかどうかで選ばなければならないのである。

適性に合った仕事をしていない限り、人生をうまく渡っていくことは絶対に不可能だ。この原則から外れると、いずれは精神的に追い込まれていく。

どこかの企業に入っても、雇われている限りどのみち「使い捨て」にされる。使い捨てにされたとき、その後は独立するにしても、違う会社に入るにしても、次も適性に合った仕事を常に選べる人生にしておかなければならない。

適性に合わない仕事は長続きしないし、人生の無駄になる。適性に合う仕事をしていれば、長く続けることができ、専門家になり、やがては「生き残る人」になれる。

「つまらない仕事」を一生懸命しても、生き残れない。それは、昔の生き方だ。


会社を軸にするのではなく、仕事を軸にする生き方が必要な時代に。
「つまらない仕事」を一生懸命しても、生き残れない。
http://www.bllackz.com/2014/11/blog-post_13.html


121. 中川隆 2014年11月29日 09:03:24 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

前向き思考、楽観主義を捨てなければならない時代が来た

「前向きに考えれば成功する」という口当たりの良いセリフに騙されてはいけない。
心からそれが間違いであることを知らなければ、これからは命すら危ない時代になる。

「前向きに考えれば成功する」は一種の底の浅い安物の薄っぺらい宗教もどきだ。お経を唱えれば幸せになれるという効率性の薄い宗教と何ら変わることがない。

前向き思想で皆殺しにされる

日本人が高度成長を迎えて幸せな経済状況になったのは、朝鮮戦争でアメリカが日本を利用することに決めたからである。

日本人の才能云々は後付けの理由だ。また、日本人が前向きだったかどうかも何ら関係がない。

特にこれから世界経済も日本経済も未曾有の激震を迎えようとしているのに、その中であなたひとりだけが「前向き」「ポジティブ」「楽天的」に考えても無駄になる可能性が高い。

15世紀から奴隷として売り飛ばされ続けたアフリカ人は全員前向きではなかったのだろうか。彼らはみんな奴隷にされた。

1945年の広島や長崎の人たちは前向きな人間はひとりもいなかったのか。彼らはみんな焼き殺された。

ナチスが台頭するドイツで、ユダヤ人ひとりが前向きに考えて何かいいことはあっただろうか。彼らは皆殺しにされた。

ポル・ポト時代が来る前からすでにクメール・ルージュは危ないという世論はあった。華僑や都市住民が前向きに考えて何が良いことがあっただろうか。彼らは皆殺しにされた。

平和で友好的な素晴らしいチベット仏教を持つチベット人には前向きな人間はひとりもいなかったのか。彼らはまさに今、虐殺されている最中だ。

福島原発は問題ない、安全だと前向きに考えて何か良いことはあっただろうか。実は地震翌日にメルトダウンしており、広島原発168発分のセシウム137が吹き飛んでいたと私たちはあとで聞かされた。楽観的に考えていたあなたはそれを知らされずに浴びた。

「前向きに考えれば成功する」というのは、時代が激変してうねっているようなときは、とても危険な考え方である。

「前向きに考えれば成功する」と車が高速で走っている道路を横切って無事でいられると思うだろうか。ものすごい奇跡が起きて轢かれないで済むかもしれないが、そんな偶然は長持ちしない。

それは洗脳である。ただの洗脳ではない。口当たりが良い分だけあって、かなり悪質な洗脳だとも言える。


前向き思考に必ず使われるのが「空」の写真だ。
今では日本の空は放射能にまみれて有害だ。


底抜けの楽天主義のラテン系はどうなのか

何度も書いているのだが、前向きで成功するなら、世界中でもっとも成功するのはラテン系だったはずだ。彼らの底抜けの楽天主義は世界に類がない。

ところが、ラテン系の国が大成功して世界のトップに踊り出ているという話は聞いていない。

楽観的だと言えば、最近失笑を浴びているのはギリシャ国民である。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社が実施した「幸福度」に関する欧州の世論調査で、ギリシャ国民は8割が「自分の人生は幸せ」だと答えているのだという。

ギリシャと言えば現在、2年物ギリシャ国債利回りが46%を超えて最高水準に達して国家破綻寸前ではなかったか。いや、もうすでに破綻(デフォルト)している状況だと多くの人々はその金利を見て思っている。

この恐るべき状況で、ギリシャ人はえらく前向きだが、まったく国としては成功していない。国家が破綻すればギリシャ人も未曾有の苦難に突き落とされる。

これからと言えば、ブラジルが発展するのではないかと言われているくらいだが、それは資源と人口を抱えているからであって楽天的だからではない。

あと、アジアでもっともラテン的気質を持っているのはフィリピン人だ。

ではフィリピンはその楽天主義の総体として成功しているのかと言われれば、アジアで下から数えたほうが早いほどの貧困国に落ちぶれてしまっている。

「前向きに考えれば成功する」とは、よくもこんな冗談をぬけぬけと言えたものだ。もうそろそろ詐欺か何かの話で著者を訴えるような話が出てきてもいい頃だと思う。


楽天的気質で国が崩壊寸前にあるギリシャ


今までは何も考えなくてもよかった

ラテン系が軒並み貧困国で、ドイツやイギリスのような陰気で皮肉な考え方や見方をする国は先進国だった。

この事実を考えると、楽天的に、前向きに、あくまでもポジティブに考えることは逆に失敗を招くのではないかだろうか。少なくとも盲信すべきものではなさそうだ。

信じれば報われるだとか、努力すれば達成できるとか、良いことだけを考えれば良い結果が返ってくるとか、そういうのはあまりにも安易すぎる。

完全に安っぽい宗教と堕しているし、もし宗教でないのなら単なる思い違いだろう。

高度成長時代では「前向きに考えなくても」、それこそどこかの会社に潜り込んで適当にやってさえすれば食べて行けた。

何の自己啓発もせず、テレビを見てビールを飲んで日曜日は何もせずに寝ている怠惰な人間でさえいつの間にか課長くらいにはなった。

歳を取ったら年功序列で出世までして、しかも会社を辞めたら退職金さえもらえたし、年金まで出た。

本人に何か思慮があったわけではない。単にそういう時代だったのである。そして、今やこれは「過去の話」である。

今の日本人は適当にやっていればリストラされるし、必死で働いても年功序列もなく、退職金もでるかどうか分からず、年金も出ない可能性が高い。財政が破綻するからだ。

団塊の世代は勝ち組ではない。勝ち逃げするには日本人の平均寿命は長くなり過ぎているわけで、恐らく年金が急減もしくは停止するような目に合ってパニックに陥ることになるだろう。

政治の迷走はこれからも続くし、そうしている間に地方から破綻していく。


あまりにも馬鹿げている

そして、日本人が楽観的に、前向きにと言っている間に、台頭しはじめた中国・韓国が竹島や尖閣諸島を先駆けに徐々に日本の侵略を開始するようになってきた。

彼らには楽観主義などない。あるのは憎しみと恨みと下克上の精神だ。狼の前で羊でいれば、それはただのエサなのである。

そもそも、外交というのは「武器を交えない戦争」だと多くの国が常識を持っている。

そんなところに、ほとんど丸腰・弱腰のまま海外に向きあうのがおかしいのであって、日本の政治は多くの国から奇異に思われている。

丸腰・弱腰というのは、もはや最初から「負けている」という状態なのであって、それが認識できないのであれば政治家は存在価値などまったくない。

すでに中国・韓国に侵略工作を受けているのであれば、そこで楽観的になっていてはいけないのである。そんなことは誰でも分かっている。分かっていないのは政治家だけだ。

そうやって日本は、冷酷な国際社会の中でエサになっていく。

エサになりたくなければ、まずは「楽観思想」も「前向き哲学」も「ありがとう精神」も全部捨てなければならない。

敵がいないエデンの園のような世界になったら、またその哲学を取り戻せばいいのであって、今はそんなことを言っている悠長な時代ではないのである。

老人は成功体験を持っているが、今は利己主義に陥っている。高度成長の記憶が人生と結びついているので、今の体制を変えたいとは思っておらず、だからこそ日本が停滞していても今のままでいいと思っている。

実力をつけていくアジア各国に対して、相対的に実力を落として行く日本の姿がある。

その中で、「前向きに考えよう」「スピリチュアルだ」とは、あまりにも馬鹿げていて苦笑いすら出てこない。

日本は数年前から瀕死の状況であり、累積債務問題も、円高も、高齢化社会も、少子化問題も何ひとつ解決していない。その上に放射能まで降り注いでいる。

生き残れるのはわずかな人たちだけである。そのわずかな人は、恐らく前向きだった人ではなく、悲観が前提にあって、守りを固めている人だろう。


猜疑心と競争心と独占欲の塊で成功

また、「楽天的に考えないと成功しない」というのは嘘だ。

人間的に優れた人が成功するケースもある。しかし逆に、成功した悲観論者も多いし、人格も性格も欠陥のある人間が社会的地位や大金をつかむケースも多い。

本人が何もしていなくても成功した親からそれを地位と名誉を相続するパターンも多い。本人が楽天的だろうが悲観的だろうが、最初から成功しているのである。

あるいは、人を蹴落とし、罵り、暴力をふるい、それでのしあがった人間も多い。拝金主義で、策略や謀略をはりめぐらせて成功する人間もいる。

世界ナンバーワンの金持ちの常連だったビル・ゲイツは聖人君子の経営をしていたのだろうか。いや、ビル・ゲイツは猜疑心と競争心と独占欲の塊で顰蹙を買っていたのではなかったか。

「マイクロソフトはいつでもつぶされる」と彼は口癖のように言っていたのである。まったく楽観的ではなかった。

組織の中で生きている人間はそういう事実をよく知っているはずだ。

ビル・ゲイツのようなタイプは悪人かもしれないが、悪人であることはあまり問題になっている様子はない。前向き志向の善人をたたきつぶして這い上がっている。

あらゆるタイプの成功者がいるのであれば、別に自分が楽天的であろうが悲観的であろうが関係ない。だから、無理して前向きになる必要はない。

むしろ全世界がシステム疲労している現在は、何を考えて考えなくても、前向きであっても楽天的であっても、暴力的な大きな時代の波にすべての人間が飲み込まれると考えたほうが「合理的」であると思う。

あちこちの国がソブリン・リスクを起こしたり、崩壊したり、挫折したり、暴力が拡大していったりする。

そんな時代で無防備なまでに楽天的であったり、前向きでいようとするのは、単なる愚か者でしかない。

むしろ、現実を直視し、決して楽観的にならず、まずはサバイバルするための準備をはじめるくらいでちょうどいい。

そういう意味で、「前向き」「ポジティブ」「楽天的」を説くような本は、有害である可能性すらある。

それは今すぐ捨てなければならないものである。
http://www.bllackz.com/2010/05/blog-post_17.html


122. 2014年11月29日 09:27:03 : b5JdkWvGxs

リストラや人材使い捨ての時代に、唯一生き残る方法とは?

若年層の未来は、どんどん消えている。大学を出たところで仕事は簡単に見つからない時代が当然になる。

これからも長らく不景気が続くが、そのため各企業は自らの規模を縮小させる。世界中で起きているのは、慢性的なリストラと失業だ。そのしわ寄せなっているのが若年層なのである。

世界中で若年層の失業が問題になっているが、この傾向はさらに続く。なぜなのか。

グローバル化の時代になって、企業はもう人を育てられなくなっているからだ。

激甚化する競争に打ち勝つため、企業は即戦力を求める。しかし、若者は即戦力にはならない。

それならば、若者は単純労働に就けばいいということになるが、その単純労働すらも若者に回らない。単純労働は移民がやる。あるいは、企業が国を出て行って賃金の安い途上国の国民にやらせる。

即戦力を要する職には就けず、単純労働の仕事も減少してしまい、その国の若者は大学を出たところで仕事がない。

世界各国で、高学歴の失業者で溢れている

2008年9月15日にリーマン・ショックが起きると、その超巨大な金融ショックで世界経済が危機に瀕した。そして、企業は生き残るために、要らない人材を放り出すようになった。

人を抱えるということは、コストを抱えるということだ。コストを削るというのは、人を削るということだ。だから、世界中でリストラの嵐が吹き荒れて、それは今も継続している。

誰が放り出されたのか。

それが大学卒業者、すなわちホワイトカラーの構成者だったのである。そして今も、企業は採用を絞っているので、世界各国で高学歴の失業者で溢れている。

大学を出たところで仕事が見つからない。

グローバル化して分かったことは、もうホワイトカラーですら企業は要らなくなっているということだった。徐々にそういった企業体質になっている。

必要になって来るのは、企業のマネージングができる本当の優秀なエリートだけで、普通の大学卒業者はもう居場所がない。

これは欧米で顕著に起きている現象だが、日本でも同じことが起きている。

エリートでなければ、普通の教育を受け、大学に入っても、もう何の意味もない。多くの大学の「学歴」は、もうすでに価値を喪失してしまっているのだ。

これは一過性の問題ではなく、恒常的な問題である。

日本は人的コストが今も高い国なので、これからさらに就職関係がきつく絞られることになる。

学歴ではなく、安く雇える人間を重視する時代

「教育」はその人の人生を救う。しかし、「学歴」はもうエリート校以外はすべて十把一絡げになる。

これからの企業システムは人間関係が二極分化して、「経営者」か「労働者」が、より明確に分けられる。経営者になれないのであれば、労働者になるしかない。

すると、企業は労働者のどこに価値を見出すか。

今までは学歴だった。しかし、これからは学歴ではない。雇い入れるコストだ。もっと分かりやすい言い方をすると、安く雇える人間を重視する。

・今までは、学歴を重視していた。
・これからは、コスト(安く雇えること)を重視する。

企業側の都合としては、ある程度きちんと働けるのであれば、賃金が安ければ安いほどいいと考える。

それこそ、外国人労働者でも何でも、コストが安ければ採用される時代になる。学歴が重視されるのではなく、いかに安く雇えるかが重視されるのだ。

今後はあからさまに、大学卒業という学歴はエリート校以外では意味を為さなくなっていく。同じ理由で、文系・理系も関係ない。全部まとめて駄目になる。

それがグローバル化の結末だったのである。ゆっくりと、しかし確実に日本でも「人材の使い捨て時代」になっている。

今でこそ日本の企業はゼネラリスト(総合職)になるように人材を教育しているが、今後はそれがなくなっていく。

即戦力を雇って仕事をさせ、仕事が駄目になれば人材ごと放り出すシステムに変わっていく。

専門家になることによって、生き残ることができる

雇われた企業を頼りにして生きる時代は、もう終わったし、これからもあり得ない。いったい、このような時代では、何を頼りに生きなければならないのだろうか。

それは、自分の持っている「専門性」だ。

企業が必要としているのは「即戦力」だが、その即戦力とは、「ある分野の知識と技術があって、問題を解決できる技能を持っている」という意味だ。

つまり、これから徹底的に重要になっていくのは、スペシャリスト(専門職)としての技能である。あなたがどの分野で生きているにしろ、その分野の「専門家」でないと、これからは生きられない。

昔風に言うと、手に職を持った人間が生き残る。今風に言えばある分野のプロフェッショナルだけが生き残る。専門家に、技術者に、職人に、ならなければならないのだ。

何らかの「専門」を早いうちに身につけないと、まともに生きていけない時代になる。早いうちにそれを決めて、大学を出るまでにそれを会得しておくべきなのだ。

学歴など役に立たない。
専門知識が役に立つ。

社会に出たときには即戦力となり、入った企業がつぶれても技術で生きることができるようになる。それが激動の時代に相応しい生き方であると言える。

もう企業に寄りかかっているだけでは、生きていけない。

企業は、人を捨てる。企業が国境を越えて、どこにでも行ってしまう。また、企業の競争相手が「全世界」になるので、競争過多で倒産しやすくなる。

飛ぶ鳥を落とす勢いだった企業が、あっと言う間に衰退企業になる。ひとつの企業の成功が長続きしない。

成長も早いが、衰退も早い。また、成長段階で買収されることもあるから、そうなると買収先の企業に技術だけを取られて人はリストラされる。

自分の寿命よりも、企業の寿命のほうが短くなる。そんな破滅的な時代になるというのに、専門知識・専門技術を持たないで世の中に出て生きていけると思うほうが間違っている。

何の専門を持たない人間は、単なる機械の部品のような労働をさせられて人生が終わる。

一刻も早く専門技術を持つことだ。今後の動乱の時代に生きていくには、それしかない。
http://www.bllackz.com/2013/10/blog-post_16.html


123. 2014年11月29日 09:33:37 : b5JdkWvGxs

あなたは「競争原理」によってワナを仕掛けられたも同然だ

オリンピックでは、すべての選手が国を背負って大会に臨むので、選手たちは猛烈なプレッシャーを背負うことになる。国民の期待を一身に背負い、まわりから期待され、絶対に勝てとはっぱをかけられる。

自分が負ければ、国が負けたことになる。自分が負ければ、自分を代表する民族が負けたことになる。

だから、選手の多くは、どうしても負けられない、絶対に負けられないという悲壮な決意を背負って、大会に出なければならない。これほど究極的な「競争原理」はあまりない。

そして、どうなったのか。

現在、オリンピックで最大の問題になっているのはドーピングだ。選手は、勝つために「何でも」する。薬物を使って、身体能力を極限まで高めようとする。

たとえ、あとで後遺症が出たとしても、オリンピックの一瞬に賭ける。あらゆる栄養素・興奮剤・ホルモン・ステロイドが極限ギリギリまで注入されていく。

相手がそうするから、勝つためには誰もがそうする。これが、「競争原理」のもたらす未来である。

社会のすべてに「競争原理」が取り入れられた

現在、社会のすべてに「競争原理」が取り入れられている。

教育、文化、経済、金融、政治、軍事……。すべてが、グローバル化によって、オリンピックのように仁義なき競争となっていったのだ。

グローバル経済というのは、国を超えた極度の「競争」を生み出す。世界中が「敵」になるのだ。そのために、多くの弊害が明らかになりつつある。

たとえば、先進国のリストラ・失業問題も、言ってみれば熾烈な「競争原理」が生み出した現象だ。

企業は競合相手に勝つために、商品を安く作りたい。そして、安く作るためにコストを削減したい。コストを削減するために低賃金の人間を雇いたい。

だから、先進国の人間は大部分がリストラされるか、給料の引き下げになる。これは先進国の人間には不幸なことだ。では新興国が幸せなのか。

いや、彼らの給料が上がったらどうなるのか考えればいい。同じく捨てられる。つまり、遅かれ早かれ先進国の人間と同じ目に遭う。

企業は果てしなく低コスト・低賃金の国を探し求めて移動していき、その過程で労働者はいつでも捨てられる。

そうしないと企業は生きていけないので、まるで駆り立てられるように動き回っているのである。

市場経済の競争に打ち勝つために低コスト・低賃金の人間を雇うしかない。これは、言ってみれば、熾烈な「競争原理」のために、人が犠牲になるということでもある。


日本人の賃金はこれからも徹底的に引き下げられる

グローバル経済になるというのは、すなわち競合が世界になる、ということである。自由貿易である限り、安いものが大量に海外から流れ込んでくる。

だから、国内製品といえども、価格の高いものは支持されなくなる。これは日本も例外ではない。

日本企業の生き残りのために必死になって、日本人を捨ててアジアの低賃金国の人を雇った。

企業が自国を捨てて、賃金の安い国を求めて出て行くのだから、国内は空洞化する。グローバル経済は、どこの国でも必ず空洞化を引き起こす。

その結果、先進国の人間の給料は完膚なきまでに引き下げることになる。それがグローバル経済の作用だ。

アジアでもっとも高賃金なのは日本だから、日本人の賃金はこれからも徹底的に引き下げられるのは既定路線になっているのである。

これは、TPP(環太平洋経済連携協定)によって、もっと加速する。TPPは24分野をグローバル経済の「競争原理」にさらす。

この24分野というのは、医療、福祉、教育、法律、金融、通信すべてを含んでいる。

激しい「競争原理」が取り入れられると、24分野すべてで、「高賃金の人間を捨てる」「低賃金の人間に入れ替える」という現象が起きるということだ。

必然的に起きるのは、誰かに雇用されている人間の給料は劇的に暴落していくということだ。

あなたが誰かに雇われているのであれば、激甚化する競争原理の影響から免れることは絶対にできない。


「競争原理」では、勝者だけしか幸せになれない

「競争原理」とは、勝者しか幸せになれないシステムになっている。オリンピックでは、必然的に金メダリストだけしか評価されないのと同様だ。

「1%の金持ちと99%の貧困層」という社会は、まさにそれを表した言葉である。

アメリカは自由競争を徹底的に推し進めたが、これは極限的な「競争原理」に邁進したということだ。

その結果、「勝者総取り」の社会になって、中流階級が崩壊し、2013年10月12日のウォール・ストリート・ジャーナルにもある通り、国民の15%が極貧に堕ちるという悲惨な傾向になってしまった。

それでもまだ、この「競争原理」は非常に強く強調され、推進されているのが現状だ。

エンターテイメントの世界でもそうだ。音楽も、映画も、ありとあらゆるコンテンツは、有意義かどうかではなく、「どれだけ数字が取れたか」によって評価されることになる。

すべて、「激しい競争原理」の中にある。そして、すべてにひずみを生み出してきた。とにかく、勝者しか幸せになることができない社会を私たちは生きているのである。

競争原理が限度を超えて進むと、やがて競争に勝つことだけがすべてになってしまう。そして、勝つためには手段を選ばなくなる。

ドーピングをしても、ずるをしても、相手をワナにかねても、騙しても、とにかく勝つことだけが重要になる。そして、勝てば「勝者総取り」となり、敗者は完全に叩きつぶされる。

このような極端な競争原理の行き着く先は、自壊しかない。

勝者も、この競争原理の中で、無理に無理を重ねて来ている。だから、最後には自壊する。勝者が崩壊するとき、その競争原理を支えてきた分野が一緒に崩壊する。


競争原理で発展した世の中だが、それが暴走した

競争原理を支えてきた考え方はこうだ。

(1)競争によってお互いが切磋琢磨される。
(2)すぐれた物(人)が生き残る。
(3)すぐれた物(人)で社会は発展してゆく。

これは、環境に合わせて生き残ってきたダーウィンの進化論の考え方にも似ていて、非常に心地よい。いわゆる「適者生存」という思想だ。

また、20世紀はまさにこの競争原理によって社会がうまく機能してきた。

工業は、この競争原理によって品質を高め、生産性を高め、競争力を高め、社会を発展させてきた。より優れた技術・より優れた科学が、競争原理によって登場した。

だから、競争原理を受け入れるのは現代人としてはまったく当然のことで、疑う人はどこにもいない。

しかし、これがさらに加速していき、暴走していけばどうなるのか。競争に勝つために、いろいろなものを犠牲にしていくことになるのである。

オリンピックのドーピングと同じだ。企業は勝つために何でもするようになる。

ライバルを敵対買収したり、低コストの人材を求めて正社員を切り捨てたり、低賃金国へ移転したりする。

また、人々を徹底管理して、奴隷的に働かせたり、子供労働を黙認したり、コストがかかるので産業廃棄物を垂れ流したり、公害を放置したりする。勝つために、嘘も言う。相手を騙す。相手を叩きつぶす。

そんな過剰で容赦ない競争で、もはや社会そのものが瓦解しそうなまでになっている。

グローバル経済は、暴力的なまでに競争原理を加速させていったので、ありとあらゆる社会矛盾が吹き出してしまった。

競争原理で動いてきた現在の文明が、いよいよ末期症状を見せ始めたと解釈していい。


必ずしも優れた企業が生き残るとは限らない

もう一度、競争原理を支えてきた考え方を見てほしい。

・競争によってお互いが切磋琢磨される。
・すぐれた物(人)が生き残る。
・すぐれた物(人)で社会は発展してゆく。

人々は、競争原理がこれを繰り返すと思ったのである。今でもそう思っている人たちがいる。しかし、現実はそうではなかった。

・競争によってお互いを潰しあう。
・強い物(人)がすぐれた物(人)を叩きつぶす。
・強い物(人)だけが独占して社会が停滞する。

暴走した競争原理が、策略・ワナ・裁判・特許・中傷・買収によって、互いに相手を叩き、潰し合い、必ずしも優れた企業・技術・人が生き残るとは限らなくなった。

暴力と策略と弱肉強食思想を徹底した「非人道的・非人間的」な存在が、優れたものを破壊して回り、独占し、社会が停滞する元凶になっていった。

競争とは、お互いに相手とフェアプレイで戦って、互いに成長するためのものだった。

今の社会は、もうそうではない。競争によって、相手をつぶすだけに奔走するようになったのだ。

そして、競争原理そのものが、多くの脱落者や経済破綻を生じさせている。

そして、持つ者と持たざる者の差が極端なまでに広がったとき、もはや競争そのものが成り立たなくなっていく。

競争を仕掛けるのは、常に最初から勝てると思っている側であることは覚えておいたほうがいい。

19世紀は産業革命に成功したイギリスが世界に競争原理を仕掛けた。20世紀はオートメーション化に成功したアメリカが世界に競争原理を仕掛けた。

なぜ勝てる相手が競争を仕掛けるのか。さらに収奪できる場を広げるためである。

圧倒的な力を持つ者が競争を仕掛けるというのは、ワナでしかない。

今、あなたが肝に命じなければならないのは、「もう競争社会が社会の発展するためのものでなくなった」ということだ。それなのに、競争は正しいと人々は完膚なきまでに信じ込まされている。

もはや、「競争によってお互いが切磋琢磨」ではなく、「競争によってお互いを潰しあう」という社会に気がついて欲しい。今の社会の競争原理は、あなたからすべてを取り上げるワナになった。
http://www.bllackz.com/2013/10/blog-post_14.html


124. 2014年11月29日 10:42:09 : b5JdkWvGxs

グローバル化が国家と国民の内部分裂を生み出し始めている

2013年11月26日、ローマ法王がカトリック教会の今後の活動において、貧しい人たちを積極支援べきだという要旨を盛り込んだ「ミッション・マニフェスト」を発表したという。

現在、世界中で貧困に苦しむ人々が増えているが、ローマ法王はその原因として、現在の経済システムが不平等で貧困者を量産するものであると指摘した。

そして、この不公正な経済システムは座視することができず、カトリック教会はこういったシステムが生み出した弱者を守るために教会という保護された場所から出て街頭に出なければならないと説いた。

これについて、ウォールストリート・ジャーナル紙は「異例に露骨な言葉」を使いながら「グローバル資本主義への攻撃」を呼びかけていると表現した。

ウォールストリート・ジャーナル紙は経済紙だが、ローマ法王が問題提起している「グローバル資本主義が貧困者を生み出している」「グローバル資本主義は、自らの法と規則を一方的に容赦なく押しつける」という内容が、事実なのかどうかの検証はしていない。

投機屋が大儲け、国民はリストラの嵐

グローバル経済は正しいものなのか。人々がグローバル経済に不満を持つようになったのは、2008年9月15日のリーマン・ショックからだった。

金融市場が吹き飛び、世界中の政府が瓦解していく銀行を「国民の税金」を使って救い出すようになってから、世界中の人々はグローバル経済に疑問を持つようになっていった。

金融関係者は、高額のボーナスや年俸をもらってギャンブルをしていた。そして、成功したら儲けは自分たちの懐にねじ込んで、失敗したら政府に尻ぬぐいさせた。

政府は、その強欲な資本主義のギャンブラーどもを助けて、国民には痛みを強いただけだった。

その後、政府の金融緩和で、金融市場はいち早く復活して、またもや投機屋が大儲けするようになったが、実体経済はまったく回復せず、多くの国民はリストラの嵐に巻き込まれていった。

その結果、ノルウェーで反移民の大虐殺テロが起きたり、イギリスで貧困層の暴動が起きたり、アメリカで反格差デモが起きるような事態になっていった。

韓国ではFTA反対デモ、日本でもTPP反対デモが起きている。フランスでは反移民を標榜する政党である国民戦線が支持を伸ばしている。

2014年4月6日に行われたハンガリーの選挙でも、極右政党である「ヨッビク」が支持基盤を増やしている。

そのひとつひとつを見ていれば、それぞれの国のばらばらに起きた事象のように見える。しかし、この事件は実はすべてひとつのキーワードで結びついている。

それが、「グローバル経済への疑問」だ。グローバル化は、本当に正しいのかと、人々は自問自答しているのである。


TPPはグローバル経済を日本国内で加速する

今、世界で起きていること、そしてこれから起きることは、ただひとつの言葉で集約できる。それは「内部分裂」である。

政府は常にグローバル化を推進する。国民は常に痛みを強いられるので反発する。だから、今後の世界では「内部分裂」が深刻化する。

日本で起きていたTPP反対運動は、何に反対していたのか。それは、グローバル経済の推進の反対だった。TPPはグローバル経済を日本国内で加速する。

そのことによって、日本が日本でなくなってしまうことを、人々は懸念しているのである。

そして、アメリカだ。グローバル経済が推し進められた結果、アメリカでは貧富の差が非常に激しいものになっていった。

2013年9月11日、AP通信は、「上位1%の最富裕層の収入が2012年、国民全体の19%を超した」と報じている。極端な格差がじわじわと進んでいるのである。

アメリカ人たちは統計など出されなくても、リーマン・ショック以降、何が起きているのか知っていた。格差が広がっていたのだ。だから、グローバル経済を推し進める政府に対して、アメリカの国民は反対している。

世界各国で次々と起きている事件は、バラバラな事象ではなかい。グローバル経済への抵抗に集約されているのである。

グローバル経済は、明確につまずいている。

だから、この問題はこれからも数々の「重大事件」を引き起こしていく。分かりやすく言えば、反グローバリズムの勢いが加速していく。


イギリスで起きた2011年の貧困者による略奪、暴動、放火。
グローバル化のひずみは、今後はもっと激しいものになっていく。

国の内部は「分裂」していくことになる

ヨーロッパは多文化主義を目指して移民を莫大に受け入れてきたが、それに対する巻き返しが目立つようになってきている。

移民排斥、移民差別、移民憎悪、移民対立。そういったものが激しく、しかし確実に広がって行く。

もちろん、これは移民をどんどん入れて自国を多民族化し、自国経済を完全にグローバル化させるという国家や企業の動きと対立するものだ。

つまり、国の内部は「分裂」していくことになる。国家と国民が分離し、内部で対立する。

現在、台湾で中国とのサービス貿易協定に反対する国民の一部が国会占拠を行っており、政府と明確に対立しているが、世界中でこのような動きが先鋭化していく。

グローバル化によって利益を得る既得権益者と、そこから漏れた膨大な数の人たちとの骨肉の争いが、国家内の内部分裂を生み出すのである。

グローバル化によって利益を得る既得権益者とは、経営者であり、株主であり、経団連のメンバーだ。そして、一部の政治家、マスコミがそれに続く。

彼らはグローバル化を推進し、それによって利益を得る立場にある。逆に国民はグローバル化によって職を失い、収入が減り、虐げられる側に追い立てられる。

グローバル化が加速すると、コスト削減のために仕事はどんどん途上国に移っていく。そうすると先進国ではリストラが増えて、小さくなったパイに群がって人々が争う。

仕事も、食糧も、地位も、チャンスも、あらゆるものが足りなくなっていく。場合によっては、他人と生存権を賭けて争うことになる。移民と先住民との争いも激化する。

最後には暴力の矛先がグローバル化で利益を得ている既得権益者に向かうのは、当然のことだ。既得権益者と国民が割れて、互いに相手を叩き落すために激しい活動を行うようになる。

何かしらの暴力が起きるのは時間の問題だ。いったん暴力が巻き起こったら、いずれ既得権益者の誰かが血を流すことになるだろう。


台湾で国会を占拠する人々。このような事件はこれからも起きる。
http://www.bllackz.com/2014/04/blog-post_351.html


125. 中川隆 2014年11月29日 12:06:41 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

204倍もの格差の中で自由競争しても、一生勝てないのが現実


絶対に競争に勝つ方法がある。絶対に負けない方法がある。常に、自分よりも弱い者と競争すればいいだけだ。

圧倒的に相手が弱い場合のみ、わざと勝負を持ちかける。そして、相手をその気にさせたり、競争に追い詰めたりして競争する。そうすると、絶対に勝てる。

自分が絶対に勝てる弱い相手を捜し出して、そこで「自由競争しなければならない」と競争原理を持ち込み、そして競争して勝つ。勝ったら、相手から奪う。

大資本と小資本が戦ったら、大抵は大資本が小資本に勝つ。たまにそうではないケースもあるが、それはかなり例外的なものだ。大資本は、常に小資本を叩き潰してきたのである。

ひとことで大資本、小資本と言うが、その差は大人と子供以上の体力差がある。たとえば、売り上げ100億円の企業と売り上げ1000万円の企業では、1000倍も規模が違う。

この1000倍のハンディを持ってまともに戦って勝つというのは、基本的に不可能である。しかし、資本主義では1000倍どころか1万倍、10万倍の規模の違う企業が競争することになっている。

勝っている人間が、世の中のカネを総取りする社会

制限のない「自由競争」が社会に持ち込まれると、最終的には強者がすべてを総取りする異様な社会になる。

アメリカは資本主義の自由競争を徹底的に推し進めたが、その結果「勝者総取り」の社会になって中流階級が崩壊した。

この「自由競争」はグローバル化という流れに乗って、全世界に広がった。世界規模で自由競争が始まり、あらゆる国で格差が深刻化している。

学者の世界でも、スポーツの世界でも、エンターテイメントの世界でもそうだ。すべて、「激しい自由競争」の中にある。そして、すべてに圧倒的強者と膨大な敗者のある世界を生み出してきた。

その自由競争が限度を超えて進むと、どうなるのか。

やがて勝者がすべてに勝ってますます強くなり、弱者はすべての競争に負けてどんどん追い詰められていく。

絶対に敗者が浮かび上がることが不可能な、完全に二極分化する社会となる。

ところで、現在は「資本主義」であるので、人はカネを持っているか持っていないかで、否が応でも「区分け」される社会になっている。

カネがすべての世の中ではないのだが、カネで人間性が判断され、勝ち組なのか負け組なのかが決まっていく。

だから、資本主義の中で「勝者総取りの社会になる」というのは、すなわち勝っている人間が世の中のカネを総取りし、敗者はどんどん貧困化するという意味になる。

今、まさに私たちの目の前で起きているのが、自由競争による格差の二極分化なのである。


資本主義での競争とは、勝っている人間がカネを総取りするということ。

いよいよ資本主義も、末期に近づいて来ている

私たちはグローバル化した資本主義の中で、カネをめぐって必死で毎日を生きている。このカネを巡る自由競争で負けると、もう這い上がれない。それほどの格差が開くからだ。

競争が成り立つのはそれぞれの個体の力が拮抗しているときだけである。誰かが一方的に勝ち始めると、競争は成り立たなくなっていく。勝者がすべての競争に勝つからだ。

競争が成り立たなくなるときが来るのである。それでも競争主義を推し進めると、たったひとりの勝者が社会の上部に君臨して、あとは奴隷になる。

20世紀はこの自由競争によって社会がうまく機能してきた。工業は、この競争によって品質を高め、生産性を高め、競争力を高め、社会を発展させてきた。

より優れた技術・より優れた科学が、自由競争によって登場してきた歴史がある。

だから、自由競争を受け入れるのは現代人としてはまったく当然のことで、疑う人はどこにもいない。それによって豊かになる人が出てきても当然だと受け入れる。

しかし、これがさらに加速していき、暴走していけばどうなるのか。競争に勝つため、より豊かになるため、何でもする人や企業が現れる。

そういった人や企業が、ありとあらゆる手段で圧倒的な強者としてのし上がり、やがてはすべてを手に入れる。

すでに様々な分野で勝ち上がった者だけがすべてを手に入れる社会が到来している。これがグローバル化して世界的な潮流となり、世界全体が格差化する。

格差が凄絶なまでに開き、全世界の人間がまとめて貧困化してしまうまでそれは続いて行くはずだ。


もうこの格差社会は、勝負がついている

2013年5月、ブルームバーグは最高経営責任者と一般労働者の賃金格差は204倍になったと報道している。これは、フォーチュン500に選出されている大企業の平均から割り出したものだ。

204倍とは、どれくらいの差になるのだろうか。

たとえば、年収500万円の賃金をもらっている労働者の204倍と言えば、10億2000万円である。

年収500万円の人がもらった500万円をすべて貯めて10億2000万円にしようと思ったら、204年かかる。つまり、最初の1年で204年分の格差がそこにある。

2年目になると、2年で1000万円になった一般労働者を尻目に、最高経営責任者の方は20億4000万円で、その差は20億3000万円になる。

1年ごとに10億円分の格差が広がっていく。いくら一般労働者が真面目に働いても、この差を埋めることは絶対に不可能だ。

204倍の格差の中で自由競争は、一生勝てない競争である。

競争とは、お互いに相手とフェアプレイで戦って、互いに成長するためのものだった。今の社会は、そうではない。強い者だけがすべてを独占する。

もちろん、事業が成功したり何らかの才覚があって成り上がる人間もいる。しかし、それはほんのわずかだ。ほとんどの人間は奪われる立場にあるのだ。

まさに、末端のアメリカ人が言う通り「1%の金持ちと、99%の貧困層」の世界になる。

そして、持つ者と持たざる者の差が極端なまでに広がったとき、もはや競争そのものが成り立たなくなっていく。

今、私たちが知らなければならないのは、もうこの格差社会は勝負がついているということだ。今、金持ちではないのなら、この先は永遠に金持ちではない確率が高いということである。

普通にやっていると、どんなに埋めようといても埋めがたい格差が信じがたいまでに開いていって、それがさらに突き進んで行く。

それが、今の社会の姿である。
http://www.bllackz.com/2013/09/204.html


126. 中川隆 2014年11月29日 12:42:24 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs
イラク戦争の背景 2006年1月14日
東北学院大学講師・世界キリスト協議会前中央委員 川端 純四郎

 ご紹介いたします。

 先生は1934年のお生まれです。東北大学文学部に学ばれ、博士課程を終えられてから、ドイツのマールブルグ大学に入学されました。帰国後、東北学院大学教員として35年間お勤めになりました。その後ひきつづき講師として、現在も勤務されています。一貫して平和、人権、政治改革の活動に積極的に関わっておいでになりました。

 「9条の会」の講師団メンバーとしても、全国を股にかけて講演なさっており、昨年は1年間で80回以上の講演会を開いておられます。

 先生は今朝8時前に仙台を発ち、はるばる鋸南町においで下さいました。今日の講師としてほんとうにふさわしく、よいお話をうかがえると思います。早速、先生からお話をうかがいたいと思います。 先生、どうぞよろしくお願いいいたします。
                                        安藤

 みなさん、こんにちは。 安房郡の水清き鋸南町に伺って、こうしてお話できることをありがたいと思っています。初めておうかがいしました。木更津まで来たことはあるのですが、今日、電車で君津を過ぎたらとたんに山が美しくなり、あそこまでは東京郊外のなんとまあみっともない風景でしたけれど、あそこから南に来ると一気にほんとうに昔のよき日本の風景がよみがえってくるようでした。ほんとうに嬉しく思いました。

 いま、「さとうきび畑」の朗読と、合唱団のコーラスをお聞きしたのですが、どちらも聞いていて涙が出ました。

 私は、戦争に負けた時小学校6年生でした。仙台で敗戦を迎えましたが、仙台も空襲で全滅いたしました。街の真ん中にいましたから、もちろんわが家も丸焼けでした。忘れられない思い出があります。街の真ん中の小学校でしたから、同級生が一晩で8人焼け死にました。隣の家の、6年間毎日いっしょに学校へ適っていた一番仲の良かった友達も、直撃弾で死にました。今でも時々思い出します。

 今このような歌を聞くと、どうしてもその人のことを思い出します。思い出す私の方はもう70になりますが、記憶に出てくるその三浦君という友達は、小学校6年生のまま出てきます。どうして小学校6年で人生を終わらなければいけなかったのか、生きていてくれたらいろんな事があったのに、と思います。戦争なんて二度としてはいけない、というのが一貫した私の願いです。

 私は牧師の家に生まれました。父はキリスト教の牧師で、教会で生まれ教会で育って、讃美歌が子守歌でした。牧師の中には戦争に反対した立派な牧師さんもおられたのですが、私の父のような多くの普通の牧師は、政治や社会に無関心で魂の救いということしか考えていませんでした。で、私もその親父に育てられましたから、大学を出、大学院に入って博士課程までいって、ずっとキルケゴールや実存哲学という、魂だけ見つめているような学問をやっていて、政治とか経済、社会とかは25歳までいっさい関心がありませんでした。

 25歳の時チャンスがあって、ドイツ政府の招待留学生となってドイツヘ勉強に行くことになりました。1960年のことでした。1960年にドイツへ行ったというだけで、どんなにノンポリだったか分かります。安保改訂問題で日本中が大騒ぎの時、それを尻目に悠々とドイツ留学に行ったのです。幸か不幸かまだ世界は貧しくて、飛行機などというものは贅沢な乗り物で、まだジェット旅客機機はありませんでした。プロペラ機でヨーロッパヘ行くには途中で何遍も何遍も着地し、給油して、今のようにノンストップでシベリヤを越えて、などというのは夢のような話でした。しかもベラ棒に高いのです。船の方があの頃はずっと安かったのです。特に貨物船に乗せてもらうと飛行機よりずっと安いのです。そこで一番安いのを探して、5人だけ客を乗せるという貨物船をみつけました。

 その船で神戸を出航し、インド洋からスエズ運河をぬけ、地中海を渡ってイタリアのジェノバに上陸。そこから煙を吐く蒸気機関車でアルプスを越えて、ドイツのマールブルクという町に着きました。

 実は、飛行機をやめて船で行ったということが、私の人生を大きく変えることになりました。あの時もし飛行機で行ったなら、私は一生、世間知らずの大学に閉じこもって勉強だけしている人間で終わった、と思います。

