★阿修羅♪ > Rm5WWGpiTzAwU2c= > 100001
 
g検索 Rm5WWGpiTzAwU2c=  
 前へ
Rm5WWGpiTzAwU2c= コメント履歴 No: 100001
http://www.asyura2.com/acat/r/rm/rm5/Rm5WWGpiTzAwU2c=/100001.html
[経世済民135] 日本、造船業も中韓勢に敗北、存亡の危機…一地方造船所だった今治造船、国内トップへ(Business Journal) 赤かぶ
9. 2021年1月31日 02:29:43 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[578]

>おウチにお風呂の無い人(数人…ひとり(か、ふたり。いや、ひとり)“だけ”)は嫌がって/困って

うちに風呂があっても虫が浮いているのはイヤな人は多いようだ

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/136.html#c9

[経世済民135] 東京からの転出者急増、約半数が近隣3県へ コロナでテレワーク普及(東京新聞) 赤かぶ
10. 2021年1月31日 02:33:38 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[579]

首都圏での微調整に過ぎない

コロナ騒動により、日本全体の人口減少と超少子高齢化は悪化が加速した

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/135.html#c10

[経世済民135] 大方の予想とは逆に、コロナ下で食料・資源・運賃などあらゆる価格が高騰している理由(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年2月05日 00:59:23 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[580]

相変わらず何を今さら言っているのかという低レベルな貼り付け記事だな

私に限らず去年の春の段階で、コロナによる生産性の低下

巨額の財政支出と財政ファイナンスの効果が

必需品インフレであることは予想されていて

投資の世界では常識になっていたし


それが年末あたりから実体経済にまで及んでいたことは

並みのアナリストですら、とっくの昔に指摘していた


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/144.html#c3

[経世済民135] 業界トップの日本製鉄、東京製綱に対し敵対的TOBか…大量に株取得し、筆頭株主に(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年2月06日 02:33:43 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[581]

経営者がダメな企業の価格が下がっているなら、買い取って経営を変えるのが最も効率が良い

ダメな正社員の首を切るよりも比較的容易でもある

問題は、混乱による無駄なコストがどうしても発生することだな

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/145.html#c3

[経世済民135] 平均年収300万円で“使い捨て”だったアパレル販売員、激変…一人で月数千万円売り上げも(Business Journal) 赤かぶ
8. 2021年2月09日 00:35:08 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[582]

今後、通販や自動化が販売の中心になれば、一部のα販売員がいれば、人はいらないということだろう

そしてAIとロボット化が進めば、基本的に、人は不要になる

そして、どんどん世界中から人がいなくなれば、ほとんど全ての問題は解決し

地球生態系も大幅に改善するというものだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/147.html#c8

[経世済民135] 絶望の三菱自動車、経営危機…巨額赤字、販売台数激減、人材流出、研究開発費を大幅削減(Business Journal) 赤かぶ
19. 2021年2月09日 00:38:35 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[583]

淘汰の時期が来たということだろう

特に問題はない

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/146.html#c19

[経世済民135] 日経平均終値、3万0084円 30年半ぶり大台回復(日経新聞) 赤かぶ
8. 2021年2月16日 23:45:34 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[584]

30700円を超えたのは、やや期待先行で高すぎるので

当然、今後の上昇よりも下降リスクの方を用心すべきだが

別にバブルというほどではないので

調整があっても半額とかにはならない

よって全部手放す必要もない

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/161.html#c8

[経世済民135] 日経平均終値、3万0084円 30年半ぶり大台回復(日経新聞) 赤かぶ
9. 2021年2月16日 23:47:33 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[585]

まあ、このサイトでは、少し値上がりすると

すぐにバブルだと騒ぐ素人ばかりなので

関係ない話ではある

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/161.html#c9

[経世済民135] スマホの充電を1年しなくても大丈夫? NTTが開発を進める常識を覆す新技術とは(オトナライフ) 赤かぶ
10. 2021年2月22日 01:17:50 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[586]

大分前のネタだな


https://www.ntt.co.jp/news2019/1904/190416a.html
2019年4月16日
日本電信電話株式会社
科学技術振興機構(JST)
光変調器を超省エネ化し、高速高効率な光トランジスタを実現
〜光電子融合型の超低消費エネルギー・高速信号処理へ前進〜
 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下 NTT)は、世界最小の消費エネルギーで動作する光変調器と光トランジスタを実現しました。
 従来、光変調器や受光器のような光-電気変換デバイスは高い電気容量をもつため、消費エネルギーが高く、光と電子回路が緊密に連携した信号処理を行うことは困難でした。本研究グループは、フォトニック結晶と呼ばれるナノ構造技術を用いて、世界最小の電気容量をもつ光電変換素子の集積に成功しました。この技術により、世界最小の消費エネルギーで動作するナノ光変調器や、光入力信号を別の光へ変換・増幅出力させる「光トランジスタ」を実現しました。このようなナノスケール光電子集積によって、光による高度な信号処理技術をプロセッサチップの中へ導入することが可能となり、従来にない超低消費エネルギーで高速なコンピューティング基盤の実現が期待されます。
 本研究成果は、2019年4月15日(英国時間)に英国科学誌「Nature Photonics」のオンライン版で公開されます。
 なお、本研究の一部は、科学技術振興機構(JST)CREST「集積ナノフォトニクスによる超低レイテンシ光演算技術の研究」の支援を受けて行われました。
研究の背景(および役割分担)
 これまでCMOS(相補型金属酸化膜半導体)電子回路技術※1)によるコンピューティング基盤は、ムーアの法則※2)に沿って高性能化が進んできましたが、微細加工や集積密度の制約により電子回路による処理は速度と消費エネルギーの面で限界が近づいています。そのため、光技術を従来のような長距離信号伝送だけでなく、電子回路と連携したプロセッサチップ内の信号処理部にも導入し、光電子融合による新しいコンピューティング基盤を実現することが期待されています(図1)。
 このようなコンピューティング基盤を実現するため、レーザ光源や光変調器のような電気-光変換(E-O変換)や、受光器のような光-電気変換(O-E変換)を小型化・省エネ化することが必要です。また、光信号を非線形的に制御・変換できる素子が実現できれば、電子回路技術を超える高速な光信号処理が可能となります。そのため、E-O変換とO-E変換を組み合わせたO-E-O変換のような光非線形素子がこれまで研究されてきました。しかし、通常は非線形効果を起こすために強い光入力が必要なため、このような光非線形素子を小型化・省エネ化することは困難でした。
 歴史的には、O-E-O変換素子をはじめとするプロセッサ向けの光電集積素子は20年以上前から研究されてきましたが、素子のサイズや消費エネルギーが大きく、また動作速度も1 GHzに満たなかったため、実用技術として確立されませんでした。根幹の原因は、E-O/O-E変換素子の電気容量(キャパシタンス)※3)が100 フェムトファラド(fF)以上と大きいために、電気容量に比例する高い消費エネルギーが必要であり、またRC時定数※4)によって電気容量に反比例して動作速度が遅くなっていたことです。これらの課題を解決するためには、光電子集積の電気容量を抜本的に小さくする必要があります。本研究グループはこれまで、フォトニック結晶※5)と呼ばれる半導体ナノ構造を用いてさまざまな超小型光制御素子の研究を進めてきましたが、最近、この技術を用いることにより、極めて低容量の光電子集積が可能であることを見出し、今回の成果を達成しました。
研究の成果
 本研究グループは、フォトニック結晶によるナノスケール光技術を用いて、電気容量が極めて小さく消費エネルギーが極めて低いナノ光変調器(E-O変換)と、これをナノ受光器(O-E変換)と集積させることでO-E-O変換型の光トランジスタを実現しました。本成果のポイントを下記に説明します。
[1] 世界最小動作エネルギーをもつナノ光変調器の実現
 フォトニック結晶による微小な光ナノ共振器※6)を用いて、超小型のナノ光変調器を作製しました(図2左)。40 Gbit/sの高速な電圧信号入力に追従する明確な光変調出力が観測され、このときの消費エネルギーは、現存するさまざまな材料や構造の光変調器の中でも最小(1ビットあたり42アトジュール)であることを確認しました(図2右)。
[2] 超低容量のO-E-O変換素子の実現
 同一のフォトニック結晶上にナノ光変調器とナノ受光器を形成し、近接集積することで、超小型のO-E-O変換素子を作製しました(図3左)。動作実験では、ナノ受光器に入力された10 Gbit/sの高速な光信号がまず電流となり、さらに負荷抵抗を介して電圧信号へと変換されます。この電圧信号をナノ光変調器に与えることで、別波長の光に信号波形を転写することができます(図3右)。これにより、光非線形動作※7)の1つである、光信号の波長変換動作を実現しました。このとき必要な光制御エネルギーは1ビットあたりわずか1.6フェムトジュールであり、従来のO-E-O変換素子に比べて2桁以上の低減を達成しました(図4上)。また、動作速度とRC時定数※4)の対応から、この集積による電気容量がわずか2 fFであることを確認しました(図4下)。これは世界で初めてfFレベルの光電子集積に成功した成果です。
[3] 信号利得をもつ省エネの光トランジスタ動作※8)の実現
 上記の光波長変換動作では、制御光の入力強度よりも被制御光の出力強度を2倍以上高めることができました(図5)。これは光信号の入出力において信号利得が得られたことを意味し、「光トランジスタ」に相当する動作を実現したことになります。従来のO-E-O変換素子では、このような動作における小型化・省エネ化は困難でした(図6)。また、利得があることで、この光トランジスタを多段に接続することも可能となり、将来的に高密度な集積による光信号処理が期待されます。
今後の展開
 今回実証されたナノ光変調器およびO-E-O変換型の光トランジスタは、従来の技術に比べて圧倒的に小型で低消費エネルギーであることから、従来「信号伝送」に留まっていた光技術を「信号処理」にまで適用できることが期待できます。例えば、E-O変換/O-E変換を低消費電力化したことで、多数のCMOSチップ内でコア間を光で緊密に接続するネットワーク処理を劇的に省エネ化することが可能となります。また、小型で信号利得をもつ光トランジスタが実現されたことで、電子回路技術だけでは難しい高速な光信号処理を行うことが可能となり、新しい光電融合型のプロセッサチップの実現が期待できます(図1)。
 近い将来、サイバーフィジカルシステム(CPS)と呼ばれるような、IoTなどの現実空間からのデータ情報とサイバー空間を介在し、リアルタイムで分析やフィードバック処理を行うシステムが必要と考えられています。現在のCMOSテクノロジーのように並列処理に依存するだけでは高度なリアルタイム処理は難しく、今回実現されたような光電子集積技術をプロセッサチップ内で駆使し、低遅延で低消費エネルギーの情報処理を実現する必要があります。NTTでは、本成果である低容量の光電融合技術を活用して、このような次世代の情報処理基盤の構築をめざします。
技術のポイント
[1] フォトニック結晶光ナノ共振器による電気光学変調器
 極めて小型の電気光学変調器を実現するため、InP半導体にフォトニック結晶光ナノ共振器を作製しました。フォトニック結晶の穴配列から3つだけ穴を除去すると、長さが1.3 µm程度の小型のナノ共振器が形成されます(図2左)。また、埋め込みヘテロ技術※9)を用いて、光非線形材料であるInGaAsP材料を精密にナノ共振器中に埋め込みました。これらの微細加工技術は他機関にはなく、NTTが保有する優位な技術です。pn接合を介して電圧信号を印加すると、フランツケルディッシュ効果※10)が起き、ナノ共振器中で屈折率と光吸収率が変化するため、入射した光の強度を変調できます。これにより、40 Gbit/sの高速な光変調動作が観測されました。このときの動作エネルギーは、素子の電気容量への充放電にかかるエネルギーが支配的です。素子の電気容量が0.6 fFと極めて小さいことと、必要な電圧信号が0.5 Vと低いことで、わずか42 aJ/bitに抑えることができました(図2右)。
[2] ナノ受光器とナノ光変調器の近接集積によるO-E-O変換素子
 上記の埋め込みヘテロ技術によって、ナノ光変調器(E-O変換)とは異なる材料であるInGaAs吸収層をナノ受光器(O-E変換)を形成するために埋め込みました。これにより、ナノ光変調器をナノ受光器と近接させて集積し、O-E-O変換素子を作製しました(図3)。完成したO-E-O変換素子の面積は約10×15 µm2、電気容量は約2 fFであり、いずれも従来のO-E-O変換素子に比べて1/100以下です。
 動作実験では、10 Gbit/sの高速な光信号をナノ受光器に入力し、生成された電流は負荷抵抗で電圧信号として変換された後、これをナノ光変調器に与えることで別波長の光信号として出力されます(光波長変換動作)。一般的に、このような高速な光非線形動作を得るために、光信号を電圧信号に変換する際に電気増幅器を用いることが多いですが、本素子では高い負荷抵抗(24 kΩ)のみで高い電圧信号を生成できるため、そのような増幅器が不要で強い省エネ効果があります。このような高い負荷抵抗を接続しても、素子の電気容量が小さいためにRC時定数を低く抑えられました。結果として、10 Gbit/sの高速動作が得られ、また、動作に必要な光制御エネルギーが1ビットあたり1.6フェムトジュールまで低減できました。
用語解説
※1CMOS電子回路技術
CMOSは電圧を印加することで論理演算動作を可能にする半導体素子構造のひとつで、これを基本とした電子回路の大規模集積技術である。消費電力が少なく、製造コストが安いなどの利点から、コンピュータ内のマイクロプロセッサの多くに採用されている。ムーアの法則※2に沿って微細化と高密度集積化が進んできたが、半導体加工における物理的制約や、消費電力の下げ止まりによって、限界が見えつつある。
※2ムーアの法則
半導体の集積密度が18〜24か月ごとに倍増し、性能が向上するという経験則。
※3電気容量(キャパシタンス)
金属などの導体において、どれだけ電荷が蓄えられるかを表す量を指す。光電変換素子の多くは半導体pin接合や金属電極を含むため一定の電気容量(C)をもつ。素子の動作に必要な電圧(V)を発生させるためには、Q = CVに相当する電荷 (電気的なエネルギーに相当する) が必要であるため、電気容量Cを低減させることは消費エネルギーの低減につながる。
※4RC時定数
電気回路などで、入力信号の変化に対する出力の応答時間の目安となる定数を時定数と呼ぶ。特にRC回路においては、電流を流し始めてから定常電流に至るまでの応答時間が、抵抗Rと電気容量Cの積(RC)によって決まり、RC時定数と呼ばれる。
※5フォトニック結晶
屈折率が光の波長と同程度の長さで周期的に変調された構造のことを指し、通常ナノ加工技術で半導体を微細加工することによって作製される。フォトニック結晶は、特定の波長において光の絶縁体として機能するため、通常の物質では不可能な強い光閉じ込めが可能となる。
※6光ナノ共振器
光共振器とは、特定の波長の光を空間的に閉じ込める構造。光は常に伝搬しているため、小さな光共振器であるほど外部に放射されやすい。そのため、長時間光を閉じ込める小型の光共振器を作製することは一般に難しい。従来、波長の10〜100倍程度の小型共振器は光マイクロ共振器と呼ばれていたが、フォトニック結晶技術によって、閉じ込め体積が1立方ミクロン以下となる光ナノ共振器が作製可能となった。
※7光非線形動作
半導体などの材料や構造に対して一定の強度をもつ光を入射させることで、材料の光吸収や屈折率が変化し、光の出力強度や位相が非線形的に変調される。複数の光信号を組み合わせることで、光-光スイッチング動作や光波長変換動作などさまざまな光制御が可能となる。
※8光トランジスタ
光非線形動作が可能であり、かつ信号利得をもつ光入出力型のデバイス。本成果の場合、光三端子型の構成になっており、受光器への光入力、光変調器への光入力と光出力がそれぞれ電気トランジスタにおけるゲート、ソース、ドレインの役割に相当することから、光トランジスタと呼んでいる。小型化、省エネ化させることで、情報処理回路において光信号制御を行う非線形素子として用いられることが期待されている。
※9埋め込みヘテロ技術
半導体の基板材料に対して、異なる組成の半導体を精密に埋め込むための加工技術。例えば、使用する光信号の波長に対して透明な材料と非透明な(吸収する)材料を任意の箇所に形成できるため、異なる機能をもつ光素子を同一基板上で作製することが可能となる。
※10フランツケルディッシュ効果
半導体に高い電界が印加されることで、元々の半導体のバンドギャップが実効的に狭められ、光吸収端が長波長側にずれる効果。この効果によって光の吸収率や屈折率が変化するため、入射した光の強度や位相を変調できる。光共振器の場合は、共振スペクトルの波長シフトやピーク値の変化として現れ、光変調動作が得られる。


図1:光伝送技術の短距離化と光電融合情報処理への展開


図2:フォトニック結晶による超低消費エネルギーのナノ光変調器
左:素子の写真と40 Gbit/s変調動作での光出力波形

図2:フォトニック結晶による超低消費エネルギーのナノ光変調器
右:さまざまな光変調器の電気容量と消費エネルギーの比較


図3:ナノ受光器とナノ光変調器の集積によるO-E-O変換素子
左:素子の写真

図3:ナノ受光器とナノ光変調器の集積によるO-E-O変換素子
右:光非線形動作の動作原理


図4:O-E-O変換動作と超低容量集積の実証
上:O-E-O変換動作における光出力波形と光制御エネルギー

図4:O-E-O変換動作と超低容量集積の実証
下:動作速度からの電気容量の見積もり

図5:光信号利得の実証

図6:他のO-E-O変換素子との比較
本件に関するお問い合わせ先
日本電信電話株式会社
先端技術総合研究所 広報担当
Tel:046-240-5157
E-mail:science_coretech-pr-ml@hco.ntt.co.jp
NTTのR&D活動を「ロゴ」として表現しました

科学技術振興機構 戦略研究推進部
中村 幹(ナカムラ ツヨシ)
Tel:03-3512-3531 Fax:03-3222-2066
E-mail:crest@jst.go.jp
科学技術振興機構 広報課
Tel:03-5214-8404 Fax:03-5214-8432
E-mail:jstkoho@jst.go.jp


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/171.html#c10

[経世済民135] 携帯電話の新料金プラン乱立、混乱するユーザーたちの本音とは(オトナライフ ) 赤かぶ
5. 2021年2月22日 22:59:50 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[587]

>求められているのは安さか、それともユーザー目線に立った丁寧な対応か

そんなの、ユーザーによって違うのだから

多様なプランがあって、それを自分で選べば良いだけのことだ


>自分にとって何が最適なプランなのかわからない、という人が急増している

バカか


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/172.html#c5

[経世済民135] 法定通貨、仮想通貨、金についての若干の考察 佐藤鴻全
3. 2021年3月01日 01:24:30 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[588]

思考に穴があるので指摘しておくと
法定通貨は、(政府が機能している限り)徴税権による価値の担保という最大の強みがある。

また暗号通貨(仮想通貨)は、今後、量子計算の発展次第では、いずれ暗号による保管性という最大のメリットも消える
さらにビットコインに関しては、莫大な電力の浪費が発生する上に、政府による規制によって容易に価値を失うという最大の欠点がある

なので、いずれ消えていくことになるため
金などの実物資産はもちろん、法定通貨の価値よりも遥かに不安定だと言えるだろう。

>保管性、流通性、移動性、運搬性の言わば「バケツとしての機能」が格段に高い
>法定通貨:  希少性△ バケツ機能○ その他の機能性× 審美性×
>仮想通貨:  希少性○ バケツ機能◎ その他の機能性× 審美性×

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/186.html#c3

[経世済民135] 株式市場の潮目が変化 大暴落相場を引き起こす“3つの爆弾”(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
4. 2021年3月04日 02:26:24 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[589]

くだらん
単に金利タントラムでスピード調整が起こっただけであり
コロナ後を見込んだ業績相場への移行は、これからだ

ただし、市場の変化は速いから、それなりの注意は当然必要になる


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/197.html#c4

[経世済民135] “サラ金化”するファミマ…加盟店「肥大化&大量契約更新」問題、3位転落の危機も(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年3月04日 02:33:33 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[590]

従来のビジネスモデルであるBtoB融資や長期債券投資などからの安定した利益が崩壊し、
さらにIT化も進む銀行大淘汰の時代

金融決済システムをもつコンビニなどが、利益率が高い消費者金融へ参入するのは、当然のことだ

今後はグローバルな企業間競争がさらに加速していくことになるだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/187.html#c4

[経世済民135] PayPayに給料が振り込まれる時代へ…デジタル給与解禁で何が変わる?メリットと懸念点(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年3月04日 02:45:35 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[591]

あほらしい

別に銀行への振り込みでも、とっくにデジタル化は進んでおり

CカードやDavidと提携していれば、ほとんどCashlessでも生活できる

だからPayPay支払いの解禁の意味は、デジタル給与ではなく、

特定の企業システムによる決済の占有を許したということだ

だから、現状では、支払い額に上限をつけることでクリアしているが
ポイントから換金可能にできるなどの条件がなければ、到底、デジタル通貨とは言えず、
現物給付同様の、違法な決済手段ということになる


労働基準法第24条
賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。

ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/196.html#c4

[経世済民135] PayPayに給料が振り込まれる時代へ…デジタル給与解禁で何が変わる?メリットと懸念点(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年3月04日 02:56:17 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[592]

そもそも決済に使える(つまり通貨同士で相互換金可能)でなければ通貨とは呼べないから

PayPayなどのポイントは通貨ではない
(つまりデジタル通貨=デジタルマネーでもない)

よって(デジタル通貨で支払われる?)デジタル給与という言葉も無意味と言える

この記事自体が、例によってゴミということだ


ja.wikipedia.org/wiki/デジタル通貨
デジタル通貨(デジタルつうか、英: digital currency、中: 数字貨幣)もしくはデジタル貨幣(デジタルかへい)、デジタルマネー(digital money)、電子マネー(electronic money)とは、デジタルな形で利用可能な(電子的、エレクトロニクス的な形で利用可能な)通貨のことである[1] 。デジタル通貨のうち、特定の国家による裏付けのある物を中央銀行デジタル通貨といい、無い物を仮想通貨という
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/196.html#c5

[経世済民135] PayPayに給料が振り込まれる時代へ…デジタル給与解禁で何が変わる?メリットと懸念点(Business Journal) 赤かぶ
6. 2021年3月04日 03:11:07 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[593]
>>03 匿名性が担保されている国営デジタル通貨が他国で完成すれば、日本国内であっても流通する、即ち、通貨発行権の棄損

いや

政府が社会保障や治安・インフラ維持のためのパワー(通貨)を必要とし、
そのための自国通貨(円)建での徴税権(それを保証する軍・警察などの強制力)がある限り、
企業や個人は円建てで通貨を調達する必要がある

よってシニョリッジが消えることにはならない

そして、デジタルか現物かは、どうでもよいことだから

発行・徴税・流通・保管・管理・決済コストが低いデジタルの方が当然、優れていて、いずれは、環境破壊で脆弱なビットコインなどは淘汰され
より暗号が強化されたデジタル通貨のドル、ユーロ、中国元そして日銀円などが普及し、最終的には、デジタルSDRが主流になるのかもしれない。

ただし、それまで世界大戦や、温暖化災害で、グローバルな人類文明が崩壊しなければの話だし
日本も、災害リスクに加え、人口や安全保障も含めて脆弱だから、今世紀中に社会崩壊しても驚きはない。


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/196.html#c6

[経世済民135] (決定稿)法定通貨、仮想通貨、金についての小考察 佐藤鴻全
1. 2021年3月04日 03:21:52 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[594]

もう一つ指摘しておけば

法定通貨もデジタル人民元のようにデジタル化し、さらに暗号化すれば
いわゆる仮想通貨(暗号通貨)と同等のメリットを持つことになるので

基本的にはビットコインのようなデメリットの大きい暗号通貨は淘汰されていくことになるだろう


> 法定通貨:  希少性△ バケツ機能○ その他の機能性× 審美性×
> 仮想通貨:  希少性○ バケツ機能◎ その他の機能性× 審美性×

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/196.html?c4#c4
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/196.html?c6
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/195.html#c1

[経世済民135] 変化を怠り赤字に陥った「川崎重工」、なぜ突如V字回復?急速な“AI企業化”の衝撃(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年3月05日 01:10:06 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[595]

高いブランド力と競争力のあるビジネスモデルを持っていても

変化し挑戦し続けなければ

大部分の企業はいずれは衰退し淘汰される

それは時間のスパンは違えど、国家でも同じであり、

国民が自助努力を忘れてポピュリズムに走り

寄生虫化すれば、必ず滅びに向かうことになる


さらに言えば、努力が必ず報われるわけでもない

川重の今後が楽しみではある


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/198.html#c4

[経世済民135] 変化を怠り赤字に陥った「川崎重工」、なぜ突如V字回復?急速な“AI企業化”の衝撃(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年3月05日 01:13:34 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[596]

>>03

セクター別の売り上げ推移を見た方が良いだろう

https://www.khi.co.jp/ir/financial/business_segment/

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/198.html#c5

[経世済民135] トヨタが作るハイテク街「ウーブンシティ」は何を創るのか クルマは乗らなきゃ語れない(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
10. 2021年3月05日 01:23:27 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[597]

HONDAにすら、低レベルの自動運転で先行されている状況だから

とりあえずレベル4は、早急に達成しないと、今後のコモディティ化による

利益率の激減や、グローバル競争に打ち勝つことなどできない

そのためには日本の規制に縛られない実験都市は必須だ


ただしポピュリズムが支配する愚民国家だから仕方がないことではあるが

それでも今後、世界のトップ企業として勝ち残れる可能性は低いだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/199.html#c10

[経世済民135] なぜソニーは、どん底から9年で完全復活できた?「利益1兆円・時価総額10兆円」達成(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年3月07日 02:39:57 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[598]

ソニーの売り上げ状況も財務構造も確かに大幅に改善したので、個人的には喜んではいるし、今後も期待はしているが

その内実は、かなり一時的なものが多く、長期にわたって安定に収益を上げ続けられるような構造ではない

よって株価の上昇も長期にわたって続くようなものではなく

当面は、コロナ金融緩和効果が減っていくため、下振れリスクの方により注意すべきだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/200.html#c5

[政治・選挙・NHK279] 藤井聡教授が断言。無能な日本政府に予定通りのワクチン接種など不可能なワケ(まぐまぐニュース) 赤かぶ
20. 2021年3月07日 02:45:37 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[599]

別に不可能と断言できるものではないが

必ずスケジュール通りになると考えるのは当然間違いなのは

別に日本に限った話ではないし

そもそもワクチンでコロナ騒動が完全に収束すると想定するのが間違いということだ


また日本政府(官僚)が無能だとしたら、国民のレベルが、その程度だからであり

少なくとも、このレベルの批判や報道を行っているメディアに踊らされて

文句ばかり言っている無責任な愚民たちよりは、かなりマシではある


http://www.asyura2.com/21/senkyo279/msg/469.html#c20

[国際30] ドルを崇拝する人びとの末路(1/2)(2/2)(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
4. 2021年3月07日 22:04:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[600]

相変わらずの愚かさ

日本が最速だが、欧米ロが長期的に衰退していくのは当然

ただし

それを進めてきたのは、まさに資本主義の信奉者達自身であり

今後も中国やアジアに限らず、国家資本主義という形の信奉者たちが

覇権争いに加わり、愚かな争いを続けていくことになる



http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/310.html#c4

[経世済民135] 1年10カ月ぶり原油価格急上昇 日本もインフレに襲われるか(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
2. 2021年3月08日 23:35:17 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[601]

>価格は据え置いたまま商品の量を減らす“シュリンクインフレーション”が起きる
>物価が上がらないのは結構なことだが、ますます日本は世界とかけ離れていく

愚かな。。

全然、結構ではない

こういう必需品インフレを伴うディスインフレは、

交易条件が低く、資源の買い負け状況にある貧困国家の特徴だ


多くの場合、既得権産業や中小零細の生産性の低いゾンビ企業を守り

高付加価値産業への投資が停滞することで生じる


ポピュリズム政治を支持する国民(経営者、労働者・・)の自業自得と言えよう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/208.html#c2

[政治・選挙・NHK279] 加速する飲食イジメ 今度は“昼の街”潰しで外食産業が悲鳴(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
18. 2021年3月13日 02:02:49 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[602]

感染者が増えれば、政治家を叩き、減って来れば、今度は医療者を叩く

相変わらずのゲンダイ品質だな

>尾身茂会長の“迷言”が、ネット上で物議を醸している。感染拡大防止の名の下、飲食イジメ

今度は尾身茂会長叩きか

感染者数が下げ止まった理由としては、人流の再増加に伴う

ランチによる感染者の拡大があるという彼の主張は、合理的であり

名言ではないがゲンダイのいつものゴミのような迷言とは程遠い


http://www.asyura2.com/21/senkyo279/msg/582.html#c18

[経世済民135] リクルート、かつてない繁栄…株式時価総額が国内7位に、「インディード」効果が絶大(Business Journal ) 赤かぶ
6. 2021年3月13日 16:17:54 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[603]

>売却額は非公表だが、200億円程度
>JR新橋駅近くの銀座8丁目に立地。1981年竣工で地下3階、地上11階建


今となっては米国などに比べると、かなり安い

NYのペントハウスなど、ただのフラットが100億円だ

バブルの時は、真逆だったが

相対的には数10倍以上、値下がりしているだろう

https://www.afpbb.com/articles/-/3163717
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/219.html#c6

[経世済民135] 楽天、有利子負債が危険水域に…社名変更と日本郵政との提携、報じられない“真の目的”(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年3月15日 02:11:05 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[604]

楽天は自民政権が続く限り、まだしばらくは安泰だろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/220.html#c7
[経世済民135] 日本の半導体製造、弱体化の真犯人は経産省…台湾企業と癒着、間接的に中国軍事企業を支援(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年3月15日 23:32:27 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[605]

誤った分析だな

>経産省は台湾半導体企業と癒着関係
>経産省は外資優遇から脱却し、国内企業の製造強化に努める政策を打ち出すべき

逆だろう

日本の多くの輸出大企業がバブル崩壊後、中小零細優遇、規制による高い人件費負担や、生産性の低下で、海外のアジア企業に負けて、淘汰される状況にあったから

何とか生き残りをかけて外資企業に買い取って、雇用や産業の維持を図った

そして日本と関係の深く、成長著しい台湾系の企業が選ばれたということだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/221.html#c5

[経世済民135] 日本の半導体製造、弱体化の真犯人は経産省…台湾企業と癒着、間接的に中国軍事企業を支援(Business Journal) 赤かぶ
6. 2021年3月15日 23:51:53 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[606]

ちなみに台湾では逆に、日本に雇用や技術が流出する心配やシナジーの低さを問題にしており

現実には、その可能性は低いとはいえ、投資の成否に関して、今後の展開は注目だろう


https://news.mynavi.jp/article/20210106-1623614/
日本に後工程ファブを設置するメリットはあるのか?

台湾メディアによると、経産省の担当者が2020年に複数回にわたってTSMCを訪問し、日本に前工程ファブを設置するように要請してきたものの、TSMCは応じようとはしなかったという。同社は「いかなる可能性も排除しない」としつつ、有力顧客がおらず市場性に乏しい日本に「ファブ建設の計画はない」と明らかにしていた。このため、日本政府は次善の策として後工程ファブを日本に設置するようTSMCの説得を続けてきたという。日本は、半導体製造装置や材料技術で優位性があるものの、ウェハ製造に関する需要が不足しており、米国進出を控えて、台湾に結集しているTSMCのR&Dリソースを分散させるのは得策ではないと判断し、最終的に経産省の前工程ファブ設立要請には応じないことを決定したという。
後工程ファブは前工程ファブより設備投資がはるかに少ない。また、予算の裏付けのある経産省の補助金が確実に得られ、日本の後工程製造装置メーカーと開発協業しやすくなり、さらには台湾海峡での紛争リスクなどの地政学的リスクを回避できることはTSMCにメリットとなる。一方の日本側も、日米台間の協力関係を深めることにつながり、日本の存在感を高めることができると考えているようだ。
台湾メディアによると、台湾の識者の談話として、「日本に後工程ファブを設置しても、日本には有力顧客はおらず実際の市場需要の間にはギャップがありすぎる。日本の半導体産業は電源、車両、風力、モーター、イメージセンサなど特殊な分野が支配的であり、日本に後工程ファブを設置する場合、特別な生産ラインとなる可能性が高い。また、ファブ建設に日本政府の補助金が出るにせよ、日本の高い運営コストをどのように克服するのかが問わることとなる」と日本での工場運営の課題点を挙げている。

台湾外の初後工程ファブとなるか?
TSMCの海外ファブは現在、200mmファブが中国上海と米国ワシントン州、300mmファブが中国南京で稼働している。また、米国政府の強い要請で現在、米国アリゾナ州に300mmファブの建設を計画しているが、いずれも前工程ファブである。もし、日本に後工程ファブが設置されれば、同社初の海外後工程ファブとなる。上述の識者の発言ではないが、TSMCとしても日本の先端実装技術を活用するのではないかとの期待もあるが、前工程ファブでは海外に最先端プロセスを出していないことから、後工程についても最先端技術は台湾内に留める可能性がある。


https://news.yahoo.co.jp/byline/tsudakenji/20200720-00188928/
TSMCの誘致は無理、でもファウンドリ事業を始めるべき
津田建二 | 国際技術ジャーナリスト・News & Chips編集長
2020/7/20(月) 0:01
ツイート
シェア
ブックマーク
またしてもか、と思える記事が7月19日の読売新聞に載った。「半導体に海外ノウハウ…台湾大手誘致へ 国内再編 成果なく」という見出しの台湾TSMCを日本に誘致しようという記事だ。全く同様な記事が2020年5月ごろ、週刊ダイヤモンドに掲載された。今回と同様、TSMCを日本へ誘致しようという報道だ。出どころは、経済産業省だろう。若手官僚が日本の産業を活発にするため、半導体産業の再興を働きかけているらしい。

ところが、1980年代後半から90年代にかけて活躍した日本の半導体産業を知っている幹部クラスが、実際にはほとんど関心を持たないようだ。そこで、メディアにリークした、というストーリーのように見える。記事の見出しが意味するところは、日本の半導体産業に海外のノウハウである世界トップのファウンドリ企業である台湾TSMCを誘致しよう、という動きであり、それは国内の半導体事業再編で成果がなかったため、ということだ。

図1 世界の半導体産業は成長しているのに日本は全く成長していない 出典:WSTSが公表している半導体チップの販売額を筆者がグラフ化
日本の半導体をもっと活性化しようという意図はよくわかる。半導体産業はこれからも成長する産業であることは間違いないからだ。現に、世界の半導体市場は成長しているのにもかかわらず、日本の半導体市場だけが全く成長していない(図1)。これは日本のやり方がまずかったからであり、世界の動きと歩調を合わせながら進めていけば半導体産業は世界と同様に成長していくことを示している。

TSMCを日本に誘致できるだろうか。今の政府の組織では無理だ。TSMCに対して何のインセンティブも与えられないからだ。売上額や利益に対する税制優遇や研究開発費用の税制優遇などは世界の常識であるが、残念ながら日本では財務省がお財布を握っていてもその重要性をわかっていない。経産省が財務省を説得できないからだ。

TSMCは米国に工場を建てると言ったものの、インセンティブを米国政府に要求しており、米国政府がそれを拒否すれば、米国から引き上げる可能性はある。だからと言って日本が何もインセンティブを提案せずに外国企業を誘致することはもっと無理である。経済産業省の若手官僚が特定企業1社のために税制優遇などのインセンティブを与えるように財務省を説得できるだろうか。できるのであればTSMCが来ないとは言い切れないが、ほとんど無理だろう。タコつぼ的な縦割り行政では、全く期待できないからだ。本来、内閣なら横ぐしを入れることができるはずだが、これまた理解できる人がいない。

元々半導体は、コンピュータや通信などIT産業がけん引している産業である。ところが日本国内でIT産業は米国などと比べるとこれも大きく遅れている。グーグルやアマゾン、アップル、フェイスブック、マイクロソフトなどの米IT産業に相当する企業は日本にはいない。アマゾンのようなeコマースを模倣した楽天は通信業界に乗り出しているが、残念ながら半導体への関心は薄い。パブリッククラウド産業でも日本企業の存在は薄い。もちろん、日本のIT産業が半導体を作ったという話はほとんどない。グーグルやアマゾン、アップル、マイクロソフトなどが自前の半導体を開発して、他社との差別化を図ろうとしている姿と、日本のITはほど遠い。

今は誰でも自前の半導体を持てる時代になったが、それは工場を持たなくても自前の半導体チップを持てるようになったからだ。すなわち設計だけのファブレス半導体企業が浸透しており、製造だけを請け負う半導体ファウンドリ企業も発展しているためだ。ファンドリ企業は製造を請け負うのであるが、顧客を獲得するためには設計の知識がなくてはならない。半導体設計の知識の全くない、企業が自分の半導体を持ちたいと言っても対応できないからだ。TSMCには半導体設計を熟知しているセールスパーソンが多い。昔は半導体設計を手掛けるGlobal Unichip社を子会社として持っていたが、今は完全に独立に動いている。

日本でもファウンドリビジネスをやってきた企業はいくつかある。しかし、自分の工場の生産ラインが余っていたら製造してあげる、という態度だった。これは顧客が来るのを待って店を開けているだけにすぎない。だからファウンドリビジネスはほとんど失敗に終わった。営業体制をしっかり整えておらず、半導体設計を熟知したセールスパーソンがいないからだ。

半導体設計では、システム設計から論理設計、回路図に落とすネットリスト作成、マスクを作製するための配置配線のレイアウト作成、検証、最後にマスク作成、という工程からなる。最後のマスクをファウンドリに渡して製造してもらう。こういった工程で、顧客がどのレベルまでできて、どのレベルはできない、あるいはしたくないのか、セールスパーソンは顧客と設計の言葉を理解できなければ注文を取れない。だからこそ、ファウンドリをビジネスにするためには、半導体設計に熟知したセールスパーソンが欠かせないのである。

もし今、日本でファウンドリ事業を始められるとすれば、やはり民間しかいない。それもスタートアップのような起業家精神を持つ人たちだ。それも製造しか知らない人だけではなく、半導体設計を熟知したセールスパーソンを揃えることが重要だ。こういった人を集められれば、ファウンドリ事業は可能である。あとはカネとモノだけである。金余りの企業は実は多い。半導体製造に必要なモノは、日本の得意な製造装置や設備、ガス、建築などがふんだんにある。経産省は、むしろこういったファウンドリの志を持つ民間の人たちに協力すべきではないだろうか。

残念ながら、総合電機には期待はできない。任期が3~4年のサラリーマン社長には、長期展望とIT産業のアジャイルな瞬時の経営判断を期待できないからだ。しかも半導体の重要性は、全く認識していない。もし若手の社員が新ビジネスを提案しても重箱の隅をつつくような質問や調査を要求してビジネス機会を逃してしまうことが多い大企業では、ITや半導体産業は難しい。今、世界のIT産業の流れは、「とにかくまず走ってみる。方向が間違っていることに気が付いたらすぐに修正する」という方式で走っている。この流れに逆らうようなこれまでの日本式のやり方ではこれまで同様負けてしまう。だから今の大企業にファウンドリは難しい。


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/221.html#c6

[経世済民135] 20年で進んだ国家の衰退 主要国で最低水準の日本の賃金 配当金や役員報酬だけはうなぎ登り(長周新聞) 赤かぶ
3. 2021年3月19日 01:57:06 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[607]

>大企業が労働者賃金を削る一方で、株主への配当金、大企業の内部留保、役員報酬などが数倍にも膨らみ、新自由主義のもとで残酷な搾取と富の一極集中を露骨に進めてきた

愚かなデマ

まず賃金が低い大部分の労働者は、中小零細企業の労働者であり、大企業労働者ではない

また労働分配率の低下は、グローバル化による新興国労働者の参加と彼らへの分配増加に伴う先進国共通の現象だ


さらに言えば、日本の大企業の株価も配当も、長期に亘り、海外に比べて悲惨なものであり、資本に対するグローバルな市場での水準にすら達していない


こうした問題は、アベノミクスの異次元緩和による円安誘導などで改善したとはいえ、未だに多くの規制などで、肝心の生産性は低いままだ


よって問題の本質は、こうした中小零細の統廃合による大企業化と生産性の上昇を邪魔し続けてきたポピュリズム政治(自民だけでなく野党も含む既成政党)と、それを支持した愚かな国民

またバブル崩壊後も、既得権産業ばかりが優遇され、老害化し既得権者と化した正社員が淘汰されず、

新たなビジネスや科学技術への投資が軽視され続け、新規起業が停滞し、大企業の経営を劣化させてきたことも大きい


こうした経営劣化に代表される構造問題が放置され続けている限り、日本の相対的な貧困化は止まらないだろうし

そして、こうしたポピュリズムは超少子高齢化の課題先進国の日本から、先進国全体に広がりつつあり

貧困化と生産性格差は、単なる国家資本主義に基づく保護主義や、社会主義的な累進課税強化によって解決されるものではないことは、いずれ明らかになるし

今後、温暖化災害など環境制約も加わり、世界全体の生産性の低下という形で大きな問題になっていくだろう

そして日本の場合、こうした生産性の低下と貧困化の加速は、確実にやってくる巨大地震により、致命的な一撃となる可能性は高い


https://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_713902/lang--ja/index.htm
労働分配率の低下を止められるか - みずほ総合研究所


https://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_713902/lang--ja/index.htm
ILO新統計データベース:わずか1割の勤労者に世界の賃金の半分近くが集中
記者発表 | 2019/07/04


https://www.jpc-net.jp/research/assets/pdf/report_2020.pdf
労働生産性の国際比較 2020

1. 日本の時間当たり労働生産性は、47.9 ドル。OECD 加盟 37 カ国中 21 位。
・OECD データに基づく 2019 年の日本の時間当たり労働生産性(就業 1 時間当たり付加価値)
は、47.9 ドル(4,866 円/購買力平価(PPP)換算)。米国(77.0 ドル/7,816 円)の 6 割の水準に
相当し、順位は OECD 加盟 37 カ国中 21 位だった。名目ベースでは前年から 5.7%上昇し
たものの、主要先進 7 カ国でみると、データが取得可能な 1970 年以降、最下位の状況が続
いている。
2. 日本の 1 人当たり労働生産性は、81,183 ドル。OECD 加盟 37 カ国中 26 位。
・2019 年の日本の 1 人当たり労働生産性(就業者 1 人当たり付加価値)は、81,183 ドル(824 万
円)。韓国(24 位・82,252 ドル/835 万円)やニュージーランド(25 位・82,033 ドル/832 万円)
とほぼ同水準。名目ベースでは前年水準を 3.4%上回ったが、順位でみると OECD 加盟 37
カ国中 26 位で、1970 年以降最も低くなっている。
3. 日本の製造業の労働生産性は、98,795 ドル。OECD に加盟する主要 31 カ国中 16 位。
・2018 年の日本の製造業の労働生産性水準(就業者 1 人当たり付加価値)は、98,795 ドル(1,094
万円/為替レート換算)。日本の水準は、米国の概ね 2/3 にあたる。ドイツ(100,476 ドル)
や韓国(100,066 ドル)をやや下回るものの、英国(97,373 ドル)を若干上回る水準となってい
る。日本の生産性水準は 2 年連続で上昇しているが、順位でみると OECD に加盟する主要
31 カ国の中で 16 位にとどまっている。



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/226.html#c3

[経世済民135] 中国、内側からの解体…大量破産に備え法整備を検討、民間の利払い額が過去最高水準(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年3月19日 02:12:33 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[608]

>中国が直面する深刻な課題は『人口減』と『負債増大』

欧米だけでなく、急速に先進国化している中国のコアエリアもまた日本化が進んでいくのは間違いないだろうが

彼らは日本の失敗をよく見ているから、まだまだ経済成長と軍事力の増強、そして日本への圧力の増加は続くことも確実なことだ

そして建前論ばかりの欧州はもちろん、米国からのサポートも、最終的にはあてにならないことも、覚悟しておいた方が良いだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/225.html#c4

[国際30] 世界経済の死滅を待つハゲタカ・ファンドと黒幕の金融資本(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
5. 2021年3月21日 23:23:52 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[609]

いつものゴミ


http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/356.html#c5

[経世済民135] 世界経済の死滅を待つハゲタカ・ファンドと黒幕の金融資本(櫻井ジャーナル) :国際板リンク  赤かぶ
2. 2021年3月21日 23:25:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[610]

>世界経済の死滅を待つハゲタカ・ファンドと黒幕の金融資本

いつものタイトル詐欺

読む価値ゼロ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/229.html#c2

[経世済民135] 事業再構築補助金、事務局をパソナに399億円で委託…計画未達の企業に補助金返還要求(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年3月21日 23:28:42 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[611]

くだらん

実際には、生き残る可能性のないゾンビ企業へのバラマキばかりであり

返還されることなど、ほとんどない

愚かな国民がポピュリズム政治を支持する限り、

これまで通り、無意味な税金の浪費は続く

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/230.html#c3

[経世済民135] 21年度、幅広い業種で増益予想…娯楽・宿泊・飲食は大幅増収、移動等を伴う活動が正常化(Business Journal) 赤かぶ
8. 2021年3月25日 00:44:50 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[612]

米国の600兆円を超える巨額のコロナ対策財政支出により、当面、米国発の金利上昇とコストプッシュインフレ、さらに外需の拡大も予想されるし
FRBや日銀、ECBの緩和姿勢も、継続する可能性は高いから、しばらくは国内産業にとってプラス要因は続くだろう。

しかし生産性の上昇がない中での一時的な需要の急増は、いずれインフレによる企業収益の悪化により萎んでいくことになるし、米国発の富裕層増税もいずれは世界に波及していくことになるだろう。

また、その前に、日銀の姿勢の変化から日経平均はピークアウトしていく可能性も高い。

リスク資産に投資する人だけでなく、一般人もまた、先を見越して複数のシナリオに応じた行動戦略を立てておくに越したことはないだろうな



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/234.html#c8

[経世済民135] <4日連続下落>日経平均は下げ止まるか?バイデン強硬外交とコロナで揺動(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
2. 2021年3月25日 21:59:13 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[613]

>日経平均は下げ止まるか?


