★阿修羅♪ > 仁王像 kG2JpJGc > 100011
 
g検索 kG2JpJGc   g検索 jdZgmZ21Prm8E
 前へ
仁王像 kG2JpJGc コメント履歴 No: 100011
http://www.asyura2.com/acpn/k/kg/kg2/kG2JpJGc/100011.html
[社会問題10] 「交際経験がない」20代男性は約4割という現実 「恋人は欲しいが、今はいない」理由TOP3は?/東洋経済オンライン・msnニュース

「交際経験がない」20代男性は約4割という現実 「恋人は欲しいが、今はいない」理由TOP3は?/東洋経済オンライン・msnニュース
リクルートブライダル総研
2020/02/16 07:35
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%ef%bd%a2%e4%ba%a4%e9%9a%9b%e7%b5%8c%e9%a8%93%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bd%a320%e4%bb%a3%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%af%e7%b4%844%e5%89%b2%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e7%8f%be%e5%ae%9f-%ef%bd%a2%e6%81%8b%e4%ba%ba%e3%81%af%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%8c%ef%bd%a4%e4%bb%8a%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bd%a3%e7%90%86%e7%94%b1top3%e3%81%af%ef%bc%9f/ar-BB102DpB?ocid=iehp

2月・3月のビッグイベントといえば、バレンタインデーとホワイトデー。今や友人と交換し合う「友チョコ」、自分へのご褒美に買う「自分チョコ」などが主流になり、以前と比べるとイベントの恋愛要素が薄くなってきた。平成の約30年間で日本の姿は移り変わり、さまざまなものが大きく変化したが、その中の代表的な1つに「恋愛」があるだろう。恋愛のあり方、捉え方、その方法や優先度など30年前と今では大きく違う。

 そもそも最近では、昔のように”デートって楽しい!””好きな人を意識して自分磨きを頑張りたい!”というように恋愛を意識した価値観や行動は以前より聞こえてこないが、20〜30代の若者は、どんな恋愛をしているのだろう?

 今回は、感覚的になりがちな恋愛や結婚について、データをもとにひもといていく。

20代男性の交際経験がない人は約4割

 今の日本の恋愛観は、データで見るとどのような状態なのだろうか。直近の調査では、20代から40代の未婚者において、恋人がいない人の割合は約7割。さらに、20代男性に絞ってみると、1度も交際経験がない人の割合は約4割(女性は22.6%)いる。

 現在、日本の結婚は約9割近くが恋愛結婚だ。現代の価値観では、恋人の有無や結婚をする/しないは選択肢の1つにすぎないのは前提であるが、恋人作りが結婚の第一歩ということを考慮すると、恋愛が活性化しない現状が未婚の要因にもなり、少し視野を広げて考えれば少子化の1つの要因ともいえる。

 では、恋愛に対する意識はどうか。恋人が欲しい、欲しくないの「意欲」、恋人ができる、できないの「結果」、この2つの視点から見ていく。

 まずは「意欲」だが、現在恋人のいない20代から40代の未婚者男女において、「恋人が欲しい」と考えている人は約56%であり、「欲しくない人」は約21%であった。欲しくない理由については「1人のほうが気楽だから」が最も高い。

「交際するのが怖い!」

 この背景には、今の社会的な変化があるのではないだろうか。近年では相対的な正解よりも、絶対的な個人の納得が判断軸となり、多様な生き方が認められ、自立をベースとした「個」の時代になった。またその中でも、恋愛は、自分だけでハンドリングできることは少なく、結果は状況や相手によって変わり、明確になりにくい。非合理的な活動であり今の合理的な社会では、フィットしにくい人たちもいるだろう。

 さらに年代別に恋人が欲しくない理由を見ていくと、現在の若者の特性も見てとれる。20代で突出して割合が高い項目は「交際するのが怖いから」だ。40代が6.5%、30代が11.6%に対して20代は22.9%とその数字は顕著だ。もちろん年齢が上がることにより交際への経験値が増えることで意識が変化する可能性を考慮したとしても、20代が「リスク」に対して敏感で、どこか失敗することを恐れていることも見えてくる。

 高度経済成長やバブルのような社会的にわかりやすい成長を体験することなく、経済的にも政治的にも自然環境的にも不安定さがある中で生きている年代にとって「安定」は価値である。

 加えて、昨今のSNSをはじめとした個人が簡単につながることができ、その内容がオンライン上にストックされてしまうと、1度失敗しただけでもその結果がいつまでもそこに残ってしまう。このように、自身のコミュニティ内で容易に情報は共有される中、より一層「リスク」に敏感になってしまうのだろう。

 次に、「意欲」と「結果」を掛け合わせて「恋人は欲しいが、今はいない」という人を見ていく。

 理由のトップは「出会いがない」であり、その割合は半数を超えている。欲しいという気持ちはあるが出会いがない、という状況を俯瞰してみると、彼らは「自分がいいと思える人と出会う機会がない」と感じていることがわかる。昨今、婚活サービスが急激に拡大しているのは、このような状況の中、自分の条件で効率的に相手を探し、出会える機会を提供している仕組みが広がったことが背景にあるだろう。

■恋人のいない理由上位3つ

(現在恋人がいない、かつ恋人が欲しい人)

1、出会いがないから(53.4%)

2、異性との出会いの場所がわからないから(35.7%)

3、異性に対する魅力に自信がないから(32.5%)

(注)複数回答

(出所)リクルートブライダル総研「恋愛・結婚調査2019」

一方で、恋人がいない理由は「出会い」だけではない。恋人のいる人との大きな違いは、「自身のいいと思える範囲」の設定にあると考えている。

 「自らがいいと思える出会い方」を尋ねたところ、「恋人がいる人」のほうが、職場や学校など既存コミュニティ内でも、婚活サービスや友人の紹介など自身のコミュニティ外の出会い方でもいいと思っている割合が高く、その範囲が広い。

 また、相手に求める条件について見ても、こだわりの数は比較的少なく、理想を追求しすぎていない。恋人がいない人は、出会い方や相手に求める条件など、いわゆる自分の理想を追求するあまりに、的が小さくなっているのかもしれない。

恋人がいる人、いない人の違い

 では、恋人が欲しい人は具体的に何をすればいいのか。もちろん、個々の状況や求めることによって具体的な方法や心構えは変わるが、調査を分析していくと恋人がいる人には、一定の特徴が見てとれる。

 例えば、「行動」だ。「恋人がいる人」は「いない人」と比べて、行動力があることがわかる。気になる人がいるときの行動もそうだが、日常的な行動も異なっている。とくに、行動量は他人との接点量と関係してくるが、「1年以内に接点をもった人数」を見ても、「恋人がいる人」は「いない人」の約2倍という結果が出ている。

 恋人が欲しいのであれば、単に自然な出会いに期待して待っているよりも、自律的に自ら行動して出会いをつくりにいくことがカギとなりそうだ。前述したように「出会いがない」と悩む人も多いが、昨今マッチングアプリや婚活サービスなどもかなり充実。今や4人に1人が婚活サービスの利用経験があるという調査結果も出ている。

 今も過去も恋愛の本質は、自分にフィットする人とコミュニケーションを取りながら、人間関係を構築することに変わりない。恋愛が人生のど真ん中にない現代の価値観の中であっても、これからも時代背景や価値観の変化に合わせてさまざまなサービスが生まれ、一般化していくことだろう。その中でも普遍的に大切なことは、恋愛を楽しんで相手との時間をかけがえのないものにすることだろう。

http://www.asyura2.com/18/social10/msg/266.html

[議論31] (政治板)軟弱地盤 設計水準満たさず 辺野古護岸「最悪崩壊する」 実測値、専門家試算/東京新聞
・軟弱地盤 設計水準満たさず 辺野古護岸「最悪崩壊する」 実測値、専門家試算/東京新聞
 http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/673.html
 投稿者 仁王像 日時 2020 年 2 月 16 日 09:35:48: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/714.html
[カルト24] 医師からの報告の続報、2と3〜大体半年で大流行を終息させるようなイメージ〜今回のコロナウイルスはインフルエンザではない/副島隆彦

医師からの報告の続報、2と3〜大体半年で大流行を終息させるようなイメージ〜今回のコロナウイルスはインフルエンザではない/副島隆彦
[2483]医師からの 報告 の 続報、2と3です。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2020-02-16 11:22:32
http://snsi.jp/bbs/page/1/

 ここの下 ↓ の 「2482」番として、2月13日に私が書いて載せた、新型コロナウイルスの日本国内への蔓延の問題で、ここの会員でもある 医師からの 続報、です。

 私に情報を提供してくれた医師が作成したスライドを 第2報 として貼り付けます。さらに その前文として、第3報 の メール文 を載せます。

ところが、さらに医師から第4報の続報がさっき来て、私の方が慌てています。私、副島隆彦の理解力、知能が足りないことを、叱られてしまいました。第1報のメールに、私が、読みやすくするために、勝手に加筆したからです。そこに間違いが含まれていた。

 それでも、私は、何を間違ったのか、何を理解できないのかが、私が理解できない。医学の専門知識になると、私も、ただのアホなんだ。そりゃそうだよな。説明されでも、即座に理解できない。 そんな、インフルエンザのいろいろのウイルスの違い、とか、電子顕微鏡で、見たこともないのに、分かるわけがない。

 仕方がないので、それらを承知で、この優秀な医師からの 連絡と情報、知識を、そのまま載せます。

 私が、びっくりしたのは、この医師( 私たちの会員で、私の 現代アメリカ政治思想の各流派の分析まで、分かっている人。頭がいい )が、 ウイルス学で博士号を取って、スタンフォード大学留学の医師でした。
 「 私は、感染症専門医・指導医・ICD・化学療法指導医 の資格をもっています。これだけ持ってる人はなかなかいません。 いざとなったら、ただの医者じゃないことは書いていいと思います。医者は肩書に色々うるさいですから 」ですと。ああ、私が、ビックリした。

 本当に優秀な日本人だと、こういう人がいて、それで、副島隆彦の 本と学問道場が、日本で最先端、最高峰の 知識、情報源だと、分かっていて集まって来る。。だから、そういう人たちが、私の読者で有り、私たちの会員なのだ。 

 皆さん、学問道場の会員であるだけで、いまでは、誇りを持っていいですよ。周(まわ)りの人に、自信を持って、威張りなさい。第4報も、 すぐに 貼ります。 もう、私が、変な加筆をしません。 副島隆彦 記

(転載貼り付け始め)

Sent: Sunday, February 16, 2020 5:39 AM

 副島隆彦先生

 おはようございます。私の肩書は伏せてください。不要です。

まず、先生にご理解いただけないと、他のひとにもわかりません。説明します。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/dl/infu100830-02.pdf


をみてください。

2009年 −10年の新型インフルエンザ対策の総括です。これを一つのモデルケースにするのです。

このときのインフルエンザウイルスは、子ども中心に流行したのと病院の感染制御室長だったのでてんてこ舞いでした。

「昨年8月中旬に本格的流行に入り、11月末に流行のピークを迎えた後、今年3月末には最初の流行(いわゆる「第一波」)が沈静化した」
とあります。

 大体半年で大流行を終息させるようなイメージです。今の新型コロナウイルスが大流行したその後は感冒から肺炎までなり得るウイルスの一つになるでしょう。

 それは、この2009年の新型インフルエンザウイルスと同じくらいのうつし方だからです。この新型コロナウイルスは感染者一人から2人にうつすといわれています。今回のコロナウイルスはインフルエンザではないので、まったく同じにはならないと思いますが、目安とするわけです。

 異なる点は2点、迅速診断キットがないこと、抗インフルエンザ薬がないこと。です。だから、キットを1日も早く作ること、薬の臨床応用研究と開発、が要ります。これは官民挙げてやります。

 当面、これらがないので、一般病院、医院では、咳がある人は他のインフルエンザ等の迅速診断キットで陰性であれば、新型コロナウイルスを念頭に置いて診療をするのです。それは普通にできます。 院内感染対策を万全にして 病状の悪い人だけ入院させるのです。

 現在保健所を通じて検査を行っていますが、かなり時間のかかる精密なリアルタイムPCR検査というのをしているので、マンパワー、検査機器台数により、可能な検査検体数は限られています。

 ですから、商業ベースの民間会社で簡易的なPCR検査をできるようにして、できたらそれが保険診療でできるようにして市中病院・医院で暫定的にできるようにしたらいいのです。

 日本の医院・病院はできます。これまでもやってきました。新型インフルエンザ対策は完璧でした。だからできるんです。 取り急ぎ以上です。 *****

( 副島隆彦注記。以下が、第2報 の スライド(パワーポント)で、8枚です。そのまま貼り付けます。ここの 重たい掲示板に、1回で載るかなあ、容量オーヴァーにならないかなあ、それが心配です。 副島隆彦記 )

1. コロナウイルス
2. 他のコロナウイルスとの差
3. 死亡率
4. 死亡率を下げることが最重要課題
5. 新型インフルエンザで日本は一番死んでない

◯ 「インフル“過去10年で最悪”か アメリカ」
2020年2月11日 テレ朝News
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000175997.html
 アメリカで、インフルエンザの感染者数が過去10年で最悪の規模になる恐れがある。CDC=米疾病対策センターによると、今シーズンの感染者数は、これまでに推定で2200万人、死者数は1万2000人に上っている。専門家からは、子どもの死者数が例年より増える可能性も指摘されている。流行が深刻だった2017〜2018年の感染者数は、推定で4500万人だったが、今シーズンはこれを超えるとも予測されている。

6. 日本のインフルエンザ診療は世界一(驚異的)
7. 新型コロナウイルス(2019-nCoV)対策(私案)
8. 新型コロナウイルス対策 in Japan

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 上記の文が、エイ、と たった1回で、ここに載りますように。  
http://www.asyura2.com/20/cult24/msg/654.html

[国際28] 正恩氏の動き、久しぶりに明らかに 北朝鮮メディア報道 朝日新聞社/朝日デジ・msnニュース
正恩氏の動き、久しぶりに明らかに 北朝鮮メディア報道 朝日新聞社/朝日デジ・msnニュース
2020/02/16 11
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e6%ad%a3%e6%81%a9%e6%b0%8f%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d%e3%80%81%e4%b9%85%e3%81%97%e3%81%b6%e3%82%8a%e3%81%ab%e6%98%8e%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%ab-%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e5%a0%b1%e9%81%93/ar-BB102Kh9?ocid=iehp

 金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が、金正日(キムジョンイル)総書記の生誕78周年に合わせ、遺体が安置されている錦繡山(クムスサン)太陽宮殿を訪れた。朝鮮中央通信が16日、伝えた。北朝鮮は新型コロナウイルス感染防止をめぐり「国家非常防疫体制」を宣言しており、正恩氏の動静は1月25日の公演観覧以来、途絶えていた。

 同通信は訪問の日時について触れていないが、例年16日に行っている。北朝鮮メディアは新型コロナウイルスによる肺炎の感染例を報じていないが、ほぼ連日、防疫の重要性を訴えている。韓国の北朝鮮専門家の間では、正恩氏が感染を警戒して外出を控えているとの見方があった。

 正日氏の誕生日の16日前後に北朝鮮は核実験やミサイル発射などを繰り返してきた。正恩氏は昨年末、「世界は遠からず、新たな戦略兵器を目撃する」と語り、一部では警戒する見方もあったが、韓国の北朝鮮専門家によると、対米関係などを考慮して状況をみているようだという。(ソウル=神谷毅)
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/348.html

[議論31] 武士道の根幹は「まこと」を貫く精神であり意志〜大和心と一緒〜武士道が日本人のDNA、日本人ならではの霊性/内記・池田
武士道の根幹は「まこと」を貫く精神であり意志〜大和心と一緒〜武士道が日本人のDNA、日本人ならではの霊性/内記・池田

「日月神示“悪の御用”マインドコントロール」池田誠治・内記正時/ヒカルランド‘14年
 (第2章から)
 ≪武士は縄文から続いた大自然が残る関東地方に一大政権をつくりました≫
 池田 パラオは簡単に植民地化された。北アメリカも南アメリカも全部、発見された途端、植民地にされていった。ただ日本だけが植民地化できなかった。それはサムライがいたからなんです。
 1500年代のサムライの武力は火力点数で言えば世界最高です。たとえそうでなくとも武士団がいれば、日本の植民地化を阻止したと思います。たとえば、黒船10隻を持ってきても、常に上陸して武力を使えるのは100人ぐらいしかいません。そんなのが鉄砲を100発撃ったところで、命をかけて戦う武士の刀で殺されてしまいます。
 内記 武士は京都じゃなくて、縄文から続いた大自然が残っている関東地方に一大政権をつくりました。大自然の中に大和のまちづくりを再現したのが江戸です。江戸は市民社会、ユートピアで、そこに武士がいました。
 内記 武士が日本に発生して、最終的には武士道が生まれました。武士道の根幹は「まこと」を貫く精神であり意志ということでしょうね。
 池田 大和心と一緒だと思います。西洋の王様は「我れ善し、体主霊従」の頂点です。日本の場合は全く逆です。武士自身が霊主体従を実現していました。
 内記 人間性、霊性で判断する。

≪武士道が日本人のDNA≫
 内記 パラオや中南米は簡単に占領されたのに、日本だけは占領されなかった。というか、されてはいけなかったというのが神社組だと思います。占領という事態が避けられたのは、日本に武士がいたからです。文化的にも武士道という中心軸があったし、国の統治も武士道でしっかり行われていたから、日本だけは占領できなかったわけですね。
 池田 占領は物理的な世界です。要するに武力がなければ簡単にやられてしまいます。日本には武士たちの武力があった。しかも、武士たちは自分のエゴではなく、民、あるいは藩、ひいては国という公のために誠意を尽くし、命を捨てることもいとわなかった。ここがポイントです。
 内記 武士道の神髄はそこですね。
 それは日本人のDNAであり、日本人ならではの霊性ですね。
 池田 実はそれが大和、武士と来て、明治維新を経ても綿々とつながっているわけです。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/715.html

[国際28] 世界に蔓延する武漢ウイルス(2)〜武漢から遠ざかるほど発症者の数が桁違いに少ない/田中宇
世界に蔓延する武漢ウイルス(2)
 【2020年2月18日】
 日本や韓国などアジア諸国の多くは、政治的な中国への配慮・媚中と、経済的な成長急減への恐怖から、水際政策も国内感染拡大抑止策も無策に近い。
 だが、意外にも「神風」的なものが吹いている可能性がある。それは、ウイルスが感染を繰り返すほど重篤性(病原性、致死率)が下がることだ。
 発生地の武漢から遠ざかるほど発症者の数が桁違いに少ない。これは遅行性の問題なのか?。いずれ武漢から遠い諸外国でも発症が急増して毎日世界で数万人ずつ発症するのか?。私は最近までそれを恐れ、悲観論を展開してきた。
 しかし、これまでのアジア諸国での感染拡大の流れを見ると、そうはならないとも思える。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/365.html
[国際28] 新型ウイルス、SARSよりインフルに近い広がり方か=研究者/REUTERS・msnニュース

新型ウイルス、SARSよりインフルに近い広がり方か=研究者/REUTERS・msnニュース
2020/02/20 10:22
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%80%81%ef%bd%93%ef%bd%81%ef%bd%92%ef%bd%93%e3%82%88%e3%82%8a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%81%ab%e8%bf%91%e3%81%84%e5%ba%83%e3%81%8c%e3%82%8a%e6%96%b9%e3%81%8b%ef%bc%9d%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85/ar-BB10b9jE?ocid=iehp

新型ウイルス、SARSよりインフルに近い広がり方か=研究者© Reuters/NEXU Science Communication 新型ウイルス、SARSよりインフルに近い広がり方か=研究者
[シカゴ 19日 ロイター] - 新型コロナウイルスに感染した患者を調査した中国の研究者の報告で、新型ウイルスには重症急性呼吸器症候群(SARS)など類似のウイルスよりも、インフルエンザに近い特徴があることが分かった。当初の想定より容易に感染が広がる可能性があることを示唆する結果となった。

中国広東省の研究者らが19日、米臨床医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で論文を発表した。

新型ウイルスに感染した患者18人の鼻と喉から採取した検体を調査したところ、少なくとも1人の患者は、ウイルスが確認されたにもかかわらず症状はなく、無症状の患者からの感染を巡る懸念を裏付ける格好となった。

また、SARSでは下気道の深い部分で感染が起き、肺炎の原因となるが、新型ウイルスは上気道と下気道のいずれにも存在し、肺炎を引き起こすだけでなく、インフルエンザや風邪のように容易に広がる可能性があるという。

研究者らは患者18人のウイルスの量を調べた。1人は鼻と喉に中程度の量のウイルスが確認されたが、症状は全くなかった。

<ウイルスの量、無症状の患者と症状のある患者は同じ程度>

症状があった残りの17人については、症状が最初に出てから間もなくウイルスが増加し、喉より鼻に多く存在することが分かった。これはSARSよりインフルエンザに近い特徴という。

また、無症状の患者のウイルスの量は、熱などの症状のある患者と同様だったという。

米メイヨー・クリニックのウイルス・ワクチン研究者グレゴリー・ポーランド氏は、研究結果について「新型ウイルスが上気道から飛散する可能性があり、無症状の人から飛散していることを示すものだ」と述べた。

また、スクリップス・リサーチの免疫学者クリスチャン・アンダーセン氏は、新型ウイルスが遺伝学的にSARSに類似しながら、感染の広がり方はインフルエンザにより近いことを裏付ける結果だと指摘した。

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/366.html

[戦争b23] アフガン和平合意へ詰め タリバン、米と「月内署名」/日経新聞

アフガン和平合意へ詰め タリバン、米と「月内署名」/日経新聞
トランプ政権 中東・アフリカ 北米 2020/2/18 19:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55772730Y0A210C2FF8000/

【ワシントン=中村亮、ニューデリー=馬場燃】アフガニスタンの和平実現に向け、米国と反政府武装勢力タリバンの協議が詰めの段階に入った。タリバンの報道官は双方が7日間にわたる「暴力削減」の履行を確認すれば、「月内に和平合意に署名する」と明らかにした。18年間にもわたるアフガン戦争の終結に向けた機運が高まっているが、治安情勢安定の基盤に欠かせない相互の信頼醸成にはなお曲折が予想される。

14日に会談したアフガニスタンのガニ大統領(右)とポンペオ米国務長官(独ミュンヘン)=ロイター

タリバンの報道官は18日までに日本経済新聞の取材に対し「米国との和平交渉が終了し問題が解決した」と言明した。別のタリバン幹部は米国と和平合意の署名式を29日に開くとの見通しを語った。カタールの首都ドーハが署名式の候補地にあがり、約25カ国に加えて国連や欧州連合(EU)の代表団を招く方向で調整が進んでいるという。

トランプ政権も協議進展を強調している。米メディアによると、国務省のアフガン和平担当特別代表ザルメイ・ハリルザド氏が17日、パキスタンでの国際会議で「おそらく最も良い平和実現のチャンスが訪れている」と強調。多くの課題があると指摘しつつも「私は慎重ながらも楽観的だ」と語った。

米国とタリバンの説明によると、和平合意は2段階で進める。米政府高官はタリバンと第1段階として「7日間の暴力削減」に合意したと説明した。双方が空爆や自爆テロ、ロケット弾発射などの暴力行為を控える。タリバン側によると、暴力削減期間は22日にも始まる。アフガン駐留米軍が合意履行の実態を監視し、米国は和平に向けたタリバンの本気度を見極める構えだ。

ただ暴力削減の定義は現時点で曖昧だ。適用地域や比較対象とする時期に加え、どれぐらいの暴力を許容するのか明確にしなければ互いの解釈がずれて合意の履行が難しくなる。合意を破った場合の罰則を明示するかも焦点だ。元国防総省高官は「タリバンはさまざまな派閥から構成されており、指導部の意向を末端の戦闘員まで浸透させられるかは不透明だ」と分析する。

第1段階の履行が確認できれば米・タリバンが包括的な和平合意に署名する。1万2000人規模のアフガン駐留米軍の段階的削減と引き換えにタリバンがアフガン政府と将来的な統治体制をめぐる対話を始める方向だ。タリバンは米国がアフガン政府の後ろ盾になっているとみなし、同国政府と公式な直接対話に応じない姿勢を示してきた。アフガン政府とタリバンが捕虜を相互釈放する方向でも調整が進んでいる。

アフガンのガニ大統領は16日まで独南部で開かれたミュンヘン安全保障会議で、米・タリバンの和平合意をめぐり「我々は大きな前進をしようとしている」と強調。ポンペオ米国務長官とも会談し、アフガン政府として合意に賛同する立場を示した。これまではトランプ政権がタリバンとの直接交渉に乗り出したことで、ガニ政権から米国が米軍縮小を優先するなどの懸念がたびたび出ていた。

ただ中東調査会の青木健太研究員は、和平構築に向けたプロセスで「タリバンが再び軍事攻勢に転じるリスクもある」と指摘する。アフガン政府とタリバンの交渉では、暴力の放棄と引き換えにタリバンに政治参加を認めることも想定されるが「双方の統治に関する考え方に隔たりがあり、道のりは不透明だ」と見る。

和平合意にこぎ着けられるかは、トランプ米大統領が今回のディール(取引)をどう判断するかもカギとなる。2019年9月には署名直前に棚上げしたが、大統領選が本格化するなかでアフガン戦争の終戦を宣言して駐留米軍縮小の道筋を付ければ外交成果をアピールする材料になる。

米国は01年の米同時多発テロ事件の首謀者である国際テロ組織アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑者をかくまったとして、アフガンのタリバン政権を相手に戦争を始めた。
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/200.html

[国際28] 新型ウイルス関連の分析〜日韓も、中国人を今すぐ入国禁止にするのが良い/田中宇
新型ウイルス関連の分析/田中宇
 http://tanakanews.com/
 【2020年2月20日】
 ロシアが今のタイミングで中国人の入国を全面禁止したのは、中国がこれから従来の厳しい国内諸都市の封鎖を少しずつ解いていくからだ。
 封鎖解除とともに、中国国内の人的の交通がしだいに増えていく。ロシア(や日韓など周辺諸国)にやってくる中国人も少しずつ再増加する。
 中国は、経済再開がこれ以上遅れると、習近平の独裁と中国共産党の統治の正統性が失われかねないので、無理をして封鎖解除・経済再開を進めている。
 日韓も、中国人を今すぐ入国禁止にするのが良い。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/370.html
[国際28] 急転回の米大統領選情勢と今後の展望(植草一秀の『知られざる真実』) 赤かぶ
15. 仁王像[2801] kG2JpJGc 2020年2月21日 10:02:35 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[43]
>>14

 貴公、手鏡一味だな!! 違うか?
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/301.html#c15

[国際28] EUが臨時首脳会議 予算議論 英の離脱で紛糾/nhk
EUが臨時首脳会議 予算議論 英の離脱で紛糾/nhk
2020年2月21日 7時17分英 EU離脱
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200221/k10012294861000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_007

EU=ヨーロッパ連合は来年から7年間の中期予算について話し合うため、臨時の首脳会議を開いています。先月、主要な拠出国だったイギリスがEUを離脱し、予算の縮小が避けられない中、自国の利益を確保したい各国の思惑が対立して議論は紛糾しています。

EUは、来年から2027年までの中期予算案の策定を目指していますが、予算全体のおよそ1割を拠出してきたイギリスが先月、離脱し、予算の縮小が避けられない状況です。

このため、EUは20日、ベルギーのブリュッセルにある本部で臨時の首脳会議を開いて協議を進めています。

EUが示した新たな予算案では、イギリスが抜けた穴を埋めるため、発展が遅れている加盟国への資金援助や各国の農業分野に割り当てる補助金を大幅に削減するなどとしています。

しかし、インフラ整備などのためにEUからの支援が不可欠なポルトガルやポーランドなどが強く反発しているほか、農業が盛んなフランスやスペインも補助金の減額に反対しています。

会議に先立ってポルトガルのコスタ首相は「予算案は、ヨーロッパにとっても各国の結束にとってもわが国にとっても悪い」と述べ、修正を求めていく考えを示しました。

イギリスの離脱を受けてこれまで以上に結束が問われているEUですが、予算の配分をめぐって自国の利益確保を優先させたい各国の思惑が対立し、議論はいまも続いています。


英離脱分の穴埋めが焦点

EUの予算は加盟国の拠出によってまかなわれていますが、ドイツに次ぐ2番目の拠出国で、予算全体のおよそ1割を拠出していたイギリスが先月、離脱したことにより、その分をどう穴埋めするかが焦点となっています。

EUはさまざまな分野に割り当てていた予算を削減する必要に迫られ、各国の意見の対立を招いています。

その1つが予算全体の3分の1を占める農業の補助金です。ことしまでの予算では、イギリスを除く各国への補助金の総額はおよそ3800億ユーロ、日本円でおよそ46兆円でした。

しかし、来年からの予算案では14%程度少ないおよそ40兆円に削減するとしています。

これに対しては、国内の農業をEUからの多額の補助金で維持している農業国のフランスやスペインが強く反発しています。

また今度の予算案では、EUの中でも発展が遅れている加盟国を支援するため、インフラの整備などにあてている予算も大幅に減らすとしています。

この予算の総額の7割以上を受け取っているのがスペインやギリシャなどの南欧やポーランド、ハンガリーといった中東欧諸国で、これらの国では貴重な財源となっているだけに削減に強く反対しています。

EU側は、この予算の減額は避けられないものの、配分を豊かな国からより貧しい国にシフトさせるとして妥協を取り付けたい考えですが、各国が応じるかどうかは不透明です。

経済規模もまちまちでEUの予算への依存度も異なる加盟国の利害を調整するのは容易ではなく、分け合う予算そのものも、主要な拠出国を失ったことで縮小を余儀なくされており、議論はかつてなく紛糾しています。


農業団体が抗議活動
農業団体が抗議活動
予算をめぐり臨時の首脳会議が行われているブリュッセルのEU本部前では、20日、農業への補助金の大幅な減額が議論されていることを受けて、農業団体が抗議活動を行いました。

ベルギー各地から集まった農家は100台を超えるトラクターに乗って集結し、補助金を削減しないよう求めました。

団体の代表が「EUがわれわれの将来を左右しようとしている。農家のためには強い予算が必要だ」と訴えると参加者は大きな拍手で応じていました。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/378.html

[議論31] 最上の天国にいたニュートン〜彼は「天の理」の意味をよく理解していて、霊界でもほかの霊たちに愛されていた/スウェーデンボルグ

最上の天国にいたニュートン〜彼は「天の理」の意味をよく理解していて、霊界でもほかの霊たちに愛されていた/スウェーデンボルグ

第六章 私は霊界でこの人物に会ってきた

 ニュートンとは、霊界で何度も会った。そして、彼が実に真面目で、もののわかった人間(霊)であることに感心した。彼は「天の理」※の意味をよく理解していて、霊界でもほかの霊たちに愛されていた。
 神意なり「天の理」なりが人間の知性の根源だということを、彼が霊界にきてから知ったのかどうかはともかく、彼は宇宙の真理、真相をちゃんとつかんでいるのであった。

 ※)「天の理」とは、生命、理性、愛情、悟りなどすべての善を生み出す根本の原理であり、調和の原理でもある/第一章

【出展】「霊界からの手記(中)」スウェーデン・ボルグ/経済界’94年
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/716.html

[議論31] 「日月神示」にある≪大立て替え≫とは何か。”コロナ疫病”による世界的な感染爆発か
「日月神示」にある≪大立て替え≫とは何か。”コロナ疫病”による世界的な感染爆発か

「ときあかし版『完訳 日月神示』」内記征正時/ヒカルランド’12年から

≪大峠の章≫
 日月神示に見る大峠の様相〜何もかも一旦は天地へ引き上げられる
 「大峠の章(大立て替え)」は、ある意味では預言解釈であり、これを説明する仮説を述べたものである。最初に挙げた神示には、大きく、三つのことが述べられている。
 @日本が世界中から攻められ、日本を裏切る者も出て、滅亡寸前に追い詰められる。
 A暴風雨、竜巻、地震、火山爆発などの天変地異が起こり、敵は全てこの世の外に失せる。
 Bその後、神の息吹によって人民が蘇り、神を拝み、新しい地に跪き、日本晴れの富士を仰ぎ見る。

 ここでは、主にAの「天変地異」について考える。
 Aは全ての敵が、「天変地異によってこの世の外に失せる」となっているが、これは少し妙である。これだけで、全ての敵がこの世の外に失せるだろうか。現代の科学技術で造られた軍事兵器の全てが、人も含めて、自然現象によって悉く失せるとは、常識的にはちょっと考えられない。
 どうも、この裏には、想像を絶する何かがあるようだ。少なくとも、全世界規模、全地球的規模で一挙に起こる超天変地異でなければ、敵を悉くこの世から失せさせることなどできるわけがない。

≪その正体は何か?≫
 大峠の様相(起こると思われること)
 ・陸地の隆起、沈降、いわゆる地殻変動(日本は隆起)
 ・地震、雷、暴風雨、竜巻、火山爆発
 ・天地が唸る、上下引っくり返る、天地まぜこぜになる。富士と鳴門が引っくり返る
 ・何もかもいったんは天地へ引き上げられる
 ・世界が一度に揺すられる
 ・地つちの軸が動く
 ・五大州から七大州、八大州になる
 ・月は赤く、日は黒くなる、空は血の色になる、流れ(河川)の水も血の色になる
 ・人民四つん這いやら逆立ちやら、ノタウチに一時はなる
 ・人一人も生きてはいられない
 ・一日の間に天地引っくり返る
 これらから連想されるのは、全地球規模で同時に起こる、とてつもない大変動である。
 つまり大峠の最終段階では、どんな人間も肉体としては一旦死に絶え、その後、身魂の磨けた者だけが神に選ばれて蘇り、ミロクの世に入るためである。現在の地球上に蘇ることではないのだ。
 ミロクの世は、今のような物質世界ではなく、神示によれば「半霊半物質」の世界だ。これが「原水爆にもびくともしない体」ということである。
 地球自身も今までの物質地球から、次元上昇した半霊半物質の新地球になるのだろう。


(仁王像)
 日月神示は八通りに読めると、ある。

 どうだろうか、これらの地軸の変化を含めた一連の転変地異の神示は、そのバックに密意として、”コロナ疫病”世界的なヒンデミックを預言しものではないのか。WHOも「危険性4」のレベルに引き上げた(また、この事務局長は過日、ヒンデミックの可能性にも言及していた)。これは中国とと同く最も高い危険性だ。過去にスペイン風邪があったが、コロナはどうなるか。
 地軸が動くなどという天文物理現象よりありそうな気がするが…。
 このような大峠を越え、ミロクの世がやってくると。

 もちろん、この予測が大外れになることを強く願っているが…。褌(ふんどし)を締め直すほかない。


・スペイン風邪wiki
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%9C
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/717.html

[政治・選挙・NHK270] (論議板)「日月神示」にある≪大立て替え≫とは何か。”コロナ疫病”による世界的な感染爆発か
・「日月神示」にある≪大立て替え≫とは何か。”コロナ疫病”による世界的な感染爆発か
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/717.html
 投稿者 仁王像 日時 2020 年 2 月 29 日 08:54:56: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
http://www.asyura2.com/20/senkyo270/msg/206.html
[議論31] 「日月神示」にある≪大立て替え≫とは何か。”コロナ疫病”による世界的な感染爆発か 仁王像
1. 仁王像[2802] kG2JpJGc 2020年3月01日 09:03:12 : sIaD0Q678s : ZHZqUFlFMC5ZaFE=[1]
内記正時;
 昭和25年生まれ、岩手県出身。祖父、父も神職の家系にて幼少期を過ごす。昭和40年、陸上自衛隊に入隊。以来40年間、パイロット等として防人に任にあたる傍ら、50回以上の災害派遣任務を完遂。平成17年、二等陸佐にて退官。
 平成3年、日月神示と出会い衝撃を受けるとともに、日本と日本人の使命を直感、妻とともに二人三脚の求道、修道に入る。
 現在は、神職、古神道研究家として、日月神示の研究・研鑽にあたる。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/717.html#c1
[議論31] 最上の天国にいたニュートン〜彼は「天の理」の意味をよく理解していて、霊界でもほかの霊たちに愛されていた/スウェーデンボ… 仁王像
1. 仁王像[2803] kG2JpJGc 2020年3月01日 09:07:05 : sIaD0Q678s : ZHZqUFlFMC5ZaFE=[2]
〔訳者・今村光一 付記〕

 同時代の科学者をほとんどけなしていたスウェデンボルグとしては、ニュートンに関するこの記述は珍しい例である。しかし、ニュートンはたしかに科学者として有名になったが、生前から心霊的な世界にも強い関心を持っていたと言われる。だからその点を考えれば納得できる。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/716.html#c1

[議論31] 最上の天国にいたニュートン〜彼は「天の理」の意味をよく理解していて、霊界でもほかの霊たちに愛されていた/スウェーデンボ… 仁王像
2. 仁王像[2804] kG2JpJGc 2020年3月01日 09:09:10 : sIaD0Q678s : ZHZqUFlFMC5ZaFE=[3]
≪霊界で哲学の本質を知ったアリストテレス≫
 アリストテレスは霊界に長くいて霊の話し方に熟達していた。アリストテレスは、彼が最初に霊界にやってきたときの状態(今村注:精霊界にいて人間に近い精霊の状態という意味と思われる。霊はこの状態にもどると、人間とは一番つきあい易いのだとスウェデンボルグは言う)にもどっていた。
 彼は彼自身の生み出した考えから出発して、それを自分の著作に著したのであった。それによって、彼の哲学は独自のものになっていった。…
 彼は生前から、霊をヌーマ(今村注:ギリシャ語では風、息といったような意味)と呼んで、霊がどんなものかを説いていた。だが同時に、彼は生前といまでは、霊に関する考えは少し変わってきているところもある、と私に言った。
 彼は霊界では健全な霊の仲間のうちにいた。

≪宗教界のリーダーっちは地獄に堕ちていた≫
 (略)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/716.html#c2

[国際28] 新型ウイルスとトランプ〜覇権放棄策を採っているので、日本に対して何も指導せず/田中宇
新型ウイルスとトランプ/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年2月27日】
 トランプの米政府は同盟諸国に非常に冷淡に接する覇権放棄策を採っているので、日本に対して何も指導せず、クルーズ船の対策でも船会社が米国なのに動かず、日本政府のやり方が全くダメだとわかってから、批判したり、米国人を帰国させたりする他人行儀な策に終始した。
 国家安全の重大事に際し、米国(お上)が主導してくれることで政府内の結束を作る仕掛けになっていた日本では、米国が何もしてくれないので、無策なだけでなく政府内の結束すらとれず、ウイルス対策は見事に失敗し続けている。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/413.html
[議論31] マホメッドの周囲に集まった霊たちが最上界の天国の霊たちがするように輪を描いて彼の周囲を回り、音楽が奏でられている光景を見た/スウェデンボググ
マホメッドの周囲に集まった霊たちが最上界の天国の霊たちがするように輪を描いて彼の周囲を回り、音楽が奏でられている光景を見た/スウェデンボググ