 ところが船で行ったおかげで、しかも貨物船に乗ったおかげで、私は途中のアジア・インド・アラブの国々をくわしく見ることができました。まっすぐ行けば船でも二週間で行くそうですが、何しろ貨物船ですから、途中港、港に寄って荷物を下ろし、また積んで、一つの港に4日から5日泊まっているのです。おかげでその間、昼間は上陸してそのあたりを見て歩き、夜は船に帰って寝ればいいのですから、東南アジアからアラブ諸国をくまなく見て歩きました。

 1ヵ月かかりました。神戸からジェノバまでのこの船旅。その時見たものが、私の人生を変えたのです。何を見たかはお解りですね。アジアの飢えと貧困という厳しい現実にぶつかったのです。

 降りる港、港で、ほんとうに骨と皮とに痩せせこけた、裸足でボロボロの服を着た子供達が、行く港も行く港、集まって来るのです。船の事務長さんに、「可哀想だが、何もやっては駄目だよ。1人にやると収拾がつかなくなるよ」と言われていました。だから心を鬼にして払いのけて通り過ぎるのですが、その払いのけて通り抜ける時に触った子供の肩、肉などなんにもない、ただ骨と皮だけのあの肩、あの感触が、今でも時々蘇ってきます。

 船に帰って、眠れないのです。明日も、あの子供たちに会う。どうするか。私が考えたことは、「神様を信じなさい。そうすれば救われます」と言えるか、ということでした。

どんなに考えたって、言えるわけがありません。飢えて捨てられた孤児たちに、こちらは着るものを看て、食うものを食っておいて、「神様を信じなさい、そうすれば救われます」などとは、口が裂けても言えないと思いました。牧師館で生まれて、キリスト教しか知らずに育って、キリスト教の学問をして来て、それではお前キリスト教って何なのか、25年お前が信じてきたキリスト教とは、飢えた子供たちに言えないようなキリスト教なのか。とれが私の考えたことでした。

 もし言えるとしたら、ただ一つしかない。そこで船を降りて、服を脱いで、子供たちに分けてやって、食っているものを分けてやって、そこで一緒に暮らす、それなら言える。言えるとしたら、それしかありません。言えるじゃないか、と自分に言い聞かせました。

 それなら、船を降りるか──。くやしいけど、降りる勇気がありませんでした。折角これからドイツヘ勉強に行くという時、ここで降りて、一生インドで暮らすのか、一生アジアで暮らすのか、どうしてもその気にならないのです。

 ですから理屈をこねました。

 「降りたって無駄だ。お前が降りて背広一着脱いだって、何百人人もいる乞食の子に、ほんの布切れ一切れしかゆきわたらないではないか。自分の食うものを分けてやったって、何百人もの子供が1秒だって、ひもじさを満たされる訳がないじゃないか。お前が降りたって無駄だ。それは降りたという自己満足だけで、客観的にはあの子らはなんにも救われない。」

 「だから降りない、勇気がないのではなく、無駄だから降りない。」と自分に言い聞かせるのです。でも、降りなければ「神様を信じなさい」とは言えません。言えるためには降りなければならない、しかし降りても無駄なのだ。

 堂々巡りです。寄る港、寄る港でこの間題に直面しました。毎晩毎晩同じ問題を考え続けて、結局、答えが見つからないまま、閑々として港を後にしました。、出港の時、あの子たちを見捨て自分だけドイツへ行くことに、強い痛みを感じました。これは永く私の心の傷になって残りました。

 このようにして初めて、世の中には飢えた仲間がいるという、当然分かっていなくてはいけない事実に、何ということでしょう、25にもなってやっと気づいたのです。飢えた子供たちがいる、それを知らんぷりしてドイツに行くのか、お前が降りてあの子たちと一緒に暮らすことはあまり意味ないかも知れない、しかしやっぱり船を降りないのだとしたら、せめて世の中に飢えた子供なんか生まれないような社会を作るために、自分で何かしなければいけないのではないか。ただ魂の中だけに閉じこもっていていいのか。

 これが、私がヨーロッパヘ行く1ヵ月の旅で考えたことでした。

 ドイツヘ行って、宗教の勉強をしました。ブルトマンというドイツの大変偉い先生の所に1年いて、いろいろ教わりましたが、結局、私の結論としては、実存哲学だけではだめだということでした。自分が自分に誠実に生きる──これが実存的、ということですが、それだけでは駄目だ。自分が生きるだけでなく、みんなが人間らしく生ることができるような世の中になるために、自分にできる何か小さなことでもしなければいけない。

 こう思うようになって、日本に帰ってきたのです。

 それじゃあ、世の中で、そのように飢えて死ぬような子がいなくなるような社会とは、どうすれば出来るのか。これはやっぱり、飢え、貧困、戦争、差別、そういうものが生まれる原因が分からなければ、除きようがありません。原因を勉強しなければいけない。そのためには社会科学を勉強しなければいけない。特に経済学を勉強しなければいけない──。

 ドイツヘの留学は、大学院の途中で行きましたので、帰国して大学院に復学しました。幸い東北大学は総合大学ですから、中庭をへだてて向こう側が経済学部でした。帰ってきた次の日から、私は、経済学部の講義を経済原論から、授業料を払わずにもぐりで、後ろの方にそっと隠れてずっと聞きました。

 それからもう45年になりますが、ずっと宗教哲学と経済学と2股かけて勉強してきています。今日も、多少経済の話を申し上げるわけですが、やっぱり自分がクリスチャンとして、今もクリスチャンであり続けていますが、同時に、自分の救いということだけ考えていたのでは申し訳ないと思うのです。現実に飢えて死ぬ子がいるのです。ユネスコの統計によると、毎日2万人の子が栄養不足で死んでいるそういう世の中、このままにしておくわけにはいかない、自分でできることは本当に小さいけど、その小さなことをやらなかったら、生きていることにならない──。そう思って45年過ごしてきたわけです。

 キリスト教の中でずっと生きていますので、一般の日本の人よりは外国に出る機会が多いと思います。特に世界キリスト教協議会という全世界のキリスト教の集まりがあります。その中央委員をしていましたので、毎年1回中央委員会に出かけて、1週間か2週間会議に参加しました。世界中のキリスト教の代表者と一つのホテルに缶詰になり、朝から晩までいろいろと情報交換したり論議したりします。そのようなことを7年間やりましたので、世界のことを知るチャンスが多かったと思います。それを辞めてからも、自分の仕事や勉強の都合で、今でも毎年二週間ぐらいはドイツで暮らしています。そうしていると、日本ってほんとうに不思議な国だということが分かってきました。

 日本にいるとなかなか分からないのです。島国ですし、おまけに日本語という特別な言葉を使っています。他の国との共通性がない言葉です。ヨーロッパの言葉はみんな親戚のようなものですから、ちょっと勉強するとすぐ分かります。一つの言葉の、ドイツ弁とフランス弁、ベルギー弁、オランダ弁というようなものです。日本で言えば津軽弁と薩摩弁の違い程度のものです。津軽と薩摩では、お互いに全然通じないとは思いますが、それでも同じ日本語なのです。ヨーロッパの言葉とはそういうものです。ですからお互いに何と無く外国語が理解できるというのは、別に不思議なことではないのですね。ですから、自分の国のことしか知らないという人は、非常に少ないのです。

 新聞も、駅に行けばどんな町でも、ヨーロッパ中の新聞が置いてあります。ドイツのどんな田舎町へ行っても、駅にいけばフランスの新聞もイタリアの新聞も売っていますし、それを読める人がたくさんいるのです。そういう社会ですから、日本人とはずいぶん違います。自分の国を客観的に見られる。他の国と比べて見ることができるのです。

 日本にいると比べられません。そのうえ、日本はマスコミが異常です。ワンパターンのニュースしか流しません。ヨーロッパではいろんなテレビがあって、テレビごとに自由な報道をやっています。バラエティー番組のようなものがなくて、ニューハ番組が充実しています。きちんとした議論をテレビでやっています。ですから日本にいるよりは、比較的自分の国の様子を客観的に見られることになります。ドイツに行く度に、日本とは不思議な国だなあと思うのです。

 例えば、もうだいぶ前、バブルの頃です。日本のある有名なモード会社がミラノに支店を出しました。そしてマーケティング調査をしました。どんな柄が流行っているか、アンケートを集めそれを整理するために、イタリア人女性3人雇ったそうです。アンケートの整理をしていたら5時になりました。あと少ししか残っていなかったので、日本ならの常識ですから、

「あと少しだからやってしまおう」

と日本人支店長は声をかけました。ところがイタリア人女性3人は、すっと立って

「5時ですから帰ります」

と言って出て行こうとしました。思わず日本人支店長は怒鳴ったのだそうです。「たったこれだけだからやってしまえ」と。途端にこの日本人支店長は訴えられました。そして

「労働者の意志に反する労働を強制した」

ということで、即決裁判で数万円の罰金をとられました。


 これがヨーロッパの常識です。つまり9時から5時までしか契約していないからです。5時以後は命令する権利はないのです。9時から5時までの時間を労働者は売ったんであって、5時以降は売っていないのですから、自分のものなんです。会社が使う権利はありません。当たり前の話です。

 その当たり前の話が日本では当たり前ではないのです。残業、課長に言われたので黙ってやる。しかもこの頃は「タダ残業」ですからネ。本当にひどい話です。常識がまるで違うのです。あるいは有給休暇。ドイツのサラリーマンは年間3週間とらねば「ならない」のです。3週間休まなければ罰せられます。日本は有給休暇など殆どとれません。ドイツでは取らないと罰せられます。ですからどんな労働者でも3週間、夏はちゃんと休んで、家族ぐるみイタリアへ行ってゆっくり過ごしてきます。有給になっているからです。

或いは日本では1週間40時間労働です。ドイツはもう随分前から36時間です。土日出勤などありえない話で、日本のように表向き40時間労働でも、毎日毎日残業で、その上休日出勤、日曜日には接待ゴルフなど馬鹿なことをやっています。接待ゴルフなど、ドイツには絶対ありません。日曜日は各自が自由に使う時間で、会社が使う権利はないのです。

 そういうところもまるで常識が違います。或いは、50人以上だったと思うのですが、50人以上従業員がいる会社、工場は必ず、労働組合代表が経営会議に参加しなければいけないことになっています。そんなことも、日本では考えられないことです。ですから配置転換とかもとても難しいし、労働者の代表が入っているから、簡単に首は切れません。

 そういういろんな面で、日本の外に出てみるとびっくりするようなことが山ほどあります。日本という国は、高度に発達した資本主義国の中で例外的な国なのです。資本主義が発達した点では、アメリカにもフランスにもドイツにも負けないのですが、資本主義が発達したにしては、労働者が守られていない。或いは市民の権利が守られていない。会社の権利ばかりドンドンドンドン大きくなっているのです。それが日本にいると当たり前のように思われています。外国で暮らしていると、日本は不思議な国だと分かります。特にこの数年それがひどくなってきているのではないでしょうか。

 私たちの暮らしは、戦後50何年かけて、少しずつよくなってきました。例えば年金なんかも少しずつ整備されてきた。健康保険制度も整備されてきた。介護保険も生まれてきた。或いは、労働者も土曜日チャンと休めるようになってきた。ところがこの数年、それが逆に悪くなつてきています。年金は削られる一方、介護保険料は値上がりする、労働者は首切り自由でいくらでも解雇できる。労働者を減らすと政府から奨励金が出る。タダ残業はもう当たり前・・・。

 特にこの数年、構造改革という名前で、日本の仕組みが変わってきています。いま申し上げたように、戦後50年かけてみんなで、少しずつ少しずつ作ってきた、いわば生活の安心と安全を守る仕組み、そういうものが今はっきり壊されかかっているのではないでしょうか。

 小泉首相という人は「自民党をぶっ壊す」といって当選したのですが、この4年間を見ていると、あの人は自民党を壊したのではなく「日本を壊した」のではないかと思われます。これまで日本が戦後50年かけて作ってきた社会の仕組みが、バラバラにされているのです。フリーターとかニートがもう30%でしょう。そうなると当然、この人たちは生きる希望がありません。お先真っ暗。いまさえよければ、ということになる。ですから若者が当然刹那的になる。人生の計画なんて立たない。今さえよければということになっていきます。

 昔なら10年に1回あるかないかのような犯罪が、いま毎日のように起きています。私は仙台にいますが、この正月には赤ん坊の誘拐事件で一躍有名になってしまいました。あんなことが日常茶飯事として起こっています。栃木県で女の子が山の中で殺された事件は、まだ解決されていませんが、こんな事件が今は「当たり前」なのです。世の中がすさんできて、何が善で何が悪なのか、みんなに共通な物差しというものがなくなったというふうに思われます。

 そのような世の中の変化、私は多分、「構造改革」というものがその犯人なのだ、と思っています。


《逆戻りの原因はアメリカの変化》

 その構造改革というのは、どこから来たのか。もちろんアメリカから来たのです。アメリカが変化した、日本はそのアメリカに右ならえをした、それが構造改革です。

 それでは何が変わったのか、これが一番の問題です。この変化の行き着くところが、憲法改悪です。

 社会の仕組み全体がいま変わろうとしているのです。憲法も含めて。いったい何がどう変わるのか。いったいどういう構造をどういう構造に変えるということが構造改革なのか。そこのところがアメリカを見ればよく分かってきます。アメリカがお手本なのですから。

 アメリカはソ連崩壊後変わりました。ソ連とか東ドイツは自由のないいやな国でした。昔1960年に西ドイツヘ留学した折、東ドイツへ何回か行く機会がありました。ふつうはなかなか行けないのですが、幸いキリスト教国なので、ドイツのキリスト教はしっかりしていまして、東ドイツと西ドイツに分裂しても、教会は分裂しなかったのです。東西教会一つのまんまです。ですから、教会の年1回の大会には、西で開く時は東の代表がちゃんと来たし、東で開く時は西の代表が行けたのです。ですから一般の人の東西の往来が難しかった時でも、キリスト教の人だけはかなり自由に行き来ができました。

 私も連れていってもらって、何回か東ドイツへ行って見ました。ご存じのように自由のないいやな国でした。ですからソ連や東ドイツが崩壊したのは当然だし、いいことだと思います。しかしソ連や東ドイツが100%悪かったかというとそんなことはありません。良い部分もありました。何から何まで全部ひっくるめて悪だったというのも間違いです。基本的に自由がない。ですから、ああいう国は長くは続かない。これは当然そうだと思います。滅びたのは当然だと私は思います。

 しかし同時に、良い面はなくしては困るのです。良い面は受け継がなければいけません。最も目につくのは女性の地位でした。これは立派なものでした。いまの日本なんかより遥かに進んでいました。男女の平等が徹底的に保障されていました。

専業主婦などほとんど見たことがありません。だれでも自由に外に出て、能力に応じて働いていました。それができるような保障が社会にあるのです。文字通りポストの数ほど保育所があって、子供を預け安心して働きに出られるようになっていました。同一労働同一貸金の原則はきちんと守られていて、女性だから賃金が低い、女性だからお茶汲みだけなどというようなことは一切ありませんでした。これは凄いなと思いました。あれは、日本はまだまだ見習わなければいけないことです。

 もう一つ私がびっくりしたのは、社会保障です。私が初めて東の世界を見たのは、何しろ1960年の頃のことです。日本はまだ社会保障がない時代でした。いま若い方は、社会保障はあるのが当たり前と思っておられる方も多いと思いますが、そんなことはないのです。日本は1972年が「福祉元年」といわれた年です。それまでは、福祉はなかったのです。大企業とか公務員だけは恩給がありましたが、商店の経営者とか家庭の主婦なんか何もありませんでした。健康保険も年金も何もありませんでした。72年からようやく国民皆年金、国民皆保険という仕組みが育ってきたのです。

 もともと資本主義という仕組みには、社会保障という考えは無いのです。自由競争が原則ですから、自己責任が原則です。老後が心配なら、自分で貯めておきなさい。能力がなくて貯められなかったら自業自得でしょうがない。こういうのが資本主義の考え方です。労働者が、そんなことはない、我々だって人間だ、人間らしく生きていく権利がある。だから我々の老後をちゃんと保障しろと闘って、社会保障というものが生まれてくるのです。自然に生まれたのではありません。

 労働者が団結して闘って、止むを得ず譲歩して社会保障が生まれてくるのです。資本主義の世界で最初の社会保障を行ったのはビスマルクという人です。ドイツの傑物の大首相といわれた人です。ドイツの土台を作った人ですが、この首相の頃、何しろマルクス、エンゲルスの生まれた故郷ですから、強大な共産党があり、国会で100議席くらいもっていました。そこで、ビスマルクが大弾圧をやるのです。社会主義取り締まり法という法律を作って共産党の大弾圧をし、片方では飴として労働者保険法という法律で、労働者に年金を作ります。世界で初めてです。辞めた後年金がもらえる仕組み、病気になったら安く治してもらえる仕組みを作った。こうやって鞭と飴で労働運動を抑えこんでいったのです。

 社会保障というのは、そうやって労働者の力に押されてやむを得ず、譲歩として生まれてくるのです。放っておいて自然に生まれてくるものではありません。
 そこへ拍車をかけたのが、ソ連や東ドイツです。ソ連や東ドイツヘいってみて、1960年の時点なのですから、日本にまだ社会保障などなかった時、そう豊かではなかったのですけれども、老後みながきちんと年金をだれでも貰える、そして、病気になればだれでも、医者に行って診察を受けて治療を受けられる。これにはほんとうに驚きました。これが社会主義というものかと、その時は思いました。

ただ自由がないのです。例えば、牧師さんの家に泊めてもらうと、こちらがキリスト教徒ということが分かっていますから、牧師さんも信用して内緒話をしてくれるわけです。外国から来る手紙はみな開封されていると言っていました。政府が検閲して開封されてくる。だから、

「日本へ帰って手紙をくれる時は、気をつけて書いてください。政府の悪口など書かれると私の立場が悪くなるから。手紙書くときは開封されることを頭に入れて書いてくれ。」

というふうに言われました。こんな国には住みたくないなと思いましたけれど、同時に社会保障という点では驚きました。こういうことが可能な社会の仕組みというのがあるんだなあ、とこう思ったのです。

 その後、スターリン主義というものによって目茶苦茶にされていくのですが、私の行った頃はまだ、東側の社会保障がある程度きちっと生きていた時代です。こうして、ソ連や東ドイツが社会保障というものを始めると、資本主義の国もやらざるをえなくなってきます。そうでないと労働者が、あっちの方がいいと逃げ出してしまいます。ですから西ドイツが一番困りました。地続きですから、何しろ。

ですから、東に負けないだけの社会保障をしなければならなかったのです。そうすると、自由があって社会保障があるのですから、こっちの方がいいということになります。いくら向こうは社会保障があっても自由がないのです。こうして西ドイツは大変な犠牲を払って、社会保障先進国になってきました。そのことによって、東ドイツに勝ったのです。

 実際西ドイツの労働者は、別に強制されたわけではありません。自主的に西ドイツを選んだのです。ですからあのような東西ドイツの統一も生まれてきたのです。

 つまり資本主義の国は、ひとつは自分の国の労働者の闘いに押されて。そこへもってきて、ソ連、東ドイツの社会保障という仕組みの外圧で、それに負けるわけにいかないものですから、そういう力があって、社会保障というものを造り出していくのです。しかし社会保障というものは莫大な財源がかかります。


《社会保障をやめて小さな政府へ──構造改革の中身(1)》

 いま日本政府は社会保障をどんどん削っていますけど、それでも国家予算の中で一番多い費目は社会保障です。大変な財源が必要なのです。そこで資本主義の国は、新しい財源を見つける必要ができてきます。

 そこで見つけたのが2つ。1つは累進課税です。それまでの資本主義にはなかった、累進課税という新しい仕組みです。つまり収入の多い人ほど税率が高くなるという仕組みです。

日本でも1番高い時は1980年代、1番大金持ちはの税率75%でした。ですから、年収10億あれば7億絵5千万円税金にとられたのです。今から考えれば良く取ったものです。

今は35%です。大金持ちは今ほんとうに楽なのです。35%ですむのですから。年収10億の人は3億5千万払えばいいのです。昔なら7億5千万取られたのです、税金で。

「あんまり取りすぎではないか、これは俺の甲斐性で俺が稼いだ金。それを取り上げて怠け者のために配るのか。」

と彼らはいいました。

 そうすると政府は、

「いやそういわないでくれ。そうしないと、資本主義という仕組みがもたない。だから体制維持費だと思って出してくれ。そうでないと社会主義に負けてしまう」

と言って、大金持ちからたくさん取ったのです。大企業も儲かっている会社からたくさん税金取った。法人税もずっと高かったのです、以前は。こうやって大金持ち、大企業からたくさん取る累進課税で一つ財源を作ったのです。

 もうひとつは、企業負担です。サラリーマンの方はすぐお分かりですが、給料から社会保障で差し引かれますね。そうすると、差し引かれた分と同額だけ会社が上乗せするわけです。自分が積み立てたものが戻ってくるだけなら、貯金したのと同じです。労働者の負担する社会保障費と同額だけ会社も負担しているのです。倍になって戻ってくるから、社会保障が成り立つわけです。

 これも資本主義の原則からいえば、おかしいことです。いまいる労働者の面倒を見るのは当たり前です。会社は労働者がいるから成り立っているのですから。だけど、辞めてからは関係ないはずです。契約関係がないのですから。辞めた人が飢え死にしようがのたれ死にしょうが、会社の責任ではないはずです。

 だけども一歩ふみこんで、それでは資本主義の仕組みがもたないから、労働者が辞めた後まで面倒みてくれ、そこまで企業負担してくれ、そうしないと資本主義がもたないから、ということになります。

 こうやって、社会保障というものが資本主義の国で成り立っているのです。これは、ただの資本主義ではありません。資本主義の原則に反するような累進課税とか、企業負担というものを持ち込んで、社会主義のよいところを取り入れた資本主義です。これを「修正資本主義」と呼びました。

 資本主義の欠点を修正して、社会主義に負けないようないい仕組みに造り直した資本主義ということです。学者によっては、資本主義の経済の仕組みと社会主義経済を混ぜ合わせた「混合経済」と呼ぶ人もいます。所得再配分機能を政府が果たすということです。もちろん修正資本主義というものは、このような良い面だけではなくて、公共事業という名前で国民の税金を大企業の利益のために大々的に流用するというようなマイナスの面もあることも忘れてはなりません。

 しかし、ともかくこうやって、西側の世界は、自由があって社会保障がある、そういう社会に変わっていくのです。そのことで東に勝ったのです。ところが、そのソ連と東ドイツが居なくなったのです。

 その前にもうひとつ。先進資本主義国というのは或る一種の傾向として、労働者が闘わなくなってきます。これは先進資本主義国の宿命のようなものです。つまり資本主義国というのはご存じのように、地球上の大部分を占めている低開発諸国、貧しい第3世界といわれた世界から、安い原料を買ってきてそれを製品にして高く売っています。そして差額、莫大な差額を儲けている。超過利潤と呼ばれています。

だから遅れた国は働けば働くはど貧しくなるのです。一生懸命働いてコーヒー豆作っても、それを安く買われてチョコレートやインスタントコーヒーなどの製品を高く買わされるのですから、結局差額だけ損をすることになります。

 この20年、先進国と遅れた国の格差は開く一方、全然縮まらない。地球上の富を先進国が全部集めちゃって、とびきりぜいたくな生活をやっています。ですから先進国の労働者にも、当然そのおこぼれの分け前に預かるので、低開発国の労働者にくらべれば、ずっと豊かになります。豊かにれば闘わなくなってしまいます。その上、それを推し進めるようなありとあらゆる謀策が講じられているのです。

 資本主義というのは、物を売り続けなければなりたたちません。売ったものをいつまでも使われていたのでは、資本主義は成り立たないのです。早く買い換えてもらわなければなりません。いま、日本の車はよく出来ているので、30年は楽に乗れるのに、30年乗られたら日本の自動車会社はみな潰れます。3年か5年で買換えてもらわなれりばいけません。買い替えてもらうには、自分の車は古いと思ってもらう必要があります。ですからコマーシャルで、朝から晩まで何回も、

「あんたは古い、あんたは古い。こんないい車ができてます。こんな新しい車が出ましたよ。もっといいのが出ましたよ」

と宣伝して洗脳しいるのです。だから3年も乗ると、どうしても買換えざるをえない心境に引き込まれてしまいます。全てのものがそうです。まだまだ使えるのに新しいものに換えてしまう。そういう仕組みができているのです。

 そうしないと、資本主義はもちません。ですから労働者はどうなるかというと、

「次、この車に買換えよう、次、パソコンこっちに買換えよう、次、今度はデジタルテレビに買換えよう、じゃあセカンドハウス、つぎは海外旅行・・・」。

無限に欲望を刺激され、自分の欲望を満たす方に夢中になって、社会正義とか人権とか考えている暇がなくなっていくのです。

 いま日本の大部分がそうですね。「もっといい生活を」ということだけ考えています。ほかの人の人権だの社会正義なんて見向きもしない。見事に資本の誘惑にひっかかってしまいます。

 もちろん、欲しいからって、お金がなければ買えません。家がほしい、車がほしい、パソコンほしい・・・。それが、実はお金がなくても買える、なんとも不思議な世の中です。ローンというものがあるのですね。

 フォードという人が見つけたのです。それまでは、「つけ」で何か買うなどということは、労働者にはありませんでした。労働者が「つけ」で買ったのはお酒だけです。酒飲みはお金がなくても飲みたいのです。だから酒屋だけは「つけ」がありました。大晦日に払うか払わないかで夜逃げするかどうかもあったでしょうが、今は家を「つけ」で買う、車を「つけ」で買う、なんとも奇妙な世界になってきました。これをフォードが始めたのです。

それまでは、自動車というのは大金持ちのものでした。フォードが、あのベルトコンベアーというのも発明して、大量生産を始めたのです。そうなれば、大量に売らなれりばなりません。大量に売るためには労働者に買ってもらわなくてはなりません。でも労働者にはお金がないのです。そこで、ローンという、とんでもないものを考え出したのです。ローンなら金がなくても買えるんですから、みんな買う。当然な話です。

 そりゃあ豊かなのに越したことはありません。マイホームが欲しくなる。ですからみんなローンで買う。そして「マイホーム」という感じになるのです。でも本当はマイホームではありません。あれは銀行のものです。払い終わるまでは、所有権は銀行のものです。銀行から借りてローン組んだだけなんです。こうして次々と新しいものを買わされていく。そのローンは多くの場合退職金を担保に組みます。

一度退職金を担保にローンを組んでしまったら、ストライキはできなくなります。会社と闘って退職金がすっとんだら終わりなのです。家も途中でおしまいになってしまいます。

ですから、ローンでマイホームが変えるようになってから労働運動は一気に駄目になりました。みんな闘わない、会社と喧嘩したくない、というふうになります。これはもちろん、向こうは計算済みのことです。

 ですから、高度に発達した資本主義社会というのは、労働者が、ある程度ですが、豊かになり、そして、このような消費社会に組み込まれてしまって、身動きができなくなるのです。

 こうして、いま日本では労働組合も、労働運動もストライキもほとんど力を失いました。そうなれば、政府は社会保障なんて、何も譲歩する必要がはありません。労働者が必死になって運動するから、止むを得ず健康保険とか年金制度とかやってきたのであって、労働者が闘わなければ、その必要はないのです。いま、どんどん社会保障が悪くなってきています。次から次から悪くなる。20年前だったら、いまのように社会保障が悪くなったらたちまち、大ストライキが起こりました。しかし今は何も起きません。労働組合が弱体化している、労働運動が骨抜きという状態です。

 そこへもってきて、ソ連や東ドイツがいなくなったのです。こうなればもう社会保障をやる必要はありません。社会保障は止めます、修正資本主義は止めます、ということになるわけです。修正資本主義にはいろいろな意味があるのですけど、一つの特徴は、大金持ちや大企業からお金を取って、弱い立場の人たちに配るところにあります。所得再分配と言われる働きです。だから政府は大きな政府になります。こういう仕組みが修正資本主義で、いろんなマイナス面もあるのですが、プラスの面も大いにあります。

 この仕組みをやめる、というのが今のアメリカです。もう政府は面倒みません、自分でやりなさい、と自由競争に戻る。自由競争一筋。これが、ソ連が崩壊した後に新しくなったアメリカの仕組みなのです。そして、それに日本が「右へならえ」ということなのです。

 それに対してヨーロッパは、アメリカのいうことを聞かず、「われわれはこれからも、社会保障のある資本主義でいきます。むき出しの裸の自由競争には戻りません」。これがヨーロッパなのです。なぜヨーロッパがそういえるかというと、労働運動が強いからです。先進資本主義国なのになぜ労働運動が弱くならないのか。これはこれで時間をかけて考えなければならない問題なのですが──。

 現実の問題として強い。ヨーロッパだって大企業は社会保障を止めたいにきまっています。しかし止めると大騒ぎになります。労働者が絶対に言うことを聞きません。だからやむを得ず守っているのです。企業負担もうんと高いです。日本の会社の倍以上払っています。ですからトヨタ自動車もフランスに、フランス・トヨタを作っていますけど、日本トヨタの倍以上払っています。それでも儲かっているのです。
 ですから、ヨーロッパでも、社会保障は少しずつ悪くなってきてはいますが、日本に比べれば遥かに違います。このようにして、ヨーロッパはアメリカと別の道を進み始めました。アメリカは剥き出しの資本主義に戻りますが、ヨーロッパは修正資本主義のままでいこうとしています。

 しかし、それでは競争で負けます。アメリカや日本は企業の社会保障負担がうんと減っていますから、利潤が増えています。ヨーロッパは高い社会保障負担でやっていますから、儲けが少ないのです。そこで競争しなくてすむようにEUいうものを作って、枠を閉ざしちゃいました。アメリカや日本の会社がヨーロッパに来るときは、ヨーロッパ並みの負担をしなければ、EUには入れません。だからEUの中でやっている時には、日本にもアメリカにも負ける心配はないのです。

 そういう仕組みを作って、アメリカとは別の道を進み始めました。そのためにユーロという別のお金も作りました。イラク戦争で表面に出てきたのですが、イラク戦争がなくても、ヨーロッパはアメリカとは別の道を進み出していました。もう2度とアメリカとは一緒にならないでしょう。

《規制緩和とグローバリゼーション − 構造改革の中身(2)》

 もう一つ、ソ連、東ドイツ崩壊の結果、アメリカが大きく変化したことがあります。それは何かというと、大企業・大資本を野放しにしたことです。

 ソ連がいる間は、大企業や大資本に、「あなた達は資本主義なんだから儲けたい放題儲けたいだろうけど、それをがまんしてください。あなたたちがやりたい放題にやったら、他の資本主義国はみんな負けてつぶれてしまう。アメリカの資本と競争できるような資本などどこにもありませんから。そうなれば、ソ連の方がましだということになる。だから、やりたい放題は抑えてほしい」と言ってその活動を制限してきました。

 具体的に何を抑えたかというと、為替取引を規制したのです。これが一番大きな規制です。

いまではもう、中央郵便局へ行って「ドル下さい」といえば、すぐドルをくれます。「100ドル下さい」といえば「ハイこれ1万2千円」。ユーロでも、「下さい」といえば「100ユーロ・ハイ1万4千円」とすぐくれます。でもこれはごく最近のことです。それまでは、外貨・外国のお金は、日本では勝手に手に入りませんでした。お金を外国のお金と取り替える、つまり為替取引は厳重に規制されていて、個人が勝手にはできなませんでした。外国旅行に行くとか、何か特別な理由が認められた時しか、外国のお金は手に入りません。

いまは何も制限ありません。自由にだれでもいつでもできます。理由など聞きませんから、100ユーロとか千ドルくださいと言えば、そのままくれます。これが為替取引の自由化というものです。これがなかったのです。

ソ連が崩壊するまでは、アメリカも厳重に規制していました。それをとっぱらったのです。理屈っぽく言えば、資本の国際移動が自由にできるようになったということです。こうして、アメリカの巨大な金融資本が、世界中を我が物顔にのし歩く時代が来るのです。

 もうソ連も東ドイツもなくなったのですから、

「いや永いことお待たせしました。今日からもう儲けたい放題儲けていいですよ。やりたい放題やっていいですよ」

ということになったのです。これが規制緩和とことです。規制緩和ということは要するに、大資本が野放しになったということです。そうなったらどうなるか、世界第2の経済大国といわれる日本でさえ、全然太刀打ちできません。アメリカの巨大資本、金融資本・銀行ですね。日本の銀行とは勝負になりません。ボブサップと私が裸で殴り合ぅようなもので、一コロで殺されてしまいます。

 それでもやれというなら、ボブサプは手と足を縛ってもらって、目隠ししてもらって、こちらは金槌でも持たしてもらって、それでやっと勝負になるのです。今まではそうだったのです。それを全部外して自由にする、無条件で自由競争にするというのです。負けないためには、相手に負けない位大きくなるしかないですから、合併、合併、合併。あっという間に30ほどあった都市銀行が3つになってしまったのです。UFJとか「みずほ」とか、元何銀行だったか覚えておられる方おられますか。すぐ言えたら賞金をさし上げてもよろしいのですが、まず、言える方おられないでしょう。合併、合併であっという間に3つになりました。3つにになってやっとなんとか対抗できるというくらいにアメリカの巨大銀行というのは大きいものなのです。それでもダメで、長銀はのっとられてしまいました。北海道拓殖銀行も山一証券ものっとられてしまいました。次々とのっとられています。

 ついこの間は青森県の古牧という温泉がのっとられまし。広くていい温泉なんですけど、驚いたことにゴールドマンサックスでした。世界最大のアメリカの金融投資会社、ハゲタカファンドの代表のようなものです。これがどうして古牧温泉なのかと思ったのですが、テレビで放送していました。古牧だけではありません。他に28ケ所、超有名温泉みんな買い占めちゃったのです、ゴールドマンサックスが。

どうするかというと、従業員みんな首切っちゃってパートにして、腕利きのマネージャーを送り込み、部屋をヨーロッパ、アメリカ向きに整備しなおして、欧米からの観光客をワーツと呼ぼうという作戦なんですね。儲かるようにして高く売るのです。ゴールドマンサックスが経営するのではありません。いま赤字の会社を買い取って、儲かるように造り直してすぐに売っちゃうのです。これが投資銀行のやっていることです。

確かに、いわれてみればそのとおりで、日本の温泉ほどいいものはありません。知らないだけで、こんないいものは世界中どこにもありません。だから日本の温泉の良さが分かったら、おそらくヨーロッパ、アメリカからごっそり観光客が来ると思います。そこにゴールドマンサックスが目をつけたのですね。そして近代経営やって外国人が来て楽しめるような設備に変えて、世界中にジャパニーズスパーなんていって売り出す気なのですね。ですから、そのうち皆さんも温泉にいらっしやるとみんな英語で案内され、アメリカのお湯の中に入ることになってしまいます。

 アッという間に日本はアメリカ資本に乗っ取られようとしています。去年のホリエモン合併もそうです。今年から商法改正(改悪)して、乗っ取りを認めるということになったのです。株の等価交換、面倒な仕組みですから詳しいことは申し上げませんが、アメリカ株1億ドル分と日本の株1億ドル分を、等価父換していい、こういっているんです。ところが、アメリカの株の値段が高いのです。ですから1億ドルといっても、株の数からすると、例えば千株位しかない。日本は株が安いですから、同じ1億ドルで1万株位あるのですね。そうすると、千株と1万株で取り替えますから、あっという間にアメリカは大株主になってしまう。この等価父換を認めると、日本の大企業全部乗っ取られてしまう。

 そこで、日本の優良企業が狙われています。超優良企業を株式等価交換で、簡単にアメリカが乗っ取ることができる。今年からそれが可能になるはずだったです。それで去年、実験をやったのですね。ホリエモンにやらせてみたのです。ホリエモンはアメリカのリーマン・ブラザースから借りてやったのです。で、出来そうだなと分かったので、アメリカはお金を引き上げてしまいました。ホリエモンに乗っ取られては困る、いずれ自分が乗っ取るのですからネ。最後の段階で資金引き上げましたたから、ホリエモン降りる外なかった、多分そういう仕組みだったのではないかと思います。

 今年から自由に、日本中の会社をアメリカが乗っ取れるはずだったのですが、あのホリエモン騒動のおかげで日本の大企業が震え上がり、政府に泣きついて、「なんとか商法改正を見送ってくれ」と。それで見送りになりました。ですから、ちょっと一息ついているのです。今年すぐ、乗っ取られるというわけではありません。でも、いつまでも見送りというわけにはいかないでしょう。2・3年後には解禁。そうなれば、日本はほぼアメリカ資本に支配される、ということになるでしょう。

 日本ですらそうなのですから、まして、フィリピンとかタイとかいう国はたまったものではありません。あっという間に乗っ取られてしまいます。アメリカに勝手に経済的属国にされてしまう。それに対して、いやそんなの困るから、アメリカ資本が自分の国の株を買うことを法律で禁止する、というようなことをやろうとすると、アメリカはそれを認めないのです。グローバリゼーションだから地球は「一つ」だというのです。

いくら規制緩和しても相手国が法律で規制してしまったら終わりです。ですから、自分の国だけ勝手に現制することは認めません、地球はひとつですよ、グローバリゼーションですよ、ときます。フメリカの大資本が地球上のどこの国でもアメリカ国内と同じ条件で商売できるようにする、これがグローバリゼーションです。いやだと断ると制裁を加えられます。

 クリントン大統領の時は経済的制裁だけですんだのですが、ブッシュになってから、軍事的制裁になりました。いうことを聞かないと軍事制裁だぞという、これがネオコンという人たちの主張です。イラクを見ればみな震え上がるでしょう。ですから、アメリカの言いなりにグローバリゼーションで国内マーケットを開放して、アメリカ資本に全部乗っ取られてしまう、というのがいま着々と進行しているのです。

《アメリカの孤立》

 そこでどうなったかというと、ヨーロッパと同じように、「そんなの困る。自分の国の経済の独立は自分たちで守りたい」という人たちが手を繋いで、「アメリカに支配され引きずり回されないように、防波堤を作ろう」という動きが始まりました。だいたい5・6年前からです。アセアン(ASEAN東南アジア諸国連合)の動きが始まりました。5つの国です。インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン。元来はアメリカが造らせた組織だったのですが、いつのまにか自主独立を目指す組織に成長しました。

 手を繋ぎ、アメリカに引きずり回されないように、アメリカの資本が勝手に入ってこないように、自分たちの経済は自分たちでやりましょう、と。ところが、ASEANが束になったってアメリカにはとてもかないません。そこで、知恵者がいました。アセアンだけではかなわないので、中国と手を繋いだのです。

「アセアン、プラス中国で、アジアマーケットを作り、アメリカにかき回されないようにしよう」

しようというのです。確かに、中国が入ったらアメリカはうかつに手が出せません。しかし中国だけ入れると、反米色があまりにも露骨ですから、「アセアン、プラス・スリーでいきましょう。アセアン+日本+韓国+中国、でいきましょう」ということになります。日本はアメリカの51番目の州だといわれているのですから、日本が入れば、アメリカも安心します。

 EUのように、アセアン+スリーで、自分たちの経済は自分たちでやれるように、アメリカに引きずり回されないような自立したアジアマーケットを形成することが目標です

 ただひとつ、日本が具合が悪いのです。日本はそのスリーに入っているのですが、(アセアンの会議に)行く度に「アメリカも入れろ、アメリカも入れろ」というのです。アセアン諸国はアメリカから自立するために作っているのですから、「アメリカを入れろ」といわれたんじゃあ困るので、結局日本は棚上げになってしまいます。実際にはアセアン+中国で、経済交流が進んでいます。いずれ2010年には、東アジア共同体・EACというものを立ち上げる、という動きになっています。

 そうなってくると韓国が困りました。日本・アメリカ側につくのか、中国・アセアン側につくのかで、2・3年前から中国側に大きく傾いています。留学生の数を見ると分かります。中国の北京大学には世界中の留学生が集まります。21世紀は中国と商売しなければメシが食えなくなることが分かっていますから、将釆、中国語がしゃべれる人が自国のリーダーになり、中国の指導者に友達がいないと困ります。それには北京大学に留学するのが一番いいのです。あそこはエリート養成学校です。この前行った時聞いてみたのですが、入学試験競争率5千倍だそうです。超難関です。大学の構内を歩いて見たのですが、広い敷地に6階建てのアパートが36棟ぐらい建っていて、みな学生寮です。全寮制。そばに教職員住宅があって、朝から晩まで共に暮らしながら勉強しています。授業は朝7時からです。ものすごく勤勉に勉強しています。

35年間私は大学の教員でしたが、愛すべき怠け者の学生諸君を教えてきたわが身としては、「あ、これはかなわないなァ、20年もしたら──」と思いました。向こうは国の総力を上げて次の時代の指導者を養成しているのです。日本はもう全然、ニートとかフリーターとかいって、若者の気迫がまるでレベルが違います。これは置いていかれるな、という気持ちになりました。このように世界中の国が、いま一流の学生を北京大学に送り込んでいるのですが、去年、北京大学留学生の中で一番数が多いのが韓国なのです。

 おととしまで韓国の学生は殆どアメリカヘ行っていました。去年あたりから中国へ変わったようです。つまり韓国は、21世紀の自国は、アメリカ・日本ではなく、中国・アセアンと組むことで繁栄を図りたい、と向きを変えたということです。
 それに拍車をかけたのが小泉首相の靖国参拝。これで韓国は怒っちゃってあちらを向いた。そうなると、アセアン、中国、韓国と繋がって、日本だけはずされてしまった、という状況がいま生まれつつあります。