日々の動きに一喜一憂することほど、愚かなことはない

永遠に毎日上がり続けることもなければ下がり続けることもないが

人口減が続き、さらにバブル崩壊後のようにデフレと実質経済成長の低迷が続けば時価総額は下がり続けるし

インフレ率がプラスで、実質GDPが長期的に増えていくのであれば

当然、超長期的には、株価指数は、上昇していくことになる


さらに革命で資本主義としての国家体制が崩壊したり、

超巨大災害で、日本人社会が消滅すれば、話は別ではあるが

そんなレアケースを考えても、あまり意味はない



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/236.html#c2

[経世済民135] 「75歳まで働く社会」が現実味…退職年齢を自分で決めるために今やるべき“お金のこと”(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年3月25日 22:05:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[614]

>65歳以降働くかどうかは、あなたの預金残高の余裕が決める

そうでもない

家族や同居人が働いてくれるのであれば、それに寄生することができるし

いなければ、生活保護で、赤の他人に寄生することもできる

ただし生活水準は低いし、ストレスもたまるだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/235.html#c5

[経世済民135] 「75歳まで働く社会」が現実味…退職年齢を自分で決めるために今やるべき“お金のこと”(Business Journal) 赤かぶ
6. 2021年3月25日 22:07:38 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[615]

あと体力に自信があるのであれば、北の国の五郎のように

完全自給自足という手もある


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/235.html#c6

[経世済民135] 「75歳まで働く社会」が現実味…退職年齢を自分で決めるために今やるべき“お金のこと”(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年3月25日 22:16:32 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[616]

いずれにせよ、金のための市場労働から解放されたとしても

様々な生活のための労働は必要になるし

金を払うにせよ、払わないにせよ、全て他人に依存する生活など

逆に苦痛なのが普通の人間だろう


肥満で苦しんでいるのは、働かない昔の富裕層、生活保護の貧困者、そして労働が禁じされている上座部の僧侶に多いというのが皮肉な例だ


http://bodhgaya.moo.jp/ryosho/?p=841
246人の僧侶に健康診断を行った結果
・48%が肥満
・42%が高コレステロール
・23%が高血圧
・10%が糖尿病



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/235.html#c7

[経世済民135] “終の棲家”の格差に愕然…人気の「サ高住」の厳しい現実 台所なし・浴室なしが大半(Business Journal) 赤かぶ
25. 2021年3月30日 01:37:05 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[617]

>低額のサ高住に自分の意志で入居する人は少ない

と言うより、ある程度、自律していれば

人件費など高額なコストがかかるサ高住に住む人などいない


家族では既に対応が厳しい自立できない要介護の人ばかりだろうから

キッチンや風呂などあっても無意味であり

狭くても、最低限の介護が確実に調達できることが最重要


ま、現実に自分が24時間どころか、一日8時間でも、気難しい心身の衰えた老人や障碍者を介護してみればわかる

到底、15万円程度では割に合わない

さっさと安楽死するのが家族や本人、社会にとっても一番ということだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/241.html#c25

[経世済民135] “終の棲家”の格差に愕然…人気の「サ高住」の厳しい現実 台所なし・浴室なしが大半(Business Journal) 赤かぶ
26. 2021年3月30日 01:41:23 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[618]

もちろん、今後AI,IT,ロボット、そしてナノバイオ技術が、さらに高度化していけば話は変わる

最終的には、筋肉、臓器、そして脳まで人工物や再生臓器で置換すれば

健常者を遥かに超える能力をもつことになるから

死も介護も不要になるだろう

ただし、そこまで可能なのは、地球のキャパシティやメンテコストから想定して

ごく一部の超富裕層に限ることになり


大部分の一般大衆は、120歳程度が限界だろうな



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/241.html#c26

[経世済民135] 新宿歌舞伎町が存続の危機…空きテナント続出で中国企業の買収加速、猥雑な魅力消失も(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年3月30日 01:45:48 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[619]

くだらん

別に、歌舞伎町など、どうでもいいが

需要がある限り、この手のエリアは、また別の地域に発生することになる


もちろん超少子高齢化と潔癖症が進む日本では、どんどん需要も減っていくだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/243.html#c5

[経世済民135] 東日本大震災から10年たった今も関連倒産が続いている現実(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
5. 2021年4月02日 00:58:52 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[620]

>震災被害を受け、その後、何とか持ちこたえてきた旅館はコロナ禍を乗り切れなかった

あほらしい

そんなことを言えるのであればバブル崩壊関連倒産

第2次世界大戦関連倒産などなど、いくらでもこじつけられる

何らかのショックで脆弱な企業が倒産したり廃業したりするのは当然であり

それ自体は別に問題はない

それが今回はコロナ倒産だったというだけのことだ


また日本では超少子高齢化による過疎化と、それを口実とした

中小零細を中心とするゾンビ企業既得権産業への過剰な保護

さらに高齢者や地方への政治目的での巨額で非効率なバラマキが続き

一方での新興企業たたきが続くから、投資不足によって生産性は低下し

欧米や新興国に比べ、実質賃金は低迷、税や社会保障負担は高まり

相対的な貧困化が続いている

そちらの方が遥かに問題だろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/253.html#c5

[経世済民135] スエズ座礁の損害は1日1兆円…正栄汽船は“無傷”濃厚のナゼ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
7. 2021年4月03日 01:04:33 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[621]

>スエズ座礁の損害は1日1兆円

またいつものデマか

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/250.html#c7

[経世済民135] 女子大学生の自殺、なぜ急増?動機別で「就職失敗・進路の悩み」が増加…曖昧耐性が大事に(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年4月03日 01:10:40 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[622]

>2014年と比べ、2020年の自殺者総数は男性が20ポイント減、女性は50ポイントも増加
>実数では男性は女性の2倍だが、その差は急速に縮小

かって自殺は厳しい競争や生活負担に晒される男性が中心だったが

ここでも男女の格差が縮まっているというわけだ


ただ今回に関しては、コロナに伴う、非正規格差解雇や鬱など、比較的わかり易い

コロナ要因による増加自体は、対策も増えているから、比較的短期間で治まるだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/256.html#c4

[経世済民135] 野村に続き三菱UFJ証券も巨額損失 リーマン級の危機再来か(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
6. 2021年4月03日 01:14:29 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[623]

>リーマン級の危機再来

バカか


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/257.html#c6

[経世済民135] 給与ダウンが当たり前に コロナ後の日本で起こる変化とは(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年4月04日 18:10:43 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[624]

あほらしい

バブル崩壊後のデフレ不況期、正社員の賃金はずっと下がり続けていた

上がり始めたのは、最近のアベノミクス効果だが

それも円安誘導の結果であって、実質賃金は海外に比べて低迷が続いている

これも生産性の低い、既得権産業や、中小零細のゾンビ企業を保護し続け、ITや都市インフラ整備を怠り

大企業たたきで投資が進まなかったことの必然


自民か民主かに関係なく、愚かな国民の自業自得に過ぎない

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/260.html#c4

[経世済民135] 過去は参考にならず…大どんでん返しのバブル崩壊が到来? 富を拡大するインテリジェンス2.0(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
4. 2021年4月04日 18:21:01 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[625]

相変わらず愚かなゲンダイの記事

今の株価の過熱は完全に米国要因であり

国内の不動産市況などを見ても明らかなことだ

そしてインフレも海外発であり

国内政治とは無関係

また、いずれ米国の信用バブルは崩壊して、株価や不動産などが大幅に下落することは確実だが

既に日本の金融緩和政策の効果を学んでいる海外すら

リーマンほどの規模にはならない


まして日本では、インフレが過熱する要因がないから

所詮、一時的なものに終わる


国内産業が崩壊する一方で、賃金インフレが起こらない限り、

ハイパーインフレなど起こりようがないし


実際に巨大災害や戦争などで内外の物流が止まり、産業が崩壊したら株価の下落など、どうでもいい小さな問題に過ぎない


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/261.html#c4

[経世済民135] 30年も音信不通の家族にも“扶養照会”…生活保護申請者を苦しめ、家族関係を壊す悪習(Business Journal) 赤かぶ
9. 2021年4月05日 21:31:45 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[626]

自分が赤の他人の生活着を払っているという意識がないから、こういう愚かな批判をするのだろうが

赤の他人に養ってもらう前に、まずは家族に尋ねるのは当然のことだ


>86歳の女性が、30年以上も音信不通だった81歳になる弟の扶養照会を受けた。わずかな年金収入しかない高齢者に扶養照会をするという感覚が信じられない

もし、この女性が超富裕層で、資産10億以上だったら、どうかな

問題は、照会相手の資産や納税情報が、入手できない今の縦割り行政にあるのであって

扶養照会自体には別に問題はない


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/262.html#c9

[経世済民135] 宮城県、「まん防」と国の大型観光企画「東北DC」同時強行の愚行…地元観光業者が悲鳴(Business Journal) 赤かぶ
9. 2021年4月05日 21:45:49 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[627]

>「まん防」と国の大型観光企画「東北DC」同時強行の愚行

愚かなタイトル

重点措置自体は、感染爆発した状況で、自治体住人からの要請で開始されたものだし

DCは以前からの計画だから、急に止めるのは簡単ではないし

住人が自分の判断でDCを利用しなければよいのだから別にどうでも良い話だ


>観光や飲食が苦境だ』と応援した次の瞬間に『コロナ禍にも関わらず営業している』『こんな状況下で旅行を受け入れている』などと叩くマスコミには本当に怒りしかわかない

メディアのゴミ加減に、うんざりするのは当然だな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/263.html#c9

[経世済民135] 東芝 英のファンドから買収提案 条件見極め慎重に検討へ(NHK) 赤かぶ
12. 2021年4月07日 22:48:35 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[628]

まあ、ダメな経営を続ければ会社の価値は下がっていくし

余計な外野からの横やりがない方が、コストも下がり経営は効率化できる


ただ2兆円は、保守的な日本人が経営を続けた場合の価格だから

実際は、もっと付加価値は高い

3兆円くらいまで引き上げると良いだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/268.html#c12

[経世済民135] 東芝 英のファンドから買収提案 条件見極め慎重に検討へ(NHK) 赤かぶ
13. 2021年4月07日 22:55:57 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[629]

あとCVC出身の車谷社長の保身のための計画と思われるのは当然なので、安全保障も絡んで世間が騒ぐし、今後、政治問題化していくことは必須だな

なかなか面倒なことだが

株主はさっさと見捨てるのが正しいだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/268.html#c13

[国際30] 接種直後に死亡する人が増え続けているmRNAワクチンに効果がないとの報告(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
106. 2021年4月08日 12:47:49 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[630]

タイトルと投稿者だけでデマのゴミとわかる記事だが

無知な大衆は簡単に煽動されるのも、いつものことだな


http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/410.html#c106

[国際30] 中国は、アジアをどのように造り変えようとしているのか(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
2. 2021年4月08日 12:52:07 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[631]

欧米の影響力を排除し、グローバルな覇権を強化しようとしているのは明らかだが

まずはアジアからということだな

成功するかどうかは、プレイヤーの努力と運次第だが

生態系の破壊が加速していく状況で

愚かなことを続ける限り、人類文明が滅亡していくのも確実だろう



http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/428.html#c2

[経世済民135] コロナ禍2年目の正念場 飲食業界や宿泊業界は大手でも悲鳴(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
7. 2021年4月09日 00:06:48 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[632]

そもそも去年が低すぎたのであって、膨大な税負担(財政赤字=日銀ファイナンス)のおかげと言えるだろう

よって、今年倒産が増えるのは当然かつ必要なことだし

そうでなければ、さらなる税金の浪費で、国民の実質賃金や生活水準低下は加速していくことになる

重要なのは、企業の経営者を守ることではなく

常に必要な生産のための雇用と生産性であることを理解した方が良い

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB0800P0Y1A400C2000000/?n_cid=NMAIL007_20210408_Y
企業倒産、30年ぶり低水準 政府・銀行支援が下支え

企業の倒産が歴史的な低水準にとどまっている。東京商工リサーチが8日発表した2020年度の倒産件数は19年度比17%減った。1990年度以来、30年ぶりの低水準だ。新型コロナウイルス禍に伴う政府や金融機関の資金繰り支援で、米国でも倒産件数は少ない。倒産件数には含まれない休業や廃業は増加基調で、企業経営を取り巻く環境は厳しい。

企業倒産件数は7163件で2年ぶりに減少

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/269.html#c7

[経世済民135] 眼鏡着用NG、妊娠したら無給休職…ANA、CAの心身を蝕む“過度な容姿のキレイさ要求”(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年4月09日 21:10:37 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[633]

>ANAのCAはほぼ全員が女性であり、乗客がこうした問題行動を起こした場合、保安要員として十分な抑止力を行使できない可能性

今時、よくこういう差別的な記事を書けるものだな

>妊娠したCAに対する制度である。なんと、すぐに会社に報告し無給休職を取得する選択肢しかない

そして、悪質なデマ

こういう犯罪的な記事を貼り付けるのも犯罪だろうな


https://airline.gr.jp/article/ca-kekkon
長く働けるANAの手厚いサポート
 ANAでは、社員ひとりひとりの能力が発揮され、いきいきと働き続けられる環境づくりを目指しています。ワークスタイルイノベーション(働き方改革の推進)を行い、多様な人財がそれぞれのステージで活躍できる風土づくりと環境整備に取り組んでいます。その中で、女性をはじめとした社員の多様な働き方を支援するための環境づくりを積極的に展開し、仕事と育児を両立するための制度が充実しています。

<懐妊・育児休職制度>

 懐妊から最大で子供が1歳年度末まで、約2年半休職した後復職。

<短日数勤務>

 小学校3年生以下の子供がいる社員、また満40歳に達した社員は、年間の休日数を最大243日に希望することができる。(月間勤務日数は10日程度)

<短時間勤務(妊娠時短)や育児日(育児のための特別休暇)制度>

 小学校入学まで年間5日の特別休暇、小学校3年まで月間3日の特別休暇。

<パパママ出産育児休暇>

 父親も育児休暇がとれる制度。

<時間外労働免除、制限>

<深夜業免除>


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/270.html#c7

[経世済民135] 眼鏡着用NG、妊娠したら無給休職…ANA、CAの心身を蝕む“過度な容姿のキレイさ要求”(Business Journal) 赤かぶ
8. 2021年4月09日 21:19:19 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[634]

ちなみに警備会社ですら(もちろん男性であっても)自分の管轄の住宅で犯罪を目撃した場合

基本、警察に通報するだけで特に何もしない

当然、航空会社の社員に、実力行使で暴行を止める責任も権限もない

https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/84602/res/1-1000/
セコムとかって本当に役に立つの?


2009年の東京都警備業協会のデータによると侵入警報1670件(東京)に対する逮捕率は9%である。91%は見事に逃走されてい


犯行を阻止や邪魔することも出来ない。
ただ、通報代理業務で5分間犯罪を阻止も抑止も出来ない
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/270.html#c8

[経世済民135] 眼鏡着用NG、妊娠したら無給休職…ANA、CAの心身を蝕む“過度な容姿のキレイさ要求”(Business Journal) 赤かぶ
10. 2021年4月10日 01:35:17 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[635]

>目が悪くなっても眼鏡がかけられないから』という理由で退職した人が何人もいました。結局、容姿だけが重視される職場

これもデマ

https://www.ithb.ac.jp/course/airline/cabin/cabinattendant3/
キャビンアテンダントは立ち歩いて業務も行わなければなりません。

天候等によって揺れがひどいとき、お客様に適切な指示を出さなければいけない緊急時などでは、メガネをかけていることは危険なのですね。

よって一部の外資系航空会社以外は、フライト中のメガネ着用を禁じています。

しかし、国内の多くの航空会社では「コンタクトレンズをした状態(矯正した状態)の視力が1.0」あれば問題ありません。

ただし外資系の航空会社の中には「裸眼である程度の視力があること」を求める場合もあります

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/270.html#c10

[経世済民135] 富裕層、さらに裕福になった「記録的な年」…米で強まる「富の一極集中」(読売新聞) 赤かぶ
9. 2021年4月10日 23:21:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[636]

くだらん

格差拡大といっても、リスク資産の価格が上がっただけであり

基本、企業支配が富の源泉である超富裕層は保有している株を手放すことはないので

資産の上昇で彼らの生活水準(消費の量と質)が上がるわけではない

それよりも株で資産が増えた中流層の方が、生活水準の向上効果は大きい


そして今後、債務バブルが崩壊すれば、また名目上の格差は是正されるから

基本的には、資産格差自体は、どうでも良い問題と言える


それよりも、重要なのは、FRBやイエレンが主張しているように

完全雇用を超えて、雇用の量と質を高めること

具体的には、企業の生産性を高め、実質賃金や労働環境を向上し

プアーホワイトやマイノリティなど底辺層の人々の働く場とプライドを復活させることだ

ただし、きちんと法人税や所得税を適正に課税することも必要だし、相続税を厳しく累進化することは特に重要だろう。

もちろんバイデン政権が主張するグローバルな累進課税を実現し、世界全体で再分配を実現できれば、大変な成果だが

先進国とは違い、新興国や途上国では、富裕層&大企業マネーを呼び込むメリットの方が大きいので、実現できる可能性はかなり低そうだし

マネーが先進国から流出が続けば、さらに世界は不安定化する

なかなか簡単には行かないだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/272.html#c9

[経世済民135] 富裕層、さらに裕福になった「記録的な年」…米で強まる「富の一極集中」(読売新聞) 赤かぶ
10. 2021年4月10日 23:28:34 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[637]

あともう一つ重要な問題は不動産価格の上昇や、環境破壊に伴う食料・エネルギー・金属など一次産品の生産コスト上昇による必需品インフレだ

前者は、不動産開発を優遇する一方で、その保有や短期売買に対して累進税率を設定すれば改善するが

後者の問題は、環境保全等(SDG)への投資が必要であり、今後、巨額の財政投資が必要だが、これもグローバルな問題なので、なかなか解決は困難だろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/272.html#c10

[経世済民135] <「バー、スナック」>倒産は過去10年で最多 コロナ禍で消えゆく「夜の社交場」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
6. 2021年4月10日 23:40:17 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[638]

個別のビジネスが環境の変化で淘汰されるのは自然なことだし

個人的には、別に、消滅しても全然構わないので、どうでも良い話ではある


そこで働く労働者の雇用の受け皿を作り、転職を支援したり、それもできない人々には迅速に緊急融資や生活保護で最低生活を保障すれば十分だろう


まあ、消えて無くなったら困ると思う人々がクラウドファンディングなどで応援すれば良いだけのことだ

それに、この手の店は、どうせ消えたところで、需要が生じれば、すぐに新しい店が出てくるのだから

全然、国家レベルでは問題にはならない

どうでも良いことだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/273.html#c6

[経世済民135] <これで復活するのか>東芝「2兆円買収」に漂う出来レース 英CVCの真の狙いは?(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
5. 2021年4月12日 22:57:22 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[639]

完全な権力闘争だな

まあ、民間企業だから、基本、好きにすれば良いが

規制対象の分野もあるから、そう国も放置はできまいね

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-12/QR6J5DDWX2PZ01
東芝幹部の過半が車谷社長に「不信任」、社内調査で判明−関係者
古川有希、望月崇
2021年4月12日 10:58 JST 更新日時 2021年4月12日 12:50 JST
指名委が実施、6月の定時株主総会に向けた取締役選任議案に影響も
予算策定で車谷氏が強い指導力を発揮し始めた−関係者
東芝の指名委員会が社内の幹部を対象に行った車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)への信任調査で、「不信任」との回答が過半に達していたことが12日までに分かった。6月の定時株主総会で示す取締役選任議案に影響を与える可能性がある。事情を知る複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

Day Three Of World Economic Forum 2019
東芝の車谷暢昭社長
  関係者らによると、指名委員会は不正会計問題が経営トップらの関与で発生したことを踏まえ、2016年から年1回、社内上層部の約120人を対象に社長に対する信任調査を実施している。調査結果は指名委員会が社長選任のための参考資料として利用している。

  車谷氏に対する不信任は、19年12月の調査では1割弱だったが、今年1月の調査で2割を超えた。そのため、対象を執行役や事業部長クラスの30人弱に絞り、2月から3月にかけて再度聞き取り調査を実施した結果、不信任が半数を超えたという。結果については3月下旬に車谷氏にも伝えられている。

  複数の関係者によると、不信任の割合は過去の水準と比べても群を抜いて高いことから、会社側が策定する取締役選任議案に影響を与える可能性があると述べた。少なくとも社外取締役のメンバーに車谷氏を選任する考えはないのではないかとみている。

  東芝広報担当の原みどり氏は、信任調査を毎年行っていることは事実とした上で、結果については発表していないと話した。ブルームバーグが車谷氏の不信任について報じると、12日午前の取引で一時前週末比7.6%高まで上昇していた同社の株価は5.2%高まで上げ幅を縮小した。午後12時47分時点では6.5%高の4540円で取引されている。

エフィッシモの提案可決
  東芝が3月18日に開いた臨時株主総会では、昨年の定時総会での取締役選任を巡る再調査などを求めるエフィッシモ・キャピタル・マネジメントの提案が可決された。エフィッシモが選任した3人の弁護士は現在調査を進めており、東芝はその行方を注視している。

東芝社長、アクティビストの勝利で正念場に−株主が再調査を支持

  昨年の定時総会ではエフィッシモが派遣しようとした取締役候補への投票は過半に満たなかったとして否決された一方、車谷氏の賛成票も57.2%にとどまっていた。車谷氏は社長就任から2年目、CEOとしては4年目を迎えた。

  東芝を巡っては、英投資会社CVCキャピタル・パートナーズが買収して非公開化する趣旨の提案をしたことが分かっている。CVCは1株当たり約5000円を提示しており、買収額は約2兆2800億円に上る。関係者の1人は、このタイミングでCVCの提案が明らかになったことについて強い違和感を感じると話した。

関連記事
東芝綱川会長が執行役に復帰、エフィッシモとの交渉役に起用−関係者
東芝、CVCの買収提案は検討に時間が必要と認識−株価は下落
英CVCキャピタル、東芝買収で日本の投資家らと協議−関係者
(関係者のコメントを加えて記事を更新します)
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/276.html#c5

[国際30] 独禁法違反で処罰されたアリババの背後に中国政府は何を見ているのか(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
9. 2021年4月14日 07:02:32 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[640]

相変わらずレベルの低い新自由主義批判だが

既に米国すら保護主義へと変化し、しかも社会主義化も進もうとしている


また中国が、これだけ強大になったのは、自由な資本主義経済により

欧米や日本から科学技術と資本を導入し、高度産業への投資が循環的に強化されたからであり

今では自国で高度なITや軍事技術を開発できるし

資本主義経済の恩恵で、大都市は急成長し

既に日本の総人口以上が、日本以上の生活水準や先進技術を享受し、

社会主義化が進んで貧困化した日本のインバウンド経済を潤してきたわけだ


また共産党のトップ層は米国以上の超富裕層で、欧米やタックスヘイブンに

巨額の資産を隠している


ただし国家が強大化し、習近平への権力集中が進んだ結果、自由を抑制し

軍国化と国家資本主義のさらなる強化へと舵を切り、

米国と覇権を争うレベルまでになったというわけだな


http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/446.html#c9

[経世済民135] 隠された経済苦境の先に見える「新たな関東大震災」による惨状(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
4. 2021年4月15日 23:26:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[641]

>日本にとってCOVID-19騒動は「新たな関東大震災」

あほらしい

そもそも今回のコロナ騒動など、本来、個人レベルできちんと対応し

マイナンバーの紐づけと給付の効率化ができていれば問題はないし

仮に愚かな人々が多くて感染が欧米並みまで拡大したとしても

スウェーデンのように医療機関でトリアージをきちんとすれば

大した問題ではない


つまり全然影響のレベルが違う



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/285.html#c4

[経世済民135] 隠された経済苦境の先に見える「新たな関東大震災」による惨状(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
5. 2021年4月15日 23:28:44 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[642]

それに今の日本は、高橋是清の財政ファイナンスを長期にわたって続けており

世界も、それに倣っている

いつもながら、全くピント外れの愚かな投稿と言えるな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/285.html#c5

[経世済民135] スシローが全店舗一斉休業で回転寿司が食べられない!? 働き方改革の決断とは(オトナライフ) 赤かぶ
6. 2021年4月17日 01:36:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[643]

ここでスシローの宣伝して何の意味があるのか不明だが

タイトルがゴミだな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/286.html#c6

[経世済民135] ANA、CAのパジャマ紹介する新事業で炎上…マスコミがANA批判報道を避ける本質的原因(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年4月17日 22:54:27 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[644]

愚かすぎる記事

>CAのパジャマや私服を公開して商売にしようとするセクハラじみた感覚

そもそも風俗や技能人、そしてYoutuberでは普通のビジネスであり

これも全くセクハラではないだろう


CAも企業も追い詰められて必死に自助努力で稼ごうとしているのに

他人の血税を平気でかすめ取り、

上から目線で批判するのがゴミメディア感覚と言えるだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/287.html#c4

[経世済民135] 日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
7. 2021年4月20日 22:45:08 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[645]

日本は中国を援助し、中国経済は拡大したが、中国依存が進み過ぎた

選択と集中だけではリスクコントロールはできない

分散投資も必要ということだ

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/292.html#c7

[経世済民135] ドバイはバブル崩壊“バビロン大富豪の教え”は滅びの教え 富を拡大するインテリジェンス2.0(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
6. 2021年4月20日 22:58:42 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[646]

>聖書の教えは「最初に収入の1割を寄付する」
>100億円の資産を築いた大成者の秘訣は「利益の50%を寄付する」

プロテスタントの宣伝か

米国に限らず、多くの国では寄付は免税されている

また米国の法人税は安く、トランプ減税で格差は拡大した

そして相続税など、ほとんどなきに等しかった


>ドバイはバブル崩壊 バビロン大富豪の教え”は滅びの教え

くだらん

これは特別な教えなど全くなく

単なる一般常識に過ぎないし

バブル崩壊は別に、ドバイに限らない


https://gorigoritv.com/tharichestmaninbabylon
収入の10分の1を貯金せよ
欲望に優先順位をつけよ
貯えた金に働かせよ
危険や天敵から金を堅守せよ
より良きところに住め
今日から未来の生活に備えよ
自分こそを最大の資本にせよ

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/291.html#c6

[経世済民135] ANA、コクピット内で機長が副操縦士に壮絶パワハラ…退職者続出、乗客の安全脅かす(Business Journal) 赤かぶ
8. 2021年4月23日 20:21:02 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[647]

証拠がなければ、単なるデマである可能性も否定できない

昇進試験で録画がないというのが遅れすぎていると言えるが

ハラスメントを撲滅するのであれば、コックピットも例外にせず、監視カメラを徹底的に普及させるしかないだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/296.html#c8

[経世済民135] 米国で大ブーム!“ペーパーカンパニー上場”バブルの行方 富を拡大するインテリジェンス2.0(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
6. 2021年4月27日 18:39:46 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[648]

>中国が世界的なバブル崩壊のトリガーになる

逆だろう


>中国では不動産や金融のバブルを抑制するために金融引き締めをしていく

引き締めにより、バブルが拡大するのを抑制する働きをするから

本来、もっと拡大していただろうバブルと、その崩壊を小さくする効果がある

その意味では投機の売りと同じ役割と言える



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/303.html#c6

[経世済民135] ビットコイン3割安の衝撃!価格急落で暗号資産は大丈夫か(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
12. 2021年4月29日 22:22:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[649]

膨大な電力を消費するビットコインは資源を浪費し、

しかも自然環境にとって非常に有害だから早く消えるほど望ましいが

愚かな人間が多いから、多くの有害な技術同様、これもまだまだ存続するだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/306.html#c12

[経世済民135] 食肉工場閉鎖相次ぎ米国産牛肉が4割超高騰 「8月にはパニック起きる」と肉卸業者は指摘(長周新聞) 赤かぶ
13. 2021年5月01日 01:54:03 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[650]

>8月にはパニック

あほらしい

別に大した問題ではないが

国内の生産者は大喜びだな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/313.html#c13

[経世済民135] <暴落の予兆なのか>日経平均株価は上昇も…東証1部の年初来安値195銘柄のナゼ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
11. 2021年5月01日 22:08:00 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[651]

くだらん

この程度のことはK型時代では、別に珍しい話でもないし

2割程度の調整を暴落と呼んだところで実体経済には大した影響はない

それより遥かに深刻な問題が待っている



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/314.html#c11

[経世済民135] 元国税が教える「ふるさと納税」の今と未来と賞味期限。節税で最大限「得する」方法(まぐまぐニュース) 赤かぶ
2. 2021年5月06日 13:40:49 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[651]

いつも言っていることだし、個人的には別に損はないのだが

この制度は、主に都市部の富裕層と、地方の一部の癒着業者だけが得をして

損をするのは、本来得られた税収による恩恵が消滅する

主に都市部の膨大な多くの低所得者層

非常に有害な制度と言えるだろう

なぜメディアが文句を言わないのか不思議なくらいだが

愚民国家とは、こういうものということか


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/326.html#c2

[経世済民135] ANA、CAの私的なSNS投稿を監視…管理職3人が密室で5時間説教、同期と食事だけで(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年5月06日 23:54:27 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[652]

>あなたはコロナ禍にもかかわらず、近所の喫茶店で同期の4人と会食していましたね
>LINEに5人で写ってる写真を投稿してたでしょ?
>それにしても、なぜプライベートな会食について会社が把握しているのか。

どうせ誰かがチクったのだろうが

会社としては、社員が反社会的な行動を取れば、注意するのは当然のこと

公務員が散々、たたかれているのを見れば明らかだろう


>筆者はANAのSNS監視体制は立派な「表現の自由」の侵害であり、ハラスメントの最たるものだと考える。即刻、廃止すべき


バカな男だ

日本国民が、今のままであれば、「表現の自由」など

公務員はもちろん大企業社員にすらないことを自覚した方が良いだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/328.html#c3

[経世済民135] 世界で「安全な水」争奪戦、各国産業を左右…日本企業の高い水精製技術、重要度高まる(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年5月07日 00:02:46 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[653]

世界の大部分の子供は、悲惨な水環境で生きていて

多くの病に苦しみ、短い寿命だ

日本みたいに大部分の国民が、激安で高品質な水に恵まれている国は非常に珍しいが

中朝などに騙されて、全く危険性のないトリチウム水で騒いでいるのだから

愚かなことだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/327.html#c7

[経世済民135] 中国、急激な人口減少、史上最大規模のバブル崩壊の兆候…世界的インフレ到来の悪夢(Business Journal) 赤かぶ
6. 2021年5月09日 00:25:03 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[654]

>中国をはじめとする共産圏の安価な労働力のおかげで長年インフレという悪夢に苦しめられることはなかったが、中国の人口減少は「低インフレ時代」が終わることを意味する。そうなれば、中央銀行は今後引き締めモードを余儀なくされ、世界規模のバブルも崩壊してしまう

くだらん

今後も、環境破壊と温暖化、そして世界的な高齢化と非生産人口の増加による持続的なコストプッシュインフレは終わらないが、それは別の話だ


先進国や新興国での低インフレの原因は、グローバル化と技術革新による

生産性の上昇と、その一方での大衆層の賃金上昇の遅れが主因だ


また生産の中心は既に中国から離れつつあるから

中国の少子高齢化自体はデフレ要因としても働く


よって今後の米国や先進国を中心としたグローバルな累進課税&再分配強化による格差解消の動きが成功するかどうか

また生産コストや新興国の賃金上昇がどこまで進むかで

必需品だけでなくサービス価格のインフレの程度も決まることになるが


実際に、これまでの生産&消費&金融構造が大きく変わらない限りは、

一時的なスタグフレーションで終わる

特に日本の場合は、当面は高インフレになる可能性は低く

社会保障と安全保障コスト上昇がもたらす国民負担増大による可処分所得減少、

そして中小零細を中心とした生産性の低い企業や既得権産業の優遇継続による実質賃金の低迷が続く可能性が高い

つまり、今後も、グローバルでの相対的な貧困化が続くことになる



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/330.html#c6

[経世済民135] 中国、急激な人口減少、史上最大規模のバブル崩壊の兆候…世界的インフレ到来の悪夢(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年5月09日 00:28:49 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[655]

あと中国の人口減少によるよりも、

GDP比の負債が高まり過ぎたことの修正によって

資産の高騰(資産=負債バブル)も調整されることになるが

投資家はもちろん、欧米や中国の中銀は、日本や米国の負債バブル崩壊の失敗を良く研究していて

分散投資を進めているから、そのダメージは、かなり制御されたものになるだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/330.html#c7

[経世済民135] <正直者がバカを見る>大型商業施設「休業要請」の不条理 店舗任せの曖昧線引き(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
4. 2021年5月09日 23:25:44 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[656]

バカか

行政の側からすれば、医療崩壊の状況で、無策というわけにもいかないから

できるだけ人流と3密を防ぐために休業要請するのは当然のことだ

また、あくまでも休業要請に過ぎず、何の罰則もない

しかも協力金も出している


つまり<正直者がバカを見る>ではなく、

企業が消費者からの批判や、クラスター発生による訴訟などのリスクを取って営業をするか

リスクを取らずに、一時金を受け取って、逸失利益の損害を受け入れるか、それだけの話だ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/333.html#c4

[経世済民135] デジタル合成技術はすべて偽物、人の目を騙しているだけだ 井筒和幸の「怒怒哀楽」劇場(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
3. 2021年5月09日 23:30:13 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[657]

>デジタル合成技術はすべて偽物、人の目を騙しているだけ

くだらん

それを言うなら、アート(人工物)というのは、基本、全て偽物

しかし別に、騙されているわけではなく

見る人は、それを理解した上で楽しんでいる

騙されていると怒る人間がいるとしたら、よほどの愚か者だけだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/332.html#c3

[経世済民135] デジタル合成技術はすべて偽物、人の目を騙しているだけだ 井筒和幸の「怒怒哀楽」劇場(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
4. 2021年5月09日 23:34:30 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[658]

よって重要なのは、デジタルかどうかではなく

消費者の立場からは、それで楽しめるかどうかだし

供給側から見れば、収支がプラスになるかどうかだ


個人的には、金を払う価値があるアートは、ほとんどないが

それはデジタルかどうかは、ほとんど関係ない

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/332.html#c4

[原発・フッ素53] 「被曝(ばく)の森2021 変わりゆく大地」 (NHKスペシャル)  魑魅魍魎男
9. 2021年5月10日 21:33:19 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[659]

これは、なかなか良い番組だった

1Syを超える放射能汚染でも、サルも含めた生物は適応して多様化し増殖していく

つまり最大の生態系にとっての癌は人間という

当たり前のことが、今回も、目の前で立証されたということだ


その一方で
未だに基準値以下のトリチウム水や、数十ベクレルのバナナ以下の

放射能で騒いでいる愚かな中韓の洗脳工作員が日本経済を破壊し続けているのは興味深いが

愚かな人々の放射能恐怖症が続く方が、地球生態系にとって望ましいのでそれほど問題ではないことも立証されたと言える

http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/529.html#c9

[経世済民135] 日経平均終値909円安 ハイテク主導相場の終わり示唆?(日経新聞) 赤かぶ
18. 2021年5月11日 23:23:04 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[660]