≪宗教界のリーダーっちは地獄に堕ちていた≫
 ▽マホメッド;最初に会ったのは、まだ私の「死の技術」の初期のころで、日中の普通の意識状態でいたときに、ヴィジョンの中に彼が現れてきた。彼は、自分のところに押しかけていた霊たちに怒って言っていた。「わしのところへくるな、キリストのところへ行け!」彼はそう言って霊たちを追い払おうとしていた。そして、怒りながら何か叫び続けているのだった。
 この後一カ月くらいの間に私は何度か彼に出会ったが、それはいってみれば、地獄の霊によって誘惑され、試されるマホメッドであった。
 彼がこのように試されたのは、彼の中にそのような欲望があったからだと、私はいま結論的に言えると思っている。
 ある夜、彼は「聖書」に出てくる龍によって誘惑されていた。私が目を覚ますと彼は言った。「わしの前で姿を変えて、わしを試そうとしたのはお前だろう」
…彼は試されはしたが、自分の信仰を売り渡したりはしなかったことがわかる。
 このあと私は何日間にわたってマホメッドの周囲に集まった霊たちが最上界の天国の霊たちがするように輪を描いて彼の周囲を回り、音楽が奏でられている光景を見たりした。
▽ダビデ;彼は、自分こそ天国の主となるべき者と考えていることが私にはわかった。
 ダビデは、狂的な信念を霊界に行ってまで持ち続け、自分を神とあがめぬ霊たちを自分に従わせ、神とあがめさせようとした。それは半ば成功したが、ある程度まで上位の天国の霊たちになると、彼の本質が見抜かれてしまうので、彼もうまく行かなかった。そして、その結果として地獄に落とされるのであった。
 こうして、彼はある程度まで登っては落とされるということを、くり返していた。
(訳者付記)スウェデンボルグは、キリスト教会の間で聖者とされている人々の多くが、死後地獄に行っているのを見たと書いた。これが、欧米では世間に大ショック、大騒動をもたらしたことはあまりにも有名。スウェデンボルグは、彼らは「天の理」を理解せず、真の宗教を歪めたとして、既存の境界関係者を激しく非難したのだった。このことはニュートン、アリストテレスに関する記述と比べて見れば誰にもわかる。
▽パウロ;彼は、のう一人の霊と一緒にやってきた。私は、彼はある点では幸福を得ていい人物だと思うのだが、彼はそれが得られそうになると、「天の理」の真実に背くようなことを、自分からやってそれをこわしているのだった。彼と一緒にやってきた霊は、自分がパウロを指導していいるのだと言っていた。
 パウロもこの霊も、地獄から私のところへやってきたので、私の足の下ほ方から話しかけた。
 彼も、やはりダビデ同様に、自分が神になりたがる霊で、自分の「使徒書簡」などは、霊界ではなんの価値もないものなのに、」それに気付いていなかった。
 彼は、またこの世の栄光が、死後の世界もそのまま持ち込めるかのように思い込んでいた。私の見たところからすると、彼はキリストの悪い使徒の中の最悪ん部類の一人だった。
▽ベネディクト十四世;彼自身が呪術師であった。策略も愛した。彼は霊界では西方の海につれて行かれた。さらに西へ送られ、霊界西端のへんぴな山の中へ連れて行かれた。そして、そこが気に入った。なぜなら、ここは悪だくみに長けた霊の住む場所で、彼は自分のずる賢さには自信があったあらだ。
 この後彼は、北方の地に送られ、そこからさらに、バビロンの最も悪しき民たちの住む最悪の地獄へ帰っていった。
▽ベネディクト十四世;彼自身が呪術師であった。策略も愛した。彼は霊界では西方の海につれて行かれた。さらに西へ送られ、霊界西端のへんぴな山の中へ連れて行かれた。そして、そこが気に入った。なぜなら、ここは悪だくみに長けた霊の住む場所で、彼は自分のずる賢さには自信があったあらだ。
 この後彼は、北方の地に送られ、そこからさらに、バビロンの最も悪しき民たちの住む最悪の地獄へ帰っていった。
 私は、霊界で、この世にいるときに聖者とされていた人々と会って、聖者には三種類の聖者があることが分かった。第一の種類の聖者は、自分が聖者としてあがめられるのを嫌っていた人たちで、彼らは霊界では最上の天国にいるのだった。第二の種類の聖者は、口では自分があがめられるのを嫌っているようなことを言っていた。しかし、内心はそうでなかったというタイプの聖者である。そして、第三の種類の最もレベルの低い愚かな聖者は、自分があがめれれることを求めた者たちであった。

【出展】同 前
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/718.html

[カルト25] 中国のディストピア化(全体主義国家)を追いかける世界/副島隆彦
中国のディストピア化(全体主義国家)を追いかける世界/副島隆彦
 
≪まえがき≫
 中国は国民の生活を監視している国になってしまっている。もうすぐ監視カメラが中国全土に6億台取り付けられるというそうだ。14億人の二人に1台の割合だ。まさか家の中までは取り付けられないだろうが、それだって分からない。中国のすべての都市の街路には、既に付いている。
 中国だけが国民を徹底的に監視しようとしている国家なのではない。米、欧日の先進国も監視国家だ。それに続く新興国も…。
 これからの人類がたどるのは、ディストピア(幻滅の国、絶望郷、監視国家)への道である。中国の悪口を言っていればいいのではない。

第一章 中国のディストピア化を追いかける世界
≪中国は巨大生長したという事実は否定できない≫
≪世界の知識人が描いたディストピア像≫
 全体主義という言葉は、そのまま共産主義と置き換えても構わない。共産主義が大嫌いという保守系の人びとにとっては、その燃えるような反共の情熱で、自分の信念をずっと支えている。
 この全体主義国家の別名がディストピア(dystopia)である。
ユートピアの反対語である。人類が向かっている方向は、どうもディストピアであるようだ。「絶望郷」である。
 このディストピア(絶望郷)の思想を唱えた先駆者で、先進的なヨーロッパの知識人たちがいる。実際の私たちは、息苦しい監視と統制のなかで生きている。中国が先駆している。私たちは後から付いて行く。
 このディストピア思想を作った最も有名な知識人は、イギリス人のオルダス・ハクスレーである。ハクスレーが書いた『素晴らしき新世界』は、現在も重要な絶望的な収容所国家の実態を描いている。この中で、主人公が、未来社会の平和で、人々が統制され尽くした牢獄国家で生きている様子が描かれる。
 次にディストピア文学で、日本人にも最も知られているのは、同じイギリスの作家で独立派左翼のジョージ・オーウェルである。彼が1949年に書いた『1984年』は、明らかにソ連を強く批判した本である。
 当時の欧米社会は、今の日本人が考えているよりも、ずっと多くのリベラル派や、左翼で満ち溢れていた。これが一気に反共産主義に急変したのは、朝鮮戦争の勃発からだ。

 欧米世界で、(朝鮮戦争が始まった)1950年代から“反共主義のバイブル”は次の3冊とされる。
 1冊目は、『1984年』と『動物農場』。
 2冊目は、フリードリヒ・ハイエクというオーストリア人の経済学者が書いた『隷従への道』である。
 3冊目は、アーサー・ケストラーというポーランド人の左翼知識人が書いた『真昼の暗黒』である。ソ連が「収容所国家」であることを、歴史上初めて書いた左翼知識人はA・ケストラーである。だから、反共のバイブル3冊のうちで一番早く共産主義がどんなに恐ろしい体制かを西側世界に報告したのは、A・ケストラーである。
 1950年までのヨーロッパで最高級の有名知識人たちは、ソ連で人類の理想の社会が実現しつつあると信じ込んでいた。それは仏のアンドレ。ジッドやロマン・ロラン、英のバーナード・ショーやケンブリッジ大学の左翼教授だったE・H・カーたちである。
 あの仏のジャン・ポール・サルトルでさえ、1960年代になっても「資本主義社会の悪に比べて、ソ連の悪を批判することはできない」という態度だった。独では、フルンクルト学派の代表ユルゲン・ハーバーマスがずっと親ソ連的な学者であった。

≪左右どっちからも嫌われるのが一番いい≫
 なぜ私がこういうことを書くかというと、現在においてもな、地球上で最も優れた知識人はディストピア思想および全体主義批判を行う人びとであるからだ。
≪全体主義中国を徹底的に叩く≫
 私は、この本でも、中国はまだまだ巨大な成長をこれからも続けていくと書く。…だが私は、中国の巨大化を、ただ礼賛しているのではない。これは人類が避けて通れない大きな道筋だ。百年単位で見たときの、人類史(世界史)がたどってきた道だ。
 今の中国の体制が推し進めている現実を遠くから観察して検討していると、それはまさにハクスレーが描いた「恐るべき未来社会」の通りなのだある。
 人類は、ますます中国化していく、その途中で生きている。

第四章 中国にすり寄る韓国、北朝鮮と台湾のつばぜり合い
≪中国は民主化するか?≫
 私の近未来予測では、中国は2020年からデモクラシー(民主政体)に移行していく。習近平の3期目の次の5年が2020年(第20回党大会)から始まる。この任期中の2027年までに、中国は、普通選挙制度と複数政党制を実現する。この二つが揃うとデモクラシーだ。
 これを実現しないと、世界中の国々が中国を立派な国として尊重しない。中国の指導者たちも分っている。それと中国国内の各階層の民衆、国民が、このままでは我慢しない。「原論の自由と報道、思想の自由を与えよ!」ではなく「よこせ!」という動きに出ようとしている。これは、むすぐ沸点に達するところまで来ている。習近平たちは中国民衆に平身低頭しているのだ。

【出展】
「全体主義の中国がアメリカを打ち倒す〜ディストピアに向かう世界」副島隆彦/ビジネス社’20年

http://www.asyura2.com/20/cult25/msg/167.html

[カルト25] 2007年6月に、中国指導部は、イスラエルとの縁を切った〜中国は世界中に17億人いるイスラム教徒と手を組むと決断/副島隆彦
2007年6月に、中国指導部は、イスラエルとの縁を切った〜中国は世界中に17億人いるイスラム教徒と手を組むと決断/副島隆彦

第七章 ディストピア中国の不穏な未来
≪新疆ウイグル問題の真実≫
 中国の太平洋側の反対の内陸部の広大な新疆ウイグル自治区も領土であり、ここで目下問題を抱えている。この広大な地域にウイグル人がいる。中国共産党は、ここで、今にもイスラム教徒の大反乱が起こることを、いち早く察知した。
 大都市ウルムチには、ウイグル人は2割くらいしかいない。もっとずっと西域の都市カシュガルではウイグル人が8割くらいいる。
 私はウイグル人たちの組織の背後には、イスラエルの力が働いていると現地で感じた。ガイドの友人として知り合った公安警察の人間がそうだと言った(私を監視するために近寄って来たわけではない)。なぜなら、2007年6月に、中国指導部は、イスラエルとの縁を切った。「中国は世界中に17億人いるイスラム教徒と手を組む(と言っても穏健なそれ)」と決断してイスラエルを手を切ったのだ。

 イスラエルが激しく怒ったことは想像できる。
 サウジのサウド王家が信仰しているワッハーブ派という、暴力的な過激なイスラム主義も背景にある。ここがウイグル人たちの資金源になっている。このことを私は、カザフスタンの調査で知った。
 ウイグル人たちは、オスマン・トルコ帝国の800年の伝統を慕って、「ウンマー・イスラミヤ」(イスラム共同体、イスラム帝国)の復興を考えている。ウイグル人は自分はトルコ系の人種であると確信している(ウイグル語は今のトルコ語とほぼ通じる)。
 ウイグル人の亡命活動家たちの多くがトルコに住んでいる。トルコ政府(エルドアン大統領)は、中国に対してウイグル人を弾圧するな、という抗議はするけれど、扇動はしない。

【出展】
「全体主義の中国がアメリカを打ち倒す〜ディストピアに向かう世界」副島隆彦/ビジネス社’20年

http://www.asyura2.com/20/cult25/msg/202.html

[国際28] 長期化するウイルス危機〜若者にとって重篤性が低いので、終わった後でも人類のほとんどが生きている/田中宇
長期化するウイルス危機/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年3月6日】
 今後の展開は不透明だが、ウイルス危機がこれから何年も続き、巨大な金融崩壊が発生するという前提ですべてのことを考えていった方が良い。
 すべてが終わった後、世界がどんな風になっているか想像がつかない。幸いなことに今回のウイルスは、ほとんどの人、とくに若者にとって発症時の重篤性が低いので、すべてが終わった後でも人類のほとんどが生きている。
 事態はおそらく覇権体制の転換につながる。これは本来なら世界大戦(核戦争)によって引き起こされる転換だ。
 ウイルス危機は核戦争よりはるかにましだ。2度の世界大戦では若者がたくさん死んだが、今回は若者たちが生き残るので、危機終息・転換後の世界経済の発展がやりやすい。

◆不確定がひどくなる世界
 【2020年3月4日】
 権威筋による公式論・正論の多くが、しだいに信じるのに無理がある歪曲的な「邪論」に成り下がり、世界観の確定が困難になる不確定化がひどくなっている(911あたりから)。
 ウイルス危機によって、その傾向がぐんと増した。人類の多くが、1週間後に自分が発症せず元気でいられるかどうか不確定な状態になった。だからこそ、権威筋による正論の押し売りがひどくなり、「間違った言説」に対する取り締まりが強まっている。大事なことに関する真偽が不確定になるほど、上からの真偽の決定力が強くなる。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/440.html

[国際28] 長期化するウイルス危機(田中宇) ウイルス危機がこれから何年も続き、巨大な金融 崩壊が発生するという前提ですべてのことを考… てんさい(い)
6. 仁王像[2805] kG2JpJGc 2020年3月08日 09:22:29 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[44]
 『日月神示』にはまた、「大難を中難に、中難を小難に」という神仕組みも降ろされている。
 田中宇の見方は、これに沿っているようにも見える。

「覇権体制の転換につながる」という意味はよく分からない(本文には詳しいかも)。

 前世紀初期の”スペイン風邪”では、世界の死者5,000万〜1億人と(日本では39万人死亡)、爆発的に流行したという。今回のコロナは、そこまでの猛威は振るわないのではないかとも思われるが…。


・「日月神示」にある≪大立て替え≫とは何か〜”コロナ疫病”による世界的な感染爆発の密意か
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/717.html
 投稿者 仁王像 日時 2020 年 2 月 29 日 08:54:56: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/439.html#c6

[議論31] トランプは集積極大化をプログラミングされたAIである/木村草太
トランプは集積極大化をプログラミングされたAIである/木村草太

第2章 トランプはAIである/木村草太
1.なぜ「トランプとAI」なのか
「越えられない壁」を乗り越えたAI
  AIの「記号着地」とは、犬や猫を見極める能力。これが難しかったが、近年、人間の能力を超えるぐらいにまで発達している…。
≪トランプは集積極大化をプログラミングされたAIである≫
 AIの特徴は、限定された目的に対して、非常に高いパフォーマンスを出すことにあります。
 佐藤さんが「倫理の逆襲」の話をされましたが、AIの特徴の一つに、人間が持っている「倫理」を持っていないことがあいます。…目的を効率的に実現できるのであれば、人間が倫理的にためらうことでもAIは平気でできてしまいます。佐藤さんが言われるように、トランプはひんしゅくを買うようなことを平気で言ってしまう。トランプは「本気で言ってくれる」とみられることが集票につながると合理的に計算して、それを平然とやってしまうのです。
 「メキシコ国境に壁をつくる」なんてことも言いました。ことは、「法律」や「倫理」などの観点からためらうはずです。倫理も実現可能性も問わず、そういう振る舞いを平気でします。

2.世界を変えつつあるAIの現在形
 ≪プロ棋士に勝てるAIでも東大には受からない≫
 国立情報学研究所が進めている「ロボットが東大に入れるか」というプロジェクとがあります。そこで研究・開発されているAIが東大ロボット君です。東大の入試に合格できるだけの能力を身に着けることを目標にしていました。この研究はかなり成果を上げ、マークシート試験で偏差値60程度が取れるまでになったということです。しかし、2016年11月に東大合格は不可能だということで、プロジェクトを断念することが発表されました。
 新井紀子教授は、東大プロジェクトを断念した理由、AIが東大に合格するのが無理な理由は、読解力のなさだったそうです。つまり、ある程度の長さのを持った文章について、文脈を理解しえ読み解くことが、AIはきわめて苦手なのだそうです。

【出展】
  「AI時代の憲法論〜人工知能に人権はあるか」木村草太・佐藤優・山川宏/毎日新聞社’18年
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/719.html

[議論31] 日本語で、エリートという言葉には、嫌な響きがある〜旧陸軍の杉山元元帥は、凄みがある端倪すべからざる能史だという/佐藤優
日本語で、エリートという言葉には、嫌な響きがある〜旧陸軍の杉山元元帥は、凄みがある端倪すべからざる能史だという/佐藤優

「君たちが知っておくべきこと〜未来のエリートとの対話」佐藤優/新潮社‘16年から

≪あとがき≫
 日本語で、エリートという言葉には、何となく、嫌な響きがある。私はロシアで中立的な意味でエリートという言葉を日常的に用いるのを目のあたりにして驚いた。それぞれの分野のエリートは、それぞれ別の才能を持っているので、どのエリートがいちばん偉いかという発想がロシア人には気迫だ。
 これに対して、日本語の日常的な用法で、「あいつはエリートだからな」、「エリート意識が強い人だ」というとき、間違いなく、否定的なニュアンスがある。さらにエリートと学歴が、ほぼ一体化されている。
 山内昌之氏によれば、嫉妬をうまくかわしたエリートは、旧陸軍の杉山元元帥だという。自分の本当の力や真意を外に出すと必ず嫉妬の視線にさらされる。戦前の日本陸軍で、一貫して出世コースを歩んできた人間の一人に杉山がいる。
 杉山元帥は、能力を決して表に出そうとはしなかった。同僚や部下の青年将校から、「ボケ元」や「クズ元」のあだ名が捧げられたほどだ。また、「ドア」というあだ名もあった。強く押すと開く。部下が強硬に迫れば要求が通るからである。ひどいのは「便所の戸」という言い方もあったらしい。陸軍兵舎の大便所は、押せば内と外の両側へ開くようになっていたようだ。つまり定見がなかったというのだ。
 陸軍には杉山を警戒する人間は少なかった。
 しかし「ボケ元」はそれほど単純な男ではない。自分を陸相から罷免せんとする近衛らの策謀を、ちゃんと知っていたからだ。近衛の真意を読み空とぼけながら政治状況に対応していったあたりに、、なのだ。もっとも、軍の権力者がこの程度の保身術でで昭和の激動期を生き抜けたのだから、日本がダメになったともいえよう。
  日本の社会では、すぐ圭角(けいかく)や感情を出す人物は絶対に出世できない。杉山の茫洋とした態度は、すべて緻密な計算の上であった。それでいて勝負に出る度胸もあった。杉山は、石原莞爾を中央から追放し復活させなかった立役者のひとりである。
 杉山のように、粘り強くハラを見せない人間は、現代のわれわれの周りにも必ずいるにちがいない。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/720.html

[議論31] 『資本論』は、資本家見習いの人が読むためのもので、労働者の見方をするための本ではない/佐藤優
マルクスの『資本論』というのは、資本家見習いの人が読むためのもので、労働者の見方をするための本ではない/佐藤優

第5章 これからの世界潮流を読み解く
≪ついに資本主義の崩壊が始まった≫〜≪ソフトバンク「二重評価」≫
≪あと2年でアマゾンの時価総額は半分に落ちる≫〜≪現代の労働者階級に未来はあるのか≫

≪『資本論』は資本家の見習いのための本≫

副島 佐藤優の業績はすでに20くらいあると思っていて、その中の一つが『いま生きる“資本論”』の内容です。
 マルクスの『資本論』というのは、資本家見習いの人が読むためのもので、労働者の見方をするための本ではない。とはっきりあの本で表明したことです。
佐藤 そのことが良くわかるのが、昨年公開された映画『マルクス。エンゲルス』です。あれは非常に良い映画でした。マルクスの生活は完全にブルジョアです。
副島 あれは素晴らしい映画です。ハイチ生まれの黒人が監督した映画です。彼はベルリンで学んだ、本物の独立左翼ですね。ハイチの文化長官もした人だ。
…マルクスはやはり左翼です。労働者たちの悲惨な現状をかわいそうに思っていた。マルクスは31歳でロンドンに逃げ延びています。ロンオンでチャールズ・ディッケンズの『オリバー・ツイスト』という人気小説を読んで感動、感心して、『資本論』を書く着想を得た。資本の「原始的蓄積」に大きく気付いた。
佐藤 『資本論』は資本家見習いの本だということは、フランシス・ウィーンなんかも言っている。実は宇野弘蔵も別の表現で同じ事柄を言っている。だからちょっと視座を変えて『資本論』を読めば、全然、違うものが見えてくる。
副島 搾取は合法なのだ、と書いたことが佐藤さんの業績です。「搾取と収奪は違う」と明確に指摘した。あれは今後の日本国民教育として、ものすごく重大なことです。

≪現在の労働者はプロレタリアート以下の存在≫
≪サラリーマンは洗脳された現代の奴隷≫

【出展】
 「激変する世界を先読みする〜沸き起こるファシズム」副島隆彦×佐藤優/日本文芸社’19年
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/721.html

[議論31] 『資本論』は、資本家見習いの人が読むためのもので、労働者の見方をするための本ではない/佐藤優 仁王像
1. 仁王像[2806] kG2JpJGc 2020年3月11日 09:21:14 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[45]
中国が新帝国主義時代の勝者となる/副島・佐藤

第2章 北朝鮮問題から解読する極東のパワーバランス

≪中国が新帝国主義時代の勝者となる〜北朝鮮空爆回避から見えたアメリカの終焉≫
副島  北朝鮮を攻撃しなかったことで、アメリカの衰退がはっきり見えました。
佐藤 トランプという属人的なことじゃなくて、構造問題であった、と。
 …その意味においては、トランプが出てくることによってアメリカ帝国のおわりが可視化されたということには、歴史的な意味がある。
副島 それでトランプ、プーチン、習近平の三巨頭会談があると思う。
佐藤 それが起きたら本当に新帝国主義の完成です。結果からいうと、新帝国主義時代が完成すれば、中国の勝ですね。
副島 世界覇権の移転ということで考えれば、中国の勝です。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/721.html#c1

[議論31] 近代ヤクザは、博徒的や的屋の世界ではなく、労働組織の中から誕生した〜終戦直後、不良外国人(中国・朝鮮人)に対して自衛的な組織としても山口組が機能/宮崎学
近代ヤクザは、博徒的や的屋の世界ではなく、労働組織の中から誕生した〜終戦直後、不良外国人(中国・朝鮮人)に対して自衛的な組織としても山口組が機能/宮崎学

「山口組と日本〜結成103年の宇通史と近代を読む」宮崎学/祥伝社’18年から

第二章 終戦と高度成長と田岡一雄

≪近代ヤクザとしての山口組≫
 つまり近代ヤクザは、博徒的や的屋の世界ではなく、労働組織の中から誕生したのである。
 そのパイオニアが山口組であった。
 山口組は、荒くれ者ばかりの後湾労働者たちを統制し、日本の経済的な繁栄にも貢献するという近代的なヤクザとして成長したのである。
 本来のヤクザとは博徒系と的屋系組織、そして渡世人と稼業人に大別されるが、黎明期の山口組はそうした伝統的な分類からは少し外れていたといえるだろう。…
 彼らは暴力的ではあるが、「任侠」としての矜持があり、…ケンカはしょちゅうしたがそれをいさめる親分衆もちゃんといる。無法者が町の善良なカタギ衆に一方的に迷惑をかけ続けるようなことは、むしろ少なかったと思う。
 また、三代目を襲名した田岡一雄は、戦後の日本で暴れまくる「戦勝国民(中国・朝鮮人)」たちに対する自衛的な組織としても山口組を機能させた。山口組は近代ヤクザの組織として、時代に沿った新しい役割りも果たしていたのである。

≪闇市と不良外国人≫
 日本の敗戦によって「解放国民」と規定された中国人や朝鮮人たちが、これまでの日本支配への仕返しに「戦勝国民」を自称し、暴行や略奪を繰り返したのである。 GHQから拳銃を取り上げられていた日本の警察はなすすべもなかった。
 これは全国各地で同様の問題が起こっていた。立ち上がったのは地元の不良たちである。東京では万年東一をはじめとする愚連隊、そして神戸で三代目山口組を襲名する田岡一雄らを中心に、不良外国人の制圧が始まるのである。
≪組員は職業を持てー三代目山口組の誕生≫
≪権力はヤクザを利用する≫
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/722.html

[お知らせ・管理21] 管理人さん 拙投稿が翌日から閲覧できなくなりましたーお知らせ
管理人さん 拙投稿が翌日から閲覧できなくなりましたーお知らせ

・長期化するウイルス危機〜若者にとって重篤性が低いので、終わった後でも人類のほとんどが生きている/田中宇
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/440.html
投稿者 仁王像 日時 2020 年 3 月 07 日 09:32:48: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
【8日から表示されなくなる】
http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/584.html

[議論31] 「日月神示」にある≪大立て替え≫とは何か。”コロナ疫病”による世界的な感染爆発か 仁王像
2. 仁王像[2807] kG2JpJGc 2020年3月17日 09:05:16 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[46]

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/439.htmlc6
 >『日月神示』にはまた、「大難を中難に、中難を小難に」という神仕組みも降ろされている。
 田中宇の見方は、これに沿っているようにも見える。

「覇権体制の転換につながる」という意味はよく分からない(本文には詳しいかも)。

 前世紀初期の”スペイン風邪”では、世界の死者5,000万〜1億人と(日本では39万人死亡)、爆発的に流行したという。今回のコロナは、そこまでの猛威は振るわないのではないかとも思われるが…。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/717.html#c2

[議論31] EUの崩壊危機〜EUが”いい〜湯”でなくなってきた/nhk「世界はいま」
EUの崩壊危機〜EUが”いい〜湯”でなくなってきた/nhk「世界はいま」

 3月15日夕方のN「世界はいま」では”EUの崩壊危機”を取り上げていた。英国が離脱し一件落着かと思いきや、そうはならず益々纏まりがつかなくてっていると。これまでEUの予算の6割を英、独、仏、伊の4か国がまかなってきたが、それがならなくなってってEUが”いい〜湯”※でなくなってきた。過日EUの首脳会議があったが、何も決められなかった。

 それにも関わらず一方では、バルト4か国がEUに入りたがっているところがある。EUに入れれば”いい―湯”に浸かれると思っている。それだけ豊ではないということ。これらの国々の加盟に反対する筆頭は仏国であると。
 またこれらの地域は旧ソ連の影響下にあったわけで、ロシアと中国は協力し合ってこれらの地域に影響力を持とうとしていると。
 ※:英国離脱で、お湯がぬるく成り、震えている人々も出てきていることがイラストで表示。

(仁王像)
 資本の致富衝動を満足させるために労働者や資本の移動をしやすくしたEUという国境線は、資本主義の行き詰まりとともに破綻しようとしている。Cにも示したが、人為的な国境線には無理がある。自然の地政学上型造られてきた本来の国境線で良いではないか。


 (関連)
@http://www.asyura2.com/07/dispute26/msg/369.html
 >ECB(欧州中央銀行)などの成立は、ロス茶の強力な画策がなければ、決して実現はしなかったろう。加盟国の通貨発行権という国家主権に関わる権限をECBに集約するというのだから、古典的な国家論ではとても理解不能である。ヴェルナー氏は、ここのところを次のように言う。

「”ヨーロッパ合衆国”を作ることなのである。この計画は50年代から練られていたものである。統合が完了すれば、今度はアメリカとの対立が絶対に避けられない。マネーの支配者たちの狙いはそこにある」(『なぜ日本経済は殺されたか』リチャード・A・ヴェルナー/吉川元忠/講談社‘03年)
 「プリンスたちが全世界で権力の拡大をめざしていることは明らかだ。集中化と通貨圏の創設はこの目的にかなっている。だからこそ、ヨーロッパのセントラル・バンカーは進んで欧州中央銀行を創設した。」(『円の支配者』リチャード・A・ヴェルナー/草思社‘01年)

 「1990年代半ばには多くの人がありそうにもないシナリオだと思っていたことが、さしたる障害も騒ぎもなく実現した。ヨーロッパ12カ国が自国通貨を捨てたのだ。外から見ていていちばん驚くのは、経済規模ではヨーロッパ最大の国ドイツがドイツ・マルクを捨てたことだ。たとえばイギリスの識者は、これを「謎」と呼ぶ。
 エコノミストは終始、ドイツ・マルクを放棄すべき経済合理性はないことに気づいていた。ユーロを創設すべき理由が経済の領域では見出されないことには、ほぼ疑問の余地がない。通貨統合は、ヨーロッパ統一を加速し、”ヨーロッパ合衆国”を樹立するためのツールとして利用された。
 欧州中央銀行の一握りの意思決定者がこのユーロ圏を支配し、結局はユーロ圏12カ国に流通する通貨の配分も決定している。これは生半可なことではない。金融政策は、平時のどのような社会にとっても最強の政策ツールである。
 欧州中央銀行はブンデスバンクよりはるかに独立性が高い。米の連邦準備制度理事会よりも独立性が高い。…われわれの見るところ、欧州中央銀行は日本銀行とならんで、先進国のなかでは最も説明責任の少ない中央銀行だ。」(『不景気が終わらない理由』リチャード・A・ヴェルナー/草思社‘03年)

 ロックが真の世界皇帝なら、なぜECBの成立を阻止しなかったのだろう。大きな疑問である。逆に影の(真の)世界皇帝がロス茶なら、ロックは逆らえなかったと説明がつく。いや、EU対米国という対立軸は彼らの「両建て主義」という世界戦略に適っているのではないか。このことをヴェルナー氏も指摘している。田中宇流に言えば「多極主義」ということになる。


Ahttp://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/238.html
 >「資本主義の終焉と歴史の危機」水野和夫/集英社新書‘14年(第四章から抜粋)

第四章 西欧の終焉
≪欧州危機が告げる本当の危機とは?≫
 重要なのは、この欧州危機が単なる経済危機ではなく、西洋文明の根幹に関わる問題であることです。西洋文明そのものの「終焉の始まり」である可能性もあるのです。
 「海の国」英米が覇権を握った海の時代の特徴は、政治的に領土を直接支配することなく、資本を「蒐集(しゅうしゅう、コレクション)」していった点が挙げられる。
 一方、「陸の国」ドイツとフランスは、英米のような「資本」帝国への道は選ばず、ヨーロッパ統合という理念にもとづいた「領土」の帝国化へと向かう。 
 独仏が手を携えて、単一通貨ユーロを導入し、共同市場を拡大させていく、そのプロセスのなかで、国民国家は徐々に鳴りを潜め、ヨーロッパはユーロ帝国という性格が色濃くなっていく。
 近代とは、「海の国」が「陸の国」に勝利することで膜が開いた時代。しかし現在の状況は、「海の国」米国の覇権体制が崩壊し、EU、中国、ロシアといった「陸の国」が台頭しつつある。

≪欧州危機がリーマン・ショックよりも深刻な理由≫
 主権国家システムが支持されるのは、それが国民にも富を分配する機能を持つからでした。しかし、グローバル化した世界経済では、国民国家は資本に振り回され、国民国家ではもはや対応できない。そこで、「国民」という枠組みを取り払って国家を大きくすることでグローバリゼーションに対応しようとしているのがEU方式だと言える。
 独仏の「領土」帝国という観点から見た時、欧州危機とは、どのように読み解くことができるか。
 EUですら結局は資本の論理に巻き込まれてしまう(失業者の増大と低賃金)。この事態は、リーマン・ショックよりもはるかに深刻な意味を帯びている。EUが向かっている帝国は、資本にも軍事にも依存せず、領土を「蒐集」する帝国だからである。

≪それでもドイツは「蒐集」をやめない≫
 このような見方に立つと、ドイツはそう簡単にギリシャを見捨てることはしないだろうと思います。領土の「蒐集」という運動が停止してしまうことは、EUの自己否定になりますから、「西洋の没落」から「西洋の終焉」へと向かうことになる。
 ヨーロッパは誕生それ自体が、奴隷を「蒐集」しなければ成立しえなかったのです。より贅沢な生活をするには、つねに「異邦人」をたくさん「蒐集」しなければいけなかったのである。

≪資本主義の起源から「過剰」は内臓されていた≫
 独仏の「領土帝国」も、英米の「資本帝国」同様、限界に近づいています。
 現代の世界で起きている「帝国」化とは「蒐集」の終着地点です。リーマン・ショックは過剰にマネーを「蒐集」しようとした「電子・金融空間」が、自らのレバレッジの重みに耐え切れず自滅した結果。
そして欧州危機は、独仏同盟による領土の「蒐集」が招きよせた危機だと言えます。

B2020年の国際社会 “内向きの時代”へ 専門家予測/nhk
 http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/129.html
 投稿者 仁王像 日時 2020 年 1 月 02 日 07:26:51: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

Chttp://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/881.html
 >(イラクがまず三つの地域に分裂しそれが周辺地域に波及していく、最終的にはこれらの地域は)、
 民族・人種・宗派に加えて山脈・河川・砂漠・交通(資源もあるか)などに良くフィットした国境線に再編成されて然るべきである。これまた歴史の必然だろう。こうした胎動の中から、例えば「アラブの統合」などという課題も”内因論”として浮上してくる(外部から注入すべきものではない※)。向こう100年単位の大事業である。

Dhttp://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/872.html#c6
 > 櫻井ジャのバカタレ。EU・英国の混迷は「資本主義の行き詰まり」から来ている。
こんな基本的なことが見えないからアホダラ教だ という。 米国の混迷も同じ伝。

Ehttp://www.asyura2.com/14/warb14/msg/552.html#c3
 >ここ数十年のグロ・スタとかいう資本の至富衝動を極限にまで押し進めたイカサマ性に対する世界の民衆の反乱なのだ。

Fhttp://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/902.html#c7
 >資本主義の宿痾として常に指摘されるのが、「過剰生産」である。
  …
 一旦、資本主義が確立されれば、資本の「到富衝動」が独自に独り歩きする。人間が簡単にコントロールできることではないのは、これまでの歴史が証明している。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/723.html

[国際28] (論議板)EUの崩壊危機〜EUが”いい〜湯”でなくなってきた/nhk「世界はいま」
・EUの崩壊危機〜EUが”いい〜湯”でなくなってきた/nhk「世界はいま」
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/723.html
 投稿者 仁王像 日時 2020 年 3 月 17 日 09:08:09: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/474.html
[国際28] 英国式の現実的な新型ウイルス対策/田中宇
英国式の現実的な新型ウイルス対策/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年3月16日】
 英国やドイツが出したシナリオに対して「何の根拠があるのか?。いい加減なことを言うな」という批判がある。しかし世界的に、英独などが出した予測以外の具体的な予測は出されていない。
 英国は、科学について国際的な権威の国だ。英国は「科学という名のプロパガンダ」の世界体制を創設・維持する科学の覇権国だ。その英国の首相が「人々の60%が感染して集団免疫をつけるしかない」と提案したのだから、それが正しいと考えるべきだ。
 新型ウイルスは不明な点が多く、確定的な予測や対策を出せない。根拠が薄いから間違いだと言う人は現状を理解していない。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/478.html
[議論31] 中東問題〜仏は「同化」、英は「放置」、独は「共存」、米は「融合」から「創出」へ/山内昌之・宮家邦彦

≪鼎談―「中東混迷」を読み解く≫≪ヨーロッパ、アラブから見た「トランプ問題」≫

宮家邦彦 イギリスとフランスはやり方が微妙に違います。フランスは、あなた方はムスリムだろうが何だろうがいいですよ、自由ですと。その代わりフランス人になりなさい。そして、あなたの心で何を考えてもいいけれど、フランス人になって、フランス語をしゃべって、フランスの価値を重んじなさい。だからスカーフはダメですよと。
 本音はスカーフなのではなく、ムスリムがイヤなのです。しかし、フランスの国是からそんなことは言えない。
 イギリスは全く逆。どうぞ、皆さん、イギリスに来てください。文化もそのままで結構です。だけど、あなた方は、私たちの住むところとは別のところ、郊外に行って下さい。そこで自由にやって下さい。モスクでも何でも建てて下さい。だけど、あなた方をわれわれの世界には入れません。これがイギリスのやり方です。私は英仏どちらも失敗したと思います。
 ドイツは英仏とも違い、外国のイスラム教徒はお客さまのままです。うまくいっているのかどうか分かりません。

≪フランスは「同化」、イギリスは「放置」、ドイツは「共存」≫

山内昌之 私も同じだと思います。少し整理すると、フランスは基本的に同化政策。
宮家 そうです。
山内 したがって、フランスの共和国憲法と三色旗。フランス革命の理念の自由・平等・博愛が厳然としてあり、そのもとにおいて、すべての人間はは民族や信仰の差は問われないというものですね。
 誤解のないように言っておくと、脱カトリック。ライシテ(世俗主義)つまり政教分離政策を進めて、政治を宗教から離脱させてフランス市民としての帰属を基本としてきました。
 イギリスは、宮家さんのご指摘どおりですが、敢えて言うと「放置主義」「放置政策」。受け入れるけれども、放置しておく。まさに都市近郊集落のことに触れられましたが、たとえばシェフィールドから10キロ離れたロザラムで起きた事件はあまりにもおぞましい。パキスタン系男性たちの性暴力を放置した結果、文明論的な復讐心や劣性・優位のコンプレックスなどが相まって、社会に対する不満を持つ若者が、イギリスの白人少女など1400人を拉致監禁し人身売買する事件が起きた。いつの間にかムスリムが多数派になった共同体との文明論や宗教上の軋轢を避けたい地元警察は人種差別問題にすり替えられることを危惧して関わろうとしない。こうしたスキャンダルがフランスやドイツでは起こりにくいのに、イギリスで起きた一因は放置主義政策を取っているからです。
 ドイツは、ナチスのホロコースト(の経験から)…単純に他民族、他信仰、他人種を排除したり、差別したり、あるいは同化することを、なかなかできない。また、放置することもできません。そうすると、「共存」を理念としては認めざるを得ない。ドイツ人は、「受け入れなければならない」という強迫観念にも似た義務感を持っていました。それは理想としては立派だが、実際に受け入れてしまうと、善意や使命感だけではなかなかうまくいかないという現実に、一番リアルに直面しているのがドイツ人なのでう。

≪アメリカは「多からなる一」から創出する≫

山内 一方、アメリカは、これらの国々と比較すると、「融合」から「創出」するという側面がありました。
もともと「多」から成っている「一」なのです。北米大陸に多くの民族や人種が最初は欧州からやってくる。それが時にはメルティングポット、人種の坩堝の中で融合することが理想とされ、「多からなる一」としてアメリカ人を無から作り上げてきたという「神話」です。アングロサクソン、WASP、だけでなく、のちにカトリックもやってくる。ユダヤ教徒も入国してきた。そのあとアジアから仏教系や、神道系、儒教系の移民も入って来る。そして今大きな存在になったのがムスリム市民なのです。
 そのときにアメリカは伝統的に作ってきた「多からなる一」としてのアメリカ人の創出が本当にできるか、できないか。おの根本原理がかなり挑戦を受けています。それをある意味で白人、すなわちWASPなどに繋がる古典的なアメリカ人によるアメリカ観への回帰を強調したのが、今回のトランプだと思います。
宮家 そうです。
山内 しかし、このメルティングポットであるかどうかも本当は疑義があります。

【出展】
 「中東とISの地政学〜イスラム、アメリカ、ロシアから読む21世紀」」山内昌之編著/朝日新聞社’17年
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/724.html

[国際28] (論議板)中東問題〜仏は「同化」、英は「放置」、独は「共存」、米は「融合」から「創出」へ/山内昌之・宮家邦彦
・中東問題〜仏は「同化」、英は「放置」、独は「共存」、米は「融合」から「創出」へ/山内昌之・宮家邦彦
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/724.html
 投稿者 仁王像 日時 2020 年 3 月 20 日 09:22:13: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/480.html
[原発・フッ素52] 「原発 初の『強制停止』 その意味は」〜原発の安全監視体制は事実上崩壊/水野倫之・nhk

「原発 初の『強制停止』 その意味は」(時論公論)/水野倫之・nhk
2020年03月17日 (火)
水野 倫之 解説委員
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/425602.html

福島の事故から9年、原発の運転が原子力規制委員会によって事実上強制的に停止。
鹿児島県にある九州電力の川内原発1号機がきのう運転を停止。
テロ対策施設の建設が間に合わず、原発の新基準に適合しなくなったため。
すでに再稼働した原発の多くも、今後同じように運転停止に追い込まれる見込み。
今回規制委は猶予を求める電力会社を一蹴する厳しい判断。
その背景には何があるのか。水野倫之解説委員の解説。

九州電力はきのう午後1時過ぎに、川内原発1号機の運転を止めた。
今年11月まで運転ができるはずだったがテロ対策施設の設置が、期限のきょうまでに間に合わなくなった。
規制委は原発の新しい規制基準を満たしていないと認定。
事実上強制的に運転が停止させられることとなった。
原発が規制当局によって停止させられるのはこれが初めて。
運転停止は少なくとも9か月に及ぶ見込み。
また2号機も間に合わず停止となる見込みで、九州電力は2基分の電力を火力発電で賄うことにしており、毎月80億円のコストアップになるという。

テロ対策施設は、新基準で義務づけ。
原発の中央制御室から100m以上離れた場所に、予備の制御室や電源、ポンプなどを備えることで、航空機を衝突させるようなテロでも遠隔で原子炉を冷却して放射性物質の大量放出を抑えようと。

アメリカの対策を参考にした施設でさらなる信頼性向上のための追加の安全対策と位置づけられ、設置には猶予期間。認可から5年以内に設置することとされ、川内原発1号機の場合その期限がきょうだった。