 さらに中国は、数年前からいま、「ふりん政策」を国の方針としています。フリンといっても男女の不倫ではありません。富、隣。隣の国を富ます、隣の国を豊かにする──富隣政策です。隣の国と仲良くする。中国だけ儲けたのでは相手に恨まれてしまいます。英語では「ウィン、ウィン」(win-win)というようです。どっちも勝つ、中国も儲けるけど相手も儲けるような関係を必ず作っておく、ということが基本政策です。

 つまりアメリカは、やっとソ連を倒したと思ったら、今度は中国が出てきたのですから、中国を目の敵にしているのは当然です。中国にすれば、アメリカにやられないためには、単独では対抗できませんから、周りの国と手をつなぐ、ということです。

 アメリカは修正資本主義を止めて自由競争の資本主義に戻りました。その結果大企業・大資本は野放しになりました。そのためにアジアにそっぽを向かれることになりました。アメリカにはついていけない。アメリカに勝手にされては困る。もちろんアメリカと喧嘩をしては駄目ですが、自分の国は自分の国でやれるようにしなければならない──、というふうに変わったのです。

 そして最後に、3年前から南米が変わりました。ようやく日本でも報道されるようになりましたからご存じと思います。ただ日本のマスコミはちょっとしか書きませんから、気づいておられない方もおありかと思います。南米がものすごい勢いでアメリカ離れを始めたのです。

 今まで200年、南米はアメリカの裏庭といわれていました。アメリカはやりたい放題やっていました。チリは世界一の銅の産出国ですが、このチリの銅はすべて、アナコンダというアメリカの銅会社が一手で採掘していました。だからいくら掘ってもチリは豊かにならない。アメリカのアナコンダだけが儲かるのです。
 ブラジルは世界一の鉄の産地です。これもみな掘っているのは欧米の会社で、いくら掘ってもブラジルは豊かにならない。ベネズエラは世界第五位の産油国です。これもみなアメリカの石油資本が持っていく。

 こういう国はこれまで軍事独裁政権でした。政治家は、自分の国の資源をアメリカに売り渡し、自国の国民の反発は力で抑えつけ、莫大なリベートを貰って自分たちだけベラボウな贅沢をしてきました。これがアメリカと南米のパターンだったのです。

 それが、3年ほど前から、

「おかしいではないか。やっぱりベネズエラの石油はベネズエラ人のものだ。石油を掘ったら、ベネズエラが豊かにならないとおかしいではないか。いくら掘ってもアメリカだけ儲けるのはおかしい。石油をアメリカの石油会社から取り上げて、ベネズエラで掘ることにしよう。国有化しよう」

というような政策を訴える大統領が、当選するようになりまし。この3年間で、南アメリカは80%が、このような自主独立派の大統領になりました。アメリカ資本に任せず、自国の経済は自分でやろうという政策を掲げた大統領が、次々と当選したのです。

 いまでは、南アメリカでアリカの言いなりというのは、多分コロンビアしかないと思います。あとは殆どみな、自分の国は自分でやりましょというふうに変わってきました。ベネズエラのウゴ・チャベスという人がそのチャンピオンです。ご存じですね、時の人です。アメリカはそのチャベスの当選を必死になって妨害したのですが、結局ダメでした。チャベスが圧倒的多数で選出されました。その彼の言い分がふるっているのです。

 「失礼にならないようにアメリカから遠ざかりましょう」

というのです。いきなり遠ざかったのではゴツンとやられますから、アメリカを怒らせないように、喧嘩しないように、少しずつ「小笠原流」で遠ざかって自主独立に向かいましょうというのです。

 これがいま世界の合言葉です。

「失礼にならないようにアメリカから遠ざかる。」

日本もそうしなければいけない、と私は思っているのですが。絶対にやりません。

 こうやってアメリカは、ソ連や東ドイツがなくなってから、修正資本主義をやめて、いまの言葉でいえば「新自由主義」という仕組みに代わりました。日本はそれに右ならえしたのです。

いま申し上げたように、このアメリカの新自由主義経済に無条件で追随しているのは、日本しかありません。あとはみな、「失礼にならないように」距離をおきました。日本だけが無条件でついていきました。だから「ポチ」だといわれるのですネ、確かにポチと言われてもしょうがないほど、無条件でついていきます。それは恥ずかしいことですが、日本が追随していく。

これが構造改革なのです。

修正資本主義経済から新自由主義経済に変わるということです。

簡単にいえば、弱い人の面倒を政府が見るような仕組みから、もう弱い人の面倒は見ませんという仕組みに、変わっていく──。これが構造改革です。

 だから、社会保障はどんどん悪くなる。自由競争で勝ち組と負け組がある。中には1千万ぐらいのマンション買って落ち着いているのもいる。片方には、国民健康保険料さえ払えなくて医者にも行けない。そういう人がもう全国で膨大な人数出てきている。まさに格差社会です。

 どんどんその格差が広がっています。金持ちからお金を取って弱い人の面倒を見る、というのが修正資本主義なのですが、それを止めてしまいました。野放しなのです。強い人はますます強くなり、弱いものは負けたら自己責任なんですよ。こういう仕組みにいま変わったのですね。

 それがいいか悪いか、止むを得ないのかどうかは、いろいろな立場によって考えが違うのですが、事実はそうなったのです。

 しかしヨーロッパは別の道をとっています。このように別の道もありうるというのも事実なのです。ヨーロッパのように社会保障を止めない資本主義もあり得るのです。

 日本の場合、アメリカほど徹底していませんが、流れとしては「政府はもう弱い人の面倒は見ません」、という方向に大きく動いています。


《憲法改悪の要求》

 こうして、アメリカは新自由主義経済で自国の企業を野放しにして、それを世界中に押しつけようとしたのですが、意外に抵抗が大きかった。ヨーロッパはいうことを聞かない。アジアも聞かない、南米も聞かない。これでは困るので力づくで押しつける。こういうことになるのですね。

力づくで押しつける時に、最大の目標・ターゲットはもちろん中国です。やっとソ連を倒して、21世紀はアメリカが王様になれると思ったら、中国が巨大な国になってきて、アレリカの前に立ふさがっいます。このままではアメリカは王様ではいられません。中国を抑え込むことが21世紀へ向けてのアメリカの最大の長期的課題になっています。しかし戦争はできません。中国と戦争したのでは共倒れになります。唯一の道はエネルギーを抑えることです。

 ネオコンという人たちの書いた文章を読むと、非常にはっきり書いてあります。21世紀にアメリカが世界の支配権を握るには、中近東の石油を抑えなければならないというのです。中国は石油の自給ができません。どんどん石油を輸入していますが、殆どいま中近東から輸入しています。アメリカが中近東の石油を抑えれば、中国はアメリカのいうことを聞かざるをえなくなる。当然でしょうね。

 世界一の産油国サウジ・アラビアはすでにアメリカ側の国です。そこで第二の産油国であるイラクをアメリカは分捕りたいのですが、その理由がありません。そこでアメリカは「大量破壊兵器、テロ応援」という嘘をつきました。プッシュ大統領も、ついにウソであったことを認めました。

 ではなぜイラク戦争をやったのか。本当の理由はまだ公表されていません。しかしネオコンという人たちの文章を読むと、明らかに

「石油を抑える。抑えてしまえば中国は言うことを聞かざるをえない」。

ここに本当の理由があったことは明白です。そうだとすれば、恐ろしい話ですが、(次に)絶対にイランが狙われます。

 世界第1の産油国サウジアラビアは、昔からアメリカの同盟国です。第2位のイラクは抑えてしまいました。そしてイランは第3位の産油国です。ここを放っておいたのでは意味がないのです。中国はいくらでもイランから石油の輸入ができます。どうしてもイランまで抑えなければならないというのは、アメリカでは、いわば常識です。どんな新聞雑誌でも次はイランだということが堂々と語られています。

 ライス国務長官も3日前、「今イランに対するは軍事力行使の予定はない」と言っていました。「今は」です。イランは核開発やっているというのが理由です。たしかに妙な国ですが、しかし別に悪い国ではありません。あのあたりでは1番民主的な国です。曲がりなりにも選挙で大統領を選んでいますから。女性はみな顔を出していますし、大学へもいっています。イランは近代化した国なのです。サウジアラビアなどの国に比べたら、ずっと民主的な近代国家です。イスラム教のお妨さんが、選挙で選ばれた大統領より偉い、というのだけが変ですが、全員がイスラムですから、他国がとやかく言うことではないです。

 ですから、イランが悪魔の国というのは嘘なのです。イラクがそういわれたのも同じで、要するに悪魔の国と誤解させて、戦争しかけてもやむを得ないと思わせるための宣伝が行われているのです。

 イランはイランで、自分で自分他ちの国を近代化していけばいいのであって、核兵器持つなといっても、隣のパキスタンもインドも持っているのです。こちらのイスラエルもです。イランだけ持つなといっても、聞くわけありません。イランに持たせたくないのなら、

「俺も止めるからあんたも」

と言わなければなりません。

「俺は持っている。お前だけ止めろ」

と言ったってイランが聞くわけありません。そんな理屈が通るはずがないのです。実に馬鹿な理屈です。本当にイラクに核開発をやめさせたいのなら、イギリスもフランスもアメリカも 「先ず自分が止める、だからお前も止めろ」と言うしかありません。お前だけ持つなと言って、聞くと思う方がどうかしています。核開発は現在の大国の論理では抑えられません。イランに言わせれば、

「イラクがなぜあんなに簡単に戦争しかけられたかといえば、核兵器を持っていなかったからだ。持っていたら恐ろしくてとても戦争なんか仕掛けられない」

ということになります。だからイランはいま核開発を急いでいるのです。核兵器を持たないとアメリカに攻められるから。そう思い込んでいるのです。

 そう思わせるようなことをアメリカはやってきたのですから、イランに核兵器開発を止めさせるためには、イラクから撤収して、中東の平和は中東に任せる、という姿勢を示すしかありません。自分がイラクを分捕って居座ったままで、イスラエルやパキスタンやインドの核兵器には文句をいわずイランにだけ、というのは通じない理屈です。実にゆがんだ国際常識というものが罷り通っている、と思います。

 もしアメリカがイランまで分捕ってしまえば、サウジアラビア、イラン、イラクと合わせて、世界の石油の70%ぐらいになるはずですから、中国はアメリカのいうことを聞かざるをえなくなります。だからつぎはイランだというのが、ネオコンの論理です。

 ただ問題は、イランに戦争を仕掛けるとしても単独ではできなません。兵隊がたりない。徴兵制ではなく志願兵制度ですから。いま、ありったけの兵隊さんがイラクに行っています。あれ以上いないのです。だからハリケーンが来ても出せなかったのですね。そうすると、イランに出す兵隊なんていないのです。そこで、アメリカの右翼新聞の社説など、堂々と書いています。

「イラクにいるアメリカ軍でイランを乗っ取れ。カラッポになったイラクの治安維持は、日本にやらせろ」と。

 アメリカの論理から言えばそうなるのでしょう。自衛隊にイラクの治安維持をといいますが、実際は内乱状態ですから、今も毎日アメリカ兵は毎日5人位殺されています。そんなこと引き受けたら、自衛隊員何人死ぬか分かりません。第一そんなことは、憲法9条があるかぎりできないのです、絶対に。憲法があるおかげで、自衛隊はイラクにいますけれども、ピストル1発撃つことができないのです。憲法9条第2項というのがあるのです。自衛隊は戦力ではない・交戦権はないとなっていますから、不可能なのです。だから給水設備備を作るとか、学校修理とか、そういうことしか出来ません。これじゃあアメリカから見れば役に立たないのです。


《平和憲法こそ 日本生存の大前提》

 そこで、「9条2項を変えて、戦争ができる自衛隊になってくれ」というのがアメリカの強い要求なのです。みんな分かっています。言わないだけです。日本の新聞記者も知っています。しかし、「9条変えろ」がアメリカからの圧力、と書くと首になるから書かないだけです。でも誰も知っています。アメリカのに戦争に参加しなさい、という強い圧力がかかっているのです。

 ここのところをよく見極めておくことが必要です、「9条を守る」ということは、「アメリカの言いなりにならぬ」ということと一つ、なのです。

 アメリカと喧嘩しては駄目ですから、「失礼にならないようにアメリカから遠ざかる」のが何よりも大切です。仲良くするけれども言いなりにはならない、ということです。ところが、憲法が危ないという、この危機的な状況にもかかわらず、国内で労働運動が弱体化していますから、ストライキも起きない。大きなデモも起きない。大反対運動も起きない──。という状況です。

 ではもう駄目なのでしょうか。そうではないと思います。それには日本の国内だけではなく、世界に目を向ける、アジアに目を向けるこちとが必要のです。ご存じのように、これからの日本は、中国と商売せずには、生きていけなくなりま。いま、大企業だけですけど、多少景気がよくなってきています。全部中国への輸出で持ち直したのです。中国マーケットがなくなったら日本経済はおしまいだ、ということは誰も分かってきています。

 お手元の資料の中の(貿易額の)丸い円グラフは、2003年のもので少し古いのですが、アメリカ20.5%、アジア全体で44.7%、つまり日本にとって一番大事な商売の相手は、アメリカではなくてアジアなのです。

 アジアと仲良くしなかったら、経済が成り立たないところへ、いま既にさしかかっているのです。左隣の棒グラフは2004年ですが、左上から右に折れ線がずうっと下がってくる。これが日本とアメリカの貿易です。点線で右へずうっと上がっていくのが中国との貿易。遂に去年(2つの折れ線が)交差し、中国との貿易の方がアメリカとの貿易額より多くなりました。しかも鋏状に交差していますから、今後この2つは開く一方になってきています。

 つまり、あと2・3年もすれば、日本は中国との商売なしには生きていけない、ということが国民の常識になるということです。いま既に、中国を含めたアジアが、日本の一番大事なお客さんなんです。仲良くしなければいけません。一番大切なお客さんの横っ面ひっぱたいたんじゃ商売は成り立ちません。

 靖国参拝などというものは、一番大事なお客さんの横面ひっぱたくと同じことなのですから、個人の信念とは別の問題です。小泉首相は総理大臣なのですから、個人の心情とは別に日本の国全体の利益を考えて行動しなければいけません。それは総理大臣の責任だと思います。その意味でアジアと仲良ぐできるような振舞いをしてもらわなければ困るのです。

 もう一つ。アメリカとの商売はこれからどんどん縮小していきます。それは、ドルというものの値打ちがどんどん下がっていくからです。これはもう避けられません。

 昔はドルは純金だったのです。1971年まで、35ドルで純金1オンスと取り換えてくれました。だからドルは紙屑ではありませんでした。本当の金だったのです。

 われわれのお札はみな紙屑です。1万円なんて新しくて随分きれいになりましたけど、綺麗にしただけちょっとお金がかかって、印刷費に1枚27円とかかかると聞きました。27円の紙がなぜ1万円なのか。これは手品みたいなものです。あれが5枚もあるとなかなか気が大きくなるのですが、本当は135円しかないのです。

それが5万円になるのは、法律で決めているのです。日銀法という法律で、こういう模様のこういう紙質のこういう紙切れは1万円、と決められている。だから、あれを1万円で受け取らないと刑務所に入れられます。法律で決まっているからです。ですから日本の法律の及ぶ範囲でだけ、あれは1万円なのです。その外へ出ると27円に戻ってしまいます。

 金と取り換わらないお札というのは、簡単にいえばその国の中でしか通用しません。他の国へ行ったら、その国の紙屑と取り換えなければ通用しません。ところが、ドルだけは世界で通用しました。純金だからです。

 ところが、1971年にアメリカはドルを金と取り換える能力を失いました。ベトナム戦争という馬鹿な戦争をやって莫大な軍事費を使ったのです。背に腹は代えられなくてお札を印刷し、航空母艦を造ったりミサイル、ジェット機を作ったりしたのです。そのために、手持ちの金より沢山のお札を印刷しちゃったのです。

 その結果、アメリカは、ドルを金と取り換える能力を失ったのです。そこで、71年8月15日、ニクソン声明が出されました。「金、ドル交換停止声明」です。あの瞬間にドルも紙屑になったのです。ドルが紙屑になったということは、ドルがアメリカの国内通貨になったということです。

 ところが、問題はそれ以後なのです。世界で相変わらずドルが適用したのです。皆さんも海外旅行へ行かれる時は、大体ドルを持って行かれますね。どこの国へ行っても大丈夫なのです。金と取り換えられないお札が何故世界で適用するかは本当に不思議で、経済学者にとって最大の難問なのです。いろんな人がいろんな答を言っていますけど、あらゆる答に共通しているのは、ひとつは「アメリカの力の反映」だから、ということです。

 つまり、日本が自動車を作ってアメリカヘ売ります、ドルを貰いますネ。日本は損をしているのです。自動車という貴重なな物質がアメリカへ行って、紙屑が返ってくるのですから。物が減ってお札だけ増えると必ずバブルになります。

 バブルの犯人はそこにあるのです。日本が輸出し過ぎて貿易黒字を作り過ぎているのです。だから日本は、アメリカに自動車を売ったら、

「純金で払ってください」

と言わなければなりません。ところがそう言うと、ジロッと睨まれてお預けになってしまいます。日本には米軍が5万人います。

「アメリカのドルを受け取らないとは、そんな失礼なこと言うなら、在日米軍クーデター起こしますよ」、

これで終わりなのです。黙って受け取ってしまう。

だから日本は無限に物を提供し、無限に紙屑をもらう。こうしていくら働いても日本人の生活はよくならないのです。しかもその紙屑でアメリカの国債を買っています。アメリカに物を売って、払ってもらった代金をアメリカに貸している。言ってみればツケで輸出しているようなものです、現実に。アメリカにいくら輸出しても日本は豊かにならない仕組みになつています。

 2週間前に『黒字貿易亡国論』という本が出ました。有名な格付け会社の社長さんですが、「貿易黒字を作るから日本は駄目なのだ」、ということを詳しく論じたたいへん面白い(文芸春秋社の)本です。確かにそうだと思います。だからドルは、本当は受取りたくないのです。みんな紙屑なんです。だけど受け取らないと睨まれる。アメリカの軍事力が背景にあるのです。

 その力をバックにして、紙切れのお札を世界に通用させている。例えていえば

──餓鬼大将が画用紙に絵をかき1万円と書いて鋏で切り、これ1万円だからお前のファミコンよこせ、とこれを取り上げる──のと同じです。いやだと言ったらぶん殴るのです。怖いから黙って渡して紙屑もらうことになります。その紙屑で、他の人から取り上げればよいのです。

「お前のバイクよこせ、よこさなかったらいいつける」。

「あの人、あんたの紙屑受け取らない」、

するとガキ大将が釆て、ゴツンとやってくれる──。

餓鬼大将の力の及ぶ範囲ではそれが通用するのです。露骨にいえば、ドルがいま世界に適用しているのは、そういう仕組みが一つあります。

 もう一つは、ソ連の存在です。もし紙屑だからアメリカのドルを受け取らないといったら、アメリカ経済は潰れます。アメリカが潰れたらソ連が喜ぶ。だから紙屑と分かっていても受け取ってきた。ソ連に勝たれては困るから──。

 これも確かに一理あります。ということは、ソ連がいなくなって、紙屑は紙屑だということがはっきりしてきたのです。今まではソ連がいるために、紙屑なのに金のように適用したが、今や「王様は裸だ」というのと同じで、「ドルは紙屑だ」といっても構わない時代です。

 ともかくドルが危ないのです。私が言ってもなかなか信用してもらえませんが、経済誌『エコノミスト』、一流企業のサラリーマンなら必ず読んでいる雑誌すが、これの去年9月号が中国“元”の特集でした。その真ん中へんに「プラザ合意20年」という対談がありました。その中で、榊原英資さんは「5年以内にドル暴落」と言っています。

 榊原さんは大蔵省の元高級官僚で日米為替交渉の責任者を10年やりました。円・ドル問題の最高責任者だった人です。「ミスター円」といわれていました。通貨問題に最も詳しい現場の責任者です。停年で大蔵省をやめて今は慶應大学の先生になっています。この人が「5年以内にドルが暴落する」、つまりドルが紙屑だということが明らかになる日が近いと言っているのです。

 ソ連がいる間は隠されていたのですが、いまはもう、ドルは紙屑だから受取りたくないという人たちが増えてきています。これまでは世界通貨はドルしかなかったので、受け取らなければ商売ができなかったのですが、今ではユーロという代わりが出来てしまいました。ドルでなくてユーロで取引する国が増えてきています。そしてユーロの方が下がりにくい仕組みになっています。ドルは下がるのです。

 なにしろアメリカは、永いことドルが世界通貨ということに慣れてきました。だから自動車が欲しければ日本から自動車買って、アメリカは輪転機を回せばよいのです。紙とインクがあればいいのですから。ほかの国はこんなことできません。自動車が欲しければ、一生懸命働いて何か輸出し、その代金で輸入しなければならないのです。アメリカ以外の国は全部そうやっているのです。

 輸入は輸出と一緒です。輸入するためには輸出しなければなりません。ところがアメリカだけは輸出しないで輸入ができるのです。ドルという紙切れが世界通貨ですから。極端に言えば、欲しい自動車や石油を日本やアフリカなどから買って、紙とインクで支払う。実際そうして世界の富がアメリカに集まったわけです。

 71年以降の30年間、この仕組みのために、世界中にドルが溢れ出ました。ドルがどんどん増えますから、当然値打が下がります。こうしてドル下落傾向。(資料の一番下のグラフがそうです。円が上がっていく様子、為替取引だから短期的には上下しますが、長期的には間違いなく円高。ドルがドンドン下がるのは確かです。)これがあるところまでいくと、ガクッと下がります。

 あるところまでいくと、「ドルは信用できない、下がる通貨は持っていたくない」となります。ですからドルを受け取らない、ユーロか何か、別な、下落しない通貨でなければ受け取らないということが出てくる。そうなるとドルは暴落します──。榊原氏がそういっているのです。

 ヨーロッパはユーロでいくでしょう。アジア経済圏はなんといったって元です、中国の。中国は賢いですから、元を押しつけないで、何かアジアの新しい通貨を作るかもしれません。しかし元が中心になることは間違いないでしょう。ドルはアメリカでしか使われなくなる。そうすると、今まで全世界で使われていたドルが、みんなアメリカに集まって来るわけですから、アジア、ヨーロッパで使われいていたドルがみな戻ってきて、簡単にいえばドルの値打が3分の1に下がることになります。

 アメリカの生活は大きく収縮します。一家で3台自動車持っていた家は1台に。1台持っていた家は止めなくればならなくなる、ということです。

 アメリカ経済の収縮。これは大変恐ろしい話なのです。世界経済が大きく収縮し、日本経済は大きな打撃を受けます。しかし避けられない動きなのです。いつのことか分からないが、そう遠くない将来にドルの信用がドンと落ちていく。結果として日本がアメリカにだけ頼っていたら、大変なことになります。

 いまのうちに、アメリカに輸出してドルをもらったらユーロに代えておいた方がいい。ユーロの方は下がらないからです。EUという所は、国家財政が赤字だと加盟できないことになっています。赤字だと穴埋めにお札を出すので乱発ということになって下がるのです。だからユーロは一応下がらない仕組みになっています。乱発できないようになっているのです。ドルは短期的に持つのはかまわないが、3年、4年と長期的に持っていると下がってしまいます。それならユーロにしておいた方がいいとか、これから生まれるかもしれないアジア通貨にしておいた方がよいとかいうことになります。世界の大企業や国家が、決済のために多額のドルを持っていますが、これがユーロに切り替えられるとなると、ドルはもう世界通貨ではなくなります。

 そうなると、アメリカだけに依存している国は、大変苦しくなります。21世紀の日本を考えた時、アメリカと仲良くするのは大切ですが、しかしアメリカ一辺倒では駄目な時代になっているのです。アジアと仲良くしなければいけません。

 しかしアジアと仲良くするのには、無条件ではできません。なぜなら、60年前、アジアに戦争を仕掛けて大変な迷惑をかけた。その後始末がちゃんとできていないのです。仲良くするするためには、60年前のマイナスを埋めるところから始めなければいけません。別に難しいことではないのです。

「あの時はごめんなさい。2度とやりませんから、勘弁してください」。

これで済むわけです。


 問題は、「2度とやりません」が、信用してもらえるかどうかです。信用してもらうための最大の決め手が「憲法第9条」です。憲法9条第1項、第2項がある限り、日本は2度と戦争はできません。イラクの状態を見ても、自衛隊は鉄砲一発撃てない。(世界中)みんなが見ています。この憲法9条第1、第2項がある限り、日本は戦争はできません。だから安心して日本と付き合うのです。

 もし日本が憲法9条を変えて、もう1回戦争やりますということになったら、アジアの国々は日本を警戒して、日本との付き合いが薄くなってしまいます。いま既にそうなりつつあります。小泉首相は靖国に何度も行く。自民党は憲法9条を変えることを決め、改憲構想まで発表した。アジアの国々は用心します。

「そういう国とは、あまり深入りしたくない」。


 小泉首相は「政冷、経熱」でいいじゃないか、といいます。政治は冷たくても経済では熱い関係というのでしょうが、そんなことはできません。中国と日本の経済関係はじわっと縮小しています。統計でもそれははっきり出ている。

 おととしまで中国の貿易のトップはアメリカでした。次が日本、3位はEU。これがひっくり返ってしまいました。去年はトップはEU、2位アメリカ、3位日本です。明らかに中国は日本との商売を少しずつ縮小させている。その分EUに振り替えています。

 去年5月、ショッキングなことがありました。北京・上海新幹線という大計画をEUに取られました。北京〜上海って何キロあるのでしょう。日本の本州より長いのではないでしょうか。このとてつもない計画があって、去年、まだ予備調査の段階すが、日本は負けました。ドイツ、フランスの連合に取られました。予備調査で取られたということは、本工事は駄目ということです。中国にすれば、日本にやらせるのが一番便利なのです。近いですし、新幹線技術も進んでいます。まだ1度も大事故を起こしたことがありません。ドイツもフランスも、1回ずつ大事故を起こしたことがあります。技術からいっても資本からいっても、日本にやらせれば一番いいのに、日本が負けました。明らかに政治的意図が働いたと思われます。日本との関係を深くしたくない。いざという時、いつでも切れるようにしておく。いざというとき、切れないようでは困る。そういうことではないでしょうか。

 いまのままアメリカ一辺倒でいいのでしょうか。私は長島さんをよく思い出します。後楽園での引退試合の時、最後に「読売ジャイアンツは永久に不滅です」といったのです。永久に不滅どころか、去年のジャイアンツのサマといったらもう、見ていられない。アメリカもそうなるのではないでしょうか。小泉首相は「アメリカは永久に不滅です」と、いまもいっているのですが、そうではないのではないでしょうか。

 アメリカにさえ付いていれば、絶対大丈夫という時代は終わったのです。アメリカとも仲良くしなければいけませんが、しかしアジアとも仲良くしなければいけない、そういう時代がいま来ているのです。仲良くするのには、憲法9条を守ることが大前提です。これを止めてしまったら、アジアとは仲良くできません。

 憲法9条は、日本にとって“命綱”です。いままでは、憲法9条というと、「理想に過ぎない。現実は9条で飯食えないよ」という人が多く、中には鼻で笑う人もいました。しかしいまは逆です。9条でこそ食える。9条を変えたら、21世紀日本の経済は危ないのです。

 憲法9条を守ってこそ、この世紀の日本とアジアとの友好関係を守り、日本も安心して生きていけるのです。こういう世の中をつくる大前提が憲法9条です。憲法9条は美しいだけではなく、現実に儲かるものでもあります。そのことがやっと分かってきました。

 奥田経団連会長は、去年までは小泉首相を応援して靖国参拝も賛成だったのですが、そんなこといってたらトヨタは中国で売れなくなります。そこで今年の正月の挨拶でついに、「中国との関係を大事にしてほしい」と、向きが変わりました。

 財界が、中国と仲良くしなければ自分たちは商売ができない、となってくれば、日本の政治の向きも変わるだろうと思います。あと3年たてば多分、これは日本の国民の常識になってきます。中国と仲良くしないと経済が駄目になる。それは中国のいいなりになることではないのです。良くないことはきちんという。だけど敵にするのではなく、仲良くする。でなければ、日本の経済は成り立たない。これがみんなの常識になってくるでしょう。

 これまで60年、アメリカベったりだったから、アメリカから離れたら生きていけないと皆思ってきました。しかし現実の数字はそうでなくなっています。一番大事な経済の相手は、もうアメリカではなくアジアなのです。これに気づくのにあと2・3年かかるでしょう。これが世論になれば、もう、憲法を変えるなどということは、絶対にできません。

 しかし、この3年の間に、国民の世論がそのように変わる前に、憲法が変えられてしまったら、どうにもなりません。

 あと3年、必死の思いでがんばって、子供たちに平和な日本を残してやるのが、私たちの務めだと思います。そう思って、私も必死になってかけ回っています。あと3年ぐらいはまだ生きていけるだろうから、なんとしても3年間は9条を守るために全力をつくしたいと決心しています。

 ありがたいことに、9条を変えるには国民投票が必要です。国会で決めただけでは変えられません。国民投票で過半数をとらないと、憲9条は変えられないのです。逆にいえば、これによってこちらが憲法9条を守る署名を国民の過半数集めてしまえばいいことになります。住民の過半数の「9条を守る」署名を3年間で集めてしまう。そうすればもう、変えることは不可能になります。

 そうすれば、子供たちに憲法9条のある日本を残してやれます。2度とアジアと戦争する国にならないようにして、そしてもし長生きできれば、新自由主義という方向、つまりアメリカ言いなりではなく、もっと自主的な経済ができるように、せめてヨーロッパのような修正資本主義、ルールのある資本主義の仕組みにもう一度戻すこともできるでしょう。

 日本中で、飢えている人、因っている人、貧しい人が、それでも人間らしく生きていけるような、最低限の保障ができる、生きる希望が出る──。そういう社会にすることが大切なのだ、と思います。これは長期的展望です。簡単にはできません。一度、新自由主義になってしまったので、10年位かかるでしょう。国民が賢くなって、正しい要求を政府につきつけていかなければいけません。その中心になる労働運動の再建が必要です。

 結局国民が主権者なんですから、国民の願いがかなうような、そういう日本に作り替えていきたいなと、そういう道を進んでいきたいなと思います。

 鋸南町は合併を拒否なさったというので、日本でも有数な自覚的な町といえます。合併するとまず住民自治がダメになります。大きくなるということは、住民自治が駄目になることでもあります。住民が主人公になる町こそ大切。ぜひこの美しい山と海と禄のある町で、1人1人が主人公であるような地域共同体というものを、みんなが助け合える町になることを私も希望して、講演を終わらせていただきます。
http://kyonannet.awa.or.jp/mikuni/siryo/2006/kawabata-kouen060114.htm


127. 2014年11月29日 12:46:44 : b5JdkWvGxs

日本人の貧困化が変わらないのに自殺者が減るのはなぜなのか 2013年5月31日

会社を動かしているのは、経営者か、労働者か。もちろん、多くの人が経営者だと答えるだろう。では、会社が傾いてリストラされるのは、経営者か、労働者か。

もちろん、それは労働者だ。

日本では、かつての終身雇用はすにで崩壊した。求人も減り、国民の貧困率も上昇している。日本もまた大きな失業社会になった。そして、企業も「生き残り型」に変化した。

つまり、企業は社員というコストのかかる人件費を切り捨てるように変化していったのだ。

会社は、大きく分けると3つの階層に、明確に分かれる。

・オーナー(株主)
・マネージャー(経営者)
・労働者(派遣社員)

社員という概念が捨てられて、労働者という概念に入れ替えられた。もちろん、年功序列もなければ、終身雇用もない。逆に、いらなくなったら捨てられる。

グローバル化によって会社は「無国籍」に

今サラリーマンと言われている多くの人たちは単なる労働者になるのだから、その賃金は新興国なみの低賃金になるまで落とされていく。

逆に、利益を上げるマネージメントの職業はべら棒な高給で雇われるようになる。

社会が二極分化する。

能力があからさまに賃金の格差を生み出すので、社会そのものは格差社会が当たり前になっていく。

しかし、どんなに能力があっても、他に低賃金で同じ能力を提供する国や人が現れれば、すぐにでも解雇されて低賃金・高能力の人間が雇われる。

会社にとって、仕事ができるのであれば、日本人でも外国人であっても関係ない。同じ能力なのであれば、安く雇える方を選ぶに決まっている。

グローバル化によって会社は「無国籍」になっているので、その時その時でもっとも賃金の安い国へ労働場所がシフトする。

別に日本で生まれた会社だからと言って、日本人がメインでなければならないという法律はないからだ。

ソニーもニッサンもトップは外国人になったし、トヨタもホンダも工場労働者は日本人ではない。

日本人の賃金が高いのであれば、それは日本人の大きな欠点となる。さしずめ、日本人にとってはアジア圏の人々がライバルになるだろう。

アジア圏の人間のほうが能力が高いのであれば、日本人は解雇されるか、もしくはアジア圏の人間と同じ賃金に収斂していく。


日本人の給料が、猛烈な勢いで下げられていく

日本の物価がどうであろうと関係ない。

たとえば、タイ人が日本人よりも優れており、彼らの月給が月3万円であれば、企業は彼らを雇うようになるだろう。

日本人がどうしても、そこで働きたいのであれば、日本人の賃金も月給3万円に引き下げられる。

中国人が月給1万円で同じ仕事をするのであれば、日本人の月給もまた1万円に引き下げられる。

あなたはこの文章を他人事のように読んでいるかもしれない。しかし、あなたが人に雇われて生きているのであれば、それがあなたの行く末になる可能性が高い。

ユニクロの柳井正氏は「世界同一賃金」を提唱し、仕事のできない人間は「年収100万円も仕方ない」と言った。そんな時代が来ているのである。

国や企業は一度頂点から転がり落ちると、加速度がついて悪化する。だから、給料の減少、年金の減少は、ある日突然、驚愕するほどの低額になる。

繰り返すが、サラリーマンがグローバル化によって一番、大きな被害に遭う。もっとも被害を受けるリスクの高い職業だと断言してもいい。

会社に勤めていて、それほど飛び抜けた能力のない人間(つまり普通の人)は、みんなまとめて給料減少の憂き目に遭う。

アジア(中国、東南アジア、南アジア)は低賃金であえぐ国だったが、グローバル化の流れに乗って俄然、その低賃金が他国の企業にとって魅力的なものになった。

そして、今やアジアから「低賃金が輸出」されるようになっている。日本人の給料が、猛烈な勢いで下げられていく時代になったのである。


日本人の低賃金化の対応策は「自殺」だった?

日本人は、この低賃金や貧困化に対して、どのような「対策」を取っているのか。もちろん、多くの人たちは、まったく何の対策も取っていなかった。

だから、追い詰められていくと多くの人が「自殺」を余儀なくされていった。

客観的に見ると、「自殺が対応策である」とも言えるような悲惨な状況になってしまっているのである。

日本でグローバル化が本格化したのは1990年頃からだ。そして、その頃から自殺者が膨れ上がっていった。最近は自殺者が減ってきているのだが、それでも3万人前後もいる。

自殺者の70パーセントは男性だ。50歳〜59歳の男が一番自殺者の多い年代となっている。

この年代は不景気をもろにかぶって住宅ローンや子供の教育ローンで追い詰められ、リストラされたら家族もろとも破綻する運命にある。

だから、家族を守るために死にものぐるいで働き、借金し、最後にどうしようもなくなって、追い詰められ、逃げ場を失い、自殺していくのである。

しかし、追い詰められているのは、もちろんこの年代だけではない。

何十社、何百社から就職を断られ続けている若年層や女性もまた追い詰められている。

失業率が高まって、ギリシャやスペインやアメリカでは若者による暴動やデモが起きているが、日本では暴動やデモが起きない代わりに「自殺」が起きている。

自殺者が減っているのはどういうことなのか?