まあ、グローバルにはコロナ騒動も終わりつつあるから

通常のアノマリー通りの展開だが

負債バブルは膨らんでいるから、その分、taperingを見越した

大きな調整は期待できるだろう

コロナ下落の時に買いそびれた投資家にはチャンスだな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/336.html#c18

[原発・フッ素53] <NHKスペシャル・動画>「被曝(ばく)の森2021 変わりゆく大地」  赤かぶ
9. 2021年5月12日 02:35:29 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[661]

愚かな☢脳が多いと自然の回復が加速するので非常に好ましいことだ

http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/530.html#c9
[原発・フッ素53] <NHKスペシャル・動画>「被曝(ばく)の森2021 変わりゆく大地」  赤かぶ
10. 2021年5月12日 02:42:24 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[662]

https://emdb.jaea.go.jp/emdb/assets/site_data/ja/associated/1020405002/ref_01-appendix4-1.pdf
ヨウ素 129 の分析を通じた土壌中のヨウ素 131 の放射能濃度の推定
に関する検討

http://www.asyura2.com/20/genpatu53/msg/530.html#c10
[経世済民135] ANA、子会社CAにPCR検査補助業務を強制、業務後にコロナ検査なしで国際線乗務(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年5月15日 01:33:26 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[663]

>ひどい話や。。


イヤなら辞めれば良いだけのことだ


しかし誰かが検査をしなくてはならないし

PCR検査を増やせと、

散々メディアや野党政治家は騒ぎ

多くの愚民たちも政府を批判していたことを忘れているようだな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/345.html#c4

[経世済民135] 日経平均続落、終値699円安の2万7448円 4カ月ぶり安値(日経新聞) 赤かぶ
14. 2021年5月15日 01:43:12 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[664]

本来なら2割程度、調整してもおかしくないのだが

日銀が動くと、あまり期待できないかもしれないな

まあ強欲過ぎると失敗するだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/343.html#c14

[経世済民135] ノートPCの出荷量1.5倍、大型テレビは1.4倍…空前の家電バブル、一瞬で崩壊か(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年5月15日 01:47:53 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[665]

くだらんな

実需なのだからバブルではない

単に、給付金とサービス消費の代替で

耐久財を中心とした消費が増加&前倒しになっただけのことだから

今後、減速するのは当たり前であり

そんなことは生産者もわかっている


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/344.html#c3

[経世済民135] ノートPCの出荷量1.5倍、大型テレビは1.4倍…空前の家電バブル、一瞬で崩壊か(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年5月15日 01:52:34 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[666]

ただし、パンデミックリスクはなくならないし

温暖化も続く

リモート化が社会に浸透して、生活パターンが変化していけば、

今後も、需要構造の変化は続くし、サービス消費の構造も元には戻らないだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/344.html#c5

[経世済民135] ノートPCの出荷量1.5倍、大型テレビは1.4倍…空前の家電バブル、一瞬で崩壊か(Business Journal) 赤かぶ
6. 2021年5月15日 02:00:24 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[667]

>>04

給付金をバラまいたところで、これまで通り、大部分は高齢者らの長生きリスク貯蓄に回るから、効率は非常に悪いだろう

本来は本当に生活に困っている人たちだけに選択的に行うべきだったのだが

マイナンバーへの反感とIT化の遅れで

人気取りのためにポピュリズム政治家たちは、バラマキを繰り返す可能性はそう低くはないな


そして高齢者を中心とした国民のバラマキ&日銀ファイナンス依存体質がさらに強まり、生産性の低下と、円安による実質賃金の低下による

更なる貧困化と超少子高齢化という悪循環が今後も続くというわけだ

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210427/mca2104270600003-n1.htm
10万円給付金、7割貯蓄に 低所得者層は消費多く


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/344.html#c6

[経世済民135] 銅の価格が史上最高値更新 「脱炭素」政策との深き関係(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
2. 2021年5月16日 09:36:20 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[668]

K字回復の現状では、ピンと来ない人も多いだろうが

金融緩和政策は終わりに近づき、金融相場から業績相場へと切り替わり

既に景気は回復している

本来なら資源律速のインフレが今の相場を終わらせて

実体経済も下がっていくのが自然の流れということだが

K字のサービス業は成長余地が高い上に、

民主主義国家のポピュリズム化と国家新本主義化により

バラマキ財政政策も続く

さらに国家間の格差も大きいから

そう単純ではなく、精密な予測が必要になる


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/347.html#c2

[経世済民135] 厚労省、瀕死の飲食店に「罰則付きHACCP義務化」施行を強行…倒産増加の懸念(Business Journal) 赤かぶ
6. 2021年5月19日 22:22:46 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[669]

既に多くの公務員と保健所は過労死水準で働いており

本来、憲法で存在すら許されない自衛隊頼みで、

大規模災害、原発メルトダウンから、中朝の侵略に加え、

今回のコロナ騒動対策まで、多くの問題に対応し、やっと国家の崩壊を防いでいる始末


愚かで非協力的な国民が多く、政治が場当たり的なポピュリズムに走らざる得なくなると

困難で多様な長期的問題の解決はできず、

国はさらに貧しくなり、いずれは国家崩壊することになるが

それも自業自得ということだし


さらに悲惨なことに、日本など、まだましな方ではある


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/353.html#c6

[経世済民135] コロナ倒産止まらず…緊急事態宣言拡大・延長で1470件突破(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
14. 2021年5月19日 22:37:35 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[670]

相変わらずのゴミメディアだな

>コロナ倒産止まらず
>米国のように返済不要の給付金を個人の懐に流し込まないと、日本経済はますます崖っぷち

違うだろ

日本人の貯蓄は富裕層以外でも記録的な水準になっている


そして米国は日本より遥かに感染者が多く

死者が増加する状況でも

経済を動かし続けてきた

つまり高齢化し、既得権、人権とリスク回避最優先の日本では

ワクチン開発も、経済再開も進まなかったし

緊急事態での迅速な動きなど期待するべきではなかったということだ


その責任の多くは、こうした無責任で有害無益な、メディアにあるし

こうしたメディアの垂れ流す娯楽や、ゴミ情報ばかりを頭に詰め込み

自己利益しか考えない愚かな国民にある

その点では、トランプの共和党支持者と大して変わらない



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/352.html#c14

[エネルギ3] 67度以上の熱を永続的に保存し、持ち運びできるセラミックが開発されました。(東大・パナソニックなど) ピノキ
3. 2021年5月20日 02:10:06 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[671]

>熱を永続的に保存

悪く言えばデマ


大分前のフェイク記事の”永続的というコトバ”に騙されたようだが

英文紙を見れば、単にLong-termとしか言ってない


結局、潜熱を利用している蓄熱材であり

相転移のエネルギー障壁は単に大きいだけで無限大ではない

つまり常圧で永続的に位置エネルギーを保存できるわけではなく

原子レベルでは、徐々に熱揺らぎにより、相転移が進んでいく


実用性に関して言えば、単位体積あたりの蓄熱量や、エネルギー障壁の高さがどの程度か、

そして何より、製造コストが、どの程度かによるが

Scはレアアースだから結局、中国に握られる可能性もある


あまりはしゃぎすぎない方が賢いだろう

https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2020/6908/

https://advances.sciencemag.org/content/6/27/eaaz5264.full

Long-term heat-storage ceramics absorbing thermal energy from hot water
View ORCID ProfileYoshitaka Nakamura1,*, Yuki Sakai2,3, View ORCID ProfileMasaki Azuma2,3 and View ORCID ProfileShin-ichi Ohkoshi4,*
See all authors and affiliations

Science Advances 01 Jul 2020:
Vol. 6, no. 27, eaaz5264
DOI: 10.1126/sciadv.aaz5264
Article
Figures & Data
Info & Metrics
eLetters
PDF
Abstract
In thermal and nuclear power plants, 70% of the generated thermal energy is lost as waste heat. The temperature of the waste heat is below the boiling temperature of water. Here, we show a long-term heat-storage material that absorbs heat energy at warm temperatures from 38°C (311 K) to 67°C (340 K). This unique series of material is composed of scandium-substituted lambda-trititanium-pentoxide (λ-ScxTi3−xO5). λ-ScxTi3−xO5 not only accumulates heat energy from hot water but also could release the accumulated heat energy by the application of pressure. λ-ScxTi3−xO5 has the potential to accumulate heat energy of hot water generated in thermal and nuclear power plants and to recycle the accumulated heat energy on demand by applying external pressure. Furthermore, it may be used to recycle waste heat in industrial factories and automobiles.

INTRODUCTION
Generated thermal energy cannot be efficiently converted to electric power at thermal and nuclear power plants. Seventy percent of the generated thermal energy is discarded as waste heat (1–4). The temperature of this waste heat is below the boiling temperature of water, i.e., 100°C (373 K) (5). The waste heat is currently released into the atmosphere through water or air, negatively affecting the environment (6–12). Storing and using this waste heat would provide numerous benefits due to the improved energy efficiency and environmental compliance. In the present paper, we report a long-term heat-storage ceramic, scandium-substituted lambda-trititanium-pentoxide, absorbing thermal energy by a solid-solid phase transition below boiling temperature of water. The ceramic can repeatedly use thermal energy by pressure and heating. This heat-storage performance could provide a sophisticated energy reuse technology for thermal and nuclear power plants and mitigate negative environmental impact of the waste heat.

RESULTS
First-principles calculations of formation energy
In an effort to realize heat-storage materials (13, 14) capable of absorbing low-temperature waste heat, our research has focused on metal-substituted lambda-trititanium-pentoxide (λ-MxTi3O5). λ-Ti3O5 exhibits photo- and pressure-induced phase transitions (15–19). To date, several types of metal-substituted λ-Ti3O5 have been reported (20–22). We surveyed metal cations suitable for metal substitution of the Ti ion in λ-Ti3O5. Specifically, we conducted first-principles calculations and determined the formation energies of the various λ-MxTi3O5 using 54 different elements. Figure 1A and fig. S1 show the results, where blue denotes that metallic ion substitution stabilizes the formation energy, while orange destabilizes the formation energy.


Download high-res image
Open in new tab
Download Powerpoint
Fig. 1 First-principles calculations of formation energies.
(A) Periodic table colored by the total electronic energies of λ-Ti3O5 with an elemental substitution. Blue elements are those where substituted λ-Ti3O5 shows a lower formation energy than that of pure λ-Ti3O5. Orange elements are those where substituted λ-Ti3O5 shows a higher formation energy. (B) Calculated total electronic energies of λ-AxTi3−xO5 (A, trivalent elements) and (C) λ-BxTi3-xO5 (B, tetravalent elements) in order of atomic number. One of three Ti sites in λ-Ti3O5 is substituted by a colored element for the first-principles calculations. Element A in λ-AxTi3−xO5 substitutes into the Ti1 site. Element B in λ-BxTi3-xO5 substitutes into the Ti2 site. Blue and orange squares represent that elemental substituted λ-Ti3O5 shows a lower formation and a higher formation energy, respectively. Black square denotes pure λ-Ti3O5.

Of these elements, only six have a stabilizing effect: Sc, Nb, Ta, Zr, Hf, and W (Fig. 1, B and C). Thus, we synthesized these λ-MxTi3O5. Substituting with Nb, Ta, Zr, Hf, and W yields the β phase. However, Sc-substituted Ti3O5 assumes the λ phase (fig. S2). Here, we report the synthesis, crystal structure, and heat-storage properties of Sc-substituted λ-Ti3O5.

Crystal structure
We used an arc-melting technique to synthesize the Sc-substituted λ-Ti3O5 (23–27). Figure 2A overviews the synthetic procedure. Precursors of Sc2O3, TiO2, and Ti powders are mixed, and an 8-mm pellet of the mixture is prepared. Arc melting was used to melt the pellet in an Ar atmosphere. Then, the sample is shaped into a spherical ball (Fig. 2A). The obtained sample is milled by hand. The formula of the sample is determined to be Sc0.09Ti2.91O5 by x-ray fluorescent (XRF) measurements (see Materials and Methods). We performed synchrotron x-ray diffraction (SXRD) measurements using beamline BL02B2 at SPring-8 to determine the crystal structure (28). Figure 2B shows the SXRD pattern of the as-prepared sample at room temperature. From the Rietveld analysis, the crystal structure is monoclinic (space group C2/m) with lattice parameters of a = 9.84195 (4) Å, b = 3.79151 (1) Å, c = 9.98618 (4) Å, β = 91.1207 (3)°, and a unit cell volume of V = 372.572 (3) Å3 (fig. S3).


Download high-res image
Open in new tab
Download Powerpoint
Fig. 2 Synthesis, crystal structure, and morphology of λ-Sc0.09Ti2.91O5.
(A) λ-Sc0.09Ti2.91O5 sample synthesis. Pelletized mixture powder of Sc2O3, TiO2, and Ti metal with a diameter of 8 mm is prepared, melted, and rapidly cooled in an arc-melting process. After the melting process, the solidified (as-prepared) sample is milled by hand. Photo credit: Yoshitaka Nakamura, Panasonic Corporation. (B) Synchrotron x-ray diffraction (SXRD) pattern of the as-prepared Sc0.09Ti2.91O5 sample collected at room temperature with λ = 0.420111 Å. Upper blue and lower orange bars represent the calculated positions of the Bragg reflections of λ-Sc0.09Ti2.91O5 and β-Sc0.09Ti2.91O5. (C) Scanning electron microscopy (SEM) image of the powdered sample shows a grain size below 100 μm. Particle from the powdered sample is sliced by a focused ion beam. STEM image shows stripe-like domains with a size of about 100 nm × 200 nm. Scale bars show 100 μm in the SEM image and 100 nm in the STEM image.

These characteristics correspond to the crystal structure of λ-Ti3O5. λ-Sc0.09Ti2.91O5 has a slightly larger unit cell volume than that of λ-Ti3O5 with a 0.4% expansion. In addition, the β phase is present as the minor phase. The β phase adopts a monoclinic crystal structure (space group C2/m) with lattice parameters of a = 9.7930 (4) Å, b = 3.8064 (14) Å, c = 9.4375 (4) Å, β = 91.5611 (3)°, and V = 351.66 (2) Å3. The scanning transmission electron microscopy (STEM) image shows stripe-like domains measuring approximately 100 nm × 200 nm (Fig. 2C).

Pressure-induced phase transition
Next, we measured the pressure-induced phase transition using SXRD (fig. S4). The as-prepared sample was compressed by pressures of 0.2 to 1.7 GPa with a hydraulic press. As the pressure increases, the λ-phase fraction decreases, while the β-phase fraction increases (Fig. 3A). The crossover pressure is 670 MPa (Fig. 3B). The sample after the pressure-induced phase transition (Fig. 3A) was heated, and the temperature evolution of the SXRD patterns was collected (fig. S5). Figure 3C shows the peaks of λ-(203), λ- and β-(20-3), and α-(023). The λ and β peaks are constant until 50°C (323 K), and then the β phase decreases and the λ phase increases at 75°C (348 K), indicating reversibility due to pressure and heating. The λ phase transforms into the α phase above 175°C (448 K) but, upon cooling, returns to the λ phase in the absence of a transition back to the β phase (fig. S6).


Download high-res image
Open in new tab
Download Powerpoint
Fig. 3 Pressure-induced phase transition and heat-storage process.
(A) SXRD patterns of Sc0.09Ti2.91O5 measured at room temperature and ambient pressure after compression between 0.2 and 1.7 GPa with a hydraulic press (λ = 0.420111 Å). As the pressure increases, the λ-(20-3) and λ-(203) peaks (blue) decrease and the β-(20-3) peak (orange) increases, indicating a pressure-induced phase transition. a.u., arbitrary units. (B) Pressure dependence of the phase fractions of Sc0.09Ti2.91O5 calculated from the SXRD patterns in (A). Crossover pressure (phase transition pressure) occurs at 670 MPa. (C) SXRD patterns of Sc0.09Ti2.91O5 measured between 27°C (300 K) and 300°C (573 K; λ = 0.999255 Å). The λ and β peaks are constant until 50°C (323 K; orange), and then the β phase decreases and the λ phase increases at 75°C (348 K; blue). The λ phase transforms into the α phase above 175°C (448 K; black) but is restored upon cooling. (D) DSC chart of Sc0.09Ti2.91O5 shows an endothermic reaction at 67°C (340 K). Samples are compressed at 1.7 GPa before the variable temperature SXRD and DSC chart measurements.

Heat-storage property
We measured the heat absorption mass of the sample after the pressure-induced phase transition by differential scanning calorimetry (DSC). We swept the sample compressed at 1.7 GPa with 22.7% of the λ phase and 77.3% of the β phase from 0°C (273 K) to 300°C (573 K). Heat absorption is observed with an absorption peak at 67°C (340 K) (Fig. 3D). Considering the conversion of the λ and β phases, the heat absorption mass is 75 kJ liter−1. The pressure- and heat-induced phase transitions were repeatedly observed (fig. S7).

Compared to the previous work (16), the heat-storage temperature from the pressure-produced β phase to λ phase in the present study is 67°C, which is a remarkable reduction from 197°C. This reduction is attributed to the decrease in the formation energy difference between the two phases, which reduces the crossing temperature of the two Gibbs energy curves (29). First-principles calculations support these results. The Gibbs energy versus temperature is described in Fig. 4 and in Materials and Methods.


Download high-res image
Open in new tab
Download Powerpoint
Fig. 4 Mechanism for the decrease in transition temperature.
Calculated thermodynamic free energy of Ti3O5 and Sc0.09Ti2.91O5 with supercells (1 × 3 × 1). Sc substitution site for the calculation is set at Ti3, and 1 of 36 Ti atoms is substituted in λ- and β-Ti3O5. Difference of the free energies of the λ and β phases represents ΔG (ΔG = Gλ − Gβ). At ΔG = 0 (black dotted line), the free energies of the λ and β phases are equal, indicating the crossover temperature (calculated phase transition temperature). Normalized temperature of 1.0 is set at Tp1 = 848 K (575°C), which is the calculated crossover temperature of λ- and β-Ti3O5 (blue dotted line, ΔGTi3O5 = 0). Red dotted line represents the crossover temperature of λ- and β-Sc0.09Ti2.91O5 (ΔGSc0.09Ti2.91O5 = 0) at Tp2 = 614 K (341°C). Crossover temperature of Sc0.09Ti2.91O5 decreases about 27.6% from the temperature of Ti3O5. This temperature decrease ratio agreed well with the experimentally obtained decrease ratio of 27.7% calculated from the phase transition temperature of 470 K (197°C) reported in λ-Ti3O5 and 340 K (67°C) measured in λ-Sc0.09Ti2.91O5 (Fig. 3D).

Thermodynamic mechanism of long-term heat storage and pressure-induced phase transition
According to previous reports on λ-Ti3O5 (15, 16), the reversible phase transition between the λ phase and β phase by pressure and heat is considered to be attributed to the energy barrier between the two phases, which originates from the elastic interaction within the material. To understand the mechanisms of long-term heat storage and the low pressure–induced heat energy release, we show the Gibbs free energy of the system (Gsys) using a thermodynamic model based on the Slichter and Drickamer mean-field model (SD model) (30) (see Materials and Methods). The Gibbs free energy in the SD model (Gsys) is described as Gsys = xΔH + γx(1 − x) + T{R[x ln x + (1 − x)ln(1 − x)] − xΔS}, with a cooperative interaction parameter (γ) between the λ phase and β phase due to the elastic interactions within the crystal. x is the ratio of λ phase, and R is the gas constant. From the result of the DSC measurement, the transition enthalpy (ΔH) is 75 kJ liter−1 (4.0 kJ mol−1), and the transition entropy (ΔS) is 0.22 kJ K−1 liter−1 (12 J K−1 mol−1). When the interaction parameters are set as a particular combination of values, the SD model calculation well reproduces the measurement data (i.e., the phase transition of β phase → λ phase occurs around 350 K). Then, the thermally produced λ phase is maintained even at low temperatures in the cooling process (Fig. 5, A and B). Thus, the reason why the λ phase is maintained for a long period is that the presence of the energy barrier between the λ and β phases prevents the transformation of the λ phase into the β phase. The prepared λ-Sc0.09Ti2.91O5 shows good stability; i.e., λ-Sc0.09Ti2.91O5 is perfectly maintained after 248 days (about 8 months) and 367 days (1 year) from the XRD measurement.


Download high-res image
Open in new tab
Download Powerpoint
Fig. 5 Mechanism of long-term heat storage and pressure-induced phase transition.
(A) Gibbs free energy (Gsys) versus λ phase fraction (x) curves from 420 to 200 K with a 20 K interval, calculated by the SD model. Blue spheres indicate the thermal population of the λ phase. (B) Temperature dependence of the calculated λ phase (blue) and β phase (red) fractions. (C) Gsys versus x under ambient pressures of 0.1, 400, and 700 MPa at 300 K.

Furthermore, we reproduced the pressure-induced phase transition from the λ phase to β phase. Applying pressure to the system causes the energy barrier to disappear and induces a phase transition from the λ phase to β phase (Fig. 5C). This pressure-induced phase transition is caused by the change in the γ value upon applying external pressure (see Materials and Methods). Therefore, the system is trapped as the λ phase at room temperature, but applying pressure overcomes the energy barrier, resulting in a phase transition to the β phase.

DISCUSSION
Figure 6 schematically illustrates the heat-storage system using Sc-substituted λ-Ti3O5. Cooling water for a turbine in a power plant is pumped from a river or sea. As the water passes through the turbine, the water temperature increases due to heat exchange. The energy of hot water is transferred to Sc-substituted λ-Ti3O5 in tanks. Subsequently, water with a reduced thermal energy returns to the river or the sea. This system can mitigate the rise of river or sea water temperature. Energy-stored Sc-substituted λ-Ti3O5 can release its stored thermal energy by application of pressure, allowing energy to be used on demand. For example, the stored thermal energy can be supplied to buildings or industrial plants that are close to power plants, without using electricity. Moreover, taking advantage of the characteristic of holding the latent heat energy until pressure application, if energy-stored Sc-substituted λ-Ti3O5 is transported by truck, the heat energy can be used at a distant location. As for the efficiency, the transformation energy efficiency (e) value is evaluated on the basis of the temperature dependence of the enthalpy for the λ phase and β phase obtained by first-principles calculations and DSC measurements (fig. S8). For example, when the heat release temperature is 15°C (288 K) and the temperature increase is 1 K, the efficiency is 93%. When the temperature increase is 5 K, the efficiency is 77% (table S1).


Download high-res image
Open in new tab
Download Powerpoint
Fig. 6 Application of Sc-substituted λ-Ti3O5 for power plants.
Schematic illustration of a heat energy recycling system using Sc-substituted λ-Ti3O5 heat-storage ceramics. Cooling water for a turbine in a power plant is pumped from a river or sea. Water becomes hot after heat exchange through the turbine. This hot water energy is stored in tanks containing Sc-substituted λ-Ti3O5 heat-storage ceramics. Water with a reduced heat energy returns to the river or the sea, mitigating the rise of the sea temperature. Energy-stored Sc-substituted λ-Ti3O5 heat-storage ceramics can supply heat energy to buildings or industrial plants by applying pressure. Furthermore, the energy-stored ceramics can be transported to distant locations by a truck.

In conclusion, we demonstrate heat-storage ceramics based on Sc-substituted λ-Ti3O5, which absorb heat from hot water. After conducting first-principles calculations, we synthesize Sc-substituted λ-Ti3O5 ceramics with a heat absorption below 100°C (373 K). This heat absorption material below 100°C can recover the thermal energy from cooling water in power plant turbines, mitigating the rise in sea water temperatures. Moreover, the heat absorption temperature can be easily controlled by changing the Sc content in λ-Ti3O5 in accordance to the target application.

These heat absorption temperature changes are attributed to the crossover temperature change of Gibbs energies. We successfully synthesize λ-Sc0.105Ti2.895O5 with a heat absorption temperature at 45°C (318 K) and λ-Sc0.108Ti2.892O5 with a heat absorption temperature at 38°C (311 K; see Materials and Methods and fig. S9). Sc-substituted λ-Ti3O5 will expand opportunities to use thermal energy as it can use thermal energy that is currently in the unused temperature range. In addition to electric power plants, other applications of the present material such as heat-storage usage to collect waste heat from factories, transportation vehicles, mobile phones, and electronic devices should be possible.

MATERIALS AND METHODS
First-principles calculations
In consideration of the valences between six-coordinated Ti3+ and Ti4+ in λ-Ti3O5 (15, 16, 31), the total electronic energies of λ-Ti3O5 substituted by trivalent or tetravalent elements from one of three Ti sites were calculated by first-principles calculations using the Vienna ab initio simulation package (VASP) code. The crystal structure of λ-Ti3O5 shown in (16) was used as calculation models for the initial structure. The lattice parameters and atomic positions were optimized at standard pressure with a cutoff energy of 500 eV and a k-mesh of 7 × 7 × 2 until the electronic iterations converged below 10−5 eV. On the basis of first-principles calculations, we focused on the synthesis of Sc-substituted Ti3O5 because Sc takes Sc3+ with a six- or eight-coordinated geometry, which hinders the higher valence states in Ti sites observed in β-Ti3O5.

Material synthesis by arc melting
Sc-substituted λ-Ti3O5 samples were synthesized by an arc-melting method with a pelletized mixture powder of Ti metal (99.9% purity), TiO2 (99.9% purity), and Sc2O3 (99.99% purity) in an Ar atmosphere at 0.05 MPa. Ti metal, TiO2, and Sc2O3 powders were mixed in a molar ratio of Ti:TiO2:Sc2O3 = 0.478:2.433:0.045. In this method, samples were melted and turned over three or four times on a copper cooling stage after solidification. These solidified samples were milled by hand before the measurements. The composition was confirmed by XRF, and the formula was determined to be Sc0.09Ti2.91O5: calcd: Ti, 62.4; O, 35.8; Sc, 1.8%; found: Ti, 62.0; O, 36.0; Sc, 2.0%, which is identical to the mixed ratio of the starting materials. Sc0.105Ti2.895O5 and Sc0.108Ti2.892O5 samples were also synthesized, and we measured the x-ray diffraction patterns (fig. S9). Moreover, Ti3O5 samples, substituted by 3 atomic % (at %) of Zr, Nb, Hf, Ta, and W, were synthesized and their x-ray diffraction patterns were measured (fig. S2). They mainly showed β-Ti3O5 patterns.

SXRD measurement
Crystal structures of Sc-substituted Ti3O5 samples were determined by Rietveld analysis of the SXRD data collected in beamline BL02B2 at SPring-8 (28). The samples were sealed in glass capillaries for the SXRD measurements. The RIETAN-FP program was used to refine the structural parameters (32).

Thermal property measurement
The heat absorption properties of Sc-substituted Ti3O5 samples were measured by DSC (Seiko Instruments, DSC 220C) at a heating-cooling rate of 10 K/min and an air gas flow of 100 ml/min. Before DSC measurements, the samples containing both the λ phase and the β phase were compressed at 1.7 GPa to transform them from the λ phase to the β phase. In addition, the thermal properties of λ-Sc0.105Ti2.895O5 and λ-Sc0.108Ti2.892O5 samples were measured (fig. S9).

First-principles calculation of Gibbs free energy
To interpret the phase transition temperature, the Gibbs free energies of Sc-substituted λ-Ti3O5 and β-Ti3O5 with supercells (1 × 3 × 1) and a k-mesh of 2 × 2 × 2 of the optimized structures were calculated using the Phonopy code in cooperation with the VASP code for the interatomic force constants calculations (33, 34). The Sc substitution ratio was set to about 3 at % (Sc0.09Ti2.91O5). That is, 1 of 36 Ti atoms was substituted by an Sc atom in the supercells. The differential energy of λ and β phase was calculated (ΔG = Gλ − Gβ). The calculated ΔG of Ti3O5 and Sc-substituted Ti3O5 are shown in Fig. 4. Ti3O5 shows ΔG = 0 at 575°C (848 K), which is the crossover temperature of the calculated free energies corresponding to the phase transition temperature (29). Sc-substituted Ti3O5 showed ΔG = 0 at 341°C (614 K). The normalized temperature in Fig. 4 was set at 575°C (848 K), which is the crossover temperature of the free energies of Ti3O5. The crossover temperature of Sc-substituted Ti3O5 decreased about 27.6% from the temperature of Ti3O5. This temperature decrease ratio agreed well with the experimentally obtained decrease ratio of 27.7% calculated from the phase transition temperature of 470 K (197°C) reported in λ-Ti3O5 (16) and 340 K (67°C) measured in λ-Sc0.09Ti2.91O5. The calculated crossover temperature was overestimated compared with the phase transition temperature, which was likely because the magnetic interaction was not taken into account during the phonon calculations. The formation energies corresponding to the Gibbs free energies (G) at 0 K were −2362.47 eV (λ-Ti3O5), −2376.44 eV (Sc-substituted λ-Ti3O5), −2372.45 eV (β-Ti3O5), and −2381.65 eV (Sc-substituted β-Ti3O5).

Thermodynamic analysis
In the SD model calculations, the γ value depends on the temperature and pressure (i.e., γ = γa + γbT + γcP). From the DSC measurement result, the ΔH value was 4.0 kJ mol−1, and the ΔS value was 11.7 J K−1 mol−1. When the parameters of γ were set as γa = 7 kJ mol−1, γb = −1.2 J K−1 mol−1, and γc = −0.37 J MPa−1 mol−1, the SD model calculations reproduced the long-term heat storage and pressure-induced phase transition, as shown in Fig. 5.

SUPPLEMENTARY MATERIALS
Supplementary material for this article is available at http://advances.sciencemag.org/cgi/content/full/6/27/eaaz5264/DC1

https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/
This is an open-access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution license, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original work is properly cited.

REFERENCES AND NOTES
↵D. Butler, Super savers: Meters to manage the future. Nature 445, 586–588 (2007).PubMedGoogle Scholar
D. Lindley, The energy should always work twice. Nature 458, 138–141 (2009).CrossRefPubMedWeb of ScienceGoogle Scholar
U.S. Energy Information Agency, Form EIA-923 detailed data [accessed 15 January 2019]; http://www.eia.gov/electricity/data/eia923/.
↵S. A. Rattner, S. Garimella, Energy harvesting, reuse and upgrade to reduce primary energy usage in the USA. Energy 36, 6172–6183 (2011).CrossRefGoogle Scholar
↵D. B. Gingerich, M. S. Mauter, Quantity, quality, and availability of waste heat from united states thermal power generation. Environ. Sci. Technol. 49, 8297–8306 (2015).Google Scholar
↵M. T. H. van Vliet, J. R. Yearsley, F. Ludwig, S. Vögele, D. P. Lettenmaier, P. Kabat, Vulnerability of US and European electricity supply to climate change. Nat. Clim. Chang. 2, 676–681 (2012).Google Scholar
M. D. Bartos, M. V. Chester, Impacts of climate change on electric power supply in the Western United States. Nat. Clim. Chang. 5, 748–752 (2015).Google Scholar
M. T. H. van Vliet, D. Wiberg, S. Leduc, K. Riahi, Power generation system vulnerability and adaptation to changes in climate and water resources. Nat. Clim. Chang. 6, 375–380 (2016).Google Scholar
S. Vassolo, P. Döll, Global-scale gridded estimates of thermoelectric power and manufacturing water use. Water Res. Res. 41, W04010 (2005).Google Scholar
C. W. King, A. S. Holman, M. E. Webber, Thirst for energy. Nat. Geosci. 1, 283–286 (2008).Google Scholar
K. Averyt, J. Macknick, J. Rogers, N. Madden, J. Fisher, J. Meldrum, R. Newmark, Water use for electricity in the United States: An analysis of reported and calculated water use information for 2008. Environ. Res. Lett. 8, 015001 (2013).Google Scholar
↵C. Zhang, L. Zhong, J. Wang, Decoupling between water use and thermoelectric power generation growth in China. Nat. Energy 3, 792–799 (2018).Google Scholar
↵I. Gur, K. Sawyer, R. Prasher, Searching for a better thermal battery. Science 335, 1454–1455 (2012).Abstract/FREE Full TextGoogle Scholar
↵B. Zalba, J. M. Marín, L. F. Cabeza, H. Mehling, Review on thermal energy storage with phase change: Materials, heat transfer analysis and applications. Appl. Therm. Eng. 23, 251–283 (2003).Google Scholar
↵S. Ohkoshi, Y. Tsunobuchi, T. Matsuda, K. Hashimoto, A. Namai, F. Hakoe, H. Tokoro, Synthesis of a metal oxide with a room-temperature photoreversible phase transition. Nat. Chem. 2, 539–545 (2010).PubMedGoogle Scholar
↵H. Tokoro, M. Yoshikiyo, K. Imoto, A. Namai, T. Nasu, K. Nakagawa, N. Ozaki, F. Hakoe, K. Tanaka, K. Chiba, R. Makiura, K. Prassides, S. Ohkoshi, External stimulation-controllable heat-storage ceramics. Nat. Commun. 6, 7037 (2015).Google Scholar
S. Ohkoshi, H. Tokoro, K. Nakagawa, M. Yoshikiyo, F. Jia, A. Namai, Low-pressure-responsive heat-storage ceramics for automobiles. Sci. Rep. 9, 13203 (2019).Google Scholar
B. Li, Y. Kawakita, S. Ohira-Kawamura, T. Sugahara, H. Wang, J. Wang, Y. Chen, S. I. Kawaguchi, S. Kawaguchi, K. Ohara, K. Li, D. Yu, R. Mole, T. Hattori, T. Kikuchi, S.-I. Yano, Z. Zhang, Z. Zhang, W. Ren, S. Lin, O. Sakata, K. Nakajima, Z. Zhang, Colossal barocaloric effects in plastic crystals. Nature 567, 506–510 (2019).Google Scholar
↵D. Matsunami, A. Fujita, K. Takenaka, M. Kano, Giant barocaloric effect enhanced by the frustration of the antiferromagnetic phase in Mn3GaN. Nat. Mater. 14, 73–78 (2015).PubMedGoogle Scholar
↵S. Ohkoshi, Y. Maeno, T. Nasu, Metal-substituted titanium oxide, and method for producing metal-substituted titanium oxide sintered body, International Patent Application Number PCT/JP2017/010769 (2017).
Z. Shen, Q. Shi, W. Huang, B. Huang, M. Wang, J. Gao, Y. Shi, T. Lu, Stabilization of microcrystal λ-Ti3O5 at room temperature by aluminum-ion doping. Appl. Phys. Lett. 111, 191902 (2017).Google Scholar
↵M. Wang, W. Huang, Z. Shen, J. Gao, Y. Shi, T. Lu, Q. Shi, Phase evolution and formation of λ phase in Ti3O5 induced by magnesium doping. J. Alloys Compd. 774, 1189–1194 (2019).Google Scholar
↵S. Andersson, B. Collén, U. Kuylenstierna, A. Magnéli, Phase analysis studies on the titanium-oxygen system. Acta Chem. Scand. 11, 1641–1652 (1957).CrossRefWeb of ScienceGoogle Scholar
C. N. R. Rao, S. Ramdas, R. E. Loehman, J. M. Honig, Semiconductor-metal transition in Ti3O5. J. Solid State Chem. 3, 83–88 (1971).Google Scholar
S.-H. Hong, Crystal growth of some intermediate titanium oxide phases γ-Ti3O5, β-Ti3O5, Ti4O7, and Ti2O3 by chemical transport reactions. Acta Chem. Scand. 36a, 207–217 (1982).Google Scholar
M. Onoda, Phase transitions of Ti3O5. J. Solid State Chem. 136, 67–73 (1998).Google Scholar
↵H.-Y. Chung, M. B. Weinberger, J. B. Levine, A. Kavner, J.-M. Yang, S. H. Tolbert, R. B. Kaner, Synthesis of ultra-incompressible superhard rhenium diboride at ambient pressure. Science 316, 436–439 (2007).Abstract/FREE Full TextGoogle Scholar
↵S. Kawaguchi, M. Takemoto, K. Osaka, E. Nishibori, C. Moriyoshi, Y. Kubota, Y. Kuroiwa, K. Sugimoto, High-throughput powder diffraction measurement system consisting of multiple MYTHEN detectors at beamline BL02B2 of SPring-8. Rev. Sci. Instrum. 88, 085111 (2017).CrossRefGoogle Scholar
↵H. Tokoro, A. Namai, M. Yoshikiyo, R. Fujiwara, K. Chiba, S. Ohkoshi, Theoretical prediction of a charge transfer phase transition. Sci. Rep. 8, 63 (2018).Google Scholar
↵C. P. Slichter, H. G. Drickamer, Pressure-induced electronic changes in compounds of iron. J. Chem. Phys. 56, 2142–2160 (1972).CrossRefWeb of ScienceGoogle Scholar
↵R. D. Shannon, Revised effective ionic radii and systematic studies of interatomic distances in halides and chalcogenides. Acta Crystallogr. 32, 751–767 (1976).CrossRefWeb of ScienceGoogle Scholar
↵F. Izumi, K. Momma, Three-dimensional visualization in powder diffraction. Solid State Phenom. 130, 15–20 (2007).CrossRefGoogle Scholar
↵A. Togo, Phonopy. https://phonopy.github.io/phonopy/.
↵A. Togo, I. Tanaka, First principles phonon calculations in materials science. Scr. Mater. 108, 1–5 (2015).CrossRefGoogle Scholar
Acknowledgments: Funding: This work was supported, in part, by JSPS Grant-in-Aid for Specially Promoted Research (grant 15H05697), Grant-in-Aid for Scientific Research(A) (grant 20H00369), and Collaborative Research Projects, Laboratory for Materials and Structures, Tokyo Institute of Technology. The synchrotron-radiation experiments were performed at SPring-8 with the approval of Japan Synchrotron Radiation Research Institute (JASRI; Proposal nos. 2018A1642 and 2018B1797). We are grateful to T. Takizawa (Panasonic Corporation) for setting up the first-principles calculation using VASP and Phonopy codes, H. Tamaki (Panasonic Corporation) for use of the arc-melting equipment, H. Kataoka (Panasonic Corporation) for use of a hydraulic press, and F. Shinsyu (Panasonic Corporation) for collecting the SEM and STEM images. We are grateful to F. Jia (The University of Tokyo) and H. Tokoro (University of Tsukuba) for the thermodynamic calculation, K. Imoto (The University of Tokyo) for the enthalpy calculation, K. Nakagawa (The University of Tokyo) for XRF measurement, and M. Yoshikiyo (The University of Tokyo) for the discussion of the manuscript. Author contributions: Y.N. designed and coordinated this study, contributed to all the measurements and calculations, and wrote the paper. Y.S. and M.A. conducted the SXRD measurements. S.O. designed this study and wrote the paper. All the authors discussed the results and commented on the manuscript. Competing interests: Y.N. is author on a patent filed by Panasonic Intellectual Property Management Co. Ltd. (no. PCT/JP2019/010402, published on 19 September 2019). Y.N. is author on a patent application filed by Panasonic Intellectual Property Management Co. Ltd. (no. JP 2019-124064, filed on |2 July 2019). The others declare no other competing interests. Data and materials availability: All data needed to evaluate the conclusions in the paper are present in the paper and/or the Supplementary Materials. Additional data related to this paper may be requested from the authors.
Copyright © 2020 The Authors, some rights reserved; exclusive licensee American Association for the Advancement of Science. No claim to original U.S. Government Works. Distributed under a Creative Commons Attribution License 4.0 (CC BY).
Recommended articles from TrendMD
Heat flowing from cold to hot without external intervention by using a “thermal inductor”
A. Schilling et al., Sci Adv, 2019
Pathways and challenges for efficient solar-thermal desalination
Zhangxin Wang et al., Sci Adv, 2019
Understanding the asymmetrical thermoelectric performance for discovering promising thermoelectric materials
Hangtian Zhu et al., Sci Adv, 2019
Enhanced thermoelectric performance of heavy-fermion compounds YbTM2Zn20 (TM = Co, Rh, Ir) at low temperatures
Kaya Wei et al., Sci Adv, 2019
Lead-free (Ag,K)NbO3 materials for high-performance explosive energy conversion
Zhen Liu et al., Sci Adv, 2020
Experimental Evaluation of a Paraffin as Phase Change Material for Thermal Energy Storage in Laboratory Equipment and in a Shell-and-Tube Heat Exchanger
Gasia et al., Appl Sci, 2016
Stearic Acid/Inorganic Porous Matrix Phase Change Composite for Hot Water Systems
Xu et al., Molecules, 2019
Full Length ArticleA power plant for integrated waste energy recovery from liquid air energy storage and liquefied natural gas
Zhang et al., Chinese Journal of Chemical Engineering, 2021
Review on air and water thermal energy storage of buildings with phase change materials
Yin Ma et al., Experimental and Computational Multiphase Flow, 2020
A review of low-temperature heat recovery technologies for industry processes
Xia et al., Chinese Journal of Chemical Engineering, 2019


http://www.asyura2.com/16/eg3/msg/167.html#c3

[エネルギ3] 生物の教科書が書き換わる!?人類史上初めて原核生物なのに核を持つ細菌が見つかる。 ピノキ
1. 2021年5月20日 02:29:25 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[672]