しかし九州電力は期限まで1年を切った去年春になって、突然規制委員会に対して設置が間に合わないと報告、設置期限の延長、運転継続を求めた。
ほかにも再稼働した原発のうち関西電力の4基と四国電力の1基も間に合わない見込みで、3社がそろって延長を求めた。
「実際にやってみると固い岩盤をくりぬいたり山を切り開くなど難しい工事であることがわかった」というのが理由。
工事の遅れに対して危機感を持たず、遅れている状況を規制委員会へ報告もしないまま、ギリギリになって横並びで訴えてきた電力会社の姿勢は事故前と変わっておらず、不信感を持たざるを得ない。

規制委の更田委員長も、「工事の見通しが甘い。訴えれば何とかなると思われたとしたら大間違いだ」と電力会社の対応を批判。5人の委員全員一致で延長は認めず、運転の停止命令をだすことを決定。
これを受けて九州電力は期限前日のきのう、運転を止めた。

今回規制委が運転停止という厳しい対応を打ち出した背景にあるのは、事故で地に落ちた原子力規制への信頼。
福島の事故前、電力会社は原発の規制の先送りを働きかけ続け、規制当局も毅然と対応しなかった。
福島第一では東電内部で巨大津波の可能性が指摘されたが、規制当局が具体的な指示をすることはなく、結果として大事故に。

当時原発に関する専門性は電力会社の方が高く、規制当局は電力会社に取り込まれていた、と指摘されるなど原発の安全監視体制は事実上崩壊。
これを教訓に国家行政組織法3条に基づく独立性の高い組織として発足したのが規制委。
今回再び、電力会社の事情を考慮して延期を認めてしまえば、福島の教訓を何も学んでいないことになり、原子力規制に対する国民の信頼がさらに失われかねないとして、延長は認めなかった。

これに対しては、「原発の停止は電力会社の収益に大きな影響がある。5年の期限にどんな意味があるのか、きのうときょうでリスクが変わるわけではない。」という意見も。
しかし、あと少し、を繰り返して、新基準の運用が電力会社の意向でどうにでもなるなら、原子力規制は事故前に戻ってしまい、原発の継続的な安全性の向上は一向に実現しない。
今回の運転停止は規制委員会として当然の対応で、妥当な判断。

実は今回以外にも、規制委は、すでに再稼働した原発に追加の安全対策を次々と要求。
これは事故を教訓に導入された、追加規制の制度に基づくもの。
安全神話がまかり通っていた事故以前は、一旦許可が出た原発は絶対安全だとされ、追加の安全対策を電力会社に強制できなかった。
しかし事故後は、新たな知見が得られた場合には、規制委が基準を改定し、電力会社に強制力を持って対策を要求できるようになった。

例えば去年、規制委は高浜原発にあらたな津波対策を要求。インドネシアで火山噴火で、津波警報が発表されないまま津波が発生したから。高浜は警報を受けて防潮ゲートを閉めることになっていたため、警報が発表されない場合の対策を要求。潮位計が設置されることに。

ほかにも使用済み核燃料プールの水漏れ対策など、追加規制は12件に上り、今後地震対策についても規制をより厳しくする方向。

このように追加規制の制度は、原発の安全性を高める方向に機能し始めているようにも見える。ただ追加対策に消極的な電力会社の姿勢が問題。
テロ対策施設にとどまらない。
去年、規制委が鳥取県の火山の噴火で高浜、大飯、美浜の3原発で想定を超える火山灰のおそれがあるとして関電に追加対策を要求するも関電は必要ないと消極的な姿勢に終始、規制委は審査の受け直しを命令。

また追加規制は電力会社から提案できるが、これまではすべて規制委からの提案によるもので、電力会社からのきちんとした提案はほとんどないということ。

その背景のひとつには増え続ける原発の安全対策費。
東電や関電は再稼働を進める原発にそれぞれ1兆円のコストがかかる見通し。ほかの原発でも1基あたり1000億円以上見込まれており、電力会社としてはこれ以上のコストをかけたくないという思いがあるとみられる。

しかし原発の経済性が安全よりも優先されることはあってはならない。
基準を満たすのは最低限のことで、電力会社自らが自主的に安全性を向上させる姿勢が極めて重要。
電力もメーカーとともに安全対策を立案する組織を発足させてはいるが、その活動はまだ不十分。
福島の事故から9年、原発の安全に対する国民の不安は払拭されてない。規制委や電力はこのことを肝に銘じて、常に安全性向上に取り組んでいかなければ。
http://www.asyura2.com/19/genpatu52/msg/595.html

[議論31] スウェーデンボルグは、天国では非常に高い地位に就き、いつも喜んで忙しく人助けに励んでいた/インドの見神者、サンダー・シング
スウェーデンボルグは、天国では非常に高い地位に就き、いつも喜んで忙しく人助けに励んでいた/インドの見神者、サンダー・シング

第二章 スウェーデンボルグ神学
≪サンダー・シングが報告した霊界のスウェーデンボルグ(1)≫
 インドの見神者サンダー・シングは、1929年、自らの度重なる入神体験の中で霊界のスウェーデンボルグに出会ったことを、当時のアメリカ新教会の名誉牧師であったジョン・ゴダードなる人物にあてた手紙の中に書いている。
 その際に「地獄の永遠性」のことが話題となり、霊人スウェーデンボルグは、これについて次のように語ったという。
 「宇宙の幾多の星から来た無数の霊は、人類の創造が続く限り、彼らの状況に応じていつまでも地獄へ入り続けるだろう、という意味において、地獄は永遠である。しかし、同じ悪霊がいつまでも地獄にとどまっているという意味ではない。
 もしそうだとしたら、神の愛や知恵がそのような霊を創造するはずはなく、その霊たちがどんなに邪悪でも、愛である神は自分の創造物が地獄で永遠に苦しむのを見ることができない。そこで、不調和で神の意志に反するものは何ひとつ残らないときがくるだろう。地獄さえ自分たちの目的を果たしたとき、最終的に、そして永遠に、神はすべてすべてになるだろう」(A.J.アパサミー『インドの聖者スンダル・シング』)
 そもそも新約聖書に「永遠」と記されているギリシャ語は、「終わりなき永遠」ではなく「幾世代にもわたって続く」ことを意味する言葉。

≪サンダー・シングが報告した霊界のスウェーデンボルグ(2)≫
 サンダーは、当時霊界に入ってすでに200年を経ていたスウェーデンボルグの様子について、「彼は、天国では非常に高い地位に就き、いつも喜んで忙しく人助けに励んでいるが、地上にいた時とは違った名前で呼ばれている」と報告している。

【出展】「明治のスウェーデンボルグ」瀬上正仁/春風社’14年
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/725.html

[国際28] 長期化し米国覇権を潰すウイルス危機〜中央銀行群を潰すためのの策でもある/田中宇
長期化し米国覇権を潰すウイルス危機/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年3月20日】
 新型ウイルスは実体が不明なまま放置され、その一方で恐怖心やパニックが扇動され続ける。
 実際に重篤に発症して苦しんだり死んだりする人もけっこういるが、それほど多くの人が重篤に発症するものではない。
 それでも「あなた自身を含む、驚くほど多数の人々が発症したり死んだりする」という脅しが流され続け、金融バブルの崩壊で米国覇権体制が不可逆的に完全に潰れるまでそれが続く。
 これは、ある種の国際詐欺である。隠れ多極主義的な詐欺だ。米覇権に対する前回の自滅策であるリーマンショックでやり切れなかった米金融システムの破壊を新型ウイルスがやってくれている。
 QEで金融システムを延々と延命させている中央銀行群を潰すためのの策でもある。これが意図的なものであると仮定すると、いろんなことに合点がいく。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/490.html
[カルト25] クルーグマンによって経済学は人類を不幸にする学問となった/六城雅敦

[2503]クルーグマンによって経済学は人類を不幸にする学問となった

投稿者:六城雅敦
投稿日:2020-03-22 00:24:32
http://snsi.jp/bbs/page/1/

副島隆彦先生の新刊「経済学という人類を不幸にした学問」(日本文芸社)を読了した。

『資本論』(ダス・カピタール,1867)のマルクス、と『雇用、利子、貨幣の一般理論』(The general theory of employement,interest and money, 1936) のケインズ・・・
この二人だけが、人類の経済活動の肝要を明らかにしたと、副島先生は述べる。

 その他の経済学者たちは、この2人の理論を、剽窃し改変し、マネタリズム(貨幣中心の経済学、ミルトン・フリードマン 1912-2006 )や、自由貿易主義(ネオ・リベラル派が標榜するグローバリズム)へと、我田引水の論理を展開したに過ぎない、と。 本書の一部を抜粋する。

(抜粋始め) (P94-95)
 この100年間のアメリカとヨーロッパの経済学者で、優れていたのはケインズだ。ケインズだけが天才だった。それ以外は・・・駄目だった。
 この考えは、最近、日本の経済学者たちの間でもブツブツと言われるようになった。ケインズだけが天才で、あとは要らない。余計だった。今のアメリカの経済学者、即ち新古典派(ネオ・クラシカル)なんか、消えてなくなっていい。
 マクロ経済学とは、「国家を経営する経済学」のことだ。大風呂敷と大ドンブリ理論を振りかざして、大きく大きく、国家の経営を考えることだ。これをケインズが始めた。ケインズだけがマクロ経済学だ。他にはいない。  (中略)

 しかし、ケインズ卿(英国王ジョージ5世が、男爵にしたのでケインズ卿〔サー〕だ)は、1946年に死んだ。このあとはケインズ・レベルの大天才の処方箋、方策、政策はなくなった。
 人類はこのあとどうしていいのか、わからなくなっている。ケインズの再来ほどの人物が現れて、私たちを導くしかない。
 もうマネタリスト(アーヴィング・フィッシャーが元祖で、ミルトン・フリードマンが継いだ。ワルの親分たち)も、新古典派「総合」(ジョン・ヒックスとポール・サムエルソン)も、この2種類ともに滅んでしまって、残党がうごめいているだけだ。

 新古典派「総合」(ネオ・クラシカル・シンセシス)の別名が、ニュー・ケイジアンである。彼らが大破産した。ポール・サムエルソンの愛弟子で、跡継ぎが、ポール・クルーグマンだ。この男による、自分たちの大失敗の白状(告白)の文が、本書の第4章である。

(p204)
 ケインズは「政府は労働者に(政府自身が大借金をしてでも)職を与えるべきである」という新思想を作った。これがケインズ革命である。
 だからケインズは「修正資本主義」とも呼ばれて、カール・マルクスの「貧困者と労働者を救済せよ」の 社会主義〔ソシアリズム〕の、「暴力に訴えてもブルジョア政府(資本家の利益団体)を、恐慌に乗じて、打倒する」という思想と、対決する思想として、現在も存在する。

(P83)
 ケインズが死んで、アメリカでニュー・ケイジアン(というケインズの裏切り者たち)が栄えた。彼らは、新古典派「総合」を名乗り、何を統合(シンセシス)したかと言うと、ケインズを自分たちの愚劣なる(新)古典派の中に総合(取り込み)し、換骨奪胎した。さらには、マルクスまでも「総合」した、と豪語した。その頭目が、ポール・サムエルソン(1915-2009)だ。そして、その後継者で愛弟子のポール・クルーグマン(1953-)である。

(抜粋終り)

 六城です。ノーベル経済学賞が与えられた論文で多用される、多変数(連立)方程式や微分方程式による、”壮麗な”数式の経済理論は、空想のたわごとであった。

すべての基は、単純な

「 Y(Yield、もの、こと)= M( money おカネ) 」

の式である。 Yield(イールド)とは、人類(人間)全部の活動と生産、その為に費やされた(生み出された)こと。人間のうごめきの全て、だ。

 Money(マネー)とは、そこに費やされた地球上の、お金の総額であり、国家単位ではGDPのことあるいは、企業活動の売り上げのこと。あるいは、年収600万円の1人のサラリーマン(労働者の)の年収だ。

 この2つは、等号(=)関係であり、左辺右辺がピッタリ一致している、として、アルフレッド・マーシャルが、古典物理学の、公式を真似て、作った。このことが理論経済学の始まりであった、と副島先生は指摘している。

 こんな単純な基本理論は、あまりに当たり前すぎて、「それがどうした? 太陽が東から昇って西に沈む事のようなものだ」と、思うかもしれない。

 だがこの本を読み進めると、副島先生の解説によって、ケインズ理論は、その後、アメリカの経済学者たちによって、歪曲され、変造され、インチキ学問へと変貌して行ったのだ、と。

 彼ら、新古典派(アメリカの主流派の経済学者たち。その、今の筆頭が、ポール・クルーグマン)の論理の前提条件には、「失業は存在しない」、「失業者はただちに、他の職につく」である。 ここには、製鉄所の工員を教育すれば、IT技術者になれる、という その根底にはキリスト教の強固な宗教観(オプティミズム:optimism)がある。 

 そしてどんな貧乏国であっても、世界に対して、「比較優位(ひかくゆうい、コンパラティヴ・アドヴァンテッジ)の理論」で、その国に何らかの「売り物」がある、それを輸出すればいい。と、新古典派は、盲目的に考える。実際は、先進国から、最新式機械をすべて持ち込んでの、奴隷工場〔スウェット・ショップ〕だ。

 これで、アメリカ国内の競争企業を、打ち倒した。自由貿易主義〔フリー・トレイディズム〕を、万能であると信じ込んだために、アメリカ国内に、大きな失業が生まれた。アメリカ国内の工場がすべて閉じられて、失業者の群れが生まれた。アメリカの経済学者の主流派(新古典派)は、この事実に、1990年から、30年間、気づかなかった。なぜなら、彼らの頭には、古典派経済学の 原理(教条、盲信。狂信)である、「失業は存在しない」が、張り付いているからだ。

狂信者たちによるカルトが現代アメリカ経済学である
 私たちの学問道場は、20年前から、国際金融資本に、陵辱(まさにレイプ、強姦)されてきた日本と、その背後に有る、アメリカ政治思想 の研究・分析を行ってきた。アメリカ政治の背後にいる特定思想を、皆で、研究してきた。

 ゴールドマン・サックス(ガヴァメント・サックスだ)を筆頭とする、アメリカの民間の巨大金融資本と、それと連動するFRB(連邦準備制度理事会、アメリカの中央銀行)の動向に関心をもってきた。

 その手駒である、歴代米国大統領と、クルーグマンやスティグリッツら御用学者による経済政策(エコノミック・ポリシー)は、日本にも多大な影響を与えた。しかし、今は、トランプの登場によって、彼らは、嫌われ、遠ざけられている。

 本書によって、ケインズのマクロ経済学(政治と結びついた政策提言)は、クルーグマンによって、ハイパー(超)グローバリゼーションへと改ざんされた。日本も米国の圧力によって、屈服、追従させられている、という冷酷な事実を、私たちは知っている。

 アメリカの忠実な下僕である与党、自民党と 経団連(ただし、彼らは、アメリカがあまりに虐(いじ)めて 稼いだ利益を、全部アメリカに置いて行け」と言うので、儲けがなくなって、中国に擦り寄っている)である。

ハイパー・グローバリゼーションはドル覇権国の特恵制度である
 1990年から、30年間、日本のGDPは、ずっと5兆ドル(500兆円)のままだ。この25年以上、横ばいのままだ。この間に、米国の GDP は4倍になった。中国は 20倍になった。

 その内訳は、富裕層の資産が加速的に膨張したものであり、私たち大多数の国民は不幸のまま、さらに過酷な生涯を強要されることを知らねばならない。この、本はアメリカの薄汚い経済学理論を盲目的に信奉してきた、ビジネスマンに必読の書である。

http://www.asyura2.com/20/cult25/msg/631.html

[政治・選挙・NHK270] なぜ世界のメディアは前世紀初頭に起きた「スペイン風邪」(最大で1億人が犠牲に)と今回のコロナを対比して伝えないのか
なぜ世界のメディアは前世紀初頭に起きた「スペイン風邪」(最大で1億人が犠牲に)と今回のコロナを対比して伝えないのか

スペインかぜ Wikipedia から一部抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8B%E3%81%9C

 1918年のインフルエンザ・パンデミック(1918年1月〜1920年12月、通称スペインインフルエンザ、日本語ではスペイン風邪)は、H1N1型インフルエンザウイルスが関与した2つのパンデミックのうちの最初のものである。2番目は2009年の豚インフルエンザ[2]。1番目当時の世界人口18〜19億人の約27%に当たる5億人が世界中で感染し[3]、その中には太平洋の孤島や北極圏の人々も含まれていた。死者数は1,700万人[4]から5,000万人、場合によっては1億人と推定されており、人類史上最悪の伝染病の1つとなっている[5][6]。歴史的・疫学的データは、パンデミックの地理的起源を確実に特定するには不十分である。[3]

 20世紀初頭には既に感染症によって平均寿命が制限されていたが、米国ではパンデミックの最初の年に平均寿命が約12歳低下した[7][8][9]。ほとんどのインフルエンザの流行では、若年者と高齢者が不均衡に死亡し、その中間の人の生存率が高くなったが、スペイン風邪の大流行では、若年成人の死亡率が予想以上に高くなった。

 戦時中の検閲官は士気を維持するために、ドイツ、イギリス、フランス、米国での病気や死亡の初期報告を最小限に抑えた[10]。一方で新聞は中立国スペインでの伝染病の影響(アルフォンソ13世の重病など)を自由に報道することができた[11]。これらの記事は、スペインが特に大きな被害を受けたという誤った印象を与え[12]、パンデミックのニックネームである「スペイン風邪」を生み出した[13]。

  科学者たちは、1918年のインフルエンザ大流行の死亡率の高さについて、いくつかの可能性のある説明を提示している。ある分析によると、ウイルスはサイトカイン放出症候群を引き起こし、若年成人の強い免疫システムを破壊するため、特に致命的であるとされている[14]。これとは対照的に、パンデミックの時期の医学雑誌を2007年に分析したところ、ウイルス感染は以前のインフルエンザ株よりも攻撃的ではなかったことが判明した[15][16]。その代わり、栄養失調、過密な医療キャンプや病院、劣悪な衛生状態が細菌性の重複感染を促進していた。この重複感染により、通常は幾分長い臨終の後、ほとんどの犠牲者が死亡した[17][18]。


被害状況[編集]
スペインかぜの患者でごった返すアメリカ軍の野戦病院。

 マスクをつける日本の女性たち。
スペインかぜは、記録にある限り人類が遭遇した最初のインフルエンザの大流行(パンデミック)である[注 3]。

 スペインかぜの感染者は約5億人以上、死者は5,000万人から1億人に及び、当時の世界人口は18〜20億人であると推定されているため、全人類の3割近くがスペインかぜに感染したことになる。感染者が最も多かった高齢者では基本的にほとんどが生き残った一方で、青年層では大量の死者が出ている。

 大日本帝国(日本)では、当時の人口5,500万人に対し39万人が死亡し[注 4]、アメリカでも50万人が死亡した。これらの数値は感染症のみならず戦争や災害などすべてのヒトの死因の中でも、最も多くのヒトを短期間で死亡に至らしめた記録的なものである[注 5]。

 流行の経緯としては、第1波は1918年3月にアメリカのデトロイトやサウスカロライナ州付近などで最初の流行があり[22]、アメリカ軍のヨーロッパ進軍と共に大西洋を渡り、5〜6月にヨーロッパで流行した。

 第2波は1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、病原性がさらに強まり重篤な合併症を起こし死者が急増した。第3波は1919年春から秋にかけて、第2波と同じく世界で流行した[注 6]。さらに、最初に医師・看護師の感染者が多く医療体制が崩壊してしまったため、感染被害が拡大した。

 この経緯を教訓とし、2009年新型インフルエンザの世界的流行の際にはインフルエンザワクチンを医療従事者に優先接種することとなった。
http://www.asyura2.com/20/senkyo270/msg/805.html

[政治・選挙・NHK270] なぜ世界のメディアは前世紀初頭に起きた「スペイン風邪」(最大で1億人が犠牲に)と今回のコロナを対比して伝えないのか 仁王像
6. 仁王像[2808] kG2JpJGc 2020年3月25日 09:43:08 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[47]

 パリ在住の知人によると、店はみな閉鎖され、開いているのはスーパーと薬店のみだという。
 スーパーに並んでいると、後ろの人が数メートルも離れて立っていたと。これはアジア人は危ないと見られていると感じたと。

 アメリカでも銃を買う動きが活発だ。これはアジア人対策だという。こんなときに隠れていた白人の”人種差別意識”が剥き出しになる。
http://www.asyura2.com/20/senkyo270/msg/805.html#c6

[政治・選挙・NHK270] なぜ世界のメディアは前世紀初頭に起きた「スペイン風邪」(最大で1億人が犠牲に)と今回のコロナを対比して伝えないのか 仁王像
7. 仁王像[2809] kG2JpJGc 2020年3月26日 09:03:52 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[48]
 >

 今回のコロナは、スペオン風邪についで2度目のパンデミックであろう。19世紀以前には、地域的な疫病の発生があったにしても、交通が発達してしておらず、世界規模のパンデミックはは至らなかったと考えられる。

 その意味で、前回と今回でウィルスの性質が違うのは当然の前提としても、比較考量して報じるのは意義あることと思う。
 前回のパンデミックが2年で収まったが(今回は、未だ4カ月)、どのような経過で収束(終息)していったのか、各種資料・写真もあるのではないのか。
http://www.asyura2.com/20/senkyo270/msg/805.html#c7

[政治・選挙・NHK270] かんぽ生命保険の不正販売問題経緯が表に出れば、会長「NHK、存亡の危機に」 経営委員長らに反発/朝日新聞
(かんぽ生命保険の不正販売問題経緯が表に出れば、)会長「NHK、存亡の危機に」 経営委員長らに反発/朝日新聞
2020年3月26日 6時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN3T64KFN3FUCVL029.html?iref=comtop_8_02

かんぽ生命保険の不正販売問題を報じたNHK番組を巡り、一昨年、経営委員会から厳重注意を受けた上田良一会長(当時)が、その場で強く反発していたことが複数の関係者への取材でわかった。注意は日本郵政グループの意向を受けたもので、経緯が表に出れば「NHKは存亡の危機に立たされる」と発言。だが、当時の経営委ナンバー1、2らは聞き入れず、その後、事実上の謝罪文書を郵政側に届ける形になった。

 注意のあった一昨年10月23日の経営委員会は、概要のみの議事経過が公表されただけで、誰がどんな発言をしたかの詳細は明らかにされていない。朝日新聞は複数の関係者への取材から発言者と内容を特定した。

 この日の委員会では「番組の作り方が公平性を欠くような要因がなかったのか」など複数の委員が番組批判を展開。番組批判は放送法が禁じる委員の個別番組への干渉にあたる恐れがある。一部の委員からは、番組について議論が及ぶことを「要注意」などいさめる声も出た。最終的に、ガバナンス(企業統治)の問題という形で厳重注意した。

 これは、郵政側の抗議と軌を一にするもの。郵政側は、番組責任者の「会長は制作に関与しない」という発言をとらえ、ガバナンスの検証を求めるグループ3社長名の文書を経営委に送っていた。ただ、ガバナンスについては、この日の委員会の冒頭で経営委員3人からなる監査委員会の調査結果が報告されていた。監査委は「基本はすべてちゃんと話が会長に上がり、会長指示があってNHKとして動いていた」などと、組織としての対応に問題はなかったと結論づけた。

 当時の石原進委員長から口頭で…
http://www.asyura2.com/20/senkyo270/msg/852.html

[政治・選挙・NHK271] 集団免疫でウイルス危機を乗り越える〜都市閉鎖(ロックダウン)は最良の策でない/田中宇
集団免疫でウイルス危機を乗り越える/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年3月29日
 都市閉鎖(ロックダウン)は最良の策でない。
 ワクチンがない段階での新型ウイルス危機の唯一の最終解決策である「集団免疫」の形成は、都市閉鎖をできるだけやらない方が達成しやすい。
 加えて、都市閉鎖をやらない方が経済活動をできるだけ存続して失業や企業破綻を回避できる。集団免疫と経済維持の両面で、都市閉鎖はできるだけやらない方が良い。
http://www.asyura2.com/20/senkyo271/msg/166.html
[政治・選挙・NHK271] スペイン風邪〜米のカンザス州で新型のインフルエンザが発生、陸軍基地へと広がった。米軍基地からの兵士の仏への移動に伴い、ヨーロッパにも感染が拡大し人類史上最大規模の死者を出した/詫摩佳代
スペイン風邪〜米のカンザス州で新型のインフルエンザが発生、陸軍基地へと広がった。米軍基地からの兵士の仏への移動に伴い、ヨーロッパにも感染が拡大し人類史上最大規模の死者を出した/詫摩佳代

第U部 規範と制度で考える
第5章 国際協力という可能性―グローバル・ガバナンスと地政学/詫摩佳代

≪第一次世界大戦中のマラリアとインフルエンザ≫
 第一次世界大戦中、マラリアと並んで、スペイン風邪も猛威を振るった。1918年初頭、アメリカのカンザス州ハスケル群で新型のインフルエンザが発生し、ウィルスは州を東に横断し、陸軍基地へと広がった。米軍基地から仏への兵士の移動に伴い、ヨーロッパにも感染が拡大し、南米、アジア太平洋、アフリカへとウィルスが蔓延した。老人と子どもが犠牲になる普通のインフルエンザとは異なり、死者の大半が20代・32代の若だったこともあり、人類史上、最大規模の死者を出した。

【出展】
 「新しい地政学」北岡伸一・細谷雄一編/東洋経済社’20年


・なぜ世界のメディアは前世紀初頭に起きた「スペイン風邪」(最大で1億人が犠牲に)と今回のコロナを対比して伝えないのか
 http://www.asyura2.com/20/senkyo270/msg/805.html
 投稿者 仁王像 日時 2020 年 3 月 24 日 09:52:42: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
http://www.asyura2.com/20/senkyo271/msg/222.html

[戦争b23] 静かに世界から手を引く米国〜軍事再編という口実で撤兵を進めていたりする/田中宇
◆静かに世界から手を引く米国/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年4月2日】
 イラク、イラン、シリア、アフガニスタン、ベネズエラなど、これまで米国が政権転覆を試みたり軍事占領をやってきた国々で、米国の力の衰退や撤兵が起きている。
 いずれの諸国に対しても米国は表向き、支配や転覆の戦略をとり続けている。だが詳細にみていくと、押しの力が弱くなっていたり、軍事再編という口実で撤兵を進めていたりする。
 米国全体がコロナ危機に襲われて世界支配どころでない中で、トランプ政権は静かに世界から手を引いている。


(トラ政権、背中を見せない…全世界から撤収中/無名氏)
http://www.asyura2.com/17/kokusai18/msg/536.html#c2
2017年3月08日 22:35:34 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[237]
 多くの元軍人が参加しているトランプ政権は、勝てない戦争はしない。
そして、911以降の戦争の連続で軍組織は疲弊しているし、もはや戦争するカネも無い。
アメリカの北朝鮮攻撃なんてのは、偽ニュースの妄想記事です。
現在米国は、背中を見せないようにして、全世界から撤収中ですよ。

http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/122.html#c1
 2017年9月12日 19:07:17 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[436]
結局、トランプの公約通りに背中を見せないで世界中から少しづつ引いて行く訳です。
それを理解していないダマスコミは、マヌケなことに今までと同じような対応を期待して、アホなことを吹いて墓穴を掘っています。
アンタらは、植民地のカスゴミのくせに、根拠のない大口を叩いているのですよ。

http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/222.html

[政治・選挙・NHK271] クラスターマップを更新 全14都道府県26カ所/FNNプライムオンライン・msnニュース

クラスターマップを更新 全14都道府県26カ所/FNNプライムオンライン・msnニュース
2020/04/03 06:35
http://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%92%e6%9b%b4%e6%96%b0-%e5%85%a814%e9%83%bd%e9%81%93%e5%ba%9c%e7%9c%8c26%e3%82%ab%e6%89%80/ar-BB125TL1?ocid=iehp

© FNNプライムオンライン

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染者の集団、クラスターが、14都道府県、26カ所で発生していることを示す全国地図を発表した。

感染者の集団、クラスターは、1つの場所で、5人以上の感染者が確認されているケースで、厚労省によると、全国14都道府県、26カ所で発生しているという。

東京都と兵庫県が4カ所で最も多く、東京都では、医療機関や飲食店で、兵庫県では医療機関や福祉施設で確認され、全国的にも、医療機関や福祉施設、飲食店や懇親会などで確認されたという。


http://www.asyura2.com/20/senkyo271/msg/248.html

[文化2] ベートーベンの交響曲第一番は「獅子の爪」、第九番は「巨大なモニュメント」
ベートーベンの交響曲第一番は「獅子の爪」、第九番は「巨大なモニュメント」
/朝比奈隆

≪交響曲第一番ハ単調〜ただごとでない巨大感≫
朝比奈 「獅子の爪」って知ってますか(ヨーロッパの諺)。ライオンぐらいの
動物にはざらにいるけれども、爪が違うというんです。凄いんですってね。草
むらの中から前足を出していて、それでガッとやられたらもう逃げられない。
この「一番のシンフォニー」はその獅子の爪だというわけです。これを見て、
これから先のものが獅子だと思わないようなやつは獅子に食われた仕舞う。
東条 面白いたとえですね。これはまぎれもなくベートーベンである、ということでしょうね。
朝比奈 その時代から抜きん出た、何か巨大なものをはじめから持っている。
…僕は青年時代に恩師のメッテル先生からそう言われて、今でも覚えています。

≪交響曲第九番ニ単調〜巨大なモニュメント≫
東条 昭和11年に京都大学のオーケストラがこの曲を関西で初めて演奏した
時に、先生はそのメンバーとしてヴァイオリンを弾いていらっしゃったようで
すね。
朝比奈 そうなんです。私の師匠が棒を振って、京大のオーケストラというこ
とでしたけれども、プレイヤーとしては音楽学校の教師から何から集められる
だけのプレイヤーをかき集めて、まあ全関西フィルハーモニーみたいなもので
した。…私が28歳の時で、先生からオーケストラを全部、お前がまとめろと
言われまして、管も弦も全部まとめて、京都は宝塚劇場でやって、大阪は朝日
会館。当時唯一のホールです。それが済んだ時には、何とも言えない思いで、
舞台の上で声をあげて泣きましたな。若かったから…。

【出展】
 「朝比奈隆ベートーベンの交響曲を語る」朝比奈隆+東条ひろ夫

http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/890.html

[カルト25] 医師からの報告「既に感染している人が相当数、日本にもいると…既感染かどうかわかる抗体検査の精度がわるく、正確に診断できていません」/副島隆彦
医師からの報告「既に感染している人が相当数、日本にもいると…既感染かどうかわかる抗体検査の精度がわるく、正確に診断できていません」/副島隆彦

[2516]私が信頼している医師からの報告
投稿者:副島隆彦
投稿日:2020-04-06 10:50:54
http://snsi.jp/bbs/page/1/

副島隆彦です。 私が、信頼している 大都市の大きな病院の、医療現場の部長をしていて、感染症、ウイルス学で博士号を取った医師からの 、新型コロナウイスルの感染の現状への 報告のメールをいただきましたので、載せます。

 この大病院の院長(理事長、経営者 )は、自分の病院から、感染者が出ることを極度に恐れて、外来診療を全面停止にしていました。もし感染者が1人出て報道されると、その病院の責任とかを追及されて、病院経営者にとっては大変なことになるから、だそうです。ほとんどの病院がそのように判断した。

 それでも、徐々に、診療を再開しているそうです。感染症指定の医療機関(公立、国立の大病院とか)が、大阪だけで、80施設あるが、それでは間に合わなくなりつつある、そうです。 それで、その他の医療機関も、受け入れを始めている。  日本の医療機関は、世界との比較で、大変、しっかりしているそうです。  副島隆彦記

(転載貼り付け始め)

副島隆彦先生    2020年4月6日 

 この病気が、2009年の新型インフルエンザでの対応と違って、現時点で治療薬が一般には流通してないことから、病院がまだ機能分担できていないことが、危険要因です。

 医療機関での対処方法が、決まっていない。だから、患者は軽くても拡散しないよう隔離するしかありません。以前、国立国際医療研究センター臨床医のトップとされている大曲(おおまがり)医師は、「 80%は軽症、20%は入院が必要、5%は重症だ」 といいました。 初めはそうだったのでしょう。

 昨夜、私が視たテレビで、小池都知事は、「 98%は軽症だ」といいました。軽症が増えています。感染者数が増えたからでしょう。それで、指定したホテルに、APAホテルとか、楽天のホテルに泊まらせる方法を昨日から発表しています。そのように政府として準備していたのでしょう。

 そうすると、2% は入院です。100人のうち2人です。日本呼吸療法医学会と日本臨床工学技士会によりますと、ことし2月時点で、全国の主な医療機関に人工呼吸器は、2万2000台以上あるそうです。 

 ECMO(エクモ)という最重症患者に使う心肺循環器が1400台程度です。これだけしかないので、呼吸器装着の必要性がある入院患者が一気に来たら、パンクします。また、急に増えたら院内感染します。医療崩壊します。

https://www.jaam.jp/info/2020/files/info-20200306.pdf

 まだ準備ができてないうちに、感染するのは危険です。また、先生がお書きになった、集団免疫(しゅうだんめんえき)は、大事な概念なのですが、これを、イギリスがいち早くやって失敗しています。
 ジョンソン首相は方針をすぐ変えてロックダウン(都市封鎖)をしましたが、時すでに遅しで、死亡者をたくさん出してしまいました。

 既に感染している人が相当数、日本にもいると思いますが、既感染かどうかわかる 抗体検査の精度がわるく、正確に診断できていません。つまり、誰がすでに抗体(こうたい)を持っているので安全か、誰がまだ感染してないので危険かが、わからないのです。安全が担保できない状況での感染は危険です。

 現時点では、なるべく感染しないか、遅くなってから感染するに限ります。政府も、東京都も大阪府も、国民がパニックになるほどには心配させないように(経済活動の停止を回避しながら)、少しだけ心配させながら、何とかうまくやっている、と私は、思います。

 それもこれも日本人の衛生意識が高いこと、そして、どうやらマスク着用が効き目がある。このウイルスが流行する以前には、アメリカの CDC も WHO もマスクにエビデンスなし、と言っていました。が、日本人がマスクをするので、先週から欧米で見倣うようになりました。

 それと(これは誰も言いませんが)日本の保健所や衛生研究所等の行政の働き、感染症指定病院の力に助けられている、と思います。これらの施設に政府はお礼を言ってもいいと思います。しかし、行政府の長たちからすると、それらは自分の下部組織のスタッフになるので、言わないのでしょう。

 BCGワクチン接種も日本の感染者、死亡者が少ないことに関係しているのではないかという仮説があります。しかし、まだ確たる証拠はありません。そうかもしれません。

 状況に応じて、私も自分の考えも改めています。専門家といっても、たいしたことはありません。 過信は禁物です。  **** 

(転載貼り付け終わり)
http://www.asyura2.com/20/cult25/msg/883.html

[議論31] ジャズメンのJ・シアリングは、公演ツアーの途中、随行していたマネージャーが急に本拠地に戻らざるを得なくなった。が、シアリングは危機を察知して引き止め、彼の命を救った
ジャズメンのJ・シアリングは、公演ツアーの途中、随行していたマネージャーが急に本拠地に戻らざるを得なくなった。が、シアリングは危機を察知して引き止め、彼の命を救った

 盲目のジャズ・ピアニストにジョージ・シアリング(米)という人がいた。
 ある時、地方公演のツアーの途中で、マネージャ−に急用ができて、途中から本拠地の事務所に帰ることになった。

 空港のロビーでジョージ・シアリングが鼻をヒクヒクさせて、何か危険を察知したように心配気な表情で、マネージャーを引き止めにかかった。「次ぎの公演先まで一緒に来てくれ」と。マネージャーはそれに従い、シアリングに随行していった。

 ところが、マネージャーが乗る予定だた飛行機は墜落、大破した。マネージャーが予定通りの飛行機に乗っていたら、命を落としていただろう。

 以上の内容は、関口博の「ワンダーゾーン」という番組だったと思う。シアリングも番組づくりに参加した番組だった。

 シアリングが予知能力を発揮出来たのには、彼が盲目であったことと無縁ではなかったような気もする。このように、人が予知することはこれ以外にも多くあると思われる。

 スウェーデンボルグも自分の死期は「1772年×月×日」だと知人に書き送ったが、その通りの日付に英国で客死した(84歳)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/726.html

[文化2] 「破天荒な振舞い」や「型破りな事をする」者を。古くから「バサラ者」と称し…佐々木道誉や前田慶次郎ら/永岡慶之助
「破天荒な振舞い」や「型破りな事をする」者を。古くから「バサラ者」と称し…佐々木道誉や前田慶次郎ら/永岡慶之助

「破天荒な振舞い」や「型破りな事をする」者を。古くから「バサラ者」と称し、その代表格に佐々木道誉(どうよ)なる人物の名を、人は挙げている。
 だが、佐々木道誉は単なる「ならず者」ではない。学問も、見識もあり、武人であり、誇りの高き、強烈な個性の持ち主であった。

 破天荒な佐々木道誉、自由奔放に戦国の世を駆け抜けた前田慶次郎。 

 時代の既成概念や常識に囚われることなく、自分の美学を持ち、粋を大事にしていたのである。「傾奇(かぶき)」「カブキ者」と「バサラ者」は、同義語として…本書は、粋な生き方をした者として「バサラ者」を用いた。
 「型破り」から「傾(かぶ)く」「カブキ者」、「婆沙羅」から「バサラ者」を意味する者は、華美で派手な服装、風流を好み、茶の湯、和歌、猿楽を楽しみ、その上、突飛な言動や行動をする者、ともいわれたきた。
 しかし、本書における11人は、ヒーローでもなく、絶大な権力者でもなく、華美でも派手でもないが。現代にも通用する「粋」な「バサラ魂」を持って生きた漢たちである。

【出展】「バサラ武人伝」永岡慶之助/学研’12年

 トランプ大明神の体質と重ねて見てしまう。(故・翁長も早々とトランプを破天荒な性格と評していた)/仁王像
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/891.html

[政治・選挙・NHK272] 台湾がコロナの抑え込みに成功したのには、以前のSARZの経験があったからだと/TBS報道特集 4月25日
台湾がコロナの抑え込みに成功したのには、以前のSARZの経験があったからだと/TBS報道特集 4月25日

 4月25日のTBS報道特集によると、台湾がコロナの抑え込みに成功したのには、以前のSARZの経験があったからだという。この経験を生かしてさまざまな対応を早めに打っていくことができた。都市封鎖がなくても世界に範をを示す対応ができた。韓国もこれに続いた。

 伝染力が凄いのに、スペイン風邪ほどの猛威を感じないのは、医学や医療技術が進歩したためか。
 だが、今回のコロナ騒動で一部の国々で「医療崩壊」が起きたには、医療技術(器材)の進歩も背景の一つにあったとも考えられる。これを防ぐため、次の疫病に備えて普段から各種医療器材や医療従事者の準備怠りなくすべきことを世界は突きつけられた。

 とりわけPCR検査件数が日本が先進国の中で最下位なのは、山梨大の教授が指摘するように世界の恥。
 何故んなことになってしまったのか、未だにスッキリした説明はない。
http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/531.html

[文化2] FM・クラシック案内人のこの二人、気色悪し
 クラシックの案内人で伊藤信弘という人物がいる。またリサイタル・パッシオの案内人にピアニストの金子みゅうじという者もいる。この二人は嫌いである。両者とも声の質そして語り口が良くない。人間性が隠しようもなく出てくる。前者は、演奏が終わったとたんに拍手があったのを、「数泊の余韻を待ってから拍手するのが礼儀」などと偉そうに講釈を垂れていた。そんなことはあるまい。その時の雰囲気によって、感極まって直後に拍手喝采することはあり得る。実際にその後も何回も、演奏直後に拍手するのを聞いた。その他の解説にもドヤ顔の響きがある。

 後者は、インタビューがものすごく下手くそだ。前任者(ノヴァの時代)は本田誠二というやはりピアニストであったが、声の質に誠実さがにじみ出ていて、インタビューが抜群にうまかった。相手に寄り添って短時間に相手の良さ・個性を十分に引き出していたので、このインタビュー自体に聞きほれた。演奏も最後まで聞いたものだった。
 金子というのは、相手の話を良く聞いていない。相槌の打ち方を予め決めているようで実にそっけない。語り口は媚びっぽい。底の浅い人物と見た。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/892.html

[政治・選挙・NHK272] 「ミュージシャン」と虚偽説明=ゴーン被告潜伏の箱、運搬の協力者―米記録で判明/時事通信・msnニュース
「ミュージシャン」と虚偽説明=ゴーン被告潜伏の箱、運搬の協力者―米記録で判明/時事通信・msnニュース