日本人は怒りを抱くと、外ではなく内へと向かう傾向があるとはよく言われる。だから、社会的に追い詰められても、デモや暴動で暴れるのではなく、自分を責める方向に向かっていく。

「就職できないのは自分が劣っているからだ」
「就職できないのは自分が望まれていないからだ」
「自分は役に立たず、経験も足らず、優秀ではない」
「リストラされたのは自分が至らないせいだ」
「給料が下げられたのは自分が至らないせいだ」

日本人は心の中で自己批判し、自分に起きた不幸を社会のせいにするというよりも、自分のせいにする。そして、それによって自分を追い込んでいく。

すべてが個人の責任ではないにもかかわらず、日本人は個人で他人の失敗まで引き受けて追い込まれて行く。真面目な人ほどそうだ。

ところで、昨今は自殺率が下がっている。世の中が良くなったのだろうか。いや、世の中は何も変わっていない。しかし、自殺率は下がった。なぜだろうか。

それは、こういうことかもしれない。

自殺というのは、良い状況から悪い状況に落ちたときの喪失感や絶望感によって生まれる。日本は1990年以来、20年に渡ってそのような状況だった。

しかし、最近は最初から貧困、最初から低賃金の人たちで溢れるようになった。つまり、「良い状況」を知らないまま、悪い状況が当たり前として暮らす。

そうなると、「良い状況から悪い状況に落ちたときの喪失感や絶望感」というものがない。

生活環境を落としたくないという焦燥感もなければ、無理や住宅ローンや借金も最初からない。

貧困が固定化し、しかも仲間が多いと、それが当たり前だから逆に何も感じなくなってしまうのだ。

自殺者が減っていくというのは、要するに「悪い状況」が日常になった人が増えたということを意味するのではないだろうか。

日本が衰退して20年。すでに、衰退する日本の姿しか知らない人間も増えた。衰退と貧困化が当たり前になった。 そうなると、それが自殺する要因にならなくなってしまう。

貧困に落ちたくないという焦燥感が自殺を誘発する。
最初から低賃金で貧困層も増えていれば自殺が減る。

自殺者が減ったというのは、すなわち、日本もいよいよ貧困層の固定化が始まったと考えれば、納得できるかもしれない。
http://www.bllackz.com/2013/05/blog-post_31.html


128. 2014年11月29日 13:44:01 : b5JdkWvGxs

いよいよ始まった。あなたの年収も、100万円になる時代が来る 2013年4月25日

ユニクロは、かねてから社員を低賃金で使い潰す経営方法で、非常に問題のある悪質なブラック企業として知られている。

そのユニクロを率いる柳井正会長が、「年収100万円でも仕方がない」と言い出して日本人を驚かせている。「世界同一賃金」にして、仕事のできない人間は年収100万円でも仕方がないと言う。

これは2つの意味がある。

年収100万円であっても、いくらでも人材を雇えて使い潰せる時代になっているということがひとつ。

年収100万円で、嬉々として働いてくれる日本語の流暢な外国人を雇えるということがひとつ。

グローバル化の流れの中で、日本人の賃金が途上国の方に合わせられるというのは、驚くことでも何でもなく、すでに10年も前から予測されていた動きであるのは間違いない。

数年後の生活はかなり危険な事態に

大企業であれば安泰だというのは昔の話だ。年功序列も、終身雇用も、今は何もかもが崩壊した。

すべてが崩壊していっているのだから、簡単に言うと「勤め人・会社員・サラリーマン」と呼ばれている職業に就いている人には「もう、未来がない」ということになる。

現実を直視したほうがいい。

大企業でも賃金引き下げも行われている。追い出し部屋というものがあって、社員を孤立化させて自主退職に追いやる陰湿なやり方も流行している。

これは「序章」に過ぎなくて、グローバル化の流れで日本はもっとひどいことになっていくだろう。

海外を見て日本に目を向けると、日本の労働者の賃金はまだ高すぎるのだから、これが容赦なく引き下げられるのは当然のことである。

つまり、もっと賃金は引き下げられる。

日本人はグローバル社会を黙って受け入れた。だから、その結果も受け入れなければならない羽目になっている。

グローバル社会を受け入れた「結果」とな何かというと、「賃金が一番安いところに合わされるという」ことである。

それができない企業は競争力を失ってどんどん潰れていくことになるので、企業はリストラや賃下げをせざるを得ない。

だから、「サラリーマン」がただの「労働者」になるのは必然的な流れだ。あなたがサラリーマンをやっているのであれば、もはや先が見えているということでもある。

相当、優秀な人間でない限り、数年後の生活はかなり危険な事態になると考えておいたほうがいい。

サラリーマンの多くは使い捨ての労働者になっていく。今でもそうかもしれないが、これからはもっと苛烈だ。


サラリーマンという職業は、もう「終わり」だ

日本では、今までほどほどに生活できていた人が、これからは生活できなくなっていく。

もし、あなたが今の自分が「ほどほどに生活している」と思うのであれば、これから一番、危機に瀕していくのがあなたのいるポジションだということになる。

なぜ、今まで金持ちでも貧乏でもなかった人が危機に陥っていくのか。それは、極端なまでのグローバル経済が、これからもさらに続いていくからだ。

よく考えて欲しい。グローバル化の本質というのは、常に「コストの安いところで物を製造する」というものである。

製造の中でコストが高いのは何か。

それは人件費なのである。だから、グローバル化の中では常にコストの引き下げ=給料の引き下げが課題となる。

最終的には「日本人の給料をもっとも安い新興国の給料にまで引き下げる」ことが会社の使命になる。

それができないのであれば、先進国の雇用者を打ち切って丸ごと新興国に会社を移すか、もしくは新興国の人間を連れてきて安く働かせるというテクニックが使われる。

円安になったところでこの流れが劇的に変わると期待してはいけない。人件費を下げるために、企業は何でもする。

日本人の賃金は高いのだ。グローバル化の中で企業は競争に巻き込まれて行くのであれば、もはや日本企業であっても高賃金の日本人が雇えない。

だから、日本人の給料はどんどん引き下げられるし、リストラも加速していく。

あなたが日本人であり、かつサラリーマンであるならば、激しい危機感をもっと感じたほうがいい。

サラリーマンという職業は、もうそろそろ「終わり」が見えて来ている。つまり、今までほどほどに生活できていた人が、これからは生活できなくなっていく。


今後はサラリーマンも時給制で働かされる

日本についていえば、今後は国家主権もアメリカに奪われるので、さらなるグローバル化が加速していく。消費税もまた上がって、インフレも起きてくる。

要するに、これからどんどん経済的な危機が迫っていくということだ。

その結果として、日本の「ほどほどに生活できていた人たち」が生活レベルを維持できなくなり、経済崩壊していくことになる。

一方で、企業のオーナー(株主)や、マネージャー(経営陣)は会社と一体化しているので、手に入れた利益を自分たちでお手盛りで手に入れることになる。

これが格差問題である。

日米欧のすべてでこの問題が表面化しているが、日本企業の衰弱がとまらない今、もっとも危険な状態に置かれているのが日本人のサラリーマンであると言える。

最終的にどのような時代になるかというと、現在のサラリーマンの形態が崩壊し、ほとんどの人が時給制で働かされる単なる機械の部品のような労働者に転がり落ちる。

なぜ時給制なのかというと、月給制・年俸制になればなるほど賃金を保証しなければならないので、それを避けるためだ。

つまり、いつでも低賃金で雇って、いつでも解雇できる人員を企業が求めるので、時給制になっていくわけである。

その結果として生まれるのは、救いのない、向上の余地のない、どこまでも悪いほうに落ちて行く殺伐とした社会である。


国民が、企業と国家に捨てられている

日本は今、アベノミクスで沸いているが、言うまでもなくこのアベノミクスで恩恵を受けるのは、資産を持っている人たち、すなわち株式や不動産を持っている人たちが主体となる。

株式も不動産も持っていない人は、何もない。

知っておかなければならないのは、この流れはどんどん格差を生み出して、最終的にはどうにもならないほどまで日本人を二極分化させるということだ。

はじめに働き、まじめに暮らしたいと考えても、企業の方がそれをさせてくれない。

これからの企業は、従業員を大量にリストラして、従業員を雇わない。雇っても低賃金で、挙げ句の果てに国を出ていく。

おまけに累積債務を抱えた日本政府もまた、生き残るために年金や社会福祉を大量にカットする。セーフティーネットを削減する。行政サービスを縮小する。

実はこの動きは世界中の先進国で起きている。

今、どこの先進国でもいいから、企業と国家が何をしているのか、新聞の見出しだけでも見てみればいい。

アメリカでも日本でもフランスでもギリシャでも、やっていることはみんな同じだ。

企業はコストのかかる従業員を片っ端からリストラしている。そして、国家は緊縮財政に走っているのではないか。

もう一度、よく新聞を読んでみればいい。

企業は片っ端から人を切り捨てている。解雇し、新しく人を雇わない。その結果、失業率がうなぎ登りに上がっており、それが社会の不満分子となっている。

ユニクロを率いる柳井正会長の発言は、これから来る年収100万円時代の先駆けとなるのかもしれない。すでに、若い女性の多くはそれに近い賃金に落とされているとも言われている。

次は、あなたの番かも知れない……。
http://www.bllackz.com/2013/04/100.html


129. 2014年11月29日 13:54:25 : b5JdkWvGxs

格差はやがて階級に。サラリーマンは下層の労働階級に落ちる 2013年1月2日

日本の天皇一族や、欧州の王族・貴族は世襲だ。なぜそれが世襲になるのかというと、権力構造がそこにあるからだ。権力構造のあるところには世襲がある。

世の中は、そのような仕組みになっている。

かつてはそういった一部の王族・貴族が権力構造を独占していた。しかし、やがて世の中は「金こそすべて」になっていった。

すると今度は、金がうなる世界のあちこちで、その世界を独占するために世襲が生まれ始めた。

多くの国で、政治家の子供が政治家になっている。また、高級官僚の子供が高級官僚になっている。経営者の子供が経営者になっている。

なぜなら、そこに利権と大金と権力が転がっているからである。だから、世襲ができる仕組みがそこに生まれて、どこの馬の骨とも分からない人間を排除するようになっている。

「正社員」を放り出す時代が始まった

日本は「一億総中流」と言われる時代が戦後から数十年にも渡って続いていたが、やがてこの「世襲」が社会のあちこちに生まれて、固定化していったのは記憶されていい。

この「世襲」は何を生み出すのか。それは、「超えられない格差」である。職業や身分が「固定化」されて、乗り越えることができない壁となって立ちふさがるのである。

格差が極まれば、階級になる。具体的に言えば、「上流階級」と「下流階級」が完全に別個な世界を作り出して、身分制度の社会となって表れていく。

まだ日本は格差で分離されている時代なので、誰も気がついていないが、この方向性が示す最終形の世界は、「階級」になっていく。

この動きがはっきりしてきたのは1990年からである。この年にバブル崩壊が起きて、日本は頂点から落ちる衰退国となっていった。

そして、バブル崩壊から10年、自民党小泉政権に入ってから、一億総中流だった社会が一気に崩壊し、格差の問題が大きく表れることになった。

この当時は、正社員になれない人が増えて、「正社員が勝ち組」「派遣が負け組」と言われていた。しかし、さらにそれから10年経って、時代はさらに進んだ。

日本が衰退するということは、日本企業が衰退するということでもあった。

だから、企業は自らの破綻を回避する必要性に迫られ、今度は「正社員」を放り出す時代が始まったのだ。

「正社員が負け組」「サラリーマン全員が負け組」となる社会がすでに動き始めている。上層の経営者、企業のオーナー以外は、全員が単なる労働者になる世界がこれから待っている。


他人事でいられるのはそう長くない

すなわち、日本は「エリート階級」と「下層階級」という今のアメリカやイギリスと同じような、超格差社会になっていくことになる。

アメリカでは、2011年に「ウォール街を占拠せよ」というひとつの社会運動が起きていた。

アメリカは「1%の超資産家と、99%の貧困層」の国になってしまった。だから、格差是正運動が起きて、こんな極端な社会を是正しろという国民の叫びが起きたのだ。

多くの日本人はこれを他人事のように見つめていたが、それはまだ「1%の超資産家と、99%の貧困層」という完全分離になっていないからだ。

今、そうなりつつあるのだが、その過渡期にあって日本人はそれを意識していない。だから、このアメリカで起きていた運動は他人事だった。

しかし、他人事でいられるのはそう長くない。

すでに、金がうなる世界のあちこちで、その世界を独占するために世襲が生まれているのである。

政治家の子供が政治家になっている。
高級官僚の子供が高級官僚になっている。
経営者の子供が経営者になっている。

エリート階級が利権と大金のうなる世界を独占するようになり、身分が固定化されている。

エリート階級の身分が固定化されると同時に、貧困者の身分も固定化されつつある。貧困層の家庭の子供は、やはり貧困層でしかないという現象が始まっているのだ。

今の若者のほとんどは貧困層に落ちている。単純労働や派遣労働という仕事しか見つからなくなっており、もはや仕事を探す気力すら失って家に引きこもるしかなくなってしまった。

そして、これが社会全体で見ると、「1%の超資産家と、99%の貧困層」を生み出す元になる。


「格差」が固定化すると「階級」になる

1990年のバブル崩壊と共に、世界経済はグローバル化の流れに乗っていった。

これは2000年頃から急速に広がっていったインターネットによって極限まで拡大され、今やグローバル化は後戻りできない巨大潮流となっていった。

2005年、トーマス・フリードマンは「フラット化する世界」という著書で世界のグローバル化を描いて見せた。

2000年に入ってから、先進国のホワイトカラーが担っていた仕事が、どんどん新興国に流れていた。これはすなわち、ホワイトカラーが要らなくなって捨てられていく動きだった。

日本もグローバル化に飲み込まれたのだから、当然、日本のホワイトカラーも捨てられていく。

日本ではホワイトカラーのことをサラリーマンと言っているので分かりやすく言うと、サラリーマンが要らなくなって、捨てられていくのである。

エリート・特権階級・経営者が世襲になって身分が固定化していくので、サラリーマンはいくら努力しても報われない。低賃金の労働者に落とされて行く。

すでにそのような動きになっている。

だから、「日本にも階級が生まれる」と主張する人も出て来ている。その通りだ。

「格差」が固定化すると「階級」になる。

そして、一度「階級」が決まると、二度と這い上がることができない世界が生み出される。日本が向かっているのは、その這い上がることができない世界なのである。


労働者は労働者階級で固定化される

あなたがもし「普通のサラリーマン」であれば、もう将来はない。今のままではいずれは労働者階級に落とされて、そこから這い上がれなくなる。そして、それは固定化される。

すでに日本企業もグローバル化しており、国境を越えたアウトソーシング(分業)が当たり前になった。

だから、これからはどこの企業も、賃金の高い日本人労働者を雇い入れるようなことはしない。そして、現在のサラリーマンの賃金は途上国並みに引き下げられる。

それを拒否するのであれば、意識的に辞めさせられる。

朝日新聞は2012年12月31日に、パナソニックの「追い出し部屋」を特集してこれを新聞の1面トップに持ってきた。

パナソニックだけでなく、ソニーやNEC等の大手企業で次々と設置されている「追い出し部屋」とは、いったい何なのか。

これは単に要らない社員を集めて、就業時間まで何もしないで放置させ、自主的に社員を退職させる仕組みである。

社員は要らないから切り捨てたいが、強制退職させると問題になるので、仕事を与えないで放置し、社員を精神的に追い詰めて辞めさせる。

そんな動きが続々と生まれていて、「普通のサラリーマン」を捨てる時代が来ている。多くの企業がそのような方向性を打ち出していて、とにかく社員を切り捨てている。

もう会社は社員は必要としておらず、安い賃金で働かせ、要らなくなったらすぐに切り捨てることができる「労働者」を求めている。

労働力が使い捨てにされているのである。

だから、今どき普通のサラリーマンをしているというのは、要するに将来は「低賃金の労働者階級」「下層階級」を選んだも同然なのだ。

サラリーマンは単純労働者に落とされ、労働者は労働者階級で固定化される。

あなたがサラリーマンをやっているのであれば、のんびりテレビなど見ている場合ではない。

あなたは買い叩かれ、あなたは使い捨てにされる。そんな時代なのだから、自分がどうやって生き延びるか、熟考しなければならない。

私たちが生きているのは、そんな時代である。
http://www.bllackz.com/2013/01/blog-post_2.html


130. 2014年11月29日 14:09:47 : b5JdkWvGxs
企業が仕事をアウトソーシングすると、あなたが貧困に落ちる 2012年11月29日


アウトソーシング(仕事の外注)が、最終的にワーキング・プアや失業者を生み出す。あまり意識されていないが、本当は重大な事実だ。

アウトソーシングは効率的な経営に欠かせない。しかし、すべての企業がアウトソーシングに走ると、経済学的に言う「合成の誤謬」が発生する。

分かりやすく言うと、「その企業にとっていいことだが、全体が同じことをすると最終的に世の中が悪くなる」ということだ。その企業は良くても、社会全体にとっては悪い。

グローバル化とアウトソーシングが同時並行で拡大していくと、先進国の労働者は最終的に生きていくのにギリギリの賃金しかもらえない社会となっていく。

日本で言うと、8割がサラリーマンなのだから、その8割のほとんどが、いずれワーキング・プアや失業者となって貧困化していくということだ。

すべてのサラリーマンは、短期のアルバイト並みの最低賃金にまで落ちて「貧困層」になる確率が高い。すでに、その兆しが出て来ているのは誰もが知っている。

すべてアウトソーシングの対象になっていった

かつて、ほとんどの企業は自社の仕事を「内製」でしていた。

しかし、それはもう昔話だ。1990年代から爆発的に加速度を増して増えたのは、仕事を切り出して、外部に「アウトソーシング」するという動きだった。

これが2000年代に入るとうなりをあげて加速し、最終的に「国境を越えたアウトソーシング」にまで発達した。

先進国の企業が、発展途上国の企業にアウトソーシングする動きが主流となっていったのである。

アウトソーシングというのは「外注」「外製」「外部委託」という日本語が充てられる。

外注に出す仕事というのは企業によって様々で、ひとつの仕事の中のほんの一部しか出さないという企業もあれば、ほとんどの業務を完全に外注してしまうという企業もある。

欧米ではこのアウトソーシングが徹底化していて、電話対応から、帳簿の作成から、プレゼンテーションの資料まで、すべてアウトソーシングの対象になっていったのである。

なぜ企業は仕事をアウトソーシングするのか。それは、経営の効率化のためである。さらに具体的な言い方をすると、コスト削減のためである。

たとえば、どこかの企業がソフトウェアを作ったとする。ソフトウェアには電話サポートが必要になる。

しかし、電話を受けるためだけに人を雇ったら経費が高くつく上に、そのソフトが陳腐化したときに雇った人間が要らなくなる可能性が高い。

だから、その業務をアウトソーシングして、むやみやたらに人を雇わず、人件費を浮かすのである。その企業のやり方は間違っていない。それが「効率化」だ。


「人を雇わない」「安い給料でしか雇わない」

では、アウトソーシングする企業(外注先)はどのようにして決めるのだろうか。

もちろん、安かろう悪かろうでは話にならないので、信頼ができて、ほどほどに安いところが選ばれる。

しかし、いくつかの外注先があったとすると、そこには自然発生的に価格競争が生まれていく。そして、どうしても仕事が欲しい企業は、赤字スレスレで仕事を受けるようになる。

そうやって、一度価格が下がると、企業は「コスト削減」のために下がった価格でしか次も頼まない。そうすると、外注先はどんどん安い値段で仕事を受けざるを得なくなってしまうのである。

そこで、外注先の企業が、今度は効率化のために人件費を何とかしなければならなくなる。

仕事の徹底的な「効率化」も必要だが、もっとも効果があるのは人を雇わないことだ。今いる人員に2倍も3倍も働かせる。次に効果があるのは、「安い給料」で人を雇って働かせるということだ。

外注に出す企業は、コスト削減で人を雇わない。
受ける企業も、利益確保のために人を雇わない。

ここで、「人を雇わない」という流れが生まれて来る。さらに、競争力を維持するために「安い給料でしか雇わない」という動きも同時に生まれている。

人を雇わない=失業者の拡大
安い給料=ワーキング・プア

この時点で、失業者とワーキング・プアの拡大が生まれることは理解できるだろうか。


先進国の労働者はどうなってしまうのか

話はこれだけに終わらないのがグローバル経済だ。

先進国の労働者の給料と、後進国の労働者の給料を比べてみると、当然、後進国の労働者の給料のほうが安い。

そうすると、さらなる効率化のために「後進国にアウトソーシングしたらどうだろうか」という動きが出てくるようになる。それを可能にしたのがインターネットだったのだ。

インターネットではたとえ地球の裏側であっても、メールを送ればすぐに届く。サイトを更新したら、すぐに反映される。IP電話を使えば市内通話の価格で話ができる。

インターネットによって後進国に仕事を依頼する経費が無視できるものになると、企業は「コスト削減」のために、途上国にアウトソーシングする動きになっていったのである。

この怒濤のような波に乗って、爆発的に成長していったのが、インドのアウトソーシング企業であった。たとえば、インフォシス社やタタ・コンサルタンシー・サービスはその筆頭だ。

先進国の労働者の10分の1の価格で働く人間がインドでは膨大にいて、インフォシスやタタはそういった人間たちを使って先進国の仕事を一挙に奪うことが可能になった。

そうすると、先進国の労働者はどうなってしまうのか。

仕事を後進国に奪われ、働く場所がなくなってしまう。かろうじて手に入れた仕事は低賃金の仕事しかなくなってしまう。

すでに、アウトソーシングの加速で、「人を雇わない=失業者の拡大」と「安い給料=ワーキング・プア」の動きが定着した。

インターネットによって国境を越えたアウトソーシングができるようになると、それが極限まで突き進んだのである。

だからと言って、アウトソーシングを規制するとかインターネットを規制するという動きはない。つまり、先進国の労働者は極限まで落ちて行くしかないのである。

アウトソーシングが、最終的にワーキング・プアや失業者を生み出すとは、そういうことなのだ。


働いている多くの人たちは生き残れない

枝葉を取り除いて分かりやすくシンプルにまとめると、アウトソーシングというひとつの流れにグローバル化が絡むと以下のようになっていく。


(1)効率化のために、アウトソーシングする。

(2)アウトソーシングは安いところを選ぶ。

(3)請け負った会社は安い給料で人を使う。

(4)競争はどんどん仕事を低価格にする。

(5)給料はどんどん安くなっていく。

(6)アウトソーシングは海外まで拡大する。

(7)先進国の労働者は極限まで賃金が下がる。

(8)最終的にワーキング・プアと失業者が出現する。

この動きは、日本人にとって「無関係」のことではない。むしろ、日本人のダメージは他国よりも大きくなる可能性が高い。

なぜなら、日本人の8割がサラリーマンということは、日本人の8割がダメージを受けるということだ。

今、8割のサラリーマンは同じ日本人と競争しているのではなく、中国やインドや東南アジアやアフリカの労働者と競争をしているのだ。

そして、残念ながら勝ち目はまったくない。

勝ち目がないというのは各国の平均的な実質月収(税金を引いた手取り金額)を見てみたら分かる。

ブラジルでは月収6万円、メキシコでは4万円、中国では4万円、インドでは3万円で労働者は一生懸命に働いている。

今、労働者が競争している相手は、この3万円から6万円で働く人たちなのである。

日本で3万円〜6万円で生活するのはほぼ不可能だと思われるが、もしグローバル化がこれからも続けば、いずれは日本人のサラリーマンの賃金も、このあたりまで下がってもおかしくない。

現在、すべての企業は生き残るためにアウトソーシングを当たり前に取り込み、途上国に仕事を発注する。そして、企業は生き残る。

しかし、働いている多くの人たちは生き残れない。


中国の工場労働者。
低賃金で働く夥しい労働者が先進国の労働者を追い詰める。
http://www.bllackz.com/2012/11/blog-post_29.html


131. 2014年11月29日 14:45:41 : b5JdkWvGxs

日本が衰退していく中で、今までの常識では生きていけない 2014年1月24日

私たちの生活は年々悪くなってきているが、それでも2000年までは、まだ「真面目にやっていれば報われる」というどこか奇妙な楽観論が残っていた。

さすがに今ではもうそのような楽観論は跡形もなく消えてしまったが、今でもそれを「常識」のように抱いている人も中にはいる。しかし、もうそんな時代ではなくなっている。

・若年層は、就職できなくなっている。
・中年層は、リストラの対象になっている。
・高年層は、生活保護受給に落ちている。

ここでよく考えて欲しい。就職できない若年層の貧困化も目立ち、40代以降のリストラも当たり前になり、生活保護受給者もどんどん増えているが、そういった状況に陥ってしまた彼らは真面目ではなかったのだろうか?

遊びほうけ、好き勝手なことをして、適当に生きていたから困難に陥っているのだろうか?

時代の波が変転すれば不運に巻き込まれてしまう

昨今ではソニー、パナソニック、ルネサス等の東証一部上場企業から、グリーやミクシーのような新興企業まで、ことあるごとに社員をリストラしている。

では、これらのリストラされた人たちは、真面目ではなかったのだろうか?

みんなまじめにやってきたのだ。しかし、どんなに真面目であっても、時代の波が変転すれば不運に巻き込まれてしまう人が数百万、数千万人の単位で生まれて来る。

真面目にやっていれば報われる。それが空しい言葉になりつつあるのは、すなわち時代が変わり、常識が変わって来ているからだ。

かつての常識が今も通用すると考えると、それは不幸の始まりになってしまう。

「真面目にやっていれば報われる」は、高度成長期の頃に生まれた常識であり、この常識は今はもう機能していない。

では、今の常識の基本となっているものは何か。今の常識はすべて、国は衰退しているという前提で成り立っているのだ。

たとえば、「ちゃんと働けば報われる」が成り立たなくなったというのは、今働いている人たち全員の実感ではないだろうか。

ブラック企業が問題になっているが、ブラック企業ではなくても、労働条件・労働環境は悪化して、しかも給料が上がらないどころか下がっている。普通の会社で、一心不乱に働いてもそうなのだ。

「真面目に働けば報われる」というのは、もう完全に非常識になったのだ。これからは、「真面目に働いたところで報われない」というのが常識になる。

グローバル化の時代は先進国の人間の給料を引き下げる動きをする。また、企業はコストの安い海外に職場を移す。だから、この流れは、グローバル化が続く限り止まらない。


政府による収奪は、徹底化されていくことになる

日本人は定年までしっかり働き、定年退職したらあとは悠々自適の生活に入るというのが理想でもあり、常識でもあった。今でも、それが可能だと信じ切っている人もいる。

しかし、これもあり得ない。政府は、必死になってインフレを起こし、年金を引き下げ、受給年齢を引き上げ、医療費の自己負担も上げ、消費税もどんどん上げている。

なぜなら、もう日本政府の累積債務は1000兆円を超えて、かなり絶望的なところにまで到達しているからだ。国民から収奪するしかないから、政府は収奪しに来ている。

2013年12月18日には、国民年金を長期滞納している人間は、所得が400万円以上もあれば差し押さえすると厚生労働省は宣言している。このように、今後も政府による収奪は、徹底化されていくことになる。

そんな中で、年金が維持されるはずもなく、インフレも始まったら、高齢者が追い込まれてしまうのは自明の理だ。国の福祉がいつまでもあると思うのは、もう非常識なのである。

年金で生活などできなくなるというのが、衰退の時代の常識だ。高齢者は巨額の資産を持っていない限り、死ぬまで働かなければならないのだ。

そもそも、年金を支える若年層が減っている上に貧困化しているのである。それだけでも年金制度がこのまま維持されるわけがないことが分かる。

少子高齢化の問題は、日本の現在のシステムを崩壊させる時限爆弾である。

年金制度も少子高齢化によって破綻が見えてきているし、国の活力低下、内需低下もまた少子高齢化によって年々ひどくなっていく。


漠然と持っていた古い常識では生きていけない

少子高齢化がもたらす問題は、国の活力を削ぐだけではなく、対外的にも大きな問題になっていく。

まず、「日本は日本人だけのもの」という常識も、この少子高齢化によって崩壊する。なぜなら、人口減少によって必然的に外国人が入って来やすい土壌が整うからだ。

人口が減って日本は物理的に土地がガラガラになっていく。地方も人口減で崩壊する。ところが、世界に目を転じると人口はどんどん増えているのだ。爆発的に増えている。

日本は暮らしやすい土地である。それならば、増えた世界人口が日本の真空を埋めるようにして入り込んできたとしても、何ら不思議ではない。

いくら日本人が移民は嫌だと言っても、それを跳ね返す力もなくなっている。移民という形を取るのか、侵略という形になるのかは分からないが、いずれ、日本には大量の外国人が住み着いてどんどん増えて行く国になる。

そして、間違いなく「日本は日本人だけのもの」という常識は消える。遅かれ早かれ、日本はそうなっていく。

当然、現在の日本文化というのも消えていく。ゆっくりと掻き消されるようになくなる。つまり、日本文化は永遠に残るという常識も、今後は非常識になっていくのである。

日本は元々、世界からみると異質で理解されにくい文化を持った国なのである。その国が衰退し、少子高齢化で人口を減らしていくのだから、文化が衰退して消滅しても不思議でも何でもない。

日本文化が今のまま理解してもらえると考えるのは間違っている。日本文化は理解される前に消されてしまう。日本文化は消えるというのが新しい常識となっていく。


「真面目に働いたら報われる」は非常識になる。

「悠々とした年金生活が送れる」も非常識になる。

「日本は日本人だけのもの」も非常識になる。

「日本文化は永遠に残る」も非常識になる。

日本が衰退するという潮流から見ると、今まで私たちが漠然と持っていた古い常識では生きていけなくなる。これほど、日本人は追い込まれているという事実を、客観的に、そして現実的に捉えるべきだ。


暗雲漂う日本では、今までの常識はもう通用しない。
http://www.bllackz.com/2014/01/blog-post_24.html


132. 2014年11月29日 17:00:52 : b5JdkWvGxs

多くの若年層を不安定化させる3大要素は、これからも続く 2013年12月27日


内閣府が出した2013年版の「子ども・若者白書」を見ると、社会的自立の概況として、真っ先に書かれているのはこのような言葉だ。

「若者の失業率はこのところ改善が続くも,全体と比較して常に高い」

失業率が高いというのは、要するに仕事がなくて生活できていないということであり、それを裏付けるように、2000年以降はネットカフェ難民やホームレスに落ちる若者の姿も日本で報告されるようになってきている。

その若者の多くは低学歴層なのだが、統計で見ると中学卒業者の就職率は0.4%しかなく、99.6%は就職できていないということが分かる。高校卒業で見ると16.7%しか就職できていない。つまり、83.3%は仕事が見つからなかった。

大学卒業者になって、やっと63.9%に上がるが、彼らはまともな職を見付けられたのだろうか。

統計を見ると、25歳から34歳までの若年層の40.9%は非正規雇用者だった。つまり、正社員ではなかった。女性は54.5%だから、2人に1人は非正規雇用者だ。

243万人の若者はそのまま一直線に貧困に落ちる

これを分かりやすく言えば、こういうことになる。

「中卒・高卒のほとんどは仕事がない」
「若者のほぼ半分は正社員になれない」

この傾向は女性になればなるほど顕著になる。女性の方が悪い方向で突出している。今の若年層の女性は、漠とした将来の不安を抱えて生きているということが分かる。

ニートと呼ばれる「若年無業者」は63万人もいる。そして、最近増えているのが30代のニートだ。63万人のうち、30代はほぼ40%近くを占めている。

ちょっとしたアルバイトやパートの仕事しかしていない若年層は180万人いる。フリーターと言われるこの層は、自力で生活を支えていくのは非常に難しい状態である。

ニートとフリーターを合わせると、243万人になる。

これだけの若者が日本の底辺にいて、恐らく生活を向上させることができないまま40代に突入して、這い上がることができない貧困層に転がり落ちていくことになる。

働いている若年層も半分は正社員になれないのだから、いったん不景気がやって来ると、非正規雇用者からリストラされるので、時代に翻弄されやすい層であると言える。

当然、若年層は何とか生活を安定させられる仕事を探そうと必死になるのだが、そこに待ち受けているのがブラック企業である。

ブラック企業は、若年層の苦境をよく知っている。若者が簡単に就職先が見つからないことを知っている。だから、簡単に辞められないのを見越して、死ぬほどこき使う。

若年層が奴隷化できることを、企業は気づいたのだ。だから、その状況を悪用して奴隷のように働かせ、壊れたら使い捨てするのである。


バブルは1989年12月に弾け飛んでいった

今の時代の若者は信じられないかも知れないが、1980年代の若者は「独身貴族」という言葉もあるくらい羽振りが良く、ちやほやされていた。

彼らの特徴は、親元から独立しないで家賃を浮かし、バブルに踊っている企業に勤めて高い給料をもらって遊興費に金がかけられることだった。

ブランド品を買い、海外旅行に行き、ディスコで踊り狂い、それが永遠に続くと彼らは思っていたのである。しかし、そのバブルは1989年12月に弾け飛んでいった。

1990年代の前半は、しばらく惰性でバブルの余韻に浸っている人たちもいた。しかし、1990年代の後半にもなると、不景気が徐々に回り出して自殺者も3万人を超えるようになり、リストラが静かに増え始めていた。

若者に多くの給料を払う企業が激減し、それと同時に若者が寄生している親の世代が疲弊するようになっていった。若者は親の甘い汁を吸うのが難しくなったのだ。

さらにこの時代からグローバル化が中小企業にまで浸透するようになって、単純労働は海外の工場で製造する時代になっていき、若者の就職口が減ると同時に給料も減っていった。

さらに悪いことに、このあたりから企業のコンピュータ化が急激に進んで、高い教育・訓練を受けた人間が必要不可欠になり、低学歴層は切り捨てられてしまうことになった。

2000年代に入ると正社員で若者を雇う企業も減ってしまい、非正規労働者がどんどん増えた。

不景気になると、彼らは真っ先に切り捨てられるし、給料はずっと低いままに抑えられる。そうやって、若者に未来がなくなっていった。


仕事も不安定で、家庭も不安定になった

若者の現状を不安定化させているのは、性の自由化による伝統的な家族の崩壊も理由として挙げられる。

性が自由化されるということは、家族という枠が壊れやすいということでもある。同棲、事実婚、離婚、シングル・ペアレント(片親)の大量出現は、すでに伝統的な家族の形が成り立っていないことを示している。

これは自由の拡大でもあったのだが、同時に若者の生活基盤を不安定化させるものでもあった。

要するに若者の男女関係はとても簡単に壊れるようになっており、パートナーはいつでも裏切る信用できない人間と化してしまっているのである。

いつでも裏切られるし、自分も裏切るかもしれない。だから、結婚というスタイルは、究極のリスクになっている。仕事も不安定で、家庭も不安定になったのだ。これで将来の展望が描けるはずがない。

若者を追い詰めるこれらの環境は、多くの先進国で次の3つに集約されるという。

(1)グローバル化による働き口の減少。
(2)情報化による職業の高度化や専門化。
(3)性の自由化による家族の不安定化。

多くの若年層を不安定化させる上記の3大要素は、これからも消えることはない。消えるどころか、逆に加速をつけて深化していくことになる。

だから、この時代に生き残れるのは、ひたすら高学歴を目指し、専門知識を手に入れてそれを生かす職業に就き、保守的なパートナーを選んでいる若者だということになる。

客観的に言うと、それができない若者が安定した未来をつかむのは、とても難しい時代になっている。

将来に対する不安と絶望で、押しつぶされそうになっている若者の姿が目に浮かぶ。

会社も家庭も不安定で、彼らの心の拠り所はどこにもない。それが今の若者の置かれている現状だ。


若者たちの足元はとても不安定だ。その不安定さはこれからも続く。
http://www.bllackz.com/2013/12/blog-post_27.html


133. 2014年11月29日 17:29:46 : b5JdkWvGxs

社会が悪いと言えない日本人の生真面目さが日本を崩壊させる 2013年11月21日


個人の努力は大切だが、それだけで世の中が渡れるほど甘くない。個人の努力を超えたところで起きている時代の流れは、すべてをなぎ倒してしまうこともある。

1930年代、夥しい人たちが世界大恐慌に巻き込まれ、失業・リストラ・自殺・流浪という人生に落ちていった。

当時の彼らは、ひとりひとりが努力していなかったわけではない。今と同じで、誰もが他人の世話にならず、きちんと生きられるようにと努力していた。

しかし、時代がうねって大恐慌時代になると、もはや仕事などひとつもなかったのだ。

彼らは家族を食べさせるために、どんな惨めな仕事ですらも受け入れる悲壮な覚悟で生き延びようとした。それでも仕事は見つからなかったのである。

この大不況は世界規模に広がっていき、やがて全世界を巻き込む大戦争となっていった。

時代が不況に落ちたとき、時代が混乱と激動と戦争に向かって行ったとき、私たちはもう為す術がない。歴史を見ていると、それを否定できる人はひとりもいない。

多くの人たちはそのとき、「自分のせい」にする

仕事もしないで、遊び暮らそうと考える人は世の中には少なからずいる。しかし、ほとんどの人は自分なりに一生懸命に働き、努力し、向上心を持ち、将来を夢見て生きている。

怠惰に遊び暮らすどころか、むしろその逆に自分の時間を削ってでも、多少身体の調子が悪くても、それでも必死で働いて「人に迷惑をかけないように」と生きている。大多数の人は、努力しているのである。

恐らくあなたもそうだし、あなたのまわりもみんなそうだ。きちんと将来を考え、家族のことを考え、毎日を必死で生きているはずだ。

それでも、貧しかったり、苦しかったり、仕事がうまくいかなかったり、リストラされたり、失業したりすることがある。学生はどんなに就職活動をしても、まったく内定が取れないということもある。

多くの人たちはそのとき、それを「自分のせい」にする。なぜなら、貧しくない人もいるし、人生を楽しんでいる人もいるし、仕事がうまく行っている人もいるし、楽に内定をもらえる人もいるからだ。

そういう人がいる中で自分が挫折を味わうと、それは自分のせいなのだと単純に思うのは無理もない。

「時代が悪い」などと言うと、「いや、お前が悪いのだ」と反論されて終わりだ。この世に完璧な人はいないから、お前が悪いと言われて反論できる人はあまりいない。

しかし、歴史をよく観察すると、社会は常に動いており、紛れもなく「時代が悪い」という時期があるのである。

社会は、好況と不況を繰り返す。混乱と安定を繰り返す。もし、社会が不況で混乱しているのであれば、時代が悪いという見方は責任転換ではない可能性もある。


時代が悪かったのに、自己責任と言われた人たち

「時代が悪い」というと、必ず「自分で努力もしないで、他に責任を押しつけている」と言われる。言われなくても、そう思われることも多い。

本当に何の努力もしない人に限って「時代が悪い」と責任転換することが多いので、「今は本当に時代が悪いのだ」と言う人がいても、どうせ責任転換だと思われるのがオチだ。

だから、まじめな人であればあるほど、どう見ても時代が悪くても「時代が悪い」とは言えないのだ。そう考えても、それを打ち消して「いや、自分が悪い」と思い込もうとする。

日本は1990年を頂点にして、国の衰退が隠せなくなり、2000年に入ってからは正社員になれない若者や、リストラされる中高年が爆発的に増えた。

自殺が毎年3万人を超え始めたのもバブル崩壊後である。社会は大きく激変していたのだが、当初の人々の見方はまったく違った。

「若いやつは努力しないから正社員になれないのだ」
「仕事ができない人間がリストラされている」

実際は、日本企業がグローバル経済の激甚な競争に飲み込まれ、経済的に無策を続ける日本政府や官僚の姿勢も重なって、日本人はそのツケを払っていたのである。

最初は多くの人々がそれに気付かなかった。人々はそれを、個人の責任論に転化していた。「自己責任」という言葉が流行ったのは2000年以降だ。

しかし、ニートやフリーターのような立場に陥ってしまった若年層が100万人規模になり、自殺者は3万人を毎年超え、中高年が次々とリストラされて、どうにもならない人たちが莫大に増えた。

それを見て、やっと日本人は「時代が悪い」と気付いたのだった。一部の人の問題ではなかったのである。


「社会が悪い」とは最後の最後まで考えない日本人

バブル崩壊から20年以上経っている。日本が「悪い時代」に入ってから20年も経ったということになる。

すでに自殺者は約60万人になっており、未遂を入れるとその10倍はいる。単純に10倍すると600万人だから、相当数の日本人が追い詰められていたことが分かる。

日本の底辺は、静かに崩れ去っていたのである。

生活保護受給者も増え続けている。もう200万人を超えている。その多くは老人なのだが、日本はこれから老人が増える国なのだから、生活保護申請は多少の増減をしながら、最終的にはもっと増えるのは間違いない。

若年層の貧困化も加速する一方だ。しかも離婚も増えているので、母子家庭の貧困化も拡大している。

国が成長しているときや、世の中が活況に沸いているとき、人はそれほど努力しなくても生きていける。時代の波について行きさえすれば、経済的に苦しまなくてもいい。

戦後の高度成長期からバブル時代はそうだった。日本は長く右肩上がりの成長を享受し、経済的には幸せな時代を送ることができた。

今は、逆だ。今まで幸せに暮らしていた人も、今後はどうなるのか分からない地獄のような世界が待っている。少なくとも、日本が衰退を止められないと、そういうことになる。

時代が衰退や不況に向かって転がり落ちていると、個人の努力をすべて叩きつぶしてしまう。日本人はそれでも最初はすべて自分のせいにして「社会が悪い」とは最後の最後まで考えないだろう。

それは一種の美徳なのだが、客観的に見ると正しい見方をしていない。社会が悪いのに、自分が悪いと全面的に思い込い込むと間違った社会のあり方を変革する声がどこからも出てこなくなって、人々は社会に殺されてしまうことになる。

戦争が起きて、まわりで人が撃ち殺されているときに幸せになれないというのは誰もが知っている。それは社会が悪いと誰もが分かる。

しかし、銃弾が飛び交わなくても、リストラ・失業・自殺・経済苦が蔓延していたら、見えない銃弾が飛び交っているのと同じなのだ。そんな世界で幸せになれない。

どんな時代になっても、その中で生きる努力する必要があるが、同時に「社会が悪い」と気付く視点も持つ必要だ。

責任転換のためではなく、現実を見るために、社会が悪いことをあなたは気付かなければならない。そうしないと、いろんなものが手遅れになってしまう。

社会が悪いと、社会を変えなければならない。しかし、日本人はそれが言えない人が多い。その結果、社会が悪いと言えない日本人の生真面目さが、日本を崩壊させる可能性もある。


他国から見ると圧倒的に豊かな日本でも足元が崩れてきている。
http://www.bllackz.com/2013/11/blog-post_21.html


134. 中川隆 2014年11月29日 20:34:43 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

格差社会が極大化した社会では必死で働いても見返りがない 2014-11-25


私たちは、誰もが優しさや相互理解やのんびりした生活を求めている。誰もが、好きなだけ寝て、安全で自然でおいしい食事を食べて、自然と調和した余裕のある生活をしたいと心から願っている。

ところが、私たちの向かっている社会は、まったく逆の方向だ。見事なまでに方向性が180度違っている。

今、私たちの社会は激しい競争社会である。子供の頃は学業で、大人になれば年収で、同級生や同僚と激しく競い合って、蹴落とし合う。

負ければ大きな差をつけられる。だから、何としてでも勝ちたいという競争社会になり、社会全体がどんどん非情になっていき、殺伐としていく。

かつての日本企業は年功序列の終身雇用だったから、同僚はみんな仲間だった。今は実力主義社会なので同僚は敵だ。同僚を蹴落とさないと、自分が蹴落とされる。

このような方向に社会全体が向かっていて、止まらない。

多くの人は、そこから逃れることはできない

競争社会では、誰よりも向上心を持たなければならず、また誰よりも長く働かなければならない。

休日も返上して働き、いつでも連絡が取れるようにして、休みの間でも連絡があれば、やっていることをすべて放り出して仕事に向かうくらいでないとならない。

皮肉なことに、豊かになろうとすればするほど、そして少しでも将来のために備えようと思えば思うほど、自分の生活から余裕が消えていく。

本当は優しさや相互理解を求めているのに、競争社会の中では勝ち上がろうとすればするほど非情で、相互不信の方向に突き進んでしまう。

もちろん、食事もおいしいものをゆっくりと味わう暇などあろうはずがない。適当なジャンクフードを無理やり口の中に詰め込み、コーヒーで無理やり自分の脳を覚醒させながら仕事を優先させる。

「何かがおかしい」

そのように誰もが感じているのだが、競争社会で激しいバトルを繰り広げながら生きている以上、多くの人はそこから逃れることはできないのである。

当然、このような生き方を続けていれば心身共に疲弊していく。激しいストレスにまみれて神経が刺々しくなる。

そこで、現代人は夜になっても緊張と興奮が冷めない心を、睡眠薬を使って無理やり眠りに就かせることになる。そうでもしないと眠れないからだ。

しかし、朝になって疲れは残っている。だから朝は栄養剤を飲んでエンジンをかける。日本人のみならず、グローバル化に飲まれていった国々は、みんな似たような生活パターンになっていく。

「何かがおかしい」そのように誰もが感じているのだが、競争社会で激しいバトルを繰り広げながら生きている以上、多くの人はそこから逃れることはできないのである。


激変する社会に、驚き、悲しんだ日があった

かつて、1980年代後半のタイは、バンコク中心部から少しでも外れると、途轍もない田舎の光景がずっと広がっていて、人々は信じられないほどのんびりしていた。

今とは較べられないほど貧しかったかもしれないが、人々はみんなのんびりしていた。

雨が降ったら他人の家の庇で何時間もじっと雨を見つめているくらい、のんきな生活をしていた。

子供たちは雨が降ったら、素っ裸になってスコールの中で嬉々としてシャンプーし、石鹸で身体を洗っていた。雨がシャワーだったのである。

それが、タイでも1990年に入ると、目に見えてせわしない国になっていった。

1980年代の後半から、タイは工業化の時代に突入していき、バンコクは年がら年中、工事ばかりしていて、交通渋滞もまったく緩和されない公害都市と化した。

タイも資本主義に組み入れられて、微笑みの国の人々から心の余裕が消えていったように見えた。

歓楽街パッポンの女性たちも、どんどん金儲け重視主義、効率主義になっていき、昔のようにだらしのない男とだらしのない女が、バーの片隅で何時間も時間をつぶすような光景が消えていったのもこの頃だった。

資本主義がいったん入り込んで、競争・効率の時代になっていくと、ここまで社会の雰囲気が変わってしまうのかと驚きと悲しみが止められなかった。

タイも資本主義に組み入れられて、微笑みの国の人々から心の余裕が消えていったように見えた。


持てる者と持たざる者を極大化させる局面になった

世の中が効率重視になっていくと、人間もまた自分の人生をどんどん効率化させていかなければならなくなる。世の中のスピードに合わせないと、取り残されてしまうからだ。

のんびりしている暇はない。常に、追い立てられて、必死になって時代に食いついていかなければ「負け犬」にされてしまう。

しかし、無理に無理を重ねて生きていくのだから、誰しもがどこかで力尽きてしまう。だんだん、登る山が急勾配になり、足が前に出なくなってしまうのだ。

そして、今や多くの人が「なぜ、こんなことになっているのか」と疑問に感じながら、もがくようにして生きている。

極限に向けて突き進んでいく時代は、いずれどこかで崩壊していくことになる。モノには限度があって、社会がどんなにそれを求めても、人間性が崩壊するまで効率化を追求できないからである。

しかし、私たちは現代社会の崩壊が来る前に、ひとりひとりが「本当にこれでいいのか」と立ち止まって考えるべき時期に来ている。

もう、やみくもに前に進もうとしても、それ自体が社会全体を暴走させることになるからだ。

グローバル化が加速していく中で、私たちは優しさや、相互理解や、のんびりとした幸せな時間をかなぐり捨てた。とにかく自分が豊かになることばかりをめざし、自分の権利だけを主張する社会を築き上げた。