この人は、相変わらずいい加減な記事だな

この研究自体は、科学だけでなく実用性にもつながる非常に優れたもので、少なくとも大学の生物学の教科書は書き換わるだろうが


別にRT761自体は始祖ではないし、生命の起源が明らかになるわけでもない

極限環境下で生存する、極めて特殊な生物(配列)が新たに見つかったということだ

DNAを覆う膜構造があることは、真核生物と原核生物をつなぐ可能性はあるが

全く独立して進化してきた可能性もあるから、今後の研究次第だろう

https://academist-cf.com/journal/?p=15780

https://academist-cf.com/journal/?p=15780
ゲノムが膜で包まれた常識外れのバクテリア – 最先端の顕微鏡で鮮やかにとらえた膜構造
片山 泰樹 2021年4月6日 ゲノムが膜で包まれた常識外れのバクテリア – 最先端の顕微鏡で鮮やかにとらえた膜構造2021-04-02T09:49:51+09:00研究コラム 微生物, 生物学, 細胞

微生物のマジョリティは「培養できない菌」という未知の領域
「原核生物」はバクテリアやアーキアと呼ばれる微生物の仲間です。肉眼で見ることができないため馴染みの薄い存在ですが、その種類と存在量はもう一方の生物群である「真核生物」(動物、植物、菌類、原生生物)よりも多いと推定されています。ところが、性質や実物の写真などを記載してカタログ化すると、上記5つのグループのなかで最も薄い図鑑になってしまうのは原核生物です。善玉・悪玉菌と呼ばれる乳酸菌や大腸菌などのように、性質がよく知られている菌は原核生物全体でみるとごくわずかしかいません。
ある菌種の性質を知るためには、他の菌から完全に分離して人工的に培養し増殖させる必要があります。大まかに見積もって全原核生物の99%は人工的に培養することができない「未培養」の菌のため、性質が未知なのです。
1千万種は下らないといわれている原核生物の大多数が未知のまま——そこにロマンが詰まっている……もとい、社会に有益な知見や材料が得られるはず、というのが今回紹介する研究の原点です。
地下環境の未培養菌を約5年かけて分離培養
私は、地上から数100 m深くの地下環境に棲息する微生物を培養することで、その生態を知ろうとしています。地下に埋まっている天然ガスは我々の生活や社会を支えるエネルギー源です。天然ガスの主成分のメタンの一部は、地下の微生物によってつくられたと推定されています(量にして約20%)。
動植物の死がいに由来する有機物が地下に埋没する過程で微生物によって分解されメタンができ、地層に貯まって天然ガス田となるわけです。どのような菌がどのようにして、何の有機物を利用してメタンをつくっているのかを明らかにすることができれば、天然ガスの有効利用につながります。
そこで私たちは、微生物由来のメタンが埋蔵する千葉県の南関東ガス田に行き、地下水と泥試料を採取し、実験室で試行錯誤を繰り返しながら培養を行いました。約5年の歳月をかけて今回の発見の目玉となるバクテリアRT761株を分離培養し、その性質を明らかにすることができました。RT761株は非常に増殖の遅い菌だったので、長い年月を要しました。
はじめは常識よりも自分を疑った
菌を1種類に分離培養して最初にすることは、どのような菌の形か、他の菌がまだ混ざっていないかを顕微鏡で観察することです。菌を見やすくするためにDNAを染色しRT761株の細胞を観察したとき、思わず首をかしげました。DNAの染色のされ方がおかしい…。普通、というより、どの原核生物も細胞全体がDNAで染まるはずが、RT761株は一部しか染まりません。
RT761株細胞の光学顕微鏡写真。蛍光染色剤(緑)でゲノムDNAを染色。原核生物の代表選手、大腸菌(左上)のように細胞全体が染まっていない様子がはっきりとわかる。RT761株のサイエンスはここからはじまった。
いやいや、染色剤がおかしい? と新たに調製し直したり、たまたま菌がおかしい? と培養をやり直したりと、人為的なミスを疑いました。ところが何度やっても同じ……光学顕微鏡ではらちがあかないので、電子顕微鏡をつかって観察しました。すると、もっと驚きました。細胞の中に「ゲノムDNAを包む膜」があったのです。同時に腑に落ちました。この膜があるから上の図ではDNAが隔離されて染色されていたのです。道理で細胞全体が染まらないはずです。
極薄くスライスしたRT761株細胞の透過性電子顕微鏡写真。白くモヤっと見えるゲノムDNAを包むようにして膜(矢印)が観察される。幾多もの原核生物を長年電顕観察している孟 憲英さん(論文の共著者)に実験を依頼。そんなベテランの彼女が観察中に血相を変えて飛んできた衝撃の写真。
生命の設計図であるゲノムが細胞内の膜(核膜)で包まれているのは真核生物だけです。真核生物の核膜とは似ても似つかぬものでしたが、真核・原核生物を区別する根本的な特徴という、疑いようもなかった常識に当てはまらない菌である可能性が高まりました。
RT761株はグラム陰性菌というタイプなので、細胞を包む膜として外膜と内膜(細胞膜)という2つの生体膜を持ちます。さらに細胞内膜があれば、計3枚の生体膜を持つことになります。しかし、上図ではその点がはっきりしませんでした。そこで、日本電子株式会社の協力を得て、クライオ電子顕微鏡を使って観察することにしました。
私たちは本社にお邪魔して、デモをしてもらいました。3つの膜が観察されるのか、研究のインパクトを左右する瞬間に大きな期待と不安が入り交じりました。固唾をのんでモニターを見つめるなか、期待通りの結果が得られ、大いに沸きました。
世界最高レベルの分解能を持つクライオ電子顕微鏡CRYO ARMTM 300(日本電子株式会社)で観察されたRT761株細胞の一部。@外膜、A内膜、B細胞内膜がくっきりと観察される。普段の光学顕微鏡では小さな黒い点にしか見えない存在が、最先端の技術でここまで鮮やかに可視化できたことに驚嘆と感動をよんだ写真。
RT761株のカタログ化と生態研究
遺伝子を解析することによってRT761株を分類してみると、原核生物の分類階級で最も上位の「門」で新しい菌であることが判明しました。既知の菌が属するどの系統グループにも当てはまらなかったのです。そこで、新しい系統群として記載を行いました。複数の膜を持つ特徴にちなんで学名をAtribacter laminatus(Atribacterota門)と命名提案し、正式に承認されました。命名は最初に発見した研究者の特権です。
新門のRT761株は、既知の菌とは非常に遠縁であり、進化の道をずっとさかのぼらないと共通の祖先がいない、といえます。バクテリア進化の初期の段階で分かれたグループAtribacterota門はなぜ細胞内膜を持つに至ったのか? 今後は、細胞内膜の機能をその進化と関連付けて解き明かしていきたいと考えています。
天然ガスをつくる地下の微生物の生態を知ろうとして未培養菌を培養していたところ、細胞構造がおかしい菌を発見したため、当初の研究ミッションがいささかなおざりになってしまいました。培養をせず環境から直接遺伝子を解析することによって、Atribacterota門は地下環境に優占する系統グループであることがすでに明らかとなっています。遺伝子として最初に発見されたのが1998年なので、RT761株は約20年の時を経て最初の培養株となったわけです。地下環境で何をしているのか? この優占グループの生態研究にも着手したところです。
おわりに
バクテリアを一番大まかに、門という階級で分類すると111門あると考えられています。このなかですでに培養されカタログ化された菌がいる門は33つです。残り約7割もの門は、遺伝子配列だけでしかその存在が知られていない未培養菌で構成されています。世界には既知の菌とは非常に遠縁で未知な系統群がまだまだたくさんいるということです。
新門のRT761株がそうだったように、これら未培養門のなかに私たちの想像を超えた菌がいるであろうことは想像に難くありません。その実態を解き明かすことで原核生物の多様性と普遍性、そしてその根底にある進化を体系的に理解することができるでしょう。環境微生物の世界は、未培養菌という大きなナゾにロマンと可能性が満ちあふれています。
参考文献
・Taiki Katayama, Masaru K. Nobu, Hiroyuki Kusada, Xian-Ying Meng, Naoki Hosogi, Katsuyuki Uematsu, Hideyoshi Yoshioka, Yoichi Kamagata & Hideyuki Tamaki. 2020. Isolation of a member of the candidate phylum ‘Atribacteria’ reveals a unique cell membrane structure. Nature Communications, 11, 6381.
https://www.nature.com/articles/s41467-020-20149-5
本論文が同誌Editors’ Highlightsに選出 https://www.nature.com/collections/jedgcgeija
・産総研プレスリリース「地下で発見!ゲノムが膜で包まれたバクテリア」(2020年12月14日)https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2020/pr20201214/pr20201214.html
この記事を書いた人

片山 泰樹
産業技術総合研究所・地質調査総合センター・地圏微生物研究グループ・主任研究員。
生まれはタイ・バンコク、育ちは名古屋。北海道大学農学部にて博士号取得後、産総研ポスドクを経て、2011年より現職。
三度の飯と同じくらい顕微鏡で菌を観察、時に観賞するのが好き。地下という可視化できない広大な暗黒の空間で人知られず黙々と地球を動かす小さな生物の生き様を探求しています。好きな作曲家はJ. Brahms。

https://www.nature.com/articles/s41467-020-20149-5
Isolation of a member of the candidate phylum ‘Atribacteria’ reveals a unique cell membrane structure
Taiki Katayama, Masaru K. Nobu, Hiroyuki Kusada, Xian-Ying Meng, Naoki Hosogi, Katsuyuki Uematsu, Hideyoshi Yoshioka, Yoichi Kamagata & Hideyuki Tamaki
Nature Communications volume 11, Article number: 6381 (2020) Cite this article

6107 Accesses

13 Citations

119 Altmetric

Metricsdetails

Abstract
A key feature that differentiates prokaryotic cells from eukaryotes is the absence of an intracellular membrane surrounding the chromosomal DNA. Here, we isolate a member of the ubiquitous, yet-to-be-cultivated phylum ‘Candidatus Atribacteria’ (also known as OP9) that has an intracytoplasmic membrane apparently surrounding the nucleoid. The isolate, RT761, is a subsurface-derived anaerobic bacterium that appears to have three lipid membrane-like layers, as shown by cryo-electron tomography. Our observations are consistent with a classical gram-negative structure with an additional intracytoplasmic membrane. However, further studies are needed to provide conclusive evidence for this unique intracellular structure. The RT761 genome encodes proteins with features that might be related to the complex cellular structure, including: N-terminal extensions in proteins involved in important processes (such as cell-division protein FtsZ); one of the highest percentages of transmembrane proteins among gram-negative bacteria; and predicted Sec-secreted proteins with unique signal peptides. Physiologically, RT761 primarily produces hydrogen for electron disposal during sugar degradation, and co-cultivation with a hydrogen-scavenging methanogen improves growth. We propose RT761 as a new species, Atribacter laminatus gen. nov. sp. nov. and a new phylum, Atribacterota phy. nov.

Introduction
Cultivation of uncultured microorganisms is a critical step in uncovering their phenotypic features, such as cell structure and metabolic function. However, most lineages of the domains Bacteria and Archaea remain uncharacterized1 due to difficulties in cultivation2,3. While omics-based cultivation-independent characterization can circumvent cultivation and provide insight into metabolism and ecology4,5, metabolic reconstruction is generally based on genes characterized in cultured organisms and, thus, prediction of novel phenotypic features of uncultured microorganisms remains challenging6.

In this study, we have isolated an anaerobic bacterium that belongs to the bacterial candidate phylum “Ca. Atribacteria”4 (“Ca. Caldatribacteriota” in Genome Taxonomy Database7). “Ca. Atribacteria” was originally discovered through 16S rRNA gene clones in sediments from the hot spring in Yellowstone National Park and designated as OP9 in 19988, and recently proposed to include the JS1 lineage5. The members of this phylum are globally distributed and, in some cases abundant, in anaerobic environments5. Here, we report structural, genomic and physiological characterization of the cultured representative of “Ca. Atribacteria”.

Results and discussion
Multilayered cell structure
A bacterium, designated RT761, was isolated after 3 years of enrichment from saline formation water and sediments derived from deep aquifers in natural-gas deposits in Japan. Phylogenetic analysis based on 16S rRNA gene and conserved protein-coding markers revealed that strain RT761 was assigned to the clade OP9 of “Ca. Atribacteria” (Supplementary Figs. 1 and 2). RT761 cells are Gram-stained negative, nonspore forming, and tapered rod or ovoid-shaped with pointed ends (Fig. 1a, b). Although typical gram-negative cells only have two lipid bilayers (cytoplasmic membrane [CM] and outer membrane [OM]), cryo-electron tomography (CET) revealed that RT761 possesses three layers with appearances characteristic of lipid bilayers: a 4 nm thickness and two leaflets (Fig. 1c, d and Supplementary Figs. 3, 4 and Supplementary Movies 1 and 2). Between the outer lipid membrane-like layer (LML) and middle LML, we observe a narrow space (7.0 nm [SD 0.3]) with a thin layer of 2.2 nm width (SD 0.1) (Fig. 1c and Supplementary Fig. 4). The outer LML was occasionally observed (15 out of 31 cells) to have small embedded jagged structures (periodicity of ca. 4 nm) comprising between 1.9 and 13.7% of cell outline in two-dimensional images (Supplementary Figs. 3, 4 and Supplementary Movie 3). The inner LML has an amorphous structure (including occasional small invaginations) that does not follow the inside of the other LML, and is likely separated from the other LMLs (Fig. 1d, e and Supplementary Movies 1, 2, 4). We observe ribosomes in both the inner LML-bounded space [19.8 nm diameter (SD 0.7)] and middle LML-bounded space [20.1 nm (SD 0.8)] (Supplementary Fig. 5). More are observed to be present in the former based on CET and fluorescence microscopy (Supplementary Figs. 5 and 6). The inner LML is most distant from the other membranes at the cell poles, creating large polar spaces (Fig. 1d, e). Additional observation through transmission electron microscopy shows that the inner LML appears to envelopes the RT761 nucleoid (Fig. 1f). This was further supported by the fluorescence microscopy-based observation of bulk DNA/RNA in the center of the cell bounded by a lipid membrane structure (stained with FM4-64), leaving open polar spaces (Fig. 2). (In some photomicrographs, the RT761 outer two LML may not be stained well by FM4-64 as, in the presence of multiple membrane layers, the dye can tend to stain outermost layers less9,10,11). During cell division, the three LML are observed to be clearly maintained at the site of binary fission, and the inner LML apparently continues to surround the nucleoid, invaginates following the two other LML (but does not directly attach), and splits into the daughter cells as division completes (Supplementary Figs. 7 and 8). At the site of division, we observe three distinct sets of layers, unlike typical gram-negative bacteria (Supplementary Fig. 7). These observations suggest that the three LMLs are not connected to each other. While the exact identity/composition of the three LMLs remain unclear, the results point to two possibilities. The jagged structures in the outer LML suggest that the outer layer may be proteinaceous, in which case, the layers would represent a surface protein layer (outer LML), OM (middle LML), and CM (inner LML). On the other hand, the lipid bilayer-like characteristics of the observed layers suggest RT761 possesses three lipid membranes, in which case, the observed layers would represent the OM (outer LML with high protein density like Thermotoga12), peptidoglycan layer (2.2 nm thick layer), CM (middle LML), and a intracytoplasmic membrane (inner LML) surrounding the cell’s nucleoid.

Fig. 1: Morphology and membrane structure in RT761 cells showing the presence of three lipid membrane-like layers (LMLs) with the innermost layer surrounding the nucleoid.
figure1
a Phase-contrast microscopy. b Scanning electron microscopy. c–e Cryo-electron tomography (also see Supplementary Movies 1 and 2). c The original slice picture is shown in Supplementary Fig. 4. Black arrowheads indicate the outer (1), middle (2), and inner (3) LMLs. White arrowheads indicate the 2.2 nm thick layer (1) and faint layers (2). d White arrow indicates inner LML invagination. e 3D-rendered reconstruction of the cell in d. (also see Supplementary Movie 4). Color code: outer LML, orange; middle LML, blue; inner LML, yellow; ribosome, green. f Transmission electron micrograph of a thin section of RT761 cells. N nucleoid. Scale bars, 5.0 μm (a), 1.5 μm (b), 0.2 μm (c), 0.1 μm (d, e), and 0.5 μm (f).

Full size image
Fig. 2: Confocal-laser microscopy showing the localization of DNA and RNA within the intracytoplasmic membrane structure. DNA, RNA, and membrane lipids were stained by Hoechst (blue), SYTO RNAselect (green) and FM4-64 (red), respectively.
figure2
Outlines of the cell from a are included in all panels. a Phase contrast image. b–d Confocal-laser images. e–h Image overlays. i Line profiles of fluorescence intensity plotted longitudinally along white arrow in h. Membrane staining maxima are indicated by arrowheads in h. Source data are provided as a Source Data file. Scale bars, 1 μm.

Full size image
Unique genomic features
The potential importance of localization and membranes in RT761 was supported by genomic and transcriptomic analyses. Alignment of all RT761 protein-coding genes with a reference sequence database revealed that 34 genes in the RT761 genome contained unique N-terminal extensions (NTE; 10–73 amino acids in length) compared to the top 250 hits in the NCBI RefSeq database and some of them were conserved among “Ca. Atribacteria” OP9 genomes (Supplementary Datas 1 and 2). The genes with NTE included those involved in critical cellular processes: cell division (FtsZ), Lipid A biosynthesis (UDP-3-O-acyl-N-acetyglucosamine deacetylase—LpxC), DNA replication, DNA repair, transcriptional regulation, tRNA processing, transmembrane signaling, and H2 generation (FeFe hydrogenase subunit alpha—HydA). Notably, several facilitate central functions in their respective processes: FtsZ recruits other cell division proteins to the fission site13, LpxC performs the committing step in Lipid A biosynthesis14, and HydA catalyzes the reduction of protons to H2 in the hydrogenase complex15. NTEs in prokaryotes have so far been only found in enzymes that localize to the lumen of subcellular compartments called bacterial microcompartment (BMC), and are necessary for the encapsulation of enzymes with NTE into BMC shells16,17. Among 34 genes with NTE in RT761, only one enzyme (deoxyribose-phosphate aldolase) may be related to BMC because of its occurrence in the gene cluster encoding homologs of BMC (although BMC-like compounds were not visible in electron microscopy). Interestingly, RT761 and other “Ca. Atribacteria” possessed two FtsZ genes—one conventional FtsZ and another with an NTE that is predicted to form an amphipathic helix (Supplementary Fig. 9). RT761 expressed both FtsZ genes (RT761_00112 and RT761_02154) during exponential growth (Supplementary Data 3). While the NTE-lacking FtsZ gene is adjacent to FtsA, the NTE-possessing FtsZ lacks a corresponding FtsA (i.e., only one copy of ftsA in the genome). FtsA facilitates association between FtsZ and the CM through a C-terminal amphipathic helix18, suggesting that the NTE-possessing FtsZ may be capable of binding to the membrane. Although 9 out of 6751 cultured bacterial type strains possess both a typical and NTE-possessing FtsZ, putative amphipathic helices were not found in any of these sequences. Such unique features may play key roles in binary fission through multi-layers in RT761 (Supplementary Figs. 7 and 8), but additional investigations are necessary for verification.

Further analysis reveals unique genomic features of RT761 related to membrane-mediated physiology. Based on transcriptomic analysis of RT761 under exponential growth phase, membrane-associated proteins comprised 5 out of 10 of the mostly highly expressed genes (Supplementary Data 3). These include a putative transmembrane protein (RT761_00009), lipoprotein (RT761_00907), periplasmic substrate-binding protein (RT761_02219), and two fasciclin domain-containing transmembrane proteins (RT761_00748 and 01694), all of which have unknown functions. These findings point toward the importance of membrane-centric metabolism in RT761 physiology. The RT761 genome also has a high proportion of proteins with transmembrane helices (29.6% of all proteins) greater than 99.7% of all gram-negative type strains with sequenced genomes available (Fig. 3).

Fig. 3: Unique genomic compositions of membrane-related features observed for phyla with unique cell structures.
figure3
The horizontal axis shows the genomic proportion proteins encoding transmembrane helices. The vertical axis shows the ratio of proportions of proteins encoding Sec signal peptides estimated by SignalP-5.0 and SignalP-4.1. RT761 (red), type strains from Thermotogae (green), Dictyoglomi (orange), Caldiserica (pink), and other gram-negative type strains (gray) are plotted (3502 genomes downloadable from the Joint Genome Institute Integrated Microbial Genomes and Microbiomes database). For Thermotogae and other gram-negative type strains, 95% (green) and 99.9% (gray) confidence ellipses are shown respectively. Source data are provided as a Source Data file. (Bottom) Cell structures of select species are shown for “Ca. Atribacteria”, Thermotogae, and Dictyoglomi. The illustrations indicate the outer membrane (black), cytoplasmic membrane (blue), intracytoplasmic membrane (purple), and nucleoid (yellow). *For RT761, the shown schematic requires further investigation to conclude the identity/role of each layer.

Full size image
We also found that RT761 may have unique signal peptide sequences for Sec-secreted proteins. While SignalP-4.119 estimated that RT761 has a low proportion of Sec-secreted proteins (3.4% of all proteins) less than 96.7% of all Gram-negative type strains, SignalP-5.020 predicted 2.67 times more (9.0% of all proteins) (Fig. 3). Evaluation of all gram-negative type strain genomes revealed that most cultured phyla (26 out of 29) have consistent predictions between SignalP-4.1 and SignalP-5.0 (1.1 ± 0.2 [S.D.] times more on average) (Supplementary Table 1). Note that the reference databases used by SignalP-4.1 and SignalP-5.0 are similar in phylogenetic composition and diversity (Supplementary Table 1). Through further analysis of genomes from 33 candidate phyla, we discover that only two candidate phyla, “Ca. Calescamantes” (EM3) and “Ca. Microgenomates” (OP11) within “Ca. Patescibacteria”, have RT761-like signatures (Supplementary Fig. 10) (1.8 ± 0.6 [S.D.] times more in SignalP-5.0 on average for other candidate phyla), indicating that the above features of RT761 are not an artifact from lack of Ca. Atribacteria-derived sequences in the SignalP reference databases. Comparison of hydrophobicity, signal peptide length, and number of NT cationic residues interestingly revealed no differences between Sec-secreted proteins predicted by SignalP-5.0 and SignalP-4.1, suggesting that the Sec-secreted proteins of RT761 may have unique signal peptides that could only be predicted through integration of a recurrent neural network implemented in SignalP-5.0. Intriguingly, we only observed RT761-like signatures (high genomic proportion of proteins with transmembrane helices and underestimation of Sec-secreted proteins by SignalP-4.1) in three other cultured phyla with unique cell structures (Fig. 3): Thermotogae members (outer toga12), Dictyoglomi (multicell-spanning outer envelope21), and Caldiserica (electron-lucent outer envelope22). In total, comparison of genomic transmembrane and extracellular protein abundance signatures may serve as a new approach for identification of bacterial lineages with unique cell membrane structure and is, thus, distinct from currently available genotype-based cell morphology prediction approaches (e.g., RodZ for rod-shape and lipid A synthesis genes for gram-negative structure).

Syntrophic physiology
In addition to the unique cell structure and genomic features, we found that strain RT761 can benefit from syntrophic interaction with methanogenic archaea. RT761 degraded glucose, producing H2, acetate, CO2, and ethanol (trace levels) as end products and could not utilize exogenous electron acceptors for anaerobic respiration (i.e., nitrate, ferric iron, and sulfate). Although RT761 growth was inhibited by accumulation of hydrogen during cultivation with glucose, addition of a hydrogen-consuming methanogenic archaeon increased the growth rate and maximum cell density of RT761 (Supplementary Fig. 11). RT761 can theoretically shift to ethanol fermentation as an alternative electron disposal route but only generates a small amount, indicating that RT761 primarily relies on hydrogen formation to maintain cellular redox balance. Thus, in contrast to most hydrogen-producing bacteria, RT761 highly depends on syntrophic association with a hydrogen-scavenging methanogen for ideal growth. Such dependence of sugar degradation on a syntrophic partner is thought to be important in anoxic ecosystems23,24. Thus far, sugar-degrading organisms that benefit from syntrophic interactions have been identified in Firmicutes (Syntrophococcus sucromutans25, Bacillus stamsii26) and the class Anaerolineae of Chloroflexi (Anaerolinea thermolimosa27, A. thermophila23, Bellilinea caldifistulae28, Flexilinea flocculi29, and Longilinea arvoryzae28). Unlike these organisms, RT761 does not produce lactate, lacks NiFe hydrogenases, and rather possesses energy-conserving complexes often associated with nonsugar-degrading syntrophic organisms—an ion-translocating NADH:ferredoxin oxidoreductase Rnf and both a trimeric and tetrameric FeFe hydrogenase5 (Table 1). This suggests that the sugar-degrading strategy of RT761 differs from hitherto isolated sugar degraders that benefit from syntrophic interaction. We speculate that RT761 may avoid ethanol production as continuous exposure to acetaldehyde generated through ethanol fermentation could cumulatively damage chromosomal DNA, especially due to the slow growth rate (doubling time of 5.1 days). Similar metabolisms that are theoretically possible or thermodynamically required for association with methanogens (e.g., sugar degradation producing hydrogen and syntrophic propionate oxidation) have been predicted in cultivation-independent analyses of “Ca. Atribacteria”4,5,30,31. The observed physiology of RT761 justifies the prevalent detection of environmental clones of “Ca. Atribacteria” across Earth’s anoxic ecosystems favoring fermentation and syntrophy5.

Table 1 Fermentation products and genome-predicted metabolic properties of semi-syntrophic anaerobes that benefit from interaction with methanogenic archaea.
Full size table
Based on unique phenotypic, genotypic and phylogenetic characteristics, including cell structure/regulation potentially more complex than a typical prokaryote, we propose strain RT761 as a new species, Atribacter laminatus gen. nov., sp. nov. Based on the phylogenetic and phylogenomic analyses, we further propose a new phylum Atribacterota phy. nov.

Description of Atribacter gen. nov
Atribacter (A.tri.bac’ter. L. masc. adj. ater, black; N.L. masc. n. bacter, a rod; N.L. masc. n. Atribacter, a black bacterium, pertaining to the original candidate phylum name “Ca. Atribacteria”4).

Obligately anaerobic, Gram-negative, non-motile, non-spore-forming, rod cells that are tapered with pointed ends. The major end products from glucose degradation is acetate, hydrogen, and carbon dioxide. No anaerobic respiration with nitrate, sulfate, or Fe(III) is observed. The cellular fatty acids are C15:0 (51% of the total), C18:0 (21%), C16:0 (10%), iso-C15:0 (10%), iso-C13:0 3OH (6%), and C18:1 cis9 (2%). DNA G+C content of the type species is 38.69 mol%. The type species is Atribacter laminatus.

Description of Atribacter laminatus sp. nov
Atribacter laminatus (L. fem. n. lamina, layer; N.L. masc. adj. laminatus, layered, pertaining multilayered cell structure).

Shows the following characteristics in addition to those given for the genus. Cells are a rod or ovoid shape tapered with pointed ends with 0.6–0.8 μm wide and 1.3–1.8 μm long. Grows at 20–50 °C (optimally at 45 °C), at pH 6.4–8.2 (optimally at pH 7.3) and in the presence of 0.01–0.6 M NaCl (optimally in 0.1 M NaCl). Growth occurs with glucose, fructose, galactose, rhamnose, xylose, mannose, sucrose, cellobiose, raffinose, pectin, mannitol, and sorbitol. Ribose, arabinose, lactose, maltose, trehalose, melibiose, starch, cellulose, or gelatin are not utilized. In pure culture, the end products of glucose (1 mM) degradation are acetate (1 mM), hydrogen (1 mM), and carbon dioxide. Yeast extract is required for growth. Peptone or casamino acids did not stimulate growth. Growth is enhanced in co-culture with a hydrogen-scavenging methanogen. Sensitive to chloramphenicol, kanamycin, neomycin, rifampicin, and vancomycin, but resistant to ampicillin and neomycin. Colonies are light brown circular and convex disks on the deep agar slant. The type strain, RT761T (=NBRC 112890T=DSM 105538T), was isolated from a slurry of sediments and formation water derived from a deep sedimentary, natural-gas-bearing saline aquifer in Japan.

Description of Atribacteraceae fam. nov
Atribacteraceae (A.tri.bac.te.ra.ce’ae. N.L. masc. n. Atribacter type genus of the family; suff. -aceae, ending to denote a family; N.L. fem. pl. n. Atribacteraceae the family of the genus Atribacter).

The description is the same as for the genus Atribacter. Type genus is Atribacter.

Description of Atribacterales ord. nov
Atribacterales (A.tri.bac.te.ra’les. N.L. masc. n. Atribacter type genus of the order; suff. -ales, ending to denote an order; N.L. fem. pl. n. Atribacterales the order of the genus Atribacter).

The description is the same as for the genus Atribacter. Type genus is Atribacter.

Description of Atribacteria classis nov
Atribacteria (A.tri.bac.te’ri.a. N.L. masc. n. Atribacter type genus of the type order of the class; suff. -ia, ending to denote a class; N.L. neut. pl. n. Atribacteria the class of the order Atribacterales).

The description is the same as for the genus Atribacter. Type order is Atribacterales.

Description of Atribacterota phyl. nov
Atribacterota (A.tri.bac.te.ro’ta. N.L. neut. pl. n. Atribacteria type class of the phylum; N.L. neut. pl. n. Atribacterota the phylum of the class Atribacteria).

The phylum Atribacterota is defined based on phylogenetic and phylogenomic analyses of the sole isolated strain RT761T and uncultured representatives from various environments. Type order is Atribacterales.

Methods
Sample collection
The sediment and formation water samples were collected from a settling pond that was placed downstream of a commercial gas, and water producing well to remove suspended sand particles from the formation water in Mobara, Chiba prefecture, Japan. The samples came from the gas-bearing aquifers in the screened depth range of 490–900 m that consist of repeating sequences of turbidite (alternating beds of sandstone and mudstone) in the Otadai and Kiwada formations. These sediments were deposited in deep marine environments during the Plio-Pleistocene periods32,33. The water temperature was 24.4 °C, the pH was 7.7, and the redox potential was −213 mV. The Cl− concentration was 17,000 mg l−1, and the sulfate concentration was 30% similarity and >70% coverage. Secondary structure of amino acid sequences of N-terminal extension associated with FtsZ was predicted using JPred440. Transmembrane proteins and signal peptides were predicted using TMHMM v2.041 (default options) and SignalP (v4.119 and v5.020 using the gram-negative option and default options for the remaining settings) correspondingly, and the percentages of these proteins out of the total number of ORFs were compared to those in all gram-negative type strain draft genomes available on the Joint Genome Institute Integrated Microbial Genomes and Microbiomes database41,42, and those in draft genomes of uncultured phyla that were confirmed to encode lipid A synthesis genes (lpxB, lpxC, or lpxD) in at least one draft genome. The 16S rRNA gene sequences were aligned against the SILVA v132 alignment using SILVA SINA Aligner v1.2.1143 with default settings. The phylogenetic tree was constructed using RAxML-NG44 using the generalized time reversible (GTR) model, 4 gamma categories, and 100 bootstrap iterations. Prediction/selection of conserved genes and tree construction was performed through PhyloPhlAn45 using default settings.

RNA was extracted from late exponential growth of both pure culture and co-culture with a methanogen M. thermoautotrophicus str. Delta H using the ISOSPIN Plant RNA kit (NIPPON GENE, Japan) according to the manufacturer’s instructions and was sequenced using an Illumina sequencer NovaSeq 600 system (illumina, USA) at Filgen, Inc. (Nagoya, Japan). Total RNA was depleted of ribosomal RNA via Ribo-Zero rRNA removal kit (illumina). The sequenced RNA was trimmed via Trimmomatic v0.3346 and mapped to the assembled genome through BBmap v37.10 (https://sourceforge.net/projects/bbmap/) to calculate the gene expression levels, which were represented by Reads Per Kilobase of transcript per Million mapped reads.

Microscopic analyses
Cell morphology and structure was observed via phase-contrast and fluorescence microscopy (BX51; Olympus, Japan), confocal laser scanning microscopy (LSM800; ZEISS, Germany), scanning electron microscopy (SEM) (S-4500; Hitachi, Japan), transmission electron microscopy (TEM) (H-7600; Hitachi, Japan) and cryo-electron microscopy (CRYO ARM 300; JEOL, Japan). The cells in exponential phase of growth in pure culture condition were used for all microscopic observation.

Cells were washed with phosphate-buffered saline (PBS) before staining. A Gram-staining kit (BD) was used for Gram staining. Membranes of RT761 cells were strained with FM4-64 (ThermoFisher Scientific, USA) at a final concentration of 40 µg ml−1. DNA was strained with Hoechst 33342 (ThermoFisher Scientific) at final concentrations of 2 µg ml−1. RNA was strained with SYTO RNAselect (ThermoFisher Scientific) at a final concentration of 10 µM. The stained sample was incubated for 1 h at 30 °C and observed under confocal laser scanning microscope.

For fluorescence in situ hybridization, the cells were fixed in 1% paraformaldehyde at 4 °C for overnight and stored in 99% ethanol-PBS (1:1) at −20 °C. The fixed cells were incubated in a moisture chamber with a hybridization buffer (0.9 M NaCl, 0.01% sodium dodecyl sulfate, 20 mM Tris-HCl, pH 7.2 containing fluorescently labeled probes (0.5 pmol µl−1). After incubation at 46 °C for 2.5 h, the buffer was replaced with washing solution (0.9 M NaCl, 0.01% sodium dodecyl sulfate, 20 mM Tris-HCl, pH 7.2). The sample was incubated at 48 °C for 30 min and observed under a fluorescence phase-contrast microscope. An oligonucleotide probe targeting the 16S rRNA gene was Cy-3-labeled EUB338 probe (5′- GCTGCCTCCCGTAGGAGT-3′).

For SEM observation, the cells were fixed with 2% glutaraldehyde in 0.1 M sodium phosphate buffer (pH7.2) at 4 °C for 2 h, postfixed with 1% osmium tetroxide at room temperature for 1 h, dehydrated through a graded ethanol series followed by 3-methylbutyl acetate for 20 min, dried with a critical point dryer (JCPD-5; JEOL), and finally coated with gold.

For cryo-electron microscopy and tomography, 2 μl of the cell culture were placed on glow-discharged holey carbon grid (Quantifoil R 1/4 Cu grid, Quantifoil MicroTools GmbH, Germany), and the grid was automatically blotted at 22 °C and 80% humidity and plunged into liquid ethane using a Leica EM GP (Leica Microsystems, Austria). The frozen grid was mounted onto a liquid-nitrogen cryo-specimen holder and loaded into a CRYO ARM 300 equipped with a cold-field emission electron gun operating at 300 kV, a hole-free phase plate47 and an omega-type in-column energy filter with an energy slit width of 30 eV. The images were recorded on K3 direct detection camera (GATAN, USA) at a nominal magnification of 10,000–15,000× (corresponding to an imaging resolution of 3.3–4.9 Å per pixel, with the total dose under 1.5 electrons per Å2 using a low dose system). For observation of two leaflets of cellular layers, the images were recorded at a magnification of 60,000× (corresponding to an imaging resolution of 0.8 Å per pixel, with the total dose under 25 electrons per Å2 using a low dose system). Tilt series images were collected automatically in a range of ±60° at 2° increments using the SerialEM v3.8.0 beta (http://bio3d.colorado.edu/SerialEM)48. The total electron dose on the specimen per tilt series was kept under approximately 90 electrons per Å2 to minimize radiation damage. The tilt series were aligned using gold fiducials, and tomograms were reconstructed using the IMOD v4.9.1249. The 3D segmentation of eight times binned volumes including surface rendering and smoothing to generate the final tomographic model was performed with Amira v6.3.0 (ThermoFisher Scientific) according to the previously described method50. In brief, segmentation of each structure was traced manually using brush tools in Amira. The thickness of layers, distances between each layer and size of ribosomes were determined from 16 tomographic slice pictures of four different cells. The percentage of jagged structure in outline of outermost layer was measured from 15 cells of two-dimensional tomographic projection images.

For TEM observation, the cells were fixed with 2.5% glutaraldehyde in 0.1 M sodium cacodylate buffer (pH7.4) at 4 °C for 3 h and then postfixed with 1% osmium tetroxide at 4 °C for 90 min. The fixed cells were suspended in 1% aqueous uranyl acetate at room temperature for 1 h. The suspended cells were embedded in 1.5% agarose and dehydrated through a graded ethanol series. The dehydrated blocks were embedded in Epon812 resin. Ultrathin sections were cut with an ultramicrotome (Leica EM UC7), mounted on copper grids, and stained with uranyl acetate and lead citrate.

Physiological characterization
All physiological experiments were performed in triplicate. The effects of temperature, pH, and concentrations of NaCl on cell growth, utilization of carbohydrates and sensitivity to antibiotics were determined by hydrogen production in gas phase of cultures. Hydrogen and methane in gas phase of cultures were measured with a gas chromatography equipped with a thermal conductivity detector (GC-8A; Shimadzu, Japan). Glucose, acetate, and ethanol in liquid phase of cultures were measured with a high-performance liquid chromatography (HPLC) (LC20; Shimadzu) with Shim-pack SPR-H column (Shimadzu) or HPLC (LC-2000Plus, Jasco) with Aminex HPX-87H column (BIO-RAD). Methyl esters of cellular fatty acids were identified and quantified via a gas chromatography-mass spectrometry (M7200A GC/3DQMS system; Hitachi).

Quantitative PCR
SYBR green-based real-time PCR was run on a CFX Connect real-time PCR detection system (Bio-Rad Laboratories Inc., USA) using the PowerUp SYBR green master mix (Applied Biosystems, USA) to quantify the population of RT761 cells. The forward and reverse primers, rt1F (5′-GCTAATACCCCATATGCTCCCTG-3′) and rt1R (5′-ACCTCGCCAACCAGCTGATGGGG-3′), were designed from the 16S rRNA gene sequences of strain RT761. The length of amplified products was 62 bp. Total DNA was extracted from pure- or co-cultures using an ISOSPIN Fecal DNA (NIPPON GENE). Standard curves for quantification were determined based on 10-fold serial dilutions of the target PCR products of strain RT761 at known concentrations. All reactions, including the non-template control, were performed in triplicate. The presence of a single PCR product without any nonspecific amplicons was confirmed via agarose gel and melting curve analyses. The PCR product was sequenced by Sanger sequencing to confirm the amplification of 16S rRNA gene from strain RT761. All qPCR runs showed no PCR amplifications from non-template control and culture samples without adding RT761 cells, and had efficiency levels of approximately 95%, with an R2 of >0.99. Cell growth rate was estimated using 16S rRNA gene copy number as a proxy for cell population.

Statistics and reproducibility
For phase-contrast microscopic observation, a representative section of one field of view (Fig. 1a) was selected from ten fields of view using cells from three independent cultures. For fluorescence microscopic observation, a representative section of one field of view (Fig. 2) was selected from eight fields of view from two independent experiments. For FISH observation, a representative section of one field of view (Supplementary Fig. 6a) was selected from four fields of view from two independent experiments. For SEM observation, a representative section of one field of view (Fig. 1b) was selected from 17 fields of view using cells from three independent cultures. For TEM observation, a representative section of one field of view (Fig. 1f) was selected from 29 fields of view using cells from three independent cultures. For cryo-electron microscopy (at high electron dose), a representative section of one field of view (Supplementary Fig. 3) was selected from four fields of view from two independent cultures. For cryo-electron microscopy (at low electron dose), a representative section of one field of view (Supplementary Fig. 7) was selected from 30 fields of view using cells from two independent cultures. For CET, four different cells from two independent cultures were selected for tomographic analysis, and a representative section of one slice image with different binned volumes (Fig. 1c, d and Supplementary Figs. 4, 5, 7) from original 4092 tilt series in each dataset. Among these four cells, one cell was selected for segmentation and 3D reconstruction (Fig. 1e).

Reporting summary
Further information on research design is available in the Nature Research Reporting Summary linked to this article.