2020/05/22 07:10
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%8c%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%80%8d%e3%81%a8%e8%99%9a%e5%81%bd%e8%aa%ac%e6%98%8e%ef%bc%9d%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%b3%e8%a2%ab%e5%91%8a%e6%bd%9c%e4%bc%8f%e3%81%ae%e7%ae%b1%e3%80%81%e9%81%8b%e6%90%ac%e3%81%ae%e5%8d%94%e5%8a%9b%e8%80%85%e2%80%95%e7%b1%b3%e8%a8%98%e9%8c%b2%e3%81%a7%e5%88%a4%e6%98%8e/ar-BB14r5VY?ocid=iehp

【ニューヨーク時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(66)が昨年末、関西空港から中東レバノンに逃亡した際、音楽機材を入れるような黒い大きな箱に潜んでいたとされるが、この箱を運び込んだ協力者が関空職員に自身を「ミュージシャン」と虚偽の説明をしていたことが分かった。東京地検が逃亡を手助けした容疑で逮捕状を取った協力者の父子が20日、米当局に逮捕され、米検察当局が裁判所に提出した日本の捜査に基づく記録で、綿密に計画された逃亡劇の詳細が新たに判明した。

 逮捕状が出ていた協力者3人のうち逮捕されたのは元米軍特殊部隊員マイケル・テイラー容疑者と息子のピーター容疑者。

 記録によると、ピーター容疑者は、ゴーン被告逃亡前の昨年7月、8月、12月上旬に少なくとも3回訪日し、被告と少なくとも7回面会した。さらに逃亡前日の昨年12月28日にも訪日して東京都港区の高級ホテル「グランドハイアット東京」の部屋を手配。ピーター容疑者はこの日もゴーン被告と同ホテルで約1時間会っていた。

 一方、テイラー容疑者と、同様に逮捕状が出ていたジョージ・ザイエク容疑者の2人は逃亡当日の29日午前10時すぎ、ドバイから関空にプライベートジェット(PJ)で到着。黒い大きな箱2個を運び込んだ2人は「ミュージシャン」と自称していたという。

 同日午後2時半ごろ、ゴーン被告は、保釈中の住居を出発し、徒歩で再び「グランドハイアット東京」へ。ピーター容疑者の確保した部屋で着替えた。被告は部屋に向かう際、カードキーが必要な同ホテルのエレベーターを1人で問題なく利用していることから、前日にピーター容疑者からカードキーを受け取っていたもようだ。

 一方、新幹線で新大阪駅から東京に来たテイラー、ザイエク両容疑者がその後、合流し、4人一緒に部屋を出た。ピーター容疑者だけが成田空港へ向かい中国に飛んだ。

 残る3人は、タクシーで品川駅へ向かい、その後新大阪駅に移動。関空に近いホテル「スターゲイトホテル関西エアポート」に入った。午後9時57分、マイケル、ザイエク両容疑者は黒い大きな箱2個とともに部屋を出て関空に向かった。この際、ゴーン被告の姿はなく、箱に潜んでいたとみられる。

 関空では箱の検査は行われず、そのままPJに積み込まれた。PJはトルコに向け出発。2日後にゴーン被告はレバノンにいると発表した。テイラー容疑者は今年2月、ピーター容疑者は3月にそれぞれドバイから米国に戻ったという。 
http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/675.html

[文化2] 竹中半兵衛は…人間社会の実利よりも人間としての生き方、美学のほうに重心が傾斜/小説「軍師竹中半兵衛」
「軍師竹中半兵衛」八尋瞬右/PHP’94年 から

「半兵衛は…精神のスタイリストとでもいうか、人間社会の実利よりも人間としての生き方、美学のほうに重心が傾斜する」

 (また引用は略すが、まわりで”大軍師”の呼び声もあるなか、半兵衛はそれに奢ることなく、常に自分を客観視し、等身大で自己を把握するよう努めている様子が随所に書かれているーおそらく史実)

(仁王像)
 この一行に、半兵衛の死生観が凝縮されている。この作家もまた、同じ死生観をお持ちだったと見る。

 対する上のクラ案内人の二人は、このような死生観とは無縁と考える。言い換えれば目先の毀誉褒貶が常に念頭にある部類だろうということ。

(余談)
 昨日の芦田奈菜ちゃんの番組では、今、女性たちの間で人気が出てきているという石田光成を取り上げていた。光成の末裔の男子高校生が登場、その博学な研究結果を開陳(光成は信長から数々の理不尽ななパワハラを受けていた。それが信長手薄の機会をついて周到な作戦もなく、反旗を翻した、と)、面白かった。

 付け加えたいのは、半兵衛は秀吉の寄人として参謀を務めながら(信長は秀吉の数々の戦功の陰に半兵衛がいることを十分認識し、それを口にもしていた)、信長の大量人殺しを屁とも思わない性癖を嫌い続けていて、それとなく秀吉に謀反を促したことも本書には描かれている。

http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/893.html

[議論31] 敢えてヤクザ魂の源流を辿れば、幡随院長兵衛辺りに行き着くのではなかろうか
敢えてヤクザ魂の源流を辿れば、幡随院長兵衛辺りに行き着くのではなかろうか。

 長兵衛は、縁あって宗右衛門のやっていた〔入れ宿〕を引き継いだ。〔入れ宿〕とは、「諸方から江戸へ集まる浮浪の人びとへ、はたらく場所をあたえ、住むところを与えるのが仕事である」。

 ここでは食事も与え、労賃をピンハネすることもなかったという(入れ宿の運営費は、労務者派遣先から手数料を別に取っていたという)。当時、徳川三代目の世となっていたが、日本全体が建設途上にあった。

(参考本)「侠客(下)」池波正太郎
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/730.html

[政治・選挙・NHK272] ゴーン容疑者逃亡関与で約3300万円の報酬か トルコのメディア/nhk
ゴーン容疑者逃亡関与で約3300万円の報酬か トルコのメディア/nhk
2020年5月23日 7時17分ゴーン元会長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200523/k10012442111000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_018

日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン容疑者が中東のレバノンに逃亡した事件で、経由地トルコのメディアは、逃亡に関与した罪で起訴された地元の航空会社の幹部あてにおよそ3300万円相当の不審な送金があったと伝えました。今後の裁判で、ゴーン元会長側からの報酬だったかどうか追及されるものとみられます。

ゴーン元会長は保釈中の去年12月末、トルコの民間航空会社、「MNG Jet」のプライベートジェットで日本からトルコを経由してレバノンに逃亡したとされています。

トルコの検察当局は今月、この航空会社の幹部やパイロットなど、合わせて7人をゴーン元会長の逃亡に関与した罪で起訴しています。

トルコのメディアは起訴状の内容から、この幹部の銀行口座に事件前の去年10月から12月までの間に11回にわたって日本円で、およそ3300万円相当の不審な送金があったと伝えました。

この幹部は、ゴーン元会長の逃亡を準備した人物から、協力しないと家族に危害を加えると脅され、自分も被害者だと主張しているということです。ことし7月から始まる裁判では、この幹部への送金がゴーン元会長側からの報酬だったかどうか追及されるものとみられます。
http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/739.html

[議論31] 喜劇王チャプリンが来日した折、直観力が働き暗殺を免れた
喜劇王チャプリンが来日した折、直観力が働き暗殺を免れた

 5月24日の日テレで 親日家の喜劇王チャプリンが来日した折、チャプリンが暗殺事件に巻き込まれたことが取り上げられていた。19 5.15、政府高官の高野がホテルに迎えに来てチャプリンを伴う口上を述べた後、何故か絶句してしばらくただづんでしまった(チャプリンの暗殺計画があることを耳にしていて戸惑ったらしい)。

その様子を見て不信をを抱いたチャップリンは「今日は歓迎を受ける気分ではない。上野の動物園にでも行きたい」と歓迎会をキャンセルした。青年将校たちは、首相官邸に突入したが、チャプリンはおらず居合わせた犬養首相が「話せば分かる」といったが射殺した。1932.5.15事件である。

 これも天才チャプリンの直観力が作動した事例だろう。

(補)余談だが、チャプリンと高野は以前から何故か深い親交があったようで、チャップリンの遺産相続人にこの高野も名を連ねていたという。

・チャップリン暗殺計画
 http://97.xmbs.jp/ryuhpms81-126160-ch.php

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/731.html

[文化2] 竹中半兵衛は…人間社会の実利よりも人間としての生き方、美学のほうに重心が傾斜/小説「軍師竹中半兵衛」 仁王像
1. 仁王像[2810] kG2JpJGc 2020年5月30日 09:03:45 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[49]

「石田光成」→「明智光秀」の間違い。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/893.html#c1
[政治・選挙・NHK273] 古賀茂明「黒川氏処分の“真犯人”は内閣の証拠」…退職金はゼロ(の場合も)/アエラ・msnニュース

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%8f%a4%e8%b3%80%e8%8c%82%e6%98%8e%e3%80%8c%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b0%8f%e5%87%a6%e5%88%86%e3%81%ae%e2%80%9c%e7%9c%9f%e7%8a%af%e4%ba%ba%e2%80%9d%e3%81%af%e5%86%85%e9%96%a3%e3%81%ae%e8%a8%bc%e6%8b%a0%e3%80%8d/ar-BB14TnDD?ocid=iehp

黒川弘務東京高等検察庁検事長(当時)の「訓告」措置への批判が高まっている。この「訓告」は、国家公務員法上の正式な懲戒処分ではなく、内規による「指導監督上の措置」に過ぎない。

 官僚から見れば、「あっ、そう」という程度で、かすり傷にもならない。

 そんな甘い結果になったのは、内閣・安倍総理の責任なのか、それとも法務・検察の責任なのか。いろいろな解説が流された。

 しかし、この議論はあまりにも馬鹿げている。

 なぜなら、国家公務員法上の懲戒処分の権限は内閣だけに与えられているからだ。これは、二つの法律の条文で決まっている。まず、国家公務員法84条には、「懲戒処分は、任命権者が、これを行う」と書いてある。処分権限は任命権者にあるという意味だ。次に、検察庁法15条には、「検事総長、次長検事及び各検事長……の任免は、内閣が行い」と書いてある。「黒川検事長の任命権は内閣にある」という意味になる。

 この二つの条文を合わせると、黒川検事長に国公法上の懲戒処分をできるのは、黒川氏の任命権者である「内閣」しかないということになる。もちろん、内閣の代表は安倍晋三総理だ。

 逆に言えば、森雅子法相や稲田伸夫検事総長は、どう頑張っても、黒川氏に国公法上の正式な懲戒処分を科すことはできないのだ。

 従って、懲戒処分をするかしないかを決めるのは内閣であって、法務・検察ではないということには、議論の余地がないのである。

 今回の結果を法律的に解釈すれば、内閣(安倍総理)が、黒川検事長に懲戒処分をしないと決めたので、森法相と稲田検事総長が内規により、最も重い「訓告」という「指導監督上の措置」を下したということになる。つまり、厳しい懲戒処分にしなかった責任は、ひとえに安倍総理にあると言うべきなのだ。

 安倍総理は、黒川氏の「任命責任は私にある」と言うが、それは任命権者であるからだ。しかし、任命権者であるということは、同時に懲戒処分権者でもあり、処分を行わないと決定した責任も自分が負っているということはわかっていなかったようだ。「訓告は法務・検察が決めた」と言って、自分の責任が免れるかのような発言を繰り返した。

 そこには、国民を欺こうという官邸官僚の策略もある。訓告という措置を行ったのは法務・検察であるのは事実だが、それだけ言って黙っていれば、懲戒処分をしないと決めたのも法務・検察であるかのように聞こえるという計算だ。

 ちなみに、マスコミの報道でもう一つ注意したいのは、黒川氏の行為が該当すると思われる「常習とばく」の場合の懲戒処分は、「停職」であるという解説だ。これは、人事院の「懲戒処分の指針」の「標準例」によるものだが、実は、その「指針」の中には、標準例より重くする可能性のある例として、「職責が特に高いとき」や「公務内外に及ぼす影響が特に大きい」場合を挙げている。黒川氏は検察ナンバー2で極めて高い地位にあり、また、今回の行為による検察への国民の信頼の失墜という影響は特大級だ。これら2点を勘案すれば、標準例の「停職」よりも一段厳しい処分、すなわち、「免職」にするのが常識的判断だろう。

 その場合、退職金はゼロとなる。

 つまり、テレビや新聞のまどろっこしい解説などに惑わされず、素直に人事院の指針に従えば、誰もが妥当だと納得する結論になるということだ。

※週刊朝日  2020年6月12日号
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/140.html

[政治・選挙・NHK273] そもそも、なぜ異例の出世ができた? 黒川前検事長が陰で呼ばれていた「意外なニックネーム〜『猛獣使い』などと…」/文春オンライン・msnニュース
そもそも、なぜ異例の出世ができた? 黒川前検事長が陰で呼ばれていた「意外なニックネーム」/文春オンライン・msnニュース
多々木 純一郎 2020/05/26 06:00
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e3%80%81%e3%81%aa%e3%81%9c%e7%95%b0%e4%be%8b%e3%81%ae%e5%87%ba%e4%b8%96%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%9f%ef%bc%9f-%e9%bb%92%e5%b7%9d%e5%89%8d%e6%a4%9c%e4%ba%8b%e9%95%b7%e3%81%8c%e9%99%b0%e3%81%a7%e5%91%bc%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e3%80%8c%e6%84%8f%e5%a4%96%e3%81%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%80%8d/ar-BB14A1tX?ocid=iehp

1月31日に“前代未聞”の定年延長が閣議決定されてからおよそ4カ月。検察ナンバー2だった黒川弘務・前東京高検検事長の引責辞任で騒動は一応の決着を見た。

法務・検察関係者が語る。

そもそも、なぜ異例の出世ができた? 黒川前検事長が陰で呼ばれていた「意外なニックネーム」/文春オンライン・msnニュース
多々木 純一郎 2020/05/26 06:00
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e3%80%81%e3%81%aa%e3%81%9c%e7%95%b0%e4%be%8b%e3%81%ae%e5%87%ba%e4%b8%96%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%9f%ef%bc%9f-%e9%bb%92%e5%b7%9d%e5%89%8d%e6%a4%9c%e4%ba%8b%e9%95%b7%e3%81%8c%e9%99%b0%e3%81%a7%e5%91%bc%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e3%80%8c%e6%84%8f%e5%a4%96%e3%81%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%80%8d/ar-BB14A1tX?ocid=iehp

1月31日に“前代未聞”の定年延長が閣議決定されてからおよそ4カ月。検察ナンバー2だった黒川弘務・前東京高検検事長の引責辞任で騒動は一応の決着を見た。

法務・検察関係者が語る。

「検察庁法では検事総長を除く検察官の定年を63歳、総長を65歳と規定していますが、現在の稲田伸夫総長は1956年8月生まれのため、最長で来年8月まで今のポストにいられる計算になります。ただ、総長在任は2年間が相場のため、この夏までです。検察内部で従前から稲田総長の後任と目されてきた林真琴・名古屋高検検事長は1957年7月生まれなので、63歳を迎えようとするこの夏までのタイミングで“禅譲”が行われるはずだったのです。

 しかし、安倍政権が政権ベッタリの黒川氏を総長に据えようと、稲田総長に退任をいくら迫っても総長がどうしても首を縦に振らなかったことから、黒川氏が63歳の定年を迎える2月8日を前に、定年延長制に基づき定年延長を決めたというわけです。しかし、検察官は定年延長制の対象外とした1981年の政府見解があると指摘されると、安倍政権は法解釈を変更したと強弁。変更の経緯が文書で残っていないと追及されると、口頭で決裁したと釈明し、ついには脱法措置を正当化させるかのように定年延長制度を盛り込んだ検察庁法改正案を国会に提出したのです」

 結局、安倍総理は5月18日、自民党の二階幹事長と会談し、改正案の今国会での可決・成立を事実上見送る方針で一致した。「週刊文春」が黒川氏の緊急事態宣言下での賭けマージャンについて同17日に黒川氏を直撃したことに加え、俳優の西田敏行さんや歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんら著名人を含めインターネット上に批判の声があふれたことが大きかった。それでなくとも「アベノマスク」など新型コロナウイルスへのまずい対応で支持率が落ちていることに危機感を強めていた。そして、「週刊文春」がスクープ速報で同20日、賭けマージャンを報じたことで、黒川氏は辞任の意志を固め、同21日に辞表を提出したという顛末だ。

「花の35期」本来のエースは若くして病に……

「『花の35期』と呼ばれた司法修習35期の黒川、林の両氏について、当初から2人が検事総長の有力候補としてシノギを削っていたといった報道が一部でありますが、それは事実ではありません。確かに35期にはほかにも、東京地検特捜部長を務めた佐久間達哉弁護士、特捜部の副部長を務め、一時は代議士も務めた若狭勝弁護士、特捜部経験がありテレビのコメンテーターなどもしている郷原信郎弁護士らタレントぞろいです。ですが、当初同期のトップと目されていた人物はほかにいました。

 ただ、若くして病になり、その後、35期は法務官僚畑の『赤レンガ派』は林氏、特捜部畑の『捜査現場派』は佐久間氏と言われるようになりました。黒川氏も若い頃は特捜部で四大証券利益供与事件などの捜査に関わりましたが、ぱっとはせず、法務官僚畑の道を進むことになりました。林氏が稲田氏の後任として法務省の人事を差配する人事課長に就任した2008年1月の異動で、黒川氏は秘書課長から官房審議官に就任しています。『すでに検事総長コースに乗っていた稲田氏の後継者は林氏』という規定路線はこの時点で鮮明となっており、黒川さんが後塵を拝している印象は拭えませんでした。

「黒川氏は陰で『猛獣使い』などと呼ばれていた」

 ただ、この頃から黒川氏の“特異”な感性が発揮されるようになってゆきました。政治家の扱いがとてもうまいのです。法務大臣の秘書業務を担う秘書課長としては、第1次安倍内閣改造内閣で鳩山邦夫法相に、次の福田内閣でも鳩山法相に仕えました。鳩山氏は法務省が死刑執行を公表するようになって以降、当時最多となる13人の死刑執行を法相として命令してますが、その執行に先鞭をつけたのが黒川氏です。鳩山氏は法相時代に『友人の友人がアルカイダ』と問題発言をしていたため、黒川氏は陰で『猛獣使い』などと呼ばれていたのです。そのことは自民党政権内部でもよく知られていたはずです」(同前)

 ただ、黒川氏の本領が発揮され始めたのは、民主党政権下だったと言われている。別の法務・検察関係者が解説する。

「政務を担う官房審議官として黒川氏は、言葉は悪いですが千葉景子法相を完全に“手なずける”ことに成功したのです。黒川氏は千葉法相の歓心を買うべく努め、厚い信頼を得ました。その証左が、アムネスティ議員連盟の事務局長を務めるなど人権派の弁護士として知られた千葉法相が、2人の死刑執行の命令書にサインをしたという事実です。また、黒川氏は2010年8月に松山地検検事正へ転出しましたが、なんと2カ月後の10月に法務省官房付として本省に戻されています。

 これは実は、大阪地検特捜部による証拠改竄事件に絡んで設置された検察の在り方検討会議の座長に、法相を退任したばかりの千葉氏が指名されたことを受けて、検討会議の事務局は黒川氏に任せたいと千葉氏たっての希望があったからなのです。ようするに黒川氏は、類い希なる『政治家たらし』なのです。それが現在の安倍政権内でも、いかんなく発揮されてきたということなのです」

「週刊文春」の2016年1月28日号がスクープした、当時の甘利明経済再生担当相と公設秘書が建設業者から口利きの見返りに現金を受け取りながら政治資金収支報告書に記載していなかった問題では、甘利氏の大臣辞任後にあっせん利得処罰法違反容疑で2人は東京地検特捜部に刑事告発されたが、不起訴となるなど、黒川氏の“暗躍”が噂された「政治とカネ」の疑惑も少なくない。

林氏の前に割り込ませる形で黒川氏を次官に

「あっせん利得処罰法はもともと適用しづらい法体系になっているので、暗躍はあくまでも噂でしょう。ただ、安倍官邸が2016年に林氏の前に割り込ませる形で黒川氏を事務次官に据え、さらに黒川氏を次官に留任させるために林氏を名古屋高検検事長に追いやったのは、政治家案件で行われる検察首脳会議に出席できる事務次官に黒川氏を留まらせ、森友学園と加計学園をめぐる問題で重しとなることを期待したからだと思います。捜査を止めることはできませんが、次官ポストに安倍官邸の“代理人”がいることで現場にはプレッシャーとなるうえに、官邸側としても黒川氏を通じて検察側の思惑を知ることができるからです。黒川氏はその役割を十分に果たしたのです」(同前)

 検察ナンバー2のポストは安倍政権が最も窮地に立たされたモリカケ問題を無事乗り切ることができたことへの論功行賞というわけだ。だが、安倍政権に新たな疑惑が発覚する。桜を見る会の問題だ。そしてこの問題は昨年末の国会閉会段階でも収束せず、越年となったことで、今年2月8日に黒川氏を定年退官させるわけにはいかなくなってしまったというわけである。

検察と政治のあるべき距離感が分かっていない

「そもそも、検察権力と政治権力のあるべき距離感が分かっていないという点で、安倍政権は民主党政権とよく似ています。検察人事に手を突っ込み、検察庁法まで改正しようとした安倍政権は、法相が検事総長に捜査の是非について指示することができると検察庁法で規定している『指揮権』の発動は、聖域ではなく、発動すべきものだと主張した民主党政権と変わりません。

 歴史上唯一、法相に指揮権を発動させて逮捕を免れた佐藤栄作を大叔父に持つ安倍総理が検察権力を恐れ、コントロールしたがるのは、民主党政権の実力者だった小沢一郎氏が田中角栄と金丸信という2人の『オヤジ』を検察によって逮捕され、自身も陸山会事件で窮地に立たされたことから、検察を目の敵にしていたことと重なります。安倍総理は民主党政権を悪夢と評していますが、実は似たもの同士なのです」(同前)

ロッキード事件で逮捕された田中角栄でさえ……

 東京地検特捜部でロッキード事件を手掛けた吉永祐介氏は検事総長時代の1995年7月、次期総長と目されていた根來泰周・東京高検検事長(当時)が政界に近すぎることを嫌い、総長ポストを譲らずに根來氏を63歳で定年退官させている。この定年年齢の“ラグ”は、このように検察権力と政治権力の距離感を維持することにも寄与してきた歴史的背景もあるのだ。

「ロッキード事件で逮捕された田中角栄さんは、逮捕後も『今太閤』などと呼ばれ、キングメーカーとして政権の中枢で影響力を発揮していました。検察を恐れた角栄さんは田中派の政治家や『隠れ田中派』と呼ばれた自分の息がかかった他派閥の政治家を歴代法相に据えて、検察を牽制していましたが、それ以上のことは一切しませんでした。検察権力と政治権力のあるべき距離感を熟知していたからです。そういった意味でも安倍政権は未成熟で幼稚だと言えるのではないでしょうか」(同前)

 検察とは「治安の両輪の関係にある」と言われる警察の最高幹部に以前、黒川氏の人物評を聞いてみたことがあるが、「能吏だと思うが、彼には正義がない」と言っていたのを思い出す。黒川問題の本質とは、正義を体現すべき検察官としての自覚に乏しく、犯罪である賭けマージャンに興じる奇異な官僚と、未熟な政権が組み合わさったことで起きた悲喜劇だったということではなかろうか。

(多々木 純一郎/Webオリジナル(特集班))
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/144.html

[文化2] 鼻ねじりという短棒をつかった武芸を会得していた幕府直参の侍が見せた生き様の美学
鼻ねじりという短棒をつかった武芸を会得していた幕府直参の侍が見せた生き様の美学

 「武芸十八般」細谷正満充編から ≪鼻くじり庄兵衛/佐江衆一≫の要約

 武芸十八般の武器はさまざまだが、江戸時代後期に廃れた者ものして”鼻ねじ”があった。鼻ねじりともいい、鼻捩りと書く。悍馬の暴れるのを制する(馬の鼻孔に挿す)短棒で、長さ一尺五、六寸、漆を塗ったものを普通とするが、二尺をこえるものもあった。材は樫などの固い木、直径一寸ぐらいの丸型または六角に削り、一端に小穴をあけて紐を通し、馬小屋などの入口などにかけておく。その限りでは馬具だが、腰におびて護身用ともした。しかし、鼻ねじなどという短棒術は、武技としては軽んじられて久しかったのである。

 その鼻ねじを、大刀のかわりに常に腰におびている侍がいた。柴田庄兵衛という幕府直参である。彼は、オロシア軍艦ディアナ号の艦長らが国後島で捉えられ、松前に護送されて以来、牢番所詰めであった。風采のあがらぬ男で、30をとうに越しているがいまだに独り身で、陰では”鼻ねじ”の庄兵衛と呼ばれていた。蔑まれていた一方、庄兵衛は鼻ねじの短棒術の達人だとの噂はあった。しかし、未だだれもその技を見た者はなかった。

 台所の下働きの女に、ちかというのがいた。彼女は折をみて、庄兵衛に「…なんと感じのよい朴柄な方と思っていた」と打ち明け、ねんごろになっていった。そのちかが、ディアナ号の艦長らがひそかに脱走の計画を立てていることを仲間の一人から聞き、それを庄兵衛に告げた。
 やがて艦長一行が計画を実行に移し、牢屋から外に出るとそこに庄兵衛がいて、館長のサーベルを丁重に差し出し、慇懃に一礼して言った。「卒弥ながら、拙者がご案内つかまつる」と。庄兵衛を先頭に一行は出発した。6人と1人である。庄兵衛は鼻ねじの短棒を腰に挿しているだけで、大小をたばさんでいない。艦長ら一行の眼には、奇妙なサムライであった。

 眼下に庄兵衛が手配した小舟が見えるところに来ると、庄兵衛は館長に「貴殿の異邦の剣で、拙者と立ち合っていただきたい。お願い申す」と。
 館長は、気合もかけず、するすると間合いを詰めてきた。西欧の長剣術と、わが国の短棒術との仕合は、前代未聞といえる。館長は間合いをあけたまま、立ち止まった。すると庄兵衛は、この男にはめずらしく、さわやかな声をかけた。「艦長殿、遠慮は無用になされ。拙者は侍として、貴殿の剣に生命を落すも、いささかも悔いはござらぬ」
 庄兵衛は武士として異邦の剣と立合に、己を賭けていたのである。

 言葉は定かに通ぜずとも、その気魄が武人としての館長の肺腑に伝わった。やや身を沈めた館長は、サーベルを胸もとに引きつけつつ、すり足に一歩間合いをつめた。庄兵衛は両腕を垂らしたまま、一歩退った。カッと見開かれた艦長のとび色の瞳…庄兵衛の左の肩口めがけてサーベルが突き出された。わずかに心ノ臓を外した。庄兵衛の小躯が沈んだ。血飛沫が散り、突かれたと見えた。が、身を沈めて体をひらくや、くるっと半転して、右手の鼻ねじが艦長の剣を握る右手首に絡みついていた。サーベルは艦長の手を離れて、宙に舞い、朝陽にきらめきながら崖下へ落ちてゆく。
 その後、館長一行は庄兵衛に促されて小舟に乗って逃れたが、追っ手に津軽海峡で捕えられた。…そして、庄兵衛とちかの行方は杳として知れなかった。

(仁王像)
 この庄兵衛という人物(架空?)も竹中半兵衛と同質の死生観の持主であろう。庄兵衛は、女人ちかが惚れるように不断は淡々とした朴訥な人柄で、会得した自らの端倪すべからざる武技(短棒術)を誇らしげに人に見せて悦に入るタイプとは無縁である。
 自らの美学に沿って生きて行けばそれで充分なのだろう(そのため、たとえ途中で命を落とすことがあっても)。

 日本人は、こんな生き様の美学が好きなのだ。だからかこのような種類の小説が跡を絶たない。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/894.html

[不安と不健康18] 本当に体が丈夫になると、何にもしないで、じっとしていても愉しい、体も軽く、非常に気分がいいのです/野口晴哉
本当に体が丈夫になると、何にもしないで、じっとしていても愉しい、体も軽く、非常に気分がいいのです/野口晴哉

@ 野口晴哉「野球をやったから愉しかった。というのは生きている快感がないからです。
 『本当に体が丈夫になると、何にもしないで、じっとしていても愉しいのです。
 いつも風呂から出た時のように、厚くもなければ、寒くもに。体も軽く、非常に気分がいいのです。そういう快感を自然に感じるようになると、快感を追ってバタバタ走り回るということがおかしい』(月刊全生1959年)

A 「身をゆるめ、心を放つ」高岡英夫/サンマーク出版‘06年から一部抜粋
 第二部 日常生活の中で「幸せな身体」をつくる
 1、「センター」は天地を貫通し、天地人の根本中心をつくる垂直なライン
  『私自身は、50歳くらいを境にして、センターの形成が非常に進み、その後もどんどん進んで、日常生活の中でもいつもここに紹介した状態に近い状態にある。
 センターが発達していると、毎日の生活が壮烈とも言うべきほどに快適そのものになります』
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/811.html

[国際28] トラ大明神は、対立を煽り立てて内乱を誘発、米国の凋落を加速すべく泥まみれで貢献?して行く可能性を見る
 トラ大明神は、歴代の大統領のように事態を丸く収めようとする発想はないのがこれまで見て来たところ。逆に対立を煽り立ててその先に収拾を展望するタイプ。
 この人物が大統領に押し出されてきたのは、(何度も言うように)米国の覇権に幕引きする歴史の必然性の成せる技だ。

 大国が凋落する過程では様々な矛盾が剥き出しになる。社会的格差、人種差別…etc。今回のキング牧師以来の暴動は、さらに拡大して内乱に止揚する契機を孕んでいる。もしそうなれば、大国の凋落に拍車がかかるだろう。トラ大明神はこの世紀の大変動に泥まみれで貢献?して行く可能性を見る。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/795.html

[国際28] トランプの覇権放棄としての中東和平の終わり/田中宇
◆トランプの覇権放棄としての中東和平の終わり/田中宇
 【2020年6月6日】
 ネタニヤフが西岸を併合すると中東和平の構図が崩れ、米国が中東和平の仲介役としてイスラエルやパレスチナを経済支援し続けねばならない構図も終わる。
 トランプはイスラエル(入植者)の言いなりになることで、イスラエル自身に中東和平の構図を破壊させ、米国が中東和平の仲裁者としてイスラエルの傀儡にされてきた構図から脱却していく流れを作っている。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/796.html
[政治・選挙・NHK273] 国内向けの尾ひれを取り、相手国に伝わった部分だけ見れば、正鵠を射ている普通の発言
 ひょっとこ「あっ、そう」が言ううから違和感がある。テレビでもここでも同じ。
 国内向けの尾ひれを取り、相手国に伝わった部分だけ見れば、正鵠を射ている普通の発言。
 野党の誰か、あるいは石破辺りの発言ならこんなに騒がしくはならなかったのではないか。

 「あっ、そう」は下でもまともな発言。

http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/670.html#c2
 >それはそうだが、中身でなく形式・外観の面で見ると、麻生が「オバマ」といとも簡単に「呼び捨て」にしているのが、非常に興味深い(実は驚いた)。これまでの日米関係のなかでは起こり得なかった現象だと思う。
 米国の力の衰退を無意識に意識している、侮り始めている兆候ではないかと思う。

http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/246.html

[政治・選挙・NHK273] 国内向けの尾ひれを取り、相手国に伝わった部分だけ見れば、正鵠を射ている普通の発言 仁王像
1. 仁王像[2811] kG2JpJGc 2020年6月09日 09:11:27 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[50]
 「あっ、そう」の下の発言もまとも。一国の副総理がこれしきのことぐらいほざけなくば…。
 九牛の一毛だがー。(この国が何とか持ち堪えているのは、政治にあらず国民の一人一人が勤勉で真面目であることは、衆目の一致するところ)

 (仁王像)
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/687.html#c4
 アホとはいえ、一国の副総理の公になった発言である。
 しかも、オバマ側からみれば図星を突かれているのではないか。オバマとしては反論のしようががないのではないか。
 それとも日本ではアホの発言として笑い飛ばされているのをいいことに、知らん顔を決め込むか。麻生は確信犯のような気がする。

 (以下、無名氏)
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/687.html#c5
 >麻生さんは、漢字は読めなくても、案外あたまはいいのかもしれません。相手のある事では、本当のことは言ってはいけませんっていうだけの話ですね。

http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/687.html#c11
>本音言う人大好き。太郎ちゃん応援するよ。貧乏神スガの顔はますます醜い。ネトウヨさんたち口惜しいね。
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/246.html#c1

[政治・選挙・NHK273] 内閣支持率が急落、浮上する秋のコロナ解散説 安倍チルドレンに渦巻く巻き添え落選の恐怖/東洋経済オンライン・msnニュース
内閣支持率が急落、浮上する秋のコロナ解散説 安倍チルドレンに渦巻く巻き添え落選の恐怖/東洋経済オンライン・msnニュース
泉 宏 2020/06/09 07:10
http://www.msn.com/ja-jp/news/politics/%e5%86%85%e9%96%a3%e6%94%af%e6%8c%81%e7%8e%87%e3%81%8c%e6%80%a5%e8%90%bd-%e6%b5%ae%e4%b8%8a%e3%81%99%e3%82%8b%e7%a7%8b%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e8%a7%a3%e6%95%a3%e8%aa%ac-%e5%ae%89%e5%80%8d%e3%83%81%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%81%ab%e6%b8%a6%e5%b7%bb%e3%81%8f%e5%b7%bb%e3%81%8d%e6%b7%bb%e3%81%88%e8%90%bd%e9%81%b8%e3%81%ae%e6%81%90%e6%80%96/ar-BB15d90I?ocid=iehp

6月17日のコロナ国会閉幕と絡めて、永田町では安倍晋三首相による秋口の衆院解散断行説が浮上してきた。
 コロナ対策の迷走や検察ナンバー2の賭けマージャン辞職などで内閣支持率が急落。長らく維持してきた1強の崩壊による求心力低下に焦る安倍首相が、「一か八かの勝負に出るのでは」(自民幹部)との臆測が広がっているためだ。

解散のチャンスは秋口か年明けか

 さまざまな政権スキャンダルが連鎖する中での国会閉幕は、野党の追及をかわすための「得意の逃げ恥作戦」(立憲民主幹部)であることは明らか。危険水域に近づく内閣支持率のV字回復も見込めない中での秋口解散は、「自爆テロになりかねないリスクもはらむ」(自民長老)。ただ、安倍首相にとっては「政権の死に体化を避けるため、残された唯一の手段」(同)ともみえる。

 「東京アラート」に象徴されるように、新型コロナウイルスの感染収束のメドはなお見通せない。与党内では「年内解散など論外で、事実上の任期満了選挙しかない」(首相経験者)との見方が支配的だった。政権ナンバー2の二階俊博幹事長も、「早期解散の必要性を感じていない。今はコロナ問題の解決に努力することが大事だ」とクギを刺した。

その一方で、首相サイドは「このままでは、任期を全うしても野垂れ死にになる」(周)との危機感を募らせる。安倍首相がコロナ前に描いていたとされる「求心力を維持したままの勇退で院政を敷く」とのもくろみは、もはや幻想となりつつあるからだ。

 今後予想される政治日程からみて、安倍首相が伝家の宝刀を抜けるチャンスは、「秋口か年明けの二択」(細田派幹部)とされる。その後は、「1年遅れの東京五輪開催の可否も絡んで、事実上の任期満了選挙しか選択肢が残らない」(同)からだ。

 そこで浮上してきたのが「9月末解散・10月25日投開票」という日程だ。コロナの緊急事態宣言下の4月下旬には、衆院静岡4区補選が実施されており、与党幹部も「国政選挙はいつでもできる」と強調する。となれば、「経済復興のための2021年度予算審議直前の年明けより、秋口解散のほうが政治空白の悪影響は少ない」(自民幹部)のは自明の理だ。

 その布石ともなるのが、第2次補正予算に計上された10兆円という巨額の予備費だ。「コロナ対策に臨機応変に対応するため」(政府首脳)が建前だが、与党幹部は「これで当面は第3次補正の必要がなくなる」と解説する。

都知事選後に夏の内閣改造も

 安倍首相が政権のレガシーにと意気込んだ全世代型社会保障制度改革は、コロナの影響で最終案取りまとめが年末にずれ込み、関連法案提出も2021年の通常国会以降に先送りされた。一時盛り上がった「9月入学」は断念を余儀なくされ、検察庁法改正案を含めた国家公務員定年延長法案も宙に浮いたままだ。

 加えて、第3次補正も急ぐ必要がなくなれば、急いで臨時国会を召集する必要もなくなる。開けば野党の政権攻撃の舞台となるだけだ。「それを封じるには、臨時国会での冒頭解散しかない」(自民国対)というわけだ。

 ただ、「秋口解散には環境整備が必要」(閣僚経験者)だ。そこで浮上しているのが都知事選後の夏の内閣改造・党役員人事による態勢立て直しだ。黒川問題の国会答弁で「閣僚失格」の烙印を押された森雅子法相を始め、「在庫一掃の閉店セール」とまで酷評された現内閣の問題閣僚を総入れ替えし、人心一新を図る。

 さらに、ここにきて安倍首相との不仲説もささやかれる二階幹事長や菅義偉官房長官を含めた政権の3本柱の配置換えや、反安倍グループの先頭に立つ石破茂元幹事長の要職復帰などで挙党一致態勢を演出できれば、「内閣支持率も回復可能」(政府筋)というわけだ。

 国会閉幕直後にも予想される河井克行前法相と夫人の案里参院議員の公職選挙法違反(買収)での逮捕・立件も、黒川問題で批判の的となった「官邸の人事介入による検察封じ込め」との国民的不信の払拭につながる可能性もある。

 それを契機に河井夫妻が議員辞職すれば、「政治的には一件落着となり、首相批判も一過性で終わる」(閣僚経験者)ことも予想される。その場合には10月25日に予定される衆院広島3区補選も、秋口解散で吸収できることになる。

 2019年来、安倍首相が今秋の解散・衆院選の追い風にしたいともくろんでいたアメリカ大統領選は、ここにきて盟友のトランプ大統領の再選が微妙になっている。大統領選投票日は11月3日で、その前の衆院選実施ならトランプ氏敗北による政治的影響も避けられる。

際立つ不支持率の急上昇

 野党の足並みの乱れも、安倍首相には有利な材料となる。一時は合流説もあった立憲民主と国民民主は都知事選での共闘もできず、それぞれの政党支持率も低迷が続いている。

 野党ながら与党との連携を続ける日本維新の会が支持率を大きく伸ばしていることが、主要野党のさらなる弱体化を表している。「現状の野党のままなら、いくら政権批判が強くても自民党が大敗するはずない」(自民選対)というわけだ。

 しかし、各種世論調査でも支持率低下以上に不支持率の急上昇が際立つ。安倍政権の岩盤とされる保守層の支持が減少する一方、無党派層が拡大して5割に迫る。しかも、その無党派層での内閣支持率はおしなべて2割以下と極めて低い。

 投票率が低ければ組織票が物を言うが、コロナショックの中で政治への関心は年齢を問わずに強まっている。有力選挙アナリストも「自らの生活に絡むだけに、投票率が上がる可能性がある」と指摘する。すでに、ネット上では「#さようなら安倍総理」「#次は選挙に行こう」とのハッシュタグがトレンド上位に並んでおり、「もし、投票率が上がれば、無党派層の反乱で自民大敗は必至」(選挙専門家)との見方も広がる。

 政権の命綱だったアベノミクスは完全に消滅し、頼みの綱のインバウンドなど望むべくもない。「希望の灯」だったはずの東京五輪もここにきて中止論が浮上しており、開催できたとしても規模を縮小し、負担ばかりがのしかかる可能性が大きい。「客観的にみれば秋口解散でも悪材料のほうが多い」(自民長老)のも事実だ。

 コロナ下での選挙となれば、「選挙活動の制限で新人候補は不利」(選挙専門家)とされる。ただ、いわゆる安倍チルドレンと呼ばれる3期生以下の自民若手議員は選挙基盤が脆弱で、安倍人気で勝ち上がってきた議員が多く、逆風にさらされれば「枕を並べて討ち死にする」(自民選対)とみられている。

 コロナ国会で自民若手議員の執行部批判が目立ったのは、落選への恐怖からだ。「安倍政権との距離をとることで、巻き添えを避けたい思惑」(自民長老)とみられる。このため、若手の間には秋口解散への反対論が多い。「『安倍と共に去りぬ』では洒落にもならない」(当選3回議員)というわけだ。