しかし、この競争社会は多くの人間を「経済格差」で区分けし、持てる者と持たざる者を極大化させる局面に入っている。これからは、いくら競争しても勝てないのに、ずっと競争させられる時代に入っていく。

格差社会が極大化すると、もう必死になっても見返りはほとんどなくなるのだ。当然だ。持てる者がすべて持っていき、わずかなパイを大勢で分け合うことになるからだ。

それならば、もう経済的な利益を追求して死ぬまでもがくよりも、適当に働いてあとは好きなことをしてのんびり暮らすというライフスタイルも意味がある。自分の望んでいない社会に合わせたところで、どのみち幸せになれない。

そろそろ、多くの人が「格差社会が極大化した社会では、一生懸命に働いても見返りはほとんどない」と気付いてもおかしくない時代に入っている。

誰もが一刻も早く、この事実に気付くべきである。

格差社会が極大化すると、もう必死になっても見返りはほとんどなくなるのだ。当然だ。持てる者がすべて持っていき、わずかなパイを大勢で分け合うことになるからだ。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141125T0600120900.html


135. 2014年11月29日 22:37:28 : b5JdkWvGxs

先行きが見えない不穏な時代の中で「最強」の生き方とは 2014-10-28


「景気が悪くなる」「先行きが悪い」「将来が見えない」

このような状況にいるとき、私たちはどうしたらいいのか。

何度も言うが、自分の生活をシンプルにすることほど効果的なものはない。

シンプルであるというのは、すなわち「よけいなことをしない」ということだ。

先行きが暗いときは、よけいなことをしない方がいい。

手を広げていたものは収縮させる。どのみち景気悪化が続くと、いずれ誰もが現状を維持できなくなり、否が応でもシンプルな生活に追い込まれる。

そのときに手を広げた生活をしていると、失うものも多くなる。逆にシンプルな生活を心がけていれば、世の中が自壊していっても影響を最小限に食い止めることができる。


先行きが見えない時代の「最強」の生き方

よけいなものを持たず、よけいなことは引き受けず、よけいなことはせず、静かに日々を送るのは、先行きが見えない時代では最強の生き方となる。

虚飾のない生き方は、慣れれば快適でもある。必要なものと、必要でないものを選別し、必要でないものを自分の生活から排除する。

ところで、現代人が一番「無駄に消費している」ものは何だろうか。

現代人が一番無駄にしているのは、もしかしたら「時間」ではないか。

恐らくあなたも、たくさんの「よけいなこと」をして時間を失っているはずだ。


「やらなくてもいいことをして、時間を失う」

「よけいなことをたくさんして、時間を失う」

「会わなくてもいい人に会って、時間を失う」

「テレビやゲームや娯楽で、時間を失う」

「無駄に誰かとつながって、時間を失う」

いつも多忙で、いつも追われ、いつもストレスを抱えて自分の時間がないと言う人は、恐らくどこかで時間を無駄に消費している。

だから、自分の時間を食いつぶすよけいな物や習慣を捨て、生活をシンプルにすれば、「時間」を得ることができるようになるはずだ。

生活をシンプルに保ち、よけいなことをせず、充分に自分の時間を確保すれば、世の中が激震していても対処できる「幅」が大きくなり、サバイバルにもなる。

社会の矛盾、自然環境の悪化、経済環境の悪化が、静かに忍び寄っている今、自分の生活から要らないものを捨てていくという作業は無駄にならないはずだ。

社会の矛盾、自然環境の悪化、経済環境の悪化が、静かに忍び寄っている今、自分の生活から要らないものを捨てていくという作業は無駄にならないはずだ。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141028T0301540900.html


136. 2014年11月29日 23:13:06 : b5JdkWvGxs


世の中はフェアではなく、それでいて世の中は競争社会だ 2014-09-09

現代社会は「競争社会」である。私たちは子供の頃から何かと競争させられる。学業で競争させられ、スポーツで競争させられ、特技で競争させられる。

受験も競争だ。受験は、自分の知識や知恵を向上させるためにやるものではない。他人よりも1問よりも多く問題を解いて、「他人を蹴落とすため」にやるものである。

社会人になっても、良い会社、良い給料、良い待遇、良い地位を求めて競争する。残業するのも、資格を取るのも、すべては競争に打ち勝つためである。

ありとあらゆる日常の細部に競争が取り入れられており、人々は「何とか他人より抜きんでなければ」という強迫観念にさらされる。

競争に負けると惨めになる。だから、誰も競争に負けたくない。本人は気が付いていないのだが、社会は大きなプレッシャーを本人に与えており、そのプレッシャーが人の精神を徐々に蝕んで行く。

競争を止めてしまうと脱落してしまう

競争に次ぐ競争で疲れ果てても、競争を止めてしまうと脱落してしまうのだから、絶対に競争から逃れられない。そして、競争から降りること自体がストレスになってしまうのである。

今や、ありとあらゆる機会で、人々は競争を煽り立てられる洗脳の言葉を聞かされている。それは、「もっと競争しろ」「もっと他人を蹴落とせ」という直接的なメッセージでやって来るのではない。

それは、このような口当たりの良いセリフと共にやってくる。

「あなたは、やろうと思えば何でもやれる」
「強い想いがあれば、すべてが可能である」
「夢は実現する」

社会はメディアを使って、繰り返し繰り返しそのような言葉を美化して人々に送り届ける。

その結果、どうなるのか。

できるはずのことができなかったり、強い想いがあったのに可能でなかったり、夢が実現できなかった人が、意気消沈し、疲れ果て、鬱病に追い込まれてしまうのだ。

無気力になって家に引きこもり、何もしなくなってしまう若者も続出している。無気力になるというのは、自己防衛であることに気付かなければならない。

「自分には才能がある。だから、本気を出せば実現できるが、本気じゃないから実現できない」

才能がないというのを認めてしまうと自己崩壊してしまうので、それは認められない。しかし、今の自分は何も実現できていない。だから、「本気ではない」ということにしなければ自己が保てなくなっている。

才能がないというのを認めてしまうと自己崩壊してしまうので、それは認められない。しかし、今の自分は何も実現できていない。


やればできるという聞き心地の良いメッセージ

何でもかんでも「強く願えば夢は実現する」というのは、客観的に考えれば「事実ではない」と誰でも分かることだ。それは、大いなる幻想である。

ところが、あまりにも強く、長く、執拗に「やればできる」という聞き心地の良いメッセージで洗脳されてしまっているので、それが現実的ではないことに気付けない。

できなくても、「想いが足りないのだ」「努力が足りないのだ」と自分のせいにして、最初から現実的ではなかったことには目を向けない。

「こうありたい」という想いがあまりにも強くなりすぎて、まわりが見えなくなってしまうのだ。

そして、挫折を繰り返しているうちに、現実を見失い、そして心のバランスを失ってしまう。

実は、私は「強く願えば夢は実現する」と疑いもなく思い込んでいる人の気持ちがとても理解できるし、「何でも、やればできる」という心境にとらわれる人の気持ちも分かる。

なぜなら、10代の私がまさにそうだったからだ。

その頃の私は、「強い想いがあれば、すべてが可能である」「夢は実現する」という力強いメッセージを信奉していた。

ところが、20代の前半には、もう私からはそんな想いは一片も残らず消え去っていた。

自分が社会からドロップアウトして、社会のレールから外れてしまったこともある。

しかし、それよりも、東南アジアで知り合った女性たちの境遇を、つぶさに見ていたことが大きい。そこでは、社会構造や貧困が、人間の夢も希望もすべて根こそぎ踏みつぶていた。

そんな光景に接して、さすがに世間知らずの私も、無邪気な夢を見てられなくなってしまった。


「フェアでないのに、競争社会」という残酷さ

この世は、スポーツのようにスタートラインを同じにして一斉に走り出して勝敗を決めるようにはなっていない。階級制もない。つまり、競争の条件がフェアになっていない。

途方もない金持ちと、途方もない貧困層の子供が同時に競争するのが、この世の常である。

東南アジアの貧困地帯で身体を売って生きるしかない女性たちは、もともと親も貧困で本人は教育もなかった。

日本ではどんな子供でも字が書けて当たり前だが、世界はそうではない。子供の頃に教育が受けられず、字も書けず、計算もできない人で溢れているのである。

そんな女性がいきなり社会に放り出され、政府の支援もなく、親の協力もなく、人脈もなく、世間がどうなっているのか知らないまま、ひとりで生きていけと宣告される。

「競争が成り立たない……」

私の目の前にいた女性たちは、競争のスタートラインにすらも立てない環境であり、その日を生きていくことにも苦労していた。「夢は実現する」どころか、夢を見る環境すらもなかったのである。

そんな女性が私の前に何度も現れて消えていき、薄幸のイメージだけが私の心の中に積み上がっていく。

この世が「競争社会」であることや、「夢は実現する」というのは競争に駆り立てるメッセージであることや、最初から夢を実現する夢すらも見ることができない人がいるというのは、その時にはもう薄々と感じていた。

這い上がろうと努力しても、転がり堕ちる。そんな女性を前にして、「努力は報われるとは限らない」というリアルな現実を嫌でも心に叩き込まれたのである。

不平等で、不公平で、不備だらけの社会で、底辺の女性たちがもがいている残酷な姿は、私には正視できないほど恐ろしいこともあった。

世の中はフェアではなく、それでいて世の中は競争社会だ。

フェアでないのに、競争社会……。この言葉の残酷さが分かるのは、精神的に年を取らなければならないのかもしれない。それは、とても恐ろしいことなのだ。


教育を受けられる子供たちと、受けられない子供たちがいる。気が付いたとき、その将来は天と地ほども変わっており、その差は埋められない。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20140909T0650420900.html


137. 2014年11月29日 23:37:02 : b5JdkWvGxs


死亡率の高い人生観、死亡率の低い人生観というものがある 2014-09-04


人は誰でも、自分の人生で追求したいものや大事にしたいものが違っている。

ある人は、仕事が大事だと言い、ある人は家族が大事だと言う。ある人は「金こそすべて」であると言えば、ある人は「趣味が生き甲斐だ」と言う。

何が重要かでその人の人生観が変わってしまう。

そして、面白いことに、この自分の人生観によって寿命が変わるというデータがある。

これは「生活習慣、既往歴、日常生活の状況、人生観、検診・受診歴が死亡リスクにおよぼす影響に関する研究」という厚生労働科学研究費補助金の研究事業によって平成19年度報告書の中でまとめられたデータで分かった事実だった。

ここでは「自分の人生で何が一番重要か?」という問いかけの中で9項目のうち、5万人に3つを選ばせて12年間に渡る追跡調査の中で死亡率を統計した。

その結果、人生観が違うと死亡率が違ってくるということが分かったのである。

死亡率が最も高かった人生観は、これだった

あなたは、自分の人生の中で、何が大切だろうか。次の9つの中から3つほど選んで欲しい。

(1)仕事
(2)家族
(3)健康
(4)友人
(5)金銭
(6)趣味
(7)名誉
(8)地位
(9)余暇

この中でどれが自分の人生にとって大切で、大きな意味を持ち、譲れないものなのか。これが自分の人生から喪失すると、生きている意味がないと思うほど重要なものはどれか。

選び終わっただろうか。

果たして、この中で死亡率が最も高かった人生観はどれで、死亡率が最も低かった人生観はどれだろう。

この中で、最も死亡率の高い、危険な人生観は、「名誉」が自分にとって最も重要だというものだった。その次に「地位」が自分にとって重要だという人生観だった。

実は、この2つの死亡率は、他のものに比べてダントツの死亡率の高さにあった。名誉が重要だと答えた人の28%は12年以内に死んでいた(対象年齢は40歳から79歳だった)。

名誉と地位は、野心的な男が持つ人生観だと思われるが、こういったものを追いかけている人は、危険な生き方をしていると言えるかもしれない。

リチャード・ファルド。リーマン・ブラザーズ倒産時のCEO。金融界のボスだったが、名誉も、地位も、仕事も、みんな吹き飛んだ。


一番死亡率の低い人生観は、これだった

名誉と地位が他の何にも増して重要だと考える人はそれほど多くない。日本では非常に少数派である。

しかし、その少数派に当てはまった人は死亡率が高いというデータは歴然として出てきている。実は、その理由は分かっていない。

もしかしたら、名誉と地位を維持するのは非常に困難なものなのかもしれないし、すぐに消えてしまう儚いものなのかもしれない。

あるいは、一度失ったら二度と取り戻せないものなのかもしれない。そして、そういった理由が重なって、恒常的なストレスにさらされるのかもしれない。

原因は分からないのだが、現象として名誉と地位を追う人、特に名誉を重んじる人は「生きにくい」世の中であることは間違いない。

では、逆に、一番死亡率の低い人生観はどれなのだろうか。

それは、もしかしたら意外かも知れないが「仕事」が重要だと言う人である。12年後の死亡率は11%だった。

自分の人生の中で、仕事をするのが一番重要なのだと思っている人は案外、長生きするのである。

東北大学の医学教授である辻一郎教授は、その理由として仕事に励んだことで「金銭」や「地位」「名誉」が得られるという副次的な効果が強く、「充実感」や「やりがい」という精神的な報酬も得られるからではないかと推測している。

仕事が好きで好きで仕方がないと言うと、過労死であるとかストレス死のようなものを想像してしまう。

しかし、もともと仕事が好きで、それが自分の人生観の重要な要素を占めている人は、仕事自体が遊びであったり、楽しいものであったりするので、過労死や極度のストレスで自殺するような働き方をしている人とは次元が違っているようだ。

金こそすべての強欲経営の末に世界中を巻き添えにして会社をつぶしたリチャード・ファルド。彼は、地位と名誉と仕事のどれが重要だったのだろうか。


人生観が寿命に影響するのは、名誉と地位と仕事

家族や健康や友人や金銭等のその他の項目については、実はそれほど死亡率に差があるわけではない。つまり、人生観が死亡率に影響を及ぼしていないと見てもいい。

たとえば、私の場合は、東南アジアの自然の中で、何もせずに過ごすのが重要で心地良いと考えている。

ということは、「余暇」が大切だということになるのかもしれないが、この人生観は寿命に影響しない。

人生観が寿命に影響するのは、名誉と地位と仕事である。

悪い影響があるのが名誉・地位で、良い影響があるのが仕事であるという事実が重要だ。「一生懸命に働く人が一番偉い」とはよく言われるが、それを裏付けするような、実に教訓に満ちた結果になっている。

そう考えると、長い人生を生きる上で重要なのは、

「好きな仕事を探す」
「好きな仕事を続ける」

という2点なのかもしれない。私たちは、早いうちから自分が好きになれる仕事を探さないとならないのである。

好きな仕事を探して、それに打ち込み、ずっと続ける。そうすることで、人生は充実し、いろんな「良いこと」があとから付いてくると言えそうだ。

驚いただろうか。いや、「当たり前だ」と思った人の方が多いのではないか。上記の人生観は5万人の人間を12年間追って壮大な統計を取った結果、当たり前のことが正しかったという結果になった。

人生の原理原則というのは、奇をてらった評論家の奇妙な論理の人生観ではなく、誰もが知っている「当たり前」のことで成り立っているということなのだろう。

好きな仕事を探して、それに打ち込み、ずっと続ける。そうすることで、人生は充実し、いろんな「良いこと」があとから付いてくる。誰でも分かっていることだが、できているかどうかは別問題だ。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20140904T0707500900.html


138. 2014年11月29日 23:53:29 : b5JdkWvGxs

「良くなる前には悪くなる」という現象の深さを噛みしめる 2014-07-04

何か目標を持って、それが達成されるまで努力したとする。普通、努力すれば努力しただけ、「すぐ」にそれが反映されると私たちは考える。

誰でもそれを願う。今日、努力したら、明日にその努力が反映して欲しい。

ところが、世の中はうまくいかないもので、努力しても努力しても、その努力が反映されるのは「ずっと後」の話になる。

先になるだけではなく、努力すればするほど逆に成果がまったく出ないで逆に後退しているかのように見えることがある。

何らかのイベントが起きて、実際にその通りになっていく前に、いったん逆の現象が起きるというのは、実は経済の世界で確認されたものだった。

たとえば、「通貨安になれば貿易黒字が増加する」というのは誰でも知っている。しかし、通貨安と貿易黒字は、一直線でつながっているのではない。通貨安になると、最初はなんと逆に貿易黒字が減少するのである。

高く飛ぶためには、いったん低くしゃがんで飛ぶ

理由は簡単だ。世の中は「即答」ではないからだ。また、世の中の変化の対応も遅れるからだ。通貨安になったとしても反映が遅れる。対応も遅れる。だから、その効果が表面化するまでは、逆の動きを見せる。

しかし、徐々に対応がなされていくと、当初の予定通りの貿易黒字の増加に入っていく。

いったん落ち込んで上昇するというこの効果をグラフにするとアルファベットの「J」に似ているので、これを「Jカーブ効果」と専門用語で呼んでいる。

高く飛ぶためには、いったん低くしゃがんで飛ぶ。

高く飛びたいのに「しゃがむ」というのはまるで逆のことをしている。しかし、しゃがむと高く飛べるのは私たちは経験則でよく知っている。これも「Jカーブ効果」そのものだ。

津波も、最初から高波が来るのではなく、いったん引き潮になってから高波が襲いかかって来る。これも「Jカーブ効果」そのものだ。

ドラッグを常習すると破滅するが、ドラッグを取った翌日に破滅するのではない。むしろ、その逆だ。

たとえば覚醒剤を常用する初期の段階では、破滅どころかむしろ超人的な活動ができるようになる。破滅する前に、人生で最高の高揚感を味わえるのである。

しかし、どこかのタイミングで、予定通りの「破滅」につながっていく。これも「Jカーブ効果」そのものだ。

過度な飲酒によって死亡率は高まるが、これも飲酒している初期の段階ではむしろ死亡率が下がるという皮肉な効果がある。

しかし、長い目で見ると、やはりどこかのタイミングで死亡率の増加という予定通りの動きになっていく。これも、「Jカーブ効果」である。

高く飛びたいのに「しゃがむ」というのはまるで逆のことをしている。しかし、しゃがむと高く飛べるのは私たちは経験則でよく知っている。


成果を得るまで、悪影響と見込み違いの連続になる

ビジネスの現場でも、いろいろなものが「Jカーブ効果」を辿っていると主張しているのは、「Jカーブの法則」の著者である野崎義夫氏である。

新しい事業、新しい目標、新しい技能を身につける過程では、必ずこのJカーブのプロセスを辿ると野崎氏は述べる。

スタートしてから成果を得るまで、最初はがんばってもがんばっても成果が出ず、むしろ悪影響が出てきてますます状況が悪く見える。

しかし、それを乗り越えたところで成果が見えるようになって、やがては努力すればするほど成果が得られるようになっていくのだという。

普通、誰もが努力したら「すぐ」に成果が現れると考えている。まさか、努力したら最初は逆に状況が悪くなっていくとは思わない。

野崎氏によると、この「Jカーブ効果」を知らないことによって、多くの人が努力の成果が実る前に計画や目的や努力を捨ててしまうということだ。

努力してうまくいかなくなって、浮上する大切な時期にあきらめて去ってしまうのだ。

確かに経験則で見ると、良くなる前には逆に悪くなるという現象を私たちは知っている。

「夜明け前が一番暗い」とは昔の格言だが、これもまた一種の「Jカーブ効果」であると言える。昔の人も、それに気付いていたのだ。

「高く飛ぶ前にはしゃがめ」「夜明け前が一番暗い」「Jカーブ効果」は、よくよく考えれば、みんな同じ現象を違う表現で言い表したものであることが分かる。

この「Jカーブ効果」を知らないことによって、多くの人が努力の成果が実る前に計画や目的や努力を捨ててしまう。


状況が悪くなっても、容易にあきらめない

もちろん、ありとあらゆるものが「Jカーブ効果」によって支配されているわけではない。無謀な計画、無謀な行動は、時として転落しかあり得ない場合もある。

しかし、この「Jカーブ効果」が当てはまる局面も、異常なまでに多いのも事実である。

人生を長く生きている人であればあるほど、このJカーブ効果を本能的に知っている。だから、人生に熟達した人であればあるほど、いろんなものが長期志向になる。状況が悪くなっても、容易にあきらめない。

目標を持ったら、それを達成するまでとことん食らいつく。結局、そういったアニマル・スピリットを持っている人が最後にモノを言う。

どんな努力しても報われないJカーブ効果のどん底の部分では、もう小手先の努力は通用しないのだ。そうなったら、あとはアニマル・スピリットで乗り切るしかない。

「継続は力なり」という言葉もあるが、これも「努力しても報われないどん底の局面で継続せよ」と言っているわけで、どん底に堕ちた時にこそ、意識しなければならないものだ。

現在は日本人にとって非常に厳しい時代がやって来ている。

2000年に入る頃から、バブル崩壊の後遺症やグローバル経済の浸透によって、そのような時代になるというのは分かっていたが、政治も経済もそれを避けることができなかった。

そして、若年層と女性が社会の底辺に追いやられて、貧困に苦しむ時代になっている。そこから這い上がるには、ささやかであっても、何らかの目標が必要である。

生きるため、這い上がるための切実な目標が必要なのだ。今、まさに生き残るためにもがいている人ばかりだろう。

そういった境遇にある人たちには、世の中の多くはこのJカーブ効果が当てはまるというのを覚えておけば、必ず役に立つ日がくる。

私自身も、「良くなる前には悪くなる」という現象の深さを噛みしめながら生きている。

「継続は力なり」という言葉もあるが、これも「努力しても報われないどん底の局面で継続せよ」と言っているわけで、どん底に堕ちた時にこそ、意識しなければならないものだ。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20140705T0010210900.html


139. 2014年11月30日 11:19:57 : b5JdkWvGxs

100円を円安と言って煽っているのは日本を破壊したい人間だけ 2013年5月20日


2012年、円が80円台を超えて70円台に入った頃、私は持っていたゴールドをすべて処分して現金を片っ端からドルに換えていった。

そして、そのドルを今度はニューヨーク株式市場の多国籍企業に移し替えた。この頃、民主党はあまりの失策続きですでに野田政権は総選挙に追い込まれるのは必至だった。

日本がこのまま破綻したら、超円安が来る。
日本が政権交代して方向転換したら円安が来る。

いつ円安が来るのか分からないし、相場など誰も先を読めるはずがないので、それはどうでもいい。

問題は、構造的に日本は「いずれ円安にならざるを得ない状況にある」ということだ。

マイルドな円安になるのか、いつ円安になるのか、本当に円安になるのか、預言者でもない人間が分かるはずもない。しかし、「70円台が円高すぎる」のは間違いなかったのだ。

ならば、強い円を活かしてドルを買い漁りたい気持ちになるのは当たり前で、私はドルを買い漁る自分を自制することができなかった。

たまたま、2013年度中に、ドルは対円ベースで30%も値を上げてニューヨーク株式市場も最高値を付けたが、こうなると知っていたわけではない。たまたま、そうなった。

この頃、稀代の投機家であるジョージ・ソロスも円安ドル高に賭けていた。

こと為替相場については、円が60円台になると言っていた藤井厳喜氏や、円が50円台になると言っていた浜矩子氏より、ジョージ・ソロスという博打打ちの方がよほど頼りになるのは間違いない。

何度も何度も書いている通り、日本は民主党政権が崩壊してからリセットが開始されたのである。

2013年の初頭から、多くの外国人が日本株を買いまくっていて、その上昇を見て遅ればせながら日本人もまた日本株に戻ってきた。

この重要な時期に株式を買わなかった人は、どうかしているのではないかと思うほど、歴史上かつてないほどシンプルな相場だった。


ジョージ・ソロス。為替の動向なら、この投機家の右に出る者はいない。


通貨や国債よりも、株式や社債の方が重要

ただ、私が全資産を株式に変えて、それから1株も売らないどころか、むしろ増やしていくつもりでいるのは、自民党や日本が復権したからというような意味合いではなかった。

まして、為替の動きさえも、実はどうでもよかった。

今回の経済動向の動きは私にとってユーフォリア(幸福感)を生み出す甘美なものだったが、今回の動き自体はまったくどうでもよくて、私が見ているのはさらにその先である。

グローバル化はさらに加速して、グローバル主義が全世界を掌握してしまうのは止めることができない。そうなると、いずれは現在の政府は力を大幅に失う。

なぜなら、世の中の動きはグローバル化なのに、政府はグローバル化に抵抗する存在だからである。

グローバル化と政府が戦ったら、グローバル化が勝利するに決まっている。累積債務でよたよたになっている政府が勝てるはずがないのである。

それは、今の世の中がひとつの国の意向だけで動くのではなく、G7やG20のようにブロック化していく動きになっているのを見ても予見できるはずだ。

政府は単なる「省」や「州」のようなものとなり、地球全体はグローバル主義の「何か」が支配することになるのだと考えている。TPPという危険なものも、日本を省か州にする動きのひとつであると解釈できる。

グローバル化が世界を覆い尽くす。そして、政府を超えてグローバルに根を張っている「何か」はすでに目の前にある。

それが多国籍企業である。

つまり、多国籍企業が、政府を超える存在になり、やがて政府をも凌駕する権力機関になる。

何らかの金融崩壊や金融ショックが起きるたびに、政府は力を喪失していく。そして、多国籍企業は、いずれ政府よりも力を持つ。まだまだ先の話だろうが、いずれはそのようにシフトしていく。

通貨や国債よりも、株式や社債の方が重要になるのだ。

そのような世の中になり、多国籍企業がより強大な力になっていくのであれば、通貨や国債よりも株式を持った方がいいと考えるのは自然の摂理だ。

私たちが今、一番安心できるのは政府に身を委ねるのではなく、多国籍企業に身を委ねることだ。

あなたも、どこかに一生就職するつもりでお気に入りの多国籍企業を見つけ、あたかも貯金でもするかのように株式を買い集めてみてはどうだろうか。

政府よりも、自分の寿命よりも長生きする企業はどこかにあるはずだ。
http://www.bllackz.com/2013/05/100.html?utm_source=BP_recent


140. 2014年11月30日 11:24:53 : b5JdkWvGxs

株式市場が下落しても、株式資産を持つ私が動揺しない理由 2014年10月16日木曜日


アメリカ、イギリス、ドイツ、日本と、世界の主要な株式市場がことごとく売られ、ちょっとした暴落に見舞われている。

投資家が、ドイツ経済の失速、エボラ出血熱の拡大懸念等を懸念して、リスクから逃れようとしている。

株価が上がるか下がるかは、それぞれの判断に任せればいいが、現在は「市場は動揺している」という言い方が相応しい状況になっている。

私のなけなしの資産はほとんどがアメリカの多国籍企業のものなので、株価が下落したら私の資産も道連れになる。では、私が株を売ったのかというと、実は1株も売っていない。売るどころか下がれば拾い上げている。

私は基本的に市場が大暴落して動揺している局面の時だけ、目当ての株式に食いつく個人投資家である。今回の局面は私にとってちょっとした買い場であって、売り場ではない。

20%下がろうが、30%下がろうが、私には関係ない。リーマン・ショックのような局面が来て、持ち株が50%以上下がっても何ら問題ない。


下落相場は、私にとっては願ったり叶ったりだ

私の持っている多国籍企業の株式は、基本的に国家よりも強靱な体力があり、私はそれを自分の余裕資金で買い上げているから、暴落の局面は買い上げる局面なのである。

20%暴落したら20%余計に、50%暴落したら50%余計に株式を増やせる。下落相場は私にとっては願ったり叶ったりであり、まさしく「望むところ」なのである。

私はギャンブラーではないが、必要な時にリスクを取ることに対しては臆病ではない。自分が想定している株式が、価値相応の値段になったと思えば、欲しいものを取りにいく。

ちなみに、アメリカ国家の衰退の話と、私の持っている多国籍企業の株式の価値の話は別の話であり、アメリカの衰退が私の経済活動に何らかの影響を及ぼすことは一切ない。

現在、オバマ政権はレームダックと化して、アメリカの外交的戦略と威信はボロボロになっているが、それも私の持っている多国籍企業の価値と何ら関係はない。

さらに、ドルが暴落して紙くずになるというヨタ話も、私は考慮することはない。アメリカが死ぬ前には、世界経済が道連れになる。

まさか、アメリカがひとりで誰にも迷惑をかけずに静かに死ぬとでも思うだろうか。

中国がアメリカに次いで資本主義を牽引するという話も、ありえない方向が強まってきている。

中国共産党率いる中国は、香港の民主主義ですら弾圧するような政治体制である。こんな国が次世代を率いる国家になると思う方がどうかしている。

中国の金持ちが率先して逃げ出しているような国家の未来を信じろという方が無理だ。

中国とアメリカが20年後はどちらが強い国家なのかを考えたら、当の中国人でさえアメリカを選ぶ。


資本主義社会を動かしているのは誰なのか?

本当に中国が次世代の国家になっているのであれば、アメリカ人はみんな中国国籍を取得しようと画策するだろう。

現実はどうか。

中国人が必死になってアメリカ国籍を取ろうとしている。あるいは、アメリカで子供を産んで、自分の子供にアメリカ国籍をプレゼントできるようにしている。

中国人も自国を信じていないのだから、私たちが中国を信じる理由はない。国際ジャーナリストだか、経済評論家だかが、中国を礼賛しても別に気にする必要はない。彼らの言っていることは、ほぼ雑音である。

結局、今の資本主義社会を動かしているのはアメリカであり、もっと正確に言うと、アメリカの株式市場に上場されている多国籍企業群である。

私たちはインテル製のチップが搭載されたコンピュータを使い、マイクロソフトのOSを使う。

アップル製のスマートフォンを使い、シスコのルーターを使ってグーグルの検索エンジンに依存する。そして、フェイスブックで友人たちと交友を楽しみ、オラクルのデータベースを仕事で使い、買い物はアマゾンでする。

コカコーラやペプシを飲み、マクドナルドやケンタッキー・フライドチキンを食べ、クラフトフーズのお菓子を食べ、スターバックスのコーヒーを飲んで一息つく。

ディズニーの映画を観て、フィリップモリスのタバコを吸い、バドワイザーで酔い、身体の調子が悪くなれば、ファイザーやメルクの製薬に頼る。

エクソンやシェブロンが売る石油を買って、戦争が始まったら、レイセオンやロッキードやボーイングから武器や戦闘機を調達する。

私たちは、もうすでに、アメリカの多国籍企業に「支配されている」のである。


アメリカの国民が貧困に転がり落ちている理由

そういった世の中の実態が見えてくると、アメリカ国家の威信が低下しようが、アメリカ国民が貧困に転がり落ちていこうが、多国籍企業に影響を与えるものではないということが分かってくる。

そもそも、アメリカの国民が貧困に転がり落ちているのは、多国籍企業が彼らを見捨てた結果である。

この現象は、多国籍企業が無慈悲なまでに機能しているという証明であることに気付かなければならない。

多国籍企業は、高賃金の労働者を捨ててもやっていける体制を手早く整えた。そして、合理性・効率性を追及して余計なコストを極限まで削減できる体制を整えた。

その結果、多国籍企業は未曾有の利益を上げるようになったが、逆に労働者は合理化・効率化のあおりを受けて、片っ端からリストラされるようにあったのだ。

機能していないはアメリカ国家の方であり、多国籍企業は逆に背筋が寒くなるほど効率的に機能している。

世界に君臨するアメリカの多国籍企業が弱体化したという兆しはまったくない。グローバル化も終わる兆しもない。つまり、株式市場の乱高下があったとしても、多国籍企業の存続に何ら影響を及ぼしていない。

ということは、これからも多国籍企業はその驚異的で極限まで研ぎ澄まされたマネージメントによってさらに利益を上げていき、成長していくということでもある。

そんな多国籍企業の株式を、なぜ私が売らなければならないのだろうか。私は売りたくない。それよりも、イメルダ夫人が3000足の靴を買い集めたように、多国籍企業の株式を買い集めたい。


労働者は苦境に落ちる。しかし、多国籍企業は巨大な利益を吸い上げる。
それが資本主義の背筋が寒くなるような現実だ。
http://www.bllackz.com/2014/10/blog-post_16.html


141. 2014年11月30日 12:10:36 : b5JdkWvGxs

相場で重要なのは、相場の動向を見通す能力ではない 2014-11-08


人間はまわりの状況をコントロールできない。これは、どんな権力者であっても同じだ。だから、将来がどうなるのかなど、誰にも分からない。

それは、世界に君臨する国家アメリカの、さらにそのトップにあるバラック・オバマ大統領ですらもそうだ。

大統領が、優秀な人材を集めて選挙活動をしても、不確定要素が山ほどあって状況をコントロールできず、結果として選挙に敗退したりする。

アメリカ中枢が、あるいは世界経済に君臨する一部の財閥が、世界を「こうしたい」という計画を作ってそれに邁進したとしても、やはり実現できないものも多い。

どれだけ有能で、どれだけ将来を見通す能力があっても、どれだけ実務能力があっても、自分の人生は思う通りにはならないのである。

来年どうなるのか、将来どうなるのか、予測はできても、その通りになることなど絶対にない。


反応できる人はいるが、見通せる人はいない

綿密な計画、万全の準備、抜群の才能、強大な資産と権力。何もかも持ち合わせていても、たったひとつの誤算がすべてを狂わせていく。誰の人生も、順風満帆ではない。

ある分野で頂点に達した人間であっても、その頂点が維持できるわけでも何でもない。

予期せぬ事件や事態が重なって、計画を立てた時とはまったく違う状況になっていく。

妥協を余儀なくされ、末節の部分の一部は挫折し、一部は延期され、「こうしたい」という計画は最初とまったく違う形になってしまう。

だから、重要なのは「世の中を見通す能力」ではないことに気が付かなければならない。世の中に「反応」できる人はいるが、「見通せる」人はいない。

そもそも、将来を見通すことができれば、大学教授も評論家も、全員まとめて超大金持ちになっている。どこかの評論家が誰も世界に君臨する大金持ちになっていないのは、世の中が見通せないからである。

世の中で起きていることを分析し、予測を立てることはできる。大雑把に、「こうなるかもしれない」と考えることができる。しかし、どうあがいても、絶対にその通りにはならない。

未来は何でもかんでも決まっていると思っているのは、子供か、学生か、カルト教団の信者くらいだ。

現実を見ると、歴史はどうでも変わるし、何でも起きる。

だから、あなたが求めなければならないのは、間違えても「世の中を見通す能力」ではないのは確かだ。


「こうなるかもしれない」と考えることができる。しかし、どうあがいても、絶対にその通りにはならない。


私たちが求めなければならない能力は何か

正確に予測しようとしても必ず外れる。せいぜいできるのは、「素早く反応する」くらいである。しかし、その反応も場合によっては裏目に出る可能性もある。何も決まっていないから、反応の方向も間違うのである。

そうであるならば、世の中がどうなるのかは正確を期しても意味がないわけで、せいぜい「大雑把に予測する」くらいが適当なところだ。さらに言えば、その予測すらも「当てにならない」と思うくらいの姿勢でいた方がいい。

その代わり、私たちが求めなければならない能力は何か。

それは、「想定外が起きても、そこから態勢を立て直す能力」である。

私たちは、それなりに将来のことを考えるので、不測の事態に備えて何らかの準備をすることもできる。ところが、世の中は私たちの準備すらも上回る事件がしばしば起きる。

すべての分野に関して、想定外は起きる。

だから、自分の想定以上のことが起きても、そこから事態を立て直す能力が必要になって来る。追い込まれても、そこから粘り腰で生き抜く能力が必要なのだ。

想定外から事態を立て直す能力というのは、苦境の中でサバイバルする能力であると言い換えてもいい。

不意打ちを食らった瞬間であっても、自分の身に起きていることを客観的に見つめる。そして、その時点でベストの選択をする。これがサバイバルの能力だ。

現実を生きるというのは、まさに今の自分の逆境を切り抜ける能力を持つということでもある。今は順調でも、誰もが必ず逆境に落ちる。その中で、私たちは生き残る能力を持たなければならないのである。


誰もが必ず逆境に落ちる。その中で、私たちは生き残る能力を持たなければならない。


最も幸せな瞬間が、一瞬にして崩れる瞬間

予測できない打撃を食らうと、その瞬間に今までの順風が吹き飛ぶ。打撃が大きいと、今まで持っていた楽観も、予定も、計画も、何もかもが吹き飛んでしまう。

それこそ、人生における絶頂期に、突如として予測もしなかった打撃を受ける人もいる。最も幸せな瞬間が、一瞬にして崩れる瞬間だ。

あるいは、今まで何とか耐えてきたものが、不意の打撃によって崩れ、大きなダメージとなる人もいる。何とかしのげると思っていたものが崩れ去る瞬間だ。

世の中が予期できないということは、誰もがこの「不意打ちの打撃」を味わうということである。

これに対しては、準備することすらも不可能だ。準備できるというということは、予測できるということだ。予測できないというのは、準備すらもできないということなのである。

だからこそ「態勢を立て直す能力」が生きてくる。その能力があれば、受けたダメージを客観的に見つめ、そこから復活することができる。

今の私たちに重要なのは、アナリスト(予想屋)になることではないのだ。そんな能力をどれだけ磨いても無駄だ。それは必要最小限でいい。

私たちが今の時代を生きる上で求められているのは、不意打ちのダメージからの「体勢立て直し能力」なのである。自分の受けた致命的なダメージさえも克服できる能力こそが、先の分からない時代に重要視される。

もちろん先を見通す能力を磨くのは無駄ではないし、ある程度の予測能力があっても邪魔にはならない。

しかし、予測を超える不測の事態が次々と起きる複雑化した現代社会においては、無駄に予測するよりも、受けた打撃から復活する能力の方を重要視した方が何かと役に立つ。それが、私たちを救う。


無駄に予測するよりも、受けた打撃から復活する能力の方を重要視した方が何かと役に立つ。それが、私たちを救う。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141109T0135250900.html


142. 中川隆 2014年11月30日 12:14:04 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

一歩を踏み出すことで、資本主義で生き残る武器が手に入る 2014年11月23日

アベノミクスは円安と株高を実現した。しかし「一般庶民とは関係ない」と言われている。それは本当だろうか。

そもそも、普通の日本人はドル預金もできず、株式も買えないようになっているのだろうか。いや、誰でもドルを手に入れることはできるし、株式を買うこともできる。

銀行口座を作るのと同じくらいの労力で証券口座は簡単に作れるし、今は証券口座を作れば、ドル預金の機能くらいはそこに付いている。

つまり、アベノミクスで円安・株高が予測できた人は、誰でもそれに乗っかることができた。

アベノミクスが成功するかどうかは未知数だったのは間違いない。たとえば、全資金をドルと株式に賭けるというのは、2013年初頭の時点でも冒険だったかもしれない。

しかし、それでも資産の3分の1だけを株式に回すとか、ドル預金するという手はあった。ドル預金なら、FXと違ってギャンブルでも何でもない。80円の円高が「極度の円高」であると分かっていれば、むしろ2012年の時点でドル預金にするのは堅実でもあった。

それは乗れば自動的に上がるエスカレーターだった

アベノミクスは、株式とドルを持っている人間には大きな恩恵をもたらしてくれた。

安倍政権は、基本的に円安・株高を志向する素晴らしい内閣であり、しかも民主党政権と違って、実行力もあるので、投資家は「取りっぱぐれ」の恐れが少ない。

だから、基本的にドルと株式を「買い持ち」しておけばいいという単純な話だったのである。

幸いにして、民主党政権は非常に無能だったので、株式は低迷していた。アベノミクスでは、そこから踏み上げたわけだから、その効果も劇的だった。

2012年12月に自民党が復活したとき、円安も株高もすでに始まっていたが、ここで莫大な利益を得たのは実は日本人ではなかった。外国人だった。

3年にも及ぶ無能な民主党政権がやっと終わる可能性があるのだから、日本がそこから回復すると考えたのは、当の日本人ではなく、外国人の投資家だったのである。

だから、自分の国の話なのに、ぼーっとしている日本人を尻目に外国人投資家は、2012年11月から「賭け」に出て、大きなリターンを手に入れた。

その後も、日本人のほとんどは株式も買わず、ドル資産も持たないで「様子を見る」ようなことをしているので、とうとう何の恩恵も受けないまま今日まで来ている。

多くの日本人は、乗れば自動的に上がるエスカレーターを目の前にして、足を乗せるという一歩を踏み出さなかった。だから、さっさとエスカレーターに乗り込んだ外国人に遠く引き離されてしまった。
http://www.bllackz.com/2014/11/blog-post_23.html


143. 中川隆 2014年12月02日 18:43:02 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

僕が負け組にデイトレを勧める理由 _ まとめ


長い引用でしたが、ポイントだけ整理しておきます:

世の中はフェアではなく、それでいて世の中は競争社会だ。

この世は、スポーツのようにスタートラインを同じにして一斉に走り出して勝敗を決めるようにはなっていない。階級制もない。つまり、競争の条件がフェアになっていない。

途方もない金持ちと、途方もない貧困層の子供が同時に競争するのが、この世の常である。

教育を受けられる子供たちと、受けられない子供たちがいる。気が付いたとき、その将来は天と地ほども変わっており、その差は埋められない。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20140909T0650420900.html


格差社会が極大化した社会では必死で働いても見返りがない

この競争社会は多くの人間を「経済格差」で区分けし、持てる者と持たざる者を極大化させる局面に入っている。これからは、いくら競争しても勝てないのに、ずっと競争させられる時代に入っていく。

格差社会が極大化すると、もう必死になっても見返りはほとんどなくなるのだ。当然だ。持てる者がすべて持っていき、わずかなパイを大勢で分け合うことになるからだ。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141125T0600120900.html


「つまらない仕事」を一生懸命しても、もう何の意味もない

終身雇用も年功序列もなくなった今、「つまらない仕事」をしても報われるどころか、そのつまらない仕事が消えたらすぐにリストラが待っている可能性も高い。
いずれ報われると勘違いして、そのつまらない仕事を延々と続けていると、本当に報われないと分かったとき、大きな落胆とショックに見舞われる。

「つまらない仕事」を一生懸命しても、生き残れない。
http://www.bllackz.com/2014/11/blog-post_13.html

27 :山師さん:2014/09/23(火) 01:06:48.78 ID:7Pfbru0q

仕事なんてよほど自分がやりたい仕事じゃなきゃやらない方がマシだよな


_______

もはや個人での起業って成立しなくなっている。

なんか逆転現象が起きていて、本来カタギの係わるべきものではない株式等の金融投機のほうが比較的リスクが少なく、 起業は大手も含めて、よほど山師的な才能とコネクションがある人、しかもそういう破滅的な博打と横暴、暴力、不正等々の世界がよほどど好きな人しか参入できなくなっている。

ここで株に行くのは誰もが安易だとは思いつつ、他に手段がない。 今、自分の金で起業するのは無謀です。

企業の資産があるなら、それを株に投資して派遣で働きながら、長期的な視点で投資するなら、そっちの方が成功する可能性あるんじゃない?