Data availability
The draft genome sequences and annotation data of strain RT761 are available in NBCI BioProject under accession number PRJNA528842. The type strain of Atribacter laminatus, RT761T (=NBRC 112890T=DSM 105538T), has been deposited in two culture collections: NBRC (Japan) and DSMZ (Germany). All micrographic data are available at BioStudies under accession code S-BSST519. The reference genome sequences used in this study are available on the Joint Genome Institute Integrated Microbial Genomes and Microbiomes database (https://img.jgi.doe.gov/). All other data supporting the findings of this study are available within the article and its Supplementary Information. Source data are provided with this paper.

References
1.
Hug, L. A. et al. A new view of the tree of life. Nat. Microbiol. 1, 16048 (2016).

CAS

Google Scholar

2.
Brown, C. T. et al. Unusual biology across a group comprising more than 15% of domain Bacteria. Nature 523, 208–211 (2015).

ADS

CAS

PubMed

Google Scholar

3.
He, X. et al. Cultivation of a human-associated TM7 phylotype reveals a reduced genome and epibiotic parasitic lifestyle. Proc. Natl Acad. Sci. USA 112, 244–249 (2015).

ADS

CAS

PubMed

Google Scholar

4.
Dodsworth, J. A. et al. Single-cell and metagenomic analyses indicate a fermentative and saccharolytic lifestyle for members of the OP9 lineage. Nat. Commun. 4, 1854 (2013).

ADS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

5.
Nobu, M. K. et al. Phylogeny and physiology of candidate phylum ‘Atribacteria’ (OP9/JS1) inferred from cultivation-independent genomics. ISME J. 10, 273–286 (2016).

CAS

Google Scholar

6.
Tamaki, H. Cultivation renaissance in the post-metagenomics era: combining the new and old. Microbes Environ. 34, 117–120 (2019).

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

7.
Parks, D. H. et al. A standardized bacterial taxonomy based on genome phylogeny substantially revises the tree of life. Nat. Biotechnol. 36, 996–1004 (2018).

CAS

PubMed

Google Scholar

8.
Hugenholtz, P., Pitulle, C., Hershberger, K. L. & Pace, N. R. Novel division level bacterial diversity in a Yellowstone hot spring. J. Bacteriol. 180, 366–376 (1998).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

9.
Vida, T. A. & Emr, S. D. A new vital stain for visualizing vacuolar membrane dynamics and endocytosis in yeast. J. Cell Biol. 128, 779–792 (1995).

CAS

PubMed

Google Scholar

10.
Fishov, I. & Woldringh, C. L. Visualization of membrane domains in Escherichia coli. Mol. Microbiol. 32, 1166–1172 (1999).

CAS

PubMed

Google Scholar

11.
Boedeker, C. et al. Determining the bacterial cell biology of planctomycetes. Nat. Commun. 8, 14853 (2017).

ADS

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

12.
Huber, R. et al. Thermotoga maritima sp. nov. represents a new genus of unique extremely thermophilic eubacteria growing up to 90 °C. Arch. Microbiol. 144, 324–333 (1986).

CAS

Google Scholar

13.
Margolin, W. FtsZ and the division of prokaryotic cells and organelles. Nat. Rev. Mol. Cell Biol. 6, 862–871 (2005).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

14.
Anderson, M. S. et al. UDP-N-acetylglucosamine acyltransferase of Escherichia coli. The first step of endotoxin biosynthesis is thermodynamically unfavorable. J. Biol. Chem. 268, 19858–19865 (1993).

CAS

PubMed

Google Scholar

15.
Peters, J. W. et al. [FeFe]- and [NiFe]-hydrogenase diversity, mechanism, and maturation. Biochim. Biophys. Acta 1853, 1350–1369 (2015).

CAS

PubMed

Google Scholar

16.
Fan, C. et al. Short N-terminal sequences package proteins into bacterial microcompartments. Proc. Natl Acad. Sci. USA 107, 7509–7514 (2010).

ADS

CAS

PubMed

Google Scholar

17.
Lehman, B. P., Chowdhury, C. & Bobik, T. A. The N terminus of the PduB protein binds the protein shell of the Pdu microcompartment to its enzymatic core. J. Bacteriol. 199, e00785–16 (2017).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

18.
Pichoff, S. & Lutkenhaus, J. Tethering the Z ring to the membrane through a conserved membrane targeting sequence in FtsA. Mol. Microbiol. 55, 1722–1734 (2005).

CAS

PubMed

Google Scholar

19.
Petersen, T. N., Brunak, S., von Heijne, G. & Nielsen, H. SignalP 4.0: discriminating signal peptides from transmembrane regions. Nat. Methods 8, 785–786 (2011).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

20.
Armenteros, J. J. A. et al. SignalP 5.0 improves signal peptide predictions using deep neural networks. Nat. Biotechnol. 37, 420–423 (2019).

Google Scholar

21.
Saiki, T., Kobayashi, Y., Kawagoe, K. & Beppu, T. Dictyoglomus thermophilum gen. nov., sp. nov., a chemoorganotrophic, anaerobic, thermophilic bacterium. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 35, 253–259 (1985).

Google Scholar

22.
Mori, K., Yamaguchi, K., Sakiyama, Y., Urabe, T. & Suzuki, K. Caldisericum exile gen. nov., sp. nov., an anaerobic, thermophilic, filamentous bacterium of a novel bacterial phylum, Caldiserica phyl. nov., originally called the candidate phylum OP5, and description of Caldisericaceae fam. nov., Caldisericales ord. nov. and Caldisericia classis nov. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 59, 2894–2898 (2009).

CAS

PubMed

Google Scholar

23.
Sekiguchi, Y. et al. Anaerolinea thermophila gen. nov., sp. nov. and Caldilinea aerophila gen. nov., sp. nov., novel filamentous thermophiles that represent a previously uncultured lineage of the domain Bacteria at the subphylum level. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 53, 1843–1851 (2003).

CAS

PubMed

Google Scholar

24.
Müller, N., Griffin, B. M., Stingl, U. & Schink, B. Dominant sugar utilizers in sediment of Lake Constance depend on syntrophic cooperation with methanogenic partner organisms. Environ. Microbiol. 10, 1501–1511 (2008).

PubMed

Google Scholar

25.
Krumholz, L. R. & Bryant, M. P. Syntrophococcus sucromutans sp. nov. gen. nov. uses carbohydrates as electron donors and formate, methoxymonobenzenoids or Methanobrevibacter as electron acceptor systems. Arch. Microbiol. 143, 313–318 (1986).

CAS

Google Scholar

26.
Müller, N., Scherag, F. D., Pester, M. & Schink, B. Bacillus stamsii sp. nov., a facultatively anaerobic sugar degrader that is numerically dominant in freshwater lake sediment. Syst. Appl. Microbiol. 38, 379–389 (2015).

PubMed

Google Scholar

27.
Yamada, T. et al. Anaerolinea thermolimosa sp. nov., Levilinea saccharolytica gen. nov., sp. nov. and Leptolinea tardivitalis gen. nov., sp. nov., novel filamentous anaerobes, and description of the new classes Anaerolineae classis nov. and Caldilineae classis nov. in the bacterial phylum Chloroflexi. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 56, 1331–1340 (2006).

CAS

PubMed

Google Scholar

28.
Yamada, T. et al. Bellilinea caldifistulae gen. nov., sp. nov. and Longilinea arvoryzae gen. nov., sp. nov., strictly anaerobic, filamentous bacteria of the phylum Chloroflexi isolated from methanogenic propionate-degrading consortia. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 57, 2299–2306 (2007).

CAS

PubMed

Google Scholar

29.
Sun, L. et al. Isolation and characterization of Flexilinea flocculi gen. nov., sp. nov., a filamentous, anaerobic bacterium belonging to the class Anaerolineae in the phylum Chloroflexi. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 66, 988–996 (2016).

CAS

PubMed

Google Scholar

30.
Gies, E. A., Konwar, K. M., Beatty, J. T. & Hallam, S. J. Illuminating microbial dark matter in meromictic Sakinaw Lake. Appl. Environ. Microbiol. 80, 6807–6818 (2014).

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

31.
Carr, S. A., Orcutt, B. N., Mandernack, K. W. & Spear, J. R. Abundant Atribacteria in deep marine sediment from the Adelie Basin, Antarctica. Front. Microbiol. 6, 872 (2015).

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

32.
Ito, M. & Katsura, Y. Inferred glacio-eustatic control for high-frequency depositional sequences of the Plio-Pleistocene Kazusa Group, a forearc basin fill in Boso Peninsula, Japan. Sediment. Geol. 80, 67–75 (1992).

ADS

Google Scholar

33.
Kunisue, S., Mita, I. & Waki, F. Relationship between subsurface geology and productivity of natural gas and iodine in the Mobara gas field, Boso Peninsula, central Japan. J. Jpn Assoc. Pet. Technol. 67, 83–96 (2002).

CAS

Google Scholar

34.
Katayama, T. et al. Physicochemical impacts associated with natural gas development on methanogenesis in deep sand aquifers. ISME J. 9, 436–446 (2015).

CAS

PubMed

Google Scholar

35.
Katayama, T. & Kamagata, Y. in Hydrocarbon and Lipid Mcirobiology Protocols, Isolation and Cultivation (eds McGenity, T. J. et al.) 1–19 (Springer, Berlin, 2016).

36.
Seemann, T. Prokka: rapid prokaryotic genome annotation. Bioinformatics 30, 2068–2069 (2014).

CAS

PubMed

Google Scholar

37.
Marchler-Bauer, A. & Bryant, S. H. CD-search: protein domain annotations on the fly. Nucleic Acids Res. 32, 327–331 (2004).

Google Scholar

38.
O’Leary, N. A. et al. Reference sequence (RefSeq) database at NCBI: current status, taxonomic expansion, and functional annotation. Nucleic Acids Res. 44, D733–D745 (2016).

Google Scholar

39.
Camacho, C. et al. BLAST+: architecture and applications. BMC Bioinform. 10, 421 (2009).

Google Scholar

40.
Drozdetskiy, A., Cole, C., Procter, J. & Barton, G. J. JPred4: a protein secondary structure prediction server. Nucleic Acids Res. 43, W389–W394 (2015).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

41.
Krogh, A., Larsson, B., von Heijne, G. & Sonnhammer, E. L. Predicting transmembrane protein topology with a hidden Markov model: application to complete genomes. J. Mol. Biol. 305, 567–580 (2001).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

42.
Chen, I. A. et al. IMG/M v.5.0: an integrated data management and comparative analysis system for microbial genomes and microbiomes. Nucleic Acids Res. 47, D666–D677 (2019).

CAS

PubMed

Google Scholar

43.
Pruesse, E. et al. SILVA: a comprehensive online resource for quality checked and aligned ribosomal RNA sequence data compatible with ARB. Nucleic Acids Res. 35, 7188–7196 (2007).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

44.
Kozlov, A. M., Darriba, D., Flouri, T., Morel, B. & Stamatakis, A. RAxML-NG: a fast, scalable and user-friendly tool for maximum likelihood phylogenetic inference. Bioinformatics 35, 4453–4455 (2019).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

45.
Segata, N., Bornigen, D., Morgan, X. C. & Huttenhower, C. PhyloPhlAn is a new method for improved phylogenetic and taxonomic placement of microbes. Nat. Commun. 4, 2304 (2013).

ADS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

46.
Bolger, A. M., Lohse, M. & Usadel, B. Trimmomatic: a flexible trimmer for Illumina sequence data. Bioinformatics 30, 2114–2120 (2014).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

47.
Malac, M., Beleggia, M., Kawasaki, M., Li, P. & Egerton, R. F. Convenient contrast enhancement by a hole-free phase plate. Ultramicroscopy 118, 77–89 (2012).

CAS

PubMed

Google Scholar

48.
Mastronarde, D. N. Automated electron microscope tomography using robust prediction of specimen movements. J. Struct. Biol. 152, 36–51 (2005).

PubMed

Google Scholar

49.
Kremer, J. R., Mastronarde, D. N. & McIntosh, J. R. Computer visualization of three-dimensional image data using IMOD. J. Struct. Biol. 116, 71–76 (1996).

CAS

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

50.
Chen, C., Uematsu, K., Linse, K. & Sigwart, J. D. By more ways than one: rapid convergence at hydrothermal vents shown by 3D anatomical reconstruction of Gigantopelta (Mollusca: Neomphalina). BMC Evol. Biol. 17, 62 (2017).

PubMed

PubMed Central

Google Scholar

Download references

Acknowledgements
We acknowledge the Kanto Natural Gas Development Co., Ltd. for collecting environmental samples at their facilities. We thank Dr. Aharon Oren and Dr. Aiden C. Parte for their help with the nomenclature of the species. We also thank Hiroyuki Imachi for support of cryo-electron tomography; Naoki Morita for quantification of fermentation products; Chiwaka Miyako for assistance in molecular analyses; Fumie Nozawa for assistance in cultivation experiments. This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Numbers JP17K15183, JP18H05295, and JP18H02426 and partly supported by JST ERATO grant number JPMJER1502, Japan.

Author information
Author notes
These authors contributed equally: Taiki Katayama, Masaru K. Nobu.

Affiliations
Geomicrobiology Research Group, Research Institute for Geo-Resources and Environment, Geological Survey of Japan, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Central 7, 1-1-1 Higashi, Tsukuba, Ibaraki, 305-8567, Japan

Taiki Katayama & Hideyoshi Yoshioka

Bioproduction Research Institute, Central 6-10, 1-1-1 Higashi, AIST, Tsukuba, Ibaraki, 305-8566, Japan

Masaru K. Nobu, Hiroyuki Kusada, Xian-Ying Meng, Yoichi Kamagata & Hideyuki Tamaki

EM Application Department, EM Business Unit, JEOL, Ltd., 3-1-2 Musashino, Akishima, Tokyo, 196-8558, Japan

Naoki Hosogi

Department of Marine and Earth Sciences, Marine Work Japan Ltd., 3-54-1 Oppamahigashi, Yokosuka, Kanagawa, 237-0063, Japan

Katsuyuki Uematsu

Contributions
T.K., M.K.N., Y.K., and H.T. designed the study and wrote the manuscript. T.K. and H.Y. performed enrichment cultures, and T.K. isolated the bacterium. M.K.N. performed bioinformatic analyses. T.K. and H.K. performed phase-contrast, fluorescence and confocal-laser microscopy. X.Y.M. performed scanning and transmission electron microscopy. N.H. performed cryo-electron tomography. K.U. performed segmentation and 3D reconstruction of tomograms. All authors reviewed the results and approved the manuscript.

Corresponding authors
Correspondence to Yoichi Kamagata or Hideyuki Tamaki.

Ethics declarations
Competing interests
The authors declare no competing interests.

Additional information
Peer review information Nature Communications thanks the anonymous reviewers for their contribution to the peer review of this work.

Publisher’s note Springer Nature remains neutral with regard to jurisdictional claims in published maps and institutional affiliations.

Supplementary information
Supplementary Information
Peer Review File
Description of Additional Supplementary Files
Supplementary Data 1
Supplementary Data 2
Supplementary Data 3
Supplementary Movie 1
Supplementary Movie 2
Supplementary Movie 3
Supplementary Movie 4
Reporting Summary
Source data
Source Data
Rights and permissions
Open Access This article is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License, which permits use, sharing, adaptation, distribution and reproduction in any medium or format, as long as you give appropriate credit to the original author(s) and the source, provide a link to the Creative Commons license, and indicate if changes were made. The images or other third party material in this article are included in the article’s Creative Commons license, unless indicated otherwise in a credit line to the material. If material is not included in the article’s Creative Commons license and your intended use is not permitted by statutory regulation or exceeds the permitted use, you will need to obtain permission directly from the copyright holder. To view a copy of this license, visit http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/.

Reprints and Permissions

About this article
Verify currency and authenticity via CrossMark
Cite this article
Katayama, T., Nobu, M.K., Kusada, H. et al. Isolation of a member of the candidate phylum ‘Atribacteria’ reveals a unique cell membrane structure. Nat Commun 11, 6381 (2020). https://doi.org/10.1038/s41467-020-20149-5

Download citation

Received
27 August 2020

Accepted
04 November 2020

Published
14 December 2020

DOI
https://doi.org/10.1038/s41467-020-20149-5

Share this article
Anyone you share the following link with will be able to read this content:

Get shareable link
Provided by the Springer Nature SharedIt content-sharing initiative

Subjects
Bacterial physiology
Cell biology
Cellular microbiology
Further reading
Cultivation of elusive microbes unearthed exciting biology
Muriel C. F. van Teeseling & Christian Jogler
Nature Communications (2021)

Nutrient Exposure Alters Microbial Composition, Structure, and Mercury Methylating Activity in Periphyton in a Contaminated Watershed
Alyssa A. Carrell, Grace E. Schwartz[…] & Scott C. Brooks
Frontiers in Microbiology (2021)

Microbial Communities Under Distinct Thermal and Geochemical Regimes in Axial and Off-Axis Sediments of Guaymas Basin
Andreas Teske, Gunter Wegener[…] & S. Emil Ruff
Frontiers in Microbiology (2021)

Comments
By submitting a comment you agree to abide by our Terms and Community Guidelines. If you find something abusive or that does not comply with our terms or guidelines please flag it as inappropriate.



http://www.asyura2.com/16/eg3/msg/168.html#c1

[経世済民135] 安倍前首相、「異次元」の半導体産業支援が必要−自民が議連設立       怪傑
4. 2021年5月23日 02:20:05 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[673]

危機感を持つこと自体は悪いことではないが

斜陽産業への非効率なバラマキにならないように、どう工夫するかは難しい問題だな

まず競争力のある企業を中心とした重点的な税制優遇が必要だが

それに加え、中国やロシアに限らず、欧米も含め、重要な情報がダダ洩れの現状を変えるため、厳しい罰則や、報復的な措置が可能にする必要があるのも間違いはないし

それ以前に、国民自身が甘い現状認識を改める必要があるが

コロナ騒動ですら、このレベルだから、あまり期待はできないだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/359.html#c4

[経世済民135] 目標“10兆円” 政府が音頭「官製大学ファンド」の落とし穴 プロはこう見る 経済ニュースの核心(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
3. 2021年5月24日 10:44:07 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[674]

>欧米の大学に比べ研究力や専門人材が低下している日本の大学を資金面からバックアップするのが狙い
>日本の大学もそれぞれ単独で資産運用しているが、これら欧米の大学に比べ、その規模は大きく見劣りする。このため国が音頭をとって官製大学ファンドを創設して、その差を埋めよう

今から失敗するのが見えるようだな

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/362.html#c3

[経世済民135] NTT・NEC・富士通、世界で重要性高まる…次世代通信「6G」でリード役、米国が期待(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年5月25日 06:30:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[675]

>NTT、NEC、富士通などに求められることは、これまでに蓄積してきた知的財産をより積極的に活用して新しい通信技術を生み出し、米中双方から必要とされる競争ポジションを確立する

高い理想を大きくもつこと自体は悪くはないが

重要産業を強力に国家がバックアップする、中国・韓国などの新興国との厳しい競争で、日本が勝ち残れる確率は、そう高くはないし

援助資金をただ食いした上で、平気でセキュリティの甘い日本の技術を盗み

全く感謝を示さないで、さらに要求してくる国は国際社会では多い
(米国も、もちろん例外ではない)


憲法前文の理想と程遠い現実状況で、欧米も衰退していく状況では

世界の中では珍しいほど平和、安全、平等で、しかも豊かだった日本を

今後も維持していくのは、ほぼ絶望的だと覚悟しておくのが妥当だろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/363.html#c4

[経世済民135] 石油の時代は終焉するのか?米国シェールオイル生産が停滞、原油価格が不安定化の懸念(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年5月25日 21:42:00 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[676]

もちろん、必ず終わる

問題は、いつ、どのように終わるかだ


最善?の形であれば、核融合と超省エネ技術の開発で人類文明が宇宙に展開していき

地球生態系は守られるが

最悪?のケースでは、人類と現存生態系の壊滅という形になる


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/364.html#c2

[経世済民135] FIREの問題点 経済的に自立した早期退職、“偏向投資”に… 富を拡大するインテリジェンス2.0(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
2. 2021年5月25日 21:58:21 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[677]

>人には使命があり、それはほとんどの場合仕事
>一番大切なことは使命を全うすること 

ワタミ的な、怪しい新興宗教だな

一般に、使命とは、
「与えられた重大な務め。責任をもって果たさなければならない任務」
ということだが

別に人間に、生まれつき、<誰か>に与えられた使命などない

単に生きて死ぬだけだ


もちろん、仕事や金儲けが好きなら、死ぬまで勝手にやればよいし


生来のセロトニン不足や、情緒障害、不安障害などで、

親やワタミ、オウム、共産主義などに洗脳されて

<使命>に生きる人がでてくるのも別によくある現象ではある


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/365.html#c2

[政治・選挙・NHK281] (速報)厚労省職員がぶっちゃけた(上海ゲイ日記)(コロナ脳人には理解出来ない厚生省が突きつける真実) こーるてん
58. 2021年5月25日 22:10:51 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[678]

くだらん

しかし、こういうゴミ記事ほどアクセス数が多いものだな

http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/105.html#c58

[国際30] 旅客機緊急着陸させ 反体制派拘束 ベラルーシに欧米各国非難(FNN) 赤かぶ
14. 2021年5月25日 22:17:01 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[679]

自供したらしいな

まあ、ロシアや中国、北朝鮮など、この手の国では、よくあることだ

そして自供しないと事故や病気になって死んだりすることも多い


https://www.afpbb.com/articles/-/3348283
拘束のベラルーシ反政権派が「自供」動画 国営テレビ公開

2021年5月25日 7:00 発信地:ミンスク/ベラルーシ [ ベラルーシ ロシア・CIS ]

拘束のベラルーシ反政権派が「自供」動画 国営テレビ公開‹ ›
❮ 1/6 ❯

ベラルーシ反政権派のジャーナリスト、ロマン・プロタセビッチ氏(2012年3月25日撮影)。(c)STR / AFP

ポーランドの首都ワルシャワで、ベラルーシ当局によるロマン・プロタセビッチ氏拘束に抗議するポーランド在住のベラルーシ人たち(2021年5月24日撮影)。(c)Wojtek RADWANSKI / AFP

ベラルーシに緊急着陸した後、本来の目的地であるリトアニア首都ビリニュスの空港に着陸したライアンエアの旅客機(2021年5月23日撮影)。(c)PETRAS MALUKAS / AFP

【5月25日 AFP】搭乗していた旅客機がベラルーシに緊急着陸し、同国当局に身柄を拘束された反政権派ジャーナリスト、ロマン・プロタセビッチ(Roman Protasevich)氏(26)は24日、同国国営テレビが公開した動画で、自身は捜査に協力し、抗議デモを組織した罪を「自供している」と発言した。

 プロタセビッチ氏が乗ったアイルランドの航空会社ライアンエア(Ryanair)の旅客機は23日、ギリシャの首都アテネからリトアニアの首都ビリニュスへ向けてベラルーシ領空を飛行していた際、爆破予告があったとの理由から同国に緊急着陸。プロタセビッチ氏は身柄を拘束された。国際社会からは、ベラルーシが旅客機を強制的に緊急着陸させたとの批判が相次いだ。

 プロタセビッチ氏は動画で、自身がベラルーシ首都ミンスクの拘置施設にいることを明らかにし、「私に対する職員らの態度は可能な限り適正なもので、法を順守している。私は捜査官に協力し続け、ミンスクで大規模な騒乱を組織したことを自供している」と述べた。

 プロタセビッチ氏は、ステパン・プティーロ(Stepan Putilo)氏とメッセージアプリ「テレグラム(Telegram)」上のチャンネル「ネクスタ(Nexta)」を立ち上げ、最近まで運営に携わっていた。同チャンネルは、不正疑惑が持ち上がった昨年8月の大統領選以降、数か月にわたりベラルーシを揺るがした抗議デモへの人々の動員を支援した。

 アレクサンドル・ルカシェンコ(Alexander Lukashenko)大統領の対立候補として大統領選に出馬し、現在は国外に亡命している野党指導者のスベトラーナ・チハノフスカヤ(Svetlana Tikhanovskaya)氏も以前、国営メディアが公開した動画内で支持者に対し、抗議運動をやめるよう呼び掛けていた。支持者らはこの動画について、同氏が当局の圧力により撮影を強制されたと主張している。

 いずれも欧州に逃れていたプロタセビッチ氏とプティーロ氏は昨年、ベラルーシ当局により「テロ活動に関与する個人」リストに追加された。2人は大規模な騒乱を組織した罪に問われ、15年以下の禁錮刑が科される可能性がある。(c)AFP
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/600.html#c14

[国際30] 旅客機緊急着陸させ 反体制派拘束 ベラルーシに欧米各国非難(FNN) 赤かぶ
15. 2021年5月25日 22:22:35 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[680]

>>08

ベラルーシに限らず、日本政府は、この手の国には、以前から抗議している

ま、北朝鮮や中ロなど同様、抗議したところで無意味だから、実害が日本に及ばない程度にではあるが


ベラルーシ情勢について(外務報道官談話)|外務省https://www.mofa.go.jp › press › danwa › page4_005195
1 我が国は、ベラルーシにおいて、平和的な抗議集会参加者が引き続き多数拘束され、マリヤ・コレスニコヴァ氏など政権との対話を求める政治 ... 日本政府​として、改めてベラルーシ当局に対し、事態に真摯に向き合うよう強く求めます。

ベラルーシ基礎データ|外務省https://www.mofa.go.jp › mofaj › area › belarus › data
ベラルーシ人(83.7%),ロシア人(8.3%),ポーランド人(3.1%),​ウクライナ人(1.7%) ... 事故へのその後の対応を推進するための協力に関する日本国政府とベラルーシ共和国政府との間の協定」を締結。2013年7月にミンスク,2015 ...

在ベラルーシ日本国大使館https://www.by.emb-japan.go.jp
10日を超えてベラルーシに滞在する場合は,当国査証の有無に関係なく滞在登録が必要です。 ... 2021/5/13: 2022年度日本政府(文部科学省)奨学金留学生募集(​研究留学生・学部留学生・専修学校留学生)(ロシア語ページへ); 2021/4/30 ...

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 | 在ベラルーシ ...https://www.by.emb-japan.go.jp › itpr_ja
2021/04/23 — 新型コロナウイルス(PCR等)の陰性証明書は、航空機搭乗時、各国入国時に必要となりますので、一時帰国等の際は必ず厚生労働省指定のフォーマットで取得してください。 当館が現時点で把握している、日本政府の定めた ...

ベラルーシは暴力停止を 日本政府:時事ドットコムhttps://www.jiji.com › 政治
2020/08/19 — 外務省は19日、ベラルーシで大統領選結果をめぐり混乱が続いていることを受けて、「暴力および恣意(しい)的な拘束、被拘束者に対して行われているとされる不適切な扱いを直ちに ... ベラルーシは暴力停止を 日本政府.

ベラルーシの反体制派が日本に対して怒るわけ | ロシアから ...https://mainichi.jp › premier › politics › articles › pol
2020/12/08 — 選挙から3カ月がたったのを機に、抗議を主導する反体制派幹部の一人、パベル・​ラトゥシコ元文化相(47)にインタビューした時のことだ。日本政府の対応に話題が及ぶと、険しい口調でこう迫られた。「日本社会は独裁政権 ...

http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/600.html#c15

[経世済民135] 中国、最大の不良債権処理会社、デフォルトの懸念…国有企業の破綻容認へ転換か(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年5月29日 18:00:28 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[681]

中国そして欧米や、韓国など多くの国でそうだが、日本を遥かに超える資産と所得格差で、多くの無資産大衆の怒りが蓄積している

不動産などリスク資産の大幅な調整か、インフレが起こらないと、資産格差の縮小は起こらない

そして必需品インフレは既に発生しており、さらなるインフレは政治的不安定化を招く

となると以前の日本のようにリスク資産のバブル崩壊を受け入れた方が、大衆の不満は下がるかもしれないが

超金融緩和政策を続けない限り、長期的には、企業の体力を奪う可能性が高い

いずれにせよ、全体が満足する解などなく、歴史を見る限り、

大体、海外の仮想敵国への軍事的または経済的攻撃で不満を晴らすことになる

当然その恰好のターゲットは、やはり日本ということになるから

日本経済や安全保障は、さらに悪化するのは必然ではあるが

温暖化災害や体制の違いによる摩擦が世界中で広がっている状況では、

かっての日本たたき程度の貧困化や混乱では終わらない可能性も高いだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/371.html#c2

[経世済民135] 飲食店疲労「ゴールのないマラソン」 緊急事態6月20日まで再延長 貯金切り崩し家賃支払い(京都新聞) HIMAZIN
2. 2021年5月29日 22:47:57 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[682]

>生き残るためには(府の要請に反して)従来通り営業するしかないのではないか

別に廃業しても、介護など多くの仕事が余っているし

最悪、生活保護をもらえば生活できる

まあ、医療崩壊している状況で、営業し

クラスタが発生して死者が多発する覚悟があれば好きにすればよいし

客が来ないリスク、自粛警察テロのリスク、給付金が得られず、罰金となるリスクもあることを忘れてはならないな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/370.html#c2

[経世済民135] 飲食店疲労「ゴールのないマラソン」 緊急事態6月20日まで再延長 貯金切り崩し家賃支払い(京都新聞) HIMAZIN
3. 2021年5月29日 22:52:12 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[683]

つまり、一番怖いのは常に、何でも他人のせいにして自分で

努力しない愚かな国民ということだろうな


愚かな政治家もゴミメディアも、利己的で愚かな国民がいなければ

淘汰されることになる


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/370.html#c3

[経世済民135] 飲食店疲労「ゴールのないマラソン」 緊急事態6月20日まで再延長 貯金切り崩し家賃支払い(京都新聞) HIMAZIN
9. 2021年5月30日 01:28:46 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[684]

いくら現実逃避したところで何も解決しないが

ま、愚民に何を言っても無駄だから

今の社会があるということだな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/370.html#c9

[経世済民135] コロナショック、日本中で“20・30・40代”の「貧困」がヤバくなってきた!(現代ビジネス) 赤かぶ
8. 2021年6月07日 00:58:26 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[685]

相変わらず、低レベルの煽りだな

年金高齢者は経済的には安泰なのは、その通りだが

若年世代も全体としては貯蓄が増えて、貧しくなどなっていない


>人がたくさん動いて、それで世の中にカネが回りめぐるようにならないとコロナ不景気からの回復はままならない。そう考えると2021年の景気回復のカギは、オリンピックとGoTo

くだらん

問題はK字回復経済にあると思っているようだが、全然違う

日本経済の生産性が低迷していることが根本原因であり

それが日本だけ実質賃金が上がらない主因だし

その根本原因は、途上国や共産圏などと共通する

ポピュリズム政治と非効率なバラマキや社会保障だ

しかし、今の日本人に、それを解決する力などないし

いくら政治家を取り換えたところで無駄なことだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/389.html#c8

[経世済民135] トヨタ、ブラック体質に社員から悲鳴…土曜に職場の飲み会、“自宅残業”が常態化(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年6月07日 20:15:43 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[686]

この手のパワハラは、以前は、どこの企業や学校でもあって

退職したり、引きこもったりしていた

だから特別にトヨタがブラック体質というより、若い人たちのメンタルが弱くなったことや

社会の人権意識が高まったことに対して、きちんと対応ができていない管理職がまだ多く存在し

企業側に、チェック機構が十分働いていなかったということだろう

こういう事件が増えて社会からのバッシングが厳しくなれば、当然、

多少の生産性は犠牲にしても、大企業の管理職への監視は、厳しくなることになるだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/390.html#c3

[経世済民135] 若者がいよいよ「大企業」「公務員」を見限りはじめている…その「本当の理由」「転職前提」の若手が増えてきた(現代ビジネス) 赤かぶ
15. 2021年6月14日 12:46:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[687]

くだらんな

超優秀層は、賃金も労働環境も悪い国家公務員を避け

起業を目指して転職を繰り返すのは当然だが

別にトップ大企業でのキャリアアップを避けるわけではない


並みの優秀層や女性にとって地方公務員や大企業は相変わらず人気だ

そして生産性が低く、成長もしない中小零細が避けられる状況が変わるわけではない



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/404.html#c15

[経世済民135] ソニー、60年前から電気自動車の開発に着手していた…“ソニーカー”はポルシェになる(Business Journal) 赤かぶ
9. 2021年6月15日 14:18:53 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[688]

ソニーがグローバル企業として、何とか復活して生き残っていることは喜ばしいし

明確なビジョン=夢を持つことは重要だが

現実の世界では、欧米や中国などとの過酷なEV競争が待っているから

派手な製品や政治マターに関しては過剰な期待は禁物だろう


それよりも地味な部品でのシェアと圧倒的な技術を磨くことが

長期にわたって高収益を上げていく基本ではある


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/405.html#c9

[経世済民135] 生活困窮者自立支援金も住居確保給付金も“穴だらけ”…来年3月以降、破産者続出?(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年6月20日 03:00:54 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[689]

くだらん

また世界的なパンデミックで膨大な死者が出た中で、日本の死者も感染者も圧倒的に少なく

高齢者の超過死亡数は逆にマイナスになっていたくらいだ

またリーマンショックに比べて、迅速な金融緩和と財政支出が行われたので、経済への実質的なダメージも非常に小さいし

そもそも、愚民=政治家と低レベル公務員の怠慢がなく、マイナンバーやIT技術の活用が
エストニア程度に進んでいれば、失業給付と生活保護を迅速に行え、ここで指摘されている問題も、非効率なバラマキも起こらない

一方で、非効率で過剰な自粛要請により、経済の下押しが、対面サービス事業を中心に起こったが、

その補償のために、数十兆円にも及ぶ莫大な税金が投入されており、

さらに全く不要なバラマキ給付金が年金高齢者や高額所得者にまで行われた。

本来、倒産してもらって、失業者への補償だけしていれば、必要な産業への労働移転も進み、国民の財政赤負担(長期的には生活水準の低下)も必要なかったし

さらに言えば、日本の愚かな国民とメディアによるワクチン恐怖症がなく、

迅速なワクチン承認と大規模接種を前倒しで行っていれば、経済的なダメージも小さくて済んだだろうが

ゼロリスクの絶対安全安心を要求する愚かな日本の大衆やメディアに期待したところでムダというものだ

結果として、そのツケが非効率な対面サービス事業者の負債拡大(これはいずれ地銀への税金投入となる)と、ゾンビ企業の延命のために投入された莫大な財政赤字となって残り

当然、その負担を行う現役世代に押し付けれらることになる

もちろん、これもまた愚民国家の必然であり、日本だけの問題ではないし

まだ日本は世界の中では遥かにマシな方でもある


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/410.html#c3

[経世済民135] 父の日<今年もきっと忘れられてると> 大丸の広告に広がる共感 学生が考案「感謝伝えられれば」(京都新聞)(工夫すれば経済効… こーるてん
2. 2021年6月20日 03:12:42 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[690]

日本は明らかに男性蔑視社会になった

その要因として、

経済戦争の敗戦と、長い正規労働時間により、中高年男性の会社や公的機関での負担が大きくなり、一方で家庭内労働時間や家族への関与時間が少ないために、家庭内の地位役割が低下していることが大きいだろう

また共働きが増えていて、母親の労働負担の方が明らかに大きくなっていること

それがメディアでも常に報道され続けていることも大きそうだ

もっと効率的に働いて生産性を上げること、ムダなサービスを企業や行政に期待しないことを国民全体で理解し、メディアももっと報道しない限り

貧困化や男性の地位低下は止まらず、それが見かけ上の女性の地位の低迷を長期化させることになるだろう

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000074220.html
2021年「父の日」軽視、鮮明に。母の日と父の日でのギフト需要調査により、母の日の優位が顕著に。2021年・父の日ギフトを贈る人の割合、前年に比べ15.9ポイントの大幅減少。父の日.jp調べ
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/409.html#c2

[経世済民135] 父の日<今年もきっと忘れられてると> 大丸の広告に広がる共感 学生が考案「感謝伝えられれば」(京都新聞)(工夫すれば経済効… こーるてん
3. 2021年6月20日 03:28:17 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[691]

あと父親への感謝の念は、海外でも低いし

そもそも圧倒的に父親によるDVが多く、母子世帯も多い


社会の流動性の高い競争社会では、母親に比べ、男親は、子育てへの関与(子供への人間的な関心)が薄い傾向が高いことが、基本的な要因として大きいと言えるかもしれないな



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/409.html#c3

[経世済民135] <緊急寄稿>東芝スキャンダルと経産省の暗躍(古賀茂明)(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
9. 2021年6月23日 01:48:11 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[692]

>東芝が手に入れた「安全保障」という武器

と言うより、日本の大企業は、政治(つまり民意)に振り回されているというのが現実だろう

その典型が食料・軍事・医療・サイバーなど安全保マターということだ


まあ、中国やロシア、北朝鮮に限らず、温暖化やプラスチック汚染など、内外からの多様な脅威自体は、今後も高まっていくから

ゼロリスク症候群の国民が、不安になるのも必然ではあるが

欧米依存が高まることも、かなりリスクであることは理解しておいた方が良い


いずれにせよ絶対安心など、ありえないし

人は必ず死ぬのだから、過剰な心配は、過剰なリスクテイク同様、有害ということだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/413.html#c9

[経世済民135] <緊急寄稿>東芝スキャンダルと経産省の暗躍(古賀茂明)(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
10. 2021年6月23日 02:03:55 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[693]

>>08 汚い爆弾を 北京にめがけて投下

使用済み燃料を安全保障に使うというのは検討すべきアイデアだな

韓国に加え、中国の上位層(そして太子組)も、日本の大衆層を遥かに超えて豊かになり、そろそろ環境や安全に敏感になりつつあるから

日本で原発を積極的に、日本海沿いに再稼働&リニューアルし

膨大なプルトニウムを再処理して重点エリアで展開しておけば

中ロなどからの大規模侵略リスクの削減に加え

今後、朝鮮半島が統一して日本以上の軍事大国が出現しても安全になる
(すでに韓国の軍事費は日本を超えている)


また国民は、不正塗れな再エネ賦課金(消費税や燃料税に上乗せして10%超、今後も増え続ける)を払わずに済み、

海外への国家予算規模の巨額の温暖化ペナルテイーも払わずに済み

しかも大企業のエネルギーコストも減るから、国民の生活水準も向上し

一挙3得になるだろう


また仮に原発が巨大災害でメルトダウンして、広大なエリアのゼロリスク症候群の人々が消えるとすると、周辺の生態系が大幅に回復するから、さらに良いだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/413.html#c10

[経世済民135] 「綱川社長には、まったく期待できない」 東芝、再び経営混乱が極まる…外資ファンドに翻弄(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年6月27日 02:32:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[694]

なかなか面白い総会だったな

個人的には、僅差で信任されるかと思っていたが

外資以外の国内株主たちも、恣意的な官僚主導には納得できなかったということだろう

自由主義経済に介入するのであれば、政府(国民)も、株主に対して、安全保障や国益のために必要な規制と、その背後にある明確な原則をきちんと説明する必要があるということで

密室で決まる政治を批判しているメディアや国民であれば、当然、理解すべきだろう

まあ、現実には無理だろうが



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/418.html#c7

[経世済民135] 「エンジン技術屋集団」ホンダがエンジン車全廃宣言…設備も人もすべて切り替え、必ずやりきる(Business Journal) 赤かぶ
22. 2021年6月27日 02:55:23 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[695]

EVは今後、低価格化が重要な課題になるのは中国や欧州を見れば明らかだが

過去のレガシーに依存している日本勢にとっては、大きなマイナスに働く

つまり、日本のわずかに残った製造業の大きな柱が崩れ、世界的な資源獲得競争でも負け戦になる

おまけに国内の再エネはコストが高すぎて、原発の再稼働も進まず、さらに日本の産業を衰退させていくことになる

超少子高齢化の中で、高い法人税、バラマキや規制で、中小零細ばかり優遇して、新興国などに比べて生産性を下げ続けている上に

生産性の上昇や社会保障の効率化につながらないバラマキによる巨額の財政赤字の増加は止まらず。企業の海外での利益も国内に還流せず、円安傾向も定着していく

国内に超富裕層などほとんどおらず、米国の中流以下の高齢者階層が日本の富裕層という事態だから、累進課税による再分配も、ほとんど期待できない

このままではさらに実質可処分所得の低下と、貧困化が進み、先進国から落ちぶれていくのは、ほぼ100%間違いないが

まあ自業自得ということだから、どうにもならない


その一方で、愚民たちは何でも政治家や官僚のせいにするから、今後、政治的混乱も拡大しそうだ


それでも、格差が小さく、治安の安全が維持されている間は、世界の中ではマシな方という状況は維持できるだろうが

温暖化災害が続く中で巨大地震が襲ってきたら、どうなるかは火を見るよりも明らかだろう

その時に、多少は日本国民も変わるだろうが、いずれにせよ国民の幸福度自体は低下し続けるだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/417.html#c22