一変しかねない「ポスト安倍」の構図

 もちろん、選挙で自民惨敗となれば、選挙は安泰な重鎮たちの立場も危うくなる。ポスト安倍の構図も一変しかねない。二階氏や菅氏が秋口解散に抵抗することも想定される。安倍首相が党内の反発を振り切ってまで伝家の宝刀を抜けるかどうかは「その時点での求心力次第」(首相経験者)となる。現状では「解散を模索して墓穴を掘った海部俊樹元首相の二の舞」(同)ともなりかねない。

 ただ、「首相があえて死に場所を求めて解散する場合はとめようがない」(自民幹部)との見方も多い。自民党の議席が大幅に減っても、過半数割れさえしなければ、自公政権自体は安泰だ。安倍首相が議席減の責任をとって退陣表明すれば、後継は両院議員総会での投票となる公算が大きい。そうなれば、安倍首相が後継者ともくろむ岸田氏への禅譲も可能で、石破政権誕生という「首相がもっとも恐れる事態」(自民幹部)は回避できる。

 併せて、退陣後に最大派閥(現・細田派)の領袖となれば、2021年9月の本格総裁選でのキングメーカーにもなれる。ただ、「それこそがとらぬ狸の皮算用。『あとは野となれ山となれ』の史上最低の無責任宰相の烙印が押されるだけ」(自民長老)との声も多い。

 国会閉幕後は事実上の政治休戦となるが、今年の夏は例年以上の猛暑が予想されている。勝負師を自認してきた安倍首相の最後の大博打ともなる秋口解散説が「真夏の夜の夢」に終わるかどうか。「すべてはコロナ次第」(自民幹部)というのが実情だ。

http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/296.html

[文化2] チェ・ゲバラが求めたものは、ひたすら行動であり、名誉も権力も眼中になかった。安逸や金銭はもちろん、死の危険さえも彼は軽視した/三好徹
チェ・ゲバラが求めたものは、ひたすら行動であり、名誉も権力も眼中になかった。安逸や金銭はもちろん、死の危険さえも彼は軽視した/三好徹

「チェ・ゲバラ伝」三好徹/原書房’01年
 ≪序にかえて≫
 人が革命家になるのは決して容易ではないが、必ずしも不可能ではない。しかし、革命家であり続けることは、きわめて困難なことであり、さらには革命家として純粋に死ぬことはより一層困難なことである。チェ・ゲバラの生涯は、このもっとも困難な主題に挑み、退くことを知らなかった稀有の例であった。
 彼が求めたものは、ひたすら行動であり、名誉も権力も眼中になかった。安逸や金銭などはもちろんのこと、死の危険さえも彼は軽視した。…カストロの言葉を借りれば”意志の力、英雄的な精神、そして人間の偉大さが何をなしうるのかの崇高な証”であるように私には思われる。

(仁王像)
 この事例は、あまりにも重々しい…絶句。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/895.html

[国際28] 抗議デモ続くアメリカ 過去にさかのぼり人種差別反対の動きも/nhk

抗議デモ続くアメリカ 過去にさかのぼり人種差別反対の動きも/nhk
2020年6月14日 7時25分米黒人男性死亡
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200614/k10012469871000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

アメリカで黒人男性が警察官に首を押さえつけられて死亡した事件に抗議するデモは3度目の週末に入った13日も各地で行われ、警察改革や人種差別の撲滅など社会の変革を求める動きが続いています。

この事件は黒人男性が警察官に首を8分間以上押さえつけられて死亡したもので、警察の対応や人種差別に抗議するデモはアメリカから世界各地に広がっています。

事件の発生から3度目の週末となる13日も、アメリカではニューヨークや首都ワシントン、それにシアトルなどの主要都市で相次いで抗議デモが行われました。

ニューヨーク中心部では10か所以上でデモが呼びかけられ、セントラルパークでは若者を中心におよそ500人が集まり、市内の大通りを歩きながら「黒人の命も大切だ」とか「正義の実現なしに平和はない」などと声を上げていました。

抗議デモをめぐっては、アメリカ各地で南北戦争当時に奴隷制を支持した南軍指導者などの像や記念碑が引き倒されたり当局が撤去したりしていて、13日は南部ケンタッキー州で州議会に設置されていた当時の南部連合の大統領像が撤去されるなど、過去にさかのぼって人種差別に反対する動きも広がっています。

事件から20日近くがたち、抗議デモが行われる都市や参加者の数は減っているものの今もデモは各地で行われていて、警察改革や人種差別の撲滅など社会の変革を求める動きが続いています。

デモ参加者「警察の市民への接し方 変える法律を」
抗議デモに参加した白人女性は「黒人の人たちが社会で疎外され、軽視されるべきでない。肌の色や年齢にかかわらず大勢の人々が彼らのために声をあげるのは喜ばしいことです。警察の市民への接し方、とりわけ黒人への接し方を変えるような法律が必要です」と変革の必要性を訴えていました。

黒人の若い女性はデモに参加した理由について「あまりに多くの罪のない黒人が殺され続けてきたことにうんざりして参加しました。将来の子どもたちが安全に過ごせるように、いま抗議の声をあげているのです」と話していました。

警察予算削減で 在り方見直す動きも
この日の抗議デモでは「警察予算を打ち切れ」という意味のプラカードを掲げた参加者が目立ちました。

黒人男性が死亡した事件の起きた中西部ミネソタ州ミネアポリスの市議会議員たちが警察をいったん解体して新たな治安組織を構築すべきだとしている主張に通じるものです。

しかし国民の間では警察解体は非現実的だという見方が大勢を占めていて、地元メディアの多くは警察の在り方を見直す中で予算の一部を削減し、教育や医療などに配分すべきという主張だと伝えています。

実際、全米で最大規模のニューヨーク市警について、デブラシオ市長が警察予算の一部を若者や医療、それに福祉分野にまわす方針を表明したのに続き、12日、市議会指導部も60億ドル(日本円にしておよそ6500億円)の警察予算のうち6分の1にあたる10億ドルを削減する案を発表しました。

また、ニューヨーク州のクオモ知事は州内のすべての警察に対し地域社会との関係を改善するための計画を来年4月までに提出するよう求めるとともに、13日の記者会見で「期限内に計画を示さなければ州の予算をつけない」と述べて警察改革を進める姿勢を強調しています。

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/820.html

[政治・選挙・NHK273] 砂川事件、判決原案を批判する「調査官メモ」見つかる/朝日新聞
砂川事件、判決原案を批判する「調査官メモ」見つかる/朝日新聞
編集委員・豊秀一
2020年6月13日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN6D7R9QN61UTIL03G.html?iref=comtop_8_01

極めて政治性の高い国家行為は、裁判所が是非を論じる対象にならない――。この「統治行為論」を採用した先例と言われる砂川事件の最高裁判決で、言い渡しの直前に、裁判官たちを補佐する調査官名で判決の原案を批判するメモが書かれていたことがわかった。メモは「相対立する意見を無理に包容させたものとしか考えられない」とし、統治行為論が最高裁の「多数意見」と言えるのかと疑問を呈している。

 統治行為論はその後、政治判断を丸のみするよう裁判所に求める理屈として国側が使ってきたが、その正当性が問い直されそうだ。

 メモの日付は1959年12月5日。判決言い渡しの11日前にあたる。B5判8枚。冒頭に「砂川事件の判決の構成について 足立調査官」と記されており、同事件の担当調査官として重要な役割を担った足立勝義氏がまとめたとみられる。判決にかかわった河村又介判事の親族宅で、朝日新聞記者が遺品の中から見つけた。

 砂川事件では日米安全保障条約が違憲かどうかが争われ、最高裁全体の意見とみなされる多数意見は、判事15人中12人で構成された。安保条約に合憲違憲の審査はなじまないと「統治行為論」を述べる一方で、日本への米軍駐留は「憲法9条、98条2項および前文の趣旨に適合こそすれ」と事実上合憲の判断を示している。多数意見に加わらなかった判事のうち2人が「論理の一貫性を欠く」と判決の個別意見で指摘していることは知られていた。

 メモはさらに踏み込んでおり、原案段階での多数意見の内訳を分析している。安保条約を合憲とする田中耕太郎長官らは、合憲違憲の審査はできないとする藤田八郎、入江俊郎裁判官とは本来「相対立する」とし、田中長官らはむしろ、多数意見とは別の理由で「合憲の判断を示すことができる」とした判事らと一致していると指摘した。

 そして統治行為論を述べたものは最多でも裁判官15人のうち半数に足りない7人に過ぎないとし、多数意見としてくくられた考えが「果たして多数意見といえるか否か疑問である」「相対立する意見を無理に包容させたものとしか考えられない。しかも、その包容の対象を誤っている」とした。

 そのうえでメモは「応急の措置」として判決の構成を変えることを提案。「多数意見」をなくし、個別意見などはすべて「意見」にと改める――という内容だ。

 砂川事件の最高裁判決の多数意見をめぐっては、「論理がわかりにくい」と憲法学者らから繰り返し指摘されてきた。メモが生まれた経緯などは不明だが、判決の構成という核心部分について、最高裁内部でも異論があったことがわかる。最終的な判決をみる限り、メモが受け入れられることはなかった。(編集委員・豊秀一)

      ◇

 <砂川事件> 1957年、東京都砂川町(現立川市)の米軍基地拡張に反対する学生ら7人が基地に立ち入り、刑事特別法違反の罪で起訴された。同法の前提である米軍駐留について東京地裁は59年3月、憲法9条2項が禁じる戦力にあたり違憲と判断。全員に無罪を言い渡した。検察が跳躍上告し、最高裁は「日米安保条約は違憲とは言えない」との結論を裁判官15人の全員一致で出したが、理由付けは12人の「多数意見」と、それとは異なる3人の「意見」に分かれた。

 <最高裁調査官> 15人の最高裁裁判官を補佐するために実務経験が豊富なキャリア裁判官があてられる。民事、行政、刑事の三つに担当が分かれ、約40人いる。事件が最高裁に送られると、担当の調査官が記録を精査し、争点を整理。論点について判例や学説にあたって報告書などを作成、最高裁裁判官が判断するための資料として提出する。

(関連)「多数意見といえるのか」判決直前、メモが突いた矛盾→https://www.asahi.com/articles/ASN6D7RDFN6DUTIL03S.html?iref=pc_extlink
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/404.html

[文化2] キューバ革命が生んだ最大の指導者、完全な革命家 カミロ・S…彼は、人民が育て、人民が数千人の中から選び出し、高い地位につけた/チェ・ゲバラ
キューバ革命が生んだ最大の指導者、完全な革命家 カミロ・S…彼は、人民が育て、人民が数千人の中から選び出し、高い地位につけた/チェ・ゲバラ

「ゲリラ戦争〜武装闘争の戦術」エルネスト・チェ・ゲバラ/三一書房’80年から
 ≪カミロに告ぐ≫
 私は、ここに革命軍の名においてキューバ革命が生んだ最大の指導者、完全な革命家で、真実の友でであった偉大な革命軍の指導者に敬意を表したい。
 カミロ・シェンフェゴスは、われわれとともに数多くの戦闘に参加し、たたかいの困難な時期に、フィデル・カストロの近しい相談相手となった。厳格な戦士であった彼は、犠牲というものを、自己の性格とゲリラ部隊の士気をきたえるための道具と考えていた。
 …しかし、カミロを、自己の個人的天才の衝動によってのみ、素晴らしい偉業を成し遂げた孤立した英雄と考えてはならない。彼は本当に、彼を育てた人民の一部であった。人民は、つねに、厳しい闘争の過程で、自分たちのの英雄や、殉教者や、指導者たちを選び出し、育ててきたのである。…彼は書物から教養を得た人ではなかった。彼は、天性的の、人民の知恵をもっていた。そして人民が彼の大胆さ、ねばり強さ、知性、たぐいない献身を認めて、彼を数千人の中から選び出し、高い地位につけたのである。
 カミロは、人民の意思を誰よりも良く体現していたフィデルにたいして忠誠であるとともに、人民そのものにたいしても忠誠であった。人民とフィデルは一体となって進んだ。無敵のゲリラ隊員たちも、おなじように、一丸となって献身したのであった。

(仁王像)この人物は初耳。タワリシチ!)

http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/896.html

[国際28] トランプ氏「金払うまで退去させる」 在独米軍削減へ/朝日新聞
トランプ氏「金払うまで退去させる」 在独米軍削減へ/朝日新聞
ワシントン=渡辺丘
2020年6月16日 8時55分
https://www.asahi.com/articles/ASN6J2VBYN6JUHBI006.html?iref=comtop_8_07

トランプ米大統領は15日、ドイツに駐留する米軍を2万5千人規模に削減すると表明した。ドイツには現在、約3万4500人の米軍が駐留しており、約9500人の削減となる。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の国防費の支出目標に言及し、「ドイツが金を払うまで、多数の兵士を退去させる」と語った。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、国防費を国内総生産(GDP)比2%に上げるNATO加盟国の目標にドイツが達していないとして、「米国はドイツを守っているが、ドイツは義務を履行していない。米国は駐留米軍を2万5千人まで減らす」と明言した。削減する部隊の配置先や時期などは明らかにしなかった。

 複数の米メディアは今月上旬、トランプ氏が在独米軍の部隊を9月までに縮小し、一部をポーランドや他の欧州諸国に移し、残りを帰国させる案などを検討していると伝えていた。(ワシントン=渡辺丘)

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/828.html

[政治・選挙・NHK273] 陸上イージス、急転直下の転換 政権幹部「殿のご乱心」/朝日新聞
陸上イージス、急転直下の転換 政権幹部「殿のご乱心」/朝日新聞
相原亮 編集委員・佐藤武嗣
2020年6月16日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN6H761NN6HUTFK01F.html?iref=comtop_8_02

「見通しが甘かったと言われれば…」

 河野太郎防衛相が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備プロセスを停止すると表明した。北朝鮮のミサイル開発という脅威のなか、米国による武器購入圧力もあって、安倍政権が「導入ありき」で進めていた。しかし、配備する地元の反発や費用の高騰などから停止に追い込まれた。

 「見通しが甘かったと言われればそうかもしれない」。河野防衛相は15日、記者団にこう強調した。配備計画を停止する理由に挙げたのは迎撃ミサイルを打ち上げた際に切り離す推進装置「ブースター」の落下。当初から危険性は地元でも指摘されていた。

 河野氏は会見で「山口県にはむつみ演習場内にブースターを確実に落下させると説明してきた」と強調。その上で「ハードウェアを改修しなければ、確実に落とせると言えなくなった」「約束は当然のこと。守っていかなければならない」と述べた。

http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/443.html

[国際28] 加速するトランプの世界撤兵/田中宇
◆加速するトランプの世界撤兵/田中宇
 http://tanakanews.com/
 【2020年6月15日】
 トランプが世界からの撤兵を言い続けると、同盟諸国は撤兵や同盟解体を前提として動いて対米自立していく。
 中露は米国を恐れず大胆に国際社会を動かすようになり、同盟諸国は米国を軽視して非米諸国を重視する。軍産がトランプを無視しても、トランプは軍産を無視して覇権放棄を進め、軍産の治外法権的な世界支配を解体していく。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/829.html
[国際28] トランプ氏勝利が望ましい、中国政府内で考え方がシフト−関係者/Bloomberg News・msnニュース
トランプ氏勝利が望ましい、中国政府内で考え方がシフト−関係者/Bloomberg News・msnニュース
2020/06/16 05:19
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b0%8f%e5%8b%9d%e5%88%a9%e3%81%8c%e6%9c%9b%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%84-%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e6%94%bf%e5%ba%9c%e5%86%85%e3%81%a7%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%e3%81%8c%e3%82%b7%e3%83%95%e3%83%88-%e9%96%a2%e4%bf%82%e8%80%85/ar-BB15wfnH?ocid=iehp

(ブルームバーグ): トランプ米大統領は最近、11月の大統領選で民主党のバイデン前副大統領の当選を中国が後押ししていると頻繁に主張している。だが、中国政府はトランプ政権の継続を支持する方向に傾いていると、9人の現・元政府関係者がインタビューで明らかにした。貿易摩擦の継続や地政学的な不安定で中国は打撃を受けることになるが、米国が戦後築いた同盟国のネットワークが崩れ、より大きな利益が得られると考えているためだ。

 これらの政府関係者は、誰が大統領になっても米中の緊張は高まると一様に懸念を示しつつ、地政学的な利益を強調する向きと、通商関係を懸念する向きに分かれた。バイデン氏は伝統的な民主党政治家で、ばらばらになった米国の多国間関係を修復し、貿易摩擦の抑制に動くだろうとみられている。

  「中国にとっては、バイデン氏当選の方が危険な可能性があると思う。トランプ氏は同盟国との関係を破壊しているが、バイデン氏は同盟国と協力して中国を標的にしようとするだろうからだ」と、在ジュネーブ国際機関中国政府代表部副代表を務めた周小明氏は述べた。現役の政府関係者4人も同様の意見で、トランプ氏再選なら中国の利益になる可能性があると政府内の多くが考えていると語った。中国の影響力拡大を阻止する上での米国最大の資産が、再選で弱体化するとみているためだという。

  この根底にあるのは、米中関係悪化を止めることはほぼ不可能という見方だ。周氏は「大統領選で米中関係が根本的に変わるとは思わない。米国の奥底に、中国を封じ込めるべきだという感情がある」と主張。「トランプ氏が勝ってもバイデン氏が勝っても、状況は悪化する」と続けた。

  意見の両極化が目立つ米政界だが、反中国に関しては共和・民主両党で強く結束しているとの認識が中国政府内には根付いた。武漢で最初に発見された新型コロナウイルスによる感染拡大も、米国民の中国に対する姿勢を硬化させた。

  バイデン氏は対中国では長らく「関与」戦略を支持してきたが、民主党の大統領候補指名争いが激しさを増すに従って厳しい言葉を使うようになり、習近平国家主席を「悪党」と表現。香港の民主化要求デモを「並外れた勇気」だと称賛、中国の貿易慣行を「略奪的」だと非難し、新疆ウイグル自治区でウイグル人が大規模に拘束されていることについては「良心に照らして受け入れ難い」と語った。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/832.html

[政治・選挙・NHK273] 安倍「経産」内閣の凋落、コロナ失政で塗り変わる霞が関の勢力図/ダイヤモンド・オンライン・msnニュース
安倍「経産」内閣の凋落、コロナ失政で塗り変わる霞が関の勢力図/ダイヤモンド・オンライン・msnニュース
横田由美子
2020/06/19 06:00
%89%e3%82%8f%e3%82%8b%e9%9c%9e%e3%81%8c%e9%96%a2%e3%81%ae%e5%8b%a2%e5%8a%9b%e5%9b%b3/ar-BB15Ge51?ocid=iehp

河井克行前法相と案里議員が公職選挙法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。他に黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャン問題、コロナ経済対策の不手際など、安倍政権は強烈な逆風にさらされている。そしてその道ずれとなるのが、秘書官や補佐官を出すなど、政権に深く食い込んできた経済産業省だ。自民党内でポスト安倍政権の動きが活発化するのと同時に、霞が関の勢力図も塗り変わろうとしている。(ジャーナリスト 横田由美子)

ターニングポイントとなった6.16河井案里秘書有罪判決

 第2波、第3波の懸念は消えないが、新型コロナウイルスの感染拡大にようやく落ち着きが見えてきた。

 その一方、永田町では、ポスト安倍の時代を見据えた動きが活発化し始め、連動するように霞が関の勢力図も変わり始めている。

そして6月18日、東京地検特捜部は河井前法相と案里議員を、公職選挙法違反の買収の疑いで逮捕した。

 夫妻の往生際の悪さにはあきれるばかりだが、河井前法相は「安倍総理を支える5人組」と呼ばれるほど政権中枢で存在感を発揮している。このような人物を重用し、法相にまで抜擢したことから、コロナ禍の終息がより鮮明に見えてきた瞬間に、安倍総理に対する批判が今以上に強く噴出することは誰の目にも明らかだ。


敵失をひたすら待つ野党 アフターコロナは政局に

「黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャン問題など、ほかにも問題山積で、本来なら、野党が攻勢を強め、倒閣運動が起きてもおかしくないのが現状です。安倍政権を維持させているのは、皮肉なことに、日本どころか世界中を混乱に陥れているコロナウイルスなのです。おかげで、我が社も追及を免れている部分があるのは否めない。アフターコロナは政局になるでしょう。当然、われわれ財務省も批判の対象になる」

 中堅の財務官僚は、苦虫をかみつぶしたような表情で言う。

 森友学園を巡る公文書改ざん問題に関係した財務省近畿財務局職員の妻が、「夫は改ざんを強制されて自殺に追い込まれた」とする手記を出し、佐川宣寿元理財局長と国を訴えたことは、平時なら国会が紛糾し、倒閣にも至りかねない大問題だ。しかし、野党の追及がそこまで激しくないのは、「コロナ禍の中、解散総選挙を主張しても日々の生活にあえぐ庶民の批判を浴びるだけ」という計算が働いているからだ。

 事実、中川俊男副会長らのクーデターで急転直下、会長選挙が行われることになった日本医師会に対する国民の視線は厳しく、中川氏の背中を押した尾崎治夫東京都医師会会長に対しては、医師会内部よりも、コロナ対策に追われる永田町と霞が関から、「国民の命や生活よりも、会長職の名誉の方が大事なのか。今、トップの交代劇など起こして、医療政策に穴があいたらどう責任をとるつもりなのか」という強い批判の声が上がっている。

 永田町の住人の感覚では、野党ならとりあえず今は一致団結する形にし、庶民の生活に直結するコロナ対策の失敗をついて時を待つ――というそろばんをはじいて動いているのだ。

浮き彫りになった経産3人組のセンスの無さ これは霞が関も同様だ。

 基本的には、政局の動きを予見しながら、後に国民から批判を受けないよう、他省と連携して粛々とコロナ対策に邁進することに集中している。

 ただし、そんな中で最もアフターコロナを恐れているのは、経済産業省である。

 安倍政権発足以来、かつてないほど「わが世の春」を謳歌してきた経産官僚は、不安を隠さない。

「橋本政権時に経産省が重用されたことを覚えている年代の官僚は、安倍政権の終焉とともに、権力は財務省に戻り、しっぺ返しは相当激しいものになるだろうと懸念していました。しかし、コロナ対策で失態が続いた今、国民全体を敵に回しかねない印象です。国会を見ても、与野党のどこにも味方はいなくなるでしょう」

 こう経産省の高官は話し、頭を抱える。

 当初こそ、初動の遅れなどで厚生労働省が批判の的にされていたが、コロナ経済対策のあまりのひどさに、立案の中心となっていた経産官僚に対する批判が高まり始めている。各種助成金の振り込み遅延については、「担当部局は不眠不休で働いている」「政府のIT環境を整備させてこなかったのは政治家の責任」と言い訳をし、持続化給付金の民間委託の問題が明らかになると、「ノウハウを持つ会社に発注しただけで、手続き上は何の問題もない」と梶山弘志経産大臣に言い切らせた。

 持続化給付金にしても、その他の支援事業にしても、個人情報をかなり詳細に提出しなくてはいけない。正直、会社の代表として持続化給付金を申し込んだ身としては、自分の個人情報も含め、会社のさまざまな情報が、電通という巨大民間企業の顔の見えない社員によって、審査されていたのかと思うと気持ち悪さは払拭できないし、丁寧な説明が必要であると感じる。そう思うのは私だけではないだろう。

「それでも経産省は、消費喚起策である『GO TOキャンペーン』を従来のまま推進するというのです。主導している今井尚哉補佐官、長谷川榮一補佐官、新原浩朗経済産業局長の経産3人組のセンスのなさに、皆、あきれている。今井さんと長谷川さんが、第1次安倍政権の失敗後も総理を支え、第2次政権の幕開けと長期化に多大な貢献をしたことは皆知っていますが、彼ら自身、権限を持ちすぎて、感覚がズレてしまったのでしょう。安倍内閣の終焉は経産内閣の終焉であり、それを招くのもまた、今井さんたちだということです」

 こう他省の幹部は、冷ややかに言い放った。

動き出したキーマン二階幹事長 経産省の凋落は避けられない

 河井案里議員の政策秘書に有罪判決が下った晩、二階俊博幹事長と麻生太郎副総理兼財務相が赤坂の日本料理屋で会食したニュースが、永田町のみならず、霞が関をも駆け巡った。

 二階幹事長の最近の動向はまさに注目の的だ。安倍晋三総理に対し、「総裁4選の期待」を表明した一方で、安倍総理の宿敵でもある石破茂元幹事長に急接近する。都知事再選に意欲を燃やす小池百合子東京都知事とは早々に盟友関係をアピール、中川俊男副会長のクーデターで大荒れに荒れている日本医師会会長選挙では、現職の横倉義武会長を激励した。そして、河井議員に対しては、「政権に何の影響力もない小物」と、切って捨てるコメントをしたのだ。

 その二階氏と、自他ともに認める「安倍総理の後見人」の麻生氏が、いったい何を話したのか。

 ある経産省幹部は声を潜めて言う。

「志師会会長の二階さんは、経産大臣を経験していますが、公共事業に強い思い入れがあり、国土交通省とのパイプが太い。誰が後継になっても、コロナ禍の失策は、経産省の責にされるだろうし、もともと政権中枢に足場のないに等しい省庁だった我が社は凋落を免れない。だからこそ、今井さんも新原さんも暴走せざるを得ないのかもしれない」

 永田町と霞が関では、コロナ終息と時を同じくして安倍政権は終焉を迎えることは既定路線として捉えられており、経産省はその道連れとなることが確実視されている。持続化給付金や『GO TOキャンペーン』に関する
経産省のあきれた対応と発言は、同省の断末魔の叫びなのかもしれない。
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/511.html

[国際28] 「資本主義の失敗」と保護主義 大恐慌後とコロナ後と/朝日新聞
「資本主義の失敗」と保護主義 大恐慌後とコロナ後と/朝日新聞
青山直篤、デザイン・米澤章憲
2020年6月19日 10時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN6C62Z5N5SULFA007.html?iref=comtop_8_07

断層探訪 米国の足元 第一部C

 我々は身につける服を眺め、それを織りなす繊維がどこから来たのか考えることなどない。しかし、ワタが自生しなかった中世欧州の人々は「羊が生える木」から生まれるのだと夢想した。綿は世界中で取引され、技術革新が巨大な富と成長を生む一方、奴隷労働や共同体の崩壊などの副作用をもたらした。その歩みは、現代につながるモノと人間社会との相克を映す。

 18世紀末、綿の繊維とタネを分離する綿繰り機が発明されると、米南部の黒人奴隷労働や無尽蔵の土地と結びつき、綿花は文字どおり「カネのなる木」と化した。19世紀末の南北戦争は、自由貿易を求めた南部と関税による工業の保護を求めた米北部との対決だったが、南部の「自由貿易」は黒人や先住民への暴力的な収奪を前提としていた。

 大著「綿の帝国」を著したハーバード大教授のスベン・ベッカートによると、英国などグローバル市場に向け、綿花を効率よく大量生産する米南部なしに産業革命の劇的な進展はなかった。ベッカートは「資本主義は自然な変化ではなく、暴力と強要を伴う非常に困難な事業だった」と語る。

 冷戦終結後、綿花や衣料生産の中心は賃金の安いアジアやアフリカへ移ったが、人権や労働、環境への配慮は先進国より劣悪だった。それを暗黙の前提に、安価な衣服を求める先進国の需要が満たされてきた。

 冷戦終結後、世界はグローバル化をひた走り、企業はサプライチェーンの効率化を前提として経済成長を追求してきた。膨大な富が生まれる一方、格差の拡大や地域社会の弱体化は、民主主義を弱めた。新型コロナウイルスがもたらした危機は、時代の転機を告げている。ただ、一国に閉じこもる保護主義も答えにはならない。収縮する市場と、統制色を強める国家とが織りなす「コロナ後」の世界。動揺するサプライチェーンの「断層」で針路を探る人々を訪ね、全5回で報告する。

連載「断層探訪 米国の足元」の記事一覧はこちら→https://www.asahi.com/rensai/
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/840.html

[国際28] 木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説(ニューズウィーク) 赤かぶ
11. 仁王像[2812] kG2JpJGc 2020年6月19日 12:07:41 : 5R6GMYSTzk : ekpMUEV4LmE2NjI=[1]
 レディディのジャズ・ナンバー「ストレンジ・フルーツ」の再現だな。

 米国の人種対立ほ建国時からの”宿痾”になってしまった。
 この”附け”をどう払って行くのか。事態は容易ではない。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/839.html#c11

[国際28] トランプ、安倍、金正恩:関係性の転換〜北は、先軍政治を経済重視に戻す転換を模索/田中宇
◆トランプ、安倍、金正恩:関係性の転換/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年6月21日】
 日本の安倍も北朝鮮の金正恩も、トランプとの関係を使って独裁体制を維持してきた。
 安倍はトランプと組むことで、日本の権力を軍産傘下の官僚機構から奪ってきた。
 だが今、トランプが軍産に勝って覇権放棄を進める中で、安倍は自分の権力と日本の安保を守るため、米国から距離を置き、中国に接近する傾向を強めている。
 その象徴が6月15日の地上イージスの中止だった。北の金正恩もトランプの覇権放棄を受け、再和解しようと言ってくる韓国をまず突っぱねつつ、これまでの中国との疎遠な関係をやめて、先軍政治を経済重視に戻す転換を模索している。

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/847.html
[カルト27] 高等数式(で表現された経済学)は真理ではなかった。現実のこの世は高等数式で表されるようなものではなかった。私たちは大きく間違った/クルーグマン
高等数式(で表現された経済学)は真理ではなかった。現実のこの世は高等数式で表されるようなものではなかった。私たちは大きく間違った/クルーグマン

≪まえがき≫
アメリカ理論経済学が壊れつつある
『私たち経済学者は、自分たちが素晴らしく壮麗な数式で書いた経済学の論文を、真実であると、自分たちで信じ込んできた』
 「私クルーグマンを含めた、アメリカ経済学者たちは、壮麗に美しく着飾った(高度で難解で高級な)数学の数式を使った多くの論文を発表してきた。それらを自分たちでだけで、認め合い、そしてそれがこの世の真理であると深く信じ込んできた。学会でこれらの論文を厳しく検証し合って切磋琢磨してきたのだから、これは真理だ、と自分たちで信じ込んでも構わない、と思い込んできた。
…私たち理論経済学者は集団として、自分たちで勝手に信じ込んできた。
ところが、これらの高等数式(を大量に使った論文)は真理ではなかった。現実の世界で起きていることと一致していなかった。現実のこの世は高等数式で表されるようなものではなかった。私たちは大きく間違った。私たちの経済学は、現実の前でガラガラと崩れ落ちた。私たちは現実にぶつかって破産した」(フォーリン・ポリシー誌2019,10.22号―副島意訳)
第1章 クルーグマンは何を間違ったのか
≪世界に衝撃を与えたクルーグマン教授の白状≫
 (略)
≪自由貿易礼賛が起こしたハイパー・グローバリゼーション≫
 (略)
第2章 経済学の数式はすべて「Y=M」である
≪たった1行で解ける経済学の秘密≫
 Yield実物経済(人類全部の活動と生産)=Moneyお金の経済(地球上のお金の総量)
≪かつては政治学と経済学は合体していた≫
≪インイキ学問に成り果てた経済学≫
  (略)
第3章 アメリカ経済学者たちの迷走
≪超グローバリゼーションでアメリカは社会崩壊した≫
≪トランプ政権で復活した保護貿易主義≫
 トランプは「貿易をゼロサムゲームとみなした。
第4章 人類を不幸にした経済学の正体
≪自分の間違いをみとめたクルーグマン≫
 (略)
≪保護貿易への舵切りで大きな社会崩壊が起きる≫
 (略)
第5章 経済政策なきこれからの世界
≪もう経済学では対応できない先進国経済≫
 小室直樹の名著から学ぶー『数学嫌いの人のための経済学』
≪MMT理論では世界経済は生き延びられない≫
 (略)
≪経済学者たちを裏で操る世界権力者たち≫
 (略)

【出展】
 「経済学という人類を不幸にした学問」副島隆彦/日本文芸社’20年
http://www.asyura2.com/20/cult27/msg/271.html

[文化2] 柴野大徳に勅任した沢庵は名聞利養の心なく、自分が開祖となった大寺や復興した名刹には居住しないで、幽邃(ゆうすい)を求めて寓居したり幽棲して…/萩須純道
柴野大徳に勅任した沢庵は名聞利養の心なく、自分が開祖となった大寺や復興した名刹には居住しないで、幽邃(ゆうすい)を求めて寓居したり幽棲して…/萩須純道

 ≪あとがき≫
 柴野大徳に勅任した沢庵は名聞利養の心なく、わずか三日で退出した。自分が開祖となった大寺や復興した名刹には居住しないで、幽邃(ゆうすい=奥深くて、もの静かなこと)を求めて寓居したり幽棲(俗世の煩わしさを避けて、隠れ住むこと)して、一鐺児一摩衣の生活をし、禅寂を愛した。
 しかし主張すべきことは断乎として曲げなかった。そのため流謫(るたく=罪によって官位をおとされ遠方に流される)された。後水尾上皇に進講し、国師の微号を下賜されようとしたが、自分は譲り、…その威徳を永く伝えようとした。沢庵にはそういう謙譲性があった。

【出展】
 「沢庵和尚年譜」萩須純道/思文閣出版 S57年

(仁王像)
 日本人は、この沢庵和尚も大好きなようだ。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/897.html

[国際28] ドル崩壊への準備を強める中国/田中宇
◆ドル崩壊への準備を強める中国/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年6月24日】
 コロナ危機後、米国側は不健全なQEを急拡大し、大恐慌が続く経済の実体と、QEでバブル膨張させられる金融相場との歪曲的な乖離も急拡大した。
 中国は、これまで躊躇していた米国との経済金融のデカップルを進める気になり、米国と経済協調して発展する従来の国家戦略を離れ、米国覇権を崩壊に追い込んで世界を多極化して中国の影響圏を強化する策を重視し始めた。
 中共の金融担当の現職の高官が初めてドルと米金融覇権の崩壊の予測を明確に公言した今回の郭樹清の発言は、このような中国の転換を踏まえたものだ。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/863.html
[カルト27] 河井克行、案里の逮捕の裏側の恐ろしい真実/副島隆彦

[2587]河井克行、案里の逮捕の裏側の恐ろしい真実。

投稿者:副島隆彦 投稿日:2020-06-22 11:40:34

副島隆彦です。 今日は、2020年6月21日(月)です。

 河井克行、案里の 2議員が、6月18日(木)に逮捕された。逮捕したのは警察ではない。最高検察庁(法務省と一体。東京地検特捜部の肩書きで)だ。この異常さが分かる日本人は、あまりいない。

このあとうしろの方に、日刊ゲンダイの6月20日(土)の記事を載せる。しっかり目を皿のようにして読んでください。一体、今の日本で、何が起きているか。大変な権力闘争、権力動揺(どうよう)が、起きている。血生臭(ちなまぐさ)い殺し合いだ。

 私は、19日(金)に、佐藤優氏と、対談本用の最終の対談を六本木でやった。そこで、佐藤氏に、ワーワー喚いて、今、日本国で何が起きているかを教えてあげた。河井克行と前日、佐藤優が、電話で話して、「拘置所に入ったら、サンダルにひどい水虫の菌が付いているから、まずサンダルをすぐに買いなさい」と佐藤優は、助言した。これは、ニューズになって知られている。そういうすっとぼけた話ではないのです。事態は異常の進展です。

 19日、そのあと、私は、主要な弟子および友人たちと東京駅で待ち合わせて、そのあと祝杯を挙げた。だが私の弟子たちで、私の祝杯の意味を分かる者は、残念ながらいない。今から、私がここに書くことの真意を、ここの学問道場の、本当に気合いの入った、人生経験もある、ずば抜けて頭のいい100人ぐらいが、分かってくれるだろう。

 河井克行(かわいかつゆき)は、去年、2019年9月11日に、法務大臣になった。安倍首相の特別の計らいだ。そして50日で、10月末に、河井は辞任した。 ・・・・
 私、副島隆彦が今から書くことは、走り書きになる。そのうち、まとめて、今日のぼやきに載せる。今日は、概要(がいよう。アウトライン)だけにする。巨大な真実を、分かる人だけ分かりなさい。人それぞれ持って生まれた知能というものがある。

 河井克行(そのまえに、外務担当首相特別補佐官 もしていた。スティーブ・バノンを招いた)は、日本の統一教会 (Moonie ムーニ−)の、現職、現役の、最高幹部だ。その奥さんの、案里(アンリ)も同じく、「お母様、聖母様」として日本の統一教会の大幹部だ。

 河井克行は、統一教会の創立者の文鮮明(ぶんせんめい。ムン・サンミョン)の奥様の韓鶴子(はんはくじゃ。かんつるこ)を日本に招いて、東京の有明のビックサイトで開かれた、「お母さま(聖母様)に献げる会」の一万人集会の主催者である。そこにいた6人の自民党の衆議院議員の筆頭である。 

 河井は、法務大臣(法相)になったとき、「これで(私たちが)法務・検察の上に立った」と言ったそうだ。このことは、後ろに乗せる、一昨日(20日)発売の日刊ゲンダイに載っている。5月22日に、賭けマージャンで、幕を引いた、黒川弘務(くろかわひろむ)東京高検 検事長が、検事総長になろうとして、遂に失敗した。この黒川が、この日本の最高検と法務省に、「裏口入学」で、着々と潜り込んだ潜入者(インフィルトレイターinfiltrator )の統一教会の検察官たち100人ぐらいのトップだ。

 日本の官僚機構は、このように、反共右翼の、恐ろしい政治宗教団体に、よって激しく汚染、ウイルス感染している。外務省も、財務省も同じく、ムーニーたちが、幹部たちの中にまで、一杯いる。東大法学部に入学する前から、父親に連れられて、そういう秘密の勉強会に入っている。日本会議や、神社本庁(じんじゃほんちょう)などは、そこから見れば、下っ端の、出先の、フロント団体に過ぎない。

 統一教会は、昔は、勝共(しょうきょう)連合とも名乗り、盛んに、街頭で活動した。勝共(しょうきょう)とは、「共産主義に勝つ」という意味で、ソビエトや中国の共産主義を打ち倒すことを自分たちの、宗教的な堅い信念にしている人たちだ。その後、全国の大学のサークルや、別の宗教団体の中にも潜り込んでゆくことをした。狂気のカルト集団である。

 アメリカやヨーロッパ諸国の先進国にも広がっている。おそろしい連中だ。なんで、こんな気色の悪い人間たちが、大きな勢力として出現してしまうのか、と、私は問われることが、多くなってきた。そのうち、まとめて、私の知る限りのことを書いて説明します。

 私、副島隆彦は、自分もこのキチガイ集団に狙われている、と知っているので、あまり、彼らのことは書かないようにして、この20年間を、慎重に生きて来た。それでも、河井克行が捕まったので。そのお祝いとして、今日は、どうしても書く。

 この後ろの方に、3日前の、6月19日のネット上(ウエブサイト)の、週刊新潮の記事を載せる。「去年の12月10日に、広島地検に赴任して、河井案里の選挙違反の捜査の、担当検事だった、30歳前後の、若い、(おそらく優秀な)検察官が、自死している」

 という記事だ。それが、19日発売の、週間新潮に載った。それは、どうでもいいことばっかり書いてあった。ウグイス嬢たちと河井が性交をしていたとか、広島の市議や、県議たちに、数十万円ずつ、ポケットの中に入れた、とか、そういう、どうでもいいような、記事にしてあった。

「公職選挙法違反の、賄賂の犯罪が、どうして、どうでもいいことなのですか。大変なことではないですか、副島先生」と、私に向かって言うな。この低脳のバカ人間めが。

 どうでも、いいんだ、そんなことは。1億5千万円の選挙資金を買収に使った、とかは表明のことだ。問題は、東京から派遣した、真面目な若い検察官が、去年の12月10日に、殺されて、日本の法務省=最高検察庁=最高裁 のトップたちが、煮えたぎったように、怒り狂って、「もう、あいつら、許さん」と、なったのだ。
週刊新潮も、文春も、統一教会(ムーニ−)と言うコトバを1行も書かない。このことが問題なのだ。

 今、日本の国家体制で起きていることは、最高権力者たちの間で起きている、狂乱状態だ。私は、ずっと冷ややかに、この事態を見ている。

宮崎駿(みやざきはやお)の、「風の谷のナウシカ」(1984年制作)は、中で、自分たち虫(worm 本当は、「ワーム」/wa:m/ 。この映画では、日本共産党の超インテリ知識人だった宮崎駿でも「ウォーム」と呼んだ。日本のインテリも全員「ウオーム」と発声する。バカなんだこの土人たちの国は)