(自主的、強制的wな)脱サラの行く方向が株しかないので。

____

775 :山師さん:2014/10/18(土) 16:28:35.10 ID:h2lXnQGn

年収300万だったら、仕事やめて専業投資家になったほうが儲かるだろ?

月に25万、平日に1万ちょっとでしょ。
安全確実に稼げるじゃんそのくらい。


_____

39 :山師さん:2014/09/23(火) 14:26:08.72 ID:nEIzIJMP

デイトレはいったんコツつかめば永遠に儲かるからな
いい商売だ
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1411309181/

981 :山師さん:2014/09/21(日) 20:36:46.39 ID:xmhwGn50

一回コツ掴めば一生食えるじゃん
途中で溶かす人ってのは実はコツ掴んでないんだよ


980 :山師さん:2014/09/21(日) 19:35:10.88 ID:LLtoNNTM

専業を安定して続ける最大のコツは技術でも勝負の勘でもなんでもない。

去年みたいな馬鹿でも儲かるときに、真剣にリスクをかけて勝負をして大きく儲ける。

そして、地合いがダメなときや低迷したときには、欲張らないで、海外の株、債券やリート投資で、年率数パーセントでも良しとする。
たったこれだけで、資産は増える。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/stock/1405987000/


144. 中川隆 2014年12月02日 18:58:40 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

@専業投資家になるには何を勉強したら良いか

本稿の最初の方に色々な参考図書を紹介しましたが、実は本当に必要な本は 次の一冊だけなのです:

先物市場のテクニカル分析

ジョン J.マーフィー (著), 日本興業銀行国際資金部 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%88%E7%89%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E5%88%86%E6%9E%90-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-J-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC/dp/4322218911/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273295862&sr=1-2

A デイトレで儲けるにはどうしたら良いか

これも実は簡単なんですね:

分足チャートの3本の移動平均線を見て、上昇トレンドか下降トレンドか持ち合いかを判断します:

50分移動平均線
120分移動平均線
180分移動平均線

移動平均線が3本共 上向きなら上昇トレンド
移動平均線が3本共 下向きなら下降トレンド
移動平均線3本が交差したり重なっていたら持ち合い

分足が上昇トレンドなら買い
分足が下降トレンドなら空売り
分足が持ち合いなら見送り

3本の移動平均線の設定ができる分足チャートは

カブドットコム証券 ウルトラチャート
http://kabu.com/tool/ultrachart/default.html

で見る事ができます。


145. 中川隆 2014年12月02日 19:27:25 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

B デイトレをやるのに必要な資金額は?

700万円乃至1000万円あれば十分です


FX や 先物ならもっと少額でもできますが、完全なギャンブルなので手を出したら人生お終いです


資金が少ない場合には中古リゾートマンションを買って住めば住居費は月1万5000円で済みます:

投資家におすすめの街 _ 苗場スキー場の元高級リゾートマンションが遂に10万円になった
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/565.html

24 : 山師さん [sage] 2012/03/18(日) 06:41:15.19

個人の専業で、お金が出来たときに、マンションや家を買った人は、ぼろ儲けなんか続かないってことを理解している人だから、退場する人はまずいない。

とくに利益を上げてその中から生活費を出してる人ってのは、一番早くつぶれる。

そういう人たちは、今月は稼げないから、稼がなくちゃ、って勝負をしまくるわけだが、稼げない時ってのは、トレンドが不安定だったり、動いてる銘柄がないとか、そういう時期で、そういうとこで無理して勝負すると負けやすい時期。

家賃や生活費を利益で支払ったり、子供の教育費も毎月の利益で払おうとする人は、すぐに潰れる。

699 : 山師さん [sage] 2012/08/08(水) 06:48:34.74

おれも賃貸で専業やってて、不動産屋を自転車で回ってるときにあった、都心付近の中古のオープンルームに入って、そのまま即契約。

で、結果論としては、そのあとリーマン・ショックがあったり震災があったり原発暴落があったりしたときに、家賃を払わなくてよくて、更新の必要もない、ってものすごい安心感になるよ。

家賃がないと生活費って、いくらでも節約できるから。

当時マンションを買って種が激減したあとは、1kg、198円のパスタ(5食分)を主食にしてたら食費ってほんとにかからなかった。



146. 中川隆 2014年12月03日 08:58:41 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

C相場で鴨ねぎにならない為の心掛けは


デイトレの場合は、全資金の7割程度を限度額にして、欲張らないで 5000円 乃至 10000円毎に利食っておけば勝率は 99%は行くでしょう。

反対に大儲けを狙って信用取り引きを目一杯使って一発勝負に出ると必ず(?)、今回の突然の日銀緩和の様な不測の事態が起きて、財産をすべて失って借金まで背負う事になります。

これは素人だけではなく、プロの中のプロでも同じなのですね:


『大物ファンドマネージャーの大転び ビクター・ニ一ダーホッファー氏の場合』

Victor Niederhoffer (1998)
http://www.youtube.com/watch?v=wo_9TeQMCEI
http://www.youtube.com/watch?v=2KdsRve1gjg
http://www.youtube.com/watch?v=NILObv1zrSk
http://www.youtube.com/watch?v=BbARu_kTYQA
http://www.youtube.com/watch?v=MTaK8zctZ1M
http://www.youtube.com/watch?v=kJxYD4x4bQ0
http://www.youtube.com/watch?v=dkLgVSteN4M
http://www.youtube.com/watch?v=0nWWofcndt8

Victor Niederhoffer after he lost everything in the 1997 Asian Crisis
http://www.youtube.com/watch?v=860Rd2BD74U

 月曜日、NHKスペシャルで放映されたビクター・二一ダーホッファー氏破産のてんまつは、恐らく興味をもって見られた方が多いと思う。常勝負け知らずでジョージ・ソロスとも親交があった、となるとこれはもう相場の世界では、雲上人としか言い様がない。
そんな雲上人があっけなくコケてしまうなんて。それはもう、そのときの事情を是非とも聞いておきたい!相場に関わっている人は皆そう思った筈である。

それにしても、良く聞けば聞くほど解らない。耳を疑うような内容で、唯々唖然、である。1997年10月、こともあろうに、あのアジアに目を向け、タイ・バーツ、銀行などの立ち直りに賭けてしまったとは!

そういえばこの種の、信じがたいニュースは時々、我々の情報に飛びこんでくる。ベアリングス社がコケた時も全く同様である。我々がごく身近なこととして、自分の皮膚感覚のように良く解っている日経ダウ平均のあの暴落を途中で強気するとは!しかももあの時は、一社員の失敗を取り返そう、と全社の頭脳を緒集した挙旬に、損失総額を見事8000億円にまで膨らませて、潰れてしまった訳である。

矢張り外国の事情、それも遠い文化圏となると、勉強しているようで、全く基本的なことを読み聞違えてしまうものらしい。このことは、逆に我々が、アングロサクソンやラテン系文化圏の経済活動を観測する時にも、大いに自戒しなければならないことである。とにかく、その当時、当社も企業向け資産アドバイスとして身近な海外では最も注目すぺき売り!としていたのが、香港ハンセン指数、タイ・バーツなのだから、これは本当に鷲きである、

そして次に、相場の基本的なテクニヅクとして、二ーダーホッファー氏の信じ難い手口が続く。

東甫アジアで完膚無きまでに叩きのめされたビクター氏はその損を一気に取り返そうと、昨年10月22〜24日と340ドルばかり下がったNYダウ目がげて敢然と買いを入れた訳である。(恐らく7600〜8200ドルの逆張り圏の動きと見たためであろう)

しかもそれが絶望酌なことに、株価総含指数S&Pのオプションでプットの売り、と最後の勝負に出てしまったのだからこれはもう狂気の沙汰である。 ほんの1万分の1の正気も見られない手口である。

ちなみにオブション、プットとは本来、一般的なプツト買いであるなら、値下がりの方に賭ける手口。それに対して、プット買いに相対するプット売りは手口として逆で結局買いのポジションと同じになる。そして、恐ろしいことにオプションの売というのは、現金証拠金は必要とせず、他の証券類を充当できる。(つまり、その時点で氏の現金の余裕ゼロと想定できる)。

実際の手口は多分、プット売のしかも大きくインザマネーに玉を集中させ、NYダウが少しでも反発するなら、資金がなくても、効率良くしこたま儲けてやろう、という手口である。これ以外にプット売りを敢えてやろう、という理由はまず考えられない。

競馬場で全てすって、到頭帰りの電車賃や腕時評、電子手帳まで売り払って、次のレースの万馬券につぎ込んでしまうのと何ら変わらない行為である。

そして次の場面こそは、相場の世界の皮肉として誰もが一度は味わったことがあることだと思うが、27日500ドル大暴落の後、いよいよ土壇場の28日、朝安で万事休す、破産、となるが、売買を全て清算したその30分後あたりからダウは猛然と反発してしまう。ちなみに12月に入ると、ダウは8150辺りまで(丁度1000ドル近<)も反発する。

とにかく細かいことは放映されなかったし、その当時の二一ダーホッファー氏の精神状態、投資環境も解らない。しかし、タイ関連の急落を逆張りで買い、次ぎにNYダウ(S&P)急落を逆張りで買い、これはいくら何でも乱暴過ぎる。

しかも明らかに資金以上に買い進んで、俗に言う「テッポウ」まで打っているのである。ファンドマネージャーとしては完全に失狢である。

とにかく資金が多くても少なくても、臆病にコツコツ当てるのが相場の普遍的な原則である。一気に取ろうとする人間は、結局のところ、自分のアベレージ(的中率)に自信がない、ということに他ならない。アベレージさえ高ければ、無理をせず安全運転に徹していても、自然に利益は嫌というほど転げ込んでくるものである。この原則が理解できない人は今すぐに相場の世界から即座に縁を切るべきである。
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/kiji.html

破産したニーダーホッファーは翌1998年、私財を売却し、自宅を担保にして手に入れた資金を元手に再度ファンドを設立。

その後、2001年から2006年にかけて年率40%以上のパフォーマンスを記録した。

しかし、2007年のサブプライム危機および信用収縮により、ビクターの運用するマタドール・ファンドは75%以上の資産を失い、同年11月にはクローズに追い込まれた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC


147. 中川隆 2014年12月03日 11:57:52 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

D 相場の奥義教えてあげる


386 名前: :03/01/02 19:15

大体、相場の奥義なんてものは必死になって教えてもらったら、内容は、厳格な損きりと、資金管理と、ポジションサイズのコントロールだけで、仕掛けの方法など皆が聞きたがる所はほとんど金もうけに関係ない重要度の低いジャンルだったりするもんさ。

常識的な面白くないことを続けるのが奥義で、秘密はほとんどないというのがこの世界のからくりなのさ。

柴田罫線法のような、いわゆる一子相伝奥義なんてものは存在しないんだよ 相場には。 そこを判ってない奴が何度もだまされる。

バン・K・タープ の『魔術師たちの心理学』でも読んで勉強しな。

390 名前: :03/01/02 19:20
>>386
いいじゃんか。馬鹿はだまされるだけだまされさせとけば。

一生、存在しない秘儀を追い求めて死んでいくんだろうよ
この手の詐欺師に引っかかってさ。
http://mimizun.com/2chlog/stock/money.2ch.net/stock/kako/1040/10406/1040626634.html

『魔術師たちの心理学』は実戦には全く役に立たないので読む必要もないのですが、一応リンクを貼っておきます:


新版 魔術師たちの心理学―トレードで生計を立てる秘訣と心構え
バン・K・タープ (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E9%AD%94%E8%A1%93%E5%B8%AB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E2%80%95%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E7%94%9F%E8%A8%88%E3%82%92%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%82%8B%E7%A7%98%E8%A8%A3%E3%81%A8%E5%BF%83%E6%A7%8B%E3%81%88-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%BBK%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97/dp/477597100X/ref=pd_cp_b_0



148. 2014年12月03日 12:12:35 : b5JdkWvGxs


             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   おじちゃん
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′

うん、イロイロあってね・・。
そんなことよりおじちゃんとこれからエエことしよっか?
ケーキでも食べながら楽しいことしよう!
オモロイでえ


[12削除理由]:管理人:意味なし

149. 中川隆 2014年12月05日 09:30:55 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

E デイトレの注文はなるべく逆指値・トレーリングストップで


逆指値注文は

株価が「指定の価格まで下落したら売り」、「指定の価格まで上昇したら買い」

とする注文方法です。株式保有時に損失の拡大を防ぐためのロスカットや相場上場時の一定の値段を超えた際のトレンドフォローの買い注文などの際に便利にご利用いただけます。


トレーリングストップとは、株価の変動に合わせて一定の値幅で逆指値の価格を自動的に修正(追いかける)することができる注文方法です。売り注文の場合、高値-○円を逆指値とし、高値の更新に合わせて逆指値の価格が引き上げられ有利な株価で取引することができます。
http://kabu.com/item/auto_trading/default.html


カブドットコム証券会社 逆指値とトレーリングストップ 解説動画
https://www.youtube.com/watch?v=EUMyiKNvg9Q

〜逆指値〜「自動売買実践編」
https://www.youtube.com/watch?v=dlUNeZ6jjwY&feature=youtu.be


カブドットコム証券会社 トレーリングストップ
http://kabu.com/item/auto_trading/trailingstop/default.html

トレーリングストップ 買付注文画面
株価が大きく下落したあとに、反発して上昇すると予想。安値から10円上がったら買いたい。
http://kabu.com/item/auto_trading/trailingstop/sample_buy.html


トレーリングストップ 売却注文画面
株価が上昇している間は、利益をより多く確保するために逆指値を切り上げ、高値から10円下がったら売りたい。
http://kabu.com/item/auto_trading/trailingstop/sample_sell.html

高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する自動売買です。同じ売るなら少しでも高いところで売りたい、高値から下落してきたところで売りたい、という場合等で活用できます。

売りの場合であれば、「株価の上昇にあわせて、高値から○円の逆指値を切り上げ、株価の値上がりに追従しつつ、反落し始めたところで売り発注」ということが可能です。

買いの場合は、「少しでも安いところで買いたいが、安値から○円上がって来たら買い発注」ということが可能です。


買ってすぐにトレーリングストップ

買ってすぐにストップロスまたは利食いのトレーリングストップを設定し、強ければ持続、利食いチャンスは逃さず、といった狙いでの発注にも活用できます。


【例】

400円で買った銘柄に「高値-40円で売り」のトレーリングストップを発注。

万一、下落しても360円で売り発注。上がりだした場合も上昇が続けばそのまま持続、上昇後に下落すれば「高値-40円」で売り発注、ということができます。

大幅下落からのリバウンド買い狙い

株価が大きく下落したあと、リバウンドして上がり始めたところを買う場合にも活用できます。

【例】

現在値500円、安値500円。株価は下落基調でまだ下がりそうだが、下げきった後は反発すると予想し、安値+20円で買いのトレーリングストップを発注(逆指値520円)。

その後、株価は440円まで下がったとすると、逆指値の買いは460円となり、その後株価が460円までリバウンドしたところで買い注文が発注されます。

動意付けば買い

短期売買で少しでも動意付いたところ狙う場合にも活用できます。

【例】
寄付前に「安値+10円で買い」のトレーリングストップを発注。

寄付前は前営業日の安値が基準となるため、前営業日安値700円、終値705円の場合、逆指値は710円となります。寄付が前営業日安値よりも低い場合は逆指値は切り下がり、高い場合は710円で変わらずそのまま。寄付は690円となり逆指値は700円になりました。その後すぐに反発し700円で買い注文が発注されます。
http://kabu.com/item/auto_trading/trailingstop/default.html

Q : トレーリングストップとはどのような注文方法ですか?

A : 高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する機能を追加した自動売買です。

売りの場合であれば、

「株価が下落した場合には逆指値で売却し、上昇した場合には売却する価格を自動的に切り上げ、株価の値上がりに追従する」

ということが可能になります。

買いの場合は売りとは逆に、株価の値下がりに追従することが可能です。


Q : トレーリングストップで指値は指定できますか?

A : トレーリングストップで、条件を満たした時に発注される注文は成行のみになります。
指値注文はご指定いただけません。


Q : トレール幅の指定はありますか?

A : 受注時のトレール幅は現在値に対し、呼値(刻み値)2つ分以上離して指定する必要があります。呼値(刻み値)1つ分以下では利用できません。 

例)

高値 520円
現在値 500円 呼値(刻み値)1円の場合

トレール幅は【高値-22以上の数値】で指定する必要があります(売りの場合)。

発注不可:株価が 高値-21円 になったら成行売のトレーリングストップ
発注可: 株価が 高値-22円 になったら成行売のトレーリングストップ
http://kabu.com/item/auto_trading/default.html

逆指値・トレーリングストップは極端な価格変動に弱いので、

値動きが極端な寄り付き後 9:00 〜 9:30 の間は注文を外しておいた方がいいです。


150. 2014年12月05日 09:48:51 : b5JdkWvGxs

因みに、デイトレ以外で逆指値・トレーリングストップを使うと大抵

一番高い所で買って、一番安い所で売る事になります。

それがカブドットコム証券会社が何時まで経ってもマイナー証券のままである理由なのですね。


逆指値・トレーリングストップはデイトレ以外では使えないと思った方がいいです。
デイトレの場合もトレール幅を1日に何度も調整しないとうまくいきません。

ただ、適切なロスカットを強制的に実行してくれるのと、株板を場中にずっと見ている必要が無くなるので随分と楽になるのですね。


151. 中川隆 2014年12月06日 10:46:40 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

F デイトレの奥義教えてあげる


デイトレの奥義は以下に書かれている事そのものですね:

ターゲットは124円か 為替 / 2014-12-06 00:12:57

いよいよ歯止めがきかなくなってきた円安である。私は悪い円安とは思わないが(つまり、国債の方に飛び火したりする可能性はゼロだと思っているが)、トレーダーとしては、ドル円が上がるから買わざるをえない相場になっている。

もう理屈では買えない水準だが、ストップを入れてロングさえすれば儲かるので、やめるわけにもいかない。

外部環境からは大幅な下落になる可能性がほとんどないので、あとは自律反落しか考えにくい。当面のターゲットと思われた120円をあっさりと抜いたので、次のターゲットはサブプライム前の高値の124.1円あたりになるだろう(2007年6月高値)。

トレードする側としては、円がらみでのロング(円売り)以外の選択肢はないと思うが、

さすがにドル円119円以上では、長くはおかず、上昇の激しい部分でレバを多くしてとって、すぐに撤退する形にしている。

ストップを置いて短期にとれば、別に現在の水準は何円でもいい。

今のように相場が上に向かっている間は、ポジションメイクをした時点から半日程度では上昇する確率が高いわけで、まずは確実なトレードだと思う。

ターゲットとされる124円あるいは選挙が終わるまではこのスタイルで続けていく予定である。
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx/e/8e2652cc40cabd724016803893b15106

即ち、デイトレの奥義とは


>ストップを置いて短期にとれば、別に現在の水準は何円でもいい。

>今のように相場が上に向かっている間は、ポジションメイクをした時点から半日程度では上昇する確率が高いわけで、まずは確実なトレードだと思う。


逆に言うと、ポジションメイクをした時点から半日も経ったらトレンドが反転する可能性が高いので、約定したらすぐに返済のストップ注文を入れておかないといけないという事ですね。

FX や先物取引をやっている人では必ず 逆指値・トレーリングストップ で利食い・ロスカットしています。 FX や先物取引ではリバリッジが大きいので自動でロスカットしないと危ないのですね。

デイトレは自己資金の7割を限度に売買している限りは安全なのですが、基本的には FX や先物取引と同じ様に 逆指値・トレーリングストップ で利食い・ロスカットしないと資金が塩漬けになって食べていけなくなるのですね。

トレーリングストップができる唯一の証券会社として、手数料や信用の利子が高くてデイトレーダーから敬遠されているカブドットコム証券会社を敢えてお薦めします:


【徹底研究】証券会社|注文方法の比較
http://traderz.web.fc2.com/shoukentool_chuumon.html

管理人おすすめの証券会社 マネックス証券 vs. カブドットコム証券会社
http://wariyasukabu.com/contents/syoken-osusume.html

マネックス証券/注文方法
http://www.monex.co.jp/ServiceInformation/00000000/guest/G100/srv/various_odr_index.htm

松井証券 逆指値・追跡指値
http://www.matsui.co.jp/service/stoploss/index.html

カブドットコム証券会社 自動売買
http://kabu.com/item/auto_trading/default.html


152. 中川隆 2014年12月08日 15:06:12 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs


@ 建て玉法

寄り付き直後の行き過ぎた株高を狙った逆張りの空売りでは無限ナンピンが基本ですが、トレンドフォローの順張りではナンピンは厳禁です。

順張りでは W・D・ギャンのピラミッディング法に従って買い増し・売り増しして行き、逆指値・トレーリングストップを使って利食いするのが基本になります。

買い増しは株価が押し目から再騰した時に限る
売り増しは株価が戻りから再落した時に限る

押し目の途中で再騰する前に早めに買うと、それが実は押し目でなくトレンド転換だったりする事が多いです。


______


(参考1) W・D・ギャンのピラミッディング法(買い増し、売り増し)

当初の建て玉が10ロットとすれば、

5ロット、3ロット、2ロット、1ロット・・・

と建て玉を減らしながら、相場のトレンドに従って建て玉を増していく。


上昇トレンドで買いポジションを持つとすれば、例えば


当初1ドル=105円で10ロット買い、

次に107円で5ロット買う。


そして相場が上昇を続ける限り


110円で3ロット、

112円で2ロット、

115円で1ロット


とその度にロットを半減させながらポジションを積み増していく。


ピラミッディング(買い増し、売り増し)のタイミングに注意すること。

レジスタンス・サポートをブレークしてから買い増し、売り増しをすること。

買い増しするときは強い上昇トレンドを示すもの、
売り増しするときは強い下降トレンドを示すもの

を選ぶこと。


ピラミッディング法での逆指値の入れ方

当初105円で10ロット買う時に 104円で逆指値を入れておくとすれば、

次に107円で 5ロット買う時には 15ロット全ての逆指値を106円水準に引き上げる。

さらに110円で3ロット買う時には18ロット全てを109円で逆指値を入れる。


このようにポジションを買い増すたびにストップオーダー(逆指値)の水準を引き上げていく。

従ってどこかで上昇トレンドが止まりストップオーダーにヒットすると、全てのポジションが一斉に決済され利食いになる。

この手法は、投資資金に余裕があり、相場のトレンドが大きくなれば大変有効。


ギャンの手仕舞いは逆指値の自動注文に限られる。

逆指値はストップロス条件だけから決められる。


(参考2) W・D・ギャンのトレンドフォロー投資法


1) リスク管理

売買に用いる総資金を10等分し、

1回の売買における損失限度は総資金の10分の1にすること。

2) 逆張りは決してはならない

3) ナンピンは決してしてはならない。

これはトレーダーがするかも知れない最悪の失敗の1つである。

4) 頻繁売買の禁止

頻繁に売買を繰り返しても、手数料やスプレッドで損をするばかりで、ミスも多くなる。過剰に頻繁な売買は避けること。


5) トレンドフォロー

トレンドに逆らわないこと。トレンドに確信が持てないときは売買しないこと。

安いというだけで買ってはならないし、高いというだけで売ってはならない。

トレンドが下向きな時には売るのに安過ぎるという事は決してなく、

  トレンドが上向きな時は買うのに高過ぎるという事は決してない


多くの人は、新高値で買ったり新安値で売ったりする事は誤っていると信じている。 
しかし、これはトレンドに従っていると言う事なのである。

6) 天底に関する憶測の禁止

相場の天底をチャートのパターンから予想して勝手に手仕舞まってはいけない。

これはチャート・パターン分析に基づいた売買をしてはいけないという事。
 
チャートの形状から未来の値動きは予想できない。

チャート分析の売り転換に基づく手仕舞い法は間違い。

7) 指値注文の禁止

指値をしてはならない。売買の価格を決めず、成り行きで売買すること。

8) 流動性とボラティリティ

小型株や二部株、東証マザーズ、JASDAC の様な出来高の少ないマイナー銘柄には絶対に手を出してはいけない。

出来高の多い値動きのある銘柄で売買を行うこと。
http://www.forex-traders.net/gann.html
http://shoken.exblog.jp/441966


153. 2014年12月08日 21:06:29 : b5JdkWvGxs

僕が負け組にデイトレを勧める理由(続き)


あなたを豊かにさせないシステムが発動していることを知れ 2014年12月8日

日本人が貧困に落ちるきっかけの最大の要因は、その最大のものは「いい仕事が見つからない」というものである。

仕事を辞めるのはリスクが高い時代だと言われても、人が仕事を変わらなければならなくなる理由はたくさんある。

たとえば、気付かないで入った「ブラック企業」でずっと勤められる人はいない。間違えて、そういった極悪企業に入ってしまった人たちは、心身共につぶされるので、遅かれ早かれ転職を余儀なくされる。

フリーターやアルバイトで入った仕事も、低賃金の単純作業であり、何年続けても進歩がないから、やがては辞めざるを得ない状況になる可能性がある。

あるいは、入ったときは良かったが、業績が悪化して給料やボーナスがカットされて生活できなくなることもある。あるいは、病気になったり、怪我をしたりして仕事が続けられず、退職を余儀なくされることもある。

待遇や、人間関係や、合わない仕事によって、ノイローゼや精神的な問題を引き起こし、会社を辞めないと心が壊れてしまうところまで追い込まれた人もいるだろう。

自分の味方に思えた存在が、自分の足かせになる

仕事を辞めたくないと思っても、どうしようもない不可抗力によって、仕事を辞めなければならない状況に追い込まれる人は、決して珍しい存在ではない。

グローバル化が日本を覆い尽くし、終身雇用も年功序列も吹き飛び、リストラが常態化し、企業の寿命が非常に短くなっているのが現在の社会だ。

このような時代では、一度も転職をしたことがない人の方が少数派になっている。

会社から離れると、多くの人は不安に駆られる。それも当然だ。仕事をしなければ収入が入らないが、収入が入らなければ蓄えを取り崩すしかない。

仮に300万円の貯金があったとしても、1年も「充電」していたら、1年後は貯金ゼロになってしまうのだ。堅実な人であればあるほど、会社を辞めたらすぐに次の仕事を探し始める。

適職だと思う仕事がすぐに見つかればいいが、そうでなければ、人材派遣に登録する人も多い。

仕事が見つからなければ貧困に転がり落ちるのだから、何とか仕事を斡旋してくれる人材派遣会社は自分の味方のように感じるかもしれない。

しかし、本当のことを言えば、追い詰められたときに頼った人材派遣が長い目で見れば貧困の入口であったということが多い。

なぜ、そうなってしまうのか。

なぜなら、人材派遣の仕事は「非正規労働」だからである。派遣されたら、人材派遣がその人の賃金から「マージン」や「手数料」を取る。そして、どんなに真面目に働いても状況が変われば相手先企業から切られる。


辞めれば貧困、続けていても明日の見えない絶望

搾取されながら働く。相手の都合で切られる。同じ仕事をしても給料が安い。このような状況下で働き続けて安定した将来設計が描けるはずもない。

実績が認められて昇進するというような、キャリアの積み重ねができないのである。いつまで経っても使い捨て要員だ。

実際、あちこちに派遣され、何度も使い捨てにされながら、労働者は荒んでいく。辞めればストレートな貧困、続けていても明日の見えない絶望が続く。

しかし、どんなに景気が回復しても、利益を出すことを株主に強制されている企業は、永遠のコストになる正社員を雇うようなリスクは冒さない。これからは、さらに非正規雇用を増やしていくことが確実視される。

そのため、人材派遣業は必要不可欠な業種になった。いつしか日本は、人材派遣を直接的・間接的に扱う企業が東証第一部だけでも20社近くも存在する国になっているのである。

そして、これらの企業が、非正規雇用者の賃金を吸い上げながら、空前の利益を上げるようになっている。

これに飽き足らず、次から次へと人材派遣関連の企業が上場を果たしている。今でも新興市場では30社近くがひしめいているが、さらに増えていくとも予測されている。なぜか。もちろん、儲かるからである。

これほど中間搾取で生きている企業が増えているというのは、ある意味、社会の底辺では労働者が搾取されるのが当たり前になっているということだ。

人に働かせて、自分たちはそこからマージンや手数料を取って稼ぐ。そんな企業が増えているのだから、底辺の見えないところで、搾取社会が急激に進んでいることが窺える。


貧困ビジネスの神髄とは、どういったものか?

働いても働いても豊かになれないというのはなぜか。

昇進もなく、福利厚生もなく、交通費支給もなく、最初から低賃金で、人材派遣会社に賃金をピンハネ(中間搾取)され、要らなくなったら捨てられるからだ。

もう、どんなに必死で働いても、浮かび上がれない仕組みができあがっているのだ。

人材派遣は、もともとドヤ街の「日雇い派遣」の「口きき」と同じことをシステマチックにやっているような業種なので、貧困ビジネスの一種なのである。

ここでよく考えてみてほしい。

貧困ビジネスというのは、労働者が働いて豊かになってしまったら寄生する対象がいなくなる。だから、彼らを無意識に労働者を貧困のまま固定化させる。

労働者が、向上心があり、能力があり、有能であったら、貧困から抜け出してしまうが、そんな人間も仕事を与えないで放置しておけば腐っていく。ブラック企業に送り込めば、心身が壊れる。

そうやって多くの人間を貧困に固定化させ、飼い殺しするのが貧困ビジネスの神髄なのである。いつまでもピンハネできるように永遠に貧困に固定化させる。

日本の社会の底辺で、こうした貧困ビジネスがじわじわと人々を取り込んでおり、ワーキングプアから抜け出せない社会を作り上げている。

実は、こうした「口利き」と「ピンハネ」が横行する社会は、途上国では一般的な光景である。

先進国の底辺が、どんどん途上国の光景に似てきているが、それはこうした貧困ビジネスが拡大していることからも読み取れる。落ちたら抜け出せない社会が広がっている。


社会の裏で貧困ビジネスが拡大していることに気付いている人は少ない。
落ちてから、多くの人がそれに気付く。
http://www.bllackz.com/2014/12/blog-post_8.html


154. 中川隆 2014年12月10日 14:23:13 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

努力しても報われない世界があることを売春女性に教わった 2014-12-10
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141210T0628400900.html


一生懸命に働いている人が必ず報われるとは限らない。それが、この世の理不尽な現実である。適当に働いても、たまたま入った会社が良くて破格の給料を手にする人もいる。

逆に、朝から晩まで必死で働いているのに、日々の暮らしすらも成り立たない人もいる。死ぬほど働き、死ぬほど努力しても、報われるかどうかは分からないのである。

多くの人は「それは当たり前だ」と言うはずだ。今さらそんなことは言われるまでもないと冷笑すらするだろう。

しかし、私は30代に入るまで、そんな単純な社会現象すら分からなかった。20代までの私に、ずっとこびりついていたのは、このような考え方だ。

「努力すれば、必ず報われる」

しかし、どんなに努力をしても、どんなに必死になっても、どんなに頭が良くても、どうしても報われない世界があると私は認めざるを得なかった。

長く売春地帯の女性の人生をずっと見続けて、私はやっと「努力しても報われないこともある」と思い知った。

「日本人はいいわね。金持ちで……」と言われた

まだ20代の前半だった頃、私はもう社会をドロップアウトして、東南アジアの気だるい空気の中で、日がな一日、何もしないでブラブラして暮らしていた。

その頃、バンコクのヤワラーには安宿に常駐していた売春女性がたくさんいた。その多くが安宿に沈没していた日本人の「共同の恋人」のようになっていたのだが、その中のひとり、馴染みになった女性が私に言ったものだった。

「日本人はいいわね。金持ちで……」

安宿に居着く私が金持ちであるはずがなかったが、それでも彼女が言わんとする意味は汲み取れた。それ以降、違う女性からこのセリフを何度も何度も聞かされることになる。

日本人は、日本に戻ってほんの数ヶ月間働いただけで、その金で東南アジアに来ると、半年は確実に何もしないで暮らしていけたのだ。

日本は経済大国であり、日本人の月給は安宿に巣くう売春女性の10倍はあっただろう。毎日毎日、身体を売って必死になって生きている女性は、どんなに必死に働いても、ブラブラしている日本人に敵わない。

そんなヤワラーには、今も昔も製鉄工場がたくさんある。そこでは、朝早くから夜遅くまで、油にまみれて働く作業員たちの姿があった。

私は毎日、屋台で食事をしながらぼんやりと彼らを見ていたものだった。

灼熱の空気の中で、汗と油にまみれて働く彼らよりも、何もしないで屋台でのんびりしている自分の方が金をあることは、気が付いていた。


それは、日本の教育の成果だった

しかし、そんな現実が目の前にあっても、私はそれでも、「必死で働く人は、いずれ報われる」と頑なに思い込んでいた。なぜ、そうだったのか。

「怠惰な人が運だけで豊かになって、必死で努力している人が報われないのは、正義ではないし、残酷だ」という考え方が、ずっとこびりついて離れなかったからだ。

私は自覚していなかったが、それは日本の教育の成果だったのだ。「必死に努力すれば道は拓ける」というのは、今も昔も学校教育の基礎だ。

本当は、人間ひとりひとりに能力があって、生まれつき頭の良い子供もいれば、どう努力しても能力の足りない子供もいる。この差は、生まれつきのものなので埋めがたいものがある。

しかし、学校教育は駄目な子供も面倒を見なければならないし、彼らをある程度「向上」させなければならない。そこで、学校は「必死に努力すれば道は拓ける」と教えることになる。

子供は、自分が頭が悪いのは、「生まれつき」ではなく「努力が足りないから」だと思うようになっていく。

本当は能力は人によってバラバラで、その差は決して埋まることはないのだが、「努力すれば、いずれ報われる」と思い込まされるのである。

私も、そういった教育を受けてきたので、無意識に「努力すれば、いずれ報われる」という単純な哲学が身についていた。

しかし、東南アジアで必死で身体を売って生きている女性よりも、日本人の働かない旅人たちの方が金を持っている。適当に生きている自分の方が、汗と油にまみれたタイの製鉄屋の男たちよりも金があったりする。

そんな不可解な現実が、目の前で繰り広げられていた。それを見ているうちに、「努力しても報われない」のが現実なのではないか、とうっすらと思うようになっていった。


「努力したら報われる」どころの話ではない

とどめになったのは、カンボジアの売春地帯にいた女性たちと付き合うようになってからだ。彼女たちは、もう生まれたときから家が貧しく、教育もなく、計算もできず、身体を売るしか生きる方法がなかった。

そんな中で、売春宿のオーナーに搾取され、乱暴な客に罵られ、這い上がることなど到底不可能な世界の中でもがいていた。

「努力したら報われる」どころの話ではない。あまりにも極限の底辺に堕ちると、足りないものが多すぎて必死で働いても浮かばれないのである。

借金もある。計算できないから売春宿のオーナーからピンハネされ放題だ。抜け出しても、字も書けず、計算もできないから普通の職業に就けない。教育を受けるにも金が要るが、そんな金もない。今を生きなければならない。抜け出せない。

そんな世界で「努力したら報われる」など、きれい事でしかなかったのである。しかも、途上国で必死で働いても、先進国のアルバイトの時給にも負ける。時間が経てば経つほど差が開いていく。

先進国で生まれるか、途上国で生まれるかは、それこそ運でしかない。富裕層で生まれるか、貧困層で生まれるかも運だ。いろいろな環境が、本人の努力を超えた部分で決まり、人生が左右される。

もし私がカンボジアの底辺で生まれていたら。あるいは、インドの低カーストで生まれていたら……。

一匹狼だ、野良犬だ、ハイエナだと斜に構えて生きることなど、到底できなかった。必死で働いても何も得られず、社会に押しつぶされながら生きていたはずだ。

「努力しても報われない」世界があるのだ。それが分かった時、私は自分が信じていたものがガラガラと崩れ去るような気持ちになった。

しかし、同時に、それでも努力して生きていくのが本当の人間の姿なのだと分かった。


どうしようもなく、堕ちた女性が好きだ

努力しても報われない……。

しかし、そんな状況の悪い中で、必死になって生きている人たちも数限りなく存在する。いや、そんな人が大多数なのが、この世の中の現実だ。

私が見てきた途上国の売春女性たちは、みんなそうだった。彼女たちは何も持っていない。それでも淡々と生きるしか方法がない。

そんな境遇の中で、彼女たちは出会う男たちに笑みを浮かべ、時には愛を分け与えたりしている。あるいは、したたかに立ち回って私を翻弄する。

もう、それだけで私は彼女たちに心が奪われてしまう。

努力して報われないことに傷つき、世の中の理不尽さに傷つき、もがいてももがいても何ともならない現状に傷つき、それでも、あえてもがいて生きる女性たち。

苦しみに満ちた世界の中で生きている女性たちに、私は深い深い関心と愛と哀しみを感じる。どん底に堕ちた彼女たちの生き方を通じて、私もまた深い影響を受けた。

「努力したら報われる」というのは、間違いだった。

「努力しても報われないかもしれないが、それでも努力しながら生きていく」というのが正解だったのだ。

私自身もそうだし、誰でも、楽に世の中を渡っているわけではない。必死で生きている。時には挫折を余儀なくされても、それでも必死にもがいて生きていく。

ぶざまだと思われようと、情けないと思われようと、それでも、とにかく必死で生きる。そんな「何も持たない人間」の生き様を、言葉ではなく、身体を通して教えてくれた女性たち。

私はどん底に堕ちてもなお、もがきながら生き続ける女性に、深い尊敬と、深い憧憬を抱いている。もう、居ても立ってもいられないほど、堕ちた女性たちが好きだ。

売春宿の薄暗い階段を降りていく女性。どこまでも堕ちて這い上がれないが、それでも彼女たちは生きていく。それが現実の姿だった。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141210T0628400900.html


デイトレードで成功するかどうかは学歴や教養や IQ とは全く関係ないので、社会の底辺から抜け出すにはデイトレーダーになるのが一番簡単なんですね。


155. 中川隆 2014年12月15日 14:28:11 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

日本はもう終身雇用が崩壊しており、従業員は使い捨てになっている。つまり、長らく続いて来た「サラリーマンになって一生安泰」という環境が消えた。

真面目に頑張っても、会社がコスト削減したいと思えばリストラされる。我慢して仕事を続けても、同じように会社が赤字になったらリストラされる。

安い給料でも歳を取ったらそれだけで自動的に給料が上がると言うのが今までのシステムだった。しかし、もうそんな時代は終わった。今では、会社に安くこき使われたあげくにリストラされる確率の方が高い。

真面目も、我慢も、昔ほど意味がなくなってしまった。労働に対する考え方は、古き良き時代とは違う考え方をしなければならなくなっている。

会社の寿命も短くなった。長く続いている会社でも、単一のビジネス・モデルをずっと続けられなくなっている。同じ会社でもビジネスが転々と変わる。

その結果、「ひとつの会社に長く勤める」ことを前提にしたライフスタイルは、ますます難しいものとなっている。

景気が良くなっても、終身雇用には戻らない

もちろん、「ひとつの会社に長く勤める」という生き方は完全消滅するわけではない。実のところ、多くの日本人はいまだにひとつの会社に長くいることを志向する。無意識に、それが美徳であり、正しいと考えるのである。

しかしグローバル化した現代社会では、本人の都合ではなく、会社の都合で、終身雇用が否定されようとしている。

グローバル化によって企業間競争が激しくなっている今、従業員がコスト扱いされていく傾向はますます顕著になりつつある。この流れはこれからも止まらない。

いくら「ひとつの会社に長く勤めるのが美徳」だと言っても、そのような状況ではなくなっていく。

多くの人は、リストラされたらまた次の雇われ仕事を探す。しかし、そこでも、会社の都合でリストラされる可能性がある。そして、またその次でも同じことが繰り返される。

ほとんどの人がすでに悟っているように、これは景気の良し悪しと関係はない。景気が良くなっても、終身雇用のシステムには戻らない。

終戦後から2000年頃まで、日本では「できるだけ良い大学に入って、できるだけ良い会社に入って、定年まで勤め上げる」が典型的な生き方だったのだが、それが崩れて呆然としているのが今の日本人なのである。

「こう生きれば安泰」という黄金律が消失し、楽に生きるための人生のレールがなくなった。

多くの日本人が漠とした不安が隠せないのは、「こうすれば安定した人生が送れる」というレールを失ったあと、次に何をしたらいいのか分からないことに起因している。

重要なのは、「どう生きたらいいのか」を他人に聞いても、誰も何も分からないことだ。終身雇用が崩壊した後、日本人は正しい答えを消失したまま、漂流している。
http://www.bllackz.com/2014/12/blog-post_14.html


156. 2014年12月17日 17:35:27 : b5JdkWvGxs

「時代の波」は、私たちが考えている以上に恐ろしいものだ
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141216T0057310900.html

昨日と今日は同じ日に見えるかもしれないが、時代は刻々と変わっている。時代が変わっていくとき、取り残される側の方にいると必要以上の苦労が延々と続く。

取り残される側に踏みとどまって努力することもできるが、その人生は決して楽ではない。どんな優秀な人であっても、取り残された業界では、「労多くして実りが少ない」結果に追い込まれる。

一方、これから伸びていく側の方にいると、それほどの努力をしなくても楽に生きていける。多少の失敗くらいは何の問題も起きないくらい大きな利潤が得られる。優秀でなくても、それなりの結果が得られることも多い。

「自分の立ち位置」が時代に合うかどうかだけで、人生は180度違ってくる。理不尽だが、これは事実だ。場合によっては、自分の立ち位置を思い切って変えなければ、死ぬ。

これは、今に始まったことではない。常に人間を取り巻く環境は変わるのだから、いつの時代でも起こっている悲喜劇だ。たまたま、時流に乗ったか乗らないかで人生の明暗が決まる。

取り残される側にいると、必死で抗うだけの人生に

かつて、機織りはすべて手作業だった。イギリスでも、これで食べている人がたくさんいて、何十年も精魂込めて仕事をして、熟練になった人は尊敬された。

ところが、19世紀初頭に、産業革命の波が押し寄せて、自動織機ができると、熟練した機織り師など要らなくなった。

機械が自動的に機を織ってくれて、しかも品質は一定し、それを大量に生み出してくれるようになったのだ。

当然、機織り企業は機械を導入して、人間を次々とリストラしていった。これに怒った女工や機織り職人は工場を回って機械を叩き壊して回ったが、彼らの怒りは報われることはなかった。

一度、機械化という流れができると、もうそれは人間から機械に取って代わり、時代は二度と元に戻らないのである。

もし、あなたがこのとき、機織りの仕事をしていたら、客観的にどうすればいいのか。迅速にその仕事を捨てて、機械を動かす側に立ち位置を変えるべきだと考えるはずだ。

しかし、機織りを職業としていた人間は、機織りという仕事を愛している人も多い。

その仕事空間を愛しているし、伝統を絶やしたくないという思いもあれば、自分の技術を誰かに継承したいという気持ちもある。そして、機械は邪道だとすら考えただろう。

だから、機織りを職業としていた人は機械を動かす側に回らなかった。そのまま時代の波に飲み込まれ、やがては消えていくことになった。

時代に取り残される側にいると、必死で抗うだけの人生が待っていて、しかも報われないというのは、機織り職人の行く末が暗示していた。


一度、機械化という流れができると、もうそれは人間から機械に取って代わり、時代は二度と元に戻らない。


少数が生き残ったが、多数が淘汰されて消えた

日本は江戸時代に長い鎖国をしていていたが、やがてペリーの黒船で鎖国は終わり、明治・大正・昭和と激動の時代に入っていった。

その頃、日本にも「洋服」というものが入って来て「靴」というものも入って来た。それらは新しいものだった。

現代の私たちは、着物が洋服に取って代わり、下駄が靴に取って代わったという結論を知っている。しかし、当時はそんなことは分からなかった。

時代の流れは、洋服にあって着物の方にはなかった。時代の流れは靴であり、下駄ではなかった。時代が進めば進むほど、それは明らかになっていった。

私たちは「呉服屋が洋服屋になり、下駄屋が靴屋になった」と考える。実際はそうではない。呉服屋は最後まで着物だけを扱って淘汰された。そして、下駄屋も最後まで下駄だけを扱って淘汰されていった。

呉服屋は呉服に対してプライドもあれば、愛着もあったし、洋服は邪道だと見なしていた。邪道とは言わないものの「世界観が違うもの」なので扱わなかったのだ。

だから、呉服屋が洋服屋を始めたのではなく、新参者が洋服屋を始めて、呉服屋は最後まで呉服を扱ったまま時代に合わずに淘汰されてしまったのである。靴屋もそれを始めたのは、新規参入者であり、下駄屋ではない。

もちろん、呉服屋も下駄屋も、いまだに少数は生き残っている。淘汰された中でも、少数は伝統を守って生き残る。しかし、もはや主流でも何でもない。少数が生き残ったが、多数が淘汰されて消えた。

ここで重要なのは、呉服屋や下駄屋の経営者が優秀かどうかは関係がないということだ。優秀な人間でさえも支えきれない「時代の変化」がその業界を洗い流してしまう。

呉服屋も下駄屋も、いまだに少数は生き残っている。淘汰された中でも、少数は伝統を守って生き残る。しかし、もはや主流でも何でもない。少数が生き残ったが、多数が淘汰されて消えた。


いつの時代でも、毎回、同じことが繰り返される

どこの国でも、どこの産業でも、いつの時代でも、毎回、同じことが繰り返されている。

人間は自分が長くやってきた仕事に対して誇りを持っているし、慣れているし、その世界を愛している。だから、先行きが暗いと気付いていても、「いけるところまで」と考えて、同じことを続ける。

そして、いよいよその仕事に対しての凋落が見えてきたとしても、そこから抜け出せない。そして、本当にどうにもならなくなって、淘汰されてしまう。

これは、昔話ではない。むしろ、現代の方が時代の動きが早く、現代の方が危険だ。私たちはあっという間に取り残されてしまう。私も、あなたも、例外ではない。

問題は、時代はどんどん変転していくのに、私たち人間の意識はそう簡単に変えられないということだ。

20代ならいざ知らず、30代、40代、50代と歳がいけばいくほど、自分が長くやってきたことにこだわりが生まれる。淘汰される側にあると気付いても、捨てられない意地が生まれる。

自分が変われなくても時代は容赦しない。その結果、何をやっても努力が裏目に出るという恐ろしい目に遭わされる。

浜辺の砂で作った城と同じで、砂を積み上げても積み上げても時代の波が襲いかかって来て、そのたびに崩れてしまうのだ。

時代に合った側に立つと、努力すればするほど報われるのに、時代に合わない側にこだわると、努力は一向に報われないという地獄を見る。時代の流れというのは、それほど恐ろしいものなのである。

果たして、あなたの立ち位置はどちらだろう?