[経世済民135] マクドナルド、意外な死角は「ゴミ箱あふれ」問題と「宅配のポテトの味劣化」問題?(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年6月27日 12:29:04 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[696]

>廃棄物の軽量化の観点から、ストローと蓋を分けて回収するという取り組みはいかがだろうか

それよりストローを紙にするか、廃止した方が良いだろうし

一番良いのは、消費者が、マクドに限らず、買い物においてプラ容器や製品をする店に行かないことだな

そうすれば生き残るために対応した企業だけが生き残るから、自然に問題は解消する

まあ、現実の一般国民にはかなり難しいだろうが


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/419.html#c2

[経世済民135] 「地方店はたたみたい」…三越伊勢丹、ついに首都圏店舗も‘’お荷物化‘’(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年6月29日 01:11:25 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[697]

購入者から見放された時代遅れのビジネスは消える

それだけのことだ


まあ、個人的には、どうでも良いことだが

高級百貨店という対面ビジネスには、まだ需要も可能性もあるから

やり方次第だろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/420.html#c3

[経世済民135] 三菱電機の闇…35年間も検査不正、6度の不正発覚のたびに「全社再点検」、パワハラで社員自殺(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年7月06日 23:26:48 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[698]

別に三菱電機が特別というわけではない

電通同様、単にブランド企業だから不祥事が起こると

ニュースになりやすく、目立つだけのことだし

実際、今回も、実害自体は大したことはない

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000300.000002888.html

そして現実には労働者数あたりの悪質な不正やパワハラ、自殺などは、実際は中小の方が圧倒的に多いが

別に当たり前過ぎて、ニュースにすらならないし

そもそも経営者の収入もピンキリ、多くは生産性の低い税金も払わない赤字企業で

利益を裏で、経営者一族に流用しているから

不正を追及されると、さっさと倒産させて、経営者一人が自己破産するだけで

逃げられてしまうことになる


まあ、最近は、利益を出せない大企業も減資してなんちゃって中小企業になって税金逃れをして、生き残りを図るくらいだから

ポピュリズム国家、日本のレベルがわかるというものだが

アベノミクス以降、若年世代では、最低賃金や名目賃金は多少上がっても、中高年サラリーマンの実質賃金は上がりにくく、税や社会保障コストも含めた実質可処分所得は下がり続けるのも当然ということだろう

https://www.dir.co.jp/report/research/economics/japan/20201002_021804.html
https://www.rodo.co.jp/book_info/106098/

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/430.html#c7

[国際30] シリア-イラクで続くアメリカの「空爆外交」(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
3. 2021年7月07日 06:07:34 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[699]

相変わらず屑だな


もちろん、この記事のことだが

http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/689.html#c3

[経世済民135] 「原油100ドル」時代に? 高騰続く要因と背景、エネルギー小国の日本はどうする(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
5. 2021年7月08日 23:27:48 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[700]

価格支配力も生産への関与も小さく、購買力も下がり続ける日本で心配したところでほとんど無意味だな

そもそも再エネが増えていく状況で、原油の重要性は低下していくから100ドルになっても大した影響はないし

現実には、そこまで上がれば、減産など無視して、生産を拡大したい産油国は多い

それより遥かに重要なのは、日本の産業の構造改革、特にDX化とAIロボットの技術革新による、あらゆる産業の効率化と生産性の上昇だ

もし国民が生活水準の維持改善を望むのであれば、必須だろう

それができなければ購買力が高まり続ける多くの新興国に、重要な資源や、食料などの買い負けが深刻化し、世界における地位低下も加速していく

いずれ衰退する米国からも見捨てられ、最終的には軍事的な安全保障も崩壊するだろう

今回のコロナ・五輪騒動を見れば、その流れは、ほぼ確定しているようにも見える



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/433.html#c5

[経世済民135] 余りに酷い無理解。JR東海「リニア新幹線」計画が大地を“虐殺”する  高野孟(まぐまぐニュース) 赤かぶ
7. 2021年7月09日 22:43:51 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[701]

確かに環境面や経済性から言って、あまりJR東海の企業利益にとって有効でも効率的でもない可能性は高いな


しかしタイトルが大袈裟で愚かすぎるし

実際には、今回の盛り土・土石流のような大した影響はないだろう


個人的には、ああいう無意味な限界への挑戦は面白いし

民間が金を出してやり、政治が余計な介入をせず、

違法でない限り、勝手にやれば良いとは思うが


ゼロリスク志向の国民と、愚かな企業経営者の組み合わせの結果

今回の五輪同様、コストは膨らみ、またムダな税金の投入になる可能性は非常に高いな



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/435.html#c7

[戦争b23] アフガン駐留米軍、最大拠点から撤収/日経 仁王像
2. 2021年7月12日 15:12:11 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[702]

予想されていた通りの展開だが

アフガニスタンの人々(特に女性など弱者)の悲惨な運命は、ほぼ確実

これも、力(戦意)の裏付けなしの人道主義や民主主義など何の意味もないという

冷酷な現実を示している一例に過ぎない


https://www.afpbb.com/articles/-/3271110
タリバンは変わったか? 復権を恐れるアフガン女性たち
2020年3月2日 15:44 発信地:カブール/アフガニスタン [ アフガニスタン アジア・オセアニア 米国 北米 ]
このニュースをシェア
タリバンは変わったか? 復権を恐れるアフガン女性たち‹ ›
❮ 1/7 ❯
アフガニスタンの首都カブールの動物クリニックで、猫を診察する獣医師のタヘラ・レザイさん(2020年2月25日撮影)。(c)WAKIL KOHSAR / AFP
アフガニスタンの首都カブールの動物クリニックで、猫を診察する獣医師のタヘラ・レザイさん(2020年2月25日撮影)。(c)WAKIL KOHSAR / AFP
アフガニスタンの首都カブールの動物クリニックで、取材に応じる獣医師のタヘラ・レザイさん(2020年2月25日撮影)。(c)WAKIL KOHSAR / AFP
アフガニスタンの首都カブールの動物クリニックで取材に応じる獣医師のタヘラ・レザイさん(2020年2月25日撮影)。(c)WAKIL KOHSAR / AFP
アフガニスタンの首都カブールの動物クリニックで、猫を診察する獣医師のタヘラ・レザイさん(2020年2月25日撮影)。(c)WAKIL KOHSAR / AFP
アフガニスタンの首都カブールの動物クリニックで、取材に応じる獣医師のタヘラ・レザイさん(2020年2月25日撮影)。(c)WAKIL KOHSAR / AFP
アフガニスタン・カンダハル州の学校で、取材に応じる17歳のパルワナ・フサイニさん(右、2020年2月25日撮影)。(c)JAVED TANVEER / AFP
アフガニスタン・カンダハル州の学校で取材に応じる17歳のパルワナ・フサイニさん(2020年2月25日撮影)。(c)JAVED TANVEER / AFP
【3月2日 AFP】戦火に苦しめられてきたアフガニスタンから駐留米軍が撤退準備を進めており、旧支配勢力タリバン(Taliban)の復権に向けた扉が開かれつつある。そのような状況の中、この国の女性たちは平和を追い求めて、必死に勝ち取った自由を失うのではないかと恐れている。

 反政府武装勢力タリバンは、2001年に米国が侵攻するまで約5年にわたり政権を掌握していた。タリバン政権はシャリア(イスラム法)の厳格な解釈でアフガニスタンを強権的に支配し、女性たちは事実上、囚人のような生活を強いられた。
 米国は先月29日、タリバンとの画期的な和平合意に署名した。アフガニスタンの女性たちは、武力衝突の終結を心の底から願っているが、それと引き換えに高い代償を払う事態になることを恐れている。
■家族を養う女性たち

 タリバン政権下では、女性は教育を受けることや働くことを禁じられていた。今日、専門職に就くアフガニスタン女性らはこれらの権利を必死で守ろうとしている。

 西部の街ヘラート(Herat)で外交販売員として働くセタラ・アクリミ(Setara Akrimi)さん(32)は「平和が訪れ、タリバンが人々を殺さなくなればとてもうれしい」と述べつつも、「でも、タリバンが昔の考え方のまま政権に復活するとしたら心配だ」と言う。

 アクリミさんは離婚し、3児を育てる母親だ。「タリバンに家で座っていろと言われたら、家族を養えなくなってしまう」「私みたいな女性がアフガニスタンには大勢いる。私たちは皆、心配している」

 首都カブールを拠点とする30代の獣医師、タヘラ・レザイ(Tahera Rezai)さんは「タリバンの復活は女性の働く権利や自由、自立に影響する」と考える。「彼らの思考は変わっていない」と、レザイさんはAFPに語った。

 タリバンが政権に復帰したら、たとえ弱体化していても、自分の将来に悲観的にならざるを得ないと話す。「私のように働く女性にとって状況は厳しくなる」


■「平和とは呼べない」

 タリバンは米国と和平協議を進める上で、女性の権利を「イスラムの価値観」に従って尊重するという曖昧な約束をした。人権活動家らは、タリバンの約束は単なるリップサービスでどうにでも解釈できると警告している。

 現在もタリバンは、アフガニスタンの広範な地域を支配している。地域によっては小学校への女子の通学を認めてはいるが、女性に対するむち打ちや石打ちによる公開処刑が今も根強く残っていると報じられている。

 アフガニスタンの一般的な家族の多くが、平和を希求する思いとタリバンへの恐怖の間で板挟みになっている。「この国では、どの家族も戦闘で子どもや息子、夫や兄弟を失い、悲しみに暮れている」と、政府職員のトロペカイ・シンワリ(Torpekay Shinwari)さん(46)は東部ナンガルハル(Nangarhar)州で語った。タリバンが勢いづけば、「女性は第二の性として見下され、抑圧されるのではないか」とシンワリさんは警戒する。

 タリバン発祥の地カンダハル(Kandahar)の若い世代からは、違った見方も聞こえる。女子学生のパルワナ・フサイニ(Parwana Hussaini)さん(17)は「タリバンは私たちの兄弟だから、心配はない」とAFPに述べ、さらに「若い世代は変化している。タリバンが私たちに古い信念を押し付けることは許さない」と語った。

 しかし、タリバンによる過酷な支配の矢面に立った人々にとっては、タリバンの復権は「暗く痛ましい記憶」の繰り返しでしかない。

 イスラム教シーア派(Shiite)の少数民族ハザラ人(Hazara)で、中部バーミヤン(Bamiyan)に住む工場労働者ウズラさん(40)は、スンニ派(Sunni)強硬派のタリバンが村を襲ったときのことをむせび泣きながら語った。

 その時、家にはウズラさんと子どもたちしかいなかった。「あの日のことは今でも鮮明に覚えている。彼らは男性を全員殺した後、私の家にやって来た」。タリバンは、ウズラさんと3歳の娘の首をはねると脅したという。

 一家はなんとかパキスタンへ逃れたが、夫は激しい殴打によって不自由な体となり、心にも傷を負った。「今でも夫は『タリバン』という言葉を聞くと泣き出す」「みんなが平和を願っている。でも、タリバンが戻ってくるのならば、それを平和とは呼びたくない」 (c)AFP


https://news.yahoo.co.jp/articles/c72e1a6cd9b394b6c69a4659d1159b0f5cbe1c2e

支配地拡大、女性抑圧か 外国軍撤収でタリバン アフガン
7/8(木) 7:12配信

1
この記事についてツイート
この記事についてシェア
時事通信
6日、アフガニスタン南部カンダハルで、自動車爆弾の爆発現場を調べる治安部隊員ら(EPA時事)

 【ニューデリー時事】アフガニスタンで、米国や北大西洋条約機構(NATO)の駐留軍の完全撤収が迫る中、反政府勢力タリバンの勢いが増している。

【写真】アフガンから帰還した米兵

 政府軍を破って拡大した支配地で女性を抑圧しているという報道もあり、完全撤収後の治安や人権問題への懸念が強まっている。

 アフガン治安当局筋は5日、タリバンが北東部などの8行政区を支配下に置いたことを明らかにした。国連アフガン支援団(UNAMA)は6月下旬の報告で、「5月初旬以降、アフガンの370行政区のうち50以上がタリバンの手に落ちた」と指摘したが、その後も連日のようにタリバンの進撃が伝えられている。

 タリバンは最近、主に北部で攻勢を強めている。AFP通信によれば、北東部では政府軍の兵士1000人以上が隣国タジキスタンに逃げ出した。

 タリバンが支配地を広げる中、地元メディアは今月1日、北東部タハル州の人権活動家の話として、タリバンが女性に対し、「親族の付き添いなしで出歩かないよう要求する文書」を出したと報道。支配地で新たな「法」を施行していると伝えられた。

 タリバンは4日の声明で「報道はデマだ」と否定。支配地の住民は「イスラムの枠内で生活しており、規制や禁止事項は必要ない」と主張した。

 ただ、タリバン政権崩壊から20年が経過しても、タリバン支配への不安が人々の心に残っていることは事実だ。タリバンは関与を明らかにしていないものの、首都カブールなど都市部で政府の役人やジャーナリストが暗殺される「ターゲット・キリング」が相次いでいることなども、タリバンの影響力拡大への懸念につながっている。 


https://wedge.ismedia.jp/articles/-/23530
タリバン、アフガン全土で攻勢、米撤退加速、大使館員の“脱出”が焦点に

2021/07/11

佐々木伸 (星槎大学大学院教授)


アフガニスタン政府軍をサポートしようと立ち上がった元ムジャヒディンたち

 アフガニスタンのイスラム反政府勢力タリバンは全土で政府軍への波状攻撃を開始、州都などへ進撃した。米駐留軍の撤退が加速するのを尻目に、一気に攻勢に出た格好だが、政府軍の一部には戦わずして隣国に逃亡する部隊も出ており、国民に動揺が広がっている。今後の焦点は米大使館員の“脱出”だが、実際に国外退去が始まれば、各国とも雪崩を打って追随するのは必至だ。

第2の都市カンダハルに突入
 カブールからの報道などによると、タリバンは9日までに南部カンダハル州の州都カンダハルに突入、一部を占領した。市を防衛する政府軍と激戦が展開されているもよう。カンダハルはタリバン誕生の地でもあるが、内戦でタリバンが同市に入ったのは初めてだ。米軍の撤退が続く中、アフガン情勢が新たな段階に入ったことを示す動きと言えるだろう。

 カンダハルへの進撃に先立って、タリバンが攻勢を強めたのは北方地域だ。7日、北部バドギス州の州都カライナウに攻撃を仕掛け、現在も戦闘中。子どもを含む民間人多数が死傷したもよう。政府軍がタリバンに空爆を実施するなど反撃しているが、刑務所から数百人が脱走したとの情報もある。

 また北東部バダフシャン州ではタリバンの攻撃で、政府軍兵士が戦わずして戦線を離脱し、千人以上が隣国のタジキスタンに越境逃亡した。米ワシントン・ポストによると、中国、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン各国と接する北部地域の国境地帯はすでにタリバンが制圧し、検問所での関税を徴収しているという。

 北部バルフ州の同国第4の都市マザルシャリフでは、トルコとロシアが領事館を閉鎖したと伝えられている。タリバンはイランと隣接する西部ヘラート州でも攻勢を掛け、ここ数日で支配地域を急拡大、イスラムカラ検問所を占領した。タリバン当局者の1人は同組織が「全土の85%を制圧した」と語っている。この主張は誇張されたものとしても、事実上、国土の半分以上がタリバンの支配下にあると見られている。

 アフガン情勢に詳しいベイルート筋は「ダムの決壊が始まった」として、タリバンの攻勢によって政府軍の瓦解が一気に進む懸念があるとする一方、タリバンの戦線が伸びきって攻撃が尻すぼみに終わる可能性があることに言及。「地方に根を張る“軍閥”(武装組織)が勝ち馬に乗ってタリバンに加担するのかどうかが戦況の行方を左右する」と指摘した。

“夜逃げ”同然の撤収
 こうした中、バイデン米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、アフガニスタンからの米軍撤退を8月末までに完了させる方針に変わりのないことを強調、「無期限に駐留を続けることは米国益に沿わない。われわれは国造りのためにアフガンに行ったわけではない」などと述べ、早期撤収への批判に反論した。米情報機関などの分析によると、米軍の撤退後、半年以内にもアフガン政府が崩壊する可能性がある。

 大統領は「アフガニスタンに留まれという人たちに尋ねたい。これ以上、どれだけ多くの若者の命を危険にさらしたいのか」と感情をむき出しにした。大統領は元々、アフガンに軍を駐留させておくことには批判的だった。最近は記者団からアフガン政府崩壊の可能性などを再三問われ、いら立ちを露わにしていたが、今回の演説であらためて何が何でも撤退させるという考えを示したかったようだ。

 米国防総省によると、4月から始まった撤退作業はこれまでに「90%が完了」した。2500人いた駐留軍のかなりの部分がすでに撤収したと見られている。現地からの報道によると、米空軍の主要な拠点だったバグラム空軍基地では、5日未明に撤収が完了したが、最後の部隊は基地を引き継いだ政府軍に通告することもなく、“夜逃げ”するように基地を後にしたという。

 政府軍側は米軍が撤収して2時間以上経って初めて米軍の姿が消えたことを知ったという。しかも、米軍が撤退して政府軍が基地に入る間に、何者かが基地内に侵入し、米軍の残した軍事物資の一部を略奪するというおまけまでついた。

 こうした撤退をめぐる混乱は今後も続きそうだが、バイデン政権が最も懸念しているのがカブールの米大使館の安全をめぐる問題だ。

 大使館はカブール中心部の警備の厳しい「グリーン・ゾーン」にある。同地域は高い塀に囲まれ、テロリストらの襲撃を防ぐように対策が施されており、大統領宮殿や各国大使館などもここに位置している。しかし、タリバンの攻勢が強まれば、カブールにも危険が迫るのは必定。米大使館の閉鎖や縮小、大使館員の国外退去計画も密かに練られている。

 ワシントン・ポストによると、米大使館には現在、米市民約1400人の他、アフガン人職員ら約4000人が働いている。情勢が悪化すれば、これら館員の国外退去が現実味を帯びることになるが、国防総省は海兵隊ら650人規模の部隊を残留させて警備を担わせる計画だ。またカブールの国際空港については、米軍とトルコ軍が警備を担当することが決まっている。

 バイデン政権は米大使館に攻撃の矛先が向かないようタリバンと交渉する意向のようだが、各国の外交団は米大使館の外交官撤収や縮小に追随すると見られており、国外退去計画の策定を急いでいるようだ。しかし、こうした動きは「見捨てられた」と受け止めるアフガン人を浮足立たせることになり、今後、ガニ政権とバイデン政権との間で緊張が高まることになるだろう。
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/316.html#c2

[国際30] 仏教僧、太田覚眠が見た20世紀初めのロシア 民衆のレーニンへの熱狂を「レーニン宗」と新聞に寄稿 スターリンとも面談(東京… 蒲田の富士山
1. 2021年7月13日 00:16:02 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[703]

>権力の一極集中を生むロシア民衆の精神的な土壌
>社会主義を宗教と捉える視点も、ロシア人が強い指導者を求める傾向に着目する点も、的を射ている

と言うより、内外に敵を抱え、貧富の格差が大きく、腐敗した既得権層(エスタブリッシュメント)と、貧しく不安な大衆からなる社会では、非民主主義的であっても、決断力があって既得権層と対決する強いリーダーを求める

米国のトランプ、中国の習、フィリピンのドテルテなどが、それを利用して権力を維持していることを見ても明らかだし


かっての超格差社会であった大日本帝国で、日本を差別する欧米列強や、腐敗した既得権層による民主政治を憎み、大東亜共栄圏の夢を抱いた軍部が国民(朝日新聞などメディアも)の圧倒的な支持を集めていたのと同じことだ

そして大衆というのは、常に、そうした欺瞞的で利己的な正論に動かされ、内外で争い続けることになる

日ロ朝鮮間の領土問題などが、その典型で、弱気な政治家は淘汰され、多少、現実を歪曲しても自国の利益に都合のよい主張をする政治家が多くの場合、多数派となる


http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/709.html#c1

[国際30] 武漢で患者が見つかる前にモデルナとNIAIDはmRNAワクチンをNカロライナ大へ(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
3. 2021年7月13日 00:57:35 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[704]

相変わらず少し調べればわかる程度の低レベルな反米フェイクニュースだな



http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/708.html#c3

[経世済民135] チャイナ・ショックの再来か?中国「人民銀行」が17兆円を市場に供給 日本企業は戦々恐々(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
5. 2021年7月13日 23:21:00 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[705]

>中国政府が恐れているのは、この先、アメリカが“大規模な金融緩和”をやめて、いわゆる“出口戦略”に舵を切ること
>中国などの新興国に流れていたドルが一斉に引き揚げられる可能性が高い。借金に支えられていた中国経済は干上がる

これは間違い

中国は日本の倍以上、世界最大の巨額の外貨準備を持っているから

米国経済が過熱して引き締めになるのであれば(多分、一時的な上振れに過ぎないだろうが)

元安を放置しておけば、さらに貿易収支は改善する


ただし今後も中国の民間企業への規制が強化され続けるのであれば

企業の生産性の上昇は停滞して日本化し、

米国のGAFAを凌駕するという目標は完全に頓挫するだろう


もちろんGAFA自体、世界的な規制のリスクに晒されているから

コロナ禍が反グローバリズムと保護主義を加速し

世界経済は停滞し、再び途上国の貧困化と格差拡大が深刻化し

それが世界の安全保障も大きく揺るがすことになるだろう


その傾向は、既に南アの暴動や、アフガンや中東の原理主義紛争の拡大

さらに南米や東欧での暴力の噴出という形で現実化している
https://ecodb.net/country/CN/f_reserve.html

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/440.html#c5

[経世済民135] チャイナ・ショックの再来か?中国「人民銀行」が17兆円を市場に供給 日本企業は戦々恐々(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
6. 2021年7月13日 23:26:40 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[706]

相変わらずゲンダイは金融経済というものが全くわかってないな


>日本の株バブルも、終焉が近づいているのか

日本の株価は全然バブルではない

金利とPERで十分説明がつくレベル

金利が急騰したり、企業利益が急減すれば下がるが

そういうのはバブル崩壊とは言わない

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/440.html#c6

[経世済民135] テスラ、盟友だったパナソニック“切り”…自社でEV向け電池生産開始、パナと競合関係に(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年7月14日 21:45:25 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[707]

>パナソニックは保有するテスラ株全株を売却した。売却で得た資金は米ソフトウエア大手、ブルーヨンダーの買収原資
>>パナソニックはテスラへの依存度を下げ、将来に向けた事業投資

現時点では正しい判断だろうな


>次はテスラがパナソニックを切る番だ。テスラは中国のCATL、韓国のLG化学から電池の供給を受けている。パナソニックだけに頼らず、より安いメーカーから買う

グローバル化の時代には垂直統合はハイリスクだから当然の判断だろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/441.html#c2

[政治・選挙・NHK281] 海外からの五輪関係者が入国当日、築地を散歩していた! バブル方式も3日間の隔離も嘘、実際は自由に外出できる状態に(リテラ) 赤かぶ
16. 2021年7月14日 21:51:17 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[708]

くだらない差別的な記事

実際に最大のリスクは日本人の有害な飲酒会合だとわかっていて

その抑制すら、お願いすると厳しいバッシングを浴びるのに


外国人が外を歩いただけで、これだけ批判するとは馬鹿としか言いようがない


現実の日本は、スプートニクを海外に輸出しているロシアの人口100万当たりの死者35人に対して、わずか0.7人

利己的な愚民というのは度し難い

https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/death.html
http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/864.html#c16

[経世済民135] ソフトバンクG、燻る上場廃止…経営リスクとして有報に「孫正義社長の不測の事態」明記(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年7月16日 01:37:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[709]

SBGはテスラ同様、典型的な創業経営者依存の体質になっているから非上場化というのはアクティビストによる影響を排除して、経営の独創性を維持するという点では十分、有効な手法だろう

ただし低コストで投資資金を集めるという点ではマイナスだから、いずれにせよ、他のIT系投資集団との厳しい競争は、今後も続くだろう

一般投資家の視点からは、非上場化したら、単にポートフォリオから外して同様の企業に投資先を変えるだけだから、基本、どうでも良い話ではあるが

日本発の、ほぼ唯一の巨大IT関連投資企業として異才を放ち、国内の高賃金雇用にも大きく貢献しているから、今後も頑張って欲しいものではある



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/443.html#c4

[経世済民135] EU、35年にガソリン車販売禁止 50年排出ゼロへ包括案   怪傑
7. 2021年7月16日 01:48:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[710]

先進国に限らず、いずれ化石燃料依存から脱却していかねばならないのは必然のプロセスだが、

早急過ぎるEV特化の問題は、欧州の経済成長を大幅に引き下げ、新興国(特に中国など非民主主義国家)による国際的な政治力の転換を加速していく可能性が高いことだろう

欧州が世界をリードしていた時代が完全に終わる日は、そう遠くはないということだが

いずれにせよ当面、中国やロシアなどの非民主主義国家のパワーが高まり、欧米が衰退していくにつれ、日本の立ち位置は、さらに困難になっていくことは間違いないことだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/442.html#c7

[経世済民135] 「トヨタはHVを永続させる」…世界の潮流と逆行、EVシフトを“遅らせざるを得ない”事情(Business Journal) 赤かぶ
17. 2021年7月19日 15:02:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[711]

HVを永続させるというのは、単なるコトバに過ぎないからあまり意味はないが

当面、EVはコスト、長距離移動、充電ステーション、エアコンなど多くの課題を抱えているから、HVの生産を永続(少なくとも確実に10年以上続ける)と宣言するのは、販売戦略上、自然なことだろう

ただし、当然、その結果、選択と集中のメリットは失われ、EV開発にかけるエネルギーが限定され、社内軋轢も長期化して、将来的な厳しいEV競争に負けるリスクが高まった可能性も高いだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/446.html#c17

[戦争b23] プーチン氏 “タジキスタンに軍事支援も” 周辺国で警戒強まる/nhk 仁王像
3. 2021年7月19日 21:53:18 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[712]

経済規模の小さいロシアや韓国も頑張っている

日本はどうかな


ロシア、極超音速巡航ミサイルの試射成功 国防省が発表
By Reuters Staff

1 MIN READ

 7月19日、ロシア国防省は、極超音速巡航ミサイル「ジルコン」の試射に成功したと発表した。写真はロシア国防省提供(2021年 ロイター)
[モスクワ 19日 ロイター] - ロシア国防省は19日、極超音速巡航ミサイル「ジルコン」の試射に成功したと発表した。

国防省の声明によると、ジルコンはバレンツ海最南部の白海上の艦船から発射され、音速の約7倍の速さで飛行し、沿岸の標的に命中した。

「ジルコンの戦術的、技術的特性が発射試験中に確認された」と述べた。

プーチン大統領は2018年に極超音速の新兵器群を発表。19年に、米国が中距離核兵器を欧州に配備すれば、極超音速兵器を戦艦や潜水艦に搭載すると警告していた。
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/318.html#c3

[戦争b23] アフガン和平へ 政府とタリバンが協議開始 議長は停戦呼びかけ・nhk 仁王像
1. 2021年7月19日 22:23:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[713]

腐敗した民主主義体制の政府を、命を懸けてまで支える国民は少なく、軍人すら逃げ出すレベル

原理主義者のタリバンがいつまでも我慢し、妥協が長期にわたって成立する可能性は、ほぼゼロだろう

どんな社会体制であろうと。その体制を命がけで守ろうとする信念のある人々がいて、さらに実際に厳しい体制競争の戦いに勝ち抜かなければ、いずれ体制は崩壊することになる

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071600816&g=int
政府軍圧倒、停戦提案 タリバン、権力狙う―外国軍撤収で軍事圧力・アフガン
2021年07月17日07時14分

 【ニューデリー時事】アフガニスタンからの米軍など駐留外国軍の撤収がほぼ完了する中、各地の戦闘で反政府勢力タリバンが政府軍を圧倒している。タリバンは、政府に対し3カ月間の停戦を提案した。軍事的な圧力をかけつつ停戦に持ち込み、和平交渉で優位に立ち、権力を奪うのが狙いとみられる。


https://www.bbc.com/japanese/57717363
アフガン兵1000人超が逃走 タリバンとの戦闘避け隣国タジキスタンへ
2021年7月6日

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-56765861
「私たちが戦争に勝ち、アメリカは負けた」 アフガンのタリバン、BBCが取材
2021年4月16日


https://news.yahoo.co.jp/articles/d5691d37efcb3da9eff70e3e44671721fc720244
【映像】終わりが近づく米の永遠の戦争 多難なアフガン治安部隊の前途
5/28(金) 16:36配信

AP通信

カブール、アフガニスタン、5月28日(AP)― 反政府勢力タリバンに対して、防波堤となるべきアフガニスタン治安部隊は腐敗しきっており、隊員の士気は消沈、治安維持にも疑問が投げかけられている。
 政府は、表向き軍は優位を維持できるとしているが、訓練は不十分で、装備も劣っており、国家に対する忠誠心にも疑問のある軍が、戒律の厳しいタリバンを相手にした戦いに勝てる公算は極めて小さいと、軍事専門家は警告している。
 これに対して、アフガニスタン国防省は、汚職の存在を認めながらも、まん延はしておらず、それに取り組む努力がなされており、戦闘部隊の士気は高いと反発。しかし現実には、腐敗した業者が製造する粗悪品で、基本的な装備品である軍靴でさえ、「数週間でダメになる」と軍隊内部の不平不満は尽きることがない。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

 
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/323.html#c1

[経世済民135] ブラジル製造業、6年間で企業数8.5%減少 外資撤退続く    怪傑
1. 2021年7月22日 22:33:52 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[714]

昔の欧州などと同じで

付加価値が低い労働者を過剰に守り、高いコストを払い続ければ

グローバル競争に負け、企業は淘汰され、結局、そのつけは国民(高失業率)にまわることになる

それに加えて民度も低く、その代表である政治家や官僚、そして企業幹部も腐敗している


ただし最近の労働改革の効果が多少はあったこともあり、2018以降はコロナ禍を除けば実質GDPは上昇している

今後、コロナ禍が終息していけば、もう少し改善するだろう

https://www.ceicdata.com/ja/indicator/brazil/real-gdp-growth

https://www.jbic.go.jp/wp-content/uploads/page/2015/08/41010/inv_Brazil07.pdf

https://www.iima.or.jp/docs/international/2017/311_j.pdf
ブラジルの労働法改正について
「ブラジルコスト」の原因となっている労働法

ブラジルでトヨタ・カローラを買うと、35,000 ドル相当となり米国での販売価格の
2.4 倍になる。ナイキのバスケットシューズは約 2 倍、ソニーのプレイステーションは
4.3 倍になる 1
。ブラジルの物価は高いことで知られている。
この原因となっているのは、複雑で高い税率、インフラ不足による流通コスト高、国
内産業保護のための高い関税などであるが、労働コストの高さも原因の一つである。
ブラジルに進出している企業にとって、労働法規は厄介な存在である。

例えば、一度給料を引き上げると、業績が悪化しても下げることはできない。裁判所
が福利厚生費を実質的な給与と認めてしまうことが多い。その結果、年金積立金や税金
の支払いのベースがかさ上げされることになり、経費の増加を招く。時間外賃金は最低
5 割増しである。通勤時間も勤務時間に算入される、等々。

法規が国際的にみて極めて労働者に有利な内容となっているうえ、労働裁判所は基本
的に「疑わしきは労働者の利益に」という姿勢であるため、労働訴訟が頻発する。毎年
150 万件の提訴があり、係争中の訴訟は 1 億件ともいわれる。労働問題を専門とする弁
護士は 100 万人いるという(全人口約 2 億人)。そして訴訟の頻発と往々にしておこる
敗訴が、莫大なコストとして企業経営を圧迫する。

改正で「契約の自由」が一部認められたが、根本的な労働者保護規定は存続

https://www.jbic.go.jp/wp-content/uploads/page/2015/08/41010/inv_Brazil07.pdf

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/451.html#c1

[経世済民135] 「ANAグループ社員だと分からないように」危険な検疫補助業務を子会社に押し付け、現場CAから怒りの声(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年7月22日 22:54:16 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[715]

コロナ禍に限らず、外部から何らかのストレスが発生したときに、立場の弱いエッセンシャルワーカーにしわ寄せが行くのは世界共通のこと

それでも解雇される非正規に比べれば、仕事があって雇用されているだけマシと言えるかもしれない

失業保険や給付金などの税金投入(社会保障)がなければ多くの新興国の失業者のように犯罪者になるしかない


https://www.air-japan.co.jp/recruit/
自由な社風とキャリアプラン、ライフサポートが魅力的な
エアージャパンのお仕事を現役CAがお伝えします

現在、募集はありません

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/452.html#c2

[医療崩壊7] ゼレンコ医師 ヒドロキシクロロキン ファウチ博士 Googleの検閲 (マタタビの羅針盤 rumble )  魑魅魍魎男
2. 2021年7月24日 15:13:12 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[716]

また、いつもの、くだらんフェイクニュースか

http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/120.html#c2
[医療崩壊7] ゼレンコ医師 ヒドロキシクロロキン ファウチ博士 Googleの検閲 (マタタビの羅針盤 rumble )  魑魅魍魎男
3. 2021年7月24日 15:17:11 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[717]

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR0204Z0S1A300C2000000/
WHO、コロナ予防に「ヒドロキシクロロキン」推奨せず


https://www.m3.com/open/thesis/article/24147/

ヒドロキシクロロキンに新型コロナの予防効果なし

2021年5月11日 ソース:BMJ カテゴリ: 呼吸器疾患 ・感染症 ・投薬に関わる問題


 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染に対する薬物の予防効果をリビングシステマティックレビューとネットワークメタ解析で検討。世界保健機関新型コロナウイルス感染症(COVID-19)データベース、世界規模のCOVID-19文献の包括的多言語情報源(2021年3月25日まで)および中国語のデータベース6件(2021年2月20日まで)を用いた。

 無作為化試験9試験を解析対象とした。6試験がヒドロキシクロロキン(6059例)、1試験がイベルメクチン+イオタカラギーナン併用(234例)、2試験がイベルメクチン単独(540例)を検討したもので、いずれも標準治療またはプラセボと予防効果を比較していた。ヒドロキシクロロキンは、COVID-19による入院(リスク差1000例当たり−1例、95%信用区間−3-4、根拠の確実性:高)や死亡(1000例当たり−1例、−2-3、根拠の確実性:高度)に効果がないか、あってもごくわずかだった。ヒドロキシクロロキンは、検査で確定したSARS-CoV-2感染リスクの低下に対する効果がなく(1000例当たり+2例、−18-28、根拠の確実性:中等度)、有害作用のため投与中止が増える可能性があり(1000例当たり+19例、−1-70、根拠の確実性:中等度)、SARS-CoV-2感染(疑い、可能性、検査確定)に対しても効果がないか、あってもごくわずかだった(1000例当たり−15例、−64-41、根拠の確実性:低度)。

 イベルメクチンとイオタカラギーナンの併用による検査確定COVID-19への影響(1000例当たり−52例、−58-−37)、イベルメクチン単独による検査確定感染(1000例当たり−50例、−59-−16)、疑い/可能性/検査確定感染(1000例当たり−159例、−165-−144)への影響は、バイアスリスクが大きく不正確性も極めて高いため、根拠の確実性が非常に低かった。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se39/se3999038.html

副作用でもっとも重要なのが目の網膜障害です。発現率はかつてのクロロキンと比べ相対的に低いとされますが、そのリスクは高用量(6.5mg/kg超)、長期投与で高まるとされます。視力低下、霧視、色覚異常、視野暗点など見え方がおかしいと感じたら、いったん使用を中止し、直ちに受診してください。

一般的な副作用として比較的多いのは、下痢、腹痛、頭痛、発疹などです。また、頻度は低いものの、重い副作用として皮膚・粘膜障害、骨髄抑制、ミオパチー(筋肉障害)、低血糖症などを起こすことがあります。下記のような初期症状をふまえ、気になる症状があらわれたら、医師または薬剤師と相談してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
網膜症、黄斑症..視力低下、かすむ、色が見分けにくい、ゆがんで見える、視野に暗点、視界が欠ける。
重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。
骨髄抑制(血球減少)..発熱、ひどい疲労感、のどの痛み、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向、息切れ、動悸。
心筋症..胸の痛み、動悸、息苦しい、息切れ、むくみ、体重増加。
ミオパチー..手足のこわばり・しびれ、筋肉のぴくつき、力が入らない、立ち上がれない、歩きにくい。
低血糖..力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり。さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)。

【その他】
下痢、腹痛、頭痛、発疹
発疹、じん麻疹、かゆみ
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/120.html#c3

[医療崩壊7] <新型コロナ>英国、1週間で60万人超に自主隔離要請 欠勤続出で市民生活に影響(東京新聞) 蒲田の富士山
4. 2021年7月24日 15:25:01 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[718]

バカは死ななきゃ治らないというが

まさにその通りだな

http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/118.html#c4

[経世済民135] 金融危機に備えよ(Walk in the spirit)(銀行預金とは自分のもの、 と言う認識は、早めに卒業した方がいい) こーるてん
6. 2021年7月28日 15:32:23 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[719]

マイナンバーによる口座管理以上に、CBDCが実現すれば、超富裕層や犯罪者のマネロンや脱税を防止し、累進課税を確実に実行できるし

さらにコロナ危機に対して愚かな日本のように所得が消えた人々への即座医の支払いもできるのだから

いずれCBDCが普及するのは確実だし、その方が、一般大衆にとっては、遥かに有益だが

愚民たちは、大体、こういう陰謀論の情報操作に騙される

しかし相変わらず、この手の陰謀論は支離滅裂だな

以前の米ドル暴落クルクルと変わらない低レベルなデマ

通貨価値というのが徴税力(軍事力、産業=生産力・・)に支えられているという

常識すらいまだに理解できていない

https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202107280000/
準備通貨としてのドルが金本位制から外れた1971年以来、すべての通貨は法定通貨でした。彼らは何にも支えられておらず、信仰に依存しています。

インフレと銀行のコンビで、彼らはあなたのお金を取っています。ここでの危険はハイパーインフレです。

+支配と信仰が失われた場合、通貨が道に散らばり、購買力が消え、手に入れる価値さえなくなったベネズエラとジンバブエを見てください。
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/458.html#c6

[経世済民135] 金融危機に備えよ(Walk in the spirit)(銀行預金とは自分のもの、 と言う認識は、早めに卒業した方がいい) こーるてん
7. 2021年7月28日 15:37:17 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[720]

>金融危機に備えよ(Walk in the spirit)(銀行預金とは自分のもの、 と言う認識は、早めに卒業した方がいい)


そもそも資本主義を否定し、究極の社会主義(共産主義社会)の実現を目指すのであれば、預金は当然のこととして、一切の私有財産を否定するのが当然だし

十分な生産力があれば、金など必要ない

コンビニやスーパーで必要なものを必要な分だけ持ち帰れば良いだけのことだ


くだらない金を貯めることに対する執着など捨てて、必要な財やサービスを生み出せる人間になることを目指す方が、遥かにまともだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/458.html#c7

[国際30] 想像より遥かに深刻なグローバル海運危機(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
3. 2021年7月30日 21:18:45 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[721]

コロナによる労働供給不足と生産力の低下は、先進国以上に、今後まだ新興国や途上国を中心に続くし、

それが若年世代の失業を悪化させ、政治を不安定化させるリスクはミャンマーやタイに限らず、南米、アフリカ、中東など、広い範囲におよび

その影響は経済に限らず温暖化対策など環境問題の遅れや内戦・地域紛争の増加にもつながり、先進国にもマイナスの影響を与えるだろう

ただし、こうした事態は別に目新しい話ではないので、どこまで市場に影響を及ぼすかは不明であり

欧米日の緩和縮小の遅延要因にもなるので、そうネガティブには受け取られないかもしれない



http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/743.html#c3

[経世済民135] スズキ、事実上のトヨタ傘下入り…崩れるインド市場の牙城、EVを一車種も投入できず(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年7月30日 21:26:21 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[722]