 ・・・この虫の子供一匹を、虐めて殺した、大魔神の巨人ロボットに向かって、怒り狂った虫(ワーム。warm 「暖かい」が「ウォーム」/w c:m/ (このc は反転)なの。発声がひっくりかえる。私の英語勉強の本を読め。「英文法の謎を解く」筑摩新書 全3巻 )

 カブトムシのような虫たちが、大群となって巨人兵に襲いかかり食い掛かっていった。自分たちがいくら殺されても、虫たちの進軍は続いた。そして巨人兵ロボットを打ち倒した。今、法務省=最高検が、やっていることは、これだ。
 
 河井が言ったのだ。「私たちに手を出すと(つまり、私を捕まると)、お前たち(検察官ども)みんな、あんな風にしてやるぞ」と。統一教会というのは、こういう凶悪な組織だ。震え上がったあと、怒り狂った 日本の法務省、検察の主流派の、稲田検事総長と、林(次の検事総長に就任した)派は、全国の法曹(ほうそう)を結集して立ち上がった。法曹内の黒川派=統一教会を叩き潰すと決めたのだ。弁護士会も、裁判官たちも団結した。目を血走らさせて、「私たちの絶対に、汚してはいけない、日本の法秩序という、お城、祭壇を守れ。あいつらを叩き出せ」となった。

 このことが、黒川弘務が、突然、例外の、65歳の定年延長で、閣議決定までして、次の検事総長にする、という、異様な事態に対して、日本の法曹(ほうそう。legal guild リーガル・ギルド。日本の法律エリート集団。裁判所、検察庁、弁護士会の3者)が、一丸となって、法律に違反している定年延長に絶対反対、抗議を唱えだした。その真の理由は、法曹内部に潜り込んで来た統一教会の問題なのである。

 日本の検察、法務省は、これまで長いこと、戦後もずっと、アメリカの手先となって、愛国者の田中角栄を捕まえた(1976年7月)。それから自民党のハト派 のすぐれた政治家たちを、「逮捕するぞ」と脅して痛めつけた。それをテレビ、新聞、週刊誌(大手の出版社たちが発行)という、アメリカの手先の別働隊が、「カネと女の問題」のスキャンダル報道で痛めつけた。「日本は、アメリカ、西欧ばかりでなく、ロシア、中国とも話し合いをして、仲良くする」という考えで動いた、温厚な保守の自民党政治家たちを、煽情的な記事を書いて、辱(はずかし)め、追い落とした。

 法務省、最高検は、悪いことの限りを尽くして、互いに「部長、部長」と呼び合って、威張ってきた。国民の代表である政治家たちよりも、自分たちの方が、上なのだと。このお前たち自身が、反共右翼の砦(とりで)となって、悪いことをずっとしてきた。それなのに、今、その内部に、さらに凶悪な、ウイルス、病原体が蔓延(はびこ)っていることが、満天下に暴かれた。

 それで、全身、膿(う)みだらけになって、掻(か)き毟(むし)りながらながら、身もだえしながら、獅子心中の害虫の駆除を、今、やっている。最高裁の長官だった、三好達(みよしとおる)はじめ、いっぱい、いっぱい、歴代の統一教会の大幹部たちがいるではないか。そのうち、私が、名前を列挙する。 

 私は、まるで、今のこの様子は、「2.26」事件(1936年)の叛乱将校たち(皇道派、こうどうは)と、戒厳令司令部(統制派)の、つかみ合いと同じだと、考えている。激しい形相をした、血みどろのつかみ合いが、今、起きているのだ。と、腹の底から私は知っている。そして、じっと見ている。

 「2.26」の叛乱軍(昭和維新の断行)の青年将校たちのトップの、磯部浅一(いそべあさいち)と、統制派の、石原莞爾(いしはらかんじ)の、ギリギりの睨み合いのような感じだ。このあと、「世界最終戦争」まで書けた、満州国の設計者の、石原莞爾が、反乱軍の本部に乗り込んで、「貴様(きさま)ら、何をやってんだー」と、 対峙したときの、あの気迫と同じだ。 石原莞爾は、陸大(りくだい)出 の白い銀のバッジを付けていた。叛乱軍の将校たち、ただの陸軍士官学校卒の、部隊付きの将校では無い。

 彼らは、双方、軍刀を持ち、腰に拳銃(ピストル)を下げている。双方が、この拳銃の蓋(ふた)に手を掛けている。一触即発だ。怒鳴り合いのあと、掴(つか)み合いで、どちらかが、拳銃を抜いたら、その場で、撃ち合いの殺し合いだ。今、日本で起きていることは、このことだ。

 日本の法務省官僚(赤レンガ組という)と最高検は、自分たちが、日本の最高権力者だ、と、本当に、死ぬ気で思っている。頭のてっぺんから狂っているのだ。「自民党のよごれた政治家どもを、たとえ首相であっても、私たちが捕まえて、牢屋にぶちこんでやる」と信じ込んでいる。

 今の法務省と最高検の検察官は、軍刀と拳銃を持っていないが、それと似た強い権力をもっっているのだ。アメリカが、そのように仕組んだ。 だから、日本の愛国者の政治家(議員、大臣)たちでも、検察を、ひどく恐れている。どこが、何が、デモクラシーだ。こんなものは、デモクラシー(自分たち民衆、国民の代表に本当の権力を握らせろ。代議制民主政体=だいぎせいみんしゅせいたい=、✕民主主義 )ではない。 

 だから、今の、新聞記事は、「次は、安倍晋三首相の事務所や、自民党の総裁室が、捜索されるだろう」と、公然と書いている。

 それでも、私、副島隆彦の、日本で一番の、最高の頭脳から、すれば、「おまえたちなあ。法務、検察ごときが、日本国民というほんとうに大事な人々を、軽く見て、自分たちが、威張り腐って、アメリカの手先をやりながら。
 その挙句に、こんな、恥ずかしいことになったんじゃないか。恥を知れ」 と。「統一教会に、ここまで内部に潜り込まれて、それで、目を剥(む)き出して、つかみ合いのケンカをしている。お前たちの、苦悩を、私は、じっと間近で見ていてやるよ」と。

 本当の、殺し合いは、素手でやると、ボクシングみたいな、きれい事の、パンチの応酬という訳にはゆかない。きたない、血だらけの格闘技(K−1、とかアルティメット、グレイシー柔術とか)だ。

 本当に殺し合いの、最高度の憎しみが高まったら、すぐに、クリンチしあって、地面に転がって、互いに羽交締(はがいじ)めになって、相手の指を歯で、食いちぎる、目に指を突っ込む、ことをする。それが、本当に殺し合いだ。  今、統一教会と、日本の法務検察が、やっていることは、そういうことだ。

 私、副島隆彦は、本当のことを、平然と書くぞ。今の、この河井克行、案里の逮捕の、真実を知っているのは、自民党の幹部たちで、上の方だけだ。各省官僚の中でも上の方だけだ。

 テレビ、新聞でも本社の上の方だけだ。あとは、本当の政治とは何かを、分かるだけの頭の無いのばっかりで、ただの真面目なサラリーマンで終わる連中だ。だから、副島隆彦の学問道場に、結集してくる、本当に、副島隆彦の本を、血眼(ちまなこ)になって真剣に読んできた、生来、高い知能をした者たちだけが、今、私が、書いていることを理解できる。

 それ以外は、平和な、お庶民(しょみん)で、穏やかに平穏に生きて、死んでいけば、それで、いいんだ。それが、最上の生き方だ。 “ Ignorance is bliss “ 「イグノランス・イズ・ブリス」 「無知(むち)は至福(しふく)なり 」、「何も知らないことが、最大の幸福だ」、「お前たち、庶民、平信徒は、何も知らないのが、一番、仕合わせだ。平穏無事の人生がなによりだ。ローマ・カトリック教会の裏側の恐ろしい姿など知ってはいけない。近寄ってはいけない」 だ。

 本当に、副島隆彦は心底、そう思いますよ。血だらけの、穢(きたな)らしい、権力者たちの、いがみ合いの、この世の真実なんか、知ってしまって、何が、楽しいことがあろうか。

 大坂(おおざか)と、京都の、上層の町人(市民、金持ち層、商人)たちは、「おお、ついに、この御方も、こうして、四条河原に、お首(くび)を、晒(さら)しなさった。一時は、あれほどの権勢を誇られたのに・・・」 と、橋のたもとから、みんなで、その、首が切り離された 死体を、眺めるのだ。無惨な、権力者たちの、権力闘争の、末路だ。

 小池百合子も、もう終わってゆく。学歴詐称と、盗作(とうさく)と、政党をコロコロとあまりに変わる政治家を、民衆(国民)は、どうせ許さない。美しい晴れやかな、高級和服(色留め袖。いろとめそで。六〇〇万円ぐらい)の姿で、オリンピックの旗を、小池が、晴れがましく、左右に大きく振ってみせる(ブラジルの選考会でこれをやった)、という、一世一代の美しいドラマももうないのだから。

 お役目ゴメンで、この女も、どうせ消えてゆく。 小池ゆり子は、統一教会の中でも、7男坊の、文亨進(ぶんきょうしん)派だ。安倍晋三が、“聖母さま”の韓鶴子(ハンハクジャ)と3男坊の文顕進(ぶんけんしん)派の主流派であるのと、派閥が違うのだ。  副島隆彦記

 副島隆彦です。このあとに、上記で説明した、記事を2つ載せる。長い。
そして、さらに、1枚、世界政治も、まったく日本と同じように、激しく動いているのだ、の 私が作った画像を1枚載せる。これの解説はしない。生来、頭のいい人間だけが、食い入るように、じっと見て、そして自分の脳で必死に考えなさい。 副島隆彦 記

(転載貼り付けはじめ)

●「 なぜ法相に(なれたのか)?  核心は買収ではなく安倍首相の捜査妨害 」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/274891

  2020/06/20 日刊ゲンダイ 

 ともに現職国会議員の夫婦が同時に逮捕されるのも、法相経験者が逮捕されるのも憲政史上初めてだという。昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる公選法違反(買収)容疑で、18日、検察当局に逮捕された前法相の衆院議員・河井克行容疑者(57)と妻の参院議員・河井案里容疑者(46)。2人は案里を当選させるために、地元の県議、市議ら100人近くに計2570万円ものカネを配った疑いが持たれている。

 案里は取り調べに対し「違法な行為をした覚えはない」と強気に容疑を否認しているというが、捜査関係者によれば、2人が選挙当時に陣営関係者らとやりとりしたLINEの記録の一部を消去していた疑いがあるという。買収の証拠隠滅を図った夫妻には、やましい自覚があったのだろう。東京地検特捜部は消されたデータの復元を進めている。

 前代未聞の逮捕劇。すべての発端は、昨年10月に「週刊文春」が報じた「法務大臣夫婦のウグイス嬢『違法買収』」だった。案里が当選した参院選で法定上限の倍額の日当を車上運動員に支払い、ウソの領収書で偽装していた疑惑だ。

 この参院選で案里は初当選。「定数2」の広島選挙区で、安倍首相が敵視する自民党のベテラン溝手顕正前参院議員は落選の憂き目に遭った。その2カ月後、9月の内閣改造で、克行は6選を目指した溝手を追い落とした論功行賞のごとく法相に起用されたのだが、文春報道を受け、就任からわずか50日で辞任したことは記憶に新しい。

首相の関与が大きく疑われる
 ウグイス嬢14人に法定の上限を超える報酬を支払った公選法違反では、すでに克行の元政策秘書と案里の公設秘書が起訴され、16日に案里の公設秘書に有罪判決が下された。この事件を捜査する過程で河井夫妻の事務所や自宅を家宅捜索したところ、夫妻の自宅や事務所から現金の配布先を示すリストが押収され、買収事件に発展したのだ。

「この選挙買収事件が前代未聞なのは、前法相の犯罪というだけでなく、安倍首相の関与が大きく疑われるところにあります。参院選で党本部から投入される資金は1500万円が基本なのに、案里氏の陣営には1億5000万円が振り込まれていた。相場の10倍という尋常ではない待遇で、幹事長の一存で動かせる金額ではない。

 党総裁の安倍首相が指示したとしか思えません。さらに、河井陣営には安倍首相の地元である山口県の事務所から、筆頭秘書をはじめ4人もの秘書が送り込まれていた。まさに首相丸抱えの選挙だったのです。安倍事務所が選挙買収を指南していた可能性だって否定できない。法解釈をねじ曲げてまで、“官邸の守護神”と呼ばれた東京高検の黒川前検事長の定年延長を画策したのは、安倍首相に後ろ暗いところがある証左でしょう」(政治評論家・本澤二郎氏)

 河井夫妻の事件に関し、発売中の「週刊文春」が広島地検の幹部の発言を伝えている。黒川氏が賭けマージャンで検事長の職を辞した5月22日、地元記者らを前に、憤まんやるかたない様子でこう話したのだという。

「官邸が圧力をかけて、河井夫妻の捜査をやめさせようとしている」

「官邸は(稲田伸夫)検事総長を(黒川の監督責任で)辞めさせて、河井捜査を止めようとしているようだが、そうはいかない。法務・検察は内閣に人事を握られているが、俺は捨て身でやる」――。

 この検事の憤りこそが、事件の核心ではないのか。
安倍事務所と自民党総裁室へのガサ入れは必須

 首相補佐官や総裁特別補佐を歴任した克行は、紛れもない安倍側近だ。そして安倍は昨年、妻の違法選挙を取り仕切った克行を、よりによって法の番人に据えた。違法行為を働いた直後に法相に抜擢なんて、悪い冗談としか思えない。官邸は本当に選挙買収を知らなかったのか?

 東京新聞(19日付)によると、克行は法相就任後、宴席で親しい知人たちに「法務・検察の上に立った。もう何があっても大丈夫だ」と言い放ったという。

「違法選挙の捜査を抑え込むために、あえて当事者の克行氏を法相に就けたという見方もある。文春報道で悪事が明るみに出なければ、今も克行氏が法相を務め、黒川氏の定年延長を決定していた可能性があるのです。これは恐ろしい話ですよ。官邸ぐるみで、民主主義の根幹を歪める不正選挙の隠蔽工作が行われていた。

 検察への露骨な人事介入で疑惑を封じようとしたのです。河井夫妻が離党し、自民党も政権も買収疑惑は候補者個人の問題だと切り離しにかかっていますが、本当の司令塔は誰だったのかを解明する必要がある。日本のメディアは昨年、韓国の“タマネギ法相”夫妻の疑惑報道で過熱していましたが、それどころではないスキャンダルです。河井事件の担当検事が昨年12月に自殺していたというのも、森友学園事件と同じ構図で、底知れぬ闇を感じます」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)

 通常国会の閉幕を受けたおとといの会見で安倍は「我が党所属であった現職国会議員が逮捕されたことについては大変遺憾であります。かつて法務大臣に任命した者として、その責任を痛感しております」とお決まりのセリフを読み上げた。

 法相任命は「かつて」と遠い昔の話のように印象操作し、河井夫妻の個人的問題に矮小化することで、政権へのダメージを回避しようという魂胆だろうが、夫妻は前日まで自民党所属議員だったし、何より安倍丸抱えの選挙における買収疑惑であり、その捜査を官邸主導で潰そうとした。それこそが、この事件の争点なのである。

法定上限を超える資金提供の意味は?
 昨年の参院選で広島県選管が定めた選挙運動費用の上限は4726万9500円だった。その3倍以上もの資金を河井陣営に投入したのは、買収を奨励するようなものではないのか。

 なりふり構わず違法行為を働いてでも、溝手を追い落として案里を当選させろという官邸の意向が反映されていたのではないか。1億5000万円は誰が決裁し、何に使うと考えて支給したのか。

「買収の原資は、党からの1億5000万円だったのか。政党交付金からの支出なら、国民の税金がカネで票を買う違法選挙に使われたことになる。そんなことは絶対に許されません。原資を特定しなければ、法相の違法行為という前代未聞の犯罪の全容を解明できない。少なくとも、安倍事務所や自民党総裁室へのガサ入れは必須です。

 そこに切り込めなければ、検察は官邸と手打ちしたと見られても仕方ない。官邸の守護神と言われた黒川氏がいなくなっても、権力に忖度する姿勢に変わりはないと国民から見放され、今度は検察に批判が向かうでしょう。河井夫妻の逮捕というトカゲの尻尾切りでお茶を濁せば、国民の期待を裏切った検察は、二度と信頼を回復できなくなります」(本澤二郎氏=前出) 

 その黒川氏にはきのう、約5900万円の退職金の支給手続きが行われた。コロナ禍で困窮する国民への支援は届かないのに、首相に近い黒川氏や河井夫妻には、税金から速やかに巨額が支払われるのだから、やるせない。

 この不条理を正すには、諸悪の根源である安倍の退陣しかないだろう。河井事件の本質は安倍事件だ。検察人事にも介入して捜査を潰そうとした。「桜を見る会」にも通じる首相の犯罪である。チンピラ夫妻の逮捕というガス抜きで終わらせるわけにはいかない。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。2本目の記事を載せます。この記事の、本当の恐ろしさを、感じ取ることができなければ、政治というものの、本当の姿は、分からないから、アホのままの一般国民として、今のまま、生きてゆきなさい。それが一番、いい。 
 現職の、若いエリートの検察官で、河合案里の公職選挙法違反の担当の検察官が、昨年の12月10日に、広島で殺されているのだ。このことに、激しい恐怖感を持たない者は、鈍感人間だ。学問道場を去りなさい。このことで、驚かないで、他のことに話題と関心をすぐに、移そうとする者は、すべて私、副島隆彦の敵である。以後、私に、馴れ馴れしく近寄るな。

(転載貼り付け始め)

●「「河井案里」捜査担当検事が自死していた 夫妻は“暴露”の切り札に…」

デイリー新潮 2020年6月17日   週刊新潮 6月25日号掲載 
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/06171700/?all=1

 広島地検が河井案里議員(46)と夫の克行前法相(57)の本格捜査に着手したのは、今年1月。国会の閉会翌日となる6月18日が逮捕の「Xデー」とも噂されているが、その裏では、案里議員の捜査担当検事が自ら命を絶っていた。

「亡くなったのは昨年12月10日。広島市内のマンションです。この検事は国立大卒で30歳前後と若く、2年ほど前に東京地検から異動してきたばかりでした。遺書も残されていなかったようです」
 と証言するのは、広島の政界関係者。上司のパワハラを苦にして……との情報があるものの、理由は定かではない。案里議員の捜査との関係については、

「検事が亡くなったのは本格捜査の開始前です。とはいえ、事件の露見から捜査に着手するまでには告発状なども出されていたし、情報提供もあった。彼はそういった情報を精査し、案里事件を検察が手掛けられるかどうかを見極める、下調べ的な位置づけの捜査にたずさわっていたのです」(同)

 亡くなった検事の遺族に尋ねると、自殺の原因は不明としつつも、
「検察の方から息子が職場で注意を受けていたという話はありました。でもそれは、よくある仕事上の軽い失敗に対する叱責とのことで、具体的な説明はありません」と涙ながらに語る。

 関係者が頭を悩ませているのは、この一件が、すでに河井夫妻の耳に入っているためだ。
「否認している案里が、検察当局や周囲に対して、“自分たちに何かあればこの話を暴露してやる”と息巻いているんです」(先の政界関係者)

“何かあれば”とは、夫妻の逮捕を指してのものである。
「彼女が自殺の情報をどのような筋で得たかは定かではありません。法相だった克行ルートかもしれませんね」(同)
 検察の不祥事隠蔽を暴露してやると“恫喝”めいた切り札を手にしていた夫妻。検察に抱く恨みのほどがうかがえる――。6月18日発売の週刊新潮では、ウグイス嬢をも相手にしていた克行前法相の女性遍歴と併せ、夫妻の事件、そして若き検事の死を詳しく報じる。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。さらに、1枚だけ、ものすごく重要な、世界政治の 真髄(しんずい)と言うべきとを、私、副島隆彦の手垢(てあか)の付いた、手書きもしてあるものを、ここに載せる(冒頭写真)。本気で読め。
http://www.asyura2.com/20/cult27/msg/291.html

[国際28] 中国とロシアを締め上げるという英国の長期戦略をNATOが全面的に引き受ける(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
3. 仁王像[2813] kG2JpJGc 2020年6月25日 10:25:41 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[51]
 「EUを離脱した英国の長期戦略をEUが全面的に引き受ける」っていう意味、ロンリ判りる?
  とんと判らんぞ、このキャベツ頭め!

 ♪何をガタガタ川端柳 ってことになる
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/862.html#c3

[政治・選挙・NHK273] 「労組ってすごい」20代で専従 親世代も救う交渉術/朝日新聞
「名代 富士そば」で働く50代の男性と記者会見に臨む飲食店ユニオンの栗原耕平さん(右)=2020年4月17日、東京・霞が関、志村亮撮影

「労組ってすごい」20代で専従 親世代も救う交渉術/朝日新聞
榊原謙、志村亮
2020年6月27日 6時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN6V5640N6HULFA03P.html?iref=comtop_8_07

 20代の労働組合の「専従スタッフ」たちが、非正規が多い飲食業界の働き手の支援に熱心に取り組んでいます。自分の親ほど年齢の離れた年上の組合員たちの相談を受け止めながら、ともに団体交渉に臨み、成果につなげています。なぜ労組にのめり込み、どんな思いで活動しているのでしょうか。

「会社と敵対するつもりはありません」

 東京・霞が関の厚生労働省の記者会見室。4月17日、大勢の報道陣がみつめる前で、マスク姿の栗原耕平さん(24)は、落ち着いた様子で団体交渉の成果を報告した。

 「富士そば側から、全額の休業補償をおこなうと回答がありました」

 首都圏を中心にチェーン展開する「名代 富士そば」で働くアルバイトの50代男性は、新型コロナ対策の営業自粛で勤務シフトを減らされたのに、賃金の補償がなかった。個人で入れる労組「飲食店ユニオン」に相談したところ、スタッフの栗原さんらのサポートを得て、運営会社との団体交渉にこぎ着けた。

 栗原さんは、雇用を守った企業に出る国の助成金を使えば、休業補償をする会社の費用負担は大きく減らせると提案。申し入れの翌日に、会社側から全額補償の回答を得た。単に補償を求めるのではなく、制度になじみのない経営者には国に代わって詳しく説明し、活用を勧める「提案型」の交渉を心がけている。会見では、こう訴えた。

「団交、ビラ配り、街宣活動……。労働者のために徹底的に闘う姿勢が熱かった」。飲食店ユニオンの尾林哲矢さん(22)は労組にのめり込んだ理由を語ります。後半で詳しくお伝えします。

 「我々は、会社と敵対するつも…
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/671.html

[政治・選挙・NHK273] コロナ、米中対立、陸上イージス中止の関係〜中国に尻尾を振る意味で…/田中宇
コロナ、米中対立、陸上イージス中止の関係/田中宇
 http://tanakanews.com/
 【2020年6月26日】
 最近の大きな出来事である新型コロナ、米中対立の激化、日本の陸上イージス配備中止は、相互に因果関係がある。
 コロナ危機によって米国が経済・消費の覇権国でなくなるため、中国は米国と仲良くしている意味がなくなってトランプが売ってくる喧嘩を買うようになり、日本は経済的に米国でなく中国に頼る傾向になって、中国に尻尾を振る意味で陸上イージスの中止を発表した。
 トランプは、コロナ危機を奇貨として、もしくはコロナ危機を誘発して、米中対立を激しくして中国を対米自立に押しやり、日本を親中国に追いやっている。
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/672.html
[国際28] 国連事務総長 イスラエルに入植地一部併合の方針撤回求める/nhk
国連事務総長 イスラエルに入植地一部併合の方針撤回求める/nhk
2020年6月25日 6時48分トランプ大統領
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200625/k10012483171000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_003

イスラエルがアメリカ、トランプ政権の中東和平案に沿って入植地の一部を併合する構えを見せていることに対し、国連のグテーレス事務総長は国際法に違反するとして方針の撤回を求めました。しかしアメリカはイスラエルを擁護する立場を崩しておらず、併合が強行されることへの懸念が強まっています。

イスラエルはヨルダン川西岸に設けたユダヤ人入植地の一部を併合する構えを見せ、来月1日に何らかの行動をとる可能性を表明しています。

入植地の併合はトランプ政権がことし1月に示した中東和平案に盛り込まれ、これに沿う動きです。

これを受けて国連の安全保障理事会は24日、会合を開き、グテーレス事務総長が冒頭、「もし併合が行われれば最も深刻な国際法違反だ」と述べて、併合は国際法に違反するという認識を示しました。

そのうえで、これにパレスチナ暫定自治政府が強く反発していることを踏まえ、「二国家共存の展望に甚大な悪影響をもたらし、和平交渉の可能性を損なう」と述べて、方針の撤回を求めました。

また安保理の理事国のほとんどが中東和平を頓挫させるだけでなく、中東地域の不安定化を招くとして反対を表明しましたが、アメリカはパレスチナ側が中東和平案の交渉を拒否していると非難し、イスラエルを擁護する立場を崩しておらず、併合が強行されることへの懸念が強まっています。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/871.html

[文化2] 竹中半兵衛は…人間社会の実利よりも人間としての生き方、美学のほうに重心が傾斜/小説「軍師竹中半兵衛」 仁王像
2. 仁王像[2814] kG2JpJGc 2020年6月30日 09:15:46 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[52]
(余談の続き)

 信長を「外道そのもの」、と言い切った時代小説家・隆慶一郎

「風の呪殺陣」隆慶一郎/徳間書店’90年から

>信長はどここら見ても外道そのものであり。悪鬼羅刹以外の何者でもなかったと思う。

http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/893.html#c2

[国際28] データで読み解くコロナ感染 世界をどう侵食したのか〜累計死者数、なお先進国が多数/朝日新聞
データで読み解くコロナ感染 世界をどう侵食したのか/朝日新聞
新型コロナウイルス
2020年6月30日 8時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN6Z05GNN6XUHBI00M.html?iref=comtop_8_04

新型コロナウイルスの感染拡大が、世界で新たな局面を迎えています。先進国ではすでにピークを越えた国がある一方で、南米などの新興・途上国で感染の広がりが深刻化しているからです。世界の感染者は累計で1千万人を超え、死者も50万人に達しています。新型コロナウイルスは世界でどのように広がってきたのか。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計データをもとに読み解きます。

感染者数、新興国・途上国が先進国を逆転

 世界各国を、国連の基準にならって36の先進国と、それ以外の新興・途上国に分けてみましょう。

すると、当初は先進国で感染が一気に広まったことがわかります。中国で始まった感染が3月以降、欧米で大規模なパンデミックを引き起こしたためです。4月中旬には、1日6万人以上の感染者を記録し、先進国における感染はピークを迎えました。

 一方、新興・途上国は徐々に感染数を増やし、5月上旬には1日当たりの感染者数で先進国を逆転しました。その後も、さらに差を広げています。

 6月上旬には、累計の感染者数でも先進国を上回りました。世界の感染者は累計で1千万人を超えましたが、そのうち60%近くは新興・途上国が占めています。

 グラフの上昇カーブをみる限り、今後も新興・途上国では感染者が増え続ける可能性が高そうです。一方で、よくみると先進国の感染者も最近になって再び増え始めていることがわかります。これは米国で感染が再拡大し始めていることが原因です。

累計死者数、なお先進国が多数

 死者数で先進国と新興・途上国を比べてみると、累計の死者数は依然として、先進国が大きく上回っています。

世界の死者数は累計で50万人を超えましたが、そのうち約63%は先進国が占めています。これは、4月をピークとした欧米での感染爆発で、いかに多くの死者が出てしまったのかということを示しています。先進国では4月中旬、1日当たり6千人を超える人たちが命を落としました。

 ただ、1日当たりの死者数は5月下旬以降、新興・途上国で、先進国の人数を上回るようになりました。いまでは毎日、新興・途上国で先進国の3倍以上の死者が出る状況となっています。

新型コロナウイルスが感染拡大のこれまでと現在、そしてこれから。さらに7つのグラフで多角的に分析します。

■感染者分布、2カ月で様…
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/881.html

[国際28] イラン トランプ大統領に逮捕状 革命防衛隊の司令官殺害容疑/nhk
イラン トランプ大統領に逮捕状 革命防衛隊の司令官殺害容疑/nhk
2020年6月30日 4時38分米イラン対立
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012488541000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008

イランの司法当局は、ことし1月に起きた精鋭部隊の司令官の殺害に関わったとして、殺人などの疑いでアメリカのトランプ大統領を含む36人の逮捕状を取ったと発表しました。イランとしては国際社会にアメリカによる殺害は不当だったと訴えるねらいがあるものとみられます。

イランの精鋭部隊、革命防衛隊のソレイマニ司令官はことし1月、隣国イラクの首都バグダッドで、アメリカ軍の攻撃を受けて殺害されました。

国営メディアによりますと、イランの司法当局は29日、ソレイマニ氏の殺害の指示や実行に関わったとして殺人などの疑いでアメリカの政府高官や軍人など36人の逮捕状を取ったと発表しました。

この中にはトランプ大統領が含まれ、「リストの最上位のトランプ大統領に対する追及は、彼が任期を終えたあとも続く」としています。トランプ大統領以外の人物の名前は明らかにされていません。

またこれに合わせてICPO=国際刑事警察機構に対し、この36人の国際手配を求めたとしています。

ソレイマニ氏の殺害をめぐっては、その直後にイランが報復としてイラクにあるアメリカ軍の拠点を弾道ミサイルで攻撃して、一時、軍事的な緊張が高まり、現在も対立が続いています。

イランとしては、保守派の国民を中心に英雄視されてきたソレイマニ氏の殺害に対して、アメリカの責任を徹底的に追及する構えを示すとともに、国際社会に殺害は不当だったと訴えるねらいがあるものとみられます。


ICPO「検討せず」

ICPO=国際刑事警察機構は29日、NHKの取材に対し、政治的、軍事的、宗教的な性格を持ついかなる干渉、または活動もしてはならないというICPOの憲章を指摘したうえで、イランから国際手配の要求があったとしても「憲章や規則に基づき、そうした性質の要求は検討しない」と述べ、応じない考えを示しています。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/882.html

[国際28] 70年前に始まった朝鮮戦争は米国が英国から引き継いだ対中国戦争の一環(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
8. 仁王像[2815] kG2JpJGc 2020年6月30日 10:09:59 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[53]
 タイトルが奇を衒っている感じ。歴史的事実として指摘された例を知らない。

 (関連)
・朝鮮戦争の敗者は朝鮮民族であり、勝者は米国であった〜本来「反米」になるべきところが巧妙に「反日」にすり替えられた/鬼塚氏
 http://www.asyura2.com/14/asia16/msg/786.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 31 日 13:06:16: jdZgmZ21Prm8E

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/876.html#c8

[国際28] イタリア、感染爆発前に原因不明の肺炎 コロナかは不明/朝日新聞
イタリア、感染爆発前に原因不明の肺炎 コロナかは不明/朝日新聞
新型コロナウイルス
ローマ=河原田慎一
2020年7月1日 12時23分
https://www.asahi.com/articles/ASN713VHKN71UHBI005.html?iref=comtop_8_04

 新型コロナウイルスの感染が2月下旬から急拡大したイタリアの北部ベルガモで「原因不明の肺炎」が昨年11月から広がり、1月までに110人が入院していた、と同国メディアが6月30日に報じた。原因不明の肺炎は例年発生しているが、昨年の入院者数は2018年を大幅に上回った。新型コロナによる肺炎かどうかは、検査が行われなかったため不明だ。

 報道によると、ベルガモの保健所の調べで、州幹部に提出した報告書に、原因不明の肺炎でベルガモ県内の公立病院に入院した患者数が昨年は前年比3割増だったことが分かった。

 新型コロナで家族を亡くしたベルガモの遺族が「州や政府に感染爆発を招いた刑事責任がある」と告発。これを受けて捜査を進めている地元検察も、原因不明の肺炎が広がっていたことを把握しており、検察は「新型コロナだった可能性がある」としている。

 新型コロナをめぐっては、イタリアの高等衛生研究所の調査で、昨年12月に同国北部ミラノとトリノで採取された下水から検出され、ウイルスが12月には存在していたことが分かっている。(ローマ=河原田慎一)


(仁王像)
 この主旨のものは、4月のテレ朝ニュースでやっていたと記憶する。発祥地はイタリアの可能性があるのではないかと、その時思った。スペイン風邪は米国が発祥地であった。

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/889.html

[政治・選挙・NHK273] コロナ専門家会議を廃止 「日本モデル」敗北の責任者/AERA・msnニュース
コロナ専門家会議を廃止 「日本モデル」敗北の責任者/AERA・msnニュース
2020/07/01 08:00
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e5%b0%82%e9%96%80%e5%ae%b6%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e3%82%92%e5%bb%83%e6%ad%a2-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab-%e6%95%97%e5%8c%97%e3%81%ae%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e8%80%85/ar-BB16aRYo?ocid=iehp

西村康稔経済再生担当相は6月24日、新型コロナウイルスに関する専門家会議を廃止し、より幅広い専門家を加えた新たな分科会を設置すると発表した。

 医療ガバナンス研究所の上昌広理事長が指摘する。

「日本の感染症対策を仕切るのは、厚生労働省結核感染症課と感染研(国立感染症研究所)、保健所などの行政機関です。専門家会議を実質的に主導したのは感染研でした。廃止は厚労省の責任が問われた形です」

 日本ではPCR検査の実施がなかなか進まなかったことなど、専門家会議に対する批判は少なくない。責任の所在や第2波に向けた対策は改善されるのか。

「PCR検査を必要な人に実施できるようにするには、民間の医療機関や検査会社との連携が欠かせません。ところが保健所などが独占的に行ったため“目詰まり”を起こし、検査体制が追いつかなくなったのです。このシステムにメスを入れなければなりません」(上氏)

 3密(密閉空間、密接場面、密集場所)の回避、人との接触8割減、人との間隔は2メートル空けるなど「新しい生活様式」に言及したことも疑問視された。

 専門家会議の脇田隆字座長(感染研所長)らは6月24日の会見で、感染拡大への危機感から提言が「前のめり」になったと説明。その上で「あたかも専門家会議が政策を決定しているかの印象を与えた」などと振り返った。

 専門家会議が発足したのは、2月14日。新型コロナに対応する特別措置法の改正が3月までずれ込んだため、専門家会議は法的に位置づけられた組織ではなかった。そのことも弊害が生じる要因になった。

「法的根拠がないため、権限や責任が不明確でした。だから、3密とか人との接触8割減とか、極めてあいまいな意見に終始しているのです。実際には、東京や大阪の都市部でも接触は4〜6割減にとどまりましたが、感染者数は減少に転じています。諸外国はひたすら臨床研究に邁進(まいしん)し、しっかりしたデータに基づいて情報提供しています。新しく作る会議体は法律で定めて、議論内容や科学的根拠を開示するよう義務付けるべきです」(上氏)

 PCR検査を民間の医療機関や検査会社がいまよりもスムーズに実施できるようにするには、感染症法の改正も必要だという。第2波に備えた法整備を急ぐべきなのに、安倍政権は国会を早々と閉じたのである。(本誌・亀井洋志)

※週刊朝日  2020年7月10日号
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/771.html

[国際28] 中国、米メディアに職員と財務情報の開示命令 「対抗措置」と説明/AFPBB News・msnニュース
中国、米メディアに職員と財務情報の開示命令 「対抗措置」と説明/AFPBB News・msnニュース
AFPBB News 2020/07/01
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e4%b8%ad%e5%9b%bd-%e7%b1%b3%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%ab%e8%81%b7%e5%93%a1%e3%81%a8%e8%b2%a1%e5%8b%99%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e9%96%8b%e7%a4%ba%e5%91%bd%e4%bb%a4-%e5%af%be%e6%8a%97%e6%8e%aa%e7%bd%ae-%e3%81%a8%e8%aa%ac%e6%98%8e/ar-BB16cjJI?ocid=iehp

【AFP=時事】中国は1日、米メディア4社に対し、中国における職員と財務運営に関する情報の詳細を、7日以内に開示するよう命じた。両国間では、報道機関をめぐる対立が悪化している。

 中国外務省の趙立堅(Zhao Lijian)報道官によると、対象となるのは通信社のAPとUPI、テレビ局のCBS、公共ラジオ局のNPR。職員および財務情報に加え、中国国内に所有する不動産の詳細開示も求めている。

 趙氏は定例会見で、これは米政府による中国国営メディアに対する規制強化への報復であり、中国の動きは「米国の理不尽な弾圧に対する全くもって必要な対抗措置」だと説明した。

 米国務省は今年2月、中国メディア5社を「外交使節団」に指定。先月22日、さらに4社を同じ扱いとした。同省報道官は先月、これら9社は全て「事実上、中国政府にコントロールされている」と指摘している。

 米政府が2月、外交使節団に指定した中国メディア5社に対し、駐米の中国人職員数の削減を指示した際には、中国側は報復措置として、ニューヨーク・タイムズ(New York Times)、ワシントン・ポスト(Washington Post)、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の駐中職員ら計10人以上に国外退去を命じていた。

【翻訳編集】AFPBB News

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/891.html

[国際28] ずっと世界恐慌、いずれドル安、インフレ、金高騰、金融破綻/田中宇
◆ずっと世界恐慌、いずれドル安、インフレ、金高騰、金融破綻/田中宇
 https://tanakanews.com/
 【2020年7月1日】
 コロナの世界恐慌はずっと続き、その悪影響を最大限に受けるのは米国だ。世界経済は米国から離れていく。ドルは基軸通貨の座から落ちていき、ドル安になり、インフレがひどくなり、長期金利が上昇し、米政府は国債利払いが困難になる。
 米国では社会保障制度も破綻し、暴動や内戦で社会の不安定が増す。
 ドルに代わる多極型の基軸通貨の世界体制はまだ確立していないので、ドルを見放した資金の行き先として金地金が重要になる。金相場は今後、米連銀QEの謀略によるV字型の一時的な暴落がしばらく繰り返されるかもしれない。
 だがQE資金が金相場暴落と、株・債券高騰の謀略を露骨にやるほど、米連銀とドルに対する信用が落ちていく。多極化とのバランスで、今後いずれの時点でドル崩壊や米国の金融破綻が急進展する。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/892.html
[国際28] ずっと世界恐慌、いずれドル安、インフレ、金高騰、金融破綻/田中宇 仁王像
1. 仁王像[2816] kG2JpJGc 2020年7月02日 07:20:07 : 5CEo0GMCf2 : YXlzZHVLNzRibnc=[3]
中国で大規模な金偽造事件が発覚したよう/佐藤義孝

[2597]金偽造事件
投稿者:佐藤義孝
投稿日:2020-07-01 15:54:22
 http://snsi.jp/bbs/page/1/

 中国で大規模な金偽造事件が発覚したようです。

(引用始め)

「金メッキを施された銅だった」過去最大級、83トンもの偽造GOLDを融資担保使用=中国「武漢金凰珠宝」
https://coinpost.jp/?p=163991

新型コロナウイルスの初症例が確認された中国・武漢市で、新たなスキャンダルが発生した。3055億円相当の融資の担保に、偽造された83トンもの金地金が充てられていたことが判明し、湖北省が捜査を開始しているという。

スキャンダルの震源は米Nazdaq証券取引所にも上場している、金加工業大手の「武漢金凰珠宝」(Wuhan Kingold Jewelry)。中国経済メディア「財新」がこの事件の詳細を調査、報道した。
(引用終わり)

 私がよくわからないのは、融資する際に担保として受け取る金が本物かどうかチェックしないのでしょうか。これから金価格がどんどん上昇すると類似の事件が増えるような気がします。

http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/892.html#c1

[国際28] 文大統領“米大統領選前に米朝首脳会談を”/NNN24・msnニュース
文大統領“米大統領選前に米朝首脳会談を”/NNN24・msnニュース
NNN24 2020/07/02 01:30
http://www.msn.com/ja-jp/news/video/%e6%96%87%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98-%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e9%81%b8%e5%89%8d%e3%81%ab%e7%b1%b3%e6%9c%9d%e9%a6%96%e8%84%b3%e4%bc%9a%e8%ab%87%e3%82%92/ar-BB16dwvO?ocid=iehp

アメリカと北朝鮮の対話が停滞する中、韓国の文在寅大統領は、11月のアメリカ大統領選挙の前に、再度、米朝首脳会談を行う必要があるとの考えをアメリカ側に伝えていたことがわかりました。

韓国大統領府の関係者によりますと、文大統領は6月30日、EU(=ヨーロッパ連合)の首脳とのビデオ会議で、「アメリカ大統領選挙の前に米朝首脳の対話がもう一度推進される必要がある」などと述べたということです。

先月16日の南北共同連絡事務所の爆破後、こうした文大統領の考えはすでにアメリカ側に伝えられ、「共感を得て努力が行われている」としています。

また、米韓関係筋によりますと、アメリカで北朝鮮問題を担当するビーガン国務副長官が、来週7日から9日にも韓国を訪問する方向で調整が進められているということです。

ビーガン氏は先月、大統領選挙前の米朝首脳会談について「おそらくない」との見解を示していますが、訪韓に合わせて北朝鮮側との接触を模索するか注目されます。
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/896.html

[政治・選挙・NHK273] 日本の輸出規制は裏目? 韓国の高官「サンキュー安倍」/朝日新聞
日本の輸出規制は裏目? 韓国の高官「サンキュー安倍」/朝日新聞
2020年7月1日 21時38分
https://www.asahi.com/articles/ASN716V9CN6ZUHBI01Q.html?iref=comtop_8_08

 日本政府が韓国向けの輸出規制を強化すると発表して、1日で1年がたった。元徴用工問題の解決を促す「圧力」とも指摘された措置だったが、韓国側は動かず、日韓の企業の負担だけが増した。両国政府はさや当てを続けており、関係改善への道筋は見えない。

スマホ画面素材など韓国へ輸出規制 徴用工問題で対抗か→https://www.asahi.com/articles/ASM7134F2M71ULFA00B.html?iref=pc_extlink

 日本政府による昨年7月の輸出規制強化は、日韓双方にどんな「損益」をもたらしたのか。

 日本が輸出手続きを厳格化したのは、スマートフォンなどの画面に使う「フッ化ポリイミド」、最先端の半導体製造で使う「レジスト」と「フッ化水素」だ。いずれも世界的に日本企業のシェアが高く、韓国に輸出して稼いできた。

 このうち輸出が大きく減ったのがフッ化水素だった。財務省の貿易統計によると、かつての月2千〜3千トン規模から規制強化の翌月はゼロに急落。20年5月でも前年同月比85・6%減の378トンにとどまる。

 国内のフッ化水素製造大手2社は、昨年末までに許可を得て輸出を再開したが「輸出量は(規制前の)半分ほどに落ち込んだ。経営への影響も大きい」(大阪のメーカー)。別の大阪のメーカーも、19年度の全体の出荷量は前年度より3割近く減ったという。

脱日本に成功、新たな問題も
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/789.html

[国際28] 軍が支配するエジプト(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
3. 仁王像[2817] kG2JpJGc 2020年7月02日 20:17:07 : 5CEo0GMCf2 : YXlzZHVLNzRibnc=[4]
  中学生レベルの歴史の復習かい?