移動や運搬は馬の時代から車の時代へ。しかし、馬を提供していた業者が車の業者に変わったわけではない。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141216T0057310900.html


157. 中川隆 2014年12月18日 13:59:44 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

貧しい者は、貧しいまま終わるという身分の固定化が進む 2014-12-18
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141218T0455510900.html

貧しい家庭に生まれるか、豊かな家庭に生まれるか。貧困国で生まれるか、先進国で生まれるか。それだけで人生はまったく違ってしまう。

先進国の富裕層の家庭で生まれれば、経済的な苦労はしない。親の資力や人脈をフルに使って、親と同様に豊かで実りある人生を築き上げることができる確率が高い。

しかし、その逆も然りである。貧困層に生まれれば、親と同様に、貧困の中で喘ぎ、這い上がりたくても這い上がれないことが多い。

これを「貧困の悪循環」というが、国の貧困、親の貧困は、子供にも引き継がれやすい。

もちろん、最初は貧困状態であっても、一生懸命努力し、アイデアと、実行力と、不屈の精神で金持ちに成り上がっていく人も、世の中にはたまにいる。

そういった人の人生は、多くの貧困層を力づけ、大きなモチベーションの元になる。アメリカ人は特にそういった「成り上がり」の物語が大好きだ。

子の世代が親の世代と同じ階層にとどまる確率

アメリカ人の持つ人生観は、最初は何もなくても、そこから自分の才能や努力でポジティブに成功をつかみ取っていくという「アメリカン・ドリーム」で成り立っている。

しかし、このアメリカン・ドリームは、どんどん難しくなっているのだと経済学者は指摘するようになっている。

ウィートン大学の経済学者であるジェイソン・ロング氏もそのような主張をする人のひとりである。

アメリカは、貧困世帯の子供たちが中流層や富裕層に移動する割合が高いと思われているが、実際に「世代間所得弾力性」を数値化してみると、「子の世代が親の世代と同じ階層にとどまる」確率は非常に高かった。

もう、アメリカはチャンスの国ではなくなっているのである。親が貧困層でも、子供が中流になる確率は、現代ではむしろ、中国、インド、南米諸国のような新興国の方が高いというのが、ジェイソン・ロング氏の分析だった。

「米国人は今でも自分たちは移動性が極めて高いと信じているが、それは真実ではない」

ここで発言されている「移動性」というのは、貧困層から中流以上に「移動」する世代間移動を指している。主要先進国の中では、イギリスが最も世代間移動が低い。

すなわち、イギリスでは、貧困層の子供は中流に成り上がるのはとても難しい。イタリアもまた、そのような硬直した社会である。

アメリカン・ドリームという言葉によって希望に満ち溢れていたはずのアメリカもまた、現代では貧困の固定化が進んでいて、成り上がれない社会になりつつあるのだという。

アメリカン・ドリームという言葉によって希望に満ち溢れていたはずのアメリカもまた、現代では貧困の固定化が進んでいて、成り上がれない社会になりつつある。


学歴社会がアメリカン・ドリームを難しいものに

ここで注意しなければならないのは、社会そのものは、別に階級を固定化させているわけではないので、今でもアメリカン・ドリームを実現する人たちは存在するということだ。

貧困層が中流に成り上がっていく物語は、今も消えていない。

しかし、かつては努力と根性で何とかなったアメリカン・ドリームは、もうそれだけではどうにもならないほど難しいものになっているのが現状なのだ。

これには、多くの理由がある。

その理由のひとつとして経済学者の誰もが指摘するのは、アメリカが明確な学歴社会と化して、学歴のない人間は「良い仕事」を見つけるのは絶望的に難しくなっていることが挙げられる。

良い仕事に就くためには、良い大学に行く必要がある。良し悪しに限らず、とにかく大学を卒業するのが必須だ。しかし、その大学に行くためには莫大な費用がかかるのである。

アメリカの有名大学では、だいたい年間600万円なので、4年間通えば2400万円かかることになる。これだけの金を出せる家庭は中流階級でもなかなかいない。奨学金制度もあるが、誰もがもらえるわけではない。

そこで学生ローンを利用して大学に通うことになるのだが、貧困家庭では、そもそもその学生ローンですら組めない。

かくして貧困層は大学から閉め出され、良い仕事から閉め出され、努力と根性で何とかなったアメリカン・ドリームは遠くに消え去ってしまった。

ちなみに、中流階級でも、無理して学生ローンを組んで大学を卒業しても、たまたま不景気でまともな仕事が見つからないと、借金を抱えたまま首が絞まって「成り上がる」どころか、貧困層に堕ちていく確率が高まる。

アメリカではアメリカン・ドリームを実現する人たちよりも、貧困層に堕ちる人たちの方が増えている。

良い仕事に就くためには、良い大学に行く必要がある。良し悪しに限らず、とにかく大学を卒業するのが必須だ。しかし、その大学に行くためには莫大な費用がかかる。


どこの国でも、アメリカと同じ傾向が進んでいる

実は、グローバル化した社会では、アメリカだけではなく、どこの国でも同じ傾向が進んでいる。人々は国境を越えてビジネスを行い、外国企業に就職し、異国で生活するのが当たり前になっている。

多国籍企業は、その人材の良し悪しはまずは学歴を見る。有名大学、ブランド大学の卒業であれば優秀であると、だいたい学歴を見れば判断できる。

だから、世界的に学歴社会がこれから進んでいき、それが標準になっていく。

この傾向が進めば、経済的な理由や、家庭環境によって学歴が持てなかった人間は、どんどんドリーム(成り上がり)から排除されていくことになる。

「貧しい者は、貧しいまま終わる」という身分の固定化が進み、それが格差となり、長い格差は階級(クラス)の固定化につながって「身分制度」同様になっていく。

リーマン・ショック以降、全世界で貧困層が拡大しており、アメリカでもユーロ圏でも日本でも格差と貧困の拡大はひどくなっていく一方である。

貧困問題が途上国の問題ではなくなって久しい。

日本でも貧困層は貧困層のまま推移し、成り上がることもできず、貧困の固定化が身分制度のようになり、社会が富裕層と貧困層とで分離していく社会が加速する。

「仕事がないよりはましだが、貧困層から抜け出すことはできない」という社会が、もうとっくの前から始まっている。私たちは、いつの間にかその中で生きていることに気付かなければならない。


「仕事がないよりはましだが、貧困層から抜け出すことはできない」という社会が、もうとっくの前から始まっている。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141218T0455510900.html


158. 2014年12月18日 20:09:33 : b5JdkWvGxs

企業における効率化とは最後に「あなたを処分すること」だ 2014年12月18日木曜日

人間は効率的な生き物ではない。誰でもそうだが、周期的に体調を崩すし、集中力はすぐに切れる。やる気がどうしても起きない日もあるし、一日に6時間は寝ないと生きていけない。

長時間働いていると次第に仕事がこなせなくなり、時には長い休暇も必要だ。そして、人間には感情があり、奴隷のように働かされるとストレスで心も身体も壊れていく。

ところで、企業が求めるのは何か。

それは、極限的なまでの「効率化」である。ありとあらゆるビジネスは、成功するか失敗するかは、どこまで仕事を効率化できるかにかかっていると言ってもいい。

10日かかっていたものは3日で、1日かかっていたものは半日で、半日かかっていたものは3時間で、3時間かかっていたものは1時間で完璧に終わらせることが求められている。

インターネット時代となって時代は加速しており、効率化への要求はどんどん厳しくなっている。これは、ビジネスに関わっている人間のすべてが実感じていることだろう。

効率化を成功させるというのはどういうことか?

効率化できれば、他社よりも早く製品が市場に出せる。効率化できれば、他社よりもコストが削減できて価格競争に有利になる。競争社会になると、効率化できるかどうかがビジネスの成功にかかっている。

しかし、人間は効率的にできていない。人間はすぐに疲れ、注意散漫になり、休み、時には逃げる。

そんな中で、標準を上回るほど効率的に生きることができる人間もいて、こういった人間を現代では「優秀である」と言う。

しかし、効率的で優秀な人間というのはそれほど多くないし、人間ができる効率化というのは、たかが知れている。

たとえば、機械と人間に単純作業をさせれば、機械の方が精密で、どんな長時間でも仕事のスピードは落ちない。サボらないし、休まないし、しかも賃上げを要求してこない。

当然のことだが、効率化を追求するというのは、最終的に人間がやっている部分を機械化するという流れになっていく。効率化を成功させるというのは、人間がやっていた部分を機械に置き換えることで成し遂げられるのである。

かつて家事はとても大変な仕事だったが、今では洗濯も皿洗いも全自動でできるようになっている。

はるか大昔、駅の切符切りは人間がやっていたが、自動改札の導入でこれはなくなった。工場でも産業用ロボットが導入されて現在では生産ラインが無人化したところもある。

現在では、インターネットの導入で会計事務員が減り、商品販売員が減り、農耕作業者が減り、工場勤務者も減った。

効率化とは、「人間にやらせない」ことを志向している。これが何を意味しているのかというと、企業は最終的に人間を機械に置き換えられれば効率化に成功するということである。


効率化とは、人間の切り捨てが拡大するということ

すべての企業が、効率化に向かって走っているが、これはすなわち人間の切り捨てが拡大するということである。

反復を繰り返す作業やルーチン・ワークは、どんどん機械に置き換えられる。

かつて、どこの企業でも「事務職」というものがあったが、こういった事務はコンピュータに置き換えられてどんどん職が消えて行った。

次に中間管理職がやっていた仕事も、現在は末端が入力したデータはすべてサーバで一元管理されて、上層部がアクセスし、分析・管理ができるようになりつつあるので、必要なくなりつつある。

効率化された企業というのは、上級経営者と末端の労働者だけになるというのが究極の姿である。

その労働者も、機械ができる部分はどんどん機械化されていくので、雇用は保証されない。効率化が成功した段階で、切り捨てられる。

もちろん、放逐された人員は技術革新によって新しく創造された仕事に回されるのだが、「新しく創造された仕事」よりも、「効率化で放逐された人間」の方が多いのであれば、無職や失業者が世の中に溢れ、少なくなった仕事を取り合う姿になっていく。

また、人間は誰でもどんな仕事ができるほど器用に作られていないので、必ずしも誰もが新しい職に馴染めるわけではない。今まで技術職をやっていた人間に肉体労働をさせるのは難しいし、その逆も言える。

新しい仕事が創造されても、それが自分に合わなければ、仕事がないも同然なのである。そういった意味で、情報化とインターネット化とグローバル化が急激に進んでいる現代社会で、多くの人が「仕事を喪失する」のは、必然であるとも言える。


企業における効率化とは、最後に何を目指すのか?

企業にとっては「従業員」は非効率であるにも関わらず、コストがかかる存在だ。機械が人間のコストよりも下がると、企業は従業員よりも機械を選択する。

効率化と機械化が進むと、必然的に仕事は失われて、それに従事していた人間が要らなくなる。

どこの企業も効率化を推し進めているので、いったん業務が固定化されると、それがマニュアル化・ルーチン化され、何らかの形で機械化され、それが人員の削減につながっていく。

この動きに向かって、企業は猛烈な勢いで走り出しているのが現代社会の姿なのである。

これは、多くのサラリーマンが今後も次々と仕事を失っていくということを意味している。そして、単なる事務職員のような仕事をしている人間は、下手すれば次の職場が見つからない可能性がある。

レジ係、ワープロ入力、通訳、速記、配達員、仲卸業者、事務職、中間管理職、倉庫作業員、訪問営業員、受付嬢……。今後、人間がやらなくてもいいような仕事はたくさんあって、それがどんどん淘汰されていく。

何か新しい仕事を想像できる人間は、今後の社会でも生き残れるが、単なる労働者は厳しい社会になる。

仕事を得るのが難しいし、何とか仕事を得ても単なる労働力として扱われて低賃金のまま放置され、状況が変わると使い捨てされる。

企業における効率化は最後に何を目指すのか。それは、最終的に「あなたを処分すること」である。なぜなら、あなたは人間だからだ。

それが効率化の裏に隠された、誰も言わない真実である。


無人工場は珍しくない。企業による効率化は最後に非効率な人間を消す。
http://www.bllackz.com/2014/12/blog-post_18.html


159. 2014年12月23日 12:20:14 : b5JdkWvGxs

「先進国 vs 新興国」という括りは、時代遅れになっている 2014-12-23
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141223T0147190900.html

多くの企業は国を超えて事業をするようになったが、これは裏を返せば競争が世界規模になったことを意味する。

競争が世界規模になるということは、世界規模で価格競争が起きるということであり、だから、企業は価格競争に打ち勝つためにコストを削減しなければならない。

コストを削減するためには、社員の給料を下げるか、余計な社員のクビを切るかのいずれしかない。これによって、終身雇用も年功序列も、すでに昔話になってしまった。

正社員は非正規雇用者に取って代わる。毎年給料が上がるという世界もなくなり、給料は据え置きか、下手すれば毎年「下がっていく」可能性の方が高くなる。

それに納得できないのなら「辞めろ」という話になる。頭に来て辞めたらどうなるのか。

企業の多くはコスト削減のために「雇わない」経営を目指している。一度辞めたら、次の職場を捜すのは至難の業となる。若年層が、そういった社会構造の直撃を受けたのは、もう誰もが知っている事実だ。

昔は、それを「強制労働」と言っていた

そんな若年層の苦境を見て、極限まで働かせて「使い捨て」にしようと考えるのがブラック企業と言われる存在だ。

これらの企業は、若年層が他に働き口がないから「我慢して耐えるしかない」ことを知っている。だから、むちゃくちゃにこき使って平然とする。

労働基準法を無視するような働かせ方は、「強制労働」と昔は言っていた。

今はこの言葉を誰も使わなくなっている。強制労働は途上国の現象で、先進国ではあり得ないと思っているからだ。しかし、ブラック企業の働かせ方は、まぎれもなく強制労働だ。

ブラック企業で働くというのは、すなわち強制労働させられるということなのである。私たちは、「日本で強制労働が生まれている」と言わなければならないのである。

企業が国際的な激しい競争に巻き込まれているということは、コスト削減のために人はなるべく雇わず、雇った人間は強制労働させる仕組みに世の中が変わってきたということになる。

これは日本の社会が悪いとか、自民党が悪いとか民主党が悪いというようなローカルの問題ではない。グローバル化の中で起きている国際的な問題であると捉えなければならない。

世の中は、これからもグローバル化に向かって突き進んで行くことになるので、この若年層の失業問題や、強制労働の問題は決して解決することがない。

むしろ、大きな潮流となって、これからさらに厳しい社会情勢になっていく。分かりやすく言うと、この問題はさらにエスカレートしていく。

いつまで続くのか答えが知りたければ、このように言うことができるかもしれない。

「先進国という状態が消滅するまで続く」

ブランド店に並ぶ中国人。新興国の人間が「みんな」貧しいという認識はもう間違っているし、意味がない。その逆に、先進国の人間が「みんな」豊かという認識も成り立たなくなってきた。


低賃金に合わせられて、そこに収斂していく

先進国の労働者の賃金は高い。だから、企業は先進国の労働者をなるべく雇わない。そうすると、先進国の労働者が貧困層になる。

国中に貧困層が溢れると、その国はもう先進国ではなくなっていく。つまり、先進国という状態が消滅する。

今、起きているのは、持てる者と、持たざる者の二極分化の動きであり、持たざる者が大多数になって「先進国が消える」動きでもある。

欧米では国民の反対があっても、政治家は怒濤の如く移民を受け入れている。ドイツでも、フランスでも、オランダでも、ノルウェーでも、スウェーデンでも、どこでもそうだ。

多くの移民は低賃金で働く貧困層である。

そうすると、その国の労働者の賃金は、いずれ移民の低賃金に合わせられて、そこに収斂していくことになる。

それが嫌なら拒否してもいいが、そうなると雇われないことによって無収入になる。

低賃金層ばかりの国になるというのは、もはやその国が先進国ではなくなっていくというのと同じである。

しかし一部の資産家は、資産膨張現象によってますます金持ちになっていく。

そこで、今までは「先進国 vs 新興国」という括りだったものが、さらに二極分化していき、「富裕層 vs 貧困層」という括りに変わって行く。

今までは「先進国 vs 新興国」という括りだったものが、さらに二極分化していき、「富裕層 vs 貧困層」という括りに変わって行く。


「先進国 vs 新興国」という括りは時代遅れ

今までは、たとえば中国と日本を比べて、日本の方が先進国だから、「先進国で良かった」と単純に言える社会だった。しかし、もうそのような牧歌的な社会は終わったのだ。

国を見て豊かかどうかを推し量るのではなく、人を見て豊かかどうかを推し量る時代になった。

中国で生まれても富裕層は猛烈な金持ちだ。日本で生まれても貧困層は途上国並みの貧困だ。

これからは、もっとその傾向が顕著になっていき、もう先進国で生まれたからと言って、自動的に中産階級や富裕層の一員になることはない。

先進国で生きている人であっても豊かであるとは限らなくなるので、もう「先進国 vs 新興国」という括りは時代遅れになって意味をなくす。

重要なのは、「先進国という概念は消失していない」ということは、まだまだ最終型に到達していないということだ。

実は、新興国がグローバル化の波に飲まれてそれなりの人々が少しずつ豊かになっている。

中国もまだ極貧世帯が多いが、年収60万円やそれ以上を稼ぐ人たちも増えている。一方で、日本では年収がどんどん落ちて、200万円台の人たちが増えている。パートやアルバイトで年収120万円台の人すらもいる。

新興国が底上げされて、先進国が底抜けする。この2つが同時進行していけば、やがて新興国と先進国がさほど差がない世界になっても不思議ではない。

「先進国 vs 新興国」が意味がないほど差が縮まり、「富裕層 vs 貧困層」だけが存在する社会になる方向に向かっている。

中国の金持ち女性。すでに中国は強烈な格差社会にあって、その富裕層の富は日本人の金持ちの富のはるか上を行く。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20141223T0147190900.html


160. 2014年12月23日 12:29:35 : b5JdkWvGxs

年収90万円ダウンで、マイホームを手放した40代サラリーマンの事情

週刊SPA! 12月22日(月)16時21分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141222-00770163-sspa-soci


「景気回復、この道しかない」――。解散総選挙で安倍自民党が掲げた景気浮揚策は日本に「格差」という負の側面をもたらしている。実際に、「不測の事態」が少しでも起これば、貧困の波に飲み込まれる者が後を絶たないのだ。ここでは、平均的な年収があるにもかかわらずローン破たんに陥ったケースを紹介しよう。

◆年収90万円ダウンが住宅ローン返済の負担に。マイホームを処分!

●岡野行雄さん(仮名・45歳)

電子部品メーカー

年収510万円

[家計簿]

家賃    5万円

水道光熱費 1.5万円

通信費   1.5万円

食費    4.5万円

養育費   20万円

雑費    4.5万円

 マイホーム購入の際、多くの人が利用する住宅ローン。だが、払いきれずにローン破綻してしまう40代が急増している。

「もし手放すのがあと1年遅かったら、ローン破綻で家は競売にかけられていたと思います」

 そう振り返る岡野行雄さん(仮名)は、’99年に4300万円のマンションを都内に購入。そのときに組んだのが35年3000万円の住宅ローンだった。

「私の収入なら十分払える金額でした。でも、’07年のリーマン・ショックで状況が一変。当時600万円だった年収がたった2年で510万円まで下がったんです。月給はほとんど減らなかったため、月々の住宅ローン7万2000円を払うことは可能でしたが、夏冬のボーナスは60万→15万円となり、ボーナス時の支払い20万円が苦しく、不足分を貯金から回さなければならなくなりました」

 しかも、岡野さんには2人の子供がいる。長男を私立小学校に通わせていたため、貯金はリーマン・ショック直後のピーク時でも300万円程度。90万円の年収ダウン分を補填するにはあまりに少なく、’12年に貯金は底尽きた。

「マイホームに執着するあまり、希望的観測を込めて『そのうち元の収入に戻るはず』と思うようにしていました。また、友人や同僚を招いてホームパーティもよく開いていて、周囲から『住宅ローンが払えずに家を処分した』と見られたくなかった。でも、結果的にそのチンケなプライドのせいでマイホームを手放すことになってしまいましたけどね」

 2500万円で家が売れたことで住宅ローンを完済。さらに500万円が手元に残り、長男を私立中学に進学させることができたが、都内から埼玉県某所にある家賃5万円の賃貸マンションに引っ越すハメに。通勤時間はそれまでの30分から80分になってしまった。

「満員電車に長時間揺られるのが嫌で都内に家を買ったんですけどね。この一件以来、みんな憐れむように私に接してくるし、詳しい事情を知らない子供は『前の家のほうがよかった』と文句ばかり言ってくる。私だってこんな家には住みたくないのに……」

 ローンを終えても、地獄の日々に終わりは見えない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141222-00770163-sspa-soci

ローンを借りてまで都会に何千万円ものマイホームを買うのがそもそも間違っているんですね。

サラリーマンなら転勤に合わせて賃貸マンションで我慢、定年になったら温泉のあるリゾート地で、200万円くらいで叩き売りしてい中古別荘か10万円の中古リゾートマンションを買ってそこに定住するのが正解:


苗場スキー場の元高級リゾートマンションが遂に10万円になった
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/565.html



161. 中川隆 2014年12月23日 14:36:59 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs
______
______


トレンドラインの引き方


本スレの最初の方で、トレンドラインの引き方で引用した柴田罫線のサイトが無くなってしまいましたが、同じ様なサイトがありましたのでリンクを貼っておきます:

柴田罫線理論基礎講座
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/about/


正しいトレンドラインの引き方を知るには今でもこの本が一番役に立ちます:

天底と転換罫線型網羅大辞典〈第1巻〉
棒足順張之巻―相場必勝の秘訣永久不変の奥義 (1973年) − – 古書, 1973/6
http://www.amazon.co.jp/柴田-秋豊/e/B00J7IMKIQ/ref=sr_ntt_srch_lnk_1?qid=1419312891&sr=1-1


162. 2014年12月23日 14:38:08 : b5JdkWvGxs
http://www.amazon.co.jp/s/ref=dp_byline_sr_book_2?ie=UTF8&field-author=%E6%9F%B4%E7%94%B0+%E8%B1%8A%E7%A7%8B&search-alias=books-jp&text=%E6%9F%B4%E7%94%B0+%E8%B1%8A%E7%A7%8B&sort=relevancerank

163. 2014年12月23日 14:39:30 : b5JdkWvGxs
http://www.amazon.co.jp/Dictionary-Science-Rules%E3%80%80%E3%80%80Commodity-Market-Qootations/dp/B000J6LU22/ref=asap_B00J7IMKIQ?ie=UTF8

164. 中川隆 2014年12月23日 19:24:37 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

トレンドライン(斜線)を本当に切ったかどうかの判断基準


トレンドラインの引き方は一意的ではないので、通常は上記に加えてさらに次の条件の何れかが満たされた場合にだけ、トレンドが転換したと判断します:


・ X% break rule
終値でトレンドラインを X%以上切らないと転換とは見なさない
(Xの値は 長期投資では 3%, スイングトレードでは 1% 程度, デイトレードでは銘柄によって最適値を変える)

・ 2日ルール
2日連続でトレンドラインを切らないと転換とは見なさない


柴田罫線では
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0409/


売り転換 : 陰線の終値で下値斜線を下に切った場合
買い転換 : 陽線の終値で上値斜線を上に切った場合

・陰線で上値斜線を上に切ったものの、終値では斜線を超えられなかった場合は、いったん見送り。次の陽線の終値で斜線を上に切るまで待つ。

・陰線で上値斜線を上に切って、終値も斜線を超えた位置で引けた場合は、ほぼ間違いないが、次の陽線を確認する。今までの流れが変わるという、重要な日(週、月)なのに、始値より終値の方が安い陰線では、不安だ。

やはり、しっかりとした上伸で引ける力強さが欲しい。


・陽線の終値で切ったものの、そのはみ出た値幅は極めて小さく、手書きのチャートならば十分に誤差となってしまうような状況では、次の寄り付き(始値)あるいは次のローソク足をみて判断する。


・陽線の終値で切ったものの、非常に長い上ヒゲをつけて終了した場合は、いったん様子見。その後の力強い陽線を確認する。

・陽線の実体(終値)でしっかり上に斜線を切って引ければ、流れが変化する可能性が高いポイントとして、しっかり認識をする。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0409/


165. 中川隆 2014年12月23日 19:32:43 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

トレンドライン(斜線)の修正・引き直し


見ている株価の流れが、トレンドライン(斜線)から大きく乖離すれば引き直し、
はみ出せば引き直す、流れが変化したばかりの頃は特に頻繁に


むりやり線を引こうと思えば、ローソク足が2本できたときには線が引ける。
しかし、その信頼性は高くないことはわかるであろう。

実際に上昇の流れに入ってきたと感じはじめるのは4〜5本のローソク足が引線されてきてからである。

ある程度、株価の流れがみえてきたら、すぐに斜線を引いてみよう。

斜線の引き直しについて、株価上昇時を例にしてまとめた。左表を参照していただきたい。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0409/

株価の流れをとらえるのが斜線であるから、自分がみている流れの方向と、斜線の方向があまりにもずれていた場合には、斜線を修正する必要がある。

流れが急な上昇に変化した場合も同様だ。

もともと上昇と判断しているところで、斜線からさらに大きく乖離して(離れて)いくような場合には、急な流れにも下値斜線を別途引くべきであろう。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0408/


図8、ホソカワミクロン(東証1部6277)の日足チャートを参照していただきたい。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0409/


ジリジリと下落した流れを表す上値斜線Aを、陽線の終値で上に切ったのは@だ。

その後、流れは上昇に転じた。

この@で買いサインの出現となり、原則は翌営業日に対応する(日足チャートのため)。


その後の上昇は何度かの修正を繰り返す。

例えばB(点線)の下値斜線を観測していると、その下値斜線を陰線で下に切ったのはAとなる。

翌営業日に対応するのが原則であるが、翌日は目先の上値斜線C(点線)をBで上に切って、再度上伸したのである。

そこまでの上昇は、決してきれいな流れ(何点もの支持点)を形成していたわけではないが、その後の上昇を示すDの流れはきれいだ。何点もの支持点が確認できる。

その後、下値斜線Dを観測すると、4月下旬に陽線で斜線を下に切ったのがわかる。

まだ、上昇に転じてから時間が経っていなかったり、例え時間が経っていても、それ程きれいな支持点が確認できなかったり(2点のみの支持など)すれば、先に記述したように、すぐに下値斜線の修正をする必要が生じてくる。


しかし、この図のように、その流れがしっかりしていれば、そのまま様子をみることになる。3営業日間は陽線であったものの、その間に上昇の流れに戻ることなく、しっかりした陰線Cをつけた。ここが売りのポイントだ。

その後の下落の流れ、上値斜線Eを上に切ったDは問題ないであろう。

次の下値斜線Fを見ていただきたい。何点ものきれいな支持点を持つ下値斜線を、陽線で下に切ったのがEだ。この陽線の後に、斜線を切った位置で陰線をつければ売りサインの出現だ。もちろん、下値斜線より上に戻ったら事情は異なる。

実際は大きく上伸、一時的な押し目を形成した格好になったのである。


本来はここで下値斜線をG(点線)に移す必要がある。しかし、そこに至るまでにしっかりとした流れを形成している場合には、Fを基本として、Gも参考に観測するという方法が望ましい。もちろん、その後の上昇がDのような、きれいな上昇であるならば、基本の観測はGに変更だ。

しかし、どちらかといえばFに沿った上昇を形成し、その流れはしっかりとしている。再度Fを中心に観測をおこなう。

その後しっかりとした陰線でFを下に切ったのはFだ。その翌日Gで、下値斜線Gも下に切るので、いずれにせよ売りサインの出現とはなるが、翌営業日の寄付きで30円の違いは大きい。

はじめて斜線の修正をおこなうのならば、次の上値斜線H(点線)から上値斜線Jに至る修正が最もわかりやすい。


陰線、あるいはヒゲで上に切るたびに修正を繰り返し、その間に一度も買いサインの出現には至っていない。Hが引線される前にも、もっと厳しい(急角度の)斜線も引線できる。最終的に陽線で上に切ったのはHだ。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0409/


166. 中川隆 2014年12月23日 20:54:08 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

斜線は何度も引き直しながら引線する

斜線の引き直しについて、株価上昇時を例にしてまとめた。左表を参照していただきたい。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0408/

図7、白銅(東証一部7637)の週足チャートで、2002年11月からの株価上昇時の流れを例に、実際の斜線の引き方について細かく解説をしてみる。


目先の下落の流れを表す上値斜線@を陽線で上に切ったのは、02年12月24日の週だ。

翌年1月14日には、過去から続くより大きな下落の流れを表す上値斜線Aも上に切った。

その際に引線するのは11月の安値と12月の安値を結んだ下値斜線Bだ。
その後を観測すれば、5月12日の週の安値がピタッとおさえられていることがわかる。


その後、株価はその下値斜線から大きく上昇し離れはじめた。

そうなれば、下値斜線Bはそのままに、5月12日の週の安値と6月16日の週の安値を結んだ下値斜線Cを引線する必要がある。

しかし、7月14日の週の安値からさらに大きく上昇しはじめ、最終的には下値斜線Dの流れで表されるような、急騰につながったのである。

その後、大きく下落してきた株価がかつて観測していた下値斜線Cでピタッと止まれば、下値斜線Cの信頼性はグッと高まる。11月17日の週の安値だ。

その後は、大きな株価上昇の流れは、この下値斜線を陰線で下に切るまで続くと判断するのである。

ヒゲで下に切る、あるいは陽線で下に切るときの修正は、次のような場合だ。

その後、12月22日の週の安値でその斜線を下に切ったものの、チャート上に描かれたローソク足は、終値が高い陽線だ。

反転下落し陰線をつければ斜線切り(売りサインの出現)と判断できるが、大きく戻した時点で、修正した下値斜線Eを引線することになる。

さらに翌年2月9日、16日の週は、ヒゲでこの下値斜線Eを切り、再上昇時に再度下値斜線Fを引線することになる。

何点か支持された下値斜線Cに対して、同Fは、それ程違わない。

その斜線をヒゲながら大きく下回ったのが5月17日の週の安値だ。

ここでもう一本下値斜線Gを引線する必要があるが、第6回で解説した飛び出しである可能性もあり、その後は下値斜線Fと同時に観測すべきだ。

最終的にこの上昇は、重要視していた下値斜線Fを陰線でしっかり下に切った8月9日の週、あるいは下値斜線Gを切った9月6日の週に至るまで続いたのである。

白銅(東証1部7637) 週足チャートこれら斜線を引線すればわかるように、この斜線に沿った投資であるならば、買い玉を手仕舞う(利益確定)のは04年8月9日の週、あるいは9月6日の週以降となると同時に、斜線を切る前に信用売りを仕掛けることは原則ないといえる(リスクの軽減)。

もちろん、短い投資期間で俊敏に手仕舞いをする可能性があることを認識すれば、目先の流れである下値斜線DやHを切った際に仕掛けるのも可能だ。

斜線を引線することによって、その後の「保有し続ける」「手仕舞い」の分岐点(下値斜線位置F)が明確になる。

これがわかるのか、わからないのかの違いは、あまりにも大きいといえよう。

逆に、目先の上値斜線I、Jを上に切ってきたところは、下値斜線FやGを下に切らないところからの反転時であるわけだから、買いを仕掛けるポイントとなりうるといえるのである。

なお、多くの場合、ヒゲや陽線による斜線の修正作業は、流れが変化したばかりの頃に頻繁に発生する。

流れが変化したばかりであるのだから、引線されるローソク足の本数は少なく、ともすれば目先の動きに翻弄されることもあろう。

ただ、流れが変化する前に、どの程度の流れを観測していたのかをチャート上で追ってみれば、その流れに対しての株価の流れが、どの程度の日柄(時間)を経なければできないかはおおよそわかる。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0408/


167. 2014年12月23日 21:07:17 : b5JdkWvGxs

トレンドライン(斜線)を引く際の不当値の除外
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0406/


飛び出しについて補足しよう。(不当値と認定できるのは多くても2箇所以内)


株価の変化には一定の流れがある。ただ、取り引きがあまり活発でない銘柄で、一人の投資家がどうしても現金を得る必要から株式を売却した場合など、一時的に株価が振れる場合がある。

また、ごくまれに証券会社などによるコンピュータのインプットミスで、間違った株価での発注が不正な株価をつける場合もある。

このような場合は、すぐに本来の株価に戻る。つまり、長いヒゲとなって(一部長大陽線や陰線となることもある)チャートに記録されてしまうのである。

斜線を引くということは、株価の流れをとらえるのが目的であって、飛び出たところの2点を結ぶのが目的ではないということがわかっていれば、惑わされることはないだろう。

ただ、はじめてチャートをみる投資家、斜線を引きはじめて間もない投資家は、あまり飛び出しを意識しないほうが良い。

飛び出しだと判断した点が、とても重要な株価の位置となって、その後の流れを決定付ける重要な点となることはよくあるからだ。
http://chart.eazesystems.com/v/knowledge/kouza/k_0406/


168. 中川隆 2014年12月25日 11:28:57 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

デイトレの順張りの場合に、常に監視していないといけないものに重要度のランクをつけると


@ 板情報(歩み足と約出来のわかるものが必要)

A 日足チャート(ドル表示でないとトレンドラインが上手く引けない銘柄が多い)

B 1分足チャート(円表示でも良い)


でしょう。

デイトレでも分足チャートより日足チャートの方が重要なのです。

それから売買注文は板情報を見ながら何も考えずに成り行きで出さないと間に合いません。

新規注文するより事前に出してある注文で指し値を成り行きに変更した方が早いです。

因みに、プロのトレーダーでチャートを使って売買タイミングを決めている人は一人もいないそうです。 そういうスタイルなので最近はプログラム売買に負けて次々に廃業しているのですけど。


169. 中川隆 2015年1月17日 08:48:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

チャートを追って売買するトレード法は基本的には一銘柄のドテン売買になります。

銘柄を二つも三つも保有していると時間を掛けた正確なチャート分析やパラメーターの最適化ができなくなります。

例えば、ドテン売買型の移動平均線を使ったクロス売買、ポイント & フィギュアや柴田鉤足罫線では移動平均日数やチャートの刻みをいくつにしたら騙しが最少になるかを EXCEL を使って最適化して決めないといけないのですが、銘柄が二つ以上になると時間が掛かりすぎて実行不可能になります。

空売りで踏み上げられない、手仕舞いしたいと思った時に何時でも売買注文がすぐに約定する東京1部の 2000円〜5000円 の大型株を選んで一銘柄勝負するのが一番いいです。

それから、相場の素人は大抵、売買している銘柄の情報だけでなく、日経平均とか TOPIX とか NYダウ, ナスダック、為替相場まですべてチェックしている様ですが、これは反ってマイナスになります。

相関関係があるのと売買基準にできるというのは全く違います。

売買タイミングが1時間ずれただけで大損するのですから、売買している銘柄のチャート以外は一切見ないのが正しいのですね。

チャート分析以外はその銘柄のファンダメンタルズ分析も不要、というか やらない方が良いのです。



170. 中川隆 2015年1月17日 10:11:46 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

殆どのデイトレーダーが最終的に大損して消えていく理由


デイトレードだけでは生活費を稼ぐのがやっとなので、何時か大損して退場するまで毎日毎日デイトレードを続けざるを得ないからなのですね。

相場は保ち合いとトレンドを作って急激に変化する時期が交互に現れます。

株式市場がオープンしている 250日/年 の内、保ち合いが200日/年、トレンドを作って急激に変化するのが 50日/年

相場で実際に儲けられる(又は大損する)のはトレンドを作って急激に変化する 50日/年 だけなのですね。

保ち合いの 200日/年の間は買ったままずっと持っていても儲からないので、本来はすべて現金化して相場を休むのが正しいのです。

しかし、資産が無い人はデイトレードかスィングトレードで僅かな日銭でも稼がないと食べていけないのですね。

それで保ち合いの最終段階に株を買って、その直後に何らかのきっかけで保ち合いが破れて大暴落が始まったら、手仕舞いしたくても売り注文が約定しないままストップ安で下がっていきます。 もちろん逆指値で入れていたストップ・ロスは役に立ちません。


そして持っていた種金はすべて失って一文無しか、借金まで背負う事になってしまいます:

【速報】スイスフラン歴史的大暴落


げっ!超絶ロスカットwwww


全滅したろwwwwwwwwwwwww

まさに阿鼻叫喚。  -9000円で済んで良かったわ。


CHFJPY 115 → 125

EUR CHF 1.20 → 0.89

USD CHF 1.02 → 0.89

わずか数分の出来事である。


これ死人が出るだろ
低レバSでも追証じゃん
どうすんの?