スズキの心配をするより、トヨタを含む日本の輸送機器産業全体が、世界のEV化の波で、大きな変革を迫られる心配をした方が良いだろう

ただでさえITなどの新規産業の成長が低迷している状況で、

ここが崩壊すると、日本の外貨を稼ぐ力は劇的に低下し、最悪、経常収支の悪化が巨額の財政赤字による通貨安をさらに加速し、

海外から安い労働力を輸入して国内の3K産業(介護、インフラ等建設、第一次産業・・)を回していくというシナリオも完全に崩壊する

慢性的な輸入インフレで金利上昇になれば、日銀の金融緩和で財政赤字をファイナンスし続けることも不可能になり

社会保障も崩壊し、完全に日本は途上国に戻ることになる



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/460.html#c2

[経世済民135] 「コロナでどん底」1年無収入のシングルマザー 子は食パンと水道水で空腹しのぐ 一斉休校の余波は今も(東京新聞) 蒲田の富士山
4. 2021年8月06日 06:56:37 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[723]

シルバー民主主義の必然だな

愚かな国民がマイナンバーと口座の紐づけに反対し、DXが遅れているからこうなる

食べ物や空き家は、余っている

せめてFoodStampと空き家の強制徴用くらいは行うべきだろうな

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/466.html#c4

[政治・選挙・NHK282] 頑固一徹爺さんもとい頑固一徹総理、入院制限撤回せず(まるこ姫の独り言) 赤かぶ
11. 2021年8月06日 07:02:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[724]

愚か者が多いな

今後、まともに感染対策もしない人々に感染が増えれば

医療資源は枯渇する

軽症者のトリアージは必要不可欠な対策の一つに過ぎない


http://www.asyura2.com/21/senkyo282/msg/388.html#c11

[経世済民135] 「東京五輪の経済効果」収支はどうなる? 緊急事態宣言延長で2.19兆円の損失 プロはこう見る 経済ニュースの核心(日刊ゲンダ… 赤かぶ
6. 2021年8月07日 22:06:16 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[725]

くだらん批判

元々、オリンピックなどやる必要はないと思ってはいたから、どうでも良いことではあるが

Δ株がこれだけ急速に広がらなければ、逆に中止した方が、莫大な違約金などで、いろいろマイナス効果が大きかったことは明らかだし

最大の感染経路である、巨大な人流、さらに明らかに有害無益な路上飲みや、飲食店への規制すら、ろくにできない自由民主主義の国で、

そんなに急に十分な根拠もなく、きちんと感染抑制策を行っていた半官半民のイベントを中止することなどできるはずもない

(実際、バブル内の陽性率は、愚かな外国の選手たちがいてすら、非常に低く、大部分の感染者は国内の労働者、そして一般国民に比べ厳しくPCRをしているから、ほぼ完全に把握されている)


いずれにせよ結果だけから批判するなど、まさに愚かの極みだ


とは言え、個人的には、今すぐ中止しても特に問題は感じないし

特にパラリンピックなど、全く不要だろう


今後、こうしたくだらないイベントに愚民たちが踊らないようになれば

高い授業料で済んだことになるが

愚かで生産性の低い人々のために莫大な税金を投入し

まともな国民の生活水準を下げて国家を衰退させていくのが、

衆愚政治の日本のやり方だから

残念ながら、あまり期待はできないだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/470.html#c6

[経世済民135] 金持ちのことを心配する貧乏人…実質的失業者は350万人超、消費税廃止で税収は劇的改善(Business Journal) 赤かぶ
22. 2021年8月09日 23:59:06 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[726]

バカだね

別に金持ちのことなど一般労働者は心配していない

単に企業の売り上げが減り、利益が減れば、自分の賃金や下がり

倒産したら、折角、苦労して維持している正社員の地位を失い

さらに悪化すれば非正規の仕事すらなくなる恐怖を

過去のデフレ不況から身をもって体験しているものが多いというだけのことだ


まあ、その恐怖心と正社員への執着が、逆に、日本の生産性を下げ

自分の首を絞めているのだが

囚人のジレンマ同様、部分最適の戦略と言うのは、ゲーム理論的には仕方がないものではある



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/472.html#c22

[経世済民135] 金持ちのことを心配する貧乏人…実質的失業者は350万人超、消費税廃止で税収は劇的改善(Business Journal) 赤かぶ
23. 2021年8月10日 00:18:23 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[727]

>「消費税がないと福祉が立ちゆかなくなる」「財政破綻するのではないか」
>「大企業の課税を強化すれば国際競争力が失われる」
「超高額所得者に総合累進課税を適用したり富裕税を創設すれば海外に逃げて行ってしまう」
> このような言説を根拠に、現在の税制が維持されている。

まあ、現状では、当面は、高インフレにはならないから大きな問題はないが、

実際、富裕層や大企業の資本流出は長期にわたって続き、円の実質価値(購買力平価)は50年前のレベルまで下がっている


さらに今後も超少子高齢化や環境の悪化が続く中で、海外の途上国が成長する中で

生産性が低迷し、企業利益も出ない状況が続けば

インフラ維持コスト、社会保障コストは増え続け、

今の財政赤字はさらに巨額になっていく


つまり、ただでさえ現状では円安になっているのに、さらに円安圧力が強まり

資源も労働力も輸入できなくなって、いずれ高インフレになり、

本当に財政破綻になって、社会保障もインフラも崩壊し

膨大な死者が発生し、ほぼ国家崩壊状況になるだろう


とは言え、海外の人間も、日本人と大して変わらないか、それ以下のレベルだから

国家崩壊になるとしたら、周辺国の軍事安全保障問題や、巨大災害などによるものだろうな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/472.html#c23

[政治・選挙・NHK282] 東京五輪でIOC丸儲けも…日本国民に重くのしかかかる「4兆円の後始末」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
20. 2021年8月10日 21:59:42 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[728]

コロナによる損失は、100兆円を超えるから、今回の4兆円程度の損失は、その余波の一つであり、それ自体は大したことでない

問題は、こういう愚かなイベントに税金を投入することを賛成した、多くの国民がいたということであり

他人から金をむしり取ることばかり考え、自助を嫌う依存的な愚民が増えたことが最大の原因と言える


それがろくに税金も払えず、最低賃金も払えないほど生産性が低い多くの中小零細を中心としたゾンビ企業を増やし

日本だけ、実質賃金が低迷し続ける主因だが

他人に依存する国民と、それに寄生する愚かなメディアや政治が改善される可能性は、ほとんどないので、

今後も、これまで同様、問題が起こると政治批判するだけで

根本的な問題には目をつむり、さらに貧困化が進むことになるだろう


http://www.asyura2.com/21/senkyo282/msg/464.html#c20

[経世済民135] 大企業、資本金1億円に減資の“中小企業化”急増、税負担を軽減…法人税、抜本的見直し議論が浮上(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年8月12日 01:19:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[729]

そもそも中小企業を優遇する税制があるから、こういう愚かなことが起こるし

生産性を上げ、賃金を上げようとする経営者の意欲も下がる

個人も法人も、もっとフェアな制度にして、厳しく監視することが

全体の貧困化を抑制するために重要だが、

相互不信をメディアが煽る一方で、自己利益ばかりを主張する愚民国家では、そう簡単ではない


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/475.html#c2

[経世済民135] 入管の闇…日本で最も過酷な社会的弱者・在留資格のない外国人の現実 医療受けられず死亡例も(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年8月13日 21:56:29 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[730]

いくらでも建前論は言えるが

大部分の国では、自国第一主義であり

自由の国、米国で、不法移民に対して、多くの地方の米国人が、どういう態度かは、トランプ政権のときに有名になったし

富裕国のシンガポールでも外国人労働者への扱いはひどいものだ

そして仕事を争う底辺層ほど外国人に対する排他性は強い

今回に関しても、不法滞在者に対して強制送還を実施していれば問題にすらならなかっただろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/476.html#c5

[経世済民135] 改正銀行法が成立 事業会社への出資緩和(twitter)(コロナ、コロナうるせぇえんだよ。大事な事は、なにも耳に入ってこない。な… こーるてん
5. 2021年8月13日 23:52:51 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[731]

超低金利の現状、銀行のビジネスモデルは完全に崩壊している

放置して淘汰すれば、膨大な中小企業の倒産が進行し

残った生産性が高く体力のある企業の利益率は上がり、賃金も上がるが

一方で失業の嵐と社会保障コストの劇的な増加となり

社会不安が高まる

ま、現実には、銀行の業務拡大だけで、多くの弱小地銀の経営問題が解決するわけではないし

ましてや、中小企業改革が進むわけでもないが

これもシルバー民主主義政治の必然ということだろうな


https://www.yano.co.jp/hirameki/show/id/252
銀行法改正、出資規制と業務範囲を大幅緩和。銀行が銀行であり続けることの意味が問われる

19日、地域金融機関の再編を支援する改正金融機能強化法、出資及び業務に関する制限を緩和する改正銀行法、そして、海外ファンドの参入要件を引き下げる改正金融商品取引法が成立した。超低金利、内需縮小、異業種参入という逆風の中、競争力を低下させてきた銀行の収益機会を拡大させるとともに地域金融の統合・再編を促すことで金融システムの安定と地域経済の支援強化を目指す。

まずは地域金融の立て直しだ。経営統合に際してのシステム投資や店舗網の再編に補助金を交付する。事業承継支援では顧客企業の経営体制の移行に際して最大5年までと限られていた株式保有期間が10年に延長される。経営再建支援でも民事再生企業に限定されていた出資条件が緩和される。地域活性化事業会社に対しては100%の出資を認める。出資条件の緩和は、支援企業の経営に銀行が当事者として参画するという意味において融資とは異なる責任を担うこととなる。

もう一つの目玉は業務範囲の拡大だ。債務保証、ファイナンスリース、M&Aといった従来の付随業務に加え、広範なサービスの提供が可能になる。具体的には自行で開発したシステムやアプリの販売、登録型人材派遣、見守りサービス、ビジネスマッチング、更には蓄積された顧客データの分析やマーケティング、広告業務への進出も可能となる。先月発表された三井住友フィナンシャルグループと電通グループによる共同出資会社の設立も今回の法改正を見込んだものである。

フィンテックを背景に金融ビジネスの規制緩和が進む中、銀行の側の規制緩和、言い換えれば、銀行の一般事業会社化もまた必然であろう。しかし、そうであれば、尚更、銀行はその存在意義を自ら社会に問う必要があろう。出資規制の緩和が単なるファンド化を意味するのであれば、必然として投資効率の高さが支援先企業の選別動機となるだろう。エグジットに対するプレッシャーが被支援企業の本来の事業戦略を歪める可能性もある。
そもそも銀行の規制緩和には、優越的地位の濫用や利益相反のリスクが構造的に内在している。顧客保護、顧客視点に立っての議論も不可欠だ。いずれにせよスルガ銀行や日本郵政グループを反面教師として、過度な利益追求によるコンプライアンスの逸脱がなきよう願う。

今週の“ひらめき”視点 5.16 – 5.20
代表取締役社長 水越 孝

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/477.html#c5

[経世済民135] 改正銀行法が成立 事業会社への出資緩和(twitter)(コロナ、コロナうるせぇえんだよ。大事な事は、なにも耳に入ってこない。な… こーるてん
6. 2021年8月13日 23:55:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[732]

>コロナ、コロナうるせぇえんだよ。大事な事は、なにも耳に入ってこない。なんだコレ!え?


しかし、情報が遅すぎるな

大分前の話だ

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/477.html#c6

[経世済民135] 日本郵便の常務、内部通報者の情報を“脅し”加害者の郵便局長に漏洩…全特、いまだ隠然たる力(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年8月14日 00:05:00 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[733]

>増田社長のリーダーシップが問われている。岩盤のように固い、全特の既得権を壊すことができるのか

無理だな

国鉄同様、国に守られた親方日の丸の体質は、そう簡単に消えるものではない

デジタルの時代、完全に時代遅れで、大部分の郵便局など不要

さっさと民営化して、淘汰を進めた方がいい


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/478.html#c2

[経世済民135] 日本株の低迷は「日銀の金融政策」が原因か 先行きをまったく見ていない(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
3. 2021年8月14日 16:42:19 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[734]

くだらん

日銀のせいというより、超少子高齢化と生産性の低迷、IT化の遅れ、中小や既得権産業への保護による非効率なゾンビ企業の延命で、日本の企業が欧米より稼げていないというだけのことだ

直近に関しては、コロナの影響が、デルタ株のせいで、これまでより大きくなってきたことも大きい

そして米国株は、財政過剰支出とFRBの過剰緩和によるITバブルに近いし

不動産に関しては世界的にもバブルに近く、多くの一般労働者の賃金上昇を上回って、生活ができなくなっている

つまり、これ以上、日銀に期待するのは有害無益であり

日本がなすべきは、IT&デジタル改革の加速、企業統治の改善

そして中央&地方政府による効率的な財政支出と、行政改革、非効率な社会保障&医療改革だ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/479.html#c3

[経世済民135] 日本株の低迷は「日銀の金融政策」が原因か 先行きをまったく見ていない(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
4. 2021年8月14日 16:49:45 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[735]

>日銀は3月以降、ステルステーパリング(密かな金融引き締め)を強行

ついでに言えば、円の実質実効レートは超金融緩和政策と、非効率な巨額の財政支出のせいで

50年間の水準まで落ち込んでおり、日本人の実質賃金は韓国以下になっている


これ自体は、日本企業の生産性の低下と、非効率なバラマキの必然だから

日銀による金融ファイナンスは今後も続けざる得ないが


現状で、これ以上、金融緩和(マイナス金利深堀、債券や株の買い入れ)をしても、ほとんど有害無益に過ぎないし

既に日銀による市場支配が進んでいる状況で、株買などやるべきではないし

国債に関しても、YCCで十分過ぎるだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/479.html#c4

[経世済民135] オムロンの遠隔医療サービス、世界で重要度高まる…国の医療費抑制と予防医療に大きく貢献(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年8月17日 22:56:40 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[736]

リモート診療の促進と加速は、日本に限らず、世界全体にとって望ましいだろう

今後は、世界全体でも高齢化は進展していくし、新興国の所得が上昇していけば

医療と社会保障コストが彼らの生活水準と幸福度を押し下げ、財政の悪化を招くだけでなく、

介護労働などで若年層の雇用の質を劣化させ、政治を不安定化し治安の悪化を招く

健康悪化による労働供給の減少や、サービス消費の低下を引き起こせば

外需やインバウンド、海外労働力に依存する日本経済を悪化させることにもなる

逆に言えば、ITとAIを活用した高付加価値サービスの開発と輸出は、日本にとって大きなプラス要因ということだが

特にソフト分野では海外企業との熾烈な競争が待っているので、そう簡単ではない


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/481.html#c2

[経世済民135] オムロンの遠隔医療サービス、世界で重要度高まる…国の医療費抑制と予防医療に大きく貢献(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年8月18日 00:25:26 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[737]

今でもリモートでもスマホを使えば高解像度の画像や脈拍、血糖値など、様々なデータを取得できるから、高齢の慢性病患者にとっては非常に良い

きちんと患者の発言や顔色を診ずにデータだけで診断して大量の不要な薬を処方する医師よりも遥かにマシであり、

さらに今後、中規模のドラッグストアに血液・尿・便の検査やMRI等の測定を可能にする医療機器を設置できれば、膨大な画像やデータに裏打ちされたAIの診断の方が、ほとんどのケースで低コストかつ効果的で、すぐに薬も処方できて便利だ

いずれ、手術などで必要なテクニシャンや装置の管理者さえいれば、よほどの名医以外は、不要になるだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/481.html#c4

[政治・選挙・NHK282] 菅首相の頭の中は横浜市長選でいっぱい…コロナ対策そっちのけ、弟分応援のデタラメ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
10. 2021年8月18日 11:05:54 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[738]

それ以上に、総裁選や総選挙の方が気になっているに決まっている

横浜は試金石だから気になって当然だが

コロナが落ち着くかどうかの方が、遥かに重要だし

それでも負けるのは確実だろう

過半数割れを防げたとしても、今後の政治が不安定化するのは確実であり

市場も、それを織り込み、投資家や経営者のマインドも冷えていくから

日本経済や、雇用が悪化していき、さらに貧困化が加速していく可能性は高いだろう

これも政治を批判するばかりで、自分たちは何もしない愚かなメディアと

それに踊らされる愚民たちの自業自得ではあるが

日本に限らない話ではある



http://www.asyura2.com/21/senkyo282/msg/577.html#c10

[国際30] ワシントンは世界の悪の中心(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
4. 2021年8月20日 01:38:25 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[739]

未だに、こんな愚かな反米宣伝を書いているのか

米国など既に世界の中心でも何でもないし

欧米の自由や民主などの価値観すら、まともに評価されず

経済的な利益を先進国から搾取するためのツールに過ぎない


もうとっくに世界は、多極化し、自国中心主義の中ロや

中東やアフリカなど多くの腐敗国家、専制主義国家が争う多極世界となっている

それがわからない愚民国家は搾取され衰退し続けることになる
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/795.html#c4

[国際30] 危険性の高いCOVID-19ワクチンの接種を強制したがる私的権力(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
5. 2021年8月20日 01:45:19 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[740]

副反応のリスクは非常に小さく、メリットは非常に大きいのに

未だにこれだからバカは死ななければ治らないのだろう


もちろん、ワクチン拒否は自由だから好きにすれば良いが

重症化して死ぬか、後遺症で死ぬまで苦しむリスクの方が遥かに高いし


己の愚かな決断で、家族や知人に同じリスクを押し付けることにもなり

さらに医療崩壊も加速する


こういう愚民はトリアージできるとベストだが

日本などでは難しいから、反民主主義国勢力が、こういう宣伝を行うわけだ



http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/796.html#c5

[経世済民135] 東証「プライム市場」判定、企業が戦々恐々…脱落なら株価暴落や資金調達に支障の懸念も(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年8月24日 00:48:57 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[741]

東証1部上場企業は、数が多すぎて、多くがカスだから

少数精鋭のプライムの方が、一般投資家にとって安心して投資できるのは間違いないが

本当に自分のビジネスと資金調達に自信がある経営者と主要株主なら、逆に浮動株を買い取って上場停止にするという手も悪くはない


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/488.html#c3

[国際30] <女性を火あぶりに…>アフガン制圧1週間 米軍協力者8万人に襲い掛かるタリバン「残虐行為」の実態(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
9. 2021年8月25日 04:07:59 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[742]

世界最強の軍事力をもつ米国が、数百兆円の血税と兵士の命を注ぎ込んで

自由と民主主義を実現しようとした結果、腐敗した政権と

権利ばかり主張する身勝手で戦う意思もない愚民国家となり

パキスタンの支援するタリバンのテロ戦略の前にあっさりと敗北した


アフガンの資源を狙う中国やロシアが自由と民主主義を嘲笑して好き放題するのも無理はないが

彼らにとってもイスラム原理主義は油断のならない敵だから、当然、今後も多くの戦いや

タリバンによる暴行、海外からの厳しい経済制裁、そして悲惨な衣食住の欠乏は続き、無力な一般国民の苦難は続く

自力で国家を守ることのできない集団の当然の末路ではあるが、

安全保障を、その無責任国に依存し、スイスのように徴兵制すらできない

平和ボケ護憲国家にとって、他人ごとではない


https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66602
ロシア議会選挙、目的は抑圧と空疎な儀式 勝利が確実なのにプーチン体制は何を恐れているのか
2021.8.24(火)

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66605

米軍機の人落下を揶揄の中国総領事、日本へほっこりツイのなぜ?
粛清人事余波で着任、中国在阪総領事が「戦狼外交」前面に大暴れ
2021.8.24(火)
吉村 剛史
followフォローhelp
中国 アジア・オセアニア
シェア84


共有する
1
2
3
4

8月16日、カブールの空港で何とか国外に脱出しようと米空軍のC-17輸送機の周囲に集まったアフガニスタンの人々。この日、離陸するC-17輸送機にしがみ付いていたアフガニスタン人男性7名がその後に上空から落下、死亡した(写真:AP/アフロ)
ギャラリーページへ
(ジャーナリスト 吉村 剛史)

 中国が反政府武装勢力タリバンの政権掌握を容認し、これに協力する姿勢を示しているアフガニスタンの最新情勢。米軍の撤退を受けて米中対立の最前線に位置する台湾などでは衝撃が広がっているが、日本では意外なことに東京ではなく大阪が中国の「対日世論揺さぶり」の最前線となっているようだ。

 その“プロパガンダ”が「あまりに非常識」と批判を浴びている。

 批判を浴びているのは、知日派の前任トップがわずか在任10カ月で姿を消すなど“粛清人事”が疑われる駐大阪中国総領事館に、6月末に着任したばかりの新任総領事。自身のツイッターで、アフガニスタンの首都カブールの空港から脱出する米軍機から人が転落する様子を揶揄するような内容のツイートを発信していたのだ。台湾でもその異様さが注目され、「外交官としてあり得ない姿勢」「人命に対する感覚が麻痺しているとしか思えない」などと波紋が広がっている。

揶揄ツイートに「外交官としてあり得ない」の声
 米国との覇権争いを演じ、強権的な「戦狼外交」を展開する習近平指導部。その中国を体現したかのような異様なツイートを発信していたのは、今年6月27日に大阪に着任したばかりの薛剣(せつけん)氏(53)だ。


過激なツイートを発信する新任の薛剣・駐大阪中国総領事(同総領事館ホームページより)
ギャラリーページへ
 問題となったツイートは、「20年かかって、アメリカはアフガンでこんな『成果』を挙げた」という内容で、向かい合う米機2機のイラストが配され、その片方には「2011年、アフガンに侵入した時」として爆撃機らしき航空機が爆弾を投下する様子を、もう一方には「2021年、アフガンから撤退する時」として輸送機らしき航空機から人間がバラバラと落ちる様子を表現していた。ツイートには「#アフガン」のハッシュタグも。


新任の薛剣・駐大阪中国総領事による問題となったツイート
ギャラリーページへ
 イラスト後段はカブールの空港で8月16日に起きた混乱により、離陸する米軍機にしがみついたアフガニスタン人が機から落下し、死亡した問題を揶揄していたとみられる。事実あわただしく離陸する米軍機から人が落下する映像などはSNS上で拡散され、国際社会のみならず米国内でもバイデン政権に対する批判が起きていた。

日本に向けては「ほっこりツイート」も…
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/809.html#c9

[国際30] ワクチン接種が進んでいるイスラエルで感染拡大、米国が渡航を避けるように告知(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
3. 2021年8月25日 04:18:18 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[743]

相変わらず、日本を崩壊させようとする悪質な反日記事を垂れ流しているようだが

ワクチン接種していなければ、被害は遥かに甚大になるのは、

接種率の違う国家間で感染者数と死者を比較してみれば歴然だ


https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/death.html
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/810.html#c3

[国際30] ワクチン接種が進んでいるイスラエルで感染拡大、米国が渡航を避けるように告知(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
4. 2021年8月25日 04:34:05 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[744]

ちなみに超高齢化社会である日本で、仮にワクチン接種が遅れていれば、今回のΔで膨大な高齢者の重傷者と死者が発生し、医療崩壊が、もっと早くから長期にわたり発生し続ける事態になっていたのは間違いない
(長期的に見て日本にとって悪いことかどうかは、また別の話だが)

また人流の抑制も早期に行われ、非常事態法制の整備も急速に進み、人々の行動制限などの基本的な人権や法人の権利が制限されれば、逆に現役世代で健康な人々の死者は抑制される可能性もあった

確かに目先の人命を救う効果はあったとしても
高額な抗体カクテル療法もそうだが、海外への医療依存とマネーの巨額の移動も発生するので
今回のワクチン等の功罪は簡単には判断はできない


http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/810.html#c4

[経世済民135] 経済衰退の地方県内で融資を奪い合い…地方銀行、希望なき業界再編、2番手以下が生き残りかけ(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年8月25日 18:12:28 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[745]

地銀に限らず、放置しておけば、いずれ淘汰が進み、利益がだせるようになる

利益を出せないゾンビ企業(主に中小の非製造業)を無理に救済しようとするから、

超金融緩和で金利は上げられず、税収も得られないどころか、逆に膨大な税金が補助金名目で浪費されることになった


その結果、巨額の財政赤字が残るだけでなく、

新規の投資は海外に逃避し、生産性もGDPも下がって、賃金水準は韓国以下で米国の半分にまで落ち込むことになって貧困化が加速したわけだ

いずれ日本に働きに来る外国人労働者は、まともに日本語も使えない難民ばかりとなり、さらに社会保障コストばかりが増えていく

昔から言い古されてきたように、超少子高齢化にあわせた国家構造へと抜本的に変化していく必要があるし、

逆に、それが実現できれば、世界のモデル国家になるのだが、現状では、到底、無理だろう


https://bangking-yeah.com/2020/07/27/imaginary-growth/

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/489.html#c3

[国際30] アフガニスタン:アメリカの国家的当惑の瞬間(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
2. 2021年8月25日 18:36:27 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[746]

政権交代とは無関係に、日本では電通など官僚や政治家と癒着した民間企業への丸投げで、膨大な税金を浪費して、非効率な財政支出を繰り返しているのと同様、

米国でも、もっと愚かで凄まじい浪費が行われていたというわけだ

日米に限らず(もちろん民主主義国にも限らず)、金を払う人間(国民、政治家、官僚・・)が愚かで無関心だと、必ず、こういう腐敗は発生し

破綻して初めて騒ぐことになる


https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/08/post-96974_3.php
アフガニスタン政府軍はなぜあんなに弱かったのか、米政府はこの浪費を説明せよ
Taliban Didn't Win in Afghanistan, the Defense Contractors Did

2021年8月25日(水)13時42分
サキブ・クレシ(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員研究員)


カブール陥落前のアフガニスタン政府軍兵士
首都カブール近郊の検問所で機関銃を構えるアフガニスタン政府軍の兵士。4カ月後、カブールはあっさり陥落した Mohammad Ismail-REUTERS  

<2兆ドルも費やして戦果はゼロ。アフガン軍が弱い金食い虫だった責任の一端は、アメリカが大々的に戦争を委託した民間軍事会社のせいもあるのではないか>

カブール陥落以後の1週間、これほどアフガニスタンについての情報があふれたことはないだろう。だが、アフガニスタンにおけるアメリカの戦争が、不透明で説明責任とは無縁の民間軍事会社に大々的に委託されていた事実については、ほとんど触れられることがない。

民主的なアフガニスタン建設のためとされた戦争は、これ以上なく非民主的なやり方で遂行されていたのだ。

いかにして、そしていかなる理由から、これほど重要な戦争の大きな部分が民間軍事会社に委ねられたのか。そうしたやり方はアフガニスタン政府軍や政府の瓦解の原因とも関連しているのか。アメリカはこれらの点にきちんと向き合う必要がある。

これは、世界最強の国家が外交政策のかなりの部分を納税者に対する説明責任をもたない民間企業に委ねることの是非をめぐる議論の入り口になる。実情が明らかになれば多くのアメリカ人が怒りを覚えるはずだ。

アメリカの金はいかに浪費されたか

実際何が起きたのか、どれほどの国費が無駄遣いされたのか、ジャーナリストは金の流れを追ってその本分を果たすべきだ。責任追及もしないまま、この問題を終わらせてはならない。

アフガニスタンの国土は険しく山がちだ。それもこの国が「帝国の墓場」と呼ばれるゆえんだろう。緑豊かな森林は国土のたった1%に過ぎない。アフガニスタンのある優秀な役人が、緑色の迷彩服を兵士に着せるのはばかげていると判断したのもそのためだ。にも関わらず、そんな役に立たない迷彩服のために、アメリカは総額2800万ドル(米国民1人あたり25セント)もの金を払った。

もっとも、政府軍がタリバンと戦いもせずあっという間に姿を消したところを見ると、この迷彩服も多少は役に立ったのかも知れないが。

調べれば調べるほど、驚くような金額と汚職の数々が白日の下にさらされるだろう。アフガニスタン復興担当特別査察官事務所(SIGAR)は2018年、アメリカの国費約150億ドルが無駄遣いされたり不正流用されたと明らかにした。また08年以降、米政府はアフガニスタンの建物や自動車のために80億ドルを費やしてきたが、大半は破壊されたり放置されたりして、まともに使われているのは10%に満たなかったという。


次のページ無能な軍隊で幸いしたこと

その軍が崩壊したのは不幸中の幸いだったかもしれない。メンテナンスがよければ、タリバンの手に渡る武器や備品はもっと増えていたかもしれない。一部のアフガニスタン人パイロットは軍用機で国外に逃亡したが、アメリカは彼らに感謝すべきだろう。アメリカ製の最先端の軍用機が、タリバンの手に落ちずいすんだのだから。

もちろん、タリバンの手に渡った武器も多く、そうした武器の一部は、援助や投資と引き換えにアメリカのライバルの手に渡るだろう。前例もある。米軍がパキスタン北部のアボタバードでウサマ・ビンラディンを殺害した際、作戦に参加して墜落した米軍機は中国の手に渡ったのだ。

こうした数字を全て合わせると、アフガニスタン政府軍の増強にアメリカが拠出した額は約830億ドルに達する。20年に及んだアフガニスタン戦争全体に費やした額は2兆ドル近い。数多くのアメリカ人がこの戦争で命を落とし、さらに多数が重傷を負い、心的外傷を負った。

「いいカモ」だった政府軍
もしかすると責任の一端は民間軍事会社への委託のあり方や、請負う側の姿勢にあるのかも知れない。

この春の時点で、アフガニスタンには約7000人の請負業者がいて、アフガニスタン陸軍の運営を支えるとともに空軍を機能させてきた。最終的にアフガニスタンが自力で軍を維持できるわけがないのを分かっていて、なぜアメリカは軍備を増強しようとしたのだろう。戦争で大もうけする請負業者やその仲間たちが、米軍が撤退した後もアフガニスタン政府軍との関係を維持することで多額の利益を得ようとしていたためではないだろうか。

タリバンからの大きな脅威にさらされている限り、武器と専門知識に対する政府軍のニーズは常に高く、それは非常にカネになるビジネスになるはずだった。

もちろんこれは推論に過ぎず、調べてみなければ実際のところは分からない。アフガニスタン政府軍は姿が消してしまっても、われわれはその理由を問うべきだ。


次のページタリバンとまた戦うべきか
将来的に、われわれは再びタリバンとの戦争に踏み切るべきなのか。アフガニスタンの全権を掌握したタリバンが昔の残忍なやり方に戻りつつある中、これは切迫した問いになっている。少なくとも、タリバンがイスラムの教えを勝手に変えたりねじ曲げたりするのは間違いない。昔のアフガニスタンはもっとリベラルで寛容だった。そうした状態を取り戻すのは不可能ではない。

透明性と誠実な対応を求める権利は、アメリカ国民だけでなくアフガニスタンの人々もある。

(この記事に書かれているのは筆者個人の見解です)

<参考記事>
米軍の撤退と共に壊走するアフガン軍部隊 支配地域広げるタリバン
<カブール陥落>米大使館の屋上からヘリで脱出する「サイゴン陥落」再び
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/811.html#c2

[経世済民135] 捕鯨、再開から2年で八方塞がり…鯨肉の需要低迷、“補助金漬け”の商業捕鯨に限界(Business Journal) 赤かぶ
7. 2021年8月28日 15:14:43 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[747]

欧米では、犬や猫、クジラ類は仲間や家族なので、食べると批判するが、牛や豚は平気

イスラムでは豚はダメ インドでは牛はダメ

韓国は犬OK

中国は、何でもOK

日本は、仏教国で以前は4つ足は全部ダメで、手足のないクジラ類はOKだったが、今は、欧米に近づいている


個人的には、数の少ない絶滅危惧動物(特に生息数がわからないシロナガスなどのクジラ類)は、食べない方が良いと思うし

環境破壊になる牛などは数を増やさないため乳牛に限定した方が良いだろう
(乳も豆乳などで代用できる)

例外は過剰な動物、鹿、🐗、ドブネズミ、ゴキブリやバッタなどの昆虫類

なども殺処分して加工し食用、飼料や肥料等に利用すると良いだろう

その中でも特に有害で過剰なのはヒトであり、これを減らせば、全ての問題は解決する


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/492.html#c7

[経世済民135] スズキはトヨタの“下請け”になるのか?トヨタのアフリカ進出の“先兵”に(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年8月29日 00:14:37 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[748]

潰れて、大量の解雇者を出し、例によって中国に技術流出するよりはマシだろう

しかしトヨタとて、長期的には危ういのだから

時代の先を見て、成長市場のある高付加価値技術の開発を怠れば

死あるのみだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/493.html#c2

[経世済民135] 菅首相「地銀は多すぎる」は本当か…地銀再編が進まないワケ…系列の呪縛とプライド問題(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年8月31日 00:44:03 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[749]

正社員を解雇できない日本で、多くの高賃金正社員を抱える不良地銀を潰さずに、優良行に統合を期待するなら進まないのは当然だ

いずれ救済のため、また日銀特融という名目で巨額の税金が投入される可能性が高いが

その場合、厳しい規制と融資への監視の目で地銀はさらに追い詰められることになる

当然、国内の実体経済への投資が低迷し、不採算低生産性企業の延命で、さらに企業の生産性の低迷は続けば、これまで以上に、日本経済は衰退し、賃金は下がり、負担は増え続けて、貧困化が加速していくことになる

今後も、温暖化災害が繰り返し起こり、さらに巨大地震が発生すれば、高インフレを引き起こし、
金融緩和も不可能になって、財政破綻や企業連鎖倒産という事態が起こる可能性は非常に高いだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/495.html#c5

[経世済民135] 楽天、格付会社が投機的水準に引き下げ…携帯事業で財務悪化懸念、中国リスクを米国が注視(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年9月01日 01:37:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[750]

携帯の失敗以前に、国内の純EC市場ですらAmazonに追い抜かれた

グローバルに構築された技術とサービスレベルの違いによる必然ではあるが

これで楽天が破綻したら、日本のメジャーECは、ほぼ壊滅だな

https://www.makeshop.jp/main/know-how/knowledge/ec-site-ranking.html
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/496.html#c4

[経世済民135] 日本経済、“幸運”の終焉…米中分断で最も打撃を受ける日本、危機的状況との認識が希薄(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年9月05日 05:12:28 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[751]

何を言っているのか

多くの企業や投資家は、とっくに厳しい危機感をもっている

市場を見れば明らかな話だ

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/503.html#c2

[経世済民135] 日本経済、“幸運”の終焉…米中分断で最も打撃を受ける日本、危機的状況との認識が希薄(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年9月05日 05:19:47 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[752]

>国内での議論を見ていると、日本経済が岐路に立たされているという認識そのものが希薄

まあ、大部分の一般国民が愚かで、その結果、メディアがゴミであり

政治家のレベルも低いことは

コロナ騒動においても明らかな話だが


敗戦により、エリートや格差を嫌う(しかし自分の既得権にはこだわる)日本人が

主流化した必然なので、長期的な衰退と貧困化は必然として諦めるしかないだろう


欧米が日本よりそれほど優れているわけでもないし

いずれ奢れる中国も衰退し、そのアジア覇権もピークを迎える

ヒトの歴史とはそういうものだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/503.html#c3

[経世済民135] 横浜に2650万で中古マンションを買った「年収530万夫婦」の悲劇…3年で家を手放したワケ(現代ビジネス) 赤かぶ
2. 2021年9月05日 05:23:28 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[753]

>購入当時、値上がりの情報は知らされていましたが、実際に住居費が増えてみると、その負担は思った以上

バカの典型だな

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/501.html#c2

[経世済民135] スクリューフレーション深刻…低所得者層の実質購買力低下で家計苦しく、富裕層と格差拡大(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年9月05日 05:33:28 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[754]

あほらしい

コロナ騒動による供給不足、温暖化災害、そして経済のブロック化はとっくにわかっていたこと

そして日本のインフレも資産格差も海外に比べれば全然大したことはない


また中国の共同富裕(ただし共産幹部は除く)や、欧米など世界的な累進課税の潮流は日本にもやって来ているので

元々、ポピュリズムだった日本の自民党は、さらにバラマキを加速するだろう


つまり日本では格差拡大よりも、これまで同様、ゾンビ中小や既得権企業の生産性問題による実質賃金の低迷と、
超少子高齢化と温暖化災害による社会保障や地方インフラコストの方が、遥かに深刻な問題として、のしかかり続け、相対的な貧困化が続くことになる


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/498.html#c3

[経世済民135] 東京五輪の裏で、秘かにカメラメーカーの争いも白熱…ソニーの大躍進で勢力図が一変(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年9月05日 05:47:13 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[755]

狭い国内中高年市場、つまりコップの中の争いだな

世界ではカメラ市場は縮小し、

カメラはスマホ機能の一つに過ぎず

国内のカメラ市場全体で488億円、Apple1社のスマホ売り上げ17兆円に比べて

0.3%にも満たない


https://iphone-mania.jp/news-364750/
2021年4月30日 08時09分
読了まで 約 1分54秒
2021年第1四半期のスマホ売上高が10兆円を突破〜Appleが42%のシェア

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1303831.html
2020年のデジタルカメラ総出荷は888.6万台。前年比4割減
CIPAの2020年12月統計および年間累計より


2020年の累計
世界全体のデジタルカメラ年間累計出荷台数は888万6,292台で、金額が4,201億3,770万6,000円を記録した。前年比では台数が58.5%(前年:1,521万6,957台)、金額が71.6%(前年:5,871億4,300万2,000円)だった。

日本国内のデジタルカメラ全体の出荷台数は129万5,575台(前年比55.9%)、金額は488億5,860万2,000円(前年比64.3%)だった。とくに一眼レフカメラの減少幅が大きく、台数が11万7,491台で前年比40.8%、金額が68億4,446万9,000円で前年比49.8%という結果だった。ミラーレスカメラは台数が32万8,571台(前年比60.3%)、金額が268億8,425万6,000円(前年比76.3%)を記録している。

2020年は年間をとおして、世界全体で総出荷台数および金額が低調に推移した。とくに2月から5月にかけては長期間にわたり減少傾向を示しており、年間累計としてもCIPA統計にミラーレスが含まれた2012年から最低水準の結果となった。しかし、6月から年末にかけては増加傾向もあり、12月の金額が前年同月(421億3,945万6,000円)を上回るまでの回復を見せた。2021年に入り、既にミラーレスカメラの新機種も複数台発表された。2020年か

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/502.html#c2

[経世済民135] 限界集落で暮らす「ニート11人共同生活」の知られざる実態(FRIDAY) 赤かぶ
2. 2021年9月05日 22:11:20 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[756]

>最寄りの駅からクルマで1時間半、携帯の電波もほとんど入らない山奥のシェアハウスで20〜40代の男女が快適
>アフィリエイトやブログ収入で、年収で30万円ぐらい
>買い物は一週間に1回、車で1時間かけてスーパー


当然、若いうちは良いだろう

しかし子供が大きくなったら、教育やそのコストはどうするか
さらに30年後、高齢化が進んだら、医療や介護、買い物はどうするか

温暖化災害で、土砂崩れなどが襲ったら?
健康だとしても家やインフラの再建はどうするか?

様々なリスクの結果、これまで過疎が進行していたわけだし
残った高齢者は、都市部住人からの巨額の血税の投入がなければ、どうにもならない

よほど低い生活水準や家族の死亡を覚悟しない限り
持続可能性に関しては、かなり絶望的だろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/504.html#c2

[経世済民135] 限界集落で暮らす「ニート11人共同生活」の知られざる実態(FRIDAY) 赤かぶ
3. 2021年9月05日 22:14:40 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[757]
>「ニート11人共同生活」
>使った食器はすぐに洗う、集落の行事に参加する、半年に1回大掃除をする、月に数回夕食を作る

そもそも年収30万の時点で、ニートとは程遠く、

いろいろな家事も行っているから、完全なタイトル詐欺だな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/504.html#c3

[経世済民135] 田舎で倒れた父親を「特養老人ホーム」に入れた50代サラリーマン男性の悲劇 意外な“想定外”がたくさん起きた(マネー現代) 赤かぶ
3. 2021年9月09日 02:36:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[758]

扶養の義務は、親であっても、∞ではない

親に年金収入があるなら、子供に支払い責任はないので、弟と同様、親関連の費用の請求は無視すればよい

気の毒だが病院は親本人に請求することになり、裁判で銀行に支払い命令が出れば、それで問題は解決する



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/510.html#c3

[経世済民135] 田舎で倒れた父親を「特養老人ホーム」に入れた50代サラリーマン男性の悲劇 意外な“想定外”がたくさん起きた(マネー現代) 赤かぶ
4. 2021年9月09日 02:39:45 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[759]

いずれにせよ、こういう低レベルな親の場合、

縁を切る覚悟がないのであれば、事前に、きちんとコミュニケーションをしておくべきだったというのは間違いないことだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/510.html#c4

[経世済民135] 田舎で倒れた父親を「特養老人ホーム」に入れた50代サラリーマン男性の悲劇 意外な“想定外”がたくさん起きた(マネー現代) 赤かぶ
5. 2021年9月09日 02:42:32 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[760]

ちなみに弟も、全く支払い責任がないわけではない

相手の状況によっては、請求も可能であることを知っておいても損はない

https://kaigo.homes.co.jp/qa_article/119/

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/510.html#c5

[経世済民135] 伊勢丹に象徴される百貨店の体質…同社は社員を「忠勤者」と呼んで墓までつくっていた 佐高信「この国の会社」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
3. 2021年9月10日 03:29:57 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[761]

>多分、上田は「忠勤者之墓」には入れられなかっただろう。これほどの“忠勤者”はいないと思うのに

勝てば官軍 負ければ賊軍が世の習い

小菅家支配が終わり、しかも法律違反(日本国に負けた)のだから当然のこと

無謀な第二次世界大戦の大失敗の後に、責任をとった東条など、
大日本帝国への忠勤者が国賊のA級戦犯として処刑されたのと同じことだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/515.html#c3

[経世済民135] 九州、戦国時代の“三国志”再燃?九州・金融界トップの座争い容赦なき地銀再編が激化(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年9月13日 11:57:03 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[762]

くだらん
まさにコップの中の争い

さっさとM&Aなどで統合すれば良いだけのことで

遅れれば、遅れるほど、金融ビジネスの高収益化だけでなく

九州経済も低迷が続く



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/518.html#c2

[経世済民135] 「ゼロ金利下なら財政再建は不要」は正しいのか?財政再建目標をPB黒字化に変更した弊害(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年9月15日 20:27:25 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[763]

何が重要なのかを、小黒は理解していない

>「ゼロ金利下なら財政再建は不要」は正しいのか?