 ♪これこれ石の櫻井ジャ君
  右へ行くのはどちらかえ
  黙ってい〜ては分からないー ってとこ
              (by 白かぶ)
 
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/880.html#c3

[国際29] アメリカ大統領選挙まで4か月 新型コロナが選挙の様相を一変/nhk
アメリカ大統領選挙まで4か月 新型コロナが選挙の様相を一変/nhk
2020年7月3日 17時55分米大統領選
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200703/k10012494341000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_018

11月3日に投開票が行われるアメリカ大統領選挙まで4か月。再選をねらう与党・共和党のトランプ大統領と、政権奪還を目指す野党・民主党のバイデン前副大統領のどちらが勝つのか、注目されますが、選挙戦の行方に影響を与えているのが、新型コロナウイルスです。大統領選挙の様相を一変させています。

新型コロナウイルス 大きな争点に

ウイルスの影響への対応は選挙の大きな争点に浮上しています。

トランプ大統領は新型コロナウイルスを『中国ウイルス』と呼び、中国やWHO=世界保健機関の責任を強調し、みずからへの批判をかわそうとする一方、落ち込んだ経済の回復を訴えています。

これに対し野党・民主党のバイデン前副大統領はトランプ大統領が専門家の科学的な助言を軽視し感染拡大を招いたと批判したうえで、みずからは感染防止対策を重視する姿勢を強調しています。

トランプ大統領は先月、感染拡大を受けて見合わせていた大規模な集会を3か月ぶりに開催し、「来年はアメリカ史上最高の経済に戻るだろう」と述べて、復活への動きをアピールしました。

トランプ大統領としては集会で勢いを見せ流れを引き寄せるとともに、各地で開催することでアメリカが回復の道のりにあると印象づけたいねらいもあるとみられます。

バイデン氏は先月30日の記者会見で「自分のためではなく国のために専門家の忠告を聞き、集会は開かない」と述べ、感染拡大が収まるまでは大規模な集会は開かないと宣言しました。

バイデン氏としてはトランプ大統領とみずからの違いを強調することで政権の感染対策への不満や不安の受け皿となる戦略とみられます。

党大会への対応でも違い

両陣営は11月の本選挙に向けて党の候補者を正式に指名する重要な手続きとなる党大会への対応でも違いを見せています。

トランプ陣営の共和党は大規模な大会の開催にこだわり、当初、開催場所に予定していたノースカロライナ州の州知事が感染対策を理由に規模の縮小を求めると、会場をフロリダ州に変更すると発表しました。

これに対しバイデン陣営の民主党は、党大会を史上初めてインターネットを通じたバーチャル集会で実施することを決めました。

こうした両陣営の対応の違いが有権者の目にどのように映るのか、その結果は選挙の行方にも影響を与えそうです。

選挙の実施方法にも影響

新型コロナウイルスの感染拡大は大統領選挙の実施方法にも影響を与えています。

アメリカでは感染を防ぐため、郵便による投票を導入する州が相次ぎ、その是非をめぐる議論も活発化しています。

保健衛生当局は、投票を人との接触を避けながら実施することを推奨していて、世論調査では6割以上の人が郵便投票の導入を支持しています。

しかしトランプ大統領は「郵便投票は不正の温床だ」として強く反対しています。

背景にあるのが郵便投票が共和、民主、どちらの党に有利に働くかという分析です。

過去の大統領選挙では一般的に投票率が上がると民主党の候補に有利になるという見方があり、トランプ大統領としてはみずからに不利になると警戒していると見られます。

これに対し民主党側は「ウイルスへの感染を防ぎながら民主主義を守る方法は郵便投票しかない」として推進を主張しています。

ただ郵便投票についてはスタンフォード大学の研究グループがことし4月、投票率は上がっても共和、民主どちらかの党に有利に働くことはないという結果を公表し、見方も分かれています。

また全米規模での導入には郵便局などのインフラ整備が追いつかないとして、連邦議会で新型コロナウイルスの経済対策にそのための予算を盛り込むことが議論されています。

しかし、トランプ大統領の意向を受けた共和党の反対で成立のめどは立っておらず、導入を巡っても両党の政治的なせめぎ合いが続いています。

マスク着用をめぐる議論も活発化

アメリカでは感染拡大に歯止めがかからないなか、マスク着用をめぐる議論が活発化し、トランプ大統領はこれまでの消極的な姿勢から「着用は大賛成だ」と態度を変化させています。

トランプ大統領はことし4月、CDC=疾病対策センターがマスクの着用を勧める指針を示した際、「あくまで自主的な措置で、私はするつもりはない」と述べたほか、ことし5月にも「自分自身のマスク姿をメディアに見せたくない」と発言し、着用に消極的な姿勢を示してきました。

しかし感染状況の悪化を受けてペンス副大統領が先月28日、遊説先でマスク姿で登場して着用を勧めたほか、このところ共和党の有力議員も相次いで着用を呼びかけています。

こうした中、トランプ大統領も1日、FOXビジネスネットワークのインタビューで全米で着用を義務化する必要はないとする一方、「マスクの着用には大賛成だ。もし他人との距離がとれない状況にいたら、私だってマスクを着用するし、これまでもそうしてきた」と述べて、着用を勧める考えを示しました。

大統領と共和党がここに来てマスクの着用を訴える背景にあるのが、感染対策をめぐる党派間での意識の違いです。

全米でマスク着用への意識の変化を調査しているABCなどの世論調査の結果では、外出時にマスクを着用していると回答した人はことし4月時点で55%でしたが、6月25日には89%にまで増えています。(ABC・IPSOS)

これを支持政党別に見てみますと、過去1週間、外出時にマスクを実際に着用していたかどうかという問いに
▼民主党支持者の99%が「着用していた」と回答しているのに対して、
▼共和党支持者では79%と相対的に低くなっています。(PEW)

また先月の別の世論調査では「マスクは必ずか、いつも着用すべきだ」と答えた人は民主党支持層では86%なのに対して、共和党支持層では52%にとどまっています。(ハフィントンポスト・YOU GOV)

さらにマスクの着用が「公衆衛生上の選択」か、「個人の自由にかかわる選択」かを調べた先月の調査では
▼民主党支持者の82%が「公衆衛生上の選択」だと回答したのに対して、
▼共和党支持者では52%にとどまり、42%は「個人の自由にかかわる選択」だと回答していました。

こうした意識の違いの理由は明確になっていませんが、メディアは個人の権利を重視するアメリカでは、マスクの着用を個人の自由の制限の象徴として捉える人がいるほか、男性性を否定したり、臆病さを表すものだと考える人がいるという分析を伝えています。(PEW)

党派間の意識の違いは感染拡大への警戒感でも大きく異なっていて、先月22日時点で「最悪の状況はすでに過ぎた」と答えた人は、
▼民主党支持層で23%なのに対して、
▼共和党支持層では61%を占めていました。

感染拡大に歯止めがかからない州のなかには保守的な地盤のところも多く、こうした党派間の意識の違いが影響している可能性も指摘されています。

ゴールドマン・サックスのエコノミストが先月、発表したレポートでは、マスク着用が全米で義務化されれば、1日に確認される感染者の数を1ポイント減少させ、その結果、全米で再び外出が制限されることを回避し、GDPが5%減少する事態を防げるという分析を示していて、マスクをめぐる論争はトランプ大統領の感染防止対策への姿勢の是非にも発展しています。


世論調査ではバイデン氏が一貫してリード

アメリカの政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の分析では、トランプ大統領とバイデン前副大統領の2人のどちらを支持するかという全米の世論調査の平均では去年9月以降、バイデン氏が一貫してリードしています。

その差は人種差別に対する抗議デモが全米に広がった5月下旬から徐々に広がり、7月2日時点で
▼バイデン氏が49.3%
▼トランプ大統領が40.0%と9.3ポイントとなっています。

前回2016年の選挙の同じ時期の調査では、当時のクリントン候補がトランプ氏につけていた差は4.5ポイントで、バイデン氏はこれを大きく上回っています。

また選挙の結果を左右する接戦州を見ても
▼ミシガン州で7.5ポイント
▼ペンシルベニア州で7ポイント
▼ウィスコンシン州で6.5ポイント
▼フロリダ州で6.4ポイント
▼アリゾナ州で3.5ポイントとトランプ大統領が前回、制した各州でバイデン氏がリードし、バイデン氏が全米、接戦州のいずれでも先行しています。

ただトランプ大統領は前回の選挙で一貫して世論調査の支持率で先行されていたクリントン候補を本選挙で逆転しており、専門家は今後も有権者の動向を注意深く分析する必要があるとしています。

専門家は

最近の世論調査の結果について、アメリカの専門家はトランプ大統領の岩盤支持層に揺らぎはないものの、新型コロナウイルスと黒人男性の死亡事件を受けて、これまで大統領を消極的ながらも支持してきた与党・共和党の一部や無党派層でトランプ離れが起きていると指摘しました。そのうえで、こうした人々の支持を取り戻さなければ、再選は難しいという見方を示しました。

アメリカの選挙アナリストのヘンリー・オルセン氏はNHKの取材に対して「最近の世論調査では全米、各州いずれの調査でも、民主党の対立候補バイデン氏がトランプ大統領の支持率を上回っていて、今、選挙が行われればバイデン氏が容易に勝利する」と述べました。

その主な要因としてオルセン氏は新型コロナウイルスと黒人男性の死亡事件へのトランプ大統領の対応を挙げ、「冷静さや安定、それに国民への同情を表すのではなく、気まぐれな言動を取ったことで、危機に対する能力不足があらわになった」と分析しています。

さらに「ベースと呼ばれるトランプ大統領の岩盤支持層に揺らぎはないものの、これまで大統領の仕事に一定の評価をしていた与党の一部や無党派層が離れていてバイデン氏の支持に移っている」と説明しました。

そのうえで「岩盤支持者だけでは勝利できない。トランプ大統領はこの6週間で非常に重要な人たちの支持を失った」と述べ、これまでトランプ大統領を消極的ながらも支持してきた与党の一部や無党派層の支持を取り戻さないと再選は難しいという見方を示しました。

一方、前回4年前の選挙では事前の世論調査でトランプ氏がクリントン氏に支持率でリードされながらも最終的に勝利を収めたことについて、オルセン氏はクリントン氏を嫌う人が多く、不人気の度合いが高かったが、現在の不人気の対象はバイデン氏よりトランプ大統領だと指摘し、前回とは異なると強調しました。

そのうえで「バイデン氏を支持する有権者の多くは、彼がトランプ大統領ではないから支持している。バイデン氏自身には魅力がない」と述べ、トランプ大統領に対する有権者の強い反発がバイデン氏の支持として表れていると分析しました。

共和党内でバイデン氏支援の動きも

与党・共和党内ではトランプ大統領とたもとを分かつだけでなく、再選を阻止するために野党・民主党のバイデン氏を支援する動きが出ています。

中西部オハイオ州の共和党州委員会のトップを2013年から2017年まで務めたマット・ボージェス氏もそのひとりで今回、NHKのインタビューに応じました。

ボージェス氏は30年間にわたり共和党員として活動し、当時のブッシュ大統領やマケイン上院議員など、共和党の歴代の大統領候補の選挙を現場で支えてきたということです。

前回、2016年の大統領選挙では女性を見下す発言などトランプ大統領の言動に反発し確執もありましたが、「変わってくれること」を期待し、選挙の行方を左右する接戦州、オハイオ州の共和党州委員会の委員長としてトランプ氏を支援して勝利に貢献しました。

ボージェス氏はトランプ大統領について「大統領に就任すれば行動を改め、変わってくれると期待したが残念ながらそうはならなかった。共和党の価値観や保守的な原則から大きく外れている」と話し、共和党の大統領として期待した変化が見られなかったと指摘しました。

ボージェス氏は先月、トランプ大統領の再選阻止を掲げる政治団体「ライトサイドPAC」を立ち上げ、民主党のバイデン氏の支援に乗り出しました。

団体の名前には自分たちこそ共和党の理念を体現する「正しい側」=「ライトサイド」にあるという主張を込めたということで、ボージェス氏は「バイデン氏のほうがトランプ氏よりも共和党の伝統的な立場に近い。急進左派ではないバイデン氏を支持する」と話し、民主党の候補であっても中道派のバイデン氏であれば、支持できると説明しています。

団体のホームページには「トランプ大統領の数々の失敗によって、不満を抱く共和党有権者が増えている。新型コロナウイルスと人種問題への対応が不満を悪化させている」と記されています。

ボージェス氏は「根本的な部分での問題だ。同盟国の尊重や自由貿易の実現といった部分で共和党の価値観や保守的な原則から大きく外れているが、まさか大統領の人格が問われることになるとは想像もしなかった」と述べ、トランプ大統領の資質そのものに疑問を投げかけています。

ボージェス氏は今後、団体の活動を通じて接戦州を中心に現状に不満を抱く共和党員にバイデン氏への支持を促していくとしています。

共和党のトランプ氏に反発するグループ「ここまで悪いとは」

共和党でトランプ大統領に反発するグループの代表はNHKの取材に対し、新型コロナウイルスの感染拡大や黒人男性の死亡事件を受けて党内で離反の動きが出ているという見方を示しました。

このグループは「トランプに反対する共和党有権者の会」で、ことし5月に設立されました。

代表の1人で、共和党の政治アナリストのサラ・ロングウェル氏によりますと、グループに入るメンバーが増えているということで、ホームページ上では330人がトランプ大統領の再選の阻止を訴えるビデオメッセージを掲載しています。

これについてロングウェル氏は「参加者の多くは前回、トランプに票を投じているが、それは彼が普通の政治家ではなく、少し違ったことをすると考えたからだ。しかしここまで悪いとは思わなかった」と述べました。

そのうえで「特に新型コロナウイルスの感染などの複数の危機に直面し、大統領としてふさわしくないことが人々に明確になったことが大きい」と述べ、新型コロナウイルスの感染拡大や黒人男性の死亡事件を受けて党内で離反の動きが出ているという見方を示しました。

そして「次の大統領選挙ではトランプに票を投じないと明言する共和党の支持者が大勢現れていて、楽観的になっている。しかし前回のようなケースがあるので、トランプが落選するまでは完全には安心できない」と述べ、引き続き、トランプ大統領の再選を阻止するため活動を強化していくとしています。

トランプ氏元側近「大統領にはふさわしくない」

トランプ大統領の元側近でホワイトハウスの広報戦略を統括する広報部長を務めたアンソニー・スカラムッチ氏は、NHKのインタビューに応じ、トランプ大統領は変質したとして再選を阻止するべきだと主張しました。

スカラムッチ氏はトランプ大統領と同じニューヨーク出身で、投資会社を創業して財をなし、前回、2016年の選挙でトランプ氏の陣営に多額の資金を献金して選挙戦を支えました。

トランプ氏の当選後は政権移行チームの一員として新政権発足の準備に携わり、ホワイトハウスの広報部長に起用されましたが、政権内の確執が取り沙汰されるなか10日で辞任しました。

スカラムッチ氏はトランプ大統領について「この3年半の政権運営、新型コロナウイルスによる危機への対応、同盟国への圧力のかけ方など、いずれもアメリカにとって正しいとは思えない。トランプ大統領は当初は共和党の考え方や価値観を擁護していたが、今では全く違うものになっている」と述べ、トランプ大統領が変質したと主張しました。

さらに「彼のことは昔から知っていて長いつきあいがある。政権移行チームの一員となったのも彼をよく知っているからだ」と述べたうえで、「10年、15年前はここまでおかしくはなかった。何かが彼の中で切れたのだろう。権力とプレッシャーによるものかもしれない。それが何かはわからないが、大統領にはふさわしくない」と非難しました。

そのうえで「明らかに正常ではない人間とまともな人間という選択肢がある。私はまともなほうを選ぶ」と述べて、今回の選挙では民主党のバイデン氏を支持する考えを明らかにしました。

スカラムッチ氏はバイデン氏を支援する政治団体を資金面で支えていて、今後、新型コロナウイルスの感染拡大が収まれば、トランプ大統領の再選を阻止するため、接戦州を回ってバイデン氏への支持を訴える活動を展開したいとしています。

一方、世論調査でバイデン氏が先行していることについては「まだ早い。油断してはならない。私は前回の選挙でトランプ陣営にいたが、トランプ氏の女性問題が明らかになり、支持率が大幅に下落したものの、彼は巻き返して勝利した。最後の日まで戦い抜かなくてはならない」と述べて、今後、4か月の間に情勢が変わることは十分あり得ると慎重な見方を示しました。


トランプ大統領の支持率は

アメリカの政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によりますと、各種世論調査のトランプ大統領の支持率の平均値は今月2日時点で41.5%となっています。

その3日前の先月29日では41.2%で、これは40.8%だった去年2月6日以来、1年4か月ぶりの低い水準です。

アメリカのメディアは「新型コロナウイルスの1日の感染者が5万人を超えるなか、ここ1年余りで最も低い水準となった」と伝えています。

トランプ大統領の支持率は就任まもない2017年1月27日には44.3%でしたが、オバマ前政権の医療保険制度改革、いわゆるオバマケアへの対応やロシア疑惑などを受けて低下し、2017年12月13日には37.0%と最も低くなりました。

その後、経済政策の柱として公約に掲げてきた税制改革法が成立するなどして上昇に転じ、2018年3月7日の39.8%のあとは40%台を維持しています。

そして過激派組織IS=イスラミックステートの指導者バグダディ容疑者を殺害した去年10月以降、徐々に上昇し、新型コロナウイルスの感染が拡大した4月1日の時点で就任以来、最も高い47.4%を記録しました。

アメリカでは国家的な危機に直面した時、大統領への支持率が上昇する傾向にあり、こうした影響によるものとみられています。

しかし、その後は低下し、3か月で6ポイント下落しています。

一方、世論調査機関のピュー・リサーチセンターが先月30日に発表した調査結果では、トランプ大統領の支持率は39%とすでに40%を下回り、このうち共和党支持層では3月に比べて7ポイント下がって78%、民主党支持層では6ポイント下がって6%と、いずれの支持層でもトランプ大統領への支持が低下していることが伺えます。

http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/103.html

[政治・選挙・NHK273] 10月総選挙に向けての反自公結集が急務(植草一秀の『知られざる真実』)  赤かぶ
10. 仁王像[2818] kG2JpJGc 2020年7月07日 13:34:16 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[54]
 >>4

 「草民」などと青臭いことを宣った植腐センセ、だらしねえな〜。

 虫食う蓼(たで)も好きづき ってことか ウムフム

 ♪夕空曇って 冬風吹き
  月影落ちて ガマが鳴く
  思えば遠し 偽論の里  
  哀れ わがお仲間 如何におわす
(by 白かぶ)

・草の根民主主義が日本政治刷新の原動力(植草一秀の『知られざる真実』)
 http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/351.html
 投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 05 日 21:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
http://www.asyura2.com/20/senkyo273/msg/890.html#c10

[国際29] キム委員長の妹 ヨジョン氏「非核化しないわけではない」/nhk
キム委員長の妹 ヨジョン氏「非核化しないわけではない」/nhk
2020年7月10日 9時11分北朝鮮情勢
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012507521000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妹のヨジョン(与正)氏が談話を発表し、米朝首脳会談は北朝鮮にとって無益だとした一方、北朝鮮は非核化をしないわけではなく、アメリカによる重大な措置が伴えば非核化は可能だとして、アメリカに譲歩を求めました。

北朝鮮のキム・ジョンウン委員長の妹のヨジョン氏は10日朝、国営の朝鮮中央通信を通じて談話を発表しました。

この中で、ヨジョン氏はことし11月のアメリカ大統領選挙前の、米朝首脳会談の開催が取り沙汰されていることについて「米朝両首脳の決断によって突然行われるか、誰にもわらない」とした一方、「アメリカの決定的な立場の変化がない限り、ことし中、そして今後も必要はなく、われわれにとって無益だ」として、開催の可能性を否定しました。

また、大統領選挙の直前に米朝首脳会談が行われる可能性があると指摘したボルトン前大統領補佐官について「くずであるボルトンが述べたことで、絶対にそうする必要はない」と嫌悪感をあらわにしました。

一方、ヨジョン氏は、核実験やICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験を中止したことを念頭に、「アメリカに脅威を与える考えはなく、キム委員長もはっきりとその立場をトランプ大統領に伝えた。非核化をしないわけではなく、今はできないのだ。アメリカによる重大な措置が同時にあれば可能だ」としてアメリカに対し、北朝鮮への敵視政策を撤回し、相応の措置をとるよう譲歩を求めました。

また、談話では「キム委員長が、トランプ大統領の活動によい成果があることを祈っていると伝えてほしいと言っている」として、両首脳の関係は良好だと強調しました。

北朝鮮としては米朝首脳会談が開催される可能性を否定した一方、アメリカが譲歩すれば関係の進展もありうるとして、アメリカに態度の変化を促すねらいがあるものとみられます。
http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/121.html

[アジア24] ソウルからヨボセヨー文在寅政権へのアラーム ソウル市長の自殺/産経新聞・msnニュース
【ソウルからヨボセヨ】文在寅政権へのアラーム ソウル市長の自殺/産経新聞・msnニュース
2020/07/11 07:45
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%a8%e3%83%9c%e3%82%bb%e3%83%a8-%e6%96%87%e5%9c%a8%e5%af%85%e6%94%bf%e6%a8%a9%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a0-%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%83%ab%e5%b8%82%e9%95%b7%e3%81%ae%e8%87%aa%e6%ae%ba/ar-BB16ANae?ocid=iehp

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の自殺は韓国社会に衝撃を与えている。元女性秘書に対するセクハラ疑惑が原因とみられている。韓国では先に釜山市長がセクハラ事件で辞任しており、首都と第2の都市のトップがいずれも女性がらみの“不祥事”で空席になるのは国際的にも前代未聞の事態だ。

 2人とも左翼・革新派の与党系だったが、特に朴ソウル市長の場合、人権派弁護士出身でリサイクル運動などの市民運動家として知られた。以前から慰安婦問題には女性の人権問題ということで関心が強く、市長時代には“慰安婦記念公園”を造るなど反日傾向が目立った。

 今回、2009年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の自殺を思い出した。やはり人権派弁護士出身で革新系の若手政治家として人気があったが、夫人の金銭疑惑で退任後、検察の捜査対象になったため自殺した。人権や弱者保護、清潔さなどいわゆる「道徳性」が看板の左翼・革新勢力の偽善というか、いい加減さの問題だ。

 これは公正・平等・正義が看板の文在寅(ムン・ジェイン)政権にもいえる。その一端は昨年、大統領側近の“チョ・グク・スキャンダル”で暴露されたが、このところ権力に抵抗する検察を手なずけるのに血眼になるなど、反省が見られない。今回の教訓は文政権へのアラーム(警報)と見るべきだろう。(黒田勝弘)
http://www.asyura2.com/19/asia24/msg/140.html

[カルト27] 鬱陶(うっとう)しい梅雨前線 と中国の三峡ダムのこと〜「ダムは、決壊しない」という近藤大介氏の記事
[2605]鬱陶(うっとう)しい梅雨前線 と中国の三峡ダムのこと。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2020-07-14 08:33:55
http://snsi.jp/bbs/page/1/

 (冒頭、一部カット)

以下に乗せるのは、「中国の三峡(さんきょう)ダムは、決壊しない」という記事である。 書いている人は、近藤大介(こんどうだいすけ)氏である。近藤氏とは、私は、面識があって、もしかしたら、近い将来に、対談本を出せるかも、という間柄だ。

 近藤氏は、優れた、いや、ずば抜けた、今の日本を代表する中国研究者(チャイナ・ウオッチャー)である。彼の考えには、中国に対する偏(かたより、バイアス、偏向 )がない。

 彼は、講談社の幹部社員で、中国留学から始まり、中国滞在での研究も長く、今は、週間現代の特別編集員という肩書きだ。彼は、私の判断では、中国政府の日本研究、分析の最高人材と付き合いが深く、かつ、同時に、日本外務省からの信頼が厚く、外務省が、「これから20年後の中国の指導部となる若い外交官たち」を日本に招待して共同研究(研修)するときのガイド、指導員も務める。

 時には、日本政府(私の嫌いな安倍政権)にも、呼ばれて、中国の最先端の知識、情報を教えているようだ。だから、近藤大介氏は、日本の中国分析の最先端の優れた人材だ。本もたくさん書いている。私は、彼の文を、私の本の中にも、たくさん引用して載せた。

 この近藤大介 が、「三峡ダムは決壊しない」という記事を書いているのが、私の目に留まった。だから、以下に載せる。この文の中の、「中国は、治水の名人だ」「・・・水害の歴史を、中国4千年の中で、味わい、克服してきた」と書いている。

 特に、私が感動したのは、「・・中国最古の王朝は夏(か。紀元前2070年頃〜紀元前1600年頃)だが、司馬遷の『史記・夏本紀(しき・かほんぎ)』によれば、初代の王である大禹(Dayu だいう)は、治水の名人だということで王に推挙された」の記述だ。

 そして、「・・・かくして1994年の年末、湖北省宜昌市で、全長3335m、高さ185m、発電量1000億kWhという世界一の巨大ダムの建設が始まったのである。完成までに12年を要し(2006年に完成)、その間に江沢民政権から胡錦濤政権にバトンタッチした」と、基礎事実を教えてくれている。 優れた簡潔な文だ。読んでください。 副島隆彦記

(転載貼り付け始め)

◯ 「 洪水被害が広がる中国、三峡ダムは果たして持つのか 」
2020年7/9(木)  JPress  近藤大介

(あとで、写真を載せる)

7月1日に撮影された重慶市の様子(写真:新華社/アフロ)

(副島隆彦注記。私の判断で、冒頭部分が冗長なので、後半に回した )

 私は、台湾メディアも中国メディアもウォッチしているが、「三峡ダム決壊」はないと思う。
 もし万一、そんな悲劇が起これば、それは長江中下流の数億人に影響を及ぼすばかりでなく、習近平政権自体が崩壊の危機に見舞われるだろう。

 実はこれまでにも、中国国内で「三峡ダム決壊論」は議論されてきた。だがそれは主に、軍事的側面からの考察だった。「米中戦争になったら、アメリカは真っ先に三峡ダムを狙い撃ちする」というのだ。
 今回のような「豪雨による決壊論」が取り沙汰されるのは、初めてのことだ。それだけ、2006年に完成以来、三峡ダムがこの14年で最大の危機に見舞われているということは言える。

「水害大国」中国
 そもそも中国は、歴史的に見ても、世界最大の水害大国である。中華民族が農耕と牧畜を始めて定住して以降、水害問題は北方異民族の侵入とともに、常に国家の最重要事だった。確認されている中国最古の王朝は夏(紀元前2070年頃〜紀元前1600年頃)だが、司馬遷の『史記・夏本紀』によれば、初代の王である大禹(Dayu)は、治水の名人だということで王に推挙された。

 その伝統は、いまの中国共産党政権にも引き継がれている。中国には「水利部」という治水専門の中央官庁が存在する。先代の胡錦濤(Hu Jintao)前主席は、清華大学水利工程学部河川発電学科を卒業したエンジニアで、「中国で最も偉い水利の専門家になるのが夢だった」と述べている。胡錦濤時代には、毎年最初に出される重要指令「中央一号文件」に、水利問題を扱ったりしていた。

 そんな胡錦濤政権の時代に、三峡ダムが完成したわけだが、三峡ダムの建設は、胡錦濤前主席の本意ではなかった。先代の江沢民(Jiang Zemin)政権に押し付けられて引き継いだのである。

 江沢民元主席は、自分の拠点である上海の電力不足を憂慮したのと、「中国建国以来の大事業」に心惹かれた。当時の李鵬(Li Peng)元首相は、「水利利権の頭目」と言われ、巨大ダム建設が莫大な利権を生む旨みを知っていた。かくして1994年の年末、湖北省宜昌市で、全長3335m、高さ185m、発電量1000億kWhという世界一の巨大ダムの建設が始まったのである。完成までに12年を要し、その間に江沢民政権から胡錦濤政権にバトンタッチした。

 そんないわくつきの三峡ダムは、完成当時から国際環境団体などに、「人類最大の環境破壊」と揶揄されてきた。それが今回の「半世紀に一度の水害」で、大きな試練に立たされることになった。6月2日から、長江(副島隆彦注記。中国人は、揚子江とは言わない。長江「ちょうこう」 という)流域を含む中国南部に豪雨が襲い、1カ月以上経った現在も続いている。

 長江水利委員会は7月2日、「長江2020年第1号洪水」を発表した。4日の12時には、「長江水害旱魃災害防御クラス」を、「4級」から「3級」に引き上げた。三峡ダムは、この地域最大の観光スポットとなっていたが、5日からダム付近では、封鎖措置が取られている。

 三峡ダムがある湖北省には、680カ所(大型2カ所、中型12カ所、小型666カ所)のダムがあるが、そのすべてで警戒態勢を取っている。周知のように、武漢を省都とする湖北省は、今年の年初から深刻な新型コロナウイルスの被害に見舞われたというのに、ようやくそれが去ったと思いきや、今度は豪雨と洪水である。

被災者は2000万人に及ぶ勢い
 豪雨の被害は、湖北省だけではない。現在、日本では球磨川や筑後川などで洪水が起こっているが、中国応急管理部によれば、7月3日時点で、全国304もの河川で「警戒水域突破」が伝えられているのだ。被害は全国26省・市に及び、1938万人が被災し、416億元(約6400億円)の損失を出しているという。

 例えば、「浙江省の三峡ダム」とも言われる新安江ダムでは7月7日、9つある放水門を初めてすべて開け放った。下流で洪水が発生するのは必至で、すでに2万人以上が緊急避難を余儀なくされた。

 安徽(あんき)省でも水陽江など長江の分流が次々に警戒水域を超え、「高考」(ガオカオ=7月7日、8日の全国統一大学入試試験)が延期された。「高考」に関しては、洪水の濁音によって英語の聞き取り試験ができないという状況も、全国各地で起こっている。

 江西省でも琵琶湖の4.7倍も面積がある鄱陽湖が、平均水位を6mも上回る事態となり、周囲に甚大な被害を及ぼす恐れが出てきた。同省の「陶器の都」景徳鎮では、すでに2万人以上が避難している。

 ちなみに中国応急管理部の発表によれば、今年上半期に自然災害の被害に遭った中国人は4960.9万人で、緊急避難を余儀なくされた人も91.3万人に上った。死者は271人である。6170.2キロヘクタールの農作物が被害を受け、812億元(約1兆2500億円)の被害を出した。

 中国では俗に、「庚子大禍(こうごたいか)」と言う。世界が新しく始まる「庚子」(かのえね)は、その前に古い物が一掃されるため大禍になるということだ。1840年にはアヘン戦争が起こり、欧米列強の半植民地時代が始まった。1900年には義和団の乱が起こり、清朝滅亡の契機となった。1960年は三年飢饉で、5000万人とも言われる餓死者を出した。

 そして、2020年――。冬には新型コロナウイルスで中国全土が震撼し、8万5366人の感染者と4648人の死者を出した(7月8日現在)。そしていままた夏の大水害である。ちなみに14億の民を率いる習近平主席は、7月7日まで、もう一週間以上も姿を見せていない。  近藤 大介

(副島隆彦注記。ここからが冒頭の部分 )

 熊本県で54人が死亡したのを始め、日本全国に豪雨被害が広がっている。被災者の方々にはお悔やみ申し上げたいが、私が日々ウォッチしている中国の豪雨被害は、日本の比ではない規模で進んでいる。その中心にあるのが、中国の「母なる大河」長江(揚子江)の氾濫だ。

三峡ダム、完成後最大の危機
 「三峡ダムが決壊する!」 主に台湾メディアが、このところ「三峡ダム決壊説」を報じていて、それが一部の日本メディアにも伝播している。
 台湾メディアでは、「三面挟攻」(サンミエンジアコン)という表現を使っている。空から降ってくる豪雨、長江の上流から流れてくる激流、それに三峡ダムの放水による「人工洪水」という「三面からの挟撃」に遭って、武漢や上海など、長江の中下流地域が甚大な被害に見舞われるというのだ。そして「三面挟攻」の結果、「そもそも50年しかもたない三峡ダムが決壊するリスクができた」と報じている。

 逆に中国メディアは、水利の専門家たちを登場させて、「三峡ダム決壊説」を強く否定している。例えば、「三峡ダムの『豆腐渣工程』(トウフジャーコンチャン=おから工事)によって水が漏れだしやすい」という指摘に対しては、「三峡ダムは通常のダム工事以上に、セメントが太陽光で高温度にならないよう冷却しながら工事したため強固だ」と反論。

「ダムからの放水によって中下流で洪水を起こす」という懸念には、「放水時には水が上向するよう仕向けており、下向して放水が河川と合流する地点を深く掘っていて、そこでいったん水流が止まるので、緩流になる」と説明している。

(転載貼り付け終わり)
http://www.asyura2.com/20/cult27/msg/462.html

[国際29] 在韓米軍の削減、トランプ政権が検討 米紙報道/朝日新聞
在韓米軍の削減、トランプ政権が検討 米紙報道/朝日新聞
ワシントン=大島隆
2020年7月18日 8時42分
https://www.asahi.com/articles/ASN7L2QN5N7LUHBI004.html?iref=comtop_8_02

米ウォールストリート・ジャーナルは17日、米トランプ政権が在韓米軍の削減を検討していると報じた。国防総省が在韓米軍のあり方に関する選択肢の一つとして、ホワイトハウスに提示したという。

 同紙によると、国防総省が海外に展開する米軍全体の再編を検討する中で、在韓米軍の見直しも対象になったという。韓国には米軍約2万8500人が駐留している。

 トランプ政権は在韓米軍の駐留経費をめぐって、韓国側の負担の大幅増を求め交渉が難航。負担額を定める協定が昨年末で失効したままとなっている。トランプ大統領は4月、韓国側からの増額提案を自ら拒否したことを明らかにし、「韓国がこれまで負担してきた額は非常に少ない」とさらなる負担増を要求していた。

 海外に駐留する米軍について、…

http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/141.html

[戦争b23] 中国との戦争を始めている米国は2空母を南シナ海へ入れて軍事的な示威行動(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
19. 仁王像[2819] kG2JpJGc 2020年7月18日 09:52:48 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[56]

 タイトルがショーアップし過ぎ。具体的に銃火は交えていない。
 (血を流さない戦争としての政治だけである)

 ♪わしは偽論校の10年生 ツンツン ツンツン
  胸にゃ七つのブリキボタン ツンツン ツンツン
  実年の冬を過ぎるころ ツンツン ツンツン
  魔寄せ鬼寄せ女除(よ)け ツンツン ツンツン
(by 白かぶ)
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/239.html#c19

[文化2] FMドラマに出演した声優・本田博太郎の一言の表現力に感嘆した

 FMドラマに出演した声優・本田博太郎の一言の表現力に感嘆した

2016年にNHK松江放送局が制作した【FMシアター「おきらく極楽」】という番組があった。

 あらすじは、いじめに会った高校生がある離島に転向してきた。そこで偶然、牛飼いの親爺と孫娘に出会う。それがきっかけで少年はそこで牛の世話をうるアルバイトを始めた。
 そこの親爺によると、少年は牛に好かれていると言う。…やがて少年は、その島の闘牛大会に牛を連れて参加し、そしてなんと優勝してしまう。終わりはその少年に顔を回して孫娘が眼をつぶったということでハッピーエンドで終えるよう示唆していた。

 私が感心したのは、親爺役の声優・本田博太郎という人物。最初に道行く少年に車で出会ったとき、若干のいきさつの後、「まぁー乗れや」という意味のことを言ったが、その声の調子に込められた絶妙な表現力に恐れ入った。
 ドラマ全体の好ましいを成り行きを暗示しているかのような響きがあったことである。この声優は、もちろんドラマ全体が頭に入っているから、それを踏まえて演技したのだろうが、たった一言にこのドラマの全体像がう表象されていたことに、しきりに感心したのであった。
http://www.asyura2.com/09/bun2/msg/898.html

[国際29] ウイルスと共生?それじゃ困る 生態学者が語る「排除」〜五箇公一さん/朝日新聞
ウイルスと共生?それじゃ困る 生態学者が語る「排除」〜五箇公一さん/朝日新聞
新型コロナウイルス
編集委員・石井徹
2020年7月21日 9時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN7N4H2GN6ZULZU003.html?iref=comtop_8_01

新型コロナウイルスとの戦いが長引き、「共生」が言われるようになった。だが、ロックファッションでも知られる生態学者の五箇公一さん(55)は、「排除」の必要性を訴える。人間は自然との距離をどう取るべきなのか。(編集委員・石井徹)

 視聴回数が12万回を超えたユーチューブ動画「新型コロナウイルス発生の裏にある“自然からの警告”」で、五箇さんは外来生物と新型コロナの似た点を指摘する。

 「ウイルスが生きものかどうかとの議論はあるが、生物界にいる寄生体として見れば一緒。人間の自然破壊などによって、本来の生息地から移動させられたのが外来生物で、目に見えない外来種が病原菌やウイルスなど。彼らにもすみかがあり、本来の生態系の中ではおとなしいが、違うところでは天敵や免疫がないので、どかんと増える」

生態学者の五箇さんが訴えるコロナの「排除」。それは、人間のもろさを自覚し、環境に配慮することにつながると主張します。

 グローバル化に伴い、外来生物…
http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/150.html

[政治・選挙・NHK274] コロナにBCGは「有効」なのか?東北大・大隅教授が緊急解説/DIAMOND online
コロナにBCGは「有効」なのか?東北大・大隅教授が緊急解説/DIAMOND online
大隅典子
ライフ・社会 Close Up
https://diamond.jp/articles/-/234432

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。国によって死亡率に差があることから、BCGワクチンの接種が「有効」ではないかという仮説が広まり、一部の国で臨床研究が始まった。BCGはコロナとどう関係するのか。東北大学副学長で、東北大学大学院医学系研究科の大隅典子教授に、緊急寄稿してもらった。