3000通貨しか売ってないのに5万円持って行かれたw

1200万保有 20枚売りました
さようなら

ドルスイL脂肪
口座0円
-290万円
どうしよ


スイ円Sで詰みました
たったの2日で去年の利益+原資が消えて口座残高-420万と去年の税金です。
もうやめますさようなら

ユロスイ1.2組も死亡だよな・・・
生き残ったのはYしたやつだけ


−1700万
全財産飛んだ
終わった


-4300万 今の所、私が一番?

口座に8000万ある、、震えが止まらない


はあああああああああああああああああ????ん
え?なにこれゆめだよななああああおい!!


ここ10日ほど全通貨ノーポジだったが・・・
FX辞めようかなと思っている
一本前の飛行機が墜落したのと同じレベル


吐き気が留まらん…
-9200万とか絶対払えんぞ
うわなにやってんだおれ


105Lを145枚保持してて120から0.25刻みで決済するようにしておいたら口座が大変な事になってる・・・
もう会社辞めて隠居するわ


口座の-2000万に頭にきて
スリスリしにきた猫を壁に思い切り投げたら
猫が倒れたまま起き上がらない
http://matome.naver.jp/odai/2142132210649651101


世界的為替ブローカーが破産危機 2015年01月16日

今回のスイスフラン大変動で、世界中のFX取引業者が経営破たんしたり、破たんの危機に瀕していると報じられていますが、週明けにも大量の経営破たん・営業停止が発表されるかも知れません。

一日で30%以上の変動を見せれば、為替取引業者は余程リスク管理をしっかりしていませんと保証金を失い、経営が出来なくなります。

ただ、殆どのFX業者はしっかり自己管理をしていたようですが、顧客が巨額のリスクを取っていれば話は別です。

即ち、顧客が損を抱えそれを顧客が埋めることが出来ず、そのあおりを受けてFX業者が営業が出来なくなる事態が発生しているのです。

報道では、既に2社が事業を停止しており、ニュージーランドの「Global Brokers Ltd 」は顧客の損で会社の資本が吹き飛び取引が出来ない状態になっていると報じられれおり、イギリスでは「 Alpari 」が顧客の損をカバーできていないと報じられています

「FXCM 」は為替取引市場ではリーディングカンパニーと言われていますが、顧客の損が巨額になっており、取引する資本が残っていないとされており、いかに早く顧客から損を回収するかが会社が生き残るかどうかのカギとなっています。

判明しているだけでこれだけの影響があった今回のスイスフラン騒動ですが、今後次第に判明していけば、大騒動になるかも知れません。

何せ、為替ブローカーが消滅する訳であり、預けていた保証金の返還が果してスムーズに進むのかどうか。

また何ヶ月も掛かればその間に変動が発生し、影響を受けなかった投資家も破産することになるかも知れないのです。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/



171. 中川隆 2015年1月17日 10:39:06 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

相場で食べて行こうと思ったら


1. FX 、先物取り引き には手を出さない。

2. リバリッジを掛けた信用取り引きはやらない。

3. デイトレに使うのは全資金の5割まで

4. 保ち合い圏ではスィングトレードや建玉の持ち越しはしない

5. トレンドを作って急激に変化する時期は、デイトレではなく、次の保ち合い圏までずっと買い持ちまたは売り持ちを続ける


保ち合い圏からのブレーク・シグナルと次の保ち合い圏までの価格変動の予測には
ポイント・アンド・フィギュアが一番役に立ちます:


ポイント・アンド・フィギュアの無料ソフト(分足、日足、週足、月足)

カブドットコム証券 ウルトラチャート ポイント&フィギュア
http://kabu.com/tool/ultrachart/default.html
http://kabu.com/investment/guide/technical/18.html

・ポイント&フィギュアで値幅がどこまで動きそうか予測する!
http://www.miller.co.jp/study/chart/23_02.html

・ポイント&フィギュアで目標値を計算する 
http://jououkabu.kt.fc2.com/pf2/pf_7.html
http://jououkabu.kt.fc2.com/pf2/pf_8.html

・松本鉄郎 ポイント&フィギュアの描き方
http://www.panrolling.com/seminar/archives/pf-matsumoto.pdf

・松本鉄郎のポイント・アンド・フィギュアによる実戦相場予測
http://www.gaitame.com/blog/matsumoto/2014/12/20141228070023.html


ポイント・アンド・フィギュアの解説はやはり前記の


・先物市場のテクニカル分析 ジョン J.マーフィー (著)
第9章イントラ・デー・P&Fチャート
第10章3枠反転基準と最適P&F
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%88%E7%89%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E5%88%86%E6%9E%90-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-J-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC/dp/4322218911/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273295862&sr=1-2

が断然優れていますが、記述がコンパクト過ぎるので、使い方の詳細は

・相場の未来がズバリ読めるポイント・アンド・フィギュアで外貨投資に勝つ!
松本 鉄郎 (著)
・巻末 誰でもわかるポイント・アンド・フィギュア
http://www.amazon.co.jp/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%AE%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%8C%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%AA%E8%AA%AD%E3%82%81%E3%82%8B%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%81%A7%E5%A4%96%E8%B2%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A4-JB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E6%9D%BE%E6%9C%AC-%E9%89%84%E9%83%8E/dp/4408106690/ref=la_B004LV4F14_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1421255494&sr=1-2

・「勝者」のCHART 松本鉄郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%8B%9D%E8%80%85%E3%80%8D%E3%81%AECHART-%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E9%89%84%E9%83%8E/dp/4931562329/ref=pd_sim_b_1?ie=UTF8&refRID=1S15GVTPEH3STY0Z4XCV

・最強のポイント・アンド・フィギュア分析 トーマス・J・ドーシー (著)
第2章 ポイント・アンド・フィギュア分析の基本
第3章 チャートパターン――需給の攻防の記録
http://www.panrolling.com/books/wb/pointfigure.html
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E5%88%86%E6%9E%90-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC/dp/4775970305



172. 中川隆 2015年1月17日 12:39:53 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

相場で損するパターンはすべて同じだけど…:


Nevadaブログ

資産運用は昔は本当の資産家だけのものでしたが、日本経済が発展するに従って本当の資産家ではない、『にわか資産家』が登場するようになり、

この『にわか資産家』はお金は握ったものの、そのお金の本当の価値がわからず、不安にさいなまれ、とにかく増やしたい、守りたいとしてバランスを崩すことになるのです。


『にわか資産家』は日々動きをチェックし、自分の資産が今日はこれだけ増えた、今日はこれだけ減ったと一喜一憂しています。

結果、資産が減り続けると不安になり『何か良い運用法はないかな』と動き回ります。

金融界からすれば『かも』が登場することになります。

素晴らしい宣伝文句を掲げてこれら『かも』が登場するのを待っているからです。

結果、数年もしない間に資産は激減することになります。

そして更に動き回り最後には殆どの資産を失い『消えていく』ことになります。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

Nevadaブログ

相場で利益をあげようと思えば、一年に一度の売買で良いと言われる程であり、いわば、勝ち逃げですが、これが出来る投資家は、100人に1人か2人しかいません。


お客様の中に、この1人がいますが、私がお奨めした銘柄をそのままじっと保有されている方がいます。

下がったら、買い増しを行い、相場が天井をつける段階で売り逃げるそうですが、この方は、そろそろ、ポートフォリオ銘柄以外は、全て売却すると言われています。

既に、持ち株の収益は、2倍以上になっているようですが、見事という他ありません。

一切雑音に耳を貸さず、大局を見て買い続け、今、最後の売り場を探しているようです。

そして、当分は株には手を出さないと言われています。
個人が動いてきたために、もう終わりという判断をされています。

投資とはこのようにつまらないものです。
じっとして動かないのが最も収益力が高いのですから
http://www.collectors-japan.com/nevada/wr_qa_fr.html

確かにこれは事実なのですが、これを読んで勘違いする人が多そうなので (これを書いた nevada の和田英之氏自体が誤解しています)注釈を入れておきます:


>じっとして動かないのが最も収益力が高いのですから


これはトレンドを作って急激に変化する時期に、儲かる方向に買い持ちあるいは空売りを持続している場合だけに通用する話ですね。

>そして更に動き回り最後には殆どの資産を失い『消えていく』ことになります。

これは保ち合い圏で、狭い価格幅の往来相場で僅かな利益を求めてスィングトレードを繰り返している場合の話ですね。


何れにしろ上記の話は (nevada の和田英之氏が誤解している様に)


『株を買ってから高くなるまで一切売買をしないで、じっとして動かないのが最も収益力が高い』


と言う事ではありません。 本当に最も収益力が高い方法とは:


本来の考え方に沿った罫線を用いた投資スタンスとは中、長期的 に特定の銘柄を追って行く事です。

一相場「底から天井、又はその逆」を取ると言う事です。

ただし、ここで言う中長期とは「買って」、または「売って」からそのまま 売買をしないと言う意味ではありません。

中長期的にその銘柄を罫線分析しながら追って行く事を意味します。

言い換えると、上昇トレンドと言っても、トレンド開始時の価格と終了時の価格差は大して大きくないですから、相場のジグザグ形の変動を上手く掬わないと大した利益は上げられないのですね。


デイトレというのは基本的に

最初の価格と最後の価格が同じ場合に、途中の相場のジグザグ形の変動を利用して稼ぐ

という方法ですから。



173. 中川隆 2015年1月17日 12:50:39 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

休むも相場

18 : 山師さん [sage] 2012/03/16(金) 06:01:34.31

ずうっと専業をやってるとだれでも分かると思うが、だれでも市場にうまく乗れるときと乗れないときがある。

そういうときに、家賃の支払に利益をあてにしてトレードしてたら、精神的もだめよ。

家をもってたら、食費と光熱費は切り詰めれば極端に安く生活できるから、利益は大半を複利にできる。

たとえば毎月20万稼いで家賃10万、食費と光熱費10万って生活をしてたら、50年たっても資産が残らないんよ。

でも、家を買えば家賃分は複利になるし、複利って専業にとってボーナスみたいなもんなんよ。資産が増える人、増えない人の差はその差。

それに安くても持ち家があれば、またリーマン・ショックみたいなのが起こっても、家を売ってしばらくは生活できるから、安心感がぜんぜん違う。

24 : 山師さん [sage] 2012/03/18(日) 06:41:15.19

個人の専業で、お金が出来たときに、マンションや家を買った人は、ぼろ儲けなんか続かないってことを理解している人だから、退場する人はまずいない。

たまたま地合いが良くて儲かると、これがずうっと続くから、そんなお金があるんなら、全力投資を続けたほうがいい、っていつも勝負をやり続ける人は、一時的に何千万円儲けても、けっこう退場していくよ。

おれは10年くらい専業同士20人くらいで、ザラ場でチャットしながらトレードしてたんだが、 一時5000万〜1億資産を作った人でも、退場率ってとんでもないくらい高いよ。

1億の人がゼロになるのも何人も見たし、元一流証券のトレーダーが退場してくのも何人も見た。

とくに利益を上げてその中から生活費を出してる人ってのは、一番早くつぶれる。

そういう人たちは、今月は稼げないから、稼がなくちゃ、って勝負をしまくるわけだが、稼げない時ってのは、トレンドが不安定だったり、動いてる銘柄がないとか、そういう時期で、そういうとこで無理して勝負すると負けやすい時期。

家賃や生活費を利益で支払ったり、子供の教育費も毎月の利益で払おうとする人は、すぐに潰れる。


699 : 山師さん [sage] 2012/08/08(水) 06:48:34.74

おれも賃貸で専業やってて、更新のときに保証人を頼む場合、無職で頼むわけにいかないから、仕事をしてるって嘘を言って保証人になってもらったり、仕事先の嘘を言って借りるとかやると、あとあとめんどくさいだろっておもって、更新の直前に必死に探して買ってしまった。

不動産屋を自転車で回ってるときに合った、都心付近の中古のオープンルームに入って、そのまま即契約。

で、結果論としては、そのあとリーマン・ショックがあったり震災があったり原発暴落があったりしたときに、家賃を払わなくてよくて、更新の必要もない、ってものすごい安心感になるよ。

家賃がないと生活費って、いくらでも節約できるから。

当時マンションを買って種が激減したあとは、1kg、198円のパスタ(5食分)を主食にしてたら食費ってほんとにかからなかった。


______


ここで

だれでも市場にうまく乗れるとき = トレンドを作って急激に変化する時期

市場にうまく乗れないとき = 保ち合い圏

という意味なんですね。


174. 中川隆 2015年1月17日 13:01:30 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

926 :山師さん:2014/09/13(土) 17:06:32.10 ID:6mzU6A7Xなるほど。

わからなければ相場休んだ方が賢明と。
休まず何%、って目指せば墓穴を掘るに等しいと。

938 :山師さん:2014/09/14(日) 23:15:19.58 ID:dUmXZRUS

日本市場の場合は、ずうっと安定して勝つ人が偉いってのはないからね。

日本市場ってのは、急騰と暴落を何度も繰り返してて、証券会社のプロが集まった自己売買部門の業績を見ればわかるが、

地合いがいい時は、プロのディーラーも大儲け。

暴落時には、空売りで大儲けかっていうと、そんなことはなく、日本では暴落時に、市場参加者がいなくなって、まったく現物が動かなくなり、外人の先物1万枚の空中戦になってしまい、結局、プロのディーラーでも稼げない。

これは決算書を見れば簡単にわかる。

だから結局、急騰時に50%とか100%とか稼いで、地合いがだめなときには損をしないって人が、10年単位だといちばん稼いでると思う。


175. 中川隆 2015年1月17日 13:06:13 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

暴騰時には簡単に稼げるのに、暴落時には何故稼げないかというと:


暴落する時はあくまで”暴落”であって、それは一気に急落する、信用売りも仕掛けられないほどの暴落なんです。

言ってみれば、急勾配の坂を下る様な個人が信用売りでコントロール出来る様な代物ではなく、足元に突然大きな深い穴が開いて、真下に真っ逆さまに穴の中に落下する様な”暴落”なんです。

だから、暴落時に信用売りを仕掛けても、何しろ値が全然付かないのですから信用売りも約定する事はあり得ません。それほどの恐ろしいものなんです。

暴落の怖いところは、下がるだけではなく、その翌日は逆に値ごろ感を持った投資家が一挙に買いに殺到して反転暴騰して、今度は買いを入れても値が付かず、買い約定も出来ない・・・

そんな状況を総じて”暴落”というのです。


仮に暴落時に信用売りを仕掛けて”運良く”約定しても、その翌日は、逆に一気に全株全面暴騰し、日経平均で何千円も踏み上げられるのです。

そんな状況でも信用売りを仕掛けるのは、余程の”勇者”か余程の”資産家”か余程の”素人”なんでしょう。

ブラックマンデーの様な、又日経39000円からのバブル崩壊の様な ”暴落”はいわば一方方向の暴落なんていう代物ではなく、暴落と暴騰を日替わりで繰り返しながら株価が急落して行く、”ダッチロール”の墜落の様な”暴落”である事を是非理解しておいて下さい。


ネット系の個人投資家は 逆に行け行けドンドンの 横並び体質がありますので、一転暴落が起こったら、過去の暴落以上に売りが売りを呼んで、サーバーダウン等も相まって、過去の暴悪以上の凄まじい想像以上の暴落になると私は思ってます。


_________________

暴落時に空売れると思っている人間が多いよね。

S安貼り付きに売りで並ぶつもりなのだろうか。

本格的な下げか、押し目か判断してから参加するとか言っている人間は一番ダメだな。 暴落の一番オイシイ所を逃すばかりか、押し目だった場合、大底で空売るハメになる。

または「まだ早い、ただの押し目だ」と言い続けて売り遅れ涙目になるのがオチ。

暴落始まったら損切りしたくてもできない。 売れないから。

今現在、株トレードにおいて自分が勝ち組だと思ってるやつも大半はやがて自分も負け組であることを実感する時が来る。 有名なアナリストも株相場はトランプのババ抜きみたいなものといっているくらいだから利益確定してさっさと勝ち逃げするのが賢明


176. 中川隆 2015年1月18日 10:35:15 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

長くなりましたが、結論は


980 :山師さん:2014/09/21(日) 19:35:10.88 ID:LLtoNNTM

専業を安定して続ける最大のコツは技術でも勝負の勘でもなんでもない。

去年みたいな馬鹿でも儲かるときに(中川註:トレンドを作って急騰する時
に)、真剣にリスクをかけて勝負をして大きく儲ける。

そして、地合いがダメなときや低迷したときには(中川註:保ち合い圏では)、欲張らないで、海外の株、債券やリート投資で、年率数パーセントでも良しとする。

たったこれだけで、資産は増える。

トレンド分析には日足の3本の移動平均線を使うのが一番簡単です:

4日移動平均線
9日移動平均線
18日移動平均線

移動平均線が3本共 上向きなら上昇トレンド
移動平均線が3本共 下向きなら下降トレンド
移動平均線3本が交差したり重なっていたら持ち合い

保ち合い中での現在位置の分析は


中段保ち合いパターン
http://www.toushilabo.com/learning/technical/backnumber/10.html
http://www.toushilabo.com/learning/technical/backnumber/11.html

天底転換パターン
http://www.toushilabo.com/learning/technical/backnumber/08.html
http://www.toushilabo.com/learning/technical/backnumber/09.html

保ち合い圏からのブレーク・シグナルと次の保ち合い圏までの価格変動幅の予測には
ポイント・アンド・フィギュアを使うしかないでしょう:


カブドットコム証券 ウルトラチャート ポイント&フィギュア
http://kabu.com/tool/ultrachart/default.html
http://kabu.com/investment/guide/technical/18.html


ポイント&フィギュア _ 買いサインと売りサイン
http://www.miller.co.jp/study/chart/23.html
http://jououkabu.kt.fc2.com/pf/pf_4.html

ポイント&フィギュア _ 目標値の計算
http://www.miller.co.jp/study/chart/23_02.html
http://jououkabu.kt.fc2.com/pf2/pf_7.html
http://jououkabu.kt.fc2.com/pf2/pf_8.html

ポイント&フィギュア _ 損切りのタイミング
http://jououkabu.kt.fc2.com/pf2/pf_10.html


177. 2015年1月18日 11:55:12 : b5JdkWvGxs

保ち合い圏に入った時に、日銭を稼ぐ為にどうしてもデイトレードをしなければならない場合には、本稿の最初の方に書いた様に

寄り付き直後の行き過ぎた株高だけを狙って、逆張りで無限ナンピン式空売りをやるのが一番効率的です。

目先の小トレンドを作って上昇・下降している時に下手に順張りデイトレードをやると、実際には順張りではなく、天井で買ったり、底で空売りしてしまう事が多いので反って危ないです。



178. 中川隆 2015年1月25日 21:38:21 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

デイトレで使えるチャートについてネット情報を集めました


ポイント & フィギュア _ 最強チャート
MACD (Moving Average Convergence and Divergence)
RSI (Relative Strength Index)

http://amezor-iv.net/economy/150125213557.html


179. 中川隆 2015年1月25日 22:26:30 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

ポイント & フィギュアを使うのは目標値の計算だけにしておいた方がいいです。


トレンド分析には移動平均線 3本を使った方が単純明快

保合い放れの判断にはローソク足にトレンドラインを引いた方が正確

特にポイント & フィギュアの売買シグナルはダマシが多過ぎてデイトレでもスイングトレードでも使い物になりません。

まあ、利食い・ストップ・オーダーの逆指値・トレーリングストップの暫定値を決めるのには最適ですけど。


売買タイミングには移動平均線 3本と MACD と RSI を併用するのが一番精度がいいです。

もちろん、上昇トレンドでは買いシグナルで押し目買い、下降トレンドでは売りシグナルで戻り売り

トレンドと反対方向の売買シグナルは無視します。


@移動平均線の平均する期間

日足チャート : 4日、9日、18日移動平均線
分足チャート : 60分、120分、200分移動平均線

移動平均線が 3本共 上向きなら上昇トレンド
移動平均線が 3本共 下向きなら下降トレンド
移動平均線 3本が交差したり重なっていたら持ち合い

A RSI

期間は分足/日足とも 9

売り建ては RSI が 80% 以上の時のみ
買い建ては RSI が 20% 以下の時のみ

B MACD

平均する期間は分足/日足とも

2つの指数平滑平均移動線(EMA)の平均期間 : 5 と 20

Signal の移動平均期間 : 9


MACD がシグナルを上抜けた時「買いシグナル」
MACD がシグナルを下抜けした時を「売りシグナル」


まあ、スイングトレードは極端に難しくなるのでデイトレだけにしておいた方がいいです。


なお、3枠転換ポイント & フィギュアでは、株の売買をしてもいいのは相場がトレンドを作って急激に変化する時だけです。


株式市場がオープンしている 250日/年 の内、保ち合いは200日/年、
トレンドを作って急激に変化するのは 50日/年程度ですから

実際に株売買するのは50日/年の間だけなのですね。

保ち合いの 200日/年の間はキャッシュ・ポジションだけにして相場は完全に休みます。


180. 2015年1月25日 22:43:39 : b5JdkWvGxs

因みに、ポイント・アンド・フィギュアには


ポイント・アンド・フィギュアの原型になったイントラ・デー・ポイント & フィギュア チャート(現在は殆ど使われていない)

日足終値だけを使う簡略版の3枠反転ポイント & フィギュア チャート(現在、ソフトやネットで広く使われているもの)

の2種類が有り、チャートの描き方もトレンドラインの引き方も目標値の計算法も全く違います。


デイトレで使えるのはイントラ・デー・ポイント & フィギュアだけで、3枠反転ポイント & フィギュアは中・長期投資用になります。


イントラ・デー・ポイント & フィギュアは日中のザラ場の株価まですべて考慮するので、記憶容量の問題で計算機のプログラム化が難しく、現在ではあまり使われなくなったのですね。


イントラ・デー・ポイント & フィギュアの詳細は前記の


先物市場のテクニカル分析 ジョン J.マーフィー (著)
第9章イントラ・デー・ポイント & フィギュア チャート

にしか書かれていない様です。 デイトレでのイントラ・デー・ポイント & フィギュアを使った本来の目標値の計算法はマーフィーの本を見て下さい。

まあ、証券会社のポイント & フィギュア チャートのソフトも分足に対応していますから、1枠の値幅を十分小さく取ればイントラ・デー・ポイント & フィギュアと
結果はそんなに変わらないと思います。


181. 2015年1月26日 02:39:10 : b5JdkWvGxs


1枠反転と3枠反転 ポイント & フィギュア チャートの比較
http://www.tradersdaytrading.com/point-and-figure-charting.html


3枠反転チャートの保合いの列数は 1枠反転チャートの場合の列数の 1/3 位 になるのですね。

それが


3枠反転 ポイント & フィギュア チャートの水平計算の方法(コーエン方式)

目標値 = 保合い圏の底の価格 + 保合期間の列数×1枠の値段×3

または

目標値 = 保合い圏の天井の価格 − 保合期間の列数×1枠の値段×3


に転換枠数の 3 が出て来る理由なのですが、値幅観測としてはオリジナルのイントラ・デー 1枠反転 ポイント & フィギュア チャートを使うのが一番正確になります。

イントラ・デー 1枠反転 ポイント & フィギュア チャート では


保合圏の中央近くで空白のボックスが最も少ない水平線に沿って列数を数え、

カウントに使った水平線を基準として上または下にその列数と同じボックス数だけ株価が変化するとします。

保合放れが上に行くか下に行くかはトレンドラインからのブレークだけで判断し、売買シグナルは考えません。


イントラ・デー 1枠反転 ポイント & フィギュア チャートの水平計算の方法

目標値 = カウントに使った水平線の価格 ± 保合期間の列数×1枠の値段



182. 2015年1月26日 10:37:24 : b5JdkWvGxs

通常使われている 3 枠転換 ポイント & フィギュアはあくまでも、データとして入手し易い日足終値だけで書けるイントラ・デー・ポイント & フィギュアの簡略版という位置付けです。

簡略版としての欠点を補う為に、正確なトレンドラインを使わないでもわかる売買シグナルとか、コーエン式の45度簡易トレンドラインを使ったフィルタリングとか色々工夫を加えているのですが、オリジナルの 1 枠転換 イントラ・デー・ポイント & フィギュアに比べるとやはり ダマシが多過ぎ、売買シグナルが出るのが遅れるので短期売買には使えません。

3 枠転換 ポイント & フィギュア チャートの売買シグナルだけを使って売買判断する場合は

・1枠の刻みを株価の 1% 乃至 2% 程度に大きく取る。
・保ち合い圏内では一切売買しない。

を厳守しないといけないのですね。


3 枠転換 ポイント & フィギュアの有名な解説書

「勝者」のCHART 松本鉄郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%8B%9D%E8%80%85%E3%80%8D%E3%81%AECHART-%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E9%89%84%E9%83%8E/dp/4931562329/ref=cm_cr_pr_product_top#customerReviews


のカスタマーレビューにも書いてありましたが、3 枠転換 ポイント & フィギュアの売買シグナルは実戦では使い物になりません:


ダマシ対策は?, 2011/2/12
投稿者 あきら

PFは日足や日中足で何度か書いてみたことがあるが、絵で見ると勝ちやすそうだが実際はそうでもないように見える。

ダマシのブレイクアウトが多く、勝率が低い。

終値ベースだと、エントリーにしろ損切りにしろかなり不利な価格で約定する。
勝率を上げるための手法も、単純であるがゆえにあまり存在しない。

タートルズの手法と同じで、昔は通用したかもしれないが現在はどうだろうか?
ドル円なり、日経平均のリアルな売買記録を勝者として見せてほしいものだ。


「たられば」を通り越して「仮想」の検証結果, 2010/4/20
投稿者 PF (東京都)

PFについて丁寧に書かれており、PF初心者にとっては充実した内容だ。
しかし初心者に対して大きな落とし穴が隠されている。
それは「実践」と書かれた「検証結果」にある。

「ここで買ったとすれば」「ここで売ったとすれば」といった「たられば」ではなく、絶対に売買不可能な価格で「買った」「売った」との検証結果が本書にはある。

特に、日経225先物miniの検証結果はお粗末な内容で読者は検証結果が正確かを確認する必要がある。

私が「仮想」と言った理由が分かる筈だ。

丁寧にPFの説明について書かれているだけに大幅に利益が水増しされている検証結果になったのが非常に残念だ。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4931562329/ref=cm_cr_dp_see_all_summary?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=byRankDescending


ポイント & フィギュアはあくまでも目標値計算用と割り切って

チャートソフトのパラメーター設定で

1枠の刻みをなるべく小さくして、できたら 3枠転換でなく2枠転換で使うのが正解でしょう。


183. 中川隆 2015年1月26日 11:10:05 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

3 枠転換 ポイント & フィギュアは柴田鉤足罫線に一番近いですね。

どちらもダマシが多過ぎ、売買シグナルが出るのが遅れるので時代錯誤になってしまいました:

株、商品何れを問わず、罫線分析の世界でこれ程根強いファンのいる方法もないかもしれない、という柴田罫線について検証してみたいと思います。

まず内容を知っている人を前提にいきなりざっと言ってしまいますが、全体を見渡して見た所、罫線のパターン分析の数の多さ、細かく念入りな所は全く脱帽してしまいます。パソコン分析のない時代にこれは最も周到で緻密な研究のひとつであるだろうと思わせるものが確かにあります。

何しろこの罫線パターン分析というのは、現在、相場分析の中では最先端のそのまた最先端を行く分析なのですから、分野としては最も新しいことをやっていた、ということになるのです。

従来の100年程築かれてきたテクニカル分析は全て、相場という全体の市場活動を何らかの断面で切ってその切り口の特徴点で予測の手掛かりを掴み出そう、というものだったのですが、それ以降の最新の分析は、折角コンピューターを使っていながらこんな一面的な数式処理をいくらやっても仕方が無い、全体を全体として、無数のパターンを記憶し参照し、比較し引用し、そして最終的に「判断する」ことがコンピューターにはできる筈だ、というのが分析の最先端です。

となると、これは正に柴田罫線が大昔に念入りに試みているのと方向は同じなのです。ただそれが全てのパターンを人間が見て、人間が参照比較し、判断するので、何ともハヤ…。見ている内に目が回って来てしまいました。普段の3:30から取り掛かるコンピューター作業よりはるかにしんどいものがあり、翌日まで疲れが残りました。

果たしてこれが実践の時に有効な判断に結ぴ付けられるだろっか、それぞれのパターンの当てはめの作業を通して本当に取捨選択や重みの判定ができるだろうか…という思いが正直言って残りました。正にこの複雑な作業が今コンピューターに求められているもので、人間ができないからこそ相場のカオス全体をコンビューターに「総合判断」させている訳です。それを全部自分の目と判断力でやるとなると…。これは大間題だ、という気がします。

多くのファンはこの罫線パターンではなく・鉤足シグナルこそが柴田罫線の宝の部分であって、罫線パターンはほどほどに使えば良い、ということらしいのですが、私はむしろ

この罫線パターンの逆張り秘法48と順張り秘法48こそが(何やら四十八手裏表みたいですが)この分析法の最もオリジナルなものではないか、と感じたのですが。

そして、カギ足シグナルですが、こちらの  驚鷲芸三霊(灘汁蒜裟記婁蒜1’募茅等第欝雰鵜嚢張嚢  やはり問題として残る、という気はやはりします。特に商品の場合、22日移動平均線あたりののクロスオーバー法売買と比ぺてそれ程優れたパフォーマンスを上げられるだろうか、という疑問が見た感じでは拭えませんでした。

それと相場パターンとして昨年の3〜7月のような大凪ぎ状態が来てしまった場合、この手法は猛険な墓穴を掘らないだろうか、という懸念が残ります。仮に大引け三段とかカギ足、コマ足なざの遅いタイミングでもダマシ排除フィルターが優れていて、ヒット率90%以上(勿論勝負なしも負け、と検証してのヒット率)などという分析法があったりそれはもっすさまじく優れたものと言える訳です。だからタイミングの遅さイコール駄目・という積もりは全くないのです。

果たしてこのカギ足シグナルがどれぐらいのヒット率が保証きれているか、それと先程の罫線パターン分析がこのカギ足シグすルを補助するフィルターとして実際の投資場面で使い勝手良く機能してくれるだろっか、ということが疑問として残るのです。

使用者の中にこのカギ足シグナルをそのまま場節商いの銘柄の節足に利用して細かな単位のカギ足シグナルにしてタイミンクの遅れを克服するというアイデアを実行している、といううわさを聞いたこともあります。しかしこれはこれでやはり元の大まかなカギ足分析をそのまま入れ子のように縮尺しただけのことなので、依然として確率の問題は同じに残る訳です。時間単位を細かくしたりそれはタイミングが早くなったのではなく、飽くまでも細かくなっただけのことだと思うのです。確率が上がったのではない、ということです。

ちなみに今のコンピュ一ター分析は今、この時点でのタイムラグなしの本当の先行きを割り出して行きます。それに対して従来のものは、今から8日経った日に、正に8日前の今日始まったトレンド転換らしきものが本当にトレンド転換であった、或いはトレンド転換では無かった、と判断する訳でカギ足、大引け二段・P&Fその他無数にある旧来の分析法の宿命なのです。

しかしとにかく、この分析法が遅れたタイミングからでも、何とかシグナルの確率を高めよう、という実に多様な判定基準を差し出しているというのは非常に特徴的なことだと思います。
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/shibata.html


184. 中川隆 2015年1月27日 11:01:31 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs

3枠転換 ポイント & フィギュア とか 柴田鉤足罫線は本質的には Donchian の4週間ルールと同じだと思った方がいいです。


移動平均線などトレンドフォロー系テクニカル分析の中に過去何度も「テクニカル分析ベスト1」に選ばれた手法があります。その手法は「ドンチャンズ 4週ルール」。


あまりにも簡単なルールで構成されているものの、移動平均線のよい点を多く持ち、作成時間がかからず使うにも簡単な手法として多くの投資家に活用されています。

1970年インディアナ州ラファイエットでDunn&Hargitt's Financial Services によって"Trader's Notebook" と名付けられた小冊子が出版されました。それは、当時の主要な機械的トレード・システムをコンピュータで検証・比較したものでした。

テストされた結果は、すべての方式の中でRichard Donchian の開発した4週ルールが最も有効だという結果が発表されました。

Donchian氏は、機械的方式による商品先物取引のトレンド・トレードのパイオニアとして知られています。


Donchian の4週間ルールは天井圏・底値圏では最強の法則


・天井圏で株価(日足)の終値が直近 4週間の終値の中の最安値を下回ったら 売り

・底値圏で株価(日足)の終値が直近 4週間の終値の中の最高値を上回ったら 買い


実際には期間は 4週間よりも 3週間+2日 にした方が勝率が高いそうです:

相場の世界には思惑に頼らず、機械的に売買する必勝法(システム売買)の有効性が大昔から議論されてきました、

その必勝法の中で、最古にして最強、使い方次第ではいくらでも儲けられる4週間ルールを紹介します。

 この4週間ルールは、二十年ほども前、全米アナリスト協会どか言うところの、システム売買の検証が長い期間に且って行われ、その時に、最も高い収益率である、と宣言されたいわくつきのものなのです。

 ではルールを説明します。

 過去4週間の大引け最高値を今同の大引け値が上回ったら買い(勿論これは逆指し値買い可能)。

 逆に最安値を下回ったら即座に売リ、

 たつたこれだけのルールなのです、

なれている方はすぐにお分かりでしょうが、これはドテン式売買方法です。 売り買いシグナル出現した時は、常にドテン売買し続けます。

ちなみに、一例だけ取リ上げますが、粗糖、今年の3月から検証しますと、8月からの例の、すさまじい天井大崩れまでは、さして頻繁な大ダマシには見舞われません。ここら辺がこのシステムの強みです。そしていよいよ8月大暴落となると一枚でしっかリ30万円は取れています。

このシステムに当方では、日本の商品、及ぴ日経平均に合うように作リなおしてあリます。

4週間、つまリ円足20本というのが間題なのです。


 4週間ルールについてご説明致します。

最初にまず、この方法についてそれなりに詳しく書かれている文献というものがあまりないのですが、代表的なものにJマーフィー著の「為替、債券、先物、テクニカル分析」という本があります。それからラリーウイリァムズの著作にも一般的なこととして少し触れられていたようです。

この売買システムは至って簡単で、直近 4週間(日足で20本)の終わり値の中で今日が最高値をつけたらその瞬間に逆指し値で買いが入るようにしておく。

逆に再安値をつけるようなら、逆指し値でやはり売りが入るようにしておく。

そうやって常にドテン売買を休むことなく続ける訳です。典型的な順張りによるシステム売買です。

過去の罫線を見て検証する場合も、比較的自分の目でどれぐらいの成績か掴らえ易いものです。どんなシステム売買を検討する場合も常に普遍的なスタンダードとして、移動平均を基本としてそれと比べると良いのですが、この 4週間ルールを移動平均と比べてみた場合の特徴ですが、まず、一番に言えることは保ち合い、小動きに比較的強い(ダマシの回数が少ない)ということです。

 移動平均は或いはご存じかも知れませんが、とにかく保ち合い、小動きに決定的に弱いのが欠点な訳です。それから、一方付いた大きなトレンドを取る場合も、移動平均だとどうしても途中、惜しくなるようなダマシ、(利食ってドテンしたもののすぐにまた元の方向に相場か走り出す。)にしばしば見舞われます。

これが大相場の途中の反転というと丁度、日足で 20本には満たないケースも多く、そういう場合は無駄無く一方付いた方向のみに立て玉を持続しっ放しで取れることになるのです。移動平均よりは色々検証してみると、売買回数が少なくなることがかなりの利点として挙げることができます。

そして、当方で10年ほど前に1スタッフが長時間かけて検証してみると、日本の商品相場及び日経先物では、日足17本、つまり3週間と2日の期間内の最安値、高値をドテンのシグナルに用いるのが最高と結論が出たことがあります。

改めていうまでもないことなのですが、システム売買は大相場の出ている時は絶対的な有利さがあります。どんな相場巧者が旨く取っても大相場を頭からしっぽまで取ることはできず、それどころか、ふと魔が差して、途中からドテンしてしまったりもすることがあります。そのような大失敗も絶対になく、圧倒的な効率で相場のほぼ全部を取れます。そのために昔から無数のシステム売買が検討されてきたのですが、どうしても小動き、保ち合いが長期間続いた時は、悲惨な結果になるのを免れなかった訳です。

 例えば、最も親しまれて優秀なテクニカル分析と思われているストキャスティクスですが、これをシステム売買の指標として使って見ると、おもしろいことに移動平均よりもダマシが多く、利回りはぐっと少なくなってしまいます。


タイミングは早いがダマシが多く、小動きに弱い移動平均。

ある特殊な動きの時のみ特徴点が出易いストキャスティクス、

それに4週間ルールなどを複合させてシグナル発生の条件設定をし、その上にさらに高等な工学統計数学を取り入れた、ダマシ克服の《フィルター》を付加すること。


実はこの課題に当方としては数年前から取り組んでいます。アメリカの人気ファンドマネージャーなどもこれにかなり近いものを持っている人もいるようです。このような最新兵器にさえも、いまだに使われることがあるのが4週間ルールなのです。


結局、過去3〜4週間における高値、安値をブレイクアウトする瞬間・というのが相場のトレンド発生においては、極めて重要なのだ、という普遍的なファクターにこのシステムが結び付いているところが強みなのだと思います。


 このルールをもし使われる場合に一番重要なことは、まずご自身で納得のゆくまで徹底的に検証してみること。そしていざやるとなったら絶対に儲けが出るまでぐらついたりやめたりしないことが絶対条件です。

それとスタートのタイミングを絶対有利という瞬間に選ぷことが勝つ秘訣となります。

つまり、法外な大天井をつけて、もうとてもこの値段は保たない、と判断できる瞬間。

或いは、十分に底練りを続けて、この銘柄に関するかぎり今年はまず絶対大相場が出ると期待できる時。

そのような時に使用すると絶大な威力を発揮します。


  ただ、10年前に研究したスタッフが実行した体験談をつけ加えますと、このシステム売買だけを一年やっているとよくよく意志の力がないと、気持ちが保たない、そして、自分の判断でシステムのルール変更をしてしまいたくなる誘惑に駆られる、ということでした。つまり全資金をこれに注いでしまうのではなく、4割とかもっと少なくとか、ある一つの、部分的な戦略として用いて、普段の一般的な相場のやり方と併用することなども良い、というのが結論でした。

そして、リターンの方ですが、88年一年間やって為替(円)の売買は125円前後小動きぱかりで、わずかな儲け、(それでも損ではなかったようです)。それと粗糖ですが、88年は、これが何と16000円上げと下げで往復殆ど取ったそうです。

とにかくシステム売買は一にも二にも検証が全てですし、日経、為替、商品とそれぞれ全然違う動きですし、それらのどの方面を目指すかで全く戦略も違って来ます。ご自分の好みと立てた戦略の中で、前述のようなタイミングで有効に使われれば、単純な割には最高の信頼度を発揮してくれることと思われます。
http://www.mmjp.or.jp/sunrise-co/4weekrule.html


柴田鉤足罫線は本質的には Donchian の4週間ルールと同じもの


23投稿者:柴田鉤足罫線の本質  投稿日:2005年10月30日(日) 11時10分57秒


柴田鉤足罫線の法則書には ろさ、ろく、ろゑ、ろあ法則と もっともらしく法則が沢山書き並べてありますが、実ははこれらの法則が正しいかどうかはどうでも良い事なのです。

柴田鉤足罫線の本質は要するに

相場が十分長く(4週間)もみあった後で、上抜ければ買い転換、下抜ければ売り転換

というだけのものなのです。 正しくても間違っていても構わないから、とにかく何でも沢山法則を作っておいて、もみあった後、持ち合い放れした時に、少なくともどれか一つがうまく転換してくれれればそれで十分なのですね。

従って、柴田鉤足罫線がうまく機能する為の条件も4週間ルールと全く同じでしょう: 


スタートのタイミングを絶対有利という瞬間に選ぷことが4週間ルールで勝つ秘訣となります。つまり、法外な大天井をつけて、もうとてもこの値段は保たない、と判断できる瞬間。或いは、十分に底練りを続けて、この銘柄に関するかぎり今年はまず絶対大相場が出ると期待できる時。そのような時に使用すると絶大な威力を発揮します。

_________


4週間ルール や 柴田鉤足罫線と違って ポイント & フィギュアだけが今でもプロに使われている理由


Donchian の 4週間ルール も 柴田鉤足罫線 も ポイント & フィギュアも要するに


相場が十分長く(4週間程度)もみあった後で、上抜ければ買い転換、下抜ければ売り転換


というだけの単純な話です。


しかし、ポイント & フィギュアだけは、保合いで揉み合った期間(列数)から次の保合いまでの株価変動幅をかなりの信頼度で出せるのですね。


ポイント & フィギュアで価値が有るのは目標値の計算だけだと思った方がいいです。


185. 中川隆 2015年1月29