金利の値と財政再建の必要性は無関係だから、正しくない


また政再建目標をPB黒字化にするのが誤りなのは、その通りであり、

自国通貨建て国債が可能である限り、
高インフレもしくは財政破綻による国民
(主に高齢者など、自分で稼ぐ能力が低い経済弱者)の
実質的な生活破綻を抑制するには

ドーマー条件を満たしていることが必要という指摘も大体正しい


だから、
>一定のPB赤字が存在すれば、債務(対GDP)が時間の経過で雪だるま式に増加してしまう

という主張はGDP比で言えば誤りであり、財政破綻とは関係ない。


また小黒自身が書いている通り、GDP比の累積債務はδ/nに収束する。
つまり成長率=nと、財政赤字(対GDP)=δの比で決まるが、
δ/nの値が大きいから、財政破綻するわけでもない。


例えば、産業の生産性が高く、国内生産力が十分あり、
国内産業や生活に必要な財サービスの輸入と、国内需要を満たすことが問題なく行える限り
名目で財政赤字額がいくら増えても、それだけで財政破綻など起こらない

生産力が高く、需要も急上昇しない状況では、インフレ率が急上昇しないため、
仮に投機的な国債の売却がなされても
日銀の国債購入が可能なので、破綻しようがないということだ


逆に言えば、既得権産業やゾンビ中小企業ばかりを援助して、生産性の高い大企業叩きを行って
国内産業の生産性が低下し、国際競争に敗れて空洞化が進めば、税収も賃金も停滞し


膨張する医療介護年金といった社会保障や地方インフラ維持のための財政赤字を支えるため
日銀財政ファイナンスもやめられず、交易条件悪化の円安インフレが急進した場合に
いずれ確実に財政破綻するとも言える

重要なのは、常に、生産性ということだ

それが進まなければ、貴重な女性の労働力を、生産性が低く低賃金の介護や飲食、小売りで浪費し、
仮に増税して財政破綻が起こらないとしても、
日本の貧困化は続き、いずれ北朝鮮以下になっても不思議ではない

既に多くの下層国民は、韓国や中国の中流層以下の賃金しか得られないことからも明らかなことだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/519.html#c2

[経世済民135] 「ゼロ金利下なら財政再建は不要」は正しいのか?財政再建目標をPB黒字化に変更した弊害(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年9月15日 21:07:44 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[764]

経世済民の基本はバラマキでも増税でもないことは

一国を村だと考えれば明らかだろう

村民が、智慧を働かせ(究極的にはAI)、高度な道具(究極的にはAIロボット)を使って効率よく働き、
周囲の村が欲しがるような、高級な製品や高度なサービスを生み出すこと
(高い生産性の実現+安全保障)

全員が、健康で文化的で、十分物質的に満足できる生活を送れるようにすること(十分な再分配)

ムダな労働はせず、資源の浪費や、環境・生態系への負荷をかけないこと(ESG)

そして、村内で、邪悪で狡猾な人間が悪事を行わないように適度に監視し
さらに悪い村からの暴力・略奪(戦争)が起こらないように、しっかりと治安維持のシステムを良い村と共同して構築して(専守防衛+集団安全保障)、

後はできるだけ自由にやらせることだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/519.html#c3

[経世済民135] 中国の不動産大手「恒大集団」30兆円破綻へ秒読み。焦る習近平の悲惨な末路  黄文雄(まぐまぐニュース) 赤かぶ
8. 2021年9月22日 00:40:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[765]

愚かな記事
仮に習近平が、よりモラルハザード抑制を重視するとしても
リーマンタイプの破綻になる可能性はかなり低く
せいぜい米株への影響は-20%、日本株への影響は小さい


そして現実にはLTCM型の破綻処理を、より厳しくした形
つまり債務カット型の処理で終わる可能性が高いだろう
その場合、下押しはせいぜい10%程度

つまり今回も下押しは買いチャンスだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/524.html#c8

[経世済民135] 金融庁で「必要な監督・対応」と官房長官、みずほへの業務改善命令報道(REUTERS)(結果的にそうなったのか、そういう計画だった… こーるてん
2. 2021年9月24日 01:27:41 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[766]

金融庁が管理したところで、みずほの根本的な問題が解決するわけではないが

リスクが政府に分散された分、投資家にとっては多少はプラス要因とは言えるが

株価に反映されるかは微妙なところだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/530.html#c2

[経世済民135] 緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い? 話題の焦点(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
3. 2021年9月27日 13:25:37 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[767]


>協力金をもらえるだけもらって、コロナが終息したら店を畳む

こういう不正受給のフリーライダーがいるから

協力金など渡さず、どんどん廃業させればよかったのだが

後の祭りだな



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/534.html#c3

[経世済民135] 85歳母親「老人ホームに入らなかった」せいで老後生活が崩壊…お金をケチった子供たちが招いた悲劇(現代ビジネス) 赤かぶ
7. 2021年9月27日 13:34:22 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[768]

>90代になってからの生活は悲惨〜晩年まで確かに自由で自立していたが、とても人間らしい暮らしではなかった。そして、やっと子供たちが介護認定を受けさせ施設に入ったのは死ぬ一年前

完全に自業自得だし、大して悲惨な生活でもない

いくら小綺麗でも何も自分でできない不自由な施設に押し込まれるよりも

遥かにましだ

子供や社会の税金も浪費せず、本人の意思なのだから別に問題はないだろう


一番困るパターンは、認知症になって、金を犯罪者にだまし取られ

親族だけでなく社会に大迷惑をかけるバターンだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/533.html#c7

[経世済民135] なぜ日本人の給料は韓国人より年間38万円分も少なくなったのか?  大村大次郎(まぐまぐニュース) 赤かぶ
10. 2021年10月06日 07:01:42 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[769]

韓国は財閥中心経済で、大企業の生産性は当然高い。

さらに日本の新自由主義wのアベノミクスのように生産性が低く低賃金のゾンビ中小零細を救済することなどなく、最低賃金も引き上げて、倒産を促すから、失業率は高い

だから欧米のように賃金も高くなる。


また社会保障は劣悪で、高齢者など弱者は低所得の請負労働になるが、それは賃金には反映されないことも韓国の賃金を底上げする効果が大きい

今後、右も左も、世界の潮流に乗って、さらにポピュリズム化し、インフレも強まっていくから、
分配を強化する日本の実質賃金の低迷が続く可能性は高いだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/544.html#c10

[経世済民135] なぜ日本人の給料は韓国人より年間38万円分も少なくなったのか?  大村大次郎(まぐまぐニュース) 赤かぶ
11. 2021年10月06日 07:09:31 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[770]

さらにこの投稿者は労働運動低迷の例としてトヨタを取り上げているが、完全に的外れ

トヨタなど日本の優良企業の賃金は韓国と同等もしくはそれ以上の場合が多いし

労働運動が低迷している米英の大企業の賃金は、盛んな南欧や東欧などより遥かに高い


当たり前の話だが、重要なのは企業そして労働者本人の生産性ということだ

本人の労働生産性が、世界に通用するほど高ければ、ただの運動自慢でも、数十億円の収入を得ることができるのだから、当然の話だ

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/544.html#c11

[経世済民135] なぜ日本人の給料は韓国人より年間38万円分も少なくなったのか?  大村大次郎(まぐまぐニュース) 赤かぶ
12. 2021年10月06日 07:14:43 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[771]

日本の新自由主義wのように生産性の低い企業や人間ばかり優遇すれば、どんどん貧しくなるのは必然なのだが


愚民が多くポピュリズムの民主主義が蔓延する国では、大体、そうなる

その典型がベネズエラなど左寄りが多い南米などだが

日本は、その中では、まだマシな方ではある
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/544.html#c12

[経世済民135] 「値上げラッシュの秋」が庶民の財布を直撃! 生活防衛どうする? アフターコロナ 新サバイバル生活の知恵(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
7. 2021年10月06日 17:55:12 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[772]
>固定電話から携帯電話への通話料金を1分22円から17.6円に値下げ
>最近は携帯から携帯にかけたほうが安い

そんなもの、とっくの昔、スマホ以前から0円だ

>他行宛ての振込手数料が引き下げ

値下げのメリットは、基本、高齢者など情弱の人向けであることが確認できる記事だな

>生活防衛には、安くなっているお米を食べて、食用油をつかわない
>電気代もガス代も上がるので、火を使わないサラダや果物で安いものを探す

当然だ
エネルギーを浪費せず、生に近い食品の方が、健康にも環境にも良い


>紅茶などの輸入も減少

カフェインフリーでミネラルが多い麦茶を自宅で淹れるのが良いだろう
1Lでも10円以内だ


皆が、効率的に生活すれば、環境にも環境にも良くなる

良い傾向だ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/545.html#c7

[経世済民135] <止まらない岸田暴落に市場悲鳴>「新しい資本主義」という大風呂敷に中身なし(日刊ゲンダイ) :政治板リンク  赤かぶ
1. 2021年10月07日 14:06:19 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[773]

ゲンダイらしい

見当違いな

愚かなタイトル


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/546.html#c1

[政治・選挙・NHK283] <止まらない岸田暴落に市場悲鳴>「新しい資本主義」という大風呂敷に中身なし(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
29. 2021年10月07日 14:11:56 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[774]

ゲンダイらしい愚かな記事

最近の下落は、インフレによるスタグ懸念と中国リスクというほとんど海外要因

また、河野であれば、多少は期待効果は大きかったかもしれないが、下落したのは同じことであり

これまでの上昇は、菅交代とコロナ一服による過剰な期待であって

今は、単に菅以前に戻っただけだ


仮に菅退陣がなく、自民の敗北予想がさらに大きくなれば、さらに下落が厳しかったのも明らかだろう



http://www.asyura2.com/21/senkyo283/msg/486.html#c29

[政治・選挙・NHK283] <止まらない岸田暴落に市場悲鳴>「新しい資本主義」という大風呂敷に中身なし(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
30. 2021年10月07日 14:14:22 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[775]

もう一つ言っておけば、今は買いチャンスだな

http://www.asyura2.com/21/senkyo283/msg/486.html#c30
[経世済民135] <8日続落>“岸田銘柄”物色の動きナシ!「悪要因3つ」を専門家が解説、あと2500円下落の可能性も(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
8. 2021年10月08日 04:47:24 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[776]

>新自由主義からの脱却”や“成長と分配の好循環”は間違っていません
>市場は“看板倒れに終わる”と見ている

アホか
そもそも成長と分配の好循環など、日本では起こらない

そして日本では、そもそも新自由主義など、ほとんど機能していなかったのだから

高い法人税に加えて、さらに金融資産課税という二重課税は
日本の企業への投資にマイナスだ

つまり、看板倒れ以前に、

いずれにせよ株価にとってはマイナスということだ


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/547.html#c8

[経世済民135] 原油高騰の値上げラッシュが年末直撃! コロナ禍からの景気回復に冷や水(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
8. 2021年10月09日 09:23:10 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[777]

>原油価格はさらに上昇し、高止まり

環境左派から見れば

ムダなエネルギーの浪費が減って良い話といったところだろうが

結局、1〜2年程度で高騰自体は終わるだろう

ただし自民にせよ野党にせよ、

地方や高齢者、中小零細企業など、政治力が強い既得権者ばかり優遇してバラマキを続け、

国内産業の生産性が、海外に比べて低迷し続ける限り

財政赤字の膨張と、社会保障や税負担、日銀財政ファイナンスは続き

円安と実質賃金の低迷、そして教育介護等のサービス&必需品の持続的な上昇による現役世代の可処分所得の減少は続く

>>07

金が上昇する=通貨価値が下がる

ということだから、現状のインフレヘッジとしては悪くはないが

プラチナに対して倍以上まで高騰している現状は、多分、一商品としては高すぎるから

インフレヘッジ商品を考える場合も、暗号資産など、多様な分散投資しないとダメなのは間違いはない

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/548.html#c8

[経世済民135] ファストリは最低投資額771万円、任天堂は538万円…個人投資家を排除する東証(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年10月11日 21:05:35 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[778]

くだらん

別に現物株を買う必要などない

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/550.html#c3

[戦争b23] 米英海軍の軍事演習に自衛隊も参加、「いずも」では米軍のF35が離発着訓練(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
15. 2021年10月11日 21:08:12 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[779]


あまり意味はない

既に時代は、サイバー攻撃が中心


https://jp.reuters.com/article/usa-china-ai-idJPKBN2H10JV
AI開発競争、米国はすでに中国に敗北=元米国防総省幹部
ロイター編集

 5月11日、米国防総省で初の最高ソフトウェア責任者を務めたニコラス・シャラン氏は、人工知能(AI)開発競争で米国はすでに中国に敗れたと指摘し、中国は新興サイバー技術が発展しており、世界の覇権を握るとの見方を示した。写真は7月、上海で開かれたAIイベントで撮影(2021年 ロイター/Yilei Sun)
[ロンドン 11日 ロイター] - 米国防総省で初の最高ソフトウェア責任者を務めたニコラス・シャラン氏は、人工知能(AI)開発競争で米国はすでに中国に敗れたと指摘し、中国は新興サイバー技術が発展しており、世界の覇権を握るとの見方を示した。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に述べた

西側情報当局の分析によると、中国は、AI、合成生物学、遺伝学など主要新興技術の多くで約10年以内に覇権を握る可能性が高い。

シャラン氏は、米軍の技術革新の遅さに抗議して辞任した。

同氏は、対応を怠れば、米国がリスクにさらされると指摘。すでに勝負はついており、「戦争が必要になるかどうかは分からない」が、中国は将来、さまざな分野で世界の覇権を握るだろうとの認識を示した。

また、米国の一部政府機関のサイバー防衛能力は「幼稚園レベル」だと指摘。グーグルがAI分野で国防総省への協力に消極的だったことや、倫理を巡る議論で米国のAI開発が遅れたとの見方を示した。

グーグルのコメントは取れてない。

同氏によると、中国企業は政府への協力を義務付けられており、倫理問題に配慮せずAIに「巨額の投資」を行っているという。
http://www.asyura2.com/19/warb23/msg/347.html#c15

[経世済民135] 国民年金(老齢基礎年金)を少しでも多くもらいたい人が、今すぐすべきこと(オトナライフ) 赤かぶ
6. 2021年10月16日 21:42:33 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[780]

年金とは長生きリスクに備える保険だ

さらに現在の公的年金は若年世代を、かなり搾取する過去の産物だから

ある程度、貯蓄もあり、年収もある正規雇用の労働者であれば

長生きリスクに備える保険として、高い期待値を持ち

基本、入った方がかなり得である


30代以上の大部分の世帯は、こちらに属する


しかし非正規で貯蓄もなく、今後も低所得である可能性が高い一部の人々は、

大体、不健康で愚かな生活をしているだろうから

平均余命もそれほど長くないだろうし

年金も生活保護以下しか期待できない

つまり年金のために僅かな収入を投資する価値は、ほぼないだろう


自分が、今後、どの階層に属するかを予想して、このゲームに参加するのが合理的だろうな


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/557.html#c6

[経世済民135] 国民年金(老齢基礎年金)を少しでも多くもらいたい人が、今すぐすべきこと(オトナライフ) 赤かぶ
8. 2021年10月16日 21:46:52 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[781]

平均的な健康状態であれば、特に女性は90以上まで生きる確率が非常に高いので

夫に70まで働いてもらって、年金を繰り下げる方が、

遺族厚生年金や遺族共済年金があるので、かなり得になる

夫は70まで元気に働いてもらえるように大事にすると良いだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/557.html#c8

[経世済民135] 国民年金(老齢基礎年金)を少しでも多くもらいたい人が、今すぐすべきこと(オトナライフ) 赤かぶ
9. 2021年10月16日 21:50:02 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[782]

>>07

リモートが普及した今の時代、糖尿病、心疾患、ガンで手術した人でも、70まで仕事などできるし

坐骨神経痛で歩けなくても仕事ができる

ただし認知症や精神疾患など脳機能に問題がない限り

生産性の高い多くの仕事が可能だろうな



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/557.html#c9

[経世済民135] ついにあの常温核融合技術が花開へ、2年後ニッポンで世界初!!の産業用ボイラーで実用化なるか、  ・・・要は重ねた金属積… 怪傑
13. 2021年10月16日 22:55:03 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[783]
>14nm(ナノメートル)のニッケルと2nmの銅を多段に積層したチップ(発熱素子)を真空状態に置き、軽水素を封入して加熱すると投入エネルギーを超える熱が長期間にわたって放出される
>クリーンプラネットの核融合装置でも放射線はまったく観測されていない

金属触媒と1000K以下の過熱により、プロトン間の静電斥力を超える確率は非常に低い
また核融合反応においてはβ線、γ線、中性子線がでるはずなので、明らかにおかしい


単に水素と微量の酸素が反応した熱を測定しているだけの可能性が高そうだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/552.html#c13

[経世済民135] ついにあの常温核融合技術が花開へ、2年後ニッポンで世界初!!の産業用ボイラーで実用化なるか、  ・・・要は重ねた金属積… 怪傑
14. 2021年10月16日 23:08:52 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[784]

あと他にも加熱された吸着水素が金属Ni CUなどとの酸化還元電位差により電子状態が変化し、そこからエネルギーが生成している可能性もあるか

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/552.html#c14
[経世済民135] ついにあの常温核融合技術が花開へ、2年後ニッポンで世界初!!の産業用ボイラーで実用化なるか、  ・・・要は重ねた金属積… 怪傑
15. 2021年10月16日 23:20:41 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[785]

>COP(成績係数:投入・消費エネルギーの何倍の熱エネルギーを得られるかを示す)は12を超えるという。一般的なヒートポンプ給湯機のCOPは3前後なので、桁違いの熱を発生


ちなみに石炭など化石燃料は、僅かの投入エネルギーで数万倍どころではない熱エネルギーが発生するが、その時にCOP数万など使わない

COPの本来の使い方である、冷暖房の性能と無関係であり

全く無意味だからだ

つまりこの人はCOPの使い方を全く理解していない

ひどいものだ

https://pps-net.org/glossary/21672

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/552.html#c15

[経世済民135] 岸田政権「悪い円安」に対応せず…このままでは不況下の物価高騰が庶民の懐を直撃(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
7. 2021年10月21日 00:00:03 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[786]

>岸田政権「悪い円安」に対応せず…このままでは不況下の物価高騰
>岸田首相が機動的に円安に対応できるのか

相変わらず愚かな記事

インフレに対応するのは、まず日銀だが

日本のインフレ率は2%とは程遠い

そして政府が対応するとしたら、緊縮財政ということだが

与野党とも、ゲンダイを読んでいるような愚かな国民のためにバラマキばかりで

改革による生産性と消費効率の上昇で良い円高と賃金上昇を起こすことには全く興味がない

さらに言えば原油高が際限なく続く可能性などほとんどないし

仮に価格高騰で、国民の消費生活パターンが変化するなら、その方が自然環境のためにも遥かによい


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/562.html#c7

[経世済民135] 原価低減の名のもと利益を搾取し続けるトヨタに、日鉄が反旗…他の取引業者に波及か(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年10月23日 23:33:52 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[787]

バカなタイトル。大企業化して購買条件を改善するのは、労働組合同様、法人として当然やるべきことであって、搾取とは言えない。

そして日鉄がトヨタを訴えたのは、中国による違法な特許侵害を止める方法が、国内での起業訴訟しか手がないからだ

本来、共産中国がまともな国であれば、中国で宝山を訴訟すればよいのだが
中国は赤い貴族が国営企業を通じて国を支配し、国民を搾取している

共産主義の必然ともいえる、特に悪質な国家資本主義の格差国家だから
他国の企業から金や特許を奪い取り、国民を動員して、破壊工作も平気で行う

そんな悪質な巨大軍事国家を相手にしても勝ち目などないから
こうするしかないということだ



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/564.html#c3

[経世済民135] 原価低減の名のもと利益を搾取し続けるトヨタに、日鉄が反旗…他の取引業者に波及か(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年10月23日 23:41:23 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[788]

本来、トヨタだって、わざわざチャイナリスクを取って宝山などと取引はしたくはないが

盗んだ特許と奴隷労働で安売りしている宝山から、他の欧米競合企業が買い続ける限り

自分自身が競争に負けてしまうのだから、それもまた必然ということだ

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/564.html#c4

[経世済民135] 原価低減の名のもと利益を搾取し続けるトヨタに、日鉄が反旗…他の取引業者に波及か(Business Journal) 赤かぶ
5. 2021年10月23日 23:48:55 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[789]

こういう愚かなことを避けるには、情報漏洩対策を企業だけに任せるのではなく

国家が厳しい経済安全保障で国益を守る必要があるが、日本は、やっと最近、

始まったばかりで、未だにスパイ天国で盗まれ続け

米国とは違い、軍事力や経済力などによる脅しもできず

何の対抗措置もできない


国内でスパイに重罪を適用したり、ロシアのように海外に処刑部隊を送るくらいにすれば、大分改善するかもしれないが、無理な話であり

今後も、先端産業の情報漏洩や、人材流出による巨額の損失、つまり海外による搾取は続くだろう



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/564.html#c5

[経世済民135] 原価低減の名のもと利益を搾取し続けるトヨタに、日鉄が反旗…他の取引業者に波及か(Business Journal) 赤かぶ
6. 2021年10月24日 00:03:26 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[790]

日本製鉄も、自分たちが育てた企業が、実質国有化され、

今では世界最大の製鉄会社として、

悪質な競争を仕掛けてくるとわかっていれば、違う選択もあったかもしれないし

その点、世界の先端企業は、もう海外、特に中国にコアな技術を持ち出すことはない


台湾TSMCの熊本工場、政府5千億円支援するそうだが、あれは先端技術ではなくコモディティであり、補助金の食い逃げにならないように監視が必要だろう


こういうくだらない記事を書いている暇があったら、もっと取材すべき重要なテーマはたくさんあるということだ


宝鋼集団

宝鋼集団有限公司
Baosteel Group Corporation
種類 国有企業(中国中央企業)
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
上海市浦東新区浦電路
設立 1977年12月
業種 鉄鋼
代表者 徐楽江(董事長)
外部リンク http://www.baosteel.com/
テンプレートを表示
宝鋼集団有限公司
各種表記
簡体字: 宝钢集团有限公司
拼音: Băogāng jítuán Yǒuxiàn gōngsī
発音: バオガン・ジートゥアン・ヨウシエン・ゴンスー
テンプレートを表示
宝鋼集団有限公司(ほうこうしゅうだんゆうげんこうし)は、中華人民共和国(中国)上海市に本拠を置いていた、鉄鋼企業等を束ねる国有持株会社である。通称は宝鋼(中国語: 宝钢、英語: Baosteel)。2016年12月に武漢鋼鉄集団と合併し、宝武鋼鉄集団となった[1]。粗鋼生産量において現在世界第1位[2]。


目次
1 概要
2 沿革
3 関連項目
4 脚注
5 外部リンク
概要
宝鋼集団は製鉄業を中心に、金属加工や資源開発、金融業等を手がける企業グループである。製鉄業に関しては、イギリスの金属情報誌メタル・ブリテン(英語版)によれば、グループの2021年粗鋼生産量は1億1500万トンであり、アルセロールミタル超えて世界第1位[3]。

国務院の国有資産監督管理委員会が管理する国有企業である。傘下に、上海市を拠点とし上海証券取引所に上場する宝山鋼鉄股份有限公司(中国語: 宝山钢铁股份有限公司)、新疆ウイグル自治区ウルムチ市を拠点とする宝鋼集団新疆八一鋼鉄有限公司(中国語: 宝钢集团新疆八一钢铁有限公司)、浙江省寧波市を拠点とする寧波鋼鉄有限公司(中国語: 宁波钢铁有限公司)の鉄鋼メーカー3社と、広東省湛江市での製鉄所建設を目指す広東鋼鉄集団有限公司(中国語: 广东钢铁集团有限公司)などを持つ。

沿革
前身は1977年に発足した上海宝山鋼鉄総廠である。日本の鉄鋼メーカーである新日本製鐵(現・日本製鉄)や川崎製鉄(現・JFEスチール)から技術援助を受けて建設された。名称はその後、宝山鋼鉄(集団)公司、上海宝鋼集団公司と変遷し、2005年に現社名になっている。

1977年12月 - 上海宝山鋼鉄総廠(中国語: 上海宝山钢铁总厂)として設立[4]。
1985年9月 - 高炉火入れ[4]。
1993年7月 - 上海宝山鋼鉄総廠から宝山鋼鉄(集団)公司(中国語: 宝山钢铁(集团)公司)に社名変更[4]。
1998年11月 - 宝山鋼鉄と上海冶金控股(集団)公司(略称:上鋼)と上海梅山(集団)公司(略称:梅鋼)を合併し、上海宝鋼集団公司(中国語: 上海钢铁集团公司)に社名変更[4]。
2000年2月 - 宝山鋼鉄股份有限公司を設立[4]。
2005年10月 - 宝鋼集団有限公司に社名変更。
2007年4月 - 新疆八一鋼鉄がグループに加入[5]。
2008年6月 - 広東鋼鉄集団を設立[6][7]。
2009年3月 - 寧波鋼鉄を買収[8]。
2016年10月 - 武漢鋼鉄集団と合併し、宝武鋼鉄集団発足。
2019年5月 - 馬鋼集団との間で経営統合を発表[9]。
関連項目
大地の子 - 山崎豊子の小説。作中の宝華製鉄(ドラマ版では華宝製鉄)は旧・宝山鋼鉄をモデルにされたとされる。
脚注
^ 宝武鋼鉄が発足式 中国鉄鋼大手2社が経営統合日本経済新聞 2016年12月1日
^ “世界最大「鉄鋼メーカー」14年ぶり首位交替の衝撃”. 『東洋経済』. 2021年6月25日閲覧。
^ “世界最大「鉄鋼メーカー」14年ぶり首位交替の衝撃”. 『東洋経済』. 2021年6月25日閲覧。
^ a b c d e 公司歴史(宝鋼股份ウェブサイト・中国語)
^ 宝鋼集団新疆八一鋼鉄(宝鋼集団ウェブサイト・中国語)
^ 広東鋼鉄集団(宝鋼集団ウェブサイト・中国語)
^ <中華経済>広東鋼鉄集団が開業、宝鋼が80%出資―中国(レコードチャイナ、2008年6月11日)
^ 公司簡介(宝鋼集団ウェブサイト・中国語)
^ “中国鉄鋼2社が統合=世界首位に迫る”. 時事通信 (2019年6月3日). 2019年6月3日閲覧。

宝山鋼鉄
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動検索に移動
宝山鋼鉄股份有限公司
Baoshan Iron & Steel Co., Ltd.
種類 株式会社(股份有限公司)
市場情報 上証所 (SSE): 600019
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
上海市宝山区富錦路
設立 2000年2月
業種 鉄鋼
代表者 何文波(董事長)
純利益 60億95百万元
総資産 2011億43百万元
従業員数 4万2318人
主要株主 宝鋼集団有限公司 (73.97%)
外部リンク http://www.baosteel.com/plc/
テンプレートを表示
宝山鋼鉄股份有限公司
各種表記
簡体字: 宝山钢铁股份有限公司
拼音: Băoshān Gāngtiě Gǔfèn Yǒuxiàn gōngsī
発音: バオシャン・ガンティエ・グーフェン・ヨウシエン・ゴンスー
テンプレートを表示
宝山鋼鉄股份有限公司(ほうさんこうてつ こぶんゆうげんこうし)は、中華人民共和国(中国)上海市に拠点を置く鉄鋼メーカー。宝鋼集団(旧・上海宝鋼集団)傘下で、中国の大手鉄鋼メーカーである。略称は宝鋼股份(ほうこうこぶん、中国語: 宝钢股份)。1977年11月に新日鉄会長稲山嘉寛が訪中した際に副主席李先念から建設協力要請で建設された宝山鋼鉄(集団)公司が前身[1]。


目次
1 概要
2 年表
3 映像
4 脚注
5 外部リンク
概要
新日鉄の支援を受けて創業されたのちに操業指導のために、日本での中国人研修生の受け入れや現地への日本人技術者派遣などを行われてきた[2]。国有持株会社である宝鋼集団の子会社にあたる。2000年2月に設立されているが、「宝山鋼鉄」という会社名は親会社の旧社名(「宝山鋼鉄(集団)公司」、1993年から1998年まで使用)でもある。設立直後の同年12月より、上海証券取引所に株式を上場している。生産拠点の製鉄所は上海市宝山区に位置し、高炉・転炉・電気炉等を擁する。宝鋼股份によれば年間の粗鋼生産量は約2386万トン(2009年)で、炭素鋼の製品(鋼板・鋼管・線材等)やステンレス鋼板、特殊鋼といった鉄鋼製品を生産する[3]。

子会社には、南京市近郊の鉄鋼メーカー・上海梅山鋼鉄股份有限公司(中国語: 上海梅山钢铁股份有限公司)や、新日本製鐵(新日鉄)およびアルセロールミタルと共同で設立した鋼板メーカー・宝鋼新日鉄自動車鋼板有限公司(中国語: 宝钢新日铁汽车板有限公司)、日新製鋼と共同で設立した鋼板メーカー・寧波宝新不銹鋼有限公司(中国語: 宁波宝新不锈钢有限公司)などがある。

年表
1977年
11月 - 新日鉄会長長稲山嘉寛が訪中した際に副主席李先念が新日鉄への建設協力要請[4]。
12月 - 上海宝山鋼鉄総廠(中国語: 上海宝山钢铁总厂)として設立[5]。
1978年 - 副総理ケ小平が新日鉄住金君津製鉄所を視察[6]。
1985年9月 - 製鉄所の1号高炉に火入れ[5]。
1991年6月 - 2号高炉に火入れ[5]。
1993年7月 - 上海宝山鋼鉄総廠から宝山鋼鉄(集団)公司(中国語: 宝山钢铁(集团)公司)に社名変更[5]。
1994年9月 - 3号高炉に火入れ[5]。
1998年11月 - 宝山鋼鉄と上海冶金控股(集団)公司(略称:上鋼)と上海梅山(集団)公司(略称:梅鋼)を合併し、上海宝鋼集団公司(中国語: 上海钢铁集团公司、現・宝鋼集団有限公司)に社名変更[5]。
2002年
2月 - 宝山鋼鉄股份有限公司設立[5]。
12月 - 上海証券取引所に株式を上場[5]。
2004年4月 - 宝鋼自動車鋼板有限公司を設立[5]。
2017年11月 - 新日鉄住金と宝武、友好協力40周年記念式典開催[7]。
2021年10月15日 - 日本製鉄から特許侵害で提訴されたが、裁判で争う方針を明らかにした[8]。
映像
BS1スペシャル「中国"改革開放"を支えた日本人」 (2019年6月25日放映)
脚注
^ [1]新日鉄住金と宝武、友好協力40周年記念式典開催
^ [2]新日鉄住金と宝武、友好協力40周年記念式典開催
^ 宝鋼股份ファクトブック、2010年版(中国語) (PDF)
^ [3]新日鉄住金と宝武、友好協力40周年記念式典開催
^ a b c d e f g h i 公司歴史(宝鋼股份ウェブサイト・中国語)
^ [4]新日鉄住金と宝武、友好協力40周年記念式典開催
^ [5]新日鉄住金と宝武、友好協力40周年記念式典開催
^ “中国・宝山鋼鉄「日本製鉄の一方的主張認めない」…特許侵害訴訟で争う方針(読売新聞オンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月15日閲覧。
外部リンク
宝山鋼鉄(中国語)
カテゴリ: 中国の鉄鋼メーカー上海証券取引所上場企業上海の企業宝山区 (上海市)2000年設立の企業
http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/564.html#c6

[経世済民135] 10月、食品が一斉値上げラッシュ…地球温暖化の異常気象、食卓を直撃し始めた(Business Journal) 赤かぶ
4. 2021年10月25日 23:16:48 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[791]

気候変動の効果もあるが、それ以上に、コロナ禍による労働供給の減少による生産減、流通トラブル、さらに脱炭素による投資減で原油や石炭など価格高騰
さらにバラマキ再分配期待も加わった円安投機=円安加速など、複数の要因が重なっている

ただし、こうした効果による一時的なスタグが一段落した後は、企業利益減少と賃金減少により再びデフレ圧力が日本を襲うことになる可能性は高い


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/565.html#c4

[政治・選挙・NHK283] 自民 甘利幹事長 小選挙区 神奈川13区で議席確保できず(NHK) 赤かぶ
15. 2021年11月01日 01:16:28 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[792]
国民の声は、かなり妥当な結果になったな
ダメな自民議員は減り
維新は伸び、再分配のバラマキ支持の愚民は、それほど多くはなかった
そして投票率の低さは立民など野合野党への期待がほとんど増えてなかったことを示している

http://www.asyura2.com/21/senkyo283/msg/854.html#c15
[経世済民135] 「家族崩壊」「死んで返すしか…」スルガ問題「被害者」の悲痛な声(FRIDAY) 赤かぶ
7. 2021年11月04日 22:35:23 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[793]

>銀行お墨付きの3つのアパート・マンションと引き換えに、2億円近い負債
>家族への影響を避けるため、妻とは離婚し、財産もすべてわたして自己破産


この手の愚か者は昔から珍しくはない

きちんと自分でチェックせず、欲に目がくらみ
どう考えてもおかしな金儲け話に騙され
愚かで無謀な投機を行ったツケということだが

銀行にも問題があったから、別に自殺するまでもなく
かなりの部分が銀行そして税や日銀特融など他の国民の負担になるだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/578.html#c7

[経世済民135] 日鉄、トヨタとの関係悪化を気にせず容赦ない値上げ…訴訟招いたトヨタの自業自得(Business Journal) 赤かぶ
3. 2021年11月14日 12:40:14 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[794]

トヨタ方式は、供給過剰の冷戦後のグローバル化デフレ時代には適合しても、

反グローバル化と欧米日の衰退、米中対立が進み

脱化石でコロナ後バラマキ労働賃金インフレ時代には適さない

単純な戦略が成功する時代は既に終わっているということだが

日本国民を含む多くの遅れた国々では、その遥か以前のレベルにいるから

かなり悲惨な事態が世界を襲うことになる
(と言うか、すでに途上国では、そうなっている)


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/588.html#c3

[経世済民135] 値上げラッシュが家計直撃…「モノが安い国・日本」はいよいよおしまい(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
16. 2021年11月22日 21:31:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[795]

>「安くて過ごしやすい天国・日本」はいよいよ終わり「給料は上がらないが物価だけ高くなる地獄


今さらだな

ただしコロナによる供給不足と輸出停滞による円安とコストプッシュインフレ自体は、そう長続きはしない


そして改革の先延ばしを続け、生産性が上がらない状況で、デフレ圧力が続き、賃金が上がらないのは以前から続いていたことだから

今後も日本は超少子高齢化と改革不足による貧困化が単に続くだけのことで

特に新しいことが起こっているわけではないし

再分配で成長など、当然起こらない



http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/597.html#c16

[経世済民135] 値上げラッシュが家計直撃…「モノが安い国・日本」はいよいよおしまい(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
17. 2021年11月22日 21:36:05 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[796]

そして脱炭素とEV化によるさらなるコスト増と輸出採算の悪化は長期的にも続くので、

日本が仮に、ある程度、豊かさを維持できるとすれば

さらに改革を進め、生産性を上げ、非効率な地方や高齢者、


特に医療介護の社会保障を効率化すること

そして再エネ投資や原発の再稼働と高度化を進めるしかないが

ほとんど期待はできないだろう

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/597.html#c17

[経世済民135] 米国、原油備蓄を放出、高騰に世界で警戒…シェールバブル終焉、原油高の時代へ(Business Journal) 赤かぶ
2. 2021年11月24日 00:01:45 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[797]

折角の脱石油のチャンスは、生活や生産の効率化による省エネ、再エネや原発の拡大等で乗り切るのが妥当なのだが

残念ながら、途上国や新興国はもちろん、先進国の国民も、相変わらず厳しい自己改革は避け、安直な道を選びたいということらしい

その先には結局、悲惨な事態が待っていても愚かな人間というのは死ぬまで変わらないというのが現実らしい


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/598.html#c2

[経世済民135] 《MONOPOLY - 世界は誰のもの?(日本語字幕)》⬅世界経済は彼らの意図でのみ動く幻影であり、茶番《The truth about P… お天道様はお見通し
1. 2021年11月26日 02:58:58 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[798]

この手の妄想を信じる低レベルな人も

それを利用して利益を得ようとする輩も消えないのだろうな

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/600.html#c1

[経世済民135] フジテレビだけじゃなかった「希望退職」JT 2590人、ホンダ2000人、パナソニック1000人…40代以上の地獄が始まる(FLASH) 赤かぶ
10. 2021年11月28日 23:09:07 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[799]

組織に必要がなくなったのに、居座るのは、組織だけでなく本人のためにも悪いが

企業に特化した高齢労働者の生産性は、ほとんどの場合、賃金に見合わないくらい低い場合が多い

また解雇しずらいこと自体が、雇用の流動性を低くすることになる

よって整理解雇を法的に認めれば、無意味な追い出しコストなど不要なのだが

若い時の過剰労働を補うだけの金額を積んだとしても、ダメな人ほど、自己評価が過大で、解雇に応じないことが多い

結果として、優秀な人ほど、好条件でさっさと転職していくという悪循環に陥り

ダメな高齢労働者や役員を抱え、成長しなくなった大企業の生産性は悪化し、今のような賃金の上がらない企業ばかりとなる

そして本来は淘汰されて消えていけば良いのだが、日本の場合、ダメな企業ほど、政治的な力により、税金投入、保護規制、ゾンビ融資により、生き残り

さらに日本経済をダメにして、円安と実質賃金の低下、社会保障コストの上昇という、全員貧困化をもたらすことになる

ただし、こうしたポピュリズム政治は日本に限らない話であるが

NHKやnikkeiですら左翼化している状況では、ほとんど改善する可能性はないだろう


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/604.html#c10

[経世済民135] 森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
27. 2021年11月28日 23:23:15 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[800]

まあ、これができるのは恵まれた人だけ

コミュニケーション能力も低く、自己鍛錬や努力もできず、体力も根気も健康も今市な人々(主に高齢単身者や、心身障碍者など知的・肉体的弱者)が

都会の貧困層の中心を形成しているので

彼らに、こんな厳しい自立した生活など長続きするはずもない


http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/603.html#c27

[経世済民135] 森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
28. 2021年11月28日 23:32:03 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[801]

つまり、結局、かなりの部分の高齢年金世帯は生活保護を受給することになるし

その負担は、増え続ける様々なインフラ維持コストや、医療介護負担に加えて

さらに少なくなった現役世代にのしかかるので、

国民全体の貧困化が進むということだが

今後も無責任なバラマキと、それを誤魔化す財政ファイナンスを続ける限り、

いずれは生産性の高い企業群という日本の過去の資産を食いつぶして失い

高インフレで持続不可能な事態に追い込まれることになる

既に、その萌芽はとっくに現実化しつつあるが、愚かな国民にはまだわからないらしい

http://www.asyura2.com/21/hasan135/msg/603.html#c28

   前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Rm5WWGpiTzAwU2c= > 100001  g検索 Rm5WWGpiTzAwU2c=

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。