100万人当たりの死者が多いスペイン、イタリア〜新型コロナの死亡率に国別で差がある理由はなぜか

 4月7日に緊急事態宣言が発せられた。日本はあと1カ月で新型コロナウイルスに打ち勝つことができるのだろうか? こんな時期だからこそ落ち着いて考えてみたい。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界の感染者数は178万人を越え、死者数は10万人を超えた。現在、感染者数がもっとも多いのは米国で53万0006人、次いでスペインが16万6019人、イタリアが15万2271人と続く(4月12日時点、米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計<https://coronavirus.jhu.edu/>による)。

 一方、重症化して死に至る人の数でみると、米国が2万人を超え第1位に。次いでイタリアで1万9468人、スペインが1万6972人、フランスが1万3832人となっている。

 感染者数は新型コロナウイルス陽性者なので、検査数によって大きく異なる可能性がある。また、死亡者数も国の人口と比較する必要がある。そこで問題となるのが死亡率だ。

 Our World in Data(https://ourworldindata.org/grapher/total-covid-deaths-per-million)というサイトのCOVID-19情報(図1参照、4月11日時点)によれば、人口100万人に対する死者数の割合の上位3国はスペイン(338.8)、イタリア(311.7)、フランス(202.1)。米国では56.7、日本は0.69となっている。

http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/401.html

[政治・選挙・NHK274] BCG有無でコロナ死亡率「1800倍差」の衝撃 日本や台湾で死者少ない「非常に強い相関」/AERAdot
BCG有無でコロナ死亡率「1800倍差」の衝撃 日本や台湾で死者少ない「非常に強い相関」/AERAdot .
渡辺豪2020.5.14 08:00AERA#新型コロナウイルス#病気
https://dot.asahi.com/aera/2020051300016.html

結核の予防接種「BCG」の接種の有無で、新型コロナの死亡率に大きな差が見られた。中でも、日本から広がった「日本株」という株を接種している国の死亡率が極めて低い。ウイルスと免疫の最前線に、AERA 2020年5月18日号で迫った。

「現段階ではあくまで相関関係が見られるとしか言えませんが、だとしても非常に強い相関があるということになります」

 大阪大学免疫学フロンティア研究センター招聘教授の宮坂昌之さんがそう指摘するのは、米ニューヨーク工科大学の研究者らが3月末、「BCGワクチンが新型コロナに対する防御を与えているのかもしれない」と結論づけた論文についてだ。

 各国の新型コロナの感染者数や死者数の人口比と、BCGワクチンの接種状況を調べたところ、感染率や死亡率は、接種していないイタリアやベルギー、米国などで接種している国々よりも統計学的に有意に高かったとしている。

 新型コロナの感染や致死率とBCGワクチン接種の関連を継続的にフォローしている宮坂さんは言う。

「人口100万人あたりの死者数でみれば、よりクリアに相関が浮かびます」

 人口100万人あたりの死者数は、集団接種を行ったことがない米国が227人、イタリアが490人。過去に広く接種していたものの現在はしていないフランスは396人、スペインは553人。一方、BCGを広く接種している中国は3.2人、韓国が5.0人、日本は4.4人。台湾に至っては0.3人にとどまる(いずれも5月7日現在)。台湾とスペインでは1800倍超の差がある計算だ。

 BCGワクチンの接種の有無によって死亡率にケタ違いの差が出ており、宮坂さんによると、この傾向は検査数が増えるにつれ、より明らかになってきたという。偶然の一致では片付けられない──。そう思わせるデータだ。

 BCGは、結核菌を弱毒化させた生ワクチンだ。細い9本の針痕が腕に残る「はんこ注射」といえば、思い出す人も多いだろう。日本では、1943年にワクチンの結核予防効果が確認されて以降、接種が始まり、48年に結核予防接種が法制化された。現在は全ての乳幼児が接種対象だ。
http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/402.html

[国際29] 文明の衝突を再利用するトルコのエルドアン〜非米型の中東和平が進む/田中宇
◆文明の衝突を再利用するトルコのエルドアン/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年7月21日】
 エルドアンは、きたるべき非米型の中東和平でパレスチナ側=ハマスの後見役になろうとしている。
 トルコがハマスの後見役をやる一方、ロシアはイスラエルを説得する。
 トルコとロシアが話し合って和平交渉のお膳立てを進め、非米型の中東和平が進む。
 プーチンがアヤソフィアのモスク転換を黙認したのは、外交的に見ると無理がない。
http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/154.html
[政治・選挙・NHK274] 戒厳令と外出促進令の同時発出(植草一秀の『知られざる真実』)  赤かぶ
4. 仁王像[2820] kG2JpJGc 2020年7月22日 09:47:56 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[57]
 「戒厳令」などと大げさに見栄を切って読者を釣ろうとしておる。

 ”迷走”は今に始まったことではない。

 根性悪し植腐センセ殿。

 ♪星は何でも知っている
  夕べ植腐が泣いたのを
  ヒンカリ目で藪睨みの植腐の
  その眼に光るつゆの後
  生まれて無数のヤバイ偽論にー
  あた〜ま掻毟(かきむし)って泣いたのをー
  ドンドコドンドン ドンドコドドン
         (by 白かぶ)
http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/399.html#c4

[国際29] 総領事館閉鎖で米国務省「中国の決定は遺憾」米中さらに緊張も/nhk
総領事館閉鎖で米国務省「中国の決定は遺憾」米中さらに緊張も/nhk
2020年7月28日 6時33分米中対立
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200728/k10012535791000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_002

中国の四川省にあるアメリカ総領事館が閉鎖されたことについて、アメリカ国務省は「中国の決定は遺憾だ」とするコメントを出しました。トランプ政権は中国との対決姿勢を強めていて、今後の対応によっては米中関係がさらに緊張するおそれも出ています。

中国内陸部の四川省成都にあるアメリカ総領事館は、中国側の要求に基づいて27日閉鎖され、中国政府はアメリカが南部テキサス州ヒューストンにある中国総領事館を閉鎖させたことへの対抗措置だとしています。

これについてアメリカ国務省は27日、NHKの取材に対し、「中国の決定は遺憾だ」とする報道担当者のコメントを出しました。

閉鎖されたアメリカ総領事館についてこの報道担当者は「35年間にわたってチベット自治区を含む中国西部の人たちとアメリカとの関係の中心にあった」としています。

そのうえで、今後も中国にあるほかの公館を通じて中国国民との関わりを続けるよう努めていくとしています。

トランプ政権は中国総領事館を閉鎖したことについて、中国が在外公館を通じてアメリカの知的財産を盗もうとしてきたためだと非難しています。

トランプ政権は、中国の海洋進出や人権問題などを厳しく非難して対決姿勢を強めていて、専門家からは、今後のアメリカの対応によって米中関係がさらに緊張するおそれも指摘されています。


 (仁王像)
 凋落モードに入った米国の悪足掻きに過ぎない。何の成果も得られない。だが、やるしかない。
 足掻けば足掻くほど、凋落を加速する。
 大国が凋落する場合の古来からの”歴史法則”というもんだろう。
 何人(ぴと)と雖(いえ)どもこの法則から逃れられないとしたもの。
http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/175.html

[国際29] 中露イランと対決させられるイスラエル〜隠れ多極主義のアイデアはすごい…/田中宇
◆中露イランと対決させられるイスラエル/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年7月27日】ICCが中国を頼り、中国がイランなど反米諸国の肩を持つほど、ICCが米イスラエルを有罪にする日が近づく。
米イスラエルはICCの判決を無視するだろうが、そうすると国際社会で中国の権威が高まり、米イスラエルの権威が下がる。
覇権が転換する。米イスラエルが戦後のドイツを延々と苦しめた善悪歪曲・ウソまみれの攻撃手法が、今まさに米イスラエルに向けられている。
隠れ多極主義のアイデアはすごい。戦後世界の最大のウソが自滅させられていく。

http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/176.html
[国際29] 北朝鮮 キム委員長「核抑止力で国の安全は永遠に担保される」/nhk
北朝鮮 キム委員長「核抑止力で国の安全は永遠に担保される」/nhk
2020年7月28日 11時51分北朝鮮情勢
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200728/k10012536161000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、退役軍人の大会で演説し「自衛的な核抑止力によって、わが国の安全は永遠に担保される」と述べました。米朝の協議が行き詰まる中で核兵器を保有し続ける姿勢を強調することで、アメリカを強くけん制しました。

28日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、朝鮮戦争でアメリカに勝利した「戦勝記念日」と位置づける27日、キム・ジョンウン委員長が退役軍人の大会に出席し、演説したと伝えました。

演説の中でキム委員長は「戦争の苦痛を繰り返さないために、これを抑止できる絶対的な力を持たなければならず、核保有国への道を歩んできた。今や敵対勢力のどのような軍事的脅威にもびくともしない」と述べ、核開発を正当化しました。

そのうえで「自衛的な核抑止力によって、この地に戦争はなくなり、わが国の安全と未来は、永遠に確実に、担保される」と述べ、核兵器を保有し続ける姿勢を強調しました。

キム委員長はトランプ大統領との首脳会談で、非核化に向けて取り組むことで合意しましたが、その後、北朝鮮が制裁の解除などを求めたのに対し、アメリカは完全な非核化に向けた具体的な措置がみられないとして応じず、協議は行き詰まっています。

そうした中で、北朝鮮は核兵器を保有し続ける姿勢を強調することで、アメリカを強くけん制し譲歩を引き出そうというねらいがあるものとみられます。


新型コロナ疑いの中 花火大会開催

26日、北朝鮮は韓国に脱北し、今月、軍事境界線を越えて北朝鮮に戻った人物が、新型コロナウイルスに感染している疑いがあると明らかにし、最大限の防疫態勢をとるよう呼びかけています。

こうした中でもキム・ジョンウン委員長が退役軍人の大会に出席したほか、27日夜は大勢の市民が集まって、花火大会が開催されており、27日の時点で首都ピョンヤンでは、新型コロナウイルスの感染を抑え込めていると、アピールするねらいもありそうです。

菅官房長官「米朝プロセスを後押ししたい」

菅官房長官は午前の記者会見で「北朝鮮の動向については、常日頃から重大な関心を持って情報収集、分析に努めているが、その内容のひとつひとつにコメントは控えたい。いずれにせよ、重要なことは朝鮮半島の完全な非核化に向けた北朝鮮のコミットメントを含む米朝首脳間の合意が完全、迅速に履行されることだ。わが国としては、引き続き米朝プロセスをしっかりと後押ししていきたい」と述べました。
http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/178.html

[政治・選挙・NHK274] 北朝鮮 新型コロナ感染疑いと報道 ケソンを完全封鎖:北は電子タバコ禁止、感染力を生活環境で抑える“貧しい国”は「コロナ禍… あっしら
6. 仁王像[2821] kG2JpJGc 2020年7月30日 09:17:22 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[58]
 >2

 >理論武装する

 ”詭弁武装”の間違いでしょう。
http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/527.html#c6

[カルト27] アメリカ造幣局製造の遅れ〜コロナのため、金貨と銀貨の量を減らしている/安藤恵里也
[2607]アメリカ造幣局製造の遅れ/安藤恵里也
投稿者:安藤恵里也
投稿日:2020-07-28 21:57:22
http://snsi.jp/bbs/page/1/

米造幣局は、公認購入業者向けに供給している金貨と銀貨の量を減らしている。新型コロナウイルス対策によって製造が遅れることが理由。ブルームバーグが確認した文書で明らかになった。

  同文書によると、ニューヨーク州ウエストポイントにある造幣局の施設は職員間の新型コロナ感染拡大を防ぐ措置を講じており、そのため向こう1年から1年半は硬貨の製造が遅れる可能性がある。同施設では金貨と銀貨を同時に製造することができなくなっており、どちらか片方の選択を余儀なくされているという。文書は先週、造幣局から公認購入業者向けに出された。

  造幣局の広報担当者からのコメントは今のところ得られていない。

  同文書で造幣局は「パンデミックはわれわれに全く新しい一連の課題をもたらした」と説明。「ウエストポイント施設が職員の安全と市場の需要とのバランスを取ろうとする中、この環境下では、ある程度の製造能力低下が続くと考えている」と述べた。

  一方、貴金属市場では足下、新型コロナをめぐる先行き不透明感を背景にした逃避需要で金と銀の価格が上昇している。

金先物が最高値更新、初の1オンス=2000ドルに達する

  需要に対応するため、造幣局はこれまでになかった取り組みとして、10日分と90日分の需要予測を提出するよう業者に求めている。
http://www.asyura2.com/20/cult27/msg/665.html

[国際29] 暴動が米国を自滅させる〜経済悪化と暴動悪化が悪循環になり、米国は統制不能になっていく/田中宇
暴動が米国を自滅させる/田中宇
 http://tanakanews.com/
 【2020年7月30日】
 民主党は分裂が激化して11月の選挙に勝てそうもない。
 バイデン優勢の報道は、16年のヒラリー優勢と同様、民主党系が多い米マスコミの勇み足だ。トランプが勝つと民主党内で主流派の権威が落ち、左派がますます言うことを聞かなくなって過激化し、トランプの連邦政府と鋭く暴力的に対立する。
 コロナは米国で第2波、第3波が扇動され続け、人々の生活がさらに悪化する。悪化は、人々と公的財政に蓄えがあったこれまでより、蓄えが尽きるこれからの方がひどくなる。
 経済悪化と暴動悪化が悪循環になり、米国は統制不能になっていく。

http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/191.html
[カルト27] 金の国際値段が、急上昇を始めたのは、7月22日(月)から〜年が明けた、1月か2月に、NYの株価の、大暴落が起きる/副島隆彦
金の国際値段が、急上昇を始めたのは、7月22日(月)から〜年が明けた、1月か2月に、NYの株価の、大暴落が起きる/副島隆彦

[2608]私は、ギックリ腰でつらい。でも金(きん)のことを書きます。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2020-07-30 10:14:50
http://snsi.jp/bbs/page/1/

 金(きん)の値上がりのことで、何か書いて下さい、と私に要望がたくさん来ている。私は、このことで皆の期待を背負っているから、私が何か書くことが大事なのだろう。

 (中略)

 私が、最近の金(きん)の動きのことを書かないと、喜ばない人たちがたくさんいる。このあとに新聞記事を2本だけ、あとあとの為(ため)に、貼り付けておく。

 金の国際値段が、急上昇を始めたのは、7月22日(月)からだった。
今は、1オンス(31.1グラム)で、1,940ドルぐらいだ。
2,000ドルまで行った、という説があるが、私が確認した分では、1,981ドル(27日)が、最高価格だ。それでも、2011年の最高値の1932ドル を抜いたので、「天井が開いた」とプロの投資家たちが騒いでいる。

 今は、1,940ドル台で、上がったり下がったりしている。「もう、1,900ドル台割れはないだろう」と、大方の人が言っている。さらには、「2,000ドル台突破はもうすぐだ」と、皆で囃(はや)し立てている。

 下の方に載せる ロイターの記事に、「悪(あく)の権化(ごんげ)」のゴールドマン・サックスが、「2,300ドルまで上がるだろう」と予測を立てた。この囃子(はやし)に、載せられて、多くの日本人までが、「それ、金だ。金を買いだ、買いだ」と、急に、金を買い始めた。欧州でもこの動きが出ている。フランスやドイツのテレビ報道もあった。

 ところが、アメリカでは、もう、おそらく、金の現物(げんぶつ)、地金(じがね)、ingot インゴットは、買えなくなっている。アメリカの小金持ち、小(しょう)資産家たちは、どこで、どのように入手しているか。このことについては、私はすでに何回か書いた。

 このままゆくと、アメリカ政府(財務省)は、「金の取引停止」をするだろう。もう、FRB(その下部の、実務をやる、ニューヨーク連銀)も、金(きん)の準備(リザーブ)を無くしていて、市場に出すものがない。アメリカ帝国の終わりが近づいている。それでも虚勢を張って、アメリカは、このあとも、
何ことも無いかのように、金融市場を、平穏そうに続けて行く。

 金(きん)ETF(先物) 、すなわち、スパイダー・ゴールドシェア市場で、「どうしても、金の現物に交換してくれ。差金(さきん)での強制決済はいやだ」と、わめく、投資家たちを、密かに押え付けて、あるいは、脅迫して、「そういう物騒なことを言うと、お前の会社ごと叩き潰すぞ」と、恐ろしい圧迫を掛けているだろう。そういうことは、世界の表面には出ない。

 NYの金融市場というのは、荒っぽいユダヤ人たちが動かしているが、それをさらに上から押え付けるだけの強力な組織と仕掛け(仕組み)があるのだろう。

 もう、金(きん)は、世界中で、買えなくなっている。それでも、まだ全国の金の小売業者や、代理店では、長い付き合いのある顧客(こきゃく)たちにだけ、販売しているようだ。反対に売りに来る者たちもいるので、それを回している、ということもある。

 田中貴金属、徳力(とくりき)、石福(いしふく)の、3大大手(おおて)小売業者では、もう、お店に並んでも、「一見(いちげん)さんには売りません」とは言わないだろうが、売り渡す客の選別が始まっている。

 今頃になって、これらの大手に詰めかけても遅い。それなら、それ以外の小口の金(きん)業者の所に行ってみる、ということで、人それぞれの努力をしているようだ。

 商品先物業者(しょうひんさきものぎょうしゃ)と呼ばれる、TOCOM(トコム)は、すでに、日本取引所(JPX)大坂 (OSE) に経営を吸収され移管した。今、このTOCOM(東京商品取引所)の価格を見てみたら、 2021年6月限月(げんげつ)、すなわち、一年先の期限の価格で、 6,654円 (1グラム、7月30日)だった。

 これに、消費税と手数料をザッと500円足すから、、小売りは、7,200円/グラムぐらいだ。100グラムの金の板で、1枚で72万円だ。1キロのバー(板)なら、720万円だ。 
 為替(ドル円相場、今は1ドル105円台)の動きで、少し変わるが、27日の値段で、小売り(田中貴金属)で、7,354円というのが有った。

 このように100gの板(金の延べ板)で72万円ぐらいにまで高くなっている。これが、「すぐに1グラム1万円になるだろう(だから、1枚100万円)」と皆で、言い合っている。1キロバーなら、1千万円だ。10年前に、300万円ぐらいで買った人が多い。私、副島隆彦の本を、20年前から、読んでいる人たちは、1キロ120万円で買っている人たちがいる。

 それに対して、私の本も読まず、性懲りも無く、いろんな金融投資で、失敗してきた人間たちほど、こういう相場の急上昇で、急に騒いでいる。

 私は、堅実に自分の資産を守って、増やす人たち相手に、金融本を書き、金融セミナーを開いてきた。だから、今度の、金の急騰(きゅうとう)にも、一喜一憂しない。今頃になって、金を買おう、いや、もう買ったよ、というよう軽薄な手合いは、あまり相手にしたくない。

 だいたい、私の最近刊の「もうすぐ 世界恐慌」(徳間書店、5月1日刊)さえ買って読まないような人間が、この学問道場サイトに、卑しい根性で、寄って来て、副島隆彦の情報を、「盗んでやれ、エヘヘ」という本当に、見下げ果てる頭の悪さで、金融投資をやっている。

だいたい、こういう人たちは、一冊の本を、きちんと読み通す、という我慢強さと、その能力が無い。他のバカ評論家たちの本は、どうでもいいから。私、副島隆彦の本を、一冊、きちんと買って読みなさい。私は、決して、訳(わけ)の分からない難(むずか)しいことは書きませんから。 

 この徳間の金融本の 帯(おび)に、はっきりと、「もう金(きん)が買えなくなる。急いで金(きん)を買いなさい」と、大きく書いているでしょう。この5月中に、私、副島隆彦の言うことを、しっかり聞いて、それに従って、行動した人までが、金(きん)投資で儲(もう)かった人たちだ。

 他の人たちのことは、私は、知らん。勝手に生きていなさい。私の知ったことではない。何回、大損をしてもまだ懲りない、下手な(すなわち生来(せいらい)才能のない)投資家は、そろそろ、自分の才能の無さを認めて、もう、これ以上の危ない博奕(ばくち)はやめなさい。

 それでも、あまり資金力の無い人たちに、この私の連(つ)れない書き方では、可哀想なので、助言します。何とか、純金のコインを1枚、まず、買いなさい。金のコイン(金貨)なら、まだ買えるだろう。金貨(1オンス。31グラム)は、今、田中貴金属でも(まだ買えればの話だが)24万3千円ぐらいだ。 
 それに対して、純金は、20万5千円ぐらいだ。ということは、コインは、3万8千円のプレミアムというか、ディスカウントだが、その分だけ、買うときに高い。簡単に言うと、金の地金の2割増し、だ。 それでもいいから、金貨を買いなさい。

 アメリカの小金持ちたちは、皆、金貨を、たくさん買い集めている。カナダや、メキシコに行って買って帰ってくる。カナダのメープルリーフ金貨や、オーストリアのウイーンハーモニー金貨だ。オーストラリアのナゲット金貨、カンガルー金貨もある。アメリカ造幣局の、イーグル金貨は、よっぽどのことがないと市場に出てこない。貴重品だ。

 日本人も金貨で収蔵するべきだ。金貨なら、海外に持ち出すときに、税関で、ぐずぐず言われない。財布の中に5枚ぐらい入れて、他のおカネと混ぜておけばいい。

 金貨1枚(1オンス、ounce )は、この間まで18万円ぐらいだった。それが、もう24万円だ。このままずっと持っていれば、やがて、100万円(1万ドル)になるだろう。

 私は、先の本で、「今、金(きん)は、1,600ドル/オンス だから、これが、6倍の1万ドルになるだろう」と書いた。「それは、いつですか、先生」と、今は、私にしがみつくように聞かないで下さい。じっと保(も)っていなさい。そうなるから。だから、1オンス金貨でいいから、それを、コツコツと、あちこちで買いなさい。それが、一番、堅実な、金投資だ。 

 銀(ぎん)が、金に連れて上がり始めた。この前まで、1グラム70円ちょっとだった。それが、7月28日に、96円までなっていた。そのあと、1回、急落したが、また戻った。銀ももうすぐ1グラム100円になるだろう。1キロで10万円だ。金に較べたら、もう100分の1の値段にまで落ちている。昔は、40分の1ぐらいだったのに。銀は、錆びない(変色はする)いい金属だ。硬貨(貨幣)に使える。ただし世界的に銀は余っている。

 プラチナは、すっかり値下がりして、今は、金の丁度半値の、3300円/グラムぐらいだ。昔は金よりも高かった。トヨタが、20年前に排ガスの新技術でプラチナを触媒(カタリスト)として使わなくてよくしたので、それでプラチナは下落した。暫(しばら)く、このまま金の半値のままだろう。

 金(きん)は、私が、ずっと書いて来て、講演会とかでも強調してきたとおり、これから、まだまだ上がる。1オンス3,000ドル台に、来年にはなるだろう。それぐらい急激な上昇をする。それは、米ドルが来年になったらもっと下落するからだ。ドルの信用は、世界的に、どんどん落ちて行く。トランプが、11月4日の大統領選挙で再選されて。

 そのあと、年が明けた、1月か2月に、NYの株価の、大暴落が起きる。今度の大暴落は、これまでのものよりもキツいだろう。このように副島隆彦は、ずっと予言している。それでも、トランプが、何とか、事態を収拾する。トランプは、ボロボロになる名で、努力してアメリカ経済とアメリカの国力(こくりょく)を維持する。

 ディープ・ステイト(ムーニー、世界反共同盟、ヒラリー派)の愚劣な連中を叩きのめしながら、最後のアメリカ帝国を維持してゆく。
だから、2024年までは、このままだ。そして、世界恐慌(ワールド・デプレッション)が起きる。 
http://www.asyura2.com/20/cult27/msg/685.html

[政治・選挙・NHK274] 北朝鮮 新型コロナ感染疑いと報道 ケソンを完全封鎖:北は電子タバコ禁止、感染力を生活環境で抑える“貧しい国”は「コロナ禍… あっしら
7. 仁王像[2822] kG2JpJGc 2020年8月01日 09:44:06 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[59]
 (6に追加)

 詭弁、屁理屈で、こいつの”陰謀論”が証明されたのは皆無、何一つないと断定できる。
 もし在らば、向学のため拝見したいものだ。
http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/527.html#c7

[国際29] 急接近するドル崩壊〜早ければ11月…/田中宇
◆急接近するドル崩壊/田中宇
 http://tanakanews.com/
 【2020年7月31日】
 今後ほぼ確実に、コロナの長期化で金融バブルが再崩壊する。
 QEの再度の急増が必要になるが、それをやるとドル崩壊に拍車がかかり、米国覇権の喪失と多極化が急進展する。
 一方、これ以上QEをやらないと、金融バブルの大崩壊が起こり、それも米覇権喪失と多極化につながる。
 早ければ11月の米大統領選挙の前に金融崩壊が起きる。ドルや金融が崩壊すると金相場が高騰する。
 米連銀がQEを再増加すると、金相場はいったん暴落してから反騰する。
 QEがもう拡大されないなら、このまま続騰する。
http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/199.html
[政治・選挙・NHK274] コロナ死亡率 日本は7.5% 英米20%超 持病の少なさか/FNNプライムオンライン・msnニュース
コロナ死亡率 日本は7.5% 英米20%超 持病の少なさか/FNNプライムオンライン・msnニュース
FNNプライムオンライン
2020/08/07 06:41
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e7%8e%87-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%af7-5-%e8%8b%b1%e7%b1%b320-%e8%b6%85-%e6%8c%81%e7%97%85%e3%81%ae%e5%b0%91%e3%81%aa%e3%81%95%e3%81%8b/ar-BB17F8Cj?ocid=iehp

新型コロナウイルスに感染し医療機関に入院した患者およそ2,600人のデータを解析したところ、死亡率は7.5%で、アメリカやイギリスなどと比べ大幅に低いことがわかった。

国立国際医療研究センターが2020年3月から7月上旬までの入院患者2,638人の経過などを解析したところ、入院時、68.1%にあたる1,796人が軽症や中等症で、31.9%にあたる840人が重症だった。

死亡した入院患者は全体の7.5%となる197人で、死亡率が20%を超えるイギリスやアメリカよりも大幅に少なくなっている。

解析の結果、心血管系や糖尿病などの持病を抱える人が重症化しやすいということで、欧米と比べ糖尿病などの持病を抱える人が少ないことも、死亡率が低いことに影響している可能性があるという。

http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/746.html

[国際29] 中国が内需型に転換し世界経済を主導する?/田中宇
中国が内需型に転換し世界経済を主導する?/田中宇
http://tanakanews.com/
 【2020年8月6日】
 米国の差し金で、米欧日は今後もずっとコロナ対策として無意味な都市閉鎖・経済停止をやらされ続ける。
 米欧日は世界経済を牽引できない。中国がうまいこと内需主導に転換できると、中国の内需が世界経済を牽引する役割になる。これまで米国が覇権国だった一つの理由は、世界最大の消費市場だったからだ。
 この機能が米国から中国に移っていく。中国は経済面で覇権国になる。中国市場は中国企業が中心になるが、中共としては、他の国々の企業を参入させてやっても良い。
 その国が中国を敵視せず尊重するなら、という条件つきだ。日本も欧州も英国も豪州もインドも、中国を敵視できなくなる。 最後には米国も中国と和解する。内需型に転換できると中国は無敵になる。軍事でなく、経済が覇権を決める。

http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/205.html
[政治・選挙・NHK274] 歴史を動かしたノモンハン事件 第2次大戦の「起点」に/朝日新聞
歴史を動かしたノモンハン事件 第2次大戦の「起点」に/朝日新聞
編集委員・永井靖二
2020年7月31日 19時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN7W3K0HN6RPLZU001.html?iref=comtop_8_08

(一部の段落が、前後している可能性有り)

アジア、モンゴル東部に広がる草原。かつてそこで日本軍が旧ソ連の機械化部隊と衝突し、壊滅的な被害を受けた。その紛争は、日本では地名から“ノモンハン事件”と呼ばれている。

 線引きが不明瞭だった国境をめぐるこの戦いが、ユーラシア大陸の東西両端を図らずも連動させ、1939年9月1日の第2次世界大戦の勃発へとつながった――。欧米の歴史家が近年こう評する事件を、いま一度ひもとく。

第1章 隠れた発火点

 極東の内陸部で戦われたこの知名度の低い紛争が、アドルフ・ヒトラーによるポーランド侵攻やその後に続いたあらゆる出来事の導火線になりました。
 「第2次大戦の起源」という複雑なジグソーパズルで、ノモンハン事件は小さくはあるけれど大切なピースです。そのピースをはめると、全体の図柄が非常にわかりやすく見えてくるという役割を持っています。

スチュアート・ゴールドマン/米歴史研究者

欧州は一触即発の情勢にあった。
 ポーランドにダンツィヒ(現グダニスク)の割譲を求めるヒトラーへの対処をめぐり、ファシズム陣営側と、英仏などが対立。ドイツと英仏はともにソ連を味方に付けようと、水面下で外交戦を繰り広げていた。

互いを憎悪していたはずの独ソは、一転して不可侵条約を結ぶ。これにより英仏とソ連からの挟撃、とりわけ当面ソ連に備える必要がなくなったドイツは、条約を結んでから1週間後にポーランドへ侵攻した。
 半年前にチェコスロバキアを保護領化した時と同様に、英仏は静観するだろう──。このヒトラーの読みは外れ、両国はドイツに宣戦を布告。欧州は戦火に包まれていく。
 独ソが急接近したのはなぜか。背景には、極東で起きた小さな国境紛争があった。

1932年にできた傀儡(かいらい)国家・満州国の軍事を掌握する日本陸軍の関東軍にとって、ソ連は当初から仮想敵国だった。
 歴史的経緯もあり、線引き≠ェ不明瞭な部分も多い4800キロもの国境線。これに接したソ連との紛争は、軽微なものから流血が伴うものまで、32〜39年で優に1千件を超す。32年末に第1次5カ年計画を完了して工業力を伸ばしたソ連は、37年末までの5年間で極東の兵力を倍増させていた。

37年6月、北部国境アムール河の中州、乾岔子(カンチャーズ)島をめぐる紛争は外交交渉で終結。だが38年7〜8月にソ連、満州、朝鮮の境界が交わる山、張鼓峰で日ソは砲撃戦に至る。広がりかけた紛争は天皇や陸軍中央の強い意向で停戦に至ったが、関東軍の主戦派には中央への遺恨が残った。
 そして翌39年5月11日、導火線≠ノ小さな火花が飛ぶ。

「こんな土地に5ドルだって払うつもりはないね」

 日ソ両軍が奪い合った、琵琶湖ほどの広さの荒地が広がるノモンハン一帯。日ソの衝突が拡大するなか、取材のため現地を訪れた外国特派員はそう評したという。発端は満州国軍警備隊とモンゴル騎兵部隊が1939年5月11日に起こした小競り合いだったが、戦闘が激化したのには伏線がある。この前月、国境が侵犯されたと認めた場合、「急襲殲滅(せんめつ)」を指示した「満ソ国境紛争処理要綱」が、満州の各部隊に示されていた。起草者は関東軍作戦参謀の辻政信。

 早速、ノモンハン一帯を管轄とする第23師団は装甲車や航空機でモンゴル軍を排除する。これに対しモンゴル駐留ソ連軍は砲兵や装甲車を投入。第23師団の捜索隊と第64連隊が28日、ソ連軍を挟み撃ちにしようとしたが、情報が共有されず、先着した捜索隊は結果的に戦線で孤立。包囲されて29日夕方に壊滅した。


その裏側では、独ソ不可侵条約締結へ向け交渉が進んでいた──。


1939-04-28
ドイツは1934年締結のドイツ・ポーランド不可侵条約を破棄。ポーランド情勢が緊迫

1939-05-22
ヒトラー、ロシアがドイツに対抗する措置をとるなら、(ドイツと)日本との関係がいっそう緊密になる可能性を示唆

その裏側では、独ソ不可侵条約締結へ向け交渉が進んでいた──。


1939-04-28
ドイツは1934年締結のドイツ・ポーランド不可侵条約を破棄。ポーランド情勢が緊迫

1939-05-22
ヒトラー、ロシアがドイツに対抗する措置をとるなら、(ドイツと)日本との関係がいっそう緊密になる可能性を示唆

1939-06-01
ドイツのポーランド侵攻まで92日

スターリン、動く

 モンゴル辺境の紛争にソビエト国家の意思が及び始めた。5月下旬、ミンスクの白ロシア軍管区にモスクワから緊急電話が入った。ゲオルギー・ジューコフ将軍が呼び出されたのだ。翌日、急ぎ出頭した彼は、スターリンの意向を受けてノモンハンへ赴くよう、国防相から命じられる。現地司令官に着任したジューコフは、早々に兵力増強を要請。モスクワの首脳はそれを上回る増派を決める。

 敵情の精査もなく関東軍は暴走を重ねた。ソ連軍は6月中旬、国境近くの貯蔵庫などを爆撃。報復として辻らは7月初頭の大規模攻勢を立案する。「事態不拡大」を前提の陸軍参謀本部は関東軍が隠していたモンゴル領内の爆撃計画を知って中止を求め、説得のため使者を送り込もうとする。だが、辻らは予定を早め、使者の到着を待たずに6月27日、タムスクとサンベースのモンゴル領内のソ連軍基地を爆撃した。

1939、7.3
ドイツのポーランド侵攻まで60日
補給ないまま攻撃

 関東軍は7月3日、1万5千人で攻撃を開始。二手に分かれハルハ河の東岸と西岸を攻略する作戦だったが、西岸へ渡る舟橋は1本のみだった。幅2.5メートル、長さ60メートルの橋を渡った歩兵を中心とした部隊は、ソ連軍の戦車部隊と遭遇。関東軍の兵士は速射砲(対戦車砲)と火炎瓶で立ち向かった。給水や弾薬補給の計画もなく、渡河した部隊は押し戻されて7月5日早朝に撤退。追撃するソ連軍を振り切るため、舟橋は撤退直後に爆破された。

 東岸でソ連軍陣地を攻撃した関東軍の戦車部隊は、相手に損害を与えながらも、主力の戦車67台のうち半数を失う。関東軍司令部は残った「虎の子」を温存する方針をとり、戦車部隊は帰還を命じられた。

1939-07-23
ソ連のモロトフ外相、英仏に対独戦争を想定した軍事協定への署名を要求

1939-08-02
独リッベントロップ外相、ソ連在独大使館を通じポーランド分割を極秘提案

物量の劣勢を精神主義で補わせた日本軍。
「必勝の精神」が負のスパイラルを生む

第2章 一兵卒の戦場(近日公開)

1939,8、12 ドイツのポーランド侵攻まで20日
スターリンの決断

 次に関東軍は砲撃戦を挑んだ。86門の重砲を集めて7月23日、攻撃を開始。だが、ソ連側は数倍に及ぶ弾薬で応戦。射程もソ連側の方が長く、3日間で砲撃は中止に。長期戦の覚悟を固めた関東軍は、陣地強化と越冬準備を命じた。8月11日、スターリンはドイツとの不可侵条約へとかじを切る。その一方で、同時期に背後≠ノいる関東軍をたたくため、ジューコフに総攻撃の許可を出す。偽電文や様々なカムフラージュの下、物資の集積を進めた。

ノモンハン事件で関東軍に打撃を与えたジューコフは、独ソ戦の分岐点となった攻防戦の指揮官としてその作戦手法を生かし、母国の勝利に貢献した。一方、モンゴル東部では、スターリンの対日進攻に向けた策略が動き始めようとしていた。

第3章 スターリンの策略(近日公開)
 8月20日午前5時45分、ソ連軍の総攻撃が始まる。

 航空機数百機による爆撃に火砲500門に及ぶ砲撃が続いた。すでにハルハ河周辺の戦車部隊を引き揚げていた日本軍は、包囲を受けながらも頑強に応戦する。スターリンは日本に痛撃を加えつつ、正面の敵<hイツとは当面手を握るべく、独ソ不可侵条約に向けて詰めの交渉を進める。防共協定を結んでいた日独両国を離間させ、挟み撃ちを避ける狙いもあった。

 8月23日、独ソはモスクワで不可侵条約に調印。付属する秘密協定は、両国によるポーランド分割を約していた。一方、同じ頃にノモンハンでは関東軍の諸部隊が壊滅の危機にあった。戦域北端のフイ高地と呼ばれた陣地は同日午前4時に無線機も破壊され、周囲は200台に及ぶソ連軍戦車で包囲された。第23師団の捜索隊を率いる井置栄一中佐は、水も食料もない4日間の戦闘を強いられた。自決を図ったが部下に止められ、撤退を試みる。部隊の759人中、269人だけが脱出できた。その後井置は「独断撤退」を責められ、自決を強要された。

そして、9月1日──第2次世界大戦勃発
世界大戦の「スイッチ」

 不可侵条約により、当面ソ連と戦う心配がなくなったドイツは9月1日、ポーランドに侵攻した。ヒトラーの予測に反し、英仏はドイツに宣戦布告。この日は「第2次世界大戦」が始まった日となった。

 東京に送り込んだスパイ、リヒャルト・ゾルゲの情報で日本がソ連と全面戦争をする意志がないことを承知のスターリンは、9月16日のノモンハン停戦の成立を待って同17日、ドイツとの密約通りポーランドへ兵を進めた。モンゴル東端で暴走の末に戦線を拡大した関東軍は、世界大戦の「スイッチ」を押す役回りを演じたことになる。

 日本軍の無責任体質≠ヘ責任を負うべき辻政信らをいったん左遷するも後に軍中央で参謀に昇格させた。そして辻らは太平洋戦争開戦後、ガダルカナルで多数の餓死者を出すことになる──。(編集委員・永井靖二)

***

 第2次世界大戦の起点≠ニ評されるノモンハン事件と、終止符≠ニなったソ連の対日侵攻。このシリーズは、くしくも双方の舞台となったモンゴル東部を出発点に、現地調査や最新の知見も交え、当時の日本が直面した戦争の諸相を浮き彫りにします。


 幾重にも連なるくぼみが、草原一面に広がる。モンゴルの首都ウランバートルから東へ約1200キロ。悪路の中、車で3日間かけてたどり着いた。「鳥の視点」で見て初めて、くぼみだらけのこの場所が持つ意味が理解できる。

 ここで1939年に起きた国境侵犯をめぐる紛争は、日本ではその地名からノモンハン事件と呼ばれる。眼前に広がるのは、その跡だ。日本・旧満州国の連合軍が旧ソ連・モンゴル連合軍と衝突し、日本側が大打撃を受けた。くぼみと思っていたのは、ソ連側が物資の貯蔵に使ったとみられる径約10メートルの円形壕(ごう)だった。碁盤の目状に200基近くが並ぶ。中国との国境に接した一帯は、航空機の接近は今も禁じられている。昨年5月、朝日新聞が同行取材した現地調査団によるドローン撮影で、その異容が明らかになった。

 すぐ西を流れるハルハ河沿岸の南北約7キロの区間に、測地衛星の画像では先ほどの200基を含めた約1430基の円形壕が確認できた。多くは段丘の斜面に、日本軍が布陣する東方から見えないように掘られていた。壕の列の南側には、オオカミの足跡のように、一回り大きな4〜5基一組の壕が並んでいた。

 「ソ連軍が重砲を据えた跡ではないか」

 モンゴル側の関係部局と協力し、2009年から一帯の戦争遺構を調べている現地調査団長の岡崎久弥氏(57)は、こう推測する。岡崎氏らの継続的な調査により、通常は規制される国境付近も、今回は大幅に自由な調査・撮影が認められた。

 そこから数十メートル離れた場所に、ソ連軍のM36と呼ばれる鉄かぶとが転がっていた。側面には銃弾によるものか、穴が開いている。80年余りの歳月を物語るかのように、さびて朽ち果てていた。

 39年8月、圧倒的な物量を誇るソ連軍の前に、日本軍は壊滅。両軍合わせた戦死者は1万6千人を超えた。この戦いを近年歴史家の一部はこう捉えている。ノモンハン事件こそが、第2次世界大戦の“起点”だったのだと。

いま解き明かす「ノモンハン事件」ノモンハン事件とソ連の対日侵攻。このシリーズは、くしくも双方の舞台となったモンゴル東部を出発点に、現地調査や最新の知見も交え、当時の日本が直面した戦争の諸相を浮き彫りにします。

 
・ノモンハン 責任なき戦い〜敵を知らず己を知らず先に進んだ/Nスペ
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/630.html
 投稿者 仁王像 日時 2018 年 8 月 17 日 20:10:04: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/748.html

   前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 仁王像 kG2JpJGc > 100011  g検索 kG2JpJGc

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。